■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG】 part2
1SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:53:56 ID:55BcxP720


              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ

2SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:55:12 ID:55BcxP720

           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \         前スレです ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345468034/
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |     はい、それではこれより>>1主催の新企画
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.      [読者が作ったキャラでリプレイ風外伝を作ってみようぜ!]
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |                    というなんともしょっぱい企画を開催します。
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .       尚、PLが3〜4人集まらなかった場合は即中止とさせていただきます。
            /   {  | >         <{  ∧   i       どうか皆様ふるってご参加願います。
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \



          ヾ二二二二二二二フ
              }={ {三三三三<´
           川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
            /  ヽ」 L__/ヘ.
      ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、    因みにこれの流れはこうなっております。
       ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
      | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !    1、この後する安価でPLを3〜4人決定します。
      ,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
   /:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!     2、そのキャラを使い>>1が勝手にシナリオを進めます
  ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ      今ニコニコ等で流行っているリプレイ風を行うわけです。
 <::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
 ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ   3、因みにこの話は本編3に対し1ぐらいの頻度で投下しようと思っています。
      } ヽヾ::l ゝノ::::::::{ E ヾ:::', ハ::::::::::::::::;;ハ
      レ@' }::| O |:::::::::::゙i )' |::::ゝ' ゙}_r<フl_ノ´     こんな感じで行きたいのですがどうでしょうか?
          ハ:', A ',::::::::::| ゙r |::::::|
         ):::| )' |:::::::::::゙i  ゙i:::/
         ,<:r'_,.-'-‐π‐'--、!/>、
        (_人_ノヽノ ゙ヽ=、ノ._ )__ヽ
                  `  `

3名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:57:48 ID:i1cVNfpE0
ええぞ!ええぞ!

4名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:58:26 ID:i1cVNfpE0
ところで誘導失敗してない?

5名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:59:21 ID:bv7R0q1g0
この安価は、探索者データを自前で用意して貼り付けるのですか?
それともハンドアウトに従って作るのですか?
どちらにせよ、ある程度時間多めに取っておかないと参加しづらいと思います。

いやまあ、参加するつもりなんですが。ただ、既に作成しておいたのでちょっと気になったのです。

6名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:59:35 ID:Ipf7k.1w0
おk
キャラは性格とかも決めるのかね

7SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 22:59:54 ID:55BcxP720
>>4
ご指摘ありがとうございます。
先程修正してまいりました。

8SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 23:00:27 ID:55BcxP720

(ここにPL名)(性別) 職業(ここに職業) 年齢 PL:(RPするAAの名前)
STR:  DEX:  INT: アイデア:
CON:  APP:  POW:  幸 運:
SIZ: SAN: EDU: 知 識:
H P:  M P:  回避:  ダメージボーナス:
――――――――――――――――――――――――――
[技能](職業技能点: 個人技能点:)
[職業技能]

[個人技能]

――――――――――――――――――――――――――
[持ち物]


[探索者としてのプロフィール]

[RPするAAの性格]

                    △
                  ||
                  ||
                  ||
                  ||
                  ||
                  ||
                  ||
                  ||
                  ||
                      -‐||==‐-
               . ´ 〃 ヾ  ヽ `ヽ
                /  ,{{     }}  ヽ  :.     それではキャラ安価に参加してくれる方はこのキャラクタシートに
            /   /从    从      :.     面倒でしょうが既に作ってあるキャラの能力値を当てはめていってください。
            ノィ //'⌒i  /⌒ヽ   |  |
              h l | 社乂/ 斧刈 l |  |     因みにオリジナル技能などはスミマセンがご遠慮願います。
              | !n{ `´    `´ jレ' 人ハ|
              /ミY \ ヽフ -彳イ  | i|
                | a〉} ム..>r _,´イ :|、_ 八     それではいよいよ25分後に安価タイムです。
              〉 / |:::::::| .:}ム/| | ∧   \
              /\/} :|:::::::{ミz彡}| |:|::::|  \ \

9名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:04:55 ID:Y0GB71dY0
確認ですけど、舞台は現代日本でいいんですよね?

10名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:07:09 ID:i1cVNfpE0
ルルブが無いので傍観

11SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 23:09:12 ID:55BcxP720
>>9
現代日本です。
書くのすっかり忘れてました。

12名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:11:43 ID:Ipf7k.1w0
おおっとクトゥルフのルルブなかったか
買った覚えはあったんだが

13名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:19:06 ID:lTIPoQf60
勝手にダイス振っちゃっていいんだよね?
アイデア75、幸運25なのができたけど・・・

14名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:24:01 ID:bv7R0q1g0
それじゃあ、早速乗っけさせていただきます。

PL名 秋月清夜 職業 大学研究員 (年齢 26歳) 日本人 PL:逢坂大河(出典:とらドラ!)
       
能力値
STR 16 DEX 16 INT 17 アイディア 85
CON 15 APP 18 POW 15 幸運 75
SIZ 9 SAN 75 EDU 20 知識 99 
耐久力 12 MP 15 ダメージボーナス +1D4 

技能(職業技能点:400  個人技能点:170) 
[職業技能]
考古学 89% 信用 20% 心理学 89% 他の言語(中国語) 89%
説得 16% 図書館 89% 値切り 6% 歴史 89%  
[個人技能]
応急手当 48% オカルト 20% 武道(少林拳) 60% 
キック 60% 杖 40% 回避 60%
[持ち物]
少林棍(大きい棍棒)1D8+1D4 耐久力20  厚手のコート(装甲1P) 携帯
電子辞書(大学生用。英語と中国語に10%ボーナス) ゴルフバッグ(棍棒入れ)

[探索者としてのプロフィール]
母校である御津角大学(東京都内、1.5流の私立)の史学科に研究員として就職したばかりの女性。
研究テーマは古代中国の軍事史であり、その一環として少林拳(少林寺は拳法と棍法で有名であり、僧侶が戦争に出征したことも多い)をたしなんでいる。
読書好きであり、最近はオカルトものにはまっている。

なお、秋月は母方の姓であり、某議員の私生児であるが、腹違いの兄弟をあちこちにほったらかしにしている父親との関係は極めて悪い。
この父親との関係のまずさが元となり、人付き合いは不器用な方。

ニャル子さん風に三行で彼女をまとめると、
・童顔の合法ロリ
・文武両道
・人間関係が下手
・くぎゅううう

[RPするAAの性格]
ちっこくて狂暴。天性のドジっ子。料理・洗濯・掃除・整理整頓・その他家事全般が苦手。
ツンデレ。

15SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/13(土) 23:25:06 ID:55BcxP720

                        _             __/)
      (\_ _                   〃⌒\        xく\  <
     >、 _| 「`丶、            |i     \     ,/  ├' ̄ ̄
.        ̄ ̄L|   \         ァ'^{ヘー=ミ      /   /
          丶、   \.     / / / jハ ヽ  j/   /     それでは、時間になりましたので安価を始めたいと思います。
             \    丶、__l  {\{ //∨N_/|i   /
              \    { 八 Yヒ7∨ヒ7Y リ'´  ||/         それでは、>>16さんがまず一人目です。
              \    人 ゞ n ''ノイ   '||
                 >、∨  | |>L!<| | 、イ ||           続いて二人目は>>18さん
                / /\ 〈| |∨Y'∨| |∨ | ノ' 
                /   /  / <| |{⌒f⌒}| |│ \            三人目は>>20さん
               /  /  /   | |く/lト、>| |人 、 \ _
.            /  /   ∧  ゚| |  ||   l人 \>'´  `ヽ       四人目は三人目の方が指名してください。
             /  //   /| |  ||  ∧/7ア  ノ'   ノ\ 
             /    〈\>、 /l人|-/ヘ  ///  〃   /\ }
          {/|   /{ ∧   /\_//╋L/ | |   /   /'  |∨       それではスタートです。
.           | /   ∨ ∧_/l╋l╋l╋╋l_人\/    イ\ |
             ∨   / 〈ーl╋l╋l╋l╋∠.,,_/  /|人 ∨
              // `T⌒┸‐'T¨    rイ  /|/
                        |     {::{二{
                 '.__,,,ノ|    }人ノ|
                       マ____ノ|    \___}
                       {.   {        `´
                   '.   、
                   '   }

16名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:25:33 ID:bv7R0q1g0
>>14

17名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:33:03 ID:bv7R0q1g0
>>1さん、みんながみんなルールブック持ちってわけじゃないですから参考情報ないと時間的にきついと思います。
とりあえず、探索者の技能や能力値ロール、職業例のデータ作って貼りますからお時間をください!
じゃないと参加したいのにあぶれる人が多く出てしまいます!

18sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

19名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 00:25:15 ID:6nuhppJY0
ksk

20名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 00:26:21 ID:6nuhppJY0
よいしょー!参加者が少ないみたいなのでgoogleで頑張った。
4人目は次に一番早く貼った人で。

PL名:上湾 二塔 男 職業:格闘家 年齢:22歳 PL:真人(リトバス)
STR:18  DEX:9  INT:8 アイデア:40
CON:17  APP:16  POW:8  幸 運:25
SIZ:15 SAN:40 EDU:12 知 識:60
H P:16  M P:8  ダメージボーナス:+1D6
――――――――――――――――――――――――――
[技能](職業技能点:240 個人技能点:80)
[職業技能]
回避 78% キック 80% こぶし 80% 組みつき 45% マーシャルアーツ 76%
[個人技能]
登攀 60% 跳躍 50% 目星 50%  聞き耳 35%

[持ち物]
ダンベル プロテインドリンク

[探索者としてのプロフィール]
鍛え上げた肉体でデビューしてから3年が過ぎたまだまだ新人の格闘家。しかしポテンシャルは高く、戦闘慣れしている。頭はさほど良くない。
性格がガサツなので敬遠されがちだが、友達になれば頼りになる奴。人情も厚い。
[RPするAAの性格]
筋肉バカ。ただし愚かでは無い。喧嘩っ早いが基本的に他人に優しい。

21名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 01:18:48 ID:XfJfWulc0
ミスがあったらごめんなさい。

近衛 和也 (男) 狩猟者兼、ミリタリーショップ店員 年齢 24 PL:相良宗介
STR:15  DEX:14  INT:9 アイデア:45
CON:14  APP:13  POW:8  幸 運:40
SIZ:9 SAN:40 EDU:10 知 識:50
H P:12  M P:8  ダメージボーナス:±0
――――――――――――――――――――――――――
[技能](職業技能点:200 個人技能点:90)
[職業技能]追跡 35% コンピューター 39% 忍び歩き 40% ショットガン 30%
応急手当 25% 機械修理 30% 経理 21% 信用 10%

[個人技能]
隠れる 30% 聞き耳 25% 図書館 10% 回避 25%
――――――――――――――――――――――――――
[持ち物]
12ゲージセミオート・ショットガン(ポンプ)
GPS受信機

[探索者としてのプロフィール]
銃を撃つためだけに狩猟免許を取った変人。
普段は叔父が経営するミリタリーショップで働いているが、
狩猟期間中は仕事を時々サボって狩りに行ったりする。
人付き合いがあまり良くないので、お店では経理などの仕事をしている

[RPするAAの性格]
寡黙で不器用。諦めが悪く、どんな状況でも決して諦めない。

22名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 04:21:28 ID:/VD2d/TA0
うーむ……
このスレで知ったばかりで職業とか全然判らないのでググりながら作ってたがちょっと出遅れたか
でもまだ四人には達してないっぽいので一応貼ってみる(何か問題あったら没でも良いです)

PL名:雲紅 刀羅(くもべに とうら) 性別:女 職業:作家 年齢:31 PL:黒木智子(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!)
STR:15  DEX:12  INT:16 アイデア:80
CON:7  APP:5  POW:12  幸 運:60
SIZ:8 SAN:60 EDU:16(15+1) 知 識:80(75+5)
H P:8  M P:12  ダメージボーナス:±0
――――――――――――――――――――――――――
[技能](職業技能点:320(300+20) 個人技能点:160)
[職業技能]
図書館 73% 言いくるめ 50% 心理学 53% 説得 50% 歴史 45%
母国語 99% 他の言語(英語) 41% オカルト 50%
[個人技能]
こぶし 82% 写真術 42% 精神分析 33% 聞き耳 57% 回避:56%

――――――――――――――――――――――――――
[持ち物]
スタンガン(護身用)
ノートパソコン(仕事用)

[探索者としてのプロフィール]
十代の頃から同人誌やネットのSSで細々と活動し続け、二十代後半頃に漸く芽が出て
プロデビューしたライトノベル作家(ちなみにデビューするまではニートだった)
主にイケメンが活躍するファンタジー系の冒険譚を書いており、そこそこ人気がある。

性格は引っ込み思案で人見知りが激しく、普段は非常に大人しい
しかし、どうしても言うべき主張があるときは堂々と主張するし
思考能力自体は早いのでいざ会話を始めると妙に弁が立つのが特徴

また、人付き合いは殆どしないが自宅周辺を散歩するのが趣味で頻繁に外出する
その為、その辺の道で歩きながらネタを出そうとうんうん唸ってたり、公園のベンチで
思いついたアイディアをノートパソコンで纏めてたり、ネタになりそうな物を写真に
撮ったりする姿が近所でよく見かけられる(そして不審がられてしょっちゅう職質される)

尚、厨二っぽい名前がコンプレックスで本名で呼ばれるのを嫌っている
故にある程度知り合った人には作家としてのペンネームである「もこっち」
またはそれを縮めて「もこさん」と呼ぶことを要求する

[RPするAAの性格]
極度の人見知りで恥ずかしがり屋、家族以外でまともに口が利ける者は数少ない。
オタクでぼっちな喪女だが、寂しがり屋で出来ればリア充になりたいと思っている。
常識や節度はきちんとわきまえているが、思考はゲスっぽく、下ネタにも繋がりやすい

23sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

24sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

25SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/14(日) 08:23:36 ID:sZohubpU0
安価じゃなく早い者勝ちにすればよかった・・・
取り敢えず参加してくれた皆様ありがとうございました。
早ければ月曜ぐらいに出会いまでを投下したいなーとか思ってますので
あまり当てにせずお待ちください。

26名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 13:02:37 ID:XfJfWulc0
乙でした

27名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 18:22:14 ID:bcJG6epA0
>>23
ちょっと、それは著作権的によくない……

28名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 18:47:02 ID:4HDChP.Q0
……

29名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 18:56:43 ID:sWiTFUh60
>>27-28
不味いんだけど、ルールブックと2010も無しに現代日本の探索者作るのはキツいからね……
とりあえず、もう必要なさそうだからレス削除依頼してくるよ。
ご迷惑をおかけしました。

30削除人 ◆JFldFX4rHw:2012/10/14(日) 19:44:31 ID:O1rOal120
削除を担当した削除人です。

ちょっと楽しんでいるところに悪いのですが…
削除は消しゴムではないのですから書き込む内容には今後注意してください。
著作権的にアレなのは管理人の羊羹さんに迷惑がかかりかねないので一応注意に上がりました。

では引き続きお楽しみください。

31SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/15(月) 14:04:01 ID:d3o7UIro0
>>30
本当にすみませんでした。
以後このようなことが無いようにします。

32名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 21:21:31 ID:HEo/.Xy60
すまぬ…すまぬ…

33名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 21:25:54 ID:0K1N/teY0
お手数をおかけして誠に申し訳ありません。
>>1様にも本当にご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

34名無しのやる夫だお:2012/10/20(土) 13:17:19 ID:JAB7Kgpw0
あれ? ここって確か毎週金曜更新って体裁だったよね。
普段なら昨日あたりに延期のお知らせか、今朝方に投下のお知らせが来るはずだと思ってたんだが。

別に急かすわけじゃないから更新はゆっくり待つつもりだけど、なんとなく気になった。
やっぱり外伝関係の騒動が尾を引いたのか、それともよっぽど外伝が難航してるのかなぁ……

35SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/20(土) 15:08:58 ID:McHE.rxI0
皆様お待たせしました。
今週は何かと忙しかったので、中々書く暇がなく報告も遅くなりました。
結論を言わせて頂きますと、投下をするとしたら明日になります。
すみませんが待っていただけると幸いです。

36sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

37名無しのやる夫だお:2012/10/20(土) 17:11:49 ID:NWDc7.I20
了解しました
楽しみにしています

38名無しのやる夫だお:2012/10/20(土) 17:22:28 ID:b17d8.wA0
>>1には負担にならない程度に頑張ってほしい

39名無しのやる夫だお:2012/10/20(土) 18:00:38 ID:.1ZUTZxI0
了解しました。
実生活が忙しいんでしたら無理しないでいいんですよ。

40名無しのやる夫だお:2012/10/21(日) 00:38:10 ID:yFXnnff60
待ってるぜー
本編でも番外でもどっちでもいいから

41SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/22(月) 16:40:48 ID:Vdlkrv6A0
皆様昨日は投下できず誠に申し訳ありませんでした
そんなわけで今週は本編と番外編の二本立てで行こうと思います

42名無しのやる夫だお:2012/10/22(月) 16:55:11 ID:HZnR9Mqk0
了解、楽しみにしてます

43名無しのやる夫だお:2012/10/22(月) 17:05:33 ID:4EKDmSMc0
了解です。
二本立てとは贅沢だ。これは期待せざるを得ない!

44名無しのやる夫だお:2012/10/24(水) 17:59:34 ID:7xIndr4U0
まさか、あのメンバーで本当に話を進めるとは・・・
>>1さん頑張ってください。

45名無しのやる夫だお:2012/10/24(水) 19:22:58 ID:KYL7btos0
>>44
クトゥルフ2010系探索者に使えるAAっていっぱいあったし、もうちょい設定と点配分変えて探索者よかったかもしれん。
怪物王女の姫なら堂々と2D8のチェーンソーを使えたし、Fateのライダーにしていれば鎖鎌持てたから残念w

46名無しのやる夫だお:2012/10/24(水) 20:29:49 ID:JRWJTcCw0
いくらAAにあっても現代セッションの場合は堂々と持ち歩けないけどなw

47名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 20:31:52 ID:b92n8Jc60
現代に近い舞台設定なら、見た目はともかくシュヴァルツヴァルトがキャラとしては使えそう

48名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 21:02:26 ID:4ACJJEAs0
>>47
2010は現代日本用のルールだし、ビッグオーのシュバルツ・バルトはあっち側の連中役としてはいつの時代でも大丈夫でしょw
どういったTRPGでもやる夫スレ化する際にプレイヤーキャラに当てはめるなら、やっぱAA多い方が便利でしょ。

しかしホントリリアーヌ選ばなかったのはミスだったな。
武器持ちのAAだけで刀・棒・斧・チェーンソー・鎖鎌・電気ショック・銃器が登録済みって、脳筋クトゥルフ探索者の申し子もいいとこじゃねーかw

49名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 21:29:15 ID:mvdvmqXw0
選らばなかったってw
>>1が怪物王女を知らない場合はミスでもなんでの無いと思うけど

50名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 21:51:53 ID:aXCzDH4.0
二週間投下なしとかkzすぎわろたwww

51名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 22:36:34 ID:/jhBQfs.0
>>49
いや、外伝の参加探索者の話なんだがw
出してからもっと便利そうなAAのキャラ見つければそりゃほぞをかむさ。

外伝もうまく軌道に乗って、第二回募集に発展するのを祈るしかないか。

52名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 01:34:44 ID:zsDKHZrs0
>>48
プレイヤーキャラとして使えないかなーと思ってレスしたんだけど誤解をさせるような
発言になっていたら申し訳ない

53SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 07:20:00 ID:uuvSyh.c0
なんとか完成しました。

              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第9話 【情報と方針】                   |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|            ※番外編もあります。                |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛

54名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 08:05:04 ID:33IFJG9M0
キタ━(゚∀゚)━!

55名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 08:44:02 ID:MGaIlvWA0
了解です。 いあ! いあ! >>1

>>52
今回はとりあえずそれなりにAAあって描写には困らない面子だからよかったとは思うよ。
けど、技能に合致したAA持ちのキャラを選んで出した方が、>>1さんの負担が減ったろうな、と今更気づいたわけ。
本編でも汎用AAで描写できてるシーンはあるから気にしなくてもいいかもしれないが、それっぽいAAあると便利だったりするんだろうね。

56名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 17:22:24 ID:BI1eIctE0
了解です
外伝楽しみにしてます

>>48
……もこっち投下した者だがそのレス見て気がついた
俺のはガチで姫の方が良かったかもしれん。ステータス的な意味で
(体格華奢だけど腕力あるし頭も良い。オマケにアクティブ)

57名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 17:48:53 ID:d.btSp2g0
>>56
脳筋系なら姫だけど、学者系はこなたが優秀。ハルヒやローゼンキャラだとどんな探索者でもOKだものな。
多く使われるキャラはやはりそれ相応の使い勝手の良さがあるわ……。

ま、互いに外伝の発展と新たな探索者募集があること祈ろう。

58SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 21:59:49 ID:uuvSyh.c0

                    / ̄`ヽ
                 /      i
              /\.ノ\. {   ┃┃|     __
          /_f  .∧ !     〈     ∧ヘ
            |  ノ   / ヽ人  (_)_)_)―x.__.ィ‐ヽ\    時間になりましたので投下開始します。
           | .'   .i   {    ̄x― 、 : : : : : : :.:.| |    
          |j    \/1       .): : : : : : :.:| |    
         │ヽヾ、   ∧   、_.ノ: : : : : : : : | |
           .|  i、ゞ、 /  ゝ--j: : : : : : : : : : :.:.:| |
             |   ̄ヽノ ̄ ̄ ̄.': : : : : : : : : : :.:│!
            |  山  ×  ゑ/: : : :/i: : : : : : : :| |
           | .介_____/: : : /./: :/i: : : :.ノ| |
          | |l ̄       ` ̄´  ̄   ̄ ̄l| |
          | |l                 l| |

59SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:00:16 ID:uuvSyh.c0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    よーし、再開するおー。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     了解。>四人
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ      確か次はルルーシュとセイバーからだったよな?
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      その通りだお。>やる
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \     じゃあ早速始めてくれ。>ル
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /     わかったお。>やる
    |       そ ノ

60SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:00:48 ID:uuvSyh.c0

        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \    それではルルーシュは朝7時にセイバーに起こされるお。
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|   これは酷いな。>ル
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |




         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |                           | |    〜筆竜組事務所〜
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/

61SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:01:25 ID:uuvSyh.c0

              /.:.:.:./.:.:.:. ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
            ,ィ.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.|
           .-=彡/.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:l
             /イ/:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'ハ.:.j::|    眠っていたルルーシュは何者かによって起こされるお。>やる
          / /:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:___/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./j.:.:. 〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /:∧
           |:///.:.:.:.:.:__.:.:.:ィ´ メ.:.:.:/イ/.:.:.:.:/ /.:.:ム//.:.:.:.:.:.:./ /.:/ ヽ
           |j/ ./.:.:.:/ ヽ.:.:.:.:X イ/≧x'.:.:.:,イ  ィ.:.:/ /ム.:.:.:.:.:/ /.:.:'     「うーん、誰だ・・・?」
                ,'.:.:./   }.:/.:.:V ¨¨㍉i.:.:.:∧  // 孑´ |:./j:/ -'.:;イ:{
                 |.:./     !.:.:.:.:.:小  / |.:./  ! /   /   j/ / /.:.:.{ ヽ
       /¨ ̄ ̄ ̄ ¨V::> 、 /, イ.:.| v.:ゝ.  V  j         イヽ:.:ハ        そして目を開けたその先には。>やる
.      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/< ヽ{ ヽハ> 、   `       / ,{ }}V
     {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\---/:::Vハ>、 ===ュ  / //{\____   まぁ私ですね。>セイバー
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ `r‐>、__, <ィ ´,イ::::::::::::::::::::::::::::::\
    ノ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ト〈〉:¨} r―――ァ/¨:::vt:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:..:.:.:.:.: .:.:.:.:./:. :.:./:.:.:. :.:./:. :.:. /.:.:.:.:.{ ヽ:.:.:.:.:.:.:.



                                   ____ _ ......... _
                              /才´      ` 、   /´ ̄`ヽ
                              /彡′      /    \/      }
                           /《《/        // / /   `ヽ
                             /,》》'       .:i i / / ///ハ  ',
                            (》〉′   \ ヽ.:i |   / //// } i | |
                           (》〉 \   \ i | i |i\ // / il | |
                           〈《{   \/⌒Yハ| | |//X、l | il |リ     「遅いぞ先生!
                      ___厂}ミメ:. \八 し  !| | |弋rリヘj | リ ノ        もう朝の7時を過ぎている!」
                        「 :∨.:∧ /\ ,゙ミヽ>  !| | |  ` ( /
                       |:∨.:∧ /  イ      !| | |   ゝ
                        ∨.:∧ /    /- 、\ !| | | -‐ ′       そこには既に一汗流したであろうセイバーがいたお。>やる
                          /.:://¨´   /ハ、\\ ヽl l |_/
                    { .:{/   //∧∨/ヽヽ\l l |
                   \    __) :) /////∧∨//ヽ\ヽ八            「ああ、これはすみません。」>ル
                `¨¨ ̄//////////∧∨///,\ヽ 、
                  \    /////////////∧∨/////ヽ\            「じゃあ、朝食にしよう。」
                   `¨¨¨¨´ //////////////∧∨////// ヽ\
                     _////////////////∧∨///////ハハ
                    ///////////////////∧∨///////ハ}

62SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:01:48 ID:uuvSyh.c0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |          てなわけで、朝食を食べ終えたわけだけれども
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃                        これからどうするお?
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /         私はそうですね・・・パソコンで情報収集でもします。>セ
  \ /      /\/
    \       \             俺は再集合することを伝えて一旦家に帰るぞ。>ル
     \    \  \
       >     >   >           了解だお。
       /    /  /



            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::: :::::: ::::::::::: :::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::: ::::: :::::: :::: : ::::: ::::::: :: :::',
         |:::::l:::::::|:: : :/:: /::/: :: :: ./::ハ:. :::::: :: :::ヽ
         }:|:::l :::::|::: ::/::::/::/イ : :::/::/ ∨: ::: ::::::トヽ ___
      /|   |:|:::| :::::l: ::/ ::/::/|::|: :::/∠..--ヽ.::::::|< ̄ __`_ヽ.
     / /  |:l:::l: ::::|::/7:/7/十| ::/ 7 ,ィ≦ミ、V:::|::::|\ \::::::\\
    / /|│   |:|:::ト.::::レ斤弌fz、リ|::/ /〃トzチタ }:: ,: ::l  ヽ 丶::::::::\\       「それでは、セイバーさん私は一旦帰ります。
   </:::| |   リ}/|::r、ヽ弋ユメ┘ レ {    ̄ /:./::|::|   | |:::::::::::::::\\           集合は私の診療所に正午頃ということでお願いします。」
   |::::::::l l      j/{ ヽ:ヽ.      ',    /::.ハ :|::|__.」 |::::::::::::::::::::ヽ/
   |::::::::| |\_____|`‐ヽ\    _'__ ∠::イ::∧ト:{   | l:::::::::::::::::::::/
    ',::::::l l        |/l:|、::トヽ  ¨ ニニ ´ イ::::|:/ リ `  │ l::::::::::::::: ::/        「ああ、わかったよ。」>セ
    V:::| |      ' リ jノ::/:}>、   /,┴┤     / /:::::::::::::: :/
     V::{ l         V}:'::`ー:≧'-:´:::::::::|      / /::::::::::: ::::/          「あの婦警さんにも伝えておいてあげてください。」
      ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/
       、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/            そう言って、自宅に帰るよ。>ル
       r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__
       | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、__         それじゃ、セイバー視点で進めていくお。>やる
     l ̄:| ト、 \\\.l/  |    /   レ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

63SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:02:31 ID:uuvSyh.c0

                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//     「さて、早速【シールド】とやらについて調べてみるか。」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |          じゃあ【図書館】で振ってくれお。>やる
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |       
                          |  ||     っ / |   i|         了解です。>セ
                          ∧ |! > __/  ;  リ         [セイバーの【図書館】(25)→12 成功]
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、            おおようやく成功者だお。>やる
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ



        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \    それじゃあ、セイバーは【シールド】発足の時期に
  |       (__人__)    |       防衛省から【桂小太郎】という人物が辞めているという記事を見つけるお。
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )      ふーん、なんでですかね。>セ
  |      / / |       |

64SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:02:49 ID:uuvSyh.c0

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ    あとで、やらない夫に利根川が知ってるかどうか聞いてもらえばいいんじゃないか?
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/       あ、それは名案ですね。>セ
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|            それじゃセイバー次は何をするお?>やる
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |            そうですね・・・バイクで【初台駅】に行きます。>セ
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    ほう、何する気だお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ちょっと【旧初台駅】を探索します。>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |        ちょっと待て!>ル
  \ /___ /

65SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:03:27 ID:uuvSyh.c0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|   幾ら何でも危険すぎるっ!
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/-‐'´ !l ..::ト..:|     今度こそ【シールド】の奴らに殺されるぞ!
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、.   ____′  , ′:/         いやでも、【旧初台駅】の現状とか見ておきたいですし。>セ
                 从/ト'、 > '--- ’ .イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{            だめだ、危険すぎる。
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶         じゃあ、青山霊園でいいですよ。>セ
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    それじゃあ、セイバーは青山霊園に到着するお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     よし、それじゃ調べますよ。>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      と、その前に【目星】で振ってくれお。
  \ /___ /

66SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:03:53 ID:uuvSyh.c0

                                   __
                          _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
                        ,.:.´:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヾ:.:/`:.、      )
                       ,:´:.:,:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:`:.,
                      ,':.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:;i:.:.:.:.li:.';.:.:.;.:.:.'.,
                     ,':.:.:.:,!:.:.!i:.:.:.:.:.:,','!:.:.:.:.|!:.:',:.:.i:.:',:.',     [セイバーの【目星】(65)→33 成功]
                     !:.:.l:.i:.:.il:.:.:.:.///|:.:.:./ l:.:i!:.:.!i:.:.i.:!
                     l.:.:!:.l:.:.|レ'/i/i/:|//  |:.l!:./!:.:liノ      おお、良かったです。>セ
                        'i;:i;;|:.:.>≧trミイ'i/  i/メノソノ
                        (`|:.:ヾ辻.j ヽ    イj夕゙ソ:.:|        じゃあこうなるお。>やる
                        ゞ|:.:.i|´ ̄      弋ゾ/:.:.i!
                       /∧|!:.i|      '   /l|:.:.i:!
                     //:.::.i:|!:l|\  ´ ̄  / |!.:i:!       「ん?あれは・・・」
                      /∨.:ノ',|!:|!ー 、` - :iヽ、 l!.:!i
               ,,、、,,..__,、-ー"i;;;;;',;|!',:::::::::>v′::iヘ.|!/_
               ;';;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l;;;;;;;';:!::',::::::/i;:;:;:ヘ;:::!;:;:;i /;!`"゙l:i;;;ヘ
               ;';;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;'.,:::::∨::`i;:;:;:i∨!;;;;;;;;i,;;;;;;;!i;;;;;;',
              ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;'.,:::::::::::::!:;:;:;:l;::::l;;;;;;;;l,;;;;;;i:!;;;;;;i



         ____
       /      \
      / ─    ─ \    そこでセイバーは青山霊園の近くにパトカーや警察がいることに気づいたお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |       ああ、そういえば捜査してましたね。>セ
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        と言う訳で、【目星】など行動を起こす際には
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |          【隠れる】で振って成功しないと職質されるお。
   /    / r─--⊃、  |        
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

67SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:04:15 ID:uuvSyh.c0

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |    それはマズイな。
.       (__人__)   u  .|    セイバーはただでさえ893なのに職質されたら終わるだろ。
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /    さてどうするお?>やる
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ     取り敢えず厄介事になるのは勘弁なので
        ノ '"´  ̄〉  |                速攻で引き返しますよ。>セ
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从   それが望ましいな。
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      警官が徘徊してることがわかっただけで儲けもんだ。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl        それじゃ、帰った時で大体10時頃だお。>やる
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |       じゃあバラライカに電話しときますよ。>セ
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

68SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:04:45 ID:uuvSyh.c0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\     では、ちょうど報告書を書き終わったバラライカにセイバーから電話があるお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐        ああ、10時で書き終えれたんだな。>バ
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿       まぁ妥当なとこだからいいお。
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



          ,---ァr‐==−―ェr‐rェ‐、
         fl1  丶 ヾニニニニニニヽヽr''"´::丶ブーブーブー
         ∧! \  ` −== ≡===ヘ::::::ノ
         トr、ヽ  ヽ、          ヾf`ヾ Yヾt‐ 、__,,..-―――    ん、セイバーさんからですね。>バ
         '、ヾユ \  | ̄ ̄ ¨ − − L..,,」´7 `ー'‐-  _`''−,._
.         \`ェ、 `r −――−――−――!    __ -−=' }
           \`ェ⊥__rf=――― =f、__,!  . {    __,ノ
             ヽ、!   `ー――――−'__ノ   l `¨"''ー―--
               `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      `''− _
                                    `  ̄ ̄

69SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:05:37 ID:uuvSyh.c0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト   「はいもしもし、何か御用ですか?」
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /    『ああ、今日の集合場所についてだ。』>セ
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!         「ああ、決まったんですか。」
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::
                                    ┏━┓
.       ∧__  ____∧          ∧__. ┃□┃ __  __∧ _____ ∧          ∧____
 ̄ ̄ ̄∨      ∨        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄.     ┃88┃    ∨    ∨           ∨ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    ┗━┛
                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ     「ああ、決まった。
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//         昨日と同じルルーシュ先生の診療所だ。」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |      『はい、了解しました。』>バ
                          |  ||     っ / |   i|
                          ∧ |! > __/  ;  リ     「正午を目処に頼む。」
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、         『了解です』>バ
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

70SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:05:54 ID:uuvSyh.c0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    それじゃあ、この後セイバーは何をするお?
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    特に無いから仕事をしていたという事にしてください。>
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \      了解だお。



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    それでは、次は再びバラライカだお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    帰宅して何時頃だ?>バ
     /           l、E ノ
   /            | |    10時30分ぐらいだお。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

71SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:06:20 ID:uuvSyh.c0

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ    じゃあ、パソコンで調べ物を少しするよ。
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/    OKだお。>やる
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|        じゃあ、最近のここ周辺の事件について調べる。
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |        じゃあ【図書館】で振ってくれお。
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|   あれ?それっぽいの俺が調べなかったか?
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./      だけどお前はそれを全員に報告してないだろ。>バ
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/       あーしまった・・・
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __        だから私も今この街で何が起こってるのかぐらいは調べると思う。>バ
       /        ナ K //   // {ト、    `丶

72SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:06:59 ID:uuvSyh.c0

              iヘ\ヽ |,‐-"、-‐‐-、 `i
             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |        [バラライカの【図書館】(55)→67 失敗]
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\       だが、しかしバラライカは何も見つけられなかったお。>やる
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i    「うーん何も見つからないなー。」
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |      これは酷い。>バ
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |       身近なニュースも見つけれない機械音痴とは。>セ
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |
  `i  : ヽ  : : : ./ .: : : : : :`/ ゙彡/ 〈 l ,〉       |  |
   |   |  _;./  . : : .():/   〈  ヽ ヽ        .|  |
   |  : : i r´/    .: : ::/     ) ) ノ         i  `゙‐、,



      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/        それじゃあ、なんやかんやで12時となり一同がルルーシュの診療所に集合するお。
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)       因みにルルーシュの手料理あります?>セ
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |         一応あるお。
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

73SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:07:23 ID:uuvSyh.c0

.;;;:'; ,..,.|;:;::;:.:.:||.:/    | .::.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.;:;:;:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:
,.;ik;:;:;ヽ|;:;::;:.:.:|l;   /| |.::.:.:<〔←[診療所 ギアス]〕::.:.:i.:.:..:.:...:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:
,.;il;l;:;.;;、i ̄ ̄lii ./  | | .::.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.;:;:;:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:
"il;l;".;; ,.l__il .:.|  .::| |.:.:. .i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| i;:;: .:.;.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:i;:;:.:.:.:.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.:.     〜診療所・ギアス前〜
"il;l;.'" ,|   |l |  .::| | .::.|   .::.: .: .::.::,::|;:;: : ;.i:.|        .|;:;: : ;.i |   .::.: .: .::.::,::|.:.:.
"li;l;.'" ,|   |i |ll  .::| |.:.:. .|        :| i;:;: .:.;.|   .: .:.::.:...:..: |:i;:;:.:.:.:.|        :|.:.:.
"li;l;.'" ,|;:;::;;;:;.|; |.  .:| |.::.:. |_______| : ;:;:.:l;;l___________,i : ;:;:.:l;;i___________,i.:.:i
/|'' ̄   ̄ ̄\|.:.: ... | | .;:;;::;:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.;;.;;:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i:.:..:.:.┌┐ .:i.:.
/:.:.:.:.:.: . ... ..::.: \.:.:. | |.::.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:______..:.:.:i [IIIIIIIIIIIII]:i.
:.:.:.:.   。: . ...,.::.: \,| | .::.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:. | ̄\      \:.: 〕゚l  l゚〔..:.
: .. ... .:.   :.: . ...。. .\|;:_;:;__.;;:;:_;:;__.;;:;:_;:;__.;;:___.;;:;:_;:;_|  ;;..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_.;|二二二|;;_
:,.,;:.,;:.  .....          ...::.,;     .;,.:;.,;,.: ::;;,.,:, |;;_;;|;;____,,;;;::|..::〕゚l  l゚〔::
     ....   ''""'' ""'' ....  ..;::.:.:.,;:.:.  .......           ...   ;,,..:.: ` ̄ ̄ ̄´
 :;,.,;:., :,;:,.:.:,     ...   ;,:.:,.; .....  :,..:.,:;     ''""   :,;;,:.:....::,.:   ....    "''   ..
.:.:..:.;:.;;      .....    ::;;,.,:,   ....     .;,,:,.;:,.,  .;.:;,.;,;,  ...    ,.,;:,.,;,:,  



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\    「よく来てくれた。
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ      取り敢えず昼食を取りながら情報交換といこうじゃないか。」
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :    「ああ、わかっただろ。」>やら
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::    「ええ、わかりました。」>バ
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :

74SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:07:49 ID:uuvSyh.c0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    それじゃあ、ここでこれまでの情報をまとめるとするか。
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|      この街で起こってること
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|        1、謎の誘拐事件=蛇人間の生贄調達
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ       2、獣じみた怪物=【キルオ】達食屍鬼。
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./          3、旧初台駅での銃声=【シールド】の掃討戦。
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __            【木曜会】について・・・1、業界の大物に妙薬なるものを渡している。
       /        ナ K //   // {ト、    `丶                      2、ここ東京で度々会が催されてるそうだ。
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ
    |                  | |    | |          }      【食屍鬼】について・・・1、噂通り100体以上いる模様
    |                  | |    | |             ,'                   2、死肉だけでなく生きた人も襲うこともある
    |  \     ┌===¨     ¨===斗      /                    3、とりあえず今は協力体制である。
      〉   ヽ  | | | ,-、          /ヽ| |     イ,'
     {       ', | | | ヽ′         ` ´| l /  |
     ′      Y  | |                // /    !

75SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:08:16 ID:uuvSyh.c0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l    大まかにはこんなところだろうな。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、     結構バラバラですね。>セ
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |   蛇人間はもっとわかってないしな。>やら
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.



         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `    今のところ気になるのは【シールド】発足時に辞めた【桂小太郎】だな。
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /       ええ、この人に会えるかで変わってきますよ。>セ
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i      じゃあやらない夫の出番だな。>ル
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、        ああ、そうだな。>やら
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ

76SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:08:40 ID:uuvSyh.c0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)    「その【桂小太郎】という人物だが
   |     `⌒´ノ          俺が利根川さんに知ってるか聞いてみるだろ。」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉     「ああ、たのむ。」>ル
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「しかし、随分と大事になってきたな。」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |    「ええ、政府まで出てくるとは思いませんでしたよ。」>バ
                       /  :|  ||     っ / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ     「しかも訳の分からない生物まで出てくるしな」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |

77SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:09:24 ID:uuvSyh.c0

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |    それで、やる夫利根川さんはこの人のことを知ってるのか?
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /      ああ、知ってるお。>やる
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )       マジか!?
       |\   /|
       |  \_/ |



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|    何だ、知ってるかどうかのロールはしなくていいのか?
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    失敗したらシャレにならないからしなくてもいいお。>やる
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/       OK了解だ。
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{          それじゃまた再開だお。>やる
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶

78SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:09:44 ID:uuvSyh.c0

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \
     |  (●)(●). |  
    . |  (__人__) /ヽ   ./´}    「よっしゃ、なんとか会う約束をとてくれるみたいだ。」
      |   ` ⌒´ {  {   / /
    .  ヽ       ハ  L/ /
   __ ヽ     /__.〉   ん-、    「それは本当か?」>セ
  / :  : :介.〈::::〉.介.〃__  / , ヽ
  | : : : : ::〈 「`{::::} ! { ___){_ / ,ハ    「ああ、マジだろ。」
  | : : : : : /: | {::::} !: :l :\__, -、.  ̄_/:ヽ
  | : : : 〈: :│ {::::l |: : 〉 : :ヾヽ  Zン: : : :}



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /     「それで、いつ頃会えるんですか?」
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!          「今日の午後4時だそうだ。」>やら
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l          「またえらい急ですね。」
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\         「あっちも仕事してないから暇なんだろ。」>やら
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/

79SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:10:21 ID:uuvSyh.c0

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |    「だが結構厳しめの人らしくてな
            .(`⌒ ´     |           全員正装で言ってくれだそうだ。」
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._     「まぁ私は常にスーツだが。」>セ
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |    「私も基本スーツですし。」>バ
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|    「安心しろ俺も普通の格好で行くよ。」
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l    「頼むだろ。」>やら
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、    (※因みに今までのマント姿のルルーシュは実際は白衣です。本人談)
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l| 
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i      「それでどこに住んでるんだ?」
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

80SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:11:01 ID:uuvSyh.c0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     「何でも【新宿駅】の近くらしい。」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    「何だ、電車ですぐじゃないか。」>セ
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      「ああ、近くて助かっただろ。」
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\    「じゃあ、とりあえず3時30分新宿駅を再集合場所としようか。
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ       それまでは一旦帰って荷物を取ってきてもらってもいいし
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :                  このまま残るというのならそれでも構わん。」
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :    「じゃあ、俺は一旦帰るだろ。」>やら
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.    「私もです。」>バ
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::    「同じく。」>セ
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :

81SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:11:17 ID:uuvSyh.c0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    と言ったはいいが今何時だ?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }     午後1時頃だお。>やる
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、      じゃあ準備してすぐぐらいだな。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)    そうだおね。
.    |      l



        , ‐=   ̄^f⌒x- 、
      /           >y_
  /⌒`ゝ         \ヽ ヽ)
 ノ  ./             :\ ハ〉
   //    i   j  ト    い 彡|`)
   .)´     ハ   j  ハ  ,   i _ |〈
   i    i / 、  ノキヲ ∨j   | jノ     しかし、別に戦いに行くわけでもないですし。
   |    ハフ二'、ノ 彡毛~》|  :|`iイ:.\           特にいらないんじゃないですか?
   |人  升弋゙t ´ l   乂uシj  :レ /:.〉、:)
      ゝ 乂u'       j   i /.:.l:ヘ_/     いや、護身用に持っていくよ俺は。>ル
    /  |          ノ  人l.:.:/|:.:.:ヽ
   .l イ  .> ......   ̄...::´(,/_   ̄ .{.:.:.:.」     しかし武装して人に会うのって失礼ですしねえ。
    ソ \/ ,  へ_ノ゙ ̄ゝ´  ヽ
       /  ,\ハノ /    |          そこが難しいところだろ。>やら
       j  ;, {彡ミ:」 ヽ     〉
       }  ゝ /:l|.:.:ゝ/   ソ^
       i  ト ⌒´/  ./ i
       j  .| ./  /  .〈
       >‐Y ヽ_ノ三三彡シヽ

82SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:12:03 ID:uuvSyh.c0

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ    目立つ装備じゃなきゃ大丈夫なんじゃないか?
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/     私アウトじゃないですか。>セ
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|          流石に日本刀はまずいだろ。>やら
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    各自決まったら言ってくれお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     OK俺は決まっただろ。>やら
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

83SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:12:19 ID:uuvSyh.c0

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)    あまり重装備で言ってもアレだしな。
     |     ` ⌒´ノ 
       |         } \   持ち物 財布、携帯、
     /ヽ       }  \  装備 防刃ベスト
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/     流石に肉体が凶器な奴は違うお。>やる
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (     次は俺が行こう。>ル
   \  /   /⊂_)



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'   俺もたいして何も持っていかないぞ。
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|   持ち物 財布、携帯、
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{   装備 防刃ベスト、スタンガン残り5回
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l     確かに軽装備だお。>やる
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `      救急セットを置いていかなくちゃいけないのが痛いけどな。
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _    それじゃ私が言おう。>バ
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :
  l: :l::|l: : : : : : : ''==、、_: : : : : , ' : : : : : :

84SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:12:53 ID:uuvSyh.c0

            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l     こんなところだな。
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l     持ち物 財布、携帯、特殊警棒
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /     装備 防刃ベスト S&W M3913残弾1
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |      一発しかないのに意味あるのかお?>やる
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.     威嚇にでも使えるだろ。
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }     最後に私ですね。>セ
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」



    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ     私はこんなところですね。
  i  \ レ i ノ彡イ仆'\i   j 7.|〈      日本刀がないのは辛いです。
  |  /j弋=y´  ぅ大タ 》 j    |シ.|)´
  人,| 乂ノ ゙   乂_イ_, u|   |,)ソ      持ち物 財布、携帯、短刀(ドス)[ダメージ 1D4+db]
  / j             .|   |.:.丶      装備 防刃ベスト ノーリンコT-54残弾8
 j  ( f~ヽ、 r―ァ  u |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ     あくまでも刃物は持っていくんだおね。>やる
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ         だって技能値-10で使えますし。
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j        まあいいお。
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ        それじゃあ時間を進めて新宿駅だお。>やる
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

85SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:13:35 ID:uuvSyh.c0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i   それじゃあ全員決まったようなので場所を新宿駅に移すお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐     了解。>四人
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ





        ____
     /     \
    /  ─    ─\     それでは、午後3時30分一同は再び【新宿駅】入口に集合するお。
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

86SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:14:18 ID:uuvSyh.c0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |     「着いたはいいが、こっからどうやってそいつの家まで行くんだ?」
                       /  :|  ||     っ / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ      「ちゃんと行き方を教えてもらってるだろ。」>やら
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、        「ふむ、なら安心だ。」
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !



               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \     それでは探索者たちはやらない夫の誘導のもと【桂小太郎】の家の前につくお。
          /(● ) (● )   ヽ
            | ⌒(__人__)⌒      |    わりとスムーズだな。>ル
         \   `⌒ ´     /
             /             \

87SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:15:10 ID:uuvSyh.c0

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ    〜桂小太郎家前〜
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||   ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||   ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| . ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""



              / ̄ ̄\
            /  ⌒´  ⌒
.           |   ( ⌒) (.⌒)    「よっしゃ、なんとか到着だろ。」
           |   (___人__)
               |        ノ     「しかし、また大きな家ですね。」>バ
             |          |
            j、_       |      「まぁ元防衛省のお偉いさんだからな。」
           √::::::...`ミュ、r<
           /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ
        / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
         ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
         i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
        i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::

88SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:15:30 ID:uuvSyh.c0

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|    「しかし、本当に本人がいるのか?
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、         いなかったら無駄足だぞ。」
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l    「さすがに人が来るって言ってあるんだからいるだろ。」>やら
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)       「だといいが。」
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: :



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//    「グダグダ、喋ってないで入るとしようじゃないか。」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |      「そうですね。」>バ
                          |  ||     っ / |   i|
                          ∧ |! > __/  ;  リ     そういって門を叩きます。>セ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

89SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:16:06 ID:uuvSyh.c0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    セイバーが門をノックすると門が開いて
|       (__人__)    |          中から使用人らしき人が出てくるお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     使用人がいる時点で金持ちだろ。>やら
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



 .                イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 .              /: .:::: :: :::: ::::::::: :::::::::::::::::: : ::: :::::-、ヽ
 .            / :: . . .::: :::::::: :: :::::. ::::::: ::::: ::. :::.::ヽ.ヽ
 .           ハ ::: .: : :::: : : : : :::. :::. :.  :: :::::::::ヽi、.
 .           ,': ::: :: ::   :: : : :   : ::  :  : :: ::::、ー-、.
            i::: : :::: : :: :: :: : : : :: :::   : ::::: ::::::::::ヽ、
 .            ::: :: : :: :: ::::: :::: ::::: : :: :: :: ::::::    ::::::::::::::::::::ヽ、    「貴女方が利根川様のお知り合いの方ですか?」
            i!:: : : ::: : ::: :/、:::::::::::::::: :、 ::: ::::::: :  :::::::::::::::、-、_ヽ
 .           ∨:::::::::::::/i::i ヾ:::i:::::iヾ:::iヾ、:.i、:i::::::::::::::::::::::-ヾ.  ヾ
 .            ';::::::::/i:i i::i`_ーヽiヽ:ヽ ヾi'ーヾiヾi i::::::r、:::i ヽ::ヽ      「ああ、その通りだ。」>セ
              ハ::::::iヽi '、弋ンヾi ヾi_r 弋ソ`,ヾi'i:::/ i::::i   ヾ、
               { ヾi ヽ、二´ ノ  ̄ ヽ、_ 二ノ i:/ノ ハi`         「その通りだろ。」>やら
                ヽト.                 iム/
               i:'、     、 ,      /i::i            「確かに、貴方はやらない夫様に間違いありません。
                     i/ヽ、   , - 、     イハi                     それでは奥の方へとお連れします。」
                    ヾi ヽ、 .`ニ´  /iイi
                  _i  :`ヽ、 __ , イ   i'、_
                /::i   : : : :.      i::::::`ヽ、
              _ノ:::::::::i            `i:::::::::::ヽ

90SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:16:24 ID:uuvSyh.c0

         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ●)  (●)'  ∫    それではその使用人に連れられて一行は【桂小太郎】のいる部屋に案内されるお。
    |         (__人__) | ∬
    \        ` ⌒´  .| ̄|
____/       ー‐  '-|_|)     いよいよご対面というわけか。>ル
| |  /  /          __/
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



         _, --────‐‐-
       , -'´::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:..:.:..: .\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:...:.:.:..:: .: .\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::..:..:.:..:.::.:..: .: .ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.::.:..:.::.: .: : ..ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:..:.:.:..:..:.:.: .: .ヽ
 | ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:..:..::..:...: .:: .!
 |::!l::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::| jl:::::::::::::.::.:.::::::...:.:.::::: .: .: .!    「先生、例の方々がお見えになりました。」
  |::l|:::::::::::/i::::::ト、:::Lヽ|川:::::lヽ:::::::::::::::::::...:...:.: .: .!
  !i|::::::::i::l-ゝ::!| ヽ:::i-|ニニヽ:| ヽl、::::::::::::::..:.. . .: .|
    ヽハ!|::|ィテく!  `ト !::::ソ` - __l:..:/ヽ::::..: .: .!   「ああ、済まない君はもう下がりなさい。」>桂
     下 !弋丿ト- l `ニ‐' /   l:::.|´! |::::.. ./
      \!_, -イ  ` ー‐''゛    !/ ソ/::: .:/     「はい。」
       ! 〈 、          r/:::: ./
        ヽ             /  l::ハ::|
         \ ̄      /   ゞ , -、           ┏┓┏┳┓┏━━━┓
           \   , -'"     /   \        .┏┛┗┻╋┛┣━━━┫ ┏┳┳┓
             ヽイ       /      7‐、     .┗┓┏┓┃  ┗━━┓┃ ┃┃┃┃
             /ヽ    /      /   `ヽ   ┏┛┃┃┃    ┏━┛┃ ┗╋┛┃
            _ィ゙ │  /      /      \ .┗━┛┗┛    ┗━━┛   ┗━┛
          _/ !   ! /      /         \
         / /   レ       /             ヽ

91SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:16:57 ID:uuvSyh.c0

:::::/::::::::::::/:::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i
:::/:::::::::::/::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::i
:/:::::::::::/::::::/::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::i
::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::i::::::::::::イ:::イ:::::/:::::/ i:::::i::::::i
::::::::::/::::::::i:::::::::/ニ`l:::::::::/'i::/i:::/::::× i::::i::::/
::::::::i::::::::::i::::::::::{ ' } i:::::::/ i/ i//-'〒,ヽi:/i::/    「ああ、君達も座ってくれ。」
:::::::i::::::::::i::::::::::入てi::::::i   ' ' \レ ri/i:/
::::::i:::::::::i::::::::::::/ "' i:::::i        '、'      「失礼します。」>四人
::::i::::::::::i::::::::::/    i:::::i      ,..  .)
:::i::::::::::i:::::::::/    'i::::i       i'"      全員が座ったのを確認して桂小太郎は語りだすお。>やる
:::i:::::::::i::::::::/     .i::::i     "j'"
:::i:::::::::i:::::::i'''‐-、   i::::i    /'
:::i::::::::i:::::::i_:::::::::::::::ヽ..∧:::i'''‐--''
::::i:::::::i::::::i::::"''‐-..,,:::::::ヽ.i:::i
::::::::::::i::::::i::::::::::::::::::"'''‐-ヽi::i
i::::::::::::i::::i:::::::::::::::::::....  "'‐:::i
::i:::::::::::i:::i::::::::::::::::::::::::::......   ヽ




          /::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    丶、ノハ::::::::ハ:::::::::::::::::ハ
         た:/::::::::::://|l:::::::::::li::::::::::::::`丶 、    }::::::|   ̄ ̄  i
          √::l:::::::::::// |l:::::::::::|l::::::::::、:::::ヽ:::::丶  ;::::::|  ト、ト-一'^|
         |:/|:::/:::://  |l:::::::::/|ハ::::::::::ハハハ::::::::ソ::::::|∨::::::::::::::::::::|
         {イイ:仏イ::|   |l::::::::|::::|lハ:::::::::ハ:::::::' :::::::::::::::ハ::::::::::::::::::l::::|
            !|::|:::斥\、  |l::::::::|ハ:|lハ:::::ハハ::::l :::::::::::::ハ|::::::::/:::/l::::|    「利根川さんの話だとどうやら君らは【シールド】に襲われたそうだな。」
         ∨|::人 `tN  ,、、-‐竺弖ニトトハ:::| ::.::.::.::ハ::l:::::::/::/::::::l
            V{::{   `!    <~゙"じ厂ア∨::::| ::.::.::.ハ::::ハ::/:::/::::::l
          丶ハ  /        `"´  ∨|l :: :: :た⌒Y:::::/::::::l      「え、ええそうです。」>バ
                ヘ /                 ソ,!:: :: /(⌒:. i:::::;::::::::|
                ',〈              /:: :: :/う: ノノ::::;:::::::::|       「それは、災難だったなあの集団は警察に対抗して
                   ‐           /:: :: :/ィ´/:::;;::::::::;::::|          【苑利子プッチ】という男が作ったんだがどうにも活動が胡散臭くてな。」
                `、ー- 、__           /:: :: /lー介:::::::::::::::::::::|
                 1     ´     ,/:: :::/ :|::|l::|::::::::::::::::::::::|        「何と戦ってるかは知らんが、練度だけは確実に上げてる厄介な集団だよ。」
                   1      _.. </::.::::/  |::|l::l:::::::::;::::::::::::l
                    ` ー='''ニ~´ ニ  /:::::::/ _,,,|::|l::l::::::::::;:::::::::::1
                 /:::::Y√  /::::::/'"~´´ |::|l::l::::::;::::;::::::::::1
                   /::::::;;]″ ,/:::: /      |::|l::l::::::;:::::;;:::::::::1
                /:::::/:厶/:::::::/         |::|:l::l::::::;:;::::::;;:::::::1、

92SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:17:17 ID:uuvSyh.c0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     「一つ疑問なんですが。
   |     `⌒´ノ         そのような集団を作ること自体に反対者はいなかったんですか?」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     「殆ど0だったな。
   ヽ、l    ´ヽ〉        反対したものも何故か直ぐに賛成に回って行ったよ。」>桂
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_     「そうですか・・・」
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



   /   //:.:/:.:.i:.:.:.:.:.:.|:./:.:.:./ /:.:./ /:.:.:.:/ /:.:.:./:.:./:.:.:.イ:.|ヾ:.:i:.:.:.:.:/:.:/:.:.:
       イ:..::./:.:./:.:.:. :.:. レ::.::./ /:.:./ /:.:.:.イ  /:.:.:./:.:./:.:.:/ |:.:| Vハ:.:./:.:/:.:.:.:.
     /イ/:/:.:.:.:ィ:.:|:.:.i:.:Ⅳ:.::≧/:.∠/:.//  /:.:.:./:.:ィ:.:.:./_=ハ |<ヾ.Y:.:./:.:.:.:.:.
    /  /:.:.:.//:.: i .|:.:i:.:./ミ/ソ/ //>、  /:.ィ/:./://_,, _ レ=-= 、/:./:.:.:.:.:.:.:
  /  /:.://:/:.:.:.ハ:.:.:.|ヾ i、ノ心ヶミ   ミ=/:./ /' ̄ フイノ也ハ /:./:.:.:.:.:/:i:.   「続けてもう一ついいですか?」
   /:.://:/:.:./:.:.:i::lハ:.:.:i 廴ゞ三ン>-、、 / ./  -=ハ辷三ノ/:.:./:.:.:.:.:/:.:.|:.
  /:.:/ /:/i:.:/イ:.:.:l:.i iト:.ハ   ̄ ̄ ̄`. / i     "  ̄ ̄ /:.:イ:.:.:.:.:/:.:.:.|!:    「ああ、構わんよ。」>桂
. //   ハi l:/ i:.:.:ハ:.:.ヽヽハ           |        //:.:.ィ:.//:.:.:./i:.:
       i:.l iリ  l:./ iハ:.:.:.:ゝ>          |       / .///:/:./:.:.// ヽ   「【木曜会】と言う会もしくは集団をご存知ですか?」
      |リ i!.  レ }:.ハ:.:.i:.:.ハミ.、          |        ./ ./:.//:.://
      i      |:.:./i:.:.:.:.:.:.:\\        `         イ:.://:.:ハ:./i      「ん?君も知ってるのか。
              iイ/ハ:.:./:.:.:.:.:.:>、   _   _   _   / /:.:.i:.i:.:.iハ:{           あの怪しげな連中を。」>桂
           /ハ:i .|/ハ:.:i:.:./i. \  ̄ ̄  ̄ ̄  ./  .i:.:.i:l:.l:.i:.i i.リ
             iリ // i:.ハ:.| \ \   ̄  ̄  /   /:i:.:ハト、:ハゝリ       「いえ、最近各界の著名人が通ってると聞きましたので。」
           | ̄/ソ   iハil:.|   > 、\   / _ < / i:.:iハ     ̄ヽ
           | i      |:|     \ `-´ <´ .    |:iハ       ノ/i
             Vハ      リ|   / ̄ ̄V ̄ ̄\    :|ハ      .// .|
            Vハ      |  ./       |     ヽ   :|       | | ./

93SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:17:50 ID:uuvSyh.c0

.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /Wヽ
        /`'1::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,:-‐'´   ,ヽ
       l∧ `‐-、_!、__,、,、::::::::::::::::::_,-‐'´   ._,、lヽ:::!
       l::::::::`:‐-、l  l_ // ̄ ̄ ̄    _, -‐'´:::リ:::::::!
        !:::::::::::::::::l∨!:::::v,/`ー------‐':::´::::::::::::::::::::::::::l
        l:::::::::::::::::l::::l::::::::l:::l::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   「確かにその通りだ。私はあまりにも怪しいので行かなかったがな。
.        l::::::::::::/`l::::!:::::::l:::l:::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::、::::::::::::::::l    そういえば・・・あれに行きだした議員の殆どが急に政治方針が変わったな・・・」
        l:::::::::/(. !:::l:::::::l:::::::::::::::::l ヽ::::::::::、::l、ヽメ:::::::::::l
.        ノ::::::::l `.ミ!::l:::::::::::::::::::::::l‐--=ミ:::、:l、:lヽl‐7:,::::l::!
       /::::::::::::\ `!::::::::::::::::トlヽ::l-‐t_テ`\`\', l` ソ `    「成程、それで【苑利子プッチ】という方も行ってたんですか?」>ル
.      /ィ::::::::::::::::l\!:::::::::::、:l` `!  ̄´     ∨:!
      /'7::ィ::::::::::::::!  リ::::::::l `           ノ::l`: 、     「ああ、だがアイツだけは政治方針がブレる事はなかったが。」
      _.レイ::,:::::lリ、:l   l::::::l          __>::l、l: : : :`: .、
 _ -‐: : : : : : l∧:l  ヾ  ヽ:lリ 、      -'‐_ソ: : : : : : : : : : `: .、   「・・・成程そうですか。」>ル
: : : : : : : : l: : : : : :ヽ.  ヾ.  `   `  、_    /: : : : : : : : :l : : : : : : ヽ
: : : : : : : : l: : : : : : :ヽ  ヾ、      /、 ‐-': 、: : : : : : : : l: : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : :l : : : : : : :ヽ  \\  γl.l. ヽ: : : : :ヽ: : : : : : : l: : : : : : : : : ヽ



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//   「それでは、私からも一つ。」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |    「まだあるのかい。」>桂
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |
                          |  ||     っ / |   i|    「その【木曜会】というのはどこで開かれてるか分かりますか?」
                          ∧ |! > __/  ;  リ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

94SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:18:07 ID:uuvSyh.c0

:::::/::::::::::::/:::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i
:::/:::::::::::/::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::i
:/:::::::::::/::::::/::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::i
::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::i::::::::::::イ:::イ:::::/:::::/ i:::::i::::::i
::::::::::/::::::::i:::::::::/ニ`l:::::::::/'i::/i:::/::::× i::::i::::/
::::::::i::::::::::i::::::::::{ ' } i:::::::/ i/ i//-'〒,ヽi:/i::/
:::::::i::::::::::i::::::::::入てi::::::i   ' ' \レ ri/i:/      「それを聞いてどうするつもりかは知らんが良いだろう。
::::::i:::::::::i::::::::::::/ "' i:::::i        '、'         【木曜会】が開かれる場所は【初台駅】近くの【白陀ビル】と呼ばれる場所だ。」
::::i::::::::::i::::::::::/    i:::::i      ,..  .)
:::i::::::::::i:::::::::/    'i::::i       i'"
:::i:::::::::i::::::::/     .i::::i     "j'"         「そうですか。ありがとうございました。」>セ
:::i:::::::::i:::::::i'''‐-、   i::::i    /'
:::i::::::::i:::::::i_:::::::::::::::ヽ..∧:::i'''‐--''           「もう宜しいか?
::::i:::::::i::::::i::::"''‐-..,,:::::::ヽ.i:::i                私もなにかと忙しい身なのでな。」
::::::::::::i::::::i::::::::::::::::::"'''‐-ヽi::i
i::::::::::::i::::i:::::::::::::::::::....  "'‐:::i               「はい、ありがとうございました。」>やら
::i:::::::::::i:::i::::::::::::::::::::::::::......   ヽ
:::i:::::::::::i::i::::::::::::::::::::::::::::::::::...   ヽ



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /     「それでは、貴重な話ありがとうございました。」
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!           「いや、君らも本当に災難だったな。」>桂
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l           「それでは、失礼します。」
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\

95SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:18:31 ID:uuvSyh.c0

             / ̄ ≧ー―― 、    / ̄⌒`ヽ
          fヘ ̄ノ ´    >    > 、;/⌒⌒´\l
        /|/´ /   .,          \      l
       〈 /   :/    /            ト、
       .∧/   :/   ./      /   ハ    ヽ
      / i   /   ./   :/ / /  ./j :|   ハ
      入レ ヘ :/   ./_ ,ノノ ノ :/./ j .j  .l   l
     / .:l  _/   .//ソノ`タ丿 :ソノ ./ イ  j :l :|
     \ _|,/ l   《フ≡ヲ乂 ./.ノソ  / イ  / /|ヽゝ    これ結構貴重な情報手に入ったんじゃないですか?
     (ヽ :〈 H    代心ノ  `   /√`代 ,イ イ ノ
      >ト、.|   :| ゝ゚-       と壬レタ ノノノ
     /:::/.:.:|ソ   |.:|         /じ.ノ 》/j/|´       ああ、これはでかいな。>ル
     //.:.:/l:.|.|  |.:|        :i  ヽ"〈 /   |
     \.:.:.:」.|:.|.|  :| |.    √`>   ゙゙゙ /  l :|
     /:.:.:.:| |:.V、 | |      ´    .ノ|   | :|         しかし、上手く行き過ぎてる気がしないでもない。>バ
  / ̄ ̄ ̄l⌒\ヽ |ヾ. \_     <  .j   j :|
 /      .\  \ヽ   /         .l  ノ|ノ
./         \  >-仆-、      .| ノ ソ
l          .| 、   ハ  .〉、_____レ   ト、
|          .| \ ├ヘ,/、   } 、  \  ノ )



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    それでは、現在時刻午後5時30分
|       (__人__)    |              場所は【新宿駅前】だけどどうするお?
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |        
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

96SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:19:00 ID:uuvSyh.c0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    たしか、季節は2月だったな。
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l   /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ       そうだお。>やる
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l 
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!          じゃあ、もう外は暗いな。
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l          まぁ、5時だからそうだお。>やる
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!   確かにな。
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|    この状況で【シールド】にでも出くわしたらほぼ詰むからな。
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    暗闇も危険ですし。>セ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./    
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/        じゃあ、一同帰宅で良いかお?>やる
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{             いいぞ。
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶

97SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:19:16 ID:uuvSyh.c0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\    それでは、なんやかんやで各自帰路につくお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /     今回すっとばしてるな。>ル
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ      まぁグダグダするよりはいいと思うお。
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i    それでは、その道中のやらない夫に場面を移すお。
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /    これはヤバイだろ・・・>やら
   \ ` ‐'    __/
    /         \

98SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:19:43 ID:uuvSyh.c0

               ___
             /, l___l\
            //レ|‐┼┼‐ト\\
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
       /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
       i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
     _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
    __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|    〜やらない夫の住むマンション前〜
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | 爻爻爻爻爻爻  ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ 爻爻爻爻爻; ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| 爻爻爻爻シ ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ヾ爻爻メ ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ YfY ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|



       ____
     /⌒三 ⌒\    取り敢えず何も言わず【聞き耳】してくれお。
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   よ、夜だからプラスはないのか?>やら
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   +10で振っていいお。

99SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:20:11 ID:uuvSyh.c0

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |     [やらない夫の【聞き耳】(25+10)=20 成功]
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |      おっしゃ!成功だろ。>やら
             {         |
             {      u. /       それじゃやらない夫は後ろから足音が聞こえるお。>やる
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ   「な、何だ、俺の後ろに何がいるんだ・・・」
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |   そ、それで足音は何人だ?一人か?
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./     一人だお。>やる
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

100SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:20:40 ID:uuvSyh.c0

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   と言う訳で、やらない夫は1人につけられてるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |    。`,⌒゚:j´      |   これは・・・武装によっては不味いだろ。>やら
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄      ヽ



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'    別につけられてるのは大した問題じゃない。
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l     そいつらが殺しに来てるかそうじゃないかだ。
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{     まぁまぁ、次はバラライカに場面を移すお。>やる
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l       私もか!?>バ
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _

101SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:20:59 ID:uuvSyh.c0

       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |    それでは、バラライカもやらない夫同様【聞き耳】+10で振ってくれお。
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |     了解だ。>バ
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |     [バラライカの【聞き耳】(55+10)=63 成功]
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/     危ないなぁ・・・>バ
  ノ::::::::   `ー'´  \



            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l    「この感じ誰か付けてきてますね・・・」
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l     バラライカも何者かの足音を聞き取り相手の存在に気づくお。>やる
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |      それじゃ、私も一人か?>バ
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、     いやバラライカの場合はロールがあるお。>やる
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i       [人数ロール【1D4】=4]
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」      これはオワタ。>バ
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ



102SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:22:01 ID:uuvSyh.c0

    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´    ところで、やらない夫は家の前でしたけどバラライカは今どこにいるんですか?
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ
  / j          ¨   .|   |.:.丶    帰ってる途中で尚且つ家が見えない位置だお。>やる
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ    近くには何があるんですか?
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ        うーん、特に何もないお。>やる
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ     くっそ・・・流石に四人はきついな。
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }      助けは呼べないのか?>ル
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |           流石に電話をしたらバレるお。>やる
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l           じゃあ、メールならどうなんだ?
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

103SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:22:18 ID:uuvSyh.c0

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \   うーん、携帯を出したりした時点でバレると思うお。
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /   じゃあ、敏捷の対抗ロールで勝つ。>バ
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |           それなら、撒けるお。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ        それで、四人全員に勝たないとダメか?>バ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/          一番速いやつに勝てばいいお。
    \       \
     \    \  \          いくらだ?>バ
       >     >   >
       /    /  /          えーっと・・・

104SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:22:54 ID:uuvSyh.c0

                 z-へ へ──-、_
              /          ヽ \\
            , '          :  rV/l \\
           /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ
     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ      9だお。>やる
          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \
          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ   よっしゃ、これならいける。
          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ
          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/    [対抗ロール【14対9】75以下で成功=19 成功]
          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉
          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !
          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ       成功だな。
          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(
          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \     それじゃあこうなるお。>やる
         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル
        i   l   //          | //    _ノ } __ノ
        |   | 〃{          / くく/⌒ヽ ノ´



              iヘ\ヽ |,‐-"、-‐‐-、 `i
             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |    バラライカはその足音に気づきそこからダッシュで逃げ出したお。
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;     初めの方は相手も付いてきたがやがて完全に撒けたようだお。>やる
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、    「ふー、一体何だって言うんだ・・・」
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |     これで私はなんとか助かったな。>バ
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |      それじゃ次はやらない夫だお。>やる
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |       おう。>やら
  `i  : ヽ  : : : ./ .: : : : : :`/ ゙彡/ 〈 l ,〉       |  |
   |   |  _;./  . : : .():/   〈  ヽ ヽ        .|  |
   |  : : i r´/    .: : ::/     ) ) ノ         i  `゙‐、,

105SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:23:26 ID:uuvSyh.c0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    それじゃあ、マンションまでもう直ぐというところで
   ヽ、    `ー '   /         怪しい奴に付けられているやらない夫はどうするお?>やる
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ      流石に何号室とかバレたらやばいから迎え撃つだろ。>やら
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ        ほう、いいのかお?
     と_____ノ_ノ



         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|    マンションの前ということはそれなりに人通りの多いところだ。
       |  . '´n`'  .ノ     それにさすがに1対一での戦いなら負けないだろ。
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ        OKだお。>やる
        / { ..ニj、         
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

106SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:23:46 ID:uuvSyh.c0

               ___
             /, l___l\
            //レ|‐┼┼‐ト\\
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
       /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
       i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
     _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
    __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|    〜やらない夫の住むマンション前〜
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | 爻爻爻爻爻爻  ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ 爻爻爻爻爻; ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| 爻爻爻爻シ ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ヾ爻爻メ ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ YfY ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|



                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/    「さて、そろそろ姿を見せてもらおうか。」
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ     振り返ってそう言うだろ。>やら
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、    それじゃ後ろから付いてきてた奴が姿を見せるお。>やる
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ

107SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:25:03 ID:uuvSyh.c0

 .                イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 .              /: .:::: :: :::: ::::::::: :::::::::::::::::: : ::: :::::-、ヽ
 .            / :: . . .::: :::::::: :: :::::. ::::::: ::::: ::. :::.::ヽ.ヽ
 .           ハ ::: .: : :::: : : : : :::. :::. :.  :: :::::::::ヽi、.
 .           ,': ::: :: ::   :: : : :   : ::  :  : :: ::::、ー-、.
            i::: : :::: : :: :: :: : : : :: :::   : ::::: ::::::::::ヽ、       そこには先程【桂小太郎】の家にいた使用人だったお。>やる
 .            ::: :: : :: :: ::::: :::: ::::: : :: :: :: ::::::    ::::::::::::::::::::ヽ、
            i!:: : : ::: : ::: :/、:::::::::::::::: :、 ::: ::::::: :  :::::::::::::::、-、_ヽ     えっ?どういう事だろ?>やら
 .           ∨:::::::::::::/i::i ヾ:::i:::::iヾ:::iヾ、:.i、:i::::::::::::::::::::::-ヾ.  ヾ
 .            ';::::::::/i:i i::i`_ーヽiヽ:ヽ ヾi'ーヾiヾi i::::::r、:::i ヽ::ヽ
              ハ::::::iヽi '、弋ンヾi ヾi_r 弋ソ`,ヾi'i:::/ i::::i   ヾ、    「ん?貴方は桂さんの家にいた・・・」
               { ヾi ヽ、二´ ノ  ̄ ヽ、_ 二ノ i:/ノ ハi`
                ヽト.                 iム/          「覚えていてもらい光栄です。
               i:'、     、 ,      /i::i               しかし今はそれどころではないのです。」
                     i/ヽ、   , - 、     イハi
                    ヾi ヽ、 .`ニ´  /iイi             「どういうことだろ?」>やら
                  _i  :`ヽ、 __ , イ   i'、_
                /::i   : : : :.      i::::::`ヽ、
              _ノ:::::::::i            `i:::::::::::ヽ



         _, --────‐‐-
       , -'´::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:..:.:..: .\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:...:.:.:..:: .: .\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::..:..:.:..:.::.:..: .: .ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.::.:..:.::.: .: : ..ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:..:.:.:..:..:.:.: .: .ヽ
 | ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:..:..::..:...: .:: .!
 |::!l::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::| jl:::::::::::::.::.:.::::::...:.:.::::: .: .: .!    「実は、私の仕えてる桂さんですがどうやら命を狙われてるようなのです。」
  |::l|:::::::::::/i::::::ト、:::Lヽ|川:::::lヽ:::::::::::::::::::...:...:.: .: .!
  !i|::::::::i::l-ゝ::!| ヽ:::i-|ニニヽ:| ヽl、::::::::::::::..:.. . .: .|
    ヽハ!|::|ィテく!  `ト !::::ソ` - __l:..:/ヽ::::..: .: .!     「はぁっ!?どういう事だろ?」>やら
     下 !弋丿ト- l `ニ‐' /   l:::.|´! |::::.. ./
      \!_, -イ  ` ー‐''゛    !/ ソ/::: .:/      「実はですね・・・」
       ! 〈 、          r/:::: ./
        ヽ             /  l::ハ::|
         \ ̄      /   ゞ , -、       そう言ってその使用人はしゃべりだすお。>やる
           \   , -'"     /   \
             ヽイ       /      7‐、
             /ヽ    /      /   `ヽ
            _ィ゙ │  /      /      \

108SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:25:23 ID:uuvSyh.c0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   話してくれるのはいいが、取り敢えず俺の部屋に上がってもらったってことでいいか?
.  |         }
.  ヽ        }    別に構わないお。>やる
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、    それじゃ続けてくれ。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



     ____
   /      \     その使用人の話によると
  /  ─    ─\          1、夜中に門の前にウロウロしている人影をここ最近頻繁に見る。
/    (●)  (●) \         2、なので監視カメラをつけてみると次の朝には壊されていた。
|       (__人__)    |         3、近隣住民の数名かが武装した集団に口止めされたと証言している。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |               これはどう考えてもシールドだろ。>やら
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

109SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:25:41 ID:uuvSyh.c0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     「確かにそれは【シールド】が行った可能性が高いが
   |   ,.<))/´二⊃            いくらなんでも命までは狙わないんじゃ・・・」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      「普通ならそうですけど・・・」>新八
''"::l:::::::/    __人〉  
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、     「他にも何かあるんですか?」
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



 .                イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 .              /: .:::: :: :::: ::::::::: :::::::::::::::::: : ::: :::::-、ヽ
 .            / :: . . .::: :::::::: :: :::::. ::::::: ::::: ::. :::.::ヽ.ヽ
 .           ハ ::: .: : :::: : : : : :::. :::. :.  :: :::::::::ヽi、.
 .           ,': ::: :: ::   :: : : :   : ::  :  : :: ::::、ー-、.
            i::: : :::: : :: :: :: : : : :: :::   : ::::: ::::::::::ヽ、     「実は先日先生の車が爆破されてるんですよ。」
 .            ::: :: : :: :: ::::: :::: ::::: : :: :: :: ::::::    ::::::::::::::::::::ヽ、
            i!:: : : ::: : ::: :/、:::::::::::::::: :、 ::: ::::::: :  :::::::::::::::、-、_ヽ
 .           ∨:::::::::::::/i::i ヾ:::i:::::iヾ:::iヾ、:.i、:i::::::::::::::::::::::-ヾ.  ヾ   「えっ!?」>やら
 .            ';::::::::/i:i i::i`_ーヽiヽ:ヽ ヾi'ーヾiヾi i::::::r、:::i ヽ::ヽ
              ハ::::::iヽi '、弋ンヾi ヾi_r 弋ソ`,ヾi'i:::/ i::::i   ヾ、    「実はその日に先生は一人で車を運転して出かける用事があったのですが
               { ヾi ヽ、二´ ノ  ̄ ヽ、_ 二ノ i:/ノ ハi`         前日に風邪をひいていて休んでおられてそれで車には乗ってなかったんですけど。」
                ヽト.                 iム/
               i:'、     、 ,      /i::i          「乗っていれば即死だったと。」>やら
                     i/ヽ、   , - 、     イハi
                    ヾi ヽ、 .`ニ´  /iイi       「ええ、実際犯人は先生に恨みを持ったそこらのチンピラって
                  _i  :`ヽ、 __ , イ   i'、_         ことになったんですけどどう考えても出来過ぎだとは思いませんか?」  
                /::i   : : : :.      i::::::`ヽ、
              _ノ:::::::::i            `i:::::::::::ヽ

110SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:26:19 ID:uuvSyh.c0

                     / ̄ ̄ \
            -`  ⌒ ヽ、_    \
              ´   ●)(● )     |   「確かにな・・・それは危ないだろ。」
                    (_人_)    |
                   '、       |   「今は私の他に何名かの使用人で警護してますが
                 |         |              これがいつまでも続くとなると・・・」>新八
                 | 、     .ィハ、_
                 ≧ュ─ー ´ /.......ヽ     「警察には相談しなかったのか?」
              //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
              ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、   「まともに取り合ってはくれませんでしたよ。
           /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧       どうせ上からの圧力でもかかってるんでしょう。」>新八
            j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ



         _, --────‐‐-
       , -'´::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:..:.:..: .\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:...:.:.:..:: .: .\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::..:..:.:..:.::.:..: .: .ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.::.:..:.::.: .: : ..ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:..:.:.:..:..:.:.: .: .ヽ
 | ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:..:..::..:...: .:: .!
 |::!l::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::| jl:::::::::::::.::.:.::::::...:.:.::::: .: .: .!     「かと言って【シールド】と直接戦って勝てるわけもありませんしね。」
  |::l|:::::::::::/i::::::ト、:::Lヽ|川:::::lヽ:::::::::::::::::::...:...:.: .: .!
  !i|::::::::i::l-ゝ::!| ヽ:::i-|ニニヽ:| ヽl、::::::::::::::..:.. . .: .|     「あ、ああそうだな。」>やら
    ヽハ!|::|ィテく!  `ト !::::ソ` - __l:..:/ヽ::::..: .: .!
     下 !弋丿ト- l `ニ‐' /   l:::.|´! |::::.. ./      「ですから一度シールドを撃退している貴方に相談をしに来たという訳です。」
      \!_, -イ  ` ー‐''゛    !/ ソ/::: .:/
       ! 〈 、          r/:::: ./        「なるほど・・・ん!?」>やら
        ヽ             /  l::ハ::|
         \ ̄      /   ゞ , -、
           \   , -'"     /   \
             ヽイ       /      7‐、
             /ヽ    /      /   `ヽ
            _ィ゙ │  /      /      \

111SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:26:39 ID:uuvSyh.c0

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)      「あ、あれ?俺アンタにその事話したっけ?」
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_    「いや、話されてはいません
               人、   '-/____ ヽ  |       ですがよく考えれば分かることです。」>新八
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、    「どういう事だろ?」
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧



       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    .  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      l:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::|:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      |::::::::::::::::::::イ:::::::|::ト、:::::ト:::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |i:::::::::::::/i.|::|:::::::|::| \|-ヽ::::\::|`、.:::::::::::::::::::::::::::|
      l|:::::::::::八_|:_|i、::::|イ´,-‐>=∨`ル=リ 、.:::::::::::::::::::::|   「実際問題シールドに襲われて生還してる時点で
      .|::::ヘルイ´,=、`ル |‐'´イ   ヽ ) ̄|イ|:::::r´⌒`.::::/      シールドを撃退又は皆殺しにしてるかのどちらかしかあり得ないんですよ。」
      / 八レ  .)-人  一  ノ    |::丿   |::/
     ノ´`/`ハ  ニ ィ    ー  ´     |/   //     「な、何故だ?」>やら
   / ノ/. / j|   丿               //
  /  イ./ ノ ハ   ゝ            r、_ ノ/       「あの集団は作戦を見たものを生かしては返しません。
. /  / / / /, ヘ   _  -‐ ァ      / リ:::::i                        なぜだかは知りませんがね。」
/   j    レ  人   ` ‐ ' ´      ノ /|::::リ   
   /      i.  j  \         イ    イ_        「従って今此処に貴方が生きてる時点でシールドを撃退できる人ということです。」
     i     ト /   \    <        |フ 入  
     |     /      `<         /;;;;;;;;;;;\
    丿    /      , イ |        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   /    ノ    -‐/;;;;;ハ       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

112SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:27:26 ID:uuvSyh.c0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|    成程な、確かに知ってる人なら気づくだろう。
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l     それで、やらない夫はどうするんだ?>バ
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、      と言うか私たちは呼べないんですか?>セ
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    いや別に呼ぼうと思えばいけるけど。
|       (__人__)    |       バラライカは逃げてるし、ルルは行きたくないって言ってるから実際動けるのはセイバーくらいだお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      あ、じゃあ呼んでください。>セ
.\ “  /__|  |      了解だろ。>やら
  \ /___ /

113SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:27:46 ID:uuvSyh.c0

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    その前にこのキャラの能力紹介だお。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    そんなに重要かこいつ。>ル
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //      まぁ聞いておいて損はないだろ。>やら
  / __        /
  (___)      /



         ノ: : : : : : : : : : : : : : :.,ヘ: : : :.|: : : : : :          こんな感じだお。
   |\   /: : : : : : : : :/|: : : : :ム X:_:_ハ: : : : : :
 ─┘      ̄/: : : ;r―弋ェ,kヘ: /、/ }:/`ト、: : : :      本名 志村新八 年齢 24 職業 使用人+秘書+ボディガード
  >      ,: : : : ;!: /     )ヘ.   〃 !: :): : :      .STR:11  DEX:14  INT:16 アイデア:80
  ̄ ̄      l: : : : :.V____ノ  ゝ 、___.レ: : : :        CON:11  APP:8  POW:16  幸 運:80
   」V\ .   |ハ: : :レ'    ┌───┐ Uレ1: :./       . SIZ:15 SAN:80 EDU:18 知 識:90
  .ゝ   \.  ヽ: } し  ├┬┬┬┤   |/ )       H P:13  M P:16  回避:28+45=73%  ダメージボーナス:+1D4
   ̄\   \  `!     │││││ U   イ ノ     ――――――――――――――――――――――――――
    〃\.  |\ ゝ.   ││  ─┤    -一'      [職業技能]
   /{   \. ! `ー >、│/   │  7´         医学 65% 運転 60% 経理 60% コンピューター 71%
    !     .y       、ー ―一 7::::::/          操縦(ヘリコプター) 41% 法律 45% 他の言語(英語) 61%
   |      /        \:::::::\ /:::::/           [個人技能]
   |  \ /           \:::::/::::::/           拳銃 60% 日本刀 89% 回避 45%   ※サイレンサー付きです
   |  ./              /:::::::/                [装備品] 防弾ベスト ※ベレッタM92FS(装弾数15発 威力1D10 1R発砲回数3)
                                   ――――――――――――――――――――――――――

114SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:28:30 ID:uuvSyh.c0

        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |    おいなんだこの完璧超人は。
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /     いやー仮にも桂小太郎の右腕ですし。>やる
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈      こいつ一人でもいけるだろ。
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ     流石に一人では無理だろうけどこの万能さはなんだ。
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/      確かに我々の誰よりも強いんじゃないでしょうか。>セ
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|           遠距離も近距離も戦えるしな。>やら
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |           その他の技能もいい感じだな。>ル
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

115SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:29:02 ID:uuvSyh.c0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|   取り敢えずコイツとお前とセイバーの三人で【シールド】を撃退するんだな。
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ   そうなるお。>やる
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/      いえ、ちょっと違います。>セ
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{         どういうことだ?
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶



             / ̄ ≧ー―― 、    / ̄⌒`ヽ
          fヘ ̄ノ ´    >    > 、;/⌒⌒´\l
        /|/´ /   .,          \      l
       〈 /   :/    /            ト、
       .∧/   :/   ./      /   ハ    ヽ
      / i   /   ./   :/ / /  ./j :|   ハ
      入レ ヘ :/   ./_ ,ノノ ノ :/./ j .j  .l   l
     / .:l  _/   .//ソノ`タ丿 :ソノ ./ イ  j :l :|    撃退じゃなくて皆殺しにするんです。
     \ _|,/ l   《フ≡ヲ乂 ./.ノソ  / イ  / /|ヽゝ
     (ヽ :〈 H    代心ノ  `   /√`代 ,イ イ ノ      その通りだろ。>やら
      >ト、.|   :| ゝ゚-       と壬レタ ノノノ
     /:::/.:.:|ソ   |.:|         /じ.ノ 》/j/|´       何でこの娘こんな笑顔なの?>ル
     //.:.:/l:.|.|  |.:|        :i  ヽ"〈 /   |
     \.:.:.:」.|:.|.|  :| |.    √`>   ゙゙゙ /  l :|        聞かないでくれお。>やる
     /:.:.:.:| |:.V、 | |      ´    .ノ|   | :|
  / ̄ ̄ ̄l⌒\ヽ |ヾ. \_     <  .j   j :|
 /      .\  \ヽ   /         .l  ノ|ノ
./         \  >-仆-、      .| ノ ソ

116SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:29:38 ID:uuvSyh.c0

       ___
     /     \
    / ⌒   ⌒ \     そ、それでは以上のことを踏まえたうえで再開だお。
  /  (ー ) (● ) \
  |  ⌒ (__人__) ⌒  |
   \ γrj¨ ̄ ̄¨i  / ズズー    OKだろ。>やら
   / j '⌒t_r=、_ノ  \
  | /  /´ `¨´     |



                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |        「成程、バレたのならもう隠す必要性もないだろ。
                    '、        |          確かに俺は【シールド】の連中に襲われたがそれを撃退した。」
                |       |
               | ,     /_.{          「あなた一人でですか?」>新八
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\    「いや、もう一人いた。
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶       今日も居たあの金髪の女性だ。」
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|    「その二人で撃退したんですか?」>新八
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ    「ああ、まぁ実際は仲間が襲われてたんでそれを助けようと
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´                           不意打ちしたんだがな。」
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}       「な、なるほど。」>新八
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

117SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:29:58 ID:uuvSyh.c0

                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |
             | !        |  ` ⌒ ´   .|    「それで、アンタが奴らをどうにかしたいって言うなら俺も手伝うだろ。」
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r      「本当ですか!?」>新八
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_         「ああ、桂さんには色々教えてもらったしな。」>やら
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ   「出来れば今日来た方にも言ってもらえませんかね?」>新八
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



      ●┃┃
        ━━━━  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●
      ●┃┃

118SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:30:23 ID:uuvSyh.c0

                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/    「すまんが、さっき言った金髪の人しか来れないそうだ。」
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ     「あ、良いですよ元々無理を言ってるんですから。」>新八
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、     「それじゃあ外に出て待ちましょうか。」
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |     それじゃあ二人が外に出て待つこと数分でセイバーがバイクで到着するお。
     \      `ー'´     (⌒)
      >          ノ ~.レ-r┐、
     /          ノ__  | .| | |    だいぶ速いな。>やら
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´

119SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:31:23 ID:uuvSyh.c0

                                   __
                          _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
                        ,.:.´:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヾ:.:/`:.、      )
                       ,:´:.:,:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:`:.,
                      ,':.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:;i:.:.:.:.li:.';.:.:.;.:.:.'.,
                     ,':.:.:.:,!:.:.!i:.:.:.:.:.:,','!:.:.:.:.|!:.:',:.:.i:.:',:.',
                     !:.:.l:.i:.:.il:.:.:.:.///|:.:.:./ l:.:i!:.:.!i:.:.i.:!
                     l.:.:!:.l:.:.|レ'/i/i/:|//  |:.l!:./!:.:liノ    「全く、いきなりすぎるぞ!」
                        'i;:i;;|:.:.>≧trミイ'i/  i/メノソノ
                        (`|:.:ヾ辻.j ヽ    イj夕゙ソ:.:|
                        ゞ|:.:.i|´ ̄      弋ゾ/:.:.i!      「すまんだろ、だけど時間もないわけで・・・」>やら
                       /∧|!:.i|      '   /l|:.:.i:!
                     //:.::.i:|!:l|\  ´ ̄  / |!.:i:!      「まぁいい、それで本当に【シールド】の奴らを殺れるんだろうな?」
                      /∨.:ノ',|!:|!ー 、` - :iヽ、 l!.:!i
               ,,、、,,..__,、-ー"i;;;;;',;|!',:::::::::>v′::iヘ.|!/_
               ;';;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l;;;;;;;';:!::',::::::/i;:;:;:ヘ;:::!;:;:;i /;!`"゙l:i;;;ヘ    「それは、本当だろ。」>やら
               ;';;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;'.,:::::∨::`i;:;:;:i∨!;;;;;;;;i,;;;;;;;!i;;;;;;',
              ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;'.,:::::::::::::!:;:;:;:l;::::l;;;;;;;;l,;;;;;;i:!;;;;;;i
               i;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;l,;;;;;;i__;;;;;;;;;;;';,:::::::::!;:;:;:;:;i;::::l;;;;;;;;l;;;;;;i:!;;;;;;l



 .                イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 .              /: .:::: :: :::: ::::::::: :::::::::::::::::: : ::: :::::-、ヽ
 .            / :: . . .::: :::::::: :: :::::. ::::::: ::::: ::. :::.::ヽ.ヽ
 .           ハ ::: .: : :::: : : : : :::. :::. :.  :: :::::::::ヽi、.
 .           ,': ::: :: ::   :: : : :   : ::  :  : :: ::::、ー-、.
            i::: : :::: : :: :: :: : : : :: :::   : ::::: ::::::::::ヽ、
 .            ::: :: : :: :: ::::: :::: ::::: : :: :: :: ::::::    ::::::::::::::::::::ヽ、
            i!:: : : ::: : ::: :/、:::::::::::::::: :、 ::: ::::::: :  :::::::::::::::、-、_ヽ    「それじゃあ、向こうに車が停めてありますので
 .           ∨:::::::::::::/i::i ヾ:::i:::::iヾ:::iヾ、:.i、:i::::::::::::::::::::::-ヾ.  ヾ         一度先生のご自宅に向かいましょう。話は車中でしますので。」
 .            ';::::::::/i:i i::i`_ーヽiヽ:ヽ ヾi'ーヾiヾi i::::::r、:::i ヽ::ヽ
              ハ::::::iヽi '、弋ンヾi ヾi_r 弋ソ`,ヾi'i:::/ i::::i   ヾ、
               { ヾi ヽ、二´ ノ  ̄ ヽ、_ 二ノ i:/ノ ハi`       「よろしく頼む。」>セ
                ヽト.                 iム/
               i:'、     、 ,      /i::i
                     i/ヽ、   , - 、     イハi
                    ヾi ヽ、 .`ニ´  /iイi
                  _i  :`ヽ、 __ , イ   i'、_
                /::i   : : : :.      i::::::`ヽ、
              _ノ:::::::::i            `i:::::::::::ヽ

120SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:31:45 ID:uuvSyh.c0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\    それじゃあ今回はここで終わるお。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i     次回は桂小太郎防衛編だお。
   ヽ、    `ー '   /     
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ       
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



      ,.r<´,.ァ ,/  }j /         . \   ,r‐r-、
     / / .ァ //    ,.r'"、            ',   ハ ゙ー \:\
.   / / / ∧!  /‐-、 \ 、           }  ハ    ヽ:、`゙ヽ、
.,/ / /  / i_二/ `゙ヽ. \ ヾ!         .'   ト、    ! ',ヽ\`゙ヽ、       今回もこのスレを開いて頂き有難うございました。
' /  /   ,' ,,..<     `ヽヽ__} 、      '     ,' `ヽ _,ノ.ィ.! \ \\\      次回もよろしければ見に来てください。
/ __ ,'   /         / `ヾ} {\    ,.'   /    \-'"| !  ヽ \\\
"´  ゙!レ´`/      /¨´i     ` ̄ヾヘ、 ,'  /フ ゙Y´   ハ  !|   !|  ヾ. \\   続けて番外編のPL集合編を行いますので
    ,.z<´、  __,.z≦^i、 !    /(__ノ ヾ}/ッ '",,.--、; -- '  ヽリ   l.!    ヾ  ヽヽ          良ければこのままお待ちください。
  /  ` ̄´ 、  、 ヽ \r-、 ,{  ,.-、 `´ _ ー') ヽ     ヽ /ーヘ.|/`ヽ. ',__ ヽヽ
  ノ       ゙} ヽ ヽ \ 人. マ―ヘi |  / ノ ./   \       \. リ    i| У マハ
 {         r' .__ ,-ヽ V´ヽ. !`ヽ |l. !  i ! {      ヽ.     ハ.     リ  `ヽ ハ
  `ヽ--シ7 ノヽ i⌒! Y´ヽ.ヽ. }.|  ,!} ! マ .| l  `ヽ. __,)   ゙i      〈          ヽ!
  ,..z≦ / | /´ハ.', マl、.  ! ! ,レ  リ、\ヽヽ. \二〈     ゝ、    ハ            |
       八ゝ_ `  ヽ!  レ'     ./\.ヽ ヾヽ\ノ--:、    ヽ    ハ
        ヽノ          /   ヽ. \ `ヽノ) r- )     ',   .ハ

121SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:34:36 ID:uuvSyh.c0

      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \    皆様、お初にお目にかかります。
  |       、 ´      |    【やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフTRPG 番外編】のGMを努めますできる夫と申します。
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \    それではこの番外編の方もお楽しみください。
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     それでは、始まります。
    ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、    /      (※注意 キャラ崩壊が当たり前なのであしからず。
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |             原作でとは違う喋り方になる場合もございます。)
    `ー---‐一' ̄

122SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:34:57 ID:uuvSyh.c0

           |
           |                                  |
           |                                  |
           |                                  |  _______
           |        ______                |  || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||      |||      ||      〜とある部屋〜
        ,'| |          ||        ||        |l二二二二二l||  ||      |||      ||
         |.| |          ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
        |,' |          ||      .0 ||        ||_____|||  ||    []|||[]    ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
    ../ /.|――n|  |___.||____||____|l_____l||  ||      |||      ||
   / //||_.n/||.ー‐'                  L二二二二二」|_||___|||___||_
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.          ________,,
  l.|   | |/, '| ||レ!'||          ./          /l
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~       /          //ll
  |   | l,, "/~         l二二二二二二二二l/ ~
  |   | |/           |_|,!         |_|,!
/  ̄ ̄



      |ヽ       , <::::::::::::::::::::> 、
      ' ,::> 、r'≦三ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ/    <ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /      r ニソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      i     , <:::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::|::::::::::::∧
.    r―――- <:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::|::::::::::::::∧_ __ ,    はぁー緊張するなぁ・・・
.     |       `>::::::::::::::::::::::::: ::|ー――:::::::::::::::::::::::::::ノ     まさか、初めて友達を自宅に呼んですることがTRPGだなんて
    |       /::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ|∨:::::::::::::ヽ/                            明らかに特殊すぎるもんなぁ・・・
.    |      |/::::::::::::::::::::::|::::::::::::|、____∨::::: ::::::::〉
   |       :|:::::::::::::::::::: :::||::::::::::'弋二ソ ' |::::::::::::::/`ヽ        [黒木智子(21) 大学生]
    |         |::::::::::::::::::::::::|:|::::::/  `二´  |::::::: :::/  :∧
.   |       |::::::::::::::::::::::/ |:::/、  """" |:::::::::/   ∧       うっわ、ついに来たな・・・
   |        :|::::::::::::::::::::/ |/        |:::::::/    ∧
.  |       :|ヽ::::::::::::::/、   ´ `  イ /::::::, へ    ∧       . n__ o.   _     __n__ o        . _
  |        |\ヽr'´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ー, ∧     | r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
__|        |   〉                      〉__ ..∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ
  |         |_ _|                        /       ヽ
  ヽ      /   :|           _____ _/         \
   `<_>´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

123SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:35:15 ID:uuvSyh.c0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::||   ⌒_\          お邪魔しまーす。
 |:::::::::::::::||●) (●) \         黒木さんいますかー?
 |:::::::::::::::||  __´__    |
 |:::::::::::::::|| `ー´   /         [入速出できる夫(21) 大学生]
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ /   . ||           あ、ど、どうぞ・・・>黒木
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \    いやぁまさか黒木さんがTRPGをご存知とは
     |       __´___    |        なんとも幸運ですよ。ちょうど人数が足りなくてですね。
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ         えっと・・・私も一応知り合い読んでおきましたけど・・・?>黒木
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|         おおっそれはありがたいです。
    | ヽ〆           |´ |

124SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:35:57 ID:uuvSyh.c0

           ___ _
  ,ヘ     , <:::::::::::::::::::::::::> 、
  |::::\_ イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    〉::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::∧
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ∨:::::::::::::::::::::∧    そっ、それにしても他の方遅いですね・・・
   |::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、_∨::::::::::::::::::::::|    (何でそんなにハキハキしゃべるんだよおおおおお!)
   |::::::::::::::::::::::::::,|::::::/___|::::::::::: :::::::::∧
   /::::::::::::::::::::::::/.|::::/ ゞツ,|::::/::::::::::::::::::::\
.  /:/:::::::::::::::::/ :|:/ ー‐' |:/::::::::::::::::::::::::::::\     そうですねぇ、もう来てもいい頃なんですが。>できる夫
 / |::::::::::::::::/.  /   u. / |:::::::::::::::::::::| ̄ ̄`
    |:::::::::::::/、 マ==-'  /:::::::::::::|:::::::|
    |::::::::::/::::::> `二´ .</:::::::::::::/::::::::|        用事とか・・・ですかね・・・
    |:::::::/::::::::::, <i  ノ /:::::::::::::/:::::::::∧
    |:::/::::, < / |_/三〉 /::::::::::::/ > 、:::∧       .n__ o.   _     __n__ o        . _
    |/|:::/ , ./ |ヽ三i |:::::::::::/  / ヽ:∧    ..| r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
   / .|:::| i ヽ | |||| |:::::::::/  /   |:::::,     ..∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ
     |:::| | ノ | |||| |::::::/   :|   |:::::|
     |:::| | ヽ | |||| |:::/    |   |:::/
    ノ/| ,   r'⌒ユヽレ' =   |   |/
    /  | ∨  〉    .〉、     ノ   |



            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \    あっ来たみたいですね!
      /   ⌒  ⌒ \ )          私が見てきますよ!
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/         あ、おねがいします・・・>黒木
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´

125SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:36:15 ID:uuvSyh.c0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::||   ⌒_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \  どなたですかー?
 |:::::::::::::::||  __´__    |
 |:::::::::::::::|| `ー´   /    \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 |::::::::::::::(_____ノ´||      ≧ だから、お前らが                 <
 |::::::::::::::(_ノ /   . ||  -=ニ   智子とどう言う関係だって聞いてるんだ! ≦
 |:::::::::::::::||/    ||      ≧                             ≦
 |:::::::::::::::||      ||     /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄ u|!l     どうって言われてもな・・・
    ,イヽハ  u     〉     !ノ、         今から一緒にゲームをする間柄としか・・・
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \    [相良宗介(21) 大学生]
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ     どっどうしたんですか?>できる夫
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

126SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:36:56 ID:uuvSyh.c0

      ー-==ー--zz/////////////////\l//}///
    _,.,.,-― 777///////////////////////////_ ̄==-、
 -=ニ二_/////////////////////////////////////7ー,、
        ,.////////////////////////////////- 、////,\
    ,. '"_,.//////////////////////////////////}/////.、\
  , '"'"´///////////////////////////////////,!'////∧ヽヽ
     /////////////////////////////////////,l////∧,l ヾ、
.  /,..'/'////////,.'―-////////////////,/////'!///,!/,!リ
. ,./''" ,.'////////'/   ////////////// ,'"//////,l/l//,l//!
'   //,'///,//,'/   ////////////// /' //',////,l/!'//l//l     あっできる夫!
 _//_,..//!/7'/ー-, /////////_'///_'__/"_//////l/l///l.l/l      お前からも説明してやってくれ!
´  '゙   /"  l'/////,l '/`'/// // ,゙// '. ̄て;゙/ ///'/j,!/l///| V
           l/////,l," l'// l/ l'/    ̄ ,'゙ /'/;∧ l/ }///        [井ノ原真人(21) 大学生]
        ,l//////ヽ l//  '   ゙          l/:::::::::. 、 リl'/
.        /l/////// l/ー              ' :::::: /  l/         おいっ!聞いてるのかっ!>
      _/=l// ," '゙   i  ヽ          ___
    ,. '"ニニl       !    、       {.__/ /
-‐=ニニニニニl         !      、       ー  'ー ._            じょ、状況を説明してください。>できる夫
ニニニニニニニl        l         > ._    /二二二ニニニ=ー-、__
ニニニニニ二二l      l      / ヽ  ̄ ヽ二二ニニニニニニニ\
ニニニニニ二二/          ,ノ    !     /二ニニニニニニニlニニ\
ニニニニニニニ/       !   /      l   /ニニニニニニニニニ!ニニ\



          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \      どうもこうも、そこに居る娘が俺らを中に入れてくれないんだ!>真人
     /      u (●)  \
     |           __´_ |     そこに居る娘って・・・
      \    u   .``ー/
     ノ           \

127SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:37:12 ID:uuvSyh.c0

             /: : /: : : : ; ィ ´: : : : : : : : : : : : : :ハ,r-、
         /: : /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : :\
         / : /: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | : : : `i
        ,: : /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :,
        ,: : /: : ;r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : ,
          l: :/: : /: : : : : : : : : : :// : ィl: : : : : : : i : リ: : : : : : :!
       ,: :/: / : : : : : : : : : ,へ /: /|: : : : : : : /: /i: :/: : : : :|     その娘だよ。>真人
         l: /: / : ;ィ : ∧: |ィ',ェ、_ `メー -!: ;イ: : _ zレ= |:/ : : : : : |
        |:/ /: ;イハ : l : : {/7叨テ宀、 |' /: :/,≦z=、|' |: : : : : ;'
       ,/: :{ 从 ハ: : : ト:ゝ弋少 ,'   ,: / .ハ咋 ト/!/: :イ: ;'     なんだよっ、お前もこいつらの仲間か?
        ,: : ハ: !|: : : \:ハ \  ̄`    ´    トソ ´,/;イ; イ: /
      ,: : : :ハ||: : : : : :\         丶   -イ-イ:! } /      [逢坂大河(21) 大学生]
        ,: :/ : : `i: : : : : : :>、               / : /: |/'
       ,' :/: : : : ハ: : : : : ハ:| > 、    ⊂ァ  , ィ´: :イ: : !
      /:/: : : : : : ∧: : ヘ:ハュ、   > _ ィi´ : : : : ∧ : |         この方が真人君達を中に入れてくれないと・・・>できる夫
      !/: : : : : : :/: >: : :ヘ:ハ   `ー--、rトi: : | : : : : /:ハ: :ヘ
     /: :,r - - - ― \: :ヘ:ハ  _/=醞ェト : |: : : :/: : :ハ: ヘ        当たり前だよ。知らない男たちを智子の部屋に入れれるかよ。
     /: ,´:::::ヽ:::::::::::::::::::ハ: : ヘヽ=人ィ介八y-|: : :ト― - -、ヘ
   /: : |:::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヘ: : ヘハ  //|||ト``!:/: : :|:::::::::::::::::\\



                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二       .Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ     | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=   ... ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二       |_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ    騒がしいので来てみたら・・・これどういう状況ですか・・・?
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=    あっ!黒木さん助けてください。>できる夫
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ    取り敢えず、迷惑なので中にどうぞ・・・
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=

128SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:37:36 ID:uuvSyh.c0

         ●

         ●

         ●

.     ┌───────―┐
        |  只今          |
        |    説明中      |
        |         だぞ   |
     ,┴-、______..,-┴.、
.     |   |  \    /\   |
     .l   l  (●)  (●) \ .|
     .|   |   ____'___    |  |
     .|   |    `ー'´  / /
      ゝ             ノ
      \          /
       /             |
      /             |

        ●

        ●

        ●

129SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:40:55 ID:uuvSyh.c0

                , へ ,,
               γ: : : : : `. 丶、
             ,,,、ソ: : :/: : : : : : : ゝ 、
          γ´: : : :`: : ´: : : : : : : 丶: : : \
        , ヘ: : : , 、: : : : : ⌒`\: : : :\: : : `,
          /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : :\: : : ',: : : ',
       /: : : : :.{: : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : :',
       |: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : :',
       {: : : : : :',: : : : : : : |: i: : : : : : : : : : : : ',: : : : ',      そういう事情があったんですか
       |: : : : : : :',: : : : : : |:人: : \: : : : : : : : ',: : : : ',            早合点してしまってすみませんでした。
       |: : : : : : :人: : : : :レ  \: | \: : : : :入:}: : : : ',
.        ',: : : : : / ー 、\: |ー-  ゝ  〉: : : :∧:|: : : : : ',
       ',: 、: : \.  ' ヽ'  --- /: : ,: :/:|:ヽ: : : : : :',     いや、誤解が溶けたなら気にはしない。>真人
        ',: ヘ: : __>. ̄ ,   , , , ιイノノ: :|: : :\: : : : ',
        ∨ ゝ ハ    __    イ|: : : /\_',: : : : :',
                 `, ー , __,,,,  イ  |: : :/:::::::::::::::'ヘ: : : ',    ああ、そうだな。>宗介
             (:::}: : |::::::', /\ノ: :/::::::::::::::::::::::::::',: : : :',
             |::}: :ノ:::::::>イ/▽>/: /::::::::::::::::::/::::::::',: : : : \
             ',/: {::::::::(// ハ/: :/:::::::::::::::::::|::::::::::::',: : : : : :\



           ト          ___  __
           |:::ヽ    , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ':::::::`, <::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::\
           ヽ:::/::::::::::::::::::: :::::::::::: :::/|:::::::::::|:::::::::::::::∧::∧
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/:::|::::::: ::|::::::::::::::::::∧:∧
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::∧:∧
          /:::::::::::::::::::::::::::::::: :::/::::::/ヽ:::::::::|::::::::::::::::::::::∧:::|
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ∨::: :|::::::::::::::::::::::::::|:::|
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/    ∨:/:::::::i::::::::::::::: ::|:::|
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ー =、 ∨|::: :/:::::::::::::::::::|:::|    全く、少しは落ち着いて行動してよ。
    />´/::::::::::::::::::::::::/_/:::/  _  ヽ  |:::/:::::::::::: ::::::::|:::|
 ー ´   ./::::::::::: ::::: ::/゚ツ//   ´ ̄≧=、  |/::::::::::::::::::::::::|:::|      ごめんってアンタ男友達呼ぶなんてありえないからつい・・・>大河
      /:::::::::::::::::::/´ ¨/ゝ     弋辷ツ≧:::::::::::::::::::/:::::::|:::|
.     /::::::::::::::::/::i ""        """" /:::::::::::::::::::/:::::::::|:::|
     /:::::::::::: /:::::::ヽ               /::::::::::::::::::::/:::::::::::|レ' 
.    /:::::::::::/:::::::::::::::::\  `こヽ     u. /:::::::::: :::::::::/:::::::::::::|
   /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      </:::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::| 
.  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー  < /:::::::::::::::::::::/::::: :::|:::: ::|
 ノ::://:::::::::::::::/ ̄`〃^ノー-|    /:::::::::: :::::::::://:::::::::|ヽ: :|
´  ̄ /:::::::r≦二ヽ//./ ヽ/| ̄/:::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::| ヾ|
    /::::/ __ー、 〉´ ./ |////|/:::::::::::::::::::::/ヽ::/::::::::::::::|

130SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:41:11 ID:uuvSyh.c0

         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \    まぁ、何にせよこれでPLが全員揃ったわけですね。
     |       __´___    |    それじゃ早速始めましょう。そうしましょう。
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ     えっ?何かするのか?>大河
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|     えっ?
    | ヽ〆           |´ |



                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \: .
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : : .
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : : .     いや、だから何かするのか?
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ     えっと・・・これからTRPGをするんですけど・・・?>できる夫
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.      何だ、アンタ等もできるのか?
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :.
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.     もちろんです。>できる夫
.   /: :/ j!: : :./:.{::::::::::::::l::::ヽ:ト、:、/ | }!\/:::::::.\:\: : : : : :.
   ,: : / j!: : /: : |::::::::::::::}:/:::リ:::ヾ! ! i!}::::::::',:::::::,:.\:\: : : : .

131SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:41:27 ID:uuvSyh.c0

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !    何だ、すると全員一応は経験者なんだな?
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \     ええ、一応。>もこっち
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \     それは話が早い。
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / 



         ,,,;;;://///////////////////////////////,ー 、
       ,. ''" /////////////////////////////////,ヽ///, -, _
        '" ///'////////////////'///////////////////, ー--"''ー-
      _,. ''" ////////イ////// //////////// i/////l'//,ヽ
           //'///// //////  /////////i'// `l/////!////\
         /' /////'  //////7 ̄////////-i//   l/l///,!//,\ヽ\     俺も基本的にじっとしてるゲームは苦手だが
        _/_///,.-''"///////!´ '!'/////  l'/ ̄_.、!/l///l'//∧ヽ ``              アレだけはハマってるもんなぁ。
      /   .!'/ l///////////! l !i'///'"  .|/ ´ iゞ!>!//,l ヽ 、\
.      /    l/ /l//////////∧ヽi'//    !   ` !l/!V/!     ``      難点はメジャーじゃないから人数がいないところぐらいですよ。>できる夫
     /     / .,//////////// ヽ!/         ! ∨V,l
  /     / ., -!/////////   ;'              、リ            俺もオフでやるの初めてだ。>宗介
 '-―――,.'"  /ニ\////' /   l        (⌒ 、   ´
       /  , /二ニニ\       !  \    ` -` ′
        '/ ./二二ニニ\          、   /                  じゃあさっそくやろーぜ。
   _,/ニニニニニニニニ/          , _   ; ヽ
=ニ二ニニニニニニニニニ/     !    /、- ._  ̄  /
二二ニニニニニニニニニ/     !    '  \;;;;;;;;,,,./ニニ=-、
二二ニニニニニニニニ\    l  /    ヽ;;;;;;;;ヽニニニヽ\

132SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:41:47 ID:uuvSyh.c0

      |ヽ       , <::::::::::::::::::::> 、
      ' ,::> 、r'≦三ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ/    <ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /      r ニソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      i     , <:::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::|::::::::::::∧
.    r―――- <:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::|::::::::::::::∧_ __ ,
.     |       `>::::::::::::::::::::::::: ::|ー――:::::::::::::::::::::::::::ノ      と、ところで誰がGMするんですか・・・?
    |       /::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ|∨:::::::::::::ヽ/
.    |      |/::::::::::::::::::::::|::::::::::::|、____∨::::: ::::::::〉
   |       :|:::::::::::::::::::: :::||::::::::::'弋二ソ ' |::::::::::::::/`ヽ        ああ、それを決めなくちゃな。>宗介
    |         |::::::::::::::::::::::::|:|::::::/  `二´  |::::::: :::/  :∧
.   |       |::::::::::::::::::::::/ |:::/、  """" |:::::::::/   ∧       私はしたことないわよ。>大河
   |        :|::::::::::::::::::::/ |/        |:::::::/    ∧
.  |       :|ヽ::::::::::::::/、   ´ `  イ /::::::, へ    ∧       俺もやりたくはないな。>真人
  |        |\ヽr'´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ー, ∧
__|        |   〉                      〉____
  |         |_ _|                        /       ヽ
  ヽ      /   :|           _____ _/         \
   `<_>´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



        / ̄ ̄ ̄\
       / _,ノ  ⌒ \
     /  (●)  (●) \
     |     、 ´      |      皆さんご心配なく。
     \      ̄ ̄   //|     GMは私がしますよ。
     /     /⌒ノ ̄ ̄ | ( )
      |   \ / / ル   |  .|      あ、じゃあ頼むぜ。>真人
       \  “  /l ルブ |  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄|_____|./ ̄ ̄ ̄

133SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:42:09 ID:uuvSyh.c0

            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ     それじゃあ、早速キャラ作りといきますか。
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ       はーい。>四人
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



                     __
            _        ∠´ : : : : `ヽ、
           r', ‐>ァ ⌒: :´ : : : \: : X,´-、ヽ
.           { レ: :/: : : : : : : : : : : : ':,: : l  } }ヽ
           /: :/: : : : : : : : | : : : : : ':,: |二ノ : :ハ
.          / : /: : : : : : |: : :| : : : : : : ':,| : : : : : : ',
         /: : :i : : : : : : l:.∧lヽ: : : : : : :|: : : : : : : :,
          |: /l |: /、_: : : |ムヒ´V : : : :ハ| : : : : : : : ',
          |:.| |:.|/,ィぇ、\{ ´んテア: : : :/リl : : : : : : : :i  .┏┓                                            ┏┓
         V .|: : : 杙リ   弋ソノ| : ,i: : :|: : : : : : : : |  ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
           _V\{  ゙       ノイ : : リ : : : : l: : :.:| .┏╋────────────────────────────╋┓
      _/ .r_´⌒\  ,、   / /: : :/: : : : : :|: : : | . ┃|        只今キャラ作成中につき                     |┃
     /〈r 、 .|' }   }` - ィ ´〉, /: : :/, ⌒ヽ: : l: : : :| ┃|              少々お待ちください。                |┃
      vヽ ー' '` ´  /   ハ: : ) /: : ノ/    ',:.:| : : :リ...┃|                                            |┃
      ーr', '⌒ヽ   |    ィ:./ リ : ( {     ',.|: : : | .┗╋────────────────────────────╋┛
.       { {    ノ   .|  / ハ{}∠ イハ ,       }: : : :| . ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        l ー ´    |  //ミ、  ィ彡ヽ |       |.:.: : :| . ┗┛                                            ┗┛
       l ''''''''''''  | //ミ、、   ,ィ彡゙|     l l: : : : |                /゙ツ  )
.      l      | ' 〈==-    -==l     l.l: : : : :',           /ミ、/ ̄
.        l       彡, 乂彡´   `ミ,メ|     リ: : : : : :',             |  .|
        l      彡,, 乂  ,,,, 、,メ,,,ノ__    l : : : : : : ヘ         |ミ、 |
          l         }/∧X_,,メ/   `ヽ、l: : : : : : : : :ヽ.         |  .|
.         l      ノ   ヽ /-=ミュ、    }ヽ: : : : : : : : :ヽ       |ミ、 |
.          `ヽ、 __ /   /-=ミュ、 `ミ,   ノ ヽ : : : : : : : : ヽ      ノ、 .|
             _ /      `ミ,i  '' /    λ : : : /: : : :) __ /ヾl ノ
           /  _           ''  /    ノ::::>:.:./: : :/   ツ  /
         /  /            /,,,=,,,=,,,イ::ノ::::ヽ: : : ( ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ /         /V ol 二[]二イ`'::::::::ヽ: : :ヽ
            〈   /    /::::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: ハ: )
             ヽ‐<    ノ::::::::::l::::::l:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;; ノ/ .}/
              / ` ― ' '''' ;;;;;;; へイ;;   ''''''    //

134SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:42:30 ID:uuvSyh.c0

       ー=≧´///イ//i//i//∧/ヽ//////\
       /////// i//,i//i///∧、/ヽ///ヽ/∧
       イ///////∧/,i//i∧//∧\i::\∧',`ヾ
     ´   i//i/ i///≧、 i//!/i≦/∧-=…}\}ヽ
       i/   i//!゙ー゚ i/'i/'ー゚‐ヽi {'  ii',::::::::::}    おーい、全員完成したぜ!
           i/i|i   ノ       -彡,∧:::::::!
             、  `       "∨  ヽ::/
                 \    _,    /  ',`ヽ '    おぉ、それではお披露目と行きましょうか。>できる夫
                 γ\ ̄  イ  ,   ヽ∧ 、
            イ{ /',  ̄    /  イ// 〉/`ヽ
          , <//∧   i、.   / /i´////,//////\    あっ、じゃあ私から行くわ。>大河
       ノ///>' ∨'   !   / / |!//>´/\//////`ヽ、
   .<//> ´/////i┐ヽ i ゝ-┌i-‐´//////\///////`ヽ
 γ///>´////////,ioi‐------‐i }!///////////\///////,\
 ,//>´///////////i/!:::::::::::::::::::::i/!/////////////\///////∧

135SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:42:57 ID:uuvSyh.c0

                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \:
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : :
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : :
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.           取り敢えずこんな感じね。
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{   .PL名 秋月清夜 職業 大学研究員 (年齢 26歳) 日本人 PL:逢坂大河
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.  能力値
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :. .STR 16 DEX 16 INT 17 アイディア 85
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.CON 15 APP 18 POW 15 幸運 75
.   /: :/ j!: : :./:.{::::::::::::::l::::ヽ:ト、:、/ | }!\/:::::::.\:\: : : : .SIZ 9 SAN 75 EDU 20 知識 99
   ,: : / j!: : /: : |::::::::::::::}:/:::リ:::ヾ! ! i!}::::::::',:::::::,:.\:\: : 耐久力 12 MP 15 ダメージボーナス +1D4
  /: /  j!: :/: : : :.,::::::\::!::::/:::::::::::\o!::::::::::}:::::::,: : :ヽ: ヽ: : ::.
.  { : {  /: :/: : : : :∨::::::::\r-// ̄::`ヽ、:::::,ィ´二ヽ: : :}: : .技能(職業技能点:400  個人技能点:170)
  ,: :| ,/: :/: : : : : : :∨::::::::::∨/o::::::::::::::::`ヽ、 =-ヾ!: : l: :..[職業技能]
   ヽ/: : :{: : : : |: : : :∨:::::::: ̄`丶_o::::::::::::::::::`ヽ、:::::}、:j:/: 考古学 89% 信用 20% 心理学 89% 他の言語(中国語) 89%
    /: : : :|: : : /l: : : : :∨::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::}/: : 説得 16% 図書館 89% 値切り 6% 歴史 89%
    {: : : : !: : :{ !: : : : : ヽ::::::::_:,..:::-::O ̄i`ヽ、::::::::::::l: : : .[個人技能]
    \: : \: \\: : : : :`7´:::::::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ::::::/: : : .応急手当 48% オカルト 20% 武道(少林拳) 60%
      `ヽ、}: : :} \: :./:::::::::::::::::::::O::::::::}::::::::::| ̄: : : |: キック 60% 杖 40% 回避 60%



         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\    おお、かなり強いキャラになりましたね。
    /,'才.ミ).   、_',__,    \
    | ≧シ'           |   しかも、APPに至ってはカンストですよ。>もこっち
    \ ヽ           /

136SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:43:15 ID:uuvSyh.c0

           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|    これは本当に良い中々心強いじゃないか。
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!       しかし、ちっさいなSIZが9とかほぼ最低値だぞ。>真人
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧      それに関してですがね。>できる夫
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\



         ___
       /     \
      /   \ , , /\     これは、合法ロリってことですよ!!
    /    (●):::::(●) \
     |       ___´__    |    成程!しかも外見MAXの天使ってことですね!>もこっち
      \      |r┬-|  ,/、
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ    そう、まさに男の夢ですよ!
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

137SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:43:50 ID:uuvSyh.c0

       |;;|;;;|             /: : : : : : : : __: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : ',
       |;;|;;;|               /: : /~`:.ヽ/: : : `:ヽ : : -―: :、: : : : :',: : : ',
        |;;|;;;|            |: : /: : : : : :/: : : : : : : : \: : : : : :',: : : : : |: : : :|
        |;;|;;;|              |: :/: : : : : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : ',: : : : :|: : : :|
.      |;;|;;;|               |:/: : : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : : : : ', : : : |: : : :|
.      |;;|;;;|           /: : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : : ', : : :.|: : : :|
.       r⌒'|-、         /: : : : : : : : : : : :',: : : : : : : : : : : : : : : : : ',: : :|: : : :|    よーし、バカ二人はそこに正座しな
     ,ゝ´`、| |         /: : : : : : /: : |: : : :' ,: : : : : : : : : : ',: : : : : :', : :|: : : :.|      今すぐに殴り倒してやるからさぁ!
.    //~\)ノ          /: : : : : : :|: : / V: : : :',: : : : : 人: : : ',: : : : : ', : |: : : : |
.    〉 -―― 〉        |: : : |: : : :.|: /\∨: : : ' ,: |: :/  \>',: | : : :', |: : : : :',
.    〉 _,,,,--<        |: : :人: : /|/>之心: : : : :|ノ 少<ヽ| ',|: : :i: ':| : : : : :',
.    |  _,,,,--<         ',: :/: :', : \ 弋{ミノ',: |: : :| ≦(壬}ソ  ノ: : : |:. |: :/ : : : ',     すんませんしたぁ!!>二人
   γ|\r⌒|ノi         /|/:|: : ', ',-,,,\ ~~. .V \|  ~¨¨  /: : : :|: : |: |: : : : : ',
   |::|  r⌒|ノ|           /: : :|: : : ', ', ,', ̄    ,         _丿 _ノ:∧: :|: |: : :|: : : ',
   |:::\r⌒|/|          /: : /|: : : : ', ; ',\           ,    ゝ''''|: :/: ∧ノ: |: : :',: : : :',
    |::::::::r⌒|(~\     /: : :/_|__iへ|~';:::',: :` 、 .` ー‐‐   ,. ´ / :ノ:/:./: : : :.|: : : ',: : : :丶
.   |::::::: r⌒|人_\__,,,--−''''::::::::::',::::::::::|:::',: : : }.::` ー 、 . 彳,,- /: : ソ: :人: : : : |: : : :', : : : :     よし、二度と茶化すなよ。
  |:::( ̄ ̄     丶_::::::::::::::::::::::::::',::::::::|:::::',: : ):::::::::/  ソ~ ノ: : , -'''ー 、:ヘ、: : : : : :',: : : :
.  |::::::/ ̄ ̄      | .|丶ー-,,,,__::::::::\:::|::::/: :ノ:::::≪彡& /: /:::/::::::::::::~ー ヽ,: : : : ヽ: : :
  |::::::( ̄ ̄        |. .|::::::''ー<_二ー、\/: :/::::://:|///:/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : 丶:
  |::::::イ ̄ ̄      / |::::::::::::::::::::''ー-,,,_〉/: :/: : : 从| /: /:/::::::λ_,,,,--―:::::::::/: : : : : : : : :
. .└--''r⌒|二ー---|_|::::::::::::::::::::::::::::::::::''ー-,,_::::://::| /_: : :|:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∧: :',: : : : : : : :
      |;;;;;;|      | /::O::O:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''ー ―┤`-´::::::::::::::::::::::::::::::/:::/: : : ',: : : : : : :
.      ̄      レ_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::|: : : : :',: : : : : :



        ___
       /     \
     /   ノ   ヽ\    えー、次お願いします。
    /   ( ー)  (ー)\
    |    | | ___´___| |  |   よし、俺が行こうか。>真人
      、   | | `ー '´| |/
     ノ    | |     | |\

138SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:44:09 ID:uuvSyh.c0

   ///////////////////////////>
   /////////////////:i//////////ニ=‐
   /////////////ィ//::::|////////〈
   ////////////:://≦~!/,ィ/ハ///!/\
   ///////////'~{/ r tラl/ |/ ∨八 ̄`
   /////////,'! /   ¨´ /   `i/}       俺はこんな感じだな。
   /////r‐ マ/{             ´/ |
   /////{  ∨              , |
   /∧//,\__           ー‐ _   |     .PL名:上湾 二塔 男 職業:格闘家 年齢:22歳 PL:真人(リトバス)
   /{ V/////}ヽ              |       STR:18  DEX:9  INT:8 アイデア:40
   '∧ /V////  `ニ=- ___  ′     CON:17  APP:16  POW:8  幸 運:25
     }′ }! V'          {          .SIZ:15 SAN:40 EDU:12 知 識:60
       r‐=ニ{      \       | ┐      H P:16  M P:8  ダメージボーナス:+1D6
       |     ̄ ̄ ̄ ̄|、     | }!__   . ――――――――――――――――――――――――――
       |            |    ヽ \   `  [技能](職業技能点:240 個人技能点:80)
    / ´ ̄ ̄ ̄  /` ー┐   \ |    [職業技能]
   /          /    O | ̄`   }!     回避 78% キック 80% こぶし 80% 組みつき 45% マーシャルアーツ 76%
  /  ――- 、  /       ヽー一'"\    .[個人技能]
          \,′       \    \ ..登攀 60% 跳躍 50% 目星 50%  聞き耳 35%



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j    でた・・・マーシャルキック・・・本編では飽き足らずここまで来るなんて・・・
     \、   ゜   ̄ ,;/゜    (※ハウスルールは本編と同じとします。)
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \      だって、結局これが安定じゃないか。>真人
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

139SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:44:27 ID:uuvSyh.c0

.         { 丶.,,__,,.   -‐===‐- .
        \   /              `丶、
.           `7´                   \
            /           ∧          ヽ
.           /          / l            .
        .゙      |   / ___l  ;   /      i
          i       l   /´  l  i /         |     しかし、このキャラもまたイケメンですね。
.        |     ′ / _..∠..l. И        |   
.        │   / / ´ 7T ミト、|        |       そうだな、APP16もあるからな。>宗介
          l    //     乂_彡'` l         ゙    
.          人  }{ ′  : : :´¨`: :  l     /   \      何でしょうねイケメンというだけで出るこの感じは。
.          冫、八  _       U   ノ   /     厂
        /     \ `   ,u  ´/  /、   '
        /  ノl   , `7 ハ,-‐ /  /  `丶、{
.      ´¨”   / /  〈⌒{ }  /  /     ⌒ヽ



       ____
     /     \     まっしかしSANが40しかありませんからね。
    / ノ    ヽ \              幾らでも殺し用はありますよ。
  /   (●)  (●)  \
  |      __´ _      |   うぉっ!GMが殺し宣言していいのかよっ!>真人
  \        ̄    /

140SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:44:51 ID:uuvSyh.c0

          ,,: ´: : : :‐=ミ: : : }:>:=ミ
          ,,:.´: : : : : : : : : : : : : ′: : : :.‘;ヽ、
      〃: : : : : :/: : : : : : :/: : : : : : : : :.'; :.ヽ
      /: : : : : :〃: : : : : : :.:/ : : : : : : : : : :.i: : :‘,
.      ′: : : :./: : : : : : : :.:/: : : : :|: : : :.: : :.|: : : : :.
      i : : : : /: : : : : : : :.:/: : /: : j{: : : : : :/| :i.: : : :.
      |.: :.: :.:′: : : : : : :.:′:/|__/_‘; : : : /`jノ: : : : i   それじゃ、次は誰が行くんですか?
      |: : : : i : : : : : : : : i:.:厶≠ュ、 }.:.: :イ斧Yi: : : : |
      | : : : :|: : i.: :.: : : :!|イfし::゚:}  j/ ら:j !: :.:/:i|
      |: : : : |{:.:.ト、: :.、:.:八弋う:ソ     、`´ 厶イ 八    よし、俺が行こうか。>宗介
      | : : : 八: !: ヽ: 丶: : ゝ         八jノ
      |{: : : : : ヽ: : : \: :<⌒   ー  ' イ
.      八: : : : : : : : : : :.:\: : ≧‐   _ /: |        はいわかりましたよ。>できる夫
     /: : : : : : /: : : : : : :八.:.: :.:`:く i: : : : :.|
.    /: : : : : : /: : : : : : :/x、_ヽ: : : : ヽ: :.: : :.:|



                 /| ,//
              |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
            \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
           ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<     俺はこんな感じだ。
          /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
          フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ  近衛 和也 (男) 狩猟者兼、ミリタリーショップ店員 年齢 24 PL:相良宗介
         〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ . STR:15  DEX:14  INT:9 アイデア:45
          / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::| .CON:14  APP:13  POW:8  幸 運:40
         〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r  .SIZ:9 SAN:40 EDU:10 知 識:50
         / /|:「|「l〃  ヽ         / !| ...H P:12  M P:8  ダメージボーナス:±0
           l∧ ヽ、   _ _     メr==-、   .――――――――――――――――――――――――――
              ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i ...[技能](職業技能点:200 個人技能点:90)
             /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \ ..[職業技能]追跡 35% コンピューター 39% 忍び歩き 40% ショットガン 30%
             /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ / . 応急手当 25% 機械修理 30% 経理 21% 信用 10%
             /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
        ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l [個人技能]
       /─、   イ          r.....:::/   >.隠れる 30% 聞き耳 25% 図書館 10% 回避 25%
      ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......――――――――――――――――――――――――――

141SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:45:25 ID:uuvSyh.c0

                         ト、
                    __}/\ ヽ、
           -‐==777'///////∧ .|∧   }!
            __/////////////∧|/∧ /,}
          `>////////////////////}///
         //////////////////////////ノ}
        /'"´ ̄////}ニ=rx‐--/////////////'__
           〃{// イ |`¨{//イ////,イ/////,<⌒
             {' / / l  !//∨‐{///-}///∧/}
               {///∧ノ///r ;/ r‐`、// }'/ }/
             |/////////{ {/  ー゚/イ /´    何だ、お前もSIZ9しかないじゃないか。
             |/////∧|/リ        〉
           _V///////ヽ、   , /      ああ、しかしもう一人いて助かった。>宗介
          「三三三三三二ニ=-、_/
        /三三―----==三三ミ|              ん?なんでだ?
       -=三三三|三三三三三三三ニ=-
    -=三三三三三|三三三三三三三三ニニ=-        目立ちにくいだろ。>宗介
.   ,三三三三三三ニ|三三三三三三三三三三ニ=- 、
  l三三三三三三ニ|三三三三三三三三三三三三=-、
  |三三三三三三ニ|三三三三三三三三三三三三ニ=:}



                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ    あー成程。>真人
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒     また・・・APP期待値超えだと・・・
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三    どうした?もこっち。>大河
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二    いや、ちょっとね・・・
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=

142SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:45:45 ID:uuvSyh.c0

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それでは最後に黒木さんお願いします。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /      あ、はい・・・>もこっち
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



      /////////////////////≧x
      /////////////////////////ヽ、__ _ _. ィ′
      /////////////////////////////////〃
      ////////////////////////////////
      .////////////////////////////バ
      ////////////////////// ハ/ ////'
      ////////////// ゙.////// ̄∨¨V//',
      ///////////∠ユ  l///// __  1// !     と、取り敢えずこんな感じで・・・
      /////////γニヽ  l//// γヽ `////l
      /l////////{ {  } ! 1//.'  if l } /'////゙
      バ//////兮ゝ-シ ///′ 弋シ/|////7
      /∧/////l   ̄  //        八///   PL名:雲紅 刀羅(くもべに とうら) 性別:女 職業:作家 年齢:31 PL:黒木智子
      //∧////|     /     ´  /////    .STR:15  DEX:12  INT:16 アイデア:80
      ////ヽ/ 代     _ -,  //////     CON:7  APP:5  POW:12  幸 運:60
      r ==─:\/゙,`   _ ̄__ ///////     .SIZ:8 SAN:60 EDU:16(15+1) 知 識:80(75+5)
      ヽl ̄ヽ´         h=ミ//////イ      H P:8  M P:12  ダメージボーナス:±0
        \‐',        匚| `ヽ///∧      .――――――――――――――――――――――――――
      、 \` ヽ.        ノ.斗 ´ V//ハ       [技能](職業技能点:320(300+20) 個人技能点:160)
      ヽ  \、  ̄ ¨¨  〃   V/l `ヽ    [職業技能]
          ヾ ー─    /′ / Vリ        .図書館 73% 言いくるめ 50% 心理学 53% 説得 50% 歴史 45%
         〉                {  ヽ         母国語 99% 他の言語(英語) 41% オカルト 50%
        {                 i    ヽ      .[個人技能]
        ヽ             |    _〉    ..こぶし 82% 写真術 42% 精神分析 33% 聞き耳 57% 回避:56%
         ヽ            | /Y´
        _',           レ'  |        .――――――――――――――――――――――――――

143SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:46:05 ID:uuvSyh.c0

         ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\          ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。           ナンテコッタイ!
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧           ですよねー。>もこっち
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。



::::::::::::::::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .\
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.\
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..\
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:\
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. \       まさか、四人中三人がチビキャラだと・・・
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :.. \
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::\         これは酷い。>大河
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:. \
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..\
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./ \    何か、ごめんなさい。>もこっち
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.     あ、俺もごめんなさい。
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./
: |.| :|    > .      _ , .   <  /   -=彡″ /./.    /./

144SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:46:19 ID:uuvSyh.c0

        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ   いえいえ、決まったものは替え用がありませんし。
    |  u   ___`___     |   いいじゃないですか、個性的で。
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ   ああ、そういうことにしておこう。>真人
   \ ヽ  /      \ ヽ /



           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /    ___'___    \    それでは、気を取り直してシナリオの題名を発表します。
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ    おお、待ってました。>真人
        /    (___   |
      /              |    これです。
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

145SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:46:38 ID:uuvSyh.c0

.     ┌───────―┐
        |                |
        | クリスマスの夜に  |
        | (原作 悪霊の家)  |
     ,┴-、______..,-┴.、
.     |   |  \    /\   |
     .l   l  (●)  (●) \ .|
     .|   |   ____'___    |  |キリッ
     .|   |    `ー'´  / /
      ゝ             ノ       ん?オリジナルですか?>大河
      \          /
       /             |
      /             |



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !    いや、コイツはシナリオのタイトルを全く関係ないものに
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l               することによってPLをミスリードさせようとしてくるからな。
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \     はい、今回も只単にシナリオ内の時期がクリスマスってだけです。>できる夫
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ    やっぱりな。
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

146SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:46:57 ID:uuvSyh.c0

       l /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ : :ハ
      {./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ: : l
.     l/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: ハ: : : : : : : ハ: :|
     .': : : : : : :{: ∧: l:: : : :.: : : i: ∧:: ト、: : : : ハ ハ: l
    ,′: : : i:: /.ナ弋.ト-: : : : :-|ナ 弋: |ハ: : : : : l ハ !
    .′: : : :{ /l/_z≧、|弋: : : : |' _≦V_ハ:: : : : : :ハ:!
.     {: : : : : :yζ手虎ヽ ゙、\: !,´坂大 ヽl:: : : : :リ: l     それで?原作とどれくらい違うんですか?
.     |: !: : 、: :゙、. 、乗り/    ` 、逢河ノ, l:: , : :リ: :!l
.     {: |、: : l\゙、  ̄    、     ̄ /, ィ´ : リ: :l: !     そうだな。俺もそこが気になる。>真人
     }: !゙、: : { : ハ\             /イ : リ : /,l: リ:|
.    }、: { :\゙、:{ ゝ 、    _     イ |:/:/: l| /: .
    ;: \: : :ヽ: !: : ! > 、      <´:|: : l/: : :リ/: : :ハ     そうですね・・・>できる夫
   ,': : : ,、 : : : :{: : : i<|、   ̄  !>: ノ: :リ: /: : /: : : : :゙.
   /: : : /:ヽ : : ゙、ィ/   ` 、 , r ´ .八: : l: /: /: : : : : :ハ
  /: , - r´rヽ: :゙、ヽ.  人从人   `,::::y: : /ト 、 _: : : :ヘ
  /: :i´:::::{ { ト: : :、 | / ,ハ、 \ /:::y: /:::::::::::::`i: : : ヘ
 /: : !:::::::| | |::ゝ  \/|  | \. `|:::://:::::::::::::::::::|: : : :\



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\     そんなに違いませんよ。
     /   (● )  (<) \     このシナリオを現代風にしたくらいです。
     |       __´___    |
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ       そうですか。>大河
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

147SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/26(金) 22:47:17 ID:uuvSyh.c0

          ____
         /      \
        /        \
      /) ノ '   ⌒      \    それでは、今回はこの辺でまた次回お会いしましょう。
    / .イ(●) (ー)      |
    /,'才.ミ)   '           /
   .| ≧シ'  `‐==-´     _<
  <\/ ト、    ,,―~ ̄ / ヽ
/  \> ヽ /介、 ,,,―''~    ヽ



                     〃
                  //  ´  ̄ ̄ `ヽ
                 ノ/⌒ヽ ‐‐ 、  `ヽ \
                . ´ 〃      \\   ヽ ヽ
             /  /〃   ヽヽ \\     '.
              /   /i l l    }.:} .:i 川 :i  ::i.  i
                /    i l ト、   イ仁士士:} }:}   l
            | | | | { TTメ、   :i イc.うVノ ノハ: :i l    それではこれで今回の投下分を終了します。
            | | | ト、ト、 V心 ヽ ゝ弋ッソイイ ノ: : : l 
            | |∧ ヽ\ 弋ソ ,     ノイイ.:./´ ) |ヽ    ちなみに番外編のキャラが死亡した場合
            |∧小、 \ゝ     _,   イ./:/ /:.:.|: :i      PLは変わらずRPするキャラは再び募集しようと思います。
                \ ヽ>  ´   イ  V /‐、 :|: :|
             _ ∠_|  .: i .: `二´ /   ノ (  _ノ:|: :|     それでは本日もありがとうございました。
           ´     / .:ノ∠`Y/ / /( ̄`ヽ   ̄\
       /´       /´:`Y´: ∠__/ / / (`ヽ  \__   \
        l  ⌒ヽ   イ: : :ノノハ: : : : / / / (`ヽ`二/ / \  '.
        |   / / /レ'´ / /: : : / / / / ヽ _ノ /     }
        |  / / //  , ´ i: : : / , /     マ_ノ Coo  ノ
        |/  / / / /i   L:_:/ , /    /: : : > ー一 '
        /   / / .′ ;。i  /  /  ′  〃: : : : ://: /
      {   { i N  ; i  ′ /   ′ //: : : : :イ/: /
      ヽ  ノノノノ   i  | {∧  レイ /: : : : : i |: :/

148名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 23:07:23 ID:HjsSvOgE0
本編・番外編同時更新乙でした! 二週間待った甲斐があった!
外伝は悪霊の家ですか。あれも確か初心者向けでしたっけ。

ところで、 「色んなキャラでテーブルトークセッション」さんのとこももうしばらくしたらクトゥルフやりそうですね。

>キャラ
今更ですが、外伝も本編同様のハウスルールで動かすのでしたら、清夜の武道はマーシャルアーツに自動的に差し替えということですよね?
こちらはそれで構いません。
また、近衛さんの技能は、おそらくお気づきのことでしょうが、信用の初期成功値を割っていることから考えて技能値の配分だけを表しているのではないでしょうか。
実際の技能値は

[職業技能]追跡 45% コンピューター 40% 忍び歩き 50% ショットガン 60%
応急手当 55% 機械修理 50% 経理 31% 信用 25%

[個人技能]
隠れる 40% 聞き耳 50% 図書館 35% 回避 53%

ということになるのではないかと。

149名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 23:13:15 ID:t6./ONM20
乙でしたー
悪霊の家はあんまり見たこと無いので楽しみだw

150名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 00:22:25 ID:NN4fHYnU0
乙でした
SIZが低いのってちびキャラ扱いなのか……
ガリとかそう言う方向だと思ってた


しかしアレね、やる夫スレだから当然とは言え
もこっちに友達がいてまともに会話をしてるのを見ると
なんというかこう……涙腺に来るものがあるな

151名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 00:44:03 ID:47KixrW20
乙でした

某動画サイトで壮絶なリプレイ?を見て以来
悪霊の家って聞くたびに吹き出してしまうw

152名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 00:55:14 ID:TMbcN3TM0


153名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 01:37:52 ID:atW1EX4c0
乙でした。

154名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 04:32:08 ID:I/Ykl6Ac0


ところで所々「〜用」ってあるけど、「〜様」じゃね?

155名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 14:14:27 ID:Le18fCOc0
乙!
セイバーさんが楽しそうで何よりです
番外編も超期待してる!

156名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 15:33:14 ID:fbPfmY.Y0
>>150
ルールブックなどによるとSIZは身長と体重を合わせたもので、体格は他のステータスと合わせてイメージするっぽい。
例えばSIZもDEXも低けりゃチビデブとか、STRもCONも低くてSIZが大きめなら病弱なノッポとか。

157名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 18:37:20 ID:yxuoMSNI0
乙でした。
番外編も楽しみにしています。

158名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 22:25:42 ID:NN4fHYnU0
>>156
へえ、そうなんだ……
ってことはちびキャラ扱いなのはどのキャラもSTRが高いから
力が震えない程やせ細っては居ないと言うことなのかな
勉強になったわ


ところでどうでも良いが外伝見ててひとつ思い出した
俺がもこっち選んだの、体格の問題だけじゃなくて、APPが低いからだった……
やっぱり姫はつかえねーや

159名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 22:46:24 ID:v2PoxDSc0
>>158
ルールブックの例では体格・体力は高く筋力がない探索者を「肉体労働ではものぐさ」ってことにしてたから、その辺は中の人次第でもあるだろね。

それはそれとして、技能が三つも上位互換になった挙句、母国語がEDUの所為で割り振ってもいないのにカンストしててごめん。
まさか他の探索者と技能がここまでかぶるとは思わなかったんだ……

160SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/28(日) 07:53:32 ID:xLYQGY.o0

      ,.r<´,.ァ ,/  }j /         . \   ,r‐r-、
     / / .ァ //    ,.r'"、            ',   ハ ゙ー \:\
.   / / / ∧!  /‐-、 \ 、           }  ハ    ヽ:、`゙ヽ、      沢山のレスありがとうございました。
.,/ / /  / i_二/ `゙ヽ. \ ヾ!         .'   ト、    ! ',ヽ\`゙ヽ、   
' /  /   ,' ,,..<     `ヽヽ__} 、      '     ,' `ヽ _,ノ.ィ.! \ \\\     それからみなさまにお願いなのですが。
/ __ ,'   /         / `ヾ} {\    ,.'   /    \-'"| !  ヽ \\\    実はもう一人PLが必要になりましたので
"´  ゙!レ´`/      /¨´i     ` ̄ヾヘ、 ,'  /フ ゙Y´   ハ  !|   !|  ヾ. \\   少し条件付きですがもう一人PLを募集します。
    ,.z<´、  __,.z≦^i、 !    /(__ノ ヾ}/ッ '",,.--、; -- '  ヽリ   l.!    ヾ  ヽヽ
  /  ` ̄´ 、  、 ヽ \r-、 ,{  ,.-、 `´ _ ー') ヽ     ヽ /ーヘ.|/`ヽ. ',__ ヽヽ   条件ですが悪霊の家を買った人物の友人又は子
  ノ       ゙} ヽ ヽ \ 人. マ―ヘi |  / ノ ./   \       \. リ    i| У マハ                   ということでお願いします。
 {         r' .__ ,-ヽ V´ヽ. !`ヽ |l. !  i ! {      ヽ.     ハ.     リ  `ヽ ハ
  `ヽ--シ7 ノヽ i⌒! Y´ヽ.ヽ. }.|  ,!} ! マ .| l  `ヽ. __,)   ゙i      〈          ヽ!
  ,..z≦ / | /´ハ.', マl、.  ! ! ,レ  リ、\ヽヽ. \二〈     ゝ、    ハ            |
       八ゝ_ `  ヽ!  レ'     ./\.ヽ ヾヽ\ノ--:、    ヽ    ハ
        ヽノ          /   ヽ. \ `ヽノ) r- )     ',   .ハ



                 ,、 - ====-..、、
              ,.'"´     .: .: .: .: .:. :.`丶、
             /          ̄``ヽ, .: .:``丶
           ,〃.:.:.     - == ‐- y'´. :.: .: : .:. :.ヽ
          ,〃.::.:   '"´   ̄二ニミV   .:. :. :.: .: .:.::.',
          ,j〃.:.:.     .:.:.:. :.:. :.:.:.; ハ    、 .:. :.: .: .:',
            lN';:;:.:.:.,r'´.:.:.:.:.::..::..:;/  ', ミヾ;:; 、 `、 .:. :.:.:.:::!
           !1!.;r'´:. ..:;..:.:; ィ イ    ヾミミヽ;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:!      因みに、買った人はこの人です。
          ',V.:::;,.‐''"´  }  '、     `ヾミミミヽ;:;;;;;;;;;;;,!
           ヾミヽ、、,,  ,,,,,、、z==''' ``   `〒ミ ハ;;;;;;;;,′     早いもの勝ちで一人PLを作っていただけませんでしょうか。
           `it-ァテ  ' '''"‐tテテァ ,_ - ´,   ミ'  !;:;;;,′      期限は本日午後11時としていただきます。
               l`"´i   `ニ ト、  <      ハ ,!;;;/        それまでに一人もなかった場合はNPCとして適当に一人登場させます。
            l   l      '、  <  :′ )イ ノ;;/
               ',  !   )、   Vヽ  Y´  、_ ノ V
              ', `ー '"´      `Y  /    ',
               i '''゙ - _`'''' '    ,′ / /  ノヽ
               ヽ _´ ̄``''ー,,  ,ノ /.::;/ /  i
                丁  ̄``"´  /.:;.:;:;/ '´    !
               L _ _ __ , イ. ‐'´      ノト、
               `コ´. :. :.: .: .:.         //.:.:.丶、
          , .-‐ '"´.:.:.i. :.: .: .:       //.:.:.:.    丶、

161名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 10:17:42 ID:lW4/P/iQ0
>>もう一人PL
ところで、今回のシナリオで動かす上で何かおすすめの技能や持っていると便利なアイテムはございますか?
今後別のシナリオでも使用する場合も踏まえるのならば、他の探索者が持たない技能を持てる職業の方がよろしいでしょうか?

162SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/28(日) 14:27:52 ID:xLYQGY.o0
>>161
別にこれといってオススメなどはないですが。
希望として真人のキャラと接点があってくれれば嬉しいですね。
それから、【精神分析】なんかもあれば便利かと。

163名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 16:07:40 ID:BIqiZnZw0
>>162
もこっちの精神分析はややポイントが低めですからね、確かに高レベルであれば役に立ちそうです。

たしか、原作シナリオでは法律とほかの言語(ラテン語)があればちょっと便利だったような気がしました。
後は、長く使うなら鍵開け・電気修理・運転(自動車)や諸学問系技能にポイントを割り振ってもいいかもしれませんね。


既に一名探索者が採用されているので、なるべく他の方に機会を譲るつもりですが、締切近くまでなければ用意した探索者を出すことにします。
ところで、買った人の出典と名前ってなんでしたっけ?

164SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/28(日) 16:16:33 ID:xLYQGY.o0
>>163
出典 機動戦士ガンダムOO
名前 セルゲイ・スミルノフ です。

165名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 16:29:38 ID:BIqiZnZw0
>>164
了解しました。
それじゃあ、子供の場合は日露ハーフもしくは日本育ちのロシア人ということにした方がいいですね。

166名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 17:17:55 ID:5R/lnJGE0
養子という手もあるからそのあたりはあまり気にしなくてもいいんじゃないかな。

167名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 17:31:15 ID:BIqiZnZw0
養子はありだろうけど、それ以前の問題としては新たに探索者出す人が現れてくれるかだな。
一応他とのバランス考慮した技能持ち用意してはいるが、やっぱこれまで出してない人が参加した方がいいよ。

168名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 22:03:11 ID:ljWBm47c0
他の方が応募しなかったのでとりあえず他の探索者の技能や人間関係を踏まえたうえで作ってみました。
締め切りまでに他の探索者が出たらそちらを優先してください。

沙月・スミルノフ 女 職業:ディレッタント(ニート) 年齢:20 PL:涼宮ハルヒ
STR:10  DEX:9  INT:17 アイデア:85
CON:8  APP:8  POW:11  幸 運:55
SIZ:11 SAN:55 EDU:14 知 識:70
H P:10  M P:11  回避:18  ダメージボーナス:0
――――――――――――――――――――――――――
[技能](職業技能点: 280 個人技能点:170)
[職業技能]
運転(自動車)89% 芸術(文学)49% 写真術11% マーシャルアーツ2% 信用65%
図書館26% 法律50% 他の言語(ロシア語)70%
[個人技能]
鍵開け30% 精神分析75% 電気修理25% 
物理学15% 薬学15% 他の言語(ラテン語)25%
――――――――――――――――――――――――――
[持ち物]

携帯
つるはし(<杖>、1D6+1+db+貫通。当人曰く「幽霊屋敷といえば隠された財宝探しがつきもの」らしい。
以下屋敷の探索のために用意してきたもの)
懐中電灯
十徳ナイフ(1D4+db。ハサミやドライバー、缶切り、やすりのついたオーソドックスな物)
デジカメ

[探索者としてのプロフィール]
セルゲイ・スミルノフの娘で日露ハーフ。
ライトノベルと格闘技観戦、ゲームをこよなく愛し、高校卒業後は趣味にどっぷり漬かってのニート生活を満喫していた。
好奇心旺盛で、父セルゲイの買った屋敷に現れる怪異を解明することに意欲を湧き立たせている。
やや病弱なところがあり、AA元とは違い運動全般が苦手。
マーシャルアーツの+1%は格闘技ファンとしての見よう見まねを表しているに過ぎない。
なお、雲紅刀羅の作品はネット時代から追っかけており、上湾二塔男はデビュー以来一貫してファンを続けてきた。

[RPするAAの性格]
唯我独尊、傍若無人、猪突猛進。活発さと少々強引なリーダーシップで周囲を無理やり引っ張っていく人間。

169名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 22:48:23 ID:woEKjiPk0
仕方ないんだけど格闘技観戦浮いてるなwwww

170SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/10/28(日) 22:58:24 ID:xLYQGY.o0
よーし、もう作ってる人はいないだろうということで
>>168さんのハルヒがPLを務めるキャラを採用しよう。
本当に当然のお願いに答えていただきありがとうございました。
このキャラが登場して活躍するのをお待ちください。

171名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 23:05:02 ID:ljWBm47c0
結局他に応募者なしか……
とりあえず技能・性格共に他の探索者とのバランスを考えてみました。
ハルヒならTRPGに強引に参加しそうですし、どうにかうまく噛み合ってくれるといいのですが。

>このキャラが登場して活躍するのを
アイディアとSAN値・回避の数値からして長生きしそうにない子ですけどねw
ともあれ、ご笑納いただければ幸いです。

>>169
まあ、病弱だとインドア系の趣味になりがちとはいえ、スポーツの上手い人に憧れもするからね。
他のマーシャルアーティスト2名と違ってマーシャルキックの出番ないだろうし、大丈夫でしょ。

172名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 21:52:17 ID:K1qVlb0Y0
なんか本編が進むのかが気になってきた

173名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 22:54:21 ID:d5Glj8Qs0
>>172
どっちであろうが進んでいてくれれば、読者としては万々歳じゃね?

それにまあ、既にシナリオを遊び終わってAA化するだけであろう本編と一からプレイして作ってく外伝なんだ。
本編の方が割合早く進むでしょ。もう佳境に入ってるあたりだろうし。

174SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 16:47:39 ID:eoAvzykI0
遅くなりました。投下予告です。
              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第10話 【再開と爆笑】                   |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛

175名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 16:48:09 ID:f9fGDImQ0
把握

176名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 21:25:37 ID:czlih3/20
把握
このスレをみてクトゥルフのルルブとサプリメントって本を買いました!

177SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 21:59:33 ID:eoAvzykI0
                    / ̄`ヽ
                 /      i
              /\.ノ\. {   ┃┃|     __
          /_f  .∧ !     〈     ∧ヘ
            |  ノ   / ヽ人  (_)_)_)―x.__.ィ‐ヽ\    それじゃあ、投下開始します。
           | .'   .i   {    ̄x― 、 : : : : : : :.:.| |    今宵もクトゥルフ()の世界へご案内します。
          |j    \/1       .): : : : : : :.:| |    
         │ヽヾ、   ∧   、_.ノ: : : : : : : : | |
           .|  i、ゞ、 /  ゝ--j: : : : : : : : : : :.:.:| |
             |   ̄ヽノ ̄ ̄ ̄.': : : : : : : : : : :.:│!
            |  山  ×  ゑ/: : : :/i: : : : : : : :| |
           | .介_____/: : : /./: :/i: : : :.ノ| |
          | |l ̄       ` ̄´  ̄   ̄ ̄l| |
          | |l                 l| |

178SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:00:11 ID:eoAvzykI0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    それじゃあ、再開するお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      了解。>四人
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    たしか、あの超人使用人の車だったっけ?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ     そうだお、そして車は直ぐに【桂小太郎】邸に到着するお。>やる
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

179SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:00:34 ID:eoAvzykI0

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ    〜桂小太郎家前〜
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||   ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||   ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| . ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""



         _, --────‐‐-
       , -'´::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:..:.:..: .\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:...:.:.:..:: .: .\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::..:..:.:..:.::.:..: .: .ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.::.:..:.::.: .: : ..ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:..:.:.:..:..:.:.: .: .ヽ
 | ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:..:..::..:...: .:: .!
 |::!l::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::| jl:::::::::::::.::.:.::::::...:.:.::::: .: .: .!    「お着きました。」
  |::l|:::::::::::/i::::::ト、:::Lヽ|川:::::lヽ:::::::::::::::::::...:...:.: .: .!      
  !i|::::::::i::l-ゝ::!| ヽ:::i-|ニニヽ:| ヽl、::::::::::::::..:.. . .: .|
    ヽハ!|::|ィテく!  `ト !::::ソ` - __l:..:/ヽ::::..: .: .!      「ああ、わかっただろ。」>やら
     下 !弋丿ト- l `ニ‐' /   l:::.|´! |::::.. ./
      \!_, -イ  ` ー‐''゛    !/ ソ/::: .:/       「それじゃあ、一旦中に入りましょうか。」
       ! 〈 、          r/:::: ./
        ヽ             /  l::ハ::|
         \ ̄      /   ゞ , -、
           \   , -'"     /   \
             ヽイ       /      7‐、
             /ヽ    /      /   `ヽ

180SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:01:02 ID:eoAvzykI0

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\     それじゃ、車を降りたセイバーとやらない夫は【目星】か【聞き耳】で振ってくれお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |    わかりました。>セ
  \     ` ー'´     /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     [やらない夫の【聞き耳】(25)→73 失敗]
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    うーん、初期値だから厳しいだろ。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉     じゃあ、次はセイバー。>やる
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /

181SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:02:20 ID:eoAvzykI0

    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ     [セイバーの【目星】(65)→40 成功]
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ     おっ成功しましたよ。
  / j          ¨   .|   |.:.丶
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ    OK、それを踏まえて再開だお。>やる
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l



                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    それじゃあ、セイバーは車を降りてすぐに気配を感じ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//                         周りを見渡すお。>やる
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |      「ん?・・・あれは。」
                       /  :|  ||     っ / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ       そこでセイバーは近くの物陰からこちらを見る人影を見つけるお。>やる
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i      なんだ、もう既に居るんですね。>やる
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !
             l      ハ/////////∧   |::::::::::i i///, j
                l      ,/////////////\ |::::::::::| }///j,/

182SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:03:24 ID:eoAvzykI0

     、                               、
    ,'         |                         ',
    ,'      l    l  l  | .l                   !、
   ,'    |  !   l、 |  ! |                   !    セイバーがそれに気づいた直後使用人がこちらを向かずに喋りかけるお。>やる
   ,l    | ,|l,   .| ', l  |'l  λ       ',               |
   |  ,|.l | | ,|   | ヽ l┐ ! !、 l,ヽ .、     !              l
   !  ! l l | ',   |  _l,l,ハ l―!、!、ヽ`i、   |          ,l
   ! .卜 ! |凵  ',  l / ,-_l|l- 、,_ヽ!、 Ц!、   .|          |     「あまりそちらのほうを見ないでください。
   〈.l.l | !l ll匸' ヽ .|  / /| l ヽ.ヽ\  l `i,、 .,!  __       l        まだ我々は【シールド】が居るという事に気づいて無いということで。」
     l|У,~|~'r ヽL_|   !、 ,' /|‐-――<= lレ'.,- ヽ     ,'
     .`l´ 、|_l`   !、 `ー '  /     | ,l .lL ヽ !    ,'
      !、  `ーЛ   ` 'ー―' '´       ! ,!.,iヽ`,r'|   ,'     「ああ、わかった。」>セ 
       ``厂 /                 レ' ! "  / 、 /
        | ヽ、 、                '´  /  ,' ,/
         !                     /―厂   ll,i′
         \  ⊂ニ=           ,/   |,il, . | `
             \ ‐--'         ,r     '´ !,!.┘
           \          _, -'"     _, イ―┐
             ヽ   __, -' "     ,-‐''"'      |
              ` ´ヽ      _/"             \
                /、   , -'            __, -‐''" ̄ヽ
                  _/  l /        _, -''"        \_
              __, ‐''´,'  ./      _, -''                `‐!、
            /    ./ /       /                   \



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ     それじゃ、私もそちらから目を離します。>セ
                      '. {:. |  !|`トl、// .:/ |ノ八/j//
                        VY´|  !代必`ヾ:/ _厶孑彡′    「いつも、あんな感じか?」
                           ヘト ,|  || `"    {必'/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||    -− / |   i|     「いえ、あんな感じなのは初めてです。」>新八
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ      「そうか。」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

183SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:04:02 ID:eoAvzykI0

       ____
    //   \\     さて、応接室についた3人ですがどうするんだお。
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \   取り敢えず、装備の確認だ。>やら
 |     'ー三-'     |
 \              /



       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |     別にいいお。>やる
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |     そういえば、セイバーは何を持ってきてるんだ?
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /      初めてここに来た時と同じですよ。>セ
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )      え・・・・・・
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

184SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:04:27 ID:eoAvzykI0

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  ちょっと待て、お前それダメじゃん。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /    いや、私もやる夫に言ったんですけど唐突に呼ばれたからそんな時間はないって言われまして。>セ
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i    ナンテコッタイ・・・
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:    おい、どういうことだろ!?>やら
   :/( ●) (●)。 \:
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:  だって、常識的に考えたら時間的に無理だお。
  :|    { l/⌒ヽ    |:  家に帰って武装してるとかただのアホだし、それでいていきなり呼ばれたら
  :\   /   /    /:   日本刀なんて持っていけるわけねーお。

185SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:04:56 ID:eoAvzykI0

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|   た、確かに至極正論だが・・・
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /    じゃ、じゃあこの屋敷に刀はないんですか?
        lヽ、  ,ィ'.) ./          確か使用人も刀技能持ってましたよね。>セ
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |     ああ、そうだろ。
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |



    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)      有るお、しかし脇差だけど。>やる
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  \ レ i ノ彡イ仆'\i   j 7.|〈    まぁ、ガチ日本刀とか中々無いだろ。そういう時は模造刀だし。>やら
  |  /j弋=y´  ぅ大タ 》 j    |シ.|)´
  人,| 乂ノ ゙   乂_イ_, u|   |,)ソ     いや、日本風の屋敷ですし
  / j             .|   |.:.丶       探したらありませんか?
 j  ( f~ヽ、 r―ァ  u |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `       うーん、じゃあ【幸運】と【目星】の両方成功でいいお。>やる
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l      どんだけ刀渡したくないんですか・・・
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

186SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:05:30 ID:eoAvzykI0

       / ̄ ̄ \
             \ー ―――-- 、
            , "  ゙         \
           ,                t-,
         /                 .Vヽ
       //                  } ヽヘ
      / /        ./          l  }〈
    / /   / /   ./ /   イ´    .|ノl )   [セイバーの【幸運】(65)→20 成功]
.  / / /   / ,イ   ./ /   /i /  /  |ノ|〈    [セイバーの【目星】(65)→45 成功]
  / / / ,/,/// // /  ./ l / i ./  / ノ} }
 /,/  ,イ/ /i _`'''ー-ミ/ ./  /-==l  / |゙y ノソ
./´     /  /.{ハ .',`hクr-i,/    Trう /i,/  |ノ/」     しかし、成功する私!
.      / /,/l l   `¨´       `¨´./|   |"ノ
         |.  ハ       i       ,   |´
         |.   ト、               /|    ,       ちぇー成功かお。>やる
         j  / .\  `  ´   , イ:.:リ  ノ
        j.  //.:.:.:.:>.、_  <´l::.:.:./|  /        いやミスったら割とやばかっただろ火力的に。>やら
       ./  / \:.イ_ -=}     .八:/ l  /
       / ./-= ̄/~   ゝ_ ..,    >| ノ
      r彡    / ,...::::r⌒:i      "/ノ 丶、
    / /    /::::::::\:::::::}    ., ′   \_
.    { /    《:::::/:::i|:::::::.}  ,         > }



               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ     まぁ成功は成功だからちゃんとした刀を渡すお。
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |    ありがとうございます。>セ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、     それじゃあ再開するお。
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

187SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:06:29 ID:eoAvzykI0

         _, --────‐‐-
       , -'´::::::::::::::::::::::.:.:.:..:.:..:.:..: .\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:...:.:.:..:: .: .\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.::..:..:.:..:.::.:..: .: .ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.::.:..:.::.: .: : ..ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::.:..:.:.:..:..:.:.: .: .ヽ
 | ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:..:..::..:...: .:: .!
 |::!l::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::| jl:::::::::::::.::.:.::::::...:.:.::::: .: .: .!    「さて、表にいるのが確認できたところでですね、
  |::l|:::::::::::/i::::::ト、:::Lヽ|川:::::lヽ:::::::::::::::::::...:...:.: .: .!                これをどうやって倒しましょうか。」
  !i|::::::::i::l-ゝ::!| ヽ:::i-|ニニヽ:| ヽl、::::::::::::::..:.. . .: .|
    ヽハ!|::|ィテく!  `ト !::::ソ` - __l:..:/ヽ::::..: .: .!    「その前に少しいいか?」>セ
     下 !弋丿ト- l `ニ‐' /   l:::.|´! |::::.. ./
      \!_, -イ  ` ー‐''゛    !/ ソ/::: .:/     「はい、なんでしょう。」
       ! 〈 、          r/:::: ./
        ヽ             /  l::ハ::|
         \ ̄      /   ゞ , -、
           \   , -'"     /   \
             ヽイ       /      7‐、
             /ヽ    /      /   `ヽ
            _ィ゙ │  /      /      \



                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「実は、急だったので装備が不十分でな。
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//          この家には日本刀とかないのか?」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      「脇差のようなのなら有りましたが・・」>新八
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|      「ちょっと、探しても良いだろうか?」
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、         「はい、それじゃ少し探しましょうか。」>新八
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !

188SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:06:56 ID:eoAvzykI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |         それじゃあ、十五分くらい探した結果ひと振りの日本刀と
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃                             脇差を見つけるお。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /         よし!これで勝てる。>セ
  \ /      /\/
    \       \             あっちょっと俺から聞きたいことがあるんだが?>やら
     \    \  \
       >     >   >          ん?何だお。
       /    /  /



       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ      刀を見つけた時点で今何時だ?
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|          そうだおね・・・6時45分ということで。>やる
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫          OK再開してくれ。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐           じゃあ再開だお。>やる
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

189SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:07:26 ID:eoAvzykI0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′    「よし、これは中々の業物だ良い物を見つけた。」
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |      「はぁ、今時刀なんて使うなんて・・・」>新八
                       /  :|  ||   ` ー / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ      「良いんだ使いやすいから。」
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧  <⌒ヽ、..!_ノ⌒>、、
                / ̄`ヽ////////ハ、丿::::::丿::::}:::く//{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/`ー介\ノ//,   i
               l       }'///////∧    i i. ∨//, |
                 l      j'////////∧.     i i  ∨'/,  !      と言う訳で通常使ってたやつより良いのを見つけれたお。>やる
             l      ハ/////////∧   i i.  i///, j
                l      ,/////////////\.  i i  }///j,/      ホントですか!?それで性能は?>セ
.               l        }///////////////\.i i ////,′
             ,       i/////////////////,\////イ
 


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    そうだおね・・・
|       (__人__)    |      じゃあ通常が[1D10+db]だから[1D10+2+db]に変わるお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        おお、確定ダメージ4以上は強いですね。>セ
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

190SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:07:59 ID:eoAvzykI0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \     それじゃ再開だお。>やる
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ      「まぁ、何にせよ取り敢えず桂さんの所に行こうぜ。
   |   ,.<))/´二⊃           既にいつ襲われるか分からないのに放置ってのはまずいだろ。」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉         「確かにそうですね。
''"::l:::::::/    __人〉              一旦先生の部屋に移動しましょうか。」>新八
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「どうして、あの部屋に移動するんだ?
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//      今日たまたま襲撃してくる可能性なんて低いだろう。」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |     「いや、アンタが玄関先で見たのが本当に【シールド】なら
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |                 対策を立てられる前に強襲してくるかもしれないからな。」>やら
                          |  ||     っ / |   i|
                          ∧ |! > __/  ;  リ     「またえらく強引な手段を取ると予測してるんだな。」
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

191SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:08:28 ID:eoAvzykI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   それじゃ、一行は桂小太郎の部屋に到着するお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    あっさりしてるな。>やら
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /Wヽ
        /`'1::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,:-‐'´   ,ヽ
       l∧ `‐-、_!、__,、,、::::::::::::::::::_,-‐'´   ._,、lヽ:::!
       l::::::::`:‐-、l  l_ // ̄ ̄ ̄    _, -‐'´:::リ:::::::!
        !:::::::::::::::::l∨!:::::v,/`ー------‐':::´::::::::::::::::::::::::::l     「ん?どうしたまだ私の何か用かね。」
        l:::::::::::::::::l::::l::::::::l:::l::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.        l::::::::::::/`l::::!:::::::l:::l:::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::、::::::::::::::::l
        l:::::::::/(. !:::l:::::::l:::::::::::::::::l ヽ::::::::::、::l、ヽメ:::::::::::l      「いえ、そうじゃないんです。」>やら
.        ノ::::::::l `.ミ!::l:::::::::::::::::::::::l‐--=ミ:::、:l、:lヽl‐7:,::::l::!
       /::::::::::::\ `!::::::::::::::::トlヽ::l-‐t_テ`\`\', l` ソ `      「ほう、では何用かな?」
.      /ィ::::::::::::::::l\!:::::::::::、:l` `!  ̄´     ∨:!
      /'7::ィ::::::::::::::!  リ::::::::l `           ノ::l`: 、
      _.レイ::,:::::lリ、:l   l::::::l          __>::l、l: : : :`: .、     「それはですね先生。」>新八
 _ -‐: : : : : : l∧:l  ヾ  ヽ:lリ 、      -'‐_ソ: : : : : : : : : : `: .、
: : : : : : : : l: : : : : :ヽ.  ヾ.  `   `  、_    /: : : : : : : : :l : : : : : : ヽ
: : : : : : : : l: : : : : : :ヽ  ヾ、      /、 ‐-': 、: : : : : : : : l: : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : :l : : : : : : :ヽ  \\  γl.l. ヽ: : : : :ヽ: : : : : : : l: : : : : : : : : ヽ

192SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:09:28 ID:eoAvzykI0

 .                イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 .              /: .:::: :: :::: ::::::::: :::::::::::::::::: : ::: :::::-、ヽ
 .            / :: . . .::: :::::::: :: :::::. ::::::: ::::: ::. :::.::ヽ.ヽ
 .           ハ ::: .: : :::: : : : : :::. :::. :.  :: :::::::::ヽi、.
 .           ,': ::: :: ::   :: : : :   : ::  :  : :: ::::、ー-、.
            i::: : :::: : :: :: :: : : : :: :::   : ::::: ::::::::::ヽ、
 .            ::: :: : :: :: ::::: :::: ::::: : :: :: :: ::::::    ::::::::::::::::::::ヽ、
            i!:: : : ::: : ::: :/、:::::::::::::::: :、 ::: ::::::: :  :::::::::::::::、-、_ヽ     「あなたの命を守るためです。」
 .           ∨:::::::::::::/i::i ヾ:::i:::::iヾ:::iヾ、:.i、:i::::::::::::::::::::::-ヾ.  ヾ
 .            ';::::::::/i:i i::i`_ーヽiヽ:ヽ ヾi'ーヾiヾi i::::::r、:::i ヽ::ヽ       「ほう、【シールド】からかね?」>桂
              ハ::::::iヽi '、弋ンヾi ヾi_r 弋ソ`,ヾi'i:::/ i::::i   ヾ、
               { ヾi ヽ、二´ ノ  ̄ ヽ、_ 二ノ i:/ノ ハi`         「ええ、その通りです。」
                ヽト.                 iム/
               i:'、     、 ,      /i::i
                     i/ヽ、   , - 、     イハi             「ふむ、そうか。」>桂
                    ヾi ヽ、 .`ニ´  /iイi
                  _i  :`ヽ、 __ , イ   i'、_
                /::i   : : : :.      i::::::`ヽ、
              _ノ:::::::::i            `i:::::::::::ヽ



       . . . .
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:. ハ
.      ,'.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.: ハ
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::/:: ハ:::::::::;:'::::::::::::::::::|::::::::::::::    「まぁ、好きにしてくれ。
     |::::::::::::::::l::::::::::::::/::/_.}≧升:::::: /|:|:}:|::|:::::::|::::::l    私としては私が死ぬことなどどうでもいいと思っているだがな。」
     |::::::::::;-、l:::::::::::/Иこ桂 刈::::/-}什}::|:::::::|::::::l
     |::::::::;' ,' Ⅴ:::::;′   ̄´ }ノ k 弧_ハ|:::::::l:::::;′   「それは本気で言ってるのですか?」>新八
     |::::::::} { Ⅵ::::::|          '.    ;::::Ⅵ:/
     |::::::::ヽ、、|::::::|       _  〉   ;:::::/ }'      「さぁ、どうだろうな。」
     |::::::::::::::ヽ|::::::|            /:::/
     |::::::::::::::::::|::::::|     <二ソ  ,.:'::::/
     |::::::::::::::::::|::::::|\        ̄ /|:::::;′
     |::::::r―‐┤::::l    、     /|__.|::::l
     |::::::}_\ |::::::l     ` ー ´∠ /|::::|
     |:::::ノヽ∧|::::::|  /| ̄ ̄   く._|::::|
   ,. : '´/  V_|::::::|, '__|_ ...∠/: |::::ト .

193SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:09:56 ID:eoAvzykI0

       ____
     /⌒  ⌒\     じゃあ、そんなやり取りを聞いてる二人は【聞き耳】を振ってくれお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   おっ、ついに動くのか?>やら
  |    。`,⌒゚:j´      |
  \γ⌒/■)'    _ /   まぁ取り敢えず振りましょう。>セ
   ( ^ノ ̄      ヽ



       ., ──‐、
      /     \               ., --、
.     .|     _ノ  ヽ             し __ヽ-─ヘャュ、_      [やらない夫の【聞き耳】(25)→45 失敗]
     |     ( ●) (●)          , -'ー `   \ヽ、ヘ     [セイバーの【聞き耳】(25)→81 失敗]
     |       (__人__) , -―ーっ  .〃イ / ハ l ', ヽ ヽッ,〈
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄    .|/ l ト、i_ヽ、ゝイ}  トミ!>
.      ン         } ゙| ̄'|        .ヽl.ハ ○ ` ○| l l/ヽ、      初期値は成功しないですねー
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |         .!lヘ."__。,__",ィ iノ_厂
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
| |  /   /    r_____ ∬        _(,,)          (,,)_       俺も無理だっただろ。
| | /   /      |i    ┌‐┐   .. /. |           |  \
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |   /   .|________|   \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

194SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:10:28 ID:eoAvzykI0

       ____
    //   \\     じゃあ二人は何か聞いたような気がしたけど別にそんなことはなかったお。
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \   これはキツイですね。>セ
 |     'ー三-'     |
 \              /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    なぁ、志村新八の【聞き耳】は使えないのか?
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    うーん、確かに周りに警戒してるだろうし一応振っておくお。>やる
.  |         }
.  ヽ        }     おう頼むだろ。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、    [志村新八の【聞き耳】(25)→94 失敗]
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)      じゃあ、失敗で。>やる
.    |      l

195SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:11:18 ID:eoAvzykI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \       それじゃあ、桂小太郎の部屋に入ってしばらく雑談をしていたら
|       (__人__)    |                        いきなり近くの麩が勢いよく開くお。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ      ついに来ましたね。>セ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/         ああ、来ただろ。>やら
    \       \
     \    \  \



. /::::_::: -‐   _  -‐:::::::::::::::‐-  ‐- ::_\
/    _ -‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-.:.:..
  ,√::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::.,       .┏┓┏┳┓┏━━━┓
/}/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::;::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::     .┏┛┗┻╋┛┣━━━┫ ┏┳┳┓
:::::::::::::::::::::::::::::::::/:_;:ィ::_:〃 }:::::::::;:::/::::::::::::::::::|     ┗┓┏┓┃  ┗━━┓┃ ┃┃┃┃
::::::::::::::::::;:::::::::::/:/∠/ナ=ァ:::::::/:厶::::::::::::::::::|     ┏┛┃┃┃    ┏━┛┃ ┗╋┛┃
:::::::::::::::/ ::::::::/:/,/{リ ̄ヽ /;::::::;仏'_」::/::::::::::::′    .┗━┛┗┛    ┗━━┛   ┗━┛
::::::::::::〃:::::::/l/  `ー一 //::x〈fリ⌒}イ::::::::::/}
:::::::::;/〈j:::::;′       厶ィ/  :.`¨7:′/}
:::::::八 !::|              }  {:::/ /′     「桂小太郎!覚悟!」
::/:::::`:ヘ::|           - /  八:{
'::::::::::::::::::t|:..        __   ′ \        そう言って、3名のシールドと思われる武装した人が部屋に押し入ってくるお。>やる
::::::::::::::ト:::|` :..       ´ ー   /
ニ=-‐:┴丐=ミ:.`:..        /              よりによってコイツかよ。>やら
: : : : : : : : : : : : \≫x __/
_:_:_: :-‐:-:-: : : :_: :`¬={__                ああ、あの投降してきたやつですね。>セ
: : : : : : : : : : : : : :\: : : : :⌒:\
⌒^: : : ‐-: : :_: : : : :.\: : : : :_ノ__
: : : : : : : : : : : :\: : : : : `⌒^ー: :}_

196SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:11:53 ID:eoAvzykI0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//     「貴様はっ!」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |       そう言ってそいつに出会ったことに驚きます。>セ
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|       俺も同じく。>やら
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        はいはい、じゃあその隊員もこちらに気づくお。>やる
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |



::::::::::::::::::::::::::_ ‐¨      ∧
:::::::::::::::_ -‐    _......、 .....、 :::::.
_ -‐¨  _ -‐:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::!
.  -‐:::::::::::::::::;i:} V:::::::::::::::::::::::::}
:::::::::::::::::::::::::V ::!  :::::::::::::::::}V:::|
::::::::::::::::::::::::/ }:-‐:!:::::}:::::::::! }::;
::::::::::,ィ::::::::/ ̄7_-、i:::::::::::::::: ノ'      「え゛?何でアンタ等がここに・・・」
::::::::;' i::::   , ´ ij }:::' !::::::′
:::: / j/ /    _ j/ }::〈        こんな感じで動揺してるお。>やる
:::/     ー ¨  i|i|!丿'   、_     
:;′u               /      「何だ、やはりあの地下でのビビリか。」>セ
             u     , , ′
               u   ヽ       「と言うか生きていたのか。」>やら
    u          _  /
      _   -‐  ´  ヽ
       ̄      -‐ :´
ヽ       u       {

197SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:12:29 ID:eoAvzykI0

           , ∧ /l /:.:.:.l:.:.:.レ:.:.:l:.:Ⅵ:.ヽ ト、
           Ⅳ::.:゙{:.:゙{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ:.:.:V:.:ハ l,
          l、|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:l:.:レ:.|
          |:.`:.:.:.:.l、:.l:.∧:.:.l:.:.:.:.l:.:./l:.:.:.:/:.:.:.:/:./,!
          ト|:.:ト、Ⅳ |Ⅳ トヽl|:.:.:/レ //レレl:./レレソl,
         |:.:.:ヽヘlヘlヘN:.:ヽl:.:.7/:.l/レンィ:.:.:.ノ}
         ゞ:.:.:.:.:.:.:.、、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:._:.:.:.:.:.:∠     そんなやり取りをしているとその隊の隊長らしき人物が割ってはいるお。>やる
         ≧:.:.:.:.:.fゞヘトヘ从从/〃ゞヘ彳:.:.:.:.:≦
         ア:.:.:.:.:.テ            Z:.:.:.:.:く`
         lイィ」:.:/  _   、  / , ― ヽ:.Lトトl      「何を喋ってるんだ!
            /_|:.:| ー‐t≧=ュ},/r=≦t―ァ |:.|_ヽ         さっさと任務を遂行するぞ!」
          {{ |:.:|  ゞ三三    ゞ三三  |:.| }}
            ヽヽ:|              l:///       そう言って桂に銃を突きつけるお。>やる
           ゞl                l'/
             ゙lヘ     ヽ r'     /|
        ,-┬― 1:{ヽ   ,.-ーー-、   /:.fー ┬ 、      「す、すいません。」>山崎
        l  !   !:.| \    ̄ ̄  /|:.:|   | r |
        | | |   l:ム   ヾ川川川シ   |`゙ヽ  |||
        | | |  〃 ヽ   `¨¨¨¨´ _,レ   l |||
        /∧∨ ,ム  Y⌒Y⌒`´ ̄ ヽ ヽ  ノ∨∧ヽ
   _  ―// ヘ∨{ l、 /  /   |   l  l/} //. | |ー-、_



        ハ     : : : :\         ,. :´
 : .      . : !:    「ト、 : : \     / ー- ..   .
 : : : . . . . . : : : !:    i !o\: : : :\   .′       `   . `  .
 . : : : : : : : : : : ! : . . . !.!: : : >''‐- ミ/ :/. : :/       `    `
 : : : : : : : : : : :.' : : : : ' ': :Y  .ィ ⌒`ヽ:<. :/: : : :' : /  . :/   `  .
 : : : : : : : : : : :' . : : : ' ' : :{  i '    !//`; 、: / : :/: . . :/: ,          、
 : : : : : : : : : :,′: : :.,',′: :.、ヘ    ノ/////`; 、!: : : : :/ i: :/: .    /    ノヽ     因みに今回こいつらはアサルトライフルを持ってきてないお。>やる
. : .: .: .: .: : :./. : : : 〃    ヽニゝ-=イ////////ハ: : !: /__」/Lハ: : . / :/
 : :. :. :. : : :/ . : : : :`二ニ=‐‐' :`≧:ト ' //////人从「ノ.ィぅメ、 i: : : :/: /. : : /     そりゃ街中で持ってたら目立ちますからね。>セ
 : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : //: : : ハi ー一'"      弋゚:ンV : : :/: / : : :/
\: : : : ,: ′: : : : : : : : : : : : : : // : : /:ノj   ,     ` ー ' 7:イ. :./: : : /
  >‐―- 、: : : : : : : : : : : : : //: : :/: :.八  ヽ 、           / イ : イ, ′      「アンタに恨みはないが俺らも仕事だからな。」
/      ∨//: : : : : : : : 〃: : :/x‐r‐‐ヘ. マヽ     ___´_∠彡ヘ、
       `ヽ//// : : : :/: : :, ヘイ !: : : ハ `     /∧三二ニ≡=- /
 . -‐ ´      Yー‐r――r―/  ,ノj :|: :爪くゝ .. --‐//::::.!|ー=ニ: : : :./__       それじゃ動くなら今がチャンスだお。>やる
´           |: :.:.|: : : : :!__:ゝ.イ {:/:/イ´⌒フ´彡'/::::::::!|: : : :..斗イ: : :>'":.
         ゝ、 ̄「:::「`ヽ7: :ノ ノ::/ j.〃´ / //イ::::::::::|jo.イ. : :! ノ:/: : : : :       それじゃ、動きますか。>やら
 ー‐--       ヽ`¨¨二二フ.イ::/ //´    /〃ノ::::::::::`フ.:: : : :/: : : : : : :
             }`ヽ._. イ//::,′ ′   /.::::::::/:.:.:.:.:.:.:.: /: :/: : : : : : : : :

198SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:18:38 ID:eoAvzykI0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「まぁ待て、今ここでこの人を殺してもお前らが捕まるだけだぞ。」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      「ふん、そんなもの我々の力を持ってすれば揉み消せる。」>近藤
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|      「とことん腐ってるな・・・」
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ       「それに一般人でも我々の邪魔をするようなら容赦はせんぞ。」>近藤
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !
             l      ハ/////////∧   |::::::::::i i///, j
                l      ,/////////////\ |::::::::::| }///j,/



           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \
            (●)(●.)    |     「おっいいねえその感じ
         (_人___)    |           これなら遠慮なく殺れるだろ。」
            '、       │
              }       {
          !、______ .ィ-ート、       「ああ、そうだな。」>セ
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,    「ちょっと隊長コイツ等はヤバイです!
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,              一回引きましょうって。」>山崎
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |    「おいおい、下っ端の方が賢明な考えだろ。」
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|

199SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:19:02 ID:eoAvzykI0

                 /|∧ /ヽ!、 i、
                ィ、 .!::i!:::v:::::::::レ'::∨',  ,,
                 i:::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::Y::i
                {ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レi
                iY::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::У    その隊員の本気の慌てっぷりから体調も少し動揺するお。>やる
             ',::::::::::::::::;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::彡
              >:::::::{"゛  `^~   ~^}:::::::ア     「お、おいお前たかが一般人に何時そんなにビビってるんだ?」
             '彡:::/ ,、__     __ .゙i:::::::i゙
               从::| --ッ゙_z i!'´- ッ_ァ |:::::i      「こ、コイツ等は前に自分の隊を皆殺しにしたやつななんですよぉ」>山崎
              〉^i!   ̄      ̄  .|:/`i
              | ! i!            し i!i ,!      「な、何だとっ!?」
                \.!   . ` ´    ,'ィ'"
                  |:::i 、   ´ ̄ `   ./i::|
                  И \     / .N
              /ヾ;、  .`ヾWシ′ .|、
             ,-'"、   ヾ;、       / !i.\
        _,..-‐'"   \   ヾ;;、   / i;;i  \
     ,.-‐'"         \   ヾ;;、   i;;i  | .`ヽ_
    /       __         \   ヾ;;;、 i;;i  |   `ー-=.,_



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「そいつの言ってることは本当だ。
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//        そういう訳だ命は大事しとこうじゃないか。」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |       「そ、そんなものコイツの狂言に決まっているっ!」>近藤
                          |  ||     っ / |   i|
                          ∧ |! > __/  ;  リ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

200SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:19:30 ID:eoAvzykI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   そんなわけで交渉決裂で戦闘開始だお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   能力値はどうなんだ?>やら
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     全員前に出した一般兵と同じだお。
  \ /___ /




                _ ,,..
              ..-,'冫'''' _ヘ、
             ./  ' '     ヽ
             l_____エニ│
             l―――‐, Θ│           【シールド】一般兵
            ヘ‐゙| /´‐-',-'l  |                STR:14 DEX:14 INT:12 アイデア:
        ....-ー-../ へ ‐'´  j  |              .CON:14 APP:10 POW:11 幸 運:
      ,/′   (O)只(O) iiiiiiiノヽ,            .SIZ:14 SAN:55 EDU:10 知 識:
      \       ,'`'─、―' ̄/ / |             .H P:14  M P:  回避:  ダメージボーナス:+1D4
     ..-´  ̄ ̄ ̄i /   `i''''''´    ``ー---―───
   /ヽ---,,  ,--' /     ,'   」'' ̄'―、mm     ‐    [装甲] 頭部5 胴体6
  / _// `丶、  |______,'"二二二ェュ〈〈〈〈〈――\―    [装備] H&K-USP コンバットナイフ
  { \|      `i   /三Βヘ__/< ´ / `'''‐-ヽ
  'ヘ__/'''‐-、__/ー―‐'Β  `''''‐--- | ` 、     lヽ     因みに山崎だけはSANが30しかないお。>やる
            ヽt_┘_        /ヽ、 `ー..、..../

201SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:19:54 ID:eoAvzykI0

 ゙̄''ー-、.._                                _,,-―'" ̄
       || ゙̄''ー-、______________,,-―'" ̄
二.二二二二i===||________,| |              | |
    ||    ||;; |  | | ̄ ̄__i__ ̄ ̄| |―┬―┬―┬―| |  |\
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | | ̄ ̄ ̄,___ 、 . | |  |  \
    ||    ||;; |  | |   |  |:   | |.  i i . _j___∇ヽ..| |  |   |
   .〃⌒⌒ヽ.;; |_| |   |_|:   | | (_;;).(・     ) | |  |    |
   .|  ルルリノ〉 ../| |         | |  =!二⊂   ).―|.,___ 、..|
   .| .リ、゚ -゚ノ|./ . ,-ー- 、 ..三.三三|_|―  凵/   ヽ..._,._j___∇ヽ|
   .ゞ/ i V.i メ ...l  /ハW )            (__)_).(・     ) |
    .<_i |二| _> . ヽソ O-Oリ             =!二⊂  ,___ 、
//..Uソ  |ノ  ..ハヽ yヽ                凵/ ._j___∇ヽ
//||..|__|    .U ===l)                       ( . (・     )
//  .U .U    ..L_l__l                       =!二⊂   )
/            ..∪.∪                      凵/   ヽ
                                      (__)_)



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃    取り敢えずPLを除いた状況はこんな感じ。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /      なんという狭い空間。>セ
  \ /      /\/
    \       \         これは銃より接近戦が良いだろ。>やら
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /

202SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:20:27 ID:eoAvzykI0

        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ    それじゃあ、いよいよ戦闘開始だお。
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))   行動順は、1セイバー→2やらない夫、→3近藤→4沖田→5新八→6山崎
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /        OKです。よく考えたら部屋を血まみれにするわけにもいかないので【峰打ち】で行きます。>セ
    ヽ_ ノ       │



        〉|ミ |:  |      ヽ ヾ  ヽ \   \
        〈,,;l ミ j  |   ト 、ハ,.ヽ ヾ i  ト ヘ         それじゃあ近藤さん狙いで。>セ
        ゝヾ 〉 j  i i; ヾj从イjヾ j ;, ヽヽ
       /⌒`ヘ.\\ヘヽ\j{弋gjY ) l j  i j     [セイバーの【二刀流】(71)→03 クリティカル]
      <.:.:.://.:.ハ`:\\.j` .j  ∧jノl /  .|/     [ダメージ計算【2(1D10+1D8+4+1D4)】=30]
     //<_/:. (_ヽ:::::\ヽ - / ヘ j   '
    /.:/  /rヲ ,ー‐‐===_ヽj 、    ソ           クリティカルキタ━(゚∀゚)━!>セ
   \_ソ   } . .〉: : : : , ; ; ; ; ,ヽ`≧
        i /: ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ,,,\ノ              30・・・だと・・・>やる
        } .i. , ; ; ; ; ;- ____; : : :/(  /⌒j_
        | .レ: : :> ´   \ノ 匕 ' ̄t´~)                 「避けれるものなら避けてみせろっ!」
        l l ; r        ヽ  ):::/´《´
        j .〉-ゝ、     =\_j´ /ィ=、          ノ
        .いレ^>    <ん=:..j、: ノ´ ,》          -=ニニ=-  「|
         ヽハ  ヘ_ `ヽ  (r=ヽj/rt~i<´______   .-=ニニ=-  | l
         \ヘ/ `   ヽ>レ´ .|__ソノ´ ̄\   >`´; ; ; ; ; ;    .//
           \`:::.> ヘ  `ヽ   /^/    >: : : : : ; ; ; ; ; ; ;  .//                   | ̄ ̄7
            <   /|_、\´ノ:.:.ソ_ ノ´; ; ; ; : : : ; ; ; ; ; :.lニニニ/ lニニ´|    l`| l`| 仄!      .|   /
         <    / .□ ./.ヽ. ヽ: : ´: : ; ; ; ; : : : , ; ; ; ; : : : :.    __| |__ || ||        |  ./
      <          /  /ゝ ’:´; ; ; ; : : , ; ; ; ; ; : : : : : :.   └───┘.|| ||        | /
   <         |_    ∨ ) ヽ.ヽ; ; ; , ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : :..            .// .l| くX> _  └'
<.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,./.,.,.,.,.,.,.,.,.,∨  ヘ_ノ_」_; ; ; ; ; ; ; ; : : : : :> ´          〈/  L|  r--'/  ◯
.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,./.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,∨⌒`  、 ̄ヘヘ; ; ; ; ; : : : : //´...                     ̄´
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:v.:.:.:.:ソ.:、;.::.::.:>.:.,.:..:..:..:..:..:..

203SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:20:59 ID:eoAvzykI0

         \\     、ィ災Nk,
              \\   洲州州|l!,
  \\         .,. \\从/ .≠リミ!
.    \\      そ   てォ  l!)!
     ,. \\从/   ゝ,    そ...イ|"         [近藤の【回避】(70)→71 失敗]
.       そ   て  ..."`/'^r  \ `ヽー-、     [抵抗ロール14対30・・・自動失敗]
       ゝ,    そ,.'"´  ー、 .\\      ヽ、   [耐久力減少・・・14-(30÷3)+6→10]
       "`/'^r  \          \\ . :.   }
          | .\\        .\\.:::ヽ `ヽ
         ,/ .:::ト \\...,.:.、............:::::\\キンッ.ヽ     「うごおおおおおお・・・・」
         /  ::ヾ、 .\\ `` ̄::::/::;ノ\\  |
          ,′ .::::::∧ヽ {:.\\キンッ .'"丿 ..\\ .`ヽ.     セイバーの最早人間技とは思えない剣撃をくらい近藤は気絶するお。>やる
       丿...:::::/ ゙i  ,゙ l.\\  :|     \\从/
      /  :::::/     ! { .:l!:....\\..:!       そ   て    よしっ回避失敗はいい感じですね。>セ
       /  .::/    / .:゙....}{::.....::}\\从/    ゝ,    そ
.     /  :〃     ,'゙ □■□■..そ   て     "`/'^r .\ ヽ、__    じゃあ、次はおれだな。俺もノックアウトで。>やら
__,.ゝ―'′./     ノ  ■□□■□ゝ,    そ       .{:..\\‐‐'
`ー'7‐‐' ノ´     〃  □■□■□ "`/'^r .\     ヽn \\
 /ィ,. _ {       |′ □■■□■    l!  \\     .ij |.j  \\
 '/イj ij       l!   ┐ '`) イ__|__     l!   \\        \\
           l!    _|_ /__ .| ∨ :.   |     .\\
           |   .:::::::}    ̄::::::.   !       . \\
           |   .:::::::,′   ヾ::::::.    !
              !   :::::,′     ヽ::::::.   !
           {  .::::::/          ヽ:::::::.  }



            / ̄ ̄\
           / ヽ、. _ノ \
           |  (●)(●) |     [やらない夫の【マーシャルアーツ+キック】(70)→39 成功]
             .|   (__人__)  |     [ダメージ計算【2D6+1D6】=13]
            .|   ` ⌒´  |
    _        ヽ         /
    l !        ゝ     イ_         「くらええええええ!!」
    | !       ,/i「`TT ´_.. -┴- 、
  _ノ ┴、__     フ⊆ノ |/   -‐`ー!、      中々のダメージだろ。>やら
  | `二l. )   / 〃 /,-、〔__)、__    ヽ
.  |  r'_,「l  /|||   ト⊂二)}ヽ\  |     本来ならすごい強いんだけど・・・>やる
   |   )ノ  _/ | ||   ヽ.)-‐'')} } | 〉 〉
  rL -┴i. / `「 ||    l`で´ノノ / /

204SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:21:39 ID:eoAvzykI0

            __ _     ./                 \
/二ニフ    |_| U/〉   .'´`ー - __         ___x/丶
. //===     〈/    r  _____  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヘ
.レ'             / /!´ ,ィ.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ート、 N
                  レ':::! ./:/         ,         ∨!    [沖田の【回避】(70)→03 クリティカル]
                   l::::::l./::/ ィ ,   l ./:!  ,  ,、         !    [クリティカルによる反撃での発砲尚零距離のため回避不可]
              l::::::'::::::l ///l ィ ,!!/::::! ./l  !:::ヽ       l    [ダメージ計算【1D10】=2] 残弾 14発
                 l::::::::::::l///:::'ノ/j::':::::::レ' レ'::::斗 !、.  l l
               l:::::/!l::!:レ'-チ- 、::/!::::/!::::/,-ナァ /:::l :l//
                   l::!':::!Nイ ヽ.マニ=、 !:///ニクノ!:レ'!::l::l:/リ      「甘いな・・・」
                  `!l リヘ!l       "j' 'i´ ゛ ̄ レ'!:l:/l/
                    ヽ丶!l       l     /^ハ!         やらない夫の蹴りを華麗にかわした沖田はそのまま発砲するお
                 !ハ::!ト、      ` ´    ./:::::!
                   从::l\   ‐==-   /'_>ー、       r┤ヽ 今回クリティカル出すぎだろ。>やら
                  ,.. -‐':::レ´!  \   ̄   ' !l 「:::::::::l       |/|/
              「l l::::::::::| l |__  ` ‐ イ __/ll l:::::::::::./´ ̄ ̄`!
             〃! !::::::「ヽ'´ `ヽ'⌒/ ̄ノ |l |::::::: / く二| |
           _ イ::/:! !:::::ナ'/  /  / .イ´-‐'/イl:::::.く__,へ-,  /     ./\
          -‐チ´:::::::::/:::::! !:/ /   ′  /// .//::!l、//::::::::::/ /      \  |     l´\
       /`ー'::::::::::::ム/l l' /     / //___」.l:::::ヽ/:::::._/ /         \!     / ,/
                                    ̄ ̄            / /
                                           ___/ /
                                               \___,/



                         / ̄ ̄ \
                      _,ノ ヽ、,__   \
                      (●)(● )    |     沖田の放った弾丸はやらない夫をかすっていくお。>やら
                        (_人___)   U  |
                         '、    ━━│     [被ダメージ計算【14-2+1】=13]
                  <二ニヽ        |
                     /-‐   `i 、 ___,. イ i        「くっ、流石にやるだろ。」
                     {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
                 しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
                   ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
                     「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
                 /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
                    / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }

205SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:22:00 ID:eoAvzykI0

                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ     それじゃあ、そのまま沖田の攻撃だお。カラカラ
              |   (__人__)      |   /  ヾ          じゃあ、沖田は近藤をやったセイバーを狙うお。
             \    ヽノ      / /  ! i      
                   \_          <、   〃ノ      えー私ですかー。>セ
              /       ,.-、   _, -` く '"
                 /   |       (`   ̄     〉       フー助かっただろ。>やら
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |



              _.. -‐- 、
             /´  ̄ ̄ ヾ,
           ,イ l/,.ニ二 ヽ  !}
           / ! ゝ;;;;;;;;;;;`i l リ        [沖田の【拳銃】(50)→66 失敗]
             /!| ヽ ヽ、;;;;_丿ノ/        [沖田の【拳銃】(50)→94 失敗]
           ,!ヾヽ  `ー--一/、         [沖田の【拳銃】(50)→51 失敗] 残弾11発
            ハ ヽ`Y ̄ゝ / ヽ  /7 n゚゚ ヾ> /7 []  ./7 n゚゚ ヾ> /7 []  /7 n゚゚ ヾ> /7 []
         ,ィ′ \/ー==/从、ノ !  ../ J =彡' .O .../ J =彡' .O ..../ J =彡' .O
       ,イl{   〃 ̄7((+)ノヶリ ,'
        {ヾヽ、〃 /、_`´、, ー゙'/リ         「今度はこっちの番だっ!」
        /ヽ-‐ュテ(i'//`!ヽ ,、 '"_
 , -─ ∠,ノ ミ.〉/ー'┴ク Yム'"´ `-、
/   /´ /  _ソ 二]`ji\_ノ ilー- ^ー ヽ       しかし、無情にも弾は全てそれるお。>やる
!   {  レ-'7'  7/ ((_:::イ。〃     |
ゞ、__ゝノ__./ ┌'ハ  >≦チ"      〉      【シールド】とはなんだったのか・・・>やら
    ̄  i └l'、レ'´  |「 `ー- 、_/ 
      / _|{{   |_   /           それじゃ次は新八が動くお。>やる
      / └-l|〃   |l-┘  |

206名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 22:22:05 ID:dWslvWM60
狭い室内で刀振り回すとか正気じゃねえ

207SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:22:36 ID:eoAvzykI0

             彡´                     ヽ,
           _,r"                        i
           ,ゝ                         `ヽ
         / ,,r'7                         ∧    じゃあベレッタM92FSで新八は発砲するお。>やる
        _//´∠-‐                         l                         ※新八が持ってるのはあくまで銃です。
       `ゝニ''"__                          |    [新八の【拳銃】(60)→29 成功]
         _r'/`/ .                         |    [新八の【拳銃】(60)→16 成功]
           〆,r'タ  ,  __,,,,,,/                 .ノ    [新八の【拳銃】(60)→77 失敗]  残弾13発
         ノ// r‐ノ, ヘ、/   ハ  ノリ           ノ
          ∠=从    //彡ノ/ソシ=、リ/    ,,,_    /        「こちらにも銃ぐらいは有るっ!!」
          ´  ノ人    ノ‐(  ゙<´弋タリ)/ツ   /r フ  /ヽ、
       /`ヾヾ‐、-n‖l゙¨´ ノ  ゝ、,,,`'' _彡'""ノ/ ノ ュノ ∠ミ  \
     _r=ニヽ   `゙''""キ (_ 、     ̄   ノ /"r"彡'" ノヽヾ   \      何でこっちが必死に血で汚さないようにしてるのにこいつは・・・>やら
 ,,,r‐''"´ `゙ヾi }::::.   __ .ヤ イ_        ´_ノ゙7,´-"  "ゝ`i `、 ; ヘ
  r    r<ニ"=、,_,,/ `゙'乂ヽ`゙    _,,=-"‐''"  __∠     ; ヘ     因みに山崎に攻撃だお。>やる
  l    /           |::\_ _,, -‐"_,,,,=-‐'''"           ;  l
  キ    l           キ;;r''~´´ ̄    `゙゙゙'''              |      ※因みにサイレンサーなので音は描写しません。
   ゝ、.  ゝ、       _,,r''"´                         |
  



               .:::´⌒ヽ
              {:::、::::::::::乂__            [山崎の【回避】(70)→52 成功]・・・一発目
         r=ニjNェヾェヽ厂jニァ、__         [ダメージロール【1D10】=6]
        ハニj 込 ヮノ .|  / ,...ア>xv=‐ァ--‐ァ_   [被ダメージ計算【14-6+6】=14]
    ____/ニ∧}}勹\__ノし// 、.ー-={{ニ{ -イ ==ァ′
_⊂⌒`マ}}ニニ/ ..__)/⌒ヽ(_ ',   .. ̄ `フハ厂´
`¨ス〈`t‐厶厂   jゞ  ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄                     「うごっ・・・」
. 〈ハ厂´     ∠マ ./⌒|「⌒\
        ∠ニニ>┴<ニニニニ>x            山崎に弾丸は着弾したが防弾チョッキによりダメージは負わなかったお。
      ∠ニニ/     ` <ニニニヽ                         しかし、着弾しとことによる恐怖でうごけなかったお。>や
       (ニニニ(         八ニア
       マニハ       ∠ニア           さすが自衛隊性だな。>やら
         マニハ      /ニニア
        {ニハ     [_ ‐-{              それじゃ第二Rだお。>やる
         )、__」     廴_ヽ
        ノ  __)
        ー‐'

208SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:23:00 ID:eoAvzykI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    それでは行動順は
|       (__人__)    |     1セイバー→2やらない夫→3沖田→4新八→5山崎
./     ∩ノ ⊃  /                               の順番だお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       それでは沖田に向かい【二刀流】で【峰打ち】です。>セ
  \ /___ /



      {」二ミミ=j/^^/`i,_/゙フl    r ,-= ---=   . _       .;'゙゙゙';.
          ノ⌒``).(.《  (´ミミ=ノフ´     ゙ `y´⌒`\    ;..:::'
          l´ソ: :ヽゝ \l--j´(..;;,,.....   .,      `ヽ  ヽ
  ノ''゙゙゙゙"` ;,. //: :ソ´     ̄ ;'゙  ,,;´ , ;   /   い. \:::,,.
  ⌒ヽ;;::.. '' /: : : : {       ゙゙;;;;'゙ 、i  .| i  .j  ,  ト、ヾ j≧,.. . ゙ ゙`   . 、          [セイバーの【二刀流】(71)→11 成功]
       /::彡≧ヘ、      ゝヘ   |  .| i  j , | i.ハ j j l   " ゙ ::: ...、`. ゙゙::.....      [ダメージ計算【1D10+1D8+4+1D4】→20]
       \:: : : : : :´`: :-= --=;ナ.、、 | ∧|、ハト ト i, /l.).ハノ\,, -:::,,,     "゙ ::::,,, ゙゙゙
        \::::::::::: : ::/~≧>ヲ\r t  ヽj弋=イ‐ヽ|nj レ、  トヾ '''"           "     十分すぎる威力です。>セ
           > ,//:r: ノ ┤j;;) ヽy  ハ仆゚j    > .ヽ )
            ヽ/ヽ_.| :l. {:.{_.j.」:》,,^::ヽ  ヽ¨゙ , /   ヽノ  ..,,:::''''":.,             期待値が12という化け物攻撃力は伊達じゃないお。>やる
                |: :ヽ\彡/ヾ`}~ヘ .ヽ=-- ´    丿  :..,,,,;;;..."
                ≧彡ヽ| : : : ヘ´ ヽ\ j                 ..;;,,.....
       .;'゙゙゙';.      .{: : : : | |` ヽ: : : }  j レ _、             ;'゙  ,,;´       「はあああああああ!!」
____ ;..:::'       .|: : : : l.」: : : ヾ..::},_ナ、.j-----ソ、     ,^iノヘ/^.j   ゙゙;;;;'゙                    __
: : : : : : : : `ヽ、       .ヽ_----、: , : ヽi.   〈: : : : : ,,: :ヽ    ノ´ ⌒``ソ         ,.イ ., =7        /´ > ,.イ
: : : : : : : : : : ゞ゙,;、     /: : : : : :): ノ: : : )...   j : : : :; '',,,:i.|-i^ヽj: : : : : : : : ヽ)        | |//        ´ ̄  /_/
: : : : : : ,,,, : : : : : ゚\ノヘ/: : : : : :ノ:ノ--<............. ノ..: : : : ;,,," :ij___ヽ|: : : : : : : : : :ヽ         .| / , =7   ,イ二.7     //
: : : : :ゞ,.::゙ : : : : ゚: : >´ <: : : :: /::::::::::::>--j ヘ: : : : : : : : :ノ--- | : : : : : : : : : : i.j       | |//   _/ム_  //    ,イ,イ ,イ
                                                       |_,/    '──‐'  |/     レレ //
                                                                         /'

209SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:23:28 ID:eoAvzykI0
31

                  /                 \
                '´`ー - __         ___x/丶
               r  _____  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヘ
                 / /!´ ,ィ.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ート、 N
                  レ':::! ./:/         ,         ∨!
                   l::::::l./::/ ィ ,   l ./:!  ,  ,、         !     [沖田の【回避】(70)→19 成功]
              l::::::'::::::l ///l ィ ,!!/::::! ./l  !:::ヽ       l
                 l::::::::::::l///:::'ノ/j::':::::::レ' レ'::::斗 !、.  l l      「甘いぜっ!」
               l:::::/!l::!:レ'-チ- 、::/!::::/!::::/,-ナァ /:::l :l//
                   l::!':::!Nイ ヽ.マニ=、 !:///ニクノ!:レ'!::l::l:/リ
                  `!l リヘ!l       "j' 'i´ ゛ ̄ レ'!:l:/l/         しかしながら沖田はそれを難なく回避するお。>やる
                    ヽ丶!l       l     /^ハ!
           ―=≡|「|.!ハ::!ト、      ` ´    ./:::::!           ちぇー流石に回避率が高い。>セ
         /|  ./|  |」|」 . 从::l\   ‐==-   /'_>ー、
   ..__|  |_l  |_..,.. -‐':::レ´!  \   ̄   ' !l 「:::::::::l           しかし、これで俺のは回避できなくなっただろ。>やら
  ―=、_  _   _\.:::::::::| l |__  ` ‐ イ __/ll l:::::::::::|
       |  |  |  | .〃! !::::::「ヽ'´ `ヽ'⌒/ ̄ノ |l |:::::::ノ>─、_
.   ―=≡'´  |  |       「|「| /  / .イ´-‐'/イl:::::://::::::::::::: ̄:::::‐-...._
.        ―ニ三 ∠_   ―=」|」 ∧ /// .//::!l、//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ニ丶.
       /`∠/ ̄ ̄ ̄      ∠ノ...//___」.l:::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::\

210SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:23:55 ID:eoAvzykI0

   \    .`'、、 \    ヽ  ヽ .ヽ   l   ! .! │ │ !  . l   ./    ./   ./   ./   .,/  ,/゛
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ  l  ! .l ,! ,! .l  /  /   /  / /  ./ . /  _..‐'゛ ._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. ヽ.ヽ __  !│ ! l ! /  ./  ./ ./ ,./  ,/. / . ,..r'" .,..-'″  _.. ‐
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'、,\.  \....゙<//`j>- 、 .! l /  /  / /./ / / ,..r'" ._..-'″ . _.. -'"゛  [やらない夫の【マーシャルアーツ+キック】(70)→09 クリティカル]
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `'-、 \ `-,\ .ヽ. `ゝ´¨ヽ  ヘ..l / ./ . ,i"./ / ,//゙.,..r'"._..-'" ._..-‐″      [ダメージ計算【2(2D6+1D6)】=8]
〜 ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-、,.`'-..\,`-ヽ, ヽヽ!、.l .!.j   | ./ ./ .,i'ン./,,-シ'゙,..r'"_..-'"._,, -'"゛    ._,,.. -''''"゛
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,, `''-ミ;; 、"-ミ .ー-―-、、_/>- 、l /..,iシ//‐,゙ ‐' / ,゙..-'"゛   _,, ー'''"   ._,,,.. -
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..,,,_`゙''ー ..,`'''ニ;;,.`'.`ー-、_>'、     i .゙,ノ / .゙_..-彡彡-'"゛ ._,, -''''"゛_,,,.. -ー''"´         「はああああああ!」
        `゙゙"''―- ....,,,_ `゙゙'''ー 二ー 二 `' ,:'  とソfォ /ヽ,..'゛ ./ ゙‐'´ ._,,, ー'',゙,゙.. -ー''''"´.__,,,.... -―''''''゙゙ ̄゛
"'''''¬――-.... ........,,,,,,___、`゙゙"''―- 二¬ニ、 .i:. ヾー゙イ⌒ヽヽ、_ ...‐''"゙ー''二ニ--ー';;;;二,゙,,,,............---一ー''''''''''
___________゙二ニ ._,ニ=‐-―-ニ|:.:i 、__< ヽ、_ .メ、_..:} ..'''ニ二二二二___________     クリティカルなのにたった8・・・だと・・・>やら
_____,,,,,,,,,,,.............. ----――¬''./ ゞヽ、_ \、. \、_、:..\_゙ーz, ≧=-、 .,,_  .-..........,,,,__
         _,,,,.... --ー;;二ニ.ヽ、z-‐=ニチヾ、__._≧リ. `´ \   ヽ、 .二,゙''― ..,,,_  ゙゙゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,__    クリティカルとはなんだったのか。>セ
..... --ー¬''^゙゙´_.. -‐'''"゙_,,.. -;;ニニ''.>ーf`   `\_  ヘ!.    `<.  \.''ー ミ¬- ..,,, `゙゙'''― ..,,,_
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-‐''" _..-' .ト、>'´      \ー、_>ヽ    `ヽ>r:.、_.、 `''ー、,,.`゙''ー ,,,、  . ´゙"''― ..,,_,     取り敢えずノックアウト攻撃かお?>やる
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛ ,.. ‐'゙,゙ ‐彡''ン'゛./,ノ゙,ノ/   ..ヾ、  ,イヾi、   r゙,、i_iヘj、 ''-、.  ..`''ー 、、 .`゙''ー ,,,、
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'',゙/゙ / . / ./ ./ ノ / / 、..`ヽ、_  \. ゞ  メ'.''-、 `''-、.   `''ー .._   `゙'''ー       ああ、そうだろ。>やら
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /  ./ ./ / ./  /  l゙ .l |  ! \  iヽ . .\ `-、 \   `''-、,    `゙'ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/  / / ./ /   / │ .! |  .!  l.\_j \  .\ \  \    ゙''-..、     `゙''-
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / . /  /   /  ! .l  !  !  .l   .\_j   . ..\ `-、 `'-、   `''-、,
'"゛ . ,..-'´  . /    /  ,./   /   /   ./   !  .! │  l  .l   .ヽ  ヽ   .\  `'-、  ゙'-、     `''-
._/´   /     ,/  ./  ./   ./    ./   l゙  .|  .,!   .!  .l    .ヽ  \   \  . \    \
   . /     /  /  . /   /    /   /  ,!  !   !   l    ヽ  ヽ    `-.  .\.   `'-、

211SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:24:28 ID:eoAvzykI0

                        _ _  _
                    , - ´ ̄     ``  `ヽ,
                  /               ヽ
                 /   /  ,/     , \   ヽ
                /   / / ,/  // / |ヽ  ヽ   ヽ
               / ,/ /  / /  /:::/.// l l   l l  l
          _  [][].〃// / // / ///::::/〃 | /  | l l l l l    [沖田の対抗ロール14対8・・・90以下で成功=68 成功]
         |  |    / 〃l / / / | |/::.l/_;_// 、_,|/__|/ |.l l  l |    [被ダメージ計算【14-8+6】=12]
         |  |__l |l l//./ .|::l ||;;;;;|;; ;/;;;.l / ,;;;;; ;;;;;;,,|l l l  l |
         |  ___|..||/.// .|:::l::::::;;;,  .::|   ;;;;;;;  |./ | l /
         |  |       |/|/ / l::::::::::::::...::::::ゝ 、    〃 ,l ,/ /       「あがっ・・・・・」
         |  |       .|/|l l.l::::::::::::::::::::i二二i    / //| /
           ̄        .ノ | リ_!:::::::::::::::::::l:;:;:;:;:;:l     ,/| /
                   `.../|ヽ::::::::::::::::l´ ̄`l     / ./        それではやらない夫の蹴りは当たりはしたが相手を
                  |/ \ ,,_人、ノヽ --´    イ /|l                  気絶に追い込むほどの威力はなかったお。
                 / / )ヽ    (  ...,/ |`i |l丶
                  - <       >─ . ,/ .l::::::::l         なんてこったい。>やら
                  /::::::.)     て.- 、,'⌒i  /|ミ,:::::l
             _ , ― イ::::./^⌒`Y´^\.i  i  i,/ || ミ,:::l_          それじゃ、そのまま沖田の攻撃だお。カラカラ>やる
       _/ニ二-´_ , ― ||:::::::::::::〃  i   i  i  i. ||::::__ ヽ、
     __/  ――´::. ..::::::::::::||:::::::::〃|   i     i  i  i ||::|__|ー、 `ー´`ヽ     あっ因みに攻撃目標は新八だお。>やる
   ,´::::::ヽ:::. .::: :::::::::::::::::::::::::|| O〃:||   i    i   i  i||.:::::::||::l:::::.. ̄`./\ 、
   / :::::::::::l::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::ミ〃:::||  i    i    i  ||:::::::::レ:::::::::::/ /.::::::ヽ
  l :::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  i     i    i  ||:::___/ /.::::::::l::::::::l
  l ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  i.     i    i  ||::|___/.:::::::::::::l:::::::::l

212SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:24:57 ID:eoAvzykI0

        ハ     : : : :\         ,. :´
 : .      . : !:    「ト、 : : \     / ー- ..   .
 : : : . . . . . : : : !:    i !o\: : : :\   .′       `   . `  .
 . : : : : : : : : : : ! : . . . !.!: : : >''‐- ミ/ :/. : :/       `    `            [沖田の【拳銃】(50)→07 クリティカル]
 : : : : : : : : : : :.' : : : : ' ': :Y  .ィ ⌒`ヽ:<. :/: : : :' : /  . :/   `  .           [沖田の【拳銃】(50)→29 成功] 
 : : : : : : : : : : :' . : : : ' ' : :{  i '    !//`; 、: / : :/: . . :/: ,          、        [沖田の【拳銃】(50)→ 失敗]
 : : : : : : : : : :,′: : :.,',′: :.、ヘ    ノ/////`; 、!: : : : :/ i: :/: .    /    ノヽ
. : .: .: .: .: : :./. : : : 〃    ヽニゝ-=イ////////ハ: : !: /__」/Lハ: : . / :/          [ダメージ計算【2D10】=11]
 : :. :. :. : : :/ . : : : :`二ニ=‐‐' :`≧:ト ' //////人从「ノ.ィぅメ、 i: : : :/: /. : : /      [ダメージ計算【1D10】=9]  残弾8発
 : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : //: : : ハi ー一'"      弋゚:ンV : : :/: / : : :/
\: : : : ,: ′: : : : : : : : : : : : : : // : : /:ノj   ,     ` ー ' 7:イ. :./: : : /
  >‐―- 、: : : : : : : : : : : : : //: : :/: :.八  ヽ 、           / イ : イ, ′         「今度は外さないぜっ!!」
/      ∨//: : : : : : : : 〃: : :/x‐r‐‐ヘ. マヽ     ___´_∠彡ヘ、
       `ヽ//// : : : :/: : :, ヘイ !: : : ハ `     /∧三二ニ≡=- /
 . -‐ ´      Yー‐r――r―/  ,ノj :|: :爪くゝ .. --‐//::::.!|ー=ニ: : : :./__       /7 n゚゚ ヾ> /7 []  ./7 n゚゚ ヾ> /7 []  /7 n゚゚ ヾ> /7 []
´           |: :.:.|: : : : :!__:ゝ.イ {:/:/イ´⌒フ´彡'/::::::::!|: : : :..斗イ: : :>'":.      ../ J =彡' .O .../ J =彡' .O ..../ J =彡' .O
         ゝ、 ̄「:::「`ヽ7: :ノ ノ::/ j.〃´ / //イ::::::::::|jo.イ. : :! ノ:/: : : : :
 ー‐--       ヽ`¨¨二二フ.イ::/ //´    /〃ノ::::::::::`フ.:: : : :/: : : : : : :
             }`ヽ._. イ//::,′ ′   /.::::::::/:.:.:.:.:.:.:.: /: :/: : : : : : : : :



       ,、r '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
      / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
    / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
   / :.:.:.:.:.:.:/| A .ハヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /.:.:.:.:.:.: /,r|キ-リト‐-リA.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',       [新八の【回避】(73)→18 成功] 一発目
  ./ :.:.:.:.:.:/|{,ィ´・  }    ヽ/~ i:.:,.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.: : |       [被ダメージ計算【13-9+5】=9]
  i: :.: /ハ|イ ’ ,/,r'       i!'ヽ.:.:.|´ .`i.:.:.:.:.:.|
  |ハ: :|夕'¨` ̄ ̄´          ヽ.:|   |.:.:.:.:.:|
  ! |{´.}                 i!   i.:.:.:.:.:.|          「がぁぁ・・・・」
   ! iヽ  ,、rヘ、              /.:.:.:.:.:i
    { <r'´ ̄::.`>、         ,_, r'|.:.:.:.:.:.|
    ヽ ヽ:::::::::r' .ヽ         j   | ,、.:.:.:i
     ヽ ヽ::::.|   .ヽ        j   i! ヽi;,i!          新八は一発目こそ回避したものの二発目を胴にうけるお。>やる
      ヽ ヽ::::|  ,〃      , '      `ヽ
        ヽヽ=='″     , '   |      /          防弾ベスト無かったら危なかったですね。>セ
        .ヽ`¨´    , r'       |     / /
         ヽ、 _ ,、<          |    / /           それじゃそのまま新八の番だお。>やる
               ヽ        .|   / /
                `>、    .!  / /
               /  |\   ./ /
             /    | |.|`, / /
           /      | | | .'/  /

213SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:26:01 ID:eoAvzykI0

             彡´                     ヽ,
           _,r"                        i
           ,ゝ                         `ヽ
         / ,,r'7                         ∧    再びベレッタM92FSで新八は沖田に発砲するお。>やる
        _//´∠-‐                         l                         ※ry
       `ゝニ''"__                          |    [新八の【拳銃】(60)→51 成功]
         _r'/`/ .                         |    [新八の【拳銃】(60)→60 成功]
           〆,r'タ  ,  __,,,,,,/                 .ノ    [新八の【拳銃】(60)→52 成功]  残弾10発
         ノ// r‐ノ, ヘ、/   ハ  ノリ           ノ
          ∠=从    //彡ノ/ソシ=、リ/    ,,,_    /        「もう一度だっ!」
          ´  ノ人    ノ‐(  ゙<´弋タリ)/ツ   /r フ  /ヽ、
       /`ヾヾ‐、-n‖l゙¨´ ノ  ゝ、,,,`'' _彡'""ノ/ ノ ュノ ∠ミ  \
     _r=ニヽ   `゙''""キ (_ 、     ̄   ノ /"r"彡'" ノヽヾ   \      全段命中とか沖田死んだんじゃ・・・>やら
 ,,,r‐''"´ `゙ヾi }::::.   __ .ヤ イ_        ´_ノ゙7,´-"  "ゝ`i `、 ; ヘ
  r    r<ニ"=、,_,,/ `゙'乂ヽ`゙    _,,=-"‐''"  __∠     ; ヘ     これは山崎発狂ありますね。>セ
  l    /           |::\_ _,, -‐"_,,,,=-‐'''"           ;  l



                        _ _  _
                    , - ´ ̄     ``  `ヽ,
                  /               ヽ
                 /   /  ,/     , \   ヽ     [ダメージ計算【1D10】=10]
                /   / / ,/  // / |ヽ  ヽ   ヽ     [ダメージ計算【1D10】=1]
               / ,/ /  / /  /:::/.// l l   l l  l     [ダメージ計算【1D10】=6]
              ,〃// / // / ///::::/〃 | /  | l l l l l
             / 〃l / / / | |/::.l/_;_// 、_,|/__|/ |.l l  l |     [被ダメージ計算【12-[(10-6))】=8]
             l |l l//./ .|::l ||;;;;;|;; ;/;;;.l / ,;;;;; ;;;;;;,,|l l l  l |
              ||/.// .|:::l::::::;;;,  .::|   ;;;;;;;  |./ | l /
                |/|/ / l::::::::::::::...::::::ゝ 、    〃 ,l ,/ /      「うがああああああ!」
                   |/|l l.l::::::::::::::::::::i二二i    / //| / 
                 ノ | リ_!:::::::::::::::::::l:;:;:;:;:;:l     ,/| /
                  | /|ヽ::|  / ,l´ ̄`l     / ./         新八の放った弾丸は相手を捉えたお。>やる
                  | \__ノし// 、 --´    イ /|l
                   ..__)/⌒ヽ(_ ',    .,/ |`i |l丶         流石に硬いですね、自衛隊は。>セ
                      ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄.´  ,/ .l::::::::l
                  ./⌒|「⌒\l'ヽ, - 、,'⌒i  /|ミ,::::.|  / ,      それじゃ次は山崎だお。カラカラ>やる
             .|  / , イ:::::::::::::::〃 i   i  i  i, \__ノし// 、
       _/ .\__ノし// 、.|:::::::::::::〃  i   i  i ..__)/⌒ヽ(_ ',        再び新八狙いだお。>やる
     __/...__)/⌒ヽ(_ ',.:||:::::::::〃|   i     i  i   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄`ヽ

214SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:26:30 ID:eoAvzykI0

      :.        , -―-ミ          /⌒ヽ
     :. -――/{::::::::::::::::::))ヽ     〃####}}
      ぃ ニ\′辷=-:::::::::::::ハ      {{####〃      [山崎の【拳銃】(50)→99 ファンブル]
       マ:. ニ7|::::::::∧:::::::ト、:::乂_    ゞ=彳       [山崎の【拳銃】(50)→発射不可]
        マ:. ニ}i::h::「山ヽ崎:ハ厂      ||       [山崎の【拳銃】(50)→発射不可]
       ./ニ 从入{  rォ 八           ||
      /ニニ:. ゙ヾ=x>-イ⌒`        /`^ヽ        「な、なんだとっ!」
       .仁ニニ:. '}ニrュУ        ,..⊥  /
      |ニニニニ:. ゙´三`ヽュ、    f==ミニY
      |ニニニニニL:. ゙ニニニニ}}ニ=--くニニニ}}/     :.      しかし、その銃はジャミングを起こすお。>やる
      |ニニニニニ{ニ:. ゙ニニアニニニニニニア″      : .
      |ニニニニニ≧= ` ニニニニニニ/           : :     メンテナンスをしてないんだろうなぁ・・・>やら
       ト、マニニニニニ{     ̄ ̄            i i
      {ニヽマニニニノハ 丶丶               i i     それじゃ次は私ですね。>セ
      |ニニゝ===≠ニハ  丶丶             l l
      |ニニニニニ}}/ニニニi    \\             ! !



      ____
     /\  /\    じゃあ3R目も
   /( ●)  (●)\        1セイバー→2やらない夫→3沖田→4新八→5山崎
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\                                で開始だお。
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

215SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:27:21 ID:eoAvzykI0

   _.. - ' ´ ̄ ` .ヽ
  /-''´ ̄ ̄ ̄ ヽ \    ___
../           >t''  ̄-< ̄ ヽ ̄ `::..、
           r ' ´,.....ゞハ\   ` :\   ::\      では先ほどと同じで。>セ
         /-ィ / /  ヽ.\    .ヽ   ..::ヽ
         ィオ ./  /    ヽ \    ヘ   ::::ハ         [セイバーの【二刀流】(71)→43 成功]
      // ./  /    i、  ト  \::.. ∧   ..:::::i        [ダメージ計算【1D10+1D8+4+1D4】→9]
     / ./    /    ノ `.ト、   ハ.  ハ   :::::}
    /  ./     i   i //.   i  >ハiレ=\ハ  :::::::i_
.   /  i   / ィ . |  i!./   ノ  i!/'r=-、アソ  ::::::|ハ             「はあああああああ!!」
     / // i! . | ./i!{_   ヽ 、_I! ハゞイ- i ..::::::/ ./
    ./  /  i!ハ川/`i>=-≧ノ- ....  ´ ̄  イ ..:::::/.ノ}
   ノ ィ./i!  ハ ト{ / r=ヽ >  ハ::.     /..:::::/'i!!<      ...:::─       ちぇー10以下ですか。>セ
 -=彡イ./ イ ./ i ハ 人_ゞン    ` _ ─ .、 /.::::::/i彡i.l)    /:::::::/ィ
     // i.イ  .V::::ハ  "      ./r'´ ̄ ./.::::::/ ハYソ   /:::::::::::/∠       いや十分高威力だお。>やる
    .i/  .|ハ  i!:::トミ、       |':.   /.::::::/ /::::イ   ./:::::::://
        |  .::::::人、>、      ヽ   /.::::::/ /≦小>、v/:::::/ ∠A_
       ノ ..::::/ ーt≧ミミ 、    `;/..:::::/..イ' ̄ ̄\//|.| ̄ ̄ ̄ノ
       / .::::/ ̄ ̄ ̄// ̄::>-ァ/.:::/ ヽソ   /-= ̄ ̄ ̄Y:::
     /:::/= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`斗:/ >  _/'' ィフ    /ハ
、__/ イ/:::://:::::::::::::::::::::::::::::::::: Yi/__// / \  r''´    }
ー─ '' ´/:/::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!>─ <∧/    il ..il     イ
.     /:/::::::::::::: \\:::::::::::::::::::::::::::::::::i!}   //ヾ    Y      i!

216SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:27:55 ID:eoAvzykI0

              __,,、--──--、、、_
          ,,、-'''"´. . . . . . . . . . . . . . . > 、
        ,、-'´. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
      /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\      [沖田の【回避】(70)=12 クリティカル]
     .イ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヽ
    /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \    [クリティカルによる発砲【1D10】→2 回避不可]
    /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヽ. . . . . . . . \
   '. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \. . . . . . ヽ. . . . . ...\\
  ./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヽ. . . . . .ヘ. . . . . ...ヽヽヘ
  ,'. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .丶__\. .ヽ. . . . . . ヘ\     「甘いぜっ!」
  |. . . . . . . . . l . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヘ=、==、ヘ. . . . . . . l
  l. . . . . . . . . .',. . . . . . ヘ\. . .ヽ、. ヽ 、. . . . ..`,丿 ./ヽ、. . 、ヘ``ゝ                _  /し'i  /⌒i   _,,..、        ,..、
   '. . . . . . . . . ヽ. . . . . 、. \ィ、 \ヽ\.\. ヘ.ヘ/  .llヘ.l \、ィヽ、          .,r'⌒''"´  j /  /i |  / ,..-、ヽ `ー、    / ア
   .',. . . . . . . . . .ヽ. . . ...ヽ,ィ、\==ヽ\``\`ヽ、.       ∨/`| ト、`丶、    ../     ,く(   { l | /´ l,、_ノ ヽ、  'l  / /
   ヘ. . . . . . . . . . ヽ. .\\/イ。.ハ ,``           .l.:.:..:..:| |.:.:.:``ヽ、`ヽ . /  ,,   ,イ l|  /  i' '´_,,、   ,  `ー',/  /
    .ヘ . . . . . . . . . . .\\ヘ/ゝ=ィ/              .|.:.:.:.:ヘ ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.>../ // / l l|  _」  し''´ 」      /  /´
     .ヘ . . . . . . . . . . . \\ ̄´         ,  ,   ,、__.:.:.:.ヘ.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ / / / l  lレ′|  ,,.-''´        「  /
      .\ . . . . . . . . . . . \          ‐  ,,ノ    ,、 .\.:.:.:ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.."′/  ヽ レ、ゝ  | .|           `''"
       \. . . . . . . __  \         /,/,   ,__}__ ヘ.:.:.:ヘヘ二二二.../ ハ ヽ、   ..l、_ノ
         `Y\. \ヘ. <`>      ー'' ̄ イ   ,、  \ \.:ヽヽ.:.:.:.:.:.../ /  ヽ  {
          ∨ \``─-イ\ゝ           _,ノ  .\  \ \ヽヽ.:.:.:.:.l /   ヽ-'
             ` >\. . . .\────ァ‐ ´  .\  .\    \ヘ.:.:...レ′

217SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:28:28 ID:eoAvzykI0

                      ヽヽ
                       | |
                       | |
                         l l
                     ,. -lノ──- 、
                 ,  ´          `ヽ、
                〃              \
               //   / ´        `ヽ\\
                  〈//   //               ヽ l    [被ダメージ計算【12-2+1】=11]
              〃   l/   / /  / l  l   :l  |
              i !    l: / / /  /:. :l  l  .:|   |  
              l !    l:/: / /  /ハ: .}:. } :.:|   |      「ちっ、やるな。」
               | !    l`メ、 /l  / l ハ ハ ハ ィイ:  |
               | !   N >メ、 / 〃 lハイ士::ハ: |
             /| l  l :.:弋.ヒ。ソヘ /  ィイヒ。ソノ//: |        女神あらぶりすぎでしょう。>セ
           /: : | l  l i            ━〃:  |:\
           く: ://| l  l ト、     :!     /:l:.:   |‐ 、\     まぁ、こんな時もあるお。>やる
           \//ム : .:l ト、\    ‐-    イヽ|:. /リ:.\\\
         ,.   ´ : : : :.:.\ |: .\.>  _  <: : : : |: /: : : : : \\\   まぁ俺に任せるだろ。>やら
     , . :´: : : : : : : : : : : :.:.:\: : : : >=rr=<: : : : ::|/: : : : : : : : \\l
    /. : : : : / /´: : : : : : : : : : : \: /´  ̄ ̄  ̄  ̄  }: : : : : : : : : : ヽ/    さっきと同じで良いかお?>やる
    /: : : : : / /: : : : : : : : : : : : : : :/          ム: : : : : : : : : : /
   /: : : : : / /: : : : : : : : : : : : : : /( ) _ __ _ _ イハ: : : : : : : : /      OKだ。>やら
   /: : : : : : \ヽ: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/        `ヽ    ヽ: : : : : :./

218SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:28:54 ID:eoAvzykI0

                     ,'  ///   /, ''
                    , ' // ''   /,, '''
                   ,,'' //    ,,'' ''
                  .,,'' //./ ̄ ̄\              .ヘヘ、
              /   ,,'' /// ヽ、. _ノ \          _,...{ヘヽ)).l
             /   ,',','/   |  (●)(●) |''ー - ┐- ー '''´ l -< rー´
          /  /   ,',','/    |  (__人__) .|   ..|     ,.ヽ、ノ       [やらない夫の【マーシャルアーツ+キック】(70)→29
         /  /   ,.',','   /,'|   ` ⌒´  .|  _,......|.. - -ー'´           [ダメージ計算【2D6+1D6】=10]
         / /l  ,,' /   /,',',',','|       }  .,´
        ./ /,', ,,''    /,',',',/,' ヽ     ノ .r {                    「いくぞおらああああああああ!」
       / //,' ,,'    , '/,'/ ヽ、       , '´. }
      ./ //,' ,''    /,','/     ` ヽ   .,. '´  .                              クリティカルよりダメージが高い
      / //,'',,'     ,/,''         ` ´    /
     ,,/,,,/ /      '/,ヽ   ,,, ''      ; .   /                          /     まぁそういう時もあるお。>
    //,,/ /      /,' ヽ,, '''i      ..::  ' ' /                         / /
    //,,/ '       /,'',,,'''''  ヽ   ........: '   /              i        / ///
   /          //''     |     , : '  ノ|              | ,  ,'  , ' / /,,'''  /
   /          /''  ,    |`''ヽ 、_,. -'´  ヽ             l| ; ,/三三/                  /三〉
 ` 、          / ,,,/    /           ヽ - .....,,,,,__      .il|./三三/ ̄                  /三/
           //'      |                 {三三三三三il/ ̄      /三}            /三/
           ./       |                    . ̄ ̄ ̄/三/   |三三三三三三i}     /三/
       ,,''/''         |                       /三/    i|三/ ̄ ̄`ヾ三il!.    /三/
                   /        _,.. - 、.......,,,,,__  ____/三/     レ'      ノ三/.   /三/
                  /       /       ..:..ヾ三三三三il/           /ニ/     /il/
                  /        /i        :::::::::::::::::::''''' /   ,,/'' ' , ,'_ィ≦il>’    ./三〉
                 /        / |          ''''''''''/ ''   ,,''/,, ''      ,, '',, '' ''ヾ三/

219SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:29:28 ID:eoAvzykI0

                      -‐==‐-
                     /         `ヽ             [沖田の抵抗ロール8対10・・・40以下で成功=19 成功]
                 , '            ヘ            [被ダメージ計算【8-10+6】=4]
                  -‐/            从‐- _        [一度に現存耐久値の半分を失ったことによるショックロール
.           , ´ ̄   /    /            l      `ヽ                     CON×7=70以下で成功・・・100 失敗]
        /     {    /ソ            l  ,     \
          /         l|     レ'    Y       l | /   ハ
.         /          l|       l l  |   ,' / / / /    __  ト、          「グ八ッ!・・・・・・・・ドサッ」
.       ,〈       \   l| .!    l l        / / | j   ィ´    ヽ
    / >ー──、__ ヽ! l   l l   __, ='=ニニ二 ̄`ー、_  \       沖田は蹴りのダメージにより気絶するお。>やる
   /       ̄ゝ‐-- 、 ̄7──┴‐-く                   ̄   ヘ 
   /   ノ   ///   ̄`ー─ 一'  ̄ \_                       結果オーライだろ。>やら
 二 -一'     〈 ( ( /             \_ _         、_ ___
. ‐─────と_>、(__,イ`ヽ_, -────────  ̄ ̄ ──────



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        それじゃあ次新八で。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ     おっと、もう戦闘は終わりますね。>セ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/        まだ、わからんだろ。>やら
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /

220SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:29:50 ID:eoAvzykI0

             彡´                     ヽ,
           _,r"                        i
           ,ゝ                         `ヽ
         / ,,r'7                         ∧    それでは、山崎に向けて新八は発砲するお。>やる
        _//´∠-‐                         l                         ※ry
       `ゝニ''"__                          |    [新八の【拳銃】(60)→79 失敗]
         _r'/`/ .                         |    [新八の【拳銃】(60)→98 ジャミング]
           〆,r'タ  ,  __,,,,,,/                 .ノ    [新八の【拳銃】(60)→発砲不可]  残弾8発
         ノ// r‐ノ, ヘ、/   ハ  ノリ           ノ
          ∠=从    //彡ノ/ソシ=、リ/    ,,,_    /        「あっ、しまった!?」
          ´  ノ人    ノ‐(  ゙<´弋タリ)/ツ   /r フ  /ヽ、
       /`ヾヾ‐、-n‖l゙¨´ ノ  ゝ、,,,`'' _彡'""ノ/ ノ ュノ ∠ミ  \
     _r=ニヽ   `゙''""キ (_ 、     ̄   ノ /"r"彡'" ノヽヾ   \      またジャミングか。>やら
 ,,,r‐''"´ `゙ヾi }::::.   __ .ヤ イ_        ´_ノ゙7,´-"  "ゝ`i `、 ; ヘ
  r    r<ニ"=、,_,,/ `゙'乂ヽ`゙    _,,=-"‐''"  __∠     ; ヘ     それじゃ、そのまま山崎だお。カラカラ>やる
  l    /           |::\_ _,, -‐"_,,,,=-‐'''"           ;  l
  キ    l           キ;;r''~´´ ̄    `゙゙゙'''              |    今度はセイバー狙いだお。>やる
   ゝ、.  ゝ、       _,,r''"´                         |



                            (〇ヽぃ
                      x==ミ_/\  ヒう
                    -=^ヽマニY `ヽ∩⊂)
                  -=ニニニニニ}}ニ|⌒廴_ス  \      次は私ですか。>セ 
                    rくニニニニニニニ厶-┘    `<ハ
                 |ニニニニYア ´          
              |ニニニニニ|´         
                 |ニニニニ斗:::::⌒ヽ=ミ            [山崎の【ナイフ】(60)→33 成功]
              |ニニ/:( 廴::::::::::::::::::::ヽ           [ダメージ計算【1D4+2+1D4】=9]
                |ニニイ::::::`:::::==‐-:::::::::ハ  
                  |ニニニ|/::::X{::::::ト、:::::::::::::::::} 
             |ニ/ニ{::i::迄ヽ::{ィt弐:::::::::ノ          「ここれでもくらえええ!」
             |/∠ニヘN  、, ` `¨ ハ:::(
                 〃ニ/ィ}∧ rュ  u厶乂一
             /.∠勹 }レ >-‐=≦ニ」_⌒          それじゃあ、ナイフをかざし山崎は迫ってくるお。>やる
             _/ニニ〃^≫彳ニア´ニニ>=\
            /_ \″ニニニ{レ仁ニアニニ才ニヽ        もちろん回避します。>セ
        ー'〆 ィ  \ニr㍉‐-=ニュ_/∠ニニニニ}
            〈/7 〃rx `¨¨ }}ニニニ} iー--=ミニ{
           |j_广^廴..ノへj}ニニニj jニニニニニヾ
           |ニ||ニニニニニiしノニニニ} }ニニニニニニ〉
           |ニ||ニニニニニ≧=ニ二_ノノニニニニニア

221SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:30:34 ID:eoAvzykI0

        /  /´  ' ̄ ` ヽ 、       .{ー―一ヽ
          /     i .:ト     \      `  ̄ / /        _
          ii  | 、'i | '|ヽヽ   丶ゝ、     ./メ 、 ゞ ヾ )}
          /i l ,ト|ヾ\ヾ  i i'j l   ヽ\    ../  \〉  _ ノ '
         ソ  iΤiiヾ` ゞ v-ij\ヽj\'j      [セイバーの【回避】(80)→65 成功]
          | ヾ゚ト´   l '´っノ '/i\ヽ
          |   \_       /」 ヾ  \   , ノ   「ふん、甘いっ!」
          |ト   < ̄ヽ`  ノ\  \_` ̄∠
          i ハ ヾ\ゝ  /ヾ  )     ヾ` ̄´
           >ミ=`::::::: |,\`ヽフ
  /´⌒ `  _,,|√ ̄| |` ┐|  ┘           うーん、ナイフ使い出したらただの硬い雑魚じゃないですか。>セ
./  /       , ,,┘ト、 へ_..,,ー--t、
|   ヽ        <___ミ、 ヽ ̄ ̄ヽ \      一応言っとくけどこれバトルゲーじゃないんだけど。>やる
|        /´    ,o|  ' ̄\ ヽ   \.ヽ
い     レ       'o|     V   / `j     何を今更。>セ
.>      (         o|      |     /
 i     ∧         '      .j、   ./
./    /' |ヽ、  ソ   ノ      ノi    <
/    /  i  ` 、    '   , ソ | ヽ  う



     ____
   /      \      それでは、第4Rの開始だお。
  /  ─    ─\        1セイバー→2やらない夫→3山崎→4新八
/    (●)  (●) \                       この順で行動だお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /        早くしないと近藤さんが目覚ましかねませんからね。>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |         そういえば忘れてただろ。>やら
  \ /___ /

222SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:30:55 ID:eoAvzykI0

            /  |      |:;:;:;i;i.! ||
            {  |      |;:;:;:i;|:i ||
           `―|      |:;:;:;j;i:| ||
         r― ¬      |;:j:j仏L⊥.. ___
        ` ー ¬      |グ ,.  ̄ ̄` ―一¬--===    それじゃあ、山崎に【二刀流】で【峰打ち】です。
            |      | / /.  /!   |  |    ヽ
            |      |./i. |/! /!1   |i. ト、 !      今更だが二刀流で峰打ちなんてできるのだろうか。>やる
            |      |{|i‐|/ | ヽト、Vハ厶斗 |_ 
            | i | i i|K`ト、代じ7'    ''iび外 |)/    [セイバーの【二刀流】(71)→36 成功]
            | | | | ||ノハ. i` ̄       ̄| j/     [ダメージ計算【1D10+1D8+4+1D4】=14]
            | | | | ||イ  |,ハ.   .!     /! /
            | | | | || |  |! iヽ  ‐ ‐  /!j/
.             __| | | | ||_ \ |∨--`――'― マ        「さぁ、残るは貴様のみだっ!」
.           /  | | | | || ``ト{ヽ S  '´_ {_}
         /    .| | | | ||  iソ --- ir ――  '´|
       〈.´  ̄  ̄| | | | || /   __j_      |        安定してますね。【二刀流】。>セ
            |r‐'ニー、 |,/ r ´ し   \     |
         ヽ   | |i´〈〉 `i|.| /7 礀  ヽ  \   |        今更ながら強すぎだと思うんだお。>やる
..        \  | |{:.:.}{ :. }|.|     |         }‐0ヘ
          \「|.L,八_」.|'1           ,   \     出した本人が何を言ってるんですか。>セ
           /:|.| 「,八`i | |:   ヽ     / / /
.       ,.ヘ.   / |.| J〈〉J | |\ヽ _レヘ. / ,人
      / \` ー-∟ _____  !-‐   / ヽ,. イ}  \
     > ._\_/   ||   \_/_, イ      }--
    / / /  ー- .___||_..  r<.   |     /
.   / /  ,/  /   // {;:;} ̄`Yi__ ⊥   ---' ――
   | |   |   |.   |::〉十{-―く   ┼t==ァ十



::::::::::::::::::::::::/{::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/ l:::::::::::小:::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::/  !::::::::::::| ヘ::|\:::::::::::::::::::::::::::
:::::/:::::/{\ il|И::::::::|  j:|  }::::::::::::::::::::::::::    [山崎の【回避】(70)→46 成功]
::::i:::::/斗―\」i_:::::::{ |i_」L斗ヘ::::::::::::::::::::::
::::l:〃どト・  ヾマi{:::`ア´ ̄``≪::::::}:::::::::::
Ⅵ:{     `¨!l}八:::::.-―’‐t‐う\ト、::::::::     「うわああああああ!死にたくないいいいいい!」
::ヾ{     U   ノ  \{⌒``   il| ` }:::/
イ圦       ヽ -   _   u      j/  }     しかし、山崎はそれを回避するお。>やる
{ jハ   `マニニニヽ }    し  ん /
‘, ∧   }::::::::::::::}      /ーァ≠ニ      ちょっとこれ発狂してません?>セ
 i ,' ‘,  j/⌒ヽリ    ,〃
 }Ⅵ    {、__ /   イ/            な ん の こ と か な ?>やる
 { |    iヽ`こ¨¨´   //
__〉、|   |: :`ーt≦} /: :/

223SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:31:26 ID:eoAvzykI0

                 ,..  ―― 、
               /         \
             ,イ |          |
            /   | ⌒ヽ   ,,/ |   \      [やらない夫の【マーシャルアーツ+キック】(70)→49 成功]
         /.:     | (●) (● )|    \     [ダメージ計算【2D6+1D6】=14]
      __ /    /  |  (__人__)  l      \
    /         |   ヽ  `ー-r'  /          |
    /          l   \_  _/ ̄ ̄ヽ、     ノ      「さぁ、これもかわせるかああああ!」
   {          /^ ̄\ヾ-(_ i_/ __  {  / <
   }      `、 /  ヽ \7   >ヘ_/__   |_/ r'
    >      /  \  \∧ /ヽ_Y´    |    |       と言う訳でノックアウトキックで。>やら
  ヽ: : : : :/  、  l\/ノ}:::{: : : i_     |: : :|
  /: : :./\/   Yー' / /:::::l: : : : : : 〉   「\ |       はいはい、これは山崎終わったかもわからんお。>やる
. /:..:..:/l/   __ノ  ̄´.. /::::::::|..:..:..: ,-{\   | l i>
./.:.:./:.:ヽ_/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l::::::::: |:.:.:.:.:.l | 〈\」∧



                    -‐…‐-ミ
               /z_____ _ _:::::::::::..、
              /'"´::::::::::::::::,i:::::::::::::::::::::ヽ
                /:::::::::::::::〃:X´jl:::;イ:::::::}:::::::::::.
            /::::::::::://:≠・Ⅵ/ |:::::/l::::::::::::|    [山崎の抵抗ロール14対14・・・50以下で成功=40 成功]
                '::ィぅ:::/ ノ'´`=- Уー|::厶!::::::::::::|    [ダメージ計算【14-14+6】=6]
.             j::{て{:,′     _ (レ'・Y:::::::::::::    [一度に現存耐久値の半分を失ったことによるショックロール
           /:::::ヽ:{    ∠⌒ヽ、′`ナ:::::::::,′                       CON×7以下で成功=92 失敗]
         _彡::::::::イ`   /::::::::`ソ′ 彡ィ::/j/
⌒ヽ>x   ー=≦:::::/    /⌒ヽ:〃   /}/ノ       「グギャアアアアア・・・・・・・・・ドサッ」
ニニニ寸ニ`Yくニニニ≧=込、 ゞ、__/  ィ/  ′
ニニニニ}ニニハ 、ニ//ぅ } \ `¨´ィ::/ {
ニニニニ}ニニニハ o /ニニ} |   `¨´∠j/ _           と言う訳でこのやらない夫の一撃で戦闘終了だお。>やる
ニニニ7ニニニハ/ニニニニ| |   /ニニ/^}
ニニニ7ニニニニニニニニニニ| |   /ニ//}|           取り敢えず人を殺さずに済んでよかっただろ。>やら
ニニ7ニニニニニニニニニ/⌒ヾ   ∨ /ニニ||
ニ7ニニニニニニニニニ/ /^\\ / ∧ニニ| |

224SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:31:54 ID:eoAvzykI0

.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /Wヽ
        /`'1::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,:-‐'´   ,ヽ
       l∧ `‐-、_!、__,、,、::::::::::::::::::_,-‐'´   ._,、lヽ:::!
       l::::::::`:‐-、l  l_ // ̄ ̄ ̄    _, -‐'´:::リ:::::::!
        !:::::::::::::::::l∨!:::::v,/`ー------‐':::´::::::::::::::::::::::::::l
        l:::::::::::::::::l::::l::::::::l:::l::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   「ほう、本当にスゴイなまさか【シールド】のメンツをここまで圧倒するとはな。」
.        l::::::::::::/`l::::!:::::::l:::l:::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::、::::::::::::::::l
        l:::::::::/(. !:::l:::::::l:::::::::::::::::l ヽ::::::::::、::l、ヽメ:::::::::::l     二人の鬼神の如き戦いを見て桂は驚いているお。>やる
.        ノ::::::::l `.ミ!::l:::::::::::::::::::::::l‐--=ミ:::、:l、:lヽl‐7:,::::l::!
       /::::::::::::\ `!::::::::::::::::トlヽ::l-‐t_テ`\`\', l` ソ `
.      /ィ::::::::::::::::l\!:::::::::::、:l` `!  ̄´     ∨:!         「いえ、それほどでもありませんよ。」>セ
      /'7::ィ::::::::::::::!  リ::::::::l `           ノ::l`: 、
      _.レイ::,:::::lリ、:l   l::::::l          __>::l、l: : : :`: .、     「いやいや、シールドを倒せるなどしかも接近戦でなんてな。」
 _ -‐: : : : : : l∧:l  ヾ  ヽ:lリ 、      -'‐_ソ: : : : : : : : : : `: .、
: : : : : : : : l: : : : : :ヽ.  ヾ.  `   `  、_    /: : : : : : : : :l : : : : : : ヽ
: : : : : : : : l: : : : : : :ヽ  ヾ、      /、 ‐-': 、: : : : : : : : l: : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : :l : : : : : : :ヽ  \\  γl.l. ヽ: : : : :ヽ: : : : : : : l: : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : l: : : : : : : :ヽ   \\/ / l  l: : : : : :ヽ: : : : : : l: : : : : : : : :l: :l`: .、



        _,,r‐''''"゙゙'''''''' ‐-,,,
       /           `ヽ
     r"              ゙n
    /                 ヘ
    .i                   l
    i                   |    「何にせよ、ありがとうございました。
    |    , li/ll、 i | |ヘ 、 i、 ,     .|        と言ってもお礼も何もできないのですが・・・」
    l i  , |、|'リ‐トl | .|、|'"ヘリヘ     l     
    リヘ|, |リ,rr=、 、゙ヘ|r'"ィfユ、',|; ,, 、 .|     「いえ、良いですよ。
      ヘ |,f弋_タ ノ ̄i、 弋タ"ノ'i i .; |ノ        敢えて言うならばこの人等の装備を頂けると有難いのですが。」>やら
       リl`゙''''''" ,  `゙'''''''"  L|゙/
        '、   `       r-"l       「ああ、構わないよ。
         '、  ‐ ,‐''"   ,イ| リ           こちらも処分に困るし持って行ってくれても。」
          ヽ、    _, ‐" |ノ‐、
           |`' ‐ '"   // ヘ

225SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:32:27 ID:eoAvzykI0

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |     それじゃあ、【コンバットナイフ】(威力1D4+2+db)・・・×6
    \__ `ー ' ___/             【H&K-USP】のマガジン×9
   /    ヾ、 //  \ ヽフ 
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄           取り敢えずこれだけ持っていけるお。
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ             H&K-USPは持っていけないんですか?>セ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |        別に持って行ってもいいけどぶっちゃけこれ以上銃いるのかお?
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ     いや別にいらないからいいです。>セ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/      あれ、ナイフ多くないか?>やら
    \       \
     \    \  \       ああ、室内戦を予測して多めに持ってきてたということで。
       >     >   >
       /    /  /

226SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:32:54 ID:eoAvzykI0

:::::/::::::::::::/:::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i
:::/:::::::::::/::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::i::::::::i::::::::::::i
:/:::::::::::/::::::/::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::i
::::::::::::/:::::::i::::::::::::::::i::::::::::::イ:::イ:::::/:::::/ i:::::i::::::i  「それじゃあ、この者たちの処理は私たちに任せて君たちは早めに立ち去りなさい。
::::::::::/::::::::i:::::::::/ニ`l:::::::::/'i::/i:::/::::× i::::i::::/             あまり長居しては君たちが疑われてしまうのを防げなくなるからな。」
::::::::i::::::::::i::::::::::{ ' } i:::::::/ i/ i//-'〒,ヽi:/i::/
:::::::i::::::::::i::::::::::入てi::::::i   ' ' \レ ri/i:/      「はい、分かりましただろ。」>やら
::::::i:::::::::i::::::::::::/ "' i:::::i        '、'
::::i::::::::::i::::::::::/    i:::::i      ,..  .)        「そちらもお気を付けて。」>セ
:::i::::::::::i:::::::::/    'i::::i       i'"
:::i:::::::::i::::::::/     .i::::i     "j'"        「ああ、そちらもな。」
:::i:::::::::i:::::::i'''‐-、   i::::i    /'
:::i::::::::i:::::::i_:::::::::::::::ヽ..∧:::i'''‐--''
::::i:::::::i::::::i::::"''‐-..,,:::::::ヽ.i:::i
::::::::::::i::::::i::::::::::::::::::"'''‐-ヽi::i
i::::::::::::i::::i:::::::::::::::::::....  "'‐:::i
::i:::::::::::i:::i::::::::::::::::::::::::::......   ヽ



               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\    取り敢えず、桂邸を出たところで現在午後8時だお。
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   また、中途半端な時間ですね。>セ
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

227SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/02(金) 22:33:40 ID:eoAvzykI0

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'    それじゃあ、今回は少々短いがこれで終了だ。
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l       次回は長めで尚且つ俺の出番もあるから楽しみにしといてくれ。
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{      因みに、威力30というのは【ダイナマイト】の最大値と同じ威力だぞ。
     |::リヽ _    //://::l::/        これはいよいよセイバーも人間じゃないな。
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\         それではまた次回お会いしよう。
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :
  l: :l::|l: : : : : : : ''==、、_: : : : : , ' : : : : : :
  ヽ!::|l:: : : : : : : : : : :0||: : : : / : : : : : : :

228名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 22:50:56 ID:1et.jXIs0
乙ぅ

229名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 22:51:27 ID:Eyes9DSI0

ダイナマイトと同等てww

230名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 23:06:29 ID:OprpeOOw0
乙です!

>【ダイナマイト】の最大値
しかも二刀流の最大値だと52にまでなるから、ダイナマイトなんぞ目じゃないときたもんだ……。
ない夫とセイバーなら頑張れば下級の神くらい力づくで1ターン撃退できるんじゃなかろうかw

231名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 23:14:17 ID:KtKNPpEI0


ダイナマイト極道か

232名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 23:23:00 ID:5ZM7NtZM0
乙乙

ダイナマイトみね打ち!相手は死ぬ!

233名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 23:44:47 ID:qJAFcdiU0


ダイナマイトセイバー・・・というとバストサイズアップした
〜メモはここで途切れている〜

234名無しのやる夫だお:2012/11/02(金) 23:49:42 ID:JJAFXx6U0
胡椒何所にしまったっけかな

235名無しのやる夫だお:2012/11/03(土) 10:13:48 ID:s/bJlRn60
人外が多すぎやしませんかねえ・・・いいぞもっとやれwww

236名無しのやる夫だお:2012/11/04(日) 09:58:27 ID:ImAi6MpQ0
調べてみたら二刀流の最大値がRPG-7(8D6)やクレイモア地雷(6D6+6)を凌駕して、75mm野砲(10D6)に迫っていた件について。
もうこいつら人外じゃなくて論外だw

>>176
次はリプレイだな。
某マミさんスレの時もそうだったけど、いいスレの宣伝効果ってすごいよね。

237名無しのやる夫だお:2012/11/06(火) 18:34:29 ID:0MYa0Wqc0
これから始めてみたい初心者なんだが・・・
実際こんな楽しげにすることってあるのか?

238名無しのやる夫だお:2012/11/06(火) 19:13:08 ID:5IdH9X5Y0
TRPGはルールを守ろう、迷惑をかけないようにしよう、楽しもうが大前提。
自分本位すぎる人がいなければ、みんな同じTRPG好きってことで和気あいあいとプレイできるものよ。

239名無しのやる夫だお:2012/11/07(水) 18:49:16 ID:AOFkLfw60
>>237
全員TRPG初心者なメンバーで何回かクトゥルフやったけど、
みんなノリノリで発狂プレイしてくれたよ
卓にもよるだろうけど、身内だとやたらテンション高かった

240SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/08(木) 18:09:52 ID:bYK0HtvI0
>>237
実際PL全員が仲が良かったら楽しいとは思います。
私がいま投下している内容も実際やったものですが
とても楽しかったですしね。

241SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 07:18:34 ID:uDI8RjwE0

              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG 番外編》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第1話 【始まりと集合の日】               |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛

242名無しのやる夫だお:2012/11/09(金) 11:26:42 ID:kZecIuFQ0
把握

243名無しのやる夫だお:2012/11/09(金) 17:32:04 ID:vN2S2rGk0
把握
あのメンバーがどう集まってくか楽しみだw

244SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 21:59:48 ID:uDI8RjwE0

           _
         .  "   `  、
         /            ゙i      、
        /               l      フ
     i′           i!__     \
     〈         <  ̄    ` ヽ     /
       ヽ     / / /     |     \  ゚
          /  /  ,!    .j      ∧
          レ1  , / !   .∧,ヘ i   i  !       それでは開始します。
         │|  / \ ∨ / / ヽ!  |  |       合いの手などしていただければ喜びます。
           |  i ○ 乂  ○  / /)  j
             .ヾ,f    、_._,  ∠ ノ"   \      (※投下間隔がバラバラだったり遅れる場合がございますがご了承ください。)
                i > _/ 人 ヽ <;{      ヽ
              |   !/#;\jノ〈    ,  i |
            ヾ!ヘ  〉三三三≧、 /|  ハ !
                   ゙〈三三三彡#j_ノ !/ }/
                |>###-/'
                |/  ̄ |/

245SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:00:26 ID:uDI8RjwE0

            /    /              ',
           /    /                ト、
         /     /:                 l ',
         ,′     /.:         /          l  i
        ,' .:      l.:.:.:.:  /    //ハ: : . : : : :.l: .:/:l  l    それじゃあ、いよいよ始めるのか?
          i .:.     l.:.:.:.:.l/: :  l/仁_、ヽ\: : : . :l:./.:.:l  l
          l.:.:.      l.:.:.:.:.l.:.:.:.: {:〈ゝ示ミヽV: : :仁ハ: ::./  l    はいそうしたいんですが・・・>できる夫
          l.:.::      l.:.:. : l.:.:.:.: ヽヽ廴シノ/_/イテそ:/:./.:.:!
        ,′. :.     l:.:.:. l :.:.|\ \     _1ソノ/.:/.:l.:,′    ん?何か問題があるのか?
         /.:.:.:.:    |:.:.:. |\| ヽ ̄     '   レ'.:/.://
      /.:.:.:.:.:  /   ヽ  \   ヽ        ,.イ/l/l/
      /.:.:.:.:.:.:.:/ :     \  ト、  ヽ  ´ //   //
      /.:.:.:.:.:.:.:/. :  : .       l \  | ー く: :/
      /.::.:.:.:.:.:/. : :  : : : .    l ̄ ̄`ーL: : :./
    ./.:.:.:.:.:.::/. : : :  : : : : : .   l  ,. - '´ ̄`ヽ
   /.:.:.:.:.:.:./. : : : : : : : : : : : .  V´ ,r'´ ん'´⌒V}
  ,/.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : :. : : : Vん'´     1



          ____
        /     \    実は先ほど私の友人から電話がありまして。
      / ⌒   ⌒ \     このことを教えたら混ぜろと言ってきたんですよ。
     / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |    ああ、それで待ってるのか?>大河
    \     `ー'´     /

246SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:00:57 ID:uDI8RjwE0

                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \: .
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ     そういうわけです。>できる夫
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : : .
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : : .    いや、私としては多いほうが好きだからいいんだけど
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.                   智子の許可は取ってあるのか?
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{   ええ、もう報告はしてあります。>できる夫
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :.
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ            .n__ o.   _     __n__ o        . _
.     / // /  /  / }    、\           .| r‐┘   └┘/7  └ォ r┘  ___  └┘/7
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ        ..∟ニコ    <ノ   <八八>  ゛―――'   <ノ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !       それで?誰が来るんだよ?
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、       えーっとですね・・・あっ来たみたいですよ。>できる夫
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \     だれなんだよ・・・
     |   l  \  ー  /l   l
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

247SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:01:26 ID:uDI8RjwE0

     ノl_ /)
     f  fソ
    }ィi:i厶             __(、
    ∨  \        .>-:.:.r三≧ 、
     ヽ.{    \       /:.:.:./!:/:.:.:.:.ヾ\
       \     \   /;〉:./\lヘ:.厶斗!:.:ハ      どうもっ!こんにちはああああ!
        ヽ      、 .イ:.::=ミ   ==ミ:.:lル:i
           \{   Xl:i:.:.{  _'__   /:./∧!|         おわっ!?>真人
           \   (ハ:込、  ..イ:.〈/:.:.:リ   _
                、 〃: : ノ ≧ィ:.:.:.://    fっ)))          ,/     ,イ ,イ
               ヽ/: : /⌒>': : : \′  _j_.イ           /〈    ////
               ,イ: : / /: : : :Z/ハ  rくi:i:i:i:/           / /  /| レ レ
                 { !: :ムイ: : : Zイ     ∨   `フ          ./ /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
               ノ ヾ:{i> "  /、  /   ′          / /   l |  '――'''''' // .//// , イ
           =≠≦スヨ    イ   \   /           ./ /    l l      //   レ レ //
            /=//== 、_ノ      ̄              //    Y     //     //
              /: : !': : : : : : {                  /           /'"     /'"



         ,,,;;;://///////////////////////////////,ー 、
       ,. ''" /////////////////////////////////,ヽ///, -, _
        '" ///'////////////////'///////////////////, ー--"''ー-
      _,. ''" ////////イ////// //////////// i/////l'//,ヽ
           //'///// //////  /////////i'// `l/////!////\
         /' /////'  //////7 ̄////////-i//   l/l///,!//,\ヽ\
        _/_///,.-''"///////!´ '!'/////  l'/ ̄_.、!/l///l'//∧ヽ ``
      /   .!'/ l///////////! l !i'///'"  .|/ ´ iゞ!>!//,l ヽ 、\       おいおい、よりによってお前かよ。
.      /    l/ /l//////////∧ヽi'//    !   ` !l/!V/!     ``
     /     / .,//////////// ヽ!/         ! ∨V,l            何よ、何か不満あるの!?>ハルヒ
  /     / ., -!/////////   ;'              、リ
 '-―――,.'"  /ニ\////' /   l        (⌒ 、   ´             いやいや、別にいいけどよ
       /  , /二ニニ\       !  \    ` -` ′                  お前TRPG知ってんのか?
        '/ ./二二ニニ\          、   /
   _,/ニニニニニニニニ/          , _   ; ヽ               甘いわね。>ハルヒ
=ニ二ニニニニニニニニニ/     !    /、- ._  ̄  /
二二ニニニニニニニニニ/     !    '  \;;;;;;;;,,,./ニニ=-、
二二ニニニニニニニニ\    l  /    ヽ;;;;;;;;ヽニニニヽ\

248SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:01:57 ID:uDI8RjwE0

                 /:.>─− =ミ:.:.:.:.:.:`:...、
.              /:.:.厶 - …=ミ \i:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\l}:.:.:.:.:.:.:.∧
            〃:.:.:.:.:./ |{:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧
         / i:.:.:.:.:.∧ |ト :.:.:.ト、:.:.:.:.: !:.:.:.ト \..:.:.:.:    この私が面白そうなモノを見逃すはずないでしょ!
           { |:.:|:.:.}|__ ヽ丶:.《 \_:_l_:.:.:} {  》:.:.釗
           l}.乂:.:从沁.  `七´j}:./|:.:.:.{个y':.:.:.:i}
          i:.:{!:.:{ ""、   {モ沁メ }:.:.:.| |l |:.:.:.:.:l|      ま、まあそうだよな。>真人
          |:.:l:.:∧      ""  ,|:.:./:_!/:.:.:.:.:.リ
          {:八{:.:.:\` ⌒´  .イ:':./:.:.:.:.:.:./:.:/       取り敢えずキャラは作ってあるから早速始めましょうよ。
             ゝ. Ⅵ |:.:≧┐ ´  /!:./:.:,:.:.:.:./:.:/
                》__廴ノリ   /!:{lУ:.:.:イ:.:/        準備いいなおい!>真人
           //  /\ / .丿厶イ⌒ヽ《
              / .'  /ど./   l:// ¨¨¨¨ハ
          /  {i  /  /     /     ′l}



        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\      はいはい、それじゃ気を取り直して始めますよ。
    /   ( ー)  (ー) \
    |  u      ___´__   |     了解。>五人
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \

249SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:02:28 ID:uDI8RjwE0

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\      それでは、少々シナリオの説明をしましょうか。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    このシナリオは【悪霊の家】を【現代日本風】に改変した割とシンプルなシナリオです。
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ         あら、ほんとに普通ね。>ハルヒ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ    それじゃ、いよいよ開始か?
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|    ええ、因みに涼宮さんのシーンが一番です。>できる夫
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、      わかったわ。>ハルヒ
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ

250SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:02:56 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /      \
    /─    ─  \      それでは、時期は2012年12月某日、日本のとある県のとある街にとある一家が引っ越してきます。
  / (●)  (●)    \
.  |    ___'___         |      とある便利すぎでしょ。>大河
.   \  ⊂ ヽ∩     /
    |  | !、_ \ /  )      まぁまぁお気になさらず。
    |  |__\  ゛ /
     \ ___\ /



                 ,、 - ====-..、、
              ,.'"´     .: .: .: .: .:. :.`丶、
             /          ̄``ヽ, .: .:``丶
           ,〃.:.:.     - == ‐- y'´. :.: .: : .:. :.ヽ
          ,〃.::.:   '"´   ̄二ニミV   .:. :. :.: .: .:.::.',
          ,j〃.:.:.     .:.:.:. :.:. :.:.:.; ハ    、 .:. :.: .: .:',
            lN';:;:.:.:.,r'´.:.:.:.:.::..::..:;/  ', ミヾ;:; 、 `、 .:. :.:.:.:::!    「ふーむ、これが我々の新しい家か・・・」
           !1!.;r'´:. ..:;..:.:; ィ イ    ヾミミヽ;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:!
          ',V.:::;,.‐''"´  }  '、     `ヾミミミヽ;:;;;;;;;;;;;,!     [セルゲイ・スミルノフ(50) 元ロシア軍大佐 ロシア人]
           ヾミヽ、、,,  ,,,,,、、z==''' ``   `〒ミ ハ;;;;;;;;,′
           `it-ァテ  ' '''"‐tテテァ ,_ - ´,   ミ'  !;:;;;,′      この人はセルゲイスミルノフハルヒのRPするキャラの父親です。>できる夫
               l`"´i   `ニ ト、  <      ハ ,!;;;/
            l   l      '、  <  :′ )イ ノ;;/         やっぱりこの人なのね・・・。>ハルヒ
               ',  !   )、   Vヽ  Y´  、_ ノ V
              ', `ー '"´      `Y  /    ',          「少し古そうだがまぁ西洋風でいい家だ。」
               i '''゙ - _`'''' '    ,′ / /  ノヽ
               ヽ _´ ̄``''ー,,  ,ノ /.::;/ /  i
                丁  ̄``"´  /.:;.:;:;/ '´    !        因みに家の見た目はこんな感じです。>できる夫
               L _ _ __ , イ. ‐'´      ノト、
               `コ´. :. :.: .: .:.         //.:.:.丶、
          , .-‐ '"´.:.:.i. :.: .: .:       //.:.:.:.    丶、
         '"´     .:.:.:/∧. :.: .     ,、‐' /          `゙゙

251SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:03:25 ID:uDI8RjwE0

                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit      〜セルゲイ宅〜
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ



              . ´ ̄ ̄ ̄` 、
         /:.:.:.:. . ニニニ 、:.:\
         ,:':.:.:.:.: イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:ヽ
        .// 〉:.:.:l:.:.:/ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:「`∧
         ':L.ィ }:.:.:. !:./__ |ト:.:.:.:.!__:.:.:.∨:.ハ
       i/ /イ:.:.:.: N   `|l \lヽ:.:l:.:{ト{:.:.:!     「へー中々大きくて良さそうじゃない。」
       Ⅳ/ !:.:.:.: K芹ト    イ笊ハ:.:.V:.:.:|
       |:.:.ヽ|:.:.:.:.:|. V/     V/.小:.:!:.:. |     [沙月・スミルノフ(20) ディレッタント ロシア人と日本人のハーフ]
       |:.:.:.:.|:.:.:.:.:|     __′ 从:.:.|:.:.:.|
       |:.:.:.:.|:.:.:.:.:ト   (_ ノ  イ:.:.:.:.:|:.:.:i|      「ああ、まぁ二人だと少々広すぎるかもなぁ・・・」>セルゲイ
       |:.:.:从:.:.:.:.|:.:l  ー‐ ≦:.:|:.:.:.:. |:.: リ
       Ⅵ}:.:.:.\:.:V    ゝ : 〕:.:.:.メ、.′     「いいじゃない。狭いよりは遥かに良いわよ。」
       厂: ´: : :ド       }:/:.イ: :∧
        /:ヽ: : : : :|、      イ: : / : / : ヽ__      こんな感じでいいかしら?>ハルヒ
       ./: : : :\: ∧  ̄ ̄ /: :/ : / |/  |
      〈: : : : |: : ヽ:∧    /: :/: :.イ: :|    |     ええ、十分です。>できる夫
      /\: : |: : : : :、 ゚,  .′: /: : :! ,. く}
     ./   ヽ{: : : : : : : ∨/: :イ: : : : : :}/  |
    イ     人: : : : : : : V:": : : : : : : 人   |

252SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:03:57 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /      \
    /─    ─  \    あっ、取り敢えずハルヒさんのキャラステータス紹介をここでお願いします。
  / (●)  (●)    \
.  |    ___'___         |
.   \  ⊂ ヽ∩     /    あーはいはい。>ハルヒ
    |  | !、_ \ /  )
    |  |__\  ゛ /
     \ ___\ /



                      -----
                 . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:. /──‐  、\
                 厶.-ヘ:.:/:.:.:.:/ ─── ミ \:ヽ
             /:廴x 〉:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:\ }:.:.゚,
               /ィ/:、_/:.:.:.:/:\:.:.: /!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:ハ     「取り敢えず、こんな感じの能力よ。」
           /V:.:.:.:.:/:.:.:.:/l:.:.:.:.× /}:.:.:.:./!:.:.;':.:.:.:.:i
             /:/:.:.:.:.:/:.:.:.:/ 芹f芯`X /:.:/厶イ:.:.l:.:.!:!
            ./ :':.:.:.:.:/:.:.: イ   辷リ   ´ イ芯ア:.:/:.:l|:| 沙月・スミルノフ 女 職業:ディレッタント 年齢:20 PLハルヒ
        / /:.:.:.:,:':.:/:.:ハ          、辷’/:イ:.:.リ|:| STR:10  DEX:9  INT:17 アイデア:85
             |:.:.:.:.:|:./:.:.:.:.:.:ト    r‐ 、_    .':.:.:l:.:.:/|:l CON:8  APP:8+2=10  POW:11  幸 運:55
    _∠二二、\ ‐jイ=ミ:.:.:.:!  、     _ノ  イ:.:.:.:./ リ SIZ:11 SAN:55 EDU:14 知 識:70
    /      \: \   ∨i: \ 〕ト --≦:/|:.:.:.:′ / H P:10  M P:11  回避:18  ダメージボーナス:0
  ′    ´  ̄ ̄ ヽ: ハ   ∨i: : ヽ  トト:.:.:/ :|:.:./     .――――――――――――――――――――――――――
 ,    /       \}   ヾト: : : \--\ .ノ:イ      [技能](職業技能点: 280 個人技能点:170)
 i ./       ト、   ヽ ____ヾiト: : : :V⌒ ヽ       .[職業技能]
 | /        | ヽ   ゚,  `ヽiト: : : ヽ   liト、      .運転(自動車)89% 芸術(文学)49% 写真術11% マーシャルアーツ2%
 、{   、   |  |  ゚,   ヽ --- ヘ: iト: : : \.!i:iハ   ...信用65% 図書館26% 法律50% 他の言語(ロシア語)70%
 .人   \ ゝ. |.---ヘ {   i    \ヾiト: :.|:リ i   ...[個人技能]
                                     鍵開け30% 精神分析75% 電気修理25%
                                     物理学15% 薬学15% 他の言語(ラテン語)25%
}                                   ――――――――――――――――――――――――――

253SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:04:28 ID:uDI8RjwE0

.         { 丶.,,__,,.   -‐===‐- .
        \   /              `丶、
.           `7´                   \
            /           ∧          ヽ
.           /          / l            .
        .゙      |   / ___l  ;   /      i
          i       l   /´  l  i /         |     ん?何ですかAPPの+2って?
.        |     ′ / _..∠..l. И        |
.        │   / / ´ 7T ミト、|        |     ああ、それですか。>できる夫
          l    //     乂_彡'` l         ゙
.          人  }{ ′  : : :´¨`: :  l     /   \    >>1がGMをする際外国人およびハーフのキャラが出る場合
.          冫、八  _       U   ノ   /     厂    日本人から見た外国人補正ということでAPPにボーナスがつくんだそうです。>できる夫
        /     \ `   ,u  ´/  /、   '
        /  ノl   , `7 ハ,-‐ /  /  `丶、{      何という身勝手な俺ルール。
.      ´¨”   / /  〈⌒{ }  /  /     ⌒ヽ



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ    まぁ、日本人から見たら外人なんてみんなイケメンや可愛く見えるものな。
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l        まぁ、個人差あると思いますがね。>できる夫
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \       じゃあ、取り敢えず再開です。>できる夫
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

254SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:05:03 ID:uDI8RjwE0

            ,   ´ ̄ ̄ ̄`   、
          ,  ´           、\_
         /               /\ `ヽ
.         /  /    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`メ、   ヽ  ヽ
       / /      _    /      、 '.
      , / /  .  ´   _ ィヽ       ヽ ,
      l' /.  ´   -‐ ´ /|         | !     それではその数時間後無事荷物を運び終わり引越し作業を中断します。>できる夫
      v/       _ .ィ ´  ! ヽ         l |
        T云≧―… ´l, `、  ヽヽ. \     l /
         ノ└く`{  rt_j___>‐zゝ\ \,. 、 /    「ふぅ、取り敢えず今回はこんなところにしておこうか。
       {   ノ 〉 ノ`フ乙方¬テz- \/r l /               残りはおいおいしていけばいいだろう。」
.       '   /    ヽ ̄「 ̄” 、ヽ  ' ハ>〃
        '.  ノ    、     \ 、 _ノ ィ //      「そうね、私も久々に疲れたわ。」>紗月
        l Z__,,. 人__   ノ /ヽr‐ ´{ /
        'l t こ_` ‐-、_、   '  ,.′  v        「お前もそろそろ働くなりしたらどうだ?
          L 辷‐ミ=-y } / / ′  !             それか少し早いが結婚でもいいと思うぞ?」
         }  `ーz´_  ,.  ´  /   |
         ゝ _     <     /     {         こんな感じでお父さんによる人生説教が始まります。>できる夫
          /ヽ`¨¨´      /      丶
             {      /         \
             ゙     / ノ            ヽ



                          ___
                        .ィi〔:.:.:.:.:.:.::`:ーミ
                      /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  ..::":.:. ‐z:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
                /:.:.:.:.:. イ (//):.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
               〃イ:.:.:.:.:{./  / /ィ.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             _/__/:.:.:.:ィ〈    ' /:.:.:./、_:_:_:_:_:_、:.:.:.:!     「き、聞こえなーい!」
               /  /⌒\:i:i:i:ヽ /:.:.:./        〉:.:.ト.
         _厶斗”     ヾ:i:i:i}/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ー──イ:.:.:.ヽ !        こんな感じで部屋に逃げるわ。>ハルヒ
          /               〉「:.:.:.==ミ/:.:イ:./!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:l:.:| }\
       /            ∧l:.:./l/ト "_厶斗:.:.:.:.:.:./从: |   ヽ      これはキツイ。>もこっち
       .′           ィi〔: : :|:/─‐v:/:/i/ ハ:.:.:.:/ / .刈    ゚,
        {          .ィi〔  .|:i:i: : :X.--- | : i:/   }:.イ \ ノ     }     「あっおい!?」>セルゲイ
       ー─===彳     |:i:i: : : :|   :| : i:}//、_____'__ __ .イ
            !     |:i:ト。: : |  .ノ:/iイ ̄
            /       ヾ:i:ト: :!m".イ

255SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:05:34 ID:uDI8RjwE0

             ____
           /::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\    それじゃあ、部屋に戻ったセルゲイさんに照明を当てましょうか。
        / (:::::::::::::::::( ⑪ ) \
       |    :::::::__´___::::::   |   おい、顔がやべえぞ。>真人
         \    :::::::: ̄:::::::  /
           / ::::::::::::::: :::::::::::: \    気にしない気にしない。
        |::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::: |



                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l     「ふー、全くあの子が働いてくれさいすればなぁ・・・」
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、     こんな感じで娘の未来に不安を覚えていますね。>できる夫
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \    なんといいお父さん。>大河
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \   そんな時お父さんは何故か後ろが気になります。>できる夫
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l   さぁ、来るぞ・・・>真人
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l
  !   \           |,/ ,r〈r- 、 ヽ    /_,rー、ヽノ-、  ヽ、   ,  |

256SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:05:59 ID:uDI8RjwE0

                 ___
             ,   ´      `    、_
           /    ,  ´_  -―   二二ゝ、
          /    /             \
.         /  , / /            __ノ 〉
        /   // / _ -‐  __ー― ´ _ ィ゙,
          '   /, /, ≠ ¬ 、二 _ヽ 、  ̄! ̄「l  ! l     そして、後ろを振り向いた瞬間・・・>できる夫
       |! >く//    マ_j心ヽ\__!  j!ヽ|l
       |!〃  V  j    ヽ `゙ _,r`¬! く勿刀/
.         v|{ 〈 (   {         ゙´      ヒ疋{      「なっ何だ、うっうわああああああああああああ!」
        ゙| >、\゙  ヽ       /〕    ヽ, }
          | | ム__,  l    ,  _`__⌒ /∨
          | |/ 、 |  l    ノ ´ィ 二二Z_ヽ. /        こんな感じでお父さんの絶叫が屋敷に響きます。>できる夫
         W  . 、 l   { 〃`ー 、 ∠./ '/
           リ  i  \ 、   廴__j_/ '          ちょ、何を見たんだよこいつは!>真人
          l   l    ヽヽ   ` ー―‐ ┘/
           l    !     ヽ   ̄ ̄ ̄`v'            
         ノ          \       ノ
         /     l       ̄厂「
      ´      、 ヽ      / /
   /         ヽ \    r' , ヘ
  /               \    {  ` -



                 ___
           . : : ´: : : : : : : : : : : : . . .
          /:. :. :.:/ : : : 厶   ´  ̄ ̄   、
         /: : :〃 イ: : :. :.′   . . ―――. .\
       / : : : : {{:/ | : i:.:.| イ:!:.:.i:. :.i:. :.:ハ : ヽ: :.ヽ
       .′ >七て | : |:.:.|: :| ト、:ト: :l:i /: :∨: :Ⅵ :.:.     それじゃ、その声を聞けたか【聞き耳】をどうぞです。>できる夫
       i: : ム    / | : |:.:.|:.:i!」ム斗:廾: : : : : :|: Ⅵ ハ
       |: : :i廴才  |: :.!: :| 八!ハ:{ヾ }ヘ : : |: i!: :i !':.:|     えー屋敷に二人なんだしプラスはないの?>ハルヒ
       |: : :|/小廴|:. :.:i人i ィ示ミ、 ハ: x|:il: : |:.ハ |
       |/ / /: :| |fォ|!: : |:.:ハ《{rし゚}   Yrルリ:.:.:l: !リ     えーでも広いって設定ですので無しということで。>できる夫
     /:./ / i:.:| |( |l: : | | ! 弋_ソ     ゞ:. :.i:.:ル ノ′
     :.:i| {: i.|:.:| |ヽハ:.:l ハ        〉:.i: |イ         [沙月・スミルノフの【聞き耳】(25)→08 成功]
     |: :|ハ乂ハ:乂: l i:.:{':∧     .,厶:|: | !
     |: ハ: : : :i:.:iヽヘ八:. :i:个       イ: :.i:|: |         「ん?今のはお父さん!?」
     |/ ヽ 从小ハ∧ ヽ从乂: `: :T //:.:ハ!:リ
     {   }' イ:. :.`ヽ }    }` 、:.ヾノイル' ノ′        じゃあ、紗月さんはお父さんの絶叫が聞こえます。>できる夫
      /:. :. :. : : : : \  x― :. :.ノ'ト
      .: .: .: :. :. :. :. :. :. :. :.く    i : : :| :i           
      i x―‐   : : : : :. :. : : :.    |:. :. :! ハ
      |′      >‐ 、:.: :.: :..  |!:. :.  !
            ヽ  :. \:. :. Ⅵj:. /

257SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:06:30 ID:uDI8RjwE0

              __
              (( --- 、
            /:.:`:..、:_:_:.:.:\,
            7:.厶:.:.:.\}:.:.:.:く
            {ハ イ V:.:.「:.:.:.:.:.:.:>          「ちょっ!?お父さん大丈夫!?」
                .v ハ:.:lト.:.:.:.:{
        __      ̄ィヾ : : 〕iド._               そんな感じで走って駆けつけるわ。>ハルヒ
        .{ /iト.  /    \: :/     \           ._
          ∨   ̄  イ⌒   「 ̄ ̄`ヽ. ヽ        /:::7 _
           ` 、_ /八    ヽ     ∨ハ       ./::::/_r':::| / ̄|
                    Τヽ == 彡、    ゝ '′    ./:::::::::::::::::::|/::::::::|
                    ト: : : : : : \         .::::::::r-、:::::j |::::::::|
                 _ノ: :}: : : : : : :.\         .::::::/─::::/ |:::::/_
               . ´\: : : : : : : : : /         .::::/ヾ-::::| |://:::|
                〃     .>ー‐ ─イ         _/  |::::|.  └┘
                 、    < ´   ヽ   ゚,          |::::|     _
               \  \        \        ..|:::::|   /| |:::::}    ,,-┐
                   ヽ777\     、           |:::::」  |:::| |::/_   |::::::|
                    \ //ヽ     ヽ./ハ      .|/   L:ノ /:::|  |::::::|
                     }// 〉     ∨∧            |:::/  |::::::|
                  _ノ  /       ∨∧              |/   |:::::/
                  └一 "         ∨∧_                 .|:::/
                                 V/l!                |/,-┐
                                r彡' ノ                 |::::|
                              ̄                 ̄

258SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:06:57 ID:uDI8RjwE0

          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,    それじゃあ、急いで二階に上がった紗月はそのまま父の寝室に飛び込むようにして入ります。
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |    ああ、二階にあるのね。>ハルヒ
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \



                  -- =====ミ
               イ ニニニ、:.:.:.:.:\
               /:イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:\二ス
              ,:':./:.:.:.:.:.!:.l:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:.:ヽ { \
           /「/:.:.:.:.:.:.l:.ハ:.:.、:.:.:.ムイ:.:l:.:.:.:∨\冫
          ./:.:イ:.:.:.:⌒メ、 }/ Χ{ィ=ミ从:.:.:.ヽ. /:.、
         l//:|:.:.:.:.:l:.:v=ミ    匕リ |:.:.:.:.:.:V:.:.:.ヽ    「ちょっと大丈夫!?」
         | |:.l|:.:.:.:.:.ハ匕リ  、   "" |:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.
         | |:.i|:.:.:.:.∧""   ⌒ヽ  !:.:.:.:.:从:.:.:.:     こんな感じで入室するわ。>ハルヒ
          V|:.:.:.:.:.:.:.:.、   l    }  /:.:.:.:.:./:/i/: /
            乂:.:.:.:.:.:.:.:〕iト ニニ イ|:.:.:.:.:/:/i/: /i:i     それでは、そこで紗月は目撃してしまいます・・・>できる夫
           / ̄ ̄`Y:.:.:.:.:ハ/: : ハ   ,|:.:.:.イ: :|i:|: :|i:i:i
        ′ \ ヽ}⌒Ⅳ : : : |--    V: : : :|i:|: :|i:i:i     一話目からこれか。>宗介
        /   \ }.ノ /|i:|: : : : V´ ̄ ̄l: : : : :|i:|: :|i:i:i
      イ{   t___}ノ .イ| Vハ : : : {     l: : : : :|i:|: :|i:i:i
      /i:i八   ィi〔:i:i∧ V∧: : ハ   │: : :/i/: /:i:i:i
.     /i:i:i:i:i:i:\ /:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾi:ト : : ヽ.  |: :.:/i/: /:i:i:i:i

259SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:07:28 ID:uDI8RjwE0

         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::−::::::::::::−:::\     そこで見たものは、何故か血を流して倒れている父の姿でした。
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |   えっ?セルゲイさん死んじゃうの?>大河
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \     さぁどうでしょう。
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |



                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧
                    /      /     ィ ∧ ∧
                |   /       ///  V |     「な、なんでお父さん怪我してんのしかもこんなに血を出して!?」>紗月
                | || 〃/ //   . ィ \ V
                V || | ///  _/  V≦zム      「ぐっ・・・お前か・・・ここは危険だ・・・取り敢えず・・・に、逃げろ・・・」
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、     「ちょ、ちょっと!?」>紗月
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \     こんな感じでセルゲイは気絶します。>できる夫
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ    死ななくてよかった。取り敢えず救急車呼ぶわ。>ハルヒ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
     /                \\| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \   了解です。>できる夫
.   /                 >>l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ

260SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:07:52 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \    それではその十数分後救急車が到着します。
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |    ふー、何も起こらないのね。>ハルヒ
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /      ええ、と言う訳でそのまま紗月も病院に同行して一日目終了です。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



         ____
       /     \      それで何ですが、紗月さんはこのまま一人でこの家に住み続けるんですか?
     /   ⌒   ^ \
    /    (⌒)  (⌒) ヽ    いや、不気味だから父が退院するまでホテルにでも一旦泊まるわ。>ハルヒ
   |        __´___   |
   \       `ー'´  /     そうですか。
    ノ           \

261SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:08:25 ID:uDI8RjwE0

       ____
      /     \
    /  \   / \     それでは、スミルノフ家での一件から二日後いよいよ本編の開始です。
  /  (●)  (●)  \
 |       __´___       |    ふー長かったですね。>大河
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /      で、誰からなんだ?>真人
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |      えーっと、宗介さんからです。
   \ /___ /



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、    で?俺はどうしてるんだ?
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ    えーっと、自分の勤めているミリタリーショップで店番していますね。>できる夫
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r     えっ?俺経理担当のはずだろ?
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、       まぁまぁ気にしないでください。>できる夫
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、

262SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:08:54 ID:uDI8RjwE0

                ("⌒⌒~⌒゙)
(⌒⌒"⌒)           `ー〜ー'´            ____
 ゙ー''ー''´ ___________________|___::|____
     /^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~|  ::::| ~^~^~,ヘ
   /~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~ー-ー''~^~^~//:.ヘ
  /^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~//  :.ヘ
/^^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~^~// △:::..ヘ
 ̄||TTTTTTTTTTTTTTTTTエエエ(´⌒`)エエエエエエエエエエエエTTT' 'TTTTTT丶     〜近衛和也の勤める店〜
  || ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄.:_|_||┏|_|‐━━━━━━┓ ||ll  ̄||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:|  _||.【   コッペパン | ̄| ̄|||ll  ̄|| | ̄| ̄| ̄||
  || ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:|_||┗━━━━━━━━┛ ||ll  ̄||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//||.l ̄i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i | ̄ ̄.:| ̄|| | ̄| ̄| ̄||
  ||~/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//:::|| ̄.:=======|=======~ ̄.:| ̄ ̄.||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.l ̄|| //   |     /.||.:| ̄ ̄.:| ̄|| | ̄| ̄| ̄||
  || ̄||               || ̄.:|| //..:::::::|.........// || / ̄ ̄ ̄、||  ̄| ̄| ̄|||
  || ̄||__________||.l ̄||//    |   // || | ミリタリーショップ ||| | ̄||
  || ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:l ||/ .: ::::::::|::: //::::::|| |  コッペパン|||  ̄|||
 ̄|| ̄| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:| ̄ ̄.:l ̄ .:||::::::::::::::::|::::::::::::::::|| ~ ̄|冂| ̄|| | ̄| ̄|| ̄|||



                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::;}\:::ヽ       あっ因みに朝、10時頃です。>できる夫
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.     「うーん・・・なんで俺が店番をしなくちゃいけないんだ・・・」
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、   [近衛和也(24) ミリタリーショップ店員 日本人]
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ      こんな感じだな。それで客はいるのか?>宗介
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/         居ますよ。二人組の男がね。>できる夫
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉

263SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:09:23 ID:uDI8RjwE0

                  ______  }\
                     ..‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/    [大学生風の客A]
              _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_
              _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
             `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\ 
                  厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ     「いやぁ、いつ来てもここはいい品揃えだな。」
                 }八{-V‐    ´ ,ィ≠ミ、V :.:.:.:.: ト、}
                \{ィ'f㍉      ヒこリ 》 }/.:.:.:.:.;      「ああそうだな。」>客B
                    /} ヒリ}    `¨¨´  }/⌒V
                ヽ.   ′        ノ 丿       「まぁ、ちょっと高いのが学生には辛いところだな。」
                    、  ー─一    __/
                   \          /Ⅳ
                   \    .    |
                    |`¨¨´      |
                    |     /     、__
                  _ . -‐ ' }  /       /ニニ==ー
                 -=ニ/               /ニニニニニニニニ`ヽ
        /ニニニニニヽ        -=ニニニニニニニニニニニi



  \: : : : : : : . . .        : .  : . .      |/ l
-= '_: : : : : : : : : : : : :  .   : : .  . .   .   | ノ
 /: : : : : : : : : : : : : : : . : : . . : : : : . : :  : .  ./ -,
'´: : : : : : : : : : : : : : : : . : : : : : : : : ,、: : : : : : . :   /
`ヽ: : : : : : : : : : : : : . . .   . : : :/  `ヽ 、: : : : /     [大学生風の客B]
/__: : : : : : : : : r =ヽ: : : : : : . ._./      ヾ、/
  /: : : : : : : /   i : , - '´   、      /
  /__: : : : : : l ヽ-ソ        \、    l    「お前はバイトをアホみたいにしてるからまだマシだろう。」
  /: : : : : :ゝ  i        、  ヾヽ.  |
   ̄|: :彡´ ヽ_ v         ` -=' ゙ r '     「お前もすればいいじゃないか。
-== ラ´.      l              l        そんなことより聞いたかこの町にあるあの屋敷に入居者が来たらしいよ。」>客A
  f      / .l..              l
: :i;;;;ヽ、    /  ヘ             _ ,     「ええっ!?あの幽霊屋敷にか?」
: :ヾ;;;;;ヽ    l    \      -= - ' ´
: : : \;;;;;ヽ  |     \.     ,-'
: : : : : \;;;;;ヽl      . ヽ   ./
: : : : : : : \;;;;;;ヽ、   /;;;;;;冫 - `l

264SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:09:54 ID:uDI8RjwE0

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N     あの屋敷ってのはハルヒ達が住んでるところか?
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l     ええ、そうです。>できる夫
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \    で?その屋敷について住民はどの程度知ってるんだ?
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ    うーん、そうですね・・・>できる夫
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }    こんなもんですかね。
     /⌒  ⌒\   |   |        1、この地に昔にある大きな屋敷で一節では明治からあるとも言われている。
   /( ●)  (●)\  !   !        2、幽霊がいるとか化物がいるとか様々な噂が飛び交っている。
  / :::::   __´___  :::::\|   l        3、最近そこに外国人の親子が引っ越してきたという噂。
  |      `ー'´       |  /
  \             //                      なるほど、かなり曖昧だな。>宗介
  / __        /
  (___)      /

265SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:10:21 ID:uDI8RjwE0

                  、.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               _,.. -`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,.:-'::´::::::::::::;:::::/l:::;イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /:::::::::::::::::{::::ト;::| ヾ' ヾ\:::、::::::::::::::::::::::::
.           /::::::::::;:::::::ヽ:|,ィ,'ィ    ヽ!\:::::::::::;:--
          ,r'::::::::::::::l:::::ト::ハノ::;:<''"7     ヽィ:::/ r''    「そ、それでその親子は生きてるのか?」
       '7::;::::::::::::{::::{'リ/:;イr、ヽ !       ヽ| /,r
         /:/::::;:::::::::ハ:|/::/ヽー'ノ,/       `! 〉    「いや、二日前に救急車がその屋敷に向かったぽいからな
.        {/|:::;l::::::;/ └'′ `,'"'    u       ノ               何かがあったのは間違いないな。」>客B
          ヽ|ヽ:|ト;:>、   '            {ノ
           ヾヾ{iヽ                        「おいおい、やっぱ何かあるのかあそこには。」
              ソ
.              く...    ,. -─‐ヽ                 「さあな、まぁ俺らはそこには関わらない方が良いということだ。」>客B
               ヽ`  /  ‐,.二ノ
                 \ ヽr '´         /           「オマケにあの家に目をつけていたカルト団体の仕業って噂もあるしな。」>客B
                  \          /::..
                   \       /:::::::::::...


:
       ____
      /      \    そんな会話をしてちょっと買い物してからその二人は去っていきます。
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ   成程、結構噂になってるんだな。>宗介
  |    __´___ ( /   〉|
  \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ   さてどうします?
―――――――― \ _ _ _ )

266SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:10:51 ID:uDI8RjwE0

         /:.:.:.:.:.:.:..:./:.:.:.:.:/::.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:ヽ:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:/:.:./: /:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.∧
        〃:.:.:.:.:.:.: /_:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:':.//从:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:}、_\
      / イ:.:/:.:.:´ ̄¨=≧x、_:/:.:.:.:.:.://x≦イ下:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄
       /ィ:.:.:.:.::.:://忙テY;:.:.:.:./≧イ忙テYテ ';.:|:.:.从ハ:.:.:.:i    そうだなぁ・・・取り敢えず探索者らしく好奇心丸出しで見に行くことにしよう。>宗介
        |:.:./:.::/V∧ゞzンィ:.:.〃  /ゝ弋zンノ .}:.i:.:.:ハリ }ハ: |
        | /|:./ i    ̄ //.}:       ̄  j:∧/  / ハ!    分かりました。>できる夫
        |{ !' .ゝ.',   /   :!         i' / ィ1
.              ,      {:.. _        rvイ/     「成程な、あの屋敷に人がね・・・
              从               /:.:/              これは面白い事がおきそうだな。」
              {}ト.    ´ ̄ ̄`   i/ ..イ://
               |ヽ     ̄   // ,'/          と言う訳でそのままサボって見に行こう。>宗介
             / ̄リ  \     ., ィ   ハ>.
            /  {!    `ー‐ ''      {::i .∧       全然OKです。>できる夫
         ,.<     \          У.  ∧



         ____
       /     \   それじゃ、一旦ここで切りましょうか。
     / ⌒   ⌒ \       それじゃあ、次は黒木さんで行きましょうか。
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |    あっ、はい分かりました。>もこっち
   \      `ー'´    /
    ノ           \

267SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:11:27 ID:uDI8RjwE0

       ____
      /     \
    /  \   / \    それでは、場面を変えて同日の午前9時30分
  /  (●)  (●)  \          最近デビューして人気上昇中の雲紅刀羅の部屋から始まります。
 |       __´___       |
 \      `ー'´    /     はあー緊張するなぁ・・・>もこっち
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |        では開始します。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



  iーiーiーiーiーiーiiliiーiーiーiーiーiーi                  |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |      〜雲紅刀羅の部屋〜
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|             _____ |      ||\
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|              |(=)| |      ||.  \
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ,.―――‐ 、_____..  |;;;;;;| |      ||    \
                     .|`ll ̄ ̄ ̄l |、,、___゛,、    |      ||     ||
 l|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|l.         | .|l___l |.l|| ̄ ̄ ̄||     ,;|      ||     ||
 ||―‐(⌒⌒⌒)―‐||         .!、|___:.|.l|| ̄ ̄ ̄||  ⊂,,⊃.    ||     ||
 |,ノ´ ̄´⌒ ̄⌒⌒`ヽ、       . |`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|__.|   |      ||     ||
(  ノ           ヽ、 ̄ ̄ ̄!、||____________||||ニニニ,||   l,_,!\、   ||   .0)||
 ヽ  ' ,           ヽ,      ̄ ̄ ̄ ̄ ~      ~'       \.. ||     ||
  ヾ  ノ          ヽ       ________,,      \||     ||
   ヾ  ノ          ヽ,      l\           \.      \.    ||
    ゝ   「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|       ll\\           \.       \、  ||
.      ヽ,,ノ|」――――――|」      '~ \l二二二二二二二二l         \..||
                            !|_|             !|_|.          \

268SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:11:53 ID:uDI8RjwE0

  ヽ::<_::::::/三ミム::`ヾミ≧z三/ニ三三三三三三三ム'ー--ミぇ、
   l:::::'.::/三三三l}:':,::ヽ.ヾ三/!ニ1三三三三三三三ミム::ヽ,::::::ヾt、     [雲紅刀羅(31) 作家 日本人]
   /.::::::/三三三ア:iヾ::::;、:::}7-!三三ア.:|三Nミlマ三三ミム::::゙::::::;.ィチtx
  {_;;.ィチイ三三ミl::i ::::::::;'.三7.:.:lN三X.:.:.:.lニN三!.:Vミニニ:l:::::::ノ三三三Zzx
   ̄ /::|三三N!::ヽ :::/三N.:.:.:Vア.:.:.ヽ:.l三三/.:.:.Vハ三三ト.=ミ三三ム      「はぁ・・・ネタが・・・出ない・・・」
   /.::::|三三ヘ!:::::::Y三三l!ff"゙'ー-、ヽ:/r-ミ( ゙̄<リ"V三ミ|::::::ヾ三三ミl           
  .〈__:::::|三N! .|:::::::::V三三!li /.二ヽ/Z>、 `ー=t、 \l三ミ|:::::::::::\三ミ|
    ヽ:|三ミl l::::::::::::V三ミl.:.ヽ、! ノ/ヂ.r‐-ヽ ヾム ヾ三li::::::::::/三ニl!     こんな感じで朝からネタが出なくて困ってます。>もこっち
     `l三ミ!__l:::::::::_::ヾ:三l゚uミ三ニl/.:fヽー:、 ヽ `  l三ミ!ニニチ三三ニl
    r'"ヽVミム ヽ_ノ<マ三ニl 。   ゝ \`'ーi:   ' |三ミ!マ三三三ニl!      ああ、そんな感じですか。>できる夫
   ,ィ"¨ヽ. ヾミl. |  ヽヾ三|:.、  ,ィー-‐ァヽ、     l三リ V三三ニ/
  .l    \ヾl l   `''ヾミ|:::\ ` ‐ ' ,,.ィヘ     }`ヽ  V三三/
  |.      \ ヽ   /")` /` ー<  ハ:(\   ノル'リ  ∨ニ./



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それで、これからどうします?
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /    そうですね・・・ネタ出しを兼ねてそのへん歩き回ります。>もこっち
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       はい、いいですよ。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

269SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:12:35 ID:uDI8RjwE0

      |ヽ       , <::::::::::::::::::::> 、
      ' ,::> 、r'≦三ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ/    <ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /      r ニソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      i     , <:::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::|::::::::::::∧
.    r―――- <:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::|::::::::::::::∧_ __ ,     「よし、何も出ないなら歩き回ってなにか見出そうじゃないか。」
.     |       `>::::::::::::::::::::::::: ::|ー――:::::::::::::::::::::::::::ノ
    |       /::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ|∨:::::::::::::ヽ/      と言う訳で、外出します。>もこっち
.    |      |/::::::::::::::::::::::|::::::::::::|、____∨::::: ::::::::〉
   |       :|:::::::::::::::::::: :::||::::::::::'弋二ソ ' |::::::::::::::/`ヽ      どこか行くアテはあるんですか?>できる夫
    |         |::::::::::::::::::::::::|:|::::::/  `二´  |::::::: :::/  :∧
.   |       |::::::::::::::::::::::/ |:::/、  """" |:::::::::/   ∧     そうですね。ファミレスにでも行きますか。>もこっち
   |        :|::::::::::::::::::::/ |/        |:::::::/    ∧
.  |       :|ヽ::::::::::::::/、   ´ `  イ /::::::, へ    ∧
  |        |\ヽr'´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ー, ∧
__|        |   〉                      〉____
  |         |_ _|                        /       ヽ
  ヽ      /   :|           _____ _/         \
   `<_>´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \    それじゃあ、近くのファミレスに到着します。
          /(● ) (● )   ヽ     中には暇を持て余してる主婦などがいますね。
            |     __´___        |
         \  `ー '      /    まためんどくさい客層ですね。>もこっち
             /             \

270SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:12:59 ID:uDI8RjwE0

      /////////////////////≧x
      /////////////////////////ヽ、__ _ _. ィ′
      /////////////////////////////////〃
      ////////////////////////////////
      .////////////////////////////バ
      ////////////////////// ハ/ ////'
      ////////////// ゙.////// ̄∨¨V//',
      ///////////∠ユ  l///// __  1// !
      /////////γニヽ  l//// γヽ `////l    「さて、軽食を取りながらネタを考えますかね・・・」
      /l////////{ {  } ! 1//.'  if l } /'////゙
      バ//////兮ゝ-シ ///′ 弋シ/|////7    こんな感じで考え始めます。>もこっち
      /∧/////l   ̄  //        八///
      //∧////|     /     ´  /////     それじゃ、近くに座っている主婦の集団から会話が聞こえてきます。>できる夫
      ////ヽ/ 代     _ -,  //////
      r ==─:\/゙,`   _ ̄__ ///////
      ヽl ̄ヽ´         h=ミ//////イ
        \‐',        匚| `ヽ///∧



         /   /ヽ| ヽ、_____」|    \
.         , '  /   l一| |  A r―‐-、 ト W   、 ヽ
       / / /l   /  | |、 | ∨    ヽヽト\l、_j|vハ    [主婦A]
        / / / ,レl .′ l l | |  ヽ     ヽ| ヽーレ  |
.       / イ /ヘ N !___l l | | /≧x    ヽ |l     |     「ねぇ、知ってる?あの幽霊屋敷に住居者が来たらしいわよ。」
      l./ !  /| Vl|r汀ヘト| |  イ 込ヤx、  ヽ|l     |
      || ∨/ヘl vト 弋tハ ヘヽ   ¨´  ヽ   \   { `)ヽ     また、美人な主婦ですね。>もこっち
      ||   v  | Nハ  ̄ ソ `\      、 ‐- 二ニニソ
      ゙ゝ  | | ヘ/ /{   ヽ ,        >、     \      「ええ、知ってるわ。
        (ノ∧/レ  ∧   ,....._       个ヘ \ \__ ≧z--      しかももう入院してるらしいですよ。」>主婦B
       (⌒_ン//W へ   - `     (__ノィ    \ l   _
       ` ¬7/l/ W/へ      / 厂 ̄〉       `  一`ヽ
        ー彳 / 「「 ̄/ ヘ....  <_」 /     /    \―‐
      〃⌒ /ィ  | |  | ∧ 厂 ̄ ゝ=彡    , /|___ \_

271SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:13:28 ID:uDI8RjwE0

        /l、_l」_/: : : : : : : :` <: : |:\: : : : : : : \
.     /L/: /: :___: : : : : : : \|: | ト: : : : : : : : :ヽ    [主婦B]
    /: : /: /: : : : : : : : \: : : : : : ∨ | ト、: : : : : : : :∧
.    ': : /: /: : : : : : : : : ヽ : \ : : : : ∨: |: ヽ: : : : : : : ∧
    l: :/: /: : |: : : :ヽ: : : : |: : : :\ : : : V |: : ヽ: : : : : : : ∧     「ええっ!?そうなのっ?」>主婦A
    |: | : | : : ||: : : : 丶 -┼: :l:|: :ハ : : : Vヘ: :/\: : : : : : ∧
    |: | : | : : ||: : : : :|: : |」斗`´ |: : : : K ∨  ヽ: : : : : ∧    「だからいよいよあの屋敷にまつわる話がホントじゃないかとみんな噂してますよ。」
    |: |: ∧ : ∧: : : :l_|_/、     |:l: : : ハノ∧   ∨ : : : ∧
.     V:V: :ゝ: __ゝ-く    _j___.ッ // l: /_ イl:∧    ∨: : : : :l    「それは怖いわ・・・」>主婦A
.    V:V : : :、 : >=ッ'  ´"゙´ 〈//_l/  从: ∧   ∨: : : :|
      V:∨: | ヽj} lh }     〈/´    v、: :\   ∨: : :|     「でしょう・・・」
      ∨、: |: : :l' {l |、ヽ __,、   /    ヽヘ: : :\  ∨ : |
.        ヽヽl : ∧ } ト>` ´  /      `|ヽ: :h:ヽ l: : :|
       \ヽヽ:ヘ `‐-.\7´.个、    ′  ' / : l' 丿┴‐┴-
         `ハ: ト、\  ヽ}: /| 〉  /  ,//: : ∠
.          」 ヘヘ アハ   K  |ー、 r一 //: : / ∨



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    それの二人からこんな会話が聞こえてきますね。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::   __´___  :::::\|   l    成程、結構街で噂になってるんですね。>もこっち
  |      `ー'´       |  /
  \             //     それで、どうしますか?
  / __        /
  (___)      /

272SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:13:58 ID:uDI8RjwE0

            ,   ハ.     ;\      i:.._     /
            ;   /  }   ,゙,.::''"´   ハ.     .′ ・
              i   /       /  _」...  / ゙;.       ・
.              | /   ,  ,:゙ ,,::''"~; /`::.、   ;   ・
            |,〈   ,´ ,.' ,:´   _j /     ;  i   ・    「これは、いいネタになるんじゃなかろーか。」
            ´,:::、 / .:' ´  ,:'´  `::、  ; |   ・
            ,゙{ i }/ ,.:    {  i   }   釗 |   ・
.            / ゝ/ イ,        ___,ノ  ノ, |  |  ん    こんな感じでいいですか?>もこっち
.         、   _〈 ¨ア'´f゛        ー-===__彡'| _|  ?
       `T'⌒i ;´  `                 i|⌒        はい、十分です。>できる夫
        ! i八 {;               ;j釗   、_   ノ
          ‘,! i\  、_______     ____, J   ;    ´ ̄ .     「よしっ、これは行くしかないな。」
.           `、 釗\ ア>'゙⌒¨´        ,. ’   ´: . :
           }\!: :,≠く       ,.. ´     /: : : : :     そんなわけで例の屋敷に向かいます。>もこっち
         ,゙  )≠'゜: : :.` : :‐-r ''"⌒    ,゙  ´: : : : : :
           / ,.≠'゚     : : : :_;_;」         ,′ /ヤ_..ニi : :. :    はい、それじゃ一旦ここまでです。>できる夫
.       ⌒{ `vく/      . :_;ノ`マ辷___,,.  ,´ ,:゙'"´__,,.⊥: :_:
.      ン゙  } ; "⌒¨"~⌒\         / ,:´'"~   __,  ,
           /  }         `、ー-;:=-‐,:´/     ,ノ'´ /



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |     それじゃあ、次は逢坂さんいってみましょうか。
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ      ああ、わかったよ。>大河
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|     ちなみにあなたのキャラは東京に勤めてることになってるので
    | ヽ〆           |´ |             今回は有給と年末休みを一気にとって帰郷してるということで。

273SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:14:25 ID:uDI8RjwE0

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \    それでは、同日午前9時頃貴方は母である秋月咲夜の家で目を覚まします。
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |    またえらいキャラを持ってきて。>大河
     \  、__',_,    __,/
     /         \



           ___
      _,r‐!7´ー-v―-、 `゙'  、
     r'「>-'、-─'-<こ`ヽ,__   ヽ.      [秋月咲夜(46) 主婦]
   ,r'ア´        ´ `ヽ|/`ヽ   ':,
   く7  / /  ,!   ,! /!  ノ`ヽ/´!   i     「こらっ清夜!早く起きなさいっ!」
    | ,' |メ、ハ  /レ'__,!イ ,  ∨]   |
   ノイ ハァ'7'i' ∨ '´!ハ`ヽ/| ハ Y   |    眠っていた清夜は母の声によって目を覚まします。>できる夫
   '´ | /!〈 !ソ    し' ノ' |/|`ヽ\  ',
     レ' 7"  _'__    ´,.,.!メ|),ハ ̄   '.、   うわー、26でこれはキツいものがあるわね。>大河
    八!ヘ.  |/´ `ヽ   ノメハ/ |  ,ハ i
   ,:'   〈メ\ 、  _.ノ  /メノン-‐ァ-‐' 、レ'
   〈rヘ )メソ/ `>‐-r   /iイ/´_ン´:::::::::::::ヽ.
    [ンく_]/r‐'7,ハ,/ ,レ'__/:::::::::::::::::::::::;ハ
    __ |/::Yー/:::/[ハ、 [_ンく_]::::::::::::::::::::::::::::_ノ
  /´ ト、:::| /::く  八> / | /ト、::::::::::_;r'´:::::::::\_

274SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:14:54 ID:uDI8RjwE0

              ,:': : : : :/: : :\_、: : : : :.|: : : : : : : : :\: : : : : :ヽ: : :/:.
               /: : : /ィア: :_/: : : : : : : :リ: : : : : : : : : : :ヽ: : : : :∧´   |
                /:/: / / ィ://: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :_: ',/ _,.} . :´|   「うーん、なんでこんな朝早くから起こすのさぁ・・・」
            /:./: :| {  {/ ノ: : :_,.-ァ: :./: : : : : : : : : :∠__/、: : :.:.|: : : |
             |:/ !: :! l_,.ィ i,': r _,ィ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :}: : : :|: : : |    「朝早くってもう九時よ。
             {! |:.〈    /:,: { {: : : /: : : /: : : :|: : : : : : : : |: :.|: : : :|: : : |       いくら休みでも生活リズムは崩さないようにしなさい!」>咲夜
                 {: ム  ,'イ: /  ': : : : : : / |: : : :|: : : : :|: : :.:|: :.|: : : :|: : : |
               Ⅵ }   {/   |{: : :、_|'_/イ_: /}: : : :.:|: : :.:|: :.|: : : : : : : :.    「はいはい・・・」
                 ゝi      |∨: :{リ 、_j:/_|: : : :/: : :.:.|、: !: : : : : : : :i
               __,〉.     | ,\_、  ` ̄´ /: : :イ: : : : /:.}/: : : : : : : :.|
                /Y {     /       <_,.. イ: : : /i :/: : : : : : : : : :.
              /::::::|  i    /: :\ヽ       </:/ イ: : :/、: : : : : : : : : : :.
         /::::::::::: }  l  ,.イ: : : : :/`ー… ≦ヽ/ {: : : : : :/:::::::`丶、: : : : : : :.
        _/:::::::::::::::::::、  ∨|::}: : : :/:::/ ̄/,介、{  /: : : : :./:::::::::::::::::::::\: : : : : .



                  /{
            /ヽ、__/   ゝ、___
        __ノ  , -、  ,  - 、    (
        ',    /  `´    \   ヽ、
        ノ  /           \   >
        `>´              ヽ ∧
       //      ∧  iヽ  |  ヽ  ', { ',
     /イ     /i /  ', | ! |',   l  ∨ l    「全く、じゃあ早く居間に来なさい朝ごはんがあるから。」
       / ,イ   斗十'   十弋Tヾ  }   i.  !
      i ./ | ,イ/i'7ヽ   ィ´ ̄iヽ .| ./ f、. |  |    「はーい、わかったわ。」>清夜
      |/ | /l∧', !_ノ   ヽ_ノ ,!〈l/|  }.| .|  |
        l/ 〈 ',          〉 〈| / |/   !    「幾つになっても子供なんだから・・・」
          〈  〉、  __    〈   〉/    |
          /〉〈  ヽ、   `  , イ〉 〈 |     !     そう言って二人で朝食を食べ始めます。>できる夫
         /イ〉Xー-、>r<,-‐' 〉 〈_|/|__∧/
          /   /| /|/|   ヽ、_ノ   `ヽ、      ふんふん、それで?>大河
         l    / .|/>t<|   ,/       ',
        /   / / //|.|ヽイ´/        /

275SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:15:23 ID:uDI8RjwE0

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ    「それで、あなたいつも家で何をしてるのよ?」
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |    「うーん、本を読んだりしてるかな?」>清夜
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/    「よく飽きないわね。」
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬     「いやー私も飽きだしたから何かしようと思っていたんだけどこの町何もないからさぁ・・・」>清夜
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|     「何か面白そうな事おこったりしてないの?」>清夜
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|



                    , -――‘, 〉―- ミ
                 ' ´         }/      ` 、
                /    ´ ̄ `ヽ /  ̄`ヽ    \
            ,イ  /     ´   `ヽ   ‘,.    \
              /  ,     /       ‘,   ,  ‘,   ヽ
          /  /   ,  /  ′     :} }   }   ‘,         「そうね・・・そういえばあの屋敷に最近入居者が来たらしいわよ。」>咲夜
            /  /   / /  :{    .:/´}   ;′   .‘,    ‘,
         /   .;′   / .;′./{    .:/  }  ./      ,    ,    「えっ!?あの幽霊屋敷に?」
          ;′  :{   / /{ / :{    .:/  :} /}  /   }    }
.         {   :{:  / '´ \/ :{    /    }/ } /}    } i  :}    「ええ、でも住んでる人すぐ入院したらしいけど・・・」>咲夜
       八    {   { ___L{\ {   :/  ,/{/ }/ :}/  .:} i  :}
        \ .八 .:{ 《 灯抃 :{  /  ´rィ芹芸ミ ′  , } i  :}    「何よそれ、怪しさ満点じゃないの!
.          }\{ \{  乂ゞリ {/   ´ {::tリル' '/  / } i  :}            ・・・決めたわ、私あの屋敷についてちょっと調べるわ!」
.          }  i 八.  ` ´       ゝ ' 厶ィ'    } i  :}
.          ;  i          ,            /i    } i  :}
.          ;′ i   八             ,イ:i'     :} i  :}
         /  .:′ ./ 个o。   ´  `     イ  i    } i  :}
.        /  ;′ /   /  > 。 _   。<  {ヽ :i     :} i  :}
        /  /  '   / / 厂{     _,.イ .{、i      } i  :}
.       /  /    , -‐.::: ̄{  乂__,,。≦  /:::i /   :} i   ,
      /  /    /::::::::::::r=={ミ,/V`ヽ __/ :::i /!    :}> 、 :{

276SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:15:53 ID:uDI8RjwE0

        ,-r⌒L⌒」⌒yヽ、
     _r─ノヽヽ,_ _,ノヽヽイゝ、、
    rヽ,/ /       `ヽイヽヽ,
   r` /  /λ   入、ヽ、 ヽy i    「あら、面白そうね。
    'y r イ____,ヽ,  ノ.,____ヽ、  ヽ, |         何かわかったら私も話を聞きたいわね。」
   ∠/  / _____i レ' レ ______!ヽヽ、、i
    /  ,イ}.T'ヒ_i´  ´ヒ_,!ア イヽ、ヽ、    「そうでしょ?だから今日から調べてみるわ。」>清夜
   / ./⊂⊃  ,    ⊂⊃yイ\ ヽゝ
   i//{.人   ー─,-   ,イiy}イ´/ヽ!    「まぁ精々怪我しない程度にね。」
    //y}レヽ..、 ̄  ,イゝ|{yレV
    ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、
     r´[>}「´ ̄`rt´ ̄ フ [>{<] 'ヽ、



  /   .....  \.  /: /: : : : : : : :/: : : :│: : : : : : : : : :ヽ : : : : : :!
  |  .::::::::::::::.   ヽ /: /: : : /: :/ :│: : : : l: : : : : : : : : : : :| : : :i: : :|
  |  .::::::::::::::::::::..  〈: / : : : : :/| : /! : : : : | :l: :.∧ : : :'; : | : : :i: : :|
  '. ::::::::::::::::::::::::.  Y : : : : / :| /、| : : : :│ :|: / ',: : :│リ : : :i: :.:|   「わかってるわ!
     :::::::::::::::::::::::::   |/: : : ,'≦示ミ\{ : : | : j// ヽ: : :}/ : : : i: :.:|        じゃあ早速このあと行ってくるわね!」
.   ヽ ::::::::::::::::::::::::. │: {∨{{ ト//ハVヘ/: !vイィ示≧ッ/| : :j: : :!: : |
    \ :::::::::::::::::::  { 八 :'、ヽ弋公'  \|∨ ト//リ }}|: : : : |:!: : |
     {`::::::::::::::::::  j : : {\>//     弋公' ノ′/: : ': : : :!    「ええ、話を楽しみにしとくわ。」>咲夜
     '、 :::::::::::::::  {ヽ: :{ 人        ′  ///: :イ: : /: : j:│
.  /⌒ーヘ :::::::::::::::  } ト、\|丶、 `ー   ‐一'   フ: : :|: :/| : /| :|
 /    、}::::::::::::::::: {\{:  ̄|  {>   ._.. -ァ: 7 : : ノ<:j /:│:!
´       }:::::::__:::::::..../ \: ∨  `\ _/  / /: : : :/  'イ: : :| :!
  {      |:::::::::::::::::::,'   }: : \__,/∨ヘ  / /: : : :/  /: : 八:|

277SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:16:24 ID:uDI8RjwE0

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\     はい、と言う訳で秋月清夜導入編も終わりです。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    いよいよ俺の番だな。>真人
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ      ええ、それじゃ始めましょうか。
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \      それじゃ、貴方は新人としての地方興行を終え。
    /    (⌒)  (⌒) \       オフシーズンを地元でもあるここで過ごすということで。
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/     俺もここが地元なのかよ。>真人
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ     そのへんは突っ込まないでください。
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |

278SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:16:58 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それでは貴方も逢坂さん同様自宅で目を覚まします。
 |      __´___     |       ちなみに時刻は午前8時45分頃です。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       OK、親とか居るのか?>真人
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |        ええ、お父さんが起こしに来てくれます。
   \ /___ /



              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_      [上湾ガッツ(46) 元格闘家現柔道教室師範]
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >      「おい、息子よ早く起きろ朝飯ができている。」
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>        おいおいやべえのが来たな。>真人
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"      まぁ>>1がベルセルク好きってのもありますが。>できる夫
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:      「ああ、今起きるよ。」>二塔
    ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.

279SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:17:28 ID:uDI8RjwE0

       ____
..     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    因みに貴方の家庭は父子家庭でお母さんはいませんよ。
  |         '      |
  \      ⌒   /     おお、分かった。>真人
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |      それじゃ、そのまま二人で朝食です。
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



  |;;;;||;;;||;;;;;|!;i;;;| /;;;;; ; ;;;;;;;/;;;;;/彡二"//;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、ヽi;;;;;;i!;;;;!;;;;;;;;;;;;l/;;;;;;;レ;;;;;;_;;;<:::::∠二彡;;;;;/./;;;;;;ノ;;;;;;;;_;_;;;;;
冫、〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;l\;;!、\;`、:::  彡'' ̄二;;;;;;――-''' ̄;;;;;;
///;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;;;;/::;;;|l  ヾ;;';::::ヾi   <;;;"==== ̄;;;;;;;;;;;;;;厂ヽ、
イ/ i;;;/ |;;;;;;;/ |;;;;∧;;;;|l  liヽ!::::!:!   ,三;;;;;;二三三彡;;;//二ヽ    「で、どうなんだ調子は?」
|ノ !;;;| .!;;|;;;! i;;;;| ';;;|!  l! リ :レ:..  二;=‐-=二三二;/ /=ニゝl
.〉、 ヾ! `;l;;;l ';;;;! ヾ;|    ,┌─;;;,_  ...:::::::ヾ二三l /--、 !    「ああ、悪くないな。
{;;,、‐ヾ、 `;;| `;;| __'_/_,/´,f二二´     ::::::::ヽ三l {   |ノ,         この地方興行でもいい感じだった。」>二塔
  ``丶=ニヾ  、(-_,___r'ニ'"ニ-ソ/!    /r  :::ヾ!ヾ`〉‐' /;;
 ___|`-=-'|  ;;;   ::;;ヾ `‐'‐二//        ノ`´::: ./  /ヾ;;    「そうか。まぁ無理はするなよ。」
 |:::::::',_ "!__ _::        ̄        //::::: ,'― ":|
 !、::::::´、  ! ̄::            ,、   ̄ " // :|;i        「言われなくてもオフの時ぐらい無理なトレーニングなんてしないさ。」>二塔
  |::::::::|\ |  ;;              ノ_>     _ ::l;|  i
  /::::::/;;;;;ヽ       、             ニ二 ニ:!;;  |
/::::/; ;'''''{      ,_,               /;;,'  ,'
::::/;;;;;;;;;;;;;;`―-‐、'´__ ___ _ _ _ゞ      /;;;;;;;'  ,
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、`‐ 二-二=‐', "       -=,,,,,,;;;;;;;;;'  /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;ヽ`- __,/      /;;;;;;;;;;;;;;;;'  '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l           , '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ 、 __`\_ , /

280SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:17:55 ID:uDI8RjwE0

   ///////////////////////////>
   /////////////////:i//////////ニ=‐
   /////////////ィ//::::|////////〈       「それで、今日は何かするのか?」>ガッツ
   ////////////:://≦~!/,ィ/ハ///!/\
   ///////////'~{/ r tラl/ |/ ∨八 ̄`     「ああ、そうだな特にないな。
   /////////,'! /   ¨´ /   `i/}           この街は至って平和だし。」
   /////r‐ マ/{             ´/ |
   /////{  ∨              , |       「そういえば、あの幽霊屋敷って今もあるのか?」
   /∧//,\__           ー‐ _   |
   /{ V/////}ヽ              |       「ああ、あるぞ。」>ガッツ
   '∧ /V////  `ニ=- ___  ′
     }′ }! V'          {
       r‐=ニ{      \       | ┐
       |     ̄ ̄ ̄ ̄|、     | }!__
       |            |    ヽ \   `



           /i_,ノヽル1、_
     .l、 ノ`, l´`´;;;`;´;;;;;;;;;;`´イ-´レ-
    _ゝ`;;;;;;;;;;ヘ;;;;;i;;/;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;と
   ,,ゞ;;;;;;;;;;;)`、ヾ;;;;i ;;ノ 1;i:ノ;;;;;;/´;;;;;;;;;;レ
   <;;;;;;\;;;`ヾ ;;;;ヾノ;;iイ;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;`;7
   ,ゝ;;;;;;;ヾ;;;;;;;`;;;;;;;ゞ;;r;;;;<`i;;;;;i`ヾ;;;;彡三;そ
   `っ;;ノ´ゞ;;;;i´i;リ;:i´i;l `i、!.iノ`  `i;;;;;;;;;;;;`ゝ    「そうなのか、じゃあちょっと探検にでも行ってくるかなあ・・・」>二塔
   >;;;;i::: i/ Y ヽiヽi .ヾ   l    ];;;;;;;;;;;;; >
   7;;::l;:::_,--、i .Y r ̄二≡ミミ ゞ;;;;;;;;;;;;T
   .フゞ;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ ヾ :f´r::::__y≠ヾ;;;;;;;;;;イ    「そういえば、最近入居者が来たとかいう噂を聞いたな。」
    ヽ,;;:`i ̄ `ゝll   `〈 弋_ノ ケ  \´ /.1
    i´ヽ:::` ̄ ´:;;l−;     ̄    :: i./-i )     「ホントかよっ、もの好きもいるもんだな。」>二塔
    `i;;i;;i::   :;,;        、   ゝ- /
    i,;;ゝ:::  ::ノ. , 、,      ヾ .r´ノ、     「なんでも外人さんだそうだ。」
      ヽ:::::   ´` = ̄         i-´;ト
      \:::  ;;;::_____、      `  i イヽ,      「ああ、そりゃあ納得だな。」>二塔
       i,::::::::_`─  ̄`     / ′ i
       i`,:::::` 二 `     /     1
       l;;;ヘ;;::    ヽ   /   /  ::;;;i
        l;;;;;;;ヘ,__ ,, ッ´  , −i   ≡i

281SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:18:25 ID:uDI8RjwE0

///////////////////∨/////ヽ'//////\///\///\
'///////////,!////////V/////∧///////\///,\///\
///////////,l/////////,V/////∧////////\///,\- //ヽ
///////////,l///////l//,∨////l'///∧.、////,\///,\.\/∧
/////////// !///////∨/!∨///,!////∧.\///,\'///∧. ヽ∧
'////////// l//////l,'!∨,l ∨///!////lヾl. \///\'//∧.  ヾ、    「それで、その一家には何も起こってないのか?」
///////l//   l/////,l.リ V,!. ∨//,!////,!,゙.!ヽ//\'/∧\/,}、
//////-l/!―- V////,!___.l,! -∨/,| V///!/ ∨//,\'∧. ヾ! \
!//|'// '|/`t:;-、 V///,!  '´ l!て;゙ヽ/! V//!}ヽ. }//!   \!     \    「いや、何でも一人病院に搬送されたそうだぞ。」>ガッツ
'/ !'/!  l!`ー ´ V∨,!   ー ´∨  ∨,l ノ/'//l|ヽ             \
'  .l'/ ,  !    ;  ヾl            }/' ///,'! \、          \   「やっぱ何かあんなあの屋敷には。」
  l'  ,      /     ゙            /ー l///,l\   ヽ` ー--   ..._   \
      、     ヽ            ,   l//,! ヾヽ   !         ̄`` ヽ
    ,. 、                 /   l! N /二l    !               「で、行くのか?」>ガッツ
   / '´ \   ` ―  _         l    l/二ニl    !
  //      ヽ           /     l   /ニニニl、ー ._゙、             「ああ、行ってくるぜ。」
 { {        ,. 、              ! /二二ニニノ_\
 l l     /:::::ヽ ー ´           /二二ニニ/ニニニ丶、
 ,lニヽ  /:::::/ .ヽ            l二二ニニニ/ニニニニニ=‐_



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \     はい、と言う訳でPL全員の冒頭が終わりました。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /     ちょっと強引じゃないか?>宗介
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       クトゥルフの冒頭なんてそんなもんじゃないですか?
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

282SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:18:54 ID:uDI8RjwE0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     と言う訳でこのまま視点を例の屋敷の外に居るハルヒさんに移します。
    ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     えっ?私外にいるの?>ハルヒ
    ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、    /       ええ、あの日から日中は個人で屋敷の調査を昨日から開始したということで。
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



                  ∧
                  || |   |
                  || |  rt!               |
                __ _⊥⊥ / l!__ __ _         tirit      〜セルゲイ宅前〜
,_,,.. .-‐ '''""~""'‐- 、、∧.::::::::::::::::::」 r|::::::::::::::::::::',        〔77〕
              /  ',:::::::::::::::l | :|::::::::::::::::::::::',        」___L
             |i゜゜| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | ∧__ __._| |  |. :. :. :. :. :. :. :. :
 _ _,, . -‐::''.."." ¨¨´ .. |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::: ::::::::::::| |  |  .,"'`',:'':'`'`',
 .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,   |i王| lヨ lヨl::l | :|.:. lヨ lヨ lヨ l | | | :::::: | |  |.,"'`',:'':'`'`',:'':'`
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',,.:.:.:.:.:.:.:.:.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`'`:,,,,.州州洲'`キ
  .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',, .:.:'',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`',:'':'`'`',:'':'`.,"'`',:'':'`',:,,,,.州州洲'`キrキ州洲'`キキキ

283SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:19:48 ID:uDI8RjwE0

       /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
        /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
     r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ
     |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
     ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1    「さて、毎日来てはいるものの全く手がかりなしはキツいわね・・・」
    ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |
     / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V      さて、それではここからはお好きなようにどうぞ。>できる夫
.    / /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \
   V: :/ /: :{.∨∧       '        ,'.: : :,' 八 {\/     あら、もういいの?>ハルヒ
.   |: :l l: :∧ {: :ハ            'J イ: : /‐': : l |: :|
.   |: :|V /l: :ハ: : ハ     - ー-     /:l :/ : : : : !ィ: .:|      ええ、お好きなように探索してください。ちなみに現時刻9時30分です。>できる夫
.   |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一、      イ: :〃: : : : : ノ |: : |
.   | lハ: : ヽ: : : \/ _. -、__〉_ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |      分かったわ。>ハルヒ
       V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
     .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
    / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
.   /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \




          ____
        /     \    それじゃあ、ここで何をしますか?
      / \   / \
     /   (●)  (●)  \   とりあえずとってないけど【目星】で。>ハルヒ
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /

284SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:20:22 ID:uDI8RjwE0

             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ      ええ、どうぞ。>できる夫
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     【紗月・スミルノフの【目星】(25)=64 失敗】
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |     「うーん、これといって何もないわね・・・」
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ     ではあたりを一通り探してもなにも見つからなかったということで。>できる夫
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,   やっぱ初期値では無理があるわね。>ハルヒ
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',    それじゃあ、ここで【聞き耳】をお願いします。>できる夫
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´
   イ====ミ: : : : : : :V´ ̄ :|: : :i:i: |: ヽ |   l
  /      ヾiト: : : : V´ ̄|: : :i:i: |  ハ |   |



                 ___ _
         \ノ    ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、/) __
          ) ∠二二ス:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ V /   厂`ァ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.八 `ヽ.   「( 、(     [紗月・スミルノフの【聞き耳】(25)→29 失敗]
         il .:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.{:.:.:l:.:.:.トz :.:.:ヽ  |  乂 .) li
          i:.:.:.Χ{:.:.:.ハ:.:!:.:.:「\_〉:.:}i:〕iト  /i\{     うーん、出目悪いわね。>ハルヒ
          |:.:N=ミヽ:ム斗:l:.:.:.|__ノl ∨:i:i:i:i:i} .L:i:i:i:ヽ
              V:.:{tj  fz Y:.:.:|:.Ll:.V `ヽ:/ / \/     それでは、ハルヒさんは後ろから急に声をかけられます。>できる夫
          li |:.:入   iiT|:.:.:从:.:./    .' /   }
           レl:.:.冫ー─彳://レヘ    ハ¨ヽ   .′    「あのーすみません。」>???
         ─く   /⌒ ̄> ´ ̄   }   /     /
         )  {   ´         _∧ __ .′ il
           }\     -‐=≦: \ |: i}ヽ        「うわっ!?誰っ?」
           ‘。: :≧=、      \: :|:/{ {
            }: : : : : :\      7芥ヘ  、
            l: : : : : :-=ヘ、      ̄|::K   ヽ
              ̄      )   ___,!:ハ}__{

285SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:20:54 ID:uDI8RjwE0

                          /: : : : : /: : : : : : : : :`: : : \: :\
                        /{____:/:_:_: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : ヽ
                   ,.: : : : : : : : : | ̄: : : : : : : : : : : : : : : :',: : :.   振り返るとそこには背の低い女性がいました。>できる夫
                      ,:': : : : : : : :./: |: : : : : : : : :./: :  ̄ `丶、}: : : }
                  /: : : : : : : :./|:/\: : : : : : :∧: : /: : : : : : \__|   ああ、やっと合流ね。>ハルヒ
                     ': :,: : : :|: : /ィ--、Ⅵ: : : : :./,.ム-{,: : : : : : : :|: :;
                 /:./: : : ::{: ::|{ ム::ハ {、: : : :./ _∨Ⅵ : : : : : |: :′
                  |:/|: : : :八: { 弋zソ  \: :{ ム::ハ`ヽ}: : : : : : j: '     「あっ、すみません。驚かしてしまって。」
                  |:i∧: : :{: :i\ `¨    \ 弋zソ ,〃: ,: : : : ; /
                  |/: :.\:|:八 u   '      `¨/_,.ィ: : : :./:{      「いえ、良いですけど。何方でしょうか?」>紗月
                  /: : : : :|: : : :、   _      u  /: : :,: : /: :|
                /: : : :_:_: :|: : : :}:\    `ヽ   ∠:ィ: : :./:/ : : |     それでは大河さん軽い自己紹介お願いします。>できる夫
       _    __/: _: /::::::、`ヽ: : :∨r'ヽ. _   r≦/: : : : /{/: : : :{
    /:::::::::`ヽ´_::::::`´::::\::::::::}:::::::、: : :',   ̄\_,/: :./: : :./:./: : : : :!      了解です。>大河
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::` -<::::ヽ::::|:::::::::\: ::.、   /干!: :{: : :/: : :i: : : : : ::.
.  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/〉-ミ:::j:::::::::::::::,: : :}/ ,介ヽ、|: :/:_: : :|: : : : : : .
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /   ヽ:::::::::::,::::}: : |:、 /| ヘ|、::|: :{::::::ヽ: : : : : : : :.



                      __
                  _,..イ: : `ヽ、
               ,. : :´_:_/⌒ヽ-: 、: :ヽ
                /:/: : :/: : : : :ヽ: :\: \
               /: , ': : : : : : : : : : : : :':,: :ヽ: : :.
           ,: :./: : : : : : : : : : : : : : :i: : : :',: : .    「ああ、そうですね一応自己紹介をしておきます。
           /: /: : : ,: :|: : : : : : : : : : }: : : : ',: : .     私の名前は秋月清夜一応東京の大学で研究員をしています。」
          ;': /: ,: :/:l: ハ:|: : : : : :}: :,イ:.!:.|: : :',: ::.      
          i: ;: :.|: :!:/ト、リ、: : : : /_,斗七: : : : ,: i
             j:.,': :.{: :|ィ示㍉、ヽ: :/,ィチ㍉,}: :.;: i:{:.:{     「それで、その研究員さんが何故此処に?」>紗月
          j: |:{:八: {弋こソ  ゞ 弋こソ/: /: :|:|: |
           |: {:ト、: :{ゞ、      ,    彡イ:.:.,イ:|: :.     「実はこの屋敷はこの地域で幽霊屋敷として有名ですから
         ,: : リ: \:.人   、 _,   人:.イ:.|リ: : .                          調べに来たというわけです。」
          /: : : : : : {: : :|>  __  <: : : :/:/イ: : : .
          ,: : : : : : : : ,:.:.:|:/`丶,-、´∨|: : :./: : : : : : : :.    「幽霊屋敷・・・ですか、この屋敷が?」>紗月
       /: : : : : : _,....|: :.|、   ,.介、   !: :./:..、:_: : : : : : .
      ,: : : : : :/:ヽ::::::|: :.|::、//o} \ノ!: /::::::::/::ヽ: : : : : .
       /: : : : : :{:::::::、:: |: :.|:::::∨  |i /:::|: {:::::::/::::::::}: : : : : : :.
.     /: : : : : : :|:::::::::Y:!: :.!::::::{!:. oji!::::: !:リ::::::{::::::::::|: : : : : : : :.

286SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:21:31 ID:uDI8RjwE0

          /:.:.:./ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、 ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ
          ./:.:.:. /:.:.:{!:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヘ:.:.:.:.「\:.:ハ
         /ィ:.:.:/:.:.:.:.:∧:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:∨ 丶:
      「 i:.:/:.:.:.:.:/  V:.〈:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:∨\ 〉    「それホントですか?
        .':イi|:.i:.:.:.:.、i__   V:.i 、:.:.:〈\:.:.:.:.:.l:.:..:.:.|:.:.:.:.:.:|_.イ:.:.       私一応この家の住人なんですけど?」
      ':.〈/|:.{:.:.:.:.:l| ≧ーV! ヽ:.:.゚, 厶斗匕!:|:.:.:.:.:.:l ! :.:.:i
     レ //{:.l:.:.:.:.ハ=ミ  \  \{ x==ミИ7:.:.:.:.: !:釗 、:!     「えっ!?そうなんですか?」>清夜
      i| |:イハ:.、:.:.:レ芹f心      イ芹心ア .':.:.:.:.:.:.l.l |ハ  | 
      || |:.| |:. :.ヽ:.〉 辷zリ       辷zリ /:.:.:.:.:.:/ノ |:.:.:Ⅵ    「はい、そうです。
      ||_|:.| |从{:.:.:.| ¨¨  /      ¨¨  /:.:,:.:.:.:/:.|__j:.:.:.:.:|     でも入居一日目から不可思議なことが起こったので調べに来たんです。」
      |:.:|:.|_|:.:.:.ヽ八      _      u /:.イ:.:.:./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:!
      |:.i|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.\   V__)    /:./.|:.:./:.:.:.: |:.:.:.:.: リ    「そういうことでしたか。」>清夜
      |从:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.i:.:〕ト .      イ〃〉イ:./:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.′
     ) ゚,:.:.:从:.:.:.:.:|:.:.l:.:.:.≧==     /:.:.:/:.:.:.:.:..:ノ:.:.:.:/
          ヽ:.:.:.∧:.:.:.|:.:./: :V       イ:.:./{:.:.:.:/:.:./:.:′
           \:.:.:\{.イ: : : ∧   / Ⅳ: :〕ド:.:.:.:.:ル'
          イi:i:\´ : : : : : ∧    __∨: : : :〕ト.
       /: :ヾi:i:i:i:iト:、: : : : : ∧ /    ∨: : : : : i:i〕ト.



                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \: .
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : : .    「成程、それは興味深いですね。
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : : .        貴方も調査しているのでしたらご一緒させてもらって構いませんか?」
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|    「ええ、別の方の意見も必要でしょうし。」>紗月
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{      「ありがとうございます。」
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.     それではここで二人で【聞き耳】どうぞ。>できる夫
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :.
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.     わかりました。>二人
.   /: :/ j!: : :./:.{::::::::::::::l::::ヽ:ト、:、/ | }!\/:::::::.\:\: : : : : :.
   ,: : / j!: : /: : |::::::::::::::}:/:::リ:::ヾ! ! i!}::::::::',:::::::,:.\:\: : : : .

287SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:21:54 ID:uDI8RjwE0

            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、     .-─━━ 、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\../:∠二二二ス:.:.\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : __/:.:/:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:゚,     [紗月・スミルノフの【聞き耳】(25)→14 成功]
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : : く  ハ|:.l:.廾ト :.:.:.:l厶斗:.:「 ̄ 7    [秋月清夜の【聞き耳】(25)→86 失敗]
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:|V  |:.N≠ミ \lx≠∨:|\/
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: `7/|:.:.|Vツ   Vツ |:.:|)く|     よーし、成功ね。
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ :〈/l_ハ:.ト.  (` ァ  ィ|:.从l_〉
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ Vl:.:V:.:≧=--=≦:/イ/V      うーん、初めてのロールが失敗って幸先悪いわね。
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : .∨ イヽ: | |: /__}i:}二て
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ .(ヽ〈l 〉ヒ 〈 l
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: ..ソ: :天: : :\          成程、そうなりますか。>できる夫
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :.く: :/: : : : : 、:/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈 . /`7 ーく |
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : .∧/    .l__|
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : ./i:イ    |i:i|
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>.し′    .し
       ̄   ̄´     ̄      ⌒´



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\      それでは、紗月さんはこちらに向かう足音を聞き取ります。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    次は誰かしら。>ハルヒ
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

288SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:22:57 ID:uDI8RjwE0
                 __ _
              . ´:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト .
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...、
              ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. -──‐ミ:.:.:.:.ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:/:.:./   _____ ` 、:.゚,
            /:.:.:.:.:.:.:/:.:./ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\}:.rヘ    「ん?今何か音がしませんでした?」
         ':.:.:.:.:.:. ':.:.:/":.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:∨{
        i:.:./ /!:.:.:.{:.:.ハ:.:.:| ゚,:.:.:.:.:.:.:.}、:.:.:l:.:.:.}イ     「え?しましたか?」>清夜
        l:.: ヽ/ :!:.:.:.:V.__ヾ:!  }:\:.:.:.斗匕:j:.:.:.l:ハ
        |:.:. //^|:.:.:.:.:|  `ト    ヾィ芯Vノ:.:./'|:.|    「確かにしましたよ。あっちの方から誰か来ますよ。」
        |:.:.:| |ト |:.:.:.:.:.Y磷芯`    ヒソ l:.:イ |」:.!
        |:.:.:|/| |ハ:.:.:.:.{ 乂zメ        .小:.:V:.:.リ
        .ハ:.:.:.:.|_l从:.:.:.|       __, ` イ:.:.:./:.:ル′    それではハルヒさんの見た方から一人の人が姿を現します。>できる夫
           }:.:.:.:ハ:.:.∧:.ト      ‘´ イ:.:.!:. イ:./ ′
        .イヾ:Ⅳ: :}/:{ ヽ   `7壬{: : Vハi:i :|ハ      誰ですかね。>大河
        ハ: : V∧: : ∧ー─   ‐一|: : : : : i:i :| !
       '  ゚,: :V∧: : : :V´ ̄ ̄ ̄`|: : : : : i:i :l \
       { / ヽ : V∧: : : ゚,------釗: : : : j:j:/  ヽ



           ト          ___  __
           |:::ヽ    , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ':::::::`, <::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::\
           ヽ:::/::::::::::::::::::: :::::::::::: :::/|:::::::::::|:::::::::::::::∧::∧
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/:::|::::::: ::|::::::::::::::::::∧:∧
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::∧:∧    「そこにいるのは誰ですか!?」>紗月
          /:::::::::::::::::::::::::::::::: :::/::::::/ヽ:::::::::|::::::::::::::::::::::∧:::|
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ∨::: :|::::::::::::::::::::::::::|:::|    「あっ、すすすいません
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/    ∨:/:::::::i::::::::::::::: ::|:::|        勝手に入ったりして。」
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ー =、 ∨|::: :/:::::::::::::::::::|:::|
    />´/::::::::::::::::::::::::/_/:::/  _  ヽ  |:::/:::::::::::: ::::::::|:::|
 ー ´   ./::::::::::: ::::: ::/゚ツ//   ´ ̄≧=、  |/::::::::::::::::::::::::|:::|     そこにいたのは髪が長くそれに背の低い女性でした。>できる夫
      /:::::::::::::::::::/´ ¨/ゝ     弋辷ツ≧:::::::::::::::::::/:::::::|:::|
.     /::::::::::::::::/::i ""        """" /:::::::::::::::::::/:::::::::|:::|     あー智子さんですか。>ハルヒ
     /:::::::::::: /:::::::ヽ               /::::::::::::::::::::/:::::::::::|レ'
.    /:::::::::::/:::::::::::::::::\  `こヽ     u. /:::::::::: :::::::::/:::::::::::::|      それじゃハルヒさん【アイデア】を+10で振ってください。>できる夫
   /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      </:::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::|
.  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー  < /:::::::::::::::::::::/::::: :::|:::: ::|      はーい。>ハルヒ
 ノ::://:::::::::::::::/ ̄`〃^ノー-|    /:::::::::: :::::::::://:::::::::|ヽ: :|

289SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:23:25 ID:uDI8RjwE0

              __      __
            r::' -─── ミ /:>'⌒
           _ゞ=- ,. '´≧=-}∠.:≦〕iト .    _
       _  __/ \/::::::>'´二二 _<::::::::\/ __L
    /  __ーゝ __ ,. <:/-={:::::::::::::::::::``ヾ:::::r┐___ }
     \/ ,. < /::::::::::::::::/ i:::::::::::::::\_:::::::::::::`ヽニ¬ ̄\    [紗月・スミルノフの【アイデア】(85+10)=81 成功]
.        / く_ /:::::::::::::: /⌒{::::::、:::::::::∧ヽ::::::::::::::ヘ  }` 、\
       /  l  >':::::::::::::::/,x=ミ\:{ヽ:::::::'⌒ V::::::::::V:iヘ \ \__}   それじゃあ、あなたはこの人が誰かがわかります。>できる夫
.      /_ { ,.イ::;:::::::::::{::i《 f::沁  \ x=ミ、 }::::::::::::}::iト\ \
       /::/::::::::ヘ::ヾ  ゞ '    ヒ炒 》::::::/:::::::\ト:::ヽ´    「あっーーー!もしかして作家のもこっちさんですか!?」
     ゝニ  イ::::::::::::/:::::ヽ::\  , -` 、   厶イ::::::::::::::::::ヽⅥ
        |::::::::::/::{::::::::込、 {: : : ノ  ,ィ::::::::::::::|\::::::::::| リ
        |:::::::∧: ヽ, -=ニ> _,. r≦::::::::::リ:::::|  ∨::: |      「うぇっ!?ど、どうしてその名を知ってるんですか?」>刀羅
.         V::::{  / /,  '⌒丶、!ヽ::::::/}::::/  .ノ:::: リ
.          ∨ヘ { //      - 、ヽ: ilト、厶イ__/>'´       「やっぱりそうなんですか!
          `>. V /        \',:、}:},                   どうりでどこかで見た顔だなーった思ったんですよ。」
            {≠/ {       ヽ f_,フ `Yヽ>-、
          厂, ==ハ l }  :,   ',:ト、...:::::::_ノ、: \\          「は、はあそれはありがとうございます。」>刀羅
         {/.   八 リi  :',    ',V厂ハ........\: :.Yv}
             〈 ‘, ‘ ,  ' }='人ヽ __ノ|Yj:;ハ
                ゙弌ト _>、_ノ    ̄ヽヾ|://}∧
                 ∨  \    r─ ::Ⅵ:/〈  〉
                     ∨     \ ',. -=f::::ト _ {
                   }'     八::::::::::/ヽ:::::::Y



           /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./   -──=ミ:.:\
          ':.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.://:/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.、\:.ヽ
          /:.:. ──ォ':.:.:.: イ:.:.: |:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:}:.}:.:.ヽ:.:.
          .':.:.:{_/--1:.:.:/:.{:.:.:.:.!:.:.:.:./:i:.:.:.:/:.ム:.:.:.}:.:.:.
.         /:.:./く  イ:.:. 1:.ハ:._:.:l:.:.:./ l:.:.イ:./ }:.:./:.:.:.:!
       ,':/.ィ:.:./∨:|:.:.:l:|:.| l:.:.「}:.メ、 l/ l:/ i:.:ハ:.:!:. |   「それで、どうして先生がこんなところにいるんですか?」
       :./ /:.:.:.:/ /:.: |:.:.从:{ |:/ ′  / / z=!ィ: |:.|:.:.|
       ':.Ⅳ:.:.:.:/ /: レ|:.:.:.|ハ x===ミ     、 |:l:.:|:.|:.:.|
      /:i:.|:.:.:.:.〈 /:.:.:{ |:.:.:.|            __' 从:.|:.川{    「ちょっと、ネタだしを兼ねてこのへんで曰くつきの此処に。」>刀羅
      ':.: |:.|:.:.:.:.:i:.:.:.:.人_|:.:.:.|      「 ̄У イ:.:..:.jイ:ソ
.     {:/ 从:.:.:.:.l:.:.:/:./|:.:.:.ト .    乂./〃:.l:.:..:.′      「あっ、じゃあこのおねいさんと同じですね。」
      ゝ ):.\:.:!:.:/: :人:.: !          イi: 「|:.:/{
       Ⅵ ソ:イ : : : : : \〉、   ∧{: : : Ⅵ: リイ i
        rく: :i:i:iト、: : : : : : \   {  V: : : i: |  ハ
       /⌒ヽ: : i:i:iト、: : : : : : \  /!: : : i: | , ∧
    ./     \: : i:i:iト、: : : : : : }「/!: : : i: | /   \

290SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:23:52 ID:uDI8RjwE0

.         { 丶.,,__,,.   -‐===‐- .
        \   /              `丶、
.           `7´                   \
            /           ∧          ヽ
.           /          / l            .
        .゙      |   / ___l  ;   /      i    「えっ、まだほかに誰かいるんですか?」
          i       l   /´  l  i /         |
.        |     ′ / _..∠..l. И        |    「ええ、何でも大学の研究者さんだそうです。」>紗月
.        │   / / ´ 7T ミト、|        | 
          l    //     乂_彡'` l         ゙     「へ、へえーー。」
.          人  }{ ′  : : :´¨`: :  l     /   \
.          冫、八  _       U   ノ   /     厂
        /     \ `   ,u  ´/  /、   '
        /  ノl   , `7 ハ,-‐ /  /  `丶、{
.      ´¨”   / /  〈⌒{ }  /  /     ⌒ヽ



                        , r- 、
                 _,_- /_  \
                  , r f´, - 、/´ ヽ_`_  ハ
            /  /   /    ヘ `ヽ ヽ、
              , '  , '         ハ  ヽ ヽ
              /  /               ハ   ヽ ヘ
             ,'  /     i     ハ   }   ヘ ハ
            ,'  '    i |     ハ  リ        ',    「ど、どうもこんにちは。」>刀羅
         ;  ,' /  リ ∧ l  l .}  ∧ }    ハ ハ
            l / {  |/}≧弋ト、. リ '/ ナ≦ヘ }  ハ ',   「あっこんにちは。
            ! ! 、  { ハ呀ミハ`\ リ 伺叭 ト !   l |       私秋月清夜といいます。」
         | l { ヘ ゝ弋旬','   `' 弋ミソ/イ / /} |
        ,'. { ト、ヘ\ゝ ̄   丶    ̄イィ  /lリ |    「えっと、私は雲紅刀羅といいます。」>刀羅
          ,' ハ | \\.ゝ、  ー -   ノ ノ ノ }ハ ',
          //   \ハ   !> 、   , < ´ / /  ハ.',    「すごい名前ですね。
       '/     ハ   | ,rト、 `´ ト、 {  /   ヘ  ヘ        ペンネームか何かですか?」
       /  /  / ハ  |= =氷= = |  /  i  ヘ.  ヘ
        /  /._ z <.ハ  | /イ,, ||、、  | /> ェ _ ハ  ハ
      ノ  / .f::ヘ:::::::::::ハ |〃|| |。!| ミ=| ./:::::::::::/:::::l ハ  ハ
    / // {':::::ヘ::::i:::::::} {::ヘ|| | .|!| /:::| {:::::::::::/::::::::| } !   \

291SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:24:22 ID:uDI8RjwE0

                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=    「すいません、本名です。」
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒    「あっ、すいません本名でしたか。」>秋月
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ     「いえ大丈夫です。慣れてますので。」
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=



        ___ /:.:.:.:./   -──- ヽ:.:.:.ヾ:.:\__
       {__才:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\ V:.:.:.:《__}
    /   .イ :.:.: |:.:、/:ハ:.:.:.:.:. ト、:.:.:.:. !:.:.:.:.!.  \
    ヽ  {_|:.:.:.:.:l:.:/X__ヽ:.:.:.:.l __.メ:.:.|:.:.:.:.|ヽ ./、    「ところで、ネタ出しってことはもしかして次回はここを舞台にするんですか?」
     ./ \_ ィ:.:.:.: |/==ミ  \:| ィ==ミ:.:.:.:.|ィ´ ヽ\
    // /:.|:.:.:.:.:{{ ん心    ん心 }}:.:.:.!:.:\  ∨   「決めてないですが、似たようなシチュエーションにしようかなーとは。」>刀羅
    \_..イ:.: !:.:.:.: l V::zシ     V::zシ|:.:.:.:.|:.:.:.:.ト _/
     /x==|:.:.:.:.:| """   ′  """ |:.:.:.:.|:.:.Ⅳ、      「じゃ、じゃあ私をモデルにしたキャラとか出るかもしれないってことですか?」
      / .从:.:.:.: ト .   、   .ノ   |:.:.:.:从リj ` 、
      }    \:ハ: 〕ト.        .イノ:./}      〕iト.     「流石に人物像がわからない出会ったすぐの人を出すのはちょっと・・・」>刀羅
     .      V: : ヘ≧ー‐ 7: :.:./i/:/
       ∨     |i: : :.ト--- .イ : :/i/:/ ト.
      |      !: : :{   ./: :/i/:/  ′ 〕ト --==
      |   、  !:ト、:ハ.  /: イ: /  /  /     /
       .ハ   \ }\ト: ∨//i/:イ   ノ ./     /

292SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:24:53 ID:uDI8RjwE0

             /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:':.:/-───- 、\
             ,:':.厂 /〉:.:.:./:./:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
            ./:.:.:l/.イ:.:.:.: ':.:/:.:.:/ :!:!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ハ
           /:.:.:く 〈 l:.:.:. |:./:.:.X  |:l 、:.:.:.|:.:.:!:.:|:.:.:.:.:.:.
         ':.:.:.:/ //7!:.:.:.:l:ハ/ \!:! ∨∧:.:|:._!:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.〈 // 从|:.:.:.:|芹f心、ミヽ. }ノ X:´オ:.:.:.:/:l
         |:i:.:.:.:.|:.i !`Y:.:.:.|゙ ヒzソ    レ'≦:.ル':.:/l:リ   「じゃあ、どんな感じか分かればいいんですね?」
         |:l:.:.:.:.|:.l__ト .|:.:.:.:|          ヒzソ /:.イl_|′
         |:l:.:.:.:.l:.:.:.:.:. |:.:.:.:|     、   ′  /:.:.:.!j:.!    「ええまあ一応。」>刀羅
         |:l:.:.:从:.:.:.:.: !:.:.:.:!、     ー   イ:.:.:.:.l:. |
         |ハ:.:.:.:∧:.:.从:.:.:.| 〕ト 。    イ:.:.:|:.:.:.: |:.リ    「じゃあ、私たちこれからこの屋敷を調査するんですけど
           \( ヾ:.:.∧:.:|    Τ:.:.:.:.:!:.:/l:.:.:.://                          ご一緒してくれませんか?」
             ヽ .イ: : V\   ゝ:\:.:.' |:.:./ ′
         r‐<: : : : : : : :ヽ / ̄ ̄ヽ: 〕トノ:イ、      「な、何故に?」>刀羅
         厶: ヾiト.: : : : : : :゚,-──‐ヘ: : : : i∧
        ./  \: ヾiト. : : : : :∨ ̄ ̄ ̄ }: : : :i:i:ハ     「私を出して欲しいからです。」
       /     ヽ ヾiト. : : : : ヽ      |: : : :i:i: :i
       .′      \ヾト、: : : : : :\   i|: : : :i:i: :|



         ト、     _..x≦////////////////////////ヽ
         |/////////////////////////////////////′
         ∨///////////////////////////////////      「うーん・・・わ、分かりました。
           \//////////////////////////////// l         私もひとりでは心細かったので・・・はい。」
            ヽ/////////////////////∧/////゙,//|
.              l ////////////////////,′∨/l/. '/ |       「危険かもしれませんがいいんですか?」>清夜
.              | //////////////////// 斗七7 ̄ '/|
                l..///////////////////′  ∨_____ ',|       「構いませんよ。一応逃げ足位は自信ありますし。」
              ',ソ///////////////// ゙,γ"゙`ヽ  `l|
             ハ'.///////////////,′彳l (__) l   /ll       「それじゃあ、早速行きましょうか。」>紗月
              /,/V'//////////////   乂_乂 〃lハ
              / /∨// / / ////      =≠彡゙ lハ
          / ´  /ヽ'////// /         ̄   //∧
               ///∨///,′  `           ///// 、
                /////V//lヽ     _  -‐ ァ   ィ゙//////\
                ///イ// V/|//> `‘ー‐  ´   ´ 〉///-、////>._____
           // !'///,V|//////> --  ´    .///´  7^フ´    ヽ///∧

293SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:25:27 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \    それでは、いざ動こうとした三人の後ろから野太い声が聞こえます。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /    あっこれ誰かわかりましたわ。>大河
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |       ええ、私もです。>もこっち
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



         ,,,;;;://///////////////////////////////,ー 、
       ,. ''" /////////////////////////////////,ヽ///, -, _
        '" ///'////////////////'///////////////////, ー--"''ー-
      _,. ''" ////////イ////// //////////// i/////l'//,ヽ
           //'///// //////  /////////i'// `l/////!////\
         /' /////'  //////7 ̄////////-i//   l/l///,!//,\ヽ\
        _/_///,.-''"///////!´ '!'/////  l'/ ̄_.、!/l///l'//∧ヽ ``    「おいっ!そこに居る奴等ちょっと聞きたいことがあるんだが?」
      /   .!'/ l///////////! l !i'///'"  .|/ ´ iゞ!>!//,l ヽ 、\
.      /    l/ /l//////////∧ヽi'//    !   ` !l/!V/!     ``
     /     / .,//////////// ヽ!/         ! ∨V,l          それじゃあ、ハルヒさんはもう一度アイデア+10で。>できる夫
  /     / ., -!/////////   ;'              、リ
 '-―――,.'"  /ニ\////' /   l        (⌒ 、   ´            はいはい。>ハルヒ
       /  , /二ニニ\       !  \    ` -` ′
        '/ ./二二ニニ\          、   /
   _,/ニニニニニニニニ/          , _   ; ヽ
=ニ二ニニニニニニニニニ/     !    /、- ._  ̄  /
二二ニニニニニニニニニ/     !    '  \;;;;;;;;,,,./ニニ=-、
二二ニニニニニニニニ\    l  /    ヽ;;;;;;;;ヽニニニヽ\
ニニニニニニニニニニニニヽ   l l      };;;;;;;;/二二ニニl二ヽ
二二ニニニニニニニニニニ/ ` ー 、_      / !;;/二ニニニニlニニ\

294SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:25:54 ID:uDI8RjwE0

                  ,: ´/// ∨////// ∨x<//////////> 、
                  />-- 、 ////////∨///////////////// \
             ,:'Y´  , -- 7///////∨////////// /////////:ヽ
               / ∧  , ≠`Y //////7////7/////////////////ヘ    [紗月・スミルノフの【アイデア】(85+10)=30 成功]
           / /ヽ-:/ i   |///////|! /_,zx===ミ、,く ヽ///}/∨////ヘ
             // // {    .|///////|ⅥV! ,.:´:㍉ヾx/ / //∧////!∧    それでは貴方はこの人が誰なのかがわかります。>できる夫
           / //// 7, 丁////////! ':{.   i:/{:::.,i} / ./// ̄}//j/} ハ
           ,:'  ,イ///7  j′_!/////∧ ハ    戈z::ソ   厶イxニヾ/://}`ヽ',    「もっもしかして格闘家の上湾二塔さんですか!?」
        /  / }////!  .{  r',////// \∧   ヽ--         7::ハ }:/ /7 ノハ
         〈   {/|////|   |:、 廴///////∧ヾ、            、::ソ.イ7//x:' \}    「また、知ってる人ですか・・・」>清夜
        ` y'/i|////|   |/ >、 V/ ∧// ハ              /ー !/イi} )ヽ ヽ
         .|//|////|   |////∧//∧/// ',      ,. - ニ y   |///!〈/}/ ヘ ∧   「だ、誰なんでしょう?」>刀羅
         .|/7|////ゝ--V////∧//∧///i     /: :ヽ:::::/   从/ ト、\//!ヘ ',
         .|/{ !///i|V///∨///i∧// iV//|     {: : : : У  //// |i∧ Ⅵ ハ }
         .|>'´` ミ-- _ { V////|∨/| ∨ !        ー'  ィ/}///|/ |//ヘ ヽ  '′
        〃      \: : : :∨// | Vi|  V!        イi// j// ///!/ .}',  }
       /           ヽ: : :.V//j  .iリ   リ. / ̄ ≧:チ,'/// i///|///   !/テ´
        ,′          ', ヘ: : :∨/:\     ,'、i/∨/7 i // //i/ .|/∧  7i/
       ,'          ', ∧: : }': : :ハ   {: :\.}/i{  | / ///  .!/  /イ



       ー=≧´///イ//i//i//∧/ヽ//////\
       /////// i//,i//i///∧、/ヽ///ヽ/∧
       イ///////∧/,i//i∧//∧\i::\∧',`ヾ    「確かにその通りだ。
     ´   i//i/ i///≧、 i//!/i≦/∧-=…}\}ヽ         何だ、そこの女性は俺のファンか何かか?」
       i/   i//!゙ー゚ i/'i/'ー゚‐ヽi {'  ii',::::::::::}
           i/i|i   ノ       -彡,∧:::::::!     「ええ、デビュー当時からのファンでしたっ!」>紗月
             、  `       "∨  ヽ::/
                 \    _,    /  ',`ヽ '      「おお、それは嬉しいなあ。」
                 γ\ ̄  イ  ,   ヽ∧ 、
            イ{ /',  ̄    /  イ// 〉/`ヽ
          , <//∧   i、.   / /i´////,//////\
       ノ///>' ∨'   !   / / |!//>´/\//////`ヽ、
   .<//> ´/////i┐ヽ i ゝ-┌i-‐´//////\///////`ヽ
 γ///>´////////,ioi‐------‐i }!///////////\///////,\
 ,//>´///////////i/!:::::::::::::::::::::i/!/////////////\///////∧

295SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:26:25 ID:uDI8RjwE0

                     _,. : ⌒ヽ、
             ,. . :―- :/: ,: :‐-: : ヽ
           ,. :´: ,. : :⌒/ ̄ヽ-: 、: : ヽ、
          , ': : :/: : :, ': : : : : : : :',: : :ヽ: : :.
           /: : , ': : : :./: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ::.
           ;': : /: : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :,: : .    「それで、その格闘家さんがこんな所に何しにいらしたんですか?」
          ,': :./: : : : /: : :,: : : : : : : :i: }: : : : : : ,: :.
        i:./: |: : : |:/:,j/ト、_|: : :/,斗__}:ハ: : : :!: ,:.!
       j!:j!: :{: : : i'{/     }:/イ   /' |: : : |: ,:.|    「ああ、ちょっと幽霊屋敷に探索でもと思って。」>二塔
         j!:{: |: Ⅵ:ムi 、_,. '´   、__,. /:イ: /!: }:|
       ,: :|: {: : Ⅵ!ム、 ̄   ,    ̄´イ:/:./}:!: |:{      「それじゃあ、私たちと同じですね。」>刀羅
        /: :.{: |:,: : マゝゝ、    ,..,    イムイ:j!| リ: .
     ,: : : : リ:、: : : :',:|: : i> __,.... イ: :|: : : j!/イ: : :.      「ええ、そうね。」>紗月
      /: : : /: : : マ: : :ム: /\   '/}:!: :j!: : :j!: : : : : : .
    ,: : : : /: : : : _マ: :.:.:Y   `7ハ´ !: /: : :.j!: : : : : : : :.    
    /: : : : {: : :/::::ヽ: : :|\,イ7介、\:{: : : :j!ヽ、: : : : : : }
.   {: : : : : |: /:::l::::::: i: : :|:::{|:}//l Ⅵ j!|: : : リ::::::ム: :.,: : :/
   ヽ : : : |/::::::|::::::::} : リ:::∨/ j! ||∨:|: : :/:::::::::::}:/:/



      ー-==ー--zz/////////////////\l//}///
    _,.,.,-― 777///////////////////////////_ ̄==-、
 -=ニ二_/////////////////////////////////////7ー,、
        ,.////////////////////////////////- 、////,\
    ,. '"_,.//////////////////////////////////}/////.、\
  , '"'"´///////////////////////////////////,!'////∧ヽヽ    「おいおい、もしかしてアンタ等もか?」
     /////////////////////////////////////,l////∧,l ヾ、
.  /,..'/'////////,.'―-////////////////,/////'!///,!/,!リ      「ええ、残念ながら。」>清夜
. ,./''" ,.'////////'/   ////////////// ,'"//////,l/l//,l//!
'   //,'///,//,'/   ////////////// /' //',////,l/!'//l//l       「この街の人間なら此処には近付かないはずなんだが・・・」
 _//_,..//!/7'/ー-, /////////_'///_'__/"_//////l/l///l.l/l
´  '゙   /"  l'/////,l '/`'/// // ,゙// '. ̄て;゙/ ///'/j,!/l///| V        「ま、まあ好奇心といったところです。」>刀羅
           l/////,l," l'// l/ l'/    ̄ ,'゙ /'/;∧ l/ }///
        ,l//////ヽ l//  '   ゙          l/:::::::::. 、 リl'/          「俺もそんなもんだよ。」
.        /l/////// l/ー              ' :::::: /  l/
      _/=l// ," '゙   i  ヽ          ___
    ,. '"ニニl       !    、       {.__/ /               [近衛和也の【忍び歩き】(50)=99 ファンブル]
-‐=ニニニニニl         !      、       ー  'ー ._
ニニニニニニニl        l         > ._    /二二二ニニニ=ー-、__      ナンテコッタイ。>宗介
ニニニニニ二二l      l      / ヽ  ̄ ヽ二二ニニニニニニニ\

296SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:26:53 ID:uDI8RjwE0

         ___
         /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\          ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。          ちょっ!何ファンブってるんですか!?
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧          知らん、なったものはしょうがない。>宗介
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。



            /    /              ',
           /    /                ト、
         /     /:                 l ',
         ,′     /.:         /          l  i
        ,' .:      l.:.:.:.:  /    //ハ: : . : : : :.l: .:/:l  l
          i .:.     l.:.:.:.:.l/: :  l/仁_、ヽ\: : : . :l:./.:.:l  l
          l.:.:.      l.:.:.:.:.l.:.:.:.: {:〈ゝ示ミヽV: : :仁ハ: ::./  l    おいおい、いきなりロールさせたかと思ったらファンブルとかやばいな。
          l.:.::      l.:.:. : l.:.:.:.: ヽヽ廴シノ/_/イテそ:/:./.:.:!
        ,′. :.     l:.:.:. l :.:.|\ \     _1ソノ/.:/.:l.:,′    ダイスの女神は俺には冷たいな。>宗介
         /.:.:.:.:    |:.:.:. |\| ヽ ̄     '   レ'.:/.://
      /.:.:.:.:.:  /   ヽ  \   ヽ        ,.イ/l/l/       それじゃあ、ここはどうなるんですか・・・>智子
      /.:.:.:.:.:.:.:/ :     \  ト、  ヽ  ´ //   //
      /.:.:.:.:.:.:.:/. :  : .       l \  | ー く: :/             どうしましょう。>できる夫
      /.::.:.:.:.:.:/. : :  : : : .    l ̄ ̄`ーL: : :./
    ./.:.:.:.:.:.::/. : : :  : : : : : .   l  ,. - '´ ̄`ヽ             おい、GM。
   /.:.:.:.:.:.:./. : : : : : : : : : : : .  V´ ,r'´ ん'´⌒V}
  ,/.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : :. : : : Vん'´     1

297SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:27:24 ID:uDI8RjwE0

         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\    仕方ありません。ここでのファンブルは想定してませんでしたし普通に失敗でいきましょう
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   おお、助かった。>宗介
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \     どうしてこうなった。
 /\ ヽ          ヽ



:::::::::::::::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .\    それでは、目的地の近くに到着した和也はそのあたりに数人の人がいることを確認
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.\
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..\     「くそっ!既に何者かが居るとは・・・」
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:\
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. \    そこで忍び歩きを試みることにしますが落ちていた木の枝を踏んでしまい
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :.. \                         /7Г|ロロ冂
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶    「しまった!!」     / / | | [二 二]
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::\                    /_/ |_| [二 二]
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:. \                    凵 ロロ┐
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..\                         /_/
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./ \
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./
: |.| :|    > .      _ , .   <  /   -=彡″ /./.    /./

298SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:27:55 ID:uDI8RjwE0

        ____
      /     \
    /  -     - \   それでは他の方々はこの音が聞こえたかどうか【聞き耳】+15でお願いします。
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |   了解。>四人
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、     .-─━━ 、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\../:∠二二二ス:.:.\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : __/:.:/:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:゚,     [紗月・スミルノフの【聞き耳】(25+15)=13 成功]
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : : く  ハ|:.l:.廾ト :.:.:.:l厶斗:.:「 ̄ 7    [秋月清夜の【聞き耳】(25+15)=56 失敗]
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:|V  |:.N≠ミ \lx≠∨:|\/
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: `7/|:.:.|Vツ   Vツ |:.:|)く|
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ :〈/l_ハ:.ト.  (` ァ  ィ|:.从l_〉     よっし、調子いいわね。
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ Vl:.:V:.:≧=--=≦:/イ/V
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : .∨ イヽ: | |: /__}i:}二て
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ .(ヽ〈l 〉ヒ 〈 l           何故成功しないんだ・・・
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: ..ソ: :天: : :\
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :.く: :/: : : : : 、:/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈 . /`7 ーく |       続いて、もう二人お願いします。>できる夫
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : .∧/    .l__|
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : ./i:イ    |i:i|
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>.し′    .し
       ̄   ̄´     ̄      ⌒´

299SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:28:24 ID:uDI8RjwE0

       >    |                .ゞ/::::::::::::::::/i::::/ ヽ:::::::::::ヽ     [雲紅刀羅の【聞き耳】(57+15)=41 成功]
.     /,.      l    l\   |\ \  /::::::::::::::::::::/ |:/、_ ∨:::::::::\    [上湾二塔の【聞き耳】(35+15)=69 失敗]
    ///  ,   厶 _ |_\__L.-\|\l:::::::::::::::::::/ / 〈●〉 l::}-、:::::::\
      l  /| /,ニ、ヽ|ヽ| ,ニ、ヽf⌒l | ..l/i:::::::::::::/    ,""" l::i ,!::::::::::::\     やっぱり取ってるからには成功しないと。
      |/|/ |/|   j       `ク .―   |::::::::/ r´`´ヽ  l:::}´::::::::::::::::::::\
           |  ヽ  ,、     rヘ/  \|.|::/、   ヽ、_,ノ  j::::ト、:::::::::::::::::::::::::ヽ   うーん、成功しないな。
             \ lニ二ソ  /  r- ,_ /.」::::ヽ , ____,. イll:::::lヽ=_____:::::::::::::
            /\     /    l、  ~'''TTト、::ハ,ヽ  l===l l::::l    //- .,::::::
        _,. ‐∧/ l ̄ ̄   /   ヽ、  .l l l ',::::', \ヽ l ̄l l::::l   //



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    それでは、紗月さんと刀羅さんは近くで木が折れるような音を聞き取ります。
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/    OK。>ハルヒ
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     分かりました。>智子
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

300SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:28:53 ID:uDI8RjwE0

/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......____
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::∧ :::::::::|\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::| \ ::::「  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    「ん?今の音は?」
::::::::::::::::::::::|  ≦::::|二   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::| 〃__ノ } ̄ ヽ__ l::::|\:::::::::::::::::::::::::厂      「あっ先生にも聞こえました?」>紗月
::::::::::::::::::::::| {{、__,ノ   }! :::::|  ム :::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::| \       |:::l ィ)|::::::::::::::::::::|       「あ、はい何かがいますね。」
::::::::::::::::::::::|   ミ=ー一   |:::  {J|::::::::::::::::::::'
::::::::::::::::::::::'.            |/ ヽ彡:::::::::::::::::′      「またですか。」>紗月
::::::::::::::::::::::::'.            /´|::::::::::::::::;′
::::::::::::::::::::::::::'.            |:::::::::::: /
:::::::::::::::::::::ト :::\ー…─ -   /| :::::::: /
::::::::::/|:::::::|__>=ァ──y-、_,, ´  | ::::/
:::::: / ]::::::厂   //  \.  ノ/
::: /  | ::/    / ,′    、
::/  ;::/   //  {      ∨



             /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:':.:/-───- 、\
             ,:':.厂 /〉:.:.:./:./:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
            ./:.:.:l/.イ:.:.:.: ':.:/:.:.:/ :!:!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ハ
           /:.:.:く 〈 l:.:.:. |:./:.:.X  |:l 、:.:.:.|:.:.:!:.:|:.:.:.:.:.:.
         ':.:.:.:/ //7!:.:.:.:l:ハ/ \!:! ∨∧:.:|:._!:.:.:.:.:.:i   「ちょっと、そこに居る人バレてるから姿見せなさいよっ!」
         i:.:.:.〈 // 从|:.:.:.:|芹f心、ミヽ. }ノ X:´オ:.:.:.:/:l
         |:i:.:.:.:.|:.i !`Y:.:.:.|゙ ヒzソ    レ'≦:.ル':.:/l:リ    「えっ?誰かいるんですか?」>清夜
         |:l:.:.:.:.|:.l__ト .|:.:.:.:|          ヒzソ /:.イl_|′
         |:l:.:.:.:.l:.:.:.:.:. |:.:.:.:|     、   ′  /:.:.:.!j:.!     「おいおい、これ以上増えるのかよ。」>二塔
         |:l:.:.:从:.:.:.:.: !:.:.:.:!、     ー   イ:.:.:.:.l:. |
         |ハ:.:.:.:∧:.:.从:.:.:.| 〕ト 。    イ:.:.:|:.:.:.: |:.リ      それじゃあ、姿を見せるよ。>宗介
           \( ヾ:.:.∧:.:|    Τ:.:.:.:.:!:.:/l:.:.:.://
             ヽ .イ: : V\   ゝ:\:.:.' |:.:./ ′      分かりました。>できる夫
         r‐<: : : : : : : :ヽ / ̄ ̄ヽ: 〕トノ:イ、
         厶: ヾiト.: : : : : : :゚,-──‐ヘ: : : : i∧

301SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:29:27 ID:uDI8RjwE0

                 , ,,__ィイ,,,,__
                /!i::::::;;;:::::::::::::"'''-、
   ___          -=ゞ::::::;;;:::::;;;::::::::::::::::::、、    こんな感じで登場しよう。>宗介
  .,';;;;ノヽ、.       __ノ;;;:::::;;;;::::/ ,;;ト、、ッ、;;::::i
  `‐'__ノ \ャ、      ,':::〃_リ,iノイエ   ; ;:::::;`     「動くなっ!このカルト団体どもめっ!」
   !_ 、__仆) ト、.     レ!i リタノ     ;入;;;!
   .ト、.  ̄  i .\.    ' ' 、.` __  メィー=ト       と銃を構えて出ていくとしようか。>宗介
    `''ヽ、  _!、__.\    丶、 iア''"""~~~寸、
        `ー'  / ̄ヽ寸      Z´       .寸    ど、どっから持ち出したんですかっ!>できる夫
        `i ̄    `−-¬''"`         川ト、
         \                  从;;;;i    何を言ってる、持ち物欄に書いてあるだろ。
          ∨           _,..、-ーー';;;;;;;;;;i           【12ゲージセミオート・ショットガン】ってな。>宗介
           "'- 、       , -'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
           ヽ、  "'- 、__, -'";;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    あっホントですね。>できる夫
            ヾ: :: :: :: :: ::i;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
             ヾ、: :: :: :: | ̄!i:::{ ̄};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
               `゙''ー-|::;;/i:::{:::::};;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                    {;;/::!:::{;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!、
                    {:::::::i::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i



             .  ´. ::  ̄:: :`   .
            /. :: :: :: : :: : :: :: :: : :: :: :`  .
          . '. ::: :: :: / -───‐-\:: : ::\
       /. :: :: :: ::/ .─────-  ヽ:::: :::ヽ
       . :: :: :: ::::/.:: ::::/  .!::::: :: :: :: ::. :: :: ::.:: :: :.
        !.:: :: :: :: {:!:: ::/\ l::!:lト :: ::: ::: ::: ::!: :: :: ::}    「ちょ、ちょっとあれ本物っ?」
.       l:::: ::: /从:::/≧xY从ル \::: : :: ::!::::: :::::!
.       |: :: ::{__/.i人!ルr'云       ィテk.Y:ノ:::i::::リ    では本物かどうかの【知識】どうぞ。>できる夫
.       |: :::::.//7l::::::| j匕ソ     j匕リ }:!:: ル'
        !:!::l///(.l::::::| """        """ iルイ」      まぁ、PLとしてはしってるんだけどな。>真人
      从.[/イ : :!:::: |        '   u リ.: |/
.       |:: 人/:::人::::ト.   r‐ュ    . イ:::::::|       そういうのは言いっこなしです。>できる夫
      /  Ⅵ |:::| .>.r -- <⌒Y! :: イ
      / ヽ: : ∨}:l::リ、   !  \: : i   Ⅵ/
    / ⌒ \ 、.: :レ' ∧_メイ⌒: : l  } ′
    !      ∨ヽ: : : : :|ー─ .l゚|: :\! ノ

302SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:29:55 ID:uDI8RjwE0

            _, :‐-_、
          '"´ : : `: : :⌒ヽ、     .-─━━ 、
        /: : : /: : : : : : : : :丶:\../:∠二二二ス:.:.\
      /: / : : {: : : : :ヽ: : \: : __/:.:/:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:゚,     [紗月・スミルノフの【知識】(70)=62 成功]
      ,': /: {: : :ト、: : : : }: : : : く  ハ|:.l:.廾ト :.:.:.:l厶斗:.:「 ̄ 7    [秋月清夜の【知識】(99)=79 成功]
      |: l: : :|\:| ヽl\|\/l:|V  |:.N≠ミ \lx≠∨:|\/
      |: l : T≧心、_  ィ匕≦T: `7/|:.:.|Vツ   Vツ |:.:|)く|
      |: l ヽ代i::ソ    弋i:ソ/ :〈/l_ハ:.ト.  (` ァ  ィ|:.从l_〉     まぁ、当たり前よね。
      |:人: :ゝ ー      ー 厶イ Vl:.:V:.:≧=--=≦:/イ/V
       j: : :ヽ >  __⌒__ ,.イ : !: : : .∨ イヽ: | |: /__}i:}二て
.     /: : /: : :l:〃^く〈〉>`ヽ: : :|: : :│ .(ヽ〈l 〉ヒ 〈 l          私に至ってはほぼ自動成功ですし。
     /: : /|: : : |i{ >┴rく }i : |: : : ∨: ..ソ: :天: : :\
.    /: : / .|: : : |:∨   _|人/: :│: : : : :.く: :/: : : : : 、:/
   〈: : 〈 /: : :.:|:/`ー≦ァー'{: : ∧ : : : 〈 . /`7 ーく |
.   \ ∨: : : 〃7\_/\∧: ': : \: : : .∧/    .l__|
    ∠:_:_:_: ノ└L,___」L斗ュヘ : : : /: : ./i:イ    |i:i|
      r‐': :_:_:/:::::/  ヽ:::::∨{:_:.〈⌒>.し′    .し
       ̄   ̄´     ̄      ⌒´



       >    |                ゞ/::::::::::::::::/i::::/ ヽ:::::::::::ヽ     [雲紅刀羅の【知識】(80)=64 成功]
.     /,.      l    l\   |\ \  /::::::::::::::::::::/ |:/、_ ∨:::::::::\    [上湾二塔の【知識】(60)=56 成功]
    ///  ,   厶 _ |_\__L.-\|\l:::::::::::::::::::/ / 〈●〉 l::}-、:::::::\
      l  /| /,ニ、ヽ|ヽ| ,ニ、ヽf⌒l | ..l/i:::::::::::::/    ,""" l::i ,!::::::::::::\      よし、成功です。
      |/|/ |/|   j       `ク .―   |::::::::/ r´`´ヽ  l:::}´::::::::::::::::::::\
           |  ヽ  ,、     rヘ/  \|.|::/、   ヽ、_,ノ  j::::ト、:::::::::::::::::::::::::ヽ    あっ俺も成功だ。
             \ lニ二ソ  /  r- ,_ /.」::::ヽ , ____,. イll:::::lヽ=_____:::::::::::::
            /\     /    l、  ~'''TTト、::ハ,ヽ  l===l l::::l    //- .,::::::    それでは一同はその銃が本物である事がわかります。>できる夫
        _,. ‐∧/ l ̄ ̄   /   ヽ、  .l l l ',::::', \ヽ l ̄l l::::l   //

303SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:30:21 ID:uDI8RjwE0

                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=    「えっちょっあれ本物じゃないですか。」
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒    「ですよね・・・」>清夜
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三    「私もそう思いました。」>紗月
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=



      ー-==ー--zz/////////////////\l//}///
    _,.,.,-― 777///////////////////////////_ ̄==-、
 -=ニ二_/////////////////////////////////////7ー,、
        ,.////////////////////////////////- 、////,\
    ,. '"_,.//////////////////////////////////}/////.、\
  , '"'"´///////////////////////////////////,!'////∧ヽヽ
     /////////////////////////////////////,l////∧,l ヾ、
.  /,..'/'////////,.'―-////////////////,/////'!///,!/,!リ
. ,./''" ,.'////////'/   ////////////// ,'"//////,l/l//,l//!
'   //,'///,//,'/   ////////////// /' //',////,l/!'//l//l    「おい、お前そんなもの持ち出してどうする気だ。」
 _//_,..//!/7'/ー-, /////////_'///_'__/"_//////l/l///l.l/l
´  '゙   /"  l'/////,l '/`'/// // ,゙// '. ̄て;゙/ ///'/j,!/l///| V     「貴様らこそこの屋敷で何をするつもりだ答えろっ!」>二塔
           l/////,l," l'// l/ l'/    ̄ ,'゙ /'/;∧ l/ }///
        ,l//////ヽ l//  '   ゙          l/:::::::::. 、 リl'/       「いや、別に自分の屋敷d何しようが勝手じゃないですか?」>紗月
.        /l/////// l/ー              ' :::::: /  l/
      _/=l// ," '゙   i  ヽ          ___
    ,. '"ニニl       !    、       {.__/ /
-‐=ニニニニニl         !      、       ー  'ー ._
ニニニニニニニl        l         > ._    /二二二ニニニ=ー-、__
ニニニニニ二二l      l      / ヽ  ̄ ヽ二二ニニニニニニニ\

304SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:30:52 ID:uDI8RjwE0

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N     「自分の・・・だと?」
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l      「ええ、ここは私の父が買ったものですが?」>紗月
    ,イヽハ        〉     !ノ、
  /  |   ヘ      _     ハ \     「えっ?じゃあカルト宗教団体ではないのか?」
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \    「当たり前です。」>紗月
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |



::::::::::::::::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .\
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.\
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..\
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:\     「そ、それはすまなかった!
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. \           俺はてっきりこの家の住民に怪我を負わせたカルト集団か何かかと。」
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :.. \
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶      「そ、そんな噂になってるんですか?」>紗月
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::\
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:. \     「ああ、街ではなっている。」
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..\
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./ \
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./
: |.| :|    > .      _ , .   <  /   -=彡″ /./.    /./

305SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:31:25 ID:uDI8RjwE0

             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |    「えっ、じゃあ貴方は私らをその団体だと思っていたんですか?」
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|     「誰も寄り付かないこの屋敷に数人の人が居たからな。」>和也
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \     「アチャー・・・」
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´
   イ====ミ: : : : : : :V´ ̄ :|: : :i:i: |: ヽ |   l
  /      ヾiト: : : : V´ ̄|: : :i:i: |  ハ |   |



      ///////////////|:V///////////////|::::::::::::\//
.     //;イ////////////,|::::V//////////////|::::::::::::::::::ヽ
     '// |///;イ///////斗ャヤ灯////////////L::::__::::::::::::    「それで、アンタはここへ何をしに?」
      '/ :|/// |////////,|ィi:}⌒7//|/////////|// ⌒ヽ::
    /   |// |//∧////,l リ_  }/ :|/////////|/ /⌒  }    「この家で起こったことを突き止めに。」>和也
.        |/  :|//  V人/|      }∧//∧///| く /  ,′
.        {   |/  /   `          V/ ∨/,|   )   //     「だったら俺たちと同じだな。」
          {  ヽ             }′  V/!  ___///
               \                V| ,′{////,      「えっ!?」>和也
                  └-、__           } /   V}∧/
                  〈  `         /     / }/
                 }            / /

306SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:31:59 ID:uDI8RjwE0

                     _,. : ⌒ヽ、
             ,. . :―- :/: ,: :‐-: : ヽ
           ,. :´: ,. : :⌒/ ̄ヽ-: 、: : ヽ、
          , ': : :/: : :, ': : : : : : : :',: : :ヽ: : :.
           /: : , ': : : :./: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ::.
           ;': : /: : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :,: : .
          ,': :./: : : : /: : :,: : : : : : : :i: }: : : : : : ,: :.    「ええ、何を間違ったか合計五人もいるわ。」
        j!: /: : : : /:/_イ:/ハ: : : : :/: ハ: : : : : : ,: {
        i:./: |: : : |:/:,j/ト、_|: : :/,斗__}:ハ: : : :!: ,:.!    「確かにそうだな。」>和也
       j!:j!: :{: : : i'{/     }:/イ   /' |: : : |: ,:.|
         j!:{: |: Ⅵ:ムi 、_,. '´   、__,. /:イ: /!: }:|     「どうして今日に限って・・・」>刀羅
       ,: :|: {: : Ⅵ!ム、 ̄   ,    ̄´イ:/:./}:!: |:{
        /: :.{: |:,: : マゝゝ、    ,..,    イムイ:j!| リ: .     「何かの導きかもね。」
     ,: : : : リ:、: : : :',:|: : i> __,.... イ: :|: : : j!/イ: : :.
      /: : : /: : : マ: : :ム: /\   '/}:!: :j!: : :j!: : : : : : .
    ,: : : : /: : : : _マ: :.:.:Y   `7ハ´ !: /: : :.j!: : : : : : : :.
    /: : : : {: : :/::::ヽ: : :|\,イ7介、\:{: : : :j!ヽ、: : : : : : }
.   {: : : : : |: /:::l::::::: i: : :|:::{|:}//l Ⅵ j!|: : : リ::::::ム: :.,: : :/
   ヽ : : : |/::::::|::::::::} : リ:::∨/ j! ||∨:|: : :/:::::::::::}:/:/



               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l    「良いじゃないですか、何かのゲームみたいで。」
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|     「あなたねえ・・・」>清夜
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│     「まぁまぁ、じゃあ取り敢えず私の知らないこの屋敷に纏わる
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ                              話を聞かせてくださいよ。」
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ

307SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/09(金) 22:32:27 ID:uDI8RjwE0

                     〃
                  //  ´  ̄ ̄ `ヽ
                 ノ/⌒ヽ ‐‐ 、  `ヽ \
                . ´ 〃      \\   ヽ ヽ
             /  /〃   ヽヽ \\     '.
              /   /i l l    }.:} .:i 川 :i  ::i.  i
                /    i l ト、   イ仁士士:} }:}   l     それでは今回はここで終わりです。
            | | | | { TTメ、   :i イc.うVノ ノハ: :i l
            | | | ト、ト、 V心 ヽ ゝ弋ッソイイ ノ: : : l     如何でしたでしょうか?
            | |∧ ヽ\ 弋ソ ,     ノイイ.:./´ ) |ヽ    感想等をお書きいただけると嬉しい限りです。
            |∧小、 \ゝ     _,   イ./:/ /:.:.|: :i
                \ ヽ>  ´   イ  V /‐、 :|: :|       因みに次週の投下ですが
             _ ∠_|  .: i .: `二´ /   ノ (  _ノ:|: :|       もしかすると本編のメンバーと再びセッションをするので遅れるかもしれません
           ´     / .:ノ∠`Y/ / /( ̄`ヽ   ̄\       どうかご理解願います。
       /´       /´:`Y´: ∠__/ / / (`ヽ  \__   \
        l  ⌒ヽ   イ: : :ノノハ: : : : / / / (`ヽ`二/ / \  '.
        |   / / /レ'´ / /: : : / / / / ヽ _ノ /     }     本日もこのようなスレに付き合って頂き有難うございました。
        |  / / //  , ´ i: : : / , /     マ_ノ Coo  ノ      それではまた次回お会いしましょう。
        |/  / / / /i   L:_:/ , /    /: : : > ー一 '
        /   / / .′ ;。i  /  /  ′  〃: : : : ://: /
      {   { i N  ; i  ′ /   ′ //: : : : :イ/: /
      ヽ  ノノノノ   i  | {∧  レイ /: : : : : i |: :/

308名無しのやる夫だお:2012/11/09(金) 22:37:00 ID:jxb.8Lzg0
乙でした
俺の出した宗介が予想以上に原作宗介で吹いたw

309名無しのやる夫だお:2012/11/09(金) 22:39:05 ID:R6HERQkU0
乙でした!

しかし、しょっぱなからショットガン持ち出すとはw 
探索者同士の出会いじゃなければ、マーシャルキック×2で蹴り殺されても文句言えないわw


>本編のメンバーと再びセッション
もしかして、そのセッションは今後リプレイとして本編に反映されるんですか?
それでしたら、幕間の成長などの紹介も期待出来ると思っていいでしょうか?

310名無しのやる夫だお:2012/11/09(金) 23:24:22 ID:R6HERQkU0
そういえば、「クトゥルー/クトゥルフ神話作品発掘記」様の2012-10-31の記事にこのスレの名前が載っておりました。
ご紹介おめでとうございます!

311名無しのやる夫だお:2012/11/10(土) 02:31:09 ID:z7FXNevE0
乙でした
……作家設定だから不自然じゃないとは言えもこっちが普通に好かれていて
話しかけられて会話しているのを見ると違和感ありすぎて不安にならざるを得ないw

312SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/10(土) 22:02:21 ID:/0ngY2Xo0
>>310
見に行ってビビりました。
まさかこの様なスレまで見ているとは。
この調子でまとめサイトに纏めてくれる人がいればなーチラッチラッ

313名無しのやる夫だお:2012/11/10(土) 23:22:08 ID:HsPsEeQA0
「クトゥルー/クトゥルフ神話作品発掘記」様は以前「暗黒神話∵△∵ウルトラマン」スレについて事細かな記事を掲載したこともありましたっけ。
上手くいけば、今後このスレも詳細に紹介されるかもしれませんね。

>>311
安心しろ。積極的に話しかけてるのは今のところファンのハルヒだけだw
それも、作品に出たいという不純な動機込みだwww

314名無しのやる夫だお:2012/11/11(日) 16:12:48 ID:jmVdU3NA0
月末に、るるいえシリーズからとうとう『クトゥルフ神話TRPG』のHOW TO本が出るそうな。
このスレにも良い影響が出るといいんだけど。

315名無しのやる夫だお:2012/11/12(月) 22:07:12 ID:h3JyuJ/I0
いいね、番外編も面白い
本編の方が好きだけど、応援してるよ

316名無しのやる夫だお:2012/11/13(火) 09:21:14 ID:F0hpFP2.0
本編と番外編の分けがなんかしら欲しかったとか欲しくなかったとか

317名無しのやる夫だお:2012/11/13(火) 16:42:55 ID:oieLqQCQ0
>>316
それはどういう事だ?

318名無しのやる夫だお:2012/11/13(火) 20:51:38 ID:6KRo8rlM0
紛らわしいから別スレでやって欲しかったって事かな?

319名無しのやる夫だお:2012/11/13(火) 22:10:10 ID:bzE9pLd60
埋めネタとかじゃなくて、普通に一本書けそうだから別スレでやってほしいという事だね。

320名無しのやる夫だお:2012/11/14(水) 12:26:12 ID:03jyPWFI0
たぶんそうなんじゃねぇの?

321SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 07:13:26 ID:MljQMnLI0
書き貯めは出来ている・・・だがTRPGが終わるかどうか・・・
一応予告をしておきます。
              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第11話 【警告と作戦】                   |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛

322名無しのやる夫だお:2012/11/16(金) 11:40:17 ID:kKzX4A4c0
把握

323名無しのやる夫だお:2012/11/16(金) 18:15:40 ID:RTef4hH60
この季節に全裸待機は厳しいな。

324SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 21:59:30 ID:MljQMnLI0

                    / ̄`ヽ
                 /      i
              /\.ノ\. {   ┃┃|     __
          /_f  .∧ !     〈     ∧ヘ
            |  ノ   / ヽ人  (_)_)_)―x.__.ィ‐ヽ\    それでは投下します。
           | .'   .i   {    ̄x― 、 : : : : : : :.:.| |    
          |j    \/1       .): : : : : : :.:| |    
         │ヽヾ、   ∧   、_.ノ: : : : : : : : | |
           .|  i、ゞ、 /  ゝ--j: : : : : : : : : : :.:.:| |
             |   ̄ヽノ ̄ ̄ ̄.': : : : : : : : : : :.:│!
            |  山  ×  ゑ/: : : :/i: : : : : : : :| |
           | .介_____/: : : /./: :/i: : : :.ノ| |
          | |l ̄       ` ̄´  ̄   ̄ ̄l| |
          | |l                 l| |



            ,ィ
             / |
          / /|          . /uiu、
           / //   .____    |   |
        / //  /⌒  ⌒\.   ヽ /    前回は>>1の気まぐれで番外編になったけど今回は本編だお。
         / // /( ●)  (●) \ . | |
       | //./::::::⌒(__人__)⌒::::: \.| |    それじゃあ、再開だお。
        ヘ〈_.|     |r┬-|    . |⌒)
          〈_ィ.\      `ー'´     / /
         \            ./     了解。>四人
          i           ./
          |           i

325SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 21:59:59 ID:MljQMnLI0

        ____
     /     \
    /  ─    ─\     それでは、桂小太郎の家でセイバーたちが戦ってる頃のルルーシュに場面を移すお。
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |     了解だ。>ル
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )    時刻は午後6時ジャストだお。
  |      / / |       |



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}    そうだな、【木曜会】についてググってみるか。
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l     了解だお。【図書館】か【コンピュータ】でどうぞ。>やる
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{      OK。
     |::リヽ _    //://::l::        [ルルーシュの【コンピュータ】(61)→79 失敗]
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'         何てこったい。
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :

326SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:00:23 ID:MljQMnLI0

                  , -‐‐'  ̄ ̄ ̄ ` ー 、
             _ - ' ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',      それじゃあ、しばらくググってみたけどそれっぽいものは出なかったお。>やる
           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//     「ふーむ、特にこれといってないな。」
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_      それじゃあ、次は【白陀ビル】で。>ル
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\    OK、じゃあどうぞ。>やる
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /    [ルルーシュの【コンピュータ】(61)→78 失敗]
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\      なん・・・だと・・・。>ル
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄`
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :
            |: : : :|', ヽ--´    / l://  |γ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: : : : : :



      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,     それでは、調べてみたがこちらも何も出なかった。>やる
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l      マジかよ。>ル
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|      「こっちもないのか。
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、         よっぽどなガード力だな・・・」
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i          だが、そんなルルーシュの前に気になるスレが見つかる。>やる
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{            また2chかよ。>ル
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

327SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:00:43 ID:MljQMnLI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      それでは、ルルーシュはオカルト板でこんなスレを発見する
/    (●)  (●) \                【ちょっと俺の家の隣の宗教集団がおかしい件】というスレタイだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /       どう考えてもあの集団についてですいや本当に。>ル
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |        ちなみに内容はこんな感じ。
  \ /___ /

328SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:01:28 ID:MljQMnLI0

1 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 17:53:56
立ったら書く

2 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 17:56:46
期待

3 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 17:59:12
おっ期待

4 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:02:13
立ったようだから書くよ。
長文になるからそのへんは勘弁な。

5 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:06:45
はよはよ

6 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:09:00
実は俺の家の隣に最近【ヴードゥー教】っていう見るからに怪しい宗教法人の事務所ができたんだが
この宗教団体はどうにも怪しいんだ。
【蛇の者達】なんて名前だけでも怪しいのにその信者たちもどこか目が虚ろな奴ばかりなんだよ。
しかもコイツ等夜な夜な集まっては何処かへ車で出かけていくんだ。
で、ここからが本題なんだがあまりにそいつらが気になった俺はバイクでちょっとつけてみたんだよ。

7 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:14:55
wktk

8 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:17:11
何度かバレそうになったが大丈夫だった
そしてその宗教団体の車はどうってことない人通りの少ない所に停まったんだよ。
そこで中から数人の男が出てきてその辺りをウロウロしだした
そして丁度そこに会社帰りのOL風の女が通ったんだ。
するとそいつらが急にその女を取り囲んだんだ。

9 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:17:45
盛り上がってまいりました。

10 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:20:12
で俺もこれはいよいよヤバイなと思ったその瞬間だ。
そいつらが一斉にそいつに襲いかかりスタンガンらしきもので気絶させて
車に詰め込んで去っていったんだ。
で、そのまま事務所に連れ帰ってそのまま朝まで見張ったけど出てくる様子もなかったな。

11 本当にあった怖い名無し::2012/02/11(土) 18:22:25
怖すぎわろえない・・・

329SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:02:04 ID:MljQMnLI0

      ____
     /\  /\    とまあこんな感じだお。
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    成程、じゃあ【ヴードゥー教】で検索>ル
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /     ロールどうぞだお。



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\     [ルルーシュの【コンピュータ】(61)→36 成功]
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ    では、蛇の者達のHPが出るお。>やる
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :       「おお、これは教団のホームページかな?」
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :      OK。何が書いてあるんだ?>ル
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :
          \\\: : : : : : _{/  l _ /  / | //::.::.::.::.::.::.: : : : : : :

330SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:04:07 ID:MljQMnLI0

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     内容はこんな感じだお。
     |     |r┬-|     |         日本古来よりの蛇神を崇拝し、それでいて世界各地の蛇にまつわる神をも崇拝している
     \      `ー'´     (⌒)         教祖は【ネイキッド・スネーク】という外国人の男だお。
      >          ノ ~.レ-r┐、     それから富や知識名声などといった謳い文句も乗ってるお。
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ     おいおい、また増えるのかよ。>やら
      |          ̄`ー┬--‐‐´



    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´    多分これがキルオの言ってたもう一つの勢力の正体ですかねえ。
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ
  / j          ¨   .|   |.:.丶     どうだろうな。>ル
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ    可能性は高いだろ。>やら
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

331SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:04:42 ID:MljQMnLI0

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l       で、それはどこに本部があるんだ?
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ     【新宿駅】近くだお。>やる
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/      それは、【木曜会】の近くじゃないか。
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|           やっぱこの二つの間で何かあるんでしょうね。>セ
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\     と言う訳でこの三つを調べ終えた頃には午後9時なので一旦ここで切るお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     一回一時間の計算か、短くないか?>ル
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       ネットで同じ事柄を一時間調べたら普通十分な情報が出ると思うお。
.\ “  /__|  |            それで出ないということはもうほとんど情報がないか失敗かのどちらかだお。
  \ /___ /

332SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:05:08 ID:MljQMnLI0

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |     それでは、次は謎の人物に追いかけられたバラライカは
    \__ `ー ' ___/                何とかその人物をまき午後6時30分頃に自宅へと帰るお
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄      OKです。じゃあ取り敢えず女性なんでシャワーを浴びて食事を取ります。
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ          了解だお。じゃあなんやかんやで午後7時30分だお。
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ



            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l     「さて、サッパリしたところで何しようかな・・・」
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /      で、何するんだお?>やる
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |       ネットで【木曜会】で検索です。>バ
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.      じゃあ、ロールどうぞだお。
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }     
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ

333SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:05:34 ID:MljQMnLI0

                 z-へ へ──-、_
              /          ヽ \\
            , '          :  rV/l \\
           /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ
     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ
          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \     [バラライカの【図書館】(55)→51 成功]
          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ
          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ    じゃあ【木曜会】ではなく何故か【白陀の家】という新興宗教団体のHPが見つかるお。
          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/
          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉     「おっ?何だこのページは・・・」
          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !
          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ
          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(
          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \      どういう事なんだ?>バ
         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル    これが【木曜会】の正式名称だお。>やる
        i   l   //          | //    _ノ } __ノ
        |   | 〃{          / くく/⌒ヽ ノ´



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /      ちなみに内容はこんな感じだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /            教祖は【いきがみさま】と呼ばれる女性
  |     |r┬-|       |             【いきがみさま】は大変美しい見た目だそうだが実際はとても高齢という話もある。
  \     ` ー'´     /             新興宗教にもかかわらずここ最近急激に信者を増やしているそうだ。
  /          \              信者は毎週木曜に行われる【木曜会】なる定例会に出席しなければならない。
 /             \
/  /\           ヽ             成程、だから木曜会なんだな。>バ
 /   \          ノ            
U      ヽ        ノ

334SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:05:58 ID:MljQMnLI0

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l       うーん、じゃあ次は【キルオ】について調べてみたいんだがいけるか?
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ     ・・・じゃあ【図書館】と【アイデア】の両方成功で。>やる
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |            OK,やってやるさ。
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡 ヽ.           /ィ´  |  |l          [バラライカの【図書館】(55)→56 失敗]
\三彡  ├───     .ノl   |   |          [バラライカの【アイデア】(90)→94 失敗]
 丶ミゞ  丿          .イ l|   |  l| 



     ____
   /      \
  /         \     おーっと、二つとも失敗かお。
/           \
|     \   ,_   |     これはやっちまったな。>バ
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |       じゃあ、なにも見つからなかったってことで。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

335SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:06:28 ID:MljQMnLI0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/     「うーん、特にでないな・・・・」
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ        
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l               それでは暫く調べてみたが何もなかったお。>やる
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl               OK,諦めるよ。>バ
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l        
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l         
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\      「やっぱ、偽名かな・・・」
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/



            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }     「まぁ、出ないのならこれ以上詮索することもないかな。」
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l       
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |       まぁ、これ以上は深くは考えないことにしよう。>バ
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、 
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.      まぁ、別に次にキルオに会った時にでも聞けばいいと思うお。>やる
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }       ああ、そうしよう。>バ
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ

336SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:06:58 ID:MljQMnLI0

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    それでは、時間は午後9時30分だから一旦切るお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    了解だ。>バ
     /           l、E ノ
   /            | |    それなら俺が30分で飯食べて風呂に入ったことにしていいか?>ル
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ              ああ、そうしたら都合がいいからそうするお。



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \           それでは、時間は遡り午後8時桂邸から出たセイバーとやらない夫に視点を合わせるお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃      えーっと、歩いて帰るのか?>やら
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /        最近、893タクシー使いすぎだからたまには良いでしょう。>セ
  \ /      /\/
    \       \            えっと、じゃあ【新宿駅】まで歩くのかお?
     \    \  \
       >     >   >           はい。>セ
       /    /  /

337SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:07:29 ID:MljQMnLI0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     「しかし、強引なやつらだったな。」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     「ああ、こんな民家が集中してるところで襲うなんてな。」>セ
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉       「それだけあの【桂小太郎】が邪魔なんだろうな。」
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′     「ああ、そうなんだろうな。
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |           しかし、何が邪魔なんだろうな?」
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|      「それは、自分に反するものは認めないとかじゃね?」>やら
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ       「仮にそうだとしても今のあの男に何ができる?
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、                   もう既に一線から退いた人間だぞ?」
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ    
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !

338SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:07:58 ID:MljQMnLI0

                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/    「あのなぁ・・・俺がそんな難しいことを考えられると思ってるのか?」
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ     「ああ、そういえばそうだったな。」>セ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ     「まぁ結果的に言えばあのおっさんも助かったんだし良いにしようぜ。」
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}     「そうだな、そういうことにしておこう。」>セ
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



     ____
   /      \
  /  ─    ─\     それでは、ここで両者【聞き耳】ロールしてくれお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    おっ、まだ何かあるのか?>やら
./     ∩ノ ⊃  /    はい、了解です。>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     因みに周りは静かだから+5していいお。
  \ /___ /

339SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:08:32 ID:MljQMnLI0

   / ̄ ̄\             ,. - - 、
 /   __ノ ヽ             〃´⌒V
 |    ( ●) )         .||      /`ヽ ∧            [やらない夫の【聞き耳】(25+5)=31 失敗]
 .|       (__人)          ij __ __  _i   i/  ヽ          [セイバーの【聞き耳】(25+5)=63 失敗]
  |         rつ       . ,  ´         \ /     〉
  .|        ((三)   ./           ヽ   /         あちゃー・・・・
  ヽ       ( <   , '              ヽ く/´i
   ヽ    /∧ ∨/ /   i、 、 ト、 、ヽーi  V|
   ∠    /⌒ ∧ .レ1 ! i ∧\ \i \ \ー > ´ ヽ        やらかしましたね。
  (  \ /  / ___)...レ'i iN○\i\j ○ \ \Y ー 〈
  |\  ''  /|    ../l |,,,.     ,,,,,,  rへ \〜 '        成程、じゃあこうなるお。>やる
  |  \_/  |     .彡r'^cjゝ.__ __r‐ァ__r'^>`>へ  \



         ____
       /      \
      / ─    ─ \       二人は、【シールド】を退けたからかすっかり油断しきって歩いていたお。
    /   (●)  (●)  \           そう・・・その後ろから襲いかかってきている影に気づかずに・・・
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/       あっ、これはまずいですわ。>やら
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |        どっどっち狙いですか?>セ
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |       今決めるおカラカラ・・・やらない夫で。

340SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:09:01 ID:MljQMnLI0

     __
   /::::::::::::\
 /   __ノ::::ヽ
 |    (;;;;;;)::::)    これは、マズイだろ・・・
 .|      ::(;;;人)
  |      :::::::::rつ     じゃあ、再開して良いかお?>やる
  .|      :::::::((三)
  ヽ    ::::::::::(::::<     な、なあ格闘家のカンってことで【回避】振れないか?
   ヽ  ::::::::::/∧::::∨
   ∠::::::::::::/⌒ ∧:::ヽ    うーん・・・じゃあ【アイデア】に成功したら良いお。>やる
  (:::::\ /:::::::/;;;;;;;;;;)
  |\::::::::::::/|          分かっただろ。
  |:::::\_/:::::|



   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)     [やらない夫の【アイデア】(45)→77 失敗]
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }       じゃあ、どうあがいても気付けなかったってことで。>やる
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ        こりゃオワタ。
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

341SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:09:53 ID:MljQMnLI0

        ____
       /    \
.    /          \     それじゃあ、攻撃してくる者の技能振るか。因みに不意打ちだから威力アップだお。カラカラ
.  /    ―   ー  \   [???の【???】(???)→14 成功]
  |    (●)  (●)  |   [ダメージロール【???】→9]
.  \    (__人__)  / 
.   ノ    ` ⌒´   \    OK、じゃあ攻撃通るお。
 /´             ヽ



              , '                                |丶
             〆                            .!  |ヽ  | |
           //                               /|  | | ヽ
           ノ /                 i          / .|   ヽ
          /  i                  .|\        / /
          ,i  |i                    \\   _,,,,... ー ニ −
         ,'  |i                 _,,,,...ー−   _ −  / / ̄
         i|   |i                    ̄ ̄ ̄\ |    / /
        i|   .|i                       !   / /
        |    .i、                      / /
        ゝ     i、                    //      やらない夫は夜道を歩いているとイキナリ後ろから切りかかられる。>やる
        .i|      ゝ                    /
         .i|      丶                /         [被ダメージ計算【13-9+6】=10]
         .i|       \
          .i|        丶               .!
          .i|        丶丶、、,,           ./.|   /|       「うがっ!?何だ?」>やら
           i|         \ゞ`  −ニー,_ / /  / ./ /|
            i|、       `\ 、、,  . ̄  / ./  / / / ./
             ゝ       `丶`\ゞ     / /  / / / /      「何だっ?何が起こった?」>セ
               \  ,.   ミ\丶 `    .//   / / / /
                 `;丶\丶  、`丶   /    .∨ / /
                       \ 丶        /ヽ .∨
                           \       ヽ´/ヽ

342SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:10:22 ID:MljQMnLI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     そして、セイバーとやらない夫が振り返るとそこに三人の男が立っていたお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ちっ、三人はキツいだろ。>やら
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       あっでも私良い刀貰ってますよ。>セ
  \ /___ /



     ____
   /      \
  /         \
/           \     あっあれ?セイバーさん刀貰ってましたっけ?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/      はい、あげるって言ったじゃないですか。>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       まぁ一刀流ならいいかな。
  \ /___ /

343SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:11:48 ID:MljQMnLI0

    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´     それで、その男達はどんな様子なんですか?
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ
  / j          ¨   .|   |.:.丶     あっ、それは気になるだろ。>やら
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ    えーっとね・・・【目星】+10で成功したら分かるお。>やる
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ         はい了解です。
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l



   / ̄ ̄\             ,. - - 、
 /   __ノ ヽ             〃´⌒V
 |    ( ●) )         .||      /`ヽ ∧            [やらない夫の【目星】(25+10)=18 成功]
 .|       (__人)          ij __ __  _i   i/  ヽ          [セイバーの【目星】(65+10)=47 成功]
  |         rつ       . ,  ´         \ /     〉
  .|        ((三)   ./           ヽ   /
  ヽ       ( <   , '              ヽ く/´i       よしっ!今度は成功だろ。
   ヽ    /∧ ∨/ /   i、 、 ト、 、ヽーi  V|
   ∠    /⌒ ∧ .レ1 ! i ∧\ \i \ \ー > ´ ヽ      まぁ私は余裕ですね。
  (  \ /  / ___)...レ'i iN○\i\j ○ \ \Y ー 〈
  |\  ''  /|    ../l |,,,.     ,,,,,,  rへ \〜 '
  |  \_/  |     .彡r'^cjゝ.__ __r‐ァ__r'^>`>へ  \

344SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:11:48 ID:MljQMnLI0

    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´     それで、その男達はどんな様子なんですか?
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ
  / j          ¨   .|   |.:.丶     あっ、それは気になるだろ。>やら
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ    えーっとね・・・【目星】+10で成功したら分かるお。>やる
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ         はい了解です。
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l



   / ̄ ̄\             ,. - - 、
 /   __ノ ヽ             〃´⌒V
 |    ( ●) )         .||      /`ヽ ∧            [やらない夫の【目星】(25+10)=18 成功]
 .|       (__人)          ij __ __  _i   i/  ヽ          [セイバーの【目星】(65+10)=47 成功]
  |         rつ       . ,  ´         \ /     〉
  .|        ((三)   ./           ヽ   /
  ヽ       ( <   , '              ヽ く/´i       よしっ!今度は成功だろ。
   ヽ    /∧ ∨/ /   i、 、 ト、 、ヽーi  V|
   ∠    /⌒ ∧ .レ1 ! i ∧\ \i \ \ー > ´ ヽ      まぁ私は余裕ですね。
  (  \ /  / ___)...レ'i iN○\i\j ○ \ \Y ー 〈
  |\  ''  /|    ../l |,,,.     ,,,,,,  rへ \〜 '
  |  \_/  |     .彡r'^cjゝ.__ __r‐ァ__r'^>`>へ  \

345SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:12:53 ID:MljQMnLI0

        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (一) \
   |       (__人__)    |     それでは、二人はその男の目が余りに虚ろでまるで死んでるかのようなかんじだと感じるお。
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く        あ、これは操られてますね。>セ
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/        でも前回はそんな描写なかったぞ。>やら
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}     ルルーシュどう思いますか?>セ
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|     そうだな、この場合単純に前回とは違う催眠方法か
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{                    それとも前回より強い催眠状態かのどちらかだな。
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l          成程。>セ
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `            いや、もう一つあるぞ。>バ
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _         ん?何だバラライカ?
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''

346SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:13:59 ID:MljQMnLI0

        /  /  < /  i   V/l \\l
        /  /  / /  / / l :l     \ゝ
      : /  /  / /〈〉 l/ `∧ ! /^\ l \\ \
      / | ∧ /  l / l l / ,、∨,、  \( ヽ\ \
      i ^ jメ、  l  /.l l ト/ ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
      l  / / / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l 丿 〉     やる夫が忘れていただけという可能性。
      / / / / l  ハ l-レ孑-ト    7┼リ\ ll-、l/l l/
     / / / l l l i L j/              /l ) /
      i / /   \  /ヽ _≡三ミ   _≡三ミ.レイj/         ああ、成程あるな。>ル
     l l i ./ . レ\| ″              V^V
     l  ヾ /  ∧ /Z簠彡7       """  }           だろだろ。
     l l /  / | l∨辷ミ彡彡{   _    /
     l l l  / | ll ヽ マ三彡7   `ー′  イ|              ・・・・・・。>やる
     l l l  ! .l | |l  l l∨辷/_____.. <|i .|
     l l l l l .! li  ||    寸  `ヽ、:_:| .i |
     l l l r<| l  | \    }     | l .ト



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)        まぁ、蹴ってみればわかるだろ。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃       まあそうですね。>セ
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        じゃ、じゃあ再開するお。>やる
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )

347SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:20:38 ID:MljQMnLI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    それでは、襲ってきた奴らのステータスだお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     おっ、どんなもんかな。>やら
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       武道の心得とか持ってたらまずいです。>セ
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.   |(○),   、(○)、.:| +      謎の男
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `トェェェイ '  .::::::| +        DEX08 耐久力10 db±0
   \  `ニニ´  .:::::/     + 
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、         武器 ナイフ 1D4+db
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i         装甲 無し
    |  \/゙(__)\,|  i |         技能 ナイフ45% 回避30%
    >   ヽ. ハ  |   ||

348SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:21:23 ID:MljQMnLI0

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    おいおい、何だよこの素人は。
        !  (__人__)  |      こんなんじゃクリティカル連発でもない限り負けないだろ。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      ですよね。>セ
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ       まぁ、始めるお。>やる
      | |/|     | |



         ____
       /      \
      / ─    ─ \     取り敢えず行動順は 1セイバー、2やらない夫、3男A、4男B、5男C
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     了解だろ。>やら
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      よーし、行きますよ。>セ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

349SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:21:58 ID:MljQMnLI0

        〉|ミ |:  |      ヽ ヾ  ヽ \   \
        〈,,;l ミ j  |   ト 、ハ,.ヽ ヾ i  ト ヘ         じゃあ、Aに峰打ちで。>セ
        ゝヾ 〉 j  i i; ヾj从イjヾ j ;, ヽヽ
       /⌒`ヘ.\\ヘヽ\j{弋gjY ) l j  i j        了解だお。>やる
      <.:.:.://.:.ハ`:\\.j` .j  ∧jノl /  .|/
     //<_/:. (_ヽ:::::\ヽ - / ヘ j   '         [セイバーの【日本刀】(81)=65 成功]
    /.:/  /rヲ ,ー‐‐===_ヽj 、    ソ            [ダメージロール【1D10+2+1D4】=14]
   \_ソ   } . .〉: : : : , ; ; ; ; ,ヽ`≧
        i /: ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ,,,\ノ                 「たくっ、どうしてこう身の程知らずが多いんだっ!」
        } .i. , ; ; ; ; ;- ____; : : :/(  /⌒j_
        | .レ: : :> ´   \ノ 匕 ' ̄t´~)
        l l ; r        ヽ  ):::/´《´                               __
        j .〉-ゝ、     =\_j´ /ィ=、           .,.イ ., =7        /´ > ,.イ
        .いレ^>    <ん=:..j、: ノ´ ,》         ./ .| |//        ´ ̄  /_/
         ヽハ  ヘ_ `ヽ  (r=ヽj/rt~i<´______  //; .| / , =7   ,イ二.7     //
         \ヘ/ `   ヽ>レ´ .|__ソノ´ ̄\   >`´; ; ; ; ; | |//   _/ム_  //    ,イ,イ ,イ
           \`:::.> ヘ  `ヽ   /^/    >: : : : : ; ; ; ; ; ; |_,/    '──‐'  |/     レレ //
            <   /|_、\´ノ:.:.ソ_ ノ´; ; ; ; : : : ; ; ; ; ; : :.                      /'
         <    / .□ ./.ヽ. ヽ: : ´: : ; ; ; ; : : : , ; ; ; ; : : : :.
      <          /  /ゝ ’:´; ; ; ; : : , ; ; ; ; ; : : : : : :.



         ,、 、'7/.〉    ,,,、、、、、、、、、,
    /"ヽ,、/~//.//,/ ,、- ''~;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:
   ,/ ,'''"/ , '' '-' r''~;:;:;:;:;:;;;;;;;r""''''''''''''"
   / / / ,/  ,、'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)"  あ
  (,,/ / r'  /;;r"(;;;;;;;;;;;;;;;;;/   べ
    /,,/   i;;/  ヽ、;;、 '"ノ    し
    >'、   t;i i "i  ::://,,,;ヽ   //
   //7 ,、, i|,,|i t、 ;;ii,リ'" )  ・・          [男Aの【回避】(30)→84 失敗]
  (/// ノリ;;;;t;;;、tii~|Yr''",、`L            [抵抗ロール14対10、30以下で成功・・・53 失敗]
  i/./ / (`'-、ヽ;;;;、、;r彡;;;三''`''レヽ         [被ダメージ計算【10-14÷3=6】]
   /./.irヽヽ'tアミニ彡tレ'(,@,、`'"/
 r" / |, |i/ ヽ~''ー''"'y/)'",⌒''
 |/ /,i |    ', '""リアiiリ".......               「・・・・・・・・・・・ドサッ」
    ̄ V ,,r、   t ''"ノ'Y'ー;::::::''''""
     rヽヽ,)ー、. t'" :::~'ー~,,,,_
     ヽ,ノ  |,/ ,,,i、 /,,,r(y'fi                それでは、セイバーの攻撃は見事に相手を捉え意識を刈り取るお。>やる
  ,,、- ー ― - y''''" t"::::)ッ⌒リ
 '"::''''"""'''''''::::|ii ||ii;;;;;i :::/ ,,ノ                【シールド】と比べたらぬるいですね。>セ
 "       ソ;; |i;;;;;;;;|、''"~,、;;;;;,,,
       :::::/;;;; 从ii;;;},〉'"    ,、'               じゃあ、俺もBにノックアウト攻撃な。>やら
      :::::::〈y|リ  ::::::t,,,,,,,,,,,,,,、 '"<
     '"  t ii   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ※あくまでもイメージです。
 :::: ::::...    リ ;;;;,,, .... ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

350SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:22:24 ID:MljQMnLI0

                     ,'  ///   /, ''
                    , ' // ''   /,, '''
                   ,,'' //    ,,'' ''
                  .,,'' //./ ̄ ̄\              .ヘヘ、
              /   ,,'' /// ヽ、. _ノ \          _,...{ヘヽ)).l
             /   ,',','/   |  (●)(●) |''ー - ┐- ー '''´ l -< rー´
          /  /   ,',','/    |  (__人__) .|   ..|     ,.ヽ、ノ       [やらない夫の【マーシャルアーツ+キック】(70)→50 成功]
         /  /   ,.',','   /,'|   ` ⌒´  .|  _,......|.. - -ー'´           [ダメージ計算【2D6+1D6】=8]
         / /l  ,,' /   /,',',',','|       }  .,´
        ./ /,', ,,''    /,',',',/,' ヽ     ノ .r {                    「避けてみせろよおおお!」
       / //,' ,,'    , '/,'/ ヽ、       , '´. }
      ./ //,' ,''    /,','/     ` ヽ   .,. '´  .                              まあまあだな。>やら
      / //,'',,'     ,/,''         ` ´    /
     ,,/,,,/ /      '/,ヽ   ,,, ''      ; .   /                          /    それでは、Bが回避だお。>やる
    //,,/ /      /,' ヽ,, '''i      ..::  ' ' /                         / /
    //,,/ '       /,'',,,'''''  ヽ   ........: '   /              i        / ///
   /          //''     |     , : '  ノ|              | ,  ,'  , ' / /,,'''  /
   /          /''  ,    |`''ヽ 、_,. -'´  ヽ             l| ; ,/三三/                  /三〉
 ` 、          / ,,,/    /           ヽ - .....,,,,,__      .il|./三三/ ̄                  /三/
           //'      |                 {三三三三三il/ ̄      /三}            /三/
           ./       |                    . ̄ ̄ ̄/三/   |三三三三三三i}     /三/
       ,,''/''         |                       /三/    i|三/ ̄ ̄`ヾ三il!.    /三/
                   /        _,.. - 、.......,,,,,__  ____/三/     レ'      ノ三/.   /三/
                  /       /       ..:..ヾ三三三三il/           /ニ/     /il/
                  /        /i        :::::::::::::::::::''''' /   ,,/'' ' , ,'_ィ≦il>’    ./三〉
                 /        / |          ''''''''''/ ''   ,,''/,, ''      ,, '',, '' ''ヾ三/

351SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:22:52 ID:MljQMnLI0

         \       |      /
           \     |     /    /\___/ヽ
        _    \   |    /    /''''''   '''''':::::::\
.      / _`ヽ、 _  \ | / ,,--、_.  |(○),   、(○)、.:| +    ≡    [謎の男Bの【回避】(30)→24 成功]
    _,r'’_,r'_r`┬‐―‐ ┬ ┐ ーーーーー , ,ノ(、_,,、)ヽ、,, .:::::|     ≡
   i′'´__,,,,..ゝ、!  ,f´ ヽ ̄!\  ヽTf=ヽ`  `-=ニ| hm .:::::::| +
   !  '´,r‐‐‐'''`、 /_,ノ  !: \ | l |  l \  `ニ!、__〉:::/     +  ≡     「・・・・・・・・・。」
 ,イ,!    r'''´>/ ''''''''''''''’\;:: \  | |  | ヽ,,-‐/  |/
 i、ヽ--イll"/ /,//,,    :;;   l //  l く>   ./   .|=:::: ̄\         それじゃあ、そのままBの攻撃だお。>やる
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/  /    |--== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >/    l      .)         カラカラセイバーに攻撃。>やる
      ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  / |     |     / 



      /\___/ヽ
     /ノヽ      ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ        [謎の男Bの【ナイフ】(40)→14 成功]
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、   [ダメージロール【1D4】→4]
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |         「・・・・・・・。」
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄          そういえば。この数値じゃクリティカルしなくちゃダメージ通らないお。>やる
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ         まぁ、でも一応【回避】です。>セ

352SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:23:26 ID:MljQMnLI0

{ー―一ヽ   ./    ____ -ー==ニミヽ         /:::::::/
.`  ̄ / /        _..´ ./       弋ヽ.      /::::彡´     N
.  ./メ 、 ゞ ヾ )} ./   {      小       |::::::イ       |::|             [セイバーの【回避】(80)→69 成功]
. /  \〉  _ ノ '   ...ハ        ハ .,ィ、  〉:::::j        }リ
      爪 .弋彡´ ̄ ̄`ミ弋  |       ∨Yハノ::::ノ_,ィ⌒辷二彡' ,,zxxxxxxxミヽ、
     / ̄`     ` ̄¨¨ ー-N_____,イ イj:::ノ:::〉≧彡'    ,,ィ彡¨´: : : : : : : : : : :弋ー=辷二     「甘いなっ!」
   /イ      ` ー-=ニニ三三三彡' ./ リ彡 く ,ィ´  ,rツ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  .,イ /          ヽ     ニ=< ___j__ ノ j  ァア: : : : -‐‐=ニ ̄ ̄ ̄ニ=ーt: : : : : :      それじゃあ、次はCの攻撃だお。>やる
  { {|:  i {     \ヽ辷三三ニニ===ー─<´ァ彡'.{ー―一ヽ          ./: : : : : : :
 人从 .小∧  ト、 弋ミ辷二≦イ`ヽミ辷ニ=-、  ヽ   `  ̄ / /        _  ./: : : : : : : :      カラカラ、次はやらない夫で。>やる
   `ヽト、| .|:::トミ、 ', ヽ、ミ >イ::{}:)/  〉ー-=ニミヽヽ、 弋 -‐‐../メ 、 ゞ ヾ )}..Z: : : : : : : : :
      | .|::弋fミj ソ ーイ  ー一⌒ / ノノ: : : : ヽミ \ 〉 ./  \〉  _ ノ ' .: : : : : : : : : :      OK,かかって来いだろ。>やら
      | ハ:::::::::::z /         /ニニイ: : : : : : : : : : ソ           /: : : : : : : : : : : :
ァ一≦⌒ |  ー───────────────────────────────‐
.l | /   | <}}::{::}>、________________           ノィミヽ  ===
.| | ム⌒''|  }ニニニ _________________ >  ニニ二二二   {:::} ━━
.ヾと二二| <}}::{::}>′                                  `ヾ彡'  ===
      ヾ| Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l ̄トl ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      /\___/ヽ
     /ノヽ      ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ           [謎の男Cの【ナイフ】(40)→12 成功]
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、      [ダメージロール【1D4】=4]
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |       「・・・・・・・・・・。」
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄        じゃあ、【回避】で。>やら
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

353SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:24:35 ID:MljQMnLI0
、                                        r‐、
 y=-、                      _,.y--...、_        \\
./  /      ,,......、             /      \       \\
' ;; /、     /  ,_ノ           .ハ         \       //
  ./ ヽ、  /  f            .f              |     .//
  \; ' `ー'"   }            |     ヽ、.  _ノ |   ./ |      _      [やらない夫の【回避】(60)→49 成功]
,r---'-、  ';  ` ,/            |   (● )ヾ /●)| .// | !   ∧//
  ___ノ;..、 ',  `ヽ             |           |..レ    l !   /∧〈
 〈、_ "  ヽ';   〉           |    (   人  )    ..l_!  '´ 〉〉       「あたらないぜっ!」
/  _ ``7  ';  /-、_          \_. Y, ̄:::::::: ヲ/            //
{  /⌒-'   ', /))  i     _,. - --、___/ V.、 `.=彳/\=-          レ   ○
.Y、__     ノ"/   {__>'"      ヾヽ、 ヽ>≦': {,_ Y,ーi         .{^ヽ、_i O      それじゃ次は私ですね。>セ
.{  `ー―-'"-´    /-- -、_       ヾ:ヽ,  マ: : : : ' :{_ 'ムヽ_    __r'¨¨``ヽ、 k'   o
.`t、          ./{、_  `ヽ、     マム  }: : : : : : :} .|ム |^Y/`´  `ヾt  `, `     .・  .  はいどうぞ。>やる



          ノ⌒``).(.《  (´ミミ=ノフ´     ゙ `y´⌒`\    ;..:::'
          l´ソ: :ヽゝ \l--j´(..;;,,.....   .,      `ヽ  ヽ
  ノ''゙゙゙゙"` ;,. //: :ソ´     ̄ ;'゙  ,,;´ , ;   /   い. \:::,,.
  ⌒ヽ;;::.. '' /: : : : {       ゙゙;;;;'゙ 、i  .| i  .j  ,  ト、ヾ j≧,.. . ゙ ゙`   . 、          [セイバーの【日本刀】(81)→45 成功]
       /::彡≧ヘ、      ゝヘ   |  .| i  j , | i.ハ j j l   " ゙ ::: ...、`. ゙゙::.....      [ダメージ計算【1D10+2+1D4】→8]
       \:: : : : : :´`: :-= --=;ナ.、、 | ∧|、ハト ト i, /l.).ハノ\,, -:::,,,     "゙ ::::,,, ゙゙゙
        \::::::::::: : ::/~≧>ヲ\r t  ヽj弋=イ‐ヽ|nj レ、  トヾ '''"           "     あっBに峰打ちです。>セ
           > ,//:r: ノ ┤j;;) ヽy  ハ仆゚j    > .ヽ )
            ヽ/ヽ_.| :l. {:.{_.j.」:》,,^::ヽ  ヽ¨゙ , /   ヽノ  ..,,:::''''":.,             はいはい、じゃあBは回避だお。>やる
                |: :ヽ\彡/ヾ`}~ヘ .ヽ=-- ´    丿  :..,,,,;;;..."
                ≧彡ヽ| : : : ヘ´ ヽ\ j                 ..;;,,.....
       .;'゙゙゙';.      .{: : : : | |` ヽ: : : }  j レ _、             ;'゙  ,,;´       「はあああああああ!!」
____ ;..:::'       .|: : : : l.」: : : ヾ..::},_ナ、.j-----ソ、     ,^iノヘ/^.j   ゙゙;;;;'゙                    __
: : : : : : : : `ヽ、       .ヽ_----、: , : ヽi.   〈: : : : : ,,: :ヽ    ノ´ ⌒``ソ         ,.イ ., =7        /´ > ,.イ
: : : : : : : : : : ゞ゙,;、     /: : : : : :): ノ: : : )...   j : : : :; '',,,:i.|-i^ヽj: : : : : : : : ヽ)        | |//        ´ ̄  /_/
: : : : : : ,,,, : : : : : ゚\ノヘ/: : : : : :ノ:ノ--<............. ノ..: : : : ;,,," :ij___ヽ|: : : : : : : : : :ヽ         .| / , =7   ,イ二.7     //
: : : : :ゞ,.::゙ : : : : ゚: : >´ <: : : :: /::::::::::::>--j ヘ: : : : : : : : :ノ--- | : : : : : : : : : : i.j       | |//   _/ム_  //    ,イ,イ ,イ
                                                       |_,/    '──‐'  |/     レレ //

354SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:24:59 ID:MljQMnLI0

                       |   あ
                 __    j   ぷ
             ,,、- '"´   ``゙゙'''{    ぱ
          ,、-''"::::::::.....|ヽ::ノ::/:: ,, )   //
        ,r''..:::::::::::;;;;;xーュ、::}:::::ll| // :`ヽ ・・
         / ..:::::::::ィ'_,イ,,,ィ".l `゙゙'''ヽ|||  ::::ノ'⌒)_,,,,,、-'
、,,      | ::::,、-'t、ゝ- '''""''ー  |;;l|:/ | l| :::゙、 ::::::      [謎の男Bの【回避】(30)→77 失敗]
  ``゙ '''''''' '''''''''"::''ー、      lレ':::リ / リ ',,,l~゙ヽ、ヘ      [抵抗ロール8対10、60以下で成功・・・17 成功]
         ...::::::::ヽ   :::::l||::X/ ノ / 彡Y| |:: ヽ::::      [被ダメージ計算【10-8】=2 自動気絶]
     .......:::::::::::::::::::: }     ゙'゙::/ ナ "  '}} 、',ヽl }
 ::: ::: : :::::::::::::::::    イ,,,,,,,,,_,、 '"ノ,r,r;、-<  l}:}ノ l|
  ::::::::::::::    ,、-''''" ゙'''ー-(::イ llノ/__,゚ ノ ,彡リ ン〈::::       「・・・・・・・・・・ドサッ」
  :::::::::::   ,、 '" : :_゙' 、'''ーz彡ン== '''' ´ 彡ノl|゙''";;;
  :::  、 '"((゙l゙'ー(c ,>'ーミシ彡  S>'''>ー、  〉;;;;;;ミ
   ,、ィ"::: ',Yt  `゙゙´''"::( (,,,,ノ'''彡彡シ~゙'、;;;ヽ从;;;;ミ        それでは、Bは峰打ちが綺麗に決まりこれまた意識不明に陥るお。>やる
  '" :',O  ',tヽ、,,,__二r''r≦彡天彡"~゙i::r''〉、;;;ヽ;;;;;;ミ
   ::::::::ヽ::::.. '、ヽ、入ミ,,,ヽヾ゙'i":::::::::}  ::リ::{=| ヽ;;;;ヽ、ミ        おっしゃ次こそ当ててやるだろ。>やら
   彡 〉、:::::..ヽ、l| 从从ヽ',::{⌒'''''l :::/::('-j  ヽ;;;;;;ヽ
     /;;;;ヽ○::: l|il|lリリj||;;;゙llミ'、   イ_r,,ノ  从;v、;;;;         Cにノックアウト攻撃で良いかお?>やる
    /,,、-ヘ;;〉、::::::〉从,,゙ リ;;;{.'、::'、__,,,ノ''",,、 シ ミ;;;;;;;;;;
       ノ;;;/`゙''l|リリ 从|;;;;t ゙'",,、-''"''" 从从ミ;;;;;;;          ああ、その通りだ。>やら
      /:::/   ゙' 、从从|;;;`゙゙"´,;l|从从゙'ー、从从ミ



                 ,..  ―― 、
               /         \
             ,イ |          |
            /   | ⌒ヽ   ,,/ |   \      [やらない夫の【マーシャルアーツ+キック】(70)→39 成功]
         /.:     | (●) (● )|    \     [ダメージ計算【2D6+1D6】=10]
      __ /    /  |  (__人__)  l      \
    /         |   ヽ  `ー-r'  /          |
    /          l   \_  _/ ̄ ̄ヽ、     ノ      「さぁ、これもかわせるかああああ!」
   {          /^ ̄\ヾ-(_ i_/ __  {  / <
   }      `、 /  ヽ \7   >ヘ_/__   |_/ r'
    >      /  \  \∧ /ヽ_Y´    |    |       うーん、安定してるだろ。>やら
  ヽ: : : : :/  、  l\/ノ}:::{: : : i_     |: : :|
  /: : :./\/   Yー' / /:::::l: : : : : : 〉   「\ |       まだ、分からんお。>やる
. /:..:..:/l/   __ノ  ̄´.. /::::::::|..:..:..: ,-{\   | l i>
./.:.:./:.:ヽ_/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l::::::::: |:.:.:.:.:.l | 〈\」∧

355SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:26:28 ID:MljQMnLI0
                            _,,, -‐''''"" ̄´゛  ̄ ̄゛  ̄ ̄'''ー、、
                      _,, -''''"゛___、              \
                  _.. ー'',゙.. -‐'''‘.゛      `''-、            l.
               _..-'彡-'''"゛              ヽ            l../三三/                  /三〉
         ,..-'" .'"゛                      ,!             ./三三/ ̄                  /三/
                                 /    {三三三三三il/ ̄      /三}            /三/
                                /     . ̄ ̄ ̄/三/   |三三三三三三i}     /三/
                                  /             /三/    i|三/ ̄ ̄`ヾ三il!.    /三/
                                  /    ____/三/     レ'      ノ三/.   /三/
                             /    ..ヾ三三三三il/           /ニ/     /il/
                           /                  /       _ィ≦il>’    ./三〉
                         /                   /                ヾ三/
                       /                 /
                         /                 /
                    ./                   /     それではやらない夫のおよそ一般人では出せないような蹴りが・・・>やる
                      /                   /
                 // . ,                /
                   /  ,/               ./
                    ,/ ,/       /  //
               / ,/ /  ./ ///
                   / ,////

356SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:26:46 ID:MljQMnLI0

             ,,、-ー''",、-'i::::::::::      ー 、
.    r'フ,,,,,、-'ツ/~i/~'i:::::r''",、-'"i,,、-'|::::::_r――''~'
   ,ノ ,,,、、  / 'ー"'ー"::::r''" ,、-'" ,、-":::::ヽ
  / /  / /)ノ""i从iii|、-'" ,、-':::::/~|___|  た
 r"ノ  //,、-'"iiiij;;;、iii'",、-'":;;,r-''" ,-、/            [謎の男Cの【回避】(30)→59 失敗]
  ̄  ///    :r、、,rイ彡ノ"::::'''"// |.´    わ         [抵抗ロール10対10、50以下で成功・・・98 ファンブル]
  ノ/ ~/    ::ソi  `ヽ彡::ノ::::ノノ::~/               [被ダメージ計算【10-10÷3】=7]
. /ノ,,r"::    ::::t t e };;r''":ノ"::::''ヽ,     ば
i::::::::r"::::::::::    ヽ~''ー'";;;;;;彡::::((::;、,ゝ.    //
ヽ::/ ;;;;、 --ーー 、、、,, ~~",、)::;;;;;;;;;;;;''":::ノー、__  ・・
. r〉 リ"" ::::::::::::::....:::,、-''";;;;、-'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;r'"ノ/⌒)"        「・・・・・・・ドサッ」
// r从  """",、-'" ,, ::::(;;;;;;;;;;;;;;;ノ~,、r''~,,ヽ;;;彡 u' ノ
/(|ii|;tii、it,,,、、, (''"~~"( ,,、-ーヽ;;"''''-、' 、ヽ ,ノ"彡 /|
ミ(((iミ、ー-、ミミ`≧'ー--:::、;;;;<t::   ~'ー~'"、、、-'"ノ         それでは、その蹴りは見事相手を捉え
:i 、,、-'"::;;;;;;;;;;;;、-ー'''""'i- 、ヽiiii、t、   ..........iリr'r"ヽ,             相手は当たり所が悪かったのか深い気絶へと追いやられるお。>やる
::t ヽ;r'~、 r j,,,,,、-'ー'`'ー、i_t t从tヽミミニ;;;;;r'ノノ   ヽ
::::t'、 `tー-、シノ;;;;::::::::::::::;;;:::、;::t 、i''~'ーー'''r( t''"t ;;;;;           よし、戦闘終了だな。>やら
: :::tiii、 ヽ;;;;;;;;;r~~ ''''ー"、:::  ヽ' 、ヽ、::::::::tt  t t ::::
  tiii、  ヽ(::::::::::::::  `   ヽ~' 、;;、::::::ti ,): i ..:::           弱かったですね。>セ
  :t ii|    ~' 、;:::::::       ヽf、,,ヽ i|イ::::: |::: ::::

357SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:27:23 ID:MljQMnLI0

       ____
    //   \\     それでは、戦闘が終わった直ぐだけど【目星】を振ってくれお。
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \     了解です。>セ
 |     'ー三-'     |
 \              /



   / ̄ ̄\             ,. - - 、
 /   __ノ ヽ             〃´⌒V
 |    ( ●) )         .||      /`ヽ ∧            [やらない夫の【目星】(25)=88 失敗]
 .|       (__人)          ij __ __  _i   i/  ヽ          [セイバーの【目星】(65)=14 成功]
  |         rつ       . ,  ´         \ /     〉
  .|        ((三)   ./           ヽ   /
  ヽ       ( <   , '              ヽ く/´i       あーまぁしょうがないな。
   ヽ    /∧ ∨/ /   i、 、 ト、 、ヽーi  V|
   ∠    /⌒ ∧ .レ1 ! i ∧\ \i \ \ー > ´ ヽ      私は成功ですけどね。
  (  \ /  / ___)...レ'i iN○\i\j ○ \ \Y ー 〈
  |\  ''  /|    ../l |,,,.     ,,,,,,  rへ \〜 '
  |  \_/  |     .彡r'^cjゝ.__ __r‐ァ__r'^>`>へ  \

358SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:27:55 ID:MljQMnLI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \           それではセイバーとやらない夫はこの男たちが
|       (__人__)    |                 割とどこにでもいる普通のサラリーマン風の人だという印象を受けるお。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ           ふむふむそれで?>セ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/               さらにセイバーはひとりの男のポケットからある紙が出てることに気づくお。
    \       \
     \    \  \               なんでしょうか。>セ
       >     >   > 
       /    /  /



i弌弌弌弌弌弌弌弌弌弌 i
|               |
|  もう           |
|    関わるな      |
|     これ以上     |       とまあこんな感じで書き殴られたような文字が書いてあるお。>やる
|    邪魔するのなら  |
|     容赦はしない  |       成程、警告ですかね。>セ
|               |
|               |       まぁそろそろ相手も俺らに気づく頃だろうからな。>やら
|               |
|               |
|___________|

359SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:28:23 ID:MljQMnLI0

       ____
     /⌒三 ⌒\     それでは、二人がそれを読み終わるのと同時に男Bがうめき声をあげるお。
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     んなんだ?>やら
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /     ここから再開だお。



               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |    「いったいどういう事なんだこのメッセージは・・・」
            .(`⌒ ´     |
             {         |       「相手も私達に気付いたんだろうな。」>セ
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._     「成程な。」
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |     「うううううううううう」>B
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

360SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:28:53 ID:MljQMnLI0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//    「な、何の声だっ!」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      セイバーが見渡すと男Bが起き上がり呻いているお。>やる
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|      「ど、どうしたっ!?」>やら
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        「うううううううぼあああああああ」>B
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !



     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \    その呻き声の最中男Bの体のありとあらゆる箇所から血が吹き出てその男は絶命するお。
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i     はあっ!?>やら
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /     えっ!?>セ
   \ ` ‐'    __/
    /         \

361SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:29:29 ID:MljQMnLI0

"../〃  l;;  ;;## ; ノ;;|  = ゝ    ::;_-ー~ー ̄/~
 |;;;l:   l:;;;‐-.__ ノ;;;/        /;;;_-‐‐~ ̄            「う、ご・・・ぼえ・・・・ドサツ」
 |;;;;l :   ヽ_""_/;      ヽ /〃==-_ーー ̄ ̄
 l;:"        ̄""        "|;;;: "  "   "       そして血を出し尽くした男はまるでミイラのようになっていたお。>やる
  l;: :       ノ |。ゞ,   、 ,,   | ;  " "  "   "
" "|;;;      ;::;~`:;  ''   l__-‐"~ " "    "         ということは・・・>やら
   ヽ;;;:      r,,   ’i '~      " "   "  " "
     ~"ー―ー"~ ~~ー''
  "   "   ""    " "



          ___
        /     \          そうだお、S A N チ ェ ッ ク ど ー ぞ !
        /  _ノ  ヽ、_ \
      /  /⌒)   ‐=・=- \              やっぱりですかっ!>セ
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'

362SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:29:54 ID:MljQMnLI0

   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \     [やらない夫の【正気度ロール】(84)→21 成功]
 |;;;;;;;   ( ○)(○)   [正気度減少ロール【1D3】=2 現在正気度82]
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ      え、成功しても1D3減るのかよ。
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }       まぁ至近距離で見たってことで。>やる
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)       [セイバーの【正気度ロール】(59)→75 失敗]
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ      [正気度減少ロール【1D6】=3 現在正気度56]
  i  \ レ i ノ彡イ仆'\i   j 7.|〈
  |  /j弋=y´  ぅ大タ 》 j    |シ.|)´       あ、危なかった・・・・
  人,| 乂ノ ゙   乂_イ_, u|   |,)ソ
  / j             .|   |.:.丶       それではそれを見ても二人はそれほど取り乱さなかったってことで。>やる
 j  ( f~ヽ、 r―ァ  u |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ       それじゃあ、再開だお。>やる
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

363SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:30:28 ID:MljQMnLI0

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)    「お、おいどうなってんだ!?」
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__     「知るかっ!」>セ
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |     「どどどどうするんだコイツ!」
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧



                                   __
                          _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
                        ,.:.´:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヾ:.:/`:.、      )
                       ,:´:.:,:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:`:.,
                      ,':.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:;i:.:.:.:.li:.';.:.:.;.:.:.'.,
                     ,':.:.:.:,!:.:.!i:.:.:.:.:.:,','!:.:.:.:.|!:.:',:.:.i:.:',:.',
                     !:.:.l:.i:.:.il:.:.:.:.///|:.:.:./ l:.:i!:.:.!i:.:.i.:!    「知らん、ほっておけ
                     l.:.:!:.l:.:.|レ'/i/i/:|//  |:.l!:./!:.:liノ       とにかく私たちは一刻も早くここから去るぞ!」
                        'i;:i;;|:.:.>≧trミイ'i/  i/メノソノ
                        (`|:.:ヾ辻.j ヽ    イj夕゙ソ:.:|       「お、おう。」>やら
                        ゞ|:.:.i|´ ̄      弋ゾ/:.:.i!
                       /∧|!:.i|      '   /l|:.:.i:!       と言う訳でダッシュで駅に向かいます。>セ
                     //:.::.i:|!:l|\  ´ ̄  / |!.:i:!
                      /∨.:ノ',|!:|!ー 、` - :iヽ、 l!.:!i         それじゃあそれからは何事もなく帰路につけるお。>やる
               ,,、、,,..__,、-ー"i;;;;;',;|!',:::::::::>v′::iヘ.|!/_
               ;';;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l;;;;;;;';:!::',::::::/i;:;:;:ヘ;:::!;:;:;i /;!`"゙l:i;;;ヘ
               ;';;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;'.,:::::∨::`i;:;:;:i∨!;;;;;;;;i,;;;;;;;!i;;;;;;',
              ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;i,;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;'.,:::::::::::::!:;:;:;:l;::::l;;;;;;;;l,;;;;;;i:!;;;;;;i
               i;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;l,;;;;;;i__;;;;;;;;;;;';,:::::::::!;:;:;:;:;i;::::l;;;;;;;;l;;;;;;i:!;;;;;;l

364SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:30:59 ID:MljQMnLI0

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \     それでは、午後9時二人はそれぞれの自宅へと帰るお。
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/       じゃあ、俺はもう風呂入って飯食って寝るだろ。>やら
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)     私もそうしましょうか。>セ
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |        了解だお。
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l        おいおい、またえらい健康的な893だな。
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ    今日一日で色々有りすぎて疲れてるんですよ。>セ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }      まぁ、何人と殺し合いしたんだかって感じだしな。>ル
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |           私なら発狂できるな。
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l          
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

365SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:31:26 ID:MljQMnLI0

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \       それじゃあ、バラライカとルルーシュはどうするお?
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|     私も寝るとしようか。>バ
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|     ルルーシュはどうするお?>やる
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      そうだな、俺も寝るとしようか。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州      じゃあ、なんやかんやで次の日だお。>やる
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ      あっ、待てその前に作戦タイムを所望するぞ。
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、      OKだお。>やる
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

366SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:34:07 ID:MljQMnLI0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\       それじゃあ、やる夫は音楽聴いてるから終わったら呼んでくれお。
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i      了解だ。>ル
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐       まぁ精々考えてくれお。
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿      [※実際はTRPGしてる最中を全て録画してあるのでこの様なリプレイが出来ていると
     ヽ、___   ヽ ヽ                                    今更ですがここで補足しておきます。by>>1
     と_____ノ_ノ

           ●

           ●

           ●

367SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:34:52 ID:MljQMnLI0

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、     さてそれでは、第二回の作戦会議と行こうか。
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l      ええ、いよいよ話も佳境ですしね。>セ
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `       ああ、そうだな。
       レレヘヽ ヽ- 、__   ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`          じゃあ、前回同様情報の整理から行くか。
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\
       ,. -―‐''´::::||:::::|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
     /l::::::::::::::::::::::::||:::::|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` : 、



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      それでは前回同様ルルーシュ纏めてくれだろ。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃     また俺かよ。>ル
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉       頑張れよ教師志望だろ。
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \       ・・・わかったよ。>ル
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

368SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:35:56 ID:MljQMnLI0

                 , ...'.:´  ̄`:丶、
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!
             ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!      それじゃあ、纏めるとしようか。
             .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {
               /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ      [食屍鬼]については前回と同じだから省略しようか。
           /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、
           ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`     [木曜会]は・・・1、正式には【白蛇の家】という新興宗教団体である。
            / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{                 2、教祖は【いきがみさま】と呼ばれる女性である。
              リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ                3、【木曜会】というのは毎週木曜に行われるからそう呼ばれらしい。
               {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ                 4、開かれてるのは【白蛇ビル】という【新宿駅】近くにあるビルだそうだ。
         ,  -  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}
       /´ ̄`ヽ: : `丶: ヘ}{∩!!: : : {{:{             [シールド]は・・・1、【苑利子プッチ】という男によって作られた。
      !: : : : : : : : '. : : : : :.`Y´: {!: : : {!ハ、                     2、その創設に反対した者も居たが何故か直ぐに意見を翻したそうだ。
      !:/: : : : : : : :.ヽ、: ! `{j´: : {!: : : iハ}`丶.、                    木曜会が関わっているという話もある。
      i{: : : : : : : :.:.:.:.:.}: :}:. ___,{!: : :ヽ`ヽ: : : :.`丶、              3、何故か桂小太郎の命を狙っていたが二人の化物によって阻止された。
       ': : : : : _.: :.:.:.:.:.i.: :!:.:}} ̄ ̄`: : : :.ヽミ 、: : : : : :ハ
       i!i: : :( `ヽ、__ヽノ:.: |i:0: : : : : : : : : :oヽ}: : : :}:.:!    [ヴードゥー教]は・・・1、日本古来よりの蛇神を崇拝している。
        }!: : : :` ーォ、 , ´ ̄-ミ、、: : : : : : : : : :!!: :i:.:i:.:|                2、教祖は【ネイキッド・スネーク】という外国人の男である。
        ハ: : : : :〃!Y       : ヽ : : : : : : : .!!:.:|:ノ:.:!                3、【キルオ】の言っていた第三勢力の可能性?
          {:.ヽ: : : {{/ ハ       . : }: :,rェァ: : : :||:.:|!:.:.i!
        ``ヽ: :.ノ 〉 ヽ、  . . . : ノ: / /: : : : : ||:.:!:.:.〈
              Y _∧ヽ¨ヽ`==彡- ' 二ヽ: : : : ||: !:.:: j!           まぁこんなところだろうな。
           {´ ソ ヽ} .┴==、'T:´: : : : : : : : :.!!:.!:.:.:i!
            ` ヽ   ̄`¨¨¨¨ i!: : : : : : : : : : i|:..!:.:.:i!
              '.`ー'´: : : : : : i!: : : : : : : : : : i!: !:.:.:.i!

369SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:36:53 ID:MljQMnLI0

         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i       成程な、結構な量の情報が出てきてるな。
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /      しかし、少しおかしいな・・・>ル
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ      ん?どういう事だ?
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i      
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



                 _ . -…: : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              //: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: :/ : : : : : : : : : : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : ::i: : i
           /: :,′:: : : /:: : : : : : : /.: : : : : : : :i: : : : :!: : i!: : l    よく考えてみろ、【白蛇の会】には確実に蛇人間が居るよな?
         /{: ,': : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : :i!: : : : |: : i!: ハ
           |!;: : : : : ///f/:/:/ :/ :∧: : : : : : i|: : : :ト|: : :}: : ::l
           |l |: : : : {{,、_::{/:/: ://  \ : : ::;′: :j!リ: : :|: ;ヘ}    ああ、名前的に考えても確実だろうな。>バ
           {: j: : : :;{杙ハ|/// ム斗=≠≧/: : : /ヽ: : : :|/
           ノ: : : :∧`¨゙|/  ´ ‐弋ーツノ/ : : / ノ: : : :ト、      だったらチンピラを率いてあの女の子を攫おうとしていたのは
            ∠_: :乂: :八  ノ    `¨ ̄´/ : : //: : : : }i|                          本当に【白蛇の会】だったのか?
             イ ,-\ヽ       /:_:/  j!: : : : 八_,
              /三三\丶._     /   ノト、:У       ん?それはどういうことだ?>バ
             ハ /三三三ニ\__. イ. :    ム」ヾ
           //iニニニニ∧ニニ三|\─===ニニ∧
         /r二|ニニニ/∧∨ニ/,|ニ}.}二二二ニニ∧
        /ニニニニニ=//0∧∨//二}.} ,r=〈〉=.、二二∧
       /ニニニニニニ//ニニ∧/ニ//((⌒鄴⌒))二ニニ∧

370SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:38:29 ID:MljQMnLI0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!    だってそうだろ?
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|    政府まで操れる奴らなんだそんな奴らが何故あんな方法を取る?
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|    もっと効率的な方法とかあるだろ。生贄なら囚人使うとか。
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./       確かにその通りだろ。>やら
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/        だろ?明らかにおかしいだろ。
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ



    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ      ということはアレですか、蛇人間が二つに分かれてる可能性があるんですか。
  i  \ レ i ノ彡イ仆'\i   j 7.|〈
  |  /j弋=y´  ぅ大タ 》 j    |シ.|)´      それが一番可能性が高いな。>ル
  人,| 乂ノ ゙   乂_イ_, u|   |,)ソ
  / j             .|   |.:.丶      種族間の内戦ですか・・・
 j  ( f~ヽ、 r―ァ  u |  ,  i::i:ソ
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `           極端だがその通りだな。>ル
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

371SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:38:57 ID:MljQMnLI0
       . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |   おいおい、それじゃあ俺らは内部のゴタゴタに巻き込まれただけかよ。
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |   そんなかんじだな。>バ
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /     冗談じゃねえぞおい。
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|   いや、逆に考えれば両方をぶつけるという選択肢ができる。
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      出来ればな。>やら
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州      まぁ、そうだがな。
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ      私からもひとついいか?>バ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、      ん?
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

372SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:39:52 ID:MljQMnLI0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/     私をつけてきた奴は何だろうな?
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ        ああ、それもあったな。>ル
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!            まぁ十中八九教団側だろう。
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l             まぁな。>ル
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    まぁ俺の場合はあの使用人だった訳だが。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     それから先ほどの紙切れも気になりますね。>セ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      あの警告か。
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

373SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:40:55 ID:MljQMnLI0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    ああ、つけられてるとか言うやつか。
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|    そうですよ、ピンポイントで来ましたしね。>セ
                   |, .:.:| .:.l./――|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l ≡≡ {:/  ≡≡V.:.:∧ ヽ    おいおい、やべえなこれ。
               |l.:.`ヽ.:.',      {.    7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、. U   ′  , ′:/
                 从/ト'、 >    ィ  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{



               / ̄ ̄ ¨ヽ_  …- <ヽ___
              /     . ゚  }       \}__
                     /           _   ヽ}_
                _ / ,      ヽ: ,   ヽ{  :ハ_〉   ___
             /.//      } :{八   ハ  't  .〈∧〉
            / // ::,   , /ハ:|\ヽ,  ヽ}  7ヽ _|:::|
           /  .〃 , ノ   /:}/  }}  ヽ}\.xハ /{i }}i|:::|    少しいいですか?
             /  .,' ://  , /_/  /j:: _,x≦=.ァ}/: |i ;.i|:::|
            / / ノ . イjⅩxォ≧ミ     乏iリ リ ::i|iX |:::|    なにか思いついたのか?>ル
             ム{-=ァ  八: ハ弋沙'       _.j jリ:7 }::::{
               /  ∧ニ}:{:A    、   / / /Y゚{ ノ \_     いえですね。つけてたのではなくて
                /ィ {=ニミー 个:..  ー ´ / / / /r _ /\ハ       【シールド】を見張っていて近くにいたのではないのかなと思ってですね。
.      ー―‐―/ :}| :{三ヽー―' .゚:>..._/ ノ.人' }  -‐¨Y/
        ー―'¨  ,八x< ̄ー==ニ/    >厶}/  }=/   二}へ,__   __    そういう考え方もあるか。>ル
               ノ\{_     }_ ィ≦ヨ}ニ}三≧/}  /:∧{:.〃イ ̄
            _, /    | :/  ヽ三≧川コ/ / j  /::ム…く
             }ノヽ ,  _ :レ__  =-‐¨¨ /   { _ ィー<     ハ    __
              ノー-             { 。 。」:/    ゝ   。 }__ ∠二
           .;                 !  _,У    八 ゚ //   ̄`

374SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:41:23 ID:MljQMnLI0

         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |     そういえば書きなぐった文字や一般人ぽい奴らなど
.      |  (__人__) .|                    イキナリ感も結構あったしな。
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }        謎は深まりますね・・・>セ
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、         それで今後はどう動くんだ?>バ
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l        さあなー。>やら
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ     と言う事だぞ、どうするんだルルーシュ。
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }      俺かよっ!?>ル
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |           一応お前が作戦指揮官ポジじゃん。
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l

375SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:42:06 ID:MljQMnLI0

              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ    ったくしょうがない、取り敢えず速攻合流し情報の交換した後
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|        キルオに連絡とったあとそのまま【ヴードゥー教】にお邪魔しますするぞ。
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `       はぁっ!?本気か?>やら
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `          ああ、そろそろ仕掛けようと思っていたしな。
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|              成程な。>バ
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |



            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l     私も大いに賛成だそろそろこっちから仕掛けたいと思ってたところだ。
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l      相変わらず考え方が物騒だな。>ル
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |       そんな事はないさ。セイバーも言ってたしな。
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、       マジか!?>ル
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i       もちろんです。>セ
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ

376SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:43:19 ID:MljQMnLI0

        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |    うちの女性陣強過ぎやしませんかねえ・・・
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |     何を今更。>ル
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /      デスヨネー。
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|



        , ‐=   ̄^f⌒x- 、
      /           >y_
  /⌒`ゝ         \ヽ ヽ)
 ノ  ./             :\ ハ〉
   //    i   j  ト    い 彡|`) ?
   .)´     ハ   j  ハ  ,   i _ |〈
   i    i / 、  ノキヲ ∨j   | jノ       それで、具体的にはどのようにして突入するんですか?
   |    ハフ二'、ノ 彡毛~》|  :|`iイ:.\
   |人  升弋゙t ´ l   乂uシj  :レ /:.〉、:)      それは、RPしながら話し合うとしようか。>ル
      ゝ 乂u'       j   i /.:.l:ヘ_/
    /  |〃        ノ  人l.:.:/|:.:.:ヽ       はぁ、じゃあやる夫を呼びますね。
   .l イ  .> ......  ヽ.....::´(,/_   ̄ .{.:.:.:.」
    ソ \/ ,  へ_ノ゙ ̄ゝ´  ヽ            頼む。>ル
       /  ,\ハノ /    |
       j  ;, {彡ミ:」 ヽ     〉
       }  ゝ /:l|.:.:ゝ/   ソ^
       i  ト ⌒´/  ./ i

377SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:44:04 ID:MljQMnLI0

           .
          _>-――-、_
       __〃 / ̄ ̄ ̄\ミ:\〜♪〜♪
      / //─    ─  / / / ト、
      |/ (●)  (●) |:.!{ !∪〉}     おーいやる夫ー。>セ
      |    (__人__)  ∧丶=ノ /
      \   ⊂ ヽ∩  个==く      おっ!?
        |  |  '、_ \ /  )
        |  |__\  “  /
        \ ___\_/



                    _,,,,,,__,r‐、 __
          __,,,,,,,__    _,,r‐'´ ̄ ̄ ,r''´ー、ヽ__
      _,,r=ニ二..---..二r'´       ヽ、  ト、__,!_
     '´       ,r'´ ̄`         ヽ  ! >、 `、
            /        ヽ ヽ   `、 l'ヽ >、_!
             /  /    i、  i、、ヽ ヽ `、 `、! ヽヽ >
          /  !  i   ! ヽ lヽヽヾ ̄、''‐ト、 l ヽト、! ,r'''7      一応、一通り話が終わりました。
           ! i  l i ! ,ir‐ `、 ! ` ヽヽ,,,,_ヽl ヽ!  ! /,r''′
            !/!  ! ! .l/ lヽ__ `  '´io l ,ト、! ! /`<,r'ー-、,,,,,,,__      じゃあ、もう始めても良いかお?>やる
            l! ヽ ト、ヽト、lfioヽ`     _!___!, ヽl l/l  l,r'''' ̄`ヽ、 ̄ >
             ヽ ! ヽ ヽ`!__,!      / / ,ト、 l''''! l、     `ー'´     はい、大丈夫です。
             ` _,rヽ ヽ    '  ,   /l/ l lヽ! l ヽ、
            ,r<、 l l`ー` - ,_  ̄   / ,!ヽ_!l,r'‐‐'-、 _>
            f> l ! !/ >ヽ `、 ̄,!T ´  /  ! /     ヽ            よし、じゃあ再開するお。>やる
             !ヽ_!_/ l   `、 >'_,/__,,/  //        l
           l´ヽ  ! /_,r‐'''´ヽ!''7’ >、 / !        !
           ,!  `ー‐' `! /,r'´,r'7l`ト、 `、V l        l
          ,rl、      /! `''´ / l l ヽ ! l          !

378SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:44:31 ID:MljQMnLI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      それでは、2012年2月12日の朝8時 朝の鍛錬等を一通り終わらせたセイバーから始まるお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃      あっ、了解です。>セ
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /        調べてみたら日曜だぞこの日。>ル
  \ /      /\/
    \       \            良いんじゃないですか、何か良い上司っぽくて。>セ
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /



                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|      じゃあ、どうするお?>やる
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//      そうですね、おもむろにテレビでも付けますかね。>セ
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |        はいはい。>やる
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||   ` ー / |   i|       「うーん、ちょっとテレビでも見るか・・・」
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        それでは、
                 __ . イ//∧  <⌒ヽ、..!_ノ⌒>、、             特に何事もなく時間は過ぎていくお。>やる
                / ̄`ヽ////////ハ、丿::::::丿::::}:::く//{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/`ー介\ノ//,   i        まぁ、別に何も期待してませんよ。>セ
               l       }'///////∧    i i. ∨//, |
                 l      j'////////∧.     i i  ∨'/,  !
             l      ハ/////////∧   i i.  i///, j

379SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:44:52 ID:MljQMnLI0

        ____
     /     \     で、ここから何するんだお?
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \    えーっとルルーシュから連絡が来るはずなんで待ちますよ。>セ
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|   OKじゃあルルーシュに視線を移すお。
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |



                __ __
             , ':.:.:..:.:.:.:.:.:.:.`¨:.':.‐ - 、
           ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ . :. .ヽ         で、お前は何時から起きてるんだお?>やる
         ./ :.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.!:..:. :. }:.:.',ヽ.:.',
        /. :  .:.!:.:.:.:.:.:.i:.:.:/:././ :./,':..:.: .,'|:.|:.ヽヽヽ       普段では絶対有り得ないがいい策が浮かんだと言う事で8時起床で。>ル
        l:. :!:.: .:.|:.:.: :.:.:.|:./:/./ :.///:.:. /:.|:.lヽ.:ヽヽヽ
        ',:.:.|:.:.:.:.| :. .:.: .l/./:/ :.///7:.:/:./|/__l:.',:.|l|:.{       OKだお。>やる
         }.:.l:.:.:.:.l: .: .:.:.l/:.//∠__//./:./ャテミ.:.:l.:.|||`、__
         l.:.|:.:.:.l`l:.l:.: .|:.|/7=rzェミ/://k斗ィ:.{|:.l |        「ふむ、たまには早く起きてみるのも悪くないかもな。」
         |l:.ハ.:.ヽヽ',:.:.ヽヽヒエ才‐ヽ  ',  l:.:.||.|
         |l:{ }:.:.|.ヽ_:.ト.:.ヽヽ      . > ノ.:.l l|          と言う訳でニュースを見ながら携帯で全員にメールを送る。>ル
        / |l ヽ.||:ヽ:.|ヽ:.:.ヽ\  、 ..-‐'/ヽ:.| `
          ヽ }|:.:.:.',ヽ`ヽ:.', 、   '¨, 'ヽ.{ ヽ           ほう、どんな内容だお?>やる
           ´ l:.|:ノヾ、___.ヽ  >‐-':.|  ヽ
            /|:lリ〈〉‐‐‐|.ニニニ彳ヽ{
             リ,^}{,-、: :| |: : : :||}                     /ヽ __
           / 《〈〉{{^: :| |: : : :||`‐ 、               、=='====`=
         / ((_)Yr'´: : | |: : : :|| j乢 `r ^ ‐‐- 、_         ヽ         /
    _ , -‐ ´ : : : : : (ノ`=´: :} }--‐‐} } 丱: : : : : : : : :  ̄l¨}       ',        ,'ヘ
 _ - ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : | |: : : : : : : : : : : : : |: :l        ヽ、____ノ 〈
r' : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : ,': /        ヽ`ヽ── '´イ
|: : : : ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : : | |: : : : : : : : : : : :l: :|        rF\(  ̄¨ /
',: : : : : ヽ : : : : : : : : : ._ , ----' 」 : : : : : ヽニニニニニヲ: : :|:/        /\\\_ イ、
.∨ : : : : ヽ: : : : : : : F-‐_' ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : (_) | |: : .l: .\      /: : : :\\ ̄ ̄/

380SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:45:12 ID:MljQMnLI0

 /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:
/ /  ̄匚_'_]  ̄ヽ.ヽ
| |===============| |
| | 宛名:         | |
| | 件名:         | |
| |- - - - - - - - --| |
| |本日午前10時に  |
| | 俺の診療所に  | |
| |  来てくれ。    | |
| |話したいことがある|
| |            | |
| |            | |:.
| |===============| 「
| ー──────‐ ' |



     ____
   /      \
  /  ─    ─\    えーっと、これを全員に一斉送信でいいのかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    大丈夫だ。>ル
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     OK、それからどうするお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

381SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:45:30 ID:MljQMnLI0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|    もう特に無いな。来るまで待つとするよ。
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      OK,次はやらない夫だお。>やる
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州      OKだろ。>やら
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    それでは、同日の何時に起きてることにするかお?
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     えーっと、9時でいい。>やら
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      了解、じゃあ起きてから30分で朝食等を済ました
   /    / r─--⊃、  |           やらない夫は携帯にメールが来てることに気づくお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

382SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:45:54 ID:MljQMnLI0

              / ̄ ̄\
           /   ⌒ ´ ⌒
.          |    ( ●) (●)
           |     (___人__)
           .|        ノ     「おっ?ルルーシュの奴からメールが来てるだろ。」
            j        |
         _..ノヽ、     , ノ       それじゃあ、内容を確認してどうするお?>やる
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧ーー"7
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-、                  「ふむ、それじゃあ行く準備でもしますかね。」
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ,.===、
::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v:: l         ,|     |
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::: l      /_|     |     と言う訳で。>やら
 ゙)::::::::::./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::: |    _/>" ̄)    |
::: ゙ヽ<`'、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::ヽ_,/l゙l   イ| ̄    |     了解、それじゃあ次はバラライカで。>やる
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::'''″::::::'v  丿 |.,____,.|
::::::::::::  `'、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔::::::::::::::::::::::ゝ、ー<



     ____
   /      \
  /  ─    ─\     それでは、バラライカは何時おきだお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    日曜なんで非番ということにして、9時半には一通り済んでるってことで。>バ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      OK、じゃあバラライカもやらない夫と同様にメールが来てるのに気づくお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

383SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:46:49 ID:MljQMnLI0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/      「あっ、あのルルーシュさんからメールが来てますね。」
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ       確認して行く準備をする。>バ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!             了解だお。>やる
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l         「じゃあ、行く準備をしますか。」
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/



       ____
    //   \\    それでは、時は進み10時場所はルルーシュの診療所だお。
   /( ●)  (●) \       次回は持ち物確認からするおと言う訳で今回はここできるお。
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |     了解。>四人
 \              /

384SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:47:16 ID:MljQMnLI0

                 〜今回のステータス変動者〜


PL2  本名 アルトリア・ペンドラゴン(通称はセイバー) PL名 筆竜・セイバー 年齢 27歳 日本人
          ヽ                       職業 暴力団組員
           }
       ,. -─-、ノ-──-- 、
    /            \
   /                ヽ.┐
   ! 〃/ ⌒ ,ハ  i  ⌒ i  i  i己
   レ' | | i / ! ハ i ! |  |  ヒ´   .能力値
.      ∨iV∨  ∨ レ'V∨|  |  K     .STR 15 CON 11 POW 13 DEX 16
     | !≡≡   ≡≡ |  |`Vシ′  ...APP 12 SIZ 13 INT 10 EDU 12
     | 八""       "" |  |ノ      .アイディア 55 幸運 65 知識 60 正気度 56(-3)new!
     i′ i> 、 ー一 ,. イ|  |\     .耐久力 12 ダメージボーナス +1D4 MP 13
     | /j  __,工ニ´‐个|  |\\
     レ'V /´仁.フ0ト、/ レ∨廴}ノ    技能 言いくるめ 65% 隠す 60% 芸術(イカサマ) 05% 心理学 25%
      ┌┴┐レ' jハ」   / ヽ          目星 65% 日本刀 81% 二刀流 71% 歴史 41% 運転(二輪車) 60%
      | r─ 、      {   |          回避 80% クトゥルフ神話 9%
      r|_「 ̄` 「 「 ̄ ̄´   /
      廴,>┬-L.廴.__,. イ



PL3  本名 美筆出やらない夫 PL名 美筆出やらない夫 年齢 26歳 日本人
   / ̄ ̄\            職業 スポーツ選手(キックボクサー)
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |        能力値
. |  (__人__)  │         STR 17 CON 12 POW 18 DEX 15
  |   `⌒ ´   |        APP 05 SIZ 16 INT 9 EDU 8
.  |           |          アイディア 45 幸運 90 知識 40 正気度 82(-2)new!
.  ヽ       /         耐久力 14 ダメージボーナス +1D6 MP 18
   ヽ      /
   >     <          技能 跳躍 35% 投擲 40% マーシャルアーツ 70% キック 80% 応急手当 31%
   |      |             鍵開け 51% 運転 51% 回避 60% クトゥルフ神話 5%
    |      |

385SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/16(金) 22:47:54 ID:MljQMnLI0

               . ´ ̄ ̄ ̄ `  .
             /            //\     それでは今回はここまででございます。
          /           ///∧      今宵もこのようなスレに付き合って頂き有難うございました。
         . ⊂⊃       ⊂⊃ ///ハ       よろしければまた次回も見に来て頂ければ幸いです。
         レ                  //}
        /   /   i   ヽ   ヽ. //    因みに本日行った本編メンバーでの第二回クトゥルフTRPGは
.        {    {   釗     }   ∨ ___    ある意味一回目を超えるカオスっぷりとなりGMの私も大変面白かったです。
       r‐‐ゝ    _ 人 __ 人___ ハ   \
       /    i⌒ヽ     /        }/V⌒ヽ.〉      >>1曰く本編が終了したら第二シーズンと称してやる夫化するとかしないとか・・・
.     レヘ.ハ八__.)    /       ノ{⌒ヽ
.       /  、     `7´ ̄ ̄   /// ∧        更に本編メンバーから一言コメントも頂けました。
       /    ヽ.    /     ///  .//i           本編終了時にでも紹介したいと思います。
.      {____ >…={.     //厶  .///}
                /´ ̄ ̄ ̄  }}  /リ         それではまた次回お会いしましょう。
                  ん   ___ _ノ_ 彡’
                  {/ ̄

386名無しのやる夫だお:2012/11/16(金) 22:53:04 ID:d1M4FEPs0
乙でした!

第二シーズンとプレイヤーコメントとはこれまた楽しそうな。
外伝ともども期待してます!

387名無しのやる夫だお:2012/11/16(金) 23:10:10 ID:jhu6FpzI0


388名無しのやる夫だお:2012/11/16(金) 23:31:13 ID:2JGL/OwU0
乙でしたー
SANがじわじわ下がってるなw

389名無しのやる夫だお:2012/11/17(土) 12:29:32 ID:FdfN2PnQ0
第二シーズンktkr!
乙でした。

390名無しのやる夫だお:2012/11/18(日) 02:46:09 ID:fH36RahI0


391SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 20:56:58 ID:GVNgkcX60
唐突ですが9時から投下開始します。

392SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:00:03 ID:GVNgkcX60

          ."   `  、
         /         ゙i
        /            l
     i′         i!__
      〈       <  ̄    ` ヽ
       ヽ   / / /     |    \
         /  /  ,!    .j      ∧     それでは、今回は番外編の投下になります。
         レ1  , / !   .∧,ヘ i  i  !         どうぞ最後までお付き合いください。
        │|  / \ ∨ / / ヽ! |  |   
         レ!小l●    ●   / /) j     今更ですが毎回毎回投下後のレスありがとうございます。
            |  i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ"   \      >>1も大変喜んでおります。
        /⌒ヽiヾ,f   ゝ._)   j /⌒i    ヽ'
      \  ヾ!ヘ >,、 __, イァ/  /    i |    このスレを見てクトゥルフTRPGを始める方が居て頂ければ幸いです。
.        \   /ニニ> o <::{ヘ、__∧ /|  ハ !
          < ヾ'#∧##>彡' j_ .!/ }/



        ____
      /     \
    /  -     - \     それじゃあ、全探索者が揃ったところでしたね。
  /   (一)  (一)  \          そのあたりから再開します。
 |      __´___     |    
 \      `ー'´     /     了解。>五人
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

393SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:00:25 ID:GVNgkcX60

                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   それでは、場所を移動してハルヒさんが現在住んでいるホテルです。
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /    まぁ、留まる意味無いもんな。>真人
  \             //
  / __        /        
  (___)      /



|__|  |__||__|  |__||__|  |__||__|::::::| |/
      _____________,           |         〜紗月・スミルノフの泊まっているホテル〜
,,____|_MONATON __HOTEL _|______,,   |    /
                              \::::::|  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛::::|/
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |   /
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |  /
 三|| |::||         |         ||::::| ;;三|     |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

394SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:00:55 ID:GVNgkcX60

   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │     「あっ、ここが私の泊まってるホテルです。」
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl  |     「また、良いとこだな。」>二塔
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !     「ええ、そうですかね・・・」
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|      「取り敢えず早く行きましょう。」>清夜
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \



                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、    「しかし、この歳になって屋敷探検とはな・・・」
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l          「良いじゃないですか、楽しそうですし。」>紗月
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /           「まぁ、そういうことにしよう。」
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /

395SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:01:27 ID:GVNgkcX60

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \    それでは探索者一行は部屋へと到着します。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |    __´___ ( /   〉|    それじゃあ、私が一通り噂を教えるわ。>大河
  \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )    了解です。



               __
                / : :_: : "' 、
           _ ,r−〈: :/ : ヽ : : : : ` 、
       /: / : : : : : : : : : : : \: : : : : ` 、
      /: : :/ : : : : : : l : : : : : : : : ヽ: : : : : : ヽ
.     /: : : ' : : : : : : : l : : : : : : : : : ':, : : :ハ: : :',
    /: : : : : : : : : : : : | : : : l: : : : : : : :':,: : : :',: : :',
.   /: : : : : : : : : : : : : : : : :.:|: : : : : : : : :':,: : : ',: : :,     「じゃあ、私から一通り貴女の屋敷の話をしましょうか。」
   /: : : : ヘ: : : : : : : /: : : : : |ヽ: : : : : : : :ハ: : : i: : :,
.  / : : : : : ∧: : : : : :{: / X:リ‐-ヽ : : : : : : : : : l: : :i
  l: :/: : : |/⌒、: : : l: |/    '   マ: : : : : : :i : l: : :|      「あっ、お願いします。」>紗月
  |: |l: : l: ヘ __.ヽ : ト{   イ示ハヽ}: : : : : : :l : l: : :|
  |: |l: : | : lイ 尓l|ヽ:{    込zり j: : : :/: :.:l :/: : :|,
  |/ ! :.:|ヽハ 弋ソ  `         /イ: /! : : l/ l: : :|:',       「どこから話しましょうか・・・・」
    l: : l : ヽ     ,             /ノ: l: : : l : : : :.|: ',
   ヽ:.|: : : ヘ    ___       ' 7: :|: : / : : : :.:|: ∧
     ヽ: : : : ヽ  `ー ´    / /: : |: /: : : : : :ハ : : ',     そんな感じで一通り説明をしたということで。>大河
      /: l: : : : l: :> .    , ィ´  /: : : !/ : : : : : : : ', : : ',
.     /: :リ: : : : l : : /` ´ : : ム- ' 7 : : : /: : : : l : : : : ヘ : ∧     OKです。>できる夫
    / : / : : : : l: : /: : : :,r ´ __ / : : : /: : : : : ! : : : : : }: : : :
.   / : / : : : : /: :/: : : :/ ィ壬∀ : : : /: : : : : : l : : : : : l: : : :
  l: :/ : : : : /: :/;ィ壬三三三,': : : : :{: : : : : : : !: : : : : :l: : : :

396SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:01:53 ID:GVNgkcX60

       /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
        /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
     r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ    では、その話を聞き終わった紗月さんをどうぞ。>できる夫
     |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
     ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1
    ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |      「うぇ・・・それ結構曰く付きじゃないですか。」
     / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V
.    / /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \
   V: :/ /: :{.∨∧       '        ,'.: : :,' 八 {\/      「結構どころか、かなりだと思うが・・・」>和也
.   |: :l l: :∧ {: :ハ            'J イ: : /‐': : l |: :|
.   |: :|V /l: :ハ: : ハ     - ー-     /:l :/ : : : : !ィ: .:|
.   |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一、      イ: :〃: : : : : ノ |: : |       「どうであれとんでもない物件ですね・・・」>刀羅
.   | lハ: : ヽ: : : \/ _. -、__〉_ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |
       V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
     .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
    / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
.   /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \



      ///////////////|:V///////////////|::::::::::::\//
.     //;イ////////////,|::::V//////////////|::::::::::::::::::ヽ
     '// |///;イ///////斗ャヤ灯////////////L::::__::::::::::::    「それで、アンタの親父さんはどうして怪我したんだ?」
      '/ :|/// |////////,|ィi:}⌒7//|/////////|// ⌒ヽ::
    /   |// |//∧////,l リ_  }/ :|/////////|/ /⌒  }
.        |/  :|//  V人/|      }∧//∧///| く /  ,′     「あっ、それはですね・・・」>紗月
.        {   |/  /   `          V/ ∨/,|   )   //
          {  ヽ             }′  V/!  ___///      私も事のあらましを説明したってことで。>ハルヒ
               \                V| ,′{////,
                  └-、__           } /   V}∧/      はい、じゃあ聴き終えたところからです。>できる夫
                  〈  `         /     / }/
                 }            / /

397SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:02:25 ID:GVNgkcX60

                      ____
              , <::::::::::::::::::::::::> 、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、 __ , イ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::>´
.          /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         /::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ::::::::::::::|ヽ::::::::∧    「ちょっ・・・何ですかそれは・・・」
.         |::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::: ::::::`ー-、::::∧
        |::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ィ= 、i :::|    「本当に何もない部屋で切れれたような怪我したっていうのか?」>二塔
         |::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::/i::::|  i j |:::::|
.       /:::::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/ :|::/ 、二ノ::::/     「はい・・・私の見た感じでは・・・」>紗月
       /::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::::::/""|/ ノ ""i::/
        /::::::::::::: ::::|:::::::::ヽ::::::::::::::::::/u. /  , ク .ノ/       「オカルトすぎるわ・・・」>清夜
     /:::::/::::::::::::::∨::::::::::,\::::::::/ ー=彡´/::/
.     ///::::::::::::::::::::ヽ::::::::|  \〈 ー ― = ィ‐、:〈
.   / /::::::::::::::::::::/|:::: ::|   ヾ /|∧   |::::' ,
     /:::::::::::::::::r '  :|::::::/ヽ__/三ヽ| .∧  , へ::::>、
.


         /:.:.:.:.:.:.:..:./:.:.:.:.:/::.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:ヽ:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:/:.:./: /:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.∧
        〃:.:.:.:.:.:.: /_:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:':.//从:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:}、_\
      / イ:.:/:.:.:´ ̄¨=≧x、_:/:.:.:.:.:.://x≦イ下:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄
       /ィ:.:.:.:.::.:://忙テY;:.:.:.:./≧イ忙テYテ ';.:|:.:.从ハ:.:.:.:i      「だが、あの屋敷が本当に幽霊屋敷なのだとしたら・・・」
        |:.:./:.::/V∧ゞzンィ:.:.〃  /ゝ弋zンノ .}:.i:.:.:ハリ }ハ: |
        | /|:./ i    ̄ //.}:       ̄  j:∧/  / ハ!
        |{ !' .ゝ.',   /   :!         i' / ィ1        「そんなことが起こっても不思議じゃないと?」>清夜
.              ,      {:.. _        rvイ/
              从               /:.:/           「俺はそう思うというだけだ。」
              {}ト.    ´ ̄ ̄`   i/ ..イ://
               |ヽ     ̄   // ,'/
             / ̄リ  \     ., ィ   ハ>.
            /  {!    `ー‐ ''      {::i .∧
         ,.<     \          У.  ∧

398SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:02:55 ID:GVNgkcX60


                     _,. : ⌒ヽ、
             ,. . :―- :/: ,: :‐-: : ヽ
           ,. :´: ,. : :⌒/ ̄ヽ-: 、: : ヽ、
          , ': : :/: : :, ': : : : : : : :',: : :ヽ: : :.
           /: : , ': : : :./: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ::.
           ;': : /: : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :,: : .      「まぁ、どの道このままじゃ埒があかないわ。」
          ,': :./: : : : /: : :,: : : : : : : :i: }: : : : : : ,: :.
        j!: /: : : : /:/_イ:/ハ: : : : :/: ハ: : : : : : ,: {      「どうするんだ?」>二塔
        i:./: |: : : |:/__/ト、_|: : :/,斗__}:ハ: : : :!: ,:.!
       j!:j!: :{: : : i{て::㍉、 }:/イ,ィチ心,}|: : : |: ,:.|      「どうしたものか・・・」
         j!:{: |: Ⅵ:ム弋こソ '´   弋こソ/:イ: /!: }:|
       ,: :|: {: : Ⅵ!ム、     ,     イ:/:./}:!: |:{      「あ、あのー・・・」>刀羅
        /: :.{: |:,: : マゝゝ、    ,..,    イムイ:j!| リ: .
     ,: : : : リ:、: : : :',:|: : i> __,.... イ: :|: : : j!/イ: : :.
      /: : : /: : : マ: : :ム: /\   '/}:!: :j!: : :j!: : : : : : .
    ,: : : : /: : : : _マ: :.:.:Y   `7ハ´ !: /: : :.j!: : : : : : : :.



              ト--‐=≦//////////////////////////////γ
                \/////////////////////ハ/////////////|
                ` <///////////////// ∨///゙ヽ//////|     「何か思いついたんですか?」>清夜
                   '/ /////////////// ´ ̄V/厂 ヾ,/////|
                      lシ/////////////// ィ=_∨_   ∨'///|      「少し思ったんですけど
                 l.///////////////  '7 (  )"'' 、Vソ//|        実際怪我された人に直接聞きには行けないんですか?」
                 l.//////////////   乂   .ノ  /l'///|
                      l ///////////, ′      ̄  x幺l゙///|
                     '゙/////////xく      ミ=≠彡゙  l/// |          「あ・・・・・」>清夜
                   ∨,/////イ           ******  l///∧
                      〉//〈u ′              U u l////ノ 、         「その手があったか。」>二塔
                  ∧//l ヽ    ヽ __ フ        イ7///////>
                 / ∧/|//>          ィ///7//////////////∧
                  ///ヽ|//////> _ _     ´ L//7//////////////ヽ/',
                / ////////// fく j        ハ)'/////////////////',\
                    /////////. ヘ  `  ‐ ─  ´ ,///‐- ..///////////',

399SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:03:28 ID:GVNgkcX60

            . ────
           イ:.:.:./ ─…… ─ミ:.:.、
.          /:.:./:.:./.ィ:.:. ̄:. ̄:. ̄:.ヽ!:.:.:\
.       /:.:.:.:/:.:./:.:.:}:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
       〃7:l/:.:.:. :.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.〈 ゚,
.       / /:i:|:.:.:.:.|:./  ! 、:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|、:.:.:i:.:.|  i
      ト./ l:!:.:.:._l_!__|!ノヽ:.:.:.、|:.:.:.| V:.l|:.:.| ∧     「あーそういえば私も一件依頼詳しいこと聞いてませんでした・・・」
      i:.:》vZ{:.:.:.:.|:|x==ミ   \:(`≧ート:リ:.:.|イ.:.:.
      |:.:|│ |:.:.::.:| 伐刈`      イk刈V:.:.:.| | i:.:|     「じゃあ、貴方のお父さんの所に行ってみましょうか。」>清夜
      |:.:|釗 |:.:.:.:.N辿リ       辿リ礀:.: | |_l:.:|
      |:∧| |:.:.:.:.|      `       从/:レ:.:.:.:|     「はい、そうします。」
      l:l l:ヽ|:.:.:.人    f´ ̄`    .イ:.:/:.:.:.:.:/l:|
      l:| ):从:.:.:.:.|:〕ト.   ̄ ̄  イ:.:l:.':.:.:.:.:./ :l:|
     )| ゚,:∧:.:.:!:.:.:.:l ≧ー‐ 「:.:.|:.:.|:.:.:,:.:./  l;
          ヽ:.:.\》:.ィ}      厶:.:l:./:.:/}:/  ′
          \ノ:\:f     ∨:〕ト。〃
       ,─<: : : : : |´ ̄ ̄ ̄`∨: : :〕ト。
     ハ: i:i:i : : : : : : 「  ̄ ̄ ̄` }: : : : : :i:i:iト.



         ____
       /      \
      / ─    ─ \    それじゃあ、セルゲイさんのところに行くんですね?
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |    はい、そうなるようです。>智子
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     じゃあ、そのホテルから徒歩20分程度の距離に病院があります。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     そこそこの距離ですね。>智子
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

400SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:03:54 ID:GVNgkcX60

 .:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;       "         __,、
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ:::: ::: :: :        ,rヽ'⌒ `^j   ヽ ..:
   ̄ `ー ‐-‐一´:::: ::: :: :       r'´       `ー'⌒ヽ`ー、:.
   :::: ::                  ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
     ┌―――――‐‐:、          ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ
     | 総 合 医 院 | \
     |             |  |     o
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTネTTTiヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\        セルゲイ・スミルノフの入院している病院〜
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|  \
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |



         ____
       /     \    それでは、その20分後に貴方達は病院に到着します。
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \   それじゃあ、病室に直行したいんだけど?>ハルヒ
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /    ええどうぞ。
    ノ           \

401SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:04:27 ID:GVNgkcX60

           /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./   -──=ミ:.:\
          ':.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.://:/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.、\:.ヽ
          /:.:. ──ォ':.:.:.: イ:.:.: |:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:}:.}:.:.ヽ:.:.
          .':.:.:{_/--1:.:.:/:.{:.:.:.:.!:.:.:.:./:i:.:.:.:/:.ム:.:.:.}:.:.:.
.         /:.:./く  イ:.:. 1:.ハ:._:.:l:.:.:./ l:.:.イ:./ }:.:./:.:.:.:!     「お父さんっ!お見舞いに来たわよっ!」
       ,':/.ィ:.:./∨:|:.:.:l:|:.| l:.:.「}:.メ、 l/ l:/ i:.:ハ:.:!:. |
       :./ /:.:.:.:/ /:.: |:.:.从:{ |:/ ′  / / z=!ィ: |:.|:.:.|      「ん?ああ紗月か・・・」>セルゲイ
       ':.Ⅳ:.:.:.:/ /: レ|:.:.:.|ハ x===ミ     、 |:l:.:|:.|:.:.|
      /:i:.|:.:.:.:.〈 /:.:.:{ |:.:.:.|            __' 从:.|:.川{      突然訪ねてきた娘を見て若干驚いたようですがすぐに笑顔に変わりました。>できる夫
      ':.: |:.|:.:.:.:.:i:.:.:.:.人_|:.:.:.|      「 ̄У イ:.:..:.jイ:ソ
.     {:/ 从:.:.:.:.l:.:.:/:./|:.:.:.ト .    乂./〃:.l:.:..:.′       「突然どうした?何かあったのか?」>セルゲイ
      ゝ ):.\:.:!:.:/: :人:.: !          イi: 「|:.:/{
       Ⅵ ソ:イ : : : : : \〉、   ∧{: : : Ⅵ: リイ i
        rく: :i:i:iト、: : : : : : \   {  V: : : i: |  ハ
       /⌒ヽ: : i:i:iト、: : : : : : \  /!: : : i: | , ∧
    ./     \: : i:i:iト、: : : : : : }「/!: : : i: | /   \



            /    /              ',
           /    /                ト、
         /     /:                 l ',
         ,′     /.:         /          l  i
        ,' .:      l.:.:.:.:  /    //ハ: : . : : : :.l: .:/:l  l
          i .:.     l.:.:.:.:.l/: :  l/仁_、ヽ\: : : . :l:./.:.:l  l    あっ、これ一度に沢山押しかけるのって不味くないですか?
          l.:.:.      l.:.:.:.:.l.:.:.:.: {:〈ゝ示ミヽV: : :仁ハ: ::./  l
          l.:.::      l.:.:. : l.:.:.:.: ヽヽ廴シノ/_/イテそ:/:./.:.:!
        ,′. :.     l:.:.:. l :.:.|\ \     _1ソノ/.:/.:l.:,′    ああ、そういえば。>真人
         /.:.:.:.:    |:.:.:. |\| ヽ ̄     '   レ'.:/.://
      /.:.:.:.:.:  /   ヽ  \   ヽ        ,.イ/l/l/       警戒はされるだろうな。>宗介
      /.:.:.:.:.:.:.:/ :     \  ト、  ヽ  ´ //   //
      /.:.:.:.:.:.:.:/. :  : .       l \  | ー く: :/             GM何人ぐらいが妥当ですか?
      /.::.:.:.:.:.:/. : :  : : : .    l ̄ ̄`ーL: : :./
    ./.:.:.:.:.:.::/. : : :  : : : : : .   l  ,. - '´ ̄`ヽ
   /.:.:.:.:.:.:./. : : : : : : : : : : : .  V´ ,r'´ ん'´⌒V}
  ,/.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : :. : : : Vん'´     1

402SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:04:55 ID:GVNgkcX60

         ____
       /     \     そこで僕に意見を求めるのはどうかと思いますが 
.    /   ノ '  ヽ\           常識的に考えたら多くて3人位にした方が良いんじゃないですか?
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |     よし、じゃあ対人スキルの強い人+ハルヒさんで行くわよ。>大河
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \   
 /\ ヽ          ヽ



       ー=≧´///イ//i//i//∧/ヽ//////\
       /////// i//,i//i///∧、/ヽ///ヽ/∧
       イ///////∧/,i//i∧//∧\i::\∧',`ヾ
     ´   i//i/ i///≧、 i//!/i≦/∧-=…}\}ヽ    まぁどう考えても俺じゃないな。
       i/   i//!゙ー゚ i/'i/'ー゚‐ヽi {'  ii',::::::::::}
           i/i|i   ノ       -彡,∧:::::::!    お前は論外だろう。>宗介
             、  `       "∨  ヽ::/
                 \    _,    /  ',`ヽ '     お前もたいがいだけどな。
                 γ\ ̄  イ  ,   ヽ∧ 、
            イ{ /',  ̄    /  イ// 〉/`ヽ
          , <//∧   i、.   / /i´////,//////\
       ノ///>' ∨'   !   / / |!//>´/\//////`ヽ、
   .<//> ´/////i┐ヽ i ゝ-┌i-‐´//////\///////`ヽ

403SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:05:27 ID:GVNgkcX60

             . ─‐…─‐ ミ
          __ .イ:.:.:∠二二二二\:.:.:\
        f/:.:./:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:{ ̄ 〉
       イ:./:.::':.:.:.:/ :|:.l:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ /、
      .//:.:':.:. |:.X/  |ハ:.:.:l\:.:.:.:ノ:.:.:.:.:「.ハ
     〈/:.:.|:.:.:.:N/`ー   \l 一<:.:.:ハ/| l }:!     取り敢えず、智子さんは決定ね。
     /:イ:.:!:.:.:ハ. ===     === ∨:.:.:.:| |/:|
        |:.:|:.:.':.:|    ′      |:.:.:.:.:|_l:.:.|      えっ!?>智子
       ./l:ハ/:八     - 、       |:.:.:.:.:|:.:.: |
      /:.:!:.:/.:.:.:.:.:..、   "       イ:.:.:.:.:从:/|      当たり前よ[言いくるめ 50% 心理学 53% 説得 50%]
      .{:.:.:|:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       イ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|             この能力で生かせない方がどうかしてるわ。
      Ⅵ|:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=-≦ /:.:.:/: イ:.:.:./リ
       ヽlイi:i ̄: ̄: ノ      {:.:./{/: : :〕i:ト.      はい、じゃあ頑張ります。>智子
        ./ |:i:i: : : : :/ー___ --∨: : : :/i/: /ハ
       /  :|:i:i: : : : i´    \/ : : : /i/: /  }



                      _
                  ,f´ `ヘ、
              _  ,r-< : : : : : `:ゝ、
.           ,r´: 7 : : : : Y ⌒ヾ-: : : `ヽ、
.         /: : / : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ハ
.          ,'. : : :/ : : : : : : : : : : : : ハ : : : : : ',    それであと一人なんだけど・・・>ハルヒ
        / : : : l : : : : : : : : : : : : : : ハ: : : : : :l
       ,' : : : ∧: i : : : :∧ : : : : : : : ヘ: : : : :|
      ,' : : :从≧ヤ : : ムヘ: i、 : : : : : ハ: : : :{     もう智子だけでいいんじゃない?
        l : : :r'}オハ ト: : |' ≦ェヘヘ|: : : : : :', : : :|           無理に連れて行く必要もないだろうし。
        | ト: :|:|弋ノ \! l,仍  ト,|> : : : : }: : :ハ     
        ヤ \|   ,,    ヒソ_ノ /: : : :i: :リ : : : ',      そうね、そうしましょう。>ハルヒ
          | '、        イィ´: : :|:/ : : : : :',
.           | l ヽ、‐-    , ィ/: : : :/|' : : : : : : l
.          |ノ: : :iゝ-‐, ' ´ /: : : :/ : : : : : : : : ',      おきまりですか?>できる夫
         / : /~7/}   ,' : : //_: : : : : : : : : リ
.          ,' : / //ゝ ,-{: : /イ /~ '' ヽ: : : :ノ
        /: :/ ム'     |: f'  ,'     l: : i´
          | : { ,/  ヽ _,,,-|: |  {     |_ノ

404SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:05:56 ID:GVNgkcX60

       ____
      /     \
    /  \   / \     ええ、私と智子さんになったわ。>ハルヒ
  /  (●)  (●)  \
 |       __´___       |    OKです。それじゃあ残りの方はどうします?
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /      ああ、それも考えなくちゃいけないのか。>真人
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ    でもあれだな、RPしてる側は知っててもキャラは知らないってのがあるからな・・・
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !       どういう事だ?>真人
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、       俺らはハルヒの導入部分でセルゲイ氏が【なにか】に攻撃されたって知ってるが
  /  |   ヘ      _     ハ \        キャラは【なにか】が居るって事を認識してないからな。
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \
     |   l  \  ー  /l   l    \     ああ、そういうことか。>真人
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

405SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:06:26 ID:GVNgkcX60

                        , r- 、
                 _,_- /_  \
                  , r f´, - 、/´ ヽ_`_  ハ
            /  /   /    ヘ `ヽ ヽ、
              , '  , '         ハ  ヽ ヽ
              /  /               ハ   ヽ ヘ
             ,'  /     i     ハ   }   ヘ ハ   じゃあ、する事ないから下の待合室で待機ということで。
            ,'  '    i |     ハ  リ        ',
         ;  ,' /  リ ∧ l  l .}  ∧ }    ハ ハ   ああ、そうしよう。>宗介
            l / {  |/}ィz=ヘト、. リ '/ タ=ェ、 }  ハ ',
            ! ! 、  { ,'ィqgュ、`\ リ ,,ィnュ、ト !   l |    分かりました。じゃあ病室にいる二人に視点を合わせますね。>できる夫
         | l { ヘ ゝ弋旬','   `' 弋ミソ/イ / /} |
        ,'. { ト、ヘ\ゝ ̄   丶    ̄イィ  /lリ |     OKよ。>ハルヒ
          ,' ハ | \\.ゝ、          .ノ ノ ノ }ハ ',
          //   \ハ   !> ´ ̄` < ´ / /  ハ.',      では、再開です。>できる夫
       '/     ハ   | ,rト、 `´ ト、 {  /   ヘ  ヘ
       /  /  / ハ  |= =氷= = |  /  i  ヘ.  ヘ
        /  /._ z <.ハ  | /イ,, ||、、  | /> ェ _ ハ  ハ



                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l    「で、お父さん傷の具合はどうなの?」>紗月
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l     「ああ、別に問題はない。
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨         だが少し休養も兼ねて入院してるだけだ。」
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \     「ならイイけど。」>紗月
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ    「ところで、後ろの方は何方かな?」
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l

406SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:06:54 ID:GVNgkcX60

                    ──━━ ミ
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:\
                 ,:':.:./二二二二二ヽ:.:.、:.:ヽ
               /: ィ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.「 .∧
              に /:.:.:./:.:.、:.:.:.:.:.:.:、 :.:|:.:.| く:.ハ
              i//7:.:厶/ }ト :.:.:.:厶斗:!:. |:ヽ〉:.i   「ああ、この人?
              |/ ,1:.:l∧\ \:.l礀刈:.: ! l}:.:. !      この人は今回の事件解決のために雇った探偵よ。」
              l:.〈 |:.:ヘ===    ===彳:.|ノ:.:.:.|
r              |:.:.:.|:.:ハ   _'_    ,|:.:从:.l:.:.!    「何だと?」>セルゲイ
ヽ.\ 「L            V:ハ:.:.l:.:\ V_ノ イ:|:/:.:./レ’
  「  ゝ\         ヽ -‐=≦: ≧=‐ {: V/:.:./ ′     「だって、何もない部屋で切られてるなんておかしいじゃない。」
  ト )   ト.、        /|:i:i: : : : |ー  一「 :': : 〕iト.
  `⌒ 、ノi:i:ハ       / !:i: : : : |二二二l: : : : i:i: ハ
      {i:i:iノ ヽ   _/  :|:i:i: : : : |      |: : : : i:i/  、      という言い訳でどう?>ハルヒ
     「     \′   Vハ: : : !    ./: : : /i/    \
      ヽ           /|、iト: : :!   /: : : /i/、      ヽ     あ、いい感じですね。>智子
        \      / ! ヾム:∧ m/: : : /イ / \
.


       ____
      /      \    それでは、上手く誤魔化せたかどうか
     / ⌒  ⌒   \       雲紅刀羅の【信用】で振ってください。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |    __´___ ( /   〉|     えっ私じゃなくて?>ハルヒ
  \   `ー'´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

407SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:07:24 ID:GVNgkcX60

            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \     当たり前ですよ。
       l^l^ln  (●)  (●) \     幾ら貴女が自信満々で紹介しても当の本人がキョドっていたら元も子も無いですし
       ヽ   L   、 `       |     
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /     えっ、私初期値なんですけど・・・>智子
      /   /          \
     /   /             \     うーん、じゃあハルヒさんの【信用】の半分をプラスしてください。
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          、 _   _ _
          ゝ:::: '´::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::i::::/、::::::::::::ヽ、    [雲紅刀羅の【信用】(15+65÷2=47)=72 失敗]
         〃::::::::::::::::::::::|::/  ∨::::ヘ::::\
         レ:::!:::::::::::::::::/|/、_ i::::|::::∧ ̄`    し、失敗です・・・
         ノ::::|::::::::::::/ /,.-‐‐,||::.|、:::∧
       ´ ̄i::|::::::/   `‐-‐'|:/ノ:::::∧     それじゃあ、セルゲイさんの見る限りとても探偵には見えなかったと。
          ,:::|::ヘ   r‐-、 |||!:/:::::::::::::::ヘ
         /:::|:::::/⌒l `ニ`, イ/ ::::::::ト、 ヘ    じゃ、じゃあ言いくるめでカバーできませんか?
         /:::::|::/  / .|三/ // ̄ヽ:::::i  ヽ
          /:::::::|::|  l ヾ∨ / ヒ二彡,:::::|

408SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:07:58 ID:GVNgkcX60

         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \    別に構いませんよ。
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/     じゃあそれで行きます。>智子
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ     [雲紅刀羅の【言いくるめ】(50)→12 成功]
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |



/'   /::::::::::::::::/:/   |::::::::!:::::::::!ヽ::::::::::::::ヽ、::::::::| |::::::::::|\:::::!:::::::::|、`
ゝ   |::::::::::::::://~‐--、_ v::::::| |::::::::! \:::::::::::::! !::::::|~~|::::::/ ̄ヽ:::|::::::::|\、/
/~/ ´|::::::::::::::!/     ~Y、::!、.!:::::::!   \:::::::! !::::/  |:::/  |::::|::::::::::|、 ヽ      やっtt――>智子
::::ゝ、_.|:::::::::::::|  /´~ ̄`ヽ、! \::ヽ   \:| !/ ̄~|/ヽ  |::!:::::::::|ヽ/´ヽヽ
/ /、|::::::::::::| イ、 /〇。:::::::1\  \ヽ    イO。::::::::::! \ .|イ:::::::::|〃ヽ
 /:/ ∧::::::::::| \ !:::::::::::::::!           |::::::::::::::::/ |/ | |:::::::::| ヽ ヽ     きたああああああああ!!!
./:::/ /::|\::::::|     ヽ:::::'!            ::::::::::´ !  |:::::::::|、  !  !
::::/ /::::||!::::\::|   ヽ~ ̄´      ,      ~ ̄~`    /!:::::::/ }         なん・・・だと・・・>できる夫
::/  !:::::ヽ|:::::::::\       ,--――――--、        /!::::::://
ヽ  !:::::::::::::!:::::从、      |/´:::::::::::::::::`\|       /-/::::/           じゃ、じゃあセルゲイさんは一瞬疑ったけど
::::ヽ!::::::::::::::::!、:::::::ヽ      |        |      ノ/::::::/                その後の刀羅さんの語りで信用したことにしましょう>できる夫
. |::::!:::::ヽ:::::::::\::::::::\     ヽ       /     / /::::/
 |:::ヽ::::::ヽ::::::::::\::::::::::\    \     /    ////::/
  |::::\::::::\:::::::::::\::::::::::"''‐    、_      -'"

409SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:08:26 ID:GVNgkcX60

            ,   ´ ̄ ̄ ̄`   、
          ,  ´           、\_
         /               /\ `ヽ
.         /  /    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`メ、   ヽ  ヽ
       / /      _    /      、 '.
      , / /  .  ´   _ ィヽ       ヽ ,
      l' /.  ´   -‐ ´ /|         | !    「探偵だとぉ・・・?」
      v/       _ .ィ ´  ! ヽ         l |
        T云≧―… ´l, `、  ヽヽ. \     l /     セルゲイさんはそう言って刀羅さんを観察しはじました。>できる夫
         ノ└く`{  rt_j___>‐zゝ\ \,. 、 /
       {   ノ 〉 ノ`フ乙方¬テz- \/r l /      「そうよ、この街の探偵らしいわ。」>紗月
.       '   /    ヽ ̄「 ̄” 、ヽ  ' ハ>〃
        '.  ノ    、     \ 、 _ノ ィ //       「評判も一番いいらしいし。」>紗月
        l Z__,,. 人__   ノ /ヽr‐ ´{ /
        'l t こ_` ‐-、_、   '  ,.′  v            「成程・・・」
          L 辷‐ミ=-y } / / ′  !
         }  `ーz´_  ,.  ´  /   |      しかし、その目はどう見ても疑っていますね。>できる夫
         ゝ _     <     /     {
          /ヽ`¨¨´      /      丶



           ト          ___  __
           |:::ヽ    , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ':::::::`, <::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::\
           ヽ:::/::::::::::::::::::: :::::::::::: :::/|:::::::::::|:::::::::::::::∧::∧
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/:::|::::::: ::|::::::::::::::::::∧:∧
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::∧:∧    「た、確かに女ひとりでは信用を得られないかもしれません。
          /:::::::::::::::::::::::::::::::: :::/::::::/ヽ:::::::::|::::::::::::::::::::::∧:::|       しかしながら先ほど娘さんも仰られたように
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ∨::: :|::::::::::::::::::::::::::|:::|         この街に幾つかある探偵事務所でトップの業績ですので・・・」
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/    ∨:/:::::::i::::::::::::::: ::|:::|
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ー =、 ∨|::: :/:::::::::::::::::::|:::|
    />´/::::::::::::::::::::::::/_/:::/  _  ヽ  |:::/:::::::::::: ::::::::|:::|       という感じである事無いこと適当に言っていきます。>智子
 ー ´   ./::::::::::: ::::: ::/゚ツ//   ´ ̄≧=、  |/::::::::::::::::::::::::|:::|
      /:::::::::::::::::::/´ ¨/ゝ     弋辷ツ≧:::::::::::::::::::/:::::::|:::|       では、それを聞いてセルゲイさんは。>できる夫
.     /::::::::::::::::/::i ""        """" /:::::::::::::::::::/:::::::::|:::|
     /:::::::::::: /:::::::ヽ               /::::::::::::::::::::/:::::::::::|レ'      「成程な・・・」>セルゲイ
.    /:::::::::::/:::::::::::::::::\  `こヽ     u. /:::::::::: :::::::::/:::::::::::::|
   /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      </:::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::|
.  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー  < /:::::::::::::::::::::/::::: :::|:::: ::|
 ノ::://:::::::::::::::/ ̄`〃^ノー-|    /:::::::::: :::::::::://:::::::::|ヽ: :|
´  ̄ /:::::::r≦二ヽ//./ ヽ/| ̄/:::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::| ヾ|

410SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:08:55 ID:GVNgkcX60

                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!    「どうやら、任せても大丈夫なようだ・・・」
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨      とつぶやきます。>できる夫
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \       よしっ、それじゃあ事件のことを聞きましょうか。>ハルヒ
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ      は、はい。>智子
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ      「わかった、事件について話そうじゃないか。」
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l



             -──‐-
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニ \
           イ_:_:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ,:':{ 才:.:.:.:.:.:.:.:. / イ:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
         /:.:.∨l|:.:.:.:.:.i:.:X/  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ':.:.:.:/V|:.:.:.:.:.|// \ |ト:.:{:.:.:. !:.:.:.!
        i:.:.:.:.l (|:.:.:.:.:.| 笊朴 |l ヽX:.:.|:.:.:.|    「じゃあ、全部話してよ。」
        |:.:.:.:.|/」:!:.:.:.:.:.! 込ソ  ィ芯}:ノ:./ノ
        |:.:.ト:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|     、 ゞy':.:./}      「お前が仕切ってどうする!?」>セルゲイ
      .x===ミ从:.:.:.:.:|  rへ  イ:.:.:.:「
     .′    ヾ:\:. 〕ト-レ1 |:./|:.:.:.:′       「まぁまぁ良いじゃない。」
     {      ∨∧: v=厂 ヽ j:.:./
     |     、  ヾi:ト: { ハ_) }:イ            「全く・・・」>セルゲイ
     N     \  ヾiト/≧≠ノヽ‐ミ
        |、     \. ヾ{      }、ノ》
        |ハ      /厂ヽ      \

411SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:09:28 ID:GVNgkcX60

                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }    それでは、セルゲイさんの話してくれた情報はコレです。
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !      1、ふと人の気配を感じて振り返ると目の前にナイフが浮かんでいた。
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /        えっ?これだけ?>ハルヒ
  \             //
  / __        /            まぁ不意打ちで刺されてますし。
  (___)      /



               ..-‐−─‐- .
           .//////////////` 、
          "//////////////////ヽ
         ///////////////////////゙>---‐ァ
       '////////////////////////ヽ///
        l/////////////////|ヽ/ ハ///ハ´
       ///l////////////l//fーV‐'////',     「う、うーん他には何か見たり聞こえたりしなかったんでしょうか?」
       ///l////////////l// ___ V`/ハ
       7//',///////////// ´ ___ ヾ///‘,    「いや特に・・・少々記憶がとんでいてな。」>セルゲイ
       l///∨/////// /'′、_((__))レi///\',
       l////ヽ////u    _  ̄"゙// ハ  `     「もーしっかりしてよ。」>紗月
       //////\/rゝ ー─  uイ/,//ハ
       ////、---l〈 ``-,=七升///ハヽ//ヽ、      「わ、分かりましたまた何か分かったら娘さんの携帯を通じて教えてください。」
       ´   ', ', |∧  ,〈::::::::} l゙, ゙,ヽ//', ` ‐─
             ', 'l_ ∧/ ヽ:::トl ゙, ゙, ∨/',          「はい、分かりました。」>セルゲイ
             ', '.>‐= 弋i´レ、_, ', ゙//i
           /⌒ゝ  ∨l:::l | / lゝ≠ミ      そう言って二人で出て行きましょうか。>ハルヒ
            ′ ⌒ヽ\ヽl:::l |./ 〃'⌒ヾ

412SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:09:51 ID:GVNgkcX60

                        , r- 、
                 _,_- /_  \
                  , r f´, - 、/´ ヽ_`_  ハ
            /  /   /    ヘ `ヽ ヽ、
              , '  , '         ハ  ヽ ヽ 
              /  /               ハ   ヽ ヘ
             ,'  /     i     ハ   }   ヘ ハ     結局大した情報じゃなかったわけだ・・・
            ,'  '    i |     ハ  リ        ',
         ;  ,' /  リ ∧ l  l .}  ∧ }    ハ ハ     何度も言いますが振り向きざまの不意打ちですから。>できる夫
            l / {  |/}ィz=ヘト、. リ '/ タ=ェ、 }  ハ ',
            ! ! 、  { ,'ィqgュ、`\ リ ,,ィnュ、ト !   l |      いや結構重要じゃないですか?>智子
         | l { ヘ ゝ弋旬','   `' 弋ミソ/イ / /} |
        ,'. { ト、ヘ\ゝ ̄   丶    ̄イィ  /lリ |      えっどうしてよ?
          ,' ハ | \\.ゝ、   __     .ノ ノ ノ }ハ ',
          //   \ハ   !> 、   , < ´ / /  ハ.',
       '/     ハ   | ,rト、 `´ ト、 {  /   ヘ  ヘ
       /  /  / ハ  |= =氷= = |  /  i  ヘ.  ヘ
        /  /._ z <.ハ  | /イ,, ||、、  | /> ェ _ ハ  ハ



       ヽ/////////////////////////゙ヽ
           `7////////////////////////∧
            ゙/////////////ト、////////////',
          l/////////////√ヽ/ ハ'////////l    だってナイフが浮いているということは
           l/////////////7=‐ ∨ l'////////l        魔術的な何かがあるわけだし魔術的な何かがあるということは
           l/////////////r┬ ┬‐l////rf///!             そこに魔術をかけている張本人がいる可能性が高いじゃないんですか?
        //////////x// 乂ー乂,j////}}//,'|
       /-‐''V///////゙    三=彡////シ///|      ああ、成程。>ハルヒ
.          ∧///  `         ハ///ハ//ハ
        //,∨/ゝ   ー─‐ァ'   ィ////゙////ハ      アンタ賢いわね。>大河
       //////////>,-    个///〃//////∧
      /-=彳/////γ´り    У//イ/////////ヽ      いやいや、それほどでも・・・
          〃/r<  ヽ `ー−'´//  ‐- .///////ヽ

413SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:10:25 ID:GVNgkcX60

        ____
      /     \
    /  -     - \     推理で盛り上がるのはいいですが、続いてセルゲイさんから
  /   (●)  (一)  \        話を聞き終わった二人と残りの方が合流するシーンです。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /     了解。>五人
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |      それでは再開します。
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



          |                     ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐ ┌─┐
      __|_                   │総│ │合│ │病│ │院│
      |____..| _______       .└─┘ └─┘ └─┘ └─┘
      ||     .|| ||//||//||      i二二二二二二二二二二二二二二i    〜病院前〜
      ||. 総  || ||/  ||/  ||        | | | .___.||.___. | | |
      ||. 合  || ||    ||j  ..||        | | | .|// ||||// |. | | |
      ||. 病  || ||__||__||        | | | .|/   ||||/   |. | | |
      ||. 院  ||-ー-、 ,-ー-、 ,--、.     | | | .|________.||||________.|. | | |
      ||     .||.彡ミYミ彡ミYミ彡ミヽ   | | | ___.o||o.__  | | |
      ||. 前  ||ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡}  . | | | .|     ||||     |. | | |
      ||___.||{三三三三三三三三}   | | | .|     ||||     |. | | |
      |___|{三三三三三三三三}   | | | .|     ||||     |. | | |
        .| | ====================  | | | . ̄ ̄ ̄.|| ̄ ̄ ̄ | | |
       .| ̄ ̄| ||          ||   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

414SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:10:53 ID:GVNgkcX60

             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i    「と、言う訳でお父さんは殆ど何も覚えて無かったわ。」
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|    「まぁ、不意打ちならしょうがないわね。」>清夜
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ     「すいません・・・・」>刀羅
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,    「先生は悪くないですよ。」
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´



      ///////////////|:V///////////////|::::::::::::\//
.     //;イ////////////,|::::V//////////////|::::::::::::::::::ヽ
     '// |///;イ///////斗ャヤ灯////////////L::::__::::::::::::     「しかし、おかしな事を言うものだな。」
      '/ :|/// |////////,|ィi:}⌒7//|/////////|// ⌒ヽ::
    /   |// |//∧////,l リ_  }/ :|/////////|/ /⌒  }       「ん、何かおかしいところが?」>紗月
.        |/  :|//  V人/|      }∧//∧///| く /  ,′
.        {   |/  /   `          V/ ∨/,|   )   //       「ナイフが浮いていた何てあり得るのか?」
          {  ヽ             }′  V/!  ___///
               \                V| ,′{////,
                  └-、__           } /   V}∧/      「ああ、そこね・・・」>紗月
                  〈  `         /     / }/
                 }            / /

415SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:11:27 ID:GVNgkcX60

             -──‐-
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニ \
           イ_:_:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ,:':{ 才:.:.:.:.:.:.:.:. / イ:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
         /:.:.∨l|:.:.:.:.:.i:.:X/  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ':.:.:.:/V|:.:.:.:.:.|// \ |ト:.:{:.:.:. !:.:.:.!    「私も不可解なんだけど、流石に浮くなんて事はないでしょうし・・・」
        i:.:.:.:.l (|:.:.:.:.:.| 笊朴 |l ヽX:.:.|:.:.:.|
        |:.:.:.:.|/」:!:.:.:.:.:.! 込ソ  ィ芯}:ノ:./ノ     「一つ良いか?」>和也
        |:.:.ト:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|     、 ゞy':.:./}
      .x===ミ从:.:.:.:.:|  rへ  イ:.:.:.:「       「何か考えがお有りで?」>清夜
     .′    ヾ:\:. 〕ト-レ1 |:./|:.:.:.:′
     {      ∨∧: v=厂 ヽ j:.:./
     |     、  ヾi:ト: { ハ_) }:イ
     N     \  ヾiト/≧≠ノヽ‐ミ
        |、     \. ヾ{      }、ノ》



         /:.:.:.:.:.:.:..:./:.:.:.:.:/::.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:ヽ:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:/:.:./: /:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.∧
        〃:.:.:.:.:.:.: /_:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:':.//从:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:}、_\
      / イ:.:/:.:.:´ ̄¨=≧x、_:/:.:.:.:.:.://x≦イ下:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄
       /ィ:.:.:.:.::.:://忙テY;:.:.:.:./≧イ忙テYテ ';.:|:.:.从ハ:.:.:.:i
        |:.:./:.::/V∧ゞzンィ:.:.〃  /ゝ弋zンノ .}:.i:.:.:ハリ }ハ: |     「考えと言えるかは知らんが・・・
        | /|:./ i    ̄ //.}:       ̄  j:∧/  / ハ!        もしかしてそのナイフは浮いていたのではなく
        |{ !' .ゝ.',   /   :!         i' / ィ1             何者かが持っていてその何者かが見えずに浮いてると考えたんじゃないか?」
.              ,      {:.. _        rvイ/
              从               /:.:/
              {}ト.    ´ ̄ ̄`   i/ ..イ://            「ああ、その考えはなかったですね。」>刀羅
               |ヽ     ̄   // ,'/
             / ̄リ  \     ., ィ   ハ>.
            /  {!    `ー‐ ''      {::i .∧            「成程、突然だし尚更可能性はあるな。」>二塔
         ,.<     \          У.  ∧

416SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:11:56 ID:GVNgkcX60

            /    /              ',
           /    /                ト、
         /     /:                 l ',
         ,′     /.:         /          l  i
        ,' .:      l.:.:.:.:  /    //ハ: : . : : : :.l: .:/:l  l
          i .:.     l.:.:.:.:.l/: :  l/仁_、ヽ\: : : . :l:./.:.:l  l    「もうこれは、突入するしか無いようね・・・」
          l.:.:.      l.:.:.:.:.l.:.:.:.: {:〈ゝ示ミヽV: : :仁ハ: ::./  l
          l.:.::      l.:.:. : l.:.:.:.: ヽヽ廴シノ/_/イテそ:/:./.:.:!    「俺は元からそのつもりだがな。」>二塔
        ,′. :.     l:.:.:. l :.:.|\ \     _1ソノ/.:/.:l.:,′
         /.:.:.:.:    |:.:.:. |\| ヽ ̄     '   レ'.:/.://      「俺もだ。」>和也
      /.:.:.:.:.:  /   ヽ  \   ヽ        ,.イ/l/l/
      /.:.:.:.:.:.:.:/ :     \  ト、  ヽ  ´ //   //         「私もです。」>紗月
      /.:.:.:.:.:.:.:/. :  : .       l \  | ー く: :/ 
      /.::.:.:.:.:.:/. : :  : : : .    l ̄ ̄`ーL: : :./             「わ、私は・・・・」>刀羅
    ./.:.:.:.:.:.::/. : : :  : : : : : .   l  ,. - '´ ̄`ヽ
   /.:.:.:.:.:.:./. : : : : : : : : : : : .  V´ ,r'´ ん'´⌒V}            「まぁ取り敢えず各自準備をしてから行きましょう。」
  ,/.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : :. : : : Vん'´     1



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (●)  \     いよいよ、突入ですか。
 |      __´___     |         それでは、全員が準備を整え集合した時は15時としましょうか。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /        じゃあ、いよいよ突入だな?>真人
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |        いえ、その前に持ち物を言ってもらいましょうか。
   \ /___ /

417SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:12:26 ID:GVNgkcX60

                   _,. : ⌒ヽ
                _/: : : : : : : }_
              ,: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
             /: :,. : --: : : : : : : ⌒ヽ: : ヽ
                /: /: : : : : : : : : : : : : : : }: \: .
           /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :': : : :ヽ      よーし、まずは私から言うわ。
            /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          ,: /: ;: : : : : : :/: l: : : : : : : : : :}: : : : : : .     持ち物 少林棍 厚手のコート 携帯 ゴルフバッグ
          /:/:/: : : : :\ {: ハ: :l: : : : : : :/: : : : : : : .
         イ/:/: : : : ,ィチ㍉、_,Ⅵ: : : :/ィハ: :}: : : :.l::.
            /:{:|{: : : : 圦し刈   /: : ,イ不}下:/: : : : }:.|      成程、コートは装甲1で扱いますが
        /: :|:|: 、: : : :、`ー゚ '  ´ー' 弋)ソ /: : /: :/リ            ゴルフバッグはなんでしょう?>できる夫
        ,: : : リ: : \:{卞       、    /: :イ: :/:{
         /:/: : : : : |: : : |心、     -   ムイ: : /: :|        少林棍を入れるためよ。
      /:./: : : : :_ハ: : :{:r┴、>=-r: : ´i: : :/: イ: : : :.
      ,: : イ: : : : :/ ̄:ヽ: :\___Yヽr-,: : :、: :{: : : : : : : :.       了解です。では次の人。>できる夫
    /: :/j!: : : :,イ:::::::::::::\: :\ /,介、 ̄ヽ_\:\: : : : : :.:.



         ,,,;;;://///////////////////////////////,ー 、
       ,. ''" /////////////////////////////////,ヽ///, -, _
        '" ///'////////////////'///////////////////, ー--"''ー-
      _,. ''" ////////イ////// //////////// i/////l'//,ヽ
           //'///// //////  /////////i'// `l/////!////\
         /' /////'  //////7 ̄////////-i//   l/l///,!//,\ヽ\      俺が言うぜ。
        _/_///,.-''"///////!´ '!'/////  l'/ ̄_.、!/l///l'//∧ヽ ``
      /   .!'/ l///////////! l !i'///'"  .|/ ´ iゞ!>!//,l ヽ 、\       持ち物 携帯 懐中電灯
.      /    l/ /l//////////∧ヽi'//    !   ` !l/!V/!     ``
     /     / .,//////////// ヽ!/         ! ∨V,l          どうだ?
  /     / ., -!/////////   ;'              、リ
 '-―――,.'"  /ニ\////' /   l        (⌒ 、   ´        えらくシンプルですね、まぁOKです。
       /  , /二ニニ\       !  \    ` -`               それでは次の方どうぞ。>できる夫
        '/ ./二二ニニ\          、   / 
   _,/ニニニニニニニニ/          , _   ; ヽ
=ニ二ニニニニニニニニニ/     !    /、- ._  ̄  /
二二ニニニニニニニニニ/     !    '  \;;;;;;;;,,,./ニニ=-、

418SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:12:54 ID:GVNgkcX60

           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄    じゃあ、俺が行こうか。
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |       持ち物 携帯 12ゲージセミオート・ショットガン GPS受信機
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ         以上だ。
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!         また武器持ってきましたね。
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧           でもまぁ良いでしょう次の方。>できる夫
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\



           ト          ___  __
           |:::ヽ    , <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ':::::::`, <::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::\
           ヽ:::/::::::::::::::::::: :::::::::::: :::/|:::::::::::|:::::::::::::::∧::∧
.              /:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::/:::|::::::: ::|::::::::::::::::::∧:∧
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::∧:∧
          /:::::::::::::::::::::::::::::::: :::/::::::/ヽ:::::::::|::::::::::::::::::::::∧:::|    あっ、じゃあ私言います。
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ∨::: :|::::::::::::::::::::::::::|:::|
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/    ∨:/:::::::i::::::::::::::: ::|:::|     持ち物 携帯 スタンガン 
      /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ー =、 ∨|::: :/:::::::::::::::::::|:::|
    />´/::::::::::::::::::::::::/_/:::/  _  ヽ  |:::/:::::::::::: ::::::::|:::|      以上です。
 ー ´   ./::::::::::: ::::: ::/゚ツ//   ´ ̄≧=、  |/::::::::::::::::::::::::|:::|
      /:::::::::::::::::::/´ ¨/ゝ     弋辷ツ≧:::::::::::::::::::/:::::::|:::|     皆さんシンプルでいいですね。
.     /::::::::::::::::/::i ""        """" /:::::::::::::::::::/:::::::::|:::|       では最後ハルヒさんお願いします。>できる夫
     /:::::::::::: /:::::::ヽ               /::::::::::::::::::::/:::::::::::|レ'
.    /:::::::::::/:::::::::::::::::\  `こヽ     u. /:::::::::: :::::::::/:::::::::::::|
   /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\      </:::::::::::::::::::::/:::::::i::::::::|
.  /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー  < /:::::::::::::::::::::/::::: :::|:::: ::|
 ノ::://:::::::::::::::/ ̄`〃^ノー-|    /:::::::::: :::::::::://:::::::::|ヽ: :|

419SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:13:29 ID:GVNgkcX60

                    ──━━ ミ
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:\
                 ,:':.:./二二二二二ヽ:.:.、:.:ヽ
               /: ィ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.「 .∧     私の持ち物はこれよ。
              に /:.:.:./:.:.、:.:.:.:.:.:.:、 :.:|:.:.| く:.ハ
              i//7:.:厶/ }ト :.:.:.:厶斗:!:. |:ヽ〉:.i      持ち物 携帯 懐中電灯 ツルハシ 十徳ナイフ
              |/ ,1:.:l∧\ \:.l礀刈:.: ! l}:.:. !           デジカメ
              l:.〈 |:.:ヘ===    ===彳:.|ノ:.:.:.|
r              |:.:.:.|:.:ハ   _'_    ,|:.:从:.l:.:.!         一人だけガチ探検装備じゃないですか。>できる夫
ヽ.\ 「L            V:ハ:.:.l:.:\ V_ノ イ:|:/:.:./レ’
  「  ゝ\         ヽ -‐=≦: ≧=‐ {: V/:.:./ ′          当たり前よ。
  ト )   ト.、        /|:i:i: : : : |ー  一「 :': : 〕iト.            一応住人だし本気で行くわ。
  `⌒ 、ノi:i:ハ       / !:i: : : : |二二二l: : : : i:i: ハ
      {i:i:iノ ヽ   _/  :|:i:i: : : : |      |: : : : i:i/  、
     「     \′   Vハ: : : !    ./: : : /i/    \
      ヽ           /|、iト: : :!   /: : : /i/、      ヽ
 


                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    それでは、皆さんこれでOKですね?
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /     はい。>五人
  \             //
  / __        /       それじゃあ次回より屋敷突入編です。
  (___)      /

420SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/18(日) 21:13:52 ID:GVNgkcX60

                    //               ヽ ヽ
                //                  マ }
               〈{                     } |
                ||                      | |
                {|                      | |
            _,..   ̄ ̄ ̄ `ヽ、              | |
       ,  ´,  '´ /    、  `ヽ、               ;/
     ,. ' / ,.  '  /    ヽ    ヽ          /
.    /   /   /  ,   |! |    |  、   \         /
    /   /  /  / '  !Ⅵ    :|ハ ':,  、 ヽ     /
   .' / :| | | / /{  |{ \   |{ | |   、 ',           本日は、急な投下すみませんでした。
    | |   | | | { /二 ー{ \ \:/ィⅥ { :  {、 }!            バイトが中止になりする事がないので書き溜めしてたら
    | |   | | { Ⅳム心 \ \/ィミ、 } | |  ト、i、            なぜか猛烈に筆が進み、このような結果となりました。
    | |   | { 从 込斗     匕ソノj/ ハ. ! /
    | |i  从 \ 〉       ` `¨ { / }/              番外編も早いながらクライマックスに近づいております。
    | |  {_∨ \_、     ,ィv     八{ /               どうか本編も番外編も決着まで見ていただければ有難いです。
   Ⅵ     }   |     (__/  / |ィ、
    }  |   |  込、       / /_ノ-、               それでは、また今週末にお会いしましょう。
    |  |   |  | |  >--- ' /,.イ:::::::::::::`ヽ、              本日は凍様なスレに付き合っていただき有難うございました。
    |  /  /  :/ ム ∧ ̄ ´ //::/::::::::::::::::::: ̄`ヽ、
    |: /  /  ∧  } { \イ' /::::::{:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ `ー 、r...、

421名無しのやる夫だお:2012/11/18(日) 21:33:34 ID:KaASe.OY0
乙でした〜

422名無しのやる夫だお:2012/11/18(日) 21:51:21 ID:Ayg7XGys0
おつー

423名無しのやる夫だお:2012/11/18(日) 21:58:20 ID:qgEZ3jOU0
乙でした!

現代日本シナリオ化してる所為か、番外編は相当なペースですね。
ちょっと残念な気がしないでもないですが、今回も面白かったです!

424名無しのやる夫だお:2012/11/19(月) 07:06:23 ID:KAGZqzfA0
いつの間にか投下が来ていた・・・乙です

425SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/20(火) 20:21:46 ID:zgLOozS60
言い忘れてましたが、
第二シーズンより新しいPLも参加するのでお楽しみに。

426名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 18:45:16 ID:7zppGrO60
クトゥルフって最近話題になってるけど面白そうだな

427名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 20:41:16 ID:zBCBf8aU0
>>426
いやいや、お若いの
大正14年2月28日に開催されたクトゥルフ祭りに比べれば
昨今の話題性なんぞはまだまだじゃて

428名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 22:03:34 ID:42ZqDvgQ0
>>427
ルルイエが浮上した日じゃねーか、この狂信者めwww

429SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 07:29:11 ID:XSUfYMyM0
狂信者が多いようで何よりです。
そんなわけで投下予告です。

              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第12話 【決行と突入】                  |┃
          ┃|                  本日22時00分より投下予定。       |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛

430名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 18:27:54 ID:d0.xeQ5M0
把握。
狂信者が多いのはよくないでしょwww

431SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 21:59:51 ID:XSUfYMyM0

      ,.r<´,.ァ ,/  }j /         . \   ,r‐r-、
     / / .ァ //    ,.r'"、            ',   ハ ゙ー \:\
.   / / / ∧!  /‐-、 \ 、           }  ハ    ヽ:、`゙ヽ、       それでは時間になりましたので投下開始します。
.,/ / /  / i_二/ `゙ヽ. \ ヾ!         .'   ト、    ! ',ヽ\`゙ヽ、
' /  /   ,' ,,..<     `ヽヽ__} 、      '     ,' `ヽ _,ノ.ィ.! \ \\\     前回は急に投下してしまい申し訳ありませんでした。
/ __ ,'   /         / `ヾ} {\    ,.'   /    \-'"| !  ヽ \\\    以後この様な事がないようにしていきたい限りです。
"´  ゙!レ´`/      /¨´i     ` ̄ヾヘ、 ,'  /フ ゙Y´   ハ  !|   !|  ヾ. \\
    ,.z<´、  __,.z≦^i、 !    /(__ノ ヾ}/ッ '",,.--、; -- '  ヽリ   l.!    ヾ  ヽヽ   それでは、今夜もこのスレに付き合って頂ければ幸いです。
  /  ` ̄´ 、  、 ヽ \r-、 ,{  ,.-、 `´ _ ー') ヽ     ヽ /ーヘ.|/`ヽ. ',__ ヽヽ
  ノ       ゙} ヽ ヽ \ 人. マ―ヘi |  / ノ ./   \       \. リ    i| У マハ   合いの手感想などいつでもお待ちしております。
 {         r' .__ ,-ヽ V´ヽ. !`ヽ |l. !  i ! {      ヽ.     ハ.     リ  `ヽ ハ
  `ヽ--シ7 ノヽ i⌒! Y´ヽ.ヽ. }.|  ,!} ! マ .| l  `ヽ. __,)   ゙i      〈          ヽ!
  ,..z≦ / | /´ハ.', マl、.  ! ! ,レ  リ、\ヽヽ. \二〈     ゝ、    ハ            |
       八ゝ_ `  ヽ!  レ'     ./\.ヽ ヾヽ\ノ--:、    ヽ    ハ
        ヽノ          /   ヽ. \ `ヽノ) r- )     ',   .ハ



        ___
     /      \
   /⌒   ⌒   \     それじゃあ、再開するお。
  /(● ) (● )   \      確かルルーシュ宅に集まった所からだお。
  | ⌒(__人__)⌒      |
  \   `⌒ ´     /     了解。>四人
    /            ⌒ヽ
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/
  /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
  |   、   |      |
  、   \__|    | /
   \_  |  | _ /〜´
   (__/  (__)

432SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:00:27 ID:XSUfYMyM0

       ____
     /⌒  ⌒\    それじゃあ、RP前に各自持ち物を発表してくれお。
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    じゃあ、俺から行こうか。>ル
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l    取り敢えずこれを持っていくか。
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|    持ち物 携帯、財布、スタンガンの予備バッテリー、防刃ベスト、ICレコーダー
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从           スタンガン(残り5回)、防刃ベスト、H&K-USP(1D10 残弾14)、簡易救急セット
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l 
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l         これは、特に言うことはないお。>やる
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、         それでは次は私です。>セ
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

433SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:00:58 ID:XSUfYMyM0

                 , -- 、==≦  ̄`丶、_
               /  ∠ニ=X´  `ヽ  ヾヤ、
              〃  /           ヽ-ツハ
              l  〃/ { { 爪、ヽ\ヾ i  l/小
               〃イ 从 !ト、\斗-+Vl  |/j|〈    と言いたかったんですが、やる夫一ついいですか?
              / /l {rやト、ヾ ≫==ミ|   |〃/イ
               Nハトヽf㍉    fてd1   !l)/人     ん?何だお?>やる
                 lヽハ tj    ゞ-' l  レィ´、::\
                 | l 小  、    /  /i| i::::N:::::::ヽ    桂邸から頂いた日本刀と今まで使っていた日本刀で【二刀流】は
                 | | jノ| ヽ ‐   , イ  /⌒iト、ハゞレ'                                     可能ですか?
.                  ノ l / l   `フ1 //´  >、:い〔
                  ノ′, zー/ィ</   /⌒\::::ヽ
                  ,イ ノ::'´::rj-ヘ::ヽ、/     Y´      うーん・・・どうしようか・・・>やる
                   / i ハ::/ ハ、i.::〉/ /   ..:.:i
                 j| //..:/  /.::l`ー'//    ..:.:.:.l
                 /l/ `'′ く:: :| ノ    ..:.:.:.:.:ノ
.


     ____
   /      \
  /         \
/           \   してもいいけど全行動成功率が-10されてたのが-20になるお。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/     ええっ!?何でですか?>セ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

434SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:01:28 ID:XSUfYMyM0

         ____
       /     \
.    /       \    だって、そもそも【二刀流】自体がやる夫的にあまり好ましくないスキルなんだお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \    それに女性の筋力では二本の刀を殺人レベルで振り回そうってのが無理な話であって・・・
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    分かりました。じゃあ今までと同じ脇差にしときます。>セ
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ    そうしてくれるとありがたいお。



             / ̄ ≧ー―― 、    / ̄⌒`ヽ
          fヘ ̄ノ ´    >    > 、;/⌒⌒´\l
        /|/´ /   .,          \      l
       〈 /   :/    /            ト、
       .∧/   :/   ./      /   ハ    ヽ
      / i   /   ./   :/ / /  ./j :|   ハ
      入レ ヘ :/   ./_ ,ノノ ノ :/./ j .j  .l   l
     / .:l  _/   .//ソノ`タ丿 :ソノ ./ イ  j :l :|   それでは、これが私の持ち物です。
     \ _|,/ l   《フ≡ヲ乂 ./.ノソ  / イ  / /|ヽゝ
     (ヽ :〈 H    代心ノ  `   /√`代 ,イ イ ノ     持ち物 携帯、財布、バイクのキー、日本刀(1D10+2+db)、脇差(1D8+db)
      >ト、.|   :| ゝ゚-       と壬レタ ノノノ          防刃ベスト、ノーリンコT-54(1D8 残弾数8)、コンバットナイフ×2(1D4+2+db)
     /:::/.:.:|ソ   |.:|         /じ.ノ 》/j/|´
     //.:.:/l:.|.|  |.:|        :i  ヽ"〈 /   |          えらい攻撃的なこと以外はOKだお。>やる
     \.:.:.:」.|:.|.|  :| |.    √`>   ゙゙゙ /  l :|
     /:.:.:.:| |:.V、 | |      ´    .ノ|   | :|           じゃあ、次は俺が行くだろ。>やら
  / ̄ ̄ ̄l⌒\ヽ |ヾ. \_     <  .j   j :|
 /      .\  \ヽ   /         .l  ノ|ノ
./         \  >-仆-、      .| ノ ソ
l          .| 、   ハ  .〉、_____レ

435SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:01:57 ID:XSUfYMyM0

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |    まぁ、こんなところかな。
     r-ヽ         |
     (三) |        |    持ち物 携帯、財布、防刃ベスト、コンバットナイフ×4、車のキー、鍵開け道具
     > ノ       /
    /  / ヽ     /       ん?見慣れないものがあるお?>やる
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )       ああ、今から説明する。
       |\   /|
       |  \_/ |



.      / ̄ ̄\
     /ノ  ヽ、_  \
.     (●)(● )   |    まず車のキーについてだが、今回俺は車に乗ってルルーシュの所に向かう。
.    (人__)      |
      |⌒´      |    なんでだお?>やる
.       |        /
.      ヽ      /     今回ばかりは893に頼んだら抗争起きそうだし、それにNPCに活躍されるのが嫌ということになった。
.      ヽ.     /
        ,-‐)__, /⌒l     成程。>やる
.     /;─ー〉》 /l
.     (_ンー‐-,r'´ . |
      |      |

436SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:02:27 ID:XSUfYMyM0

        ____
      /      \
     /  ─    ─\    じゃあ、鍵開け道具は?
   /    (●)  (一) \
   |       (__人__)    |   それは秘密ということじゃダメか?>やら
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く     いや、別にいいお
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)      GMとしても何仕掛けてくるか分からない方が面白いし。
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト    じゃあ、最後は私だな。
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    持ち物 財布、携帯、手錠、uspのマガジン9、防刃ベスト
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /           H&K-USP×2(残弾数15発)、特殊警棒(1D6+db)
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l            ん?マガジン9個もあったかお?>やる
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl           前回桂邸でゲットした分を持ってきてくれるそうだから、
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l             私の分は持ってこなくても言いそうだ。
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\

437SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:02:57 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \
  /         \   ああ、成程。
/           \   だから弾数もリロードされてるのかお。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    そういうことだ、ついでに一つ言っておくぞ。>バ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      何だお?
  \ /___ /



                         へ
                    / 〉  爪⌒ヽ__ /`ヽ
         ィ仁二ニ⌒ヽ、 /  /  /     V//i   \
        ./      >/   {   { ,イ l从〃:,:.}     \
     /       V /     |  从ハ | `¨¨´| } l    \
  ,r<           / /     | /ニニニ从{    |∧从   `ヽ
  /           小/イ      | 小二二二ニヽ  |' 〉小  圦     今回私は【89式5.56mm小銃】とそのマガジンを持ち出す。
 ,          ハ   |      ル 仁三三ミ   ニニ⌒|ハ  小 \_
           { ', 斗  ト {  Y艾。 寸气   {.>示y从 .ルハ
           i   小.  | {代 ≧三二ニ=   \゚ーく { ,小ハl     はぁっ!?>やる
               ∨二|込 {从  {ニニニニニテ     ノ   V ル' }
              V {「込|    \ 辷===Y    ´ ′   !il|       持ち運びは大きいバッグにでも纏めて入れるさ。
             圦ヽ. |    |  マニニ込 ー====ァ   川
                人 \_!     l   )ニニ圦   ゙゙゙゙    小|        持ち運びはいいとしてもビル内でそんなもん発砲すんのかお?>やる
              \ |    ハ  `ヾミ{       / 从
          |    |   |     ≧:.:......        /   ',        まぁ保険としてさ。あっアイツ等には言わないでおいてくれ。
          |    |: . |       ', \:.:.:`.:.:.:ー--イ       ',                      宛にされてゴリ押しになったんでは面白くないから。
          l    |: . |       ',  \:.:.:.:.:.:.:.:/ V      ',
           |    | ィニ|        ',       ハ  V     ',

438SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:03:29 ID:XSUfYMyM0

          ____
         /      \
        /        \    別に構わんけどバレた時は知らんお?
      /) ノ '  ヽ、       \
    / .イ(ー) (ー) u     |   ああ、構わん。だから警察手帳も置いてきている。>バ
    /,'才.ミ) (__人__)       /
   .| ≧シ' ` ⌒´        <     何の意味があるんだおそれ。
  /  /                ヽ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    取り敢えず一応決まったことだし再開するお。
|       (__人__)    |    時刻は午前10時30分場所はルルーシュの診療所で情報交換が終わったところだお。
./     ∩ノ ⊃  /     
(  \ / _ノ |  |       了解。>四人
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

439SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:03:57 ID:XSUfYMyM0

.;;;:'; ,..,.|;:;::;:.:.:||.:/    | .::.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.;:;:;:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:
,.;ik;:;:;ヽ|;:;::;:.:.:|l;   /| |.::.:.:<〔←[診療所 ギアス]〕::.:.:i.:.:..:.:...:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:
,.;il;l;:;.;;、i ̄ ̄lii ./  | | .::.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.;:;:;:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:
"il;l;".;; ,.l__il .:.|  .::| |.:.:. .i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| i;:;: .:.;.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:i;:;:.:.:.:.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.:.:.     〜診療所・ギアス前〜
"il;l;.'" ,|   |l |  .::| | .::.|   .::.: .: .::.::,::|;:;: : ;.i:.|        .|;:;: : ;.i |   .::.: .: .::.::,::|.:.:.
"li;l;.'" ,|   |i |ll  .::| |.:.:. .|        :| i;:;: .:.;.|   .: .:.::.:...:..: |:i;:;:.:.:.:.|        :|.:.:.
"li;l;.'" ,|;:;::;;;:;.|; |.  .:| |.::.:. |_______| : ;:;:.:l;;l___________,i : ;:;:.:l;;i___________,i.:.:i
/|'' ̄   ̄ ̄\|.:.: ... | | .;:;;::;:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.;;.;;:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i:.:..:.:.┌┐ .:i.:.
/:.:.:.:.:.: . ... ..::.: \.:.:. | |.::.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:______..:.:.:i [IIIIIIIIIIIII]:i.
:.:.:.:.   。: . ...,.::.: \,| | .::.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:. | ̄\      \:.: 〕゚l  l゚〔..:.
: .. ... .:.   :.: . ...。. .\|;:_;:;__.;;:;:_;:;__.;;:;:_;:;__.;;:___.;;:;:_;:;_|  ;;..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_.;|二二二|;;_
:,.,;:.,;:.  .....          ...::.,;     .;,.:;.,;,.: ::;;,.,:, |;;_;;|;;____,,;;;::|..::〕゚l  l゚〔::
     ....   ''""'' ""'' ....  ..;::.:.:.,;:.:.  .......           ...   ;,,..:.: ` ̄ ̄ ̄´
 :;,.,;:., :,;:,.:.:,     ...   ;,:.:,.; .....  :,..:.,:;     ''""   :,;;,:.:....::,.:   ....    "''   ..
.:.:..:.;:.;;      .....    ::;;,.,:,   ....     .;,,:,.;:,.,  .;.:;,.;,;,  ...    ,.,;:,.,;,:,    .....



              _, -''´::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'ー-、
          _, - ' ´:::::::::::::::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /::::::::::::./::::::::.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
.        /::::::::::::::i:::::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
       ノ::/:::::::::::::|::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /人:l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|`ヾ
   ─-=彡 /::::/:::::::::レ':::::/:::イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.://  |ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|      「じゃあ、これで情報交換は終わりだ。
       /:.::/:::::::::::|l:::::/:/ |::ィ:.:.:.:.:.:/:∠__||L`ソ:.:.:.:.:.:.:.:.|          じゃあいよいよ本題に入るとしよう。」
.      /:.::/|::::i:::.:.:.|:./:/_ハ:.:.:.:./ノ/ ,__」L_,ノ/:.:.:.:.:/:.ハ
      |:.:/ .|:::::ト::::::V:/- -x |:.:.:.:/ / -ィテ芯フ./i:.:.:.:./i:.:.|
      |/  |:::::ハ:::::::Kィテ=斗::://  `┴ ナ //:.:/j ト、_       「全く、朝早すぎるだろ。」>やら
      |   .|:::::/:ヾ::::::\ゞ≧V .|        .//-'`/:.:.|
         |:::::ハ::::::\::::ヽ   ヽ      /  r-'´:::ハi 
         ヽ::| ヾ::::i::::ト:ミ=-   _ _      /l:.:l:.:.::.ト
           \ |:::ト:::;Vハ、   ー - ̄  //:.l:.:.:.:ヽ
            ヽ:\::V::/:.> 、    / 彡'フ::::.:.:.ミ、_ _
               >/::ナヾ:::ヽ- イ_ / ノ人/\ー'
                  //  ソ:::i ̄ ̄|    /  / ̄ ̄ ̄フ──
                  -=/ ̄|__|/ /  //      // ̄ ̄
                   ノ r'´ ̄ ̄ V'   .//    //

440SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:04:27 ID:XSUfYMyM0

               ,‐=── - 、_
           , ‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、___
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:.< ̄
      /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:.:\:.:\`ヽ
      /:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.ノ:.:.:.:ト:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:ヽ`ーヽ          「まぁ、そう言うな
      |:.|:.:.:/:.:.:.:./:.:./:.|:.:.:.:.|:.:.\:\:.:.:.:.\:.:.\:.\ `             この話を聞けば目も覚めるさ。」
      }:.|:.:/:.:.:.:./:.:/:.|:.|:.:.:.ノ\\\:.ヽr‐、:.:ヽヾ`、:.\ー==ニ二=-、
     //:.|/|:.:.:.:./://|:|///戈ヽl|:.:.|:.:.} /─‐=≠ ̄ : : : : : : : : : : ヽヽ
    ///l:.:.l:.:.:./:// l:.| //ヒ 丈|r──= ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ     「私は充分覚めてますけどね。」>バ
   /// |:.:|:.//≧、 l:| ノ ` ̄ ´// ̄__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   ノ´  |l:.:lヽヽ:.lゝ'}リ    ∠-‐ソ廾ー、`、 : : : ノ: : : : : : : : : : : : : /        「単刀直入に言うがこれから【ヴードゥー教】の本部に行こうと思う。」
       ||:.| ヽヽヽ < ___,..-  ノ//ノ ノ : /: : : : : : : : : : : : /
.       リ  ヾ\\`ヽ、   /∠ ///-=ー-: : : : : : : :/
            ``ヽ_`ニ-‐ ┴ー、: : : : : : : : : : : : : : : : :/      ___
    - 、___ -─= ̄: :r´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <´_....--‐: : ̄: : : : : :
     \: : _: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : : : : : : : _ ,-────: : ̄



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)     「お前、気は確かか?
           | U  (___人__)        そんな所に行って無事で済むわけないだろ。」
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_     「誰も正面切って挑むなんて一言も言ってはいない。」>ル
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |     「いや、それにしたってだな・・・」
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,

441SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:04:57 ID:XSUfYMyM0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「まぁ、とりあえず最後まで話を聞こうじゃないか。」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′    「そうしていただけると助かりますね。」>ル
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |       「わ、分かっただろ。」>やら
                       /  :|  ||     っ / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |



 //: : : :/ /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、.     | \
 |' : : : : : / /     /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:./ :.:.:.:/:./:i:.:.:l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ     | r、\
 |: : : : : / /     /:/:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.: / :.:.:./:.:/ :.:l:.:.:!:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:',    l |: :ヽ
 |: : : : : | l    .':./:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.: / :.:/:.:/: .:.:.:.:l:.:.ハ:.{ :.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.'.    .} !: : :
 |: : : : : l l     l:.:l:.:.l:.:.:.:.:l :.:./:. :/ .:.//:.:/:.: .:.:.:.:./:/ |:| :.:.:.:.l:.:.:.|:l:.:.:.:!    | |: : :    「確かに、やらない夫の言ったとおり
 l: : : : : l l    |:.:l:.:.l:.:.:.:.:| :/: .:/7:.//:./:. :.:.:.:.:/:/ _.l:l:. .:.:.:.}:.:.:l.l:.:ト.:|    | |: : :      正面突破を仕掛けても通報されるか返り討ちにあうだけだろう。」
 |: : : : : | l    |:.|.l:.l:.:.:.:.:l:/:.:∠/://:./:. :.:.:.:.:/://_=l:lヽ :/:.:./:.l:.| l:l   │ |: : :
 ',: : : : : | l    },|:|:.|:.:rl:.:|:.:仆z、/_7/: .:.:.:.:./イ彡'ゥ=弋7,':.:./:.:.:l:.| }! __ | |: : :     「だから俺は四人を役割別に分けたいと思う。」
  '、: : : :.l l ̄ ̄ノ`l:l:.ト,:l l:.:l:.ト戈沙トォ: .:.:.:///ノ、::::::ノ_イ:.:./}:.:.,'}ノ リ‐´  l l: : :
  ∨: : : l l     |!':l ヽヽ:l:l`¨/ ̄i| }:./ ',  /   ̄ ̄ /:.:.//:.//      } }: : :
   ∨: : : l !     ヽ ヽ:トヽ、   ノ´  l       /:.:/-':ノ         / /: : :       「そ、その役割とは?」>バ
   ∨: : :ヽ ヽ       }:.:.lヽ      i}      //:.i:.:'         / /: : : :/
    ヽ: : : :ヽ ヽ       ノイハ:.:.\ 丶 ____,ノ /イ:./リ:{        / /: : : :/
     ヽ: : : : ヽヽ     / |:ト,:.:l` 、 ` ニニニ ' /|:.:|/  `       / /: : : :./
      ヽ: : : : ヽヽ      仆(`‐、_>、  , イ-‐´}¨〕_        //: : : :/
          \: : : :\\_/`‐lヽ \_r-、‐`´二-、/  / >-、_ //: : : :/

442SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:05:30 ID:XSUfYMyM0

                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\       「役割を言う前にする事を言っておこうか。
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\        まず、一人が正面から適当な理由で訪問する。
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ       次に裏口から二人が殺し合いを想定した装備で潜入する。」
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :     「あと一人はどうするんだ?」>セ
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :      「車で待機して居て正面から行った奴が
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.        1時間で戻ってこなかったら警察に電話だな。」
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
        \\\ : : : : : : : : : { / / / /  / |-‐ //::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//      「裏口から入った奴らはどうなる?」
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |    「その二人は1時間以内で何かしら見つけるなりして帰ってこなくてはならない。」>ル
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |
                          |  ||     っ / |   i|     「かなり、と言うかほぼ無謀じゃないですか?」>バ
                          ∧ |! > __/  ;  リ
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

443SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:05:57 ID:XSUfYMyM0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    「お前の言いたいことは分かった。
  |     (__人__)      しかし1時間は短いと思うせめて1時間30分じゃダメか?」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    「良いんだが・・・通報する頃には死んでるという可能性がより高くなるぞ?」>ル
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      「今更だが結局そこに行き着くだろ・・・
''"::l:::::::/    __人〉         果たしてキルオとの約束は命を懸けてまで守らなくてはならない様な物なのかってな。」
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗<メく/ .:/ |ノ斗/j//     「その話こそ今更だな。
                        VY´|  iィ'"´``ヾ:/  ィ⌒イ彡′       それに少なくとも私はあんな奴なんか関係なく叩き潰す気でいるさ。」
                           ヘト ,|  ||          /  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||    V...7 / |   i|       「そういうことだ。
                         // /∧ |! > __/  ;  リ          ここまで関わって今更引くことなどできん。」>ル
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、          「そうですね。」>バ
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |        「まぁそうなるか・・・」>やら
                 l      j'////////∧    l ::::::', ∨/ハ、|
             l      ハ/////////∧.  l:::::::::'、!///,\
                l      ,/////////////\ l:::::::: i !'////ハ
.               l        }///////////////\::::::: |///////}
             ,       i/{゙///////////////,\::////////
                ′ :.    |'/\/////////////O}//////
              .′ :.     ハ///`>─//////////j////イ

444名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 22:06:15 ID:yDXa/Kh60
戦闘多めに工夫したシナリオだけど、ごり押しや火力特化を案外嫌がったりするものなんだ。
ちょっと意外。

>以後この様な事がないようにしていきたい限りです。
むしろ読者としては不意でもなんでも投下は歓迎ではあるんですが。

445SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:06:28 ID:XSUfYMyM0

            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }    「それで、どう動くかは分かりましたが
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l          結局誰がどの役割で動くんですか?」
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |      「それは今から決めようか。」>ル
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、     と言う訳で決める時間が欲しいんだが。>ル
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i     OKだお。>やる
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ




        , ‐=   ̄^f⌒x- 、
      /           >y_
  /⌒`ゝ         \ヽ ヽ)
 ノ  ./             :\ ハ〉
   //    i   j  ト    い 彡|`)   結局この中ではどれが一番危険なんでしょう?
   .)´     ハ   j  ハ  ,   i _ |〈
   i    i / 、  ノキヲ ∨j   | jノ     やっぱり一人で正面切るやつじゃないかな?>ル
   |    ハフ二'、ノ 彡毛~》|  :|`iイ:.\
   |人  升弋゙t ´ l   乂uシj  :レ /:.〉、:)    裏口二人も囲まれたりしたら危険だろ。>やら
      ゝ 乂u'       j   i /.:.l:ヘ_/
    /  |〃        ノ  人l.:.:/|:.:.:ヽ     車だっていつ路上駐車で引っ張られるかわからんしな。>バ
   .l イ  .> ......  ヽ.....::´(,/_   ̄ .{.:.:.:.」
    ソ \/ ,  へ_ノ゙ ̄ゝ´  ヽ
       /  ,\ハノ /    |           どれもある程度は危険ですね。
       j  ;, {彡ミ:」 ヽ     〉
       }  ゝ /:l|.:.:ゝ/   ソ^
       i  ト ⌒´/  ./ i
       j  .| ./  /  .〈
       >‐Y ヽ_ノ三三彡シヽ

446SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:06:56 ID:XSUfYMyM0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|     俺は、一人で正面切って挑む役を志願するけどな。
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l       おいおい、正気か?
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l         戦闘技能もないのに。>やら
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、        いや、この役に戦闘は必要ない
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ           いかに上手い事相手の気を引くかだ。
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:. 



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)    ああ、あくまで時間稼ぎを優先するってことか。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃   ああ、襲ってこられたとしても車待機の奴に筒抜けになるように電話をかけっぱなしにしとけばいいかなって。>ル
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉     ああ、なるほど。
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )

447SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:07:27 ID:XSUfYMyM0

        , ‐=   ̄^f⌒x- 、
      /           >y_
  /⌒`ゝ         \ヽ ヽ)
 ノ  ./             :\ ハ〉
   //    i   j  ト    い 彡|`)     電話をかけっぱなしにするならICレコーダーいりますか?
   .)´     ハ   j  ハ  ,   i _ |〈
   i    i / 、  ノキヲ ∨j   | jノ      一応こちらも証拠になるかなって。>ル
   |    ハフ二'、ノ 彡毛~》|  :|`iイ:.\
   |人  升弋゙t ´ l   乂uシj  :レ /:.〉、:)     まぁ、別にいいですけど。
      ゝ 乂u'       j   i /.:.l:ヘ_/
    /  |〃        ノ  人l.:.:/|:.:.:ヽ      じゃあ、正面は俺でいいか?>ル
   .l イ  .> ......  ヽ.....::´(,/_   ̄ .{.:.:.:.」
    ソ \/ ,  へ_ノ゙ ̄ゝ´  ヽ
       /  ,\ハノ /    |           私は別にいいですよ。
       j  ;, {彡ミ:」 ヽ     〉
       }  ゝ /:l|.:.:ゝ/   ソ^
       i  ト ⌒´/  ./ i
       j  .| ./  /  .〈
       >‐Y ヽ_ノ三三彡シヽ



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉    私もいいと思うぞ。
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/      私は裏から突入する役がいいな。
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ       あっ、私もそれがいいですね。>セ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!           おいおい、俺もそれがいいだろ。>やら
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l           危険な役なんだから少しは躊躇しろよ。>ル
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\

448SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:07:57 ID:XSUfYMyM0

   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )
 .|       (__人)    て言ってもな、俺もそろそろ大暴れしたいんだよ。
  |         rつ
  .|        ((三)    私とやらない夫は結構してたような・・・>セ
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨    そうだぞ、だから私は決定にしてくれ。>バ
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)    そうはいかないだろ。
  |\  ''  /|
  |  \_/  |



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}     じゃあここはルルーシュに決めてもらうか。>バ
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l     いいですね、そうしましょう。>セ
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{      ん?俺が決めていいのか。
     |::リヽ _    //://::l::/            だったら・・・セイバーとやらない夫だな。
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'            よっしゃあああっ!!>やら
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\              はぁっ?なんでだ?>バ
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :

449SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:08:28 ID:XSUfYMyM0

                 _ . -…: : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              //: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: :/ : : : : : : : : : : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : ::i: : i
           /: :,′:: : : /:: : : : : : : /.: : : : : : : :i: : : : :!: : i!: : l    当たり前だ、お前の武器ではどうしても銃声が鳴る。
         /{: ,': : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : :i!: : : : |: : i!: ハ    それでは一発でバレてしまうからな。
           |!;: : : : : ///f/:/:/ :/ :∧: : : : : : i|: : : :ト|: : :}: : ::l    更にさっきやる夫に耳打ちしたところを見ると、
           |l |: : : : {{,、_::{/:/: ://  \ : : ::;′: :j!リ: : :|: ;ヘ}    そろそろアサルトライフルを持ち出してるかしてるだろうしな。
           {: j: : : :;{杙ハ|/// ム斗=≠≧/: : : /ヽ: : : :|/
           ノ: : : :∧`¨゙|/  ´ ‐弋ーツノ/ : : / ノ: : : :ト、         くっ!なぜバレた・・・>バ
            ∠_: :乂: :八  ノ    `¨ ̄´/ : : //: : : : }i|
             イ ,-\ヽ       /:_:/  j!: : : : 八_,         顔に出すぎだ。
              /三三\丶._     /   ノト、:У
             ハ /三三三ニ\__. イ. :    ム」ヾ
           //iニニニニ∧ニニ三|\─===ニニ∧
         /r二|ニニニ/∧∨ニ/,|ニ}.}二二二ニニ∧
        /ニニニニニ=//0∧∨//二}.} ,r=〈〉=.、二二∧
       /ニニニニニニ//ニニ∧/ニ//((⌒鄴⌒))二ニニ∧
      /ニニニニニニ=//二二ニニニ//ニ .、_∨__,ニニニニニl!



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ     じゃあ、私は車で大人しく待機か・・・
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \     まぁそうなるな。まぁ次の白陀ビルの時にでも暴れてくれ。>ル
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ     しゃーないな。
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/      それじゃあ、この役割分担で行こうか。>ル
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

450SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:08:57 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     おっ?決まったのかお
/    (●)  (●) \       じゃあ再開するとするお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ああ、OKだ。>ル
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



              _, -''´::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'ー-、
          _, - ' ´:::::::::::::::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /::::::::::::./::::::::.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
.        /::::::::::::::i:::::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
       ノ::/:::::::::::::|::.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /人:l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|`ヾ
   ─-=彡 /::::/:::::::::レ':::::/:::イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.://  |ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|
       /:.::/:::::::::::|l:::::/:/ |::ィ:.:.:.:.:.:/:∠__||L`ソ:.:.:.:.:.:.:.:.|     「とりあえずはこの役割で行くとしようか。」
.      /:.::/|::::i:::.:.:.|:./:/_ハ:.:.:.:./ノ/ ,__」L_,ノ/:.:.:.:.:/:.ハ
      |:.:/ .|:::::ト::::::V:/- -x |:.:.:.:/ / -ィテ芯フ./i:.:.:.:./i:.:.|      「ホントにやるんですか・・・」>バ
      |/  |:::::ハ:::::::Kィテ=斗::://  `┴ ナ //:.:/j ト、_
      |   .|:::::/:ヾ::::::\ゞ≧V .|        .//-'`/:.:.|       「もう後には引けないだろ。」>やら
         |:::::ハ::::::\::::ヽ   ヽ      /  r-'´:::ハi
         ヽ::| ヾ::::i::::ト:ミ=-   _ _      /l:.:l:.:.::.ト        「まぁそういうことだ。」
           \ |:::ト:::;Vハ、   ー - ̄  //:.l:.:.:.:ヽ
            ヽ:\::V::/:.> 、    / 彡'フ::::.:.:.ミ、_ _
               >/::ナヾ:::ヽ- イ_ / ノ人/\ー'
                  //  ソ:::i ̄ ̄|    /  / ̄ ̄ ̄フ──
                  -=/ ̄|__|/ /  //      // ̄ ̄
                   ノ r'´ ̄ ̄ V'   .//    //

451SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:09:29 ID:XSUfYMyM0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//     「それで、このまま直ぐに行くのか?」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |       「まずは【キルオ】に一通り情報を伝えたいのですが・・・」>ル
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|       「ああ、もしかしたら協力をしてくれるかもしれないという訳か?」
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        「ええ、その通りです。」>ル
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !



               ,‐=── - 、_
           , ‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、___
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:.< ̄
      /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:.:\:.:\`ヽ        「それでは、行くとしましょうか。」
      /:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.ノ:.:.:.:ト:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:ヽ`ーヽ
      |:.|:.:.:/:.:.:.:./:.:./:.|:.:.:.:.|:.:.\:\:.:.:.:.\:.:.\:.\ `              「はぁ、いよいよですか・・」>バ
      }:.|:.:/:.:.:.:./:.:/:.|:.|:.:.:.ノ\\\:.ヽr‐、:.:ヽヾ`、:.\ー==ニ二=-、
     //:.|/|:.:.:.:./://|:|///戈ヽl|:.:.|:.:.} /─‐=≠ ̄ : : : : : : : : : : ヽヽ     で、何で行くんだお?>やる
    ///l:.:.l:.:.:./:// l:.| //ヒ 丈|r──= ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ
   /// |:.:|:.//≧、 l:| ノ ` ̄ ´// ̄__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /     取り敢えず青山霊園にやらない夫の車で行こう。>ル
   ノ´  |l:.:lヽヽ:.lゝ'}リ    ∠-‐ソ廾ー、`、 : : : ノ: : : : : : : : : : : : : /
       ||:.| ヽヽヽ < ___,..-  ノ//ノ ノ : /: : : : : : : : : : : : /         了解だお。>やる
.       リ  ヾ\\`ヽ、   /∠ ///-=ー-: : : : : : : :/
            ``ヽ_`ニ-‐ ┴ー、: : : : : : : : : : : : : : : : :/      ___
    - 、___ -─= ̄: :r´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <´_....--‐: : ̄: : : : : :

452SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:09:57 ID:XSUfYMyM0

.      / ̄ ̄\
     /ノ  ヽ、_  \
.     (●)(● )   |
.    (人__)      |     あれ?【運転】は振らなくて良いのか?
      |⌒´      |
.       |        /      別に構わないお
.      ヽ      /        ただ運転して行くだけだし。>やる
.      ヽ.     /
        ,-‐)__, /⌒l       それはありがたい。
.     /;─ー〉》 /l
.     (_ンー‐-,r'´ . | 
      |      |



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\      それでは、午前11時頃一行は【青山霊園】前に到着するお。
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \      では全員【目星】-10で振ってくれお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |     あ、これは何かありますね。>セ
     /           l、E ノ
   /            | |     まぁ振るとしようぜ。>やら
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

453SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:10:27 ID:XSUfYMyM0

         ,. ´:: :: :: :: :: `ヽ、
       /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`丶、
     ,. ´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :' 1
     !:: :: :i:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|!: :: :: :: |          [やらない夫の【目星】(25-10)=46 失敗]
      |:: :: :j:: :: :: :: :: :: ィ:: :: :: :/,」L: ::!:: ::|          [ルルーシュの【目星】(25-10)=75 失敗]
     !:: :: :!:: :: !:: :: /:≠:!:: : /レ' ,、!:/ :..::|
      |:: ::_,|:: ::..!::/!/_V1:::/ イr7j1::/ヾ! / ̄ ̄\
      Ⅳl ヘ:: :: 1f卞イハ`!/  ヒり!::l/ ../   _ノ  \      あちゃー・・・・
     !ヘ::\!:: :: '.弋tり   、  j:/!  |    ( ⌒)(⌒)
       !ヘrヘ:: :!ヘ   __,. _/     .|  u  (__人__)      やらかしただろ・・・
          >ヘ>r -イ        .|      |r┬|
          ! 、  Y- ,、 \       .|      | | |}
            j /   !  !Y__/、       .ヽ     `ニ}
         / / !__,.rュ=キ'_,ノ !      .ヽ     ノ        はい次女性陣。>やる
        とソ∠ _ '_/! |       /    く  \
         (___ _!Zz、ト、'ヘ、    ..|     \   \
               `¨´ `ー '     |    |ヽ、二⌒)、



             _,,. -─- .== -,..-‐、             .__/ ̄ ̄ヽ
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ        _ィ´  /  ̄\
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }      .ノ //   /  ヽ           ああーマイナスがなければ・・・
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ       .「/イ  レレレレハ  ハ
        {イ /!仏\    /  リi //    |     〈j | ┝━  ━Vレ′   ビシ!
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |    .〈j | ⊂⊃   ⊂⊃           おおおおあぶねっ!
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |     .乂!  | (__人_ノ }rー‐ァ
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |     ./  ヽV` ー ‐イ´ /  [セイバーの【目星】(65-10)=64 失敗]
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |    ん〜イ / ^Yレ'´   /    [バラライカの【目星】(45-10)=94 失敗]
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |        ./ /公〉   Y´
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |       (⌒ヽ_´__丿

454SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:10:57 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \
  /         \       じゃ、じゃあこうなるお。
/           \     (うわぁ・・・まさかの全員失敗かおマイナスしなければよかったお・・・。)
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |        やな予感しかしないな・・・>ル
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     ちょっと待て、これは車の中からってことだよな?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     そうだお。>やる
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      じゃあ、誰も降りてないんだよな?
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\     そういうことになるお。>やる
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

455SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:11:27 ID:XSUfYMyM0

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |     じゃあ、俺らはセイバーからあらかじめ警察がいるかもしれないという情報をもらってるよな?
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |     まぁ情報交換してるだろうし。>やる
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /      しまったっ、警察を忘れていた。>ル
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )     じゃあ俺だけ降りるだろ。
      . |\    ,.1        ドライバー以外の窓は外から中が見えないやつってことにはできないか?
      . |  \_/...|



      ____
     /\  /\    【幸運】に成功したらOKだお。
   /( ●)  (●)\ 
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   よし、何とか成功しなくてはな・・・>やら
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

456SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:11:57 ID:XSUfYMyM0

         / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |    [やらない夫の【幸運】(90)→75 成功]
.      |  (__人__) .|
       |  . '´n`'  .ノ     よし、これで何とかなるかもしれないな。
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ       ではやらない夫の車はスモークフィルムがしてあったってことで。>やる
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \        しゃっ、じゃあRPに戻るぜ。
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |     「そういえば警察がいるんだっけ・・・
               (__人___)     |            ちょっと俺が降りてみてくるだろ。」
                    '、        |
                |       |       「ああ、そういえばそうだったな頼む。」>セ
               | ,     /_.{
               `ァニニ<//〉、__ __      「ええ、同僚に見つかったらヤバイですっ!」>バ
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶   .Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : } . | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|  . ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'    |_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ

457SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:12:27 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \    それじゃあ、やらない夫は再度【目星】で振ってくれお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   マイナスはないのか?>やら
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    ああ、ないお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、     [やらない夫の【目星】(25)→80 失敗]
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/      では何も気づかず進んでいくお。>やる
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ       これはまずい。>やら
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ       「うーん、特に誰もいないな
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、            俺の考えすぎだったか?」
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}     
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

458SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:12:58 ID:XSUfYMyM0

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \    ではある程度車から離れもう引き返そうと思ったやらない夫に声がかけられるお。
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |    やっぱ来ただろ。>やら
   \    ` ⌒´    /
   /              \



              _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|      `ミ::::::::::::∧
                 /::::::/ :::::: /:::i:::::|        ミ:::::::::::ハ
             /::::::/::::::::./::::::|:::::|        `Y:::::::::/
               /:::/!::!::::ハ!ハ!八i-ミ  ゝ=--―_ }:::::::/
.              //  |:从:{ <Tァ:::トミ、ヽ  /rfァ::T >}:ィ' l     「あっ、すいません少々お話伺っても宜しいでしょうか?」
              ′   iハハ  ` ̄   ::l      ̄´''7ノ/
                    i  ! i       ::       ムイ      そこには警察の制服を着た若い男が立っていたお。>やる
                  ヘ      :{ .       /
                   ヽ   _,.. ..._   , i         やはりか。>やら
                   ,r| \   '''  / !_
                   l <!  ` 、__ ィ   |〉 !
                  ノl \       .ノ ヘ          「はい、何でしょうか?」>やら
                ,..ィ'    ,...ヽ     r..´     ヽ

459SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:13:27 ID:XSUfYMyM0

                                   ______
                             /.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.\
                            /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:\
                            /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:\
                           /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::..:/.:.:.:..:|'´ ̄ ヾ.:.:.::.:.',
                          /イ:.:.:.:.:.::.:.:./.:.::./|.:.:.:..:.:|    ',.:.:.::.:}
                        /:/|:.:}.:.|:.:./j:.:./__|.:.:.从{      i.:..:./    「先日この辺りである事件が起こりましてね。
                          /イ !:ハ:.:|:/ .|:/   |.:/   ´ ̄ ¨'' }.:./       こうして聞き込みをしてるというわけですが・・・
                          リ .从<弋戈.|/  ィ弋ア> ム′        貴方、こんな朝早くから墓場に一体何の用で?」
                               ハ     :        从
                              ヘ     :、_       小
                                 ヽ    __     /リ       「ちょっと散歩がてら歩いていたんだ。」>やら
                                   |\ ´ こ ` /.:|
                                 ハ  \_  _/. :.:ハ
                             _/ ∨   . : : :.:/  ',__        「散歩?こんな中途半端な時間に?」
                           / |   \  . : /   |  \
                            . ´  |    _Y::Y_    |   `  .
                     .  ´        |  /} / 八 \   |      `  .
                 ,.  ´          j_/マム \//マ7ヽ._|            `   .



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!    お前言うならもっとマシな言い訳言えよ。
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l./――|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l ≡≡ {:/  ≡≡V.:.:∧ ヽ    思いつかなかったんだよ。>やら
               |l.:.`ヽ.:.',      {.    7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、. U   ′  , ′:/       はいはい、言い争いは後にしてくれお。>やる
                 从/ト'、 >    ィ  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{

460SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:13:59 ID:XSUfYMyM0

                       / ̄ ̄ \
                   _ノ  ヽ、_   \
                   (●)(● )   |    「こんな時間って、別にいつしようが俺の勝手だろ?」
                   (__人_)     |
                   '、`⌒ ´   U |     「まぁそなんですがねえ・・・」>刑事
                    |          |
                    |        {      「聞くことが終わったんだったらもう行っていいか?」
                    ヽr`ー- -=´ i、
                 __,. <.ムヽ 、、____/ヽ__      カラカラ「ええ、構いませんよ。
            _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、           ご協力感謝します。」>刑事
           / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:;Λ | : :、 : >、
          丿 : : : : : :i: : : : : : :/ : ∧ |::Λ |\> : : : `,
         . i : : : : : : : :| : : : : : : \ : :.∧ |:::::| | : :ヽ : : : :,i
         . i : : : : : : : :! : : : : : : : : \ : :ヽ|:::::|| : :/ : : : :i :|
         /: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : :\ : '.,:::| : /: : : : :| :i



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    そう言って、刑事は去っていったお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      しかし、これは危ないな。>やら
  \     ` ー'´     /
  /          \       ああ、かなり危ない。>バ
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ    じゃあ俺も早足で車に帰るだろ。>やら
U      ヽ        ノ

461SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:14:29 ID:XSUfYMyM0

                   / ̄ ̄ \
               _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )   |
               (__人_)     |     「ふー、見に行って正解だっただろ。」
                 '、`⌒ ´   U |
                |        |      「やはり居たのか?」>セ
                |        { 
                ヽr`ー- -=´ i、      「ああ、どうやら居るみたいだろ。」
             __,. <.ム- 、、___,/ヽ__
        _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、
       / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:Λ | : :、 : >、
      丿 : : : : : :i: : : : : : :/ :.∧__|::∨\、: : : : :.`,
      i : : : : : : : :| : : : : : :\/ ̄ ∨   /;;ヽ : : : :,i     .Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
        i : : : : : : : :! : : : : : : :/ ´ ̄ヽ_V /;;/;;;;;ヽ : i∧  .| ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
     /: : : : : : : : :| : : : : : :/   ´ ̄V /;;/;( ̄\ :|: ハ   .  ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
    ,' : : : : : : : : :丿 : : : : /    ´ ̄y;/;;;( ̄\ V: :ハ    .|_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ



                  , -‐‐'  ̄ ̄ ̄ ` ー 、
             _ - ' ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       「どうする?【旧初台駅】にも行ってみるか?」>やら
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l    「いや、やめにしておこう。
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|       できれば暗くなる前に決着をつけたいしな。」
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_      「じゃあ、このまま向かうぞ?」>やら
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\    「ああ、頼む。」
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄`
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :

462SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:14:57 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    それでは、午前11時30分一行はヴードゥー教の建物にたどり着くお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   いよいよか・・・>やら
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     ああ、そうだな。>バ
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



           ,. -- -- 、    _____
       /    __ _ X>'´        `丶. __ _
      /    ∠ ..               `ヽ `ヽ
     /    /               し'     Vハ
.        /  /                   }iメ}
       / /    /   /          ヽ   Vハ!
        レ'|     /  / / ヽ \  __ \   _i   }メト.     あっルルーシュっ!
        |     i  /! /   \ ヽ  >-< ヽ  /K 〉      そういえば私達建物の内部全く把握してませんよ!?
        |     /__/_|/ __ ij  \j´r== = .、` V il |
        i   /i / r=== 、     `====''    |  l |     ああ、しまったっ!>ル
        ',.  / レ1  `==='         """  |  i |
          V   |i|  """       _      /!  l.|     お前、ミス多すぎだろ・・・>やら
    /        |i{     r-- -‐‐ ' \  /lル|  ハ!
   /         |iト‐┬‐‐‐ヘ    ___ _X__ メ、| / リ
    ̄ ̄ /        |l|  l|      ̄ ̄lH>ー'.ノ \_〉'
     /        从ノル'       (ノ|  ̄     〉
     ー‐‐┐               |____ _.メJ
          |  /             し'
          レ'

463SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:15:27 ID:XSUfYMyM0

                        . -‐:.:.´ ̄:.:.:`:.丶 、
                     -:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               _  -‐ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.,
            //:.:./: .:./:.:.:. /:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:/:.:./: .:./ :.:./ .:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|::..:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         // :/:.:./ :.:.:/ .:./  :.:..l|ヽヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    ・・・一つ言い訳をさせてくれ。
       / / :.//:/ :.:./ :.:/ .:.:../:| \\:.:.|:.:.:.:..:l:.:.:.:.:.l:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     ,/  / :.//:/ :.:./l :./ .:.:../|:.| __-‐弋ヽ!:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!:.:.l‐、.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l     何だ?>やら
     ´   / :.//./ .:.:./:.! .,' :.:..∠//´l_.=≠才l:.:.:.:.!:.:.:.:.:/:./^、l.:.:.:.:.:.:.:|:.:|
       ,' :./ ,'/ .:.:./.:.:.| .l:.:.:./l //ノ¨|フ:}///.:./:.:.:.:./:./〉//:.:!.:.:.:.:.:l:.:l      俺も一応緊張しているということだ・・・
       |:,' / l :.:./__,|:.l/,イ/´  /´ //:./:.:.:.:./:./_ イ:.:./.:.:.:.:.:|:.:!
       |{  l |:./l  r-|{ /ノ      //:./:.:.:././ / /.イ:.:.:.:.:.:.||.:|
       ヽ、  ヽ | | r:.:./\     //:./:.:./:.:イ ,.  /:/||:.:.:.:.:.:lト、{      あまり言い訳になってないけど過ぎたことだししゃーない。>バ
          /゙ } | |∠__\__ //イ:////  // ||:.:|:.:,'|| `ー
            / / {-------ヽ   /´ ´‐ ´  /´  |l:.:|l:' l|       じゃあ、やる夫建物の内部を見れるか?
           /   く ̄ ̄ ̄/ ̄))_.. イ          |ヽ|| `
          /     `イ ̄ / ^¨,─┴┬─────‐‐`lヽ        いや、常識的に考えて見れるわけないお。>やる
        /         /   { ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       /         /     l : : : | |,-、 〈〉 ,- 、: : : : : : :l
      /       _ ' ´       |: : : :| |⌒))||((⌒: : : : : : : :|



           ,  -―ー- 、
          /        ヽ
          '    ⌒    ⌒  ヽ
         l   (―)  (―)  l     ええーなんでですか?>セ
          {     (__人__)     }
           、.          ノ     当たり前だお。それ教えたら攻略が簡単になってしまうし
     ⊂⌒ヽ  >        </⌒つ    RPG特有の何が出てくるかわからないダンジョンでのドキドキ感が出ないお。
      \ ヽ'          r ' /
        \_, 'l          l、_ノ      まぁ正論だな。>ル
          ノ         l
          l           |       じゃあ、せめて裏口があるか無いかぐらいは分からないんですか?>セ
          弋          ノ
           | /ー ―一、 |
           し       、_,!

464SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:15:59 ID:XSUfYMyM0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\    はあ・・・全くしょうがないお。
    /   ( ―) (―) ヽ     裏口はあるお。これで満足かお?
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<        OK、感謝します。>セ
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|       では少し時間をくれないか?>ル
  {   {         \`7ー┘!



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l     おっやっぱり計画の見直しかお?>やる
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'     いや、大まかな変更はしない。
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l        ちょっと細かいところの打ち合わせぐらいだ。
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{      やる夫は聞いてて良いのかお?>やる
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l         どっちでもかまわん。
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `          じゃあ聞いとくお。>やる
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''

465SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:16:29 ID:XSUfYMyM0

                 _,. -- 、_
            _ -‐: : : : : : : : : :`丶、
          , . : .:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
       , : : .:.:.: .:. : : : .: : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: .:./:./:.:.///: / : : : : : : : : : : :ハ
     /:.:./:./:.:./:.:.///: ://: :.: : : : : : : :. : :. い
   /フ://:.:.':.:./:.;.:.:.;.:/: .:.:.//: : :.: :. : : : : :.: :.:.:. i: '、     それではこれからいよいよ突入するわけだが・・・
  ´/:.//:.://:/:./:.:/:, : .:.:/ィ:| |:.:.:.:.:i: : : .:.:. :i:.:.: ト、ト\       現時点では内部の情報が少なすぎて余りに無謀だがやるしかない。
  l/〃:.:.l:.l:/:./:〃/: :.ィ:/ l/!:|l:.:.:.:.|: : :.:./:/:.:.:. | 丶
  { |l|:.l:.l:.l|:メl:///:.:/ナ=┼l小:.:.://: .:/:/:.:.:.:.!:!         もう覚悟はしているさ。>バ
    lハ:.!:.!:|i小以!:./ノ‐ラ云=ミヘ//: .:/:/:.:.:.:.!:い
    { ぃl:.い.:.l`Ⅳ  ノ匕zj_ ン//:.:.ィ ィ:.:.:.:.:.:|:.l、ヽ       そう言って貰えれば有難い。
       ゝヘトV         //// //:{:.:.:.:、ヽミ 、         じゃあ最終確認だがまず俺が入る。
       rf: : : : ヽ' _    ‐彡' / /イl:小:.、:.ヾ\:\            その10分後に武器を持った二人が裏口を見つけ突入。
      l:{: : : : : ノヘ` =‐- .イ  /|'! j八{:¬i : : : : \           そして俺が入ってから1時間40分後俺が帰らない場合はバラライカが通報。
      ハ: : : : : ノィへ.. ィ入二二 く r=ノ气_): /: : : : : : : \
      {: : : 、: : : : : : : : : ノヘ: \: : ヽヽ ⌒)、( /: : : : : : : : : : ヽ         OK、了解だ。>やら
    _儿: : : \: : : 、: : : : : :\《: __〉〉彡: :〃: : : : : : : : : : : ‘.



            ,   ヘ ̄ ̄`  、_
           / ´ ̄     ̄ ̄`ヽヾ` 、
          /     '´        \ヽ}      それから最後に俺が発砲したら作戦の中止を意味するからな。>ル
          /                ∨ト、
        / /   /    !      ヽ、 YV       OKお前を置いて逃げるさ。>バ
        f / /   / ィ / ハ  / |   、 |  } !)
       l〃/| 〃 {l | ! '. !  、ヽ l !  Y{    よおーし、皆神に祈っておきましょう。
       |{ l ト lL /|!ト、l  ヽ{\ ヽ厶イ  l })
       iハ∧ハNr升≧ォ|ノ ヽヘ ,ィ≦圷! |イ     結局運ゲーかよ。>やら
         \从{{ ト辷'i       ト辷i }}|   Y
         l| ∧ `ー゚      `ー' ハ   |      ダイスが成功するに越したことはないでしょう。
         l| ノハ """   '   """/:!ll  / 
          仆 ヽ、  fこ)   /::、| N、       まぁそうだな。>ル
           l|  l|::::`ゝ、  _,. ヘ-、:::! 仆::〉
           lト、 j|__//}  ̄   ,ノ  ' | li/
           _ハil|-ァ' { _ <´     |/、':、
         / / |/,ィ-く        , イ  `ー- 、

466SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:16:57 ID:XSUfYMyM0

      ____
     /\  /\     それでは、いよいよ突入だお。
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    OK再開してくれ。>バ
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /



                  /|i三i三i三i三ii]\     /|i三i三i三i三i三i三i]\
                 /i =|        |二|   \ /|二|      |二|     .|   \
                /: |二|        |二|    /  |二|      |二|     .|  |ミ|\     〜ヴードゥー教日本支部〜
             ./    |二|        |二|  /    |二|      |二|     .|  |ミ|  |i\
               /i_________|二|____|二|/___|二|___|二|_______|  |ミ|.|ii.|i  |
          /|        |二|        |二|        |二|      |二|     .| ヽ |ミ| '' |i  |
         /i =|        |二|        |二|        |二|      |二|     .|  ヽ、....|i  |
         /i |二| __ _ |二| __ _ |二| __ _ |二|      |二|  _. |  |ミ| ヽ  |,.;;:。;:、;
     / .   |ニ| |\| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ|      |二| |\| |  |ミ|  |i  |。;:;ii:;;;:、;____
      |.   |ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ|      |二| |_| |  |ミ|.|ii.|i  | ∠∠∠∠∠∠∠i|
  __|___|二|____|二|____|二|____|二|___|二|_______|  |ミ|___.!_ , ∠∠∠∠/ |
  |        |二|        |二|        |二|        |二|        |二|     .|`゙'' /___/ \∠∠∠/   |
  |        |二|    [二二二二二二]`゙''ー、!.      |二|        |二|     .| : : : | |ii====||^|| ∩ ∩ |    :|
  | __ _ |二| __ ||゙''ー、____||二゙ト-ii __ _ |二| __ _ |二|  _. |  _. | |`゙' -| || ||: : : : : : : |: : : : :|
  | |\| |iヾ||ニ| |\| .||\||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |\| |\||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |\| | | | | |:::: : :| || ||ー----------
  | |_| |_||ニ| |_| .||_||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| | |_| | | _,,.-'.i|| !!
  |        |二|     || _  |二| |:::::::||:: | i二|        |二|        |二|     .|_,,. -‐ー'==-'" .:.::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄... .||-‐''" ̄  ̄ . ||, - '"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:'"':,:'"': ̄,:'"': ̄,:'"'"':   "''   /
  ''"'"' "'''  _,,.-‐''"    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ''"' "' "''  ';.;,,;、.ii:'; ;..;;イ;;  ;,ii.;;:'     /     ..:.:.

467SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:17:27 ID:XSUfYMyM0

               ,‐=── - 、_
           , ‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、___
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.\:.< ̄
      /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:.:\:.:\`ヽ         「では、行ってくる。
      /:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.ノ:.:.:.:ト:.:.\:.:.:.:.\:.:.\:ヽ`ーヽ            各自作戦通りに動いてくれ。」
      |:.|:.:.:/:.:.:.:./:.:./:.|:.:.:.:.|:.:.\:\:.:.:.:.\:.:.\:.\ `
      }:.|:.:/:.:.:.:./:.:/:.|:.|:.:.:.ノ\\\:.ヽr‐、:.:ヽヾ`、:.\ー==ニ二=-、      「じゃあ私たちも探しに行くか裏口。」>セ
     //:.|/|:.:.:.:./://|:|///戈ヽl|:.:.|:.:.} /─‐=≠ ̄ : : : : : : : : : : ヽヽ
    ///l:.:.l:.:.:./:// l:.| //ヒ 丈|r──= ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽヽ     「ああ、行くだろ。」>やら
   /// |:.:|:.//≧、 l:| ノ ` ̄ ´// ̄__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   ノ´  |l:.:lヽヽ:.lゝ'}リ    ∠-‐ソ廾ー、`、 : : : ノ: : : : : : : : : : : : : /
       ||:.| ヽヽヽ < ___,..-  ノ//ノ ノ : /: : : : : : : : : : : : /
.       リ  ヾ\\`ヽ、   /∠ ///-=ー-: : : : : : : :/
            ``ヽ_`ニ-‐ ┴ー、: : : : : : : : : : : : : : : : :/      ___
    - 、___ -─= ̄: :r´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : <´_....--‐: : ̄: : : : : :
     \: : _: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : : : : : : : _ ,-────: : ̄



                 z-へ へ──-、_
              /          ヽ \\
            , '          :  rV/l \\
           /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ
     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ
          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \
          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ     「私は待ってる事しか出来ないが無事に帰ってきてくださいよ。」
          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ
          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/       「ああ、善処しよう。」>ル
          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉
          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !         「じゃあ行くか。」>セ
          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ
          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(
          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \
         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル

468SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:17:57 ID:XSUfYMyM0

:::::::::/::::::::..:::::::/ ..:::::  //::  ...:::     i                 |
::::: /:::::::::::::::::/ ....::::: / /: ....::::   ィ .:∧::    i     : :. :.      |
::::/|:::::::::::::::/....:::::/  /::...:::::::  / .:::/ {j!:..   |   i  .: .::. ..:     |      「ふぅ・・・行くとするか。」
:::ハ::::::::::::,'...::::: /ミメ.,. /...:::::  //...::::/  jハ:.   :|   | .:i j::::::      |
::| ハ:::::::::..:::::: /介汽/:::::::: / /..:/  . .iハ::.  j   ..j ...:|::|:::..   i .ト |
::|  メ::::::::::: .イ _辷ソ}::::/ィ,,,//===ニ= 升::. /  ,;/ .:从!::   .ハ ハ.',       では表のドアを開けようか。>ル
',{  八:::::::::/,ハ  ̄/イ巛//彡zz==t=tuj=ァV:: .:/:  //.::::  ,イ ∧ !ムン ̄
.ヽ   \::::/.∧ / ././    ̄ミミト、弋_少, 》/:: ./:  //.>:: ,, / - ''" ´_ ィ ''""     開けたらもう戻れないお?>やる
ヽ     ヾ{.  '.─/、 .          `ー=-/::. ../ ,, ..- '' ´,,,, ..- '' "´
\\       ',/::::::`ー、_ ___ _ _..ィ─ ''"´,, - ''" ´           ./     覚悟の上さ。>ル
  \\      \:::::::::::::::::::::::::;;;...- '´ _, - '' ´ ̄              /
   \\    / .>、::::::::::::::/ / ̄                    /
    /.ヽハ.   /У .ヽ:::::/ /                   イ.>
.   /∧Vハ!  レ   / /                   /彡く
   | .| .| | ハ /   / /\                   / /   \



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \      それでは、ルルーシュが建物の内部に入ると横の方から声をかけられるお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |      ああ、受付はいるんだな。>ル
     /           l、E ノ
   /            | |      そりゃ表向きは宗教法人だし。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

469SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:18:27 ID:XSUfYMyM0

            rヘ   /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   /::ヽ
           /:::::l /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/:::::::/:\
          i:::::::::/: : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : \::/⌒ヽ
          l:::/: : : : : : : : : /l: : : : : : :lヽ:_: : : : : : : : : : :li: : : :ヽ
          l/: : : : : : -‐‐-/、l: : : : : : l'"ヽ: :  ̄: : : : : : : : :l: : : : :.',
          /l: : : : : : : : : :./  l: : : : : :l   ',: : : : : : : : : : : :l: : : : : :',    「ヴードゥー教日本支部へようこそ
          /:.l: : : : : : : : :./   ',: : : : : l   ',: : : : : : : : : : :li: : : : : :.',         本日はどのようなご用件でしょうか?」
  ヽヽ    /: :.l: : : : : : : :./  - 、\: : : :レ-  ヽ: : : : : : : : : li: : : : : : :.',
        /: : : l: : : : : : :/ /⌒ヽ  ヽ: : l /⌒ヽ\: : : : : : :l.l: : : : : : : :',     「え、えっと・・・入信したくて・・・」>ル
  //    ,': : : : :l: : : : : :ハ        \l      lヽ: : : : :,' l: : : : : : : :.',
       ,': : : : : :l: : : : :,':⊂二⊃   '    ⊂二⊃l: ヽ: : / l: : : : : : : : :',     「新規の方でしたか。
  ヽヽ  i: : : : : : :l: : : :,':::::l      __       /: : :.V  l: : : : : : : : : ',        それでは手続きを行いますので付いてきてください。」
      l: : : : : : : l',: : iヽ::::',     i7   ヽ     /l: : :/   l: : : : : : : : : :.',
.      l: : : : : : : :! ヽ:l ヽ:::lヽ   ヽ    /  / l: :/     l: : : : : : : : : : ',       「あ、はい。」>ル
      l: : : : : : : :l.  `!  i::::l__.> .._ ` ‐ '" /l   l:/       l: : : : : : : : : : :',
     l: : : : : : : : l    l::::::ヽ‐‐、  l ─ '"  l._        l: : : : : : : : : : : ',
.     l: : : : : : : : :!     ̄ ̄ ̄/: : l      ,!: : ヽ         l: : : : : : : : : : : :',



              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|     なんで若干コミュ障入ってるんだお?>やる
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ    いや、何かしら常人と違う点があれば
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|          新宗教を崇めてもおかしくはないかなって。
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `        成程、それじゃそのままついて行くかお?>やる
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー        いや、【目星】を行使してもいいか?
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |

470SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:18:57 ID:XSUfYMyM0

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ      別にいいお。
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |     じゃあ振るとしようか。>ル
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \



      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|     [ルルーシュの【目星】(25)→22 成功]
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l     おっ成功か
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|       じゃあルルーシュはこの建物の見取り図が目に入るお。>やる
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|       これは嬉しいな。>ル
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i        「あっ、これは・・・」
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ      じゃあルルーシュのみこの資料をあげるお。>やる
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_    ああ、分かった。>ル
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

471SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:19:27 ID:XSUfYMyM0

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃         │     │       │     │           .┃
 ┃    A    │     │ .EV.  │    . │    B  .    ┃
 ┃         │      .└───┘     .│           .┃      A、図書室
 ┃──────┘                    └───────┃      B、事務所 
 ┃                                       .┃      C、修練場
 ┃──────┐                               .┃
 ┃         .│                            .. .┃
 ┃          .┌───┘       .└───┐     .┌───┃
 ┃   C     .│                    │     .│ 階  .┃
 ┃          .│    エントランス      .  │     .│    ...┃
 ┃          .│          ホール   .  │     .│ 段 ...┃
 ┃          .│                   │         .┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

472SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:19:57 ID:XSUfYMyM0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ     ふむふむ、成程ね・・・
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      あっルルーシュ裏口どこにありますか?>セ
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州      いや、教えれないんだ。
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、         お前の探索者はこの事を知らないから。
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |     ああ、そうなんですか。>セ
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.



     ____
   /      \
  /  ─    ─\    では、ルルーシュはCの部屋に連れて行かれるお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    OK,誰か付いてくるのか?>ル
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      もちろん、一人説明役みたいなのが居るお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

473SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:20:28 ID:XSUfYMyM0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!     なら、俺の視点は終わって
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|         セイバーとやらない夫に視点を合わせてくれ。
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:| 
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    OK、じゃあセイバーとやらない夫いくお。>やる
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/     了解です。>セ
                 从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{      分かっただろ。>やら
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    で、裏口を探すでいいのかお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ああ、いいだろ。>やら
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     じゃあ、【目星】どうぞ。
  \ /___ /

474SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:20:57 ID:XSUfYMyM0

   / ̄ ̄\             ,. - - 、
 /   __ノ ヽ             〃´⌒V
 |    ( ●) )         .||      /`ヽ ∧            [やらない夫の【目星】(25)=99 ファンブル]
 .|       (__人)          ij __ __  _i   i/  ヽ          [セイバーの【目星】(65)=10 クリティカル]
  |         rつ       . ,  ´         \ /     〉
  .|        ((三)   ./           ヽ   /
  ヽ       ( <   , '              ヽ く/´i         なん・・・だと・・・>二人
   ヽ    /∧ ∨/ /   i、 、 ト、 、ヽーi  V|
   ∠    /⌒ ∧ .レ1 ! i ∧\ \i \ \ー > ´ ヽ
  (  \ /  / ___)...レ'i iN○\i\j ○ \ \Y ー 〈      なん・・・だと・・・>やる
  |\  ''  /|    ../l |,,,.     ,,,,,,  rへ \〜 '
  |  \_/  |     .彡r'^cjゝ.__ __r‐ァ__r'^>`>へ  \



       ____
     /      \     じゃあ、相殺ってことで成功扱いにするお。
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \     あ、はい。>セ
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

475SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:21:27 ID:XSUfYMyM0

         ____
       / \  /\ キリッ
     + / (●)  (●)\
    /   ⌒(__人__)⌒  \ +    では、車を降りて建物の裏に回った二人は
    |               |             割とすぐに裏口らしきドアを見つけることができるお。
     \            /



     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|     〜ヴードゥー教日本支部の裏口〜
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

476SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:21:57 ID:XSUfYMyM0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     「何かすぐに見つかりましたね。」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    「ああ、あっさりだ。」>セ
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉       「ちょっと開いてるか見てきますよ。」
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_      「頼んだ。」>セ
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



               ___
             /      \     で、開いてるのか?
           /⌒   ⌒   \
          /(● ) (● )   ヽ    えーっと・・・カラカラ
            | ⌒(__人__)⌒      |       あいてるお。
         \   `⌒ ´     /
             /             \     OK,ゆっくりと開けてみよう。>やら

477SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:22:27 ID:XSUfYMyM0

: : : :|:i: : :.|ミ||
: : : :|:i: : :.|ミ||
: : : :|:i: : :.|ミ||
: : : :|:i: : :.|ミ||
: : : :|:i: : :.|ミ||ー- 、
: : : :|:i: : :.|ミ||   ヽ
: : : :|:i: : :.|ミ||へノ 、l     「だ、誰もいませんように・・・」
: : : :|:i: : :.|ミ||ヽ′へ
: : : :|:i: : :.|ミ||__ノ ヽ'
: : : :|:i: : :.|ミ|| 、ヽノ      カラカラ。>やる
: : : :|:i: : :.|ミ|| /
: : : :|:i: : :.|ミ||ィヽ_        おい、何のロールだ?>やら
: : : :|:i: : :.|ミ||:::::::::::ヽ
: : : :|:i: : :.|ミ||:::::::::::::::`,     気にするなお。>やる
: : : :|:i: : :.|ミ||:::::::::::::::::}
: : : :|:i: : :.|ミ||:::::::::::::::/
: : : :|:i: : :.|ミ||::::::::::::/       あっ因みにパッと見た感じ中には誰もいないお。>やる
: : : :|:i: : :.|ミ||::::::::::/
: : : :|:i: : :⊂ニ):::/
: : : :|:i: : ⊂ニ):/



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\       「あっセイバーさん中誰もいないですよ。」
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |       「ホントかっ、ならばはやく入ろう。」>セ
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }         「ええ、そうしましょう。」
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

478SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:22:59 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \
  /─    ─  \     で、中はどんな感じですか?>セ
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |    えーっと、本が沢山あってどうやら図書室のようだお。
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )    成程。>セ
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    じゃあ、ここからは普段より声を小さくして喋るだろ。>やら
  |     (__人__) 
   |     `⌒´ノ     ええ、そうしましょう。>セ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃      了解だお。>やる
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉        「では、ここがこの建物のどこに当たるのか地図が欲しいですね。」
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、    「ああ、そうだな。」>セ
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

479SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:23:31 ID:XSUfYMyM0

        ,=二ヽ
      ノ     \;
           >,,    ̄ ̄ ̄= 、
         ./´.           - ヽ
        /                ヾ、
        /  /  / / :/ /       、 ハ
       .イ :/ :/ /ハイ /|  :| :|   | j .:i
       |.|:j___/l /| /|:/ l  :| |   | | .:|    と言う訳で地図が欲しいので【目星】良いですか?
       |.':ヘ壬弋-vヘ:l ,{  |l ト   :|:}..:|
      .|  |'¨たじk ヘ ゝtト=} 、  :lノ :l     見つかるかは知らないけど
      j  :|. 乂t;ノ    .勹幵ij≧\) :|             別にいいお。>やる
      |  :l 〃¨      t_Y;;ノ ´/  ::|
      |. :A    '  〃〃¨ / }   :|     まぁ、成功したら何かしらありそうですし。
      |. :|.:丶   、     ノ-イ| : ..:|
      |. :|:.:.:.:}ヽ、   ......::´ヽ  .| :  :j
  /⌒`冫 :k ´> ..~_ ´__:jヘ:.:.ヘ:.:.} .| i .:i
 /     .}ヽ| \  /_| ̄  >-'`〜レ| :ハ
/      ' ` >.::'{:.:ト, <´  冫 .ルヽ



   / ̄ ̄\             ,. - - 、
 /   __ノ ヽ             〃´⌒V
 |    ( ●) )         .||      /`ヽ ∧            [やらない夫の【目星】(25)=12 成功]
 .|       (__人)          ij __ __  _i   i/  ヽ          [セイバーの【目星】(65)=77 失敗]
  |         rつ       . ,  ´         \ /     〉
  .|        ((三)   ./           ヽ   /          よっしゃ、成功きただろ。
  ヽ       ( <   , '              ヽ く/´i     
   ヽ    /∧ ∨/ /   i、 、 ト、 、ヽーi  V|         あ、あれー・・・
   ∠    /⌒ ∧ .レ1 ! i ∧\ \i \ \ー > ´ ヽ
  (  \ /  / ___)...レ'i iN○\i\j ○ \ \Y ー 〈      ではやらない夫は近くの本棚の横に避難経路が貼ってあるのに気がつくお。>やる
  |\  ''  /|    ../l |,,,.     ,,,,,,  rへ \〜 '
  |  \_/  |     .彡r'^cjゝ.__ __r‐ァ__r'^>`>へ  \

480SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:23:56 ID:XSUfYMyM0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    と言う訳でルルーシュ、やらない夫達にもあの紙を見せてあげてくれお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     OK,了解だ。>ル
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      これで、少し安心できます。>セ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     よし、じゃあここからはセイバーとやらない夫は別の部屋に行ってくれお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \                        〜部屋移動後〜
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)    成程な、こうなっていた訳か。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃     で、二階のはないんですか?>セ
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │     それは後でこたえるお>やる
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

481SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:24:27 ID:XSUfYMyM0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       〜本来の部屋〜
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!   で、やる夫俺の見張りはどこかへいかないのか?
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|    行かないし、見張りじゃないお。>やる
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./       じゃあ、書き終わったって報告するぞ。
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/         はいはい。>やる
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __          お前忙しいな。
       /        ナ K //   // {ト、    `丶



    /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ   \\
.  /     '.:.:/.:.:.: ′.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',     \
/        l.:/.:.:.:.::|.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ′.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|       `
.         |.:|.:|.:.:.:.|.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.          |.:|.:|.:.:.:.|.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.: /.:.:/.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        |:.|.:l.:.:.:.:!:.:!.:.:.:.:.::/.:.:.:,/.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'           「あ、あの・・・書けました。」
.        ノ, l:.l.:.:.:.:|:.:l.:.:.:.:./.:.:/ /.:/.:.:/.: .:.:/ // |:|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./      / /
           |.:l.:.:.:.:|:.:|.:.:.:/.:∠./.:/.:.:/.: .:.:ム:/,'   !:ト.:.:.:.:.:.:./}.:.:/     //|      あっ因みに普通に偽名な。>ル
           |.l:.:.:.:.:|.:.|.:.:.ト ム/ 7.:.:/.:.:.:./ /イ  ̄`|:| }.:.:.:.:://.:/   //: :/
._          ノ ヽ:.:.:|:.:.:V戈に外 :/.:.:.:./ /' ィ必匁_7.:.:.:/‐' >‐ '' / : : /        了解だお。>やる
.,> 、         ヽ V      }/.:.:/      ̄ ̄ /-‐  ̄__/: : : ∠ _
.: : : :ヽヽ          }.:.:.|ヽ   ノ´ ′      /.:.:>‐ 、 \: : : : : : : : : : :       「ああ、それじゃあ少し待ってくれ。」>信者A
: : : : : : .ヽヽ     ノイ ハヾ 、     {!       /イ /'  } ヽ |: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : ヽヽ       ト、 ヽ  ー __ 一  /}/ '  /  } ,': : : : : : : : : : :       と言って部屋から出ていくお。>やる
: : : : : : : : : : \\       {  \ >、   イ ヽ / /  / /: : : : : : : : : : : :

482SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:24:59 ID:XSUfYMyM0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|    何だ、何処かへ行くじゃないか。
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      まぁ、少し報告へ行くだけだからすぐ戻ってくるお。>やる
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州       少し時間があれば十分だ。
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、             ドアの前にスタンガンを持って待機する。
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |      良いのかお?>やる
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー    ああ、不意打ちだからな。
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\     不意打ちだから・・・【こぶし】-15で技能に成功したら自動気絶
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \            失敗ならこぶしダメージの後戦闘だお。
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /     これ失敗したら俺終わるんじゃないか?>ル
      >         <
     ( |        / )      まぁ十中八九応援呼ばるな。>バ
      `|       /'
         |   r  /         さあ再開だお。
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

483SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:25:34 ID:XSUfYMyM0

:::::::::/::::::::..:::::::/ ..:::::  //::  ...:::     i                 |
::::: /:::::::::::::::::/ ....::::: / /: ....::::   ィ .:∧::    i     : :. :.      |
::::/|:::::::::::::::/....:::::/  /::...:::::::  / .:::/ {j!:..   |   i  .: .::. ..:     |
:::ハ::::::::::::,'...::::: /ミメ.,. /...:::::  //...::::/  jハ:.   :|   | .:i j::::::      |     「さて、早速あの信者らしき奴には眠ってもらおうか。」
::| ハ:::::::::..:::::: /介汽/:::::::: / /..:/  . .iハ::.  j   ..j ...:|::|:::..   i .ト |
::|  メ::::::::::: .イ _辷ソ}::::/ィ,,,//===ニ= 升::. /  ,;/ .:从!::   .ハ ハ.',      アイツが来る前に【目星】はいけるか?
',{  八:::::::::/,ハ  ̄/イ巛//彡zz==t=tuj=ァV:: .:/:  //.::::  ,イ ∧ !ムン ̄
.ヽ   \::::/.∧ / ././    ̄ミミト、弋_少, 》/:: ./:  //.>:: ,, / - ''" ´_ ィ ''""    OKだお。>やる
ヽ     ヾ{.  '.─/、 .          `ー=-/::. ../ ,, ..- '' ´,,,, ..- '' "´
\\       ',/::::::`ー、_ ___ _ _..ィ─ ''"´,, - ''" ´           ./    初期値だけどな。>ル
  \\      \:::::::::::::::::::::::::;;;...- '´ _, - '' ´ ̄              /
   \\    / .>、::::::::::::::/ / ̄                    /       [ルルーシュの【目星】(25)→68 失敗]
    /.ヽハ.   /У .ヽ:::::/ /                   イ.>
.   /∧Vハ!  レ   / /                   /彡く        まぁ期待しちゃいない。>ル
   | .| .| | ハ /   / /\                   / /   \



          ギギー
:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\ノノノ    ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     では、その後すぐに部屋のドアが開くお。カラカラ>やる
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::      おい、何だ今のロールは!?>ル
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::      なんのことかな。>やる
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::

484SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:25:57 ID:XSUfYMyM0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      では、そこにいたのは先程の信者だったお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃   よし、一人ならやれる。>ル
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /     じゃあこぶしロールどうぞ。
  \ /      /\/
    \       \



                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    [ルルーシュの【こぶし】(89-15)→79 失敗]
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!    [ダメージロール【1D3】=2]
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|    なん・・・だと・・・
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    ざまあああああ!>バ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./  
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/        ではこうなるお。>やる
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶

485SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:26:27 ID:XSUfYMyM0
       ,'.:.:.:./ .:.!:.:.:.:.:./:.:./',.:.:.:.:.:.:.:.:.\              `──--
       /: .:./ .:.l:.:.:.:./:.:./ ヽ\.:.:.\:.:.\   ∧ ̄`──----、_
      /. /:. l :.|:.:.:./l:.:.,' /ヽ:.\.:.:.ヽ:.:.|ヽ   ∧: : : : : : : : : : : :  `──
   |   /. :./l.:. | :.|:.:/ |:,'/ ./ヽヽ:\.:.|:.:.|:.:.',   ∧: : : : : : : : : : : : : : : :
   |l  /:. :/:.:|:.:.| :.|:.{ 〃|l /fi  /\', ヽ|:./:.:./ヽ  ∧: : : : : : : : : : : : : : : :       「くらえっ!」
   | {/.:./|:.:.l:.:.| :.|:.|ヽ,/i!ノ {ノ| /  ヽ、:./:.:.:/.:.:.ヽ  ∧: : : : : : : : : : : : : : : :
   |//  l:.:.イ:.:l :.:l:.|.:..|彡  iノ/     /:.:./.:.:.:./:ヽ  ∧: : : : : : : : : : : : : : : :
  /´∧  |.:.,'|:.:.|.:.:.|:.l:./   /     /:.:./.:.:.:./:.:/ ヽ   ∧: : : : : : : : : : : : : :      「うおっ!」>信者A
  / \ ∧ |:.l |:.:lヽ:.ヽ'、   ´     /:.イ:.:.:.:/./   \  \: : : : : : : : : : : :
    ヽ. `|:| ',:.| /ヽ、        ///:.:/´    |  \  \: : : : : : : : : :   ルルーシュのスタンガンは相手に
     \|:l l:| \ 、   _____. /´ .//       }  /   /: : : : : : : : : :           命中がしたが相手は気絶しなかった。>やる
       |!、`ヽ、  ヽ_ _∠二ニ/ヽ /´       イ//   /: : : : : .,/   ,イ ,イ
       ` \ \  ノ`ヽ\  /¨´ヽ      / /: :/   /: : : :.//  ////
          \\/:.:/ ヽヽ/ /  /,'     / /:./:./   /: : : : //  /| レ レ
           `// |/} iニニイ  ,  ' ´  /:./:./   /::.::.::.::.//   l |  .    _,.. -z_
           /´\',ノ ^ヽ¨ ̄ //\_. //:./  /::.::.::.::.://   l |   ,.ニ7./二._
              \   ',_ / //:.//:.:./  /::.::.::.::.::.:.//    l l   'ー''7/´ ̄
                \   / <  / /  /::.::.::.::.::.: : //   Y     /  '__ノ>/〉
                /  / } ̄/ ヽ{-/  /:.::.: : : : : : : ./             ¨j/´〃
                /  / i| / / /  /: : : : : : : : :                      rァ



     ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
      ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
      |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈     [被ダメージ計算【?-2】=?]
      |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |
      | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
      .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ      「おやぁ・・・いけませんなぁ・・・
      .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /           そのようなものを持ち出しては・・・」
       ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/
         \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
         /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\        「なんだとっ!」>ル
       , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
     / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
 ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \

486SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:26:57 ID:XSUfYMyM0

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\         それでは戦闘開始だお。
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ      DEXはどっちが速い?
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)     カラカラこの人?のDEXは8だお。
               / /



          //: : : : : : : : ::// ::. ::、:: ::::  ::: :\
     __//: : : : : : : : :.// :::: :::::: ::::\ ::::: :::::: :::\
     ├──: : : : : : : : : ://:/::::::: ::/:::: :\:::\ ::::\ :::::::::::\
      |: : : : : : : : : : : : ///::/: :::: ::/::/::::: :::ヽ:::::ヽ : :\\ :::::ヽ           だったら俺の方が速い!
     \: : : : : : : : :: /./:: /:::::| :: / /: | ::. ::::::| :: : \ ::::::\\::::::',‐‐、            USPを発砲するっ。>ル
_  -‐ ¨ : ̄: : : : : : : :| |: : |:::r┤| : :|:::| :::ト. :: :::|:: : ::::: ヽ. :::::::\\::ヽ \       
: : : : : : : : : : : :::::::::::::::::_ヽヽ_:l::{ ┤l : :|:<l :::| l :: ::|:ト、:: :::: ::ヽ :::: ::::'., :ヽ \ `ー‐       OK,至近距離だから命中に+15していいお。>やる
: : : : : : : : : ::.┌lヽ. _|└┘|、ヽ_| | : :|r=l ::| | ::!.:::|:| ヽ::: :: ::ヽ ::: ::,:::: :、\:\__
: : : : : : :.:._Г ¨l_ ><l} }::t:l :: ト{i:rf::ミ、.::|. :.l:| / \:: ::::ヘ ::: :∨: ヽ:::\}: : : :      [ルルーシュの【拳銃】(20+15)=13 87 79 1回成功]
: : : :  : /  ̄ ̄ ̄ ̄∨∠´ || |:: :.:.ヽ{ >l:ト.}:::l:: :|:レ≦斤ヽ:: ::: :,: :::::Vl: ::}ヽ:::}: : : :      [ダメージロール【1D10】=8] 残弾11発
  :: : : |  r==、、  | }  || |!: : :/ヽ、  ` j/}l:::l〃 (::ノ ノメ:: ::::、::::::レト::|: l:/: : : :
: : : : : : `l レ ̄`l l 「 l.  ||_|: : /:ヘ{`ヽ    / |:| `¬'/:::.\ ::::|:: ::|/l:/: ´: : : : : :
: : :./ ̄」 l:::::::: l l | :l/lイヽr::‐、|\-=─-'_ j'_...∠: l:.: : : :.ヽ.:|::}::|/': : : : : : : : :       「くそっ、これならどうだっ!」
:/: : : : [  `ー‐≦ .]/‐、 |: /:::::::)〉:::ヽ ̄¨><::::/:ヽ{: : : : : : :ij/j/: : : : : : : : : :
: : : : : : :_]__    _[_/l ̄∨:::::::/l¬ーr`i´^、::./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : |:::≧ ___. ≦::|:::::|_/>:': ::| } | ヽ./:::: : : : : : : : : : : : : : : : :, : -‐<  ̄¨
: : : : : : |::| {  }  |::|:::/ | }:: : : : :|__! {__/_: : : : ノ!: : : : : : : : : :- ‐<      \
: : : : : : L:\`─´/::ノ/ /¬`: : :/: : ̄:./人_二 ノ: :∠  ̄ ̄\: : :.  \
: : : : : : : ]:::::::::::::::::::::[/ / /: :Vハ\ヽ-イ/: : : : : / ヽ::::::::::: // 、:.   ヽ        /7 n゚゚ ヾ> /7 []  ./7 n゚゚ ヾ> /7 []  /7 n゚゚ ヾ> /7 []
: : : : : : |:::::┌┬┐:::::|//: : : : : Vハ_二: : : : : : ≦´   {===〃  \    \       ../ J =彡' .O .../ J =彡' .O ..../ J =彡' .O
: : : : : : |:::::│││:::::|/: : : : : : : :Vヘ彡-‐¬´      ヽ‐== _  \    、
: : : : : : |:::::│││:::::|: : : : : : : : //: /    \       |: : : : : .      〉     \
: : : : : : :\:: ̄ ̄::::/: : : : : : : ///      \      |_____/

487SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:27:27 ID:XSUfYMyM0

斗./ > {             /.:  . :>ー---=ァ : : : : : : : : : : :::/ ,
 /イ }:!ハ    :.  .      .':/. /  .厶斗< : : : : : : : : : : / /. : : :
.   从f∧    ::.  ':.  i:  .:/ .イ  /   _ ; : : : : : : : : :/ /. : : : : : :
.     ∧ ヽ :::.  :::' :!: .::゙ / >=ニ二三: : : : : : : : : :/ / ". : : : : :      [信者Aの回避【?】→68 失敗]
      .ハ  ::.. :::.  ::i ::: " />ー-ミ < ∨i!: : : : / /. '. : : : : : : :      [被ダメージ計算【?-8】=? 自動気絶]
.      /ニ}_:_: .\:::. :! };:f /./〃 ffr,メ `ヽ ' .リ: ::/ //. : : : : : : : : :
   /ニ二弐:≧_ハ '. 八:圦:{ .{{  ゞ=イ   》、V斗 /ー− --==ニ: : :
        :f゙  r-ミ:、ゝ-==ミハ >ー- -‐=彡弍 rくイ: : : > ー- . : : :
       .∧' ヽゞメ f{r-==云rx        ' }}/    . : :ー : : : :`ヾ      「おごあああああああ・・・・」ドサッ
        ∧:., `ー 抃i |ハ: : : }>      〃二ニ==-‐ : : :ー-ミ: : .
          \>.   ハ  ': : : >-≧=--=彡´. : : : : : : : : :>==ー
             /> ミ}  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-: ": : >=ー-ミ       ふぅ一応助かったが・・・>ル
          /ニニニ≧{ ! | l: : : : : ,.⌒く::::::::::..=-‐ "  .: :/.ィ `i" :i__.j ヽ
.          /ニニニニニ::}:i l! l: : : : : :   ` <: : ,"  /:/f⌒i  |、ノf } /      まぁ建物全体に銃声が響いているお。>やる
          /ニニニニニニ::!  l: : : : : ,. :": ; : : :リ:. . : ': /f  ! ノー{:, ト斗"
       /ニニニニニニニ:,.  |: : : : : : /.彡". : :>イ  ノーイ´ j{ ノゞ.イ . : : :     デスヨネー。>ル
.       /ニニニニニニニニ,   |i!. : :斗くrー. :> ´ヽ_ 斗 〈  ゝ彡 "´: :,. : : :
       /ニニニニニニニニ-ゝ-‐=≦ニ '" \ゞ`ーf⌒ヽ..リ、_/ゝ."   , . : : : ′     よしじゃあ次は隣と時間合わせしてくるから待っててくれお。>やる
.      〈ニニニニニニニニニニニニニ二二二二__\ ゞ==≡"     ..イ: ; : : ,′ハ
      \ニニニニニニニニニニニニ二二二二二ハ      . . .<: :彡 .゙: : 'ヾ ゛



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||    おーい、それじゃあこっちも再開するお。
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \     了解だぜ。>やら
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /      というより大変そうですね。>セ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||        まぁ気にするなお。>やる
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

488SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:27:57 ID:XSUfYMyM0

       / ̄ ̄ \
             \ー ―――-- 、
            , "  ゙         \
           ,                t-,
         /                 .Vヽ
       //                  } ヽヘ
      / /        ./          l  }〈
    / /   / /   ./ /   イ´    .|ノl )    えーっとさっきはどこで切ったっけ?>やる
.  / / /   / ,イ   ./ /   /i /  /  |ノ|〈
  / / / ,/,/// // /  ./ l / i ./  / ノ} }     図書室で地図を見つけたところですね。
 /,/  ,イ/ /i _`'''ー-ミ/ ./  /-==l  / |゙y ノソ
./´     /  /.{ハ .',`hクr-i,/    Trう /i,/  |ノ/」     OKそこから再開するお。>やる
.      / /,/l l   `¨´       `¨´./|   |"ノ
         |.  ハ       i       ,   |´
         |.   ト、               /|    ,
         j  / .\  `  ´   , イ:.:リ  ノ
        j.  //.:.:.:.:>.、_  <´l::.:.:./|  /
       ./  / \:.イ_ -=}     .八:/ l  /
       / ./-= ̄/~   ゝ_ ..,    >| ノ



     /⌒ ⌒ \.   |,_|,_|,_|'、    では、図書室にいる二人ですが何するお?
    ( ー) ( ●) / ̄ヽ|,_|,_|,_|,_|
  /⌒(__人__)⌒::::; 6ヽ|'人_|,_|,_|    私は目星で何か無いか探します。>セ
  |     ー'     ヾ,__ノ    ( ,|
  \           / `´ ゛'  ノ    俺は取り敢えずこの部屋に誰もいないか確認するだろ。>やら
              ゝ_人 '' 、
                \_/

489SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:28:27 ID:XSUfYMyM0

           ./ ̄ ̄\
         /     _ノ. ヽ
       .|     ( ●) |     「取り敢えずセイバーさんはこの辺りで何か資料を探してください。」
       .|      (__.人)
         |        ⌒ノ      「ああ、そうしようか。」>セ
     /〈::::ヽ      /
     ノ`ー、ヽ::::\  ‐r┘r<_ハ勹    「俺は、ちょっとこの部屋を一周してみます。」
    /    \\::〉‐<ト、`ーヒニソト|
   /      \\::::\〉  l|  l |    「気をつけろよ。」>セ
   〈           \\::::\ノト-┘|
   l.l         \\::::Y   |
   ||      l/       \ヽト、_ ノ
   ll     .イ!       ヽハ{
   |   〃l!ト、       ヽ\



      ____
    /  ⌒  ^\    じゃあ、セイバーは【図書館】か【目星】で振ってくれお。
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ   分かりました。>セ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /

490SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:28:57 ID:XSUfYMyM0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|    [セイバーの【目星】(65)→89 失敗]
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//       では特に何も見つからなかったお。>やる
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′      
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |       「うーん、特にこれといった物はないな・・・」
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|       じゃあ次は部屋内を歩き回っているやらない夫だお。>やる
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        了解。>やら
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     「さて、とは言ったものの特に誰もいないなぁ・・・」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    やらない夫【目星】どうぞ。>やる
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      ハイ了解。>やら
''"::l:::::::/    __人〉 
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_      [やらない夫の【目星】(25)=01 クリティカル]
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!     なん・・・だと・・・>やる
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

491SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:29:27 ID:XSUfYMyM0

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_   じゃあ、やらない夫には入口と思われるドアの前に一人の男が立っているのに気がつくお。>やる
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)    なるほどなるほど、で?>やら
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_    クリティカルだからな・・・じゃあその男は何故か出て行ったお。>やる
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、      「ふぅー、すぐに出て行ってくれたか・・・」
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧     じゃあ直ぐにセイバーに報告しに行くか。>やら
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧     あっその前に。>やる
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}



      ____
     /\  /\    その時建物の中にこんな音が響き渡るお。
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   /7 n゚゚ ヾ> /7 []  ./7 n゚゚ ヾ> /7 []  /7 n゚゚ ヾ> /7 []
  |     |r┬-|       |   ../ J =彡' .O .../ J =彡' .O ..../ J =彡' .O
  \     ` ー'´     /

492SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:29:57 ID:XSUfYMyM0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. |  !|`トl、// .:/ |ノ八/j//
                        VY´|  !代必`ヾ:/ _厶孑彡′    「っ!?この音は、まさかっ!」
                           ヘト ,|  || `"    {必'/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||    -− / |   i|      「セイバーさん、この音はっ!」>やら
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ       「ああ、先生に何かあったに違いない!
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、                       だが・・・どうする・・・」
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |     「作戦では、失敗だから脱出して逃げろって意味だ・・・」>やら
                 l      j'////////∧    l ::::::', ∨/ハ、|
             l      ハ/////////∧.  l:::::::::'、!///,\
                l      ,/////////////\ l:::::::: i !'////ハ     「だが、それでは先生が・・・」
.               l        }///////////////\::::::: |///////}
             ,       i/{゙///////////////,\::////////
                ′ :.    |'/\/////////////O}//////
              .′ :.     ハ///`>─//////////j////イ
          .′  :.    ′V////////////////,|//// |



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\      はい今回はここできるお
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \        ここは長くなるので前編と後編に分けさせていただくお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |      ではまた次回お会いしましょう。
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

493SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/23(金) 22:30:28 ID:XSUfYMyM0

                  ___   r―‐ 、
                ,.´   ハ `ヽヾ.: : : :ヽ
    __          ノ― 、  i  !  ム: :ェ、: :.ハ      それでは今回はここで終了となります。
   .': : :`ヽ.     ∧.   \|___!__./  )| ヽ: :.
   |: : : : : :\_  { `☆       ☆ノ  i: : i      大変中途半端な所で切ってしまい申し訳ありません。
   l: : : __,.--≧ー/ 、 ` ̄ ̄ ̄ ̄´ \.  !: : !
   ヽ: f   ヽ.   { i! i  i  i  i iヘ }\l: : |       何とか次回でヴードゥー教潜入編を終えれたらなぁと思います。
    ヽ!     i  / /| j! .|  |  | :、 Y―‐`>、
     ∨   ヽ{  ヾ ノ|  !  !  !  ソ!     i  \         それでは今回も感想やご意見お待ちしております。
.     \     ト、__人j  |  |  |   }′(  }   ヽr'⌒ヽー、      今週もこのようなスレに付き合って頂き有難うございました。
      f \__ノ`y´ ̄`ヽ.! _ノ!_.ノ! /!  i  ノ  /    .) /      また次週お会いしましょう。
      {    /     |!   ./{ノ(_ゝ-^¨\     _ノノ
.       ∨  / ` ̄ ̄´ !‐一 ’           ` ̄ ̄´
        ` ー{ :     }
             \` ̄ ̄ i
             ヽ._.ノ

494名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 22:39:20 ID:V/Z4DYRA0
乙でした!

元シナリオでは出てない要素がからんでるから、全く予測がつかないのがうれしいところ。
次回も楽しみだ。

495名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 22:45:42 ID:us1WjvEU0
乙乙

496名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 22:48:04 ID:cveNNjQc0
乙でした〜

497名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 23:44:03 ID:y61WF9zk0
乙でしたー
>>469のルルみたいなプレイは大好き。
俺がGMだったら何か【目星】ロールにプラス修正あげちゃうレベル。

498名無しのやる夫だお:2012/11/24(土) 00:18:46 ID:92QOroh.o
乙ー

>>434
>だって、そもそも【二刀流】自体がやる夫的にあまり好ましくないスキルなんだお。
正直これを「ゲーム中」に「マイナス評価の理由」として言われるとGMにちょっと不信感を持つかも
他の場面でもGMが好きじゃないからという理由でマイナス評価くらいそうで……
その後の女性の筋力では〜の説明だけでいいんじゃないかなーと
こんなこと思うのおれだけかなー?

499名無しのやる夫だお:2012/11/24(土) 05:57:37 ID:NeAp19jM0
>>498
ああ、確かに「個人的に嫌いだから」って言ってるようにも聞こえるね。
「個人的判断としてバランスブレイカーなスキルだから」って意味で言ってるんだと思ったけど、
ボタンの掛け違いになりかねない発言ではあるかな。

500SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/24(土) 07:02:12 ID:LsVNergs0
>>498>>499
確かに少々言い過ぎなところもあったかと思います。
まぁ気心知れた仲間内なので少々は大丈夫かと。

501名無しのやる夫だお:2012/11/25(日) 08:34:43 ID:GmysJgvY0
この卓はPL同士も仲良さそうでいいな。

502名無しのやる夫だお:2012/11/25(日) 12:27:51 ID:MjjGxyOo0
一応日本刀だし日本では両方長い打刀を持って普通に戦うのはまあ無理みたいな認識だから
マイナス20ねって感じでリアルなら言えばいいんだよ。

でも20ってでかいな…

503名無しのやる夫だお:2012/11/25(日) 17:45:47 ID:vH4IjVac0
80が60になるわけだから成功率は体感かなり低くなるよね。
まあ壊れスキルとかを臨機応変にその場の状況とかハウスルールとかで変えられるのがええとこやね。

504SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/26(月) 16:53:42 ID:budDaEGc0
皆様、レス有難うございます。
ところで最近のクトゥルフTRPGのプレイヤー人数が増えてきたのは
嬉しい限りですが、マナーの悪さが目立ちますね・・・
それに脳筋PLも増えたような気もします。
私は基本的にオンセはしない人なのですが、友人の一人が
上記のようなことを言っていたので皆様もそう思いますか?

505名無しのやる夫だお:2012/11/26(月) 17:49:32 ID:uhGX1XBk0
マナーの悪さが目立つってのは自分の感想なのか友人の感想なのかどっちよ

506SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/26(月) 18:40:21 ID:budDaEGc0
>>505
解りにくくてすいません。
両方の感想です。

507名無しのやる夫だお:2012/11/26(月) 18:41:26 ID:KO0m1YpU0
>>504
どんなマナーの悪さかにもよるよね。
某動画サイトやニャル子さんが発端でかなり理解者が増えてきたけど

どころでこの板のNGワードの一覧ってどっかにないかね?
長文書いたらNGでどれかわからんかったorz

508名無しのやる夫だお:2012/11/26(月) 19:16:07 ID:PYLK8tlc0
脳筋PLに横から入れ知恵して思考の道筋をつけてあげて、突っ走っていく様を後ろから見る黒幕プレイが非常に面白い

509名無しのやる夫だお:2012/11/26(月) 19:23:25 ID:f6ZLeBX20
>>507
長文をいくつかに切り分けて、テストスレに投下してみて、絞り込んでみた方が
手っ取り早いと思うなー。

510名無しのやる夫だお:2012/11/26(月) 20:40:29 ID:KO0m1YpU0
>>509
なるほど感謝


マナー悪いPLの例
①ルールブックを持っていない、またはルールをちゃんと把握していないのに参加して「そんなん知らなかったから今のなしね」とか抜かす
②キャラ作ったけどロールプレイせずにひたすら自分の知識や常識で駆け抜ける「NPCのうち魔術師がメタ的に判明できたからこいつリアル知識で台所のありあわせの材料で作った毒ガスで殺すわ」←プレイヤーキャラにはそんな技能はない
③気に入らない結果になったらすぐ投げる
④他人を蹴落として自分だけ生還しようとする、それはパラノイアでやれ
⑤置いてあるお菓子を勝手に全部食う「あ、ごめーん気づかなかったわwwwまた買ってきてwww」

511SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/26(月) 22:12:44 ID:budDaEGc0
>>510
友人曰く
1、2、4とシナリオ批判だそうです。
私は1、4は見たことありますね。

512名無しのやる夫だお:2012/11/27(火) 18:00:18 ID:6/rjTMog0
>>511
何それひどい。

513SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 16:49:07 ID:QNllsV0g0

              -‐==ミ                          ヾ二二二二二二二フ
.             / ´     ヽヽ                     }={ {三三三三<´
         /         ノノ_                       川 ∠ ̄| ̄|`ヽl
           //          'ア⌒ヽ⌒\                       /  ヽ」 L__/ヘ.
.          /      /  { { { 八  '、           ,ヘ   { ,〉 ●___   ●{
        〈/     / /  |八  ∨ イ  い            {  \ ノ      ` ̄ く)  ,、
.              f⌒)|八 |>\/<|ノ| |八            ,ハ !ヽ ,/ / / /  ! ! 、 、ハ/ {
             \ ∨ 「" r'ー┐"∠ィ|) \__       | レ'/ / / /  |  ! ', ', ∨) !
                ∨ 人   、_丿  イ| , \  \      .,.У::::::7" /  ,'   |   ! ', ', レ ,'
             / ∧」」≧,=y≦ト八 V⌒) 厂   ./:::::::::::::/__/ /  |    !   | ハ ハjヽ!
             /   ノ 'ー什ト什|├‐) )く.  \ . ,/::::::::::::::::::::::::::::〉!   !   ハ  .}  !_|::::::ハ
           /  ( (  くr::::::::::└∠/   \厂 .<::::::::::::::::::::/\:::|   |  ∧  }  |:::::::::::::ハ
             |/\ \|\r「|:::::::::::::r< F_ヲ/⌒   .ヽ∧>_/ !:::::::::|  ハ_,/  {__/!  !:::::::::::::::ハ
                  《やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG》
          ┏┓                                            ┏┓
          ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
          ┏╋────────────────────────────╋┓
          ┃|           第12話 【真実の片鱗】                  |┃
          ┃|                  本日23時00分より投下予定。       |┃
          ┃|                                            |┃
          ┗╋────────────────────────────╋┛
          ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
          ┗┛                                            ┗┛

514名無しのやる夫だお:2012/11/30(金) 17:21:42 ID:imUQV6Ng0
ところで台所のありあわせの材料で毒ガスってどうやるんだろうな?
設備無しに自分が無傷で作れる毒ガスっていったら酸性洗剤とアルカリ性洗剤まぜるくらいしか無いんだが…。
しかもコレだと時間かかるし、普通の台所にはまず両方置いてない。
混ぜるな危険の洗剤減ったしな。中性洗剤ばっかりで。

515名無しのやる夫だお:2012/11/30(金) 20:47:29 ID:FOMAsCGQ0
毒ガスは厳しいね。塩素系があるかどうかにもロールが入るだろうし。
毒ガスではないけど武器になりそうなのは台所では目星包丁とか幸運ロールで小麦粉粉塵爆発ぐらいかな?

516名無しのやる夫だお:2012/11/30(金) 21:08:34 ID:imUQV6Ng0
粉塵爆発って相当手動で起こすの難しいんだよな
アームズとかであった、閉めきった部屋で小麦粉の袋破裂させて粉塵をまき散らして
そこで銃を撃たせるなり火花チラせるなりすると粉塵爆発が起きて、
ロボットの外装剥いで機動力すら落としてしまう威力の粉塵爆発はまず無理。

粉塵の濃度が低いと連鎖反応できないし、粉塵が濃すぎると酸素不足で燃え広がらない。
粉塵爆発の材料集めて環境を完全に整備した状態で、幸運マイナス30でロールするくらい無茶言っても
GMは怒られないと思う。

ロマンはないけどね。

517名無しのやる夫だお:2012/11/30(金) 21:12:17 ID:Ykvl436k0
把握

そういや、今日発売のるるいえびぎなーずでもPLにゲームへの協力と節度あるプレイを求めてたな。
やっぱ問題あるPLって割といるのかね。

518名無しのやる夫だお:2012/11/30(金) 21:26:41 ID:imUQV6Ng0
つうか、問題あるPLってのは空気よめない人のことで、これは現実だと割とどこにでもいるから
ゲーマー人口が増えれば現実のKY率に徐々に近づいていくと思う。

精神汚染スキル持ちは卓にかぎらずどこ言っても空気よめないんだよ。

519名無しのやる夫だお:2012/11/30(金) 22:29:01 ID:Zxa/AKww0
毒ガスつーたらドメスト+サンポールしかおもいつかんけど
果たしてトイレの洗剤を台所に置くかって謎はある

あとはどこぞのとんでもねー匂いの缶詰を毒ガスといいはるとかw

520SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:00:00 ID:QNllsV0g0

      ,.r<´,.ァ ,/  }j /         . \   ,r‐r-、            投下時間なりました。
     / / .ァ //    ,.r'"、            ',   ハ ゙ー \:\
.   / / / ∧!  /‐-、 \ 、           }  ハ    ヽ:、`゙ヽ、        皆様こんばんは安定のクトゥルフです。
.,/ / /  / i_二/ `゙ヽ. \ ヾ!         .'   ト、    ! ',ヽ\`゙ヽ、
' /  /   ,' ,,..<     `ヽヽ__} 、      '     ,' `ヽ _,ノ.ィ.! \ \\\    今回は前回の続きでヴードゥー教日本支部探索編をお楽しみください。
/ __ ,'   /         / `ヾ} {\    ,.'   /    \-'"| !  ヽ \\\
"´  ゙!レ´`/      /¨´i     ` ̄ヾヘ、 ,'  /フ ゙Y´   ハ  !|   !|  ヾ. \\     では今宵も狂気の世界へようこそ・・・
    ,.z<´、  __,.z≦^i、 !    /(__ノ ヾ}/ッ '",,.--、; -- '  ヽリ   l.!    ヾ  ヽヽ
  /  ` ̄´ 、  、 ヽ \r-、 ,{  ,.-、 `´ _ ー') ヽ     ヽ /ーヘ.|/`ヽ. ',__ ヽヽ
  ノ       ゙} ヽ ヽ \ 人. マ―ヘi |  / ノ ./   \       \. リ    i| У マハ
 {         r' .__ ,-ヽ V´ヽ. !`ヽ |l. !  i ! {      ヽ.     ハ.     リ  `ヽ ハ
  `ヽ--シ7 ノヽ i⌒! Y´ヽ.ヽ. }.|  ,!} ! マ .| l  `ヽ. __,)   ゙i      〈          ヽ!
  ,..z≦ / | /´ハ.', マl、.  ! ! ,レ  リ、\ヽヽ. \二〈     ゝ、    ハ            |
       八ゝ_ `  ヽ!  レ'     ./\.ヽ ヾヽ\ノ--:、    ヽ    ハ
        ヽノ          /   ヽ. \ `ヽノ) r- )     ',   .ハ



      ____
     /\  /\     じゃあしょっぱい挨拶も終わったところで早速続きをするお。
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    了解。>二人
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

521SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:01:27 ID:QNllsV0g0

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\     確か前回は図書室に居たら銃声が聞こえたところだったかお?
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、   そうですよ。>セ
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ    じゃあ二人はどうするお?
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



                   ,>--,.--'''''''''''''''--..,,
                     r-',.-''"_,,,,..r''''"`'-    \'"-'''--..,_
                   r'''/".  /   ,/"      :ヽ\   `'-.,
               /r/_.   /   ::/   ,.  / ,! i :`:.\    `!
                 レ!ミミ--.,/   :/  / // ./:/! : ::'':::|
               (レ!`ミ._ミY   ./ .:/.::/:/ /:/.| :: :: ::!|
              f.,.|, `.,.,_!   .ヒ-く..,,_/ / / .| :/::| :H!.
                 V'!.,V"-.|   f7 ̄"7-,`'-/ //://:ノ/     銃声が聞こえたってことは作戦失敗ってことですよね?
              ノ ハ, .!ト-,|  i N.,__Z   '"   ,テ,"レ"
              / .//!`.'.,_'|   |.| ヽヽ     /7/!        ああ、そうなるだろ。>やら
                   .//| >| ::. :|.!         ゝフ::::L
                    | |レ'| !.!: ::.:|.|     ―-_,.ィ"::::|`        じゃあ引き上げますか?
                    | .L∠.,|ト::::|j''-.,_  ,.-'" ! :: !
                y'.,,__  |`!:/ト.,,_!入、   ,| :| !         だが、ルルーシュが・・・やら
               _,,.-'"-...,,__   レ/ /'ヒ.,_`''.'''く.| :/ハ.,
         / ̄~,        \_'   ハ., `''\!::::レ'::::::. \
        Y     '!          \,/ /ト,く;;/"fヽ,: '::: .. \_

522SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:02:02 ID:QNllsV0g0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ    そんなわけだ、少々時間をくれ。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃    OK,じゃあ作戦会議どうぞ。>やる
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉     たすかるだろ。
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
 


          /⌒ヽ、 >    ̄  ヽゝ、
          レ´  冫´          ヽ)、
            /           ヽ  ヾj=
           / /´ .j      j   ヽ ソソj:)      でも、どうするんですか?
           i .j   |   l   .i   j ノ :|ノ
          .i .i   .| i  :| |ヽ |   .| ソ |ソ  モグ     本来なら逃げてルルーシュを抜いて進めるか
          .| | i__.ハ.ト  |从=弋|   .| .ノ, .l\   モグ     死んだならば第二のキャラと合流とかになるんだろうけど・・・>やら
           j .i .l,,フ=tfヘ | v==卞   |^.,; ,ノ、:.ヽ
           レ'ヽjヘj乂g) ヽj 人g),¨  | ソノi::j__ノ       それはちょっと無いですね。
          ノ  | | 釤 、    ゙ | i  .l´ノ:.:.|
            i ハ         レ'l / ノ:.:.ソ          だよな。>やら
            ヽ、ソ >^丶ヘ <' レ└ 、ノ
              ソ:/  "゙ ..., ヽ ´ / ⌒、 、
              /i .,、,"   ト、ノ       \
             /  ./j |.    .}^ 、<、    /⌒ヽ
            ノ j ./ / }、   ノfヽヽヽ.i   /    }

523SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:02:55 ID:QNllsV0g0

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |     と言う訳で、俺らでどうにかして最悪でもルルーシュを助け無くてはいけない。
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |      あわよくば何かしらの手がかりもですね。>セ
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /       ああ、そうなるな。
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|



    〜へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ    しかし、どうしますかね・・・
  i  7二'´ i ノ''二从=\i   j 7.|〈       出て行って信者全員皆殺しに出来なくもないんですが・・・
  |  /幵ぅ弋  ワ廾又了 j    |シ.|)´
  人,| 乂ノ '   乂_冫  |   |,)ソ     だが、した場合100%捕まるだろ。>やら
  / j          ¨   .|   |.:.丶
 j  ( f~ヽ、 ^⌒      |  ,  i::i:ソ     流石に893でも証拠隠滅はできませんよ。
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `        なら、極力死者を出さずにしなくてはいけないって事になるが・・・>やら
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l        それでもいいんですけど、たまにはスマートにいきません?
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==〜´:.\〉 ノ
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l

524SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:03:26 ID:QNllsV0g0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    まあな、俺ら基本的にゴリ押しスタイルだしなあ。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    では敢えてルルーシュ放置して探索しますか?>セ
.  |         }
.  ヽ        }     その方がが危険だろ。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、     そうですかね?>セ
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                  /⌒~`\
               _//⌒´^ヽ, )
        r=-. 彡   ̄ ̄ソ= 、   ソ
       ノレ´  イ       .ヽ
       (:/  ./     ハ  ヽ.\
     /l  ./:/        .ト ヽ ヽ, :.     しかしなあ、あっそうだ。>やら
     .〉{ 、:l j / /    |  | j .ト. い .:j
     〈 :|\ノ:| :i| ./| ___/_ノj ノ -l个=.:j;レ    何か思いつきましたか?
     .>|ミノ i /iヲ丁,.ノV/ノソ チtjノミ、
     ( :V   v }j仆ヘ气ソ   {咋 》| :ト:\     バラライカを呼んで3人で突っ込むとか?>やら
     冫   .j .j 乂_ソ     ヘ_ソ | .い\ヽ
  ./フ   ノj 人. ¨      ` 釻.ノi  :j .ヽj    いやそれゴリ押しじゃないですかっ!?
  ヽ:.:/  ./:冫ト., 、     ^  / j  .ノ  ゝ
  ,う  ...::.:.=ソ,イ.:ハ }  :.....   / ./彡´        冗談だ。>やら
. /:.:ヘ (  .,´ 、〉:.:.ノ`ト 、  f __. (´ ⌒ヽ
/ :.:.:.いソ./   ヽ~ \   ` X__./_\  ゝ
|__:.:.」  /    .ハ  \ .....Y^ゝ.:.:.:.:.:.:.)  |
     |      ハ  /:.:.:.:.::〉ノ=-=≧'\ .|
    .|        ノ ヽ、.:.:./:.:.ト.:.ハ     、

525SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:03:55 ID:QNllsV0g0

           _____
        /ノ ' ヽ_ \
       /(● ) (● ) .\
     / ⌒(__人__)⌒    \     あの二人はもう少しかかりそうだから 
      |    |r┬-|      |          先にバラライカをやっておくお。
     \._  `ー'´       /
      (⌒ヽ (⌒ヽ、/ ,  ヽ      おっ、何だもう帰ってきたのか?>ル
      ヽ._.,ノヽ._  ノ    i
.           )        |      速かったな。>バ
         /´⌒ ヽ.    }
        (   ,. 、      .ノ
         \ (  ` ̄ヽ ̄ヽ
            `′    `ヽ_ノ



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\    いや、あっちの二人がまだ決めそうにないからバラライカを進めとこうと思って。>やる
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト    ああ、そういうことか。>ル
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    でもルルーシュ居るぞ?
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ       別にいいお。
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l            バラライカだって聞いてたじゃないかお。それにこれ以上部屋ないし。>やる
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl           お前がいいならいいんだけどさ。
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\

526SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:04:35 ID:QNllsV0g0

        ___
      /     \    それでは、皆が出て行った車内に一人のバラライカは何をするお?
     /─  ─   \
   /ノ⊂⊃=⊂⊃=   \    と言っても、携帯は繋げたままだしな。>バ
  / r' (__人__)       |
  | i\          /    そうだおね。
  l             \
  ヽ l          i  ノ    じゃあ、特に何をしない。>バ
    |          l ̄



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、        じゃあ、進める前に【幸運】で振ってくれお。
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l       これ絶対違法駐車だよな。
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ     確実にな。>ル
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }      [バラライカの【幸運】(45)→76 失敗]
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |            だと思ったよ畜生。
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l         じゃあ、こうなるお。>やる
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

527SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:05:10 ID:QNllsV0g0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ     皆が出て行って数分後突然窓を外から叩かれるお。>やる
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\                     /\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\                 / /,.ヘ、
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト                / < <__/
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉           .//\> <>
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/                  /\
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /                       \/
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ                     /\/|
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l                            \_/
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl         「ん?何だ?」
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l       と言ってそっちを見て窓を開ける。>バ
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\     OKだお。カラカラ>やる
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/



              __ ,.、<´ ̄∨ ̄ヽ<ヽ、、
             /::::〃〃::::::::ヾ/::}:::!::::ヾ:ヽ\
            ,:′〃〃:::::::::/ヾメヘ:::/::::::イ::::}:::ヘ     ではそこには警察の制服を着た女性が立っていたお。>やる
             //:::::::::::::::i::::::::!    !/ !::/ j::/:::::::::ヘ
              /イ:::::::::::::::::ト、::::| ムj/ー/ハ::}::::::::ヾ、      あー、これはやられた。>バ
          釗i::: |:::i:::!ヘ√∨ヘ    ,/ /`リソノ::!::} ヽ
           |::::|:::トリ_リ廾ヘミ  ク /__/_/イ:::::/        「あっ、すいません
           ヾリ::::ヘ ゝ__f;j__     __f;j__ゝイ:::/           ここ駐車禁止なんですけど。」
            { |::::! \     j       j:::!}
             `|::::',              /!:::!        あっ、この婦警と知り合いってことには出来ないか?>バ
                !:::::ト、            / j::::!
                !:::::| ゝ   F__フ  ,' リ:::|        【アイデア】成功したら友人ってことに気づくってことで。>やる
             !::::|/:>、      イ  j:::j
           ___ノj:::|::::::::::レi> 、  イ;;;;l   !/         [バラライカの【アイデア】(90)→26 成功]
                /;イ::::::::ノイ  ヾ;;;;;;;;;;;;i、 /
             /´/::::>ソノ ノ八     /   ヽ、、_       よっし。>バ
                ////ノ    ゝ  <    ヽ:::::::::::`ヽ

528SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:05:31 ID:QNllsV0g0

                 z-へ へ──-、_
              /          ヽ \\
            , '          :  rV/l \\
           /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ     じゃあバラライカはその婦警は友人であることに気づくお。>やる
     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ     「あ、あれ?もしかしてレヴィ?」※ニックネームということにしといていください。
          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \
          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ     「そう言う貴女はバラライカ先輩ですかっ!?」>レヴィ
          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ
          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/      「こんなところで会うなんて奇遇ね。」
          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉
          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !       「先輩こんなところでどうしたんですか?」>レヴィ
          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ
          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(
          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \
         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル
        i   l   //          | //    _ノ } __ノ
        |   | 〃{          / くく/⌒ヽ ノ´



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /      人と待ち合わせしてるってことにしたいんだが?>バ
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |       OK、じゃあ友人ってことで【言いくるめ】+25で成功したら信じてくれるお。
  \     ` ー'´     / 
  /          \        はいはい。>バ
 /             \
/  /\           ヽ      [バラライカの【言いくるめ】(65+25)=33 成功]
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

529SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:05:58 ID:QNllsV0g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      では、その婦警はその言葉を信じて見逃してくれるお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃    はぁー助かった。>バ
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /       今更ながら、この作戦は穴が多い。>ル
  \ /      /\/
    \       \



            /イ:: |:::::::: |:::|:::::::::|i::::|ヾ∨イ::::::::::::∨::::::::::::ヾ\               j
           /:::::|:::::::: |:::i!::::::::リ::::!   /!:: i:: l:l:::|:::::::::::::::ハ               /   /
            /:::::/!::::::::リ::从::: ハ:::!   |::::|:::|:|:::i/: |:::i::!::::!ヘー―‐---ー―<´   /
          ハ:/ハ:::::::::|从!_∨ ̄ヾ、   リ八ノノノi:::::!: |::!::/       /          /
            |::::i{{, ∨::::!<弋歹     ィ弋テゝイ:ノ!リ//     /        /    「実は、人と待ち合わせしててね。」>バ
            |::/:ヽ、 ∨小、             イ:|ノ| /   /           /
           /:.:::::::ヽハ:! \     {、      /::!:: !   , ′           /     「ああ、そういうことなら今回は見逃してあげますよ。」
.           /:.:.:::::::::::|:八!         `"      /::: !:: ! /               /
           /:.:.:.:.::::::::::|:::::::\      __,、    イ:::::::|/                 ′     「ごめん、また今度なにかおごるわ。」>バ
        /:.:.:.:::::::::::::::|:::::::::l| \   ´ \\∠:::!:::::::|                , ′
.        / :.:.:.:.:::::::::::::::!::::::::ij}) `   __ イ\,>く !::::ハ.            /          「ええ、楽しみにしてますよ。」
        /:.:.:.:.::::::::::::::>∨:::::|::へ :     ハ Ⅵ|::::::ハ         /
      ハ:> " ´マム ∨::ハ⌒) :     /   ヾ∨::::∧     /        そう言って、彼女は去っていくお。>やる
     , '´    ヽ.、  マム.∨:ハ       {    , ∨::::::i    /
.    / ____  ノ:ノ   マム∨:i` ー-- 、 ヽ  ノ  ∨:::::!    /
.

530SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:06:31 ID:QNllsV0g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    では、その数分後バラライカ【聞き耳】+20でどうぞ。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    えらいボーナスつけてくれるな。>バ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     まぁ、銃声って響くし。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ    [バラライカの【聞き耳】(55+20)→57 成功]
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `    ではバラライカにこんな音が聞こえるお。>やる
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i      /7 n゚゚ ヾ> /7 []  ./7 n゚゚ ヾ> /7 []  /7 n゚゚ ヾ> /7 []
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i      / J =彡' .O .../ J =彡' .O ..../ J =彡' .O
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /     「っ!?この音はっ!」
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ     あー聞こえてしまったか・・・>バ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i    で、どうするお?>やる
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ     そうだなぁ・・・>バ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ

531SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:06:54 ID:QNllsV0g0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト    ルルーシュには悪いが此処に留まることにするよ。
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    良いのかお?>やる
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ       ああ、この探索者にそんな勇気はない。
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!           あっ・・・そう。>やる
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l           いやそれでいい。>ル
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\



              iヘ\ヽ |,‐-"、-‐‐-、 `i
             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |    では、銃声を聞いたバラライカは・・・>やる
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |      「あー聞こえない、聞こえない。」
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ      「これは空耳、それに違いない。」
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\        
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、      こんな感じで。>バ
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |      なんというヘタレ。>やる
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |      いやコイツはこう言う奴さ。>バ
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |

532SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:07:27 ID:QNllsV0g0

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||     よし、じゃあまたあっちに行ってくるお。
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \     ああ、大変だな。>ル
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /     別に楽しいからいいお。
 |::::::::::::::(_____ノ´||       それより次はルルーシュの番だから何するか考えとけお。
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||      了解。>ル
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



            ミ||\
             ||:::: \
        .____||:::::::::::\
        ||       ||:::::::::::::::|     決まったかお?
        ||       ||:::::::::::::::|
        ||       ||:::::::::::::::|
        || / ̄ ̄||:::::::::::::::|      ええ、今決まりましたよ。>セ
.        /― ― ||:::::::::::::::|
        / (●) (●||:::::::::::::::|     それは良かったお。
      |    (_人_) ||:::::::::::::::|
.      \   ___||:::::::::::::::|
         ||ゝ,.___)::::::::::::::|
         ||   \ i、._)::::::::::::::|
         ||    \||:::::::::::::::|
         ||      ||:::::::::::::::|
        ' ̄ ̄ ̄ ̄||:::::::::::/
             ||:::: /
             ||/

533SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:07:55 ID:QNllsV0g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    じゃあ、すぐに再開していいかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ええOKです。>セ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     じゃあ十雨性の聞こえた直後から再開だお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                   / ̄ ̄ \
               _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )   |
               (__人_)     |    「しかし、アイツもこの可能性を覚悟で行ってるんだ
                 '、`⌒ ´   U |          ここで俺らが突っ込んで俺らまで捕まってしまえばそれこそ・・・」
                |        |
                |        {
                ヽr`ー- -=´ i、     「じゃあ先生を見殺しにしろというのか?」>セ
             __,. <.ム- 、、___,/ヽ__
        _, 、<¨ : : : : :l : :.ヽ  ∧::〈ヽi :、ヽ、     「うっ・・・だけどそれじゃあ・・・」
       / : : : : : : : : : : :|_ : :∨ |:Λ | : :、 : >、
      丿 : : : : : :i: : : : : : :/ :.∧__|::∨\、: : : : :.`,
      i : : : : : : : :| : : : : : :\/ ̄ ∨   /;;ヽ : : : :,i

534SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:08:28 ID:QNllsV0g0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|      「まだ、捕まったと決まったわけじゃない。
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ             今行けば助けられるかもしれない。」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′       「ここでうだうだ考えてる方が余程無駄だ。」
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|       「・・・・・・・、分かっただろ。」>やら
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        「巻き込んですまない。」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !
             l      ハ/////////∧   |::::::::::i i///, j



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |    「いや、こうなれば覚悟決めますよ。」
             | !        |  ` ⌒ ´   .|
             | !   ,.-,    |         |     「そうしてくれると助かる。」>セ
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト      「じゃあ、突撃ついでにアイツ等の情報持って帰りません?」
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、    「どういう事だ?」>セ
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

535SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:08:55 ID:QNllsV0g0

                         / ̄ ̄ \
                     ⌒  ⌒   \
                      (⌒)(⌒ )   |          「この施設100%二階があるのに
                     (__人_)     |           建物の見取り図にはそれが記されていないんですよ。」
                      '、`-ー-′     |       . -,
                           | ``       |    / /    「それがどうした?」>セ
                           |       ィ { r 、 / /
                          `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈      「つまり上には何かしらの重要な何かがあるってことですよ。」
                      /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
                  _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、    「まさかそれを・・・」>セ
               // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
               j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧    「ええ、奪いに行きます。」
              i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
                i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',



                         __   ____
                            .ィ7 ´ ´      ` 、..-−- ,
                     ,.イ/         / \    ヽ
                        /Y/   / .:/            ヽ    }
                     /ヾ;′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                       {ヽ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                    {ミl    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ     「しかし、すぐにでも脱出したいのにそんなことする暇なんてあるのか?」
                   乂 '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        ヾVY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′     「いや、どの道すぐに脱出は無理です。」>やら
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                            ヘj|  ||      ゝ ′ |       「どうしてだ?」
                          |  ||     っ / |   i|
                          ∧ |! > __/  ;  リ       「いくら俺たちでも数でかかられたら無理がありますし
                          ,、〈  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ           逃げられたとしても車が発車するまえに取り囲まれるでしょうね。」>やら
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} |///{ `ヽ

536SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:09:30 ID:QNllsV0g0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「成程、なら上の階にあるこの教団の重要な者を奪って・・・」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′    「そうですね、人質の物バージョンです。」>やら
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |      「いいなそれでいこう。」
                       /  :|  ||   ` ー / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ      「じゃあセイバーさん物色担当でお願いします。」>やら
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧  <⌒ヽ、..!_ノ⌒>、、        「良いのか?」
                / ̄`ヽ////////ハ、丿::::::丿::::}:::く//{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/`ー介\ノ//,   i
               l       }'///////∧    i i. ∨//, |



           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \
            (●)(●.)    |    「良いですよ、俺みたいなゴツイのは隠密作業とか向きませんしね。」
         (_人___)    |
            '、       │    「わかった、死ぬなよ。」>セ
              }       {
          !、______ .ィ-ート、    「ええ、当たり前ですよ。
            V/_:_ュ:-:-: ヽ      それからナイフを一本貸してくれませんか?」
            {ャ< : : : : : : : : :.
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,   「ああ、いいぞ。」>セ
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i    と言う訳でナイフを一本やらない夫に渡します。>セ
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |

537SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:09:55 ID:QNllsV0g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    じゃあ、二人が動く前にあっちの部屋に行って現在地の確認だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    あれ、もういいんですか?>セ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      うん、何か移動するのに疲れたし
.\ “  /__|  |          もうすぐ合流するし。
  \ /___ /



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\     と言う訳で、帰ってきたお。
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |    ああ、おかえり。>バ
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||     じゃあ全員の位置確認だお。
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

538SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:10:27 ID:QNllsV0g0

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃         │     │       │     │           .┃
 ┃    A    │     │ .EV.  │    . │    B  .    ┃
 ┃         │      .└───┘     .│           .┃      A、図書室 (やらない夫&セイバー)
 ┃──────┘                    └───────┃      B、事務所 
 ┃                                       .┃      C、修練場  (ルルーシュ)
 ┃──────┐                               .┃
 ┃         .│                            .. .┃
 ┃          .┌───┘       .└───┐     .┌───┃     その他、外にバラライカ
 ┃   C     .│                    │     .│ 階  .┃
 ┃          .│    エントランス      .  │     .│    ...┃
 ┃          .│          ホール   .  │     .│ 段 ...┃
 ┃          .│                   │         .┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



         ____
       /      \
      / ─    ─ \     で、現在Cから銃声が聞こえたためA、Bの部屋から人がCに向かって動いているお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    あっ、これまずいですね。>セ
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      位置関係を頭に入れてなかっただろ。>やら
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |      ん?どういう事だ?>ル
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

539SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:10:57 ID:QNllsV0g0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     まぁルルーシュ気にすんなお。
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    あ、ああ。>ル
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /       じゃあルルーシュ視点で再開だお。
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



     〃.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    .〃.:.:.:.:.:.:.′ .:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   _〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:..:′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      じゃあ、ルルーシュは目の前に信者が倒れてる状況だお。>やる
―´/.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
  /.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、     うっ・・・何もできん・・・>ル
. /.:イ.:.:.:./|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/7.:.: /.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:}.:.:../.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.′ゝ⌒:.、
. |/}.:.:.:.:ヘ  |.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:..′}:/7.:.:}.:.:.:.:.:.:.:../|.:.:.:.:.:./.:.:..′.:.:.:./.:{.:.:.′´: : _: : \_____
..j' .|.:.:.:.:.:.マ|.:.:.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:/=//、_}.:./.:.:./.:.:.:/ .}.:.:.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:../.:.:|.:.:{.: : /: : : : : : : : : : : : : : :
  |.:.:.:.:.:.:}|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/-// >:/.:.:./ }.:./ , '.:.:/./}.:ソ.:.:.:.:.:.′.:ハ:.:|/: : : : : : : : : : : : : : : : : :_    「し、しまったこれでは計画が・・・」
  |ハ.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:仆 '、u/:/}.:.:/ イ./'/.:.:ィ.:.:.//./_}.:.:.:.:/.:.:/ } .1: : : : : : : : : _ ― 二 ―
  ヽ}.:小 .:',:ト、:.:.:.|.:.:.:代芝ソ外z |.:イ/.:/ /.:∠}.:./´}ム '.:.:.:.:.′/ // : : ― 二 ―  ̄: : : : : : :     と言ってその場に立ち尽くす。>ル
  _ノ  ハ ヽ{ :.:.{.:.:.{  ¨¨¨` U.|ハ.:./ /.:/ォタ丞ア.:.:.′.:./.:.; ′´: // ̄: : : : : : : : : : : : : : : :
   ハ  ハ u.|.:.:.:ト:.:{      u }/彡イ `^¨´.:.:.:/.:.:.:./.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : :      何か二流の参謀っぽいお。>やる
    ハヽ_ ヽヘ ハvハ    U   ´ .{ U/}.:.:.:/.:.:.:./.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :
    V  T ‐‐マ ト ヾ  rェ、__  ‐_' イ: : /.:.:/.:.:.イ.:/ー――――――――――――        まぁしょうがない。>ル
ハ   /   |   vハヽ  ー‐ '_ -‐´: : : : :/.:.:/.///
. ハ /    .|   } vハ ` ー ´: : : : : : : :/ハ// ./´

540SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:11:25 ID:QNllsV0g0

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\     ではそんな感じでフリーズしているルルーシュですが
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \               その後すぐに建物の奥のほうが騒がしくなってくるお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    ああ、やられたな。>ル
     /           l、E ノ 
   /            | |    あっ、やる夫ちょっといいですか?>セ
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉     ん?なんだお?>やる
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉    【隠す】で人に紛れて移動は可能ですか?
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }     どういう事だお?>やる
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ 
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \    騒動の中どさくさに紛れるみたいな感じです。
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉      うーん、それだと【隠れる】とかぶるしそもそも物等を隠す技能だったような。>やる
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、     じゃあ図書室の前を通った人を中に引きずり込むのは【隠す】で行けますか?
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

541SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:11:57 ID:QNllsV0g0

       ____
     /⌒  ⌒\    あっそれなら全然OKだお。
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   あっじゃあそうしましょうか。>セ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|   おいおい、一体何の話をしてるんだ?
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l    ああ、すまんお。
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|       じゃあ再び再開だお。>やる
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l       ああ。
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_

542SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:12:27 ID:QNllsV0g0

        ____
      /      \
     /  ─    ─\    では狼狽えるルルーシュの前に3人の信者らしき男が現れるお。
   /    (●)  (一) \
   |       (__人__)    |   これはまずい割と本格的に。>ル
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く     そして真ん中の一人がこんなことを言ってくる。
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ



  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,             「お前はただの一市民じゃないな一体誰に雇われた?
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;             あの裏切り者どもか、それとも直接政府にか?」
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;           
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;       こんな感じで迫ってくるお。>やる
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:    「な、何のことだ?」>ル
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:; 
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;           「この状況で恍けれるのか」
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:             [???の【心理学】(?)→26 成功]
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /

543SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:12:58 ID:QNllsV0g0

              ゝ「-  ̄ ̄}/ヾ ̄ ̄  - _   ` <三三三
                {r==三三三三≧=-   _ ̄ ¬ _ ` <ニ
            ∠三三三三三三三三三 ≧=- ,_`丶 _
           /三三三三三三三三三三三三三⊆}   ヽ     「・・・いやどうやら嘘じゃないのか。」
            ̄ ̄}:::L_:ヽ ̄:::::ー======z-¬'´}::::>=、
               l:人_,゚ィ:!::::::::::::::i,ー- 。-ノ   j:::/ ,r:ハ V      「だから、一体何の話をしているんだ?」>ル
             r、,|   .:/     ヽ ー '     テ {ハ ,. /ミx
             , z '  :,   {:....._            └ ,.イ,._      「ふん、じゃあ多方そこらの暴力団の下っ端か?
        /斗    ∧   ヾ:r:::           √´              まあいいアイツらの一派じゃないなら用はな――」
       /  .仆  { {∧  ,...._         j´
.       7',  ム  .| L_<:.,   `¨ヽ    xチ´               [やらない夫の【投擲】(40)→41 60 71 全て失敗]
    r≦.〈,ハ   }  \ \ ¬= _ ___广       ,. -=ニ
.   / (::::::\ `丶ゝ,z_  \ \{ { {「 | l≠      ,. -=ニ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\    その男が喋り終えようとしたその刹那三人の足元にナイフが三本飛んでくるお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    あー一個も成功なしかよ。>やら
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      やっぱり帰ってなかったか、バカ野郎め・・・>ル
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

544SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:13:22 ID:QNllsV0g0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \  
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    話し合いの結果見殺しには出来ないということに。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     おいおい、これじゃまた殺し合いになるぞ。>ル
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      ま、まあナイフも外れたしここからはノックアウトで行くからさ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\     そういう問題じゃない。>ル
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



 r /                ヽ \
 ゝ{        ハ     |     ヽ  )
  》i  l   .|  _/_」 .,、  ji  、イ .}
 ヽ.|ヽ .|  ..|  ,′__V } ハ∠.`| ,リ
  /.i ヽ j   ll Y´〃1 レ  〃1ヽノ    で、やる夫その三人以外に周りに人はいないんですか?
  弋 ハ  .ト′ {:::j|     {:::j| | |
   tx゙ j   |   ー'   、 ー’ | |     10人位入るお。>やる
    ゙vi   .l、 ' ' '         ノ |
    /:.、  ;:.、   r ァ   / |     じゃあ手近に居る一人を引きずり込みたいんですが。
   /:.:.:.:.i:.   ゙ :.>   __,. イ|  ノ
   /:.:.:, -一'r-`._ n r―――くヽ′    OK【隠す】で振ってくれお。>やる
   \/    \/´ ̄ }     {ヽ!
   /     _.|  ̄`}    {ヽ|      [セイバーの【隠す】(60)→15 成功]
   /     ∨_/  ┬ノ___,ノ )
  ,     /Y } _ノ:.:.└―┘- '

545SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:13:53 ID:QNllsV0g0

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)    じゃあ、セイバーは上手いこと近くにいた信者を中に引きずり込めるお。
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |    じゃあ気絶させて服を剥ぎたいんですが?>セ
 \        `ー'´  /



       / ̄ ̄ \
             \ー ―――-- 、
            , "  ゙         \
           ,                t-,
         /                 .Vヽ      あっ因みにこれやらない夫がナイフ投げるより前ですからね?
       //                  } ヽヘ
      / /        ./          l  }〈     それはわかってるお。うーん・・・相手も完全な不意打ちだろうし・・・
    / /   / /   ./ /   イ´    .|ノl )               攻撃系の技能で成功したら自動気絶でいいお。>やる
.  / / /   / ,イ   ./ /   /i /  /  |ノ|〈
  / / / ,/,/// // /  ./ l / i ./  / ノ} }
 /,/  ,イ/ /i _`'''ー-ミ/ ./  /-==l  / |゙y ノソ     あ、それはありがたいですね。
./´     /  /.{ハ .',`hクr-i,/    Trう /i,/  |ノ/」
.      / /,/l l   `¨´       `¨´./|   |"ノ     [セイバーの【日本刀】(81)→11 クリティカル]
         |.  ハ       i       ,   |´
         |.   ト、               /|    ,       きたあああ!
         j  / .\  `  ´   , イ:.:リ  ノ
        j.  //.:.:.:.:>.、_  <´l::.:.:./|  /       ここでクリティカルとは・・・>やる
       ./  / \:.イ_ -=}     .八:/ l  /
       / ./-= ̄/~   ゝ_ ..,    >| ノ         何か補正かかりますか?
      r彡    / ,...::::r⌒:i      "/ノ 丶、
    / /    /::::::::\:::::::}    ., ′   \_     じゃあ、相手はとても深い気絶に陥ってもう相当な時間目を覚まさないお。>やる
.    { /    《:::::/:::i|:::::::.}  ,         > }
    lノ      >"::::::::リ--=t/        ./   |

546SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:14:23 ID:QNllsV0g0

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    それと奪った服がセイバーの体にぴったりで
   /( ●)  (●)\  !   !       無駄にブカブカだったりキツかったりという事はなかったお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /     それは怪しまれなくて済みますね。>セ
  \     ` ー'´     //
  / __        /        じゃあ再開だお。
  (___)      /



                      ,. -- 、
                     〃´ ̄ ``
                     {li
                 __ -- 、ヘ ,. -- . ー‐‐へ
               ´   .  ´        `丶´ ̄ヽ`ヽ
                /  ,  '  , ' ヽ、    \ ̄\ ト、
              ///   , ' / 、 \     ヽ メ  〉.      「おお、これは私にピッタリじゃないか。」
                  / / , '  , '. / i ト、ヽ、 \    V メ 〉
              / / //// // ll l ヽ \ ヽ    ヽ メ、     じゃあそのままその部屋から出ます。>セ
               / ////_/_i l ll l ,.. >== ヽ. ヽ    V//
                  / .l ll l | ,ィテくj    ,イ j::::ハハへ  ヽVヘ.        その気絶した奴はどうするんだお?>やる
              l   | ll l l ' |r';:jト.    |.仆ノノ N  ヽ  ヽ´ ̄`ヽ.
                八| l lト、ー‐'.    ´~~´  ,イ メ/ヽ  ヽ/ /,. -- '´ ̄ ̄ ̄`ヽ.    そのまま放置で時間もないですし。>セ
                  | l l| i\   ___,        |メ、ヽ ヽ  V.メ. __ ,. -- '´ ̄ ̄ ``
                  | l l| \        /   |´⌒ヽ\ Vハー -x            はい了解。>やる
                     从 ハ ヽ i >  _ _ / __ .. =ヘj ノ  V  V⌒ Xこ二二フ
                  リ V ヽヽ 「 ┐r‐ ´__/´ ̄ ̄ ̄`\
                   ,.イ   イ´ ̄ ̄ ̄ ̄./       .,.小、
               ___,イ  / ハ      ,/        / /  ` ー- 、,,..._
.              /  /  /  /  ` ̄ ̄´ /     /  /            `ヽ
               /   /  ∧ {       /         /               ヘ
           /   /  /          /       /   ,'                ヘ
           ,'   /             /     /    j              ;ヘ
.

547SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:14:53 ID:QNllsV0g0

        , ‐=   ̄^f⌒x- 、
      /           >y_
  /⌒`ゝ         \ヽ ヽ)
 ノ  ./             :\ ハ〉        で、セイバーはここからどう動くんだお?>やる
   //    i   j  ト    い 彡|`) ?
   .)´     ハ   j  ハ  ,   i _ |〈       その前にそのその信者の持ち物何ですか?
   i    i / 、  ノキヲ ∨j   | jノ
   |    ハフ二'、ノ 彡毛~》|  :|`iイ:.\      ああ、そうだおね。>やる
   |人  升弋゙t ´ l   乂uシj  :レ /:.〉、:)
      ゝ 乂u'       j   i /.:.l:ヘ_/      これかな  1、財布 2、携帯 3、カードキー>やる
    /  |〃        ノ  人l.:.:/|:.:.:ヽ
   .l イ  .> ......  ヽ.....::´(,/_   ̄ .{.:.:.:.」      あっカードキーもらっていきますね。
    ソ \/ ,  へ_ノ゙ ̄ゝ´  ヽ
       /  ,\ハノ /    |           どうぞどうぞ。>やる
       j  ;, {彡ミ:」 ヽ     〉
       }  ゝ /:l|.:.:ゝ/   ソ^
       i  ト ⌒´/  ./ i
       j  .| ./  /  .〈
       >‐Y ヽ_ノ三三彡シヽ



     ____
   /      \
  /         \    で、結局どこに向かうんだお?
/           \
|     \   ,_   |    エレベーターがあったのでそれに乗って二階へ行きます。>セ
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |     エレベーターは丁度一階に止まっていてすぐに乗れるお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

548SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:15:28 ID:QNllsV0g0

                         /   ...:::::     \
                       /  .::::::::       \
                       /   .:::::::::           }
                         /  ._,.:::::::::::          i    では、セイバーは騒動の中違和感無くエレベーター前にたどり着けるお。>やる
                     /_,,..ィil.Aヘ::::::        .: .i
                     ヾ:: :::::リ!7>\:       .::::: ヽ    「ああ、これで上に行けるのか。」
                    /!、 :i ト、   ヽ      .:::: /          
                       /  \〈/,ベ、   >、.....:::::::::..::ノ       しかし、そこにはカードキー認証という文字が電子パネルに出されてるお。>やる
                   i  .:: : 〈\;;;`ー=イ .∧:::::::::;イ
                    |  ::  ヾ-ヽ.,__/ /___i:::/:ノ:}`ー 、       「なるほど、ここで使うのか。」
                     |  :   くフ‐、 二 ̄// /    ヽ
                      |       >,、/...           i      では、カードキーを認証しエレベーターは上へと上がるお。>やる
                       |       {..i               i
                     ,|      |::|       .:         .}
                  /:       i::|     .:::       .:/
                    / ::       ノ./:_|_    .:::       ..::/



      ____
     /\  /\   ではセイバー【幸運】どうぞ。
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   これ失敗したらマズイやつです。>セ
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

549SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:15:55 ID:QNllsV0g0

                               ____
                            .   ´      ` 、..-−- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ      [セイバーの【幸運】(65)→44 成功]
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ      ではそこには誰もいなかった。>やる
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j// 
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′      助かりましたね。>セ
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |       「よし、誰もいないな。」
                       /  :|  ||   ` ー / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ       ではセイバー二階の見取り図どうぞ。>セ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧  <⌒ヽ、..!_ノ⌒>、、         あ、ありがとうございます。>セ
                / ̄`ヽ////////ハ、丿::::::丿::::}:::く//{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/`ー介\ノ//,   i
               l       }'///////∧    i i. ∨//, |
                 l      j'////////∧.     i i  ∨'/,  !
             l      ハ/////////∧   i i.  i///, j
                l      ,/////////////\.  i i  }///j,/
.               l        }///////////////\.i i ////,′



               ____
             /      \    因みに、エレベーターのすぐ近くに見取り図があったってことにするお。
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ    了解です。>セ
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ

550SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:16:21 ID:QNllsV0g0

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃                │     .  .│                     ┃
 ┃...──────.┐    .│  EV.  .│                     ┃
 ┃            │    .└────┘                ..┃     A,魔術資料室
 ┃    B       │                               .┃     B、研究室
 ┃            │                               .┃     C、教祖謁見室
 ┃            │                               .┃
 ┃--──────┤                             .┃
 ┃            │   .┌─────────┐         .┃
 ┃            │   .│                  │    │ 階  ..┃
 ┃    C       │   .│       A         │    │     ..┃
 ┃            │   .│                  │    │ 段  ..┃
 ┃             │ .  │                  │    │     ..┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

551SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:16:57 ID:QNllsV0g0

    ヘ      __∠ミ;-=j
     ゝ\  .:<       ゞf-:、
_     >´           ヽヾ 》
\    ./´              .ヾヽう
Σ   /    |   ト       ヽ  jシj~j
    .j    :j   い  l\>  j  |.ノレ___          コイツはやべえっ!
    |    ハ_ト  i  >匕≧v,  i .jヾノ、:.:..ヽ
    j   了弋ヽ\j` _彡"~ ハ .レ \ヽ:.:.:..ゝ        ちょっ、リアクションでかいおっ!>やる
    レ个 | ==゙    ゝ- ´ j     .j:.:ゝ<
     j:\ハ ,_ノ `     u  ∧ ji   :)\.:.:.:.:ヽ
      |  :l    ┌  、   ノ |.j |  :/  \/      いやでもこれかなりまずいですよ。
      i :ト:..    ヽ ノ__ ..:::ヽ-=´-j,ノ
lヘ..___〉、  {_ =-ノ ̄ゝ'=_/ 、  ` ̄==__
ゝ<____    >-≧ `´/.:.:|l.:.:ゝ   ト  ___ レ)     おいおい、俺ら大丈夫か?>やら
      ̄ ̄⌒\ヽ、 `.:.:~`.:.:.\  .i
           \i  `⌒` ゙゙̄  .j
             i        l
             .[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
            ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:ヽ



     ____
   /      \    で、ここからどうするお?
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   取り敢えずダメ元ですがAの前で【聞き耳】ですね。>セ
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    はいどうぞ。静かだから+10で。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     ありがとうございます。>セ
  \ /___ /

552SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:17:29 ID:QNllsV0g0

           ,  -―ー- 、
          /        ヽ
          '    ⌒    ⌒  ヽ     [セイバーの【聞き耳】(25+10)=62 失敗]
         l   (―)  (―)  l
          {     (__人__)     }     デスヨネー。>セ
           、.          ノ
     ⊂⌒ヽ  >        </⌒つ    じゃあ、何も聞こえなかったってことで
      \ ヽ'          r ' /               一旦やらない夫とルルーシュの方へ戻るお。
        \_, 'l          l、_ノ
          ノ         l         ああ、了解。>やら
          l           |
          弋          ノ        さて、どうするか。>ル
           | /ー ―一、 |
           し       、_,!



                      /三三三三三三三三三三三三
                  |ヨ>‐‐‐‐‐‐‐‐N',‐‐‐‐‐‐--、三三     それでは、突然ナイフが飛んできて信者と思われる男は
                    i-‐'"""""""/yヾ""''''‐‐‐-- 、_,            少々動揺しながら飛んできた方向を見るお。>やる
                  jィョョ三三三三三三>----- 、_
                  /三三三三三三ヨ(_ , -- 、, -‐      「ほう、なかなか過激なことをする・・・」
                ----- 、三三三三三三>-,'"ヽ  ,..
                  ', i i___゚`ヽ、/:::i,:、--7-。、-‐'" ̄       「こ、このナイフは・・・」>ル
                   ',i: : : :  ̄: :.j: : : : :.ヽ--、ヽ-、-‐‐'"
                        |   ´¨,ノ   _ヽ=-  ..::::`‐‐-      「お仲間かね?」
                      _i     iヘ- 、     ,
                ,...イ::::', 、-   ヽ'"     u           「どうかな?」>ル
                 ∠:::::::::::::', __〉>--、___  _____   y--
             ,..:<:、:::::::::::::::ヘ  二 ‐--、_ ,..._ヽ-'   /:::::::     で、この男は俺の事見えてるのか?>やら
            /:::::::::::::\:::::::::::::ヘ         ,.......<:::::::::::::: 
           /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::>、____,.イ::::::::::::::::::::::::::::::     一応視認はしてるお。>やる
       ,....<::iヽ-----、:::::::::::\::::::::::::::---'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

553SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:17:59 ID:QNllsV0g0

   ..._                       ,...::´::::`ヽ、
  .../:::7 _           ___   /::::::::::::::::::::::\         _       じゃあ間髪いれずに残りの二本をその男に【投擲】。>やら
 .../::::/_r':::| / ̄|   . /     \-、....-‐::':::: ̄ ̄ ̄:::::`゙'::::-‐ィi´:::::::`ヽ
.../:::::::::::::::::::|/::::::::|  ./        ヽ::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、     は、はいどうぞ。>やる
...::::::::r-、:::::j |::::::::|  |ヽ  ,/     ',::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
...::::::/─::::/ |:::::/_ ...(●) (● )     i::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     「ルルーシュ!ミスったらよけろよっ!」
...::::/ヾ-::::| |://:::|  .(_人_)     !:::::::i:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
..._/  |::::|.  └┘  ...ヾー ´     _ ヽ、/:::::/::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    [やらない夫の【投擲】(40)→35 9 両方成功]
   ...|::::|     _    ` 、 _ , '´  ゙ヽ;::::/:::::::::::::::::::::゙::::、‐ - 、:::::::::::::::::::::::::::/    [ダメージロール【1D4+2+1D6】=7、4]
.   .|:::::|   /| |:::::}    ,,-┐     .//ヽ、::::::::::::::::::::::::::::ヽ   `ヽ、:::::::::::::/ 、
.   |:::::」  |:::| |::/_   |::::::|  ...//  /`゙' 、::::::::::::::::::::::::::`.,-‐´ ヽ ,ィi´  ヽ
.   |/   L:ノ /:::|  |::::::| .//   /       `゙' 、::::::::::::::::::::',\        '、
             |:::/  |::::::| //   '         /-.';::::::::::::::::::|  \       \
             |/   |:::::/..´     i       ゙`   i:::::::::::::::::|、   \       \
                .|:::/      ヽ ,           |:::::::::::::::::|ヾ、.   \       \
                |/,-┐        ‐--= .. _ |:::::::::::::::::| !i      \       \
              ...|::::|.___________i´`i ̄ ̄'!__||_     \       \
              ... ̄ .____________) | , , , ノ≦≧l}     \       \
                                 !__ !              \       \

554SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:18:28 ID:QNllsV0g0

                                j   ヽ ヽi,   ,-、 、',   ヘ     i   7 ,
                               7    \ヽ  /--ヘ ヽi   ヘ   |  7/
    {ー―一ヽ                      , -7     \ ヽ.',☆ーヘ ヽ,   i,  i  / ./     [信者?の【回避】(?)→12 クリティカル]
   ..`  ̄ / /        _               , イ ,--| ,r'::::7ョョュ、__ヽ .',三三ヨュ, , -ュ, |/7 /ヘ/ /    [信者?の【回避】(?)→90 失敗]
       /メ 、 ゞ ヾ )}      , --∠"´ ∠   |.7::::::-、三三三ヽ|三三三>- 、':ヘ,y',  ノ  〃    [被ダメージ計算【?-4+?】=?]
     /  \〉  _ ノ ' ..., ..< /≠'   /    i,i_  i:ヽ,ヘヽ,_’゙ン、 ヾ<ヽ,__,’ノ:::/  /〃 //    ※クリティカルの効果で二回回避ができます。
               イ,  イ/〃  .7 j    .|7"'-、i'"ヽ',    /::. ゙゙ ¨  /  /    //
             ,<  ,./  ´ i,   7 i' ∨  i.i | 0 7 i,==-- 、', .....   ./  /,-|   .//     「くっ、よけられない・・・」
         ,--'7 , 〃 , ,==7ヽ._ヽ  i i   ∨  .i i ./,,  ヽ ヘヘ ヽヽ'"テ-/  /i i j i  '/ //
        ./|  .,イ,イ .,イ .===/    `  ', ヘ,  \ i /f    i>-、ヽ\\∨  ,7-'7 i   i //
      _ /フ ,イレ レ /ム―7 .=,   ヘ ヘ ヽ,  >i 7ヘ 〃,,   i_:::::::::::>-、./  .7::/ / ,, ,ノ'"      おいおい、体力見せてくれないのか?>やら
       ̄// ̄// ̄ //''''''7/ 、_  \  \ヘ  >'-'" ---∨_ヾ  \:::::::::::::/   /::/ / ,='  //
.       /  //   /'  // ,イ,イ ,イ ヽ,  ヽ,--'"¨¨¨    \〃  \::::::::i  ノ:::/ 〆 /´¨      いや、あとで見せるから心配するなお。>やる
       ././/      //  レレ //.''-、, -'"        >-、__ =----'"--'"/ /-'"
      /../'        ,/'    /'ヒ ./  __ ,      ¨¨¨¨¨¨ ヽ,-'ヘ  / /ヽ  >、
     ./ /           >-/,-'"          ,  -' "  /r'>、∨,ノ //  \
                        / ,---‐'"¨¨¨¨¨¨¨ヘ--.、     >--'/∠//    >-、



       ____
     /⌒三 ⌒\    まぁ、この人の体力このあと必要はないけどね。
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   えっ?>やら
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   その後攻撃を受けた男の見ためが徐々の変わっていくお。

555SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:18:55 ID:QNllsV0g0

    ハ//////////////////////////ハ
    !////////////////////////////ハヘ
   ,イ////////////////////////////ハ∧
   / !////////////////////////////川/八     「できれば、この姿を晒したくはなかったが仕方ない・・・」
  ノ/i!//////////////// ∧///////////i!//へ、
///リ|///////////////V  ⅥV////////|/////\      そこには先程までいた男の姿はなく代わりにこの世の生物とは思えない
//<;;;|//////////////V  ノ| V///////|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\           世にも悍ましいウロコを纏った蛇のような生物が立っていたお。>やる
;;;;;;;;;;;;;;|/////////////V   N  V//////|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;|////////////V、 ,  N__=V/////イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ
;;;;;;;;;;;;;;|///////////VL) (ー≠ヒ迩 |/////V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ .|    おお、クトゥルフっぽいな。>ル
;;;;;;;;;;;;;;|//////////"∧ ̄ /´|    !////V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   !
;;;;;;;;;;;;;;N////////  | !  '    /リ/////!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    |    やっぱコイツかよ。>やら
ヽ;;;;;;;;;;;N/////// 、!ヽ  ィ  , ノ/|/////リ;;;;;;;;;;;;;/./    !
 V;;;;;;;;;N////// ∧` ̄ ̄ ̄ /;;;;;|////V;;;;;;;;;;/ /     .!    ではそんな生物を見たルルーシュはSANチェックでーす。>やる
  V;;;;;;;;N/////V;;;;;ゝ___/;;;;;;;;;;;j////リ;;;;;;/  ./      !
  V;;;;;;;N/////|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノИ/V;;/   /      |     だよなぁ・・・>ル
   `寸;;N////イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Иリ/V/   ./       .!
ヽ、  | \N///リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;И|/V/  | ./        !



         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ     やらない夫は一回見てるからしなくていいお。>やる
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    [ルルーシュの【正気度チェック】(62)→36 成功]
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、    では、正気度減少はなしで。>やる
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l     ふー助かった。
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `      このメンツ正気度減らなさすぎ・・・>やる
       レレヘヽ ヽ- 、__   ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`        まぁ戦闘メインだし。
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\

556SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:19:26 ID:QNllsV0g0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     ていうかさ、周りの信者ってこの姿見て驚かないのか?
   |      (__人__)
.   |        ノ      えーっとカラカラ10人居合わせた信者のうち9人が逃げ惑うお。>やる
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ      残った一人も蛇だろうな・・・
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |      多分な。>ル
.    \/ ___ /



      ___
    /       \    うーん、期待を砕くようで悪いんだけどこの人は只の一般人だお。
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \    あれ、じゃあ操られてる系か?>ル
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /    それ以上は技能でどうぞ。
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ

557SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:19:56 ID:QNllsV0g0

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}    了解だ、じゃあ俺がその人に【クトゥルフ神話技能】でいけるか?
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l     えっいけるけど?それ5%しか成功しないけどいいのかお?>やる
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{     ああ、ダメもとでも使ってみたかった。
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l        あっじゃあ俺も。>やら
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `         ど、どうぞ。>やる
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _



         ,. ´:: :: :: :: :: `ヽ、
       /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`丶、
     ,. ´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :' 1
     !:: :: :i:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|!: :: :: :: |          [やらない夫の【クトゥルフ神話技能】(05)=83 失敗]
      |:: :: :j:: :: :: :: :: :: ィ:: :: :: :/,」L: ::!:: ::|          [ルルーシュの【クトゥルフ神話技能】(05)=63 失敗]
     !:: :: :!:: :: !:: :: /:≠:!:: : /レ' ,、!:/ :..::|
      |:: ::_,|:: ::..!::/!/_V1:::/ イr7j1::/ヾ! / ̄ ̄\
      Ⅳl ヘ:: :: 1f卞イハ`!/  ヒり!::l/ ../   _ノ  \        まぁこうなるだろうとは予想できた。
     !ヘ::\!:: :: '.弋tり   、  j:/!  |    ( ⌒)(⌒)
       !ヘrヘ:: :!ヘ   __,. _/     .|  u  (__人__)        5%じゃ無理があっただろ。
          >ヘ>r -イ        .|      |r┬|
          ! 、  Y- ,、 \       .|      | | |}
            j /   !  !Y__/、       .ヽ     `ニ}
         / / !__,.rュ=キ'_,ノ !      .ヽ     ノ        じゃあ二人はその人から
        とソ∠ _ '_/! |       /    く  \       クトゥルフ的何かを見つけようとしたが見つけられなかった。>やる
         (___ _!Zz、ト、'ヘ、    ..|     \   \
               `¨´ `ー '     |    |ヽ、二⌒)、

558SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:20:26 ID:QNllsV0g0

                  / ̄ ̄ \
               _ノ ヽ、__ 」L\
                  (= ) (= ) ⌒_,-|、      「ちっ!やっぱりてめえらか。」
         ,'⌒ _ (__人___)  r' l |lヽ
           ヽ_ノ   '、` ⌒´   } } l レ }     「ほう我らを見た事があるのかね?」>蛇人間
                  |       j |,|l ノ__ _
                  |     /    /ィ : : : : ヽ    「ああ、殺されかけたさ。」
                 _/:.`ュ'ニニr´   / : : : : : : : ヽ
          __ ,.< : : : :{/:::ハ人   rノ∨ : : /: : : :',    「お、お前見たことがあったのか?」>ル
       /: : : : : : : : : ク:::〈´∧'--:´" : :.∨.:/_/ : :l
      / : : : : : : : : : : /::::::i /:.∧ : : : : : : :∨ : : : : : : :l    「一昨日な、あの大怪我の原因さ。」
    / : : : : : :Y : : : : :|:::::::y : : :∧ : : : : : : :∨ : : : \ !
  / : : : :\ : : :i : : : : : |:::::/: : : : :∧ : : : : : : : \ : : : : :〉
/ : : : : : : : : :\ :i : : : : : |:/: : : : : : :.∧ : : : : : : : :ハ : : : :|



:::::::::/::::::::..:::::::/ ..:::::  //::  ...:::     i                 |
::::: /:::::::::::::::::/ ....::::: / /: ....::::   ィ .:∧::    i     : :. :.      |
::::/|:::::::::::::::/....:::::/  /::...:::::::  / .:::/ {j!:..   |   i  .: .::. ..:     |    「ああ、あの時のか。」
:::ハ::::::::::::,'...::::: /ミメ.,. /...:::::  //...::::/  jハ:.   :|   | .:i j::::::      |
::| ハ:::::::::..:::::: /介汽/:::::::: / /..:/  . .iハ::.  j   ..j ...:|::|:::..   i .ト |     「そういうこと、因みにかなり強いぜ。」>やら
::|  メ::::::::::: .イ _辷ソ}::::/ィ,,,//===ニ= 升::. /  ,;/ .:从!::   .ハ ハ.',
',{  八:::::::::/,ハ  ̄/イ巛//彡zz==t=tuj=ァV:: .:/:  //.::::  ,イ ∧ !ムン ̄   「俺は戦えないぞ?」
.ヽ   \::::/.∧ / ././    ̄ミミト、弋_少, 》/:: ./:  //.>:: ,, / - ''" ´_ ィ ''""
ヽ     ヾ{.  '.─/、 .          `ー=-/::. ../ ,, ..- '' ´,,,, ..- '' "´         「自分の身は自分で守れよ?」>やら
\\       ',/::::::`ー、_ ___ _ _..ィ─ ''"´,, - ''" ´           ./
  \\      \:::::::::::::::::::::::::;;;...- '´ _, - '' ´ ̄              /      「それぐらいはするさ。」
   \\    / .>、::::::::::::::/ / ̄                    /
    /.ヽハ.   /У .ヽ:::::/ /                   イ.>
.   /∧Vハ!  レ   / /                   /彡く
   | .| .| | ハ /   / /\                   / /   \

559SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:21:01 ID:QNllsV0g0

         ,,</////>、
       ///////////へ、
      イ//////////////ハ、
     爪/////////////////\
    ノ////////////∧///////\        「中々興味深い話だ
   //////////////  ヽ///////.\            この状況じゃなければ話を聞いてみたい気分だよ。」
 ///////////////    V///////∧
イ/////////////|V    _-V//i! ヽN`ヽ、     「お前に話すことなど―――
/////////////ヒ-/ x 乂彡夾V/仆  N   \
///////////夾メ弋- / ̄~ |/リノ;;>,N、   ヽ      やる夫、ちょっと良いか?>ル
<////////   |∧  '    ! |/K};;;;;;;;;;;ト、
 ̄フ///イ//∧ 、 |  _ _   jノ|N/;;;;;;;;;;;;;| `> 、      ちょっまだ俺がRP中だぞ?>やら
彡イレク|///|;;ヽヽ.! 、__ィ ./|И;;;;;;;;;;;;;;;;|    ) >
_く;;;;;;;||||//!;;;;;;ヽ.L  ̄ ̄  /;;;И;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ,   |     それは済まない。だがこっちも急用だ。>ル
   ヽ;;;|||//!;;;;;;;;;;;;|;;ヽー一 ;;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;リ    /   .!
    ヽV//!;;;;;;;;;;;;|\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;シ  i  ./   .|
     ヽV/;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;`ヽ;;;;;;;;;´;;;;;>""   ,  /    !
、     >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>"""      , /  /  .|
乂   |  |  `== ̄ ̄          ,レ' /    |



         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       おっ?なんだお?
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、 
     \       `ー'   しE |     コイツに【説得】いってもいいか?>ル
     /           l、E ノ
   /            | |      はいどうぞ。だけど-10だお。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

560SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:21:27 ID:QNllsV0g0

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,     [ルルーシュの【説得】(71-10)=10 クリティカル]
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:| 
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l      よっしゃああああ。>ル
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l      
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|      じゃあ、相手はルルーシュの話に思いのほか乗ってくるお。
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、              しかも、こちらの質問も答えてくれる勢いだお。>やる
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l         「少しいいか?
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i            お前はなぜお前と同じ見た目をしたものの話にそこまで食いつく?」
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ           「お、おい何言ってるんだお前は?」>やら
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :



           ∧//////////////∨    ∨//////N
           ∧///////////// ∨       i//////.N
             И///////イ//// ∨       jイ/////N
           |/////////////∨      ≦チ|/////N    「急にどうした?
          И//////ソ//フ/∨x  ー、r禾迩" |/////N      私を殺すんじゃなかったのか?」
          И///// レ/ヲ//ヾ、   /" ̄ / .!/ト///N
          |/////〈 // |//  `  ′  / ,. |/ノ///N    「別に俺だって好き好んで殺し合いはしたくないさ。」>やら
          |//////V/、//   l       ' / !H/// N
          |////ん /〈 Y/    ゝ、_   ィ / イ|! |///Ν    「それには同感だ。」
          |////ハ 」从斗 ヽ、-―――" /ト斗|/// N
          |/////ハん|「 ハ   ̄ ̄ ̄ X;;;;;;;;VV|/// N    「そうだろう、俺が撃ったあの男にもあとで治療しておくからちょっと話を聞いてくれ。」>ル
          |////レ//リ |/|>ゝ、 _  ノ;;;;;;;;;;;:|//////N
          |////レ/ソ;;|/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;八 /////N    「いいだろう。」
          |/////;;;;;;;|/!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\_// N
          |///;;;;;;;;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>/N
         ノ<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、

561SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:22:01 ID:QNllsV0g0

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    そう言うと男は修練場の中に入って数十秒後人間の姿で出てくるお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      ん?てことは人間になれるのは能力じゃないのか。>ル
  \     ` ー'´     /
  /          \       どうやらそれっぽいな。>やら
 /             \
/  /\           ヽ     じゃあ、残った一人に何かつぶやくとその一人は建物から出て行くお。
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :−: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.− ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}    「待たせたな
     | _ - − ‐ ― - _ ,,             ̄ "/       やはりこちらの姿の方が落ち着く。」
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "      「ああ、俺もそのほうが話しやすい。」>ル
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/        「では、話を聞かせてもらいたいな。」
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ           「その前にひとついいか?」>ル
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ                「なんだ?」
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,

562SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:22:28 ID:QNllsV0g0

                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\      「貴方達は人を攫ってるという事は本当の話なのか?」
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ   「ほう、よく知っているな。」>蛇人間
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :    「その人たちをどうするつもりだ?」
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :    「勘違いするな、攫っているのは只の人じゃない。」>蛇人間
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::



              _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
          ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.
     ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ
  '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ
  , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ
 / /  `;;:::::,,''        '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l            「我々が攫っていたのは我々と同様擬態した蛇人間だよ。」
 i i. <  ;;::::;          ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、
 ! ト 〈  ''::;              ´            /          「なにっ!?」>ル
 、ヽ`ー 、.l !                        __/
 :ヽ、ー゙'´ ,、                   ィ, ´, ´ ,,           「当たり前だ、態々人間なんか攫う意味もない。」
 "'',,  ̄ 、、ヽ                    ,У、 ",,
 、 ,,""ッ, ヾ.、          ´ '‐=ニニニニ二チ./ ,:.:.:.,i  '',,         「嘘をつくなよ?」>やらない夫
 "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、        ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
    "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、  / /:.:.::.:.i| ,,''

563SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:22:53 ID:QNllsV0g0

                  __
                  /    丶
               ヽ、 、__,ノ  `          「俺は見たぞ、お前の元の姿と瓜二つの生物が女の子をを攫おうとしているのを。」
                 (●)(●.) ノL|
                    (_人_)  ⌒ |           「それは、奴らの方の蛇人間だろう。」>蛇人間
                |}r┬‐|     |       __
                '、`⌒ ´   , ト、    _r┘ `ヽ、    「その奴らってのはなんだ?」
                   | 、     ,イ//`ー‐ー-r'‐、'ヽ `、{
                `ォニニ二´/ィ : : : : : : { 、 `   |    「言う必要性を感じないな。」>蛇人間
                _/ /\  / : : : : : : : :ヽ,」    |、
                /:/|イ:::::/∨ : : l : : : : : : :/ :|    |、{
            r''/ : :| ./`Y / : : : 」 : : : : :: | /ゝ_,./ ノ:Y
            ノ/ : : :| i::::::|/ : :/ : : : : : : : 、 : :.〈── ´: : |



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\     さて、これ以上聞きたいなら何らかの技能で・・・
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |    いや、一つ提案があるんだが?>ル
    \      `ー'´     /
      >         <      ん、なんだお。
     ( |        / )
      `|       /'     邪神召喚のことを言ったら教えてくれないか?>ル
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

564SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:23:28 ID:QNllsV0g0

     ., ──‐、
    /     \
    |     _ノ  ヽ          でも、それ言ったら何故それを知っているって激昂してこないかなあ?
   |     ( ●) (●)
   |       (__人__) , -―ーっ    そんな感じのキャラじゃなかっただろ。>ル
    |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
   . ン         }  |. |       成程、それなら技能はいらないかな・・・>やる
  /⌒        ノ  .|,  |
 /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |       助かる。>ル
../   /    r_____ ノ
/   /      |i



   /   //:.:/:.:.i:.:.:.:.:.:.|:./:.:.:./ /:.:./ /:.:.:.:/ /:.:.:./:.:./:.:.:.イ:.|ヾ:.:i:.:.:.:.:/:.:/:.:.:
       イ:..::./:.:./:.:.:. :.:. レ::.::./ /:.:./ /:.:.:.イ  /:.:.:./:.:./:.:.:/ |:.:| Vハ:.:./:.:/:.:.:.:.
     /イ/:/:.:.:.:ィ:.:|:.:.i:.:Ⅳ:.::≧/:.∠/:.//  /:.:.:./:.:ィ:.:.:./_=ハ |<ヾ.Y:.:./:.:.:.:.:.
    /  /:.:.:.//:.: i .|:.:i:.:./ミ/ソ/ //>、  /:.ィ/:./://_,, _ レ=-= 、/:./:.:.:.:.:.:.:    「【神の召喚】これをアンタ等は起こしたいんじゃないのか?」
  /  /:.://:/:.:.:.ハ:.:.:.|ヾ i、ノ心ヶミ   ミ=/:./ /' ̄ フイノ也ハ /:./:.:.:.:.:/:i:.
   /:.://:/:.:./:.:.:i::lハ:.:.:i 廴ゞ三ン>-、、 / ./  -=ハ辷三ノ/:.:./:.:.:.:.:/:.:.|:.    「何故、一般人であろうお前がそれを知っているんだ?」>蛇人間
  /:.:/ /:/i:.:/イ:.:.:l:.i iト:.ハ   ̄ ̄ ̄`. / i     "  ̄ ̄ /:.:イ:.:.:.:.:/:.:.:.|!:
. //   ハi l:/ i:.:.:ハ:.:.ヽヽハ           |        //:.:.ィ:.//:.:.:./i:.:    「アンタ等と同じような奴らに聞いた。」
       i:.l iリ  l:./ iハ:.:.:.:ゝ>          |       / .///:/:./:.:.// ヽ
      |リ i!.  レ }:.ハ:.:.i:.:.ハミ.、          |        ./ ./:.//:.://       「我々と・・・・・・成程な。」>蛇人間
      i      |:.:./i:.:.:.:.:.:.:\\        `         イ:.://:.:ハ:./i
              iイ/ハ:.:./:.:.:.:.:.:>、   _   _   _   / /:.:.i:.i:.:.iハ:{
           /ハ:i .|/ハ:.:i:.:./i. \  ̄ ̄  ̄ ̄  ./  .i:.:.i:l:.l:.i:.i i.リ        そう言うとその男は何かを理解したような顔でこう言うお。>やる
             iリ // i:.ハ:.| \ \   ̄  ̄  /   /:i:.:ハト、:ハゝリ
           | ̄/ソ   iハil:.|   > 、\   / _ < / i:.:iハ     ̄ヽ
           | i      |:|     \ `-´ <´ .    |:iハ       ノ/i
             Vハ      リ|   / ̄ ̄V ̄ ̄\    :|ハ      .// .|
            Vハ      |  ./       |     ヽ   :|       | | ./

565SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:23:55 ID:QNllsV0g0

      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...          「そうか、お前らはあの地下の食屍鬼と出会っているんだな
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉     だからそんなこの世にあるべきではない知識をほんの少し身につけていると。」
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ     「良く分かったな。」>ル
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,        
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /        「多方アイツ等に蛇人間は全て敵だとでも言われたか?」
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''        「大体合ってるな。」>ル
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛



                     / ̄ ̄ \
            -`  ⌒ ヽ、_    \      「まぁ食屍鬼がそう思い込むのも無理はないな。」>蛇人間
              ´   ●)(● )     |
                    (_人_)    |      「どういう事だ?」
                   '、       |
                 |         |       「恐らく奴らのフェイクに引っかかってるんだろう。」>蛇人間
                 | 、     .ィハ、_
                 ≧ュ─ー ´ /.......ヽ    「ますます訳が分からん。」
              //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
              ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、     「良いだろう、真実を教えてやる。」>蛇人間
           /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
            j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ
           i :::、:::〈 :::i::::::レ .:::::::/::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
             i :::Λ::::', ::i:::::/ .::/::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
             | :::::Λ:::::', :i::/ .::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i

566SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:24:26 ID:QNllsV0g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \          その男が教えてくれた情報は以下のとおり
|       (__人__)    |            1、奴らというのは【白蛇の会】の蛇人間の事
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃       2、奴らは食屍鬼とヴードゥー教の蛇人間が手を組まないように
(  \ / _ノ    \/ _ノ           敢えて【シールド】とそのへんのチンピラを操ってあたかも二つの勢力が
.\ “  /  . \ “  /            地下の古代遺跡を狙ってるかのように演出している。
  \ /      /\/           3、人攫いに一般人を使用しているのもそのため。
    \       \                           こんなところかお。
     \    \  \
       >     >   >          成程な。>ル
       /    /  /



                  , -‐‐'  ̄ ̄ ̄ ` ー 、
             _ - ' ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|     「だったら、アンタ等で直接食屍鬼に真実を言いに行ったらよかったんじゃ?」
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /      「悪いが私も仲間もあのような下賎な輩と協力する気はない。」>蛇人間
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_     「じゃあそもそも何故二つに分かれて内乱じみた事をしているんだ?」
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\    「それはだな・・・」>蛇人間
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /      そこでその男は何か考え込む。>やる
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\  
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄`
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :

567SAN値直送 ◆JI25OnfLNY:2012/11/30(金) 23:24:54 ID:QNllsV0g0

               ___
             /      \     じゃあここで【信用】で振ってくれお。
           /⌒   ⌒   \
          /(● ) (● )   ヽ
            | ⌒(__人__)⌒      |   ああ、了解。>ル
         \   `⌒ ´     /
             /             \



       /:./ .:./.:./.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:/ ||: .:.:.:.`ヽ:.:.:.`:.:\  \: : : : : : : : : : : : : : : :
       ,':./ .:./. / ./:.:.:.:.: .:./:.:./|  |!ヽ: .ヽ:.:..l :.:.:. |:.:.:.\ \: : : : : : : : : : : : : :    [ルルーシュの【信用】(70)→49 成功]
       }:.| :.:.:l:. | :.|: .:.:.: .:./:.:./.||  ', ヽ: .ヽ.!. :.:. |: .:|:.:. \ \: : : : : : : : : : : :
      //| .: