■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫で学ぶ英文法 2スレ目
1はる ◆tqozhKN/SA:2012/09/16(日) 20:46:55 ID:lkmgjcbk0

前スレ

やる夫で学ぶ英文法
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1336204054/


このスレについて

・このスレは英文を“読むため”に必要な最低限の英文法を学ぶスレです
・やる夫が生徒で家庭教師の先生に教わる、という形式で進んでいきます
・センター試験ぐらいの英文を読むのが最終目標です
・投下間隔は約2週間に1回です

・例文の出典は後ろに書いてあり、略称を使用することもあります
 主な略称一覧
 ・CALD=Cambridge Advanced Learner's Dictionary
 ・LDOCE=Longman Dictionary of Contemporary English
 ・LWW=Longman Wordwise Dictionary
 ・OALD=Oxford Advanced Learner's Dictionary

・主な参考文献は以下の通りです
 ・『現代英文法講義』 著:安藤貞夫 開拓社
 ・『ロイヤル英文法』 著:綿貫陽、宮川幸久、須貝猛敏、高松尚弘 旺文社
 ・『ファンダメンタル英文法』 著:瀬田幸人 ひつじ書房

・進行予定は以下の通りで、現在はPart3を進行中です。
   Part1 グラマーブラッド〜品詞、文型〜            先生:DIO
   Part2 時間潮流〜時制〜                    先生:バラライカ、阿部さん
   Part3 オーグジリアリィ クルセイダーズ〜助動詞〜    先生:阿部さん(←今ココ)
   Part4 (to)不定詞は変わらない〜不定詞〜         先生:DIO
   Part5 分詞の壁〜分詞、分詞構文〜             先生:DIO
   Part6 ジェランド オーシャン〜動名詞〜           先生:DIO
   Part7 (未定です)                        先生:(未定)
   Part8 関係代名詞―その先行詞―              先生:(未定)
   Part9 関係副詞など―その誇り高き発展―         先生:(未定)
   Part10 仮定法―ありえないことの仮定―          先生:(未定)

・1つのPartは以下のように進行していきます
 1. 前のPartの宿題の解答(第0話)
.        ↓
 2. そのPartの本論(第1話〜)
        ↓
 3. そのPartのまとめ(最終話・宿題の提示)
.        ↓
 4. Part間での>>1からのお知らせなど(幕間)
        ↓
 1. 前のPartの宿題の解答(第0話)
        ↓
 2.    (以下同様)


・不勉強な点が多々あるかと思いますが、どうか皆様のご寛恕を
・やる夫スレ自体初めてで、不手際もあるかと思います。その都度修正していきます
・何か気づいた点、質問などがあれば書き込んで下さってかまいません。できる限り真摯に回答します


まとめサイト様に大変見やすくまとめられています

やる夫まとめもZ様
ttp://matomemo3.blog.fc2.com/blog-category-184.html

この場を借りてお礼申し上げます いつもありがとうございます

2名無しのやる夫だお:2012/09/17(月) 01:51:40 ID:aD3hnw4k0
立て乙&再投下乙でした。

can と may の“可能性”の違いについて:
can は“(たとえ現実的にはありえなくても)論理的にありえるかどうか” ≒ possibiliy の問題
may は“(たとえ論理的にはありえても)現実的にありえるかどうか” ≒ probability の問題
認識的用法と根源的用法がまざるけど、“DO NOT SMOKE”と表示のある区域で、
罰則を覚悟の上でタバコを吸うのは本人の勝手だけど
そもそも喫煙区域でそんなことするべきじゃないという意味で
“You can smoke here, but you may not do that.” となることを考えれば分かりやすい。
だから、may ならば当然 can なので、肯定文には may の方が現れやすいし、
can not ならば当然 may not なので、否定文には may not の方が現れやすい。
疑問文の場合、
“May 〜 ?”だと「論理的にありえることは分かった上で現実的にありえるかどうか」を尋ねているのに対し、
“Can 〜?”だと「現実性以前にそもそも論理的にありえるかどうか」を尋ねることになるので、
“Can 〜?” の方が現れやすい。
だから“Can it happen?” - “Uh, it can, but it may not.”なんて会話が成り立つ。

という風に私は説明しています。

長文失礼

3名無しのやる夫だお:2012/09/17(月) 06:04:36 ID:aD3hnw4k0
訂正:can not ならば当然 may not なので、否定文には may not の方が現れやすい。
→can not ならば当然 may not なので、否定文には can not の方が現れやすい。

4はる ◆tqozhKN/SA:2012/09/17(月) 07:53:27 ID:Vs5nOjEo0
>>2
支援ありがとうございます。
すごく細かいですね
正直私、これまで助動詞はきちんと勉強したことなかったのでためになります

勉強したことないんで投下間隔がけっこう開いたりしていますorz

5はる ◆tqozhKN/SA:2012/09/30(日) 19:24:04 ID:.IyhpOgs0
>>1です
今日中には投下できそうにありません
待ってくださっている方々すみません
来週中にはなんとか投下したいと思います

6名無しのやる夫だお:2012/09/30(日) 19:49:26 ID:0TCYPTmc0
把握 リアル優先

7名無しのやる夫だお:2012/10/25(木) 03:16:41 ID:dU6rHaOA0
ゆっくり待ってますよー!

8名無しのやる夫だお:2012/10/26(金) 00:25:57 ID:Qu6wVinI0
保守

9はる ◆tqozhKN/SA:2012/10/27(土) 14:31:03 ID:UeFu7MuA0
>>1です
投下遅れてすみません
来週中にはなんとか投下できるようにしたいと考えています

10名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 14:38:30 ID:SPlSgiS20
把握

11名無しのやる夫だお:2012/10/27(土) 14:47:44 ID:J1ly3BvA0
御意

12名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 03:41:19 ID:lhsEu.BQ0
>>9
乙です!

ゆっくり待たせて頂きますので、リアル優先でごゆっくりです!

13名無しのやる夫だお:2012/10/29(月) 09:25:46 ID:ZZ2xp.vQ0
書き溜め乙!

日本語で英文法を理解するのはあきらめたけど待機!

プログラミングとかもそうだけど日本語にしたとたん異次元の難解用語がでてくるのはなぜなんだぜ

14はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:04:10 ID:Y3QnWafo0
あと30分ぐらいしたら投下開始します

15はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:30:30 ID:Y3QnWafo0
Part3第2話後編、投下します

16はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:31:11 ID:Y3QnWafo0


                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                  第2話後編『should、ought to、can、may』






    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }    …では再開しようか
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    了解だお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

17はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:31:54 ID:Y3QnWafo0



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    ………
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



.        ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
.     Y~~~~ノリ~~~~~~~~~~~~l:::::::::::::::::::::::::::::',   …?
     i            ノ::::::::::::::::::::::::::::::',
      l==、  ヽニニニニヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::l   どうしたい、やる夫クン
      ヽ T .}  " '. ̄rヽ、  .i::::::/⌒ヽ:::::::::,'
      l `/    ‐┴'    |::://⌒ .l:::::::,'
      |./,,,          |/. )) ./:::::,'
  _`    lヽ、 -‐           /./:::::::i
  ‐.     ',               __/ \:::::::i
  ′   .', ヽ==-       /. ___`''-i
         ',   -‐'   .,.-''" ̄     `゙"''‐.、
          ',      /
.        ヽ.__,,..-/
             /
          /
          l



      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \    助動詞、もう少し
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |    こう…わかりやすい、というか
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ            イメージしやすくなんないのかお
  /   /

18はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:35:59 ID:Y3QnWafo0
すみません>>16,17は無視してください
再度投下しなおします

19はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:36:44 ID:Y3QnWafo0


                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                  第2話後編『should、ought to、can、may』






    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }    …では再開しようか
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\    了解だお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

20はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:37:29 ID:Y3QnWafo0


            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     should,
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::      ought to,
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::       can,
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::       may
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::       以上4つの根源的用法を
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ       学習していこう
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\    ………
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /



.        ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
.     Y~~~~ノリ~~~~~~~~~~~~l:::::::::::::::::::::::::::::',   …?
     i            ノ::::::::::::::::::::::::::::::',
      l==、  ヽニニニニヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::l   どうしたい、やる夫クン
      ヽ T .}  " '. ̄rヽ、  .i::::::/⌒ヽ:::::::::,'
      l `/    ‐┴'    |::://⌒ .l:::::::,'
      |./,,,          |/. )) ./:::::,'
  _`    lヽ、 -‐           /./:::::::i
  ‐.     ',               __/ \:::::::i
  ′   .', ヽ==-       /. ___`''-i
         ',   -‐'   .,.-''" ̄     `゙"''‐.、
          ',      /
.        ヽ.__,,..-/
             /
          /
          l



      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \    助動詞、もう少し
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |    こう…わかりやすい、というか
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ            イメージしやすくなんないのかお
  /   /

21はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:38:12 ID:Y3QnWafo0


                . ´///////////////////////`、
                 ///////////////////////////,∧
                 {/,'゙`'ァrrr-〜〜''''〜〜''',//////////,
                 V  ノノリi             〉/////////,     そうだねぇ…
                 /               .〈//////////,
                 y'斧ミ    ,ィf竓芹ミメ. ',/////////,     じゃ、やる夫クンも知ってるであろう
                l 杙ノl      杙.ノ_ シ  //,f´⌒,.///,
                l   i!           i/i /´l i/ ∨     有名人や漫画やアニメのキャラクターで
                l   /             j丿l⌒l. i/∨
              l   \ 、          -イ /,∨      それぞれ助動詞を例えてみつつ、
                  ',               , イ ∨
                   ヽ===ニゝ        八{//∨        根源的用法を学習していこうか
                          / jハ`Y´
                                  |_
             _ ゝ    -‐            |:::ヽ、
          --イ::::::::::」              /:::::::::ト
ー-‐:::::::::::´:::::::/::::::::::/                   /::::::::::::|::::\
:::::::::::::::::::::::::/::::::::::/                /:::::::::::::::|::::::::::\
:::::::::::::::::::/::::::::::/                   /::::::::::::::::|::::::::::::::\
:::::::::::::/::::::::::/                      /:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::    “should”と“ought to”は例えるとしたら
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::    『ベルセルク』のモズクス様かな、こんな感じの。
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !

22はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:41:06 ID:Y3QnWafo0


========should, ought toのイメージとその用法=============================


:::::::::::::::::::::::::::::`==、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.-',.--、
、::::/  ̄`\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____,,.ィ''"´  / .私 |
 /.す遂 神ヽァ‐┬--,.=====、‐ ニ ''゙r‐‐''"`:::| |ヽ、 <. は |
 | ぎ 行 の |:{ ,} '" -─-, i::::i:::  i:l'" ̄  ::|, }::::゙i.   | た |
 | ま し .御 |:} {:::::::     ::::::i    i:l     :::|;;, }:::::l|`i | だ |
 | せ.た 胸 |:, ,.j!::::::::     i:::゙===='ノ   :::|`‐^iノx,ハ ヽ_,ノ
 ヽんに を/,゙'ヽ!::::::::::.. __゙___,,,,,,,,,. -‐ ' :ノノ /,x/  ヽ
  / ̄ ̄ ヾx゙ヽ `‐-、::.   ------─'''''  //x/   ノ7-、
 /ヽ     ゙ヽ、x゙ヽ、 \          / ./,x,/   /x/


should, ought to
認識的用法:当然
根源的用法:義務・必要

====================================================================




      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |




     ''´´´ ̄ ̄ ̄ ̄` ー--、_
    /:;:;:;:;:;:;.;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、
  /;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
  .,'.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,,'゙   モズクス様は宗教の聖職者だから
  ,':;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;;:;:;:'       ハソ  ''!ヾ
 .|;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;:;:;;:.';.      .ノ´)ノ   !     彼にとって
 .|:;:;:;:;:.,--.、:;:::;/ 〃二二ーーー-t   fー-,,!
 .|;:;:;:;.,'rヽ ',:;:;/    r==f ̄ ´  ∧<''      神の御胸を遂行するのは“当然”のことだ
  l;:;:;:;:|.l r l l;:リ     、迅y. ´   K庁 !
  ';:;:;:;:l l ( .イ           .ヽ` !        “当然〜すべき”から連想して
  /;:;:; ヽヽ_l.              .ヽ .!
 /;:;:;:;:;:/\             __ ノ |       →〜する義務がある、
. 从从从  l            .´  .l
',       ヽ         ー=二ア  j         〜する必要がある、というように考えてくれ
..',.   .   ',  ` 、     、____,   /
 ',     .',     .、        /          そう、
.  '.,    ',        、    ! /-.、
.   ',.     ',       `ー,―、´   `゙'ーー ,,,     “should”と“ought to”の根源的用法は
    ' ,   ',     /   ',        `'.、  
      ' ,  .',    /  |    ',         . '、   “義務・必要”だ
      \_   / /|    \       ./|
        \ `ヽ  ′ |     /      / |    ただ “ought to”のほうがやや意味が強い

23はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:43:11 ID:Y3QnWafo0


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛   確か “shall”や
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |       “must”の根源的用法にも“義務”があったお
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ    そうそう 前回習ったね
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l    ちょうどいいから“shall”と
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |    “must”も例えてみよう
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  ィ===ミ      ィ===ミ  | i/ ヽ !    “shall”はこんなイメージだ
     ! ハ!|        i  !           ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ    .`- -−‐─‐-.′   ./ |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

24はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:54:46 ID:Y3QnWafo0


===========shallのイメージとその用法=========================================================



   |:::::::::::::::\:::::::::l:::::::::::::::::::/:::://:::::::::::::::;、-''´        __\/__  __.  r‐、  __
    |::::::::::::ヽ ヽ;:::::\__ヽ;::::::|::/:::/:::::::::::::::/    _,,、-‐-、   \ __」 Lj └; | 二` /
   .!::::::::::::::::::\__ヽ- 、:::::l::::|:::::|::::|::::::::::/   _,、-'´:::_,,、=≡、ミ、   ヽL, r‐‐レ' r' 0ヽ/r, ,゙)
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::゙!V::::`ヽ;:::::/    /::_,、='" __   `ヾ;ヽ ....:} | L.. -ッ `ー‐`L..ノ´
  j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::| ,L==`二ヽ    |/;r'゙、 .r'ニ`i    l/::/  `ー‐'´  ___r‐L..
  |_,,、-─────-、r=''"´:::::r''´r‐{ミ::一::.|;;;|`  `‐'"__,、-‐'゙:::ヽ  l⌒l   ヽ,.=! Llヽ
  |    __,,、---- 、 }二⌒::::::}:::ノ:''工ヾミ;:::::ヾ、_,,、-''´ _,,、==─‐}.  | jー、  r'゙rj l/rj ヽ
  |   r'´,、=='" ̄ヾ}ー、:ヽ::::///r:::l;`::::::、_:>=='''"´     /   j ,.ィ し'ソ `‐l/ ./ /
  ゙!  ||;;r'゙` r=ヘ   ゙i:::ヽ:::r'::|:|:::ノ:::::::l`:::::::-、,,,____,,、-‐'''`ー 、 '´ `'''"  r‐、 r-、
   ゙i,  ||;;|_ `='゙"_,、-イ::::ト、:∧|::/::::::::::::|;;;;;;人:::::__,r‐、,,_::::::::::::::::::::::::::}  ⊂ニヽ. | / / /
   l,....:ヾ;、_,、-'´.:::;ジ|:::::|:::ヾ::|/::::::::::::::|;;;;;;⌒ヽ=´>⌒y‐ 、`''‐-、:::/    ‐'‐'゙ `‐`/ /
    j:::::::ヽ::;、-‐'' ´ r':|::::::|:::::::_;、-‐''"´  ゙ヽ、;;;;;゙、::::-‐'´:::_;;、::::`'''/    ⊂ニヽ  //`l
    /::,、-''´   _,ノV:::|;r‐‐''´     r''´:::ヽ ヽ/:::::::‐''´:;、-===彡____   ‐'‐'゙  r‐┘└┐
   〈´    ,r'´:::r‐'ニフ|  ,,,,,,    _,.ゝ:::::::::::"´_,,、-─''" /__;;;;;;;;\;:::ヽ 「 / 「 / .,二l  l二
   ゙i,   ,ノ::::::/ rL;;::::|  |::::::レ'"´:::::::_,、-‐'´ ___,、-'''´ |   Y⌒l-|:i::::} |/ |/ └‐┐┌'´
     ゙i,  .:::::::/rL;;;:::::::|`'´::::::_,、-‐''´__,,、-┬'"   |     |    |  | |:l:::/ ○ ○ r'´(/ /ニヽ
     ゙i, ::::  レ'ー'''二、-''" __,、-'''"|     |     |     |.   |  | |::/      ヽ--'゙
       ゙i, :::: /,rr┬┬┬''"´|    |    |__,、-┴─‐┴─┼─'/  ,. -┬、    /:::
       ヽ ::Ll;;;|: | | |    |  _,⊥-‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____;;;;;;;;;;;;::::::::ヽイ:|  |:::ヽ   /::::::::
       ヽ ゙i;ヾ|. | | | _,、-┴''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´:::::r'⌒ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;|::|.  |::::::l, /::::::::::::
          ヽ.゙i,ヾ!.| レ'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,、-''":::::::::::::::::|::::::i:::::ヽ;;;;;;;;;;;;|::|   |::::::∨::::::::::::::
         ヾi, ゙Y´::::::::;;;;;;;;;;;;/´`゙''''"::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::|::::::::ヽ;;;::::」::|   |:::::::::::::::::::::::::
         ヾi;. ゙i,:::::::::;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/;;;ヽ;::::::;.イ´|::|   |:::::::::::::::::::::::::

shall
認識的用法:運命的必然性
根源的用法:強い意志,義務(束縛),規定

====================================================================================



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

25はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:55:44 ID:Y3QnWafo0


                    ___
                ,..:孑:::::::::::::::::::::::::>.、
              >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧   “shall”は、どこか神の意志が感じられる、
            /::::::::::::::::::::>,{'¨ }:::::::::::::::::::::::::.
             ゞ:T`゙{:.{ヽ     i:::::::::::::::::::::::::i   “運命的必然性”を表わすし
              i _ ヾ ,孑ァ≦;:>ヽ:::::ィヽ::::::::i
              ヽ≧,   ̄´_,互`  }::i/ ’}::::::i    問答無用の“規定”や“義務”を表す
              ハ >,'   `¨ ̄   ミ>} ,':::::::{
               V.   ,       {.,イ::::::::::.    “してはならない”、と規定すると
                `ー<¨  _    ,’ `ヾ:::::::.
                  ∧ ヽニ‐´   /  i   `:ヽー   まさに
                 ヽ  ¨´   , ’   i
                      ハ. i  ./    :i         “ぬありませんっっ!!”となる
                才´  ̄´ 〉、    i
               / i   , ’ 〉} 、   i    ,'      狂信的なモズクス様みたいにね
              / , -、i  /  ,’ ' `  i >.´



     ____
   /─  ─\                   アベ>狂信的だから、“強い意志”もイメージできると思う
  /( ●)  (●)\.
/   (__人__)   \                    “shall”のほうが
|              |
/     ∩ノ ⊃  /                     “should”や“ought to”よりも意味がずっと強い、
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |                      ということも感じ取ってくれ
  \ /___ /




アベ>“must”もついでに今やってしまおう

26はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 20:59:39 ID:Y3QnWafo0


=========mustのイメージとその用法============================================================


             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ただの人間には興味ありません。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     私のところに来なさい。
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、


must
認識的用法:論理的必然性
根源的用法:義務・必要

============================================================================================



     ____
   /      \          アベ>涼宮ハルヒのあの自信の強さとか、
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \          押しの強さとかは“must”のイメージだね
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /           彼女の言動、行動は
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |            (彼女的に)“必然”、“必要”だからしていることだろうし
  \ /___ /



            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       付け加えると
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::       “must”は
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::      ‘主観的’な“論理的必然性”を表すのであって
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::      ‘客観的’な“論理的必然性”を必ずしも表すわけではないんだ
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::      …ちなみに‘客観的’な“論理的必然性”は“have to”で表せる  
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i          “must”が涼宮ハルヒなら“have to”は長門有希かな
        丶、,、. イ::::::    !

27はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:01:42 ID:Y3QnWafo0


=========have toのイメージ====================================================================



   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;



============================================================================================



━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓    アベ>彼女、よく“妥当”っていう言葉使うよね
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・          “妥当”という言葉の持つ
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |           “客観性”の有無が“must”と“have to”の違いだ
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |

28はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:02:21 ID:Y3QnWafo0


       , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`丶
    , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`、
    ,';';';';';';';';';';';';';从ト、;';';';';';';';';';';';'ノ   ………
   i!;';';';';';';';';';';';','   ト---イノル'j丿
    l!;';';';';';';';';';';';','            |      例文で説明しよう
   ',;';';';';';'f⌒ヽミ   r===ォ /
    ',;';';';';';',´'ハi    丶 tソ  i        英語で“痩せる”は“lose weight”と言う
     ',;';';';';'ヽ、ノ          ',
     i!;';';';/ l            _ >      例えば 身長160cm、体重100kgの女の子が
    厶イ   \     、_」
   _,ノ      \     /         『痩せなきゃ』 と言う時は
  /. .,'         、 _ ア
//. . .i  `、      |. .ヽ、`丶         I must lose weight.
. . ',. . . .',   ヽ、   丶 ヽ、`、. .`、
. . .',. . . .`、――‐- ,    ー .',. . ヽ. `、       I have to lose weight.
. . . ',. . . . .丶          `、. . . ン.',
. . . .',. . . . . . 丶      ヽ、  ',. ./. . ‘,     どっちでもいいだろう
. . . . . ー-=ニ. .丶       i   i. . `丶. ', 
. . . . . . . . ./. . . .丶     l  i. . . ./. .l    主観的にも客観的にも
. . . . . . . く. . . . . . . .丶     l   i. . ./. . .|
. . . . . . . .. .`丶 、. . . . .ヽ、   l  i. ./. . . .|    痩せる、という選択は論理的に妥当だろう?
. . . . . . . . . . . . . . . .`丶. . . \  /./. . . . 丶
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ. . . . . . . .|



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \   まぁ、そうだお
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \




     \:r::: ::ハ: :l       . ,ィ __ ヽ . . . . . . . . - 、_: ::::: ::
       |:: :::l ヽ{      ィ≦ ‐' . . .. . . .. . . . . . . . . . `ヽ : :    主観的に考え(“must”を使って)
       ヽ: :{   \  //  _ _ . . . . . . .. . . . . . . . . . |: :::
       \l     //_ -_ニ-=rア. . . . . . . . . . . . . . . . .l:: :   綺麗になりたいから痩せなきゃ、と言うのも論理的だし
          l\_,イ/_テ_ィ ‐^ヽ::_ノ'  . . . . . . . . . . . . . . . . l: :
        L     ´  ヽ-       . . . . . . . . . . . . . . . .l:    客観的に考え(“have to”を使って)
          `ヽ              . . . . . . . . . . . . . . . .
         /                . . . . . . . . . . . . . . . .    健康に悪いから痩せなきゃ、というのも論理的だ
          /               . . . . . . . . . . . . . . .
.         /                . . . . . . . . . . . . . . .
         /                    . . . . . . . . . . . . . .    でも身長160cm、体重40kgの女の子が
       /                   . . . . . . . . . . . . . .
.     ノ   _   -ァ             . . . . . . . . . . . . .    『痩せなきゃ』 と言う時に
    ヽ=-ー   ̄了              . . . . . . . . . . . .
                |      _ -‐ `     . . . . . . . . . . . .    “have to”を使うのはおかしいだろうね
             `` r             . . . . . . . . . . .
                L_  ____        . . . . . . . . . .
                   T` =-'         . . . . . . . . .
                   |

29はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:04:41 ID:Y3QnWafo0


     ____       ヽ v /
   /─  ─\     -(m)-
  /( ●)  (●)\.       ≡      アベ>お、気づいたかい?
/   (__人__)   \
|              |              身長160cm、体重40kgの女の子が痩せるのは
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |                “客観的”かつ論理的には必要ないよね
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       _,--──-、_
    ,-‐´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ__
   /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ       ただし、主観的に
   i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ |゙゙゙         身長160cm、体重40kgの女の子が
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,-i; |.  〉
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/| /|;/  |          綺麗になりたいから『痩せなきゃ』、
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ヽ|| ´.  |i
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/  |)   |´         と、言うのはあり得るよね
   .|; ; ; ; ; ; ; ;/    |   /
.  r|;/;/;/;/;/     |  /          その女の子的には(=彼女の“主観的”には)
. / ー-、____  ト、/
_/  `ー       `┴、____      綺麗になりたいから痩せる、というのは論理的なわけだ
ミニフ-_______    /
  /    ─────´  ̄ ̄─-、     だから身長160cm、体重40kgの女の子が
 /              /´  \
/                 /      \   I must lose weight.
i              /         i
           |  /            |  と言うのは ありだけど
           | ./   / ̄      |
_          | /   \   -、  |   I have to lose weight.
__ ̄───、__||     `丶、 \ |
   ̄ ̄ ̄ ̄──┤      __二>〈   と言うのは微妙だね 言いたいことは通じるだろうけど
              |    i-二-─´ ̄ |

30はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:05:21 ID:Y3QnWafo0


      / ̄ ̄ ̄\
    / -―、  ―-\
   / ィてフ> i iィてフ> \     アベ>…少し脇道にそれすぎた
   |    (__人__)    |
   \      ^     /           すまない 助動詞“should、ought to”に戻ろう
   /             \




       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、   “must, should, ought to”の
       .l `リ ´     }::::::::::::::::::i
       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|    意味の強さは
        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
       .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|     認識的用法の確信の強さ(*)と同じで
       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l
         i==-    イ   ヾヘ    must > ought to > should
        , ゝ. ̄  _,.ィ  i
       , ´  ゙'ーイシ″ ,         の順番だ
     /   、 \ヾ   /
     i    `  \,メ--─
     ハ.  y     /
    /   i     ミ



・助動詞の認識的用法の表*

確信の強さ ┃   %    ┃ 助動詞     ┃
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━╋━━━
 強 ↑   ┃100%     ┃ shall       ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃ほぼ100%  ┃ will(would)   ┃
   │   ┃(90%以上) ┃ must      ┃
   │   ┃        ┃          ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃        ┃ ought to    ┃
   │   ┃60% - 90%  ┃ should     ┃
   │   ┃        ┃          ┃
   │   ┣━━━━━╋━━━━━━━┫
   │   ┃ 50% -   ┃ can(could)  ┃
   │   ┃ それ以下 ┃ may(might)  ┃
 弱 │   ┃       ┃          ┃↓
━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━━╋━━━
  番外   ┃  0%    ┃ cannot(can't) ┃

31はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:07:44 ID:Y3QnWafo0


.    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     |::l`''〜^〜ァrr〜〜ー..,,_:::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::
.    |:|       ノリ       ̄ ̄´   ミ ::::::::::::::::::::::    “must”が一番
    !|                   ミ:::::::::::::::::::::::
      ',ミヽ                 〈::::::::::::::::::::::    “〜しければいけない”という“義務”の気持ちが強い
      ',rヾミx、                    l:::::::::::::::::::::
.      i でツ、   =≡三三三三       |:::::::::::::,..--    “should”は“must”に比べると意味が弱いから
.     l `ー }                    |:::::::/ ,.-
      ∧  /      '"''===''    }::::/ <ヽ/     “〜すべきだ、〜したほうがよい”などと訳される
     _,,..∧. /                     ノノリ `/
_,,..-''":./.:∧ゝ‐-、                _/      だからアドバイスする時によく使われる
: : : :/: : : :.∧                   /
: :/: : : : : : :.∧ -..,,_      _、      /         “ought to”の意味の強さは“must”と“should”の中間ぐらいだ
: :`"''‐-..,,_: : : ∧ 、_ ̄ ̄ ̄       _,,,,.. -''"´
: : : : : : : : :`''‐、:∧    ̄   __,,,...-‐''''"´: : : : : : : : : :       ただ“ought to”はあまり使われないようだ
: : : : : : : : : : : : ヽ∧      \: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :. <: `''‐--‐<  \: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :| ヽ   \: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : :|  |   <: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: :|     \: : : : : : : : : :



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \       “shall”はどこ行ったんだお?
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |             アベ>“shall”は“must”より強い、そもそも使う状況がだいぶ違う
   \    ` ⌒´    /
   /              \               強さは shall > must > ought to > should の順番になる

32はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:09:59 ID:Y3QnWafo0


                    , - − - _
                /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /::/¬ー-ァy、_::::::::::::::::::::ヽ      “should”と“ought to”の使用に関して
              ./::/     〃/〜=y、_:::::::ヽ
             _/::/r;‐-...._ , ({ハ     `ー1:::!     OALDの7th editionにちょうどいい記述があったから
            /ri`リ ゙'=ミニ、f′ {ト、     j::::{
           { ノv     `/  "ミ_-ミ丶、 j:::::i      紹介しておこう
            い/     ノ     `゙ヾミ`ー!_:/´
            } '       'っ;:、}        /厶      “should”の項にあった記述だ
               ソ    辷ー-、        ,ハ}
              ハ    、 ` ヾ‐    /ニノ
             i ヘ    `' "    厶:公        ちなみにiPhoneアプリ版の
      ───- !  i ヽ   /     /〃フ
          ) /   !  `‐- .._, イ  ハ/          8th editionにはこの記述はなかった
      `丶、     |        /  /、
--─ニ三三Ξ=- ヽ !      / / _`ヽ__
,三三==三三ー-`ヽ`ヽ'       」''"三三Ξ三三三ミ、
─===== 、...三Ξヽ\ヽヽ   '/ 二三三三Ξニ=ミ',
         ̄`"''ーッ`く_" ^ヽv--=─── ''  ̄ ̄ ̄ ラ
            /     ̄7'  Oxford       /`ヽ
             /.     /   Advebced     /
          /     /   Learner's    ,.イ
`ヽ.、         /  / / /   Dictionary __ ∠ハ
ト、(^ヽ      /   / /      ,.-─'"     ヽ
 `='′   /    / /
       /   / /



(Should) and (ought to) are both used to say that something is the best thing
or the right thing to do, but (should) is much more common:

注:(  )は>>1がつけました 本来は太字です


アベ>この文にはまだ習っていない受動態、不定詞そして比較が使用されているから、訳はつけておく


訳:(Should)と(ought to)は両方とも ある特定のことが行うべき最良のことである、
   あるいは適切なことである、と言うために使われる、しかし(should)は
   はるかにより一般的である



        ____
       /    \      “はるかにより一般的である”って
.    /          \
.  /    ―   ー  \    何と比べて “より”一般的なんだお?
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

33はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:10:49 ID:Y3QnWafo0


       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄  それはもちろん
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |       (should)は(ought to)に比べて
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /       “はるかにより一般的”だということさ
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'         “much more common:”の後ろに
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |          than (ought to)が省略されている、と考えてくれ
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |



                ,,..-―‐-.,,
             r''"::::::::::::::::::::::ヽ
              ゞツl:::::::::::::::::::::::::i       “Longman Essntial Activator”
.             ヽヾr、::::::::::::::::::::|
           {|  }.}:::::::::::::::::::|        という本の“ought to”の項には
                ', ` ヽ从从从
            ヽ_l/ ̄ ̄ ̄ヽ          もっと簡単に こう書いてあった
             ,.-――-  ̄三≡≡`ヽ、
         / \          ヽ   `ヽ
           /___ .',         ',    ',
.          /-―‐' i            i      i



(Ought to) is less common than (should) in written and spoken English.
注:(  )は>>1がつけました 本来は太字です

訳:(Ought to)は話し言葉と書き言葉では(should)より一般的ではない

34はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:13:00 ID:Y3QnWafo0


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    つまり…何が言いたいんだお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::     つまり ought to は根源的用法の
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     “義務”の意味ではshouldほど使われない、
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::     ということだ
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::        解説が長くなった では
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ        should と ought to の
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !           認識的用法の“義務”の例文を見ていこう



1. We should call an ambulance.                  LWW
訳:(我々は)救急車を呼ぶべきだろう。


2. The courts ought to treat black and white defendants in exactly the same way.    LDOCE
訳:法廷は黒人の被告人も白人の被告人も厳密に同じ方法で扱うべきである。

35はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:13:42 ID:Y3QnWafo0


                . ´///////////////////////`、
                 ///////////////////////////,∧
                 {/,'゙`'ァrrr-〜〜''''〜〜''',//////////,    “義務・必要”という点では
                 V  ノノリi             〉/////////,
                 /               .〈//////////,    だいたい同じ意味だけど
                 y'斧ミ    ,ィf竓芹ミメ. ',/////////,
                l 杙ノl      杙.ノ_ シ  //,f´⌒,.///,     細かな使い分けはある
                l   i!           i/i /´l i/ ∨
                l   /             j丿l⌒l. i/∨     説明しよう
              l   \ 、          -イ /,∨
                  ',               , イ ∨
                   ヽ===ニゝ        八{//∨
                          / jハ`Y´      shouldとought toの関係は
                                  |_
             _ ゝ    -‐            |:::ヽ、     mustとhave toの関係と似ている
          --イ::::::::::」              /:::::::::ト
ー-‐:::::::::::´:::::::/::::::::::/                   /::::::::::::|::::\
:::::::::::::::::::::::::/::::::::::/                /:::::::::::::::|::::::::::\
:::::::::::::::::::/::::::::::/                   /::::::::::::::::|::::::::::::::\
:::::::::::::/::::::::::/                      /:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::




::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,    shouldの表わす“義務・必要”は 
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |    話し手(書き手)の主観的な判断による
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′   “義務・必要”の意識が強く
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l
.{ i、               l    |い
 、 `                   |   |     ought toの表わす“義務・必要”は
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l
:::| ` ー,                 ´     ,'     客観的な“義務・必要”である、という意識が強い
/    、      `- -‐─‐- ′. /
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-

36はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:14:16 ID:Y3QnWafo0


      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \    もっとわかりやすく
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |    ならないのかお
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /



              
''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ      “should〜”は話し手(書き手)が主観的に
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ      “〜するのがいい、〜すべき”と思っていて
;:;:.';       .ノ´)ノ   !  
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,!      助言している感じだ
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''  
リ    、迅y. ´   K庁 !       対して
イ            ヽ` !
             ヽ .!      “ought to〜”は“〜しなきゃいけない”、
          __ ノ |
           ´  !       と法律や規則によって決められている、
ヽ      'ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /       あるいは社会の習慣や状況から考えて、
    、        /
  、   、    ! /       “〜すべきだ”という判断がなされていて
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !          shouldより客観的で深刻な感じだね  ま、例文を見たほうが早い



1. We should call an ambulance.                  LWW
訳:(我々は)救急車を呼ぶべきだろう。


2. The courts ought to treat black and white defendants in exactly the same way.    LDOCE
訳:法廷は黒人の被告人も白人の被告人も厳密に同じ方法で扱うべきである。

37はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:14:47 ID:Y3QnWafo0


.        ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   1. は“我々”が勝手に“救急車を呼ぶべき”、と思ってるだけで
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
.     Y~~~~ノリ~~~~~~~~~~~~l:::::::::::::::::::::::::::::',   救急車を呼ばなければならない、と
     i            ノ::::::::::::::::::::::::::::::',
      l==、  ヽニニニニヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::l    法律や規則で決められているわけではないし、
      ヽ T .}  " '. ̄rヽ、  .i::::::/⌒ヽ:::::::::,'
      l `/    ‐┴'    |::://⌒ .l:::::::,'     それほど深刻な感じも受けない
      |./,,,          |ノ. )) ./:::::,'
      lヽ、 -‐          /./:::::::i
.       ',             __/ \:::::::i    2. では“被告人は人種に関係なく同じように扱われなければいけない”
.       ', ヽ==-       /. ___`''-i
         ',   -‐'   .,.-''" ̄     `゙"''‐.、  と法が定めている。
          ',      /
.        ヽ.__,,..-/                  主語の"courts(法廷)"が〜すべき、と思ってるのではなく、
             /
          /                    法によって〜することが“義務・必要”になっている
          l




     ____
   /      \        アベ>加えて、法廷では人種差別してはならない、
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \        と、言いたいのだろうから、すごく深刻な感じだ
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

38はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:15:22 ID:Y3QnWafo0


   _,-─´ ̄; ; ;ー-、_
 _,-´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ_
/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;i
; ; ; ; ;|ヾヾヾ゙゙゙ヾヾ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i   “should”と“ought to”の
; ; ; ; |        `)) ´ ´ ´|; ;|
|; ; ; ;|           /      |; ;|    根源的用法についてはこのくらいにしておこう
|;;-、;| .////////   ///////|; ;|
| /i ||  ´iてi`     / ´iてi` | ヽ
| !/| !   ̄ ̄     |;;  ̄ ̄ |-.|     では“can”と“may”に行く
ヾヾ、           |;     |) /
 ヽヽ,         ,     |/
  トヽ      ´` ´       |´
  | ヽ    <二二フ    /       
  /|  \    __,    ,イ
/ |   \       /;;|\
  ,|  |  \  ` /;;;;;;;;|、 \
  i |   |    `ー‐´;;;;;;;;;;;;;|;;|  \-、_
  |  | |      ノ  /   .|   \ヽ
  |-、_|_ヽ_   ´  i  __ |    ヽ




    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }   canに関して言えばそんなに難しいことはないかな
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<   やる夫クン、オバマ大統領は知ってるだろう?
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

39はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:15:54 ID:Y3QnWafo0


===========canのイメージとその用法============================================



                       ,.ィ´三三三三≧ト、
                     /三三三三三三三ミヾ
         ,ィヽ         /三三,/´. . . . .`丶ミ三ベ
           / /     .    /三三/. . . . . . . . . . . . . .` ヘ
        / /        __/三┌''. . . . . . . . . . . . . . . . . ハ
.       / /        //ハ三/. . . . .ェエ≧ト. . ..j. . . . . . l
      / /     ,ィヽ  |'  j. . . . . . . ..ゞツヽ / /≦エト .リ
    ,ィ≦´ ̄ ̄ ` V  /   lー-'l. . . . . . . . . . . . ,.'. . l ムツ. . .,'    ____
    |  ̄ ̄ ̄ `V  /    ヽ‐'. . . . . . . . . . ./.l. . l. . . . . ,'   <Change!
    |  ̄ ̄ ̄Vリ Y   _ リ. . . . . . . . . . .'ー 、__,、). . . /      ̄ ̄ ̄ ̄
    | ´ l ̄ハ l  /_,x</l...... . . . . . . . ./.__,、. __. ._. l. . /
____j  .j   'ー' ン::::::::::::j .ヘ:.:... . . . . . ./. .|‐'‐‐- -'リ./..,.'
:::::::::::::リ      /:::::::::::::::|  ヘ:.:.:.:. . . . .l. . .ヽ、ェェェン../
::::::/!     ./ :::::::::::::::::::|   ヘ:.:.:.:.ヽ. .ヽ. . . ー‐ "/
/:::::|    ,ィ':::::::::::::::::::::::::∧   ヽ:.:.:.:.:\. . . . . .ン'
::::::::::lヽ__/ l::V:::::::::::::::::::::::::∧  /\:..:...: / ー "!
::::::::::l   /:::トム::::::::::::::::ヽ::::::::l-‐'    ハ: : ム__∧ 

can
認識的用法:可能性
根源的用法:能力、可能性


========================================================================



       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   オバマ大統領くらい知ってるお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |   バカにすんなだお
  \      `ー'´     /




            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::     彼の有名な言葉に“We can change.”ってあるよね
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::     あのフレーズには“can”の意味が凝縮されている
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::     私たち(アメリカ国民)は変わる“可能性”があるし、
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::      その“能力”もある って言ってるんだ
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::      “can”の根源的用法は“能力”だ
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i          一応、例文として出しておこう
        丶、,、. イ::::::    !

40はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:16:26 ID:Y3QnWafo0


3. We can change!
訳:私たちは変われる!




::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,     “can”は“可能性”も表すから
:::::::::::::::|                       i
:::::::::::::::|                       |     疑問文にすると
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′    “〜できますか?”
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l
.{ i、               l    |       と“許可”を求める文になったり
 、 `                   |   |
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l      “〜できる?”
:::| ` ー,                 ´     ,'
/    、      `- -‐─‐- ′. /       と“依頼する”文になったりする
     ヘ       _____     /
      ヘ      `~"´   /
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,
                      ̄" ‐-

41はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:16:59 ID:Y3QnWafo0


4. Can I have another slice of cake?         LWW
訳:もう一切れケーキを食べてもいい?

5. Can you feed the cat, please?           OALD
訳:ネコにエサをあげることができる?→あげてくれる?




     \:r::: ::ハ: :l       . ,ィ __ ヽ . . . . . . . . - 、_: ::::: ::
       |:: :::l ヽ{      ィ≦ ‐' . . .. . . .. . . . . . . . . . `ヽ : :
       ヽ: :{   \  //  _ _ . . . . . . .. . . . . . . . . . |: :::   “can”の疑問文で
       \l     //_ -_ニ-=rア. . . . . . . . . . . . . . . . .l:: :
          l\_,イ/_テ_ィ ‐^ヽ::_ノ'  . . . . . . . . . . . . . . . . l: :    “許可を求める”
        L     ´  ヽ-       . . . . . . . . . . . . . . . .l:
          `ヽ              . . . . . . . . . . . . . . . .    “依頼する”、
         /                . . . . . . . . . . . . . . . .
          /               . . . . . . . . . . . . . . .    両方ともくだけた会話での表現だね
.         /                . . . . . . . . . . . . . . .
         /                    . . . . . . . . . . . . . .    例文の4. 5.の訳でわかると思う
       /                   . . . . . . . . . . . . . .
.     ノ   _   -ァ             . . . . . . . . . . . . .    だから英文を読む際には
    ヽ=-ー   ̄了              . . . . . . . . . . . .
                |      _ -‐ `     . . . . . . . . . . . .   小説などでの会話文以外で
             `` r             . . . . . . . . . . .
                L_  ____        . . . . . . . . . .   “可能性”と“能力”以外は気にしなくてもいいだろう
                   T` =-'         . . . . . . . . .   
                   |

42はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:17:35 ID:Y3QnWafo0


        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ    では最後に“may”を取り上げよう
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ   “may”は女王様を想像すればいいかな
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/⊂ニjjjニ;;m   i..ニニjZニ'll、!
     ]/'.l.|  {’| .゛    ‐ .L|  ゛ i!│
     ,!゙ .川  `~゙゙−    .! '''`-´゛ l l
     ヽ ゝ            !     !.|l゙
     .'Lヽ         ,    .l゙/
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’
      .リ ヽ    '二ニニア   ./
      /'゙i  .ヽ    . .. ‐   ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_



                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )   
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ        アベ>…誤解がないように言うと
              |   (__人__)      |   /  ヾ
             \    ヽノ      / /  ! i          女王様じゃなくて
                   \_          <、   〃ノ
              /       ,.-、   _, -` く '"           女王陛下って感じだろうか
                 /   |       (`   ̄     〉
                !  <|       ヽ、__,.― --―'             例えば、
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |

43はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:18:05 ID:Y3QnWafo0


============mayのイメージと用法========================================================


           ,.. ´          `ヽ、        `ヽ、
         , ィ               ヽ、         ヽ
        ,.イ´                `,、          ヽ、
       / ,´                  从           ヽ
      i イ                  ,.ノリ            `、
      ,l  l                ,... - ,ノ _ _.   ,/      ヽ
      l  l         _,...  -‐'''´ ` `Y´:::::「i!i!i!`Y´       ;
      ト  ゝ...,,,,,____ ,,. ''´  ,.ィテ=ミヽ、  |:::::::::|i!i!i!i!iト、       '        よしなに
      λ,... .レ  _ェモェ `    ´λ・ },..'    |:::::::::|i!i!i!i!| i        、
      ,イ::1i!i!1 λ ・ } 1       ̄     |:::::::::|i!i!i!i!|,..!        リ
     / l:::li!i!i!|   ̄  ,ノ            Y´ ̄`ヽr'          ヾ
    ,/ 1:::li!i!i!l    ヽ、 ,.           |     |           ゝ
    ,;   l. _,i!i!i!t                 1     |           ´、
   /   Y´ ̄`ゝ    ____,,,..         |     |            ヽ
   ;    |     t    ‐-‐'        ィ|     i             j
  !    |     |\           ,. ' !     .|             .i
  ,;    l      i  ` 、       ,. ィ  |      .|             .,
  |    |      |    `ャ、___,. -‐´  _,.. |      .|             .リ
 .l    l      |    .i ,.. -‐− ´ ̄   .l       トャ-‐‐ ニニゥ       j
 |    .|       |   「´┌ ;;;==〟_...... |       .レ-‐‐‐ニニキl       .I
 l    ,l       |,......-┤,..l l 1]  `ニニニ l       .ト,      .|       |
 |    I       |__,......」 二┘┘ ニニニ´l        .|∧     \     |
 .|   /      /-‐‐1 /´ ̄´´´    /        | .\     . ̄`ヽ、
  l  ./       !    ̄         .I        ./   \

may
認識的用法:可能性
根源的用法:許可


===================================================================================




                ,,..-―‐-.,,
             r''"::::::::::::::::::::::ヽ
              ゞツl:::::::::::::::::::::::::i      女王陛下ってどんなイメージだい?
.             ヽヾr、::::::::::::::::::::|
           {|  }.}:::::::::::::::::::|
                ', ` ヽ从从从
            ヽ_l/ ̄ ̄ ̄ヽ
             ,.-――-  ̄三≡≡`ヽ、
         / \          ヽ   `ヽ
           /___ .',         ',    ',
.          /-―‐' i            i      i

44はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:19:35 ID:Y3QnWafo0


       ____
     /⌒  ⌒\      格式張ってるとか、
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    丁寧とか高貴とか…?
  |             |
  \              /




       , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`丶
    , ';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'`、
    ,';';';';';';';';';';';';';从ト、;';';';';';';';';';';';'ノ   そうそう、
   i!;';';';';';';';';';';';','   ト---イノル'j丿
    l!;';';';';';';';';';';';','            |    “may”はそんなイメージの助動詞だ
   ',;';';';';';'f⌒ヽミ   r===ォ /
    ',;';';';';';',´'ハi    丶 tソ  i     特に根源的用法では そうだね
     ',;';';';';'ヽ、ノ          ',
     i!;';';';/ l            _ >    認識的用法では
    厶イ   \     、_」
   _,ノ      \     /      “可能性”を表すけど
  /. .,'         、 _ ア
//. . .i  `、      |. .ヽ、`丶      これも偉い人が断定的な言い方を避けて
. . ',. . . .',   ヽ、   丶 ヽ、`、. .`、
. . .',. . . .`、――‐- ,    ー .',. . ヽ. `、    “〜かもしれない”
. . . ',. . . . .丶          `、. . . ン.',
. . . .',. . . . . . 丶      ヽ、  ',. ./. . ‘,   “〜ということもありうる”、と
. . . . . ー-=ニ. .丶       i   i. . `丶. ', 
. . . . . . . . ./. . . .丶     l  i. . . ./. .l    控えめに発言するのを考えればいいかな
. . . . . . . く. . . . . . . .丶     l   i. . ./. . .|
. . . . . . . .. .`丶 、. . . . .ヽ、   l  i. ./. . . .|    説明よりは例文を見たほうが早いだろう
. . . . . . . . . . . . . . . .`丶. . . \  /./. . . . 丶
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ. . . . . . . .|   例文を書いておく

45はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:20:04 ID:Y3QnWafo0


6. May I see your passport, sir?           LWW
訳:パスポートを見せていただけますか?


7. May I come in?               OALD
訳:入ってもよろしいですか?


8. You may sit down or stand, just as you wish.      LDOCE
訳:(あなたは)座っていても立っていてもいいですよ、お好きなように。




                . ´///////////////////////`、
                 ///////////////////////////,∧
                 {/,'゙`'ァrrr-〜〜''''〜〜''',//////////,    例文6. 7.は“許可”を求めている
                 V  ノノリi             〉/////////,
                 /               .〈//////////,    canを使っても同じ内容は表せるけど
                 y'斧ミ    ,ィf竓芹ミメ. ',/////////,
                l 杙ノl      杙.ノ_ シ  //,f´⌒,.///,    相手に対する印象は違う
                l   i!           i/i /´l i/ ∨
                l   /             j丿l⌒l. i/∨    mayのほうがだいぶ丁寧な印象を与える
              l   \ 、          -イ /,∨
                  ',               , イ ∨
                   ヽ===ニゝ        八{//∨      例文8. は“許可”を与えている
                          / jハ`Y´
                                  |_       これも丁寧な印象を周りの人に与えるね
             _ ゝ    -‐            |:::ヽ、
          --イ::::::::::」              /:::::::::ト
ー-‐:::::::::::´:::::::/::::::::::/                   /::::::::::::|::::\
:::::::::::::::::::::::::/::::::::::/                /:::::::::::::::|::::::::::\
:::::::::::::::::::/::::::::::/                   /::::::::::::::::|::::::::::::::\
:::::::::::::/::::::::::/                      /:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::

46はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:20:36 ID:Y3QnWafo0


       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄    今回は以上だ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |         なんとなくでも
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /        助動詞それぞれの性格、性質と
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'        “should、ought to、can、may”の
    |    `!                    /
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |          それぞれの根源的用法のイメージは
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |          掴めただろうか




           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \           なんとなくなら
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´     イメージは湧いてきたお
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \




             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、   上出来だ
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|   後は助動詞のそれぞれの用法の例文を覚えて
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ   数多くの英文に触れていけばいい
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'′   次回はその他の助動詞と助動詞のような表現を学ぶ
        .ト   ヽ二二二フ .,イ
        i| \   ===   ,イ.:|      今回少しやった“have to”とかね
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙




      ____
    /  ⌒  ^\     了解だお
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ    ありがとうございました、だお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /








                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                第2話後編『should、ought to、can、may』終わり

47はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/04(日) 21:23:51 ID:Y3QnWafo0
なんとか投下できました
次回の投下は11月中を目指しています

48名無しのやる夫だお:2012/11/04(日) 21:26:56 ID:36OTP2Lo0
乙です!

49名無しのやる夫だお:2012/11/04(日) 21:55:19 ID:JgdqUNlg0


50名無しのやる夫だお:2012/11/04(日) 21:57:47 ID:nex3fS.U0
乙ー

51名無しのやる夫だお:2012/11/04(日) 22:55:16 ID:54BliHhs0
乙〜

52名無しのやる夫だお:2012/11/05(月) 01:57:33 ID:lX9I00vY0
年いってる人は ought to 使うとかあるのかなー 乙!

53名無しのやる夫だお:2012/11/05(月) 07:36:41 ID:U8axug4c0
乙でした

似たような意味でも、ニュアンスは微妙に異なるんだね

54はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/05(月) 11:26:27 ID:oVpQWMP20
皆様 支援ありがとうございます
“乙”が本当に心にしみます

>>52
>年いってる人は ought to 使うとかあるのかなー 乙!
ちょっと調べてみたのですが、そういう記述は見つからなかったです
“あまり使われない、特にアメリカでは”という記述はけっこう見かけます


>>53
>似たような意味でも、ニュアンスは微妙に異なるんだね
見た目が違えばニュアンスも違う、ということだと思います
でもその違いが微妙なのであまりought toは使われなくなっているのかな、とか思ったり

55名無しのやる夫だお:2012/11/05(月) 11:31:04 ID:U8axug4c0
正直言いまして、「must」と「have to」の違いがよく分からなかったのですが
まだ漠然とですが違いが分かった気がします

これは、本当によく分からなかったので…

56はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/05(月) 11:34:58 ID:oVpQWMP20
訂正というか追加ですが
>>36
>あるいは社会の習慣や状況から考えて、

“あるいは社会の習慣や状況、道徳的観点から考えて、”
と、させてください。お願いします

57はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/05(月) 11:43:38 ID:oVpQWMP20
>>55
>まだ漠然とですが違いが分かった気がします
漠然とでいいと思います。
あとはたくさん英文に触れて行けばいいかと。
…今回は例文が少なかったのでもう少し典型的な例文を探してやる夫への宿題、という形式にして
投下しようかなぁとか考えています

58名無しのやる夫だお:2012/11/05(月) 12:55:22 ID:0MBJSXtc0
乙ーん

59はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/06(火) 21:04:02 ID:P.U/RSCU0
英文の量が少なかったので

Part3第2話のおまけ

投下して英文の少なさを補いたいと思います
明日の夜あたりにでも投下します

60名無しのやる夫だお:2012/11/06(火) 21:06:20 ID:gOb51orc0
把握

61はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 20:51:55 ID:J5ijQ6mw0
9時半ぐらいからおまけ投下します

62名無しのやる夫だお:2012/11/07(水) 20:56:08 ID:fBqSfm.E0
OK! I am Obarna.

63名無しのやる夫だお:2012/11/07(水) 21:01:08 ID:huVS8lQM0
OK I am ZENRA!

64はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:36:00 ID:J5ijQ6mw0
投下開始します

65はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:37:06 ID:J5ijQ6mw0


                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                         第2話おまけ






       ____
     /_ノ ' ヽ_\        今日の授業もやっと終わったお
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |              アベ>やる夫クン
  \      `ー'´    /




            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ     や ら な い か
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

66名無しのやる夫だお:2012/11/07(水) 21:37:38 ID:huVS8lQM0
NO Thankyou

67はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:37:40 ID:J5ijQ6mw0


               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\     何をやるんだお
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \
    |  | |        (__人__)   |
    |  | \       |r‐- l u./         アベ>宿題さ
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /




.    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     |::l`''〜^〜ァrr〜〜ー..,,_:::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::
.    |:|       ノリ       ̄ ̄´   ミ ::::::::::::::::::::::          やる夫>まぎらわしい言い方すんなだお
    !|                   ミ:::::::::::::::::::::::
      ',ミヽ                 〈::::::::::::::::::::::
      ',rヾミx、                    l:::::::::::::::::::::    今回は例文が少なかったから
.      i でツ、   =≡三三三三       |:::::::::::::,..--
.     l `ー }                    |:::::::/ ,.-     もう少し実際の英文に触れて
      ∧  /      '"''===''    }::::/ <ヽ/
     _,,..∧. /                     ノノリ `/      経験を積んで欲しいと思ってね
_,,..-''":./.:∧ゝ‐-、                _/
: : : :/: : : :.∧                   /         それに基本の助動詞は
: :/: : : : : : :.∧ -..,,_      _、      /
: :`"''‐-..,,_: : : ∧ 、_ ̄ ̄ ̄       _,,,,.. -''"´       学習し終えたから
: : : : : : : : :`''‐、:∧    ̄   __,,,...-‐''''"´: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ヽ∧      \: : : : : : : : : : : : : : : : :      復習もしたかったところだし
: : : : : : : : : : : : :. <: `''‐--‐<  \: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :| ヽ   \: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : :|  |   <: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: :|     \: : : : : : : : : : :




           ____
         /       \
        /   ─     ―      宿題…
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

68はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:38:17 ID:J5ijQ6mw0


       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |     そんなに難しくはないし
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !         量も多くないから
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′          ぜひこなしてくれ
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
    |    `!                    /             宿題の英文は
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !            センター試験からも採集した
    |       |  \             /   |




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)      センター試験の英文とか
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     難しそうだお
.  \           /
.   ノ         \      今のやる夫が読めるのかお
 /´            ヽ

69はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:38:47 ID:J5ijQ6mw0


::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
:::::::::::::::i' `"~´''""゙~゛゙^'ヾミ;,゙"ー;;;;;"゙''''ヾ;i     読めるよ
:::::::::::::::|           ' ;!゙      {,
:::::::::::::::|                       i      難しくない文を選んでおいた
:::::::::::::::|                       |
⌒ヽ.:::::} ∠二二三三=''   ∠二二=     難しくないから 
´'ハ i:: |   '´て"アヾ´    i"てj"ヾ,′
.r‐ノ レ'      ̄ ̄        | ´ ̄ l      そのぶん助動詞に意識を向けて欲しい
.{ i、               l    |
 、 `                   |   |        なぜ、この文の話し手(書き手)は
ヽ、 `i           ,-、 ノ   l
:::| ` ー,                 ´     ,'        この助動詞を使ったのだろうか、と
/    、      `- -‐─‐- ′. /
     ヘ       _____     /        考えながら、英文を読んで訳してくれ
      ヘ      `~"´   /
    ',    >  .    ;    /
     ',       ≫...    _ '
     ',      .:.:.:.: T<
      ',         .::.:.|   " ‐- ,  
                      ̄" ‐-




       ____
     /⌒  ⌒\      めんどいことは
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     やりたくねーお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

70はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:39:56 ID:J5ijQ6mw0


                ___
               ,.-'":::::::::::::::::::`"''-、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::,、:l
              l::::::::::::/≡=-.,,_ }从リ |:l
              |::::/ヽ|   ==   , =≡|ノ
              |::::l |:l        | =/
              |:::::ヽリ        l  /
              |::::::ハ.   、__' /
              |::/ |∧  `ニニ´ /   'ミ_'⌒)
         __/l   | ::::\__/   (´  ⌒)
_,,..-―――''"´ ./∧  !  :::::::::::::::l、     `〜ー'
          ./  ∧         ,|∧
         /   ∧  i    / |. ∧‐-..,,_
 \     ./     ∧‐-、   ,.-|  \.  \
   ヽ    /___   ∧__  __l    _..>  \
.   l       /   ∧   ヽ ∨  \      ∧
___ |       ./     ∧   |  ∨   \    ∧    ,.-――-..,,_
__   `ヽ       \      ∧      l      〉     /  __ /‐‐-、    , ̄`)
、、    l      \    ∧  l  |    /    /| / /     \ ̄  ̄"''-.,,
 ヽ i ´ `ヽ        \   l  |  |   ./     / y'ヽ ヽ      {  ‐‐-、 `ヽ





                 /;;;;;!゙`''〜^〜ァrr--'゙`'~´''ラヘ;;;;;;;;;;;!
                 |;;;;;;l     从リ       |;;;;;;;;;;|
                 .|;;;/      ヽ       |;;;;;;;;;|    いいのかい
                  |:::|∠ニ'==ァ    、====ニゝ〉;;;;;;|
                  / | '´.旬`ヽ   :::::´ 旬`丶 |/⌒.l    宿題をやらないとなると
                  | r| `  ̄´'"l   ` ` ̄´  ´ ト`l.|
                  l l .l      l           > /\    そのぶん授業が長くなって
                 .ヽヽl    .'         / /|.  \
                  .`/|    ヽ ^,.- 、 ,.-、 l-'´ .|   ',-,,_     オレと過ごす時間が長くなるんだぜ
               _ -‐.../ ヽ   -=ニニ|   | |  ヽ/  . |    ∨ "''-,,
             _,-‐ "    /  lヽ   ー-|― | .ヽ―|  /ヽ     ∨   "'
      ,,、-‐ ''"´,,、-‐ ''" . ./   | . \    l_ |/|_|  |.、|     .∨      …オレは一向に構わないが
      / /_,-‐ "      /    |.  /⌒',--|.  | /  | / /      ∨
     ./  l          /     | ./⌒/ .\|_∨   .し `/|       ∨
,,、-‐ ''"´  .l,,、-‐――――-‐''"`"''ー-l.  lヽ._.,     ̄  `,' l        ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ´         ̄ ̄ヽ__  ヽ__| ̄ ̄ ̄)     .,'./        / ̄
               ̄ ̄ヽ \ . ̄/⌒l ̄ ̄´ `―――|/        / _,,
              ̄ ̄ l . ヽ  | / ̄´/   `ヽ、    .|―――― ´ー'"
    ,,,-'´`ヽ、_____,.,-,    l   |―´ |ヽ-.´)     l     /
,,-‐''"´    l    | .マ ..l /    \      |  ,,.-'´
              `― ´        `lー――´"'' 、
               \        ヽ  |    `ヽ、

71はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:40:32 ID:J5ijQ6mw0


       ____
     /ノ   ヽ、_\         ……っ
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /




            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ   では宿題を出そう
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l    全部で14問だ
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |    多くはないし、難しくもない
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   まだ習っていない文法が使われ
     /⌒!|  ィ===ミ      ィ===ミ  | i/ ヽ !
     ! ハ!|        i  !           ||ヽ l |    訳せないと思われる個所は
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /    訳しておいたし、
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'      構造がわかりづらいと
        `!                    /
        ヽ    .`- -−‐─‐-.′   ./ |      思われる個所には
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |        S, Vを振っておいた
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

72はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:41:22 ID:J5ijQ6mw0


============================================================================

                         宿題

英文を訳せ
 第1問
 I can understand your point, Kenji.               2012センター本試
 (                         )


 第2問
 But have you ever thought how busy parents are?
 でも両親がどんなに忙しいか考えたことある?
 They have to take care of the house and kids!        2012センター本試
 (                            )


 第3問
 You must be talking about the effect on very young children.
 (                                     )
 But I was thinking about children who are a little bit older, like four five, or six years old.  2012センター本試
 でも私はもう少し上の4、5あるいは6歳の子供について考えていたんです。


 第4問
 Oh! We have to go.
 (            )
 Class is about to start. Let's talk about this again later.   2012センター本試
 授業が始まりそうだ。これについては後で話しましょう。


 第5問
 For instance, they are both nutritious as sources of minerals and vitamins.
 例えば、それらは両方、ミネラルとビタミンの源で栄養が豊富です。
 At the same time, however, some people can have allergic reactions to them.   2012センター本試
 しかし、同時に(                                     )



 第6問
 Wood used in the construction of homes must be stable.
 家の建築に使われる木材は安定していなければなりません。
 That is, it must not change size too much.                2012センター本試
 つまり、(                                   )


 第7問
 But wood from a tree that has just been cut down will shrink considerbly over time.   2012センター本試
   └────────┬─────────┘
                S
 しかし切り倒されたばかりの木による木材は(                  )
    └───────┬───────┘
                S

 第8問
 As illustrated in the graph,
 グラフで示されているように
 the moisture content of unpainted wood inside a house may change according to the seasins ... 2012センター本試
└──────────┬───────────┘
                S
 屋内の塗装されていない木材の含水量は(                             )
└──────┬─────────┘
          S

 第9問
 But thy* eternal summer shall not fade.  *thyは古語、現代英語のyourに相当  Wiliiam Shakespear
 (                        )


 第10問
 The punishment ought to fit the crime.           OALD
 (                                )


 第11、12問
 'Artistic people can be very difficult sometimes.'
 (                                  )
 'Well, you should know - you married one.                   LDOCE
 (              )−君はそういう人と結婚したんだから。


 第13問、14問
 Upon this rock I will build my church;
 (                        )
 and the gates of hell shall not prevail against it.     Bible Matt 16:18
 (                              )



===============================================================

73はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:47:45 ID:J5ijQ6mw0


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\       …そういえば話は変わるけど
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \       “will”のイメージが出てない気がするお
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /        “will”はどんなイメージなんだお



.        ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,  あぁ、
.     Y~~~~ノリ~~~~~~~~~~~~l:::::::::::::::::::::::::::::',
     i            ノ::::::::::::::::::::::::::::::',  “will”はこんなイメージだね
      l==、  ヽニニニニヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::l
      ヽ T .}  " '. ̄rヽ、  .i::::::/⌒ヽ:::::::::,'
      l `/    ‐┴'    |::://⌒ .l:::::::,'
      |./,,,          |/. )) ./:::::,'
  _`    lヽ、 -‐           /./:::::::i
  ‐.     ',               __/ \:::::::i
  ′   .', ヽ==-       /. ___`''-i
         ',   -‐'   .,.-''" ̄     `゙"''‐.、
          ',      /
.        ヽ.__,,..-/
             /
          /
          l

74はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 21:57:33 ID:J5ijQ6mw0



===========wllのイメージとその用法===================================


  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) チャーハン作るよ!!( I'll make Chinese fried rice!! )
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J


will
認識的用法:予測・予言
根源的用法:意志

================================================================



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!   “チャーハン作るよ!!”っていう発言は
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- .,,_     ,,..-‐'''' ミ;リ   “意志”が感じられるし、
      !ヘl;|. ぐ世!゙`  ,´ィ'"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ   実際、作ってるわけだから
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'     その“予言”も確実に実現しているわけだ
       .ト、.   -‐‐ ‐‐-  /|
        i| \   ===   ,イ.:|      “予測”に関してはイメージしづらいだろうから
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙           実際の英文を見たほうがいいだろう 例えば宿題の第7問とか

75はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 22:04:35 ID:J5ijQ6mw0


       ___
     /   ヽ、_ \     まーなんとなく“予測”以外は
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    イメージが湧いたお
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、    ならよかった
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! ー- ..,,_    ,,.-‐'''' ミ;リ    宿題の解答は
      !ヘl;| ,.=≡=、` ,´ィ,.=≡=、「ヽ
     !(,ヘ!    '"  |:::.`    ,ドリ   次回の授業の最初に行う
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^    ム'
        .ト   ヽ二二二フ .,イ      では本当に終わりだ
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、   おつかれさま
               `ー─''゙



      ____
    /  ⌒  ^\   了解だお
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ  ありがとうございました、だお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /






                 Part3 ‐オーグジリアリィ・クルセイダーズ-

                         第2話おまけ 終わり

76名無しのやる夫だお:2012/11/07(水) 22:05:26 ID:huVS8lQM0
乙ーん

77はる ◆tqozhKN/SA:2012/11/07(水) 22:18:52 ID:J5ijQ6mw0
>>76
ありがとうございます


本編とおまけ…終わり方が同じだorz

78名無しのやる夫だお:2012/11/08(木) 06:46:17 ID:AIhEQVGY0
I will say 乙でございます.

79名無しのやる夫だお:2012/11/08(木) 06:55:11 ID:ifzqYE/.0
乙でした

80名無しのやる夫だお:2012/11/08(木) 15:09:36 ID:AIhEQVGY0
辞書使いながらでも、読むことがある程度できるようになると国際時事がおもしろすぎる。

81名無しのやる夫だお:2012/11/09(金) 20:18:43 ID:KgsEHLVQ0
チャーハンてChinese fried riceなんだ。 なんかお菓子っぽいかも

82名無しのやる夫だお:2012/11/10(土) 06:21:02 ID:yJUQTaTw0
乙です。
助動詞も奥が深いものだなあ、学生の頃はさらっとしか習わなかったのに。

83名無しのやる夫だお:2012/12/02(日) 20:00:23 ID:lRDJV1LU0
もう12月

84 ◆tqozhKN/SA:2012/12/07(金) 16:47:42 ID:EgGgCjug0
>>83
う…もう12月
今年中にはなんとしても一回は必ず投下します

85はる ◆tqozhKN/SA:2012/12/07(金) 16:49:12 ID:EgGgCjug0
>>84>>1です。

86クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/07(金) 17:49:29 ID:ZTdoCyHw0
わっふる

87クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/15(土) 15:38:19 ID:BtEkzxPQ0
御意

あと一つ、質問いいでしょうか?
whetherとかを使わない譲歩表現で、be動詞を前に出す表現が下のような文章であるようですが

例) Be it ever so humble, there's no place like home.
   (どんなに粗末でも、我が家にまさる場所はない)

このように、接続詞や前置詞を使わないパターンの譲歩表現などは、他にもあるのでしょうか?
あればどのようにすれば見分けられるのでしょうか?
上記の例文のように、やはり文脈から判断するんですかね?やっぱり

88クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/15(土) 19:03:45 ID:/HgrwyzQ0
やっとEncyclopedia Brownがあまり詰まらずに読めるようになってきたよ…
筋肉ムキムキのマッチョ戦士がでてくるエロ小説はまだちょっと難しい

89クリスマスに短編祭、詳しくは企画スレッドで:2012/12/21(金) 15:53:07 ID:wKA3e8jU0
>>84
乙です

どうか、>>1さんの余裕のあるときにご自由に投下して頂ければ幸いです。
ゆっくり気長に続けていただければ、それだけでとっても嬉しいですよ。

90はる ◆tqozhKN/SA:2012/12/31(月) 10:12:54 ID:RM7BpaXA0
今日中に宿題の解答の部分だけでも投下します

91名無しのやる夫だお:2012/12/31(月) 10:30:26 ID:aSRQiWw20
御意

92名無しのやる夫だお:2012/12/31(月) 14:31:38 ID:j56lKDWw0
把握

93名無しのやる夫だお:2012/12/31(月) 15:30:09 ID:bvUHZTDw0
把握

>>87
Believe it or not, I'm already sixty years old. (出典:研究社新英和中辞典)
=Whether you may believe it or not, 〜.
=May you believe it or not, 〜.
とか
Say What You May (Nichole ALDENの曲のタイトル)
=Whatever you may say
なんかもありますね。

94はる ◆tqozhKN/SA:2012/12/31(月) 23:26:25 ID:37in9iPE0
すみません
今年中は無理そうです
元日中には投下します
みなさまよいお年を

95名無しのやる夫だお:2012/12/31(月) 23:26:47 ID:9Y60PWps0
よいお年をー

96名無しのやる夫だお:2012/12/31(月) 23:42:27 ID:aBIV.eXM0
よいおとしをー!

97はる ◆tqozhKN/SA:2013/01/02(水) 00:06:23 ID:NENpYVdw0
現在製作中です
完成し次第投下します
もう少しお待ちください

98名無しのやる夫だお:2013/01/03(木) 17:43:40 ID:XUP3d2Oo0
>>97
お疲れ様です!

ゆっくり待っておりますよー!

99名無しのやる夫だお:2013/01/08(火) 03:18:31 ID:0Z335ZSU0
まとめサイトから追ってきて、やっと追いついた・・・
乙です

100名無しのやる夫だお:2013/02/23(土) 06:03:18 ID:BisPoBwE0
どうやら難航しているようだ

101名無しのやる夫だお:2013/02/25(月) 12:23:04 ID:CIb98L7.0
保守

102ハル ◆tqozhKN/SA:2013/03/15(金) 10:27:27 ID:7pzUWwQU0
長期間ほったらかしですみません
3月中には一回投下します

103名無しのやる夫だお:2013/03/15(金) 10:28:10 ID:BQNfpeQo0
御意

104名無しのやる夫だお:2013/03/16(土) 00:22:43 ID:F3qdNQbs0
把握!

105安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/04/01(月) 09:50:21 ID:TcX1qXvM0
4月になっちゃいましたが…
リアルで忙しくて遅れてるのですか?

106安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/04/01(月) 21:11:42 ID:HzEEcDDk0
まだ今日は3月32日だろ。たしか。

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■