■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

AAで語る中世ロシア史…3冊目
1夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 09:56:48 ID:dCYf9pK60
・タイトルの通り中世ロシアの歴史です。
・史実ベースですが部分的に創作も含みます。
・特定の民族宗教への差別発言はご遠慮願います。

2冊目(前スレ)
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1340522697/-100
1冊目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335777689/-100

まとめブログ 「やる夫之書」様
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html


                ,、
          , '⌒Z/:l::\                            . -=ニ二 ̄二ニ=- .
.         {  /ー┴‐-ミ                   ___   /.::::::::::__::::::::::,=、::::::::::.\   __
.         X          \                 \  ̄二ニ=、:::ー'.:::::V=ニ二 ̄/
       / : : : :  ̄「 ̄`ヽ l\                    /\ : : : : : : :〉.:::::::::::::::i: : : : : :/',
       /. : : : : : : : : |::::::::::_} L:::.\                   ;:::::::..\: : : :_」_・:::・:::::::::l: : : /.::::::::
      <: : : : ノ\: : : : :|::::/    }:::::::>              i:::::::::::::: 〉、/.:::``丶、::::}:_;〈ノ).:::::::::i
.      、<   ` ー┴'   _,  h/                !::::::::::::/.〃.::::::::::::::::::::.\    フ.:::::!
       \ :`ヽ.      /ノ ノ{                   :::::::::/_,i{::::::::::::::::::::::::::::::ハ   ヽ:::::;
        \ 〉 ,.┬::::´:::::{ .イ_ノ                ∨/'´::::::::::::::::::::::n:::::く レヘ厂`V
          X /: :|:::::::::::/./                     /:>‐----‐=彡 `¨´`ニ::=‐- ',
          ど.. へ: : :l::::::/゙´                        ´ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ `
              \l/                          ` ‐=ニ二::::二ニ=‐ ´
.

2夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:11:03 ID:dCYf9pK60


――― なかなか13話が仕上がらないので、唐突ですがちょっとゲリラ的に小ネタでも。





     ;;;\\B A R ヾ;;;;((;;;;;/;;;ヽ;;ゞ
\      :\|λλ鄯στη ||i;/;));ヽ;;ゞ
   ̄ ̄| ̄ ̄          ;;||;;;ヽ;;ゞ)     |
__    ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ゞヽ ;;;i(;;;|
 |;;|     ヾ;;;ヽ;;ゞ//;;;ヽ;;ゞ|\  |    ヾ;.ヾ|
 |;;|    ___ヾ;i;/;;;ヽ;;;ゞ | |;|  |       i|
 |;;|    | kosti |l );l;;     | |;|  |       l| .;/|   ;;;|
 |;;|    | spata |li;/;;;ヽ;;;ゞ  | |;|  |       i| ;|| |   ;;;|
 |;;|    |palama|l;;;ii;;|ヾ;ソ  | |;|  |       l| ;|| |   ;;;|
 |;;|     ̄ ̄|''ヾ ;l/;;    |/./__i__./_\__i...\|| |   ;;;|
 |;;|     ..::;;;|         /_ノ__/___l, ___i___,,\;|   ;;;|
===i       | ̄||    | ̄||  _...../____l, ___i__...ヽ__.ヽ  :::::|;;;;
;;ニi二二二l   |  ||_===|__/____i__...../____l, ___i___\__|;;;:..
;;;;;;;,ニi二二二l |l ̄l|  l| _,||,_ l| ____i__...../____l, ___i__...ヽ____,,\''''
_____ニi二二二l__/____l, ____i__...../____l, ___i__...ヽ____l, ____i__ヽ_,, \
_/_____l, ____i__...../_____l, ___i__...ヽ_____l, __ヽ____l, ____i__...ヽ____l,,ヽ
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;;
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,,,

.

3夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:12:26 ID:dCYf9pK60



                                         ──
                                       /              \
                                  /       ト、 ヽ ヽ\  \
                                    / /.  | イ  | |  . l  ! ト   ',
  ねぇエイラさん、                       l |. ! |. |    .l   | |  | | !   !
                                 | | | .ト | ⊥ ノ__ ィT T 7 | |   l
                                 | ト、>イ__     ,イfhハ'ゝ !   |
  「ロシア史」って                        l |\! ,ィfhハ 、  _,y ヾシ ) !  |
                                 ヽ \yヽヾシ )⌒ 'ー ::::: '´ ! !. |
  どこから始まったと思います??      .       l ト.'A- :::::::´ ’_    |  | |  |
                                  / | ト,.|ヘ、   ヽ _,ノ // ノ! !  |
                               /⌒ヽ.| | !|\> .__ イ |./イ  人 ト
                            へ/  _  \ノ ト, 人 ハ__,. イ>'´/⌒\! \
                           /   \/ <≧ノ〉   )_/K| |_>/  .//     アL. ヽ
                         /__   ヽ  (    ( |,.イ ト, |  |/   / _.ハ )
                  .      /──、\ /_,.イ  \  ト)|V√乙》ト、.!        \
                       /    >´  ̄    アjノ / 〃    7Y \___   \
                  .    /  _,.イ       / / /   {_o___ノノ   | !  \    \
                  .     /     _____{-'  | <  ̄ ̄ ̄   イ/ |  | !\
                      ── '´         Y  ||            / 乂 ノ人



       /       |      }〉      ゚。
            ∧      /′       ゚
      |      /       { \
     |    厶-‐-丶/  {-‐- ヽ    |
.       |   ´ /}丿   \  {ハ{  ゚。`   |        サーニャから教えてもらったゾ。
.      !.  /  .二、    \{ .二、 } i  |
        {∨  〃⌒^       ^⌒ヾ }ノ}
      圦(∧         ,         ん'           最初の王朝はルーシ・キエフ大公国…
        } ー-.                 .__/ ′
        } i 人    V  ラ   人   {          つまり9世紀の終わりからダロー?
        } |  个. .       . イ. .   {
        } | . .| . r |≧=‐=≦|.. .|. . .   {
        } | . .|. ノ⌒\___/⌒ .! . .  {
        } | . ./.......o../.||..}o.......\.  {
    ___ .斗‐=ニ.].........o.../.. ||..}....o.........〕iト{
 /.....{L....   -┘\_.o/ ... リ∧..o....... 人    ┐_
./...................................................{{......`¨¨¨´......... ー- .」⌒\

.

4夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:13:09 ID:dCYf9pK60



                                             !ト、
                                              |. ヽ\__          _,
                                              |.レ<  ̄ ̄ ̄` 丶ー  .彳
  あらあら、キエフは現在のウクライナ共和国の首都で、           /.レ'´         \< 〃
                                                //             V/
                                          /  ./ 〃 / ! l }  l.   ト.丶
  「ロマノフ朝の帝政ロシアとソ連の時代に                ///,イl |. !  | .|/.|. |  | l l
                                           //. //.l l |. !  |/| |. |  | | |
  領有してた頃もあった、」                          //// |ト|_|'ト、|∠ト.Nト|<!⌒ !. /.|
                                         |// | |/Y ー━ミ、、_, イfリ)アY!/. j
                                        //! ! !{tト ___ノ⌒ヾー'__,ノ / /
  というだけの話ですわよ?         .             // .! イト,|/∧     ’    {.V / l
                                     ///  ノ\__>  て!) ,.イ ヘ\. ト、
                                   ノ⌒/イ // ̄∧  ≧>< /ノ⌒ \ヽ
                                  /  || |  |     >イ入!  ト、__}ヘ    }. l
                              / ̄    トヽ \ヽ_ / / レ|. l__/   ) \  ア\
                           < ̄ ̄      ,>\ ) Y_\/⌒ア .|    /  />'´   〉、
                         /  <    ト_>/. /〃─'     Vへ」ト、/   ノ|/     // / 、
                         |     \ノ⌒/ /. / |          !|   / / イ  \     l l l  \
                        丶      \/ !  .| ト、        !|   |//  !   | \   l l l   ',
                          \.__     \|   ! | \     /{)   \  ノ|  | !. \ l l l.    |
                           ヾヽ彡三三三ヽ、| /       /     _,/ .!   | !  | \)))   .|
.

5夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:13:59 ID:dCYf9pK60


                         _    _ ....--──.....7
                      ´  ̄    ̄  `丶 .:.:.:.:.:....::::::::::′
         r───------、/            \.:.:.::::::::::::/
          ∨::::::::::::ー...、.:.:.:′                \::::::/       モンゴル帝国がくるまでのルーシは
          \:::::::::::::::::::.../               ヽ.  ヽ
           \::::::::::::::/      ′      | i  |  ハ   ゚,        現在のウクライナが中心地ですわ。
             \:::::::,'    ′ i l  |   | |  l   |   l
              l\}    i | l |  |   } | /匕 |   |
              |  .    | | l |  |   .ハj/  ノリ :|  |       「キエフ大公国はウクライナの歴史」
              |  l    |八ノ 小 j八  / ノ ,ィ斥ハ | ′ |
              |  l   l 斗七_.ヽ 丶′ 弋rツ |/ ' |
              ′ l    j  ,ィf圻゚圷`Y´⌒ゝ ー ´ }   |       …と言うべきじゃないかしら??
              /  八   \ 乂::少ノ   、    ′  八
              /  /  \   \`ー ´        人    丶
            /  /  .r 、>--、_丶    ー '  ィ  ヽ     \
          /  ./___j  ヽ:.:.:.:.:.:.:`\≧ ー < ト、 丶\ ヽ..  \     その頃のモスクワは寒村で、
         /   /⌒ー.圦  \ ̄`ヽ:.:.ヽ:.:.:..`\___ノ::`rー─ 、 丶    \
        /  / }.:.:.:.:./ \  ヽ   i:.:.:j丶:.:.:.:.:/ハ\::}:.:.:.:.:.:.:.:.\ ....   \  しかもキエフ大公国の領土ですわ。
       /   / /∧/     \    }: /:.:.:.\/  ト、. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /   /  /  /  ' |  /_, -‐、   V:.:.:.:.:.:.〈  ゚.丶 ヽ:.:.:.\:.:.:.:.\
   /    /  /  / /.| |  |ー、__ノ\ \_:.:.:.:.:.\  ヽ ヽ V:.:.:.:∨:.:.:.:.:\
  /    /  /  .〈 く } }  V:.:.:.:.:.:.:.ノ丶___):‐o‐.:.ヽ  '. l  i:o‐:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ,′   /  ,'   >、ノ\ヽ  V` ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.l:.:.〉 l i  l:.:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 /    :′  :!        `¨\)    \:.:ゝ:.:.:-:.‐:.:.:.`ヘ∧ノV:.:‐:.:.ノ\:.:.:.:.:.:.:
 !    i:..  l    ':...   '.          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}{:.:.:.:.:.:..:.:.l   \:.:.:.:
.

6夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:14:41 ID:dCYf9pK60


                        ̄ ̄      .
                 ´                 `ヽ、
               /                    \
                           l     ヽ
                /        |   |        } !   ’
           /             | _ {__ l     リ,人ヽ  ’
              ′         |  {ヽ  ̄丶 `  /イミリ i  リ      「ロシアの歴史」が始まったと言えるのは
           i        八 ‘ 斗≠=xヽ/´l リ }  , /
           |         \∨rJ。 i '  ′ ″ 从//   ☆    国ですら無いモスクワにもウクライナのキエフから
           |       |   {   lゞ乂.ツ    txzk' j'′/                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              /   {       |          ゝ } ノ         公が派遣されて、「公国」になってから。
             } /   ,ハ   y | ヽヽ        从
              j    / ∧  lヽ. |         (ノ .イ、/
             ,'   /  ′’  乂八  、     /'| ’
          ′    / / ∧  ∨ヘゝ. /≧‐ イ リ/l  }
         / /  /   人ヘ.  ヽ: \:了7 |  /' / / , 、        具体的には13世紀の後半、
.          /     >イミ.\  \: :/、く人  / γ /
       イ/   γ´: : : : : :ヾ∧.    < 〈、 `/   ` `ヽ       英雄アレクサンドル・ネフスキーが自分の息子を
    γ´ /   / //: : : : : : : : 込、   `ヽゞ,′   ` 、ノ
.   //   / /: : : : : : : : : : :ヽj \    ; /    \/        モスクワ公に任命してからですわ。
. γ´    / l /.: : : : : : : : : : : : :/ ノ.: :ソ  イ/    、ゝノ、
  {.       八.′: : : : : : : : : : : : { ' :γ ´/: :\   ノ  ヽ
  乂   { /  i. : : : : : : : : : : : : :人、 {/.:/: : : : :>くヽ   ノ
    `   ミゝ, |. : : : : : : : : : : : :/ : : : /.: : : : : : : : :\,(
       ハ |.: : : : : : : : : : :/: : : ://: : : : : : : : : : /\ ヽ
.         jノ f : : : : : : : : :ヽ:/: : /| l: : ;,イニニ/、| /ノ
.          /: : : : : : : : : : : { /: : {__彡: :´: : /: l: ヽγ´
         /: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : /: : : :ゝ: }




     __.」|_       __─-..、 __
     二||二     >ー:::`:::::::'´::;∠.._
.     ̄|| ̄     /::::::  ::::::::::: :::-<
     ===     イ:::::::::::::..... ::::;、 .:::::::\
    ==ぅ>   |:::::::::::::;ィ;イ:/ \::::::::ヾ.
      〃    |:::::::::::ノクへ> く.ヘハ::N.
    ==       !にリ大。_ラ' 〈。_ラハ!           ← ルーシの英雄にして聖人、アレクサンドル・ネフスキー
    ___,ィ    八_jノ  , ,、 r_ `く/.
    ̄ ̄     /::::::::ト.人_ー─‐ァ7′             モンゴル軍に臣従して領地の安全を確保し、
    O   ,∠:r‐:ヘ::::|`Y⌒¨二´/:\             自分の息子たちをモスクワといった各地に派遣して
   o  / ...:{:::::: ヽ:ヽ \ ,.イ::::::::::ヽ.            統治させた。
   o /  ....::::::\::::::ト:ミ\./「:|::|::::::::::::::}
   /'´ ̄:\:::::::::::::\| l l l |/|/:::|::::::::::::::ヽ           キエフ大公を継ぐ話もあったが、
   :l::::.. ..::::::ヽ:::::::::::::::|/////|....::|::::: ..::::::::\         キエフはモンゴル軍に廃墟にされたので見限った。
   |:::::::::::::::::::::|::::::::...../'/////|::::::ト、 ..::::::::::::::::ヽ
.

7夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:15:23 ID:dCYf9pK60


                                    /                      ヽ
                                   /       , 、  ,   ' ,  ,         ヘ
                                /   ,      i i  i    ヽ 'i  ,  ;  , ハ
                                ,′  ,' ,     l!、l   i.   ハ 'i. i  i.  ; ハ
                               ,'   i ,  ,'    l!   l!     }. i i  i  i }
                               |  ,' l l  l    ∧  __キ-= ニ_,l!  i  i
                               {,  i l. l!  ム  ノ' ゙z'''´彡 -== - |  ,i  ; i
                               l!{ , 'i -==二ニ、 ̄ ''´ ラ'´{::::っ_ノ _|  ,l!  i. 'i
  ということは…                .      i ',i ヘ_人 く¨{::っ、   ,   `ー' )'´| .ハ  .i ,|
                                   | >ヽ弋リヽ-‐(、  __. ノ  | 仆  i  |、
                                   |( .ハ  __ノ'、    ̄       | ,':´| ,i   }
  ロシア史の始まりは13世紀からであり、            | |`ヘ´    __ ノ    ィ'|.,': : |:.,'  |
                                   | ハ  ゝ 、       / ,リ|: : リ   j
  ウクライナから分裂してできたのですわ。          'i |:ハ  .ハ: >  __ .ィ´ _,, ,ノ´ヘ:./  人
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~         .        〉|: :',. ,i i: : : : :rヘ=<:.:.:′:.:./  ∧
                                   ∧!: : }:ノ  |: : _ノ:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /i‐--
                                  ノ'  r‐:リ   |''{:.:ノ-i-、:.:.:.:.:.ノ  / ,':.:.:.:.
                                  /    f:.ノ   j:/ / i ヽ、/ , '  ヘ:.:.:.:.
                              ,. '´, ' >'´    /,' /  i /      ノ:.:.:.:
                             / , ' >´     /\っ'   レ'     > ´:.:.:.:.:.:.:
                            人 ノ  {     ,  /:.:.:.:.:. ̄:.(´    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:




            ____
          /__.))ノヽ
          .|ミ.l _  ._ i.)
         (^'ミ/.´・ .〈・ リ
         .しi   r、_) |     つまりロシアは、ウクライナが育てた!
           |  `ニニ' /
          ノ `ー―i´
       _, ‐'´  \  / `ー、_
      / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
      { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
      'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
       ヽ、   ー / ー  〉
        |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ
.

8夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:16:06 ID:dCYf9pK60


ヽ..  ::::|  ,i´ヽ
ヽヽ.  :::|  |   \
  i i 、:::|  〕____\    ノ;ヽ                           †____
  `: `: |  |;;;;;| ̄| ̄|   _/;;;;;;;;;\_           †__                  /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    `: `: .| ;; |_|;;; |    | ̄ ̄ ̄~|        /ヽ/山                //ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ` ゝ |ソ└ ┘;;;|   .|:::| 口 |::::|       //iiヾ ̄ヽ             // √;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .|  |;;;ゞ;;;;;;;/≡ヽ |:::|::.*.::|::::|       //:皿:ヾ ┌i         //    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,-.、  |  |;;ゞ== /// /ヽ::|  . |::::|┌───// ト=イヾヽ| |         ヽ | || | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,i:::::::i. .|  |(( ─ ))ノ 〔()〕::|  |::::|_ノ;;;;;;;;;;;/L/四 品 四ヾ| |ヽ  ‡       / | || | | ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
l i::::::l  |───┬┬─ ̄|@.~ ̄  ||ノ| /|/イ─────ヽ ゝ/\   /    _,,.. -;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|;;;i:::::| .|ゞヽ .┌┴┴┐ | |ヽ _   |;| Kノ/ || ||ロ||ロ||ロ||ロ||;| ̄|ゝ/ ̄ヽ  /‐エ''"´──
|;;;i:::::| .|l;;  │Cafe.| | |@/;;;;;;ヽ |;| |ム-|‐|||──┬──||  | /;;|[]|;;;ヽ─┌|┌┐l┌┐
|;;;l:::::| .|;|ヾ;ソ└──┘ | | .|   | |;| |_.| .||ト ─ .┴ ─ ┘___|_||~:[] ||;;ヾ l|;;|││|││
|;;;|.....| .|;| ;;ゞ ...:::::|| .|≡| |┘  └!;|| 乍.| ||┌田 田 田┐|  |..||~:[] ||l─ノ|ヾ;;;i::;;ゞ;;;ヽソ
|;;;|  | .|;; ヽヾ .. ::::|| .|三| | |    ヽ. ヽi_,-,-,-,- ヾ;;;i::;ソ┘|  |..||~:[] ||| / ヽ────
|;;;|  | .|;; | | ゝゝ.─┘//      ) ) ! ! ! ! ! |───|─ ;;ゞ:::[] 丿|/─ヽへ [ ̄ ̄]
|;;;|  |  | |:|=     //       \\──[.i───! i .| |ヾ  ヽ─|[][| |;;;| . ̄ ̄
|;;;|  |  | |:|三三 // /          `'‐.、_ ||``'‐.._.| |ト‐.、.、.._. ii .| .|;;;;;| |;;;| 〔〕〔〕
i;;;|  .|  | トヽ    l l .l              ``'‐.、、.._.|..|ト'‐.、.、.._ | ト‐--.、_____   _
i;;;|─.|-'`| ̄    .| | |                    ``''‐.、、.._. | ト‐--.、_____ ̄ ̄| | |
i;;;|  .|  |      | lヽ                         `'‐.、     ̄ ̄ | | |
ヽ|  .|  .|_     | l ヽ                           ` `'‐‐‐‐‐‐‐| | |
. l|_ | //     ヽ ヽ \
. ||///       i、 i、 i、
  / /        ヽ. ヽ. ヽ.





   .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |  …と、ツンツン眼鏡が言ってたけど
   |
   |  たしかに一理あるんダナ。
   ヽ_________________乂_




             _                 _______
          /γ;';ヽ,.-.、_           |)(_)(_)(_)(__|r^ヽ
         /γ`;v;´;γ;ヽ;.-.、            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ||
       /γヽ'^γヽ^γヽ;'γヽ          .|           | //
      __|^i(:( ):);';(:( ):);(:( ):);'(:( ):)__.      , -|           |/´
    /  | .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.  \  r'   ヽ____ノ'´ ヽ
   /   L.二二二二二二二二二!.     \ 、 `       ´ ノ
  (                        ) ゛ =========== "
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

9夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:16:39 ID:dCYf9pK60



       /            |          |     \
.        ′          ∧   |     | l \     ゚。
                      |     人|-‐-ミ
                 |   \-{\  / 釗    .   i
     |       |       |/  \〉 \    ! x=弌 }  |
      |     |      Ν  斗r云       ん( j} ハ
     |     |     | / ん(__    }丿 v:ソ   }/
.       |     人    Ν〈,   V::ソ         {
.      !     /⌒丶 {             '
.       ‘,    { /⌒ \〉                }         サーニャはどう思う?
         八  〔::::(_    ι       __   人
              `  二. __          ´
               . . . . . . .〕iト            /            ロシア史は13世紀からで、
          }     . . . . .厂|    ≧=‐--‐く |
         }    |. . . ./ .V         ト、 .{ |_____          ウクライナ史から派生したものナノカ?
        }     |. . ./ . . .\       丿. 〈 ̄`⌒V^丶
        }     |/{. . . . . . . ー-‐r‐く. o. .oV⌒ー┘. . .゚。
         } .     〉. . . . . . . o./. {. \. .o.. . . .i . . . . . .
      ___rく      . . . .\. . .o. ./. . {_ . . \__〉 . |. . . {. . !
      /⌒丶 \__/. . . . . . \_o/. . . . . }O. . . . . .| . . .{ . .|

.

10夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:17:10 ID:dCYf9pK60




       /      |        |           |   i          ‘,
     ′       :|       ハ   i      |   |           ‘,
          |     ∧     /  }   ト、-‐… |‐- |     : .     ト、
     |: :  |    厶-ー  /   ハ   | \   |\ | `  : : .    !⌒\
     | : : ∧ /′  ゚。  ′ /   \{    \{   }ハ   : : :}l :  |
: .    |: : {/  |    \{      \ァ竓竿ミメ、 ;  : : 八:  |{
: :    |: : :|  Ⅵ ,斗=ミ             んィ ハ Y |  .: :∧  八
: : .、 八.:.:.|   xfんィハ             { V⌒'リ } | . :/  }/
: : : \   ヽ{ 〃 {  V⌒             乂:....:ン  ,   , }  \
: : : :  \ ゚。{{  V:........:リ               厶イノ     ヽ
: : : : .   \{゙  ー-‐ '             iハハ/   :        ゚。
: : : :     ト、   ハVハ/i       '            : .    |
: :l|:     |,ハ                ,       人: .     ト、
.:八      |ー-ヘ           ー-           / : : : .   } \  }
′ ゚。    |\ 个: .                    . : :/ } : : : /  /    }ノ
    \  |  Ⅵ\ >             . イ: : / ノイ : /}/
     \{   リ  }ハ {\≧=‐-  ‐</^ V   }/
      \   /  } ノ   ー-=ミ__ ィ     :ト、
                /        | | |        ー-  .,,__
 __,.  -‐…     ´        | | |

.

11夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:17:46 ID:dCYf9pK60




       /      |        |           |   i          ‘,
     ′       :|       ハ   i      |   |           ‘,
          |     ∧     /  }   ト、-‐… |‐- |     : .     ト、
     |: :  |    厶-ー  /   ハ   | \   |\ | `  : : .    !⌒\
     | : : ∧ /′  ゚。  ′ /   \{    \{   }ハ   : : :}l :  |
: .    |: : {/  |    \{      \ァ竓竿ミメ、 ;  : : 八:  |{
: :    |: : :|  Ⅵ ,斗=ミ             んィ ハ Y |  .: :∧  八
: : .、 八.:.:.|   xfんィハ             { V⌒'リ } | . :/  }/
: : : \   ヽ{ 〃 {  V⌒             乂:....:ン  ,   , }  \          ははっ ワロスwww
: : : :  \ ゚。{{  V:........:リ               厶イノ     ヽ
: : : : .   \{゙  ー-‐ '             iハハ/   :        ゚。
: : : :     ト、   ハVハ/i       '            : .    |
: :l|:     |,ハ                ,       人: .     ト、
.:八      |ー-ヘ           ー-           / : : : .   } \  }
′ ゚。    |\ 个: .                    . : :/ } : : : /  /    }ノ
    \  |  Ⅵ\ >             . イ: : / ノイ : /}/
     \{   リ  }ハ {\≧=‐-  ‐</^ V   }/
      \   /  } ノ   ー-=ミ__ ィ     :ト、
                /        | | |        ー-  .,,__
 __,.  -‐…     ´        | | |

.

12夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:22:09 ID:dCYf9pK60

                         /ハ
  ______「: : 」________///∧
./: : :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : :\/,∧ .  - ‐ … ‐ -  .   __,x≦77
|\/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\/|//∧__          ‐</////////
|: : | |: x≦≧x: : : :x≦≧x: : : x≦≧x: : :| |: :|,/´             \//////
| : :| | {//////}: : :{//////} : :{//////}:.:.| |: :|                    ヾ',///
|: : | |弋////ソ: :.弋////ソ: :弋////ソ:.:.| |: :|          i         Vハ
| : :| |.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:| |: :|      i  |         ヽ ‘.
|: : | |: x≦≧x: : : :x≦≧x: : : x≦≧x: : :| |: :|  /  i  |  ト、   i  !      \
| : :| | {//////}: : :{//////} : :{//////}:.:.| |: :|i /'|  ハ {  |{ ヽ ! i ト、      トゝ
|: : | |弋////ソ: :.弋////ソ: :弋////ソ:.:.| |: :|/ | / }ハ  八 Ⅵノ | ‘, /   |
| : :| |.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:| |: :| `ト 、′ ∨ i  斗z七 ∨   八
|: : | |: x≦≧x: : : :x≦≧x: : : x≦≧x: : :| |: :| y'斧ミx. / \{ ,ィ斧ミx. ‘.   /   ヽ       エイラはどう思うの?
| : :| | {//////}: : :{//////} : :{//////}:.:.| |: :|  弋うソ    ` 弋うソ ″ハ /   ト ゝ
|: : | |弋////ソ: :.弋////ソ: :弋////ソ:.:.| |: :|ハ              /_ノ′   i|
|:/\:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:./\|i人       ′     イ i{  .イ  八        怒らないから
.\:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:/| j{个    ー‐   イノ}ノレ' }/
        | : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   Ⅵハ{ ̄ / ≧ _ ≦   \               正直に言ってみて。
        |_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_| __ノ  、   ′  ノ{{      /丶
               _|: : :.ト、_⌒ヽ/   ヽ ∨ {_, イ:::::7、___/   , \
               /{ |.: : :|ノ} )  \=ミ- 、/     /^7 ∨ソ   /
            /{  ̄`ヽー{    \}   丶、 /:::::{     /      i     |\     /\     / |   //  /
            /  {  ― { {     /    }  <::|  xュ/       ,   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
          i    }  ―‐)ノ ___   /   ,′    <//          /    \                     /
          |    ゝ---くr</ヽノ   /        `  、      /    ∠  OK、まずは落ち着くんダナ   >
             \    |: : : : |/    ー=ミ/                   /     /_                 _ \
              ` ー ゝ= ’      i//7≧ュ、             /       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                              ∨//////≧ュ、       /        //   |/     \/     \|
                            }///////////≧ュ、   ,ノ
                          /////////////////7´

13夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:23:04 ID:dCYf9pK60


                                           /                    \   \
                                          /                  \   \
                                         /        |  |i     ヽ   ヽ   ヽ
                                          |/       .| .|  | |  i    ハ    |   |i
                                       /    |   | ハ i | |  ハ    |   ハ   |i
                                      /. ,    |   | | | V ハ. | | i  |   ヽ\.  |
                                       | | .i   |  i| ハ | |// ト. | |ハ  ハ    i ト \|
  たしかに旧ルーシの中心は現在のウクライナだけど、 .   | ハ |  i ナi十|ニメ | Xヾニノニリナ /-|     |ハ   |`
                                      V | |  | |ュリ__|ェィVノ ヾVィュノ__V__. |   ハ |   |
                                        |ハ  |トハ`ゞ゚=ソ     ´ゞ=゚ソ /゙ |  ノ リ  ヽ
  その頃はまだ「ウクライナ人」と「ロシア人」が          .  ! \| ヾ| :::::::::  ,     ::::::::::  ノ /     ハ\
                                          /  ハ ::::::       :::::::::  ノ7     ノ | |  ヽ
  はっきり分かれていたわけではないのよ。         .      |ハ  \   r, ァ     /|::| /.  /|: /ハ|ヾ|リ
                                          || l   .|:::`ト、 `´   / ,イ|.イ/  / ノリ
                                          ヾヾハ |丶:::::/`ト-<´/  |. |ハi/
                                     rー--、i============イ|`||^´゙   ハ.
                                  / .ー―-|          |! ||      \



   .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |  13世紀の中頃にモンゴル軍に滅ぼされてから、
   |  キエフはリトアニアに征服されるけど
   |
   |  モスクワはキプチャク・汗の属国になったわ。
   ヽ_____________________乂_


       _,    _,     _    _     _    _,    _    _
       |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
    | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
    |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
    |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
        ∧,,∧           ∧,,∧          ∧,,∧
     ∧,,∧(・蒙・´)       ∧,,∧(・蒙・´)      ∧,,∧(・蒙・´)
   ε=━┓Oニ)< >     ε=━┓Oニ)< >    ε=━┓Oニ)< >
    /   ノ lミl_, (ヾゝ    ./   ノ lミl_, (ヾゝ   ./   ノ lミl_, (ヾゝ
   (o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒.(o_o,イ   ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
      ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ   ノ    ヽ| | ̄ノl ノ
     / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ ./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_ / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     ヽニフ|_|   (_/  ヽノ ヽニフ|_|   (_/  ヽノヽニフ|_|   (_/  ヽノ
         (_ヽ             (_ヽ            (_ヽ
.

14夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:24:07 ID:dCYf9pK60


            ,.-‐    ‐=ミ
          ,,   , -‐      ‐`ヽ、
           〃   /        i    ヽ
.        /   〃     /   | i |     ‘,
         ′   ′     /  / | |ノ  i:   :.
        .  / /   i  厶-‐/ ハハ i、-|::   }i       そして互いにちがう歴史を歩み始め、
       , / イ  .:| /j/}/ / ∧ヽト、!::  八
       ,〃´.: |:..   |' yfチ斧    斧Y|::i /i{
       /  .:::::/|:i:   | ゛弋::リ     ヒリ' |ノ' j八       相手を「自分とは違う人たち」だと
      , i: :::/{从ト、:.{        ,   ,i i/
     { ,ハ:.   ヽ __`       ,  八|          認識するようになったわ。
     レ   ヽト、  ヽ |: 丶   `  / }| |
             \ {ヾー- ≧=‐- く{/'j八{
            ソ    | i ト、
          , イ      | i | ヽ、
       r<  `ヽ、    jY^ヽ__.イ`ヽ
       |  `ヽ、   \  / ヽ={ `寸.: i
       |     :.     ∨  V∧  :i |
       |     i     _  i/∧ xヘ |
      :.     :.    /,心、|//∧ミ心.




         ∩___∩
         | ノ      ヽ
        /  ●   ● |    僕はロシア人クマ──!!
        |    ( _●_)  ミ
       彡、   |∪|  、`\
      / __  ヽノ /´>  )
      (___)   / (_/
       |       /
       |  /\ \
       | /    )  )
       ∪    (  \
             \_)



         ∩___∩
         |;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
        /;;;;;;;●;;;;;;;;;●;;|    僕はウクライナ人クマ──!!
        |;;;;;;;;;;;;;;( _●_);;;;;ミ
       彡、;;;;;;;;;;;|∪|;;;;;、;;;\
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノ;;;;/´>;;; )   (あとベラルーシとかも)
      (___);;;;;;;;;;;/ (_/
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
       |;;;;;;;/\;;;;\
       |;;;;/    );;;;;)
       ∪    (;;;;;\
             \;;;;;;)
.

15夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:24:43 ID:dCYf9pK60




   .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |  そして戦乱の末に、
   |  ウクライナ一帯はロシアに併合されるわ。
   ヽ____________________乂_



                        /                 i::::::wn||二二二二二二二ヽ
                       /                  丿 /' ''
                       /                 ///,-''''''-、
                      /       /         /// l  ,、,,...>、
                      /     /    ,、      ヽ ノ-‐i'`、,,...--`、    /
                     /     /     ヽヽiijj、    \ `')`,'二二ヽ    /
                     /   /     / ゝヽヽiiijjlii     )つ'//ヽ  ヽ/.  ,-‐-、
                    /  /     /  /  iiijjliijli、    (/////|   |   ノニ、,、l
                    / /      |,  /__丿 iiijjliijliijl,へ、 /////ノ   |   '、ヽ==ヽ_
                   //       `' `)_,' ヽ=======ヽ(ヽ/:::::::::/ l   |   / (/(  >
                   /              ノiiijjliijjliijijliiiillゝ--ノ/  l   |   、 ,,,,,,/ ノ,
                / /               iiijjliijjliijjjlijjiillliili、 /=======lニ二 ,ヾヽヽiijjli、
                  /               ノiiijjlii jjliij jjl jjllll/ニニニニヽ  / ゝヾヽiijjlii、
                 /         ,、、、  .ノjjiijjlii"li  ,-'' ̄'''-、ニニニニヽ/   / ijjlijlil
                ../-----―――ー〈rァ;ー /  jj   ノ-ヽ(⌒、 >、二二二ヽl ヽ/,__丿ijjlijlili
                /       ヘ   l < ト、     (`ー-、(⌒(彡>/   / `‐'、_/ ヽjijilii
                >   ヘ / ◎\/  l川リト、    '、、〈/⌒ヽK、    |  \     ヽjil
                ヽ/ ◎\/ <7/ ,'ー─-川川リト、.   `ノ/ミミミ/ ヽ  |   ヽ     ヽ
                  ヽ<7人、/=ヽ / /ヽ、   川リト、,,,, -`/ミミミ/   |  |    ヽ_,,,...-
                ヽノ  l`、l`、  / ゝ ""'''''__,,-‐''"",、 ‐'ミミミ/    |_,,,...-,. ‐'''' ̄''ー 、
                  ヽ  ゝ  iiijjliilii、ゞ,,‐'''"/ヽ-‐' ゙==二) ミ/    |  / / l  l ヽ ヽ
                   /ゝ   iiijiiijj liiijl、 /ヽ'-====二,,),,ノ     | / / l  l ヽ  ヽ
.

16夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:25:30 ID:dCYf9pK60



              _,, - ― -  _
           ,,_ ´          __`   .
.        ,,´      .′     、 ´  `ヽ、ヽ
.       /         |  i     ヽ     \ ヽ
       /     :/    |  | i     :. i     \‘,         後はもう想像つくわよね??
.      /     .:′   /|  | |、    | | ヽ    ヾ、
     /     :| :!  /__|  |/ ヽ -‐‐|ミト、 :.   ヽ ヽ
.     ′    斗七/´ { /ヽ   \ { jハ`:!、  i ‘, \
   .      / |/,x=ュ、 乂   \ ィ斧ミx、ヽ{ !   ト、 }         民族主義の時代になるにつれ、
    !|  !  / yfし::ハ ゛      ∨じ::j j} |i: !| jノ、
..  八 ト、 {ハヾ弋:::ソ          ゞ゚ ' ″ ノl 八   \       ロシア・ソ連に圧迫されたウクライナ人達は、
    ヽ!/ヽ{ i:.      i:          rfj/:i `   ヽ
.     /    iト.:.              /ゞ:'ノ|     i ‘,
     .     |i八       { )        ′´  ! 、   :|  :     自らを鼓舞するためにも
      i    |{、 丶          イ   :| ∧ ハ  ト、 |
      |{  i 八 \  >       イ  jハ | / ヽ ヽ |  )′    民族の立派な歴史を語ろうとするのよ。
    八{ヽ{   ヽ `ヽ |ー- 、  ,,‐!j/ ′ }//    \ )ノ
      \ `ヽ{  \  ,    YY   !    /      /
            ,, ´    | |  ヽ、
.        __ ,, ´ヽ      ノ_ヽ     丶、               まぁこのへんはお互い様だし、
      / :       \   /{///ト、7777/`ヽ、__
     .  i         \/ ゝf^ヘ ヾ'ソ    : ヽ           言ってることには確かに論拠もあるわ。
      i  |           ∨∧         i :.
      |  :.     xュ、     ∨∧     __  :  :.
      |   :.    .イ三ニ≧ュ、  ∨∧  ,.ィ升,心、  i
      |    :. i .イニ三三三三ミx∨∧イ三三三,ハ  !
      |    :. '/三三三三三三,ミ}//ハ三三三三} |
      |    i{三三三三三三三ミ}/ハ,},三三三,リ :
.

17夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:26:16 ID:dCYf9pK60


                .  -‐…‐-ミ
.
             /                   \
.
           /           l     |     ゚。
         ′   /        |      |  l|
.         .           |      }ノ }|    ,
.          |    |    /   | 、  /  八⌒  l|           本家と元祖で言い争ってる
             |        斗‐\    ,xf汽  l|
.        ゚。   八    |´   }斗弌  / Vン゙   八           ラーメン屋さんみたいダナー。
.           ゚ { 〔 \  { ≪Vソ   ∨   '' l /
           \_ゝ_\ト、{ ,,       '  八{_
           } /⌒>人       、 __, rく__. .ー-=ニコ‐-ミ
           /  /.゚。. . >  _  r‐<^ヽ } }. . . . . . . . . . .
          {ー一. . . . .゚. . . ../   ` ー } ノノ /. . ∨. . . . . . . i
        〈. .\ . . . . . \.{     ____,ノ /. ./. . . . . . . . .|
           } . . . . . . . . . .∧   ´ {_〕.┐.V. /. ./. . . . . . . . . .}
         { . . . . .} . . . .〈. . こ二二ノ. |. ./ {. . .}. . . . . . . . /


                                                  xェtr
                                             __,,  ´ ̄ >f////,{
                                      ,, ´       ////////,|
                                     /     ,,'⌒<////////|、
                           ______∠ __      ′     ` く///,/ ‘,
                           ´∨///////                 ∨/   ‘,
                             ヾ'/////            \    、   `ヽ   丶
                             ` <,′   / i   、   ヽ i ヽ    <⌒ \
                                 ′      !ト、 ! }    , 斗- |‘,    ‘,   ヽ __
                                 ′   ′|i八 ! ト < j/ )ハ!     !|   !<⌒ヽ  .
  とりわけ東欧は                   ,     { 斗‐‐乂ノ  ⌒ ィ斧ミr |  /  八  |{
                                !| ト、   ヘゝxェx `     弋:う’ | /{ /     八
  征服したりされたり、分割されたりと、     .   八{ ヽ  ヽ`ヾ弋:)     ,,,, ノ´  ∨ /  /
                                ヽ  ` ー i ハ´ 、       / /j.イ //
  とにかく色んな勢力が入り乱れたわ。     .         |i  ゝ  ヽ フ   イ / / }/ \
                         .              |{  ト ≧=‐-‐く }/         \
                                       八   \ {{   ノ /          >、
  だからこんなややこしい論争も出てくるのよ。           i ` ⌒ヽ{{  /{:::::7、        ,, ´  \
                                        |   {  ヽ.//:^7  <三三歹         ‘,
                                        |   ∨,ハ /:::::/   寸/ ′         i
                                         ,    ,イ三,:::::/   _    i          ,′
                                      ′ /三ニ,::::::i≦三三心、/ ノ        /
.

18夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/08(月) 10:27:29 ID:dCYf9pK60


          /              、       \
       /       /            }       ヽ
.      /       /  {           !|
      ′/    /  ハ 、       八
     i     /   /  , \    /!  、       ‘.        というわけで、
     | i   / |斗'‐‐-    ヽ /-!―-\   i    i
     | |   ´ ! /    ‘, イ' i| /   ヽ.` |    |
     | |   ′j厶≠ミ、   .  ト、 | x≠=ミ、  ! _          大陸…それも交差点や通過点のあたりでは
      Y‘.  i 《 {::f::じj ゛  \{ )ノ "{::f::じj 》、 |r Y
      八(ハ | ゛乂::ソ         乂::ソ  Ⅵう 八        日本ではちょっと想像つかないような
        ヽ.Ⅵ、                   , ノ/
       i  \ハ        ,        /イ  ′        歴史の議論も起こるんダナ、
       |    `        ___     / i|   i
       |      \     {  i  }      イ   |   |
       |     i `     ゝ - '     |      |          というお話でした。
       |     |     i>     イ     |      |
       |     |   ノ\    _,ノヽ    |      |
       |_ .。-‐ r:': : : O:}TT{:O: : : :\       |
    , -{{__ . -=={: :O : /.:.| |:、: : O: : :}{{ ̄二ニ=ミ
   ′:.: :|: : : : i: : : 八:.:O:/: :.:| |: :ヽ:O: :/: : : ̄: : : :ー く: ヽ
  i: : : : :|: : : : |: : : : : ヽ:/: :.: :| |O: : ヽ/: : : : : :/: : : : : /: : :i




                        .  -‐…‐-  .
                  ´             `
              /   i             \
                   |          l|       ヽ
               /      |          }|
           /      /|        八        ゚。       えー、申し訳ないけど
              ′       /八        /   ヽ
           i      /|   、    /  l|   |             本編更新はもうちょっと待ってほしいんダナ。
           |     ,/ l|    \     | lト、 ト、    ',  ,
           |     厶斗‐‐-  \    |-|‐ヽ{- ヽ   |  |
           |     ,  .斗=ミx    \ ,.斗≠ミx ゚。 |  |      んでは〜(・w・)ノシ
           |    | 《 トJ(__; ゙       \{ トJ(__; 》   |  |
           | rヘ |  乂_ソ         乂_ソ    ⅥY |
      ____,.=ミ ,.=ミ| { (Ⅵ                  八 八,.=ミ,.=ミ
    / } / // /{ ヽ\   ''''''      ′     '''''   /_/,r/ / ,/ 〉、
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
.

19名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 10:29:02 ID:07kNSDhk0
乙でした。
本編も楽しみにして待ってます。

20名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 10:36:04 ID:9U8mdpgg0


21名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 11:09:52 ID:7X0Mi/620
乙ー

22名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 11:40:58 ID:1wqdXGHc0
乙ーん

23名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 11:43:04 ID:.rayQzGI0

中国東北部で発祥して朝鮮北部を征服した高句麗を朝鮮史に入れるかどうか、みたいな話ですな

しかし懐かしいフレーズでw>本家と元祖

24名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 11:51:57 ID:CkMO7BGk0
乙でした

うん、この手のゴタゴタを第三者的立場で眺めるのも、歴史の楽しみ方の一つだわな

25名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 14:52:13 ID:VMOFluZo0
日本も本当の統一政府って意味では鎌倉幕府かそれとも豊臣かって話だしなあ

26名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 16:34:06 ID:cgEsUyQE0
鎌倉幕府なんてそれこそ東日本にできた暫定政府でしかないぞ

日本でさえ、できたのはせいぜい7世紀なんだから
それ以前は「日本史」じゃないんだよね
でもそれをいうとややこしくなるし誰も文句を言わない(言えない)
からスルーしてるだけで
滅んだり滅ぼしたりの大陸じゃ、ややこしさはこっちの比じゃない

27名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 22:32:28 ID:UsPrOgos0
国とはなにかって問題だよね
統治機構なのか文化なのか人種なのか

28名無しのやる夫だお:2012/10/08(月) 22:34:37 ID:TUuqdK/Y0
ヘタリア的な何か

29名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 07:42:07 ID:HFSDkHmo0
>>26
最近は頼朝の時代には九州まで勢力下に収めて一応天下統一してたっぽいことが言われてるけどな

30名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 12:55:22 ID:7Y7s7DyM0
鎌倉幕府は九州には大友・少弐・島津を守護として派遣はしてたけど、
完全に掌握してたのは東日本だけだろ。

人種なら縄文人は北海道から沖縄までほとんど地域差がなくて、
原日本人としてキッチリ成立してたそうだから、
その後、近畿を中心に弥生人の血がちょいとトッピングされたにせよ、
日本人の歴史は縄文時代からと言っていいだろうね。

政権や独自文化の確立は当然もっと下るし、大和朝廷や歴代幕府は
日本列島全土を支配してはいなかったわけだけど。

31名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 15:44:19 ID:NMP65F1w0
完全に掌握、を云々しだしたら中国は秦や前漢後漢でも怪しくなる

32名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 21:22:59 ID:ru5HnRFY0
完全に掌握、をどう判断するかによるけど、それを考えると
江戸時代まで完全な統一はなかったんじゃないかねえ

あと、ちょっぴりどころか弥生時代に入ってきた大陸系の人間は相当多い
現日本人の最低でも数十パーセントは大陸系とのブレンド
かといって大和政権はそういう混血系の政府なんだから
どっちがより日本人か、なんて考えるのは馬鹿らしい
アボリジニみたいに孤立してない限り、人間は多かれ少なかれ混血だからな

33名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 22:00:11 ID:fIH26twA0
「統一」の概念って難しいんだな
中世ロシアにしろ中世日本にしろ、「我が国」というイメージが
どこまで固まってたのかさっぱり分からんw

34名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 22:07:08 ID:dn4lQdJQ0
まぁ、大和朝廷の権威を基にして地域を支配していた、と考えるのならば、
平安の後期〜鎌倉時代には本州・四国・九州は統一されていたと考えて
いいんじゃないかな。

で、弥生以降の大陸系との混血という点では、北方系(黄河・半島系?)と
南方系(長江)とのかかわり方にむしろ興味があるかな。

35名無しのやる夫だお:2012/10/09(火) 22:55:19 ID:tTbuavnQ0
アレクサンドル・ネフスキーとイワン雷帝のキャスティングは、当たりだな
涙目の似合う苦労人だがここ一番の勝負で強いカイジ、当人は天使のつもり
だが真性サドのドクロちゃん。どっちもハマリ役だと思う。

あとどうでもいいが、まどかとドクロちゃんってちょっと似ている

36名無しのやる夫だお:2012/10/10(水) 00:31:13 ID:AK0KMIMg0
>>31
未だに新発見される村があるので現代中国ですら完全に掌握されてない罠

37名無しのやる夫だお:2012/10/10(水) 01:59:21 ID:tF38vs8Q0
>>32
>現日本人の最低でも数十パーセントは大陸系とのブレンド

えらく不明瞭な数字だな。
食生活、住環境、生活習慣が変わったんだから、骨格や体質の変化があるのは当然で、大量に入っているという割に
肝心な文字記録が残ってない時点で、組織的な移民があったとは窺えず、せいぜい一割にも満たないだろう。

楽浪郡が出来たことで漢や魏に使いを出してるぐらい、大陸の後ろ盾が使えると判断されてたわけだから
大陸由来の征服軍を名乗るメリットを放棄する理由は何も無い。技能を持ってるならそれ故に職人として雇用される
のは当然としても、渡来人の被雇用者がいるだけで政府を混血系と定義はできない。

38名無しのやる夫だお:2012/10/10(水) 11:48:12 ID:q8BMuO2c0
>>37
Y染色体ハプロタイプの分布から、そう書いているんじゃないかね。
大和民族とされる者の半分以上は、O系(O2b(1)、O3)だし。
先住民・縄文系の中心と考えられているD系(D2)は、アイヌで大半、琉球で半数以上だが、
大和だと3〜4割らしいよね。

各種Y染色体の分布と実際の混血具合は一致するとは限らないが、サンプル数が多ければ
それなりに信頼できる材料とされるだろうし。

39名無しのやる夫だお:2012/10/10(水) 17:38:59 ID:muHsB3B20
日本史が好きな人が多いね

40名無しのやる夫だお:2012/10/10(水) 20:57:15 ID:wC6M2m6o0
同志イヴァン雷帝の粛清を拝見したいだけだ。

41名無しのやる夫だお:2012/10/10(水) 21:44:17 ID:vv/a0rOw0
鉄男乙

42名無しのやる夫だお:2012/10/12(金) 00:40:43 ID:sHS8RGqc0
日本は天皇陛下という最強の切り札があるからな
関東だろうが中部だろうが九州だろうが

でもお前ら陛下に忠誠誓ってるんでしょ?と言われると
日本人になる

43名無しのやる夫だお:2012/10/12(金) 20:56:53 ID:QMqW3zfw0
天皇に忠誠誓うなんて概念自体できたの戦前の一時期じゃね
律令国家にしても個人崇拝の制度じゃないよ

44名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 07:59:52 ID:SMGnLYTI0
忠誠という概念が結構新しいもんだからしゃーないな
そして成立する頃になるともう武家がブイブイ言わせてるし

45名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 09:52:42 ID:vjIHEip20
いや忠誠自体は昔からあるよ
ただその中身・在り様は時代や国で変化しているだけで

46名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 12:57:09 ID:SMGnLYTI0
>>45
忠誠という概念がしっかりと成立するのは結構後になってからだよ
儒教だと早期から君臣関係は契約関係扱い
朱子学の成立まで待たないと現代で言う忠誠は登場せんし

47名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 14:19:06 ID:z4HkOGMk0
御恩と奉公ですか

48名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 14:35:26 ID:vjIHEip20
>>46
それが、忠誠の意味が変化したって話じゃないの?

49名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 14:37:47 ID:BL3PaV6E0
忠誠ロシア史(ドヤァ

50名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 15:58:50 ID:SMGnLYTI0
>>48
だから確立したのは後になってからという話で
変化とかしてるもんは確立したわけでねーでしょ?

51名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 16:04:06 ID:vjIHEip20
>>50
それは「現代人が考える意味での忠誠の概念が確立したのが」ってことでしょう?
忠誠それ自体はもっとずっと昔からあるという話に対する反論にはなってませんよ

52名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 17:38:57 ID:ACj.SQJA0
日本史
http://awabi.2ch.net/history/

53名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 17:52:11 ID:SMGnLYTI0
>>51
「時代によって中身が変る」というのは成立してないだろ?
つまり>>44へのレスとしての>>45がハナから間違ってるんよ
>>46でわざわざそれを指摘したのだが
まだ読み取れないようで>>48で変化したのどうのっていうから
>>50で再確認してるの

54名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:27:50 ID:Vc2HRufc0
「天皇だの、院は必要なら木彫りや金の像で作り
生きているそれは流してしまえ!」

・・・なんて豪語した日本人が一人じゃなくて何人もいたわけだから
少なくとも日本人だから天皇家に忠誠を誓っているという理屈は成立せんわな。

55名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:31:04 ID:Wu/lHEXk0
だってそれ言われた当時の帝は多分日本の歴史上もっとも「アレ」なお方だし・・・w

56名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 22:48:50 ID:A4y8rbvk0
承久の乱の時鎌倉軍は、圧倒的に有利な状況なのに
「もし院自らと対峙する事になったなら、速攻で降伏しろ」
と命じられていたという。
雷帝陛下が聞いたら、羨ましさで発狂してしまうんじゃなかろうか。

57名無しのやる夫だお:2012/10/13(土) 23:14:45 ID:cagFMNbc0
ロシア史を語ろう(提案)

今年のロシア史研究会で
ロシア軍は、少なくとも将校に関して
18世紀末には皇帝じゃなくて国家への忠誠心で動いていたという話を聞いた

58夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 21:28:33 ID:QaMwUNTg0


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_人_入_人_入_从
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  本日22:00から投下します。
          .}.|||| | ! l-'~、ミ   `)   なかなか進まないので半分だけど許してネ。
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   `)
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒Y⌒W^Y⌒Y⌒
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

59名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 21:29:34 ID:EQWaVk8A0
わっふるわっふる

60夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:00:44 ID:QaMwUNTg0


                         ,.  -‐=    =‐- ._
                    /               `ヽ、_
               , -‐<ア´        /             \> 、
             /   /          /l   /|              ゙<  `ヽ、
      .     /     /       /〃|| |八.   ト、        Y    \
            / ., -、  / .,   |   l | j」⊥!._ 」  ヽ. ⊥._V     |  ,.  ,.-、.\
      .    /.イ  V/ /{   |   |,イ ||/八 |   ヽ. ! `iヽ    |  l ./  }\ヽ
      ..f⌒'< 八   V{ |  {从  l.八 |/  ヽ|     \ j.ハ    |  jノ  厶-‐   ¨ ̄〕   13話だよ〜♪
       >x._ ` ^\  `ヽ', {八 .| x==、     x==x、}j   |レ'´  /   r=ニ¨´
         __〕       }ト、 、 ヽ.〃               V  ノ  {     /  └…-=ニ、
      (´ ___       、ノヽ.\`ト、\""     '    "" / /  .八    ノ    r‐--- -’
        _>'´        |  Y  八      f´ ̄ `}   ノイ} ,   ,イ}       ゙ー-=ニ.._
      (´ _,. イ^}     ノ.  }|   lヽ.       ,′   ///   /{八      、‐-  .._ _〕
        / .lノ  _,.=イノ  /{ | {.  | /> 、 ゙ー‐'  . イ」.// /} {. ヽ .≧‐- .、  ヽ、} \
      . / . (´_,/       イ八|八.  V/ Lノ.≧=≦ .{  ./ , ' l.| }、    -‐ >x、_〕\\
      . / /. 〉   ` ー '  |    ヽ 〈 {       `7ノイ  .リ /ハ          丿   \\
      ./ ./ .,′         |      \〉ヽ ー==‐=ア     ノイ  }         /{、\.  ヽ.
      ′′ {        |_  \     ヽ      /        _,ノ{          ハ\.\
      ./   /}         ∨ ̄二 \    ヽ.   〃   /二 ̄ 八         ハ ヽ. \
        /.,ハ           }       \    V/   /     〈 .ハ            ',.  ヽ. ヽ
      . / {           ,′      `iト      イ!      ',  }           }    \
      ../ /〉、         .イ           ||      ||       |ヽ{          丿



      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |   笑うという行為は本来攻撃的なものであり 獣が牙をむく行為が原点である。.   |
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

.

61夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:01:27 ID:QaMwUNTg0


               ┏―――――――――――┓
☆*+―+*☆*+―+*☆*+   AAで語る 中世ロシア史  *☆*+―+*☆*+―+*☆
               ┗―――――――――――┛


            \   ∩___∩   /)   /∩___∩
              \  | ノ      ヽ  ( i )))/  | ノ --‐'  、_\
        ∩___∩\/  ●   ● | / /   / ,_;:;:;ノ、  ● |
        | ノ      ヽ \   ( _●_) .|ノ/ ,,・ |    ( _●_)  ミ
       /  ●   ● | \∧∧∧∧/ ¨ ,・ ,彡、   |∪|  ミ
       |    ( _●_)  ミ <    クマ > ’   /     ヽノ ̄ヽ
      彡、   |∪|  、`  < 予 し  >   /       /\ 〉
     / __  ヽノ /´>  <    か >   /        /
     ─────────< 感 い >──────────
        ./     /|  <   な >           〈⊃  }
      ∩    ∩/ : ::|  <  !!! い >   ∩___∩  |   |
      | ̄ ̄ ̄ ̄| : : ::::|::::: /∨∨∨∨\   | ノ      ヽ !   !
      |●    ●|:::::::::::|::/          \/  ●   ● |  /
      | (._●_.) |:::::: /    ∩ ∩    \   ( _●_)  ミ/
      |__|∪|._| /     (-(ェ)-)      \ |∪|  /
            /        (∩∩)        \ ノ /


☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆



          〇_〇
         (。・(エ)・。)
        ┏∪━━∪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                第13話… 「 イヴァン4世…オプリーチニナ 」
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                      〇_〇
                                     (・(エ)・。`)
                                     ∪  ∪
                                      しー-J


まとめブログ様 やる夫之書
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html

.

62夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:02:09 ID:QaMwUNTg0



――― 1564年、側近であり数多の戦場で活躍してきた軍司令官のクルプスキーまでもが亡命。

     1560年に選抜会議を自らの意志で崩壊させてから、たった4年でイヴァン4世の新政府は崖っぷちだった。




   ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒)     ヽ/⌒)     ヽ/⌒)     ヽ/⌒)
  /⌒) (゚)   (゚) | .|    (゚) | .|    (゚) | .|    (゚) | .|    新政権はザハーリン家の主導で?
 / /   ( _●_)  ミ/ ( _●_)   ミ/ ( _●_)   ミ/ ( _●_)   ミ/
.(  ヽ  |∪|   /  |∪|   /   |∪|   /  |∪|    /
 \    ヽノ /     ヽノ ./      ヽノ /      ヽノ  /       お断りします、お断りしますwwww
  /      / ./       / ./      / ./         /
 |   _つ  / |   _つ  / |   _つ  / |   _つ  /
 |  /UJ\ \.|  /UJ\ \|  /UJ\ \.|  /UJ\ \        お断りwwwしまwwwすwwwプギャーwww
 | /     )  )| /     )  )| /     )  )| /     )  )
 ∪     (  \      (  \      (  \      (  \
        \_)       \_)       \_)       \_)




――― リヴォニア戦争は勝てる見通しが立たず、クリミア・汗の講和の破棄、戦費の負担で経済の疲弊…

     ついにザハーリン家にまで不信の目が向くようになり、政権は事実上の崩壊。




>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ     死ねよ、この役立たず!
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ     ボクにまともな臣下はいないのか!?
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ

.

63夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:02:45 ID:QaMwUNTg0



               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i     _'_    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!          やーいツァーリの政策オンチ〜wwww >
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ               俺たちに頭下げたら協力してあげるよ?w >
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/                  自分で選んだザハーリン家が役立たずワロス >
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ





      ゝ〃    ナ     l ー|‐  七_  l l  二  ナ ゝ        i  ヽ |! |!
    ノ、_)ヽ つ 'つ や レ ノ  (乂 )  ノ /し  cト   ̄ ̄ ̄   ヽ   ・ ・

                       _______
           _              | 政局が炎上中 |
        `))               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ( )            ∧
           ( )         <⌒>     (⌒ ⌒) |
      ウーウー.( .人         /⌒\  \( ,,  ⌒)/
         人/  ヽ  ______]皿皿[-∧( ⌒ ,,  ,, )
        ( ( )( )  ).三三三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,   )!
       __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )
      /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「|ガシャーン |「| | *   +
     /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[ *
     |ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ ++*:
        λワー  ∧     λワー   λワー
       λワー   | |  λワー    λワー

.

64夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:03:18 ID:QaMwUNTg0


               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i     _'_    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!         ・・・・・・・・・・・・・・・・
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ







                                        ____    ,1
                                       {:::::::::::::::::::| /|/::| _,.-:::'7
                                            ̄ ̄7::/ |:/∨ _,二コ::{二_
                                          /::/     {::::::::::::r‐''´  ,、./|
                                             }::/        ̄|:::|    〈::| {::| /|
                                            ´            レ'    二 -‐'::ノ
                                                            \::::::/
                                                              ̄
                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\




.

65夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:04:11 ID:QaMwUNTg0



――― イヴァン4世は突如、家族と家来、自分を支持する貴族や士族たちを連れてモスクワを離れ、

     100kmほど離れた小さな村に腰を下ろした。





. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . .,. .、⊥,. .、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . ../´/⌒l⌒ヽ`ヽ..∧∧. . . . ./~ ~~ ~. . . .
. . . . . ./´../ ̄ ̄ ̄ヽ. ..(..・∀・)../. . . . . . . . . . . . .
. . . . . .|. . |..∧∧∧∧. |. .| ̄lつつ. . . . . . ../l//l/l. ..
. . . . . .l. ..|ξ・3・)・3・)|∠ノーn\\__〆〆..´`\
. . . . . .ヽ._ ̄: ̄ ̄ ̄: ̄ノ匚|JJヽ>ー|--|---‐メ、゚_゚)
. . . . __/、|..,ゝ__,、__,、:_./、|,ゝ匚ニニニニニコ. 〈コ
. .  ̄\|‐*‐)─*-)|‐*‐)*-)〉//../`ー、ヽ
. . . . . . ヽ、|_ン. .ヽ、|_ン..ヽ、|_ン..、.|_ン〈/〈/ヽ〉..ヽ〉ヽ〉





                       _,..、-''"~""''';,‐-..,
                                 `゙''ー-、,__,,..-‐''"'''- ._,,..-‐''~"~"'''''‐-
                             ,__,,...-‐ '''""      , -'"          ``丶、.
                       ::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:i;;:;:..
                                ...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il::.:....
                                  ...::..:..:..::::..:..::.:..幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵:::..:...
                                              ', "゙
                                          _,,.-‐''"_,,゙
                                 __,,.. .-‐'''""~ ,,.. '''



――― イヴァン4世はイコンや十字架にはじまり、財宝や礼服などを何台もの馬車でごっそり持ち去っていった。

     通常の巡礼の旅でないのは、明らかだった。





 |i__∩::::::::::::::::::::::::::::::::::               な… ツァーリ?
| ,,.ノ ヽ、,,ヾ ̄ ゙゙̄`∩:::::::::::::::::::::::::::::::::::
| ●  ● |ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         突然いなくなったと思ったら…
| (_●_) ミ●    ● i'゙ ゙゙゙̄`''、,i::::::∩::::::::::::::::::::::::::
|  |∪|  ノ (_●_)  ノ  ヽ ヾつ  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
|  ヽノ   ) ヽノ  ノ●   ● i|  ● |゛゛`⌒):::::::::::::::::     チョクトみたいに血税でお遍路でもする気クマ?
ミヽ_  {ヽ,__   )´(_●_) `,ミ_●_) ミ ● |---っ__○:::::::::::
| ヾ    / ヽ    /  ヽノ  ,ノ |∪|  ノ ) ミ工)・|ェ)・)・|゚:::::

.

66夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:04:44 ID:QaMwUNTg0



――― そして…2通の手紙がモスクワに届いたのである。




          _____
         / ヽ____//
         /   / モ /
        /   / ス /
        / ツ / ク /
       / ァ / ワ /
       / / / 市 /
      / リ / 民 /
     / ☆ / へ /
     /   /   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               |                    |
               |                    |
               /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
               /  退位するけど    /ヽ__//
             /                /  /   /
             / 君らに恨みはないよ /  /   /
            /   ____     /  /   /
           /             /  /   /
         /             /    /   /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /





          _____
         / ヽ____//
         /   / 貴 /
        /   / 族 /
        / ツ / の /
       / ァ / み /
       / / / ん /
      / リ / な /
     / ☆ / へ /
     /   /   /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
               |                    |
               |                    |
               /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
               /  もう辞めるわボケ  /ヽ__//
             /                /  /   /
             / 後は勝手にしろwww /  /   /
            /   ____     /  /   /
           /             /  /   /
         /             /    /   /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /




    ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
     cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・


   ∩___∩ ぅゎぁ・・        ∩____∩
   | ノ     u ヽ            / u     u └|  ∩____∩
  / # ●   ● |      マジ?・・ | ●   ● # .ヽ/  u    └|
  | u   ( _●_)  ミ          彡   (_●_ ) u  |●   ● # ヽ ドウシヨウ・・
 彡、   |∪|  、`\        /     |∪|    彡  (_●_) u   |
/ __  ヽノ /´>  )       (  く   ヽ ノ   / u   |∪|    ミ
(___)   / (_/        \_ )      (  く   ヽ ノ



――― イヴァン4世はそこで退位を宣言したのだ。


.

67夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:05:16 ID:QaMwUNTg0


>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム       君たち貴族や高位聖職者は敵と戦うことをいとい、
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ      裏切り者をかばっている。
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j      ボクはその多くの裏切り行為に耐えかねて国家を捨て、
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i        神の示したもう地に移り住むつりだよ。
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ




            ______   、  ,ィ(
     __    (_⊂二二二二⊃_)  }Y´  )
     >   ̄`'<>'"  ̄  ミメ、 /    ,イ,ィ
    /,,rr==-   ァ'   , ,     \  Y》    /
   j/〃  ⌒77′  ///ハ、 ヽ i  ト、___彡'′
       〃,{{ {{ /イ.ハ{ V卞辻 ト、.`トミ、、             後は君たちの好きにすればいい。
 (ヽ. __j┐ {{ ハ从,仟ミ   rテミソ ,' V|  h
.  \「/ス   X /リ刈 ヒリ,   ヒリ/ /)  ハ }}
.   { 勹〃 从/:,小、┌┐ / /イハ/ ji }}
.    \  )_{iハ从/介:`ニ .厶ィ'⌒メ、 〃〃              先祖からの利権を貪るだけの君らに、
    《 ̄/ |  《/了7》《/Z〈/     ∨    ,   /|
    厶ク′八 /`'77 ,〃 7,ユッへJ\|,   /l  / |         国家の統治ができるのならね。
   〈_/  /  ,ソ // 〃 ./( (_,r'^┤ ,|. `rx/ し'  |
     h. /  {! 人 {i / r爪: :/⌒しイ  :>イL   ∟.. _
     |」ト、  八{. ∧ ∨  `ーァく: : /⌒`'く  ,ィ'"     `ヽ.
        \__,,rヘ. ハ \o (_/}X : : : : : : } /  , ‐v'⌒ヽ-、 .
             ノ  辷彡へ、 j/\_: :_ノ: :.  /    \/  \
        / / /   〉  \   / X : :│ 卜、     \   \
       / /   ′ ′    \// 》X人: : : :`ー――'^>― →
.      / 入    ,    │  \ ,厶≧x \ _ : : : : _ /
.       厶ニミ入  ム======|====彳iレTV∧     ̄
.            ̄`ー弓―「  ̄ ̄ ̄「 /:!:!:|/ |《
                   \「「「「「「「「リ/:!:|;レ′j }}   __
.

68夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:05:48 ID:QaMwUNTg0





     n_____n          n_____n              急にそんなこと言われても困るクマ…
    ノ;;';;;;;;;;;u;;ヽ         ノ u   ' !、n_____n
   i;;;u;;●;;;;;;●l、        l●  ●u ノ u u ' !、       俺たちの中からツァーリを選ぶクマ?
   ,メ、;;;;;;(_●.);;ヾ       ミ(.●_) u 、 l●  ●u i
  ∠ニつ;;;;;U;;;'';;\       /'' U    ミ(.●_) u 、キ       あるいは空位のまま貴族の共同統治とか…
   |;;;;;;;;;;;;;;;;/''(",丿





          はぁ?あなた方にツァーリなんか無理ですよ。

          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ,. -ー冖'⌒'ー-、
                ,ノ         \
                / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
                {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }    ,r=-、
               /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く    /,ミ=/
             ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}    〃 /
            / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ    〃 /
           ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、,〃__/  ←モスクワ市民
           人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\,
         . /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
         /   |   |::::::|\、_________/'   /:::::/〃




――― モスクワの商工民は大貴族の統治に反対した。

     彼らはかって大貴族たちが幼いイヴァン4世を差し置いて、どのような政治をしたかを覚えていた。


.

69夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:06:20 ID:QaMwUNTg0



――― 前回でも紹介したが、イヴァン4世は文才があった。

     クルプスキーに返信したように、大貴族がいかに横暴で自分を傷つけたかを市民たちに訴えたのである。




                 ,-‐-、       /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /                  ツァーリが怒ったのはお前ら貴族のせいだ!
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /            さっさと行って謝ってこい!
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |





     n_____n          n_____n
    ノ;;';;;;;;;;;u;;ヽ         ノ u   ' !、n_____n
   i;;;u;;●;;;;;;●l、        l●  ●u ノ u u ' !、      ・・・・・・・・・
   ,メ、;;;;;;(_●.);;ヾ       ミ(.●_) u 、 l●  ●u i
  ∠ニつ;;;;;U;;;'';;\       /'' U    ミ(.●_) u 、キ
   |;;;;;;;;;;;;;;;;/''(",丿




――― そして大貴族たちも覚えていた。

     かってモスクワ市民が怒って暴徒となり、権力を私物化していたグリンスキー家を血祭りにあげたことを。


.

70夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:07:01 ID:QaMwUNTg0



――― こうしてモスクワ市民から突き上げられ、貴族や高位聖職者は代表団をイヴァン4世のもとへ派遣した。




     ∩___∩
     | ノ      ヽ
     /  ●   ● |      我々が至らないばかりに申しわけないクマー。
    |  U ( _●_)U ミ
    彡、  |∪|  、\
   / __ ヽノ /´>  )    お願いですから戻ってツァーリとして復位してくださいクマー。
   (___)  / (_/
   / /⌒ヽ  ⌒ヽ
   (     )    )



         r'ニニニ二二二ニニニ、ヽ
         | |     .@     | |
      rー┤|           |├、
      |   | |       Π    | | |
      l    l l     lニ  コ  .| | |
     |    l l      |_|    | | |            ツァーリ、あなたは単なる権力者ではありません。
       l__l_l______|_|__|   っ
       | /  ,イ,へ 丶、       ヘ
       | ,' / //  \| \ ト、 ヽ ',   つ
      !j./l /        ` ヽト、ヽ }           あなたがは正教会の保護者、
.     | | .!/.!  ○    ○ l l |ヽ,'    ⊃
       l | | .l/////////////! | !.|            居なくなったら領民の魂は地獄に堕ちてしまいます。
       .| ! | ト、  ,-ー¬   .ィ| .| l
        | l ! l l` r --.' <j ,' | |
        | .l ', l |ャ-ミ≡彳ァトイ ,'! !
      .| | ヽ| | l r´ )/ハy / | ',




                                          ,,...、-−―−..、.
                                      .,.<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>..、
                                .,、イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
                                 ,.イ:.:!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;j`::..、
                            /:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.`::..、
                           ,:':.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/;!i.:.:.:.:.:.:.:.:..`::.、
  そこまで言うのなら仕方ないね。       /:.:.:.:.:.: /!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:/;/:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                               /:.:.:.:.:.: /:j:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:./;/:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                          !イ:.:.:.: /:/.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:. /;/.:.:.:ヘ:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                          ! !:.:.:./:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ;'.:.:.:.:.:.:/;/:.:.:.:.!:.:ヽjヽ.:.:.:.:ハ:/
                             |: :/:/ :イ:|.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./;;/.:.:. /.:.:/   l.:.:./ j′
                             ∨:イノ |:.||.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:. /.:.:/   j:ノ
                               /::/   !:|∨ヽ;:.:.:.:.l:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:.:/.:.:/
                           /::/   ヽ! ∨!∨.:.:l.:.:.l:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:.:/.:.:/
                              /::/       ヾ\.:.:! :∧:.:.:. / |.:.:.:.:.:.:/;;/:.:;イ:.:.;:'
                           /::/        冫、>::/ ∨:/ .!:./!://;;////
                       /::/         /  i!∨  ∨  レ' ':/;;/ ` く
                          /::/        i   \        //;;/    ヽ

.

71夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:07:34 ID:QaMwUNTg0


                      ______
                -‐   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~゛'' ‐-
            ∠ //                       ヽ\
        /ノ { {`ヾ         -‐…・・・…‐-ミ      \\
      //  ヽ \j   .∠     一 `ー一'  `ヽ    ヽ ヽ⌒ー
     /, ′    冫z / , ' /       `ヽ   \//} ', /λ
.    〃        i孑 ´ / ,   ′    :.;ハ    ノ入_ ノ ,人,' ,′
     ,'    ,  γ 〆  〃  /  / ,、    .:.:.;∧  ∨彡孑 一' / /
.   /   / /' // /   , ′    :i ',    .:.:.:.:.',   マ/.:.:.:.ヽ 〃/
.    |' / / 、〃     /リ   l :! ヽ 、  .:.:.:.:.}   ハ .:.:.:.:.;∧ {
   ィ/' , ′  /{     斗七爪`ヽ!、,|  ∨孑廾ト 、    .:.:.:.:.:.:.:.', ヽ
  / , ′   /{.  i/ { ,ハト ,、 ハヾ  ヾ \ .:.:.:.} \ 八  .:.:.:.:.:.:', ,|、      そのかわりに…
 / l | / /  〃λ  :| , トz竓芹ミx      x竓リミx      .:.:.:.:.:.:.ヽ | l
,/ | |f ,   イ /∧  |/,! 从 r'乂'!       r'乂'、!リ  }  i  .:.:.:.:.:.:.:.:l | ',
  |'冫/  ./i / ,ハト   八ヾ ∨ツ       ∨Zツ    }  .:.:.:.:.:∧:リ i
  λ∨  / .|' /  从 ' ト ヽ      '       イ  /  !  .:.:.:.:ノ }:ハ !     ボクは 『 裏切り者 』 を自由に処罰し、
  {/i ', ,′冫 ノル' {   | ハ,    , ‐==‐     ル  ′ /  .:.:.〃 ノ' ′|
  ' マヘ { //)イ   ', ト !  个o。 f' i. "    /  /   彡 .:.从′  / /
   `┘j 〃     ヽjヽソ/`ヽ_ / ト   <〃 ノ    .:.:ノヽj  / /      『 望がままに 』 統治するよ?
      /          {  f.、 / /`Y´ ̄ノ'´ル'r‐、  ー=彡j'/   / /
.     イ     ,. -‐一'   ハ / /γYヽ, -‐´==ニ\丶     く_/
     |'     /: : : : : : ヽ , ′/ノ /〆´ f : : : : : ヽノ丿
     l|   /: : : : : : : : : 冫 ´ ̄  }`ヽ,/: : : : : : / /ヽ
    {|   } : : : : : /´7  '`ー-┐┘‐-┐、 : : : / /: : : \
    ,' }  冫 : : ///    ‐-{    λ   ̄ ノ: : : : : :∧
    レ'   ,': : /r‐‐'/   γ /ヽ´ ̄ ̄i `ー、匕 : : : : : : : ノ
       /:/ / ヽ    イ/´| ∧/´ ̄ ̄ `ヽ: : : : : : : `i
       〃γ く   ' 一'´ `ヽ | / し'⌒メ, ヽ丿: : : : : : : :|



                    ┌―――――――――――――――――┐
                    |   イヴァン4世は賭けに勝った。   . |
                    └―――――――――――――――――┘




     ∩___∩
     | ノ      ヽ
     /  ●   ● |       はい、その条件で結構ですクマ。
    |  U ( _●_)U ミ
    彡、  |∪|  、\
   / __ ヽノ /´>  )     戻っていただいて感謝しますクマ。
   (___)  / (_/
   / /⌒ヽ  ⌒ヽ
   (     )    )




             ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
             |    ツァーリに非常大権を与えることを、認めさせたのである。   |
             └―――――――――――――――――――――――――――┘



.

72夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:08:20 ID:QaMwUNTg0



                 グロズヌイ
――― ここからが有名な 「 雷帝 」 の恐怖政治の始まりである。

     帝都モスクワに戻ったツァーリは、全国の領土を分割して二種類に分けると発表。



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ      全国の領地を分割して2種類に再編成するよ。
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ      1つめはボクが直接統治する直轄領、
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ      2つめは今まで通りに政府が統治する、従来の国土だ。
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ



――― このツァーリの直轄領は「オプリーチニナ」と呼ばれ、ツァーリが専制的に治めることになった。

     残りの土地は、「ゼムシチナ」と呼ばれ、今まで通りに従来の行政機関が治める。




        ,. ‐'´_,. -‐ ''´    //             /   |  |  l ヽ
       , '′/  _,. -‐   ̄ ̄(て ̄` ‐ 、      |. `|  |  l  l.  |
       L_二ブ         ト、     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
        ,.ィ'′     ヽ、   .l::|ヽ  ヽ |          ヽ_j  / //     |
       //    | 、、   ヽ |::l、 ヽ、、 |             ヽ_ハ/′.      |
       /  l |   | ハト,ヽヽ_,.>ヘ';:', ', ヽヘ |                         |
      lイ | ', l ├-リ ヽ'´ィT¨ヽト;:', l、 l ハ|     重 要 ワ ー ド      |
       l ハ ',ヽヽl,ィ'¨」   ゃら| ';:',lノ lノ |                    |
       ∨::ハトゝ ゞヤユ 、    ̄7 ,ハ:::l、 _,.rイ  1,「オプリーチニナ」   .  |
       ,'::;ハ」| ,ィ ヘ   r‐:1   レ1 |::|7' / |  2,「ゼムシチナ」     .    |
        l:::!.  V:l   ゝ、 ヽノ  /リ ,ィ::」 l |.|                    |
       |::!   ヽト 卜ト`ニT¨´,.イノ/イ   l リ 「雷帝」の項目では       |
       l::|       >'´/ / _,.ノ|/   l |  必ず登場する単語ダヨ .    |
       |::l    ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i   l.|             __.      |
       l::j   /,厶イ_:.:/     ヽヽ. :l   |.|              〃 i `ヾ.   |
           /7   /:.:「       ゝL/.|    ::::..... |l L⊥」||    |
         /〈  /:.:.:.:',    /  //  |    ::::      |l山奇.l.|    |
        ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |              ヾー-‐シ    |
       / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′   .|              ̄´      |
       l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └────────────‐.┘
        !   |  |ヽ;:/:..ノ/     /久、
      |   | ハ:.:.:.:.//       ,':.:.:ヾ、
       l  ∨ ヽイヘ      ノ:.:.:.:.:.:.:ヽ

.

73夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:08:56 ID:QaMwUNTg0


        オプリーチニナ
――― この皇帝直轄領にも、独自の貴族会議や行政機関と軍隊が作られたので、国がもう一つできたのに近い。

                    ゼムシチナ
     しかし直轄領ではない残りの国土も、統治は従来の貴族会議だが、重要事項はツァーリが決定できた。




                     ┌―――――┐
                     |  ツァーリ |
                     └――┬――┘
                           |
                           |
.             ┌―――――――┴――――――――┐
                |                          |
      ┌――――┴―――――┐         ┌――――┴――――┐
      |    オプリーチニナ  .    |         |     ゼムシチナ    .|
      |  【 皇帝直轄領 】    |         |  【 従来の国土 】  |
      |           .      |         |               .|
      | ツァーリと側近たちが . |         | 従来の貴族会議と .|
      | 統治する領土     .  |         | 行政機関が統治   |
      |           .      |         |               .|
      └――――――――――┘         └―――――――――┘


.

74夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:09:36 ID:QaMwUNTg0



                      オプリーチニナ
――― 全国の領土の中で、どこを皇帝直轄領にするかはツァーリが一方的に決めた。

     それは1つのカタマリではなく、全国のいたる所に分散した。



        ,. ‐'´_,. -‐ ''´    //             /   |  |  l ヽ
       , '′/  _,. -‐   ̄ ̄(て ̄` ‐ 、      |. `|  |  l  l.  |
       L_二ブ         ト、     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
        ,.ィ'′     ヽ、   .l::|ヽ  ヽ |          ヽ_j  / //     |
       //    | 、、   ヽ |::l、 ヽ、、 |     告 知   ヽ_ハ/′.      |
       /  l |   | ハト,ヽヽ_,.>ヘ';:', ', ヽヘ |                         |
      lイ | ', l ├-リ ヽ'´ィT¨ヽト;:', l、 l ハ|  以下を皇帝直轄領とスル   |
       l ハ ',ヽヽl,ィ'¨」   ゃら| ';:',lノ lノ |                    |
       ∨::ハトゝ ゞヤユ 、    ̄7 ,ハ:::l、 _,.rイ ・ 塩の産地             |
       ,'::;ハ」| ,ィ ヘ   r‐:1   レ1 |::|7' / | ・ 豊かな商業都市          |
        l:::!.  V:l   ゝ、 ヽノ  /リ ,ィ::」 l |.| ・ その他、重要なトコ        |
       |::!   ヽト 卜ト`ニT¨´,.イノ/イ   l リ                    |
       l::|       >'´/ / _,.ノ|/   l |                    |
       |::l    ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i   l.|             __.      |
       l::j   /,厶イ_:.:/     ヽヽ. :l   |.|              〃 i `ヾ.   |
           /7   /:.:「       ゝL/.|    ::::..... |l L⊥」||    |
         /〈  /:.:.:.:',    /  //  |    ::::      |l山奇.l.|    |
        ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |              ヾー-‐シ    |
       / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′   .|              ̄´      |
       l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └────────────‐.┘
        !   |  |ヽ;:/:..ノ/     /久、
      |   | ハ:.:.:.:.//       ,':.:.:ヾ、
       l  ∨ ヽイヘ      ノ:.:.:.:.:.:.:ヽ



――― まず北ロシアの広大な皇室領を手始めに、豊かな経済拠点や資源のある場所から

     リトアニア国境近くの広域、中央の諸地方など…様々な場所に及んだ。


.

75夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:10:10 ID:QaMwUNTg0



――― これは全国規模の領地の分割というより、領地の一方的な接収だった。

      オプリーチニナ
     皇帝直轄領にすると通知された場所からは、移住を余儀なくされる大貴族や諸侯が続出した。





   _______________
 /                       \
 |    残念ながらボッシュートです!   |
 \________________/
            シュッ
          | | | | | | |    チャラッチャラッチャーン♪ミヨヨヨーン…
       ________.
       \  ∧_∧ アウッ |\
         \(; ´∀`)    |  \



                       .... .. .. .. .    .. ..
                      ,  -‐一─'--' ソ、_
                   /   ;;    # _ ヽ )
                 ,. -'´i  #   / ,r_,nli o  i'´    ひ……ひどいクマ……
                r'‐ '´     / /(⊂o j' i  ミ´
                 ̄ ̄`ヽ   し'   ̄'-'uo  !
                   ⊂_,. -────' {' iノヽ
                           ⊂ `⊃´~
                          ⊂    二⊃
                         ⊂___⊃

.

76夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:10:44 ID:QaMwUNTg0




      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |  しかし領地を没収されて移住ですんだ者は、むしろ幸運だったろう。   |
      └―――――――――――――――――――――――――――――――┘




                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く ‐∧  ∧
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、/_〉
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ `ヽ
      オプリーチニナ                       / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ  |
  いくら皇帝直轄領と言っても           .     {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |/ ̄ ̄ ̄>
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト┬< ̄
  もちろんボクが全て統治するわけじゃないよ。  {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|lr┴<
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ ! {__ \
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|   |   `ヽj
                            .  //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l     /`ー--、
  ボクが自分で指名した人を       .    /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.   ノ|ヽィ―‐'′
                             |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト、\ヽ[_丿 |
  領主や行政官にして統治させるんだ。 .     |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|ノ  \ヽ.   |ー1
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|―‐、 ヽ} r┴く
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!ー-┘  └r‐'´
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|      |
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{      |
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l         |



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |              オプリーチニナ                                   |
    |   真に恐るべきは、皇帝直轄領を治めるべく、ツァーリに任命された者たちである。  .  |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


.

77夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:11:17 ID:QaMwUNTg0



――― このツァーリが任命した者たちは、「オプリーチニナ隊員」もしくは「オプリーチニキ」と呼ばれた。




                       ''';;';'';';''';;'';;;,.
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                       ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                      vymyvwymyvymyvy、
                 mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、
       rっ━   /⌒ヽ(゚v゚)/⌒ヽ (゚v゚)/⌒ヽ(゚v゚) /^ヽ
       ||    (゚щ゚::: )/⌒ヽ゚щ゚ )  ( ゚щ゚ )  ( ゚щ゚)
       |/⌒ヽ | ___( ゚щ゚ )/⌒ヽ  __   /⌒ヽ
       ( ゚щ゚:::)/-三-\  (::: ゚щ゚::)/-三-\ (:::゚щ゚ :)
      ___/:(◎:=◎)::\___/:(◎=:◎)::::___)
    /:::::::::::::::::\:: トェェェイ :::/:::::::::::::::::\::::トェェイ::::/::::::::::::::::\
   /─三三─::::::\`ー'´/:::─三三─:::\`ー' /:::::─三三─\
 /:::(○)三(○)::::::::\/:::::::(○)三(○):::::\/:::::::(○)三(○):::\
 |::::::トェェェェェェェェイ)::::::::::::||:::::::::(トェェェェェェェェイ):::::::||::::::::(トェェェェェェェェイ::::::::|   ←オプリーチニキの皆さん
 \::\ェェェェェ/::::::::/-\:::::\ェェェェェ/:::::/\:::::::\ェェェェェ/:::/
   ヽ::::::::::::::∪:::::::::イ     \::::::::::∪:::::::::/   ヽ::::::::::∪:::::::::::::イ
   |:::::::::::::::::::::::::::::::\    /:::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::|
   |_)=|三三三三>  |_)=|三三三三> |_)=|三三三三>

.

78夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:11:49 ID:QaMwUNTg0



――― オプリーチニキたちは法を免除されるなど、様々な特権が与えられていた。


     彼らは単なる行政官ではなく、ツァーリの私兵であり秘密警察であり、

     「裏切り者」と見なされた者を血祭りにあげていった。





                                 ____
                               /      \
                             /         \
                            / (  )  (  )   \
                            | (トェェェェェェェェイ)    |
     _ _ _    ;/ ̄ ̄ ̄\; 〜       \ \ェェェェェ/    /
      >>>> ;/ノ 三 ゝ   \;        |          |
     (  つ/(;;;;ノ三(○ )   | 〜       ||         / |
      ヽ、 く| (__人__)     .|;         ||       / ||
        \ ヽ  !  !   ./ ̄ ̄`ヽ;  (_|   r  /  (_)
         ヽ ヽ ゙⌒,;:’: /       \__ヽ  |/
          ゝ-    /          \ _)..〜,.;,:;.:,;:.;:,;:.,;
           .LLL  ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、


.

79夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:12:22 ID:QaMwUNTg0



――― オプリーチニキたちは黒毛の馬にまたがり、黒の頭巾と黒の制服をまとっていた。



           iヽ   iヽ
           ゝヽ,-〈 〉
            >7((._)ゝ
          ┌(77!>ツ、ゝ     /    \
            メy' 'V'じ:| レゝ、  / ◎  ◎ ヽ
          ノ//.人 / レゝ_ (  トェェェェィ  )
          /ノ .∧/>:!  レゝ ィ‐ヒ-、ンフ Fラ ̄ '- 、
         i./ i } /メ ,  レyッv' リ=百= ヘ、ゝ ゝゝヘ
         { ノ'!i_ /i :,:゛  レゝン゙レ=目≡ミン'-ゞゞ ゞ へ
            L_.レ'!i'-|、 .:';" レゝ ヒ=貝三ミiメ  ,.. ヨミ=ゝ
            ヾゞ' !i_i!‐'  彡 レゝラソミ 彡-._,ン -、ヨミ
          }\ ヽ,i、、       レゝ〔ミ =三:__,.壬》=ヲ\
           ノ  ` メ     彡  レ丿ヘ'_ラ゚=-、\(   て_,__,、
        _ク-ッ、 ミ|i , -.、     彡」/, -‐‐`、ゝ    ミミ `ー、
       _ 〕  ヽ-ィ、_ゝ舎!レノ  _.」メ"ノFリy、|vヘヘ┐_   ミ ミ   ヽ、
    __/ ミ    -={ミi| v》' 彡==ト-ミ泪 ノ,-l-ゝ`-ゝ __ヒl-、) ミヾ <゛`
   / _.. ミ    -={ミ Y Y 彡=メ=-ミ$杁 7-,-メゝi_.ノ  `ヾ_  ミヾ. ゝ
   "┌ '      !|,ヤレト-チ>く メミ i li ii' リ ゝ` .|      |ヽ ミ  〈
     } _, - 、ミ     !i メ、_!i ツ丶メヘ  | l| ||个!i| |: |   熹  .|゚^ヽミ r‐`
    '"  __.〉 ミミ  !   "  彡 `メ、! リ !メ リ | |       |i リ r-!
      ノ   _,-、./:! ミ ミ 彡 彡彡  '`ヘメ、_ル人 》      i!:〉iリ ミ
        フ __.ソ  } ミ ミ 彡 彡彡ソ   ッ   イ員.ト\     i!  ll ミ
       !/    i! ミミ  彡 彡 彡 ン ヅ  タ888b \._./ノ^.リ  ミ
            i! ミ ミ 彡 彡ミ  ツ  ミ 彡  彡 彡ミ    ソ ミ ゞ
.

80夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:12:54 ID:QaMwUNTg0



――― 彼らの馬の鞍には犬の頭が括りつけられ、手に持つムチの柄には、ほうきの形の獣毛がついていた。

     「裏切り者には犬のように噛みつき、ほうきで国から掃きだす」という意味である。



                 r ¬ __  - 、
              \:::::::::::::::::::::::::\
                  `_ー--  、::::::::::|
.          , --─;ァ.':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::|.:.、
         /:::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:J:.:.:.\
.    r── '::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.ハ
     \:::::::::::::_/:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/:.:.:.:ト、:.:.:\:.:.:.:V: |       「 犬のように噛みつき! 」
        ` ̄ ´/:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:\|_ヽ.:.:.V⌒Ⅵ
         /:イ:.:.:.:.:.:|-ミメ、.:.:.:.人_ }∧}   リ
          |:.:.:.:.:.:.| f心 \≠´ ̄'' '' 厶イ≦三}
          |:.:.:.:.:ハV辷j 、    (⌒>‐┴-‐-、
           ,ノハハハ;人 '' ''  _, -っィ`{   -、`  \
                ` ー‐`ー</: :\_    i   :\           /レ'{
              |>--/^\∠三ア:(  \ l:.  .:i \       〈.:.:..:|
            「≧  fぅ _/: : : : : \\  厶::.:....:.:l  :\      }.:.::リ
            〉     /ソ { : : : : : : : : : :\ };ハ:::.:..l  \::>    .::/
              /   ,_/〈: : : , : : : : : : : ': : :∧  };ハ;ハ   `ー─ -- '∠- 、
           厶イ  /   \ : , : : : : : : : ': :{ \               \
               ム       /\〉: : : : : : : Ⅵ   \         \   ,、 \
            |      / ̄ ̄\: : : : : : :{      \          \/  ー‐'
            l  ノハ∨: : : : : : : : : : : : : |\  , -─`ー-ミ __、   |
           /八 ,'  {: : : : : : : : : : : : : ノ: : `/::::::::::::::::::::<     \ノ
         { V 〈_V     ̄/:アア : ̄ ̄: : : : : :{爪 ̄ ̄ ̄`
           〉     ' 、   /:/ /: : : : : : : : : : : : l |ハ
         \_  rv'>-〈;/ /: : : : : : : : : : : : : |ハ___〉
           (_丿   /ー/: : : : : : : : : : : : : : }
                   /  〈_ : : : : : : :_   - 7´



          .   ´  ̄`  .
       . - '´         \ . --- 、
     , '  ト、       ヽ  /ヽー‐ ヘ
.    /   i ヽ.、  __ヽ    V  ハ -‐ !
    ll l  i  ヽ>'´ヽ.`ヽ    i/ ハ -‐ .}        「 ほうきで国の外に掃きだす!」
    |i i _l   ヽ \.\ ヽ.  !/ }  ,イ
    |l l´ l     >'´Yfrck.  ト、/ヽく\
.    从ハ i __     八rリ l  i } i ハ \\
      ヽヽl《入ヽ    "" i!  iイ ji. ハ⌒レ'
      iN \ ´  __/`i  i!. / ルヘノVリノ
      |l.l  \  `  ' ,.ィレ'r'__メ)     ___
      Nj\ ハikこ二「 「/ /{リ⌒ヽ>  /´  }    ,ィ/´/
              巛へ、ー^ヘ   `ー '  __ノ    /    ´~彡
           /^ーへ.\__ ,. )_    __/    /       彡
           `ーへ  `ー巛r‐'ー、 _,ィミvヘ〜ヘ/´k        彡
                `ー}   ` i`ーくミ   rァ'´  ヾ       -く
                /    ,.」   彡  .リ   〈        く
                 /   メノ\_ ``〜へ  __ヽ      _,.イ
              /    タ   ー'⌒7レ' .リ\  <      ./
             /  __r〜' ト、    / ir''リ ´`〜ァ  __ ,. イ
            (こr''´     |  \/  `´     '´~
           (匹}ァ' フ`ー‐‐‐'
           `  ̄
.

81夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:13:26 ID:QaMwUNTg0



――― オプリーチニキは、まず大貴族といった富裕層を標的にした。


    「裏切り者」を告発した者には、被疑者の資産のうち1/4が、逮捕した者にもさらに1/4が

    報酬として与えられたからである。





        ,. ‐'´_,. -‐ ''´    //             /   |  |  l ヽ
       , '′/  _,. -‐   ̄ ̄(て ̄` ‐ 、      |. `|  |  l  l.  |
       L_二ブ         ト、     「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ,.ィ'′     ヽ、   .l::|ヽ  ヽ |         ヽ_j  / //
       //    | 、、  ヽ |::l、 ヽ、、 |     募 集  ヽ_ハ/
      /  l |   | ハト,ヽヽ_,.>ヘ';:', ', ヽヘ |
     lイ | ', l ├-リ ヽ'´ィT¨ヽト;:', l、 l ハ|  あなたのヤル気、我が社で試してみませんか?
      l ハ ',ヽヽl,ィ'¨」   ゃら| ';:',lノ lノ |
      ∨::ハトゝ ゞヤユ 、    ̄7 ,ハ:::l、 _,.rイ  報酬は歩合制だから頑張った分だけ稼げます。
      ,'::;ハ」| ,ィ ヘ   r‐:1   レ1 |::|7' / |
       l:::!.  V:l  ゝ、 ヽノ  /リ ,ィ::」 l |.|  採用は人物本位で、社員には元敵国民すらいます。
      |::!   ヽト 卜ト`ニT¨´,.イノ/イ   l リ
      l::|      >'´/ / _,.ノ|/    l.|  ツァーリとはよく宴会もしてる、アットホームな職場です♪
      |::l    ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|
      l::j   /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  |             __
      l::j   /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  |            〃 i `ヾ
          /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l L⊥」||
        /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l山奇.l.|
       ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ
      / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!               ̄´
      l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─────────────────────
        !   |  |ヽ;:/:..ノ/     /久、
      |   | ハ:.:.:.:.//       ,':.:.:ヾ、
       l  ∨ ヽイヘ      ノ:.:.:.:.:.:.:ヽ
.

82夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:14:22 ID:QaMwUNTg0



――― この制度は大貴族にかわって、ツァーリに忠実な者を登用する試みだったとも言われている。

     彼らオプリーチニキたちはツァーリによって財産と地位を得ていたので、当然忠誠心は強かった。



            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ         「ボクが信頼する者だけを登用し、
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ          彼らには絶対的な権限を与える。」
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖        「彼らは絶対にボクのことを裏切らない。」
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ‖        理論上、これよりも素晴らしい政治体制は
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ‖
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |              存在しないよね!?
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.



                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く ‐∧
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
  「ぼくのかんがえた、さいこうのせいじ」          {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
  を皇帝直轄領(オプリーチニナ)で実験するんだ!  {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
  このスレ見てる君らだって、      .       //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::l
  そーゆーの妄想したことあるでしょ?       |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト、
                             |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|ノ
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|―‐、



                  オプリーチニナ       ゼムシチナ
――― もっとも、ツァーリは皇帝直轄領だけでなく旧来の国土にも支配権がある上に

     オプリーチニキ達も積極的に貴族や諸公たちを「裏切り者である」と告発したので、被害は全土に及んだ。



.

83夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:14:54 ID:QaMwUNTg0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。



                                      /                    \   \
                                     /                  \   \
                                    /        |  |i     ヽ   ヽ   ヽ
                                     |/       .| .|  | |  i    ハ    |   |i
  ではここから、このオプリーチニキ達によって      /    |   | ハ i | |  ハ    |   ハ   |i
                                 /. ,    |   | | | V ハ. | | i  |   ヽ\.  |
  粛清された人たちをいくつか紹介するわね。 .   | | .i   |  i| ハ | |// ト. | |ハ  ハ    i ト \|
                                 | ハ |  i ナi十|ニメ | Xヾニノニリナ /-|     |ハ   |`
                                 V | |  | |ュリ__|ェィVノ ヾVィュノ__V__. |   ハ |   |
                                   |ハ  |トハ`ゞ゚=ソ     ´ゞ=゚ソ /゙ |  ノ リ  ヽ
  犠牲者の多くは「裏切り者」ではなく、   .        ! \| ヾ| :::::::::  ,     ::::::::::  ノ /     ハ\
                                     /  ハ ::::::       :::::::::  ノ7     ノ | |  ヽ
  ツァーリの猜疑心によるものだから。               |ハ  \   rヽ       /|::| /.  /|: /ハ|ヾ|リ
                                     || l   .|:::`ト、 `´   / ,イ|.イ/  / ノリ
                                     ヾヾハ |丶:::::/`ト-<´/  |. |ハi/
                                rー--、i============イ|`||^´゙   ハ.
                             / .ー―-|          |! ||      \

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

84夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:15:27 ID:QaMwUNTg0


        オプリーチニナ
――― この皇帝直轄領の制度ができてから、オプリーチニキ隊員は早速、粛清を行った。

     最初の犠牲者はカザン汗との戦争で大手柄をたてた、貴族のゴルバーティ公である。




                                   |ヽ|ヽ}ヽ.ト、 ト、
                    ___   γ⌒ヽニ| レ-'-、| ',| ヽ
                  >''<>':::::::::=ーァ'´ ¨¨´/㍉イ. -==、 ヽ|   |
               ´//::::::ィ'' ∵.,Y⌒ヽ//,, ∵     ヽ Yミ|              ぐわっはははははは!
   -一 ⌒ヽ.    /  / ./:::r'¨ ゚ ∴./ ト- イ/∴  ,,''   ⌒ヽ、. |'',,ヾ、_
   `ヽ    \/  ./ ./。・ :  '' /   /:/    ''        _j._彡  >''¨¨¨'' 、
     }.  | /     / ./o。    〃⌒ヽ ヾY  ´ ̄`ヽ  =ー'´  ´   (  ヾ /  ヽ
    _ノ  |′    ′′  o  {    ノノ j/            z-一T¨777rt、 ノ /     タタール騎兵など
  (   \ |      ' ' . .    {ゝ-=彡' /    /三三三トアアアy'トハルレ'ニニニニ=Y 7′
   \    )     | | 。゚    弋_____彡イ     /彡ー,イ--≦三三ニニニニニニニニY7レ′     敵ではないわ!
  \ `¨¨/.      | |     .,,;;lllllili|   / |   、_〈'   / レイ `ヽ  `ヾ三ニレレレjノ'
    `¨¨´',.      | {  ,;;l州    | / .人     `¨弋/  |ィ   \  Vハ
        ',      ' '州       |/    \     弋_ノヾ小ィ,,   ,ィ ヽイィィ         __
        ',    ', ',                ` ー─     `ヽ{_Y |ハyyyyイ  ./ヽ  /  `l
        ',    V∧                           `ー┴──┴y'  -┴/    j
         ',    V∧                     弋____ __.ノ三ヽ.  ー---〈,>'⌒V
  ニニニミヽ.   ' ,    V∧      ヽ、             イ三三三三三三三ニヽ.    /     〉
  三三三\   ' ,   V∧        ミー-------一<三三三三三三三三三三三ヽ.  、___ /、
  三三三三\  ' ,.   V∧               } } l三三三三三三三三三三三ニll        ヽ
  三三三三三\  ' ,  V∧              j j. l三三三三三三三三三三三ニ|          )




――― 彼は剛直な武人でツァーリにも反抗する事を恐れなかった。

     まさにそれが罪であり、「クルプスキーと結託してツァーリの命を狙った」というのは明らかにでっち上げである。



            _,................_
        _,...::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::////ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::/:::::/:::lヽ
     ,::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::l/l:::ト、イ::l::::.
     l::::::::::l:::::::::::::,=、|:::::::::::::|/ ,t-、l/!:::ト,
     |:::::::::|:::::::::::::l {' |::::::::::::l  弋j {:イ リ      亡命して1年もたってないのに、そんな工作する余裕ないわよ。
       ',:::::::|:::::::::::::ヽ._|::::::::::::|    ` ,
      }::::,'::::::::::::::::::ハ::::::::::::|    _ /
       ,:/::::::::::::::::/ l:::::::::::|   ( , '        あなたって本当に有能な人間を殺すのが好きなのね。
       l'::::::::::::::::::,_ !::::::::::!  _, /
      /:::::::/:::::::/ ̄`,::::::::::| ̄::::l
       /:::::::/-―'-- 、 、:::::::::!-、::::|
 .    /::::::/     ヽ  l 、::::l//!∧
    /::::::::{     ,   ∨,:::l//ヘ∧
    ,::::::, -'      ',   ∨、:,/ヽ/l}
   /:::::l、       ヽノ   ーヘ!-/ト、/!
   /:::::::::ヽ       ,}      l/l ヾ、
.

85夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:16:05 ID:QaMwUNTg0



――― ゴルバーティ公は息子とそろって断頭台に送られた。





            , =-‐ニニニミヽ、
          ,ィ´ィ,ィ'"´_=-‐-=、`ヾヽ
       .,r‐‐=///´r''´⌒、_∧_⌒,=、ヽヽ、____             1つだけ頼む、
ー<´ ̄~¨7  .///f´`,ィゝ‐''.〈ハ〉 ̄ゝ‐'、ヾヽ`ヽ\r‐-、
ヽ  ヽ _/ .///r‐f´     〈ハ〉    f`Y:l‐-、. }  l‐-、       俺を先に処刑してくれ。
 ゙v''"´  `ヽ{ i l`/'"//⌒ヽ. 〈_〉 ./⌒ヾ、 l l、  `ヽ ノ´`,、´ヾ
  }ゝ、 __, ィ'"l l: Y`i l l (⌒ヽヽ__/´,ィ'⌒) l l_l_l、ゝ ___)´` ⌒
  .l`ー---'''"l l:..l rf⌒ l`x、 ` v ´)ヽ,ィ' ff´ ハ `ー-‐'i ´` ,,、      父親として、息子が殺されるのは見たくない。
  l       l l八ノl ヽri゙ゞニ゙、_|_,∠´、",r`Y ノ    l
  l    _ ヘ∨ゝ. /.f´l:.'´-三-`゙l`iヾ ハ'"     l
  .ハ,ィ'"´:::ヘ //ヽ,,`ゝ{ ,>=< }‐'"rヘ l.      l
 .ノ //////∧'"ヽ、゙ ゝ ハ'´ヾ  ,イハ ノ,ィヘl /⌒ヽ l
:./ l///////,`>-、 八_,,` ー‐‐'__ノ´ ,,ィ'"/////} l
/  ゝ///////////`ー=i `ー―'  ,ィ'´////////ノ l
   ` 、////////////l l7777l l´/////八 ̄   /
  _ =-‐'"///////>'"_ ヾ//ノ l////////`>. /




  _,,.. -‐'' "´ ̄ ̄`"'' ー- 、.,__,.、
/´ __,.、-─-、.,___      //
レ'´  `"''ー 、___`ー-‐、://
            ̄`>'./
           //
         /∠___              オレも悪魔じゃないから
        //::::::::::::::::::\
   _,,.-'、_.//( ●)三(●)\           それぐらいは聞き届けてやるよ。
 /´  ,' _/:::::(トェェェェェェェェイ)::::.\
 '、_ゝ-'と_,!:::::::::\ェェェェェ/::::::::::::|
 //ヽ、ヽ::::::::::::::::`ー'´::::::::::::::/
''/    \ヽ         ヽ.ヽ
                    \\
                    ) .ヽ、
                    ( λ ))))
                    .`."""



――― ゴルバーティ公の息子は先に生首となった父親に接吻し、そして自分も同じ運命をたどった。


.

86夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:16:37 ID:QaMwUNTg0



――― さらに同じ日、7人の貴族が処刑された。

     うち1人は生きたまま串刺しにされて、苦痛に悶えながらも賛美歌を歌って死んだと言われている。





                     八ト、 ,ノ    , , , ,    |   八    |
                      ヽ|              厶イУ}ヽ  八
        .              从   r‐‐ 、      ゞ /   )′|
                       ト  レ′ }      .: f´      八
                       }ハ `¨´;;;    . . : : : : ト、   i } ト、
                      ノ j/ ー=≦  , ´  ̄ } \{ ハ{ )
                   r―<⌒V   { ∨      |   `
                  /⌒ヽ‐、\ ト, /y′  , ´ ー=ミ
                    / 介ー' し'リ|フ{__/      ‘,
                 入___人      |::::}∨ソ          }
                /    /\__ノ⌒Y    /      /
                 /      /:::{       ノ    /      /







                                     ,ィ劣王ミ::、..___
                             ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                           r:升圭少    ``x圭圭少´
                            `¨´             ̄   ___
                       <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                               {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                           __........__寸圭圭圭圭圭リ
                ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
                `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
                  `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                    {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                      {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                      寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                             ̄

.

87夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:17:19 ID:QaMwUNTg0



――― こうして、何年にも及ぶ恐怖の粛清が始まった。

     とりわけツァーリの従兄弟のスターリツァ公を支持した貴族たちが処刑された。




>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ       こいつらは間違いなく裏切り者だ。
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ       かっては「ボクの従兄弟」に免じて赦したが、
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ        あれは間違いだった!
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ



                   ______
                   \   忍   /
                    \ 耐 /
                   / ̄ ̄ ̄\
                  / u.(○)}liil{(○)       お願いです、ツァーリの座なんか狙ってませんから
                /      __´__  ヽ
                | u.     |!!il|l|   |      いや本当に本当に!
                \  u.     lェェェl /
                γ     _____
                 | l.     | 精 神 |_|
                 三三三三|___|_|
                 し(     __ l  l
                  と^二,,、,、,、,、,、,、ノ ノ
             ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
             二二二二二二二二二二二二二二二二二二二



――― スターリツァ公はすでに分領を没収されていたが、「数少ない親族」のため殺す決心が付かなかった。

     しかし代わりに、かって彼がツァーリにつくことを支持した者は次々と粛清されていった。


.

88夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:17:53 ID:QaMwUNTg0



          オプリーチニナ
――― 土地を「皇帝直轄領」として接収されるだけで済んだ幸運な貴族も、財産を持参して移住することを許されず、

     オプリーチニキ達に家財の全てを奪い取られ、道中を乞食のように施しを求めながら移住した。




          ____
        /      \
      /         \
     /   (●) (●)  \      けっ、今まで贅沢な屋敷に住みやがって。
     |   (トェェェェェェェェイ)   |
     \  \ェェェェェ/   /
     (ヽ、      / ̄)  |      貧民の気分を味わうんだな。
      | ``ー――‐''|  ヽ、. |
      ゝ ノ      ヽ  ノ  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





  . ∩___∩ ;
  ; | ノ|||||||  ヽ `
 , / ●   ● |
 ;, | \( _●_) / ミ      お、お願いです…
; 彡、 | |∪|  |、\ ,
./    ヽノ/´> ) :
(_ニニ>  / (/ ;       パンと水を分けて下さいクマ…
; |     | ;
' \ ヽ/ / :
, / /\\ .
; し’ ' `| | ;
      ⌒

.

89夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:18:26 ID:QaMwUNTg0



――― かってアダシェフを筆頭とした「選抜会議」も大貴族たちの特権を剥いでいったが、

     それでも本当に実力のある大貴族の領地にはなかなか手を出せずにいたのだが…





              ______     ____..    ____
             /:::::─三三─\ /::三三─\/::...三三─\        だって罪をでっちあげて告発したら
  ‐=≡  ‐=≡ /:::::::::(○)三(○):\(○)三(○):\(○)三(○):\
≡  ‐=≡   /::::::.:::::(トェェェェェェェェイ::::\ ェェェェェェェイ::::\ .ェェェェェェェイ::::\     財産の1/4が俺たちのもんだろ?
≡‐=≡ ‐=≡ |:::::::::::::::::::\ェェェェェ/:::.. | ェェェェェ/:::.. | ェェェェェ/:::.. |
  ‐=≡  ‐=≡\:::::::::::::::::::::∪:::::::::::::::::/  ∪::::::::::::::::::/  ∪::::::::::::::::/
    ‐=≡     >::::::::::::::::::::::::::::::::::<     ::::::::::::::::::<   ::::::::::::::::::<       大貴族サマは美味しいぜ!
≡         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::.|   ::::::::::::::::::|
  ‐=≡  ‐=≡..||::::::::::::::::::::::::::::/ |   ::::::::::::::::::/ |    :::::::::::/ |
≡  ‐=≡    ||::::::::::::::::::::::::::/||  .:::::::::::::::/||.   ::::::::::/||         屋敷の奉公人も◯◯して
     <三三|(_|   r   / (_)=|三ラ    (_)=|三ラ  (_)=|三三ラ
             ヽ  |/   ヽ  |/.   ヽ  |/              ヒャッハーできるし最高!
              >__ノ;:::....     >__ノ;..     >__ノ;..



――― イヴァン4世に任命されたオプリーチニキたちは、その古参の大貴族たちを次々と没落させていったのである。


.

90夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:19:13 ID:QaMwUNTg0



――― そして粛清の嵐が吹き荒れて一息つくと、イヴァン4世は自分が処罰した者たちに「恩赦」を伝えた。



                /⌒ヽ _ -─────- 、  r‐、
                 /:/ i:::( _ -─────-  _) /:∩j
                   /:/  i:::jL -─  ─  ‐- .  /:/ }:|
              |::| _ .j::j              `ヽ /::|
                 / `ヽ/:/ /                \i
           //   V /   / /     ハ       ヽ
              / / .′   i/ / // / ′ i   .′i i i   i  '.
          / / /    j ノ i // ァ 7フ7メ、 /   i i i ii  i  i
.          / / /    ノ.イi  i レ ,ィ 〒㍉//  //iノノi   i  ∧
         i / /   / /i|  l i{i i::::トz'/    z=、 i  / / ハ       ボクだって悪魔じゃないよ、
         N .′/ / i |  | |  L::し      /トz'i}′/ ,/ / ハ
.         /:/レ´/:/ i  | |  | | ''''        i:::ソ/ / .イ ,ヘ  i l       ちゃんと心をもった人間だと証明しよう。
        /:/   /:/  |i从 i j ,小     「 フ '''' /7フ爪 ノノ ,}}ヽ. i
.       /:/   /:/   レjハ i iレ'{  >  _  イレレソノ/  i:i ソ
      /:/   /:/        Nv'レ仄Hニニ, rァ ´ ̄ ̄`Y´    /:l         さあ君主の慈悲に感謝したまえ!
.     /:/   /:/       ┌─‐レ′ヽ //:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    /:/
    /:/   /: ′     r===≧≦ //:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ィ:/
     レ′  {ノ       }}  彳〃ヾ {i{:〉/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|彡'
         _  -‐==≠彡'〃  ヾji':.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.    -==…  ̄ ̄  フ:.:.{/i i     i::.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
  ((´____ -‐=彡r ´i   ゝ ___」:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./l
.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |:.:.:ヘ       V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:|
.

91夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:20:05 ID:QaMwUNTg0



――― このツァーリの「譲歩」は、「オプリーチニナ制度」に苦しむ人々にとって、チャンスに思えた。







 |i__∩::::::::::::::::::::::::::::::::::             ツァーリもさすがにヤリすぎと思ったクマ?
| ,,.ノ ヽ、,,ヾ ̄ ゙゙̄`∩:::::::::::::::::::::::::::::::::::
| ●  ● |ノ  ヽ, ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
| (_●_) ミ●    ● i'゙ ゙゙゙̄`''、,i::::::∩::::::::::::::::::::::::::      今ならオプリーチニナ制度の撤廃を相談できるクマ
|  |∪|  ノ (_●_)  ノ  ヽ ヾつ  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
|  ヽノ   ) ヽノ  ノ●   ● i|  ● |゛゛`⌒):::::::::::::::::
ミヽ_  {ヽ,__   )´(_●_) `,ミ_●_) ミ ● |---っ__○:::::::::::
| ヾ    / ヽ    /  ヽノ  ,ノ |∪|  ノ ) ミ工)・|ェ)・)・|゚:::::




――― そして全国会議で訴え出ることにしたのである。




┌──────────────────────────────────┐
|―――――――――┐┌―――――――――――――┐┌――――――――|
|LIVE      【審議中】||LIVE              【審議中】||LIVE    【審議中】|
|   ∧,,∧           ||  ∧∧               ∧,,∧ || : : : : : : : : : : : : : : : :|
|  (・ω・`) ∧,,∧   ∧|| ( ´・ω)∧,,∧  ∧,,∧ (・ω・` )|| : : : : : : : : : : : : : : : :|
| ∧∧   (´・ω・) ∧,, || (∧,,∧ ´・ω・)(・ω・`∧,,∧  )|| ;_;_;_;_;_;_;_;_; ヘ⌒ヘ _;_;|
| ( ´・ω) ∧,,∧   (  ´|| ( ´・ω) つと) l U (・ω・`)  ||  ヘ⌒ヘ (´・ω・) |
| U   ) (´・ω・`) (  || (   ´・) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ(・`  ) || (´・ω・`)ノノ川川 |
|       (    )     ||(  ´・)  旦      旦 ヽ(・`   || ノノ川川レ      |
|         埼玉支部 ||(  つ/ 旦       旦 NY支部||       火星支部 |
|―――――――――┘└―――  ∧,,∧ zZZ ――――┘└――――――――|
|  ∧∧   ∧,,∧   ∧,,∧      (´-ω-`)       ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧    |
| (ω・` ) (´・ω・) (・ω・`)  ___(___)__   (・ω・`) (´・ω・`) ( ´・ω・)     |
| (  U)  ( つと)  (   )  E=======ヨ  (  U)  ( つと ) (    )   |
|,∧/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |     議 長   |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    |
|  ∧∧  ∧∧  _____| |             ||__ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  |
| ( ´・ω) (ω・` )  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧     ||   ( ´・ω・) (ω・` ) ( ´・ω・) |
|  | U |   lと  | ( ´・ω・)(´・ω・`)(・ω・`) ―┘ ̄ (  ´・)∧,,∧ (・`  )  ( ´・ω)|
| (   ´・) (・`   ) | U| ( つと ∧,,∧ と)       | U (    ) |と |   (    ) |
└──────────────────────────────────┘

.

92夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:20:48 ID:QaMwUNTg0




           ∩___∩            ゼムシチナ
           | ノ      ヽ      我ら「旧来の国土」は士族も貴族も、
          /⌒) ●   ● |
         / /   ( _●_)  ミ     リヴォニア争奪戦争に一致団結して協力すると決議するクマ!
        .(  ヽ  |∪|  、\
         \    ヽノ /´>  )
          /      / (_/     ツァーリのために戦うクマ!
         / /⌒ヽ  ⌒ヽ
         (     )    )



                 \  クマーーーーーーーーーーッ!!  /
                   \                    /

∩     ∩     ∩     ∩    ∩     ∩ /⌒)
|   ̄ ̄ ̄ ヽ/⌒)  |   ̄ ̄ ̄ ヽ   |   ̄ ̄ ̄ ヽ /∩     ∩
/        | /  /        | ∩     ∩   ,/ |   ̄ ̄ ̄ ヽ
|        ノ /   |        ノ |   ̄ ̄ ̄ ヽ,/⌒) /        |
彡、∩     ∩  ∩、     ∩ ヽ/        | /  |         |
  |   ̄ ̄ ̄ ヽ  |   ̄ ̄ ̄ ヽ  |         ノ/  彡、       ノ




――― もともと士族たちはリヴォニア領の土地が欲しかったし、

     富裕な貴族や商人たちは、せっかく手に入れたバルト海航路を守りたかった。





          /| ̄ ̄ ̄∩,,∩
         /| ̄ ̄ ̄|..((ェ)・` )
       /| ̄ ̄ ̄|....|φ ∪ )        ∩,,∩
       | ̄ ̄ ̄|....|/ `u-u´       (    )
       |___|/ ∩,,∩          ( o ∪
       ||    ||  (´・(ェ)・) ∩,,∩       `u-u´
             ( つロと) (´・(ェ)・)
              `u-u´ (∪  つロ_____
                   `u-u/ = =  /|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
                      | 投票箱 |  |


          [支持]  [支持]  [支持]  [支持]  [支持]  [支持]       リヴォニア戦争、とことんやるべき!
           ‖∩∩  ‖∩∩  ‖∩,,∩. ‖∩,,∩ ‖∩∩ ‖,∩∩
           ∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)
            (     ) (     ) (     )(     ) (     ) (     )
            `u-u´   `u-u´   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u

.

93夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:21:24 ID:QaMwUNTg0




       ∩___∩
       | ノ      ヽ
      /  >   ● |           そのかわりに…
      |    ( _●_)  ミ   ☆
     彡、   |∪|   )
    /      ヽノ //           オプリーチニナ制度を廃止してもらえたら
    ヽ|       /
     |       /              それはとっても嬉しいな♪
     ヽ  /  /
      /  /ヽ
    (´_ /ヾ_)



          /| ̄ ̄ ̄∩,,∩
         /| ̄ ̄ ̄|..((ェ)・` )
       /| ̄ ̄ ̄|....|φ ∪ )        ∩,,∩
       | ̄ ̄ ̄|....|/ `u-u´       (    )
       |___|/ ∩,,∩          ( o ∪
       ||    ||  (´・(ェ)・) ∩,,∩       `u-u´
             ( つロと) (´・(ェ)・)
              `u-u´ (∪  つロ_____
                   `u-u/ = =  /|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
                      | 投票箱 |  |



          [支持]  [支持]  [支持]  [支持]  [支持]  [支持]
           ‖∩∩  ‖∩∩  ‖∩,,∩. ‖∩,,∩ ‖∩∩ ‖,∩∩     いい加減にアレやめてほしいクマ
           ∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)∩・(ェ)・`)
            (     ) (     ) (     )(     ) (     ) (     )
            `u-u´   `u-u´   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u

.

94夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:21:56 ID:QaMwUNTg0



                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く /
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
  なるほど…君らの言い分は分かった。   .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ `
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
                                  {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
  たしかに、忠義には報いるところがないとね♪   .  |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
                                {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
  君等がボクに忠義を尽くしてくれるのなら .   //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.
  ボクだって穏健にいきたいよ。       .  |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト \ヽ
                             |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|   \ヽ.
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|    ヽ}
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l
                              |::l       /:::::::::::::爿ニニ|::::::::::::::::::`ヽ」ノ::::::::::::::|
                              |::|   /:::::::::::::::::/ / / 入:::::::::::::::::::::::::`>、::::::|

.

95夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:22:28 ID:QaMwUNTg0



                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く /
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ `
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
                                  {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
                                {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
                            .  //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.
                             |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト \ヽ
                             |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|   \ヽ.
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|    ヽ}
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l
                              |::l       /:::::::::::::爿ニニ|::::::::::::::::::`ヽ」ノ::::::::::::::|
                              |::|   /:::::::::::::::::/ / / 入:::::::::::::::::::::::::`>、::::::|

.

96夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:23:00 ID:QaMwUNTg0



                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く /
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
                                  {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
    …なんて言うと思った?        .       {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
      残 ☆ 念 ☆                //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.
                             |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト \ヽ
                             |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|   \ヽ.
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|    ヽ}
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l
                              |::l       /:::::::::::::爿ニニ|::::::::::::::::::`ヽ」ノ::::::::::::::|
                              |::|   /:::::::::::::::::/ / / 入:::::::::::::::::::::::::`>、::::::|

.

97夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:23:32 ID:QaMwUNTg0


                                            ___
                                          (⊂ニニ⊃)
                                             ̄ ̄ ̄                  ト、      _
                                         ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
                                       ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
                                    , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
  忘れたのかい?                      ,イ_       7! .,'i | ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
                                 〃 i        i'∨``  釤ヾヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
                                     { A ハ   | ,x-、    '⌒`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
  このオプリーチニナ制度は、                  Vi `i   {i     _'_,   ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
                                    ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
  君等がボクを裏切ったから               .     八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
                                         y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
  仕方なく導入した制度なんだよ!?                 /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
                                      i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
                                      ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
  君等だってボクが思うがままに統治して     .       /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
                                   /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
  裏切り者を処罰することに賛成したよね??      {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
                                   t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
                                        ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
                                      ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ
.

98夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:24:04 ID:QaMwUNTg0



          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l        なのにそのオプリーチニナ制度を無くせだなんて。
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',       そうか…君等はボクが「思うがままに統治」することに
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム       内心では反対しているんだね!?
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|      これはボクに対する反逆だよ!!!!
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|

.

99夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:24:36 ID:QaMwUNTg0



――― オプリーチニナ制度の廃止を訴えた300名の嘆願者達は投獄され、市場で棒打ちの刑にあった。




      _,,,...//〃ー,_/('´    ヽ
  ,,イ';;^;;;;;;;:::::""""'''''''' i ノリノ)))〉..  /|
/;;::◎'''::; );_____  ノ。(l!゚ ー゚ノ|ヾ)@巛
≧_ノ  __ノ))三=    /゙)ヽ_ノ')ヽ.| .| \|       さあ、フルスイングいってみよ〜♪
  ~''''ー< ___、-~ / /( ,,○,,)\ 丿
      \(      〈 〈 リ〉/ヽ〈|リ
              ヽシ/|'i \
              /// // |ヽヽ.
              / // / | ヽヽヽ
          .  .  〜〜rーrイ〜〜’
                  | | |
                 | | |
                 | | |
                 | ト、ゝ、
                 ,ノー|` ー‐'
                (_/



        ┼─┐─┼─  /  ,.          `゙''‐、_\ | / /
        │  │─┼─ /| _,.イ,,.ィ'    ─────‐‐‐‐ゝ;。    クマァァァァァ
        │  |  │     |  |  | イン ,'´ ̄`ヘ、   // | \
                          __{_从 ノ}ノ/ / ./  |  \
                    ..__/}ノ  `ノく゚((/  ./   |
        /,  -‐===≡==‐-`つ/ ,.イ  ̄ ̄// ))  /   ;∵|:・.
     _,,,...//〃ー,_/(.      / /ミノ__  /´('´   /   .∴・|∵’
  ,,イ';;^;;;;;;;:::::""""'''''''' ::"〃,,__∠_/ ,∠∠_/゙〈ミ、、
/;;::◎'''::; );_____       @巛 く{ヾミヲ' ゙Y} ゙
≧_ノ  __ノ))三=    _..、'、"^^^     \ !  }'
  ~''''ー< ___、-~\(          ,'  /
      \(                 ,'.. /




                                  ∩__   __∩
                                  /ノ  ヽゝ≡ ´    /ヽ
                                  |○  ○ニ ●||||||● |
                               __ミ (_●_ ) 三三 ( _●_) ミ
                              (__丶|∪|  __  |∪|/  ̄ ̄`lつ::
                               ミミ  /ヽノ __) ̄l⌒l ι  〇.:::ヽ::
                                  _|_/   彡 .|  |     ⌒:::;;;;|::    し、死ぬクマ…
                                :/           |  |   () ●:::;;;;|::
                                :l,_丿 ̄ ̄   ι   |  | ヽi: ー〇;/つ─、:
                                :l,_丿 ̄ ̄ ` ──ヽ_,ノ─ノノヽ- ̄-──'":
                                            ,'"~ ~`ヽ
                                            `‐-- - '
.

100夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:25:43 ID:QaMwUNTg0



――― さらに数名は舌を抜かれ、3名がその場で斬首された。


       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"

101夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:27:06 ID:QaMwUNTg0



――― 全国会議で集まったゼムシチナの者たちが、これだけ一致団結してオプリーチニナ制度の廃止を求めたことは、

     いささか理解に苦しむが、イヴァン4世とその取り巻きにとっては驚きだった。




      | |  |     ,′ , イ′ヘ, ト、  ヘ, ヘ,
      | |  |   /| /|  |   l | |   |   |
   │ │ l 八  / |/ | ,.イ   ト、| |   |   | │
   │ │  l  ∨  」>く       `'<,_ ハ  |  j     i
   │ │  | 厶ィ斗扞Tァ      r于テミメ、 l /     l|          この制度に反対する連中が
 |  八 八 ヽf^)-y仆、 刈        ト、 .刈`《V./     リ
 レ、  \ \|/ .人 V//(       |V//( YY^l    k     ト、      こんなに沢山いたのか!?
. 〉 〉、   \/〔 {  ゞニ ┘  .、   └ -ニ゚_,/ .j l    | 》   |V》,
_,《V  \j\j| ` ∨////        ///,ノ / /   |│|V》  | V》,
《V  |    ∧   \_     (´ `)   __/   _/   ,ノ│| V》\j
V{   │ r―宀冖  ̄ ̄   ¬┐ ,/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ミメ.リ V》,        くそっ、何て時代だ!
′V .小 |              | |           /  | /V》,
  V/| ∧              冂!             イ  |/  V》,       右も左も裏切り者だらけじゃないか!
    .リ__,厶             し1           「>、    V》,
   ん,   ) ヽ         |_人          ∨ / \.  V》,
.  /  \ (   \         |  ̄〉、         ∨  /}  V》,



                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ       ツァーリ、これはいけません!
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.       これはいけません!
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}     ゼムシチナの貴族どもを
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /     もっと徹底的に叩かないと!
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ   恩赦などは弱腰と取られますぞ!
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ
.

102夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:27:57 ID:QaMwUNTg0



――― そして粛清の手は、貴族たちの筆頭である主馬頭(貴族の最高官位)のチェーリャドニンにも及ぶ。





          ●
          目
        ..-──- 、
       ▲   チェ  ヽ
       /  iii○   ○ |   ,,,
       | ;  ( _●_)  ミノλ’)
   __. 彡、.   |∪|  、`   /
 (⌒          ヽノ   |_,,,ノ
  ""''''''ヽ_          |        ※額に注目
       |         .|
       |            |



                                    ゼムシチナ
――― このチェーリャドニンはツァーリからも信頼されて、旧来の国土の貴族会議を任されていた。





           ●
           目
         ..-──- 、
        ▲   チェ  ヽ  , - ´~~` -、
        /   ●   ● | \ 重鎮 /
        |    ( _●_)  ミ   ヾア
       彡、   |∪|  、`\ノつ
      / __  ヽノ /´ヽ  ノ
      (___)   /

.

103夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:28:29 ID:QaMwUNTg0



――― しかし全国会議で他の貴族たちと共に、オプリーチニナ制度の廃止を要求してから空気が変わった。




           ●
           目
         ..-──- 、
        ▲   チェ  ヽ  , - ´~~` -、
        /   ●   ● | \ 諫言 /    オプリーチニナ制度はもうやめたら?
        |    ( _●_)  ミ   ヾア
       彡、   |∪|  、`\ノつ        オプリーチニキどもはゴロツキDQNだクマ。
      / __  ヽノ /´ヽ  ノ
      (___)   /










    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            信頼していたのに…
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

104夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:29:01 ID:QaMwUNTg0



      / ̄\
     |     |
      \_/
        |                    ┌┐
    / ̄ ̄ ̄ \               || [][]
   /ヽ...._..._... \            ||   ┌┐ i⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__
 /  <Θ>:::::::::<Θ> \           l  !   ノ l  ⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__!
 |   (トェェェェェェェェイ)  |           ヽ、`¨´ ノ
 \  \ェェェェェ/  /            `¨¨¨´
  |          |
  ||        / |
  ||       /||
  (_|   r  /  (_)=|三三ラ
    ヽ  |/
     >__ノ;:::......






                        ●
                        目
                      ..-──- 、
                     ▲   チェ  ヽ
                     /  iii○   ○ |   ,,,     やべー、超ヤべー!
      ↓             | ;  ( _●_)  ミノλ’)
  ,.――――-、        __. 彡、.   |∪|  、`   /
  ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、    (⌒          ヽノ   |_,,,ノ       オプリーチニキに目をつけられた、
   | |  (・)。(・)|      ""''''''ヽ_          |
   | |@_,.--、_,>          |         .|         超ヤベー!
   ヽヽ___ノ          |            |

.

105夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:29:34 ID:QaMwUNTg0




                        ●
                        目
                      ..-──- 、
                     ▲   チェ  ヽ
                     /   ●   ● |   ,,,
                     |    ( _●_)  ミノλ’)    ・・・・・
  ,.――――-、        __. 彡、.   |∪|  、`   /
  ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、    (⌒          ヽノ   |_,,,ノ
   | |  (・)。(・)|      ""''''''ヽ_          |
   | |@_,.--、_,>          |         .|
   ヽヽ___ノ          |            |





                          ●
                          目
                       ..-──- 、
                     /  チェ   ▲
                     | ●   ●   |   ,,,
                     | ( _●_)     ミノλ’)
  ,.――――-、        __. 彡、 |∪|     、`   /
  ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、    (⌒       ヽノ      |_,,,ノ
   | |  (・)。(・)|      ""''''''ヽ_        . |
   | |@_,.--、_,>          |          .|
   ヽヽ___ノ          |            |

.

106夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:30:15 ID:QaMwUNTg0



               _,. -――- 、,_
             /         `ヽ
            /,. '" ̄ ̄ '''‐-、    \
            { , -、   , ―、 ヽ     ヽ_          拙者、見ての通りの間者でござる。
       /`<つ_,l | r1   |  r1   |  r'" ̄
       (\//\ i | L|  |  L|  l  l
      / ̄ヽ、⌒〉`-'〇  `- '', -、 l  l       _
      (      Y(_____ (Cノ/ /   ,.‐'"   ,.>
     \    /^ \      ` ,ノ ∠_ノ     /      我がリトアニア大公 & ポーランド国王より
         \/   / i`t― --r''フ´    \-― 'ヽ(
          \i_/   \\/ノ  r     |            書状を渡しに来たでござる。
            ヽ,    {>ロ<}  }-―- 、」
            |      \\( ___   }
                l       `/´    `y'
              l   __ /      ノ、
             l/,ゝ   `ヽ, _,. <_l〃\
            <// / ,/ /_,,ノ'iニニニi\  \
               「 Lハ_/ノ ` '┘    `ヽ \//





          /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //   チェーリャドニン卿、      ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //    汝の国の王はもはや狂人だ。     |
    . /  //                            .|
    /  //  .                          |
    /  //      我がリトアニア・ポーランドに      .|
   ./  //                            . |
  /  //        亡命してはどうだ?          |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                           ⌒´   \._,ノ


.

107夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:30:53 ID:QaMwUNTg0



        ●
        目
      ..-──- 、
     ▲   チェ  ヽ  , - ´~~` -、     断わる。
     /   ●   ● | \ 愛国 /
     |    ( _●_)  ミ   ヾア       私はクルプスキーのような真似はしないクマ。
    彡、   |∪|  、`\ノつ
   / __  ヽノ /´ヽ  ノ
   (___)   /





――― そしてリトアニアの送り込んできた間者をツァーリに引渡した。



     ,. -─- 、
      /   ___丶
   ∠. /´ ,.- 、r‐、`|
      l |  | ー | lー | |      アッパレながら、
     l. |@`ー' oー' l
   (\ヽヽ 〜〜〜〜ゝ     あとで後悔するでござるよ?
   \.ゞ,>nn‐r=<
    ( / `^^´`ヽハ)
     /`! ー--=≦-‐1
.

108夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:31:58 ID:QaMwUNTg0


             _
               /.ヘ  . -‐…‐-  、 x.、
           // ヽY _ '''二二 _ヽノ//} }
             j i   /7´       `丶//
          / ⌒V//          \
        〃〃   ∨i ///   / i i   iハ
        ///     ノ //ア二メ./  i ! i  i !       ねえ…
.       ///   / ル〃んハ/   ノナメ  ii∧
       N/  / i i i l ヒ:ン   んハ! // ハ
      //レル'/i 从 i i |'''  r , ゞ'厶イ从 i|      なんで間者をボクに引き渡したの?
.      //  // ルノハ i 个ト . __ ..イル爪/ }}ハノ
     //  //      Ⅵ仄二ニr'"´ ̄`Y´ ノリ         なんで亡命しなかったの?
.    //  //     r‐=≧≦//:::/:.:.:.:.:.:.|_彡'
   〈/  〈/   ___」{〃jj`ヾ{::〉/.:.:.:.:.:.:.:.|
    -‐== ニ二 =彡く′ jj::::i.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
   (( ____ .. -=r.::i  ヽ〃::/.:.:.:.:.:.:./|
     ̄ ̄ ̄   |:::.:.、   ∨.:.:.:.:.:.:.:i.:.|___
             |:::.::ハ   /.:.:./.:.:.:.:.i.:.:.:ノ.:ノ.:.:.:.:.\
             |::./.:.ト.、/.:.:./.:.:.:.:.:.j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /V.:.:.:ヽ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:>、 ̄ ̄
          /.:.:.:.i.:.:.:.:.)i.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ∨:.:.:/ヽ \
.      /.:.:.:./j.:.:.:.:i丿:.:.:.:.:.:.:.:/  Y厂  \\ \
.     /.:.:.:.厂/ヽ:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  〃 ヽ    \  ノ>




        ●
        目
      ..-──- 、             私はモスクワ大公国の大貴族の筆頭クマ。
     ▲   チェ  ヽ  , - ´~~` -、
     /   ●   ● | \ 忠義 /
     |    ( _●_)  ミ   ヾア      当然のことをしただけで
    彡、   |∪|  、`\ノつ
   / __  ヽノ /´ヽ  ノ         理由は必要ありませんクマ。
   (___)   /

.

109夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:32:30 ID:QaMwUNTg0



                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く /
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
                                  {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
    …なるほど、チェーリャドニン。         {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
     君は本当に忠義者だよ。             // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
                            .  //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.
                             |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト \ヽ
     疑ったりして悪かった。   .         |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|   \ヽ.
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|    ヽ}
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l
                              |::l       /:::::::::::::爿ニニ|::::::::::::::::::`ヽ」ノ::::::::::::::|
                              |::|   /:::::::::::::::::/ / / 入:::::::::::::::::::::::::`>、::::::|

.

110夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:33:09 ID:QaMwUNTg0



                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く /
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
                                  {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
                                {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
                            .  //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.
                             |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト \ヽ
                             |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|   \ヽ.
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|    ヽ}
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l
                              |::l       /:::::::::::::爿ニニ|::::::::::::::::::`ヽ」ノ::::::::::::::|
                              |::|   /:::::::::::::::::/ / / 入:::::::::::::::::::::::::`>、::::::|

.

111夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:33:41 ID:QaMwUNTg0



                                         / r'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、`ヽ、
                                      丶.ヽ、            `丶.丶、
                                        `丶`丶、 ____       \ \
                                            `>'´      ̄`ヽ、  _}  }
                                      ,.-‐ァ'′              `く /
                                       /  /   / ,イ| |     ヽ   /:厂`ヾ、
                            .        / / /    / /| l | ト、  | l |  | |:{    ヽ
                                    / /  /|  l lレ廾| N l弋_工lメ ||:|   、   ヽ
                                  {.イ  /| |  | 伐ニミ ヽヽr〒テミl|  l_ |:ト、  l  | |
                                   |/ /!ハ、ヽ._トh::::}    h::::lリ  ! }|:| ヽ、l|   | ト
    …なんて言うと思った?        .       {\ /l /  |l | ヽ {_l `ー' ,     `ー'/,  レ' |:| l | l|  /|l
                                >、ヽ「∨  ||  | ヽ、 マ ̄}  // /,イ トヽノ l∧ !
                               // _〉、ヽ.`ヽ、/,l| ト、∧ >、ニィ彡/ /|/_|/Vl:|   ヽ|
      残 ☆ 念 ☆                //_ノ 、\   }/ | l |レ=≠=、/斤=彳/::::::;:`ヽ !:l
                             /:ハ  、 \ノ/:| | | |<´:::://l {  /,|/:::/:::::::::lヽヽ.
                             |::l  ト、_ >'´ :::::| レN/ //l ト、∨/::: /:::::::::::::::ト \ヽ
                             |::l  し'´:::::::::::::::::| /ヘニ/ /:| |::/V:::::l/::::::::::::::::::|   \ヽ.
                             |::|  〉::::::::::::::::::::::|{  //  {::| |/:::::::::: | ::::::::::::::::::|    ヽ}
                             レ' /∧:::::::::::::::: ∧ //!   V/:::::::::::::: |::::::::::::::::::::!
                               // ヽ.:::::::::: / ::::V `、  [/!:::::::::::::::: |::::::|::::::::::::|
                            .  //   ヽ.:::: l ::::::::::〉 !  |{O::::::::::::rヘ.:::l::::::::::::{
                              |::|      `ヽj:::::::::::{  }  |l:::::::::::‐-{  |::|:::::::::::::l
                              |::l       /:::::::::::::爿ニニ|::::::::::::::::::`ヽ」ノ::::::::::::::|
                              |::|   /:::::::::::::::::/ / / 入:::::::::::::::::::::::::`>、::::::|

.

112夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:34:19 ID:QaMwUNTg0



          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !      それはボクを油断させる計略だろう?
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、    亡命しないところを見るに、
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム     さてはリトアニアと組んでボクを殺し、
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|    自分がこの国のツァーリになりたいんだね!?
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|



                       ゼムシチナ
――― この時期のイヴァン4世は、旧来の国土の側が自分に反乱することを極度に恐れていた。

     加えてリヴォニア戦争でもリトアニア軍に敗北し、かなり神経がまいっていた。


.

113夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:34:52 ID:QaMwUNTg0




          ●
          目
        ..-──- 、
       ▲   チェ  ヽ        ご、誤解クマ!
       /  iii○   ○ |   ,,,
       | ;  ( _●_)  ミノλ’)
   __. 彡、.   |∪|  、`   /     オプリーチニナ制度の廃止のお願いも、
 (⌒          ヽノ   |_,,,ノ
  ""''''''ヽ_          |        あくまでもこの国を思って…
       |         .|
       |            |



                      ______
                -‐   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~゛'' ‐-
            ∠ //                       ヽ\
        /ノ { {`ヾ         -‐…・・・…‐-ミ      \\
      //  ヽ \j   .∠     一 `ー一'  `ヽ    ヽ ヽ⌒ー
     /, ′    冫z / , ' /       `ヽ   \//} ', /λ
.    〃        i孑 ´ / ,   ′    :.;ハ    ノ入_ ノ ,人,' ,′
     ,'    ,  γ 〆  〃  /  / ,、    .:.:.;∧  ∨彡孑 一' / /
.   /   / /' // /   , ′    :i ',    .:.:.:.:.',   マ/.:.:.:.ヽ 〃/
.    |' / / 、〃     /リ   l :! ヽ 、  .:.:.:.:.}   ハ .:.:.:.:.;∧ {         いやいや、
   ィ/' , ′  /{     斗七爪`ヽ!、,|  ∨孑廾ト 、    .:.:.:.:.:.:.:.', ヽ
  / , ′   /{.  i/ { ,ハト ,、 ハヾ  ヾ \ .:.:.:.} \ 八  .:.:.:.:.:.:', ,|、        隠さなくてもいいじゃないか。
 / l | / /  〃λ  :| , トz竓芹ミx      x竓リミx      .:.:.:.:.:.:.ヽ | l
,/ | |f ,   イ /∧  |/,! 从 r'乂'!       r'乂'、!リ  }  i  .:.:.:.:.:.:.:.:l | ',       男子たるもの、野心は大事だよ。
  |'冫/  ./i / ,ハト   八ヾ ∨ツ       ∨Zツ    }  .:.:.:.:.:∧:リ i
  λ∨  / .|' /  从 ' ト ヽ      '       イ  /  !  .:.:.:.:ノ }:ハ !
  {/i ', ,′冫 ノル' {   | ハ,    ,、 ' フ    .ル  ′ /  .:.:.〃 ノ' ′|
  ' マヘ { //)イ   ', ト !  个o。 f' i     /  /   彡 .:.从′  / /       よし、君をツァーリにしてあげる!
   `┘j 〃     ヽjヽソ/`ヽ_ / ト   <〃 ノ    .:.:ノヽj  / /
      /          {  f.、 / /`Y´ ̄ノ'´ル'r‐、  ー=彡j'/   / /
.     イ     ,. -‐一'   ハ / /γYヽ, -‐´==ニ\丶     く_/
     |'     /: : : : : : ヽ , ′/ノ /〆´ f : : : : : ヽノ丿
     l|   /: : : : : : : : : 冫 ´ ̄  }`ヽ,/: : : : : : / /ヽ

.

114夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:35:24 ID:QaMwUNTg0




               ___
              ∧_∧
              V.| .|V
         , -―--.<>()<> --―-.、
        ////////|| ∧ ||//////∧
        |//,v^v.//|∧|i|∧|//,v^v//|        .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        V《〉[]〈》/||)8()8(||/,《〉[]〈》/.      |  さあ、
        ┌><二_\il/_二><┐      |  ボクの衣服と冠だよ!
        〔》γ⌒))≪〔!_i〕≫((⌒ヽ'《〕      ヽ_____________乂_
        └‐---´======`----┘





                                              __
                                        ___,. <     > 、
                                        /_, / /  ィ ハ ヽ  、fj=ミ
                                    . ≠フ. /ィ / ./// j/  ', ト, ',  ゚ ,  ヽ\
       ワォ、まさにツァーリの風格じゃないか!   .  -=彡' 〃 l , /レ'r匕   ト-V∨ ∨ .∧ヾ、
                                   _/=‐ィ>' ∨}'  ◯     ◯  }l  ト,',、 ',
                                     />' ! ,  /| ,,,,      ,,,, リ|/ |Ⅵヘ|
       素晴らしい ☆                     /, '  |ハ i {.ト、   ▽   ,. ィi| ,' ',ハ j
                                    ∨   //.Ⅵ ,r≠≧=-‐=≦レレ' j/|:i ',ハ
                             .           //  ヾ,'::{:::::::}==大==}___,.r-、 Ll |::|
                                      |:|    {:: i::::::::∨/|l>i´ Y{  }   |:」
                                      ヽ_,. ィ:::::::i::::::::::: ̄:i:::::| ./∧イ
                                      ,. <:::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::}':____j'
                             .      /:::::::::::::::::::::::/-≧====y'





              .r-‐i''''''i'''‐-、
             o| o! .o i o ! o
             .|\_|`‐´`‐/|_/|
             ▲  ●  く● |         ツァーリ、お、お戯れを…
           /゙| u   ,r ●,,>、 ミ
          i  彡、'゚∧彡‐∪‐ミ、`\\
         j  / __(@) ヽノ /´>  ) ヽ-v‐ -、
        ,ノ  (___)    ,/:::(_/.....      >
       ノ ...... .:::|  l:l    /:::..    ...    ヽ/
          ... .::|  l:l/\ \::. ..   .  /゙
       ∧_,、 ..:| ,j:l ..:':':. )  )::     ノ.
          ゝ-∪_l:ト'⌒-(  \ー 、<
                ll     \_)

.

115夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:35:56 ID:QaMwUNTg0


                                 .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.                                   |  ほらほら、
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : : : :|/|     .  |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     |   |  ツァーリなんだから玉座に座らないと!
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼   ヽ__________________乂_
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
        | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄.r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::──‐|  おっといけない、
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄. |
                          〔三〕イ  ´   ´  :|〔三〕... ... .. .|  ボクは家臣だから頭を下げないといけないね!
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::|
                          〔三〕/          ゙〔三〕::::::::::: :|  ゴメンね、気が利かなくて。
                      __________     ヽ_____________________乂_
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|−|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\
 \          \ . /  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' .:|   |:_,,,... -‐'''"~         \
   \    _,,,... -‐'''"~ ./  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |   |: \          _,,,... -‐'''"~
.

116夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:36:28 ID:QaMwUNTg0




                lゞゞゞ|     __           lゞゞゞ|
                   ヽゞゞ|  /__  ヽ      ヽゞゞ|
      _________.ヽー|. .:< 王 /  ,| _____,ヽー|_______
      _;;__!__l;_.. ノー|  <(゚(ェ)゚;,)./o>_l__i_|;.ノー|l__il__il__i
      __!__ __l_ /l !l!  と|  ヾ丶´;|.;._i__ !_ /li l_i__ !_i__ !
      __i___.i ./〈 l!/ Π.|  ノ;; ヽム:  /  /〈 l |  /|__i__
             /  / / 〈_〉.しん〜´ー' /  // .ー‐ //
            /    |二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //
           /     ._ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄   .//
          |二二二 ,l===l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
                   んソ[l゚):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    /ど~l).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
             /../   l.:.:.:.:.:.:.:/
            /:.:..んγ〜ゝ..::.:/
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


                                           ,。 , 二二二二二 、
                                         ( (          \\
                                           \ヽ,。- ‐   ‐-。、   ) )
                                         =彡'⌒      \ ヽ,∠∠、
  神に選ばれたツァーリ、          .          __/   // / ハ  ヽ,  ヽ《     \
                               . :=' "  ̄/,イ  /,/仄/,小卞トJ、  .》、    、
                            ,,       // :| 小ル=、   什メ、〉 j! ,、    ゚v=::. 、
  このイヴァンはあなたの奴隷、.        〃      》彳/::レ;从ノ}⌒     じツ〉  '  圦   ヽ|  \\
                          {{     /:/'レイ::////八  {⌒)  `/ / 刈 } ト、 トリ    } }
  仕えることが喜びにございます。      `ニユ  /:/  .j/イイソィ介: , ー'  .ィ ,仆(ハノ レ介jノ   //
                                 .':/      レ′厶イ ,.イ〕尤「厶イ )人     l    〈/
                              l {        rく 〈〈.X// ァ'⌒ヽ小,. //
                              { {        | ∨{ | | }〈     Y ∨/
                                V;、       rv┤  ∨〉, V》     ::  〉--‐ァ7 ̄\
                               V;、    r弓=气^゚ト、V〉》′   ,', ,           :.
                                         厂入  Ⅵ \rー 、  ///           ハ
                                    《_,イ 价x .ノ   `ー  ,イ⌒ヽ,        ,i]_〉
                                      V/]=[トrく       / .| i  \    ,ィ] 〉
                                     V]=[/  `'<_   ,/  | l   」 \ ,ィ]_厂
                                          ']ニ[      `TL___/=个==个=彳.刈
                                         i仁|        h、`ー┬〜ヘrrrrrイ:l:|
.

117夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:37:03 ID:QaMwUNTg0



          ____
        /      \
       /          \             .r-‐i''''''i'''‐-、
     /    (●)  (●) \          o| o! .o i o ! o         ツァーリ、
     |     (トェェェェェェェェイ) |          .|\_|`‐´`‐/|_/|
     /    .\.nnm..ェ/./          /  ●  く● |          お、おやめ下さい…
      (  \≦フ _ノ]二二フ         /゙| u   ,r ●,,>、 ミ
     |\ “ ム∠,__|  |         i  彡、'゚∧彡‐∪‐ミ、`\\
     |  \(三___/         j  / __(@) ヽノ /´>  ) ヽ-v‐ -、
     |    | i    /          ,ノ  (___)    ,/:::(_/.....      >
     |    r| i  /          ノ ...... .:::|  l:l    /:::..    ...    ヽ/
      ヽ.   /レ'  |             ... .::|  l:l/\ \::. ..   .  /゙
      >__ノ   ゞ ノ          ∧_,、 ..:| ,j:l ..:':':. )  )::     ノ.
                           ゝ-∪_l:ト'⌒-(  \ー 、<
                               ll     \_)




                   ,.  -‐=    =‐- ._
              /               `ヽ、_
         , -‐<ア´        /             \> 、
       /   /          /l   /|              ゙<  `ヽ、
.     /     /       /〃|| |八.   ト、        Y    \           良かったね、これで君はツァーリだよ。
      / ., -、  / .,   |   l | j」⊥!._ 」  ヽ. ⊥._V     |  ,.  ,.-、.\
.    /.イ  V/ /{   |   |,イ ||/八 |   ヽ. ! `iヽ    |  l ./  }\ヽ
..f⌒'< 八   V{ |  {从  l.八 |/  ヽ|     \ j.ハ    |  jノ  厶-‐   ¨ ̄〕     良かったね、良かったね。
 >x._ ` ^\  `ヽ', {八 .| x==、     x==x、}j   |レ'´  /   r=ニ¨´
   __〕       }ト、 、 ヽ.〃               V  ノ  {     /  └…-=ニ、
(´ ___       、ノヽ.\`ト、\""     '    "" / /  .八    ノ    r‐--- -’
  _>'´        |  Y  八      f´ ̄ `}   ノイ} ,   ,イ}       ゙ー-=ニ.._
(´ _,. イ^}     ノ.  }|   lヽ.       ,′   ///   /{八      、‐-  .._ _〕
  / .lノ  _,.=イノ  /{ | {.  | /> 、 ゙ー‐'  . イ」.// /} {. ヽ .≧‐- .、  ヽ、} \
. / . (´_,/       イ八|八.  V/ Lノ.≧=≦ .{  ./ , ' l.| }、    -‐ >x、_〕\\
. / /. 〉   ` ー '  |    ヽ 〈 {       `7ノイ  .リ /ハ          丿   \\
./ ./ .,′         |      \〉ヽ ー==‐=ア     ノイ  }         /{、\.  ヽ.
′′ {        |_  \     ヽ      /        _,ノ{          ハ\.\
./   /}         ∨ ̄二 \    ヽ.   〃   /二 ̄ 八         ハ ヽ. \
  /.,ハ           }       \    V/   /     〈 .ハ            ',.  ヽ. ヽ
. / {           ,′      `iト      イ!      ',  }           }    \
../ /〉、         .イ           ||      ||       |ヽ{          丿
.

118夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:37:38 ID:QaMwUNTg0



                   ,.  -‐=    =‐- ._
              /               `ヽ、_
         , -‐<ア´        /             \> 、
       /   /          /l   /|              ゙<  `ヽ、
.     /     /       /〃|| |八.   ト、        Y    \
      / ., -、  / .,   |   l | j」⊥!._ 」  ヽ. ⊥._V     |  ,.  ,.-、.\
.    /.イ  V/ /{   |   |,イ ||/八 |   ヽ. ! `iヽ    |  l ./  }\ヽ
..f⌒'< 八   V{ |  {从  l.八 |/  ヽ|     \ j.ハ    |  jノ  厶-‐   ¨ ̄〕     もう思い残すこともないよね?
 >x._ ` ^\  `ヽ', {八 .| x==、     x==x、}j   |レ'´  /   r=ニ¨´
   __〕       }ト、 、 ヽ.〃               V  ノ  {     /  └…-=ニ、
(´ ___       、ノヽ.\`ト、\""     '    "" / /  .八    ノ    r‐--- -’
  _>'´        |  Y  八      f´ ̄ `}   ノイ} ,   ,イ}       ゙ー-=ニ.._
(´ _,. イ^}     ノ.  }|   lヽ.       ,′   ///   /{八      、‐-  .._ _〕
  / .lノ  _,.=イノ  /{ | {.  | /> 、 ゙ー‐'  . イ」.// /} {. ヽ .≧‐- .、  ヽ、} \
. / . (´_,/       イ八|八.  V/ Lノ.≧=≦ .{  ./ , ' l.| }、    -‐ >x、_〕\\
. / /. 〉   ` ー '  |    ヽ 〈 {       `7ノイ  .リ /ハ          丿   \\
./ ./ .,′         |      \〉ヽ ー==‐=ア     ノイ  }         /{、\.  ヽ.
′′ {        |_  \     ヽ      /        _,ノ{          ハ\.\
./   /}         ∨ ̄二 \    ヽ.   〃   /二 ̄ 八         ハ ヽ. \
  /.,ハ           }       \    V/   /     〈 .ハ            ',.  ヽ. ヽ
. / {           ,′      `iト      イ!      ',  }           }    \
../ /〉、         .イ           ||      ||       |ヽ{          丿

.

119名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:37:47 ID:rZEfeyOk0
すごくこわいんだけど

120夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:38:17 ID:QaMwUNTg0



            ______   、  ,ィ(
     __    (_⊂二二二二⊃_)  }Y´  )
     >   ̄`'<>'"  ̄  ミメ、 /    ,イ,ィ
    /,,rr==-   ァ'   , ,     \  Y》    /
   j/〃  ⌒77′  ///ハ、 ヽ i  ト、___彡'′       . 7  ト、O. 7  ト、O Z、   7  ト、O Z、  7  ト、O Z、
       〃,{{ {{ /イ.ハ{ V卞辻 ト、.`トミ、、         !__,ノ    !__,ノ  . oノ    !__,ノ  . oノ  !__,ノ  . oノ
 (ヽ. __j┐ {{ ハ从,仟ミ   rテミソ ,' V|  h
.  \「/ス   X /リ刈 ヒリ,   ヒリ/ /)  ハ }}
.   { 勹〃 从/:,小、┌┐ / /イハ/ ji }}         7  ト、O 7  ト、O Z、. 7  ト、O __   (⌒'⌒)
.    \  )_{iハ从/介:`ニ .厶ィ'⌒メ、 〃〃          !__,ノ    !__,ノ  . oノ !__,ノ         \/
    《 ̄/ |  《/了7》《/Z〈/     ∨    ,   /|
    厶ク′八 /`'77 ,〃 7,ユッへJ\|,   /l  / |
   〈_/  /  ,ソ // 〃 ./( (_,r'^┤ ,|. `rx/ し'  |
     h. /  {! 人 {i / r爪: :/⌒しイ  :>イL   ∟.. _
     |」ト、  八{. ∧ ∨  `ーァく: : /⌒`'く  ,ィ'"     `ヽ.
        \__,,rヘ. ハ \o (_/}X : : : : : : } /  , ‐v'⌒ヽ-、 .
             ノ  辷  へ、 j/\_: :_ノ: :.  /    \/  \
                       ./ X : :│ 卜、     \   \
                      // 》X人: : : :`ー――'^>― →
                   ..   ,厶≧x \ _ : : : : _ /



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"



――― そしてチェーリャドニンは殺害され、死体は宮殿から引きずり出されて堆肥の上に捨てられた。



.

121夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:39:17 ID:QaMwUNTg0



――― チェーリャドニンの粛清では、殺されたのは当主だけではない。

     オプリーチニキ達は彼の領内に踏み入って家臣や従僕たちを剣で追い立て、納屋に閉じ込めて爆殺した。




+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',     みんな集まったー?
       =  {o:::::::::(´・ω・):::}
         ':,:::::::::::つ:::::::つ
      =   ヽ、__;;;;::/
           し"~(__)
 ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
 |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
 |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
 └┘..凵   └┘  ! l ̄__l ̄ ̄.┘
               └┘



              「l ̄!i|  |! i! |
          _ __i!|  |!_ L__!i__i|
         i!| _     _ __|i|!                     __i| ̄|i_   |!´i!゙`|
           ̄ ̄`゙!|i  i!                         i!| ̄ ̄   _ ̄L__!i__i|
          /`゙≫|i!  !|<´\                       ̄`゙i!|  |i ̄i!  !|i!
         < /  |i!_i|  ヾ__≫            i            ̄ ̄  |i!  i|
                         !         |i! |                ̄
                         '         |::i i!|
                         iヽ   _ _ノ从メ#ヾ'人ヾ:;:ー- ...、
              \     ヽ  __ノ;;;ヾ=二三 :;:;: :;:;:;;・  ,`゙ヾ:;:;:;:;::;:;:ヾ
               `丶     》:;:;;#ノ彡三二三 」── 二=≡≡=ヾ:;:;:.,ゝ ── ─ i!二二二`7
                 \丶 ヾ,:;'゙´'人i从'※'iミ彡∠゙´       `ヾ:;:; ;:;:レ'         /7∠/
                  \ヾ人'゙´;:'´川彡/r-三゙´           `゙ヾ;:; ;:/       〈_/
                    >:;: :; :;:#i!彡/´゙                ゙:;川;;;;;;;;/'
                   .:i!|'゙´  ,イ'゙´   :    .;: ::.         i|!i《:;:;:/
                   i|#i///`゙                       |《巛<´ ゙
                   川//`                           ゙!|i!i|ヾゝi!二二二`7
          ─ = 二  て:.》                             |i:;:#i!`i'|!i /7∠/
                 !i゙´i!|                 \'    人゙-─∠ ゙`    〈_/
         \      `i!゙´     .,人-ーノ:;i|!ヾ      >ヾ'゙´ ::::::::::::;;;:#i|! i|ヾ
           ヾ、     ゞ'゙´ `゙ ::;:;´ ヾ》:: ::;:;ヾ   .r'゙´;;;;;;《'ミ゙´i三二=ヾ ゙ヾ
                \\  ,:;'゙´:;:;:.、`・/;;;;;;彡三三三ヾ 丶i|!# i!i゙´       `゙ヾ:; :;て
                \ヾミミi!#゙─<#i!`|゙´三二=─-.,.、\ ;:;!ii  .::'゙`   ゙::.、 i|!ミ  /
                   ヾ:;i!i゙´'゙´:::;;;:》i|!i゙`       ヾ;:そi|:;:;., :     :    ヾ:;.、て
             ─=二て 人从#ヾ|\/人从/  / \ヾ // #i∧ノ/《ヾノ!  ノ/人从/
.

122名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:39:53 ID:WuKiKXZI0
なんだろうなこのお決まりの流れは
これが伝統なのだろうか・・・遺伝子に染み付いたその国の歴史というか

123夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:39:58 ID:QaMwUNTg0



――― チェーリャドニンの粛清で道連れにされた者たちは、360人ほどと言われている。



                             ・〜
               ∧_∧                  〜・
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ〜
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ〜 ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)〜 (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)

.

124名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:40:28 ID:cDPjpUKY0
こいつをスターリンと同列に扱うのは間違いではないだろうか
まだスターリンの粛清の理由のほうが理解できる

125夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:40:46 ID:QaMwUNTg0



――― これに限らずとも、家臣どころか普通の領民までもが犠牲になることも多かった。

     ツァーリの理屈によると、領主の裏切りを告発しなかった罪が領民にあり、それは連帯責任だった。



            __,.  -─-- 、_
        , - ' _,´ --──‐-   )
      ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
      `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
         __,ィ            ヽ. `ヽ.
      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
.    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |      ひっかかる言い方だなぁ、
   {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ
    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ      かってのモンゴル軍だって領主が逆らったら、
    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll
   〃  ‖ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|      その都市は赤子にいたるまで虐殺だよ?
  ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ‖
  ‖    ‖ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ‖
  ‖       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ‖
  ‖      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ‖      ボクなんて良心的な方じゃないか。
  ‖      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ‖
  ‖      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ‖
  ‖      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |
           jj::::::::r┴-- `ー‐ '⌒ |
         〃:::::::マ二      _,ノ
       //::::::::::::i ー 一 '´ ̄::.
       ,','::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::ヽ

.

126夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:41:30 ID:QaMwUNTg0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


          / : : : /             i :      : : ` 、
           / : : :./     /  ,   ;  | i       : : : ヽ
            ,'  : : :,'    /  /   /|  | | |、 : :| : :  :i       このテの「連帯責任」は
         i  : : /     /i . /!  / ! .,'| | lハ  : | : :  :|
         | : :/ . イ  .:::| / |  /  j / !.ハ | Vi  | : :   ヽ、     規模は違えど多くの社会で普通にあったわ。
         | :.ノイ     ::::!'  l ./ __,/ . |! !| 、 リ;..イ i  i : :.
         イ´ /.:i   :十ナ''T;リ!三. /  ノ  リ._`Tメ ! l  ト、: :|
        ノ  ,'イ::l   :| ィf''f:::;ゞiヾ     イ::ゞ!ハ | .リ i| ヽ!      典型なのが「親の罪は子の罪」ね。
       /    ! :ヽ  :| .ヾ 弋Yノ        トYソ〃!./ /l  .ノ
        /     : : : :ト、|             `   /,' ,ノ ノ
        ,' ,  、  : : : Yヾ、          '    ,'  i|
 .     i 从 ヽ  : : : : : ::ト、        __     イ  ハ          法や人権の進歩の目安の1つが、
       !'  ヽ :ト、 : : : :i:::|   、      イ: ::   :|
            \ ヽ:.:..ノリ:\   `  ィ::´::: |.: :   : ハ|          この考え方を否定するかどうかじゃないかしら。
              ヾ'/:.  丶 ..__∧::|イ::::从:.:ノ ノリ
         __ ,. -:'::::...     ∧ ヽ、___
        /⌒ヽ  \ `ヽ.    //∧ ..::  ヽ ヽ`ヽ



         V////      /    /    /   ,} i          、l////
         /V// ,       /    |     /  ノi i           V//
.        / / /      {   /| │   / // ! !         ∨
.       -‐=≠彡/      ハ  /││ // // i ,ハ    }        ,
         |   /     / ̄'.├- 八 /  //  j/} '    }       ′     ただイヴァン4世の場合、
          |   ,′    / 'ト辷|__ |  ハト、 // /l/  i│_厶      ',
       丿  | {    | ハ弋::::^ア¬' | /./ 7~ ̄j/| / }         |     その「連帯の規模」が明らかに
     /    | 八    |   `ー ̄           /ヘフ::¨ア^アリ }     |
    /     |′ 、   |              ー`¨´ ノ' / /   }   リ     それまでのルーシの慣習から外れていたわ。
.   / /    l   \ |               {      / /  / ノ /
.   ,' /  {        丶、          /      //  ///
  {: /  八  {         ヘ                / -‐く/         だからこれはモンゴル軍を参考したのでは、
  ∨{ {  ヽ 、        ',        -ー -       /    ヽ
.    \   ヽ 、        |\           イ   ヽ    ',         という人もいるわよ、推測のレベルをでないけど。
        / \\   |  ト、 `  .      , イ  l     ト、   }
    -‐ '       ヽ |  | \/ノ>  ‐'′丿 ノ}    | \ }
.

127夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:42:26 ID:QaMwUNTg0


             /         ゚。
         . .           {   .    \
.          /. .{        ∧   l|       ゚。
.         . . . {     |  /    八 _」_
       i . . {     .斗 /⌒  ∨   |ハ   |
       | . . {     |/ 斗-ミ \{_」_ }  八     ところでサーニャ、
.         !. . {     Ν/ ん(     ん.V
          . . 人   | {{ Vリ    vリ ん′
          }. . { \  |   , , ,     、 , ,{         ツァーリに対する反乱の企てや陰謀は
          }. .人〔k\〉         __,   八
          }. . ./.`¨¨〕iト     ´    /          実際にあったのカナ?
.        } . {. . | . .__}   .
.         } . { . .|. /...........‐-..l〕爪, {
          . . . {.__」く.............。.8.ハ..\ {
       / r<___彡...\........o/.{{∨.二ニ=┐
.      / /⌒丶...............`¨¨´....{{.................. |


                                               _,, - ―‐ - _
                                              ,, ´ ̄       ̄`ヽ、
                                           〃              ヽ
                                        /          ri  | i{      ヘ
                                          /   /    i |{  八  i    ‘,
                                         , ′  .′ i /| ,ハ/∧ ヽ:!     :.
                                      /    i 厶斗-j/ j乂 ヽ‐ !Ⅵ    !|
  ええ、実際に陰謀はあっただろうと               / i     j/}/ ! { /   ヽ }ノ' ト、   |八
                                       | ト、  |' y'斧ミx     ィ斧ミx  :. i| i ヽ
  言われているわ。                      .    V ∧ :|:. ゛弋う       弋:う j「 i:{ i| |
                                       / :Ⅵ :.             /i: 八 、
  リトアニア側も陰謀に協力するわよ。               ,:    ト、:.       ′       ,ノ}/ i{  .
                                        iハ!|:  |: :.ヽ     ( )    イ /  八 }
                               .         八  、ト、iハ>       イノ}ハ/i /  )ノ
                                           ヽ{ ヽ    ri `¨¨´ ト、/   j/
  でも当然じゃないかしら、                                 ノ `YY´  i
                                           ,, ´   | |   丶、
  黙って殺されるのを待つわけないし。             .   ,, ´ {{    / \___> 、
                               .        rf´    ヾ /V⌒Y´∨/7  ` ー 、
                               .        | !       `´   }=={   ∨′    : i
                               .        | :. |  xュ、   ,::::::::.     __    ,' |
                               .        | Ⅵ,イ三.心、  i:::::::::i  ,ィ升,心、i/  |
                               .       :   i三三三,心_ |:::::::::|,.イ三三三ミ}   :|
.

128夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:43:00 ID:QaMwUNTg0



                   x≦,∧
                〃////∧
              . ///////>'⌒ ー =ミ
            /  ,////,/        ヽ7777777
              .     i//〃           !    ∨////
            /      |//´     / /  |{     ∨//
.           /     レ′   /  / /   八 i   V′
           ′     ノイ   / _厶′/' ハ |          だけど陰謀の成否は、ゼムシチナ貴族の筆頭だった
.        /      __ i|  j/}/   イ /j/ },ハ   |{
     /      Yr 、 }/ yfチ斧x  }/   メ、i{  八       チェーリャドニンが協力しなかったことでアウトよ。
    ,'        八ゞ{ ´   代うソ    xzュ 八/
    ノイ /   i     ー:.   ,,,,,,,      ヒリ》/ イ \
.    八{ i   ト、 i   ∧         ,,,, /  |
      ヽト、  | )ハ_/  丶     _ ′  ′ |          こうしてゼムシチナ側の反ツァーリ勢力は
          \{-‐< \   \   ´   イ    !|
        / /  `ヽ \ ∧` =≦ jノイ  j八          ツァーリとオプリーチニキ達に勝利する機会を失って
        /        i  >}_Y ̄`ヽ /)ノ
      /  /        | イ::::V}   ‘.               壊滅させられたの。
.     /   ′       |  廴::{    i{
    /   i           |  i::::::|  /  八
.   ∧   |           |≧|::::::|≦ミ} /


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

129夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:43:38 ID:QaMwUNTg0



                     オプリーチニナ
――― このようにイヴァン4世は皇帝直轄領の制度を始めても、最初から無敵の専制君主ではなかった。

     ゼムシチナ側の反対勢力を叩き潰すまでは、自分が反乱によって強制的に退位させられる恐怖に怯えていた。





      | |  |     ,′ , イ′ヘ, ト、  ヘ, ヘ,
      | |  |   /| /|  |   l | |   |   |
   │ │ l 八  / |/ | ,.イ   ト、| |   |   | │
   │ │  l  ∨  」>く       `'<,_ ハ  |  j     i           怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ
   │ │  | 厶ィ斗扞Tァ      r于テミメ、 l /     l|           怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ
 |  八 八 ヽf^)-y仆、 刈  :::::::::::   ト、 .刈`《V./     リ           怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ
 レ、  \ \|/ .人 V//( :::::::::::::::::: |V//( YY^l    k     ト、       怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ怖いよ
. 〉 〉、   \/〔 {  ゞニ ┘  .、   └ -ニ゚_,/ .j l    | 》   |V》,      だから殺スだから殺スだから殺スだから殺ス
_,《V  \j\j| ` `               ,ノ / /   |│|V》  | V》,     だから殺スだから殺スだから殺スだから殺ス
《V  |    ∧   \_     (´ `)   __/   _/   ,ノ│| V》\j
V{   │ r―宀冖  ̄ ̄   ¬┐ ,/ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ミメ.リ V》,
′V .小 |              | |           /  | /V》,





――― そこでツァーリはオプリーチニキ達を連れて、別の場所に要塞めいた防御施設のある宮殿を造り、

     そこを自分の居城として引きこもった。





              「L「 ̄L「 ̄ ̄L「|              ___,_z土x:rz_ri
       「L「 ̄L「「^'|__|__l___,|              |「 ̄| ^ _」 |__|     ,ィ_「L「|
       |_|__!....|  |    |: : : : ::|           「 L「:「 |  ||  :|  r’: : ::|  l___  _|__ |   _
       |  |   |: :| f:l |    | f:l  |」 ̄L「 ̄l_r‐i |   l:└r==' ̄:: : : :::| | ̄  ゚ー゚    ̄|l」三|  L「L「|
       | fl:|   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二「:!¨'}   { ̄: : : : : : : : : : : :::|_|           : ::|===:|     |
       |  |   |: :|  |    |: : : : ::|二f!二Ii二| | l:ヒニヨ: : : : : : : : : : : : : : :.:|           : ::|王l :| Ⅲ  |
       | fl:|   |: :| f:l |    | f:l: : |二二二二| | l :|  | ,ハ. ,ハ:.: : : : : : ::|     III  : : |===:|     |
       |  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  | l'Y'l l'Y'l: : : : : : :::|           : ::|===:|     |
  ̄ ̄ ̄ ̄l! l|   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  | | | | | | |: : : : l^^l |     lYl : : |三=:|  iIi  |
 : : : : : : :.:.:.|  |   |: :| f:l |    | f:l: : |二||二||二| | l :|  | |_|_| |_|_|: : : : l_|_l | f:l    |,l,| : : |十l: |  l|l  |/| ̄ ̄ ̄ ̄^!
 : : : : : : :.:.:.| fl:|   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  |:: : : : : : : : : : : : : : : |           : ::|三=:|     |  |       |
 : : : : : : :.:.:.|  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  |:: : : : : : : : : : : : : : : |           : ::|===:|     |  |       |
 V'`i: : f`V'|  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二|_|_l :|  |:: : : : : : : : : : : : : : : |           : ::|===:|     |  |       |
    |: : |   |  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二/ リ トリ  |:::: : : : : : : : :::_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ :|
 __|_三三三三三三ヘ .:|/\|: : : : ::|二二/_/ /  |::: : : : : :_/                            `寸_
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´'Z__|__/_______________________

.

130夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:44:19 ID:QaMwUNTg0



――― それでもまだ不安だったので、神にもすがった。

     修道士を呼んで自分も一緒に修道僧のような暮らしを送り、しかもオプリーチニキ達にも僧衣を着せた。





>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ        よしお前たち、
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !       今日からは修道士として清く正しく規律をもって生きるんだ!
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ         もちろん言い出しっぺのボクも参加して
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i          毎朝起床のカネを鳴らすよ!
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ




                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/          は、はぁ…
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")
.

131名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:45:28 ID:G.8Qg/Xw0
スターリンはなりあがるまでの権力闘争の中で疑心暗鬼の塊になっていったが
イヴァン雷帝は元々不安定な基盤の上の権力者であるために情緒不安定さが加速したんだな

132夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:45:57 ID:QaMwUNTg0



――― 日課のように、多くの「裏切り者」の拷問と処刑をし、連れてきた女性を輪姦し、夜は酒宴でどんちゃん騒ぎをし、

     お祈りの時間にはそろって敬虔な修道僧のように振るまう。




   ト、   ト、
   | ヽ | ヽ           _  _ _  __
   レ'´ ̄ ̄ ̄`ヽ /i    ,.ィ´. -  ‐‐ ‐  -  .`ヽ
  〈:;::;:;;'       V .|   ( (             ) )
   il;::;:{   ト、   Vノ    ` ー = === == == ´ '
 ト-1::;::|   | ',    i        .   ´       `  .
 | .|;::;:i   ー'    |     /              ヽ.
 t__j;::;::}   _     |.  ,ィ'´      ハ  i    ヽ   i ´`ヽ
   il;::;::!  i;:::l.     |//    /  /i i i.  |     i  |   `ヽ
  _|l;:::ノ  t:::j (__). ,' /    / l  l l l l.  | ヽ__  l  |      ヽ
<__|;::::ハ   l|     ,'  l i l i  l _ l l l l.  l´ ヽヽ `l  i      ハ
   |;::| ∧  |l   l  | l l l ,ィl´  !ハjハヽ. ,ィテ く i   ハヽ、    il
   |;;;|   ', |!    |  | i l i  !ヽ.      |r;:::::jハil  l |  ヽ   il
   |;::!__.ヘ::.  「 ト.  ハ 、、ヽ N ! ___     `=‐' il  l ト,  ハ  ハ          あ、時間だよ。
   「;::;:_;:_;:;ヘ::..  V V1 い ヽ、N '´ ̄` .    """ノ|  l l V  レ'  i!
   レ'´i!   ',::.    || il lト、 ヽ入""   「 _ノ   ,イ |  l l /ハノ   〉〉
    i:|    ヽ::.   || il il ヽ. li  >  .    / ノノ  i i/  |l    〈〈
    l;|      X  /|`ヽト、 >〜- 、 __r ‐ ´r--レヘ__レ'__j.|__    〉〉
    l:|    // V  ||  Y \   /V __`ヽハ   _\   l.|  `ヽ i l
    l;|.   //. 〈    ||  |   /  /  ハ レ'´    i  L!   i | |
    ;リ   〈 i  i   ト、、 .|  く く   / |  \〜へj   /   | | |         ギリギリギリギリ
        `  ハ    〉 ヽ.  !   \/  .|  /    i      .| | |
           八___ノ  j  _ __    レ' _  _ _         | i j           ギャァァァァァァァァ >
          /          / ´    `   ´     `      |  ト 〉
         /        /                     |             イタイ、イタイ、イタイィィ >
        /          /   /⌒/´ ̄`ヽ.            |
       /        /   〈 / ,    ``ー 、 _,. --    |
      〈          /     Y  / / /、   iハ        |





   |:|     |:|.        ._____         |:|     |:|
   |:|  |i|  |:|      γ´___    ___`ヽ     |:|  |i|  |:|
   |:|==|i|==|:|      |_i_   |i  __i_|    ..|:|==|i|==|:|
   |:|  |i|  |:|      |_l_ ─|i─ _l_|    ..|:|  |i|  |:|
   |:|  |i|  |:|.      .|_l___ |i ___l_|    ..|:|  |i|  |:|
   |:|     |:|.      .|_l___ |i _. ┌
      ̄ ̄ ̄       . |_l___ |i _. │   アーメン
                |i_l__./‐‐  └───v────┘
                    [二二二二]
_______‖_____|┌  ┐|___‖______
.           ‖.    |________.|     .∧_∧
__________/;:;:::;:;:::;::;;::;\_.(´∀` )___
__________|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ /;:゚†゚:;:;:l____
             /::::::::::::::::::::::::::::::::\..l:::| |::::::|
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;ノ l;;;;;;ヽ



             ┌――――――――――――――――――――┐
             |  それはまるで出来の悪いおとぎ話だった。.  |
             └――――――――――――――――――――┘

.

133夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:47:06 ID:QaMwUNTg0



――― そしてついに、裏切り者(たぶん)という個人を拷問・処刑するだけではなく、

     1つの都市そのものが粛清の対象となった。




::::::::::::
::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::  ,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::  ::::::::::::::::::::::::    :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,,  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::    ::::::::::     .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ::::::::::::::::::::   ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶           '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''' ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      !;トi、    ::::::::::::::::::::::::::::::::::            ¨i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       \!\       ::::::::::::::::::::::::::::::::::    ,:,ィ-イ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::: ヽト、| ゙ヽr:.、            ィ;-'''"! ,iメ/
  ::::::::::::::::::   \iヽ、|._  |´ ゙̄`i´ ̄ ̄i´   i ,..,ノi´.i/    ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::     \. i `ー┼―‐┼―‐┼一"´i  ノ/
   ::::::::::::::     .゙メ、.   !   |     |   ,i_../
                 "゙;;;;;;;;;'゙ー‐‐''゙ー;;';;´




――――――― いわゆる「ノヴゴロドの破壊」である。


                                           ___________|\
                                          [|[||  To Be Continued...     >
                                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

.

134夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:47:44 ID:QaMwUNTg0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。


                 __  __
            ,, -‐ ''     ` ‐- 、
          /イ''             ヽ,
        //               `ーヽ
       /        /   i         ヽ,
     /    /   .! i ,∧ l i         ヽ
     / /    .!    .! ∧ l ∨ / 、   l i    !ヽ         次回はオプリーチニキ恐怖政治の頂点である
    / ィ     !∧ N/ i l  /∧ヽ ヽ  l i !   i i
    レ' i  }  ∧-‐''  ゙̄i ! //i .!  ヽ‐-i__∧i   !人        ノヴゴロドへのテロ、
      W l、   !  _, ==、ヽi '  ヽ -、 ==、 ヽl   i i `
      ∧l ヽ i ィ' イ::ナi       r'イ::ナヽ i  ノ∧
      /   トt  `ー゙-'         `ー゙-´  .! /   ヽ
     リ    ヽ  , , , ,   ,   , , , ,   ィ'     .!       そして荒れ果てていくモスクワ大公国への
     .! i {    i、             /       i
     V ヽN、   i ヽ     .     ,イ l    ,イ/V       タタール軍団の攻撃です。
         ヽMNヽ'ヽ` ュ  __   ィラソ^i iレ' メ
               fヾ,ーt+t‐´Υ   V
    f 、       __ ノ ヽ V| | |   !__
     ! .l _,-、-‐‐' ! i  r'ニニ弋.l|    ゙ ケー-- 、           次回は今回より更にエスカレートするけど、
.     i V ヽ」   i ! r'--   ヽ、ミ 、  //  | 1
     ∨/__ヘ   レ'入ー,   `l  ヽニシ    |  |           ソ連史で鍛えられたであろう読者の方々は
      〈 ´ ィ、j ∨\.  ~ ヽ   ヽ       {  t
      N   ヽ Y\\   /ヽ__ -‐'^ヽ.-‐、 ∧  }          これぐらい平気ですよね ☆ミ
      |∧   | {  \\ //    __〉  V乂 r'
     .!__〉 __ __ン¨l    K   , - '  ∧  |  |
     r' イ^     !   .! ヽ /      ∧ i   i

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。
.

135名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:47:57 ID:G.8Qg/Xw0


ノヴゴロドがくるか

136夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 22:48:15 ID:QaMwUNTg0



      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_人_入_人_入_从
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  お付き合い頂き有難うございました。
          .}.|||| | ! l-'~、ミ   `)   年表は次回まとめて載せます、では(・w・)ノシ〜
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   `)
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒Y⌒W^Y⌒Y⌒
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

137名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:48:35 ID:G.8Qg/Xw0
ソ連史だと大体一度の惨事で数千〜数万簡単に死ぬからなw

138名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:48:46 ID:WuKiKXZI0
乙余裕っす
つくづく日本でよかった・・・

139名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:51:00 ID:G.8Qg/Xw0
日本でこの手の大陸型独裁者に近いのっていうと秀吉くらいだもんなあ

140名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 22:54:48 ID:cDPjpUKY0
乙でした

ロシア史の中でも、有名な虐殺といえばデカブリストの乱くらいしかない
19世紀が専門の人間にはきつかったで

141名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 23:01:26 ID:ci2q54Dk0
乙乙! 自分で自分の手足を削いでいってるとか、そりゃまともな神経じゃいられないだろうなぁ

142名無しのやる夫だお:2012/10/14(日) 23:01:40 ID:FjvOjRfo0

「恐怖の独裁者」とは「恐怖する孤独者」のことだ、なんてセリフがあったけど

ところで前スレは残っていますがどうするおつもりですか?

143夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/10/14(日) 23:22:51 ID:QaMwUNTg0
あとで埋めておきまする(’’*

144名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 02:48:59 ID:FBcQLjm20
いやー、きっついねー。おつでした。

145名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 08:02:10 ID:5oGyZ8PQ0
さすがのロシアクオリティ……

かの地は自然が過酷な分、人の精神も苛烈になってしまうのだろうか

146名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 09:40:04 ID:9JENHzbs0
乙です

チェーリャドニンにわざわざ王の衣装を着せてから処刑とか
何ともねじ曲がったユーモアのセンス発揮しちゃってまあ…

147名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 10:09:54 ID:Z8zpN5.k0
乙でした〜。

なんて言うか、スターリンの大粛清はレーニン時代の後始末やらされたみたいな観もあって多少同情できるが、
こいつは完全に無理だわ……そもそも原因が自分の疑心暗鬼じゃねーか。

148名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 11:08:15 ID:9W3hkll.0
え?スターリンにも同情できねーよw

149名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 14:53:45 ID:hFbm789Q0
乙でした

150名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 15:08:56 ID:38yH2ZxQ0
乙でした

いやはや何つーか……キチ○イに刃物の最悪なパターンって感じだな

151名無しのやる夫だお:2012/10/15(月) 21:27:47 ID:EuosnJ0A0
乙です
こっわいなぁこの人…

152名無しのやる夫だお:2012/10/16(火) 23:08:50 ID:JDW/qtPM0
自分で自分を痛めつけて喜んでる精神の病気の人を思い出すわ

153名無しのやる夫だお:2012/10/16(火) 23:19:37 ID:M4eVvqww0
乙でした
>法や人権の進歩の目安の1つが、この考え方を否定するかどうかじゃないかしら。
日本で否定したのは徳川吉宗。なんだかんだで偉いわあの人

154名無しのやる夫だお:2012/10/16(火) 23:25:45 ID:2M6B4buE0
連座制の廃止は氏族や血縁共同体の解体が前提になるから法制度だけの問題でもないのよね

155名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 03:02:48 ID:WDmoY9bo0
前スレ埋め乙
愛なら仕方ない…わけない

156名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 06:50:58 ID:WmBNOs7o0
前スレ埋めネタが病気だった件についてkwsk

157名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 09:16:54 ID:UKJ.aHE20
前スレ埋め乙

うん、やっぱりロシアはヨーロッパから見ても異質だよなあ

158名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 12:21:38 ID:cxAIi4DE0
同質じゃね?むしろヨーロッパの方がキチガイなような気も
虐殺は一応は治安維持のためという大義名分あるけど
魔女狩りは治安維持でもなんでもねーよ

159名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 17:11:01 ID:u..mNpnA0
魔女狩りは西欧の歴史で常時やってたわけじゃねーよw
ありゃあ基本、宗教改革の反作用だ。

160名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 21:19:23 ID:T0ysvaSo0
いやあ、さすがは同志書記長の先駆者ですな。

161名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 22:19:02 ID:7ZdPUsP60
>>159
当初は教会も「(薬草などの知識を持った)女性を安易に魔女と決め付けてはいけない」って見解だったらしいな。
それが宗教改革あたりから一気に過激化した感が。

162名無しのやる夫だお:2012/10/17(水) 22:31:10 ID:IariDIXQ0
ロシアとヨーロッパは地理的にも文化的にも離れてるから
色々と違って当然じゃよー

163名無しのやる夫だお:2012/10/20(土) 01:29:32 ID:/W5Jdt8E0
粛清と秘密警察によって君臨する独裁者としての『ロシアのツァーリ』のイメージを最初に作った人物だよね。

164名無しのやる夫だお:2012/10/23(火) 13:14:25 ID:VCTBpxT20
>>71
つまらないことだけど、

『 望がままに 』 → 『 望むがままに 』 かな?

いやしかしコイツ最低な奴だなwww
まぁ他人のことは言えないが・・・

165名無しのやる夫だお:2012/10/24(水) 18:44:20 ID:hAw8boKk0
明の洪武帝みたいな指導者が隣国にいたら、さぞ楽しい事になってたろうなぁw

166名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 03:13:08 ID:fl9FvnlQ0
そんなんヒトラー対スターリンでお腹いっぱいや。

167名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 06:57:27 ID:br0mHP3A0
>>139
人数は大陸に比してそこまでじゃないとはいえ
悪口を壁に書かれて警備担当者六人を処刑した後、犯人三人殺害してかくまった
町を焼き払い、連座で親族100人以上磔にした話は普通に引いた

168名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 17:03:09 ID:sSMkaOFA0
昔はそんなもんだ
むしろこの場合は、血族殺しによる一族の弱体化が共通点になるんじゃなかろうか

169名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 17:18:06 ID:lxpJeaA20
某獅子心王スレとかこのスレとか、歴史を学んでるとちょくちょく
このイカれた時代へようこそ〜♪と歌いたくなってくるよね!

170名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 22:00:17 ID:br0mHP3A0
>>168
いや中世日本でも割と目立っている
命は簡単かつ強制的に失われた時代だが一度の処刑人数平均は多分中世全体でも秀吉がダントツ
義教といい、元々その立場でなかったりすると不安でやり過ぎるのかね
洪武帝や永楽帝や雷帝もそんな感じだけど

171名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 22:11:18 ID:7a9ELB1I0
日本の歴史の中で文字通り一代で武士ですらない身分から天下人にまでのし上がったのは秀吉くらいだからな
あと明治の元勲とか田中角栄あたりだがその辺は独裁者とは違うし

172名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 22:20:43 ID:4bAY1KtA0
妄想型人格障害の独裁者にありがちな行動、という気もしなくもないような。

173名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 03:44:29 ID:JfOgf23o0
低い身分からのし上がったとか世襲だけど不安定すぎる権力構造で幼少をすごしたという権力者に多いね
何かと大粛清をしようとするタイプは
まあ巨大専制国家だと皇帝の方も少しの油断で暗殺される危険があるから過敏になる部分もあるんだけど

174名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 09:09:47 ID:kEd3GeKw0
日本の場合は、封建制なので臣下が独自武力を持つため、「なら戦争だ」ということで対立が叛乱という形を取りやすいのと
獄死とか拷問死は稀で、殺す時はあっさり殺すから目立たないのかも

175名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 09:48:56 ID:XcbviGSI0
大陸型独裁者なのかは知らんけど
日本で残虐な君主と言えば
天皇だろう

雄略天皇とか武列天皇とか評判が悪いな

176名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 10:24:31 ID:Tsb7Er5s0
まとめると、日本国内では、
雄略天皇、武列天皇、足利義教、織田信長、豊臣秀吉
となるのかな?

177名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 17:39:43 ID:Hi0/9Kgc0
つか、日本の政治家は基本的に残酷。
水戸光圀とか史実じゃ平気で辻斬りとかやってるし。

178名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 17:57:24 ID:Tn55x4UI0
「その治世の間に結果として大量殺戮を行った」

「若い頃にはっちゃけて辻斬りをした事がある」
ってのは別レベルの話しではあるまいか

179名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 18:31:12 ID:WrASrJ8Q0
雄略天皇や武烈天皇は、継体天皇以前の皇統のラストの方だからな。どう見ても書記の記述は作り話。
天皇歴代で日本人に最も迷惑をかけたのは後醍醐天皇だろう。

義教、信長、秀吉は武家政権の長の権威確立に積極的だっただけとも取れる。

180名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 22:31:27 ID:XcbviGSI0
>>179
ああ武列じゃなく武烈だわ

雄略天皇は継体天皇から離れているし、
雄略・武烈間の天皇は、書記でも特に悪者ではなかったような

雄略天皇に酷い目にあった吉備の人たちの大規模古墳がなくなるのは
同時期だという話だ

181名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 23:28:58 ID:KNaNdm2Y0
雄略の系統は息子の清寧で断絶し、その後を継いだのは雄略に親父を殺された顕宗・仁賢
顕宗・仁賢の代に雄略の悪行を喧伝する理由は充分ある
悪行がほぼすべてテンプレどおりの武烈は継体の政治宣伝の可能性が高いが
雄略は名前つきの人物を結構殺しまくっているので、治世中粛清しまくり→後世恨まれて断罪された、というふうに話のスジは一応通る

雄略の前代って結構反乱があったり実際大王が暗殺されたりしてるんだよな
>>173のいう不安定な権力だったのかもしれん

182名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 01:51:13 ID:XDfnsPA.0
俺の場合は日本史残虐物語で印象深いのは平安末期〜鎌倉だな

平家が義朝の一族皆殺し

生き残った頼朝が平家を皆殺し

北条が源氏一族皆殺し

特に北条は横から飛び出て権力を奪ったから
けっこうえげつない殺し方をしてるんだよな

183名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 06:07:37 ID:PogcpGlk0
実は平家も源氏もそんなに相手方皆殺しにしてなくね?
特に平家は、のちに義朝の子供や兄弟がポコポコ挙兵してるしwww

184名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 08:58:46 ID:j/YqysC20
というか日本の場合皆殺しの単位が基本的には一家レベルだからな
その家の親族に対して従わなかったらお前たちもこうなるぞという見せしめを兼ねてるんだよね
だから源氏も平家も分家は大量に残るし時の政権に不満が高まったら旗印になりそうな所に集結するという構造だよね

185名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 09:13:16 ID:VeleEfDk0
平家方も頼盛や時忠が生き残っているし、重衡は奈良の寺社勢力の要求で殺されたしね

186名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 09:20:24 ID:tqr44xYk0
平家の場合、平頼盛(清盛の弟)とか頼朝に厚遇されていたりする。
まあ、これは異例なのかもしれないけど。

日本の場合は基本、男子は処刑。女子は尼寺に入れるか誰かの嫁にする。
ただし男子でも、その子が幼ければ僧籍に入れたり、自分の養子にするってこともある。(藤原清衡)

187名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 09:25:08 ID:tqr44xYk0
ただ罪人の一族を皆殺しにするってのは、見せしめ以前に遺産相続の問題があるからだったりする。
たとえば収賄で不正蓄財した政治家を倒しても、その財産とか不正のネットワークが後継ぎに受け継がれれば何の意味がないから。
そのため一族を根切りにする必要はあったんじゃないかなという気はする。

188名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 10:18:20 ID:LcYp7jXI0
戦後処理的な一族郎党皆殺しも確かにヒドいのだが、話で出ていた残酷さっていうのは、
従属している住民に対する大規模な虐殺とか、過剰な殺害を繰り返すとか、そういうもの
じゃないかな、と思ってはいる。

189名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 10:34:24 ID:WokSaoR.0
中世とかだとそういう政治的にやらざるを得ない部分があって
当然秀吉みたいに巨大権力を持った(持つに至る)権力者ほど現代的な倫理観で残虐性高いわけだけど
イヴァンなんかはそれを逸脱したレベルじゃないかってのはね

190名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 17:11:15 ID:zfGosh/.0
秀吉は中世と近世の間に位置してて扱いが結構難しい
中世的の存在であることが自明であるかの如き文脈で例示したらあかんよ

191名無しのやる夫だお:2012/10/28(日) 17:19:57 ID:7Jx.D20k0
江戸でも刑罰で蓑踊りとかあったしな

192名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 03:17:26 ID:ZXLa9vlA0
>>182
武士の皆さんは残虐だけど
独裁者ではないんじゃね?

>>189
イヴァンさんだって政敵からの風評被害の可能性もあるんじゃね?

193名無しのやる夫だお:2012/10/31(水) 00:58:16 ID:gd/Ir.o.0
>>192
逆に自分で残酷性誇張した可能性も
影響があると言われるモンゴルがやった手だし

194夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:08:11 ID:MvVs9hmE0
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_人_入_人_入_从
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  ヒャッハー、奇跡的に時間ができたので
          .}.|||| | ! l-'~、ミ   `)   予定まで出来てないけど今から電撃投下だぜー
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   `)
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒Y⌒W^Y⌒Y⌒
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ    いやスイマセンまじで
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

195名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 22:09:18 ID:dw25Bbak0
よしやれ。

196夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:12:12 ID:MvVs9hmE0


               ┏―――――――――――┓
☆*+―+*☆*+―+*☆*+   AAで語る 中世ロシア史  *☆*+―+*☆*+―+*☆
               ┗―――――――――――┛


            \   ∩___∩   /)   /∩___∩
              \  | ノ      ヽ  ( i )))/  | ノ --‐'  、_\
        ∩___∩\/  ●   ● | / /   / ,_;:;:;ノ、  ● |
        | ノ      ヽ \   ( _●_) .|ノ/ ,,・ |    ( _●_)  ミ
       /  ●   ● | \∧∧∧∧/ ¨ ,・ ,彡、   |∪|  ミ
       |    ( _●_)  ミ <    クマ > ’   /     ヽノ ̄ヽ
      彡、   |∪|  、`  < 予 し  >   /       /\ 〉
     / __  ヽノ /´>  <    か >   /        /
     ─────────< 感 い >──────────
        ./     /|  <   な >           〈⊃  }
      ∩    ∩/ : ::|  <  !!! い >   ∩___∩  |   |
      | ̄ ̄ ̄ ̄| : : ::::|::::: /∨∨∨∨\   | ノ      ヽ !   !
      |●    ●|:::::::::::|::/          \/  ●   ● |  /
      | (._●_.) |:::::: /    ∩ ∩    \   ( _●_)  ミ/
      |__|∪|._| /     (-(ェ)-)      \ |∪|  /
            /        (∩∩)        \ ノ /


☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆*+―+*☆



          〇_〇
         (。・(エ)・。)
        ┏∪━━∪━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                第14話… 「 イヴァン4世…ノヴゴロドの破壊 」
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                      〇_〇
                                     (・(エ)・。`)
                                     ∪  ∪
                                      しー-J


まとめブログ様 やる夫之書
ttp://yaruobook.blog66.fc2.com/blog-category-81.html

.

197夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:12:44 ID:MvVs9hmE0





――― 16世紀のロシアは、モスクワ大公国による「ルーシの統一」にはじまり、

     カザン汗やアストラハン汗といったタタール領の併合、そしてリヴォニア北部を占領してバルト海航路の獲得と、

     急激な拡大を続けていた。




::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`
.

198夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:13:18 ID:MvVs9hmE0



――― だが国家の制度は中世のままで、領土の膨張に追いついていなかった。

     歴代のモスクワ大公は改革に必要な中央集権政策をとり、既得権益を持つ者たちとの戦いは避けられなかった。




             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|            分領制は縮小、廃止
          | ;;;;;;;; ∩,,∩. /  ∩,,∩ ;;;;;;;;; |
          |   (`・(ェ)・)/  (・(ェ)・´).   |            扶持制度も縮小、廃止
      ∩,,∩ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∩,,∩
      ( `・(ェ)) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll((ェ)・´ )          行政は宮廷から専門の官庁へ
      |   つ、_           Σ ⊂   |
   ∩,,∩ゝ-./ / /           _ ─\ノ          軍事は国家の管理で
  ( `・(ェ))/_   ̄           \ \  ∩,,∩
   |  つ/ /                    ̄ ⊂((ェ)-` )ヽ       貨幣は統一、法整備も全国で統一
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





        .r-‐i''''''i'''‐-、
       o| o! .o i o ! o
       .|\_|`‐´`‐/|_/|          何百年も前のご先祖様から引き継いだ
       /  ●  く● |
     /゙|   U ,r ●,,>、 ミ         クマの大事な特権が…
    i  彡、'゚∧彡‐∪‐ミ、`\\
   j  / __(@) ヽノ /´>  ) ヽ-v‐ -、
  ,ノ  (___)    ,/:::(_/.....      >
 ノ ...... .:::|  l:l    /:::..    ...    ヽ/
    ... .::|  l:l/\ \::. ..   .  /゙
 ∧_,、 ..:| ,j:l ..:':':. )  )::     ノ.
    ゝ-∪_l:ト'⌒-(  \ー 、<
          ll     \_)

.

199夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:13:50 ID:MvVs9hmE0



                                         オプリーチニナ
――― そして急激な改革がツァーリの個人的な性格と融合すると、皇帝直轄領という「政治の大実験」が行われ、

     ロシアの大地に陰惨なテロルを巻き起こしたのである。





                             ・〜
               ∧_∧                  〜・
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ〜
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ〜 ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)〜 (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)

.

200夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:14:24 ID:MvVs9hmE0



――― この粛清は大貴族たちの力を削ぐことも目的だったが、実際の被害者は多くの階層に及んだ。

     1つ目の理由として、そもそも粛清の基準はツァーリの個人的な思い込みだった。



               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////      逆らう奴は撲殺だよ
     ,イ_       7! .,'i | ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨``  釤ヾヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | ,x-、    '⌒`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>     従順でも疑わしいなら撲殺だよ
      Vi `i   {i     _'_,   ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi            忠実でも無能なら撲殺だよ
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ                    問題なくても機嫌が悪いと撲殺だよ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'                     機嫌が良くてもなんとなく撲殺だよ
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ
.

201夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:14:57 ID:MvVs9hmE0



――― 2つ目の理由として、ツァーリの手足となって働くオプリーチニキ達には法の規制が免除されており、

     彼らは私利私欲や粗暴な気まぐれで人々を告発し、また殺傷したからである。





              ______     ____..    ____
             /:::::─三三─\ /::三三─\/::...三三─\
  ‐=≡  ‐=≡ /:::::::::(○)三(○):\(○)三(○):\(○)三(○):\
≡  ‐=≡   /::::::.:::::(トェェェェェェェェイ::::\ ェェェェェェェイ::::\ .ェェェェェェェイ::::\
≡‐=≡ ‐=≡ |:::::::::::::::::::\ェェェェェ/:::.. | ェェェェェ/:::.. | ェェェェェ/:::.. |
  ‐=≡  ‐=≡\:::::::::::::::::::::∪:::::::::::::::::/  ∪::::::::::::::::::/  ∪::::::::::::::::/
    ‐=≡     >::::::::::::::::::::::::::::::::::<     ::::::::::::::::::<   ::::::::::::::::::<
≡         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::.|   ::::::::::::::::::|
  ‐=≡  ‐=≡..||::::::::::::::::::::::::::::/ |   ::::::::::::::::::/ |    :::::::::::/ |
≡  ‐=≡    ||::::::::::::::::::::::::::/||  .:::::::::::::::/||.   ::::::::::/||
     <三三|(_|   r   / (_)=|三ラ    (_)=|三ラ  (_)=|三三ラ
             ヽ  |/   ヽ  |/.   ヽ  |/
              >__ノ;:::....     >__ノ;..     >__ノ;..



                                       : ∩__∩  :
                                       : /ノ      ヽ :
                                     : / ◯ ||||| ◯ |||||  :
                                     : | ( _●_)    ミ
                                    : 彡、  |∪| ∪/" ゙゙゙̄`つ :
                                   :  / __ヽ  ノ;ノ  ヽ( ̄ノ :
                                   : (___)   ;○  ○  ̄ i :
                                    :   |       i (_●_)Uミノ :
                                       |  /\ ( ̄ ̄ ̄ )  ) :  ガクガク
                                       | /   .)  ̄{ ̄ ̄  (    ブルブル
                                       ∪   (  く ゝヽ    )◯
                                            \_(_(___つ

.

202夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:15:48 ID:MvVs9hmE0



――― 例えばノヴゴロドのオプリーチニキたちは、暇つぶしに旅芸人に命じてクマを外に解き放ち、

     不幸な住民がズタズタにされる様を見て楽しんだ。





                                   |! トヽヽ,\__ __,、
                                      f ,i !- ':´  ̄ ̄ヽ. ヾト ィ',ィ, ,.ィ__
                                   __∠    ― 二 =、 ヾY,}:i:iK '`  `てイーzィ
                                `斗レ'   ¬ .<ヾト、 Y}:}:j厶- - 、      `t__
                               __ノ’ ,.  --、ヽ.\ヽ:Y!iv厂 --一- ``、      `^戈__,>`ヘ
                              __Z   , ィ'´fiミ__Yiいヽ!:リ√ィ彡r '´ ̄´¬丶ヽ、   X. i{     ',
                           ___)    ≦ 'ラ_{(・)}j川 kソ个rイ〃 '// _ヽ ヽ.     ヘヾ       }
     クマァァァァァァァ!           _,)'/,  z 彡rシ ソソ:`,ソ:' メ⌒i. j ‐、ヾi i,.ィ_'ニ二ヽ,  ヽ    }:i    /
                          勹/〃,  -ー彳´ ;/¨:::`::く._    ヾ Yij{(・)>= ≧ヾ:ヽ:ヽ ヾ,  `ミゞ--:r'
                           之. イ/ / , ゙ ,' {::f⌒}::,':::::::::ヽ  ,丶 `iヾ三ぐ¬ミド} }ヽト :}    ゞミ(^
                         'ライ〃i;' ,'   ,' :v'ヾ| ,ノ:::/⌒!:::/    ,.i トヽヽ丶`  ヾミ:ヾト、   ヾヽミi}
                        _,メィ/;:イ ' /  ;i: i! ヽ.. ー' ¬'Lイ ji ,i   ,i.l }: ヽ丶``   ヾ ヽ \:.ヽ:トゝ
                       __Z イィ /i ,〃 /!i iト .,___ ヾ´ '’ ,八 ヽ }!   \ヽ`    \、ヾ :,ハ ヘ,
                       ブイ〃//i ,:/:, ハ1i: ,>'‐L/7'ァ-ァァ'个 、 ヽ ヾ     c ヾ` 、`: ミト、} ハ メゝ
                      厶'〃// ,' ,.イ ,' / 'i:iハ.y' {_  ̄ ブZ j:j:ヽヽ__,ィこつ ヾヽ、   ヽ. \  ヾト、ヘN
                       ,ノiii/〃/ ,'/ ,' ,: ,' i:{,ハ!  7ー'´/り } :ト、  ̄´  ヽ   \ヽ`: \ヽ`\ヘヘ!
                      ,jハ/:〃/〃/〃,' ,' ,'iハ/`ト、/__,_,_仄! .Nト、\ ヾミJヽト、ヾ` ` ヾ``ヾ``ヾ``ヾし!
                      , イ:〃/〃/〃/〃;ハli `'く,_l,」jノ┘iト :i: j: ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾミ三;く
                      ,ノィ〃/〃/〃/〃〃,':ヾ= ーz i 、トヾi: .:|:. ! i  i:.i:. i:.ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾミ::(_





      ◯ ◯ ひぃぃ      ◯ ◯ ウワァァン     ◯ ◯  助けてクマ〜
      (;・(,,ェ)・)        (;・(,,ェ)・)        ( ;(,,ェ);)
     / つ _つ         / つ _つ         / つ _つ
−=≡人  Y      −=≡人  Y     −=≡人  Y
−=≡ し'(_)     −=≡ し'(_)    −=≡ し'(_)

.

203夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:16:23 ID:MvVs9hmE0



――― こうして宮廷では粛清が、外では略奪と暴行が横行した。

     彼らオプリーチニキたちに対して、勇気をもって抗議する者もいたが…




          ∩___∩
          | #\   /ヽ⌒)
         /⌒) ●   ● | .|       「ツァーリよ、汝はまことに呪われているクマ!
        / /   ( _●_)  ミ/
       .(  ヽ  |vWv|  /
        \    .|vwv| /          汝は自らが飲んだわれら同胞の血の酒盃を、
         /     ̄ ̄/
         |       /           我らにも飲むように強制しているクマ!」
         |  /\ \
         | /    )  )
         ∪    (  \  ← 士族のミートニェフ
                 \_)





            ______   、  ,ィ(
     __    (_⊂二二二二⊃_)  }Y´  )
     >   ̄`'<>'"  ̄  ミメ、 /    ,イ,ィ
    /,,rr==-   ァ'   , ,     \  Y》    /
   j/〃  ⌒77′  ///ハ、 ヽ i  ト、___彡'′       . 7  ト、O. 7  ト、O Z、   7  ト、O Z、  7  ト、O Z、
       〃,{{ {{ /イ.ハ{ V卞辻 ト、.`トミ、、         !__,ノ    !__,ノ  . oノ    !__,ノ  . oノ  !__,ノ  . oノ
 (ヽ. __j┐ {{ ハ从,仟ミ   rテミソ ,' V|  h
.  \「/ス   X /リ刈 ヒリ,   ヒリ/ /)  ハ }}
.   { 勹〃 从/:,小、┌┐ / /イハ/ ji }}         7  ト、O 7  ト、O Z、. 7  ト、O __   (⌒'⌒)
.    \  )_{iハ从/介:`ニ .厶ィ'⌒メ、 〃〃          !__,ノ    !__,ノ  . oノ !__,ノ         \/
    《 ̄/ |  《/了7》《/Z〈/     ∨    ,   /|
    厶ク′八 /`'77 ,〃 7,ユッへJ\|,   /l  / |
   〈_/  /  ,ソ // 〃 ./( (_,r'^┤ ,|. `rx/ し'  |
     h. /  {! 人 {i / r爪: :/⌒しイ  :>イL   ∟.. _
     |」ト、  八{. ∧ ∨  `ーァく: : /⌒`'く  ,ィ'"     `ヽ.
        \__,,rヘ. ハ \o (_/}X : : : : : : } /  , ‐v'⌒ヽ-、 .
             ノ  辷  へ、 j/\_: :_ノ: :.  /    \/  \
                       ./ X : :│ 卜、     \   \
                      // 》X人: : : :`ー――'^>― →
                   ..   ,厶≧x \ _ : : : : _ /



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

.

204夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:17:08 ID:MvVs9hmE0



――― このオプリーチニナ制度に対して、教会は反対の立場だった。




                  __..-─…・・・・ =- .._
               ..' ¨             `
             /     r':::________ \
                /        「: :ヽ: : : :\: : : :ヽ: : :: : :`!
              /         |: :+ヾ : : : r 、: : :ri: : : :x |
            ′       ト=ノ. . \ . . . .\. .ヽ . ヽ.|         ツァーリ、オプリーチニナ制度は間違っているよ。
          |         レ' ´  ̄ ィ  ̄「 丁¨T ・- ..j
          |      、−'’  ォィ/≠イ | ∧ ハ  ヽ `ー_ノ
          |          > ィ'アo7:トゞ }/ ,.}ニト- |: Y´
          |          ノイl! rィ:::ハ      イ::::ハⅥ:ハ:|        隊員であるオプリーチニキは、
          |        /:.| 弋(ン       V少 从! リ
           / |      /1: |、、、      丶 、、、| |          罪なき者を私欲で逮捕しているんだよ!
         /        /:`l |       . --、   ハi
         |       /:.: _j |     /::::::::/  ∧ !
         |     イ:.:.「 |  ト .    {⌒ y  イ  レ′
         /    /:.:.:「 ゙̄'、|  ト、_ ` . `- ,イ:.|:| |
       .′     /:.:  !   !  !   ̄¨ }::丁::.::.|:::|:| |
     /      {:.::   ト.  | ト   __(:.:/ .:.:_/_/ | |  ___
      .′         人 7/)!  |=\= 7| V´  __)ヽv−(_`ヽ
    /          ,へ /∧ !  !z==\//  ´ ___)'/ 、__ノ___ '.
.   /    .':..      ′ /∧V:!  ト、  /`!    __ ){  ! / __  !
  ∧  /:.:.:!   ∧ (__ノ\i!  ! \':.:.:|     __):.ヽ `ヽ/ _ !
  /  `ーi-:.:.- ____/  \    | |  ヽノ    /^ヽィ'^!   `´ _ノ
  ゝ.   !:.:.:.i   !     ヽ  | 人  イ´`ヽ  ノ: / | ヽ.  /´

              【 府主教 フィリップ 】




               ___
             (⊂ニニ⊃)
                ̄ ̄ ̄                  ト、      _
            ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
          ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
       , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
     ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
    〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
        { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
      Vi `i   {i     _'_,    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
       ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
         八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
            y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
            /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
         i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
         ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧           「余は汝らに対し、あまりに温和であった。」
        /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
      /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
       {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/            「だが今や、汝らは世の前で泣きわめくことになろう!」
      t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
           ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
         ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ



――― お祈りのために訪れたのに、祝福を受けられず公然と批判されて、

     イヴァン4世はこう叫んだという。


.

205夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:17:43 ID:MvVs9hmE0


        †
        ||
      /'i,ヽ
     / ..;;;i:::::;\
     | ̄ ̄| ̄ ̄|
     | l⌒l | l⌒l |
     | |...::l | |;;;;;l |;;:ヽミゞ;;    ゞ;:;:ヽ
  ミゞ;;;|  ̄ |  ̄ |;:;ミ__ヽミゞ,,_;;:ヽ_;:ゞ;;____.____ ミゞ;;ミゞ;;
ヾ;:;:ヽミ;;| l⌒l | l⌒l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;; ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;:
  ミゞ;;;| |....:l | |;;;;;l |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;
 ヾ;:;ゝ | |;;;;;l | |;;;;;l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;;:
 ヾゝソ | __ | __ |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;
  ミゞ;;;| LLl | LL;;;|    __    .__    __    .__    .__  |ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | |iソ ヾ;:;;:i;i
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | i;i;:ヽ_;:ゞi;i
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|;:ヽ_;:ゞ
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|;:ヽ_ヾ;;;




                 < 府主教フィリップさん、宅配でーす




                           __________
                          |\            \
                          |\\                \
                          |  \\               \
                          |    \\              \
                          |      \|二二二二二二二二二i
                          |      |                |
                           \     |     白猫ヤマト     |
                            \    |                |
                              \  |                |
                                \|                |
                                . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

206夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:18:15 ID:MvVs9hmE0




                  , -‐ ' ´ ̄ ̄ `ヽ、
                /            ` ー- 、
              /                  }
             /                 __,. ‐ヘ
            /         f__,  -‐ ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            /         !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
            |         i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, <\
            |         |:.:.:.:.__ ,::  -‐: !「/`i:.!ヽ>
            |         √: : : ::ィ! ⌒iハ: :リ xぇv!:!: }
            |        イ: : : : :/レ斗z- V トリ /リV             私に?
            |        イイ: :.イ/ / んハ    ヒ! {
           ∧       i |イ: | ヽ v少     '  !
           /        ムヘ: : |  、、    __,.  人               お歳暮かな?
          /   /    /: ハ !: |、   「  ノ, イ  !
            |_ /      /: !: | |: :!、 > 、  ィ! :.|  / ____            食べ物かな?
         /        /: :/!: トヘ: '! ̄.ソ介トヽ: :|// / / \
         /        /: //:ノ:::::|: !ニ ノ|::|C} |: :| (つ i / ,ノ
          /        /:: 彡へ::::::|: |:::\イ::フ^|: :|  `7'ー-イ    〜 ♪
       /       /:.∠   /〇}: |<:::>イ::! !: |.√〈   ,ハ
      /      イ:.:∠二二.メ、 / |: |`''く:::::|\! |: |::|  \/ !   /)
     /      / |://   厶ノ  |: |  ∨_ハ.|: !∧   \|  //
    /       !  |:/    む'   |: |   \_ソ|: |:::::\   |∠∠ 、
   /          |  、      |:リ    |:::!::::| :|\:::::\/ ー-- }
  /           |   \    从    |::::!:::!从  >r'   、 ヽ.ノ
  ∧           ト、     ー―へ    |::/リ  /::| |   rくソ
 /::::\            | ヽ        ヽ /:/  /::::::::| |ー‐' |
 \::::::::\        |  |         レ'⌒ ̄ |:::::::::| |   !


.

207夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:18:48 ID:MvVs9hmE0




                イ  l  ,',: ※.〃__//´   //    //  (( __,,)),i!      i: :   ヽ
              / |i  | .'.'   _`ニニ"-‐十  ̄ 丁 ¬-´∠...,_  `フ/´l|      i!: :     ',
             /  i!  .i _ -‐¨/ ,,l 斗-≠= j 八  |弋=}= -lミ T‐'-xl.      |: :      !
            ./  _」Lニ= '"   l/ /l /!/ | /!/:::::ヽ | ヽ |ヽ |、 `iメ, i  \     i!: :     i
             ′ ≧、..::::/   .Λ /z≡芝ミ/ l:::::::::::::::ゝl  ,≠芝ミxl ヘ li ヽ、ヽ    |: :     │
           /   |  7   i { .〃ん爪 ハヽ:::::::::::::::::::`::::"ん爪 ハ ヘ, ヽト、.l ``  i!: :      !
           /    l.  {  ハ { '{! {{::心ソ}} :::::::::::::::::::::::::: {{:心.ツ:}} }!}. ! ヽ!    l: :       |、
          ,/     |   V  ,}ハ  ` う....:,ツ :::::::::::::::::::::::::::: う::::::ツ   . l       \       ヽ
          {     i!     リ ハ    -ー  ::::::::::::::::::::::::::::  --    / :i!        \       !
         ,∧      l     リi  |!          !           / :::い        \ /   }
        ,'´ ’、        /::i |.ハ                   /  :::入         `'    .ト、
       ,}  , _ヽ,..,,, ___    /:::::|i | l:.、         _        '  :::/i ヽ            │ヘ、
      /  ¨  ,,  ---` ー´- !i | {::::::.、       ( )        , イ  ::/ i!   \            j   ヽ、
    , '    , '´       _  `ヽ、 'i:::::::::> 、       ,,  介,′ :∧ |     ヽ _       /     ヽ、
    /   /      ,>フ  ` ⌒ ヽゝ!,__..::::ヽ, ≧   __  イ:;少  7  ,'::::il i   |     ¨ ー=ニ'′      ヽ
   {   /    ,__/  /´   ,}   L ____ ,,.〉 ヘ\ `ー-一 '"  ,./{.  i:::::iヘ i    |        /         `、
   l   |.  ,ノ ,/  /   ,∠´辷_,ノ´   `゛ニ=`ー-x、_----‐'´ /:l  │::ノ ヽ  |      /_,.. --―       ヽ、
.   ‘,  l 〈__ ィー- '’ヽ-イ          ' ' ' '''プ ̄ ̄~フ`''‐-∠:;;;l__ l/´   \ !     - '′

.

208夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:19:21 ID:MvVs9hmE0





                                                |\     /\     / |   //  /
                                              _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                              \                     /
         ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<      ∠  いやあああああああああ!   >
          >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>    /_                 _ \
        <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
          >:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:/:.:.:./:.:.:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         //   |/     \/     \|
        <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
         >.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.i:/:.:.:./:.:/.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:\
        ∠:::イ:.:.:./:i:.i.:.:.:.:.:ヒ:.:∠|:./ハ:.:.:,:.:/ _:ハ:.:.z':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ̄
.            /:.:.:./:rjノ:.:.:.:./七_i/`ヽ| :/:/´ 七__j/jハ:.:.:.:/j:.:ハ ̄
         /_.:.:/:.:i ヘ:.:./'´   `ヽ j/j/  ´   `ヽ }ハ/jイ:.:.:.:.\
          |/|/、( iⅥ `ー一          ー一 ′j/ノノ:.:.ヽ ̄
            jハ ヽリ        |        /' イ:.:.厂
             /\_∧         |!        /ー'´:.:i{
             j/ i.:.ハ        ` `     /:.i:.ハ:.:ハ
               j/ i:.ヘ     -― ―-    .イ:.:.j/ j/
                ,jハ个 、    ̄   /i/:.:八
                丿:::::j/!  >      <  |ヽ厂::::}
          ( ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
          ..`ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_
             ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、            。
             {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j     ,,,,,,,, o  /
              ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴::::::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄    (;:;:;:;:ヾ-r
                                            ソ;:;:;:;:;:;:;:}
                                           ゞイ"ヾ,:;:,ソ



――― そして府主教フィリップのもとに、彼の親戚の生首が送りつけられた。



.

209夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:19:58 ID:MvVs9hmE0



――― さすがに教会トップをすぐ処刑することはできず、裁判にかけて府主教の座を剥奪する必要があった。

     こういう場合は証拠や証言を捏造された。





    .         ___
    .    /´ ̄      ̄`\
      ./               ヽ
     /              ヽ       IPアドレスが一致しました、犯人に間違いありません。
    ./                 l
    .|     ( ● )   ( ● ) |
    ..ヽ                 /
      ヽ、   fェェェェェェェy/        本人も自分がやったと自白しました。
      /:::::::::|::\゙_>介 √!;:::::::\
    . /:::::::::::::::\:::ヽ };;{ |::/::::::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::::ヽ::ヾ::}〃:::::::::::i:::::::i




――― この場合は府主教フィリップの弟子が決定打になった。




                                         //__ ´  'ー‐ァ:.:.:.:.:.:.:.:. //
                                     /:.:.:./  /ー―':.:.:.:.:.:.:.://
                                    ,. '"´ ̄``ヽ、:.:.:.:.:.:.:. //
                                    ///ー-、 ,  \:.:. //\
                                 /, /,.イ{     } ! i  \/:.:.:.:.:.:ヽ
                                ノ///ナ|ト  _ノ} ノ! } i ハ lヽ .:.:.:.:..:.:.〉
   府主教フィリップ?                .  イ/}l{ !l,==、   `ヾノ,イ /,'i l |l ',.:.:.:./
                               {{ノ,ハlリ、、   ==ミ´/// l l |l  }/
                               ヾj j从     、、、ノイ厶ノノノl ノ
   ええ、聖職者にあるまじき悪漢です。       〃{ {Λ `ー    /_,ノ ,イl j !{、
                               {{ヾゞ|少r--r‐r ´/ ,.イ丿/ 川、
   弟子である私が証言しますよ。           ヾ、`{〈ハ{ _L.l/ /ノ ,.'// |ハ
                          .         \/´ // // ,イ /l ,ハ ',
                                    /  { { {. l/ //./ ,'/l l l l |
                                   j   '、ヽ`| !l {、l  {' ノ j | l |
                          .         /|    \j l !ヾ| ', V//, !ノΛ
                                /' 〈     ヾ \',. '、∨,'/ Λ ',
                          .     ト〈   \  ,   、\Λ ヽ∨ /!l !l l
                          .     |:.:.\   ∨ ,   ∨{ {:\ \{.川.l |
                          .       \_:.:ヽ._ノ}/    |:.:\_:.:\ \jノノ



――― この弟子は師を裏切った見返りに、主教の座を手に入れた。


.

210夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:21:06 ID:MvVs9hmE0



        . 7  ト、O. 7  ト、O Z、   7  ト、O Z、  7  ト、O Z、
         !__,ノ    !__,ノ  . oノ    !__,ノ  . oノ  !__,ノ  . oノ


         7  ト、O 7  ト、O Z、. 7  ト、O __   (⌒'⌒)
          !__,ノ    !__,ノ  . oノ !__,ノ         \/



            `ー‐…'′
            ト、___  `ミx|:::::::ト、            | ト、
           メ、: : : : :  ̄ ̄::|:::::::|: :``ヽ、        / ./ ',
        _,,..斗-ニ==- : : :::ノ--┤ : : : : :``:yー、   / ./ 、ヾt
   -==ニ二_: : : : : : : : : : : :: : f´   {: : : :>'''"__,,,..-へ、/ .人 r、\,}
     ,.ィ'''": : : : : : : : : : : : : :ハ    レ''´ >''"´    、_`く,  `’.\)
    /: : : : : : : : :_;; : : : : : : : : ハ,,,,,;ィ' |三ヽ、       ⌒ ̄\
`ヽ、./: ;>ァ: ;;ィ''": : : : : : : : : : :''";;/ /\三ユ           \
.-=彡へ、''"´ ./: : : : : : : : : : : : : /./                  `ー、__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``ー.}: : : : :__: : : : / /                       `ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: ∠二,>'´: : : :f ./                          ヽ、
;;;;;;;`ゞ=ニ二,ィ'": : ;;': : : : : : : ::| f                             ',
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: r=-'": : : : : : : : ::| /.                             ',
;;;;;;;;;;;;;;;;;(_,,ィ'": : : :_,,,..-、: : ___|.{         __                   i
;;;;;;;;;;;;;;/,ィ: ;;rァ'´  /:厂  ヽ!   _,,>-'''''"´: : : : : `ー-、_              .i
'';;;;;;;;;;;レ'";;;レ;;/    (r'´  `<ハ,/ア: : : :_,,>'"⌒'7`二ニミ、`ヽ、           ./
 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/          `ヽ、 )ハ; : `ー--、  ,>': : __: `ヽ: `ト--、       ./
  '';;;;;''''""''〈             `ヽ二二つ从 /:,: rく、_ トトゝ、: : :V .ハ     /
        `ヽ、               ``ヽ弋;;;>、 ト}::\: : : ::V ハ   /
          ``ヽ、                `ヽ、 >、: : : : : ::マ___}_,/
              \               / .7    ̄ ̄リ ̄
               \            / /
                 \        斗''´ _/``ーっ
                  弋ー―-''二二斗''"    弋
                   `ー-'´   `ト、   ノ`
                           `ー--''´




――― そして地位を奪われて投獄され、オプリーチニキに絞殺された。


.

211夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:21:43 ID:MvVs9hmE0





          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i         …そうそう、忘れるところだった。
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、        ズルズルと生かしてきたけど、
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム         やっぱりアイツは殺しておこうか。
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|






{    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,              、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
  _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    _ノ                              \_   ヾ´    ´ミ
      `ー '                 ____                 `ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ           :/    \:                 ,ィ彡三ニミヽ
彡'                    :/ _ノ iiiii \. \                      ミ'
      _  __ ノ       /  (○)  (○)  \              _
   ,ィ彡'        .      : |     ___'___     |:               ,ィミ'
ミ三彡'        /⌒       \   `ー'´   /                   ミ三ミ'
       ィニニ=- '          / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ              ィニニ=- '
     ,ィ彡'                 :|  \|  .i  イ |                 `ミィ,
                     |\ /   人  .\!
                     |  \___/  \__/:
                     |        /
                     |         /

.

212夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:22:15 ID:MvVs9hmE0



            ______   、  ,ィ(
     __    (_⊂二二二二⊃_)  }Y´  )
     >   ̄`'<>'"  ̄  ミメ、 /    ,イ,ィ
    /,,rr==-   ァ'   , ,     \  Y》    /
   j/〃  ⌒77′  ///ハ、 ヽ i  ト、___彡'′       だけど兄弟殺しの大罪は犯したくないんだ。
       〃,{{ {{ /イ.ハ{ V卞辻 ト、.`トミ、、
 (ヽ. __j┐ {{ ハ从,仟ミ   rテミソ ,' V|  h
.  \「/ス   X /リ刈 ヒリ,   ヒリ/ /)  ハ }}         だからさ、自殺してくれないかな?
.   { 勹〃 从/:,小、┌┐ / /イハ/ ji }}
.    \  )_{iハ从/介:`ニ .厶ィ'⌒メ、 〃〃
    《 ̄/ |  《/了7》《/Z〈/     ∨    ,   /|
    厶ク′八 /`'77 ,〃 7,ユッへJ\|,   /l  / |
   〈_/  /  ,ソ // 〃 ./( (_,r'^┤ ,|. `rx/ し'  |
     h. /  {! 人 {i / r爪: :/⌒しイ  :>イL   ∟.. _
     |」ト、  八{. ∧ ∨  `ーァく: : /⌒`'く  ,ィ'"     `ヽ.
        \__,,rヘ. ハ \o (_/}X : : : : : : } /  , ‐v'⌒ヽ-、 .
             ノ  辷  へ、 j/\_: :_ノ: :.  /    \/  \
                       ./ X : :│ 卜、     \   \
                      // 》X人: : : :`ー――'^>― →
                   ..   ,厶≧x \ _ : : : : _ /







                                         ____
    / ̄ ̄ ̄ \        おい、さっさと            /     \        返事は
   /ヽ...._..._... \                         /         \
 /  <Θ>:::::::::<Θ> \      毒杯を飲めよ        /   (Θ) (Θ)  \     ハイかYesだよ
 |   (トェェェェェェェェイ)  |                      |   (トェェェェェェェェイ)   |
 \  \ェェェェェ/  /                      \  \ェェェェェ/   /
  |          |                       γ        ⌒|
  ||        / |                        |           | |
  ||       /||                        | |        | |
  (_|   r  /  (_)=|三三ラ                  (_|  、    (_)=|三三ラ
    ヽ  |/                              ヽ  ヽ  /
     >__ノ;:::......                               ゝ__ハ__ノ




             飲ーめ
                        / ̄ ̄ ̄ \      飲ーめ
                     /   :::::\:::/\
        飲ーめ       /    。<一>:::::<ー>。
                    |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
                    \、   ゜   ̄ ,;/゜       飲ーめ
                   /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
                  / ,_ \ \/\ \
                   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

.

213夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:23:00 ID:MvVs9hmE0



――― ツァーリの唯一の親戚だった従兄弟のスターリツァ公ウラジーミルは服毒自殺を強制され、

     母親と幼い娘も殺害された。




         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜



.

214夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:23:49 ID:MvVs9hmE0



――― すでにスターリツァ公の領地は没収されていたが、最後の「分領公」が消滅した。





  「大帝」イヴァン3世 ――――┬――――― ヴァシーリー3世 (前モスクワ大公)…死亡
                    |            |
                    |            ├――――― イヴァン4世 (ツァーリ)――― 息子たち
                    |            |
                    |        エレナ・グリンスカヤ… 死亡
                    |
                    |
                    |
                    ├―― ユーリー (ドミートロフ分領公)… エレナが粛清
                    |
                    ├―― ドミートリー (ウーグリチ分領公)… 死亡
                    |
                    ├―― セミョーン (カルーガ分領公)… 死亡
                    |
                    └―― アンドレイ (スターリツァ分領公)… エレナが粛清
                          |                                      \人_人,从_人,/
                          ├―――――― ウラジーミル (スターリツァ分領公)…粛清  .← ) 新着 !! (
                          |              \人_人,从_人,/               /Y⌒YY⌒Yヘ
                        エフフロシーニヤ…粛清 .← ) 新着 !! (
                                         /Y⌒YY⌒Yヘ





    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  こうしてモスクワ大公の血筋は、ついにイヴァン4世とその息子たちだけになった。 . |
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




.

215夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:25:01 ID:MvVs9hmE0



――― この恐怖政治のなかで特に際立ったのが、1570年のノヴゴロドにおける虐殺である。



              ___
            (⊂ニニ⊃)
               ̄ ̄ ̄                  ト、      _
           ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
         ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
      , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
    ,イ_       7! .,'i |:::ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
   〃 i        i'∨::`::::::::::::::ヽ   ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
      { A ハ   | :::::::::::::::::::::::::`i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
     Vi `i   {i     _'_    ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
      ヾ .レ!  ヽ、      ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
        八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
           y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
           /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
        i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ           ノヴゴロドの市民たちは、どうやら
        ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
       /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ           町ごとポーランドに寝返ろうとしているらしいね…
     /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
      {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
     t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/              モスクワ大公国に併合される前は自由都市だったから
          ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
        ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ                ボクたちに不満を持っているんだろう…




――― この思い込みで、かって栄えていたノヴゴロドの運命は決まった。


.

216夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:26:12 ID:MvVs9hmE0



                       ''';;';'';';''';;'';;;,.
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                       ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                      vymyvwymyvymyvy、
                 mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、
       rっ━   /⌒ヽ(゚v゚)/⌒ヽ (゚v゚)/⌒ヽ(゚v゚) /^ヽ
       ||    (゚щ゚::: )/⌒ヽ゚щ゚ )  ( ゚щ゚ )  ( ゚щ゚)
       |/⌒ヽ | ___( ゚щ゚ )/⌒ヽ  __   /⌒ヽ     「オプリーチニキ軍よ、ノヴゴロドへ出立するよ!」
       ( ゚щ゚:::)/-三-\  (::: ゚щ゚::)/-三-\ (:::゚щ゚ :)
      ___/:(◎:=◎)::\___/:(◎=:◎)::::___)
    /:::::::::::::::::\:: トェェェイ :::/:::::::::::::::::\::::トェェイ::::/::::::::::::::::\
   /─三三─::::::\`ー'´/:::─三三─:::\`ー' /:::::─三三─\
 /:::(○)三(○)::::::::\/:::::::(○)三(○):::::\/:::::::(○)三(○):::\
 |::::::トェェェェェェェェイ)::::::::::::||:::::::::(トェェェェェェェェイ):::::::||::::::::(トェェェェェェェェイ::::::::|
 \::\ェェェェェ/::::::::/-\:::::\ェェェェェ/:::::/\:::::::\ェェェェェ/:::/
   ヽ::::::::::::::∪:::::::::イ     \::::::::::∪:::::::::/   ヽ::::::::::∪:::::::::::::イ
   |:::::::::::::::::::::::::::::::\    /:::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::|
   |_)=|三三三三>  |_)=|三三三三> |_)=|三三三三>




――― イヴァン4世自ら出陣した彼らの道中は、略奪と暴行の連続だった。


.

217夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:26:44 ID:MvVs9hmE0



――― そして到着すると…



                              iヽ二/\二二ヽ_______
_,,.,.,.                          |]|/n∩n \二二二二二二二 二 \.      _「|l_───── 、
ゞ;ゞ;ヾ,‐,,、              .      __ | |l]l]l ∧三三三\l]l]l]l]l]l]l]l] /\ ̄ ̄ ̄ ̄ _l o |l_\\\\\
ゞゞ;;';ゞ ;;ゞ;'':;:.,. ,,_              /TTTT|\___ |]|l]l /n i,二二二__|_∧ ̄ ̄ /' () \ ̄ ̄ _|n∩n |l_.\ ∧ ̄ ̄
;;ゞ;;ゞ;'_,n,_:;.;ゞ;.; ;:.:; :、.,..  ∠二二/_l_l_lrt_l|l]、|llll | |l]l |[![! i__ハ ̄∧ /:l]:V'三/' l] l] l] \ ̄_| l」l」.l」  |l_ /ロヽ __
;ゞ;;ゞ {I}{II}};ゞ;:;' :.:;;' :':.:';`;.  _|E!E!E| _n__... --‐‐fi‐─−─‐fi‐−─−‐fi─−‐─‐fi‐‐─−─fi─- ...,,_n__ |ロ
|i!|...,.,,_`||′'l!i:`'l!!'':n_;;::.-‐||'_二二 -||-‐_''..二二!!二二二二!!二二二二!!二二二二!!二二二二!!二.. _‐- ..」|__  ̄
|i!|;;";;、::||::゙゙;;''::'_'/,||__..-‐_!!_,_、z==宀''' ~ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ `~`''''==三
,,、-'`"゙ ||゙´ /||/ 'ィ=''¨~ ̄´___ニニ三三三三三三三三 ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、三.三三.三三三:三.三三ニ__
fi──‐}{f!' /ll/' .l三三.三 ,、t''T丁丁i¬- 、三.三.三,.<ヽ>‐` ´ ̄ ̄ ̄ `^''く,r`>、:三三 ,.、t ''T丁丁T¬‐、三三
||..二二][||'_,,/'.‐三|!三三,.ヘヽ, -ァ' ̄`^"‐く.`>、三,心>イ'二二__| ̄,t'三三 ヾk,. ヘ三,.ヘ >'"´  ̄ ̄`ヾ'く.`>、=
 ̄  ̄ ̄丁 ´.‐三三{:三.,〈ヽ//...._ : .:_. . : :.ヾ. ヘ ム,//: . ; :. ; :_.;: ̄ ̄;~~ '''''‐iV‐''Vヽ_〉′┬┴┬-⊥_ヽヾ. ヘ
. 三三三:{ 三三 三:l!三心/;;;/,,____,,,`); . ._.:. : : Y゙fニi=!;{: : :. . :.;: . ; : _ :: : . :. l;Yニllニ/ .; ̄ ̄ ~`''''─- .';;;Yニ
三 三.三:l!三三 _,..;ー┴┴::':,`~´ ̄´  -‐:. ..└| ├'"; :. ':.. .:..:.. :. .: .: ; : :_. ;└::‐┘:.;. :. .. : ..:. . : .: ;`:'‐‐
‐:.::‐ ー:.:.'‐:':"´::::::::::;::::::,  ;::::::.,        _  ..: :~ : ;::::, .:: ‐-    '_..: . .. .: : :  ;:;    ;. .;__ . : .: :. .: .   ,::::;
:::::::::::::: .:::;:::::::: ..:: .:::::;:::::::、 、::: ̄.... . . . . . .....:::.::  : ..:   、:::...      ̄   : ...  ,::;  :.  、:... _.:.... .  ,..::::;
::::::::::- ー::;:: ....:::: .:::::::.::─::::...   ::::::::.::::::.::::::::::::   ..::::::..  ::: ::::.............. . ..............:::::::  .:─.   :::.::.... . . . . ...::::::::  .::::
:: ..::::.:::::::::;: :::::::::::-‐::.::::::::::....::::........─     ..... ..:::::__.:::::::.....   ::::::::::::::::::: ::::::::::::   ..::::::.::::....   :::::::::::::.::::: _..::::::::
::....:..__....::.:.....::..... :..:..:...::.:: ::::::.::::::::.: :::::::::.::::.:::.:::: : ̄:::::.:::::::__::::.........  ̄ _ __  .........:::::::... :::::.:::::::......       ̄...:::::.:::::::
::.... ̄.....::.: ...: ... . . .::...... .. ̄::  ::.:.::::::.:: :::::.:.:::.:. :::::::.:::.::.:: ::.::::::.:::.::..:.::::.:::. ::.:::::: ::::.:.::::. ::::.::::.:: ::::.:::.::::.:.:::.:.:::: ::::.:.__::.:::.:::.:
.: .: . .  ::  −       ..: ... .. .... ..::... ... .... .. ..::.... ... ......-‐.:: ......... .... .....::.....__..... ..... ::...... .... .... ... :: ... ...... .... .. ̄.. .
  _.. :: .               _  ─ . .. :: .. . .. ..  :: .. . .. .. . : .. ̄. . . :. .. ... . .. .. . . ‐-

.

218夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:27:16 ID:MvVs9hmE0




            ∩___∩
            | ノ      ヽ
           /  /   \ |       これはツァーリ、よくおこし頂きました。
           |    ( _●_)  ミ
          彡、   |∪|  、`\
         / __  ヽノ /´>  )     では町で歓迎の式を―――
         (___)   / (_/
          |       /
          |  /\ \
          | /    )  )
          ∪    (  \
                \_)





                                      ,/     ,イ ,イ
                                    /〈    ////
                                    / /  /| レ レ
                      _ / !    , '/      / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
                     /{ {/  |`ヽ./ /      / /   l |  '――'''''' // .//// , イ
                、──-/ ヽ ヽ | /  /      / /    l l      //   レ レ //
               \  /   \` ー‐--‐'}     //    Y     //     //
                <´ ̄`  :::::`::ー─-イ    /           /'"     /'"
                 /`ヽ ノ :::::::::::    /
               . /    :::::::::::  ,.  v'>
         .  ___/    :::::::::::   {   \
            \   }    :::::::::::::    7¬ー‐`
          ..  \ ノ  ::,.::::、::::     /        . 7  ト、O. 7  ト、O Z、   7  ト、O Z、  7  ト、O Z、
            . /} /   :::::{   )   ,/`丶、          !__,ノ    !__,ノ  . oノ    !__,ノ  . oノ  !__,ノ  . oノ
           / :!/   :::::::`¨´  ,/ ̄ ̄`
         . /  \  :::::::::::   /
            \_ノ :::::::::::   ,イ             7  ト、O 7  ト、O Z、. 7  ト、O __   (⌒'⌒)
          ./   ::::::::::: /`くノ}             !__,ノ    !__,ノ  . oノ !__,ノ         \/
         ../   ::::::::::: {___/
           /    :::::::::   /

.

219夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:27:48 ID:MvVs9hmE0



――― ツァーリとオプリーチニキ軍団は、ノヴゴロドの名士たちとその家族を徹底的に殺戮し、

     寺院を略奪してまわった。



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

.

220夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:28:28 ID:MvVs9hmE0



――― この屠殺と略奪は何日にも及んだが、神に対する信仰のお勤めは欠かさなかった。




   |:|     |:|.        ._____         |:|     |:|
   |:|  |i|  |:|      γ´___    ___`ヽ     |:|  |i|  |:|
   |:|==|i|==|:|      |_i_   |i  __i_|    ..|:|==|i|==|:|
   |:|  |i|  |:|      |_l_ ─|i─ _l_|    ..|:|  |i|  |:|
   |:|  |i|  |:|.      .|_l___ |i ___l_|    ..|:|  |i|  |:|
   |:|     |:|.      .|_l___ |i _. ┌
      ̄ ̄ ̄       . |_l___ |i _. │ なんと信心深い
                |i_l__./‐‐  └───v────┘
                    [二二二二]
_______‖_____|┌  ┐|___‖______
.           ‖.    |________.|     .∧_∧
__________/;:;:::;:;:::;::;;::;\_.(´∀` )___
__________|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ /;:゚†゚:;:;:l____
             /::::::::::::::::::::::::::::::::\..l:::| |::::::|
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;ノ l;;;;;;ヽ



                                              ,。 , 二二二二二 、
                                            ( (          \\
                                              \ヽ,。- ‐   ‐-。、   ) )
                                            =彡'⌒      \ ヽ,∠∠、
                                      __/   // / ハ  ヽ,  ヽ《     \
   ああ神よ、                        . :=' "  ̄/,イ  /,/仄/,小卞トJ、  .》、    、
                               ,,       // :| 小ル=、   什メ、〉 j! ,、    ゚v=::. 、
   私たちは愚かで哀れな罪人です。      〃      》彳/::レ;从ノ}⌒     じツ〉  '  圦   ヽ|  \\
                             {{     /:/'レイ::////八  {⌒)  `/ / 刈 } ト、 トリ    } }
   お救い下さい。                    `ニユ  /:/  .j/イイソィ介: , ー'  .ィ ,仆(ハノ レ介jノ   //
                                    .':/      レ′厶イ ,.イ〕尤「厶イ )人     l    〈/
                                 l {        rく 〈〈.X// ァ'⌒ヽ小,. //
                                 { {        | ∨{ | | }〈     Y ∨/
                                   V;、       rv┤  ∨〉, V》     ::  〉--‐ァ7 ̄\
                                  V;、    r弓=气^゚ト、V〉》′   ,', ,           :.
                                            厂入  Ⅵ \rー 、  ///           ハ
                                       《_,イ 价x .ノ   `ー  ,イ⌒ヽ,        ,i]_〉
                                         V/]=[トrく       / .| i  \    ,ィ]



――― もっともノヴゴロドの寺院は激しく略奪され、主教たちは棒で打たれたが。


.

221夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:29:04 ID:MvVs9hmE0


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。




 ∨/////≧x、_ -―-    `  =ミ _____
.  ∨/////,/           -―<///////,/
.  /ヾ///,/                   ヾ'/////
 /  ヾУ           / /         ∨//
./   /   ,  /    / イ        ∨′
′ .       ′ /   , イ / |  /        ヽ
  ノイ    i| / |   ′| | |/i   / i|     ‘,
   |    |斗‐|{‐ |‐-| | | ハ 厶-|       i       この「懲罰」を受けたのは、貴族たちと勤務人たち、
   |     jノ 八 i|  、{ jノ }/}ノⅥ  i   |{
 i 八      i    ヽ   \   /´   ′ ′  j八      それに都市の商人や役人、そして彼らの家族たちよ。
 |   ヽ.    | ゝ==≠'    、__, ′ /  /
 | !   \  ト、          ̄´厶イ  /
i八ト、   !  \{ ヽ       ′  /   }/i ‘.         この時の様子が、年代記に書かれているんだけど…
′ \\ト、 ∨丶     っ   イ /i|   ′ }
´ ̄ `ヽ )ハ/ヽ _ >    ≦  }/ |  / )ノ
      ` ′   TT´7ー)ノ =ミ }/
     ヽ \     | | { /     Y

.

222夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:29:37 ID:MvVs9hmE0





――― オプリーチニキたちは、手足を縛った女子供たちを冷たい川に投げ込んで

     浮かび上がってきた者たちを斧や槍でついて溺れさせた。




――― オプリーチニキの裁判官は、拷問とともに「裏切り者」の尋問をおこなった。




――― 市民たちは縄で縛られて市内を引きずり回されて、川に突き落とされた。





       /                 \    \
      .′ l       j         }\    ヽ
       |   {       ト        /ヽ. ヽ   !ヘ
       |   |    .:| l l ヽ \    /ハ \'   l i
       |   |    .:| | l  丶. \ /イi_L.-‐ヽ  | |
      |   .:ヘ    .:|_ l L斗七\ ヽ } リ   }  |/.}
      |   .:八   .:l/八j     \l .,' ィクセう∧ ′|
.       |  /´ヘ  .:l   ィfヤ゚心   }/ 弋rシ゚′!/  i
        |   { 7( ヽ :l く Vrぅツ     、、、、l /
       |  人〈_. \l   ¨´、、、    ,    j            さすがに引くんダナ…
.       |    >ミ、  u            ′
        |   .:l.:.:.:l.:.ゥへ     r  ア  /.:.|
       |    .:l.:.:.:l:/ヽノ  >      ィ:.:.:|.:.:.|
       |    .:l.:.:./::.::.\_    j`ヘ`≧ー‐z--、
       |   .:/V ::.::.::.:..` ̄八\::o\-、__ヽ \
       | >'´   ヽ    o l::::}}ノ丶 oヽ i  `i   ヽ
      _ /く   __/ \   o j- }{    ̄  l  }    |
    /  \ヽx‐' ヽ   \   ′ }{ o     l  弋   |
    /    \        \/.   }!   .........'..:..:..\  |
    |      ヽ   丶.  ......:..:..:..:..乂..:..:..:..:..:..゚,..:..:..:..ヽ.|
    |       '.  .........:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...ヽ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:∨


.

223夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:30:09 ID:MvVs9hmE0


             .   ´  ̄ ̄   =ミ
          ,,´           `ヽ、
.         ,                  ヽ
      /        / /  }       ‘,       …この虐殺事件は、中世ロシア史では資料の焼失が普通なのと
.      ,         ′ / ∧ ,′
     / /     / | /|i | ∨    i             年代記の記述がアテにならないのもあって、
    ノイ  i   ハ 斗/-|{ | /ヽト、_   | i   | i
     |{   |  ′Ⅵ′八{    \ヽメ、   | ト、
.     八  | | y'fチ斧  ヽ   x=ュ、 |    |{,ノ \     「はたして本当にあったのか??」
     / \ト、{ 《弋うノ      "{じ::ハ》|{i  八
.      ′  ` ハ            ゞ '  八 , '  ‘,
.    i{   ! `         '        厶イ     i       という疑問がよく出されるわ。
    八   |   ヽ      _     イ  |     i|
        \{ヽト、  i>      イ }/i ,  i{ 八
        ヽ  )ノ /\≧≦i){ノ}/ }ノ}/ )′       だけどノヴゴロドから逃げ出せた目撃者の証言が
            /  | | |  |   /)
      __,,  fi´    ノ | |  ` //   _   /)     年代記の記述と多く一致していることから、
     /    ||  /イ:T:rへ / `こ7 _ 厶}//
.     ′    ヾ/   f⌒Y/    ヽ{ ,へ ヽ∨       信ぴょう性は高いわね。
     i          !::/     /ソくノ)  , ′
     |     /7≧x.、  /\   .イ7く /r‐'  /
     | {: /三三ニ/   `くミ三三{ ′ /
     |  Vニニニ/ \     〉三三}___{_
     |   `寸i/      ヽ /三「     |




       /            |          |     \
.        ′          ∧   |     | l \     ゚。
                      |     人|-‐-ミ
                 |   \-{\  / 釗    .   i
     |       |       |/  \〉 \    ! x=弌 }  |
      |     |      Ν  斗r云       ん( j} ハ
     |     |     | / ん(__    }丿 v:ソ   }/
.       |     人    Ν〈,   V::ソ         {
.      !     /⌒丶 {             '             で、どれぐらい殺されたんだ?
.       ‘,    { /⌒ \〉                }
         八  〔::::(_    ι       __   人
              `  二. __          ´
               . . . . . . .〕iト            /
          }     . . . . .厂|    ≧=‐--‐く |
         }    |. . . ./ .V         ト、 .{ |_____
        }     |. . ./ . . .\       丿. 〈 ̄`⌒V^丶
        }     |/{. . . . . . . ー-‐r‐く. o. .oV⌒ー┘. . .゚。
         } .     〉. . . . . . . o./. {. \. .o.. . . .i . . . . . .
      ___rく      . . . .\. . .o. ./. . {_ . . \__〉 . |. . . {. . !
      /⌒丶 \__/. . . . . . \_o/. . . . . }O. . . . . .| . . .{ . .|

.

224夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:30:41 ID:MvVs9hmE0



                                        /                    \   \
                                       /                  \   \
                                      /        |  |i     ヽ   ヽ   ヽ
                                       |/       .| .|  | |  i    ハ    |   |i
    犠牲者の数は諸説あって、    .              /    |   | ハ i | |  ハ    |   ハ   |i
                                   /. ,    |   | | | V ハ. | | i  |   ヽ\.  |
    2万から6万人とあるの。                   | | .i   |  i| ハ | |// ト. | |ハ  ハ    i ト \|
                                   | ハ |  i ナi十|ニメ | Xヾニノニリナ /-|     |ハ   |`
                                   V | |  | |ュリ__|ェィVノ ヾVィュノ__V__. |   ハ |   |
                                     |ハ  |トハ`ゞ゚=ソ     ´ゞ=゚ソ /゙ |  ノ リ  ヽ
    だけどノヴゴロドの人口は                    ! \| ヾ| :::::::::  ,     ::::::::::  ノ /     ハ\
                                       /  ハ ::::::       :::::::::  ノ7     ノ | |  ヽ
    最盛期でさえ3万をこえなかったわ。 .              |ハ  \   rヽ       /|::| /.  /|: /ハ|ヾ|リ
                                       || l   .|:::`ト、.`´    ./ ,イ|.イ/  / ノリ
                                       ヾヾハ |丶:::::/`ト-<´/  |. |ハi/
                                  rー--、i============イ|`||^´゙   ハ.
                               / .ー―-|          |! ||      \


                  |::::::::::|
ヽ、         , -   ´ ̄|::::::::::|
 ヽ::::\    /       `\:::::::::|ヽ
  ヽ:::::::\/     丶\     ヽ::| ヽ
   `:::::::::/  、     Vヽ ヽ   ヽ  ヽ
   \::/   i.、ヽ  丿∧`\ヽ  i i  i
     |  | |\ \/ i ,,xヽ--ト-- i リ  i
     |  ヽ .! ヽ ノ人   > L_v i iへ i          どこかで聞いた話なんダナ…
     | ‖ |ヽ」 ̄ヘ\\ ´|´ト::。i.フ | リく`| i
      ii ! X V,イヌ< `\ ` `-´  Vν/ i
      ii ヽ|\{_ i、゚リ         ノ/i i
      ヽ ヽ||くヽ    ヽ      / i  i .i
          i トヽ     _    イ  ii  i i
          v i 丶      /, i  ii  i i
          | i  / ` ト ̄/  ヽ  ii  i |
          i |_/_ンo ゚i‖i゚ o   .>====-,、
        /== ̄ ! o/‖、 o /   /    ./ i
        /| i i   ヽ/‖゚ \/   /    /  i
       /|/ ,,!、    //    _ /    !/   i
      ///─,─-ゝ //ο    ´- _ `ヽ、  v i  .i

.

225夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:31:50 ID:MvVs9hmE0


                                                   _ __
                                                 .  ´        ` x≦77
                                             /           <,/////
                                      .  r≠≦7             ∨//ハ
                                         ∨///       /    、      ∨/
    犠牲者の数が万を超える根拠はね、      .         `¨¨′     ′ i  |{-‐、-    ′ i
                                            i       !| !ノ   八{ \ヽ.     |
    年代記にある「一日に千人を殺した」という記述に  .         |    /八ト、  / ィ笊ミx‘   i  |
                                      .     ノイ   ixf笊 ソ   弋うリ  i  |i 八
    彼らの滞在した日数…おそらく1ヶ月ほどを              八    {弋う      ,,,,, ′ 八 ‘,
                                             ー  ゝ ,,,,,  '    厶イ  |{ i
    かけたものなんだけど。             .                 i{  人     c   イ{  i   八 ′
                                      .        八{  i ≧=‐r<_jハノ}/
                                                \{ ゝ⌒ノ|{   ヽ
    どっちもアテにならない数値よ。                            ,.  イ  八   /`  、
                                                  /  , ヽノ,:f^V7      i
                                               i  /_ /:::i ____  /     |
                                               | f,//,'/::::::|/////    ,
                                               | |///,:人::|////    /






.       ∨////´                     ヾ'/////
        ∨//            i|         ∨/,'/
       ハ,′   /   i    !|            ヾく
       i      ′  ∧  八i    i   !|
       |      | i|  | ヽ / i|     |  八     !           そもそもこの虐殺は、
.       八   ! i| i|  | /\{\  }  / i      |{
      /  ヽ. | !| 斗‐―-   `  ヽハ‐-ノイ    八           一応は「裏切りの調査と裁判」だから
.       ′   Ⅵ八                八 /    ヽ
    ノイ    ハ ゝ=≠'      ゝ=≠'  厶イ     ト ゝ        戦争の延長でおこるヒャッハーのような
     |       ∧                /       |
     |{   !   !        ′     /     ,   |{          手当たり次第の殺戮ではないのよ。
.     八   ト、 ト、 ヽ     _ _     イ  } i  ハ  八
       \{ ヽ{ \( >        <ハ}ノ)ハj/ )ノ
           `      「\__/ i/´     ´
                   ノ   ||   |                     オプリーチニキたちの残した記録からみて、
             _, ´    ||   ー  =ミ
        , ´ ̄   {{    八__/    ` 、             実際にノヴゴロドで殺された人数は…
.        ′       \__/:::::∧/,/          i
        i           /⌒7 `´           |
        |     i      /::::::/       i    |
.

226夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:32:23 ID:MvVs9hmE0



                                                 _ -─ ──- 、
                                                ´   ´ ̄ ̄ ̄ヽ `
                                             ∠_            ヽ `
                                            ´   `            \ ` 、
                                          /        ヽ    、     ヽ ヽ
                                          /   /  / / | |  、  ヽ 、    ヽ、', __,
        おそらく2〜3千人ほどよ。                 '    ! | {  } |  ヽヽ ハ ヽ  个ー─'´
                                        /    .{ | { ハ ソ ト、 ハノヽ } ハ   ヽ  ハ
                                           |! ハ| ヽ ノ ヽァ==ミ、  ',  } !  ヽ
        少ないでしょ??        .            ' | i   |ハノ jノ  乂 〃て::ら ア   } ハ !   ヽ
                                       { | !   {,ィち::ハ ノ    弋ソ ハ  |ノ リ   ヽヽ
                          .            ! ハ ヽ ハゝ弋ソ          } ノ       ヽ}
                                      jノ__ヽ \ゝヽ    、        jノ     /  ハ }!
                                     r‐<ヽf´`、ヽヽ ヘ    _ _,    イ |    イ  / }ノ
                                   /´ヽ /´ ヽ ` ¨ヽ ` 、        ..イ | !   / ! ./
   .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ         .   / ´ゝ {_ノヽ     ヽ  ≧=- .._.. ´_ノ} !ハ  .{ jノ
   |  サーニャ、それはきっと               {  }  /  ヽ    `ヽム-=イ{|!}´   ト、リ }__!
   |                            .    |  !  ヽ__  ゝ、    ',   」⊥!     >'  \
   |  感覚が麻痺してるんダナ。             ,'  ノ   _Y_,ィ`ヽ   ', /-‐-|!__〃´ /´   }
   乂_____________ノ            {   ィ‐'´   /   ハ   } 〉‐‐〈| 仆/  /      |
                                 人__/ {   ,イ  / __}_ /ヽ':::::::/ |_/  /      |
                                / /   |  / .} //´     ヽ:::/,.イ}ヽ _/ -─'   |
                          .      { /   ∧ / | ∧       人::::::::::|::/        ,
                                Y    / .V ./ {::::ヽ__ -‐'´  }::::::::::/        /
                                 |  /   ヽ  !:::::::ヽ      |__:::/       /

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

227夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:32:56 ID:MvVs9hmE0



――― ツァーリとオプリーチニキたちの宮殿 ―――





              「L「 ̄L「 ̄ ̄L「|              ___,_z土x:rz_ri
       「L「 ̄L「「^'|__|__l___,|              |「 ̄| ^ _」 |__|     ,ィ_「L「|
       |_|__!....|  |    |: : : : ::|           「 L「:「 |  ||  :|  r’: : ::|  l___  _|__ |   _
       |  |   |: :| f:l |    | f:l  |」 ̄L「 ̄l_r‐i |   l:└r==' ̄:: : : :::| | ̄  ゚ー゚    ̄|l」三|  L「L「|
       | fl:|   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二「:!¨'}   { ̄: : : : : : : : : : : :::|_|           : ::|===:|     |
       |  |   |: :|  |    |: : : : ::|二f!二Ii二| | l:ヒニヨ: : : : : : : : : : : : : : :.:|           : ::|王l :| Ⅲ  |
       | fl:|   |: :| f:l |    | f:l: : |二二二二| | l :|  | ,ハ. ,ハ:.: : : : : : ::|     III  : : |===:|     |
       |  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  | l'Y'l l'Y'l: : : : : : :::|           : ::|===:|     |
  ̄ ̄ ̄ ̄l! l|   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  | | | | | | |: : : : l^^l |     lYl : : |三=:|  iIi  |
 : : : : : : :.:.:.|  |   |: :| f:l |    | f:l: : |二||二||二| | l :|  | |_|_| |_|_|: : : : l_|_l | f:l    |,l,| : : |十l: |  l|l  |/| ̄ ̄ ̄ ̄^!
 : : : : : : :.:.:.| fl:|   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  |:: : : : : : : : : : : : : : : |           : ::|三=:|     |  |       |
 : : : : : : :.:.:.|  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二| | l :|  |:: : : : : : : : : : : : : : : |           : ::|===:|     |  |       |
 V'`i: : f`V'|  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二二|_|_l :|  |:: : : : : : : : : : : : : : : |           : ::|===:|     |  |       |
    |: : |   |  |   |: :|  |    |: : : : ::|二二二/ リ トリ  |:::: : : : : : : : :::_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_ :|
 __|_三三三三三三ヘ .:|/\|: : : : ::|二二/_/ /  |::: : : : : :_/                            `寸_
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´'Z__|__/_______________________


.

228夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:33:28 ID:MvVs9hmE0



                                       //            ``ヽ、\
                                      ( (                  ) ヽ
                                        \ `ー --,. '"´  ̄ ̄``ヽ -- '_ ノ
                                         `ー-/          \
                                       , ⌒/  , / 〃 , 、   ヽ. 、 `V´ ̄\
                                      // .:/ .:.:.::|::|.:.:|::|.:::|.:.:ト、__,:::.ヽ\ ト、   \
                                          /.:.:::|;;|.:.::::::|::|::∧|ヽlヽl´ヽlヽ.::l  L.ヽ|\    |
  やあ、久しぶり。               .             /.:.:.:.::l;;||:.:.:.:|ィレ'⌒l    〒=ミ、  ハ  | l |\  |
                                        /.:/|:::/l/||::::::l/l/,ィテ     ヒzシ 1 | |.:::| N  \|
                                        |/ |/\:||\::ヘ. 弋ソ 、    ー /  lノ.:.::| |
  君がわざわざボクを尋ねてくるなんて、   .               |.:/l.:::;ヘ.' ' ' r‐┐ ' '〃 〃.::/ リ
                                          |/ |.:/|:::.>.、 `ー _ .イ 〃 |/
  モスクワで何かあったのかな? .                       |/ .|/\::|「( ̄-‐ 7 /⌒ヽ
                                            /l  ̄_ >只く / /     ',
                                           _/ _// ムム./ _,/      i
                                      _, . '´  / , イ   / ∠__     |
                                     / 、   / /   l i   |   / i      |
                                     l  `ーくi.:::',.:.:.:.:l i:.:.:.:.:|  /  |.:|     |
                                        l     ハ.::l .:.:.:l i:.:.:.:.:!. /.  |::|    l
                                      !    /.ノノ _ノノ   !/  、 |::|     !
                                      ! __ノ〈く _,⊥⊥_ノ    V´1    !
                                  ,.   '"´     _厂 `7 `7´  l     〈 /       !
                               /    ,. -─┘  ノ  ノ    l     \       !
                             /     /      ``フ´ _ノ    l     \__/
                            く      > ´  ̄``ヽ∠ .:.:/      l      \
                             \     \     /⌒ヽ/         l          \

.

229夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:34:00 ID:MvVs9hmE0



        /: : : : :/: : : : : : : :/: : : : /l: :ヘ: : :',: : : ヘ
.        /: : : : :/: : : : : : : : :}: : : :./|:l\:.ヽ: :l: : : : :\
       }: : : : :,': : : : : : : : : :|:..:..:/__i:|  ヽ\j_: : :l: :.ト.\
       |: : : : l: : :.:.i: : : : : : |:..:./⌒l:|   ヽ:..\:.:i: : } `ヽ
       |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |:./ ,x=:リ     ,ィぅ、i: :.|
       |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |ィf)うハ       jr'::} l: :.|
        リ: :i: :.|:.:. : :|'^|: : :l: :| .トr':::i      ヒシ l: :.|            .r´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      /}: :|: :.|:.:. : :|ヘl: : :l: :| 弋ツ      ´、、.}:.:.|            |  国璽尚書、
     /八: i::八:.:. : ト、}: : :l: :| 、、、、     ′ 八:.|             |
        i人:.:.:ヽ:..:.',∧:.:.l:八         ⌒ .ィ:./ }:|            |  ヴィスコヴァティ。
          \:.:\:.ヽ',:.:V:∧ 、       / j:/ iリ            ヽ__________乂
           ヽト.\∧:.V、:',  ≧  ´   ノ
              / ̄ \!ヽ\-、ノ
               /    丶    `l
              _ノ´ ̄ ̄`ヽ、 ̄≧トi、_
         __/        V\r‐─-、ヽ
       /          }.  ヽ::::::::::.`Y^ヽ
       }` ー--       /   ∨:::::::::j::::::::〉
       |          /      V::::::::l::::::/          【 ヴィスコヴァティ 】
       r'、_         /      }::::::人::::}
      /   __.     / -‐      i/ヘ::i^∧          下層から出世して選抜政府で外交を担当
      フ´ ̄   .:  /          |:|   '.          アダシェフ失脚後は国璽尚書になる
       /      ...: /           }:l   }

.

230夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:34:33 ID:MvVs9hmE0



            ,__ ___
        ,. ':´|: :`: : :`:ヽ、
       /: : : : |: : : 、:ヽ: ヽ:\
      /: i: : l: :A i:ヽ: :l: :l: : l i:、:ヽ
     l: : l: : l:/! |゙、:i、: |ヾi.: | l: i: :|
     |: i: l: |/t―! ヾ ゙、|rt-;|;:|: :l: |          ツァーリ…
     |: i:.ヽ|/r=,      T;;ヽ |: :l: :{
     !: i: : :iヽU      U  .|: i: |
     i: l: : :|、'''    '  ''' ,.!:/i/           オプリーチニキたちが拷問して処刑した中には、
      !!l i vr,ヽ 、 _´`_ , ィ;´//
        ヾi  rノ--r-゙-,´               私の兄弟もいました。
       __ ,..-'―-rr―'--.、
      /  |  r'´,.AL  、/` ヽ
     /   ヽ _,.イ.liii l`i、__/   !
    r'´  .V L__/ |!!!-i L_」 ,|  `ヽ
    ヽ`ヽ /   / l   l .i  .ヽ_, r'::/
     >.-、{ ........ー...........ー......... }::,.ィ'
     i  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |
     |  i |ー   ´ ̄`ー '/i   .|



                                  ,. -――‐-- 、
                                   ヽ (´  ̄ ̄``丶`ヽ、
                                  ヾ=-,. ---- 、 `丶ヽ、
                                   _/      `ヽ='-' ∧
                                /´/  //ハl、  l l l⌒ヾ-'、
  それはお気の毒に。          .        /ィ f l ィTト ,lィTTト! l !   \l _
                               / /,l Vlr;=、  ,ィ=、l ! ト、ヽ ヽY_,>、
                              r‐、レ'//lヽト ヒリ,  ヒソ} /)'lハノ リ-、 ||
  でも仕方ないよね、                   ヽヽ'ヽ リ! |`ト、 ワ _//イイ|‐' ∨ ヽ-ヽjl
                              /{`ヽ〉 Y´!l l∠ニ了´イ/‐'、'ヽヽ  r┴-〃
  裏切り者には容赦できないよ。         〃〈ニヾノ ! ハl>イ/ハイ'/´ ト、ヽヽ'j゙T〃
                            〃 ,lフ´   l,ル'イ〃'´ソ´!   、 !'  ヽヽ〃
                            ||  >、   l/ 〃{{、/ /l!   ゙|ニフ `〃>
                            ` /  ト、 /ハヾ |ヽ〉 { ||    !  〃|
  で、愚痴を言いにきたの?             l!  \ ソ {_} |ト! o `ハ l   l   |l !
                             l!   /  〉三l  `ヽヽ!   l   !| j
                             l! /     l } l l\    ``ー-!... _!| !

.

231夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:35:08 ID:MvVs9hmE0


                                     . : : : : : : : : : : : : : : : : :゚。: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                        /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : .゚。: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                   _{.: : :\: : : : : : : : : : : : : : : : '。i!}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 「⌒ヽ
                       .             /. : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : :'l/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
                                    ′: : : |\: :.|\: : : : : : : : : : : : :.'l---≠ミ: : : : : : : : : : : : : : :
                                  |: : : : : |: : ::`ト、: : : : : :.|: : : : : : : :.'l--/   V: : : : : : : : : : : : :|
  ツァーリ、                   .        |: : : : 八: : : { \: : : :.|: : : : : : : : 'l-/ ⌒:,. |: : : : : : : : : : : : .
                                  |: : : : : : \: :\ >--ト: : : : : : : :'! ーrv | |: : : : : : : : : : : :.
  もうこれ以上の粛清は止めて下さい。           |∧: : : : : :{\ ヘ    | V: : : : : :.|   ノ ノ: : : : : : : :∧: : ′
                                   リ ∨: : : : :.\`ヽ} ,≠T==-: : : : :|   r<}ハ: : : :}: :.′: /
                                      ∨: : : : :.ハ 〃  |  ∨: : : : |    /  : : : :}ヘ } /
  どれだけ殺せば気が済むのですか?             ∨: :|\:./     j    ∨: : : |    ′ }ルノ リ
                                           \|: : |:\          i: : : :|     //     }
  貴族を滅ぼすおつもりですか!?                   |: : :ヽ___/⌒> Ⅳ : :|ヘ  //        ノへ
                                          |: : : : |  〕ィ   |ハ: :|  〉/   /⌒ヽイ   \
                                          |: : ハl     >-|! }:.:|  《{  /     \    \





             ___  ___,.    --   _
           ,. <       }ノ            > 、
.        /./         イ| /     / ,         \
        / /     , '  ., ' |:}'    //    、    ‘ ,
.       //′    ,'   /  |:l.    〃  ,  ,  }       ‘,
      ´ i     , |  /  ,i|::!   /_  イ /}  /    、 .ト,
.         |.    , ' l ./  .!|::|   //メ <  //,'  }   |  i‘,
.         {   / ,' i| , ニ||::|  ,.ィ示芯}ミメ、. //} ハ  ./ |.゚,
          ',  /.| !  ',| { ,|l::| | |.圦_以    /´ x=ミ「 /  ./  |
.         ∧ { }'|  i ‘ , |: l ', ! ゞ-く_       んリ 》' ./ ,| |     ・・・・・・・・・・・・・・・
       /:/ ヽ .|  ゚,   `!::|  ', {           厶ィ 厶イ{  ,'| |
        /:/   ノ /! ゚,   .|::|   ト、.     _ _ ’   / :!.|.| ', ,' }/
.      |::|     イj,ハ ハ iV|::|  |、        ,イ  |.| !,:∨
.      |::|      V_彡<.Ⅵ',  !:>     ,. < |  ./リ |.゚,::゚,
.      |::|.     , : ´ ̄≧x ゚,ム:, ! _/,.≧チ} , '| ,:| /   レ ',::',
.      |::|   , '::::::::::::::::::::: ペ,ム\,.イハ/l/レ j/,' /.    }:::|
.      |::|  ./::::::::::::::::::::::::::::::i:ゞ:::\\!\  :|:::|/     |:::|




――― かってはアダシェフらと同様、その忠義と有能さを寵愛した官僚の説得に、

     ツァーリはこう答えたという。



.

232夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:35:47 ID:MvVs9hmE0



            /     \      {{    ̄ \
   .     / x-===-  \_ _.. ゝ= ..     \    /ア
        {//⌒'ー=ニ_ /^"      `==ー '   }V゙ (
                 /     /   .ハ  \__,. ノ    :}
     __        // // / 〃 .    Ⅵ  V     __..ムイ
     \゙Yニミ/フ  〃 {{ { { ァ⌒/ {/L」_  i|  !|{\_     /
       V/ヽ{. 〃/从乂ィ示{ { 」L{ ト、 リ 从V∧ ̄¨¨
       {  々》 {{//   {7ト少   7癶V /  || i}∧           「余はまだ汝らを撲滅していない、
       ∧  '.L_ゞ{从/{ 从  '_   t' ノム イ}//ハV マ.
      /r宀冖三}   __乂.>. ‘.ノ   / 〃 ///リノ  ||           まだ始めたばかりである。」
      ∧_/ ̄ ,'   /¨¨>:个マ=ァ / ̄¨'く  /   :||
      厶'    {  厶ム=-‐fマ´ /イ: :__.: .: : :} /   :jj
     〈   / 厶=ァァ''¨//マ // ̄!: : !,.: :|《   〃
      {\/  / / / / ./ /r⌒'vヘj\.! ' ,l  / ̄>    /|      「余は汝らの記憶が残らないように、
      ||\/〃 .': :{〃 /〃: :ゞ=ィ彡┤i i:!i ; :.,/ /{    /: ;|
      |! 乂  く: : 厶\{/: : x┴┴- | i i li i ; ;\!(L _/: : .; .:|       汝ら全員を根絶しようと考えている!」
   .      \_..」: : ',  | o: : (゙ ̄¨''¬=-: li i .; .; .; ̄《.; .: .; : ;|
          /: : /}_〈__\: .: :\i_i_i_i_i_i_i__ ; ; ; : ; : ; :  ̄`\
         /: .: :,厶フ‐ァ¬ワix_x个x.i i ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/: : ̄ ̄¨ '\
   .    /: : : :// リ  jノ  \ ̄¨\i i i i i/i; ; ;/: ;_: .; :___: ; : ; :∧
       /: : : ://  / /     i ∨ / 込i i/i i 〃;/; :⌒'く ̄¨ヽ /.; :}
   .  /: : .: .:∨  /  , '     i|. /__: :∧i i i {{: i{.i i; : ; : \r ⌒\j
   .    ̄\: :く /   /     , | ̄ ∨{/: :ノ\i '',i i\i ; i ; : ; \; : ; :\
   .      \_Y_  〈=ミ_   i |   ∨/=-/:\),i i i : ;ー─‐'i.\; : ; :\
            ̄`マ⌒厶ニ=-=L.. , -彡⌒V : /`=- i_i_i_:彡 '’ ` ー--'
              マフ ̄¨ ¨''¬厶イ   ムイ
.

233夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:36:19 ID:MvVs9hmE0



                                             ,. -'´
                                           , '´                 `ヽ
                                         , '                     ヽ
  ツァーリは反逆者を恐れておられるのでしょう?   .      /        _               ヽ
                                       /         / \          l  ヽ  ヽ
                                       |   ,   /  /       | i     |  l  |
  ノヴゴロドの一件もあって、                .     |  /  /  .|        |  |    l   |  |
                                       |,,,,/r=-<   |   ,   i  |  .|    lr',´ | |
   ゼムシチナ                          .       /,.. ィ'  `,,ヽ, |   |     .|  .| l   ,|/__ | |
  旧来の国土の政府では怒りが渦巻いています!   .     /r//  /  `ヽ、  | |  |ヽ .ト  .| |   レ,ヽ}| |
                                      /ィ/  /  ,. r-、}  | 、|、 | l .| ヽ | |   |_  | |
                                       {'    '´ ,ィ、 }  | .`-t--|‐'ヽ| |  ,|/// |
                                       ゙、      <-しヽ .|  V_,. ---っ |  r_,/ ,l,{
                                      .,r'ヽ     ゙、.`  ヾ}  ゛'   ;;'| .|  / /i /リ`
  これでは逆効果ですよ!                    ,/  ゙、     ゙、   '       ;;.| |  /r-'´ ̄`ヽ、
                                 ,r --'´   ,. -,>,     l _______,..    ,' |.i  |        ゙、
                                ,/     / ,r/ `     ノ- '、ー―`', -, '´リ|  /l        ゙、
                                | ヽ  ,. r'´  ヽ    ,/ ヽ  TiT'´  /__| / |         ヽ
                                |  r/     ヽ  ,.イ, -―--=、,!!!r‐'´` ̄  ,/<|| /        `ヽ、





             ___  ___,.    --   _
           ,. <       }ノ            > 、
.        /./         イ| /     / ,         \
        / /     , '  ., ' |:}'    //    、    ‘ ,
.       //′    ,'   /  |:l.    〃  ,  ,  }       ‘,
      ´ i     , |  /  ,i|::!   /_  イ /}  /    、 .ト,
.         |.    , ' l ./  .!|::|   //メ <  //,'  }   |  i‘,
.         {   / ,' i| , ニ||::|  ,.ィ示芯}ミメ、. //} ハ  ./ |.゚,
          ',  /.| !  ',| { ,|l::| | |.圦_以 :::::::/´::::x=ミ「 /  ./  |
.         ∧ { }'|  i ‘ , |: l ', ! ゞ-く_ :::::::::::::: んリ 》' ./ ,| |        ――――――!!
       /:/ ヽ .|  ゚,   `!::|  ', {      ::::::::::: 厶ィ 厶イ{  ,'| |
        /:/   ノ /! ゚,   .|::|   ト、.     _ _ ’   / :!.|.| ', ,' }/
.      |::|     イj,ハ ハ iV|::|  |、        ,イ  |.| !,:∨
.      |::|      V_彡<.Ⅵ',  !:>     ,. < |  ./リ |.゚,::゚,
.      |::|.     , : ´ ̄≧x ゚,ム:, ! _/,.≧チ} , '| ,:| /   レ ',::',
.      |::|   , '::::::::::::::::::::: ペ,ム\,.イハ/l/レ j/,' /.    }:::|
.      |::|  ./::::::::::::::::::::::::::::::i:ゞ:::\\!\  :|:::|/     |:::|

.

234夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:36:51 ID:MvVs9hmE0



          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l         貴族どもだけじゃなく、
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,         今度は君ら官僚までもが
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、       ボクを敵視しているというのか…
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム       ふっう〜〜〜〜ん…
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|

.

235夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:37:23 ID:MvVs9hmE0



       \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
        >                 <
        >  こいつを逮捕しろ!   <
        >                 <                .,   --
        >  部下の官僚たちもだ! <           ,.. r:':´: : : : : : : : : : : : : ::`ヽ.、
        >                 <          /:l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
       /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\         /: : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                                  ./. : : : : | : : : : :i: : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : '、
                                 ./ . : : イ: |: : : : : : |: : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : :.',
                                ./. : : : :./:|: |:l: : : |:、: |.、: : : :i: : : : : :.l: : : : :|: : : : : :.',
                               .ノ: : : : : ;|: :|: |:.l: : :|: l: :|:ヾ: : : |:、: : : :i: l: : : :|: : : : : : :l
                             .//l: : : : :| : l: |:.l: : |: : l: :|:\: : :|:\: : l: l: : : :|: : : : : : :|
                            -‐'´ /: /: : :|: :'´lΓ:l: :|: : 弋:|‐-\:.|:.\: |:.|: : ::l::l: : :|: : : |
                               ./: /:イ: :|: .;x_‐、: ヾ:|: : : : ,ゞ--:、ヾ!: ヾ: |:l: : :l:::|: : |: : :.|
                              /: /:/::l: :|:´: i;;;l : : :ヽ!: : : :  .,r;;;、ヽ: : ヾ:l: : :l, 、|: :j: : :.l
                              /: : :/:::::ヾ:l: |-j. : : : : : : : :  l;;;_;;;l : : : :./: :.j.--|:.イ: : :.l
                             ./: : : l:::::::::::|-.、`:': : : : : : : : : : .乂_丿: : : /: : :j フ.j/:|: : : l
                            .i: イ: :l:::::::::::::l  ` '  ̄ ヽ 、: : __;.- 、:/: : /_//:::::|: :i: {
                            l/.|: :l::::::::::::::::\     __         ./: ,:/""::::::イl: ハl
                             |: :| |::/l:::/|::::::; ,ヽ.、, ` `     ,,ィ/: /:/;イ:/.l/ !/
                             |: | .|:l |/ |/´ムィ‐‐ァ:ヽ 、__ ,. ‐ _´-.//:/' /.'
                             l; | .|/          i'ヽ_/,´r' ´ | '´
                             ヾl         _,,,,ノ.`l .i'´    \
                                    ,  '"´ヽr‐.l´.j、  , r‐'"´´~''‐ 〟_
                                   /    _,,,,ゝr_ヽ‐'´      ‐ -、 ヽ
                                  /   ´, r‐''"_,.´´ ̄``゙` ヽ 、_     ヽ,
                                 ./  /              `ヽ、   .l
                                ,r'=-´、     _,,,,,,-- ,,,,    ,、   `ヽ、 .l
                                .冫ニミ!、lヽ、_,r.l´,l-!-!-!,,,,|`'iヽ、 : :i,..r:':":´:~:::l .l,
                                / /: : `ヽ、L! ,r',‐=;~: `:ヽ.!,_| .l`lヽ l:::;.r.'"""''''l 'l,
                               i、_i: : : : : : :~:~:/ /: : : : : : : :`ヽ,‐',、 .l: , r‐''''''':::l l,




――― ヴィスコヴァティに続いてモスクワの官僚たちが逮捕された。

     「ノヴゴロドの裏切り」に関与した売国奴として、あわせて300人ほどが処刑を宣告された。


.

236夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:37:59 ID:MvVs9hmE0



――― 彼らの処刑は、モスクワの広場で行われることになった。




                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
                  (           、⌒         ヽ     (     ヽ
                 (    (⌒                  )   (
                           , ⌒ヽ                               _,,.,..,......
                          (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |  o                    ゝ    `ヽ  ? ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , ミく_)ттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.. 卵}}.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| . こハツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| ノニニハ、 ..| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘

.

237夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:38:32 ID:MvVs9hmE0



――― 中世〜近世の社会では、公開処刑は庶民の娯楽の1つである。



                    _____
                      (⊂ニニニニニ⊃)__∨:::::::∧:r '
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   >V::::---<__,
                    ,  '´ ̄ ̄ `` x_'´   -xz─:Ⅹ
          x-‐'ニニ x _  ./             ヽ、     ヽヘi:∨            モスクワ市民のみんなー♪
         >'´     ``i::j' / ./    ヘ       ヽ   ハ::::7
           /        /   /:i '   '   ,|iハ ヽ  ヽ ハヘヽヘ i::∧ノ
.          / ,. -‐_,../  ,イ i::i i  | ./ / i.i iヽ i  i: !|ヾトi:::V:\::ヘ,. -::'フ
         /イ´ ̄   /,.イ/, i::il   i /7丁iTjリ ィハ.| / i.|  t_::::::::::::::::::x'、         今から大規模な処刑をするよ!
             7/j i i  |::i ハ i |,.x芯ゞ   z=x |/リハ  ,ィ::::_:::::::::/::::ハ
             //〃! i  '::j   ヘ 弋zリ    、   !j, ハ iチ '<,.-::::::::::::::ヘヾ,       さあ、見物するといいよ♪
               //  i ハ/:/ i', i  ヾ、   r-y  イ.|ヘ iヾ  ヾーt::::::::::::∧
           //   レ'/:/.iⅥヘヽ .ハr--、ヽ' イ/リ┴:Y:i        {:i_:::::::::ハ
              //    /:/ ヾ!ヾ >ヾ\ハヽヽ≦ィ/ ̄ i:',       ヽ:::::::::yヘ
          //    /:/   /:ィ´: : :ヽ厶::Ti:ト、::ー-::..._i::i     __,. rニ‐-、ニ-y
            //    /:/    i: : : : : : ー<: :ヽ---<_7,. -─: ': : : :ノ: : : : i ー--y
.          ,::;'    /:/       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '´: : : : : 7イ:下,
         |::|    レ'      .∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 7,..ィ´ ヽヘ
         |::|             ヘ-x:.__: : :_; ; : : : : : : : : : : : : : : : : :___ノ:ヽ:.ヘ j:::t.∨
        i::i              ヽ: : : : : : : : : >-y: :__;. :-<: : : : : : : : : : : :ハ i::::y
                       ヽ: : : : /: {/:/ / ./:./: : : : : : : : : : : : : : : : : :/--V:ム、
                        i: :イ: : : : : i { .〈: 〈 `ヽー----  _,.---'     i:γ:::)

.

238夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:39:04 ID:MvVs9hmE0



――― しかしツァーリがオプリーチニキ軍団と共に現れると、

     モスクワ市民は見物どころか恐慌を引き起こして、みな家に逃げ去った。





 |\                                 /7
 |  |                                /  /
 |  |            ___               /  /
 |  |          / __ \      __      /  /
 |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
 |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
 \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
   \___ノ                     (___/  \____ノ          /\
                                                      //.:::.:.::\
                                               / /..::.:..:: .:.::\
                                                 | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                                 |  | [] ...:. .:::|
                      __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
                   /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
             _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
          . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
      \∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
      :::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
      ‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
      .: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
      ::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
      工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
      : :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
      : :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
      : :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
      : :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
      : :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
      : :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                、
      : :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
      : :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
      /       '  、       `         lニニニニニニニニニl/
.

239夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:40:23 ID:MvVs9hmE0



>' ´       >Y         ``ヽ、
,__,イ    ,.   i:i   /          \
/     , '   /i:j  /' ./  // トi i i  ヘヽ
     /   ,イ//  i ,/‐、イ/ 7./ i | i   ' ム
    ,/   , '7//  .l/izzzxヽ、/イ .!|Vj     ! ヘ
  /i / i//  |. ヾト::::斗 彳´  リニi`   ' i | ,ハ      ったく、なんだよ!
 /  j/  y':/   j  _ヒzソ      i沁ゞ //i∧  i
./  //!  .//     |           ムリ|.//∨ .ヘ !
'  // i  //.i .∧ .|        ___ ' ``.i ' ∧V .iヾ
 j::,′lリ//  ,  .i,.!       ,': : : :/   从  i::i  j       せっかくボクが市民のために
 |::|  // j ,ハ  |ヽ:.、     ヽ--'  .イ 7 .iリi::iⅥ
 |::| i::'| ∧ ト V i .∧ > . _. イi |  / レ'  !:i         娯楽を提供しようと善意で呼びかけているのに!
 |::| i:::|´ V ヽA V rt r<  /: : T' ,′   .i::i
 |::| `´   .ィ:/ヾ/t|_j-i  /: : : :i .イ: >x _ j::i         しかも処刑するのは極悪の裏切り者だよ!?
 |::|   ,.イ:xz===イハヾヽ/: : : : :i´: : : : : /ヽ
 |::|   7: : //: : /::::/ i:::ヽ ヽヽ: : : |: : : : :./: : : ハ





          おいヤロウども、

          市民どもに出てきて集まるよう                    ____
                                     , ヘー‐- 、    /      \
          言ってくるんだ!               -‐ノ .ヘー‐-ィ  /         \
                                  ''"//ヽー、  ノ / (●) (●)    \
                                   //^\  ヾ-、| (トェェェェェェェェイ)    |
                                 ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_\ \ェェェェェ/     /
                                 /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                                 \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

.

240夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:40:56 ID:MvVs9hmE0



――― こうして呼び集めた群集たちの前で、モスクワの官僚たちの大規模な処刑が始まった。




   ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
    | ノ   u  ヽ    u    ヽ   u     ヽ  u      ヽ       u ヽ    u    ヽ
   /u ●   ● | ●   ● | ●   ● | ●   ● |  ● u ● |u●   ● |
   |    ( _●_)  ミ. ( _●_)  ミ ( _●_) uミ  ( _●_)  ミ   ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ
  彡、 u  |∪|  、`\ |∪| u 、`\|∪|  、`\ .|∪| u、`\ |∪|  、`\ |∪|  、`\
 / __  ヽノ ∩__ヽ∩   ∩_ヽ∩ ∩___ ヽ∩ ∩___ ヽ∩ ∩____ ヽ∩ ∩__)_∩
 (___)     | ノ   u  ヽ      u ヽ   u     ヽ       u ヽ      u   ヽ    u     ヽ
  |        /u  ●   ● | ●   ● | ●   ● | ● u ● |  ●   ● | ●   ● |
  |  /\  |    ( _●_)  ミ. ( _●_)  ミ ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ   ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ
  | /     彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\|∪|  、`\ .|∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪|  、`\
  ∪    (/ __  ヽノ /´>  ).ヽノ  /´> )ヽノ   /´> ) ヽノ   /´> .) ヽノ   /´>. ). ヽノ u /´>. )
        (___)   / (_/)   / (_/)    / (_/)   / (_/)    / ( _/)    / (_ /
          |       / | ̄ ̄    / | ̄ ̄   / | ̄ ̄   / | ̄ ̄    / | ̄ ̄    /
          |  /\ \.|  /\ \.|  /\ \|  /\ .\|  /\ .\ |  /\ .\
          | /    )  ) | /    ) ) | /    ) ) | /   ) ) | /   ) ) .| /   ) .)
          ∪    (  \∪   (  \∪   (  \∪  .(  \∪  .(  \∪   .(  \
                \_)     \_)     \_)    \_)    \_)     \_)

.

241夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:41:58 ID:MvVs9hmE0



                   ,.  -‐=    =‐- ._
              /               `ヽ、_
         , -‐<ア´        /             \> 、
       /   /          /l   /|              ゙<  `ヽ              だけどいくら売国奴でも、
.     /     /       /〃|| |八.   ト、        Y    \
      / ., -、  / .,   |   l | j」⊥!._ 」  ヽ. ⊥._V     |  ,.  ,.-、.\           皆殺しってのは穏やかじゃない。
.    /.イ  V/ /{   |   |,イ ||/八 |   ヽ. ! `iヽ    |  l ./  }\ヽ
..f⌒'< 八   V{ |  {从  l.八 |/  ヽ|     \ j.ハ    |  jノ  厶-‐   ¨ ̄〕
 >x._ ` ^\  `ヽ', {八 .| x==、     x==x、}j   |レ'´  /   r=ニ¨´
   __〕       }ト、 、 ヽ.〃               V  ノ  {     /  └…-=ニ、     だからボクは「寛大にも」
(´ ___       、ノヽ.\`ト、\""     '    "" / /  .八    ノ    r‐--- -’
  _>'´        |  Y  八      f´ ̄ `}   ノイ} ,   ,イ}       ゙ー-=ニ.._       6割ほどの180人については
(´ _,. イ^}     ノ.  }|   lヽ.       ,′   ///   /{八      、‐-  .._ _〕
  / .lノ  _,.=イノ  /{ | {.  | /> 、 ゙ー‐'  . イ」.// /} {. ヽ .≧‐- .、  ヽ、} \       この場で恩赦を与えよう。
. / . (´_,/       イ八|八.  V/ Lノ.≧=≦ .{  ./ , ' l.| }、    -‐ >x、_〕\\
. / /. 〉   ` ー '  |    ヽ 〈 {       `7ノイ  .リ /ハ          丿   \\
./ ./ .,′         |      \〉ヽ ー==‐=ア     ノイ  }         /{、\.  ヽ.
′′ {        |_  \     ヽ      /        _,ノ{          ハ\.\       いやーボクってほんと
./   /}         ∨ ̄二 \    ヽ.   〃   /二 ̄ 八         ハ ヽ. \
  /.,ハ           }       \    V/   /     〈 .ハ            ',.  ヽ. ヽ     天使のようだね!
. / {           ,′      `iト      イ!      ',  }           }    \
../ /〉、         .イ           ||      ||       |ヽ{          丿






                                 *  _______
    さすがツァーリ!            / ̄|  +   /         ヽ   +
                          | ::|    /⌒       ⌒   \
    聖人のごとき慈悲!         | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
                        ,―    \   | :::::(トェェェェェェェェェイ)::    |  `Y´
                       | ___)  ::| .!   \      /   /
                       | ___)  ::|+ヽ    \ェェェ/    /     十
                       | ___)  ::|   .>          \
                       ヽ__)_/   /                 \

.

242夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:42:38 ID:MvVs9hmE0



――― そして恩赦を与えられなかった、つまり予定通り処刑される者たちの「罪状」が読み上げられた。





                         ヴィスコヴァティ!

                         貴様はノヴゴロドの町を敵国リトアニア・ポーランドに売り渡そうとし、
         ____
       /      \           トルコのスルタンにアストラハンとカザン攻撃をすすめる手紙を書き、
      /         \
    /   (●) (●)  \        クリミアのハーンにはロシア攻撃の誘いをかけた!
    |   (トェェェェェェェェイ)   |
    \  \ェェェェェ/   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





      .:/  .:l . :| : :  /: :l. : : :/| : / | :ノ: : : :〈   ヽ : :\   : : : :l:  l    l: . l
       .:  .: :| : :| :  /: : :| :ー/ -- イ:| : : : : .ヽ、 卜 ー--  : : : |;   |  _l: : l
     .:.  : : | : :| : :l: : :/|: /  |/   l人 : :ヽ: : : . | ヽ: : : .ヽ: : :八  |/⌒》: :|:
        : : :| : :| : :|: / l/,. == 、ヽ   \: .\: : ノ ,. == 、 : :/:l: :  |/⌒》: :|;
     .:;  : : ::| : :| :l:.:Ⅳ /厂///:|::::::::::::::::::::::::::::∨ 彳厂///「\: :l.: : |_ イ.: .:|l      でっちあげよ!
      l .: i .:| : :l八:.| ′// ・/::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|://・ /:|   Ⅵ .: 厂 : l: : :八:
      | l .; .:| : :|.:| ∧   |::. `¨ .:リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::. `¨ .:リ   │ .: |⌒V.:.:.:|
    .:ノノl,:' .: | : :|:.|l   ⊂つ ─ ′;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶─ ⊂つ  | .: |   l:.:.:.:l:      だけど天上を支配する御方は
     /  | .::l:;l : :|:.|l    Uo                      ゚o   | .: l  ノ.:.:.:.;
         ', .:: |人:l:|:从         _ __ ′__          .| .:,'.イ.:.:.:.:.;' .      地上の支配者とちがって、
         ',::. | ::.八: :.人        . {------------}    u     ,l .:/ :/: ;∧,':
          ∨ ', : :..∨\\       . ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ      ./.::/ :/.:〃 /         私の無実を知っておられるわ!
            :. : : \ 丶:> :    . ̄ ̄ー ̄ ̄      < . :/ :/. :/:
            .:丶: : : ト: : |: : : /: > 、       , イ.:/: :|. : : :/ :/l :/
               \:│ヽ|ヽ:八/|   `  ー  ´  |八/:|: : :// l:/
              .:\ ′厂 ̄`丶  、     イ  ̄ ̄| |;/  /′:
                _/        \\_//     乂
              _, <厂| \ヽ       │   |     /⌒ヘ、__
          .:厂      l:.│  \\    |   |       l .:|     > 、:
.

243夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:43:13 ID:MvVs9hmE0




         .____
.       /      \          罪を認めろ!
     ./         \
.    /   (●) (●)  \
.    |   (トェェェェェェェェイ)   |       少しは楽に死なせてやるし、
.    \  \ェェェェェ/   /
    /          ヽ.        ツァーリの気が変わって恩赦が降りるかもしれないぞ!
   / /|         i  i  ,ィ
  / / |       /|  レ'/
≦廴ノ]二二フ .r  / 九 ,レ'
      ヽ  |/ ヾ厂´
       >__ノ;:::......




      / : : |: : {: : : : { : ;斗:./-‐弋 : : : : : ', ヾト=」_:_: :!: : : !: : :|_: : : }
      ,′: : |: : {: : : : {: ,' l:/     \:.、: : : ',  \\',ヾl: : : j : : |)): :.!
.     i: : : : :!: : :',: : :..{: {,.斗f=-、    ヾ\: :.',  xァ=抃 |: : :,': : : !)): : :.',
.      l: : : : :|:. : :.',: : ;/ん::::沁         \}  ん::::沁\/.: : .:.|: : : : !
.       |: : : : :|: : : :|\:| {:::::し:::j          {:::::し:::j V }: : : :|: : : : : :',
      j:i: : : : l.: : .:.!   と∋='′         `=∈_ヽ  |: : : :|¨Y::: :Ⅳ        ・・・・・・・・・
      //';: : : :l: : : :!  /////          /// }:}./ |: : : :l, }::::::}
.     /   ',: : : !: : : !.              ′         iJ  |: : : j ノ:::::::}
   /   Ⅵ:∧.: :.|{           __ ___ _        |: : :,':::∧:::,′
.       Ⅵ ∧.:.|:\         `¨ニ¨´       _,./ : /:::/ }/
          ヾ、:∧:!::::::::>.... _             _...<::::: : :/:::/
          \:::::::ト、::Ⅳ::::::::|≧:..... __ .....::::i壬:::/}:::::::::::/}::/
            \::| ヾ| r<._|:          」.> jハノ}:/ j/
             `  ,.|    ̄ ̄ `´  ̄ ̄   ,′   ′
            __,..-‐fT´ \       :| |     /` ァォ- __
        /       |:|         | |       /:/      ̄ハ
.

244夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:43:46 ID:MvVs9hmE0



                     ,ィ、_人,,    ィ
             、 、{\,イイ/    人//
             ヘヽヾ           ''"´ノ
            /     ___,,<´`\  ノ__
          ゝ-‐'"´  ヾ、_  } .\     \<__,,ィ.ノ
.        ∠ィ,,      `ヽ=''"ミ ''   `彡| `   /
.          /         ヽ   _'  .{  /__,,,ィ
         Y        ィ'| ハノ /-、 ヽ Y  ̄  /'"/ィ
        (    ⌒(__( Y  /   ヽ }  )  ./  ,ノ        吸血鬼たちよ、
          ヽ、  ヽ__,      ヽ    .ノ ∠ イ  ニ=、
            Yヽ ハ ` ̄`ゝ   `‐‐."./   /
.       _  /``─-、 r'"´二ニ__r‐‐"  ゝ‐'´              汝らのツァーリとともに呪われよ!
      _ _/__``ヽ--===、 `` <   | __ゝ-''"´
    /______      >^^r> .|___,,へ
  /_>`ヽ::::::::ヽ   ̄`r'^彡''""´``ヽ、r、──.\
. /:::::`ヽ  ヽ:::::::Y,ィゝ/: : : : : : : : : : :ヽ、__,,,、、_ \
 ,::---───--'"ゝノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽY``Y、
            .}: : : : : : : : : : : :.:::: : : : : : :: :|  /::::〉、
            .}: : : : : : ..:.:.:.::::::: : : : : ::::.: :Y /::::/  /`ヽ、



――― これが最期の言葉になった。

     オプリーチニキはヴィスコヴァティを生きたままバラバラに切り刻んで処刑した。




            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

.

245夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:44:28 ID:MvVs9hmE0



――― ヴィスコヴァティの部下だった国庫財務官のフーニコフもまた罪を認めることを拒み、

     熱湯と冷水に交互に体を浸けられたあげくに絶命した。




                 ________
              _/´´        / ,r   ~  ̄、"ー 、
            , ´           / /    ○   ヽ ノ
         ,/   ,|    U     / / _i⌒   U |
        と,-‐ ´ ̄  U       / / (⊂ ●     |
      (´__   、        / /    ̄!,__, ○  /ヽ、
           ̄ ̄`ヾ_      し  -‐一 -‐一─`'__ノ
          ⊂ ̄    ̄ ̄ ̄        __⊃
            ⊂ ̄             __⊃
               ⊂ ̄    __⊃




――― こうして100人をこえる主要な官僚や貴族たちが、残酷な方法で公開処刑された。




                                             ___________
                                                ( ((    ((     ((
                                              ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
                             ・〜                   |      |        |
               ∧_∧                  〜・          |      |        |
      .,,.::.;';  _.,,::: (:;。;ζ∧_∧,,..,     .,,,,..    ,,,._.,,.          ,,,._|.,,   .,,,|_∧  ∧_|,,
    _.,, (*。;-;。)⊂  :;...,,∧ (;。д(::)っ;::,..  l∪∪∧,,..(:;。;-(:)ヽ,       (:;。;-(:)   (:;);-゚:)  (:;。;-ζ
   ⊂.:;;...∨ ∨  ⊂(;:゚-。メ)     .,,.∧ .. .':''"'''(*゜-; V V::.,;:,⊃∧..,, _,,..  l∪∪   l∪';;;   l:: ∪
    (ノ(ノ ,,,._.,, _      ∧_,,_(;::(,゚:;..:;;゚)っ   '"'''":,'::∴(;;)゚。(:;:(;:゚o;。メ)っっ∪''''∧,,. "'∪'  '"'"
     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)  ヾ V V ::'.':''"'''"     (;:゚o;(:)ヽ〜
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。-;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_∧  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ〜 ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)〜 (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)

.

246夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:45:12 ID:MvVs9hmE0



――― 一通りの処刑を終えるとスッキリしたのか、ツァーリは集まった群衆にこう述べた。




                   ,.  -‐=    =‐- ._
              /               `ヽ、_
         , -‐<ア´        /             \> 、
       /   /          /l   /|              ゙<  `ヽ、             君ら市民を徹底的に殺そうかと
.     /     /       /〃|| |八.   ト、        Y    \
      / ., -、  / .,   |   l | j」⊥!._ 」  ヽ. ⊥._V     |  ,.  ,.-、.\           思っていたけど、
.    /.イ  V/ /{   |   |,イ ||/八 |   ヽ. ! `iヽ    |  l ./  }\ヽ
..f⌒'< 八   V{ |  {从  l.八 |/  ヽ|     \ j.ハ    |  jノ  厶-‐   ¨ ̄〕
 >x._ ` ^\  `ヽ', {八 .| x==、     x==x、}j   |レ'´  /   r=ニ¨´       その怒りはもう解いたよ♪
   __〕       }ト、 、 ヽ.〃               V  ノ  {     /  └…-=ニ、
(´ ___       、ノヽ.\`ト、\""     '    "" / /  .八    ノ    r‐--- -’
  _>'´        |  Y  八      f´ ̄ `}   ノイ} ,   ,イ}       ゙ー-=ニ.._
(´ _,. イ^}     ノ.  }|   lヽ.       ,′   ///   /{八      、‐-  .._ _〕
  / .lノ  _,.=イノ  /{ | {.  | /> 、 ゙ー‐'  . イ」.// /} {. ヽ .≧‐- .、  ヽ、} \
. / . (´_,/       イ八|八.  V/ Lノ.≧=≦ .{  ./ , ' l.| }、    -‐ >x、_〕\\
. / /. 〉   ` ー '  |    ヽ 〈 {       `7ノイ  .リ /ハ          丿   \\
./ ./ .,′         |      \〉ヽ ー==‐=ア     ノイ  }         /{、\.  ヽ.
′′ {        |_  \     ヽ      /        _,ノ{          ハ\.\
./   /}         ∨ ̄二 \    ヽ.   〃   /二 ̄ 八         ハ ヽ. \
  /.,ハ           }       \    V/   /     〈 .ハ            ',.  ヽ. ヽ
. / {           ,′      `iト      イ!      ',  }           }    \
../ /〉、         .イ           ||      ||       |ヽ{          丿



――― つまりノヴゴロドと似たようなことを、モスクワでもやろうと考えていたのである。


.

247夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:45:45 ID:MvVs9hmE0



――― このように1570年は、ノヴゴロドでの虐殺とモスクワの大量処刑といった、

     オプリーチニナ政策による粛清が最高潮に達した年だった。




                                      fヽ //     V/O//    \/\  イ
                                     .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
  ツァーリ、                              /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.
                                   ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
  裏切り者はどこにでもいますぞ!         ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧
               .        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
               .        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i
               .        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /
                           ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
                 r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/
               .  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./
                   乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./
                     /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  /
               .     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//
                   .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//
               .  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./
               .      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|




                       ,,...、-−―−..、.
                   .,.<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>..、
             .,、イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.            ああ、バスマーノフ。
              ,.イ:.:!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;j`::..、
         /:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.`::..、
        ,:':.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/;!i.:.:.:.:.:.:.:.:..`::.、    ほんと、「どこにでも」いるよね。
          /:.:.:.:.:.: /!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:/;/:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
        . /:.:.:.:.:.: /:j:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:./;/:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       !イ:.:.:.: /:/.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:. /;/.:.:.:ヘ:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       ! !:.:.:./:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ;'.:.:.:.:.:.:/;/:.:.:.:.!:.:ヽjヽ.:.:.:.:ハ:/
          |: :/:/ :イ:|.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./;;/.:.:. /.:.:/   l.:.:./ j′
          ∨:イノ |:.||.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:. /.:.:/   j:ノ
        . /::/   !:|∨ヽ;:.:.:.:.l:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:.:/.:.:/
        /::/   ヽ! ∨!∨.:.:l.:.:.l:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:/;;/:.:.:/.:.:/
    .. /::/       ヾ\.:.:! :∧:.:.:. / |.:.:.:.:.:.:/;;/:.:;イ:.:.;:'
     ./::/        冫、>::/ ∨:/ .!:./!://;;////
    /::/         /  i!∨  ∨  レ' ':/;;/ ` く
   . /::/        i   \        //;;/    ヽ
.

248夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:46:56 ID:MvVs9hmE0



――― そして粛清が最高潮とは、ツァーリの猜疑心が最高潮という意味である。



          ,. <               \_
           /                       ≧x
       _ノヽ              /         \ \
     ,. : ´ ヾ::L         /   l|            ゚ , ゚,ヘ
  /       i:ム  /.       ,'  ; l|   ,:!    l|  ハ ゚,ヾ
 '          Vム. l      ,'  | l|  ,':| .ト,  l|  ||i        バスマーノフ…
 .      ,   iVムi.       ,'   /! /| ノ/ .! }リ--、 l}  |' ! l
 _,     ,'    }.‘,‘:,.     |.   /_}/-i 7  |/ -:', /ト   !リ !             ゼムシチナ
 ′   |   /  |Vム    |-‐/〃-‐j/   / ,ィ〒テ.|゚, ,' 、 ゚,       おまえ、旧来の国土の貴族たちと通じて
      ,'|   ,'  LiVハ    | ./ _,. ィ¬     bり { リ }.∧:‘,、 ',
      ,'|  ,′ | ',}:::}   _,xチz:刈      `彡' i  }',ハ.Vムヾ、      ボクをリトアニアに売る気だろ?
   ,  i ゚,  i   .!/ }|:::|   `夊c::ソ ,ィ/////ヽ// } !|.! Vム
 V { .i ', ‘, .|   |、-|:::|   、 ‘, ̄=彡         / |Ⅵリ .Vム
 ∧゚, |, ‘, ヾ、 ヽl ` .|:::|V  .\ 、     __, ィ  , '  | リ    Vム       オプリーチニナ
 |:::|ヽ {‘, :ト、 ! ト、 }'|:::|.‘ ,   ‘,      ` ´ .イ  ! ,'     .|:::|      皇帝直轄領の創設に関わった側近だから
 |:::|  \i |゚ ,/ ̄ ̄` |:::|  ‘ ,   ‘,    ____,//|  | /     .|:::|
 |:::|    リ {,:     /::/ ` 、\  \  レ j/ .| ,' }'       .|:::|      信頼していたのに…
 |:::|.    /     /::/    ヾ′ < \     j/           |:::|
 |:::|  /.    /::/      \   ` ̄              |:::|





                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i     ・・・・・・ え?
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ




――― ツァーリの猜疑心を煽って利用してきたバスマーノフだが、

     いまや自分たちがその猜疑心の標的となっていた。



.

249夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:47:30 ID:MvVs9hmE0



――― バスマーノフは、「自分の息子に殺される」という方法で処刑された。




       /  ― 、/ ̄1
.       / / ̄\_/| |
      / 厶、  |/ ̄ ̄ ヽ ー- 、
.     / /   >'             \
    / / / /              \
.   / /「ヾ /         ィヘ     \ ヽ __
‐一  / |  \       j  ル'__ヽ 、   )/l|
―一' 、  ! \∨ ノ ノ /_ヱ{ ぅ≡c}>=}ハy r j !              すまねぇオヤジ…
      \∨{ ハ,〉匕√レ  \竺/ )ノ レ/7/ √乙こ>、_
  ̄ \  ト { ∨「  _ _       _u } Y/ /  `テ=' ¬
     \ | ヽ`ー1j 川‐ tァ┐-r tテ┐ソノ/ /   __/    /
 _    レハTァrヘ   `ー‐'   | ー‐'∠-,/ /  (( ) /          こうしないとオレが殺されるんだ…
 \  ̄ ヽ \! |  ! u     ┘  厂´/ /   √ /
   \     \トい \   ∠.二) /  / /   / , fヘ
  \  ヽー― ヘヽ\__ >、   /ーァ' /  // { f允
 ̄\\   \  } >ー 二ィ7二_< / //    ヾ久ヘ
   \\  \ ヽ  寸万</ /ー '_/        \弌、
.      \\  \\ ∠ -<_∠! ̄丁            寸}   ← 結局、この息子も追放されて死んだ
      √>\   Y{_ -‐7´ 人   ヽ            \
    / / ` 二ニレ‐ァ≠ /   \  ` ‐- 、        \
.  /  /     / / /     〉ー- 、   \        \

.

250夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:48:03 ID:MvVs9hmE0


              -──── ‐-  、
              /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::` 、
       _ -=≠=-:: :: :: :: :: :: :: :: :: ̄¨¨ヽ:: :: :: ヽ
     /´ /:: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :、: :: :: :: :\:: :: ハ
.        /:: :: :: :: ::/:/ ::{:: \:: :: :ヽ:: :: :: :: ::\:: :!
       /: :: :: ::i:: / :{:: ::|ヽ:: ::ヽ :: ハ::ヽ: :: :: :: ヽ}
      .::/ :: :: ::!::{:: :ハ : ! \斗-:|─トハ :: :: :: |::'
      |:i:: :: :: ::|斗:七!: |   ヽト::j j/ ヽ:: :: :: jハ         場面切り替えダヨ
      |:{:: :: :: ::{从! リヽj    ⌒笊卞ミ }:: :://
      |:ハ :: :: :‘, ィf笊卞     弋cソ'' |: /j/
      ノハ:: ヽ:: :ヽ弋ぅソ        厶イ
        ヽ:: \:: ゝ    '      人ノ┐
          `⌒`个 .    ー '   イ`<:::」
               ≧=‐- </.!:: :: :ヽ
         r-── 7´:::/_}__|「 ´   ト`ヽ┴─--、
        .::マ´ ̄¨フ>'´/7ハ  ノ }:::::::マ ̄¨7:::.
        ,::::::V:::/´ ´ ' /7{__{   /::::::::::〉:::::/::::::}
       ,'::::::::r'´      イ {  〉\_/:::::::<:::::/:::::::::!
       /⌒/  ,,-<{ハ  /⌒! //:::::::::::::::>イ:::::::::::!
       {\,'  /》::::::ハ∧/  |/}/::::::::::::/:ヽ::::::::::::ヽ
       |::::::\/イ/::::::{ V{  /}/::::::::::/:::::::::ハ:::::::::::/
       ∧:::::::::::::∧::::::!  マヽ∧{:::::::/‐-、::::::::::}:::::::イ
        /:::::\___/:|∧::::|  ヾ{,/ |:/::::::::::::::ヽ::::リ:::::::::!
.      {::::::::::::::::::/:::::::Ⅵ   |! j/::::::::::::::::::::::У::::::::::|




              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □


.

251夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:49:11 ID:MvVs9hmE0




    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  国内で粛清に精を出している間、モスクワ大公国をとりまく状況はどうだったのか。.  |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘





――― スウェーデンはモスクワ大公国との同盟を破棄して、リヴォニアの北部、エストニアの争奪戦になる。




::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`

.

252夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:49:43 ID:MvVs9hmE0



――― 友好国だったイギリスは、モスクワ大公国との軍事同盟を拒否。

     リヴォニア戦争には協力せず、あくまでも経済での交流にとどめようとした。




                                          '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
                                          _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
                                         「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
                                         |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
                                         } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
                                        「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
                                         イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
                                         .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
  英国とモスクワは友好国。                        /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
                                       /:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|
  「共通の敵」と戦う際には出兵すると約束するのだわ。     :/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
                                       |  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
                                       .  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  (訳:リヴォニア戦争?なにそれ美味しいの?www)           |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
                                         | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
                                         レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
                                        /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
                                       "/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
                                       ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒〜;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |
                                       ,__ 〉´ー-ぃ} ./⌒:/⌒/^ }" ∠===⇒'´_. -−_}. |
                                       ┬' :|  ̄ヽ ト::V  ノ .ノ 人 :::::r '´-  .,, -- へ  |
                                       イ-;:.} 个ぐ :/ `'r−―r'::i  v' }rー '゙ フ ,.イ゙:: ヽ`ー' 、
                                       i ::::{  ノ T::>':::ム ̄フ「::::/ ::: 「 __,/∠___i、::::. ヽ  /
               【 イングランド女王 エリザベス 】    | Vー'- イー 、/く_/ .| :::ト、 :::::: >、 ̄ " ー;-,〕 ヽ:::::. \
                                       ` ー く イ }  V- 、 Vフ´ ̄   ><^"ーzノ:::::::: ノフ
.

253夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:50:15 ID:MvVs9hmE0



――― こうしてモスクワ大公国は孤立無援でリヴォニア戦争をずるずると続けることになる。




                       ___
                     (⊂ニニ⊃)
                        ̄ ̄ ̄                  ト、      _
                    ,.  '´ ̄ ̄`ヽ、___            ∨ヽ    >!i//\
                  ,.イ          ヽ  `ヽ、       ∨/>i7//i/////
               , イ ̄    ,  i ∧           ヘ     ト、  i/7////∧////
             ,イ_       7! .,'i | ヽi、 、         ト∨   |/iX////////ム////
            〃 i        i'. \`   /ヾヽ  ト, i, | ヽーxi7/////////////\//
                { A ハ   | ◯   ◯ `i   ! ,ィ'7 ,.ィ∨/7///////////////>
              Vi `i   {i x.x  ' x.x ,'  .,リ.{//iX//////////////////∧
               ヾ .レ!  ヽ、 ( ̄) ,.イ、 i.{ ,イ////////////////X '´ \j∧
  ぐぬぬ…          八{レ、__,>- </|Vムイ//////////////ト<>xi
                    y'´: : :.7ハ/--Y,.ィjzテ////r个iヘ/X-'´Ⅵ
                    /: : ヽ: ヽ: :<マ/////////T.ノ i ヽ.}//テ ヽ!
                 i: : : : :.',: : >イ/////////iY7   .イ
                 ,イ: : : : : /: Nイ////////r'ヽii|': ヘ ∧
                /___,.-,r--v'///>i '´i.i )ソ: t.ノ: : ハ ハ
              /: : :./! { .{,ィ´: :.i: :i // i:./:i: : : : : : r-.'
               {: : :_,ィ!i_ヽ-チ'´: : |:.i j.,' !:'、: : : : : :/
              t_zz<-イ/: : : : : i7 { { ':.it \__/
                   ,ィ: : : : : :.7_/∠{: : ヽ
                 ,.イ : : : : : : /----iヘ: : : :ヽ
.

254夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:50:47 ID:MvVs9hmE0



――― そしてリヴォニア戦争で疲弊したリトアニア大公国は、同君連合であるポーランド王国に全面協力を要請。


     1569年の「ルブリン合同」により、事実上ポーランドがリトアニアを吸収する形で

     単一の国家であるポーランド共和国が誕生した。





                          __.. -┐
                        「 ̄    /!        r〈__
                           |\  / |   _ ハヽツく《_,.
                    ,. --、〔|  ヽ/   !-<,.--〈lrゥ<三ミミ
                   /二、/ Fェ、|,ィtヲィ、  l  トェ t:ェラY}jノ
                      ,'-─‐ i l   l\l//ノl  ̄ | ̄ヘ '_ _,  トヘヽ
                      |,. -─ i |  V元/ /___l、二ハ ー /_|ハハ   __
               ,ィ _/∨-─‐ハ‐-  ̄___/,.─リ---':: ̄((::/`ーァ'´ ∧
               /ハ!/ / V--‐' ハ ̄\ //  /::::::::`:'´:>'"  /    ∧
.          ,..-/ / | /   ヽ一' 入  _l/  /::::::::/ ̄‐‐-= ..,,|  /   〉
.        / / / | \   /\ ̄ 「 ̄ l=-‐ |::::::::〈        l/ /  /
        /   /  l   L..ノ ̄ ヽ r‐一'  /____|::::::::::ヽ._` \  < /   \
.       | /   ヽ--'      /二ヽ  /´ |::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ V /-、  ノ
.       「´   /¨´    / ´ ___ \ヽ._ヽf^ーヘ::::::::::::::::::_ヽノr'/    \
.       ∧__ /        /   ///7¨\/‐ヽ__,ノ、\::::::::/__/ /        l
     〈`ー‐ヲ        ∨  ヽ〈/! /<>〉:::::::::/(\⊂ニ入_l,rrn、ヘ    リ
.      / チ!ヽヘ        `ー─一'/ /::::::/ \とニ`/  ヽ:l:l:l:l  )  /
    ∧.__ ノ 、〉              ヽ/J:::/    ヽ // / _jノノ‐<.__/
.     Ll_、 r_ソ            /   \/  /  ヽ_/j ,ノ
.         ̄           , '´ ヽ   / } /_  ,.-- 、 |
                     ノ--、  |       V´  `    } \
                   / rっ   l     ./|ヽ   ,. -' /!  |
                   /⌒ '⌒ヽ/ j  ./   l \`Y  /、l /

.

255夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:51:20 ID:MvVs9hmE0



――― そして南方では、北のリヴォニア戦争に呼応して、クリミア・汗が

     モスクワ大公国に向けて出撃。




                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ           |二|
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽミ彡/       |二|
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /|  iヽ       |二|
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,|   ||ol.      |二|
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|`‐' |〉      |二|
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、____, |っ へ   |二|
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   | 川リl |  ,;' ).   |二|
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ |ー| / / (ヽ / |二|
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ ゝノ ゞ   /ヾ, ヽ'
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ /ゝ  /⌒、ヾ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //            ||()|(\ヾ
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       /    || |(丶|
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /     / ||()|(丶|
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / // /  \|(丶|
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /     /  /  / /    \\|
    _,..:-‐'"      _,..:''   _,..:'         /             /       /      \



    ┏―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┓
        こうしてモスクワ大公国は、長引く戦争による疲弊に加えて粛清による国内の混乱、
        さらに外交の孤立に南からの侵入という大ピンチに陥った。
    ┗―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┛




                                           ___________|\
                                          [|[||  To Be Continued...     >
                                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

.

256夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:51:53 ID:MvVs9hmE0

。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。



             ,,   ----- ,,
           / ___      ___ 丶
          / /⌒`    ´⌒`ヽ \               なかなか作成&予告投下できなくてすいません。
         / /            ヾ 丶
         ,' /     i   ハ  ,,  \ ヽ    。
         |/  / / / ハ,  |   ハ   \|   ゚  o
        /  |  :| | | | メ、__ |ハ  ヾ丶             次回はモスクワ大公国の防衛と
       / i  | -|-ハ-|  Vハ´V`|丶:|   ト、
       |ノ|,  .|ハ ハ| リ| /\', zリ|___|:  ノヾ             今よりさらにドツボになるリヴォニア戦争。
        | ハ トヽri=ヾ`   .` f::ヾ`|,,ノノ__,,ハ
  _,,r―-=゙`---`ト、`''´_____,,,,r―-´ ̄............. ̄>-,
 ヾ、,,_,,r--=、::::::::::、............................................... ̄ヾ/            そしてオプリーチニナ制度の終焉です。
  ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ-ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\
   \::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ヽ
   /\______/ 丶_______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ´`ヽ\
  く    \       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ',
   \   `=ー-,,--< ̄`=、__  _____,,r--´      __|
     `ー、,,__//   ト,,、_____ハ ̄  ヾ,_____,,, ―― ´
           ` ̄ ̄        ゙----´
.

257夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:52:26 ID:MvVs9hmE0


        /     l     ヽ      i ヽ       └┬───────────────
       ´  / / ∧   │ ノヽ     l l l           |
       { ││ /l/  ',  l/ヽ  丶  l│l l          ◯
      │├/┤ ̄ ', l  l l ト ‐- ゝ i/i l l         //
       { │ l/,,ィ== \l lノ レ==,, ト l/ }        .//  エイラ・イルマタル・ユーティライネンの
       iλ│ 弋;;;ソ   ヽ  ト::::ソゝl/ノ /        //
        ヘ v :::::::::::      :`::´::::/勹 /        // |
       │ 卞  ::::   .    :::::::/ ノl/   マタナー   // |
        ││ ヽ    _     / l  l         // . |   ここまでのまとめ年表コーナー
        │││ .ゝ.,    ,, イ:i │ │        // .. |
        │││  │ `´│  ;; l l │        //    .|
        ││ ,'/ ヽ 幵l=´\; i 丶 l       //    |
        │少    /鄱┘  ヽ i__ \    //       |
     __-‐=   \/ 鄱 \/    ノ入 ,ィ//   .┌┴───────────────
     {ヽ  ヽ      鄱c    ,  // l/)'〈_
     i   ヽ      鄱   / ̄⌒ゝ∨ 〃/)
    │         鄱c /   \ヽλ `ゝ´_)
    │ヾ  /┘┐   へ    ノ ヒ>/  ⌒/
.

258夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:53:11 ID:MvVs9hmE0

   ┌―――――――――――――――――┐
      キエフ・ルーシ時代 (リューリク王朝)
   └―――――――――――――――――┘

862年…ヴァリャーギ(ヴァイキング)のリューリク、ノヴゴロドにリューリク王朝をたてる。

882年…本拠地がノヴゴロドからキエフに移る。→キエフ・ルーシ時代の始まり

988年…「聖公」ウラジーミル、キリスト教の正教をルーシの国教とする。

1100年頃…諸公が分離の傾向を見せるようになる。

1223年…モンゴル軍、最初の侵略


   ┌――――――――――┐
      タタールのくびき
   └――――――――――┘

1237年…モンゴル遠征軍司令官バトゥ、本格的に侵攻しルーシ各地を蹂躙。→「タタールのくびき」の始まり。

1240年…キエフがモンゴル帝国への貢納を拒否し、徹底的に破壊される。→キエフ大公国の滅亡
      スウェーデン、ルーシに侵入→アレクサンドル・ネフスキーにより撃退された

1243年…モンゴル帝国の分裂→キプチャク汗国によるルーシ支配の始まり。

1318年…モスクワ公ユーリー、ウラジーミル大公位の大公位に就く。→モスクワの台頭

1380年…モスクワ大公のドミートリー、ドン河の『クリコヴォの戦い』でキプチャク汗国の軍を撃破。

1395年…中央アジアのティムール、キプチャク汗国を荒らして首都サライを破壊。→キプチャク汗国の凋落

1437年…キプチャク汗国の領土から、カザン汗国が誕生。

1441年…キプチャク汗国の領土から、クリミア汗国が誕生。

1453年…コンスタンティノープルの陥落。→東ローマ帝国の滅亡と皇女ゾエの亡命

1466年…キプチャク汗国の領土から、アストラハン汗国が誕生。

1469年…東ローマ帝国の皇女ゾエ、モスクワ大公国のイヴァン3世へ嫁ぐ。→「ローマの後継国家」の誕生

1478年…モスクワ大公国のイヴァン3世、ノヴゴロドを併合。

1480年…キプチャク汗国、モスクワ大公国へ軍事力で貢納を迫るも失敗。→モスクワ大公国の独立


   ┌――――――――――――――――┐
      モスクワ大公国 (リューリク王朝)
   └――――――――――――――――┘

1502年…キプチャク汗国、クリミア汗国に滅ぼされる。

1505年…「大帝」イヴァン3世の死 → ヴァシーリー3世がモスクワ大公位を継承。

1523年…旧ルーシの独立公国をすべて併合 → ロシア統一の完成。

1533年…ヴァシーリー3世、死亡 → イヴァン4世がモスクワ大公位を継承、母エレナ・グリンスカヤが摂政として統治

1538年…エレナ・グリンスカヤ、病死 → 複数の貴族が政権の争奪戦を始める → 大貴族時代の始まり

1547年…イヴァン4世、ツァーリとして戴冠、ロマノフ一族のアナスタシアと結婚

同年の夏…モスクワで大暴動、グリンスキー家の失脚 → 「大貴族時代」の終わり、ツァーリの親政開始

1549年…初の全国会議。貴族会議と教会会議を合同で行い、軍司令官や首都の士族も参加。

1550年…改革に伴って「1550年法典」を発布。
      軍政改革により、各軍団の軍司令官の上下関係が定められる。

1552年…カザン・汗を征服 → その後も平定に5年かかったが、完全に併合した

1553年…イヴァン4世、病に倒れる(3月危機)

  同年…イギリス船がロシア北岸の白海に漂着 → イギリスとの国交

1555年…軍政改革。貴族たちに軍役の参加が徹底される。

1556年…アストラハン・汗を征服、併合。

1558年…リヴォニア騎士団に侵攻 → ナルヴァ陥落、ユーリエフ制圧と、順調な進撃

1559年…半年間の休戦 → リヴォニア騎士団、ポーランド・リトアニアの宗主下に入る

1560年…選抜会議、事実上の崩壊
      デンマークやスウェーデンもリヴォニア戦争に介入

1563年…ポロツク攻略(リヴォニア戦争での絶頂期)

1564年…クルプスキーの亡命
      同年末 イヴァン4世、モスクワを突如離れて退位を宣言

1565年…モスクワに帰還、「皇帝直轄領(オプリーチニナ)」制度の始まり

1569年…ポーランド共和国が誕生、リトアニアは事実上吸収される。

1570年…ノヴゴロドでの虐殺 → 続けてモスクワでの大量処刑


。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。。o ゚〇゚ o。

259夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2012/11/20(火) 22:54:27 ID:MvVs9hmE0


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_人_入_人_入_从
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)  お付き合い頂き、ありがとうございました。
          .}.|||| | ! l-'~、ミ   `)   予定が崩壊しまくって申し訳ありません。
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   `)
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒Y⌒W^Y⌒Y⌒
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ            ではまた(・ω・)ノシ〜〜
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/

260名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 22:56:41 ID:dodDSMCo0
乙でした
雷帝こええ

261名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 23:01:38 ID:/37HPJxY0
おつです
いきすぎた疑心暗鬼こわいな

262名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 23:02:55 ID:xosI0ehc0
ひさびさの投下きた!


独裁者・絶対権力が如何なものかよく解るねw
雷帝ぱねぇ・・・

263名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 23:05:25 ID:.1AkCG960

雷帝はこの情緒不安定さが虐殺大好きな独裁者の中でも異色だな

264名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 23:25:15 ID:QagH55v.0

これが他の国ならもう革命が起きてそうだな

265名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 23:39:26 ID:It8PqvQU0
乙でしたー
なんというおそろしあ
そりゃ2〜3千人の犠牲が少なくも見えるわなw

266名無しのやる夫だお:2012/11/20(火) 23:48:05 ID:KK4Cy74g0
乙乙! 政府の手足である官僚たちを虐殺した後はどうなるか別の意味で楽しみだ

267名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 00:29:25 ID:isRfiiF20
乙ーん

いやぁ、タコが自分の手足を殺してるねぇ

268名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 01:50:20 ID:yoGLfcvU0
雷帝のマジキチさがよくわかるわ
小説の、トロワイヤの「イヴァン雷帝」思い出した

269名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 01:56:44 ID:.jaPJqZs0

年代記というとキリスト教の聖職者が書くんだっけ
キリスト教の人は被害を誇張する向きがあるからな

270名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 10:56:03 ID:SgHKV/LA0

よく滅びなかったなあ

271名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 12:11:18 ID:OSMAp6F.0
乙でした

そりゃ後世になると、万どころか百万単位で殺戮の嵐が吹き荒れる国だもんだあ
2千や3千なんて誤差みたいなもんだ(棒読み

272名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 20:53:44 ID:Q6R3PwLE0
乙です

恐怖政治と粛正の嵐ってのは、歴史を観れば割りと珍しくないことだが……
ここまでやると国体そのものが維持できなくなるんじゃないか?

273名無しのやる夫だお:2012/11/21(水) 23:25:11 ID:YbjR/Q.o0
乙です
歴史の残虐さは耳タコだったつもりだったけど
これはさすがにひいたわ

274名無しのやる夫だお:2012/11/22(木) 12:19:14 ID:hm3iC5520
ひさびさ乙でした〜。

……うん、こんだけ鬱展開満載だったら書き溜めも進まないよね精神的に(違

275名無しのやる夫だお:2012/11/22(木) 21:08:07 ID:lG.wgWXA0
正直、歴史には無知なもんで、イヴァン雷帝=ロシアのなんか剛腕な人、くらいにしか認識してなかったんだ
……うん、wikiらなくてよかった。おかげで新鮮な驚きで>>1の物語を受け止められる

276名無しのやる夫だお:2012/11/23(金) 09:03:27 ID:9oCIiPwQ0
乙〜

まったく、いい人ばかり死んでいくねw

277名無しのやる夫だお:2012/11/28(水) 06:29:40 ID:RJsu/amo0
投下乙でした!
>ああ神よ、私たちは愚かで哀れな罪人です。お赦し下さい。
想像するとかなりクル場面ですなぁ

278名無しのやる夫だお:2012/11/28(水) 14:48:43 ID:3/TyK3r.0
まあ雷帝自身も悪いことをしているという意識はあったということか

279名無しのやる夫だお:2012/11/29(木) 04:08:35 ID:P9Aho2420
朱元璋は自分が開国の創業者だけにもっとたち悪いがな
諫言できる功臣もあらかた一緒に粛清されてるし持った権力がでかいとやることも派手になる

280名無しのやる夫だお:2012/11/29(木) 08:46:57 ID:tj9k8GkE0
>>278
悪人と言えども殺生するのは悪いこと、レベルの自覚だろうけどな

281クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/11(火) 00:05:13 ID:n.41dR6M0
投下ありがとうございます。ロシア史は全然しらないので、おもしろいです

282名無しのやる夫だお:2013/01/03(木) 18:47:08 ID:vDSOaFlE0
あけおめですー! まだ雑煮食ってない(つwT)

283名無しのやる夫だお:2013/01/07(月) 21:59:42 ID:UjKHWyfo0
エター?

284名無しのやる夫だお:2013/01/08(火) 23:21:25 ID:v8iBTs060
まだ2ヶ月もたってないじゃん、ふつーふつー

285名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 09:14:54 ID:lf7VWQCc0
人口少なかった時代によくもまぁこんなに粛清するな

286名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 09:22:30 ID:7BLM6x2M0
人口比率で現代に当てはめて考えるとすごいことになるかもな

287名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 09:24:08 ID:jP5yVClY0
それだけ粛清しても滅びなかったって事は……まさか、粛清しなかったら人口増えすぎて共倒れしてた?

288名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 12:29:19 ID:VEY.7WVQ0
まあ広大な割には生産性の低い立地だしね
現代の先進国だと人口の伸び方は緩やかか減少なんて状況もあるけど
アフリカのルワンダとかの大虐殺だって部族間抗争の裏は人口増えすぎで食えなくなっているという事情もあった訳だし

289名無しのやる夫だお:2013/01/13(日) 13:23:51 ID:vrSZUXUg0
キューバが傭兵で食ってる以上に、屯田兵による革命輸出を積極的にやるんじゃないか。
東南アジアの共産ゲリラがケシを栽培し、中南米の共産ゲリラがコカを栽培してる様に、生活自体は可能だから
後は先住民の比率を下げるだけだよ。

290名無しのやる夫だお:2013/01/16(水) 10:16:26 ID:ImnLqKmA0
生存報告だけでも欲しいもんじゃよ

291名無しのやる夫だお:2013/01/18(金) 09:47:15 ID:XlSRPI460
ロシア史スレ以前主が失踪したことあるから、ちょっと心配。
取り敢えずあけおめ〜♪

292名無しのやる夫だお:2013/02/06(水) 10:55:19 ID:OgAy.E3.0
入院とかしてなければいいんだけどねぇ
気長に待とうか

293名無しのやる夫だお:2013/02/18(月) 09:16:00 ID:Qz5DW5Ak0
褌の日も無事終わりました。
寒い日が続きますが、風邪引いたりしないでネー

294名無しのやる夫だお:2013/02/28(木) 11:57:00 ID:6pGlcsSI0
これはさすがにザ・エンドですわ

295夢茶 ◆CJKYxwcPjQ:2013/03/01(金) 13:05:03 ID:E20CWLDs0
相当に間があいてしまい申し訳ありません。
作成再開して進めている状況ですが、4月ぐらいには何とか投下したいと思っています。
お待ちいただいている方、レス頂いている方、申し訳ないです。<(__)>

296名無しのやる夫だお:2013/03/01(金) 14:54:02 ID:4eDODFjg0
時間の空いた時に、気が向いた時に作り、満足のいくものができたら投下して頂ければおっけー。
別に〆切りのある仕事でもなし。

楽しみにお待ちしてます。

297名無しのやる夫だお:2013/03/01(金) 17:27:50 ID:oQGLnUcY0
じっくりまってます〜

298名無しのやる夫だお:2013/03/01(金) 18:05:41 ID:tUphSsb60
おおっ、生存報告ありがとうですw
ゆっくりマイペースで進めてください。

……うん、こんだけ欝エピソード満載じゃ筆も鈍りますよね。

299名無しのやる夫だお:2013/03/01(金) 18:36:57 ID:trYCYHYg0
生存報告ありがとうございます。楽しみにしています。

300名無しのやる夫だお:2013/03/03(日) 11:30:11 ID:thqD6hb60
楽しみに待ってます

301名無しのやる夫だお:2013/03/03(日) 19:19:57 ID:GCHsuVA20
投下はよ

302名無しのやる夫だお:2013/03/05(火) 19:00:43 ID:kNn1wsoc0
投下があるならもうしばらく生きてみるか

303名無しのやる夫だお:2013/03/26(火) 21:05:17 ID:0GORENcQ0
がんばっていきる

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■