■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【Fate】やらない夫はムーンセルで目覚めたようです 十層目【EXTRA】
1 ◆aajRqaKlT.:2012/01/13(金) 12:34:34 ID:KDnKFK5U

┌───┐     r┐
 ヽ 「`ヽ│     l |
  | | _ l_| _    | |__        ▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
  | |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,   △      やらない夫は           △
  | _  !_{  }:| |  | |.イ f;;;;i i  .▽                       ▽
  | |`; | 冫'´,  | | | | ┌─┘  △ ムーンセルで目覚めたようです.  .△
  | | l」{  / l | | | _i !   _   .▽                        ▽
  _j 〔_ {  じ 「八 `人 `ー'/    △▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△
└‐‐‐‐┘ヽー'^ー   ̄  ー'
━━━━━━━━━━━━━━
  ┌‐ \/ ‐┬‐ |二)  ∧
  !二 /\ │ .! \ /-ヘ、

2 ◆aajRqaKlT.:2012/01/13(金) 12:35:01 ID:KDnKFK5U

            −WARNING!−

●本スレはPSPゲーム『Fate/EXTRA』を原作とする作品です。

●基本的にストーリーは割と原作に沿って展開します。
 (戦闘システムなど、そのままスレ化するとだれる部分やイベント順序のアレンジは行っています)

●ただし主役サーヴァントは別物に差し替えています。

●また、原作で他TYPE-MOON作品からゲスト出演していたキャラクターも別AAになっています。

●特に展開予想は禁止しませんので、
  もし原作を知らない方の予想レスが的中してたとしても、
  原作識者の方は
  やんわりとカモフラージュするなりして進行お願いします。


前スレ:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1320378901/

01: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288709718/
02: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289568409/
03: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292665565/
04: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1294492827/
05: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1297607242/
06: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1310271050/
07: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313347946/
08: ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1316152942/


次のサイトでまとめていただいております
やるぽん! 様: ttp://yarupon.blog134.fc2.com/
それにつけても金のほしさよ 様: ttp://snudge.blog38.fc2.com/

3名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 12:45:53 ID:A1Q3Xjo6
擦れ勃て乙津

4名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 12:56:48 ID:g2pkeVUk
立て乙ー

5名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 13:03:57 ID:jLVLCcyQ
乙だ! 乙である! 乙であろう!

6名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 13:05:17 ID:7OELBsNM
縦乙梅乙

ほむほむ卿が待ってるクリームヒルト卿って、まどかのことかな?

7名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 13:14:56 ID:gxHlUlpA
華麗なスレ立て、しびれましたサネトシ先生!

8 ◆aajRqaKlT.:2012/01/13(金) 13:20:16 ID:KDnKFK5U
ワルプルギス卿は
「まど神様の救済が到達していない全ての世界線におけるバッドエンドほむほむの総和」
あるいは
「まど神様の時間改変によって切り離された世界線上のほむほむ」
であり、
いくらまど神様が魔法少女達を救済していっても
無限に並行世界が増え続けるから絶対に迎えは来ません。

……と言うことをできる夫クトゥルフ作者に言ったら「お前は鬼か!」的なことを言われました。えー。

まあ古手梨花とベルンカステル卿、
あるいは(うみねこ真犯人なので伏せる)とベアトリーチェ卿が別人に成り果てたようなもんです。

そしてこんな設定組んでおきながらワルプルギス卿は多分今回の埋めネタでしか登場しません。

9 ◆aajRqaKlT.:2012/01/13(金) 13:31:50 ID:KDnKFK5U
ご飯食べてたらもうちょっとFateスレらしい表現が見つかった。
つまり衛宮士郎がどうなろうが他の並行世界の総和であるアーチャーが消えないのと同じような状態ですね。

10名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 14:47:14 ID:.6/q0yp6
アキレスと亀理論のいつまでも待ちぼうけさせられる結果のようなものですかね
そういえばワルプルギスは魔女化したほむら、みたいなのがまどマギ放送中にあったなぁ

11名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 15:35:29 ID:gS1dgcxc
立て乙です

12名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 18:48:01 ID:3QrQviAg
前スレの由乃っちw
PSP版未来日記で由乃の好感度高くすると問答無用で選択肢けずれるんだよなw

13名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 21:54:54 ID:HeIyd8ik
ワルプルギスだけはどこかで切り離されても存在してないとまどかがあの力を行使できないから
どこかの世界でずっと生きてるのかしらねぇ…正体については明かされてないからほむらとは限らないけど

14名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 21:56:59 ID:qnSTgQ3k

問おう、汝が新スレか


>>12
おそろしいことに、あのゲーム、レーティングがAなんだぜ…?

15名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 22:24:33 ID:3QrQviAg
>>14
パワポケ「え、普通じゃね?」

16名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 22:25:25 ID:8IBvE/2g
ドラッグオンドラグーン「なにかおかしいか?」

17名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 22:27:02 ID:gZTVsrrw
ドラッグオンドラグーンが全年齢とかマジでおかしいと思うわ・・・・・あの恐怖のシスタープリンセスとか赤さんとかヘタなホラーよりやばいだろ

18名無しのやる夫だお:2012/01/13(金) 23:05:48 ID:ZeKmY6CA
DDは一周目は普通っちゃ普通だもん
周回プレイで悪魔が

19名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 00:03:33 ID:KKQPrEzY
DoDは本編もヒドイが、武器にまつわるサイドストーリーもひどかった
数少ない爽快なストーリーだった草原の竜騎槍も、続編でひどいことになったんだって?

20名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 11:07:34 ID:eKeMaSfA
ありっおえっ

21名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 11:36:14 ID:TuNSIkSE
パワポケはヒロインがメロンパンになったり人間ムシャムシャしたり性的に酷い目に遭う程度だから健全だな!

22名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 12:19:53 ID:H7ecO05Q
1では他者の視点だったのが2では持ち主視点で文章がひどくなってた人斬りの断末魔とか
殺人しか能のない男が少女を襲おうとした暴漢を殺す → 少女に感謝された→
初めて人殺しを褒められた、やったね! → 感謝の念を込めてその少女も殺す。 な深い闇とか
イイハナシダナーだった草原の竜騎槍がニーアでヒデぇオチがついたりとウェポンストーリーは地獄だぜ。

関係ないけど、ベスト盤では内容がバレてD指定だか食らったらしいね、DOD1。

23名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 12:22:54 ID:eKeMaSfA
CERO認定する人は騙されたのか…w

24名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 12:24:08 ID:8FxxbTic
ポケもベスト版が出たらそこらへんは認定変わる気もするなw

25名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 14:25:23 ID:Z58oiu4c
>>23
いちいち全部チェックしないからな
資料出させてそれで判断する

だから「エログロ丸出しの文章でも映像無いからおk」とかやる
コナミとかな

26名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 17:11:12 ID:JR7.BtzY
最近だとトトリのアトリエでうまく騙してCEROAで通して
メルルも一度は通したけどばれて一回回収なんてのがあったか

27名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 17:22:11 ID:qPbklZNE
>>26
ああいうことやられると全体のチェックが厳しくなるから止めてほしいけどな

28名無しのやる夫だお:2012/01/14(土) 19:42:22 ID:JnJV8CdQ
CERO的表現腕切り飛ばしがアウトだから変更したけど、前後の文章変えてないってミスがFatePS2版であったからな
あの文章量のAVGをチェックとかそれだけで発売延期しそうな悪寒
下手するとZガンダム目晦まし事件みたいなことになりかねん

29名無しのやる夫だお:2012/01/15(日) 00:50:09 ID:V7XKU5oM
>>10
アキレスと亀の話って1を無限に分割しても総和は変わらないって話だから全然違う気がする

30名無しのやる夫だお:2012/01/15(日) 04:00:24 ID:ER6rQPgk
一見場違いに見えるけど
あのメンバーで一番能力的に強いのって由乃だよなw

31名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 11:49:07 ID:93GysO9c
トンファー流星落とし

32名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 11:49:26 ID:93GysO9c
誤爆した
すいませんorz

33 ◆aajRqaKlT.:2012/01/23(月) 12:59:26 ID:0X6WgxPk

                            -‐…‐- .,_  ,. -‐…‐- .,_
\人_人,_从人_人_人,_从,人/         >'゙´        `´         `゙'<
 ) トンファー流星落とし(        /                        \
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ    /                          \
                    /             }  {            ∨
                      /             /  ∧            ∨
                  /                /     .\             ∨
                    _ -、          ,..<        >..,          ∨
                    r‐-、_)┘     ,..</     _≦⌒ヽ ,.斗r'′>.,        ', ___
                  /⌒ヾ┘    /   /  < ̄ ' " " " `ヽ   \     ///`ヽ
             >'゙´`┘    /   ./   /´ " " " " " " ∨   \    L/ / ./ ./ }
           /         }/    ./  .//゙ " " "/|ハ.  " " |.      \.   └{_∧_{\!
          /       ./     ./    / i  i/|/ .|  ∨ヾ ":|         \{        \
        /        /   ./   〉   ∨i  i | ≧x  x≦|∨        ∧.        \
       /       ,..< |  ./   ./      ∨Y!`宀´||`宀´|,ノ\.        ∧        \
     /     ,..<     |__/    / /  ___  ∨l   、|レ   |_.   \    ___>..,       \
    / ̄ ヽ ,..<   |   /    ̄¨  .!   |   |   |∧  ̄ ̄ ̄ ∧  ̄¨7¨ ̄ ̄/      >..,        \
 .  /   .}´        |            .!  (⌒Y⌒)  ! \  ̄ / } ∨               | >..,_  /⌒ヽ
  /   ./       `ー-== .,_    |  (◯) (◯)  |  V`ー'′ /  ∨    _,..-‐…'' ¨¨ ̄     `¨{   }
 ./   ./           /  /  ̄ \\    //|  ∨  厶-、|  ./´ ∨                 /    :|
 {     :{            /  /       .\__/  |/ .∧ ∧.  `  .∧  ∨             ./     /
 |    :}            ./  /.           \       \∨/    ./ .|   |          /     /
 .',   ./           (   )             ∧         :|′    | (   .)         /    /
┌──────────────────────────────────────────┐
│「トンファー流星落とし」その声と共に俺は水銀燈のサーヴァントによって間接を極められていた。  ....│
│                                                            ....│
│いったいどこにトンファー要素があったのだろう。俺にはまったく理解できない。             ...│
│                                                            ....│
│理解できるのは、俺はもうここまでだということだけだ……                         .....│
└──────────────────────────────────────────┘
     |三三ニ/:://///////    \/////////∧     /////////////////:/ ∨://///:厶三三ニ!
     |三三://///////        \::///////∧ //////////////////:/    ∨///::厶ニ三ニ7
     |三三:|//////             \///////////////////////////       V///:|三三三/
     |三三:}////                `゙'<//////////////////>'゙´         ∨//|三ニニ/

                             −DEAD END−

34 ◆aajRqaKlT.:2012/01/23(月) 12:59:56 ID:0X6WgxPk
製作が遅々として進まず、むしゃくしゃしてやった。今では反省しているので製作に戻ります。

35名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 13:02:49 ID:93GysO9c
誤爆しといて言うのも何なんだけど何作ってんだよwww

36名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 13:27:51 ID:s/L2ys4A
あんさんなにやってますのんwwwwww

37名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 18:04:30 ID:ktcO2ySc
AAと内容に吹いて、名前欄が作者で二度吹いたwww

38名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 18:17:56 ID:jlr/BCGE
作者さんが元気ならなによりww

39名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 19:10:16 ID:AAsrwCbE
これは勝てる気が皆無wwww

40名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 19:38:24 ID:el2jhNkU
ワロタwwwwww

41名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 20:17:03 ID:54qHnD8w
なんて宝具を使うんだ・・・・勝てる気がしねぇwwwwww

42名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 20:28:53 ID:DRMkobH6
>>41
大丈夫だ!6をひっくり返して9にすれば!

あれ?むしろ負けフラグか?

43名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 22:42:29 ID:3dumGXxk
阿修羅に縁のある英霊っていたかなー?w

44名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 22:53:41 ID:EAYDgIXE
帝釈天とか

45名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 23:05:23 ID:xTMac2Dc
大嶽丸、とか
田村草子では阿修羅から剣を貰ってたはず。速攻で盗られたけど

46名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 23:11:28 ID:fUmD0fXE
>>42
ロックされていない両腕を回転させることで上昇し、天井にぶつけるんだ!

47名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 23:16:10 ID:F1AG3Bak
首を抜くって手もあるなw

48名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 23:23:40 ID:tkOiIHLU
ゆで理論で構成(汚染)されたムーンセルェ…

49名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 00:08:27 ID:qLvwNbus
体重が重たいサーヴァントほど早く落ちる!

50名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 00:44:57 ID:G4joFtr.
かませ枠に入り込めれば何度でも復活可能だな

51名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 01:31:36 ID:nn2z8Lys
勝てないじゃないかwww

52名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 03:00:29 ID:sEAfoDEM
ゆで理論は一種のナーサリーライムだから、本来ならない夫の敵じゃないと思うんだがw

53名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 09:50:19 ID:addV5N/A
ナポレオンが喚ばれたら時間操作できるのか……超すげぇってレベルじゃ(ry

54名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 17:41:28 ID:BedwsWvA
最初見たとき荒らしかと思っちゃったじゃないかw

55名無しのやる夫だお:2012/01/24(火) 23:40:49 ID:NvXcJUew
ゲェー!パンジャンドラムの超人!!

56名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 01:58:29 ID:TFhp./Qs
てか「氷室の天地」最新刊の読者応募偉人企画がまんまキン肉マンのボクの考えた超人だったり。

57名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 16:44:08 ID:NHr8o8Fw
>>53
ナポレオンは辞書に不可能の文字がないから全能のサーヴァントだってジャージさんが言ってた

58名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 16:55:12 ID:bEfasgyA
辞書に不可能の説明が書いてないとか、それ欠陥品やでナポレオンはん

59名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 17:34:44 ID:D3oDHEAY
ナポレオンが喚ばれてもイスカンダルのような固有結界は無理だろうな。
裏切られまくってるしw

60名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 17:48:01 ID:Iiu5FCZE
なんかナポレオンで以下略。の僕の考えた最強のサーb(ry思い出した

61名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 20:24:55 ID:M.B6i8MY
長谷川哲也の漢臭い悪党面のナポレオンの方が来るかも。
こっちだとマスターを放置して逃げるくらいは平然とやりそうだし、
気がついたらいつの間にかパシリにされてるとかアリそうだ。

62名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 20:48:10 ID:A3ebNPAU
ナポレオンってクトゥルフ系だとZEROの旦那が持ってた本もってなかったけ?
後、宝具としてなりそうなのがナポレオン法典になるのかな?

63名無しのやる夫だお:2012/01/27(金) 17:45:45 ID:IvXgvwI.
宝具は固有結界『お誕生会』
大量の兎が放たれた酒場の中に敵を押し込め、部下一同と共に銃を乱射する。相手は死ぬ
ただしマスターも一緒に結界内へ押し込められる上、ナポレオンに誤射された挙げ句しらばっくれられるかも知れないという、
非常にリスクの高い宝具w

64名無しのやる夫だお:2012/01/27(金) 23:15:10 ID:V8HJOXPs
固有結界『お誕生日会』と聞いて、「俺は入れてもらえない」とか
「俺と家族以外は誰も存在しない」という効果が真っ先に思い浮かんだ

65名無しのやる夫だお:2012/01/27(金) 23:33:36 ID:L6hzoe6A
おいやめろ!
本当にやめろ!

66名無しのやる夫だお:2012/01/27(金) 23:43:54 ID:IvXgvwI.
むしろ「俺以外誰も存在しない」だろう
巨人の星のアニメのあの画像みたいなw

67名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 00:24:37 ID:GP17/2hM
●固有結界『孤独なお誕生日会』
  度重なる自らのお誕生日会に誰も来てくれなかった男の心象風景。
  「誰も来てくれない」という現実を否定した結果、
  「ここには俺以外に誰もいないだけ」という認識へと歪曲し、
  結界の中の存在は術者を除いて存在そのものを消滅させられる。
  結局のところ、男は自らの手でさらなる孤独を作り続けるのである。


意外と強力かもしれん

68名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 00:28:29 ID:xw0R3RrM
存在消滅とか強すぎだろw
むしろ強烈な人払いの効果が発揮し、他の相手を締め出し、さらにあらゆる意思を持つ存在はその中に入るのが凄く嫌な気分になり、
精神力や対魔技能でクリティカルで成功できなければそこに入れない、くらいでいいじゃないw

69名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 00:36:41 ID:ilSPIsnk
固有結界ってそもそも中に入れる、出すは発動者の自由でなかったっけ……?

70名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 00:54:53 ID:xw0R3RrM
>>69
自由に入れるのに入ってきてくれないってほうがよりそれらしいかな、と

71名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 02:11:02 ID:2DlNISJM
1回戦とかで最終日までトリガー取れてない奴にアリーナ入ってこれないよう使ったら確殺じゃないですかー
と、思ったが三回戦のときみたいにマスターが特殊な状態じゃないと維持できないんだったな

72名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 03:38:48 ID:UiV0GQEo
なんか、さっちんの枯渇庭園が近いな

73名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 13:43:46 ID:gsiwrAdA
おう、はよ月姫2出せよ

74名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 16:41:23 ID:I5xvnmFc
>>73
月姫2という名前はそのまんま過ぎるから、フェイントを混ぜてくるかもしれないな

案1)『土星姫』→頭がトンガリコーンなサターンヘッドのヒロインが(ry
案2)『冥王姫』→いっぺん、死んでみる?

75名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 16:42:44 ID:y.K93XhE
太陽・・・・・は狐が黙ってないか

76名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 19:40:04 ID:SOyKQL0c
そういや原作では途中で凛ルートとラニルートあるけど
このスレはルート分岐どうするんだ?

77名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 19:45:06 ID:UiV0GQEo
オリジナルのもっさんルートはないのか

78名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 20:13:37 ID:keeOcglk
>>74
俺は今、S=Fのスレを開いていたっけと思わずスレタイトルを見直してしまったw

79名無しのやる夫だお:2012/01/28(土) 20:33:03 ID:MArF.80I
>>76
分岐云々で言うならとうに分岐してると思うんだ
このスレがどうなるかは先にならないと分からない

80名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 13:50:13 ID:icvqA6..
>>76
だいぶ改変してるから原作のルートにはあんまり従ってないって>>1が言ってるよ

81名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 15:42:18 ID:I9vWezEc
やっと追いついたがエクストラの聖杯って超×100弩×100のデータベース兼演算処理機って事でいいの?
で、優勝者の商品は望みの道筋を示すだけ…それなら生き返り不可なのもわかる
誇大広告って感じかな?
ところで新作が出るみたいだけどリメイク物?それとも世界観同じな新作?

82名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 15:49:55 ID:XHsR0pio
>>81
本スレの方がいい気がするが一応回答

聖杯はその考えであってるはず
あらゆる事象を観測できるからな

あと新作は同じ世界観だけど、ムーンセルに異常が発生したパラレルものだよ

83名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 16:02:39 ID:Nk.Xpm16
まあ、生き返り不可でも、全く同一の別人を作り上げる道筋ぐらいは提示してくれるかもな
考えたらぞっとしないが

84 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 16:23:53 ID:R78zvpg2

【できる夫クトゥルフ作者に前回のお茶会ネタ見せた時に発生したNGテイク】

___________________________________________
:::::::::::::: l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::|二二|l:::::::::::::::::::: ┌ ────────‐ ┐:::::::::::::::::::::
:::::::::::::: Τ ::Τ ::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ :::::::::::::::::: |l l l l l l l l l l l l l l l l l l l | ::::::::::::::::::::::
┬─┬ | .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::|::::┬─┬. _  --  _:| ┬─┬─┤ミ..|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|..ミ├┬─┬─
┴┬┴ . . ..::... .. ┬┴┬┴┬::| .:::|::::...._, ‐ '"::::::::;:-::::::::::::::`::‐..、..┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬
┬┴┬ . .:'' ^i^ ':  ┬┴┬┴::| .:::| /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\.┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴
┴┬ . .::'  人  ':.. ┴┬┴┬::|  /::::::::::/::‖::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::ヽ..┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬
┬┴┬.::' (  ) ':. ┬┴┬┴::| /::::::::/:::/:::::‖:::::::::::‖::::li::::::ヽ:::ヽ:::::::ヽ . ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴
┴┬ : l⌒⌒⌒⌒⌒l : ┴┬┴::/::::::::/::::/:::::::l:l::::::::::::::l:!::::::li:::::::ヽ:::ヽ::::::::ヽ ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬
┬┴┬\_ヽ_|_,/_/';:. ┬┴┬゙!:::/:::i:::::il::::::::::l:ト、、:::::::l::l:::::::l:i::::::::ヽ::::!::::::::::!.ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴
┴┬┴  ;(  )ι. ┬┴┬.. !:::i:::::l:::::l:l::::::::::l:l::ヽゝ、___ヽ:::::::ヽ!:::::::::|゙ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬
┬┴ . 。 ゚ } { ゚ 。゚┴┬┴. !::::l:::::|l::::l:l::::_,ノ__   チテ=r、`.r '"´:|::::::::::!.ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴
┴  l⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒!゚ ┬ |:::::|:::::|l:::::L´<く__!  ´ゝゝノノ .!::::::::::|:::::::::! ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬
┬┴.\_ヽ__|__,/_/; ┴ |:::::|:::::|l::::::ハ `´ 、    """  !:::::::::::|::::::::|.゙ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴
┴─ . ゚ u (  ) ; _─┴─ |:::::|:::::|:!::::::λ    、_,, ィ   .|:::::::::::|::::::::|. ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴─┴─
 ̄ ̄ ̄. 。  } {  ゚。.  ̄ ̄ ̄|:::::|:::::|:ヽ:::::::>、   ヾ__ノ  ,/!::::::::::|:::::::::|.゙・┘. . .:::::::::::::::::::::::::::└・┘ ̄ ̄ ̄ ̄
lニニlニニ/  \ニlニニlニ.゙|:::::|:::::|ヽヽ:::::ヽ::::> 、___, ‐''"""|::::::::::|:::::::::::!                   llニlニニlニ
.       { .| | | }        |:::::|:::::|. ヽヽ、:r '''''ヽく___, -─.|:::::::::イ、____!:i
l⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒!.゙!::::|::::::!  /::/ ´ ̄`(__(─=-|:::::::::|ミ::::/:::`ヽ、     ようこそお集まりの皆様方。
|_______________|. |::::|::::::| ノ‐'ヽ__,ニ=7 l `ヽ.、_ |::::::::|ミ::/::::::::::::::ヽ
                    |:::::!::::::!‖ ./ 〃/  |  ヽ`ヽ.|::::::/ミ/:::::::::::::::::::ヽ   楽しんでいただけているかしら?
                  !:::::!::::::!! ./ 〃/   |  ! ヽ  !:::/ミ:!:::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ヽ::::l::::::レ  / /   |   !. ヽ l::l ミ:{::::::::::::::::::::::::::/
                        l:::l:::::|.  / .‖---- |  i. ヽ ゞ":::ゝ::::::::::::::::::::ノ
                   !::ト:::|. ‖ ‖:::::::::::::::!  i.  ヽ::::::::::/7:::::::::::;;::::ヽ
                      !:!ヽ|/{__,ノ:::::::::::::::::::!  .! ,ノ::::::/ ゞ"='"-‐i''"
                         ! }!  ヽ::::::::::::::::::::::ゝ--'::::::::く_.   /   ヽ
                    / !,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、/     ヽ

85 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 16:24:07 ID:R78zvpg2

           ///////////////////////////////////////////ハ
              ///////////////>  ´ ̄ ̄ ` <///////////////ハ
          ///////////r(^Y´ ,.:=-         `Y^)ゥ⌒V///////ハ
            if///////// /ヽノ/         ヽ   ヽノ   V///////}i
.          |l////////, // /  /  /    |   \ ヽ\  V///////}
.          |l///////f / /  /:| |/.{i  |  |  i  i    :. :,  Ⅵ////Ⅳ
            Ⅵ//////| i    / | | |l  |  |  |  | i ',  | :i   Ⅵ///Ⅳ  いいんじゃないかしらぁ?
             Ⅵ/////:| | |  ;,.ィ| ┼ミ.、 |  |\|ィ'Tホx ! i| l|  Ⅶ///リ
             Ⅵ//// | | |   |´_}云ミ!l、:i|  | ,jィ≦ミ | l| リ   }i////
              Ⅵ////| | |   |豸b::::j:lヾ._l{  |〃b:::j:} }》:: リ;/}ハ  |i///
            Ⅵ///| | |   |ゞ `¨¨´   ヽ._|  `¨¨´/ }イ! i |/ハ  |ヾ/
            ヾ'⌒:| | |  l {      .,::.    / / i| | |⌒}  !
               j j:i |  i ト\    _,....、_   //} :リ ,: |  |  |
               ,:  } {  { l  i⌒   `¨..´   /! | :/ /: |\|  |
             / ..ノハr=ミ  | }>x、  ,.イ{ リ j/ ,   |{_ 乂 ヽ、
            / /:: :: :: ヽ : :廴{`ヽ}ミzzzzzzf^')/  /'⌒ヽ | / ̄::¨フ:\
           / .:‐={:: :: r‐=':: :: ::V  ノ      ゞ{  /:: :: :: ::::)ヽ:: ;:イ ,\ \
    , x<  ̄´ ,.::::::::::::V‐='⌒´ ヽ‐={´  _    _ ` フ⌒ヽイ:::ノY ::{/ム \ \
   //     /:::::::::::::::} (:: :: :: :: :}__リ    ,rr‐=x´   /: :: :: : ノ´:: ヽ¨¨`ヽ{,... ヽ、\
.  , /,..>=ァ―;::::::::::f⌒ Y小:: :: ::f     f{く薔}>)  廴_::_:;f´::{:: :: :: :: :: ::}::::::ヽ :  :.、
 / //   /  {::::::::人:: :/_,{ Y⌒ヽ     弋{爻オツ   `ヽ:: ::`ヾ⌒ヽ:: ::ノ:::::::_j} }i   }

               【血脈の魔女 アナザーブラッド卿】

86 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 16:24:20 ID:R78zvpg2

: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i⌒Y⌒iヘ/////////////////}}
|: : : : |: : : : : : : : : : : : : \ /: : :.////////////////リ
|: : : : |: : : : : : : : : : : : : : : ::Y!: : : : :.///////////////リ
|: : : : ト、: : : : : : : : : : : : : : :..| : : : :..:.///////////////
|: : : : | ヽ: : : : : : : : :i: : : : : :| : : : : : :.;;////////////
|: : : : |- ―\: : : : : : l: : : : : :| : : : : : : :///////////
:、.: : : :    `ヽ、: : :l.: : : : :.| : : : : : : :i/////////
: ヽ : : i      ヽ: :.l: : : : : |ヽ: : : : : : |//////
、 : ヽ从 _,.斗≠≦≠-:!: : : :..:|//ヽ : : : :.////
、:ヽ: :ヽ '"弋::’:ツノ ヽ: :..: :.|///|i: : : :ヘ
 ヽ:\:ヘ  ´ ̄ ̄`   jハ: : :i ̄ : | : : : : ヽ    うっかりミスで
     \       /∧}: :.l: : : :.|: : : : : : :ヽ
               ∧//: : l.: :..: :|: : : : : : : :ハ  碇シンジが二人存在しちゃった所には笑っちゃった。
、           /¨¨´:i : ;′: : :| : : : : : : : : :.
            イ: : : :/: / : : : : |: : : : : : : : : :  アレ、旧訳版と新訳版ってことぉ?
‐―_,.=-'´    / : : : :/: /: : : : : :.|: : : : : : : : :..i
 ̄´       イ : : : : :./ :/: : : : : : :.| : : : : : : :..: :|
    <   | : : : : :/: :′: : : :..: :..|: : : : : : : : :..|
`¨¨´     |、: : : .:′: : : : : : : : :..|: : : : : : : : : :
       /f^Yj : : : : : : : : : : :..: :.|: : : : : : : :..: :.
------::'´:::::::ゝノl : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::/  ヽ: : : : : : : : : : :..八: : : : : : : : : :.i


            ,. -‐ ─ ‐-,.、.
.          /:. :.:. ..   .:::'r ` 、
        /:.  ..:.:. ..:.:;:.:.,ィ''´,:}r-、丶 \
       /:.  .:/:.:.:.:./ .:.:./.:. :.':,:.\ヽ \
.      /.:.:. .:.:/:.:.:/:.: .:.:/:.:.:.,:':/ノ:',:.:.:ヽ::: : '.,
..     /:.:.: :.:./:.:./:.:..:.:.,ィ/:.:.::/|/ィ':.:.:i:.:.:.:ト、: : ',
     /:.:.:.:.:./:/:.:.:./:/:.:...メ=彳´:.i.:.:ハ:.:.:| |:.: ;: ',
     l:.:.:.,_;〆::_;ィ'´l:.|/‐-:/`ヽノ:.:.:リ/ _|: ::| |::.:.',:.|
.    {=彡彳´::.|:.:.l:.| ヤミャ、ヽ  ̄" '´__‐'./|:.:.:.|リ
     |:.::.;'.:|:.:.:.:.:.:.:l:. l:.| `ー'' `    ィツデ/:├‐'
     |:.:,':.:.|:.:.:.:.:.:.:l : :.|.         ̄´/:.:.:.|
      |:.,':.:.:|:./:.:.:.:.:ヘ:.:.|       '    /:.l:.:.:.|   おいカメラ止めろ
.    |:.i:.:.:.|/:.:.:.:}~゙|:l::::|.\   -‐  イ::.:.l:.:. :|
.    /:,':.:.:.:lr-‐'´ |iヘ::|、_. \ _ <.{ニム:::.l  :|
    |_;-‐ニニ`辷  || ヘ:', `i/丿 ‖}ニマ::: l:  :',
   /ニニニゝニ`》  || ヘ:', .|/,  /.{ニ=ィ、:::l:.  .':,
    |ニニニニニヽニ廴‖ ヘ:', /  /./. :}:::':.:.  .':,
    |ニニニニ|ニニ-‐'`゙||‐-ッ|:',亠<_/ : : :/:::::.:.:.:..  :.`:.、
    |ニニニニ`iニ| : ``'l| ̄ .|::|ゝ 〉ー'´: : : {::::::..:.:.:.:.:.  .:.. `:.‐-:.、_
 /ィ|ニニニニニ|ハ. .,: ‖ ゞ|:::| /iヾ、__ . : 〈::,:::::.:.:.:.:.:.. :.  :.
〃´/:|ニニニニニ|ニ〉'´ : |':, : |::::|'|::ヘ、 : : : : .}';..\:.:.:. .:.. :.  :.  :.
  /::/ニニニニニニl| : : : :|::', |:::::|.|`、::j\___,}::';.:.:.|\:. :. :.、 :.. :. :.
/:::{ニニニニニ/ニl| : : : : |::Y:::::|.| : 'i 〉::::::::::;'::::::';:.:.|  `,:.:. :.:.', ,:.:.:.:..
:.:.:.:/ニニニニ:/ニニム‐‐彳|::::::::|ノl : : \::::::;':::::::::.:.:.:|   ',:.. ::.l \:.:.:.:.
:.:.:.:|ニニニニ/ニニニニ/: : |:::::::|ニ| : : : :  ̄ ̄`\:.:.|    ';:.. :.l

87 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 16:24:41 ID:R78zvpg2

──以上。

なお、観劇の魔女/魔法使いは一応

・「TYPE-MOONルールにコンバートすると魔法使いにあたる」
                     ループ
・「うみねこ魔女っぽく、(失敗した)世界を見捨ててフィクションの如く上から俯瞰しかねない歪みを持つ」

のルールの片方ないし両方に該当する人選でー、みたいな感じでセレクトしてます。

だからルール的には

           ┌┐     |::::|
           |::::l       .|::::|
           }::::l  ______/|::::l}___
          /l::::::l l::l ̄ ̄l::::l::::l:::',
        ,<|:::::lヽ::l l::l  __ l::::l::::l::::ヽ
          l  丶::| l::l l::l l  ll::::ll:::lヽ:::l
          |\ |::| |::| |::| V__l::::ll:::l }ハ
         l::::::/ ̄\l |::l  l:::l l:::l/   l
        l:::::|    `ヽl  l::l レ     |
        l:::::l        \l::l/     l   【破壊の魔法使い ディケイド卿】
          ',:::',          l}::{     ,'
      ____〉:::',       /l::l\   /
   /l:::::::::::::: ヽ:::',      /l l::l l:`ヽ_/l
  l l:l l::::::::/ ̄丶>-‐l::l |::| l::l l::l l::l− 、
  l l:l l:::::::l     \  \ l::l l::l l::l//:::::::::l____ //::/ /
  V::l l::::::l         >、___]::l l::l l::レ::::::://   //::/ /
   ll::l l:::::l     /::l:::`  ̄ ̄ ̄´::::://    / /:::::/ /
   l}l::l l::::ヽ    /::::::::l::::::::::::::::___//    ./ /:::::/ /
ー―V:::ヽ /:: \_/=−ヽ:::::::://:::/  /     / /:::::/ /
::::::::::ヽ__ ]:::::/:::::::::::::::::::::: :V/:::/  /     / /:::::/ /
::::::::::::::\/−― 、::::::::::::://:::/  /     / /:::::/ /
 ̄ ̄ ̄ l::::::::::::::::: V ̄::://:::/  /   ___//::::::/ /
      |::::::::::::::::::::::::::://:::/  // ̄l::::\\_/ /
-‐―― ヽ::::::::::::::::::::::::l l:::::l      /l::::l \_/______
       ',:::::::::::::::::/ ll:::::l   .//l:::::l   `ヽ:::::::::::::::::::7

とかもアリではありました。まあ出ませんけど。

88 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 16:24:56 ID:R78zvpg2

それはさておき、現在作成中の4回戦外伝ですが、
あんまりお待たせするのも悪い&どうも200コマはぶっちぎる勢いなので
とりあえず前半の約100コマ分を今夜21時から投下しようと思いますー。


>ムーンセルは死者蘇生を可能とするか?

多分「オリジナルと完全に身体特徴が一致しており、同じ記憶を焼き付けたクローン」を
作る方法は示してくれますよ。
物理観測において完全復活させた存在までは作れるでしょう。

「それを本人を甦らせたと判断するかは聖杯のユーザー次第。あなたにはそう視える?」
とうちのスレの魔女なら言うでしょうが。

89名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:00:21 ID:w2l6.IYA
そろそろ来てるかなーと開いたらなんというグッドタイミング

90名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:17:51 ID:KapQAS2Q
やることはたぶん、傷んだ赤色の人形と同じだろうしなあ
・・・あれ?こんな時に来客g

91名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:41:59 ID:tokSdz1g
とある二時創作だと、ムーンセルの計算能力を魔術方法の演算に使うことで、体内にあるごく微量の魔力だけであらゆる魔術的奇跡を起こすことを可能にする=あらゆる願いを叶えられる、ってしてたが、ここでは違うのか。

92名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:44:19 ID:XHsR0pio
それ二次だからじゃ
そもそも魔術自体消えてる設定だろうExtraって

93名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:47:39 ID:tipN1RAI
>>91
自分で二次設定だって分かってるじゃないかw

94名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:48:42 ID:50xbQYJA
魔術ってかマナとオドが消滅してるんだっけ?
だから魔術が使えないとか

95名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 17:53:24 ID:ipaC.1s.
消えたのはマナで、オドは使える
だからアトラスは一応残ってるし、古い魔術師の家系がないことはないレベルで生き残ってる

つかなくなったら魔術師、一般人問わず死ぬでしょw

96名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 18:25:26 ID:xmXVJFCg
ムーンセルが無限に平行世界を観測してるってことは
型月世界は全ジャンル的には多元世界なのかな?

97名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 18:34:52 ID:tWvRVuQw
カレイドルビーはまさに多元世界ジャンルだけどねw

98 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 18:42:00 ID:R78zvpg2
>>96
第二魔法がそのものズバリな「並行世界の運営」ですからねー。
並行世界が存在する世界観じゃないと、士郎が正義の味方じゃなくなってしまった(桜ルート)状態だとアーチャーが即消滅しちゃうし。

99名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 18:51:31 ID:XrBP5QWc
>>88
つまり反魂の魔女さん大活躍ですね!

100名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 18:52:09 ID:xmXVJFCg
平行世界があるだけでは
単一宇宙×○
になるみたいだよ
無数とか無限とかいうのがあって多元宇宙になるらしい

101名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 19:28:07 ID:tokSdz1g
>>95
てことは、>>91の設定もありえないわけじゃないんだ。

102名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 19:33:13 ID:.SF1OuxQ
>>101
ありえなくはないけど、それはあくまでその二次創作やってる人の独自解釈だから公式じゃないし
その設定に他の二次創作系の人が従わないといけない理由はないな

103名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 19:38:22 ID:HdhfdINU
>>101
何故その二次設定を基準に物事を考えようとするのか?

104名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 19:46:54 ID:tokSdz1g
いや、すまん。
というか、まぁ、疑問を聞いただけで、物事の基準にしたりはしてないんだがw。

105名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 20:13:48 ID:XHsR0pio
二次なら基本何でもありだから何疑問を言われても何とも言えないんだよなぁw

106 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:00:10 ID:R78zvpg2
小池一夫・虚淵玄対談をBGMで聞きながら投下開始するよー!

107 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:00:23 ID:R78zvpg2

┏━━━───┐
┃Fragments .....┃
└───━━━┛

108 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:01:00 ID:R78zvpg2

                  _,.. ----- ..,
              ,..-'''";:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;....;.`゙''ー..,,.        1999年7の月
              │;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;. \
              │;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: /....  天から恐怖の大王が降ってくる
             │;;;;;;__,,,,,,,..,,,,,,,,,__;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::/
              ミ‐'"         `'''i-、.;;;:;;;:l゙.     アンゴルモアの大王をよみがえらせ
.             /.、           _,、.イ  `''┘
             ! .|゙二ーヾヽ-‐;;二v .|゛   .!.      その前後マルスは幸福の名のもとに支配するだろう
          | .!.! |iレ´ `゙ |彡'"  .l    !
          ゝ/   !       、゙l    .ヽ                    ──『百詩篇』第10巻72番
          { !.'、 .j_.. へ、 ./ .丿    .!
            ,i''| ! .ア._...... 、、."./ . /       .|゛ \
        ,./ / .ヽ .`.―〜  .".,ノ      ,i⌒;;;./ ;:.!
.       : |;::;:;.!   .l /゙'-、/゛       !;;;;;,i'゙;;;;;; !ヘ、
.        l;:;:;::|   ゛    ゛           l / ;;;;;;;;;;;;;;;:;~゙゙''-、
        /.;;ゝ;:/                   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;; \
    ,,./ ;;;;;;:;:;/                 l;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;ヽ,
.  ,,./ 丶;;...;;;;;;;;;.|                      |.、....;;;;;...;;;;;;...;;;;;..;;;;;;;;:;:;:;i″

109 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:01:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────┐
│つい昨日のことのように思えるが、今となってはもう40年以上前の話だ。   ....│
└─────────────────────────────────┘
       |   _________  __   _____________________  ::. .: :. :..|: .: ..: .: .: . :..
       l  |「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄| l __ |  |i゚ _ ___________|____ .   | : . :. .: .:.:.:.: .:. :.
       i  |l 「 ̄ ̄ l !    .il `| |.こ'|  |l |┌────────────┐|   |   |\:. :. ::..: .: .: .:.
      /〉 . |  |l L _ 」 .|      |i . l | lil |  |i |│〜〜〜   OO→ノ⌒v´`ー‐ │|   |   |  l\ :.: .: .. :. :.:.
.     //.! .|  |l         |      |\l |(:::)|  |i。 |│〜〜〜     .i' n__Ω_,←│|   |   |  l  |   :. :. :. :.: .
    〈//i| .|  |l      「|      l  | ,.二、  . ̄|│「゚ ゚」同 .XX→ノ_ノ_,.-‐' ´ . │|   |   |  l  |    : .: .:.:.:. :. .
    li.!/l  !   |l      l_|      |  | |,ェョ'! ..  |└────────────┘|   |. .: .:\l  |   : .: . :.:.:. :. .:
    il  ゝ  . |l         |      |  | lli'tl:|     ̄ ̄「|  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄「| ̄  ̄ .:..:.::|: .: . :.: .\|    : ..: .: .:. . :.
┌─────────────────────────┐==========|.|  .: .:.:.:.:.::|. :. :. . :.: . :.     |\: .: .:. :. .
│俺は霊子ハッカーではなく、一介の漫画編集者だった。  ....│       ... ..|;| :. :._:._.:.:_.:_|: .: .: .: .: : .:     |  l\ :.. .:
└─────────────────────────┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.| ̄: .: : .:. : ..゙、 :. :. :.: .: ..   |  l  |
    <>  /    ̄      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄、      ◎     :.: . :.゙、 :.: : :. :. ..   |  l  |
.  〈>   /          /  〈〉  く<<> __ | 「 ̄」 ロ /  .、,`;  ゙              : :.゙、 .: .:. ..:.:: .: .. \l  |
 <l  /         /_、y'_____||l|l|i|l|||__________ 、              :..゙、 :. :. . :. :. :. :. .:\|
  l> . /         / i、,l ゚、,`,. <>>  ||l|i|l|l||| 「「「「 」 ,.;`,   [o]~   ゙ 、              ゙、 :. :. : .: .: .:. :. :. .
   /          /  /三三/    kl ,, _,,。|   l ̄ ̄| /          、              ゙、 :. :. :.: . :. : .: . .: .:
.  /           /  /三三/  \  リ ,iHi.|   l_三l    <> 「」    ゙、              ゙、 :. :.: . . .: .: .: .. .
  /            l======================l========================l               ゙、 :.: .: .: .:. : : :. .
. /            ||___l__l__||____|||____||__l__l____||                 :.゙、 :. :.: .: .. :. .
/     .    <>||  /.         ||____|||____||          .、  ||                 .:.: ゙、: : .:. . : ..
           | l ||| ,===========||       |||       ||==============||                .: .: .:. ::゙、: .: .:. . .
┌───────────────────────────┐
│少年マガディン編集部。そこが、オレのいるべき場所だった。  ..│
└───────────────────────────┘

110 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:02:00 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────┐
│当時、担当していた漫画の一つに『MMR』という作品がある。   ..│
└────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────────────┐
│                      ,ィ, (fー--─‐- 、、                         ...│
│.                     ,イ/〃        ヾ= 、                        │
│         _,,r-‐''"´ ^ `N /l/               `ヽ                    .....│
│        彡        N! l                   `、                    │
│   ,, -‐- ,,-彡       l ヽ                     l` ´ ``‐ 、              .│
│ 彡´      |    ,,w,,wヽヽ              ,,      |      `ヽ‐‐-- 、         │
│_彡          |  //レ/ハl/ハ\ヾー        _,, ,,r,,/lヾ    |         }    `‐、     ....│
│ハl/   ,/ハlヾヾ,l、 /三f、,,_   _,ヾニ_ ____彡ノノノノノ_ヾヾ   | ,l、 、     l、_ ,、-‐、  |      .│
│/レ  /l,,_/__ヽ lヾ ヽモ-ヽl ´fモチ7ヽ={ r‐ィッヾ ヽ-r'´〒fデF`lェr‐、ハlヽヽヽ   l     ヽ |     ...│
│ l`=l fモチ)_{´ヽl!l     :l     l ll !l  `┴ー/ソl⌒ッ`┴┴' }//l l、 ,,、ァtッヒヽ、rゥ _,,ェヒ‐ l,-、      .│
│ ヾ}弋_シl弋 ヽl    ヽ-    ヽl lゝ__,ノ |  ゞ___ノl/l / l  `~゙´  lァノl 、fモチ lヾ;|      .│
│  ヾl   `'  `''´lヽ  ──   /l\l        l、,      l_ノ 〈 _     l!ノ l、,    lソ     ...│
│   }\  ̄ ̄ ,ィl \   ̄  / l  l    ___    /  ──   丿 ─‐    丿      ..│
│  ,/\ \__// \ \___/ ,,-''\|\    _       /|\  -   / |、  `  / ,|、       .│
│-‐'   \_,,-‐'\  `ヽ、  ,,r'   /|  \       / .|  \__/  ,,rヽ‐-‐ '' / l`ヽ    ...│
│   ,,-‐''       \  /\/\  / \.  \____/  /\    ,,-‐''  /\ ,/  l  ヽ   ..│
│-‐''´         \/  }゙ _,,,‐''\   \        /   /l\‐''    /  `ヽ、_ l       │
│              _,,-‐''    ヽ   \      /    / l  ''‐-、,/       `‐-、_    ...│
│          _,,-‐''´        ヽ    /V<´     / l      `‐- 、,,_         ......│
│■      ■                 ■      ■                ■■■      ...│
│■■  ■■                 ■■  ■■                ■    ■    ...│
│■  ■  ■                 ■  ■  ■                ■■■      ...│
│■      ■                 ■      ■                ■  ■      ...│
│■      ■                 ■      ■                ■    ■    ...│
└────────────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────────────┐
│俺達編集者をモデルにしたキャラクターが、                        .│
│                                                  │
│様々なオカルト現象を調査取材するというルポルタージュ風味の漫画だ。      │
└──────────────────────────────────┘

111 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:02:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────────────────┐
│80年代頃からアジアの情勢は酷く悪化しており、各所で民族紛争が多発。                     │
│                                                                  │
│海外在住の日本人がテロの被害に遭うというニュースがお茶の間をしばしば騒がせていた時代だった。   .│
└─────────────────────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│┌─────────────┐    │                    ≪ LIVE ≫
││    /\___/ヽ      ...│    │
││   /''''''   '''''':::::::\    .....│    │
││  . |(●),   、(●)、.:|    ....│    │                           _
││  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    ....│    │                             /| r`l
││.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|    ....│    │                          |::|└:|
││   \  `ニニ´  .:::::/      .│    │                           |::| ..:::|
││,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.   .....│    │.         ,t                  |::| ..:::ト、
││:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     .│    │         -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
│└─────────────┘    │.       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
│アジアでまたテロ 邦人も犠牲に    ....│.       `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
└─────────────────┘       |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー〜「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'〜<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;

┌─────────────────────────────────────────────┐
│いつか日本も本格的に紛争に巻き込まれるんじゃないか──そんな獏とした不安と、              .│
│                                                                  │
│それでも日本だけは大丈夫だろうと笑い飛ばしたい逃避。                              ..│
│                                                                  │
│そんな揺れ動く感情につけ込むように、大げさなまでに終末論や陰謀論を描いたこの作品は、売れた。  ......│
└─────────────────────────────────────────────┘

112 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:03:00 ID:R78zvpg2

┌───────────────────────┐
│その人気たるや、一時はドラマ化すらされた程だ。  ....│
└───────────────────────┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ┌───────────────────────────────────────┐  ┃
┃  │                 _                                      .│  ┃
┃  │              _ィ´:::::::、:ヽ-、                                  .....│  ┃
┃  │             /:::::::::::::::ミ, 三`i_                                 ....│  ┃
┃  │            ィ::_ノ::::::::::;:-彡'´_ミトミヽ                               ......│  ┃
┃  │           ィ彡::::::::::ィ/ィノ´ ヽヽ:ト                               .....│  ┃
┃  │          彡ィ::::::::/〃7/´    lトlトヽ                                │  ┃
┃  │          彳::::::::イ {L/_、  , _,...、l::l!                                 │  ┃
┃  │             {fォ:::::ハ! ' ィtュ 、  ,ィェー !:|                               ......│  ┃
┃  │          イl ト、l{_ _ ´_' 、.`~、 リ                                ...│  ┃
┃  │          ノ‐彡' ‐ー`r=、、.、_,ハ  /                                  │  ┃
┃  │         //f´j jl、 iノーj,ヽ=_、j, / クルブシ                            .....│  ┃
┃  │      ,.-ァォ{1i l ! |!  |ーくr┴´ーく   踝 ! そんな言葉に騙されるんじゃない!        .│  ┃
┃  │     //ィ j !ト !-!ー|!´`|{ _,.ヽ_-_,-'                                    .│  ┃
┃  │     ノ'  j !{ lヽー' ^ー‐'ブくー' j   そいつらはグレイと接触した事実を隠している!    │  ┃
┃  │     !    ト ヽ } 丶  / ヽ. ヽ了                                   .....│  ┃
┃  │     !   l ヽ j  イ    ヽ.ヽヽ                                     │  ┃
┃  │     } 、       j     { ヽヽヽ                                    │  ┃
┃  │     ハ 丶     /     ヽ ハヽヽ                                 ....│  ┃
┃  │     ! ヽ    /イ!       ヽヽi lヽ                                 │  ┃
┃  │     |  l   ´/  |        ヽlヽl ヽ                                 .│  ┃
┃  └───────────────────────────────────────┘  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────────┐
│……もっとも、原作キャラクターが一人も登場しないオリジナルストーリーだったが。     │
└─────────────────────────────────────┘

113 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:03:30 ID:R78zvpg2

       「|..     |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
       | l r n...... |l!1!|!l           | |l!1!|!l|!l!
       | l |_| l...... |l!1!|!l             i| |l!1!|!l|!l!
       l ヽ└'..  |l!1!|!l |          l| |l!1!|!l|!l!
       | lヽ \..  |l!1!|!l |          l| |l!1!|!l|!l!
       | l  ヽノ.   |l!1!|!l |!           .l| |l!1!|!l|!l!
       |_j      |l!1!|!l |!         || |l!1!|!l|!l!
      _「l「L. _.  |l!1!|!l |!         || |l!1!|!l|!l!
     └‐┐i r‐┘ |l!1!|!l |!,         .|| |l!1!|!l|!l!
          L| |.   |l!1!|!l |!i     i    i.|| |l!1!|!l|!l!
         └‐'.   |l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
         n.    |l!1!|!l |!l . _______, !|!l|!l!
         U.  _______/           ./|_______,
         0./           /         //         /.|
          O          /           .//         /./|
.          /        ./           .//           ././/|
          /          /           .//         /././,.|
       /           .'三三三三三三l/         /.//./.,|
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/.////
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l////
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l///
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l//
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/

114 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:04:00 ID:R78zvpg2

       ,.,. -ー‐、 , --、
     , .'     ´    `゙ 、
   /            ヽ
   //                |
   /|   /////从\ヽ    i   樹林さん! 見て下さいよこのハガキの数!
    |  =//=/  =ヽ=ヽ __i
.    |fjll、 '´O. |=| ''Oヽ ノ| ヽ   これ全部MMR宛ですよ!
     i .|ヽ'''' ノノ \ ''''_/ | リ
    ヾ'i  ̄  ヽ   ̄  /ン
      \  i ̄ ̄i   /
      /| ヽ、ヽ__ノ ,. '´ト
    /| ヽ、` --- ' ,. '´ | \
.  /  |   `ヽ  r'    |  \
     |  /ヽ/ \   /
     |/   |0   \ /

 【少年マガディン編集者 都丸】



                                                  ,. -─- 、._
                                                  ,. ‐'´      `‐、
どれどれ……                                   /           ヽ、_/)ノ
                                            /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
『MMRの皆さんこんにちは!                          i.    /          ̄l 7
 いつも世界の真実を教えてくれる                       ,!ヘ. / ‐- 、._        |/
 MMRの皆さんには感服の限りです!                       |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
 ところで、1999年に人類が滅亡するそうですが、             !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
 それならば受験勉強なんて                          /`゙i         ´    ヽ  !
 しなくても良いんじゃないかと思っています。                  _/:::::::!             ,,..ゝ!
 でも両親にそう言っても信じてくれません。          _,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 どうすれば信じてくれるでしょうか?』                !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
                                       i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
……あー。真に受けちゃったんだなあ。               ! \     `‐、.    `ー;--'´
                                        ヽ \     \   /

                                       【少年マガディン編集者 縄谷】

115名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:04:10 ID:FambSjoc
なんかはじまた

116 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:04:30 ID:R78zvpg2

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!   まったく……漫画は漫画、現実は現実だよ。
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}    混同されちゃ困るんだよな。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./    それほどのめり込んでもらえるってのは
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、     編集者冥利に尽きるけど、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._ 『MMRを信じた結果大変な目に遭った!』
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l              とか言われてもオレ達には責任取れないし。
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

       【週刊少年マガディン編集者 樹林 伸】

┌───────────────────────────────────────┐
│当然の事ながら、オレはMMRで題材にしたオカルトなんて、何一つ信じちゃいなかった。   .│
└───────────────────────────────────────┘

117 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:05:01 ID:R78zvpg2

     ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|   でも樹林さん、1999年7月の後はどうするんです?
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '        ,i!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ

【少年マガディン編集者 池田】                           _
                                         , ‐''´~   `´ ̄`‐、
                                       ヽ‐'´            `‐、
                                      ≦               ヽ
                                      ≦   , ,ヘ 、           i
                                       l イ/l/|/ヽlヘト、      │
                                       |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
                                        ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
                                        } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
そうですよ。                                ゙!  7     ̄    | トy'/
                                        !  `ヽ"    u    ;-‐i´
これだけノストラダムスネタを中心に持って来ちゃったら、     ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
                                        ヽ、 ー      / ゝ
今更予言は間違いでした、とかやるわけにも行かないでしょう?    \  __, ‐'  / / \
                                            ̄ i::::: / /

                                     【少年マガディン編集者 田中】


     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{   ああ……まあ、適当に新たな謎を振りまきつつ、
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V   上からの圧力でMMRは解散させられた。
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._   でも戦いは続く! とかそんな感じで良いんじゃないか?
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \ 実際その頃になったら読者も頭が冷えてるだろうさ。
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  |

118 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:05:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────┐
│そう、そんなグダグダな最終回でお茶を濁すつもりだったんだ。    .│
└─────────────────────────────┘

┌──────────────────────────────────────┐
│それでオカルトにかぶれた読者も全てが馬鹿馬鹿しくなって我に返ると思ってたんだ。   ...│
└──────────────────────────────────────┘

┌──────┐
│でも──  .....│
└──────┘

119 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:06:05 ID:R78zvpg2

《 Jul.1999 》

; ; ; _____: : : : : : : : : . . . . . . . . .
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\. . . . . . . . . . . . . .
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .                         ll_/
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                           lイ-i/
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄|| ̄||\/|:\:\;.\...|___|   |∠==_ |  .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\;|,|____|   |_____.|  .|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i iii i || ..:\|\;\;\i|..|,,,,,|\  |;;;;:::::::::|\|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\;\;\l|..|;,,,,|\\.|iii|\、| |;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\l|..|;,,,,|\\|iiil|  \..|;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/
 l.\  |l l iil i || ..i            \|llll       llllllllllllllllll| |/|,-─|||-l/l/l/
 l  l\| ̄|| ̄||゙  / ̄ ̄ ̄/|. ̄|||\ __,,.∠ ̄ ̄/~ト,  .,.,--──--、、| ;;; ; |||-l  : : :
___....|___q_∠___p_/_|____||_|__i'ノOo-oOソ ̄l~,、! l.<______>l . ;; ; |||-| : : ::
       (()0)=ロ=(0()).-,.-、.l ー|,-、 j⊂口ニ⊃/.l-''~゙' .{iiiヽ,__=_,/iii} . \|||-| : : : ::
       ⊂ニ口ニニ⊃リ_/  l|ニニ_i l|_) ``´  ``´ / [___口___]  \-|/l/l/
        ヽゝ_ノ ̄~ヽゝ__ノ,,,ヽゝ_ノ'''       /   ;;!_.!;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;!_.!    \

120 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:06:31 ID:R78zvpg2



; ; ; _____: : : : : : : : :
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .                         ll_/
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                           lイ-i/
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄||.゙,、-ー''ア:;、-'/.....;.\...|___..,,、-'7..゙==_ |  .|;.../ ̄/_゙; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!!ノ  ////了 \;|,|__./ /.|_____,-ー―" __/..゙;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i゙イ  i::/ / / /. ;\i|..|,/ ,r',,,,,、- ァ/-z''"  / ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| . ,|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"  /// / ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  |.゙,リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| / \|iiil|..|/ ./ /  ./\ ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l゙i   ,、-ー'   '"/ / / /......\|iiil| |\.// ;;; ; \/;;、-'/..;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\../ 「".||\/|;...,ノ /  / / ,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;;...、-",、 ';; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  / /.. !!\\|; |/    レ:|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;゙/ /゙iiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\.....|  |il i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||ll..| /.lllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l.....|/ | ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lll.レ"lllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!...-‐ニ ̄ニ‐-..l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/
 l.\  |l..._/           \_. \|llll       llllllllllllllllll| |/|,-─|||-l/l/l/
 =二 ̄ /               ',  ̄二=.... ̄ ̄/~ト,  .,.,--──--、、| ;;; ; |||-l  : : :
___.゙ ̄7'' ―― ___ ―― 戈 ̄ノOo-oOソ ̄l~,、! l.<______>l . ;; ; |||-| : : ::
――― 从,,i ;         `. 、 .尢r、――――――.....{iiiヽ,__=_,/iii} . \|||-| : : : ::
      /\じ'jl|此ト=メ i;_,,爻,,i| 刈ゞメl|_) ``´  ``´ / [___口___]  \-|/l/l/
       ``‐ヾ:;!Iヅ 〃!iメト辷-" ^.゙ノ'''       /   ;;!_.!;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;!_.!    \

121 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:07:00 ID:R78zvpg2

┌───────────────────────────┐
│──1999年7月。恐怖の大王は、確かに現れてしまった。  .....│
└───────────────────────────┘
               |\,      ,/|          _           /
               |   \, ,/  |  _      ,.-'_ ゙゙ー-...,,,,,      |''‐-,,
               |     | / ̄  ̄ ;=));フi /,,='‐;;;;''-、,  /|    |   ''‐-,,
              \,    レ'   ,,-'゙゙ ,)'/ レ, l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ. /. |     |
                 '-/   ,ノ;;;/ / ,,,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/_/  .|     |
  ,,....- ''^ヽ           l―--,-'_ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;< ―--....,, , |     ''‐-,,
 ̄     \          |   '-:::::;;;;;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l   /|        ''‐-,
\       \        |        ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__ / | ,,-''^'‐,,
  \   ,,....-― ゙|.      . |        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;;;;;;;;;;`-'--,i';_.,  \
.   | ̄      |       ゙ー --.....,,,,,,__,.,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/--.,,,,"‐―,--―'-,,_彡   >
.   |        |.              r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/"""‐-..,,,| <        /|
\ .|        |             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i      /l | .\      /  |
 .\|_,,,.....-― ゙            / ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i   /  | |   \   /.   |
             ,, -'^''--,,,, /;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|' /  . | |    ヽ/    ノ
          ,, - ''      /;;;;;;;;;;;;/ ̄''' |;;;;;;;;;;|      |  \   |   /
        , -''       /;;;;;;:;;;_-""    |;;;;;;;;;;|7!   /    \   |  /
        |'''ー- ,,,,    l;;;;;;;:r""       ヽ;;;;;;;'i, .|. /      \.,|/
        |      '''ー|;;;;;;;|'''‐‐-- ....,,,,    入;;;;;;'i,|/
        |   .     ,|;;;;;;;|        ''''‐- ' ヽ;;;;;;'i,
..        |       ,l;;;;;;l'.          |   ヽ;;;;ヽ
        '-,,      r';;;<||           |   / ヽlllヽ       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          ''ー-...,,/;;;; ||           | /   ヽlll)      |    二    |  /
              /^'l'-'. '-.......,,,,,v-‐‐ー--!ム,,,,,,, ,             |          | /
              l;;;ノ      /         /|
┌────────────────────────────────────────┐
│首都圏で発生した連続爆破テロを皮切りに、日本も紛争と無縁ではいられなくなったのだ。    .│
└────────────────────────────────────────┘

122 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:07:30 ID:R78zvpg2

                                                          -―
                                                           /::::::::::::::::::`ヽ
                                                             i:::::::::::::::::::::::::::::/
                                                        |::::_::::::::::::::::::/γ´
                                        /:::::::::::`ヽ               弋;;)::::::::::::ノ__
                                    i::::::::::::::::::::::ゝ ___           廴γ´ `\
                                   弋_,、:::::斗 ´__    ゙i          /         .\
                                     ヌ/´__ 斗ー‐i ̄rx二三≧≡≡≡彡 `ヽ
         γ⌒ヽ                        ゙jー――====i!rfγ´    ≧、rf≦`ヽ/       ./
         廴:::::::::〉´≧ー、          ,、__,;_____/´`ヽ      ー-!                   厂三__
         弋::::ノー=、―斥   fjzzzzニニニ{ ゝ /≧=ー 、/`ヽ ノ /´ ̄三二=`ヽ、           /`ヽ
fi==≡〉ヽー=≡三/   j  i!.∨     ̄ ̄` ! 斗           / /´/       .i!\      斗< ー-  ∧
   >-、   ヾ´`ヽ |ゝ= /゙∨           `> 、      ノ /  /        i!ヽ  ー-       ∧  ∧/
     < ゝ-   斗  /|   i!           .<  / ー 、/ 弋/  /       i! .|            ∧ 匕|
          ̄ ヾ / _|____i!ー、          `¨        r ヽ_/___    / .i              ノ
              |Hi!-|‐‐―ヽ |  .γ⌒ヽ           | ノt-    ≧ー- ノユ                {
             /   !    i´   〈:::::::::::弋ー--、      ノ` /    ̄≧=ー-r ´ `i             廴
             / ̄ヽ/__ノ}    レつ::/____ヽ   /  /         |  ∧            /
               .//,;、ー-、  ,..、__廴__  ゙Y     ヽ`ヽ ヽ、 /           弋 ノ               ./
             ././ ー==≡二ノ   ゝ、゙i/.、     i! ノ/ー-、> 、___      }             / ̄
            |  `ヽ/∨ .`゙>-<     ヽjー=≦//    `ヽ    |≧=ー--〈               / __
            |   `ヾ  .i  ∧ノ  > _ イ  〉 / ./ `ヽ、   ./   ノ       .∨             /  /
            |    /  ヽ .i´ X    `ヽ、弋゙i /  /  \/  /∨      |          /  /
           `゙i´  ∨   `i   ゙i!       `゙ .|./  /    / /  .∨     /           /  /
┌───────────────────────────────────────┐
│後に“極東紛争”と呼ばれるこの時期、                                .....│
│                                                         .│
│離島を除いた本土ではこの最初期テロ以外の被害はほとんど無かったが、          .....│
│                                                         .│
│それでも50年の平和に慣れきった日本国民にとってはまさに“恐怖の大王”だったのだ。    .│
└───────────────────────────────────────┘

123 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:08:00 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────────────┐
│続発するテロに有効な手立てを取れない日本政府に代わり、事態を収拾したのが西欧財閥だった。    │
└────────────────────────────────────────────┘
        {  i      y   ハ    、 、  `ヽ    ヘ
         ヽ ,′   i   /    ! ヽ  ヽ ヾ  i     ト'、
          } イ   ,′ ( i   ヾ:、 ヘ.   \ ハ 人   八 ヽ
       / ノ|  /   ゞヽ  ヾ:、 ハ   リⅥノヽ) ハ ヽ }
       イ/ い !   i lヾ辷、  ヾ:、ト、 iノ)リⅥノ / ノ i !
         |!  ヽi ヽ 、  ヾハ. リ゙1、 } ヾ )ノ '" / ,イノ / ノ
         ヾ   ヾ  ハ ヽ ヽヾi ! `ソ  '"    /ィ'リ/ ,/ ノ
            ト、ヾ:ミヾハノ  l          i ハソチ´ハj
           /ハ、ヽ-ミ     ヽ `     ヾ,'い ;ヘヽ
            (" 廴ーャ≧    _ .一     /ノソ i リ
             `1 i\    ´ -‐ '   ,:(イ i[´
               ヽハ、≧ュ、         /__辷!
                  ` リイハ 丶、__ .〃´   `ヽ
                 j八ム- ..   /       _」       _ ..- 、
                      j    `Y   _,ィ≡彡`ヽ、   ,イ     i
┌────────────────────────────┐
│西欧財閥の介入からさほど時間を掛けず、極東紛争は終結。    │
└────────────────────────────┘ ̄¨ ニ=- 、
           _ ...-‐ 7   l   i!   ’:.:!    ’.      i!_            ,ィ'`ヽ
        _ ..:'´      {   i    lヽ   ヾ:、    ヽ    ,ゞミ、             /
  _..-‐ '´             ゝ   ヽ  ヾ:.、  ’、:、   `ヽ、 /  } ヘ         ,′
,ィ´                   iヽ  ’.  `゙ヽ.    `ヽ.    ,ノ /  `ー- 、      /
┌───────────────────────────────────────┐
│これにより日本へ重大な影響を及ぼし、、極東エリアにおける支配力を増したのだった。   ...│
└───────────────────────────────────────┘

124 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:08:30 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────────────┐
│──だが、平和が戻っても、失われた人命は還ってこないし、事件がなかったことにはならない。    .│
└──────────────────────────────────────────┘
:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃  ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
┌───────────────────────────────┐ ̄─(-д-::: )ー、::..
│何があっても日本だけは平和であるという安心感は儚くも崩れ去り、   ....│. .  /i ;:      :::i::..
└───────────────────────────────┘.  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....
┌────────────────┐
│民心は荒廃しきったままだった。  ......│
└────────────────┘

125 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:09:01 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────┐
│……そしてオレもまた、そんな“立ち直れない”無力な民衆の一人だった。   ...│
└─────────────────────────────────┘

126 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:09:30 ID:R78zvpg2

                             ┃
                             ┃
  ┃    ┃  ┃                     ┃
  ┃  ━┛━┛     ┃    ┃        ┃
      ┃       ━━┛    ┃        ┃
  ┏━┛                 ┃    ━━┛
  ┃                     ┃        ┃
━┛           ━━━━━┛    ━━┛

           ! i     .!l       !ii i
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i
           /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i
.          /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i
        / .:i.              |   i ヾ、
         / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i
       ヾ;::ヽ、i  !            /
           ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
                     ヽ|i,,,,,|,,..r''"

127 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:10:00 ID:R78zvpg2

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~     U      /   オレ達は漫画編集者だ。
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ   U        .i     どんなときでも漫画を作るのがオレ達の仕事だ。
         `ー-、          U   /
            !  , ' `ヽ        /     でも……
            ``!ヽ   !      /
              `.i`-- '    /       でも──こんな世界に対して、俺達はまるで無力だ……
               i  ̄    /_
               ヽ、____/` ヽ、  /    現実で起こっていることに、漫画で何ができるって言うんだ……!
                       /
                      /\
                      /  \

128 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:10:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────┐
│その問いに何も答えを出せなかったオレは、程なくして漫画界を背にした。   .│
└─────────────────────────────────┘
     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
┌───────────────────────────────────────────┐
│ヒーロー不在の現実を見てしまったが故に、ヒーロー達の物語を紡げなくなってしまっていたのだ。    .│
└───────────────────────────────────────────┘

129 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:11:11 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────────┐
│そんなオレがすがったものは、かつて散々漫画のネタにし、嘲笑ったオカルトだった。     .│
└──────────────────────────────────────┘
                 ,..-''´  ._.. -‐'''"゙´/、 i  、 ̄ ̄''''ー ,,、 `''-、、
              ,/゛ .,, ‐'"      .i,゙,,〉 ! .l .ir .i;;;;     `''-..、 .`'-、
          /   /  .,,      __,,,,...................._ ″.ゝ ,,    `'-、  \
        ./  / /'- `ー .,.. -''"´,,,..  -----........,,_´゙''ー ,,_'"  .,,..'l''' \  \
      ./ ./ 〈'' / ., / ,.. ‐'"゛. -L..    .ッ'iy.,了ー ,,.`'‐、. ―.l,,-.i \ \
     ./   /      / ,,/゛.xt!''゙二-ー'''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙"'''ー-..,゙ !.... !-、 \ .-rクi  \ \
    ./∠..(、............ / .∠.......... / .,....r=ニニミ厂゙二ニニッ 、..`'‐..iニ....ニx. ゙'、、...............゙lv....ム
    /  l,.く 'i . / ./   / ...-'゙゛     i! l'i .l     `\、゙'-、 .\ ヽ  ,  ,i'./ .ヽ
   ./  / ヽヽ.` / / yi" ./ / .,巛┘._.. /.i;;;;.l...l ,,、...テ''i  .\ \  .\ ヽ .ノ"/./ .l  .l
  .i′./  ヾV゛./ _lミ'゙,/ .,i". ヽ.゙,.,シ彡'"゙/ /  l .l゙゙'''ミ-.".- .,, \ ヽしミ,ヽ ヽ.,/,i′ !、 l
  !  /    7 l゙ .゛./ /  `´'!シソ゛ 〈) ./ l ".゙ ゙L.l ,i .`' !./ ″  ヽ ゙.l  . l. l/    .l  .!
 │ .!  .r‐ ! l\ / i冖'''''''''''!''¬''''''''.'" 冖''''''''''".`'''''''''''''"冖''''''''.''). l  ./、.l  .,〟 l  .l
 .l  .| .゙ご'゙ l / ヽ.l/ l`'‐、'-//  、 .,! /..‐二ミヽ.l .l. ._,,  l.l..‐'.,/.! l.ノ,i'.! | iー'.l" .!  l
 .! │.!ゞ‐ | .!  ゙V ,!   `ッi,゙'-,,..″ / /./ . iiii.`、.l l ".,/ /   | 〔/ .| .! .´_|   | │
 .! |   .| .!   | l、 ,l . !.! `'-,゙'-/ /| | .,ii, iii !.,!i ゙='"..‐゙〕.! ,iく,,、! l゙,,..L.! | !、.  |  .!
 .! │    ! ,!   ! |ヽゝ ! .!.! .,.`i ._ゝ).\,,,,,,,/iシ'" l´,r>/,!.ヾ .,i'| ,!`'.,││ ′`T.| │
  ! │ .ー"│ .l 、.;; .l |'、'./ ,八.l ` / / `‐、゙'くニツ“ / .l, .l //i'ッ‐ノ,/ l .〈、/ l     l  .!
  .!  .!  lュ l .l .!;;' ゙l, lヽヽ . ヽ> l .〉 〟 ,ゝ _ .く、 ty .l ゙t/゙.l/゙ノ,i'ゞ / iニ'7 l     ! │
  l  .l  .、> ! . l '´、 ヽ ヽ'、ヽ" .゙' ! !  ,/./゙、`'-..\,,.. l、 l. .,i'ノ/ ./ ,」 ./ / /-゙ワ .l゙  l
  ..l  .l,   .,..l  l゙'゙,゙. ヽ. ヽ)_ヽ / i∨゙__r'_,_,,゙,,,,.. ;;>.,゙'' ! l,i'〃 / . " / / . -、 i ./  /
   . l. ..l. ..、゙".、ヽ .\.'゙゙,, \ ゙ヽ li′...‐゙、 .゙,゙,゙'''''''^'二..、  \ ,ノ"../、/゙ / /  ‘'" ´./  /
    ヽ .ヽゝ-'冫.\ `、゙‐'  ゙'-、`'<、 ゞ " ゙Ψ  '! = .,, / ゛,/ ゙レ./ / . ,_   ./  /
     ヽ .ヽ ゛,,-. .\ `-、   .`'ッ ,,_`"―-----―'''"゙_,,,イ″  ._/ ./. ' ,ヽ 、./  ./
      ヽ. \゙'.iッ'"  .\. `-、、 ヽヽ´゙'''''――ーー'''"´,i'./  , / .,/....-/' ,,´ .r'" /
       .ヽ, .\  .〃 'i \ ,..`''ー コ,レ       __i⊃ー'" _..-'" .!< .>./ ./
        \,  \   ゞ‐゙l 、゙"'ー ..,,,_ ` ゙̄^^゙゙゙゙゙´ ._,,.. -‐"゛ 、´゙ゝ  ./  /
          \. `'-、,  ._゙フ ‐フ'i  ヽ! ̄"^ ̄/./      .!-、 _..-"  /
               `'-,,. `''ー.こ  ′  .ヽ'i, .lil゙/./      _,, -'" ._ /
┌────────────────────────────┐
│現実に救いがないのなら、超常現象に走るしかなかったのだ。  ....│
└────────────────────────────┘

130 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:12:00 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────────────┐
│それがまるで荒唐無稽なインチキで、                                        .....│
│                                                                │
│ただ人心を惑わすだけの代物だったのならあるいは、その時我に返ることができたのかも知れない。  .....│
└────────────────────────────────────────────┘
      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !   何てことだ……
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}   『アンゴルモアの大王が復活する』とは
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ    西欧財閥の台頭のこと。
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|      そして今、日本を始め、世界のほとんどが
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、     “幸せに”支配されてしまっているじゃないか……!
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、
┌──────────────────────────────────┐
│だが──愚にも付かない荒唐無稽な妄想の中。                    .│
│                                                  │
│それでも幾ばくかの真実が紛れ込んでいることに、オレは気付いてしまった。  .....│
└──────────────────────────────────┘

131 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:12:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────┐
│世界には“本当に”隠された神秘が実在していた。                 ...│
│                                                │
│そしてそれは今起こっている事態を完全に予言、あるいは予測していた。    │
└─────────────────────────────────┘

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \  そしてノストラダムスの予言が真実ならば、
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|  本当の厄災は、終末は
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉  これから先にまだ起こるんじゃないか!
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i  1999年は始まりにしか過ぎなかったんだよ!
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

┌──────────────────────────────────┐
│ならば、予言者は何故今の事態に対して何ら手を差し伸べなかったのだろうか。 . │
│                                                  │
│オレが彼らの立場なら、きっと世界を救えるはず。                   .│
│                                                  │
│そう、かつて作ってきた漫画のキャラクター達のように。                 .│
└──────────────────────────────────┘

132 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:13:00 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────┐
│そんな思いを胸に、オレはロンドンへと飛んだ。    │
└──────────────────────┘
                              ━┓・・━┓・・ .━┓・・
     :::.:::.:....:..: .⌒` .. .: .: ...   '⌒`  (: :.::::...    ┃  . ┃    ┃ ゴゴゴ ゴゴゴゴゴゴ
          :...(  ):.                ━┛ .━┛  ━┛
         :::.:::.:....:..::.⌒` .. .:.: ... '⌒`、:.(: :.: :...
          :...(              ):.
                                 .. .:.: ... .:..  /i  ≡=-
                 γ⌒)  ::.. .                /;;/ ≡=-
              ....:...⌒`   '⌒`;               /;:;:;/ ≡=-
                    . .:.:'⌒`..         ____,/;:;:;:;:/  ;;;;,;:.;,,,,::.≡=-. ..
                     ...:.: . ::        i二/;:;:;:;:;:/= ;;;;,;:.;,,,,≡=-
                    :.:....:..          /;:;:;:;:;:;:/=  ;;;;,;:.;,,,,≡=-
                              ..../;:;:;:;:;:;:;:;/=  ;;;;,;:.;,,,,      ___
                             i二/;:;:;:;:;:;;;;:;:/=  ;;;;,;:.;,,,,     //≡=-
                  _,, -ー=====';:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:;|======;;:、//   ≡=-
                <  ,.,.,.,.,.,.,,;:,.;:;;:;;;:;,.,:.;:;:;.;:;.:,.,:.;:;:;.;:;.:;,.,:.;:;:;.;:;.:;;:;.:;.,.,:.;:;:;.;:;>-   ≡=-
                  ` ー-────'i__ ;:;:; :;:;:; :;: _;,.ー'' ̄ ̄ ̄ ̄  \\   ≡=-
                            \;:;:;:;:;:;:;;;/  ;:;;;,;:.;,,,,≡=-      ̄ ≡=-
                           i二\  .:.|=  ;;;;,;:.;,,,,≡=-
           .                   ̄\ ;:;:ヽ  ;;;;,;:.;,,,,≡=-
                               i二\ /|\   ≡=-
TTTTTTTTTTTTTTTTi                   /  :|  \≡=-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\                / /l |   \
┌───────────────────────────────────┐
│そこには魔術の総本山、魔術協会の本部である“時計塔”があるはずなのだ。   ...│
└───────────────────────────────────┘

133 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:13:30 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────┐
│──だが、そこで俺を待っていたのは、落胆でしかなかった。     │
└────────────────────────────┘
     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
┌───────────────────────────────────┐
│魔術協会は70年代を皮切りに衰退を始め、今では機能していなかったのだ。   ....│
└───────────────────────────────────┘

134 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:14:11 ID:R78zvpg2

┌────────────────────┐
│次にオレが向かったのは、エジプトだった。    .│
└────────────────────┘
                                    __
                                    //:\
                                 / /::::::::::\         __
                      ___           / /::::::::::::::::::\       //::\
                    //::\      /  /:::::::::::::::::::::::::::\    / /:::::::::\
                      / /::::::::::\.   /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\/  /::::::::::::::::\
                   / /::::::::::::::::::\/   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /::::::::::::::::::::::::\
                 /  /:::::::::::::::::::::::::::\  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::\
.              /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
           /    /:::,ィ――‐、:::::::::::::::::::::::::::::://:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
___,ィ――‐、/    /::ノノ::::::::::::::::!;_:::::::::::::::::::::/ ./:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\――――‐
   ノ.ノ::::::::::::::!_`'ー-、、_/;/_/:::::::::::::::::::::l;;_:::::::::::::/;;; /:::::::::::::::::\――――――――――‐‐'::::::::::::;;;;;;;;;;;
  _/_/:::::::::::::::::::l._    l,;;.l::::::::::::::::::::::::::::::l―::/;;;;__/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,...........
 l_l::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;''''┴‐―‐―‐―‐┘'''''''''''    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           o
          _!iヽ_ ,rュ
          / `i__.ソ
  __....,,,,.__ /l ̄/l
 ̄         ̄ ̄ ̄ ̄`''ー――--- .、..,,___
                             ̄ ̄`'' ー-- 、.._
┌─────────────────────────────────────┐
│そこには未来予測とそれによる災厄回避を研究する“アトラス院”があるはずであり、    │
│                                                     ...│
│そして情報を集めた限りではまだ活動を続けているはずなのだ。              ...│
└─────────────────────────────────────┘

135 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:14:30 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────┐
│だが、そこでもオレは求める結果を得ることができなかった。     .│
└────────────────────────────┘
     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_  __ ,. _彡'ノリ _,.ゝ、  |         ∧
   `ゝf‐ゞ゙ujヾ二r^ァuj< y=レヽ.     l\ /
.    |fjl、  ̄.リj^ヾ.)  ̄  ノ レ リ   __|  `
    ヾl.`ー- べ!゙‐ ` ー-‐'  ,ン   \    どうしてオレを仲間にしてくれない!
      l    f,.ニニニヽ u /:|   _∠,
       ト、  ヽ.__.丿  ,イ |     /    オレとあなた達の目指す場所は同じはずだ!
     _亅::ヽ、 ー   / i :ト、    ´ ̄|
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、   l/、  ,ヘ
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l       ∨
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /


          , ' ´      `ヽ、
         /           ヽ、
       , "               ヽ
      く ,' ,' ヘ               !  悪いことは言わない。日本に帰れ。
      ', i i !ゝ 、 ヽ    ヽ、      i
       i l ! | \',ヽ ヽ、  ぇニ=    l  ここにあなたの求めるものはない。
      ,' i |ヾ、  ヾ,.>=ス>ャr゙',ヽ  ゙ ‐- ァ
      ,',.ィ ,ぇァッ,、r{ '‐゙"ノ  リ  i |   r-‐'   あなたには、あなたの戦うべき戦場があるはずだ。
       ,',.小、辷i i ゙‐ァぅ'    ‐'ノ   こ=‐
      " '"レ,.y' ,' , ' , '    i´l    r、i
          l ,' ,'-/ , '-‐,.イ) /ノヘlヽ!゙' )、
           !,' ゙" ,.' ,. ' / / ,. -´,.‐'´ノ!
         l    ゙'", ',. '´フ' ´, ‐''´ ,. '´ |
        く|     ゙´/レ'"´,. ' ´ , '´ト、
       ,. -'i     i'´〉 | (  ,. ' ´ , - ' ヽ、
     r''´ i.  |       !/ ハ  ゙'´ ,. '´     ヽ、
      i   l  )    /i!_/  〉  , '´        ヽ
┌────────────────────────────────────────────┐
│以前と変わらず活動を行っていたアトラス院は、以前と変わらず、外部への門戸を閉ざしていたのだ。    │
└────────────────────────────────────────────┘

136 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:15:01 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────┐
│──思えばその時会ったアトラスの魔術師は、正しいことを言っていたのだろう。     │
│                                                   .....│
│だがその頃のオレに、その言葉を理解することはできなかった。              .│
└────────────────────────────────────┘

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~     U      /
          /iヽ             .i-'    クソッ! なんだかんだ理由を付けて
         / ヾヽ   U        .i
         `ー-、          U   /    神秘を独占する気なんだろう!
            !  , ' `ヽ        /
            ``!ヽ   !      /      そんなことだから世界は一向に変わらないんだ!
              `.i`-- '    /
               i  ̄    /_
               ヽ、____/` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

137 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:15:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────────┐
│世界中を放浪し、最終的に辿り着いたのは中東。対西欧財閥レジスタンスだった。    .│
└─────────────────────────────────────┘

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }   本当か!?
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./    あんた達は、オレを迎え入れてくれるのか?!
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

138 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:16:00 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────────────┐
│そこには、西欧財閥による管理支配を良しとしない魔術師が僅かながら生き残っていたのだ。   .│
└─────────────────────────────────────────┘
i i i i i \i i i _ヽ::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::,_| |i i i i i i i i i
i i i i iγ⌒Y /ミ二二二 二二二彡'¨¨ ̄ヽヽi i i |
i i i i i | 介 |.l⌒"‐-      ,     ̄ ̄` | |i i i|   まあ、どうせこのまま朽ちて
i i i i i ヽヽ 人        /         ,| |i i i|
i i i i i i i\| |i ヽ、‐─tェ─,{ .:.:-= tェ──≦ l |i i i|   忘れ去られるだけの知識だったからなァ。
\i i i__ >| |i i i l`ミニ三彡l   `ミ三三彡´| |i i i|
 ̄ ̄/   | |i i i i',     /   、...      | |i i i|   今の世界じゃロクに使えもしねえんだ。
.   /.    | |i i i i '、__   ヽ_/゙゙´    彡| |i i i|
  |    .| |i i i i i| |ハ l _____ ヽ.  l |i i i|   ゴミ箱に捨てるのも、馬鹿に教えるのも変わりゃしねえよ。
  |    .| |i i i i i| |. ',ヽ          |  l li i i !
  |    .| |i i i i i| |. ',          !  | |i i i l
┌───────────────────────────────────────┐
│どうやら、オレには魔術師としての才能──魔術回路──が僅かなりともあったようだ。    │
│                        ウィザード                             │
│こうして、オレは後に世界中にあふれる魔術師ではなく、                      ...│
│        メイガス                                            ....│
│世界最後の魔術師としての一歩を踏み出したのだった。                      ...│
└───────────────────────────────────────┘

139 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:16:30 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────────────┐
│だが、レジスタンスに身を置くということは、魔術の追求だけをしていればいいということを意味しない。    │
└────────────────────────────────────────────┘
                   ム./ /                ヽ     \    ヽ
                 j / / __ --‐‐  ̄ ̄`¨¨ ‐       ' 、    ヽ、 ヽ  ',
              {ソ/    __..-‐::¨¨7 ̄ ̄¨¨''ヌZミ、ミ、  ミヽ.   ヽ \l
                  ,イ    _ ィT´::::::::::::::::::ノ ィ彡ミヽ、ヽ:::::::::::::>、 ヾ、    \ >
                  `Y /ハ :{  :::::::::::::{>''¨ ==  /::::::::::::::::::从::>.ミヽ\  }
               Y   人イ:::::::ハ从イ  f::()ア /::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::ヽ. ヽ〉    お? あんたが新入りか。
           ,イ   丿 :::ト ̄ム::::イ:::(      /::::::::::::::::::::/ .ハ::::::::::::::::::::\ソ
           (:::`¨´/  ::::イrイツ小ヘヽ     /彡イ:::::::::::::::::{ハ. }::::::::::::::::::::::弋__ノj  わざわざ日本から来たんだって?
           `ーァ   :::从イ / ヾ      {:::{ {:::::::::::::::i| 弋 j:::::::::::::::::::::::::::::::く
            ノ:/  ::::::ノ /            ヾ ヽ::::::::::::l|l:::ヽ彡:::::::::::::::::::::::::::ト、:〉  物好きなこって。
           (::,イ :::::::::::::. \ `            ヾ::::::::... 小:::::::::::::::::::::::::::::小ノ
              ソ{  ::::::::::::∧  ,,'' '''''''''''''''''''''小、_ノ:::::::::::  ル小:::::::::::::::::::::::::ハ    ま、あんたに限ったことじゃねえが
             ヽ、 ::::::::::/ハ ''ィニ二ニ==一 `ーイ:::::::::::  j ノ ト::::::::::::::::::::::::::ヽ、
               ヽ ::::::://∧  ,,,,,,,        ハ::::::::::: ノ   {::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                   丿 ::::::ィ//∧         {::::::::::::l 八>'''¨ヽ、::::::::::::::::::::::::ノ
            トー' ::::人{ ヾ/ハ      ....::::::::ソ:::::::::トイ         `Tミ==‐彡ニヽ
             ` ー<  ヽ }:::::ト、 --‐''::::::::::::::::{:::::::::ハ         i::::::::::::::::::::::
                 、_ ノ:::::ィ:::::{ ̄アT rイ  弋、::{       _>''´ ̄ ̄ ̄ ̄
                  `ー‐´ ヾ::{''´  { |     ヾ、   >''´
                       \   `|        /
               z ─--- _==ァ彡|   |       /
┌───────────────────────────────┐
│レジスタンスは穏健派から過激派まで様々な人員の寄せ集めであり、    .│
│                                            ....│
│その中には国際的なテロリストも含まれていた。                 .│
│                                            ....│
│そう言った連中とも、オレは“仲間”であらねばならなかったのだ。     ...│
└───────────────────────────────┘

140 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:17:00 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────────────────┐
│もちろん、オレも西欧財閥の支配構造をよく思っていたわけではない。                         .│
│                                                                    │
│西欧財閥による技術封鎖と管理はいずれ破綻し、それが予言にある終末をもたらすはずだと考えていた。  ....│
│                                                                    │
│だが、それでもテロを肯定することはできない。テロによる絶望が、オレをここに向かわせたのだから。      │
└──────────────────────────────────────────────┘

141 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:17:30 ID:R78zvpg2

.   N. {'             \                        /ハ\
.  N. {               ヽ                     _/-─-i‐ヘ- ..,,_
.  N.ヽ`               〉                  ,..::'"´:└──'─'::::::::::::`'::.、
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /                 /:::::::/::::::::!::::::::::::';::::::::::::`ヽ;:::::ヽ
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく               /:::::::::::;'::::/::ハ:::::::::!:::!:::::::::::i:::::::';::::::::',
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !             !::::::::::::|:::/メ!_|::::::/!/|-‐ァ:;ハ:::::::ト、::;;_!_
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ              !::::::::::;ハ:7´i'ハ|/ ァテァく!::!::::::/:::::::::| `ヽ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´               八:::::/|::::i` ,!_リ    |  ハ〉|:/:::::::::::::! くソ       /)
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\            ! ヽ;ハ|::7"   '    `ー'/:::!::::::::/:::::;ハ      _/),/、
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-           ム   /;:>、,  `こフ ";'::::/-‐-'、/!:,r‐.....-‐''"´  ノ '、__)
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|             _ノ´:::::_ノ`>ァ-r、イ|::...,. -''::" ̄`´ ̄`丶゙_,,.. -‐ー‐'´
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |                ´ ̄/´::::::_ノイ/|__/./::.:/::.::.::.::.:ヽ::.::.::.::.:: \
  / _,..、゙、_,r--ミヽ 、                     レ'"´ /´! /ム.,:'::.::.::.l ヽ::..::.::.::.:l\::.::.::.::.::ヽ
  T.゙、__‐''´:.:.:.:.:.:.:.:.`':.レ)                  rっEヨ,ーr、rイ  |/バ,'::.::./lノ   \::::.::| ヽ::.::.::..ヽ',
     /:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:ir:.:.:.ミ、                  {,)◎】]::|::|>,!、 〈く..゙/::.::/ ヽ   ト、ヽ_::j __ヽ::.::.::.:: l
    ''/:::::::::r::::::{::::〈`ヽi:.:l ゙                ヾ─‐‐く/`ー'ヘ./イ::.::|,r─┐ `ーr_ 二ー` Vリ:.:.: |
   、ノ;::::::::::l::;:ノイ:::l;}タl::::::しi_                 \   `ヽ.... ´ l:.:.::レ´_ニ、 >   ´  `   レ|::.:.|
  、_ノ::::|:l'‐弋',‐イヘ イ:::i::): : `ヽ-. .、._    ,..,.. --、.. /ヽ、__,/-く__..゙ヽ:.| ~             〃.}
   f/;ィ:l:i:::::匕 ....:_',∧ヽ,ィ: : :_:-ヘ_: : : : : ̄: フ/  i ヽ\_:::r'|::::/´ /:::/::::゙ハ    〉         ソ/
  r' ´ ヽ,>-‐ヽ`ノ:゙ヘ ヽヽi、:{ フと´`>r '' "´ ||.l _ ヾ ヽ \`7.....rく::::/::::::: l l    丶 ´_ -_‐7  rノ゙'
. i!   ノ_ メ-__,r, >、:jノl'' ' ヽミ''  l  /  V `ー'>、 ヽ、 \  ヽ,ン、:::::::; `ヘ  v_' ´ ‐ ,. - ´  ノ|!
. l  ,r l `メ´l.l゙f<_j,ノ    .〉、`'_ ゙       rfヽ イ,ニ「´ |\  \_.゙`ヽ、こヽ、.゙\   ̄ ̄-   ..::´: :|
  ヽ,'  l  l|.| l '、 `      j:::::`:ー..、   ノ r――' ,j  l: l `‐ .._,ノ   /ヽ、こ.| ` 、__ , ..-': : : : |
  l  /  l !.l l : ヽノ ー-  l::::::::::::::::::ヽ:'´:::..: `ヽ-‐'/.._r──--、     ,.、-rノ    : : .    : . l\__
  l /   Y ゝil  ヽ、, -    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:./´  ヽ,_   }-─ 、 ̄l   |          /´  \_


          【ray=out編集部 創刊初期メンバー(実行グループとの重複者を含む)】

┌─────────────────────────────────────────────┐
│代わりにオレがやったことは、前歴を生かしてレジスタンスの機関誌を発行することだった。          ..│
│                                                                  │
│初期に『ray=out』、後にリニューアルして『Hack&Crack』となるそれの初代編集長は何を隠そうこの俺だ。   │
└─────────────────────────────────────────────┘

142 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:18:01 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────────────┐
│だがそれも、“直接手を下していない”というだけで、間接的に協力していることには違いない。   .│
│                                                          ......│
│しかし、オレはそこから目を逸らしていた。あるいは諦めきっていた。                   │
└─────────────────────────────────────────┘

ヾ                                  ,、   | 
  `ヾ _                           / l   |   もっと──もっとだ!
      ̄,ー-z___               //   l l   | 
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_  l   よりショッキングに! よりセンセーショナルに!
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽi
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ i   読者の関心を惹くんだ!
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__ | 
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘|.   民衆を味方に付けなければオレ達は勝てない!
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /   丶  /
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '
              \         _ , - '
                ト──--- '

┌──────────────────────────────────┐
│魔術について学んだとは言え、一人でできる事なんてたかが知れている。     .│
│                                                  │
│自分がやっていることは、世界のために必要なことなんだと信じ切っていた。   ..│
└──────────────────────────────────┘

143 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:18:32 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────┐
│──そうして、数年。オレが日本を後にして10年ほどが過ぎた。    │
└─────────────────────────────┘

144 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:19:00 ID:R78zvpg2

《 24.Dec.2014 》


          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i     ──ああ。オレだ。例の脳症の取材は終わったよ。
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /      午後に来る医師団とも鉢合わせずに済んだ。
            ``!           /
              `.i         /       連中は西欧財閥の息が掛かっているからな。
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /    迂闊に接触すると事だ。
                       /
                      /\
                      /  \

145 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:19:30 ID:R78zvpg2

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、  ああ、わかっているさ。
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //  すぐにそっちに戻る。
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/    オレがいなきゃ新年号が間に合わないんだろう?
          i       .:::ト、  ̄ ´           l、_/::|
          !                           |:    |    夜にはデスクに座っているさ。心配するな。
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

146 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:20:00 ID:R78zvpg2

           {{   |'      |'   |'       /  / r=、/!
           ',!   !      !   {!       {!  {! {! }ハ,'
           >―‐┴―――┴―┴――――‐┴‐┴{`イ! |
           / /`T  ̄ ̄ ニニニニニニ  ̄ TT '' ┐ !_ll ,'`丶、
          / /〃 ̄ヽ  ' −―――- ' 〃 ̄ヽ  l  llr ゙! _,.  `丶、
            l ! ゞ...,,_ノ  _,.==;-、     ゞ..,,,_ノ l  /l_ ll/
          l l  /   , '/    `ヾ,ヽ     ll   l llゝ、/
         l l  /  〃'{      ヽヽ   ll   l ll / l!
         l l 〃 ̄ヽll ト、     ノ  `ヾ ̄`ヽ ! l ∩ l!
        | ! ゞ...,,_ノ','、ヽ \  /     ヽ_ノノ'| ll H' l'!,. -
          l ! { {____ヽヽ\` ´   , / ̄  ', / ll// l//  ピッ!
       ,| l,ィ―――、 `ヾ='、  /       \/// l, '
      /l ! ゞ____ノ   f´`ヾ',           `ヾ{..,, -
   ,.-'´  ! !          `¨´ ヽ            `ヾ―-
  /    l l f ̄ ̄ ̄ヽ r――- 、 >、
 {     l ! '、.....,,,,,_ノ '、.....,,,,,,_ノ '、_',
. '、   l l ,―――、 ,.―― 、  _.....,,,,,,ヽ
  `ァ、__l l '、____ノ {     } {     ',
. /  ! l ,-――-、  , ニニニ´,  ,ニニニ´|

147 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:20:30 ID:R78zvpg2

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i   やれやれ……零細編集部にはクリスマス休暇なんて無し、か。
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /   オレももう50過ぎてるんだし、楽させて欲しいよ……
            ``!           /
              `.i         /
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      /\        │ ──樹林! 樹林だろう!? なあ! │
                      /  \       ヽ、________________ノ

148名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:20:57 ID:H2ayyNCE
個性的すぎるメンツだなw

149 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:21:01 ID:R78zvpg2

 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ  ,ィ/l/ l/ リ ヽ!ヽト、 .|   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ lハlヽトiヽ. |
  イ /r >rjヘ;=:r‐=tj<ヽ│  「 ./      \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>rjヘ '-‐ァt:j<`K
  r、H   ┴'rj h ┴'  }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! l ヽヾ、_ ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||. `ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>uー、ヽ-tj='^vヽ _レ「゙fぅヽ ーT'tラ'7`h |t|.   ヾi丶     レ'
  ヾl    -─-、   /‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!.  ̄" }  ` ̄  !リ ヾl    -─ -   /|
    ト、    ‐‐     ,イl.    ヾ!.    ヾ      ,イ‐' ヾl   ヾ      /'    ト、    ‐-    ,イ ト、
   ,.| : \       / ; ト、    ト.、   ´_ ̄` , ' |.    ト、  ´_ ̄`  ./.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\     /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |


         _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、                _
.        /          ``ー‐-、        l⌒! /(⌒)ヽ
      ;"                )       l l  ー'/.ノ
.     /                |ノ       l .j   l i
     |                  )/        `´   `´
      |          ,;';;,,    /ノ        ○   ○
    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿
.....  /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;
    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、
  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ
Y   \        .::;     ::::ゝ
     \     ::::::、   .:;`
ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i      ヽ 、
 `       \;;;;/    `゙"       ノ ノ
                      ̄

150 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:21:32 ID:R78zvpg2

            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i         ´    ヽ  !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!   やっぱり樹林じゃないか!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /     心配させやがって!
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /



      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!   お……お前達、何でこんなところに!?
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

151 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:22:02 ID:R78zvpg2

. /   , ,ィ ハ i、 、     !
 /イ  ,ィ/l/ l/ リ ヽ!ヽト、 .|
  イ /r >rjヘ;=:r‐=tj<ヽ│
  r、H   ┴'rj h ┴'  }'|ト、  樹林さんを探しに来たに決まってるじゃないですか!
  !t||. `ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ
  ヾl    -─-、   /‐'
    ト、    ‐‐     ,イl.
   ,.| : \       / ; ト、
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
 /     \    /     |        | ヽ


     ,. -─v─- 、 、
 __, ‐'´           `ヽ
..≦              `i,
..≦               i、
 1  イ/l/|ヘ ヽヘ       i
  l,_|/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、,l`ヘ  .,|
  .レ二ヽ、 、__∠´_"` ! /
  riヽ_(:)_i  '_(:)_/  |i)'  樹林さんが突然日本からいなくなって十年、
  !{   ,!   `      μ!
  ゙!   ヽ '        ,i!   ずっと心配してたんですよ!
   !、  ‐=ニ⊃     ,,ハ
    ヽ  ‐-    / "ト、
     ヽ.___,._/   // \
    //イ;;:::::     //〃 ヽ、
   /  /i:::::.    //     ヽ


       _
   , ‐''´~   `´ ̄`‐、
 ヽ‐'´            `‐、
≦               ヽ
≦   , ,ヘ 、           i
 l イ/l/|/ヽlヘト、      │
 |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l   俺達、樹林さんがここにいるって情報を聞いて、
  ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
  } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !   いてもたってもいられなくなって──!
 ゙!  7     ̄    | トy'/
 !  `ヽ"    u    ;-‐i´
 ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
  ヽ、 ー      / ゝ
    \  __, ‐'  / / \
      ̄ i::::: / /

152 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:22:31 ID:R78zvpg2

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'    ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-'             ゞミ/
          ヾヽ                /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /  ──れ。
            !  ,.-一         /
            ``!           /
              `.i         /    ボソッ
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \
                                   ,. -─- 、._
                                ,. ‐'´      `‐、
                               /           ヽ、_/)ノ
                              /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
                              i.    /          ̄l 7
                              ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/
                        .      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
                              !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
                              /`゙i u       ´    ヽ  !
                            _/:::::::!             ,,..ゝ!  え?
                        _,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
                         !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
                         i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
                         .! \     `‐、.    `ー;--'´
                         ヽ \     \   /

153 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:23:05 ID:R78zvpg2

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|  日本に帰れって言ったんだ!
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ   今更お前達と話す事なんて無い!
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \   オレなんかに構わずクリスマスを家族と過ごせよ!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ  そうじゃなかったら新年号の準備してろよ!
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

154 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:23:30 ID:R78zvpg2

       ,.,. -ー‐、 ,_
      .'     ´  `゙ 、
    /           ヽ
   /            ヽ
   / |             |
    |  /////从\ヽ\   |
    | //_/_//从 _ヽ_ヽ\ |
    .|fjl~ ヽOヽ ' <'O'7~ .| 7  そんな言い方は無いじゃないですか……!
      i .| u  ̄ | ~  ̄  .| リ
    ヾ.'i u  ヽ   u ./ソ   俺達、ずっとどんな思いでいたと……
      '\  .i'  ̄ヽ   ./ |
      /| ヽ .ヽ___ノ ,. '  ト
    /|ヽ、 ` ---'  ,. '´ ト
      |  `ヽ  r'~     |
      |  /ヽ/ \   /
      |/   |0   \/



. /   , ,ィ ハ i、 、     !
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  樹林さん、日本に帰りましょう!
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'   俺達と一緒にまた漫画を作りましょう!
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    あなたはこんな所にいるべき人じゃないはずだ!
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー-_
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、
 /     \    /     |        | ヽ

155 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:24:12 ID:R78zvpg2

                  _
               ,´ニ=`ー'´  ̄` ー- .
              /                 `ト、
           /                  ハ
            ,'                   lハ
             |                    ノ |ト、
.         , ヘ、     ,                   ,リ|
.          〈 ,ヘト 、__ ,,ノ爪ハ、             /,ィ
           ', {ュvヘヾ≧、\iヘ          彡'/
          __,ハヽ   ゝ◎`ヾミ込、ト廴_        ィァ
, -――一ァ'´ / `!   ii^=='^r仁Y,ィ。テr=x.、_辷,彡"
      /  /   l ij ゞ ___〈ノ  !ド=彡' ir'´
.     /   〃    ',    ` ,二´-、_込、__ 〃
    /   /,'      '、   /ー-`ニ7 `7´   黙れよ! お前達にオレの何がわかる!
.   /   / l        \  {廴__,リ〃 /
  /     l          \`== " イ \    漫画編集者の樹林伸はもう死んだんだ!
. /       l\          ` 7T ´ ',   \
/        l ` 、        |   '、   ヽ  今のオレは魔術師で、レジスタンスだ!


                                    _ ,., -ーー‐、 ,_
                                    >        ´  ゙ 、
                                   .≧            ヽ
                                  ∠              |
                                   |   ヽ ヽヽ ヽ     |
                                    | //从 ヽ_ヽ\\    |
                                    .|fj l~<Oヽ  ''O'> ヽ 7
                                    i..i u  ノ    u  | リ
                                     i   ヽ  u   //
                        樹林さん……     'ヽ、 i  ̄ヽ   //
                                      | ヽ.ヽ_ノ ,. ' |
                                     /ヽ、 ´'-- '´  ., 'ヽ
                                .    ヽ   ``ヽ  r'~  |
                                      ヽ   /ヽ/ヽ  |
                                       ヽ /  |0 ヽ/

156 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:24:30 ID:R78zvpg2

            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i         ´    ヽ  !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!   ……わかったよ。
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /     そうだな。何もなかったことにするには、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´        時が経ちすぎてしまったのかもな……
  ヽ \     \   /


         _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、
.        /          ``ー‐-、
      ;"                )
.     /                |ノ
     |                  )/
      |          ,;';;,,    /ノ
    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿
.....  /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;
    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、
  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ
Y   \        .::;     ::::ゝ    ……ああ。お前が聞き分け良くなったくらいの時間がな。
     \     ::::::、   .:;`
ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i      もう、昔のお前でも、オレでもないんだ……
 `       \;;;;/    `゙"

157 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:25:05 ID:R78zvpg2

            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i         ´    ヽ  !  ……樹林。俺達は今日はまだこの辺りにいる。
    _/:::::::!             ,,..ゝ!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、          /   もし気が変わったら──会いに来てくれ。
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /      俺は、いくら年月が経っても変わらないものがあるって信じてるぜ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /



     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧   …………
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |

158 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:25:37 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────────────┐
│──オレは、結局振り返らなかった。そう、編集部にはオレを待っている今の仲間がいるのだから。    .│
└────────────────────────────────────────────┘

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'    ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-'             ゞミ/
          ヾヽ                /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i      ……ただいま。今戻ったよ。
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /
            ``!           /
              `.i         /
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

159 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:26:00 ID:R78zvpg2

  c -‐ト、                     ,.. ´_⊥_ .ヽ、
 C.   (フメ,               ./´..:.:.:.:|:.:.:.:.:.`\
       v             _..ヽ-. :‐─: : .-:. <
      ヤつ  v   {`ヽ fヽ..: : : : : : : : : : : : : : : : : :`. 、    ,.-、
      ゙   ヤつ     ./: : :ム--:./: : : : : : k.‐-: ._: : :.:ヽ.   ノ
         ヽ       /: : /: : /l:.ハ: : : : : : :|ヽ: : : :`ヽ :.:.ヘ   つ
          _.. -‐::Z: : : : : : : / _';| ヽ: lヽ : N、_ヽ: : : : : :.:.:.:ヘ
        /::; -‐ 7:ィ: : : : : : 少笊ミヾy \ヤ笊弌ヾv: : : }:.:.ハ
       /::/  .〃.!:小: : :.|:{f lト::_;:ハ ゙   `{ト:_,:ハ }〉!: : |: : :.ゝ
         {::f    / | ハ: '; : 从 う、::ヘ}     つ::, リ ケl、 :リ: :.:.:.い、__,.. -- .. 、   あっ! 樹林さんおかえりなさい!
    ,、   .}::|    ./!': :.ヘ \{   ゙ ‐''´     ゙' - ' .,: :V:.ハ:.}ヾ\‐‐'´ ̄ヽ::}
   ヾ'、_ ノ:/   /: ; : :/::゙.、:.ヾ       ′      イ: /:.:レ:.:.:.:.:.:ヽ  ,ノノ   何もありませんでしたか!?
    ` -‐     /: イ:.l/: : :/: ヽヘ   _          //:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:ト ヽ `′
          ,':/ |:./: : :/:.:.:.:.:.:.:.>' .,゙,(/ ゙! ̄ ̄ )  .イ:.:.:. N:.:}:}.ヽ:.:.| .ヽ:}      心配したんですよ!
            レ  !ルl: :/: : /:.r 7 ,ク' .ん ̄ _ ィ:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:':.:∧:{   ゙!
            | |:.:k "`ーj .′ `   ' .'゙Y ´ ├=ァ、::」:/./:.:.∧// リ  .ノ
::..、        __ .....ゝfヾ   {       /   ソ  ,:/ツ`>、}/ ′
: : : : ̄ : :::::::::::::::::::::::,ノ    \|      />   r"    " /   ヽ::..、_     _ ... -::
: : : : : : :.:.:.::::::::::::::::f.      ヽ ,.ヘ    /l }  ,人    /   /  \:::::::::::: ̄.: : : : : :
: : .: : : : : .:.:.:.::::::::::::}      y /   ./-ゝヽY/,ヘ.__./ ヾ′,/   \::::::::.:.:.: : :. : : :
: : -/: : : : : : .:.:::::::::| ,.-::‐:::::ミ{.,.'   /}::::::`{::7´::::::::::リ    ヘ        〉::::::::.:. : : : : :、
'" /: : : : : : :/l:; '/,..''7 ̄`, '    /└./∧ヾミ:::y       } ,..-、_  ,.く:::ヾ、::: :ヽ: : : :
 , イ:/`'´'"  ´ Y:::/  /     /  /::::/  \:::゙ヽ.     ,'"_::::::::ヘ" .ヾ ´\:.:\: :
   ′         V ./     ./  /:::: ' O  ヽ::::゙:.    ./´  l..`)}       ヾ `
              '/      /  /:::::::{      }:::::}   ',     !''"


  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !   おいおい大げさだな。
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i   夜には戻るって電話したじゃないか……
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

160 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:26:51 ID:R78zvpg2

: : :|ミ、: :ト、: :、: : : : 、: : :'; : : : : :ヽ: : : : : ; : : : : : :
: : :|    `V: `、: : : :`ゞ=i---、-、_i___|_: : : :
: : ::i    /ヽ; :ヽ、: : : : : :ヾ、: :ヽ、: :`、: : :|: : : : : :
: : : ',   /  ヾ、ヾ、: :、: : : :ヽ\:::\: :`、::|: : : : : :
: : :ト:}_;/  u \:';\ト、: : :rニニニニニYア: : : ::
: _,斗"       \_> アイ |    |⌒Y: : : : : :
: : : |  _,,.zニニミ、     イノ    |  |: : : : ::     そうじゃありませんよ!
: : : { z彡"rァ  |      .|     |  |: : : :|::
: :、:ムヾ} .T  |       ゝ___.ノ  |: : : :|::     ついさっき、現地の組織が
: ::ト。: ム   |  _ノ  ,            |: : : :|:
:\i: : : ハ  `".   `         u  .|: : : : |::     樹林さんのいたあたりで武力攻撃を行って……!
: :|:\: : : }       _,,... --、      .|: : : : :i: :
: ::|: : : : : :i      {    _}   u  ,ム: : : :从     私たちとは別口の団体だから
  |: :、: : 八  u   ゝ- ''"    _,ィ" |: : i: : : :
  V: :i : : : :> 、         ,.ィ" u |: :ハ: : :/      止めさせることも出来なくて!
  V::ト、: : : |/ >- ...   ..,<    ,イ::/ `、:/
   V{ ヘ: : : |      ¨´  /ヽ、 /|:/  .リ
   ヾi ヘ: : :|        / i レ"  レ
      ヾ、{       .{ z。.Y"、
                } z。 ト、
               / /|  r< \
               // .{  ∧ .`ヽ、\
              〆  } | 、   `、 ヽ
              /  /ア7ヘ     \\



      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!   ──え?
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

161 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:27:05 ID:R78zvpg2

    /: : : : : : : : : : : :| : : : : : :,ヘ  ;メ、: : : : : : : : : : ヽ、: : : : : : : : :`ヽ、
   ./: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : :/ヘ: :/彡i: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : ヽ、
  /: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : V| |  | .|||V: : : : : : : : : : : : `、: : : : : : : : : : : `、
  /: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : :/| |  | .|||ヘ: : : : : : : : : : : : : `、: : : : : : : : : : : ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : ::| : : : / | |  | .|||||ヘ: : : : : : :ト、:、: : : :`、: : : : : : : : : : : :i
 |: : : : : : : : : : : : : : : :_斗--;':┼┼.┼卅、_|__,、: : :||ハ:ヽ: : : :}: : : : : : : : : :、: : }
 {: : : : : : : ::| : : : : : : : ::ハ: :/ .| | .| |||||||: :ハ: : ::/| |、ハ____|_,、: : : : : : : }: : |
 |: : : : : : : ::|: : : : : : : : :|ヘ/  _|_z三ミt、||||||:/ | }: ::/ | |リ`T: ::ト、: : : : : : : : : :}: : |
 .} : : : : :,-v|: : : : : : : : :| Y彡イ  /`ヾミ、 ||   |::/ | |  .|: :ハ: : : : : : : : : :ハ: :}  標的は海外医師団だったそうなんですが、
  |: : : :/ _ ,|: : : : : : : : :|  Y   /  て|    レ'  .|∠三ミ、,|: : : : : :|: : : / |:/
  .i : ::/ r" }.| : : : : : : : : |  .!  {    {       / て V /: : :| : ,イ : / .リ   それ以外にも近くにいた
  V: { t (_|: : : : : : : : ::|  ゝ .|    /       {  { //: : : |::/ |: /
   V:ゝ、  |: : : : : : : ト、{  ひー---'     ,  ゝ、_| / {: : : ::レ  |/      日本人が被害にあったらしいって──
   }: : `ー、__|: : : : : : : `、{       /`ー'`ー-、,、  ひ |: : ::/ . /__
   .'; : : : : : :|: : : : : : : : |  _,ィ"7  /       7    .八`ー―て__ 弋`ー、
    }: : : : : : :{ : : : : : : :,>'"  /.  /        .{   ,ム: :T`ー-、  `、 \ \
   / : : : :__: :ヽ、: : :,ィ"  ,,<   {        j  ./: : : : |    ヽ、 `、 >-、ユ_
  ./: : : : :{ ヽ、: y'"  /:{ `>、-'――ァ   ,.ィイ´: : : : |: :ト、    }  <___  `、
__,ノ: : :_,ィ: :|  V"  ∠__,,..―''"´  _,<__,, ィ:´: :}::}: : ,; : :/::∧ ヽ、  /      ゞ  ',
`ー''"´/: : ::|  /         _,,z二"_____Vヘ:∠ィ: :/ |: /: / {  ヽ__{_        .',



        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ 
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u    そんな……
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l   そんな、馬鹿な、ことが……!
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .l
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /

162 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:27:31 ID:R78zvpg2

┌───────────────┐
│──だがそれが、現実だった。   │
└───────────────┘
                                                     _
                                                       /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工; _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工.../          ``ー‐-、.    ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l.゙;"                )゙:.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l゙/                |ノ:. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v. |                  )/゙v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻......|          ,;';;,,    /ノ.....'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;.|::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿/.ー〜「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;..゙/:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;゙~'〜<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙': `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、.゙:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡
  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ
Y   \        .::;     ::::ゝ
     \     ::::::、   .:;`
ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i
 `       \;;;;/    `゙"
┌───────────────────────────┐
│縄谷、田中、池田、都丸……四人とも、死亡が確認された。  .....│
│                                       .│
│俺のせいで……俺を追いかけてきてしまったばかりに……    │
└───────────────────────────┘

163 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:28:01 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────┐
│それでも心を凍らせ、新年号の準備を終わらせた俺は、日本へと飛んだ。    │
└─────────────────────────────────┘
             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /   十年振りの我が故郷──か。
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´
┌─────────────────────────┐
│日本に行って、何かがしたかったというわけではない。    .│
│                                   .....│
│しかし、そうしなければ心の整理が付きそうもなかった。    │
└─────────────────────────┘

164 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:28:37 ID:R78zvpg2

┌─────────────────┐        ;
│久々に目にした母国の風景は──   ..│        i!
└─────────────────┘         X
F√i-ュ| ̄|明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ}|fififififi |lll|『l―i    XX ¬二≡ -!Eァ ̄|―ュ. ̄li「 ̄ ̄ ̄'|―ィ|llllll|三三三|l |三三
目―ュ¬二=ァ三¬kfi―i¬『三t≡¬-i|fififififi |lll|ti¬! .   [llllll] !≡-ュ二-ii――ヒ¬''''''''lll - - - -.|¬、|llllll|三三三|l |三三
-H冒+ュ| ̄|―‐i=‐i二≡¬=ョ「|―ュ'll|fififififi |lll|F-ュ  i ilXli . l ̄|ノl_ニ‐、|Ii'i――――┴―――|{ュΠllllll|三三三|l |三三
F二-ュ¬ _ii‐ii_ _]二‐ァ士―ヨ ̄l-「l |fififififi |lll|¬.i  i'_ ilXli |―i_¬ー|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |i‐i-|llllll|三三三|l |三三
qニ‐fi『‐'「lll| |!llll|lllllllll|―i=土‐二「 ̄-|fififififii-il| Hi!     iXXi ;士i『―iー.|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |―ii|llllll|三三三|l |三三
fi‐ク!ニ‐';| ロ| |!ロ |llllllll|...N./"ィ,           `ヽ.、 __  ‐ 田田 iニ ‐i___―|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ヨi .|llllll|三三三|l |三三
「=r士、| ロ| |!ロ |lllllll N、( (             '"´、´...-ュ―――――i『‐゙|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ヨ‐i|llllll|三三三|l |三三
<『=k―ll| ロ| |!ロ |lllllN、ヽ、ヽ          ,.    ヽ...゙l| ロ ロ ロ ロ | ニ,;|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 | ̄|:|llllll|三三三|l |三三
ュ=_ァ「フl| ロ| |!ロ |l.ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i 「l| ロ ロ ロ ロ | E、|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |  |.|llllll|三三三|l |三三
k-ュi―‐.| ロ| |!ロ |lllllゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i゙|ll| ロ ロ ロ ロ |[:「 |lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ーt.|llllll|三三三|l |三三
i‐=‐iユ_,| ロ| |!ロ |lllll`ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !..[l| ロ γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 三|l |三三
フ‐i.| ロ .| ロ| |!ロ |llllllll|:..r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、゙l| ロ │ 元通りだ……                  │ 三|l |三三
 ̄/‐ュ | ロ| |!ロ |llllllll|:..}'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}...l| ロ │                              │ 三|l |三三
‐ュニ―ァi| ロ| |!ロ |llllllll|:.「! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!.゙「l| ロ │ ──いや、昔以上かも知れない……! │ 三|l |三三
ュ_L l‐.| ロ| |!ロ |llllllll| . ゝ┤ u   __ __      '_ノ. |l| ロ..゙乂_________________ノ.....三|l |三三
フ. /l「| ロ| |!ロ |llllllllト‐ュ...ト    ´ー一'`     |.   l| ロ ロ ロ ャ― |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ロ l|llllll|三三三|l |三三
__/「「l‐ュ-i| |!ロ |llllllll/ ̄ | \   ..::~"     .イ .|.....l  .l| ロ ロ ロ .|. ロ |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ロ l|llllll|三三三|l |三三
|「「「.lHl‐ュ! ィ‐L「日 !..._,....j  : \      / .:! .|    l|_| ̄|,,_,,|. ロ |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ロ l|llllll|三三三|l |三三
┴―「lll|;ll l/ ニl日|.._/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、.   ll二亡,亡二二ll| |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |ロ l|llllll|三三三|l |三三
. 「/|ll『l/ 「lロ|l,,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ..゙l| +++++ | |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |l| ̄|llllll|三三三|l |三三
/  t/ 「...../ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、.゙+++++ | |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |三」l-ュ |三三三|l |三三
 '‐/ ~‐ニ「ニ´../        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\......+++ | |ll|lll| 「 「 「 「 「 「 「 「 「 |-~『ll |- _ (;;;;;;;;;\\;;;;;
          _../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
.          /            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
          ,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

165 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:29:00 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────────┐
│俺が非日常にばかり目を向けていた間に、母国はすっかり日常を取り戻していた。   ....│
└─────────────────────────────────────┘

TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTト、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾト、
丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丕丶|ヾ
________________丶| |
||||||||||||||||丶| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>| |
丁了丁了丁了丁了丁了丁了丁了丁了>| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^ |>| | 冂 ___r¬
 [十][十][十] [十][十][十] [十][十] |≧| | |/K|三|::::
 [十][十][十] [十][十][十] [十][十] |≧| | |/K|三|::::
二二Y.二二二Y^,二二二二二゙Y^二二^|≧| | |/K|三|::::
同同:| | l///| | | ┌───┐| | rtヘ. |≡| | |/K|三|::::
凵凵:| | l///| | | |ヒjヒjヒjヒj|| | ヒjヒj |≡|, ' Y≧<:]::::
エ二エ二エ二エ二エ二エ二エ二エア ̄ ̄ ̄ ̄´  ノ    ヽ._
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∠三三三三三三ヽ
               ∠二二二二二二二二ヽ
              ∠二二二二二二二二二二ヽ
            ∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ

         _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、
.        /          ``ー‐-、
      ;"                )
.     /                |ノ
     |                  )/
      |          ,;';;,,    /ノ
    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿
.....  /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;
    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、
  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ
Y   \        .::;     ::::ゝ
     \     ::::::、   .:;`
ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i
 `       \;;;;/    `゙"
┌──────────────────────────────────┐
│結局、俺は昔の自分と変わったと思い込んでいただけで、              ..│
│                                                  │
│その実1999年のあの日から時を刻むことを忘れていただけなのだろうか。    .│
└──────────────────────────────────┘

166 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:29:30 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────┐
│死んだ四人の家族に会うことは、出来なかった。                    .│
│                                                  │
│母国の地を踏むその瞬間までは、会って頭を下げることも考えていたのに。     │
└──────────────────────────────────┘

     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |

┌─────────────────────────────────┐
│どんな顔をして会えばいいと言うんだ。こんなオレが。                 │
│                                                │
│きっとオレには、謝罪する資格すらないのだ。あの日逃げ出したオレには。   │
└─────────────────────────────────┘

167名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:29:34 ID:IZRzCNMc
そういや文ってムーンセルにも来てたよな

168 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:30:00 ID:R78zvpg2

        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
┌──────────────────┐.....................................................   |
│代わりに、書店で漫画を買い漁った。  ......│.....................................................   |
└──────────────────┘.....................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
┌────────────────────────────────┐
│日本の漫画はどうなったのか。彼らは今どんな漫画を作っていたのか。  ......│
└────────────────────────────────┘
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      | .┌────────────┐
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐ │それが、知りたかった。   .│
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨        └────────────┘
:::::::::::::::::|       |´

169 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:30:31 ID:R78zvpg2

                                .


                                .

                           i
                           :
                           ;
                           |
                           |
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |:
                           。
                           |
                              :|
                             o
                              .;
                          O
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |
                           |:
                           。
                           |
                                !
                              :|
                           :
                             :!
                              .;: 。
                           、  .  |   .。
                            ゚ ,、人,、'
                         `^⌒^´

170 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:31:01 ID:R78zvpg2

┌──────────────┐
│ふと気付けば、泣いていた。   .│
└──────────────┘

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /'_r'bゝ}二. {`´ '´__ (ー), |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽo-゙‐´リ ̄ヽd、 '''| | ̄Uo |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .::::: U   ソ;;:..  ヽ、._ U   ._Uノ'      ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄| |      .i/‐'/
          i  ||    .::::ト、  ̄ ´     U       l、_/::|
          !  U                       |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃    U    !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

┌───────────────────────────────────┐
│泣きながら笑った。泣きながらページをめくった。                     ..│
│                                                    │
│泣きながらキャラクターに感情移入し、泣きながら構成のアラにケチを付けた。  ......│
└───────────────────────────────────┘

171 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:31:30 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────────┐
│漫画は、極東紛争を経てなお、死んでいなかった。                         .│
│                                                       .│
│そこでは今日も、ヒーローたちが物語を紡ぎ、人々に夢と希望を与えていたのだった。    .│
└──────────────────────────────────────┘

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./' ,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-'            ゞミ/
          ヾヽ                /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /    ……何が「現実で起こっていることに、漫画で何ができる」だ……
            ``!           /
              `.i         /      勝手に諦めて、見切りを付けていただけじゃないか……
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

┌──────────────────────────────────────────┐
│あれから、十年になる。もしかしたら、今この国を栄えさせている大人たちは、               │
│                                                            ....│
│あの絶望の中、漫画に心を救われて育ったのかも知れない。いや、きっとそうに違いないのだ。   ...│
└──────────────────────────────────────────┘

172 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:32:01 ID:R78zvpg2

┌───────────────────────┐
│できることならば、あの日に帰りたかった。         │
│                                  │
│帰って漫画を作り続ける道を選びなおしたかった。  ....│
└───────────────────────┘
     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧   だが……それはできない。
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
┌──────────────────────────────────┐
│そう。時間を戻すことができるのは魔法だけだ。オレが修めた魔術ではない。   │
│                                                  │
│それに……オレにはオレの、今の戦いがあるのだ。                   .│
└──────────────────────────────────┘

173 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:32:30 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────┐
│そう。漫画はオレがいなくても、守ってくれている人々がいる。     │
└────────────────────────────┘

                   `゙ヾx::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>イ//:::::::/り ヾ:::::::::::::::::::::::::::::;.L_
                    ーく=--x;:::::__:::::::::::::::::__::::イ /∠ノ_ツ∠z==ヘ:::::::::::::::::::::/へ }
                      '. トxL彡イ=ア=玉ー-ミ、//,x===≠==ミ=x_/} /_ l
                       '. { 人 Y  ヽ_ゞ士ツ二ハ ー '/壬=´ゞ士ツ  `^ヽ-イ,.イ/   り
                       '. レ' }{      ̄ ̄:r-リrr―x{-x ̄`゙ー--- ´  .}:f´  {ハ  /
                        ヽ ゝ.八.       /ひ/::|   Vひヽ       .//  ノ:リ ./
                          \ ルゝ..___ァ /:::::|    ヾxノ      //  /  ./
                           `1  `ー====- ' ,:::}    `<ー----彡'   .,_ ィ´
                            .          辷=      ̄ ̄     ′ |x
  だから──オレは地球を救う!        .        ,、_____           ′ |:.:.ヽ-x
                             ,.       ト ..___ヽ        /    !:.:.:.:\`ー-
                          _/ :ヽ      `ー-------'        /    /:.:.:.:.:.ハ
                        , イ /:.:.:.:ハ \     x___       /     /:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                    , イ /  /:.:.:.:.:{.   \      ̄ ̄     /      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
             _,..  -< ̄         {:.:.:.:.:∧    ヽ          , ィ      /:.:.:.:.:.:.:.:.:./
         ,.. -<               !:.:.:.:.:.:∧    \_      , ィ       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    _... -<                   V:.:.:.:.:.:.∧      } ̄ ̄ ̄         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 , イ                        ∨:.:.:.:.:.:∧      :::::::          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
/                           ∨:.:.:.:.:.∧               ./:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                             V:.:.:.:.:.:ハ             ./:.:.:.:.:.:.:.:.:./

174 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:33:00 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────┐
│この短い帰国での体験では、オレの生き方は結局変わらない。   ....│
│                                           .│
│……いや。ひとつだけ、変わったことがあった。             ...│
│                                           .│
│オレは、『樹林伸』であることをやめることにしたのだ。          .│
└─────────────────────────────┘

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |           , -―- 、
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ _\ヽ、   |          /       \
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ        /          /
.       l    リーh     l‐''´冫)'./       /        /|  そう……オレはMMRの隊長、
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'       /         /
       l   `___,.、      ./│       |i        /    キバヤシ シンだ!
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        /|l:、       /
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     |        /
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、   |       //
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐j       /  ̄ ̄`ヽ
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │  广}     , //      |
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|.      / \_  l/′     \
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.|     /_   _ /     //   ヽ
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.|  ___/   l\.   /      /´    |
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|/   \ l  _ /       /      / l
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| /    ー―く |      /      /  〉
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.! \  /      l、\、  /     /  |
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:|  入l   ―-  \__/      ./  /
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.   ヽ 〈    `! 卜、\   /  /
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!       ̄\__ 丿/  `匸¨´ 、 /

┌──────────────────────────────────┐
│オレ達をモデルにしつつ、まったく似ても似つかなかったあの漫画のように。     │
│                                                  │
│終末の予言を前に、それでも決して諦めなかった漫画の中のオレのように。   ...│
│                                                  │
│オレは、そうなることにしたのだ。                             ..│
└──────────────────────────────────┘

175名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:33:15 ID:/BYdQSB.
キバヤシ……!

176名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:33:21 ID:n/18IVE2
フィクションって偉大だな

177 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:33:30 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────┐
│そしてそのまま、オレは二十年近く戦い続けた。    .│
└──────────────────────┘

┌─────────────────────────────────────────────┐
│西欧財閥の支配圏は広がり続けたが、同時にそれに対する抗いの声もまた、消えはしなかったのだ。    .│
└─────────────────────────────────────────────┘

178名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:34:02 ID:.SF1OuxQ
なんと、こんなに熱いキャラだったとは

179 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:34:25 ID:R78zvpg2

        :;;;;;;;::::::::::::::::..::::..        ,. '"´!  __,         _,. - 、____  └t=イ, ' //
         ::;;;;;;:::::::::::::::::::::::: ...../{/  /  レ'´  l       /⌒´ー-、:::::::::::::::::::::::::::::`::ー-`く   〈〈 ̄
            :;;;;;;::::::::::::::::::::::::::/ !   ./  /   ノ    /::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   .} } ̄
             :;;;;;;;:::::::::::::::::::::::{   l  /  /   ∠ _,    ィ:::::::::::::::::::::、::::::::::\_;: -‐''"´ ̄`く_ ム'
             ;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\   /__,..  /  /::!:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::ヽ
          ;;;;;;;:::::::::::::::::::ノ}ィrr'Yヽ,     __ / rv⌒ヾ!:::::___::l::::::::::::::::ヘ
         ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヽ` ´ ヾ1、 ヽ._ \__ィニ工,ィ>.レ'´       Y__:::::::::::::',
         ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::ノ >、  /:..>-r--‐く⊥ノ´:::己ハ rv、 ,へ r‐┤Η了,=yヘ_  __
        ;;;;;;;;::::::::::::::::::::;くど::::/ .{:::::: ̄l':::::::::::::::::::::::::/`ヾコ、{ー}_,..ヒ>┴〔」_ーj^Yニ辷乂く_
          ;;;;;;;;::::::::::::::::::::{ 小:::i   !::::::::..ヽ::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::`"´:::::::::::::::::::::ヽ-┴┴弋ァ'´
 、        ;;;;;;;;::::::::::::::::::::```:::::}   l::::::::::::..\:::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::\_ィっ/~
ヾ lzzト_ 、   ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::j  l::::::::::t--‐ソ⌒ヽ、:::::::':;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、::::::::ヾ彡う⌒
.  } ミ  ̄ソi  ;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::r'-‐-、!::::::::::ヽ`´    , `ーァ:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::r:r'´   レ'´ ̄⌒ヾニ⌒ヽ
彡ノ ≧.、 _人  ;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::r'フ⌒ヾ-、::::::::::', _、_/ /::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::リ      {            }
     ̄  ソミヽ、;;;;;;;;;::____:::::リ   ,.. -┴、__ユ::::::::;:べ''"´⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::!     ヽ _ r'⌒ー-一ア
       ミ `゙ リ!;::イ;:ァ'´-、く_, /,.ィト、ヽ     ̄くく::>.>     `ヽ::::::::::::::::::::::::l          `ー-く⌒ヾ,
┌──────────────────────────────┐           ヽ 〉〉
│仲間の死をいくつも経験した。やるせない出来事がいくつもあった。    .│            `"´
└──────────────────────────────┘
     {:::,-、r、:/::::/        ' !  } ̄ フ      _,`_ ノノ/` ̄    } ̄  ...:::::::::: ....::::::   .....   ......
    ゝヽ、!.{、:::/r┬ァ      /‐ハ'.rく ̄⌒ヽ、_ ノ /ー''"` ̄ヽ   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..::::::::::...::::::::::::..::
   // ヾ、Yl、::} Y_    ノ!ノ}:フ:::}r'  、_   ヾ Yア::::::::::::::::::::::::::レ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   !`ヽ、___l l ヽ` ヽ ̄::::´::::/:::∠リ!ヽ ノ 二ヾ、 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ /   l ト\`ヽ }_::-‐::''´:::::::_rく  }/  `ヾリ:::::::/⌒≧、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;
    `ー-、リ㌧、'、 '^ `ー‐-----─ ┘- 、  リ':::::::/     `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ヽ::::㌧≧z、_                },ィァ        ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::
            ̄ .㌧ ̄´` ー- .. _        _ノ'´{        ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::
            ㌧   ,ィ_   ` ̄万三‐ァ{;;:::::ヽ、ヾ、ー-辷 、ゝ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::

180 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:35:01 ID:R78zvpg2

┌───────────────────┐
│それでもオレはもう、折れることはない。   ..│
└───────────────────┘

          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ   U        .i
         `ー-、    `    U   /
            !  , ' `ヽ  ヽ     /
            ``!ヽ   !      /   ……『あきらめない。
              `.i`-- '    /
               i  ̄    /_        それがオレたちにできる唯一の闘い方なんだ』……!
               ヽ、____/` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

┌──────────────────────────────┐
│だってそうだろう? MMRのキバヤシは、                 ....│
│                                          ......│
│どんなに打ちのめされても、最後にはまた立ち上がったのだから。    .│
└──────────────────────────────┘

181名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:35:09 ID:o5kOvJ9U
20年っつうとキバヤシ本編だと70近くになってもなお戦い続けてたのか……

182 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:35:30 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────────────┐
│もちろん、悲しいことばかりじゃなかった。                                      ....│
│                                                                │
│こんなオレにも、弟子ができた。……いやまあ、オレが勝手に師匠面しているだけかも知れないが。    .│
└────────────────────────────────────────────┘

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|ゞ 、‐rッヾ =|二|-=_rッァヾ`}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ   ……いいかい?
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'    宇宙人・未来人・超能力者・異世界人はきっといる。
           _ィニlヽ    /__ヽ   ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´ ))  ,r' l !  `ヽ、._たとえ見たことが無くても、そう信じることが大事なんだ。
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

183 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:36:00 ID:R78zvpg2

□Suzumiya Haruhi─────────────────────────────□
│     l´  ,.-;ァ'/:::::;'::::::::/ 1:::::|ヽ:::::::::::::::::::::::l、:::::::::l::::::_」::::::ト'、   |             ..│
│     〉∠/ ,l::::::T::::::7ー-、';::::| ヽ::::、:::::::::::::::| l_;:-:7´::::::!::::::| ヽ、-.イ            .....│
│      ,'::::::〈  |:::::::::|:::::;     ヾ:{、 ヽ:';、::::::::;:イ l::::::ハ::::;l::::::::|  ,ン:::|            .....│
│    ;::::;r' ,ヘ.」::::::::::l::::|,.===z、ヾ`  ヾ、\::::::| ,rァ=z/|::::::::|.ィヘヽ.ヽ            ....│
│.    l::/ ,/::/,ハ::::::::::';::|/!こr:<`l`      \ ヽ:{´!/、  lヽ〉::::::「ヽ. ';:::',.ヽ           ....│
│    |/ /:::;' ,' !::::::::::ト:| Vニ:-' ,i|           | ´ノ_,.イ 1::::::::h`|l l:::∨             .│
│.   |{ /::::l l. |:::::::::::l` t::'三ソ           tこ」ワ' ,':::::::::|/::l l::::|           ......│
│.    l:h':::::| |:`ヽ:::::::::::!         ′       ,.:':;::::::::;!::::::;::'´::l::|         /    .│
│.   l:| l:::ヽ」::::::::';:::::::::::l      rー─‐一┐    ´ ,::::::::;':::::::;!::::::;1:| _..._r'ニ.ヽ>       │
│    !l. l::::::::::::::::::ヘ::::::::::ト、     l,r   ̄ ヽl     /:::::::/!:::::/::::::/ リ,ム-、_ヽ、_`)'    ......│
│.     l| ';:::::::::::::::::::ヽ::::::::',.\   ',      /   ,/::::::::/::!:::イヽ:;:' r'ニ、 _  フ '      ...│
│.    1  ':;::;:-ヘ:::::::ヽ::::::ヘ′ ヽ 、 ヽ ___ ノ _\_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人人_/
│    ヽ,_-'´ ` ヽ '、:::::\:::ヘ    ` ‐-‐ ´ハ_) 先生! もしかしたらあたし、会ったことがあるかも!! (_
│   /    ` ヽ 、 ';ト::::l.\:ヘ          / /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
□──────────────────────────────Status:Online□


                                     ┼ 丶
                  _                         cl、
               ,´ニ=`ー'´  ̄` ー- .
              /                 `ト、           /、
           /                  ハ        〃 し
            ,'                   lハ
             |                    ノ |ト、    ┼ l l
.         , ヘ、     ,                   ,リ|    | こ
.          〈 ,ヘト 、__ ,,ノ爪ハ、             /,ィ
           ', {ュvヘヾ≧、\iヘ          彡'/      つ
          __,ハヽ  ゝゝ◎`ヾミ込、ト廴_        ィァ
, -――一ァ'´ / `!   ii^=='^r仁Y,ィ。テr=x.、_辷,彡"     ー‐ァ
      /  /   l ij ゞ ___〈ノ  !ド=彡' ir'´             〈
.     /   〃    ',    ` ,二´-、_込、__ 〃
    /   /,'      '、 // /ー-`ニ7ヽ`7´              |
.   /   / l        \  {廴__,リ〃 /                 |
  /     l          \`== " イ \
. /       l\          ` 7T ´ ',   \           l7l7
/        l ` 、        |   '、   ヽ            ・ ・

┌─────────────────────────────────────────┐
│──涼宮ハルヒ。今やレジスタンスの星であり、『Hack&Crack』の顔でもある彼女は、         │
│                                                          ......│
│オレの自慢の愛弟子だ。まるで実の娘──いや、年齢的に孫か──みたいな愛着すらある。    │
└─────────────────────────────────────────┘

184名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:36:31 ID:/BYdQSB.
な、なんだってー!

185 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:36:31 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────────┐
│ハルヒには、オレの知るあらゆる知識を伝えたつもりだ。                        ....│
│    オカルト                                                        .│
│それは神秘であり、この世界での生き方であり、サブカル知識であり、そして心の在り方だ。  ....│
└────────────────────────────────────────┘
       ┌────────────────────────────┐
       │            ィ '二ニヽ、`:.ミュ、 ___ ノ           ....│
       │.      , -==彡イ´:.:.:.:.:.:.:.`::..ヽ、∠ニ>≦__´              │
       │.     /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}二不==―─┘             │
       │    ___ //:.:.:∧:.ト、:.X\:ヽニノ:ヽλ:.:.:.\               .│
       │.  / /゙//:.:.:.:.ヒヽl ヽ`YんY:.:.:.:.:/ /ヽ\:.`ヽ、            .│
       │.... ヽ/ //{:.:.:.:.:.|Y坏、,   ヾシl:.:.:.:くノ:.:.:.:ト:.:ヽ 、:.:}             │
       │...   /{/:.:ヽ∧∧ ヾツ丶 __ イァ:.:.:.:.:.:.:.:.:| |ハノ ソ           ....│
       │    /://:./:.:.:.:.ヽ:.:ヘ   く _ ノ∠:.':.:.:.:.ノ|ハリ '  /ヽ           ...│
       │.   l/ /:.∧:.:.:ヽ:ヽ.:.:.`ぇ.、 _ ∠:.:.イ彡\   /  }           .│
       │..    |:./ 乂从 ヽ乂ハ彡 ソ〃/__ヽ\ヽ/  /           ..│
       │.      l,'   n||l|ト  /=/ 〃//A -|示zヽ/   /       / ヽ     │
       │.        _r<ヽヾ },イ/, ''/ ∧ツ/ 二,/ ./      /   ノ     │
       │.       { ヽヽ_ソ /'', イ´   l;;;;/ / /  ィく___ ,..''´   /    ...│
       │┏┓  ┏┓┏━━┓┏━━━┓┏┓  ┏┓.     ,..''´ ,.−、   │
┌───────────────────────────────────┐
│それが功を奏したかはわからないが、この非情な世界でなお、             .│
│                                                    │
│彼女は折れず曲がらず明日を信じて生きていくことができる人間へと成長した。  ....│
└───────────────────────────────────┘
       │┏━┓ . _ /;ノ. ┏┓: : : : : : : `ヽ,                     │
       │┣━┃┏━┓┏┛┃ : : : : : : : : :へ                  ......│
       │┃┃┃┃┃┃┃┃┃.゙: : : : : : : : : : ハ                  ...│
       │┗━┛┗┻┛┗━┛.: : : : /: : : /: : l                 .....│
       │_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:/`ヽ,、 : : : : : : /: : : /: : : : ヽ                 │
       │┏━━━┓┏━━┓┏━━┓┏━━━┓┏┓  ┏┓          │
       │┃┏━┓┃┃ ━ ┃┃┏┓┃┃┏━┓┃┃┃┏┛┃          │
       │┃┃   ━ ┃  ━┛┃┗┛┃┃┃   ━ ┃┗┛┏┛          │
       │┃┗━┛┃┃┃┓┃┃┏┓┃┃┗━┛┃┃┏┓┗┓          │
       │┗━━━┛┗┛┗┛┗┛┗┛┗━━━┛┗┛┗━┛          │
       └────────────────────────────┘
┌────────────────────────────────────────┐
│現実世界には、残念ながら漫画のようなヒーローはいない。                      .│
│                                                           .│
│だが、彼女は限りなくそれに近い存在へとなろうとしている……というのは贔屓目だろうか?  ....│
└────────────────────────────────────────┘

186名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:36:41 ID:FambSjoc
キバヤシかっこいいな…

187 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:37:01 ID:R78zvpg2

┌────────────────────────────────────┐
│そして、運命の時が来る。                                   ......│
│                                                   .....│
│──聖杯戦争。それは万能演算装置、ムーンセル・オートマトンを奪い合う争い。   ..│
└────────────────────────────────────┘
    .           i!i !i !i !i / . . , , ,, ..... . . .:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii||||
    .           i !i !i Ⅹ  : : : ;;:''  ::::::::: ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii||||
           ii !i Ⅸ  .. :   '' .... ...:::::::::: :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii|||
    .        ii !i/      .:::::::: :::::::::::'' ::: ::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii|||
           !i∧    .:::::::',::::::: ::::: ...  . : :::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii|||
    .          i,′     .::::: ::::::::::::::::::::: : ::: : :: ::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiii|||
    .         φ;; ;;  ::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : :::::: ;;;;;;;:::::;;;;;;;;;!!iiii|||
           i,, ;;   ::::::::::'':::::::::::..::::::::::::. :::::::::: ;;;;;;;;'''';;'';;;;;;;iiii|||
           |;; , '',.  :::::: :' :::::::::::::::::::::::: : :::::::: ;;;;;;;; ; ; ;;;;;;;;;!!!|||
           l;;;;  ;  :: .. ... : : : : : : ::::::::: : ::::::: ;;;;;;'' ; ; ; ;;;;;;iiii|||
    .        キ;;  ;  ::: :::::: : : : : : : : : : ::::::..: ;;'', . :,,;; ; ;;;:::iii||
    .         Ⅷ;;,,,  :::::::::::; ...:::..  : : : : ::: ' ' . .; ;; ; ; ;;;;;:;:;;;iii||
           !Ⅶ ;;  ::   : :::::::::: : : :  ,::::' .;;;;;;::: ::: ::;:;:;;;:;:;i||
    .          !iⅥ;;      : : : : ''.::::... .:::::: ..;;;''': : ;::;:;:;:;:;;;;;:i||
            !iⅨ;       : : : ::::: : : ::::::::: ;;;;;::;;;:;;' ;:;;;;;:;;:ii||
            !i !i Ⅹ      : .. . .:: :: .:. : : .: ':;;;;;;;;;;;;;, :,;,;,;;;;;ii||
            !i !i !i ヽ     .:.: :::...: : : ' ' ' ': :;;;;;;;:::::;;;,,, '',;,,;;!||
            !i !i !i !i \  . : '.'.' : '' . . : ;;;;;;;;;;;;''''''''';;;;;;;;;;;;;;; i|||
            !i !i !i !i !i ヽ、  . .. : : : : : :::: :::::;;; : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''' ,
            !i !i !i !i !i !i !i `ミ<: :    : ::::::::...:::::::::::;;;;;;;;;;:: .rf〔
            !i !i !i !i !i !i !i !i !ii !`≧=‐-=ニ二二ニ=孑≦
┌───────────────────────────────────────┐
│それがあれば──いや、それでなければ、この世界に予告されている終末は覆せない。  ......│
└───────────────────────────────────────┘

188 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:37:30 ID:R78zvpg2

┌───────────────────────────────────────────┐
│また、予言を抜きに考えたとしてもこれは我々レジスタンスが西欧財閥に一矢報いる           ...│
│                                                              ..│
│最大の……そして恐らく最後のチャンスなのだ。                                 ..│
│                                                              ..│
│我々が勝たなければ、聖杯は西欧財閥の手に落ち、世界は奴らの完全支配下に入ることだろう。     │
└───────────────────────────────────────────┘

189 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:38:00 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────┐
│絶対に負けられない戦いである以上、オレ達は最大カードを切るしかない。    .│
└──────────────────────────────────┘

□Suzumiya Haruhi───────────────────────────────────□
│.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ                               .│
│      /:::::::L-'ニ''7::::::::: /::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ                            ...│
│.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;r ヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ                            │
│      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',                             │
│    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ                            │
│.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|                          .....│
│.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|                            .│
│   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|  なるほどね……うん。わかった。    ......│
│    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|                           .│
│    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ  言っちゃ悪いけど、             ...│
│   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l                           ...│
│.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'   勝ち目があるの、あたしだけよね?   ...│
│     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./                            ...│
│     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /                              .│
│    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l                               │
│.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ                             ..│
│   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \                            │
□────────────────────────────────────Status:Online□

┌───────────────────────────────────┐
│そう、オレ達には、ハルヒを死地へと送り出す以外の選択肢はなかったのだ。    .│
└───────────────────────────────────┘

190 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:38:30 ID:R78zvpg2

┌─────────────────────────────────────────────┐
│だが、オレは……『キバヤシ』は、他人を一人行かせて、自分は安穏としているなんて、とてもできない。    │
└─────────────────────────────────────────────┘
     r-─-‐-、
   (  オ   l
    )  レ   }                  ,. ─- 、,,.___
   {   は  l                   ,イ〃          `ヽ,__
   ゝ  :   ,,ゝ             N. {'             \     / ̄`` ‐ '´ ̄
     ー─ '               N. {               ヽ   /
                       N.ヽ`               〉   {  キバヤシ
         __              N.ヽ`        ,.ィイ从       /   l
    __. -<^l三!             ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく   ノ    だぜ……
  /  `l一| ̄! !                 lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i   (
 |  `j三| j _,ノソ- ´ ̄`ヽ         ヾト、`=,り「弋! =´ノ ソ    )ノ⌒ヽ、___
 |ー(_/ー'   | l」 -‐''"            !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'
 lー‐、    r‐: レ'                 ,ゝ、/ iー-ー、ヽ , ' |\
 `、  |    | /           -‐''7´   ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヽ
  !ー    r'            /          ト` ー-- ´  __,ノ     \
  !    _,l`!          /      __ -〈 ヽ,.-─ '"          ゙ヽ、
  f `ー‐ ':.:.: !       /             /´
 ノ:.:...  ..:.:.:.: `!     /    /          / t(__)
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   /     /          /
┌───────────────────────────────────────────┐
│オレはもう齢七十だ。いつ死んだっておかしくない。ならば、月を最期の地に選んだって構うまい。    .│
└───────────────────────────────────────────┘

191 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:39:02 ID:R78zvpg2

□Suzumiya Haruhi────────────────────────────────────────□
│      /       /     />―――――- 、.、 ヽ                                    .....│
│.    ,′    /      /´  _ -―――- 、jr 、 ヽ                                     .│
│    l     ,.' ムイ     ムィ´       ヽ  ヾヘ}  ',                                   ..│
│    l    ,.ィォ      l´:|    !     ヽ  ヾ〉. !                                  ...│
│    l   く,イ升      l   ハ、  l`ヽ    },ィ  ト、  l                                   │
│    l   / ,イ !:     Tヽl.、 ヽ |  ヽ、 ィ´ヽ、!.、〉 l                                  ...│
│    ll  / ム、Y!.     ト、! ``弋ト、   イ汝}f`!ムト、 !   ……先生。                        ...│
│    l! く,.イ ,r.、.}i      l くr'fc=.、      ー-='.l ハ  l                                  ..│
│    l!」|ゝ、込 l!     | 戈::ンj         l,イムjト、!  行ったが最後、あたしか先生のどちらかは     ......│
│   ∠_ `ヽムへ、j      ト、_           `,./l. l ,': }                                  ..│
│ /´    `ヽヽ:ヽ ヽ、!   ハl´  ヽ.       ,. '´/ !|/イ ノ   確実に死ぬのよ? わかってる?          .....│
│./      ヽ! ',:{   '、   ト、 t_」_      /,イ ノ / ,′                                  ....│
│′      {  }:l    ヽ  |     ``ヽ_,.イ/`ケ∨./      そして、あたしは先生を確実に死に追いやるわ。  ....│
│     ヽ  l. ヾヽヽ  /ヽ  !_____」 ハハ イ ∨                                     .│
│.      \l  ヽ::、 }/  ヽヘ、___ ヽ  /. ト、l!   l     それでも、いいの?                   ......│
│、       `、  ヽ/    }r- 、__ヾ/ / /. / /  l                                      .│
□─────────────────────────────────────────Status:Online□


  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、   ……ハルヒ。教えたはずだ。
       [ |、!ミ /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`}ミ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''===  |l   !ニ! !⌒ //   『師匠に勝てない主人公はヒーローになれない』。
.         i.! l .:::::== ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/    オレを越えて、世界を救うヒーローになって見せろ。
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !     /         \           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃ )         !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

192 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:39:31 ID:R78zvpg2

□Suzumiya Haruhi────────────────────────────────────────□
│.   ヽ|.:.:.:. :  l:.:.:.l/:.:.:.:.:.:/ //ヽ }: :.:.:./ヽ: .:.:.:.:.l |:.|                                     .│
│.゙Y⌒ l:.:.:.:. .:.  !:.:.l:.:.:.:.:  ´ /´   〉:.:./:.:.:.i: .:.:.:.:l  !:l                                     .│
│乂_.  !:.:.:.:. :.:  l:.l ´  ≧x.._   /:/:.:.:ハ:l!:.:.:.:.リ  l:!                                     .│
│   ヽ.l.:.:.:.:.:.:.:. i!       `ヾミ / ' ハ: :/  !}.!:.:.:/  リ                                     │
│. :.ゝ-、 l.:.:.:.:.:.:.:. l               {/  /' ! /  /                                    ......│
│. :.:i:.:i:l !:.:.:.:.:.:.:.:.ム           丶    }/                                         │
│ :.:l:.l:l  !:.:.:.:.:.:.:.:.ム                 >  /'                                         ...│
│. :. :l:l:!   !:.:.:.:.:.:.:.:.ム       _    .イ  ……もう。いい年して現実と漫画の区別が付いてないんだから。      │
│.゙:.:.:.:l!   !:. :.:.:.:.:.:. ハ       /:.ヽ>-'                                              .│
│. :.:.∧   !.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ     (::}:.:ヘ     でも、先生のことだから誰が止めたって好き勝手やるんでしょう?    ...│
│.  : ∧   !:.:.:.:.:.:.:i:.:i       } ヾ:ヘ                                                 .│
│_:.   :∧  l: : :.:.:.:|i l     /´: .:ハ:.ム    わかったわ。師匠殺しだろうが何だろうがやってやろうじゃないの。     │
│..゙:.:.   ム  l:i:.:.:.:.:| !l:.   _ハ: : :.:.l i:i                                               .│
│\.:.:.   ム 从i:.:.:.:! |!:.:ハ  ハ:.:.:.:.l |:!   その代わり、現地に着いたらあたしたちは他人よ。            ......│
│_:.:.\:.:.   ム } | : / :|! i:.:!  ∧: : l |!                                              .....│
│ : .:.:ヽ .:.  ハ ト.! /:.:ノ' ハ |    ',:.リ/    互いにサポート厳禁。手加減も無し。                    ......│
│..: : 丶: ヘ`ヽ ハ: }'≧x:/ }!    }'                                                 .│
│: : : : : : `\:ヾ:!: : \ \ノ      !      ──そんな余裕持って勝てるような戦いとは思えないから。         │
□─────────────────────────────────────────Status:Online□


     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |   もちろんだ。オレは全力でお前を殺しにかかる。
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ  これは一種の試験だ。
.    |fjl、 `=リj^ヾ) =´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン   オレに勝てないようでは、世界は救えないぞ?
      l   / r─‐-、丶  /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /

193 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:40:00 ID:R78zvpg2

□Suzumiya Haruhi────────────────────────────────────────□
│          ,、.:<::::::::::::::::::::::::::::::::`>.、                                          ......│
│        ,.::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ;`ヽ                                          .│
│          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:ト、                                       ....│
│       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:}}、                                      ..│
│.     イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::',                                        .│
│....   く ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽヾ、                                      .│
│.      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   〉 〉                                     │
│..    イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::i: イく    ……任せておいて。                     ...│
│.....  く_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l::l .l; ヽ                                      │
│     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::::::::::::l::::::::::::::: l::l .l;、 ヽ   あたし、これでも世界大好きなんだから。          │
│.     l:::i::::::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l::::::::::::::::l::L ハ__j                                     .│
│     l:::l:::::::::::::::::l::::::::::::::::l:::::::::::::::::l::::::::::::l::::::::::l::::l::: リ     あと、頼まれてたアクセス経路情報拡散もしておく。    │
│...   l:::|:::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::: l::::::::::::l:::::::::l::::l::ノ                                       ..│
│    l;:i!::::: |:::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::j::j:::::::ノ:::ノリ   参加者が増えれば敵も増えるけど……              │
│     iハ::::::l::::::::::i;::::::::::::|::|:::::::::::::::j::::::/:/::/ノノ                                          │
│..    ! ゞ:ヽ:::::::l:∨:::::::l::l:::::::::::::イ:::::イ/::/ノ:く      同時に、西欧財閥側が何かしてきたときの          .....│
│..   ,イ:::|:.\ヾ;:::!: ∨::::从:::::/:/:/∧/:::::/ :`ゝ                                        ..│
│  ,イ: :l:::::l: : : : : ヾ: : )ノ: : ∨: :/: :/: :./:::/.: :/ `ヽ             弾避けが増えることにもなるものね。   ...│
│...゙/ i: : |:::::!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'::::,': : :l     ヽ                                      │
│../ 釗: :!::: !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;:::::;: : : l       }                                     │
□─────────────────────────────────────────Status:Online□

194名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:40:05 ID:sUOkAs6M
キバヤシ、こんな熱い男だったんだな……

195名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:40:14 ID:xmXVJFCg
フラグw

196 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:40:30 ID:R78zvpg2

□Suzumiya Haruhi────────────────────────────────────────□
│γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                                                        │
││ それじゃ、先生 │                                                     .....│
│ヽ、_______ノ                                                      ....│
│                                                                   .....│
│                             `                                       .│
│                              \ ,,_人、ノヽ                               .│
│                               )ヽ    (                              ....│
│━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ..│
│                               )     て                             ......│
│                              /^⌒`Y´^\                              ..│
│                                           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   ......│
│                                           │ 次は月の海で会いましょう  │     .│
│                                            ヽ、___________ ノ    .....│
□─────────────────────────────────────────Status:Offline□

197 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:41:00 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────────────┐
│恐らくオレの実力では他の参加者を下し、聖杯をこの手にすることなどできまい。            ..│
│                                                            ....│
│だが、オレはそれでも全力で立ち向かい、ハルヒすらも敵に回して戦うつもりだ。              │
│                                                            ....│
│それがヒーローになれなかった老人の、最後の意地だ。                          .....│
└──────────────────────────────────────────┘

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~丿            /   やれやれ……世界のためなら孫同然の少女まで殺す気か。
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i      あるいは、その少女に自分を殺すことすら強要するか。
         `ー-、   \           /
            !  ,.-一))        /      オレはやっぱりヒーロー失格だな。
            ``!           /
              `.i         /        だが……そのことに悔いなんて、一切無い。
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /     オレは、オレが望むままに、世界を救うんだ。
                       /
                      /\
                      /  \

┌──────────────────────────────────────────┐
│そして……こんな醜い老人の屍を越えた先に、ハルヒがヒーローになることをオレは願っている。    .│
└──────────────────────────────────────────┘

198 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:41:30 ID:R78zvpg2

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|ゞ 、‐rッヾ =|二|-=_rッァヾ`}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ   心残りが一つあるとすれば……
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'    ハルヒが成人した後に教えようと思っていた
           _ィニlヽ    /__ヽ   ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´ ))  ,r' l !  `ヽ、._ワイン知識を伝える機会が無くなってしまったことだな。
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

199 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:42:01 ID:R78zvpg2

                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●

200名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:42:18 ID:/BYdQSB.
神の雫wwww

201 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:42:30 ID:R78zvpg2

《 聖杯戦争 予選3日目 夕方 / Evening 》
【月海原学園 2F廊下】

                 ∠|\
                _/_[__ハ、_
      rァ       ,..:'"´::::::::::::::::::::::`ヽ、 / ̄`ヽ、_j7  
      \_   /::::/:::::::::;::::_/_::|::ヽ;::::メ.         
         `7::::::::/__::!:::::/|::/_::!::::::Y::::ハ         と、いうことで、
         /::;:::::::!__/|:::/ '´「ハア::::::::|:::::::|     
       <:::::/|:::/|イTY    j__ソ |::::::/::::::::|          面白いことがないか取材してきて下さい!
         `7::レ'::::|l lり ,    " ,|//:::::::;ハ
         /::::::::::::|"   r'7 ̄`!/::::|'::::::;:イ::::|        頼みましたよ?
       〈r'"´/:::::/ト ,、.,,___.ノ|::::/‐''"´`ヾ.     /`!_
          |/ |/ .,.イ|//レ'  |    ',    /) ´ く
       rr─rr┐    ,|/レム_/   /   _ 〉   | ヽ  く´
      r' )◎|.|:::|   ////ハ r=〈  r'´ \  / .r-ァ'´‐-、
      !_ノ ̄`Y´  r7、_く__/|__」   7ー'へ.  `7  |´:::::::::::::::〉
       ` 、 ´\/\__|  .|・    |    \ |   /::::/:::::::::;'
      ,.-─-\.   //  /・      ト-‐''"´:::ヽ--':::/:::::::::::|
    /:::::::::;;: -‐ヽ-</ ,∠|      ト、:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::!
   ./::::::::::|,rァ─--<._イ::::::::\__,r‐-、」 ` ー--‐ァ':::::::::::::::::::::::|
   .,'::::::::::://::::::::::::::::::/::::::::::/:::::::::::::::::\‐-、  ./::::::::::::::/::::::/
   .|::::::::::::\、::-‐''"´;;: ‐ァニへ::::::::::::::::::::::::::/| /:::::::::://::::/
    !::::::::::|:::/ヽニ7"´  /  \\:::::::::::::::::/7∠ -‐ァ':::::;:レ'´
   ',:::::::::∨::::/ .|   /      `∠ヾニ二ン´     |/∨
    \::::::!\|. |.  /    /r-、-‐、
     \|     ヽ,/   / ̄`ヽ_〉:::||_
            ヽ.,_'_,,,.. -‐''7_」::::||‐┤
                    |__.ノ ̄


          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |  わ、わかったお……
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

202 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:43:00 ID:R78zvpg2

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }  ……部長。次は俺の番で構わないか?
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l






                   , 、
                 //^\
               _,,/^´i,´ ̄ ヽ,            /\
             , :<´::::` ̄:: ̄ ̄´::::::::: >.、      /  /
          /: : : : : : : : : : : : : : : :\: : :.\\    \/ />
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: : : :ヽ ヽ     </
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : v: : : :ヽ :ヘ    ┌─┐
         ′: : : : : : :|: :│: : : : : : :│: : : : ヽ: : : | : :|   └─┘
       |: : : : : : : : :|: :∧.: : : : : : :.|ヽ: : : : |: : :.| : |
       |: : : : : : : 7| メ、」 : : : : : |: | __\^ : |: : : :| : |  ああ、はいはいどうぞ。
       |: : : : : : :/ Ⅴ  ∨:|: : :∧「  _,ヽ:|: : : |: : |
       |: : : : : : :|      Ⅵ: : :| /'fア勹V |: : : :| : |  まずは昨日の報告からお願いしますね。
       |: : : : : : :|,ィ≠气、 \:|  |^{:jr| レ|: : : :| : |
          v: |: : : : |       `   `¨¨´ |: : : :| : |  面白い出来事はありましたか?
          Ⅵ.: : : :l       ____       j : : : | :リ
           ヽ: : :|小      {/^⌒ヽ}     ,イ: : : : |/
 .        {^ヽ\| |: :> .   ヽ __ /  . <:/ : /レ'
          | l  ヽ|: {ヽ、{.:`f ー-‐ f/};/∨: :/
          | |  /^)_/⌒}     {⌒ / /
          | r=宀v'    アヽ_,/   / ' `─ 、
       _/{  ー¬┐  /7‐-', \  /      .\、
     /  |   ー┤ ─/ ̄|‐' `‐'  、        ヽ
      ,l、  /  г」   /`z'''ヽ     .!        ヽ
    < ゝハ   ∨ /::::/_!ヽ::::ヽ    /           .!
     |  ヽVハ   }/::::::::/(__八::::::::ヽ   \、   .i   、 /
     |   ` }  / \;;;/  |  l::::::::/ 、    `''ッュト-=~ ,.!
          /\,! ´   .!  `ー'      / .!-‐-‐゙ !

203名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:43:20 ID:Nk.Xpm16
なるほど
これは一発で予選通過するわな
なにせ死んだ当人と知り合いなんだから

204 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:43:30 ID:R78zvpg2

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!  面白いこと? ああ……あったさ。
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}   こうやって君が、オレを顎で使っているとかね。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ               ・ ・ ・ ・
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./   そう思わないか? 射命丸君?
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉



                      ,.ィ、
               /:/: \ ___
             ,..ィ{ : :{: : : : ヽ: : : :`丶.
                ,.ム- 廴rァー 、/:-..、 : : : : \
          /   / ./   : : : : :\: : : : : ヽ
         / /  ./ .i . . | . . . .    : ヽ:ヽ: : : :l
           /:/: : : :! : | :| : : : : : : : | : :i : . .Ⅵl   l    ……!
        i:| | : :| : イ |::. : : : :/ :j| : :| : : : V: : : : |
        | :|: :| : :|:/十lト| : .:イ:_/_|: :リ: : : : :|\" '';;,   記憶を、取り戻しましたか。
        l从: {、 |,.士ミV..:/ j/_|:/`ト !: : |;;   ;;
             ヽ:ト:バ ヒz:ハV  f下ラ:ヵV : :/:'':; ,, .,;'
         ,;;'"|: :| `       `¨´ /:/:} : ヽ /\" '';;,
         ;;  |:八   '      ノ/: : :V: ノ ;;   ;;
          '':; ,, .,;'\  ‐ 、      Ⅴ -―‐ァ‐ 、,, .,;'
.       ,;;'""/'';,   > __ , /  / !ii|Ⅵiii|| /|" '';;,
       ;; r┐  ;;  |   i  \∧/  !iiii||!ii|イ   |   ;;
       __{ !,, .,;'   |  /   /:ハ  .!iiii|Ⅵ!イ    |,, .;''
      /、_ヘ ',   {   i   <_/|,_」  !iii|i!ii|「    }
      ド--ヘ V  」ニ!    ! ・   !iiii|i!i|`'ト-、__ノ
      └ 二ス` }. r' --∨_  |    !iiii|!i| /―-/
       `¨¨´  ', {´二ヽヽi  |・   !iii|!!|/   /
.           ',  v_rヘ、   ー i __ !ii/  /
          |  ヽ  / ―_          /
          ヽ   / /   ̄ ̄  ―― ´'、

205 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:44:01 ID:R78zvpg2

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/    ああ。もっと早く思い出すべきだったよ。
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'     君は18年前のあの日、取材中に死んだんだ。
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /     ……まさか、こんな所で再会するとはね。
            !  ,.-一         /
            ``!           /      君と一緒に取材活動をすることが自然すぎて、
              `.i         /
               i       /_        昨日ハルヒとすれ違うまで違和感を覚えなかったよ。
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \




.   ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!,.  i:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゝ   .,.、
     \;:;:;:;:;:;:;:l  l;:;:;:;:;:;:;そ   ./ ヽ`丶、
      ヽ;:;:;:;:;:'7 .l:;:;:;:;:;: '´ .,.-iー‐ -- i ''",.!.,
          i;:;:;:;:/_ .!;:;:;:;:フ /´:::::: ̄:::"":::´::::::`ヾ.、
      /;:´;:;:;::;:`:;:;:<. /ィ:::::7‐::!:::::i::::',-ヽ::::::::',:ヽ
      .i':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ミ.  !:::::ィ‐i、',:: l、;:ィ-、',:::::<ス: ',   ……再会なんて、していませんよ。
.      〈:;:;・:;:;:;:;_;:;:;:;:;:;:;:;ミ... ハ:: i' トj ヽ!. ト、,!i::::;んl:: i
      'r i" `-ヽ;:/, :;ヽ. !:::ヽ!" ,     `´,'::::!:::i::::;ゝ  私は、過去の人物を元に構築されたNPCです。
      `    rノ'!.';:;:;:;ヽ.',:ハ::ヽ、 -   /::::7:::ハ/
              〈,r` Vヽrゝ_/`''ー`'=rt ''"!/i/∨     モデル人物の魂はここにはありません。
           __,,,... -  -/´i    //' ,.ィ´`y -、
     r''"  ̄     ___〈.  ',  >ァヘ´   /.   \   樹林さんの知る射命丸文は、
      < _ ,. ィ'" ̄ ̄   `ー弋/ >イ_ハ  ,イ       ヽ
      ´             〈 < /:!_i  ''" :i、      /  その日に死んだままです。
                  _r--''ゝ i'       l゙T_''  ̄,!
           i`'、‐ '':":7   。' <コ r-r '"  l ̄ :!     だいたい、あなたの知る射命丸文より若いでしょう?
           l __! :::::::::l  _,,.. 、    「 ̄ ̄ l  l ̄ ̄l
                _!」::::::::::レ'´::::::∧     |     !   !  ..|  ここにいるのは清く正しい射命丸。
               ',. ノ:::::::::::::::::o:/::::ヽ,.ィ'"|    l  l  ..|
.              ヽ_ヽ:::::::::::::::/:::::::::::::::::::|    /   ',   |  全くの別人なのです。
             `ヽ、\::o:/:::::::::::::::::::::| ̄ ̄'.-i  _i ̄ |

206 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:44:30 ID:R78zvpg2

               /i^>-、__
             ,∠/__i_j,>イ|
             !::::i::::::|:::::::|:::::i:::|`::v,-―- 、
          ,r ァヤ:::i::::::l:::::::l:::::レ': : : ヽ、  `ヽx--、
         / / :' : `ー----''"´ : : : :'; : ハ,   { ` }
        r{-y': ; : :i : :i :`、: : : :; : : : : : ::'; : ハ   ゝ--r'
       {  /:/: |: |: :/i: : :\: : '; : : : :f^i: '; `:ミ、    .〉
       ゝv:/;ィ: i: i :|__i:_i: : :ト、_z==-:| i : ; :ト:!`   /    ──さあ。記憶を取り戻したのでしたら、
         |!:;' :i :i:レイ^弋i: : | ´ ,>=、:i {:V: :|リ ,r-'<、
         リ : ::'; :トYf。示ト、ノ. ペzソノ〉i `、::_,| .{   .}   さっさと1Fの突き当たりに行って下さい。
         乂: : :Yハゞ--'  ,、  `"´ .八//t.>-イ
          .V:/:`vム.    _   ∠,`Y / /, ヽ,    ここにいつまでもいられると他の参加者の邪魔です。
          ∧: :'; : ,>ヘ、ゝ'  ,ィ´:`ゝ{_ イ__イ  i
           __,>イ;;rz==㍉ー '´ .レ`''"´ `'ゝ、  |    いつまでも私と話し込んでいる場合じゃないでしょう?
       .r 二ア<=-;;;;;;{{  。,}}ハ /  i iノ   .}   i
       .| K;_;_;';;;;;;;;;;;;ゞ=="//r-、 l .リ   i.  ハ   あなたは、世界の滅亡を防ぎにきたんでしょうから。
       .レ'二--、}、;;;;;;;;;;>'´`、i/:/ ヽ l |   /.|   .ヘ
       { ---、.};;;><___t V:/ __リ ';  / {    .',
       ,.ヘ t-_ノィ'"/ : : : : Y⌒i : : : :`ヽ', ト、ヽ   ./
      .〈  Y  /i  t: : : >_二.<: : : : /ニヽ、_≧、__ノ
       ヽ.j  .j |   ア: /  /i: : :トr-"  Y |
        /  i i  i: : ::| .〈::i : : :';|     ハ/
       ./   .|`リ、 V`V  `ー'V \_ノ /
      .,'    | .∧  ;': :.. ::.. "    ..::イ
       i    i / i  ..::  ..::::...    ..::: :/
      .ハ   ノ/  } ..::::... ::::: :: ..  ..:::::  {
       .`ー'´   | ::::   ::::  ..::::::   ヽ
┌──────────────────────────────┐
│その口調も、仕草も、間違いなく生前の彼女そのもので。         .│
│                                          ......│
│でも──そう。オレは世界の滅亡を防がなきゃいけないんだよな。     │
└──────────────────────────────┘

207 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:45:00 ID:R78zvpg2

┌──────────────────────────────────┐
│過去に背を向け、突き当たりに隠された扉を開くと、そこには仄暗い廃棄場。    .│
└──────────────────────────────────┘

     |                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |                       | |二二二二二二二二二|| |二二二二二
     |  ______         | |=|≡=y=]         .|| |
     |  ||       :fニニ||          | |==================|| |==========
     |  ||     :fニニニ||          | |       .━=γ=γ .|| |
     |  ||:::   fニニニニ||          | |======/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
     |  ||   fニニニニ:::||          | |     : | |二二二二二二二二二|| |二二
     |  ||  fニニニニ||       :| |===== | |−≡≡y≡y        || |
     |_||/       ||_____| | : 口 :: | |==================|| |===
   /                           |_|ニニニニ::| |=|≡=y=]  .|| |
  /                            | |==================|| |==
/                              | |        ━=y=y=]|| |
                            | |==================|| |===
                            | | ===≡γ≡]       || |−
                            |_|二二二二二二二二二|| |二二

208名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:45:16 ID:H2ayyNCE
ここで序章に繋がるかー
そういえば、文いたな

209 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:45:31 ID:R78zvpg2

|ヽ、                  .i.
..|:::ヽ                  .|i.       ┌───────────────────┐
...|:::::ヽ                 ..|.i        │                       ドール  .│
 |:::::::ヽ                ...|.ゝ        .│そして、目の前には、つるりとした肌の人形。 .│
 ..|::::::::ヽ               ./´`ヽ、      └───────────────────┘
 ...|:::::::::ヽ              /|  ヽ    ,,,-‐‐-.、
 ....|:::::::::::ヽ            ..〈-.O―‐-〉  ./´,-   .ヽ,
  ..|:::::::::::ヽ        ,,___、 ..ヽ...| __./-、..〈,       .)
  ..ヽ:::::::::::ヽ     γ´  ..`>-大’´´| |ヘ.ンヽ      ../
  ....ヽ::::::::::ヽ    ../°  .././/ヽ ...`‐|.ヘ..o人   ,..へ/、----..、
   ..ヽ::::::::::ヽ   ..( ° .//./‐├===┼-L、/.ゝiニ´,/\、ヽ-..、.`..、
    ヽ::::::::::ヽ   .人  〈'´\|/___||E≡ヨE/ミミ`>〉~|〉'、`ヽ、'`>\ヽ+ヾ`.、
    ...ヽ::::::::ヽ    `ト`_-ヽ,・'┌‐ヽ ̄ ̄`7・ミミレ´../、 `>.、>`..、,.'´´´`ヽヽ
     ..ヽ::::::::|    ...| | ̄I、.,|、 `┬¬ト..、/=_/、...`> ./`ヽ/     ..``
      ヽ::::::::|   .,:‐\|__ノ`iニレ-''┴ヽ.ヽ、|‐___|  -/ /、`/       `|
      ...ヽ::::::|  ..ノ ../.,/ ̄人.   ..`、ヽヽ、|  ..ト‐ト、_|        ..|
       ..ヽ::,,|,,、/.../ ./ /´,-`γ..  .`、ヽ Y  .LニL__|       x+、 |
       r´(_ノ..`)/  ,/ /.../.|___||、    ヽ...ヽ.L_____L__L_._|       Ψ   |
       ..(、 ,,,,ノ|ヽ'./ ./../rr' ̄/ヽ  _,,_L_,ヽ| ̄ ̄匚|L_,.,|     .メ  ノ
        `‐≡Y' .〈..、/../´r(___,( レ'´,,,⊥--├‐―┌‐レ‐|       ..ノ
          ..Eヽ .`‐ト/(_(__|__||..ヽ,'´..ヽ ヽ レ---''''''''レ\      ノ
           ∪   |.| |ヽ..ヽニ|、ヽ、..ヽ ヽ ヽ,,,--+レ.レ''入、____,,,,ノ'
              .....|.| ||.`‐' /‐,,,...ヽ ヽ__⊥ノヽ‐''''''レ‐'´Xノ,ノノノ'
              ..iヽ,|...||   |  ``.>'´^_,、 `トト''''~ノ`´x'ノノ'
              人、\、,,/´  ..< ..'´ `ヽ \ゝ`'''''''''''' ̄
             ..(_)_) ..|'´`日  ..H...(、_ノノ  ...〉
              |-'''  ..|_○'ノ  ..L| .``-'´..iヘ .|
              .|..┌  , ..ノ   ..人 「.| ...ヽ|../|
              ..|...|ノ ノレ../     `ヽ、ヽ  ..ノ..|
              ...|、,ノ´/.ノ       ..\...、.../ .|
               |`′/ |         \.`ソ ...ト、
              ../ .r'´|...|          ト、  .|..ヽ.
             / ../ | 入、        .|.ヽ  ..| ヽ~ヽ..、
            /   | ..|ノ´,イ.ヽ        | ヽ  |、ノ  ..`ヽ、
            >、_________ノ| ...ヽ      γ..|、.`、ノ.ヽ   __ ..`..、
          .__ト'、 `ヽ、   |  ヽ      |  ....\,,,=≡-T、二ニフ
        ..ト''''´ ,>''  .`ヽ.、..|  ノ      | ..,,-<´E≡≡|..|ヽ
       .く'´`ヽ''´ .∨    ..`」-'´       レニ| ├=====|.|ヽヽ
        \,,,入--'├---''''''''''´          ̄| /,ヽ__,,,,,,,,,,,|ヽ.`|
                               \|、.|∧ ___|ヽ|`
                                 .Vヽ/ ̄,,,ヽ|

210 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:46:00 ID:R78zvpg2

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!   なるほど。この人形は魔術的なモノだ。
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}    ここに来れるだけの力量があれば
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./    手足のように動かせるだろうな。
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

211 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:46:29 ID:R78zvpg2

ヾ                                  ,、   | 
  `ヾ _                           / l   |     ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
      ̄,ー-z___               //   l l   |    だが、これを使うのは罠だ。
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_  l 
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽi
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ i 
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__ | 
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘|. 
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /   丶  /
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '
              \         _ , - '
                ト──--- '

212 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:47:00 ID:R78zvpg2

     |                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |                       | |二二二二二二二二二|| |二二二二二
     |  ______         | |=|≡=y=]         .|| |
     |  ||       :fニニ||          | |==================|| |==========
     |  ||     :fニニニ||          | |       .━=γ=γ .|| |
     |  ||:::   fニニニニ||          | |======/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄
     |  ||   fニニニニ:::||          | |     : | |二二二二二二二二二|| |二二
     |  ||  fニニニニ||       :| |===== | |−≡≡y≡y        || |
     |_||/       ||_____| | : 口 :: | |==================|| |===
   /                           |_|ニニニニ::| |=|≡=y=]  .|| |
  /                            | |==================|| |==
/                              | |        ━=y=y=]|| |
                            | |==================|| |===
                            | | ===≡γ≡]       || |−
                            |_|二二二二二二二二二|| |二二


       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /   英霊の召喚法を思い出せなかったり、
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !   思い出せても召喚できなかった際の予備、ということなんだろうな。
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´    だが、もちろんこんなモノを使ったところで、勝てるわけがない。
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

213 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:47:31 ID:R78zvpg2

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~      ここに乱雑に置かれている、
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/     一見雑貨に見える品々……
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'      だがその全てが魔術の触媒だ。
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /       これを使って、英霊を召喚することこそが正解だ。
            !  ,.-一         /
            ``!           /        “自分が誰であるか思い出す”が最低限のふるい落とし、
              `.i         /
               i       /_          次に“事前通達された召喚法を思い出せるか”
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /           で更なるふるい落としか。予選から厳しいな。
                      /\
          ガサゴソ……     /  \

214 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:48:01 ID:R78zvpg2

                      _,,,......................,,,,,__,
.γ ̄ ̄ ̄`ヽ.           ,, ‐'''"´    ______、   .´゙''''ー .._
.│ .ミ タ セ. │.     ,..-''´  ._.. -‐'''"゙´/、 i  、 ̄ ̄''''ー ,,、 `''-、、
.│ 閉じよ │.  ,/゛ .,, ‐'"      .i,゙,,〉 ! .l .ir .i;;;;     `''-..、 .`'-、
. ヽ、___ノ. /   /  .,,      __,,,,...................._ ″.ゝ ,,    `'-、  \
.          γ ̄ ̄ ̄`ヽ.゙`ー .,.. -''"´,,,..  -----........,,_´゙''ー ,,_'"  .,,..'l''' \  \
.          │ .ミ タ セ. │.  ,.. ‐'"゛. -L..    .ッ'iy.,了ー ,,.`'‐、. ―.l,,-.i \ \
.     /.. │ 閉じよ │ . ゛.xt!''゙二-ー'''"゙゙゙゙゙゙゙゙゙"'''ー-..,゙ !.... !-、 \ .-rクi  \ \
.    /∠..(..ヽ、___ノ.    / .,....r=ニニミ厂゙二ニニッ 、..`'‐..iニ....ニx. ゙'、、...............゙lv....ム
    /  l,.く 'i . / ./....γ ̄ ̄ ̄`ヽ   i! l'i .l     `\、゙'-、 .\ ヽ  ,  ,i'./ .ヽ
.   /  / ヽヽ.` / / yi"..│ .ミ タ セ. │...../.i;;;;.l...l ,,、...テ''i  .\ \  .\ ヽ .ノ"/./ .l  .l
.  i′./  ヾV゛./ _lミ'゙,..゙│ 閉じよ │゙゙/ /  l .l゙゙'''ミ-.".- .,, \ ヽしミ,ヽ ヽ.,/,i′ !、 l
  !  /    7 l゙ .゛./......ヽ、___ノ. / l ".゙ ゙L.l ,i .`' !./ ″  ヽ ゙.l  . l. l/    .l  .!
 │ .!  .r‐ ! l\ / i冖'''''''''''!''¬''''γ ̄ ̄ ̄`ヾ`'''''''''''''"冖''''''''.''). l  ./、.l  .,〟 l  .l
. l  .| .゙ご'゙ l / ヽ.l/ l`'‐、'-//  、゙│ .ミ タ セ. │.... _,,  l.l..‐'.,/.! l.ノ,i'.! | iー'.l" .!  l
. ! │.!ゞ‐ | .!  ゙V ,!   `ッi,゙'-,,   │ 閉じよ │ l ".,/ /   | 〔/ .| .! .´_|   | │
. ! |   .| .!   | l、 ,l . !.! `'-,゙'-..ヽ、___ノ..,!i ゙='"..‐゙〕.! ,iく,,、! l゙,,..L.! | !、.  |  .!
. ! │    ! ,!   ! |ヽゝ ! .!.! .,.`i ._ゝ).\,,,,,,, γ ̄ ̄ ̄`ヽ   ,i'| ,!`'.,││ ′`T.| │
  ! │ .ー"│ .l 、.;; .l |'、'./ ,八.l ` / / `‐、゙'くニツ..│ .ミ タ セ. │.ノ,/ l .〈、/ l     l  .!
.  !  .!  lュ l .l .!;;' ゙l, lヽヽ . ヽ> l .〉 〟 ,ゝ _  │ 閉じよ │.,i'ゞ / iニ'7 l     ! │
  l  .l  .、> ! . l '´、 ヽ ヽ'、ヽ" .゙' ! !  ,/./゙、`'...ヽ、___ノ..../ ./ ,」 ./ / /-゙ワ .l゙  l
..  l  .l,   .,..l  l゙'゙,゙. ヽ. ヽ)_ヽ / i∨゙__r'_,_,,゙,,,,.. ;;>γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ . /
.    l. ..l. ..、゙".、ヽ .\.'゙゙,, \ ゙ヽ li′...‐゙、 .゙,゙,゙'''''''^'二.  │ 繰り返すつどに五度。 │
    ヽ .ヽゝ-'冫.\ `、゙‐'  ゙'-、`'<、 ゞ " ゙Ψ  '! =...ヽ、_________ ノ゙/
     ヽ .ヽ ゛,,-. .\ `-、   .`'ッ ,,_`"―-----―'''"゙_,,,イ″  ._/ ./. ' ,ヽ 、./  ./
      ヽ. \゙'.iッ'"  .\. `-、、 ヽ..γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ" /
.       ヽ, .\  .〃 'i \ ,..`''ー..゙│ ただ、満たされる刻を破却する。 │
        \,  \   ゞ‐゙l 、゙"'ー  ヽ、______________ノ
          \. `'-、,  ._゙フ ‐フ'i  ヽ! ̄"^ ̄/./      .!-、 _..-"  /
               `'-,,. `''ー.こ  ′  .ヽ'i, .lil゙/./      _,, -'" ._ /
               ゙''ー..,,、 .`゙''―- ....,,゙liヽ,/i彡.... -ー'''"゛ _,..-'"゛
                     `゙''ー ..,,___, ヽ/゛__,,,,,, -ー'"゛
                             ̄ ̄゛

215名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:48:08 ID:EaAzcaoI
なるほどなぁ

216 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:48:30 ID:R78zvpg2

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.                   素に銀と鉄。
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }                  礎に石と契約の大公。
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |           , -―- 、
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ _\ヽ、   |          /       \ 祖には我が大師■■■■■■■■。
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ        /          /
.       l    リーh     l‐''´冫)'./       /        /| 降り立つ風には壁を。
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'       /         /
       l   `___,.、      ./│       |i        /   四方の門は閉じ、王冠より出で、
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        /|l:、       /
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     |        /    王国に至る三叉路は循環せよ。
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、   |       //
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐j       /  ̄ ̄`ヽ
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │  广}     , //      |
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|.      / \_  l/′     \
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.|     /_   _ /     //   ヽ
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.|  ___/   l\.   /      /´    |
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|/   \ l  _ /       /      / l
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| /    ー―く |      /      /  〉
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.! \  /      l、\、  /     /  |
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:|  入l   ―-  \__/      ./  /
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.   ヽ 〈    `! 卜、\   /  /
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!       ̄\__ 丿/  `匸¨´ 、 /

217名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:48:40 ID:75DdKTYE
なるほどそう解釈するのか

218名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:48:55 ID:xmXVJFCg
やる夫は見事に引っかかったな

219名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:49:01 ID:o5kOvJ9U
やる夫のあれはそういうことだったのか

220 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:49:04 ID:R78zvpg2

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |      ――告げる。
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~     U      /   汝の身は我が下に、
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ   U        .i     我が命運は汝の剣に。
         `ー-、          U   /
            !  , ' `ヽ        /     聖杯の寄るべに従い、
            ``!ヽ   !      /
              `.i`-- '    /       この意、この理に従うならば応えよ!
               i  ̄    /_
               ヽ、____/` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

221名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:49:29 ID:H2ayyNCE
流石、魔術師だな。
召喚の方法をわかってやがる

222 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:49:40 ID:R78zvpg2

         N /i/´ ゙ ̄ ̄``ヾ)_      ∧  /
        Nヾ ゙        ゙ヽ   |\/ ∨l/
       N゙、            ゙i _|`
       N゙ゞ            .! ヽ 誓いを此処に!
       ゞミミ、  ノ,彡イハヾ、  i Z
       ー-r-==、'リノ_ノ_,.ヾミ,.ィ,ニi ヽ 我は常世総ての善と成る者!
.        {i `゙';l={゙´石ゞ}='´゙'r_/ 〈
.        ` iー'/ ヾ、__,.ノ  /i´  / 我は常世総ての悪を敷く者!
          !  ゙ニ-=、  u / ,ト, ∠_
           ヽ、i'、_丿 /// ヽ /_
        _,.ィヘヽ二 ィ'_/ /  ゙i\|/Wlヘ
  -‐ '''" ' ̄/ i ヽ_./´   ./    .| `\   ∨\
      /  /ィ´ ゙̄i   /   ir=、  l'i"ヽ、
     ∠__,,..-イ i   /\_,イ,=-、 i 、,.ゞ、 | ゙'"ヽ \
!     .i-'´  ,i | ./`゙'i'   /i_.!._,..ヽ<!  ゙i、゙i.  =゙!  \
!    |   .,i゙::|/  .|  ,/::/-i   ゙i ゙i 三゙i ゙i   | /⌒
i/   .|   ,i゙:::i'    | ,/ ::/= .|三. ゙i/.|   .| .|  .ij:.
.l〉   |   ,i゙ :::|   .!' ::::i゙'i  ト.  ゙i | _,.. V =,!
 !   |  ,i゙ ::::|   / ::::::| l= ヾ!.._ ヽ」 "´;i  :.:i ./
. |   .|  .,i ::::::|  ,/::::::::::|  ヾ:.:. ヾ::" ゙     //
│   |  ,i::::::::| ,/ .::::::::: |   ゙i.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,ィ'"´
.|     |  i::::::::,イ::::::::::::::::|   /ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::,ノi|Y

223名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:49:52 ID:IZRzCNMc
なんでない夫引っかかったのに英霊召喚できてるんだよ

224 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:50:04 ID:R78zvpg2

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-| 汝三大の言霊を纏う七天!
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ 抑止の輪より来たれ!
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \ 天秤の守り手よ―――!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

225 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:50:30 ID:R78zvpg2

.  l.    ..l      !     !   .|   .l   │  |   .!    l   .l   !     !      ./    ./
   l    l      !     .l   !   l   │  |   |    l   .|   .l     !      ./    /
   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゙     ./    ./
..   l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゙     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l   l   l゙    /     /    /    ,>
. ゙l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!   .l   |     !     ./    /    ,/
  ゙l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l   l   l   !    .!     ./   ./    /
.  ヽ   .l,    l     .l    .!.   l ̄/.   ,!  .|   !   .|   !  l    /     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l..  l /   _ |  .,!  .!  │  .l  /    !     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |..| ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄/.゙│ :!  .!   |   .|  ,!    .l゙    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!|___     / __ __.  |   .!  !    /    /   ./    /   /
  ヽ   l   .l    !    . !    .!/ / ̄l /  l ./ l. / l  /.゙│  ,!  .l゙    l゙    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l     /./  //.  l/ l/ l /.  l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
.   ヽ  ..l,   ヽ   l    !.   //  //  !  .! : l゙..//゙-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
.    ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´.`´.l... ´..゙゛ l  .厂..゙l/..!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゙ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゙"l   l゙‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゙ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゙ .l   il \ .゙/   ./._..;;〃  ./ ゙' /   ./
.   Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゙'ッ,./   .i{, ゙く./  ./ .ヽ/  ./
.   ! ヽ   .ヽl゙ . l   ll .{、.l   l/゙ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゙
   l  .|ュ   ゙!l、 ゙゙、  .'ヒ、.゙!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゙.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゙,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゙,../   /'" /  /_..-'^_ /
.        `''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゙''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゙l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゙ .'''´
            `"ヾ- ...゙‐'‐ λ  l _、.l !゙゙ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゙  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´
                    ` ." '"丶~!-ゞ゙´゙". ニゝ:!`゙! .--´゙! ‥‘ " ゙゛

┌──────────────────────────┐
│魔法陣から眩い光があふれ、廃棄場を満たしていく──     │
└──────────────────────────┘

226 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:51:00 ID:R78zvpg2

      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、  この反応は……成功か!?
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

227名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:51:04 ID:w2l6.IYA
誰が出るかな?

228 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:51:30 ID:R78zvpg2


                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ   ──問おう。
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \

229 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:52:00 ID:R78zvpg2

                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '   ──お前が、俺のマスターか?
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \
┌────────────────────────────────────────────┐
│光が晴れた中。魔法陣の中心に立っていたのは医師……あるいは研究者然とした男だった。        .│
│                                                                │
│だがその外見に似合わず、人知を越えた魔力で構成された存在であることが、精査せずともわかる。    .│
└────────────────────────────────────────────┘

230 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:52:30 ID:R78zvpg2

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !   あ、ああ……。
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i   オレが、君のマスターのキバヤシだ。
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'    ところで君は武装しているように見えないが、
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、   クラスはキャスターなのか?
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、




       ≦::::::::::::::::::::::::::::チ ̄l:| ̄ ̄`|:| ‐<::::::::::::::::::::::jノ'
        フ::::::::::::::::::::::::::Z   l:|     !:!     ̄i!ヽ::::::く
       ´Z::::::::/::::::i{:::::::ア  {i    リ __    j  |::::ト ヽ
          イ::::::/:::::::::i!::::::7    ´ ̄ ` ー=ア  、  Ⅵ リ `ヾ
        ノ':::/::::::::::::リ::/     近カ ̄T    f`ー |:i
        リ:/:::::::::::::::::::|      ` ̄      迩ヶ リ}
        从::::/  ̄ヽ:::!               i  |
        }:::::| う { l:i                ヽ !
        ハ::::ヽ    |:!            ー ン  '    ご明察だ。俺のクラスはキャスター。
        ノイ:::\  '                 ′
          V:::::::フ         ー== =ァ /     ついでに言うと解釈の結果としてのキャスターではなく、
           リ:::::::|             , `j ′
          イ::::::;ハ  ヽ            , ;  ′     魔術師であるからこのクラスに選ばれたクチだ。
          ノ':::::リ    `  __     ' , ′'
           从           ‐-     /
            i            r‐   ̄
         へ /              ′
       / V     l       /
      l´     ヽ     |         /、
  -‐/ |      \   !       /  \

231名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:52:38 ID:ipaC.1s.
キャスターか

232 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:53:00 ID:R78zvpg2

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |   ……やはりな。
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、  ちなみに今回の聖杯戦争において
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //  魔術を修めているマスターは少ないだろうが、
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/   オレは多少なりとも魔術を学んだ身だ。
          i       .:::ト、  ̄ ´        ∪  l、_/::|
          !                           |:    |    だから君とは上手くやっていけると思う。
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \  あと、差し支えなければ真名を名乗ってくれないか?
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l





    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;!ハlト,'/ゞミ{;ヘヘ/   ヾ.! ノリ゙、;;;;;;;;ト、
    ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;! l;!'   |;!       };!   ミ;;;;;;;リ|`
   ノイ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ム;! {;!、   ヾ!     __リィ=-、 i;;;;;/j'
   ,厶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡、 ゙l!ヾ、  ヾ!   ∠イ´_  !;;/′
    ノ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;/ ヽ !___,,,ィメ'''  ,' ィチ=ク  !'
    ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧ /'`二二ム‐ \ { ' ゚¨´  .!
    リヘ;;{ ̄`ヽ;;;゙、    《 辷ノ ゝ   !      !
      ヾ!ゝ`!:.!\;゙、           ヽ     !     聞きたいか? 我が名は―――
      ヘヽ.ヾ::ムヾ、        ,   、   !
       '"\、`¨_/`、       .::{ __ / 、  '
        ノム;;ト`   \        _. -イ ,'  ニヤリ
       イソ人{___ ヽ   'ー=´- '´  ,'
       / ̄ ̄      >.、> .   ´ 二 _,'___
        /____      >._>"´      `ヽ.
.      /二ニ=― >――‐‐" ̄               \

233名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:53:20 ID:w2l6.IYA
医師・・・?パラケルスス?

234名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:53:26 ID:Nk.Xpm16
ん? ない夫が見た過去っぽいのに出てたような気がするが
現代系の英霊か?

235 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:53:30 ID:R78zvpg2

                       _.ゞー`゙ ̄> ゝ、j
                      ーァ;;;;;;;;;、;;、;;i;;;、;;;;;レ,
                      イ;;;;;;;;;≧、ヾ;!;ノ;;;;;;く
                      ーィ;;;;三rf‐-、!ィ゙j゙ミ;ト、
                      ´メ{^i!"-、_,, ,∠ メ`゙        ミッ!
                           }ソl! `¨´ |゙´/
                        'ヘト、 r‐,/_
              __>´ ̄ ̄`/\--/,} ゙ー‐',ゝ' _ゝ⌒ヽ
              辷ニニ-、ー'ヵ{   ̄`>--</-‐   ゙,
                ⊂-ク L_____     `ヽ   , j
                 /  __/>/:::\_     ___∠ {
              ___/.-‐ |.  /::::/_7ー‐ "   r'′
            / ゙ ̄  ,ァ/.  /.:::/ |、        rt  「l [ト,
           /   _..イ´/ j.  /.:::/ / `^く.   i i  l i Y
          /   /  ./ ノ /.::::/イ       ,..l' i   i l
 ̄ ̄`ヽ.___/   /   /イ/::::::::::{ !         i' ,'  '" rl^レゥ
         ̄ ̄`>´ ̄ ̄ノ::::::::::::::::|    、   /...i/    "7'/
┬――――――――‐‐/:::::::::::::::::::ハ     \__ \
. \: : : : : : : : : : : : : : : /{:::::::::>__::::::::∨        〉
   ): : : : : : : : : : : : /: :/ ̄´ヾ〔_{`ー∨   ‐―‐く
  /: : : : : : : : : : : /: : :/:;:;:;:;:;、ヽ/7-ヾヽ:.\      \
/: : : : : : : : : : /: : : : :|:;:;:;:;:;、>}、!、:;:;ヾi}:;:;:;\      /
!.: : : : : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;>=、:;:;:;:;}l}:;:;:;:;:;:;ト、    /
\: : : : : : : : : : : : : : : : :!:;:;:;:;:;:;:;/|: \:;:|i|:;:;:;:;:;:;:!: \   \
  \: : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|: : : :ヽi|:;:;:;:;:;:;:|: : : \   }

236名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:53:35 ID:n/18IVE2
さて、狂人系に近そうだしファウストかクロウリーかアルハザードか・・・

237名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:53:42 ID:75DdKTYE
あらやだお似合いじゃないの

238 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:53:45 ID:R78zvpg2

            、 , ィ≦-、___,
          、〈!/;;;;i;;;;;≧彡;<_
          ,>;;;;;、/_,,,ゞ;;;;;;;;ゝ
          ィ;;;;;! ,=f ゙ー=' ゙リ´}ゝ         シェル!
          ' ヘ;ハ.¨´〈   i、_!ト
               "ヽ fヽ  .ハ!`
              ヽ.,ー', / レ`
、           ,--<\¨´ |
. \         ノ  ̄ ̄`ー┴ヽ__          , -‐-、_/!
  ヽ____  〈            ̄ニヽ      /      !,、  ,、
   \      >゙  __ \    f´  \ ___/      ノ´(_,'7,'/
     ー、  f ゝ ´ ̄`ー<゙┬、 〈`ヽ   トーァ,′... rt  「l [ト,...___/
         |    /  / |:::::\__{ , 、 、\  ___.゙i i  l i Y
         |  `´    ∧  |::::::::::::::| i:} iヽヽ、>/.. l' i   i l.. |
     ____/!        〉 /:::::::::::::∪:ト、!゙ゝ'イ.  i' ,'  '" rl^レゥ
  / ̄              //.:::::::::::::::::::::|ヽ\____. i/    "7'/
<              /:.\::::::::::::::::::::|ヽi !___,   /
  `ヽ              /、::::::::::::::::::::::::::::∧ ー-、__/
              / 〉::::::::::::::::::::::::::::::::∧
________/   〈::::::::::::::::∠_________〉
               >-<――┴┴ト!{
               {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;!i!;!_
                  ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/〉:;:;i!:;ト、
                  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;/:;/:l!;:;:;∨
               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//:;:;:;:l!;:;:;:;∨
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨

239 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:54:00 ID:R78zvpg2

                                         / ̄ ̄/
                         , _                  /     /
___               ノ!/∠イイハ.,              /       /
   `ヽ            ,i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V!               ,'     /
    ゙,     / ̄ ̄厂{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ!       ____!       ,'
     ‘,   /  _ノ ̄ヽ.ゞ;;;;;i;;;;;;;;;;;l!;;;;;;;;;;;;;イ,      /     !      ,'
      !._/ゝ‐'´   、__`,ゞ;;、;;;;i;;;i;;!;;/;;;/;ハく    /       |    ,'
      !: { 、    ,<'ハ;;;ミ丁!、;;/!ヘ''ソ{/゙ヽ.__/           !     ,'    ドッ!!
、      !  ', \丁´¨ ノ゙ ノハ!≧!、_ j∠! //リ ∨         !    ,
. ヽ    !.  ',   〉 /!  ヽ  \`^!,゙¨//   ∨     、   !   ,
\       ハ  {'  ! /\} /:::ゝニチ'/     ∨     〉   !  ,
  \       |    |.  /  /!::::::::/ //"    /    rt  「l [ト,..  ,′
   \   .|   |  / /  〈::::::,'</´   , イ.     i i  l i Y.   ,
     \  〈__} .,'/    j:::〈 ./    // }、..  l' i   i l.  /
      \_ノ  ヽ′    (::::::У/ / `二 ̄´゙i' ,'  '" rl^レゥ
         {   ,.}     ノ// /、_  ,.-‐'´ . i/    "7'/
         /ハ i_i_!'     /{/  .∧   `´       /
        |j `    /     /\      __.-‐´
              /    /}\:::::>―r‐'´
             /   ,.ィ<;j:j:;:;:;冂:;:;:;:;:;:|
           人  /!:;:;:;:;:ヽ{:;:;:;:| .|:;:;:;:;:/
          イ /ヽ'  ,':;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;L」;:;:;:'′
          j  !   ;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
          ! ムj   !:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
          V∧〉  |:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
           'ノヾ)   !:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/

240 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:54:32 ID:R78zvpg2

           _, ,ィニイー'、_,
          /;;;;;;;/;;;;三ミ(`_
        、Ⅵ;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ;く
        ヾj;;;;;;;、ハ!ヽ`゙‐i!{〉};;ト、
        >!ヘム 、jィニ, l!ノヘ、                   ,、    ノートルゥゥッッ!
          ノ' 弋 ` ,.--〈,.-┴―‐、              _//_ ,、
             マ/ ,    ̄`ー‐、〉___           /´ ´'‐'/
              ( /!    i〉!       ヽ.        _j_  /
              ∧ノ   V        ヽ`、      /  \'       ,. -―‐-、
              / `ヽ   ∨        ∨\    ,′   〉     . </;i;i;i;i;i;i;i;i;\
               〈 ,'  ヽ__,  V          ∨ `ー<   /    / /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;∧
            /  /'    〉          ∨   !  /   / /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;∧
   r、____    ∨__/     /           !’<____/  /  /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i∧
   `ニ=一_, `ヽ. /_      /          ∧       ./    /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;‘,
    ゝ-‐〈. /´〉,、     | ̄|rヘ           i`ヽ   /     〈;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;ノ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)         ∨;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/         \;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/
  /__」         !.   _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」   /.../^ヽ、 /〉     \;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/_____
  '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>....   \;i;i;i;i;i;i;i;i{;;;;;;;;;;;;;;/`ヽ
               ∨            /.....`ー-、__,|    `".         \;i;i;i;i;i;i\_/;i;i;i;i;i゙,
                  \   \______/                   /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|
               /.:.:\___       ______,=―   .> ’´;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>――――――――――<’;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'\;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/

241名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:54:39 ID:FambSjoc
オカリンキャスターかよ

242名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:54:40 ID:HdhfdINU
うわぁなんてぴったりな人だろう・・・無力な凡人でありながら世界を救った人か・・・

243 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:54:45 ID:R78zvpg2

                      、_ノ;;;;;;;ト!;;;;;;;;∧;;;;;;ハ;;;;;;/!;;;;;;;;;;;ゝ
                      >;;;;;;;;;;;i!!;;;;;;;;{!;;;∨;;;i!;;;/;;!;;;;;;;;;;;ヽ
                     /´/;;;;;;;;;;ィi!´``i!`゙゙"´ i!´`゙リ゙ミ;;;;;;ド、
                    ′'ヘ;;;;;;;;;;/ !  ! !   j  /j ミ;;;;;;ゝ
                       ソ{`ヽ!-=≧ミ、ィ 、,,∠二_ !;i´}ハ
                       ヘヾ.l| `゚ー'` `!  ´゚ー' ′リノ/! ゙
                          ヽニi       |      {/'
                         ´ハ;;゙、     ! ,    /'ヘ!        ダムっっ!!
                        _ 'ヘハ、  r= 、  .イハ!
                ,、... _,=、 /  } イ/| ヽ {____} /リ\
          //  |亅..゙/  ,__(´‐' ノ!/f/!  ゞ--- ' {ヾi. \_
       / /   | |. /l.__ノー__ ̄ー '゙i .| }       | |  ∧`ヽ
       / / /1 ||| |......´  -‐ ヾ{___!_   i  i   |  ∧  `ヽ.__
.      7 / | | | l |/ ,-‐─¬     `ー、ノ  /__ /|.   ∧      `ー-、
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____...../|     ∧         `ヽ        __
      / /    l |...`ヽ;i;i;i; // レ/  ヽ_____ \|     /             / \   / /
      / /     l |..... \;゙|//,イ  \   |::::::::::::::::::::/ /:|   /        ,'   ,.゙ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙      ̄ /___> !::::::::::::::::::゙\ヽ_______        __/ /
              \     / |      !::::::::::::::::::/:::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
               ヽ___/ / |      !::::::::::::::::,'::::::::::|      | _   .!..... ̄ ̄ ̄
                 |    ,'   !     .|::::::::::::::::::::::::::::!       !.|:|  .!    }
                !   , ,′!     .!:::::::::::::::::::::::::::|       ! ̄ ̄ .!    !
                V  ,' .,′ l       |:::::::::::::::::::::::::::|       !    }    |

244 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:55:00 ID:R78zvpg2

                      、_ノ;;;;;;;ト!;;;;;;;;∧;;;;;;ハ;;;;;;/!;;;;;;;;;;;ゝ
                      >;;;;;;;;;;;i!!;;;;;;;;{!;;;∨;;;i!;;;/;;!;;;;;;;;;;;ヽ
                     /´/;;;;;;;;;;ィi!´``i!`゙゙"´ i!´`゙リ゙ミ;;;;;;ド、
                    ′'ヘ;;;;;;;;;;/ !  ! !   j  /j ミ;;;;;;ゝ
               _      ソ{`ヽ!-=≧ミ、ィ 、,,∠二_ !;i´}ハ
           l⌒! /(⌒)ヽ.     ヘヾ.l| `゚ー'` `!  ´゚ー' ′リノ/! ゙
           l l  ー'/.ノ        ヽニi       |      {/'
           l .j   l i.          ´ハ;;゙、     ! ,    /'ヘ!   ──まあノストラダムスと名乗った方が
           `´   `´.         _ 'ヘハ、 、_ _ , .イハ!
           ○   ○......_,=、 /  } イ/| ヽ ; , ; ,/リ\    聞こえが良いか?
               ,=―/  ,__(´‐' ノ!/f/!  ゞ--- ' {ヾi. \_
              ,ィ  .,(___ノー__ ̄ー '゙i .| }       | |  ∧`ヽ
             /(__/ー  ´  -‐ ヾ{___!_   i  i   |  ∧  `ヽ.__
            ノ ∧___,ニ、__      `ー、ノ  /__ /|.   ∧      `ー-、
           `rイ ∧;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/! ̄`ー---'_____//|     ∧         `ヽ
           / 《  `ヽ;i;i;i;i;i;i;i/ /    |、::::::::::::::::::::::::/::|     /          }
           ∨ ゙、   \;i;i;i/,イ  \   |::::::::::::::::::::::::/.:::|   /        ,'   ,′
            \      ̄ /___> !:::::::::::::::::::::/.:::::| <___    i /    {
              \     / |      !::::::::::::::::::/::::::::|      |    |,′   /
               ヽ___/ / |      !::::::::::::::::,'::::::::::|      | _   .!    }
                 |    ,'   !     .|::::::::::::::::::::::::::::!       !.|:|  .!    }
                !   , ,′!     .!:::::::::::::::::::::::::::|       ! ̄ ̄ .!    !
                V  ,' .,′ l       |:::::::::::::::::::::::::::|       !    }    |



      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }  ━━┓┃┃
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |     ┃   ━━━━━━━━
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.      ┃               ┃┃┃
.      ゙̄r=─-、 ニr;==─<_ゞ-=7´ヽ                           ┛
.       l    リーh     l‐''´冫)'./
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐' ゚ 。
       l   `_   ≦ 三 ./│
.        ヽ.ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
          ゚ 。≧         三 ==-
      _,./| ヽ-ァ,          ≧=- 。
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝイレ,、         >三  。゚ ・
     /   !./l;';≦`Vヾ        ヾ ≧_

245名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:55:22 ID:H2ayyNCE
これ、本当に触媒使ったか?

似た属性のやつ呼んでるぞw

246名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:55:30 ID:HdhfdINU
何度立ちはだかる気だ貴様wwwww

247 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:55:30 ID:R78zvpg2

                  ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
                i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
              , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
           i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
            ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
            li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
            , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
            !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
            ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
             ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
            ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
              \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
                ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
                   ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
                  ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
                  ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-| 時空を超えてあなたは一体何度
                   ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
                    ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ  オレの前に立ちはだかってくるというのだ!!
                      ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
                       ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \  ノストラダムス!!!
                        ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
                    /゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
                      / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/




...゙_ノ///////////彡彡/////ノソ |人ヽ
.  フソノ/////イ////////i( |!// ハl  ))
.  /フイ/(////ノ///ノl//   |! /_,,..ィ ', '"
. ノソ////ハ/ノ/彡彡ソ/  ヾ!     " __!  ,!
. フハ/i|)//ハ////"ヽ彡i       ィ''"!T゙  i
..  ソ|ノ////ノ/;!i ヾヽi!i|          ` ゞ'  ',
.   iソソハi !|ソ/ハV("i |ミ               ヽ
.   "ヘソ|ハiソ/i ハヘヾ、゙ iミ                   >
.     ゞソハソ/i i|ヘゞ\j "             -,. '
.      iソノハ!iソ!リ'   !   U      _ j
.    ヽJイソ/ノiソソ   |; ,       '''ー'")  ……はぁ?
.      !イ/ソ"    i ヾ : .,        i
.      "!ソリ      i      > 、    .:|
.      /" ヽ、     i       / `   :ノ
      /    ヽ、    i    i
.    j- .,_     ヽ、 ';   ,. '
.   r"´   二  .,_   ヽ、  i
.  /       `'ー` 、 ヽ !
...゙/       _,.. ..,_   ` 、ヽ、
.゙,'    ,. '"     ヽ、   `ヽ ヽ
,'    /         \     ヽ\
... /                \    ':, ヘ、
....i                ヽ   ', ヽ
 !                   ヽ  ヽ ヽ
 !                     i   ヽ ヽ

┌─────────────────────────┐
│……ともあれ、オレの聖杯戦争はこうして幕を開けた。   ..│
└─────────────────────────┘

248名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:55:32 ID:/BYdQSB.
これはwwwwww

249名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:55:35 ID:FambSjoc
おいwノストラダムスwwww

250 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:55:50 ID:R78zvpg2


                                               Fragments Out

251名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:55:53 ID:FTMk./cw
おお、『美味しいジャムの作り方』の人!

252名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:56:31 ID:H2ayyNCE
確かにキャスターだwwww

253名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:56:38 ID:n/18IVE2
何度立ちはだかってくるんだノストラダムスwww

254名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:56:42 ID:Nk.Xpm16
言われてみればそれしかないという選択だなwwwww

255名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:56:45 ID:OVMiU5D.
お前型月世界じゃただの医者じゃなくてマジモンの魔術師なんかwww

256 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 21:56:47 ID:R78zvpg2
以上。本日はここまでです。見ていただいてありがとうございました。
あと、言うまでもありませんが本作品はフィクションです! 実在の人物に関係なんてありませんよ!

257名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:56:49 ID:8VcVGfI2
>>245
触媒じゃなくあったのはただの魔術儀式道具一式だろ
こっちの聖杯戦争の召喚あてふりはムーンセルさんが全部決めてるから

258名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:57:13 ID:/BYdQSB.
なんという組み合わせ
これは間違いなくベストパートナー

259名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:57:23 ID:RxGxn4gQ


260名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:57:23 ID:VZQ/JPgc
さすがムーンセルだw 相性バツグンだなwww

261名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:57:32 ID:EaAzcaoI
確かにそれしかない相手だけど、吹いたわww

262名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:57:34 ID:o5kOvJ9U
乙ー
最後のやりたかっただけだろ、これwwww

263名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:57:51 ID:lHdUxgbc
あれって、今となっては論語と同じ愚痴と妄想集扱いになってしまったよなw

264名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:58:02 ID:9p52dg3A


やべぇwww超面白いwwwww

265名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:58:20 ID:IZRzCNMc
>>245
何を馬鹿なこと言ってるんだ?
ムーンセルさん舐めるなよ

266名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:58:26 ID:w2l6.IYA
素晴らしい

267名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:59:10 ID:Nk.Xpm16
乙でした
しかしオカリンがノストラダムスとは、なんという違和感のなさ

268名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:59:30 ID:KapQAS2Q

うん、それ以外ないよねw

269名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 21:59:50 ID:h6bkr46s
ノストラダムスwww
触媒使った意味がないwwww

270名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:00:08 ID:HdhfdINU
乙でした〜
配役が神がかってるわw

271名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:02:10 ID:2jdoJH0M
サンデーが誰になるのか今から楽しみでならないwwwwww
乙wwww

272名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:03:43 ID:cdgW49rw
触媒よりも自分の縁の方に引っ張られたか。

273名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:04:03 ID:STjZbn6E
ノストラダムスww

274名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:05:04 ID:ZS/VXVCg
ワロスwww

275名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:06:41 ID:0BSbBg8g
毎度毎度>>1はよくネタ思いつくなw

276 ◆aajRqaKlT.:2012/01/29(日) 22:12:01 ID:R78zvpg2
なお。本当は四回戦決戦をサクッと片付けて、この話はこの前のクリスマスに投下したかったんですけどね。
理由は──まあ、一昨年のクリスマス外伝と比較していただければ、わかるかと。

277名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:12:42 ID:XHsR0pio
勘違いしてる人がいる気がするけど、ムーンセルさんはマスターと一番良い相性のいい鯖を出してくれるんだぞ

278名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:13:48 ID:/BYdQSB.
乙でしたー
ハルヒとキバヤシの繋がりといい、ノストラダムスといい、本当に上手いなあw

279名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:17:11 ID:ld0l3C1w
乙でした
相変わらずムーンセルさんの鯖選びはすげえw

280名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:20:37 ID:.SF1OuxQ
乙〜
ノストラダムスの能力はどんなだろうな

281名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:21:08 ID:mN/ZlgHE
ムーンセルさんのマッチングはお見合い婆を上回るなw

282名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:22:57 ID:xBDVk6fU
ディムルット(チラッチラッ

283名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:26:55 ID:HdhfdINU
>>282
ランサーとして召喚された身だ。諦めな

284名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:26:56 ID:.SF1OuxQ
>>282
ディルムッドだろw

285名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:29:39 ID:pyJOx4hQ
乙でした。
この組み合わせにはマジでフイタwww

286名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:32:09 ID:I1rpfUwE
乙でしたー
まさかノストラダムスになるとはww

287名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:39:54 ID:HgYrair6
乙www
確かにキバヤシにはそのサーヴァント以外ありえねえwwwwww
人形が罠で周りのガラクタが触媒ってのは面白いわ

288名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:50:18 ID:4uasjtN6
ノストラさんは厨二病だったのか

289名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:56:36 ID:cw5yTq86
>>239あたりでもしやと思ったがwwwwww

>>223
何故かガンダムだったあたりに何かがありそうな気がしている

290名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:59:19 ID:FR1f0Qio
キバヤシwwwwwおいしすぎだろwwwww

291名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 22:59:52 ID:FR1f0Qio
Sage忘れたわすまん

292名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 23:03:32 ID:dr/6Zung
乙津w

293名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 23:28:04 ID:DhXN0paI
>>213で、一見雑貨に見える品々が実は全部触媒って言ってるからな
キバヤシの事だから、きっとMMRの単行本(に見える触媒)を使ったんだろw

>>223
そこもやらない夫のイレギュラーたる所以の一つなんだろう、きっと

294名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 23:31:54 ID:KapQAS2Q
ない夫が召還するシーン見たら、何やらかしたかを何となく予想できると思うんだが

295名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 23:35:09 ID:oVHk7kwA
乙!
キバヤシの経歴も、ハルヒとの絡め方もすげぇ

>>223
人形操作にMP50つかう
英霊召還にMP100つかう
最大MPが150未満のひとは、人形を使うと詰み
以上だったら敗者復活の可能性アリ、とかそんな感じかなーと思った

296名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 23:37:06 ID:HgYrair6
やらない夫が召喚した時にエラーメッセージが大量に出てたしね
正規の方法でなかったのは確定的に明らか

297名無しのやる夫だお:2012/01/29(日) 23:48:10 ID:NmuoeVko
さらっとエウレカネタが出てたことにひそかに俺歓喜

298名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 00:00:06 ID:v89jHemM
パートナーから配役まで完璧すぎるだろwww
さすが全自動お見合い機www

299 ◆Obp0e6vT9Y:2012/01/30(月) 00:00:29 ID:TwPnTPTU
>>1 の友人のできる夫クトゥルフ作者です。

キバヤシとハルヒのつながりについては、
ハルヒVSユキ戦前のエレベーター会話でちらっと言ってるんですが、
誰も反応してくれなくて、>>1 とあれー、と顔を見合わせました。

300名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 00:02:12 ID:WC0F51hI
>樹林先生なら1ワード聞いただけで理解できるんだろうけど。
これかー!
全く気がつかなかったわ

301名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 00:06:43 ID:14zYzBSc
乙。相変わらず素晴らしい原作解釈だ
…キバヤシはカタカナじゃないとピンとこなかったな

302名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 00:22:57 ID:lduuFcsA
ジュリン先生って誰だろオリキャラかなって素で思ってたのは秘密

303名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 00:37:19 ID:.ZTc7DaM
乙!
そして、なんかわけもわからず、涙がこみ上げて来るんだがw
いかんなぁ、世代直撃だとクるものがあるぜ…

304名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 01:35:31 ID:g39uoQNs
おつ
原作だと殺されかけたとこに「ちょっとまった」って座から飛んできてくれたけど
よっぽどの幸運だったんだね

305名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 01:53:51 ID:gBKFo0Q6
クソワロタw
もうコイツらが優勝しても違和感ねえwwww

306名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 01:55:06 ID:3JWstbbQ
一昨年のクリスマス短編見直したら、繋がってて吹いたぞw
一体何度我々の前に立ちはだかるんだこの>>1は!

307名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 01:58:01 ID:4EorQaHo
やらない夫自体がイレギュラーの極みに属するマスターだからな
そうじゃなきゃ今までの英霊で誰一人、なんの記憶もない奴が勘だけで勝てる相手じゃないw

308名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 09:06:18 ID:B1XmGmKs
あれ?
できる夫ってもしかして…あの人なのか?

309名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 09:08:13 ID:l1V8YpyA
まあ、ゴースト云々がまんまだったからな…

310名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 09:30:23 ID:l1V8YpyA
そういえば、読者からのはがきの中で3.11の震災が預言されていたのって、MMRだっけ?
それともあれは別の雑誌だっけか?
去年、2chでちょっと話題になってただけだから良く覚えていないけど…。

311名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 15:21:44 ID:R/ZdHOtA
この流れだとEXTRA世界のノストラダムスは未来を予言し
fate世界のノストラダムスは平行世界の未来を予言したのだろうか
どちらにせよ型月世界基準だとかなり凄い人だよな。

312名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 15:38:43 ID:FTIBcREM
どうだろ、予言の内容が同じとも限らないし、
案外Fate世界のノストラダムスは世界にそった予言をしてるのかも

313名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 18:02:24 ID:/eaF8/Fg
どう考えても【ジャム製作A】を持ってそうだなノストラダムスww

314名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 19:24:15 ID:TL61M4DI
遅れたけど乙!

最初泣きそうになってたら最後で爆笑したw

315名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 20:08:32 ID:6jIQ3Rdc
しかし近代の英霊になればなるほど、クラスに偏りが出る感じだな…
セイバー・ランサーは減り、アーチャー・ライダーは増えるイメージ

316名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 20:20:24 ID:YhE40ctg
まあ普通に剣や槍を使うような弱者は淘汰されていくからなー
セイバーとランサーは戦場において所詮前時代の遺物なのだ……

317名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:02:37 ID:Oi670V5o
近代の英霊でも、EXTRAのアサシンみたいに、ただでさえチートなのにランサーにしたら更に強くなるようなやつも居るぞ。
型月世界だと、剣や槍を使うから弱者とはならないような?

まぁ、ライダーが一番多そうなのは否定しないが。

318名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:19:02 ID:LlECt4LE
アインシュタイン曰く、第三次聖杯戦争では石と棒が武器として使われる
きっと第三次世界大戦の英雄はセイバー適性を持っているに違いない

319名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:19:53 ID:LlECt4LE
×第三次聖杯戦争
○第三次世界大戦
Fateにはまっていると、素で間違えることがあるから困る・・・

320名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:22:49 ID:G7fzW1Y2
近代戦で思い出したけどどこかの時報のサーヴァントの人、
シモ・ハユハと読むのが正しいとフィンランド大使館からツイート回ってるとか
正確に発音すっとその表記も微妙らしいんだけどなー

しかしユーティライネン姉妹も把握されてしまってるとは……

321名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:33:41 ID:g6xDH0yg
>>318
それって「第3次世界大戦ではどんな武器が使われるか分からない。第4次なら分かります、石と棒。」ってやつじゃないのか。

322名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:42:47 ID:Oi670V5o
文明崩壊後、人間が生き残れれば良いんだけどねぇ。
反陽子とか、マイクロブラックホールとかまで技術力が上がっちゃうと、文明崩壊と同時に戦争で人間が滅びる可能性が高いからなぁ。

型月世界だと、この辺はどうなってんだっけ?

323 ◆aajRqaKlT.:2012/01/30(月) 21:46:04 ID:npqK5QEU
型月世界の超未来>Notes.を待て! みたいな? いつ出るか知りませんけど!

324名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 21:54:57 ID:K9c3t7RU
>>321
これだな

325名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:00:08 ID:kB8Zp9FU
XXXX年 世界は 新第五要素(ジン)に包まれた
海は枯れ 地は裂け
あらゆる生命体が死滅したかに見えた
だが 人類は死滅していなかった!

そんな素敵な未来

326名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:01:14 ID:bfHX/pVc
型月だと(原因は知らないけど)文明崩壊、というか人類滅亡は不可避じゃなかったっけ?
キザな方のワラキアが言ってた。

…ムーンセルって、言ってみればあのヘルメスの完全上位互換になるのか。
アトラス院が欲しがるわけだ。

327名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:07:57 ID:V3IVGP3s
そして第5次世界大戦では斬撃皇帝が使われるのだな

328名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:11:17 ID:Cx40pLpI
>>198-200
そうなんだよな、『神の雫』の原作者の亜樹直がキバヤシのペンネームの一つと知って
あの漫画に対する印象がガラリと変わっちまったよw

329名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:22:16 ID:iRGI77rI
俺は、なんか納得しちまったな。

あの人、ライバルキャラがワンパターンなんだよな。

330名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:22:48 ID:g6xDH0yg
>>318
正確には>>321だし、これは核かもっと強力な兵器で文明が滅び、
原始人レベルになるって言う皮肉だから、適正で言うならバーサーカー(野蛮人)じゃねえの。

331名無しのやる夫だお:2012/01/30(月) 22:48:09 ID:09BTzLT2
むしろセイヴァーだろ
世紀末救世主的な意味で

332名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 00:19:51 ID:u3VEHlGU
バーサーカーは別に野蛮人じゃなくね?

333名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 00:40:36 ID:ebM1SL5M
バーバリアンと勘違いしてないか?

334名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 00:53:14 ID:wVz3Y8Tk
未開部族の戦士ならウォーリアだな
一応侍もこれに該当する

335名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 03:58:41 ID:vUH8Jqfg
クラス設定を行ったのが、科学嫌いな魔術師故の偏りかもな

336名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 12:48:13 ID:Kzej5HKg
ヘラクレスは紳士の鑑だからなw

337名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 16:57:53 ID:Oh3Jqbe6
バーサーカーとして呼ばれているせいで狂戦士のイメージが強いかもしれんけど
原典では「パワーでダメな事には頭を使おう」っていうタイプだし、機転の効くタイプだからな。
血筋的には王族だし優れた教師もいるしで性格面でまともでもおかしくないんだが
タイころでのあのキャラ付けはひっくり返りそうになったわwww

338名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 17:50:47 ID:y8gyuB96
でも良い女みつけたらレイプが基本ですよね

339名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 19:49:36 ID:lUTxHi36
>>338
ゼウスパパからしてそうだからねえ

340名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 20:17:22 ID:ZgoQMbao
エルキドゥだってレイポゥして人間性ゲットしたんだから何をか言わんや

341名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 20:44:34 ID:Kzej5HKg
いや聖娼だからあっちの人はお仕事w

342 ◆aajRqaKlT.:2012/01/31(火) 21:03:25 ID:LLEX./Qo
聖娼の人の姿コピーして晴れて男の娘になったエルキドゥさんなわけですがこの場合百合なんでしょうかノーマルカップリングなんでしょうか。謎は深まりますね。

343名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:13:46 ID:k.qrgu1M
男の娘×女の子を百合とは呼びたくないなあ
男の娘の方が性同一性障害とかならまた話は変わってくるけど

344名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:15:45 ID:3ebOpmyM
三日三晩ヤって賢者タイムになったんだ。何も問題ない

345名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:17:45 ID:nzCFHKFY
>>332-334
剣技も何も無しで棒切れ振り回すだけの奴をセイバーとかは言えんだろう。

346名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:19:36 ID:QzBxU4Lw
>>345
剣や槍や斧で砲撃行う奴をアーチャーと呼んでる時点でその辺は恐ろしく曖昧だと思うぞw

347 ◆aajRqaKlT.:2012/01/31(火) 21:26:04 ID:LLEX./Qo
セイバーであるかどうかって「宝具となりうる剣を持ってるかどうか」くらいの感じじゃないかなーと思ったりはします。
そしてオリ鯖を考えるとどうしててもセイバーとキャスターばかり出来ていく罠。
そのせいで手元の進行表で4回戦時点の生存者に未だに「未定」枠があったり。
もちろん今後出てくることもありませんが>未定枠

348名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:44:48 ID:jU3qZgMA
確かに、剣士系と魔術師系の英霊はやたら多い

349名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:47:40 ID:CEn1KrHU
一番探すの苦労するのはやっぱりランサーだな

350名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:50:51 ID:1adFb0kA
逆に、あの世界基準で考えてみると
ランサーという役職を作りたいほどにランサーとしての需要があったのか?
やっぱ、ケルト系人気なのかな

351名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:55:23 ID:Bc4nfvnE
ランサーって槍限定なのか、ポールウエポンならOKなのか。
ポールウェポンOKなら中国とかは結構いるよな

352名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:57:20 ID:wi9Itt6A
一応戦国の前までは槍ってメインウェポンだから、それで有名な武将多いのよ
西欧の騎士も同じく。

353 ◆aajRqaKlT.:2012/01/31(火) 21:58:37 ID:LLEX./Qo
ランサーはネタが辛いですが、ライダーもAAの関係で作者殺しではあります。
以下3回戦書いてる辺りで考えてボツにしたサーヴァント

               ,. ─  、          ,,  ─  、
              /:}      \     {         \
           __ //ノ    r'⌒}─……‐┴<⌒}、_  }
            / : 廴\_ ┌┘/⌒ヽ::::x=ミ:::::::::\::\丿 :八
         /: : : : : : \ .} 丿 ./::::::::/:::::::::::::::::\:::::::::\::`ヽ /\
        {: : : : : : : : :.(⌒)//::::::::/:::::::::トrr\:::::ヽ:::::::ハ::::::\ ノ
         、 : : : : : ノ}厂/::::/::::::::::{:::::::::::{   |:::::::}:::::::::::}::\ハ}
            \: // /::::::|::::::::::::|:::::::::八   }/::/|::::::::::|::::::::\
   | ̄l ̄ ̄ .// //ハ::}|::::::::::::Ⅵ;;;;;;;;;;}  ,.斗ァ::::::::}|::::/⌒ヽ
   |  |   // / /   }八\:::::::弋テ=   ヒツ |::::::::::|::/ \
   |  |{ // ∠.____ x==ミ\\::::|    、   |:::::::}ノ⌒ヽ   ー────┐
   |_l.{ {廴丿⌒ヽ / : : : : : : \ハ}   ┌‐ァ /{|:::::::|\>   \ __     .ノ
      | |(_乂_ ノ彡: : /⌒ヽ : : : : ≧=ニイ  八::::::|____\  `⌒ヽ(
      | |\    {: ∠⌒ヽ:::::::’, : : }nnn{ /:::/}ヽ| r==ミ
      | |:  \  /)   \\ :::}: : ノVVVV∨::://  (⌒) : : }───-  . .
      |__:}\r'⌒\(⌒)   \V/ ̄  {ハ  ∨/  / / : : : ノ\::::::::::::::::::::::::::::::丶
         {: : : : : ゙:、 \  /:::/     Ⅵ   ’,./ /: : :.rへ::::::\⌒丶:::::::::::::::::::::\
       //`ヽ: : : : : \\ノ::::{      V\   }/: : :ノ   \:::::\  \:::::::::::::::::::\
       /:::::′   }\: : : : :ヽ|:::::;廴x==ミ _\ノ _ /廴/ \/   }:::::::::\ヘ. \:::::::::::::::::::\
.    /::::/,   八: :\: : :ノ{⌒::::::::(  ):):::::::::〃 }}: : : \  ,′  /ハ::::::::::}/   \:::::::::::::::::::\
    {、::::\,′  /: : \{⌒´ くア/⌒} /\::廴ノ.: : : : : : /   / / \:/       \:::::::::::::::::::\
      \:::::′  ハ: : : : \   .//{⌒´:::::::l:::\}⌒ヽ: : : :厂⌒} ,, ─…く⌒ー一'⌒ヽ ::::::::::::::::::::\
       /  /:::::{: : : : : : \く/{  |:::::::::::::::}::::::::}    \/  ./´      }: : : : : : : : : :\::::::::::::::::::::::\
      厂 ̄}:::::::::`~~~⌒\ : : ∧ ’,::::::::/::::::/   / {  /〉       |: : : : : : }: : : : : :>、 ̄ ̄ ̄ ̄
      ,    :|>⌒f二二}::/⌒}x===ミ >::::::{::::::∧⌒ ̄ ∧ /ハ        ""⌒⌒ \: :{: : : {、
     ノ /⌒} ̄ ̄(_)ハ ∨/〃⌒ヽ}::::::::::i:::::| } ̄/{ Ⅵ  ハ       ,′      V: : : : :}
    / / _、 )/ ̄__丿 :}く人_ノノ:::::::::::::::::}[:}/   ̄ 乂_丿              廴 : : {
   /{厂   }/ /   二ハ ゝ─〈 ',::::::::::::/ /      ..::/         /             ̄
  /   /二/ /`¨¨¨¨´ /      \ ̄ ̄ イ     ..:::/
. {  { 廴ノ  丿`¨¨¨¨ マ´           ヽ    {    .::::/        /
  丶  ー一"´         ` =‐  _   ',   /   ..::::/      /
    `  、                   ー一'´ ̄ `ヽ ./

『ライダー・源九郎義経』
宝具:比叡山の僧侶達が作り出した巨大ゴーレム武蔵坊弁慶
    暴走して侍達を襲っていたのを調伏してコントロールを奪い返したという王道ロボもの設定

ボツになった理由:アポクリファが発表され、弁慶が(恐らく)人間だったことが明らかになったから
(それを踏まえて千枝外伝での巴御前の発言となっています)

なお、僕は日頃「ムーンセルのバグで狂った歴史の英霊と言うことで武田赤音(@刃鳴散らす)とか出せねえかなあ」
とか妄言吐いてはできる夫作者に「出してどうするんだよ! あとハナチラキャラはAAないから!」とか言われています。

354名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:58:41 ID:jU3qZgMA
適当に作って行って、ふと気付くとバーサーカーが北欧の連中で埋め尽くされるという

355名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 21:58:42 ID:Gs/IMiOs
ランサーはかなり多いと思うけどな
投槍系の逸話持ちは一杯いるし、それ以外に槍振るう英雄も含めればそれこそ山ほどいる
長物ってだけで含めるならさらに増えるし

356名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:02:25 ID:rytcxmw6
アポクリファといえば、金太郎の解説であの世界の酒呑童子は女の子だったのがはんめいしたが、
それでのこる三大悪妖怪最後の一人の崇徳上皇も女性だったんじゃてなこと考えてしまった自分。

357名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:02:30 ID:/6wm5OQg
モビーディックがエネミーで出てきたし、エイハブとかどうよ

358名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:03:07 ID:nzCFHKFY
>>351
呂布にランサー適正あるし、三国志の武将って殆どが槍とかの長物持ちだから適応するな。
関羽の青竜刀もサイズ的にランサー適正と言っていいんじゃなかろうか。

359名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:03:50 ID:yI7zkNV2
すごい逸話があるのに、剣も弓も槍も馬も使わず(素手または鈍器がメインウェポン)、魔術や暗殺とも縁がないのも居たりするよな

360名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:06:01 ID:wi9Itt6A
鎌倉スレを読んでると、日本限定聖杯戦争がしたくなるから困るw

361名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:06:36 ID:CEn1KrHU
意外と斧使いとか竪琴使いとかいるよねえ

クラスが浮かばないけど

362 ◆aajRqaKlT.:2012/01/31(火) 22:07:45 ID:LLEX./Qo
まあ鈍器とか斧は逸話次第でバーサーカー行ければいいね、とかかなあ。楽器系はキャスター枠でしょうね。

363名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:09:27 ID:jU3qZgMA
間違いなく格は高いのに、個人武勇もなく、特殊な武器も持ってなく、宝具化できるほどの逸話も持ってない奴とか、凄い困るよね
そんな奴サーヴァントにすんなって話だけど

364名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:10:52 ID:rytcxmw6
>>360
そういうSSあるぞ。
ttp://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=type-moon&all=30553&n=0&count=1

365名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:11:02 ID:Gs/IMiOs
というかボツの義経は伝説拾ってくとかなりヤバイ部類になりそうだが
義経は全ての剣術の源流である京八流を修めているそうだし、るろうに剣心並の超剣技使ってきそうだ

366名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:15:29 ID:hCSHdctk
伝説で言ったら死なずにモンゴルに渡ってチンギス・ハンになったとかもあるしな。へたすりゃ日本モンゴル混合の王の軍勢出せるかも。
明智光秀も死なずに天海僧正になったとかいう説もあるし、侍なのにキャスター枠で出ることも可能かも?

367 ◆aajRqaKlT.:2012/01/31(火) 22:18:46 ID:LLEX./Qo
ま、「義経」として呼ぶ限りはモンゴル軍は使えないとかその辺じゃないですかねー。
しかしマジでやりたかったんだよなー。巨大ロボ弁慶による「お前どこのジャイアントロボだよ!」戦闘。
まあ可能な限り公式設定は拾うというゲッシュを己に課したスレなのでやりませんが。

368名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:23:52 ID:YI1xBk.E
赤セイバー見る限り、別にセイバーに剣って密接な関係は必要ない気もするんだよねww

369名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:41:41 ID:quSEi.aQ
>>368
剣は武器としてだけでなく、権威の象徴としても大きな扱いを受けるからね。
剣士としてだけじゃなく王様としての適正が加味されてるのかも……w

370名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:45:28 ID:wi9Itt6A
剣を死の象徴ととるか、王権の象徴と取るかでもまた変わってきそうだね。
男根の象徴って説もあるな・・・

371名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:51:07 ID:YI1xBk.E
でも赤サイバーのところだと王権の象徴って月桂冠とかだったようなw

372名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:51:10 ID:Kzej5HKg
>>363
宝具持ちのくせに素手の方が強い人とかいるよなw

373名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:55:57 ID:G/3l0XxY
ひょっとして、元帥刀を貰ってる近代日本元帥の英霊もセイバーで呼べるのかな?
有名どころだと山縣有朋とか東郷平八郎とか。

374名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:56:13 ID:hkDqOp.Y
>>365
天下繚乱っていうTRPGがあってな?
明智光秀が天海だとかその嫁さんが巨大ロボ使いだとか
義経と牛若丸とチンギスハンのバトルロイヤルとかやらかすよ?

375名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:56:56 ID:sYwd8HWg
>>353
武蔵坊弁慶にイデオンのAAをあてたやる夫スレがあったなぁw

376名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:59:05 ID:wi9Itt6A
>>374
ああ、シャーロックホームズが聖徳太子にデモンベインするRPGかw

377名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 22:59:33 ID:wi9Itt6A
>>375
それを見てると>>360になるのだよ

378 ◆aajRqaKlT.:2012/01/31(火) 22:59:45 ID:LLEX./Qo
>>375
あの弁慶は八幡大菩薩なので神霊扱いでありつまり聖杯戦争に出られませんね!

379名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:01:02 ID:kiLdq4b6
>>373
東郷は普通に示現流の達人だしステータスが十分ならいけるんじゃね?
宝具は肉じゃがで

380名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:02:03 ID:ZTFLr4Xs
「倒れるな」っていう命令受けたが故に限界を超えても駆動して立ち往生するロボ弁慶とか確かに見たい

浦沢直樹のPLUTOみたいに普段は人間型で戦闘時にだけ巨大ロボに頭脳とかを移すって
感じで行けば何とかなりそうな気もするぜ

381名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:03:31 ID:kZZiPLE.
>>373
有朋さん槍の名手でなかったか?

382名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:17:00 ID:ZgoQMbao
維新の元勲クラスなら武勇伝持ちはいると思うけど
あの時代なら新選組勢とかいるしなー
そもそも時代が下るに連れて弱くなってるってのが型月世界らしいしな
だから円卓の騎士と互角に戦うBANZOKUとかいるわけでw

二の打ち要らずの人?知らんがな(´・ω・`)
というか、中国武術の達人で二の打ち要らずの人より以前の拳士って
とんでもなさすぎてどうあがいても他が負けるってなるんじゃあ…

383名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:28:04 ID:k.qrgu1M
>>376
八艘飛びで八人に分身するアレです

384名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:32:41 ID:G/3l0XxY
>>382
それは守護者は英霊として持つ神秘の量によって強さが決定してしまうからで、ムーンセルのデータから再現された英雄には関係ないんじゃないか。
同じ英霊でも、あれは守護者とは別の存在だろ。

385名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:40:26 ID:k.qrgu1M
>>382
沖田の三段突きあたりは燕返しと同じような魔法レベルの技でもいい気がするけどな
近藤は……絶対に武器が折れない、とかかね。すごく地味だが

386名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:42:42 ID:/6wm5OQg
三段突き・・・それは現在過去未来の3つの時間軸から同時に相手を貫く、
第五魔法の領域に達した全く新しい剣術である・・・!

387名無しのやる夫だお:2012/01/31(火) 23:50:29 ID:yI7zkNV2
河上彦斎だと「最初の一発(居合い抜き)だけはガード不可、本人も手加減できない」とかになるのかね

388名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 00:09:09 ID:U/awHQr2
ギリシャ神話の英雄は得物が槍か棍棒か弓なことが多いな
たいてい無名なので名付けるのに苦労するけど

389名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 00:14:31 ID:31ZWShPE
ペルセウスさんは鎌使ってたような

390名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 01:03:30 ID:zzxaeJtk
ペルセウスさんは概ね幸せな生涯だったという点でも珍しい英雄

そして誰もハナチラの話題に乗ってなくて泣いた
これはもう古今の剣豪をサーヴァントにした聖杯戦争をナラハラが書くしかない

391名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 01:36:08 ID:TYJ4.kSI
サザンクロスさえ越えていける〜♪

392名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 04:12:12 ID:vHkY20p6
赤セイバーがセイバーなのは、セイバーは最優→ならば予にはセイバーが相応しい(キリッ)
と皇帝特権でねじ込んだもんだ思ってたわ。

それはそうとハナチラはアレだけ散々剣術について魅せながらも
「まあ、所詮銃のほうが剣より圧倒的に有利なんですけどね」な世界観だからなあ
村正の方なら装甲すれば銃弾を見てから掴み取るくらいはできる世界観だから
結構いい勝負ができそうな気がする。けど、景明さんを呼んだらその時点でほぼ詰み確定な気が…

393名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 04:27:44 ID:83Q2AtyY
村正も結局は数と銃弾揃えた方が強いって時代の流れになってたなー
まあラスボスはそんなの関係ねえ! と言わんばかりの戦闘力を魅せつけてたが

394名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 08:25:54 ID:2AY0PhFA
求道者は強弱なんかじゃなく極めたいことを極めるんだよ

395名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 16:11:52 ID:rsRvLzOg
軍隊は実利主義でないと立ち行かないからな
より確実で効率的な勝利を求めて

396名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 22:01:43 ID:u/s7AT7o
オカリン見て思ったけど、Extraって未来の英霊は呼べるのかな?
アトラスが未来演算して滅ぶしかないみたいに言ってたけど、その近辺の英雄とかも登録されてんだろうか

397名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 22:09:54 ID:akTgJYDE
GODOさんアチャで召喚とか?

398名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 22:25:50 ID:Cdss8ikI
未来英霊……弥勒菩薩の出番か
英霊の枠に収まるかは知らんがw

399名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 22:35:52 ID:31ZWShPE
しかし、あの日本限定聖杯戦争で、セイバーやってる英霊は、
本来一番向いてるクラスはアサシンだと思うけどな…。
次点はバーサーカーで。
正面から剣戟で技と力で倒した話がほとんどないものな…。
素手でつまみ殺したり、不意打ちかましたり、火攻めしかえしたり…。

ついでに奸智に長けた英霊というとギリシャ神話の
なかなか故郷に帰れなかった彼が思い浮かんだが、
彼はたいていアーチャーかランサーしか思いつかんなあ…。

400名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 22:45:17 ID:aGHH1r9I
まあ、菩薩はどこまで仏に近づいても人なのでセイヴァーさん呼べるんなら問題はなかろう

401名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 22:57:43 ID:fvmoC6uE
>>399
大東流合気柔術が太祖扱いしてたり。なんでも熊襲討伐の直前に開眼したらしい
民話だと九頭龍退治で「口から入り込んで腹の中から食い破る」とかやってる

402名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 02:55:11 ID:kovvF2vk
日本でやったらアーチャーあの二人が真っ先に出るな
モンスター為朝か一発屋与一
…ここの巴は与一相手で良かったなあ、為朝+レールガンキャストとか
塵ひとつ残さず消え失せかねないぞw

403名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 03:26:16 ID:whX1GjWc
必中の与一だからこそレールガンが生きるんじゃねーの?

404名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 03:33:36 ID:kovvF2vk
うん、為朝さんなら命中率云々より速射性能上げるコードキャストで
船ぶち抜く一発を乱射したほうが恐ろしいことになる気がする

405名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 13:15:01 ID:/fpim22Y
弘法大師あたりをキャスターじゃなくてランサーで召喚出来たりしないかな…

406名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 13:16:33 ID:pfrJhTFo
為朝さんの矢は到達点では光速を超えて質量が無限大になるらしいからなぁ

407名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 13:24:43 ID:R0kGB.4M
セイバーだったら剣豪将軍かな
リアルUBWな最期

408名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 14:22:32 ID:t9fHaBAo
太閤5の鬼性能が再現されたら剣聖上泉でもいいからもしらんw

409名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 16:15:03 ID:R2g4Jrws
ガウェインVSモードレッドとか番外でやってくれたら歓喜しすぎて死ぬ

410名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 19:02:13 ID:9TlOgp3U
キラの英霊が誰になるかだな

411名無しのやる夫だお:2012/02/02(木) 19:20:25 ID:nGlZ4686
日本英霊でなら豊五郎をだな・・・
知名度がない?ごもっともでorz

412読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 20:45:59 ID:2LPNLJuQ
どうせなら三浦荒次郎をだな……
多分魔眼持ちで宝具は『油壺』

413読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 20:48:56 ID:zqFr7b.w
>>408
転を使って、マスターもろとも敵を惨殺するわけですね、解ります。
あれは全体への個別攻撃だからなぁ。
アリーナ内で使われたら、サーヴァントは耐えられても間違いなく敵マスターが死ぬ。

414読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 20:49:09 ID:7i.75NfE
キャスター:源頼朝 戦争で負けたのに、気づくと政治的に勝っちゃう

415読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 20:49:46 ID:7i.75NfE
>>413
あの人シーン攻撃するからひどいよねw

416読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 21:03:09 ID:eCzQ7rsw
コレクションしてた名刀を畳に刺しまくって公式戦場殺人記録武将部門堂々の一位だっけ?それでも50人だかって話だが
最終的には畳で四方から押さえこんでブチ殺すしかなかったってんだから大概だわ

417読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 21:46:00 ID:C9ewd3bA
それは剣豪将軍足利義輝
政敵の三好に暗殺指示だしたりしてたみたいなんでアサシン適正もありそう

418読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:33:00 ID:k6Optmeg
小次郎もイレギュラーとは言えアサシンになっちゃってたし、
日本の剣豪はセイバーよりアサシン適正が高いんだろうか

419読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:38:08 ID:ewHts7Ck
佐々木さんは逸話的には不意を討たれて殺された側な気も。

つーか、セイバーで新免さんが出てこないのが、このスレらしいというかww

420読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:40:08 ID:whX1GjWc
>>407
あれは明らかにリミテッドだろw

421 ◆aajRqaKlT.:2012/02/02(木) 22:44:49 ID:Zj7bithc
まあ和サーヴァントは時代を下れば下るほど真っ向勝負向きではなくなって、アサシン以外該当しなくなっていくんじゃないかと。
鬼退治の逸話がある古い時代の英霊ほど強く、人以外と戦わなくなると神秘はなくなっていくでしょうしね。

422読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:46:31 ID:55BmIiAo
秋山兄弟ならライダーになりそうだ

423読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:56:39 ID:UqA.L8m2
鬼退治っても頼光は暗殺だし神代のヤマトタケルも女装で暗殺だし、スサノオも酒のませて暗殺だし

424読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:58:14 ID:JltKSO3.
正々堂々鬼退治した有名人って桃太郎くらい?w

425読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 22:59:53 ID:fF7UkFHA
>>424
鬼ヶ島に引きこもってた鬼達って退治されるようなことしてたのかねぇ。

426読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:00:09 ID:whX1GjWc
暗殺'も'してるなら別にセイバー枠でも…

427読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:00:15 ID:x58tLg/A
一寸法師も鬼の中に入り込んで…

ほんと日本の英雄って暗殺系ばかりだなあ

428読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:01:39 ID:whX1GjWc
>>425
桃太郎のオニは一応略奪したり都攻めたりしてたって設定だろ。原典は知らんけど

429読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:01:57 ID:x58tLg/A
>>425

そういえば、過去に桃太郎話のひとつに鬼の姫を嫁に取るために
のりこむってタイプの話を聞いたことがあるな

430読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:07:48 ID:4YHW/7lk
それが桃太郎伝説における夜叉姫の原典なのかしら?

431読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:09:00 ID:nGlZ4686
桃太郎女説と混ぜると、鬼の王子を婿にするために乗り込むお話になるというわけだな
なんという肉食系

432読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:09:10 ID:JoKmGV.c
ある意味人間が真っ当な方法で化け物に適う訳がないという事を説いてる様にも見えるな>日本の英雄が暗殺系ばっか

433読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:11:49 ID:/fpim22Y
知恵者が力自慢をやりこめるパターンも多いしな

434読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:15:43 ID:2LPNLJuQ
モデルの吉備津彦は直線距離10km以上で狙撃して片目抉った後、鷹や鵜に変化して追跡・斬首
うん、人間じゃねえ

435読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:23:47 ID:samNera6
アーチャーとキャスターがいけそうな桃太郎だな、モデル

436読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:27:02 ID:ox.2otis
>>432
あれじゃね?
敗者への憐れみというかなんというか
あんなに強かったんだよ〜、卑怯な真似さえされなければ〜って感じで
日本の英雄は歴史的に勝者が多いような

無茶設定が追加されるのは敗者の側じゃなかろうか
例えば円卓やらなんやらは現実ではさんざん蛮族にやられたから物語ではせめて、
っていう願望でできたんじゃね

437読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:34:27 ID:pv242VyQ
日本には判官びいき的な文化があるしね

桃太郎の話はQEDという推理小説を読んでからそこにあった解釈を信じている俺

438読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:38:34 ID:crqD18RU
鬼という本来なら勝てない存在に知恵絞って勝つっていうのは
治水工事とかして洪水とかの自然災害を防ぐという図式に似ている気がするな
鬼が人間が勝てないくらい強いってのは自然の象徴っていうのもあるのかもしれん

439読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:38:35 ID:ewHts7Ck
和で近代でライダー…坂井三郎氏?

440 ◆aajRqaKlT.:2012/02/02(木) 23:41:45 ID:Zj7bithc
ま、一応言っておくともう出すサーヴァントは基本的に全部決まってます。
「基本」なのは「やっべーこれ話の流れ的に回想シーンで誰か殺っておかないといけないな!」という事態が発生することがよくあるからですね。
……あれ、じゃあ決まってないんじゃね? いいやそんなことはない、無いんだ!

441読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:42:39 ID:x58tLg/A
桃太郎の宝具はなんになるのかな?
てか該当クラスってどれになるんだろう?

442読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:44:30 ID:2LPNLJuQ
古い話では神仏の力を借りて、という展開も多いな
坂上田村麻呂の八面大王(観音菩薩)とか悪路王(鈴鹿御前)、平維茂の紅葉狩り(不動明王)等
宗教の喧伝も兼ねて

443読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:47:00 ID:55BmIiAo
出落ちのミストさん組はなんか印象に残ってるw

444読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:47:15 ID:iMLCs4Uc
>>441
ライダーで犬猿雉を召喚

※TSUBAMEやINOSHISHIを見てわかるように型月世界の動物はとても凶悪です
 多分幻想種だと思われます

445 ◆aajRqaKlT.:2012/02/02(木) 23:48:06 ID:Zj7bithc
鈴鹿御前は千枝のサーヴァント候補として調べたりもしましたね。
調べた後「あれー、鈴鹿御前と鈴鹿権現って別なの!?」ということに気付いてそっと資料を閉じた。

446読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:49:26 ID:nGlZ4686
>>440
まあうん、それとは別にこうやって雑談するのはどうしても盛り上がっちゃうよね・・・w

>>441
セイバー、アーチャー、キャスター辺りはいけそう
酒飲ませて奇襲説もいれればアサシンも、トリビアで有名になったあの絵も込みならバーサーカーもいけそうな

447読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 00:50:20 ID:avt2X/uQ
>>441
どっかで、真正面から奇襲し、しかも殺すことなく「こらしめて」
制圧したアサシンってネタを見かけたなぁ

448読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 01:04:10 ID:lWfDgAZA
>>445
鈴鹿御前と鈴鹿権現と瀬織津姫命は同一視していいんじゃないか?
シグルドとジークフリートぐらい性格違いすぎワロタな状態じゃなければの話だけど

449読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 01:40:16 ID:9GYaxf.k
日本の英霊と真田幸村とかキワモノ的にも使えそうだよな
実力開花せずに大坂でも足引っ張る側にいたとされる「現実の」信繁と
講談などで語られた神算鬼謀の持ち主で武勇もあり、10人の超人を部下として引き連れている「幻想の」幸村
との乖離があったら面白そうw具体的には講談要素が宝具になっててパラやクラス詐称まで出来るとか

型月的には十勇士もいるだろうし、信繁も幸村に近い力を持ってるんだろうが

450読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 01:47:23 ID:uX8.uWXk
光圀とか吉宗が里見浩太郎顔で出てきそうだな。

451読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 04:27:51 ID:X7Ag1JmI
>>441
吉備津彦として呼ばれりゃアーチャーだろ
第4次のセイバーみたいに違う属性で呼ぶと
彦稚武彦命がでてくるんじゃね

452読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 18:24:11 ID:WH1U2uAA
むしろ、サーヴァント七騎全てが「桃太郎の原型となった英霊」とかで、
そこから始まるスーパー桃太郎大戦聖杯戦争をだな
ネタバレ:桃太郎が勝つ

誰かやってくれないかなあ・・・
しかしこんな話題のうちに節分を迎えるとは鬼さんも悲惨やな

453読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 19:43:44 ID:Im8I3EPA
今更気付いてキバヤシ編を読んだけど、サーヴァント召喚時には
すっかり話に引き込まれていて、真名発覚時に思い切り吹いたw
予言の効果は不明だけど、真偽いずれにせよ、キバヤシが演出
してサポートすれば十分強力なサーヴァントになりそうだw

キバヤシは、ヒーローにはなれなくてもヒーローを生み出す
手助けは出来たと思う・・・・・・・・昔みたいに

454読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 00:44:45 ID:IPv0AAYE
未来を変えるために過去へ跳んだノストラダムス様の大予言か・・・
そりゃ当たるわきゃねぇよなぁ

455読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 07:01:41 ID:6VDCyV2E
英霊桃太郎なら某スレのExtraの予告でいたなぁ

456読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 19:01:44 ID:Z3y3ttJI
ランサー:本多忠勝とか誰でも思いつくことを思いついたが
戦場でかすり傷ひとつ負わなかった話をどう能力として組み込むかとか思いつかない
組み込んだ場合指切っただけで死んでしまうしな!w

457読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 19:08:38 ID:BwAwGxbE
全ステータス、特に速度や幸運や直感に超強化ボーナス
ただし一度でも攻撃を受ける(もちろん自傷含む)とボーナスが全てマイナスの呪いに反転する

とかどーよ

458読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 19:08:57 ID:LMq8JWe.
武術の腕は大したことなかったって逸話もあるし
攻撃の方が勝手に忠勝を躱していけばいいんじゃないのかね

459読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 19:27:09 ID:UdNTgQJk
そこで黒田武士こと後藤又兵衛をだな

460読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 19:37:40 ID:wpDpnrs6
>>459
母里「ちょっと待った」
というか日本号は宝具としたらどんな効果になるやら

461読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 19:57:02 ID:ELXr49PA
蜻蛉切なら、物理防御無効と重量・長さ変化でいい気がするが。

持ち手の解毒能力を中心とした生命力活性化(母里友信の酒飲みエピソードから)で
耐久ステータス1ランクアップ。
真名開放で刀身が分裂して無数の突きが飛んでくる(刀匠達が写しをたくさん試みた)って
ところかな?

462読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:59:36 ID:wpDpnrs6
>>461
おー、思ったより強いな日本号
青ランサー兄貴とも戦えそうだぞ

463読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 21:18:28 ID:lqUkhZTU
>>456
忠勝がランサーのスレあるよ。
更新停止中だけど、続きまだかしら。

464読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 21:32:50 ID:knXq.4XI
セイバーがヤマトタケルだった奴だっけ…?

465読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 21:36:43 ID:9tQ4jHsM
忠勝が武藤カズキだったあれか

466読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 22:24:49 ID:RHgeB2eg
>>456
掠り傷すら負わないほど硬いロボット

467読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 00:07:07 ID:8HliNwj2
http://www13.atwiki.jp/minasava/pages/202.html

地味チートと言われる皆鯖ランサー

468読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 00:09:56 ID:OY2VnMIY
えっこんなwikiあるの……
英霊選ぶときここに載ってるやつと被っちゃったら
「あ、アイツあれ見たな」とか思われそうでこえーな

469読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 00:11:30 ID:dpPqlFVc
ここに僕鯖wikiを加えると被らない鯖考えるのは無理ゲーになるぞ

470読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 00:18:59 ID:cc4L8.GM
被らない鯖のみでもできる……できるが、高確率で誰得なメンツになる
かっこいい!強い!有名!人気!という英雄・怪物の9割が皆鯖・僕鯖・SSに揃ってるわけで

471読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 00:44:45 ID:/FfMZm/I
ランサー本田忠勝で無傷伝説を考えたことあるが、俺の頭だと十二の試練の下位互換にしかならなかった

472読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 00:49:02 ID:ECIljjds
雑談スレとかないのか?

473読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 01:26:12 ID:pu9oA7SQ
>>472
ないな。あったらあったで管理でもめるから、>>1さんが必要に思ったら立てるでいいんでないの?

474読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 01:30:48 ID:nZA2Bm1Q
>>470
まあ被るのはしょうがないよな
その上でいかに独自性を出すかが作者の腕の見せ所(キリッ

475 ◆aajRqaKlT.:2012/02/05(日) 01:39:40 ID:qGwtUm.2
>雑談スレ
管理が面倒なんで今のところ立てる気はないです。
まあここで雑談しててもスレ内容に関係ある話題じゃない限り僕はあまり参加しないので
適度に空気読んでいただければと思います。
逆にスレ内容と特に関係ないのに食い付いてるときは「ああ、>>1は疲れてるんだな」と判断すると大体間違いありません。

>皆鯖とか僕鯖wiki
アイディアソースとして参考にさせていただいてはいますね。
あんまり神話とか幅広く知っているわけでもないんで、そもそもどういう英霊が存在しうるか、と言うレベルで。
まあ、パラメータとか宝具内容はできるだけ自分で考えてますけど。

476読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 01:47:57 ID:YXuTV5wI
>>33は疲れてたんだなw

477読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 01:55:42 ID:pu9oA7SQ
>>476
ああ、間違いないw

478読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 02:02:04 ID:U0ZwDj1A
スレはおろか、型月にすら関連してない誤爆を拾ったからな…w

479読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 03:47:34 ID:sfDvH5hg
>>455
どこのスレかよければkwsk

480読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 04:21:44 ID:Una2F.Ks
やんねえ香は四の五言わず聖杯に殴りこみに行くようです

481読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 05:33:42 ID:w4FMxfiI
そう言えば最近になって初めてキバヤシがただの奇天烈な人ではなく3,4本の漫画の原作を並行して行ううえに
ヒット作を数多く生み出した天才の類だと知った。1999年で挫折したならそれだけで漫画が10本位は闇に消えたんだなぁ

482読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 11:09:34 ID:PYKmv.vc
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%9C%E6%A8%B9%E7%9B%B4
このページの表記を信じるなら、うん間違いなく天才の部類だよ。

483読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 11:30:39 ID:fyF8geEo
でも、この人の関わった作品に、俺、金を落としたことねーなあ。
ものの見事に一作もない。
あんまりミステリーものが好きじゃないのと、微妙に漂う知ったかぶり臭が
その気にさせないって感じで。

484 ◆aajRqaKlT.:2012/02/05(日) 12:28:18 ID:qGwtUm.2
なお、リアル樹林さんが1999年に講談社を退職したというのを踏まえてこの展開にしたわけじゃなく、
前編書いた後でそのこと知って苦笑いの作者であった。

485読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 12:33:08 ID:hIEfuxY.
吹いたwww

486読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 12:55:05 ID:a4QlHJqk
退職した割には相変わらずマガジンで原作やってるよねw

487読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 13:09:35 ID:.3p2ImS6
退職と言いつつアナウンサーみたいにフリーになったって感じなのかね

488読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 13:36:22 ID:bYiZaiEI
編集業から原作業にシフトしたんかねwww

489読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 15:18:13 ID:sfDvH5hg
>>480
サンクス
あー、あの人の所ね・・・

490読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 16:45:56 ID:wXLL5BFI
>>488
編集者としてなら講談社からのお給料のみだけど
社外から原作者として関わるなら印税は青天井だから
だからといって、それで本当に成功できるのが天才だと思うが

491読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/05(日) 19:40:14 ID:nZA2Bm1Q
今気付いたが>>353って義経本人(の襲名者)じゃないか
AA存在したのか…

492読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/06(月) 13:14:46 ID:8QpyHI/6
>>483
微妙に知ったかぶりどころか、クニミツの政なんかは内容が出鱈目すぎて突っ込まれまくってたな

493読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/06(月) 19:24:06 ID:N8sqsBu.
>>492
そもそも未成年が選挙手伝うのって選挙法違法だからなあww

494読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/06(月) 21:47:00 ID:88bho3zg
お話ですからってタイプの作品でもないしなぁ
流石にそろそろ止めておくか

495読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 08:32:51 ID:9YwhG9iI
今どういう状況だっけ?
一回DEAD ENDになったのは覚えてる

496読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 14:44:45 ID:1pP/HTzc
ああ、トンファー流星落としでな>DEAD END

497読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 20:36:45 ID:0G48TDpE
サイコメトラー、金田一、ゲットバッカーズがキバヤシ原作だっけ

498読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/13(月) 20:43:43 ID:tO.kPEn.
クニミツもだな

499読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 01:13:47 ID:ESw8KxbE
いまWikipediaみてエリアの騎士もそうだったとしった。

500読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 11:48:53 ID:5etATINA
BLOODY MONDAYとシバトラ、神の雫もだな

501読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 15:30:20 ID:JD3V.bgw
パネェな
サーヴァントだったら宝具いくつ持ってんだよって感じだ

502読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 19:42:29 ID:eKAhgyLc
聖杯戦争の役に立ちそうもない宝具ばかりでランクも低そうな気が。

いちいちワイン飲ませないと引きずり込むことができそうにない固有決壊とか
ありそうだwww

503読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 20:11:26 ID:GttAbFhs
適当な場所に行くと遭難して迷い込んだ場所で殺人事件起こったりとか?

504読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/14(火) 20:35:53 ID:tovnbKOQ
探偵学園Qがミステリーサークルネタやっていたな。

505読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 01:16:50 ID:ugQ2RM4A
>固有決壊

なんだか知らんが強そうだw

506読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 13:55:23 ID:Ywgcb6X6
いったい何が決壊するというんだ……

507読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 14:36:53 ID:7Mt044Pw
ダムにきまってんだろ常識的に考えて!

508読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 14:38:27 ID:a8Agk0GY
おもらs・・・・・・いや、何でもない

509読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/15(水) 17:21:58 ID:wmsxZ6rI
「ユダ様は本当に頭のよいお方」

510読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 00:20:08 ID:EJqC9I62
ダムのコマンドミスでレッパ出ちゃうんだよなぁ
もうDAICHIスペシャル止めて!

511読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 22:07:24 ID:gHhCFoKk
>>510
お前が下手なだけです
コマミスは甘え

車一台分つぎ込め
そうすれば闘劇にも出られるようになる

512読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 23:37:35 ID:QiFlW0m2
それ隠しキャラじゃないですかやだー!

513読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 00:01:07 ID:rkSC2Yy.
>>511
お前、洗ってないゲーム修羅の臭いがするんだけど

514 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 17:35:22 ID:blQYIdmM
21時からキバヤシ外伝中編やりますー。10〜20コマくらいまだできてないけど3時間あればなんとかなると信じたい!

なお、できる夫クトゥルフ作者には「外伝なのに前中後編ってどういう事だよ!」と言われたけど後編部だけで100コマ行きそうだったんだもの……

515読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 17:41:49 ID:gv/ovUks
了解ですー

516読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 17:43:50 ID:kRhvEVZw
把握

517読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 17:51:40 ID:mh1QIfFM
キバヤシが英霊になって
手がけた作品キャラ召喚の宝具持てば
奪還屋キャラ呼んで最強だな

518読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 18:59:50 ID:Bcs8ODuw
これはキバヤシ主人公化あるで

519読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 19:35:14 ID:tEDjghvo
待ってました

520読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 19:54:16 ID:MkL1yiw.
キター
まさか続編があるとは

あまり他で出番の無いオカリンAAが荒ぶる様も楽しみ

521読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 20:41:05 ID:j0DStPf2
まだ中編ってことは後編含めてあと2回もキバヤシ編を楽しめるということじゃないか
キバヤシ&オカリンの魔術コンビが楽しみ

522読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 20:48:53 ID:O2sCVUQ2
ノストラダムスの戦い方がまるで予想できない件

523 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:00:00 ID:blQYIdmM

┏━━━───┐
┃Fragments .....┃
└───━━━┛

524 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:00:31 ID:blQYIdmM

             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´    カツカツ……

525 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:01:00 ID:blQYIdmM

.       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |   .|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /.  ̄ ̄ ̄ \ l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _           /           ヽ:|  |::::::     | |:::::
   /|         /                \|::     | |:::::       __
     |         /                  ̄ ̄ ̄ ̄| |:::     ___|
     |.      /                         | |:    ___|\ ヽ
     |   /                            ヽ|__|\ ヽ


     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ'      l     } :| \
            ゝx- 、_       ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  | カツカツ……

526 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:01:30 ID:blQYIdmM

.       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \/゙\            /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\ /   \.       /  |::::::::::::::::::::::         \
         || |. く     \. __/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |. \     \   |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||\     \ |  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄.  >    /.|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /    /.  \ l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _          /     ,、|.      ヽ:|  |::::::  / /    '´      `` ‐- 、_
   /|        ヽ    /| |      「|..゙\|:゙|、 / :      _.....   ‐‐--、::::::::、--`
     |         /. \ /  .! !   「| .|」 ./〉 ',  /::       `ヽ、::    ....`ヽ、::'、 ===
     |.      /.     `   | |   .¨ / /  }_'_::::          \   ::::::::::::ヽ、 ==
     |   /             l」   /./....  }、_:::::::``−-、            :::::__`ヽ
                           レ'.      l:::::::::::::::‐‐‐r‐、\::::.    ..  ::..  ::l ==
                              ,r‐、、‐、:::::::::// }r、ヽ、、 .  ::::...:::ヽ,  :! ==
     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..゙/ヘ |/|`ヽ、:::(゙ll /  _l_ ヽ', ::::  ::::::::::::\ l ==
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ,l {r  lハ/__ヽ、、ll、イr-,ゝ l :::: ::::::::::::::::l`ヽ ==
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!...!` ll l、ニ三__、;:、`ーr'  l !';::::::::|::::::::::l ==
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{.../lト、ll l`-ヾ'-ノ)_\;;、 。 }ハ!;;:',::::::|ヽ:|ヽ:l ==
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::| . ,-!:::` ー‐‐‐'::´:::::/::ヽ、 -イ::::ィ::::| |  ヽ ==
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V゙:::::l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ヽィ´トヽ| ===
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧::::::ヽ::::::::::::::::::::、::ノ:::::::::::::::::/ ||  }-、 ===
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._゙:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  || |  }r-、 ===
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\ :::\::::::::::::::::::::::::/::|/  / |  || ll ===
           `イ!. ゝ.}_リ'      l     } :| \゙::::ヽ、:::::::::::/::::::/  / / // l |', ===
            ゝx- 、_       ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  |
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |

527 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:02:00 ID:blQYIdmM

.       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |゙_  |  |:::|  |:::::::::      /...::::
                     l⌒! /(⌒)ヽ.. l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _           /.l l  ー'/.ノ.. ヽ:|  |::::::  / /    '´      `` ‐- 、_
   /|         /   l .j   l i      \|:゙|、 / :      _.....   ‐‐--、::::::::、--`
     |         /..   `´   `´         ',  /::       `ヽ、::    ....`ヽ、::'、
     |.      /.      ○   ○          }_'_::::          \   ::::::::::::ヽ、
     |   /                    }、_:::::::``−-、            :::::__`ヽ
                               l:::::::::::::::‐‐‐r‐、\::::.    ..  ::..  ::l
                              ,r‐、、‐、:::::::::// }r、ヽ、、 .  ::::...:::ヽ,  :!
     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..゙/ヘ |/|`ヽ、:::(゙ll /  _l_ ヽ', ::::  ::::::::::::\ l
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ,l {r  lハ/__ヽ、、ll、イr-,ゝ l :::: ::::::::::::::::l`ヽ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!...!` ll l、ニ三__、;:、`ーr'  l !';::::::::|::::::::::l
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{.../lト、ll l`-ヾ'-ノ)_\;;、 。 }ハ!;;:',::::::|ヽ:|ヽ:l
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::| . ,-!:::` ー‐‐‐'::´:::::/::ヽ、 -イ::::ィ::::| |  ヽ
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V゙:::::l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ヽィ´トヽ|
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧::::::ヽ::::::::::::::::::::、::ノ:::::::::::::::::/ ||  }-、
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._゙:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  || |  }r-、
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\ :::\::::::::::::::::::::::::/::|/  / |  || ll
           `イ!. ゝ.}_リ'      l     } :| \゙::::ヽ、:::::::::::/::::::/  / / // l |',
            ゝx- 、_       ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  |
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |

528 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:02:30 ID:blQYIdmM

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

529 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:03:00 ID:blQYIdmM

            . :丶、::.::.::.::.::.::.:.:.:.::.:.:.::.::. : .:.: . : : .
       、   . : .::.::.::\::.::.::.::.::i:::.::.: . : . :.:. : . . .
         ` ー::.:.:. . :.、::.::.ヽ::.::.:_|::.::.:.:. : :: : :. : .
          . :.:..::.::.::.丶、::.V´ !::.::.: : :. :.: .:
            .:.::.::.::.::.::.::.\l  |::.::.:.:.: : . .
          .::.::.::.:::.:::::::::::/⌒「::.:: : : . :
         .:.::_.::_.:::::::::.: イ    }::.::.:.:. : : .
      ー‐. :.::.::.::.::.:.イ「 !   :;::.::.:.:. : : . : .
 ー──── ‐‐:.:.ィ「 ! } |  } /.::.::.::.::.:.:. : : . :.
        .:.::.rf千l ! |釗 l∠L/..::.:、::.::.::.:.:. : : . : .
       ,f 「 i「T l」 ! |少'.::.::.::i: .:.::.::}::.::.::.:.:.:.:. : .
     ,ィ「 !!釗l |少'.::!:.::.::.::.:{::.::.::.:|::、:::.::.::.:.:.: : .. .
     fⅥ! | i| | lr┘.::.:::|::.::.::.::::',::.::.::.l::.::.、::.::.::.:.:. : : .
     l 刋!」少′.:::.:::.::l::.::.::.::.::丶::.:::', ::.::.、::.::.:.:.: : : : .
丶、  `¬宀´.::.::.::.::.:::::::::',::.:. : .:::.::. \::. .  ::.::.::.:.: : : :.
  丶、  .:.::.::.::.::.::.::.::::::::::::::ヽ::.::. :.:.:::.::.::ヽ  .::.\::.::. : . :

530 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:03:38 ID:blQYIdmM

ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛

531 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:04:00 ID:blQYIdmM

                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z______
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、
                          ,     \

532 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:04:30 ID:blQYIdmM

      ≧:::::/::::::イ /   _⊥_        |!\::::::::::::く
      /::::::|!:::::::{ {!ァ==─ T `ヽ   _ ノ  ハ:::::::::ヽ\
      フ::::::::{!:::::イ     . . : {!: .、   二 `ミt、ノ' }::]::::::::ヘ ヽ
    ∠イ:::::::::::::/        ヘ:ノ  /: : :ヘ   ヽ |::::::::::ハリ!
      ル::::::::::::/         ヽ   い       }::::::V
       |:::::::i::::′          . .-‐┤       }:::::::|
     ノ'l::::::|:::l          /:r; : r、}        |::::::ハ
      /⌒Vi          \: : : :ノ        ;:::::::|
       |   ハ|              ヽ/       ∧::リヘ
      い ( リ         ___         'ハ!
       \        /      ヾ      /´l
       ヽ__!     ( ___    |     / /
        |::::|:ヽ            `'    /ノ/    ……また失敗だ。
         ハ:::! : ヽ       __..ィ:7   . :/ /
        ノ'l:::|: ヘ: :ヽ    , , ー   /:/イリ
        イ:ハ: : :ヘ : \  ' ; , '  /: :イ:ハ!
          川: : : : ヘ: : ; : ; ー:-:‐: : : /:ハ{
         |: : : : : :ヽ : : :_:_:_:_:_:_/: :/:/
.         __|: : : : : : : : : : : : : : : : : : /ノ'
      /  |ヽ : : : : : : : : : : : : : : : /

533 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:05:00 ID:blQYIdmM

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i   むむ……そのルートもダメか?
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /
           __゙从  \.     , -- ,  /   ああ。人気がないのが災いし、
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /     背後からアサシンに刺殺されることになるな。
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /

534 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:05:30 ID:blQYIdmM

《聖杯戦争本戦 二回戦 3日目 朝/Morning》
【月海原学園 2−B キバヤシ個室】


.:. 「_ l .: .:|  `l .: .:  r< |三≧ト . (_ )lj|jf  | :| :| .::.   |  、  |  ト .   Y:|    Y.   f´       /  .l |   ` 、
.:. : .: .: .: .:ー- .: .: .  |f´ | `: . <:三ニ`≧:.- ┤:! :! ::    |    `  :ト .  ` |:.| .   |   |       /   l |
.: .: | `l.: .: .: .: .: .: .: |:l fi |.: .: .: .: .: :`.:.T ´    | :| :| ::::   |  _    |  ` <: | :   |   |      ,.'    _l L...   _ -
.: .: ト=!.:. .:. .:. .: .: .: |:l || | .: : Д┌ェ_ 、_ _、.....__)ヽ_.゙:::.   | |  `l  |     |:.| :   |   |     ∠_ =-‐¬.Г ̄
.: .: L._j : : .: .: .: .: .: |:r<ト : 辷j.:|= 、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,..  | |   :|  |     |:.| :   |   |   /´     l |
.: .: .: .:...γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ..゙ニ三._,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_.... | |   :|  |     |:.| :   |   | / |        l |
.: .: .: .:...│ もう一度だ │ニヨ.._,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、.....| |   :|  |     |:.| :__fRj」丘L|/ .: l |        l |
.:.: .: .: .:. ヽ、 ____ ノ...!ー | {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'.T r | |   :|  |     |:.| :` ー-z ' ´| .: : l |      __,」.L...   _ -
.: .: ._.: .: .: .: .: .: .: L-=个=ー ':.゙`i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!...L 」.:| └--  |     |:.| :   |   |: : : l |=- ̄ ‐ ¬.Г ̄
.:. .:|     ̄  l: : : : .     ̄ .:.j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;.     | __  |     |:.| :_..rfヨfヨョ|: : . l |       l |
.:. .:|∬ £ 〜ゝ|: : : :.       '゙´!:`iヽ       ' ,' ニニ | |   :|  |()   |:.| `  、广才゙|:   l |       l |
.:. .:| ∂ §υヾ|: : : :.          ´'ツ'` `:::.、  '"~ /...   || |   :|  |     |:.| :   |   |:   l |       l |  _ ,
.:. .:|ξκ ψS |: : : :.          ハ    ::>--'.      || |   :|  |     |:.| :   |   |:   l L... -‐ ニrfTT「「| |
.:. .:| ♂ ♀⇔G|: : :          ,.イ  ヘ   イ、\゙_‐三‐_ ̄ <l γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ. _T_ 二 ̄廷リ|」」」LL! ィ
.:. .:|θΩΘ %g|: : :.      / |   .',     カヾ. 、゙:::: ;:才 ´ }.│ 条件修正。演算、開始 │ ‐┬‐─┬‐┬─┬‐┬─
.:. .:゙ . .-. .- ‐‐┘:.     r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <..゙イ......ヽ、 _________ ノ..lL::_|'////|l::::::|///,|l::::::|///
.: .: .: .: : : : : :.       ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ.    \  |     |:.| :   |   | |    l|//,|l::::::|///,|l::::::|///
: : :           /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i      ヽ|     |:.| :   L..、 l 「l fi i斗‐      ̄    ‐- 、
: : .     __...  ,'        /   .!    :! \/  |.     イl|     _|斗 ´    / `  ト ..    ___  . .イ
 ´ ̄             }      //      i    :|   `i  !.   イ   l|斗r≦        |l` lト r' l|  ̄   〈ー 一〉 ┴ -
              /     /:.:.ヽ     :    :!    '  {..´    j|            |l jl  ll l|     ∨∨
           /     /:.:.:.: : \    .i    .:|   {  |、....   /              |l ´  l| ´      } {
             /     /ヽ: : :   \   |    ::!  i:.   }
          /     /  Y:     ヽ  |    ::|  |   |
┌────────────────────────────────────┐
│オレのキャスター……ノストラダムスの宝具を除いた最大の能力が、この“未来視”だ。.│
└────────────────────────────────────┘

535 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:06:01 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────────────┐
│せっかくだから、キャスターが未来を演算している間の手慰みとして未来視について講義しよう。  ......│
└──────────────────────────────────────────┘
          /                 \               rv' 〉   /
       /                  、          ノ | i  .′/
     , /          .: 、          丶、          | '│/  ′
    / ′         , . : ..\            `¬==―---r'  |.′/
    ′;           /--――`¬、                 |   | .′
  ノ          /.::::::::::::::::::::..\\                ト .,ノ
//           /.:::::::::::::::::::}i:;:::::.丶.\              リ : :/
 ′           /.:::::::::/⌒犲iV::}:::::.v/\         /⌒´
/         , /|:::::::::〈 ー ,ノィ⌒V/::::/ヘ.  `¬==―‐---′
          / / :|::::rv^′      ⌒;::::::{,
         /  |V ;′         〉}::::/
        ,    | !         / ノィ::}
        .′  |  i  厂「|  rf爪ハク′
           ハ ;  ト ル'へ/
           ,:介`⌒´      ブツブツ……
            / | |
         ′| |
┌─────────────────────────────┐
│一般に、“未来視”と呼ばれるものには二つの系統が存在する。    .│
└─────────────────────────────┘
           | |       /  ′
         ;  :| |       ノ) /
         i   :| |     「| {ノ)
           | ト----‐v′ ノ
           | |    │  |
           | |    ├‐‐'
           | |――--′
┌────────────────────┐
│一つが“予測”。もう一つが“測定”である。    .│
└────────────────────┘

536 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:06:30 ID:blQYIdmM

┌────────────────────────────────┐
│この二つのうち、キャスターが有しているのは“予測”系の能力である。     .│
└────────────────────────────────┘
            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ
        ノ〈ヘiミ               ミr'´゙li
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、 ブツブツ……
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―
┌────────────────────────────────────┐
│この能力は周囲の状況を無意識下で取得し、それを元に高度な演算を行うことで    │
│                                                   .....│
│実際に起きうる未来を予測するという限定的なラプラスの悪魔である。         ....│
│                                                   .....│
│アトラス院が行っていると言われる未来予測もこれを魔術式で再現したものだ。   ......│
└────────────────────────────────────┘

537 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:07:00 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────┐
│もちろん、入力データ──起こす行動──を変えれば演算結果も変化する。    │
│                                                  │
│それを利用することで未来を変えることが出来るわけだ。                  .│
└──────────────────────────────────┘
                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /   ……これも違う。
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /
           __゙从  \.     , -- ,  /    もう一度だ!
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /
┌───────────────────────────────────┐
│今キャスターが演算しているのは、                               │
│                                                    │
│「オレが敵に暗殺されずに行動できる未来」を手にするための行動パターンだ。    .│
└───────────────────────────────────┘

538 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:07:30 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────────┐
│生前から未来視能力者であったノストラダムスだが、                         │ .. ;<
│                                                         .│   /=ィ'f ` 、
│この聖杯戦争のフィールドは外界と隔絶されているが故に入力変数の単純化が行われ、  .....│  /  .l |   ` 、
│                                                         .│ /   l |
│結果として未来予測精度が飛躍的に向上している。                         ..│'    _l L...   _ -
└───────────────────────────────────────┘ =-‐¬.Г ̄
.: .: L._j : : .: .: .: .: .: |:r<ト : 辷j.:|=:j|:.:| |ロ|≠l| :| :| .: ::..  | |   :|  |     |:.| :   |   |   /´     l |
.: .: .: .: .: .:f ̄ i : : : |γ´ ‐-ニ三_ ̄ 三 ニ=-f| :| :|.:  :.  | |   :|  |     |:.| :   |   | / |        l |
.: .: .: .: .: .:L. 」 .: .: |:': .: r‐fニヨ .: : `三´fi .:fi: ´ :|  _⌒ー- .| |   :|  |     |:.| :__fRj」丘L|/ .: l |        l |
.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: : |l .: .:巨!ー | f `i|  |八:八.: :|/´ l.:「 T r | |   :|  |     |:.| :` ー-z ' ´| .: : l |      __,」.L...   _ -
.: .: ._.: .: .: .: .: .: .: L-=个=ー ': L 」!.__j:_ ) )_ |.:L _〉:ーL 」.:| └--  |     |:.| :   |   |: : : l |=- ̄ ‐ ¬.Г ̄
.:. .:|     ̄  l: : : : .     ̄ .: . ーr一: ̄ ´ | :      | __  |     |:.| :_..rfヨfヨョ|: : . l |       l |
.:. .:|∬ £ 〜ゝ|: : : :            |     | ,ニニニニ | |   :|  |()   |:.| `  、广才゙|:   l |       l |
.:. .:| ∂ §υヾ|: : : :            |     | |     || |   :|  |     |:.| :   |   |:   l |       l |  _ ,.
.:. .:|ξκ ψS |: : : :            |     | |     || |   :|  |     |:.| :   |   |:   l L... -‐ ニrfTT「「| |
.:. .:| ♂ ♀⇔G|: : : .            |:. , . -┴ _‐三‐_ ̄ <l   :|  |     |:.| :   |   |  _T_ 二 ̄廷リ|」」」LL! ィ
.:. .:|θΩΘ %g|: : :             r ´、_..:'::´::::::::_::::: ;:才 ´ } -一'  |     |:.| :   |   | |r‐┬‐─┬‐┬─┬‐┬─
.:. .:゙ . .-. .- ‐‐┘: .           |      ̄     _ 彡イ ヽ.    |     |:.| :   |   | lL::_|'////|l::::::|///,|l::::::|///
.: .: .: .: : : : : : .            /`  ー一  ' ´         \  |     |:.| :   |   | |    l|//,|l::::::|///,|l::::::|///
: : : .                    /                    ヽ|     |:.| :   L..、 l 「l fi i斗‐      ̄    ‐- 、
: : .     __           /                        イl|     _|斗 ´    / `  ト ..    ___  . .イ
 ´ ̄            ̄   ─-'  . .               イ   l|斗r≦        |l` lト r' l|  ̄   〈ー 一〉 ┴ -
                              `   、 _ . . -‐ ´    j|            |l jl  ll l|     ∨∨
┌──────────────────────────────────────────────┐
│それに加え、オレ達はキャスターの陣地構築スキルによって個室を魔術工房化している。             .│
│                                                                    │
│これにより、キャスターの情報取得能力と演算速度を補強し、視ることのできる未来の範囲を広げているのだ。 │
└──────────────────────────────────────────────┘

539読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:07:56 ID:x4vM0BtQ
宝具抜きでこの性能かよw

540 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:08:00 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────────────┐
│……オレ達は他の参加者と比較して絶大すぎる程のアドバンテージを所持している。           .....│
│                                                            ....│
│未来予測が決戦まで及べば自ずと敵サーヴァントを目視する事になる上に、                 ...│
│                                                            ....│
│展開によっては宝具やそれ以上の情報を手に入れられるからだ。                     .│
└──────────────────────────────────────────┘
                      >::::::::::::::::::|   /  ‖〃/.||zヘ:::::::::::::::ノ/
                      フ::::::::::::::::/|   /.  ‖.   .||  v:::::::::::::ヽ
                     彡 /^V:/ |i   i|  ‖    ||  |ミ::::::::::ン
                      /:::{.λ|i|   ̄≧x.  ||    ‖ ./ ミ::::::::::>
                       フ::ハ  |i|  T弋ツt\ |   _/―.、 ミ:::::ハ |
                      ̄レハ !!        -' >>tッヽ   从i|
                       ノハ-          /::      ./ ./リ
                       フ:::::::::|         /::      /:ノ/
                       7ハ:::ハ       /::     ./
                        ノ从    、        イ|
                -- 、 .     7 ハ   `'' ―-    イ|
         ,,-- 、__ノ>  ⌒ヽ.    7  ハ , ,, 、 /リ
         /  ;;   /       /^7     、、, / /
        ノ.ヽ    i|       |i  |       7  /
.     ,         ゝ      ノ )ヽ |       /  /`ヽ
     l  ;;         ヽ-- .   /  \  |  .   /   V
    ノ ヽ   \     \.   / |    ヽ |      ヽ   V
   /       \     \./  //  / |      ヽ  ヽ
   |         \   :::::::>.--― ⌒ヽ V. |.   /   |i    \--  、
 / ハ   \      \:::::/         〉-、 /    ハ     \  \
┌───────────────────────────────────────┐
│実際、一回戦ではこの手法を使い、                                  ....│
│                                                         .│
│敵真名から宝具性能、果てはどのタイミングでどの攻撃が来るかに至るまで完全予測し、   │
│                                                         .│
│無傷で完封勝利することに成功した。                                 ....│
└───────────────────────────────────────┘

541 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:08:30 ID:blQYIdmM

┌─────────────────────────────────────────┐
│それはこの二回戦においても例外ではなく、                                ....│
│                                                          ......│
│俺達は既に敵マスターの正体がアメリカ合衆国特殊作戦軍大佐のロイ・マスタングであること、    │
│                                                          ......│
│サーヴァントのクラスがアサシンであること、その真名が加藤段蔵であることを把握している。   ...│
└─────────────────────────────────────────┘
                                     /        /:::|/: :'、 | ヽ ', ヽ、\
     |   ヽi   /  /   /       ノ    /..゙イ     /|r- 、:::l|:: ヽ l ヽ ', ヽ\、
     |         釗 /__∠____  ̄    イー―|イ /  /|  トえ::ア|ト、_ヽヽ  ' ,_, -;-__\
     |         |/フ=======ミヽー―        l/ イ/::      ̄ヽ-、'´ '、` ヘ`ー'- '::::ト
     |       /  | :  .. : :    , -、_ \ヽ _ ___.   ヾヽヽ!:                :::::lノl
     |      /.:::::::::_ニニニニニニニヽ<ゐ 」  \ヽ         ト、`l!::               ..:::ハ|
     |   i  /.:::::::::/ >――く 一- 、     \ヾ.     r--- /ヽ.          |:.  ...::::::::/ l
    トヽ   | /.:::::::::/ ' /弋_ツ > ヽ _ 」_ \     >:!.   _l ``ー-ゝ、_  ,_ ` '´:,,.::::::::::::/
     ヽ、   レ'.:::::::::/   _/  /.:::::::::: `ヾ:ヽ__/.::::トー '゙` ー 、_    ``ー--,-、 ̄::::::::: /
        `V.:::::::::::/      _ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__.... ` ー---、_-、_ /fv- | ||:::::::; イnゝ
        ヽ::r-く |    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /.         `ヽ \、ノ /| |- '´ヘ| ||,;|
         〉|「>   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/..゙- 、_        ヽ、\、ハ N ハ/ハ|::|\
       /´:::::| ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       `ヽ、    ', ヽ  \',ヽ//::::ll:::', ヽ
      /..:::::::::ヽ 、ノ j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃                      ヽ|:::::::::Vヽ \
       ̄ ̄ヽ_ / \,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           レ7 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::|
              | Nヽ';::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::〃:::::|  r'
             レ' i∧::::::::::::::::`======::::::::::|_/ l|
                 ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l|
       _ 、_ へ、     ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l|
┌───────────────────────────────────────────────┐
│もちろん把握範囲はそれだけではなく、彼らの基本戦術が                                 .│
│                                                                   .....│
│マスターがコードキャストで爆炎を起こし、それに紛れてアサシンが攻撃するものだと言うことまで知っている。    │
│                                                                   .....│
│……当面の問題は、“知りすぎた”が故に敵が決戦前に短期決着を狙ってきたことなのだが。           .....│
└───────────────────────────────────────────────┘

542 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:09:00 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────────────────┐
│そう。それが“予測型”未来視の欠点である。                                         .│
│                                                                   .....│
│行動によって未来を変えることは出来るが、どうすれば未来を変えることが出来るか知ることはできないし、    │
│                                                                   .....│
│一つ小さな改変を起こしたことによる変化が積み重なって取り返しの付かない未来に到達することすらある。    │
└───────────────────────────────────────────────┘
  |       ./.:.:.:.:..  -‐ 、            {′      }′                 ヽ       ハ
  人   __  ./.:.:.:./.斗-、                     /             . -‐… 、  ヽ , 厂Y/
  ノハ ′ V {:.:.:.:´.:.:.:.:.:.  \                          /      ̄`   ∨/  |
  / .}│i ヽ} :{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   \、   丶、                 ,,.   /          }/⌒│
   ノイ} _ノ,{ {:.:.:.:.:.:.:┌===ァ=云込、   ` ー‐=ァノ     〈.: ー―===≦__ .斗云======┐    }へノ ,
    ∧   v ハ:.:.:.:.:. {{.  {::{:.(  ).:}:} ̄^}f^:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`⌒^}「 ̄{::{:.(  ).:}:}   }}     }  /
     ⌒∨, 〈V}:.:.:.:.:.:乂  乂:..ー-‐ ソ   }|.:.:.:.:.〈    .. :: .:.:.: .  |{   乂:..ー-‐ ソ   乂   ,小 /
      〈.. `{:.:.:.:.:.:.:`:..       .. ..:.:.:.:´^.:.:.:.:.:.:,,     .. :: :: . .. ^`          ´    ノ.//
       ,  }、:.:.:.::.:.:.:.:.           .. :: :: .:.:.″                      〈//
          ′ `、:.:.:.:.:.:.:.:.           .:.:.:.:li                     ,,″ ′
┌───────────────────────────────────────────────┐
│結果として、予測演算が失敗するたびにキャスターは行動内容を修正して再演算する羽目になる。          .│
│                                                                   .....│
│その試行錯誤は何十、何百というレベルでは数えられない。                                 .│
│                                                                   .....│
│まだ二回戦も半ばであるというのに、彼が繰り返した聖杯戦争は一体どれだけの時を重ねているのか……    .│
└───────────────────────────────────────────────┘

543 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:09:31 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────┐
│この難点を克服した能力……                                  │
│                                                    │
│“予測型”が世界に対する“特権”であるとするならば“越権”とすら言えるのが、    │
│                                                    │
│“測定型”の未来予知である。                                  │
└───────────────────────────────────┘
            _
            ((tュ))
     _  ,, ‐,,==―=‐,- 、、_
    l´ l`,)),/   12    ヽ( `\
   ゝ-‐、 /   \,||     ' ヽ  ヽ
   / ,- '_l 9     ‘'、、   ,3 l l  l
   ヽ / ノ、      ヾ'    ,/ :!  l
    〈  l´ ノ 、、,,_ 6   _,/ .::/   l
     `ヽ ヽ:.,,_ 二二;;;;;:::.''    ヽ
       , ''¨´ ̄‘―‐'  ̄`¨ 、   \
         l'、::::....        ..:;ノ -―‐- 、
       ヽ ,''_−--  --−_'',ノ―:::::::――-、
              ̄g ̄ ̄ l,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            g    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              g     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┌────────────────────────────────────────┐
│このタイプの未来予知は、“予測型”とまったく逆の能力であり、正確には予知ですらない。   ....│
│         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・          │
│この能力は、望む未来を設定すると、それに至るための方策を知ることができる。        ...│
│                                                           .│
│つまり、今こうしてキャスターがやっているようなトライアンドエラーをする必要が、無い。       │
└────────────────────────────────────────┘

544 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:10:00 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────────┐
│──そう。つまりこのムーンセル・オートマトンという神の作り給った巨大な演算装置は、    │
│                                                         .│
│この“測定型”未来予知を可能とする。                                 ..│
│                                                         .│
│それも、予知能力者が自分に関わる事柄しか演算できないのに対し、             ......│
│                               セイハイ                      .│
│世界のあらゆる未来を測定演算することができる。願望機と呼ばれるのも無理はない。     .│
└───────────────────────────────────────┘
         _   ト {::::::::/::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          `ヾ 、|::V::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           ≧:::::::::::::::::::::/:/zィ/--ヽヽv-─-zィ::;;;::::::::::::::::::::::::::::二=-  ……出来たッ!
            >:::::::::::::7/:/  !:l         |:|  `ヽ:Y::::::::::::::::::::ミ 、
          /イ:::::::::::::://:/   |:|         |:|    |:|ゝ::::::::::::::::::ヽ `ヽ できたぞォォォッ!
         /´ /::::::::::::::::ア |:|   |:|   ヾ V ノ    |:|    |:| ミ:::::::::::::::::::ト:ヽ
、       / /:::::::::::::::::チ |:|   |:|    Y {   ノ'     !:! i:::::::::::::::::::::ヽ ̄       /
 \       ̄/::::::::::::::::::/ ヽ _ tf斗=彡   `ー==ミ、  リ z:::::::::::::::::::::::i         /´  これぞ完全なる未来!
   |       /イ:::::::::::::::7  ´_ _≠  ヽ   `ミ 、  `ヽ ゝ::::::::::::::::::从     /
   |         /::::::::::::::/   ィ f圻テ ヽ  i   、 化Z辺ゝ  ヽ::::::::::::::::|      │
  i`ヽ      ∠::::/:::::::::i    "´   ^  |   `    "´   i::::::::::::ハ:!     __|
  |   \    |ハ:/⌒!i           |            i::/ ヽ:| ノ'   / |
  |    \    |  i!           '           ノ'   lゝ  /    !
  |      ヽ   i ( i          r ヽ          r j  !  /      |
  |         \  ヽ                       /ノ  //      |
  |   l     |  レヽ  ヽ       ィニニ、       /  / /        |
  |   |     |   |ハーヘ       く    ゝ     /ー '  /           !
  |   |     |/ ̄ ̄ヽ:::ヽ      ` ̄´       イ:::/\ ̄             |
┌─────────────────────────────────┐
│そして、それさえあれば、“終焉を迎えない、決して滅亡しない未来”だって  ......│
│                                                │
│作り出すことができるはずなのだ。                          ....│
└─────────────────────────────────┘

545 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:10:31 ID:blQYIdmM

      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、   できたのか!?
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、


           ─ 、             イ:::::::::/::::::::::::::i!≦´   i! /`ー- /:::::::::::::::レ__ノ
            /   ヽ            ノィ::::::/::::::::::::::::i!:/     i! /   i!`ヽ-:::ヘ:::::ヾ、
         i       l            /:::::/::::::::::::::::::イ!  __ 乂     i!   |:::i!::::| }
         |       |           イ::ノ::::::::::::::/ {  __ 二ミヽ、  i!   ノ!::}:::ハ
         |     i           乂::f ⌒ヽ::|    弋叨 ̄|ヾ    r、   |:::/ リ
         |     |           { !:::l   ( i::l      ¨´ ,,,,   /、 `ヽハ:{
         |     |               j:::ヘ  i |::|              | ゞ=- /::ト`
         |     |            l:::::ヽ__ N         ,   {   /ハ!
         |     ..|            |:::::::::ハ               ^ ィ  /   ああ!
         |     ..:.::|               从::::::l キ         __、  ′
         |     |             ハ::::ハ ヽ,,       (   /   ′   この狂気のムァッド・サイエンティスト
         |     |           /  从   ヽ       ゝ ノ   ′
.         __|     ..|________/   /      \    ,  ; , /      ミシェル・ド・ノートルダムに掛かれば
.        /  |     ..:.::|         /    /         \  ;  , ∧
    -─- 、 |     |          /   _|__         ` T ´ ヘー-    この程度朝飯前と言うことだ!
   /      ヽ!       |           //     )         / |   ヘ   ヽ
    |     l |     |         /     /        /  !    ヘ     \
 __|     l |     |     /       /            /  |     ヘ     \
´  .l     l |     |    /        /   ─‐、      { _ |     ヘ         \
   |      | !     ヽ   /        / |\        /   |       ヘ          \

546 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:11:00 ID:blQYIdmM

                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●

547 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:11:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
《聖杯戦争本戦 二回戦 決戦》                                  〃             _
                                                     ノ ! . _,, ‐'广   ._,, ‐'″/
     |   ヽi   /  /   /       ノ    /              ェ      /  `゛   .゙‐''''"´    /
     |         釗 /__∠____  ̄    イー―.         /...l     /              /
     |         |/フ=======ミヽー―                  /  .ゝ  -"              /
     |       /  | :  .. : :    , -、_ \ヽ _ ___.         /             _.        .(______
     |      /.:::::::::_ニニニニニニニヽ<ゐ 」  \ヽ.              /     .,.− ´   . \        _,, ー''''"゙´
     |   i  /.:::::::::/ >――く 一- 、     \ヾ             /   .,...‐'´            !      .〈,゙__
    トヽ   | /.:::::::::/ ' /弋_ツ > ヽ _ 」_ \     >:!.         / ., ‐″           │         ̄ ̄,二=─
     ヽ、   レ'.:::::::::/   _/  /.:::::::::: `ヾ:ヽ__/.::::トー '. \人_人,_从人_人_人,_从,人/.... !           ,..-'"
        `V.:::::::::::/      _ /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__.    )     征ッ      (    /        /
        ヽ::r-く |    /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ.゙/       /
         〉|「>   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/                    ,.′     _|
       /´:::::| ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                      /     ,/″
      /..:::::::::ヽ 、ノ j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃                       /     .く_
       ̄ ̄ヽ_ / \,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                     /      r;;'"゛
           レ7 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::|                    /        `゙''''ー-
              | Nヽ';::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::〃:::::|  r'                 /     _,,,.. -ー''''''''゙゙゙゙ ̄
             レ' i∧::::::::::::::::`======::::::::::|_/ l|                 /  ,,, -''''"゛
                 ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l|           / _/゛
       _ 、_ へ、     ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l|          /  .i二..、
     /´  i !  ヽ>――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    l|        / ._,, ‐''"゛
    /    i !   ヾ}   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    l|.     _/_,r'"゛
                                       _.r!゙‐'´
                                   /
┌───────────────────────┐
│──下方よりキャスターを両断すべく斬撃が奔る。  ....│
└───────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

548 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:12:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                          ,,、                  、
            、 , ィ≦-、___,      `'ミ'‐ ,,、            リ、
          、〈!/;;;;i;;;;;≧彡;<_三..   \ `''ー ..,_   .゙ミ'ー ,,,、 .|.ヽ
          ,>;;;;;、/_,,,ゞ;;;;;;;;ゝ三.      \    .`゙"''''''゛   `゛ ヽ      i、
          ィ;;;;;! ,=f ゙ー=' ゙リ´}ゝ三..     \                ヽ,    ,バ,
          ' ヘ;ハ.¨´〈   i、_!ト三        ヽ                `'-  ‐゛ ..l,
               "ヽ fヽ  .ハ!`三._______ゝ           _、         ヽ
              ヽ.,ー', / レ`三......  ̄'''''ー ,,_           ,i'´   . ´゙'''.ー      l,
、           ,--<\¨´ |三三          ___>     │         `''‐、.  ヽ
. \         ノ  ̄ ̄`ー┴ヽ__三. -ニ二 ̄ ̄        !            `'‐ ヽ
  ヽ____  〈            ̄ニヽ... `''-、.        .l              `'' \
   \      >゙  __ \    f´  \ ___/゙`'-,       l, /三
     ー、  f ゝ ´ ̄`ー<゙┬、 〈`ヽ   トーァ,′.. `┐      ゙'、
         |    /  / |:::::\__{ , 、 、\  ___....、i|_      ゙'、
         |  `´    ∧  |::::::::::::::| i:} iヽヽ、>/     `''-、    .ヽ
     ____/!        〉 /:::::::::::::∪:ト、!゙ゝ'イ   / ノ. _,ゝ    \
  / ̄              //.:::::::::::::::::::::|ヽ\____.イ   /...゙゙'ニr     .ヽ
<              /:.\::::::::::::::::::::|ヽi !___,  _,,.. -‐''"゛        \
  `ヽ              /、::::::::::::::::::::::::::::∧ ー-、__  ゙゙゙゙゙̄"''''―- ..,,,_     \
              / 〉::::::::::::::::::::::::::::::::∧三                `゙'''ー ..,、 .\
________/   〈::::::::::::::::∠_________〉三                     `'-、 .\
               >-<――┴┴ト!{三                   ,,....>  \
               {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;!i!;!_三                      `゙'''ー _. \
                  ,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/〉:;:;i!:;ト、三                       `\ \
                  {:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;/:;/:l!;:;:;∨三                           \\
               〈:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//:;:;:;:l!;:;:;:;∨三                             \
               |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨三
┌───────────────────────────┐
│それをよろめき半ば倒れ込むようにしてキャスターは回避。   ..│
└───────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

549 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:12:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
  |l!1!|!l  |  |ii| |.    |l!1!|!l|!l!             |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
  |l!1!|!l.... !  |il| i      |l!1!|!l|!l!             |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
  |l!1!|!l.   | i | !.    |l!1!|!l|!l!             |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
  |l!1!|!l゙i   .i |  |i | i.   |l!1!|!l|!l!             |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
  |l!{i    |   :| ii  i :|.    |l!1!|!l|!l!             |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
  |l!..i :  | i  |:i:   |..  | |l!1!|!l|!l!             |l!1!|!l           | |l!1!|!l|!l!
  |l!..:i   | i   i:|    i! : . i| |l!1!|!l|!l!゙/ /    '´      `` ‐- 、_       i| |l!1!|!l|!l!
  |l!1.i  .| i  :i |    |: i|      /...|、 / :      _.....   ‐‐--、::::::::、--`.        l| |l!1!|!l|!l!
  |l!..゙:i  | : i!|!     !|!i    /......',  /::       `ヽ、::    ....`ヽ、::'、         l| |l!1!|!l|!l!
  |l!1!:i  i|! : :||i i    i! | |:ii /..|!l.}_'_::::          \   ::::::::::::ヽ、.         l| |l!1!|!l|!l!
  |l!1! i  i! | i|!i ;   i:!i | i |:〃゙!|!l.}、_:::::::``−-、            :::::__`ヽ     || |l!1!|!l|!l!
  |l!゙\! i| |:ii!:| |   :|:|i!| i|:/ !1!| l:::::::::::::::‐‐‐r‐、\::::.    ..  ::..  ::l.         || |l!1!|!l|!l!
  ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i  i i| i|!|:/..|l!1!゙,r‐、、‐、:::::::::// }r、ヽ、、 .  ::::...:::ヽ,  :!        || |l!1!|!l|!l!
  |l!1!.\i|!:i||l! | :  | i| i|/;/..゙,、‐/ヘ |/|`ヽ、:::(゙ll /  _l_ ヽ', ::::  ::::::::::::\ l.     i    i.|| |l!1!|!l|!l!
  |l!1! 、ヾ、|i|!i:| :  i |:i!!,イ | ヽ=,l {r  lハ/__ヽ、、ll、イr-,ゝ l :::: ::::::::::::::::l`ヽ   l    l:|| |l!1!|!l|!l!
  |l!1!..゙ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/ !` ll l、ニ三__、;:、`ーr'  l !';::::::::|::::::::::l..    l    l:|| |l!1!|!l|!l!
  |l!1!| ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /...//lト、ll l`-ヾ'-ノ)_\;;、 。 }ハ!;;:',::::::|ヽ:|ヽ:l.    l    l:|| |l!1!|!l|!l!
  |l!1!|!l..ゞ、  、   |i  / | || l ,-!:::` ー‐‐‐'::´:::::/::ヽ、 -イ::::ィ::::| |  ヽ    l|.i  .l:|| |l!1!|!l|!l!
..ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  /...:::::l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ヽィ´トヽ|.゙!l |!|.|    l|l|   il:|| |l!1!|!l|!l!
_>、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//..',:::::::ヽ::::::::::::::::::::、::ノ:::::::::::::::::/ ||  }-、...|!|l|
  >ヽゞヾ、ゞ        イ <......'、:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  || |  }r-、
     ≧/ ,    ヾ`、く.  ヽ  ヽ;:::::::\::::::::::::::::::::::::/::|/  / |  || ll
    / 〃´// / i| レヽ\、ヽ......\ \:::::::::ヽ、:::::::::::/::::::/  / / // l |',
  ´  ;...  ┌─────────────────────────────────────┐
      /..│だが敵の攻撃は止まらない。斬り上げによって伸びた身体からそのまま刃を返し、    .│
          │                                                     ...│
          │斬り下ろしへの二段斬撃──!                                 .....│
          └─────────────────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

550 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:13:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]


: {,. / __、--{ {              \       }|    -‐=     \ \{⌒丶 \  \
ヽVi{-‐`       {               \      }レ'  /´       ヽ      }  },   \
 {\、      、               \   \   ′ ,i{__,,.ニニ、      '、   ′八
 {/{ \      \             ; }      ,  ,,.ィi抖抓  |{      } }   .′ \
  {,   丶      \      、 __j {     j/,.ィ狐 ゞ' リ  ′       }{ ,ノ {
  {/{         \      \  {  { _,ノ}{,バ{ `=‐              }{/  {
    {                    ヽ \ `ニ}{                   }{   八
    {/{       ,   -―‐‐=≦て{    ⌒´リ ,,.              }{__/  \
      {      /  -‐―――=,,.ィi⌒`                       }      \
      {   , /   __,, ィi{扞iド´   ヽ丶
―― く.{  /    ji{「{ ゞ' リ  ,ノ/^′\                     鄯
      \       狐_ `=‐          \                    {
//{     \       `^               丶                {
´ ,ノ       \                        ヽ      、          {,
┌────────────────────────────────────────┐
│一段目を回避した時点で姿勢を崩しているキャスターがそれを回避することはほぼ不可能。   │
│                                                           .│
│所詮はキャスターのクラスのサーヴァントである。                           ......│
│                                                           .│
│白兵レンジでの高速戦闘について行けようはずもない。                         .│
└────────────────────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

551 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:13:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

         N /i/´ ゙ ̄ ̄``ヾ)_      ∧  /
        Nヾ ゙        ゙ヽ   |\/ ∨l/
       N゙、            ゙i _|`
       N゙ゞ            .! ヽ   一斉射撃!
       ゞミミ、  ノ,彡イハヾ、  i Z
       ー-r-==、'リノ_ノ_,.ヾミ,.ィ,ニi ヽ  着弾パターン
.        {i `゙';l={゙´石ゞ}='´゙'r_/ 〈
.        ` iー'/ ヾ、__,.ノ  /i´  /  2・10・6・4・3!
          !  ゙ニ-=、  u / ,ト, ∠_
           ヽ、i'、_丿 /// ヽ /_
        _,.ィヘヽ二 ィ'_/ /  ゙i\|/Wlヘ
  -‐ '''" ' ̄/ i ヽ_./´   ./    .| `\   ∨\
      /  /ィ´ ゙̄i   /   ir=、  l'i"ヽ、
     ∠__,,..-イ i   /\_,イ,=-、 i 、,.ゞ、 | ゙'"ヽ \
!     .i-'´  ,i | ./`゙'i'   /i_.!._,..ヽ<!  ゙i、゙i.  =゙!  \
!    |   .,i゙::|/  .|  ,/::/-i   ゙i ゙i 三゙i ゙i   | /⌒
i/   .|   ,i゙:::i'    | ,/ ::/= .|三. ゙i/.|   .| .|  .ij:.
.l〉   |   ,i゙ :::|   .!' ::::i゙'i  ト.  ゙i | _,.. V =,!
 !   |  ,i゙ ::::|   / ::::::| l= ヾ!.._ ヽ」 "´;i  :.:i ./...┏ System. ━━━━━━━━━┓
. |   .|  .,i ::::::|  ,/::::::::::|  ヾ:.:. ヾ::" ゙     //  .┃Code Cast 》 call_gandor(32) ...┃
│   |  ,i::::::::| ,/ .::::::::: |   ゙i.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,ィ'"´ . ┗━━━━━━━━━━━━━┛
.|     |  i::::::::,イ::::::::::::::::|   /ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::,ノi|Y

┌──────────────────┐
│──だから、その分をオレが埋める。    │
└──────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

552 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:14:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌──────────────────────────────────────┐   /
│call_gandor。初等呪術“ガンド”をモデルにオレが作成した呪弾型コードキャスト。       │ //
│                                                       .│/..彡
│ハルヒの魔力量を持ってすればおそらくガトリング銃のごとき破壊力を持つだろうが、     .│ //
│                                                       .│
│才能のないオレの魔力ではそれには至らない。                         ......│
└──────────────────────────────────────┘
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
┌────────────────────────────────────────┐
│……が、年季の分オレの方が精密操作には長けていると自負している。             ......│
│                                                           .│
│殺傷力こそほぼ無いが、キャスターが予知した通りのポイントへと呪弾を着弾させる……!    │
└────────────────────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

553 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:14:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌───────────────────────────────────────┐
│      i  i   i   i \i     i   i i            _i i  i    ii      i i  i    │
│       i  i   i  i  i u    i  ̄ i i` ̄   ̄丿i ̄ /_ i i  i   ii     i   i i i   .....│
│       i  i    i  i   i      iヾ  i i  > ノ/ /i.ノ/i i   i   i i    ii i i i     │
│        i i     i i  i     i 丶ヾi i彡  〆( ( ヾ  i/  i    i i    i ii ii i   ......│
│        i i      i i   i    i    i i u  へ 丶   i《   i   i  i    i i i     ...│
│         ii      i   i   i   i       /へミミソ     i   i  i    i i i    ......│
│                     i   i巛彡彡 i彡彡彡;;;;;;;丶 /      i  i   i  u i  ii     ...│
│                     i  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヘ/       i i    i   i         │
│                \     i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ノ       レ     i  i         .│
│                      i i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /            i  i         │
│                    \ i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  彡               i i          │
└───────────────────────────────────────┘
┌────────────────────────────────────────────────┐
│呪弾は“動きを鈍らせることができるポイント”に寸分違わず着弾。                             ...│
│                                                                     ...│
│しかもそれは一点だけではなく、全身のあらゆる同様箇所へと続く。                            ....│
│                                                                     ...│
│一点だけではコンマ一秒にも満たぬその遅延を、大量に積み重ねることでキャスターの回避時間を稼ぐ……!   .│
└────────────────────────────────────────────────┘
┌──────────────────────────────────┐
│//{     \       `^               丶                {      .│
│´ ,ノ       \                        ヽ      、          {,    ...│
│/          ヽ                         ,ノ      }ト.     i|i     │
│           〉                   }    , /     ,ノ' }     }{     │
│             ,′\                    `=≦て^′  , '´  '′   }{i,     │
│,ノ^ 、        {.    \                        / / /       リハ  ......│
└──────────────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

554 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:15:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

┌─────────────────────────────────────┐
│──そういう膠着状態が続いている。続けている。ずっと。本来ありえないレベルで。  ....│
└─────────────────────────────────────┘


┌──────────────────────────────────────┐
│キャスターの身体能力では絶対に回避できないはずの攻撃を回避し続け、          .│
│                                                       .│
│フェイントには絶対に引っかからず、だがこちらからは一度たりとも攻撃を仕掛けない。  ....│
└──────────────────────────────────────┘

┌─────────────────────┐
│じりじりと、焦燥感だけを敵へと植え付ける。     │
└─────────────────────┘

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

555 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:15:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌────────────────────────┐
│     / /:::::::::::::::::::/::l:: ト;::',\:::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::l     ..│
│    / /イ:::::::::/::/l::ハ \. ヽ、\:::ヽ、::::::::::::::::::::ト       │
│    l / |:l::::::/l:/ |  ',  ヽ,  ,\ニヽ、ヽ:<ヘ::::::l       │
│     ! |ハ:::/ たヵ|、  'r 、 イ ゞ‐'-' ヽ! (丶'}:::l!     .....│
│       | l::ハ `  ヽ    ``      rク/:;リ        │
│        |  ',               l-イ:/       ...│
│            ',   :l           l lリ         .│
│           '、. .::ヽ         ノ  l_        .│
│            ヽ、:::::::'、--‐=ヽ  ┌───────────────────────────────┐
│           r r;;>、.  ̄ ̄ `∠│敵は宝具を使わない。こちらの動きが不気味であるが故に使えない。   .│
│           /7::::i´`i「;;ー― 「 ヽ: └───────────────────────────────┘
└────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

556 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:16:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

┌───────────────────────────────────────────┐
│敵アサシン──加藤段蔵はキャスタークラス適性もある忍者だ。                        .....│
│                                                              ..│
│その宝具は敵の肉体と別の物体を魔術的にリンクさせ、遠隔で敵の首を切断するという共感呪術。    │
└───────────────────────────────────────────┘

                 ,.    _,...   __,..
               /レ' |,, -‐''´∠-‐'´,∠-z_,.
             _l         ´   ∠__
             、)   /           ∠___
             〉 _l_.∠..__/      -‐<_
             〉´:::7:。'´ ̄`'ー-、_,. -  -‐<__
            __l;;;;;;;;|;゚_......,,∠@ `ヽ._,..-  -<_
      ,-r―‐‐''''´| ト、`i/'´..三.ヾ.     \  Z´ ̄`''ー-、
     λ|     | ト、_|、 ´、_゚_,` iヽ.   。゚/Y'T´       |ト、
    /人 |      | |:::::ト、ー--‐'⌒'‐`ー、∠イ |        | K}
   く`'´::::::\  、、、、ゝヽ;:::::\       /:::ノ ノ    ........ ノ人}
   /`:::::::::::;;;;;〉、 ゛゛゛。`X'、::::::`::、_____,.::´::::;:'X´o"""""__./
   〉:::::::::::;;;;;;;;;イ`ー--‐'^'、ヽ;::::::::::::::::::::::::ノノ`'ー-、...____/;;:::
   ノ:::::::::::::::;;;;;イ=〒〒=i `'''ー===i===‐'''´r=〒〒=iト;;;;;;;
  /::::::::::::::::::;;;フ}{==+=+==}}     ||    {{=+==+==}{;;;;;;;i
┌───────────────────────────────────────────────┐
│──そう、魔術系であるが故に、得体の知れないキャスターであるこちらへと不要に使うわけにはいかない。    │
│                                                                   .....│
│もしこちらが呪法返しを心得ているのならば、反射されてしまうのだから。                        ..│
└───────────────────────────────────────────────┘

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

557 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:16:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌────────────────────────┐
│……ただし、こちらが攻勢に出ないのも理由はある。  ....│
└────────────────────────┘
           _, ,ィニイー'、_,
          /;;;;;;;/;;;;三ミ(`_
        、Ⅵ;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ;く
        ヾj;;;;;;;、ハ!ヽ`゙‐i!{〉};;ト、
        >!ヘム 、jィニ, l!ノヘ、                   ,、
          ノ' 弋 ` ,.--〈,.-┴―‐、              _//_ ,、
             マ/ ,    ̄`ー‐、〉___           /´ ´'‐'/
              ( /!    i〉!       ヽ.        _j_  /
              ∧ノ   V        ヽ`、      /  \'       ,. -―‐-、
              / `ヽ   ∨        ∨\    ,′   〉     . </;i;i;i;i;i;i;i;i;\
          ┌─────────────────────────────┐
          │ノストラダムスは確かに魔術師ではあるが、その本分は医師だ。  .....│
   r、_......│                                           .│゙i∧
   `ニ=一..│つまり、使用できる魔術は治療系以外はやや不得手なのだ。     .│;i;i;‘,
    ゝ-‐〈..└─────────────────────────────┘ ;i;i;ノ
    `¨¨`ヽヘニ=- '  〉 / \              / ___}_/      ∨;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/
             \__/イ    \_     ー‐´     /         \;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/
                 !      `          /               \;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/_____
                 ∨                 /              \;i;i;i;i;i;i;i;i{;;;;;;;;;;;;;;/`ヽ
               ∨     ┌──────────────────────────────────┐
                  \....  │加えて、その身体能力の低さは自ら予知した通りに動くだけでも精一杯だ。    .│
               /.:.:\_..゙│                                                  │
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙│今はただ、機を伺い、魔力を練りながら宝具起動のタイミングを待つ……!    │
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙└──────────────────────────────────┘
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'\;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

558読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:16:58 ID:N/jdNm/M
…やっぱ白兵戦仕様のキャスターほど気味悪い存在の鯖はないなw

559 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:17:01 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                      ___      .....::::/
                 ::´::::::::::::::::::::`::<:::::::::< _
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::<⌒               _
             ‐=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...           , ´   `ヽ
.          _ ノ/::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::<  ̄ ̄             /   ´     `i
           ,〃^i::::::::::::::/ /::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::トミ:.   \人_人,_从人_人_人,_从,人,_从人_人_人,_从,人/
.          /ん l:i:::::: イヽ / j/ i:::::::::::::::::::::::::::::.   `   ) ええい──流れを変えるぞ、アサシン!(
.          、 {  /|:!::/l〈ト。V /川j!ヽ:|、::::|::::::::ト、ハ.    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
.        _ ⌒〉, 从{. l! i`¨{ヽ{ノ i iL.。ィ∨:| 、::::| V      / `      {〃    >'´
      /三三三> 、         「 ̄| ∧|ヽヽ|  }.    /    `  .  八  >'´
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > 、   /    //∧       イ       _ >=イ
  / 三三三三三三/三三ハ      .イ {   }    </ / -‐   '  /   /         `ヽ      -‐
. / 三三三三三三三三三三} ̄` <     <三=/,'//        '                 . <. 〉,
/ 三三三三三三三三三三斗<三>≦三三三=///// l    //               .   ´     / ヽ
三三三三三三三三 > 三三三<三三三三二=/////! !               <  /    /  /
三三三三三三三/三三三三三三三三三二二{////∧ 、               ´     /    /  /
三三三三三三三三三三三三三三三三二二二|/////∧ ヽ        /     /    /  /
三三三三三三三三三三三三三三三二二二二j//////∧  ゝ-- 、   '´      〃    /  /
┏ System. ━━━━━━━━━┓二ニニニニ|,'//////∧      _\    ,
┃Code Cast 》 FireWall(32)     .┃二二ニニニl,'///////∧ . <'///> =≠ァ=、   _ノ   ノ
┗━━━━━━━━━━━━━┛ . ニニニニニ|'/////////\'//////////  `¨¨´ `¨¨´
三三三三三三三三三三三二二二ニニニニニニ|'///////////>―‐<'///
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

560 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:17:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
  ヽ .l  'i  !;;;;;;;;;.     ..;;|;;                  `'''ー、、;.....   ...`".;;;..';  、
   l .! .l l. .l;;;;;        ;;;;.l                  `''-、_;....   .;;.!、...! !-、
.  i .゙'.l、.{;;;;゙k...l.;;     ...;;;;;/;                     `'-、....  ..`'!゙''く;;;`l,
  l、   l,.;;;;..l,.|;;.     ...;;;;|;;                        `'-,,       ;.;゙!、
  l ヽ  ...ト;.;;;゙";;      .;;;.l、                         `'-.,_.....  ... lh,
.  l,.ヽ. 、;ヽ;;;;;;;;       .;;;∨                              `''-,;;、.. . ..`''、
.t、 \  l .ル」;;;;;;;       : ;;;;;.l                                `ゞ''、、 ヽ,
 ゙ |┐ .`、.l .l;;";         ;;;;.l. :i、                              `'-,;'i|li、
 、 ゙'′ ゙!  l.;;;             ;゙ヘ.lヽ.... ,ィ  , ノ〉     ,ィ /{                    ゙'、ヽ,  .、
  ゙!ミ、.     ヽ;;.          ...;;;゙";|..゙/(_ ,.イ´  ノノ ノハjノ j                ゙ヽ,ヽ lヽ
.   ゙'、゙ \   'l、;;              ;;;;.l゙{ 、  ヾー(、、'~(  ノ  l             ノ.     `'ゝ.ゝ.l、
    ´ヽ ,ヽ ゙ll.l;;;               ;.ヾ._、  ,._,ィ  ` ヽ__ノ                 ,ィ /しj、   :  `.l
    l,  ゙!l .;:.l,;;;;;;               ;;;;;;゙;;; .  ̄ ヽ._ ,ィ  (             / (__{  ハ}  _.从
.    リi、   . ヽ、;;;;;;              ;;;;;;;.l    (_aノ  ノj            r'   ヾ_  ~   jハ
     l;\   l_`'、.i;;;;;;              ;;; ,.ィ   _从  、_,ノ          {  ,ィ_,.  ,  ノノ{
..     l;;;;; \ ....l,゙''-..l,;;;;;              / j,.ィrイ  ,.ィ_ノ           ヾ__ツ   ~`j  (_aノ
.Y、    : ゙'ぃ;;;; l,....;ル、;;゙'ヽ;;;             ( a   、__ノ'                  ノイ 、_ノ
 l..ヽ、   : ヽ;;;;;゙'x,;l7;;.....;.゙‐;;;          ヾ.,_ツ''´                    (_,_ノ
  ヽ .゙'←、  ゙く;;;;;..`'ム;;;.  ....;                ;;;;;;ヽ
.  ヽ   .゙l、 ∧;;                     ;;;;;゙゙ヽ.l、  .ト,,
┌─────────────────────────────────────┐
│               ファイヤーウォール                               │
│放たれたのは爆炎による攻性防壁。攻防一体のコードキャストであり、          .....│
│                                                     ...│
│効果範囲を絞れば魔術耐性の低いサーヴァントにはそれなりのダメージを与えうる。   │
│                                                     ...│
│が、この相手は敵を侮ることなく、あえて範囲を拡大して目眩ましとして使用している。  ..│
└─────────────────────────────────────┘
            l |, ..l \ ゙ヽ;;;;;;;;;;                             ;:;;;ヽ
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

561 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:18:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌────────────────────────────────────┐
│ただし、この戦術はこの決戦の間、一度として成功していない。               │
│                                                   .....│
│成功していたら一撃でキャスターは敗北してしまうからであるが、それはさておく。   ...│
└────────────────────────────────────┘
                            .イ:::::`´:::::::::::ヽ
                          ./::::::::::::::::::::::::::::::::\
        } ヽ                   イ::::::::::,::::;:::∧::::i;::::::::::::::.
    ___ ノ /ヽ             /:::::::::/i:/_/  i:::ハ∧;::::::::.
 /  _/  / }.               /:八::/ヒ/テjミ  i/ィrテァ:;:::::}
/   ノi:::::. ノ::::::i                 i/ /i(l   / .:l      ∨i
ヽ   У::::::/」´ ヽ_                ヽ _}     {j      / 」
.  , 〈:::::::::ム  _/ ヽ,                 八   こ二ヽ  /イ
  ∨:::::..  ´   //               _iヽ__   /_i/
   ∨ヽ.::::::i::::イ::レ´          _ / }:. :. :. :. :.lf|≦:::」≧
.    ∨∧::::::::::}. }    /::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::∧__ /|∧」//::|
      ,/〉ノ::::::::::i::ィ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::∧: : : : : :У<; : 「ヽ
     」:::::::::::::::jノノ,  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::∧ : : :.:/ : : : :\i::::::ヽ _
     }::::::::_ノ:/:::Yヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::∧: : :/: : : : : : : :}::::::::\:::::::ヽ
    /`ー--.ノ:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `..≧:::∨/: : : : : : : : :〉::::::::::::\:::::||
    ,///ヽ/:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|/: : : : : : : : ://:::≦ ´:::::/:i
┌────────────────────────────────────────┐
│今まで通用していない手段をあえて状況打破のためにもう一度使ったのは、           .....│
│                                                           .│
│最初からこのような状況もあり得ると考え、打開策を用意していたということに他ならない。   ....│
└────────────────────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

562 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:18:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
          -=ニ_____________             \  ‐- ..,, ___
             /三三三三三三三三三三三三\  、  、   \、     ヽ
          {三三/ O                 V \ \" ' ・、 ヽ    \ \  ー――
          {; 三/               ,, -‐- ..,,_/\ ヽ  \,,\   "' , \___/
           ',三〈 0            /  ,-‐- 、     \ ヽ   '' ,' !三\~ヽ    \
         _ ',三',      / >  /{ ,'. , - 、 ',      ヽ ',.     /三/ \}\_` 、=-
         { `ゝニ',.. O  _ /  /  .', ', `ー } }        ',i.   ノ三/ ヽ ,' ヽ',   "''
         ', \ヽニ',_____~"'' ..,,_ \`ー´ ノ  ____',-ニ三ニ/{ | ,' ヽ '
         ∧ i i ヽ三三三三三三ニ‐、     ̄ ̄ ,,ニ三三三ニ=''":::| ./ ノ / /ヽ ',
        ,/ ゝヽ 〉 ヽ| ::::::::____\ヽ "==="´フ//|| ̄::::ヽ:::|/ (_./ / 川 ヽニ=z 、
     ,z=ニ/ / ヽ∪、 `  /     ゝ\ /   ゝ、,/ z弋屯ナ ̄,`    /川 川 }三三三
   .zf三三{  |   >、     ~"' =-ー‐''"`´   ミ 〈 ´ミ、__,, '   ,ヘ_ノ{ | |    }三三三三
  zf三三三',  i  /三~ ' ,ニ-、   " ̄ ´ , ヘ.   /:::\` ー‐||   ´ ,-ニ/三ヽ {  ./三三三三三
. zf三三三三ヽ ヽ \. 三 ',三三 ニ‐-、       __ |::::::::::    '´,-‐ニ 三/三三{ }/ /三三三三三三
三三三三三三}.  \\三\三三三三ニ=-、,i ‐、~、. , -=ニ三三三ミ/三三ミ// ./三三三三三三三
三三三三三三!.    \.\三ヽ 三三三三三||. ノ i三三三三三三/三三三// ./三三三三三三三三
三三三三三三i.     〉 〉三ニ',ミ三三三三||´   }三三三三三ミ/三三三/ i   }三三三三三三三三
三三三三三三!     〈 〈三三. \ミ三三三||   |三三三三ミ/三三ミ./ ノ   \三三三三三三三
三三三三三三i      \\三三ニ\ミ三三||   |三三三ミ/三三ミ.//     \三三三三三三
三三三三三三i       \\三三ニ\三/,'   { /~ヾ三三三ミ//   :::::::::     \三三三三三
三三三三三三〉、 :::::::::::::::   \\三三ミ`{ /   }{  :::{三三ミ// ::::::::::::::::::::::::::   .\三三三三
三三三三三/  \:::::::::::::::::::::   \\   i.ノ   ノ~`i  ',.三ミ/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   / .\三三三
┌──────────────────────────────┐   /     `>三三
│──爆炎を突っ切り、アサシンが現れる。ここまでは今までと同じ。    │ /      /三三三
└──────────────────────────────┘      /三三三三
三三三三三{             | |   {三三三ニゝ ,、   ヾ 〉 .}::::::::::::::::::        /三三三三三
三三三三三{           ノ./   |}三三三三ゝ,/ ヾ ノ { /:::::::::::          /三三三三三三
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

563 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:19:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌────────────────────────┐
│                        ・ ・ ・ ・ ・ ・    ...│
│だが、アサシンは突撃速度から空中で完全に静止。   ..│
└────────────────────────┘
         i':::::/::::::::::::::,Y:::::::::::::::::::/::::::ノ
        /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:::::/
      l:::::':::::::::::::::::,':::::::::::::::::::::::l:::::::{
        ',::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::,'::::::∧
         \::::::::::::::::',:::::::::::::::::::/:::::::::::∧
          \:::::::::::l::::::::::::::::/:::::::::::::::::∧
           `ー‐|:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::\
                |:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::\
                {:::::::::::::::}ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,'`ー―‐{  \:::::::::::::::::::::::::::::',
.              〈  .彡=ミ',_,,='´\:::::::::::::::::::::::::',
.           ,r=ミ、\    `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         {   `} `ー――':::::::::::::::::::::::::::::::::::ili
           ',  Y゙  l:::::::::::::::::::::::::::::::::>=='' .|!
             }  乂/}_,, ==---―'i          ┌─────────────────────────┐
            ,'  三'                       │“飛び加藤”の逸話として名高い空間制御移動である。    │
         乂__ノi ピタリ                 └─────────────────────────┘

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

564 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:19:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌───────┐
│そして……   ..│
└───────┘








                     ,iー-ィ'-、
             c     ヽ,,,   .`゙''ー ..,、  ヒュンッ
                  /./ヽ,_      .`''、
                      ゛ .゙/ /','i、,    `\
                     ''''  ∪\      \
                            ヽ      `'-,
                             ヽ       . \、
                              ヽ       " .`-、
                             ヽ       ゙‐ `'-
                                        ┌──────────────────┐
                                        │──焙烙玉を無造作に投げ込んだ。   ...│
                                        └──────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

565 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:20:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌───────────────┐
│       ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・       │
│アサシンは空中を蹴って退避。  ....│
└───────────────┘
                ゞ.:.:/.:.://;;/;:;:;:;/⌒ヽ
                  ヾ;::::j;;;|;:;|;:;:;:/:.  .:.:|
                ',:::!;;|;:;|;:;:;:|:.:. . ..:.:.:|
                `イ;:;|;:;「 ̄  ̄ T
                    |;:;|;:;|;:. .  .:.:l
                    |;:;|;:;|;:;:::.:.. .: ::|ヽ.....┌─────────────────────────────┐
                  |;:!;:;|;:;::;::.:.:. .::|:;:| .│一方、キャスターの脚力では爆発範囲外に逃げることは不可能。   │
                 !;!;:;:|;:;:;:;:;::;:;:;:i;:;:ヽ └─────────────────────────────┘
                  ヾ:;:;:ト、;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;\
                      ``ー ─ '/ ̄.:.:.゙i
                        // j.;:;:;:/.;/:.:.:.:::::|
                     i///.;:;/;:/;:.:.:;:;:;:;:;/
                     /.;:;/;:/´ ̄ ̄「
                       i.;:;/;/:.:. . .:.::::!  (_/
                      |/:;/;:;:.:.:.:.:.:;:;/    /
                      |:;/;:;:;:;:;:;:;:;;:/   (
                         ヽ、;:;:;:;:;:/    ⌒ヽ
                       ̄


┌───────────────────────────────────────┐
│仮に防御魔術を使ったとして、その隙に乗じて追撃する、と言うのが敵の筋書きだろう。     .│
└───────────────────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

566 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:20:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌───────────────────┐
│だが──オレ達は、それを待っていた。  ......│
└───────────────────┘


           ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::iy,,
          斗;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::i!::::!::i}
           ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ::ノ::ノ::リ ノ
           イ;;;;;ミヾ、;;从从ノリ彡イ::ハ´
_          ヘ;;;;f::::::、( l ハ ノ ソ l:ヘ`ヽ          \_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_/
辷>=-、__     〃ゞ::乏弌ヾ ,ィキテ‐ j( '′ ___        _)               レ・サンチュリ   (_
 `ーヘ¨ヽ \    'i!ミ:::::. ...:::| i::゙7´ /__.. -‐ ´   ` ー 、    _)出でよ! 我が宝具……『百詩篇』! (_
  ヾヽ>.::、  \_,ヘ`ー――― ´ ̄      ,,,,,,,,,,,,,.  ヽ.  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
    \::{:::::....::::::::::::::',         ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
     >‐--‐‐、― ',        >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:イ
    /  、 ヾ、 \;;;}      ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;_/
   /     \ \i ヾ=―<´二ノ| ̄ / ̄ヾ;;;;;;;;;/;;/
   ヽ       \;}、.   /V: : : :ト、/_  l;;;;;;;;;;/      ,- ァ‐,´ク
    ヾ:.       \==' ∨: : :| ゙´  |  ';;;/!       /ノ//_,..,
     ヾ:.       \   ∨: : !.   l  ';′!      ,' ´ レ',´‐ '
      ト 、    、    \  | : :∧  {  、 /       i   ,'
      ∨ \、   `ー==‐`'¨\∧_{__У.. -―――く.   ,'
        \ /`ヾ:.      ´ ̄ ̄           ,,,,;;;;',....ノ
        У 〃゙\:::.、                ´¨¨¨¨>{
       /  /  ノ;\:::.、                    ,,,,;;;;;;;;;;|
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

567 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:21:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐−'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,-−'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
┌──────────────────────────┐  :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
│次の瞬間、キャスターの手中に一冊の書籍が出現し……  .....│ :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
└──────────────────────────┘  ,-‐−-、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`−‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,-−'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,-−'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,-−'´三三 ‐−'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,-−'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐−'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

568読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:21:04 ID:.vqCHPbc
きたか宝具

569 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:21:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
              .                                :;:.,':;":..,,,
                      ヾ>                 /\
                 _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
              ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
            : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
              .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
           ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
                  ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
                 / /  /                    /  /   キ  i^\
                ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
         ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
┌────────────────────┐       ;i        .i ̄ /--;"´
│──それとほぼ同時に焙烙玉が炸裂した。    │   ,        `   ,i|;iil ̄
└────────────────────┘    .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
        ..,.,;           `;; ":':....:... .:.           ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
          " ';:. :,;':.:        '   ". ..:       . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
                      '              ..
                           :::::::::::   :::::::::::
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

570 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:22:01 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌────────────────────────────┐
│    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_                        │
│,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、                      │
│ ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、                     │
│/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l                     │
│‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l                    .│
│./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|                   ..│
│イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l                    │
│  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ    やった……わけがない。   │
│  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、                    ......│
│ rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン   追撃しろ、アサシン。     .│
│ノ ヽ='´'             /                      .│
│く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<                     ......│
│;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..                     ..│
│;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_            / /    '´      `` ‐- 、_
│;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ          |、 / :      _.....   ‐‐--、::::::::、--`
└──────────────────── ',  /::       `ヽ、::    ....`ヽ、::'、
                                }_'_::::          \   ::::::::::::ヽ、
                                }、_:::::::``−-、            :::::__`ヽ
                               l:::::::::::::::‐‐‐r‐、\::::.    ..  ::..  ::l
                              ,r‐、、‐、:::::::::// }r、ヽ、、 .  ::::...:::ヽ,  :!
                            ,、‐/ヘ |/|`ヽ、:::(゙ll /  _l_ ヽ', ::::  ::::::::::::\ l
                           ヽ=,l {r  lハ/__ヽ、、ll、イr-,ゝ l :::: ::::::::::::::::l`ヽ
                           //!` ll l、ニ三__、;:、`ーr'  l !';::::::::|::::::::::l
                          / / //lト、ll l`-ヾ'-ノ)_\;;、 。 }ハ!;;:',::::::|ヽ:|ヽ:l   御意!
                           || l ,-!:::` ー‐‐‐'::´:::::/::ヽ、 -イ::::ィ::::| |  ヽ
                           || |/:::::l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ヽィ´トヽ|
                           || ',:::::::ヽ::::::::::::::::::::、::ノ:::::::::::::::::/ ||  }-、
                           ll  '、:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  || |  }r-、
                            ヽ  ヽ;:::::::\::::::::::::::::::::::::/::|/  / |  || ll
                             \ \:::::::::ヽ、:::::::::::/::::::/  / / // l |',
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

571読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:22:23 ID:qnFMjCME
0システムばりに死に続ける予測か
アトラシアも発狂するわけだ

572 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:22:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
┌──────────────┐ ゞー`゙ ̄> ゝ、j
│そしてアサシンは目にする。    │゙;;;;;;;;;、;;、;;i;;;、;;;;;レ,
└──────────────┘゙;;;;;;≧、ヾ;!;ノ;;;;;;く
                      ーィ;;;;三rf‐-、!ィ゙j゙ミ;ト、
                      ´メ{^i!"-、_,, ,.. ○  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                           }ソl! `¨´ |゙´/...O. │ ──大河と小川は凶事に対する障壁となるであろう。 .│
                        'ヘト、 r‐,/_......O乂_______________________ノ
              __>´ ̄ ̄`/\--/,} ゙ー‐',ゝ' _ゝ ○O 0  0        O
              辷ニニ-、ー'ヵ{   ̄`>--</-‐.....0 O    ○    0        O
                ⊂-ク L_____     `ヽ   ,..○ ○ 0   O
                 /  __/>/:::\_     ___∠...○ 0   O    0
              ___/.-‐ |.  /::::/_7ー‐ "   r'′ 0 O  0   。            。
            / ゙ ̄  ,ァ/.  /.:::/ |、       /   ○   0   O    O
           /   _..イ´/ j.  /.:::/ / `^く   /..    ○    0   O
          /   /  ./ ノ /.::::/イ       ,イ.      ○  0   O
 ̄ ̄`ヽ.___/   /   /イ/::::::::::{ !       /.        ○ O    O
         ̄ ̄`>´ ̄ ̄ノ::::::::::::::::|    、   /         ○ 0   O     。
┬――――――――‐‐/:::::::::::::::::::ハ     \__ \.       ○O  。
. \: : : : : : : : : : : : : : : /{:::::::::>__::::::::∨        〉       O O
   ): : : : : : : : : : : : /: :/ ̄´ヾ〔_{`ー∨   ‐―‐く            ○    。
  /: : : : : : : : : : : /: : :/:;:;:;:;:;、ヽ/7-ヾヽ:.\      \.       ○  O
/: : : : : : : : : : /: : : : :|:;:;:;:;:;、>}、!、:;:;ヾi}:;:;:;\      /        O
!.: : : : : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;>=、:;:;:;:;}l}:;:;:;:;:;:;ト、     ┌──────────────────────────┐
\: : : : : : : : : : : : : : : : :!:;:;:;:;:;:;:;/|: \:;:|i|:;:;:;:;:;:;:!: \..... │水の防壁によって爆炎を食い止めたキャスターの姿を。     .│
  \: : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|: : : :ヽi|:;:;:;:;:;:;:|: : : \...└──────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

573 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:23:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
.      i.   l   ./       ./ . /        !      /            _,.. ‐'´   ./           _,,,
.      |.l ./  ./       |ヽ" ./         ./    ,./ ゙     ___---'''"´ ̄ ̄ ゙̄'''′   _ ''l_,,, ー'''"´
      l ∨  i′      .|  ./           /    /   ._,, 'フ'"                 /
.      !    .}       ! /        /  .,/    .!  /            __,,,_,   ,..r'"    ______
       !,   .!       l |           |  l゙      .l ./     〃 _.. -'''"゛   .`゙'" .,..-'''"´゛
    ,   l  i′       l│          ! .!      .!,i′    // /   _./ ゙゙──-¬-'"     __‐'''"⌒゙"
    ヽ   ヽ |            l l.       .!  !     .|l′   ./ .i!'"  .,j,゙,  ,..-¬-___,.. -'"゛
.     ヽ   !│            l.!       ! │     .゛    .!       `゙゛,, ‐''^゙゙''-、,    ,,.. -ー''''"゙ ̄ ̄ ̄
      ヽ   ! |          ゙'|          l /         i″.,.. -―――┘      .l;;,   \
.      ヽ  | .!           ゙          l/    .___、 "″                  `゙'-、  `-..,,.. --..,,_
       ヽ./ ヽ                        /      ゙ヽ,                   ヽ__、
           \                  /            ヽ            ,..-ー''i.      .´   `''-、
    '、,,,、      .`''ー___-‐、、         !          l  .、  _,..-'"゛   ,コ二二_          \
       ゙\、  _,, ―‐、.      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ‐'´       `─
         `'‐'´     `'-、,,.   │ 古の炎は怒りのせいで鎮まることなく── │                't-,,
                    ゙゙'‐ . ヽ、 _________________ ノ                 l. `'‐
    '、                     `"゙゙゙゙''ー¬″  .,  . ̄´      ``-、 `'-..,,                  ̄´゙
     `'''¬――----;;ii〟               /.|     ...i、         l    `''ー .. ー ,,
    --------ー''''"´                   ,./ .l      .゙'ミ'、,,,、   `'''-、  ''ハ、、   . ゙゙̄\、
                       ,..、    /  │         ,ゝ .ヽ      `''-、 \.`''-、, ._.   `'┐
                      /   ゙'ー-'゛ .,/゛         /    ゙l  \     `'-...l,   ゛ `'- 、.  ヽ、
┌───────────────────────────────────────────────┐
│……しかも奇怪なことに、爆炎は消火されたわけではなく、防壁の前に留まり、凝縮しているようにも見える。  .....│
└───────────────────────────────────────────────┘
       _ /     ._,/゛  l  . /                 /    .l            | .!       l,   ゙'、    .ヽ
    ー-'´    ,..-'"゛     ! ./                /    l            l .!       |   .|     \
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

574 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:23:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  u
│ ──フランスを巡ってゆく。このことは神託によるもののごとし。  │
ヽ、 __________________________ ノ
   \\i    i i     u      i i   i     /      i i i
    \i    i  i            i  i  i    / へ       i i i             i
      i   i\ i    i       i   i i  / 《∠ソ      i i i             i
      i    i  i    i i     i   i i      ミ /    i i i  u           i
      i   i \ i   i i      i   i i  ─ ─       i i  i           i i
      i  u i   i   i  i      i _i_i ______ __ _ _.. γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      i  i   i   i \i     i   i i            │ 屋敷、荘園、宮殿、剃髪の宗派。  │
       i  i   i  i  i u    i  ̄ i i` ̄   ̄丿i ̄ /.. ヽ、 ______________ ノ
       i  i    i  i   i      iヾ  i i  > ノ/ /i.ノ/i i   i   i i    ii i i i
        i i     i i  i     i 丶ヾi i彡  〆( ( ヾ  i/  i    i i    i ii ii i
        i i      i i   i    i    i i u  へ 丶   i《   i   i  i    i i i
         ii      i   i   i   i       /へミミソ     i   i  i    i i i
                     i   i巛彡彡 i彡彡彡;;;;;;;丶 /      i  i   i  u i  ii
                     i  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ヘ/       i i    i   i
                \     i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ノ       レ     i  i
                      i i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /            i  i
                    \ i i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  彡               i i
                        i        /                i i
┌──────────────────────────┐      i
│アサシンが本能的な危険を感じ取ったときにはもう遅い。   ..│
└──────────────────────────┘
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

575 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:24:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                      >::::::::::::::::::|   /  ‖〃/.||zヘ:::::::::::::::ノ/
                      フ::::::::::::::::/|   /.  ‖.   .||  v:::::::::::::ヽ
                     彡 /^V:/ |i   i|  ‖    ||  |ミ::::::::::ン
                      /:::{.λ|i|   ̄≧x.  ||    ‖ ./ ミ::::::::::>
                       フ::ハ  |i|  T弋ツt\ |   _/―.、 ミ:::::ハ |
                      ̄レハ !!        -' >>tッヽ   从i|
                       ノハ-          /::      ./ ./リ
                       フ:::::::::|         /::      /:ノ/  ──以上。12巻の71。
                       7ハ:::ハ       /::     ./
                        ノ从    、        イ|      続いて5巻100!
                -- 、 .     7 ハ   `'' ―-    イ|
         ,,-- 、__ノ>  ⌒ヽ.    7  ハ , ,, 、 /リ
         /  ;;   /       /^7     、、, / /
        ノ.ヽ    i|       |i  |       7  /
.     ,         ゝ      ノ )ヽ |       /  /`ヽ
     l  ;;         ヽ-- .   /  \  |  .   /   V
    ノ ヽ   \     \.   / |    ヽ |      ヽ   V
   /       \     \./  //  / |      ヽ  ヽ
   |         \   :::::::>.--― ⌒ヽ V. |.   /   |i    \--  、
 / ハ   \      \:::::/         〉-、 /    ハ     \  \
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

576 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:24:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                 `''ー r'"    /   .,、'゙コ'-./   /    .. .;;|;..」  ゛│./′
                         ゛l゙ ,r, /     : ly'゙.  ./  .;;゙.l;::., / /
                          ll゙ .゙エ     ,〃、;;.../     ....../.シ'゛ l
          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  : l、  .,i>'''゙!゙゙l  _.../
          │  火付け役が自分の火にまかれる  │ . /.,,ノ-イ″  iシ'″゙リ'v
          ヽ、 ______________ ノ゙_―-|〃 ._i′   ., "  ;:;レ′
                       ,. ,,  . _  `';;ii /  ...l|l!;;  ./    l;; \ .'、  . 、
                    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ'\ `''x、
                    │ 天からの火により、カルカソンヌとコマンジュ方面の  │..l   .!`i
                    ヽ、 _____________________ ノ l  !   /./
                   `'k          ! 、 .l    .,i.ll″,./   /  lx〃   |゙ ,r"  〃
                        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        │ フォワ、オーシュ、マゼールにて。高位の老人は逃がされる │
                        ヽ、 ________________________ ノ
                       l゙ゝ、      ,/"./    ___..--'''゙゙゙}.._.  `゙''-,
                       `''-,.|    ,γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                         ll゛  ,./.゙│ ヘッセン、ザクセン、テューリンゲンの人々によって  │
                           i″...ヽ、 _____________________ ノ
                  _,,xiliッ'     .l /    ' lゞ./   / .;;i゙'i: / / ´   . / ..,.. '"
               _,,,,.. -‐''" ._/      `'.l、   ;:; !;;  ,./  .,.;;;|'"〃゛     .,/-''''″
           ‐´  ,.. -ー'''" ,ノ       .   ...'l゙,゙「―'/ / ;:;;l...:ヽ、 .i、  ゛
               _/´   ._,, ‐7       ,il!,, -'''"´ , / /  .,.;ト、 .`'-、.lヽ
           "   ,i!''゙_..-'"       : ,l〃.,..-'".! Z丶./  . /  .;.l广'''''''―-..,゙-、    ti、
             : テ'"    ., ! ..y;;二'";;;゙レク   ;;|;;..'゛  ,/   / .l.,.   .、 `''.二-  .'タ' 、
              、 .┌─────────────────────────────────┐
           (,,x│                    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・         ....│
            ;;;│ノストラダムスの四行詩通りに、アサシンは自らの火に巻かれたのだった。  ....│
               ;;└─────────────────────────────────┘
              ,r‐'" ..l,゙..-〜'゙゙‐'  `゙ ̄ !ー -ー!へr'‐'^'''゙.l'".!へr'ー‘'ー -ー'- /ー―-〜'゙゙‐' -ー''゙  '-
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

577 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:25:01 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                                  ___
                             _   _////////\_   _
                             八_/////////////∧_八
                           【三三三三三三三三三三三三】
                           |:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
┌─────────────────────────────────┐
│──“予測型”未来予知は行動次第で予知した未来を変えることが出来る。   ..│
└─────────────────────────────────┘
                           |:|: : : |□Ⅸo ・   Ⅲ□|: : : |:|
                           |:|: : : |□          □|: : : |:|
┌───────────────────────────────┐
│“測定型”未来予知は未来を変えるための行動を知ることができる。   ....│
└───────────────────────────────┘
                           |:|: : : | ̄ ̄ ̄冂 ̄ ̄ ̄|: : : |:|
                           |:|: : : |【    ||    】|: : : |:|
┌──────────────────────────────────────┐
│ただし、どちらも過去が存在するということの上で未来が存在することには違いない。    .│
└──────────────────────────────────────┘
                           |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
                           |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
┌───────────────────────────┐ : |:|
│原因もなく未来の結果だけが突然出現する事はありえない。    │ : |:|
└───────────────────────────┘ : |:|
                           |:|: : : |l    、 __ ノ   ,l|: : : |:|
                           |:|: : : |【            】|: : : |:|
                           |:|: : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : |:|
                           【三三三三三三三三三三三三】
                              ∨////////////////
                                ̄\//////// ̄
                                   ̄ ̄ ̄
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

578 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:25:30 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

┌────────────────────────────────────────────┐
│だが彼──ノストラダムス──の信奉者は、ありとあらゆる事柄を彼の残した四行詩と結びつけた。    │
└────────────────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────────────────────────┐
│それは正しく予知の結果であるものもあったが、関係ない事柄も多く、だがそれも予知の成功例とされた。    │
└──────────────────────────────────────────────┘


┌──────────────────────────────────────────────┐
│そして次第に、歴史の流れも、状況も関係なく、予言されていることは必ず起こると考える者が出始めた。    .│
└──────────────────────────────────────────────┘

┌────────────────┐
│──その結果が、彼の宝具だ。    │
└────────────────┘

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

579 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:26:00 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

┌────────────────────────────┐
│       レ・サンチュリ        ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・      .│
│その宝具、『百詩篇』は、世界を、四行詩の通りに書き換える。  ....│
└────────────────────────────┘__
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐−'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,-−'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
┌─────────────────────────────────────┐
│                           ・ ・ ・ ・                            │
│正確には、四行詩から逆に予測型未来視を作り出し、キャスターの目に映し出す。    .│
└─────────────────────────────────────┘
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐−-、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
┌────────────────────────────────────────────┐
│                             ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・      ...│
│そして予測型未来視は、それを知るものが意図的に変えようとしない限り、予知通りの未来となる。      .│
└────────────────────────────────────────────┘
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,-−'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐−'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
┌────────────────────────────────────────────┐
│もちろんその発動には魔力のチャージと幸運判定が必要となるが……発動後に逃れる術は、無い。     │
└────────────────────────────────────────────┘
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

580読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:26:02 ID:GMiFacdQ
諸世紀の文面どおりの物理現象を小規模で再現する宝具かよ!?

例のアンゴルモアの大王の詩はどうなることやらww

581読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:26:47 ID:.vqCHPbc
信奉者ww

582読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:26:56 ID:tCHIY3tU
つまりアサシンは滅亡する!

583読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:27:12 ID:tEDjghvo
本当にこのスレの僕鯖はいい塩梅で素敵

584 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:27:15 ID:blQYIdmM

[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                         勝敗が決しました。戦闘を終了します。
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                          ┌─────────────────────────────────┐
                          │                        ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・     ..│
                          │──つまり、オレ達は、限定的ながら、未来をこの掌の中に掴んでいる。    .│
.           、__    /,-‐イ´   └─────────────────────────────────┘
        `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,          ,ノ;;;/    '.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/
          ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐.     - -'_   -';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;< ―
      ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、.     |.'-:::::;;;;;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l
....  `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,. jし' : : :  ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__ /
....   /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、  ノ': : : : :ノ: : : :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;;;;;;;;;;`-'--,i';_.,
..   ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ ` '⌒`) /: : : : :..,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/--.,,,,"‐―,--―'-,,_彡
....  -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、..゙/{_//': : : :. r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/""".       ノ: :.:廴.ィ    /{
..     ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `.ノ /: : : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i..゙:し イ   / : : : : : : :そ   }/
....   -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヾγ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.       ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li:.:ヽ│  君主が手遅れに悔いるだろう              │
.         ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }...じ│                                    │
.          ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/ : :..゙│  彼の敵対者を葬っておかなかったことについて。 │
.           `圦      :|       ム/: : : :.、l゙│                                    │.ノ
.           ノヘ     `      /:::ト-、..゙: : |; │  しかし、彼はより高いことに同意しに来るだろう。....│
.           '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)..: : : ,|;;│                                    │
.            i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '": : : :ノ..,l │  彼の血統全てを死に絶えさせることに。        │
.             ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`.  : : ハ:r';;;│                                    │
.             /i            |\:./:...,,/;;;; │                       ──1巻の36。 │
         /  {       i   }  \.     乂 ____________________ ノ゙
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]
                         勝敗が決しました。戦闘を終了します。
[][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][][] [][][][][]

585 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:27:41 ID:blQYIdmM

                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●

586 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:28:09 ID:blQYIdmM

《第三回戦 1日目 昼 / Midday 》
【月海原学園 図書室】

────── -、=|! !             ||_, -──────
============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
[|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_
三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !    やれやれ……
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i    購買に引き続き、図書室も
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'     漫画のアーカイブ増補お断りとはな……
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、    聖杯戦争用資料以外も置いて構わないだろうに……
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、 まあ、まったく置いてないよりはマシなんだが……

┌─────────────────────────────────────────────┐
│情報収集は未来予知で済んでしまう以上、オレ達は敵について探る必要がない。               ......│
│                                                                  │
│しかし、かといってアリーナに何度も潜ってサーヴァント強化を狙うにはキャスターは脆すぎる。         │
│                                                                  │
│また、個室に引きこもり続けると無用な警戒を招く可能性がある。                         ....│
│                                                                  │
│……結果として、オレはこうして漫画を読んだり、他のマスターを世間話をして過ごす羽目になっている。    .│
└─────────────────────────────────────────────┘

587誤字修正  ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:29:01 ID:blQYIdmM

《第三回戦 1日目 昼 / Midday 》
【月海原学園 図書室】

────── -、=|! !             ||_, -──────
============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
[|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_
三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !    やれやれ……
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i    購買に引き続き、図書室も
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'     漫画のアーカイブ増補お断りとはな……
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、    聖杯戦争用資料以外も置いて構わないだろうに……
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、 まあ、まったく置いてないよりはマシなんだが……

┌─────────────────────────────────────────────┐
│情報収集は未来予知で済んでしまう以上、オレ達は敵について探る必要がない。               ......│
│                                                                  │
│しかし、かといってアリーナに何度も潜ってサーヴァント強化を狙うにはキャスターは脆すぎる。         │
│                                                                  │
│また、個室に引きこもり続けると無用な警戒を招く可能性がある。                         ....│
│                                                                  │
│……結果として、オレはこうして漫画を読んだり、他のマスターと世間話をして過ごす羽目になっている。     │
└─────────────────────────────────────────────┘

588誤字修正  ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:29:30 ID:blQYIdmM

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |      ( ……しかし、
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~             /    水銀燈・ローゼンが他マスターを暗殺して回っている、か。
          /iヽ             .i-'            リ ア ル
         / ヾヽ             .i      まったく、外の世界でもないのに
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /      暗殺に怯え続けなければならないのはお寒い限りだな。
            ``!           /
              `.i         /          まぁ、それを言ったらこの聖杯戦争のシステム自体が、か )
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

┌────────────────────────────────────────────────┐
│今朝届いたハルヒからのメールによって、オレは第二回戦後に行われていた水銀燈の暗躍を知らされていた。  .....│
└────────────────────────────────────────────────┘

589誤字修正  ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:29:59 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────────────┐
│水銀燈はハルヒを見るなり撤退したとのことだが、オレも気を付けるようにと書いていた。          .│
│                                                              ..│
│あれだけここでは他人で敵だと言い含めたのにそんなメールを送ってきてしまう辺りが微笑ましい。   .│
└───────────────────────────────────────────┘

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |  (しかも、
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/   『先生はあたしと違って水銀燈が
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ     不正規遭遇戦を躊躇うほど強くないんだから』
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'     ……だって? 心配と憎まれ口を同時に書いてしまう辺り
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._   あの子はいつまで経っても素直にならないなあ )
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

590 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:30:30 ID:blQYIdmM

     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧   ──!
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \ ゾクリ
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |

┌─────────────────────────────┐
│──ふと、オレへの視線を感じる。                      .│
│                                           .│
│キャスターの未来視による安全ルート確保は未だできていない。   ..│
│                                           .│
│それ故に、図書室という衆人環視の場を選んでいたのだが……    .│
└─────────────────────────────┘

591読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:30:38 ID:5bDlg/Ug
>>1
名前がつきっぱなしになってる。

592 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:31:00 ID:blQYIdmM

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l  ジロッ

┌──────────────────────┐
│内心の焦りを押し殺し、視線の主へと振り向く。   ..│
└──────────────────────┘

593 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:31:30 ID:blQYIdmM

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|  あっ! その……えーと……
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
┌──────────────────────────────┐
│……そこには、焦った様子の少年(?)。だが殺気は感じられない。    .│
│                                          ......│
│オレの考え過ぎだったか。                            .│
└──────────────────────────────┘

594 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:32:00 ID:blQYIdmM

ヾ                                  ,、   |
  `ヾ _                           / l   |
      ̄,ー-z___               //   l l   |
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_  l
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽi
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ i
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__ |
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘|.
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /   丶  /  君は──マガディン派か!?
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ       昼に俺が起こした騒ぎによって
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /     皆マガディンの漫画が気になっているはず!
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'       そしてその結果として、
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '            図書アーカイブで読みに来たんだろう!?
              \         _ , - '
                ト──--- '



           _ _____
         , ´        `ヽ             ,ヘ
        /            ヽ         /ヽ /  ∨
      . |      ,        l      l\/  `′
       |  __ノ ,  ヽ、_ u |    _|
       l  ( ● )   ( ●) |   \   ンなわけがあるかーッ!
       |                 l     >
         .l   ( __ 人___)   }   ∠__  その理屈は間違いまくりだろ!
        |    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  |      /
        | U  l.r '⌒ ^⌒`j  .|     /_ ついでに言うなら俺はジャプン派だ!
    .    丶   ヾ-======'.  /        |
         ヽ    ` ⌒ ´  ハ    .   l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´  l \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7

┌─────────────────────────────────────────┐
│……うむ。本当にオレの奇行が気になって注視していただけのようだ。                  .│
│                                                          ......│
│ここは、危険人物だと思われぬよう取っているカモフラージュが成功したことを喜んでおこう。    .│
└─────────────────────────────────────────┘

595 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:32:30 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────────────┐
│ひとまず、驚かせたお詫びの代わりに、当たり障りのない聖杯戦争知識を教えてやることとする。    │
└──────────────────────────────────────────┘

      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ               ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ        /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、           ,         }.    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ        |   _|  つまり君の相手が双子なら、
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.  \
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >  2対1の戦いを挑まれた挙げ句に
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /  君は滅亡する!!
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../



     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

596 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:33:00 ID:blQYIdmM

                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、          __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、  ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ わ      |.     /                |ノ/       \
  /    ら か      |     |                  )/ |  ・   オ   |
  |     い ら      |      |          ,;';;,,    /ノ .|  ・   レ  ..|
  |     ・  な     |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿 .|  ・   に   |
  |     ・  い      |     /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;    .|  ・   だ   |
  |.     あ .こ      |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、     |  ・    っ   .|
  |.    る .と     |  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ   .|  ・   て  ..|
  |    ・        Y   \        .::;     ::::ゝ     |  ・         |
  |    ・       ∧    \     ::::::、   .:;`      .|         |
  |    ・         .|ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i      |         |
  |    ・         .| `       \;;;;/    `゙"       \







                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l  あーうん、話としては理が通ってましたし、
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く   参考にはさせてもらいます。
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}  ありがとうございました……
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

┌─────────────────────────────────────┐
│定例句で締めると、呆れた面持ちで彼は去っていった。                     │
│                                                     ...│
│うん。オレは彼の味方ではないのだから、このくらいの距離感がちょうど良いだろう。  .....│
│                                                     ...│
│しかし、謎の双子マスターか。一体どんなカラクリなのやら。                 ....│
└─────────────────────────────────────┘

597 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:33:30 ID:blQYIdmM

【月海原学園 2−B キバヤシ個室】

       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /  キャスター、
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !   オレがさっき会ったマスターについて予知してみてくれ。
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´    危険性はないはずだが、念には念を、だ。
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |



        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ それは構わんが……
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′ 俺の予知は対象範囲を狭めることで精度を上げている。
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /    俺たちに関わりない事柄を見ようとすれば、
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、   いつ・どこで起こるかわからない光景が見える可能性もあるぞ?
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |

598 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:34:00 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────┐
│“予測型”未来視の精度は演算材料の多寡に左右される。              ......│
│                                                    │
│その原理上、見えた予測結果を材料として更なる演算を開始するわけだから、  ......│
│                                                    │
│不確定情報が起点となると自ずとその結果も曖昧となるわけだ。             │
└───────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────┐
│/:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<        .│
│r:::::::::::::::::::;|!::::::ハ:::::ハ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      .....│
│{:::イ:|::::::::::::|=|:/=|;:/=!::ハ:::::::::::::::/::::;イ:::::::::::::::::::::::ヾ 、::::ヽ     .....│
│|::{:r'|:::::::::::|rィ='うミy'  !::::::::::;イ::::/=}:::::::::::::::::::::::::::\ヽ、ヽ    .....│
│.!:::{{ |::::::::::|、ゞ-'´,.ノ    |::::::/_/∠ !::/::::::|::::::::::::::::::::ヽ ヾヽ     │
│..|::ヽ |:::::::ト、`゙='‐'    |:::/k"´うヾy'::::/:i::::::::::::::::ト、:::ヽ  `ヽ    │
│. !ハヽ|::::::|      ..::::: ,リ' ゞニ'ノ イ::/:::イ::::::::::ト:::::| ヽ::ヽ     │
│. ! }::::;!:::::|      ::::::: !  ` ̄´ノ;イ::::;ハ:::::::::| i::::i   ヾヽ   .....│
│.  ル、|::::ト、     ___ .. '     '/ノ:::;:::| |:::::::::! |::!    ``     .│
│.  | !::|``\    `‐-`'   ,/}:;イイ::! !::::::|  y          │
│.  } i::! ``ヽ \  ゙゙゙ , ‐' ´y' !' !/ル'  |::::!             │
│.  /  !'    ```'‐<´ォ        ′    リ           ....│
│-へ       ヾ| ///7'                       ..│
│   `ヽ     メト////                        .│
│     `ヽ  ゝ'////、                       ....│
│       ``'‐、{_{_{_ゝ``'‐-.._                     .│
│ ´ ̄´ヽ、     /ヽ      ``'‐-.._               ...│
│      \   /  ヽ  /``'‐-、   ``'‐-.._          ......│
│      ,..‐'ヽ  /   ヽ /     ``ヽ    }           .│
│    〈´   ∨    ∨        `',   !            │
│    ヽ   ',      ┌-- ..__    ',  〈          ......│
└──────────────────────────┘

┌───────────────────────────────────┐
│以前、実験として図書館にいた見知らぬマスターを予知させてみたことがある。    │
└───────────────────────────────────┘

599読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:34:27 ID:N/jdNm/M
そういやない夫て何歳(設定)くらいなんだろ
煙草スパスパ吸っても変に思われないくらいには年齢高めなんかな

600 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:34:30 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────────────┐
│その結果は何回戦ともわからぬ対戦状況であり、                                .│
└──────────────────────────────────────────┘

          __ .. - ------‐=‐
      , - '"::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ¨ ──- -‐ニ=-
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::<´
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::`ヽ、
  /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::`二ニ=-
 r:::::::::::::::::ヽ:::::\:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::<_
. {:::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::`ヽ、
.i::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\:::::::::::::::ヽヽ:::::ト:::::}::::::::::::::ヽー ‐‐ ‐-
l:::::::::::::::::::::::::::::::ヾゝ、:::::\:::::::::::ハ=ヽ::|ヽ::ト、:::::ヽ:::::ヘ      V ∨    : : : : :ハ     ハ: .      /      : : : :
.!::::::::::::::::::::ト:::::メ、ヾ、`ヾ、ヽヘ::::::ハ zゞ=ミ |:::::::::ヘ:::::ヘ   ヽ、 V ∨    : : : :,ヘ∨    ハ: : .    /     : : : :
.|:::::::::::::::::::::ヾ`ヾン==、、 `` ヾ、:彳1_,ノj j:::::::::::ヘ:::::ヘ.   Vヽ. V ∨   : : :/   丶: : .   ヘ_: : : : . ./:      : : : :
..t:ヘ:::::::::::::::::ゝイ~ 廴,イ j      ` -ゝ-┴' |:::::::::::::::ヾヾ、   ∨ `V ∨   : /`丶、_ `丶、 : . `ヽ、: : :        : : : :
. ',:::ヽ::::::::::::::\ゝェ=-┴   .::::: ヽ     |:::::ト、::::::::ヽ `...... ∨ V ∨   :ハ   ヘV=-ュ、._`丶、: :`、ヽ:      : : : :
. ',::::\::::::::::::::\          !       ト、::| ``ヾ、ヽ....   ∨. ヽ. :V   :ヘ.  ヘ. \にぅュ.ミt.:`、 `、    : : : :
  ヽr'\::::::::ヽ、:\      _..= ..,    レ'ヾ、    `ヽ    ∨. ヽ∨   :ヘ   ヽ  マ爪幺;癶ヽ. ヽ:    : : : :
   ゝヽ_\::::\``ヽ   ー´--‐´    イヽ::\              ∨: . f` 、  : :ヘ.   丶、`二´__ト` ヽ : . . : : : :
    `ー-ニ\:::ヽ        ̄    イ::|   ``ヽ           ∨: ハ f`ヾ、 : :ヽ              ヽ: : : : :/
     ヾヽ、:::ヽヾ、.._       /¨`ヾ                   ∨ : \  V_>、: ヽ                 ヽ: : /
      ` \ヘ:ヽ   ` ` >= ‐': : : : : : \                ∨: : : \|::| ヘ` 、ヽ                 ∨
         ` ヽゝ、__,.-´⌒\\: : : : : : : >7ー ¨ ̄ ̄ ¨¨ ー‐--.  ヽ: : : : :|::|、ヘ  `丶、
              |:||  ヽ    \\: : : ://:::::::::::____::::::::::::::::::::::.   \: : !::! Yjヘ     ヽ             j
                                               ヽ:!::!:イ ト:ヘ                〈|
                                         ,.   ''"´ '!::! l , l : ヽ
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――-   __      ,.   ''"´      |::| l l! l : : `i 、
                  ` 丶 、           ̄ ̄            |::|'l ニ. l: : : | \       ´ ̄ ̄  ̄
                       `丶、                       |::|l l; :l l : : l.   \         ` ̄´
                           ` 、                    |::| l '; l l: : :l. `、  \
                               ` 、                   |::l l ',:l l,イ:.|   `、   ヽ、

601 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:35:00 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────────────┐
│サーヴァントの姿こそ確認できたが相手はオレではなく、役に立つかは微妙、と言うものだった。   ..│
└──────────────────────────────────────────┘


                             斗、,ヘ                 ヽ、|  {、≧、{ | / /匕ノ ィ´   ∠ノ
                         /⌒Y /  `ヽ        _,, __ノl L { 廴ぅ」`Ⅴ´z=<.― }  / . '
                   斗≦ ̄//    `ヽ   \_,, ´  ̄ ̄ ̄   |_ 心、{     ,:   ム ぅ 〉 }   /
              斗孑 f/;;;;;;}  /     ノ乂. ヘ    ハ'''"~´    _ ノ丈{       '     `¨´/_ ∠ノ
      _,, 斗孑≦´// レ /ゝ=´ / 、_,,..'''"´   >ハ.     二二二 ミ/ '´ 〉 ハ  ,沂ミ┐ ー≦ イ }/_}}
斗孑 f「  ムマ圭/ Ⅵ,//..,,_ {;゙=〈 <, ='''"~``''= / リ  /     , イ^::V、 l/ ∧ L._ |   , ィ'7.ノ ̄  l___
`ヽⅣ f´   ムマⅣ イ/< _.ィ´ r=- > 、    ,<r--     /´ |::{}::lV,  ソ}」∧ `ー`┘ ,.イ .'/    /::::::::::::::::::::::`V⌒
     炸淤i if ィイ/ 会 斗~``''=ー-一='''"´~``¨¨.       /´「` ┴、::l_〉〉/ 〕:::ハ__ ,∠..///   /::::::::::::::::::::::::: / /
!垈 }会 斗孑゙ ¨ ´                         〃  ∨「 ̄`¨¨/  \::::rュ:::::っ ィ./|   /::::::::::::::::::::::::::/ /
¨´                                    〃     V、   |     `7´ ̄ 〃レ,'! l  ,:::::::::::::::::::::::/  /
                                     〃      Vハ.   |ヽ   〃   〃{/ /::| L 」::::::::::::::::::::::'    /
                                      ‖         Vハ  | 〉 〃 __〃\\:_ヽ/\::::::::::::::/
                                     ‖           lVハ. l / ‖__/〃   ヽ.ヽ/   ||`¨¨¨´
                                    /'           VVハ!′‖}/〃     _>>  ||
                                              V∨、 ‖/〃,  '二... イ    ||
                                            V∨{i!' |'_' イ:::::::::::::‖     ヾ



                  ,イ
               //__,,..,_,,,
               〉¨::::::::::::::::`゙''ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::∧
                 |./::::|::::i _ _,,.ヘ,:::::::`!
                i´|::::∧人ゝ´    マ .、`゙''-、
                | .|i .|. < \ , -'" i. |'i ,>^
               | | Y弋 tッミ  rヒツ,7 }ソハ
             |i|ヘ`  ̄ l    ̄ ン´ !/
              从∧ u ,― 、 /_,,..-、__,,.. .-‐i__,,.. .-‐
                _\ 〈_.ノ.,イイ゚   r斗-=ニニ/´¨´
              j´¨ .ト-〉ゝ._,< 〉iシ´ノ ./    .i|
            ,r―‐┘ |´i~/iニゝi  i/-ー彡    i}    __,,.. .-‐
         / ¨>-/ .ト个_|:i:i::ト≧j----i     i|r一´i}
        ./ /`‐≦| /ソ~  |::::::|  `i   人‐- 、  ミ  _ノ
        / /    i .リ   .!::::::!   i / -′~ `ー´~
       ./ /    i { .,′   |:::::::!   |./     `ヽ,
       ゙マ   ./ | i  ノ ̄i:::::::|   Y 、       i
        >、 / /|八/ 厂|:::::::| ̄V’_ V     /
       / .〉./ / .|r‐'' ̄ _|::†::|_ "'''- .〉、  /
     /   乂 / ./ r´ ̄´ ∧:::/.  \_ノ/~\ノ
   /      _.V ./-´ ノ    ∨、 ////i

602 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:35:30 ID:blQYIdmM

┌───────┐
│──だが。    │
└───────┘


  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !   それで構わない。はっきりと見えないのならば、
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|! '、辷゙iニ{´'_辷,゙ ゙!r'-r,^、i   逆にオレには関係のないマスターだと言うだけの話だ。
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´  ,'.,ィ'    判断材料としては上々だろう。
       i.   --一 、   ,' |
        ヽ、 `二ニ´  ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'   わかった。では少し待て。
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |
              }      //      i    :|   `i  !
              /     /:.:.ヽ     :    :!    '  {
           /     /:.:.:.: : \    .i    .:|   {  |、
             /     /ヽ: : :   \   |    ::!  i:.   }
          /     /  Y:     ヽ  |    ::|  |   |

603 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:36:00 ID:blQYIdmM


`'-、   .\、                          l゙.|                     /     /
   `'-、   `'-、               Y´⌒`Y         !.l                 /    /
  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ . ● }       .| !                  /   .,厶
  │ 絶望と怨嗟より生まれし獣 │. __ノ         |.l                   ,/  . /   .\
.......ヽ、___________ ノ..   l        _.ゞー`゙ ̄> ゝ、j     /   /      .\     /
            `''-、 . \         ゙l、     ーァ;;;;;;;;;、;;、;;i;;;、;;;;;レ,...... ,/  _/          \/
-..,、            `'-、 `'-、      . !....   イ;;;;;;;;;≧、ヾ;!;ノ;;;;;;く..../ . /
..,,_ .`'''ー ..,_           `''x \        vへ..゙ーィ;;;;三rf‐-、!ィ゙j゙ミ;ト、.. /
.   `゙'''ー .., γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ..゙ト..゙´メ{^i!"-、_,, ,∠ メ`゙. ゛               _,,,.. -‐'''"゛
          │ 頭上に輝ける星は偽りの衣 │..l...... }ソl! `¨´ |゙´/....\           _,,, -‐'''"゛
.        ヽ、___________ ノ    l  l 'ヘト、 r‐,/_... O   _,,,.. -‐'''"´
___                      __>´ ̄ ̄`/\--/,} ゙ー‐',ゝ' _ゝ⌒ヽ...゛
    ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙̄''''''''''''¬――---....   辷ニニ-、ー'ヵ{   ̄`>--</-‐   ゙,.._____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´~! l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.....⊂-ク L_____     `ヽ   , j       /l゙             !
           ││              /  __/>/:::\_     ___∠ {        /l゙             l
               ! !            ___ . γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ      /l゙           l
               | !          / ゙ ̄.│ ありとあらゆる運命に触れ │..    /l゙               l
               | |.      /   _......ヽ、___________ ノ゙''-..、  l/                !
            ! .|.     /   /  ./ ノ /.::::/イ       ,イ....  \    `'ー l′
             ̄ ̄`ヽ.___/   /   /イ/::::::::::{ !       /        \     ゙゙'‐ ,,
            | .|.,/.  ̄ ̄`>´ ̄ ̄ノ::::::::::::::::|    、   /.           `''-、    .`''ー..、
            ┬――――――――‐‐/:::::::::::::::::::ハ     \__ \ . γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          \: : : : : : : : : : : : : : : /{:::::::::>__::::::::∨        〉 │ 而して彼は運命を動かさず │...、
.        / .,.. ): : : : : : : : : : : : /: :/ ̄´ヾ〔_{`ー∨   ‐―‐く......ヽ、___________ ノ
     ,/ /.. /: : : : : : : : : : : /: : :/:;:;:;:;:;、ヽ/7-ヾヽ:.\      \                \
   /  ..‐゛...../: : : : : : : : : : /: : : : :|:;:;:;:;:;、>}、!、:;:;ヾi}:;:;:;\      /                  `'-、
./゛ /...   !.: : : : : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;>=、:;:;:;:;}l}:;:;:;:;:;:;ト、    /                     ゙ゝ、
  /        \: : : : : : : : : : : : : : : : :!:;:;:;:;:;:;:;/|: \:;:|i|:;:;:;:;:;:;:!: \   \                           \
'"             \: : : : : : : : : : : : : : :|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|: : : :ヽi|:;:;:;:;:;:;:|: : : \   }

604 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:36:30 ID:blQYIdmM

     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_  __ ,. _彡'ノリ _,.ゝ、  |
   `ゝf‐ゞ゙ujヾ二r^ァuj< y=レヽ.  ……どういう意味だ?
.    |fjl、  ̄.リj^ヾ.)  ̄  ノ レ リ
    ヾl.`ー- べ!゙‐ ` ー-‐'  ,ン
      l    f,.ニニニヽ u /:|
       ト、  ヽ.__.丿  ,イ |
     _亅::ヽ、 ー   / i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /

                              ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
                               >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
                               〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
                               ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ
                               7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ
                                Yヘ.   l      ミ^レ′
                                Ⅵ, 〈     ミソ     ……さあ?
                                  ‘, _   /
                                   ‘,, ̄,, ,.イ |
                                    `r― '゙  |
                                   , ┤    , ト、
                                  ,./ rリ i   /  ¨i \
                                -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
                          ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
                         〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |        ヽ
                         |         /  ::.: : : : : : : : : :.:|   |         i
                         | ‘,     /  ,: : : : : : : : : : ::|_, -┘         |
                         |  Ⅵ  _フ  ’: : : : : : : : : : :.:.|\       | ,    |
                         |   |  「   ’: : : : : : : : : : : : :|  \ ┃ V'      |
                         ト   |  |   ’: : : : : : : : : : : : ::|  / ‐╂ l|       |
                         |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  ,     |       |
                         |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  i     |       |
                         |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  |      |       |
                         |   |  |  l: : : : : : : : : : : : : : |  |      |       |

605 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:37:00 ID:blQYIdmM

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/   さあって……おいおい
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、


                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /   演算材料が少なすぎるんだ。
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /    そいつの未来は漠然として視えない。
           __゙从  \.     , -- ,  /
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /      かろうじて今の四行詩といくつかのビジョンが浮かんだが、
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'        これだけでも僥倖だろう。
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /

606 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:37:30 ID:blQYIdmM

     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |   ふむ……まあ、「運命を動かさない」のならば、
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ  つまり彼は聖杯戦争の趨勢に関与しないと考えればよいのかな。
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン   ならば無害……かな。
      l     r─‐-、   /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |    それで、ビジョンというのは?
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /




      ≧:::::/::::::イ /   _⊥_        |!\::::::::::::く
      /::::::|!:::::::{ {!ァ==─ T `ヽ   _ ノ  ハ:::::::::ヽ\
      フ::::::::{!:::::イ     . . : {!: .、   二 `ミt、ノ' }::]::::::::ヘ ヽ
    ∠イ:::::::::::::/   r‐‐示‐┐ヘ:ノ  /: : :ヘ   ヽ |::::::::::ハリ!
      ル::::::::::::/   l ヒツ ,,!  ヽ   いr--ミ    }::::::V
       |:::::::i::::′       ^   . .-‐┤_弋心`テ   }:::::::|
     ノ'l::::::|:::l          /:r; : r、} `ー ̄ "   |::::::ハ
      /⌒Vi          \: : : :ノ        ;:::::::|
       |   ハ|              ヽ/       ∧::リヘ
      い ( リ         ___         'ハ!
       \        /      ヾ      /´l
       ヽ__!     ( ___    |     / /
        |::::|:ヽ            `'    /ノ/
         ハ:::! : ヽ       __..ィ:7   . :/ /  ああ、お前の弟子……スズミヤハルヒと言ったかな。
        ノ'l:::|: ヘ: :ヽ    , , ー   /:/イリ
        イ:ハ: : :ヘ : \  ' ; , '  /: :イ:ハ!    あの娘と奴が会話している所だった。
          川: : : : ヘ: : ; : ; ー:-:‐: : : /:ハ{
         |: : : : : :ヽ : : :_:_:_:_:_:_/: :/:/
.         __|: : : : : : : : : : : : : : : : : : /ノ'
      /  |ヽ : : : : : : : : : : : : : : : /

607 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:38:00 ID:blQYIdmM

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }  ──ほう。つまり彼は
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./      ハルヒの対戦相手か何かなのかな?
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

608 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:38:30 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────┐
│.       /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',    .│
│     ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l   ....│
│.       / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |     │
│     l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |     │
│     | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|     │
│     | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!   ...│
│     | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |     .│
│.     j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│     │
│.    ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ    ..│
│.   /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /     │
│  // /   | ハ....   ┌──────────────────────────┐
│...〆 /    い \ -.゙│                          /´ ̄`ヽ            ..│
│..... /     ∨ 代\. │               /´ ̄`ヽ     |:.    .::|             │
│....../       ∨   `.│                |:    :|:    :|:.   .::! /´ ̄`ヽ     ......│
│  |        \=..゙│  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ....│
│  |          `ー゙│  │ いや、違うと思う。何か物品を受け渡ししていたし、 │ ──────┐
└─────────│  │                                 │             │
                    │  │ 剣呑な雰囲気には見えなかったからな。          │'; \        .│
                    │  ヽ、_____________________ ノ゙:::';  \     ...│
                    │       |:    :|: :|:.│   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \   .....│
                    │       |::.. ...::| |:.│  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |    .│
                    │       |:    :|: :|:.│  │ _____   :::::::::::::_____    l   .....│
                    │       |:    :|: :|:.│  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |    .│
                    │       |:.   ..:::ー': │  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │    .│
                    │.      /    ..::.::.:..│  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │    .│
                    │...    /:          │  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │    .│
                    │....   /:::.:...    /;゙│  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │    .│
                    │.....  /:::::::.:...     | ;;;; │  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |   .....│
                    │...... /:::..:..       \; │  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |     │
                    │   |::.:.      ,::''"´.゙│  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |     │
                    │   |::.     .:/..   └──────────────────────┘
                    │   |:.     .:/                    .:/:::.::::.:        ..│
                    └──────────────────────────┘

609 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:39:00 ID:blQYIdmM

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i   なるほど。ハルヒの現地協力者か何かだろうかな……
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /   ……まったく、目にする物全てが敵だと言っておいたのに、
            ``!           /
              `.i         /     結局甘さが残るなあ……
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \



                                     <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
                                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
                                      ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
                                     ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
                                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
                                     ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
                                      ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
                                       И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
                                        リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
                                          ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
                                           ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
       師匠が師匠だから弟子もそれに倣ったのだろう?      |:::\_`           ー '  /
                                  .        从:::|  l      、___  -ァ ′
                                            N   \     `ー─‐ ´ /
                                           r┴、    \             /
                                          /   \    >   ;  ; , 'ノ

610 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:39:30 ID:blQYIdmM

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./  フッ……それを言われると、何も言い返せないな。
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

611 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:40:00 ID:blQYIdmM

                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●

612 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:40:30 ID:blQYIdmM

《第三回戦 2日目 昼 / Midday 》
【月海原学園 2−B キバヤシ個室】

┌────────────────────────────────────┐
│その日までのキャスターの予知情報を整理し、廊下へ出ようとしたその時だった。    │
└────────────────────────────────────┘

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /
            !  ,.-一         /      む……?
            ``!           /
              `.i         /
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

613 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:41:01 ID:blQYIdmM

γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
│ ワタシはサンディー派デス!  │
│                         │
│ アナタは何派ですカ?      .│
.ヽ、____________ ノ゙

               ┌─────────────────────┐
               │廊下で、聞き覚えのある声が会話している。    │
               └─────────────────────┘


                        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        │ 悪いけど俺、解決しなければならない問題に追われてるんで、  │
                        │                                          │
                        │ のんびり漫画の話をしていられないだろ。                │
                        │                                          │
                        │ 出来れば、さっきの話のほうを聞かせてくれないか?        │
                        .ヽ、__________________________ ノ゙

614 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:41:31 ID:blQYIdmM

         ,ィ´              `vヽ、 ___
    _  ,ノ´                   ´ ,r'´
    ヽ、 ̄ :::/ ::::,     ,/   :::       .、 `ヽ、
     `ヽ,イ´ :::/  / メ ::i   :::i:: |  ヽ、   `ヽ ハ
      / / /   /  j ::::j   :::|::λ   i  i::   i  |    ソレはザンネン。
    /,ィ´ γ ::;  /  ,/| ::人.   ::|::/ ∨  i  |::   } |
    '゙ 〈 :i .::::j 〈  / |/  ∨  :|:/  ,X. .〉 |::  | |    でも、問題が片付いたらMANGAの話をシマショウ。
      `j  ::/  ,∨`ヽ、   ∨ リ / 〉人  |::  リ 弋__
       ノ  /  ノ    `   ∨ `  '゙ i`ヽ{:: 〈,__,ノ´
       ̄j~|,/ i                } :::`廴_,>     ……それで、ヴォーパルの剣ですガ、
       _ノ::::;メ::: {、       ,        j ::::::::|ノ`ヽ、
      `ヽ、λ:、__ゝ     ,.‐--‐.、    ノ ,ノ:: } ,/\|    コレは『ジャバウォックの詩』の中で、
          i :::. {、    {'´    }   ´フ"´  |/
          ヽ、 :::.{ヽ、   ヽ、.__,ノ  ,ィ´}  ,ノ        怪物であるジャバウォックを倒した剣のことでス。
           `ヽ|vV`>‐ャ--t‐<´;;∧| /
              ,ィ´|       ,|`\            ジャバウォック自体は
          _,.--‐´|:::::::|─-   -─|::::::::|`‐--、__              アギト
        ,ィ´"    |:::::::|〜〜〜〜´|:::::::|     `ヽ、     喰らいつく顎と引き掴む鈎爪を持っているということの他は
       j  、.    |:::::::|         |:::::::|      ,  }
       |   ヽ,.   |:::::::|        |:::::::|     /   |     特に描写がない、正体不明の怪物でス。


┌─────────────────────────────────────────────┐
│一方は少女の声……オレがマガディン入荷についてNPCに掛け合っていたときに遭遇したマスターだ。  .....│
│                                                                  │
│彼女と漫画談義をしている限りは、オレは『漫画好きの奇矯なマスター』を演じていられるので          │
│                                                                  │
│カモフラージュとしては都合が良い。                                            .│
└─────────────────────────────────────────────┘

615 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:42:00 ID:blQYIdmM


        .r-、       / ̄ ̄\
       /て )     /   _ノ  \
        ( _ノ  フ.     |
       ゝ、 〈     |    (__人__)   なるほど。じゃああの怪物がジャバウォックか……
       / ハ ヽ.     |     ` ⌒´ノ
       /〃 ヘ  \ .   |           }    でも、その話を聞いた感じ、それじゃあ
      i !   \  ` ーヽ       }
      丶丶   _ >   ヽ    ノ、     ヴォーパルの剣って言うのは、その詩に出てくる英雄が
          ゝ'´- 、_  y-、       \
        〈      ̄  う       /、  ヽ  サーヴァントになったときに宝具化するような物じゃないのか?
            `ー― ¬、__ノ     |  >  /
               |      r'^ヽ'´ _/
                |      `く__ノ´

┌───────────────────────────┐
│もう一方は……さほど熱心に記憶していたわけではないが、  ....│
│                                       .│
│恐らく昨日遭遇したハルヒの現地協力者であろう少年だ。   ......│
└───────────────────────────┘

616 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:42:30 ID:blQYIdmM

             /         γ :,'   .::  ,   }         }/ ,〉
          〈   ノ    i    | .::|  ::::   |  ,j         <´
          _,.-∨ /     j \/| :;|  ::::  /|  ∧/   i:.   i `ヽ、-‐'⌒ヽ、
       / ̄  ヽ/   :::/  ::ノ`ト、|.|  :::: 、i斗-j‐'´V   |::..   | { ̄,::::/   \
       {     ノ   .:::/ .::/  ヽ.{ |  ::: / | /   ∨   |:::..   | γ"~       }  うーん……それがですネ。
        |   _/ ...:::::::::ノ ::ノ     ∨ :: /  j/    ∨  |::::..  |/´          j
       |    ̄_フ ̄",ノ ,ノ{      ヽ:/        Z ∨ ト、::. {    i      /   怪物殺しの英雄である主人公ハ、
          |     ̄ ̄〈,フ´、ヽ、                 ,ノ\{弋:::...\   |    /
        |          {  :::トゝ              ∠__,. ト、 `ー一`  /    /    特に描写がナイのでス。
        ∨     ::: ∨ ::{、   r-‐──‐-、      ノ::: /ノ       /    ノ
        ∨    :::i  ヽ、| iヽ、゛ー-─-、__〉   ,/  ,/´       /   /      コレではとてもじゃないですガ、
         ∨     :::|    ` | | |`>‐-〟__ 〟-‐´ノ__,ノ      :: / /
            ヽ.__   :::|     | | {  |_ノ  {7  /// i      ::: //         英霊になれるとは思えまセン……
           \ヽ ::::|   λ\\ |-‐‐-/ // / |     ..:::/'´
            \ :::|   { \\ |  / // /}  | /   ::: /

┌──────────────────────────────┐
│会話内容からして、少年の対戦相手の攻略法を話しているようだ。    │
│                                          ......│
│……どれ、そういうことならばオレも少し手助けしてやるべきか。      .│
│                                          ......│
│少なくとも、少年とハルヒが協力関係にあるというその未来までは。  .....│
└──────────────────────────────┘

617 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:43:00 ID:blQYIdmM

    |┃
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  そこまでだ!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |  サンディー派は滅亡する!
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l





     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)     うわあ!
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

618 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:43:31 ID:blQYIdmM

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|  俺がいない間にサンディー派を増やそうとしても
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ   そうはいかんぞ!
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \  マガディン派の滅亡はこの俺が……MMRが食い止める!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/



                ,ィ'{
             __,,-‐'´/⌒ ̄゛`‐─‐-、    _
             ,ィ´     `゛、         `‐-ィ'´_`>
            /       :   :      、 :::     `ヽ、
          j   /     |   ::      | i::::  ヘ、  ヘ
            |   ノ j   、_|__, :::i     | |::::::  λ.   }  Oh……Mr.キバヤシは今日も平常運転ですネ!
           } / /   / /| λ :::|    `|‐|-‐:::   ヘ   j
         jノ_/   / / | :| V:::|     j: |、::::::    〉 /  でも違うのデス。
        ノ  j/   /,.ィ´  | :| ヽ:|   /∨ ∨::::  / /
         ̄_/__,ノ'´:::|   __ヽ|_  |  /___  ハ:::: 〈∨   今日はこのヒトが、ヴォーパルの剣が
         '´ノ:::ゝl、::: | ヾミ弍彡  j,ノ 弐ァ ハ:::Vヘ:::\
            ̄j/ヘ:: λ      ,      j:::::}ヘ::::{ ̄   何か教えないとMANGA談義をしない、と
            ∨ム、_`ヽ、  `‐-   __,.イ::::;リ ヽ|
            ノ:::::::::: ̄ (⌒ヽ‐-‐'´ ,/ j,ノ        ダダをこねるカラ説明していたのでス!
          ,ィ´~‐-、  :::::`‐ァ    ´〉‐‐-、_
         //⌒ヽ、\  ::::{   ,,ノ}   } }ヽ、
          |'     \.\/´ ̄`∨ ./   / / /}
         |:        ヘ/´ ̄\ ∨:   / / / |
            |: ヽ、    /´ ̄\ \ 〉  / / /  |



   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ   あれ? 俺が言った言葉とニュアンスがちょっと違うよね?
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }    俺の発言を明らかにねじ曲げているよね!?
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

619 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:44:00 ID:blQYIdmM

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、  なるほどな……
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //  概ねヴォーパルの剣の出典のみわかったところで
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/   そこから進めていないと言うところだな?
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |    当然だ。現代では絶えた魔術の知識がなければ
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \ それ以上の情報にはたどりつけない!
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l



               /|      __,.-‐────‐:-:.、_____,ノ〉
               / {_,..-‐'" ̄              ` :...  /
              __{,/          :         `<、
             〈/     , '      : ::          、:\
              /     /      ,'  i :::     :  、::  \::\
           /   /  /   ヽ、 /  /|::i::.    |: i   λ:::i  \:;〉
            /   ;'  /      ,\ / |::|::   /|: |   ∧:|.  ∧
          j   /  /     // /`  |::|::   /-|‐i─'  ∧:    〉
          |,.-‐'──==ニニア_j_/.、   |ノ::  /  |: ト、    \ /
            /     __.二二フ,ィチ弐、   |:: /   ,jノ∧|\.____∨
          /      /:;ノ-'´;イf:::(_ハ `  j/   ,.-‐'",':::|`  | :: /`
       /    ノ-‐':´:  ,/ |`弋z:;リ        \、 ハ:.:| :: | i/   どういうコトデスMr.キバヤシ!?
        j    {: :    ,.ィ´:: ∧ " ̄      `    {:::::| ,/|:リ |'
         |    |: ─‐'´/ |:: ヽ__ゝ""   /´ ̄ヽ  "" ,ハ:::|/::j:人{
         |    |ノ _,,ノ\|::. |::\   {::   /    ,ィ:::}∨::/
        |    | ̄| i:: ::V: |::::i::>r-.`二´-‐:<::::j:/ j:/
       |    |  ヽ.|ヘ、:::\{::::|::.::;ノ   {、:_::::人:::/'"  ´
       |    |  _,.-‐─-ヘ.弋 ̄"       ̄}゛};~ ̄`ヽ、
       _|    |/´ヽ、    \\‐-、    ,-| |      ハ     ,.-‐/" ̄ ̄ヽ、
       /:::j    |`ヽ、  ヽ、   , \\、_ヽ.__ノ:| |    {:.: }    { :〈" ̄ ̄`  }、
     {` ̄ ̄ ̄ ̄" }   ヽ/:::.. \\:::::::',:::::ノ ノ    `ヽl   `ー〈" ̄ ̄ヽ .ノ::\

620 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:44:55 ID:blQYIdmM

ヾ                                  ,、   |
  `ヾ _                           / l   |
      ̄,ー-z___               //   l l   |      認識について間違ってはいない……
  .    '.,/./l  ̄;  ト-三彡      ///    lノ_  l
      l.l ,' l  ヽ_.i`-' ノ彡彡彡彡==--- __二二r-─ヽi      だが、ヴォーパルの剣にはもう一つの意味がある!
      l.l l l    ~二--ゝl  ̄.//二=┐=─ 、=-、 ヽ i
      .l.l.l i        ノノ'⌒ l l-、─-ト_ソ ノ  ヽ '-,__ |      出典もとの内容から転じて、
       ヾヽ、     /,'/ ./ ヾヽ`,        , ' r-┘|.                    ロジックカンサー
        ヾ==---- ',r "/ /   ヽヽ'        / /   丶  /  それはある効果を持つ概念武装の俗称なんだ!
        l   ̄ ̄  / /     ヽ、      / /    丿ノ
        ヽ      `-、--、    ` -、__'ノ   ノ        効果は『理性無き怪物の否定』!
         ヽ                       ι'   /~
          `、    ト、─- 、_              /     汎用性こそまるでないが、
           ヽ   ` - 、_    ヽ           ,-'
            ',    、   ─ - '         , -'        有効であれば振るわれた対象は滅亡する!
             ヽ    ──          , - '
              l             , - '
              \         _ , - '
                ト──--- '

621 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:45:29 ID:blQYIdmM

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }    それでキバヤシ。
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;      どの概念武装……どうすれば手に入るんだ?
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |  まさか購買で売っているわけもないだろうし。
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、          __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、  ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ わ      |.     /                |ノ/       \
  /    ら か      |     |                  )/ |  ・   オ   |
  |     い ら      |      |          ,;';;,,    /ノ .|  ・   レ  ..|
  |     ・  な     |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿 .|  ・   に   |
  |     ・  い      |     /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;    .|  ・   だ   |
  |.     あ .こ      |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、     |  ・    っ   .|
  |.    る .と     |  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ   .|  ・   て  ..|
  |    ・        Y   \        .::;     ::::ゝ     |  ・         |
  |    ・       ∧    \     ::::::、   .:;`      .|         |
  |    ・         .|ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i      |         |
  |    ・         .| `       \;;;;/    `゙"       \



            ._,-::‐:=:=:=:-::-.、__
         ,ィ´: : :: : :: : :: : :: : :: : : : :\
        /: :/ :: : :: : :: : :: : : :ヽ:: : : : :\
       /: :/: ::/: :: :i: : : ::|ヽ:::i::i: ::ヘ: : : : : :ゝ
      メ:::/: : ::/|/i|::ハ:: : ::| |;/|::|:: : ::\: : : : 〉     Mr.キバヤシはいつも理論だけですネ!
       i/: : ::ィ:|⌒|:| |: : ::| ⌒|/\::ヽ: :\; :|
      ∠イ/::iリ  リ  |::::/    i:\::Y";:::リ      俗称がつくくらいポピュラーなモノなら、
      /::|: :i: ::|ヾ=≠ |/ ー≡テ彳: ::|::|~);:{                       Wizard
       ̄|: :|: :ゝ    ___    .|: :::/:iノハ:|      きっと作れたり、持っている魔術師もいるはずデス!
        |:人: :| > __ ヽ ノ __</;::/|;/ ∩ミγ7 ミ
          ヽ|  .,r'イ~  ̄"マヽメ/:::ソ | ミ/ /  ミ  他のマスターと交渉すればいいんじゃないデスカ?
.           /:::::::| ̄ ̄/::::::::`\_(`Y に⌒>
         /、::::::::::::|   /::::::::::// ゝ__ モ  〉
 チッ チッ   /\ \:::::::| /:::::://  メ三三三三ォ
     チッ /  \ \::∨:://   j       }

622 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:46:00 ID:blQYIdmM

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i   グッ……一理あるな。
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !                     アルケミー
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_   だが概念武装の作成となると錬金術の領域だ。
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/   魔術の絶えた今その技術は残っているのか……?
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
       i.u  ___     ,' |    ……いや、アトラス院ならあるいは……?
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_ ブツブツ
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)   ……アトラス院?
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃  そこの関係者なら持っていたり、作れるかも知れないのか?
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                         __
                 ,...-‐'  ̄ ̄      ̄ ‐-.、
                    /l'´                    ヽ、
                 /"                    \
              /´            |              、
                /   /         /| ::     |\ .、 ヽ、 ハ
             ′  //  ,ィ'⌒ /| | ::l    i |⌒ヽ|:  \ |
                l   ∠,    / |: | | | ::|   ,| |  | :|:、   、ゝ|
               |  /   / ,ィ=j/、| ヽ:|  /|/  | :||:::\.__,>
              | ─‐r‐'´:|,/f::(_ハ`   |  / ,_ ヽ|∨: 八::/
           ノ :/ヽ. | : |、弋:: :リ   |/ ,ィ三ミ゛/::ヽ._\  ソノ様子だと、心当たりがあるようデスネ!
            ̄l ハ: | ト、| ゛-‐            ハ:: i: |/ ̄
             ヽ、__,ヽ.|  ゛゛        ,    /ノ|ノ|:ノ    何よりでス!
              |: : :|: ::`ヽ、     ,.‐-..    ,..':: :/
              ヽ、:|:: : : : :::>.、  〈__`/  ,.ィ::: :/       __
                |:;人: : : :::::ノ ` ー- r:::´__:|/_      /´/
            ,.-─r:l ̄ l-‐'´      : ̄`\ \ `ヽ  r‐、l: |
              |   |::|   |`ー‐-、       ,.-‐l  ハ、 ハ 〉 ,} :/`ヽ、
             l   |::|   |ヽ、          ノ:|   |:i  | .| ヽ:ゝ/´ハ

623 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:46:29 ID:blQYIdmM

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/  よし、解決したところで、
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ   マガディンの未来について語ろうじゃないか!
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',



          、____
            `>-‐  ̄゛'" ̄ ̄゛`ー-.、_
         /               `ヽ、
          /:/   ::i     ::i    ::.    ヘ
       ///  ::/  /| :i   ::λ  i::λ:::   ハ
      /'〈  ::;/  γ´| :|   ::|⌒ヽ|:: ヘ:::.    }
        ヽ;ノ ::j :/ __|/∨  :リ  V :|:::.. ヘ:::   |
       _,ノ__::;;ノ|/ ,ィチマ `ヽ/  ,__ヽ|ヽ、_,,>:: {   サンディーもでス!
        ̄∠;: :::ハイf-'::|     ィチミ、|:i }:: {:::リ
         { i :::} `-‐' ,       /'|,/)ヽ__,,ゝ
         |∧ :::j、    、__,丿   ,r-'"::::;∧:;〉
           ∨ :::>.、 __ __,.イ::::/|:::/  ´
            `ヽ::|__∧ ,r  ∧ ̄,二r=‐-、
          ,.-‐'ノ"∠_〈/ .厂 },/´ /     }
            {  /  {  |_/   /  {    |
          | ,ノ   | o|  /     |  i   l
           /"    \{/       |  |.   |
           {               | :|:   |
          ∨             ヽ:}::   |
           ∨               |   j



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ   悪いけどまた今度ーッ!
             二        }
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

624 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:46:59 ID:blQYIdmM

      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!   クッ……逃げられたか!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |     だが俺は諦めないぞ!
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|     マガディンの滅亡を防ぐために!
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、



             /         γ :,'   .::  ,   }         }/ ,〉
          〈   ノ    i    | .::|  ::::   |  ,j         <´           ソレにシテモ……
          _,.-∨ /     j \/| :;|  ::::  /|  ∧/   i:.   i `ヽ、-‐'⌒ヽ、
       / ̄  ヽ/   :::/  ::ノ`ト、|.|  :::: 、i斗-j‐'´V   |::..   | { ̄,::::/   \  『ジャバウォックの詩』は
       {     ノ   .:::/ .::/  ヽ.{ |  ::: / | /   ∨   |:::..   | γ"~       }  エピック   サーガ
        |   _/ ...:::::::::ノ ::ノ ____ ∨ :: /  j/____ ∨  |::::..  |/´          j  叙事詩でも神話でもナク、
       |    ̄_フ ̄",ノ ,ノ{ Z≡≡ ヽ:/    オ≡≡Z ∨ ト、::. {    i      /
          |     ̄ ̄〈,フ´、ヽ、                 ,ノ\{弋:::...\   |    /   『鏡の中のアリス』の作中作の
        |          {  :::トゝ              ∠__,. ト、 `ー一`  /    /
        ∨     ::: ∨ ::{、   r-‐──‐-、      ノ::: /ノ       /    ノ    ナンセンス詩なのデスガ、
        ∨    :::i  ヽ、| iヽ、゛ー-─-、__〉   ,/  ,/´       /   /
         ∨     :::|    ` | | |`>‐-〟__ 〟-‐´ノ__,ノ      :: / /       言う前に行ってしまいマシタ。
            ヽ.__   :::|     | | {  |_ノ  {7  /// i      ::: //
           \ヽ ::::|   λ\\ |-‐‐-/ // / |     ..:::/'´          ダイジョウブですかネ……?
            \ :::|   { \\ |  / // /}  | /   ::: /

625 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:47:29 ID:blQYIdmM

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!   ……まあ、それくらいは
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}    彼自身が調べてくれることに期待しよう。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./    何から何まで教えても親切すぎるだろうからね。
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

┌────────────────────────────────────────┐
│そう、ヒントとしてはこれくらいで十分だろう。                               ...│
│                                                           .│
│キャスターの未来視が正しければこのくらいでも彼は困難を乗り越えるだろうし、          │
│                                                           .│
│乗り越えられなかったとしても、その時はビジョンの日時がこの第三回戦だったという事だ。    │
└────────────────────────────────────────┘

626 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:47:59 ID:blQYIdmM

                ,ィ'{
             __,,-‐'´/⌒ ̄゛`‐─‐-、    _
             ,ィ´     `゛、         `‐-ィ'´_`>
            /       :   :      、 :::     `ヽ、
          j   /     |   ::      | i::::  ヘ、  ヘ
            |   ノ j   、_|__, :::i     | |::::::  λ.   }
           } / /   / /| λ :::|    `|‐|-‐:::   ヘ   j
         jノ_/   / / | :| V:::|     j: |、::::::    〉 /
        ノ  j/   /,.ィ´  | :| ヽ:|   /∨ ∨::::  / /
         ̄_/__,ノ'´:::|   __ヽ|_  |  /___  ハ:::: 〈∨
         '´ノ:::ゝl、::: | ヾミ弍彡  j,ノ 弐ァ ハ:::Vヘ:::\  フム……それは一理ありマス。
            ̄j/ヘ:: λ      ,      j:::::}ヘ::::{ ̄
            ∨ム、_`ヽ、  `‐-   __,.イ::::;リ ヽ|    甘やかすだけデハいけないのは
            ノ:::::::::: ̄ (⌒ヽ‐-‐'´ ,/ j,ノ
          ,ィ´~‐-、  :::::`‐ァ    ´〉‐‐-、_      師匠キャラの鉄則デス!
         //⌒ヽ、\  ::::{   ,,ノ}   } }ヽ、
          |'     \.\/´ ̄`∨ ./   / / /}
         |:        ヘ/´ ̄\ ∨:   / / / |
            |: ヽ、    /´ ̄\ \ 〉  / / /  |




  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_    まぁ、そんなところだ。
     {F|! '、辷゙iニ{´'_辷,゙ ゙!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/    ところで君は自分のほうの準備は問題ないのか?
      `!  ̄ヽ '   ̄~´  ,'.,ィ'
       i.   --一 、   ,' |
        ヽ、 `二ニ´  ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

627 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:48:30 ID:blQYIdmM

         __     _,.-‐〝 ̄ ̄ ̄ `‐-、_}\
         `ヽ、`‐-‐'´    ,           〉__          当然デス! 明日はサンディーの発売日デスから!
           >  /   / /   ::      、   `ヽ、
           /,ィ  /     / /    i:::  :i   λ   `マ`      ワタシが読み終わったら貸してあげますノデ
           j/ ノ  ヽ、/ / |   |::: /| :|、   ヽ、  ハ
           / /   ::/ 乂__.|    | /__|_|_,ノ、、  `   }      代わりにマガディン貸して下サイ!
           ∨  :::::/ /、  ∨   iリ j,/ ∨  \  ヽ / /´`ヽ
           ,ノ __:::_;/ノ  \_ `ヽ/ _/   i\  ヽ、  \|    }  マァ、サンディーの圧勝に決まってマスが!
           ̄,ノ::j´:ハ  ̄ ̄   ,   ̄ ̄゛ } ,\l ̄〈 ̄`|  ,/
             ̄{ :: 、ヽ__"   ー-‐'ヽ  __ノ / λ:: > |  /‐-、
             | :: .V´、    {     ) `ヽノ:: /ノ:::/γ'   〉 j `ヽ_
              `ヽ {  `>‐`==´‐<´ 〉:;,ノ´|::/,ィ'´  ̄`) ,ノ    〉
                ,r-‐'´ / ヽ  /     /'´ /./ | ‐-‐´~´ゝ_,ノ_,ノ
              / ∨   |-‐- /    / /  {  ゝ‐-r'`--‐ァ'´
             j  ∨  |  /   /  ´    ヽ \ ヽ _,,ノノ
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~i|γ∨ |/ ,.-‐'´}         `ゝ二ニィ'´
       |         l|、  ∨_,イ´   /     ヽ, _    __,,ノ
      |         l| \   ___,ノ ..::::::::::::::/    ̄ ̄
     <^ヽ,       l| / / \        /|
       {_ _,,〉      i|  ::j.    |     / .{
     〈__,ノ       l|  λ   |        〉
       }        ,l|/_\_,/    ___,/λ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ ̄| |`T‐┬┬'´ ̄ヽ `ヽ ∧


         _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、
.        /          ``ー‐-、
      ;"                )
.     /                |ノ
     |                  )/
      |          ,;';;,,    /ノ
    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿
.....  /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;
    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、
  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ
Y   \        .::; u   ::::ゝ    人に物を頼む態度としてそれはどうなんだろうな……
     \     ::::::、   .:;`
ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i
 `       \;;;;/    `゙"

┌──────────────────────────────────────────────┐
│この娘……パティは聖杯戦争中だというのに毎週の漫画誌発売に目を輝かせている貴重な存在だ。       │
│                                                                    │
│どうやらサンディー派だという話だが、他の雑誌にも目を通してくれているというのがオレとしては嬉しい。     .│
│                                                                    │
│しかも、オレの今使っているアバターが『MMRのキバヤシ』であると看破したあたり侮れない。           │
│                                                                    │
│恐らく外国人なのに、よくもまあ40年も前の漫画のことを知っていたものだ。                     │
└──────────────────────────────────────────────┘

628 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:49:00 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────────────┐
│もちろん、アバターは現実世界での姿とは大きく異なる可能性が多々ある。俺自身がその実例だ。    │
│                                                              ..│
│大方のマスターは予選時のシステムに用意された                                 │
│                                                              ..│
│学生、ないしそれに近い年齢の姿をしていることだろう。(オレが「キバヤシ」なのはその副産物だ)     .│
│                                                              ..│
│わざわざ現実世界同様の姿へとアバターを変更した“ロシアの荒熊”の様なケースはごく稀だ。       │
└───────────────────────────────────────────┘
          ,〃.::.:   '"´   ̄二ニミV   .:. :. :.: .: .:.::.',               __,、__,、__,、ィ‐r=;、
          ,j〃.:.:.     .:.:.:. :.:. :.:.:.; ハ    、 .:. :.: .: .:',         ,  __f〆.::::::::::::::::::いゞソメ、
            lN';:;:.:.:.,r'´.:.:.:.:.::..::..:;/  ', ミヾ;:; 、 `、 .:. :.:.:.:::!      / _f〆.::::::::::::::::::::::::::ゞ='´:..\
           !1!.;r'´:. ..:;..:.:; ィ イ    ヾミミヽ;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:!.   / _f7.::::::::::〆^ー'^ー'⌒'⌒'⌒ーヘ、
          ',V.:::;,.‐''"´  }  '、     `ヾミミミヽ;:;;;;;;;;;;;,!...  'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
           ヾミヽ、、,,  ,,,,,、、z==''' ``   `〒ミ ハ;;;;;;;;,′.゙/〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
           `it-ァテ  ' '''"‐tテテァ ,_ - ´,   ミ'  !;:;;;,′ /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
               l`"´i   `ニ ト、  <      ハ ,!;;;/.  /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
            l   l      '、  <  :′ )イ ノ;;/  /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
               ',  !   )、   Vヽ  Y´  、_ ノ V.  /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
              ', `ー '"´      `Y  /    ',. /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
               i '''゙ - _`'''' '    ,′ / /  ノ.゙/     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
               ヽ _´ ̄``''ー,,  ,ノ /.::;/ / /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
                丁  ̄``"´  /.:;.:;:;/ '´. /ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
               L _ _ __ , イ. ‐'´     ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|
               `コ´. :. :.: .: .:          \ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
          , .-‐ '"´.:.:.i. :.: .: .:.           ::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
         '"´     .:.:.:/∧. :.: .     ,、‐'  ::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
                :.:.:.//  `ー  --‐ イ /  /, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /
              //          / /.    /.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /
┌──────────────────────────────────────────┐
│……ああ、あとは予選段階から既に“教師”のNPCアカウントを乗っ取っていた水銀燈もいたか。   │
└──────────────────────────────────────────┘

629読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:49:05 ID:MkL1yiw.
ここで助けないとハルヒは水銀燈に暗殺されていた可能性が大だから、仕方ないとはいえるな

630 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:49:31 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────────────┐
│ただ、姿形がいくら若かろうが、その身のこなしでどうしても年齢というものは見えてくるものだ。   ....│
│                                                            ....│
│各国の軍人やエージェントはもちろんどう見ても学生に見えない所作をしているし、           ..│
│                                                            ....│
│そうではなくても、やはり10代と成人ではどことなく違ってくる。                      ......│
└──────────────────────────────────────────┘
              -‐―ー‐- ミ
         . . .´. . . . . . . . . . . . . . . . .
         . :´. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . `ヽ、
     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 丶
    .:. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . :..
   /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .:.
   :. . . . . . . . . ..i. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . :.
  :. . . . . . . . . ./| . i. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .:
  :. . . . . . . . . / ノイ| . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . :
 釗. . . . ./} ---一| /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . :
 八 . | . ./   }斗┰ャi . . ,ハ/. . . . . . . . . . . . . . . . . . .:
   \VΛ    ソ’ | . /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,
      ′}         /} . . . . ./|. . . . . . . . . . . . . ./
     /         ノ/)/ }/. . . . ./ . . . .//
      、               /|. . ./ /. ./. .//
        }            }/}/. ./. ./ヘ、
       `Tー`     /     /. ././ { . 〉
           }    ,.ィi{  ___,厶_/. . .{. .〈
         ー=≦i「 ̄ ̄}|{. . . . . .}i{ . . . . {. . .〉
          fJ  }. . . ..:}|{. . . . . .}|{. . . . .{/{_
          │|_i }. . . . }|{. . . . . .}|{_,,. '⌒丶 \
          L忖”}. . . ..:}|{_,,. ''"⌒\  ,. -‐r…ヘ
         /}iト---=≦i爪 . . . . : : : Υ   |   |
┌──────────────────────────────────────┐
│たとえば食堂でよく見かける彼女も、おそらく現実世界では成人を迎えているはずだ。   ...│
│                                                       .│
│他のマスターと談笑しているときはまだ10代のように笑っているが、             .....│
│                                                       .│
│一人でいる際の横顔は何処か人生に疲れた様子を呈している。               ......│
└──────────────────────────────────────┘

631 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:50:00 ID:blQYIdmM

┌──────────────────────────────────┐
│そう言う視点で他の参加者を観察していくと、                     .....│
│                                                  │
│やはりと言うべきか、本当に十代の参加者は少ないことがわかる。         .│
│                                                  │
│あるいは、いたが一回戦でふるいに掛けられた、といったところだろうか……  .....│
└──────────────────────────────────┘
              ´ . : : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : . .\
            / . : : : ノ: : : : : : /: : : :/: : : : : : : : : : . ヽ
         ' : : : ,く: :/: : : : :/ : : : / : : : /: : : : :ヽ : . i
           i: : :/>'': : : : : :ハ: : :/: : : :/: : : / : ハ! : |
           |:ノ/: : :ソ: : : : :ア≧=―メ㍉ハ: : ハ:/ }!:. :|
           |ノ: /:人: : : :ソ ァ≧='ム/`ノ:// .ノ⌒ハ: : |
.         } : ム⌒ハ: : :| ((ノ.::i}`ヾ ム /,斗-、/: ハ: }
         j: : : :{ ( {ヽ: {   乂ソ      r'::i} 〉):{ リ
         }: : : :込_   N          ヒ;ソ j.: :|
.        ル': : : / : `ヽ、         '   人: |
        /: / : :/ : /: : :._ト、      -‐   イ: : : |
.       /..:/ : : : : /: : ,</  >  _ <: : : : : |
.      ノ|: ハ: :/ : /: / 丶、    / : : , : : /: ハ! :!
.       レ'从: : : _,く      \ ハ : /: : : : / i!:|
          ン  ヽ      ><`丶、ハ/   リ   _
         /     丶、   /  } i|   i`}―-  _ ||
      /´⌒`ヽ、    \./丶 } i}  :i! |   ,  `||、
     /'´ ̄ ̄`ヽ、ヽ、   \   ∧ i}  ヾ}  ./   ||  ̄ >、_
.     i       丶丶    \ { i} 丶 ヽノ f ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} |    ̄
     ル        丶丶       \_j}  ハ |} | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
     |            i } ノ       ソ {[ ]} } /`二つ    .| |
     { i        | |´          ` ル/`二つ     | }― -
┌────────────────────────────┐
│最初から素性を知っているハルヒや蒼星石・ローゼンを除くと、    │
│                                         .│
│オレが見た限りでは弓道場にいた彼女くらいだろうか?       .│
└────────────────────────────┘

632 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:50:31 ID:blQYIdmM

┌───────────────────────────────────────┐
│もっとも、悪いことでは無い……はずだ。                                .│
│                                                         .│
│未来を作っていくのは老人ではなく若者であるべき、とは思うのだが、               │
│                                                         .│
│同時に、やはり少年少女が命の取り合いをしなければならないという状況は心が痛む。    .│
│                                                         .│
│フィクションではなく、現実なのだから。                                 ..│
└───────────────────────────────────────┘
          /.:.:.:.:./:.:.:.:./´ _____
        ,∠-…ー/:.:.:.:./イ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      /.:} ,. '´,'.:.:.:.:/:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.   _, '.:.:__ァ'  /i:.:.:.:./:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  '´.ィ¨¨アく. //!:.:.:./:.:.:.|」_.' ',:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:
  ´/.:.:/'.:.:.:.ヽイ /|:.:.:.:!:.:.:|从l`ヽ、 :.:.:| 、:.:.:.:.:
  /.:., ' /:.:.:.:.::.:厶.'.:|:.:.:.ム:.:.|,ィテぅぇ、\! \:.:
  :.:,.' ムヤ7.:./.:.:.:.|:.:.:.l ヘ:.:いh.  |       `
  // /.:/.:./.:.:.:.:.:l:.:.:.|:、 ヽ:、’-‐'
  '  /|:.:./|:./|:.:.:.:, ';l:.:.:|.:`ヽ-',      '
  ‐'  |:.:,. l' |:.:./ /ヘ.:.:.v:.:.:.:.:.:ゝ ._  `ゞ'´
      ∨.. -‐|:/ヽーヘ:.:',‐' ´  l 〕−--‐' ´
  ,. ' ´     ′ '.  \、   |´!
         , '´!       |  ',
       /   ∨       |
  ___/      ∨        | _. -‐-
  '´l>'        ∨       l´
.    '.            /ヽ.     l
   ∧           i   \    ',
     \      /|    \    ',
   \  `  ._ , イ |      \   ',   /
    ヽ、     >’ ',     l. l\. ', ./
   `'く ` ー'´    ∧_    \、 ヽ∨ _,.
     \        〈 \ ̄ ̄ ̄`ヾ 'Z∠
┌──────────────────────────────────────┐
│……まあ、そう言いながらもハルヒに希望を託しているあたり、救いようがないのだが。    .│
└──────────────────────────────────────┘

633読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:50:41 ID:YcVLnsmM
お、やらない夫の素性もそういうところからいくらか推測できるのかな?

634読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:50:57 ID:MkL1yiw.
弓道場キター!!!

635 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:51:00 ID:blQYIdmM

┌─────────────────────────────────────┐
│……ただ、彼女の年齢はまるで予測が付かない。                        ...│
│                                                     ...│
│かなり昔の漫画まで知っている辺り、結構な年齢である可能性が否めないのだが、     │
│                                                     ...│
│その身のこなしは軽やかで、だがしかし十代のような無鉄砲さもない。           ...│
└─────────────────────────────────────┘
         ,ィ´              `vヽ、 ___
    _  ,ノ´                   ´ ,r'´
    ヽ、 ̄ :::/ ::::,     ,/   :::       .、 `ヽ、
     `ヽ,イ´ :::/  / メ ::i   :::i:: |  ヽ、   `ヽ ハ
      / / /   /  j ::::j   :::|::λ   i  i::   i  |
    /,ィ´ γ ::;  /  ,/| ::人.   ::|::/ ∨  i  |::   } |
    '゙ 〈 :i .::::j 〈  / |/  ∨  :|:/  ,X. .〉 |::  | |
      `j  ::/  ,∨`ヽ、   ∨ リ / 〉人  |::  リ 弋__
       ノ  /  ノ _____ `   ∨ `____'゙_ i`ヽ{:: 〈,__,ノ´
       ̄j~|,/ i ≡≡≡      ≡≡≡ } :::`廴_,>
       _ノ::::;メ::: {、       ,        j ::::::::|ノ`ヽ、
      `ヽ、λ:、__ゝ     ,.‐--‐.、    ノ ,ノ:: } ,/\|
          i :::. {、    {'´    }   ´フ"´  |/
          ヽ、 :::.{ヽ、   ヽ、.__,ノ  ,ィ´}  ,ノ
           `ヽ|vV`>‐ャ--t‐<´;;∧| /
              ,ィ´|       ,|`\
          _,.--‐´|:::::::|─-   -─|::::::::|`‐--、__
        ,ィ´"    |:::::::|〜〜〜〜´|:::::::|     `ヽ、
       j  、.    |:::::::|         |:::::::|      ,  }
       |   ヽ,.   |:::::::|        |:::::::|     /   |
┌────────────────────────────────┐
│推理漫画の原作をしたこともあるオレだが、                   ....│
│                                              ..│
│オレが作ってきた名探偵達でもこの謎を解くことは至難の業だろう……     │
└────────────────────────────────┘

636 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:51:31 ID:blQYIdmM

┌────────────────────────────────────────┐
│もちろん、年齢に見合わぬ戦闘スキルを持つ少年兵なんてものもオレは数多く見てきたし、   ..│
│                                                           .│
│レジスタンスでも類い希なる才能を持っていたハルヒもそれに近い育て方になってしまった。   .│
│                                                           .│
│だからパティもそのケースである可能性は否めないわけだが……                   .│
└────────────────────────────────────────┘

   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~             /
          /iヽ             .i'     (できることなら、オレの漫画の読者は
         / ヾヽ             .i
         `ー-、               /      もっと明るい青春時代を送ってもらいたいと思うのは
            !  ,.-一         /
            ``!           /        オレのエゴなのだろうかな……?)
              `.i         /
               i       /_
                `丶-ー' ` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \

637読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:51:36 ID:3LWHdKhQ
なんかしらんが、俺の中のキバヤシへの評価がものすごい勢いで上昇中な件についてw

638 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:52:00 ID:blQYIdmM

                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●

639 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:52:30 ID:blQYIdmM

《第四回戦 一日目 朝 / Morning》

┌───────────────────────────────────────┐
│オレが三回戦をつつがなくこなしていた裏で、聖杯戦争では大きな動きが起こっていた。     │
└───────────────────────────────────────┘

640 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:53:01 ID:blQYIdmM


                      /'´  ̄ ̄ ヽ
                     ≫77;'         ト
             ≫=====≦/////,i        i
         .≫'//{!///////V/////| \_, 、_./ |_
      .厂丁////≫==≪///{/////,|       ,j/\
     __} 乂/≫'        ヽ/∧/ハ (_人__)ノ////\
.    У ` T            ////7 //|   ////,≪///ハ
  ...(r‐ァ イ/         ≫'//////イ   |   /イ////////}
.    し'し      ≫'///≫'==ミ_', ヽ Y´{///|//////7
           .≫'///≫'////////}   |! ∨/∧/////i
         ///≫'///////////})   }  ∨//}/////
┌──────────────────────────────────────────────┐
│オレが手助けしたあの少年……入即出やらない夫が、対戦中の決戦場に乱入し、敗退者を救ったのだ。     │
└──────────────────────────────────────────────┘
                  ≫''/////∧  ∧   //////{
              ≫'//////////∧ /- ',  /////,'∧
          .≫//////////≫'三∨   l ./////,'//ハ
          .〃////////≫'//}三三!   ∨////,'///∧
.         ////////≫'///'.:/三三!   厶=ミ//'/////i}
         丶///≫'-=彳.:.:.:./三三/ /___ ∨//////
              ゝ-=彡'    __/  i i 「フハ/////
                   ∠ イ /! .!.| 、ヽ.:.:.:7´
                      | i :! .! ヽ)ゝ' ̄

641 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:53:32 ID:blQYIdmM

                                           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
                                          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
                                         / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
                                         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
                                 .         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
                                 .         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
                                        l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!
                                        l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
                                 .         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
                                         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
                                        ! 、 : l /イ!::∧ ヽ  u.    /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /
                                        ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
                                 .       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
                ┌─────────────────────────┐
                │しかもよりによってそれはハルヒの組による決戦で……   │
                └─────────────────────────┘
           /: :/: :, : : : :/: : : : : //: :, : : : : : : : : :.:i:\: : :\:.:\
.          /: :/: :/: : : :/: : : : : //: :/ : / :/, : /:./,:|: : : Y :ヽヽ ヘ\
         /: :/: :/: : : :/: : : : : //: :/ : / :// :/:.//,:|、: : | : :i : ヽ;ヘ
.     ー=彡イ: :/: : : :〃 : : : :〃/:.:///_,/:.///::| ∨:.| : :|: i : | : ;
          |: |: : : : : /小: : : :イ/´/ ̄/: :/:.///ハ:ト、| : | : :|: | : i:i:.i
          |ハ : i.: : :{. |: : : i.iィ斧芋气、////  リ }/} : 八l : }:|:.}
          | |: |.: : 八 |: |:.: !l代だ爿 `ヽ  /x斧气/ /: /: , } / j/
            Ⅵ:.:/.: : :| :| : :il{V:::::::ソ   }}  /比乍癶小.:.://:ハ
             ∨:! : : |: |: : l|乂¨¨´  9ノ⌒Y6Vソ  / } |:///
           ノ八 : ∧:!.: :l|   ¨¨¨     〉、......../イ{ |://
.           /  ∨.:∧ : l|  u.         ∧ | | ∨ } 
              八ハ∧ l|\     ‘..’    イ::::{ V | |
               _从ハ八         イ::::|:::::l V | |
             /:::::::i    \   `, ー ´ |( \ハ ‘, |
           /::::::j/  u     i::::ヽ  |/\  Yヘ. ヽ!

642 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:54:01 ID:blQYIdmM

【月海原学園 2−B キバヤシ個室】


   ト 、
  .ト\           ∧
  \            / ヽヾ、    /~`\
  ト-`          / ニ=_ , . --一/ /~
  \       __,./'∠,  ''``  ヽ三| |
    ヽ-ーーヾヽ-' ヘ>'           ゞミ/
          ヾヽ  ~     U      /
          /iヽ             .i-'
         / ヾヽ   U        .i
         `ー-、          U   /     どういう事なんだ、これは……
            !  , ' `ヽ        /
            ``!ヽ   !      /      キャスター、彼は『運命を動かさない』はずじゃなかったのか?
              `.i`-- '    /
               i  ̄    /_
               ヽ、____/` ヽ、  /
                       /
                      /\
                      /  \


                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /    ……落ち着け。
           __゙从  \.     , -- ,  /
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /

643読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:54:19 ID:j0DStPf2
予測演算で思い出したが長門も同じことをやっていたな
やらない夫の行動は予測不可能なのだろうか…

644 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:54:31 ID:blQYIdmM

  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }   もしや……オレが余計な手助けをしたせいで
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./    運命が変わったのか?
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´        ∪  l、_/::|     お前の未来視は誰も結果に干渉しないことが
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、    前提となっているわけだし──
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l




      ≧:::::/::::::イ /   _⊥_        |!\::::::::::::く
      /::::::|!:::::::{ {!ァ==─ T `ヽ   _ ノ  ハ:::::::::ヽ\
      フ::::::::{!:::::イ     . . : {!: .、   二 `ミt、ノ' }::]::::::::ヘ ヽ
    ∠イ:::::::::::::/   r‐‐示‐┐ヘ:ノ  /: : :ヘ   ヽ |::::::::::ハリ!
      ル::::::::::::/   l ヒツ ,,!  ヽ   いr--ミ    }::::::V
       |:::::::i::::′       ^   . .-‐┤_弋心`テ   }:::::::|
     ノ'l::::::|:::l          /:r; : r、} `ー ̄ "   |::::::ハ
      /⌒Vi          \: : : :ノ        ;:::::::|
       |   ハ|              ヽ/       ∧::リヘ   頭を冷やせ、キバヤシ。
      い ( リ         ___         'ハ!
       \        /      ヾ      /´l      救出されたマスターは敗退者として処理されたままだ。
       ヽ__!     ( ___    |     / /
        |::::|:ヽ            `'    /ノ/       つまり全体として運命はまだ動いていない。
         ハ:::! : ヽ       __..ィ:7   . :/ /
        ノ'l:::|: ヘ: :ヽ    , , ー   /:/イリ
        イ:ハ: : :ヘ : \  ' ; , '  /: :イ:ハ!
          川: : : : ヘ: : ; : ; ー:-:‐: : : /:ハ{
         |: : : : : :ヽ : : :_:_:_:_:_:_/: :/:/
.         __|: : : : : : : : : : : : : : : : : : /ノ'
      /  |ヽ : : : : : : : : : : : : : : : /

645読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:54:49 ID:GMiFacdQ
このスレのキバヤシはかっこいいが、リアルな漫画原作者のほうが正直いなくてもいいや。

646 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:55:00 ID:blQYIdmM

       ≦::::::::::::::::::::::::::::チ ̄l:| ̄ ̄`|:| ‐<::::::::::::::::::::::jノ'
        フ::::::::::::::::::::::::::Z   l:|     !:!     ̄i!ヽ::::::く
       ´Z::::::::/::::::i{:::::::ア  {i    リ __    j  |::::ト ヽ
          イ::::::/:::::::::i!::::::7    ´ ̄ ` ー=ア  、  Ⅵ リ `ヾ
        ノ':::/::::::::::::リ::/     近カ ̄T    f`ー |:i
        リ:/:::::::::::::::::::|      ` ̄      迩ヶ リ}
        从::::/  ̄ヽ:::!               i  |
        }:::::| う { l:i                ヽ !
        ハ::::ヽ    |:!            ー ン  '
        ノイ:::\  '                 ′   だいたいだな?
          V:::::::フ         ー== =ァ /
           リ:::::::|             , `j ′    お前が案じているのは聖杯戦争の趨勢などではないだろう。
          イ::::::;ハ  ヽ            , ;  ′
          ノ':::::リ    `  __     ' , ′'      “自分が余計なことをしたせいで
           从           ‐-     /
            i            r‐   ̄         弟子の運命をねじ曲げたのではないだろうか” だろう?
         へ /              ′
       / V     l       /
      l´     ヽ     |         /、
  -‐/ |      \   !       /  \




  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'   む……
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

647読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 21:55:08 ID:DY/kURrM
原作だとキャスター(最弱)で優勝したもんな主人公

648 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:55:38 ID:blQYIdmM

   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′  フ……図星か。
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′
         |:::\_`           ー '  /    だが安心しろ。ことその一点としては事態は好転している。
.        从:::|  l      、___  -ァ ′
           N   \     `ー─‐ ´ /     あの少年が乱入しなければ、
           r┴、    \             /
        /   \    >   ;  ; , 'ノ       お前の弟子が無事で済んだか危ういところだからな。



      N./"ィ,           `ヽ.、 __
     N、( (             '"´、´
    N、ヽ、ヽ          ,.    ヽ
   ヾミ、ヾヽ         ,.ノハ.     ゙i
    ゞミ、`        .::ノノj' ヾ、   .i
    `ミ:.、._ ___、. __.::,:彡ノノ_,.. _ゞ:、  !
      r゙t=' <(;`)ヽ}={'"(´;)>`==tr '、  それも……そうだな。
      }'^ ヽ  .:: ソ; ゝ'、  丿 ' ^゛}
        ! (、 ` ̄´ 〈r;、   ̄´ u  ) .!
        ゝ┤ u   __ __      '_ノ
        ト    ´ー一'`     |
        | \   ..::~"     .イ .|
      _,....j  : \      / .:! .|
     _/ {:.:.:.\:.. \.___./  ;i ト、
  ,..ィ´/  ヽ:.:.:.:.:.\  .:::.      ノi ヽ
/ / i'    ヽ:.:.:.:.:.:.:.\     / .:.|  ヽ、
.  /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>-< .:.:.:.:|    、\
_../          ヾ:.:.:.:.:.:.:.:./   \:.:.:.|
./            ヾ:.:.:.:/ヽ     /:\|
,'         /.ヾ、':.:.:.:.:.ヽィ^i゙!Y:.:.:.:.:.|ヽ、

649 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:56:01 ID:blQYIdmM

                      |ハ : |: :ハ     ,      / : : 从: ハ
                      { ハ: |i: : :ト、           ノイ: : ハ/}' }
                           ノイハ: 人    ‘`     人:/:イ
                           人: :{ハ:. .       . .:ハ} /}′
                         `ヾ  _i .>-<. i_ ノ′
                          . :´ : l       l : `: .
                        . .:´: : : : :K ___ ヾ: : : : :`:. .
                        /{:. :. :. :. :. :. :.:|/    \|:. :. :. :. : : : : }Y
                    l∧:. :. :. :. :. :. :|  ___  |:. :. :. : : : : :./::l
                      l:::∧:. :. : : : : : |/    \|:. :. :. :. :. :.:/:::::l
                        /!:::::∧:. :. :. :. :. :.      .:. :. :. :. :. :./::::::::l
            n n―‐ 、 _/:::::::::::∧:. :. :. :. :. :.     . :. :. : : : : /::::::::::ハ _>――‐ ァ
┌───────────────────────────────────────┐
│ハルヒからの情報(ほとんど愚痴だった)やオレが得ることができた情報を統合するに、    .│
│                                                         .│
│ハルヒの対戦相手──アトラス院のホムンクルスは、                        ..│
│                                                         .│
│自身の炉心を自壊させてムーンセルを破壊する目論見だったという。               │
└───────────────────────────────────────┘
                      /::ハ::::::::::|::::::| |:::| |:::| |:::::|:::::::::::::::.
                        /::/ :l:::::::::::::::::| |:::| |:::| |::::::::::::::::::::::::.
                          /::::::::::::::::::::i:::::::l |:::| |:::|  :::::|::::::::::::::::::::.
                       /::::::::::::::::::::::::::::::  :::| |:::|  :::::::::::::::::::::::::∧
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::i  |:::| |:::′ i:::::!:::::::::::::::::::∧
                       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::|  ヾ' 乂   !:::::::::::::::::::::::::::/
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::|       :::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|        i:::::::::::::::::::::::::::::|
                  / ̄`  、::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::,   ´ ヽ

650 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:57:00 ID:blQYIdmM

                                  __    ------ _
                             _ -=ニニ -=========≦三三ニ=- _
                _        _ -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{__
                  //      _ -=ニニニニニニニ=-‐¬冖   ̄ ̄ ̄ ̄  ≧=ニニニ=- _
   ー======-、 //く__ __ -=ニニニ=-‐¬冖              -‐  冖¬=ニニニム
    ー===ニニニニニ/ /ニ/>ニニニ=-¬  __  ------   __       -=ニニニ=-     -‐'
r===ミx}ニ{冖¬==-=≦ニr'     -‐¬             冖¬r'´ )ニニニニニニ=‐   _ -‐
{ニニニニニニニニ二三(__)ニ7  -‐ 釤.                    /ー==== '  _ -‐
 冖¬====---ヘニニニ/  ー-----ァ                 /    _  -‐
         ⊆二>    _ -‐¬冖               -=ニ -‐  ̄
              ̄ ̄                  ー‐¬冖

※これはオレの想像上の“七大兵器”だ

┌─────────────────────────────────────────────┐
│これはオレの完全な仮説に過ぎないが──                                      ....│
│                                                                  │
│そのホムンクルスの炉心には、アトラス院の“七大兵器”が転用されている。                   ...│
│                                                                  │
│世界の終末を防ぐために造られ、、結果としてそれ自体が世界を滅ぼしうるスペックとなった兵器。      .│
│                                                                  │
│アトラス院がこの聖杯戦争に何らかの価値を見出していたとするならば、それを使わぬ道理はない……  .....│
└─────────────────────────────────────────────┘

651 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:57:33 ID:blQYIdmM

                 || || ||                     || || ||
               || || ||                           || ..|| ||
             || .|| .||                               || .|| .||
         __.|| || ――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__
  _―― ̄ ̄ .|| ||                                        || || ̄ ̄――_
_ ̄       .|| ||                                           || ||       ̄
  ―_    .|| ||                                            || ||   _― ̄
      ―||||                                                |||―
.         |||                                                 |||
      |||                                                  |||
      |||                                                   |||
...    ||||            .゛      、  ′     、 " .     ,  ′  .   ´ ,   、 |||
  " ...|||  .`  .  、 ´ ,  ′ . 、 " .   ´ ,   .   i   、. .`  ゛.   i ,  . . " . 、. ||| . "
、   ...||| , 、   ┌────────────────────────────┐    ||| .li
.     ||| .|!  、...│そして、それが本当に自壊爆縮を起こしていたとするなら……   ..│..||l !  |!||  l!||l !
.    ||| , 、.... │                                         .│゙l!    ||| " .l!
、   ...|||  .,.... │──考えるだけでもぞっとしない。                    .│  ´ . |||  . " .´
  " .. ||||    └────────────────────────────┘. 、  |||    、
.      |||                                                   |||
      |||                                                  |||
.         |||                                                 |||
      ―||||                                                |||―
  ― ̄    .|| ||                                            || ||    ̄―_
 ̄_       .|| ||                                           || ||      _
   ̄――__ .|| ||                                        || ||__―― ̄
          ̄ ̄.|| || ―――__________________―――|| || ̄ ̄
             || .|| .||                               || .|| .||
               || || ||                           || ..|| ||
                 || || ||                     || || ||

652 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:58:01 ID:blQYIdmM

     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|    入即出君はどこまで意図していたかわからないが、
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧    今はそのイレギュラー行動に感謝するしかないな。
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |


        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′   そうだな。それにしても──
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |

653 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:58:30 ID:blQYIdmM

       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!    危険を顧みず、まったく利害関係のない
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l    赤の他人を救いに飛び込むだなんて……
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \   ──まるで、お前がよく言う“ヒーロー”のようだな?
          !  ',       !            ル|  |  \
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /

┌───────────────────┐
│──その言葉に、一瞬虚を突かれた。    .│
└───────────────────┘

654 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:59:00 ID:blQYIdmM

┌───────────────────┐
│だが、すぐにかぶりを振って否定する。     .│
└───────────────────┘

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |   ははっ。確かに一側面ではそうだな。
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/   だが彼は“運命を動かさない”のだろう?
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ    じゃあ、ヒーローにはなれないな。
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'     今のままじゃ、彼はただの無鉄砲でしかないよ。
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉





         _ノ///////////彡彡/////ノソ |人ヽ
         フソノ/////イ////////i( |!// ハl  ))
         /フイ/(////ノ///ノl//   |! /_,,..ィ ', '"
        ノソ////ハ/ノ/彡彡ソ/  ヾ!     " __!  ,!
        フハ/i|)//ハ////"ヽ彡i       ィ''"!T゙  i
            ソ|ノ////ノ/;!i ヾヽi!i|          ` ゞ'  ',
          iソソハi !|ソ/ハV("i |ミ               ヽ
          "ヘソ|ハiソ/i ハヘヾ、゙ iミ                   >
            ゞソハソ/i i|ヘゞ\j "             -,. '
             iソノハ!iソ!リ'   !           _ j
           ヽJイソ/ノiソソ   |; ,       '''ー'")    ……そういうものかねえ?
             !イ/ソ"    i ヾ : .,        i
             "!ソリ      i      > 、    .:|
             /" ヽ、     i       / `   :ノ
                /    ヽ、    i    i
           j- .,_     ヽ、 ';   ,. '
          r"´   二  .,_   ヽ、  i
         /       `'ー` 、 ヽ !
         /       _,.. ..,_   ` 、ヽ、
         ,'    ,. '"     ヽ、   `ヽ ヽ
          ,'    /         \     ヽ\
        i   /                \    ':, ヘ、
.        i  i                ヽ   ', ヽ
       !  !                   ヽ  ヽ ヽ
.        i   !                     i   ヽ ヽ

655 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 21:59:30 ID:blQYIdmM

                      >::::::::::::::::::|   /  ‖〃/.||zヘ:::::::::::::::ノ/
                      フ::::::::::::::::/|   /.  ‖.   .||  v:::::::::::::ヽ
                     彡 /^V:/ |i   i|  ‖    ||  |ミ::::::::::ン
                      /:::{.λ|i|   ̄≧x.  ||    ‖ ./ ミ::::::::::>
                       フ::ハ  |i|  T弋ツt\ |   _/―.、 ミ:::::ハ |
                      ̄レハ !!        -' >>tッヽ   从i|
                       ノハ-          /::      ./ ./リ
                       フ:::::::::|         /::      /:ノ/
                       7ハ:::ハ       /::     ./
                        ノ从    、        イ|   ……まあ、いいさ。
                -- 、 .     7 ハ   `'' ―-    イ|
         ,,-- 、__ノ>  ⌒ヽ.    7  ハ , ,, 、 /リ      そろそろ対戦者発表だろう?
         /  ;;   /       /^7     、、, / /
        ノ.ヽ    i|       |i  |       7  /        予知すればここにいても結果はわかるが、
.     ,         ゝ      ノ )ヽ |       /  /`ヽ
     l  ;;         ヽ-- .   /  \  |  .   /   V     怪しまれないために告知を見に行こうではないか。
    ノ ヽ   \     \.   / |    ヽ |      ヽ   V
   /       \     \./  //  / |      ヽ  ヽ
   |         \   :::::::>.--― ⌒ヽ V. |.   /   |i    \--  、
 / ハ   \      \:::::/         〉-、 /    ハ     \  \



     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ  おっと、もうそんな時間か……
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン   いつまでも過ぎたことにこだわっている場合じゃないな。
      l     r─‐-、   /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /

656 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 22:00:00 ID:blQYIdmM

【月海原学園 2F 階段前】

         マヘ        |: :l|                   |! :|           //l!
          マヘ       |: :l|                   |! :|          //: :.||
             マヘ.       |: :l|                   |! :|         ///|: :||
            マ/::ニニニ|: :ll ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |! :lニニニニニニ ///: :| |l/
            l 「 ̄ ̄.| l|                  |:: ::|     .|! :l      ///: : : : .!/./´
            | |    | l|                  |:: ::|     .|! :|   ,// .|l : : : :.//´
            | |    | l|                  |:: ::|     .|! :l ,///| ||: : //:´:!
            | |    | l|_____________| : ///: :| |l//'´|:::::|!
     __     | |    |_ィ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::://: : : : .|//   . |:::::|!
      // !\     | |     ./:/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l |: :!!: : : : //,    |:::|!
.     //::::|::::!:\  .| |    /:/ || : : : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : |.l: :|l: : //  ,ィ    |:::::|!
    //!|::::|: :l::|::;:\ └―./:/ l l| : : : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : |.|: :|l//  /!:!    |:::::|!
.   //::::|::::|:ィ==========/:/ l l l|______|_|______| !//  /. : !:!    |:::::|!
  //!|::::|: :/三三三三三/:/,l l l l|______________l/  /. : /|:|   |:::::|!
. //::::|::::|:/三三三三三/:/.l l l l/! __________     .!  ,.イ. : /: : :!:!    |:::::|!
//!|::::|:: /三三三三三/:/ l l l l/::| |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||     |  |::|/..: : : ::|:|   |:::::|!
/::::|::::!:/ニニニニニ /:/ l l l l/: ::| || 「 ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : :||     |  |::| . : : : : : !:!    |:::::|!
::l: :|:::l/ニニニニニ /:/ l l l l/ : : | || |__.|―─┐: : : : : : :||     |  |::|.:: : : : : ::|:|   |:::::|!
::l: :l::/ニニニ _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、:::| ||: : ::| ~~~~   |:: : : : : : ::||     |  |::| : : : : /}:!    |:::::|!
::|: :/二二..../          ``ー‐-、.゙:|_____.!: : : : : : : ||     |  |::|.:: :://|:|   |:::::|!
::|:/二二.゙;"                ): : : : : : : : : : : : : : : : :||     |  |::|://.: ::|:|   |:::::|!
::/二二../                |ノ _______.||     |  |:{ / : : : ::!:!    |:::::|!
/二二...|                  )/. 二二二二二二二二二二二]  |::|:: : : : : :::|:|   |:::::|!
二二二|          ,;';;,,    /ノ:|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::l :|  |::|:: : : : : :::|:|   |:::::|!
二二....|::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿:|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::l: |  |::|:: : : : : :::|:|   |:::::|!
.....  /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;
    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'    :.'.,、
  ,へノ   `'''''"´   .:;      .:::_ヽ
Y   \        .::;     ::::ゝ
     \     ::::::、   .:;`    さて──今回の相手は一体何者だろうかな……
ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i
 `       \;;;;/    `゙"

┌──────────────┐
│そこで待っていたのは──   ....│
└──────────────┘

657読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:00:21 ID:j0DStPf2
誰が来る・・・?

658 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 22:00:29 ID:blQYIdmM

                ________     ____
               /`>"´        ゛``<´,.-‐"´
           〈/       :::        ゛`ヽ、
              /     ノ ::;ノ | :::  | |  、      〉
         _.    i  / ::::/ /| :::  | |   ヽ、.   /
     l⌒! /(⌒)ヽ   j,ノ ::::ノ⌒ |::|:::  | j:⌒::  \ /
     l l  ー'/.ノ. / __;;ノjノ__ リ|::: j|ノ_`ヽ、:::  、>
     l .j   l i   T´:| ,.ィfチ心  }:: / ィチ心、\:: |:{、
     `´   `´   | :::| f {::rヽ:j j:;ノ  {ノ:rハ }::::ヽ|:::::\   Oh! Mr.キバヤシ!
     ○   ○.....(_| :::{、__ V:z:ク     , Vz:ク_ノ:::: j、| ̄´
          ̄`〉::ヽ、::<´    ,‐-‐、     `フ_ノ       お手柔らかにお願いしますネ!
           ノ ::::::`ー`ヽ   (   ノ   ,ノ'´
            ̄//ヽ/\:`‐-ァ`ニ´-‐::'´::/         j`}.____
            '"   __,-‐´λj  {::;〉`ヽ-.、__    _ j´ ノ,-r‐'
               /´ニ.ヽ、  ヘ,r-‐-|    〉λ  /、\  モ }、
            /´ ̄`\\  ∧  |    / / } ./ヽ \\ィ~}}
             {    i:.:{\\ ヘ.j`j___/_/_..┏. Information . ━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            〈`   λ:{__ \__ ,ィ'  r─'"´..┃第4回戦の組み合わせを発表します。             ..┃
            〉ヽ   `ヽ`/ 〈 ___}: : : : :. ┃                                    ┃
            }      /\\\::::::||、: : :. ┃マスター: キバヤシ シン                  ....┃
            j ´`-‐´    \\\jj \ 〈┃                                    ┃
            /            \ /、  ,〉;┃マスター: パトリシア マーティン                    ┃
            {         __,,/_,,-‐ヽ/|...┃                                    ┃
             \_,,-‐'´/ ̄ |∨  |  | |. ┃決戦場 : 四の月想海                    ....┃
              /   /   |   |  | |. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               /   /    |   |  .| |

659 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 22:00:40 ID:blQYIdmM


                                               Fragments Out

660読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:01:42 ID:MkL1yiw.
なん・・・だと!?

661読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:02:14 ID:3LWHdKhQ
なんという宿命の対決…

662読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:02:20 ID:dLjk3J8U
マガディン vs サンディーか……

663 ◆aajRqaKlT.:2012/02/19(日) 22:02:31 ID:blQYIdmM
と言うところで今日は終わりです。キバヤシ、年食ってるだけ合ってスレ内の色んな設定に関わってくるからやたら分量がかさむ……
次回は早めに出したいですが、まあ善処します。

664読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:02:39 ID:GMiFacdQ
ヒーローというのはハッピーエンドを望む世界のために、それを阻害する要素を
排除する要素でもあるんだけどな。

665読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:02:43 ID:DY/kURrM
後半見ないな・・と思っていたが
まさかのこいつか

666読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:03:03 ID:tCHIY3tU

キバヤシかっこいいな
ナイスミドル!って感じだ

MMRが読みたくなってきたわ

667読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:03:27 ID:O2sCVUQ2


まさかのパティか
ある意味宿命の対決!

668読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:03:53 ID:N/jdNm/M

漫画本誌的には断固キバヤシを応援するぜ

669読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:04:39 ID:Zb9m3Qpc
乙でした
中年以降の大人キャラで少年漫画的な奴は少ないしのう
このキバヤシは新鮮

670読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:05:01 ID:MkL1yiw.
中の奴は知り合い臭いな

671読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:05:33 ID:qFCD68dQ
なんという聖杯マジック

672読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:06:27 ID:j0DStPf2

相手の情報がまるで分からんな
というか今まで注目していなかったから見落としてるだけかもしれんが…
頑張ってくれキバヤシ

673読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:07:08 ID:C4le1avY
乙でした!

もう本当に設定とか能力とかが読んでておもしろすぎるw

大人がカッコイイ展開は大好きだ・・・

674読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:09:49 ID:x4vM0BtQ
マスターと鯖と元ネタの相性がいちいち良すぎるw

675読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:11:00 ID:H5sS0q/Q
キラと戦ってるのは佐山さんなのだろうか・・・?

676読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:12:29 ID:GMiFacdQ
まあ、extraの鯖は触媒使って指定して呼び出すとは限らないしな

677読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:14:42 ID:tEDjghvo

マジで面白い

678読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:16:41 ID:f2/bxwDs
乙〜

キバヤシいい人だ
しかしなんかちゃくちゃくと死亡フラグを立てている気がw

679読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:16:41 ID:xCd2Jn1s
乙でした
extraは相性最高を選んでくれるから、ギスギスがなくて良いな

680読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:16:45 ID:Vb5gMcGM
乙でした

681読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:17:19 ID:sFj9JsSk
乙ー
キバヤシ&キャスターのコンビが
いい感じにマッチしていて面白い

682読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:17:25 ID:Mc37Du2g
乙!

683読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:18:33 ID:.vqCHPbc
というかキラの鯖、AAこそ違えどやっぱりあいつかwww
乙ですぜ

684読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:23:35 ID:tEDjghvo
>>683
そういやあれ誰だ?

685読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:24:30 ID:.vqCHPbc
>>684
持ってるものみたら一目瞭然だろう
次回のCCCに出番が最も嘱望されているといっても過言じゃないあいつ

686読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:25:44 ID:tEDjghvo
>>685
やっぱりそれでいいのか

687読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:26:58 ID:tCHIY3tU
>>684
なんか「ドリル」みたいな武器持った「王様」だよwww

688読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:27:37 ID:N0.LOiS6


689読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:44:26 ID:g9HxGf2w
>>668
ならば俺はパティを応援せざるを得ないな
いーじゃんかよーぬるい作品ばっかでもさー

690読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:51:50 ID:UeRRF/h2
ノストラダムスの表情、微妙にムカつくのが多いなw

691読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 22:53:49 ID:kRhvEVZw


692読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 23:09:09 ID:HSSnSyFw
乙津

693読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 23:22:56 ID:mh1QIfFM
着々というか
ルール上生き残れるのは一人だし

694読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 23:24:07 ID:IG/ou.AY
乙ッ

695読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/19(日) 23:48:10 ID:Op/7SfIY


キラのサーヴァントはジャックか
間違いなくあのつながりだな

696読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 00:18:28 ID:QhMgknyk
乙!
いやあ、本編もそうだが外伝も骨太で面白いこと面白いこと

697読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 00:52:10 ID:lfk7BO3Y

パティの中の人が昔キバヤシと組んでた漫画家とかだったらまた運命を感じるな
それとも「漫画に心を救われた者」かな

698読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 01:46:09 ID:CJphXrRg
クオリティ高いなー
乙乙です

699読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 02:32:21 ID:NrkzqX2U
前中後編は長くね?と思ったが他のマスターが見れるのは意外に面白い

700読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 03:28:46 ID:iI7qkYfk
乙。このまま全員のイベントを拾って行ったらCCC発売までには間に合いそうもないな
このクオリティなら待たされても一向に構わないんだがw

701読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 03:39:48 ID:Kfdc8ADc
なあに、その時はCCCの小ネタも拾ってくれるさw
つかそろそろCCC発売日確定してほしいな

702読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 08:12:48 ID:DccMAgis
チラっと出てきた副会長が気になる
クラスはライダーだったっけ?

703読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 10:42:24 ID:84Ygd10g
おつかれ〜
やっぱマガディン vs サンディー対決は外せないよなw

704読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 16:47:29 ID:hKkKMrjM
このスレの僕鯖はマジレベル高いなぁ
予想も付かない能力なのに由来を語られると納得できる説得力を持っている

705読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 18:44:40 ID:w09EGsVc
キラのサーヴァントは三人に絞られるな、スートネタなら
ランスロットはもういないから…

しかしオカリンの宝具はアレだな、ノストラダムス研究でもしてないと破れないんじゃね?
あるいは未来を覆す主人公補正と言うなのチートでも使わん限りw

706読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 19:32:34 ID:dCuQZ.po
>>705
チートっていうのは破られるためにあるのが少年漫画のルール
というメタはおいといて、逆に言うと真名バレしちゃうと芋づる式で宝具バレるからなあ
対策練られると危うい気がする。何せスキルと宝具にかなり偏ってる(本人スペック低い)し

707読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 19:37:31 ID:BqxJg9Qs
>>706
敵「主人公強すぎるから勝てるまで何度でも時間遡って挑もうぜー」→主人公に勝てる未来がどこにも存在しませんでした
こんなとんでもないチートをチートでぶち壊したアニメもあったなw

708読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/20(月) 19:53:56 ID:LhQhFOn2

こうやって主人公以外の連中も戦ってたんだよな・・・

709 ◆aajRqaKlT.:2012/02/20(月) 19:59:17 ID:zFQmbNdE
まあ、次回のキバヤシ後編の次はもう外伝無しで5回戦になるわけですが、
5回戦から先は外伝全員分やることになると思います。
と言うのも、キバヤシ編からもう、表(本編)と裏(外伝)の境目が極めて曖昧になってきてるわけでして。

710安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 20:19:42 ID:nTXNsL2s
個人的にもしハルヒルートに入ってた場合のキバヤシの中編はみてみたいな

711安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 20:20:29 ID:009N0BiU
残り八人ですもんねー

712安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 20:39:27 ID:NRvTFkmQ
キャスターもっさんなら「後付けのこじつけ」の一言で諸世紀を粉砕してしまうような…。

713安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 21:03:15 ID:v7AQNR52
>>707
未来日記の外伝で殺人日記が外伝主人公がチート過ぎて
殺せる未来が予知できないってのを思い出した

後ガッシュのラスボスも強すぎてアンサートーカーの答えが出ないとかあったね

714安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:17:36 ID:A2Lwt362
外伝含めての本編な気もするし、良いと思う>曖昧

715安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:18:15 ID:2JfpN70k
5回戦の時点であと八人だよな?
原作をやり初めたばっかなんだが、因縁やらAAやらで考えると

水銀灯VSやらない夫
蒼VS御坂
キラVSつぼみ
ハルヒVSパティ(キバヤシ)

という気がするんだが。どれも激戦な予感が…。

716安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:23:42 ID:v7AQNR52
あれ?キバヤシVSパティは3回戦では
で、多分4回戦でキバヤシも死ぬからどっちも残らないと思ったんだが
そこは谷口じゃね?

717安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:29:50 ID:b98JxXGU
>>716
以下ネタバレ






原作だとキバヤシとパティは四回戦で相打ち(?)になってまとめて消える
ただ谷口が原作だと三回戦で死んでるんでどっちかが勝ち上がって谷口が四回戦脱落になってるかも

718安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:30:53 ID:WaRSKvXw
>>711
>>658に>第4回戦の組み合わせを発表します、とある

719安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:37:53 ID:2JfpN70k
いや、キバヤシとパティは四回戦だろ?
六人(やら、蒼、銀、ハルヒ、キラ、つぼみ)は勝手に確定枠だと思ってる。
後は二枠に谷口、キバヤシ、パティ、御坂で考えると
四回戦が谷口VS御坂、キバヤシVSパティじゃないかと。

谷口さんは散々死亡フラグ立ててたからなぁ…

720安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 22:54:05 ID:v7AQNR52
相討ちなんてあったっけ
結構忘れてるな

キラは多分元ネタは図書館の奴だと思うけど

721安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 23:03:41 ID:84Ygd10g
ランサーの設定とか色々混ぜてるんだから、
サブキャラについては原作通りに進むとかを考えなくてもいいんでね?

722安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 23:04:47 ID:84Ygd10g
ランサーの設定とか色々混ぜてるんだから、
スレ独自の解釈や改変は当然あるんじゃないかな。←が抜けてた、すまぬ
サブキャラについては原作通りに進むとかを考えなくてもいいんでね?

723安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 23:41:58 ID:w09EGsVc
あんな顔して上位まで勝ち上がってるつぼみさんのライダーは凄いんだろうなあ
つぼみさんも本気になったらトンデモないんだが

724安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/20(月) 23:45:28 ID:lLNJGb3g
>>723
つぼみさんはスマプリにもモブで友情出演していたしなw
えりかも通行人あたりのモブで出演しそうかもwww

725安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 02:44:01 ID:v1kEO.3M
一応流れをまとめてみたが、これで合ってるかな?

1回戦(全64組 128人)
○やらない夫(魔) VS ●月(騎)
○セルゲイ(弓)  VS ●?
○雪華綺晶(魔)  VS ●?
○レナ(狂)    VS ●?
○ユキ(狂)    VS ●?
○ハルヒ(槍)   VS ●?
○谷口(弓)    VS ●?
○ミストさん(狂) VS ●?
○才人(剣)    VS ●?
○ルイズ(剣)   VS ●シンジ1(?)
○御坂(弓)    VS ●?
○千枝(槍)    VS ●シンジ2(?)
○ティアナ(?)  VS ●?
○キバヤシ(魔)  VS ●?
○ロイ(暗)    VS ●?
○パティ(?)   VS ●?
○蒼星石(?)   VS ●?
○水銀燈(?)   VS ●?
○キラ(?)    VS ●?
○つぼみ(騎)   VS ●?
44組不明

2回戦(全32組 64人)
○やらない夫(魔) VS ●セルゲイ(弓)
○雪華綺晶(魔)  VS ●?
○レナ(狂)    VS ●?
○ユキ(狂)    VS ●?
○ハルヒ(槍)   VS ●?
○谷口(弓)    VS ●ミストさん(狂)
○ルイズ(剣)   VS ●才人(剣)
○御坂(弓)    VS ●?
○千枝(槍)    VS ●ティアナ(?)
○キバヤシ(魔)  VS ●ロイ(暗)
○パティ(?)   VS ●?
○蒼星石(?)   VS ●?
○水銀燈(?)   VS ●?
○キラ(?)    VS ●?
○つぼみ(騎)   VS ●?
17組不明
水銀燈による暗殺が多発

3回戦(全16組 32人?)
○やらない夫(魔) VS ●雪華綺晶(魔)
○レナ(狂)    VS ●?
○ハルヒ(槍)   VS ●ユキ(狂)
○谷口(弓)    VS ●ルイズ(剣)
○御坂(弓)    VS ●千枝(槍)
○キバヤシ(魔)  VS ●?
○パティ(?)   VS ●?
○蒼星石(?)   VS ●?
○水銀燈(?)   VS ●?
○キラ(?)    VS ●?
○つぼみ(騎)   VS ●?
5組不明
実際は2回戦の暗殺で人数が不足しているため、何組かは不戦勝

4回戦(全8組 16人)
○やらない夫(魔) VS ●レナ(狂)
ハルヒ(槍)、谷口(弓)、御坂(弓)、キバヤシ(魔)、パティ(?)
蒼星石(?)、水銀燈(?)、キラ(?)、つぼみ(騎)、他5名

726安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 02:51:38 ID:v1kEO.3M
自分でミス発見
一回戦の才人の相手がシンジでルイズは不明だ

1回戦(全64組 128人)
○やらない夫(魔) VS ●月(騎)
○セルゲイ(弓)  VS ●?
○雪華綺晶(魔)  VS ●?
○レナ(狂)    VS ●?
○ユキ(狂)    VS ●?
○ハルヒ(槍)   VS ●?
○谷口(弓)    VS ●?
○ミストさん(狂) VS ●?
○才人(剣)    VS ●シンジ1(?)
○ルイズ(剣)   VS ●?
○御坂(弓)    VS ●?
○千枝(槍)    VS ●シンジ2(?)
○ティアナ(?)  VS ●?
○キバヤシ(魔)  VS ●?
○ロイ(暗)    VS ●?
○パティ(?)   VS ●?
○蒼星石(?)   VS ●?
○水銀燈(?)   VS ●?
○キラ(?)    VS ●?
○つぼみ(騎)   VS ●?
44組不明

727 ◆aajRqaKlT.:2012/02/21(火) 04:27:40 ID:AmZyyWV2
つぼみさんの佐山ライダーはキラのサーヴァントがAAで持ってるアレ使った程度には強いですよ、と。
まあ強さよりも対戦相性のほうが実は大事ですね。
飛び加藤アサシンはノストラダムスみたいなインチキサーヴァント相手じゃなければかなり勝ち進めたでしょうし。
つまりはリアルラックだよ!

728安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 04:33:50 ID:9fwAib4M
ない夫のリアルラックはどうなんだろうなw

729安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 09:04:16 ID:EVkUlDuo
基本的に型月って相性じゃんけんだよな

730安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 09:50:57 ID:phCgNDCc
そもそもEXTRAじたいがじゃんけんゲーだしなwww

731安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 10:49:52 ID:ScThPxKs
最弱が最強を殺すのが型月デフォ

・・・能力見ると、どこが最弱なんだと突っ込みたくなるけど

732安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 12:00:22 ID:Nkljx4.s
やり方次第で相手を倒せる奴を普通は最弱って言わないけどなw

733安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 13:24:03 ID:LiH4t20.
だがキャスター、テメーはダメだ

734安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 15:51:58 ID:o6xWTPmU
キャスターってあれだろ?セイバーと真っ向から打ち合ったりマスターを英雄へと仕立てあげる・・・・

735安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 17:44:54 ID:NZ1AJWOg
AAが元キングの時点でキラが勝てるビジョンが見えねえ

736安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 17:59:16 ID:KODmFedY
佐山は竜属性に滅法強いあの方なんだろうか
AA元的に考えて

737安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 18:08:33 ID:kQcM4qkU
>>658の「!?」はマガジン式表現か

738安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 19:48:01 ID:wRMRoT.s
佐山ライダーの元があれだとすると、王とは相性悪いかもしれんね
最期的に考えて

739 ◆aajRqaKlT.:2012/02/21(火) 20:49:51 ID:AmZyyWV2
>>735
元キング馬鹿にするなよ! ちゃんと慢心しそうだろう!?
元キングで構想したあと一時期海馬社長にキャスト変更してたけどやっぱり慢心力の関係で戻したんだ!

>>737
ようやく突っ込んでくれる方がいたのでネタバラシすると
キバヤシ編の裏コンセプトは「『!?』をいっぱい使う」でした。

740安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 20:53:18 ID:UMugG6PI
海馬社長でもオーバーキル狙って敗北とか慢心力半端じゃないがw
元キングだと何故か転倒シーンが思い浮かぶ・・・・二人とも決める時は決めるのになぁwwww

741安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 20:54:20 ID:0etf.RxE
元キンなつかしいw 本編登場が楽しみです

742安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 21:32:48 ID:vvkVUQPM
ジャックってカッコ良いけど中盤辺りは完全にギャグキャラだったよなw
キング→元キング→闇キング→ニート→元ジャック→キング

743安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 22:42:20 ID:74axE6Aw
元ジャックに吹く
というが遊戯王はテニプレ、パワポケと並ぶ真面目に不条理やってる作品だよな
カードゲームで光速超えたり銀河破壊したりとかマジ勘弁

744安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 23:12:05 ID:ugrYyWPw
黄金に輝く蟹がバイクで宇宙を走るとか知らない人から見るとキチの戯言にしか見えない

745安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 23:22:23 ID:seO9RW5I
バイクに乗りながらカードゲームやってる時点で頭がおかしいと思われてると思うぞw
ところででカードゲームで世界征服や世界の危機、人の生き死にがもはや普通というか何の違和感も無いのは何故だろう

746安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 23:25:17 ID:UMugG6PI
なおマンガ版では最近闇落ちした挙句馬に乗ったそうだぞ蟹

747安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/21(火) 23:52:35 ID:FzA8/Gr.
>黄金に輝く蟹がバイクで宇宙を走る
前後の文脈見ないでこれだけ見たら聖闘士星矢の蟹の話かと
マニゴルドはカッコイイのに、御大は蟹に恨みでもあるのだろうか

748安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 00:58:17 ID:sGNIdoVU
>>747
俺もそれ連想したわ
扱いひどいけど、なんだかんだ言って蟹は即死持ちの強いキャラだと思うけどなあ
むしろ酷いのは牛では。冥王編で見せ場なく即死させるくらいなら何故海王編で綺麗に死なせてくれなかったし

749安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 01:01:45 ID:0yWBovHE
そも12星座の元になったお話の時点で蟹座は・・・・・

750安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 01:08:41 ID:sGNIdoVU
元のお話は基本酷いだろ……山羊と魚なんか笑いものにするために作られた星座だぜ……
蟹座のカルキノスはヒュドラとの友情のためにヘラクレスに挑んだって説もあるしいいじゃん

751安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 01:10:42 ID:MvmnqQlY
でも踏まれちゃったんだよね・・・

752安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 01:14:53 ID:nHMVCRgY
>>748
牛さんは海王編で死んだあとに背景でうっかり描いちゃったから生き返った説が

753安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 08:27:38 ID:QEik6QlU
かっこいい蟹座が見たい人はふしぎ遊戯読めばいいんですよ
あれのヒーローの星、蟹座ですよ

754sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

755安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 14:38:57 ID:FSTX.T2Y
>>750
12星座で格が高いのって
ゼウスの化身の牡牛座
ゼウスの息子の双子座
女神説を採った場合の乙女座
ケンタウロスの射手座

くらいか?
天秤座も女神の道具だからそこそこ?

756安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 19:41:31 ID:ZWtAmppM
牡羊座の皮は型月だとランクEXだぜ
獅子座の皮も宝具になってそう
射手座と双子座は本人をサーヴァントで呼べそうだ

757安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 20:51:30 ID:xl08465A
>>747
恨みとかいう以前にもう作品に情熱注げないんじゃない

758安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 21:04:21 ID:2BxoG3sI
射手座のケイロンは凄い設定だよね。クロノスとニンフの子供でアポロンとアルテミスの弟子
ヘラクレス、カストル、ポルックス、アスクレピオス、アキレスを筆頭にギリシャの大抵の英雄の師匠
まるで僕の考えた最強のサーヴァント状態だ

759安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 22:34:23 ID:vHvTwdJ2
ケイロンもろ神だし呼ぶの難しくね?
奴が可能なら、クーフーリンの親父呼べると思うんだが

760安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 22:36:57 ID:TE297WG.
まあ呼んでる作品がないことはない

761安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 22:47:48 ID:8SP5Yfjk
ばりばり女神のメデューサも召喚されとりますがな
ケイロンは戦闘能力自体はヘラクレスにかなり劣るしな

762安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 22:51:32 ID:Ajma9MZI
神とか当たり前のように呼んでる奴もあるな

763安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/22(水) 22:57:55 ID:DrlINljo
>>755
山羊座と乙女座と魚座も一応神様やー忘れんでー

764安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 00:06:40 ID:D5Knrb16
射手座は微妙、格好いいけど活躍的な意味では大したことないし
アトミックサンダーボルト(笑だから困る

765安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 00:08:22 ID:akj.rI.s
射手座はアニメ版(特に映画)だと超勝ち組
原作だけだとそうでもない

766安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 00:26:37 ID:UowHCr/Q
>>765
牛を前にしてもそのセリフが言えるか?

767安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 00:28:40 ID:ZjqBnkuU
原作でも主人公の危機に聖衣飛ばしているじゃない
主人公用ってだけでも聖衣は十分勝ち組、中の人は知らんけど

768安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 00:51:40 ID:omEqGBCs
EXTRAスルーしてたけど、他スレで出てたキャス狐や赤セイバー見て気になって
このスレ見つけて思わず一気見してしまったわ…
Bestもでてるし原作もやってみようかな

769安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 01:02:04 ID:YAEMFwOM
原作には赤セイバーやキャス狐√がないと聞いて躊躇してる

770安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 01:18:26 ID:rft9v2PA
新納:開発当初から「エクストラ」のヒロインは凛にすべきだという先入観がありました。
そして、彼女と対となるヒロインとしてラニを登場させて、
「このゲームをプレイする人は絶対凛かラニのどちらかを好きになるよね」と
決めてかかって、その考えを押し通してしまったんです。

という考えだったらしいからなあ。何考えてるんだか。
散々赤セイバーやキャス狐EDが無いという批判受けて反省してるようだけど

771安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 01:49:37 ID:Lz798gRY
ビジュアルノベルファンのことをよく知らなかったんだろ

772安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 02:03:05 ID:fvy4wtTc
マイルーム会話もあるし、ゲーム内なら最後の最後まで一緒にいるのは鯖のほうだからルートねーことには全然問題なかったがなぁ

773安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 02:24:23 ID:rft9v2PA
>>772
知ってるか?初期段階ではマイルーム会話すらなかったんだぜ……?
シナリオがきのこに変わったことでようやく追加された要素なんだ

774安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 02:30:05 ID:0h8KaPbg
きのこの前のシナリオは悪名高いアイツだって噂があるし……

775安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 06:44:07 ID:MXXRoFZM
こんなにゲーマーとライターで意識の差があるとは思わなかった…!

776安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 07:30:17 ID:VC6ANv12
まぁ飽く迄も噂だけどな。実際ソースってあるのか?

777安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 09:32:07 ID:CbzvNqjU
初期段階ではマイルーム会話無しとかあっぶねえなw
本当にノベルゲームファンの事が分かってなかったと見える

778安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 11:33:14 ID:dyTk0u92
>>770
誰か突っ込む人はいなかったのだろうか

779安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 11:39:20 ID:eGXFslhw
>>770
当時それ読んで「こいつなに言ってんの?」ってなったわ
CCCもなんかニーズからずれたものにならなきゃいいけど

780安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 12:39:42 ID:pmlzwaXA
ニーノがズレてるのは今に始まったことじゃないからなぁ……。
アイデアとかは悪くないんだけど、そこ外すなよってところで変に外れるから困る
世界樹1とか七ドラとか2020とか。

781安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 17:10:20 ID:he1pMIuM
世界樹ってなんか外してたっけ 記憶にねえわ

782安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 17:11:46 ID:0h8KaPbg
バグが多い以外には思い浮かばんな

783安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 17:58:41 ID:cbgqmc12
3回戦の時トイレに入る場面で、4週目にして初めて異性側に入れることを発見した

784安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 19:01:23 ID:0sHtnw.Y
何度も何度も繰り返すと女子トイレに突っ込む主人公の姿が!
後味最悪な三回戦だがザビエルとかネタの面も突き抜けてるよね

785安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 19:13:36 ID:aTNvbvHk
周回か。友達がラスボスや裏ボスを丸裸にするために何周もしてたな
奴らの全てを曝け出させるのって実際何周ぐらい必要なんだろう

786安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 20:50:21 ID:83DqZshk
今更ながら氷室の天地にエクストラ主人公が出ていた件

787安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 22:43:23 ID:VvfO4O6A
>>785
裏ボス含めると33週裏ボス以外なら32週

788安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 22:45:23 ID:eGXFslhw
やっぱ何周もすると鯖の行動も開示されるのか?

789安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 23:28:56 ID:lYQ.jF2Q
>>780
ほんとにアイデアは素晴らしいのに、それをシステムにした時にユーザー視点がたりんよなw

790安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/24(金) 09:11:23 ID:yDMRnTGc
>>788
鯖は周回しても意味無いけどラスボスや裏ボスは一般敵と同じ扱いなんよ
だから33週すれば常に全部見えるようになる

791安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/24(金) 09:47:58 ID:XSx9ll8c
見えなくてもスキルのゴリ押しで終わるからほぼ意味ないよな・・・

79210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/25(土) 13:36:52 ID:KIBO3BkI
行動の開示はオンオフにして欲しかったな

79310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/25(土) 13:47:36 ID:W7.3YLJ.
鯖ルートを失念するくらいだからなぁ…その考えには至らなかったと思うよ

79410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/25(土) 14:10:35 ID:xxTrzNps
原作でも真っ先に来るのがセイバールートなのに、何故鯖ルートを失念するかな。

79510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/25(土) 14:58:20 ID:RQif2bXU
つまり原作をプレイしたことがない・・・まさかな

79610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/25(土) 16:36:43 ID:J7WnAt6w
でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない

79710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 01:48:54 ID:4flMYgkQ
アトリームへ帰れ

79810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 02:22:29 ID:pH1B7cf6
というか、原作のことを無視してたとしたら、だ
Fate級の集客要素なかったらまず間違いなくクソゲー認定だろあのゲーム
あのシステムに無銘レベルのキャラやシナリオ入れて標準レベルを満たすとは思えん

79910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 03:27:27 ID:CIJ4eMS2
キャラゲーの一種だからねー
スパロボだってゲーム自体の面白さを考慮すれば、駄作レベルだし

80010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 11:50:30 ID:kFFz.3BQ
まあシステムだけで名作って言えるRPGのゲームなんてあまりないだろ
標準レベルも人によるしな

80110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 15:03:17 ID:lYAFglfA
性別が男女ある時点で鯖ルートってのもどうなんだって気がするけど
そもそも何が変わるのって感じ
別に凛かラニかだってサポートが変わるだけで
恋愛とかってわけでもないし

80210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 17:57:25 ID:6WYMtDvg
サーヴァントにアーチャーを選ぶとシナリオの都合で酷い事になるゲームだと聞いてる

80310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/26(日) 20:10:38 ID:TEMo7cIU
>>802
二周目ザビ子にしてアーチャー選んだらNTRになったわ

80410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 01:12:49 ID:CHmVnpg.
Best版買ってしまったぜ・・・赤セイバーかわいいな!

80510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 02:03:49 ID:p.OycIaU
>>804
仲間発見!俺も最近買って赤セイバーで一周目が終わったぜ!

80610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 03:04:28 ID:Y/RQJ37A
ああ……次はキャス狐だ……

80710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 04:33:36 ID:mg.kIQFw
時々思うんだが、ベスト版って、通常版とどう違うん?
誤字やバグが治されてたり、逆に規制が入ったりするん?

80810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 10:02:29 ID:tlXbB2VA
バグ修正されたりするものもあるし、そのまま廉価で発売されるもある
元々中古市場に対抗するためにベスト版(廉価版)が発売され始めたんだっけか
やっぱり時間が経つと中古で買う人が多くなるからね

80910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 10:04:29 ID:QUOeJQJg
俺もライターがきのこになったというの知らなくてしばらくたって中古で買った身だしな
半年どころか2〜3ヶ月くらい経てば新品より割安で買えるし

81010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 11:29:50 ID:cgbHrWcs
人気がある作品は中古でも中々値下がりしないから
廉価版の方が安いこともあるしね

81110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 11:35:14 ID:DBY/zPXI
CCCが来年には出ますように

81210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 21:56:33 ID:SrwS9J2Y
今年春予定じゃなかったかw

81310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 22:04:28 ID:qdgmb5Fg
2月も終わりなのに正式な発売日が決定しないなんて、半年〜1年は伸びるフラグ
なに、型月ではよくあること

81410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 22:13:24 ID:wh3FDEMc
まあようやくまほよは出るしいいけどね
ただしDDDは駄目だ

81510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 22:23:44 ID:RbpWT.sU
DDDは読み流して読んだだけじゃ意味が分からなかったりする気がする
3回目読み直したあたりからが面白い

81610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/27(月) 22:39:12 ID:/8avNVV6
それってきのこ小説じゃデフォじゃね

81710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/28(火) 16:56:20 ID:AGSXfpbo
月姫2かリメイクが10年以内に出ますように

81810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/28(火) 23:04:47 ID:AdZIk6E2
魔法使いの夜の発売日が決定したし、月姫リメイクにそろそろ手を付けてるころじゃないかな
5年以内には出ると睨んでる

81910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 01:17:28 ID:4mbOu2Vc
長い目だなあ・・・

82010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 01:19:39 ID:ZxDkIbhA
我々は十年待った
あと十年二十年なんのこともない

821 ◆aajRqaKlT.:2012/02/29(水) 01:21:36 ID:EKViTYII
社名的にNotesのほう先にやるんじゃないかなー。
あ、このスレの更新もお待たせしております。もう少し待っておくれ!

82210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 02:21:46 ID:78ZZX.Pc
いつまでもまつぜー!

82310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 02:53:58 ID:YWODbpGs
>>818
extra material で言ってた「R計画」は月姫リメイクのことだろーな

82410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 21:05:16 ID:gCHWRYz2
琥珀さんは悲劇のヒロイン
そう思われていた時期が型月にもありました…

てかまほよホントに出るのか
月姫リメイクやる気あったんか
DDDどうなったとかNotesやんのかよとか
なんつうかどれ一つ出そうに無くて困る

82510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 22:10:23 ID:8x/kPuRY
レッドドラゴンでは楽しそうにしてんなw

82610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 22:56:17 ID:D/55csGo
CCCのシナリオがその前にあるんだけど

82710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:23:00 ID:aZBg6Wy6
型月の仏道とか興味がある
神道系は七夜とか遠野とか見てれば何となく予想できるが
仏道はstay nightで凛がちらっと口にしただけだから謎が多いんだよな
独鈷とか錫杖振り回して妖怪調伏する法力僧とか大好物です

82810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:26:48 ID:0dFhSRT2
孔雀王か、レンタルマギカか、はたまた仏ゾーンかww

82910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:27:19 ID:371kZLs.
孔雀王みたいなのかね

83010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:27:47 ID:O0J/X/dk
>>827
空の境界の荒耶宗蓮は?

83110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:27:54 ID:QO5cZFrg
空の境界の荒耶宗蓮が元坊主じゃなかったっけ?

83210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:37:21 ID:/bsXScIw
荒耶宗蓮が一応坊主だよね

83310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 22:59:10 ID:GebaIZ5w
荒耶は例にならないか

83410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 23:05:13 ID:aZBg6Wy6
あらやんは倫敦に行っちゃって
その上本格登場時にやってることが壮大すぎるから
仏教系の資料としては足りないのよね

83510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/01(木) 23:07:02 ID:59tIXvPA
その物ズバリなのが出てたりするがアレはアレで大して語らず消えたしね

83610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/02(金) 11:42:57 ID:RTZCafFQ
赤ザコが事後処理の達人みたいなこと言ってたぐらいか
柳堂寺も来歴はともかく普通の寺だし

83710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/02(金) 11:52:22 ID:CjuOUdwQ
>>836
事後処理の達人は仏道じゃなくて日本人を指して言ってたはず
事が起こるまでは絶対動かないが、事が起こった後の動きが異様に早いとかそんな感じで

83810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/03(土) 11:13:19 ID:9SJNMxpA
事後処理とかなんかエッチだ…

確かトラクターで礼装としてスパイスを西へ東へ運ぶ人が言ってたんだっけ>事後

83910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/07(水) 16:53:11 ID:hLQIRct.
赤セイバー一周目が終わりキャス孤一周目ノーマルをやってみたんだが
三回戦までの俺<あれ?なんだ楽勝じゃんwワロタw
四回戦の俺<ワロタ…ワロタ……
ハンティングで三ターンもたねぇw二発で死ぬwアレ戦っちゃだめだよね?w

84010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/07(水) 17:07:09 ID:oTrcSd2M
ピーキーだ
いくらなんでも
弱すぎる

84110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/07(水) 17:19:24 ID:2Al1IAaA
>>839
四回戦は狂でも槍でもスキル乱発してゴリゴリ削ってくるから、戦っちゃダメ

84210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/07(水) 19:06:47 ID:rd69KoOI
>>840
なんですと
それは私の
事ですか

ああ・・・・CCCであの苦行再びと思うとワクワクしてくるぜ、もちろん初期キャス狐で行きますとも

84310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/07(水) 19:24:02 ID:k2A6EJQE
そもそもCCCは本当に発売されるのかという疑問

84410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/08(木) 02:19:07 ID:4fkvgrZ.
亀甲縛りのゴス服キャス狐のためなら年単位で待てる

84510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/11(日) 08:42:03 ID:rAgI4f3o
CCCかぁ、結局キャス子さんで式倒せて無いわ…

84610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/13(火) 06:15:17 ID:hLoYX2sc
見えてるコマンドを殴って見えないところは三天で焼く。
ただし鬼のように高い運のせいでSTUN取れなかったりクリティカル殴り2発で昇天しても泣かない。

84710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/13(火) 13:27:05 ID:4wJbwvfw
式戦はスタンはしないものと考えて戦ってたなぁ

84810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 01:31:41 ID:EgzydenQ
式戦はとにかく双ね鐘楼を黒天して炎天で焼きつつMP回復のコードキャスト連発が安定だったわ
見えてるのがガードならそこで怨天しておけば奥義を止めるさえされなければ大丈夫だし

84910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 01:38:46 ID:4TZlE9uQ
そして思わぬとこでスタン発動・・・

85010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 21:07:00 ID:i06l8Q.M
スタンド使いの誕生だ

85110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 21:51:24 ID:.qHX1MAI
最悪なのは鐘楼と奥義止めの二択を迫られた時
何度残り3000とかでスキル封印されて負けたことか

85210スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 23:22:02 ID:Kk9rsqqw
鐘楼を黒天じゃなく防御で受けて殺生石使うのも有効だったな

85310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/15(木) 05:47:52 ID:h4aCT/4w
なんかパッと見、ファルシのルシがパージで〜ってコピペ思い出したわ。

85410スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/15(木) 15:09:01 ID:HJawHXEM
>>851
ガードして生き残れれば次に殺生石⇒MP切れか最終にエリクサーで良いけど
鐘楼をガードで耐えられないHPだったら南無。

85510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/15(木) 21:42:47 ID:UtQ87eOU
魔力極振りだから防御なんてしたら即死の俺に隙はなかった
いいんだよ炎天ばら撒いておけば雑魚は軽く死ぬし

85610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/16(金) 02:43:22 ID:qQLn1NDk
キャス狐「防御するのはいいが…別に撲殺してしまっても構わんのだろう?」

筋力極振りキャス狐、あると思います

85710スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/16(金) 02:45:05 ID:bD3mbadE
初期は力D、以降魔EX、残り体だな。
レベル余り上げないときはA++ぐらいで体に振るが

85810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/20(火) 21:30:12 ID:Esx3yaqw
>>838
その礼装って確かカレンデバイスだっけ?

85910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/24(土) 12:15:35 ID:kbUwGj7w
>>858
ちゃう、頼まれたのがシエルインドの好きな方、同乗者に持ってないか尋ねたのはカレンミカクハカイダーが好きな方つか本人。

両方ともカテゴリー的には同じ物が出来上がるものが全く違う。

8604/1に短編祭りだお:2012/03/31(土) 21:59:57 ID:bnFtTqgE
おまえら!
エイプリルフールは「午前中にホラを吹いて、午後は釈明する」までで1セットだぞ
巧妙なウソついて迷惑かけてもいい日じゃねーぞ!

861エイプリルフール祭りだお:2012/04/01(日) 00:59:36 ID:fqpP5gAo0
まったまたぁ〜w
騙されないってば。

862エイプリルフール祭りだお:2012/04/01(日) 01:08:39 ID:M55T8SJI0
まほよがちゃんとマスターアップされたのも本当だし
CCCがちゃんと出るのも本当だしね

863エイプリルフール祭りだお:2012/04/03(火) 00:10:33 ID:vj9SKBdo0
まず籍外さないといけないけどねどっちか

864エイプリルフール祭りだお:2012/04/03(火) 00:10:51 ID:vj9SKBdo0
誤爆

865エイプリルフール祭りだお:2012/04/05(木) 02:22:43 ID:IFdx4cDE0
面白すぎて一気読みしちゃったよ、オイ
夜更かしは体に悪いって言うのに……
パソコンを見つめながら続きを待ってます!

866名無しのやる夫だお:2012/04/12(木) 21:04:02 ID:bj0rokIo0
つづきマダー?

867名無しのやる夫だお:2012/04/12(木) 21:23:25 ID:VH7HHVMw0
「続きがなかなか来ないのナンデ?」
「ラスボスがゲイのサディストだから」
「正解です」

868名無しのやる夫だお:2012/04/12(木) 21:27:28 ID:pxjnXmKk0
まほよ発売日だぜ
そろそろCCCもだな・・・

869名無しのやる夫だお:2012/04/12(木) 21:48:46 ID:IE96PJns0
CCCも良いがDDDをだな……

870名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 13:42:25 ID:ZZXfXgIA0
正式にCCC延期入りましたー

871名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 13:47:06 ID:JoA.1nGg0
延期は覚悟してたがまさか春から冬へ一気に跳ぶとは・・・

872名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 15:23:59 ID:J/17bGNI0
声優さんがまだ録ってない時点で延びるとは思ったけど……来年春と考えておこう

873名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 17:52:21 ID:ZZXfXgIA0
ギル様パートナーにできるとかまたいらんことを

874名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 17:57:45 ID:MpsbYelI0
悪くはないさ、男鯖の人数バランス的にも
まあ、キャス狐みたいに完全新規の方が嬉しかったが

875名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 19:56:26 ID:1eaAFPCk0
ギルも時臣だからあのステータスで宝具使い放題だったけどEXTRAの主人公が呼んでたら全てEランクで宝具も使用できずに1回戦敗退普通にありえるで。
何しろ剣術の腕は剣道初心者に負けるぐらいの技量しか持って無いから。

876名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:01:14 ID:HI08A8Eo0
仮にも英雄であるギルの技量はそこまで低くはあるまい

877名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:13:31 ID:3alLDcKE0
ギルが自軍鯖にとか胸熱
どうしよう、わくわくが止まらないwww

878名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:13:33 ID:YoptNgQo0
つーかあの状態の士郎を剣道初心者と言うのはどうかと

879名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:23:10 ID:BJTzxCjA0
UBWの士郎とかアーチャーから技量ダウンロードしまくりだろwwwwwww

プレイヤーキャラのギルは子ギルからスタートなのかね

880名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:34:32 ID:KM9LkMqE0
>>879
子ギルの方が遥かに扱いやすく、スキル:慢心も持ってないからそっちのがイージーだと思うw
子ギルよりも大人ギルの方がいい点って、最大火力と武器の展開数だけだから大人はどうしようもないときの切札扱いで

881名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:44:29 ID:YoptNgQo0
バレ見る限り召喚時から大人(鎧付き)だった

882名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 20:58:49 ID:MwUzs4NE0
今からブロッサム先生DVDが楽しみだわ
どんな風にデレるのかな金ぴか

883名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 21:00:47 ID:cnQZ.iyU0
>>872
Vitaとか3DSとかに変更されたりぜんかったら少々延期してもいいわ
流石にハード買い変えるのはきつい

884名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 21:10:59 ID:kAodx7c60
>>875
普通にセイバーの剣迎撃してたろ
そもそも元ネタは素手で大暴れしてるんだぞあいつ

885名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 21:42:15 ID:N1G1le4w0
>>875
あれは慢心してたから・・・

886名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 21:54:45 ID:cOsxaN8g0
まあ古代の英雄だから技量よりも単純な身体能力で活躍してたんじゃないかと

887名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 22:09:27 ID:..G17Hcg0
本来の伝承的に見れば、ギルさまはステゴロでガチチートだからなぁ。

888名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 22:18:27 ID:.r3vrxA60
いや、ギル様が宝具抜きだと微妙なのは
公式アンド本人公認やし

889名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 22:59:40 ID:FKzMTpMU0
>>888
でも、それは英霊全般に言える事じゃねえか?
しょせん人間霊である英霊の格を高らしめてるのは宝具の存在と
公式でも言われてるし

890名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 23:09:51 ID:Jw9VUtsg0
>>875
あれは動揺してたのと士郎に投影剣による技術増幅があったから
弱い弱いといってもバビロンの射撃による牽制があればセイバーと真っ向から接近戦で斬り合える程度の強さはある
あくまでセイバーランサーとかの接近戦専門の英霊に比べれば微妙ってだけ

891名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 23:10:50 ID:kAodx7c60
微妙なのは戦闘スキルがないからであって十分ステは高いし
駆け引きがいらない戦闘までダメとは到底思えんぞ
士郎は剣製の力で武器の技量コピーやってたしね

892名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 23:12:19 ID:w0RJNBEU0
>>875
もう一度ゲームやり直して関連書籍読み直してこい

893名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 23:18:04 ID:cOsxaN8g0
やっぱ士郎と切りあってた、って時点で低く見る人がいるんだな
技量コピーによる底上げがどの程度かわからないからなんともいえんが

894名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 23:18:19 ID:1SNntdlE0
皆様、少し深呼吸などをなさって落ち着かれてはいかがでしょうか?

895名無しのやる夫だお:2012/04/18(水) 23:58:54 ID:iwUn8E4.0
フフフ、これも皆、我様の王気が巨大過ぎるせいよ…

896名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 00:09:56 ID:hm7ltTVU0
我様クラス無しらしいね

897名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 00:36:43 ID:./3ML7wQ0
技量コピーも極めればヘラクレスの再現すらできるんだから、あれ士郎がぱねぇだけだと思うがなぁw

898名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 00:53:40 ID:991hF1ig0
というか担い手のいない双剣ですら
セイバーにも勝った先生と渡り合えるんだぞ

899名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 02:03:14 ID:sbaym9k.0
いやあれはエミヤの技術だろう

900名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 04:44:11 ID:Fw3obpBM0
あんな偉そうな登場なのに全ステEで宝具封印状態だったらシュールだなぁw

901名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 10:05:54 ID:991hF1ig0
>>899
エミヤの技術は腕移植時以外は関係ねーぞ

902名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 10:09:31 ID:.io0rMj60
戦ってる途中である意味最高の自分の手本を見ながら覚えていったとかあったような

903名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 13:37:43 ID:S8RJhzQY0
まあ技術そこそこあっても本当なら勝負にならない単純スペック差を
まさしく気合で覆したような状況だから燃えるのであって

904名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 18:26:22 ID:sbaym9k.0
>>901
投影した武器から技術引き出せるんだから干将・莫耶からエミヤの技術くらい引き出せるだろ
あれエミヤの改造品だし

905名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 18:59:45 ID:991hF1ig0
そんな設定はない

906名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 19:02:18 ID:oHUnJvew0
武器から技術引き出すなんて、セイバールートですらやってることだぞ……ちゃんと原作やれよ

907名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 19:08:16 ID:991hF1ig0
いやエミヤの技術DLって話だ

908名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 21:15:44 ID:GtYTKbxY0
干将・莫耶に彫ってある文字はエミヤのオリジナル
HFでオルタにやったコンボもエミヤの技
結論として干将・莫耶からエミヤのの技術を引き出してる
腕補正も多少ああるだろうが

909名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 21:21:23 ID:nTflo03E0
世界からの修正で士郎はエミヤと戦うとどんどんエミヤに近づいていくよ

910名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 22:36:44 ID:FGRVWeyY0
そんなことより鮫の話しようぜ

911名無しのやる夫だお:2012/04/19(木) 23:18:58 ID:L8X06vr20
煮えたぎってきたぜ……!

912名無しのやる夫だお:2012/04/20(金) 01:04:50 ID:YMe9XPbY0
>>910
水にさらしてアンモニア抜かないと苦くて臭くて食えたもんじゃない

913名無しのやる夫だお:2012/04/20(金) 10:54:54 ID:y0accSqs0
>>910
出たー!シャークさんのマジックコンボだー!!

914名無しのやる夫だお:2012/04/20(金) 19:47:50 ID:dNOgKb/M0
前々から思ってて、まほ夜やってさらに思ったんだが
セラフ内の教会って蒼崎姉妹がいるのになんで壊れないんだろ?
聖杯戦争開催中に1度くらい姉妹ケンカをしてもおかしくないと思うんだw

915名無しのやる夫だお:2012/04/20(金) 21:10:51 ID:BoowTa860
問題起こさないからセラフが黙認してるだけで暴れたら即刻追い出されるんじゃなかったっけあの二人

916名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 06:22:48 ID:zyPrZvuI0
27歳ヘソ出しの妹と酒と演歌で大往生の姉か

917名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 11:16:04 ID:/yoadOFI0
そろそろ>>1は生存報告ださないと落ちるんじゃないの?

918名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 20:52:10 ID:JMMpulTo0
1000までいかないと落ちないだろ

919名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 21:41:43 ID:z8GXhTBg0
酉付き生存報告が長期に渡って無いと管理人に落とされるよ?
スレ数が多いと1ヶ月、まだ余裕がある時なら2,3ヶ月ぐらい
だいたいこんな感じだったはずだが?

920名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 21:42:00 ID:Ci2EJWcM0
>>918
Ⅱ板はスレ数が増えてきたら1ヵ月以上作者の書き込みがないスレは落とされる
管理人さんが気付かなくて落とされなかったりすることもあるけど、危険は危険

921名無しのやる夫だお:2012/04/21(土) 21:44:35 ID:cfSqb3MY0
落ちるというか整理対象になってしまう
整理しないと動かないスレばかりになってしまうので必要な措置ではある

922 ◆aajRqaKlT.:2012/04/22(日) 04:37:21 ID:5ymz9H7M0
どもども、ご無沙汰しております。まず生存報告。
いや生きてること自体は別作者のスレで知ってるよと言われそうですが。
現状はキバヤシ編エレベーター会話前までで150コマくらいの進度ですね。
今夜投下目指してたけど間に合うのかすげー不安的な。

このスレ、みんな本音と建前の使い分け全開で思考がめんどくさいわ先読み大好きだわで
「空いた時間に気軽に書き進める」ってのに向いて無くて激しく困ります。
まあキバヤシ編終わったら一番めんどくさい奴が片付くことになるんで速度上がればいいんですけどねえ。

とりあえず徹夜してもスーパーヒーロータイムまでに書き上がりそうもないので
回復のためにゴーバスターズまで3時間寝ることにします。

923名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 04:41:13 ID:Ygs0P2Ds0
>>922
おっつー
とりあえずは安心したw

924名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 08:04:56 ID:FdwbIMfY0
1回の投下としてはすでに充分の量じゃね?w

925名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 09:08:21 ID:ZlMVW0kU0
おkおk
待ってるよー

926名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 09:16:00 ID:6EHP5fLY0

マジモンの殺し合いだしなあ
一見ギャグ空間やってても、実は必死で情報集めたり隠したりだから大変だ・・・

927名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 15:54:49 ID:HX3EKb1Y0
おk、待ってる

928 ◆aajRqaKlT.:2012/04/22(日) 18:40:58 ID:5ymz9H7M0
──うん。ごめん。今夜は間に合わないや! 明日な! 明日!
あとは戦闘だけなので明日の夜には間に合うはず!

929名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 18:51:08 ID:ZlMVW0kU0
おkおk

930名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 18:54:48 ID:NEZO.WXc0
おk、把握した
明日も日曜日だから関係ないぜフゥーハハハ―

931名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 19:38:54 ID:0KsmAxtI0
了ー解ー

932名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 22:07:10 ID:dY8Ni2tI0
明日かね、待ってるよー!!

にしてもこんだけドロドロしていると優勝しても後味悪そうな……

933名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 23:19:24 ID:8Z2LbW7.0
了解っす

他所でみかけたのでこれにけこう納得してしまった
アーサー王:劉備
ランスロット:つい寝取っちゃった関羽
ガウェイン:酒飲まない張飛
マーリン:控え目な孔明

934名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 23:43:03 ID:Mnq3hMtI0
了解しました
>>933
色んな意味でかなり無理があると思うよ

935名無しのやる夫だお:2012/04/22(日) 23:48:50 ID:3RWaL3/Q0
騎士道物語のアーキタイプだから、中華英雄譚のアーキタイプである三国志に組み込んでも無理が出るわな

936 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 17:09:55 ID:IFtWALes0
平日なので、早めに終わるよう20時からキバヤシ編後編投下しまーす。

937 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 19:35:30 ID:IFtWALes0
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1335177221/
次スレです。このスレは980まで使用後移行。本編投下後に埋めネタを投下します。

938 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:00:00 ID:IFtWALes0

┏━━━───┐
┃Fragments .....┃
└───━━━┛

939 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:00:30 ID:IFtWALes0

             _                           /二ヽ
      _  /:::::/            ____         //   \
     〔:::::::∨:::::::/         ,イ| ̄ , ' 二 ヽ::::! ̄ ̄iヘ、 //        .\
        ` <\:::::>、--- 、 l l  7 ´  ` ∨   .| ./_人__人ノ_ヽ      \
      /::::::::::::' -./    i. Ⅵ / >-O-<∨>/ \ ,,_人、ノヽ L       l
    〔 ) ̄ノ::::/:::::/     | / /ミ/>l≡l</ // ノ )ヽ    (了    /
     、::::::::::/:::::/       ,'.; ∧ミ ,´   .ノミ∧ .i ヽ- <       >  /
      > 、':::::/ ̄ ー--_人__人ノ_ヽ二二イ, ´ニ|  \.く )     て >/
         >イ>ー\ ,,_人、ノヽ L三三三/` 、 フ/^⌒`Y´^\
         |l/// ̄)ヽ    (  了三三フ /  .\ \    ./
         ,' - <       > |三フ./      ヽ  ヽ /
          i / / /.)     て  >/           l<´
.          ハ/ / //^⌒`Y´^\ //         /ヽ
         7 / /.  > ´::::::::://         /   / ̄ ヽ
        / ニ/    , ´二//        /_ / i_人__人ノ_ヽ
    l二二/  /   / ,//           / ヽ _\ ,,_人、ノヽ L
.         /二/    i .//         ./    { i ヽ)ヽ    (  了
       ////    Ⅳ /         /.     - <       >|
.      ////      l | ヽ       ./          .く)     て  >
     ////      \ \   /             /^⌒`Y´^\ /, ヘ
.    ////           \ \/                   \\/ /
   /二/              ̄                     \> ´
.  /__/
.  /_/

940 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:01:00 ID:IFtWALes0

           r‐!       /     l:/   `ヾ==、ー-- 、
          / ̄|     ヽ./     〃  /人   `ト、::::\
          ', /     ,!\   |l       \ /  \:〈
           | ′   / |   `  |:!       /    `
           L.__   /  !    !:ヽ     /
             ` iー---一'Tー-∨- ‐''|´
              /     iく ゙i;:lll!::::|||!
             i     ィi|liリ  l::ii|:i:lil!
             ゙- --イilliil/   |||:||:|:l
                 ゙ー!´    ll:::i||:|!
                         |:|::l:!|
                         |:||!!:
                          l iil! ヽ、,ノし/
                          ||i! /''⌒)
                           |l

941 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:01:30 ID:IFtWALes0

               _  [][]
              |  |
              |  |__
              |  ___|
              |  |
              |  |
                ̄
                        `
                         \ ,,_人、ノヽ
                          )ヽ    (
                       - <       >─
                          )     て
                         /^⌒`Y´^\
                                         __
                                        |__|
                                                /\
                                              / /
                                         ___/ /
                                         |___/

942 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:02:00 ID:IFtWALes0

             へイ ̄ ̄ 〉〉二≧ 、
           レ ´    //::::::::::::ヽ 〉
          /     //:::::::::::::::: ハ                ∧        ヽ_,
         へ/   , ≦/≦:::::::::::/ /    ,   ̄ > 、   , = ー 、     ヽ(_/
        ∨  ≦´:::::/二ニーソ二= 、  i  /二二ニ}</     \      ) (
        ./  //::::::::::,/ , - <///≧j>イ/ < :::tマノ , - ー -、  ( (>   ノ (`
       /  //:::::::::::( ( (辷 ) //ー二> ≠>`二/::::::::::::::::〉   /    ´⌒\
       /  //::::::::::::::::>弋ノ///___// i//:::::、:::::::∨  ̄マヘ二ニ>
      ./  //::::::::::::::::::::::≦ ̄ >{/__{\ ,,_人、ノヽ::::::ヘ _ ∨ミミヘ
     /  //:::::/  ∨     , 三∨   ∨)ヽ    (イ 三 //∧三彡}
    /  //:::::,    ─wwヘ√レvv〜─-<       >─wwヘ√レvv〜─
   ヽ  //:::::/    ( / )/     , <≧ )     て ))/>´≧/:::::::::::::::::::>、
    > ´ /  _ ∠〈     , <´  //^⌒`Y´^\))三二二マヘ::::::::::::::::::::>、
      , ヘ  /三./\ <´   >´       ∧  ̄ヘ   >、::::::::::::::::∨二二二二二二二二二∧
     /   入三/: : /:ヽ >ーイ         / .l   } >、  >::::::::::::/      - - - - - - -  i= 二二
     ∨≦二}: : :/ヽ>/ i////i      ∧ j   ,///∧   >≧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´
     /≧/: : : ,: : : /    ∨/ハ     ////ー─j    ヘ     i   . 人__/
    /: : : : : /: /      ∨  マヘ   ///i/   /     >、  .j      ⌒ヽ(
  /: : : : : /: /        /   マヘ /三/ー─ イ        >イ ---- 、   )て
./: : : : : /: /         /     >´  /   / > 、    /三/   .   __ノ(`
: : : : : /: /       / ヽ    , /   ー‐ ´    `<  / 三 /     .i `Y^\
: : : /: /       ,       } <//                  `<(/ )     |
: /: /          /       i ヽ )                / >、     ノ
  /         {      レ<                ,    >、  ハ
            ∨     ∨i                  ∨     >イ ∧
                ∨     Ⅵ                     ∨      / / ヘ

943 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:02:31 ID:IFtWALes0

                 ´
             __,,:::========:::,,__                           /:/:::/::::i:::::::l::::';::::::::::\l:::l:::l ` ‐、.ノ:::::ス
             ‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐                           /:/::::/::::::l::::::::l:::::';::::::::/.入l::l    `「lィ::L!
        ‐´      ゙          `‐                        ヽ/::::/:::::::l:::::::::l::::::ヽ/ /:::::::\     ソ
      /                    \                        \::::::::l:::::::::::l::/、 ,':::::::::   \
;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;              ` ┘‐-「 、   \::  ....::::::::ヽ
    '                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;.             l::::::::` ‐/ >:::::::::::::::::}
..... /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;         l  ::::://:   :::::::/
......;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙.         l::.., - '´:::::::::..  , -'´
. ;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙.       , - '´ ̄l「   ::; - ''´
゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙               rr''´::メ::::::::::::::ll_,、-''´
_|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ.             l l+メ::::::::; -'"´ /
.||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙.              l l::::::::::::;:イ::::::::::/
゙`;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ                l l::::::::::/ /::::::::/
.....゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙              l l::::::::/,.イ  /
      ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙                  l ';::://:::` ーく
           ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´                      ` ‐'/ヾ::::::::::/
                                                /ヾ::::::::::/
                                               イ:::::::::::::「
                                                l l:::::::::::::l
                                               l l:::::::::::l
                                               l ';:::::::::l
                                                ヽヽァフ  シュタッ

944 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:03:00 ID:IFtWALes0

       /.!   , . /i-――-- .
      ./ ! , '´ (___ノ       `ヽ、____
.       ゝ '                 _ノ
    /    ,                 ` 、
    , '     ,'           l ::     、  、\
.  /        {          , | ::     }.   ヽヽ
  {       l/       、/___ノ:::   ゝ、    }ヘ
.  ',      /         /,' { .!ヽ、  ,' ヽ   /
.   ヽ.   , ' ,:     //  ',!  i  / } .! !/
    }.  ノ イil     彡'____. }ノ_i. ノ l'
    ムイ  i´、!  / .〈 i:::ノ ̄ ̄  {:厂从 !
      |.  ゝ.ノ イ   ヾ、、、   、、i ヽ.`  ──Shit! 思わぬタイムロスですネ
       ヽ. ト、_.`八  ト.. ヘ       ,!  ノ
         `  )__r‐ヽ、{  ___‐__... ィノ!ノ
           ノ::::::::::ヽ./
        ,.:':::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::, -‐‐ヽ
 .      /:::::::::::::::::::://´ ̄`ヽ

945 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:03:30 ID:IFtWALes0

                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z______
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、
                          ,     \

946 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:04:00 ID:IFtWALes0

《聖杯戦争本戦 四回戦 3日目 昼/Midday》
【月海原学園 2−B キバヤシ個室】

        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′  ──なるほどな。
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V           |


                                          NヽN`              `゙、
                                         .、Nヾミ                i
                                          ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
                                           ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
                                              {F|! '、辷゙iニ{´'_辷,゙ ゙!r'-r,^、i
                                              l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
                                               `!  ̄ヽ '   ̄~´  ,'.,ィ'
                                                i.   --一 、   ,' |
               その様子だと、相手の情報は得られたようだな?   ヽ、 `二ニ´  ./  ト、
                                                ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
                                             _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

947 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:04:31 ID:IFtWALes0

                   ,'  /  _,ィ'´
                 i  i / ,イ´,-‐――'´―,==-‐
                  i |i //:::: , -‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄` ‐-、__
                ,-ヽi:'´:,ヘ.,ヘ::..........:::::......__, -‐- 、`ヽ、 `
               /,ィ:::::`:/,イi:i,ィi:::::::::::::::::'´......  :::::___`ヽ、
              /'´,イ´:;/7ィ、i:i:,イ|彡'´7:::i:ii ̄ ̄ ̄`ヽ‐-ミ_‐トミュ、
              / ,イ,ィ::::j' {i ゙゙゙゙7ィ、、、/彡i:ii三i:ト、:‐-、_::::::::::`ミヽ、``
             ' / i |:/   |  /'  /'``7、ii三ii;;;;ヽ、三ミ、:::::::::、ミヽ、
             i ' ノ::{゙゙ヽ i  /  /  /  |i゙ラノ::::::ヽ:ii`ヾ、ミ、:::ミ、`
              ノ´リ|ト、i `/ ,∠_  /  / 7イミヾ、i三ii:、:::ミ、:トミ、`
                 | ゞj  '‐ュ_゙゙ヾ、. / /'ミ三三iミヾii:ヾ::::トミ、 `
                 | /   ' でヽ、ン、ノ`ヾ、三シ,‐-、ii:::ト、| `
                 |/      `~´     {ミ//⌒ 〉ii,イ i
                 |ヽ、           ミ _j ` /,ィリ '     ああ。随分と小賢しい真似をしていたようだが……
                 ',            ,リ ゞ ニノ:/ '
                  i ヒ‐-、_      ゙,ヘィ'´ノ:::(        このミシェル・ド・ノートルダムの魔眼の前には
                 | ゙;` ‐-‐'    _,イ   '´|/´ヽ
                 廴_;'   __.-‐'´       L         無意味だったと言うことだ!
           _______二彡'ヽ            | `、
        / ̄     _ .<´   /|    /     | ノ ∨
          /      〈     ,ィ'´  {    i     ソ  λ
       /        }_ ,イ i   ヽ   /      /  ,' \
        /     r―‐'´ ./ i iヽ、  }   /      /  i   \
     /     〈     /  i ゝ、ヽ j        /   i       \

948 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:05:00 ID:IFtWALes0

┌────────────────────────┐
│──今回の敵は、あの漫画好きの少女、パティだ。     │
└────────────────────────┘

                ________     ____
               /`>"´        ゛``<´,.-‐"´
           〈/       :::        ゛`ヽ、
              /     ノ ::;ノ | :::  | |  、      〉
          /    i  / ::::/ /| :::  | |   ヽ、.   /
            |    j,ノ ::::ノ⌒ |::|:::  | j:⌒::  \ /
            |  / __;;ノjノ__ リ|::: j|ノ_`ヽ、:::  、>    Oh! Mr.キバヤシ!
           |  T´:| ,.ィfチ心  }:: / ィチ心、\:: |:{、
          j   | :::| f {::rヽ:j j:;ノ  {ノ:rハ }::::ヽ|:::::\   お手柔らかにお願いしますネ!
          ノ (_| :::{、__ V:z:ク     , Vz:ク_ノ:::: j、| ̄´
          ̄`〉::ヽ、::<´    ,‐-‐、     `フ_ノ
           ノ ::::::`ー`ヽ   (   ノ   ,ノ'´
            ̄//ヽ/\:`‐-ァ`ニ´-‐::'´::/         j`}.____
            '"   __,-‐´λj  {::;〉`ヽ-.、__    _ j´ ノ,-r‐'
               /´ニ.ヽ、  ヘ,r-‐-|    〉λ  /、\  モ }、
            /´ ̄`\\  ∧  |    / / } ./ヽ \\ィ~}}
             {    i:.:{\\ ヘ.j`j___/_/_}.j/  \丶ヽ::/
            〈`   λ:{__ \__ ,ィ'  r─'"´ ヽ     \_,/
            〉ヽ   `ヽ`/ 〈 ___}: : : : : ,ノ     _,,〉
            }      /\\\::::::||、: : : /      /
            j ´`-‐´    \\\jj \ 〈ヽ、   /
            /            \ /、  ,〉;〉 `ー-‐'´
            {         __,,/_,,-‐ヽ/|"
             \_,,-‐'´/ ̄ |∨  |  | |
              /   /   |   |  | |
               /   /    |   |  .| |

949 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:05:30 ID:IFtWALes0

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!  おいおい、ここで手加減するような流れは普通無しだろ?
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}   見え見えの手加減するような奴は裏切りフラグだ。
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉





         __     _,.-‐〝 ̄ ̄ ̄ `‐-、_}\
         `ヽ、`‐-‐'´    ,           〉__
           >  /   / /   ::      、   `ヽ、
           /,ィ  /     / /    i:::  :i   λ   `マ`
           j/ ノ  ヽ、/ / |   |::: /| :|、   ヽ、  ハ
           / /   ::/ 乂__.|    | /__|_|_,ノ、、  `   }
           ∨  :::::/ /、  ∨   iリ j,/ ∨  \  ヽ / /´`ヽ   まったくデスネ!
           ,ノ __:::_;/ノ  \_ `ヽ/ _/   i\  ヽ、  \|    }
           ̄,ノ::j´:ハ  ̄ ̄   ,   ̄ ̄゛ } ,\l ̄〈 ̄`|  ,/   もちろん、ワタシも手加減しませんヨ!
             ̄{ :: 、ヽ__"   ー-‐'ヽ  __ノ / λ:: > |  /‐-、
             | :: .V´、    {     ) `ヽノ:: /ノ:::/γ'   〉 j `ヽ_
              `ヽ {  `>‐`==´‐<´ 〉:;,ノ´|::/,ィ'´  ̄`) ,ノ    〉
                ,r-‐'´ / ヽ  /     /'´ /./ | ‐-‐´~´ゝ_,ノ_,ノ
              / ∨   |-‐- /    / /  {  ゝ‐-r'`--‐ァ'´
             j  ∨  |  /   /  ´    ヽ \ ヽ _,,ノノ
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~i|γ∨ |/ ,.-‐'´}         `ゝ二ニィ'´
       |         l|、  ∨_,イ´   /     ヽ, _    __,,ノ
      |         l| \   ___,ノ ..::::::::::::::/    ̄ ̄
     <^ヽ,       l| / / \        /|
       {_ _,,〉      i|  ::j.    |     / .{
     〈__,ノ       l|  λ   |        〉
       }        ,l|/_\_,/    ___,/λ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ ̄| |`T‐┬┬'´ ̄ヽ `ヽ ∧

┌───────────────────────────────────┐
│──正直、何も思うところがないと言えば嘘になる。                    .│
│                                                    │
│偽装のための漫画談義相手ではあったが、                         │
│                                                    │
│それでも交わした内容は真に漫画好き同士として語ったものだったのだから。   ....│
└───────────────────────────────────┘

950 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:06:00 ID:IFtWALes0

               /    |   |.;.;.;.;.;.;|
                | .;.;.;.;.;|   |.;.;.;.;.;.;|
            |ー |   l.;ー-.;.l
      /⌒ヽ    .|.;.;.;.;.;.;.|   l.;.;.;.;.;.;.l
      |   |   .|    |  |.;.;.;.;.;.;.|
       |   |    | ー-  |  l.;.;.;.;-.;.;l
       |  -‐|   |    |  .|.;.;.;.;.;.;.;.|    /⌒ヽ
      |   |   |    |  |.;.;.;.;.;.;.;.;l   |.;.;.;.;.;ヽ
       l.;.;.;.;.;;;!   |    !__,! ‐  一 |   l.;.;.;.;.;.;.;ヽ
   /⌒ヽ ‐ \  |,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;l    〉-‐.;.;.;.;l
    l〉   )、.;.;.;.;;;;ヽノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ、 |.;.;.;.;.;.;.;.|
   /   人 ヽ、.;.;.;.; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;.;.;.;ソ.;.;.;.;.;.;.;.;|
   l     ヽ、\, .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;ノ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.l
   ヽ  ノ \,/.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ  l
    \    /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
     ヽ、  .;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;/.;.;.;.;l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
      ヽ、  /.;.;.;.;.;/.;.;.;.;;;;.;.;|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l
       ヽ、  .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l.;.;.;.;.;.;.;.;.;     /
        ヽ、  .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;        /
         ヽ         l         /

┌───────────────────────────────┐
│だが、そんなことは、この人生の中で、幾度もあったことでしかない。   ....│
│                                            ....│
│かつて万年筆と赤ペンを握っていたこの手は、                 │
│                                            ....│
│今や硝煙の臭いが染みつき、血で真っ赤に染まっているのだ。        .....│
└───────────────────────────────┘

951名無しのやる夫だお:2012/04/23(月) 20:06:15 ID:U0fi8CZM0
はじまってた!

952 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:06:30 ID:IFtWALes0

┌───────────────────────────┐
│……パティの話に戻ろう。                        .│
│                                       .│
│敵対が確定してからはさすがに漫画談義をしていないが、   .....│
│                                       .│
│それでも学園サイドでの動きを追おうとすれば容易だった。    .│
└───────────────────────────┘

953 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:07:00 ID:IFtWALes0

┌──────────────────────────────────────────┐
│その動きはあまりにも稚拙。あまりにも不用意。                                .│
│                                                            ....│
│周囲に誰もいないと判断したからとは言え、特殊手段を持った観察者の存在を考慮することなく   ...│
│                                                            ....│
│サーヴァントを学園サイドで出すなんて。                                    ...│
└──────────────────────────────────────────┘

                             /   l   l::    i  V /:::::::::::::八:::::::} .}  {o \
                         /  l: l   .l::    i  l {:::::::::::::/rrヾ-"ノー∧o o__ゞー──
                            l  l:: l、  ;\    ', ゝ、ー‐ ´   i ノ  /// /  `ヽ、
                            l  l::: l \ 丶 ヽ   \__丁廴_.人ノ¨::l /// /     丶
                           /l  l :::lリ\ ヽ.:::', \'´ __ヽl  :: l  l ::l/// /       ;
                     //l  :{ :{´リヾ 丶ヽ ,イ´}:::.Y   ::l  l  ////        i
                       // l  :ヽ::l 廴}      l´::::.ノl  ::/  l/`ヾ/ヾヽ       \
                         //  i  :::ハ."   ,      `¨´ l  ::/ :: / :::/{   ; l         ヽ
                   //   i  ::::丶.   、  _   .l  :/ --/ ::/ l--、 } }          ',
                   /    ヽ :::: l  >、   ̄  .∠l :/´ / :::/\.l  / ;           i
                   {  , --‐´ヽ::::l:::  `丶 r彡  l :/  ./ :::/   \ //_}           i
                   l/      ヽヽ´ }、::::{^´''´  .l/'⌒/ :/    ; /'             i
                        /        ヾ ノV/´     /  / :/ヽ    /             ;
            ,ィ'{          /          //{     i:. :./ :/:. :.ヽ   ;             /
.      __,,-‐'´/⌒ ̄゛`‐─‐-、    _....  /// l     l:. / :::/:. :. :. ',   ;           /
   ,ィ´     `゛、         `‐-ィ'´_`>.{__/  ヽ、    l:./ :::/:. :. :. :. :ヽ.  ;         /
  /       :   :      、 :::     `ヽ、       `ヾ  i/ :::/:. :. :. :. :. :. :\ ;      ,, "´
......j   /     |   ::      | i::::  ヘ、  ヘ.    ,, - "´} / ::/:. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽー──
  |   ノ j   、_|__, :::i     | |::::::  λ.   } = ''"´:. :. :/ / :::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ \
.. } / /   / /| λ :::|    `|‐|-‐:::   ヘ   j. :. :. :. ,, "´ / :::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.}  \
...゙jノ_/   / / | :| V:::|     j: |、::::::    〉 /
. ノ  j/   /,.ィ´  | :| ヽ:|   /∨ ∨::::  / /
.  ̄_/__,ノ'´:::|   __ヽ|_  |  /___  ハ:::: 〈∨
.  '´ノ:::ゝl、::: | ヾミ弍彡  j,ノ 弐ァ ハ:::Vヘ:::\
......  ̄j/ヘ:: λ      ,      j:::::}ヘ::::{ ̄
.     ∨ム、_`ヽ、  `‐-   __,.イ::::;リ ヽ|
.     ノ:::::::::: ̄ (⌒ヽ‐-‐'´ ,/ j,ノ
.   ,ィ´~‐-、  :::::`‐ァ    ´〉‐‐-、_
.  //⌒ヽ、\  ::::{   ,,ノ}   } }ヽ、
......|'     \.\/´ ̄`∨ ./   / / /}

954 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:07:30 ID:IFtWALes0

┌─────────────────────────────────┐
│こんな体たらくでどうやってこれまで勝ってきたというのだろう。         ......│
│                                                │
│水銀燈が暗躍した副産物──つまり、繰り上がり進出のマスターなのか?   .│
└─────────────────────────────────┘


            ._,-::‐:=:=:=:-::-.、__
         ,ィ´: : :: : :: : :: : :: : :: : : : :\
        /: :/ :: : :: : :: : :: : : :ヽ:: : : : :\
       /: :/: ::/: :: :i: : : ::|ヽ:::i::i: ::ヘ: : : : : :ゝ
      メ:::/: : ::/|/i|::ハ:: : ::| |;/|::|:: : ::\: : : : 〉
       i/: : ::ィ:|⌒|:| |: : ::| ⌒|/\::ヽ: :\; :|
      ∠イ/::iリ  リ  |::::/    i:\::Y";:::リ
      /::|: :i: ::|ヾ=≠ |/ ー≡テ彳: ::|::|~);:{
       ̄|: :|: :ゝ    ___    .|: :::/:iノハ:|
        |:人: :| > __ ヽ ノ __</;::/|;/ ∩ミγ7 ミ
          ヽ|  .,r'イ~  ̄"マヽメ/:::ソ | ミ/ /  ミ
.           /:::::::| ̄ ̄/::::::::`\_(`Y に⌒>
         /、::::::::::::|   /::::::::::// ゝ__ モ  〉
 チッ チッ   /\ \:::::::| /:::::://  メ三三三三ォ
     チッ /  \ \::∨:://   j       }

┌──────────────────────────────┐
│──いや、それはないと、オレの直感が告げていた。           ..│
│                                          ......│
│繰り上がりが発生したのは二回戦の決戦。もし仮にそうだとしても、    .│
│                                          ......│
│彼女は三回戦で正攻法の勝利を収めているということになる……    .│
└──────────────────────────────┘

955 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:08:01 ID:IFtWALes0

┌────────────────────────────────┐
│結論から言うと、オレの予感は的中していた。                   │
│                 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・      .│
│観察を続けた結果、彼女はその時々で違うサーヴァントを連れている。     │
└────────────────────────────────┘
                               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                            ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                            |::::::::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::',
                     (⌒ヽv〜  ',:::::::::::::::ト、::::::::ト、::::: :: ト、::::::::::|:::::::::::::::::::::::ト::::|
                             ∨´ ̄ ̄`ヽ::|::::>‐┴<::::::|:::::::::::::::::::::::| l::|
                       __r┬‐‐〉、    ノ::::(      ∨∨:::/ヽ:::::::/ j/
                 .   ,-<´ヽ  | |  / u  ̄ ̄ ::::::::::ゝ、__ノ::u::|::/r |::::/-.、
                  /   ヽ | │| 从     (⌒            lム∠::ノ、  \
                  l     | |  | |  \   (´_   , -<´ ̄ ̄ヽ     ヽ  \
                  ゝ──┴┴‐.LL__ >  , -<´ \  ヽ.   |       |     ヽ
                                 /    ヽ  ヽ  |    |       |    |
            ._,-::‐:=:=:=:-::-.、_ (`ヽ        l        |   l .|    |     ノ      |
         ,ィ´: : :: : :: : :: : :: : :: : : ::`ヘ._ノ⌒ヽ〜   ゝ───┴─┴┴─‐L__/ \     !
        /: :/: : ::/: : : : :i: : :ヽ: :ヽ: : : :>
       /: :/: ::/: :::i: : : : : :ト、::|:::|: ::ヘ: : : :\
      メ:::/: : ::/|;/|::|ヽ: : : : | |/|::|: : : :\: : ::}
       i/: : ::ィ:|⌒|:| .|: : : ::| ⌒|:|\::ヽ::;>;:|
      ∠イi/::リ  リ \: : :|  リ i:::\;;|::";:ゝ
      /::|: :|: ::|ヾ=≠‐  \|`≡彳: :|::::|)::リ
       ̄|: :|: :ゝ     __   ""|: : :|:::| V
        |:人: :| > __ { ) __<|: :/|;/
          ヽ|   ,r'イ ̄"ァ`ゝ_|:/::シ
.            /:::::.| ̄/:::::::::メγ~i
          /\:::::::| /:::::/ ,{ .|
         / ::j 〈\::|/::/ } (~Y^,⌒ヘ_
       / 〈:::/ .,,>_Χ__<{三三三三}
      /`ヽ;;;::::i  |   ∧  〈 ノ ヽ:::ヽ ,,〉
      〈    ̄::ト. |  / V  |      |
       \   ::〉 | /__∨ .ハ、    ノ
        `匕_7r'~V´::i::::::i:∨::i:>‐-<
┌───────────────────────────────┐
│……つまり、見られることを前提で行動していたというわけだ。        .│
│                                            ....│
│そして、単純に自らのサーヴァントが何者なのか隠蔽するだけならば   ...│
│                                            ....│
│偽サーヴァントは一種で良いはずだ。そうではないとするならば──     .│
└───────────────────────────────┘

956 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:08:30 ID:IFtWALes0

            -‐:──:- 、 _
         / : : : : : : : : :, -‐-、: : \
       (: : : : :_:__: :_:/::::r‐、::\_:_:)
      _):_/rJJJ/⌒::::`⌒´::::::\
 ̄ ̄ ̄  /: :/Lノ{7V::::/:::::/^⌒\(00ハ
     /: : : {ノ(_川:i:::イ::::/⌒   ⌒Y-':::i
__  -─\─' : : : :`⌒ヽ::{ o    o ム::::::|
          ー―くY⌒ヽ八::::: __ ::::八ハ|
        , -‐く八  [゙ゝ ,_V:::ノ イ|/_
      /: : : 厶ィ\_」‐=∧爪_」:::八 : ⌒\
.      ( : : : :( ドニニニJ ニイ ヽJ :::::::Y⌒): :)
      \ : : 八≫<} {≫<}   Vi :::::ノ /: :/
      /⌒ :/  `ー' `ー'     |/ / : (    、____,, -―――- 、ヽ 、
    ∠ : : : :/              ⌒) : : )   _>           ヽ} )
     `'〜'                \/  /  /   ' /        ⌒ヽ
                           ∠(  /  ^メ、 //    }         ',
                             ヽ/   { / {{   ハ  } ヽ.  |
                       .       /    ,ノx=ミ从  / |⌒/   V |
                           ∠ -ァフ ,イ〃うハハ/ _ | ∧    { リ
                             厶‐'´! } V辷j   ≠弌 〉、   ∨
                              V{. ヽゝ    '__    /  \ \
                               \个 .  V _) _厶 人ノ ̄
                                 ^ j人>rー/^}_ ,イノ´
                                 xr<了  (`ヽ{ /`ヽ
                                / {.  {YY´ ̄ }7   }
                                /〃}   } 人_,   j    /
                               / {{ {   {{  ヽ. \ /
┌─────────────────────────────────────────┐
│──彼女は本物のサーヴァントを表に出す必要があり、                         ...│
│                                                          ......│
│偽サーヴァントを複数出すことでそのどれが本体かわからないようにした、というところだろう。  .....│
└─────────────────────────────────────────┘

957 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:09:00 ID:IFtWALes0

┌──────────────────────────────────────┐
│だが、学園サイドでいくら小細工をしていようが、アリーナ内ではそうはいかないだろう。   │
│                                                       .│
│そして、こちらには未来の事象を垣間見るサーヴァントがいるのだ……           ......│
└──────────────────────────────────────┘

       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !  ……それで、戦闘の様子はどうだった?
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

                        <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
                        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
                         ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
                       ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
                        ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
                         ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
                          И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
                           リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l
                            ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
                             ト  ハ::!           ..::: 〉   ′  ああ。それがだな……
                             |:::\_`           ー '  /
                     .        从:::|  l      、___  -ァ ′
                               N   \     `ー─‐ ´ /
                              r┴、    \             /
                             /   \    >   ;  ; , 'ノ

958 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:09:30 ID:IFtWALes0

┏───────────────────────┓
│                 , -‐───<_           .│
│            {∨    ヽ  、   \     _/)   ..│
│               〆 、 j イ\ ヽ 丿 _ r<´`vソ  ....│
│             |   ∨ ./ィホ V リハ{ /  ∨::j    .│
│             ∨∠ 乂弋ノ  '¨j }´    ノ ´    ..│
│                ゝ 又_ヽ ー_イ   /       ..│
│                `了_:::::\ T:::| / /          .│
│          r--ー´  \:::ヾ:::k l´          ....│
│          | 、    、 弋_ー'ノ )          ....│
│           ヘ  ー匸ソヽ. / } ヽ           ..│
│           l __ /ノ、__ | ./ ゝ、j.      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
│            /Y^"`|:::l:ー'{ー'         │ ──マスターが直接格闘戦をしていた│
│           ゝ/:|::::::|::::l::::|ヽ.          ヽ、 _______________ ノ
│           /ヾ_/二.|=ヽjー'\           ...│
│             /  / ̄ ̄ ̄ \  ヽ           .│
│          / /        〉 ノ           .│
│          /、/           /、 /            │
│       /. /             / ./           .....│
│        ん/             r'、_/              .│
│        廴::〉             \__ヽ            .│
┗───────────────────────┛

      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }  ━━┓┃┃
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |     ┃   ━━━━━━━━
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |.      ┃               ┃┃┃
.      ゙̄r=─-、 ニr;==─<_ゞ-=7´ヽ                           ┛
.       l    リーh     l‐''´冫)'./
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐' ゚ 。
       l   `_   ≦ 三 ./│
.        ヽ.ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
          ゚ 。≧         三 ==-
      _,./| ヽ-ァ,          ≧=- 。
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝイレ,、         >三  。゚ ・
     /   !./l;';≦`Vヾ        ヾ ≧_

959 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:10:00 ID:IFtWALes0

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|  さ、サーヴァントは一体何をしてるんだ!
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ   原典の聖杯戦争ならともかく、
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉             メイガス
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \  今回のマスターは魔術師ではなくハッカーだぞ!?
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/




      ≧:::::/::::::イ /   _⊥_        |!\::::::::::::く
      /::::::|!:::::::{ {!ァ==─ T `ヽ   _ ノ  ハ:::::::::ヽ\
      フ::::::::{!:::::イ     . . : {!: .、   二 `ミt、ノ' }::]::::::::ヘ ヽ
    ∠イ:::::::::::::/   r‐‐示‐┐ヘ:ノ  /: : :ヘ   ヽ |::::::::::ハリ!
      ル::::::::::::/   l ヒツ ,,!  ヽ   いr--ミ    }::::::V
       |:::::::i::::′       ^   . .-‐┤_弋心`テ   }:::::::|
     ノ'l::::::|:::l          /:r; : r、} `ー ̄ "   |::::::ハ
      /⌒Vi          \: : : :ノ        ;:::::::|
       |   ハ|              ヽ/       ∧::リヘ
      い ( リ         ___         'ハ!
       \        /      ヾ      /´l
       ヽ__!     ( ___    |     / /   ……落ち着いてよく聞け。
        |::::|:ヽ            `'    /ノ/
         ハ:::! : ヽ       __..ィ:7   . :/ /     敵のサーヴァントと思われる存在は──
        ノ'l:::|: ヘ: :ヽ    , , ー   /:/イリ
        イ:ハ: : :ヘ : \  ' ; , '  /: :イ:ハ!
          川: : : : ヘ: : ; : ; ー:-:‐: : : /:ハ{
         |: : : : : :ヽ : : :_:_:_:_:_:_/: :/:/
.         __|: : : : : : : : : : : : : : : : : : /ノ'
      /  |ヽ : : : : : : : : : : : : : : : /

960 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:10:30 ID:IFtWALes0

┏───────────────────────────┓
│  γ゙ ー-=ニ _                             .....│
│  |f`゙ ー-=ニ ̄`゙ ー-=ニ _                       │
│  ||        ̄`゙ ー-=ニ、゙ヽ               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
│  ||                i.|              │ 台車に腰掛け、 │
│  ||                |. |               ヽ、 ______ ノ
│  ||ー-= 、 _            ,| .|`゙ =-=ニ _             ....│
│  ||.i´` ゙ =‐-=ニ_‐- 、 _ ,.イ. ! .!;`;゙;;=-=ニ, _` ゙ =-=ニ _      ......│
│  ||.|       ` ゙ =‐-=ニ゙| .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;゙;,,=-=ェ ` ゙ ォ    .│
│  ||.|              .| .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/. ..//     │
│  ||.|c_             |.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/. ..//!    ....│
│  ||`゙ ミニ‐_ 、_       .|.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/. ..//ぃ''    .....│
│  || ,.ィ" ,ィ゙;;,,‐-ミ=- 、 _ . ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/. ..//         .│
│  r|..レf゙i ,.ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;゙;,,,ミ|. |;;;;;;;;;;;;゙/. ..//         .....│
│  ,.|.L|'>≦、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;゙/. ..//            │
│ { ミ~'、_    `゙''=-''、;_;;;;;;;;;;;;:r! .!;/. ..//            ......│
│  ゙'い=r.、`゙ =- 、_    ` =f' | f,´!...//               .│
│   `゙~   ` ゙ -=`_=- _ .L_ヽレシ/                  │
│               ` ゙ -=`_=彡ィ'                   .│
│                  〔{っ"                  .....│
┗───────────────────────────┛



┏────────────────────────────────────┓
│     ___________________________       ....│
│  ,r''"´   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ___\     .....│
│  /~ P ̄ ̄~ ┌───────────────────┐  SQNY ヽ     .│
│ i'.        │                                │        'i、   ....│
│ !   .__.   |    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.   │   (△)   i     │
│ | /|∧| 'ヽ  |    │ 携帯ゲームに勤しんでいた │    |   /  ヽ  |    .│
│ | |<l><l>|. |     ヽ、 ___________ ノ       | (□)  (○) .|    .│
│ | ゝ_|.V.|_ノ....│                                |  ゝ   ノ   |    .│
│ |         |                                |    (×)    .|    .│
│ i 。 γ⌒ヽ ..│                                |      power。|    .│
│  !   ゝ.__ノ  .|                                |         i   .....│
│  .! 。     ,,, |._______________________| ,,,   hold 。.!    .│
│  !___                                    ___/    ..│
│  ヽ、   ヽヽ_フ (ニ) (ニ) VIP BOY 3000 (ニ)(ニ)ヽ_フヽ_フ /    /     .│
│     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       .│
┗────────────────────────────────────┛

961 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:11:00 ID:IFtWALes0

                                          NヽN`              `゙、
                                         .、Nヾミ                i
                                          ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
                                           ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
                                              {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i 
                                              l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
                                               `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
                       いったいどういう事なんだ……        i.u  ___     ,' |
                                                ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
                                                ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
                                             _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、


         _ノ///////////彡彡/////ノソ |人ヽ
         フソノ/////イ////////i( |!// ハl  ))
         /フイ/(////ノ///ノl//   |! /_,,..ィ ', '"
        ノソ////ハ/ノ/彡彡ソ/  ヾ!     " __!  ,!
        フハ/i|)//ハ////"ヽ彡i       ィ''"!T゙  i
            ソ|ノ////ノ/;!i ヾヽi!i|          ` ゞ'  ',
          iソソハi !|ソ/ハV("i |ミ               ヽ
          "ヘソ|ハiソ/i ハヘヾ、゙ iミ                   >
            ゞソハソ/i i|ヘゞ\j "             -,. '
             iソノハ!iソ!リ'   !           _ j
           ヽJイソ/ノiソソ   |; ,       '''ー'")   ……まあ、クラスは十中八九キャスターだろうな。
             !イ/ソ"    i ヾ : .,        i
             "!ソリ      i      > 、    .:|    それならばマスターが直接戦闘可能になっているのも、
             /" ヽ、     i       / `   :ノ
                /    ヽ、    i    i          学園サイドにおける偽装も説明できる。
           j- .,_     ヽ、 ';   ,. '
          r"´   二  .,_   ヽ、  i
         /       `'ー` 、 ヽ !
         /       _,.. ..,_   ` 、ヽ、
         ,'    ,. '"     ヽ、   `ヽ ヽ
          ,'    /         \     ヽ\
        i   /                \    ':, ヘ、
.        i  i                ヽ   ', ヽ
       !  !                   ヽ  ヽ ヽ
.        i   !                     i   ヽ ヽ

962 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:11:31 ID:IFtWALes0

                                           ,ィ, (fー--─‐- 、、
                                      .    ,イ/〃        ヾ= 、
 そうだな……。                              N {                \
                                       ト.l ヽ               l
 状況証拠としてはキャスター以外の何者でもない。        、ゝ丶         ,..ィ从    |
                                       \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
 それで、実際戦ってみて得られた情報は?              `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
                                      .    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
 敵もキャスターなら、直接相対は俺たち同様に避けるはず。     ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
                                           l     r─‐-、   /:|
 その情報が得られたのなら、それは決戦時なのだろう?         ト、  `二¨´  ,.イ |
                                           _亅::ヽ、    ./ i :ト、
                                        -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
                                          ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
                                         ヽl \\‐二ニ二三/ / /


                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /     ──ああ。それが一番の問題点だ。
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /
           __゙从  \.     , -- ,  /       俺が見たのは決戦時ではなく、二日後……
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /         ここで、俺たちは否応なしに敵と相対することになる。
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /

963名無しのやる夫だお:2012/04/23(月) 20:11:49 ID:U0fi8CZM0
そういやExtraの主人公,周りに人居るのにキャス狐みたいな一目で9割方正体見破られるようなの
ほいほい出してたよな.主人公補正とはいえあれで勝ち進めるのはマジですげえw

964 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:12:00 ID:IFtWALes0

                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●
                                 
                                 
                                 ●

965 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:12:30 ID:IFtWALes0

《聖杯戦争本戦 四回戦 4日目 昼/Midday》
【月海原学園 1F 階段前】


       .... ,,、__
       /ィ彡'三三≧、
     , 'ィ///ィ彡'三三ミ≧、
    ,!ノイィノハf/r''^`ミミヾミ'、_'、
    /!/fwリ八   ヾミ'、メミ、_ヽ、      突然呼び立てて悪かったね。
   {i |l|W小f    l|l{{トミヾミゝ、__,
   )!l|l|fリfモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ  この四回戦、君たちマスターに特別ルールを一つ追加させてもらう。
    ,川h{i洲{´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、
    リノノ八イ   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ   それぞれの組み合わせには、別のルールを追加しているのだが──
   ノィシイ卞ミ}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、
   ,.彳{{/リトミ'`ニニ,´ィi{l{lト't'、 `',リ    そうだな。君たちは『徒競走』でどうだろう。開始は明日。
,. '´:/:::::|jツ リ}}iliリt洲Wjリツ}}リト、',ミヽ
::::::::/:o::::|{ヾハリハ{ゞ'、' 'fシ'、//{{!ヾミミ',   どうせリアルでは君たちハッカーは運動不足だろう?
:::::/:o:::::::|:.:.:`メ'、(ヽ丶 j入::ヾリゞ,ノリヾj
::/:o::::::::::|:.:.:.:{:.八} | )〈:.:ヽ:/o、fツ'リト、\  ここでくらいは身体を動かしてみてはどうだろうかね。
/:o::::::::::::|:.:.:.:V、_リ |::.  ヾ:.ヽ:::::{il、::::::::::::::ヽ
ヽ::::::::::::::|::::::::∨|`` ‐::、. :}:..:'、::jリoヽ:::::::::::::|
:/::::::::::::| ̄ ̄  `ヽ   .|.::..:.:.ヽ::::::::::::::::::::|
:、:O:::::::.:::|::::::::::::::::.    |:.:.::..:.:..ヽ::::::::::::::::|
::ヽ:O::::::::|:::::::::::::::::::.   .|:.:..::..:.:.:..:ヽ::::::::::::|
:::::ヽ:O:::::|::::::::::::::::::::::.  |:.:.::..:.:..:.:.:.ヽ::::::::|
::::::::',::O:::|.:.:.:.::.:.:..::..:6ヽrヘ:.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:.:ヽ::::|
::::::::::',:::O|.:.:.:.::.:.:..::..:ヾソt9ト、:.:.:.:.::..:.:..:.:.:.:.:}、|
::::::::|:::l:::::|.:.:.:.::.:.:..::..::.:.ヽ/:}:〉:.:.:.::..:.:..:.:.:.:./::ヽ
::::::::|:::|::,/.:.:.:..:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.ヽj/:.:..::..:.:.:.:.:.:.:./:::::::: ト
::::::::|:::l/.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ:.:.:.:.:.::..:.:..:.:./i::::::/l:::'、
::::::::l:::::.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:..::..:.:.:.:.:l|:.:.:.:.::..:.:..:/:/!:: /|::':::::`
┌──────────────────────────────────────────────┐
│ニヤニヤ笑う統括管理NPC。                                                ...│
│                                                                    │
│俺たち──パティもだ──キャスター組にとって致命的になる事前相対の場を用意するとは意地が悪い。  ......│
│                                                                    │
│しかも徒競走だって? なるほど、“運動不足”だろうさ。                                 .│
│                                                                    │
│ただしそれはマスターに限った事じゃなくサーヴァントもだ。それをわかってこの競技選択と言うことか……    │
└──────────────────────────────────────────────┘

966 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:13:00 ID:IFtWALes0


                ,ィ'{
             __,,-‐'´/⌒ ̄゛`‐─‐-、    _
             ,ィ´     `゛、         `‐-ィ'´_`>
            /       :   :      、 :::     `ヽ、
          j   /     |   ::      | i::::  ヘ、  ヘ
            |   ノ j   、_|__, :::i     | |::::::  λ.   }
           } / /   / /| λ :::|    `|‐|-‐:::   ヘ   j
         jノ_/   / / | :| V:::|     j: |、::::::    〉 /
        ノ  j/   /,.ィ´  | :| ヽ:|   /∨ ∨::::  / /
         ̄_/__,ノ'´:::|   __ヽ|_  |  /___  ハ:::: 〈∨
         '´ノ:::ゝl、::: | ヾミ弍彡  j,ノ 弐ァ ハ:::Vヘ:::\  Hmm……ナルホド。ここは曲がりなりにも学園デス。
            ̄j/ヘ:: λ      ,      j:::::}ヘ::::{ ̄
            ∨ム、_`ヽ、  `‐-   __,.イ::::;リ ヽ|    で、あれば体育祭Eventもあって当然デスネ!
            ノ:::::::::: ̄ (⌒ヽ‐-‐'´ ,/ j,ノ
          ,ィ´~‐-、  :::::`‐ァ    ´〉‐‐-、_
         //⌒ヽ、\  ::::{   ,,ノ}   } }ヽ、
          |'     \.\/´ ̄`∨ ./   / / /}
         |:        ヘ/´ ̄\ ∨:   / / / |
            |: ヽ、    /´ ̄\ \ 〉  / / /  |


                                      NヽN`              `゙、
 ……まあ、そうなんだが……                   .、Nヾミ                i
                                      ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
 君は、良いのか?                           ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
                                          {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
 このイベントで負ければ宝具情報が暴露される。           l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
                                           `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
 勝ってもアリーナでの動きは観察される。                  i.u  ___     ,' |
                                            ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
 リスクだらけじゃないか。                            ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
                                         _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、

967名無しのやる夫だお:2012/04/23(月) 20:13:24 ID:1HYlWdcE0
携帯ゲームにいそしむのは現代以降の英霊なのか、
生きた時代の「何か」を代用しているのか、
単にはまってしまっただけなのか……。

968 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:13:31 ID:IFtWALes0

            ._,-::‐:=:=:=:-::-.、__
         ,ィ´: : :: : :: : :: : :: : :: : : : :\
        /: :/ :: : :: : :: : :: : : :ヽ:: : : : :\
       /: :/: ::/: :: :i: : : ::|ヽ:::i::i: ::ヘ: : : : : :ゝ      Mr.キバヤシ?
      メ:::/: : ::/|/i|::ハ:: : ::| |;/|::|:: : ::\: : : : 〉
       i/: : ::ィ:|⌒|:| |: : ::| ⌒|/\::ヽ: :\; :|      ワタシたちの愛するMANGAのCharacterたちは、
      ∠イ/::iリ  リ  |::::/    i:\::Y";:::リ
      /::|: :i: ::|ヾ=≠ |/ ー≡テ彳: ::|::|~);:{       こういう場面でLowRisk-LowReturnな手法を取りマスか?
       ̄|: :|: :ゝ    ___    .|: :::/:iノハ:|
        |:人: :| > __ ヽ ノ __</;::/|;/ ∩ミγ7 ミ    イイエ。彼らはこんな時だからこそ、HighRiskな賭けに出マス。
          ヽ|  .,r'イ~  ̄"マヽメ/:::ソ | ミ/ /  ミ
.           /:::::::| ̄ ̄/::::::::`\_(`Y に⌒>     安定に胡座をかいても一定以上の成果は上がらないのデス。
         /、::::::::::::|   /::::::::::// ゝ__ モ  〉
 チッ チッ   /\ \:::::::| /:::::://  メ三三三三ォ
     チッ /  \ \::∨:://   j       }

┌──────────────────────────────┐
│なるほど。若者らしい、あるいは背負うものがないが故の発想だ。   ....│
│                                          ......│
│オレのように齢を重ね、他人に関わりすぎると、               │
│                                          ......│
│どうしてもマイナスを最小限にする戦術ばかり上手くなっていく。     ..│
└──────────────────────────────┘

969 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:14:01 ID:IFtWALes0

       ___      __.,.-::‐:::‐::-::‐:-:、__ _
       ヽ、`t‐-=="           `ヽ、`ヽ、
        ヽ、,ィ´                ` ,〉
        /   ,   γ/´   ,. i        `ヽ、
         〈  ./   /:;/:::  ,イ |      i   ヽ、〉
        〉/  '⌒:/:;/|::::  7| ,ハ⌒ヽ 、:: λ i   〉
       ∠7´   :::;/レ'_ ∨:: 7 |/__ヽ、 〈:: ヘ.|   |
        ノ  .:::;ィfチ行  V: 7  伝ヌ心、 ヘ、:: ヘ、 /
      / __;;ハ マ::u;j  ∨   ヒ::z:;;リ,`i\ト、:: ヘ、〈
       ̄〈 ::i:::λ`‐~'      `‐-~' /  | `ヽ、_ゝ廴_   ──それに、本当にリスク計算する気があるなら、
        / ..:;j ..>    '       / ,:: j,ノ:: ,入_,,/
         ̄〈  :::jヽ、   ー‐'     ∠ィ7:. リ`∨       こんなところには来ないでしょう?
           \:;|  i:`>‐-ァー r‐<::;;/:: ,ノ
            `  ∨ ,r'~メ;j .:::iア`ヽ//
            _,.-‐f´: ::7-‐-/: : :::'゙::`‐-:、_
           ,ィ´: : : : : :7  /: : : : : :_:,-‐==`ヽ、 __,.ィ'⌒ ~つ
          / ∨: : : : ::7  /: : : ::,ィ´ _,-‐==ニ`Y´ ヽ.  (_´
          }  ノ:∨: : ::7 /: : :.:/ ,.ィ´   ,r'´f´ 丶、 、.、 、ヽ、
            | /:: ::∨: ::| /: :.:/ /::/   〈丶::ヽ、 ノ:::\),)_)ー'
         j j`ヽ、;::ヽ:;i/:;∠_/:::;/  i   j  \:::`ニニフ
         | } /:: :: ::`:::ャ--‐‐'  .|  ノ    ゛ー-‐ィ
           | .j/:: :: :: j:: :: :: ヘ      | ::〈      __,/
.          | /:: :: :::;/|:: :: :: ::ハ     ヽ、:::    /
         | |:: ::;/  ヽ、:: :: ::}      ヽ、__,/
         | |;ィ´__    ヽ:: :: :|       {
         |   ̄}::`ヽ.   \::|        〉
┌───────────────────────────────────────┐
│……言葉もない。まったくその通りだ。                                  .│
│                                                         .│
│こんな、自分の生命をベットして世界をどうこうしようなんて、最初からイカレている。     ......│
│                                                         .│
│その後どう動こうが、オレたちはその全てが後先考えない狂人で、大同小異なのだ……   ....│
└───────────────────────────────────────┘

970 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:14:30 ID:IFtWALes0

┌──────────────────────────────┐
│──それと同時に、背中に嫌な感覚が走る。                 │
│                                          ......│
│氷を差し込まれたような、と表現されるような急激なものではない。    .│
│                                          ......│
│もっとじっとりとした、そう、濡れ雑巾のような冷たさ。           ....│
└──────────────────────────────┘


         __     _,.-‐〝 ̄ ̄ ̄ `‐-、_}\
         `ヽ、`‐-‐'´    ,           〉__
           >  /   / /   ::      、   `ヽ、
           /,ィ  /     / /    i:::  :i   λ   `マ`
           j/ ノ  ヽ、/ / |   |::: /| :|、   ヽ、  ハ
           / /   ::/ 乂__.|    | /__|_|_,ノ、、  `   }
           ∨  :::::/ /、  ∨   iリ j,/ ∨  \  ヽ / /´`ヽ  それではMr.キバヤシ! また明日会いマショウ!
           ,ノ __:::_;/ノ  \_ `ヽ/ _/   i\  ヽ、  \|    }
           ̄,ノ::j´:ハ  ̄ ̄   ,   ̄ ̄゛ } ,\l ̄〈 ̄`|  ,/  Freshなワタシの脚力に恐れおののくといいのデス!
             ̄{ :: 、ヽ__"   ー-‐'ヽ  __ノ / λ:: > |  /‐-、
             | :: .V´、    {     ) `ヽノ:: /ノ:::/γ'   〉 j `ヽ_
              `ヽ {  `>‐`==´‐<´ 〉:;,ノ´|::/,ィ'´  ̄`) ,ノ    〉
                ,r-‐'´ / ヽ  /     /'´ /./ | ‐-‐´~´ゝ_,ノ_,ノ
              / ∨   |-‐- /    / /  {  ゝ‐-r'`--‐ァ'´
             j  ∨  |  /   /  ´    ヽ \ ヽ _,,ノノ
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~i|γ∨ |/ ,.-‐'´}         `ゝ二ニィ'´
       |         l|、  ∨_,イ´   /     ヽ, _    __,,ノ
      |         l| \   ___,ノ ..::::::::::::::/    ̄ ̄
     <^ヽ,       l| / / \        /|
       {_ _,,〉      i|  ::j.    |     / .{
     〈__,ノ       l|  λ   |        〉
       }        ,l|/_\_,/    ___,/λ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ ̄| |`T‐┬┬'´ ̄ヽ `ヽ ∧

┌──────────────────────────────────────────┐
│ハイリスク・ハイリターンに走る、明日を投げ打った狂人の群れ。                      .│
│                                                            ....│
│その一員がオレなのはまだいい。ハルヒがそうなってしまったのもオレが話を持ちかけたからだ。    │
│                                                            ....│
│でも……でも、目の前のこの少女も、そう、なのだ。                              .│
│                                                            ....│
│一体──何が、故に?                                              ....│
└──────────────────────────────────────────┘

971 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:15:00 ID:IFtWALes0

【月海原学園 2−B キバヤシ個室】

§|l6    (∪)   八 9≧ト ..    `   .  __    ` _,  ト ` 、 | \    \          > ´
≧ト..廴 J.!|l  ψ ゞイ  (o) ク6`r ト  . _、>f⌒ト 、斗 ヒ´ | |   Y:.`|:.  \    \     > ´          >
-=ニ三三ニ≧ト.. 廴lL σ ||,   (0)ζ l 〕. イ |` ト 〔} : :.:.:.:| |   :|  ト     \     `  ' ´      >  ´   .
.:| `l :` : . ‐-=ニ三三≧ト.. 廴,Y6」L_ l´    | :| :|   ` <| |   :|  |:..\\  \       >  ´  .. ;<
.:.‐┘ .: .: _ : .: .: : ` : . ‐-=二 f=j ニ八jtェュ  :| :| :l :     | |   :|  |   \\  \  > ´ ,..  ´   /=ィ'f ` 、
.:. 「_ l .: .:|  `l .: .:  r< |三≧ト . (_ )lj|jf  | :| :| .::.   |  、  |  ト .   Y:|    Y.   f´       /  .l |   ` 、
.:. : .: .: .: .:ー- .: .: .  |f´ | `: . <:三ニ`≧:.- ┤:! :! ::    |    `  :ト .  ` |:.| .   |   |       /   l |
.: .: | `l.: .: .: .: .: .: .: |:l fi |.: .: .: .: .: :`.:.T ´    | :| :| ::::   |  _    |  ` <: | :   |   |      ,.'    _l L...   _ -
.: .: ト=!.:. .:. .:. .: .: .: |:l || | .: : Д┌ェ_:.:| r‐:f⌒l| :| :| :::.   | |  `l  |     |:.| :   |   |     ∠_ =-‐¬.Г ̄
.: .: L._j : : .: .: .: .: .: |:r<ト : 辷j.:|=:j|:.:| |ロ|≠l| :| :| .: ::..  | |   :|  |     |:.| :   |   |   /´     l |
.: .: .: .: .: .:f ̄ i : : : |γ´ ‐-ニ三_ ̄ 三 ニ=-f| :| :|.:  :.  | |   :|  |     |:.| :   |   | / |        l |
.: .: .: .: .: .:L. 」 .: .: |:': .: r‐fニヨ .: : `三´fi .:fi: ´ :|  _⌒ー- .| |   :|  |     |:.| :__fRj」丘L|/ .: l |        l |
.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: : |l .: .:巨!ー | f `i|  |八:八.: :|/´ l.:\人_人,_从人_人_人,_从,人_人,_/z ' ´| .: : l |      __,」.L...   _ -
.: .: ._.: .: .: .: .: .: .: L-=个=ー ': L 」!.__j:_ ) )_ |.:L _〉:ー) ぬおおおおおおおおおっ!(|   |: : : l |=- ̄ ‐ ¬.Г ̄
.:. .:|     ̄  l: : : : .     ̄ .: . ーr一: ̄ ´ | :  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Yヘヨfヨョ|: : . l |       l |
.:. .:|∬ £ 〜ゝ|: : : :            |     | ,ニニニニ | |   :|  |()   |:.| `  、广才゙|:   l |       l |
.:. .:| ∂ §υヾ|: : : :            |     | |     || |   :|  |     |:.| :   |   |:   l |       l |  _ ,.
.:. .:|ξκ ψS |: : : :            |     | |     || |   :|  |     |:.| :   |   |:   l L... -‐ ニrfTT「「| |
.:. .:| ♂ ♀⇔G|: : : .            |:. , . -┴ _‐三‐_ ̄ <l   :|  |     |:.| :   |   |  _T_ 二 ̄廷リ|」」」LL! ィ
.:. .:|θΩΘ %g|: : :             r ´、_..:'::´::::::::_::::: ;:才 ´ } -一'  |     |:.| :   |   | |r‐┬‐─┬‐┬─┬‐┬─
.:. .:゙ . .-. .- ‐‐┘: .           |      ̄     _ 彡イ ヽ.    |     |:.| :   |   | lL::_|'////|l::::::|///,|l::::::|///
.: .: .: .: : : : : : .            /`  ー一  ' ´         \  |     |:.| :   |   | |    l|//,|l::::::|///,|l::::::|///
: : : .                    /                    ヽ|     |:.| :   L..、 l 「l fi i斗‐      ̄    ‐- 、
: : .     __           /                        イl|     _|斗 ´    / `  ト ..    ___  . .イ
 ´ ̄            ̄   ─-'  . .               イ   l|斗r≦        |l` lト r' l|  ̄   〈ー 一〉 ┴ -
                              `   、 _ . . -‐ ´    j|            |l jl  ll l|     ∨∨
                             ` 、         /              |l ´  l| ´      } {

972 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:15:30 ID:IFtWALes0

          /                 \               rv' 〉   /
       /                  、          ノ | i  .′/
     , /          .: 、          丶、          | '│/  ′
    / ′         , . : ..\            `¬==―---r'  |.′/
    ′;           /--――`¬、                 |   | .′
  ノ          /.::::::::::::::::::::..\\                ト .,ノ
//           /.:::::::::::::::::::}i:;:::::.丶.\              リ : :/
 ′           /.:::::::::/⌒犲iV::}:::::.v/\         /⌒´
/         , /|:::::::::〈 ー ,ノィ⌒V/::::/ヘ.  `¬==―‐---′
          / / :|::::rv^′      ⌒;::::::{,
         /  |V ;′         〉}::::/
        ,    | !        d/ ノィ::}
        .′  |  i  厂「|  rf爪ハク′  ダメだ……まるで追いつけん……
           ハ ;  ト ル'へ/
           ,:介`⌒´
            / | |
         ′| |
          /   | |
            / | |
         ′| |           /
           | |       /  ′
         ;  :| |       ノ) /
         i   :| |     「| {ノ)
           | ト----‐v′ ノ
           | |    │  |
           | |    ├‐‐'
           | |――--′

973 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:16:00 ID:IFtWALes0

  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !    ……もういい。キャスター。
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i    昨日から演算し続けてそれなら、
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
      `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'     もう、無理って事だろう。
       i.u  ___     ,' |
        ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、    作戦を切り替えよう……
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、   u        _ ノ /   すまんな……
           __゙从  \.     , -- ,  /
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /     俺たちの手札では、どんなに効率化しても
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'       絶対に敵より先にゴールすることができない……
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /

974 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:16:30 ID:IFtWALes0

┌───────────────────────────────┐
│……当然と言えば当然だ。                             .│
│                                            ....│
│相手はマスターをサーヴァントと直接戦闘させるレベルに強化可能。    │
│                                            ....│
│そのスペックで徒競走なんて行えば、どうなる?               .....│
└───────────────────────────────┘
     { ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   {  .|V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, vv、:::::ト、::::::::::::ハ
    Vハ}:::::::::::::::::::::::::::;.イVV ,、  V. V}ハ/1:!
.   ヽ:::::::::::::::::;ィv'W    /::::^ヘvヘ ト、  リ::{
.  \_ヽ::::::::::::::{    !、/リ:::::::::::::::::::`:::::`^^::::|
.   、\::::::::::::::::lハ,イW::::::::::::/}\_::::::::::;,Y⌒V   見えているのに不可避の未来、か。
.   `ミー:::::::::::::::::::::::::::::/イ___  ,>;1:::/ハ ∧
.     `ー-r―┬イ==x::::::, <'´   ^´〉 / '._  ……ははは。実に“キバヤシ”らしい。
           Vlルリ^Vヽ   }Y      レ'   V\
           `イ!. ゝ.}_リ' u     l     } :| \
            ゝx- 、_     J ,イ    / |  >ー---x、
              \ー-'     /     /  .|  /! | | \
             人__, ィ     / |   | ./|  |  |  | \
           , イ   /| ハ      /|  .|   |/ .|  |  |  |  |\
        , イ   | ,イ| | ,リ    , イ  |  .|  /  |  |  |  |  | }\
       ,イ .|  ル′| | {ヾ , イ  :| | .| ./!   |  |  |  |  |./  lヽ
       V  | 'ー―''T丁アー-x  :|  |   |/ |  |  |  |  |  ./|  | 
       }  |  |  | レイ)  __>x | ./  |  |  |  |  |, イ |   |
       j  }  |  | リ  | ̄|  |  `゙ドイ  |  |  |  |  | | |  |
       /  .|   |  | /  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
        ヾ Vl   .|  Y 0  |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
       }  |  |  |l    |  |  |   | |  |  |  |  |  .| | |  |
┌───────────────────────────────────┐
│同じキャスター同士と言うことでサーヴァントの脚力は大差ないとしても、      ......│
│                                                    │
│マスターの速度差が如実に出るというわけだ。                       │
│                                                    │
│この電脳空間においてリアルでの肉体スペックはほぼ無関係とは言え、        .│
│                                                    │
│さすがにオレにサーヴァント戦闘級の速さでマラソンなんてできようはずもない。    .│
└───────────────────────────────────┘

975 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:17:00 ID:IFtWALes0

       ≦::::::::::::::::::::::::::::チ ̄l:| ̄ ̄`|:| ‐<::::::::::::::::::::::jノ'
        フ::::::::::::::::::::::::::Z   l:|     !:!     ̄i!ヽ::::::く
       ´Z::::::::/::::::i{:::::::ア  {i    リ __    j  |::::ト ヽ
          イ::::::/:::::::::i!::::::7    ´ ̄ ` ー=ア  、  Ⅵ リ `ヾ
        ノ':::/::::::::::::リ::/     近カ ̄T    f`ー |:i
        リ:/:::::::::::::::::::|      ` ̄      迩ヶ リ}
        从::::/  ̄ヽ:::!               i  |
        }:::::| う { l:i                ヽ !
        ハ::::ヽ    |:!            ー ン  '
        ノイ:::\  '                 ′
          V:::::::フ         ー== =ァ /    ……まあ、そう気を落とすな。
           リ:::::::|             , `j ′
          イ::::::;ハ  ヽ            , ;  ′    未来視なんて、視えるだけで
          ノ':::::リ    `  __     ' , ′'
           从           ‐-     /      変えられないことの方が多いくらいだ。
            i            r‐   ̄
         へ /              ′          いちいち気にしていたらもたないぞ?
       / V     l       /
      l´     ヽ     |         /、
  -‐/ |      \   !       /  \




  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/    ふむ……
          i       .:::ト、  ̄ ´        ∪  l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

976 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:17:30 ID:IFtWALes0

   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V}
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くー、
    ̄ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、ヽ
   ー=ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;::::;;;;;;;;;;;r‐-ー '  ̄} ̄ l::::::ト、} }
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Z |!   |!      |  |::::ハ メ、
   ノイ::::::::::::::::::::::::::::::::::ア   |{   {        }  _i:::l |  }
    ハ::::::::::::::::::::::::::::/    从   ヽ       ノ/ |:::! ノ
     И::::/⌒ヽ::::::/   ´ ̄丁¨==ァ   チ=' ハヘ
      リ::| ⌒  ';:::l     z===彡  .. {^   l  ……考えてもみろ。俺一人で未来を変えられるなら、
        ハ  ( i:::|            ´ ::: |    ′
         ト  ハ::!           ..::: 〉   ′  俺は予言書なんて書かなかった。
         |:::\_`           ー '  /
.        从:::|  l      、___  -ァ ′   予言書は、それを読む他人に未来を託して書かれるモノだ。
           N   \     `ー─‐ ´ /
           r┴、    \             /     自分たちだけで変えられる今の状況のほうがおかしいのだ。
        /   \    >   ;  ; , 'ノ

┌────────────────┐
│その言葉は韜晦に満ちていて。     .│
└────────────────┘

977 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:18:00 ID:IFtWALes0

┌────────────┐
│──オレは思い出す。   ...│
└────────────┘

┌──────────────────────────────────┐
│        .′.:.:.:.:................ ,, ''´  ,,x≪⌒\-‐==K、八 ...... /.. }             .│
│        }:.:......___ ___,,≠″ 、<. / ̄::`ヽ} ..... . \:} .// ..{              .│
│         }:...___]__,{}___{ ,,≠''^ヽ\(__::::::::::::.:.:廴____ ノ ./ . ...(^              │
│        _}__]__,{}___{.ィ^ {___ .... . 、 ___).:::/.::′.::::::.:.:...∨ /.........ヽ             .│
│       ]__,{}___{/ .. . /⌒} ..... . } ̄:/.:.:./.:.:.:i|:.:.:.:.:.:. .∨/ぇ___,ノ         、    .│
│       /⌒v/.:....、... {::::::{___ノ -‐―=ァ.:.:.:.八 i |.:.:.:.. .V{ \         〉   ....│
│   r―く___/ ,/.: . . \.}:::::.:./.斗-―≠.:.:/1 「対.: ト、:. }/^  >--‐     /    ...│
│  __j__ ......... ,,″.:..____}}:::::.:.: . /.|:.:// / ノィ{:ヽ》: | ,}ソ __ /         '    ......│
│  { ̄ ̄......./⌒ヽj厂.::::::/.:::/.:.:./刈/t弋^`  {t,小/. : |--rf/      /        │
│.   } . ..... . /.:::::::::::::::::___/.::: ′./ ⌒廴 ソ    、^}/|:: : |:::∧      /        ..│
│  乂__ /.:::::::r‐―┴// i:::::{         〉イ:.:|:: : |:/.:::::..、   /           .│
│   __ノ:/.::::r‐‐ ―-{′ |/、            人:{::.:..i|″.::::/`:ーァ             .│
│   ⌒7 .:/〉r‐‐ 、      \       ´′/. : ハ:,小:::::::::::::::/}            ..│
│     // ノイ,ハ\          ヽ≧o。 _/.,ハ/.. ノ .... ト--ケ7′          ......│
│         /   }≧=―- 、   ∨/..\:.\ { /........... /.........〉′            ..│
│             ′    ,小.   ゚(/ ,∧:::.∨ ,......... ′...../               .│
│           /     / , ∧   ゚(// ∧:::.∨:/............ ′             .....│
│         厂 ̄ ̄ ̄ミk、// ∧    ゚(//∧::人ト< _ノ                 │
│       rf^⌒ ̄ ̄^ミト、\./..∧    寸ソ::::: .\....\                 │
│      八.......-‐―…..^ 、\\_.,     \:::::::::::,ハ...... ,               ....│
│.     〈/ .........……―‐-\ .、\_′    \//........ ′             ......│
│      }.................................. /⌒寸}:::'.       ゚《..................',              ...│
│      } ............................. //::::::::::::〉.. _,       ∨ ............ ′             ..│
│      ,ハ .........................../ ′:::::::/   }          V/...... ;                │
│.     /.... \.................. / .{:::::::::::′  人          {.........../              ....│
│     /............................... ′ \_::::{      \      、.../                 │
│.    / ............................... { ーァ/⌒`  .             〉                  │
│   ` ー――――<__/.....................`..... ‐-.... ___/                   .│
└──────────────────────────────────┘

┌──────────────────────────────────┐
│ノストラダムスには、最初の妻子と死別し、放浪の旅に出ていた時期がある。    .│
│                                                  │
│……彼には、当時その未来も見えていたのではないだろうか。           ...│
└──────────────────────────────────┘

978 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:18:31 ID:IFtWALes0

         __〉、__.ィ≦ニヽ.}) j〉
      ,ィ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ニ'く__
    、__)';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミヽ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ iトリ
      ,'イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ ゙!
      ノj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ i! l
      {!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヾ.}. !
      '^ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ト. |
        ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(.  |::ヽ}
         ヘ;;;;;;;;;ノイソ` ├‐′
.          / ̄ ̄ ̄\ |
           {_,.= ‐‐=ー 、\__.-―-、
        /                 ‘,
        /                      ‘,
┌────────────────────────────────────┐
│愛する物が死に行く未来を知っていながら、それを変える術が無い事への絶望。   ...│
│                                                   .....│
│試行錯誤の果てに予知通りに到達してしまった未来。                   ....│
│                                                   .....│
│その時彼の胸に去来した物は、何だったのだろうか。                     .│
└────────────────────────────────────┘

979 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:19:00 ID:IFtWALes0

┌────────────────────────────────────┐
│そして、今発せられた彼の言葉を思う。                             .│
│                                                   .....│
│『予言書は、それを読む他人に未来を託して書かれる』                    .│
│                                                   .....│
│確かにそうだろう。自分の死後何百年も先の未来に干渉する術はそれしかない。  ......│
└────────────────────────────────────┘
         _ノ///////////彡彡/////ノソ |人ヽ
         フソノ/////イ////////i( |!// ハl  ))
         /フイ/(////ノ///ノl//   |! /   ', '"
        ノソ////ハ/ノ/彡彡ソ/  ヾ!         ,!
        フハ/i|)//ハ////"ヽ彡i            i
            ソ|ノ////ノ/;!i ヾヽi!i|              ',
          iソソハi !|ソ/ハV("i |ミ              ヽ
          "ヘソ|ハiソ/i ハヘヾ、゙ iミ                   >
            ゞソハソ/i i|ヘゞ\j "             -,. '
             iソノハ!iソ!リ'   !           _ j
           ヽJイソ/ノiソソ   |; ,       '''ー'")
             !イ/ソ"    i ヾ : .,        i
             "!ソリ      i      > 、    .:|
             /" ヽ、     i       / `   :ノ
                /    ヽ、    i    i
           j- .,_     ヽ、 ';   ,. '
          r"´   二  .,_   ヽ、  i
         /       `'ー` 、 ヽ !
         /       _,.. ..,_   ` 、ヽ、
         ,'    ,. '"     ヽ、   `ヽ ヽ
          ,'    /         \     ヽ\
        i   /                \    ':, ヘ、
.        i  i                ヽ   ', ヽ
       !  !                   ヽ  ヽ ヽ
.        i   !                     i   ヽ ヽ
┌──────────────────────────────────────────┐
│……だが、本当にそれが干渉になるのなら。その予言を信じて誰かが未来を変えられるのなら。    .│
│                                                            ....│
│その場合、彼は予言者として後世に名が残らない。                               .│
│        ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・                                .│
│──つまり、彼の試みは、ことごとく失敗したのだ。                              ..│
└──────────────────────────────────────────┘

980 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:19:31 ID:IFtWALes0

┌────────────────────────────────┐
│更に言えば、『何も変えられない』事すら彼には視えていたのだろうか。     │
│                                              ..│
│──自分には何もできないのだと思い知らされることの絶望。         .│
│                                              ..│
│それは、オレも嫌と言うほど知っている。                       .│
└────────────────────────────────┘

       メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::リニ=:::::::::::::::::ミ、
        >:::::::::::==ナ─‐'''T´ ̄  Y  `Z::::::::::::::ミ
      //ハ:::::/   |!     i!    ノ'|   }:::::::::::::::ト!    こんな小さな事象にいつまでもこだわってるんだ。
     / イ |::::::i    |!    i!     / __  ゝ:::::::::::!
      / | l:::::::|   ヽ    ノ'   _ ィ´    ミ:::/ ヽ    大局的な未来を変えるために戦ってるんだろう?
       乂ハ:::i ‐- ==、    ーァ''r‐示テヽ   }::| ) l
         ヽリ  代ヒリハ      ゞ=' ''   |::し / ト   もっと鷹揚に構えていろ。
             ハ  `¨´  i            "_ ハ i \
          !  ',       !            ル|  |  \
          |         |             /   !  !   \
          |   /ヽ   ヽ ,        /   /  !    \
          l  l   \  -─  --ァ      /   |      ヽ
           \}ヽ   ヽ  ー‐ '  /   ′    !       ',
            ヽ \  |: :ヽ; ; ,  /    /     /       l
             ⊥/ |: : |  ̄ T´     /     /           |
             ∨   |: : : ヽ     /:/     /         l
             ∨  |: : : : : :ー: :´: : :/     |   /     /
                ∨  ! : : : : : : : : : : /     / /      /

981 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 20:19:47 ID:IFtWALes0
この先は次スレにて。

982 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:51:00 ID:IFtWALes0
ここから先は埋めネタです。

983 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:51:30 ID:IFtWALes0

┏━━━───┐
┃ TeaTime..  ┃
└───━━━┛

984 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:52:00 ID:IFtWALes0

             . . :‐: : ̄: : : :‐ 、
           /: : : : : : : : : : : : : :`: .、
             . ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         .´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
           ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ:}   ──芝居が目指すのは、昔も今も、
        {: : : : : : : V: : : : : : : : : : : : : : : :ハ!
        {: :V: : ハ:.ハ: : : : :ヽ: : :ハレ: :/ Y j   いわば自然に向かって鏡をかかげ、
        {: :ハ: : トv_V:ヽ: :レイ:ヽヽ: :! /
         i:ハ V.:、___,ヽ_{ ==" ノ: イ     美徳にも不徳にもそれぞれありのままの姿を示し、
         Vヽ:.、二二ノ j `ー―  /:/
              ハ         イ: {      時代の実体をくっきりと映し出すことだ。
               \  ' ⊃ / ハハ
                 イzミー-‐´_.リ、
       _. . . :イ: . : .V>三三彡/: . :`:ー. 、_
    /: ̄: . : . : . : . : . : /  く  } V: . : . : . : . : . :>―ヘ
   /: . : . : . : . : . : . : . : /       V: . : . : . : . : . : . : . :ヽ

985 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:52:24 ID:IFtWALes0

:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :/!,::: :l:/ :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: l三ニ! :::: :::: :::: ::::
::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::/i :l:::ヽ!| :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :: :: l三三、_,j! :::: :::: :
:: :::: :::: :::: :::: :::: ::/ !l:::l :::l|!l:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::l三三三ニ! :::: ::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: :::/ /: V::: :::' ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::j三三 三 l:: ::: ::: :
:: :: :: :: :: :: :: :::/ /: :: l:: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::l三三三三l:: :: :: ::
: : : : : : : : : : :l /: : : :l : : :ィv/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|三三三三l : : : : :
: : : : : r7/!,: : l : /!lヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :  :|三三三三:ヽ: r ‐
ヽ-───' ,/l l |!   ./ j !l l                                 r'^ーz_,-、     r'三三三三三| |三
──r-、三l `ヽ li   / /' l l !                                     | 三三三|     |三三三三三 | |三
┌──────────────────────────────────┐..三|     |三三三三三 | |三
│“聖杯戦争”といえば聞こえは良いが、所詮は地上の現実の鏡に過ぎない。   ....│..三|     |三三三三三 | |三
└──────────────────────────────────┘..三l、   ..|三三三三三 | |三
:/三三ヽ、三z:ヽ、三l ィz、三ァ ヽr-──,   /!/三/Z/      r-‐、_              |三三三三!    |三三三三三 | |三
─r 、Z/:;\ Z zヽ、三ヽヲ ZY'"ヽzヽ三Zヽ,ノ /三/Z/}     l 三Zl    _,.i  j-vh, .|三三三三l7.,_ .::|三三三三三ヲヾ'三
┌──────────────────────────────────┐.. Z!.|三,ヽ,j三三三三三三Z!三
│人を殺せば其処に憎悪が生じ、憎しみは更なる憎しみの連鎖を呼ぶ。       .│.... ‐|-三 /l ̄ヘ三三三三i:三
└──────────────────────────────────┘......ヾl !l三ノ三;l三zヘ..r‐─‐-, 三
:::::ヽ 7三ヽ、三!三V/三ヽ三ノニ l三ヘ 三Zヽ三三`ヽ、三三三三三三Z<-、:-r'_,.ノ三三三三三三,/!.!ll ,.ヽ三:l三Z:ヘ!三z三l :三

986 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:52:38 ID:IFtWALes0
:::::::l|;三/ /ヽ/三 Z!三Z:ヽ/ /三 - 、三三ヽ_,. -‐ `l!三三三γ⌒`/`'-z_jヘ-'──'^ヽ三三 r-!,Zl !lZヽZ:l!三三ヽロ!ロロ! /
┌────────────────────────────┐゙:l' , '   〈三三!t::l r‐'"~ヽヽZヽ三三ヽZ:/::::::
│戦争を始めるのは容易いが、戦争を終わらせることは難しい。  ....│:l  _,. .,-ノ三j^"':::j l::::!:::::::l7三三 ̄ ̄/:::::::/
└────────────────────────────┘. r-,  |Z_,-'´::::::::::l::::::::, -‐'ヽ三三三Z|\/:::::
::Y´⌒ヽ!::::::::l-':::::::::::::::;√=-::::::::\!:::::ヽ_,ノ::::::::::i !ヽz===,/;:ヽ-Z_,::::::::`ヾj-lノ_,.j:::::l .|/- 、 r-‐v-,:::::::::::::::::::::::::::::_,.-'::|::: |::::::::::
┌─────────────────────────┐゙::,::、::く´::::!:::::V⌒t::::::ヽ::: l:ヽ、_,.'^‐-,:::::_,‐´::::: : |:: ,|:::::,::::
│──人は微笑みながら悪人になることができるのだ。   ......│-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
└─────────────────────────┘.─────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -========ニ== - -  ̄`~' ー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __
  __., -‐''"´       _,.    ,. -─< , . . . . . .- -───────一         -──── ─ ─ ‐ - - z .,_
 ̄                        _     ̄ "  _ ,.    _ _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _  `'ヽz_
z=z_  - , . - r7     __,. -‐'´< _ , .... - ─ - , . -─ '''"~´ ̄           ' " ゙      z=z_,. -=z、  , . : ::
   _,.  - ──一' _   ̄`'⌒"` ,、 _,. 、 、 _ _,. ,:    "            _, .  -─ '"'^`'" ̄: : : :_,. -‐': : : : :::::::::
'"´   ‐- ''"~´ ̄            ∠_,.´   ̄  ,.  - ─ ─── '"~´'" ̄: : : : : : : : : : : : :- ─ -: : : ::::::::::::::::::::::::::::

987 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:52:57 ID:IFtWALes0

             . . :‐: : ̄: : : :‐ 、
           /: : : : : : : : : : : : : :`: .、
             . ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         .´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
           ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ:}
        {: : : : : : : V: : : : : : : : : : : : : : : :ハ!
        {: :V: : ハ:.ハ: : : : :ヽ: : :ハレ: :/ Y j  『どんなに長い夜も、必ず明ける。』という台詞を書いたのはボクだが、
        {: :ハ: : トv_V:ヽ: :レイ:ヽヽ: :! /
         i:ハ V.:、___,ヽ_{ ==" ノ: イ    ボクはこういう台詞も書いている。
         Vヽ:.、二二ノ j `ー―  /:/
              ハ         イ: {     ──『光るもの必ずしも金にあらず。』
               \  ' ⊃ / ハハ
                 イzミー-‐´_.リ、         果たして聖杯を手にしたものは、光を掴めるのかな?
       _. . . :イ: . : .V>三三彡/: . :`:ー. 、_
    /: ̄: . : . : . : . : . : /  く  } V: . : . : . : . : . :>―ヘ
   /: . : . : . : . : . : . : . : /       V: . : . : . : . : . : . : . :ヽ

988 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:53:10 ID:IFtWALes0

|          /: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : l: : : : :',: : : : : : : : : : : : :ヽ./
|            l: : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : l: : : : : ',: : : : : : :',: : : : :/ 
|         l: : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : l: : : : : : ',: : : : : : :',: : : /    ──さて、ボクの登壇により
|\     \ \l: : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : : : : : : : ',: : : : : : :',: : l   .
|.\\       l: :i: : : : : :i: : : : : : l l: : : : : : : ト、: : : : : : :',: : : : : : :',: :ll    . 五回戦に進む8騎の英霊が
|  \\    l: :ll: : :i: : : l: :- 、_ :l l: : : : : : :l ',: : : : : : ト、: : : : : : : ヽ,   
|.    \\\ l: l l: : l: : : :l: : : : `l¨ーl-、_: : : l  ヽ: : : : : l ヽ:ヽ: : : : : i    ついに揃ったことになる。
|         l: l ',: :l: : : :l: : : : ::l  ',: : `ーl-、  ヽ: : : ::l  \\__: :ヽ、 
|  ─ニ二   l:l  ',: :',: : : ',: : : : l_ニヽニ_l_`ー 、\: : l  ___>'ヽi: : :l \          / l l l |
|           l:l  ヽヽ: : : ヽ: : :l ヾ  \|:::::・::゙ヽ、_ヾヽl //_/i \f´`i冖  ̄jノ゙ー─'" ヽ、/-l.l |
|ニニ二二     ',l   \: : : : \:l     _` ー-‐''  `¨´/ ¨ / ./ゞ=i  __             ll |
|             ',    i\: : : :',ヾ、     ̄ ̄   _/  ./  /   l、__/_li           ノl |
|  //  /  ヽ    \ \: :ヽ`¨ー───‐'" ̄/  ./  ./  l  l  l¨ー────'"¨ j |
|.//  //// /    \ \ヾ          /   /  ./   l  l   l           // |

989 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:53:54 ID:IFtWALes0

: : : : : : : : : : : : : : ' ., . . . . . `ヽ、 _ ,. ィ==__
: : : : : : : : : : : : : : : : ' , . . . . . .ィテ::::::i::::::::::::::≦ミ_,
: : : : : : : : : : : : : : : : : :' , : _,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ':, フ:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_:::::::ト-'
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i::::::::::::/::ハ:::::::::i::::j:::::::::::i=‐'        ┌──────────────────┐
: : : : : : : :__: : : : : : : : : : :ヘ::::::::/i::i'、∨:::7:/,jハ:ヾ、{          │其は王に忠誠を捧げる太陽の騎士。   ...│
: ,. <´ ,. イ: : : : : : : : : : :彳ヘ!キ弋ッ-{:::/弋ツフ/i'´`ヽ        └──────────────────┘
    ≫: : : : : : : : : : : _: :i' <ヘ__  ,'イ   .イ´ヽ. . . \
    ∧. . . . . . . . , イ: : : :ヽ、: : :t i、 - -、 /.イ: j. . . . . .`ヽ、
..イ´ ̄``. . . .,---- 、. . . . . . .i. . ./ハ>、 イ!テ´: :.i-.イ ̄ ̄`ヽヽ
≫---< /    ハヽ. iヽ∧. . ヽ iヾ:} {::|ハ. . ../. .__. . .,ィ. . .ノハ
.  <´ r、'、 _  .<ニr-<ヤi j. . ハ.l.i:) i/i 7. . ./>'´. r-'´   }
:.r、:.:.:.:.∧ニニv':r-j: :i: /: :/ハイ フ================================y
:.{ミヽ廴三三三i|: :i: :i:ィ',: i---' /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニイ
:.:`ヽ:::::``ヽ、<:::ハ、ヽ_ヽ_人j=-'<.ir:Y r-7/  > ' ノ´ ̄7'´
:.:.:.:.:.:.``ヽ、:::::::::::::::i:::> 、:< ':,ヽ、=、_,.{_/イ´_,. -‐' .イ:::/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、ノ::::::::::::::::::::\--、_ハ / ´   ) .イ::::::::/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:::::::::::::::::::::}  ヽ`ヽ   /: : : : :./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:::::.イ     '   /: : : :'´,':./

990 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:54:04 ID:IFtWALes0
:                               /::,ィア::::..          /}        廴
:                              ノイ/:::/:::::/:::::::::/ / / / ハ          :j
                                 / ハ:::::::/::::r/ / / ̄// ̄! i!       :|
                                |/ | ./{::::::::::ヽノイへ ノ'_____| ノ: y       :!
                                  j/ イ}::::::/  ヾ::::L ー┴宀ソ/i     :i!
                                         ノ/      ̄     )' リ r―、 ::l
                                         `iヾ辷ーァ         / /刀 i :ノ
                                      |::::::::::::__        / /ノノ ノ :/
                                          l:::::::::::≠ミ=-,...__〟    レ'ー'/::从
                                          |:::::::::{..___    ̄   入__(:::::::::::i
┌────────────────┐             ';:::::::::ノ     ,,イ /  ∧入::::::l
│其は血を求める冷酷なる拳士。   ....│             }:::::/    ,,;;≦:::::{ /     ヾ、:::|
└────────────────┘             jノ _ ―{:::::::::::::::::/       从k
                                            ̄    ヽ:::::::::::/  -−;;::: ̄ ̄ ::::{
                                              _/-='' ̄     -―― 、::`ヽ、
                                              i:   /: ̄ ̄ ̄   ̄`ヽ:::ー -::}
                                              |:  /:::::::::         ::\`V
                                      ____r‐'{::〈k=ニ二二二二`ヽ、    ::∨\
                                    ィ斥:::::::―…¨::::::::::::::::::::........      ̄      :::\_}

991 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:54:15 ID:IFtWALes0

                   \::::: : > 、 /   /-、
                 _,. -‐::::::: : : :ノ:../   /㍉: : ≧:.、
                _, - ":::::::::::::::: : : : :jイ    /-  >: : : : !
          _,ィ -----ュ:::::::::::r-、イ ___x,=≠   ヽ::. : ゝ、
              ` ̄、 ̄ ̄ ̄   /   イ _f歹′    ∨ムヽ::イ、
              r-'-、< ヽ/ /x=     ´  ,     ヽヽ八:::::r
             ノ: :r'7: : /: :f.ヽf {!ヽ-   /       __ノ:::x=ヽ
            j": : : :/--' : : L_ \::/   /      ノ l::;イ
           _,ノ   ヽ: : ;ィ     ノ: :. - "        /  !
ー------r― '" ̄7      /     / ヽ: : .       ,イ   '゙┌─────────────────┐
./     !     ト、_/      /   .\:.    , イ.     │其は栄光に彩られし槍持つ武人。     .│
{       ∨   .ト、      _, イ      ヽ: . ,イ: :        └─────────────────┘
∨       ヽ   ヽヽ---‐'"          !: : :          ∧
: :∨: : . _,.. x‐―'": : : :  ̄: :`: >. 、        ',: :           ∧
-―≠": : : : : : : : : : : _____,.x=`ヽ_ , -―/: : .        !∧
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、:::::::::::::::::::;ィ^';::::ヽ: : : : \: :.         ! .',_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  ̄ ̄ ̄    ヽ::::', : : : : :ヽ: : .       |  `ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .    _,. -―:::':::,:\ ` ー-- \         \

992 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:54:29 ID:IFtWALes0
                                          fく:::::::::::.`ヽ::::::::::::::<_〉―- 、
                                      ノ|:_:::::::. \\\:::::..\:::ミ`ヽ:::::
                                       /.:ィハ::\\\\\\:.\∧. \
                                        /./::|i⌒\:.\\\\\\::::∧、
                                   |.:i::/}/ 心 \〈\\\\\::::〉:i ∨
                                     |:{j:}`¨〈   ` ̄ ̄`ーr:::::::∨:::|Ⅳ
                                      乂:|   `       ./:|::::}:ノ::::从‐
                                      }从  Ⅴ ̄`ミ    }/|::/.:::::::| |.|:
┌────────────────┐.           |::|:ヘ. ∨:::::::/   .:.从:::::::::j j |
│其は一芸もて伝説を作りし弓兵。   .│.           Ⅵ:::.丶  ̄´   イj::|::/{:::::´::/
└────────────────┘               |l::::ノ::〉--.:::< //.::|,' .乂/{
                                         /..:/.::::::::`ヽ:_/.:./.:::/  ∨`ヽ
                                  /..:/...:::::::::::/}   〈::::/  ./ ./.}
                                 /..:/..::::::::::: / ::/      / / /
                                 /..:/..::__彡/ r‐≠ ,...:−.≠ ./ /
                                /..:/..:/./  }/./ /ヽ    /     / /
                                 ,..::::/..::::/.::l  ././ /    ./     / /.:/
                             /.:::/.::::::::/ ::| / ./|.._ .イ     .イ//.:/

993 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:54:42 ID:IFtWALes0

                          '. l      i    .′    .     /     /.:  ,'
                       i  ヽ     |:    .′    '..    ./  /  ,':   ,'
                       、 ∨     ヽ.  |:  .′       '.:   ./  /     ,'
                        ヽ`∨    :ヽ : L:_._!       '.: : /  /: .     j,.ィ'´
┌──────────────┐. :ト、  :/ヽ: .  {∨    . . :/丁 ._;.厶: .  .//:, '′
│其は傲岸不遜たる古の王。  ......│ | {', {弌=ミz、_ゝ∨  . : : /ノ_,.ィ≦-ォ}   ./|.:/
└──────────────┘ | ハ ヘ ゝ弋trツ`ト、 : : /イ乏rツ ノ j .:/ リ'
                          ヽ. ヘ ヽ.  ̄ ̄`  ヽ:ノ  ´ ̄ ̄ ノ : /j/
                             ヽ.{_}ト、'、            /_;ィ_}/
                       ト、.    |i「:、 ヽ     .|       〃´ / |i|
                      ', ',` ‐ 、|i| : ヽ.     ::|       ,.'.: :|i| _,. -‐ァ7
                       ', ',   |i|:'.: :|ヽ.     ___     , ' |: : |i|´   / /
                        ', ',   |i|: '.: ! ,ヽ    ー   , ' , | j.:|i|   ,' ,'
                         ', ',  |i| ∧|  , ヽ.      , '   l:ハ:|i|   | |
                     、      ', ', 「|′ |   、   \_/  /  |' 「|、  | |
                      ヽ`丶 、  , ', l |   |   '、        /  l. l l   | |_,. -‐ァ
                      ヽ 、_ ` l ̄ l |  _|    、      ,.'    ! | |    ̄|_,.  , '

994 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:54:54 ID:IFtWALes0

                                  |: :_,,,、、,;-----、、__;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ',
                              _,,-‐" ' ; _; ; ; ; ;;;__; ; ; ; ~゛ ̄`‐--、;_; ; ; ; ; ; ; ',
                             ,/ _,,r‐''´二/!,',',     _二=<´ ̄ 、: : `>‐、-、_l i
                            /- '; ; ; ;;-: 1  ',' ヾ,  _,-' , -- ''O、.i: : : : l: : :i:!.-ヽ: : :`!
                        弋''´"´; ; ;;; --i: __i;⌒ヽ,、=、=',  l  {、:;;;},' ,!', : :,' :l : l"゛´ヽ: : :l
                           ̄ ̄     |i'!: .i./'{:::::}i \',   ̄_,, -‐' !: i.!,'! '` >i ノ: : :.l
                                  l;,: .', ゝ;;;i   ゙、 ̄´      !' !'!,' ,' ".,': : : :.l
                                   l‐-l'"  i             '  '  /: : : : :|
                                     ' キl   `.  '               | ̄:, : : : :1 !
                                  l     ,,,、 -----,.'      /: : : '!';: :;'!"
┌──────────────────┐..    ヽ   `――,",´       : : : : : ' ',' .',
│其は冷徹な眼差しで標的穿つ狩人。     .│.        ヽ    ̄       /: : : : : : :   ',
└──────────────────┘          \          /: : : ,' : : :     ',
                                            ' ‐- - ‐: : ' : : : : : ,' : : :  ___,,,, '.,
                                           _ -'‐ ''''''' ‐‐ _'_' ー- ‐": : : : : : ' ,
                                         ,, ''´          ` .、: : : : : : : : : : : ' ,

995 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:55:05 ID:IFtWALes0

                        ----
                   /::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::ニ==- .::::::::::: ヘ
               /!:::::::::::::::::::::::::::Y:`ヽ::::::ハ
.              /|:|::ニ=-- : :::;:;:;'|:::::::|:ヽ ::|.   ┌──────────┐
             ||:|:::::::::/::::;';';';';'|:::::::|;';:::: |.   │        ・ ・      .│
                  {`ヽ:::::;';';';';';';'/:::::: |';';';';′. │そして──彼女。    │
               λ ∧;';';';';';';/::::::::/;';' /    └──────────┘
                  |Y ∨; ;' /::::::::/;';/
                    丶. ゞ/:::::::://
                       У:::::::/'¬
                    /;:;:;:;∠二⊥、
               ∠ニ=‐   `''´  ≧x 、
           r‐<>'"            `ヾi-、
           |   \               i|; ハ_
           |    ヽi     i       // ハ、
           |     /    /       ///   \
           |      |:    /        l/\ー‐=ニ二> 、_
           |     /\       //    ー、==ー< /
           /     /::  |        l /       厂   /
            _/     /::::::..|       /./      /    ./
         | ヽ   :|:::::\_|        |/      /    :/
         /ヘ:...:::::::::|:::: 丶三二ニニ二!}、     /   :/
.        /  ::::::::::/:   / ー‐一 -(〈__,.く    .:/
      r'`ヽ/    ..::/:   |       ⊂ニ、__  >、:/
    /  / i .:::://:=    |        ヽ∨ー‐'

996 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:55:17 ID:IFtWALes0

     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|
     |川|lilililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililili
     |川||      |川|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
     |川||      |川|寸寸主主主主主主主主主主主主主主主主主主主主主主
     |川||      |川| |川「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |川||     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |川||   /  ___, -―- 、
     |川||   ,  ´: : : : : : : : : : : : : : : : \
     |川|l゙/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー- 、. _____________________
     〔 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : :\.゙」______//」___________
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\ : : :.\、::\ _____//」三三三三三三三三三三
.    /: : : !: : : : :ヘ : : : : : : : \: : : : : : : : :.\:\ : : ハ \:ヘ.____//」三三三三三三三三三三三
   ∧: : : : : : : : : ヘ: : : : : : : : :.\ : : : : : ::.: : \.:.:.:.:.:ハ  マヘ.. __//」三三三三三三三三三三三三
   /:i ヘ: : : : : : : : : :ヘ : : : : : : : : : \: : : : : :::::.: :ヘ:.:.:.:.::l  マヘ
   |: i : :\ : : :i : : : : :.\ : : : : : :ハ: : :\ : : : ::::::::..:ヘ : ::|   v:}
   |: :i : :i ::\、:ヽ : : : : : :\ :::.: : : ハ: : : :`: : 、: : ::::::.:ヘ.:.|   l:.|
   |:、ヘ: :i :.ハ:、ヾ:ヽ : :.ヽ : ::ヽ、:::::::::... ヽ: : : :ヽ : ヽ、:::.: ヘ|   |:|   屍山血河を踏み越え、
   |.ハ:.ヘ:ヽ: ハ、\::.\:.:. :\:\ \_:\__斗-‐: \::. :ヘヽヘ  リ
  !.:ヾ:.ヽ:ヽ.:、\\.:ヾ、.:.::.ヾ:_><ヾ´、.:.\:.::::.::\ :ヘ:ト、} ノ    最後に立つのはいったい誰か。
   V.:.:.:.ヾヾ\` \`ー--<ゝ_>>テアY:.:ト、.:.:.:.ハ:.:ヘ ノ
    ヽ.:.:.ヾメ、ヽ==ー 、____/  '´_辷Z;ン゙ )!.:.|} !入::ハ:::::}      そして其処に待つ結末は如何に。
     `V ∧/ー--- '  `ー---------'´ l.://:::ハ::::ハリ
      | | lヘ    /           ,イ'.:.:.:.::::ノ::!::|       残酷無惨電脳演劇
      | !  V\            /: :/:::/::::/リ
.       !.!  V:.:.\   ー‐―'   /: ::/レ'ヘ /            『Fate / EXTRA plusα』
      ヽ.   \:.:.:.:.ヽ、    , :´: ::/ / ∧
         V   \:.:.:ハ` ーイ: : : ::/ /   .∧         ──いよいよ、第五回戦開演だ。
          V    \ ハ-'- y'^y´ /   / ヽ
.          V    \ // ./ /   /   ∧
            V    ./ _/  |      /      .∧
          V ./      〈     /       ∧

997 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:55:29 ID:IFtWALes0


                                               TeaTime Out

998 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:55:46 ID:IFtWALes0
埋め。

999 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:55:57 ID:IFtWALes0
埋め。

1000 ◆aajRqaKlT.:2012/04/23(月) 21:56:20 ID:IFtWALes0

本当におまけのおまけ。最近の僕と『できる夫の日常は闇に包まれるようです』作者

              ___
            _\   ̄ ̄─、
          ,── ̄        \lヽ
         /            ゝ └-、
       _/              ∠∧> \
      ─_/ /               \
     ̄ ̄ / /    イ      、      |
      /  l   / |   l、  \     |
     /   |  ∠/_| 作 | \  ヽ   \/
     l /|  /| r┬ヽ|   |∠二、  l   ヽ
     |/   | / | `ー' `\  |ハ_7ゝ  | \  l
        | / |    / \|  ̄~ ヾ\|/_∧/    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |/   l   < 、     / / |    <  俺はいつまでできる夫のSANを削ればいい……?
              \  r─、   ////      |  
            \ ` ̄   / /          |  ゼロは俺に何も言ってはくれない……教えてくれ五飛!
            / `─-    /          \__________
             /  |      /
          _/   \    /\ー-__
       _-<      \      ~\ \ ─、
    ,─<    ̄─_____  ┌ ̄~l  l  l
   /    ̄─、   \_    `     |  |   |
  /        l    |          /  |
 l          |    |          /
 |       / ̄|    \   |

          ※できる夫作者




          ';::::::::,、、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;::::::-‐-ッ::
           ';::::;' ,-'´ > 、::::::::::::::::::::;;;、−' ´ヾ、  /::::
.           ,,-" ,,‐"   ヽ、;:-1''´      ヽ /::::::
.           ,,-" i ,,"       l    ,      `、ゝ、::::
.       ,,-" . /,,''     作  l /        ヾ  `   ー'          て
.       ,,-   ヽ''__  ::ヽ    l,/          '、     )    無       (
      ,."     ,,゙ヽ, ミ、、:::}    l     _,,----ミ  '、    ヽ   論        (
     ,.'     ,'  i ヽミ'.、、   /.l  _,,,、-;=;;==‐,z   '、     )          . |
    ,′    ,'  l  ヽ`='ゞ、ヽー'イ''~ヽー`='--イ    '     )       死      |
.    '      l!   l   //    l! ヽ、         .'     |       ぬ    (
   ,′     l!   ',    /    ゙i   ヽ、       '     |       ま     |
.   ;      l!    '、  /      ゙i         /:. i    ./      で    |
.   ;      .l!     '、 /       ゙i        /::: l    ノ           /
.   i.      l!     'y        ゙i      /:::  i     ´ゝ..ィ'!ヽ  /`Y´
    ',      ',     く __ _      ゙i     i:::.  i゙          )/
    '、     ',      ヽ        ゙i     i::: /
.          ',      '、 ヽ-‐‐‐‐---一
.          ',       '、`ー---
            '、      >,             .,- ゙
                /;;;;;'、          .,-"
              , ';;;;;;;;;;;;;;'、        ,-´:::
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、      ‐'":::::

           ※ムーンセル作者

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■