■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです
1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 18:52:42 ID:sT8/xZ2w0

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|       ー 「石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです」 ー            |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
└――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

2>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:02:04 ID:sT8/xZ2w0
予告スレに投下した予告編がちょっとばかりおかしかった(余白とか、入れ忘れたスレがあるとか)ので
そっちの修正版を落としておきます。

本編は予定通り20時から始めますね。

3 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:03:03 ID:sT8/xZ2w0
 159X年

 日本は再び戦乱の炎に包まれた。
 ―――――――――――――――――――――――――――――
            γ⌒""  ⌒ `ヘ
           イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン....
         / (   ⌒    ヽ  )ヽ
         (      、 ,     ヾ )
 ...................  .(.....ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::  ::::(:::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
   _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
   /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
   ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
   Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
  Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT:::: 
  FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
  ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ
 ※画像はイメージです。
 ―――――――――――――――――――――――――――――

4 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:03:54 ID:sT8/xZ2w0

 天下人の死
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
      |   ___________________       
      |    ||        |||        |||        |||        ||   :===≡≡===;
      |    ||        |||        |||        |||        ||   || 秀頼を : :||
      |    ||        |||        |||        |||        ||   ||  よろしく :||
      |    ||____|||____|||____|||____||   ||____ .||
      |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||   |=====|
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ============
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ||━━━━━||   
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄O━━━━━O ̄ ̄
   /
               _ _,,..,,,,___________
                /  / ,' 3  `ヽーっ  秀       /\  
             /   l   ⊃ ⌒_つ 吉        /*/
           /     `'ー---‐'''''           /*/    
         /______________/*/
        /************** \/
       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 .∧◎∧
 ( ´∀`) ご臨終です。          ∧∧
                 マジデ? . (゚Д゚,,) ∧_∧
                             (`Д´ )
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
                                        崩れ始める束の間の偃武

5 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:04:29 ID:sT8/xZ2w0

         ―――――――――――――――――――――――――――――



                 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり



         ―――――――――――――――――――――――――――――

6 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:05:03 ID:sT8/xZ2w0

 ―――――――――――――――――――――――――――――
 【審議中】

  ヤバクネ?  ∧,,∧  ∧,,∧  ドーナンノコレカラ?
       ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
  ヤバイ ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヒデヨシサンシンジャッタヨ?             揺らぐ民心
      | U (  ´・) (・`  ) と ノ
       u-u (l    ) (   ノu-u
     ヤバクネ? `u-u'. `u-u' イエヤスサンカッコヨクネ?
 ―――――――――――――――――――――――――――――

7 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:06:02 ID:sT8/xZ2w0

             ――――――――――――――――――――――――――――
                          、--、, - 二二`-、
                        < ̄_  , -─--、\`ヽ
                        .//   ` ,へ ヽ \ ||
                        .レ| . //`"⌒| | ヽ\ | | |   そろそろ切り上げどこじゃないかな・・・・
                         レ. | |     レ | | | | | | | 
     そして家中              |==a-  =a==ァ| | | | 
                          | `ーノ  -- ' |ヽ、| |
                      ηη |  < 、 u  , ィ|∂ノ |    豊臣家は。 
                      /ノノノ  |ヽ三三三彡' | | |丶ヽ
                   ヒ/.I.I.I.Iヽ-- \ `=   ,. | | |──\
                   ソ|   | |:: :: :|| |\ _ - ´ / || |:: :: :: :: ::
                    ・ヽ/ ノ:: :: || | |ヽ   / || |:: :: :: :: :: :
                    ・     :: :: :: ::|| | \ /   リノ:: :: :: :: :: ::
                  ―――――――――――――――――――――――――――
                  [浅野長政(甲斐16万石/五奉行筆頭) ]

8 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:06:35 ID:sT8/xZ2w0

      ―――――――――――――――――――――――――――――



             沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす



      ―――――――――――――――――――――――――――――

9 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:07:07 ID:sT8/xZ2w0

 ―――――――――――――――――――――――――――
           Λ_Λ        Λ_Λ
          ( ´Α`)       ( ´Α`)  
  病死です   ):::::::(         ):::::::(
         /::::::::::::::\       /:::::::::::::\
        // |:::::::::::: l |      //´|:::::::::::: l |  はい退場
        | | .|:::::::::::: | |      | | |:::::::::::: | |
         | | /::::::::::::/| |     // /::::::::::::/| |                 早すぎる補佐役の死
         U |::::::::::/ ,,U,,,_  ノU  |::::::::::/ | |
          |::::||:::|./ ,' 3  `' ./,, |::::||:::|  U
          |::::||::| l      ⌒ヽ .|::::||::|
           | / | l `'ーU--‐'`.J ))| /.| |     ご愁傷さま
          // | | 豊臣 秀長 // | |
  ―――――――――――――――――――――――――――
                    ―――――――――――――――――――――――――――
                          豊臣 秀次
                            ↓
                            丿   ,;⌒⌒i.
                         ノノノノ⌒ヽ (   ;;;;;)  ______
                        (゚∈゚ )  ミ)     ,,:;;;) | WARNING  |
    後継者の処断           /⌒\/(    ).ヽ| |/ |,;ノ |  高 野 山   |
                       ( ミ   ∨∨  | /  i; |______|
                        ノ  /     | | ,,i; ,, . ,;⌒‖
                       ( \/ヽ ,,,丶, | |,,;.    ;i,,   ‖ヽ
                        \ ) ) ..   ,,   ´ヽ (,,  ‖丿.,,,
                        ///   ,,   ,,  . ´ヽ   ‖,,, ..,
                       `ヾ ヽミ ,,  .、 ヽ .. ヽ丶,ヽ  ‖、,,
                    ―――――――――――――――――――――――――――

10 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:07:27 ID:sT8/xZ2w0

 残されたのは
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ┃              . ┃
    ┃       .        ┃   ┏ NEXT ..┓
    ┃           .    ┃   ┃ . ∧ ∧ .┃
    ┃               .┃   ..┃(*‘ω‘*)..┃
    ┠┬┐  ┌┬┬┐    ┃   ┃ (秀頼) ..┃
    ┠┼┤┌┼┼┼┼┬┐┃   ..┃  v v   ┃
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ..┗━━━━┛
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : :
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
    ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛   
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――― 
                                          六才の天下人

11 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:07:48 ID:sT8/xZ2w0

      ―――――――――――――――――――――――――――――



            驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し



      ―――――――――――――――――――――――――――――

12 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:08:22 ID:sT8/xZ2w0

   ―――――――――――――――――――――――――――――――
               _       _
    \     ボロッ   /■\    ノ ■\      ;:;;:;:
      \/■\ _  ||Д" )   ( ・Д/■\ ____
      (メД" )   8二  )   (T  (。。 メ)       
       ∪∪ ヽ    || | ヽ   Y   ∪∪ ヽ  ウグク
       (_) J     ||_) J   (_) J ヽ___⊃           未だ続く朝鮮の戦い
     ハヒィィ  /■\                      
         (゚Д゚ ;) /■\    オオオン         
      /■\ ⊂  (;´Д`) /■\         /
     (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)       /
      ゝ   /      ;Y ソ  と_ ⊂ノ       /  ;:;
      し Y 人    ;/■ (_)Y 人ヽ     / 
      (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ   / 
   ―――――――――――――――――――――――――――――――
                   ―――――――――――――――――――――――――――――――――
                     、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ   やる夫の野郎おおおおぉぉ!
                     : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  絶対に許せねええええ!
                     : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
                     ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  小西と一緒に地獄に落としてやる!
                         i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
                       , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
                     . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
  文治・武断派の対立       // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
                     k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
                     ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
                     >      イ{     //: : /| /
                     从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
                     _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
                     レ   ___  V ハ    V         ヽ
                     ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
                      V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
                       V   /   // ハ     \        ハ
                     \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム
                   ――――――――――――――――――――――――――――――――
                     [加藤清正 肥後/20万石]

13 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:08:40 ID:sT8/xZ2w0

      ―――――――――――――――――――――――――――――



           猛き人もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ



      ―――――――――――――――――――――――――――――

14 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:09:03 ID:sT8/xZ2w0

 そして現れる巨いなる敵
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
        ,                    、
       /                     \
     /                        \
    /       l                      ヽ
            ハ      l 、     l   l         .   あっれー
    |       .l  /  、     | \   |、  |          |  秀吉さん死んじゃうの?
    |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          | . じゃあ次は私が頂いちゃおっかな?
    |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |
       /, ― '      \|   , ===ミ. V       
   /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、     盗るよ?
  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ    天下盗っちゃうよ?
 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \  いいの?
   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'
   |       } / /           ハ      | .// | 、 |
    .  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .| \|
    ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. |
        | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|
        |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \
               /    ./> | ∨ ./ <  /  |
           /    ./\ | ハ/ /  /   .|
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [徳川家康(関東のほぼ全域/255万石)]

15 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:09:25 ID:sT8/xZ2w0

 明らかになるその野望
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ┃
 /┃\
 ┯━┯   「厭離穢土」ってのは「この穢れ切った世界を厭って離れる」
 │厭│   「欣求浄土」は「美しい世界である浄土を求める」って意味。
 │離│
 │穢│   アイツら今の世の中を穢土って公言してるんだお。
 │土│   そいで浄土に作り替えるって言ってる。
 │欣│   
 │求│          ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
 │浄│     .    /          \   バーカバカ
 │土│        /  ∧ ∧、_,ト、   \   ヴァーカ!!
 └─┘     _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >
   ┃       /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  
   ┃      ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
   ┃       |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
             Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
              (uuイ〉`八Π八    |
              ├―| \∨/   |
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

16 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:09:49 ID:sT8/xZ2w0

 忍び寄る魔の手
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _      お前はこれから
 .     /               ` <´      クラスの女全員を肉奴隷にしてハーレムを作るんだ。
 __ /      j     }     ヽ
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ     エロゲー的に言うとな。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
    | 八  l|"         " }|
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |
    | l    { ,く \_下、 ´   lN
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|
    | |  /  {   |∧   ヽ l|
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            弱りゆく豊臣の命脈
            ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |    ( ●)(●)
              . |     (__人__)
               |  u  ` ⌒´ノ
              .  |         }  私の口からは申し上げにくいのですが。。。
              .  ヽ        }
                ヽ     ノ   例えばこれを機会に家康側にとらばーゆ(死語)すると言うのは。。。
                 /    く     豊臣直参ですら家康方に着こうとしているのが居るとか。
                 |     \     
                 |    |ヽ、二⌒)、         
            ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

17 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:10:03 ID:sT8/xZ2w0

      ―――――――――――――――――――――――――――――



                 だが豊臣家は滅んでいなかった



      ―――――――――――――――――――――――――――――

18 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:10:25 ID:sT8/xZ2w0

 今ここに、ひとりの漢が立ちあがる。
 ―――――――――――――――――――――――――――

       ____
     /      \ ( ;;;;(  やる夫はもう奉行やめてFXとかで生計立てながら 
    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  x videoのタダのとこだけ見て一生終えるお。  
  /    (─)  (─ /;;/ 
  |       (__人__) l;;,´    奴らが天下取ったらそういうのできなくなるお。
  /      ∩ ノ)━・'/   それだけは絶対許さんお。
  (  \ / _ノ´.|  |
  .\  "  /__|  |
    \ / ___/

 ―――――――――――――――――――――――――――
 その名は石田やる夫。

19 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:10:41 ID:sT8/xZ2w0

┌─────────────────────────────────┐
│ これは。。。                                         │
│ 一介の奉行の身でありながら、                        .     │
│ 後の天下人、徳川家康と互角の戦いを繰り広げた一人の漢の物語である。  │
└─────────────────────────────────┘

20 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:11:11 ID:sT8/xZ2w0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      |┃
      |┃三.          . / ̄\
      |┃三.          . |   . |
      |┃             \_/
  ガラッ. |┃  ノ//          |
      |┃三          /  ̄  ̄ \
      |┃         /  \ /  \
      |┃        /   ⌒   ⌒   \   よくぞこのスレを開いた
      |┃        |    (__人__)     |    褒美として西軍に入る権利とオプーナをやる
      |┃        \    ` ⌒´    /   ☆
      |┃        /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
      |┃       / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
      |┃      / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
      |┃     .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
      |┃     l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
      |┃        / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / 西軍権利 /|
      |┃       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|_____
      |┃ 三  /参加賞  /|  ̄|__」/ オプーナ   /| ̄|__,」___ /|
      |┃三   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ / ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ / .|
      |┃三   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
      |┃    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

21 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 19:11:30 ID:sT8/xZ2w0



 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

  ┏┓                                            ┏┓
  ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┏╋────────────────────────────╋┓
  ┃|                                            |┃
  ┃|.      石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです.    .    |┃
  ┃|                                            |┃
  ┗╋────────────────────────────╋┛
  ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
  ┗┛                                            ┗┛

                          2013年 1月6日(日)20:00 投下予定

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

22名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 19:17:26 ID:I7YzbsgQ0
第二次関ヶ原スレかまあがんばれや

23名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 19:39:27 ID:xF6oYPPY0
キルミーベイベーのやすなを家康に据えるとは・・・

24 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:01:01 ID:sT8/xZ2w0
ではそろそろ投下開始します。

第一部は予告と被る部分が結構ありますが、そのへんはスルーでお願いします。
後、時代考証間違ってるとかは多めに見てやって下さい。

25 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:01:52 ID:sT8/xZ2w0
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|       ー 「石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです」 ー            |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
|                                                  |
└――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

26 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:02:53 ID:sT8/xZ2w0

 159X年。。。
 日本は戦乱の炎に包まれた。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            γ⌒""  ⌒ `ヘ
           イ ""  ⌒  ヾ ヾ    ドガァァァァァァァァン....
         / (   ⌒    ヽ  )ヽ
         (      、 ,     ヾ )
 ...................  .(.....ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
 :::::::::::::::::::::  ::::(:::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
   _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;〜−ヽ_ii_i=n_ [l h__
   /==H=ロロ-.γ ,〜ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
   ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
   Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒〜"""''''''⌒〜'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
  Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--〜''""   :::Д日lT:::: 
  FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
  ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ
 ※画像はイメージです。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 長き戦国の世は信長、秀吉という稀代の天才二人によりようやく統一された。
 戦乱の世もようやく終わり、誰もがこの平和が続くことを信じ、また願った。

 しかし、戦乱の火種は絶えてはいなかった。

 戦国の時代が本当の意味で終焉を迎えるには、あと17年の歳月と二つの戦役が必要だったのだ。

27 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:03:23 ID:sT8/xZ2w0
┌─────────────────────────────────┐
│ これは。。。                                         │
│ その一つ目の戦役の物語。                             .  │
│                                                │
│ 一介の奉行の身でありながら、                        .     │
│ 後の天下人、徳川家康と互角の戦いを繰り広げた一人の漢の物語である。  │
└─────────────────────────────────┘

28 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:03:57 ID:sT8/xZ2w0

 時は戦国末期。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      ボオオオオオ        /∠^卉^\\
          /:人:丶    //;; 本能寺;;;;\\            ウーウー
         :( ):::ヽ人  //;;;;::____::;;;;\\  /:人:丶   
         丿  レ、::::::)//__________ヘヾ:( ):::ヽ人  
         ::(    ):::::::んんんんんんんんんんんん丿  レ、::::::)
       穀秞んん(ノ):/ んんんんんんんんんんん ::(    ):::::::穀
            \| |丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗| |(ノ):/ 
 カジダー     .   | |;;;;;;;;;;;;;::::::::::::'''''''''''''''''':::::::::::::;;;;;;;;;;;;;| |
       _,Å、.    | |;;;:::::::::::::;;       /:人::::::::::::;;;;;;| |  .  ,Å、 メラメラ
       _/:人:丶   | |;;:;;;;;:::::     人(::( ):  ;::::::;;;;;| |    _]立[
      :( ):::ヽ人  | |;;::;;;;;;;;:::    ::::::丿(::::  ;:::::::::::;;:| |    〉-〈
      丿  レ、::::::)| |;;::ゴオオオオオ    ニンゲンゴジューネン  ♪
      ::(    ):::::::二l  ;;;;;;;;;;;:::♪    ∧,,∧   ゲテンノウチヲクラブレバー ♪
     _| ̄ ̄(ノ):/  从     / 丿::ミ ゚Д゚彡⊃   |  |   | ̄ ̄ ̄|
      ̄ ̄/ ̄ ̄/| ̄ /:人:丶   (::ヽ⊂   ミ   ::::::::人:    ボーボー  ̄
       /:人:丶   :( ):::ヽ人    ⊂,,,   ミ    丿:::::   ::( ):::ヽ人
      :( ):::ヽ人  丿  レ、::::::)从   し″  人 (::人_    :::丿(:::::::::::::::\;"
     / 丿  レ、::::::) ::(    ):::::::::::人:ヽ从   /:人:丶  ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ,
      ::(    )::::::: ̄ ̄ ̄(ノ):/ 丿:::::::ヽ人(::( ):::ヽ人  ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ,
         (ノ):/         (::人_/Yヽ::::::丿(:::::::::::::::\;".
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 武士による秩序、中央集権政府による戦国の終焉を推し進めた織田信長は、
 その実現の直前、本能寺の炎に消えた。

29 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:05:17 ID:sT8/xZ2w0

 これにより戦国の混乱は長引くかに思われたが、しかしそれから僅か数年で天下は統一される。
 
 覇者の名は豊臣秀吉。
 ―――――――――――――――
          秀吉
           ↓
           _,,..,,,,_
         / ,' 3  `ヽーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"
 ―――――――――――――――

 若くして織田信長に仕え、出自すら定かで無い身分から天下人にまで成り上がった。
 「人たらし」という人間的な能力が取り沙汰される事が多いが、それよりも信長の後継者として
 統治の仕組みを作った事の方が高く評価されるべきだろう。

30 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:06:27 ID:sT8/xZ2w0

 1585年と87年には惣無事令。
 1586年に豊臣秀吉の太政大臣兼帯。
 1588年には刀狩令。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
 ―――――――――――――‐┬┘
                         |
        ____.____    | 
      |        |        |   |   もうイラネ
      |        | ∧_∧ |   |   
      |        |( ´∀`)つ ミ |   
      |        |/ ⊃  ノ |   |  
         ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |    ミ
                          l;l;l;l;l;l ̄ ̄ ̄ ̄|
                               ´^^^^^^^^`
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 大名クラスの私闘禁止と民間の武装解除を実行できる中央政府が誕生したのだ。
 短期間でこれを実行した豊臣秀吉の手腕は日本史上に残る業績であると言えるだろう。
 
 これで長く続いた内戦状態は、少なくとも表面上は終結した。

31 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:07:19 ID:sT8/xZ2w0
 
 だが。。。
 
 その後、二度にわたる朝鮮出兵の失敗(二回目はまだ継続中)。
 千利休や豊臣秀次の処断など内政の失点、万全に思えた豊臣政権は短期間にほころびを見せ始めていた。

 Q.豊臣政権を支持しますか?
  ―――――――――――――――――――――――――――――――
  しない┐   . ┌───わからない
  .    │ _..-ー''''''l'''''― ..、
      ./   .l,  |     `''-、
    ./     .l  .|       \
    /ゝ、     l. |         ヽ
   ./   .`'-、    l. |           l
  │      ゙''-、 .l,|             l
   |         `'″          |
  │     インターネットで見た  ,!
   l                    ./
   .ヽ                  /
    .\              /
      `'-、              /
       `''ー .......... -‐'″
  ―――――――――――――――――――――――――――――――
 このため、豊臣政権は急速に支持率を失う。

 しかしこの段階ではまだ国内はよく統治されており、少なくとも表面的に大きな問題はなかった。
 豊臣政権が滅亡するためには更に大きな打撃が必要であった。

32>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:08:07 ID:sT8/xZ2w0

 そして。。。
 1598年8月18日。
 伏見城。

 一つ目の大きな打撃。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      |   ___________________       
      |    ||        |||        |||        |||        ||    :===≡≡===;
      |    ||        |||        |||        |||        ||    || 秀頼を : :||
      |    ||        |||        |||        |||        ||    ||  よろしく :||
      |    ||____|||____|||____|||____||    ||____ .||
      |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||    |=====|
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ============
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ||━━━━━||   
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄O━━━━━O ̄ ̄
   /
               _ _,,..,,,,____________
                /  / ,' 3  `ヽーっ  秀       /\  
             /   l   ⊃ ⌒_つ 吉        /*/
           /     `'ー---‐'''''           /*/    
         /______________/*/
        /************** \/
       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 .∧◎∧
 ( ´∀`) ご臨終です。          ∧∧
                 マジデ? . (゚Д゚,,) ∧_∧
                             (`Д´ )
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 豊臣秀吉 病死。
 この日を境に、歴史は大きく動き出す。

33 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:08:53 ID:sT8/xZ2w0

 ―――――――――――――――――――――――――――――
 【審議中】

  ヤバクネ?  ∧,,∧  ∧,,∧  ドーナンオコレカラ?
       ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
  ヤバイ ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヒデヨシサンシンジャッタヨ?
      | U (  ´・) (・`  ) と ノ
       u-u (l    ) (   ノu-u
     ヤバクネ? `u-u'. `u-u' イエヤスサンカッコヨクネ?
 ―――――――――――――――――――――――――――――
 
 失策続きで民心に動揺が出始めていたところに、トップである秀吉が死んだのである。
 これだけで十分な不安要素であるが、問題に拍車をかけたのは、その後継者問題である。

34>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:09:37 ID:sT8/xZ2w0

 秀吉には秀長という弟がおり、豊臣の一族では唯一天下を治めうる能力を持っていた。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                  、ヽ l / ,
                                 =     =
                                ニ= 秀 そ -=
   、、 l | /, ,                           ニ= 長 れ =ニ
  .ヽ     ´´,                      =-. な で -=
 ヽ し き 秀  ニ.                      ニ   ら も ニ
 =  て っ 長  =ニ                     r  :  ヽ`
 ニ  く と な  -=                       ´/小ヽ`
 =  れ 何 ら  -=             _,,..,,,,_
 ニ  る. と   =ニ     、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,  @
 /,  は か    ヽ、       、,   /l.  /____/   n  ヽ|ノ,,
  / ず    ヽ、    @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,,
  / / 小 \       ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 旗揚げ時から秀吉の副官を勤め、内政軍事両面で秀吉を補佐した。
 秀吉の天下統一は、この秀長との二人三脚で実現したものと言えるだろう。
 また単なる補佐役にとどまらず、単独での功績も非常に大きい。

35>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:11:20 ID:sT8/xZ2w0

 天王山、賤ヶ岳、小牧長久手など、天下分け目の戦役では一軍を率い、勝利に大きく貢献した。
 その他、長宗我部攻めや九州征伐等の戦役では島津義弘を下す等、特大の武功を数多く上げている。

 内政でも豊臣家の所領をよく収め、大和や紀伊等の一揆多発地帯を安定化させている。
 彼の死後、居城である大和郡山城には莫大な金銀が残されていたという。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
          ┏         ┓  unknown
   unknown     _,,..,,,,_  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ,' 3  `ヽーっ  unknown
            l   ⊃ ⌒_つ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             `'ー---‐'''''"
          ┗         ┛
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 また誰もが認める人格者でもあり、兄とは違う方面で人間的魅力も持っていた。
 「主を七たび変えなければ武士ではない」で有名な藤堂高虎が秀長にだけは最後まで仕えている。
 
 秀吉の実弟かつ最初の部下でもあり、文武両道に秀で人望もあった秀長が健在ならば
 豊臣家は安泰だったと言われている。

36>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:12:12 ID:sT8/xZ2w0

 しかし秀吉に先立ち既に他界。
 
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
           Λ_Λ        Λ_Λ
          ( ´Α`)       ( ´Α`)  
  病死です   ):::::::(         ):::::::(
         /::::::::::::::\       /:::::::::::::\
        // |:::::::::::: l |      //´|:::::::::::: l |  はい退場
        | | .|:::::::::::: | |      | | |:::::::::::: | |
         | | /::::::::::::/| |     // /::::::::::::/| |
         U |::::::::::/ ,,U,,,_  ノU  |::::::::::/ | |
          |::::||:::|./ ,' 3  `' ./,, |::::||:::|  U
          |::::||::| l      ⌒ヽ .|::::||::|
           | / | l `'ーU--‐'`.J ))| /.| |     ご愁傷さま
          // | | 豊臣 秀長 // | |
         //  | |        .//   | |
        //   | |       //   .| |
        U    U      .U    U
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――     
 
 千利休や秀次切腹、朝鮮出兵等、豊臣家の失政と言われるものは
 この秀長の死後に起こっている。

37>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:12:49 ID:sT8/xZ2w0

 秀長に比べると出来は悪かったが、甥の秀次が後継者として指名されており、
 文武両面でそれなりにキャリアも積んで関白にまでなっていた。
 
 ―――――――――――――――――――――――――
    豊臣秀次
      ↓
      丿   ,;⌒⌒i.
   ノノノノ⌒ヽ (   ;;;;;)  ______
  (゚∈゚ )  ミ)     ,,:;;;) | WARNING  |
 /⌒\/(    ) ヽ| |/ |,;ノ |  高 野 山   |
 ( ミ   ∨∨  | /  i; |______|
  ノ  /     | | ,,i; ,, . ,;⌒‖
 ( \/ヽ ,,,丶, | |,,;.    ;i,,   ‖ヽ
  \ ) ) ..   ,,   ´ヽ (,,  ‖丿.,,,
  ///   ,,   ,,  . ´ヽ   ‖,,, ..,
 `ヾ ヽミ ,,  .、 ヽ .. ヽ丶,ヽ  ‖、,,
 ――――――――――――――――――――――――― 

 しかし素行不良を問われて高野山へ追放され、直後に切腹。
 謀反を計画していた、秀頼が産まれたため消されたという説もあるがよくわかっていない。
 
 諸説はあったにしても、幼児の秀頼よりマシだった事だけは間違いないだろう。
 また、後継者候補として実績を積み関白にまでなった人間を切腹させたこと自体が
 豊臣政権の大失態であり、政情不安の一因となっている。

38>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:13:27 ID:sT8/xZ2w0
 
 気が付けば豊臣一族の有力者は全員退場しており、幼児の秀頼のみが残されたことになる。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ┃              . ┃
    ┃       .        ┃   ┏ NEXT ..┓
    ┃           .    ┃   ┃ . ∧ ∧ .┃
    ┃               .┃   ..┃(*‘ω‘*)..┃
    ┠┬┐  ┌┬┬┐    ┃   ┃ (秀頼) ..┃
    ┠┼┤┌┼┼┼┼┬┐┃   ..┃  v v   ┃
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ..┗━━━━┛
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : :
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
    ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛   
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 後継者育成の失敗。
 これが豊臣政権最後の失政と言えるだろう。

 本来ならこの時点である程度の年齢とキャリアを積んだ後継者が残されているべきである。

 天下を治める規模の家にまともな後継者が居ない。
 普通の家ならこの時点で滅ぶレベルの大失態である。

 これが二つ目の打撃となる。

39>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:15:25 ID:sT8/xZ2w0

 秀吉の死は、二つの打撃を同時に与えることとなった。
 これが動揺しつつあった豊臣政権にとって大きな衝撃、というかトドメの一撃であったろうことは想像に難くない。

 実際、秀吉の死に伴い豊臣家は機能喪失状態になる。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
               _,,..  -―――-  、、
            ,. ‐'"´             `丶 、
           /                    `丶、
         /      ノ・ノ,   '⌒i               丶  _     __,,...._
       /             ‐く               \   ̄ ̄     ゙i
      j      、 、  、__,ノ                         _,,.. -''′
       l      ノ・ノ
       |                          ,r''"´ ̄``丶 、  __,. -- .、
       |                ̄ ̄`ヽ                          i
       |                 ___,ノ                       ノ
      !                                        ,/         ○ ←アンタレス
        ゙ 、                                   ,. - '             。 ←太陽
         \                             ,..  -‐'"                 . ←地球
          丶、                   _,,,. -‐ '"
            `` ''''ー‐-------―‐ ''''""´ 
 ←  秀    吉    の    存     存   の   大   き   さ  → 
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 徹底した中央集権を行った信長と違い、豊臣政権は諸勢力を懐柔し抱き込んで大きくなった。
 いわば連立政権である。
 
 それはつまり、親族でも譜代でもない巨大大名家がいくつも残っているということを意味する。
 それを抑えていたのは「人たらし」であり、豊臣家を一代で築いた天才、豊臣秀吉の個人的技能によるところが大きい。
 その重石が今や無くなったのだ。

 この状況に乗じて次の天下人にならんとするものが現れても不思議ではないだろう。

40>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:16:10 ID:sT8/xZ2w0

 そしてそれは実際に現れた。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
        ,                    、
       /                     \
     /                        \
    /       l                      ヽ
            ハ      l 、     l   l         .  あっれー
    |       .l  /  、     | \   |、  |          |  秀吉さん死んじゃうの?
    |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          |  じゃあ次は私が頂いちゃおっかな?
    |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |
       /, ― '      \|   , ===ミ. V       
   /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、   盗るよ?
  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  天下盗っちゃうよ?
 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \  いいの?
   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'
   |       } / /           ハ      | .// | 、 |
    .  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .| \|
    ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. |
        | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|
        |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \
               /    ./> | ∨ ./ <  /  |
           /    ./\ | ハ/ /  /   .|
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 [徳川家康(関東のほぼ全域/255万石)]
 五大老筆頭。
 言わずと知れたこの次の天下人。
 当時の最大勢力であり、所領の255万石は豊臣家の240万石(畿内プラス飛び地全部合わせて)を上回る。
 
 しかも配下の家臣団は戦国時代生き残りの精鋭。
 家康本人が豊臣秀吉と同格の戦歴と能力を持ち、この家臣団と巨大兵力を強烈に統率している。
 
 ちなみに近しい人間には「やすな」と呼ばれる

41>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:16:57 ID:sT8/xZ2w0
 
  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /  
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/
   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /   待っててね〜。
   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/   
    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /    今すぐ抱きしめに行くから!!
    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_    私の て ・ ん ・か !!
       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \
   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 彼は秀吉の死後すぐに行動を開始し、実際に天下を取る。
 但し、彼の天下人への道筋は、当時の人々や彼自身が考えていたよりも遥かに険しいものとなる。

42>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:17:19 ID:sT8/xZ2w0

 この時点では、彼を阻む大きな壁がまだ残っていたのだ。
 ――――――――――――――――――――――――――――――
                        : r:.、
                        : |:.:.ヘ
                       ト:.、:〉:
                      /  / :
                      /\/
                      /  /
       //−_z            _/  /
  /.:|/.: //  \       Λ//L/
  {.: .: .: /ィ: : | ̄ ̄ |-:―‐:。<。: ゝ/Λ __
 <:ヽ: .: .: / : : |     |茎≫ : . : . : \//L.    \
  \: .:∠: : : ∟ __|< : . : °: °: V/Λ ̄ヽノ \._
 <: .: rーイ―‐:<: . : . :>――‐- 、:V//    \┘:.:.:.)
  ∠:_乙.」: . : . : . > ´          ̄       ̄ ̄
 ――――――――――――――――――――――――――――――

 秀吉は秀頼へ多くのものを残した。
 240万石に及ぶ直轄領。
 東洋最大の城郭である大坂城。
 そして、豊臣家に忠誠を誓い、豊臣の為に働く家臣団。

 これらが家康の天下取りの障壁となり、豊臣家を守ったのだ。

43>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:17:46 ID:sT8/xZ2w0

 これは。。。
 一介の奉行の身でありながら、己の信念のため、
 後の天下人徳川家康と互角の戦いを繰り広げた1人の漢の物語である。
 
      |┃
      |┃三.          . / ̄\
      |┃三.          . |   . |
      |┃             \_/
  ガラッ. |┃  ノ//          |
      |┃三          /  ̄  ̄ \
      |┃         /  \ /  \
      |┃        /   ⌒   ⌒   \   よくぞこのスレを開いた
      |┃        |    (__人__)     |    褒美として西軍に入る権利とオプーナをやる
      |┃        \    ` ⌒´    /   ☆
      |┃        /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
      |┃       / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
      |┃      / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
      |┃     .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
      |┃     l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
      |┃        / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / 西軍権利 /|
      |┃       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|_____
      |┃ 三  /参加賞  /|  ̄|__」/ オプーナ   /| ̄|__,」___ /|
      |┃三   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ / ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ / .|
      |┃三   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
      |┃    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

44>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:18:11 ID:sT8/xZ2w0

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|      .   ■第一部 「世紀末救世主伝説」         .     |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛

45>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:25:32 ID:sT8/xZ2w0

  ー 伏見城下 ー
 .                  {}
                  ,r'A':、
                ,r:'"/\`':.、
 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
            |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
           ';王王王王王八王王王王王ヨ
            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

46>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:27:02 ID:sT8/xZ2w0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
       ____
     /      \
   / ─    ─ \  ふ〜。やっと終わったお。
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)     | もう三日も徹夜お。
 \     `⌒´    ,/  まあ太閤さんが亡くなったんだから仕方ないお。
 /     ー‐    \  しかし家康も空気読めよなマッタク。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 [石田やる夫(五奉行/近江 19万石)]

 本編の主人公。
 豊臣政権の実務担当トップである、いわゆる「五奉行」の一員。
 主担当は立法と司法関連と言われることもあるが、実務能力が高く秀吉の信頼も厚かったことから
 割と何でもやっていたようである。
 
 そういう経緯や関ヶ原の件で五奉行筆頭と思われることが多いが、
 家柄とか勤続年数とかの問題で五奉行内の順位は3位か4位と言われている。
 ちなみに通称は三成。

47>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:27:40 ID:sT8/xZ2w0
  
      |┃
  ガラッ. |┃
      |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
      |┃三    /  \   / \
      |┃     /  (●)  (●)  \  ということで久々に帰宅だお。
      |┃     |    (__人__)     |  ただいまお。
      |┃三   \    ` ⌒´    /
      |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

48名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:28:56 ID:uXTdZTsw0
ところでこの家康が涙目で脱糞する場面は描かれるんですかね・・・・(ゲス顔)

49>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:29:14 ID:sT8/xZ2w0

――――――――――――――――――――――――――――――――――  
    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \
  |  ( ●)(●) |  おかえりなさい。
 . |   (__人__)  |
   |   \_)  |  お疲れ様でしょ。
 .  |         }  残業時間的に。
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ
    /    く
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 [島やらない夫(石田家 筆頭家老)]

 石田家筆頭家老で「やる夫に過ぎたるもの」と言われる程の人物。
 石田家に召抱えられた時にやる夫の所領の半分を与えられた話は有名だが、
 その処遇に恥じない働きでやる夫を大きく支えた。

 15年来の付き合いであり、やる夫とは主従というより親友に近い。
 
 やはり関ヶ原のアレとかで武勇の人と思われているが、この時点ではあまり目立った武功はない。
 元々は内政の人だったのかも。

 ちなみに通称は左近。

50>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:32:44 ID:sT8/xZ2w0
>>48

今のところ予定はありません。
この人にしたのは「煽り」に一番向いてるからなんですね。

タダ、元のキャラがキャラなので、結構殴られる機会は多いです、
三方ヶ原は、回想シーンとかで出すのもアリっぽいかと今思いつきましたが。

51>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:33:50 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
    /      \
   /   _ノ ヽ、_.\  いきなり何やってんだお?
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    | 
 /     ∩ノ ⊃  /  磯野家じゃないんだから
 (  \ / _ノ |  |   玄関先でいきなり筆頭家老クラスの人間は出てこないお?
 .\ “  /__|  |   時代考証ちゃんとやってんのかお。
   \ /___ /    
  
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  
  |    ( ●)(●)  細かい史実とか時代考証とかは無視してください。
 . |     (__人__)  物語的に考えて。
   |     ` ⌒´ノ  やる夫様だってお供も連れずに出歩いて自分で戸を開けてるし。
 .  |         }
 .  ヽ        }   ところで、城内の様子は如何でしたか?
    ヽ     ノ    太閤様がご危篤で大騒ぎと聞いておりますが?
    /    く  
    |     \  
     |    |ヽ、二⌒)、

52名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:34:47 ID:3GV2sEXA0
関ヶ原のデスマシーンさんチィーッス

53>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:34:54 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
    /      \    …大騒ぎというより、皆キョドッてるお。
   /  _ノ  ヽ__\   というか太閤さん亡くなったお。
 /    (─)  (─ )\ 
 |       (__人__)    | 当然みんな動揺してる。
 /     ∩ノ ⊃   / 徳川家康が露骨に味方集めて回ってるせいもあるがお。
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |   太閤さんが危篤ってことでみんなここに集まってるから
   \ /___ /   アイツにとってはいい機会なんだお。

 ――――――――――――――――――――――
  【審議中】
 ドースル ∧,,∧  ∧,,∧  タイコーサンダイジョブ?
   ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ ヤバクネ?
  ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
  | U (  ´・) (・`  ) と ノ
   u-u (l    ) (   ノu-u ?
       `u-u'. `u-u' ツギイエヤス?
 ――――――――――――――――――――――

54>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:37:03 ID:sT8/xZ2w0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  
  |    ( ●)(●)   ・・・そうですか。遂に亡くなられましたか。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   しかし豊臣家も完全にナメられてますね。
 .  |         }    
 .  ヽ        }    まあ軍事力は今も昔も完全に向こうが上です。
    ヽ     ノ    今までは太閤様の個人技で持っていたというのが実情でしょうか。 
    /    く         
    |     \      豊臣家的には。
     |    |ヽ、二⌒)、

55>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:37:51 ID:sT8/xZ2w0
 
             ___
           /ノ  ヽ、_ \    戦争になったら話にならんお。
          /(●) (●.) \   数からしてあっちが多いし、将校とか兵隊の質がガンダムとザクぐらい違う。
        /  (__人_,)    \ 
        |  l^l^ln ⌒ ´        | 太閤さんが二倍の兵力で攻めても家康には勝てなかったんだお。
        \ヽ   L         ,/ まともに戦って勝てると思う方がおかしいお。
           ゝ  ノ         
            /   /          
                 
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    確かに、そこそこの大名家でも3分で全滅でしょうね。
  |    ( ●)(●)  小牧長久手の戦闘では、完全状態の太閤様ですら負けました。 
 . |     (__人__)  得意の外交で上手くやったお陰で戦争には勝てましたが。。。
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         }   豊臣家の方が天下をとれたのは、 
 .  ヽ        }   太閤様の戦略眼と外交手腕のおかげとしか言いようがありませんね。
    ヽ     ノ   
    /    く     それが無くなった訳ですから非常に危険です。
    |     \      
     |    |ヽ、二⌒)、

56名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:37:59 ID:I7YzbsgQ0
最低でも中枢に喰いこんどかないと自分の死後領国解体されかねないからねえ

57>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:38:53 ID:sT8/xZ2w0
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    しかし家康もいい年です。
  |    ( ー)(ー)   今更そう無茶もしないと思いますし、
 . |     (__人__)   放っておいてもそのうち死ぬのでは?
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         }   
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ   
    /    く       
    |     \      
     |    |ヽ、二⌒)、

58>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:39:40 ID:sT8/xZ2w0
 
                       ____
                     /      \
                    /  _ノ  ヽ__\  …無理だと思うお。
                  /    (─)  (─ )\ 
                  |       (__人__)    |  やらない夫は直接見てないからわからんと思うけど
                  /     ∩ノ ⊃   /  あいつの肌つや見てたら女子高生みたいだったお。
                  (  \ / _ノ |  | 
                  .\ “  /__|  |    あいつ絶対毎日青汁とか飲んでるお。
                    \ /___ /    もしかしたら飛天御剣流とか習ってるかも。
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  
  |    ( ●)(●)  ありゃ。。。
 . |     (__人__) 
   |  u  ` ⌒´ノ  それはやる気満々ですね。
 .  |         }  状況的に考えて。 
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ 
    /    く     それで、やる夫様はどうされますか?
    |     \  
     |    |ヽ、二⌒)、

59>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:40:13 ID:sT8/xZ2w0
 
                       ___
                     /ノ  ヽ、_ \  
                    /(●) (●.) \  どうされるって?
                  /  (__人_,)    \ 何をお?
                  |  l^l^ln ⌒ ´        |
                  \ヽ   L         ,/
                     ゝ  ノ
                   /   /
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  
  |    ( ●)(●)  いや。
 . |     (__人__)  その。
   |  u  ` ⌒´ノ  
 .  |         }   私の口からは申し上げにくいのですが。。。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ    例えばこれを機会に家康側にとらばーゆ(死語)すると言うのは。。。
    /    く     豊臣直参ですら家康方に着こうとしているのが居るとか。
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

60>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:40:41 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
    /      \
   /  _ノ  ヽ__\  …まー情けない話だお。
 /    (─)  (─ )\ 
 |       (__人__)    |  浅野のおっさんなんか、五奉行筆頭で太閤さんの親類のクセに
 /     ∩ノ ⊃   /  太閤さんが助からんとわかったらソッコーで家康にゴマすりまくってたお。
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |   親類さえそんなんだお。
   \ /___ /   外様なんか言うに及ばんお。

61>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:41:06 ID:sT8/xZ2w0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         、--、, - 二二`-、
       < ̄_  , -─--、\`ヽ
       .//   ` ,へ ヽ \ ||
       .レ| . //`"⌒| | ヽ\ | | |   そろそろ切り上げどこじゃないかな・・・・・・?
        レ. | |     レ | | | | | | | 
           |==a-  =a==ァ| | | | 
         | `ーノ  -- ' |ヽ、| |
       ηη |  < 、 u  , ィ|∂ノ |   豊臣家は。 
     /ノノノ  |ヽ三三三彡' | | |丶ヽ
  ヒ/.I.I.I.Iヽ-- \ `=   ,. | | |──\
  ソ|   | |:: :: :|| |\ _ - ´ / || |:: :: :: :: ::
   ・ヽ/ ノ:: :: || | |ヽ   / || |:: :: :: :: :: :
   ・     :: :: :: ::|| | \ /   リノ:: :: :: :: :: ::
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [浅野長政(甲斐16万石/五奉行筆頭) ]
 豊臣家創成期からの家臣。
 しかも秀吉の正妻(おね)の義兄という親族でもある。
 
 彼のような人物が真っ先に豊臣家を見限ったことは、この頃の豊臣家を象徴している。
 
 ちなみに、彼が五奉行の筆頭であったこと(前田玄以説もあり)と、
 忠臣蔵でおなじみの浅野内匠頭のご先祖であることはあまり知られていない。

62>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:41:45 ID:sT8/xZ2w0
 
                ____
              /      \ ( ;;;;(
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
           /    (─)  (─ /;;/  …やらない夫。
           |       (__人__) l;;,´   
            /      ∩ ノ)━・'/  徳川が天下取ったらどうなるか判るお? 
           (  \ / _ノ´.|  |    
           .\  "  /__|  |
             \ / ___/
 
 
    / ̄ ̄\    (怒ったかも。ちょっと不用意だったかな。。。)
  /   _ノ  \   
  |    ( ●)(●)  そうですね。。。
 . |     (__人__)  豊臣恩顧の大名は大幅に減封されるでしょう。当然取り潰しもあり。
   |  u  ` ⌒´ノ   我々のように政権に近い人間は特に危険だと思います。
 .  |         }   
 .  ヽ        }   。。。まあ今後の徳川との関係にもよりますが。
    ヽ     ノ
    /    く
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

63>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:42:03 ID:sT8/xZ2w0
 
                       ____
                     /      \ ( ;;;;(
                    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                  /    (─)  (─ /;;/ そういうことじゃないお。
                  |       (__人__) l;;,´   
                  /      ∩ ノ)━・'/  
                  (  \ / _ノ´.|  |    
                  .\  "  /__|  |
                    \ /___
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  
  |    ( ●)(●) 
 . |     (__人__)  ・・・と言いますと?
   |  u  ` ⌒´ノ  
 .  |         }  
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ  
    /    く    
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

64>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:42:49 ID:sT8/xZ2w0
 
        ____
      /      \ ( ;;;;(  あいつ見た目女子高生みたいなのに滅茶苦茶保守的だから、
     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 娯楽とかそういうの絶対弾圧するお。
   /    (─)  (─ /;;/
   |       (__人__) l;;,´   そいで農業は大好きだから皆で農業だけやってろとか言うハズ。
   /      ∩ ノ)━・'/
   (  \ / _ノ´.|  |    ていうか、あいつは今みたいに自由な世の中が気に入らんお。
   .\  "  /__|  |
     \ / ___/

     やらない夫はアイツの旗印見たことあるかお?

65>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:43:12 ID:sT8/xZ2w0
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ┃
 /┃\
 ┯━┯   「厭離穢土」ってのは「この穢れ切った世界を厭って離れる」
 │厭│   「欣求浄土」は「美しい世界である浄土を求める」って意味。
 │離│
 │穢│   アイツら今の世の中を穢土って公言してるんだお。
 │土│   そいで浄土に作り替えるって言ってる。
 │欣│   
 │求│          ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
 │浄│     .    /          \   バーカバカ
 │土│        /  ∧ ∧、_,ト、   \   ヴァーカ!!
 └─┘     _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >
   ┃       /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  
   ┃      ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
   ┃       |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
             Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
              (uuイ〉`八Π八    |
              ├―| \∨/   |
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 そんな奴が天下取ったらどうなるお?

66>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:43:46 ID:sT8/xZ2w0

      / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ○)(○)    まっまさか!
  .   | U   (__人__)
     |  U  |r┬-|  彡  もしかして、非実在青少年健全育成法とか可決されますか!?
  .   |     ` ⌒}   彡  
  .   ヽ        }       薄い本とかどうなるんですか?
      ヽ     ノ       ブルーレイ版になると湯気が消えてるTVアニメとかは?
      /     \

67>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:51:28 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
    /      \ ( ;;;;(  当然発禁お。
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  パンツじゃなくても大丈夫じゃないお。
 /    (─)  (● /;;/ 
 |       (__人__) l;;,´   
 /      ∩ ノ)━・'/     ――――――――――――――――――――――――
 (  \ / _ノ´.|  |                ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ    ソレ
 .\  "  /__|  |          .    /          \   パンツジャロガ
   \ /___ /              /  ∧ ∧、_,ト、   \  
                       _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    > ボゲエ!!
                         /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  
                        ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
                         |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
                           Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
                            (uuイ〉`八Π八    |
                            ├―| \∨/   |
                      ――――――――――――――――――――――――

68>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:51:56 ID:sT8/xZ2w0

        ____
      /      \ ( ;;;;(  
     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  アイツ貿易も嫌い、てか商業自体嫌いだから
   /    (─)  (─ /;;/  明国みたいに鎖国もやりかねんお。
   |       (__人__) l;;,´   
   /      ∩ ノ)━・'/   そうなったら海外にもアクセスできなくなるお? 
   (  \ / _ノ´.|  |    x videoとかも見れんようになるお?
   .\  "  /__|  |
     \ / ___/

69>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:52:36 ID:sT8/xZ2w0

      ____
    /      \ ( ;;;;(  惣無事令と刀狩で国内の治安は劇的に良くなったお。
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 
 /    (─)  (ー /;;/  皆戦争の準備しなくて良くなったし生産性も上がったから
 |       (__人__) l;;,´   食い物以外のモノ作る余裕が出てきたお。
 /      ∩ ノ)━・'/   
 (  \ / _ノ´.|  |    
 .\  "  /__|  |   
   \ / ___/     

 ―――――――――――――――――――――――――――――――
 【審議中】
 
      センソーオワタ! ∧,,∧ ∧,,∧ チャ-ハンツクルヨ!
          ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
 ツギナニスル?( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` ) オレマンガカク!
          l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
          .u-u (   l). (l   ) u-u'
     ノーミンデヨクネ?`u-u'   `u-u' エロイ?エロイノ?
 ―――――――――――――――――――――――――――――――

 それで一部の人間は創作活動始めた。
 治安が良くなって商業も活発化したからそういうのに金出す人間も増えたお。
 南蛮やら明国との貿易でそっちの文化が入ってきたのも大きかったお。

70>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:53:11 ID:sT8/xZ2w0

 これが桃山文化ってヤツだお。
 信長公とか太閤さんが好きだってのもあったけど、こういう文化ってのは余裕がないと成立せんお。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 【創作中】
                        ∧,,∧
                       (;`・ω・)  。・゚・⌒)
                Λ_Λ       /   o━ヽニニフ))
                (・ω・`)       しー-J
             _φ___⊂)__
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |studioKano |/
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 まだ商人とか大名とか一部の人間しか参加できてないけど、
 このまま文化の大衆化が進めばいずれ平民層も参加してくるはずお。
 そしたらマンガとか同人誌みたいな大衆文化も生まれてくるようになるはず。

71>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:53:39 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
    /      \ ( ;;;;( 徳川はそれが穢土ってんだお。
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
 /    (─)  (● /;;/ 奴らが政権取ったらまず間違いなく身分を固定して下克上とか起こらんようにするはず。
 |       (__人__) l;;,´  
 /      ∩ ノ)━・'/   身分固定して思想統制すれば治安は良くなるかも知れんけど、
 (  \ / _ノ´.|  |    新しいものも産まれない詰まらん世の中になるお。
 .\  "  /__|  |
   \ /___ /

72名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 20:54:43 ID:h6RgYPTc0
未来の話はご法度だが、石田やる夫はほんとに頭固いよね

73>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:55:03 ID:sT8/xZ2w0

      ____
    /      \ ( ;;;;(  とーぜん創作活動とかに参加出来る人間は限られるようになるんだお。
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) もし原哲夫が農民の家に生まれてたらそれだけで北斗の拳描かせて貰えんお。
 /    (○)  (○ /;;/  
 |       (__人__) l;;,´    これは豊臣VS徳川の他に自由主義VS全体主義って問題でもあるお。
 /      ∩ ノ)━・'/  
 (  \ / _ノ´.|  |   
 .\  "  /__|  |   
   \ / ___/   

  ってどうしたお?

74>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:55:33 ID:sT8/xZ2w0


                   / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \    ∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
                i.、'||    ( ●)(●) ─   。r *o:*::f:::r::..l
          、  _ __ '; ' |     (__人__)   ::::::::*o;;;ro ot_f_ヽ丿
      /| | l |ヾ-"~  , ー|     ` ⌒´ノ -v--v- '''''''"V"~~ ┴
 l⌒ 二 -l ..uUU""l---- / |         }
 └    l  (  /., - イ. ヽ        }       
       |   ., - '   |  ヽ、.,__ __ノヽ         ちょっとお城行ってきます。
      /    |     ヽ_       _/    ヽ 、
     /     |       "〜- ""~        ヽ、
   /     |                       ヽ
   /     |                       i
 ../      | |                        │
 │       | l                   i    |
 ..|       / |                  ノ     |
 ..l       _ノ |                  /=======|

75>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:56:44 ID:sT8/xZ2w0
 
                      ____
                    /      \ ( ;;;;(  まあ待つお。
                   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 戦って勝てる相手じゃないことはさっきも話したお?  
                 /    (●)  (● /;;/ 
                 |       (__人__) l;;,´  それにこの時期に暗殺なんかやって 
                 /      ∩ ノ)━・'/  もしバレでもしたらそれこそ豊臣は終わり。
                 (  \ / _ノ´.|  |    
                 .\  "  /__|  |   っていうか奴らだって当然警戒してるハズ。
                   \ / ___/    影の軍団とかで警護してるに決まってるお。
               
 
     /  ̄ ̄\
   /      ノ ヽ
   |::::::     (● )  そりゃそうでした。
 .  |:::::::::::   (__人)
    |::::::::::::::   ⌒ノ
 .   |::::::::::::::    }  軽率な言動申し訳ありませんでした。
 .   ヽ::::::::::::::    }  常識的に考えて。
     ヽ::::::::::  ノ
     /:::::::::::: く
     |::::::::::::::  |
      |:::::::::::::::| |

76>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:57:29 ID:sT8/xZ2w0
 
                       ____
                     /      \ ( ;;;;(
                    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) わかればいいお。
                  /    (─)  (─ /;;/ 
                  |       (__人__) l;;,´  とはいえ現状徳川を止める方法はわからんお。
                  /      ∩ ノ)━・'/   
                  (  \ / _ノ´.|  |   まー戦争ダメ、暗殺ダメとくれば外交で行くしかないと思うお。
                  .\  "  /__|  |   こういう事態を想定して一応準備もしてあるし。
                    \ /___ /      
 
    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \  そうでした。
  |  ( ●)(●) | そういえば色々やりましたね。
 . |   (__人__)  |  
   |   \_)  |  
 .  |         }  少々付け焼刃的では有りましたが、
 .  ヽ        }  敵もそう好き勝手はできないはず。
    ヽ     ノ  
    /    く

77>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:57:53 ID:sT8/xZ2w0
 
       ____
     /      \ ( ;;;;(  やる夫ももうアラフォーなんだお。
    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) この年だと徹夜とかもうしんどいし。 
  /    (─)  (─ /;;/ 
  |       (__人__) l;;,´    やる夫はもう奉行やめてFXとかで生計立てながら 
  /      ∩ ノ)━・'/   x videoのタダのとこだけ見て一生終えるお。  
  (  \ / _ノ´.|  |  
  .\  "  /__|  |    奴らが天下取ったらそういうのできなくなるお。
    \ / ___/    それだけは絶対許さんお。

78>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:58:21 ID:sT8/xZ2w0
 
          __
    _, -‐'´ ̄    ̄'ー=x
  /'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
 /::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::|
 ::::::,, -''゙ ̄_,,. __ _x_ __ `'''::、::::i
 ゙Y゙ ィ '´_,,;::=--竺-=ミ、-.`ュノ
 =:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::..`‐ミ{     わかりました。やる夫様。
 ::::T`'ァー-x;,___,,,;;;;ィTi、__
 :::::Y i   (_ ゚_ノ〉 K(´゚ ),{::::.、゙ヽ、  不肖このやらない夫、地獄の底までやる夫様にお供します。
 ::::::,`|     r  人  、  i:::;;:;:ヾ、::.\
 ,w'゙Yl    `ー _ ー ' ゙i'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
 , .}ミi、            /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
 ミ,, ヾiミヽ,       rムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
 :::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
 :::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

79>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:58:39 ID:sT8/xZ2w0
 
                     / ̄ ̄\
          ____     / _ノ  .ヽ、\
        /      \   .|  (●)(●) | ということで、
       /   \ , , / ヽ   |  (__人__) .|  
     /    (● )  (● )'  |   ` ⌒´  ノ  日本の商業(主に商業誌と商業用サイト)
     |        (__人__)   | .ヽ  ._   .}  は俺達が守る!
      γ⌒ヽ   ` ⌒´ ,/  ヽ_/ } . ノ 
   ___|  /   ー‐    \ /、 〈  く  
  ! i i | _ノ、          |ハ ヽ Y`ー.、i  
  l ! l |   ヽ_         |{ ヽ_ゾノ-‐1  
   ̄ ̄ ̄⌒ヽ_)         |`¨´┬' . |

80>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 20:59:53 ID:sT8/xZ2w0
 
         -‐ '´ ̄ ̄` ,.-、、
 .     / /" `ヽ ヽ〈{※})    おかえりなさい。
     冊冊¨     ヽハ ∬ ヽ
     〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| ∬│i|  えっくすじゃぱんがなんですって?
     レ!小l( ●) (●)ハ ∬、i|
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ∬.ノ
 .     ヽ、  ゝ._)   j ∬
       ,.;''ヾ,、 __, イ,;'ヾ、
     r ‐‐;, , ゙'';, ,.;''´, ´,;'---、
     {    ゙ ;.,、 ¨,;''  ,.;''    1
     | ノ    `゙;,,,;'  ,;';゙   r" /
    /       ,;'' ,;゙''    `; l
     {     く_,;'  ,;'       } |
     ゝ    / `゙゙´     丿 |
      `|ー- -、___,.-‐イ  」
 
 [やる美(やる夫正室)]

 やる夫の妻。
 
 一夫多妻が当たり前のこの戦国時代だが、そんな中やる夫が側室を置いていないのはワリと有名な話。
 やる夫との間に6人(7人/8人説もあり)の子供を設けている。
 
 やる夫クラスの人物の、それも唯一の妻であるにも関わらず歴史的な資料が非常に少ないらしいが、
 まあやる夫に愛されていたのは間違いなさそう。
 ちなみに歴史上の名前は皎月院(こうげついん)。

81>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:00:24 ID:sT8/xZ2w0
 
                       ____
                  .    /_ノ   ヽ_\    なっ何でもないお!
                    /( >)  (<) \  やらない夫がえっくすじゃぱんのボーカルに
                   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ちょっと似てるって話してただけだお。
                   |     |r┬-/      |  
                   \     ` ̄'´     /  それにやる夫は筋肉少女帯の方が好きだお。
 
      ____
    /      \  チラッ
   /  ─    ─\   
 /   (=・=)  (=・=)\ (やる美はこの手のシャレが通じんからさっきの話は秘密お
 |       (__人__)    |   あと、太閤さんが亡くなったのはまだ公開してないからそれもだお)
 \      ` ⌒´   /    ↑目で合図

82>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:01:25 ID:sT8/xZ2w0
 
     _, /'´ ̄ ̄`ヽ、
   / '  ,〃" `ヽ、 ヽ\ ふ〜ん。そうなの?
  / ノ / ソ/    \,ヾ ヽ 
  |i レ ,リ \   / リソ ,i| 太閤様が危篤ってのに呑気な話ね?
 .|i !.| ,从(●)  (●)i'|从 まあ他の女の話でないなら良いわよ。
   Yiソ⊂⊃  '  ⊂⊃リ
   'レノレ,    ⌒  /!′
     リiソ)   ー ィ´
 
    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \  
  |  ( ●)(●) |  
 . |   (__人__)  | 
   |   \_)  | しかし、安心しました。
 .  |         } 
 .  ヽ        } 
    ヽ     ノ  
    /    く

83>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:01:58 ID:sT8/xZ2w0
 
       _____     ━┓
     / ―   \    ┏┛
   /ノ  ( ●)   \  ・
 . | ( ●)   ⌒)   |   なにがお?
 . |   (__ノ ̄    /   (いい感じで話題を変えたお。やらない夫エライお!)
 . |         /     
   \_      _ノ\    
     /´         |    やる夫わかんないお?
 .    |  /      |    教えて欲しいお?
 
 
 
    / ̄ ̄\チラッ
  / ⌒  ⌒ \  いや、やる夫様は私よりも遥かに昔から太閤様とお付き合いがあります。
  |  ( =・=)(=・=)  それこそまだ幼少の頃から。
 . |   (__人__)  | 
   |   \_)  | それがご危篤というのにお元気な上に私以上に冷静なので。
 .  ヽ        } 
    ヽ     ノ  (これだけ自然なら大丈夫ですよね。流れ的に考えて)
    /    く     ↑目で合図

84>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:02:30 ID:sT8/xZ2w0
 
                       ____
                     /_ノ   ヽ_\    しししっ。
                    /( >)  (<)\   やる夫ももう40近いおっさんお!アラフォーだお!
                  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \ 
                  |     |r┬-/       | それに家族が病気ぐらいで泣いてたら奉行は務まらんお!
                  \     ` ̄'´     /  泣いてるヒマあったら家康に勝つ方法考えるお!
 
      ____
    /      \  チラッ
   /  ─    ─\   
 /   (=・=)  (=・=)\ (OKお。やる夫はもう疲れたから解散お
 |       (__人__)    |  ちなみにこのチラッてのは時間にして100分の1秒ぐらいだから他人には判らんお)
 \      ` ⌒´   /

85名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:02:38 ID:I7YzbsgQ0
なんというかテンプレなアンチですな家康はむしろ貿易好きですし

86>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:09:51 ID:sT8/xZ2w0
>>85

鎖国をしたのは家光で、家康は貿易そのものには積極的だったという説も最近多いですね。

家康的にはキリスト教普及→侵略コンボさえ防げればそれで良かったのに、彼の死後に
「キリシタン嫌ってた」→「何となく家康が貿易嫌ってたから」みたいなノリでやっちゃいましたって話ですが。

ただ、「この時のやる夫が知り得た情報」を元にすると、こんな感じになったのではないかと。

87>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:10:37 ID:sT8/xZ2w0
 
     , / '´ ̄ ̄` ー-、    そうね。。
   /   〃" `ヽ、 \ヽ   私もそれが心配だったけど、元気みたいだから安心しちゃった。
  / /  ハ/     \ハヘヘ.  
  |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ 久しぶりに帰ってきたから色々アレだけど、
  |i| 从 ( ●) (●l小N  やる夫も徹夜明けで疲れてるだろうから今日は寝て体力とか回復させておくこと!
   (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ  
   VV j .        ノ    私以外に使ったらコロスからね。 
    _'Y/゙ヽ、 _ , '      想像するのもダメよ?
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、 
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1   何言ってるか解るわよね?

88>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:11:09 ID:sT8/xZ2w0
 
    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \  
  |  ( ●)(●) |  
 . |   (__人__)  | 私も失礼します。
   |   \_)  | 
 .  |         }  今後のことはまた。今日はゆっくりおやすみ下さい。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ  
    /    く

89>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:11:33 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
    /_ノ   ヽ_\    そうするお!
   /( >)  (<)\   二人の言うとおり、今日は疲れたからもう寝るお!
 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ じゃあまた明日お。
 |     |r┬-/      |  
 \     ` ̄'´     /  
 
 
 <それじゃ失礼します。
  <おやすみなさーい。

90>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:12:43 ID:sT8/xZ2w0
 
 < シーン
      ____
     /      \
   / ─    ─ \  ・・・。
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)     | 
 \     `⌒´    ,/ 
 /     ー‐    \

91>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:13:24 ID:sT8/xZ2w0
 
      ____
     /      \
   / ─    ─ \  ・・・。
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)     | 
 \     `⌒´    ,/ 
 /     ー‐    \

92>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:13:46 ID:sT8/xZ2w0
 
 
 ・・・。
                ___
              /      \
 ・・・。        /⌒   ⌒   \
           /(● ) (● )   ヽ
             | ⌒(__人__)⌒      |
          \   `⌒ ´     /
              /             \

93>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:14:06 ID:sT8/xZ2w0
 
       ____ 
     /       \ さてと。。。
    /   ─   ― ヽ          |\`、: i'  
  /    ( ●)  ( ●)'  ・・・。    .\\`_',..-i 
  |        (__人__)   |          .\|_,..-┘
  \       ` ⌒´  ,/        
  /      ー‐   ヽ

94>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:14:29 ID:sT8/xZ2w0

             ____   _____
            /      \/        \       ‐-、
      、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、
    、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
    !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |
         \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /
          /                       ヽ
 
 やらない夫もやる美もどっか行ったお。
 やる夫も太閤さん死ぬ前からずっとお城だったし、もう我慢できんお。
 
 それでは。。。

95>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:14:49 ID:sT8/xZ2w0
 
      |┃三  
      |┃    
      |┃   
 ピシャ. |┃   
      |┃  ノ//
      |┃三  
      |┃    
      |┃    
      |┃三  
      |┃三  
 
 シュッシュッ。。。

96>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:17:24 ID:sT8/xZ2w0
  
          ____
        /      \      藤吉郎さん! 
   o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o   
  。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。今までお世話になって本当にありがとうお!
     | 0 / /(__人__)'  0 |   豊臣はやる夫が必ず建て直すから天国から見ていて欲しいお!
     \ / /  `― '     /   うわああああああぁん!!
 
 |\`、: i'、   @@
 .\\`_',..-i   @@
   .\|_,..-┘ @

97>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:17:57 ID:sT8/xZ2w0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 秀吉死去により、豊臣家中に大きな動揺が走った。                             │
│ 多くの家臣たちは徳川へ着く、或いは中立に近い立場を取ったが、                 .   │
│ 石田三成だけは最初から最後まで豊臣家を守るために活動している。                 .  │
│                                                            .   │
│ しかし、その理由、動機については取り沙汰される事は多くない。    .                     │
│ 徳川が採るであろう政策に不満があった。自分が作った現政権を守りたかった。       .      │
│ 奉行という自分の権限を守りたかった等、諸説あるが、秀吉への個人的な忠誠心が動機であった  │
│ という話はあまり聞くことがない。                                          │
│                                                        .       │
│ こういう状況では、まず個人的忠誠が理由の筆頭に上がりそうなものだが、        .       │
│ 彼の「冷徹な官吏」というイメージがそれを遠ざけたのかも知れない。                .    │
│                                                     .          │
│ いずれにせよ後世の我々がそれを知る由はない。                    .  .           ┃
┃ だがひとつ間違いないのは、彼がこの後、誰よりも強く激しく豊臣家を守るため動いた事である。..  .│
└──────────────────────────────────────────┘

98>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:18:16 ID:sT8/xZ2w0

───────────────
[ 第一部 ここまで ]

 ≡    ∧∧∧_∧
≡   と(と(と(´・ω・`)
 ≡  ― ― /  と_ノ サッ
≡ /  / // /⌒ソ
 ≡  -'-'-'´

To Be Continued!
────────────────

99名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:18:31 ID:6eDmM7aA0
三成スレか。
三成もだいぶ見直しが進んだからな。
作者がどの程度織り込んで作るかわからんけど
とりあえず見守るか。

100>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:18:35 ID:sT8/xZ2w0

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 [石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです]
 
    __   __       __                      __
    l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
     , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
   //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
   l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
   l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/
 
                                        ー第二部ー
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

101>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:19:00 ID:sT8/xZ2w0

 秀吉を失ったやる夫を待っていたのは、また戦国だった。
 束の間の平和の後に住み着いた欲望と暴力。
 混乱が生み出したソドムの街。

           <:. :. :. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. .. .. .. ..      
              >:. :. :. :. ∠:.____:./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :  
           /:  ̄ ̄ :ヽ――― : .  / :. :. :. ://:. :. :. :. :. :. :./. :. :  
     −=≡./: : : : : : : : : |: : : : : : : : ヽ///: / / :. :. :. :. : // :. :. : 
 =≡. ――: 、/: : :.:.| : : : : : :|: : : : : : : : :| 、//― /:´//:. / /:. :. /  
 __/ : : : : : : :|: : :.:.| : : : : : :|: : : : : : : : :|しヽ.   // //  ∨:. / ./   
   |: : : : : : : :|: ー‐ へ.:__:ノ: : : : : : : : : :|   \ヽ       /:.X   /:.   箱根どうすんだよ!
   |: : : : : : : :|: : : : : : :.:.|: : : : : : : : : : : : :|    ヽ       _   ー/:. :   
   |: : : : : : : :|: : : : : : :.:.|: : : : : : : : : : : : :|  o  }    ⊂ニ=−- /:. :. :  
 ―┤ : : : : : : |: : : : : : :.:.|: : : : : : : : : : : : :|   /ニ=ー┬     ノ:ノ:. :/ 
   ヽ : : : : : 人 : : : : :.:. |: : : : : : : : : : : : :'  ノ///////|       ∨   
      ̄ ̄ ‐= ー――へ :____:ノ //////////      ノ    
        ,   - ――=≠::::>ー‐<////////_ノ__ . <

102>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:19:24 ID:sT8/xZ2w0
 
                          ___       
                        /     \ キリッ  
                       /   \ , , /\    
                     /    (●)  (●) \  
                      |       (__人__)   |    
                      \      ` ⌒ ´  ,/    
                       /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
                       |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
                      |            `l ̄    
                       |          |     
                       |          |  名付けて「やる夫バブル」。
      ____
    /      \ ( ;;;;(  
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 
 /    (●)  (● /;;/  
 |       (__人__) l;;,´   後でくぎゅ出てるとこだけ繰り返して観るけど。
 /      ∩ ノ)━・'/    
 (  \ / _ノ´.|  |   
 .\  "  /__|  |    
   \ / ___/   


 悪徳と野心、頽廃と混沌とを唐獅子図屏風にかけてブチまけた、
 ここは山城国伏見のゴモラ。

 次回「やる夫バブル」。

 来週もやる夫と戦国に付き合ってもらう。

 -----------------------------------------------------------

103>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:21:07 ID:sT8/xZ2w0
ということで、第一部は以上です。

見ていただいた方、どうも有難うございました。

104名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:25:41 ID:uXTdZTsw0

やる実ヒロインとは珍しい

105名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:26:54 ID:QrFJEkQU0

経済ネタはおもしろそう

106名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:30:44 ID:HdIQlooE0
ボトムズのパクリ予告とな

107>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:35:04 ID:sT8/xZ2w0
参考文献について上げて起きます。

時代考証については主に
堺屋太一「巨いなる企て」を使っています。
というか、この作品のやる夫化と言ってもいいぐらいですね。

但し、>>1の主観やらネタやらを大量に入れているので
原作という感じではありませんが。

108>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:36:12 ID:sT8/xZ2w0
長くなったので分割

また、堺屋太一は家康をかなり厳しく評価している(やったことは正当に認めているが、嫌っている感じ)なので
アンチ家康に見える部分は多いかも知れません。
実際、作中では家康の事を終始「肥大漢」と表記したり相当悪役にしてますね。
#でもやったことは正当に評価してます、

結構旧い作品(30年前)なので、その後解釈が変わったり新しい発見があって歴史的事実が変わった部分とかあるかも知れませんが、
そのへんはご容赦を。
っていうか、>>1が単なる歴史好きの一般人ですので間違いはかなりあると思います。

その他は最近歴史好きに人気の鈴木真哉とか藤本久志の著作も参考にしています。

あとは必要に応じてWikiとか歴史ブログとからの出典も結構あります。
Wikiスゲー

色々連ねましたが、基本やる夫スレなので、あまり細かい部分は気にせず、
物語として気楽に楽しんでいただきたいと思います。

109名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:36:39 ID:.E.Hu.Z20
作者はいちいち批判的レスに反応しないほうがいいよ
創作物としてわかりやすくするには諸説のうちの自分の思う一つをとって他は切り捨てて当然

110>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:38:03 ID:sT8/xZ2w0
>>106

ボトムズ良いですね。
実はこの後ボトムズのAAは結構使います。
キャラではなくてATですが。

次回予告は基本的にボトムズで行きますので、お楽しみに。

111名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 21:38:34 ID:xF6oYPPY0
別にレス返すのは投稿終わってからでいいし批判的なレスはスルーしていいぞ、投下中に討論とか目も当てられんよ

112>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 21:45:14 ID:sT8/xZ2w0
>>111

そうですね。
過疎ってたのでつい・・・。

以降気を付けます。

113名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 22:08:18 ID:KJfxa1yY0

やらない夫がSAKONならブラザー大谷さんは誰になるのか

114名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 22:12:08 ID:rIuSIdMs0
過疎ってたので>いやどんなスレでも最初はそんなものですよ。ましてや初作品ならなおさら。
回を重ねるごとに読者は増えるというものですから。でも歴史スレは好きなので期待。
一回目の投下乙です。

115名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 22:15:03 ID:KJfxa1yY0
また〜りやればええんよ(笑顔)

116>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 22:23:03 ID:sT8/xZ2w0

 AAは大体こんな感じですね。
 
 --------------------
 豊臣家→2CH
 石田家→2CH
 五奉行→カイジ

 徳川家→キルミーベイベー

 上杉家→うすた京介作品
 佐竹家→うすた京介作品
 毛利家→北斗の拳
 武断派→ヤンデレ
 --------------------

 なるべく史実のイメージに合った(全力で>>1主観ですが)キャラを使っているつもりです。
 後、登場人物はなるべく絞った上で、統一感をもたせる様にしています。
 いっぱい出てくると区別がつきにくくなるので。

 大谷吉継は・・・。
 ヒネりがなくてアレですが、包帯のあの人です。

 ネタバレにもなりそうなので、今日の所は取り敢えずこの辺りで。

117名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 22:32:38 ID:KJfxa1yY0
包帯・・・綾波レイだと?

118名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 22:41:54 ID:5SD3NQ3s0

にしても何というウザい家康w

119>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/06(日) 23:08:31 ID:sT8/xZ2w0

次回投下は11日(金)または12日(土)の20時予定です。
書き溜めは相当あるのですぐに落としたいのですが。。。。
仕事のアレで平日は時間が読めませぬ。

そして明日初仕事なので落ちます。

改めて、レス頂いた方、読んでいただいた方有難うございました。
週末にまたお会いしましょう。

120名無しのやる夫だお:2013/01/06(日) 23:15:12 ID:x3C5dXmw0

石田三成主役とはとても楽しみです

121名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 02:52:57 ID:ZKQ.Meio0

三成主役とか楽しみです
結果はああだったがたかだか19万石でよくあそこまでやれたよな

122名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 10:27:41 ID:.uoZC4xc0
乙です
何かAA選択が昔のやる夫スレみたいで、新作なのに懐かしい気分になりましたw
頑張ってください

123名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 19:04:58 ID:JQUBSRc.0
おつ

しかしまあやる夫も大変だな
家康演じたと思ったら今度はそのライバル役ときたもんだ

124名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 19:50:02 ID:eZ5CfySE0
乙です。

徳川家がキルミーベイベーとは、いい趣味してますね。
ソーニャは本多正信かな?

次も期待してます。頑張ってください。

125名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 19:54:16 ID:FBZ6u44A0
>>123
西田敏行の方が大変だよ

1584 西田敏行、西田敏行に小牧長久手の戦いで敗れる。
1598 西田敏行死去。遺児は後に西田敏行に滅ぼされる
1600 西田敏行、真田昌幸に進軍を阻まれ西田敏行の叱責を受ける
同年 西田敏行、上記にも関らす石田三成を関ヶ原に破る
1603 西田敏行、幕府を開き初代将軍になる
1605 西田敏行、西田敏行に将軍職を譲り、後に駿府城に移る。
1614 西田敏行が西田敏行を「関ヶ原には遅すぎ、大坂には早すぎる!たわけうつけ間抜けーッ!」と怒鳴り付ける。
1716 西田敏行、八代将軍になる
1745 西田敏行、徳川家重に将軍職を譲り、江戸城西の丸に移る。
1868 薩摩藩の西田敏行らと長州藩の西田敏行らが協力して幕府を倒す
1877 西南の役で、長州閥西田敏行総指揮の官軍に西田敏行軍は鎮圧され、城山で自刃。

126名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 19:59:33 ID:bDpJUVb60
>>123
ここのやる夫をオンドゥルルラギッタ人もやってる

127名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 20:27:51 ID:KF1v1Xjg0
>>125
わろすw

128名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 21:31:13 ID:AfPIy0s20
>>125
これはいいテンプレになるwwwww

129名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 21:54:15 ID:4/r9Xk9A0
>>125
そこに今年から「1868 会津藩の西田敏行が薩摩藩の西田敏行らと長州藩の西田敏行らとの
戦いに敗れて切腹した」が追加するんだぜ・・・・?

130名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 22:12:17 ID:qNYrGy0Q0
>>125
信秀と道三と道頓と山勘もやってるみたい、マジやる夫状態

131名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 23:44:59 ID:9BhQ29Ik0
高橋是清もだぞ

132名無しのやる夫だお:2013/01/08(火) 09:27:09 ID:gftxg/4U0
薩摩と会津の西郷両方演じる事になるんだな…w

133〈〈1:2013/01/11(金) 17:22:18 ID:GL6bWBjc0
すいません。
外出、というか勤め先からなのでトリップなしですが、本日の投下は不可能っぽいです。

三連休のどこかで必ず投下しますが、詳しくは今日の深夜にお知らせします。

134名無しのやる夫だお:2013/01/11(金) 19:12:37 ID:NxFLUz1c0
了解です

135>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/11(金) 23:18:23 ID:k/WXodgM0

やっとこ帰宅。

第二部投下は明日1月12日の13:00からとします。
かなり長いので分割することになると思いますが、連休中には全て投下しますね。

それでは明日。

136>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:01:02 ID:Ocqf97Ps0
 

        石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです。
 ┏┓                                            ┏┓
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
 ┏╋────────────────────────────╋┓
 ┃|                                            |┃
 ┃|           ■第二部 「大戦略1598」                  |┃
 ┃|                                            |┃
 ┗╋────────────────────────────╋┛
 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ┗┛                                            ┗┛

137>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:02:26 ID:Ocqf97Ps0
 
 秀吉が亡くなる少し前。
 伏見城下 向島の徳川家康邸。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
            ___...  -―…―--
            >              \
 .          /                 ヽ
 .        /          .|   .!         ',       ∩___\\
         / ,     |   |.  :|\   /     !_____ ⊂ r┐!
 .       // | :!.    !  ./!   |  ヽ ./     \|:::::::::ノ  ∪ ∪   
           | |   :| /-|   :! --V-\.    \<
           | |   ./V_八   ! ______ .!   厂「.トヾ   ⊂~,⊃
           | |ヽ /.{ {:::::::}`\ !. {::::::::} } !  ./∨ !  \ ⊂ニ' 'ニ⊃
           八ハ Vハ弋:::ノ   .. 弋::::ノ .|ハ/ .| .| |      ノノ  ∩_
 .             |  }           .| /_ノ ! !       ⊂, r-,ノ
 .三三|}           | 人.         ,,イ/   .| |         ∪
 .////||           | |.| | >- .┬`.r< /\r     | |
 .////||           | |_Vノ     !イi}∨  ハ .    ! !
 .////||.       .< ̄~       /:i:|     V  | |
 .⊂⌒`―――――‐.\    !/  /i:i:i| V    ';  | |   何の用だやすな。
 ///` ._________._ \  i  !:i:i:i:|  !.    .〉 | |  
 ////し         | | `√!  |:i:i:i:|   l.   ,ィ  .| |   じゃなくてお呼びでしょうか。
 .////||.        .| |   |  |:i:i:i/   \/ .|  ! !   殿。
 .////||.        .| |   /  `¨     ||   |  ! !
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 [ 本多正信(徳川家家臣/家康の参謀) ]
 徳川家康の参謀。
 かつて家康と敵対していたこともあるが、後に許されて帰参。
 帰参時期については諸説あるが、遅くても本能寺の変頃と言われる。
 この頃には寝室に帯刀のまま入る事を許される等、家康の友と言われる程に信頼されていた。
 
 この辺はやる夫とやらない夫の関係に似ている。
 また、戦場での働きがないために味方の武闘派から嫌われていたあたりはやる夫と同じである。
 ちなみに家康からはソーニャと呼ばれる。

138>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:03:50 ID:Ocqf97Ps0
 
     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|        ',   \ ' ' V V: : : : : : /
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //        .',   .\   ∨: : : : : :/ 
   : .: .: .: .: .:V     /|          '.,    \ .': : : : : /
   |.: .: .: .: .: .|  /  |      _,-'''"`、 .'.,      /: : : : ::/     ソーニャちゃん!
    : .:ハ.: .: :: |ヽ  |   |   /:;:;:;:;:;:;:;::;` 、 '.,  / : : : : :/      会いたかったよ!
    ∨ .: :: ::{ハ .|    |  ',:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;`.、',/ : : : : /_
       ヽ:: :人  .|.    |   .', :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/| : ヽ : : :{\:::∟    久しぶりに
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、   |   ',:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ,イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟   色々教えて欲しいの!
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . .|',_ ',__:;. :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \

139>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:05:29 ID:Ocqf97Ps0
 
 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: .: .: .: .: .:       .: .: .: .: .: .: .:\
 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |\ .: .: .: .: .: .: .: .:     .: .: .: .: .: .:   いきなり飛びかかってくんな!
 : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |.  \:_.: .: .: .: .: .: .: .: .:   .: .: .: .:   今度こそコロスぞ!
 : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . | |    \/://.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .   また一向一揆起こすぞ!
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . ://       \/.: .: .: .://.: .: .: .: .: .: .
 ____ : : : : : : : : : : : : : : : . : . : //       / }.: .: / / .: .: .: .: .: .: .:
      /`.:<: : : : : : : : : : : : :/イ       K /: /  /.: .: .: .: .: .: .: .:
    ./ .: .: .: .: .:`.:< : : : : : /へ : . . , : −   レ'≡=−/: .: .:/: .: .: .: .: .
  ∠ __ .: .: .: .: / 。 ̄ −=≡\(: : : : . . ノミ 、  // : /: .: .: .: .: .: .
      / .: .: .: {           〃    ̄ヾ ̄     ∠.: // .: .: .:/.: .: .: .
     / .: .: :: :: :: 、     /〜〜〜〜〜〜〜〜‐ヽ  ./: .: .: .:/−、 .: .: .    はぐあ!
   / .: :: :: :: :: :: :: \   ////////////////////} /: .: .:/ (⌒ } .: .: .
 . ∠.: -− 7:: ://:: :: \'////////////////////' /: .:/ ー' /: .: .:
         /:/ /:///{//////////////////〃/:/^:: :ー‐ ':: :: .: :: /
            . -―ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜‐' : : //|/|/ |:: :: :: :/
             /: /: . /: . /| /|:::::::Λ   /: : . / : . : . : .\ |:/.|:/

140>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:06:32 ID:Ocqf97Ps0
 
             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,  
 .     /               ` < ´
 __ /      j     }     ヽ  
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  挨拶は済んだところで、一体何の相談だ?
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    まあ言われなくても見当は付くが。
     | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    
     | 八  l|"         " }|    
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     
     | l    { ,く \_下、 ´   lN     
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|     
     | |  /  {   |∧   ヽ l|    
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|      
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ     
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉    
     | | └く  `´     ヘノ  }     
 
 #徳川家康と本多正信の息の合い様は異常で、
   殆どニュータイプの域だったと歴史書にもあるそうです。
   会話しなくても意思の疎通が出来たとか。

141>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:07:05 ID:Ocqf97Ps0
 
          . .: ――――― .: .
        . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .
      /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \
       '          l.  | 、  .. .. .. .: .: .: .:ヽ
    ./    . .. .. .. .: .:ハ.: .: | ―-: .:、.: .: .: .: .: .: .:.
   / . .: .: .: .: -― :/  .: .:|   \: .: .:l : .: .: .: .:Λ  そろそろ天下取りに行っちゃおうかと思って。
  ./.: .: .: .: .´.:/ | : /   ヽ|   ,  \.:|ヽ : .: .: .: Λ  その相談だよ。
  : .: .: .: .: .: ./ |.:/ 、        ィf于ミヽ \ : .: .: Λ  
  | .: .: .: .: {:/.ィ扞ミ、      {:::::::::::} .} | : }へ.:.Λ まあうちの軍隊使えば余裕だと思うけど。
  |/{.: {.: / { {::::::::::}         う辷ク  |.:ハ }: .: :. 
    .: ∨ハ  ぅ辷ク               ' ' |: ′/ :: :: :. 
    l:: :: ::ィ ' '     ′             |//: :: 八:} 
    |:: :〈 гつ               ノ:: ::ハ:: /   
    | : ハ\ ヽー 、           , : ≠: 、::/ V    
    |:/  ヽ:>、   \. __⌒_ . ィ: : : : : : : \      
       /:\\  ノ:/: />< / : : : : : : : : : \    
       /: : : :\ヽ:< : : /{::::/У: :―: : : : :ミ : : : \  
     / : : : : : : У >//::/ : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ 
   /: : : : : : : : / |:」:ヘ< : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  /: ノ ⌒>イ: ̄ ̄ : : : : : : : : :ー: :彡 : /: : : : : : : : : :ヽ
  {/   // : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ミ:ー― : : : : : : :ヽ

142>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:07:54 ID:Ocqf97Ps0

   .   .. .: .: .: .: ./.: /.|: .: / |: .: .: ハ.: .: |.: .: .: ..  .   
    l : .: .: .: .: .: .: 〃.:/ヽ|.: /_. | .: .:/_ ノ.: .:|ハ .: |: .: .: l  もう豊臣は終わりだよ。
    |: .: .: .: .: .: .://:ノ  |:/   | : /    ヽ:| : .: .: .: . |  
    | .: .: .: .: .: / ____ニ   |:/ ニ___ V.: .: .:.|  秀吉が病気ってだけで、
    : .: .: .: .: l: | {:::::::::::::}       {:::::::::::::}   ' .: .: .: .:.  親藩クラスの大名がゴマすりに来てくれるんだよ?
   /: .: .:/⌒|: |. 弋:辷ク        弋:辷ク  ノ : .: .: .: .:.  呼んでもないのに。
  ノ:ノ:: .:{ (.|: | , ,  ̄         ̄  , , { .: :: .: .:}、} 
   { :: ::ヽ. _|: |                  }: :: :: :: ′   ベンチャー上がりはこういうとこ弱いねホント。  
    :: :: :: ::八:| 、                  ノ:: ハ:: :/    信長さんとかライブドアの時もそうだったけど。 
     :: ::ハ:: :: :: ::> 、   , ― 、   , イ :: / ∨   
    ∨  ∨ ∨∨ヘ≧=:r ェ‐ェ‐r=≦∨∨ ∨        他人事ながら気の毒だよ。
            /: :/: :|ノ又ヽ|: ヘ:\ 
            / : : /: : :| //ハ. |: : ヘ : \
           ハ : : :> : | |// | | : <: : ハ

143>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:08:41 ID:Ocqf97Ps0
 
             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,   確かに、豊臣家中はもうボロボロだ。 
 .     /               ` <´    秀吉が死にかけてる上に内部でも色々と揉めてる。
 __ /      j     }     ヽ
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  そのうえ軍事力でウチと戦える勢力は無い。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  うちの兵隊は神がかってるし、家臣の質や結束も高い。  
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   今までは秀吉みたいなカリスマチートがいたおかげで 
     | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    日本中の諸勢力が結束して.たが、あんなこと秀吉以外に
     | 八  l|"         " }|     そうそうやれるモンじゃない。
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |  
     | l    { ,く \_下、 ´   lN             ――――――――――――――
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|                    ノ λ     )
     | |  /  {   |∧   ヽ l|                  ソ)人ノ 从:. ソ)ノ )
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|                 ( V        (ソ
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ                (ノ  _,,..,,,,_      (
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉               )   / ,' 3  `ヽーっ   ,ゞ
     | | └く  `´     ヘノ  }              ノ ソ  l   ⊃ ⌒_つ  ( ノ
                                   (   `'ー---‐'''''"    )
                                         ↑カリスマチート
                                    ―――――――――――――――

144>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:09:16 ID:Ocqf97Ps0

                                 サシの戦争になったら、勝負になる勢力はないだろう。
      /              \   \=ニ三|   かと言って秀吉無しで他の勢力が結束する心配も無いから
     / /   丶    \      \ _  .',  \  . 事実上の無双状態だ。
    ./  イ   | ト   |\ `、    \‐- >.|ヽ  \     
   /./ /   /| |ヽ  .|/\',\_\  |   .| \   \ 
   |/  |   |', レ\ヽ  | 彡- T ̄|\  .|  /   .\   .\ ・・・それと、野戦に関してはお前もチートクラスだからな。 
      |   |.',rt‐ミ \|  |.:l::c| ./ | \|  /     ヽ、  .\
      ヽ|', .|/|弋cソ    ヽ-゛〝  .| |´.ヽ        `ヽ  \
        丶||.l〝  ´         .| | ./          `丶 \
        /.|..\     _    _ | .|´             丶、\
      ./ /レ  >-‐- __   rイ゛  レ                \\
    / /    /.;.;.;.;.;.;.;\--く|ヽ._            ヽ/     \
   /./     /.;.;.;.;.;.;.;――-.| .|.;|`‐-、.          / ヽ
  / ./       /',.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;\|.;.;|..;.;|丶    __,,.-/   _ X´
 /./       |.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;\――――、-´   丶-‐'"
.//         |.;.;.\_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.||    .〉――‐|━
/          ヽ.;.;.;.; ̄\_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;o  o || ̄^と/
           ヽ.;.;.;.;/.;;.;.;\______,,..-‐'''"" ̄

145>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:09:44 ID:Ocqf97Ps0


     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/
   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /
   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/  そーだよね!
    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /  
    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_   じゃあ早速天下盗りにGO!GO!GO!
       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟    
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟   
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ  それと、最後の行もう一回言って!
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\  おっきな声で!!
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \

146>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:10:09 ID:Ocqf97Ps0
 
 
 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: .: .: .: .: .:       .: .: .: .: .: .: .:\
 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |\ .: .: .: .: .: .: .: .:     .: .: .: .: .: .:
 : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |.  \:_.: .: .: .: .: .: .: .: .:   .: .: .: .:  だから
 : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . | |    \/://.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:  飛びかかって来んな!
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . ://       \/.: .: .: .://.: .: .: .: .: .: .:
 ____ : : : : : : : : : : : : : : : . : . : //       / }.: .: / / .: .: .: .: .: .: .:   いい加減殴るぞ!
      /`.:<: : : : : : : : : : : : :/イ       K /: /  /.: .: .: .: .: .: .: .:
    ./ .: .: .: .: .:`.:< : : : : : /へ : . . , : −   レ'≡=−/: .: .:/: .: .: .: .: .:
  ∠ __ .: .: .: .: / 。 ̄ −=≡\(: : : : . . ノミ 、  // : /: .: .: .: .: .: .:
      / .: .: .: {           〃    ̄ヾ ̄     ∠.: // .: .: .:/.: .: .: .:   ヒドイ!
     / .: .: :: :: :: 、     /〜〜〜〜〜〜〜〜‐ヽ  ./: .: .: .:/−、 .: .: .:   二回も殴ってから!
   / .: :: :: :: :: :: :: \   ////////////////////} /: .: .:/ (⌒ } .: .: .:
 . ∠.: -− 7:: ://:: :: \'////////////////////' /: .:/ ー' /: .: .: ハ
         /:/ /:///{//////////////////〃/:/^:: :ー‐ ':: :: .: :: /
            . -―ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜‐' : : //|/|/ |:: :: :: :/
             /: /: . /: . /| /|:::::::Λ   /: : . / : . : . : .\ |:/.|:/

147>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:10:41 ID:Ocqf97Ps0
 
             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,    良いか?
 .     /               ` <´     無双状態と言っても、
 __ /      j     }     ヽ   それはあくまで相手が同じぐらいの数だったらって話だ。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  いくらうちの強化人間部隊が強くたって
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    日本全国を同時に相手したら絶対に勝てない。 
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   
     | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|     こんなのギレンの野望でも再現できるレベルの話だ。
     | 八  l|"         " }|    
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |      お前は戦闘は上手いしウチの兵も強いけど、
     | l    { ,く \_下、 ´   lN.      それ以上のことも考えなきゃ戦争には勝てない。
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|        勿論天下取るのも無理だ。
     | |  /  {   |∧   ヽ l|
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|      
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
     | | └く  `´     ヘノ  }

148>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:11:13 ID:Ocqf97Ps0

             .  :.―――:.  .
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .       豊臣なんて余裕だよ?
          / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \     
         / :. :. :. :. :. :. :. :. /|:. :. :. :. :. :. .   ヽ    小牧長久手で二回もやっつけたし。
       :. :. :. :. :. :. .. ./.. /|  ハ  l .. .. .. ::    
       |:. :. :. :. : /: /|: /ニ:|:. :. /:ニ:、:|ハ:. :. : |
       | :. :. :. ノ |/ニ|/:ニ:|:. :/:ニニ:ヽ|ニV:. :|    もう一回同じことすればいいだけでしょ?
       |:. :. :. :|: : ー―:'ニ|:./ニー― : : } :. : |    秀吉の居ない豊臣軍なんてこのクラッカーで・・・!
        :: :γ^||((  ̄ )):ニニニ:((  ̄ )) ハ:: :. :、
        / :: 乂.|:.|:' ' : ̄ : : : : : : : : ̄ : : { :: :: 、:\
     /ノ :: :: 人|U r 、.___     U 八:: :リ
        ∨ヽ::ハ:ヽ、ヽ、.__丿   , イハ:/∨
  /^ヽ   ┌/  /≧ーr−r‐r:≦ ヽ┐   γ^\
 { ヽ)J、 /´:/ ヽ.  {  ∨ 又∨ } /.ノ :┐   し彡
 ゝγ: : :\{:/: \ {}}>、   ハ r<{{}: : : : ヘー/: :ヽ.イ
 ∨: : : :r=ュヽ: : : :>r<{{}   |:.:.| {}}>、 : : : : r=ュ: : :ハノ
 / : : : : ∨: : r=ュ:/|       |:.:.|    |: : : : : :∨ : : : : }
 ヽ: : : : : { : : :∨: r|.     ヽ/   |ュ: r=ュ: :} : : : : /
   \} : :r=ュ: :{: :r=ュr=ュr=ュr=ュr=ュr=ュ: :∨r=ュ : }/
     {: : :∨: : : : ∨::∨::∨::∨::∨::∨: : :}: :∨: :/
     \: { : : /::}::::::}::::::}::::::{::::::{::::::{:\: : : :}/
      >/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ<
          >、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィく

149>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:11:54 ID:Ocqf97Ps0

   : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: .: .: .: .: .:       .: .: .: .: .: .: .:\
   : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |\ .: .: .: .: .: .: .: .:     .: .: .: .: .: .:  少しは頭使え!
   : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |.  \:_.: .: .: .: .: .: .: .: .:   .: .: .: .:  
   : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . | |    \/://.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:  じゃあ何で
   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . ://       \/.: .: .: .://.: .: .: .: .: .: .:  お前は秀吉に臣従してるんだ?
   ____ : : : : : : : : : : : : : : : . : . : //       / }.: .: / / .: .: .: .: .: .: .:   
        /`.:<: : : : : : : : : : : : :/イ       K /: /  /.: .: .: .: .: .: .: .:
      ./ .: .: .: .: .:`.:< : : : : : /へ : . . , : −   レ'≡=−/: .: .:/: .: .: .: .: .:
    ∠ __ .: .: .: .: / 。 ̄ −=≡\(: : : : . . ノミ 、  // : /: .: .: .: .: .: .:
        / .: .: .: {           〃    ̄ヾ ̄     ∠.: // .: .: .:/.: .: .: .:   
       / .: .: :: :: :: 、     /〜〜〜〜〜〜〜〜‐ヽ  ./: .: .: .:/−、 .: .: .:   判りません先生!
     / .: :: :: :: :: :: :: \   ////////////////////} /: .: .:/ (⌒ } .: .: .:
   . ∠.: -− 7:: ://:: :: \'////////////////////' /: .:/ ー' /: .: .: ハ
         /:/ /:///{//////////////////〃/:/^:: :ー‐ ':: :: .: :: /
              . -―ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜‐' : : //|/|/ |:: :: :: :/
             /: /: . /: . /| /|:::::::Λ   /: : . / : . : . : .\ |:/.|:/

150>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:12:30 ID:Ocqf97Ps0

             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,   
 .     /               ` <´    
 __ /      j     }     ヽ
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  良いか?
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  まずは戦闘に勝つだけじゃ戦争には勝てないって事を理解しろ。
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    それが分かってなかったからお前は秀吉に負けたんだ。
     | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|    
     | 八  l|"         " }|
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |
     | l    { ,く \_下、 ´   lN.    小牧長久手は良い教訓だ。
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|      
     | |  /  {   |∧   ヽ l|
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|     
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
     | | └く  `´     ヘノ  }

151>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:12:59 ID:Ocqf97Ps0

 [小牧長久手の戦い]
 この時から15年程前(1584年)に、
 豊臣秀吉(当時はまだ羽柴秀吉)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い。
 織田信長の事実上の後継者として天下統一を進めていた羽柴秀吉に対し、徳川家康が戦いを挑んだ形になる。
 _____________________________________
                                       /  .
        ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ  挑戦者              / 
   .    /          \         `'  `'  `'   
     /  ∧ ∧、_,ト、   \         人人人    暫定王者
  _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >       )   (         ,. ‐'"´´"´
    /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  `'  `' )  )( (     . /
   ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   |  人人人    (    . /    )・ノ,    '⌒i
    |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ   )   (  YY    : /     ー` " 二  ‐く
      Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ     )  )( ( '`  '`   : j     ヾ  ‐‐  、__,ノ
       (uuイ〉`八Π八    |   / )   (      ..: l     ノ・冫
       ├―| \∨/   | /   YYYY     .  .: |: 丿(
                   /    '` '`  '`    .   : |:: ⌒
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 戦闘が比較的小規模だったため一般的な知名度は低いが、当時の最大勢力が正面からぶつかった戦いだった。
 規模や戦略的背景からして、関ヶ原や天王山のような天下分け目の戦いと言えるものである。

152>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:13:55 ID:Ocqf97Ps0

 三河兵の精強さは日本屈指。
 個々の戦闘では徳川が秀吉軍を圧倒し、戦局は徳川優位かのように見えた。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                                         }
                                                >: .: .: ̄ ̄ ̄ ̄: .: .:<
                                             \/ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \
                                             /         . .. .. .. .: .: .: .: .: .: \
                                            .   .. .. .: .: .:|: .: .:l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ヽ
                                           /. .: .: .: .: .:/: .: ハ.: .: |ヽ.: .:l:、: .: .: .: .: .: .: .:.
                                           / : .: .: l: .:/ |.: /: : 、.: | : \|: ヽ .: .: .: .: .: .: :
                                          /ノ: .: .: |:/―|/:´: : :ヽ:| :`: :ー―:\: .: .: .: .: |\
                                            |: .: .:ハγ⌒ヽ : : : : : : γ⌒ヽ: : |: l:、.: .: |
                 ∧,,∧                       |.: :: .: }:、_ノ: : : : : : : : 、_ノ: : |: | } .: .: |
                 (・ω・;) 三二─                  |:: :: ::ノ:' '|i| : : : :′: : : : : : : :' ' : |: |ノ:: :: ::|
     ∧,,∧        ⊂、⊂ヽ 三二─                 |:/|::八 : |i|: : 、___: -、 : : : : |:ノ:: :: : 八
     (・ω・;) 三二─     O-、_) 三二─                  |:ハ:ヽ:J : : VVVVV  ノ: : ; ィ:: :: ::ハ/
    ⊂、⊂ヽ 三二  ∧,,∧                             ∨ヽ:≧:=:ー:z:―:=:≦: ミ:ノ∨
      O-∧,,∧    (・ω・;) 三二─          (:二^\          /: /: |ノ{/:}ヽ/: . :| : . : \
       (・ω・;) 三 ⊂、⊂ヽ 三∧,,∧         ( 二 : : : \_      /: . : \: |  X. /: ./ : / : :i\
       ⊂、⊂ヽ 三二O-、_)  (・ω・;) 三二─   ( 二: (二: : }.}ミ:―:<⌒ヽ: .ヽ/: |. //}/: . ヽ(ニ(二\: :i:ヽ
         O-、_) 三二─   ⊂、⊂ヽ 三二─   └ \:_://: . : . : . :\: . : .::l 、: .V://: . /: .}: : (二ヽーミi.
                      O-、_) 三二─       ヽく: . : . : . : . : . : .:/|: .\∨: /: .(二: : : :(二}} : . }
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 秀吉軍は池田恒興や森長可等、将官クラスで戦死者を出している。

153>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:14:27 ID:Ocqf97Ps0

 しかし結果として、戦闘によって一方的な勝敗が付くことはなかった。
 発生した戦闘は、いずれも局地戦だったのである。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                  川     川            川
                                               川
                              川      _,,..  -―――-  、、
                                 ,. ‐'"´             `丶 、
                               /                    `丶、 川
                              /      ノ・ノ,   '⌒i               丶  _     __,,...._
                              /             ‐く               \   ̄ ̄     ゙i
                             j      、 、  、__,ノ                         _,,.. -''′
                             l      ノ・ノ
                             |                          ,r''"´ ̄``丶 、  __,. -- .、
                             |                ̄ ̄`ヽ                          i
                             |                 ___,ノ                       ノ
                             !                                        ,/
                              ゙ 、                                   ,. - '
                               \                             ,..  -‐'"
                                 丶、                   _,,,. -‐ '"
                 ___                 `` ''''ー‐-------―‐ ''''""´
               / /::::(_:`ヽ
            _/. -/:::::/: `ヽ:\ ___    r――――‐ .: .
    「 ̄「「 ̄ ̄ ̄/ /:::::/: : : : : : : : : :__: : :ヽ<: .: .: .: .: .: .: .:  .: ヽ
       ̄ ̄ ̄ ̄/   /:::::/: : : : : : : : : : : : : : : :< : .: .: .: .: .: .:  .: .: .: ノ
  .「 ̄「「 ̄ ̄ ̄   |::::: |rーrr――――‐ : <:: .: .: .: .: .: .:  .: .: .: /
   ー┴―――――┴‐┴ー┴――――‐ ^ ー―――――   ´
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 決め手となったのは戦闘ではなく外交。
 主戦場が膠着している間に秀長の別働隊が家康の同盟者である織田信雄を下し、単独講和させたのだ。

154>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:15:29 ID:Ocqf97Ps0

 これによって戦争の大義名分を失った徳川家康も、秀吉と和睦せざるを得なかった。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  _____________________________
   _ _ __  __.   _   _   _   _ .   ___.    ___ 
.   // // / / .  / /    /∧ / /  /∧ / /   / /_     7 /ン )
  〈〈.∧∨,/  ./ /  . //  V../ .  //  V../ . . / /__ .  . / ∧\ 
     ̄  ̄    ̄ ̄    ̄   ̄ .  ̄   ̄ .    ̄ ̄      ̄   ̄ 
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                         
                 _,,..  -―――-  、、          くにへかえるんだな
               ,. ‐'"´             `丶 、       おまえにもかぞくがいるだろう
               /                    `丶、
             /     (○)   '⌒i               丶  _     __,,...._
          /      ゛      ‐く               \   ̄ ̄     ゙i
         j           、__,ノ                         _,,.. -''′
           l      ,
            |     (○)                   ,r''"´ ̄``丶 、  __,. -- .、
            |                ̄ ̄`ヽ                          i
           |                 ___,ノ                       ノ
         !                                        ,/
           ゙ 、                                   ,. - '
            \                             ,..  -‐'"
             丶、                   _,,,. -‐ '"
                `` ''''ー‐-------―‐ ''''""´
                                                   CONTINUE? 9
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 和平交渉の結果、最終的には秀吉に有利な条件で和睦となった。
 つまり戦争の勝者は秀吉である。

155>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:15:54 ID:Ocqf97Ps0

 _________________________________________________
. ______
 |天下人|
 . ̄.|| ̄ 
   ||
   _,,..,,,,_    _  ,, ,   _     ,, , _   _  _,, ,     _,,..,,,,_   
  ./ ・ 3  `ヽーっ  ./    ヽ っ   ./ ・ 3   ヽ っ_ ./ ・ 3   / ・ 3  `ヽーっ
  l ・ ⊃ ⌒_つ   ・ ⌒_つ _   ・ ⊃ ⌒_つ  -  ・ ⊃  - l ・ ⊃ ⌒_つ 
  `'ー---‐'''''" _  `'  ‐ '     `'  _  ‐ ' _  - ‐ _`'ー---‐'''''"

  ←――――――――――  戦後1年でついた差  ―――――――→                 ‥
                                                            ‥, <|\:
                                              ←戦前の差→. ‥, <   U |  \:
                                                        :| ,,     |     .:
                                                        :|     U |   U |:
                                                        :| U    , .| ,,,  |:
                                                        :|  , .:<::::::::\ U |:
                                                         </X芥X ヽ::::ヽ |:
                                                        ://ミУ/ V<:
                                                       :くゝ': :く>リ    ヽ:  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ‥    :| - 彡 〉:  ̄ ̄ ̄
 講話条件自体はそれ程重大なものではなかったが、                            :ノ、_ハ_.ノ/>:
 この一戦で徳川家康は秀吉を止められず、                                 :>ミ//////<:
 逆に秀吉への反攻が止まってしまったことの歴史的意義は極めて大きい。             :く, く:. ̄ :\.>、:
                                                            :\.>、:  :\.>、:
 羽柴秀吉が豊臣秀吉になり、関白に任命されるのはこの次の年である。                 :くノ :   :ヽ._) :

156>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:17:10 ID:Ocqf97Ps0

         ,. -──- . _
 ヽ.___, - ' ´ : : : : : : : : : : : `ヽ、         あの時は相手が焦ったせいで敵の別働隊を撃破できた。
   `ーァ' : : :/: : : : : : : : : : : : ヽ: : :\  , -─┐ でもよく考えれば局地戦で勝っただけ。
 く::>'´ィ : : : l : : : ハ: : : :i : : ヽ: : \: : :Yr‐‐r‐┘
 /イ: : : /: :ハ : : l ム-┼-、 : i : : : :ヽ: 小:ハーァ  私達は戦闘に勝って浮かれてたけど、
 ./::/.: |: /¬: : !   ヽl  ヽ: l: : : :l_ノj: : : ∨  担いでやった信長の息子が秀吉と講和したお陰で
 |::/: : lV _ ヽl  ,斗rぅ弌Vトi: : l: : /:ハ. : : :i   こっちまで講和せざるを得なかった。
 レ|: :./{ T7心    .トッリ   トi: l: //  V : :!  
   { ,小.ハ ヒソ     `¨´,,  | :レヘiY   V: :|  講和の条件はこっちが不利。
    | { ,,   ′        l /ムリ     ! : !  信雄が持ってた伊賀と伊勢の大半は秀吉領になった上、
    リj>、            , イj一'′     i: :!   こっちは人質まで取られた。
       ハ> ._⌒_, r<.         l :|  そして何より、秀吉と徳川のパワーバランスを逆転できなかった。
     i 〃   ,ィ厶く  ,斗─-- 、      l.|  
     | |    / i〈::ムイ   /  '.     l.|   つまり戦争全体で見ればこっちは負けてるんだよ。
     | l    ハ/.l::l     i /     l     l|

157>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:17:56 ID:Ocqf97Ps0
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■戦闘画面
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧                               .             .  ∧∧
   ( ´∀`)-----------------------         ------------------------(゚Д゚,,)-
 |    △ TOKUGAWA  :09    |  V S  |    ☆ HASHIBA  :01      |
  -------------------------------         -------------------------------
          /|             ;・;;';;                     ∧∧ ,、,、
             lX/      ,,、,           <:::::..^),.             (゚o ゚il)(o;,,)
         //                     ヽ;:,ζ;;・.:.          / つ._,,O
           /∧_∧                   し´∴;;,;;:,.,.;:,        /   〈
       (^( ・∀・)つ                    :;, ;: ;,;         (_/ ヽ)
         //\   (               ∧_,,,       ,.;:・:,、ノvヽ                ,,、,
      //   ) (__)      と'⌒@(;;゙o;;。)つ       ;:,.〉 〉ヽ)
         (__)          と;;;・;;            (/   ,,、,
    ∧_∧                                         ∧ ∧
   ( ・∀・)            ヾ\                       (゚Д゚'il)
  ==○====○===X二>   ∧_∧`\                    /0 #;つ
   / /(_)        と(  ・∀)ヾ ) ー‐‐ニニ         =======/ ,:;*===X二;;>
  (__)            ヽ    ○                    (_/ ;.8;.)    ;
                  / ∧ \                   .;∞;∞;;;,    ・
                 (__) (__)   ,,、,
  ┏━━━━━━━━━━━━┓              ┏━━━━━━━━━━━━┓
  ┃榊原 康政隊(奇襲)   .  ┃             ┃羽柴 秀次隊          .┃
  ┃  Level     :A       .┃         .       ┃  .Level    . :E        ┃
  ┃  訓練度     :85%    ┃      V S .    ┃  訓練度    :55%    ┃
  ┃  鉄砲装備率  :15% .  .┃             ┃  鉄砲装備率 :20% .  . ┃
  ┃  組織率     :85%    ┃             ┃  組織率    :10%     ┃
  ┃  兵戦意     :90%    ┃             ┃  兵戦意    :40%     ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━┛              ┗━━━━━━━━━━━━┛
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 >>〇ボタンで戦闘アニメをスキップ

158>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:18:50 ID:Ocqf97Ps0

 \_________________________________  ___/
                                                     V            尾張国
 ■戦術マップ                                           V 自軍行動フェイズ 5ターン
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                        .V                 
                 ■    |             .  .  .       .  . .V      ヤッタネ .∧ ∧
               秀吉本陣/                           ┏━━━━━━━━━(^ヮ^*)┓
                   /                            / ┃榊原康政  が 羽柴秀次を ┃
                  |    _______________/  ┃    敗走させました .     ┃
                   \_/                     ..      ┃                    ┃
  ..  ___  ■羽柴 秀吉隊                              .┃ ・味方戦意 +5%   .  .  .┃
   / .   ☆                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   .  .┃ ・敵戦意  −5%       . ┃
 ../   凸    \                    /         /. .  ..   ┗━━━━━━━━━━━━┛
 | 小牧山城   \                 /         /  榊原康政□☆■羽柴秀次
 | (自軍本陣)    \       _      /         /        
  \     凸     \    /  \   /         / 徳川家康□      
    \  織田信雄   |   |    | |        /               ■堀秀政
     \______|   \_ /   \____/                
                                                     ■森長可
                                                      ■池田恒興
                                                      凸
                                                     岩崎城
 >>次に指示を出す部隊を指定してください。

159>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:19:17 ID:Ocqf97Ps0

 \__________________________   _________/
                                         ..  V          1584年
 ■戦略マップ                          .     .  V       政略フェイズ   
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                             .  V      
                _.-..、          _.ヽ       _ノ .   V    !          /
     ./ ̄――''ッ''"゛   !        / `'′_,ノ ゙̄'''"       V   ヽ           {
     .|.      ヽ..、  〈,,..ゞ゙l __,  -'"   ,ノ .!、      美濃 V     l,       | 甲斐
      .}      ,,..′     .{゙.l.若狭 /  ̄    l         V     l         / |
      ゙l     .く、       ̄ ̄ ̄′  _   l      _  .V      |     . /  l
     .__,ノ       .\            !  / ,/  .| (_ . ./    ┏━━━┓、   _/゛ /  \
     /   播磨    `゙'''、  山城 ..l | .../     !  .\/ 尾張┃戦闘中┃ ゙̄7ゝ  │   . ̄
    ./             /-,、     !,.,ミ゛近江 .〉   .,ゝ ゙‐'l゙... ┗━━━┛/     │  駿河
    .!             ゙!、`t,,、    l.     |   ./   / /\ 三河  | 遠江   |      /
   .、 .               │  ゙.l ◎京 \/ ̄ ̄  ./   |.l .  \    │        |  ,/
     ̄ ̄ ̄ ゙''-、_   __,l゙   .,!   __} 織田信雄本拠 ヽノ  _ ノ   l ̄ゝ        \
               _7 ̄"   .!摂津/ ` ̄ ̄   | .┏━━━┓     く_―‐' ̄   ̄`''ー─'‐_ノ
          _/ /     ,,ノ   |   伊賀 │┃陥 落 ┃、 . .┏━━━━━━━━━━━━┓
        /  !   ,/   ._!       .,. ┗━━━┛ ,...┃伊勢が陥落。織田信雄が   ┃
        く   ゙l ..i ヽ-── .ヽ     | ∧∧ゴルア!/...┃ 羽柴軍と講和しました   .┃
        ゝ.../  `j       ,ノ 大和 | (,,゚Д゚)_/`'' .┃                  ┃
              /      ./       ,〉羽柴の別働隊  ┃ 以下からコマンドを選択 . .┃
             |   紀伊  ヽ    , '"  /          . ┃   ・羽柴軍と講和する   .┃
             ヽ,      .(,_,  ./  ,r'"           .┃   ・羽柴軍と講和するw  ∧∧ オワタ!
                   \       ̄ヽ. /             .┗━━━━━━━━━━━(゚Д゚,,)
 
 >>コマンドを選択してください。
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

160>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:19:54 ID:Ocqf97Ps0

           _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,
 .     /               ` < ´  SLG風に見ればこんな感じだな。
 __ /      j     }     ヽ   最近じゃゲームだって戦略と戦術、それと戦闘は別になってるのが多い。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  敵兵を何人殺しましたなんてのは、
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   戦闘か、せいぜい戦術レベルの話なんだよ。
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|     そこが分かってなかったのが、あの時の敗因だ。
    | 八  l|"         " }|
    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |
    | l    { ,く \_下、 ´   lN
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|
    | |  /  {   |∧   ヽ l|
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
    | | └く  `´     ヘノ  }

161>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:20:29 ID:Ocqf97Ps0

         ,. -──- . _
 ヽ.___, - ' ´ : : : : : : : : : : : `ヽ、           戦略で負けたら戦術で勝っても無意味なんだよ。
   `ーァ' : : :/: : : : : : : : : : : : ヽ: : :\  , -─┐    私たちはずっとそこで勝てなかった。
 く::>'´ィ : : : l : : : ハ: : : :i : : ヽ: : \: : :Yr‐‐r‐┘   兵隊が強いなんてのは更に価値が低い。
 /イ: : : /: :ハ : : l ム-┼-、 : i : : : :ヽ: 小:ハーァ
 ./::/.: |: /¬: : !   ヽl  ヽ: l: : : :l_ノj: : : ∨     戦略>戦術>戦闘術って事だ。
 |::/: : lV _ ヽl  ,斗rぅ弌Vトi: : l: : /:ハ. : : :i
 レ|: :./{ T7心    .トッリ   トi: l: //  V : :!
   { ,小.ハ ヒソ     `¨´,,  | :レヘiY   V: :|
    | { ,,   ′        l /ムリ     ! : !
    リj>、            , イj一'′     i: :!
       ハ> ._⌒_, r<.         l :|
     i 〃   ,ィ厶く  ,斗─-- 、      l.|
     | |    / i〈::ムイ   /  '.     l.|
     | l    ハ/.l::l     i /     l     l|

162>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:21:25 ID:Ocqf97Ps0

 ───────────────────────────────────
 ■闘争における三大技術
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ┌─────┐      ┌─────┐      ┌─────┐
    │.. .戦略..  |.. >.> .│.. .戦術..  |.. >.> .│  戦闘術  |
    └─────┘      └─────┘      └─────┘
    戦争に勝つ工夫      戦闘に勝つ工夫       決闘に勝つ工夫

 ───────────────────────────────────
 あの時負けたのはこのせいだ。

 戦術的に見れば織田信雄なんて大して役に立たないゴミみたいなもんだ。
 でも戦略的に見れば大きな価値があった。
 あの戦いはそもそもアイツの救援ってのが大義名分だったんだからな。

 そこを軽視した私達は戦略的に負けてたんだ。

 戦争全体で勝ちたいなら、戦略レベルで勝つ必要があるんだよ。
 逆に言えば、ここで負けたら戦術以下で勝っても戦争には負ける。
 よく覚えておけ。

163>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:21:50 ID:Ocqf97Ps0

         ,. -──- . _
 ヽ.___, - ' ´ : : : : : : : : : : : `ヽ、        
   `ーァ' : : :/: : : : : : : : : : : : ヽ: : :\  , -─┐   小牧長久手は
 く::>'´ィ : : : l : : : ハ: : : :i : : ヽ: : \: : :Yr‐‐r‐┘  戦術勝利、戦略敗北って奴だな。
 /イ: : : /: :ハ : : l ム-┼-、 : i : : : :ヽ: 小:ハーァ
 ./::/.: |: /¬: : !   ヽl  ヽ: l: : : :l_ノj: : : ∨    川中島とか珊瑚海とかと同じパターンだ。
 |::/: : lV _ ヽl  ,斗rぅ弌Vトi: : l: : /:ハ. : : :i
 レ|: :./{ T7心    .トッリ   トi: l: //  V : :!
   { ,小.ハ ヒソ     `¨´,,  | :レヘiY   V: :|   こういうのは、なまじ勝ったように見えるから
    | { ,,   ′        l /ムリ     ! : !   反省と改善の機会を失うことが多い。
    リj>、            , イj一'′     i: :!
       ハ> ._⌒_, r<.         l :|   それじゃまた同じことになるぞ。
     i 〃   ,ィ厶く  ,斗─-- 、      l.|
     | |    / i〈::ムイ   /  '.     l.|
     | l    ハ/.l::l     i /     l     l|

164>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:22:54 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ   
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` < ´     戦争は天下一武道会じゃない。
__ /      j     }     ヽ     こちらの損害は1,000で向こうは2,000だからといって
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   それで勝てる訳じゃないんだ。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    戦争の勝敗ってのは、設定した戦争目標を達成出来たかどうかで決まる。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    よく覚えておけ。
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|      
   | 八  l|"         " }|      
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |      
   | l    { ,く \_下、 ´   lN
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|       
   | |  /  {   |∧   ヽ l|       
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
   | | └く  `´     ヘノ  }

165>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:23:20 ID:Ocqf97Ps0

                            . .:―――――‐ .: .
                          /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \     うーん。
                        / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.\  
                       /       /  ..l.. .. .. .: .: .: .: .: .: .: ヽ   戦闘で勝てばOKってんじゃ無いわけね?
                      ./ ./ .. l: .: /|: .: .:|、: .: .:l.: .: .: .: .: .: .: .:.  
                      : .: .: .: ._|_.:/ノ: .: .:| ヽ、:_|_、.: .: .: .: .: .: .:  確かにあの時は勝ったのに負けたよね?
                      | .: |.: .:/|:/ U ヽ .: |  \|. ヽ : : .: .: .: .: |  じゃあ負ければ勝ったの?
                      | .: |.: / γヽ  \|. γヽ  \: .: .: .: .:|
                       |: .: .:/  |  |      |  |    |.: |.: .: .: |   あれれ?
                       |.: .: ハ   、ノ      、ノ U |.: |ヘ.: .:|
                      |: .: .: } , ,    .       , ,  |.: |. }.: .:|
                      八 :: 八 U                |.:ノノ:: ::八
                        Vハ: ヽ、     __    , イ:: : ハ:/ 
                          ∨ V≧:=:zr:r‐:=:≦VミV ∨
                             , イ/: l/ヌ∨: :|: : : >、
                            /{ : 〈: : | /:.|/ : / : : /: : }

166>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:23:50 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ         
         ´     ',⌒ ー-  _,   バカは無理しなくていいぞ?
.     /               ` < ´
__ /      j     }     ヽ   そこを何とかするために私みたいな参謀が居るんだからな?
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ 
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   とりあえずはお前が今言ったみたいに
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   目の前に居る敵に勝つだけじゃ不十分って事が分かれば上等だ。
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|  
   | 八  l|"         " }|    しばらくは実戦形式で教えてやる。
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |   
   | l    { ,く \_下、 ´   lN   
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
   | |  /  {   |∧   ヽ l|    
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉  
   | | └く  `´     ヘノ  }

167>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:24:19 ID:Ocqf97Ps0

     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/
   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /
   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/      つまり手取り足取り教えてくれるんだね!
    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /  
    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_       じゃー早速!
       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟     
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟   
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ   
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\  
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \

168>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:24:45 ID:Ocqf97Ps0
 
 バキ!

 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: .: .: .: .: .:       .: .: .: .: .: .: .:\
 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |\ .: .: .: .: .: .: .: .:     .: .: .: .: .: .:
 : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |.  \:_.: .: .: .: .: .: .: .: .:   .: .: .: .:    ・・・・。
 : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . | |    \/://.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:  
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . ://       \/.: .: .: .://.: .: .: .: .: .: .:
 ____ : : : : : : : : : : : : : : : . : . : //       / }.: .: / / .: .: .: .: .: .: .:  
      /`.:<: : : : : : : : : : : : :/イ       K /: /  /.: .: .: .: .: .: .: .:
    ./ .: .: .: .: .:`.:< : : : : : /へ : . . , : −   レ'≡=−/: .: .:/: .: .: .: .: .:
  ∠ __ .: .: .: .: / 。 ̄ −=≡\(: : : : . . ノミ 、  // : /: .: .: .: .: .: .:
      / .: .: .: {           〃    ̄ヾ ̄     ∠.: // .: .: .:/.: .: .: .: 
     / .: .: :: :: :: 、     /〜〜〜〜〜〜〜〜‐ヽ  ./: .: .: .:/−、 .: .: .: 
   / .: :: :: :: :: :: :: \   ////////////////////} /: .: .:/ (⌒ } .: .: .:
 . ∠.: -− 7:: ://:: :: \'////////////////////' /: .:/ ー' /: .: .: ハ   なんか!
         /:/ /:///{//////////////////〃/:/^:: :ー‐ ':: :: .: :: /    なんかツッコンで!
            . -―ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜‐' : : //|/|/ |:: :: :: :/
             /: /: . /: . /| /|:::::::Λ   /: : . / : . : . : .\ |:/.|:/     無言はやめて!

169>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:26:51 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ   
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` < ´  
__ /      j     }     ヽ   何回も同じ事やらすな。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ 
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  私は良いけど、読者の皆さんが飽きて来たらどうするんだ。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|      次からはパターン変えるぞ?
   | 八  l|"         " }|      今日も色々持ってきてるからな。
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |      
   | l    { ,く \_下、 ´   lN      武器とか道具とか。
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|     
   | |  /  {   |∧   ヽ l|     
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
   | | └く  `´     ヘノ  }

170>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:27:24 ID:Ocqf97Ps0

          x<     >―、,,ィ1     話はそれだけじゃない。
       /        ::::::::::>-=ァ
   、―x.‐〈  /⌒     i  ヽ:ヽ:::::::、::ヾ´   ひとつの戦争に勝つだけなら戦略だけで良い。
   _,,ニr―7 7   ,     !  l::::ハ::::::ヘ、::',   「大名」であるうちはこれで十分だ。
 ヾ:イ //У;   l  ィ ∧  |ヽ:;:';::::l::l ヽ!   戦争に勝って領地を拡げられればそれで良いからな?
     / , '/レィ |  ,| /_|/ V. !-''ヽl:::ハト、
   l / ,′V _l. /.l./_`¨´∨ィf^l}V、:ヘ::',   だけど「天下人」になりたいなら
 l/ /   l´レl |弋ぃ:':リ`   ゚‐' 'リ V::';:l    「そもそも何の為に戦争するのか」ってのまで考えなきゃならない。
 l' /    ヽ._l lu,, ¨´    ' /l| V::':l 
 l ,'         | !> 、  _っ イ  !  V:::l   天下全体の支配権を握るってのは、
 l l         /ヽ /‐\|\       ヽ::  隣国に押し入って略奪したり併合するのとは根本的に違うんだ。
 l l      /   ∨`r‐f”  ヽ     l::|

171>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:28:12 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ   
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` < ´  
__ /      j     }     ヽ    っていうか、「天下取る」って具体的にどういう事か分かってるか?
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   そもそも。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|     
   | 八  l|"         " }|              ――――――――――――
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |                 SOMETHING TENKA
   | l    { ,く \_下、 ´   lN                      ._
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|                     ./ /|
   | |  /  {   |∧   ヽ l|                     | ̄|/
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|                     . ̄
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ               ――――――――――――
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
   | | └く  `´     ヘノ  }

172>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:28:47 ID:Ocqf97Ps0

 ――――――――――――  
   SOMETHING TENKA     
         .           
     (⌒`:''"⌒)          
   ε=) : : . ' :.(=3                    . .:―――‐.: .
     (、_,;メ-、、_.)                   / . .: .: .: :. .: .: .:\       しっ知ってるに決まってんでしょ!
 ――――――――――――           / / /| .ハ . ハ .. .. .: .:ヽ
                         rヘ.  /.: /乂_|/ V _乂ハ.: .: .: :. rヘ   もーソーニャちゃんったら馬鹿にして!
                         く /:У.: ハ ニ='   '=ニ. V.:|.: .:|ヘ. >
                          \ノノ.: : }' '      ' ' |.:ハ: .:|: : У
                           \:{:: 〈   / ̄ ̄ヽ  |ノイ:从/
                        , −<   Vヽ:>{___}<:ノV/
                       .{   }.    \V< {.又.} >:l //
                        ー ′      〉<: V:V: :>:| '  >−、
                               / : \V/ : |   {   }
                               「: :o: : : : : o: :〉  ー ′
                              / : o : : : : : o: ヘ
                             ,〈: : : : : Λ: : : : : :〉、

173>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:29:19 ID:Ocqf97Ps0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
        ()    (ノ
     ヽ)     //
   。  /: |/: ./-―:┐        rr 、   , :.――‐:. .
     /: . : . : . : . : . : .ー―┐  〃ヽ >、/:. :. :. :. :. :. :. :.\
    /: . : ,: ≦⌒≧ 、 : . <    〃/: : /  :. :. :. :. :. :. :. :. : ヽ    日本中の大名と戦って。。。
   {V: . /        \: . :>二ニ/: : /:. ..  :. :. :. :. :. :. :. :. :. >
二≧: . /           ヽ: 7   /: : /:. :. :. .. ..    .. :. :. :. :. :ヽ
  〃V:フ              } >  ; : : .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. >
    ( _.     / 〉      ハ>  {: : :{ハ:: :: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.>
    ヾヽ    V     /    V : : : V:: :: :. :. :. :. :. :. :. :. : 「
       > 、. __  __ . <      : : : : : :∨ヽ::/\::/\::|\:|
      /⌒Y: {.又.l:ヽ ̄: ー 、   }: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     / : ヽ: : > Vヽ| <:_ : : : : : ̄ {: : : : : : : : : : : : : :ー: :\ー‐r 、
   〈 : : ヽY : : \ヽ:| /:ヽ  ̄ ヽ<_}: : : : : : : {: : : : : トー 、 : : : ノ ノ
    ヽこ ) V: : : :\/: : : :、     {: : : : : : : : : : : : :{    ̄ ̄
        }: : : o : : : : o: \     : : : : : : : :ヽ: : : : :\
        /: : : :o : : : : : o: : :>、   V: : : : : : : : : : : : : : >――┐
       〈: : : : : : : /\:_:/::::::\  ヽ: : : : : : : :|\:_:/:::::::/::::/
       /: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::/  /:: ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::/ヽ::::/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

174>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:29:38 ID:Ocqf97Ps0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                                   +
                                             ____
                                          , .: .: .: .: .: .: .: .:  .
       全員やっつけて・・・・                  +   / .: .: .: .: .: .: .: .: .: \   +
                                        /ノ: ..        .. .: .: .: .: > ハ
                                         l: .:/ノ \:|∨ヽ .: .: .: .: >{{ノ
                                         |: .:}T::т т::T V:h.: .:」 /
                                     /  |ハ{ ー'   ー' ,|ノイ://
                                 / / /   >ーr−r:<X  く
                            r: 、  / / /       ヽ ヽ \\ \
                           .ノ‐ノ   /        /ノ     \ \ ヽ:) ノ、
                        こス  {フ‐:、          //        ノヽ(こ)、/:::::〉
                        {ー{/:::::::ノ-―‐:-ミ/:(V):/      / >、:::::::::::::::::ノ \
                        У:::::::/: . : . : . : .   フ          { イ    ̄ ̄ ̄ \. >、
                        〈:::::(V): .        . : \        }ー|         ヽこ)
                     ニ二二二:): . :/ : . : ハ: .}-\|、: 「      こ:フ
                      ___ 八: /イ /ノ V  =彡V
                      >  \.\r:V| =彡    人
                      ⌒L   |  乂リ 、. _r_っへ. \
                        レへ|   \ \     ヽ(こ)
                               ヽ(こ)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

175>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:30:00 ID:Ocqf97Ps0

          へ               へ
  / \  \ >         く /
  \  \
   \ /_  .:――――.: .
     、 ヽ . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\γ  ̄ ヽ
   /しヽ/   .ハ .. ハ . ハ.: .:l: .: .: {  × }   日本で一番強い大名になるんだ!
  ./|る|/、.: {.:/ーV'  Vーヽ:|ヽ: .: ゝ _.ノ  
  ヽこ/ } .: }c=ミ   ィ=ミっ|: l/ヽ. _ノ    日本最強は日本で一番エラい!
   \. /:∨            ' ' |:/: : : :/     それが天下人だ!
      〈: :八   7  ̄ ̄ ヽ  / : : : 人    ―――――――――――――――――――――――――――――
      ヽ: : ヽ、 {     } /: : : : /ー'                        / /
       ヽ: : : >ヽ.__ ノイ : : : /                  +    へ  /: . / -――‐- 、    +
        ヽ: : : :〈 { 又 }: 〉 : : : /                     , /: . : \: .       ――‐'   / 〉〉
        \l: 〈: V:.V : 〉: ヽ/            +       /. : .       \ . : .\: .\     「 L ク  +
           |: : \V:/: : : :|                 ○ . : . : . : . : . :ヽ:\: .ヽ\ : \: .\ /:ヽ  ⊃ o
            | : o: :Y: : o : : |               + o/: . : . : . :/ \: . V:\:}:/: ゝミ:\: .):.:.:.:.:.:Y
          .| : o : : : : :o: : :|          +  |\ヘ/ /: . :l: . /: : ヽ\:} : V//  }V: ヽ:.〃:.:.:/   +
                             ヽー┘   \. : .:|: /、ー‐ -≧: : : ヽ _〃\「/ /:.:/イ//
                              >      \ |/  \_ ノ        o } /:// ///
                            <           く o   \ , ―― 、   /  〃      ///
                             >                 〈/ヽヘヽ/へ./          /
                               ̄ ̄ ̄ ̄ ー―――― /        \ ―――‐ '  ̄
                          ―――――――――――――――――――――――――――――

176>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:30:39 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _ 
.     /               ` <´    そうそう。
__ /      j     }     ヽ
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   ロマンをつかみとれっ!
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、   天下いちー♪
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }     ってな。
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
    | 八  l|"         " }|   
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |   
    | l    { ,く \_下、 ´   lN   
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|   
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
    | | └く  `´     ヘノ  }

177>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:31:09 ID:Ocqf97Ps0


: : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : : / : : : : : : |      _...ニ--‐" |: : : :|: : : |   
: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : / : : : : : : : |   _ィ'"    ゝ 丿: : : |: : : |   
: : : : : : : : : : : : : : : : :│: : : :/: : : : : : : : :|.-‐"   l’`‐─/ヽ': : : : : | : : /    ・・・って
: : : : : : : : : : : : : : : : :│ : : /: : : : : : : : :│    l::::::::/ ./: : : : : :| : :/     それは天下一武道会だ!
: : : : : : : : : : : : : : : : :┘: : : \ : : : : : : : |   ./  ̄/  /: : : : : : !/     
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : :│ .-''´::::::::::/ /: : : : : : /      
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :rー−''’: : : !'´::::::::::::::://: : _-−''^
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ : : : : : : ノ::::::::::::::::/ : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : :/--一‐く: : : : : : : :−ー::
' 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : __....--'''´      \/>‐''ー、: : : :''‐ 、
 | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /` 、  .」    / / : : : : : ゙''‐.: : : : :\
.│: : : : : : : : : : : : : : : : : : :{   ⌒'ー/ |   / /: : : : : : : : : : :`ー、: : : :\    ぐはあ!
 l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_      ∧  / /: : : : : : : : : : : : : : \: : : : ヽ  
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〈  ̄ ̄´ ハ / /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : \ 確かにパターン違う!
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.__/〉|/ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : ヽ
 l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〈    / |  .!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : :

178>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:33:18 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ   
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` < ´   勘違いされる事が多いが、
__ /      j     }     ヽ   天下人は軍人である以前に政治家なんだ。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ 
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  天下一エラい人だから、国内で一番強い権限を持ってる。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    それを行使して良い国を作るのが仕事だ。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|     少しは考えろ。
   | 八  l|"         " }|     そんな修羅の国みたいになったら、一体誰が食料とか作るんだ?
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     
   | l    { ,く \_下、 ´   lN      お前以外に悪い奴居たらどうする。裁判は?
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|      インフラ整備は?
   | |  /  {   |∧   ヽ l|      税金はどうやって取る?取ったあと何に使う?
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ     そういうのを決めて、天下全体に遵守させるのが天下人なんだよ。 
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉     そういう意味では奉仕される側じゃなくて、奉仕する側だぞ。
   | | └く  `´     ヘノ  }

179>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:33:59 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ   
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` < ´  つまり天下人ってのは
__ /      j     }     ヽ   国の立法行政司法のトップの事だ。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  それと外交と軍事も入るな。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    しかも現代みたいに分権化されてないから
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    完全な独裁者だ。
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|     気に入らない奴とか裁判無しで死刑にできるぞ!
   | 八  l|"         " }|     
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     総理を含めた全大臣を一人でやるようなもんだな。
   | l    { ,く \_下、 ´   lN     その地位に着くって事が天下人になるって事だ。
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|     
   | |  /  {   |∧   ヽ l|    
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|      戦争で勝てばいいってもんじゃない。
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ   
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉  
   | | └く  `´     ヘノ  }

180>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:35:07 ID:Ocqf97Ps0

         ,. -──- . _
 ヽ.___, - ' ´ : : : : : : : : : : : `ヽ、         天下人ってのは
   `ーァ' : : :/: : : : : : : : : : : : ヽ: : :\  , -─┐  天下全体に自分の理想とか政治とかを押し付ける人間だ。
 く::>'´ィ : : : l : : : ハ: : : :i : : ヽ: : \: : :Yr‐‐r‐┘ そいつが何を考えて、天下を取ったらどうなるかは周りが注目してる。
 /イ: : : /: :ハ : : l ム-┼-、 : i : : : :ヽ: 小:ハーァ
 ./::/.: |: /¬: : !   ヽl  ヽ: l: : : :l_ノj: : : ∨   当然だよな?
 |::/: : lV _ ヽl  ,斗rぅ弌Vトi: : l: : /:ハ. : : :i   仮にお前が天下を取ったら、天下に居る人間全員がお前に支配される。
 レ|: :./{ T7心    .トッリ   トi: l: //  V : :!   お前が作った法律、お前が作った行政機構に縛られる。
   { ,小.ハ ヒソ     `¨´,,  | :レヘiY   V: :|   税金だってお前に払う。
    | { ,,   ′        l /ムリ     ! : !
    リj>、            , イj一'′     i: :!   お前が何を考えてるかは全然他人事じゃない。
       ハ> ._⌒_, r<.         l :|
     i 〃   ,ィ厶く  ,斗─-- 、      l.|
     | |    / i〈::ムイ   /  '.     l.|
     | l    ハ/.l::l     i /     l     l|

181>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:35:36 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ          
         ´     ',⌒ ー-  _,    
.     /               ` < ´  考えて見ろ。
__ /      j     }     ヽ   まともな理由もなく周りに戦争ふっかけまくれば周りはどう思う?
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ 平和の為とか言いながら隣国に押し入ってヒャッハーしまくってるとか。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、} 
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    
   | 八  l|"         " }|    
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |    
   | l    { ,く \_下、 ´   lN     
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|               . :.―――:. 、
   | |  /  {   |∧   ヽ l|              /.:. :. :. :. :. :. :. :.\    rヘヘ 、 許せない!
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|             ./ :. :. :. ハ:. ハ:. ハ:. ハ: ヽ  .| | | | |/〉
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ            /:. :. :. :ノ 乂_ V Vノ :. :.  || | | // そんな奴は連合軍編成して討伐だ!
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉          ./:. :. :. l: |  ◯   Ο{:.ヽ|  | | |//  国連平和維持軍だ!
   | | └く  `´     ヘノ  }          /:ノ.:. :.(|: | ''   _  ''}:. |  || //   PKOだ!
                           __|:ハ 八:| 、._ 「_ノ. ィハ:.|_r|//
                          {{ {     ̄ ミ ∨ヌ∨彡  ̄  } }ア
                           ヽー――‐/  /:.|  トー―― '
                                /   ./:.:.|  |
                          (::>、   /   {:.:.:.|  |
                          \. >、く:::\  ヽノ  .|
                            \  \:::::ー::^::ーイ
                               ̄ ヽー‐r ‐r┘
                                   / /
                                  /、/
                                 /、/
                                 (::ノ

182>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:36:09 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _  ,  わかってるじゃないか?
.     /               ` <´  
__ /      j     }     ヽ    じゃあ逆に、もの凄く良いことする人が天下取りそうだったらどうなる?
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、   例えばお前の所領は全部安堵。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    それにスペシャルボーナスだ。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    百万石加増してやる。
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
    | 八  l|"         " }|      消費税も撤廃。
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |      円刷りまくってそれをB52に満載して日本中にバラ撒いてやる。
    | l    { ,く \_下、 ´   lN      これで円が出回れば円高とデフレも同時解決だな。
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|       インフレで国債も蒸発させてやる。
    | |  /  {   |∧   ヽ l|      
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|       反対する官僚は全員クビだ。        __
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ                              _∠/////∟ _ 
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉                          . : ´: : : : : :\////辷ノ   あなたに
    | | └く  `´     ヘノ  }                       . イ / : /: : : : : : : :ヽ////〉_ 忠誠を誓います。
                                       , :. :. :. :. ̄:> : : : : : : : : : : }///」ミーノ
                                     ∠:. :. :. :. :. :. :. :.>: : :- ミ:_:_ノ///./´ 
                                   /☆:/\:. :. :. :. :. :. :フ: : : : : :)ー 彡'     
                                  ////////ハ.:. :. :. :. :. :.フー彡/  ̄
                                ////////☆/|:. :. :. :. :. ∠:、:/
                               /☆/////////ノ:. :. :. :. 彡ー '

183>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:36:42 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ         
         ´     ',⌒ ー-  _,   分かったか?
.     /               ` < ´
__ /      j     }     ヽ   今のが豊臣と徳川の差だったんだよ。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  要するに、奴らは他の大名家に支持されてた。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  支配される側が、秀吉になら支配されても良いと思ったんだよ。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   だからあの時だって、奴らにはこっちの倍の人数が集まった。
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    徳川軍相手に別働隊なんか組織出来たのはそのおかげだ。
   | 八  l|"         " }|    
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |
   | l    { ,く \_下、 ´   lN
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|
   | |  /  {   |∧   ヽ l|      そういう意味じゃ、私たちは戦う前から負けてたと言って良い。
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
  | | └く  `´     ヘノ  }

184>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:37:13 ID:Ocqf97Ps0

          x<     >―、,,ィ1   
       /        ::::::::::>-=  天下全体を争う戦役レベルになると、
   、―x.‐〈  /⌒     i  ヽ:ヽ:::::::、::ヾ´   戦略の更に上の工夫も必要になるってことだ。
   _,,ニr―7 7   ,     !  l::::ハ::::::ヘ、::',
 ヾ:イ //У;   l  ィ ∧  |ヽ:;:';::::l::l ヽ!  小領主なら戦闘だけを見てればいい
     / , '/レィ |  ,| /_|/ V. !-''ヽl:::ハト、  でも中小大名ぐらいからは戦術を意識しなきゃならない。
   l / ,′V _l. /.l./_`¨´∨ィf^l}V、:ヘ::',   大大名なら戦略。
 l/ /   l´レl |弋ぃ:':リ`   ゚‐' 'リ V::';:l    天下人なら大戦略まで見る必要が有る。
 l' /    ヽ._l lu,, ¨´    ' /l| V::':l  
 l ,'         | !> 、  _っ イ  !  V:::l   支配者としての格が上がるごとに、戦いのレベルも上がるんだ。
 l l         /ヽ /‐\|\       ヽ::  天下人レベルになると、自軍だけで闘う訳じゃないからな。
 l l      /   ∨`r‐f”  ヽ     l::  天下全体を味方に付けないといけないんだ。

185>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:37:38 ID:Ocqf97Ps0

 戦争ってのは天下取りの手段の一つなんだよ。
 その意味では戦略さえ手段ってことになる。
 ──────────────────────────────────────────────
 ■三大技術+大戦略
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              .  _____ 
      ←――――― 戦前 ―――――→ |戦争開始|  ←――――― 戦中 ―――――→
                        .   .    ̄ ̄.|| ̄ ̄
    ┏━━━━━┓      ┌─────┐       ┌─────┐      ┌─────┐
    ┃  大戦略  ┃.. >.> .│.. .戦略..  |.. >.>  .│.. .戦術..  |.. >.> .│  戦闘術  |
    ┗━━━━━┛      └─────┘       └─────┘      └─────┘
    天下を取る工夫      戦争に勝つ工夫        戦闘に勝つ工夫       決闘に勝つ工夫

 ──────────────────────────────────────────────
 戦争よりももっと大切な事があるってことだ。

 奴らはそれをよくわかってた。
 そのレベルの工夫と準備をしっかりやった上で、それから戦争やってたんだよ。

 だから戦闘で負けても戦争には勝ったし、その後もたった1年で秀吉は天下人になった。

 信長公が亡くなってから数えてもたったの3年だぞ?
 しかもアイツは信長公の継承者でもなんでもない。一介の方面軍司令官だ。

186>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:38:28 ID:Ocqf97Ps0

 それが信長公でも20年以上かかった天下統一をやれたのは、
 「秀吉に天下を取らせたら自分も幸せになれる」と思わせることができてたからだ。

 具体的には「朝廷の権威+大名の武力を背景にした中央集権」「自由経済」ってところか。
 選挙の公約と同じだ。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                  、ヽ l / ,
                                 =     =
                                ニ=  秀  -=
   、、 l | /, ,                           ニ=  吉  =ニ
  .ヽ     ´´,                      =-.  な  -=
 ヽ し き 秀  ニ.                      ニ   ら   ニ
 =  て っ 吉  =ニ                     r   :  ヽ`
 ニ  く と な  -=                       ´/小ヽ`
 =  れ 何 ら  -=             _,,..,,,,_
 ニ  る. と   =ニ     、,  ,,, 、,,  ./ ,' 3/⌒ヽ-、_   、 ,,  @
 /,  は か    ヽ、       、,   /l.  /____/   n  ヽ|ノ,,
  / ず    ヽ、    @   ,,, 、,,  ̄,, ̄ ̄ ̄ ̄,, ̄   ,,, 、,,
  / / 小 \       ヽ|ノ 、、,  ,, 、,,   , "  ,,  、、, ,,
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 これが受け入れられたから、周りの大名が秀吉を支持したし、戦争になったら助けようとしたんだ。

187>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:39:02 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ         
         ´     ',⌒ ー-  _,    まあ殆どは信長公の路線を継承しただけだが、
.     /               ` < ´   そもそもこれがうまく行ってたから信長公は天下人になれたんだよ。
__ /      j     }     ヽ
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  それを継承するって判断は正しいし、
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、   状況に合わせてうまく自分なりのアレンジを加えてるのも正しい。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    こういう工夫とか仕掛けのことを「大戦略」って言うから良く覚えとけ。
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|     
   | 八  l|"         " }|      これが天下の大多数に理解されたから天下をとれたし、
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |      その後の内政も朝鮮出兵を除けばうまくいった。
   | l    { ,く \_下、 ´   lN   
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|        ―――――――――――――――――――――
   | |  /  {   |∧   ヽ l|               【審議中】
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|             ヨクネ? ∧,,∧  ∧,,∧ ヒデヨシドーヨ?
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ                ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉              ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) イインジャネ?
   | | └く  `´     ヘノ  }               | U (  ´・) (・`  ) と ノ
                                  u-u (l    ) (   ノu-u
                               アリジャネ? `u-u'. `u-u' シジリツアップ?
                           ―――――――――――――――――――――

188>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:39:28 ID:Ocqf97Ps0

 ―――――――――――――――――――――
 【採用】
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜     
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)  
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'
 ―――――――――――――――――――――
 秀吉が調略の達人って言われるのは、こういう工夫と準備を徹底してやってたからだよ。
 「人たらし」みたいなチャチな超能力だけに頼ってた訳じゃない。

189>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:40:13 ID:Ocqf97Ps0
 
                                        . .:―――‐.: .
                                     , .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\
                                   ./ .: .: .: .: .: .: .:       ヽ     ・・・・・・・・。
                                   /. .: .:    lヽ |: .: .: .: .: .: .:.
                                      l .:ハ .: | -\|ヽ: .: .: .: .: .: .:.
                                  |. .: .: ,|/‐ ヽ:| ィ=ミ. \ : .: .: .: l
                                  |: .: .:/ィ=ミ     {{  }}   .|.: ト、 .: |
                                  |: .: ハ.{{ }}   ヽ= ' ,, |.: | }:: :|
                                  |.: .: .:}ヽ='         |.:ノ.イ:: 八
                                  ノノ{ : {''             / :: ハ/
                                    、::ヽ、. __ワ_ . イ=ミ∨
                                     \l\/ヽ/:⌒{ヌ/:⌒ヽヽ
           _r‐ヘ                            { : : /:.{ : : : : }Λ____
          ´     ',⌒ ー-  _,                    「ー:イ:.:「ー: :彡: :Λ     ・||
 .     /               ` < ´            .       /: : : :V: : : : :ノ: : Λ    ||
 __ /      j     }     ヽ                   / : : : /: : : : /Ξ: : :Λ     ||
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  ・・・・・・。          / : : : /: : : : /: : : : : : : :.    ||
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、                /: : : :/: : : : / : o : : : : : l.__・||
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!                  ゝ=:ミ/==:ミ/ヘ: : : : : : : 」   ||
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }                  (((r_ノ(((r_ノ、::::::: ̄ ̄ ̄::}   ||
    | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|                   {  {       }:::::::::::::::::::::::ノ   ||
    | 八  l|"         " }|    
    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |    
    | l    { ,く \_下、 ´   lN   
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|    
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
    | | └く  `´     ヘノ  }

190>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:40:37 ID:Ocqf97Ps0

                   , : .  ̄ ̄ ̄ : . 、._
           (ミ//: . : . : .マ: マ: . : . <   ・・・・ってなんかボケろよ!
           / イ: . : /.: ./: //.  ヽ)   
          // {: . : . : ./: /7 : . : l: |    こういう説明レスは進行が単調になるから
        //   ∨: :{: /: /:/rイ|: .ハノ    5レスに一回ぐらいは山作らないとダメだろ。
       //      \ /: // ー|:|}′
     //    /⌒ ≠:/:⌒\.lイ_     天下人には空気読む力も要るんだぞ!
    //     ./:V : //: /: : / : : \  ヽ
   ( /     - く /: /:/: /: : : {: : : : : :ヽ |
          {.=ミ/: : :/: /: : へVへ: : : : :〉|
       r^^ュー/: : {{:ノ : : \. ) У: :/ '
       | ̄:| _{__: : : : : : r^^ュー<.へ /    イデデ。
       |/  . .: .: .:\: : / ̄:〉::ヽ:::::::::::7    スイマセンでした。
       /.: .. / ハ .. .. ..V : : /:::::::ノ  ̄ \
       ノ.: /乂|/ _乂: .: .: |: : /::::∠. __  \.γ^ヽ
     / .: c◯   ◯っ.: .:.|: /:/: : :/  \.ノ:::ヽミ/
     {ハハ'' 、___''//) 八': : 彡 '     \- ' /
         ` ー―― '彡^ー<          ̄

191>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:41:16 ID:Ocqf97Ps0


     \ー--、__,.  ' ´ ̄ ̄ ̄ `丶、            口で言うのは簡単だが、
      >                 `ヽ、     ___  戦国大名やりながら世の中全体の正しいあり方を考えるのは
     /      |               ヽ、_,.ィ////_}  本当に難しい。
   /イ /:  !  |          、    ヽr- 、///>  
  / / ./   |  /{    !   |     ∨   ∧   ト '   世の中変えるような行為は反発も多いから
   ;'  /   /! /  ∨. | 、  {      、   ∧  {    実行するのはもっと難しい。
   | イ ! / {/    ∨ |  ',\     \ / |  、 
   |/ | { / \_,   、__|/ ∨ハ\   | \_、 ;|   ',  このレベルになると
   |' { |ハ,r┯┯   ┯━ ┯ァ \  !/  ハ    :.  武田信玄とか上杉謙信でも出来てなかったんだからな?
     Ⅵハ j::i::|    {::::ij:::::| /   ! :\!^ヽ /  、   :. 
       /}弋ソ ,    弋 こソ   | /,イ } l/   ,   . 
         i八                |/ノ  ノ    }   |  本当の意味でこれが出来てたのは、
         |  、     _       ,.j'イ ̄{       |   |  歴史上でも信長公と源頼朝ぐらいだろう。
           >  _`_,.... イ、 | !  |       |   | 
             _/{/\ /::/::`ヽ、 !       !   ! 
            //://イ ∨:::::{:::::::::::,::::ヽ      !   !  
           {:::/://{  /::::<::::::/:::::::::}     |   |  お前も天下取り狙ってるんなら、ちゃんと考えておけ。
           /::i|:{//; /::::::/::::'::::::::::::: /     |

192>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:42:53 ID:Ocqf97Ps0

 議席さえ取れりゃ良いっていう小悪党は、仮に政権取ってもその後で支持率をなくして失脚する。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
       ‐‐‐‐‐‐‐‐--  こんなもの選挙する前から分かりきってたことだろ
     /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)    愚民どもがwバーカw
     |::::/ _,,ノ (ミ  ヽ                      ノ´⌒`ヽ
     i⌒ -=・= ヽ=・= |                  γ⌒´      \
   /"|  'ー'/(,、,.) ー|:\                 // ""´ ⌒\ )
  /::::::r'| / rェェェィ  |ヽ::::ヽ               i /  \ /  i 黙って税金払っていればいいんだお!
  \::::::\,   ヽニニソ /:::::/                i   (・ )` ´( ・)ヽ 愚民はボクらの財布だおwww 
   \::::::\-┐._ 「i:::/                 |  ⌒(__人__)⌒|  
    ||ヽ::::::::::::ヽ  /:::{ |                  \.__|r┬-|_ノ   
    ||__ヽ::::::::::::::ソ、:::i__|./´⌒ヽ            r^:::::\`ー'´/:::::\|i
    || ̄`ヽ:::::::::::::ヽ:::i/:::::::::::::::::::ヽ      ビシッ!!! ゙m9ソ、::ヽ /:::::::、!lヽi
    ||__}::;;;;;;;:::::}/::::::::::,r"\:::::::::ヽ. rー、     _ ̄i::::::::::::ヽ{:::::::: i !| !.|
    ||\ .{ | \ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::|\:;;;//ミ/ ̄\  | \ ̄ ̄    �� 昨ノ < ̄\
    ||ヽ\..|.|\ \     .|;;;;;;;;;|  \./ミ/..   \ |.|\\        Y^Y´    \
    ||  ヽ_|.|::::::\\   iヽ,=ヽ、   ̄      \::::\\         ドンッ!!!
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ミンスは言うまでもないが、木曽義仲とか董卓とか、首都占領した直後に討伐隊組まれるのはこのパターンだ。
 明確な目的も指針もないのに天下を取るのは天下を私物化するに等しい。
 そんな奴は国家レベルの犯罪者に認定されるんだよ。

 そういう意味じゃ大河ドラマでやってた平清盛も似たようなモンだ。

 天下人ってのは、詰まるところ天下が望むモノを与えられる人間しかなれないんだ。
 少なくとも、「取り敢えず首都占領してみました」みたいなノリで京とかに入ったら間違いなくフクロ叩きにされるぞ。

 信長公なんか、アレだけ根回しとか軍の統制とか気を使ったのに、何度もフクロにされかけた。
 天下人はそれぐらい厳しく周りから見られるんだ。

193>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:43:25 ID:Ocqf97Ps0

                                  
      /              \   \=ニ三|   
     / /   丶    \      \ _  .',  \
    ./  イ   | ト   |\ `、    \‐- >.|ヽ  \           孫子の言葉で言えば
   /./ /   /| |ヽ  .|/\',\_\  |   .| \   \         「勝兵はまず勝ちて後に戦いを求める」だな。
   |/  |   |', レ\ヽ  | 彡- T ̄|\  .|  /   .\   .\
      |   |.',rt‐ミ \|  |.:l::c| ./ | \|  /     ヽ、  .\      良いか?
      ヽ|', .|/|弋cソ    ヽ-゛〝  .| |´.ヽ        `ヽ  \    分かったな?
        丶||.l〝  ´         .| | ./          `丶 \
        /.|..\     _    _ | .|´             丶、\
      ./ /レ  >-‐- __   rイ゛  レ                \\
    / /    /.;.;.;.;.;.;.;\--く|ヽ._            ヽ/     \
   /./     /.;.;.;.;.;.;.;――-.| .|.;|`‐-、.          / ヽ
  / ./       /',.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;\|.;.;|..;.;|丶    __,,.-/   _ X´
 /./       |.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;\――――、-´   丶-‐'"
.//         |.;.;.\_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.||    .〉――‐|━
/          ヽ.;.;.;.; ̄\_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;o  o || ̄^と/
           ヽ.;.;.;.;/.;;.;.;\______,,..-‐'''"" ̄

194>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:43:58 ID:Ocqf97Ps0

         ____  
      , 彡 -―――‐-ミ、 |
      / ./  -― ┬┬‐- ヽ     ソンシ?
    / ./´      ||    ヽ
  /     ... _ _|....|_   . |   ってことはポア?
  :: : .    . イ:.-―/-|:. :./ -|ミヽ |    豊臣をポアってこと?
  |: . / |:/| / |:/  |:.ノ   |:.ハ:ヘ  
.   V/|   |′              ハ|  
  レ〈: .|   |   ィ =ミ     ィ=ミ ′
    :ハ   .  ' '           ' '{
     \: . 、           ノ
      \: .\  ` ー‐  .:/
       _ .>ーヽx:‐r―‐ ´
     /    \/ヮV`ヽ
    ./    ヽ  /Λ   、
   /    ミ }  |//|  } \

195>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:44:24 ID:Ocqf97Ps0

   ――、   r-‐‐i ___      .|//|   _,..-―― - _
 _____\ \  .|  |__  "'''-- _|___|__- ´      _,.-―"'''-         
 __ .〉  〉 .|_____|        _,.       / ―― .、 | | \          アポーッ!!
   /  /  ____          "'''- ____,..-'''"_  |    | |\  \
  ̄ヽ /   /     .|         \ ‐_>    |.|   .| |  .\  `、   
    | / . ./  ./ ̄ ̄  i   .i      ヽ       _|.|.-'''"| |、  ヽ ',
     |// |_/// / |  ./ `、 '.,   .ヽ    / |.|      \  `、 ',
     /_/  ./_ //\ .| .// _ x .|  .|\ |   .イ /          .|  \\_ノ|
     .| |./| | .| ̄".i"  レ 尤´ .|.|` |  |  ヽ ./ | .|;:;:;:;:         |   ヽ、ノ
     .ヽ ',.|  .弋__ノ    弋_ノ ′| \|   /L | |;:;:;:;:;:      l|l|l|.|
      .\',| ____.      、      |    / / .', ',;:;:;:;:;:    l|l|l|l|./
       /.:.:.:.:.:\―――i    / |\  .//.........\\;:;:;:;:;: l|l|l|l|./ /|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',二二 /_- ' " \ | .\_...................\ ` -----//.;.| ガッ!
      |.:.:.:.:.:.:.:__',_____ \ ̄ ̄ ̄~""'''.;.;.;.;~ ‐ ‐     ̄ ̄ <.;.;.;.;|
      .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ \.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ̄ ̄ ̄.;.;.;.;.;.;.;.;.;く_
      |.:.:.:.:.:ll.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: --ニー―.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;"'''- __
      |.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:// \.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;―――‐  
     /.:.:.:.:.:.:.:.:||.:.:.:.:0  / / /, .;.;.;.;.;.;.;.;;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\     
 __---.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.: | //;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;..;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\   
 l|l||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:O.:.:`- .∠__.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\   修行するぞ!
 .l|l||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ

196>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:45:01 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ        
         ´     ',⌒ ー-  _,   尊師じゃない。
.     /               ` < ´  孫子だ。
__ /      j     }     ヽ 
∨//V /     /|   } }i   ヽ     紀元前に書かれたモノがベースだが、
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト   書かれている内容は今でも普通に通用する。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   しかも文章は短くて格調高いから文章表現の教科書にもなる。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    あのジョセフ・ジョースターが、これだけは読んでたっていう世界的名著だ。
   | 八  l|"         " }|    
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     いろんな意味で役に立つから、
   | l    { ,く \_下、 ´   lN     ヘッドギア付けてでも覚えとけ。
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|     
   | |  /  {   |∧   ヽ l|      ついでに言っておくと、お前が最後まで勝てなかった武田信玄の
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|      「風林火山」も孫子が出典だからな?
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉     原文では「風林火山陰雷」だが。
   | | └く  `´     ヘノ  }

197>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:45:23 ID:Ocqf97Ps0

          _r‐ヘ        
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` < ´
__ /      j     }     ヽ   話戻すぞ?
∨//V /     /|   } }i   ヽ     ここまでの話を踏まえてこれから私たちがどうすべきかってことだ。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    まずは現状確認からだ。 
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
   | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|  
   | 八  l|"         " }|   
   | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |   
   | l    { ,く \_下、 ´   lN   
   | |   /  ヽ/、/∧\   l|   
   | |  /  {   |∧   ヽ l|   
   | |     ヽ  |/∧ V Vl|   
   | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
   | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉  
   | | └く  `´     ヘノ  }

198>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:45:52 ID:Ocqf97Ps0

          x<     >―、,,ィ1     豊臣も徳川が最大の敵だってコトぐらい分かってる。      
       /        ::::::::::>-=ァ 江戸周辺の勢力図を見てみろ。 
   、―x.‐〈  /⌒     i  ヽ:ヽ:::::::、::ヾ´  
   _,,ニr―7 7   ,     !  l::::ハ::::::ヘ、::',  会津の上杉とか常陸の佐竹とかヤバイのが近くに配置されてる。 
 ヾ:イ //У;   l  ィ ∧  |ヽ:;:';::::l::l ヽ!  私たちが大坂攻めに江戸から出たら絶対後ろから襲われるぞ。
     / , '/レィ |  ,| /_|/ V. !-''ヽl:::ハト、  
   l / ,′V _l. /.l./_`¨´∨ィf^l}V、:ヘ::',  通り道の東海道には豊臣恩顧の武闘派が配置されてる。
 l/ /   l´レl |弋ぃ:':リ`   ゚‐' 'リ V::';:l   アホで武力と忠誠心だけ高い張飛みたいな奴が多いから 
 l' /    ヽ._l lu,, ¨´    ' /l| V::':l  調略も効きにくくて厄介だぞ。
 l ,'         | !> 、  _っ イ  !  V:::l  
 l l         /ヽ /‐\|\       ヽ::l 
 l l      /   ∨`r‐f”  ヽ     l::|
 
 こんな感じだ
                             /   _(
                           _/   /
                         ._  ._/    .|
                      . <(_ ‐~上杉  .|
                _____  ./      佐 /
            _.-‐"~   "ー´    徳川 竹 |
          _ /___ ,,__....._,..大坂 張飛._   (~)/
        <" ~ し、_.ノヽ- \ ]  (`‐‐-´~U⌒ .|,/
        ヽ∩/~
 
 奴らはちゃんと戦略レベルで私たちの動きを封じてるんだ。
 このまま戦って一つの勢力に勝ったとしても、残りの二つに後ろから襲われて終わりだ。

199>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:46:18 ID:Ocqf97Ps0

     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/
   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /        いーんだよ!
   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/  
    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /          東海道の連中なんか
    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_         踏み潰しながら進めば!
       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟    
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟       もーガマンできない!!  
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/     すぐ江戸に帰って戦争の準備しよ!
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ  
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\    動員しよ! 
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、  100石あたり5人ぐらいで。
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ  
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \

200>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:47:44 ID:Ocqf97Ps0
 
 
           <:. :. :. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. .. .. .. ..        箱根どうすんだよ!
              >:. :. :. :. ∠:.____:./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :  
           /:  ̄ ̄ :ヽ――― : .  / :. :. :. ://:. :. :. :. :. :. :./. :. :  箱根で足止めされたところを
     −=≡./: : : : : : : : : |: : : : : : : : ヽ///: / / :. :. :. :. : // :. :. :.  後ろから上杉に襲われたら
 =≡. ――: 、/: : :.:.| : : : : : :|: : : : : : : : :| 、//― /:´//:. / /:. :. /   挟み撃ちにされるんだぞ!
 __/ : : : : : : :|: : :.:.| : : : : : :|: : : : : : : : :|しヽ.   // //  ∨:. / ./ 
   |: : : : : : : :|: ー‐ へ.:__:ノ: : : : : : : : : :|   \ヽ       /:.X   /:.   それにお前城攻めは苦手だろ!
   |: : : : : : : :|: : : : : : :.:.|: : : : : : : : : : : : :|    ヽ       _   ー/:. : 
   |: : : : : : : :|: : : : : : :.:.|: : : : : : : : : : : : :|  o  }    ⊂ニ=−- /:. :. : 
 ―┤ : : : : : : |: : : : : : :.:.|: : : : : : : : : : : : :|   /ニ=ー┬     ノ:ノ:. :/
   ヽ : : : : : 人 : : : : :.:. |: : : : : : : : : : : : :'  ノ///////|       ∨
      ̄ ̄ ‐= ー――へ :____:ノ //////////      ノ    顔っ。
        ,   - ――=≠::::>ー‐<////////_ノ__ . <      顔はやめて!

201>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:48:05 ID:Ocqf97Ps0
 
             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,   それともう一つ。
 .     /               ` <´   お前は現政権の一員なんだ。
 __ /      j     }     ヽ  
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ.  それも「五大老」の筆頭だから総理大臣みたいなモンだ。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  .今まで法律作ったりして現体制の維持に務めてる。
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!  
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }  
     | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|     それがまともな理由もなく体制を破壊する側に回ってみろ?
     | 八  l|"         " }|
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |.    それだけで最悪テロリストに認定される。
     | l    { ,く \_下、 ´   lN     さっきの話にもあったけど、
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|      そんなことになったら日本中の大名で連合軍組織して討伐に来る。
     | |  /  {   |∧   ヽ l|    
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|      言っとくけど、この時代の日本人はかなり凶暴だからな?
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ     
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
     | | └く  `´     ヘノ  }

202>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:51:57 ID:Ocqf97Ps0
 
 大雑把に言うとこんな感じだ。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【破壊活動】
 
                               えー 政権取ったんで。
                      ∧,, ∧     今まで反対してたけど費税アップね?。
                      (`・ω・´)             来月から消50%。
  ∧∧   ∧,,∧   ∧,,∧       U θ U     ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧       
  (ω・` ) (´・ω・) (・ω・`)  / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\  (・ω・`) (´・ω・`) ( ´・ω・)
  (  U)  ( つと)  (   ) |二二二二二二二|  (  U)  ( つと ) (    ) 
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  国  会 ...|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           _____|              デフレ?
     ∧_∧                        ボクラは貯金あるし?
    ( ´∀`) アヒャ 
                                     ∧∧
                              マジデ? .(゚Д゚,,). ∧_∧
                                          (`Д´ )
                                    フザケンナ!
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

203>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:52:32 ID:Ocqf97Ps0

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【審議中】
 ?   ∧,,∧  ∧,,∧  ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧イエヤスドウ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )アリャアダメジャネ?
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ ヤトウジダイハイイコトイッテタノニ!
  u-u (l    ) (   ノu-u ?
      `u-u'. `u-u' テロ?テロッテコト?
 
 【結果発表】
 パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
  [家康は] [テロリスト] [に認定] [全員で][討伐] [するんよ]
   ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
   ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩´ω``)∩・ω・`)∩´・ω・`)
    (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
    `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

204>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:53:14 ID:Ocqf97Ps0
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 【PKO】
 
       会津から来ますた     ''';;';';;'';;;,.,   ザッ
 ザッ                    ''';;';'';';''';;'';;;,.,
         ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;  薩摩から来ますた
                      ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      播磨から来ますた   vymyvwymyvymyvy   ザッ
                vymyvwymyvymyvyyvyyvy
    /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ   /ニヽ
   (ω・´). (ω・´) (ω・´)(ω・´) (ω・´) (´・ω)  安芸から来ますた 
   ムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝ
    ゚し-J\ .゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\
    
   テロリストさんのお宅はこちらですか
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

205>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:53:36 ID:Ocqf97Ps0

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 キャラキャラ
                   ΛΛ メンドクセーナ
             ΛΛ   ( ゚Д゚) ]〓〓l ==o ΛΛ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    イッテヨシ Λ Λ(,, ゚Д゚) _|_つつ l l─´    ( ゚Д゚)目< 徳川家を処理しに来ました
 三     \(゚Д゚ ,,)| つつ/\| / o¬//¬二二二== === =\__________
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ > __η   ヽヽ ̄ ̄ ̄η >\_
    |               \//()()〃___ゝゝ___//()()/
    |                \   \             \\
 三  |   政府専用車      \  .\         \  \ \
    |    JAPAN           \  .\         \  \ \
    |____________  \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄   |
   ./ |                 |~=-_|___| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7|___|
   |___|____________|ロ .|===ヽ ヽ>      >ヽヽ,==ヽ|
     | ()<| | |/  ヽヽ ./ ヽヽ /  ヽl__/)===|.| |        | |===|     ☆
     .\lノノノ| () | ||() | ||() |.ヽ/==/ ノ ノ────- ノ_ノ==/   /
      .\ λ  ノノ.λ  ノノλ  ノ/==/ ̄ ヽλ  λ  ノ ̄/=;/     キキッ!
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

206>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:54:46 ID:Ocqf97Ps0

         ⌒>―……‐
        /: : : : : : : : : : : :`丶、        そっそーなの?
     . : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
 . .  /. : : : : : : : : ∧: : |\: : : : : : ヽ      いやー。もちろん分ってたよ?
 ..  /. : : : : : /|: :| u\|、__メ: : : : : ☆
  ノ: : : : : |:/、__ノ:|  〃r'/ハ∨: : : : \     やっぱり悪いことはいけないよね?
 ⌒| : : : : j〃r'/ハ|   弋__ノ Ⅳト、 : _\     
   |: : : : 小{弋__ノ      _ '' |: リ) ):\
 ... : : i|: : :!} ,,     _ノ、) |厶ィヘ厂      
 ..  ヽ八: :込   ー   ̄ イ「⌒<,、___ /))
      {\|⌒≧=‐r ニ夭| く         / ')
      ー-----〈L∧ |::|| / ャー‐------' ̄
 .              ∨\∨ /  ∨
               ∨ 、/  o  \_/|_   _
                〈 o    o    /:::::::::/ {r‐ュ】 )
                |  o.      /:::::::::く ∧/⌒
                |    |\ /::::::::::厂` /

207>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:55:08 ID:Ocqf97Ps0

 
 /  {   、  \   /  /       /   /   / |        、_\
   ,     \   /イ ,           /   /}   /  !         ', `\
   、       ´  j! /       /   / ;'   /  {    ;     | .     そうじゃない。
    \       ' /         /   / / -、/    !    .′    ! }    今がチャンスだってところだけは
      、     j/      //  /  / / \.  |    '      |  :    お前と同意見だ。
.       \/⌒;/     / / /  /`ヽ、 ヽ     :   /     ハ  |    
.、        {  {:./     イ   //   /    >、    l   /      /   |    問題はやり方なんだ。
 \      ', i/  イ  /  ´     {   ん/     i! / !   /   } /    
  / ヽ      ∨//_|  ,          ム{/    ,.イ / ,:'|    ′  /     ここも孫子がすごく良いことを言ってる。
 ,    \    \._ ! {              {ソ      / j./ /' |  /   /
./    ∧    _,.T | |                    { /j /  l! /
'    / /  } _/   ! /                   ヽ /  /
   / / ⌒ヽ/    {/:..                /
.  / / r/  ̄`ヽ、   |   、    _        , '               「上兵はまず謀を伐ち、その次は交を伐ち、
 / //:::::::\    \   /\  (_ソ      . ´                その次は兵を伐ち、その下は城を攻む」だ
./ /\:::::::::::::\   \/\ `   ――   ´
' /:::::::::::\::::::::::::::\    \∧

208>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:55:42 ID:Ocqf97Ps0

                 _____
       __ _-― ' ´         `丶、           
      {///下、 >                `ヽ、,ィ//////}
        ̄二/           |            ヽ-、二 ̄´   一番は、周りと仲良くして戦争起こす気にさせない事。
      ィ// ,         |            ',∨/\   二番目に良いのは、外交関係を破壊して孤立させる事。
     <// ,.ィ    /   / / l   |ヽ、   、    ',\//〉   三番目は、敵を誘い出して野戦で勝つこと。
      ,ィ / /    '   /| '  {.  |  ∨  |.     \`´    最悪なのは、敵が守ってる城や砦を強襲することだ。
.     / / /'|    |.  / {/  i.  |  ∨ !{  | ! !⌒\
    / / / | ハ | / \__,  ', | _,.ィ | ∨ } | リ\ \    豊臣家を見ると、失政続きで「謀を伐ち」を無くしてる。
    ,' / ,'   | / i./| /___   \   _Ⅵ_ {.イ }/   ヽ  、   さっきの話で言えば「大戦略」の部分だ。
.   / / /   V//l |'{ {::::i:::::ト    イ::i:::::} }| | /      ',  ', 諸大名の支持あっての豊臣政権なのにこれは致命的だ。
  / / /    乂{ |乂弋こソ      弋こソ / l }/}       ∨∧  
. / / /         Ⅵ.        '       /イン         ,  :.
 , / /           }人                イj/         .  :.
./ /            >   .. _´`_ ..   イ /          ,  ;  となれば私達は何をすべきか分かるな?
' /            _,..ィ:{\__/}:::.、_             , |
,'/          ,.ィ::::::::::::/:::|∨//Ⅵ:::::::}:::::::.、_           : |
/            /:::::::::::::::::>:{  }/| |::<:::::::::/::}           , |
           _/::::::\:::::::/:::::|  |/| |::::::/:::::/:::::|            i :
         /:::::::::::::::::ヽ:::\::::、 j/ム |::::/::::Y:::::: |            | |
       ,.:'::::::::::::::::::::_,:::::::\:::|//}j!:/:::::: |::::::::::.          | |

209>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:56:18 ID:Ocqf97Ps0

 さっきの話で行くとこうだな。
 ──────────────────────────────────────────────
 ■大戦略
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    .  _____ 
      ←――――― 戦前 ―――――→ |戦争開始|  ←――――― 戦中 ―――――→
                        .   .    ̄ ̄.|| ̄ ̄
    ┏━━━━━┓      ┌─────┐       ┌─────┐      ┌─────┐
    ┃  大戦略  ┃.. >.> .│.. .戦略..  |.. >.>  .│.. .戦術..  |.. >.> .│  戦闘術  |
    ┗━━━━━┛      └─────┘       └─────┘      └─────┘
      謀を伐ち           交を伐ち              兵を伐ち & 城を攻む
   (豊臣は放出済み)
 ──────────────────────────────────────────────

210>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:56:39 ID:Ocqf97Ps0
 
     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/
   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /   うん分かった!
   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/  
    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /     東海道を直進して大坂に攻め込めば良いんだよね!
    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_   
       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟   じゃあすぐに戦争の準備だ!
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟ 
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/  
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ  
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\  
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、  
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ  
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \

211>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:57:13 ID:Ocqf97Ps0
 
 
                                    ,. . . . : : ̄ ̄: :`ヽ、      お前私の話聞いてたのか?
                              ,. :': : : /: : :i: : : : : : : : : :`丶、   二番目の外交工作に決まってんだろ?
                ____       ,.ィ/,: : : :/:|: : :.∧: :.:ト、: : :、: : : : : :\
            ,   ´     _  ` ー― ノ: :/: : : /:/{: : /::::{: : |:::\: }: : : : : : : :',城攻めダメって言ったばっかりだぞ!
             /,    __,./ ヽ      ̄`丶、: :/:/:::|: /::::::::\}__∨、: : : : : : : }
         , ' /_  ///_イ /ハ       \⌒\/:::::{/:::::::::::/´ ̄ ̄ ヽ\: : : : :.|
      ___ /  /   ∨  ' ///}        :. ,ィ´ ̄))::::::::::\__ノ::::/:`/: : ::.
     {///イ        / ////        、',==='''            /: :,ハ: : :.
     _,イ/!         ;  ∨/ ,    ' }!  | ト | u       __,.ィ   ': :/} i}: : :.
     〈// {         | | | イ   /! /| /| ; リ   >ー-‐ ' ´ ノ  u {: /ノ ノ: :ト、}
     ,:' / ∧  〈       | | | |  / )';;;| /!j/\_    ー-‐ '´     ,|:{-<: : :| \
     / / /  、  }     | | | | ,イi { | ;;|/;{ {:/: : :≧⌒}二二二> ,...ィ:{: :,、: : : /
.    / / /    \ ヽ.    | i j ∨ 乂)|;;/;;;;;;;ヽ_,...-、   ,ノ ̄}/_} ̄l´-、_ }:/ ',: /
   / / /       、    | l {__,イ   | |    ノ::::::::::}!イ⌒つ∧!//::::}::::::::ヽ、_ /
.  / / /          \_从! !{-≧―-Ⅳ_....:::´/::::::/r'、 _}//// /:<::::::::::::/::::}      へへ・・・。
  / / /           {:::/| !|:::::::::::/::::::::::\:イ::://::::::::::> |/////}::::/::::::::::/::::::::\    実は最初から聞いてませんでした。
 ,' / /         /::/::::::| i{:::::::::::{::::::::::::/\'/::::::::::/  Ⅵ//イ/::::::::::/:::::::::::::::::ヽ     
./  /         /:::, :::::: | |::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::/!  /::::/:::::::::::::/\::::::::::::::::::::.、    
'  /            ,:::::;':::::::: | |::::::::::::':::ィ:::::::::::::::::::::::::::/:::} /::::/:::::::::::::::,.:'   \:::::::::::::::::\

212>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:57:38 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _,    今の私達がすべきは戦争の準備じゃないってことだ。
.     /               ` <´    戦争じゃなく政治的に天下を取るんだ。
__ /      j     }     ヽ   
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  具体的には仲間を増やせ。いわゆる調略活動だ。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    失政プラス秀吉が死んだことで豊臣政権は動揺してる。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    頼みもしないのに徳川家へ取り入ろうって連中も実際に居る。
    | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|  
    | 八  l|"         " }|   
    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |.  
    | l    { ,く \_下、 ´   lN   
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|    
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
    | | └く  `´     ヘノ  }

213>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:58:14 ID:Ocqf97Ps0

                                    これはチャンスなんだ。
       /              \   \=ニ三|    こちらが圧倒的多数になれば戦争しなくても実権は握れる。
      / /   丶    \      \ _  .',  \        .     
     ./  イ   | ト   |\ `、    \‐- >.|ヽ  \   けど豊臣の連中も馬鹿じゃない。
    /./ /   /| |ヽ  .|/\',\_\  |   .| \   \    秀吉が死んだ後を想定して派閥拡大は禁止されてる。
    |/  |   |', レ\ヽ  | 彡- T ̄|\  .|  /   .\   .\    破れば犯罪者だ。
       |   |.',rt‐ミ \|  |.:l::c| ./ | \|  /     ヽ、  .\      
       ヽ|', .|/|弋cソ    ヽ-゛〝  .| |´.ヽ        `ヽ  \      一見すると調略活動は不可能に見えるな?
         丶||.l〝  ´         .| | ./          `丶 \     
         /.|..\     _    _ | .|´             丶、\  
       ./ /レ  >-‐- __   rイ゛  レ                \\  
     / /    /.;.;.;.;.;.;.;\--く|ヽ._            ヽ/     \  
    /./     /.;.;.;.;.;.;.;――-.| .|.;|`‐-、.          / ヽ       
   / ./       /',.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;.;.;\|.;.;|..;.;|丶    __,,.-/   _ X´      
  /./       |.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;\――――、-´   丶-‐'"         
 .//         |.;.;.\_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.||    .〉――‐|━      
 /          ヽ.;.;.;.; ̄\_.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;o  o || ̄^と/           
            ヽ.;.;.;.;/.;;.;.;\______,,..-‐'''"" ̄

214>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:58:54 ID:Ocqf97Ps0

でもそれで諦める必要はない。問題はやり方だ。
エロゲーと同じだと思え。 
──────────────────────────────────
     ________________ 
   /________________.../|
   |:;:混沌とした戦国の世に救世主が!. . ||  調略活動ってのは
   |:; ;:;;;;;; ;:君は何人の大名を落とせるか? ||  エロゲーみたいなもんだ。
   |:!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;!:|;:;:;;,ヽ  .-.+. -  ||
   |:!;:!|!:;:;:;:;:;:;:;Ⅸ】 :;.;/|:::/!|'|/!:;::;:)    .!    ||  普段の会話とかで地味に友好好度上げて、
   |!|:!|:;:;:;:;:;:;:/.ニヽ/,/|/!|ナ,) ) .)調    !  .||  一定値を超えるとフラグが立つ。
   |!|:!|!:;:;:;:;:;| 〔ゝ| !|  ィ''j!./(/ / 略  - + - ||  
   |!|;!|:!|:!|:;: \i    `` (乂  し ..    !.  ||   逆に変なことすると友好度は下がる。
   |!|;!!|:!|:!!|. /.{        ,>   て        .||   最悪タイホされたり刺されて死んだりすることもある。
   | \!!!!;!|!,,/ \  `,-'    ね l⌒Y⌒l . ||  
   |  〈+(ゝミヽ,/ `-'  .   ? ヽ   /. ....||   立て方は相手によって違うけど、
   | /++,(爻ミ⌒7           \/  ..||   フラグを立てるのが目標ってのは同じだ。
   |/++〃ヽ(爻ミヽヽ      , -'⌒ーー....... ´||   そしてフラグさえ立ててしまえば、後は好き放題にできる。
   |"⌒ ̄`ーヽ⌒ミヽ    /..`\,.'"\,.⌒ー||
   |: : : : : : : : :⌒ヽ;:ミヽ、/  ./: : : : :.\ー''||
   |:: : : :   家 康 立 志 伝 (R20)   ||
   |: : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .||
   |: : : : : : : : : : : ノ:;:ノノ: : : : : : : : /´     ||
   |:: : : : : : : : : : ( ( (: : : :    :/"      ||
   | : : : : : : : : : ノ:;:ノ:;:〉ヽ: : :::::: 380文(税無).||
   |:<初回限定版>.ハノ)   ./  .徳川EMI. |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────────────────────

215>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:59:14 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _      お前はこれから
.     /               ` <´      クラスの女全員を肉奴隷にしてハーレムを作るんだ。
__ /      j     }     ヽ
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ     エロゲー的に言うとな。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{
    | 八  l|"         " }
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |
    | l    { ,く \_下、 ´   lN
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|
    | |  /  {   |∧   ヽ l|
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
    | | └く  `´     ヘノ  }

216>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 13:59:47 ID:Ocqf97Ps0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■Before
                ノ λ     )
              ソ)人ノ 从:. ソ)ノ )
             ( V        (ソ 伝説のカリスマ担任           クラスの女は
            (ノ  _,,..,,,,_      (    HIDEYOSHI              全員担任に手籠めにされてた
            )   / ,' 3  `ヽーっ   ,ゞ             
          ノ ソ  l   ⊃ ⌒_つ  ( ノ                      当然お前はお預け状態って所だな
           (   `'ー---‐'''''"    )                      エロゲー的には
       ↓手籠        ↓手籠       ↓手籠
       _           _           _
     <7´   `Z>      〃   ヘヽ      .,'´r==ミ、
     <仆 |/|/Vハ>      li jノ|/゙^リi      i 《リノハ从)〉
     /八(|.゚ -゚ノl |      イ!i(l|´ヮ`ノト     从(l|゚ ヮ゚ノリ
.   // く7〈〉i>l |       リと7〈〉iつ      ⊂lj京iつ
   {/  く/儿〉|ノ      ((y</儿〉         ぐ/_l〉          
         しU           UU         し'ノ           

         ↑同級生                ↑お預け       
      /  ̄  ̄ \              ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /  ::\:::/::  \       .    /          \   
   /  .<●>::::::<●>  \.        /  ∧ ∧、_,ト、   \  
   |    (__人__)     |     _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >
   \    ` ⌒´    /       /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   | 
   /,,― -ー  、 , -‐ 、       ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
   |:::::: |, -‐ '"      /       |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
    `;ー" ` ー-ー -ー'           Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
   学級委員(担任の子分)           イケメン御曹司                    
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

217>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:00:21 ID:Ocqf97Ps0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■After
                _,,..,,,,_ 
              ∩/ ,' 3 `ヽ_ 
              ∪l   ⊃ ⌒ヽ  ← 他界           
                `'ー---‐'') ))                  しかしその担任が病死して、
                    ヽ //                    財閥の御曹司でイケメンのお前に
                                           お鉢が回ってきた。
       ↓開放        ↓開放       ↓開放        前からお前が好きだったって女も何人か居る。
       _           _           _ 
     <7´   `Z>      〃   ヘヽ      .,'´r==ミ、 
     <仆 |/|/Vハ>      li jノ|/゙^リi      i 《リノハ从)〉       但し学級委員が担任の子分で、
     /八(|.゚ -゚ノl |      イ!i(l|´ヮ`ノト     从(l|゚ ヮ゚ノリ        コイツが校則を盾に不純異性行為を
.   // く7〈〉i>l |       リと7〈〉iつ      ⊂lj京iつ        取り締まってるってとこだな。
   {/  く/儿〉|ノ      ((y</儿〉         ぐ/_l〉
         しU           UU         し'ノ          ちなみにコイツは担任の女を引き継いで
                                           お前と同じく自分のハーレムを作ろうとしてる。
         ↑狙ってる                ↑狙ってる
       / ̄ ̄ ̄\              ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ      この状況からゲームスタートってところだ。
      / :::\:::/::  \       .    /          \
    /  <●>::::::<●>  \.        /  ∧ ∧、_,ト、   \ 
    | /// (__人__) ///  | →対決← /  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >
    \    ` ⌒´    /       /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   | 
(( 〔ノ二           二ヾ〕 ))    ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
   |:::::: |          |:::::::/      |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
   〉:::: |          |:::::/          Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
   学級委員(担任の子分)           イケメン御曹司 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

218>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:00:56 ID:Ocqf97Ps0

             .  :.―――:.  .
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .       それなら分かるよ?
          / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \     
         / :. :. :. :. :. :. :. :. /|:. :. :. :. :. :. .   ヽ    バッドエンドのフラグは回避しつつ、
       :. :. :. :. :. :. .. ./.. /|  ハ  l .. .. .. ::    四択をくぐり抜けてひとりひとり落とせば良いんだよね?
       |:. :. :. :. : /: /|: /ニ:|:. :. /:ニ:、:|ハ:. :. : |
       | :. :. :. ノ |/ニ|/:ニ:|:. :/:ニニ:ヽ|ニV:. :|   
       |:. :. :. :|: : ー―:'ニ|:./ニー― : : } :. : |    
        :: :γ^||((  ̄ )):ニニニ:((  ̄ )) ハ:: :. :、
        / :: 乂.|:.|:' ' : ̄ : : : : : : : : ̄ : : { :: :: 、:\
     /ノ :: :: 人|U r 、.___     U 八:: :リ
        ∨ヽ::ハ:ヽ、ヽ、.__丿   , イハ:/∨
  /^ヽ   ┌/  /≧ーr−r‐r:≦ ヽ┐   γ^\
 { ヽ)J、 /´:/ ヽ.  {  ∨ 又∨ } /.ノ :┐   し彡
 ゝγ: : :\{:/: \ {}}>、   ハ r<{{}: : : : ヘー/: :ヽ.イ
 ∨: : : :r=ュヽ: : : :>r<{{}   |:.:.| {}}>、 : : : : r=ュ: : :ハノ
 / : : : : ∨: : r=ュ:/|       |:.:.|    |: : : : : :∨ : : : : }
 ヽ: : : : : { : : :∨: r|.     ヽ/   |ュ: r=ュ: :} : : : : /
   \} : :r=ュ: :{: :r=ュr=ュr=ュr=ュr=ュr=ュ: :∨r=ュ : }/
     {: : :∨: : : : ∨::∨::∨::∨::∨::∨: : :}: :∨: :/
     \: { : : /::}::::::}::::::}::::::{::::::{::::::{:\: : : :}/
      >/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ<
          >、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィく

219>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:01:21 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _,   流石にこれなら理解が早いな?
.     /               ` <´  
__ /      j     }     ヽ  どんなイケメンでも、そのへんの女をいきなり襲ったらタイホされる。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ でも、一緒に帰るぐらいから既成事実を作っていけばタイホされない。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   今必要なのはそういことだ。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|  
    | 八  l|"         " }|   
    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |.  
    | l    { ,く \_下、 ´   lN   
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|    
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
    | | └く  `´     ヘノ  }

220>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:01:44 ID:Ocqf97Ps0

                  _...--―--- 、
                 ,  ´          `ヽ、          確かに、他大名家と同盟してはいけない事になってる。
            /         ⌒ヽ       ` ー-ァ      それに近い行為、例えば他家と婚姻とかもダメ。
      ____,ィ∨               |         `ヽ       派閥作りもダメだ。
     {///-/   ,ィ-           l ヽ        ',      
     <//_イ{   /         ∧  |  '.   .  |、 |       でもだからと言って、
    .    / /|   /     ,|   / ', |、 ト、.   |  {Ⅵ     _  他家と一ミリも付き合ってはいけない訳じゃない。
      / / .  /イ   / |  '   | ! Ⅵ ヽ  |ヽ | !    ,ィ /  そんなことしたら通常の政務もできなくなる。
     .. / /   、   !   /.__!/__ヽ、_,| / ,.ィ,.ィ} リ ∧,!   //   城内で会ったら挨拶ぐらいするだろう。
      / /   \ | ,.イ {i笊芹ヽ ´  {沁/{/∨ /_ /}//    
    { ;'      {イ| |  弋こソ       ゞ'  }. /  マ{/      要するに、襲うのはダメだけど会話するのは良い。
    | !      乂.Ⅳ,、           '  /ィ}_   乂        じゃあ手をつなぐのはどうだ?
    | .:        /:::--―- 、__( v_,....イ /:::::ヽ- '        キスしてないけど彼女ってのは有りだよな?
    | {       ,.:':::::::::::::::::::/::::ヽー---- ´:::::::::::o〉        
    | |     /:::::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|          狙い目はそこんとこだ。
    | |     ,:::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::,.. ´ | |         
    | |      !::::::::::::::::::::::r--r=r-r―:.≦´     } !         
    | |      !::::::::::::::::::::::::マム|/Ⅵ:::::::::::ー-.、--、リ         
    |リ      ;:::::::::::::::::::::::::::\∨{\::::::::r-、  } .ト,_         
     /      !:::::::::::::::::::::O:::::::::::(|  ` ー(つ{_ノ ノノ}二ニ=-    
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、     `¨ ´

221>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:02:08 ID:Ocqf97Ps0

 こういうバナナはオヤツですか的なところを突いてちょっとずつ仲間を増やせ。
 ある程度仲間が増えたらやりたい放題ができるようになる。
──────────────────────────────────────────────
          ゴハン                   バナナ                       オヤツ
           _,,..,,,,_                              
          / ,' 3  `ヽーっ                .┌┐      .                 √」_
       ,.-'''`.,l   ⊃ ⌒_つ'''-,,              / /                      γ ⌒ヽ
      ( ,i'。'゙  `'ー---‐'''''" ゙゙''  )           ./ / i                     ψ (0 (0 j 
      .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,...-'゙|           | ( ゚Д゚)                    ┗ノヽδ  イ┓
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|           |(ノi  |)      ..              (\\  α
      'l,             ,/            |  i  i                      ヽ丶ヽノ
        \          /             \_ヽ_,ゝ                     ┃ ┃
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙               U" U                       ┛ ┗
          ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙                          

   白 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━   グレー  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫黒

                                                              γ   ̄ )
       |  | ∧  ・・・。                 (\,,,,,,/)                          / リd" l" キャー
       |_|Д゚)                      ゝ 。 。i                        从从~(フノ) 
       |文|⊂)                     (  ヾヽヽ                        / ̄ ̄ \∩  
       | ̄|  |                       / \_▼丿                     ∠__    イ  | フ
                                 |  (,,゚Д゚) <送ってくよ。       ∧∧   / __ \/ |_/
                                 | (ノ   |)                ( ゚Д゚)ノ~<|`T´\|
                               ,/人. 丿丿                 ∪ |   |  |  |´
                               ""  U"U                 〜|  |  .  |  |  |
                                                      ∪∪    | ̄| ̄|
                                                      | ̄ ̄|   | ̄| ̄ \
                                                              ̄  ̄ ̄
       見る                         送る                   ageる
─────────────────────────────────────────────────
                                             ↑
                                         狙い目はこの辺
                                          (微妙なライン)

222>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:02:32 ID:Ocqf97Ps0
            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _  
.     /               ` <´   
__ /      j     }     ヽ
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   まずは偶然を装って帰り道に待ち伏せするぐらいのところから始めるんだ。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、   その次は相手の反応を見て行けそうな時だけ行けばいい。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!  
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }  
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|   
    | 八  l|"         " }|    
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |    
    | l    { ,く \_下、 ´   lN    
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|     
    | |  /  {   |∧   ヽ l|    
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|     
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉    
    | | └く  `´     ヘノ  }

223>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:02:52 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` <´    そうやって一人ずつ落としていって、
__ /      j     }     ヽ  クラスの女の過半数にフラグ立てるのが第一目標だ。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  但しこまだ襲うな。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    いつでも襲えるけど襲わないぐらいでやめておけ。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|     摘発されて停学になったら困るからな。
    | 八  l|"         " }|   
    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |.  
    | l    { ,く \_下、 ´   lN   
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|    
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
    | | └く  `´     ヘノ  }

224>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:03:21 ID:Ocqf97Ps0

          ,  -───-  、
      __, ': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.       
      l_/,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.__  校則破るのは、
     /.イ: : :/: : : :/:/: : : : l: : i: : : : : : : : : マ__l_  学級委員とか担任をクビに出来るぐらい仲間を増やしてからだ。
     く/. : : :l: : : /:/l: :j : : ト、:ト、 : :l: : :i :_ノj 小_/  
      l :/l : l: : /_j_ l: ハ : l l_Lヽ l: : :l : :/j、: :ハ  大戦略の話覚えてるな?
      |//l : l: /__j_ `ト V l'´_V_刈: :レ: リ V ハ  ひとりの女を落とすだけならフラグはひとつでいい。
      ,:/从l/「下坏i    下坏7 }N: l: /  V ハ 
      i: lリ |} 弋'ソ     弋_ソ i /^Y    i l i でも天下取るってのは
     ,.ムl.  l{ ''         ''' /,ム ソ    .l i | クラスの女全員を肉奴隷にしてハーレム作るようなモンだ。
    r'    ヽリ> . _  _   _,ィ{个'^     .l i | 
   ,{.n n n }   {.二二三三二二ユ      l i | ひとり落としたのは良いが、
   〈〈 V U lノ  ん、 ー=ニニ=  ,ム.._     l i | それで束縛されたり別の女に嫉妬されたり
    \  ハ  {::::/` ーrーr一fチ:.:/:.:.:}     l i | ましてタイーホされてたらハーレムは作れない。
     iヽ___ハ  ∧|////ハ/.:.:く:.:.:/.:.:.:入    l i.| 
     |〈---ヘ/::::::|//////.:.:./:.:.i : -ニ乃、    ! l! 落とす相手が一人で良いのと、
     |iハ:::::::::}:::::/|/////.:/.:.:.:.:.トr 、:.:.:.:.:.\  l ll  クラス全員とではやり方が根本的に違うんだ。
     | | V:::::::::/:.:|////|/:.:.:.:.:.:.:.:i/   ヽー=-.:.ヽ| |  当然それなりの仕掛けや工夫が必要になる。
     | l ヽ_ /{:.:.:|////|:.:.:.:o:.:.:.:.!  /:.:.:.:.:.:.:/| |  難度最高設定だと思え。

225>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:03:43 ID:Ocqf97Ps0
 
          . :. :. :.  ̄ ̄ ̄ ̄ :. :. :. .
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\
       . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
      /:. :. :.   :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  ヽ
     ./:. :. :. :. :. :.    :. :. :. :. :. :. :. :.      
     :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.         |       . :
    ,:. :. :. :. :. :. :. :. :// :. /|:. :. :/:. :.ハ:. :. :. :. :. :.|:. |    えー。
    /:. :. :. :. :. :./:. / /:. :.' | :. /.| :./  :. :.|ハ :. : |:. |    めんどくさいなー。
   ./:. :. :. :. :. :.:/:ノ .//ヽ、.|:./_, |:/、_.メ:|  :. :ハ:'
  //:. γミ|:. /  ―┬:::::::::┬     ┬::::::::┬V:. :.{    でもまあ仕方ないよ。
   :. :/::{ ( |:./    _⊥iiiiiii⊆     ⊥iiiiii⊆_ ハ:. :ヽ   ソーニャちゃんがそう言うなら。
   |/{:: :ヽ |/  , :.―: 、           , :.―:〈:: Vー'
     Vヘ:: ::ー{ {:.:.:.:.:.:.:}        {:.:.:.:.:.:.:} : |     えーとっ。
        ∨γ:、 ー― ' 、       , ー―ノハノ    まずはなんだっけ。
        / ヽ  ̄ ̄ ̄ ぅー――‐ ヘ ̄ ̄∨
        ノ    /     ハ   ∨  }          諸大名の住所調べて隣に引っ越す
      /     .}    |/|   |  〈          ところから始めるんだったね?
      \      /    |/|   |ノ
        '\   /     .|/|   |    〉

226>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:04:02 ID:Ocqf97Ps0
 
    {/ハ      ___
    ∨∧_,.  ´     `  ー-_-ァ    そこまで行くとちょっと回りくどすぎるが。。。
 ___/\∧     /          、__ 、   まあ外交が重要ってことが分かれば良い。 
 {///  ∧_〉   /      | !、   、\`   
  ̄/ / '     /    /  /!| ヽ  |  ヽ   具体的には、諸大名に挨拶周りをするんだ。
  ' / /   /イ , /! / Tヽ | }i |、 i    これぐらいなら同盟とかじゃないから文句は付けにくい。
 / '  ∧     | l / l /  リ  | ハ. | リ   
 ' /  /    ,-{ /| /r━t┯ j/ j/     それでも下心がある連中は必ず飛びついてくるはずだ。
   ∧    { Ⅵ }     {ソ ヽ、 '      そういうのからまず味方に付けろ。
   / ∧、   ヽ、_| |  ' '      /  
 , / ; / `丶. / リ        ,:'       味方が大多数になれば決まりなんていくらでも踏み倒せる。
 / //    <,イ、   _丶-__/       
  , /   /:|:::':,\r、、___     
  / ,..:'´::::::: |::::::∨〉/!::}:::ヽ          
 ./ /::::::::::::::::::>:::|{//!::ヽ:::}

227>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:04:22 ID:Ocqf97Ps0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  _      __,,..-‐―― -  、   .//   
  \`ゝ---‐ ´          `ヽ</_      お前ら何かいつも一緒に居るよなー。ニヤニヤ。
  |三> ´      ',         、 ≡二三l  
  ./     〉   |.',    .|ヽ   '.,\_',ヽ    そっそんなことないわよっ!
 .// |   | | ヘ   | `、   .| .ヽ   ', ̄ | ヽ    何で私がこんな奴と付き合わないといけないのよっ!
./ ./ |  /| | ヘ  .|  \_,-|-‐ヽ |',  | | | ヽ  
  |  .|  .| |_|___,v',  |~"´ .\|  ヽ| ', .| .| |  ヘ  
 .|.|', |  | レ    \|         |', | | |   |   えー俺は付き合ってるなんて言ってないぞ?ニヤニヤ
 .|| ', | |          彡==≡=っ| |',|\ .|  .|  
  | |', .| |c==≡=ミ      ////  | |  | |   .|  うっうるさいわね!
   | ',|V| ////             .| | ./  |  |  チラッ
  .|  | ||               .|/''    .|  .|
  |  | |\     -‐‐-    /       |  |
  |  .|  レ ` ''- .___  _.. <         .|  |
  |  |        _,, ト、  レ', 、        | |
  |  |    _,. -'''" |丶 `>=, | ',"'''- _     | |
  | |    /:;\:;:;:;:;:|:;:;', 、/l」」v| .>:;:;:;:;\    | .|
  | |   /:;:;:;:;\:;:;:;"'.∧ |lll|.l~''./::;:;./:;|    | .|
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

228>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:04:42 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _,   
.     /               ` <´   
__ /      j     }     ヽ   ・・・ぐらいのまどろっこしさが必要とされてるんだ。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、 }  今のところはな。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
    | 八  l|"         " }|      まあ最終的には全員に手を出してやる訳だが。
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |
    | l    { ,く \_下、 ´   lN
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|
    | |  /  {   |∧   ヽ l|
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
    | | └く  `´     ヘノ  }

229>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:05:10 ID:Ocqf97Ps0

                      ノ/
              -―…‐ ´</ >
 .        ´          `ヾ _
     /             ー-\{      但し、慎重すぎると今度は
                \       \ヽ      「何で強く押してくれないのよっ」とか言われて
   __/          i  \ \     〔\\.   やっぱり友好度下がるから気をつけろ。  
 r≠{//      从   |\ ヽ \ ハ  ヽヽ.  .重要なのはバランスとタイミングだ。
 7⌒!ヽ   / :   / }|ヽ  | _Χ,.斗iヽ |   | | 
   ∧ ./ / / /十┼ :, | r介ト }{ | :}|   | |  
  /| ∨∠ ィ /_厶斗ェ Ⅵ 弋い八|     | |  
  /|  \ :| 孑弋しい      、、〉、    | |   
  /|     `rⅣ、` ー ′   ′    --.. 、 | |  
 V 1    乂ヽ\ ``    _  /-- 、::::::i:\:!  
 .         `¨ヽ\ー--  __ノ-、\:::|_::::::::\  
  \ヽ        ∧::\  トミメ入 マ:::::|i⌒7:/ 
    ヽ\        /::∧:::: \ |  V∧ マ:八/::::{

230>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:05:29 ID:Ocqf97Ps0
 
 あと、豊臣方でも外交の重要性は理解しているはず。
 奴らの逆調略にも気をつけるんだぞ。
 ────────────────────────────
       
          / ̄ ̄ ̄\    解き放て!自分!
         / :::\:::/::  \  
       /  <●>::::::<●>  \.
       | /// (__人__) ///  |   バッ!!
       \    ` ⌒´    / 
   (( 〔ノ二           二ヾ〕 ))
       |:::::: |          |:::::::/  
      〉:::: |          |:::::/      
 ────────────────────────────
 特に国政を担当していた「五奉行」の連中は要注意だ。
 特に石田やる夫ってのは秀吉への忠誠度100で悪知恵も働く。
 まずはアイツらが当面の敵だろう。

231>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:05:50 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _,
.     /               ` <´     落としかけたメガネっ娘とかが
__ /      j     }     ヽ   委員長とかに持ってかれてもバッドエンドだからな。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  何回も言うが大切なのはバランスだ。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    天下とか政権ってのはワガママでメンドクサイ性悪女みたいなモンだと思え。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
    | {  Vl ..弋_,ノ     弋_,ノ{|   
    | 八  l|"         " }|   
    | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |.  
    | l    { ,く \_下、 ´   lN   
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|    
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
    | | └く  `´     ヘノ  }

232>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:06:12 ID:Ocqf97Ps0

            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _,  
.     /               ` <´   ってことで、これからはひたすら大名にアプローチだ、
__ /      j     }     ヽ  
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  ちなみに今のところ大名と言われる規模家は200ちょっと。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、 } このうち当面の目標は半分ってところだから100人は手籠めにしないとな。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   せいぜい頑張れよ。
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
    | 八  l|"         " }|    
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |
    | l    { ,く \_下、 ´   lN
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|
    | |  /  {   |∧   ヽ l|
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
    | | └く  `´     ヘノ  }

233>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:06:35 ID:Ocqf97Ps0

              ____      /
           .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、/
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:\
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.小:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__
    \. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫    うわっ。
      X:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:ハ:.:.:. |   ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:\      メンドクサソー。
       ::.:.:.:.:.:.:.: |:.:′:.:;′ :.:.:.:l 、  :|\:.:.:.:.:.|::ーX─
      ':.:.:.:.:.:.:.:. |/_V / !:.:. |  \__ヽ:.:.:|:.\:.::\   ホントにそんなことしなきゃいけないのー。
       |:.:.:.:.:.:.:.:N /⌒ヾ  :.: ,  γ ⌒ ヾ l:.:|:.:.:.l\::::..
       ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:| {i    i} V   |i    l} Ⅳ:.:.:.:.\ ⌒
      .:. :.:.:.:.:.:.:.: l 乂   ノ     乂 _ノ {:.:.:.:.:.|:.:.:|   まあでも仕方ないか。
      ;:.:.:.:.:.:./ヽ:.:l  ー            ヽ:.:.:ハ:.:|     
  .   :.:.:1:.:.:X :.::l し            ∪ ノ:.:;'  V    じゃあまずはトースター買って来るね。
    // !:.:.:.:.:\}:|  υ/ ̄ ̄ `ヽ   ..イ|:.:/       焼けたらパンが飛び出て来るヤツ。
    イ   V|/ヽ|V\|Nfー≠==テvN::/|:/ |/
                / /V芥ハ               
                | Z《/|\》i               
                |: \|_/  \

234>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:07:01 ID:Ocqf97Ps0
  
 \                                                 /
 ..  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ○
            。
           ・
       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  という夢を見たお。
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <  さっき。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

235>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/12(土) 14:11:29 ID:Ocqf97Ps0


・・・・というところで第二部前半終了です。
レス、というよりは情報量が多いので一旦ここで打ち止めとしておきます。

ここまで読んで頂いた方、有難うございました。

後半は明日1/13(日)の20:00から投下開始予定です。

236名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 14:15:57 ID:qS.mrOgY0

家康のウザさが半端ないなw
こんなにアホの子の家康始めてw

237名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 15:35:16 ID:cuIvnN3g0


家やすながなかなか良いキャラしてるw

238名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 18:05:24 ID:8ASQLlHQ0


239名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 18:38:45 ID:U6ILj0tU0


ここまでバカな家康は珍しい喃w

240名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 18:59:18 ID:sjfECRgk0

ソーニャの例えが酷ぇw

241名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 20:22:15 ID:CE3be3sM0
夢オチかいwww

242名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 21:03:40 ID:2KoIZGn.0
乙!!
めっちゃ丁寧に作ってますな期待してまうぞ!!
でも1レスの台詞がちと多いかも

243名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 22:19:28 ID:RQvwcgZU0
歴史モノでは今までに無いくらいはっちゃけててわかりやすいなwww
乙でした!

亀レスながら>>116
>武断派→ヤンデレ
武断派には奥方が自決したせいで関ヶ原でバーサーカーと化したヤンデレがいるけど、
一体誰になるんだろう…?

244名無しのやる夫だお:2013/01/12(土) 23:21:35 ID:YHTJTrKA0
投下あったとは乙です

245名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 03:52:56 ID:nEh76ozw0

この頃の徳川軍って実際にはどの程度の強さだったのかな?
小牧長久手時の精度を保っていたんだろうか

246>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 06:41:55 ID:w1/sclnE0
皆様レス有難うございます。

今回は当時の背景説明が重点なので、かなり説明臭くなってますね。
文字数は全力で減らしましたが、説明したい内容は減らしたくないっていうトレードオフが。。。

色々足したり引いたりで、実は他の回の5倍は時間かかってます。
まあ要は文章力と構成の問題ですね。

これは引き続き精進です。

247>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 07:01:06 ID:w1/sclnE0

>>245

軍隊の強さって評価が難しいんですね。
天下一武道会がある訳ではないので、実際に戦争がないと判りません。
しかも運とか戦いが始まった状況、戦略目標に左右される部分も大きいし。

この時のイメージは、三河時代の戦歴、それと小牧長久手で秀吉に勝った(戦闘で)実績が根拠っていう設定です。
但し関ヶ原の結果を見ると、この時思われていた程強くなかったのは間違いないでしょう。

>>243

キャスティングは結構凝ったつもりなので、ご期待下さい。
というか、これ考えるのは非常に楽しいです。

248名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 08:00:21 ID:0cUTsGNo0
関ヶ原に徳川本隊は参加してないから強さの判断できないと思うんだが

249名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 08:43:52 ID:LjERO59w0
そりゃ九戸の乱以後戦争してないもの
唐入りで地獄見てきた西国諸侯の戦闘力に比べれば相対的に落ちるわな
むしろ関ヶ原の戦いって奉行派と武人派の戦いで家康は神輿なんだよな

250名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 10:57:06 ID:GpyWCHek0
>家康は神輿
福島正則なんかは特にそういう意識を持っていた感じだね
逆に正則が担いでくれなきゃ、家康も神輿に乗るつもりはなかったと思うけど

251名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 13:45:58 ID:cfhU6D3M0
加藤はともかく福島なんて酒乱の戦馬鹿で大名の器じゃなかったのに
秀吉に取り立てられて色々勘違いしてたんだろうな

252名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 13:53:35 ID:m/6Lgqgk0
>>251
それは一昔前のイメージ
近年は酒乱以外は内政も戦もしっかりやる
優秀な将であったのが判明してる

秀吉時代の領地も清正が僻地の肥後なのに正則は要所の尾張もらってたし

253名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 14:48:57 ID:oOC3.lu20
酒乱なのがブレないのがさすがというかw

254名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 17:31:31 ID:w/FXgY6o0
福島正則ってエピみるとプライベートとか親しい人間にはとことん甘そうだ

255>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:01:35 ID:w1/sclnE0

定刻となりましたので、投下再開します。
昨日に引き続き第二分の途中からです。

256>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:02:11 ID:w1/sclnE0
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ー)(ー) 第二回で早速夢オチですか!?
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ  こんなのでこのシリーズ大丈夫ですかね?
 .  |       nl^l^l 先行き的に考えて。
 .  ヽ      |   ノ
    ヽ    ヽ く
    /     ヽ \

257>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:03:05 ID:w1/sclnE0

                  ___
                /ノ  ヽ、_ \    昔のSLGじゃないんだから、 
               /(●) (●.) \   敵の動きがまるわかりとかありえんお。
             /  (__人_,)    \ 
             |  l^l^ln ⌒ ´        |  間者は放ってるけどお互い推測するしかない部分は多いお。
             \ヽ   L         ,/ 
                ゝ  ノ          まーでも徳川でも外交の重要性は理解してるはず。
              /   /           それとやる夫たちがそのことを理解してることも。

258>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:03:28 ID:w1/sclnE0
 
    / ̄ ̄\
  / ⌒  ⌒ \  状況を整理しましょうか。
  |  ( ●)(●) | 現状はこうです。
 . |   (__人__)  |  
   |   \_)  | ①:軍事力は徳川が優勢。これはガチ。
 .  |         } .②:但し、豊臣方の徳川包囲網も完成している
 .  ヽ        }  ③:徳川包囲網を徳川軍が単独で突破するのは無理
    ヽ     ノ  ④:徳川方が直ちに軍事行動に出る可能性は少ない
    /    く

259>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:04:45 ID:w1/sclnE0
 
      ____
    /      \ ( ;;;;(  まーそういうことだお。 
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  
 /    (─)  (─ /;;/  ある程度時間は稼げるはずだお。
 |       (__人__) l;;,´   太閤さんが危篤の時、今後の政務は合議で決めることにして徳川も合意してるお。
 /      ∩ ノ)━・'/   それに江戸の周辺は豊臣恩顧で固めてるから奴らが襲ってきても箱根であぼーん。
 (  \ / _ノ´.|  |    
 .\  "  /__|  |    つまり家康は少なくとも現状は好き勝手できんお。
   \ /___       これで徳川があきらめてくれれば万歳お。

260>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:05:17 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\       そうでした。
  / ⌒  ⌒ \     「五大老、五奉行制」は
  |  ( ●)(●) |    やる夫様がこういう事態を想定して作ったのでしたな。 
 . |   (__人__)  |
   |   \_)  |
 .  |         } 
 .  ヽ        }      .            ┌  国家元首  ┐
   ヽ     ノ      .             │   ∧ ∧    |
    /    く                  . │  (*‘ω‘ *).... |
                          .  |   (    )   |
                          .  |    v v     |
                          .  └――――――┘
                             ↑     |
        .    .             臣従/補佐|     |行政を委任
                             |     ↓

   ┌――――――――――――――――― .豊臣政権. ――――――――――――――――――――┐行
   │       ○大老                                           ...       │政
   │        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                     ....    │は
   │         ┌――――┐┌――――┐┌――――┐┌――――┐┌――――┐  ..       │こ
   │         │徳川家康││前田利家│ 宇喜多 秀家..│毛利輝元││上杉景勝│ .           │こ
   │         └――――┘└――――┘└――――┘└――――┘└――――┘        .    │が
   │                                     .           . ...              │合
   │        〇奉行衆                                                  │議
   │         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                        .                     │制
   │         ┌――――┐┌――――┐┌――――┐┌――――┐┌――――┐   .   .   │で
   │         │浅野長政││前田玄以││増田長盛││.や る 夫 ││長束正家│       ..  │担
   │         └――――┘└――――┘└――――┘└――――┘└――――┘       ..  │当
   └――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
            行政権を大老と奉行に委任してはいるが、あくまで国家元首は豊臣秀頼。

261>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:05:43 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    その他色々と仕組みや法制度も整備したおかげで
  |    ( ●)(●)  大名同士で勝手に婚姻したり、現体制を脅かす行動は既に違法になってます。
 . |     (__人__)   あまり無茶すれば徳川の評判を大きく落とすことになるでしょう。
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         }   それに、関東付近の要地は豊臣恩顧か反徳川で固めてます。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ                                           /   _(
    /    く                                           _/   /
    |     \                                       ._  ._/    .|
     |    |ヽ、二⌒                                 . <(_ ‐~上杉  .|
                                         _____  ./      佐 /
                                     _.-‐"~   "ー´    徳川 竹 |
                                   _ /___ ,,__....._,..大坂 張飛._   (~)/
                                 <" ~ し、_.ノヽ- \ ]  (`‐‐-´~U⌒ .|,/
                                 ヽ∩/~

262>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:05:59 ID:w1/sclnE0

 この状態で諸大名の勢力を凍結し、混乱が収束しつつ秀頼様が成人するのを待てばいいわけですね。
 +   ______
   ///_ ./|
   | ̄.∧ ∧;|//|  カッチンぽっぽ
   | (*‘ω‘*|) |  +
   |/.(/  ).|/ .|
   |./. v v  |./
     ̄ ̄ ̄ ̄
 つまり 時間の経過は全て我々に味方します。

263>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:06:35 ID:w1/sclnE0
 
                  ____
                /      \ ( ;;;;(  
               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  まー現状については奴らも当然わかってるお。
             /    (─)  (─ /;;/  だからといって大人しくしているとも思えんお。
             |       (__人__) l;;,´   絶対何かやるお。てかもうやってるけど。
             /      ∩ ノ)━・'/   
             (  \ / _ノ´.|  |    そうなると考えられるのは当然。。。。
             .\  "  /__|  |    
               \ /___    
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   
  |    ( ●)(●) 向こうの切り札もやはり外交ですか。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         }  
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ   
    /    く     
    |     \
     |    |ヽ、二⌒)、

264>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:07:02 ID:w1/sclnE0
 
                ____
              /      \ ( ;;;;(  
             /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  そういう事になるお。
           /    (─)  (─ /;;/  今のところは色々決め事とか作って徳川にも約束はさせてるお。
           |       (__人__) l;;,´   
           /      ∩ ノ)━・'/   じゃあそれで安心かと言ったら全然安心でないお。
           (  \ / _ノ´.|  |    例えば勝手に婚姻(同盟に近い行為)とかは御法度になってるけど、
           .\  "  /__|  |    それを奴らが破っても誰も止められんお。
             \ /___    
 
.      ______________________
     │       バリバリ∧_∧                . │
     │           ( ゚ω゚ ) 約束破るぞー   . . │
     │ __∧,_    C□ l丶l丶  _______________      .│
     │   ̄` '` ̄ ̄   /  (    )  ̄ ̄ ̄∨  ̄ ̄    │
     │           (ノ ̄と、   i             │
     │                  しーJ やめて!        │
.       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   
  |    ( ●)(●)  そうでしょうね。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   強盗が警察よりも強いようなモンです。
 .  |         }   法律決めても執行できる力が無ければ意味ありません。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ   
    /    く     
    |     \
     |    |ヽ、二⌒)、

265>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:07:25 ID:w1/sclnE0

                  ____
                /      \ ( ;;;;(  太閤さんぐらいのカリスマと外交能力があれば
               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  それなりの口実で諸大名を集めて統一戦線張れると思うけど、
             /    (─)  (─ /;;/  そんなことできる人間こっちにはもうおらんお。
             |       (__人__) l;;,´   
             /      ∩ ノ)━・'/   日本中の大名が一斉に立ち上がるぐらい無茶してくれれば助かるけど
             (  \ / _ノ´.|  |    奴らがそんなことする程アホな訳ないお。
             .\  "  /__|  |    
               \ /___ /

266>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:07:51 ID:w1/sclnE0

 
    / ̄ ̄\      ある時は脅し、ある時は懐柔して少しずつ仲間を増やしていったら。。。
  /   _ノ  \    多少の違法ぐらいで徳川には喧嘩売れません。 
  |    ( ー)(ー)  
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   
 .  |         }     ―――――――――――――――――――――――――――――――――――        
 .  ヽ        }              ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ   
    ヽ     ノ         .    /          \   ナニミトンジャ
    /    く             /  ∧ ∧、_,ト、   \  ゴルア!
    |     \         _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >
     |    |ヽ、二⌒)、      /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   |  
                    ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
                     |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ               ビクッ
                       Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ     ビクッ             lヽ,,lヽ
                        (uuイ〉`八Π八    |       lヽ,,lヽ   やめて   (    )
                        ├―| \∨/   |       (    )    lヽ,,lヽ  と   i
                                           と   i   (    )  しーJ
                                            しーJ    と   i
                                                   しーJ
                 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                 徳川軍のチート性能は外交でも効いてきますね。

267>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:08:26 ID:w1/sclnE0

       ____
     /      \ ( ;;;;(  ってか、小牧長久手で徳川無力化できんかったのが痛かったお。
    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  戦争で勝ったけど戦闘で勝てなかったから武家の棟梁として認めて貰えんかった。
  /    (─)  (─ /;;/   まー戦闘ではボロ負けしてたからしゃーないけど。
  |       (__人__) l;;,´    
  /      ∩ ノ)━・'/    朝廷ルートで関白になれたから良かったけど、
  (  \ / _ノ´.|  |     太閤さんホントは関白じゃなくて征夷大将軍狙ってたお。
  .\  "  /__|  |     
    \ /___ /     それができんかったのは徳川のせいだお。

268>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:08:51 ID:w1/sclnE0

 しかも嫌がらせで田舎に飛ばしたったらパワーアップして帰ってきた。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    _____                                                   _____ 
   |← 上 方 |                                                 | 江 戸 →|
     ̄ ̄.|| ̄ ̄                                                     ̄ ̄.|| ̄ ̄
                                              255万石   }
                                          >: .: .: ̄ ̄ ̄ ̄: .: .:<
                                       \/ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \
                                       /         . .. .. .. .: .: .: .: .: .: \
                                      .   .. .. .: .: .:|: .: .:l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ヽ
                                     /. .: .: .: .: .:/: .: ハ.: .: |ヽ.: .:l:、: .: .: .: .: .: .: .:.
                                     / : .: .: l: .:/ |.: /: : 、.: | : \|: ヽ .: .: .: .: .: .: :
                                    /ノ: .: .: |:/―|/:´: : :ヽ:| :`: :ー―:\: .: .: .: .: |\
                                      |: .: .:ハγ⌒ヽ : : : : : : γ⌒ヽ: : |: l:、.: .: |
                                      |.: :: .: }:、_ノ: : : : : : : : 、_ノ: : |: | } .: .: |
                                      |:: :: ::ノ:' '|i| : : : :′: : : : : : : :' ' : |: |ノ:: :: ::|
                                      |:/|::八 : |i|: : 、___: -、 : : : : |:ノ:: :: : 八
                                        |:ハ:ヽ:J : : VVVVV  ノ: : ; ィ:: :: ::ハ/
                                         ∨ヽ:≧:=:ー:z:―:=:≦: ミ:ノ∨
                            (:二^\          /: /: |ノ{/:}ヽ/: . :| : . : \
                           ( 二 : : : \_      /: . : \: |  X. /: ./ : / : :i\
                           ( 二: (二: : }.}ミ:―:<⌒ヽ: .ヽ/: |. //}/: . ヽ(ニ(二\: :i:ヽ
                            └ \:_://: . : . : . :\: . : .::l 、: .V://: . /: .}: : (二ヽーミi.
                                ヽく: . : . : . : . : . : .:/|: .\∨: /: .(二: : : :(二}} : . }
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 江戸みたいな荒地で250万石も出すなんて考えられん。
 徳川家の統率力は内政でも大活躍だったお。

269>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:11:09 ID:w1/sclnE0

       ____
     /      \ ( ;;;;( 
    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  徳川問題を先送りにして天下とったのは良かったけど、
  /    (─)  (─ /;;/  それが回り回って今再燃したってことだお。
  |       (__人__) l;;,´   
  /      ∩ ノ)━・'/   太閤さんが健在の時も含めて、この問題は一度も解決してないんだお。
  (  \ / _ノ´.|  |  
  .\  "  /__|  |    徳川の強さはそのまま。包囲網作って動けないようにしただけ。
    \ /___ /    ピッコロに勝てないからコロすの諦めて封印しようとした神様と同じだお。

270>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:11:33 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   
  |    ( ●)(●)   現在は「合従」状態で何とか均衡保ってますが、
 . |     (__人__)   「連衡」で対応されたらどうしようも無いという訳ですか。
   |     ` ⌒´ノ   
 .  |         }    結局戦闘では勝てないんですね。
 .  ヽ        }    今も昔も。
    ヽ     ノ   
    /    く     
    |     \
     |    |ヽ、二⌒)

271>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:11:56 ID:w1/sclnE0

────────────────────────────────────────
 [合従]
 中国の戦国時代末期(始皇帝のちょっと前)に秦以外の国が組んだ安全保障体制。
 秦以外の六国で同盟を組み統一戦線を作ることで秦を牽制する
  
 
               / 
        ← 燕  ..|
               ヽ  
          ← 斉  |_
        ← 趙       |
    秦             / 
  (最強) ← 魏     |
        ← 韓    ..ヽ
                 | 太平洋
                 |
      ← 楚   ..  /
              /
     _____/
   /
   ̄
 
 秦の立場からすると、一国を攻撃すると残り五国に攻められる危険がある。
 サシでは勝てても六対一は流石に無理なので結局どこも攻撃できない。
 ────────────────────────────────────────

272>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:12:29 ID:w1/sclnE0

────────────────────────────────────────
 [連衡]
 合従を崩す秦のカウンター攻撃。
 
               / 
           燕  |
               ヽ  
            斉   |_
          趙        |
    秦            / 
  (最強)   魏      |
    |       韓   ヽ
    |            |
    |           /  太平洋
     ヽ―→  楚    /
   楚を脅迫     /
     _____/
   /
  ̄
 
 秦は対象を一国に絞って同盟を持ちかける(=他五国との同盟は破棄)。
 当然恫喝とかする。
 サシの戦いでは勝てないから、同盟を断るのは困難。
 
 実際に攻めるのではなく、軍事力を背景に恫喝するというところがミソ。
 軍隊を使っていないから、他の国に攻められる危険がない。
 
 合従国同士の結束が固ければ効果はないが、政情不安や信頼関係が低下している時を狙えばかなり利く。
 ────────────────────────────────────────

273>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:12:53 ID:w1/sclnE0
 
 ────────────────────────────────────────
                / 
           燕  |
               ヽ  
            斉  |_
          趙     .  |
    秦            / 
  (最強)   魏      |
     ヽ―――→韓   ヽ
    次に韓を脅迫     |
                /
         楚     . /  太平洋
     (秦と同盟)  /
     _____/
   /
  ̄
 
 同様のやり方で別の国を脅迫する。
 どこもサシでは勝てない上に既に離反者が出ている状態なので益々拒絶できない。
 これを繰り返せば合従体制は瓦解。
 
 後はお好きなところからどうぞ。
 
 ────────────────────────────────────────

274>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:13:14 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   まさに歴史は繰り返す状態ですね。
  |    ( ●)(●) ちょうどNHKで「キングダム」やってますから見ておきますか。 
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ  時期的に考えて。 
 .  |         }   
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ   
    /    く     
    |     \
     |    |ヽ、二⌒)、

275>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:13:30 ID:w1/sclnE0
                  ____
                /      \ ( ;;;;(  
               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 時代はほぼ合ってるけど、合従連衡の話はあまり出てこんと思うお。
             /    (●)  (● /;;/  たまに散髪屋で原作見るけどいつも戦争ばっかりやってるし。
             |       (__人__) l;;,´   
             /      ∩ ノ)━・'/   まあやる夫は録画して、後でくぎゅ出てるとこだけ繰り返して観るけど。 
             (  \ / _ノ´.|  |   
             .\  "  /__|  |    
               \ /___    
 
 >ピクッ

276>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:14:13 ID:w1/sclnE0
 
      ____
    /      \ ( ;;;;(  
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  話戻すけど、要するに④が問題お。
 /    (─)  (● /;;/  
 |       (__人__) l;;,´    「直ちに影響はない」(キリっ)
 /      ∩ ノ)━・'/     ってとこだお。
 (  \ / _ノ´.|  |   
 .\  "  /__|  |     これ影響あるから。。
   \ /___    
 
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━ キリッ ━━━━━━┓
    ┃           ||        | |               ┃
    ┃_____∧,、.|/ -―  ―- 丶|__________________   ┃
    ┃  ̄ ̄ ̄ ̄` '` ( Y   -・-) -・-  V´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ┃
    ┃            ).|   ( 丶 )   |(                ┃
    ┃           (ノ|    `ー′  ノ_) .ただちに影響は無い..┃
    ┃            ヽ   )〜〜(  /                 ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
                    / ̄ ̄\
                  /   _ノ  \    そうですね。
                  |    ( ●)(●)
                 . |     (__人__)
                   |     ` ⌒´ノ  
                 .  |         }  
                 .  ヽ        }  
                    ヽ     ノ   
                    /    く     
                    |     \
                     |    |ヽ、二⌒)、

277>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:15:09 ID:w1/sclnE0
 
          ____
        /      \ ( ;;;;(  こんなの「後で影響出ます」って言ってるようなモンだお。
       /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) まーそんなことみんな分かってるからいいけど。
     /    (─)  (● /;;/  問題は悪影響出るような工作が「どれぐらい後」に完了するかだお。
     |       (__人__) l;;,´   
     /      ∩ ノ)━・'/   1年で出来るなら必ずやるだろうし、10年かかるなら諦めるはず。
     (  \ / _ノ´.|  |    
     .\  "  /__|  |    奴らの狙いは太閤さんが死んだ混乱を煽って政権を破壊する事だお。
       \ /___       時間が経てば混乱は収まって悪巧みはやりにくくなるお。

278>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:15:46 ID:w1/sclnE0

 こんな話してる最中でも、皆どっちに付くか考えてるお。
 
――――――――――――――――――――――――――――――――
 【審議中】
 ?   ∧,,∧  ∧,,∧  ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ ヒデヨリとイエヤスドッチガカワイイ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) オレヒデヨリ!
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ オレモ!
  u-u (l    ) (   ノu-u ?
      `u-u'. `u-u' オレヤルミ!
 
 【結果発表】
 パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
  [トヨトミ]  [ヒデヨリ]  [トヨトミ]  [トヨトミ]  [トヨトミ]   [ヤルミ]
   ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
   ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩´ω``)∩・ω・`)∩´・ω・`)
    (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
    `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 今はまだ大丈夫お。
 そもそも太閤さんが亡くなった事自体公開してないし。
 (噂はすぐに広まると思うけど)

279>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:16:12 ID:w1/sclnE0
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \   先の話でも有りましたが、長引けばこちらに有利です。
  |    ( ●)(●) 
 . |     (__人__)  しかしそれは向こうも分かっているでしょうから
   |     ` ⌒´ノ  即効で何かしてくるはずです。
 .  |         }  
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ   
    /    く       
    |     \
     |    |ヽ、二⌒)、

280>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:16:37 ID:w1/sclnE0
 
      ____
    /      \ ( ;;;;(  家康はこういう時ものすごく素早いから要注意お。
   /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 太閤さんですら何度か出し抜かれたお。
 /    (●)  (● /;;/ 
 |       (__人__) l;;,´   悠長にしててたら、くぎゅの役の子が軍師になる前に
 /      ∩ ノ)━・'/   やる夫たちが別のキングダムに連れてかれるお。
 (  \ / _ノ´.|  |..
 .\  "  /__|  |    やる夫はくぎゅの弟役と知的な女役が好きだお。
   \ / ___/     このふたつをひとつの役でやらせるNHKはわかってるお。
 
 >カサッ

281>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:17:08 ID:w1/sclnE0
 
    __________________________
   |                                     |
   |①:軍事力は徳川が優勢。これはガチ               |
   |②:但し、豊臣方の徳川包囲網も完成している        ..|
   |③:徳川包囲網を徳川軍が単独で突破するのは無理      |
   |④:徳川方が直ちに軍事行動に出る可能性は少ない    ..|
   |⑤:長期戦になれば現政権の豊臣が有利              |
   |⑥:但し徳川方も⑤は理解している                 |
   |⑦:⑥により徳川方は速攻で何かしてくる可能性が高い   . !
   |                                     | 
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /7
              //
     __    //
   /ノ ヽ\ .//  (結局キングダム観る気じゃないか。。。)
 / (●)(●〉/
 l    (__人_,//l   さっきの話を追加するとこうでしょうか。
 |    `⌒// ノ
 l       // ./   これが正しいとすると、
 ヽ r-‐''7/)/    徳川方は今頃諸大名を取り込む悪企みの最中
  / と'_{'´ヽ    という事になりますね。
 /  _.、__〉 ト,
 {  、__}  |.i    我々も何か手を打たなければ。
 ヽ _,.フ  .|.|

282>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:17:29 ID:w1/sclnE0
 
                  ____
                /      \ ( ;;;;(  まあそんなところお。
               /  _ノ  ヽ__\) ;;;;) 
             /    (─)  (─ /;;/  あとひとつ。
             |       (__人__) l;;,´|   「⑧:現政権には正義がある。」
             ./      ∩ ノ)━・'/   
             (  \ / _ノ´.|  |    も加えておくお。
             .\  "  /__|  |    
               \ /___ /     ⑤とちょっと被るけど、重要だから別にするお。

283>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:17:52 ID:w1/sclnE0
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    正義、ですか・・・?
  |    ( ●)(●)  
 . |     (__人__)   確かに、失政はあったとはいえ現政権は一応天下に秩序をもたらしています。
   |     ` ⌒´ノ   これを破壊することはまた戦乱を呼ぶことになるから間違いはないでしょうが。。。
 .  |         }  
 .  ヽ        }   この状況でそんな綺麗ごとを理由にこちらに味方してくれるでしょうか?
    ヽ     ノ   
    /    く      着く方間違えたら死ぬことになるんですよ。
    |     \     政情的に考えて。
     |    |ヽ、二⌒)、

284>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:18:11 ID:w1/sclnE0
 
                 ____
               /      \ ( ;;;;(  んな事はわかってるお。
              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  しかし人間、自分は正義で動かんクセに他人は正義で動くと思うもの。
            /    (─)  (─ /;;/ 
            |       (__人__) l;;,´|   「他人は正義で動く」と皆が思うってことは、
            ./      ∩ ノ)━・'/   つまり「正義のある方に人が集まる」と皆が予想するってことお。
            (  \ / _ノ´.|  |    
            .\  "  /__|  |    予想ってか妄想だけど、日和見の連中集めるには結構大きいお。
               \ /___ /    妄想が妄想を生んでバブル景気でやる夫儲かっちゃうお。

285>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:18:57 ID:w1/sclnE0
  
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    そんなサブプライムローンみたいなことを。。。
  |    ( ●)(●)  しかしまあおっしゃるとおりです。
 . |     (__人__) 
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         }   日和見どもは必ず有利な方へ集まります。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ    つまり「人が集まる」と思われるだけで本当に人が集まる訳ですね。
    /    く      人が集まれば有利に見えますから、それが理由で更に人が集まります。
    |     \    
     |    |ヽ、二⌒) ある程度人が集まれば、徳川側も諦めるざるを得ないでしょう。

286>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:19:40 ID:w1/sclnE0
 
             ____
           /      \ ( ;;;;(  そういうことだお。
          /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  「現政権=正義」ってことをアピールしておけば
        /    (●)  (● /;;/  「反体制=悪」って図式が出来るお。
        |       (__人__) l;;,´|   
        ./      ∩ ノ)━・'/   奴らが悪いことしてくれればそれだけこっちの正義がパワーアップ。
        (  \ / _ノ´.|  |    ケンシロウだって、モヒカンが最初に悪さしてくれるから心置きなく北斗神拳できるお。
        .\  "  /__|  |    
          \ /___ /     皆がんばって悪いことするお。

287>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:20:17 ID:w1/sclnE0
 
 つまりこうですな。
 ..__________________________
 |                                       |
 |①:軍事力は徳川が優勢。これはガチ              .|
 |②:但し、豊臣方の徳川包囲網も完成している          |
 |③:徳川包囲網を徳川軍が単独で突破するのは無理  .   |
 |④:徳川方が直ちに軍事行動に出る可能性は少ない      |
 |⑤:長期戦になれば現政権の豊臣が有利            . |
 |⑥:但し徳川方も⑤は理解している            .    |
 |⑦:⑥により徳川方は速攻で何かしてくる可能性が高い    |
 |⑧:現政権(つまり豊臣方)には正義がある            |
 |                                   . | 
 .. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  まあこんなとこだお。

288>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:20:35 ID:w1/sclnE0
 
        ___       
      /     \ キリッ   そしてこれらを総合すると。。。
     /   \ , , /\     
   /    (●)  (●) \  
  .. |       (__人__)   .|  
     \      ` ⌒ ´  ,/    
      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄

289>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:21:02 ID:w1/sclnE0

 徳川方はまず間違いなく諸大名へ調略をかける。
 それもすぐに。 
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
             .  :.―――:. .
          <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :\
  −=≡ <´ :. :. :. .. .. .. . l     ヽ
        <:. :. :. :. :. :. /- : ハ:. }-. :. :. :.        
       < :. :. :. :. :. ノ |:/  V V:. :、|        
        〉 :. :: :. /:/ =ミ   =ミハ:. :l                           _
        |:: :: :: ({:/ ''  __  '' }:: : |                    三     〃   ヘヽ アーレー
 −=≡ レレレレヽ、._{  ノ_ . ィノノリ_                   三  Σ  li jノ|/゙^リi
            /: : : :  ̄:ミ/ } ̄:ミ/ }                三     Σ /イ!i(l|´ヮ`ノト
           ./: : ノ┬r┬r亠'ー―亠 '        三   /⌒'⌒ヽ. キャー  / リと7〈〉iつ
          /: : : : : ヽVノ}              三  Σ │i(`⌒))   三   ((y</儿〉
          ノ: : : : : :o: : :oノ            三   Σ/ || |゚ ヮ゚ノ||         UU
−=≡  人 : : : : : o: : : o{            三    / ((゙}京i)つ)
       く::::::\: : : : : :Λ: :}              三 ≪彡U、/_li〉
                                三   し'ノ
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

290>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:27:45 ID:w1/sclnE0

   奴らもそれなりに偽装とかするはずだけど、
   ―――――――――――――――――――――――

                   / ̄ ̄\
                 /(⌒)(⌒) \
                 ( ゙゙(_人_)゙゙ )
                 > _| ̄ ̄ ̄ ̄|
                 ( ⌒( ヲ見せられ|
                 ソ  ̄|ないおw .|
                 /   |____|
                /   -く
              `/ /~ ̄) ノ
              (__ノ   (__)

   ―――――――――――――――――――――――
  モノには弾みってものもあるお。
  いずれどこかで法に触れたりやり過ぎて騒ぎになったりするはず。

291>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:29:16 ID:w1/sclnE0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                         __
                        ,. ':´: : : : : :.`:.、
                     /: : : : ー: : : : : :∧
                   ,: :_r:―:'´: `:ヽ、: :.i        ・・・・・。
                    i:/: : : : : : : : : : ∧:i
                      |:i: : i: :i: : : i: :i: : : Vi        酷いわ。
                       /:.|:.:.:i: ハ:i:_: lヽi: : /i∧
                   /: 人:/:.{ `}:r'{~},ノi:/_∧       私、初めてだったのに・・・・。
                     /: :/ |: : i  ハ .i i: :i .∧ヘ
                 /: : :|ヽ,i: :/ /ニi  V:.// |:∧
                   /: : :/==i/ / ∧  V'===廴ヘ
               /: : :{三ア   /ィ三∧  .V三三}:∧
              ,: : : : : :.〈  /弋三;∧   ゝf‐'´ヽリ
               Vi: : : : : :ヽ-' ,ノ三廴ゝ-..'゙: : : :/l/
                   弋: : : : r=<三八三>=、: : /
                    ヾゞ/:.:.:/:.:.:.:ii:.ii:.:.:.:.i:.:.:.:V:{
                 /:.:.:.:{:.:.:.:.:ii:.ii:.:.:.:.:}:.:.::∧
                   /:.:.:./ゝ-,ii_:_ii,.-':\:.:.:∧
                     /:.:., ―- 、,_:.:.:.:_,. -―― 、}
           _.     _,...-―-     `Y´    -‐―-- 、,_     _,.-:..、
   ,xz==三==r― '´              i              `  ̄ヽ.  ヽ三ニ=、
  {三{ ̄}川:{_{_______ ,、 -.'弋 _____ , -――'ゝ-.弋川`ヽハ
   ` ̄ ̄ ̄´                                    `ゞー‐''
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

292>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:29:52 ID:w1/sclnE0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         \   |    /
         _┌┬┬┬┐_
       ――┴┴┴┴┴―、       
      //    ∧// ∧ ∧||. \      
   __[//____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || _ \__ <         .     ‥, <|\:         
  lロ|=☆= |ロロ゚|■■|■∪京都府警__              ‥, <   U |  \:        
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|_/ ☆ \,     ..    :| ,,     |     .:       
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー' ヽニニニノ     . .     :|     U |   U |:       
                   /(●) (●)\        .  :| U    , .| ,,,  |:       
                  /:::⌒(__人__)⌒:: ヽ       .   :|  , .:<::::::::\ U |:       
                  |    `⌒´    |         </X芥X ヽ::::ヽ |:       
                  \      _/         ://ミУ/ V<:       
                  || = ̄ //  | | ― ― ― :くゝ': :く>リ    ヽ:
                  ||    //    | |        ‥    :| - 彡 〉:
                  ||    //    | |            :ノ、_ハ_.ノ/>:
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
  やる夫はそれを指摘、徳川の非を糾弾して豊臣に正義がある事をアピール。

293>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:30:53 ID:w1/sclnE0

 日和見は有利そうな方に着きやすいから味方を増やし易くなるお。

 ―――――――――――――――――――――
 【審議中】
     トクガワ?  ∧,,∧  ∧,,∧ ツカマッタッテ?
          ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヤルオガ?
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ
           u-u (l    ) (   ノu-u
       タイーホ?  `u-u'. `u-u' ツカマエタ?
 ―――――――――――――――――――――

294>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:32:54 ID:w1/sclnE0

 ―――――――――――――――――――――
 【採用】
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜     
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)  サスガゲンヨトウ!
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'
 ―――――――――――――――――――――

 味方が増えるとみんなやっぱり豊臣に正義があると思って更に味方が増えるお。
 名付けて「やる夫バブル」。

295>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:33:42 ID:w1/sclnE0
 
 ☆「やる夫バブル」の仕組み☆
 ..______________________________
 |                                          ..|
 |①:徳川の悪巧みを糾弾する。ついでに豊臣の正義をアピール   . .|
 |②:豊臣陣営に正義があると思う                      .  |
 |③:自分は正義で動かないけど他人は動くと思う              |
 |④:③の結果、自分は豊臣方へ着く                       .|
 |⑤:④の結果、豊臣の勢力が大きくなる                .   |
 |⑥:②へ戻る                                  . |
 |                                          |
 .. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 やる夫が実際にすることは①だけ。
 後は「正義があると思う」→「人増える」→「正義があると思う」のバブル景気で勝手に人が増えるお。
 
 ある程度人数が集まったら、徳川はビビッてあきらめるはず。
 そこまで行かなくても調略に手間取ることにはなるから、
 その間に太閤死去の混乱がおさまってやっぱり悪巧みは出来なくなるお。

296>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:34:13 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  ⌒   なるほど。
  |    ( ⌒)(⌒) いい戦略だと思います。 
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ  しかし「やる夫バブル」とは。。。
 .  |         }  なんか不吉ですな。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ   名前的に考えて。 
    /    く     
    |     \
     |    |ヽ、二⌒)、 
 
      ____
    /_ノ   ヽ_\    しししっ!
 .. /( >)  (<)\  やる夫たちゃ戦国武将お?
 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
 |     |r┬-/       | そんなもん気にしてどうするお?
 \     ` ̄'´     /  それにもし神様とか幽霊とかいるなら、きっと太閤さんが家康呪い殺してくれるお!

297>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:34:51 ID:w1/sclnE0
 
 >ガタッ
 
                   ____
                 /      \
                /  ─    ─\   ・・・。
              /    (●)  (●) \  ちょっと危険な会話だったかお?
              |       (__人__)    | 
              \   ⊂ ヽ∩     <  
                |  |  '、_ \ /  )  じゃあこの話はここまでで。
                |  |__\  “  /  やる夫はもう出かけるお。
                \ ___\_/

298名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 20:34:57 ID:oOC3.lu20
やっぱり神様なんていなかったね・・・

299>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:35:14 ID:w1/sclnE0
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    ああもうそんな時間ですか?
  |    ( ー)(●)  気を付けて行ってらっしゃいませ。 
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   それと、あまり心配してませんが、
 .  |         }   こういう時期です。
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ    何かあったらすぐに私を呼んでくださいね?
    /    く      まあさっきの[「やる夫バブル」的には、やる夫様に何かしたら
    |     \     連中の方に不利になりそうですが。
     |    |ヽ、二⌒)、

300>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:36:07 ID:w1/sclnE0
 
                  ____
                /_ノ   ヽ_\     しししっ。
             .. /( >)  (<)\   やらない夫も分かってきたお!
             /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
             |     |r┬-/       | まあ徳川方に襲われた方が有難いからその時は助けんでいいお! 
             \     ` ̄'´     /  じゃあ行ってくるお!
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    
  |    ( ー)(ー)  やる夫様。。。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   本当にお気を付けて。 
 .  |         }   
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ    
    /    く     
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

301>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:36:40 ID:w1/sclnE0
 
                  ____
                /_ノ   ヽ_\     あっ。
             .. /( >)  (<)\   そういえば朝鮮出兵の後片付けで
             /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ やる夫はしばらく九州行ってくるからしばらく留守にするお。 
             |     |r┬-/       | 
             \     ` ̄'´     /  やらない夫は留守たのむお!それとやる美にもよろしく!
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \         ━━┓┃┃
  |    ( ○)(○)               ┃   ━━━━━━━━
 . |     (__人__)            ┃               ┃┃┃
   |   ゝ'゚    ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
 .  |  。≧      三 ==-
 .  ヽ  -ァ,        ≧=- 。
    ヽイレ,、        ヾ ≧ 
    /    く     
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、 
     .   |

302>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:37:02 ID:w1/sclnE0
 
    / ̄ ̄\     お城に行くんじゃなかったんですか?
  /   _ノ  \    この時期に?
  |    ( ◎)(◎)   
 . |     (__人__)   さっきの話は?
   |     ` ⌒´ノ   
 .  |         }   やる夫様が不在の間に徳川方が
 .  ヽ        }   何するかわかりませんよ?
    ヽ     ノ    
    /    く     
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

303>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:37:30 ID:w1/sclnE0
 
      ____
    /      \   まあ仕方ないお。
   /         \  まだあっちの戦争終わってないし。大名の多くは朝鮮半島で戦闘中お。
 /           \
 |     \   ,_   | そもそも朝鮮出兵してなかったら豊臣政権ももっと安定していたお。
 /  u  ∩ノ ⊃―)/ それぐらい豊臣にとっては痛い失点だお。 
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  それ言っても仕方ないけど、ここで撤退に失敗したら
   \ /___ /   事態はもっと悪くなって家康どころじゃなくなるお。

304>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:37:52 ID:w1/sclnE0
 
       __
    .. / ☆ \,   この処理は重要だし、やる夫にしかできんお!
     ヽニニニノ    撤退戦は特に準備が重要お! 
   /(●) (●)\  
  /:::⌒(__人__)⌒:: ヽ 最悪やる夫も戦闘に参加することになるかも知れんけどその時は武功上げてくるお。
  |    `⌒´    | 
  \      _/  それに、主だった大名の多くは朝鮮行ってて調略する相手がいないし
  || = ̄ //  | |  奴らも大したことはできんお。
  ||    //    | |  じゃあ後はよろしく。後、徳川方の動向は定期的に連絡してお。  
 
 それじゃ行ってくるお。

305>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:38:21 ID:w1/sclnE0
 
 <ちょっと待ってくださいよ。
 
                  ____
                /_ノ   ヽ_\     九州って言ったらやはり一蘭ラーメンだお。
             .. /( >)  (<)\   地元の評価はいまいちで知名度もないけど金龍もいいお。 
             /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ホルモンとか魚も旨いし、九州出張はたまらんおっおっおっ。
             |     |r┬-/       | 
             \     ` ̄'´     /  まあ折角だからついでに羽を伸ばしてくるお。
                            やる美もおらんから別のところも伸ばすおおおおお。

306>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:38:49 ID:w1/sclnE0

 >ガラッ
   |┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   |┃_-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、::::::::::::::::
   |┃  /" `ヽ ヽ  \:::::::::::::::::
   |┃'/  u ヽハ  、 ヽ::::::::::::::::::
   |┃_{ _ノ '  ヽ_ リ| l │ i|:::::::::::::::::::::
   |┃l( ○) (○) 从 |、i|::::::::::::::::
   |┃ ⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ:::::::::::::::::::::  …………。
   |┃ u、 ゝ._) u j /:::::::::::::::::::::    やる夫。。。。
   |┃ ヘ,、 __, イ :::::::::::::::::::::::::      さっきから女の名前が聞こえるんだけど。
   |┃::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、 :::::::       
   |┃:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1 :::::::::::::::    ていうか、起きてるんなら何で私の部屋に来ないの・・・?
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    ああこれはやる美様。
  |    ( ー)(●)   おはようございます。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   やる夫様はついさっきお出かけになりました。
 .  |         }   
 .  ヽ        }   今回は博多へ出張なので結構長期間留守にされるそうです。
    ヽ     ノ    お急ぎとのことでお引止めする間もなく出発されてしまいました。
    /    く     
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

307>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:39:17 ID:w1/sclnE0

               , /.'´ ̄ ̄` ー-  
              /u   〃"`ヽ、 ヽ    あらそうなの?
             /    / ハ/ u  ヽハ  私以外の女のこと考えたらダメってあれほど言ったのに
             |i  u  │ l |リ    \.}リ|  くぎゅとか釘とかとかとかああ。
             |i    | 从 ( ◎)l从
             V   ( |  |⊂⊃、_,、_,)   武装選んでるのに時間かかっちゃった。
             \ u  V j u    7   やっぱりショットガンにした方が良かったかしら?
              へ、/レ  > u__ノ    ねえどう思う。私間違ってないよね?ねっ?ねっ?
                ./ー-.l`‐-‐<
               (        `)  スチャ
               |    _r'゚lニニニl]_ ____/l
           fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
           |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]
                 | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー' ̄

308>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:39:42 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    ああそれは勘違いされてますよ。
  |    ( ー)(●)  
 . |     (__人__)   撤退作業で中華キングダム連合軍と戦うかも知れないけど
   |     ` ⌒´ノ   その間に大坂の大名が徳川方に着かない様に釘刺しておいてくれって。
 .  |         }   
 .  ヽ        }   そういう指示をいただいていたんです。
    ヽ     ノ    さっきの話は。
    /    く     
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

309>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:40:16 ID:w1/sclnE0

            ,/.'´ ̄ ̄` ー-
          /   〃" `ヽ、 \ヽ
         / /  ハ/::::::::::::::::\ハヘヘ       そう?なら良いけど?
         |i │ l |リ:::_ノ 三ヽ_:::::}_}ハヽ      それと言っといてもらえる?博多の女に手出したらコロスって?
         |i| 从( ○)三(○)l小N    /l  やらない夫さんからも言っておいて貰える?
         (| ⊂⊃:::::、_,、_,:⊂⊃ノ  . //  それと浮気したらすぐわかるって。
         \:V j:::::::::(_.ノ:::::::ノ.ヽ  //
         /::::::::::::へ、 __, イl::::::://      ねえ、今からで良いから?
        /:::::::::::;::::::::::::ヽノ::::::::::://       ででで伝令出せば間に合うようねえええええ。
        |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
        \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/          
          |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|

310>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:40:45 ID:w1/sclnE0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    
  |    ( ー)(ー)  やる夫様。。。
 . |     (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ   やっぱりしばらく帰ってこないで下さい。 
 .  |         }   
 .  ヽ        }  
    ヽ     ノ    
    /    く     
    |     \     
     |    |ヽ、二⌒)、

311>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:41:06 ID:w1/sclnE0

────────────────
[ 第二部 ここまで ]

 ≡    ∧∧∧_∧
≡   と(と(と(´・ω・`)
 ≡  ― ― /  と_ノ サッ
≡ /  / // /⌒ソ
 ≡  -'-'-'´

To Be Continued!
────────────────

312>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:41:35 ID:w1/sclnE0

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 [石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです]
 
    __   __       __                      __
    l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
     , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
   //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
   l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
   l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/
 
                                        ー第三部ー
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

313名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 20:42:04 ID:oOC3.lu20


九州は焼きカレーがえらくうまかったな

314>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:42:14 ID:w1/sclnE0

 加増するものとされる者、そのおこぼれを狙う者。
 武功を持たぬ者は生きてゆかれぬ戦国の街。
 あらゆる嫉妬が武装する博多の街。
            __
           /_☆|__
          /_了・ω・)
         __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,     
         | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''  
     _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘   ´''::;;;;::'''"´    
    |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン   
   .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤          
    ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);          
    ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ
                                    ∧∧              「 ̄ `ヽ、   ______
                            マジデ!? (゚Д゚,,) ∧_∧         L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉
                              フザケンナ!  (`Д´ )       /           ヽ\ /
                                                 //  /  /      ヽヽ ヽ〈
                                                 ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、
                                                  ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !
                                                  /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」
                                                 ヽN、ハ l   ┌‐┐   ゙l ノl l
                                                    ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′
                                             r777777777tノ` ー r ´フ/′
                                            j´ニゝ        l|ヽ  _/`\
                                           〈 ‐ この後    lト、 /   〃ゝ、
                                          〈、ネ..         .lF V=="/ イl.
                                           ..ト | 露梁海戦も とニヽ二/  l
                                          ヽ..|l         〈ー-   ! `ヽ.   l
                                            |l 勝ちました ..lトニ、_ノ     ヾ、!
                                            |l__________l|   \    ソ
                                             [ 島津 義弘(薩摩/70万石) ]

315>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:42:51 ID:w1/sclnE0
  
                                        
  2 童  |'´::::>‐''´::::::::::::`゙ヽ、`゙ヽ、r',. -''´:::::〈  童 え  ..   
  万 貞 //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/..:..:::::::::::::〈  貞  |      
  石 が |..:..:..:..:..:.:::::::::::::::::::::::..:..:/:::..:..:..:..:.::::::::::|  | マ     
  ま 許 |::::::..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./::::::::::::::::::..:..:..:..〈  !  ジ     
  で さ   〉::::l|::::|:::::::::::::l|:::l|:::::/::::::::::::://::::::::::::::/           .
  だ れ |::::|」l::十::::::::::/リト|:、|:|:::::::::::/l‐!::::::::〃/L          
  よ る ヽ::|l:!⊥!ヽ::::〃| ,⊥L!|:::::::::リ=ミ|::lレ'´〃 /ヽ__r┬‐、/   
  ね の /::|| lL! ヾ/  ! 「し!{|::ハ| 「_!    /i::(_, ヽヾ::::::::
  │ はr'::|::| 、 l;;;!    _l:;;;;レ |:::l:|、L::!.     _L;;;ノ__, j|;::::::::
レ'⌒ヽ |:::::|::|  ̄        ̄ j|::::|:|           リ::/:::
人__人_j_:::::|{:'、  〈     ノー'^ー^ ゝ〈          //:::/
  ハ キ /ハ:::ヽ  ヽ ̄`l  |   キ ハ _ヽ ̄`l    u 〃:://
  ハ ャ |/  !ヾ:::ヽ/Y'Yl 〈    モ |:::::| | ヽ.__j     //〃
  ハ ハ ヽ >ヽ::ヾ! | .| | '´|   │  〉/ ,':ヽ/),. -r' ´   /
  ハ ハ //: : :ヽ∨ | .| | /|    |  |' レ' /リ__:::∧_____/
  ハ ハ 〉|: : : : ', 、   V ,'!   イ  ヽ -'‐'´,.ィ´:/厂ヽ
      ||.|: : : : : |     /〈     /  `ー─‐v' |::::∧ //:
      ヽ!: : : : : :|    /::|/⌒ヽ /´  ~l ̄/: : | |::::| ∨ /: :

 ここは応仁の戦乱が産み落とした文禄慶長のソドムの市。
 やる夫の躰に染みついた文治の気配に惹かれて、武断な奴らが集まってくる。
 
 次回「博多」。

 やる夫が飲む博多のコーヒーは、苦い。

316>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/13(日) 20:44:11 ID:w1/sclnE0

 ということで今回は以上です。

 投下ペースはもう少しゆっくりでも良かったかな?
 ともあれ、読んで頂いた方有難うございました。

317名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 21:12:10 ID:x1tlZXGw0
アートディンクの関ヶ原を思い出すなあ

318名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 22:25:04 ID:a4.LS3v20
アートディンクのHPでダウンロード販売されているね
※Windows95/98/2000対応とあるけど、互換モードで動くのなら買いたいところ
2000円なんでダメ元でも買う価値はあるかな

319名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 22:34:11 ID:HHpD4J8Q0
乙でした
この頃の政治闘争は、諸将に色んな思惑があって面白い

320>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 00:03:26 ID:qBzlzFHc0
次回第三部は明日1/14の20:00から投下開始予定です。

アートディンクは私も非常にお世話になってます。
関ヶ原でなくてカルネージハートの方ですが。
こういうマニア向けのソフト出させたら世界一ですね。

321名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 01:00:30 ID:D3XopaNM0
乙!

322名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 01:05:48 ID:AEW4z9ls0

現政権=正義って、朝鮮や秀次事件でで地獄見せられた人には通じないような

>>247
まー、指揮官が優れてりゃ何とかなるの典型例と言えなくもないもんね
この後の徳川軍

323名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 10:51:21 ID:vklmeTXw0
>>322
大義名分があるかどうかって話だろう

324>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 19:51:28 ID:qBzlzFHc0

本日も20:00より投下します。
今回は短めですので一気に行きます。

325>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:00:00 ID:qBzlzFHc0
 

        石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです。
 ┏┓                                            ┏┓
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
 ┏╋────────────────────────────╋┓
 ┃|                                            |┃
 ┃|              ■第三部 「博多」                     |┃
 ┃|                                            |┃
 ┗╋────────────────────────────╋┛
 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ┗┛                                            ┗┛

326>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:01:14 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【 博多 】
                      ∧_/\_|::|「|,,,|「|ミ^!、
           /三三三三三三三 Π . ∩  |:|「|'''|「|||:ll;|________
     __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\/田\/田\/田\"゙゙`ヾ、
     _/__l==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|. IIII || IIII ||  IIII _|__,;;、
   /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[| 三三/ ̄/\ ̄ ̄ ̄\三三三三三\ェェェェェェ〕――
 _  l |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"''""``ヾ;;,,""~
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  中国大陸に近く天然の良港を持つ港町。
  古くから大陸との貿易拠点として栄える。
  軍港としての機能も持っており、政治/商業/軍事等様々な面で非常に重要な都市である。
  
  但しその分周囲の大名に狙われやすく、争奪戦に巻き込まれて何度も破壊された。
  元寇の際にモンゴル軍が狙ったのもここである。
  戦国時代にも大友氏と毛利氏の戦いに巻き込まれて壊滅したが、この時点では復興されている。
  この復興にはやる夫も大きく関わっており、彼個人にとっても重要な街である。
 
  朝鮮の役でも補給基地として大きな役割を果たしており、今回の撤収の拠点となっている。

327>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:02:18 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /_ノ   ヽ_\     さーて久しぶりの博多だお。
 .. /( >)  (<)\   
 /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やっぱ最初は一蘭かなー。
 |     |r┬-/       | 何食うか迷って仕方ないおっおっおっ。
 \     ` ̄'´     /  世の中不景気でもここだけは大戦特需で景気も良いし、久々に楽しんだるお。


      ____
    /      \
 .. / ─    ─ \  ・・・・って、
 /   (●)  (●)   \ なんじゃありゃ?
 |      (__人__)    |
 \     ` ⌒´     /

328>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:04:08 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 [ 博多の街はずれ ]
    __     、,、,,           、,、,,     、,、,,   ... _________ 
    /__|__  ゴムヒモイランかゴルァ!             ノノノノノノノノノノノノノノノノノo)
   /_了゚Д゚)  こちとら朝鮮帰りだぞゴルァ!   ,,  、,、,,  ..|:|ニニ[ 女 郎 ]ニニ|;,ノ|
  ... (|〆/|)          ,,                   ...|;|⊆   ∧∧  iii   |:l |,、,,
 ... /|  ̄ |  ,,,,,,,, 要らないです!  ,,,,     、,、,,    、,、,.|;|    (゚Д゚,,)     |:l |.
  .   ∪ ∪       ( ><;)         イランカネー.. |;l.(_,,),)∧∩@:爾ω |:l |−−−−−
       ,,,,,,       (∩∩ )      、,、,,  ,,       |;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:|,;'´ | | |
 ,,、,,,     ,,、,,,        ,,,,      ,,、,,         / |;|_______|/  ,、,,
     \∧_ヘ                        /|        、,、,   
       / \〇ノゝ  ,,、,、,,,      、,,,     、,、, / | ,、,,
 、,、,,,  /三√´д`)       ,、,、,,,!  _________ 
     /三/| ゚U゚| \    ==   ,, ノノノノノノノノノノノノノノノノノo)ゴルァ! ゴルァ! ココガエエンカ
 、,,,   U (:::::::::::)∪  ,,、,、,,,    ,、,、,, |:|ニニ[ 女 郎 ]ニニ|;,ノ|   パ  ∧∧ ∧∧  パ  ,、,,
    ,,,, //三/|三|\ トボトボ      .|;|⊆   ∧∧  iii   |:l |  ン (non*(゚Д゚,,)  ン ,
       ∪  ∪             ...|;|    (゚Д゚,,)     |:l |      (.ノ(し⊂ニノ ))
            、,、,         . |;l.(_,,),)∧∩@:爾ω |:l |イヤアアン > y ) /≡〜  、,、, ./
 、,、,         カワイイコイルヨ? |;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:|,;'      し'し' U       / |
                 、,、,    . |;|_______|/ −−−−−−−−−−− |
                                     |  |  |  |  | | 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      ____    
    /   u  \    ちょっと見てない間に博多の治安がエラく悪化してるお。
 .. / ─    ─ \ 
 /   (〇)  (〇)   \ それも落ち武者みたいのがいっぱいいる。前は殆ど居なかったのに。
 |      (__人__)    | アイツらきっと朝鮮から逃げて来たんだお。
 \ u   ` ⌒´     / その上脱走兵とか帰還兵狙いの怪しげな業者とかが集まって更にガラ悪くなってる。

329>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:04:53 ID:qBzlzFHc0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 ちなみに、コロンブスがアメリカ大陸からヨーロッパへ持ち込んだ梅毒は
 20年程で大西洋とユーラシア大陸を横断し、この戦役の頃に朝鮮半島経由で日本に入り込んだと言われている。
 そしてその後国内でも大流行することになる。
 
 加藤清正、結城秀康、前田利長、浅野幸長等、大名クラスでもこれが死因と言われている人物は多い。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 
      ____
    /      \    やっぱりこの戦争の悪影響は大きいお。
 .. /  _ノ  ヽ、_  \   当然やる夫にも責任はいっぱいあるお。
 /  /⌒)   ⌒゚o  \
 |  / /(__人__)      | みんな、ごめんお。
 \/ /   ` ⌒´     / 後片付けはやる夫がしっかりやるからもうちょっと我慢して欲しいお。

330>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:05:43 ID:qBzlzFHc0

      ____
    /      \
 .. / ─    ─ \     ということでこれから撤収作戦開始お。
 /   (●)  (●)   \   しっかし、やらない夫が居なくて誰もツッコンでくれんから寂しいお。
 |      (__人__)    |
 \     ` ⌒´     /   
 
 >では私がツッコンで差し上げましょうか?

331>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:07:32 ID:qBzlzFHc0
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         、_ゝ'´                `ー')
        (し-`                   `、 _,
        フ                     {ニ__,
        ム    , '   |    |           ーノ
       、ノ    ,    l.   l  i| ;      ',   彡
       、 _フ    i    ! i ! | l i l i    l   ヘ
      、ニノ   l ,  ;  ! i | | i | l l !,l| |  |l   `i
     、 __ノ    i/  / , / ,! | ! ! i // il l  |l   |
       ̄/    /  /∠i/ル'レ' ヘ/从ソヘ li ', i{|   l
       /     /==z、、._,/!iヾィイ-=ヾヘ '、 ゙;   l
      ,' l    ソノ 匕て)ニヾ '"〈_て)_> `;ゝ   |
      l  !  (( ',      <;"| \ヾ     'r′}l  l
       ゝ,′   ゙` ',   "゙ヾ;;' |       } _ノ  .l
      / /    t',    ー..、|/i      ,i     i
      / /     t、      ヾ′     /;| i    ヘ
      / //     '∧      _..;;..._    /;; | li    ヘ
  .  / //     ,' ミ ヘ    "´‐‐ `   ,' ;; l |li   ∧
    ,.' , '      /   ヘ        ∠ ,;;  l !|li    ∧
  ∠ , ', '     /\     ヘ      ∠ ,;'  ,ヘ  ill;,   ∧       _______
    /    /三三> _ ヽ _ ∠ _<三ヘ  l|    ヘ   _∠ゞ、三三三三
  ヾ 彡  /三三三三三二≡==≡二三三三 ヘ      _ ゝ二三三t ヘ三三三三三
   ` 、-f ´三三三三三三三三||三三三三三三ヘ l  }ーi三三三三三 t l三三三三三
  ≡  ヽ三三三三三三三三三||三三三三三三∧ | l l三三三三二=ヾ二二ー----
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [毛利 秀元(毛利家 元嫡男)]
 毛利元就の孫。現当主である輝元の従兄弟であるが、
 輝元に子供が生まれなかったため一時継嗣となった(輝元の養子となった)こともある名門の御曹司である。
 #その後輝元に男子が産まれたため継嗣は辞退している。
 
 毛利家は、明や東南アジア、そしてヨーロッパ等の交易が盛んな中国地方を所領しており、
 大規模な水軍も擁している海運国家である。
 
 この時の撤収はやる夫と秀元の二人が中心となって行われていたと言われる。
 彼はその後やる夫にとって非常に重要な人物となるが、この時は誰もそのことを知らない。

332>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:08:32 ID:qBzlzFHc0
 
        ____
      /⌒  ⌒\    おおこれは毛利宰相殿。
    / ,,,⌒   ⌒,,,\
   /::::::   (__人__) ::::: \ 今回の撤兵では船出してくれて感謝だお。
   |       |r┬-|     | 朝鮮以来だけど、お元気そうで何よりだお。
   \      `ー'´    /

333>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:09:11 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \    しかしあっちではまだ戦闘が続いてるし、太閤さん死去の情報とかが
   /  ─   ─\  知れ渡ってて連合軍が大規模な反撃に出る危険もあるお。
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    | 撤兵準備は慎重に進めないといかんし、最悪やる夫たちも
 /     ∩ノ ⊃  /  出撃する必要あるかもしれんお。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

334>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:10:42 ID:qBzlzFHc0
  
         , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_
         /             "'‐-‐ァ ,
       /                ^ーノ ノi
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿 その件ですが、非常に良い知らせが届いています。
    /   /        ,'   ノ     、   二-''  毛利自慢の特急船便が今届けたばかりの最新情報です。
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  泗川にて、島津軍が追撃してきた連合軍を逆襲、
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '  壊滅させたそうです。
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′
           / / |l |      ,  ',
           , ' ∧ |.i l      r= - '
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

335>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:11:39 ID:qBzlzFHc0
 
 [ 泗川の戦い ]

 秀吉危篤の情報は既に大陸にも知れ渡っており、朝鮮/中国連合軍は日本軍に対し大規模な攻勢に出た。
 これはその戦いの一つ。
 日本軍の動揺と撤退を見越しての反撃である。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      .∧
 [::::::::::::::]∨   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ,,、,         ,,、,,
 ( ゚Д゚ )||  < 全員突撃準備ダゴルァ      ,,、,,    ヌッコロセー       ,,、,,         
 〈_j::Y:i~O   \_______        ,,、,,        ,,、,         ,,、,,,
  l::::::::,:::::l ||          ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧
 (__ハ_)|   ,,、,,   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚
               (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (| 
        ,,、,,      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧
   ,,、,,         (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)
 .._____             (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|   
         \  . ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
 サーイエッサー >. (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
  _____/  (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
              ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
        ,,、,,   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨   (゚ー゚*)∨
            (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
                 ,,、,,           ,,、,,                 ,,、,, 、,,  ,,、,,
           ,,、,,   ,,、,,                        ,,、,,
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

336>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:12:45 ID:qBzlzFHc0
 
 朝鮮/明連合軍は、撤退しようとする島津軍を包囲、一斉に突撃を開始した。
 その数は島津軍の報告で20万人。
 流石にこれは誇張があると言われているが、島津より圧倒的に多かったのは間違いない。
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                      (´⌒(´⌒`)⌒`)
                                   (´⌒(´氏ねやゴルァ!!`)⌒`)
              (´⌒(´⌒`)⌒`)             (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`
         (´⌒(´行くぞゴルァ!!`)⌒`)  ''.''"  ''.''"   (´⌒(´(,゚Д゚,,)つ `)`)
    ''.''"    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`     (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
          (´⌒(´(,゚Д゚,,)つ `)`)      侵略者爆発しろ!! ( |  (⌒)`)⌒`)   
     (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)''"  .   ∧ ∧ ⌒`).ト ゙し'⌒^ミ `)⌒`)ォ  
   氏ねや侵略者!! ( |  (⌒)`)⌒`)     (´⌒(´ (,゚Д゚,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)    
   .   ∧ ∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ   (´⌒(´( つ/] /    ォと(,゚Д゚,,) うお― 
 (´⌒(´ (,゚Д゚,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)     ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)――
 (´⌒(´( つ/] /    ォと(,゚Д゚,,) 突撃―!!ドカ 人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  | ドカ  
 ―― ( |  (⌒)`)― ォ ヽ[|⊂[] )`)――      人 人  人 人   人し´人   
  ドカ 人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  | ドカ ''.'' '.'                      ''.'
     人 人  人 人   人し´人      ''.''"                    
                                        ''.''         
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
 対する島津軍は7,000人。
 まさに絶対絶命である。

337>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:13:16 ID:qBzlzFHc0

 しかし。。。
 結果は島津軍の大勝利。

 島津軍は突撃してきた敵を待ち伏せ、鉄砲や当時最新兵器であった大砲(のようなもの)で
 殲滅したと言われている。
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
             __
           /_☆|__
          /_了・ω・)
          __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,     
          | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''  
     _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘    ´''::;;;;::'''"´    
    |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン   
   .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤          
    ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);          
    ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ
                                    ∧∧
                             マジデ!? (゚Д゚,,) ∧_∧
                               フザケンナ!  (`Д´ )
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※戦車はイメージです

 朝鮮出兵が失敗したのは日本軍が戦闘に負けたからではない。
 兵站を維持できなかったことと、占領地の統治に失敗して戦略的目標を達成できなかったからである。 
 戦闘レベルで見れば、日本軍が何度も大勝利している。
 その中で最も大きなものが、この泗川の戦いである。

338>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:14:44 ID:qBzlzFHc0

 この時期に存続している大名家は、100年以上続いた戦国時代の勝者である。
 彼らはガチの内戦を勝ち抜いた軍集団でもあり、陸軍に限れば世界最強レベルと言えるだろう。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                                 (-_-)     /  /
           __              =-==≡〓〓][〓回   /  /              .◎〜〜〜〜〜〜〜
           |日|                   .(__旦__)____ \  \             ./  東 方 不 敗  /
           |本|     ./〜〜 _______/( ̄ ̄/ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\__        ./ 〜〜〜〜〜〜〜
           |連|    / ● /(()_))_)_)_____)・(   《 ●223[]∋__)      / ¶     
  ∧シ∩∧(,ノ∧ |合|   ./〜〜          ミ゚Д゚,,彡__\ _^     ノノ     巛∧/∠⌒∧  
 _ノ ´ ミ<゚∀゚ >.| ̄    /_______ ∧∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄~~\  / ・  ミ(゚ー゚*)《) 
 く/へ ミ⊂《##》'|  . _/__/_/(゚Д゚ )  ∈/◎   *   @∈∋/ 。=。 ~~≡≡ハ 《/\ ミ\∨/#)
    巛  (%(⌒)ヾ(0 * 0)==ヾ//_/'~}/ ̄ ̄//…     …/ ̄ ̄/三三三三三三》  《   /#/⌒)
    /, | |^《_》| .ソ /|皿皿|//ヽ_└i_//ヽ.}===(ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(====((O) ̄(O) ̄(Oリ  // | |(_)|/
    \|_|    .|_|_| l l====| | o l===l l o.リ(===(ヽ_&____&__(====(( 0≡0≡0≡0ソ  ヽヽ// /_|_|  ミ
    //_|   ///| ヽヽノ ヽヽ ノ   ヽヽノ (===(0ン        ヽ====ヽ 人 λ ン ソ    //ヽ///_|  
 '''''''""""""""""""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~""""""""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"""""""""""""'””””””””” 
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※戦車はイメージです。

 この間に日本は世界史上の新兵器である鉄砲の国産化に成功、しかも実戦の中でそれを改良し続けてきた。
 鉄砲と言う兵器の質だけではなく、それを使った戦術/運用方法まで確立されていたのだから
 戦闘で強いのは当然である。

 この頃の日本軍が装備している鉄砲は、質/量/戦術の三つが全て揃った最凶装備だった。
 一方、朝鮮は勿論、明軍にしても実戦経験は日本軍と大きく差があり、軍隊の戦闘能力には
 格段の違いがあった。

339>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:16:21 ID:qBzlzFHc0

 これまでの戦いでは日本が追う側だったが、 泗川では追撃される立場だった事も戦果を大きくしたと言える。
 鉄砲という兵器は、防御戦で最も威力を発揮するからである。

 そしてこの頃には現在のような対銃火器用の戦術は考案されておらず、
 攻撃側は数に任せて一列になって突っ込むことになる。

                                                  .     ┃
 その結果。。。                           ┏                ┃                ┓
                                       ┌───────────────────┐
                                       │   .   ∧ ∧⌒`) .ドし'⌒^ミ `) ⌒`)     |
 _______________________    │  (´⌒(´ (,゚Д゚,,)つ  ド   ∧ ∧⌒`)   .   |
                __                   │  (´⌒(´( つ/] /   ォ と(,゚Д゚,,)うおぉ     |
               /__|__ ヨークネラエ!     . ━━.. .│  ―― ( |  (⌒)`) ╋ォ ヽ[|⊂[] )`)―― .. | ━━
              /_了゚Д゚)                    │ ドカ  人し'⌒^ミ 人人ォ (⌒)  | ドカ ''.''  |
               (|〆/|)         .            │    人 人  人 人   人し´人   .     |
              /|  ̄ |                     └───────────────────┘
       ,__       ∪ ∪                  ┗                ┃                ┛
      /_o_|__   ・・・ 。                                   .    ┃
     /_了 ゚Д´⊆0___,,
      (つニ∩,---' ̄ ̄
      (__ノ"(__)__ 
           /_o_|__    ・・・。
         /_了 ゚Д´⊆0___,,
          (つニ∩,---' ̄ ̄
          (__ノ"(__)   __   ・・・。
                 /_o_|__                     
                /_了 ゚Д´⊆0___,,               _______________
                 (つニ∩,---' ̄ ̄                 |   /_o_|__       バン!  . | 
                 (__ノ"(__)                 . . .  |   /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/... .|
                                         .   |   (つニ∩,---' ̄ ̄.... 〆∨ヾ |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_______________ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  |   /_o_|__       バン!  . |
                                  |   /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/... .|
                                  |   (つニ∩,---' ̄ ̄.... 〆∨ヾ |
                     __________ ____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |   /_o_|__       バン!  . |
                    |   /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/... .|
                    |   (つニ∩,---' ̄ ̄.... 〆∨ヾ |
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

340>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:17:52 ID:qBzlzFHc0

<ゼンホーモンヒラケ!!

 <パン!
   <パン!
    <パンパンパン!

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃          バババババババババッッ!!!      . ┃
 ┃  ウアアアアアア!!                           .┃
 ┃─     ∩  ∵';:, ・―‐―― _-ヒュン―‐――    ―― .┃
 ┃    ∠(。c ⌒ヽ      ∧λ::!l ノ,    ――_―――_― ┃
 ┃     ∨`しし'      (‐p;゚:;):: て':,―‐―           ┃
 ┃・―‐―― _-ヒュン―‐―ζ;;;ノ〜: <'::   ・――チュン!    . ┃
 ┃                ';;,::,'・';,、           .       ┃
 ┃     ・―‐――        ::と(,,0 ,,(;:)と⌒`⊃――― ─ .┃
 ┃                  アウウウウウ…            ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

341>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:18:21 ID:qBzlzFHc0
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...         
    ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
   ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
  ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
 ..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
 '::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
  "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
 '::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::'○ヾ_=,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
 '::',:'':';:;'"'"''::',:___ '"'::'`::'::',:'':';:;∧∧::',:'':';:;..," ̄,:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
 ',:'':';:;.(。Д。 )二二⊃ ⊃;',:'':'`::  (,,゚∀゚)          ∩∩'';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
 "'''.''' ∨∨"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:⊂/ /`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"
 :::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;            (。A。 )二⊃        ::∧ ∧:;..,"'`',:'':     
 '':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`⊂(゚∀゚; )――つ"'`',
   '':'`::'::',:'':';:;..,.     ⊂―――';:;∧ ∧:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:` ⊂(_____\つ 
              ⊂_⊂二二("゚∀゚)つ         '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
     "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 島津軍の報告によると、この戦闘による連合軍の死者は3万7千と言われる。
 流石にこれは誇張はあるだろうが、島津が大勝利したことはほぼ間違いないだろう。
 
 これが有名な泗川の戦であり、寡兵が大群を殲滅したとして伝説的な戦いであるが、
 先述の状況を総合するとある意味当然の結果だったかも知れない。

 この戦い等により恐れられた島津軍は、連合軍から「鬼石曼子(グイシーマンズ)=鬼島津」と呼ばれたと言う。

342>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:19:06 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
            「 ̄ `ヽ、   ______
            L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉
         /           ヽ\ /
       //  /  /      ヽヽ ヽ〈
       ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、
        ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !
        /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」
        ヽN、ハ l   ┌‐┐   ゙l ノl l
          ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′
   r777777777tノ` ー r ´フ/′
 .. j´ニゝ        l|ヽ  _/`\
  〈 ‐ この後    lト、 /   〃ゝ、
  〈、ネ..         .lF V=="/ イl.
  ..ト | 露梁海戦も とニヽ二/  l
  ヽ..|l         〈ー-   ! `ヽ.   l
     |l 勝ちました ..lトニ、_ノ     ヾ、!
     |l__________l|   \    ソ
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [島津 義弘(薩摩/70万石)]

 島津家現当主。
 但しこれは当主の義久(反豊臣)が豊臣方に半ば強制的に引退させられたためであり、
 内政の実権は兄の義久が持っていたと言われる。
 そういう経緯もあって義弘自身は親豊臣。得意分野は今回の戦いでもわかるとおり軍事である。
 
 総合的な戦歴で言えば家康程ではないが、個々の戦闘での神がかりぶりは上回る。
 まあそれだけ無茶な戦いが多いって事でもあるが。
 戦争に強い家康が曹操とすると、戦闘に強い義弘は呂布と言ったところか。
 
 対外戦闘の実績が多いこともあって戦闘での実績は世界史レベル。
 軍隊の指揮官としてのみ評価するなら戦国最強の最有力候補と言えるだろう。
 
 島津軍の代名詞とも言える「釣り野伏せ」は彼自身が考案/実用化したとされる。

343名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:19:22 ID:gTm2ezgs0
この戦いは講和後に行われたものなんだよな。
明らかに規定違反だが頭越しに交渉された朝鮮の反発もあったのだろう。

344>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:19:54 ID:qBzlzFHc0

 [ 初心者でも出来る「釣り野伏せ」 ]

 ―――――――――――――――――――――――――――――
 こういう感じに囮部隊と伏兵を配置する。
 囮部隊は普通に戦闘を開始。
 
       味方  |       |
       伏兵  | 丘陵   /
             \___/         敵 敵
                     味方     敵 敵
                    囮部隊     敵 敵
                             敵 敵
             ⌒⌒⌒⌒ 
        味方 (    森   )
        伏兵 (         )
 ―――――――――――――――――――――――――――――

345>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:20:40 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――
 囮部隊はわざと負けて後方へ敗走。
 敵をおびき寄せる。
 
       味方  |       |
       伏兵  |  丘陵 .. /
             \___/   敵 敵
    味方          ←  敵 敵
 ← 囮部隊       ←   敵 敵
  (ニセ敗走)         ←    敵 敵
             ⌒⌒⌒⌒⌒  (敵は味方の囮を追走)
        味方 (   森    )
        伏兵 (         )

 ―――――――――――――――――――――――――――――

346>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:21:12 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――
 敵が深入りしてきたら。。。
 
       味方  |       |
       伏兵  |  丘陵 .. /
             \___/   
         ←  敵 敵 敵 敵
       ←   敵 敵
        ←   敵 敵 (敵は味方の囮を追走)
             ⌒⌒⌒⌒⌒  
        味方 (    森   )
        伏兵 (         )
 ―――――――――――――――――――――――――――――

347>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:22:09 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――
 伏兵が丘陵や森林の陰から伏撃
 
       味方  |        |
       伏兵  |  丘陵 ..  /
        ↓    \___/   
 味方    敵 敵 敵 敵
 囮部隊→ 敵 敵
 (反転)   敵 敵 
         ↑   ⌒⌒⌒⌒⌒  
        味方 (    森   )
        伏兵 (         )    
 
 敵が伏兵の攻撃で怯んだら、囮部隊は反転して逆襲する。
 たったこれだけたが、成功すると三方面から包囲できてしまうというお手軽かつ強烈な戦術である。
 ――――――――――――――――――――――――――――― 

 やり方が簡単なだけに実行できる機会は多く、また劣勢の時ほど使いやすい(敵が突っ込んできやすいため)
 実際に島津義弘は主要戦役の多くでこの戦法を使い、優勢な敵を何度も殲滅している。

348>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:23:07 ID:qBzlzFHc0

 この戦法は鉄砲と非常に相性が良く、伏兵部隊に鉄砲があると更に強力である。
 鉄砲の殺傷能力プラス発砲時の大音響で敵がビビるからである。

 鉄砲が兵器として最も優れていた点は、その殺傷力ではなくこの大音響であるという説がある。
 これだけで脱糞もの(比喩ではなく)の恐怖であることはあまり知られていない。

 ――――――――――――――――――――――――――――― 
   __         
  /_o_|__        バン!  . 
 /_了 ゚Д´⊆0___,, ゞ从/...
 (つニ∩,---' ̄ ̄   . 〆∨ヾ 
 (__ノ"(__)        
                               ∧,,∧  ビクウッ
                              ((゙゚'ω゚´'))
                               (   l)  ボトッ
                               `u-u' Σ● 
 ――――――――――――――――――――――――――――― 
 戦場とは、命と命のやりとりが行われる場である。
 そこに賭けられるのは自分の命。

 その恐怖と重圧はプレゼンとか面接など比較にもならない。全く別次元のものである。

 戦場では何万何十万もの弾丸が飛び交っているが、そのたかが一発に自分の命を終わらせる威力がある。
 発砲の大音響は、それを否応なく兵士の魂に刻み込むのである。

 そしてそれが突然現れた伏兵と共に自分へ向けられればその恐怖は想像を絶する。
 鉄砲を恐怖の増幅装置として見るなら、これ以上有効な活用方法はない。

349>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:26:18 ID:qBzlzFHc0

 [真・釣り野伏せ]
 ――――――――――――――――――――――――――――― 

       味方  |        |
       伏兵  |  丘陵 ..  /
             \___/   
       味方    敵 敵 敵 →    味方
      囮部隊→    敵 敵 →    別働隊
       (追撃)    (敗走中)   ( 敵退路遮断)
             ⌒⌒⌒⌒⌒      .↑
        味方 (    森    )    |
        伏兵 (          )   /
                       . /
        ●―――――――――゙
           迂回して退路を絶つ 
 ――――――――――――――――――――――――――――― 
 またこんな風に別働隊を用意してあげると更に良い感じになる。

 伏撃を食らった時点で敵は敗走するので勝ちは確定であるが、
 このままでは敵が逃げてしまうので大損害は与えられない。
 だから別働隊による追撃は非常に重要である。

 戦闘における損害の80%は敗走中に発生すると言われるが、
 逆に言えばこのボーナスタイムをうまく活用しない限り敵に致命傷を与えるのは難しい。
 
 一旦敗走した敵が体制を立て直すのは難しい。
 また敗走中の部隊に戦闘力は皆無であるため、捕まえてしまえば後はやりたい放題である。
 但し敵は全力で逃げるから、捕まえるのが難しい。

350>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:26:57 ID:qBzlzFHc0

 これをどうやって捕まえるかは古来戦術家の課題であった。
 そもそも敵を包囲するのはもっと難しいが、包囲と追撃の二つを同時かつお手軽に実行出来る。
 これを考案し、更に実践た島津義弘の戦術的才能は卓越したものであると言えるだろう。
――――――――――――――――――――――――――――
            「 ̄ `ヽ、   ______
            L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉
         /           ヽ\ /
       //  /  /      ヽヽ ヽ〈
       ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、
        ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !
        /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」
       ヽN、ハ l    ┌‐┐   ゙l ノl l
          ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′
   r777777777tノ` ー r ´フ/′
 .. j´ニゝ        l|ヽ  _/`\
  〈 ‐ 釣り野伏で .lト、 /   〃ゝ、
  〈、ネ.. 九州統一  .lF V=="/ イl.
  ..ト | ..できました とニヽ二/  l
  ヽ.|l         〈ー-   ! `ヽ.   l
   ... |l 背も5センチ lトニ、_ノ     ヾ、!
    .|l  伸びました ||   \    ソ
    .|l__________l|
 ――――――――――――――――――――――――――――
 島津軍はこの直後の露梁海戦で李舜臣を討ち取るという大手柄も上げており、
 朝鮮の役では文句なしに日本軍MVPである。

351>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:28:28 ID:qBzlzFHc0
 
 [ 露梁海戦 ]
 撤退中の小西行長軍を朝鮮海軍が追撃しようとした戦い。
 劣勢な小西軍を救援するため島津義弘等が援軍として参加している。
 
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                         <l
                          _|_     イルボンツイゲキマンセー
                           | |_     
                      / ̄ ̄ ̄ /   李 舜臣 
                     /// _ ヾ /    ∧__∧★  ∧_∧_ 
           lヽ,,,,,,,,,,,    /l  |. /  \  |    <`∀´∩ \<‘∀‘ > ))  
        ,,,,,, ヘ  ∠フ ̄(ノ  |. |___ノ⌒ |  |  ○⌒ヽ ノ、  (つと  )_|_|
       0 0 彡   \ 彡  ヘ ヽ ____/  ヽ  ヾ∩ソヽ ヽ 〈 〈 〔 )__)
       ∨vv∨vv   /ヘ    \ヾ___//_\ <| |ノ <  l < < ノl  |
        ∧∧w/      \ ____|__|__|二二二|二二二二二|___|
        彡,,,,,,ミ,,,,,,,,,ノ     ヽ__  __  __  __  __  __  __  __  _ヘ ___
            ヽ三三ヽ   / ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/ ヽ/
           <)ヽ三三ヽ/ <)  (> (> (> (> (> (> (> (> (>|>  
            [二ヘ 三ヘ二二][二二二二二二二二二二二二二二二二二]   
            | ・ ||≡||  ・ | | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | ・ | |  /l
            [二二二二二二][二二二二二二二二二二二二二二二二二]//
            ヽ ヾ  ヽ   ヽ                         / /l 
 _,.,_    _,.,_    \ ヾ  ヽ _,. \     亀  甲  船    _,.,__,.,_  ///l 
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 
                    ||n  ___ ゼンソクゼンシーン!!!
                    [ (~ ヽ=@=/_
                       | \ ( ・∀・)つ
               q     l工工工工工l,
                 |>  llllllll| ロロロロ| ロロエi._  ___ フシンセンハケーン!!!
   i〜i       〓  _|_EI|lニl| ::::::::::::l::::::::::::::|@_ヽ.=@=/_    /
   '〜|____  匚l-i| |王ノ`ー┴─ー┬┬┬┴┬|( ・∀・) __匚}_____
 ≡  |┴┴┴┴┴┴┴=====''''''''''''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//7//      /
 _,.,_ ゝ  _,.,__,.,_ 島津製作所  _,.,_  _,.,_        ///// ミミ ヾ、,/ _,.,__,.,_ _,.,_
 _
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

352>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:29:14 ID:qBzlzFHc0
 
 ドーン!
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
        ・. ’、′・. ’、′‘・、′‘ ・. ’、′‘
  ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ 从 ( ソ从へへ从/・.・”;
     ヽ  γ ((  人    ))   ))M・.・”;・.・.・”;・.・”;    うわああああ!
  ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )   人   从 ( ソ从へへ从/・.・”;  
    ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘”;
 ′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・””; ’、
 ‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) )) (  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、”; ’、.
 ・. ’、′・. ’、′‘ ‘从へ从へ人へ∨从 人 从へ从へ人へ从・、′‘ ・. ’、′‘
 ′‘ ‘ ・. ’、′‘ ・Σ( ((   ⌒ ⌒ ) )   )ζ′‘: ; ゜+°′。.・”; ’、.・”
 ‘ ・. ’、′Σ( ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))  )ζ へγ. ’・.・”; ’、
 . ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、
 | ・ ||≡|\ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”;   fト _
 [二二二l___      _ ( (  ) ))  )ζ Σ( ( (  ) ))    | ・ | |/ /
 \.     ̄ ̄"''─┻γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ┘     .└≡≡≡≡┐/
   ,\ _,.,__    _,.,_      亀    甲    船   _,.,  _,.,__,.,_       //l
  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 この海戦については、日本/朝鮮両軍共に勝利を主張しているため、
 戦術的に日本軍の一方的勝利では無い可能性がある。
 (朝鮮側の発表では李舜臣の戦死は追撃中の流れ矢が原因となっている)
 
 但し、これによって「李舜臣が戦死→朝鮮海軍が活動を停止→日本軍の制海権がほぼ確定」したこと。
 そして「その後日本軍の撤退が成功した事」の二つに疑念の余地はなく、戦略的には日本軍の完勝と言える。
 
 これらの戦いにより明/朝鮮連合軍は陸海共に戦意を喪失、日本軍が更なる追撃を受ける可能性は無くなった。
 
 この後に日本軍が撤収した事により主だった軍事活動は終了。
 これで二度にわたった朝鮮出兵は事実上終了する。

353>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:30:01 ID:qBzlzFHc0
 
       -、jr=-
         , '´  _ミ      やはり戦闘になると我が軍は強いですね。
       .i    f゙ι
     '、__ゝ    辷'ノ__    二度にわたる戦役でも、大きな戦闘では殆どわが軍が勝っています。
    , '⌒_ーァ _,ノノ'"  ,,-‐= 、 これで補給と占領地の統治が上手く行っていれば。。。。
   ノ 〆",丿ノ`七==r´::::ヘノ,!
   辷/イ ,! } ヘ :::::::::::`}
    レ' '、( ^iノ:::::. ヘ:::::..  ヽ,
     ,i′\ ` ′:::::::::ヘ::::::::::: ヘ_
    |  ::::::/`i:::::::::::__ヘ::::::::: `/、
    |:.   ::|  ヽ ̄ __二、:::::::::  ヽ_
   ヽ:::::::::i  /  ̄::::::::::::::::ゞ、:::::: ノノl‐-‐==
     }=-r'  |   ....::::::::::::::::::i `" '‐'、  (、n
    ヽ‐`ゝ i  :::::::::::::::::::::::::::|     `‐ミ三'ョ

354>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:30:39 ID:qBzlzFHc0
 
      ,..¨ ̄ ̄¨丶
     /        \   まあその二つが戦闘で勝つよりも大変ということだお。
    / ヽ、:::::::::      ヽ,
 .  /( ●):::::::::::, -‐    i  あれだけ勝ってるのに国内はこれだけ荒れるんだから、
   i     ::::: ( ●)     | やっぱり戦略の失敗は戦術ではフォロー出来んということだお。
   \ (_,、           /
    \ ` ‐'    __/   制海権の重要性を過小評価してたのも悪かったお。
     /         \   日露戦争とかもっと勉強しておくべきだったお。

355>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:33:22 ID:qBzlzFHc0
 
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_
         /             "'‐-‐ァ ,
       /                ^ーノ ノi
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿  戦略と戦術。。。
    /   /        ,'   ノ     、   二-''   戦闘に勝つことよりも重要なものがあるとは
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ   中々興味深いお話ですね。
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '  いつかゆっくりとご教授いただきたいものです。
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′
           / / |l |      ,  ',
           , ' ∧ |.i l      r= - '
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

356>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:33:56 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \   その話は長くなるからまた今度だけど、SLGとかやると意外と役に立つお。
   /  ─    ─\  やる夫的にはCiv4とCarnage Heartがおすすめお(どっちも古いけど)。
 /    (●)  (●) \  
 |       (__人__)    | それはともかく、これならやる夫達が渡航する必要はなさそうだお。
 ./     ∩ノ ⊃  /  皆これから帰って来るはずだから、
 (  \ / _ノ |  |    やる夫たちはここでその支援と受け入れ準備をやるお。
 .\ “  /__|  |   
   \ /___ / 
 
 ちなみにCarnageHeartの最新版はEXAだお。

357>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:34:28 ID:qBzlzFHc0

        , -─ゝ `ヽr'´    `>
      ∠   -─- ミ   二 ´ ̄ >   俺も忘れんなよ。
     , '   ニ-‐ r─ ミ  -‐    、\
    / /    | r;ニV三、 ヽ ヽ.  l  \ 五奉行筆頭の俺が来てるってのに
 .   l /       :|     |    l  | ヾ` さっきからシカトとはどういうことだ?
   │    /    l |     :|. トi     |
   │   / / ,1 L_    :!│l ト、ヾ |  流石は「へいくわいもの」のやる夫だな?
 .   ! !   / / レ'  `ヽ   ゝ!´ヽ! \ 、|
 .   | |   ノヾ、二raニ   ('ra二フ"レ′
     |  _,、イ|            `ー-;  :|
    |  ヾニ|:|           - /   |
    | | |  |  ヽー----------‐ァ :|
     | |  |  |   ` ー-------‐´  ト
 .   | l/ヽ. ヽ     ー一    / |
   _レ':::;;;;;;;;ト、 l.\           ,.イ , l
  ̄:::::::::::;;;;;;;;;;| ヽ. l l ヽ、..__.// |ル^::ー-
 :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|.  \!         , ' :|;;;;;::::::::::
 ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    \   /  :|;;;;;;;;;:::::::
 
                    / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
                   / ―   ― \   (浅野のオッサン。いたのかお。)
                 /   (●)  (●)  \  浅野殿もご苦労だお。てっきり上方で徳川のご機嫌・・・
                 |     (__人__)      |  いや何でもないお。
                 \   mj |⌒´     /
                    〈__ノ           まあ浅野殿もよろしく頼むお。

358>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:34:59 ID:qBzlzFHc0
 
        ____
      /      \   お二人も分かってると思うけど、この撤収作業は極めて重要お。
     / ─    ─ \  何万人もの将兵が一度にこの博多へ帰って来る。
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     | それを迎えに来る家族とかも考えたらものすごい数になるから、
    \    ` ⌒´    ,/  ちゃんと整理とかしないと大混乱になるお。
   /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
  /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
  /    / r─--⊃、 ..|  
 | ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |

359>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:35:24 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \     彼らは長期間異国の戦場で十分な補給もなく戦ってきたお。
   /─    ─  \    だから疲れてるし、気も立ってるから下手したらここで暴動とか起きかねない。
 / (ー)  (ー)   \  
 |    (__人__)      |  そうならないように受け入れには万全の準備を持って迎える必要があるお。
 \   ⊂ ヽ∩     < 
   |  |  '、_ \ /  )
   |  |__\  “  / 
  \ ___\_/

360>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:36:21 ID:qBzlzFHc0

       ____
      / \  /\ キリッ だがっ!
    / (●)  (●)\    ここには天下の五奉行のうち二人がいるお。
  /   ⌒(__人__)⌒ \ + 毛利宰相殿はまだお若いけど、才覚十分で毛利家のバックアップは大きいお。
  |              |  
 + \            /   撤退作業は簡単ではないけど、この三人で力を合わせれば不足は無いお。

361>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:36:52 ID:qBzlzFHc0
 
 ということで
 このときの業務分担は以下のとおり。
 
 -----------------------------------
 ■やる夫
 全体総括。
 プラス輸送船団の運営と兵糧の集配分配。
 
 ■毛利秀元
 仮設兵舎の設営と管理。
 及び輸送船の調達。
 
 ■浅野長政
 警備・治安維持。
 -----------------------------------

362>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:37:28 ID:qBzlzFHc0
 
 こうして受け入れ体勢は完成。
 やる夫の言うとおり、今回の人選に不足は無く準備は滞りなく行われていた。
 ――――――――――――――――――――――――――
                   、-‐-、r''二k-、
 俺もちゃんと         < ̄ニ ミ -─   、\
 仕事してるからなっ    ///.r .ニ、 ヽ\ ┛┗
                 レ'〃,' f'''''゙゙l ll  l l.┓┏
 実務能力も         レ/イlノ_ノゝlヘ.「ヽ\ | |
 ちゃんとあるからなっ      │ ● ::::::::: ● |lゝ、!
                     |⊃ 、_,、_, ⊂⊃lノ |
                (⌒ヽ_ ヘ   ⌒(⌒ヽ_リハl.|
                  ``y::::へ>,、 __,``y:::::べ|
                  ヘ:::::::/:::ヽ<_>/ヘ:::::::::丶
 ――――――――――――――――――――――――――

363>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:38:08 ID:qBzlzFHc0
 
 _______________
  受け入れ作業は更に進む

     ∧__∧≡=- ─
     (´・ω・`)┐≡=-  ─
     と´_,ノ゙ヾ.≡=-   ─ ─
       (´ ヽ、 \≡=- ─
        `ー' \__)≡=-

     Now Speeding・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

364>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:38:39 ID:qBzlzFHc0

 そんなある日。。。
 
 
 <でっていうwwwwwww
 
                ____
              /      \   ・・・?
             /─    ─  \  やけに表が騒がしいお。
           / (●)  (●)   \
           |    (__人__)      | まだ朝鮮にいる軍隊が帰って来るには早いし。。。
           \   ⊂ ヽ∩     < それに随分と騒がしくてキンキラキンな連中だお。
              |  |  '、_ \ /  )
              |  |__\  “  / 一体どこのDQNかお。
              \ ___\_/

365>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:39:51 ID:qBzlzFHc0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         /ニYニヽ
    (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)   所領復帰で故郷に錦。
   (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i))) 
  /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \ でっていうwwwwwwwwwwwwwww
 ( ___、  |-┬-|    ,__ )
     |    `ー'´   /´
     |         /
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [ 小早川秀秋(筑前/50万石) ]
 秀吉の甥。ある意味関ヶ原の戦いで最も有名な人でもある。
 もともとこの博多を含む筑前を所領していたが、朝鮮での失態(非戦闘員を大量虐殺とかした)で
 秀吉の怒りを買い大幅減封(越前15万石)される予定だった。
 
 しかしその配置転換の準備中に秀吉が死去。
 これに伴い減封の件は白紙になり、筑前は引き続き彼が所領することになる。
 
 この減封にはやる夫も大きく関わっており、やる夫の陰謀説も一部では囁かれている。
 ちなみに一人称は「でっていう」

366>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:40:19 ID:qBzlzFHc0
 
          / ノ Y ヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
   (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  やる夫も受け入れ準備乙っていう。
  /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
 ..( __  l  ヽ__ノ   ,__ ) ていうかでっていう追い出せなくて残念だったっていうwwww
      \   |r┬-|  /´
       |  | |  |  |
       |  | |  |  |
          `ー'´
                ____
              /      \   (・・・ああこっちのDQNかお。
             /─    ─  \   そういえばそろそろ戻って来る頃だったかお)
           / (ー)  (ー)   \  
           |    (__人__)      | 
           \   ⊂ ヽ∩     < 
             |  |  '、_ \ /  )
             |  |__\  “  / 
             \ ___\_/

367>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:40:45 ID:qBzlzFHc0
 
 
    / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
   / ―   ― \   金吾様も大変だったお。
 /   (●)  (●)  \ 
 |     (__人__)      | まあ太閤さんも無くなって甥の金吾様も気落ちしてると思うけど、
 \   mj |⌒´     / こういう時期だし一緒に頑張りましょうお。
     〈__ノ        
 
        ____   ,
      /     \  -
    / ―   ― \`   ・・・。
   /   (● ) (● )  \ 
   |     (__人__)      | じゃあやる夫は撤兵のお仕事があるんで
   \ .   `⌒´     / これで失礼しますお。
   mj~i
   〈__ノ           (しかしコイツホントに変わっとらんお
  ノ   ノ            藤吉郎さんの一族って、小一郎さん以外こんなのばっかりだお)

368>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:41:12 ID:qBzlzFHc0
 
         /ニYニヽ
        /( ゚ )( ゚ )ヽ     ちょっと待つっていうw
      /::::⌒`´⌒::::\    
      | ,-)___(-、|    やる夫はでっていうに何か言うこと無いかっていうww
      | l   |-┬-|  l |    ここから追い出される時には随分世話してくれたっていうwww
      \   `ー'´   /    
 ⊂⌒ヽ ノ       <  /⌒つ 折角戻って来たんだから祝いの一つもよこせっていうwwwwwww
   \ ヽ  /         ヽ /   内府殿はでっていう復帰できるようにしてくれたっていうwwwwwwwwwwwwww
    \_,,ノ      |、_ノ
 
                       ____
                     /     \    仰るとおりだお。
                   / ⌒   ⌒ \  
                  /   (●)  (●)  \ じゃあ特別にやる夫のハナクソを進呈しますお。
               _ |__    (__人__)      |
             /   \    `ー'´   ..  / 採れたてだから早めの使用がおすすめですお。
       /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ ピトッ        それじゃ。
       |  |  | { .::::::●:::::  }   
       |  |  |  \ ::::::::::::::/
       ヽ ヽ ヽ   `ー一'´

369>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:41:42 ID:qBzlzFHc0

 <でっていう
 
      ____
    /      \    あーうざかったお。
   / ─    ─ \   側近も能無しのイエスマンばっかりだお。アホ集めてお世辞言わせてる。
 /   (●)  (●)   \ そいで友達おらんから絡めそうなの見つけたら手当り次第に絡むんお。
 |      (__人__)    |   
 \     ` ⌒´     /  あーいうのキョロ充ってんだお。
 
 あんなのにかまってないで仕事お。仕事。

370>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:42:11 ID:qBzlzFHc0
 
 [次の日]
 
 やる夫様にお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ

371>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:43:15 ID:qBzlzFHc0
 
 
 バサ    ____
      /     \      どれどれ・・・。
  パラ/  ─    ─\
   /    (●) (●) \   おお、やらない夫からだお。
   |       (__人__)    |
   \        |\  / /| やる夫のお願い通りちゃんと徳川の情報調べてくれてるお。
   /     /⌒ノ  \/ ( ) VIPの情報だと「いえやすなさんカワイイ」とか
   |      / / |       | 「徳川さんは真面目にやってます」ばっかで役にたたんお。
 
 っていうか「いえやすな」って誰だお。
 語呂悪いから「やすな」で良いお。

372>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:44:14 ID:qBzlzFHc0
 
 
                         ミ
                      ミ      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                           / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                    ミ      |  (●)(●)/;;/
                           |  (__人__)l;;,´|
                    ミ      | ./´ニト━・' .l
                           | .l _ニソ    }
                            /ヽ、_ノ    /
         ____       γ⌒ヽ    __/  /    ノ__
      /     \      ゝ __ノ   / /  /       `ヽ.
     /  ─    ─\    〇     /´  ./       ,.  ヽ.
   /    (●) (●) \  〇  ミ   ト、_,/.       |、  ヽ
   |       (__人__)    | ・        |         |/  /
   \        |\  / /|    ミ       
   /     /⌒ノ  \/ ( )     
   |      / / |       |       ミ
 
 ご無沙汰しておりますやる夫様。
 撤退準備は順調でしょうか?
 
 こちらでは相変わらず徳川方が調略活動を続けています。
 今回はその件ご報告したいことがあってご連絡しました。

373>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:44:51 ID:qBzlzFHc0
 
                         ミ
                      ミ      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                           / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                    ミ      |  (ー)(●)/;;/
                           |  (__人__)l;;,´|
                    ミ      | ./´ニト━・' .l
                           | .l _ニソ    }
                            /ヽ、_ノ    /
         ____       γ⌒ヽ    __/  /    ノ__
      /     \      ゝ __ノ   / /  /       `ヽ.
     /  ─    ─\    〇     /´  ./       ,.  ヽ.
   /    (●) (●) \  〇  ミ   ト、_,/.       |、  ヽ
   |       (__人__)    | ・        |         |/  /
   \        |\  / /|    ミ       
   /     /⌒ノ  \/ ( )     
   |      / / |       |       ミ
 
 もうそちらに本人が到着していると思いますが、
 金吾中納言様の転封が取消となり、旧領である筑前への復帰が正式に決定されました。
 
 やる夫様がいらした時点での決定事項なのでそれ自体は良いのですが、
 問題はこれを黒田如水、それと徳川家康が推進したかのような宣伝がなされていることです。
 
 このこと自体はさほど大きな影響はないと思いますが、やる夫様の予想通り
 やはり徳川方は完全に調略活動モードであると考えていいでしょう。
 当然他にも色々やると思いますが、何かわかりましたらまたご連絡します。
 
 PS.一蘭ラーメンのお味はいかがでしょうか?
  私はなりたけ派なので別にいいですが。

374>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:45:38 ID:qBzlzFHc0
 
 
          / ̄ ̄ ̄\     ・・・何でタバコ吸いながら喋ってるんお?
        /─    ─  \     やる夫が吸ってる時にも吸わないのに。
       / (●)  (●)  ヽ
       |  (__人__)  u.   |   アイツもしかしてやる夫が居ないからってくつろいでる?
      \  `⌒ ´    __,/   やる夫の存在ってやらない夫のストレスなのかお?
 .      /            \ 
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  (,,)          |       (,,) ってかイメージのクセにAAでかいお。
    |          |        |

375>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:45:58 ID:qBzlzFHc0

 
               / ̄ ̄ ̄\    まあ徳川方の動きは今のところやる夫の想定通りお。
             /       .\   想定以下でもないけど。
            /   ─ヽ  .─   \
            |   (●)  (●)   .| しかし官兵衛のオッサンまで絡んでくると無駄にややこしくなる。
            \.   (__人__)    / あのオッサンヒマだから面白そうな事があると何時も絡むお。
             ( ヽ  ___ ././  
              .\ \|  .,レ゛/   やっぱりこっちの仕事は早めに終わらせないといかんお。
               .\旨 爻ン

376>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:47:09 ID:qBzlzFHc0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                   ,.‐:、_,:‐.、
                 /::::::::::::::::::ヽ
                 /:::::::::::::::::::::::ヽ
                  l―――――゙l
            ___,,,,,.....l_______l.....,,,,,,___
          <´:::::::::::::::::;::::;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::`>
            `''ー‐--i ´ヽ / `゙   i--―‐''´
                :==-===/'ヽ
                !;;;;;;;/~ヾ;;;;;;;ノ .6 i
                `!、 !_.,ヽ.   / , ノ
     ___.          /~´ ´``'ヾノ`i
   γ´-.、゙ヽ        !  ,/''ヽ.   !  |
   .〉  ) ) i        ヽ,/   ヽ,,ノ  .|__
   .i  -' ノ           !  ノ_,,..-::''´::|
    ヽ  ; :/          _,,l,,.:::''::::::::::::::::::::`i
   ..  | ; ::|         i''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     | ;:|        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     | ; :|         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    ,|   ト 、        /l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    !  ̄´  ヽ______i;l_l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    !`''    ´||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    . !     .||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [ 黒田 如水(隠居中)]
 通称は官兵衛。羽柴の二兵衛と言われ、竹中半兵衛と並び称された豊臣秀吉の軍師。
 軍師と言っても、悪企み(調略とか外交工作)が得意かつ大好きなため、秀吉が天下を取った後は冷遇された。
 
 その後でも悪いこと大好きグセを秀吉から警戒されたため隠居。
 でも悪いことは大好きなのでこういう機会があると必ず出てくるというメンドイ人。
 
 やらない夫が報告した小早川秀秋の復帰の件だけでなく、
 この撤収時にも復員してきた大名を煽るため博多に現れている。
 
 ちなみに若い頃、寝返った仲間(荒木村重)を説得しようとした際に水牢にブチ込まれ(=ほぼ拷問)、
 そのまま一年耐えたという凄まじい精神力の持ち主(>>1だったら多分一日持たない)。
 このせいで脚に障害が残り、杖をつかなければ歩行もできなくなったというからガチな話だと思われる。

377>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:47:37 ID:qBzlzFHc0
 
 ーそして1598年11月末ー
 

 [ 博多港 ]
                 __
                /_」
              // ..                ___
           ,─∠∠===──────────-/0/
           ∠」ロlニニl lニニl lニニl lニニl lニニl lニニl lニニl三|  |─、
     ,──∠☆彡\_毛利家 専用  JETFOIL _|璽璽;;ヽ__
 __∠7∠7|0|0|三lニニl lニニl lニニl lニニl lニニl lニl三三 |三/===== |
 \すいせい.| .|. |三三三三三三三三三三三三三三 |====929===|
   \ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
    \_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,..
     │├───────────────┤├.,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,.....
    .,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,.....               .,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,;::::;;:;;::;:;:;;:;;:;;;,.....
                _       _
 \     ボロッ   /■\    ノ ■\      ;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:
   \/■\ _  ||Д" )   ( ・Д/■\ _________
   (メД" )   8二  )   (T  (。。 メ)             /|
    ∪∪ ヽ    || | ヽ   Y   ∪∪ ヽ  ウググ     /  ;:;;:
     (_) J     ||_) J   (_) J ヽ___⊃       /
  ハヒィィ  /■\                        /   ;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:; ;:;:;;:
      (゚Д゚ ;) /■\    オオオン         /
   /■\ ⊂  (;´Д`) /■\         /     ;:;;:;:;;:
   (´Д`;|)/⊃ ⊂_ ⊂ 丶(´Д`;,)       /
   ゝ   /      ;Y ソ  と_ ⊂ノ       /  ;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:       ;:;;:;:;;:
   し Y 人    ;/■ (_)Y 人ヽ     / 
    (_)'し   ⊂(゚Д゚ ;) (_) ソ   / 
                        /    ;:;;:;:;;:;:;;:
     ハラヘッタ

378>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:48:31 ID:qBzlzFHc0
 
       ____
     /   u \    やっと朝鮮からの引き上げ船団が到着し始めたお。
    /  \    /\
  /  し (>)  (<) \ やる夫の予想よりも損害は軽いけど、それでもみんな疲弊しまくってる。
  | ∪    (__人__)  J | みんな、スマンお。
  \  u   `⌒´   / 食料とか宿舎とかはやる夫達が用意してあるからゆっくり休んで欲しいお。

379>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:48:58 ID:qBzlzFHc0

        ___       
      /     \ キリッ   よし、では帰還兵のみんなは所属に応じて事前に割り当てたとおりの宿舎へ案内お。
     /   \ , , /\     食料も同様お。
   /    (●)  (●) \   
  .. |       (__人__)   .|   病気とかケガしてる人は毛利宰相殿に申し出ること。
     \      ` ⌒ ´  ,/   医者も十分に用意してあるお。
      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ ここはもう戦場じゃないお。
     |            `l ̄    物資とかみんなに必要なモノは十分用意してあるからどうかゆっくりして欲しいお。

380>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:49:32 ID:qBzlzFHc0
 
                    
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_
         /             "'‐-‐ァ ,
       /                ^ーノ ノi
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿  
    /   /        ,'   ノ     、   二-'' 宿舎は毛利家で準備してあります。
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ 十分な数がありますから、慌てず順番にお通り下さい。
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '何しろ大勢の方が一度に引き上げていらっしゃいます。
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '  不備などあるとは思いますが、その場合は私にお願いします。
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′ 
           / / |l |      ,  ',    やる夫殿からも有りましたが、病気やケガの方は必ず申し出て下さい。
           , ' ∧ |.i l      r= - '    医師団も用意してありますから症状に応じて適切な処置を行います。
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

381>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:49:58 ID:qBzlzFHc0
 
       l: : : : : : : : :.|゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙|: : : : : : : :.:.、: : : :.:l     これまで本当にご苦労だった。
       |:/: :.,': : l: : ,'     .',: :.l: : |: : ',: :.ヽ:.:.: |     あとの事は心配なくゆっくり休んでってくれ。
       /: :./:.:.:/}:./     ',: :}、:.:}、:.:.',: : :.ヽ: } 
       /: :./: :/‐- .____    ∨} ∨}弋:',: : : .ヽ      但しひとつだけ当局からお願いだ。
      {: :.// ≠=-x_`ヽ   _>、二イ-≠ゝ、: : ヽ    
       ',:.:f i .|. >、.. C 丶   /:x´ C , .<´.iヒヽ: :,'     解ってると思うが、ここはもう戦場じゃない。
       }:.i r i.   ` ̄´ /:| |、 ` ̄´   i_ノ/:.,'      盗みとか喧嘩とかはいけないぜ?
         }:.ゝ-i::     /::::| | ',        i_ノ:.,'
 ___ --‐‐ニ |: :.:.:.i     ヽ:: | |_ }      .i: : : :.|--- _  みんなが今居るのは法治国家なんだからな。
 三三三三.i: : :.: i      ゝノ      i: : : : i、三三三  言いたいこと解るよな?
 三三三王|: : : :.i  `ー―‐‐--‐‐一´  i: : : : :i王三三  
 三三三王|: l: : :ヽ     ー‐     イ: : : : :i 王三三  俺はここの治安維持と警備担当だ。
 三三ニ王. i: l: : : : > ._        <: : : : l: :iニ王三三  みんな俺の世話にはならないようによろしく頼む。
 三三 王ニ i:.l: : : :.:.|\ .>  __ <./i: : : : ,': ,'三王三三
 三三i王三.|:.l ',: : :.|//.\_________///i: : : :,': ,'三ニ王三

382>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:50:23 ID:qBzlzFHc0
 
          ____
        /       \     ・・・ということで、復員兵の収容は何とかなりそうお。
       /   ―   ―     
     /     ( ●)  (●)'  ∫ これもお二人の協力のおかげお。
     |         (__人__) | ∬  本当に有難うお。
     \        ` ⌒´  .| ̄| 
 ____/       ー‐  '-|_|) まあアレだけの人間が一度に帰ってきた訳だお。
 | |  /  /          __/ ちっちゃなトラブルは多発すると思うけど、そこは浅野殿よろしく頼むお。
 | |  /  /          |
 | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ        
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

 それ以外は、まあこのままで大丈夫だと思うお。

383>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:51:13 ID:qBzlzFHc0
 
       -、jr=-          こちらこそ、天下の為にお役に立てて光栄です。
         , '´  _ミ      
       .i    f゙ι        それに天下に聞こえた五奉行のお手並みを拝見出来ました。
     '、__ゝ    辷'ノ__      さすがご両人とも見事な手際です。
    , '⌒_ーァ _,ノノ'"  ,,-‐= 、 
   ノ 〆",丿ノ`七==r´::::ヘノ,!   若輩者ゆえ武勇のみに目が行っておりましたが、
   辷/イ ,! } ヘ :::::::::::`}     こういう差配の才覚も天下を治めるには重要ということがよくわかりました。
    レ' '、( ^iノ:::::. ヘ:::::..  ヽ, 
     ,i′\ ` ′:::::::::ヘ::::::::::: ヘ _  やる夫殿には、また色々とご教授願いたいものです。
    |  ::::::/`i:::::::::::__ヘ::::::::: `/、
    |:.   ::|  ヽ ̄ __二、:::::::::  ヽ _ それではまた。
   ヽ:::::::::i  /  ̄::::::::::::::::ゞ、:::::: ノノl‐-‐==
     }=-r'  |   ....::::::::::::::::::i `" '‐'、  (、n
    ヽ‐`ゝ i  :::::::::::::::::::::::::::|     `‐ミ三'ョ

384>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:51:48 ID:qBzlzFHc0
 
                    、-‐-、r''二k-、
 べっ別に            < ̄ニ ミ -─   、\
 お前の為にやったんじゃ  ///.r .ニ、 ヽ\ ┛┗
 ないんだからなっ      レ'〃,' f'''''゙゙l ll  l l.┓┏
                  レ/イlノ_ノゝlヘ.「ヽ\ | |
 ヘンな勘違い          │ ● ::::::::: ● |lゝ、!
 すんなよなっ            |⊃ 、_,、_, ⊂⊃lノ |
                (⌒ヽ_ ヘ   ⌒(⌒ヽ_リハl.|
                  ``y::::へ>,、 __,``y:::::べ|
                  ヘ:::::::/:::ヽ<_>/ヘ:::::::::丶

385>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:53:07 ID:qBzlzFHc0
 
 
      / ̄ ̄ ̄\    ・・・さてっとお。
    / _, 、_ \  さっきの会話通り、撤収関係は大方問題ないけど 
   /  (●)  (●)  \ 最後にひとつだけ面倒いことがあるお。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    / まあしゃあないかお。

386>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:53:45 ID:qBzlzFHc0

 
 ☆博多市街のとある宿舎
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
                            _,
                 __ ,.. z - __,,,,.....¨  ̄  ¨ ‐ ,_
       __,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄     /.ビストロヽ       ¨ - .,
     /_¨¬- .,_           |lVIP専用.l! z - ‐¬ ¨  ̄ _,..i
     | ¨¬- .,_ ¬- ,___,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄ __ ,.. z -‐¬ ¨  ̄   |
     |      ¬ .,__i__,,... -- ‐ ¬ ¨。 ̄            |礇;;、
     | l!       |       /.|  __,....,__    .i!⌒i  |鵺爪
   ,;il礇| l!     l!   |   l!⌒l  | l<.,_   ¨ ‐.,_ l!...::l  |l:i|'"
 ,;;i爪鵺|,,,l!  l! ,;il礇li;, |   l! .:l   |_,.lj  l¨yi-‐r''''7 l!..:;;lilllii;i' ''`
    lill l{贛};,,l!爪徽䡄i |   l! ..::l ,,,,... |l__,,..i.z-|‐'  i'''''"""
      "''{贛} |ii;l.... |lllllllii''l!  ''''''''''""     .!    '
――――――――――――――――――――――――――――――――


      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。
    / _, 、_ \   
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

387>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:54:20 ID:qBzlzFHc0

                               |┃┃
                               |┃┃  諸将の皆さん、朝鮮での戦い本当にお疲れですお。
                               |┃┃
                               |┃┃  撤収奉行のやる夫だお。
                            三 |┃┃
              ____          |┃┃
            /      \         |┃┃
           /  _ノ  ヽ__\       |┃┃
         /    ( ●)  (●).\    三|┃┃
         |  u    (__人__)   |     |┃┃ ガラッ!
          .\           ,/  三  |┃┃
         ノ            \       |┃┃
         |              \ 三 |┃┃
         |            |ヽ、二⌒)|┃┃

388>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:55:04 ID:qBzlzFHc0
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓:
 : ┃  |:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.:} ┃┃  |:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  .┃┃ /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|  .┃┃ |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|┃:
 : ┃  レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^ ┃┃  |:.:.|:.:|:O;__O:|:.|  .   ┃┃ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/   ┃┃ レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.┃:
 : ┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛:
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

389>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:55:30 ID:qBzlzFHc0


      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。
    / _, 、_ \   
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

390>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:56:14 ID:qBzlzFHc0
 
                       加藤 嘉明          黒田 長政
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:\         /:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ   あーらやる夫。
   加藤 清正    浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ       /_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|  随分遅かったじゃない。
    ,.: ----、__    ,. -―‐‐:、   /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|       |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.| 
   /:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/       レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|  朝鮮で見かけないと思ったけど
 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ'          V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.|  まさか国内で太閤様の
 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  /:>`ー_´イハ          V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::.|  ゴマスってたとは
 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|   レ/ ,.イ-ト.、^'             /レ へ}|:.:.:.:.:|  思わなかったわよ?
   レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|   r‐ァ{ニV‐‐∧┬i           / .| /   }:.:.:.:/  
     ∧`r<´   |:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|   |/‐:| _H  ト >|          人Vへ _ ∧:.:/    私たちが命張って戦ってるのに
    /\__∧  |:.:./ |:|└^r┼L   |TT く| |_「|7| ||       「「77´ /|レへ._ / Vへ   いい気なもんね?
  「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く___,|L二 ](__二二」_____{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | | 
  |.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-'^_________ /     `―-- 、._/ |   _〉.| |
  |.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄              /            \. ̄ ̄「  | |
  |.|_.」    ` >ー┴’___________/|二二二二二二二二二二|ニニニ| ̄|^
   | | |     `T ――――――――――― ┐/             | /    .|  |

391>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:57:10 ID:qBzlzFHc0


      / ̄ ̄ ̄\    まー今更おまいらに言ってわかるとは思っとらんけど、
    / _, 、_ \  太閤さん亡くなった後始末とか、
   /  (ー)  (●)  \ おまいらが無事帰ってこれる為に色々準備しとったお。
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    / というか、もうおまいら理解しなくて良いお。

392>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:58:03 ID:qBzlzFHc0
 
                       加藤 嘉明          黒田 長政
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:\         /:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ  えっ何?今何つった?
   加藤 清正    浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ       /_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.| 
    ,.: ----、__    ,. -―‐‐:、   /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|       |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.| 何が言いたいの?
   /:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/       レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.| もしかして自分も働いてたとか?
 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ'          V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| 
 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  /:>`ー_´イハ          V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::.| 
 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|   レ/ ,.イ-ト.、^'             /レ へ}|:.:.:.:.:| 
   レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|   r‐ァ{ニV‐‐∧┬i           / .| /   }:.:.:.:/ 
     ∧`r<´   |:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|   |/‐:| _H  ト >|          人Vへ _ ∧:.:/  
    /\__∧  |:.:./ |:|└^r┼L   |TT く| |_「|7| ||       「「77´ /|レへ._ / Vへ 
  「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く___,|L二 ](__二二」_____{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | | 
  |.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-'^_________ /     `―-- 、._/ |   _〉.| | 
  |.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄              /            \. ̄ ̄「  | | 
  |.|_.」    ` >ー┴’___________/|二二二二二二二二二二|ニニニ| ̄|^
   | | |     `T ――――――――――― ┐/             | /    .|  |  
  
  アンタ前の戦争で戦場に来たのはいいけど、
  前線出ずにテキトーな報告して手柄横取するわ、太閤様の名前使って余計な指示出すわ。

  今回は加増まで禁止にしてくれて本当にアリガトーね。
  それで自分は戦場にすら来ずに、 戦争終わってから現れるなんてサイテー。

  ・・・それで、一回ぐらい武功立てたの?

393>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:58:38 ID:qBzlzFHc0


 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃  |:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.:} ┃
 ┃  レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^ ┃
 ┗━━━━━━━━━┛
 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃  |:.:i:. 」__;」;_:.:.__」  .┃
 ┃  |:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|     ┃
 ┗━━━━━━━━━┛
 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃ /:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|  .┃
 ┃ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/   ┃
 ┗━━━━━━━━━┛
 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃ |:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|┃
 ┃ レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.┃
 ┗━━━━━━━━━┛            / ̄ ̄ ̄\    ・・・。
                            / _, 、_ \   
                          /  (●)  (●)  \
                          |    (__人__)    |
                          \    ` ⌒´    /

394>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 20:59:06 ID:qBzlzFHc0
 
 
      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。
    / _, 、_ \  
   /  (●)  (●)  \  武功はないお。
   |    (__人__)    | 
   \    ` ⌒´    /  やる夫ずっと内政しとったお。

395>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:00:14 ID:qBzlzFHc0
 
 
   2 童  |'´::::>‐''´::::::::::::`゙ヽ、`゙ヽ、r',. -''´:::::〈  童 え
  万 貞 //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/..:..:::::::::::::〈  貞  |
  石 が |..:..:..:..:..:.:::::::::::::::::::::::..:..:/:::..:..:..:..:.::::::::::|  .| マ
  ま 許 |::::::..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./::::::::::::::::::..:..:..:..〈 .. ? ジ
  で さ   〉::::l|::::|:::::::::::::l|:::l|:::::/::::::::::::://::::::::::::::/
  だ れ |::::|」l::十::::::::::/リト|:、|:|:::::::::::/l‐!::::::::〃/L
  よ る ヽ::|l:!⊥!ヽ::::〃| ,⊥L!|:::::::::リ=ミ|::lレ'´〃 /ヽ__r┬‐、/
  ね の /::|| lL! ヾ/  ! 「し!{|::ハ| 「_!    /i::(_, ヽヾ::::::::
  │ はr'::|::| 、 l;;;!    _l:;;;;レ |:::l:|、L::!.     _L;;;ノ__, j|;::::::::
 レ'⌒ヽ |:::::|::|  ̄        ̄ j|::::|:|           リ::/:::
 人__人_j_:::::|{:'、  〈     ノー'^ー^ ゝ〈          //:::/
  ハ キ /ハ:::ヽ  ヽ ̄`l  |   キ ハ _ヽ ̄`l    u 〃:://
  ハ ャ |/  !ヾ:::ヽ/Y'Yl 〈    モ |:::::| | ヽ.__j     //〃
  ハ ハ ヽ >ヽ::ヾ! | .| | '´|   │  〉/ ,':ヽ/),. -r' ´   /
  ハ ハ //: : :ヽ∨ | .| | /|    |  |' レ' /リ__:::∧_____/
  ハ ハ 〉|: : : : ', 、   V ,'!   イ  ヽ -'‐'´,.ィ´:/厂ヽ
       ||.|: : : : : |     /〈     /  `ー─‐v' |::::∧ //:
       ヽ!: : : : : :|    /::|/⌒ヽ /´  ~l ̄/: : | |::::| ∨ /: :

396>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:01:06 ID:qBzlzFHc0


      / ̄ ̄ ̄\    ・・・。
    / _, 、_ \  
   /  (ー)  (ー)  \  言いたいことはそれだけかお。
   |    (__人__)    | ならやる夫はコレで失礼するお。
   \    ` ⌒´    /  
 



 <ちょっと待ちなさいよ!
 
                               |┃┃
                            三 |┃┃
              ____          |┃┃ふーやれやれ。
            /      \         |┃┃
           /  _ノ  ヽ__\       |┃┃
         /    ( ー)  (ー).\..  ..三|┃┃
         |  u    (__人__)   |     |┃┃ ピシャッ!
          .\           ,/  三  |┃┃て
         ノ            \       |┃┃ て
         |              \ 三 |┃┃
         |            |ヽ、二⌒)|┃┃

397>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:01:37 ID:qBzlzFHc0
 
 
    /    /' /     / ,:'/,:         
  ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/,   / / ,:'/,:   まーこの件だけは仕方ないお。
 '  ,:   /'   / ̄ ̄∪\      /' /   
 ' / ,'/,:   /(●)  (●).\  ' / ' /   やる夫ずっと文官やってたから
 /,:     / (__人__)      \  ,:'/,:   /' 指揮官やる機会自体殆どなかったお。
 / ,:'/,  |   ` ⌒´    ∪    | ' / / ,:'/,: 
  /    \      `       ,/' /       確かに命懸けで戦ってる連中にはやる夫が楽してるように見える。
 /  /'  /  ∪       \'/  /'     もう戦国の世ではないとは言え、武功が無いのは漢として痛いお。
 / ,:'/,: | Y       ∪   |  |/ ,:'/,:    
      ||∪       |  |        そういえば、あの時もこんな雨だったかお。。。
 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 戦国の世の中で、武功が無いのは武将として大変屈辱的なことだった。
 
 そんなやる夫も北条攻めの際に城攻めを行ったことがあるが、この時は悪天候のため失敗に終わる。
 ※詳しくは「のぼうの城」で見てください。
 
 この事は、やる夫生涯の弱点となる。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

398>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:02:23 ID:qBzlzFHc0
 
 やる夫に限らず、豊臣政権内部の文官(いわゆる文治派)と
 軍人(いわゆる武断派)との間の軋轢は大きかった。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
                                 武 官
                                  ∧
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \      |__|
               ヘタレ!氏ね童貞!  >    ||
              _________/   ∧∧||
                               (゚Д゚,,)')  ∧_
                               |  つ| / ・_)
      文 官                  γ⌒!"(,, ノ"!´  /
      ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   彡 ? 、_|___ヽ_)_,l ノ
       ( ・д・)<   黙れ低脳       〉 ,〉〈   〉 〉〈
     _φ___⊂)__ \_______    (__/ヽ_)   (_/ヽ_)
   /旦/三/ /|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
  |長野リンゴ. |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ――――――――――――――――――――――――――――――――

 戦争に勝って領地を広げるのは武官であるが、その後で占領地を治めるのは文官である。
 戦乱を治めるには二種類の人材が必要になる訳だが、これが後に内紛の種となる。
 
 乱世の初期では武官が優遇されるが、後期で必要とされるのは文官である。
 このバランスが逆転する過渡期では必ず軋轢が起こる。
 武官でありながらその後の内政で能力を発揮できる人間は決して多くないからだ。
 
 この現象は世界史上でも繰り返され、実際にいくつかの国を滅ぼしたが、
 その一つに豊臣家も加わろうとしつつある。

399>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:03:03 ID:qBzlzFHc0
 
 「天下統一」というのは「国内で戦争がなくなる」という事である。
 それと当時に軍人は厄介物になる。
 役に立たないだけではなく、その軍事力で現政権を脅かすことになるからである。
 
 この力をいかに削ぐかは政権の重要課題である。
 そして「巧兎死して走狗煮らる」の格言通り、これは軍閥や軍人の大量粛清という形で実行される事が多い。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 はいはいお疲れ。上がって来んなよ. /
 ______ ________/
          ∨
    ------------- 、____    ウワァァン  ヽゝ     バカ
    /  ̄ ̄ ̄.// ̄ ̄|| |___/\ヽ(`Д´)ノ     ヽ(`Д´)ノ
   イッテヨシ!.∧//∧ ∧.|| |  \ .\(軍人)ヽ(`Д´)ノ (武人)
 [/_________.(゚//[ ]Д゚#).|| |    \ \/ヽ   (韓信)  /  ヽ  ノ
 .||_    ___|_| ̄ ̄ ∪.|.| |___\ \   / ヽヽ(`Д´)ノ      ノ
 .lO|--- |O゜.|______ |.|_|ニニニニニニl.|ヽ(`Д´)ノ(義経)  ゴルァ
 |_∈口∋ ̄_l______l⌒ l.|_____| l⌒l_||   (走狗) /ヽヽ(`Д´)ノ
 ──`--'───`ー'─── `--' `ー' ┐  /ヽヽ(`Д´)ノ(猟犬)
                          │ヽ(`Д´)ノ(謀将) /ヽ     ノ
                          │ (英雄) /ヽヽ(`Д´)ノ
                          │ ミ / ヽヽ(`Д´)ノ  )ジャブーン
                          │  ;:   (>>1 )’/ ヽ〃、、..
                      ボシャーン ミ ミ\ヽ(`Д´)ノ /ミ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 つまり、現在の徳川家のような大軍閥が残っているということは、
 本来は完了しておくべき国内の処理が終わっていないということでもある。
 
 秀吉の朝鮮出兵の原因については諸説あるが、実はこの失業軍人対策だったという説が有力である。
 (国内で戦争が無いなら国外でやれば良いという発想。)
 但しこれは完全に裏目に出て豊臣政権の失速を大いに後押しすることになる。
 
 「武から文へ」この次の徳川政権でもこの課題に大きな労力を割くことになるが、
 それが本当の意味で完了するには後100年近くかかることになる。

400>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:03:32 ID:qBzlzFHc0
 
       ____
      / \  /\ キリッ ・・・とまあ、ショゲては見たけど
    / (●)  (●)\     別に今更武功上げる必要もないお。
  /   ⌒(__人__)⌒ \ + 
  |              |   もう戦争も終わってこれからは文官の世になるお。
 + \            /   やるお別に悔しくないし、気持ち切り替えてまた働くお。

401>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:04:03 ID:qBzlzFHc0
 
 
 またやる夫さんにお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ
 

 バサ    ____
      /     \      どれどれ・・・。
  パラ/  ─    ─\
   /    (●) (●) \   あれ?またやらない夫からだお。
   |       (__人__)    |
   \        |\  / /| また徳川が何か始めたのかお。
   /     /⌒ノ  \/ ( ) 
   |      / / |       | なになにお。。。

402>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:04:28 ID:qBzlzFHc0
 
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |                    |
        |                    |
        /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
        / やらない夫は     /ヽ__//
      / やる夫様の良い所  /  /   /
      / 一杯知ってますから ../  /   /
     /   ____     /  /   /
    /             /  /   /
  /             /    /   /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

403>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:04:44 ID:qBzlzFHc0
 
 
    /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
  ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
 '  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
 ' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
 /,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
 / ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
  /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /
 /  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
 / ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
      ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

404>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:05:01 ID:qBzlzFHc0
 
────────────────
[ 第三部 ここまで ]

 ≡    ∧∧∧_∧
≡   と(と(と(´・ω・`)
 ≡  ― ― /  と_ノ サッ
≡ /  / // /⌒ソ
 ≡  -'-'-'´

To Be Continued!
────────────────

405>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:05:23 ID:qBzlzFHc0
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 [石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです]
 
    __   __       __                      __
    l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
     , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
   //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
   l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
   l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/
 
                                        ー第四部ー
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

406>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:06:31 ID:qBzlzFHc0

 かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。
 大陸を統べる誇りを厚い甲冑に包んだ武断派の、ここは墓場。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
                __
             _ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ:..、       
           . : ´:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`: 、     
         /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.: .:.`:. 、   
        /.:.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:. :.:.:. :.ヽ   
        ,'.:.:.:.:/.:/.:.:/.:./.:.:/.:.:.;.: .:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.ヽ:.i  
        {ー=彡:.!:.:.:{:.:.{:‐=/=-/!:.:.:.:.:.:.:}.:.;.:.:.:.:.}:.:!  
       ー=彡:.:.:{.:.:.:.:.:从/j/j/,イ.:./.:. :,:}‐}、;.:.:.:!: ト、_,
        {:.:`¨7人:.:.:.:{ イ苧ミ レ'.:./仏=}!/.:.:|.:.:.:゚:.¨
        ‘:.:.:!´_ヾ|\ム ヒツ  ´i:ノ ヒツ '}:. :.:|:.:!辷ア
         ,ヽ:、 〈 |:.:.:.:| `¨¨       `¨ノ_.:.;イ/`¨´ 
        /マヽム-|:.:.:.:|         ヽ  i:.:!ル'j'    
       /.:.:.{  } |:.:.:.:|   、 __ ,  人!      
       i!:.:.:.:! ,!  ':.:.:.!、     ‐' イ.:.:.:|      
       i|:. :.:| /    ':.:.',>,。_ . ゜ |:.:.:.:|      
       i|:. :.:レ__r‐、_r‐゚:._r‐´、    |:.:.:.:|     _______
       /.:.:./ニニニ.;イ  ̄ ̄ ヽ.  |:.:.:.:|   〈/ム/////////ム
      /.:.:./ー─/ :/       i  ‘:. :.:|    ∨ム/////////ム
     /.:.:./   ´  ,'        l、 ‘:.:.:.|     ∨ム/////////ム
    /.:.:./       i    ` :、   l゚:. ‘: .:|     `∨¨ マ<,////ム
   /.:.:.;イ        !       ` 、 !:.゚:. ‘;.:.!       / }__ム-、  ̄ ̄
   /.:.:./ |      |:          `ト、゚:._‘;:!    ,' 〈,ー==i}
 ../.:.:./. |      ヽ:、          }∧}゚:.!、    {   `とニi}
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 [ 小西 行長 肥後/20万石 ]

407>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:06:54 ID:qBzlzFHc0
 
                            ____
 ┏━━━━━━━━━━━━━━   /  ノ  ヽ\ ━━うわあああ━━━━━━━━━┓
 ┃                      /  (○)}liil{(○)                         ┃
 ┃ _____∧,、_____  /     (__人__) ヽ _____,、_____ .     ┃
 ┃   ̄ ̄ ̄ ̄` '`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |       |!!il|l|   |   ̄ ̄ ̄ ̄` '`V  ̄ ̄ ̄ ̄       ┃
 ┃                   \        lェェェl /    .                        ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

408>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:07:33 ID:qBzlzFHc0
  ――――――――――――――――――――――――――――――――
  、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ  
  : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  
  : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
  ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  仏のバチが当たるぞおおぉぉぉぉぉぉぉ!!
      i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
    , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
  . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
  // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
  k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
  ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
  >      イ{     //: : /| /
  从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
  _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
  レ   ___  V ハ    V         ヽ
  ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
   V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
    V   /   // ハ     \        ハ
  \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム
 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [加藤清正 肥後/20万石]
 
 無数のカリギュラたちの、ギラつく欲望に晒されて法廷に引き出される肥前の街の拳闘士。
 魂無き大名たちが、ただ己の生存を賭けて激突する。

 次回「炎上」。

 回る訴状から、やる夫に熱い視線が突き刺さる。

409>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:08:31 ID:qBzlzFHc0

・・・ということで、今回投下分は以上です。
本日もお付き合い頂き有難うございました。

410名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:10:38 ID:gvT5e/SY0

これからやる夫が振り回され始めるか…

411名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:11:40 ID:jQyNVZRo0
乙。
物騒な長政だけど、実際史実でもこんな感じだったらしいね。
やる夫にした事からすごくいい人と思われがちだけど。

412名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:13:09 ID:LKMmv61A0
武功がないって碧蹄館の戦いではしっかり参戦して
日本の大勝利に貢献してるがな。
しかも戦略面でも重大な提案をして小早川隆景に認められたと言うのに。

413>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:19:57 ID:qBzlzFHc0
>>343

この頃だけではないですけど、朝鮮の役の和平交渉は滅茶苦茶ですね。
小西軍と加藤軍が個別に交渉している上にお互い足の引っ張り合いみたいなことしてるので、
小西行長が和平交渉している間に加藤軍が攻撃仕掛けるとか。

文禄の講和条約に至っては、秀吉さえ騙してるし(j秀吉もワザと騙されたという説もありますが)。

こんな状況で交渉とかしても、相手も本気にはしないでしょうね。

414名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:22:03 ID:KP3FXzaA0

>>392
武将のメンツがヤバ過ぎw

415名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:22:48 ID:LKMmv61A0
碧蹄館の戦い
幸州山城の戦い
晋州城攻防戦

朝鮮役で三成が参戦した戦い。
いずれも前線が崩壊して苦境に陥ってから参戦したもので
決して後方で文官仕事ばかりしていた訳じゃないぞ。

416>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:27:19 ID:qBzlzFHc0
>>411
>>412

確かに、調べてみると意外に戦闘に参加してるんですね。
但し、それでも部隊の指揮官というよりは参謀か輜重担当やってたとは思いますが。

石田三成については、徳川に楯突いたことで意図的に評価が下げられている可能性が高いと思ってます。
主に江戸時代に。
ついでにやる夫に関係した人物の評価も変えられているのではないかと。

そのヘンを考えると一般的な三成像とかは史実と違っている可能性は非常に高いですが、
まあそこはあまり深く考えずに。
話が面白くなる方向に解釈して行くつもりです。

417>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 21:30:15 ID:qBzlzFHc0

時間もまだ早いようですので、このまま第4部投下します。
かなり短いので。

ちょっと休憩して22:00で行きますね。

418名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:30:35 ID:rC/ENLp60


>>414
ひぐらし組の恐怖感に比べて上月澪@島津のほのぼの感がなぜかツボにはまったw

419名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:31:32 ID:3lhLMe4s0
お、2話やるのか

420名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:36:55 ID:LKMmv61A0
>>416
その通説との違いがまた面白いんだけどね。
まあ、やる夫スレはもう進みだしたんだから
好きなようにやるしかないんじゃない。
突っ込みは入れるけど。

421名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:38:04 ID:grEfsgto0
>>420
性格わるいのう

422名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:41:46 ID:0tMJK5AI0
姉川の戦いも徳川が奮戦して勝利に貢献って事になってるけど、それも江戸時代に意図的な改変にあった可能性大

423名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:53:59 ID:nEpcCowo0
まー歴史ものなのに話の都合で史実を変えるのは大河ドラマや
それこそ今までの歴史ものやる夫スレでも何度もやってることだし。

424>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:00:10 ID:qBzlzFHc0
  

        石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです
 ┏┓                                            ┏┓
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
 ┏╋────────────────────────────╋┓
 ┃|                                            |┃
 ┃|              ■第四部 「炎上」                     |┃
 ┃|                                            |┃
 ┗╋────────────────────────────╋┛
 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ┗┛                                            ┗┛

425>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:00:42 ID:qBzlzFHc0
 
 【 博多 】
                      ∧_/\_|::|「|,,,|「|ミ^!、
           /三三三三三三三 Π . ∩  |:|「|'''|「|||:ll;|________
     __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\/田\/田\/田\"゙゙`ヾ、
     _/__l==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|. IIII || IIII ||  IIII _|__,;;、
   /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[| 三三三三三三三\ェェェェェェ〕――
 _  l |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"/ ̄/\ ̄ ̄ ̄\''""``ヾ;;,,""~

426>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:01:14 ID:qBzlzFHc0
 
      ____     ふーやれやれ。
    /      \    もう十二月に入って結構経つのにまだ博多お。
 .. / ─    ─ \  
 /   (●)  (●)   \ いい加減上方に帰らないと心配お
 |      (__人__)    | でもまあ、帰ってきた連中に藤吉郎さんが亡くなったことは報告せんといかんし。
 \     ` ⌒´     /  ついでにケンカしないように釘さしとかんといかんから仕方ないお。
 
 
 >おはようございます。やる夫殿。

427>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:01:48 ID:qBzlzFHc0
 
       ____
     /⌒  ⌒\    これは毛利宰相殿。
    /( ●)  (●)\  おはようございますお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     | 撤退はほぼ全部終わったと思うけど、まだ博多にいらしたのかお。
  \      `ー'´     / 相変わらず律儀なことだお。

428>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:02:13 ID:qBzlzFHc0
 
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_
         /             "'‐-‐ァ ,      いえ当然のことです。
       /                ^ーノ ノi     まだまだ私も若輩ものですから。
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿  
    /   /        ,'   ノ     、   二-''   それに今後はこういう内政関係の仕事が増えそうですし。
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ   最後まで見届けるつもりです。
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '  本日はやる夫殿に色々ご教授いただきたく参りました。
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '    
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′     よろしいでしょうか?
           / / |l |      ,  ',         
           , ' ∧ |.i l      r= - '        
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

429>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:03:20 ID:qBzlzFHc0
 
      ____    
    /⌒  ⌒\    もちろんいいお!
   / ⌒   ⌒ \   ゲームやるんだったらCarnage Heartで対戦するお!
 /:::::: " (__人__) "::::: \ 
 |       |r┬-|     |
 \      `ー'´    /

430名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 22:04:33 ID:Cg8jYCJQ0
>>420
うわぁ…

431>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:05:42 ID:qBzlzFHc0
 
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_
         /             "'‐-‐ァ ,      いえ。
       /                ^ーノ ノi     そうではなく、今回帰還された大名のみなさんについてです。
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿   朝鮮では私も毛利勢を率いて共闘させていただきましたが、
    /   /        ,'   ノ     、   二-''   あの足並の悪さ、特に加藤主計頭殿と小西摂津殿。
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ   
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'   既に噂になっておりますが、間近で見ても噂通りに思えます。
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  '  
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '    
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′     
           / / |l |      ,  ',         
           , ' ∧ |.i l      r= - '        
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′          
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

432>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:06:03 ID:qBzlzFHc0
 
       -、jr=-             お二人とも尊敬すべき武人。
         , '´  _ミ           それがあのような事になっているのが非常に残念です。
       .i    f゙ι          やる夫殿ならご両人と近しいので事情を詳しくご存知かと。
     '、__ゝ    辷'ノ__    
    , '⌒_ーァ _,ノノ'"  ,,-‐= 、      他家の者が伺うのは不躾かも知れませんが、
   ノ 〆",丿ノ`七==r´::::ヘノ,!      差し支えない範囲で結構ですので。
   辷/イ ,! } ヘ :::::::::::`}   
    レ' '、( ^iノ:::::. ヘ:::::..  ヽ,  
     ,i′\ ` ′:::::::::ヘ::::::::::: ヘ_
    |  ::::::/`i:::::::::::__ヘ::::::::: `/、 
    |:.   ::|  ヽ ̄ __二、:::::::::  ヽ_
   ヽ:::::::::i  /  ̄::::::::::::::::ゞ、:::::: ノノl‐-‐==
     }=-r'  |   ....::::::::::::::::::i `" '‐'、  (、n
    ヽ‐`ゝ i  :::::::::::::::::::::::::::|     `‐ミ三'ョ

433>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:06:38 ID:qBzlzFHc0
 
        ____
      /⌒  ー、\   ・・・さすが毛利宰相殿。直球だお。
    /( ●)  (●)\
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ まあ既に知れ渡ってる話もあるけど説明しておくお。
   |     |r┬-/ '    | それに宰相殿の頼みとあっては、断れんお。
   \      `ー'´     /  その代わり今後も豊臣をよろしくお。

434>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:07:43 ID:qBzlzFHc0
 
       ___
     /ノ  ヽ、_ \    おっしゃるとおり、というか噂のとおり、あの二人は超仲悪いお。
    /(●) (●.) \  というか加藤の虎之助にはやる夫も嫌われてるけど。
  /  (__人_,)    \
  |  l^l^ln ⌒ ´        | まー簡単に言えば、子供のケンカと同レベルのつまんない意地の張合いだお。
  \ヽ   L         ,/ あの二人がそのへんのオッサンならそれで別によかったけど。
     ゝ  ノ         問題はあの二人が大名で、それも豊臣家の軍事を二分する立場にあったことだお。
   /   /

435>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:08:14 ID:qBzlzFHc0
 
 あの二人は領地が隣で、しかも肥後一国を分割統治とかややこしいやり方だったお。
 だから土地のことでよく揉めてたり、宗教が違うとかもあって仲が良くなかったお。
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   ,.‐、,ノ⌒ヽ_                        
                  ,ノ   ノ   ヽ__                   
                 (´ (⌒´ _,.-――'          /)       
                  `ー-―'´              //       
 [肥後国 上空ライン]  0 。゚                  //)         
             + 。               ⊂⊃  / / ̄ ̄ ̄二二フ  
   (    )  ο*  +                ∧_∧//    二フ    
  (ヽ ∩・∩/)   ゚0。三三三三三==- - . 从..(Д゚  )    二フ    ミ  
  ⊂( ゚д゚)つ 。*゚+ +     - - - ===== :::: ⊂   ) ヾヽ)ヽ)      .     
  ⊂( つ⊂)つ。・゜ + +           - ' 'YYと┌  ,ノ ヽ)ヽ)    ミ       
 ゜*ι|__ツ____|ヽ     0 +              し               ミ  .
    (__)_)      。 。              し'  この悪魔!    .    .
  このバチ当たり!        ,.‐、,ノ⌒ヽ_  彡          ミ      .    
                    ,ノ   ノ   ヽ_       ミ .           
    川  川          (´ (⌒´ _,.-――                .     
                   `ー-―'´                       
 ──────丶                                   
      / )/)  ───────ヽ                     
      /   ソ ウチノミズバダ!     \                  
 n  ⊂   う              [肥後国 地上ライン]      
 、,,  (   ).∧_∧              \           
      V''`と(*・ω・)                ───────
 キャー      と  ,イ   ノ,,ノl  ワー  n  、 ,,  @        \
   lヽlヽ    / ,_ づ  (   )    ,,, 、   n  ヽ|ノ,,        \____
   (   )  (ノ´    ⊂   く        ,,, 、,,
   と___⌒つう     と 、 _ r'   グエア!'
 カッテニナニヤッテンダ           \、 ∧_∧ ∧∧  デテケ!
    .∧__∧ミ从, ∧__∧  .       _,) (;`Д)ュ゚,, )
  と(  `Д))  ゝ#)`д)   ─‐=  〈  づ≡三_ `三=─
    〉  (,彡^W´,.   ヽ  .     `),ヽ. ヽ─' く -r、 \从/! '
   ./  ,r 〉  / 〈  〈ー'       ´  l,__)   `´ \_l て
  (_/ー''´  (___/`ー' ウルセー!      、 ,,  @
 @                        n  ヽ|ノ,,
 ヽ|ノ                      ,,, 、,,
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

436>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:09:10 ID:qBzlzFHc0
 
       ___
     /ノ  ヽ、_ \    それが朝鮮の役では、それぞれ二つある方面軍の司令官に任命されたもんだから
    /(●) (●.) \  手柄争いで益々喧嘩するようになったお。
  /  (__人_,)    \
  |  l^l^ln ⌒ ´        | まあ太閤さんはそんな二人が競争することを期待して
  \ヽ   L         ,/ そういう軍編成にしたんだと思うお。
     ゝ  ノ
   /   /

437>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:09:31 ID:qBzlzFHc0

 この段階では弥九郎と虎之助同士の喧嘩だったお。
 最初は廻りも仲裁してたし。

 ――――――――――――――――――― 
 【喧嘩中】
 マーマー ∧,,∧  ∧,,∧オマエラヤメ
  ∧∧(´・ω・)(・ω・`)∧∧
 (´・ω・)  U) (U とノ(ω・` )ケンカイクナイ
 |し U∧∧    ∧∧と ノ
  u-u( ・ω・)=つ);:)ω・`)
     (っ ≡つ=つ⊂⊂)
     ( /∪ バババ∪ ̄\_)
      オラオラ!!
  ―――――――――――――――――――

438>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:10:01 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \    ところが弥九郎は文治派、虎之助は武断派に近かったから、
   /         \  それぞれに仲間が集まってきて仲裁してる連中まで喧嘩に参加する形になったお。
 /           \ 
 |     \   ,_   | あと喧嘩してる場所が朝鮮だから太閤さんが仲裁できんかったってのも痛かったお。
 /  u  ∩ノ ⊃―)/ 
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /

439>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:10:30 ID:qBzlzFHc0
 
 ―――――――――――――――――――
 【乱闘中】
 コイツ!∧,,∧ ∧,,∧ ナグッタネ!
  ∧ ∩)ω・)⊃)ω・) ∧∧ ナンジャクモノ!
 (・ω(∩  ) (    ⊃ω・ )
 |   (・ω⊂ (・ω(∪ と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u
 イテッ! `u-u'. `u-u' ナニガワルイ!
  ―――――――――――――――――――
  結果的にはこの人事は大失敗だったお。
  トトロと火垂るの墓同時上映するぐらい失敗だったお。

440>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:22:04 ID:qBzlzFHc0

 ■前半
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
        _,,,,,,......fi.......,,,,,,___
       /  /    i、  ヽ \
      /_...,,-、/,,...-―-、.i、_,-―、i,、>
         〈 〉-―||―、〈 〉
         f,  ゙`‐-||┴"  ヽ
        i' (・) __〒__ (・) ゙、
        i' <_i".. | ||l |.゙|_i> i
       /     ._ || ̄    `、.         (⌒i⌒ー、
       /  ̄ ̄   ミし ̄ ゙` 、  ヽ         `ー|‐-、/
      〈    _,,/ ゙~,へ ^ ,ヘヽ i ヽ        ∧| ∧         (ニxつ
      .| ;イ'''"  ^        ^i | ヽ     ,i  |_,! i、          |
      | :|              | ;| i     i .。|_ 。, `i.          |
      .| ;|                   | | ``    i -ー、―-、 |       ∧.| ∧
      | ;|              ,' /      i ,/"^ヘ^i i      ,' ,.゙t'., !
       、; ゙、           / /      i i'       | |     ,'   i   !
       ヽ、 `ー--、、.........,--―' /        i ヽ_,._,/ ,'    i     i
        ` ー--ー"゙ー--―"          ゙ー---―'      ゙ ー--―'
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  .∧ ∧
 ( ´∀`) トトロカワイーヨトトロ!   
                 
   .∧ ∧  ドージジョーエイアルッテ!
   ( ´∀`)

441>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:22:33 ID:qBzlzFHc0

 ■後半
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

          、-'""""''''=='、,_          , r''''""'ヽ、、,,,_         ,、-‐
        /          `'‐ 、       i' ヘ i⌒、____ 、\ _,,,、 ,、- '´-‐-,
        r'          ミ''- 、_ ヽ、   ,,i'´i , |i    \' `i,  `!r'''(´ /~
     、=''´           ヾ、ヾ '、<r-'~ヾ, i '! "'   r‐'_""`yヾ!ヽヾ,r'´
    /       、、=_‐''''ミヾ`  ミミ`\ヽヽ. \|   /i'´  ̄ヽ〉 '"; } i   \
   , '        ヽ; '7 , ;,、 、   ミ丶' 、ヽヽ ヽ、'、_. 〈. 人;,   \ ノ |  ‐+==
.   イ         ミ ! { {,'! ,ヽ      `ヾヽ / rヽ;‐`;;\     Yレヘ ‖
    |        ミミ、 丶''    ,   'i 、   } X´ ;;;;;''  ノ ノ}     i'''7´i +=
   ノ        `ヾミミ    ,   ゛ '  `   /´,, \  /ノ'ぅ |   ;.,'πヽ~"'''''''
 ;;;;'          \、、 r'!, t,,!` ,   ,,,,; /;;,,ー''"~フ''"フ'''f‐-;|    ;,'-=、,'_ ,,,;;;;
  ┐           `ヽ、 {:丶ヾ ' ___:;;;;/;;;'''' '´,  7 r'   |   ;;,'    `'''‐-
  -='_           ミミヽ_,,,、‐''";==ー‐‐'''''‐-'、,,,,,i、、{;;;;;;;;;;i  .;,'
   ̄っ、-‐、_            と´               |  ;,' ̄````'''''''=
"""""""""""`"゛'''''''''''''''''''''''''''''''´-‐‐‐‐''''''''''''''''''''''''''''''''''''','r'~´  ,''''''''''''''''''''''''''''''
                          _,,,、,_    / ,、  ,  i
                         //  'χ';"'''-'7' , , ,'
                         ヾヽ.  } ( ;;,,, ノ///ノ
                          `''''""`~"" `~~ ̄
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                                              ∧∧
                                       マジデ? . (゚Д゚,,) ∧_∧
                                        フザケンナ     (`Д´ )

442>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:23:13 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \    おかげで今では武断派文治派まで巻き込んでの大ケンカ。
   /         \  これが今の豊臣家を分裂させてるお。
 /           \ 
 |     \   ,_   | ていうか、これ放っておいたら内戦になりかねないぐらい危ないお。
 /  u  ∩ノ ⊃―)/ 
 (  \ / _ノ |  |   これから太閤さん亡くなった事を連中に知らせることになるけど。
 .\ “  /__|  |  くれぐれも騒ぎを起こさないように釘刺しておく必要があるお。
   \ /___ /

443>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:24:04 ID:qBzlzFHc0
 
 
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_           
         /             "'‐-‐ァ ,    そういうことでしたか。。。
       /                ^ーノ ノi   お二人とも文官としての能力もお有りなのに残念です。
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿 折角統一された天下を乱すような事は止めなければいけません。
    /   /        ,'   ノ     、   二-''  
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ  しかも宗教が絡んでいたり、外野まで乱闘に加わったり、
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'  問題は非常に根深くなっているようです。
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  ' 
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '    我々はこの状況に何を出来るのでしょうか?
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′   
           / / |l |      ,  ',        
           , ' ∧ |.i l      r= - '        
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

444>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:24:49 ID:qBzlzFHc0
 
       ____
     /⌒  ⌒\  毛利殿がそういう意識というのは大変有難いお。
    /( ●)  (●)\ 今言った通りで状況はかなり深刻だけど、これはある意味好機でもあるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
  |     |r┬-|     | 
  \      `ー'´     /

445>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:25:09 ID:qBzlzFHc0
 
 
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_           
         /             "'‐-‐ァ ,     ・・・と言いますと?
       /                ^ーノ ノi   
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿
    /   /        ,'   ノ     、   二-''  
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ  
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ' 
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  ' 
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '   
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′   
           / / |l |      ,  ',        
           , ' ∧ |.i l      r= - '        
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

446>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:25:59 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \    現状の危機感を煽れば武断派と文治派の争いを止めることが出来るかもしれんお。
   /  ─   ─\   太閤さんが亡くなったことで豊臣政権は動揺してるお。
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    | ・・・それと、あまりデカイ声では言えんけど、徳川がこの機に乗じて悪いことしようとしてるお。
 /     ∩ノ ⊃  /  まあ既に宰相殿も知ってると思うからいいけど。
 (  \ / _ノ |  |    
 .\ “  /__|  |   ある意味好機ってのはこの部分お。
   \ /___ /

447>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:26:44 ID:qBzlzFHc0

       ____
     /⌒  ⌒\   「外に敵を作れば内を結束できる」ってやつだお。
    /( ●)  (●)\  北朝鮮もやってるベタな手だけどベタな分分りやすいお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
  |     |r┬-|     | 武断派の連中はアホ多いけど、
  \      `ー'´     / 今豊臣恩顧同士でケンカしてたら徳川にやられることぐらい解るはず。

448>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:27:06 ID:qBzlzFHc0

 ということで、まずは太閤さんの葬儀を無事に終わらせて、そこで全員に手打ちをさせる必要があるお。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【停戦中】
                 ! l ! r
                 i l l i
                ! 从 l i i
                l / ゝ人 /
  モウヤメトカネ?∧,,∧  ; !  __  ヽ r    ∧,,∧トリアエズヤメルカ?
         (´・ω・)  丿 ヾ/;;/ ヽ   (・ω・`)
   ∧,,∧   /つ_ _O (二;;;;二二;二;;二) O _ とヽ   ∧,,∧タイコウサンナクナッタシナ?
  ( ´・ω)   ゝノu.u  ((;;;;;;/;;/;;;;@)   u'u'、ソ  (ω・` )
  /  つ         (二二;;二;;;二二)         と  ヽ
  ゝ_人)   ∧,,∧  (@);;;;;;;;;;(@)   ∧,,∧    (人_ノ
   ヤメヨッカ? (  ´・)             (・`  )ヒデヨリサマノタメダヨナ?
         /   )            (   ヽ
         ゝ_ )            ( _ノ
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

449>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:27:29 ID:qBzlzFHc0
 
       -、jr=-
         , '´  _ミ       なるほど。
       .i    f゙ι      一見すると現状は危機的ですが、それを逆に利用するということですね。
     '、__ゝ    辷'ノ__     こういう言い方は不謹慎ですが、
    , '⌒_ーァ _,ノノ'"  ,,-‐= 、  太閤様のご逝去も結束を固める良いキッカケになるでしょう。
   ノ 〆",丿ノ`七==r´::::ヘノ,! 
   辷/イ ,! } ヘ :::::::::::`}     武辺者の私には中々思いつかない発想です。
    レ' '、( ^iノ:::::. ヘ:::::..  ヽ,  
     ,i′\ ` ′:::::::::ヘ::::::::::: ヘ_  やはり政治家の視点というものは勉強になります。
    |  ::::::/`i:::::::::::__ヘ::::::::: `/、 
    |:.   ::|  ヽ ̄ __二、:::::::::  ヽ_
   ヽ:::::::::i  /  ̄::::::::::::::::ゞ、:::::: ノノl‐-‐==
     }=-r'  |   ....::::::::::::::::::i `" '‐'、  (、n
    ヽ‐`ゝ i  :::::::::::::::::::::::::::|     `‐ミ三'ョ

450>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:27:51 ID:qBzlzFHc0

       ____
      /⌒  ー、\   まあそれ程のモンではないお。
    /( ●)  (●)\  さっきも言ったとおり、北朝鮮でもやってることお。
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
   |     |r┬-/ '    | それに、言うのは簡単だけど難しいのは実行するところだお。
   \      `ー'´     / まだ褒めるのは早いお。

451>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:28:44 ID:qBzlzFHc0
 
          , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_          いえ、やはり大変参考になりました。
         /             "'‐-‐ァ ,     それだけの見識をお持ちのやる夫殿なら実行も可能でしょう。
       /                ^ーノ ノi   
      /   /          ,      ̄"__ノ __丿 やる夫殿もご葬儀の準備等お忙しそうですね。
    /   /        ,'   ノ     、   二-''  あまり長居してもご迷惑でしょうから、私はこの辺で失礼します。
 _,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ  
     , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ' 
  ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  ' 
             /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '   
              / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′     ・・・それと、お礼と言っては何ですが、
           / / |l |      ,  ',         今後毛利家に何か出来ることがあればご連絡下さい。
           , ' ∧ |.i l      r= - '        
         / ,、' '、 i '、'、    -‐r′          
          , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
        /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
       /升     , -''"           "''
     /ィ斗   /

452>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:29:32 ID:qBzlzFHc0

         , -‐  ̄ ̄ ̄"''‐- ,,_          
        /             "'‐-‐ァ ,     折角治まった戦乱です。
      /                ^ーノ ノi   
     /   /          ,      ̄"__ノ __丿 大名同士のいさかいでそこへ逆戻りなどとは
   /   /        ,'   ノ     、   二-''   絶対にあってはいけません。
_,, -‐'"  /       _ ノ__  /  / , i  ',  、\ヽ  
    , '       ─二三二ノ_, / // |l |, l l lヘ'; ヽ'   ・・・朝鮮の役でよくわかりました。
 ー '             ー'゙/彡´ーィ、レ | l} | i | i}  ' 
            /    ,'/   弋ャヽ;;レi/l/l | '   
             / /i i'    ,,;;''";;;〈 /  ノ′   
          / / |l |      ,  ',       
          , ' ∧ |.i l      r= - '       
        / ,、' '、 i '、'、    -‐r′         
         , '^ 、ゝイ升^ソ斗ゞ T´
       /ムメン^′  _ -‐"゙'┴─ ‐- _
      /升     , -''"           "''
    /ィ斗   /

453>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:30:07 ID:qBzlzFHc0
 
         ___   
       /      \    こちらこそ有難うお。宰相殿ならいつでも歓迎するお。
    /          \ 
   /   ⌒   ⌒   \ 毛利家が味方してくれればやる夫。。。
   |  /// (__人__) ///   | というか豊臣家も安泰お。
   \              / また来ると良いお。
 
 
 <有難うございました。
   それでは失礼します。

454>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:30:38 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \  ・・・しかし、本当に育ちの良い御曹司って感じお。
   /  ─    ─\  マダ二十歳ぐらいのはずだけど。
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    | アレで朝鮮では結構な武功上げてるんだから武人としても相当なはずなのに。
 ./     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |  やっぱり虎之助とか(やる夫もそうだけど)と違って良家で育つと違うもんだお。
 .\ “  /__|  |  今度会うときは爪のアカ貰っておくお。
   \ /___ /   飲ませる人数多いからそれまで爪切るなって宰相殿にお願いしておくお。

455>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:31:23 ID:qBzlzFHc0
 
       ___
     /ノ  ヽ、_ \    ・・・しかしあんなのばっかりならやる夫も仕事やりやすくて良いのに。
    /(●) (●.) \  まあそんなこと言っても仕方ないお。
  /  (__人_,)    \ 
  |  l^l^ln ⌒ ´        | こっちは虎之助とかに藤吉郎さんの事を正式に通告しないといかんお。
  \ヽ   L         ,/ 本葬はこういう状況だからできんけど、連中は皆小姓上がり(ってやる夫もそうだけど)で
     ゝ  ノ         家族みたいなモンだから、何もしないって訳にはいかんお。
   /   /         
 
 それじゃまたお仕事だお。

456>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:31:44 ID:qBzlzFHc0
 
 [ 次の日 ]
 
 やる夫さんにお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ

457>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:32:08 ID:qBzlzFHc0

 
 バサ    ____
      /     \      ・・・?
  パラ/  ─    ─\    いつもと違う封書だお。
   /    (●) (●) \   やらない夫じゃないっぽいお。
   |       (__人__)    |
   \        |\  / /| 一体誰からだお。
   /     /⌒ノ  \/ ( ) 
   |      / / |       |

458>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:32:29 ID:qBzlzFHc0
 
      ____    
    /   u  \   げっ。
 .. / ─    ─ \  弥九郎からだお!
 /   (〇)  (〇)   \ 
 |      (__人__)    | ということは中身は。。。
 \ u   ` ⌒´     /

459>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:32:52 ID:qBzlzFHc0
 

        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |                    |
        |                    |
        /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
        /              /ヽ__//
      /   告 訴 状     /  /   /
      /              ../  /   /
     /   ____     /  / 小 /   やっぱり!
    /             /  / 西. /
  /             /    / 行 ./
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   / 長 /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

460>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:33:33 ID:qBzlzFHc0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
                __
             _ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ:..、       
           . : ´:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`: 、     
         /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.: .:.`:. 、   
        /.:.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:. :.:.:. :.ヽ   
        ,'.:.:.:.:/.:/.:.:/.:./.:.:/.:.:.;.: .:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.ヽ:.i  
        {ー=彡:.!:.:.:{:.:.{:‐=/=-/!:.:.:.:.:.:.:}.:.;.:.:.:.:.}:.:!  
       ー=彡:.:.:{.:.:.:.:.:从/j/j/,イ.:./.:. :,:}‐}、;.:.:.:!: ト、_,
        {:.:`¨7人:.:.:.:{ イ苧ミ レ'.:./仏=}!/.:.:|.:.:.:゚:.¨
        ‘:.:.:!´_ヾ|\ム ヒツ  ´i:ノ ヒツ '}:. :.:|:.:!辷ア
         ,ヽ:、 〈 |:.:.:.:| `¨¨       `¨ノ_.:.;イ/`¨´ 
        /マヽム-|:.:.:.:|         ヽ  i:.:!ル'j'    
       /.:.:.{  } |:.:.:.:|   、 __ ,  人!      
       i!:.:.:.:! ,!  ':.:.:.!、     ‐' イ.:.:.:|      
       i|:. :.:| /    ':.:.',>,。_ . ゜ |:.:.:.:|      
       i|:. :.:レ__r‐、_r‐゚:._r‐´、    |:.:.:.:|     _______
       /.:.:./ニニニ.;イ  ̄ ̄ ヽ.  |:.:.:.:|   〈/ム/////////ム
      /.:.:./ー─/ :/       i  ‘:. :.:|    ∨ム/////////ム
     /.:.:./   ´  ,'        l、 ‘:.:.:.|     ∨ム/////////ム
    /.:.:./       i    ` :、   l゚:. ‘: .:|     `∨¨ マ<,////ム
   /.:.:.;イ        !       ` 、 !:.゚:. ‘;.:.!       / }__ム-、  ̄ ̄
   /.:.:./ |      |:          `ト、゚:._‘;:!    ,' 〈,ー==i}
 ../.:.:./. |      ヽ:、          }∧}゚:.!、    {   `とニi}
 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [ 小西 行長(肥後/20万石) ]
 堺の商家から宇喜多直家の家臣を経て秀吉配下になるという、一風変わった経歴をもつ大名。
 朝鮮の役では加藤清正と並び活躍した。
 
 武断派と違い、非武士階級という出自や重商主義的な志向を持つ。
 そのため、以前からやる夫には好意的かつ協力的である。
 
 商人上がりのキリシタンなのでひ弱なイメージが何となくあるが、
 比較的遅めに配下に加わったにも関わらず、朝鮮の役で先鋒を務めていることから軍才は十分と見るべきだろう。
 また190cm以上ある加藤清正に決闘を申し込んだこともあったりするそうなので、DQN適性も申し分ない。
 
 但し文治派寄りのインテリであることも間違いないため、
 土地争いをはじめとした訴訟合戦では加藤清正に一方的に勝利し続けている。
 ちなみに通称は弥九郎

461>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:33:59 ID:qBzlzFHc0
 
      ____    
    /   u  \    ああやっぱり虎之助の糾弾だお。
 .. / ─    ─ \  まあいつものことと言えばいつものことだけど。。。
 /   (〇)  (〇)   \
 |      (__人__)    | でもコレやる夫だけに送ってる訳じゃないお?
 \ u   ` ⌒´     / 
 
    ということは。。。

462>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:34:37 ID:qBzlzFHc0

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【停戦中】
                 ! l ! r
                 i l l i
                ! 从 l i i
                l / ゝ人 /
  モウヤメトカネ?∧,,∧  ; !  __  ヽ r    ∧,,∧トリアエズヤメルカ?
         (´・ω・)  丿 ヾ/;;/ ヽ   (・ω・`)
   ∧,,∧   /つ_ _O (二;;;;二二;二;;二) O _ とヽ   ∧,,∧タイコウサンナクナッタシナ?
  ( ´・ω)   ゝノu.u  ((;;;;;;/;;/;;;;@)   u'u'、ソ  (ω・` )
  /  つ         (二二;;二;;;二二)         と  ヽ
  ゝ_人)   ∧,,∧  (@);;;;;;;;;;(@)   ∧,,∧    (人_ノ
   ヤメヨッカ? (  ´・)             (・`  )ヒデヨリサマノタメダヨナ?
         /   )            (   ヽ
         ゝ_ )           
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

463>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:34:57 ID:qBzlzFHc0

                           ____
 ┏━━━━━━━━━━━━━━   /  ノ  ヽ\ ━━うわあああ━━━━━━━━━┓
 ┃                      /  (○)}liil{(○)                         ┃
 ┃ _____∧,、_____  /     (__人__) ヽ _____,、_____ .     ┃
 ┃   ̄ ̄ ̄ ̄` '`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |       |!!il|l|   |   ̄ ̄ ̄ ̄` '`V  ̄ ̄ ̄ ̄       ┃
 ┃                   \        lェェェl /    .                        ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

464>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:35:22 ID:qBzlzFHc0
 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
          ゴォォォォォォォ       |
                          | 新しい燃料ですぞ!!
                ´ ̄`丶    └──v────────────
            /        ヽ         彡                ,-、     彡
                        ,.、-∧ ∧_    | ̄ ̄¨  ー----  /::|::゙l           彡
                ,. ‐‐‐‐---- '"- l(゚Д゚#)゙゙゙ ー-l、            /::├::|   彡
      彡    |      /_ `.i;;;;;;;;;;`:::::::::::::::::::::: ー-----‐- ....__        /::::: |::::|      彡
   ー--  ......___|    (  ) :|;;;;;;;;;;;;|:::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` ー- ...__/:::::::├::| _ ,,,,  -一  "~ 冫  彡
     ¨ ー-= __ ̄ ー-`、~ ノ;;;;;;;;;;;/:::::::   :::::::::::::小西薬局:::::::::::: __ - ‐・ ' " ¨ ̄      ..  -‐ ' ´     彡
           ¨ ー- ..._ヽ _;;;;;;;;;;ノ::::::::::::::::ニニニニニニ二 " ´´         _... -‐ "´==‐
                ~  ー-'" :::_____________ ...  -‐・ "´-‐'"
                                               ゙O        
             \     /            │ │ │ 
                -                     ..____                                  
                                |\  o.\
                                |   ̄ ̄ |
                                |  ハイオク |
                                \    _.|
                                   ̄ ̄ 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

465>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:35:40 ID:qBzlzFHc0
 
         ____
       /  ノ  ヽ\  おまい豊臣恩顧のクセに何やってんだお!?
      /  (○)}liil{(○) 
    /     (__人__) ヽ 折角鎮火しそうになった所にこんなモンぶち込んだら。。。
    |       |!!il|l|   |
    \        lェェェl /
     /         ヽ 
     しヽ        ト、ノ

466>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:36:02 ID:qBzlzFHc0

  _____________________________________
                           _ .. _
                         /    \
                       /, '⌒ l.r‐-、.`、
                      / (   八   ) ヽ
    _____∧,、_____ (   ー-'  `ー-'  ノ   _____,、_____
      ̄ ̄ ̄ ̄` '`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ー┐ (_八_)┌-'   ̄ ̄ ̄ ̄` '`V  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         `ー┐┌┘     あぼーん
                      -======' ,=====-
                        -====' ,=====-
                         -==' ,==-
                    ___ ,r-‐   -‐、___
 
 ______________________________________

467>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:36:27 ID:qBzlzFHc0
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【大乱闘中】
                   アホ!∧,,∧ ∧,,∧ コノヤロ!
                    ∧ ∩)ω・)⊃)ω・) ∧∧ ケンカヤメルノヤメタ!
  バカ!∧,,∧ ∧,,∧ クッチマウゾ (・ω(∩  ) (    ⊃ω・ )
  ∧ ∩)ω・)⊃)ω・) ∧∧   |   (・ω⊂ (・ω(∪ と ノ
 (・ω(∩  ) (    ⊃ω・ )   u-u (l    ) (   ノu-u
 |   (・ω⊂ (・ω(∪ と ノ   イテ!`u-u'. `u-u' ヴォケ∧,,∧ ∧,,∧ ナグルゾ!    
  u-u (l    ) (   ノu-u                ∧ ∩)ω・)⊃)ω・) ∧∧ ヤッタルゾ!!
 コイツ! `u-u'. `u-u' コイツ! ∧,,∧ ∧,,∧ヤッタルゾ(・ω(∩  ) (    ⊃ω・ )
                 ∧ ∩)ω・)⊃)ω・) ∧∧|   (・ω⊂ (・ω(∪ と ノ
    オマエサキニナグッタロ! (・ω(∩  ) (    ⊃ω・ ) u-u (l    ) (   ノu-u
                |   (・ω⊂ (・ω(∪ と   コノ!`u-u'. `u-u' ヤメレ!
                 u-u (l    ) (   ノu-u
                 イテ!`u-u'. `u-u' デキッコナイス!
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

468>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:36:51 ID:qBzlzFHc0
 
         ____
       /  ノ  ヽ\  気持ちはわかるし訴状の内容も正しいけど、
      /  (○)}liil{(○) おまい少しは状況考えるお?
    /     (__人__) ヽ
    |       |!!il|l|   |  また全員ケンカはじめちゃったじゃねえかお!
    \        lェェェl /   折角いい機会だったのに!
     /         ヽ 
     しヽ        ト、ノ

469>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:37:21 ID:qBzlzFHc0
 
                      .. -―-
               /: : : : : : : : :.ヽ
             -=彡: :__: : : : __: :\  いい機会って何?
                /: : 下[_从从_]了: :{`   悪い事した奴には制裁が必要だよね?
             / {: :从.(O   O)从 :>
                   }∧ ゙゙  ' ゙゙ ∧{   やる夫も今まで味方してくれてたじゃない?
                   {:.∧  ( ̄) .∧.:}
                  |:.| ,.> _ イ ヽ| |
               「|:.ト、        l |\_  今回もアイツ一緒にやっつけてくれるよね?
                /´ |:.| `ー‐}{一' |.:|  }  神様だって私達の味方だよ?
      ..        /  |:.|     八   ! |   \
             /   Eヨ  /{__}\ Eヨ    .〉
         {     /:.|  ∨xiix∨ .{: ヽ    》
           .人   { : |   }xi|ix{ 人: :}‐彡'  \
         ./  >―ヽ.:{   {xi|ix}   ヽ!   \  ヽ 
       ./  /   人      ̄/}    ∧   `    \        /)
    /  /     /: : 〉、 _ //,し人.ノ } \     `  \     //
 c-- '  /      /: : /二ニニニニニニニニ二}: : :\     \  `ー//
   ̄ν     .  / : : {二二ニニニニニニ二二ト、: : :.}       `廴_ノ`
     .    .   .{ : : /|二二ニニニニニニ二二| \ }

470>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:38:07 ID:qBzlzFHc0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 アイツ
  ↓
 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ   またやりやがったな
 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  この薬屋があああぁぁぁぁ!
 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  仏のバチが当たるぞおおぉぉぉぉぉぉぉ!!
     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
 >      イ{     //: : /| /
 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
 レ   ___  V ハ    V         ヽ
 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
   V   /   // ハ     \        ハ
 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム
 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [加藤清(肥後/20万石)]
 虎退治でおなじみの猛将で武断派の筆頭格。
 結構遠いが豊臣秀吉の親戚であり、幼少の頃から秀吉に育てられていたため豊臣家への忠誠度は常に100である。
 やる夫と同じく秀吉の小姓上がりだが、他の武断派と同じく文治派のやる夫を憎んでいる。
 
 また、後から豊臣家に入ってきて何かと競り合う小西行長にも同様の殺意を持っているが、
 法制度に疎い(というか最初から法に訴えるという発想が無い)為、訴訟争いにはことごとく負け。
 そしてこの訴訟にはやる夫が大きく関与しているため、ついでに文治派への憎しみも募らせている。
 そういう意味では、この時代にありがちなリストラ軍人の悲哀を良く体現していると言える。
 
 尚、虎退治の伝説とか身長が190cmあったとかで小西行長とは逆に武勇一辺倒と思われがちだが、
 築城をはじめ内政にも十分な能力があった。

 肥後の治世はやる夫の佐和山と並んで当時の理想と言われていた。
 また、彼が作った熊本城は、280年後の西南戦争で西郷軍の猛攻に耐え切り、
 政府軍の勝利の一因となった程の名城である。
 ちなみに通称は虎之助。

471>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:38:35 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \   やっぱり虎之助怒り狂ってるお。
   /         \  しかし敵の工作喰らった訳でもないのにこのザマとは。。。
 /           \ 弥九郎までこんなじゃ、こりゃ先が思いやられるお。
 |     \   ,_   | 
 /  u  ∩ノ ⊃―)/ 
 (  \ / _ノ |  |  やすなも今頃さぞかし喜んでるはずだお。。。
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

472>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:38:53 ID:qBzlzFHc0
 
────────────────────────────────────────────
              _....-‐‐'''''''' ̄''''''''''''‐-....
           ..-'''               ゙ヽ、
         /                   \
        /     _   /l    、         、
       /      /l;:;:;:/;:;:l;:;:ハ;:;:;: | ヽ
      ./     ;:;:/;:;:l.;:/;:;:;:|/;:;:;:\|  \       ヽ
     ./    │;:;:l;:;:;:;:|/;:;:;:;:;:;:;:\__ ノ ヽ        \    ヒャーッハッハッハ!
    ノ      | /;:;:;:;:,ヘノ;:;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄\ ヽ,--、     ヾ
 --‐ ‐ /     ハ/、___ノ;:;:;:;:;:;:;;::;:;: |       |ノ  l ,-、   ヽ   勝手に仲間割れしてやんの!
    /     l   ,── 、;:;:;:;:;:;::;:;:\__/ー一´ l |    、l   面白いからそのまま続けて続けて!
    / /    !;_ l      l;:;:;:;:;:;:;:;:     入     | |丿   |ヽl
   イ /|   / ̄ ヽ、__/      _./  ヽ、   |ノ     l     全員死んでいいから!
    | /│  l ヽ_/        _..-''     |  /      /      っていうかむしろ氏ね!
    l/  !  ト、   >.-、  ┌ ,-‐"       ノ/ヾ丶,ヘ/ソ       そのまま氏ね!
       ゙l │ l  |  l    l/       _..-:iソ  、
       ヽl |/ ゝ、ヽ、-,_|___,,___,,....-:‐"l ヽ    ヽ
           /ヽ, \ / l│ く ト/ 入/ /    ヽ
          |ヽ_ ソ(_ノ ^l  ノ l > < / フ      l
          ヽ_ソノ /   、 l/  y /  、    l
            ヽメ、_|  \ヽ ./ン'´ , -‐''゙    l
────────────────────────────────────────────

473名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 22:39:05 ID:KP3FXzaA0
>>470
怖ぇぇぇー

474>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:39:27 ID:qBzlzFHc0
 
      ____
    /      \   まーやっちまったモンはしょうがないお。
   /         \ 
 /           \ こりゃもう手打ちとか言ってる場合じゃないお。
 |     \   ,_   | とりあえず葬儀はやるとして、後はその場で乱闘にだけはならない様にするお。
 /  u  ∩ノ ⊃―)/ 
 (  \ / _ノ |  |  虎之助は190cmぐらいあるから暴れ始めたらやる夫には止められんけど、
 .\ “  /__|  |   ほぼ同じサイズの藤堂高虎が来てるし、何かあったらアイツに止めさせるお。
   \ /___ /  てか、高虎は今頃虎之助にヘンなこと吹き込んでると思うけど。

475>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:41:43 ID:qBzlzFHc0

――――――――――――――――――――――――
 |  ∧         ∧
 | / ヽ        ./ .∧
 |    `、     /   ∧   ・・・。
 |       ̄ ̄ ̄    ヽ
 |  ̄ ̄ ̄月曜日 ̄ ̄ ̄)
 |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
 | ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  /   
 | ::    \___/    /
 | :::::::    \/     /
――――――――――――――――――――――――
 【藤堂高虎 伊予/10万石】

 戦国で悪い人5人上げろと言われたらかなりの確率で指名されそうな人。
 「武士たるものは七度は主君を変えなければ一人前ではない」発言は有名。
 但しこの時代にはそれ程非難されるようなことではない。

 豊臣秀長に使えていた時期以外、このポリシーは忠実に守られており、
 この時も秀吉の危篤状態から全力で徳川家康に接近を開始。
 その行動は最後まで一貫して変わることがない。

 この時も朝鮮から帰還した大名を煽りに現れており、舞台が上方に移った後も家康の手先として武断派を煽り続ける。
 その徹底ぶりは、関ヶ原の合戦当日に中立したり寝返ったりした連中よりは余程清々しいと言えるだろう。

 単にイヤな奴として描かれる事も多いが、築城をはじめ内政能力は高い。
 また、身長が190センチ以上あったという。

476名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 22:41:46 ID:4oQz/C3I0
そういえば、加藤清正ってかなり熱心な法華宗だったような…。

477>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:42:43 ID:qBzlzFHc0

 そして葬儀当日。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ┗0=============0┛
                \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
             /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                   0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
             [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
 ◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃ _,..,_  . ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
 ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃/ ,' 3  ` .┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
 @※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃l   ⊃ ..┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
 ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃ `'ー---‐'.┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
 ◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
 ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
                ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
            [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                 |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|
     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
     (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )(,    ;)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 そんな状態だったが、やる夫の手配で葬儀は無事に実施された。
 博多へ帰還してきた大名家のうち主だったもののみで行われた簡易な葬儀であったが
 「袖を濡らさぬものなし」という感じで最後までしめやかに進行し、とりあえず乱闘は起こらなかった。
 但し、加藤清正はここへ白装束で現れて周りを驚かせたという。

478>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:43:23 ID:qBzlzFHc0
 
       ____
     /      \  ふーやれやれ。
   / ─    ─ \ まあとりあえず無事に終わったお。
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)     | 弥九郎が余計なことするから最悪大乱闘になるかと思ったけど、
 \     `⌒´    ,/ 流石にあいつらも葬式でそこまではやらんかったお。
 /     ー‐    \ 信長公ほど無茶じゃなかったってことかお。

479>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:46:25 ID:qBzlzFHc0
 
      ____   
    /      \   一応騒ぎ起こさんように念は押しといたけど、虎之助だけは拒否ったお。
   /  \   ,_\.  まあ今更あんまり意味ないからそれはいいけど、
 /    (ー)゛ (●) \ 
 |      (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  / それよりも葬式終わったらソッコーで上方へ帰ってったのが気になるお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /

480>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:47:10 ID:qBzlzFHc0
 
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ  
 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  アイツ相当キレてるし、
 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  元々単純だからやすなとかの工作にハマリそうで怖いお。
 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  | 
     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 

 こっちは葬式の後始末があるから二日遅れたけど、やっとこ全部終わったから 
 全力で追っかけて上方へもどるお。

481>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:47:45 ID:qBzlzFHc0
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                      ∧_/\_|::|「|,,,|「|ミ^!、
           /三三三三三三三 Π . ∩  |:|「|'''|「|||:ll;|________
     __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\/田\/田\/田\"゙゙`ヾ、
     _/__l==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|. IIII || IIII ||  IIII _|__,;;、
   /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[| 三三三三三三三\ェェェェェェ〕――
 _  l |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"/ ̄/\ ̄ ̄ ̄\''""``ヾ;;,,""~
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 
      ____
    /      \  ・・・博多には結局三ヶ月もいることになったお。
   /   _ノ ヽ、_.\ 一日も早く上方へ戻りたかったけど、帰るとなると結構寂しいお。
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    | まあ博多にはこれまで何度も来てるし、また来ることもあるお。
 /     ∩ノ ⊃  / 船便なら三日ちょいで往来出来るし。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |  ・・・そういえば何か忘れてるような気がするお?
   \ /___ /  なんだったかお?

482>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:48:21 ID:qBzlzFHc0
 
      ____ハッ
    /  ノ  ヽ\  しまった!
   /  (○)}liil{(○) 一蘭ラーメン行くの忘れてたお!
 /     (__人__) ヽ
 |       |!!il|l|   |天神ホルモンも!
 \        lェェェl /
  /         ヽ 
  しヽ        ト、ノ

483>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:48:38 ID:qBzlzFHc0

────────────────
[ 第四部 ここまで ]

 ≡    ∧∧∧_∧
≡   と(と(と(´・ω・`)
 ≡  ― ― /  と_ノ サッ
≡ /  / // /⌒ソ
 ≡  -'-'-'´

To Be Continued!
────────────────

484>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:49:04 ID:qBzlzFHc0

 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 [石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです]
 
    __   __       __                      __
    l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
     , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
   //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
   l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
   l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/
 
                                        ー第五部ー
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

485>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:50:23 ID:qBzlzFHc0

  最も危険な罠、それは不発弾。
  たくまずして仕掛けられた地中の闇に眠る殺し屋。
  それは突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。

 
             . :. ―――――‐ :. .       
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、     
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\
        :. :. :. .. ..                    ヽ   わかったよソーニャちゃん
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ  じゃあ早速行ってくるね!
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<              __
                                    /     ` 、    
                                   , ´       \  
                                   i            ヽ
                                   ! _ ノ ヽ、_ _    i
                                   |( ●) ( ●)    | 武断派の諸将が
                                   (_   人    )   i やる夫様を襲撃するかもしれないという
                                   { ̄    ̄ ´     ,! 情報を入手しましたので。
                                   `、     イ   i
                        .               冫┬‐´ ノ/, ‐',~‐'〈__,,,,,___   
                                  r‐、/ ,イl、/, '´   ///   ヽ_____ 
                              _, --‐‐ヽ()l// ll_,.'´   .//゛l lr‐,,-‐'__,,_,, 、`)
                             r'  /‐ll=ll‐i│./"    //oキ//〈‐'´)( )/l,
                             l=キ 「:::::::::lZ====zz//yノ//⌒ヽー‐'´___/ ,l
                             l___「 l====l      // o///( ヽヽ、  / l
                              l__l l:::::::::::l      l l jf//zzzzヽ `l_l/ /´〉
                              l/  l≡≡lzニニニzz.//kp/ l l llヽ{ニl_l ,/ /ヽ,
                             /  ノiiiiiiiiiil      l l() /l l l  ゙ヘl  l_l./ / l
                             l   〈ーーー'        ̄`´l l l ヽ  \  l_l/ l l
                            /   l             \\  `l  l   l_l //l

486>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:50:54 ID:qBzlzFHc0

 >:. :.  ̄ ̄ ̄ :. :.< ___
 :. :. :. :. :. :. :. .. ..   :. :. :. :. ∠_
 :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. ..  :. :. :/
 :. :. /:. / /:. / ヽ : }\:. .. く
 :. / /―//‐ '   V   \:. :. \ _.  __L _L  /  i  ̄フ Z 
 / .ィ==ミ、     ヽ  ヽ:. :. :.ヽ    父 | |  レ ノ  (   o) W
    |:::::::::::/      _ \ V:. :. :. \  
 /):::==ミ       ィ=ミ、 }:. :. ミー'    __L _L  /  i  ̄フ Z
 . ク  _、        |:::::::/  /:. :. :l        父 | |.  レ ノ  (   o) W
 、)  / \       =ミ:: /:: :. :. |
 、  {     マ      「「∨):. :. : |
 : \ 、._ノ      「 、  フ/\|
 : :/>: . . ___ . ィ :〉._ノ:/             
 <: /レヌフl:>V、V_∨: : : : :|              
 : / /:/ / |: : : : : /: : : : : /  
 / /:/ /: <: /: : : : : : : : /    ここ伏見は巨大な粘着荒らしの街。
 _ノ:./ /: // : >―‐ ´     そこかしこで、信管をくわえた不発弾が目を覚ます。
 : ノ ノ/: //
                   次回「荒し」。

                   やる夫も、巨大な不発弾。
                   自爆、誘爆、御用心。

487>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 22:52:09 ID:qBzlzFHc0

 今回投下分はここまでです。

 二話分まとめて投下したので結構な量ですが、
 お付き合い頂いた皆さんありがとうございました。

488名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 22:57:10 ID:iJJ6ig1g0
つーか秀吉の葬式正式な奴結局やってなかったはずじゃね?

489>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 23:01:21 ID:qBzlzFHc0
>>488

私も気になって調べて見たのですが、
この後の三月ぐらいにやったという説がありました。

但し、時期的に非常に立て込んでいた時であることと、
秀吉クラスの本葬やってたらもっとハッキリ記録に残るはずなので微妙です。

少なくとも通常規模ではやっていないでしょう。

490>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/14(月) 23:14:48 ID:qBzlzFHc0

明日早いのでこちらそろそろ落ちます。
次回投下は週末を予定。

それでは皆様おやすみなさい。

491名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 23:18:47 ID:HgOTzPsg0
乙でした
背広組と制服組の対立はいつの時代も変わりませんな
(三成は背広一辺倒でないけど)

492名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 23:58:48 ID:grEfsgto0
武断派は5奉行になれる事務力あったのにそのかわりに地方で大封諸侯やってる人間だからな
中央の政治にかかわりあいたいという切実さと武力を持ち合わせる

493名無しのやる夫だお:2013/01/15(火) 02:44:25 ID:2yEaR5qE0
織豊政権の幹部連中は基本文武両方こなせるエリートぞろいだからな
脳筋筆頭と思われがちな佐々や柴田でさえ行政能力は一級品だし

494名無しのやる夫だお:2013/01/15(火) 13:50:04 ID:8AK7U3PU0
そういえば三成って秀吉の形見分けでやらかしてたな

495名無しのやる夫だお:2013/01/15(火) 18:58:22 ID:x7JNij..0
※492
三成自身も九州の大封を断って、中央の役職に拘ったからな。
中央政治をとるか、地方の大封をとるかはかなり難しい選択肢だろうな。

地方とは言っても、唐入りすればさらに莫大な領土が見込めたわけで、
それを断たれた者は自業自得とは言え、中央政治に留まった者を羨んだだろうな。

496名無しのやる夫だお:2013/01/15(火) 19:29:48 ID:1uaLGLnA0
五奉行って言っても前田と長束は専門技能職である種換えがきかない部分だし
浅野は秀吉の親族、増田は政権内での先輩で共に武功有り
武断派にとって五奉行の中でとって替われる位置にいて批判しやすいのは結局石田だけなんだよな

497名無しのやる夫だお:2013/01/16(水) 22:48:11 ID:hhb2S9vE0
加藤清って誰だよwww

498名無しのやる夫だお:2013/01/18(金) 19:43:59 ID:vQI.lRbU0
でっていうへのナチュラルな見下しっぷりがやっぱ「三成」って感じ

499>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 10:46:58 ID:I2M0nnZM0
>>497

ご指摘有難うございます。
アタックチャンスの人みたいになってました。

って事で
>>470 差し替え。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 アイツ
  ↓
 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ   またやりやがったな
 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  この薬屋があああぁぁぁぁ!
 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  仏のバチが当たるぞおおぉぉぉぉぉぉぉ!!
     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
 >      イ{     //: : /| /
 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
 レ   ___  V ハ    V         ヽ
 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
   V   /   // ハ     \        ハ
 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム
 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
 [加藤清正(肥後/20万石)]
 虎退治でおなじみの猛将で武断派の筆頭格。
 結構遠いが豊臣秀吉の親戚であり、幼少の頃から秀吉に育てられていたため豊臣家への忠誠度は常に100である。
 やる夫と同じく秀吉の小姓上がりだが、他の武断派と同じく文治派のやる夫を憎んでいる。
 
 また、後から豊臣家に入ってきて何かと競り合う小西行長にも同様の殺意を持っているが、
 法制度に疎い(というか最初から法に訴えるという発想が無い)為、訴訟争いにはことごとく負け。
 そしてこの訴訟にはやる夫が大きく関与しているため、ついでに文治派への憎しみも募らせている。
 そういう意味では、この時代にありがちなリストラ軍人の悲哀を良く体現していると言える。
 
 尚、虎退治の伝説とか身長が190cmあったとかで小西行長とは逆に武勇一辺倒と思われがちだが、
 築城をはじめ内政にも十分な能力があった。

 肥後の治世はやる夫の佐和山と並んで当時の理想と言われていた。
 また、彼が作った熊本城は、280年後の西南戦争で西郷軍の猛攻に耐え切り、
 政府軍の勝利の一因となった程の名城である。
 ちなみに通称は虎之助。

500>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 10:48:47 ID:I2M0nnZM0
第五部投下は
本日の20:00を予定です。

是非ご覧下さい。

501名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 12:33:01 ID:we2o3ZeU0
把握

502名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 15:50:50 ID:FqXfS8UE0
把握、
ここでの家康のイメージが、三成やる夫の主観でしかないのが面白いなあ。

三成が「なんで俺みたいな小大名が、豊臣の行く末みなきゃいかん、徳川さまに任せよ」
って発想しても誰も責めないのに、いい意味で賢くて義理高いバカな人だったと思う。

503>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:00:00 ID:I2M0nnZM0

         石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです
 ┏┓                                            ┏┓
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
 ┏╋────────────────────────────╋┓
 ┃|                                            |┃
 ┃|              ■第五部 「荒し 」                      |┃
 ┃|                                            |┃
 ┗╋────────────────────────────╋┛
 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ┗┛                                            ┗┛

504>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:01:31 ID:I2M0nnZM0
 
 やる夫が博多で撤兵作業していたその頃。
 
            ___...  -―…―--
            >              \
 .          /                 ヽ
 .        /          .|   .!         ',       ∩___\\
         / ,     |   |.  :|\   /     !_____ ⊂ r┐!
 .       // | :!.    !  ./!   |  ヽ ./     \|:::::::::ノ  ∪ ∪   
           | |   :| /-|   :! --V-\.    \<
           | |   ./V_八   ! ______ .!   厂「.トヾ   ⊂~,⊃
           | |ヽ /.{ {:::::::}`\ !. {::::::::} } !  ./∨ !  \ ⊂ニ' 'ニ⊃
           八ハ Vハ弋:::ノ   .. 弋::::ノ .|ハ/ .| .| |      ノノ  ∩_
 .             |  }           .| /_ノ ! !       ⊂, r-,ノ
 .三三|}           | 人.         ,,イ/   .| |         ∪
 .////||           | |.| | >- .┬`.r< /\r     | |
 .////||           | |_Vノ     !イi}∨  ハ .    ! !
 .////||.       .< ̄~       /:i:|     V  | |
 .⊂⌒`―――――‐.\    !/  /i:i:i| V    ';  | |  今度は何の用だやすな。
 ///` ._________._ \  i  !:i:i:i:|  !.    .〉 | |  まあ要件は大体察しがつくが。
 ////し         | | `√!  |:i:i:i:|   l.   ,ィ  .| |  
 .////||.        .| |   |  |:i:i:i/   \/ .|  ! !  
 .////||.        .| |   /  `¨     ||   |  ! !

505>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:02:05 ID:I2M0nnZM0
 
 
          . :. :. :.  ̄ ̄ ̄ ̄ :. :. :. .      
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\      
       . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\    あれからずっとソーニャちゃんの言うとおりやってるのに
      /:. :. :.   :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  ヽ    全然効果出てないんですけどー?
     ./:. :. :. :. :. :.    :. :. :. :. :. :. :. :.         
     :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.         |       . :  こっちから出向いてやったりしてるのに、みんな愛想悪いよ?
    ,:. :. :. :. :. :. :. :. :// :. /|:. :. :/:. :.ハ:. :. :. :. :. :.|:. | 
    /:. :. :. :. :. :./:. / /:. :.' | :. /.| :./  :. :.|ハ :. : |:. |  
   ./:. :. :. :. :. :.:/:ノ .//ヽ、.|:./_, |:/、_.メ:|  :. :ハ:'  
  //:. γミ|:. /  ―┬:::::::::┬     ┬::::::::┬V:. :.{  
   :. :/::{ ( |:./    _⊥iiiiiii⊆     ⊥iiiiii⊆_ ハ:. :ヽ 
   |/{:: :ヽ |/  , :.―: 、           , :.―:〈:: Vー' 
     Vヘ:: ::ー{ {:.:.:.:.:.:.:}        {:.:.:.:.:.:.:} : |   
        ∨γ:、 ー― ' 、       , ー―ノハノ    
        / ヽ  ̄ ̄ ̄ ぅー――‐ ヘ ̄ ̄∨      
        ノ    /     ハ   ∨  }          
      /     .}    |/|   |  〈          
      \      /    |/|   |ノ
        '\   /     .|/|   |    〉
      |   Y        |/|   |  /

506>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:03:24 ID:I2M0nnZM0

 
       . :. ――― :. .
     , :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : 、       島津義久呼んだ時なんて、工作に一月かかったのにお返しもない。
    /:. :. .. .. .. .. .         \      あれだけ美味しいものとか取り寄せたのに。
  /:. :. :. :. :. :. / \ :. |ヽ :. l:. .. .. .. ヽ
  /:. :. :. :.l:. : /_ ノ ヽ:|ヽ\|ヽ:. :. :. :. \  
  :. :. :. :. :|/ __ニ     ニ__  \:. :. :l    というか、ものすごく迷惑そうだったんだけど?
  |:. :. :. ノ, , ̄         ̄  {:. :. :|   
  |:γ:l:.|      ___     V :. |    他のところでもほとんど歓迎された覚えないなー。
  |:.{ ^|:.|     /     ヽ     }:: ::|    やる夫の悪口とかで盛り上がったのは結構多かったけど。
 ノ: ヽ.|:.|   /       /⌒ヽ/ : 八    やる夫って随分嫌われてるんだね?
  { :: 人|、  {     γ r } ) ) ) ニT
  ∨ヽ :: > ⌒\__ヽn nnn.ノニ」
   T.ニ ( ( ( { r ヽ乂ノ ヽ   ノ      
   .Lニ、nnn nノ ハ.  l   {       
      レヽ   ノ .|:.:|.  |.   }      
     |/   .}  |:.:|   、_ノ
     {    /   V    |
      ーr '        |

507>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:04:39 ID:I2M0nnZM0
 
            _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,  
 .     /               ` < ´ ..  このへんはさすが現政権と言ったところだろうな。
 __ /      j     }     ヽ   今お前と仲良くすると反政府活動になるから嫌がってんだよ。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   このクラスは思ったよりも清純派の女が多かったってことだ。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、} 
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   大名同士で同盟組んだりしちゃいけないって事は前に話した通りだしな。
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   「傍輩徒党を立てず」っていう言葉でちゃんと法律化されてる。
     | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    
     | 八  l|"         " }|     そんな中で派手に派閥活動やってるから、テロリストと思われてるんだよ。
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     私達は。
     | l    { ,く \_下、 ´   lN     
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|      
     | |  /  {   |∧   ヽ l|      
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|     
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ      
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉    
     | | └く  `´     ヘノ  }

508>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:05:07 ID:I2M0nnZM0
 
 ――――――――――――――――――――
 【審議中】
 ?   ∧,,∧  ∧,,∧  トクガワキタヨキノウ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ アーウチニモキタ!
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u' アレッテヤバクネ?
 ――――――――――――――――――――

朝鮮出兵とかで色々失敗してるけど、現政権の支持者も結構多いってことだ。
まあ確かに内戦状態は終わったし治安も劇的に良くなったしな。

それに10年以上も政権担当してただけあって奴ら法律とか制度を作るのがうまい。
こういう事態をかなり前から想定してたんだろうな。

これは豊臣政権が作った結界、それか罠みたいなもんだな。

509>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:05:53 ID:I2M0nnZM0

    \___,. -''"' 、-―‐-- ._
     >             \      法治国家における法ってのはある意味軍隊や城塞よりも厄介だ。
    /                \     私も少々楽観視してたかな。
   / //   / |   |     \  l三三l
  /  / /  /| / |  | ', |  ', ', ̄ |ヘ    今更だが、北斗の拳状態はもう終わってるんだ。
    l |  / レ .| /  ', | ', | ',  | ヘ   戦国の世は終わって本朝は法治国家になっちゃったんだよ。
    .| /| /_____ ∨  __ |', ', /  .ヘ
    .レ .∨l |.;.;;|     |.;;.;.|  | ゞ| \ .ヘ
    ./ / /. `-´      `-.′ .|.| ./  ヘ  |
   / /  ト ._       〝 _.|.|´    .| |
   / /     ""' ‐-‐ '''""  .レ     | |
  / /       /.:||||レ.ヘ         | .|
  | |       /.:', |||/.:.ヘ         | |

510>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:06:46 ID:I2M0nnZM0

     .   .. .: .: .: .: ./.: /.|: .: / |: .: .: ハ.: .: |.: .: .: ..  .   えー。
   .  l : .: .: .: .: .: .: 〃.:/ヽ|.: /_. | .: .:/_ ノ.: .:|ハ .: |: .: .: l   じゃあダメじゃん。
   .  |: .: .: .: .: .: .://:ノ  |:/   | : /    ヽ:| : .: .: .: . | 
   .  | .: .: .: .: .: / ____ニ   |:/ ニ___ V.: .: .:.|  折角毎日食パンくわえながらお城まで行ってるのに
   .  : .: .: .: .: l: | {:::::::::::::}       {:::::::::::::}   ' .: .: .: .:.   誰とも曲がり角でぶつからないし。
     /: .: .:/⌒|: |. 弋:辷ク        弋:辷ク  ノ : .: .: .: .:.  
   .ノ:ノ:: .:{ (.|: | , ,  ̄         ̄  , , { .: :: .: .:}、}  このためだけに何回転校したと思ってんの?
     { :: ::ヽ. _|: |                  }: :: :: ::
      :: :: :: ::八:| 、                  ノ:: ハ:: :/
       :: ::ハ:: :: :: ::> 、   , ― 、   , イ :: / ∨
      ∨  ∨ ∨∨ヘ≧=:r ェ‐ェ‐r=≦∨∨ ∨
               /: :/: :|ノ又ヽ|: ヘ:\
              / : : /: : :| //ハ. |: : ヘ : \
             ハ : : :> : | |// | | : <: : ハ

511>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:07:24 ID:I2M0nnZM0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      フリー         フリー       フリー
       _           _           _
     <7´   `Z>      〃   ヘヽ      .,'´r==ミ、
     <仆 |/|/Vハ>      li jノ|/゙^リi      i 《リノハ从)〉
     /八(|.゚ -゚ノl |      イ!i(l|´ヮ`ノト     从(l|゚ ヮ゚ノリ
.   // く7〈〉i>l |       リと7〈〉iつ      ⊂lj京iつ
   {/  く/儿〉|ノ      ((y</儿〉         ぐ/_l〉          
         しU           UU         し'ノ           

     留学中でお預け                 ↑チャンス!  
      /  ̄  ̄ \              ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /  ::\:::/::  \       .    /          \   
   /  .<●>::::::<●>  \.        /  ∧ ∧、_,ト、   \  
   |    (__人__)     |     _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >
   \    ` ⌒´    /       /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   | 
   /,,― -ー  、 , -‐ 、       ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   | 
   |:::::: |, -‐ '"      /       |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
    `;ー" ` ー-ー -ー'           Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
      学級委員                イケメン御曹司  
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 学級委員が留学してる間に、
 三人ぐらいは手籠めにしてないといけなかったんだよね?
 確か。

512>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:07:58 ID:I2M0nnZM0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      _           _           _ 
    <7´   `Z>      〃   ヘヽ      .,'´r==ミ、 
    <仆 |/|/Vハ>      li jノ|/゙^リi      i 《リノハ从)〉
    /八(|.゚ -゚ノl |      イ!i(l|´ヮ`ノト     从(l|゚ ヮ゚ノリ
  // く7〈〉i>l |       リと7〈〉iつ      ⊂lj京iつ
  {/  く/儿〉|ノ      ((y</儿〉         ぐ/_l〉          : r:.、
        しU           UU         し'ノ           : |:.:.ヘ
                                            ト:.、:〉:
         ↑チャンス!                            /  / :
      / ̄ ̄ ̄\             アプローチ失敗    .   /\/
     / :::\:::/::  \       .                    /  /
   /  <●>::::::<●>  \.          //−_z            _/  /
   | /// (__人__) ///  |       /.:|/.: //  \       Λ//L/
   \    ` ⌒´    /       {.: .: .: /ィ: : | ̄ ̄ |-:―‐:。<。: ゝ/Λ __
 〔ノ二           二ヾ〕 ))   <:ヽ: .: .: / : : |     |茎≫ : . : . : \//L.    \
  |:::::: |          |:::::::/     \: .:∠: : : ∟ __|< : . : °: °: V/Λ ̄ヽノ \._
  〉:::: |          |:::::/      <: .: rーイ―‐:<: . : . :>――‐- 、:V//    \┘:.:.:.)
                       ∠:_乙.」: . : . : . > ´          ̄       ̄ ̄
 ―――――――――――――――――― ―――――――――――――――――――
 やる夫が居ないのはチャンスなのに
 チンタラやってたら帰ってきちゃうよアイツ?

 これってヤバくない?

513>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:09:00 ID:I2M0nnZM0
 
                       __
       __           ,   ´      `  ー-  __,...ィ
   ,ィ///\     ,  ´          イ⌒ヽ   _,..: '   ・・・やり方を変えるか。
  ////////\_ /                    、 \
   ̄ ̄ ̄\//,:'       ,              }  |  、 、\ ',  この三ヶ月程で分かったが、
    __,./   /       /          /   /   !  ヽヽ ヾ、 豊臣家の存続を真面目に考えてるのは
   ///  /〃     /     /  / /|   /}    |   | ',  やる夫と他数人ってところだ。
 ..〈/ イ  /  !    //    '  / / _| / |   ハ.   }  }  
     '  '  /|  / /   /  /イ   i7ヽ !  /-リ∨ ト、 |   他の連中が私達に好意的でないのは
   / / / i      |  / !  /--rtュtォ、. ! / ィtォァ! /| l !   単に反体制派になりたくないだけの事だな。
   ;' / /   ',   、 | ,イ |! ∧  {::::::::::}  |/ {:::::} !,イ リ リ   
   | |  |   ヽ  /| / | |{/   弋こソ    弋ソ { l/ /   
   { |  |     \{ / {| |            ,  :. /      
   | |  |      \ー | |                人      
   | |  |        ` ヽ {、        _     ィ        
   |   {           ∧!\  rr--´r‐  '´ l/        
   |   /       /:{:::::\ 〉r、-、_j!     /
   |  ,        /::::::::\::::∨∨ハ:::}:',             
   |   {      /:⌒ヽ:::::::::: ̄::\!/|::〉:|

514>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:09:42 ID:I2M0nnZM0

            _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,  
 .     /               ` < ´ .. 
 __ /      j     }     ヽ    だから
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ    やる夫が帰って来るまでに
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}   何とかしなきゃならないのは間違いない。
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }     そして今のやり方じゃおそらく間に合わない。
     | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    
     | 八  l|"         " }|       それが分かったってのは十分な成果だ。
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     
     | l    { ,く \_下、 ´   lN     
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|      
     | |  /  {   |∧   ヽ l|      
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|     
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ      
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉    
     | | └く  `´     ヘノ  }

515>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:10:32 ID:I2M0nnZM0

 
     /.: .: .:     .: .: .: |    ー\:|  \| \: .: .:_.: .: ヽ 人 ヽ  フ
    ./.: .:     .: .ハ.: .: .:|      __      ヽ.: V ヽ:: У:ヽヽ /
   /.:    .: .: ./_ノ、: .:|        ―――――  V.:V .}/: : : : :)У
  ./    .: .: .: .:/   \|           __ ' ' V V: : : : : : /
 ノ_.ノ.: .: .: .: .: .:′   //          (__)   ∨: : : : : :/
   : .: .: .: .: .:V     /                   ': : : : : /
   |.: .: .: .: .: .|  /                       /: : : : :/      じゃあ遂に武力行使するんだね!
    : .:ハ.: .: :: |ヽ   /^)              .: : : : : /       待ってました!
    ∨ .: :: ::{ハ   (_./     (⌒       / : : : : /_   
       ヽ:: :人  .             て_ノ   /| : ヽ : : :{\:::∟    アレから考えたんだけど、
    r‐<ヽ\:: :: ーヽ、               , イ:┬| :∠: : : : : : ヽ:::∟   やっぱり動員は3.5人ぐらいにしよっか?
    乙 ヽ 「「  ̄ ̄ : >: . . ___ . . :</ヽ/ハ |: : :/ : : : : : : :|::::::/  100石あたりで。
    乙  |.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:_ \.|/ハ|: :/ : : : : : : : :|::::::ヽ
       ̄└ ―――――― - ミ: : : :/: : :\/|:/ : : 〃 〃: /::::::::」\
                       ヽ、:  ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : :/::::::/ / >、
                      }: : : : : :=: : : :|\:_:/::::::」 \/ノ ハ
                       く\ : : =: : : :丿:::::::::::::/    ヽ辷.ノ
                      ∟::::ー―‐:::´::::::::::::/
                        ∟::::::::::::::/  ̄     \
                         |二二|      \   )
                         |ー‐' |        )  \
                              弋ーフ       \

516>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:11:10 ID:I2M0nnZM0
 
 
                                    `丶、\r 、      {: : : :
                                     \ノシ゚\    ∨ : :
                                       iミトミ   ー=ニ{: : : :
                                    __iミi  \   . : :ヾ : :
                                   ´: : : :\  \. : : ノ:j: :
                                     /:∧: :ト、 : : ヽ  `丶、_ノ :
                                 厶}O∨OV) 八     }: : :
                                   个z呈-彡く      {: : :
                 __ ヘ _                 マ三三三}     |: : :
              く\//<∨∨><                 〈7ニニニニヘ.     {: : :
             く/ /    | 「   ヽ              `TTTT゙´     }: : :
            / /{{ {  :| |乂/∨             ├|├|       {: : :
              / / 丶:{ : :| | |/ )                巳 巳      {: : :
               /     `ァー| L.イ                              |: : :
           / /     〃 ̄| |∨                         |: : :
             |       {{   | | \                        }: : :
             |│    マ   │、_丿                          |: : :
             |│     ,〉 │|∧                         {: : :
             |/       /___,人|/∧                        |: : :
             |      〈 /l /| ̄ 〉                             }: : :
                 `7^7^T T′                       / : : :
                    / ./ │ |                        / : : : :
 
 お前同じこと何回言わせるつもりだ?
 戦争は最後の手段だっつってんだろうが?

517>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:11:49 ID:I2M0nnZM0
 
             ___    _
            ´     `''ー'´/    やり方変えるって言っても今まで通り派閥増やす事には違いない。
   く\   /            \/>  変えるのは訪問する相手だ。
    \\/                く_
      /゚7∨      /|        \〕 今までは豊臣への忠誠度が低そうな外様とかを狙ってたけど、
  〔 ̄_7,/    /   │  ∧     ∨ これじゃラチがあかない。
    / /i厶イ  /l /   |  /    │  | 
   / /八\|  イ ,|/`ー- | '/ ∨     |  多量リスクは上がるが、もっと忠誠度の高そうなのを狙おう。
  ,  /  ∨| / 斤::T::广 |/斤:T::カ / /∨   「アイツが徳川と仲良くしてるんなら俺も良いか」と周りが思うぐらいの奴を。
    /   f∧ |弋(ソ     弋(ソ  ' ハ |  
  ;     ーヘ│ ''          '' 八「│ |  後白河上皇が最初に源義経を狙ったのと同じだ。
  i │       |> _  rュ    イ / │ |   ポジション的に上位の人間が落ちれば、その下は離反しやすくなる。
  | │       | __/「\.不    |/      離反する言い訳が出来るからな。
  | │     /  {  |xく_∧ \_     |    
  | │     /ヘ.   >∨ { |く  ヘ.   | │  
  | │   j.   く  〈 リ /  l   | │

518>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:12:39 ID:I2M0nnZM0
 
             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,  ここからは多少リスクの高いやり方もアリだ。
 .     /               ` <´  エロゲーで言えばNTR展開に近いと思え。
 __ /      j     }     ヽ  まだ武力は使わないがな。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ 
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、 } 朝鮮に行ってた連中が帰って来ることだし、ここからが本番だ。
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   だからもうトースターは捨てていいぞ。
     | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
     | 八  l|"         " }|
     | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |
     | l    { ,く \_下、 ´   lN
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|
     | |  /  {   |∧   ヽ l|
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
     | | └く  `´     ヘノ  }

519>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:13:12 ID:I2M0nnZM0
 
 < あと、ヘンなポーズしても天下は取れないからな?
 
              Λ:>、
            ./: :ヘヽ\
           /: :/ヘ У
             //: ./ヘ
            ./: . /: :/ヘ
           / /: :/: ./ヘ
           У:――――‐:く
        /:. :./l:ハ:. ハ:l、:. :ヘ.  rへ-、 そーなの?
         /:. :r≡≡=≡≡r:. ヘ /ー:r ^
       ノィ:.(}、__.八.__ノ|l):.ヽ: : /
        从::{ヽミ彡-ミ彡' リ:从 : /
    , -r: 、.__V>‐r rッr:<V: : /
    (r_ノ{ : : : : : :ヽ >:|ハ|:<: ://
    笊、 ` ー―‐ ヘ\v/: : }
  .ノノノ }      {: :。: : :。 : {
 くくく _ノ     __ノ(: 。 ー: 。: ハ
       γ´   V//\:ノ、:_:_ 人
         、._ . : :ヽミ////////Λ
            ̄ ̄ |豆トーイ⌒Y
              ー‐'   ノ  |
               /{   ノ
             「{ > ´
             | 豆{

520>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:13:39 ID:I2M0nnZM0
 
 
                              _,.-''':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.\   じゃあ誰狙うの?
           __,.-‐ '''"" ‐ 、     ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ;',  
         ./           `.\   /:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;. |',:;:;:;'\:;:;.ハ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',  ちょっと耳を貸せ。
       /        /|   |    `-.|:;:;:;::;:;|:;:;|',:;:;:;:;| \:;', .\:;:;.',`、|:;:;:;:;:;:;;:;:;', 
      /  /  / ./| / .|   |',     .| |:;:;:;:;||:;.| ',:;:;:;|  /‐‐‐\', |:;:;:;:;:;:;:;:;:;| やる夫の間者とかが
   __.|  /  /| ./ |/ \ |  ./ .',  |  |:;.|:;:;:;|\|_ \| ~ ./ ̄`',`、 |:;:;|‐:;:;:;:;:;;| 居るかもしれないからな。。。
 . ヽ三ニ| | /|/ | ̄ ニ'''-、 | / ___|_ ./|   | | | r =ミ  `  .l:;:;:;.oノ  . .|:;:;|:;:;:;|:;:;::;|
    /  | .| /   l |o:;:;:;.|  |/   レ`.|  | | .| .| | |:;:;o',    ` ̄ヽヽ  |:;/:;./:;:;:;:;| \
   ./   〉レl .|    `'- -'    冫ニ-、 |  / .|| レハ`ヾ_ノ .、         レ-:;:;:;:;|',;;.|
  /  ./l  | |  ヽヽ       |o:;:;| / | ./ .| | |∧|| ヽヽ     /   /:;:;:;ヘ、| レ
 . |  ./ \| |           ‐‐′/レ |./ / |;:;|.ト _     ‐ ´   /‐"~l/
 .|  /    レ\    _ 、   ヽヽ .l |  レ    |;.|  l`  ‐ --‐ '''><´ /~""'''‐- .
 .| ./       .\  ヽ- ′    ノ/|   |    .レ  ',/',/   /||l|〉 /    /   ',
 .| |         |`  ..___ . -‐<レ  |  .|  |.\      _,-´ /~|     /     |
 .| |     __,,.. / > ,-'  \      |  | .r..| r`  ̄~ヘ ./    ||l||   | /      |
 .| |   r‐‐"   レ|__.∧ , -'" "'''-、  |  | \|  l ̄_  ヘ,  |   |l|l||   .|       |

521名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 20:14:01 ID:yijJrRGA0
義経は政治的寝技がもう救いようがないレベルで、その下は続いて離反するどころか、
逃げ出して頼朝にチクるか首をかっ切りに来てたねえww

522>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:14:03 ID:I2M0nnZM0
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌──────────────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│   ただいま密談中です     │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│     now mitsudaning...      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└──────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

523>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:15:30 ID:I2M0nnZM0
 
             . :. ―――――‐ :. .       
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、     
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\
        :. :. :. .. ..                    ヽ  
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ     わかったよソーニャちゃん!
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ    じゃあ早速行ってくるね!
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ
             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\

524>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:15:50 ID:I2M0nnZM0
 
                        ,-、   ___
                         |//〉  ///
             ,   ´  ̄ ̄ `丶、//,..、///     一人で行っちゃったけど大丈夫かな?
  //\  ,  ´            _  `   \'
  \/,.-∨     ,.、     ´ \    `ヽ、    まあ何だかんだで大きな失敗したのは三方ヶ原ぐらいだからな。
  _/__ /     /        /   |     、__\__  いつもあんなだけど、将才はそれなりにあるってことだろう。
 //////)   /      ,.   ∧   |  :.   ':, ̄´
 ´/  /     '       ,〃 /  |  }!⌒|i   |  ',   細かい折衝や外交とかもちゃんと教えればその通りに出来るし。
  ' / !    /      /,/-/   ! ' \ {ヽ |   |   よくわからんヤツだ。
 | | ∧.  / ,.イ   // /イ     |/ _,.ィ、| | |マ }  
 | | | {  |/ | /{' __,.ィ ̄   f)刈 } ハ/ }/ 
 | | |  \ ,-| /{   f_ノ刈     弋ソ   .  /  
 | | |   Y {ハ |  弋f)ソ      '     }    
 | | |    \__| !               人      
 i Ⅳ        リ 、       , -   イ      
 | i{          ≧=r---r-  ´ | i |      
 | {          /:::----:::::::>、 | i |      
 | |      ,.イ:::::::/::::::::::::::::ィ´::`ヽ i |

525>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:16:18 ID:I2M0nnZM0

 それに異常に運もいい。

 今回もそうだが、敵対勢力がいつも自滅したり他の勢力に滅ぼされる。
 今川、武田、敵じゃないけど信長公、蒲生氏郷とかもそうだな。
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
  |/|               ___ __    r‐、、       |
  |:こ================={.  }=」=====〉、_)=========|  ブ
  |/|          . ィ:−:イ、}=:{=:{    /、 〃        |  タ
  |/|      )'.: .:>uーヘ|: : :|: :|.   〈 〈〈.        |  の
  |/|       /.: .: ミ}lll   |: : :|: :|.   ヽ ヽゝ、    <  丸
  |/| ニ    : .: .: .:>   j)| : 亠亠:≠{ニ{:ー┘::|     |  焼
  |/|   ヤ   |.: .:< }lll  u(: : : : : : : } {ニ{:::::::::: |     |  き
  |/|     ッ ノ.: .: .: ミ、 _u ノ\: : : : : : :}ニ}:::::::::/       .|
  |/|       ^ヽ: .: .: .:ー'.:、| ` ー‐≠亠‐ '        ヽ、___
  |/|         \:|\:ハ:|                      |/|
  |/|                                |/|
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 あまり言いたくはないが、天下取る人間の運ってのはああいうものかも。

526>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:17:20 ID:I2M0nnZM0


 、_ /    /     |                  ヽ    ∨///}
.   /    , /    |  {     ,              ', ,  ∨//
  /   ,.イ ,    |  ,|     |、            ∨ _,.. Ⅵ/
. /  / ,' |     ,i / |     | \    |    i:   ト ∨   |      ・・・今日のところは一人で行かせよう。
 |: /   '  !    / {`ト、{i    |   ヽ_  {ヽ   |   | \_、 / }
 | /   !  |i  /  | |  ∨   |  ´ ∨ | ∨ i   |   ' '      まず問題ないはずだ。
 {'     !  {  / __リ   \  |     マ }  ∨ Ⅳ .!  / /  /
      |  Ⅵ | ん圷ミ  \{  ,..ィテて圷ミⅥ ∨ |  / /  /
   ,.ィ |   /!ハ { {:::::::::ら    \  {::::::::::::ら } ' ,Ⅵ、  / ' ,
  // { / Ⅵ  弋こソ        弋こ(_ソ / /ィ},ハイ / /
//  Ⅵ' ´,{        ,              / /}'  }// /  /
/  イ    人                     { /イ  .人, /  /
 /     //       _          ,| /-- ´  / /  /
´       {/    >  _  `    ,.... イ j/    / /  /
        /__,......::::'/:7 } T = ≦ ' /:::{ /      i ,  /
      ィ:/:::::::::::::::::/::/ィ-、  ̄´  /:::::::ト、     | ;
      /::/::::::::::::::/::::::{ ∨//}   /::::::::/:::::::\   | | {

527>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:17:55 ID:I2M0nnZM0
 
 ー伏見ー
  
 .                  {}
                  ,r'A':、
                ,r:'"/\`':.、
 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
            |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
           ';王王王王王八王王王王王ヨ
            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ
 
       ____
     /      \   ふーやれやれ。
   / ─    ─ \ やっと帰ってこれたお。
 /   (●)  (●)  \ 
 |      (__人__)     | 三ヶ月ぶりの上方だお。
 \     `⌒´    ,/  博多じゃ一蘭食いそびれたけど、上方だとやっぱり天一かお。
 /     ー‐    \ 賛否両論あるからひとりのとき以外行きにくいけど。

528>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:18:31 ID:I2M0nnZM0
 
        ___
      /      \     博多ではお土産買うの忘れてたけど、
     /   ⌒   ⌒\   船の中で華僑のおっさんから良いもの買ったお。
   /     ,(⌒) (⌒)、\ 
   |     /// (__人__)/// |  明国産のお土産だから、やる美もやらない夫も喜んでくれるハズお。
   \      ` ヽ_ノ   / 
     ヽ    , __ , イ
     /       |_"____
    |   l..   /l´冷凍餃子`l
    ヽ  丶-.,/  |_________|
    /`ー、_ノ /      /

529>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:18:56 ID:I2M0nnZM0
 
 <おかえりなさい
 
      ____    ━┓
    /      \   ┏┛ その声はやらない夫かお。
   /  \   ,_\.  ・   まだ伏見の手前なのにどうしたお。
 /    (●)゛ (●) \    
 |  ∪   (__人__)    |   てか何その格好?
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

530>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:19:23 ID:I2M0nnZM0
 
 
                    __
                    /     ` 、     護衛に決まってるでしょ。
                 , ´       \   政情的に考えて。
                  i            ヽ
                 ! _ ノ ヽ、_ _    i
                  |( ●) ( ●)    |  加藤清正、福島正則をはじめとした武断派の諸将が
                     (_   人    )   i  やる夫様を襲撃するかもしれないという情報を入手しましたので。
                 { ̄    ̄ ´     ,!
                  `、     イ   i
 .                    冫┬‐´ ノ/, ‐',~‐'〈__,,,,,___   
                 r‐、/ ,イl、/, '´   ///   ヽ_____ 
             _, --‐‐ヽ()l// ll_,.'´   .//゛l lr‐,,-‐'__,,_,, 、`)
            r'  /‐ll=ll‐i│./"    //oキ//〈‐'´)( )/l,
            l=キ 「:::::::::lZ====zz//yノ//⌒ヽー‐'´___/ ,l
            l___「 l====l      // o///( ヽヽ、  / l
             l__l l:::::::::::l      l l jf//zzzzヽ `l_l/ /´〉
            l/  l≡≡lzニニニzz.//kp/ l l llヽ{ニl_l ,/ /ヽ,
            /  ノiiiiiiiiiil      l l() /l l l  ゙ヘl  l_l./ / l
           l   〈ーーー'        ̄`´l l l ヽ  \  l_l/ l l
           /   l             \\  `l  l   l_l //l
          l    l               lll ll lヽ  l   l_ll' l

531>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:20:03 ID:I2M0nnZM0
 
 
      ____
    /      \    マジかお!
   /  ─    ─\   虎之助がこっち帰ってきてまだ二日ぐらいしか経ってないはず。
 /    (○)  (○) \
 |       (__人__)    | アイツ豊臣一族には忠誠度100だから、まずそっちに挨拶しに行くはず。
 /      |!!il|!|!l|  /  高台院様とか太閤さんの墓とか。それだけでも二日ぐらいはかかるはずなのに。
       |ェェェェ|     ていうか、いくらやる夫を嫌いだからっていきなり襲ってくるはずないお。

532>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:20:39 ID:I2M0nnZM0
 
                / ̄ ̄\  その高台院様を訪ねている最中に家康が割り込んで来たそうです。
             /  ヽ、_  \ あくまで偶然って事になってますが。
            (●)(● )   | 
            (__人__)     |  高台院様のところには家康も頻繁に出入りしているので不自然ではありません。
             (`⌒ ´     |  そこで何か工作されたのは間違いないでしょう。
     .        {           | 
             {        ノ  
              ヽ     ノ   
              ノ     ヽ   
               /      |

533>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:21:52 ID:I2M0nnZM0
 
      ____
    /      \   そういうことかお。。。
   /         \ そりゃ完全にやすなの工作だお。
 /           \
 |     \   ,_   | やる夫も帰ったらすぐに虎之助には会うつもりだったけど、
 /  u  ∩ノ ⊃―)/  完全に先越されたお。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |  こんなの偶然な訳ないから影の軍団とか使って虎之助の居場所とか調べてたんだお。
   \ /___ /
 
   ______________________
   │       バリバリ∧_∧                . │
   │           ( ゚ω゚ ) 結束破るぞー   . . │
   │ __∧,_    C□ l丶l丶  _______________      .│
   │  ̄ ̄` '` ̄ ̄  /  (    )  ̄ ̄ ̄∨  ̄ ̄    │
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ____
              /      \     まーいくらなんでもタダ嫌いってだけでやる夫を殺しに来ることは無いお。
             /         \
           /            \  とはいえ、こういう噂が出てる時点で大打撃だお。
           |   _,   /        |  今回噂になってる連中はやる夫に敵対するって宣言したようなもんだお。
           \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
             |  | ゝ_ \ /  )   地球連邦の中にエウーゴが結成されてしまったお。
             |  |__\  ” /.   やる夫はさしずめティターンズだから、こりゃ完全にグリプス戦役だお。
             \ ___ \ /     ってか徳川はアクシズで豊臣家は地球連邦かお。

534>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:22:34 ID:I2M0nnZM0


    / ̄ ̄\   日和見の大名はコロニーとか月の都市群ってところですか?
  /   _ノ  \  宇宙世紀的に考えて。
  |   ( ●)(●) 
 . |    (__人__) アナハイムエレクトロニクスみたいに両方に武器供与している連中も居そうですね。
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         } まああまり上手いこと言ってる場合ではないと思いますが。
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ 
    .>    <

535>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:23:02 ID:I2M0nnZM0

 [ソーニャの罠 その①]
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 武断派を優先的に調略する。
 その上で彼らがやる夫を襲撃するという噂を流す。
 噂の真偽に関わらず、「文治派VS武断派」という豊臣家中の二分化を印象づけることができる。 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ,   -――――――‐-  、
         ,                   `丶、
        /                     \
      /                        \
     /       l                      ヽ
             ハ      l 、     l   l         .
     |       .l  /  、     | \   |、  |          |   _|_ _|_          ___  -―フ
     |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          |   ノ \   |  \ |    \     /   ∠
     |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |    X    |  | |     |    /       )
    ノ     /, ― '      \|   , ===ミ. V      、  / \  |  | \/       \    ○ノ
    /    { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、
   /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ
  //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \   _|_ _|_          ___  -―フ
    |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'   ノ \   |  \ |    \     /   ∠
    |       } / /           ハ      | .// | 、 |       X     |  | |     |    /       )
     .  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .| \|     / \  |  | \/       \    ○ノ
     ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. |
         | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|
         |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \
                /    ./> | ∨ ./ <  /  |
            /    ./\ | ハ/ /  /   .|
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

536>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:23:45 ID:I2M0nnZM0
 
 【 この頃の勢力相関図 】
 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │豊臣家     .  ┌──────────────────────────┐          │
 │           │【豊臣家 本体】.  .         ,゚ー―〜―〜-             |          │
 │           │                    /機能停止状態 / .  .       |          │
 │          │                  /ー――〜〜-'   .            |          │
 │           │             ∧ ∧/        .        .     .     |          │
 │           │             (*‘ω‘ *) ....                 ...  |  . .       │
 │          │             O┳O  )   =-    .    .          |          │
 │          │            ◎┻し'━◎  キコキコ  .         .      |       ..   │
 │          └──────────────────────────┘           │
 │              .    ↑                             ↑                 │
 │               |忠誠    .                        |忠誠       ..      │
 │         【豊臣家臣 文治派】                     【 豊臣家臣 武断派 】     │
 │     / ̄ ̄\                              ,.: ----、__    ,. -―‐‐:、  .  .│
 │   / ⌒  ⌒\      ____                 /:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ .   │
 │   |::::::(●)(●) |   /      \              . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ .. .!
 │   |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \             .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」 . !
 │   |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \   ←───    レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|    │
 │   |::::::::::::::     } |      (__人__)    |    敵 視       レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|     │
 │   ヽ::::::::::::::     } \    ` ⌒´    _/               ∧`r<´   |:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|    .│
 │     ヽ::::::::::  ノ   |           \   ───→   .   /\__∧  |:.:./ |:|└^r┼L    │
 │     /ヽ三\´     | |          |  |  和解を模索                    .         │
 └─────────────────────────────────────────┘

537>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:24:10 ID:I2M0nnZM0

     |           |              .    ↑               . ↑
     |           |          .        |豊臣は全部コロス    . |
     |           |  .                |        . . ...      |
     |           |              【徳川家】        .  .    |
     |   .  危険視   |             ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ            |文治派との抗争を   
     |  封じ込めたい.|       .    /          \      .     |    煽り
     |           |          /  ∧ ∧、_,ト、   \   ..     |
     |           |       _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >      .|
     |           └───→  /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   | .────┘
     |                   ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   |
     |味方につけたい           |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
     |                      Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
     |                       (uuイ〉`八Π八    |
     |                       ├―| \∨/   |
     |                    一応現体制の一員ではあるが
     ↓                        事実上の敵対勢力
 ■その他大名家                        |
  [日和見中]                        . |味方につけたい
     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧      ↓
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ボクタチツヨイホウツクヨ?
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧ セーサクトカワリトドッチデモイイシ?
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) トリツブシハカンベンナ?
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
        u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
            `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u' チャーハンツクルヨ!

 #容量オーバーしたので分割してお届けします。

538>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:24:59 ID:I2M0nnZM0
 
                    __
                    /     ` 、   それともう一つ。
                 , ´       \  残念なお知らせです。
                  i            ヽ
                 ! _ ノ ヽ、_ _    i
                  |( ●) ( ●)    | 
                     (_   人    )   i 
                 { ̄    ̄ ´     ,!
                  `、     イ   i
 .                    冫┬‐´ ノ/, ‐',~‐'〈__,,,,,___   
                 r‐、/ ,イl、/, '´   ///   ヽ_____ 
             _, --‐‐ヽ()l// ll_,.'´   .//゛l lr‐,,-‐'__,,_,, 、`)
            r'  /‐ll=ll‐i│./"    //oキ//〈‐'´)( )/l,
 
      ____
    /      \   まだあんのかお。
   /         \ 
 /           \
 |     \   ,_   |
 /  u  ∩ノ ⊃―)/
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /

539>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:25:37 ID:I2M0nnZM0
 
 
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  増田右衛門尉様が徳川家康の訪問を受けてます。
  |   ( ●)(●) あくまで訪問されただけで何かを約束したとかではないそうですが。。。
 . |    (__人__)
   |     ` ⌒´ノ  突然のことで断れなかったそうです。
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ
    .>    <

  .______________________
 │           ∧_∧                . │
 │       バリバリ( ゚ω゚ ) 法度破るぞー   . . │
 │ __∧,_    C□ l丶l丶  _______________      .│
 │  ̄ ̄` '` ̄ ̄  /  (    )  ̄ ̄ ̄∨  ̄ ̄    │
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ____
                 /      \    ・・・全くなにやってんだお。
                /         \  そのへんの大名ならともかく、奉行が違法行為に関与してどうするお。
              /            \ 立花宗茂なんか、黒田のオッサンの訪問を追い返したってのに。
              |   _,   /        |
              \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ これじゃ他の大名家がやすなとつるんでも断罪できなくなるお。
                |  | ゝ_ \ /  ) 
                |  |__\  ” /. 
                \ ___ \ /

540>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:26:11 ID:I2M0nnZM0

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
        ∠             ´   ,.>  断れない・・・。
 .     /                 ̄`>
      /           ,、      `\ 断れるハズがない・・・。
 .    !             / \    \. トゝ
    │       , ,.イ /、._, uヽ |ゝ、  N  そんな雰囲気、そんな威圧・・・!
 .    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!   
      |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!     例え五奉行の一員であったとしても・・・。
     | |.ト、| | u` ー--‐ " u\ーァ"!      五大老筆頭255万石の誘いは断れない・・・。
     | l ヒ |:|.    u  r __   \l     
      |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′
     ノ     | \     ___  /
 .   /   ,ヘ、  ト、 \ u  ̄ ̄ /l
   /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
   ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
 . /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ'
 /      _..⊥._ \``  |
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 [ 増田長盛 I(五奉行/大和 20万石)]
 五奉行の一人で主坦務は土木関係と言われている。
 豊臣家に入ったのは1572年頃というから勤続年数はやる夫よりも長い。
 やる夫と違って地味ながらも武功があるが、この頃の言動はやる夫よりも遥かに優柔不断である。
 この物語では比較的出番が多いが、>>1的には何故か五奉行の中で最も陰が薄いと思う。

541>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:26:48 ID:I2M0nnZM0
 
 [ ソーニャの罠 その② ]
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 五奉行である増田長盛をアポ無し訪問する。
 突然訪問したのはもちろん計算づくで、考える暇を与えないため。
 相手がびっくりしてる間に屋敷の中に上がりこんでしまえばこちらのものである。
 
 この策も見事に的中。
 突然の訪問だったこともあったのか、この訪問を増田長盛は断れなかった。
 それ以降、徳川家の調略活動はいよいよ活発化する。
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 >:. :.  ̄ ̄ ̄ :. :.< ___
 :. :. :. :. :. :. :. .. ..   :. :. :. :. ∠_
 :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. ..  :. :. :/
 :. :. /:. / /:. / ヽ : }\:. .. く
 :. / /―//‐ '   V   \:. :. \ _.  __L _L  /  i  ̄フ Z 
 / .ィ==ミ、     ヽ  ヽ:. :. :.ヽ    父 | |  レ ノ  (   o) W
    |:::::::::::/      _ \ V:. :. :. \  
 /):::==ミ       ィ=ミ、 }:. :. ミー'    __L _L  /  i  ̄フ Z
 . ク  _、        |:::::::/  /:. :. :l        父 | |.  レ ノ  (   o) W
 、)  / \       =ミ:: /:: :. :. |
 、  {     マ      「「∨):. :. : |
 : \ 、._ノ      「 、  フ/\|
 : :/>: . . ___ . ィ :〉._ノ:/
 <: /レヌフl:>V、V_∨: : : : :|
 : / /:/ / |: : : : : /: : : : : /
 / /:/ /: <: /: : : : : : : : /
 _ノ:./ /: // : >―‐ ´
 : ノ ノ/: //
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

542>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:27:45 ID:I2M0nnZM0

      ____
    /   u \    これはいかんお。
   /  \    /\ 
 /  し (○)  (○) \ 日和見の浮動票が徳川に行き始めるお。
 | ∪    (__人__)  J | アイツらは政策とかワリとどうでもいいから有利そうな方に流れるお。
 \  u   `⌒´   / まだはっきり徳川につこうってのは少ないとは思うけど。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 【審議中】
 ?   ∧,,∧  ∧,,∧  ドッチツク?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ トヨトミケンカシテネ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ イエヤスハフエテルラシイヨ?
  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'ト トクガワ?
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
 【結果発表】
 パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
  [ 秀頼 ] [ 中立 ] [ 棄権 ] [ 秀頼 ] [ 徳川]  [やる美]
   ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
   ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩´ω``)∩・ω・`)∩´・ω・`)
    (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
    `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

543>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:28:22 ID:I2M0nnZM0

      ____
    /      \   まーとはいえここでしょげてても仕方ないお。
   /   _ノ ヽ、_.\
 /    (ー)  (●) \ 一回家帰ってからにしようかと思ったけど、
 |       (__人__)    | こりゃこのまま伏見城に直行だお。
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |  やらない夫、悪いけど増田と長束のオッサン達をお城に呼んどいて欲しいお。
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /

544>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:28:53 ID:I2M0nnZM0
 
 ー伏見城内ー
 --------------------------------------------------------------------------------
                     _
 _____________|_________________/
                     |                       |
 ─┬─┬─┬─┬─────|─────┬─┬─┬─┬─┐ |
   │  │  │  │爻ミ,      |      ヾミミ│  │  │  │  │ |
 ─┼─┼─┼─┤爻爻   <・)こ>≡   ミ爻,├─┼─┼─┼─┤ |
   │  │  │  │爻;ミミ     |       ミ爻│  │  │  │  │ |
 ─┼─┼─┼─┤:ト,,┬┬┬┬|┬┬┬┬,,|::├─┼─┼─┼─┤ |
   │  │  │  │:| ''''',,''''' ,,',,,'''|,,,'',''' '''',,,,,, ,|::│  │  │  │  │ |
 ─┼─┼─┼─┤‐`⊂⊃ (,, ,,,,|,,,,,,), ,⊂⊃,,-├─┼─┼─┼─┤ |
   │∧ ∧ │  │'''''',,,,,'',,,⊂⊃|,,,⊂⊃''''',,,,,,''│  │O ∧,,∧|  │ |
 ─┴(,,゚д゚)‐┴─┴─────|─────┴―┴O(゚д゚*,)‐―┘ |
  ̄ ̄( つ‐OOO ̄ ̄ζO ̄〔 ̄ ̄ ̄〕ζ O  ̄ ̄ ̄ ̄と旦⊂ヽ ̄ ̄ ̄\   |
   〜と⌒))  ζ   __OO_(____)O_O_      (,,,(⌒,ノ〜      \  |
   <⌒⌒⌒>旦 /::::Ol:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::O:::l::::::::\    <⌒⌒⌒>       \|
     ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄
 
 --------------------------------------------------------------------------------

545>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:30:25 ID:I2M0nnZM0
 
      ____   
    /      \    お二人ともお忙しいところ集まってもらって済まんお。
   /   _ノ ヽ、_.\  用件についてはもう察しついてると思うけど、徳川家の調略活動の事だお。
 /    (ー)  (●) \ 
 |       (__人__)    | あいつら最近やり過ぎお。
 /     ∩ノ ⊃  /  太閤さんが亡くなる前に「傍輩徒党を立てず」ってのを五大老五奉行で合意したのに
 (  \ / _ノ |  |   j完全に無視してるお。
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /   これが豊臣家に対する挑戦であることは明白お。

546>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:31:01 ID:I2M0nnZM0

 
                 /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\  
                /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ 済まない。。。
                ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::| これは俺の責任。。。
                 /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
           .       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|  心の準備が出来てなったなんてのは
           .       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l  言い訳にならないことぐらい分かってる。。。
                  !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l 
                  └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l  受け入れるべきだっ…!
                    ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l 
           .        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
           .         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
           .      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
                 /.::://| _,.=7:// /::::::::
 
      ____   
    /      \    過ぎたこと言っても始まらんお。
   /   _ノ ヽ、_.\  別にそれを断罪するために来てもらった訳では無いお。
 /    (ー)  (●) \
 |       (__人__) .  | 問題はこれからどうするかって事だお。
 /     ∩ノ ⊃  /   右衛門尉殿ももし責任感じるなら、徳川に好き放題させないように協力してほしいお、
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |   長束侍従もよろしく頼むお?
   \ /___ /

547>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:32:07 ID:I2M0nnZM0

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
      ____________
     ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡| 
      V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
      / 二ー―''二      ヾニニ┤
     <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|   金は命より重い・・・!
    /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|
    | ===、!  `=====、  l =lべ=|
 .   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|
     |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
     |  /    、          l|__ノー|
 .   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
     |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \
 .     |    ≡         |   `l   \__
     !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
 ‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
  -―|  |\          /    |      |
     |   |  \      /      |      |
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 [ 長束正家 (五奉行/近江 5万石)]
 五奉行の1人で主担当は経理。
 もともとは丹羽長秀の家臣だったが経理関係の能力を買われて豊臣家にヘッドハンティングされた。
 
 秀吉の天下統一後、丹羽家は豊臣家からさまざまな嫌がらせを受けており、
 この頃には元の所領の殆どを没収されている。

 この一環で不正経理の疑惑をかけられたことがあったが、長束正家は丹羽家の収支を全て帳簿に記録しており
 それを証拠書類として提出したことで無実を証明したという。
 サラリーマンとしては実にカッコイイエピソードであるが、彼はこのことによって豊臣家に能力を認められた。
 
 それぐらいなので度胸も十分、秩序を重んじる性格だったためか豊臣方に協力的である。

548>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:32:37 ID:I2M0nnZM0
 
          __________
          .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7 
         .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ     しかし泣き言で人生が開けるか…!
         |三=-::::  "'ー-ー'" \    語ってどうする…?
         |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|    いくら語っても状況は何も変わらない…!
         |/|ニ||::::===。=;; <=。==.| 
        /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|    何らかの策は持ってきているのだろうな?
       / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|
      /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
 --ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
      |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
 .,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
 "/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
 /__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
 ''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
  r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
  ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!

549>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:33:05 ID:I2M0nnZM0
 
      ____   
    /      \    長束侍従殿の言うとおりだお。
   /   _ノ ヽ、_.\  ということで早速本題に入るけど、
 /    (●)  (●) \ まずは徳川がこれ以上悪さ出来んようにする必要があるお。
 |       (__人__) .  |
 /     ∩ノ ⊃  /  問題はそれをどうやって実現するのかだけど、
 (  \ / _ノ |  |   やる夫は秀頼様を大坂に移動させるのが良いと思うお。
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /  太閤さんが危篤だから伏見に来てもらってるけど、もう秀頼様がここに居る理由はないお。

550>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:33:36 ID:I2M0nnZM0
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|      |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
            /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|      |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|
 ___∧,、___/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::| ___. /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"| ___,、__
  ̄ ̄` '`  ̄ ̄ ̄   |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|::::: ̄ ̄ ̄   |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|  ̄ ̄` '`V  ̄ ̄
             !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l      |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

551>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:34:12 ID:I2M0nnZM0
 


        ヽエエエエエエエ〃77,ヘヽ  なるほど、そういうことか。。。
        ,∠_-‐      |/∠=:三| 
      / ̄/へ     |三三三|  徳川家康は五大老筆頭として、伏見で政務を取ることになっている。
     \ `´===。=  .∠≡三三|  これは太閤殿下がご存命の時から決まっていたことだ。
       /  `二ニ   | l⌒iニ三|  家康と言えども無視するのは難しかろう。
 .   ∠ ,- ` ー- 、   |.|こリ:≡ニ| 
      <-ェェェェ-‐ | l ||_ンミミミ|  そして今伏見にいるのは、我々のような奉行衆か、
      [´_        |\゙ミミミミミ|  徳川のご機嫌取りやってる連中だ。
         l     __,,⊥-‐'''´~ ̄| 
 .      └--ァ''"´    ___,,⊥ つまり。。。
       _,∠´-‐''''"~ ̄

552>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:34:45 ID:I2M0nnZM0
 


   `ヽ::::::::::::::::::::::/::::/:|/ハ:::::::::::、:::::::丶丶ヽ 確かに・・・。
  ̄`V′, -‐</:__/|:::::|/  l:::::::::::l\:::::::ヽ丶! 秀頼様と一緒に他の大名を大坂に連れて行くことが出来る。
 ヽ./:/   ! ´\  .|:::::|   !::::::::::!. ヽ::::::l .j しかし家康は伏見から離れられない。
 //    l    丶 .|::::::!   !:::::::::l   }:::/   この状況で家康以外の大名が伏見に残れば、豊臣家への反逆に近い。
 /     !     ヽ!::::::>  ,.l::::::::::!  l:/   
   u    l    ./〉 ' ´ / l::::::::/  ′   つまりこれで家康を伏見に閉じ込めることが出来る。
        ヽ    '′ /   l::::::/        
 _  u        〈    l::/        しかも秀頼様の守役は前田大納言様。。。
 \\             ',.    l´          自然な形で加賀百万石を味方につけることが出来る。
 、. \\    r-.     ',             現時点で徳川家康に対抗できる可能性があるのは大納言様のみ
 、\. \\    、     ',            
  \\ > ^ヽ  ヽ.\.   ',            まさに妙手。。。
    `Y   `ー-`  \.  ',          
 ., 、  ノ           ` '´

553>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:35:10 ID:I2M0nnZM0
 


      ____   
    /      \    流石お二人とも理解が早いお。
   /   _ノ ヽ、_.\  ということで早速、前田大納言様にこのことを相談しに行くお。
 /    (ー)  (ー) \ 
 |       (__人__) .  |大納言様はどっちかと言うと武断派なので今まであまり仲良くはなかったけど
 /     ∩ノ ⊃  /  このところの徳川の悪巧みはかなり問題視されてるとのことだお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   外に敵が出来れば内部は結束するもの。
   \ /___ /   これを機会に和解して共闘すべきだお。

554>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:35:46 ID:I2M0nnZM0


 <ということで前田大納言様よろしくお願いしますお。
 
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

          ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,    
         (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、    徳川は強くなりすぎた。。。
         ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"    そしてその野望も!
 .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  
      (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ  
       )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ  
        ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    
       (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く
        リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )
       `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
        tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ
         )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,
       /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
      ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
      i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
      ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
      、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――

 [前田 利家(加賀/83万石)]
 秀吉が織田家に入った時からの同僚。
 それ以来秀吉とは協力関係にある。
 賤ヶ岳の戦いでは彼が柴田勝家を裏切り戦争の勝敗を決めるなど、秀吉の天下統一には大きく貢献している。
 織田家創成期から戦国の世を駆け抜けた経験の長さは徳川家康を上回る。

 現在は五大老の1人として豊臣政権の重鎮となっている。
 徳川家康や島津義弘程に派手な武功はないものの、戦歴の長さや織田家直臣+秀吉の旧友という立場もあって
 この時点では徳川家康に対抗できる唯一の人物と見られていた。

555>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:36:20 ID:I2M0nnZM0
 


        ___
      /      \     前田大納言様とは今まで色々あったけど、
     /   ⌒   ⌒\   お互い豊臣家の為に頑張りますお。
   /     ,(⌒) (⌒)、\ 
   |     /// (__人__)/// | コレ詰まらんものですけど、明国のお土産なんだお。
   \      ` ヽ_ノ   / 
     ヽ    , __ , イ
     /       |_"____
    |   l..   /l´冷凍餃子`l
    ヽ  丶-.,/  |_________|
    /`ー、_ノ /      /

556>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:37:31 ID:I2M0nnZM0
 

          ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,    
         (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、  
         ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t" 近頃の徳川家のやりようは許せぬ。
 .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  
      (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ やる夫殿が徳川を排し豊臣家の安泰をもたらすなら
       )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ 豊臣に恩あるもの、そして秀頼様の守役として共闘しようぞ。
        ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    
       (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く ところでその肉マンみたいなのはそのまま食っていのか?
        リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )
       `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
        tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ
         )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,
       /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
      ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
      i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
      ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
      、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (

557>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:37:55 ID:I2M0nnZM0


        ___
      /      \    
     /   ⌒   ⌒\   さあ、やる夫も食ったことないから判らんですお。
   /     ,(⌒) (⌒)、\ まあ明国産だから大丈夫だお。
   |     /// (__人__)/// | 
   \      ` ヽ_ノ   / 冷たいうちに召し上がるのがいいお。
     ヽ    , __ , イ    大納言様も最近は体調良くないって聞いてるし、いいモン食って体力つけるお。
     /       |_"____
    |   l..   /l´冷凍餃子`l
    ヽ  丶-.,/  |_________|
    /`ー、_ノ /      /

558>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:38:32 ID:I2M0nnZM0


 <かたじけない。では早速今日の夕食で頂くとしよう。 


      ____   
    /      \    ・・・ということで前田大納言様は味方してくれる事になったお。
   /   _ノ ヽ、_.\  
 /    (●)  (●) \  あのオッサン評判程には誠実でないけど、太閤さんにだけはずっと忠実だったから
 |       (__人__) .  | 裏切ったりする可能性はないお。
 /     ∩ノ ⊃  /  
 (  \ / _ノ |  |   虎之助とかも大納言様には頭上がらんし、これは強力な味方だお。
 .\ “  /__|  |    とりあえずここまでは順調だから、後は秀頼様の大坂行きの準備を全力でやるお。
   \ /___ /   今日はこれで解散とするお。お二人も準備を急いでほしいお。

559>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:39:27 ID:I2M0nnZM0


 <できるかどうかじゃない!やるんだっ!
 
  <こんなことは…世渡りの基本も基本…大原則だっ…
 
       ____
     /      \     さてっとお
   / ─    ─ \   じゃあやる夫もまずは大坂行きの準備するお。
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)    | しかしやすなも本当にこういうとき早いお。
 \     `⌒´    ,/  こっちもヘンな邪魔が入らないうちに終わらせるお。
 /     ー‐    \

560>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:41:57 ID:I2M0nnZM0
 
 ー 同じ頃 伏見 加藤清正邸 ー
 ___________________________________________
 :::: :: :::  :::::   :::::::::  :::::::::::::: :::::::::    ::::::: :::::::: ::::: :::  :::::::   ::::::::::: :::::::::::::  :::::: :::: :::::::::::::
 :  :: ::::: ::::::::: :::: :::::::: ::::    ::: 加藤 嘉明::::  :::::::::黒田 長政::::::::   ::::::::::池田 輝政::::::::   : : :::::
 ::::::::::::::::::  ::::::::  ::::::: :::: ::  ::::: :::/:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::: ::: :/:.:.⌒´:.:.:.:.:.:.:`.く ̄ヽ:::: ::::::, -―‐-、:::::::: :::::::::::_
 :::::::加藤 清正:::::::::::::::浅野 幸長 <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ヽ:::::::/_:.:.:.::.ト:イ:|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.|:::::,:/:::::.::::::::,::ヽ:::ヽ、:::::::: :::::::
 :::::::::::,.: ----、__:::::::::::::,. -―‐‐:、:::::::::/:.:.:.:.:.:.::i:.:|^^|:.:.:.:.|::::|:.:.:.ヘ:|::::::レ::i:.i.:.:.:.|:.:.:.:.|::::::/:::::.,i iヽ/i ィ ,:::::ヽ::::::   
 :::::/:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ レi:.:.i.VoV::::oレ|:.:/::::レv:.:.{:O::::::Oレ:..:i/:.:.:.:.:.|::::/イ::ハl:::::::l/ l/i |彡:::::  :::::
 . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ V|V .__ レ':::::::::::::V:} ー__‐ァ|.:/ |:.:.:.:.::.| i/.i:.l<()>:::<()>.l l リミ::::::  ::::
 .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」:::::::/:>`ー_´イハ:::::::::::::::V`ー‐<レヘ |:.:.:.:::. |:::::::::i:{. . ∀   リノイ:::::::: ::::::::::
 レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|:::::::::::レ/ ,.イ-ト.、^'::::::::  : :::::::::/レ へ}|:.:.:.:. |:::::::::.トゝ _ ,.イ | |.|:::::::: ::
 :::::::レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|:::::::::::r‐ァ{ニV‐‐∧┬i:::::: :::  ::::/ .| /   }:.:.:.:/::::: ::ハ7`゚◎゚´マヽ l.|::::: :: :::::
 :::::::::::::::∧`r<´:::::::::|:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|::::  ::|/‐:| _H  ト >|:::::::  ::::::人Vへ _ ∧:.:/::: :::|(      ).| !|:::::::::::::
 :::::::::::/\__∧:::::::|:.:./ |:|└^r┼L:::::::::|TT く| |_「|7| ||::::「「77´::/|レへ._ / Vへ:::::: ::| 〉____〈 |八:::::::::: ::::::
 ::::「|7  ヽ |ヘ l >| |:: ┬'|_く}┼く:::::__,|L二 ](__二二」:::::{^ く〉./ ┘ ,.イ   | | |::::::://::::::::゚|:::::::ヘ \:::::::: ::::::::
 ::::|.|〈__ 人ヽ' Kヽ|7-L, -―-',-、           _ `―-- 、._/細川 忠興 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
 ::::|.| |  \` く__〉‐{^Y ̄ ̄/:: 福島正則:::::::::::::::::::〉/     \, -:―:‐-、              / /:
 :::::|.|_.」    ` >ー┴’__|.:/:/ .:.:.:.:.:.:.:.:\.:ヽ、_, |二二二二/.:`.:.:,.:::::::::.`:ヽ、 .二二二二二二二:/::::::::
 :::::| | |     `T ――――/.:.:/.:.:.:.:/.: ̄.:.\\::::::::: :::  :::::::::/::./ ,/ :::::::ヽ,::::、 、ヽ:::::: ::: :::::::::  ::::: ::::: :::::::
 ::::::: ::: ::: ::::: ::::::  ::::::::::|.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ.: |:::::: :::: :.:: ::::::イ ハ/ヽ/Vヽ、:l | |::: ::::::::::::  ::::: ::::::: :::::::::
 :::::::::::::::::::::      ::::::::::::::|.:.:.:.:|_|__|_|.:..::/::::::  :: ::::::::::/i l<()>:::<()>::l ノノ |::::::::::    :::::::::::::  ::::::
 ::::::::::: ::::::: :::::   ::::  ::::::|.:.:.:.:|__几_j |/:::::::::::  ::::::.:::::::::::::v{  _  ル:ノ::::::::   :::::::: ::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.:.:.:.:|",_‐_,."| |::::::  ::::::::::::::::: :::::::::::.ゝ、 _ ,イ::::::::: :::::: :::::::::   ::::::::::
 ::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::\_ト、`こ´/| |: :::::::::::::::::  :::::::::::::., -'ヘ_,ヘ/`--、::::: :::::::::  :: :::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::/.:.:.:|〉ミTTrへ| '::::::::::::  ::  ::::::::::::/ i  Y   /  l::::::::::: :::::::::::: ::::::::
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

561>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:42:49 ID:I2M0nnZM0
 
 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ   やる夫の野郎おおおおぉぉ!
 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  絶対に許せねええええ!
 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  小西と一緒に地獄に落としてやる!
     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
 >      イ{     //: : /| /
 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
 レ   ___  V ハ    V         ヽ
 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
   V   /   // ハ     \        ハ
 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム

562>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:43:11 ID:I2M0nnZM0


                . .: ――――――‐ .: .        
               . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .      そーだよねー?
            /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \     加藤君が怒るのも良くわかるよ。
           /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\   
         .        /   .ハ   l             ヽ  朝鮮ではアレだけ活躍したのに。
        /  /     / l .. ../  ヽ .: .:| 、: .: .: l.: .: .: .: .: .: .: . やる夫は嘘の報告して手柄横取りするし。
            .. .. .: .:l .: / .|.: /    \.:| ヽ: .: | .: .: .: .: .: . : l 小西摂津はやっぱり嘘ついて勝手に敵と停戦したり。
        |.: .: | : .: .: |.:、.__|/ノ   ヽ、.__.\|ハ.: .: .: .: .: .: | 
        |.: .: |.: .: / |/    、      ,         : .: .: .: .: .: |  それで帰ってきたら加増は無しっておかしいよね?
        |.: .: .: .:/  .ィf芋ミヽ       .ィf 芋ミヽ  V.: .: .: .: .:|
        |.: .: .:V、 / {::::::::::::}         {:::::::::::::} .  |.: .: .: .: .:|  それどころか小西から訴状が出てるとか聞いたけど?
        .: .: .: .:ハ { 弋辷夕       弋:辷夕 } |: .:/ヘ : |  もし本当ならひどい話だよ?
       /.:/: :: .: } , ,                   , ,  |: /^ }: .:
       /:イ .: :: .:ノ            -、        |:/) /: :: :.
         :: :: ::八          、__ ノ  }        |' /:: ::八}
         ∨、ハ: >、       (       /      . ィ :: ::ハ:/
              ∨ハ:>:. . . . _ ー― ' _ . . :<:: /∨∨
                  ∨ ∨-∨人 ̄ ̄ノ〉‐∨-∨ 、
                   /: : :/ : |/又\/: :|: : : : /:ヽ
   と ⌒\       /: l: : : > | //| / <: : : / : : : }   /⌒つ
   /  ノ  >、    ハ: | : : |: : :|.///| /: : /: : :/ : : : ハ ィく  ヽ \

563>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:43:38 ID:I2M0nnZM0

 
 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ  あんの薬屋あああぁぁぁぁ!
 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  絶対に許せねええええぇぇぇぇ!
 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  やる夫と一緒にぶっ殺してやるううううううう!
     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
 >      イ{     //: : /| /
 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
 レ   ___  V ハ    V         ヽ
 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
   V   /   // ハ     \        ハ
 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム

564>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:44:08 ID:I2M0nnZM0
 
               ____
             . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .         
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  .       でもまあ、やる夫も一応豊臣の五奉行だし、
        / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.       \      襲っちゃうのはまずくない?
       /:. :. :. :. :. :. .. .. .. .. .. ..            \
    . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ハ.:. :. :. :.l :. :. :. :. :. .. .. .. ..   ヽ   訴えられたのに逆切れしたみたいでカッコワルイよ?
   ./:. :. :. :. :. :. :./|:. :. :' ゝ:―‐:|- :. :. :l:. :. :. :. :. :. :. :. :.  
   ':. :. :. :. :. :. :.−| :. /    、:.:.|ヽ.:. :.| :. :. :. :. :. :. :. :. :  それにここは法治国家なんだよ。
   : :. :. :. :. :.l´:/  |:. /     \:|  \|ハ:. :. :. :. :. :. :. :.|  訴訟には訴訟で受けて勝たないと。
   | : . :. :. :. |:./   |:./     \ゝ斗=≠F :. :. :. :. :. :. :. :|  加藤君から逆に告訴したらどう?
   | :. :. :. :/ |/           {:::::::::::}  V :. :. :. :. :. :|  
   |:. :. :. :/ヽ斗=≠F       、 ===   |:. :. } へ :. :.  五大老筆頭の私が味方なんだから負ける心配はないよ?
   |:. :. :. :ハ   {:::::::::}           , ,  |:. :. '   } :. :.
   | : :. :. :: :. 、 ==                 |:. :/  /::八}
  ノ イ :: :: :: :. , ,     ′              |: /./:: /
    |:: :: :: :: }         /        |/ :: /|:/
    :: :: :: ::八      ー '  ┌く^ヽ . イ:: ::ハ/
     Vハ:: :: ::.ヽ、          「 ヽ ) }、∨∨
      :: :: :: ::ハ≧:=::ー‐:rrΓヽ    /: ゝー―- 、
        ∨ ∨ ,∨-‐≠ 7 >:V     / : /: :/: : : :ヘ
          /: : : : /: :/イ;;;/    Λ: /: /: : :/: : :}
           /: :{ : : >/ /:::{ _ ノ: Λ: : { /: : : : /
         {: : V: :|: ; /:::Λ.:/ : 。:Λ /: : : : : :/:}
         ハ: : :} : |: { /:::::{/ : : : : 。:Λ二ヽ: : : :/

565>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:44:38 ID:I2M0nnZM0


 、: : : . : : ://メ三三ミ|: :メ、|: . .    |: .  l  ハ  
 : i、: : : : / "´ , -- .lメミ、|: :/:    .l: :  |  ハ  ふじこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
 : :|丶: : l三   {- ・__}  リ|:/l: : .  ./: :  l.   l  
 ヽi三\i三ミ 、` ‐‐'′〃h/: :  . :/l: : /: .  |  
     i〉   ヽ\_ rh { /:/. : :/: l: : ハ: : :  l 
   , ニニ ヽ   f^i \メィ: : : : イ : |: /:ハ : : ,' 
 . /´    `´ヽ  '、 ヽ }/: :ィ//: : |/: :i 'i: :,'  
 // ̄`´ ̄\i  'i ∠ イ/ヽ. }: : : : : i  'i/
 k_         /|ノ  j      , ' : : : : /  l
 ゝ 二二二 彡' /     /: : : /: /
 >      イ{     //: : /| /
 从|   ̄   从    ´∨|:/  j/_
 _..ノ        レ ハ     Vフフ´   \
 レ   ___  V ハ    V         ヽ
 ハィ彡――-ソ   ハ     V       \
  V´ ̄ ̄/    ノハ    ヽ         \
   V   /   // ハ     \        ハ
 \ V  /ニニ 三彡 ´ ハ      ヽ―-、    ム

566>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:45:06 ID:I2M0nnZM0

 
 < くぁwせdrftgy!

        /ハ
        //:Λ
       ////Λ
       /://☆:Λ      ということで訴状貰ってきちゃった。
      ///////:Λ
     /☆//////Λ     やっぱアイツら馬鹿だね。
    //////// ☆Λ    あれじゃ戦争以外で使えそうにないよ。
    /:-:―――――:ヽ
   /:. :. :. :.ハ:ハ:. ハ:ハ:. :ヘ   正式な訴訟は後でやるとして、
   / :. :. ハ/⌒ ∨ ⌒∨ ヘ  とりあえずは噂だけ流しとこっか。
 .ノノ :. ノ  ◯   ◯ {:. :.ヽ 
   {:. :(.|| ''  __   '' }:. :.}  加藤清正が小西行長を逆告訴しましたって。
   ∨Vリヽ、._ 、 ノ_γニニヽ
      /´:}〈:{| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
     ./: :ノ:ィく_フ  |:訴状:|
      〉、:_:ノ__|___|
     /: : : : : :V : : }
    /: : : : o: : : o: :}
    /: : : : o : : : : o: }
    >、: : : : : :Λ : : ノ、
   ヽ::::: ̄ ̄::::::: ̄:::ノ

567>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:45:46 ID:I2M0nnZM0
 

 【 ソーニャの罠 その③ 】
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 武断派を煽って正式な訴状を出させる。
 これによって豊臣内部の分断を更に加速させる。
 また、この噂を流すことで世間一般にも豊臣の内紛を認識させる。
 やすなが直接煽りもしているが、
 池田輝政や細川忠興を味方のフリして潜入させ煽らせてあったので簡単にひっかかった。
 
 当然小西行長は激怒し、そのことも噂となって豊臣の不安定ぶりを宣伝することになる。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              _....-‐‐'''''''' ̄''''''''''''‐-....
           ..-'''               ゙ヽ、
         /                   \
        /     _   /l    、         、
       /      /l;:;:;:/;:;:l;:;:ハ;:;:;: | ヽ
      ./     ;:;:/;:;:l.;:/;:;:;:|/;:;:;:\|  \       ヽ
     ./    │;:;:l;:;:;:;:|/;:;:;:;:;:;:;:\__ ノ ヽ        \    __L _L  /  i  ̄フ Z
    ノ      | /;:;:;:;:,ヘノ;:;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄\ ヽ,--、     ヾ    父 | |  レ ノ  (   o) W
 --‐ ‐ /     ハ/、___ノ;:;:;:;:;:;:;;::;:;: |       |ノ  l ,-、   ヽ
    /     l   ,── 、;:;:;:;:;:;::;:;:\__/ー一´ l |    、l     __L _L  /  i  ̄フ Z
    / /    !;_ l      l;:;:;:;:;:;:;:;:     入     | |丿   |ヽl      父 | |  レ ノ  (   o) W
   イ /|   / ̄ ヽ、__/      _./  ヽ、   |ノ     l
    | /│  l ヽ_/        _..-''     |  /      /
    l/  !  ト、   >.-、  ┌ ,-‐"       ノ/ヾ丶,ヘ/ソ
       ゙l │ l  |  l    l/       _..-:iソ  、
       ヽl |/ ゝ、ヽ、-,_|___,,___,,....-:‐"l ヽ    ヽ
           /ヽ, \ / l│ く ト/ 入/ /    ヽ
          |ヽ_ ソ(_ノ ^l  ノ l > < / フ      l
          ヽ_ソノ /   、 l/  y /  、    l
            ヽメ、_|  \ヽ ./ン'´ , -‐''゙    l
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

568>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:46:11 ID:I2M0nnZM0


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                 - ― - . . _
              ´: : : : : : : : : : : : : : :.`
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `        
         ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \     やってくれるじゃないか?
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\   こっちには証拠も証人もあるんだぞ?
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.`   
         ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   この際白黒はっきりさせてやる!!
        {/:.: : : :. :.:|.: : : :. :./{:.: : : :. :.:r=i.: : : : : : : : : :. :. :.ト、  
       /:: : : : : : :.+--―≠+: : : : : : | |: :( ヽ.: : : : : : : : : :.\
     /.: : : : : :. :. :.:{\{ :/-!:.}: :.r=;: : :! !: : } } n:.: : : :. :.\⌒
    ⌒ノ.: : : :. :. :. :.{〃レ'=xレ'i: :.| }: : | |: : | | | l:.: : : : : : : :\
  ー=彡: : : : : : : : :.│{{ { (0)}从 | {: : j |: : | |/ }: : : :|: : : :|⌒
      ー=彡,: : : : :.从ヾ三彡 !:| 从/ |: : } i j_ : : :}: : : :|\
         /ヽ{: : : :ト≧     .レ}     .|: /   .} }.: :/: : :.:/⌒
       ⌒ヽ.: : : :.|       j    .l/   / /:レ' }: :/
            }: : :.人       /          /.: :l  レ'
            |: : : : :|\     .{         /.:: : :.:|
            |: : : : :|  `ト、  .{        /  |: : : ::|
            |: : : : :|__,! ` |      '._ |: : : ::|
            |: : : : :|>、} __  !       { .ィ |: : : ::|
        -―|: : : : :|   \   |       |´   |: : : ::|―-
    /      |: : : : :l       }      }  │ : : :|    ヽ
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

569>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:46:37 ID:I2M0nnZM0
 

      ____   
    /      \   あーもうこの時期にめんどくさいことを。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (ー)  (ー) \ まあ止めて聞くタマじゃないし、もー勝手にすると良いお。
 |       (__人__) . 
 /     ∩ノ ⊃  / もうこうなったらもう武断派との手打ちは無理っぽいお。
 (  \ / _ノ |  |  やすな止める手は別に用意するから。
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ / 
 
  ____________________
 │           ∧_∧        .      │
 │_∧,_  バリバリ( ゚ω^ ) _________        │
 │ ̄` '` ̄ ̄   C□c   )   ̄∨  ̄ ̄   ..  │
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

570>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:47:07 ID:I2M0nnZM0


 ー 伏見 徳川家康邸ー
 
             . :. ―――――‐ :. .      
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、     
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\     
        :. :. :. .. ..                    ヽ 
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ     ということでソーニャちゃん!
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ    言われたとおりに悪いこと一杯してきたよ!
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ   今回はかなり上手く行ったね!
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ
             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\

571>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:47:41 ID:I2M0nnZM0
 

                ヽ\ :. :. ̄ ̄ ̄ ̄:. :. :.  、
               ヽー‐ ´ \\           :. :. :.\    ふん!
              > :. :. :. :> ― へ:\:.ヽ:.ヽ   :.\
            /:. :. :. :/      \ヽ:.\:.\:. .  ヽ
           //:. :. :./  ハ、_ノ^:ーヘ \\:ヽ:_> :. :. : . はぐあ!
            /:. :. :. { ーノ ::::/ヽ:ヘ::::ヽー   ∨:. :. :. :. |
            /:. :. :. ::} /::/     〉::::::::7  |:. :. :. :. :.|
             / :. :. :. <:::へミ 、  .  :}::::::::(   |:. /.:. :. :.|
           .//:: :: ::// : . :ヽヽ : : :ノ::::::::::::> |:./ヽ:. :. :.
            | ::/ / :/. : . : ∨ ̄:::::::::::::::/  .|/^/ :: :: ::、
            ./ : . : /: . : . : /ヽ/ ⌒ヽ/^  、_.ノ :: :: |\〉
       / /./ . : . : . : . : : /、.___ . ィ :: :: :: ハ:: :: |
      ///: ./ /: . : . : . : : :/‐V人__ノ〉V‐V‐く|::/  ∨リ
   / /./. :/ :/ ./ : . : . : : / >:|イ/ハ/<: /: . :}    /⌒つ
 / / / . : . :/ :/ : . : : : : / : |: . |//|/: ./ / : . ハ ィく ヽ \

572>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:48:05 ID:I2M0nnZM0
 


           > .:―――.: <     
   、    , .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \    いったーい。
   \ / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ _
    /.: .: .: .: .:   .l  .. l.. .: .: .: .: ヽ  いきなり何すんの?
         l ..|、: .:|.\: .:|ヽ .: .: .: .: .:\ 今回は殴られるような事してないのに。
    |  .. .:/: ハ.:|ヽー‐ ヽ|. \ .: .: .: ヽ
   ノ|: .: .:/|:/ノ 、|   x===ミ  |.: lヘ : .: \
    |.: .:/ x==ミ   ..ヾ===彡 |.: |  } :: : ヽ
   ノノ.:ハ ヾ==彡..::::::::: γ#「「「|.: |_ノ:: ::|\}
   / :: :: } (_)      {#「   フ:ノ:: :|ヽ:|
  ノ/:ノl八       , -― 、Y彡ヘ :: |
     |:: ::>: . . _( _ . イ/{    \
     |/ ヽ:/∨ レ乂ヽ/ 、      .
          / / /:.|    :\    }
          ./ ./ /:.:.|     l ー‐ '
          / / /:.:.:.|     |

573>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:48:29 ID:I2M0nnZM0
 
                __              
      _       , . : ´ : : : : : : : : ー. . _         
    ////>⌒>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : マZZZ」   
    二二/: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\__   
   く////: ,イ: :/: : : : : : : : : : /l: : : l、: : : i: : : : : :ヽ.// 
      フ : /:i :/: : : : : : / l : / l : : l ヽ: : l: : i: : :小.マ   ああスマン。
     ./: :/: :レ: イ: :/ : :メ、_l_/   l: : / ,ノi l、: :l: : l:ハ. i}   そういえばそうだったな。
    /: :/: :/弋j: /:l:_/__/ ̄  l: / ̄___l/_ l∧: :l iハ    いやいつもの挨拶だからあまり気にするな。
   i: :/: :/  Y l: l/{ 下斧T  .レ' T斧丁} ,リ ∨l iハ    
   l :l: /   .{ムl |  弋zツ   , 弋ソ ノ {i  Vl :i i   それよりも今回のはよく効いたようだな。
   l :i ;     ヽl:l ''          '' ,リ   V i l   
   l :i l      リ> 、    __    , イ/     i: l l   
   | l l        , イト、ーェァ=≦ rーf7TTヽ. l l |  
   |: :l     ,r一チ|::ヘ. r介 、iヽ>ヽ.ゝL{_{_r.i | l |   
   |: :l      /:::ヽ:::::l:::::〈 |:::| |:::::〉::::::`Y    | l l |   
   |: :l    i::::::::::ヽ::>::i. |::::i. l:<:::::/:::ト---へ! i |  
   |: :l    |::::::::::::::}::\::i l:::::l l:::/:::::{:::::|:::::::::::::::| i |

574>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:48:52 ID:I2M0nnZM0
 
             _r‐ヘ        
          ´     ',⌒ ー-  _ 
 .     /               ` <´
 __ /      j     }    ヽ    コレで豊臣家は武断派と文治派に完全分裂だ。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ ハ  奴らが和解することはもうないだろう。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、ト ト、 
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ   武断派の連中と一緒に「秀頼様をたぶらかす君側の奸を退治します」とか
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从    適当言っとけば、やる夫を片付ける大義名分も立つ。
     | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
     | 八  l|"         " }|    奴らのおかげで私たちは豊臣の人間って体裁を保てる。
     | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |    豊臣の人間のまま豊臣を破壊できるのは大きいな。
     | l    { ,く \_下、 ´   lN
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|     ブレックス准将が連邦所属のままエウーゴやってたようなモンだ。
     | |  /  {   |∧   ヽ l|
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
     | | └く  `´     ヘノ  }

575>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:49:30 ID:I2M0nnZM0
 

    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      \   
   ./:. :. :. :. :. .. .. .. .. .   /   }       ヽ  
   : :. :. :. :. :. :. :. :. l:. :. :/ |:. :. :ハ:. :. :l. :. :. :. :. :.   こりゃもう勝負あったかな?
   |:. :. :. :. :. :l:. :. /| : /  |:. : /  X : | :. :. :. ヽ:| 
   |:. :. :. :. :. :|:. / |乂_ |:. / / ヽ:|∨:. :. |  
   |:. :. :. :. :ノ|/ __ ニ レ′ 'ィ^ミヽ .} :. :. |     でも何でやる夫襲えって言っちゃだめなの?
   :. :. :/^|:. | Τ::::::::|       |:::::| } ハ:. :. |     あの様子だったら、ちょっと煽れば実際にやると思うけど?
   ./:. :.{ |:. | う辷ク      う:ク   {:. :. :.|
  /:イ:. ::ヽハ: |            '     ノ:: ハ:.|     アイツさえ居なくなれば後はかなりやりやすくなるでしょ?。
    Vハ:: :: :: :ヽ、  ヽ、.__     ,. イ:: :/
       ヽ::/ヽノ‐≧:-r v−、-:≦ミ:ノ |:/
        /: : : :ヽ{ Y .ニ): : }: :Vヽ
        |: : : \}ノ}  −} <: : : : :\
        |: : :_:/: :{{.  /」: : }: : }: : : : \
        | :/: : : : : ヽX: : : :/: : ノ: : : : : : 〉
           : : : : : : 。:゚:ノ: \/ : : 〈ー: ': : :/
         ヽ: : : : / o: : : : : :o: 〉: : :/

576>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:49:56 ID:I2M0nnZM0
 

            _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _ ,  やる夫が居なくなったら豊臣家のゴタゴタが解決してしまう。
 .     /               ` < ´  忠誠度100の武断派連中が何で私達の言うことを聞くのかをよく考えろ。
 __ /      j     }     ヽ   
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  あいつらはやる夫が嫌いなだけで豊臣家を潰すつもりは一ミリもない。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  今この瞬間だって、奴らは豊臣の為になることをやってると思ってる。
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   今の段階ではやる夫が居てくれたほうが豊臣内部の分裂が早そうだ。
     | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|    豊臣家を破壊するにはこのまま武断VS文治で内紛を続けて貰った方が良い。
     | 八  l|"         " }|     敵はやる夫だけじゃないんだからな?
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |     
     | l    { ,く \_下、 ´   lN     
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|      
     | |  /  {   |∧   ヽ l|    
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|     
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ     
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉   
     | | └く  `´     ヘノ  }

577>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:50:23 ID:I2M0nnZM0

                _ ,..  - ――--  _         _
           \ _ <///           `丶、     //〉
            \ ̄´                  ヽ、__///
            /,      /               ∨//_
       _,.-- 、 ' /      |                   ∨///\
 <二二二{ノ_と } ,/     / | ;'   |             | `ヽ//〉
         |´.::/イ! /   ' /! |  ∧   :     、  |,   ∨     心配しなくても
         {r ,::::: | |  /! / | ∧  {  ヽ.  | :.     ヽ lハ   }     やる夫にはいずれ死んでもらうことになる。
          ∨)::::::{ |  / |/ {/ ', |   ', |. |    、_、,' :.       
          ∨::::: ヽ{ ハ   \ ∨、__/∨ Ⅵ、    | /  }  |     今がその時でないってだけのことだ。
         ∨:::::l:::∨|} ―--      __     ! \  i'    |  |     _
           \::::,::::叭         ――  } / ∨     !  !    _{_}_ 
          / :\::::::リ::::...           ,|/、_ノ      {  | _/ つ }
            / /   、:::::::::::::≧=-r_っ---=≦::: ̄`ヽ--------':::::::}| ,イ /
        / /     \:::::::::>::/イ^ヽ /::::}:::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::iノノ圭)
          { ,        }:::::〈::::{ ////<::::::::::/::::::::::::::::::::_,:: -r i'´ | |
          | {        |::::::::i:::i//イ::::::/::::::::::::_,.. -   ´    | |   | |
          | /       ,:::::::::::Ⅵイ:::/:::::::::::/´          | |   | |
          |,'      /:::::::::::::∨:イ:::::::::::::::;'             | |  ∨
          |      ,::::::r-,::::::::::::::::::::::::::::::{               | |
          |       /:::::::`´::::::::::::::O::::::::::〈           } /
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..              i/

578>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:51:00 ID:I2M0nnZM0


             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,   
 .     /               ` <´
 __ /      j     }     ヽ   
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  ともあれ、こちらの工作がうまくいってるのは間違いない。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!   ヘブン状態が続いてる今のうちに追加いくぞ?
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }
     | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|
     | 八  l|"         " }|
     | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |
     | l    { ,く \_下、 ´   lN
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|
     | |  /  {   |∧   ヽ l|
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
     | | └く  `´     ヘノ  }

579>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:51:28 ID:I2M0nnZM0
 
 
 
                              _,.-''':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.\   今度は何すんの?
           __,.-‐ '''"" ‐ 、     ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ;',  
         ./           `.\   /:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;. |',:;:;:;'\:;:;.ハ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',  それはだな・・・。
       /        /|   |    `-.|:;:;:;::;:;|:;:;|',:;:;:;:;| \:;', .\:;:;.',`、|:;:;:;:;:;:;;:;:;', 
      /  /  / ./| / .|   |',     .| |:;:;:;:;||:;.| ',:;:;:;|  /‐‐‐\', |:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
   __.|  /  /| ./ |/ \ |  ./ .',  |  |:;.|:;:;:;|\|_ \| ~ ./ ̄`',`、 |:;:;|‐:;:;:;:;:;;|
 . ヽ三ニ| | /|/ | ̄ ニ'''-、 | / ___|_ ./|   | | | r =ミ  `  .l:;:;:;.oノ  . .|:;:;|:;:;:;|:;:;::;|
    /  | .| /   l |o:;:;:;.|  |/   レ`.|  | | .| .| | |:;:;o',    ` ̄ヽヽ  |:;/:;./:;:;:;:;| \
   ./   〉レl .|    `'- -'    冫ニ-、 |  / .|| レハ`ヾ_ノ .、         レ-:;:;:;:;|',;;.|
  /  ./l  | |  ヽヽ       |o:;:;| / | ./ .| | |∧|| ヽヽ     /   /:;:;:;ヘ、| レ
 . |  ./ \| |           ‐‐′/レ |./ / |;:;|.ト _     ‐ ´   /‐"~l/
 .|  /    レ\    _ 、   ヽヽ .l |  レ    |;.|  l`  ‐ --‐ '''><´ /~""'''‐- .
 .| ./       .\  ヽ- ′    ノ/|   |    .レ  ',/',/   /||l|〉 /    /   ',
 .| |         |`  ..___ . -‐<レ  |  .|  |.\      _,-´ /~|     /     |
 .| |     __,,.. / > ,-'  \      |  | .r..| r`  ̄~ヘ ./    ||l||   | /      |
 .| |   r‐‐"   レ|__.∧ , -'" "'''-、  |  | \|  l ̄_  ヘ,  |   |l|l||   .|       |

580>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:52:05 ID:I2M0nnZM0
 

 ー次の日ー
 
 やる夫さんにお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ

581>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:52:34 ID:I2M0nnZM0
 


 バサ    ____
      /     \      いったい誰からだお?
  パラ/  ─    ─\
   /    (●) (●) \    あれ?やすなからだお。
   |       (__人__)    |    バレンタインはまだ先なのに。
   \        |\  / /| 
   /     /⌒ノ  \/ ( ) それとも挑戦状でも送ってきたのかお。
   |      / / |       |

582>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:52:50 ID:I2M0nnZM0
 
 
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |                    |
        |                    |
        /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
        /              /ヽ__//
      /   表 彰 状     /  /   /
      /              ../  /   /
     /   ____     /  /   /
    /             /  / や /
  /             /    / す /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   / な /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

583>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:53:15 ID:I2M0nnZM0
 


        ____
      /     \      
     /  ─    ─\    なんだお?
   /    (●) (●) \   やる夫やすなに表彰される覚えはないお。
   |       (__人__)    |   
   \        |\  / /| ・・・やる夫じゃなくて島津を加増したいから手続きよろしく?
   /     /⌒ノ  \/ ( )
   |      / / |       |

584>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:53:50 ID:I2M0nnZM0
 

      ____    
    /─  ─\    ・・・成程、そういうことかお?
   /( ●)  (●)\. 
 /   (__人__)   \ やすなも中々悪いこと考えるお。
 |              | 
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
 
         / ̄ ̄ ̄\  じゃあやる夫の返事はコレだお。
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

585>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:54:31 ID:I2M0nnZM0
 

 ー その頃 伏見 徳川家康邸ー
 

        , .: ――――― .: .    
       / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\     そろそろやる夫に書状が届いた頃かな?
      /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:\  
     ′    l   l .. .. .. .. .. .: .: .: .: .:ヽ  やる夫はどうでるかな?
    / / ./. .:ハ.: .: .:|、: .: .:l 、 .: .: .: .: .: .: .:. ソーニャちゃんはどう思う?
   /. .: .: / |.:/ノ 、: .:|.ヽ、 _| ヽ : : .: .: .: .: |
   /.: .:|.:/  ̄ _  \| _\|  ̄ \ : .: .: .: |
  /ノ .: ハ ≡≡      ≡≡≡  | .: | .: .: |
    | : .: }' '             ' ' | : ハ : .: |
    |.: .: {              | / }: .: |
    |.:ハ: ヽ、    ー'〜ー'       |/_ノ :: 八
      Vハ>: . . ___ . . :<:ハ:: :ハ/
          ∨‐V/{\  ハ-V‐∨ ∨
        / : : : {: Vノヌヽ|: }:/ : ヽ
         {: : : : V: :V.ハ|<: : : : }
        V : : :_:こ)斗‐ミ、:ハ: : : ハ
          {: : : : : : : : : :。:。)ュ}、: : : }
          、: : : : : : ; : < : : : : : /
          ーr‐<: : : : :>ーr

586>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:54:58 ID:I2M0nnZM0
 

             _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _,   
 .     /               ` <´
 __ /      j     }     ヽ   そうだなー。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  怒ってくれてると嬉しいけどな?
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    それか途方にくれて泣いてるか。
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }   
     | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|     加増は秀吉の遺言で当面ダメってなってる。
     | 八  l|"         " }|     これをOKしたら奴らが自分で法を破ることになる。
     | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |      
     | l    { ,く \_下、 ´   lN     それに加増の前例が出来るから、後はお前の権限で加増し放題だ。
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|      徳川に頼めば加増して貰えるってなれば、こっちの味方は一気に増える。
     | |  /  {   |∧   ヽ l|     
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|     
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ 
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉    
     | | └く  `´     ヘノ  }

587>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:55:27 ID:I2M0nnZM0


 だからと言って加増の動議を奴らが却下したら島津が面白くない。
 その分島津がこっちにつく可能性が高くなる。
 ――――――――――――――――――――――――――――
            「 ̄ `ヽ、   ______
            L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉
         /           ヽ\ /
       //  /  /      ヽヽ ヽ〈
       ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、
        ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !
        /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」
       ヽN、ハ l    ┌‐┐   ゙l ノl l
          ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′
   r777777777tノ` ー r ´フ/′
 .. j´ニゝ        l|ヽ  _/`\
  〈 ‐徳川のお影で.lト、 /   〃ゝ、
  〈、ネ加増されましたlF V=="/ イl.
  ..ト | .         とニヽ二/  l
  ヽ.|l         〈ー-   ! `ヽ.   l
   ... |l 綺麗な彼女もlトニ、_ノ     ヾ、!
    .|l できました   ||   \    ソ
    .|l__________l|
 ――――――――――――――――――――――――――――
 どっちに転んでも良いって訳だ。

 まあ加増の前例は作りたくないだろうから「却下して島津に恨まれる」かな?

588>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:56:13 ID:I2M0nnZM0


          . .: .――――: .: .       
        . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .      
     / . : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \    
    .   . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \   
   /       . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ   ソーニャちゃん悪い顔になってるよ?
   .'         l     .. .. .. .. .: .: .: .: .: .: .: .: .:.   流石は「佐渡守」だね?
  :.: .: .: .: .: .: .: .:|ハ: .: .: .: lハ : .: lハ.: .: .: .: .: .: .: .: .:. 
  |.: .: .: .: .: ハ.: .:|: : 、.: .: .:|: : 、.:|: :、 .: .: l.: .: .: .: .: |   もし却下の連絡が来たら
  |: .: |: .: .:/: :ヽ:|.: : :ヽ.: .:| : : ヽ|: : ヽ.: .:|.:l .: .: .: .:|   島津のところ行ってまた煽れば良いんだよね?
  | .: .: .: / :_: : : ヽ、:_\| _ :ノ : : _\|.:|^ヽ: .: .:| 
  |.: :: :Vハ { {::: ̄::Τ: : : : Τ: ̄::::} } |: |  } .: .: 、 
  .: :: :: :: :}: : :う辷ク       う:辷ク  .|: | / :: ヽ.:\
 丿ノ: :: :: { ' '       ,         ' ' |: |イ:: :: :: |
    |:: :: 人                   |:ノ:: :: :: ::リ
     :: :: :: ::ヽ、    __.ノ    , イ \ノV∨
    ∨Vγ´ .> . ___ . <      \
        |  \  \._ノ//ヽ丿   l    \
       ノ    ヽ    V//       |     ヽ
      /     V     |/ハ              /
      /     イ    |/ ハ      V   / \
      <        |.     |//:ハ     V  /    \

589>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:56:40 ID:I2M0nnZM0


              ____
            . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .
          . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  .
       / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.       \
      /:. :. :. :. :. :. .. .. .. .. .. ..            \
   . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ハ.:. :. :. :.l :. :. :. :. :. .. .. .. ..   ヽ   あと、島津にはもう加増のことを知らせておいてやったよ。
  ./:. :. :. :. :. :. :./|:. :. :' ゝ:―‐:|- :. :. :l:. :. :. :. :. :. :. :. :.   だから「この話自体なかったことにする」ってのも出来ない。
  ':. :. :. :. :. :. :.−| :. /    、:.:.|ヽ.:. :.| :. :. :. :. :. :. :. :. :
  : :. :. :. :. :.l´:/  |:. /     \:|  \|ハ:. :. :. :. :. :. :. :.|  加増には豊臣の蔵入地(各地にある飛び地)を使っちゃえ。
  | : . :. :. :. |:./   |:./     \ゝ斗=≠F :. :. :. :. :. :. :. :|  島津には感謝されて豊臣家は弱くできるから良いことばっかだよ。
  | :. :. :. :/ |/           {:::::::::::}  V :. :. :. :. :. :|
  |:. :. :. :/ヽ斗=≠F       、 ===   |:. :. } へ :. :.
  |:. :. :. :ハ   {:::::::::}           , ,  |:. :. '   } :. :.
  | : :. :. :: :. 、 ==                 |:. :/  /::八}
 ノ イ :: :: :: :. , ,     ′              |: /./:: /
   |:: :: :: :: }         /        |/ :: /|:/
   :: :: :: ::八      ー '  ┌く^ヽ . イ:: ::ハ/
    Vハ:: :: ::.ヽ、          「 ヽ ) }、∨∨
     :: :: :: ::ハ≧:=::ー‐:rrΓヽ    /: ゝー―- 、
       ∨ ∨ ,∨-‐≠ 7 >:V     / : /: :/: : : :ヘ
         /: : : : /: :/イ;;;/    Λ: /: /: : :/: : :}
          /: :{ : : >/ /:::{ _ ノ: Λ: : { /: : : : /
        {: : V: :|: ; /:::Λ.:/ : 。:Λ /: : : : : :/:}
        ハ: : :} : |: { /:::::{/ : : : : 。:Λ二ヽ: : : :/

590>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:56:59 ID:I2M0nnZM0
 
 
 やすなさんにお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ

591>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:57:24 ID:I2M0nnZM0
 

        ____    ノ)__
     .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .、「 へー‐}  言ってるそばから来たみたいだよー!
   /.: .: .: .: .: .: .: .: l : .: .: \-イ´ 
  /      ./| / | . ハ .. |.. .: .:ヽユ   さあさあさあさあ、承認か却下か。
  |.: .: .: .: / |/  |:/  ヽ|ハ: .: .:|: |   一体どっちだー!
  |.: .: .: ノ ヽ、._,   、._ノ V: .:|: |
  |.: .:-l| ((  ̄ ))  ((  ̄ ))}.: .:ヽ|
  : ::{ || ''  ̄      ̄ '' {:: ::|\
 /ノ::ヽ.リ   { ̄  ー┐   ノ :: |:ノ
  |/∨Vヽ、._ 、.__ ノ_ . イハ:ノV   「「「}
      /:/: : : : : >:ー‐≠――n_/ .r{
     { : : : : : 彡 : : : : : : : : 。。// ノ_ノ
     Vー―r‐:r‐:r:┬――― '  ̄
      V : : : \ヽ:|: ハ
      V: : : : : \:/: }

592>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:57:53 ID:I2M0nnZM0
 
 


        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |                    |
        |                    |
        /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
        /              /ヽ__//
      /   表 彰 状     /  /   /
      /              ../  /   /
     /   ____     /  /   /
    /             /  / や. /
  /             /    / る. /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   / 夫 /
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

593>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:58:23 ID:I2M0nnZM0
 

           ______
         . .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .      あれ?
      / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\    なんか違うのが来たみたいだけど。
     /.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..\
        :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  ヽ  何々・・・。
   ./  /     ハ.    lハ.  l         .  島津の件については自分も同感なのですぐに手続きします。
   :. :. :. :. : /:. / :. :. :. :.| :. :.:.|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :  他の四大老、五奉行の合意も取り付けてます。
   |:. :.|:. : /.|:./  、 :. :. |  、:. |、 :. :. l:. :. :. :. :. :.| 
   |:. :.|:. / |/   ヽ:. :.|  ヽ| ヽ:. :.|:. :. :. :. :. :.|  だってさ?
   :. :. V: {    ` ー‐\|ヽー '   \| V :. :. :. : |
  /:. :. :. :ハ ┬::::::::::〒     〒:::::::::┬ .|: |ヘ. :. :、
 ノノ|:. :: :{. } う:::::::::ノ       う::::::::ノ  |: ハ. } :. |:\
   |:. :: :ヽ{ ' '  ̄           ̄ ' ' .|/_ノ : 从
    :. ::ハ:: ヽ、             , ィ: ハ:: :/
     V ∨∨>: . . _(⌒)_ . . :<:/∨ V
        /: : : |: : :{. 又  |: :ヽ : : \
      / : \ : | : : V〈:::::〉、| : : 〉: / : :\

594>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:58:45 ID:I2M0nnZM0
 

                        ,-、   ___
                         |//〉  ///   
             ,   ´  ̄ ̄ `丶、//,..、///     随分アッサリ認めたな?
  //\  ,  ´            _  `   \'     これがどういう意味なのか分からないはずないんだが。。。
  \/,.-∨     ,.、     ´ \    `ヽ、   
  _/__ /     /        /   |     、__\__ ちょっとその書状を見せてみろ。
 //////)   /      ,.   ∧   |  :.   ':, ̄´
 ´/  /     '       ,〃 /  |  }!⌒|i   |  ',  何々・・・。
  ' / !    /      /,/-/   ! ' \ {ヽ |   |  
 | | ∧.  / ,.イ   // /イ     |/ _,.ィ、| | |マ }  但し、以下の状況を考慮したものである・・・?
 | | | {  |/ | /{' __,.ィ ̄   f)刈 } ハ/ }/   
 | | |  \ ,-| /{   f_ノ刈     弋ソ   .  /     
 | | |   Y {ハ |  弋f)ソ      '     }      
 | | |    \__| !               人     
 i Ⅳ        リ 、       , -   イ       
 | i{          ≧=r---r-  ´ | i |       
 | {          /:::----:::::::>、 | i |       
 | |      ,.イ:::::::/::::::::::::::::ィ´::`ヽ i |

595>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:59:05 ID:I2M0nnZM0
 

 島津が手柄を立てた泗川の戦いと露梁海戦は以下の二点において特別である。
 ─────────────────────────────────────
 ①日本軍全体に貢献するものだった。
   つまり一部の大名を利するものではない。
 
 ②太閤殿下の死後起こったことである。
   今般の加増禁止は、あくまで太閤殿下が亡くなるまでの功績についてであり
   殿下が亡くなった後の事例には適用されない。
 
  上記二点を総合した結果、特例として加増を認めるものである。
 ─────────────────────────────────────

596>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:59:27 ID:I2M0nnZM0
 
 
      </7 へ /\  ̄ ̄ `       ///〉
     //7/              \///∧__   ・・・こりゃ一本とられたっぽいな。
     >                       ヽ//∧///∧
  _/                        ヾ/ 「 ̄ ̄   あくまでも島津の件は特別だってことにするつもりだ。
  ̄ ̄ `7       ∧  .|  ト       i  i  |    これなら加増の前例にはならない。 
       / /   |   / マ  l{  |  \    「ヽ   l    自然な形で島津の加増だけ実行することができる。
      i /   /--一' ‘, .|\ー--  ヽ l  | l   |
      {/{ | / | /___ ヽi _弋{___レ   / 从  |    こういう小理屈こねて法案通すってのは官僚の得意技だな。
     〉ヘ/レヘ レ::::::::::|      l::::::::::::l  } { Y   } |    そういえば消費税の時もこんな感じだった。
     ./: : :ハ } V::::::ノ     V::::::::ノ  | | ノ  | |
    .:  { { {{   ̄         ̄ 〃 | |イ   :: |
     |::  |  V\             ,..ィ j    | |
     |  / ∩__ >   _  _,. <  〃     :: |
     | / /i^!〃^ヽ  /::/ヽ < \         | |
     | | { ヽj{{   }/{::::::{∧_∧/:::::l\         | |
     | | |   ii   i::::::フ::{ /iム_}:::「:::::八      :: |
     | | | /l ii   :l::::::ゝ::Viiii「`ヽ:::::/:::〈        | |
     | | 八j ||   j::::::::::\/ヽ _j ̄`ヽ:}       | |
     | | ゝ ゞ   !::::::o:::::::::::::oУ:::::::::::::〉       | |
     | |   弋弋  .:::::::::::::::::::::::::::::::>-<      | |

597>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 20:59:54 ID:I2M0nnZM0
 

                 ____      /
              .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、/        もしかして失敗って事?
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:\
 .          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.小:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__   あれ?
 .      \ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫  よく読むと最後に何か書いてあるよ?
         X:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:ハ:.:.:. |   ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         ::.:.:.:.:.:.:.: |:.:′:.:;′ :.:.:.:l 、  :|\:.:.:.:.:.|::ーX─  「この件と合わせて他にも審議すべきことがあるので
 .        ':.:.:.:.:.:.:.:. |/_V / !:.:. |  \__ヽ:.:.:|:.\:.::\  五大老と五奉行は全員伏見城に来い」って。
         |:.:.:.:.:.:.:.:N /⌒ヾ  :.: ,  γ ⌒ ヾ l:.:|:.:.:.l\::::..
 .       ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:| {i    i} V   |i    l} Ⅳ:.:.:.:.\ ⌒
        ;.:.:.:.:.:.:.:.:.: l 乂   ノ     乂 _ノ {:.:.:.:.:.|:.:.:|
 .       ;:.:.:.:.:.:./ヽ:.:l  ー            ヽ:.:.:ハ:.:|
 .      .:.:.:1:.:.:X :.::l し            ∪ ノ:.:;'  V
       // !:.:.:.:.:\}:|  υ/ ̄ ̄ `ヽ   ..イ|:.:/
       イ   V|/ヽ|V\|Nfー≠==テvN::/|:/ |/
                  / /V芥ハ
                  | Z《/|\》i
                  |: \|_/  \

598>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:00:40 ID:I2M0nnZM0
 


            _r‐ヘ
          ´     ',⌒ ー-  _   行くしかないだろう。
 .     /               ` < ´ 
 __ /      j     }     ヽ   「他に審議すべきこと」ってのが罠っぽいが。
 ∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  私は会議に参加できないからしっかりやるんだぞ。
  >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、  
  {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!    相手の手はある程度読めているから、対応方法を教えてやる。
  ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    ちょっと耳貸せ。
     | {  Vl 弋_,ノ     弋_,ノ{|  
     | 八  l|"         " }|   
     | l⌒>ト . _    ,、  . イ} |   
     | l    { ,く \_下、 ´   lN   
     | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
     | |  /  {   |∧   ヽ l|    
     | |     ヽ  |/∧ V Vl|    
     | | |     }   ヾ//  }_ヽ    
     | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉  
     | | └く  `´     ヘノ  }

599>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:01:06 ID:I2M0nnZM0
 

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌──────────────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│   ただいま密談中です     │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│     now mitsudaning...      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└──────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

600>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:01:32 ID:I2M0nnZM0
 
 
             . :. ―――――‐ :. .      
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、     分かった。
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\     じゃあ行ってくるよ!
        :. :. :. .. ..                    ヽ 
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ   まあ今のところはこっちが有利っぽいし。
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ  大丈夫だよ!
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ じゃあね!
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ
             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\

601>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:02:06 ID:I2M0nnZM0
 
 ー同じ頃 伏見城内ー
 --------------------------------------------------------------------------------
                     _
 _____________|_________________/
                     |                       |
 ─┬─┬─┬─┬─────|─────┬─┬─┬─┬─┐ |
   │  │  │  │爻ミ,      |      ヾミミ│  │  │  │  │ |
 ─┼─┼─┼─┤爻爻   <・)こ>≡   ミ爻,├─┼─┼─┼─┤ |
   │  │  │  │爻;ミミ     |       ミ爻│  │  │  │  │ |
 ─┼─┼─┼─┤:ト,,┬┬┬┬|┬┬┬┬,,|::├─┼─┼─┼─┤ |
   │  │  │  │:| ''''',,''''' ,,',,,'''|,,,'',''' '''',,,,,, ,|::│  │  │  │  │ |
 ─┼─┼─┼─┤‐`⊂⊃ (,, ,,,,|,,,,,,), ,⊂⊃,,-├─┼─┼─┼─┤ |
   │∧ ∧ │  │'''''',,,,,'',,,⊂⊃|,,,⊂⊃''''',,,,,,''│  │O ∧,,∧|  │ |
 ─┴(,,゚д゚)‐┴─┴─────|─────┴―┴O(゚д゚*,)‐―┘ |
  ̄ ̄( つ‐OOO ̄ ̄ζO ̄〔 ̄ ̄ ̄〕ζ O  ̄ ̄ ̄ ̄と旦⊂ヽ ̄ ̄ ̄\   |
   〜と⌒))  ζ   __OO_(____)O_O_      (,,,(⌒,ノ〜      \  |
   <⌒⌒⌒>旦 /::::Ol:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::O:::l::::::::\    <⌒⌒⌒>       \|
     ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄
 
 --------------------------------------------------------------------------------

      ____
    /      \    やすなのヤツ、ここまで上手く行ってるから油断してるお。
   /  _ノ   ヽ、_\ 
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ 会議では今までの礼したるから覚悟するお。
 |       (__人__)  .  | 利息付き五割増しでワナったるお。
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  |    やる夫相手の悪謀みでそう簡単に勝てると思うなお?
 .\ “  /__|  |    官僚の恐ろしさ思い知らしたる。
   \ /___ /

602>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:02:32 ID:I2M0nnZM0


ー1599年1月7日―
  伏見城
 .                  {}
                  ,r'A':、
                ,r:'"/\`':.、
 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
           ';王王王王王八王王王王王ヨ
            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ
 
 ここからやる夫の反撃が始まる。

603>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:02:52 ID:I2M0nnZM0


────────────────
[ 第五部 ここまで ]

 ≡    ∧∧∧_∧
≡   と(と(と(´・ω・`)
 ≡  ― ― /  と_ノ サッ
≡ /  / // /⌒ソ
 ≡  -'-'-'´

To Be Continued!
────────────────

604>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:03:18 ID:I2M0nnZM0


 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 [石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです]
 
    __   __       __                      __
    l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
     , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
   //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
   l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
   l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/
 
                                        ー第六部ー
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

605>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:03:59 ID:I2M0nnZM0

 人の運命を司るのは、神か、偶然か。
 それは時の回廊を巡る永遠の謎掛け。

                -‐- 、             n┐ 
         _(ー'     \     /〉 _//7フ 異論ある者がおらば前に出よ!
      _(_乂   ーくУ 、  ヽ   / -=ニ //  
   ー=彡…<〃 ーz彡く_> 从  {´   /    
   _〃>'^^^ヽ(   | } _`孑彡  ∧_/     
  〃_/        \ ト _シ'人    /  :::|      
 ∧) {       人}フ从三≧ /   ::::|      
 | ) 人      /トミ=《/¨¨¨ズ   ::::|      
 | ⌒Y^大¬「 ̄`ヽ V /   \__/|         ,.-ミ》》巛ミ-、
 |   / 人 l|     \Ⅵ /    ::::ノ        ,;' .__  ._ ヽ   モキュッ!
 ∨ /  /  \`ヽ   >‐《   __/         .!/ _) (_\!!''ヽ
  ∨         \_}       ` <           !  ̄ ・  ・  ̄.!  !
                               '!    ノヽ  .丿 .!
                               ヽ .      ./  /
                                / `iーー '/  .i/!
                               /    ̄ ̄   .! !
                               !  !        ! .!
                               ''T~!        ! .!         
                             【上杉 景勝 (会津/130万石)】   

                                      __
                               、___,. : ': ´. : : : : : : : `: . 、     、 
               _____        く\ >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_/_ >
               |      ` 、         >イ: :/ : : : : : :i : : : : l: : : : : : : : : : :<: :ハ
               |          \     /イ.:/ /: : :/: /l: :i: : : ト、: : : : : : :ヽ: : V: :i 心配するな。
               |    ',\    \    /.:/: :i: : :/: /::::! l: : : l:::ヽ: ト: i: : : :ト、小: i 襲われるのはお前だ。
               ' ,     , ヽ.   /    : /i : l : /l:/:::::::l:lヽ : l::::::::il::::i:N: : :l: :リ: : i
                、    ヽ ヽ /    | i | : l: :i:::l::::::::::::l!::::ヽl::::::::l::::::l:::N:j⌒i.i : :i
                 \    ヽ :::\.    | l lV l ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::ム,リ l: : !
                  \   / \:::\,ィ7l.i l  l! |}::::          ::::j/_ノ  l : :!
                    \/    \/__込i |   lj>、   _ __     , イ〔_  l : :!
                          {  __込、   i⌒> .._ー ┘_. <:::::::::ハ  l : |
                          ム   rへ/ ト、:::::::::::::: ̄::::::::::::;::ィ.´ ̄ ヽ l : |
                           込__ノ\:::\!::::ト、::::::::::::__;:: < /   ,ノ .|: :|
                           \ ̄ ヽ. \:::\l:::::::: ̄} /  /〈  / ヽl: :l
      ___
    /⌒三 ⌒\   
   /( ○)三(○)\  これは勝つる!    
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\              
 |     |r┬-|     |              だが、やる夫の運命を変えたのは、やすなと呼ばれたあの漢。
 \      `ー'´     /              伏見の闇の中で走り抜けた戦慄が今、大坂の街に蘇る。

                             次回「大坂VS伏見」。

                             漆黒のシャワーの中から、曲者が微笑む。

606>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:04:59 ID:I2M0nnZM0

・・・ということで本日の投下は以上です。
ご覧頂いた方々、有難うございました。

607名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 21:20:15 ID:lPkdvZXc0
おつおつ
関ヶ原は合戦よりも、その前の工作の方が面白いですよねぇ

608名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 21:23:25 ID:hZEcXlVo0
三成は家康にふるぼっこされた印象しかないんだが
かなりやり合っていたんだな。

609名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 21:25:37 ID:H/a671c20

いよいよ政権幹部集合か

610>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/19(土) 21:34:19 ID:I2M0nnZM0
>>607


そうですね。
「巨いなる企て」だと関ヶ原の戦い自体は描かれないんです。

関ヶ原の戦自体も重要ですが、
一介の奉行が天下人と互角の戦いをするに至る過程と手法も歴史的に意義が大きかったりします。
この連載でもそのへんはなるべく表現したいと思っていますので今後もご支援下さい。

611名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 22:20:57 ID:HcCzIr3M0
おつおつ!
ここは例えが一々わかりやすすぎる。

にしても利家、あの餃子食って死にそうだなw

612名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 22:47:38 ID:BGdyUiPI0
まあここで家康が武断派に近づくのは当然だろ浅野以外の奉行とは微妙なんだし
放っといて奉行たちと武断派が仲直りしたら連中の懐柔の餌として関東をとれとけしかけかねんと考える程度には微妙だww

613名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 23:38:07 ID:FqXfS8UE0

関ケ原の合戦自体は一日で終わっているけど、そこに至るまでが
死ぬほど政治工作があった。

614名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 23:40:35 ID:qi/iTqQs0

やすなのウザさが家康にピッタリ過ぎるw
三成がいなくなっても家康の離間策は続けられたんだろうな
三成が太閤死去とともに隠居して代わりに清正とかを奉行につけてたらどうなったんだろ

615名無しのやる夫だお:2013/01/19(土) 23:42:42 ID:yijJrRGA0
代わりに大領を返上しろとか上から目線で命令して、ふざけんなと反感買ってる気が

616>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 00:40:09 ID:qeWlLFFU0


結構レスが付くようになって作者としてはありがたい限りですね。
皆様ご支援有難うございます。

次回第七部は明日の20:00に投下開始予定ですので、またお付き合い願います。

617>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 00:41:29 ID:qeWlLFFU0
>>616


失礼。
第六部でしたね。

618名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 03:02:24 ID:/evsHGXQ0
乙です。
直江さんが気になるwww。

619名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 19:59:28 ID:UsOXhiRk0
秀吉が死んだ時点で家康は天下とろうと思ってたのかねえ
この時点で57歳だぜ
せいぜい豊臣政権での執権的地位あたりじゃないか?
あと上杉の連中は戦国時代よもういちどヒャッハーにしかおもえない

620>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:00:00 ID:qeWlLFFU0

         石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです
 ┏┓                                            ┏┓
 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
 ┏╋────────────────────────────╋┓
 ┃|                                            |┃
 ┃|              ■第六部 大坂VS伏見     .             |┃
 ┃|                                            |┃
 ┗╋────────────────────────────╋┛
 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ┗┛                                            ┗┛

621>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:00:46 ID:qeWlLFFU0


 ー年明けて1599年 1月7日ー

 伏見城 大会議室
 ─────────────────────────────────────────────
       |   ___________________        \/
       |    ||        |||        |||        |||        ||   :===≡≡===;
       |    ||        |||        |||        |||        ||    ||         :||
       |    ||        |||        |||        |||        ||    ||         :||
       |    ||____|||____|||____|||____||    ||_____.||
       |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||    |=====|
       |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ============
       |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ||━━━━━||
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄O━━━━━O ̄ ̄
   /
 /
                   ______________
                    /                    /\
                 /                        /*/
               /                        /*/
             /______________/*/
            /************** \/
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
        ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧ シンネンソウソウメンドイナ?
     ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ コウハクミタ?
    ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
    | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
     u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧ オレネテタ!
         `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ オレVipシテタ!
          ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
          | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
           u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
               `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u' チャーハンツクッテタ!
 ─────────────────────────────────────────────

622>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:01:29 ID:qeWlLFFU0
 
 

          . :.――――‐:. .
        . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .    ということで、内大臣 徳川家康 登城させてもらったよ。
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  \ 
    /:. :. :. :. .. .. ..   l   l       ヽ  いやーしかし外は寒いね。
   ./:. :. :. :. :. :. : /| :. ハ:. :. :| 、:. l . :. :. :. :. :. 正月早々随分大勢集まっててご苦労なことだよ。
   :. :. :. :. :. :. :. /, |-/ 、丶 : | ゝ|-:、:l . :. :. :.
   | :. :. :. :. : . /  |/   \|    Vハ:. :. : |
   |:. :. :. :. :. V .ィf于ミ     ィ扞ミ、 }:. :. :|
   |:. :.γ |:. | { {:::::::::::}     {:::::::::} }':. :. :.ヽ
   |:. :. :{ |:. |.  ぅ:辷ク    ぅ辷ク {:. :. :.|\
   :.ハ:. 人 _、:| ' '      ′   ' '}:. :ハ:|
   ./  :. :. :: : ヽ、     ,__,     , イ /
      ∨\::ハ: >: . . ___ . . :<:/∨
          〈  \  Λ
          / \  又 }.\
         /    ヽ/{:.:.}V  \

623>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:02:12 ID:qeWlLFFU0

 
      ____    
    /      \    内府殿、正月そうそうお手間かけて申し訳ありませんですお。
   /  _ノ   ヽ、_\  秀頼様の天下もまだ初々しい状況なんで審議に万全を期すために集まってもらいましたお。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \
 |       (__人__)  .  | 他の大老、奉行も一通り揃ってるから早速議題に入らせていただきますお。
 /     ∩ノ ⊃  /  ちなみにやる夫は今日の司会進行を承ってるのでよろしくお願いしますお。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /

624>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:02:42 ID:qeWlLFFU0
 

      ____     
    /⌒三 ⌒\    ということでここから議題ですお。
   /( ○)三(○)\   まずは島津家の加増の件ですお。
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  皆さんには事前に通告してたけど、特例として認めるべしってのが奉行の判断ですお。
 |     |r┬-|     | 
 \      `ー'´     / これについて是非大老の皆さんのご意見を伺いたいですお。

625>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:03:25 ID:qeWlLFFU0
 

 <少々確認させてほしい事があるのだが。
 

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  その声は会津中納言殿。
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <  何でしょうかお?
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

626>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:04:03 ID:qeWlLFFU0

 
 ――――――――――――――――――――――――――――
     ,.-ミ》》巛ミ-、
    ,;' .__  ._ ヽ   モキュッ!
   .!/ _) (_\!!''ヽ
   !  ̄ ・  ・  ̄.!  !
   '!    ノヽ  .丿 .!
    ヽ .      ./  /
     / `iーー '/  .i/!
    /    ̄ ̄   .! !
   !  !        ! .!
   ''T~!        ! .!
 ――――――――――――――――――――――――――――
 【上杉 景勝 (会津/120万石)】

 軍神といわれた上杉謙信の後継者(血縁上は甥)。
 謙信死後に、御館の乱と呼ばれる後継者争いを制して後継者となった。
 いわば自力で越後一国を制した訳であり、タダの二代目とは違う。
 家中の統率も徳川家に匹敵するもので、兵の精強さも同様という、
 軍事力で言えばこの頃の第二位と見て良い軍事大国の主でもある。

 但し後継者争いの際に織田信長の侵攻が重なって国力は大きく衰退。
 滅亡寸前まで追い詰められたが本能寺の変で九死に一生を得る。
 その後は豊臣家の後ろ盾等で盛り返し、現政権では五大老に選出されるまでになっている。
 そういう経緯もあって豊臣政権には好意的である。
 
 非常に寡黙なことで知られ、自ら言葉を発することは殆どないという。
 また笑ったのは生涯で三回のみと言われている。

627>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:04:54 ID:qeWlLFFU0
 

 <太閤殿下の遺命により加増は禁止になっているはずだが、今回の島津家にそれが認められているのは何故か?
   その理由を教えて頂きたい。
 


       ____
     /      \    ・・・なるほど、もっともな疑問ですお。
    /  ─    ─\   
  /    (●)  (●) \  会議の案内文にも記載はしてるけど、
  |       (__人__)    | やる夫が改めて説明しますお。
  \   ⊂ ヽ∩     < 
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

628>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:05:24 ID:qeWlLFFU0
 


       ___       
     /     \ キリッ   要点はふたつ。
    /   \ , , /\   
  /    (●)  (●) \   どっちも島津殿があげた功績の性質によるものだお。
 .. |       (__人__)   .|   
   \      ` ⌒ ´  ,/    
     /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
     |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
    |            `l ̄

629>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:05:53 ID:qeWlLFFU0


 ひとつめはそれが日本国全体に利するものであること。
 島津殿が泗川と露梁で大活躍したことで朝鮮からの撤兵が速やかに行われた。
 ここに座ってる大名家中でも、そのお陰で帰ってこれたのが何人もいるお。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
            「 ̄ `ヽ、   ______
            L -‐ '´  ̄ `ヽ- 、   〉
         /           ヽ\ /
       //  /  /      ヽヽ ヽ〈      ふたつめはそれが太閤殿下逝去後に起こったことであること。
       ヽ、レ! {  ム-t ハ li 、 i i  }ト、    
        ハN | lヽ八l ヽjハVヽ、i j/ l !     天下も改まった現在でこれ程の大功績が出るとは
        /ハ. l ヽk== , r= 、ノルl lL」    太閤殿下も想定してなかったお。
        ヽN、ハ l   ┌‐┐   ゙l ノl l
          ヽトjヽ、 ヽ_ノ   ノ//レ′
   r777777777tノ` ー r ´フ/′
 .. j´ニゝ        l|ヽ  _/`\
  〈 ‐ 太閤も    lト、 /   〃ゝ、
  〈、ネ..         .lF V=="/ イl.
  ..ト | 予測出来ない とニヽ二/  l
  ヽ..|l         〈ー-   ! `ヽ.   l
     |l この強さ   ..lトニ、_ノ     ヾ、!
     |l__________l|   \    ソ
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

 つまりこれは太閤様の遺命の範囲外ってこと。
 だからこうやって五大老五奉行で改めて対応を検討するんですお。

630>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:06:12 ID:qeWlLFFU0



      zvwwvv
    / v w wz  ̄ ヽ
    / _  _    ヽ  モキューン?
   |_//  \\_   ヽ 
   |  ̄o    o ̄    | 
   |         u  | 
   ヽ   △      / 
    \        //\ 
    /:|ヽ―--― / \:::::ヽ
   /::/  `  ̄ ̄    \:::::\
   |::::|           |:\:::::\
   |::::|   |   |   /  |::::::\:::::\
   |:::::|  /   |  /   |:::::::::|::::::::::\
   ヽ/し     し    |:::::::::|::::::::::::::\
    |    ____/   |:::::::::\:::::::::::::::\
    /   /   /   /\:::::::::\:::::::::::::::\
   (  ノ    (  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

631>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:06:40 ID:qeWlLFFU0
 

 <良く分かった。つまるところ、今回の加増はあくまでも特別な事例だということだな?
     例えば内政とか紛争の調停とか、ローカルな問題では加増の対象にならないと?
 

      ____
    /      \    そーいうことですお。
   /   _ノ ヽ、_.\
 /    (ー)  (●) \  
 |       (__人__)    |  大事なことなんでもう一回言いますお。
 /     ∩ノ ⊃  /  
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /

632>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:07:02 ID:qeWlLFFU0


 
      ____    
    /⌒三 ⌒\    こっこれは特別なんだお!
   /( ○)三(○)\   ヘンな勘違いしないでおっ!!
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
 |     |r┬-|     | おっおっおっ!
 \      `ー'´     /
 
.
.

633>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:07:39 ID:qeWlLFFU0


 
                  ____
                /      \   ・・・ってことで他に質問とか異論とかある人はお願いしますお。 
               /  ─    ─\  
             /    (●)  (●) \ 
             |       (__人__)    | 
             \   ⊂ ヽ∩     < 
               |  |  '、_ \ /  )
               |  |__\  “  /
               \ ___\_/

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
           . .:―――――‐ .: .
       /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \     うーん。
      / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.\   どうしよっかなー?
    /       /  ..l.. .. .. .: .: .: .: .: .: .: ヽ  
   ./ ./ .. l: .: /|: .: .:|、: .: .:l.: .: .: .: .: .: .: .:.  本当ならここで文句言って話ぶち壊したいところだけど。
   : .: .: .: ._|_.:/ノ: .: .:| ヽ、:_|_、.: .: .: .: .: .: .:  さっき上杉が質問してやる夫が上手く答えちゃったし、
   | .: |.: .:/|:/ U ヽ .: |  \|. ヽ : : .: .: .: .: | 今更同じようなこともう一回聞くと荒らしみたいに思われるかも。
   | .: |.: / γヽ  \|. γヽ  \: .: .: .: .:| 
   |: .: .:/  |  |      |  |    |.: |.: .: .: |  この状況でひとりで反対しまくったら孤立することになりそうだし。。。
   |.: .: ハ   、ノ      、ノ U |.: |ヘ.: .:| ソーニャちゃんもこの件で先手取られたら深入りするなって言ってたな。。。
   |: .: .: } , ,    .       , ,  |.: |. }.: .:|
   八 :: 八 U                |.:ノノ:: ::八
     Vハ: ヽ、     __    , イ:: : ハ:/
       ∨ V≧:=:zr:r‐:=:≦VミV ∨
           , イ/: l/ヌ∨: :|: : : >、
           /{ : 〈: : | /:.|/ : / : : /: : }
          .{: V: / : |/:.:/: : :〉: V: : : :{
  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

634>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:08:06 ID:qeWlLFFU0
 

      ____
    /      \    特にないですかお?
   /   _ノ ヽ、_.\
 /    (●)  (●) \ ではこの件は可決ってことでよろしくお願いしますお。
 |       (__人__)    | 
 /     ∩ノ ⊃  / 具体的な手続きとかはやる夫たち奉行でやっておくから任せて欲しいですお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   
   \ /___ /  
 
 じゃあ次の件行きますお。

635>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:09:04 ID:qeWlLFFU0
 

      ____   
    /      \    ・・・皆さんご存知のとおり、小西摂津殿から宇喜多中納言殿へ訴状が届いてるお。
   /   _ノ ヽ、_.\  訴訟の相手は加藤主計頭だお。
 /    (ー)  (ー) \ 
 |       (__人__) .  | 見てのとおり、山のような証拠書類が提出されてるお。
 /     ∩ノ ⊃  /  この訴状を受理されたのは宇喜多中納言殿なので、続きは中納言殿から説明いただくお。
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |   
   \ /___ /  
 
 <では私から説明します。

636>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:09:46 ID:qeWlLFFU0


  ――――――――――――――――――――――――――――
     /                     ヽ
    i                       `、
    l                         l
    |    -‐    ̄ ̄ ̄ ̄   二ニ__- 、  |
    j ‐               「/7三|   、i
    {             ______ └-=ニ」    \
    |    -‐.... ̄::::/!:::::::: :::::::::::l:: ̄........‐-.、    !
    | /::::::::::::::::::::::/│:::::::::::::::::::|\:::::::::::〉::::::\ l
   〉´:::::::::::::::: ;:: ::::F=l:::::::、:::::::ハ:k=ヽ:::::/::::::::::::::`.'-z_
    l :::::::ヽ::::∧:ハ!、:|_-ゝ::::::ヽ:::| l:! _‐」_/|/!::::::ハ::::::::::::.>
   ノ::ハ::::::::.、!<7:ニハヽ l::!、:::::\レ7;ニ:ハ`ゝ}::::ハ:`l:::::::/
   /'´ ∧:::::::::ヽ  ̄´′ リ ヽゝ_>` ̄´ /:/}/./::::∠_
    レ、:::fヽ、::\_     :ノ          /イ_/::::/´
      ヽゝヘ`-‐´             ´/:::::::<_       
         \       __       /:::::<´
    _     ,イ:ヽ、  ´ -:- `   イ、ニ‐-'´
   ノ }   / ハ:::!、丶、    / ,!::l ヽ
  /`7 !_ /  !'::::::::`,.-.` ニ´-、 /::::i  \ _
 ´... ...i | 7   l:::::::::/./ ̄. ̄\ヽ:::::::!    \` ‐- 、
 . .. . ..ヽ !′   |::::::://: : : : : : : : .ヽヽ:::l     \==‐`ニ_‐- 、
 . . . . . .ヽヽ    !:::::l/: : : : : : : : : : : l !:::|        ヽ     ̄ =|`丶、
 .. . . . . . .\ヽ  |:::::|!: : : : : : : : : : : :.i|::::!        ヽ      l   |
 ――――――――――――――――――――――――――――
 【 宇喜多秀家 (備前・美作等/56万石) 】

 策謀家で知られる宇喜多直家の実子。秀吉の猶子でもある。
 秀吉からは非常に可愛がられ、現在は五大老のひとりに抜擢されている。
 そういうこともあって豊臣家への忠誠度は極めて高い。

 父親の直家は我が子には自分と同じ暗黒の道を歩かせたくなかったらしく、
 子供の頃から大切に育てられたため権謀術数の類とは全く無縁である。
 父親とは正反対の人物であるが、そのため非常に育ちが良く、容姿端麗で人柄も良いことで有名。
 また軍事内政にもそれなりの成果を残している。
 
 また、小西行長の主家筋(もともと小西家は宇喜多家の御用商人)でもあり、
 今回の訴訟では小西行長から直接訴訟を預かっている。

637>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:10:19 ID:qeWlLFFU0
 

  
       /        ー――――――一 、ヘ      朝鮮との和議において
       i     <                 >ゝ、   加藤主計頭が釜山を焼打ちして和議を破綻させました。
       |  /                    | |巴ハ   
       | /         _ ===== _ ! |巴ハ   小西行長から
      f       _=::::::::::::::::、::::::::::::::/V/V::::::::::>弋、   軍事行動は慎む旨を通知されていたにも関わらずです。
      |    _=::::::::::::::/_ノ::::/|::l::::::::::ヘV/V::|::::::::::::::::::::ヽ 
      | _=::::::::ノ:::::::ハ::::/|::::///二/|::/::::::::/V寸!::::l::::::::ハ寸:ヘ
   ,ーイ::::::::::::::/ニV:::::::V Vシ芸ヽ' ノ/:::::::::レ'=〈レ'::::::::/::::|  ヽ
  ー<::::::::::::::::::i /- V::::八ヽ 豺シ ノム:://f豺リ/,':::::::j::::/|  
     \:::::::::::::| (  V::::|弋 ー― """  , ゝ=イ /::::::/::::j |
     `ヽ>::::::::::\ヽ_)Vヘ          ゞ  /::イ/|::/
       `ヽ:::::::::::\__、ヾ           ´""|/ レ'    そのせいで小西隊をはじめ
        ーフ::::::::{               .ノ        日本軍の多くが苦境に立たされました。
         从レ7`  ゝ、    -- =  /        
         rテ//乂    > 、     /           島津義弘殿のお陰で大きな損害は出ませんでしたが、
        /: ソ/////> ___>-<             これは許されない軍規違反です。
     x イ: : : :∧/////////////T/リ、            
  x≦ : : : :|: : : : : ∧////////////Uハ: : \           この件についてはしかるべき処罰を加えるべきです。
 三><: : !: : : : : : ∧//////////Y//∧: : : \> 、
 三三三>|: : : : : : : ∧/////////ゝ//.∧: : : : :\: : >彡\

638>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:10:42 ID:qeWlLFFU0
 


 <それと。。。
 
         , :.――‐:. 、
       ./ :. :. :. :. :. :. :\     ちょっと良い?
      /:. .. / ハ l    ヽ   
    _ /:. ハ/ |/ ヽ|ヽ|\:. :ヘ_  この件に関しては
   〈 ))))ィ:|━    ━ |n::.(((( 〉 やっぱり両方の言い分を聞いたうえで判断しないとダメだと思うんだ。
   F:彳|::〈         リノNF:彳 
   |: :ノ‐VV>:‐rr:v:rr−<Vイ‐ヽ: |   訴えられてる加藤主計頭からは私のところに色々と相談が来てるから、
     ー――イ〈:{介}:〉:トー―― '   もう少し事情が分かってから判断したいんだけど。
           |: ヽVノ: :|
          /:: : : : ::ヘ
       人:_: ヘ :_:_:_:〉
        <彡ヘ//////ハ

639>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:11:33 ID:qeWlLFFU0
 


      ____    ━┓
    /      \   ┏┛ ・・・そうでしたかお。
   /  \   ,_\.  ・  
 /    (●)゛ (●) \    いや加藤サイドが訴状出したって噂があったんで
 |  ∪   (__人__)    |   そっちの言い分も決まってると思ってたお。
 /     ∩ノ ⊃  /    
 (  \ / _ノ |  |     では訴状の方はまだ正式には出ていないってことですかお?
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

640>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:12:13 ID:qeWlLFFU0
 

            .  ---ー--....,,_
         .-''.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: `'' 、
      /    .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:     (ホントはもう訴状は出てて私が持ってるんだけど)
     /             .: .: .: .: .: . ヽ   うん。まだ出てないよ。
     /.: .: .: .: .: .: /!.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ヽ 
    /.: .: .: .: .: .: / i.: / ヽ ∧.: .: .: .: .: .: .: |  それにこういう時期に内部で喧嘩するのは良くないでしょ?
    l.: .: .: /│/  .|. /   / ヽ.: .: .: .: .: .: !  そうあわてて訴訟合戦にすることもないと思うし。
    |.: .: ./,__|/__  |/ ,,____ l.: _.: .: . : !
    ノ ..: .:.:| l;;;;;;;;;;;l      l;;;;;;;;;;;;i l | l.: .: .: l  もうちょっと当事者間で話し合わせて示談にするってのがいいんじゃない?
   /ノl.: .: │ 'ー‐''     ''ー‐' ,, |/:ソ /:V
  /  ヽイ \      _,,. -、    / / /
      ヽ.: .`  ___(/_ .ノ__ , イ/l/
        `./.   ( `ー''"´ノ 、
         /   ヽ )    l   ヽ
         |   入/  イ  ./ .|
         |   / /  / .|  | |
         l \ト、  ./  |  |  .|
         l    ヘ_/  |  l一イ
         ノ      ヽ /.  | |

641>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:12:37 ID:qeWlLFFU0
 

      ____    
    /      \   (・・・勝ち目がないと判断して取り下げたのかお?それか長期戦に持ちこむつもりかも)
   /  \   ,_\. 
 /    (●)゛ (●) \  ・・・まあ内府殿がそうおっしゃるなら仕方ないと思うお。
 |  ∪   (__人__)    |  じゃこの件はもう少し様子を見て、訴訟として取り扱うのは別途ということで。
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |   (まーこの件はもう重要じゃないから割とどーでもいいけど)
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

642>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:13:08 ID:qeWlLFFU0

 
 <私からひとつよろしいか。
 

      ____
    /      \   これは前田大納言殿。
   /   _ノ ヽ、_.\  何でしょうかお?
 /    (ー)  (●) \
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /

643>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:13:32 ID:qeWlLFFU0

 
 
          ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,    太閤殿下の遺命には
         (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、  「自分の死後100日以内に秀頼様を大坂城にお連れする」
         ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"  というのがあったはずだ。
 .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  
      (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ  あの城は太閤殿下が秀頼様の居城として定めたもの。
       )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ  この伏見はあくまでも仮の住まいである。
        ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )      
       (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く   しかもこの100日はとうに過ぎておる。
        リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; ) 年が改まったことであるし、もはや一刻の猶予もならん。
       `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、, 速やかに実行するのだ。
        tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ
         )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,
       /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
      ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
      i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
      ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
      、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (

644>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:14:26 ID:qeWlLFFU0
 


    .   .. .: .: .: .: ./.: /.|: .: / |: .: .: ハ.: .: |.: .: .: ..  . ああそういえばあったね?そんなの。
     l : .: .: .: .: .: .: 〃.:/ヽ|.: /_. | .: .:/_ ノ.: .:|ハ .: |: .: .: l でも簡単に言うけど、ここ伏見には秀頼様だけじゃなくて
     |: .: .: .: .: .: .://:ノ  |:/   | : /    ヽ:| : .: .: .: . | 主だった大名とその家臣や家族がいっぱい居るんだよ?
     | .: .: .: .: .: / ____ニ   |:/ ニ___ V.: .: .:.|
     : .: .: .: .: l: | {:::::::::::::}       {:::::::::::::}   ' .: .: .: .:.  今までずっとここで政策とか決めたし、
    /: .: .:/⌒|: |. 弋:辷ク        弋:辷ク  ノ : .: .: .: .:.  言ってみれば首都移転するようなモンなんだよ?
   ノ:ノ:: .:{ (.|: | , ,  ̄         ̄  , , { .: :: .: .:}、}
    { :: ::ヽ. _|: |                  }: :: :: :: ′  そんな簡単にすぐできる訳ないじゃん?
     :: :: :: ::八:| 、                  ノ:: ハ:: :/    引越しとかどーするつもりなの?
      :: ::ハ:: :: :: ::> 、   , ― 、   , イ :: / ∨    
     ∨  ∨ ∨∨ヘ≧=:r ェ‐ェ‐r=≦∨∨ ∨
             /: :/: :|ノ又ヽ|: ヘ:\
             / : : /: : :| //ハ. |: : ヘ : \
            ハ : : :> : | |// | | : <: : ハ

645>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:14:55 ID:qeWlLFFU0


 
                -‐- 、             n┐  決め事は決め事。
         _(ー'     \     /〉 _//7フ できるだのできないだの言っていては天下の政治は動かせん。
      _(_乂   ーくУ 、  ヽ   / -=ニ //  
   ー=彡…<〃 ーz彡く_> 从  {´   /    移動に面倒ごとが伴うのは当然のこと。
   _〃>'^^^ヽ(   | } _`孑彡  ∧_/      そんなことでこれ以上先送りにする事は五大老次席であるこの私が許さん。
  〃_/        \ ト _シ'人    /  :::|
 ∧) {       人}フ从三≧ /   ::::|
 | ) 人      /トミ=《/¨¨¨ズ   ::::|
 | ⌒Y^大¬「 ̄`ヽ V /   \__/|
 |   / 人 l|     \Ⅵ /    ::::ノ      繰り返すがこれは太閤殿下の遺命である。
 ∨ /  /  \`ヽ   >‐《   __/       例え内府殿といえども異論を許すつもりはない。
  ∨         \_}       ` <
   \        //\   ̄ ̄\|\       異論ある者がおらば前に出よ!
      `冂冂冂冂冂冂\__    /:  \
     厂 ̄| ̄厂 ̄ ̄}  ` </:::::    \
    勹======ミ       ‐-     |\
   |├―┬―┬―-=不l、      `ヽ_ノ 、_ヽ
   ||  《  二\ 〃 } l \       ` =ニ、)\
   |人   l|   二∧i|  } |\ \           \》
   |  }ヽ l|   // 从 }| \ \

646>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:15:26 ID:qeWlLFFU0


           ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                     x=ミヽ   -――――――‐-    リ       }}     ヾ{   
               ミヽ   〃  ,                    、   〃     }}  
                 ヾ=彳 /                     \ 〃     〃   ・・・。
                    /                        \ x==彡'   
                   /       l                      ヽ       
               ミヽ           ハ      l 、     l   l         .       
                ヾ} |       .l  /  、     | \   |、  |          | ミ 、
                〃 |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          | ヾヽ    
                {{.  |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |  }リ    
                ヾ=     /, ― '      \|   , ===ミ. V         〃   
                  /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、彳 γシ  
                 /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  {{{  。
                //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \ ヾヽ
                  |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'  }}}
                  |       } / /           ハ      | .// l 、 | ==彡' 
                 〃.  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .|{{.\|     
               =彡' ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. | ヾミヽ 
                     | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|   }リ        
                     |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \    ヽ=彳      
                x=ミx       /    ./> | ∨ ./ <  /  |     x==ミx
               彳   ヾミヽ     /    ./\ | ハ/ /  /   .| x==彡'     ヾミ

           ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       ____
     /   u \  (・・・やすなの雰囲気が変わったお。ってか凄いヤな感じだお)
    /  \    /\
  /  し (○)  (○) \
  | ∪    (__人__)  J |
  \  u   `⌒´   /

647名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 20:15:45 ID:IFAB1u9k0
秀吉の猶子になったせいで、宇喜多家は大身のワリに金がなかったとかw

648>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:15:56 ID:qeWlLFFU0


            ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
              ヾ} |       .l  /  、     | \   |、  |          | ミ 、     
              〃 |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          | ヾヽ     んだとゴルア!
              {{.  |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |  }リ    
              ヾ=     /, ― '      \|   , ===ミ. V         〃     アタシに逆らおうってのか?
                /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、彳 γシ  
               /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  {{{    アア?
              //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \ ヾヽ
                |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'  }}}
                |       } / /           ハ      | .// l 、 | ==彡' 
               〃.  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .|{{.\|     
            ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       ____
     /   u \    ・・・。
    /  \    /\
  /  し (>)  (<) \ (流石天下を狙おうってだけあって、かなりのプレッシャーだお。
  | ∪    (__人__)  J  | これは藤吉郎さんと同じレベルだお)
  \  u   `⌒´   /

649>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:19:02 ID:qeWlLFFU0



                           ―――――――――――――――――――――――――――――――
                             ヾ} |       .l  /  、     | \   |、  |          | ミ 、     
                             〃 |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          | ヾヽ    
                             {{.  |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |  }リ    ・・・・。
                             ヾ=     /, ― '      \|   , ===ミ. V         〃    
                               /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、彳 γシ  
                              /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  {{{   
                             //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \ ヾヽ
                               |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'  }}}
                               |       } / /           ハ      | .// l 、 | ==彡' 
                              〃.  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .|{{.\|     
                              ――――――――――――――――――――――――――――――

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
             -‐- 、             n┐
          _(ー'     \     /〉 _//7フ  ・・・フッ。
       _(_乂   ーくУ 、  ヽ   / -=ニ //  
    ー=彡…<〃 ーz彡く_> 从  {´   /    内府殿も中々良い闘気を纏うようになった。
    _〃>'^^^ヽ(   | } _`孑彡  ∧_/     
   〃_/        \ ト _シ'人    /  :::|      しかし、その程度では信長公には遠く及ばぬ。
  ∧) {       人}フ从三≧ /   ::::|       その程度では我が正義を曲げる事はできぬと思え!
  | ) 人      /トミ=《/¨¨¨ズ   ::::|      
  | ⌒Y^大¬「 ̄`ヽ V /   \__/|      
  |   / 人 l|     \Ⅵ /    ::::ノ      
  ∨ /  /  \`ヽ   >‐《   __/
   ∨         \_}       ` <
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

650>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:19:30 ID:qeWlLFFU0



         . :. :. :.  ̄ ̄ ̄ ̄ :. :. :. .      
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\    
       . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\    ・・・。
      /:. :. :.   :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  ヽ
     ./:. :. :. :. :. :.    :. :. :. :. :. :. :. :.         ちぇっ。
     :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.         |       . :  まあそこまで言われたらしょうがないね。
    ,:. :. :. :. :. :. :. :. :// :. /|:. :. :/:. :.ハ:. :. :. :. :. :.|:. | 
    /:. :. :. :. :. :./:. / /:. :.' | :. /.| :./  :. :.|ハ :. : |:. |  じゃあいいよ!
   ./:. :. :. :. :. :.:/:ノ .//ヽ、.|:./_, |:/、_.メ:|  :. :ハ:'  大坂でもジャブローでも好きなところに行っちゃえば?
  //:. γミ|:. /  ―┬:::::::::┬     ┬::::::::┬V:. :.{ 
   :. :/::{ ( |:./    _⊥iiiiiii⊆     ⊥iiiiii⊆_ ハ:. :ヽ
   |/{:: :ヽ |/  , :.―: 、           , :.―:〈:: Vー
     Vヘ:: ::ー{ {:.:.:.:.:.:.:}        {:.:.:.:.:.:.:} : |  
        ∨γ:、 ー― ' 、       , ー―ノハノ  
        / ヽ  ̄ ̄ ̄ ぅー――‐ ヘ ̄ ̄∨   
        ノ    /     ハ   ∨  }       
      /     .}    |/|   |  〈       
      \      /    |/|   |ノ
        '\   /     .|/|   |    〉
      |   Y        |/|   |  /

651>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:20:31 ID:qeWlLFFU0
 
 
        ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,     よろしい。
       (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、  
       ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"   内府殿も豊臣の一忠臣として励まれよ。
    / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、   不肖この前田利家、豊臣家のために一命を捧げる覚悟。
    (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ  
     )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ   皆も分かっていようが、太閤殿下が無くなった今こそ、
      ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )     心を合わせて天下泰平に尽くさねばならん。
     (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く
      リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )  これに背くものは
     `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、, 誰であろうとここにいる大老全員から制裁を受けるだろう。
      tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ  
       )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、, ではこの件はここまで。
     /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, )) 後の処理は五奉行をはじめとした奉行衆に任せる。
    ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
    i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
    ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
    、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (



      ____   
    /      \   ・・・。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (ー)  (ー) \
 |       (__人__) .  |
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /

652>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:21:07 ID:qeWlLFFU0


      ____   
    /      \   ・・・。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (ー)  (ー) \
 |       (__人__) .  |
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /

653>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:21:45 ID:qeWlLFFU0



      ____   
    /      \   ・・・。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (ー)  (ー) \
 |       (__人__) .  |
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |  .
   \ /___ /   。
                 ○
   _________ 〇 ___________________________
 /                -―- .                                      \
              /       ヽ       さすが前田大納言!
           //         ',      
             | { _____  |      おれたちにできない事を
         (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ     平然とやってのける!
         ヽ、..二二二二二二二. - ‐''′
            | '"\、、,,./ ̄゛ |      ._ _       そこにしびれる!
            | ( ●)Y´(● ) |   , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、       あこがれるゥ!
            | `'''7、,. 、 ⌒   .|   {               \
            | (_人__)  ,イ   ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
            |   「匸匸匚| '"|.|    ./ ⌒  ̄ ̄ ⌒   ヽ
     , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | |    / (_●)!i!i(● )    }
   -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || , -‐|:::⌒(__人_)⌒::::::  |
  ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ .人.   |r┬-/    ./ー- ..._
   //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { |ヽ、 `ー'´    ,イ |    `ヽ
 ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽ.ヽ.  ̄   /ノ ノ
 /    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
 \___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ

654>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:23:18 ID:qeWlLFFU0
 
      ____
    /      \    ・・・と言うことで本日の議題は以上ですお。
   /  ─    ─\  
 /    (●)  (●) \ もう意見も出ないようだし今日はこれでお開きにするお。
 |       (__人__)    | 
 ./     ∩ノ ⊃  / 今日の決定事項は既に右筆が書き起こして皆さんに確認して貰ってるから
 (  \ / _ノ |  |   後で写しを各大名家へお届けするお。
 .\ “  /__|  | 
   \ /___ /   それでは皆様お疲れ様でしたお。

655>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:24:22 ID:qeWlLFFU0
 


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 [ 会議終了 ]
 _______
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
              ||
              ||      オツカレー
              ||           ∧,,∧   ∧,,∧ コノアトドースル?
              ||          (´・ω・)  (・ω・`)
  ___[三]_||_  ナリタケ! ∧,,∧つc□  匚Pと ∧,,∧
   ────┬┬┘         ( ´・ω) -u'   `u- (ω・` ) ワタミデイイ?
           ││        ( つc□         匚Pと )
           ┷┷        `u∧,,∧        ∧,,∧u'
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        (  ´・)      (・`  ) ホルモンアオキ!
             \      ( o  つc□ 匚Pと  o )
                 \       `u-u'       `u-u'
                \
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

656>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:24:50 ID:qeWlLFFU0
 
 

       ____
     /      \    ということで会議は予定通り終了お。
   / ─    ─ \  ていうか予想以上お。
 /   (●)  (●)  \ 
 |      (__人__)     | やっぱりやすなも会議では戦争ほど強くはなかったお。
 \     `⌒´    ,/ あっちは独裁でこういうの慣れてないから対応できんかったお。
 /     ー‐    \ こっちは官僚制でやってるからこういうのは得意お。
 
 まー元々会議うまく使うってのは藤吉郎さんの必殺技の一つだったけど。

657>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:25:09 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /      \     とりあえず人集めて議論させたら何とかなるってアホはリアルでも多いけど、
   /  _ノ   ヽ、_\   そんなやり方じゃ何も決まらんお。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \
 |       (__人__)  .  |  会議ってのは、やりたいことが明確にあって、それを出席者に承知させるためのもんお。
 /     ∩ノ ⊃  /   議論じゃなくて意思決定の場なんだお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   会議ってのは、味方を増やす場じゃなくて
   \ /___ /    敵を排除する場なんだお。

658>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:25:50 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /      \     ってか全員味方だったらそもそも会議なんかやる必要ないお。
   /  _ノ   ヽ、_\  
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ だから誰がどこで何を話すか決めておく。反対する連中もでいるから対策も考える。
 |       (__人__)  .  | コレは合戦なんだお。
 /     ∩ノ ⊃  /  会議始まってから話す内容考えてるようじゃ負けるに決まってる。
 (  \ / _ノ |  |   
. \ “  /__|  |    関東のイナカもんは上意下達の世界しか知らんから、
   \ /___ /     こんなところにワナってるとは思わんかったようだお。

659>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:26:39 ID:qeWlLFFU0

 
      ____   
    /      \    しかしまー。
   /   _ノ ヽ、_.\  それにしても前田大納言があそこまでやってくれるとは思わんかったお。
 /    (ー)  (ー) \ 
 |       (__人__) .  | やすな相手にあそこまで言えるのはやっぱり大納言ぐらいもんだお。
 /     ∩ノ ⊃  /  あの武威とやる夫達官僚が協力すれば、徳川家にも負けることはなさそうお。
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |   今までは虎之助とかと同じでメンドイオッサンだったけど、味方にすると心強いお。
   \ /___ /   また明国のお土産もって行くお。

660>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:27:15 ID:qeWlLFFU0
 

       ____
     /      \    ・・・と言うことでまたお仕事お。
   / ─    ─ \  秀頼様を大坂に連れてかないといかんお。
 /   (●)  (●)  \ 
 |      (__人__)     | やすなも言ってたけど、確かに関係者多いからものすごく大変お。
 \     `⌒´    ,/ 大納言は三日でやれとか無茶言うし。
 /     ー‐    \ まあでもそこは奉行衆の事務処理パワーで何とかするお。
 
 また徹夜続きになるとは思うけど。

.

661>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:27:44 ID:qeWlLFFU0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[ 事務処理中 ]
     /  ./)三三)/)三三)/)/  ../)
三三)/)三三)/)三三)/)三三)/)三三)/)三三)/)
三三)/)三三)/)三三)/)三三)/)三三)/)三三)/)   
三三)/)三三)/)三三)/ 三三)/三三)/) 三三)/)
三三)/)三三)∧,,∧   ∧,,∧  三三)/) 三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/ 三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧   __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ../)
/ ̄/),,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ / ̄/)三)/)
三三)/)  ´;)η(;`  )/⌒/  /_三三)/)三)/)
三三)/)/ ̄../) / ̄../) / ̄../)三三)/)三)/
三三)/)三三)/) 三三)/) 三三)/)三三)/
三三)/)三三)/) 三三)/) 三三)/)
三三)/)三三)/) 三三)/) 三三)/
三三)/)三三)/ 三三)/)      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

662>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:28:40 ID:qeWlLFFU0

 
 ーそして三日後の1月10日ー
 
      / ̄ ̄ ̄\    ふーやれやれ。
    / ─    ─ \   やっとこ準備できたお。
   /  <○>  <○>  \
   |    (__人__)    | 流石に三日徹夜はしんどかったお。
   \     `⌒J´   / 昔は結構余裕だったのに。
   /              \ やっぱやる夫もトシかお。
 

.

663>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:29:37 ID:qeWlLFFU0
 


              :::::::::   ___   :::::;;; :
                ::;;::./⌒ 三⌒\:::;;;;''  まーでもコレで秀頼様を大坂に連れてけるお。
                /<○>三 <○>\  
               /:::::  (__人__)  ::::: \ 淀の方様とかやすなが寒いのは嫌とか警備がどうとか言ってたけど
               |     `⌒'J     | その度に大納言がドヤしつけてくれたおかげで計画どおりお。
               \              /
               /              \ あれだけやって貰って手続きが間に合いませんでしたは洒落ならんお。

664>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:30:18 ID:qeWlLFFU0



                        ⊂ニニ⊃
         ____             ____
       /ι   \          /      \
     |\/   ノ' ヾ \/|       /─    ─  \
    |/  ≪①> <①>\|    / (●)  (●) U \  とりあえずやる夫は少し寝るお。
    |      (__人__)  U|   |J  (__人__)      ι|
    /  し  ∩ノ ⊃  /    \   ⊂ ヽ∩ u   <   警備とかは浅野のオッサン達が手配してるから大丈夫お。
 .   (  \ / _ノ |  |      |  |  '、_ \ /  )  今回は結構みんな協力的だったし、
    .\ “  /__|  |;      ⌒^ ヾ _\  “  /   大坂に着くまでは問題ないはずお。
    .  \ /___ /   (,,"⌒ ''..ヾ)__\_/      
        ::::::;; ::::::: ::::: :::  ノ( ソ( 、ノノ ::::::;; ::::::: ::::: :::::;; ということでやらない夫。
          ::;;; :::::::::::::::::   (, イ")ノ ブスブス...::: :::;  やる夫は寝るから秀頼様が出発されたら起こして欲しいお。
               ::::::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
                / ─    ─ \           もーこれ以上食べられんお。
               /  <@>  <@>  \
               |    (__人__)    |
               \     `⌒J´   /
               /              \
 

.

665>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:31:01 ID:qeWlLFFU0


 
    / ̄ ̄\   流石に今回はお疲れのようですね。
  /   _ノ  \  
  |   ( ●)(●) もうやる夫様も若く無いんだから、無茶しないでくださいとか
 . |    (__人__) 言いたいところですが、そんなこと言ってる場合でもないですね。
   |     ` ⌒´ノ  
 .  |         } 情勢的に考えて。
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ  お疲れの所お気の毒ですが、これからこのまま大坂行きです。
    .>    <   淀川の船便で行きますからその間だけでも休んで下さい。
 


.

666>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:31:29 ID:qeWlLFFU0
 

 
                        / ̄ ̄ ̄\    そーさせて貰うお。
                      / ─    ─ \    何かあったらすぐ起こして欲しいお。
                     /  <○>  <○>  \ 
                     |    (__人__)    | あーやる美、そこ痛い。引っ張ったら痛い。
                     \     `⌒J´   / 痛いたいいたいイタイ。
                     /              \ 
 
                    ・・・有難うございます。
  
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   (・・・一体何の夢見てるんだ?)
 |    ( ー)(ー)  
 |     (__人__)  ではお休みなさいませ。
 |     ` ⌒´ノ   大坂に着いたら起こします。
 |         }   
 ヽ        }  
   ヽ     ノ    
   /    く     
   |     \     
    |    |ヽ、二⌒)
 

.

667>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:32:21 ID:qeWlLFFU0
 

 ー同じ頃 伏見徳川家康 邸ー
 
                . .: ――――――‐ .: .
               . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .      
            /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \     ・・・結局大坂行っちゃったね。
           /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\   
         .        /   .ハ   l             ヽ   秀頼だけじゃなく主だった大名のホトンド。
        /  /     / l .. ../  ヽ .: .:| 、: .: .: l.: .: .: .: .: .: .: . これってやばくない?
            .. .. .: .:l .: / .|.: /    \.:| ヽ: .: | .: .: .: .: .: . : l
        |.: .: | : .: .: |.:、.__|/ノ   ヽ、.__.\|ハ.: .: .: .: .: .: |
        |.: .: |.: .: / |/    、      ,         : .: .: .: .: .: |
        |.: .: .: .:/  .ィf芋ミヽ       .ィf 芋ミヽ  V.: .: .: .: .:|
        |.: .: .:V、 / {::::::::::::}         {:::::::::::::} .  |.: .: .: .: .:|
        .: .: .: .:ハ { 弋辷夕       弋:辷夕 } |: .:/ヘ : |
       /.:/: :: .: } , ,                   , ,  |: /^ }: .:
       /:イ .: :: .:ノ                     .|:/) /: :: :.
         :: :: ::八                  u     |' /:: ::八}
         ∨、ハ: >、                     . ィ :: ::ハ:/
              ∨ハ:>:. . . .   ^    _ . . :<:: /∨∨
                  ∨ ∨-∨人 ̄ ̄ノ〉‐∨-∨ 、
                   /: : :/ : |/又\/: :|: : : : /:ヽ
               /: l: : : > | //| / <: : : / : : : } 
 .            ハ: | : : |: : :|.///| /: : /: : :/ : : : ハ

668>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:33:35 ID:qeWlLFFU0


 
         \\/                ー</ >
       l二7^7   /      1   i      <_  ・・・確かにマズイな。
         / .l \ / ,   l  / l   j  i  i  ヽ┘
         ./ /l ヽ/ /    l  /  l   ハ  |   l  i ハ  それに、折角煽った加藤清正とか武断派の連中まで
         / / レ ヽ/  /l /   l  /  V l  |  | ヽ}  一緒について行ってしまった。
      / /  ヽ  ム イ__ l/`ー一'| /ィ'´ ̄V l l  j
       / /    Y⌒i | {下ぅrー  /  rf斤1 ハハ,リ   やっぱりアイツら豊臣家への忠誠度は100だな。
     / /      〉ム| l 弋zソ     ヒツ.ノfl l  1    奴らがこっちの味方するのはやる夫絡みの時だけだ。
    ./ /     ィ^ニ弍ハ. ''       '  ''rn.リ l i |
   / /     //   ヾl > ._ _ _,ノ〉} }} j  リ    まあ分かってはいたが。
   ' ./   // ヽ.    \イ云マ了 ___,ノ / /     今回はそこを上手く利用したやる夫の勝ちってとこだ。
  i /   / rー-  ヽ    〉〈  ト---ト、 ./ /
 i . /   /       j}    i:::::i  ん.__j ///       
 | '  /      ,ニイ    l::::::l {.     `Y
 | l /      /'         |::::::| }        }

669>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:34:22 ID:qeWlLFFU0
 


           . .:―――――‐ .: .      
       /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \    
      / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.\   
    /       /  ..l.. .. .. .: .: .: .: .: .: .: ヽ    中立っぽい連中も含めてほとんど協力してたね?
   ./ ./ .. l: .: /|: .: .:|、: .: .:l.: .: .: .: .: .: .: .:.    たった三日で引越しの準備するってもの凄く大変なのに。
   : .: .: .: ._|_.:/ノ: .: .:| ヽ、:_|_、.: .: .: .: .: .: .:   浅野長政までやる夫と一緒に徹夜で仕事してたし。
   | .: |.: .:/|:/ U ヽ .: |  \|. ヽ : : .: .: .: .: |
   | .: |.: / γヽ  \|. γヽ  \: .: .: .: .:|    ジャマしてやろうとしたら前田利家が出てきてドヤしつけるから
   |: .: .:/  |  |      |  |    |.: |.: .: .: |    結局最後まで何もできなかったね。。。
   |.: .: ハ   、ノ      、ノ U |.: |ヘ.: .:|
   |: .: .: } , ,    .       , ,  |.: |. }.: .:|
   八 :: 八 U                |.:ノノ:: ::八
     Vハ: ヽ、     __    , イ:: : ハ:/
       ∨ V≧:=:zr:r‐:=:≦VミV ∨
           , イ/: l/ヌ∨: :|: : : >、
           /{ : 〈: : | /:.|/ : / : : /: : }
          .{: V: / : |/:.:/: : :〉: V: : : :{

670>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:35:12 ID:qeWlLFFU0

 
          . :. :. :.  ̄ ̄ ̄ ̄ :. :. :. .      
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\    
       . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\   ていうか、私達も一緒に大坂見送り行くよう言われてるんですけどー。
      /:. :. :.   :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  ヽ  
     ./:. :. :. :. :. :.    :. :. :. :. :. :. :. :.         近いとは言ってもここからだと一日かかるから結構メンドクサイね。
     :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.         |       . : 私たちは護衛だけしてすぐに伏見に戻るってのもムカツク。
    ,:. :. :. :. :. :. :. :. :// :. /|:. :. :/:. :.ハ:. :. :. :. :. :.|:. | 
    /:. :. :. :. :. :./:. / /:. :.' | :. /.| :./  :. :.|ハ :. : |:. |  護衛のフリだけして襲っちゃおうか?
   ./:. :. :. :. :. :.:/:ノ .//ヽ、.|:./_, |:/、_.メ:|  :. :ハ:'  途中で。
  //:. γミ|:. /  ―┬:::::::::┬     ┬::::::::┬V:. :.{ 
   :. :/::{ ( |:./    _⊥iiiiiii⊆     ⊥iiiiii⊆_ ハ:. :ヽ
   |/{:: :ヽ |/  , :.―: 、           , :.―:〈:: Vー'
     Vヘ:: ::ー{ {:.:.:.:.:.:.:}        {:.:.:.:.:.:.:} : |  
        ∨γ:、 ー― ' 、       , ー―ノハノ  
        / ヽ  ̄ ̄ ̄ ぅー――‐ ヘ ̄ ̄∨   
        ノ    /     ハ   ∨  }       
      /     .}    |/|   |  〈       
      \      /    |/|   |ノ
        '\   /     .|/|   |    〉
      |   Y        |/|   |  /

671>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:35:34 ID:qeWlLFFU0


 
                 _ ,..  - ――--  _         _
            \ _ <///           `丶、     //〉  
             \ ̄´                  ヽ、__///   
             /,      /               ∨//_
        _,.-- 、 ' /      |                   ∨///\
  <二二二{ノ_と } ,/     / | ;'   |             | `ヽ//〉
          |´.::/イ! /   ' /! |  ∧   :     、  |,   ∨       そりゃ良いな?
          {r ,::::: | |  /! / | ∧  {  ヽ.  | :.     ヽ lハ   }       じゃあ襲っちまおうか?
           ∨)::::::{ |  / |/ {/ ', |   ', |. |    、_、,' :.
           ∨::::: ヽ{ ハ   \ ∨、__/∨ Ⅵ、    | /  }  |
          ∨:::::l:::∨|} ―--      __     ! \  i'    |  |     _
            \::::,::::叭         ――  } / ∨     !  !    _{_}_
           / :\::::::リ::::...           ,|/、_ノ      {  | _/ つ }
             / /   、:::::::::::::≧=-r_っ---=≦::: ̄`ヽ--------':::::::}| ,イ /
         / /     \:::::::::>::/イ^ヽ /::::}:::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::iノノ圭)
           { ,        }:::::〈::::{ ////<::::::::::/::::::::::::::::::::_,:: -r i'´ | |
           | {        |::::::::i:::i//イ::::::/::::::::::::_,.. -   ´    | |   | |
           | /       ,:::::::::::Ⅵイ:::/:::::::::::/´          | |   | |
           |,'      /:::::::::::::∨:イ:::::::::::::::;'             | |  ∨
           |      ,::::::r-,::::::::::::::::::::::::::::::{               | |
           |       /:::::::`´::::::::::::::O::::::::::〈           } /

672>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:36:50 ID:qeWlLFFU0
 


         . :. :. :. ̄ ̄ ̄:. :. :. .     あれ?
       /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .  \   ここ殴られる所じゃないの?
     / :. .. ..     /|         ヽ  
    . : . :. :. :. l:. / |:. : ハ:. ハ:. :} :. :. . やる夫も絶対警戒してるよ?真田とか甲賀とかの忍者で。
     | :. :. :. : /|:/ u|:. / V ∨ :. :. | 
     |:. :. :. :./ヽ、._.|:/ 、_.ノ ∨:. :|  ソーニャちゃんもツッコミ忘れるぐらいヤバイの?
     |:. :.:.l イ __    __ } :. :.  もしかして。
     .: γ|: |└―┘   └―┘.{:. :.|ヽ
   .ノ::八ハ:.| u         u 八::'
    Vハ.:: ::ヽ、    __   , イ:ハ/
       ∨∨r'≧=rr rr:r=≦ハ:/
         へミ三{  {彡ヘ
         /:\:} : 〈}  }〉:Vハ
       { : : :ヽ : ィ ⌒⊃}: ハ
        V: : /´ : {{_」」ノ: : : :ハ

673>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:37:50 ID:qeWlLFFU0
 


                             __
                     、___,. : ': ´. : : : : : : : `: . 、     、 
      _____        く\ >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_/_ >
     |      ` 、         >イ: :/ : : : : : :i : : : : l: : : : : : : : : : :<: :ハ
     |          \     /イ.:/ /: : :/: /l: :i: : : ト、: : : : : : :ヽ: : V: :i 心配するな。
     |    ',\    \    /.:/: :i: : :/: /::::! l: : : l:::ヽ: ト: i: : : :ト、小: i 襲われるのはお前だ。
     ' ,     , ヽ.   /    : /i : l : /l:/:::::::l:lヽ : l::::::::il::::i:N: : :l: :リ: : i
        、    ヽ ヽ /    | i | : l: :i:::l::::::::::::l!::::ヽl::::::::l::::::l:::N:j⌒i.i : :i
        \    ヽ :::\.    | l lV l ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::ム,リ l: : !
          \   / \:::\,ィ7l.i l  l! |}::::          ::::j/_ノ  l : :!
           \/    \/__込i |   lj>、   _ __     , イ〔_  l : :!
                  {  __込、   i⌒> .._ー ┘_. <:::::::::ハ  l : |
                  ム   rへ/ ト、:::::::::::::: ̄::::::::::::;::ィ.´ ̄ ヽ l : |
                 込__ノ\:::\!::::ト、::::::::::::__;:: < /   ,ノ .|: :|
                 \ ̄ ヽ. \:::\l:::::::: ̄} /  /〈  / ヽl: :l

674>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:38:38 ID:qeWlLFFU0
 


             . :. ―――――‐:. .
        ⌒>:´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. `:<⌒    あー。
       _ /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .     \ _ 
       /:. :. :. :. :. .. .. .. .. ./   l.   l     \   遂にソーニャちゃんおかしくなっちゃった。
      ノ:. :. :. :. :. :. :/:. :. :/ |:. :. ハ :. :. |.:. :. :. :. :.\:\  カワイソーに。
     /:. :. :. :. :. :. :./ |:. :./ : |:. :/: : :、:. :.|ヽ:. :.l :. :.ヽ    
    /:. :. :. :. :. :. :/ : |:.ノ : : |:/ノ U: ヽ:.| : \| :. :. : \  ツッコミのタイミングとか、もう完全におかしいよ。
     /:. :. :. :. :. ノ: :ー―― ': : : : ヽー―‐ ' : }:. :. :ヽ   そもそも何言ってるかわかんないし?
   // :. :. :. :. l:.|: : : : : : _: : : : : : : :_: : : : : : :':: :. :. :.\
    /:. :. : γ^|:. |: :≡≡≡: : : : : : : :≡≡≡: { :: :. : ヽ  ソーニャちゃんって意外と打たれ弱いタイプだったんだね?
  //:ノ:: :: {  |:. | ' '             ' ' }:: :: |\:}
     | :: :: ヽ、ヘ:.| ∪             ノ:: ::|
     |:/ |:: :: ハ:: :> 、  , ‐┐     , イ:: :ハ |
         |:/ / : : l:≧:‐:r‐r‐r:┬:‐:≦|:/ |:/
         /: : ヽ: :| : |/又ヽ|: :|: : /:\

675名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 20:39:24 ID:UsOXhiRk0
関が原スレだと豊臣にはチート官僚はいたが正式な官僚組織がなく秀吉による独裁体制
徳川は北条の体制をほぼ丸のみにして官僚組織を作り家康が上方出張してても小揺るぎもしない状態
にしていたとあるからなんか違和感www

676>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:39:25 ID:qeWlLFFU0
 

 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .\: .: .: .: .: .:       .: .: .: .: .: .: .:\
 : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |\ .: .: .: .: .: .: .: .:     .: .: .: .: .: .:  じゃあ希望通りツッコンでやる!
 : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . | |.  \:_.: .: .: .: .: .: .: .: .:   .: .: .: .:
 : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . : . : . : . | |    \/://.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : . : . : . ://       \/.: .: .: .://.: .: .: .: .: .: .:
 ____ : : : : : : : : : : : : : : : . : . : //       / }.: .: / / .: .: .: .: .: .: .:
      /`.:<: : : : : : : : : : : : :/イ       K /: /  /.: .: .: .: .: .: .: .:  有難うございます!
    ./ .: .: .: .: .:`.:< : : : : : /へ : . . , : −   レ'≡=−/: .: .:/: .: .: .: .: .:
  ∠ __ .: .: .: .: / 。 ̄ −=≡\(: : : : . . ノミ 、  // : /: .: .: .: .: .: .:
      / .: .: .: {           〃    ̄ヾ ̄     ∠.: // .: .: .:/.: .: .: .:
     / .: .: :: :: :: 、     /〜〜〜〜〜〜〜〜‐ヽ  ./: .: .: .:/−、 .: .: .:
   / .: :: :: :: :: :: :: \   ////////////////////} /: .: .:/ (⌒ } .: .: .:
 . ∠.: -− 7:: ://:: :: \'////////////////////' /: .:/ ー' /: .: .: ハ
         /:/ /:///{//////////////////〃/:/^:: :ー‐ ':: :: .: :: /
            . -―ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜‐' : : //|/|/ |:: :: :: :/
             /: /: . /: . /| /|:::::::Λ   /: : . / : . : . : .\ |:/.|:/

677>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:41:01 ID:qeWlLFFU0


 
                              _,.-''':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.\   良かったー。
           __,.-‐ '''"" ‐ 、     ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ;',  いつもどおりのソーニャちゃんだね?
         ./           `.\   /:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;. |',:;:;:;'\:;:;.ハ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',  一体どういうこと?
       /        /|   |    `-.|:;:;:;::;:;|:;:;|',:;:;:;:;| \:;', .\:;:;.',`、|:;:;:;:;:;:;;:;:;', 
      /  /  / ./| / .|   |',     .| |:;:;:;:;||:;.| ',:;:;:;|  /‐‐‐\', |:;:;:;:;:;:;:;:;:;| 
   __.|  /  /| ./ |/ \ |  ./ .',  |  |:;.|:;:;:;|\|_ \| ~ ./ ̄`',`、 |:;:;|‐:;:;:;:;:;;|
 . ヽ三ニ| | /|/ | ̄ ニ'''-、 | / ___|_ ./|   | | | r =ミ  `  .l:;:;:;.oノ  . .|:;:;|:;:;:;|:;:;::;|   当たり前だ。
    /  | .| /   l |o:;:;:;.|  |/   レ`.|  | | .| .| | |:;:;o',    ` ̄ヽヽ  |:;/:;./:;:;:;:;| \ ちょっと耳貸せ。
   ./   〉レl .|    `'- -'    冫ニ-、 |  / .|| レハ`ヾ_ノ .、         レ-:;:;:;:;|',;;.|
  /  ./l  | |  ヽヽ       |o:;:;| / | ./ .| | |∧|| ヽヽ     /   /:;:;:;ヘ、| レ
 . |  ./ \| |           ‐‐′/レ |./ / |;:;|.ト _     ‐ ´   /‐"~l/
 .|  /    レ\    _ 、   ヽヽ .l |  レ    |;.|  l`  ‐ --‐ '''><´ /~""'''‐- .
 .| ./       .\  ヽ- ′    ノ/|   |    .レ  ',/',/   /||l|〉 /    /   ',
 .| |         |`  ..___ . -‐<レ  |  .|  |.\      _,-´ /~|     /     |
 .| |     __,,.. / > ,-'  \      |  | .r..| r`  ̄~ヘ ./    ||l||   | /      |
 .| |   r‐‐"   レ|__.∧ , -'" "'''-、  |  | \|  l ̄_  ヘ,  |   |l|l||   .|       |

678>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:42:33 ID:qeWlLFFU0
 


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌──────────────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│   ただいま密談中です     │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│     now mitsudaning...      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└──────────────┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

679>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:43:06 ID:qeWlLFFU0



  ./: .: /: .: .:/ | : .: /: |.: .:.ハ.: .: .: l.: .: .: .: l: .: .: .: .: .: .: .: .:   ・・・ちょっと強引だけど、まあ現状じゃしょうがないかな?
  : .: .: .: .: ./ : | .: /: : |: .:/: : 、 : .: |: 、.: .: .:|: .: .: .: .: .: .: .: .:
  |.: .: |.: .:/ : : |: /、 : |.:/ : :、_ヽ.:_ノ: :ヽ.: .:|ヽ: .: .: .: .: .: .: .:  
  |.: .: |.: /: : : :|/ : :ー|/ : : : : : \|: : : :\| : \: .:|:へ.: .: .:
 / : .: V:ハ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.: .:ハ  }: .: .:   じゃあまず大坂まで行くとしますか?
ノノ |.: :: : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.: /) /: .: ::
   |:: :: :: ::} ' ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ' ' |.:/  / :: :: ::
   :: ハ ::{             ヘ       |/ー:':: :ハ:: :
   V  、::ヽ、      гー―‐ '  }   , イVハ:: :/  ∨
        \::| >: . . . _ヽ.___ ノ. < : l : : : ∨: \
        /: : : : : / : | .><    } : : |: : / : : : : : ヽ
         {: : ヽ: :/: : :| /{:.:.:.:.:}ヽ.  / : :|:/ : : : : : : : }

680>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:43:32 ID:qeWlLFFU0

ー淀川河川敷ー
_______________________________________________________________________________________________________________________________________________________
                         ⊂⊃    /~~\   ./~~~\  ⊂⊃
  ⊂⊃    /~~\   ./~~~\  ⊂⊃     /     \/     .\   ⊂⊃    /~~\   ./~~~\  ⊂⊃ 
      /     \/     .\      /  傘傘傘   傘傘傘  \     /     \/     .\  
     /  傘傘傘   傘傘傘  \                           /  傘傘傘   傘傘傘  \

:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒;;⌒::.;;.⌒⌒/ ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ̄/::. :; ;⌒⌒:.:⌒:;
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ :::……    ::;   ;;   :::;;,; .: ..  ,::.;  /   /(<●><●>、)/   /.., ,; .:   ,,。,.(
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;  ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  : :::., /   /| ̄(    U)/   /,,;  (◯)  ::: 
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,    ;;   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,:: .  ,:.; /   /| ̄ ̄∪∪ ̄/   /.., ,; :ヽ|〃  ,,。, 
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:     ,。,/   /|   .., ,; .。,/   /゚ツン
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,: :   ::;/   /|   .., ,; .。,/   /゚   ::;;,    ;; 
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二][二[二二二二二二二][
                                         
  〜   。。 〜〜      〜     〜       〜〜〜              〜           〜  
    。゚,∧o∧  .∧ ∧  ∧_、 _∧@ノノノ@Λ Λ            (;><)_     〜           〜 
   §ミ彡゚ω゚ミ( ´‘ω‘)( * ω` )( *‘ω‘)( *‘ω‘)             | っー\\   〜    〜      〜   
  _ 彡  ┐つ(   ┐つ(  ┐つ(  ┐つ(  ┐つノ|━━━━━━━|  | //|
  ヽ ̄ (___) ̄ ̄(__) ̄ (__) ̄ (__) ̄ (__) ̄ ノ          ~〉〉ミ / /  〜〜   〜〜   〜〜  
ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ   ミミミミミミミミミ  /ミ    〜    〜     〜  
                                                      〜     〜     〜   
 〜〜  〜〜 〜    〜   〜〜〜   〜〜〜 〜   〜〜 〜〜〜  〜〜  〜〜〜  〜〜〜  〜〜〜
  〜   〜〜〜   〜〜  〜〜〜〜〜   〜   〜    〜    〜  〜  〜   〜   〜  〜   
 〜        〜          〜     〜    〜      〜 〜  〜  〜           〜     
_______________________________________________________________________________________________________________________________________________________

この日、豊臣秀頼は伏見城近くの巨椋池から船便に乗り、大坂城まで移動したという。

681名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 20:44:12 ID:IFAB1u9k0
伊賀はどうした?

あと、風魔もある程度は引っ張ったはずだよな…

682>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:44:17 ID:qeWlLFFU0


伏見は大坂と京をつなぐ京街道を扼する位置にある。
当時伏見→大坂の移動には京街道を徒歩でいく他に、街道と並行して流れる淀川を使った船便も利用されていた。
距離的には40キロ以上あるが、どちらでも一日で移動可能な範囲だった。

───────────────────────────────────
■陸路で見た大坂
                       ◎京(政治の中心)
                  京 / 
 __            街 ./ ◎伏見
    \         .道 /   
       ̄\大坂城  ./
 瀬戸内海   ◎── ゙
        /(商業の中心)
       │
       │◎堺
        \
          \
───────────────────────────────────
秀吉が伏見で政務を行なっていたのは、
ここが政治の中心である京と商業の中心である大坂や堺を管理するのに便利であったためである。
そしてやる夫とやすなの戦いも、しばらくはこの淀川の上下で行われることになる。

683>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:46:23 ID:qeWlLFFU0


ということで少々余談ではあるが、大坂の戦略的重要性の要である水運についても説明を。

大坂という土地は極めて商業に向いている。
瀬戸内海から琵琶湖沿岸につながる水運の力を利用できるからである。
───────────────────────────────────
■水運で見た大坂
                          琵琶湖
                        .    ↑
                       .  京 |
                           ◎/
                         /         
. ______        淀川 _ /◎伏見
            \         /    
明/南蛮航路    大坂城.   /
←――――――  ◎ ── ゙ 
西回り航路   /(商業の中心)
(博多方面) / │
      /  .│◎堺
      .↓   . \
   西回り航路   \
  (東日本方面)   |
──────────────────────────────────

鉄道普及前のこの時代、物資輸送力において陸路と海路の差は極めて大きい。
そのため海外は勿論、国内物流でも海運は非常に重要であった。

平清盛がこのすぐ近くの福原に遷都を行なったのは中国(当時は宗)との貿易のためである。
京都に近く瀬戸内海の水運を利用できる大坂は、明や南蛮との対外貿易の拠点として非常に適しているのだ。
織田信長、豊臣秀吉という重商主義者がここに注目したのは当然である。

しかもこれが京街道と並行する淀川を経由して琵琶湖ともつながるため、上方の物資は大坂に集中する。
更にこれは、西回り航路という全日本規模の交易路とも接続し、日本中の都市から物資が行き来することになる。
大坂は国内外を統一する巨大水運ネットワークの中心となっていたのだ。

江戸時代に大坂は「天下の台所」と呼ばれることになる。
商業を軽視した徳川政権下でさえそれだけの機能を発揮したのだから、
重商主義の豊臣家にとってここ大坂がどれだけ重要な都市であったかは容易に想像がつく。

684>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:48:50 ID:qeWlLFFU0


またこの水上輸送は軍事的な価値も極めて大きく、兵員や兵糧の輸送にも活用できる。

当時の大坂城は瀬戸内海と直接つながっており、
織田信長の本願寺攻めの際にはこれを利用した毛利水軍が補給物資の輸送を行なっている。
十年にわたる本願寺攻めで、大坂城が最後まで落ちなかったのはこれによるところが大きい。

つまりこの城を兵糧攻めにするためには、陸軍だけでは不可能なのだ。
そのためには、大阪湾を海上封鎖できる海軍が必要である。
───────────────────────────────────
■軍事的に見た大坂
                  ●敵陸軍 
. ______         ◎大坂城
            \  
    .       ●●
―――――――→◎●
海上輸送     /●●
          │
          │
      .     . \
            \
──────────────────────────────────
また、大坂城の立地そのものが極めて堅牢な縄張りとなっており、
これだけで陸軍による攻撃は極めて困難である。
本願寺攻めの時点で織田信長が十年かかってここを落とせなかった。
そして豊臣政権は巨大工事を行なってそれを大幅に強化しているのだ。

ここを力攻めて落とすのは、当時の科学/軍事技術では物理的に不可能である。

つまりこの城を落とすには、この巨大城郭を包囲する陸軍と
大阪湾の制海権を確保する海軍の両方を持つ必要がある。
その上で大坂城内の兵糧が尽きるまでその状態を維持出来る経済力がなければならない。

この三つを併せ持つ勢力は現在この日本には存在しない。
陸軍では最強だった徳川軍も、海軍力は皆無に等しかったのだ。
つまりこの要塞に豊臣秀頼が入った時点で、豊臣家を物理的に破壊することは事実上不可能となった。

685>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:50:55 ID:qeWlLFFU0

ーその日の夜 大坂城ー
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::: ──  :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.................................................................|              |.......................................................
... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... |               |... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...
.. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. :. .. .. .. ..         /.. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \       . . . . .: . . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . ー __  ../. . . . . . . . . . . . . .
                   ∧_∧           ∧_∧
                   ( =========( ・∀・)
                   / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ
                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ
                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ‖  \ゝ
            鄱  ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  鄱_ノ//======== \ゝ .鄱
             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ‖      ン
               ̄‖~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ‖| ̄ ̄ .‖ ̄ ̄ ‖
                ‖==================.‖|=====‖==== ‖
                ‖|  ‖  ‖ ‖ ‖ .‖|    ‖   .‖
                ‖===================   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                ____@))____|_______ |
               /    //ヘ \冫      |        |
               /   //     \\冫    |         |
       ∧_∧  /  //   ⅢⅢ   \\冫   |         ∧_∧
      (  (( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄( ・∀・)
     / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\\
    / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\_\
  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\_
/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//鄱人人_ \\
@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@ノ人_@_@、_
     |          |          |           |
     |  △ △ △  |           |  △ △ △   | △ △ △
    |=======| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|========|====

朝出発した一向はその日のうちにほぼ全て移動を完了。
豊臣秀頼は無事に大坂城へ入った。
そしてこの城は秀吉が期待したとおり、またはそれ以上に秀頼を最後まで守ることになる。

686>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:52:20 ID:qeWlLFFU0



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \  ということで到着しましたよ。
  |   ( ●)(●) 途中からは輿に乗ってもらいましたが。
 . |    (__人__)  
   |     ` ⌒´ノ  お目覚めはいかがですか?
 .  |         } 
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ  
    .>    <   


.

687>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:53:14 ID:qeWlLFFU0


           / ̄ ̄ ̄\    あーもう呑めませんお。
         / ─    ─ \  もー結構ですお。
        /  <○>  <○>  \
        |    (__人__)    | ・・・もう大坂かお?
        \     `⌒J´   /
        /              \
                           / ̄ ̄\  ええ。
                         /  ヽ、_  \
                        (●)(● )   | 秀頼様はじめ淀の方様、近習の方々も既に入城されてます。
                        (__人__)     | 全大名が屋敷に入るにはまだまだかかると思いますが。
                        (`⌒ ´     | 規模的に考えて。
                         {           |
                         {        ノ 徳川家康も予定通り行列に入ってます。
                         ヽ     ノ   もっとも彼らは見送りだけだからすぐ伏見にUターンですが。
                          ノ     ヽ
                          /      |

688>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:53:44 ID:qeWlLFFU0


       ____     
     /      \     そうだったお。
   / ─    ─ \   やすな達は見送りだけして伏見に戻ってもらうことになってるけど
 /   (●)  (●)  \  何か言いがかり付けて大坂に居座るかも知れんからそこは注意お。
 |      (__人__)     | 
 \     `⌒´    ,/  アイツらUターン組はこっちに家ないからどこに宿泊するかも良く見ておくお。
 /     ー‐    \  宿泊にかこつけてまた虎之助とかにチョッカイかけるかも知れんし。

689>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:54:13 ID:qeWlLFFU0



                           / ̄ ̄\  了解しました。
                         /  ヽ、_  \ 引き続き家康の動向は監視します。
                        (●)(● )   |
                        (__人__)     | 奴らの宿泊所についてはまた明朝ご報告します。
                        (`⌒ ´     |
                         {          | ・・・それと、やる美様がこちらのお屋敷にてお待ちかねです。
                         {        ノ  やる夫様が九州に行かれてからですから
                         ヽ     ノ    もう4ヶ月近く放ったらかしですよね?
                          ノ     ヽ
                          /      |   色々と溜まったりものがあるでしょうから頑張って下さい。

                                           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   ・・・。
                                         / /" `ヽ ヽ  \
                                        //, '// / ソγハ  、 ヽ
                                        〃 {_{Ⅰ/ / λ リ| l │ i|
                                        レ!小ノソハ八ノ∨从 |、i|
                                .         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
                                         ソヽ、  ゝ._)   j //
                                           ソヘ、 __, イ∨
                                        r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
                                        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

690>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:54:41 ID:qeWlLFFU0



           / ̄ ̄ ̄\   ・・・。
         / ─    ─ \  
        /  <○>  <○>  \ もー食べられませんお。
        |    (__人__)    |
        \     `⌒J´   /あっ食べられるのはやる夫かお。
        /              \

691>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:55:06 ID:qeWlLFFU0


ー次の朝ー

    / ̄ ̄\    ・・・やる夫様。
  /   _ノ  \  徳川の宿泊先がわかりました。
  |   ( ●)(●)
 . |    (__人__) ・・・やる夫様?
   |     ` ⌒´ノ
 .  |         }
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ 
    .>    <   

              / ̄ ̄ ̄\    ・・・朝からご苦労だお。
            / ─    ─ \ 
           /  (●)  (●)  \ それで、やすなはどこに泊まったのかお?
           |  \ (__人__) /  | ちなみにやる夫はやる美の部屋に泊まってたお。
           \_ | ` ⌒´ | _/
            /        |  
           (_)|        ||

692名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 20:55:15 ID:UsOXhiRk0
まあ逆に言えば大坂があまりにもすごかったせいで豊臣ほろぼさなきゃならなくなったんだけどねww

693>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:55:47 ID:qeWlLFFU0



    / ̄ ̄\     ・・・。
  /   _ノ  \    (そこは深くは突っ込みませんが)
  |    ( ー)(ー)  
 . |     (__人__)   片桐且元様の弟である片桐貞隆様のお屋敷だそうです。
   |     ` ⌒´ノ   石高的にも権限的にみても差し障り無い小大名です。
 .  |         }   現時点ではあまり政治的な意図は感じられませんね。
 .  ヽ        }   
    ヽ     ノ    まあ今回は大人しくするんじゃないですかね。
    /    く      現状徳川の劣勢は間違いありませんから。
    |     \     政治的に考えて。
     |    |ヽ、二⌒)、

694>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:57:02 ID:qeWlLFFU0


       ____     
     /      \    ふーん。
   / ─    ─ \  やすなにしては随分おとなしめの選択お。
 /   (●)  (●)  \ 
 |      (__人__)     | てっきり虎之助か市松あたりのウチに泊まると思ってたのに。
 \     `⌒´    ,/  まあ良いお?
 /     ー‐    \  奴らが大人しくしてるなら文句はないお。


<朝から速達でーす。


.

695>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:57:34 ID:qeWlLFFU0


 やる夫さんにお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ


.

696>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:59:25 ID:qeWlLFFU0


 
 バサ    ____
      /     \      いったい誰からだお?
  パラ/  ─    ─\
   /    (●) (●) \    あれ?やすなからだお。
   |       (__人__)    |    こんな朝から一体なんだお。
   \        |\  / /| 
   /     /⌒ノ  \/ ( ) もしかしてラブレターかお。
   |      / / |       |  この間の会議でやる夫にホレたとか。


.

697>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 20:59:47 ID:qeWlLFFU0



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   WARNING!    /  /   /
     /              ../  /   /
    /   ____     /  / 徳 /    なんじゃこりゃ?
   /             /  / 川. /
 /             /    / 家 ./
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   / 康 /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

698>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:00:10 ID:qeWlLFFU0

            ・
           。
          ○
        ○
/ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


       /     .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\    くせものじゃああああああああ!
      '         l.     l.      .. .. .. .. .. .. .. .:ヽ   昨日の夜、私のところに曲者が出たんだよ!
     /.: .: .: .: / .: ハ .: .: |ニ、.: .: .:|ニ、.: .: l.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.
    /.: .: .: .: /.: / ニ、.: .:|ニニ: .: .:|ニニ: .: |.:. .: .: .: .: .: .: .: .: .:.  アイツお金とか見向きもしないで私の寝所に来んだよ!
    /.: .: .: .: /| /:U:ニ\:|:ニニ:\:|ニニ:\|、: .: .: .: .: .: .: .: .: l  絶対私の体が目当てだったんだああああああ!
   /.: .: .: .: /: : :ヽ、:_;ニニニニニ:、:__:ノ: :ヽ: .: .: .: .: .: .: .: .:|
   /.: .: .: .: / : ; :―‐ 、: ニニニニニ ; :―‐:ミ: : \: .: .: .: .: .: .: |
  /.: .: .: .: ハ :/γ⌒ヽ: ニニニニニ: γ⌒ヽ ヽ |.: l: .: .: .: .: .:|
 ノ.:ノ.: .: .: .:ハ{ 、. ゚ ノ: :ニニニニニ: :、. ゚ ノ } .|.: |⌒ヽ: :: .: .:|
    |.: .: .: :: }  : : ̄ : : : : : : : : : : :  ̄: : :   |.: |⌒ }:: :: :八
    | .: .: :: イ U    ____, ― 、   U |.: |) /:: :: /
    |ハ:: ::八     {////////////:ハ    .|.: |./:: /ノ
       Vハ:: :ヽ、   V////////////ハ , ィ|ノ: /l/
  , ┐/^) ∨\:>:-:V:////////////}:⌒ヽ:/
  ( ノ┘ (    」 : : : /T: Τ又Τ: T 7´: /: :}
  (_ノ、ー {:ヽ._ノ: :ヽ: : : :>:V//V:< : {: : : : : : L
   (_ノ 、 }}: : :\: : : :{:.〈 : : V// : : 〉: : : : : : : : :}  _/^)
    (_ノ彡: : : : : : /ヘ: \ : V : / : : V: : : /⌒{  ヽヘ
      \: : : /  〈 : : : \/ : : : : : ヽ: : : :〃´ ー へ.ソ
           ̄     /: :Ο : : : : : Ο: : : 〉\: {{ r‐「 ヽ_)
            /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ >ミLノー'

699>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:01:46 ID:qeWlLFFU0


                    _____                /
     ⌒ヽ    @   , .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .           ノ     大坂に来て初日からこうだなんてもー!
      @ \     / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \    /⌒  @   やる夫とか奉行衆は一体何やってんの!
           ー /        .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\
_ノ⌒ヽ、._    <.: .. .       /     l .. .. .. .: .: .: .: .: ヽ          天下の五大老筆頭が襲われたんだよ!!
   @          /.: .: .: .: .:/ .: /.: .:l: .: .: |ハ : .: .: .: .: .: .: .: .:.   @    ノ 警備担当の怠慢じゃないの!
           /.:/ : .: .: / .: / |: .:ハ .: .: | .: .: l : .: .: .: .: .: |     /⌒
             /:ノ.: .: .: / |: / .|.:/  、 :| 、.:.| : .: .: .: .: .: |    /  @  絶対後で責任とってもらうんだからね!
⌒ヽ、._ノ      /.: .: .: ::| |/  |/   \|   ヽ| V.: .: .: .: .:.|  @    
     .(J(J\   ' : .: .: ::/                |.: l:ヘ .: .: |  ./L)L)    
      (⊃ とヘ   |://.::′              |.: | } :: 从 ./つ ⊂)    
   @ (⊃ ( ノ、   /:八  , ――――――― 、 |.: |ノ : / 人 ) ⊂)
      ヽ./ : ヘ  /:ノ::.ヽ.{へへへへへへへへ}.|:ノ::ハ/ / : : \イ
       〈: : : : : ヘ   レ:ノ :ー‐:‐r‐r‐r―r‐r:‐:ヘハ/  /: : : : : : 〉   ⌒ヽ
_ノ⌒    V : : : : ヘ  /: : : : :/ : |ノ又ヽ/ : |: : : : :\ /: : : : : : / @
   @.    V: : : : : Y: : : : }/: >: | /:.:| /: <: 、{: : : : :/: : : : : : /

700名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:04:09 ID:IFAB1u9k0
ちゃんとした防御を備えた屋敷を勧めなかった五奉行に対する言いがかりって形?

701>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:10:02 ID:qeWlLFFU0


         ____
      /     \      ・・・なーに言ってんだお?
     /  ─    ─\     アイツらあれだけ影の軍団で警護させてるのに。
   /    (●) (●) \    そのヘンの物盗りどころか、甲賀弦之介でも返り討ち出来るはずお。
   |       (__人__)    |   
   \        |\  / /|  大体、刺客の一人や二人で殺せるぐらいならとっくにやる夫がやってるお。
   /     /⌒ノ  \/ ( ) 仮に曲者が入ってたとして、やる夫にどうして欲しいんだお?
   |      / / |       |  まさかそれ理由にやる夫クビにでもするつもりかお。


>>681

伊賀と風魔は徳川に付いていたっていう設定です。

702>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:10:53 ID:qeWlLFFU0

            ・
           。
          ○
        ○
/ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

             . ―――――― 、   とりあえずこんなアブナイところには居られないよ。
              |           |   私はとっとと伏見に戻るんだから!
              |           |   
          ⊆==============⊇
             /:. :. ノ∩|:/ | /∩ V \  仮にも五大老筆頭のこの私を狙うヤツが居るなんて有り得ない!
           ∠:.γl| ∪     ∪ {:. :、ヽ 伏見に帰ったら襲われないように武装するんだからね! 
\、       {:. 人|| ' '      ' ' }:. :.}  矢倉とか防御塔とか一杯建ててやるううううううう!
  ミ\.       Vハ: リ、   l ̄ノ  ノ:. V
  \i\      VV>rr:x‐rr<:VV      こっこれは曲者対策なんだからね!
    \i\     / : : >Y::Y<: :、/  ̄ ̄ \ ヘンな勘違いしないでね!
      \}}r┐ /: :/: :\v/: :/       .
       Lノヘ: /./ : :。: : 。: : {    ・    }
        ヽ>く  /: : :。: : :。 : Λ     °/
            )).<: : : : : : : : : : >\ __ /
          <:::::::ー:::^::ー:::´::::>
          / ミ ー――― < \
            /  /          /  /
           ./_/         /_/
          /―/        〈ー‐ヽ
           ̄           ̄

703>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:11:35 ID:qeWlLFFU0


         ____
      /     \      あー成程。
     /  ─    ─\    コレ言いたかっただけだお。
   /    (ー) (ー) \   
   |       (__人__)    |   これも当然やる夫だけに送ってる訳じゃないお。
   \        |\  / /|  同じもの他の大名にも配ってるはずお。
   /     /⌒ノ  \/ ( )
   |      / / |       |
                          / ̄ ̄\   成程って。。。
                        /  ヽ、_  \  随分余裕ですが、大丈夫ですか?
                       (●)(● )   |
                       (__人__)     | 奴ら伏見に籠って仲間集めするつもりですよ?
                       (`⌒ ´     | 曲者もおそらく我々のせいにするはずです。
                        {          |
                        {        ノ  これはもうほぼ全面的な抗争です。
                        ヽ     ノ   江戸とかに動員令かけてるかも。
                         ノ     ヽ
                         /      |

704>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:12:08 ID:qeWlLFFU0


      ____   
    /      \    全面抗争大いに結構お。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (●)  (●) \ 今こそやる夫バブルの出番お。
 |       (__人__) .  |今の時点なら味方は断然こっちが多いし、正義も全力でこっちのもんだお。
 /     ∩ノ ⊃  / 今動員かけたら間違いなくこっちが勝つお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  やすなも劣勢になって色々焦ってるんだお。
   \ /___ /  折角だからもっと派手にやってくれると嬉しいお。


.

705>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:13:05 ID:qeWlLFFU0


今の段階ではどー考えても大坂方有利お。
日和見どもにもわかるぐらい。
一部は伏見に行ってるみたいだけど数としては少ないお。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 【審議中】
 ?   ∧,,∧  ∧,,∧  ドッチツク?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ ヤッパオオサカダヨネ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ ゲンセイケンダシ!
  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'トトクガワハ?
 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
 【結果発表】
 パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
  [ 秀頼 ] [ 大坂 ] [現政権] [豊臣] [伏見]  [やる美]
   ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
   ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩´ω``)∩・ω・`)∩´・ω・`)
    (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
    `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u
 ――――――――――――――――――――――――――――――――

706>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:13:42 ID:qeWlLFFU0



      ____    
    /      \    やすなもコレだけタンカ切って伏見に引き上げたからには
   /  _ノ   ヽ、_\  絶対何かするハズお。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \
 |       (__人__)  .  | そこに宮田一郎ばりのカウンター食らわすのが「やる夫バブル」の奥義お。
 /     ∩ノ ⊃  /  とりあえずやらない夫は今の三倍で伏見に間者送って欲しいお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  やる夫は奴らのやりそうな事を予想して対応シミュレーションしておくお。
   \ /___ /  

                          / ̄ ̄\   かしこまりました。
                        /  ヽ、_  \  場所が離れた分情報収集の難度も上がりますね。
                       (●)(● )   |
                       (__人__)     | 動きがあったらすぐにお知らせします。
                       (`⌒ ´     |
                        {          |
                        {        ノ 
                        ヽ     ノ   
                         ノ     ヽ
                         /      |

707>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:14:13 ID:qeWlLFFU0

     |┃
     |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
     |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
     |┃   N {                \
     |┃  ト.l ヽ               l
  ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
     |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  話は聞かせてもらったぞ!
     |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |   豊臣は滅亡する!
     |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
     |┃      l     r─‐-、   /:|
     |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
     |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
     |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
     |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l

708>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:14:40 ID:qeWlLFFU0



        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____   ・・・・。
      |::::::(●)(●) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \  ・・・・。
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴―


.

709>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:15:07 ID:qeWlLFFU0


┃|  三
┃|     三
┃|  三
┃|    三
┃|  三
┃|
┃| ピシャッ!
┃|  ∧∧
┃|  (;  ) 三
┃|⊂    \


.

710>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:15:32 ID:qeWlLFFU0



        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____     もしかして曲者ってアレかお?
      |::::::(●)(●) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \   さあ?
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \  ホントにいたんですね?
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


.

711>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:16:04 ID:qeWlLFFU0


ー そのちょっと後 伏見 徳川家康邸 ー


             . :. ―――――‐ :. .        
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、     
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\     ということで今回も悪いことしたね!
        :. :. :. .. ..                    ヽ    
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ    襲われてもないのに曲者とか。
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ   自演乙って奴だね!
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ
             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\


.

712>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:16:28 ID:qeWlLFFU0



     ヘ      _,.  -─-  .  / >      あんまり調子に乗らない方がいいぞ?
     \_ヽ  , <         ヽ^←┐    今回のはかなり強引なやり方だ。当然リスクも高い。
   ┌-く__>'´∧             ヾ、  
   └‐‐イl /                \   こうなったら物理的にも心情的も元に戻るのは難しいぞ。
     / /∨    、   /l  ト、 l ヽ  ヽ- ヽ  少なくともやる夫には宣戦布告したに等しい。
    il ム斗l  /  1、/ | /  Vl/ l  ハ   
    i l 小. Vl /l / レ__\!/  ,.イl_ Vl  lハ   それに、こっちとあっちで場所が明確に別れたから、
   i l .! V l / lメ{下匸j    下匸j^刈 l l N   敵対の構図がかなりわかりやすくなった。
  i  l l   ∨∨|ハ弋.ン゙    弋ン゙ {ハ乂ハ  
  |  |l   ヽ.l l         '     } V   i  今までは同じ場所で暗闘してたから敵味方の区別はつきにくかったが、
  |  ll     リ 、      _    , イ|  !   l  これからは居る場所だけでどっち派か分かってしまう。
  |  |       _,≧=ーェ-r┬<  ソ   i.  l  
  |  |      ん: : :\_,イトイ: : : i     l  l  


.

713>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:16:55 ID:qeWlLFFU0


■大坂派と伏見派
 ┌────────┐    .┌─────────┐
 │   [大坂城}    |    .│    [伏見城}     │
 │ 豊臣秀頼の居城 |    .│ 徳川家康の出張所 │
 │     ↓    .  | VS  │      ↓       .│
 │    豊臣派      |    .│     徳川派 .  .. │
 │   (やる夫派) .   |    .│ .   (嫌やる夫派)   |
 └────────┘    .└─────────┘
              ← 40KM →
              (1日行程)

今回の居城移転のせいで、豊臣VS徳川という図式になってしまったのは結構痛いな。
今までは豊臣家文治派(やる夫派)VS豊臣家武断派(嫌やる夫派)という構図だったのが
上手いこと組み替えられた格好になる。

武断派の連中が大坂に行ってしまったのはこのせいだ。
少なくともやる夫が嫌いってだけでこっちに着く連中は随分減った。

それと調略する相手が全部大坂に行ってしまったてのも痛い。

.

714>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:17:27 ID:qeWlLFFU0


               _ ,..  - ――--  _         _
          \ _ <///           `丶、     //〉  
           \ ̄´                  ヽ、__///   
           /,      /               ∨//_       このおかげで
      _,.-- 、 ' /      |                   ∨///\    私たちが豊臣に敵対してるのがより明確になったな。
<二二二{ノ_と } ,/     / | ;'   |             | `ヽ//〉
        |´.::/イ! /   ' /! |  ∧   :     、  |,   ∨    少なくともやる夫には死んでもらうしか無くなった。
        {r ,::::: | |  /! / | ∧  {  ヽ.  | :.     ヽ lハ   }     こうなったら後は集められるだけ仲間を集めよう。
        ∨)::::::{ |  / |/ {/ ', |   ', |. |    、_、,' :.    
         ∨::::: ヽ{ ハ   \ ∨、__/∨ Ⅵ、    | /  }  |   
        ∨:::::l:::∨|} ―--      __     ! \  i'    |  |     _
          \::::,::::叭         ――  } / ∨     !  !    _{_}_
         / :\::::::リ::::...           ,|/、_ノ      {  | _/ つ   今まで声かけた連中は
      ..    / /   、:::::::::::::≧=-r_っ---=≦::: ̄`ヽ--------':::::::}| ,イ /  全部伏見に来させるつもりでやるんだ。
       / /     \:::::::::>::/イ^ヽ /::::}:::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::iノノ圭)
         { ,        }:::::〈::::{ ////<::::::::::/::::::::::::::::::::_,:: -r i'´ | |
         | {        |::::::::i:::i//イ::::::/::::::::::::_,.. -   ´    | |   | |
         | /       ,:::::::::::Ⅵイ:::/:::::::::::/´          | |   | |
         |,'      /:::::::::::::∨:イ:::::::::::::::;'             | |  ∨
         |      ,::::::r-,::::::::::::::::::::::::::::::{               | |
         |       /:::::::`´::::::::::::::O::::::::::〈           } /

.

715>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:17:50 ID:qeWlLFFU0


            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-    
.     /               ` <    まずは豊臣への忠誠度の低そうな奴は婚姻でこっちに取り込む。
__ /      j     }     ヽ    完全に違法だけど、ここまで来たからにはもうそんな事どうでもいい。
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ  
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 ト ト、}.  襲え。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハヘ!     襲っちまえ。
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|   
    | 八  l|"         " }|    
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |   
    | l    { ,く \_下、 ´   lN    
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|     
    | |  /  {   |∧   ヽ l|
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
    | | └く  `´     ヘノ  }

716>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:18:24 ID:qeWlLFFU0



         . :. : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. :. .      
      / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \      こういうの好きそうなのはやっぱり伊達政宗だね?
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\    豊臣家中では一番知力が低い福島正則。
   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ  
  ./ . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.   この辺は最優先で狙うとして、後は話持ってって食いつき良いとこを狙う。
  :     :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.      : 
  | :. :. :. .. .. .. ..          .. .. .. .. :. :. :. |   後、江戸にはいつでも動員かけられるように伝令送っておいたよ。
  |:. :. :.l:. :. :. :. : l :. :. :. :. l :. :. :. :. :. :. l:. :. :. |   ここからは武力衝突もありそうだしね?
  |:. :./:|:.l:. :.l:. : ハ:. :. :. :. |:、:. :l:、:. :l:.|ヘ:. :. | 
  /:. :{ :|:.|:ノ:|/:::::Vヘ:. :. |:::\:|:::\:|:.|: } :. : 、 ついでにこの暗殺騒ぎ件の主犯はやる夫だって噂も流しておいたから、
/ノ|:: ヽ|:.|:::::::::::::::::::::::::\:|::::::::::::::::::::|:.|ノ::.:|ヽ  やる夫嫌いの武断派連中がこっちに合流したりするかも。
    :: :: |:.|:、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:|:.|:: : リ \
    ∨人|V>:. . _ 、.__ノ _ . .:<V|人∨    警護も募集中だよ。
        /   : : :Ⅴ又Ⅴ: : :   ヽ    .    未経験者大歓迎の即日可。
       /     : : :ハ: : :   / ヘ        勤務地は勿論こっち伏見でね。
     /  \/    |/|    V   ヘ
    〈     V      |/|    V   〉


.

717>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:18:52 ID:qeWlLFFU0


            _r‐ヘ
         ´     ',⌒ ー-  _ ,  良いぞ?
.     /               ` <´    お前も大分外交が分かってきたじゃないか。
__ /      j     }     ヽ
∨//V /     /|   } }i   ヽ  ハ   ここまで来たら江戸本国で動員かけて一気にケリを付けてやる。
 >/{.》′   i| .∧|   ∧八 ト、 iト ト、}  あっちは所詮烏合の衆だ。
 {//ノイ {   /{/─|/|/  }匕V ハ} ヘ!
 ∨ | rヘ  厂「 ̄「     ´「 ̄「从 }    それに引き換え徳川旗本部隊はホワイトベース隊並みの精鋭揃い。
    | {  Vl 弋_,ノ //// 弋_,ノ{|     ニュータイプ部隊でプレッシャーかければ求心力のない大坂方は瓦解する。
    | 八  l|"         " }|
    | l⌒>ト . _  '-=-  . イ} |     ここまででよくわかったが、純粋な外交交渉ではやる夫が上手だ。
    | l    { ,く \_下、 ´   lN     私たちが勝とうと思ったら武力を多めに混ぜる必要がある。
    | |   /  ヽ/、/∧\   l|    
    | |  /  {   |∧   ヽ l|      多少のリスクは覚悟の上でどんどんプレッシャーかけるぞ。
    | |     ヽ  |/∧ V Vl|
    | | |     }   ヾ//  }_ヽ
    | | |  /7⌒>-‐ ⌒ヾ ヽ〉
    | | └く  `´     ヘノ  }

718>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:19:11 ID:qeWlLFFU0



             . :. ―――――‐ :. .        よーし。
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、      じゃあ早速伊達家と福島家に結婚パーティーの案内だ!
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\     
        :. :. :. .. ..                    ヽ    これからもどんどん悪いことするよ!
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ   
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ  
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ  
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ 
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ

\_______   ______________________________/
             〇
               〇
                 ・
                   。     
                          / ̄ ̄\   ・・・という報告が間者から入っています。
                        /  ヽ、_  \  やる夫様の読み通り、早速大きいのが来ましたね?
                       (●)(● )   |
                       (__人__)     | その後の情報では、伊達家と福島家、それと蜂須賀家が
                       (`⌒ ´     | 婚姻に応じるそうです。
                        {          |
                        {        ノ  曲者への対処ってことで周りの大名に護衛を募ってますが、
                        ヽ     ノ   これはもう殆ど戦争の準備です。
                         ノ     ヽ   当然江戸本国にも動員をかけているでしょう。
                         /      |

719>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:19:44 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /      \    思った通りお。
   /  _ノ   ヽ、_\  アイツら伏見に置いてかれて焦ってるんだお。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \
 |       (__人__)  .  | 戦争になったらホワイトベース隊で勝てるぐらいに思ってるんだろうけど、
 /     ∩ノ ⊃  /  こっから江戸まで往復するのに何日かかると思ってるんお?
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   こっちは畿内とか中国地方とか近所の大名が多いし数だって多いお。
   \ /___ /    ガンダム来る前にザクの大群で押しつぶしたるお。


.

720>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:20:04 ID:qeWlLFFU0


        ___       
      /     \ キリッ  よしっ。
     /   \ , , /\     ではこの機会を逃さずソッコーでやすなを糾弾するお。
   /    (●)  (●) \   
  .. |       (__人__)   .|   やらない夫は残りの大老と奉行を大坂城に呼んで欲しいお。
     \      ` ⌒ ´  ,/   議題はもちろん徳川家と他大名家の婚姻についてお。
      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 今こそやる夫バブルの好機、
     |            `l ̄    ここでやすなを仕留めてやるお。


.

721>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:20:27 ID:qeWlLFFU0


─────────────────────────────────────
[ 大坂城会議室 ]
             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
─────────────────────────────────────

722>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:21:19 ID:qeWlLFFU0


      ____   
    /      \    ・・・ということで、徳川家の御法度破りは明確お。
   /   _ノ ヽ、_.\  これは今までみたいにコソッと派閥を拡大してるとかそんなレベルじゃなくて
 /    (●)  (●) \ 明確な違反ですお。
 |       (__人__) .  |
 /     ∩ノ ⊃  /  これを見逃しては豊臣政権の重大危機になるお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   しかもこれと並行して軍隊も動員してるって話さえあるお。
   \ /___ /   こっちが本当ならもう軍事クーデターと言って良いですお。


.

723>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:21:41 ID:qeWlLFFU0

          ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      当然許せぬ。
         (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、    
         ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"     もしこれ以上の無謀を通すというのなら・・・。
 .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、     秀頼様の代わりに私が相手になろう!
      (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ    
       )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ    
        ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )      
       (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く  
        リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; ) 
       `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
        tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ 
         )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、, 
       /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
      ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
      i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
      ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
      、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (

724>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:22:05 ID:qeWlLFFU0



    ,.-ミ》》巛ミ-、
   ,;' .__  ._ ヽ   モキュッ
  .!/ _) (_\!!''ヽ
  !  ̄ ・  ・  ̄.!  !
  '!    ノヽ  .丿 .!
   ヽ .      ./  /
    / `iーー '/  .i/!
   /    ̄ ̄   .! !
  !  !        ! .!
  ''T~!        ! .!


.

725>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:22:31 ID:qeWlLFFU0


<義を重んじる上杉家としても許すことはできぬ。
 ここは大老と奉行が団結して徳川の横暴を止めるのだ!



     /                     ヽ
    i                       `、 ・・・豊臣家は僕が守ります。
    l                         l 
    |    -‐    ̄ ̄ ̄ ̄   二ニ__- 、  |   そのためなら誰とでも戦います。
    j ‐               「/7三|   、i 
    {             ______ └-=ニ」    \
    |    -‐.... ̄::::/!:::::::: :::::::::::l:: ̄........‐-.、    !
    | /::::::::::::::::::::::/│:::::::::::::::::::|\:::::::::::〉::::::\ l
   〉´:::::::::::::::: ;:: ::::F=l:::::::、:::::::ハ:k=ヽ:::::/::::::::::::::`.'-z_
    l :::::::ヽ::::∧:ハ!、:|_-ゝ::::::ヽ:::| l:! _‐」_/|/!::::::ハ::::::::::::.>
   ノ::ハ::::::::.、!<7:ニハヽ l::!、:::::\レ7;ニ:ハ`ゝ}::::ハ:`l:::::::/
   /'´ ∧:::::::::ヽ  ̄´′ リ ヽゝ_>` ̄´ /:/}/./::::∠_
    レ、:::fヽ、::\_     :ノ          /イ_/::::/´
      ヽゝヘ`-‐´             ´/:::::::<_       
         \       __       /:::::<´
    _     ,イ:ヽ、  ´ -:- `   イ、ニ‐-'´
   ノ }   / ハ:::!、丶、    / ,!::l ヽ
  /`7 !_ /  !'::::::::`,.-.` ニ´-、 /::::i  \ _
 ´... ...i | 7   l:::::::::/./ ̄. ̄\ヽ:::::::!    \` ‐- 、
 . .. . ..ヽ !′   |::::::://: : : : : : : : .ヽヽ:::l     \==‐`ニ_‐- 、
 . . . . . .ヽヽ    !:::::l/: : : : : : : : : : : l !:::|        ヽ     ̄ =|`丶、
 .. . . . . . .\ヽ  |:::::|!: : : : : : : : : : : :.i|::::!        ヽ      l   |

726名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:23:20 ID:UsOXhiRk0
義(笑)

727>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:23:22 ID:qeWlLFFU0


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                          , ´ ̄ ̄Kヽ         ブヒヒヒ。
                           {jj_j_し__, ? }          困ったことがあったらな〜んでも言うといい。
                        Y`゚7´゚ニ´  う)         
                           {Yr三ハ   Y^ヽ. ___    
                       _ .. -=弍ゝこ ゝ.__,ムイ.:::/.::::::>―z--..... _
               _.... -‐=≠≠-‐< > ,ニ二⊇::ィニニニY´.:::::::∠.:::::::::::::::::::.\
                . イ.::/ニニ/::⊆ニ,   /  /.:::::::::::::彡| ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄`ヽ
              ∠/.::/ ̄/{::::::::::/   ,!   ̄ ̄ ̄  |    ト、      ―┴-=ミ´
               ̄厂/  /  ̄ ̄  / !          |    | \〃           \
            { /  /     /_人         |    |   |i              \
           /{,'  /  _. < ニ二ニ >  . _   |    |   |l           __\
           /  ,  / ̄-==   ニ三ニ      ニ=ミ|    |_  |l        / /.:::::::::::.`ヽ_
          /   ,  /  -==                =ミ|    |  ̄ \    /|\'.::::::::::::::::::::(_ .イ
     _∧'-‐  ; /〃                    |    |`ヽ.   \  {/|_ ,ノ.::::::::::::::::::::::::::::i
 ___/〈_〉`ヽ.; ′                     |    |      `ー_}___:::::::::::::::::::::::::__l
 \/.:::::∧:::::::::::::} i                     |    |       <{\_ノ.:::::::::::::::::::(__/l\
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
[ 毛利輝元(中国地方/120万石)]

毛利元就の孫で五大老の一人。
年齢やキャリアだけを見れば他の大老と同程度であるが、
毛利家の伝統である合議制の中で育ったためかリーダーシップ等の個人的技能は大きく劣る。

数年前までは叔父である小早川隆景が実質的な執政担当で、
この頃も内政は吉川広家、外交は安国寺恵瓊、軍事は毛利秀元が行なっていたという説もある。
彼がこの三人を取りまとめていたという説もたまにあるが、そうでないことはこの後でよく分かってしまうことになる。

728>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:24:00 ID:qeWlLFFU0



        ____
      /     \       大老の皆様はご同意大変ありがとうございますお。
     /  ─    ─\      五奉行も勿論全員が家康弾劾ですお。
   /    (ー) (ー) \   
   |       (__人__)    |    皆様の正義の心はこの誓詞にしっかり書き載せたお。
   \        |\  / /|
   /     /⌒ノ  \/ ( )
   |      / / |       |



.

729>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:24:35 ID:qeWlLFFU0


        ___       
      /     \ キリッ  ではこれから徳川家の弾劾を行うお。
     /   \ , , /\   
   /    (●)  (●) \    まず中老職のお三人に徳川家及び婚姻相手の事情聴取を行って貰いますお。
  .. |       (__人__)   .|   これで事実を確認した上で間違い無ければ厳罰だお。
     \      ` ⌒ ´  ,/   
      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  それと、徳川家は既に動員をかけているという情報がありますお。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃  武力衝突もありえるから各家手勢を集めてきて欲しいですお。
     |            `l ̄

730>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:26:38 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /      \    
   /  _ノ   ヽ、_\   というところでこの会議は終了お。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ 
 |       (__人__)  .  | 中老職への依頼はやる夫がやっておくから、
 /     ∩ノ ⊃  /  各自動員を最優先でお願いしますお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /   




<誓いの時は来た!
 <由乃は、僕が守る!
  <モキュ!
   <ブヒ ブッヒッヒ・・・。



.

731>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:27:04 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /      \    よーし上手くいったお。
   /  _ノ   ヽ、_\ 
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ ここにいる四大老だけで400万石近いお。
 |       (__人__)  .  | やすなはせいぜい250万石だから数では十分優勢だお。
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  |   しかも徳川の違法行為は明白でこっちには正当な天下人である秀頼様も居る。
 .\ “  /__|  |  大義名分があって数でも優勢なら残りの日和見どもはこっちに付くお。
   \ /___ /   つまり今の差はもっと広がるお。

732>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:27:27 ID:qeWlLFFU0


                        
                          / ̄ ̄\  まさにやる夫バブル決まったというところでしょうか?
                        /  ヽ、_  \
                       (●)(● )   |正直ここまで見事に決まるとは私も思ってませんでしたが。
                       (__人__)     |常識的に考えて。
                       (`⌒ ´     |
                        {          |
                        {        ノ 
                        ヽ     ノ  
                         ノ     ヽ
      ____    
    /⌒三 ⌒\   おっおっおっ。
   /( ○)三(○)\ 
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ まー今のところは出来過ぎお。
 |     |r┬-|     | しかしやすなもしぶといからまだまだ安心できんお。
 \      `ー'´     /

733>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:27:53 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /⌒三 ⌒\   とりあえず中老を使者にしてやすなに罪状を認めさせるお。
   /( ○)三(○)\  ここでやすなが折れれば大老職から外して大幅減封食らわしたるお。
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |     |r┬-|     | 逆切れしてくれたらこっちの思う壺で伏見に攻め込むお。
 \      `ー'´     / 兵数ではこっちが圧倒してるし、奴らは本国から遠くて動員も補給もままならんお。


.

734>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:28:19 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /      \     ていうか、こっちが大坂城に籠ってる限り絶対に負けはないお。
   /  _ノ   ヽ、_\   この城は世界クラスの超巨大要塞お。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ 信長公ですら落とせなかったのを更に強化したんだから、10万来たところでゼッタイ無理お。
 |       (__人__)  .  | 
 /     ∩ノ ⊃  /   それに、前田大納言が総大将なら大将の能力的にも大きな差はないお。
 (  \ / _ノ |  |    それに何より、こっちに大納言が一人入っただけで勢力図が一変したお。
 .\ “  /__|  |   
   \ /___ /    まさに神様仏様前田様だお。


.

735>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:28:40 ID:qeWlLFFU0


 【 この頃の勢力相関図 】
 ┌─────────────────────────────────────────┐
 │ [豊臣家]                        ∧ ∧ ちんぽっぽ              .          │豊
 │                          (*‘ω‘ *)                             │
 │                           O┳O  )   =-              .           │臣
 │                         ◎┻し'━◎  キコキコ           .              │
 │    .         ┌──────────────────────────┐          │家
 │           │【 前田 利家 】.         ,゚ー-‐- 、         .    n┐     .|          │
 │           │                _(ー'     \     /〉 _//7フ    .|          │中
 │          │             _(_乂   ーくУ 、  ヽ   / -=ニ // .    |          │
 │           │          ー=彡…<〃 ーz彡く_> 从  {´   /        .|          │は
 │           │          _〃>'^^^ヽ(   | } _`孑彡  ∧_/          |  . .       │
 │          │         〃_/        \ ト _シ'人    /  :::|      .    |          │ほ
 │          │         ) {       人}フ从三≧ /   ::::|         . |       ..   │
 │          └──────────────────────────┘           │ぼ
 │               ↓共闘    .                        ↓共闘       ..      │
 │         【豊臣家臣 文治派】                     【 豊臣家臣 武断派 】     │統
 │     / ̄ ̄\                              ,.: ----、__    ,. -―‐‐:、  .  .│
 │   / ⌒  ⌒\      ____                 /:./ /:.⌒⌒ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ .   │一
 │   |::::::(●)(●) |   /      \              . /:.:.:.:レ.:.:.:/.:.:.:.i::.:.:.}:.:.|:.:.:|:.:.|:.:.:.:.::.:.ヽ .. .!
 │   |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \             .|:.:.:.:.:.:.:ハ/|:i.:.:ハ|:.:.::|:.:i:. 」__;」;_:.:.__」 . ! 戦
 │   |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \   ←──→    レヘ:.:.::.:.|::O:::::::OV^|:.:.|:.:|:O;_;_O:|:.|    │
 │   |::::::::::::::     } |      (__人__)    |    共 闘       レヘ`._ー‐‐ .ノi|.|:.:ハ:.:|`'ー_'´イ:|     │線
 │   ヽ::::::::::::::     } \    ` ⌒´    _/               ∧`r<´   |:.:.:|〉:|T^ヘ:::|:.|    .│
 └─────────────────────────────────────────┘

736>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:29:16 ID:qeWlLFFU0

     |           |              .    ↑               . |
     |           |          .        |豊臣は全部コロス    . |
     |           |              【徳川家】        .  .    |
     |   .    危険視 |             ,、 ´ ̄ ̄ ̄`ヽ            ×
     |      コロス .|       .    /          \        . 煽り失敗
     |           |          /  ∧ ∧、_,ト、   \     大多数が大坂へ
     |           |       _/  |/_ノ∨;;;;;r==、\    >      .|
     |           └───→  /  |イ;;;= 、;;;;;ヽ_ノつ|   | .←───┘
     〇やる夫バブルで         ノ| ハ とヘ__ノ''''''' ̄ハ  レ   |
     |大部分が味方            |/ | 八.  ̄ r-一'  |  从从ノ
     |                      Vレ'|」9、└_―_'イ`ヽ
     |                       (uuイ〉`八Π八    |
     |                       ├―| \∨/   |
     ↓                      .         | 
 ■その他大名家                         |
  [親豊臣中]                         . × 調略失敗
     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧       ↓大部分が中立または敵に
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヤッパトヨトミジャネ?
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧ オオサカガタノホウガオオイヨ?
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヤッパテロハダメダヨナ?
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
        u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
            `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u' チャーハンツクルヨ!

737>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:29:42 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /⌒三 ⌒\   これは勝つる!
   /( ○)三(○)\  やすな裸にひん剥いてひいひい言わせたるお!
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |     |r┬-|     | では中老の皆さんお入りくださいお。
 \      `ー'´     /


.

738>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:30:02 ID:qeWlLFFU0

     |┃
     |┃三
     |┃.    じゃー入りますよ?
     |┃ 
     |┃ 
  ガラッ.|┃ 
     |┃ 
     |┃三
     |┃. 
     |┃三
     |┃ 
     |┃三
     |┃ 
     |┃ 
     |┃

739>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:30:27 ID:qeWlLFFU0


────────────────────────

中老Aです
  .∧__,,∧   .∧__,,∧   .    ∧__,,∧
 (´・ω・`)   (´・ω・`)  (´・ω・`) 中老Cです
  (つ と)   (つ と)     (つ と)
  `u―u´   `u―u´      `u―u´
        海老Bです 

ショボーン
────────────────────────

       ____
     /      \     ・・・・。
   / ─    ─ \  
  / -=・=-   -=・=- \ なんか頼りなそうなの出てきたけど、大丈夫かお?
  |      (__人__)  U  | 真ん中の漢字間違ってるお。
  \     ` ⌒´     / 右のはAAズレてるし。

740>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:30:52 ID:qeWlLFFU0


      ____
    /      \    この中老ってのは大老と奉行で意見が対立したときに
   /  _ノ  ヽ__\   仲裁する役目ってことでやる夫が作ったんだお。
 /    (─)  (─ )\
 |       (__人__)   | タダ藤吉郎さんが危篤になってから慌てて決めたから
 /     ∩ノ ⊃   / 大名リストの中から中立っぽいのをテキトーに選んだだけだったお。
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |  こんな重大時にこんな重要な役割負わすって分かってたら
   \ /___ /  大谷行部入れとくか、せめて面接ぐらいやっとくんだったお。

 まー今更そんなこと言ってもしゃーないけど。
 取り敢えずこのまま伏見に行ってもらうお。

741>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:31:27 ID:qeWlLFFU0


      ____    
    /⌒三 ⌒\    まーでもここまで来れば使者のデキは多少悪くても関係ないお。
   /( ○)三(○)\   念のため問責の様子は間者に探らせるし、やすなの泣き顔が早く見たいおっおっおっ。
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |     |r┬-|     | 奴らどう出るか、今から楽しみだお。
 \      `ー'´     /


.

742>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:31:43 ID:qeWlLFFU0


────────────────
[ 第六部 ここまで ]

 ≡    ∧∧∧_∧
≡   と(と(と(´・ω・`)
 ≡  ― ― /  と_ノ サッ
≡ /  / // /⌒ソ
 ≡  -'-'-'´

To Be Continued!
────────────────

743>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:32:02 ID:qeWlLFFU0


 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 [石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです]
 
    __   __       __                      __
    l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
     , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
   //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
   l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
   l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/
 
                                        ー第七部ー
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


.

744>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:32:25 ID:qeWlLFFU0


 大坂という汚れの海に、見え隠れする正義という氷塊。
 どうやら、大坂派の腰は重く、遅い。

        x=ミヽ   -――――――‐-    リ       }}     ヾ{   
ミヽ   〃  ,                    、   〃     }}  
  ヾ=彳 /                     \ 〃     〃  
     /                        \ x==彡'   
    /       l                      ヽ        まさかこの五大老筆頭が
ミヽ           ハ      l 、     l   l         .       そんなことする訳ねぇだろうがコラ!
 ヾ} |       .l  /  、     | \   |、  |          | ミ 、
 〃 |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          | ヾヽ    
 {{.  |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |  }リ    
 ヾ=     /, ― '      \|   , ===ミ. V         〃   
    /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、彳 γシ  
  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  {{{  。
 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \ ヾヽ
   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'  }}}
   |       } / /           ハ      | .// l 、 | ==彡' 
  〃.  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .|{{.\|     
=彡' ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. | ヾミヽ 
        | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|   }リ        
        |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \    ヽ=彳      
 x=ミx       /    ./> | ∨ ./ <  /  |     x==ミx
彳   ヾミヽ     /    ./\ | ハ/ /  /   .| x==彡'     ヾミ

745名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:32:29 ID:0i6ftXmY0
三中老扱いわりーなおいw

746>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:32:48 ID:qeWlLFFU0


                      ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      
                     (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、   総員、第一種戦闘配置!!
                    ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"    
             .     / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、  
                  (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ    
                   )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ    
                    ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    
                   (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く  
                   リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )   
                   `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
                   tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ 
                    )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、, 
                   /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
                  ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
                  i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
                  ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
                  、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (

          ___      ,....   -―――- ..._             
         /////\ ,  ´               `丶、
           ̄ >--/                    \        
       _,..ィ / /  '             /    }      ー--- ァ   
         {//イ/ /  /,    /   / 〉   /   ,    、-‐_´
        ̄´/  | /イ     〃  /  /   .イ   /  |    \//}  
         / /イ' /  / //  /   / ,.:' ,'  /{   }    、\}´   私たちは敵地で孤立してるんだ。
          .' / |  |  l|. / |  /\ / /:::::::|  / | /!     ! i\    絶体絶命なんだぞ?
        / / /| _| /|/{ー{、/_  /7:::::::::::} /:. | / |   i.   |//\  
.       / / / Y' | / |' |!    \ :::::::::: i /、_/i'' |  / ハ.| ̄∨  
      /   /  { (|'| | 人     /:::::::::::{ ̄  ー- ァ / ,:' リ     
     '  , '     \_| |  ` ¨¨ ´ :::::_::::.      /{ /| /|      
     /   /      込{   ____      `  ー ' / |' / |      
    ,   /     __リ\/    `丶、      { {{i  |      
    / ,:'  ,....::::::´:::/::::::| 〈           У  _...ノ| /|l  |      
   ,' /  /::::::i:::::::::{::::::::|  ≧===--- ‐´_ ̄    j/ |l  |
  / /  /:::::::::|::::::::::\:::∨´//// ∨::::}:::::::::::`ヽ  /  |l  |       

 人の運命は、神が遊ぶ双六だとしても、 上がりまでは一天地六の賽の目次第。
 鬼と出るか、蛇と出るか、ショボーン中老が挑む敵中横断。

 次回「決着」。

 やる夫、敢えて火中の栗を拾うか。

747名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:34:03 ID:IFAB1u9k0
乙でした。

748>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/20(日) 21:35:31 ID:qeWlLFFU0

・・・ということで今回の投下は以上です。

結構長かったの(120スレ)で分割投下した方がよかったかもと少々反省。
一レスあたりの文字数ももう少し減らしたいところですね。

長丁場にも関わらず最後まで読んで頂いたみなさまには感謝です。

749名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:37:23 ID:UsOXhiRk0
>>740
大谷さん確か…田中さんと同じ方についたよねww

750名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:37:41 ID:AKb7AcnE0

ここが家康仕留める一番の好機だったんだよなぁ

751名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:37:45 ID:O5UGpWJA0
乙でした。この駆け引きが面白いですね。

752名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:39:49 ID:7HfdRlU60


753名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 21:59:53 ID:6MAlH2NU0


>>560の武官派七人組も温度差がかなりあるよね
親豊臣←          →親徳川       
福島    加藤嘉   黒田池田 
加藤清     浅野  細川
くらいの感じかな

754名無しのやる夫だお:2013/01/20(日) 22:17:31 ID:JfpOsTkM0
乙でした
大坂と伏見で一触即発の状況だったんですな

755名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 01:34:53 ID:wIf8XEM60

やっぱ福島は扱い悪いなw

756名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 11:56:15 ID:Ol4K7SBg0
池田と細川は秀吉の子飼いでもなんでもないしな
太閤恩顧の武断派というよりは家康の走狗で藤堂あたりと同じポジじゃないかな

757名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 12:30:08 ID:IzWlTAIc0
秀次事件で連座しかけて家康に泣きついてとりなしてもらった大名は少なくない
一方三成は(内心はどうあれ)秀吉の意思を執行する立場だった

結構後々まで響いてるし、どう考えても豊臣政権は秀吉自身が実質的にブチ壊した

758名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 18:56:01 ID:OHozpD7g0
たしか中老の内2人の領地は駿河と遠江…

759名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 19:08:15 ID:krM0.Mc20

AAの配役が予想外すぎるw
面白いな

760名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 21:03:07 ID:pW4V.PWQ0
>>750
無理無理。それが無理なことは前田利家自信が一番わかってた。

761名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 21:23:22 ID:rdzMsW9I0
+
すみません。
投下予告忘れてました。

次回は今週土曜日26日20:00からの予定です。

結構長いから土日分割にするつもりです。

762>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/21(月) 21:26:32 ID:rdzMsW9I0
>>761

あれ?

トリップが消えてる?
すみません。

今のは私です。

どうも最近PCの調子が悪くて毎回異常終了するのですが・・・。
大丈夫かな。

763名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 22:28:43 ID:HnJN8YAg0
豊臣政権最大の敵は家康じゃなくて寿命
秀吉含めて主要幹部がどんどん死んでいく

764名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 22:31:26 ID:WQCpxras0
利家が亡くなった途端、前田家の存在感がゼロになったのが、素人からするとワケわかめだな
領土が減った訳でもないし、なんかあったんだろか

765名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 22:44:48 ID:Rsyhp7ME0
利長さんが、意図的に存在感を消したんだと思う、

766名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 23:00:08 ID:pW4V.PWQ0
>>764
つーか利家の段階で実質的に家康に屈服しとるし

767名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 23:43:04 ID:U8D.as320
率直に言うと前田家の力=利家の存在感だからな
利家が死んだ途端に影が薄くなるのも仕方ない

768名無しのやる夫だお:2013/01/21(月) 23:52:49 ID:ASfobik60
逆に考えるんだ、この時期スポットライト当たったのが前田家としては珍しい話だったじゃないかと
実際秀吉政権はそれほど目立った働きしてた様には…

769名無しのやる夫だお:2013/01/22(火) 05:59:25 ID:cUtPeW3g0
律儀・戦歴が長い・秀吉のダチの三点により
豊臣政権の中枢担わせてもらった感があるからな

770名無しのやる夫だお:2013/01/22(火) 06:02:51 ID:bHuKegks0
秀次の元領土に入封しようとしてやる夫の反対で潰されてムカついたってのがあったねたしか

771名無しのやる夫だお:2013/01/23(水) 23:27:38 ID:99tiwwr20
乙です
見つけて一気読みした
根回しメインの歴史物ってのも面白いなあ

772>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:00:03 ID:mBP27MeQ0

時間となりましたのでこれから投下開始です。
第七部も情報量多いので分割で投下。

まずは前編です。

773>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:00:39 ID:mBP27MeQ0



         石田やる夫は関ヶ原の戦いを起こすようです
┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|                                            |┃
┃|           .   ■第七部 「決着」                  |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛



.

774>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:01:28 ID:mBP27MeQ0


 ー大阪城ー

                   ∧_∧           ∧_∧
                   ( =========( ・∀・)         ⊂⊃
 ⊂⊃               / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ
                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ
                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ‖  \ゝ
            鄱  ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  鄱_ノ//======== \ゝ .鄱
             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ‖      ン
               ̄‖~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ‖| ̄ ̄ .‖ ̄ ̄ ‖          ⊂⊃
      ⊂⊃        ‖==================.‖|=====‖==== ‖
                ‖|  ‖  ‖ ‖ ‖ .‖|    ‖   .‖
                ‖===================   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                ____@))____|_______ |
               /    //ヘ \冫      |        |
               /   //     \\冫    |         |
       ∧_∧  /  //   ⅢⅢ   \\冫   |         ∧_∧
      (  (( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄( ・∀・)
     / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\\
    / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\_\
  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\_
/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//鄱人人_ \\
@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@ノ人_@_@、_
     |          |          |           |
     |  △ △ △  |           |  △ △ △   | △ △ △
    |=======| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|========|===

775>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:01:55 ID:mBP27MeQ0



─────────────────────────────────────
[ 大坂城会議室 ]
             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
─────────────────────────────────────

776>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:02:39 ID:mBP27MeQ0



      ____   
    /      \   ・・・ということで、中老の皆さんには徳川をはじめとして
   /   _ノ ヽ、_.\  豊臣家に無断で婚姻を行なった大名家に事情聴取に行ってもらってましたお。
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__) .  | ・・・まあ色々と心配だったけど無事に戻ってこられたってことで
 /     ∩ノ ⊃  / 家康を除く四大老と五奉行の皆さんに対し結果についてご報告いただくお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  では中老の皆さんお入りくださいお。
   \ /___ /  



.

777>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:03:07 ID:mBP27MeQ0



────────────────────────
  ハーイ
      lヽ,,lヽ  
     (;;::)ω・)
     / つと)   ∧,,∧  ショボーン
    ゝーJJ  (´;ω;)
     ∧,,∧  (l    ) 
     ( ´;ω)  `u-u' 
    ( ∪ )
     `u-u
────────────────────────



.

778>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:03:49 ID:mBP27MeQ0



       ____
     /      \    (なんか一人顔の形変わってるけど大丈夫かお?) 
   / ─    ─ \  
  / -=・=-   -=・=- \ ・・・それではご報告を承りたいですお。
  |      (__人__)  U  | 
  \     ` ⌒´     /


.

779>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:04:39 ID:mBP27MeQ0

【説明中】
      c 、      , っ
    ∧,,∧((n ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) |(・ω・`;)っ∧
( ´・ω) U) ヽ c彡・`   )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

       c、    ,っ
      c、       , っ
    ∧,,∧  ∧,,∧o
 ∧ (´・ω・)n('・ω・`ii∧,,∧
( ´・ω) U) ミっ   o(・`   )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

    ∧,,∧ ∧,,∧=,∧
 ∧ (´・ω・)(ω・`='・ω)∧
( ´・ω) U)  ( o o (・`   )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

780>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:05:45 ID:mBP27MeQ0


      ____
    /      \   ・・・いまいち要領を得んけど、つまりこういうことですお?
   /  _ノ  ヽ__\  
 /    (─)  (─ )\ 
 |       (__人__)   |
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  | 
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /

781>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:06:32 ID:mBP27MeQ0



①:徳川家の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             -――――――‐- 
        ,                    、        えー?
       /                     \
     /                        \     大坂から来たって?
    /       l                      ヽ    そりゃ遠い所はるばるご苦労だね?
            ハ      l 、     l   l         .
    |       .l  /  、     | \   |、  |          |    ・・・で?
    |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          |
    |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |    何の用?
          /, ― '      \|   , ===ミ. V
    /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、   
  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ
 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \
   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'
   |       } / /           ハ      | .// | 、 |
    .  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .| \|
    ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. |
        | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|
        |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \          もしかしてやる夫から何か言われて来たとかかなぁ?
               /    ./> | ∨ ./ <  /  |         えっ?
           /    ./\ | ハ/ /  /   .|         婚姻が何だって?



.

782>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:07:39 ID:mBP27MeQ0



                      お前らまさかよそ様の慶事にケチ着けに来たんじゃねーだろーな?>
                                                    おお!? >

────────────────────────
【ビビリ中】

 ビク!
       ビクゥ
  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ショボーン
 ((´゙゚'ω゚')) ((゚'ω゚'`)) (・ω・;)
  (l    )  (l    ) (l    )
  `u-u'  `u-u'  `u-u' 
────────────────────────



.

783>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:08:07 ID:mBP27MeQ0



        x=ミヽ   -――――――‐-    リ       }}     ヾ{   
ミヽ   〃  ,                    、   〃     }}  困るんだよねー。
  ヾ=彳 /                     \ 〃     〃  アイツ最近何かと私に突っかかってきて。
     /                        \ x==彡'   
    /       l                      ヽ       折角私が諸大名の婚姻取り持ってやってんのに。
ミヽ           ハ      l 、     l   l         .       こんな時こそ大名家同士仲良くすべくじゃないの?
 ヾ} |       .l  /  、     | \   |、  |          | ミ 、
 〃 |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          | ヾヽ     いや別に私は良いんだよ?
 {{.  |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |  }リ     人間デキてるし?
 ヾ=     /, ― '      \|   , ===ミ. V         〃   
    /   { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |        、彳 γシ   でもウチの若いモンはかなり怒ってるんだよねー?
  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ    ヽ  {{{    だからウチの敷地であんまり失礼な事言ったら
 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }    \ ヾヽ   ソイツらが何するかわかんないなー。
   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'  }}}
   |       } / /           ハ      | .// l 、 | ==彡'   えっ何?
  〃.  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .|{{.\|        今違法とかコンプライアンスとか聞こえたぞオイ!
=彡' ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. | ヾミヽ 
        | ハ ハ>‐/^^^^ヽ‐r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ ヽ|   }リ      
        |/ ∨ ∨/===/ヽ_><_/ |    \    ヽ=彳      
 x=ミx       /    ./> | ∨ ./ <  /  |     x==ミx
彳   ヾミヽ     /    ./\ | ハ/ /  /   .| x==彡'     ヾミ

784>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:08:54 ID:mBP27MeQ0

                       まさかこの五大老筆頭がそんなことする訳ねぇだろうがコラ!>
                                     ええ根性しとるのうワレェ!>

────────────────────────
【半ベソ中】


       
  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ショボーン
 (´;ω;) (´;ω;) (・ω・;)
  (l    )  (l    ) (l    )
  `u-u'  `u-u'  `u-u' 
────────────────────────


.

785>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:09:22 ID:mBP27MeQ0



      x=ミヽ   -――――――‐-  、      }}     ヾ{
ミヽ   〃  ,                   `丶、   〃     }}  ・・・で?
 ヾ= 彳 /                     \〃     〃   えーっとなんだっけ?
     /                        \ x==彡' 
    /       l                      ヽ        いやー最近物覚えが悪くなってねー?
            ハ      l 、     l   l         .   
ミヽ  |       .l  /  、     | \   |、  |          |ミ 、      やっぱ歳かな?
 ヾ} |      /| ./   ヽ   |   \ |\ |          |  ヾヽ    悪いけどもう一回言ってくれる?
 〃 |     / |/  ./   \  | ` ーヽ‐ 、 ヽ         |  }リ 
 {{.  ノ     /, ― '      \|   , ===ミ. V      、 〃     あと、最近耳も悪くなったみたいだから
 ヾ= /    { /  , ==ミ、      〃{//////ハヽ |      彳 γシ    もっとおっきな声でお願い出来るか?
  /    V 〃////ハ         V/////:ノ  |  lへ   ヽ  {{{   
 //     ヘ { {/////ノ         ====  |  |^ }   \ ヾヽ   この屋敷に居る全員に聞こえるぐらいでだぞ?
   |      、 ヾ ==              / /  |  ' ./   トー'  __  いいか?分かったか?ゴルァ!!
   |       } / /           ハ      | .// |  、| == '| |
  〃.  ハ  {         ‐r―‐ ´ }     /|/    .| \|  __| |__  いい加減にしとかんとしばきあげんぞ!!
=彡' ∨    ヽ、       、__ ノ  , イ    ハ. |    / /| | |_ 
 x=ミx    ハ ハ>‐――――r−r:<ハ:ミ<Λ/∨ x== |     ´ )
彳   ヾミヽ

786>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:09:49 ID:mBP27MeQ0



                                     分かったらさっさと帰らんかい!>
              こっちは何も悪さしてねえからやる夫にはそう伝えとけボゲエ!!>

 ────────────────────────
 【退散中】

    ∧,,∧
   (・ω・;) 三二─
   ⊂、⊂ヽ 三二─  
     O-、_) 三二─             ドテッ☆
                           ∧,,∧〃
             ∧,,∧          (xωx;)_o
             (・ω・;) 三二─     と__と__つ
             ⊂、⊂ヽ 三二─
              O-、_) 三二─
 ────────────────────────


.

787>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:10:39 ID:mBP27MeQ0



      ____
    /      \   ・・・で、結局家康は罪状を認めなかったんですお?
   /  _ノ  ヽ__\  
 /    (─)  (─ )\ 今井宗薫って商人に依頼してやる夫に届出あるから無断じゃ無いって言ってる訳ですお?
 |       (__人__)   |(もー動揺して何言ってるか判らんからウチの間者に聞いた内容どおりにしとくお)
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |   まーなんというか、そんな子供みたいな言い訳されて解りましたって帰って来た訳ですお?
 .\ “  /__|  |  今更言っても仕方ないけど。
   \ /___ /   殴られたかと思ったら、その傷はコケた痕ですお?

 じゃ次の伊達家お願いしますお。
 徳川家がバックレても、相手側の証言があればそれで有罪に出来ますお。


.

788>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:11:23 ID:mBP27MeQ0



②:伊達家の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                     大坂からよく来たな!
            >\                             /<       
           /.\  > ,                          ,  '゙/\       要件なら分かってるぜ。
         イi    \   >、,_                 _,.. < /   ||\      婚姻パーリーのことだろ?
        /┠||     \_/、_ `゙'' - 、 _ ___  , .-‐''"\_/    |┥ \   
     _/ .| λ、     /: : :/ > 、                ,...-彡\.     ノ 〉   \_ あれなら
    ∨∧ |  \\  /: : : :/::::/.//:!:.:.:> ,     , ィ≦ノ,.ノ゙ {  '.,   //   !  ∨ 今井宗薫経由で届出済だ!
      〉.  ',    `ミ、二ュ: :./ Χ/::::::|: / |:.}|: :/`゙小ィ'"        .∨ィ /     | :《   
     ノ|   マ    冫: : : :∧ //ヾ」/;;;;|/:}/ / |/ヽ         /∨        .'  .!\  文句なら
  //|    '.,  ./: : : : :/.',_{///.  ′ ! !″  :          ./}::::Χ.    /   .|\.\今井のダンナに言うんだな!
_//.: :.|   ヽ ',/: : : : : :/: /: ∧             :           ∧::::::::::ヽ   , '   |.  \.\
_/   ∧   /゙゙: : : : : :/: :,'::::::::∧         、|.           /::::::::::::::::::::、     ∧    \.\
゙\    \/: : : : :, : : /: :,. : :::::::::∧                      /|::::::::::::::::::::::∨   /    / /〉
_\\     |: :/|::/|: :/: : : : : ::: ::::::∧    ,_, .. ... .___,ヽ  /_リ.::::::::::/|:::/:::|\/..:.:   / // 
..\\\    |/ |/ |:/|::::!::::::::!:::::/:: ∧     ̄ ̄`゙''''  ̄    / :|::::/|:/ .{/::::/:.:.:.:.:.   / //  ヤンキーゴーホーム!

 【伊達政宗 出羽等/60万石】
 言わずと知れた独眼竜。
 やる夫よりも一世代下ながら、一代で伊達家を東北の覇者に成長させた。
 しかし、既に天下統一を進めていた豊臣秀吉には抗し得ずやむを得ずこれに臣従。
 この時まだ30過ぎという年齢と派手好きな性格のためこういう修羅場ではよく出てくる。

 たまにヘンな英単語を口走るらしいが、この時代にアメリカはまだないのでイギリス英語と思われる。

789>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:12:08 ID:mBP27MeQ0



                                                     
            >\                             /<    だが俺も漢だ。
           /.\  > ,                          ,  '゙/\      
         イi    \   >、,_                 _,.. < /   ||\    五奉行五大老全員が断罪する
        /┠||     \_/、_ `゙'' - 、 _ ___  , .-‐''"\_/    |┥ \  ってんなら逃げも隠れもしねえ。
     _/ .| λ、     /: : :/ > 、                ,...-彡\.     ノ 〉   \_ 
    ∨∧ |  \\  /: : : :/::::/.//:!:.:.:> ,     , ィ≦ノ,.ノ゙ {  '.,   //   !  ∨
      〉.  ',    `ミ、二ュ: :./ Χ/::::::|: / |:.}|: :/`゙小ィ'"        .∨ィ /     | :《   切腹でも改易でも好きにしな!
     ノ|   マ    冫: : : :∧ //ヾ」/;;;;|/:}/ / |/ヽ         /∨        .'  .!\ ケンタッキーフライドチキン!
  //|    '.,  ./: : : : :/.',_{///.  ′ ! !″  :          ./}::::Χ.    /   .|\.\
_//.: :.|   ヽ ',/: : : : : :/: /: ∧             :           ∧::::::::::ヽ   , '   |.  \.\
_/   ∧   /゙゙: : : : : :/: :,'::::::::∧         、|.           /::::::::::::::::::::、     ∧    \.\
゙\    \/: : : : :, : : /: :,. : :::::::::∧                      /|::::::::::::::::::::::∨   /    / /〉
_\\     |: :/|::/|: :/: : : : : ::: ::::::∧    ,_, .. ... .___,ヽ  /_リ.::::::::::/|:::/:::|\/..:.:   / // 
..\\\    |/ |/ |:/|::::!::::::::!:::::/:: ∧     ̄ ̄`゙''''  ̄    / :|::::/|:/ .{/::::/:.:.:.:.:.   / //  


.

790>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:13:00 ID:mBP27MeQ0



────────────────────────
【ちょっと安堵中】

ホッ
        ソースカ
  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ イカンヨ?
  (;;::)ω・) (´・ω・) (・ω・;)
  (l    )  (l    ) (l    )
  `u-u'  `u-u'  `u-u' 

────────────────────────


.

791>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:13:45 ID:mBP27MeQ0



       ____
     /      \    まー結局は徳川と同じってことですお?
    /  _ノ  ヽ__\   今井宗薫に届けてますって話ですお?
  /    (─)  (─ )\
  |       (__人__)   | 一応カッコつけてるけど
  /     ∩ノ ⊃   / 五大老全員が断罪って、そこに容疑者本人が入ってる時点でそんな事ありえんですお。
  (  \ / _ノ |  |   腹切るつもりなんか一ミリもないお。
  .\ “  /__|  |  
    \ /___ /  
 
  じゃー次の福島家お願いしますお。

792>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:14:25 ID:mBP27MeQ0



③:福島家の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              _,. -─ .,,_
          /       \     ・・・うるさいわね。
         /          \
       /  /    __    ヽ   婚姻の件なら内府殿と直接やってるわよ。
      /   /   /:::::::::::::\   !  五大老筆頭と直接やってるんだから文句ないでしょ!
      亅 / /   /...::......:::...::::::...:i、 !
       |  ! L/::::::l|:::::::::l|::::::::::::::!:ヽ |  文句あるなら内府殿に直接言ってよね?
      } ヽ |___j|___j|___j|:.:.:/
      ({  K.|    7^|    !|:.:. /
       )\ |:::ト、___/  {、__,/:|r‐'   ・・・あ、後、今井宗薫経由で奉行にも届けてあるから。
      \ _j::::ト、"r、_ ^_‐'_, "/::::|
         ヽ|::::ト ヽ  `ニ´ /ハ::::|
    _____,rー|:::l|`ヽ`Nrーr'ィ'´ヽ}::L_
  /   《  !::iト、/^Z_/こ\/j/   \
  ハ    《: !:l/  /  ヽ  ヽ》    /|
  ! ヽ    《: `|ー‐く   /\_,》  / !
  |  ヽ   《:.  rn?8?hn. :》  { |

 【福島正則 尾張/25万石】
 武断派の一人、加藤清正ややる夫と同じく秀吉の小姓から大名になった。
 加藤清正のようにやる夫絡みで損したことはないが、周りの仲間が騒いでいるためノリで文治派に敵対している。
 秀吉への忠誠心を認められて尾張の清洲という要地を任されているが、
 知力がとっても低いのでかなり心配である。

 ちなみに個人的には最も仕えたくない戦国大名。
 Wiki調べてコレだけ「人物・逸話」の比率が高い人は初めてです。
 #中身は殺人(戦争以外)とか暴行の話ばっかり。
   嫁までDQNだったって書かれてます。


.

793>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:15:02 ID:mBP27MeQ0



────────────────────────
【事情聴取中】

ダメジャナイカ?  ナイフト?     
  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧ チョクセツッテサンカイイッタヨ?
  (;;::)ω・) (´・ω・) (´・ω・)
  (l    )  (l    ) (l    )
  `u-u'  `u-u'  `u-u' 

────────────────────────


.

794>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:15:31 ID:mBP27MeQ0


      ____    
    /      \    
   /  _ノ   ヽ、_\   やっとそれっぽい証言が出ましたお。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \
 |       (__人__)  . | まー福島殿は一番知力低いし、
 /     ∩ノ ⊃  /  徳川と直接やったって言った後に人のせいにしてもダメな事に
 (  \ / _ノ |  |   気がついてないようですお。
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /  

 じゃー最後、蜂須賀家お願いしますお。


.

795>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:15:57 ID:mBP27MeQ0



③:蜂須賀家の場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ,.----- 、 :   
    : /¨  '二¨.  \ :   な、なんなんですか?
    //´ i 、ヽ: \:..、\   なんであたし問責されてるんですか?
   :.i/  /ハ ト、ヽ:.:. ',:. 、゙i : 
    i!i i ト{__,..ャ\=tァ}:.|`   婚姻の件でしたら、全部内府様に脅迫されて仕方なくやったんです。
   :.|^i : :l イi!j} 丶 '{il!jl::ト'    伊達も福島もヤラセてくれたんだからお前もだって無理やり押し倒されて。。。
    .| ヾ`j'、 "゛ ___'  /゙i:', :   
    :.| :,..イ .:゙ :.,.゙='ヘイ .:ト.ヽ   全部白紙に戻しますから許して下さい!
   ノ fi| { ;.::{ ,{ニ |、;:ノノハ.\ :
 : / / .} ヾ、ヽハ ゙l_ノj:リ、'" .:|:.:.`;
  { /| .:i| : :r^ヾ=Yヾニノ:} . :l:.:/ij
  レ' |.:{ } ,{¨  ^}   :.:{.:/:|{
    ヽリ)(   : :/゙i   :./\ :
     : \_:ノ/:.;ヽ.__/ : : ヽ :
        / i{ : :||: : : : :i : _: :゙;
     : ノ `v{ . .|| : : :,.i'´: : ::|

 【蜂須賀家政(阿波/20万石)】
 秀吉の部下として有名な蜂須賀小六の長男。
 また、彼の長男の蜂須賀至鎮は名君として知られる。
 
 但し本人がこの二人に比べると圧倒的に存在感が薄いというか、資料が少ないのでキャラ付けが面倒でした。
 一応武断派の一人に入っていはいるが、他の連中と比べるとDQN度と存在感が薄い。
 この時もそうだが、資料によって関ヶ原前後の色々な事件に入っていたり入っていなかったりするよくわからない人。

 「巨いなる企て」では優柔不断の貴公子ってことになってるのでその設定でいきます。


.

796>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:16:40 ID:mBP27MeQ0



────────────────────────
【問責中】

ソリャケシカラン! マジデカ!    
  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧ 
  (;;::)ω・) (´・ω・) (´・ω・) ナニヤッテンダ!
  (l    )  (l    ) (l    )
  `u-u'  `u-u'  `u-u' 

────────────────────────


.

797>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:17:17 ID:mBP27MeQ0



      ____    
    /      \    
   /  _ノ   ヽ、_\   遂に出ましたお。
 /   ‐=・=- ‐=・=- \
 |       (__人__)  . | 関係者から直接、内府殿が関与してる証言が出たんですお。
 /     ∩ノ ⊃  /  
 (  \ / _ノ |  |   徳川と伊達は今井宗薫のせいにしようとしてるけど、
 .\ “  /__|  |   福島正則と蜂須賀家政の証言から徳川の関与は動かぬ事実ですお。
   \ /___ /  

.

798>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:17:48 ID:mBP27MeQ0



         ノ L____
        ⌒ \ / \    これは豊臣家、いや天下に対する挑戦だお!
       / (○) (○)\ 
      /    (__人__)   \  徳川家康は法度を破って他家と婚姻してるお!
       |       |::::::|     |  しかも中小の大名を脅して!
      \       l;;;;;;l    /l!| ! 更にそれがバレそうになったら子供騙しの詰まらん嘘ついて反省の色もないお!
      /     `ー'    \ |i  
    /          ヽ !l ヽi  その上現在は江戸本国へ動員かけてるって情報もあるお。
    (   丶- 、       しE |そ  これは完全に軍事クーデターだおおおおお!!
     `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
                レY^V^ヽl
                 ドンッ!!


.

799>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:18:42 ID:mBP27MeQ0


        ___      
      /     \ キリッ   事ここに至っては最早武力対決しかないお!
     /   \ , , /\   
   /    (●)  (●) \    既に徳川家康を除く四大老はじめ諸大名には徳川討伐のために
  .. |       (__人__)   .|   動員をお願いしてるお!
     \      ` ⌒ ´  ,/  
      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ ある程度の兵数が揃い次第、伏見に攻撃を仕掛けるお。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃  
     |            `l ̄    


.

800>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:19:08 ID:mBP27MeQ0


      ___
    /⌒三 ⌒\      ここ大坂城と違って伏見城は単なる役所、だから防御はユルイ。
   /( ○)三(○)\     兵数がそろえば簡単に落とせるお。
 /::::::⌒(__人__)⌒:::::\              
 |     |r┬-|     |   ここに居る皆さんの力で正義を執行したるんだお。
 \      `ー'´     /   


.

801>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:19:39 ID:mBP27MeQ0


     ._ _      
  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、    ・・・ということで、
  {               \  
  ゝ、ー`――-'- ∠,_   {  最後のシメは前田大納言様にお願いしますお。
   ./ ⌒  ̄ ̄ ⌒   ヽ
   / (_●)!i!i(● )    }  いや、ホントたのんますお。
  |:::⌒(__人_)⌒::::::     へっへっ。
  人.   |r┬-/    ./
   |ヽ、 `ー'´    ,イ
  ヽヽ.ヽ.  ̄   /ノ ノ
   \\'ー--‐''"//


.

802>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:20:20 ID:mBP27MeQ0



      ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,      よろしい。
     (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、  
     ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"    やる夫殿も大坂移転や今回の問責使派遣等、
  / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、    大変ご苦労であった。
  (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ    
   )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ    このおかげでもはや徳川の悪事は天下に隠れもない。
    ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )      今こそ豊臣の力を結集し、天下の悪を糺すのだ!
   (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く    
    リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )    
   `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
    tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ 
     )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,   ではここに国家非常事態を宣言する!
   /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨ<、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))   総員、第一種戦闘配置!!
  ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
  i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
  ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
  、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (

.

803>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:20:49 ID:mBP27MeQ0



               \\__二二ヽ.       .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃  こうして戦いの火蓋は切られた。
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛    
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓  各地の大名家に
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛  大坂の奉行衆と徳川家康を除く四大老連署の
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_       檄文が飛び、上方の炎は全国へ飛び散った。
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃ 
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃    
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛    その結果、ここにいる全大名家をはじめ、
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓  檄文に応じた近隣の大名家が
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛  続々と大坂へ結集したのだった。
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';; |    ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!

.

804>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:21:34 ID:mBP27MeQ0



ー1月24日 大坂城内ー
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【大集結中】
     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧ オマエドコカラヨ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ オレハリマ!
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ オレアキカラ!
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
  サントーカ ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ カミガタキタラヤッパテンイチダロ?
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧ ヤッパヨコヅナデショ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ サツマッコッテマダアル?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u' カムクラハ?
    ケイカ ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ヤッパテンイチデショ?
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u' ワカヤマラーメンッテサイキンキカナイネ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) オレハジローダナ?
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
  ムサシ `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u' ナリタケ!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

805>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:22:17 ID:mBP27MeQ0


                           / ̄ ̄\  
                          /  ヽ、_  \  ・・・しかし大勢集まりましたね。
                         (●)(● )   | あっと言う間に二万人ですよ?
                         (__人__)     | 
                         (`⌒ ´     | しかもまだどんどん集まってくるし、
                          {          | こりゃ本当に勝てるんじゃないんですか?
                          {        ノ 
                          ヽ     ノ   伏見はまだ四千しか集まってないみたいですよ?
                           ノ     ヽ   
                          /      |  

.

806>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:22:43 ID:mBP27MeQ0


     ____    
   /      \     その通りだお。
  /  _ノ   ヽ、_\  
/   ‐=・=- ‐=・=- \ やる夫バブル絶賛継続中だお。
|       (__人__)  . |
/     ∩ノ ⊃  /  急ぎで集めたから二万人しかおらんけど
(  \ / _ノ |  |   ここに居る大名家の石高は合計600万石。
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /    伏見に集まった連中の五割増しだお。

 今ココにいるのは上方付近の手勢だけだから、まだまだ集まってくるお。


.

807>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:23:27 ID:mBP27MeQ0



 【更に集結中】
 ――――――――――――――――――――――――――――――
              。∧,,∧            ∧,,∧
               ゚ ( `・ω)        o( `・ω)o
   ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O ‐ ― =;;⌒`) (  ┬)
 ‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎ ∧,,∧゙)⌒`)◎-J┴◎゚.。∧,,∧
                    ゚ ゚( `・ω)           ( `・ω)
        ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O
  .     ‐  ― =;;⌒∧,,∧ ◎-J┴◎― =;;⌒∧,,∧◎-J┴◎
            (u´゚'ω)          (u`・ω)
   ‐  ― =;;⌒`) (u.O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O
 ‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎
 ――――――――――――――――――――――――――――――


.

808>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:24:08 ID:mBP27MeQ0


      ____
    /      \    今まで武功がないから童貞って散々いじめられたけど、
   /  _ノ   ヽ、_\   
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ やる夫の童貞は
 |       (__人__)    | やすなのためにとってあったんだお。
 /     ∩ノ ⊃  /  
 (  \ / _ノ |  |     近いうちにくれてやるから
 .\ “  /__|  |    ケツ洗って楽しみに待ってるお。
   \ /___ /

.

809>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:24:34 ID:mBP27MeQ0


                     / ̄ ̄\    
                    /  ヽ、_  \  
                   (●)(● )   | こっちには瀬戸内海沿岸の大名が味方についてますから、
                   (__人__)     | 海運も100%可動で物資や兵員の補給も断然有利です。
                   (`⌒ ´     |
                    {          |  向こうは陸路のみでしかも遠方からですから
                    {        ノ   動員もままならないみたいですね。
                    ヽ     ノ    
                     ノ     ヽ    今襲えば間違いなく勝てますよ?
                    /      |  

.

810>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:25:17 ID:mBP27MeQ0


      ____
    /      \     今スグやすな襲いに行きたいけど、動員が完了するまで待つお。
   /  _ノ  ヽ__\   今の段階だと将校とか大名クラスの比率が多いから、軍隊としては機能できんお。
 /    (─)  (─ )\  
 |       (__人__)   | 家老とか大名に斬り合いさせる事は出来んし、そもそも皆反対するお。
 /     ∩ノ ⊃   / 
 (  \ / _ノ |  |   まーあっちは陸路だから動員完了するのはこっちよりも確実に後になるお。
 .\ “  /__|  |   そうなりゃ更に有利になるわけだから、
   \ /___ /    ここは焦らず待つんだお。


.

811>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:25:56 ID:mBP27MeQ0


                             / ̄ ̄\   確かに現段階では軍隊の体をなしていませんね。
                           /  ヽ、_  \  軍制的に。
                          (●)(● )   |
                          (__人__)     | 徳川軍の動向も気になりますが、おっしゃるとおり
                          (`⌒ ´     | 我々よりも早く動けるようになる可能性はないでしょう。
                           {          | 
                           {        ノ   念の為、東海道に間者は放っておきます。
                           ヽ     ノ    万一敵の増援を確認したらスグ連絡させますね。
                            ノ     ヽ    敵が逃げることもありえますから伏見にも配置します。
                            /      |  


.

812>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:26:35 ID:mBP27MeQ0


      ____   
    /      \   間者についてはよろしく頼むお。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__) .  |ちなみに本編とはちょっと離れるけど、
 /     ∩ノ ⊃  / この頃の軍編成について簡単に説明しとくお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  ちょっと前から「動員」って単語を説明ナシに使ってるけど
   \ /___ /   日本では知らん人も多いし、いい機会だお。

 まずは前提知識として軍の編成からだお。

.

813名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 20:28:51 ID:V/kvpTv20
ケツで童貞喪失はやめいW

814>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:30:03 ID:mBP27MeQ0


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■この頃の軍編成(かなり大雑把な図)

 少 
 ↑                          【大名/家老】
 |                            ____                 【大名直属の親衛隊 】
 |                            /⌒  ⌒\                 
 動                          /( ●)  (●)\   将官クラス       ∴      ∧,,∧
                           /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  (社長/役員)     .。.     ( ・ω・`)
 員                         |    mj |ー'´      | ───────→ ヽニニフ━o(    )
                            \  〈__ノ      /                     `u-u∧
 に                         ノ  ノ                      (エリート部隊/幹部候補生) 
                    .    ..         .   |                     
 必                     ┌─────┼─────┐            
                        |      . ↓      . |
 要                     ↓      .【侍大将】     ↓
                       ∧,,∧      ∧,,∧     ∧,,∧  将校クラス
 な                   ( ・ω・)     (´・ω・)    (´・ω・) (中間管理職)
   .         ┌────  (l    )      (l    )     (l    )  ───┐
 時       .  |         `u-u'       `u-u'      `u-u'       |
 .   .     .   |                  |        .          |
 間   .      ↓                  ↓        .          ↓
 |                    .     【足軽大将/足軽】
 |  . ∧∧.∧ ∧∧ .∧ .∧∧ ∧  .   ∧∧ ∧  ∧∧ ∧      ∧∧ ∧  ∧∧ ∧ . ∧∧ ∧
 ↓  (゚ー゚*)∨ (゚ー゚*)∨ (゚ー゚*)∨     (゚ー゚*)∨ (゚ー゚*)∨    (゚ー゚*)∨ (゚ー゚*)∨  (゚ー゚*)∨下士官/兵卒クラス 
 多  (|  |┃ (|  |┃ (|  |┃     (|  |┃ (|  |┃    (|  |┃ (|  |┃  (|  |┃(平社員/アルバイト)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

.

815>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:30:50 ID:mBP27MeQ0


      ____   
    /      \    かなり大雑把な上に家によって違いもあるからあくまで概念図ってことでお願いするお。
   /   _ノ ヽ、_.\ 
 /    (●)  (●) \ 大名が複数の家老を持つことも多い(石田家にもやらない夫の他に複数の家老が居た)し、
 |       (__人__) .  | 各階層の中に更に階層があったりするのが普通だから実際はもっと複雑だお。
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


.

816>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:31:19 ID:mBP27MeQ0


       ____
     /      \ ( ;;;;(  大切なのは
    /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  「上層は専業軍人」で、「下に行くほど軍人でない人間の比率が増える」って事。
  /    (─)  (─ /;;/  
  |       (__人__) l;;,´   
   /      ∩ ノ)━・'/   そして軍人でない人間は普段は別の仕事(この時代なら殆ど農業)に従事してるけど
  (  \ / _ノ´.|  |     戦時にこの連中を徴用して戦争できる状態にする必要がある。
  .\  "  /__|  |
    \ / ___/     コレが「動員」だお。


.

817>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:31:51 ID:mBP27MeQ0


 ■動員手順
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 〇大名                           
  [動員発令]                       〇村とか自治体
      ノ L____                    
      ⌒ \ / \    動員するお!       【誰出すか審議中】
     / (○) (○)\                        ∧,,∧  ∧,,∧  ヤレヤレマタカヨ?
    /    (__人__)   \ 割り当ては           ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ コンドダレニスル?
    |       |::::::|     | 100石あたり3人お!―→ ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )ウチハ70コクダカラ。。。
    \      l;;;;;;l    /l!| 鉄砲は1000石で3挺!   | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    /     `ー'    \ |i                   u-u (l    ) (   ノu-u
  /          ヽ !l ヽi              メンドクセーナ `u-u'. `u-u' アイツトコイツデ!
 (   丶- 、       しE |そ  
   `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <                      |
              レY^V^ヽl            .             ↓
               ドンッ!!          〇各家庭          Λ_Λ
                                 【招集中】       (´・ω・`)  コンカイオマエ!
                                               c(   )⊃ ソレトオマエ!
                                     ∧ ∧マジデスカ  u-u'.
                                   �� (;゚ 0゚)             ∧ ∧ イヤーン
                                    (_っ□o            (T T*) 
                                   〜(  (               |  U
                                      し'`ヽ)             |  |〜
                                                      U U
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 軍役は町内会の草刈りみたいなものである。
 動員がかかると、村とか惣という自治体に対し、それぞれの石高に応じた負担が割り振られる。
 例えば100石あたり3人という動員がかかった場合、300石の村であれば9人を提供する必要がある
 人数だけではなく、鉄砲など武器に条件が付く場合もあった。

 当然だが全員が行くわけではない(そんな事したら農業が破綻する)。
 誰が行くのかはその時の農作業の都合、本人の希望等によって都度決めることになる。


.

818>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:32:32 ID:mBP27MeQ0


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 ■部隊編成中

        中山から来ますた     ''';;';';;'';;;,.,   ザッ
  ザッ                    ''';;';'';';''';;'';;;,.,
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;  本八幡から来ますた
                       ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
       西船から来ますた   vymyvwymyvymyvy   ザッ
                 vymyvwymyvymyvyyvyyvy
     /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ  /ニヽ   /ニヽ
    (ω・´). (ω・´) (ω・´)(ω・´) (ω・´) (´・ω)  市川から来ますた 
    ムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝムy ×ゝ
     ゚し-J\ .゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\ ゚し-J\
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
 こうやって動員は行われ、軍隊が編成される。
 逆に言えば、動員を行わない限り軍隊は存在しない(一部の例外除く)。

.

819>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:37:48 ID:mBP27MeQ0


 軍を人間に例えると、司令官は頭、将校は骨格にあたる。
 そして一般兵は筋肉である。
 平時には頭と骨格のみ残しておき、戦時のみ筋肉を付けるというのが軍隊編成の考え方である。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
  ■動員前             ■動員後                         ■終戦後    
     .___                       , -‐- 、                     .___    
   ./ ノヽ\                     / ノ ヽ、 ヽ                  ./ ノヽ\  
    ;| (○)(○|:                    |(●) (●)|                   ;| (○)(○|:  
   :|ヽ (_人_)/;                  _,...ィ|. (_人_) |                    :|ヽ (_人_)/;  
.   :| |. ⌒ .|;      →       ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、       →         :| |. ⌒ .|;   
    :h   /;          .    /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、             :h   /;   
     :|  /; ’             ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ            :|  /; ’   
    / く、             ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }           / く、     
   ;| \\            /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧          ;| \\    
   ;|ミ |`ー=っ         ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ          ;|ミ |`ー=っ
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――                 

 何故こんな事をするのか?

 一言でいえば、軍隊というものにコストがかかるからである。
 しかも軍隊は何も生産しない。
 戦争がある時以外、軍隊は無い方が良いのだ。

 だから戦時のみ動員で軍隊を編成し、終わったら解散させる。
 こうして軍隊維持に必要なコストを最小化するのだ。

 では平時に軍隊をゼロに出来るかと言えばそうではない。

.

820>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:39:13 ID:mBP27MeQ0


 一般兵の動員は短期間で済むが、将校以上は育成に時間がかかる。
 出された指示どおりに動く事は比較的簡単だが、指示を出す側には高度な専門知識が必要だからだ。
 この役割を担う将官と将校は、平時でも軍事を生業とする職業軍人でなけれならない。

 だから平時に軍事に携わるのはこの将校以上のみとし、一般兵は戦時のみ徴用するのが軍編成の基本である。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
        ____     
       /⌒  ⌒\    
     /( ●)  (●)\   
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                /ニヽ   /ニヽ    /ニヽ 
    |    mj |ー'´      |              (ω・´).  (ω・´).   (ω・´).
    \  〈__ノ      /              ムy ×ゝ ムy ×ゝ  ムy ×ゝ
     ノ  ノ                        ゚し-J\  ゚し-J\   ゚し-J\
                              
   ■将官                        ■一般兵
     育成期間:数年から数十年            育成期間:0から3ヶ月程度 
     必要数  :少                     必要数  :多
     ※数は少なくて良いが短期動員不可       ※短期動員可能だが数が必要
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 平時から兵士も動員しておけばいいじゃないかと思うかも知れないが、
 それは上述したコストの問題と社会体制上不可能である。
 これを理解するためには、軍を構成する各クラスについてもう少々の理解が必要である。



.

821>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:46:54 ID:mBP27MeQ0


 大名や家老クラスは会社で言えば社長や役員である。
 自分で農業することは殆どないし、戦争も通常業務の一つだからすぐ武装して戦争に参加が可能である。
 但し彼らは指揮官だから、後方の本陣(=司令部)で指示を出すことに専念する。
 大河ドラマみたいに最前線に出ていって敵兵を斬ったりすることはまずない。

 ――――――――――――――――――――――――――――――
 ■大名/家老クラス
        __            __
      / ◎ \        / ◎ \  .O―〜ー,〜
      ヽニニニノ       ヽニニニノ   . || 司令官' :|
      |(●) (●)      /(ー) (●)\ ||―〜'ー〜
   /ノ| (__人__) |   /^):::⌒(__人__)⌒:: ヽ
  /^/ .|  `⌒´ |   / / |    `⌒´    |
 (  ' ̄ ヽ   _/ヽ (  ' ̄\      _/
   ̄ ̄| = V // | |   ̄ ̄| = ̄ //  | |
     |   // | |     |   //   | |
 ――――――――――――――――――――――――――――――

 彼らは軍隊においては司令官である。
 司令官が自分で戦闘なんかしたら軍の指揮は取れない。
 そんな事態が発生するのは敵が本陣に攻め込んで来た時だけである。
 #ただし、味方の士気を上げるために前線近くまで出てくることは稀にある。

.

822>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:49:00 ID:mBP27MeQ0


 コストがかかるが、大名直属の親衛隊を持っているところも多い(馬廻/母衣衆とか)。
 親衛隊は専業軍人なので訓練度も高い。また大名と同様、動員無しですぐに動ける。

 ■親衛隊
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 【神業訓練中】
           .。 ・  。
        ∴゜      ゜・
     /|:゜           ゜:
     | |              。
     .ヽ|              ・゜         .O―〜ー,ー〜
     ┃               ゜:         || 職業軍人' :|
     ∩∧,,∧           ∴      ∧,,∧||―〜'ー〜〜
     ヽ(`・ω・)          .。.     ( ・ω・`)
  ∧∧  \⊂\         ヽニニフ━o(    )
 ( ´・ω) ・゚・し―J                 `u-u∧∧
 | o━ヽニニフ∧∧          ∧∧ ⊂⊃(ω・` )
  u-u      (   ´・)。・゚・。・  。・゚・。(・`  ) ニニフ━oノ
          (l o━ヽニニフヽニニフ━o ノ    u-u
           `u-u'.          `u-u'
 ――――――――――――――――――――――――――――――――

 このクラスは選りすぐりの軍人であり、自分で農作業を行う必要がないから武芸や戦技に専念できる。
 全員が職業軍人で動員の必要がない(というか常に動員されたのと同じ状態)から戦闘態勢への移行も早い。
 強くて機敏な最強の軍団と言える。
 現代で言えば、全員が志願兵で構成されているアメリカ海兵隊みたいなものである。

 また、このクラスは大名の側近。つまり幹部候補生である事も多い。
 前田利家も織田信長の親衛隊(黒母衣衆)出身であったり、ここから大名になった人間も多い。
 但し、その性格上数は限られるので、この部隊だけで戦争をやれたという例はあまりない。
 #織田信長は結構やっているが、他家ではあまり例がない。というかやらない方が良い。

823>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:49:39 ID:mBP27MeQ0


 中間層の侍大将クラスは微妙で、武士でも農民でもある。
 いわゆる半士半農の身分が多い。
 このクラスで農業やらずに食っていける人間は多くないからである(地域や大名家によって事情は結構異なるが)。

 兵士となる農民を集めて直接指揮するのは彼らだから、実はかなり重要な役割である。
 会社組織で言えばプレーイングマネージャーである中間管理職に相当する。
 一般兵である足軽の動員はこの侍大将クラスが行うことが多いので、彼らは動員中は動けない。

 【 動員中 】
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■侍大将
  ―〜ー,ー〜 O  ゼンインソロッタ?
  | 半士半農' :||   ジャーイクカ?  ■農民
   ―〜'ー〜〜|∧,,∧              ∧ ∧ タイチョー    O―〜―〜
          ( ・ω・)              (゚ー゚*)        || 農業命' :|
          (l    )              |  U     ∧ ∧||―〜―〜
           `u-u'       ∧ ∧ チワー |  |〜    (T T*) オウチカエリタイ
                     (゚ー゚*)    U ヽ)  .   |  U
                     |  U             |  |〜
                     |  |〜           U ヽ)
                     U ヽ)
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 農民は文字通り農作業に従事している。
 水田というのは非常に手がかかるもので、しかも一度手入れを怠ると不可逆的に荒れてしまう。
 むやみに動員をかければ田畑が荒れて国力を損なう上、一揆や謀反の原因にもなる。

 軍隊を常時動員できないのはこれが理由である。
 だから大名は動員をかけるタイミングや期間を慎重に検討する必要がある。
 もちろん戦闘で死んだりケガする可能性もあるし、軍役は農民にとっては迷惑な存在だったのだ。

.

824>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:50:19 ID:mBP27MeQ0


 但し、軍功を立てて恩賞を貰える可能性がある。
 略奪もOKな場合が多く、それ目当てに積極的に参加するものも結構いた。
 あまり触れられることはないが、地域によって兵の強さに差があるのは主にこのためである。
 つまり、寒くて生産力の低い地方の兵ほど強い傾向がある。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  .───┐    ∠_      \
   ̄ ̄ ̄| |     llヽ _|      ヽ 戦国の傭兵ってどうやって喰ってたの?
        | |     |l ̄| |       l  
        | |    /  ´\     /
        | |     ヽ、_   `^イ
  二二二 」 _ __ lニ二二l、           ____
  ─┴┐ ⊆フ_)__./   ┌ヽ ヽ┐   /´       `\
  二二二二二二l  /    |  |   | |.  /             ヽ  民家襲ってた
  _l_____| /`ー─‐|_|   |_| /             ヽ  
    |       /`ヽ__, ─ 、ノ |─l  l               l
    |───/  /lニ/  /二ニluul.  |                 !
    |    ___| ̄ |  |  |_|.      l                /
   └─(    )(ニ|  ̄|./二ニ)     ヽ              /
        ̄ ̄  /   )            >━━━━━━ く
              `ー ´            /               ヽ
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 兵糧攻めの一環で敵国の農作物を刈り取るという軍事的なものから、北斗の拳ばりの私的なものまで、
 戦争に略奪はつきものだった。
 人を攫って後で身代金を要求していたという話もある。

 これが兵士への個人的報酬、或いは軍全体の食料調達の一部として最初からカウントされることは多かった。
 上杉謙信の関東出兵に至っては軍事目的自体が略奪という説もあるぐらいで、
 この時代の戦争において略奪の占める割合は多い。

.

825>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:51:39 ID:mBP27MeQ0


 中央政府が機能していなかった戦国時代。警察も自衛隊もない。
 強盗に襲われても誰も助けてくれないから自分の身は自分で守るしかない。
 特に農村の様に食料を生産する場所は狙われやすい。
 野盗、略奪に現れる軍隊、近隣の農民から襲われることもある。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                       農 民
                       ↓  
,r、 ,、-- 、, -'          ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::::::/ ノ/",, レ''"、~  ,、 ':::;;、
           t        〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ)          ~'ー、
           了     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii〈            /  この頃の農業は
   て 消     (     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽi|   土 わ     (   自衛機能が無ければ出来ないことであり、
   え 毒      〉     |/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t:::::j   下 は     〉  農民は独自に武力を持つ必要がある。 
   か さ     (      y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:ヌ   座 は     (
   ┃. れ     ヽ,     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t )    し は     / ,,、-''"  また逆に、近くで戦争が起こった際には
   ┃         ゝ    i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i |   ろ       /'",、-'"   負けた方を襲って軍隊から略奪
   ┃       ,r"     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j |   //       〉:::::::::::::  (いわゆる落ち武者狩り)を行うこともあった。
   //     r-、|        ',  i;;;;r'"~~ リ ソ:://'''ー、 ・・      _(::::::::::::::
  ・・     |           i  tー'--,ノ / ,r';;; :::L  _  __ /::::::::::::/   この頃の「一般市民」は
 レ"从 ;:;: (         _,, r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -'":::"::| ,,,,」L,,,,  ヽ''",,、-'~::::  現代のそれとは全く違うのだ。
 从     ),,,、-ー ''''" ̄ ̄::/::::. (、;;;;二=ー'''":::::::::::::::,、-''i,  |j" ,,,,,、- '":::::::::::::  
 ゙〉  , '''~ '''"::''___''''/::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;、-ー''"/从;;;;~'''''''i'i""| i|:/ ̄ ̄
 ∫ (,,:::::''" ,r"ii .ツY""::/:' 、;;;;;;;;;;、 -ー ''""     i i|||;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;| i|:::/
`}∫  _ノ、,,,,,,,/ニ了 ̄/,,,,,i////::::::::::::::::::::tj:::::::::::::::::::::::::| }||;;;;;;;;;;;;;;;|i;;;;;;| |/
";:;: ;:i'___(二二i|/iiiiii////     :::::i :::      i 〈t""○;;;;ti;;;;;;i /
'、t,,々ヽ==、、~'' 、ヽ| iOj//リ:::::,、 '""  :::| :::       t | t、、   ti;;;;;;i
.,r/;:;~''tt;;;;;:ヽヽヽ'yi|リ,//iソ''~      ::::| :::       '、ヽ';;;;;;O;;;;ヽ;;i
.i.|;:;:;:;:;;゚;;;;o;:;;:;:;:i |"|::|O|ii||||       :: it :::::::       ' 、;'、;;;;;;;;;;;;ヽ| 、、
i ';:;:;:;:;;;;;;:;:;:;:;;:;:;ノノ:::i:ソii|||i| ||       ::;;ヽ ::::::::......................`' 、;;;;;;;;;;;;;;;i :::"   ,、
ー、' 、、;;;;;;;;;;;、 '"::::ノ人i从i ||      ::::::;;;j ~' 、,,::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;;;t ::::::,、 '~ ,,
_i、ヽ,,二_,,、 '",,r"入从jノ:::::::::::::::::::::::::::;;/ (:、  ~ '''''''''''''''''""""~ヽ;;;;;;;;;'、/:::/::
  'フヽ、iii二二;;;;、-'"ー-'、〉、、;;;;;;;;;;;;,、- ''~  ;;;;};;;;:::::;;;;;;;; ,,,,,,,,,、  ,、-ー''''、~フ""/:::::::
 /、 '"~(~~~  '''、"~   ヽ,...,,'ー-、~'ー、::::'''" ヽ::    ~ 、-ー''":::::::ヽ  Y
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 一般市民が武装しなくて良いということは、極めて幸せなことなのだ。
 逆に言えば、一般市民が武装しなければ生きていけないのが戦国時代である。
 そういう意味では一般市民が普通に兵士としての素養を備えていることになる。

826>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:52:18 ID:mBP27MeQ0


 略奪に話が逸れたが、軍の編成に話を戻す。

 農村というか社会全体の序列を引きずったまま軍の編成が行われるため、
 侍大将の中位ぐらいから区別が非常にわかりにくくなる。
 家や地域によって差があることは上述したとおりであるが、強引にファミレスで例えるとこんな感じになる。

 【侍大将から浪人までの序列イメージ】
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -上級武士の壁 - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    ■侍大将(中級)

       |::::_i_:::::::::::彡  /     j/     ´ ̄`ヾ´ ̄ヾ::} \  ここでは中級という定義を適当に行なっているが、
       |::::::!::::::::::::/        |            ぃ  j:/    ',  1000石ぐらいの武士を想定している。
.        〉- 、::::::::/    ---―====          ||  !′  │ 彼らが歴史に名を残すことは殆ど無い。
       /⌒ヽ∨/       __        ハzュ., ,ノ′:     |   
        | : . { リ     .r===ミ      ___   `ヽ /       ゲームに出てくるのは、この上の上級武士。
       :, :..〈     とつ           =ミ:、    /        或いはその更に上の家老クラスぐらいからである。
    ,..---ぅ、:_.:〉                   じ  /       _人_  
  フ::::::::◇::::::ゝ..__              l       〃      `Y´ このクラスも農業には従事している事が多いが、
/::::::::::::>''"´/ | i             /:.     〃         家によっては完全な職業軍人であることもあった。
''"´ ̄    /  .| |                        /´            
       .′ 1 :.        r―-  .. _         ハ           彼らが戦時には配下の兵士を指揮することになる。
         ′  .!   、    :.  `¨¨¨l::>    /  \     _人_    
      .′   ハ   \    \___/    /    \    `Y´  比較的農業依存度が少なかったことから、
      i    ∧     \          /         \      指揮だけでなく個人的武勇にも優れることが多い。
      |     ハ     \      ィ            丶.,    このため彼らが軍の主戦力であったという説もある。
      |       ∧     ` ーァ/  /               `ヽ、  
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -中級武士の壁 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

.

827>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:53:07 ID:mBP27MeQ0


  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -中級武士の壁 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    ■侍大将(下級) 
          /.: : : : : :       へ
         /.: : : : : :          :.
         /.: : : : :             ハ     ■足軽大将
.        ,.: : : : ::     iヘMハ       i           -─…‐-
.          i: : : : :  i i |    |i i | i   i |        /    /       \
.          |: : : : :i /|:ハ |    !| | |:∧  | |       / /   /   、 ヽ  ヽ
.          |: : : : :Ⅳ-j从|   从j‐リ i  | |       i イ / {  {  }j }  ハ
.          |: : : : :| 代:::テヘ   弌:::テァ }  i|       | i| | ∧‐八 从八j i| | 
.          |: :(j.:小              | l) l|       |八八/≡≡ ∨ ≡=| ノ|ノ 
.          |i : :|i :i     i}      灯i: l|       │f⌒ ////   ///{ )  
.       八: :||杁             小リ ハ      |  ーヘ.   Vフ   人             ■足軽       )) __
         }.:|l:i:公:.    ―    イ.:.l| i /  }       | 八 レ个ー  r <ゝ \                    /:::::::::::ヽ  
         ヽⅣ'^⌒> ._ <ト、 刈/        /  __>く\ {フ<.    \             /゙7⌒^:::<::::::::::.) 
             rく i      |ノ}         / ,〃 \\ ≧≦ } Vヽ    >          ハ _,.イ:::::::ハ::::::ヽ:::::::ヽ :::::j 
         〈ハ  _〉 ヽ   r '" /ト.、      < _/{   } ∨::ハ:∨ ヽ ∨\>         {. V厶/|/ j八j八:::::::::}::::/ 
.         _〉 ∨ ヽ ハ  i   / } ハ≧‐- .,  /  ノ  Vj く_/´|_」    Y∨ \  /刃     ' ∨イ ┃  ┃ jノミ:リ::{ 
.      ,ィ≦´ ./.:〉⌒'vっr i^Y^f^!=n-‐―┐     ̄|/    リ        ノ  〉  ̄` //V        V/人  マフ 〃^):::::八 
                                                            ゝ{_ i{不不}i. ヽ: : ): :厂
  下級武士は会社組織で言えば下級管理職から長期アルバイトぐらいまでに相当する。         ( く∧> Y.|: : 八| 
  この辺りは武士と農民の区別が曖昧な事が多く、実情はほぼ農民で専業武士である事は少ない。 }  ̄ イ||: :(   
  この中で優秀なものは足軽大将に取り立てられて、更に上の侍大将に昇格することもある。

  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 農民の壁  - - -- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

.

828>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:53:39 ID:mBP27MeQ0


  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 農民の壁  - - -- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
                                                        ■浪人
  また、当時大量に居た浪人を金や食料で傭兵として使うことも多かったという。          /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.\
  このクラスの扱いは資料よってかなり異なるが、軍の大半は彼らが占めるという説もある.  /.::/::.//l::.::.::.|::.ヽ::.:l:::.l::.::.
                                                          .::.::{::/\|::.:_:.:|/ハノ|:::.|::l.:l
                                                         {イVc==    ===o |:::.|::|::|
  彼らは会社組織で言えば短期アルバイトに相当。                           |(| ///// |:::.|_)::|
  大名家によってはここから人材登用を行うことがあり、                        |〈   厂 ̄]   /:::.八::|
  明智光秀や豊臣秀吉、滝川一益等はこの階層出身とも言われる。                 |::.V〜n二ア⌒〈:::./::..l::|
  資料によってはこの階層も足軽に含まれるが、足軽以下の雑兵と呼ばれることもある。      |:::.{  ノ∨     ∨:::: l::|

.

829名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 20:54:29 ID:V/kvpTv20
人の値段が暴落したときは2、3文だったんだよな

830>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:54:31 ID:mBP27MeQ0


      ____   
    /      \    色々言ったけど、よーするに軍隊には階層があって、下の階層ほど動員に時間かかる。
   /   _ノ ヽ、_.\  てか動員無しで動けるのは大名家老と親衛隊ぐらいなはず。
 /    (●)  (●) \ 
 |       (__人__) .  |この頃の大坂勢は動員かけたばっかだから上の連中が多いのは当然だお。
 /     ∩ノ ⊃  / それで二万とかになるのは、全体の数が多いから。
 (  \ / _ノ |  |   
 .\ “  /__|  |  ちなみに動員の基準は100石あたり3から4人程度が相場。
   \ /___ /   だから600万石が動員を完了したら兵数は20万人前後になる計算お。

 #動員率の相場については2.5から5って資料もあります。


.

831>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:57:25 ID:mBP27MeQ0


                  , -‐- 、          
                 / ノ ヽ、 ヽ         動員は戦力に直結しますから各大名家でも色々工夫してます。
                 |(●) (●)|         大名家全体に関わる重大事項ですから、家の事情も反映されます。
               _,...ィ|. (_人_) |         
           ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、      長宗我部の一領具足なんてのはスイスに近いですね。
         /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、   戦争経験豊富な徳川家はイスラエルってところです。
         ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ  
       ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }  
      /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧ 
      ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ 

.

832>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:58:51 ID:mBP27MeQ0


      ____   
    /      \    ちなみに武装は各自持参っていうかそこまで含めて軍役ってのが定説お。
   /   _ノ ヽ、_.\  ヤクザの喧嘩と一緒で、槍持ってる奴は槍を、鉄砲持ってる奴は鉄砲を、
 /    (●)  (●) \ それぞれ自分で武器を持ってくる。食料も持参ってのが多かったみたいだお。
 |       (__人__) .  |
 /     ∩ノ ⊃  /  
 (  \ / _ノ |  |   
 .\ “  /__|  |   
   \ /___ /   

――――――――――――――――――――
 【武装確認中】
 ?   ∧,,∧  ∧,,∧  オマエナニモッテキタ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ オレテッポウ!
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ユミ!
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ ヤリ!
  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u' ナゲヤスイイシ!
――――――――――――――――――――

833>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 20:59:34 ID:mBP27MeQ0



だから各部隊の装備は個人によってバラバラで、「鉄砲隊」とか「騎馬隊」ってのは無い。
___________________________________                                      
 【確認結果】
                            ∧,,∧     ミ∧__   
                           (´・ω・)   ミ  ・   )
                           /三/趙〉〉 ミ  / ̄ ̄
                       ミ ━━つ━━━━━━━|ニニフ
                         (  /三/      |
       ∧∧                 |   Lニ)).  ) )
      (,, ゚Д)0_______,,,           | | ̄    ̄| |/.  
      (⊃n――' ̄ ̄     .     U      U
       |   |      .        /|      
       し `J             //       
                  ∧∧ //       
                 (;゚Д゚)//        
                 〈  ⊃,l゙
    ∧__∧  ,、      〜〉 , ヽ       くヽ /ゝ
   ,ミ( ・∀・),-' ヽ,      (ノ  ヽ)      <:::ヽ⌒::>
   ヽ'(;iニi G====ゆ=≫         . .     /;;;l・∀・)_
    〈__,ハ__,l`ー、,/'                /ミ/;;;;;;;;)⊃lニニニフ
    (,__/、,_)                  <二∪,]ii甘lil
                            (__)_)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
あーいうのは武器が支給されてんのが前提で、その上で共通の訓練とかやらんと組織できん。
そもそも、武器が個人持ちって時点で部隊の装備が何になるかは動員してみないと分からんし。

.

834>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:00:11 ID:mBP27MeQ0


      ____   
    /      \    兵農分離が進んだ織田家にだけは専門兵種部隊があったってのが通説だったけど
   /   _ノ ヽ、_.\  それを裏付ける資料が無いって話もあるお。
 /    (●)  (●) \ 
 |       (__人__) .  | 合戦で怪我した人の負傷内容とか、軍の編成の資料とか見ると
 /     ∩ノ ⊃  /  別に織田家だけが突出して鉄砲の比率が多かった訳じゃないとかなんとか。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   あと、当時の日本の馬はちっちゃくて武装した兵隊載せたら走れない。
   \ /___ /   だから、戦闘の時はわざわざ馬から降りたって話もある。


.

835>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:00:50 ID:mBP27MeQ0


最近では「武田騎馬隊」とか言わなくなりましたね?

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■武田騎馬隊(かなり前のイメージ)

                        ._                   _
 ドドドドドドドドドドドド!!     |風|               _     |風|
                      |林|   _           .|風|   |林|
                      |火|  |風|        .|林|   |火|
                           |山|   |鈴|           |火|   |山|
               _∧ ∧(oノヘ| ̄  .|火|          |山|(oノヘ| ̄
               (_・ |/(゚∀゚ )|\.   |山| ._∧ ∧(oノヘ|/(∀゚ )|\
     _∧ .∧ ヘ   |\Ю__∧ ∧(oノヘ| ̄ (_・ |/(゚∀゚ )|\ ⊂)_|√ヽ
    (_・ |/(゚∀゚ )\ (  (_・ |/(゚∀゚ )|\   |\Ю ⊂)_|√ヽ~∪ )^)ノ (´⌒(´⌒;;
       |\Ю ⊂)_ √ヽ| ||   |\ Ю ⊂) |√ヽ (  ̄ ~∪ )^)ノ( | ( |(´⌒(´⌒;;
      (  ̄ ~∪ )^)ノ '~ ~   (  ̄ ~∪ )^)ノ  .|| || ~( | (´⌒(´⌒'~ (´´
        ||` || ( | ( |(´⌒(´    ||` || ( | ( |  (´⌒(´⌒;;  (´⌒ '~ (´⌒(´⌒;;
      '~ ~(´⌒(´⌒;;  (´⌒(´⌒  (´⌒(´⌒  (´⌒(´⌒;;
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 確かに昔のイメージは実在する資料の裏付けが無いって説が最近は多くなってます。

___________________________________  
 ■武田騎馬?隊(最近のイメージ)
                            ∧,,∧     ミ∧__   
                           (´・ω・)   ミ  ・   )
                           /三/趙〉〉 ミ  / ̄ ̄
                       ミ ━━つ━━━━━━━|ニニフ
                         (  /三/      |
       ∧∧                 |   Lニ)).  ) )
      (,, ゚Д)0_______,,,           | | ̄    ̄| |/.  
      (⊃n――' ̄ ̄     .     U      U
       |   |      .        /|      
       し `J             //       
                  ∧∧ //       
                 (;゚Д゚)//        
                 〈  ⊃,l゙
    ∧__∧  ,、      〜〉 , ヽ       くヽ /ゝ
   ,ミ( ・∀・),-' ヽ,      (ノ  ヽ)      <:::ヽ⌒::>
   ヽ'(;iニi G====ゆ=≫         . .     /;;;l・∀・)_
    〈__,ハ__,l`ー、,/'                /ミ/;;;;;;;;)⊃lニニニフ
    (,__/、,_)                  <二∪,]ii甘lil
                            (__)_)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

836>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:04:13 ID:mBP27MeQ0


     .___     
   ./ ノヽ\    でっでも親衛隊みたいに職業軍人だけ集めた部隊なら十分可能ですからっ。
    ;| (○)(○|:   全部フィクションってことは、なっないと思います。
   :|ヽ (_人_)/;   
.   :| |. ⌒ .|;   
    :h   /;    のっ信長公の場合は、馬廻りだけで大きな戦果を挙げたって記録が残ってますし。
     :|  /; ’    
    / く、       動員後に、おっ同じ武装の人間だけ集めて専門兵種部隊を作ったというきっ記録もあります。
   ;| \\     
   ;|ミ |`ー=っ  


.

837>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:06:54 ID:mBP27MeQ0


     .__
   ./ ハヽ
    ;| 0:0|      戦争慣れした農民や傭兵団が
   :|ヽω/      自発的に装備揃えたり訓練することもあったでしょう。
.   :|| '^ |.
    :h ノ       下手したら死ぬんですから相応の工夫はするはずです。
     :|/:       常識的に考えて。
    / |、  
   ;| 、、_、 
   ;|ミ|  ̄^

838>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:07:55 ID:mBP27MeQ0


      ____    
    /      \    このヘンは現在でも論争中なので何とも言えんお。
   /  \   ,_\.   確かに長槍なんかは全員が同じもの持ってるのが前提の武装だし
 /    (●)゛ (●) \  (槍衾作るためだけの武装だから一人だけ長槍持ってても意味ない)
 |      (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /  
 (  \ / _ノ |  |   
 .\ “  /__|  |   
   \ /___ /   

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■槍衾
         / ///////////////
       / ///////////////
      / /////////////// アララララーイ
    / ///////////////
( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀( ・∀・)・∀・)・∀・)・∀・)
| ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || | ̄ || ⊃─────── ─ ─ ─ ─
\/ \/ \/  \/ \/-J  -J   -J  -J

#一人ではできません。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ヤクザの抗争みたいに一人一人がバラバラに闘う訳じゃない。
同じ部隊は同じ農村の人間で編成されるんだから、平時から訓練するとかは十分有り得る。

839>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:08:27 ID:mBP27MeQ0


     ____    
   /      \     やらない夫も言ってたけど、
  /  \   ,_\.   生死に直結する問題なんだから、大名も一般兵も死ぬ気で工夫したはず。
/    (●)゛ (●) \  応仁の乱から数えても戦国時代は150年近く経ってるんだお。
|      (__人__)    |  その間におんなじ武装揃えるぐらいのことしてても不思議はない。
/     ∩ノ ⊃  /  
(  \ / _ノ |  |   但しこの話始めたらそれだけで何個もスレ必要になるぐらい長くなるから
.\ “  /__|  |   これぐらいにしておくお。
  \ /___ /  


.

840>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:09:03 ID:mBP27MeQ0


      ____    
    /      \    順番逆になったけど、ついでに「石高」についても説明しとくお。
   /  \   ,_\.  よく「加賀100万石」とか言うけど、この「石」は米俵三俵を表す単位だお。
 /    (●)゛ (●) \ 
 |      (__人__)    |  この米俵三俵というのは、実は一人が一年で食う米の量だお。
 /     ∩ノ ⊃  /  というか「一人を一年食わせられる米の量」を基準にして一石という単位が決められたんだお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   つまり石高というのはその国が養える人口のことで、
   \ /___ /   「〇〇石」という情報だけで国や大名の力がすぐわかるんだお。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                1石          1人1年分の食料
              __↓__            ↓
              ,ィミ川彡三ヾ三\         
              {三{※}三}三ll三 }          ∧∧
            _ヽ彡川ミノ三レ勿/__   =    (,,゚Д゚)
          ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\       (|  |)
         {三{※}三{三{※}三}三ll 三}      〜|  |
       __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__       し`J
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


.

841>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:09:50 ID:mBP27MeQ0



 そして動員は石高を基準に行われるから「石高=兵力」って等式もほぼ成立するお。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ■加賀100万石の場合
      [100万石→人口100万人×動員率3%=動員可能兵力は3万人 ]
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



.

842>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:10:25 ID:mBP27MeQ0


 100万石の大名は100万人を支配下に置いていて、軍隊として動員できるのは3万程度ということになるお。
 つまり、石高とは大名家の戦闘力を図る単位にも使える便利な単位なんだお。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         \                           / / ̄ ̄/ヽ::::::::/  o
 ゴ  た  石 | ゙̄ヽ、        |   ,,-─'''''"""" ̄,,-ヾ、l| ̄ ̄"''l" ||::::::/  |/
 ミ  っ   高 ヽ、;;;;:::::゙ヽ、     |  /    □[二]⊿__ヾ||  .┌┤  ||::::|  |/
 め  た   ・   | ゙'''ヽ、::::゙ヽ、  |  .l .|  「L[]‐'":;;-‐''l ̄  .||.   |::::|  ||::::|    o
 ・  の   ・   |     ゙'o、;;;:゙'':| l .|,|,,,-‐、o‐'∧__∧ノ口<l ||   |::::|  ||:::::|  |/
 ・  5   ・    |‐-------‐' ゙''' 、-'' | ヽ、  (    )     ||   |::::|   ||::::::|  |/
 ・  か   ・   |      ,,,,,,,    | ,,,, ̄ ( >>1)<l  .|| _ ̄|  ||::::<
    ・       |   ,,,-''''''''"  |  ヽ ""'' |   |   ,,-‐、  ゙,ノ //::::::::|  ・
    ・       >,,-''"      l|   ゙ヽ、 (_、___)  // /  ̄ ll //::::::::::|  ・
    ・       |         /:|      ゙"'''‐----‐'" | .|   ..:l .//::::::::::::ヽ ・
           |         ヽヽ-'''" _,,,‐'"       | | ....:::::::、/::::::::::::::::\
           |        ,,,、-─'''"‐'"         | |_:;;;;-''"::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
           /           ̄ ̄           / ̄,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ./\        ,,-‐'''"‐:::...       ,,‐"  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        / '':::゙ヽ、      ''"          ,,‐'"/ /   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


.

843>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:11:48 ID:mBP27MeQ0


                    / ̄ ̄\   ちなみにお金の「一両」というのは、        
                  /  ヽ、_  \  この一石の米を買うのに必要な金額です。
                 (●)(● )   |
                 (__人__)     | 物価水準にもよるので時代によって価値にはかなりの差が出ますが。 
                 (`⌒ ´     |
                  {          | 当時は貨幣経済が発達していなかったため
                  {        ノ  経済の尺度は石高で表現されることも多かったようです。 
                   ヽ     ノ  
                    ノ     ヽ   
                   /      |  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                1石           1人1年分の食料         1両
              __↓__
              ,ィミ川彡三ヾ三\                     .   /三三\
              {三{※}三}三ll三 }           ∧∧           .  |三三三|
            _ヽ彡川ミノ三レ勿/__   =     (,,゚Д゚)    =.     |三三三|
          ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\        (|  |)           | 慶 長 |
         {三{※}三{三{※}三}三ll 三}       〜|  |            | 小 判 |
       __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__        し`J           \三三/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

.

844名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 21:13:40 ID:6PkCEflo0
慶長小判はまだねーよw
豊臣政権では小判じたいなかったんじゃね?

845>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:14:21 ID:mBP27MeQ0


      ____    
    /      \     実は戦国時代後期、西日本ではかなり貨幣経済が進んでいたけど、
   /  \   ,_\.   商業嫌いで東国の徳川幕府は政府系機関の統計や決済に石高を使ってたお。
 /    (●)゛ (●) \  
 |      (__人__)    |  
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  |    
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /  

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「この人なんてどうでしょうか?35歳で年収は10石 結婚後は家事を優先し・・・」

        / ̄ ̄\
      /       \     彡/::::::::::::::::::iヾミ 、
      |::::::        |  γ::::::人:::人人:::::::::ヽ       そんな人ぜったい嫌です!
     . |:::::::::::     | (:::/  _ノ  ヽ、_  \::::::ヽ
       |::::::::::::::    |(:/ o゚⌒   ⌒゚o  \::::::)   年とり過ぎだし、年収が・・・
     .  |::::::::::::::    }  |    (__人__)     |:::::)    年収がたった10石なんてゾッとします・・・
     .  ヽ::::::::::::::    }  \   ` ⌒´     _/:::ノノ    
        ヽ::::::::::  ノ    |           \      そんなのと結婚しなきゃならないなら独身でいます!
        /:::::::::::: く     | |         |  |      
 ―――――|:::::::::::::::: \――┴┴―――――┴┴――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

.

846名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 21:15:59 ID:6PkCEflo0
武蔵墨書小判ぇ

847>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:17:20 ID:mBP27MeQ0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「あ・・・すみません これはあなたのプロフィールでした」

        / ̄ ̄\
      /       \     彡/::::::::::::::::::iヾミ 、
      |::::::        |  γ::::::人:::人人:::::::::ヽ
     . |:::::::::::     | (:::/⌒   ⌒  \::::::ヽ
       |::::::::::::::    |(:/ (○) (○)   \::::::)
     .  |::::::::::::::    }  |    (__人__)     |:::::)
     .  ヽ::::::::::::::    }  \   ` ⌒´     _/:::ノノ
        ヽ::::::::::  ノ    |           \
        /:::::::::::: く     | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \――┴┴―――――┴┴――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                       / ̄ ̄\   一方武士以外は貨幣で決済することが多かったので
                     /  ヽ、_  \  いろいろと面倒が多かったそうです。
                    (●)(● )   |
                    (__人__)     | 武士は給料を米でもらうけど町で買い物するには
                    (`⌒ ´     | それを銭に交換しないといけないとか。
                     {          |  豊作で米が値下がりして給料実質減とか。
                     {        ノ   困るのは幕府や武士本人ですが。
                      ヽ     ノ   
                      ノ     ヽ    今みたいにモノの価値を貨幣価値のみで表現する
                      /      |   ようになるのはもっと先の話です。


>>844

 仰る通りですね。
 一両の話は江戸時代の話です。

 まあ米というものがこの頃の経済の尺度になってるって話でお願いします。

848>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:18:25 ID:mBP27MeQ0


       ____
     /      \    ちなみに一両ってのを今の貨幣価値になおすと
    /  _ノ  ヽ__\   まー大体5万から30万円ぐらいみたいだお。
  /    (─)  (─ )\  
  |       (__人__)   | 言う人によってかなりの差がある(4000円ぐらいってのもある)けど。
  /     ∩ノ ⊃   /  これは主に米基準か平均物価基準かの違いだお。
  (  \ / _ノ |  |   
  .\ “  /__|  |   安いのは前者、高いのは後者だけど、
    \ /___ /   人間米だけ食って生きてる訳じゃないから後者基準が妥当かお。

..

849>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:18:57 ID:mBP27MeQ0


      ____
    /      \    ってことで色々説明はしたけど、まー昔のことだから分かってないことは多いお。
   /  _ノ  ヽ__\   それ以前に>>1が素人だってのも大きいからあまり信用はしないで欲しいお。
 /    (─)  (─ )\
 |       (__人__)   | このへんはあまり深く突っ込まないで、
 /     ∩ノ ⊃   /  あくまで世界観の説明ってことでお願いしますお。
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |   あと、ここの情報をテストとかに書いて試験落ちてもやる夫は責任もてんから
   \ /___ /    受験生の皆さんにはよろしくご了承いただくお。

.

850名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 21:22:02 ID:6PkCEflo0
ぶっちゃけ鐚銭が多く信用できないから貫高制から石高制に変えたんだよ秀吉がね

851>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/26(土) 21:22:59 ID:mBP27MeQ0



  ・・・ということで、ここまでで74レスと結構長くなった上に
 文字数がとっても多かったので本日投下分はここまでとします。

 続きは明日の20:00から投下です。
 お付き合い/ご支援頂いた方有難うございました。


.

852名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 21:32:26 ID:aSc1lCWE0
乙でした

853名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 21:44:31 ID:jXfu87gs0
乙!
相変わらず分かりやすさはピカイチっすなぁ。

854名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 22:30:05 ID:97V732No0
乙です。
丁度軍役とか調べてたので面白かったです。
動員は基本100石3人ってのが多いけど、明智家は100石6人と戦争ヒャッハーっぷりがw

侍大将(備の指揮官)だと平時は中老等を勤め、軍儀に参加できるし、小さな城や大きな館を構えて住居にするレベル
この上は大名、老職クラスくらい。
侍大将の下が徒大将、馬大将、船大将や母衣衆、軍目付などの奉行職を勤める部将ランク

侍大将=仕官 足軽大将=ベテラン下仕官
どの大名も侍大将よりも足軽大将の選別に特に念を入れたとか


あと、ない夫も言ってるけど、動員された兵は備毎に再編成されて諸兵科連合部隊になる
そこに含まれる部隊には騎馬隊も存在してる
数十騎程度の馬上侍に、口取や槍持の下人がついてる。
蒙古馬も同程度の大きさらしいのでちっちゃいって程じゃないから走れないわけじゃないよ
乗り崩し、乗り切り、乗り込みって戦闘方法も存在してるので、
状況と運用次第で騎乗したままでもOK、下馬しても当然OKな戦える重武装決戦兵科

855名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 22:44:04 ID:V/kvpTv20

細かい説明だな
自分も>>854さんみたく江戸の一両計算したことあるが
食い物基準だと一両4万から10万くらい。人件費基準だと8万から20万くらいだったな

856名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 23:40:23 ID:lXrDzPx20

このあたりの兵関係は難しいよね
議論に発展すると特に荒れやすいw

857名無しのやる夫だお:2013/01/26(土) 23:43:32 ID:cdFJ83cg0
乙です
>>818
千葉の名産は兵隊かw

858名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 00:29:33 ID:TfqKzy8c0

信長みたく、ここで速さを最優先すれば…と考えるのは、流石に後出しジャンケンかな。

859名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 00:36:10 ID:TlTIS4XE0
実のところ、「一般兵の大半は、普段農業などをしているところから徴用」「兵科別の編成はほぼなかった」なども、
最近はかなり疑問視されてるみたいですし、見解の相違も激しいですから。

このあたり『戦国の軍隊: 現代軍事学から見た戦国大名の軍勢』をお勧めします

『戦国の軍隊』の見解だと、
「兵士の多くは、村などからあぶれた兵士専業で給料で雇われている。普段の農業をしているところから徴用する
のは、本土防衛線ぐらい追い詰められたような状況」
「こうした給料で雇う兵士は別に信長が先進的なわけでもなく全国的に用いられていて、北条早雲や武田信虎と
いった早い時期の武将も使っていた」
「侍大将クラスに大まかな動員をかけて、侍大将が兵士を雇い軍に参加して、雇ってきて連れて来た兵士は大名
クラスが持って行って再編成することで、兵科別の編成を実現していた」となってます。

あと、兵農分離についての見解もややこしいことになっていて、
http://togetter.com/li/327812 兵農分離を行った証拠は実はない
「現在関東の戦国史研究者と、織豊期以降近世にいたるまでの研究者の間で論争になっている重大事項なのだ。
もっとも、近世史側からはまともにとりあってもらえない」とか、ややこしい事になってるみたいです

860>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 00:53:20 ID:p3pohEwg0
>>859

「戦国の軍隊」は大いに参考にさせてもらってます。
というか、相当参考にしてます。
非常にわかりやすい良い著作ですね。


軍事関係では他に以下の書籍を参考にしてます。

・「兵頭二十八 日本の戦争Q&A」(兵頭二十八)
・「雑兵たちの戦場」(藤木久志 )
・「戦争の心理学」(デーヴ・グロスマン)
・「補給戦」(クレフェルト)
・「強い軍隊弱い軍隊」(江畑謙介)
・「 戦争学 」(松村 劭)


あと、著作ではありませんが、ここも非常に分りやすくて為になります。
ttp://gikoheiki.web.fc2.com/index.html


この頃の軍隊については絶対的な資料の数が少ないので論争はいくらでも出来ますが、
だからこそ色々と考えるのが楽しいところでもありますね。

861>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 00:58:47 ID:p3pohEwg0

軍事関係の著作を読むと思うのは、
「兵器を扱ったり陣形組んだりってのは、想像以上に難しい」って事ですね

石原莞爾の「世界最終戦論」には「横陣を組んでそれを維持するだけでも相当難しい」みたいな事が書かれていたのは結構衝撃的でした。

戦国の頃の鉄砲は命中精度と破壊力の両方で長弓以下な上に維持費も高かったのに、それがアレだけ普及した理由は「訓練が簡単」って説もあったり。

殺傷能力ではなく、「訓練が楽」っていうのが決め手っていうオチは結構好きです。
F22ではなくF35が制式採用された経緯と似たような話(こっちはコストが安いから)なのは実に興味深いと思います。

兵器も軍隊も、それを使う人間の都合に合わせて作られて運用されている。
こういう視点で歴史を眺めると色々と面白いですね。

862名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 01:20:54 ID:zB01YGEg0
F22がないないされた理由は、値段以上に、米国政府が最強戦闘機を日本にすら
出したがらなかったのと、自衛隊関連で機密漏洩事件がおきまくった
(しかもよりにもよってP2Pがらみ)のが大きいんじゃないかと。

メーカーは元を取りたかったから、モンキーでもいいから販売したかったっぽいですし。

863名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 01:22:39 ID:5TL9LLaI0
まぁ、弓をちゃんと飛ばせるようにするには結構な訓練が必要だけど
鉄砲は何回か撃たせればそれなりに使えるようになるもんな

864名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 01:28:49 ID:GIKjFyzw0
フリードリヒ大王のプロイセンが優れてたのは
横隊を戦場で方向転換できる異常錬度の軍を持ってたことといってた人いたな
戦場で軍を動かすのは本当に難しいみたいだな

865名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 01:54:27 ID:TfqKzy8c0
そうすっと、ハンニバルが中央陣形を堅守しつつ、左右の騎兵で包囲殲滅とか
神懸ってるんだな、やっぱ…。

866名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 02:02:24 ID:hlEKTX/g0
乙でした
武器の統一云々でふと思ったが、「赤備え」みたいな色の統一はどういう仕組みになってたのかも気になる
部隊の全将兵が赤の鎧だったのか、一部の精鋭だけだったのか、自腹なのか支給されるのかetc…

867>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 10:08:53 ID:p3pohEwg0

「訓練」をキーワードにすると、長篠の三段打ちなんかはそれだけで有り得ない話になるようですね。
このかなり後に、スウェーデンだったかベルギーだったかの王様が(名前忘れた)同じような事やろうとしたときには
死ぬほど訓練が必要だったという話を聞いた事があります。
この時代には国家による常備軍が存在していたので平時から訓練したり出来たようですが。

つまり「鉄砲を三千梃用意した」ということと、「それを三段に分けて弾幕が途切れないように運用する」という話は
完全に別次元の話なんですね。
本当に長篠で三段打ちがあったなら「訓練が大変でした」みたいな話が残っているはずです。

そう考えると>>866さんの言う「赤備え」は赤い防具だけ揃っていれば良いので条件は相当楽です。

それと>>865さんご指摘の通り、カンネーの戦いみたいな戦いは神業クラスです。
指揮がすごいのはも当然ですが、その指揮に付いてくる兵と将校を育てたという部分は更に評価されるべきでしょう。
最終的にそれに勝ったローマがもっとすごいですが。

868>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 11:07:46 ID:p3pohEwg0
>>862

日本の場合はコストよりも政治的な側面が強かったっぽいですが、アメリカでもF22には苦慮しているようです。
調達コストだけではなく、死ぬほど高い運用コストで。
#一時間飛ばすのに四万ドル以上かかるとか。


>>860で上げたサイトに凄くいい言葉が載ってます。

「強いより、便利な兵器が良い兵器」

人間が扱う以上、強ければい良いというものではないって事は、今も昔も変わらないということでしょう。
兵器に限らず、道具とか組織とかはこういう側面が非常に重要と想う今日このごろです。

869名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 11:09:44 ID:GIKjFyzw0
>>867
>スウェーデンだったか
スウェーデンのグスタフアドルフだな

兵士の質だと基本的にローマとカルタゴではローマが上だと思う
ザマなんか隊列あけて象をスルーとかしてるし

870>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 19:57:32 ID:p3pohEwg0


第七部後半。
今回も定刻通り20:00より投下です。

.

871名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 20:00:18 ID:GIKjFyzw0
全員集合!

872>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:00:36 ID:p3pohEwg0



ー話戻って同じ頃、伏見城ー
 
 .                  {}
                  ,r'A':、
                ,r:'"/\`':.、
 .         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
 .        ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
            |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
           ';王王王王王八王王王王王ヨ
            ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
         _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
         ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
         ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
     ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
      ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
      「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
 ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
 ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
 ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
 Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
 ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
 ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
 ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
 ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
 ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

873>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:01:13 ID:p3pohEwg0


          ___ ノ  .へ. _  よーしいよい戦争だー!
  _, へ     / .: .: .: .: .: \ / Jー' 
  ーL、 \. /.: .: .:/_|: /.: ハ.: ヽ /    さーさー行くよソーニャちゃん!
    \ }<{.: />、|/ |:ノ<V.: ミ
     |ヽ| V|(.●   ●)|:N 〉
     |::リ .从"┌‐┐ "从ノ
      乂  ヽ >rr‐r< /
        /> 、∨ ヽミ} } ∨
      ././| | }′  // .ハ
     〈./ .|_| ノ ,.、 //   >―‐ 、
          〉、 // ノ-/   }
        /  /7TT 、//     '
        \/://|::|.>У- 彡 /
          〈:/' |;;| r\   /
         |   ./}ノ / ー '
         |    ト┘
         |/   .{
         }  彡′
         {.ィ }
          },,,ノ

874>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:02:29 ID:p3pohEwg0



                     . .:―――――‐ .: .     ・・・て、アレ?
                /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ 
               / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.\   どーしたの?
             /       /  ..l.. .. .. .: .: .: .: .: .: .: ヽ  何か元気ないみたいだけど?
            ./ ./ .. l: .: /|: .: .:|、: .: .:l.: .: .: .: .: .: .: .:.
            : .: .: .: ._|_.:/ノ: .: .:| ヽ、:_|_、.: .: .: .: .: .: .:
            | .: |.: .:/|:/ U ヽ .: |  \|. ヽ : : .: .: .: .: |
            | .: |.: / γヽ  \|. γヽ  \: .: .: .: .:|
            |: .: .:/  |  |      |  |    |.: |.: .: .: |
            |.: .: ハ   、ノ      、ノ U |.: |ヘ.: .:|
            |: .: .: } , ,    .       , ,  |.: |. }.: .:|
            八 :: 八 U                |.:ノノ:: ::八
              Vハ: ヽ、     __    , イ:: : ハ:/
                ∨ V≧:=:zr:r‐:=:≦VミV ∨
                   , イ/: l/ヌ∨: :|: : : >、

875>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:02:57 ID:p3pohEwg0



          \――― ´             \          浮かれてる場合か?
           _.>              ┛┗ \       
         /  /      l         .┓┏   \  /^\  外見てみろ。 
        /  /  ./  ./ .|           \   .∨ , -' "
       / // ./ /  /  |    、  .',  ヽ  \   | ´ \ ̄ ̄|
       レ /  / /  ./| /;.|   ハ  ',ヽ、ヽ   .',  .|   \ ̄
       /| /|  | / .レ;:;:;:;:;|   .|;:;:.ハ  ',;::\ ', 、  .',  .|    `、
      ./ | / .|  | /;:;:;:;:;:;:;:;:;:',  |;:;:;:;:;ハ |;::;:;:`、| |',  .| | \   ',
      /  .| |/ | /| /;:;:;:=x_;:;:\', |;:;:;:;:/|/;:;:;:;:;:__ | l'., |/  .`、   ',
     ./   レ  | | レ', ',;:;:;:', `"‐ -x|;:;:;:;:___ . - ‐´ /;:.| | '.,.|    ',   |
    /  /    レ  /ハ;:;:;:\_./ ;:;:;:;:\  . /;:;:;:|.| ./レ     |  .|
    /  /       .| / |  ;:;:;:;:   '    ;: ̄:;;  _..||        |  .|
   /  /       レ ヽ、            / |        |  |
   / ./           > -  _ -‐ ‐-._,. - .<__ -.、        |  |
  / /            | ',   |  ̄<  /     ` .        |  |
  / /            /  ',/  レ ',__∧/  | /    |        .|  .|
 / /          /   .|    |.;.;|    |/    |        | .|
./ /          /    .|   /.;.;.|    //   `、        | .|

876>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:03:36 ID:p3pohEwg0


――――――――――――――――――――――――――
バーン!
┌────────────────────┐
│ r- 、   ___  _    く>             │
│ ー-、 ヽ └ァ /  ゝ_゛ブ__ r─ 、  /7r‐‐┐ .    │
│   ¨′く -、ヽ / r'´ ⌒) .} { |  ̄  rv'Z   .│
│ (^ー--ュ 、_ノノ ´て (__   /_/ ヽl fニコ |_「ソ.....│
│    ,、       _ -───- _     , へ    │
│   く//\  /: : : : : : : : : : : : : : : ーチ//∠_    │
│   _\//∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:V_/    │
│   |// : 7: : : : : : : l : : : : : i: : : : : : : : : : : ト.    │
│    7: : l/: : : :j : : l ヽ: : : :lヽ: : ト、: : :i: : : マTiヽ . │
│   /: /ィ: : : ハ `l、 ヽ: :l  ヽ:l \ l : i : : .小   │
│    iV ::ハl: : メ、__V \_∨ _/_lL..=r刈: ト 、 i i   │
│    l ∨ |/l小. ト焚ぅ    'チ焚ソ ノ ト.lj  lV.!   │
│    i  ', {ヘi:| ミー一   ,   ー一彡 .}ノ  | l !   │
│    lハ. V,ヘ1|   ┌ー──‐┐    ノ _  _ | l :   │
│    lハ/ん リ > ヽ.____ノ. < リ { ∨ノ i !   │
│    l: /ん )、  ,イ丁ヽ 只 |マTヽ.  (つ 刀 l: !   │
│    | {久ノ}::∨:::::::::>::Ⅴi;;iⅤ〈::::/::\/ ̄ ̄} .l |..  │
│    l ! ヘイ]:::::::::::::::ヽ::::ヽ;;:/:::/:::{:::::::/:::::::::::/ l !..  │
│         .                      │
│急募!                            │
│未経験者大歓迎!                  │
│    勤務地:伏見近辺 日給:1斗         │
│    住み込み24時間勤務、即日可  .      │
│    興味ある方は本田佐渡守邸まで!     │
└────────────────────┘
――――――――――――――――――――――――――

.

877>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:04:13 ID:p3pohEwg0



     ( \          / )
     \ \        / /    あー何だ?
      \. X  ̄ ̄ X. /
  γ:ニニニニニニニニニニニニニニニニニ:ヽ  私が作った巨大求人ポスターが素晴らしすぎて
  |:::::|:. :. / |:. / |:. :.ハ:. :|、 :. :. |:::::|  声にならねぇって事だね?
  |:::::|:. /  |/  |: /  ヽ:| ヽ:. :.|:::::|
  |:::::|/  γヽ |/  γヽ \|:::::|  これからはメディア工作とか大切だからね。
  |:::::|   | |      | |   |:::::|  愚民どもに毒電波とか一杯流してやるんだああああぁぁぁぁぁ!!
  |:::::|   、ノ     、ノ  |:::|
  |:::::|      r――┐    |:::::|  あと、今回江戸に動員かけた時にも、手旗信号とか使ってみたよ!
  |:::::|      、__ノ       |:::::|
  ヽ[[[[」ニニニニニニニニニニニニ「]]]]ノ
    \: :Y: :v: >{父}<: v: :Y: :/
      ー '}: \v/: { ー‐ '
        / : 。: : : 。: ヘ
         〈: : 。: : : : 。 : 〉
       /:::ー‐::^::ー‐':ヽ
        ーr‐┬ーr‐┬ '
          |  |   |  |
          |―|   |―|
          |豆|   |豆|
        ー‐′ ー‐'

878>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:04:57 ID:p3pohEwg0


          \――― ´             \         ・・・その横だ。
           _.>              ┛┗ \       
         /  /      l         .┓┏   \  /^\ 
        /  /  ./  ./ .|           \   .∨ , -' "
       / // ./ /  /  |    、  .',  ヽ  \   | ´ \ ̄ ̄|
       レ /  / /  ./| /;.|   ハ  ',ヽ、ヽ   .',  .|   \ ̄
       /| /|  | / .レ;:;:;:;:;|   .|;:;:.ハ  ',;::\ ', 、  .',  .|    `、
      ./ | / .|  | /;:;:;:;:;:;:;:;:;:',  |;:;:;:;:;ハ |;::;:;:`、| |',  .| | \   ',
      /  .| |/ | /| /;:;:;:=x_;:;:\', |;:;:;:;:/|/;:;:;:;:;:__ | l'., |/  .`、   ',
     ./   レ  | | レ', ',;:;:;:', `"‐ -x|;:;:;:;:___ . - ‐´ /;:.| | '.,.|    ',   |
    /  /    レ  /ハ;:;:;:\_./ ;:;:;:;:\  . /;:;:;:|.| ./レ     |  .|
    /  /       .| / |  ;:;:;:;:   '    ;: ̄:;;  _..||        |  .|
   /  /       レ ヽ、            / |        |  |
   / ./           > -  _ -‐ ‐-._,. - .<__ -.、        |  |
  / /            | ',   |  ̄<  /     ` .        |  |
  / /            /  ',/  レ ',__∧/  | /    |        .|  .|
 / /          /   .|    |.;.;|    |/    |        | .|
./ /          /    .|   /.;.;.|    //   `、        | .|

879>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:05:37 ID:p3pohEwg0



―――――――――――――――――――――――――――――――
  ガラーン
    ∧,,∧   ∧,,∧
    (´・ω・) (´・ω・)
    (l    ) (l    )               ∧,,∧  ショボーン
    `u-u'  `u-u'                (´・ω・) 
                   ∧,,∧      (l    ) 
                   (´・ω・)      `u-u'  
                   (l    ) 
                    `u-u'  
―――――――――――――――――――――――――――――――


.

880>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:06:08 ID:p3pohEwg0


          ______
        . .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .     こっち側の兵隊が集まってるね?
     / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\   
    /.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :..\   でもなんか人数少なくない?
       :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  ヽ  本当ならもう二万ぐらい集まってるはずだけど。
  ./  /     ハ.    lハ.  l         .
  :. :. :. :. : /:. / :. :. :. :.| :. :.:.|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :  ・・・ちょっと前衛的過ぎたかな?
  |:. :.|:. : /.|:./  、 :. :. |  、:. |、 :. :. l:. :. :. :. :. :.|
  |:. :.|:. / |/   ヽ:. :.|  ヽ| ヽ:. :.|:. :. :. :. :. :.|
  :. :. V: {    ` ー‐\|ヽー '   \| V :. :. :. : |
 /:. :. :. :ハ ┬::::::::::〒     〒:::::::::┬ .|: |ヘ. :. :、
ノノ|:. :: :{. } う:::::::::ノ       う::::::::ノ  |: ハ. } :. |:\
  |:. :: :ヽ{ ' '  ̄           ̄ ' ' .|/_ノ : 从
   :. ::ハ:: ヽ、             , ィ: ハ:: :/
    V ∨∨>: . . _(⌒)_ . . :<:/∨ V
       /: : : |: : :{. 又  |: :ヽ : : \
     / : \ : | : : V〈:::::〉、| : : 〉: / : :\


.

881>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:07:10 ID:p3pohEwg0


          ___      ,....   -―――- ..._            そんな事言ってる場合か?
         /////\ ,  ´               `丶、         こっちに集まってるのはたったの4千だぞ!
           ̄ >--/                    \        
       _,..ィ / /  '             /    }      ー--- ァ ポスターとかそれ以前に、
         {//イ/ /  /,    /   / 〉   /   ,    、-‐_´  大名レベルでこっちに着いた人間が少な過ぎるんだ!
        ̄´/  | /イ     〃  /  /   .イ   /  |    \//}  
         / /イ' /  / //  /   / ,.:' ,'  /{   }    、\}´  こんな状態で浪人だけ増やしても役には立たない。
          .' / |  |  l|. / |  /\ / /:::::::|  / | /!     ! i\   しかも伏見城の防備は大したことない。
        / / /| _| /|/{ー{、/_  /7:::::::::::} /:. | / |   i.   |//\ 今攻められたらやばいぞ!
.       / / / Y' | / |' |!    \ :::::::::: i /、_/i'' |  / ハ.| ̄∨  
      /   /  { (|'| | 人     /:::::::::::{ ̄  ー- ァ / ,:' リ   
     '  , '     \_| |  ` ¨¨ ´ :::::_::::.      /{ /| /|     
     /   /      込{   ____      `  ー ' / |' / |     
    ,   /     __リ\/    `丶、      { {{i  |     
    / ,:'  ,....::::::´:::/::::::| 〈           У  _...ノ| /|l  |     
   ,' /  /::::::i:::::::::{::::::::|  ≧===--- ‐´_ ̄    j/ |l  |
  / /  /:::::::::|::::::::::\:::∨´//// ∨::::}:::::::::::`ヽ  /  |l  |

882名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 20:07:26 ID:t4ILU/Lk0
過去スレの関ヶ原みてたらはじまってたww

883>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:07:55 ID:p3pohEwg0


【大坂方更に集結中】
――――――――――――――――――――――――――――――
             。∧,,∧            ∧,,∧
              ゚ ( `・ω)        o( `・ω)o
  ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O ‐ ― =;;⌒`) (  ┬)
‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎ ∧,,∧゙)⌒`)◎-J┴◎゚.。∧,,∧
                   ゚ ゚( `・ω)           ( `・ω)
       ‐  ― =;;⌒`) ( O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O
.     ‐  ― =;;⌒∧,,∧ ◎-J┴◎― =;;⌒∧,,∧◎-J┴◎
           (u´゚'ω)          (u`・ω)
  ‐  ― =;;⌒`) (u.O┬O  ‐ ― =.;;⌒`) ( O┬O
‐ ― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎― =;;⌒゙)⌒`)◎-J┴◎
――――――――――――――――――――――――――――――

いや、時間がたったら兵力差はもっと広がる。

あっちは動員した兵隊が日本中からどんどん集まってくるのにこっちでアテになるのは江戸本国だけだ。

884>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:09:05 ID:p3pohEwg0


          ___      ,....   -―――- ..._ 
         /////\ ,  ´               `丶、 
           ̄ >--/                    \ 
       _,..ィ / /  '             /    }      ー--- ァ 
         {//イ/ /  /,    /   / 〉   /   ,    、-‐_´    私たちは敵地で孤立してるんだ。
        ̄´/  | /イ     〃  /  /   .イ   /  |    \//} 
         / /イ' /  / //  /   / ,.:' ,'  /{   }    、\}´   絶体絶命なんだぞ?
          .' / |  |  l|. / |  /\ / /:::::::|  / | /!     ! i\
        / / /| _| /|/{ー{、/_  /7:::::::::::} /:. | / |   i.   |//\
.       / / / Y' | / |' |!    \ :::::::::: i /、_/i'' |  / ハ.| ̄∨
      /   /  { (|'| | 人     /:::::::::::{ ̄  ー- ァ / ,:' リ
     '  , '     \_| |  ` ¨¨ ´ :::::_::::.      /{ /| /|
     /   /      込{   ____      `  ー ' / |' / |
    ,   /     __リ\/    `丶、      { {{i  |
    / ,:'  ,....::::::´:::/::::::| 〈           У  _...ノ| /|l  |
   ,' /  /::::::i:::::::::{::::::::|  ≧===--- ‐´_ ̄    j/ |l  |
  / /  /:::::::::|::::::::::\:::∨´//// ∨::::}:::::::::::`ヽ  /  |l  |

885>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:10:05 ID:p3pohEwg0


   .   .. .: .: .: .: ./.: /.|: .: / |: .: .: ハ.: .: |.: .: .: ..  .     ・・・。
    l : .: .: .: .: .: .: 〃.:/ヽ|.: /_. | .: .:/_ ノ.: .:|ハ .: |: .: .: l
    |: .: .: .: .: .: .://:ノ  |:/   | : /    ヽ:| : .: .: .: . |   まーそうかもしれないけど、今更慌てても仕方ないじゃん?
    | .: .: .: .: .: / ____ニ   |:/ ニ___ V.: .: .:.|   状況は分かったから冷静に対処を考えよーよ?
    : .: .: .: .: l: | {:::::::::::::}       {:::::::::::::}   ' .: .: .: .:.
   /: .: .:/⌒|: |. 弋:辷ク        弋:辷ク  ノ : .: .: .: .:.  でもまさか江戸に戻ろうとか言わないよね?
  ノ:ノ:: .:{ (.|: | , ,  ̄         ̄  , , { .: :: .: .:}、}  この状態で逃げようとしたら途中で捕まってそれこそ皆殺しだよ?
   { :: ::ヽ. _|: |                  }: :: :: :: ′
    :: :: :: ::八:| 、                  ノ:: ハ:: :/    ああいう連中は弱い相手には強いから。
     :: ::ハ:: :: :: ::> 、   , ― 、   , イ :: / ∨    後ろを見せたら間違いなく追いかけてくるよ?
    ∨  ∨ ∨∨ヘ≧=:r ェ‐ェ‐r=≦∨∨ ∨
            /: :/: :|ノ又ヽ|: ヘ:\           確かにそこ襲われたら死ぬね?
            / : : /: : :| //ハ. |: : ヘ : \          私達。
           ハ : : :> : | |// | | : <: : ハ

.

886>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:11:11 ID:p3pohEwg0


             . ―――――― 、         
              |           |         
              |           |        戦力差は大きいけど、 
          ⊆==============⊇       あっちも動員が終わった訳じゃない。
             /:. :. ノ∩|:/ | /∩ V \       だから今戦闘になったら将校とか将官クラスがいっぱい死ぬよ?
           ∠:.γl| ∪     ∪ {:. :、ヽ       
\、       {:. 人|| ' '      ' ' }:. :.}       あんな寄せ集め所帯がそんな危ない事するはずないでしょ?
  ミ\.       Vハ: リ、   l ̄ノ  ノ:. V       だから動員終わるまでは大丈夫だ!
  \i\      VV>rr:x‐rr<:VV         
    \i\     / : : >Y::Y<: :、/  ̄ ̄ \    
      \}}r┐ /: :/: :\v/: :/       .   確かにあっちの動員が終わったらもっと危なくなるけど、
       Lノヘ: /./ : :。: : 。: : {    ・    }   まだ時間がかかるはず。
        ヽ>く  /: : :。: : :。 : Λ     °/   その前に毒電波攻撃食らわせてやるよ?
            )).<: : : : : : : : : : >\ __ /  
          <:::::::ー:::^::ー:::´::::>          ちょっと考えがあるから、今回は私に任せてくれる?
          / ミ ー――― < \
            /  /          /  /
           ./_/         /_/
          /―/        〈ー‐ヽ
           ̄           ̄

887>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:11:37 ID:p3pohEwg0



                   __,- 、____
      、_-――  ´   /  `    `丶、
         >      '            `ヽ、//////>  (・・・やすなが賢く見える。いや実際良いこと言ってる!)
      __., ' /   /  /             \/ ̄
     {// /   /  / /   !         、   ',ヽ\_
    / イ′  /  / /|  ∧    !     \  i ∨///  ・・・ああ分かった。
   /´   '    イ  /{/ |  ' ∨  { 、    、_\ | i\/
      /  ,.ィ {  / \_ | | 、__/ | ヽ  、 :.   }  .     じゃあここは任せた。
      |  ' ! |≠===、,| ! ,..ィ\_}== ∨ l! |  '  :.    私はここを乗り切った後の事を考えておく。
      | /  |        ∨ ´       ∨} | /    |
      |,イ  l ! ,.ィ====    ==== 、   }∧.|ハヽ.   !    ・・・頼んだぞ?
        | ,Ⅳ                / /ィ i } }i  |
        |  人                U / /__/  |l  |
        | /        ∠ヽ     .. { /       }  |
        | !       ` ー  r __Tハ_´_ /        |  |
        | |     ,..:/::/,.ィ=、  /::::i`丶、      :.  |
        | |    /:::{::::{/!///} /:::::/::::::::::::ヽ      } |
        | |   /::::::::::\| |/イ Y::::<::::::::::::::::::}    | |


.

888>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:12:32 ID:p3pohEwg0


こうして両陣営動きはなく、お互いにらみ合いのまま数日が経過した。

___________________________________
                         /         | お 決
                        /  ._____| 預 着
                      /    |          | け は
     ____     `'  `'  `'      | ,,,      | だ 来
   /      \     人人人       | u       | ! 週
  /  \    /\    )   (  ┌―「| |          |    ま
/    (●)  (●) \  )  )( (   F=ミ | U      ∠     で
|       (__人__)    |  )   (   | 人|_____ヽ、___
/     ∩ノ ⊃   /   YYYY    \  \ { VワV / /  /
(  \ / _ノ  /   '` '`  '`     ー―V ハ.  Vー― '
.\ “  /  /                  /  {:::}  |
  |\ /  /                   /   ∨   .|
      /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

889>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:13:05 ID:p3pohEwg0


そして1月29日。。。


 やる夫様にお手紙ですぞ。
        _____ _________
      ,,_''"___,,_''"___ ______   ヽ,
     / ゝ@二/ 7/ ̄ ̄| |.l二二二|.|.| 二ヽ,.l ブロロ・・・。
    ./ (・∀・ .) //     .| |.|------|.|.|----l |
    ./.っ⌒'と )/,[;]    | |.|二二二|.|.|二二|..|
  ./ ̄ ̄ ̄ ̄, 'i..'--'" ̄.= .| †      | ・・・・・ .|
  l二i l===l i二l]..| .郵便局..ノ|........〒.......|................|
  |-- ≡≡---l-'i ./⌒ヽ'".. |.     .|/⌒ヽ |
  .l::::::::[二]:::::::::l::」 |ii 0 i'| ..|________||ii 0 i|_,l] 
    ̄ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ.~ゞ三ノ ̄ ̄ ̄ゞ__ノ   キキッ


.

890>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:13:29 ID:p3pohEwg0


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.

891>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:13:54 ID:p3pohEwg0


 バサ    ____
      /     \      遂にこの日が来たかお?
  パラ/  _ノ   ヽ、_\     
   /   ‐=・=- ‐=・= \    これだけ兵力差がついたら
   |       (__人__)    |    降伏とまでいかなくても大老やめますぐらいの譲歩あってもおかしくないお。
   \        |\  / /| まあ戦争しないで済むならそれが一番良いお。
   /     /⌒ノ  \/ ( ) 
   |      / / |       |  あれ?やすなからじゃないお。

892>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:14:33 ID:p3pohEwg0



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧              / ̄ ̄\  おっ。
                                   /  ヽ、_  \ この連載で初ブーですね。
                                  (●)(● )   | 
                                  (__人__)     | 第二部で私は一回やってますが。
                                  (`⌒ ´     | 
                              .     {           | 
                                   {        ノ 
                                    ヽ     ノ
                                    ノ     ヽ
                                    /      |

893>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:15:25 ID:p3pohEwg0



        ____   
      /  ノ  ヽ\   余裕かましてる場合じゃないお!
     /  (○)}liil{(○)  徳川家の本体が近江の瀬田に現れたって急使からの連絡お!
   /     (__人__) ヽ 
   |       |!!il|l|   | いくらなんでも早すぎお!
   \        lェェェl /  問責決議からたったの9日だお!!


 ■この時のスケジュール
 ┌───────────────────────────────┐
 │  1月19日      急使或いは手旗信号           1月21日?  .. |
 │   伏見   ――――――――――――――――→    江戸     |
 │               ①往路 450KM               |       .|
 |                                       |       .|
 │    1月28日           軍隊           .           ↓       .|
 │     瀬田 ←―――――――――――――――― ②江戸で動員.  . !
 │               ②復路 450KM               1月22日?   |
 └───────────────────────────────┘
 ?がある日付は「巨いなる企て」中の推測です。



.

894>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:15:57 ID:p3pohEwg0


      ____
    /      \    たった9日で1000キロ往復して
   /         \   動員まで済ませて帰ってくるってありえんお・・・。
 /           \
 |     \   ,_   | っていうか、これ自転車あってもしんどいお。
 /  u  ∩ノ ⊃―)/  動員の所を抜いても一日100キロ以上あるんだお?
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |   しかも復路の450キロは武装した軍隊だお。
   \ /___ /    これが1週間かかってないってアイツらホントに強化人間かお・・・。


.

895名無しのやる夫だお:2013/01/27(日) 20:17:04 ID:GIKjFyzw0
江戸は手旗で大阪-和歌山が30分とかだっけ

896>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:17:18 ID:p3pohEwg0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ちなみに>>1は昔原付バイクで大阪→東京を横断したことありますが、
 それで2日半掛かりました。
 このときの急使の行程がこれと同じです。

 自転車で大阪→北九州まで(京都→東京と同じぐらい)移動したこともありますが、それで6日かかってます。
 自転車でも荷物とか抱えてたら一日100キロがいいところ。
 復路の速度がこれと同じぐらいですが、武装+徒歩+軍隊でこれってありえるんでしょうか?
 #武装はしてなかった可能性が高いとは思いますが。

 現在は東京→京都(東海道五十三次)徒歩で横断中(連休中にちょっと行って戻ってってのを繰り返す)ですが
 20日以上かかってまだ甲賀(瀬田の50KMぐらい手前)です。。。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

.

897>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:18:29 ID:p3pohEwg0



                    / ̄ ̄\  そりゃ大変ですね?
                   /  ヽ、_  \ 敵も相当無茶してるっていうか、やはり死ぬ気で来てます。
                  (●)(● )   | 
                  (__人__)     | しかしだからと言ってこちらの優位は変わらないのでは?
                  (`⌒ ´     | 
                  {           |  相当無理して集めたはずですから数は大したことないでしょう。
                   {        ノ  一週間ぶっ通しで走ってきたとかだったら、しばらくはバテバテでしょうしJK。
              .     ヽ     ノ  
                    ノ     ヽ   増援の数はどれぐらいなんですか?
                   /      |

898>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:18:59 ID:p3pohEwg0


      ____
    /      \   報告では10キロ近い行列になってるってお。 
   /         \  これが本当なら1万5千か2万ってところだお。
 /           \
 |     \   ,_   | こっちも兵隊は続々集結中だけど、
 /  u  ∩ノ ⊃―)/  万単位で人数揃った徳川の精鋭相手に勝てるかどうか。。。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |   てかやる夫でもこれだけショックなんだから、
   \ /___ /   他の連中の動揺は図りしれんお。


.

899>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:20:11 ID:p3pohEwg0


________________________________

 徳川の精鋭現る!
 やる夫の予想通り、この情報は大坂方を驚愕させた。


                       徳川軍の精強ぶりは戦国の世を生きるものであれば知らないものはない。
                    |||     今で言えばアメリカ軍みたいなものである。
            _.,,,,_  |||        
         _ ィ"/__/_ヽ||  __  それが実際に現れたというだけで、十分な恐怖であることは想像に難くない。
      〃゚⌒l:l/__◎)o_ヽ、lレ/ ̄ \.┐しかも今回のように誰もが驚愕するような形で現れれば恐怖は増幅される。
      (___|:〔|_(+》_ニ|l /\    |┘  
     / ,--、 // ロー── // \\ /  数を頼んで集結した大坂方だったが、自分達が誰を相手にしているのかを
   _O) ̄)|=| | ̄_┬──┐'   //  改めて実感し、その脅威に震えることとなった。
 0ニ`ー二二|=| 〆 /^ロ__l二〕  /T                                \  __ 〃i⌒lヽ,//       
  └┴┘ヽ_ノ-UUU|_/─┬┘ー'__/                           ,..-――- 、ヽヽ〔::|〔iニ◎oニl〕
    ∨《〔⊇|O ⊂ニニ⊃\|  __,,,,,-‐‐‐-,,,,,__                      ,ィ":::: ヽ   ノ`ヾil_(.lOli =__゚___|:⌒.)
      \_〕/ ̄ |/ ̄| ̄ ,,,-‐i''i        i~i‐-,,,   | ‖,.l`'ー--- 、_    r"::::  ,,.ィ''""ミヽ、 _ヾ_  ,------r‐i/
       /   〔 ̄l| /   | |        | |   \  | ̄|i        |,-‐i"トー--''" /!;(○r:;:l : : ト, l:|    '"ヾヽ、 
      /|___/   /    | |   _____   | |    \ | ||         |i,、 `'`ー-、....,r',,_;《+)_:,,.-‐'" |ト!;|      ヾ! 
      /┌┐   ,;  .__,,,,,‐‐〃⌒ヾ   ̄''''‐‐、,,,,__   ;,| |l        |;;;lヽ    : : : : : : : : :    l:|:::i      :|!
     =キ´^ヽーl ´i . ̄    (( (,〜'))、_,,--、     ̄''''i ` l  ヽ_.,,,_ ノ`i;|::ヽ             l::|-!      
          | .l  、====ヾ、__,,ソo((,,;;;;))====、   l.  | ,-くヽ,-'^ゝ |:::::::ヽ             l:::| `ヽ--
                                    ────────────――――――――――――――


.

900>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:20:48 ID:p3pohEwg0


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 天狗じゃ、天狗の仕業じゃ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒         徳川にはニュータイプ部隊がいる!
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /    一般兵はそれをベースに人工的に作り出した強化人間で、
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /      最近はパーフェクトソルジャーとかコーディネーターとか、
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////  もうそういうのだらけだ!
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///   
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///    みんなすぐ逃げるんだ!
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー----−' |__////

                |┃
                |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
                |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
                |┃   N {                \
                |┃  ト.l ヽ               l
             ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
                |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     
                |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ     話は聞かせてもらったぞ!
                |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ  |   豊臣は滅亡する!
                |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン    
                |┃      l     r─‐-、   /:|
                |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
                |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
                |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
                |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l

                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                  /⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
                                  |  /   | (●),   、(●)   |
                                  | |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
                                  | |   |    `-=ニ=- '      | 徳川軍はたまに点滅し
                                  | |   !     `ニニ´      .!  時々ものすごいスピードで
                                  | /    \ _______ /   不規則に動き回って
                                  | |    ////W\ヽヽヽヽ\    その後すぐ消えました
                                  | |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
                                  | |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
                                  E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
                                  E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
                                  | |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

901>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:21:27 ID:p3pohEwg0


       ____
     /      \    あーもう 。
   / ─    ─ \   あっちこっちでヘンな話になってるお。
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  | 徳川の石高考えたら10万超えることは絶対ないから
  \     ` ⌒´     / こっちが有利なのは変わらないのに。


.

902>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:21:57 ID:p3pohEwg0


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【大審議中】
.マジデ?∧,,∧  ∧,,∧トクガワキタッテ  ∧,,∧  ∧,,∧ 2マンダッテ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧マジ?   ワイワイ
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ オレ5マンッテキイタ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ハラヘッタ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) イヤセイゼイ1マンダロー
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧10マンラシイヨ?
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ ドースンノオレタチ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
ドースル? `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ニュータイプイルッテ!
  ヤバイッテ| U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ 
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u' カテンノコレ?
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )            ガヤガヤ
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ ヤバクネ?
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
  ヤバイ `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u' PSモイルラシーヨ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

903>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:22:41 ID:p3pohEwg0


      ____
    /      \   あー予想通り城内は大パニックお。
   /         \ 
 /           \  ていうか、やる夫の予想以上お。
 |     \   ,_   | やっぱり連合軍はこういうときに弱いお。
 /  u  ∩ノ ⊃―)/ 
 (  \ / _ノ |  |   皆不安だから、敵の数を多めに見積もり始めてる。
 .\ “  /__|  |   こりゃやばいお。
   \ /___ /   

 こーなったらもうアレをやるしかないお。。。
 やらない夫、例の衣装用意しといて。

<かしこまりました。

.

904>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:23:05 ID:p3pohEwg0


 ー 同じ頃、伏見 ー

             . :. ―――――‐ :. .        
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、      上手くいったよソーニャちゃん!
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\      
        :. :. :. .. ..                    ヽ     敵はビビリまくってしばらくは攻めて来そうにないよ!
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ    
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ  
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ  
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ 
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ
             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\

905>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:23:29 ID:p3pohEwg0


         ,. -―-- 、 ,.. -――--- 、
       /⌒>   `           `ヽ、    _     
      _,..  ´                  \///∧       そうみたいだな。
     /ィ ´                        ヽ//>、
     / ,   /    '    /    ∧      、ヽ///イ`ヽ、    敵も想定外のタイミングで増援が現れたもんだから
    ' /  /   /   ,.ィ    / {      ヽ,ハ\{、   \   それだけでビビッてる。
   //'   / '   / 、 / イ    /   |  / '    Ⅵ   \   ',
.    / ,.ィ /   〃 /ー ' |    /、__,.イ /ハ |     Ⅳ     ', i  しかしそれにデマを加えることで
   // //{  / {/___ {  /  ─∨─リ     i }     i  :.  ここまで効果があるとは・・・。
   /   / { |/ハ ̄   O | /      0  !    /イ     }  |
      / /|/ { |. |    _ ´    ___   |  /{_/       i  |  正直私も想像できなかった。
     ' /   Ⅵ }  ̄´              ` ̄ | ,イイ }      {  |
.   / /    } ;               人 |/ } j!/        |  }  それで、増援は実際には何人だったんだ?
  , /     i,人             (__。){/ __ン       | /
  { {       /         vー―  つ  .....イ|            }/'
  | |           `   =-------=≦             /′
  | |            __/介、 /::/ハ             /.|
  | |          //:{///:::/::::::::::`ヽ           ,' |
  | |             {::イ:// /:::/::::::::::::::::::::::::ヽ       /  |


.

906>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:24:00 ID:p3pohEwg0


     ( \          / )
     \ \        / /
      \. X  ̄ ̄ X. /      人数?
  γ:ニニニニニニニニニニニニニニニニニ:ヽ  7千だけど?
  |:::::|:. :. / |:. / |:. :.ハ:. :|、 :. :. |:::::|     
  |:::::|:. /  |/  |: /  ヽ:| ヽ:. :.|:::::|  とりあえず一番小回りが利きそうな小平太に
  |:::::|/  γヽ |/  γヽ \|:::::|  すぐ出れる人数だけ全速で連れて来させただけだよ?
  |:::::|   | |      | |   |:::::|
  |:::::|   、ノ     、ノ  |:::|  向こうじゃ勝手にビビリまくってくれてるみたいだね?
  |:::::|      r――┐    |:::::|  お陰で大坂城に篭城しようとか言ってる馬鹿も出てる。
  |:::::|      、__ノ       |:::::| 
  ヽ[[[[」ニニニニニニニニニニニニ「]]]]ノ  そもそも、あんな強行軍で来た兵隊なんて、
    \: :Y: :v: >{父}<: v: :Y: :/   ヘトヘトでしばらく使い物にならないのに。
      ー '}: \v/: { ー‐ '
        / : 。: : : 。: ヘ
         〈: : 。: : : : 。 : 〉
       /:::ー‐::^::ー‐':ヽ 
        ーr‐┬ーr‐┬ '
          |  |   |  |
          |―|   |―|
          |豆|   |豆|
        ー‐′ ー‐'

.

907>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:24:32 ID:p3pohEwg0


     ( \          / )
     \ \        / /
      \. X  ̄ ̄ X. /     
  γ:ニニニニニニニニニニニニニニニニニ:ヽ   確かに間者を大坂に紛れ込ましたり。
  |:::::|:. :. / |:. / |:. :.ハ:. :|、 :. :. |:::::|   隊列の間隔を広くして大軍に見せかけたり、
  |:::::|:. /  |/  |: /  ヽ:| ヽ:. :.|:::::|   兵糧を多めに調達したり、裏工作はちょっとしたけど。
  |:::::|/  γヽ |/  γヽ \|:::::| 
  |:::::|   | |      | |   |:::::|   いやーしかしここまで効果が出るとは?
  |:::::|   、ノ     、ノ  |:::|   みんなも悪質なデマには気をつけてね!!
  |:::::|      r――┐    |:::::| 
  |:::::|      、__ノ       |:::::|  
  ヽ[[[[」ニニニニニニニニニニニニ「]]]]ノ  
    \: :Y: :v: >{父}<: v: :Y: :/   
      ー '}: \v/: { ー‐ '     
        / : 。: : : 。: ヘ
         〈: : 。: : : : 。 : 〉       
       /:::ー‐::^::ー‐':ヽ      
        ーr‐┬ーr‐┬ '
          |  |   |  |
          |―|   |―|
          |豆|   |豆|
        ー‐′ ー‐'

908>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:24:57 ID:p3pohEwg0



 / __//      |    |   |     、 从         ・・・たったの7千か? 
// /  '     ,.|    |   |      ',  }i  ,.ィ__/イ
   /  /   /  / |    ハ   |、   ヽ\  |r//////   それだけの増援でよくもまあ。
.  /  //  ,イ /   .   /   、  ! \   ト、__、!   ̄|゙"    いや本当に大したもんだ。
 / ,..イ ! / {/  \_, ∨ {  /\|   ヽ  }   |   {_Y/   
. { /  { | / {  ̄ ≧ミ、 \|`´,ィ≦こ ̄ヽ ∨|  ii     |r'   
. / / | {イ i   ん心        ム::::心  / Ⅵ  ハ     l/!   とはいえ、こんなやり方はそのうちバレる。
/ / {/,ハ   弋こソ      弋こソ    l ∨イ !     {   次の手はどうするんだ?
 /  /   〉  - '⌒    ,      ⌒ヽ    ∧{     :.    i
   /  ,ィ{                人   ノ |!    i   |;
  '  / 人            (__。) ,ィ___ノ|!    |    |
 /  {/  >    r-―' ⌒)    イ    リ     |    |
./    |      ` ,.T_ ̄,.T、_´_             Ⅵ   |
         ,......::::/| /,介、  /::}:::⌒ヽ           }   |
       /:::::::::〈:::!' }/// ∨::/::::::::::::::}        :.   !
         {::::::::,::::::>! |//!  {:<::::::l::::::::::|        |   |


.

909>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:25:29 ID:p3pohEwg0


             . :. ―――――‐ :. .        
           . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.、      もちろん考えてあるよ!
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\       っていうか、もうこうなったら全力で奴らと和平だ!
        :. :. :. .. ..                    ヽ     
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .. .. ./           Λ     こっちはもう心配ないから、
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:/|:. :. / :. .. .   Λ    ソーニャちゃんは和睦した後に
     /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :./:. / |:. :/ |:. :.Λ:. :. :. :Λ   やる夫いじめる方法考えといてね!!
     / :. :. :. :. :. :. :. :. //:. /   |:. / .|:. /   :. :. :. :Λ 
    / :. :. :. :. :. :. :. :.〃:乂_    |:/  |:/  .l :. :. :. 、:\
    /:. :. :. :. :. :. :. :. /      ̄`    、._ ノ| :. :. :. |  ̄
  ∠/:. :. :. :.>-l :. :./ 三三≧ミ           |: /:. :. |
    :. :. /:. :{ ( | : / ( _ )       、 ィ≦三|/ :. :. :
   {:. Λ:. :. ヽ.|: ;              ,,, (_):/|: /
   ∨ ∨、Λ乂:.ゝ - 、 ヽ、         ノ/ .|/
           /: : : : :\、._ー __ . ィ<
            {: : : : :ヽ ヘく:V又N ゝl: : : : : :\
           ヽ: : : : : : : \V::ヘ|\|< : : : : : \
             V: 、 : : : : : : ヽ、:|: :Λ \: : : : : : >‐┐
             V: \ : : : : 〃⌒ヽー┐  ー<_r−'
             V: : :\゚ 。:{{   ト-<
             V : : : : :ーヽ:ー ' 0 :ヽ
             〈: : : :\: : : : : : : : : : :\


.

910>>1 ◆sU9IE1f1g6:2013/01/27(日) 20:26:06 ID:p3pohEwg0


ー 再び大坂城 ー

      ____
    /      \    ・・・ってことで、こーなったらいつものヤツをやるしかないお。
   /  _ノ   ヽ、_\ 
 /   ‐=・=- ‐=・=- \ 荒廃した世紀末に現れた救世主伝説。
 |       (__人__)    | 神様仏様、前田大納言様だお。
 /     ∩ノ ⊃  / 
 (  \ / _ノ |  |  
 .\ “  /__|  |  
   \ /___ /


.

911