■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫が軍艦総長になるようです。
1名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 20:53:11 ID:sDK7/h4Q

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

2名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 20:54:09 ID:sDK7/h4Q
本作を読むに当たっての注意事項

※基本は原作準拠ですが、文責は一切本作者にあります。
※テキストメイン、ギャグなし。
※遠藤昭禁止。平賀譲および福井静夫に対する個人的な中傷は厳に慎んで下さい。
※過剰な連投や他者に討論を吹っかけるようなことは止めましょう。
※作中に登場する艦艇に関しての欠陥に対する過剰な批判、無駄に膨らませた妄想、俺戦艦等々に類する
質問や主張に対しては作者は答えません。

3名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 20:54:42 ID:sDK7/h4Q
9時より投下始めます。よろしくお願いします。

4名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:01:33 ID:sDK7/h4Q

                   /              \
                / /           ィ     l     皆さん、始めまして!!
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l     私は本作のナビゲーターを担当する
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l     東せつなです!!
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /      精一杯がんばりますので
   / //     . :/: : :{:r㌧、 ヽ >  /: /
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /         よろしくお願いします!!
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ 
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\

5名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:02:00 ID:sDK7/h4Q

       r=彡    {三三7_ 〈:.   `   ―-、 }三三二]. .              /
       {´     :└=ァ'´   〈     \  \辷三广: :            /
       ゝ.     : : :/   l :|ハ 、   ト、|    \\{: : : .       .   {
        \  . : : : |    /ヘjミ∨\ |ート  |   \\: : : : : : : : : . . : : .ヽ\    同じくナビゲーターの
          } : : : : : V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、Vト-ヽlヽ: : : : : : : : : : : :l: .|ー`
          _,ノ /: : : : :∧:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|   ` | ⌒\: :ト、: : :}:|     桃園ラブです!!
         ̄ 〈: : :{: : :l|∧|     '   Vソ ノ r‐|/    ○   }ノ  } : レ′
           )'^}:ノ○ :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ′      |j       j/       みんな、この作品を見て
                  |j   ゝ、 ∨ /   /,--:r 、ァ
               _/´ /)ー'  //:::::::::ヽ.\                   幸せゲットするんだよ!!
              〈〈    / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
         _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
    _,. -‐='- ,>ァ--―'  礀  /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
 /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
/           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
        -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |

6名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:03:00 ID:sDK7/h4Q

  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、       ……ねえ、せつな?
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ      早速で悪いんだけど、この作品で取り上げる
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ       「平 賀 譲」ってどんな人なの?
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'
               /  \ / /  イ |             正直言って私、名前を全然聞いたことがない
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ                人なんだけど……
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |

7名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:04:00 ID:sDK7/h4Q

  /                         イ |
  ,                   ∠´l  l        簡単に言ってしまうと、日本の海軍軍人で
  |                   /fi「 / ,'
  .         l          / 、{リ {: /        その主力となる戦艦や巡洋艦の設計をした人よ
   ',         l        /     \
   ',        l      /   ,、 _/        彼は当時条約により厳しい制限を掛けられた新造艦艇に
    }    l   l   |  ,    V_ノ
   /  . ,     ト、  |  l     /           独特の設計理論を持ち込んで排水量を局限した上
 _/ / /    || 人  ト 、__/
` ァ'´   /    |/ / l\|  |/             重武装を施して諸外国をあっと言わせたの

8名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:05:05 ID:sDK7/h4Q

  : : r7 ニ/ 「 ̄         \/Tチ、\: : : : ; -‐、: : :l
 : : :[_ニ/ |    |  \     \l: :ハ 丶- '   }: /       ふ〜ん……
. : : : : :7  .     ト 、 l\      V ',      ノ´
へ __,ノ!   l \   ヽー\|二\l: .   |  |               まあ、お船の設計をした人っていうことで
    | l| \|/≧:、 \´ ヒ:ハ Y   ハ ♀
    Nt : :k'´ヒハ   ̄   ゞソ キ. :/ノ                 いいんだよね?
    |  \: :t. ゞ'  ,      /イ´
    ♀   `T`         / l
          ゝ   -、  /  l
          _,.≧ェ-_イ     lァー=ァ'ニ 7ー-、
          / /-/ /ー}    /   / ニ/   \

9名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:06:00 ID:sDK7/h4Q

       /                        |
      ,                       ,イ      ふふふ……そうね、今はそれで構わないわ
      |                     / '
      |                      // /       細かい話はこれからすることになるから
      |      l             ∠ー/ /
      |      |            /_/´/: /        それからもう一つ、以外に知られていないことに
      l   | |            /`冖゙ /: /
     //  .!  |  .|      /      V          彼は東京帝国大学(現:東京大学)の総長を
 ト--‐/   ./  :|  :|    . :/   、_  /
  ー/    : :/  :| /|    . :/    _,ノ´            務めたのよ
. /   . : :/   / イ| . : :/>、_/
 |__人    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    人         私はむしろその話のほうに惹かれるんだけどね
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

10名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 21:06:04 ID:ZZCE2HlI
機体、もとい期待

11名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:07:00 ID:sDK7/h4Q

            ,  -‐=== 、
           /        \、        ……ということで、本作ではこれから
          〃        _,ノ ヽ
            /      ,≠´   `l l       平賀譲の生涯について取り上げていきます。
          ,      ,ィfメ、   _-、l |
          |     ハ ノ     f^iVl l       お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /
        ! ハ :|  }ー 、   /: /        その名前は基本的に「平賀やる夫」で統一します。
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
         /:/   { 、   l: : :l l(
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ          指摘があればよろしくお願いします。
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ        また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    ヽl \    /    [\/l   {   〉
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |   lノ´     └凵┘   ノ
                             興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。

                             平賀譲 デジタルアーカイブ
                             ttp://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

12名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:08:00 ID:sDK7/h4Q

  , -―- 、   / - |     |       \ \ー一 '
/       Yニイ   \     {`フー\   l  \
      . :[ _ /  、  ト  _V ,二、\ l    oァつ            みんな、これから私と一緒に
      . : : :Tイ   l\|,二、  〃 ̄   |ハ.|        r 、/ ̄`ヽ
  . . . : : : : ::/ ハ   V〃 ̄  、     jノ         V´ ̄   l       勉強していこうね!!
: : :r―/`V } ! \  \   _, -‐1  '         {´ ̄  |
: : { / ヘ }/  |   \_,> \   |  / ^ ー―-、    {´ ̄  |       私、がんばるよ!!
ト V ―、ソl  |     ̄\   ` ニ´ /l        〉   {_イ  j
  { ―、ノ j  丶oァつ  / `>---- ' 〈 ー 、  /´ ̄` V   ∧.
  | 亡ノ.ノ       _,/   / ハ     ハ  \/     l ハ  / |
  /{   ノ}    / /    / |、  ̄ ̄ ハ   /    | | ̄    |
 /  ̄ /     /  l {     {  |   ̄ ̄  l  |     | |      |

13名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:09:02 ID:sDK7/h4Q
.



=========================================================================

               第一部  第1話    デザイナーの星

=========================================================================



.

14名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:10:05 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────────────┐
│平賀やる夫は、西南戦争が終って約半年後の明治十一年三月八日午前七時、芸州藩士から       ....│
│明治政府の主計官に転じていた平賀百左衛門の末子として、東京は芝の三田豊岡町に生まれた。    ..│
└────────────────────────────────────────────┘

             _                                         r‐ー',!          /
\           __| |__       _              _| |_       _    l゙  .l゙        /
  \        |       |  .  _|  |_□□ _ _      |_  _|     _| |_   l゙  l゙       /
   \       ̄ ̄| | ̄ ̄ /\  |_  _| _| |_| |_     _| |__i-i_  |_ _|   l゙ │      /
     \      / ̄  ̄ ̄\\/ |___  _| |_  _  _ \  /       \ /。 o \  |,,,,,ノ      /
       \  | | ̄| | ̄|  |   | | |_|    | |.|__|/ /  / ⊂l l7 /\ |  \_/   .,r'"゙゙l    /
        \ \ ̄ /.. |  |    \\      |__|   ̄  \___/ / /      ̄  ヽ-'゜  /
         \   ̄     ̄       ̄                     ̄           /
           \                                           /

             vwwwwwwwwwwwwwwwwwv
             :ll----------------------ll             :;;ゞ;:;:ゞ.
            ,,r'゙:;;:; ;::; :;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :;:; ; :;:;゙゚'i、       彡ミ、r~:: : ;;ゞ(;;;:;:ゞ゚'゙
          ,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; :゙゚'i、     ミ彡i゚゙(;;  :.';:;:.:ゞ ;;ゞ:;:ゞ
        .,,r''゙;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:; ;:;::;:; ;;:; ; ;:;:; ::;:; :;:;,,,ソ “゙゚''''' ''゚゙゙゚  彡ミ;ヾ:::;;ゞ :;:ゞ.:ゞ
       ,,r゙‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰‰  (彡ミ彡ミ彡ミ彡゙》ミ彡ノ''゙(   ;;: .';:;:.: ゞ;゙゚ヾ;:;::ゞ;:;
     《《,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   (彡:;:彡ミ; ;:;; :ミ;;:;:;彡`゚“':;;ゞ;:;:ゞゞ.:; ;ゞ :;:ゞ.:.
      ,r'~二二二二二二二二二二二二二 ヽミゞ ゞ::;ゞ; :;:ミ;:;:彡ミ彡゙゚'''):  ; :ゞ.:;;ゞ;:;:ゞ.:;;
      ゙~l~~~~~~~~~~~~~~~~ニニニwニニニ~~~~~ (彡  彡;:;:;ミ 彡ミ: ;;丿:;;ゞ :;:ゞ.:  ;;ゞ; :;:ゞ.:;;ゞ
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖   |目   .(ゞ;:ゞ;:,vr━i、
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‖   |    l'''''''"'''''''''゚゜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄llllllllllllllllllllllllll    │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~' ヘ、;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :.、、;: ...:,:.:.、 ,:....:,:.:.、 ,:.:.、、; .:,:.、  :.、、;:.. .:,:.:.、.:.、 ~'ヘ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.、、 ;:...:,:.:.、,:.:.、、 ;:.、,:.:.、、 ;:...:,.、 :.、、;:...:,:.:. 、,:.:.、、;:...:,:   .:.、~'ヘ;;::::::::::::::::::::::::::::::::
:.、、;:...:,:.:.、,:.:.、、;:...:,:.:..:.、、;:...:,:.:.、  :.、、;:...:,:.:.、  ,:.:.、、;:...:,:.:.、 :.、、;:...

15名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:11:01 ID:sDK7/h4Q

                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :   スヤスヤ……
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、

16名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:12:01 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│百左衛門には既に女三人、男一人の子供がおり、早世した多可子を除いて残りの二人の女は    .│
│海軍に近しい人物に嫁ぎ、また長男徳太郎も海軍兵学校(十八期)に進むなど、              │
│この一家は海軍と縁が強く、それがやる夫の将来を決めることになる。                   │
└──────────────────────────────────────────┘

         ,ー'  ̄  ̄丶-、                     
       ‐;'´-‐ー- 、ヾ ) ノゝ
      / _ - ,r‐ー −- '´`ヾ}                              _,,.、 ,... 、__
      ノ , '´ 'ζ         ヽ                         /:._ ̄:.:.、゙;.,. ‐- 、`ヽ、、
     7, '´ ,ゝ,,     _-_- '´f广)                        ム ´:.:.:.:.:.:.:.:.:Y:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,ヽ
      ハ   '´ ' /   ,r'゙゙"、゙` .k,=、',                      /:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:._;:.:.:.:.:.、:.:.:.:..ヾト、
      `w'r ヽ"   、'ィ・ア´ Yヽ、ノ〉丶、                  /:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:..:/´ ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ
       ゝヾ(  、 ´   ゝ r'.- <.|'  ̄ヾ、                  |:.イ;:.:.:.:':.:.|:.:.:.;イ   ト!:.:.:.:!:゙!:.:.:.:.:.|!
     , ‐ァ' ヾー、 `   ,r   _. - 〉     |〉、                !' !i:.:.:.:|:.イ!:.:_;!|_    ,!L_:.:.|イi:.:!:.:.:イ
     ノ  |  ヾ-. ゝ、_ ` ` ´ '´ .lヽ、   |il ',                 L:_:.:.i.:|`´,.ニ、 `  '´ ,.ニ 、ヽイ_:.:∧
   /   j、  \=ヽ `丶、 .. - '、 ∨',r_‐_‐,- 、               !:.:.:7 T イ !':::i`    !':::i ヽ ! ヾ!:.:i
  /   / l    \ヽ /)」、`ー > .>f丶=〈‐! '、、              .|:.:.:.ト、 ! ´ ̄      ̄` i ノ:.:.:!|
 /   /   ヽ.    Y`´レ| /`T´`‐´ j ゝ-'´  ヘヽ、            i:.:.:.|:.:.゙;ヘ     _ '__    /:.:.:.:..:.i:|
./  /       ヽ.   ゞ ソ>ο l|   {      イ 〉            !:.:,イ:.:.i.:.:.:ヽ.  ヽ.ノ  /:.:イ!:.:./イ
,'-‐└ -  、    ヽ , 'lヽト、 } , ' /   /入      /-/            ヽ!'ヽ/´ ̄` ゙ト _  ,.イ ̄´ ヽ'
l       `丶、 i /  \0〃 /シ _ 丿    / '´                  ,.イヘヽ    //ヾ;,、
│          \| \    У ///ヽ. `ヽ、 , '               ,. -― ァ‐/;;/ ヽ\/イ:::::..゙!;;゙`ヽー- 、
 |ヽ、` ー - ._... -ー' `l \ / /' /   ヽ、 ヽ1             /   /  !;;;ト   \' ::::::::::イ;;;|  ゙、  \
  l \   ̄  ̄ ̄  `ヽ、/ '/        !_/             /   :...,'   |;;;;! ヽ  /  .::::::/:!;;;;!  !    ヽ
  l  \        , >'´,        ∨              /   ;::..:!  |;;;;|  \/   .::/:: i;;;;;|  |:., ,,..  ゙!

父 平賀百左衛門  四三歳                     母 平賀ツル

17名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:13:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────────────┐
│やる夫は東京府尋常中学校(後の東京府第一中学校、現在の日比谷高校)に明治二十三年に進み、     .│
│在学二年目に兄徳太郎が海軍兵学校を席次二番で卒業したのに触発されて、海軍兵学校への       ...│
│道を志し始めた。                                                        │
└─────────────────────────────────────────────┘

            /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            {` ̄~¨¨""'''''''''''''"´}
              ヽ},.▽ヒ..[互].ご.L._/
             {ヽ._____ノ}
             / ⌒  ⌒ \                一生懸命勉強して、
           /  (⌒) (⌒)  \
            |     (__人__)    |               やる夫もにーちゃんと同じく
           \     ` ⌒´  _/
            __|「  ̄`|| ̄  ,!|,_               海軍兵学校に入学するんだお
  /{´了`ヾ ̄ ̄ ̄  ``  〇 '"´  , `¨ ̄ ̄ ̄`}ヽ
  {  |   `        `ヽ ! ‐'乙 '´   _ ⌒ ,' }
  V  ',                        _二    / ハ
  ノ  ヽ            __○__             / / ノ
  /    ヽ.__,,, -‐ __二 -―-  ̄二__ー- _/ ノ (
 〈ノ    ノヽ-一''"            `'ー-イ /   〉

18名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:14:00 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────┐
│ところが、彼の行く先には次々と難問が立ちふさがっていった。                  ...│
│まず中学時代のガリ勉が祟って、彼は四十度の極度の近眼になってしまったのだ。     ......│
│この結果、彼は明治二十七年に海兵を受験したものの、体格検査で落第とされてしまう。   .│
└───────────────────────────────────────┘

       ___
     /〜〜〜\           め、メガネメガネ……
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::::::::(__人__):::::::::::\        眼鏡がないと何も見えないお……
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /



    __        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   .'  ヽ`ヽ      | ついでに言っておくと、譲はやる夫とは似ても似つかない
.  ! i 人 !     |
   )W゚ ‐゚ノ!|    < 痩せ型の人物よ
   ソ)ル並ル'、     |
  (ソ[:工:]<)     | 本作では当分体型と眼鏡は無視するので注意してね
    ヒ!ヒ!       \________________________

19名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:15:02 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│やる夫の悲劇はさらに続く。                                             .│
│やる夫の母ツルは彼が中学三年の年に死去していた。                           ...│
│そしてさらに中学校卒業直後の明治二十八年三月には父百左衛門が鬼籍に入ってしまうのだ。   ..│
│やる夫は同年九月に東京帝国大学予備門の第一高等学校第二部(工科、理科、農業)に      ....│
│進むが、それを喜ぶ両親は既にこの世にいなかったのだ。                        ......│
└──────────────────────────────────────────┘


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\         ううう、希望の進路に進めなかった上に
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j        父ちゃん母ちゃんがやる夫が成人する前に
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。        死んでしまうなんて……
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.       やる夫は不幸だお……
         ベシベシベシ

20名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:16:02 ID:sDK7/h4Q

┌────────────┐
│                  │
│明治三十年冬────    │
│                  │
└────────────┘


         / ̄ ̄ ̄\             やる夫は今、兄ちゃんと姉ちゃんの旦那さんの援助で
         /        \
      /   ─   ─  ヽ           奨学金を貰いながら勉強しているお
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/           だからお金を一銭も無駄にしないように
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ    小遣帳をちゃんと付けているんだお
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



           ____
         /       \    ん?                               \
        /   ─   ― ヽ                                       \
      /    ( ●)  ( ●)'   誰か訪ねてきたのかお?                      \
      |        (__人__)   |                                 コンコン
      \       ` ⌒´  ,/                                        /
      /      ー‐   ヽ                                      /
                                                        /

21名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:17:00 ID:sDK7/h4Q

   `'ヽ:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r レ"  ")!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.',
     _`,.ゝ、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..ryrノ"ゞ´      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   '''"´`'ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i,.:'´"'"            !:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',     よう、やる夫、
         `',`ヾヽ、:;:;:;:、:;ヽ、/ !′           !//,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
          ',                       彡/ry:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:.!
           ',                      _,,.. - 'i!:.:.:.r'",..,`ヽ、:i     元気にしてたか?
            ',                  ,.r_.'r'"    !/〆 ,:'...,_ヽ, 'y
        .   i                ,.r''",.. '"二,,. -    "   !...,_ .', i i!
            ',,,,,,,,,___           ,:'._,. '",.ri∩‐)`/       `ヽ ') y ,'.i
            ヾ,'ー- `.,_ 、.    /'" /" ヾ∪ノ,.         /_ノ"r! i!
             ヽ=(``0ioヽ、       '''''''''''"           i  ,:'ヘi i
              `',  `'ー '゙'' ゙                   r--'  ':,!
                ゙, ヽ'"                      i    ',
                ゙ ,                       ,'      ',
                 ':,    ,.                   ,:'      ','',.:ヘ
                 r'"`'''ー-ゝ、 `     _,.ノ      ,.:'    ,,. ''"   ',
                ,.:'  __     ゙:,..... -‐'''"       ,.:'   ,. '"        ',
              ,/ '" `ヽ、:..  'i ':,  .,_,,.. .       ,.:' ,. '"           ':,
           _,. .‐'"_,. -‐''ヽ、  `ヽ、_ゝノ、        ,.:'_,. '"          _,. r ''"`ゝ、...,_
          ,' ''''"´     \.   ',/. /`ヽ、   _,..;:'"'"        _,.r '"_,. r '"´    \
          ,'  ー--‐―ー‐、   ',   〈 ./   `ゝ''",.:'"         ,r" ,.r'"          `' 、
        /i  ヽ、   i . ',  λ  i Y   /===ヽ、        _r" _,r'"               ``ヽ、

平賀徳太郎(1871-1919):最終階級 海軍少将
やる夫の兄。
海兵十八期次席卒業の優等生。この後砲術の権威として知られることになり、
駐米大使館付武官などの要職を歴任する。

22名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:18:00 ID:sDK7/h4Q

       ____
     /⌒  ⌒\         徳太郎兄ちゃん、帰ってきたのかお!!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      兄ちゃんは戦艦「八島」を日本に回航するために英国に出張してたんだお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /      元気でよかったお!!



                ,イ  , イ
              ,イ /|/::|∧/:::::}イ./|
            ト、/::|/:::::}:::::::::::/:::::::::/:::: |彡'イ
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ア'      まあそういうことだ
        ト、|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ
        ヽ:::::::f'"'"`¬ヾ-;:;:、:,,:'´"'"'ァ:::::/       せっかく帰ってきたんだから
          ミ:::l}             /:::::/
           |:::ミ            彡/        お前の顔が見たくてな
.           ヾ| ‐─-y、.   ,..x-─‐.|/
        /⌒| 弋赱メ`  イ'ィ'チタア |⌒Y       ところでお前、そろそろ今後の進路を決めないといけないだろう
        { ((l           ` ¨´  |)) }
         \ヽ        }     ,' /       大学に進むにしても、専門科目はもう決めたのか?
           '     ,_´_    イ
           __|\.    ‐   / .|_
             }ヘ._\ __ / _.r{
             |    ¨.`Y´ ¨    .|
-────……Y´ヌ_      |       イ`Y……────-

23名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:19:00 ID:sDK7/h4Q

           _-─―─- 、._          それなんだけど……今迷っているんだお
         ,-"´          \
        /              ヽ       やる夫が選べるのは、全産業の基盤になる「採鉱」か
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ      第二次産業革命の核を担う「電気」か、それとも
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /     海国日本を担う「造船」か、そのいずれかだお
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\      正直どれも捨てがたいんだお……

24名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:20:00 ID:sDK7/h4Q

             ,、   、      ハ
           ハ /.:ハ  i/ハ  /ヾィ'´.::!i/l/ノ
         ヽ !.:Y:.:.:.:.:∨:.:.:.:∨:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ノi/ii          何だ、そんなことか……
          ヾY:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:ii
          |!:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.|          それなら迷うことなんてない
          |!:.:.:.:.:.:ノ ̄ヾヾ:.:.:.:.:.::.:'´ ̄ヽ:.:.:.:.:|
          ヾ:.:.:.:.:.:ミ    ''''Y''''′   |:.::./          やる夫、お前は「造船」を選ぶんだ
           |:.:.:.:.:.ゝ            |:./
           |:.:.:.:/ =≧、   ,≦≡,- l/            今、日本の主力艦は英国から輸入するしかない
           /rYヾ'´弋ィヽ   r ヤリ_/ l
           { !γ   ̄      ̄   /             だが遠からず我が国で建造することになるだろう
           \_       |!    /
             |\       '   ./              そのためには優秀な人材が必要なんだ
             |  \   ̄ ̄ /
            ハ   \____/l、                海軍に入れなかったお前だが、そうすれば海軍に
             /  \   :.:.:.:   lハ
       __ィーi'´ \  丶ー一,、 ,/  |`ヽr、__         関わることができるんだぞ
    _イ;';';';';';'|    \    ////i   .|  i;';';';';';';';'ー、
 _r'´;';';';';';';';';';';';\   \ /ヽ///.\ |  |;';';';';';';';';';';';|\
   `,;';';';';';';';';';';';;';';';'\       |//i.    !;';';';';';';';';';';'|
    !;';';';';';';';';';';';;';';';';';'ゝ、     |///i   ,';';';';';';';.';';';';.|

25名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:21:00 ID:sDK7/h4Q

        |
    \  __  /
    _ (m) _               確かにそうだお!!
       |ミ|
     /  `´  \               造船の道に進めば造船武官になれるかもしれないお!!
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!        もういちど海軍に入るチャンスが巡ってくるかも知れないんだお!!
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \            兄ちゃんありがとう!!
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃        やる夫は造船技術者を目指すお!!
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

26名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:22:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────────┐
│ こうして決意を固めたやる夫は、明治三十一年七月晴れて東京帝国大学工科大学造船学科  ...│
│ (後の工学部船舶工学科)の学生になる。時に数えの二一歳。                     │
└─────────────────────────────────────────┘

               ┼                                ┼
             /⌒ヽ                            /⌒ヽ
              (;!___!_)              /\            (;!___!_)
             (;;_i____i__)_____________________.//\\ _____________________(;;i____i__)
                !XXXXX| ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ::://三三\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|XXXXX|
    ___________________[三三三] ; ; ; ; ; ; ; ; ; //:i |:::iニ|:::i |;\\; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;[三三三]___________________
  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;!|;;;;;;;;;;;;;/_;_;_;_;_;_;_;_//::::::i_|:::i__|:::i_|::::;;\\;_;_;_;_;_;_;_;;;;\;;;;;;;;;;;;|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
/;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|;;:::::::::::::::!::::::::::::::::::;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: i;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_\
.. ̄|:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::iニ|::::::i:::::::∧:::::::;;|::::∧::::∧::::;::::;:::∧::::∧::::|:::::::∧::::::::;;!;;:::iニ|:::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: ! ̄
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;:::i__|::::::i::::: i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;::::!_,|:::: i::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;:::::::::::::::!::::::i_i_|::::::;;|::::i_i_|::i_i_|:::;::::;:::i_i_|::i_i_|::::!::::::i_i_|:::::::;;i;;:::::::::::::::| i__|::i__|::;::i__|::i__|::|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; [三三三]三三三三[ 三三三三三三三三三]三三三三:[三三三];;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|:::::::::::::::::::::::;::::;:::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::::|
  |::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::|;;::::iニ|:::::i::::i |::::i | ::;;|::::iニ|::::iニ|::::;::::;:::iニ|::::iニ|:::|::::i |::::i |::::;;i;;::::iニ|:::::|::iニ|::iニ|::;::iニ|::iニ|::!
  |::i__|::i__|::;::i__|::i__|::|;;::::i__|:::::i::::i_|::::i_| ::;;|::::i__|::::i__|::::;::::;:::i__|::::i__|:::|::::i_|::::i_|::::;;i;;::::i__|:::::|::i__|::i__|::;::i__|::i__|::!
  |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |;;:::::::::::::::!:::::::::::::::::::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::;;i;;::::::::::::: |:::::::::::::::::;:::::::::::::::: |
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''''''''''''''''';'''''''''''''''';;''''''''';'''''''''''';''''''''';''''''''''''

27名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:23:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫が帝大造船学科を選んだのは、ここに海軍の要望で創設された優秀な生徒に海軍が学費を与えて ....│
│ 造船武官への道を約束する依託学生制度が整備されていたからである。                      .│
│ やる夫は二年目にその試験に合格、造船技術者のエリートコースに乗った。                    │
└──────────────────────────────────────────────┘

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |   |   エ リ ー ト 路線まっしぐら   │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

28名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:24:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫にとって依託学生制度はもう一つのメリットをもたらした。                      .│
│ 海軍から学費が支給されることで、それまでにやる夫の兄弟に負担を掛けていた金銭的援助を   .│
│ 不用としたことである。                                               │
│ これでやる夫は憂いなく勉学に打ち込むことが出来たのだ。                         │
└──────────────────────────────────────────┘

       ___
      /     \           やっとこ大尉の兄ちゃんに負担を掛けるのは
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\        心苦しかったけど、これでようやく誰にも迷惑をかけずに
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /        勉強が出来るお
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ        やる夫は造船技師を目指すんだお
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

29名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:26:39 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫は明治三十四年七月、同級十四名の首席という成績で卒業する。   .│
└────────────────────────────────────┘

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
◎┌──────────────┐◎
◎│                   .....│◎
◎│  帝国大学工学科卒業式   ...│◎
◎│                   .....│◎
◎└──────────────┘◎
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
卒業するからな    ∧_∧  <卒業させてやるからな
 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄   (・∀・ )   \_________
    ∧_∧    ⊂   ⊂) 旦
   (    ) | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   (    )つ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
    |  |  |   .|,         |
__(_(_ )_   |          |
   /===/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /===/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
 (    )(    )(    )(    )(    )(    )
     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ .∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(    )(    )(    )(    )

30名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:28:00 ID:sDK7/h4Q

         /: : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_;ハ
        /: : : : : : : : : : : :> "´ ̄  /: : ',          卒業の際に彼が提出した卒業設計は
        /: : : : : : : : : :/―-、     l: : : :l
        /: : : : : : : : :/ァ云ミy        l: : : :|         「Protected Torpedo Boat」(装甲水雷艇)、
         l: : :|: : : : : :/弋tン    ∠`ヽl: : : /
         |: l | : : : : /       ァ云y/: : :/          同じく卒業論文は
        /:/:/:/l: : /       { 弋ン/: : :/
   ゝー-' /:/イ: :|: /    -、/7ヽ. /: :/           「On The Longitudinal Strength of Some Recent Torpedo Boats」
 ̄ ̄ ̄`/ : : : : |:/ \    //  \:/             (輓近水雷艇ノ縦強度ニ就イテ)
    /: :/ : : : : |' \ /ト-‐//      \
    {: :{: : : : 八  Y フ:://        \            というものね
     ゝ{: : : : |ーテナく::://         丶 ._
  ヽ   \:_: ヽ{ { o}://              ̄   ―===ュ 軍艦の急所を掴んでいると高評価だったそうよ
   |     `ア´ ̄ ̄`ヽ : . . . . . . . .             /
   /      /  丶ニヽ | : : : : : : : : : : : . .        /

31名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:29:09 ID:sDK7/h4Q

                   \― 、 /  レ-――/ 、
        /⌒\    \ _\ V        t.‐-、|    /⌒ヽ
     /⌒ ー'    \ _./ 丶  . -―=―- 、 \>‐く      ー'⌒l        あああああ!!!!!
 {ー '        r//ィ/ /! ! | ノハ. | l l\  \l lヽ       ー}
  `7         r|l / /  /-┼十i´ l l`i十┼-V  ヽ| | |          く      そんな英語並べられても
  レ{    . - 、_,ノl:|  '  , /_Y ○`    ´○ Y_」  |l  /\、__, -、   ヽl
    l / /   / | | /!:| 人_ _     _ _人 |  /  /  ヽ   レ'⌒レ′     さっぱり判んないよ!!
    ゝ{、 {_ o'   } ∨ N , , , /⌒  ⌒\ , , , j/  {,、   'o
      `¨ /フ  /^ヽ   |:  /        ヽ ´|    / ` =‐- _         あたしの頭の中は
    __ -‐= ´    l  ハ  ,'         ', ム、  l         `>、
  /             |_ ノ-ヘ. !  r―vー┐   l/  `¨{_              \   すっかりパニック!!
 /       _ >―'    r-」__.ゝ.__ノ__」┐     ` ー<_           ヽ
./       /  ` ー―――|   \___/   |――――一='´ \        /
`ヽ  ー一'       \  \   |    |     /      /     丶ニ  /
   丶--=ニ ._―         ∧ |/-、  ,-ヽ|  ∧           _ ,>'´
          `> 、    / ∧ |、     ,.|/ ヘ     _ > ´
             \ /  ∧!  ̄ ̄ /     \ /

32名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:30:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 卒業前に造船中技士(後の造船中尉)に任じられていたやる夫は、最初の勤務先を        .│
│ 横須賀造船廠(後の横須賀工廠)とされ、赴任後に雑船や水雷艇の修理担当を命ぜられた。   .│
│ 彼は現場ですばやく実務の要領をつかんでいく。                             .│
└─────────────────────────────────────────┘

                 ______
            /           \            兄ちゃんみたいに兵科将校でないにしても
          /              \
         /    ⌒     ⌒    \         やる夫もこれで海軍軍人だお
       /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \
     /     (   ⌒ l   l ⌒    )     \       これからがんばるお
      |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |
      |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |
      \         ー― ^ ー―      /
       \         ー一         /
  _,,,,,,,,,,,__,,,,..|二 ̄‖ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _|..,,,____,,,,,,,,,,,_
 ´:::::::::::::::::::::::::::|‐┘ ‖ | └‐┘   _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::`

33名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:31:05 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────┐
│ そしてやる夫には現場でその才能を磨く大きなチャンスが現れたのである。  ....│
└──────────────────────────────────┘

      |ヽ         /!             やる夫君、君悪いけど
      ! |  ,.-‐‐-、  r"/
      l ゙"i I Iノ ノ ,'>-r,."              ちょっと北海道まで出張してくれないかな
      |レ'" ̄ ̄"‐-、l/
      |_i:::..__..::::::::ノ,!                根室沖で座礁したわが海軍の軍艦を浮揚するのに
      _ト、,,____,,..ノ^
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ     作業手順の計算ができる人間が少ないんだ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─〜゙─‐゙〜'´         すまないが現場で作業に加わってもらえないか
      l  |。     `~/
     / |。      /
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ

34名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:32:02 ID:sDK7/h4Q

               ____
── = ニ      /⌒  ⌒\
  ─ =ニ三   /( ●)  (●)\
          /::::::⌒(__人__)⌒::::: \         分かりましたお!!
── = ニ   |     |r┬-|     |
 ─ =ニ三   \      `ー'´     /
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         すぐ行ってきますお!!
── = ニ   /=、。。。。。。。。。。。。。。。。r=、ヽ
 ─ =ニ三 (◎ ヽ-─────(◎  )
    ノ◎、  |\  \       /  / |  /◎、
   (_,rへ `ソ  /> ◎)      (◎く|  レ' ,rへ )
─ = ニ  \◎'/ /       \ ヽ、◎/
         ノ /          \ ヽ
 ─ =ニ三 ( ◎(             ) ◎)
    ─ =  ー、_ら          ⊂、_,r

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 明治三十五年五月、やる夫は北海道根室沖で座礁した軍艦武蔵(初代)・八重島の救助委員に選ばれ、   │
│ 現地でサルベージ作業の指導に当たる。                                        ....│
└──────────────────────────────────────────────┘

35名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:33:00 ID:sDK7/h4Q

             , -‐f:  ̄`ヽ           「武蔵」はすぐに浮揚に成功したものの、
          /: : /{: : : : : : ', 
             ,: : /ィfj : : : l: : |          「八重島」のほうは海底の岩が船体に食い込んで、
             l: /,   ヽ: :|: l
            l:ハ -   l/イ:l: {          その浮揚は困難だったの
          lハ:>ーュ / /:::ト:ミァ
           {:::{く_ ノノ::ノ/´ ',        現場で指揮を取った巡洋艦「笠置」の艦長坂本大佐は
           人:ゝ-∠ノ 〈   |
              lノ‐-r T 丁 ¬} |       ダイナマイトによる岩礁の爆破を指示し、これに成功して
           { :::l::l:::|::::::  /ヘ  ',
            ∧ ::l::     ,'  l   ,       「八重島」はようやく離礁に成功したわ
           / }      {   l  ',
           / /      ハ   ',  .      救難の功労者である坂本大佐と小幡造船大監(大佐相当)には
           /  レ-―¬ー-、}  ',   l
          /  /゚ l   ゚l   l  l  l     功労金として200円がそれぞれ払われ、現場で計算を行った
          /  /l゚ |    ゚l   l  l  }
                            やる夫にも80円が払われたの

36名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:34:01 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 乗艦実習を軍艦八島・三笠で済ませ、明治三十七年一月に呉工廠造船部に転じたやる夫だったが、   │
│ 着任から一ヶ月足らずの二月十日、日本は大国ロシアとの戦争に突入したのである。            │
│ いわゆる日露戦争である。                                               .│
└────────────────────────────────────────────┘

    ____
  /⌒  ⌒\           ついに始まったのかお……
  / |||●   ● |
「 ̄ ̄```゙゙゙゙゙Y〃^゙゙゙゙ ̄|       我が国に絶対に必要なのは制海権の確保だお……
.|つ川|i||i||i|||‖ililiililil日.
..||||||i||i|||i|||||‖illiliilili露|       海軍の力が試される戦なんだお……
..||||i||||i||i||||||‖iiliiililii開|
..|llllllllilllillllllll||‖illiililil戦|       これからが腕の揮い時だお!!
└──----、、---``゙゙゙~

37名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:35:00 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────┐
│ 満州での戦を有利に進めるためには、満州の南縁を扼す旅順を制圧する必要があった。   │
│ そしてそこには、ロシアが誇る東洋艦隊が居座っていたのだ。                   │
│ 日本海軍は機雷と閉塞船をもってロシア艦隊を旅順港内に封じ込める作戦に出た。      .│
└───────────────────────────────────────┘

                                          .f `、 ..○ウラジオストック
                                        .,ィ′....´`- 
                                        .,・  、,ノ
                                    .,.ィ-・ . 、f`
                                     .,      1
                  ○奉天       .   、,‥_  . .,i  .  . .`.
                             、鴨緑江¨¨゜  .  . . .1
                             、/    .    .   .,'`"`
                 ○遼陽        ,.・           、,,.
         _,ノヘ、_             .,--"            ,ノ・
       , ̄   ○営口       .,r'"            ._.′
      ,.     .,`        、r            、"´
.-‐...,x‐・    .,、-′ . .  ..,..-・¨'-、>.__    .   、r`
  .`´        ′    ,.-'`       ゙`゙r`        ′''・_
           /′.....・゛          、.○鎮南浦    .    ``‐,
           _/,,,..○塩大墺           .′           `x_
         、---く○大連          .,i"´              `v_
        ○旅順            .・.,.  ,○京城         .`、
         .        .        .´○仁川_..、`''       .   `,

38名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:36:00 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────────────┐
│ ところが、閉塞船による旅順港閉塞作戦は失敗に終る。                                  │
│ 機雷によって旅順艦隊の戦艦ペトロパブロフスクを撃沈、旅順艦隊司令長官マカロフ中将を戦死させたが、  ...│
│ 5月15日には逆に日本海軍の戦艦「八島」と「初瀬」がロシアの機雷によって撃沈される。               .│
└───────────────────────────────────────────────┘

                                                 ....,:::´, 
                                                 ....:::,, 
                                               ,):::::::ノ 
                                               (:::::ソ:
                                               ,ふ´
                                               ノ::ノ  ゚
                  ,,:::....           /゙i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ ~~'´  
                  !、:::::::(,        / /\ ______|  。
                   ソ:::::)      /゙i./  /         |,゙ッ 
                   `ふ,     / :/\./ _____._|   
  ∴                 !、::!_/ ゙i./   /           /:゙ッ 
         ∵∴\\    / ̄/  /\ /           /   : 
        ∴ ∵  \\゙i/ / ゙i /:  /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /゙ッ  :  
            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

39名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:37:23 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────────────────┐
│ 損失艦の補充は国産艦で賄うとの方針が打ち出され、戦艦二隻(薩摩・安芸)、装甲巡洋艦二隻(生駒・筑波)   │
│ の急速建造が決定された。                                                    .│
│ やる夫の所属する呉工廠にも戦艦一隻、装甲巡洋艦二隻の建造訓令が下され、やる夫はそのうちの       ...│
│ 装甲巡洋艦筑波の担当となった。                                               .....│
└────────────────────────────────────────────────┘

            _,;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';;、
          ,;';;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `、
          ,';;;;;,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;゙;     新型戦艦二隻の損失は非常に大きい
         /;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     しかし、もはや主力艦を輸入には頼れまい
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i     代替艦の建造は国内で行おう
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |      ノ:::::::::::::::::::;;;;/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

山本権兵衛(1852年11月26日−1933年12月8日)海軍軍人、政治家。第16および第22代の内閣総理大臣。
日露戦争当時は海軍大臣。

40名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:38:18 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────┐
│ やる夫が「筑波」の設計に連日必死になって取り組んでいる頃…… .....│
└──────────────────────────────┘


          やる夫はまだまだ下っ端だから連日雑用に追われて忙しいお……。

             / ̄ ̄ ̄\.     ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
            //    \  \     |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
          /((●)) ((●))゚oヽ    |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
          |::o'゚~(_人__)~o° |;;;⌒):└┘..凵   └┘  ! l ̄__l ̄ ̄.┘
      ミ.,ィTl'ヽ\   `⌒´  ゚ /`ヽ⌒)/)) .,.  /,   └┘
       kヒヒど,           {⌒⊃ ,⌒⌒);;;;;)))⌒)
         `´ ̄ヽ      ハヽ / ))⌒));;;;)-⌒))
             ヽ   ` /  '}   ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)
              >   /ごノ   ─=≡⌒)丿;;丿ノ
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡

41名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:39:08 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 陸軍は旅順攻略のために膨大な犠牲を払っていた。                            .│
│ 第三回に亘る総攻撃の結果、日本軍は6万人にも及ぶ死傷者を出したが遂にロシア軍は開城、  ..│
│ 旅順攻略戦は終了した。                                             │
│ この結果、旅順港内のロシア艦隊もまた全滅したのである。                        │
└──────────────────────────────────────────┘


                    __                        .___    /
                   /_☆|__ ウオォォオォォォォ!!!!!            __/☆_ヾ  /   目標、眼前の敵陣地!
        wWmmw     /_了#゚Д゚)                       (゚Д゚ 了 〆    距離50!
                 / つ≠∩ヨ===┯                  く/ _/う      突撃ィィィィ!!!!
    WwMw         /~'/_,,つ      ̄ ̄ ̄     wWmM    //~'/_,,つ
                (ミ/'                          (ミ/'
      _,,,,,__                            ∴  。
    γ__o_⊥ トォーツゲキィィー!!    mMwwWm      _,,, ..* ;:・,,_ ビシュッ
   = /」・∀・)                       γ__o∵∴
    / つ≠∩ヨ===┯               =  /」`Д∵:  ワァー…ギャッ!
   /~' /_,,つ      ̄ ̄                / つ≠∩ヨ===┯ 
   (ミ /'             _,,,,,__        = /~' /_,,つ      ̄ ̄
                  γ__o⊥ バンザーイ!!  (ミ/'            
   wWmM        ==  /」゚Д゚)         
              =   / つ≠∩ヨ===┯     
           __,,,,,__ =  /~'/_,,つ       ̄ ̄          __,,,,,__
          γ__o_⊥  (ミ/'         wWmMw  ___γ_o_⊥  
       =  /」´∀`)モナー!!               (_[_⌒つ`Д;:;:・  
      =   / つ≠∩ヨ===┯             WwMw   ̄ ̄(_  ⊃
       = /~' /_,,つ      ̄ ̄                  ⊂_)
        (ミ /'       , , ドドドド

42名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:40:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 明治三十八年になり、占拠した旅順港を活用するため、港内の沈船処理を計画する              ....│
│ 「旅順港海面整理方針取調委員会」が組織され、やる夫もその委員の一人となることが決定した。       │
│ ところが、そのわずか二十日後にやる夫には英国海軍大学校への留学命令が優先的に下ったのである。 ....│
└──────────────────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /   イギリス留学    /ヽ__//
     /                /  /   /
     /   おめでとう☆    /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /



       /  ̄ ̄ ̄ \
       :/        ::::\       イギリスへ四年間の留学……
       |          :::::::|
      \.....:::::::::    ::::, /       身に余る光栄だけど、
      r "     .r  /
     |::|     ::::| :::i          自分が設計を手がけた「筑波」が建造されるところを
     |::|:     .::::| :::|
     `.|:     .::::| :::|_         見られないのは残念だお……
      .,':     .::(  :::}
      i      `.-‐"

43名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:41:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 幸いにして、やる夫が設計を手がけた装甲巡洋艦「筑波」は既に辞令の発令の二週間ほど前に  ..│
│ 起工を終えており、やる夫の仕事には一区切りが付いていたのだ。                   ..│
└──────────────────────────────────────────┘


                   │              │
                   ┼              ┼
                   │              ┃
                   ===             ===
                   ┃   .            ||
                    ||     _       _  ,||
                   ..||  . |二||     |二|| ..||
                   ..||   .|  ||     |  || ||__
                      .||    |  ||     |  || t|…|
                     r=||i__.|  ||___ .|  || .-l ̄l!}l''''''''''ァ━    ___,,,,..,
            ===r‐'''''''!ノ゚'゚'ニニニr'"'''''ニr'"''ニニ'''''ニr'"''''ニニニ广''''''''''''''' ̄ ̄ ̄マ) マ)  /
   t| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ‘゙゙゙゙゙″  `″ `″ ゙゙^   ゙゙゙̄″   ・・・ ・ ・ ・ ・,,、、,|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

装甲巡洋艦 筑波

*常備排水量   13,750トン          .     *出力     20,500馬力
*全長....    .  134.11m              . *速力     20.5kt
*幅..   .     22.8m                 .*主兵装   30.5cm45口径連装砲2基、15.2cm単装砲12基
*吃水. . . ..   7.95m             .    *装甲     水線178mm、甲板76mm
*主機. . . . .  レシプロ蒸気機関2基、2軸    *乗員     879名

ttp://ux.getuploader.com/youkanyaruo1/download/1/%E8%A3%85%E7%94%B2%E5%B7%A1%E6%B4%8B%E8%89%A6%28%E5%B7%A1%E6%B4%8B%E6%88%A6%E8%89%A6%29%E4%BC%8A%E5%90%B9.jpg
ttp://nagamochi.info/src/up97552.jpg

44名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:43:36 ID:sDK7/h4Q
すみません、>>43で添付した画像の一枚目は間違いです。

45名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:44:06 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────┐
│留学に加えて、やる夫の身辺には大きな変化が訪れた。   ..│
└──────────────────────────┘


         ,. -=-、_
     ,.r‐''´ く<!.r-r` ー 、          よう、やる夫!!
.     i'      7ヽ     .l
.     l   , _,.r ´ ̄` ー、   !         聞いたぞ、何でも英国に留学だそうじゃないか!!
    j r,r'´       `ヾ .l
     .l'::! ,,;;:--   --:;;,_ヽ:::!         たいそうなご身分になったなぁ!!
    .rl::l. rt:r,、   rt:r- .l:lr、
     ! l   ̄ ,: ::.  ̄   .l! ,!         
    ヽ!   _r(.-..-.) 、   l.i'
     l.  ,., ----、;   l´         
       ヽ   `  ´   /
      l  、 _    'l
 _,..rr-‐' l ヽ 、ー‐_, -''´ ヽ- 、_
´  !!   ヽ     ̄     ノ   .!lー-
 マサモト
原正幹:やる夫の大学の同級生。浅野造船所技師。

46名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:45:01 ID:sDK7/h4Q

       ____
     /⌒  ⌒\          久しぶりだお、正幹!!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       だけどやる夫は留学の準備で忙しいんだお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /       あまりゆっくり相手も出来ないかもしれないけど、勘弁して欲しいお



      ,、 ──--、_
  /⌒´       ヽ
 /   r─--,,,,,,、-─ 、ヽ           なあやる夫、忙しいところ申し訳ないが、
 l   /         ヽ )
 l   ヽ          l/          少しばかり時間をもらえないか?
  /^ヽノ -‐━::.   .━-l 
  |.6   ヽ● )  ヽ● )l           いや実は、お前にお見合いの話を持ってきたんだ
  ゝ      ̄   :.ヽ ̄ .l
   !      ( 、_,))  l           相手というのは、ぶっちゃけ俺の妹だ
   ゝ     (.ヽニニフノ   l
_,,-一/\    :.    .:,ノ           兄貴の俺が言うのもなんだが、なかなかの美人だぞ?
   ', \ `ー--、,__,ノヽ`ー-、.
   ',  \/ヽ<二>へ! ヽ   ヽ 
   ヽ   ヽ  l ヽ l 〈   l

47名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:46:00 ID:sDK7/h4Q

         ____
       /     \             お前の妹?
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \          会った事はないけど、本当に美人なのかお?
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /          それにいくらなんでも話が急すぎるお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ         何か裏があるのかお?



         ,. -=-、_
     ,.r‐''´ く<!.r-r` ー 、
.     i'      7ヽ     .l          まあな……
.     l   , _,.r ´ ̄` ー、   !
    j r,r'´       `ヾ .l          正直に言えば妹ももう二十四歳だ
     .l'::! ,,;;:--   --:;;,_ヽ:::!
    .rl::l. rt:r,、   rt:r- .l:lr、         そろそろ婚き遅れといってもいい年だ
     ! l   ̄ ,: ::.  ̄   .l! ,!
    ヽ!   _r(.-..-.) 、   l.i'          それに、俺の親父があまり具合がよくない
     l.  ,., ----、;   l´
       ヽ   `  ´   /           何かある前に妹に身を固めさせて親父を安心させてやりたいんだ
      l  、 _    'l
 _,..rr-‐' l ヽ 、ー‐_, -''´ ヽ- 、_        やる夫、頼まれてくれないか?
´  !!   ヽ     ̄     ノ   .!lー-

48名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:47:00 ID:sDK7/h4Q

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)         分かったお……
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|           だけど気に入らなかったら断るお?
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |            やる夫は未来のエリートで引く手あまたなんだお……
.\  "  /__|  |
  \ /___ /            結婚の紹介なんていくらでもあるんだお……

49名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:48:00 ID:sDK7/h4Q

        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "    |:::::::::::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_      _ |:::::::::::::: |    フ_j ノ     ,.      レ′     やる夫さん
      l /ゝ :::: ∠_.|:::::::::::::: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/` て_  |:::__ :::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,
      | Lj! |  '' 丁γr、ヽ::::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/        不束者ですが
      |   l  ヾ ゝメjク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/
      |  .    | \`ー".::::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ
      |  /   |  ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |           よろしくお願いするのだわ
      | ,     |   |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     ノ /     | !  ヽノ^゙ | |ト \    / _j | !|
    ./,.j/       | |ヽ /ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  /   /       ヽヽノ     L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  ., '        / イ   ハ ヽ.  \\\:.:.:| ノ、._ l|
  /        '  :::/   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ
,/     - 、 _ノ ::::::/   {::::::::::     >- ─ `フく"<
      /  _ ノ  .::::::/  イ  ヽ:::::     |ゞ_≦'_´  _つ ノ
    r ´     ::::::ノ  /::!    ):::::!      |   j,._)  `ヾj
    ヽ-──' /  /::::   /:::::: !     ヽ、_ ヾヽ   ('、
     \::::::ヽ´  /::::::::  /::::::::::ヽ       `ヾ!、  ノ

平賀(原)カズ:やる夫の妻

50名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:49:00 ID:sDK7/h4Q

       ___
     / ⌒  ⌒\           正幹の言う通り確かに美人だお!!
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \        これは結婚しない手はないお!!
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/        やる夫は決めたお!!
   /      ー‐    ィ

51名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:50:07 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫は先方のたっての希望で友人の妹と結婚することになった。         │
│ 妻はやる夫より三つ年下であった。                                │
│ 留学を控えて挙式は慌しく行われたが、その20日後の二月二十八日にはやる夫は .....│
│ アメリカ船チャイナ号で横浜を後にしたのだ。                        ......│
└─────────────────────────────────────┘

                            ,,,,、 ,-‐,  __
                          _ < ヽ"\゛"´く_,、
                         く. `'"   ` `    \
                        ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
            ____       く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
          /⌒  ⌒\     ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
         /( ●)  (●)\     `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
       / ::::⌒(__人__)⌒:::: \    l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
       |     |r┬-|     |    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
       \      `ー'´     /     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
         >         <        l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
        ,.....!´ll ヽ、 _ _ ,   ,イ  l`ヽ_     ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
    ,.-‐'´  l lヽ      ,.イ   l   `ー、   `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
_,.ィ'"´     l  !ヽ     //   l     `ー、_  l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
       l   `!`i    _//    l          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
       l   `i`i  .//      l         ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ

52名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:51:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫がアメリカ経由でロンドンに着いたのは四月七日であるが、それから二ヶ月弱の  │
│ 五月二十七日、日本海軍は対馬沖でバルチック艦隊に大勝する。              .│
└──────────────────────────────────────┘

                                 |
                                 |
                             l|
                         ____,l|____       .....................::::::::::::::
                             l|     |:;、  ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             ,ェェェ      |'`',,r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               l__,l    l|(;;:::;;;)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               ゙| |´ ̄ ̄,r:::::ヾ:::::);;ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 | |   ,(;,, ;;;)''';;;シ;;;;リ;;;;;'';; ,;;);;;;‐'''::::::::::::::::::
                  ,______ヾ二,,シ_______;;;`'''';;";;);;;;;`;::;;;;):::::::::
                                 | ;| (,,;;;)''';;;)''';;‐''';;)"、;;;;;;シ‐''、;;;;;;シ‐''::::::::::::
                                 | ;| _;;;;;;シ''‐'';;;)‐''    `''‐''
                                _|_:|_;;;;;;`;__ ;;)'''
                             l__,l  ̄:l;;; `;!
          ,                    | :|   :l  :l| 
            l|               _r;_|_;|   :l  :l| 
            l|               i ェェェェェ ii  ::l  :l|
            l|         ,ェ_‐_o、,o、,i‐_‐_:!‐_‐_‐_ェ
         ,l|,,   o:; o,     ゙,、、゙'、、― 、ヽ―――゙i :i__i"。―ェ
         (,:、) ̄ ̄ """" '''''''''¬─゙-、゙、、,‐_i | ̄ ̄‥ i; i‐/'``_"_、
         |:~ ":r:'':,     __       `"゙ ''¬‐- 、、,‐_'_ i_ ̄_‐
          i   ゙、丿    i、,,,;;;j      ̄ ""             ̄i
        ,,:i〃´ヾ、 ,,r, 、、,,,   ,,,,    _  _              :|           戦艦  「三笠」
"``,,~、"`~^,,、~"`'',,、~`"`,,、~~~ ~~"`~,,、~~ ~~,,、~~ ~,,、~~ ^ ~~"``,,~、"`~^,,、~"`~,,、~"`,,、~~~

53名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:52:03 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────────┐
│ この情報はあっという間に世界を駆け巡ることになるが、中でもその情報を重く受け止めたのは、    .│
│ 当時日本の同盟国であったイギリスであった。                                ......│
│ 当時の第一海軍卿であったフイッシャー提督は、砲戦によって戦艦が撃沈された事実に       ......│
│ 大いに注目したのである。                                            ......│
└───────────────────────────────────────────┘


         ,.- ──‐ ‐-、、、
        ,r'"´          `ヽ          ……従来の艦隊戦では、砲戦によって戦艦が
       / ゞr'゙´      ー-、ヽヾ、 ヽ
      ,リ´`""゙´  ̄  ``ヾ;:;:;:;ヽ`v;:;:;:;:        戦闘力を失うのみでなく撃沈されることは想定外だった
     /           j;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
      !           ト、;:;:;:;:;:゙,;:゙,;:;:;:       しかし、日本海海戦では従来の想定を超えた遠距離での
     ,!   , '"´  ̄ `    !ミ、;:;:;:;:;:;j;:i;:;:;:
     fヾ   ,,、ィ二ヾ、   ゙ゞミミ、;:/;:;!;:;:;:       砲戦が行われ、砲威力によって勝敗が決した
     jテ, ゙'''"テュ´       ト、;:;r^ヽ;;;;;;;;;
     i ,!  `ヽ         !ミ ,イ ,!;;;;;;;;        この戦闘は我が国のみならず他の諸国総ての
    リ             ゙' jソ !;;;;;;;;
    (   _j       ,!    ソ;;;;;;;;;        海軍政策に影響を及ぼす事は間違いないな
     了´        ,'   厂`リ,イ;;;;;
      !r==ュ          /   j/イイ       これで、私が推し進めている新型戦艦の建造が
      l `二ニ´      ,   /   ,、‐'゙
      j        ,'  ,イ ,、‐'゙,、‐'゙        正しかったことが証明されるだろう
       ゙、 _  _,,、.‐ '"´,、‐'゙,、‐'゙
        _`フ `Y,r゙"´,r'´r'"´     /
   _,rイ^"´  ト、 ! /⌒ヽ´     / /
 /ィ /´    i ,1 ! (⌒゙      //

ジョン・アーバスノット・フィッシャー(John Arbuthnot Fisher, 1st Baron Fisher of Kilverstone)
1841年1月25日 - 1920年7月10日
海軍提督。初代フィッシャー男爵、バス勲爵士(GCB)、メリット勲章(OM)、ヴィクトリア勲爵士(GCVO)。
海軍に革新をもたらすさまざまな艦艇建造や戦術考案を行い、近代海軍としての英海軍を育てた。
英国海軍の人事改革・教育改革の面でも大きな功績を残している。

54名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:53:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────┐
│ フィッシャー提督は彼の構想した新型戦艦「ドレッドノート」の建造を強烈に推し進め、   │
│ 1905年10月2日にポーツマス海軍工廠で起工されることになった。              .│
└─────────────────────────────────────┘


                     ,.'"´ ̄``Y´  ̄ ゙`ヽ、
                    ,r'゙  ,、ィニ三ヾイ三ニゞ, ヾヽ      ────本年起工予定の戦艦
                  /,ィイ/´          ``ヾ jヽ
                  ! /i!′            `, ハ    「ドレッドノート」は、排水量1万8000トンを超え、
                  ! /j!              リ ,!
                   |,イリ   ー- ,   , "´    ト !    既存諸艦を凌ぐ最大艦になるであろう
                   !彡! ,ィ二ニヾ,,   L、zニ二ヾ ,N!
                  ,イヾ!"´,<ィモナ´ヽ , '`モエュ   リ ヽ   本艦は12インチ砲10門を搭載するが、これは
                  〈 カY}  ` '´ i  ;:ヽ` ´   l//
                  ヽヾ!,       i!  ;::. .     リ,!    旧式戦艦二隻に匹敵する
                   !N    , ´ゝ‐'´ : .    iラ'
                     Yi     ,r===、    ,リ     しかし砲力だけではなく、本艦は速力もまた
                    | ',    `ー--‐'     /!
                      ,イ ト、   , ー--‐' 、  ,イ 」、    既存諸艦より2ノット早い21ノットの高速を発揮できる
                   ト、ヽゝ、\      / ,レ ,イi
                  」/``ー- 、、>ーy-‐''´_,ィ´  ,| |   これは戦艦に巡洋艦の速力を与えることになるのだ────
              _ ,ィ´「   「,r-、ヾ! ,| 「/,r、!   !/ヽ- 、_
 r-、_,r-‐=^Yゝー''"´   \\    ノ ,! ! |!(   ,.'´ /¨`ー--`、ニ7Tー-y-r─ァァ- 、r、
イ.ゝ\ ヾヽ、   ヾヽ、      ``ヽヽ-‐'´ノ  ,! ト、`ー'´ ,.'´       //   //  // `_フ/ヽ
 `ー ゝ、 \\_ \\,_     ,r,  `ヾ Y/ /⌒ヽ iフ . ,r'´      _ _// _ //_//,,ィ"´  久
      ̄ ̄  ̄`¨`ー-ヽ  / 「    ! i! |   | i! /    ,r、 ,r ,r-‐''"´ ̄ ̄        ,'    i
゙リ               \イ (    ノ )(ヽ _ノ,イ ,!    | |/,/              /
 i                \ `ー'´ ,イ ヽ!,イ ヽ!ヽ  ノ/ /               ,イ!

55名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:54:01 ID:sDK7/h4Q

                             . |
                             . |
                             . |
                              ヾ二シ
                  |             || 
                 -+-       ...   ─||─
                  |        宀.    ||ヽ  宀.._
                 riュij,,       .|  ||    .|| ヽ.|  ||iェェ]
                ゙  / .|.     ┌──┐ ┌--┴─||…| l''''''''''ァ━
          ===r‐'''''''i /  |===r‐'''''''i|───|l''''''''''ァ━-─────────────/ 
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'''''''''''''' ̄ ̄ ̄      《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

HMS Dreadnought

*常備排水量   18,110トン          .  *出力     23,000馬力
*全長....      .160.6m             *速力     21kt
*幅..   .     25m               .*主兵装   30.5cm連装砲5基、7.6cm単装砲27基
*吃水. . . ..   8.1m               *装甲     水線279mm、甲板102mm
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸    *乗員     773名

ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h63000/h63596.jpg

56名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 21:54:12 ID:7TeYtON6
晩年は凄く残念な人キタw

57名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:55:00 ID:sDK7/h4Q

       , -――-  .._
      /: : : : : : : : : : : :.`丶
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ       ……ここで、フィッシャー提督が建造を強烈に推し進めた
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ: :l      戦艦「ドレッドノート」が、従来の戦艦とどう違うものなのか
   l: : : : : : : : : : : : : : : : : :.ィ,ニ1: :|
   |: : : : : : : :|: : : : : : : : :/ |;゚|{: /      説明するわ
  ! : : : : : : l: : : : : : : :/   ゞ ヾ.
   , : : : : |: : l: : : : l : /       /      まず大きな違いはその搭載する艦砲ね
    ヽ: : : ヽ: ヽ : : l: /   、‐ァ'
     }: : : : ハ: : ',: l: |    /        従来の戦艦はまだ「戦列艦」と呼ばれた帆走軍艦の
  ト:-:':/: ://: : :|人:|{` ァァ{
  >'´. : ::/::::::::::::::/ N. /ヘ: |        流れを汲んでいて、旋回砲塔式の主砲のほかに
  /: : ::://::::::::::::::/ l: ::\ }'
  {::::::/  {:::::::::::::::\ ヽ:::::::)         ケースメイト(砲郭)式副砲を多数舷側にそろえ、近接して
  /::/    ゝ::::::::::tーく _]:::/
  {:::|     `¨T´丶.__V          射撃を行い、その弾量で敵艦の上構を破壊して圧倒することが
  `'卜      ノ      \
    l ハ    〈         ヽ        戦術だったの
   | ハ    {    .::::.. . ノ

58名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:56:00 ID:sDK7/h4Q

ドレッドノート
┌─────────────────ヽ
│             ○=          \
│  =○  =○{二二二二} ○=       >
│             ○=          /
└─────────────────゙



従来型戦艦
┌─────┷─┷─┷─┷─────ヽ
│     /            \      \
│  =○   {二二}  {二二}  ○=    >      ○=:連装12インチ主砲
│     \            /      /       ┷ ┯:ケースメイト型6インチ副砲
└─────┯─┯─┯─┯─────゙

59名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:57:00 ID:sDK7/h4Q

            ,  -―‐- 、_
            /       ノヘ、         ところが「ドレッドノート」は思い切って副砲を全廃した上に
           /       /{   ヽ
        /    _,> '´   ヽ   i       砲塔に納めた主砲の数を倍以上に増やしたの
         /    ,ィ芹`   , -‐l   |
       ,    /ヘツ   / f芹Y   |       この主砲は10門中8門が片舷に指向できて発射可能よ
        | l  /       / ヘツ |  |
       | l /             |  /       つまり従来艦の倍の門数が射撃できるの
          N ハ   -― 、    /l /
        V lム、    `   //|/l        これは砲力の強化に繋がるとともに、同一の砲による
        ∧|  |\    イ // {ーァ
      /   〈j   `¨´、__ノl /  V^ヽ      統制された射撃を可能としたの
     /   ト-イ    \_ /  }ー、|
     | l   {∠ノ    /ノ   /ノ   \     この統制射撃は長距離砲戦に圧倒的に優位に働いたわ
     `ト __,ノ-  / 厂`ーァイ´     |

60名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:58:00 ID:sDK7/h4Q

            __
            /  -― `ヘ、           次に、防御力の強化ね
            / , ´         ヽ
         , /{           l          「ドレッドノート」は主要部を重防御とし、舷側甲鉄は28cm、
          | /,-ヽ.        |
.        !{ __ l       l          前部では15cm、艦尾は10cmとしたの
          v_} ⌒ l || !  {
          \ノ l  ハj l:  `フ        これも従来は全周がほぼ同じ厚さの甲鉄で囲われていたのよ
            }ァァ| ,'_ノ  ヽ: : ヽ
              j'./l/_ァ'  }: : : l|        しかしそれだと、防御が中途半端になりがちだったわ
             {/`ァー‐'´ヽ: : リ
            /゚/ノ   /⌒l|:ノ         この重要部を強化する防御は、後年多くの戦艦が採用する
          {゚ ノノ  l {   |
                             集中防御方式に一歩近づいたの

61名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 21:59:00 ID:sDK7/h4Q

      r=‐ 、
   r‐ ノ   ,h_   _. -――- 、     /⌒ ー-へ
  { J    r'::::::/ ,二ニ._  ―-\r=へ       ヽJ}
  `7    テ7/´|     ―-、└i::::::]       〈
   {{ rレ'´ /  ,|   h    \下、{_. - 、 } }丿
    ゝ{  /  |:\ l|  | \/   v! \   }ノレ'      へー、すごい!!
        /:|  N _\ト、 | /_\ |  |l    \
     ,○:l  レ' ⌒ヽ `¨/ ⌒ヽ V /     ○、       発想の転換なんだ!!
      |/  \〈{  ○   ○  } j/l      ヽ|
           ヒト==    == イニノ
          ハ ' '   r 、 ' '  ノ ̄ヽ              それじゃあ今までの軍艦は全然
           | ≧:  ニ   ≦´/   |
            V⌒ヽ\l:/⌒ V/  /              敵わなくなっちゃうよ!!
          ゝ __人\{ _ノl   /、
           ヒ彡 ヘ ヒ彡'| / /\
             \ : 〉\:  l/   ∧
             >'  l ー'   / ∧
             / \ /\  /  ∧
              〈 /  Y    Y     /

62名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:00:00 ID:sDK7/h4Q

             , -―-‐- 、   
           /: : : : : : : : : : \  
          /. : : : : : : : } : : : : : ヽ 
            /: : : : : : : : : :∧: : : : : :.ハ
         ,: :l : : : : : : : /  ヽ: : : : l: |             ……確かにそうね
          |: :l: : : :l: : : /  , -ヽ: : :l: |          
         l: :l: : : :|ィ≠    ィ〒ハ: : |ノ             それともう一つ、従来の戦艦が持たなかった
           Vハ: : :.|fィ〒    ゝン|: |          
       /{ ヽ:ハ:.:.|ヘン   '   /! 人             21ノットという高速を、蒸気タービン機関の採用により
         {: :ー'::::人j 、  ー_ '  /:j/: : ヽ         
      /. ::::/: : : l:::> 、 _/: :::: :l: : :.}            「ドレッドノート」は手に入れたの
     / イ: :/: : :/.: :{:::::r」   _」1::::::ノ: l:〈 
         |: :{: :{: |へ: r‐ノス Y´_ノ ̄ノ: ノ:人           これは従来の戦艦より3ノットは優速で、これにより
       「 `ゝj   ,二ニ/) ]  `¨¨´  \
       l     ,.7エZ∠ヽ[    /    〉         戦場における運動の優位性を確保したの
       ∧   /  `T T7  |     |  /V 
        /  ヽ/     |  | |  l      lx'´  ヽ        蒸気タービン機関は小型軽量で振動も少なく
     /   /{    ノ  j人  ヽ   / ヽ   ヽ   
      /   /_」. -‐'   ノl|\  ` く    \   \     機関の回転が速いから高速力が出せるのよ
    //´ ̄     イ`/。/ ]  丶.   `¨  ――-  l 
    /       イ   」 / / [    /`> .          | 
   丶--‐  ´  /  / / / /   /l     ` ー--- ' 
        /   」 /。/ /    /|

63名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 22:00:17 ID:7TeYtON6
ドレッドノートはケースメイトを廃止してないぞ
廃止したのはケースメイト以上主砲未満の中間砲

64名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:02:00 ID:sDK7/h4Q

           ,  -――- 、_
          / ,  ´ ̄ ̄    `ヽ.
          / /l           `',
       / /- 、!            i
       / .イ ィ冬l               l           今まで述べた三つの革新により「ドレッドノート」は
        //:::| |イ|ハ            l
        |/:::::! }り ヽ.      |    .::::/          従来の総ての戦艦を一気に旧式化させたわ
        |::r‐'     ヽ    | l .::::::::/
        |:::}_ _ ,     l:: ハ: |  、::::〈   ノ}        諸国の海軍は総て「ドレッドノート」を目標とし、日本でも
        lハ:::{ -     l:::/l |ノ  \::::`¨´∠.. _
         ヽハ __ ト-|/      ヽ::::::::::::::t._`ヽ     「ドレッドノート」並みの戦艦を「弩級」と読んで
      ,.イ:::::::::::::::::::::\:::::::/   l   |::::::::::::::::::::`',
      /イ::::::::::::::::::::::::_y彡'   |l!  /-、::::::::::::::::::::|     建艦の目標にしたの
      |' ゝ :::::::::::::::::::人 __ ノリ/  l::::::::::/:::::/
        ` ー'^ー/ / /| /     \:::/::/
                /ニ/ / / /         ヽ´
     r‐ナ,ニ二丶j// /             〉
     l 〈_| / /   \  〈    丶    /イ
          ヽ └\l イ  ヽ   \ ヽ  〉     〉

65名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:03:03 ID:sDK7/h4Q

    ゝ       /  /   |       \          \  l l l   }: : .
   /         ,   ,'  ∧     ::| \\         ヽ l | ! {: : : .
   | /    /  :|   |    ∧    :|  \\  \     l  l |  ` ー――‐- 、
   ∨  .:/l  .:;l    、   :l⌒ヘ   :l ´ ̄ ``\  l    l |   .:ハ
    {  :/  \{ l    \ :|'⌒ヾ\ ハ   ≧=ミx\|   ://  :/ ',            へー、じゃああの
     \{       、 l  | ハ{ ,ィ:hx \ハ /´ ,ィ:h.\l   ://  :/  ○
                \l  | {{ li | li}   ``    li | li} }  ::〃 ⌒V    ハ           「超弩級」って言葉も
              \ヽ  レ勺l         レ勺リ ノ| :/ l⌒` |   り
               `ト ゞ='        ゞ='   l/ r'  /                そこからできたんだ
                 l    '              __/
                 、              /  \_                 知らなかった……
                     \   マへ           / }\ __
                    ヽ   ー'    /       / /  >、:::::::\ooo_――- 、
                     \_.. -‐'^ヽ    / / /:::::::\。:゚:|_/::::/::::::::::/⌒ヘ
                           // \./  //::::::::::::/ \―‐':::::::::::/:::::::::ハ
                          / /::::/ /  //::::::::::::/  / ̄\:::::::/:::::::::::l::|

66名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:04:00 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫はロンドン西部郊外のウエスト・イーリング街に住むバウデン家に寄宿して、       ....│
│ 英語のレッスンを受けながら生活することになった。                         │
└───────────────────────────────────────┘

        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

67名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 22:04:45 ID:ZZCE2HlI
ハード、ソフト双方の面からエポックメイキングよな

68名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:05:00 ID:sDK7/h4Q

                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\                主人は商用でインドに長期
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉              出張中でな
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ             まあお前一人養うくらい
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z簠彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒    どうということはない
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((     せいぜい英語を覚えて
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ      お前の国の役に立つことだな
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫          私には娘が二人いる
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ     あいつらがお前の英語の
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ    直接の師匠になる
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::    仲良くしてやってくれ
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::

バウデン夫人:やる夫の下宿先の女主人。

69名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:05:30 ID:sDK7/h4Q

            /イ:: |:::::::: |:::|:::::::::|i::::|ヾ∨イ::::::::::::∨::::::::::::ヾ\               j
           /:::::|:::::::: |:::i!::::::::リ::::!   /!:: i:: l:l:::|:::::::::::::::ハ               /   /
            /:::::/!::::::::リ::从::: ハ:::!   |::::|:::|:|:::i/: |:::i::!::::!ヘー―‐---ー―<´   /
          ハ:/ハ:::::::::|从!_∨ ̄ヾ、   リ八ノノノi:::::!: |::!::/       /          /
            |::::i{{, ∨::::!<弋歹     ィ弋テゝイ:ノ!リ//     /        /
            |::/:ヽ、 ∨小、             イ:|ノ| /   /           /
           /:.:::::::ヽハ:! \     {、      /::!:: !   , ′           /    娘のアニーだ
.           /:.:.:::::::::::|:八!         `"      /::: !:: ! /               /
           /:.:.:.:.::::::::::|:::::::\      __,、    イ:::::::|/                 ′
        /:.:.:.:::::::::::::::|:::::::::l| \   ´ \\∠:::!:::::::|                , ′      よろしくな
.        / :.:.:.:.:::::::::::::::!::::::::ij}) `   __ イ\,>く !::::ハ.            /
        /:.:.:.:.::::::::::::::>∨:::::|::へ :     ハ Ⅵ|::::::ハ         /
      ハ:> " ´マム ∨::ハ⌒) :     /   ヾ∨::::∧     /
     , '´    ヽ.、  マム.∨:ハ       {    , ∨::::::i    /
.    / ____  ノ:ノ   マム∨:i` ー-- 、 ヽ  ノ  ∨:::::!    /
.    ,'´ ::::::: `::::く.     Ⅴハ∨、、     ヽ   /     ∨::!≧.、/
   l/  ̄ ∨::ト::::ヘ    Ⅴ////≧r、、       ,イ: j/////,ヽ、
   |     }:::} ヽ:!    Ⅴ/////////≧=ー--=≦!レ'////////,ヽ、
   |  ヽ__ノノ   ;j  j   Ⅴ/////////////////////////////ハ

70名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:06:00 ID:sDK7/h4Q

                    ___________
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
                    /:::::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ
                    /:::::::::::::>"´       ̄ ヽ::::::',
               /:::::::> "        ___   ∨::',
               l:::::::イ    ノ7ゝ、  /¬ ヽ_____∨:',        同じくヘレンだ
               l::::::i!|  ノ/ /〃ヾヽ//⌒} /   ミ:::;
               j:::::i::レ///∧{ {     ノメー-、 リ:::::;
              /::::ノ::///イ_ヽj__,,,、  /:ノ...:.:.::::ヽj:::::::',
               /:::::::::::{ { l釗::::::::::::::::アー<::::::::::::::ノ !::::::::',       よろしくな
                /::::::::::::::ヽ\ヽ:::::::::::ノ   ヽ`ー "___ハ::::::::',
                /::::::::::::::::::::ヾj\\__,   γ:.´.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;::::::::',
                /::::::::::::::::::::::::::::\ ̄     ⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨::::',
.             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::i> 、  {、...ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::::::::'.、
      rー 、     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;> ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八:::::::::ヽ、
     l  l    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j;;;;;;;;;;;;;;;;}:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ:::::::::::::::.:.:.>:..、_
.      l   へ、 /:::::::::::::::::::::::::::::::::>'"!ミ   i  ` ー  <j:.:.:::::::::::::::〃:.:.:.:.:.:.:.:`.、、
    /   }/::::::::::::::::::::::::::::::l´:.:__!,三二 { ¬ニ三/__l:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:\
   /   ∠ ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::l:.:.:   i, ̄ ¬ }>´ ̄ /   l:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.ヽ
   {   /    ヘ:::::::::::::::::::::::l:.:.     i,   i    /    l:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.\
.   ',    /   ,イ:::::::::::::::::::::l:.       i,   l   /     !:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.ヘ
.   ',      / 〉:::::::::::::::::l:        i,  j  /       !:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ',       /::::::::::::::::::l:         i,   /      !:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ',       }:::::::::::::::::l:          i, /      l:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

71名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:07:05 ID:sDK7/h4Q

          , 、、  ,,                   _丿⌒ヽ、
        , '  ____ " 、、               /⌒       ヽ
         , '   /⌒三 ⌒\  ',          (  し  よ  よ   )
       ;  /( @)三(@)\  ;          ) ま  .ろ   `  (
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  _     /  す.  し    丿
        |  u   |r┬-|  u  | ;   ヽ 、_ノ    お.  く    /
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    ヽ、_ノヽ  :   お  ノ
    _   /    (___   | ',          ) :  願 (
  ,、'  /              |  ;         (     い  /
 、 ( ̄                |  ;         ヽ、___ノ
     ̄ ̄ ̄|               | ;

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 幸いなことに彼女ら三人はやる夫にその異邦人意識を忘れさせるほどに暖かかった。            .│
│ 夫人は毎日の買い物にやる夫を連れ出し、生活語の基本を実地で叩き込んだ。             ......│
│ そして彼女はやる夫を地元の社交クラブに紹介し、クリケットなどを通じてマナーを学ばせたのである。 ....│
└────────────────────────────────────────────┘

72名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:08:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────┐
│ そして────  ..│
└─────────┘


            __...ノ∨´::ヾ"´ ̄ヽー::、__
           /::::::/:::::jヘ::::::\:::::::::\::::::\
          /:::::::::/::/ヾ/ヘ\::::ヽ、::::::::::::::::::::`\            オラ、行くぜ!!
.        //:::::::::釗ハj   ∨ヘ:ヘ \:::::::::::::::::::::::\
      釗l::/::::::::トレヘ   ',i⌒リ ̄`ヽ\:::::::::::::\`ヽ
        |:i:::|、:::i´ヤx、\ リイ必アゝ}::::\::::::::::トヽ
        リ∨ヘ::!{弋ヌ    ゞー ′/イ::::ノ\リノ  }          早く支度しな!!
           ∨ヘ\  /       / /イリヽヘ
          ヾ;:::! ヽ `    ____,     ∨:::::ヘ
             ;'八   ヤ二三_ア    こV::::::}
             !::::::ヽ            イ!:::::l:::::::j
             ∨::∧\       / ト;:::::!::::::>ー一
         __ ヽ:::∧ iヽ __ <:::::::: l ',:::!\::::::::>.、、
       /((ノ)>\ヽム        !\:l::::::\::::::::::::::ヽ、
      /丿ノムノ<}:\ヽ           リ<::::::∨:::\ヽ::ヘ
       /イノヽゝソ⌒ヽ}:::(:)ゝ、ー−、丿ム─ゝ\:>.∨、_::::::j::ノ
.      /⌒)八(ゝ(⌒/::::::::ハ:ヽ、       ソ::ヽ:(:)::ヘ `ソ::ノ
     /つ厂(⌒)ゝヘ/::::::ノ:::::::::::::`:ー------ー′:::::\::::}  ∨
.   /⌒)ノノ>ノ /::::<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽj   l

73名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:09:00 ID:sDK7/h4Q

                   __
                ,r' "    ゙ヽ、   うしゃらららーーー!!
                |_____|
             . /  (○ )lilili(○)  ―_
              /    ⌒(__人__)ヽ   ―
            __|       |r┬|  .|    ― ―
      .    ,r" _ \.____ 、__.`ー'_/   ―_
        /_,/ /___     .  〉  ―
        {mンー《//''''''''//》ーmmン  ./
        ゙ ̄" ̄7"ー―゙/i ̄弋ソ__/
         //" ̄ ̄iヽ  /
       .// /.     | .|  / ´⌒;;
     / / /     / /  \ (´⌒;; ≡
     \./ /     / /\  ヽ (´⌒(´≡≡
      / /     / / :::::〉  〉 ´⌒(´⌒;;;≡≡≡
  .   / /     / / ::::/ ./ (´⌒(´⌒;;
     ト,,ハト、⌒\' .{ :::〈. Y´
     ,r"ー\\  ヽ,ヽ/\>
     {::{ / ヽ ゙̄i゙ ̄}゙/    (´⌒;;
     ヽヽヽ ´ ノノ:::::ノ  ´⌒(´⌒;;;≡≡   キッキッーー!!
      ヽ、二/::/ (´⌒(´≡≡≡
        ̄ ̄ (´(´⌒;; ≡≡

┌────────────────────────────────┐
│ 娘たちはやる夫を折から大流行のサイクリングに連れ出したりもした。    .│
│ これもまた、英語の実地レッスンの一つだったのである。          .....│
└────────────────────────────────┘

74名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:10:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 「ドレッドノート」起工の前日、やる夫は英国海軍大学校に入学する。                      .....│
│ その場所は、グリニッジ標準時で有名な天文台のすぐ近くで、その佇まいは非常に美しいものだった。   .│
└─────────────────────────────────────────────┘


  iニ::iニl                             † __ _ .iニiニl _____†
  |_;;:| _|_______________________∧† |:;:;::;:;:|_;|_;|;:;:; :;:;:;:::;†:∧
  |_;;,/ __;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;:;:__;;;:;;/;; ∧i;:;:|;:;;. 'i.†.i' :::::|:;:;:;:∧  'i,
  |;,/ ∧ヽ:;:;:∧ヽ:;:::∧ヽ;:::;::;∧ヽ;::;:∧ヽ;:;::;∧ヽ;::;::∧ヽ/_ /iロi'i,∧ :;':i鬻i'; :∧;:;/iロi'i,__ 'i、
 /,/;:;:;|ロi,,|;:;:;,|ロi,,|:;::;,|ロi,,|;:;:;:,,|ロi,,|;:;:;,|ロ i,,|;:;:;;,|ロi,,|;:;:;:|ロi,,|:|/   'i, 'i,='='/ ;/   'i"`i
 i`ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ;;i:|''" ̄``|"'| _ |""|''" ̄``|;;:.|
 i,,;| | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|  | ̄|;:;l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |";;::.   |;;:.|
 i,,;| |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|  |i_i_|;:;l,|";'ロ';'ロ'| ::|  ̄ |  |::::∩∩|;;:.|
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl,|";;::.   iコ:| _ |lコ:|;::::! !:! ||;;:.|;:;,.,.,,ー、;:;,.,
 i,,;|      ,ー、       ,ー、       .,ー、     .:.:l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |;::::!_!:!_||;::.|,:';:;'':'`::';::;:;.
 i,,;| | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|::;l,|";'ロ';'ロ'| ::|    |  |;;::.''" `:|;;:.|,:''':;:;;:;`::';;::;
 i,,;| |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|..:l,|";;::.   |,,_|    |  |";;::.   |;;:.|:;:: i!',: ''i!,::_____
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl;|";;::.   |(ニニニ(ニニ;;(ニニニニニ(ニ二)__( ̄____
=;i,,;|_   __   __   __   __    l;|";;::.   | , '⌒` , .:.:.|";;::.   |;;::::...::|, |/  :::;:;|
 | |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,  i:|`::.:- :'|, ;:;;;;'  'i;  :|";;::.   |;;:::...  /    :::;:;|
 |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |___,|`::.:- :'|;:;;;;'    i, ;:;|`::.:- :'|;;::..../
_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;` - :'_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;`   - ';:;/

75名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:11:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 大学の就学期間は三年。7〜9月の夏季休暇を除けばみっちりと軍艦工学を学べるはずだった。   .│
│ ところが……。                                                    .│
└──────────────────────────────────────────┘


      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))           教えてくれることが簡単すぎるお!!
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)            こんなこと日本じゃあ高等学校で教わるお!!
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))    やる夫はもっと実地の教育を受けたかったんだお!!
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
 (___)    ./      ))

76名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:12:00 ID:sDK7/h4Q

                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                 |                            |
                 |                            |
                 |     英語 小テスト            |
                 |         25点以下、島流し      |  ∧∧
                 | 10:15まで                  | (д@,)
                 |_____{工}________________| (l y l)
                             [_] [_]            |  |
                                                 し`J

              ∧∧       ∧∧       ∧∧        ∧∧
             (   ,,゚)_   (;;;;;;;;;;)_    (;;;;;;;;;)_     (;;;;;;;;)_
             (   っi /!   (;;;;;;;っo/!   (;;;;;φ /!    (;;;;;;;;;) /!
             l二二l三/i  l二二l三/i   l二二l三/i    l二二l三/i
             || し || ii   || し || ii    || し || ii      || し || ii

┌─────────────────────────────────────┐
│ 日本とイギリスでは教育制度そのものが全く違っていたのだ。                .│
│ このグリニッジの大学では、一応の実地を身につけた技術官に対する         ......│
│ 理論教育が主眼だった。                                      .│
│ つまりやる夫が受けたかった実地教育はすでに済んでいることが前提だったのだ。    │
└─────────────────────────────────────┘

77名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:13:00 ID:sDK7/h4Q

      ____
    /ヽ  /\          落ち込んでも仕方がないお!!
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ        やる夫は自主的に学ぶしかないんだお!!
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /        取りあえず夏季休暇を目いっぱい使って
  /         ヽ
  し、       ト、ノ         イギリス中の造船所を見学するんだお!!
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は大学での講義を「頭脳の固めなおし」と割り切り、夏季休暇に許される造船所見学に   │
│ その重きを置いた。                                             ......│
└─────────────────────────────────────────┘

78名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:14:00 ID:sDK7/h4Q

;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....................................................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::.................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...................................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
..............................................................................                                       .....
                             . |
                             . |
                             . |
                              ヾ二シ
                  |             || 
                 -+-       ...   ─||─
                  |        宀.    ||ヽ  宀.._
                 riュij,,       .|  ||    .|| ヽ.|  ||iェェ]
                ゙  / .|.     ┌──┐ ┌--┴─||…| l''''''''''ァ━
          ===r‐'''''''i /  |===r‐'''''''i|───|l''''''''''ァ━-─────────────/ 
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'''''''''''''' ̄ ̄ ̄      《
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 第一学年の夏季休業にはポーツマス海軍工廠に足を運び、当時建造中で既に艤装終期に入っていた  ....│
│ 「ドレッドノート」を見学し、その全貌を巨細漏らさず東京に報告した。                      .....│
│ 彼は、「ドレッドノート」に類稀な美術品に遭遇した時のような興奮を見せたのである。             ..│
└─────────────────────────────────────────────┘

79名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:15:01 ID:sDK7/h4Q

                            γ⌒) ))            「ドレッドノート」に次いで英国は
        ___(⌒ヽ             / ⊃__
       /⌒  ⌒⊂_ ヽヾ          〃/ / ⌒  ⌒\         革新的な装甲巡洋艦「インヴィンシブル」を
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ       γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、三  三 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ    明治三十九年四月に起工しているお
  \ \    )┬-|   / /> ) )) ( (  <|  |   |r┬(    / / ))
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 三 ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)     やっぱりイギリスはすごいんだお
  \ \ /                               / /

┌───────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は第二・第三学年の夏季休暇にはほとんどデボンポート海軍工廠に張り付いており、     .....│
│ 建造中の諸艦の構造・装甲・兵装・機関を逐一研究しただけでなく、                      .│
│ 「英国海軍規則ノ新舷窓ニ就イテ」「英国軍艦曳船装置」など雑件に至るまでの先進の技術情報を ......│
│ 貪欲に拾い集めて己の糧とした。                                        .....│
└───────────────────────────────────────────┘

巡洋戦艦「インヴィンシブル」
ttp://nagamochi.info/src/up97551.jpg

80名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:16:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────┐
│ そして────  ..│
└─────────┘


                    ,._ __ _
                    ,. -‐ ´   _,,.__ `> 、__
                 /       /ニニニ>--ァy、 `ー--、
                 /      ,.'´    \  ィyf、 ` 7´ ̄ヘ
                ,.'        /        `´ / | \/ \  ヘ
            /     /    /: /  /     ' '     \ ハ
              /     l     l: / : :/. /   ,./ ハ   ハ   ∨     ご、ごめんなさい
.             |      l     |/: : /: / // / ハ ', l |  l  i
          | |   |:   |: : /: // / / ,' l l リ |  l  |     来るのが遅くなってしまいました……
          | |   |:   |: /,.斗‐─‐' / / //、 __リ / /
          | |   |:   |/l/    // / / ' / /`/ /      やる夫さん、待ちました?
          | |   |   l l,ィfチ示iト、゙    ,ィ示トl// /|
          | l   ∧   | | 辷rzソ     /ヒrzソ/l /イ: |
.            ! リ   リ..:∧ l ∧xxx     、 xxx/..:l !: :l: :|
          l/   /: :l: ∧ l   ハ         /:i: :! V:l: :|
          /  /: : :l.: : :V   |、    ´  イ.: :l: :|  V.: :|
            /  /: : : ,': : : |    l  >-r‐<l.: :| : :l: :|  V: |
        /  /: : : /.: : : :|    |====l: : : :|.: :| : :| ∧  V|
.       /  /: : : /: ,: : _,,|    |     ゙ー- L._| : :|: :∧   |
..      /  /: : : /: //:::::!    !--‐ー   ー‐-  ̄ T:ーl   |
       /  /: : : /.:/:::::::::::ヽ   ヽ          |:::::|   リハ
.      /,'  /: : : /:/:::::::::::::::::::::::\  \         V::l  /\:\
     /,'  /: : : /.:i:::::::::::::::::::l::::::::::::>‐-`        ,  ∨/:::::::|:∧\
.    /  /: : : /.: :|:::::::::::::::::::!::::::/::::::::::::`≧:.、 ヽ /  /::::>.、:/: :∧ ヽ
   /  ' /: : : /: : :j:::::::::::::::::::|::::,'::::::::::::::::::::::::::::::\ i /:::::::::::::::::::\: :∧ ∧
.  /  l/: : : /: : : :l:::::::::::::::::::|::,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Yd::::::::::::::::::::::::::::ヽ ∧ ∧

81名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:17:03 ID:sDK7/h4Q

      ____
     /_ノ ' ヽ_\         いやあ、とんでもないですお
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\      やる夫も今来たところですお
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /      気にしなくてもいいですお



                    -‐ ´ ̄,.ィ ´> 、
                 ,.ィ´    /   __\ _
                /    /   /----- 、   ̄>、__
              /       /   / ──‐‐ァ' 7lト、 ヽ   ゙!
               /      /   /     /  / l ハ\\ |
                /      /   /     \ ,イ リ  lヽj  ,'
                ,'      /   / -/-/─ / ,  /` ̄  V /      そう、ですか……
            l       ,'   /  / / ./ / / /l、     l/
            l      ,'   ,'// // / / /リ \    |
            |     i    |f磷示ト、// / / /     j       よかった……
            |     |     l弋rzン'     ,ィfテト、 リ   |
.            ハ.    ∧   ∧ ""     込ン/ /  / .|
           /       ∧   ∧     , ""/,.イ  / /jリ
          ,.'        ,ハ    ∧         / ,' /'/∨
        /   /      |    l、  ´  イ l/.イ   |
       /     /   /  リ.    ,'‐t ‐<  リリ ,ハ    |
     /     ,.'    ./  V    /:::::|  /  // /     !
    /      /   / ___j     | ̄`゙< // />、,ァ ,ィ、
     |    ./    / _/\l     {    ` ー'_/::::///人\
    V  /     ,.斗'::::::::∧    ∧ー 、   '    //' / ,.ィ\\
     |/     /::::::::::::::::::::::>...、  ヽ     /\ ∠>' 人`<_ヽ
    /      /!:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ハ、_/:::::::::∧  r≦_ト.、>‐'7
.   /.      / |:::::::::::::::::::\::::::/:::∧ !:/::::::::::::::::::ハ x---、ヽ:\'7
  /        /  j::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
  !      /   V::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::!::::::::::::::::::/::: ハ::::::::::::::::::::::::::::〉

82名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:18:00 ID:sDK7/h4Q

       ____
     /_ノ   ヽ_\           レスリーたんの望むことならどんなことでもしますお
   /( >)  (<)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        やる夫はあなたにメロメロですお
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫は地元のパーティーで知り合ったレスリーという女性と親しくなっていた。   │
│ 彼女とは顔写真を送りあうほどの睦まじい仲になっていたのだ。            ....│
└───────────────────────────────────┘

83名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:19:00 ID:sDK7/h4Q

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
|   ……なあ、あいつ、                     ..|
|   国に残した新妻がいるんじゃなかったっけ?        |
ヽ_______  ________________/
            V                              _______
                                             /::::::::::::::::::::::::::>.、
       __ ,.、<´ ̄∨ ̄ヽ<ヽ、、                      /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /::::〃〃::::::::ヾ/::}:::!::::ヾ:ヽ\                 /:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\
     ,:′〃〃:::::::::/ヾメヘ:::/::::::イ::::}:::ヘ                  レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
     //:::::::::::::::i::::::::!    !/ !::/ j::/:::::::::ヘ                   //:;' .,、<¬ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
    /イ:::::::::::::::::ト、::::|_,ノ /ムj/ー/ハ::}::::::::ヾ、              //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
   釗i::: |:::i:::!ヘ√∨ヘ    ,/ /`リソノ::!::} ヽ              { {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l
    |::::|:::トリ_リ廾ヘミ    ゝ_/__/_/イ:::::/              リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::/::::::::}イj:::::::::l
    ヾリ::::ヘ ゝ-ャァ-    -ャォ-ゝイ:::/                  ,リ/∧ 釗¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
     { |::::! \     j       j:::!}                  i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l
      `|::::',              /!:::!                   l:::{:::::i;ヘ               /;;l:ノ:::::::::l
        !:::::ト、             / j::::!                l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!
        !:::::| ゝ   r ── 、  ,' リ:::|                 l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 `  ̄ ̄ ´ /;;j;;;;;l::::::::::::::l
      !::::|/:>、´  ̄ ̄ ` イ  j:::j             l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
    ___ノj:::|::::::::::レi> 、  イ;;;;l   !/              ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
      /;イ::::::::ノイ  ヾ;;;;;;;;;;;;i、 /             ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、
      /´/::::>ソノ ノ八     /   ヽ、、_        /´::::::::::::::::::::::ム  i! \ 〉 ヾ</ >ヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_
      ////ノ    ゝ  <    ヽ:::::::::::`ヽ      /:::::::::::::::::::::::::/     i!    7   ノ     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::>、
                                              ∧
                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 |   ……ああ、              ...|
                                 |   あたしもそう聞いたが……      |
                                 ヽ________________/

84名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:22:06 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ ……ともかく明治四十一年六月三十日、やる夫は英国海軍大学校造船科卒業の証書を受け、  ....│
│ 「第二級技術士」の資格を取得した。                                       │
│ 彼は卒業後はイギリスやフランスの造船所を視察するなどして、十二月十二日、           ...│
│ 日本郵船欧州航路の丹波丸で帰国の途についたのだ。                          .│
└──────────────────────────────────────────┘


                                  |. `|  |  l  l.  |
                          「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
                          |           ヽ_j  / //     |
                          |    卒業証書ヽ_ハ/′     │    これでやる夫も
                ___      |                    |
              /     \    |    平 賀 や る 夫      |    経歴に箔が付いたお
             /  \ /  \..  |     ・・・ ・・・ ・・・       |
           /   ⌒   ⌒   \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |    帰国したら早速
           |    (__人__)     |/|                    |
           \    ` ⌒´    /l|.| :::::::::::::::::::::::: |    戦艦の設計に
           ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |
             >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|    取り組むお
           ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     | 
          /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  .| 英国海大造船科 〃.  `ヾ    |
          /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l 英 ||..   |
        /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l 国 l|..   |
       ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ     |
      / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!               ̄´    |
      l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─────────────┘

85名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:23:02 ID:sDK7/h4Q

      /            /     !  !     さて、ここでやる夫が帰朝した前後の
        l           /         |  |
       l            ∠ ̄`    ―-、|  |    海軍をめぐる動静について説明するわ
      l        /しリ`ヽ    -_、 |   l
      |        ハ:ン     /しバYl|   ,'     説明したとおり「ドレッドノート」の登場で
      |   |     /          {:rン 〃 /
      ノ   l |    ,       l `  // /      在来艦は総て旧式化したわ
  、__ /  // !    l  、_         // /
   丶/  // |   |   \_ >   /:/ /       やる夫が留学する前に建造した戦艦・装甲巡洋艦計4隻も
   /   :///ヘ.   l\        /l: :/: /
  /    :/     ∧  :|  \_  ィ {  j/l: /         その例外ではなかったのよ
  l    :/       ハ :|-、 ト、: : : ヽ   |/
  、 : {  : /  \ヽj  V/_ノ: : ノ:  \           だから、いわゆる「弩級」を建造するための建艦競争に
   \ 人_: {: :   lーr--入:_:ノ}: :   }
    /   ‘\: : .  \ハ  o Vノ: :   ノ、          日本も否応なく巻き込まれていったの
  /        `` ー≠´ハ  ` ー--‐'   \

86名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:24:00 ID:sDK7/h4Q

          レく _ノ }-‐ >―- ′\
          |// T" /    /   ̄`ヽ
 : : : :/ : : : : : ! /l  l /       /  /       |
: : :/l : :r ---‐く: : l , -l :/  ,イ  /| :    /       せっかく一生懸命作ったのに
: :/  l : :l: : :|: : : : : :!/ ヘ /   / | /、| :l   /
ヽ{  \{\:ト、: : : :d  「 |  /  _∨  Vl:  /         もったいないね……
         Vノ'/|ゝ.  ハ |   l jティ/l: /
         / {/  }  ヘ.!   ` / / ´           しかも日露戦争が終ったばかりで
       ,、/{                 〉
     / \\    、   -、_ /              戦争をもうしなくてすむはずだったのに……
    /\  \\ / \_/´
   /    \  \ ス
  / , - 、  \  \}

87名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:25:00 ID:sDK7/h4Q

          /           } \         戦争は終ったけど、領土獲得のような目に見える
         /             ィ   ヽ
        /          /  |    ',       勝利の証しが手に入らなかったことが却って日本を
         ,         /   l     l
        ,'        /     l      |       軍拡へ駆り立てたのね
        l       /ー‐'     l    |
        |        /ドミ     ーl     |      こうして明治40年(1907年)、海軍は仮想敵国をアメリカとした
        l ri    /リ    ィ=ミl     /
       l リ     l`     {レリ`|   '       「帝国国防方針」が決定され、これに基づく海軍兵力の中核として
.        l       |        `¨  !  /
       l     |   __  '   , /   '        戦艦8隻・装甲巡洋艦(巡洋戦艦)8隻が必要と見積もられたわ
       /     |  ` ┘  /ノ|  /
    、_/     ハ  | 、__  イ ̄∨/         これがいわゆる「八八艦隊」よ
    `7      { ヽ.|   _{     〈
     /      \    ヽ     ヽ          しかしこの「八八艦隊」の整備にはとてつもないお金が必要で、
   rく^{     l下´   _,>     |
   l ∧ \    ヽ8 \  \       ノ ̄l        当時の日本ではとても実現できるものではなかったの
   /  l  ` ¬ァート ー--->  _/ l ∧

88名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:26:00 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────────┐
│ 八八艦隊の手始めとして、日露戦争前の第3海軍拡張計画艦を                   .│
│ 規模を大幅に拡大して建造する事となり、さらにその一番艦である「金剛」は            │
│ 技術導入のためにイギリスに発注することとなった。                          .│
│ この時、イギリス側と交渉に当たったのが、駐英大使館付武官の加藤寛治中佐であった。  ....│
└────────────────────────────────────────┘

                  ____
                /__.))ノヽ
                .|ミ.l _  ._ i.)
               (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
               .しi   r、_) |   
           ,--ーー  |  `ニニ' / ー-、_
          /   /i/ `'`ー―i´ | `ー、_             海軍の砲術はワシが育てた
         /    /  llヽ/ ̄/  |    l
        /  Y L  |,) ∧ノ↑  ,> ィ   |
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ

加藤寛治(1870年12月23日−1939年4月9日)
後の海軍大将。軍令部長。
いわゆる「艦隊派」であり、ロンドン条約による軍縮に反対。浜口雄幸首相に抵抗してこれが
統帥権干犯問題に発展する。条約批准後に軍令部長を辞任。

89名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:27:00 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────┐
│ 彼はやる夫の兄徳太郎と海兵同期で、主席で卒業した逸材であった。   │
│ (徳太郎は次席卒業)                               │
│ そして彼は砲術の権威と呼ばれるようになる。                .│
└───────────────────────────────┘


        ,ノ.7゙ ̄ ̄\
       /.,-┴‐-く/⌒.',
       |/     /  .|         平賀もなかなかええ腕しとるが、
     .   {''"、""'' ヽ./ヽ
       /゙゚ソ _゙゚´   l」 .i /         ワシにはまだまだ及ばんのう
       | 〈_,.-'ヽ ,  'ノ.}
       |(r==¬.)  |ァ'゙          ワシこそが海軍の砲術の権威や
       .\ ̄´ __/.|
         .`| ̄  /\

90名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:28:00 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────┐
│ 新巡洋戦艦の兵装は12インチ(30.5cm)砲8門と定められ、明治四十三年(1910年)六月に ....│
│ 発注先のヴィッカーズ社とアームストロング社に提示された。                   .│
│ ところがこれを知った加藤中佐は猛然と反発し、14インチ(35.6cm)砲を搭載するように  ......│
│ 強く進言したのだ。                                            .│
└───────────────────────────────────────┘

      ____
    /__.))ノヽ          なんやて?
    .|ミ.l _ノ 、_i.)
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ          次の巡洋戦艦は12インチ砲搭載にするやて?
   .しi   r、_) |  
     |  (ニニ' /            あかんあかん!! そないな豆鉄砲でこれからの戦が出来るかいな!!
    ノ `ー―i´  
 _, ‐'´  \  / `ー、_         乗せるんやったら14インチ砲や!! 
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl       これはぜったい譲れへんで!!
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、   ー / ー  〉
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ

91名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:29:00 ID:sDK7/h4Q

          ____     
        /__.))ノヽ         ……というわけでフィッシャーはん、このまんまやったらワシは
        .|ミ.l _  ._ i.)    
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ          どないにもならんのです
       .しi   r、_) |    
         |  `ニニ' /         すんまへんが少しばかり骨を折ってもろて
        ノ `ー―i´     
       /      `ヽ         36センチ試製砲の試験を日本と共同という形にしてもらわれへんやろか?
     /  | |   / |
    /   | |  / | |        そんでついでにそちらで試験済みの30センチ50口径砲と
    /   l | /  | |    
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ __    34センチ45口径砲の実射成績表を提供して欲しいんですわ
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}   
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ        虫のええ話やけど、一つよろしく頼みますわ
    `ー、、___/`"''−‐"

92名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:30:04 ID:sDK7/h4Q

               _ ,,,,,、、、、、,,
            ,r' ´       ``ヽ、
             リ´ ̄`ヾ          \
           /      ト、  ; :.:. :.::.:;:;::.:.!     (……確かに虫のよすぎる話だが、
              l     !ミ、;:;:;:;;::.:;:.:.:;:;:;;;;;l
              〉 ー==ヾ゙ミ、;:;:r 、;;;;;;;;;;;;;;;;|     我が国と日本の間には日英同盟とこれに基づいて結ばれた
           j `'ー゙-   ヾソヘ`i;;;;;;;;;;;::;,!
           /         リ ソ,イ;;;;;;;;;;::;j      海軍軍事協商がある
.          ゝ      ,′ 〈 イ;;;;;;;;;;;;;/.:
           `ト-、   ,'  / リイィイレ.:.:.:     だから日本に対する協力には決してやぶさかではない
.            }‐     , '′     .:.:.:
              (   , ィ´     / .:.:.:.     それにわが海軍の最高機密である主砲データの提供は
             了ミr、_,、.-‐'´  .: .:..::
        , ィ 77rイ7/7⌒     . . .:.:.:.:     日本を利することになるが、それと同時に
.      , ノ(/ // /i ハ L    _,.'"´  ;::
.    _/   ヾ   l/ Vノフ''"´      .:;     日本の金で大口径砲の製造を行って、その結果を
, 、、イ^     j  /  ij]      _/:::;:;:;
   ̄`¨`ー-j.:.:.:.:!ゝイ!  ハリ、   ,ィ´::::::;:;:;:;:;     わが海軍に取り入れるチャンスでもある
       !.:.:.:.:!⌒Y⌒ヽコ ィイレ'´:::::::;:;:;:;:;:;:;:;
..:. :.: .:. :::..:.:;/.:.:.:.:.', j/ _//::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;      これは要求を呑んでも支障あるまい……)
.: ;:::::;:;:;:;:;:;:j.:.:.:.:.:.:.:V_//´::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
::::::::::::::;:;:;:;;!:::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 加藤の申し入れを受けてフイッシャー提督は共同研究と射撃データの提供を快諾、こうして得た資料は     .│
│ 駐英造兵武官の武藤稲太郎造兵少監(造兵少佐)に託されてシベリア鉄道経由で日本に届けられた。    ..│
│ それを見ると14インチ砲の優位は動かすべくもなく、こうして「金剛」の主砲は14インチとされたのである。   .│
└──────────────────────────────────────────────┘

93名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:31:01 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 明治四十四年(1911年)一月十七日、巡洋戦艦「金剛」はイギリスのヴィッカーズ社で起工された。  │
│ そして日本でも金剛型巡洋戦艦の国産化(「比叡」「榛名」「霧島」)や14インチ砲装備の新型戦艦 ....│
│ 「扶桑」の建造計画が本格化した。                                        .│
│ 三月下旬にはこれら諸艦の予算も付いたのである。                           ......│
└──────────────────────────────────────────┘


                        ┼ .      ┼
                        │     .  |
                      ─┼‐    ─┼‐
                          iニi      .iニi
                     ||      ..||
       .             ̄i|「      ̄i|「
                      i゙||i    .  i゙||
                   r:i゙ii|| |.r=ュ r=,i゙ itニニI   ,,__
              __  . {ヨ||i゙ニ|| ii|ニ::|q|ニi゙llli-!-i「i゙二ニiァ━ ,,__
      __  .    ━tlニニi'゙i-!i゙ ニr===ッ--l ̄l ̄ ̄ ̄l :::;i゙二ニiァ━    ___,,,,..,
     ━tlニニi゙l ̄-lニl゙゙-lニl゙゙-lニl゙゙-lニl ゙゙̄ニ+゙゙lニ+゙゙lニ+゙゙lニ+- ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄マ) マ)  /
t| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄・・・・ ・ ・ ・ ・,,、、,|
⌒~~゙゙゙゙゙゙ '`'`⌒^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙~~⌒゙゙゙゙~~⌒~   ゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``''
IJN Kongo (新造完成時)

*常備排水量   27,500トン          .  *出力     64,000馬力
*全長.... .     214.5m             *速力     27.5kt
*幅..   .     28m               .*主兵装   35.6cm連装砲4基、15.2cm単装砲16基
*吃水. . . ..   8.4m               *装甲     水線203mm、甲板57mm
*主機. . . . .  蒸気タービン2基、4軸    *乗員     1,021名

ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h90000/h90513.jpg

94名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:32:04 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────────────┐
│ 艦船計画を取り仕切るのは、東京霞ヶ浦の海軍省に設けられた「海軍艦政本部」である。            ......│
│ その中で当時造船を担当したのは「第三部」と呼ばれる部門だった。                         ....│
│ ここでは部長の統率の元に計画主任が実務の中心となり、用兵側から示された大体要領を睨みながら      │
│ 砲熕、水雷、航海、電気、機関などの専門各部が提出する各種性能を然るべき船体に盛り込んでいくのだ。  ..│
└───────────────────────────────────────────────┘


                 .,/ i    ゙i,  ヽ, .i  .| .ノヽ   .!`'ヽ、
          ,ィ  _   ,/  |'"´´゙゙'ヾ   ゙i゙  ,y゙  j   j   λ
         ./ ゙i, i,゙ヽ_,/ , , :i,            .゙''ヽ、.ノ   / i,
        .,ィ i,  `゙ ̄ ./ ,イイ i, _,、-、、,_    r.、,,_    /  ./  |
       / ゙'-ミ、   / /.|彡>!ir'",v,、、y `゙'‐-、|  .`゙゙''‐-'   / ./゙!   俺が艦本第三部長の福田だ
      ,i゙       ,i゙.》.| /.ハ'vi.゙i,=,、;ニ;、,,,_   |       / / |
      \_   /'"゙゙i 》;u' ;<ノ^ノ// ./_,二ri、,|   |`゙゙'ヽ.、/ / /    日清・日露戦争で艦艇の整備に携わった
      ./´  / ,=i,,_ ´リ゙´.∠-'゙ ,、゙rニヾ´゙! ゙'y゙  | !`゙ヽ、/ /
      i  ,r ./ /゙゙''‐-=ii、/、;、_,.イ i,.'=;ノ=゙  ;|  .| .i゙ .i\,_ /     経験を生かして
      ゙i, i|  ;i ./゙"ニ;y、,!i,  ゙=i‐ .゙'_'二-―ッ;イ '、 ノ i゙ .i゙  ゙'!
       ゙'ヽ, ゙i,V, =i「゙i,.C゙!゙)   `゙ ゙´  r''ニ‐ ゙i, , V ./  , /      主力艦の国産化に取り組んでいく
         ゙iヽ-i;  ゙ー''''ヅ        .゙i, i,   ‐ ヽ V   |ノ
          ).,、ッ! ;'"´.、,‐ ,.、       i, ヽ   、ノ.,,>  .i、__
        ヽ‐'_,|.i゙ ;| .'   .ヽ        i、>.、、,__,、‐゙  .、,__,/
         .` | ! :;i,    、 -―.=    ヽ-,   i    ゙i,  .,、‐''"'フ'
           ゙┬、,i,     _       ノ-――--、、,i_ ,!/  ,/´
     ,i^゙;ミ;、_   |  .,\    ´      ,イ  ._,,,,,,,,,_  ./  /
     j  i, `''ー-i、, .i;、,、;i、       ,/./ ./:    .:`;ソ  /
     .j  .ヽ_    ゙>'´  i;\,  _,、r'゙/ ./  /::    ::::;/  /
    ./   ./ ゙''―;/゙ .,、‐! i;::::::iー'゙  ./ ./  /::     :/  ,/::::''
    ./   ./゙i,  .i /  i, i;::::;!   / ./  ./: :     ;/  ./'
   ./   /  |  _」/   ゙i ゙i;/_,,、、-‐'|,  :i::    ..:::,/   /      ,、

福田馬之助(1856年10月24日−1936年4月12日)最終階級 海軍予備役中将
艦政本部および海軍技術本部で部長を務める。

95名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:33:27 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────┐
│ 帰朝したやる夫はまずこの艦政本部第三部に勤務を命ぜられた。              .│
│ そしてさらに九月二十五日には東京帝国大学工科大学の講師を兼務することになる。   │
│ 十月一日には海軍造船少監(後の海軍造船少佐)に昇進して、戦艦扶桑の          │
│ 設計チームの一員として働くことになる。                               │
└──────────────────────────────────────┘

.         |
      ___|
     / ⌒ ⌒\       二足のわらじを履くことになるけど、
   / ( ●) (●)\
   |   ⌒(_人_)⌒ |      母校への恩返しだお、がんばるお!!
   \_  ヽ_ノ  _/ 
     / lヽ介/lヽ
.     | | ~ヾ/~ |.│
    | |  ゚|  | │____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  | │
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

96名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:34:12 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────────┐
│やる夫の私生活も充実することになる。                                  .│
│明治四十三年一月には長男謙一が生まれ、同年十二月には長女道が生まれるのである。   ..│
│両親を早くに亡くしたせいか、やる夫の子供に対する愛情はだらしないほど濃密であった。     │
└────────────────────────────────────────┘

                       ___
                     /―  ―\
                    / 〓   〓 \
                    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
        ____   \          /       息子のことは
       / ⌒  ⌒\  (  ~⌒γ⌒ )
     /  (⌒)  (⌒)  λ `ー'^ー'i        手のひらに載せたくなるくらい可愛いんだお
    /     (__人__) \ 〈      ノ
   .|        ` ⌒´   | j   厂 {
    \             _/ (_ 人_ヽ
    /             \  /⌒つ
    |                ヽ,/ /

97名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:35:00 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────────┐
│ 彼は勤務を終えて家に帰ると、子供を相好を崩して抱きかかえ、                 .....│
│ 子供の頃母から聞いた故郷広島のわらべ歌を聞き覚えのままに歌って聞かせたのである。   .│
└────────────────────────────────────────┘

            ___
      __  / ⌒  ⌒\            ♪一びの木     二びの木
    /― ―/ (⌒)  (⌒)\
   / (● /   ///(__人__)///\           三で桜の     四びの木
  (   (_ |   u.   `Y⌒y'´    |
   \    \       ゙ー ′  ,/           五葉松の     椋の木
     (_つ ⌒ヽ   ー‐    ィヽ
       \/             ヽ          七つぅ梨の木   八つぅ柳の木
       /  |         |  |
       |   |         |  |          九つ小梅ノ木   十でとって   歳の木♪
       丶  |         | 丿

98名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:36:00 ID:sDK7/h4Q

  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´             ……あなた、男の人は子供を
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」              そう軽々しくあやすものではないですわ
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |              一家の主人は家に帰ったらドシンと
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、            構えていればいいんですの
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j



      ___
    /     \            カズは生真面目すぎるんだお
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \         男だって家に帰ったらくつろぎたいお
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /         それにやる夫は子供が可愛くて仕方がないんだお

99名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:37:01 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の妻カズは歌人下田歌子※の創設した私立実践女学校(現在の実践女子学園)の出身であり、  ..│
│ 下田歌子に心酔していた。                                                .│
│ そのためかいささか生真面目すぎるきらいがあり、やる夫にとってやや肩のはる場面が多かった。      │
│ とはいえしばしば駄句を捻る事を除けば、やる夫にとっては家の台所を守るよき妻だったのである。   ......│
└─────────────────────────────────────────────┘


           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉      「岩かねの難き力を頼むかな
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .| 
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |         また二葉なる松の生さき」
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |      ……やっぱり下田歌子先生の句は
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |      最高だわぁ
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !     私もこんな句を作らなくっちゃね
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !

※下田歌子(1854 -1936):出生名 平尾 鉐(せき)。
明治から大正にかけて活躍した教育家・歌人であり、女子教育の先覚者。
学習院女学部長や実践女学校理事を務める。
なお、上記の和歌は「下田歌子電子図書館」より抜粋しました。
http://www.jissen.ac.jp/library/shimoda/index.htm

100名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:38:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ しかし翌年には、妻の母が急死した。                                     ..│
│ 西南戦争では西郷隆盛を支持して、その最中に馬に乗って弾雨をくぐったり、文明開化となれば   │
│ 早々に英語を習ったりする妻とはまるで逆の闊達な女性であった。                     │
│ 既に妻の父はやる夫の留学中に死去しており、これで夫婦共々親のない身となったのである。  .....│
└──────────────────────────────────────────┘


. /    .' .′   i    |          ji: : : : :
/    / 〃.ハ   :! i   j       j!|: : : : :
    / ' ' j !  :l ' .//l:!   i l    :i:l:!|: : : : :       ……これでカズも
.   / / j/! jl   l/ ′jl|  }:l!  :! ,川:!: : : : :
  / /  / l! ll  /、./ /ハ ./ ll i | i! j|: : : : :
. / /  /  ! ll ./i ./≧x j! / ,リ/1l!∨l!: : : : :       二親を亡くしてしまったですわ……
/ /  /  / j/ ,l/ j/ /≧=メ、 / lリ i!: : : : :
       / /  ィfrt==xミ、 ヾ :!! l|: : : : :
             辷zxr‐_j`ヾ  リ j|: : : : :
\\\\\\\\  ⊂二 つ  .′ i|: : : : :
\\\\\\\\\\\ ◯/  .l|: : : :f´
    _____          o.':|   l|: :/
   f      }         /: l   リ¨
   ゝ------ ´         /´ ′  j!
                 ノ: ゚l!   l!
               .z ´    l!   l!
x、       ,.ャ≦:∠_     l!  ,リ
>ミ:≧ニニ≦彡"¨: : : :`>x /   /
: : : : ;仍赤心 : : : : : :: : : : : : /   />.

101名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:39:00 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────┐
│ 訃報は続く。                                              .│
│ 明治四十五年の初夏には、やる夫の次姉である満寿子が鬼籍に入ったのである。   │
│ 訃報に接したやる夫は人目もはばからず涙を流した。                    .│
└─────────────────────────────────────┘


         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:      姉ちゃんには旦那さん共々学生時代に
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j       物心両面で援助してもらったお
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜
       i::: |::::      |::|:        これからそれを返さないといけなかったのに、
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:         あまりにも早すぎるお……
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

102名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:41:03 ID:sDK7/h4Q

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 姉の死から間もなく、明治四十五年(1912年)七月二十日には明治天皇が崩御された。       .│
│ 日本国内のみならず、各国の新聞はいっせいに明治天皇の死を悼み、偉大な業績を称えた。   .│
│ こうして時代は大きく移り変わったのである。                               ...│
└─────────────────────────────────────────┘


                 _______
                (⊂ 二二二二⊃)
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   _,,,...---.、,,...__
                 ,,.-''";;;;;;;;;;;;;ミ;;;;;;;;;;;;"'''ヽ
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                  i;;;;;;;;;;;;;;,,,.-''''" `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ヽ;;;;;;;;;ノ      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                i;;-'         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
               '|゙"'=..,, ,,.=;;;;"ノ  ヽ;;;;;;;..-、;;;i
                |=・=i ヽ-=・=-  i;;l,,.-、i
                    |   ,ノ  、        | -''.ノ
                  | ( __ _ ,)      l,,...ノ
                 | ,,.-'' ゙-,,      ノ T
                  ヽ"-─--`     /  |
                    _ヽ-iiiiiiiiii    ノ_,,.-''iヽ
   ,,,..---------、,,.-'''''''"ヽヽ;;;;;;;;;; ...-'' ̄_,,.'"/ニ"''-..,,,
   [==========il-''';;;;;;;_---ヽ ヽ--''" /-'''";;;;;;;;;; ̄"''、ヽ

103名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:42:01 ID:sDK7/h4Q

        ____
     /     \            ……陛下の崩御は一つの大きな時代の終わりだお
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \         しかし、例えこれから時代がどう移り変わろうと
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|       陛下の時代に始められた八八艦隊は必ずやる夫たちの手で
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |       完成させないといけないんだお……。

104名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:43:03 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 年号が大正と改まった八月五日、やる夫は艦政本部から横須賀工廠に移り、製図工場長を命じられる。    .│
│ これに伴い東京帝国大学工科大学の講師は免ぜられることとなった。                        .│
│ 横須賀工廠では巡洋戦艦「比叡」が建造され、既にその工程の半ばにまで達していた。              │
└──────────────────────────────────────────────┘


        / ̄ ̄ ̄\                   やる夫の仕事は図面の引きなおしだお
        /        \
     /  ─   ─   ヽ                 英国から送られてきた「金剛」の工事用図面を
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/                 日本流に書き直すんだお
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ        現場には腕っこきの工員が配備されているお
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \             だから完璧にコピーできるはずなんだお
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

105名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:44:05 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────┐
│ 十月初旬にはやる夫に次女順子が生まれる。                        │
│ 十一月下旬には「比叡」が進水し、そして十二月一日にはやる夫は海軍造船中監  .│
│ (後の海軍造船中佐)に昇進したのだ。                            .│
└────────────────────────────────────┘

      フ: : : : :r=¬ ̄` 丶. ヽ: : : : : : : \     /        ∨
    /: : : /レ′       ヽ 〉: : : : : : : : :>、_/ハ       /
    /: : : l:/        ィ=  ∨: : -―― /     / |       /
    l: : :l/    ィ=     , -‐、l/       /    /       /
   ノ: : :{    , -‐     fィソ ヽ r一¬-‐z===-‐ 、    /
   イ: : :丶、  / fィ:ハ    ' ,.-ァ'´` ¬'/ __,    \ /
    レj: : ;ニト   ゞ'´     V:::/    (__//  _,    \
      レV へ   "    人::{,-、_     / /           ヽ _
     人_ 、      // / /―‐( _/ . -― '       ヽ  \
      r=彡'´ ̄`冖'´ ̄ーl   し'7  ゝr'´  __        \ _
      {/V´ ̄` <._  /ヘ   /   `寸´ー―ヽ\        l \
      { / -― 、__)/   ` テ´ ー    |     ー\     ,'
    / ̄/         ̄ ̄ ̄)     /        l\    /
    /   {    `  ー―===´¬=、 ̄       |      |l\ /
    /  人           -―‐く       /         !ー'

106名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:45:01 ID:sDK7/h4Q

       /             /l  ヽ
       ,         /  .   l       ……明治天皇の崩御は、単に一人の帝王が死んだという
        l       /     ヽ  l
        |      /-―  , -‐ヘ  !      話には留まらなかったの
       .       /7テf  / イテf|! |
       ', 1:   / ゞ'      ゞ'リ '      年号が大正に移り変わり、世間の雰囲気も少しずつ変わっていったわ
        l |:l:l |       '   / /
     、_ノ 从| |    -‐   イ /       これまで明治天皇を頂点とした官権によって動かされてきた国の政治を、
     \ / :八 | > . _/: { l/
        /:/   {ヽ!   /:l: : : \        民衆中心・議会中心に切り替えていこうとする動きが現れたの
       /:/ / l {      {`j: :j: :   ヽ
   , <´ { {  トゝー 、 -/イ}: : } 人      これがいわゆる「大正デモクラシー」ね

107名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:46:04 ID:sDK7/h4Q

   /       r=┴ァ'´   ‐-/    \   /⌒\へ、
   {  /     { ニ /‐ / ̄  /⌒\ _  \ _ム       l
    `{ rー/  _厂7ヽ/    /      \ ニlニ }       しイ     「大正デモクラシー」……
     `  レ'´  /l /   l  ,|      r 、  ヽ|ー'      r-'
             / V   /| / l   卜、\ヽ nト  _ l|  丿      聞いた事はある、あるんだけど
          {フ  l | /`l/ー\l |  \ヽ.\| \   }ノレ'
            lヽt l、__   ヽ|` ー/ ̄` V {フ           それがなんだったかは
            ゝ \|  ̄    ` ={_   /
                `i     '   /`7   /!             思い出せないんだよね……
            _   \ /⌒ヽ / {{_ノ└i
          , '´ {`Tー' ヽ二 ィ´    \ ー \
        /    ヽl -、     |ーrャー 、 ヽ.    \
       /       \    - //   ` ∨    \

108名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:47:00 ID:sDK7/h4Q

    /: : : : : : : : : :/  l: : : : : : l: l
   ハ、: : : : : : :/    ヽ: : : : : |: |          学校の歴史の時間に習ったでしょ、ラブ……
    l丶二ニ=:/    、__ ヽ: : : :|: |
    |: : : : : : :/-‐'   _,  ` l: : : |: |          まあ、大正時代のより民主主義を推し進めようとする
   l: : : : : : ; -    、__, ! : : |:/
   ヽ:l: : : : |_,ノ    ` ̄ | : :〃  _         風潮や思想のことよ
     l: : : : | ̄   }   ' 'j : /  // \
     |: :l: : | ' '  ァ ⌒) /j / r―-、  \     ともかくこの動きとともに、これまで国力不相応に進められてきた
     |:ノ|: : |> .._`=' /:/'{ / ̄ヽ \ /゙}
    、__,人: :!:::::{┴、二, ┴{::::r'´ ̄ ̄`  \{    軍拡に対する批難も高まっていったの
    `フ: :ヾ!:::::\ V  ノ::::{´ ̄ ̄`    |

109名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:48:01 ID:sDK7/h4Q

┌───────────────────────────────────────────┐
│ この結果、海軍が進めようとした八八艦隊の第二着である扶桑型戦艦一隻(「山城」)、        .....│
│ 改扶桑型戦艦二隻(「伊勢」、「日向」)の計画が一時期宙に浮いてしまったのだ。              │
│ 時の内閣総理大臣は山本権兵衛であったが、大正二年三月にようやく議会の承認を取り付けた。 ......│
│ しかしそれも、わずか五票差での可決というきわどい決着であったのだ。                 ...│
└───────────────────────────────────────────┘


    _,,,,,-''      ,,i|l,,lii||  ,il,  |i、  |ili,,,,jl |
   <        ,;ililili|||i| ,ililiilj、 j|illi 、ノililililil |
    \      /ililililil|||ililililililililiilililililililililililil |    すべて我々のシナリオ通りだ
     / ,,il ,i| ,ノ;;i|i,ilili/||il|l|ililililililililililililililiililill |
     /llili||/ソ"/" ||i/ ||  |ilililil|i,、lilililililililililiil |
      lilil|  '   |''  |   |iili||: |ililiilililililiillil |
       ノ"|           |i'::::::::|/ilililililililllili |   何も問題ない
       |     , ,,      ::::::::::::|l||ilililiilililil i
      _j  l |´"        :::::::::::::::|ilililililililil ゛,
     (   ` 、〈_____      :::::::::::::::|ilililililililililil ゛ 、
      ヽ、__ノ、__, ´ ̄'''''=、ー,,,,_:::::::::::::::|ilililililil|,-― 、 ` ー--,,,,,,,,,,,,___,,,,-
      |   / .ヽ      )_;;;; -======/ ,-‐ 、 |ililililil||::........
       | / .::::::::`ー--''"'''''':"::::::::::::::::|ilililili| く⌒)  |ilililil|:i|:i|:i|:i|:i||lli:
      V ::::::::::::::.    .::::::::::::::::::::::::||ilililii| l (  /;lll||||||||||||||||||||||:
      く  ´、:::::::::::.   .::::::::::::::::::::::::::||ilililil| / / /lll|||||||||||||||||||||||||:
       `ー"__::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::|ilililili||  l /l,ililil:|lll|||||||||||||||||||:
        | ====_、:::::::::::::::::::::::::::::ノilililil||「'''''''"/;; tlllll|||||||||||||:|||||:|||:
         |  -:::::::::::::::::::::::::::::,,,yミilililili|i|il_ | /,tlllll||||||||||||||:||||:||:
         レイ州il、;;;;;_;;;、;;、;_;jYillilililililililililiミ/ ,t|lllllll||||||||||||||:||:
        ノili|l||||l|lil|ilililililililililililililili;llil;ililjヲ::::::,t||||||||||||||||||||||::
       ノミjj||l|ljl7j|'i|i|i|i|i|ミミ"jlili'''"::::::::::::::;_;t|||||||||||||||||||||||:
           _  \  \:::::゛、::::;;;;;;;;;;,,ノ|:|||||||||||||||||||||||||:
          ...:|゛、  ヽ  ヽ::::::\:::::ー-=|:||||||||||||||||||||||||:
         |.::::::|  ヽ .::|..::::::|:::ヽ::::|::::ー-=|:|||||||||||||||||||||||:

110名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:49:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ こうして戦艦「山城」の建造訓令が横須賀工廠に下りた。                          │
│ 艦本第三部で「扶桑」の基本計画に参加したやる夫にとっては、同型艦である「山城」の建造は    .│
│ 勝手知ったるものと言ってもよかったであろう。                                 │
│ やる夫製図工場長の指示の元に、製造工場では第三部で作られた基本図面を元に          │
│ 各部の構造図を次々と整えていったのである。                               ...│
└──────────────────────────────────────────┘

        ノ L____
       ⌒ \ / \                  英国人に負けたらだめだお!!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \               イギリスで設計された「金剛」よりも
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !              もっと詳細な図面を整えて
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi              「金剛」以上の高性能な戦艦を作るんだお!!
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/18/Japanese_battleship_Yamashiro.jpg

111名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:50:00 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────────┐
│大正二年(1913年)六月上旬にはやる夫は造船工場長の兼務を命ぜられ、製図工場長とあわせて      ......│
│軍艦建造を総合的に鳥瞰する機会を得た。                                        ..│
│この機会にやる夫は岸壁で艤装中だった巡洋戦艦「比叡」を重点的に精査している。               ...│
│やがて十一月五日には、原型艦の「金剛」がイギリスから横須賀軍港に回着し、姉妹艦の対面となった。     .│
└──────────────────────────────────────────────┘


                     ┼ .      ┼              ┼ .      ┼
                     │     .  |.               │     .  |
                   ─┼‐    ─┼‐            ─┼‐    ─┼‐
                     iニi      .iニi                iニi      .iニi
                     ||      ..||            ||      ..||
       .             ̄i|「      ̄i|「           ̄i|「      ̄i|「
                     i゙||i    .  i゙||             i゙||i    .  i゙||
                   r:i゙ii|| |.r=ュ r=,i゙ itニニI   ,,__    r:i゙ii|| |.r=ュ r=,i゙ itニニI   ,,__
              __  . {ヨ||i゙ニ|| ii|ニ::|q|ニi゙llli-!-i「i゙二ニiァ━ ,,__ヨ||i゙ニ|| ii|ニ::|q|ニi゙llli-!-i「i゙二ニiァ━ ,,__
      __  .    ━tlニニi'゙i-!i゙ ニr===ッ--l ̄l ̄ ̄ ̄l :::;i゙二ニiァ━    ___,,,,.., ̄l :::;i゙二ニiァ━    ___,,,,..,
     ━tlニニi゙l ̄-lニl゙゙-lニl゙゙-lニl゙゙-lニl ゙゙̄ニ+゙゙lニ+゙゙lニ+゙゙lニ+- ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄マ) マ)  /lニ+゙゙lニ+- ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄マ) マ)  /
t| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄・・・・ ・ ・ ・ ・,,、、,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄・・・・ ・ ・ ・ ・,,、、,|
⌒~~゙゙゙゙゙゙ '`'`⌒^`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``'''゙゙゙゙゙゙゙゙~~⌒゙゙゙゙~~⌒~   ゙゙゙゙゙゙゙゙゙~~`'''``''゙゙゙゙゙゙~~⌒゙゙゙゙~~⌒~   ゙゙゙゙゙゙゙゙

112名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:51:33 ID:sDK7/h4Q

       / ̄ ̄ ̄ \           イギリスで建造した「金剛」と、本邦で建造した「比叡」、
      /  ::\:::::/::::\
    /   ( ●)::::( ●) \        どう見比べても寸分違わぬものだお
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /        間違いなくこれは我が国の製造技術が
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)         英国に追いついた証拠だお!!
         ヽー―'^ー-'
          〉    │

113名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:53:25 ID:sDK7/h4Q

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 「金剛」の回着から二週間後には「山城」の建造が始まった。                      ......│
│ 平賀は図面の作成の仕事に加えて、自ら現場に赴いて「山城」の製造工程をチェックし、       │
│ 机上プランと現実の相違に目を配って艦船計画で注意すべき要点を一つづつ会得していった。  ....│
└──────────────────────────────────────────┘

           *  ______
    / ̄|  +   /        ヽ   +   これで設計のコツが掴めたお!!
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . |          ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ            . |
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |                :                   |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |                :                   |
             |                         ,| ────────‐ :. ────────‐ |

114名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:54:18 ID:sDK7/h4Q

┌────────────────────────────────────┐
│ こうして基本計画/現場設計/建造工事の各工程を一貫して経験したやる夫は、 ....│
│ 将来の艦船計画を担う若手のホープとして注目を集めていったのである。       │
└────────────────────────────────────┘


       何枚書いても書類が無くならないお……。

   メラ /  ̄ ̄ ̄\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    /    \,, ,/\     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    / u:::(●)  (●)ヽ  ________
.   |   ⌒(__人__)⌒| .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.     \ u   ``ー' ,/  | |..  タイプライター   |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /⌒)    ー‐  ⌒ヽ. | |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.  / _/         |ヽ   | |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
  ('__ ̄'⌒イ^イ^)´),Y´Y^|_|_______|
__l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _,| |  |



           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ         山城タンのおっぱいは
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \           BカップじゃなくCカップと……
    \ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
     (,,)           (,,)
      .|            | 
      .|__________」

115名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:55:03 ID:sDK7/h4Q

            /                 \
           /                    ヽ              ……さて、ここまでやる夫の青年時代を
      r―- 、/       -――――――‐l ______
      ヽ.   |/    -―――      ̄    _  -‐ フ    駆け足で紹介してきましたが、
       |   |_/           __,. -‐ T       /
    _  -{__/      _, -‐    ィ≦ |: : : :|     .  ´      今回のストーリはここまでとして、
‐  ´         _,/: : :!ィ≦       ヒtソ !: : : ; -‐  ´
      _  -‐  T: : r、: : |ヒtソ         |: : :/             次回は超弩級戦艦「長門」の建造に
 ̄ ̄` ァー―┬―V´| |/ ) / )   丶   /!: :/
      /     〃  ハ 〈 { 〈:l/ /   r_ 7  /::l: /              携わるやる夫を描きたいと思います。
    /    //  | ∧ヽ { {>、      /: :j/{
   /     //   |  ∧    \`>-イ: l: : : : :\             もし興味がおありでしたら
  /      //    |/ : : \   ヽ  V:j: : : : : : :l
 ,'      //   _{: :/: : :!: :{\   }  ソ: : / : : :⊥_           次回もよろしくお付き合いください。
.〈     //  / ゝt: : :卜、: :/   ! -=彡イ: : : ノ__ノ`ヽ
 \   // /     \: \ /   | -―/: : :/`¨) ・,゚:)         本日は、本当にありがとうございました。

116名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:56:00 ID:sDK7/h4Q

                     /⌒l
                 . -、/⌒ヽヘ /⌒'  し1
       l⌒\  _,/  l     寸   〈
     l⌒`  [三l/   ,{    ト、  v_ノレノ               それじゃあ、次回もよろしく!!
     _j     レハl  l/-\  {-\ |
    /    _/ /l|l  llィ代f \l;=、ll /            / }
    V{  /´ / tト、{ ヒソ  '  イ        _ / /         まったね〜〜〜〜〜
      ゝ{   ,  ゝニ、  「ヽ|  /        / )/^l
         {フ    }ゝ ._ ー' /         l } !  1
           __/ l\_[ _ _        〉 `ァ′
         /´ヘ  | l   へ.l \ \    r〈   /
        _/ /ハ└z\/`Y^ヽ/ \l     ,'ヽ二ユ
        l /   l/    \l::::::l\1 ll   /   /
       /     }\_  \::l  |! |\ /   /
        /    /    \_ \ / / ー/   /
        /  l / \       \l ∧      /



第1話  デザイナーの星 終わり

第2話  戦艦長門建造 へ続きます

117名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:56:38 ID:sDK7/h4Q
やる夫が軍艦総長になるようです  登場人物


◎第一話「デザイナーの星」


平賀やる夫            海軍造船中監:やる夫(AA)


平賀(原)カズ              やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


平賀百左衛門            やる夫の父:米田一基(サクラ大戦)
平賀ツル              やる夫の母:高村椿(サクラ大戦)
平賀徳太郎              やる夫の兄:大神一郎(サクラ大戦)
平賀謙一                やる夫の長男:やる太(AA)

やる夫の上司           ヤルカイザー(AA)
原 正幹                 やる夫の大学の同級生:原辰則(実在人物)


加藤寛治                駐英大使館付武官:星野仙一(実在人物)


山本権兵衛              海軍大臣:碇ゲンドウ(新世紀エヴァンゲリオン)
ジョン・フィッシャー         英国第一海軍卿:カール・グスタフ・ケンプ(銀河英雄伝説)
福田馬之助              艦政本部第三部長:射手座のアイオロス(聖闘士星矢)
明治天皇                明治天皇(実在人物)

バウデン夫人              やる夫の下宿先の女主人:バラライカ(Black Lagoon)
アニー                    バウデン夫人の娘:レヴィ(Black Lagoon)
ヘレン                   バウデン夫人の娘:エダ(Black Lagoon)
レスリー                   やる夫のガールフレンド:久寿川ささら(Toheart2)

118名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/05(木) 22:58:20 ID:sDK7/h4Q
本日の投下は以上です。

非常に拙い作品で、案の定ボロが出てしまいましたが、もしよろしければ
今後もお付き合いください。
なお投下は月に二回程度になります。間隔が空きますがご承知ください。

ではお疲れ様でした。

119名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 23:02:18 ID:sr1ZXBZU
乙ー
八八艦隊はなあ……

120名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 23:04:08 ID:ou60OGFc
乙っした〜

121名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 23:04:51 ID:7TeYtON6
乙でした

122名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 23:05:29 ID:KRBDu.bE

もう少し先になるだろうけど巡洋艦兵装における大バトルが楽しみだ

123名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 23:08:40 ID:ZZCE2HlI
乙です
次も楽しみ

124名無しのやる夫だお:2012/01/05(木) 23:48:52 ID:fa9..P5w
乙っしやしたー

>>63
いや、ケースメイトは砲郭と言う意味で舷側の砲門から備砲を飛び出させるやり方を廃止した。
だから甲板の上や主砲塔の上に対水雷艇砲を配置せざるを得ないんだが…

125名無しのやる夫だお:2012/01/08(日) 21:56:28 ID:ReL.0UCY
平賀譲が伏見宮にとりいってその威光をかさにきて、艦政本部で好き放題やっていた事にも触れるのかな?

126名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 14:31:55 ID:6d/nj02c
乙‼
不譲の男か
…やらない夫?

127名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 14:58:22 ID:2dApdZ32
やらない夫は、腹心のあの人役か、天敵のあの人役だろうなw

128名無しのやる夫だお:2012/01/09(月) 21:23:16 ID:9IfkBv3Q
栄光なき天才たちでは欧州視察以後からしかなかったので楽しみ

129名無しのやる夫だお:2012/01/10(火) 23:11:02 ID:N0ZkzOoE
東大工学部のロビーに平賀総長の重巡「妙高」の設計図が展示されてるぜ

130名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/16(月) 00:00:03 ID:.Vnb0CrE
こんばんわです。

「やる夫が軍艦総長になるようです。」第一話お楽しみいただけましたでしょうか。
本作は早くもいくつものまとめサイトでまとめていただいたうえ多くの反響をいただき
本当にやる夫作者冥利に尽きます。

さて、本作は予告した通りゆっくりとしたペースで投下するつもりですが、
第二話の投下は1月18日(水)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

131名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 00:41:21 ID:/6KUPYNE
予告キタ!
期待してます!!

132名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 02:13:30 ID:oMWSwUhA

自分も「栄光無き」のイメージが強いからありがたい
ww2物が増えてうれしい

133名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 17:35:06 ID:AAzlplFw
いくらイギリスと日本が友好関係だったとはいえ、当時最新鋭だったドレッドノートの建造を見学させたり、イギリス本国ですら持っていない強力な金剛級を販売したりと、かなり太っ腹だな。
当時の戦艦の重要性を考えると、現代に例えればアメリカが自国での配備を遅らせてまで、機密のかたまりであるF22を優先的に日本に販売&ライセンス生産を許可してくれるようなものじゃね?

134名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 19:17:59 ID:dSOXT1nc
>イギリス本国ですら持っていない強力な金剛級を販売したりと、かなり太っ腹だな。

太っ腹であることは事実だけど、あまりに新技術を使いすぎてて怖くて自国では建造できないものを実験として作成した側面もある。

135名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 20:48:10 ID:XUnJMUwA
それを語るには「やる夫がフィッシャー提督になるようです」が必要になるレベル

136名無しのやる夫だお:2012/01/16(月) 22:05:33 ID:iUaJaFf.
最新技術をつぎ込んだ軍艦をイギリスと敵対しない途上国に輸出して実戦でどう機能するかを観察するのはイギリス海軍の
基本方針だった。日露戦争までの日本は特に上客

137名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 20:52:18 ID:ZTk7bxfg
こんばんわです。

予定通り21:00より投下開始します。

138名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:00:02 ID:ZTk7bxfg

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)



本作を読むに当たっての注意事項

※基本は原作準拠ですが、文責は一切本作者にあります。
※テキストメイン、ギャグなし。
※遠藤昭禁止。平賀譲および福井静夫に対する個人的な中傷は厳に慎んで下さい。
※過剰な連投や他者に討論を吹っかけるようなことは止めましょう。
※作中に登場する艦艇に関しての欠陥に対する過剰な批判、無駄に膨らませた妄想、俺戦艦等々に類する
質問や主張に対しては作者は答えません。

139名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:01:00 ID:ZTk7bxfg

                   /              \
                / /           ィ     l     皆さん、こんにちわ!!
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l     私は本作のナビゲーターを担当する
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l     東せつなです!!
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /      精一杯がんばりますので
   / //     . :/: : :{:r㌧、 ヽ >  /: /
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /         よろしくお願いします!!
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ 
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\

140名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:02:00 ID:ZTk7bxfg

       r=彡    {三三7_ 〈:.   `   ―-、 }三三二]. .              /
       {´     :└=ァ'´   〈     \  \辷三广: :            /
       ゝ.     : : :/   l :|ハ 、   ト、|    \\{: : : .       .   {
        \  . : : : |    /ヘjミ∨\ |ート  |   \\: : : : : : : : : . . : : .ヽ\    同じくナビゲーターの
          } : : : : : V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、Vト-ヽlヽ: : : : : : : : : : : :l: .|ー`
          _,ノ /: : : : :∧:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|   ` | ⌒\: :ト、: : :}:|     桃園ラブです!!
         ̄ 〈: : :{: : :l|∧|     '   Vソ ノ r‐|/    ○   }ノ  } : レ′
           )'^}:ノ○ :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ′      |j       j/       みんな、この作品を見て
                  |j   ゝ、 ∨ /   /,--:r 、ァ
               _/´ /)ー'  //:::::::::ヽ.\                   幸せゲットするんだよ!!
              〈〈    / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
         _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
    _,. -‐='- ,>ァ--―'  礀  /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
 /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
/           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
        -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |

141名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:02:30 ID:ZTk7bxfg

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

142名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:03:00 ID:ZTk7bxfg

       /               .ィ'   l       ……さて、今回は前回予告の通り
      /             . -‐  ´ |    l
     ,           /        |   l      戦艦「長門」建造に携わるやる夫を描くのだけれど、
     |            ∠`ヽ         |    |
     |   l :|    /{りハ     __ |   ,'      その前に少し当時の海軍を巡る騒動を説明するわ
     |   | :|    /`¬′  / ィァャ、|  /
     |   | :|    /        ,  {りノ V:: /       いわゆる「八八艦隊」は大正になるまでに
     |   | :|  :/      丶   /: : /
      j :! ノイ|  :/    __      /: : /        戦艦四隻、巡洋戦艦四隻が予算取得にこぎつけたわ
    /: :/  ハ :/ 、    -`    イ: : /
 ト- : : : /    :ハ|  \      ィ  l: :/         しかし、その頃には既に14インチ砲搭載艦が諸国で
 ` ー:/   :/      \_  イ | j:/
    /     {      /: :  j  \/           建造予定となっていたわ
   {: . {   \    {: : : .       \
                                 だから建造した艦が既に旧式となる恐れもあったの

143名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:04:00 ID:ZTk7bxfg

ノ{: :/ l: :/: : : l: :/ハ: :l: : : : | \: : : : : : : : : : : |: :/: ハ l: : : :
  V  V: : : :/V_`ヽ∨: : : : | ー-\: : : l: : : : : :|: : : ハ:l ` ー     え?
    ∧: : : 'Yィfハ`ヾ\ : : |ヶ=ミz._\: !: : : : : |: : :/ |
    ○ ヽ: :|{l:ヒl::}    \l ィfハ `Yー |: : : ://-、/ |        だって八八艦隊の計画案って
   /l   トt弋:ツ      l::ヒl:::}  }}ニ; : : //⌒/  ○
   |/   ヽ|    ノ     弋:ツ  ノ /: :/イ /  /l         明治四十年(1907年)に建てられたんだったよね?
          .             //ー' /   |/
        ヽ   ,、__         /{ ̄               大正時代になるまで五年ほどしか経ってないのに
       , -―ト、  ニ ┘     /  ヽ. _
     /    |  \   _  イ       `フ¬マへ、       もう旧式になってしまったの?
    /     l l  |  ̄ `ヽ           / /    \
    /  l   vハ.  | 丶           / / /    ヽ

144名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:05:00 ID:ZTk7bxfg

-‐  ´            /   ノノ\: : : : : : : : : : :       ええそうよ
              // , ィf〒テ ハ : : : : : : : : :
            /  //弋ヒン/ l : : : : : : : : |       大正二年(1913年)までに諸国で竣工した弩級艦は
         .   ´  、./   ー一'   l: : : : : : : : :|
        イ≧:x._   ´            l: : : : : : : : :l       *英国 戦艦18隻  巡洋戦艦6隻
   .  ´: : | 弋rソ`             |: : : : : : : :/       *米国 戦艦8隻
ィ:´: : : : : :|¬'´              |: : : : :/: / :       *独国 戦艦13隻  巡洋戦艦4隻   などよ
 l: : : : : : : |\     }〉          | : : : /!:/ : :
 ヽ: : : : |: :l: : :\     _, -‐¬    /|: : : /:j/: : :       そしてイギリスはこのうち13.5インチ(34.3cm)砲を
   \ : l: :l: : : : :ゝ     `二´   / /: : :/l : : : : :
     V\: : : : : : :|> 、     /  /: : ://: : : : : :      搭載した「超弩級艦」※を八隻竣工していて、さらに

                                    15インチ(38.1cm)砲搭載の戦艦も計画されていたの


※最初に13.5インチ砲を搭載したのは1912年竣工の英国オライオン級。これを以て"Super Dreadnoughts"
(超弩級艦)の時代が始まったと見なされる。

145名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:06:00 ID:ZTk7bxfg

      ヘ.   / / |       \ l    --、
     /  Yニl/   ハ   ト、      マ T´     |        日本と比べるととてつもない数だよ……
    _/   [ 7   l ∧  | \\   V       |_
  / /     V   l /V  \ {   ヽ1  |     | `ヽ     それじゃあ作っても作っても追いつかないね
 {       |   jイー一'  ` 'ー―|  ハ        ノ
  \      人  /}≡≡   ≡≡;  /{__     /      一体どうやって対抗していくんだろう……
  、_ノ/   _ノ´ / /t""_    ""// r‐、!⌒!   `ァ
  ` {  {   r‐、|  l:/ /      /   |  |  |/`!レノ
    ` ーゝ  \ ! /  /、r---っ/r‐ 、」  |  l /
          l     ´ ̄ )<ト、 \     /

146名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:06:30 ID:ZTk7bxfg




=========================================================================

               第一部    大艦巨砲の軍艦デザイナー

=========================================================================





=========================================================================

               第一部    第2話   戦艦長門建造

=========================================================================



.

147名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:07:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 海軍出身であり、その熱い期待を一身に受けた首相山本権兵衛は、建艦費一億五千四百億円を  ...│
│ 大正二年十二月二十六日開会の第三一回通常議会に提出、行財政整理で浮かした七千万円を   .│
│ ほとんどこれに注ぎ込んだ。                                             │
│ 庶民が望んだ減税に当てる予算はわずか七百万円に過ぎなかった。                   ...│
└───────────────────────────────────────────┘


              /;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;\;;;;;;;;;;;;;;|
               l;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;j;;;_;;;;/ |;;;;;;;;;/|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                l;;;;;;;';l;;;;;;;;//.l;;/,/ .l/  |// │ ヾヽ\i\;;;;;;;;;;;;;|
               |;;-i;;;;;/i/   i'    '   ' '    `    i;;;;;r-ヾ    すべて我々のシナリオ通りだ
               i/_,ヾ;;l j                    i |;;/ - |
                 i  ヾ、 -=、,,____ ヽ, / ___,,r==-  ,イ ,/ |
                丶ヽ i;r、 ,,r'':::::::::::::::ヾ__,、,_ir ':::::::::::::::::ヽ_/,liri' / 
                   `j、 l;l ゙ii::::::::::::::,; -メ‐、 ヽ::::::::::::::::::::ノ  ,irメ /      何も問題ない
                  /:lトヾ,, ヾ--./ / ./ヽ, `──‐‐´ ,r/l_/::::\
                /:::::|iiilヾヽ,_/ , '  /  i          !;i liiil::::::::::\ _
               _, -/´:::::::lr'ヽjl´   ,, '  ./  / _,-`       j;トjiii/:::::.:.::.:.:.:.|:ヽ_
        _, - '´.:.:.:.:|::::::::::::| /  ,i´  /  ,i_''_, _ ,-、  ,_j;;i //:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\_
   _ , -─'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ::::::::::| /  /  /   /   _/ ,/,,,j';;/ 〃::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.:ヽ-、_
-‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヾ::::::/  /  /   /  フ´   /-'_;/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::/     /  ,ト -/  /;;;;;;rl, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         /;/  /;;;;; i,,-´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:

148名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:08:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ところが、海軍関係者の色を失わせる大事件が大正三年に入って間もなく発覚した。       ..│
│ 海軍が輸入する艦船や装備品を購入する際に、ドイツのシーメンスが日本海軍高官へ贈賄を .....│
│ 行っていたことが報道されたのである。....                                        │
│ これがいわゆる「シーメンス事件」である。                                  │
└─────────────────────────────────────────┘


__________________
|        1914年1月23日(金)       .|       「伯林よりの報道に曰く、カール・リヒテルなる者
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄| |
| |  シ社日本の海軍将校に贈賄 . ..| | 時 | |       シーメンス・エンド・シュッケルト会社の東京支店
| |______________| | 事 | |
|.                  __ .| 新 | |       より書類を窃取せる廉を以て二ヵ年の懲役を
| 伯林発             | シ |. | 報 | |
| _______     某 .| │|.. |__| |       申し渡されたるが、同人は審問の際同会社が
| |    .∧_∧ . |  : : ; 海 | メ |  __ .|
| |__∧ (|@∀@)  |  : : ; 軍 | ン | |紙面| .|       注文を取らんが為日本の海軍将校に贈賄したる旨を
| |∀@) アヒャヒャヒャ |  : :  .高 | ス | | : : : :| .|
| |  つ / /\ \ .|  : :  .官 | 社 | | : : : :| |       申し立てたり。
| ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ; : : .関.| 社.|. | : : : :| |
| 識者の声:    山 : : : :  与 | 員.|:   ̄ ̄ .|       この申立は世人の視聴を聳動せり────」
| : : : : : : : : : 断 本 : : : ; : :か | 告.| : : : : : : |
| : : : : ; : : : : 固 首  . : : : :  | 白.| : : : : : : : |       (『時事新報』)
| ; : : : : : : : : 否 相 : : : : : : : . ̄ ̄.: : : : : : : |
|   : : : : : : : 定 は 世人の視聴を聳動せり|
| ―――――――――――――――――|

149名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:09:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 清廉であるべき海軍軍人の汚職は、俄然衆議院野党を勢いづかせた。                   │
│ 同志会の領袖島田三郎を始めとする論客が、声を荒げて山本首相や斉藤実海軍大臣をなじった。   .│
└───────────────────────────────────────────┘

           ( ⌒ ⌒ )
           (     )
           (、 ,   ,)
             || |‘
         / ̄ ̄ ̄ ̄\
         l ∨∨∨∨∨ l
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    ⊂⊃   |    / 山本首相や斉藤海相は国民に嘘をついた!!
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <
      / |. l + + + + ノ |\  \ 内閣は総辞職すべきだ!!
     /   \_____/  \  \_______________________
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/              |    |

150名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:10:03 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 二人はかろうじて逃げ切ったが、野党は二月十日、内閣弾劾決議案を衆議院に上程した。 .     │
│ 与党の政友会はこれを否決したが、これ以降、政府と海軍に対する追及の手は厳しくなった。 .....│
└─────────────────────────────────────────┘

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    爻     < |  ;     爻     <  大丈夫だ、何の問題もない
    ~爻     \_/  _, 爻~       \____________
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

151名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 21:10:35 ID:XqXb4T7o
昔も今も同じってか

152名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:11:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 海軍の権威は地に落ち、これまで海軍のローマ法王と呼ばれて政界をも威圧してきた山本は ......│
│ 社会の指弾を一身に受けることになる。                                  ..│
│ そして、反山本の色彩が強かった貴族院は一気に山本首相の追い込みに掛かる。       ......│
└─────────────────────────────────────────┘

                     _,,_
                  _ -‐ヘ |   >、
                 z' ̄_\ l / ,_ \
                礼 /  ヾi」,j/ ヾ入             もはやこれ以上山本に
               __,/ ,仏、_      _,以.ハ
           _,,/´| |/ 〔_ー-`⊥!∟'-‐グノト、           国を任せるわけにはゆかぬ
         / ||  | l rtヾ`'====='ラr ァ| \
        / j  ||   | ゝ_ヾト ̄犬_jス ̄ム'//   \       我々は彼を排除し
          l |   |l   l  ヽ`\{辷=弍} イi´ /    r/\
        ノ い,  |l  \ 〉 〉ヽ'二ン/ /   〃     ヽ     我々の意に沿う内閣を発足させるのだ
      /_〉ヽ」  L-、  \_//_`l 「ヽ /    〃    / !
     /´`ヽ ヾヘ    ||   // || L/  _〃   /  |
      |    ヽ、り   |l   ヽ辷'_」    // ̄    ん     |
    /    _,人/    !L_  | || |   〃     / 八/  |
   /     ̄ 'ー|    `l|  | || |  _〃      / //   |
  /l       /|       ll  l‖l 〃´   ヽ、/ 丿       |
 /  ̄ ー一¬' _) |      ll l ll l ||    _,r/         |
 l   二ニ= ' l |   ,イ⌒^ ⌒ヽ_|L ‐'  ̄/ /^ヽ、_ __    |
  l        〉 \ ゝ!  ヽ  _y′   / /    Z_    ̄`ヽ|
  l        /   l {、   / {    { し -‐<       |

153名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:12:02 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 衆議院与党は海主陸従の偏重矯正のためとして政府提案の建艦費から三千万円を        .│
│ 削除する案を可決していたが、貴族院はここからさらに四千万円を削除しようとしたのである。   .│
└─────────────────────────────────────────┘

             _,..、__
          _, -‐ '´    ,--`\
       /    ̄   /    `ー、
       /  /     |        ヽ          海軍にこれ以上不必要な
      /   /   _ \     /    |
   _,../ / / i  / ‐ \r'   ,,ノ ..,,   i|         予算を持たせるわけにはいきません
 /´ _,,/,ノ /  | ∧ (r-、 `- 、_==ii;;;`'ヾ|i、
 |/ //  ノ ノ ∧{;::(  |  `-=r;;ッ//ァ         軍艦など作る必要はないのです
  >、/ / // /´ ヘ二,  \   `"´/ /i|
/:::::\|_| | ri |  /  |    |    r`'´ {
::::::::::::::::::\\lヽ` /   |    |  ,、 r-、  |
:::::::::::::::::::::::::\\ /|   \  `  〉`´  ヽ_|
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ),,、-‐ '' ´\  |
::::::::::::::::::::::::::://´      `ー'
::::::::::::::::::::::::::ヽ ´|、

154名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:13:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ こうして、大正三年度予算案は不成立となる。                                    ...│
│ 窮地に立った山本内閣は、事件発生から二ヵ月後の三月二十四日、ついに崩壊した。           .....│
│ そして前年度予算で一部着工していた八八艦隊第二着の戦艦三隻は、その予算が付かない       ......│
│ 非常事態に追い込まれたのだ。                                            ....│
│ 山本内閣に代わった第二次大隈重信内閣の海相八代六郎が山本・斎藤両大将の予備役編入を断行、 .....│
│ それを代償に戦艦の当年度分建造費だけは確保したが、その後の見通しは付かなかった。          .│
└─────────────────────────────────────────────┘


  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::         万事休す、か……
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:         私には一片の私心もなかったが
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::         世間が私を糾弾するならば
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::         もはや致し方あるまい
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::          潔く身を引こう
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::

155名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:14:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ このように暗雲の立ち込めていた海軍の八八艦隊計画に突然光が差し込んだ。          │
│ それは、1914年7月28日に勃発した第一次世界大戦のためであった。              ....│
│ ヨーロッパを二つに分ける全面対決の場となった"The Great War"は、英国と同盟を結ぶ  ......│
│ 日本とも決して無縁ではなかった。                                    .│
└────────────────────────────────────────┘


 o ゜            ○    ゜ ゜゚  ゚ .       。   o      ○o
   o 。   ゜゚  ゚ .  o  ヽ (⌒    r    ⌒ヽ/, )  /⌒) ),   ○o  / /,
         \丶 r⌒ヽ  (⌒⌒)  r⌒ヽ/,   r⌒ヽ (⌒   r⌒ヽ/,   / /,
   ヽ  、、;(⌒ヾ ⌒-丶(;;;(⌒  ゜゚  ゚ . . (((⌒     ⌒)))       ,⌒⌒);; /⌒) ),  ,
 、ヾ (ゝ                          ノ∩                  /, ,⌒⌒⌒)
 、\(⌒ゝ;(⌒ヾ   ;;⌒ヾ ∧,,Λ∩        ⊂'~ :;# ヽ  _      .∧__∧   ⌒)/)) .,  /
((⌒-丶(;;;(⌒ゝ;;⌒ヾ     (´;ω;| |        /(,メ。l7 。)っ|    .r(    ) _ ,⌒⌒);;;;;)))⌒)
 (;;;;(⌒(⌒;;(        ⊂ 、#  ⌒つ,,. ;.∴‥U ∨ ∨   ̄      〉 :;# ,つ| │,⌒  )  ;;;;;)))⌒)
ゞ (⌒⌒=─           、  \# /           . ,:    ⌒   .∴‥⊂ 、  ノ   ̄ ⌒ ⌒);;;;)))⌒)      .
 、\(⌒ゝ(⌒ヾ      、/";、 し                        し'    ,⌒   ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)
((⌒≡=─.     ⌒ヾ          (⌒.ヾ        ⌒                        ─=≡⌒)丿;;丿ノ
((⌒≡=─.                                        , ⌒─=     ≡⌒)

156名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:15:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ 日本はこれを手がかりに、ドイツが中国から租借していた膠州湾沿岸や、赤道以北の    ......│
│ ドイツ領南洋諸島を手中に収め、出遅れていた植民地獲得戦に割り込むこととなったのだ。 ....│
└────────────────────────────────────────┘

}    ┌──────────────────┐
ッヽ,  .│.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::......│
`}"i  .│.::::::::::::::::::::::::::::::::南 洋 諸 島::::::::::::::::::::::::::::::::::: │
 `´ . . │.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..│
=_- !! .└──────────────────┘
,、   `=,´,''‐‐-、   (現在の北マリアナ諸島・パラオ・マーシャル諸島・ミクロネシア連邦に相当する地域)
 _,,、    ヽ,_,-、`,  
 ~´ ,‐--,  ,、 `‐` 
_,,i´`‐  ´-,_| `‐,   
         `ヽ,  
           ヽ, 
             }
 _,,,,--,_        /           
‐´    ヽ´!,    /         ,、   
       `‐-、,-‐         `)-, 
         ,-‐i         ,,i‐!`´ 
          `´       ,/,‐´

157名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:16:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 変わり身の早い日本の世論は、軍拡批判から一転して参戦を歓迎した。                │
│ 軍縮を叫んでいた政党や財界人も口を拭い、このムードに乗った。                 .....│
│ こうして暗礁に乗り上げていた戦艦三隻の継続費なども、明けて大正四年五月の臨時議会で ......│
│ あっさり承認されたのである。                                         .│
└─────────────────────────────────────────┘


  ┌┐   ┌──┐       .       ┌┐
┌┘└┐ │┌┐│    -‐''""''ヽ.      ││
└┐┌┘ │└┘│ ┌‖     ~~|─┐.││           挙国一致モナー!!
┌┘└┐ │┌┐│ └‖  ●   |.─┘ └┘
└┐┌┘ └┘││   ‖  _    |.    ┌┐
  ││       ││   ‖-‐''""''ヽ|    └┘           我々はこの戦争を支持し、
  └┘       └┘   ‖     ,   ))
       ,、      ,、   /'ll__/ ヽ
      / ヽ__/ ヽ/ _‖   _  ヽ.    ∧___∧        断乎として軍国の実を貫徹するモナー!!
    /       /  ´ ‖ー/  `   l ロ. / _    _ 
    / ´ 、__,  ` |.    ‖∨      ,! || | l--l `
   _l    ∨    ヽ/ ̄)( ̄ ̄`"::::ノ (⌒ヽ, ..ヽ/   ,
  ( ヽ_        /   /ll `'ー、....::ノ ∀\/ー- /`l  ヽ
   ヽ、       ,ヽ:..:ノ ‖   '::::|⊃  iー- l (_〕i__
     l        .::::Y  ‖    :::|   |"|ー-,|   |

158名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:17:26 ID:ZTk7bxfg

:/: : : : : : : |: : :/__ 斗、: : : :|_ \:ト、 :|: : : : :|: :レ:⌒l_
i: : :l: : : : :∧: :|―‐=、 \ : : レ'´ ̄`ヽヽ:|: : : : : l: : : : : :ノ      え? どういうこと!?
|: :/|: : : ://ヘ:| , -、   \:{.,−、    v!: : : : /: : : :厂
l: :l/!: : : |]    l .l     l . l   [|: : : :/: : : :/        みんな戦争に反対して戦艦の建造に
∨ハ : : |ヘ   ゝ ノ     ゝ ノ   ノj : : /¬:/
 9 l\:t    -=彡    ミ=ー     /.:/} 6           ノーを突きつけたんじゃなかったの?
   、 \_       . .     /´}/
     \ハ                /               何でみんなそんなに簡単に掌を返しちゃったの?
     / ∧         _    ∧
     l | \ /⌒ ー-‐'´  \./ ∧

159名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:18:03 ID:ZTk7bxfg

    / : : : : : : : : : : : : /{: : : : : : :l l               ……日本が直接害を被る戦争ではなかったからよ
    , : : : : : : : : : : :/   ヽ: : : : : :l:|
    |: : : : : : : : : :/     ヽ: : : : :||               そして経済界は戦争需要によって好況になったわ
    ', : : l: : : : : /        x斗: : : :|廴__,
    V: :|: : : : /_、  、/ヘニl : : : |i:_: :<            ヨーロッパからは兵器・軍需品・食料品などの注文が
     ',: :l : : : 代テ`    ーヘ: : : || / ̄>―ァ=、
     ∧:l : : : |二ノ  }      |: : /l/ /  /   l       殺到し、さらに東アジア諸国からは手に入らない欧州品の
     l  ヾ : : l     __, 、   |: /: |/  /      !
      |  l 从: :l:ゝ.   `ニ´ /j/ : ‖ /      |      代替として日本製品の需要が発生したの
      |  l/:/\l:/ 8二アフチ8ノ: : : : !V       /
      |  |:/: : {: :{ 8ー ト-- ': /: : :/ |/     V       こうして主戦場に遠い日本はまさに「漁夫の利」を得たの
      |  ゝt: : トミト 8ー >-‐' : : / |       〉
      |   l \廴  8  \____/   |         |

160名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:19:01 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 新たに海相となった加藤友三郎は、八八艦隊の内容を刷新しつつ完成を目指す計画に乗り出し、  ...│
│ 大正四年九月十日、世界で初めて16インチ(40.6cm)砲を搭載する新型戦艦四隻  .   .       │
│ (「長門」「陸奥」「加賀」「土佐」)、同じく新型巡洋戦艦二隻(「天城」「赤城」)の建造を中核とした   .....│
│ 艦艇補充計画を提出した。                                              .│
└───────────────────────────────────────────┘


          _,,、 _ 、
        /|   / /  ` ー 、           現在の財政事情では到底八八艦隊の建造費を
      _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐
      ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス        一度に計上する事はできまい
     ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ
     厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌        すでに着工済みのものを含めて、戦艦八隻、
    ン_,イ!    イ|{ヽ     r/二ニ〉
     ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/        巡洋戦艦四隻の「八四艦隊」をまずは完成させる
      {ヽ'"フュッキ< `^、''エi'ヽ-,ハr‐}
        lrハ   '′{   ``    j彳ソ        なに、いずれは総ての艦艇の建造費を
      ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/
        `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´          手当てすることが出来よう……
         _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
        i(人ヘ       /-‐'ノ |
       ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
     _//    `ヽ、/´        > 、_
  _/´   ヽ、    |     _,、‐'´    `\_

加藤友三郎(1861年4月1日 - 1923年8月24日)
明治十三年海軍兵学校卒。日露戦争では連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。
大正四年八月、第2次大隈内閣の海軍大臣に就任。同月海軍大将に昇進。
後のワシントン会議で重大な役割を果たす。大正十一年総理大臣に就任。
辞職後子爵海軍元帥に叙せられる。

161名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 21:19:02 ID:dFYaulrM
このころの国民の踊りっぷりったらもうねえw

162名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:20:00 ID:ZTk7bxfg

    __
   .'  ヽ`ヽ      「八四艦隊」とは上記の六隻に加えて、建造中の14インチ砲搭載戦艦
.  ! i 人 !
   )W゚ ‐゚ノ!|     (「扶桑」「山城」「伊勢」「日向」)と竣工済みの14インチ砲巡洋戦艦4隻
   ソ)ル並ル'、
  (ソ[:工:]<)     (「金剛」「比叡」「榛名」「霧島」)から艦齢の古い「金剛」「比叡」の二隻を除いたものよ
    ヒ!ヒ!



┌───────┐
│           .│
│  戦  艦   .│
│           .│
└───────┘

長門                          陸奥
           .    ≡                       .    ≡
       .  ┼. ....  .... |,|                     ┼. ....  .... |,|
       .  | _| |_| |.|,|T__                  .  | _| |_| |.|,|T__
   r‐-──┴'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐      r‐-──┴'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐
    ̄丶────────────‐´        ̄丶────────────‐´  

加賀                          土佐
             .     ≡                        .     ≡
..             |    ._..|,|           ..             |    ._..|,|
             _|__| |.|,|T__                       _|__| |.|,|T__
   r‐-───H─Eニニニニニニニ!Hヨ'───┐      r‐-───H─Eニニニニニニニ!Hヨ'───┐
    ̄丶─────────────‐´        ̄丶─────────────‐´

扶桑                           山城
                .T             .               .T
         ┼      ┼                     ┼      ┼
         || _| |_| |,|T__                    || _| |_| |,|T__
   r‐───'ヨHニニニニニニ!Hヨ'──‐┐         r‐───'ヨHニニニニニニ!Hヨ'──‐┐
    ̄丶───────────´            ̄丶───────────´

伊勢                           日向
           .     T                       .     T
         . .     ┼                     . .     ┼
       .┼  _| |._| |,|T__                  .┼  _| |._| |,|T__
   r‐──┴'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'──‐┐        r‐──┴'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'──‐┐
    ̄丶───────────‐´          ̄丶───────────‐´

163名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:21:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────┐
│              ..│
│  巡 洋 戦 艦    .│
│              ..│
└──────────┘

天城                           赤城
           . ┼     =                       . ┼     =
            .┼. ._ ._. |,|                   .    .┼. ._ ._. |,|
       .     | _| |_| |.|,|T__                 .     | _| |_| |.|,|T__
   r‐────'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐       r‐────'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐
    ̄丶────────────‐‐´         ̄丶────────────‐‐´ 

榛名                           霧島
     .      ┼  .┼                         ┼  .┼
        ,,,,,、|| | || ||,|T__                     ,,,,,、|| | || ||,|T__
   r‐──'ヨHニニニニニニ!Hヨ'──‐┐           r‐──'ヨHニニニニニニ!Hヨ'──‐┐
    ̄丶──────────´             ̄丶──────────´

164名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:22:00 ID:ZTk7bxfg

     , -‐く   ̄ ̄`丶 ヘ ニ 人: : : : : : : : : :r :く
  r―イ l   l、      V `T〈  丶-‐'⌒ヽ: :}`V
  |  ∧t   l > 三-\ :|:_: l li       レ'     こうやって眺めてみると、すっごく壮観だよねー
r- '  ,'  `ト、 \/ fハ` l :// ∨ハ
ヽ.  l :\Vニ  ̄ 弋ソ j/ 〉/:/ l            これが実現すれば、確かに
ト' }: :\ : :〈 {ハ ,        rイ:/ 〈}
`¨〈 : :{:| ` ートゞ _, - ヘ    |/              敵うものが無いって感じだよね〜〜〜〜〜
   }ノ`    ヽ  \ ノ     |
         > 、__/ / ̄ ̄`ヽ
              〉 /        i:
          r-=ァノr ┴――    ll
         /´|ニ l ノ         |i

165名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:23:00 ID:ZTk7bxfg

                               /
       _, -、                   , イ
‐-  ..._/ __,ノ______  ==-┬ァァ:ナ:/´      「実現できれば」、ね……
/ // /⌒ヽ:::|      j!      |::::::::/:/
   〈./ /⌒\            /l::::::/:/        ともかくずいぶん長い前フリだったけど
   ∧   /⌒ヽl    ー _一     //::::/:::l
  / ∧   く⌒ヽ〉ゝ.       /:/::::/:::l::\_       これからようやく艦船設計に携わる
  / / ∧    ', /:: V::::l> 、__ , <l::::/:/::::::ゝ::ノ
 / / .: : :}   〉::\l::::|      |::/'::::::::::::::::::\       やる夫の話をすることが出来るわ

166名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:24:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│ 新型戦艦の予算は格別の異議なく認められ、大正五年度から八年度までの継続費として公布された。        ...│
│ こうして新型戦艦「長門」の製造訓令は加藤海相によって大正五年(1916年)五月十二日に呉工廠に発せられた。  │
└─────────────────────────────────────────────────┘


             x´⌒"'''- ..____
         / _,..-'''"       `丶                     これで私が山本のプランを
          /  .|  r─ 、〃/ ̄  ̄ `丶
       人ミ,,,,|/´   )        三ミ{                   引き継ぐことになったわけだ
       >、/     厶-‐=≠ニニ=‐-   \  
      /  / rニニ=--  ㍉ /~ヽ      〉                「長門」の建造はその足がかりだ
      i  八/、__,     }ミ{ r〃) |ヘ\   r'
         〉 j゚-'´   / .}ミ{ >≦/ \\ .亅
       /::,      i  厶{〃ノ\    少
      /..::::)        ミ |´~j  厶_{'´"'''- ..___,,.. .-‐ '''""~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      ` ー、r =- 、\       | |   .//   /
            `r'´  i     / .|  .//    /
             〉     /   |//     /
             |     __,  / /      /                   
             ゝ、_, ≦  j≧ ̄  .|      /
                ~ヘニ=‐、|     /
                 人   \  / 
               /  "'''- .〆r、
              /       || 〃
          r -'''"          .||〃
          /            ||

167名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:25:06 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ その三日後、平賀やる夫には技術本部第四部への転勤命令が下った。. .  . .           ..      │
│ 技術本部とは、旧艦政本部を二分したもので、計画業務を受け持つ技術本部と、建造業務を受け持つ .   .│
│ 艦政局とがその後身であった。                                         .      │
└─────────────────────────────────────────────┘
                  ____
               、-''"    _,、_  ``ヽ、
       .      /   /'>_<'\     l
             (   /   ゞ元゙_,ノ`ヽ、 ノ
       .      \/,、-'ニニニニニ'ー-!'            やる夫は最近鼻下に髭を
              E_''"______ミ!、 
              /              \           蓄え始めたんだお
             /    ⌒     ⌒    \
           /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \        やる夫ももう三十八歳だお
          /   ─(   ● l─ l ●    )─   \
            |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |      現場で舐められないように
            |     ´ ̄` (    人     ) ´ ̄`     |
          \        ハ从从从从从ハ       /      それにふさわしい威厳を持たないと
           \         ー一          /
           /                  \        ダメなんだお
          /                        ヽ 
           |                      |
           |   i                  i   |
           |   |                  |   |

168名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:25:30 ID:ZTk7bxfg

          ____
        /_ノ  ヽ\                      もっとも、この話の中では
      / ( ●) (●)、   ポイ
    /::::::::⌒(__人__)⌒\                   やる夫は当分こんなもの付けないんだお
    |      |r┬-|    |    ミ
    \       `ー'´  /        ○-○       やる夫は若々しいままなんだお
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   ミ   (::::::)__
  \ ヽ  /         ヽ /       ヽ__へ__/
   \_,,ノ      |、_ノ

169名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:26:00 ID:ZTk7bxfg

東京霞ヶ浦  海軍省庁舎


                  ∧  iニニiニiiニニiニi
          †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
     †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
    ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
   |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
  ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
 | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
, ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
:';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
-ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニ i,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::
:';:;'':'`:';:;'':'`::';::;::':';:::;;:':';:::;::':';::':';::;;::;;'':'`::';::;;:`:; ニニニi,,':';::':';:;'':'`:':';::':':';::'::';:::';:;'':'`::';::

170名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:26:30 ID:ZTk7bxfg

別棟四階  技術本部第四部



.       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |   .|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /.  ̄ ̄ ̄ \ l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _           /           ヽ:|  |::::::     | |:::::
   /|         /                \|::     | |:::::       __
     |         /                  ̄ ̄ ̄ ̄| |:::     ___|
     |.      /                         | |:    ___|\ ヽ
     |   /                            ヽ|__|\ ヽ

171名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:27:00 ID:ZTk7bxfg

     |┃                           失礼しますお!!
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \            平賀やる夫造船中監、
     |┃三    /  \   / \
     |┃     /  (●)  (●)  \         転勤命令により技術本部第四部に
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /         出頭いたしました!!
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

172名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:28:00 ID:ZTk7bxfg

                     ___
                  .,、‐'゙´    .゙.,⌒゙''‐、,
                ,/      ,..., ゙i   .゙ヽ,                 出頭しましたか平賀君
               /      /,.、-、i,,、ニ;ヽ,  i,
              ./      ノ /゙   ´゙'i`i゙i, .!  i,                早速で申し訳ないが
  .,、r''"´⌒゙゙'';';、,   ./   、,___ノ゙∠,  o  .ッ'.ノ ゙i, |  i
 ./       i:i ヽ, /  .,、-i /ッ〒t=;;= -='-',;;;;;;ミ、;、_ |                君にはすぐ働いてもらうよ
 i ,、==;、,   ;ノ  ソ  i ./'i :i'ヽ,゙i;ニシ    /i゙!(,j.゙>/ .|
 !/    ヾ,r‐'"  ./   i .i,-| ゙i   ̄    i、ニ=''゙/  レ=ー-.、,           君の担当は
、,,i,     i,   .V    ゙i,゙ヽi, i,       /  ./  .i  / ̄`゙゙ヽ
  i;     i'i、,  |    ,-'ヽ、i, i,    ,,_ .,,゙   /   .i; /      i         八八艦隊主力艦の基本計画だ
  ノ===、,.ト、,_;;,.i   /i .i;;;;;i ! i,     .,,   ,/   j, i,      i
'ー'゙     .j  ヾ;'ヽ,/ .ヽ,ヽ/ ヽ;i゙'-、,    /、,  ./ ,、-.、,、===、/ラ'''''フ,,     これから君のその設計の腕を
 ;.;     .ノ゙ヽ;  ヽ,゙ヽ  ゙‐、'ヽ、゙'  `''‐,/゙ヽ, ゙i, /,-'−''i     レ'゙.,;:ジ゙/,,.、、,
;ジ    ./\ \  ヽ,.ヽ,  .`'-、゙ヽ,   i|;;  i レ゙^ヽ,  .i   /'゙''''"  // ,)  存分に振るってくれたまえ
ミ、,,,,,、-‐゙   \ \  .ヽ, ヽ,   `ヽ,゙ヽ,  i;ヽ,./ ./'i゙j  L,,,,,i,  i゙    /゙ /
-、,,_       \, ゙ヽ、,.ヽ, ヽ,    ヽ, ヽ,.゙' / .,イ i.| / ./ヽ、,ヽ、,,./゙ /
   `゙''―┬、,,,,,--=――''-、,,i;;     ゙i,  V / j i / .// /.,、つ'゙ ,、r'゙
       i .i  ,、-――--、、,,`゙'ヽ、,  i;  | .i ./ レ゙ '゙、-'゙ニ'゙´.,,、-‐'゙´

山本開蔵(1868年2月15日−1958年4月18日)最終階級:海軍技術中将。工学博士。
当時海軍造船大監で技術本部第四部部員兼造船監督官。
平賀の帝大八年先輩で、後に艦政本部第四部長として平賀の監督にあたることになる。

173名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:29:00 ID:ZTk7bxfg

                 /|/  .l/!!   /  ! . /  l /  !
         ヾ    l! ,.' .l!  / ,!!  /  l/.i   !/ .l !          _ _
       \ヾ    .!.! ,'  l  /  .!! ./   ll ./.l   l /l  !   -====7〃〃
     .,‐-ヘ    ./|  ! r'  l .!  .l! /    ./ l,  _,!-" l !        〃
    / {´`,ゝ__,ヘ.| .! l l   .l .!  ., .l/   /  l/'"  /_,!. -'"      〃      任せてくださいですお!!
   //  \y (\( .l  !,   .!  l ! ! _,./   r''/  /'"  _..三;:::-‐  .〃
   /  \,゙` レ'´.| .l   ` ,. .l   l l .!! ,// .,/  /  ='",,.- '"    〃       やる夫はとことん働きますお!!
    \,..'     l!.| \,_   ,! !i ,. ! ! ' '" `;       , -'" /(_,,,..._  `'
     \    ,!ヽiヽ/ ,,-゙'`\三 ノ    >   , , , '´ ∧ノ_,..-'"´
     ヽノ|    / ./! ,,.(⑪)三 (⑪)   `ゝ、/,,-'" ./ _;'~       /j      (さすが先輩は「金剛」の設計審査で
   ヽ,..ヾ´i.l    |r/  |"  (__人__)    |`y'   、/ ('´         l/
    \  l.l    l    |   ´ ̄``    l' /´                     イギリスへ派遣されたほどの逸材、
     \/j`‐--ゝ,     \     ,.._ ;,./i`"  l /          /j
    ヾ '  '~`´\ヽ.     ` . _  _,. -'" , !..,,_ゝ、_丿/           |/       艦船計画者としてのオーラが
  \ヽ       .\   、,.;.-‐ヲノ´ .,/  _,,,,.....! > )/"` 、
  ヾ           .Y´ ,) ::/~`  ゙.y'"    /.:/(`   .}        /l       びしびし伝わってきますお!!)
   ヾ     lヽ、   l  ,} :::::`;ミミ  /    /´..:::. i^;⌒; `y       < j

174名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:30:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫は技本四部でその腕を振るい始めた。                                .│
│ やる夫はまさしく仕事一途の鬼となり、自分の確固たる理念を真っ直ぐ通して微塵の妥協もしなかった。 .....│
│ 彼の技術者としての実績の蓄積が、その直進を可能としたのである。                       .│
└─────────────────────────────────────────────┘

                                            ;  .l
   .  _/ ̄/_ .    ___/ ̄/    ___/ ̄/    ___/ ̄/    ___/ ̄/     /7 /7
     / __  / .  /___     ̄/   /___     ̄/  /___     ̄/   /___     ̄/   / / / /
     ー' ___ノ /    _ノ ,:  / ̄   _ノ ,:  / ̄   _ノ ,:  / ̄   _ノ ,:  / ̄   /_/ /_/           /
       /____/     ./_ノ,___/    ./_ノ,___/    ./_ノ,___/    ./_ノ,___/    ∠ゝ ∠ゝ       / ,
               \ ヽ,         ヽ/ 三         /  ,/                 ,/ /
            ,,,,,,_.  ..\ヽ.       /三   _____    .",,/  ノ''゙二二二)        ,,/ /
       _       .`゙'‐、 `' !、    //  / "\, 、/"\    ト'゙/  川川      .,, ‐´., /
       ____,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、 ( <  /  (‐-、)、 ,(,-‐ )  :イ /         . _..-'´.,..-"
                 ( 三    \\ |     `゙(__人__)'" \ |(_      ,,.. ;;ニ―'''"゛
                  \三     \\     i|    |!    l:ハ、
    ________       .`゙'‐、 `\\     )     、i|,/⌒ヾ、|!;,  /二二二 ヽ
 ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'  ヽ_二二二    二二二 ヽi´ ヽ       \\
 ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、        人 ヽノ      \\   \ \    三\
            -――- ..,,   川川 // \ \      三\  > )     三_)
                    (二二二/    > )     _ 三_)//
                            // \     |   ミ/
                  _,,.. -¬'、    ミ/   |   _|__ミ/                   _,,.. -''".
              _..-''"゛ _、ー''"    ミ/     \__  ヽ           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
            _..‐"  . /    /  ,i           / / /   ,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
          ,/゛   /    ./   /           // /     `''ー..,,..`''- ,,,
       .../    ,,ヾ     !  / :!         /(   ̄)    ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
       /     /       .゛  ! l       / / ̄ ̄              `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
      '"    /              ! ..!      | /                       `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
          /      ,、      l  .!、     レ                            `"''ー ..,,,,

175名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:31:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の設計理念とは、軍艦における戦闘性能と船体性能の高次元のバランスであった。           .│
│ 前者を重視し後者を軽視すれば船の沈没・転覆・破損などに繋がり、またその逆であれば           ....│
│ 軍艦としての任務が果たせない。                                             ...│
│ 妥当な船体性能を持たせながら最大の戦闘能力を発揮させるのが艦船設計者の腕の見せ所であるが、   │
│ やる夫は絶妙なバランスでそれらを一体化しようとしたのだ。                             .│
└──────────────────────────────────────────────┘

         ___
       /     \                       やる夫が何よりも重視するのは
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \                    全体の重量バランスだお!!
     |       (__人__)   |       __
      \      |r┬-|  ,/、-─,‐─‐´,  `l           艦艇の大型化に伴って船体の
.      /⌒,⊃  `ー'´     ___; _、_ヽ、リノ
     /  ,)         ,/. ̄    ^´  _‖           艤装重量が大幅に増加しているお!!
.    |  |          |.           ‖
.     ∨|          |.      ┬──‖──┬      これをうまく調整し、減量した船殻重量を
                      │         │
                    _│_     _│_     兵装に当てれば、艦艇の経済化と
                    ( 兵装 :)    ( 船殻 :)
                      ̄  ̄        ̄  ̄     重武装が見込めることになるんだお!!

176名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:32:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────────────┐
│ そしてやる夫の設計に決定的な影響を与える戦闘が遠く北海で起こる。                         .│
│ 1916年5月31日から6月1日にかけてデンマークのジュットランド半島沖でドイツ海軍(帝国海軍)の大海艦隊と  ..│
│ イギリス海軍の本国艦隊が戦ったのである。                                         │
└───────────────────────────────────────────────┘

                 
                      ,: ´ ⌒^ ヾヽ
                    (,, ""⌒ '' .. " ヾ )
                  ,, . :::::::( ノ( ソ( 、ノノ..:::.... ,,..:::...:: ..
 ;:;:;:;:;:;:;:;             . . ,, :::::::'''(, イ")ノ::..:::::,,:::"          :;:;:;:;:;:;:
   :;:;:;:;;:;;    _,,        . . .,,, :::::(’''....ノソ),,:::                ;:;:;:;   _,
     | :;;:  ,|j゙        . . .ノ(~〜ノ(’''''ソ、' :::: . ,,:::::          |  ;:;:__ ,||!
  _,,..lュ,,,lヨ,,,ヾ:h=、、_    ,,(、、...,,,Y),,,ノ:.:),, ,ツ..   ::       _,,..lュ,,,、、iHiッiハ=、、_
"'^`~゙゚"'^`~゙゚"'^`~゙゚"'^`~゙゚"'^`~゙゚^`~゙゚"'^`~゙゚'^`~゙゚^`~゙゚"'^`~゙'^`~゙゚ ^`~゙゚"'^`~゚'^`~゙゚^`~゙゚"'^`~゙'^`~゙゚ ^`~゙゚"'
ドイツ巡戦戦隊
ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h61000/h61387.jpg

177名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:33:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────────────┐
│ この戦いで英独両艦隊はそれまでの常識をはるかに超えた15,000〜18,000メートルの遠距離で砲火を交え、   .│
│ この結果大落角の重砲弾が甲板あるいは砲塔天蓋に命中するケースが続出し、上面防御を重視していない  .│
│ 英巡洋戦艦三隻が脆くも沈没したのだ。                                             .│
└───────────────────────────────────────────────┘

.                                            |        :;:;:;:;:;    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;     |  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; :;
.                                            |    :;:;:;:;:;:;   :;:;:;:;:;:;            :;:;|:;:;:;:;:;        :;
.                                          Ei」._:;:;:;   :;:;:;:;:;:;             :;:;:;:;:;.|          :;
                                            || | |   .┌-.┐             ┌-┐ ||
                                        .┌ュ || |i. |     |li ..|..             | i.l | ||
                             ━━yニl二二l 幵| ||/li |     |l i. |~l             | i.l | ||Π
    ._________━━yニl二二l_|_| ∃三匚|_.匸| Fニア匚_.__| l二二lニy━━ l┴-┴┴┴─┐_
   ノ ゚ ゚ ' ' ' ' '  " ' /  / ̄ / ̄ / ̄ / ̄/ ̄ / ̄ / ̄/ ̄/ ̄ / ̄/ ̄/ ̄/ ̄/ ̄ヽ__|_l二二lニy━━____」
,.,.,'´'"'"';"':..,__.,.., _,_.,,,_,___,...,,.., .,__.,._., _,.,,,_,__,...,____,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,___,...,,.., .,__.,._., _,.,,,_,__,...,_,___,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,..,, , ,, ,,,.,..,__ ,,..,..,.,,,,.,.,,,.|, .., .,__
      ~- .,~'ー-,,_~~''''`' ' - .,~'ー-~  ""'' ""' ''''"''" "" "~     ""'' ""' ''' '" ''" " " " ~

巡洋戦艦 クイーン・メリー(HMS Queen Mary)
ジュットランド海戦において敵弾が三番砲塔の天蓋を打ち抜き、火薬庫が誘爆して瞬時に爆沈。

*常備排水量  . 26.770トン            *出力     75,000馬力
*全長....      214.4m  .           *速力     27.5kt
*幅..   .     27.1m              .*主兵装   34.3cm連装砲4基、10.2cm単装砲16基
*吃水. . . ..   8.5m                        53.3cm1水中魚雷発射管2門
*主機. . . . .  蒸気タービン4基、4軸    *装甲     水線最大229mm、甲板65mm
                             *乗員     997名

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7c/HMS_Queen_Mary.jpg
轟沈する巡戦クイーン・メリー
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a2/Destruction_of_HMS_Queen_Mary.jpg

178名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:34:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 一方防御に勝るドイツ側は、巡洋戦艦一隻が浸水による操艦困難から処分されたに過ぎなかった。  ....│
│ 損害を蒙った巡洋戦艦のほとんどがかろうじて基地に帰還できたのだ。                     │
└────────────────────────────────────────────┘

                                                         |
                          |                                      .|
                          ┼                                     .┼
.                         ||                                      ||
                      ||.              .__           .┌--┐ ||
                      ||          \  |llii | ../         |==i__||Π
                        Π`;.          .\|llii |/           ‖____~_~凹ュヨ刀_l二二lニy━━_______,
            ━━yニl二二l ェェ{ュ━━yニl二二l/==ュλl二二lニy━━‖ __|_|_卅|..::::::  ̄ ̄:::::::.  .ρ |
  |____━━yニl二二l 二二二二_= ̄= ̄ ̄= ̄= ̄ ̄ ̄ ̄= ̄=| . .                        │
 (___,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,___,...,,.., .,__.,._., _,.,,,_,__,...,____,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,___,...,,.., .,__.,._., _,.,,,_,__,...,_,___,.,, .., .,__.,.., _,_.,,,_,.., .,ゞヾ´'"'"';"':._., _,.,,,_..
`",,""`";,,"""':; `" """'' `"     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''`' ' - .,~'ー-~

巡洋戦艦 ザイドリッツ(SMS Seydlitz)
同海戦で大口径砲弾21発と魚雷1本を受けたがダメージコントロールに成功、基地にたどり着く。

*常備排水量  . 24,539トン            *出力     89,000馬力
*全長....      200.5m  .           *速力     29.0kt
*幅..   .     28.5m              .*主兵装   28.3cm連装砲5基、14.9cm単装砲12基
*吃水. . . ..   8.2m                        50.0cm1水中魚雷発射管4基
*主機. . . . .  蒸気タービン2基、4軸    *装甲     水線最大300mm、甲板57mm
                             *乗員     1,068名

ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h92000/h92714.jpg
被弾により吃水ぎりぎりまで浸水したザイドリッツ
ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h59000/h59637.jpg

179名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:35:04 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────┐
│ この戦訓から、やる夫は次世代の戦艦の設計要領を掴んだ。   │
└────────────────────────────┘

         ___
       /     \ キリッ       これで従来型の設計の問題点が露になったお!!
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \        従来軽視していた水平方向の防御強化を実施し、
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/        防御甲板や砲塔天蓋の甲鈑を増厚して対応するんだお!!
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃      それから、弾火薬庫の注水装置や揚弾薬塔の遮蔽防焔扉の設置、
     |            `l ̄
.      |          |          装填法の改良などで弾薬の誘爆を防ぐんだお!!

180名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:36:02 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────┐
│ そしてそれから間もなくして、山本開蔵からやる夫に呼び出しがかかった。   │
└─────────────────────────────────┘


               __,,,,_
             ,,-''" ̄     `゙ヽ                  やる夫君、君を呼んだのはほかでもない
         /,,/´           ヽ
        / /               ヽ               現在設計中の戦艦「長門」の改正に
       /     __,,,,__              ヽ
      r''~゙ヽ/´   `ヽ、            ヽ             取り掛かって欲しい
      f  ,,-、' ̄ii\    ヽ.             ヽ
       {  i   丿  \   \、,--、        ヽ           ジュットランド沖海戦の戦訓を踏まえて
      i  i     o  __,,ゝ、,,__フ.ゝi.         ヽ
      |  |._O_   -て《__ノ´| .|/ }    ヽ    ヽ         砲配置の変更や防御力の強化を
       //-=ミヽ     '´  ,| .|,,ノ      ヽ    ヽ
      ´  .| ヽ¬        | .|`! ヽ      ii   i. ヽ       行わないといけない
        |  i \         | .! ヘ ヽ        ii   i  ii
        |   iヽ  --     ,| ii/  ヽ丶,-'''┐  i    i  i      私は君ならできると信じている
          |  i `ヽ、   , .'" | i/  ,-''´:::;;;;;;;;;;;ゝ,,_i,-、  i  i
          |  | i `゙ ´ii   /´,,-''゙:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'-i,_ ノ      君の裁量で思い切りやりたまえ
        !  | ヽ,,/´:;;i__/´::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ ''-,,,
        ヽ 丶   .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

181名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:37:00 ID:ZTk7bxfg

                    ____
                 、-''"    _,、_  ``ヽ、
         .      /   /'>_<'\     l
               (   /   ゞ元゙_,ノ`ヽ、 ノ            任せてくださいお!!
         .      \/,、-'ニニニニニ'ー-!' 
                E_''"______ミ!、           この仕事はやる夫にしか
                 /___, -一ァ      \
           __,-‐¬  ̄---┘'7    /    \         出来ませんお!!
          -‐ ''"   / '´_ /,ィ`ヽ  //´  `ヽ  \
     /      __   ,イ|  ● l    l ●  )   \      必ず纏め上げて見せますお!!
   _/     -'     / ̄ )`  _ノ   ヽ_  _ノ    |
  ,r '       ,-、____ , イ⌒' (    i    )'⌒"'    |
 /      ノ '    \      `ー ─'^ー 一'      /
      /        \        ー一       /
              /                \

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 山本開蔵はやる夫から自分をはるかに超えた実力を感じ取り、一切を彼の裁量に任せたのである。  ...│
└────────────────────────────────────────────┘

182名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:38:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────┐
│ 改正による重量増加は1,300トンに抑えるよう要求されていた。           .....│
│ しかも速力を予定の24.5ノットからさらに増加するようにも要求されたのである。 .....│
│ やる夫の苦しい挑戦が続いた。                              ...│
└───────────────────────────────────┘


|  改正要求を重量に換算して既成計画に加えて、そこから改めて  |
|  最善のバランスを導き出せるように計算を続けていくんだお…… |
\                                        /
   ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        O 。
        ____
      /      \
     /  ─-  -─\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /──( )─( )- \     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    |. u     (__人__)    | _________
   \  u..  ` ⌒´  ,/ .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
   ノ           \ . | | 機械式計算機 |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
. /´              .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
 |    l               .| |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、  .|_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二  _,| |  ||

183名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:39:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────┐
│ やる夫の自宅  居間   │
└────────────┘


  || |                       || |             | | |     | | |  \\
_||.._|_______________||.._|_________.| | |______.| | |0  \\
___________________________|| |______.| | l\.   |li、
  || |┌┬┬┬┬┬┐|┌┬┬┬┬┬┐|| |            | | |     | |.|\.\、 |||
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |\\.\|||
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |\\\.\
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |  \\\、
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |   \\`
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |     | | |      |li `
  || |├┼┼┼┼┼┤|├┼┼┼┼┼┤|| |            | | |_   ('υ | | |      |||'`
  || |└┴┴┴┴┴┘|└┴┴┴┴┴┘|| |            | | |  ミ)γ´.| | |      |||
  || | !'''''''''''''''''''''''''''''''!|!'''''''''''''''''''''''''''''''! || |            | | |___| ̄|_| | |      |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'、!__|\ l_l..| | |      |||
       ________________           \\  .| | |      |||
      l\                      \.            \\、| | |0     |||
      ll\\                       \           \、| | |      |||
       ~ \\                      \            | | |      |||
             \l二二二二二二二二二二二二二二二二l            | | |      |||
           |.|__|                      |.|__|           '、|_|\    |||
                                               \..\. |||
                                                      \.\|||
                                                  \.!||

184名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:40:00 ID:ZTk7bxfg

         ____
       /      \                  ううう、計算が全然進まなくて
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \               結局自宅に持ち帰って
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /               続きをすることになったお……
   /´           `\
  /  /          l  l   .___       もうとっくに普段寝る時間は過ぎて
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l      眠たいけどやる夫はがんばるんだお……
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|

185名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:41:01 ID:ZTk7bxfg

    ゝム__           . ´                   |
  /´ `                                     |
  廴rァ、         /      i                   |
   rー'    , , ,    , '   /    :i  i   i          i   :!
   廴ムー , ; ; , , , /    ,i     |   |   |    i    |   |      ……あなた、
    _ゝ'、 , ; ; ; , ; ;.'    il    i!  :|  i:!     |  i  :|   !
    (_rュ、__ , ; ; ; ;  :i   i|    i! |   |  i:! :|  :|  |  :| i |      お茶でも入れましょうか
     _ソ     ; ; ; i  |   |   l| l!  :|  i:  :|  :|  |  :| i !
    ( rヘ ー ; ; | |  !  :|   l| l|  :{  i!  :|  :|  | _i_ i_j !      少し寛がれたほうがいいですわ
     `f⌒  , ; ; ;! |  l  :|   l| 、  、    i| ィ 了 i || |! |
      ゝ__ノ; ; ; ;| :!  ',  ト   l:    ヽ  ハ |:ト ,x≠爪ル'!
         しヘ; ; ;!ハ ヽ  _、 夭 ' \ ヽ { 川梦::::::r__' j|:|
         廴_,、 ハ  ヽ   \,ィ沙ミ、 ヽ      弋ゝ-'ノ :|
            廴 ト、 、\ V.::::::::::::r'ヽ        `冖´  !
             \ヽヽ..._ト\ 、、_ノノ           ,. -‐;
                i`ゞ_ム   冖^      、      /   ノ - 、
                | i |i |!ヽ        -ー    {、 /  /
                 j /イ j!  、            ,. イ  _ノ -;
                 // i:| ./   _> _-  ... __ //ニレ'´  _ノ
                 ノ// |:レ'   / ニ三三三三fY薔〉{ニニ!, '´ ノ
              {/ :i !:|:|   ニ三三三三三 ニゝ彡'三ノ{、 /
             / 川 i !  ハ ニ三三三 三三 三 }ゝ{  `|
           r― {    ┴ ′-- - 、  /三 ニ三三 三|ム、 |
           〕_ .. -=- , -=ミ、   ゙Y´ ニ三三 j: :三j ,|7!
          _ノ≪二二ミ、/__     :|>三 三三 , .:  :! !  |

186名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:42:00 ID:ZTk7bxfg

 ゚。゚     ____  
      /ノ  ー_\                  ……ん、カズかお?
     /( ー) ( ●)\   ゚。゚
    /   (__人__)   \               まだ起きていたのかお……
    |     ー-u'     |
    \             /               カズは何もしなくていいから、早く寝るんだお
   /´           `\
  /  /          l  l   .___       やる夫はこれを片付けてから寝るから……
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l

187名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:43:00 ID:ZTk7bxfg

ーj: : : : :/   /  /  l::  ヽ   ヽ: : : : :r:'__
「: : : : :/ l  i::  l   l|::  l l  l ヽ: : : :´} ̄ヽ
T]: : : :!: l  l   l   |:!  l| :!  | :::!: : :└iー┘           そうは行きませんわ、あなた
|廴ャ: :l! ! l|_ :!  ‖!  l:: |  l ::|: : :r:イト、
l! |ー、:'、 、l  ド 、l|::l /l ,孑7´ l:|:rソ| | l |             夫より先に妻が眠るなんて
l| | くノト、ヽ,イ⌒ヽ !l'〃 ィ⌒Yイノリ'´  ! l | lヽ    n
|':! |   !ハ 乂::::ソ    乂r'冖'冖'冖'冖'冖'冖'冖'|l!        貞節を尽くす妻とはいえませんわ
||l    l:: l!:、    _     |                |l! 
l !l|   / /´:.ヽ、      ,.| だ が 私 は  rj┴、       私は隣の部屋にいますから
|:. |:!  l 〈:.:.:.:.:.:.:.t:.:ォ:.:.':.´:.|              rjー―,」
l 」|  / 」´l:.:.:.:.:.:.:.:ツ'!:.:.:.:.:.:.| 眠 ら な い rjー‐ ,」       用があったら呼んでくださいまし……
| l :| 厶_ ̄¨ヽ:.:.:/ハ:.:.:.:.:.:|               辷._,イ|
i|l /_≧x、_」:.:イ|  ト:.:.:.:|__________|イl|



     ____
   /      \           ……そんなことされても
  /  ─    ─\
/ u (=・=)  (=・=)\        やる夫は気になってかえって仕事がはかどらないんだお
|       (__人__)    |
\      ` ⌒´   /        カズは考えが硬すぎるお……

188名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:44:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────┐
│ 重量増加を抑えながら防御力の向上を図るという新計画はかなり難航した。  ..│
└──────────────────────────────────┘


     ____
   /      \          従来のままの発想では、どうやっても防御力を向上させた上で
  /         \  
/ U  _ノ    ヽ_  \       重量増加を図るのは難しいお……
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /        発想の転換を図らないといけないお……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

189名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:45:00 ID:ZTk7bxfg

                  機関部
                 ┌───┐                      →Front
             __________ 
      __。 --ゝ─^^^^"^^^゚"^^^^^^"" ^^^".一一一,..,.,.,,,,,,,,__ 
 ,,,,p─^^^  _┌─┐┌─┐      ┌┐ ┌─┐_┌─┐_´´´".ヽ-、
^^^-、,,__     ̄└─┘└─┘      └┘ └─┘ ̄└─┘ ̄  __.。rヾ"
    `、^'.ヽヽ ..,,,,,,,,__  ___ __   _  .   ___,,,,,,,,,,xx--─x"゛''^^^
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛
           ↑ . ↑         ↑   ↑ .     ↑
           └─-┘        艦橋..  └────┘
           後部砲塔               前部砲塔
\                                               /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。

         ___          戦艦に守らなければならないところはとても多いお
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\       機関に司令要員のいる艦橋、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     爆発の可能性がある砲塔と弾薬庫……
  . \ ヽ           /

190名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:46:05 ID:ZTk7bxfg

     ____ 
   /⌒  ⌒\            んん? ちょっと待つんだお?
  //・\ ./・\\  
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\         砲塔や弾薬庫、そして機関部は
|      `ー'´     |
/     ∩ノ ⊃  /          艦の中央部に集まっているお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |           つまり艦の前後部はさほど重要ではない……
  \ /___ /

191名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:48:00 ID:ZTk7bxfg

        |
    \  __  /
    _ (m) _             よし、これしかないお!!
       |ミ|
     /  `´  \             思い切って分厚いアーマーで組み上げた箱の中に
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!      砲塔や弾薬庫、そして機関部などの主要部を入れてしまって
  /( ●)  (●)\  
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \          それに軽防御の前後部船体を取り付ける形態にすればいいんだお!!
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃      こうすれば重要部の防御力自体は増強できるし、
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /         装甲重量の軽減となって艦全体を軽く出来るお!!
  \_ ____  /

192名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:49:00 ID:ZTk7bxfg

         , -―==‐- 、
        /: : /: : : : : : : \        ……こうしてバイタルパート(Vital part)と呼ばれる
      〃: /i: : : : : : : : : : : :ヽ
      / `/  {ー--  __ : : ',      艦中央の重要防御区画に砲塔・弾薬庫・機関部・操艦設備などの
      /ー/- 、 lー----  : : : : : : |
      l: :;',ェ._ 丶 : : : : : : : : : : : : |      主要な設備を集中的に配置して防御を計り、艦前後の
     V:} |j}` l: : : : : : : : : : : : l
      r' ' ' '   l: : : : :/: : : : : :/      さほど重要でない区画の装甲を薄くして排水量の増加を抑える
     ヽ- '    |: : ; :/: :/: : : /
       }__,  |: /l/: : {: : :{人_,      防御方式が取られることになったの
        l:/: :l |/ |: : : \: \
        /: :ノ!   l: : : : : |:_: :ヽ  
      , /: :/{ r- /: : : : lノ `ヽ:)
      /ハ: :{三三ノィ: :_ノ´ /  l 
      l/ `     ´   /   |
     /|          ヽ /     |

193名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:50:00 ID:ZTk7bxfg

       /         /     l     !
       /       , く         l    |
      ,        /-、     __ l  |
      |      /不㍉   / --、 `|   |    この「集中防御方式」は近代の戦艦に不可欠な防御方式として
      |     'i:し!:|     /不㍉ |  /
      l       l ゞ='      i:し!:|  |  .'     ジュットランド海戦後の諸国の戦艦に取り入れられたわ
          ||  |      {  ゞ='   ' /
       | ||  |            / '       この設計を最初に取り入れたのは米国戦艦ネヴァダ(1916年竣工)よ
       | |人  | 、    ( フ   /: /
    l、 _,ノ  : : lヽ|、\      . ィ: : /:/
    丶 /  : : |   \ 丶イ: : 」/レ′
     /   : : |\  \/ ̄|: :  \
   / /   \\  ̄ノlヽ.ノ: : ノ   ヽ
ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h45000/h45796.jpg

194名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:51:05 ID:ZTk7bxfg

 ゝ     r' ニ / f⌒          \/T〈  \_, -‐、   }
/ /     { ニ// |            \ lヽ       l  }ノ
レ{ /     `7  ∧    ト、   \    l| l     ∠ ノ      なるほどー、頭いいよねー
 {  , - 、_,ノl   l\\ ヽー\|≦\  卜|
  \{     {| \{ノ≧ト、 \  ヒハ Y  // {}             でもさ、軽装甲の前後部にタマが当たったら
         N  | / ヒハ   ̄´  ゞ'ノ! 〃 |
         |八  t_ ゞ'  j      j/                 結局は壊れるんじゃないの?
         {} ` T          / |
             ゝ.    r、   /  l                 だったら危ないよ?
               > ニ  イ    y1__,rr=ヘー-、
              / /ニ /ーノ      リ   / ー/   \

195名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:52:00 ID:ZTk7bxfg

     /: : : : : /   l: : : : : \             まあ、そこらへんは命中する確率の問題よね……
     /: : : : :/   /\: : : : : ヽ      
    /: : : : /-‐   ィ〒ト: : : : : :l            それと、ネヴァダを建造したアメリカでの射撃試験で、
   ,': : : : / -   弋ン l: : : : l:|   / ) 
   |: : : :/_,ノ      l: : : : l:|  / /        無防御部に命中した徹甲榴弾は貫通しても
   l: : : :l  ̄  }      l: : : //,、 / /  
   ∨: ::|      -‐   l: : :// ノ ,∠、        装甲がないがゆえに炸裂せず、却って装甲があると
    v: :|\  ´ -    l: :// // _」  
     i: :|::| l\     /!//   し'´__〉       貫通後に炸裂することが判明したの
     |ノヘ!ノ: : `ト-‐ ´  |:八  /└'-、 /  
        /: : :ノ:|    /: : : l、l   /         だから装甲は艦の主要部に限定していいということなの
     /: : : :(:ノ   _,ノ: : : : {    イ\  
    /|l: : : :トゝ   _,フ: : : :人   ハ |        浸水に対しては区画を細かく区切ることで対応したのよ

196名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:53:04 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫の手になる長門改正案は完成した。                              │
│ 集中防御方式の採用のみならず、ギヤード・タービンの初採用や重油専焼缶数の増加によって    │
│ 速力が26.5ノットに増大した長門は、日本初の高速戦艦となる見込みがたったのである。      ...│
└──────────────────────────────────────────┘


       ____            うひゃひゃひゃひゃ!! うまく行ったお!!
     /_ノ  ヽ_\
   /。(⌒) (⌒)。\        イギリスの新戦艦「クイーン・エリザベス」型は高速戦艦の始祖だけど、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ヽr┬-/     |       速力は25ノット(実際は24kt)止まりだお!!
  \      `ー'´     /
                       長門は世界一の高速戦艦になったんだお!!

197名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:54:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────┐
│ やる夫による長門の新艦形は、大正五年八月十一日、大臣室会議で異論なく審議決定された。   │
└──────────────────────────────────────────┘

     /            \|   _,-─         ヽ
   /"         _,,_    i /,,、、_       ヽ,
  /"        /"  ` \ .i//    \       i          これほどの計画を彼一人で
 ./        /          i  _, 、 、    \       i
../        /       ,;;--ミ 〆;;、  i     i       i         纏めきるのはさすがだ……
.´        /     /    `′  i i、    i      i
          /     /"          | | ヽ    ゛,       i        彼は私の期待に見事に答えてくれた
       /    /           ! !. ヽ     ヽ     .i          
      /   ./     _     _.//    ヽ   ヽ    .i      _,-─"
 `─¬´  ,,/"      (;;;)     (;// ,ゝ  ´  ヽ、,_ ヽ、_ i   /" 
   `T─¬=======ミ、,_ 、    /./==o〒シ",ri i" ̄   i /"    これからは私は彼を十分に
    ! (| !゛ヽ、て);;;≡/ヽ \   /"´,ゞ=)シ ./,iノ ./|  i   .i" ,  
/  i ゛、 .!  !   ` ̄´    `   /       / .i´./ ||  |   |  ノ     引き立てていこう
  i   ∨ ゛!             | 、    /, |ノ ii  .|   | / 
  |   .i ,  ゛,           ,  ヽ==彡  .|   ii  |   i,/      それだけの才能が彼にはある……
  i   .i !i  .|゛,          /      ./  i  /!  i  .i/   
  .i  .i ii   i;-iヽ      -─ -     ./i i i、 /ノ  .i   /
   i  i ii  .i;;;;i. \     ─     ./ .| i .i::,)ヽ  ./ ./ 
ヽ   ゛ヽii !.i .i、;;i    ヽ、       /   .! ! !/ i  / // 
 .ヽ  ,`ヽ ! i \     ゛ヽ 、 __,,/    .,i i i| /i / //  
;; :;;゛ヽ /   ヽiヽ `ヽ-,,_        _,,-"´ ii  !"  i //  
.:;; .;;;..ヽ     ! `ヽ,,_  `゛-,,,   ,-"    ,,!-"    i//.   
 ;;; .;;;, ゛,       ``-,,_  .゛∨  _,,-" ̄     //.

198名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:55:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────┐
│ このように峻厳に仕事に取り組んでいったやる夫であったが、その一方家庭では  ...│
│ 子煩悩なごく普通の父親でしかなかった。                          .│
│ 長男謙一はこの年の春に小学校に入学していたが、やる夫はこの息子に大いに  ...│
│ 愛情を注いだのである。                                   ......│
└────────────────────────────────────┘


          ___
         /⌒  ⌒\                ねーおとうさん、
  〃   / ●   ●  \   ミ
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i            おんぶしておんぶ!!
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン
    ( ⌒ )        ( ⌒ )



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /              任せるんだお謙一!!
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |                抱っこでもおんぶでも何でもするお!!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

199名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 21:56:04 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 彼が謙一や長女道に深い愛情を注ぐのにはわけがあった。                        │
│ 大正三年の初秋に、次女の順子が不意の流行り病で急死していたのだ。                 │
│ 生まれ落ちて二年にもならぬ小さな骸を抱きしめて、この時やる夫はひたすら泣いたのだった。    │
└──────────────────────────────────────────┘

               ____
            ,. -'"´       `¨ー 、
           /::::\::::::::::::::::::,/::     ヽ、            順子ーーーーー!!!!!
         ,.'"::::,.===、":::::::::::::'',===-、      ヽ、
    , - ‐'ー―ー‐っ=γ'  ,   ヽ'===ァニヽ---― 、 ヽ、        何で死んだんだおーーーーー!!!!!
    ゝ‐─‐" ̄:::::::::::丶__人_ ノ    ` ̄ ̄ ̄゛ー'   ヽ
      ./::::::::::::::::::::::∧l___!__|_ノ|              ヽ      代われるものならこのやる夫が
     /::::::::::::::::.  ,'     r‐,ノ!                 i
     /::::::::::::::    | _ ,.┴ 、」                l     代わってやりたかったお!!
    ,'.         レ/      !                 }
    i            ト、___ィ|              /      まだこんなに小さいんだお!!
    ',         └┴┴┴'‐'             /
     ヽ、                        /         もっともっと生きて欲しかったお!!!!!
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                      ヽ

200名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:01:47 ID:ZTk7bxfg

                   _ ,- v‐v ‐‐ 、 _ _
                _j⌒ ´            ` 、_
             _ 「                      ヽ
             ノ `′                    (_
           「                        )
           「_         -───-        r'_
          r-'     . '´         ` .      _)         ……………………
        r==っ   /              ヽ    (_ ___
         L. イ   /                  i    「:r-:::|
        /::::L_  ′ ' ' '               i   j ヽァ'       (……妻足る者、こんなことで
...         `T  { __ ! | ││ | | |│ || ! |!  !i|  | |   {_ ヽ::ヽ
         |   r '│    | | | |│ ||!| ||  |!|  | |    j L::|      取り乱してはいけないのですわ……)
         |    兀 | | | イ11 | ||!| ||ゝ、 |  | | ___「:|   │
         |  ││ | | | |_| |│ ||!| ||  |!| / √    |   |
         ∧  |  Y ` 'T    ~`  `' ~    7 イ      |   |
        ∧   |  〉 ハ `冖´     ` 0´∧ |     |│ |
        ∧  ∨ ( /  ゝ _  .- 、_  ∠ _j !      |│ │
        l   /  ゝ_  ̄ ヽ:::::7 f ⌒Y::::r<─<     |/   ,
        |  /     三三フ:::::| rー |::::::`ーァ  |   /  /
        |  |     人`ー‐ァ::::入__ノ⌒ヽゝー┬ ' /   /
        |  ー─── 、 ̄ レ′  |    ト ―'’<  −'── ァ
       ノ    ____ノフ     人    V    >─   ノ
       `二二ゝ ノ _ イ      /:::::ヽ    V / ─一<__
      ノ   r──r ⌒ゝ ヽ. __ノ::::ハ:::\ __ノ f⌒ ー──  ノ

201名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:02:08 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────┐
│ 話を再び世界情勢に戻す。                               │
│ 新型戦艦の建造に邁進する日本であったが、それを上回るハイペースで    .│
│ 海軍の拡充に乗り出した国があった。                       ....│
│ それは、この後超大国となるアメリカ合衆国であった。               │
└─────────────────────────────────┘

    ___________________________
    |;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |;;;;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;;;;|                             |
    |;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |;;;;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;;;;|                             |
    |;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |;;;;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;;;;|                             |
    |;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;;;☆;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                       |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |                                          |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |                                          |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

202名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:03:02 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 日本同様、主戦場であるヨーロッパから遠く離れて全く戦禍を被ることのなかったアメリカは、    │
│ 英独いずれが勝利を収めても、その勝者に対抗できる戦力を持とうとしたのだ。          ..│
│ かくて1916年には海軍拡充のための第一次三年計画と呼ばれる計画を打ち出した。      ......│
│ これは戦艦10隻・巡洋戦艦6隻を含む各種艦艇156隻、約81.3万トンを整備するという       ..│
│ 大建艦計画だったのだ。                                          ......│
│ これが実現すればアメリカは世界第一の海軍国となり、対日10割の保有比となった。      ......│
└─────────────────────────────────────────┘

         _,.. . -..≦三-‐乍_"^~ ̄ ̄~ フ     ェ =ュ   '' -ー'_    ≧ 、_    ___
,  ィー‐-- --三ニィヨスナニヽ、  `ョ  _, ..イ, _     ,_ -― 、_, _ ニ、-( ィ'" ̄    ̄"'''''ー'"゙ー--t---.
"'' ア..,_, -、..,_      γ''" iゝミ、 ゙'-'"  ゙'''" ,_  (ニィア = : ,  ,              _......ィ-ァ--''.
' ''"~    ヾ、,     ゙"ゝ!   ゙ヽ       ㍉ァィ'"''゙゙~-'     _        ''"    ゙フ!  ノ ゙ ''ー
          !        ,ィ''゙"~    .   ┌'゙,-ヾ、  ィニ> .(〈             _,、,.イfィ'"
          ゙ヽ    _,__ ,イ         . γ"゙"~!、_,=ニコ  _           !゙ ャィ'"
   ..,       ヾ 、 i゙ ._ 」_,          /"       ヾ、 ヾー--、  ,_   _, ..イ '゙
    '         ゙ー- L,  _,"'       : !         ゝ, -'"  .! .i'" .ヾ._ !  ik
                ゙┐ ゙"ヽ、     ゙ゝ- - 、      /     ゙'    ゝ" イヾ!
               ' l"    '゙ー-、        〈   , γ゙         ヾーニ'.K ;:ー -、 ; .,
 ,.               ヘ,      ,イ        !    l ; ィ          ̄"'.__ィ┐!、"
     '             ゙!    _ノ           .!   i" i_/ .         γ'"   ヽ   ;   
              '      !   丿          ヽ _ノ             ! __.....、  ノ    
                  ! ,ィ             ~                   ゙ーイ   ノ7
                 l ソ .,_                                          "'
                  "''  .  . '

203名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:04:01 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────┐
│ この事実に寺内正毅内閣でも引き続き海相を務めていた加藤友三郎は苦悩し、       │
│ 「八四艦隊」の実現のための予算取得を急ぐ一方で、技本第四部に従来よりもさらに   .│
│ 質的向上を目指した新戦艦の設計を要望した。                          │
└──────────────────────────────────────┘

       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、       八四艦隊の残り五隻、すなわち
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |      戦艦「陸奥」「加賀」「土佐」、巡洋戦艦「天城」「赤城」は
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )    私の責任で何とか予算をつけよう
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃     しかし、アメリカの量的向上はあまりにも著しすぎる
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /       これに対抗するには、何とか我方の個艦の質的向上を
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{           計らなければいけない
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ         第四部に期待するほかないが……
         |l !  fバ}  ∧  / 八

204名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:05:01 ID:ZTk7bxfg

                     ___
                  .,、‐'゙´    .゙.,⌒゙''‐、,               ……というわけで、君に再び
                ,/      ,..., ゙i   .゙ヽ,
               /      /,.、-、i,,、ニ;ヽ,  i,            腕を振るってもらいたい
              ./      ノ /゙   ´゙'i`i゙i, .!  i,
  .,、r''"´⌒゙゙'';';、,   ./   、,___ノ゙∠,  o  .ッ'.ノ ゙i, |  i            加藤海相は君に大いに
 ./       i:i ヽ, /  .,、-i /ッ〒t=;;= -='-',;;;;;;ミ、;、_ |
 i ,、==;、,   ;ノ  ソ  i ./'i :i'ヽ,゙i;ニシ    /i゙!(,j.゙>/ .|            期待しているようだ
 !/    ヾ,r‐'"  ./   i .i,-| ゙i   ̄    i、ニ=''゙/  レ=ー-.、,
、,,i,     i,   .V    ゙i,゙ヽi, i,       /  ./  .i  / ̄`゙゙ヽ     何とか新型戦艦の性能を向上させ
  i;     i'i、,  |    ,-'ヽ、i, i,    ,,_ .,,゙   /   .i; /      i
  ノ===、,.ト、,_;;,.i   /i .i;;;;;i ! i,     .,,   ,/   j, i,      i     アメリカに対抗できるようにしてくれ
'ー'゙     .j  ヾ;'ヽ,/ .ヽ,ヽ/ ヽ;i゙'-、,    /、,  ./ ,、-.、,、===、/ラ'''''フ,,
 ;.;     .ノ゙ヽ;  ヽ,゙ヽ  ゙‐、'ヽ、゙'  `''‐,/゙ヽ, ゙i, /,-'−''i     レ'゙.,;:ジ゙/,,.、、,
;ジ    ./\ \  ヽ,.ヽ,  .`'-、゙ヽ,   i|;;  i レ゙^ヽ,  .i   /'゙''''"  // ,)
ミ、,,,,,、-‐゙   \ \  .ヽ, ヽ,   `ヽ,゙ヽ,  i;ヽ,./ ./'i゙j  L,,,,,i,  i゙    /゙ /
-、,,_       \, ゙ヽ、,.ヽ, ヽ,    ヽ, ヽ,.゙' / .,イ i.| / ./ヽ、,ヽ、,,./゙ /

205名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 22:05:29 ID:BZwP1MCU
そうだよね、アメリカさんは本当は日本以上の大艦巨砲主義だもの

206名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:06:00 ID:ZTk7bxfg

     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \           私にも腹案がありますお
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \        任せてくださいお
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|        必ず大臣のご要望に答えて見せますお
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.::ハ从从从从ハ     /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

207名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:07:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 打診を受けたやる夫の反応は早く、長門の新艦形決定からわずか一ヵ月後の九月十三日には  ...│
│ 高速戦艦二隻と巡洋戦艦二隻との比較試案が大臣室会議に提出された。               .│
└──────────────────────────────────────────┘


             .     ≡
..             |    ._..|,|            *高速戦艦第一案  16インチ砲8門/34.5kt
             _|__| |.|,|T__
   r‐-───H─Eニニニニニニニ!Hヨ'───┐    *高速戦艦第二案  16インチ砲8門/35kt
    ̄丶─────────────‐´


           . ┼     =
            .┼. ._ ._. |,|             *巡洋戦艦第一案  16インチ砲8門/34.5kt
       .     | _| |_| |.|,|T__
   r‐────'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐     *巡洋戦艦第二案  16インチ砲8門/35kt
    ̄丶────────────‐‐´

208名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:08:00 ID:ZTk7bxfg

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \        わざわざ高速戦艦と巡洋戦艦を比較提案したのは、
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ      巡洋戦艦は高速でも防御力が低いために
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /      特に遠距離砲戦で撃ち負ける可能性があることを
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \      思い出して欲しいからだお

                             だから、巡洋戦艦並みの高速を発揮できる高速戦艦こそが

                             やる夫の本命なんだお!!

209名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:09:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────┐
│ 平賀提案を受けた加藤海相は、高速戦艦の計画に強い関心を示し、新たなプランとして  ...│
│ 排水量三万五千トン以下、速力32ノット、16インチ砲8門を提示した。              .│
│ こうしてやる夫は翌大正六年一月中ごろまで高速戦艦の概念設計に取り組み続ける。   ...│
└───────────────────────────────────────┘

        〉,f升{    i.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾrく_j_jイ.:.:.:.:.:.:.:.:.i ト彡〉
          〈≦二{    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ト彡〉     なるほど、
          〈≦二ト、 '" j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.i.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:. i トィ
        `Y^マヘー任≧==x--、.:.:.: : ゝト--‐企x、:.:l       「巡洋戦艦並みの高速を発揮できる高速戦艦」か……
         |f⌒Vi  ^f之フ才"´ |:.:.i:.:.:.:`之フ´.:.:/
          tl くト、    ´';.:.:.:. ,イ~|:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l        アメリカに対抗するためにはこの強力な戦艦が
          ヽ ┤l     ` ´  |:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
            `|┤ト、       ,ィ |:.:.i.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:r‐――-   どうしても必要だ
            ヽム``    , '´ト、;l:.:.jム:x‐―-x,_/  ,r――-
           ∧:.:ヘ  rf{___`寸: :|lllf⌒ヽ.__,科-'"´   平賀という男、使えるな……
          ,ィ´.:.∨:ヘ  `      :.:.:.:.:.ト、`ー―‐'´ _,斗-'"´
    ___,斗‐<.:.|.:.:.:.:.∨.へ、  ...:.:.:.:.:.:.:.:|  `ー―'"´

210名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:10:13 ID:ZTk7bxfg

               __,,,,_
            ,,-''" ̄     `゙ヽ
        /,,/´           ヽ                しかしやる夫君、
       / /               ヽ
      /     __,,,,__              ヽ             「巡洋戦艦並みの高速を発揮できる高速戦艦」、
     r''~゙ヽ/´   `ヽ、            ヽ
     f  ,,-、' ̄ii\    ヽ.             ヽ           本当に作れるのですか?
      {  i   丿  \   \、,--、        ヽ
     i  i     o  __,,ゝ、,,__フ.ゝi.         ヽ         もし巡洋戦艦に戦艦並みの防御力を与えれば
     |  |._O_   -て《__ノ´| .|/ }    ヽ    ヽ
      //-=ミヽ     '´  ,| .|,,ノ      ヽ    ヽ       大幅な重量増は避けられず、結果として
     ´  .| ヽ¬        | .|`! ヽ      ii   i. ヽ
       |  i \         | .! ヘ ヽ        ii   i  ii     速力の低下は避けられないのがこれまでの設計の
       |   iヽ  --     ,| ii/  ヽ丶,-'''┐  i    i  i
         |  i `ヽ、   , .'" | i/  ,-''´:::;;;;;;;;;;;ゝ,,_i,-、  i  i     常識ですが……
         |  | i `゙ ´ii   /´,,-''゙:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'-i,_ ノ
       !  | ヽ,,/´:;;i__/´::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ ''-,,,
       ヽ 丶   .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         \,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

211名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:11:00 ID:ZTk7bxfg

                     , ー---ーーーーヽ          心配御無用ですお
        ,..-‐-、__     / },,..、_  {:::: /:::::::_,. ヽ、   
       /       ヽ   / :二_\ゝ -‐二.., ノ:::::ヽ       やる夫にはそれを解決するための
      /  '´`ー―−イ  /   :ヘ ..,,_ > i::ヽ< _,,..イ::::ヾ:::::::ヽ 
     . / ./ ̄ \   }  ./     i´  人  `i::::   i:::::::: |      画期的な防御装甲案がありますお
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'二`--'::::   !::::::::: ! 
    . / /   \    ヽ   l|      < ___,ゝヾ  /:::::::: /      これで装甲の軽量化と防御の強化が
   /   ヽ   \  /  l \      ゙二ィ'   :::::::::::  /  
  ./     入   .}‐〈   } __\     :::::::  :::::::::::::: /        両方出来るようになるんですお!!
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、 :::::::::.,..-‐‐ト、   
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\      それは、「舷側傾斜装甲」ですお!!
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

212名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:12:06 ID:ZTk7bxfg

         ,  -―- - 、
        /: : : : : : :ノ,: : \          ……この傾斜装甲というのは、装甲を傾斜させる事により、
     /: : : : : : /^{: : : : :ヽ
     /: : : : :/   ヽ: : : : :l|         徹甲弾の運動エネルギーを分散させ、逸らして弾くというものよ
    ,: : : : :/_   , - ヽ: : : |
    l: : : :/ィ=、ヽ  f^テl:l : :|         装甲厚や重量は同一のままでも、装甲を傾斜させる事で
    l: : : :| {_ノ    ー' l: : |
    ヽ:ヽ:|    }     ハ: /         垂直の装甲より高い防御力を得ることができるの
      l: :|、   r┐  /: :|'
      |从:ゝ. _ ´ /: : :{.__ ,         ┌────────────────────────┐
       人: : : } ̄  |:: l: : ァ'.          │                                    │
      フ: :{: {ノ    _ソ:l: : :}_           │                      (矢印は左右      │
     /{:{: : :トゝ  ` 7: : :ノ `ヽ        ..│ ...←───→     ←───→  同一スケール)   │
    |l ヾ\:廴l二二ノ-=イ/   |..      │                                    │
    |  | /`l |   |  V′  | .       │ ┌────┐          ────           │
    |   Y  l|   |   |    /  ..      │ │        │       /        /          │
    |   l|   | l |  l   /        │ │        │      /        /           │
                           │ │        │    /        /             │
                           │ └────┘    ────              .....│
                           │  垂直装甲      傾斜装甲               .│
                           └────────────────────────┘

213名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:13:00 ID:ZTk7bxfg

                                       傾斜装甲の概念は陸戦兵器で
    ______,∠二/"  ̄ ̄\ 
    └‐―――‐┬lー(((  lコ ダ. \                よく用いられていたわ
            ,ニ>ニ >ゝ===ニ=="――― 、_     
         ,-l)フ∠//┌┬――┐     \_\       その代表的なものがソ連のT-34戦車ね
       , ―‐<    ,――,>-┴┴――┴―――――\| 
    <--((――<―‐‐<〃ヽ√゙Y√゙Y√゙Y√゙''√゙Y《* 》, ,.      T-34は傾斜装甲により高い防御力を持ち、
     \二\_ _ゝニ\ ソ { .0.}{ .0 }{ .0 }{ .0 }{ .0 }ヘノ   
        ヽニゝ. ̄ ̄ゝニ\ N__,∧,_ノ,ヘ__∧__∧__ノ/        敵であるドイツ軍をとても苦しめたの

214名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:14:02 ID:ZTk7bxfg

  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、       ふーん、
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ      でもね、せつな?
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ       お船の側面って普通真っ直ぐじゃないの?
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'
               /  \ / /  イ |             そんな横が斜めになったお船なんて
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ                本当にあったの?
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |

215名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:15:01 ID:ZTk7bxfg

     /: : : : : : : : : : : : . . . . .    : : : : :l
      l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .  ,/:|        斜めといっても15度ほどだからそれほど目立たないわ
      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:/
      |: : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : /ー/:/         それに一部は船体の内側に隠れているのよ
      l : : : |: :!: : :|: : : : : : : : : ィ≦、/:/
      j : : : |: :!: : :|: : : : : : / ´  〈/          下にその簡単な断面図を示すから、
 ___,ノ: : : /: :j : : |: : : : ; ´     /
 \:/ : : / : /: : /!: : : /   ` ァ┘            それを見て理解してね
 /: : : / : /: / 」: : /l:\_/´

216名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:16:00 ID:ZTk7bxfg

──┓───┐102mm
   ┃←229mm ↓
   ┗━━━━━┓
      |     ///
      \   ///←279mm ───────WL
        \///
         / \
缶室     /   │
       /←25mm×3
      /     │
─‐──┴─‐──┘                    戦艦『加賀』缶室部横断面略図(数字は装甲厚)



        ↓35mm
──┬━━━━━━┓
    │    147mm→┃
──┼──────┫
    │            ┃←196mm
    │            ┃__________WL
──┴──────┫←305mm
                  ┃
缶室              │
                  │
                  │
─────────┘                   戦艦『扶桑』缶室部横断面略図

217名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:17:00 ID:ZTk7bxfg

              | :厶、 l      ヽ
             レ'=ミ! `|/      |  \        本当だー
           /ィソ l|  | /     /    r
         l ̄  じ'    l/    / :/ -―{         上のお船は装甲板が斜めになってる……
          〈      _./: . . ∠∠  //`
       r '       ̄ ̄ _r‐ |: . . . /         それに厚さ自体も上のお船のほうが
        〉            /: : : : : : :
         /        /`T"´: : : : : : : : :         下のお船よりも薄くなってるんだねー
       `> . ー‐     レ}: : : : : : : : : :
           \    r―- 、: : : :_:  -‐         でも装甲の面積は上のお船のほうが
      _  -―‐|   /     \´
     〈      |  /      \            増えてるように見えるよ
      \     /|  /         /

218名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:18:00 ID:ZTk7bxfg

        _  _
       /. : : :`l: :\          よく気が付いたわねラブ、そのとおりよ
     /: : : : : : へ、: ハ
     /: : : :/   〈: : :l         「扶桑」の最大厚305mmの装甲は喫水線部分の一部のみで
    ハ: : :/ニ、 ,ニ〈: : |
    {:l: : |{rリ  , {rリ !: :l        上に行くほど装甲は薄くなっているの
    `l: : |  、__ , |/
      }人ト、    ィ:l{         でも「加賀」の舷側装甲板は同じ厚さの装甲でより広い面積をカバーしてるの
     ノ: : : :{>イ: : :ゝ
      {: : :N\/ }ノ: :}- 、       そして対魚雷防御のために大きなバルジを設け、その内側にも
    /´ゝミ㍗_人_ }ノ  l
     | l    〉〈     { |       装甲板を配置しているのよ
    / |   //ハ  ー| ヽ.
   く ー{    ヽ ノ    }一 〉      そして上面装甲も格段に厚くされたわ
    l ̄}        { ̄「
    ヽ 〉       〈 /       これが「舷側傾斜装甲」による軽量化の恩恵なのよ
      ∨           V
     /      /    ヽ

219名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:20:24 ID:ZTk7bxfg

やる夫の計算が正しければ、アーマーを薄くして重量を軽減し、なおかつ    ヽ
船体や機関の重量軽減を図れば、同じ排水量でも主砲をあと2門増やせるお  )
そうすればとてつもなく戦闘能力がアップするお……                (
                                                )
⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、 ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒⌒ヽ、_ノ⌒、_ノ
         ∨

   メラ /  ̄ ̄ ̄\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    /    \,, ,/\     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    / u:::(●)  (●)ヽ  ________
.   |   ⌒(__人__)⌒| .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.     \ u   ``ー' ,/  | |..機械式計算機.. |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /⌒)    ー‐  ⌒ヽ. | |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.  / _/         |ヽ   | |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
  ('__ ̄'⌒イ^イ^)´),Y´Y^|_|_______|
__l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _,| |  |

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 「舷側傾斜装甲」に対して計算から自信を得たやる夫は、本来「長門」の二番艦として竣工するはずの  │
│ 「陸奥」の計画改正をもくろんだ。                                          ....│
│ 主砲二門増という計算結果を即刻実艦に適用したいという衝動がやる夫を動かしたのである。      .│
└────────────────────────────────────────────┘

220名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:21:01 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────────┐
│ そんなやる夫の研究を一時中断しなければならない重大事件が、大正六年一月十四日に起こった。   .│
└────────────────────────────────────────────┘


1917年1月14日 15:10
横須賀軍港  装甲巡洋艦「筑波」

                   │              │
                   ┼              ┼
                   │              ┃
                   ===             ===
                   ┃   .            ||
                    ||     _       _  ,||
                   ..||  . |二||     |二|| ..||
                   ..||   .|  ||     |  || ||__
                      .||    |  ||     |  || t|…|
                     r=||i__.|  ||___ .|  || .-l ̄l!}l''''''''''ァ━    ___,,,,..,
            ===r‐'''''''!ノ゚'゚'ニニニr'"'''''ニr'"''ニニ'''''ニr'"''''ニニニ广''''''''''''''' ̄ ̄ ̄マ) マ)  /
   t| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ‘゙゙゙゙゙″  `″ `″ ゙゙^   ゙゙゙̄″   ・・・ ・ ・ ・ ・,,、、,|
,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;. ̄ ̄、, ̄,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、 ''‐-、''-;;.:;.‐-‐-;:;;:..-;‐:;.,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,
     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`~~''''""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--."`";,,'''"':; `" """'' `゙゙`゙゙`
`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """'' ""' ''''"''"    "" "~ "'`',,`" """'' ""' ''''"''"

221名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:22:00 ID:ZTk7bxfg

 _____  ┌┐┌┐                                  __
 \      |  | .| | |                                   |   |
   \     .|  レヘ Vヘ             .,-イ .,,,、、             |   |
    \   .└─' ̄\             .,l゙ .゙‐'` ゙l              |_∧_.|
     .\        \          ./'゙_,、.r‐',i´.l゙                   ___,ン ̄フ
       \   |へへへヘ         .ト'",l゙ l゙ l゙ │            _,>'     ./
        .\  \               l゙ ,l゙ .l゙‐'"            |     ∧∧/
         \  \             .レ'"                 | ∧∧/ `'
           \  \                            |/ `'
            \ヘ| 
                \ . ,, .              '// ., /
                \\( ⌒  ⌒  ´   ' .. 'ヽ..  /  ´   )
                 ;: ( ⌒ )=)´_ ⌒;: ⌒ .. ) ) // ニ==-
                (  ( nヽー‐'__;:  _,、__ // `ヽ
                二` - i l  / 。 i /   ゚ ヽ   ; .)  )
                 )( ((.ゝ',:  ヽ_ノ  、__ワ ノ  )  二=− )
                  ξ ⌒, ; (, __,-、_,,、   ̄  )  ) )      )
                  ゝ//'.. .(> >__,ノ ) )) ) =]3   二=‐-    ___,,,,..,           
            ===r‐''''lー-、. ; ゝ ., :   Lヽ ノ, ; .: ., ) ) ノ  ノ'''' ̄ ̄ ̄マ) マ)  /
   t| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, :. ,//. , ;ー─ - - '. , \\\ -' ・・・ ・ ・ ・ ・,,、、,|
,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;_;_,;-;,-;;. ̄ ̄、, ̄,-、;;.,.,,-,;-;,-;;.、、,,-、 ''‐-、''-;;.:;.‐-‐-;:;;:..-;‐:;.,,;;;-:;_;_,;-;,-;;.、、,,-、;;.,.、、,,
     ,,`" """'' ""' ''''"''" "" "~ ""'`~~''''""'`' '.,~'ー-,,_~~''''""'`' ' - .,~'ー-,,_~~''''ー--."`";,,'''"':; `" """'' `゙゙`゙゙`
`" ""    "'' ""' ''''"      ''" ´"""  """'' ` ,,`" """'' ""' ''''"''"    "" "~ "'`',,`" """'' ""' ''''"''"

222名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:22:29 ID:ZTk7bxfg

         _____
        /        \              な、何ですって!!
      / ヽ  、: : ,  /   \
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \           装甲巡洋艦「筑波」が係留中に
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |          大爆発事故を起こしたですって!?
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /          一体何が原因なんですお!!
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ

223名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:23:01 ID:ZTk7bxfg

               __,,,,_
             ,,-''" ̄     `゙ヽ                ……残念ながら今のところ原因は全く不明です
         /,,/´           ヽ
        / /               ヽ             現地では必死で救難作業が行われているところですね
       /     __,,,,__              ヽ
      r''~゙ヽ/´   `ヽ、            ヽ          やる夫君、「筑波」は君が留学前の呉工廠時代に
      f  ,,-、' ̄ii\    ヽ.             ヽ
       {  i   丿  \   \、,--、        ヽ        工事設計に携わった艦と聞いています
      i  i     o  __,,ゝ、,,__フ.ゝi.         ヽ
      |  |._O_   -て《__ノ´| .|/ }    ヽ    ヽ      いずれ原因究明のための査問委員会が
       //-=ミヽ     '´  ,| .|,,ノ      ヽ    ヽ
      ´  .| ヽ¬        | .|`! ヽ      ii   i. ヽ    設置されることになるでしょう
        |  i \         | .! ヘ ヽ        ii   i  ii
        |   iヽ  --     ,| ii/  ヽ丶,-'''┐  i    i  i   その際は私は君を派遣するつもりです
          |  i `ヽ、   , .'" | i/  ,-''´:::;;;;;;;;;;;ゝ,,_i,-、  i  i
          |  | i `゙ ´ii   /´,,-''゙:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'-i,_ ノ   辛いだろうが、しっかりと原因を突き止めてください
        !  | ヽ,,/´:;;i__/´::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ ''-,,,
        ヽ 丶   .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

┌───────────────────────────────────────┐
│ 「筑波」は瞬時に爆沈し、艦橋を僅かに水面上に残すだけの姿になっていた。          .│
│ 犠牲者は多く、在艦者705名のうち、死者90名、負傷者35名、行方不明61名のあわせて  ....│
│ 186名に及んでいたのだ。                                       ....│
└───────────────────────────────────────┘
ttp://nagamochi.info/src/up98883.jpg

224名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:24:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ 原因究明を急ぐため、「筑波」爆沈二日後には緊急の査問委員会が設置される事となった。  │
│ やる夫も12人の委員の一人として現地に派遣されることとなった。                 ..│
│ 委員長を務めたのは、砲術学校長加藤寛治少将であった。                      .│
└────────────────────────────────────────┘

         ___
.       /__))ノヽ            
       | l  _  _ i.)
.       (ミl ´・ 〈 ・ リ           ワシに任せんかい!!
       し   (__) .|   
   ビシッ   | `ニニ' ./            ワシに任せといたら、「筑波」を見事に育て……
   / ̄\.ノ `ー―イ   
  ,r┤    ト、__/`            やなくて爆沈の原因をばっちり
 l,  \_/ ヽ|  |  |  | `ヽ
 |,  、____( ̄)|  |  |  | | |        突き止めたるわい!!
 ヽ, 、__)`JAPAN | |} | |
  ヽ、__)_.|  |  |  |  |l__|__|
     .|  |  |  |  |  ||  /
     .|  |  |  |  |  ||_ノ 
     .|__|_|_|_|_||

225名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:25:00 ID:ZTk7bxfg

       / ̄ ̄ ̄ \           加藤少将、お久しぶりですお……
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \        まさかこんな形でお会いするとは
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /        思いもよりませんでしたお……
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



    ∩      ____
   ( ⊂)    /__.))ノヽ            おうお前、平賀徳太郎の弟のやる夫やないか
     | |.    |ミ.l _  ._ i.) 
    トニィ'| .(^'ミ/.´・ .〈・ リ            久しぶりやのう!!
    |    |  .しi   r、_) |   
    \   ヽ  |  `ニニ' /             ずいぶん落ちこんどるようやが、
     \  ヽ ノ `ー―i´ 
        ン ゝー''''/>ー、_          そういえばお前は「筑波」の工事を担当したんやったのう……
       / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \       ワシも以前「筑波」を育てたことがあるさかい※
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l 
       j  | :   | / ィ    |  |       お前のその気持ちはようわかる
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」 
        ー 〕   \  〉(⌒ノ       こうなったらなんとしても原因を究明しようや!!

※加藤には明治41〜42年「筑波」副長、大正2〜3年「筑波」艦長の経験がある。

226名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:26:00 ID:ZTk7bxfg

                                 i!|
                                ノ |
                              ノν  !,_,. - y/  
                        (i゙へ.,ノr'´     `''" !
                         ゝ           τ,. =‐
                       .  !            '"r'"
.                        |  ..,,,,__       /   
.                       ヽ! |   `゛`'ヾ''"~^"i!
                        `ヾ !`ー==、  ,.r==|!    
                        /ヘ! `ゞソヾ  ヘソノ,!ヽ
    .   ____     ...      . ヽゞ! u         !/    
   ...  /__.))ノヽ            `'λ    .:::ゝ u /
  ..   |ミ.l _  ._ i.)    . ..      . | \  ー_− /
    .(^'ミ/.´・ .〈・ リ   ..      .   r!  \__/ ト、へー‐--
     しi   r、_) |            / `゛`'ー ‐- 、m/  !〜ヽ  
  .    |  `ニニ' /           へゝ、     /  !\ |  |  
      ノ `ー―i    /⌒ヽ⌒、⌒、⌒、.  ヽ、  /ヾ /  ヾ  ト- 
            / /ヽノヽノヽノヽノ
\____________________________/
              ○
              ο
              o          そういえば徳太郎は元気にしとるか?
           ____
          /__.))ノヽ         徳太郎は兵学校同期でワシが一番、あいつが二番
          |. l _  ._ i|  
         (^'/´・>〈・` |)         兵学校ではワシがあいつを育ててやったようなもんや
         .しi  (_)  ソ  
           | `ニニ' /          そのうち弟のお前も育ててやらんとなぁ……
          ノ `ー― ヽ

227名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:27:00 ID:ZTk7bxfg

             ____
           /      \
          / ─    ─ \        いや、けっこうですお
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/       丁重にお断りしますお
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

228名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:28:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ 「筑波」爆沈の原因はさまざまなものが考えられた。                         ....│
│ 当時多発した爆沈事故は乗組員の失火もしくは放火というのが一番多い原因であったが、  ...│
│ 搭載火薬の自然発火や艦自体の艤装の不具合も考えられたのである。             ...│
└────────────────────────────────────────┘


              __
            ,,.-´   ``ヽ             ……というわけで、やる夫がまず
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( ●)  (● ). .ヽ          爆沈の経過を追跡することになったんだお
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\        まずは証拠集めから始めるんだお
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \     潜水夫から海中の「筑波」の状態を聞きだして、
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶     それを元に爆沈状況を組み立てるんだお
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

229名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:30:06 ID:ZTk7bxfg

            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \           ……以上の証言からして、爆発の状況は
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|          まず前部副砲火薬庫で初発、それが
       / |   ( ●)  (● )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \       主砲火薬庫に誘爆して爆沈に
    /    / `ー─ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\
    ,\   .l |  ∧ /         / /     至ったという順番と考えますお────
   / .\  i l  .| /        ⊂)/丶
  ./    .\| | ./ /       ⊆)    \

230名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:31:00 ID:ZTk7bxfg

         ____
       /__.))ノヽ              
       .|ミ.l _  ._ i.)  
      (^';;<_A_〕              (……ほう、なかなかの推論やないけ
      .しi   r、_) |    
        |  `ニニ' /                証拠に乏しい現状の中でも
      .∠  `ー―i´__ 
    /  ̄ ヽ\― 、‐ヽ\ `ヽ          まず矛盾のない推論や
    |      |  ` ┴ '  ヽ  ', 
    |ヽ   .rく    =  .lへ〈         さすがはワシが育てた徳太郎の弟や……)
    ',、     .|___,ノ__,ノ 弓 ', 
    .ヾ 、   .ノ ̄` く ̄ ̄ ̄` | 
     .ヽ\      , へ、   .ノ 
      \`ー― ´   .| `ー.┘    
        〉.ー-、  ' |

231名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 22:31:16 ID:lUL7z3po
ピクリン酸ェ…

232名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:32:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────┐
│ 続いて原因究明に移り、やる夫は船体の艤装関係を担当した。                  │
│ 可能性が高いのは電路からの漏電による発火であったので、横須賀工廠で実物実験を    │
│ 行う事となった。しかし……。                                     .....│
└───────────────────────────────────────┘


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \        横須賀工廠からは
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ      「漏電ノ可能性ナシト認ム」と返事が来たお
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)     これで船体の欠陥の可能性はほぼ消えたお……
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

233名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:33:00 ID:ZTk7bxfg

                         /  /\`fュ. へ   \
                           ゝ /  _ `彡 __ \  ノ
                        /∨ / /―-ヽ∠....ヽ  ヽj\
    _____________∠_/// /        ヽ  ヽ ヽ    火薬が自然発火するなんて
   || ‐tytュwHニZUH‐yt@yュ三t_rュtyュr=y ̄||/--、    ,. -‐l . .l_/
   || |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ||l≠=㍉、  〃≠k|l: i: }.l      そんなこと
   || ||                      || ||l ちtリ  }  i{tさ jl:/:/:ll
  .へ ||   火薬が勝手に         .|| ||ト` ̄   _    ̄彡.イl ll     現状の保管状況では
  >、__)||                      || ||ヘ   , -、    イ l | ll
  >、\!!   爆発するなんて        _|| || ||\ {.  } /|:  | | ll     全く考えられませんわ!!
  (_、`く||                    '、\.||_||l |f>─<|:l:||:  | ̄\
  ( 、`く||   ありえないだろうJK   .. `‐-_、_ ̄ ̄` < `ヽ|:  |  ..::::    火薬を疑うなんて
.  `||¨.||                      || |ゝ-‐'    \ニ|:  l..:::/
   || ||_____________」| ||ゝ"´__    `く`‐┴----    勘違いにも程があります!!
   ||_________________||>--イ\    }
       \:::::::..  ヽ    ゝ:へ::::....  ハ. l  l/ / / i>r‐/
          ヽ:::::::..../\   /   ::::::_{ ヽi从ト/ /  l l」V_。__  。
         L:::ィ    ヽ ´     /|:l:i:ゝ   \__/  ゝ__/|ル' ノ>.、
             \    ヽ.  /  j从: :\             /从i: :i

┌──────────────────────────────┐
│ 火薬担当の委員からも、火薬自体に欠陥はないとの報告が出た。   .│
└──────────────────────────────┘

234名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 22:33:44 ID:lUL7z3po
エー

235名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:34:00 ID:ZTk7bxfg

        ____
      /__.))ノヽ
      .|ミ.l _  ._ i.)          なるほどな……
     (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
     .しi   r、_) |          そないなるとやはり原因は人為的なものしかないっちゅうことか
       |  `ニニ' /     
       i `ー―i´           どや?
      / 丶' ⌒ヽ:::
     / ヽ    / /:::         艦に火ぃ点けそうな不審な行動者の洗い出しは出来とるか?
    / /へ ヘ/ /:::
    / \ ヾミ  /|:::
   (__/| \___ノ/:::

236名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:36:00 ID:ZTk7bxfg

              / ./ . : .   :ヽ. \ \
                , '  . /:   . : : . : . : :|ハ . ヽ: :ヽ        不審者の洗い出しはかなり進みました
            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ        出入りの商人や面会者は総て
              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从       爆発前に退艦しています
          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}        ですので乗組員に限って身上調査を行いました
.         |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
.         |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ         思想的な不穏分子や精神病者は見つかりませんでしたが
           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1           「失意又ハ怨恨者ノ自殺的行為」に該当すると思われる
     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{       _,......
    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´    不審者を二名まで絞り込めています
    |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}  |
.     } >ゝ-'¨´/   /|      // | l l      |  /

237名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:37:00 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│      ,,r─、r-─ 、                                       │
│     /    人ヽ、ヾヽ     ◎一等兵曹O (事件後前甲板で遺体発見)      .│
│    {    ノ━、 ,r━i                                     ..│
│    |   /`ー・、 (-・'(      ・行跡宜しからず各艦を転々とす             │
│    ノノヽ/    _」  ノ      ・待遇に不満を持っていた疑い濃厚         ....│
│    ) | ヽ  ii'''''''ii/                                     ......│
│    フ |   ミリリリハ                                      ....│
│                                                    │
│         ,. ‐ 、,.‐ 、                                   .....│
│       /     ヽ     ◎二等水兵Ⅰ (行方不明)                │
│      ノ ノ.ノノ.人ヽヾ)                                   .....│
│      ノ ノノ ・` 〈・ V      ・事故当日盗みの廉で上官から殴打される      │
│     .ヽ(6ミ  ・・ |     . ・以前性病を患い梅毒性神経衰弱の気がある   ..│
│       ヾ|\ <三ソ                                      .│
│       ノ.  `ーi´                                       │
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

238名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:38:00 ID:ZTk7bxfg

     /__.))ノヽ
     .|ミ.l _  ._ i.)          
    (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
     .しi   r、_) |          なるほど、どちらも怪しいの……
      |  `ニニ' / 
      ノ `ー―i            しかし、やはり病歴のあるⅠのほうが可能性が高かろう
    (⌒`    ⌒ヽ 
    |ヽ  ~~⌒γ⌒)         よっしゃ、本命をⅠとしてさらに調査を進めるんや!!
   │ ヽー―'^ー-' 
   │  〉    |│ 
   │ /───| | 
   |  irー-、 ー ,} | 
   | /   `X´ ヽ  

┌───────────────────────────────────────────┐
│ こうして査問委員会は某二等水兵の放火の可能性を中心に原因を絞り込むこととなった。        │
│ しかし、結局直接の原因の断定には至らず、原因は曖昧なままに査問委員会の作業は終了した。  ..│
└───────────────────────────────────────────┘

239名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:39:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────┐
│ 「筑波」爆沈の謎に挑むやる夫の元に三月十六日、凶報が届いた。           ....│
│ 長姉房子の息子である牧瀬豊彦がロシアのペトログラードでいわゆる「二月革命」に  .│
│ 巻き込まれて横死したのだ。                                    │
│ 豊彦はすでに妻を亡くしており、房子の元には孫娘二人が残されることとなった。    .│
└─────────────────────────────────────┘


      :/  ̄ ̄ ̄ \          ……豊彦は年も近くて
    :゚;/\:::/::::: j   \::      
    :| <ー>:::::<一>。     | :;       やる夫のいい友人だったお……
     j゚ ~(__人__)~゚。::::::.../       
    ゜ \;,`⌒ ´.゜;   ゛ ヽ        それに豊彦の娘はまだ六つと四つだお
      :|::|      ::::| :::i       
      :|::|:      .::::| :::|:       父の死を知るにはあまりにも幼すぎるお……
      :`.|:      .::::| :::|_:      
       :.,':    .::(  :::}:       姉さん、無念だお……
       :i       `.-‐"

240名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 22:39:08 ID:lUL7z3po
ミンチ&ウェルダンだもんなぁ

241名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:40:00 ID:ZTk7bxfg

              _. -‐ ''   ̄` ー、
             ,. '´           ` ー-、
            /        _,.. -― ―-、. l           ……やる夫、豊彦は止むを得ない事情で
          /       ,' "        ヽ{
           ,′      |_,. -‐ '' ´ ̄ ̄` 'ヾ!          外出した際に流れ弾に当たって
            | /        |ノ  j/ / |. li |ハ ヽ
            l/         l | /,.イ //| l |! | | } .l、        死んだそうよ
         ,′  ,. |.l   l |イィ_,ニ;メ、 |ハハ|/}从|'ヽ
         .l   / |.|    l l `'┴'    'lケ! /     ゙、      火葬許可が下りないので骨も持ち出せないって
        |   |i | |   |i.ヽ       ,'   ヽ.  l!
           |  |:! | |     lヽヽ   _ _.' /     ト、  |!     だから、現地で埋葬してもらうことにしたわ……
         l |! l:! | |!     l.ヽ\  /   | |l |い ||
        __ ` \|、  l 、  ', i-\´  ,/ /|ハ || }ハ|
       /   ` '<|\{ヽ!\  ∨ト[ ̄`i/イ   |' | }
      ノ      \` ー- _\ト、}‐、`く
    ∠ -- 、      \     _|‐、}  \_
    | ‐ァ‐-、 \        \T ´ l、`'ー-   \

牧瀬房子:やる夫の姉。

242名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:41:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ 四月一日にはやる夫は造船大監(後の造船大佐)に進級し、長女は小学校に入学したが、 ......│
│ やる夫の心の痛みは消えなかった。                                   .│
└────────────────────────────────────────┘

       ___
      /     \
    /        \         豊彦……
    /::::::           ヽ
    |:::::          i
    ヽ:::        __/        二人の娘の面倒は必ずやる夫が見るお……
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)

243名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:42:00 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ 「筑波」爆沈の調査から解放されたやる夫は、中断された「陸奥」の艦形改正を急いだ。    ..│
│ 彼の持論である「舷側傾斜装甲」を取り入れて主砲数を二門増やした計画案をまとめ、       │
│ 大正六年六月十二日、これを「陸奥変体」と名づけて意見具申した。               ....│
│ 改正の中心である厚さ12インチの傾斜装甲は、実験で20インチの垂直装甲に比肩するとの  .│
│ 確信をやる夫は持っていた。                                        .│
└────────────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        「要スルニ機関部ノ非常ナル進歩ノ船型ノ変更トニ依リテ、
       |                    |
       |                    |         同一ノ排水量ヲ以テ、而モ恐ラク百万円以内ノ増加ヲ以テ、
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//   攻撃力少ナクモ四分ノ一ヲ増加シ、防御力ニ於イテモ
     /    陸奥変体      /  /   /
     /              /  /   /    少ナカラズ優良ナルヲ期待シ得可ク、コレヲ米国戦艦
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /      四万二千噸、十六吋砲十二門、速力恐ラク二十四、五節
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /       ノモノニ比シテ、甚ダシキ遜色有ラザルベシ────」

244名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:44:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の提案は歓迎される一方で、改正による竣工の遅れを懸念する意見が多かった。            .│
│ このためやる夫の提案は店晒しになってしまった。                                    │
│ そして七月十四日、八四艦隊の残り五隻の予算残額が第三九特別議会を通過した。             ......│
│ 計画を急ぐ海軍は「陸奥」も「長門」の同型艦とすることを決定。こうしてやる夫の計画は流れたのである。 ......│
└──────────────────────────────────────────────┘

          _,,、 _ 、
        /|   / /  ` ー 、          計画は見送ったとはいえ、平賀大監の提案は
      _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐
      ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス        非常に魅力的だ
     ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ
     厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌       舷側傾斜装甲に16インチ主砲10門搭載という構想は
    ン_,イ!    イ|{ヽ     r/二ニ〉
     ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/       今後の計画基準になるだろう
      {ヽ'"フュッキ< `^、''エi'ヽ-,ハr‐}
        lrハ   '′{   ``    j彳ソ        恐らく「加賀」以降の艦はすべてこの形式に
      ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/
        `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´         なるだろうな……
         _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
        i(人ヘ       /-‐'ノ |
       ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
     _//    `ヽ、/´        > 、_
  _/´   ヽ、    |     _,、‐'´    `\_

245名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:45:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────┐
│ これと相前後してやる夫の上司山本開蔵が第四部の計画主任となった。    .│
│ これでやる夫の計画を推し進める更なる環境が整ったのである。       ...│
└─────────────────────────────────┘

                     ___
                  .,、‐'゙´    .゙.,⌒゙''‐、,                 
                ,/      ,..., ゙i   .゙ヽ,
               /      /,.、-、i,,、ニ;ヽ,  i,                やる夫君、私の昇進で
              ./      ノ /゙   ´゙'i`i゙i, .!  i,
  .,、r''"´⌒゙゙'';';、,   ./   、,___ノ゙∠,  o  .ッ'.ノ ゙i, |  i               君の計画をより促進することが
 ./       i:i ヽ, /  .,、-i /ッ〒t=;;= -='-',;;;;;;ミ、;、_ |
 i ,、==;、,   ;ノ  ソ  i ./'i :i'ヽ,゙i;ニシ    /i゙!(,j.゙>/ .|               出来るだろう
 !/    ヾ,r‐'"  ./   i .i,-| ゙i   ̄    i、ニ=''゙/  レ=ー-.、,
、,,i,     i,   .V    ゙i,゙ヽi, i,       /  ./  .i  / ̄`゙゙ヽ        「陸奥」に続く加賀型戦艦で
  i;     i'i、,  |    ,-'ヽ、i, i,    ,,_ .,,゙   /   .i; /      i
  ノ===、,.ト、,_;;,.i   /i .i;;;;;i ! i,     .,,   ,/   j, i,      i        君の構想を最大限に
'ー'゙     .j  ヾ;'ヽ,/ .ヽ,ヽ/ ヽ;i゙'-、,    /、,  ./ ,、-.、,、===、/ラ'''''フ,,
 ;.;     .ノ゙ヽ;  ヽ,゙ヽ  ゙‐、'ヽ、゙'  `''‐,/゙ヽ, ゙i, /,-'−''i     レ'゙.,;:ジ゙/,,.、、,  生かしたまえ
;ジ    ./\ \  ヽ,.ヽ,  .`'-、゙ヽ,   i|;;  i レ゙^ヽ,  .i   /'゙''''"  // ,)
ミ、,,,,,、-‐゙   \ \  .ヽ, ヽ,   `ヽ,゙ヽ,  i;ヽ,./ ./'i゙j  L,,,,,i,  i゙    /゙ /
-、,,_       \, ゙ヽ、,.ヽ, ヽ,    ヽ, ヽ,.゙' / .,イ i.| / ./ヽ、,ヽ、,,./゙ /



          ____
+        ./ \  /\ キリッ          「陸奥変体」は流れてしまいましたが、
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \          この経験は必ず加賀型以降の戦艦に
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +         生かして見せますお!!

246名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:46:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 大正七年(1918年)が明け、第一次世界大戦は五年目に入る。                     ....│
│ 三月三日、二月革命に続く十月革命でロシアの政権を握っていたソヴィエト政府が、ドイツと    ....│
│ 単独講和を結んで戦線から離脱した。                                     │
│ ドイツは東部戦線の兵力を西部戦線に移し、最後の勝利をもたらす大攻勢を仕掛けた。      ....│
│ その一方で大戦に参戦したアメリカは、富力に物をいわせて物量攻勢を西部戦線で仕掛けた。   │
└──────────────────────────────────────────┘


    ノト,      j!               |!.:.:.:.:::::| .    /:;;/
   彳ミミ、     ノiミ               || .:.:.::::::!    /:::/
  ,彡彡ミミ    彡ミミ               ||二'' .::|  ,/.::/
 彡彡ミミミミ     i1                   .||;;;::::;:;:;| ./.:::/
.-‐ '''""~~""  ´  ̄ ̄ `""""゙ ´   `"""`!|ー-..:.レ';;::/   ''' ' "´´  ̄
..   .,.:,. .:..   .,.:,..:..   .,.:,.. ,.:,..:..   .,.:,. .:..|i! . :.:.:_/..:..   .,.:,.
          ,.-──‐- 、         || .:.:::.::;;!  .,.:,. .:..   .,.:,..:..
: : .:  : ::.: :. /::.:..       ゙,  ,.-─‐- 、 !| .:-ー,|.,.:,. .:..   .,.:,..:..  
;         l::「d::.: .: . .    .! /:::.:..    ', ||  .::::;;;|  .,.:,. .:..   .,.:,..:..
   .,.:,.. ,.:,..:.. ノ:::- ─ ──‐- V:::.:.:.:.:. .    i ! .:::;;;;;il!    .,.:,. .:..   .,.:,..:..
       /::_/{;;厂''"~ j゙'''‐i‐ ',:::-─ ─‐-リ! .::::;;;;;;il|ー- 、、,    .,.:,..:..
.,.:,.. ,.:,..:. , ィ´ /^};!.   ー'  j|\イ厂''' _!'''' ノ:|ー-;:;;;illl|':'`::;:;..,ヽ,    .,.:,..:..
    /  L__{. 〈;;ト、 ''二' /;!  !ヽ  -‐ ,/ト、! -‐;;;lll||`',:'':'`::;:;..,ヽ.,.:,..:..
  /    |;;:.:L_r‐r─-、---、j/ ハ`二´,イ::::| .::;;;;;;ill|||;"'`',:'':'`::;:;..,"
`Y´     / .!;;;;:.:.」コ!」f丕丕}ニニ!´ ̄ ̄ ̄,イ(((((((Q !;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"
 ト、. ,r'′ |;;;:;:/二」」_| iコ;;;;:二二二 ̄ ̄_,77´iilll||ト、、、;:;..,"'`',:'':'`::;:;
ー-、\  」;;:/ ̄`TT ソ.:.:.:.:.:.:,イ ̄  [[二二[ ̄;_;_;;j:;i;;ミゞ;;:\ . :.: .:.:::::::
`二ニニ>-j! コ_ //´.:.:.:.:.:./.:.j    //:;;ハ;;::! ノ ィ,.イハ ヽ 、.: .: .:::;;:; :;;;;;;;;
-- ー─     `¨`ー---‐ ─ --//:;;/ ',;:|/ ;:; :; :;; ; ;: ;:; ;: ; ;:;::::;;;;;;;;;;;;;
    ̄ ゙̄` 二二 ニニ ー--‐'"´,//:;;/  ',:;!;:;:;: :.: : ;. :.: ; ; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

247名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:47:21 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────┐
│ 大規模な流血とは無縁の日本は、大戦景気に浮かれていた。                   ...│
│ 前年の中ごろから物価騰貴が加速の一途を辿り、企業は高利潤の決算を続けていた。   ......│
│ 開会中の第四十通常議会も成金気分に浮かれ、八八艦隊の追加分である巡洋戦艦二隻    .│
│ (「愛宕」「高雄」)の予算をあっさりと通したばかりでなく、なお一層の艦艇充実を          .│
│ 満場一致で要望した。                                            .│
└────────────────────────────────────────┘


     ;:;:;.
     ;:;:;              ,、-ー-、              ど
     ;:;:            ,r'"´ ̄`ヾ、             明  う
     ;:;:.            リ ,,, ニ ,,,_ ヾト、            る  だ
     :;:;:;.             ,ハ ^7 ,^   !.:.\          く
     ;:;:;:           /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ       な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}   ろ  っ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/     う  た
      从从百円}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り     ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
                  \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:|
                  \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
                    > 'ゝ─‐イ、
                    `ー' ``''ー‐'

248名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:48:08 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────┐
│ それから二週間後、平賀計画の加賀型戦艦が大臣室会議に颯爽と上程された。 ......│
└────────────────────────────────────┘


○加賀型戦艦  計画要目

             .     ≡
..             |    ._..|,|
             _|__| |.|,|T__
   r‐-───H─Eニニニニニニニ!Hヨ'───┐
    ̄丶─────────────‐´  

*常備排水量 39,900トン      *機関出力 91,000馬力
*全長 234.09メートル.        *速力 26.5kt
*幅 31.36メートル           *兵装 41センチ45口径連装砲5基、14センチ50口径単装砲20基
*装甲最大厚 279mm(傾斜15度)

籾山艦船模型製作所が製作した192分の1「戦艦加賀」銀製模型。現物は現在行方不明。
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e4/Model_of_battleship_Kaga_port_view.jpg

249名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:49:00 ID:ZTk7bxfg

               /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \               従来の「長門」型より主砲は1砲塔2門増、
              /: : :             \
            /: : : :              \            アーマーの厚さは同じ11インチでも
          /: : : : : :                 \
         / : : : : : : :.._        _      \         加賀型のそれは傾斜していて防御力は
          l : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
        | : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |         遥かに上ですお
          l : : : : : : ´"''",       "''"´       l
         \: : : : : : . . (    j    )       /         しかも甲板の水平装甲は、厚さが
          \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /―-.....-.....-...
           ,ィl\ : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : イ:::::::::::::::::::::::::::::::    2インチ1/4増の4インチです
       ,....:::::'´::;':::::::`iヽ: :``ー- -‐'"´ ,ノ i´:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::
     /:::::::::::::::;':::::::::::l \     /  l::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::!:   速力は長門型と同じ26.5ノットですが
    /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ   /l::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::;':
  ./::::::::::::::::::::::::::::レ' ̄`つ   /::::ヽ  /  !:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::;'::::   排水量は600トンしか増加してませんお

250名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:50:00 ID:ZTk7bxfg

  \          |      |       /            /
    \         |      |      /          //
\    \        |     |               / //

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、             平賀提案マジパネェ!!
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l          最高だぜ!!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、      これで俺たちの海軍
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     最強じゃん!!
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

┌─────────────────────────────────────┐
│ もちろん加藤海相以下の会議参加者達は驚きとともにこれを受け入れたのである。  ..│
└─────────────────────────────────────┘

251名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:52:41 ID:ZTk7bxfg

軍令部の要求は速力は米巡洋戦艦レキシントン型並み、防御力は加賀型戦艦並み、ヽ
しかも排水量は四万トンに押さえろというものだお                       )
これは、よりいっそう各部に対する重量配分を厳しくするしかないお……         (
                                                     )
⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、 ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒⌒ヽ、_ノ⌒、_ノ⌒、_ノ
         ∨

   メラ /  ̄ ̄ ̄\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    /    \,, ,/\     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    / u:::(●)  (●)ヽ  ________
.   |   ⌒(__人__)⌒| .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.     \ u   ``ー' ,/  | |..機械式計算機.. |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /⌒)    ー‐  ⌒ヽ. | |              |   カチッ  カチッ  カチッ
.  / _/         |ヽ   | |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
  ('__ ̄'⌒イ^イ^)´),Y´Y^|_|_______|
__l二二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _,| |  |

┌──────────────────────────────────────┐
│ 期待を一心に受けたやる夫は、引き続き天城型巡洋戦艦の防御力向上に挑戦する。   .│
└──────────────────────────────────────┘

252名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:53:02 ID:ZTk7bxfg

┌───────────────────────────────────────────┐
│ しかし、平賀の計算によって過少と思われる重量配分しか与えられなかった                 │
│ 砲熕、水雷、航海、電気、機関などの各専門部には、平賀に対する不信感が大いに募った。      │
│ しかし、計算と該博な知識で理路整然と反論してくる平賀には、誰も表だって反論はできなかった。   │
│ それは外部だけではなく、平賀の属する第四部の中ですらそうだったのである。            ......│
└───────────────────────────────────────────┘

            _____
          /         \        あてがわれた重量配分に収める軽量化が出来ない?
         /   _,,,,....ニ、 ,.,_  \
       /   ,rニ彡三=、爪''ニ≧=、!\     屋上へ行こうぜ……
      /      ( ● ソ,; (、●') i' \
     |     ,;:'''"´~~ ,f   ヾ ~`''ヾ   |.   久しぶりに……
     |   , :     i、__人__ノ      |
     |       / _,r''二二ニヽ.^ヘ    |    キレちまったお……
      \        ^''"''ー--=゙ゝ    ./
       \       ( ゙゙`^'' )    /
       / 、      `゙’゙::.     ´,
       /                 |

253名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:54:00 ID:ZTk7bxfg

┏━                               . ━┓
┃|                                   |┃
┃| あいつは譲ってやる夫ではなく譲らない夫だ!!    |┃
┃|                                   |┃
┗━                               . ━┛

:::::::∧:::/ `ー             /
:::::/ ∨            (  ̄ 7 /
/ヘ                ̄ , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \
                      ┏━                                          ━┓
                      ┃|  あいつに文句でもつけようものなら、まるで一挙に赤く熱する        |┃
                      ┃|                                                |┃
                      ┃|  ニクロム線みたいに反応してきやがる……                   |┃
                      ┗━                                          ━┛
                      
                                   `ッ、ヽ.        ´        //リ
                                    ,リ`、`l、.      ,....,_____     /;/
                                      ツ,|` 、    `'''''''''''´   ,/リツ
                                      r''j  ` 、   "  ,/|-,
                                     ,| i,     ` 、___ ,/  .| |、
                                    /::|  `、          .j h`::、
                                  /::::::.|   `、_        ./  i::::`、
                               ,,,_ー/:::::::::::::|    ∧___      /、   |:::::::` 、__
                           ,,,ーー"´:::::/::::::::::::::::|   / ヽ  ̄'i  ノ | ヽ  |:::::::::::::`、`ヽ、,,,

┌───────────────────────────┐
│ こうしていつか彼には『不譲』という渾名まで付いてしまった。  │
└───────────────────────────┘

254名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:55:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 大正七年(1918年)の夏には日本は領土的野心からアメリカに習いロシアの革命政権を打倒するとして ......│
│ シベリアに出兵を決定した。                                               ..│
│ これに繋がって米価は高騰の一歩を辿り、ついには米屋襲撃・政商焼き討ちといった暴動、いわゆる   ...│
│ 「米騒動」を引き起こすのである。                                            .│
│ さらには夏の終わりから「スペイン風邪」が流行するなど世情の不安は広がっていく。             ..│
└─────────────────────────────────────────────┘


       /. : : : : /  _ \: : :.:r┴―- |/∠,,_ l  |     ───スペイン風邪は1918年〜19年にかけ全世界で
      /: : : : : xく   >− 、l: : :∧     巛     |`メ、
      /: : : :〃斤    f斤㍉Y: : :∧   \ ゙ヾメ、  |/          大流行したインフルエンザよ
     ,': : : :/ ヒtノ r    ヒtン゜ !: : :。:ヘ   く   |ll|  |
     |: : : ;'   r--、   。  |: :o‘^.ハ    \ lll  |/          感染者6億人、死者4,000〜5,000万人とも
     |: : : |   l 。 ヽ      |:% 。 ゚ 〉       /      /
     l: : :.ハ    V%゚。| ゚   |8 o>'´      /    xイ       言われているわガラガラガラ
      v: : :卜、  `ー゚'    xく´        ∠ニ=-ァ'´〉 〉
      }ヘ: :|/: r――― ┐イ:|: />   _     へ、__/ -―  ───2009年の新型インフルエンザと比べても
      ∧:|: : |l ̄ ̄ l |:| l: |/: : : :{: :\ |     〈
      /: : : : :.|l――‐l |:| l/: : : : : :ヽr ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄`〉―---‐'      とんでもない数だね
      /: : : :.:/^{:: : : : :l |:|.ノ: : : : : :r―| -―――――/
                                           しっかり家に帰ったらうがいしなくちゃガラガラガラ

255名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:56:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ この頃40歳のやる夫は次男重孝を設ける。                                       .│
│ しかし、早世した次女を思い出してやる夫は幼子が感染しないようインフルエンザ対策に万全を期した。  .│
└─────────────────────────────────────────────┘


         ___
       /     \ キリッ          帰宅時はうがいを忘れずに
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \           手洗いも徹底するんだお!!
     |──┬──────|
      \_│        /           それでも口腔に残った病原菌が
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃         移るかもしれないから
     |            `l ̄
.      |          |             家の中でもマスクは外しちゃいけないお!!

256名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:57:00 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│ こうしてウイルスは平賀家を通り過ぎていったが、その魔の手は親類に及ぶ。                      ......│
│ 息子を亡くしたばかりの長姉房子の夫牧瀬則知が罹患し、十月下旬に肺炎を併発して不帰の人となったのだ。    .│
│ これで幼い孫娘を抱えた姉は完全に活計(たつき)を失ってしまった。                           ......│
└─────────────────────────────────────────────────┘


         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::            カズ、お願いだお……
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::         家計を割いて姉さんに渡すお金を作って欲しいお
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::      もう姉さんには頼る人はいないんだお
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   たとえ我が家の生活が苦しくなっても、

                                       やる夫が経済援助をしたいんだお……

257名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 22:58:06 ID:ZTk7bxfg

  f:i_::v`┴`ー::´:7  ー,  /   '`ー‐ 、 ‐|´
 /::::!‐イー、.  /::::/  r‐'  ,イ  !  \ ヽ└ 、            ……夫が決めたことに
 ! '::::,ィ!    |::::′ _7  '/l         ` ヽ(
  ̄´ lト ニ   !:::|  、 !、 !_i_l! レ|:    ハ| .i レ’            妻が口出しすることなど
    ,イ | カ  !:::l'  〃 トl` ヽ!、|、!:  レ' / | !
   ,l::! ! ^__、l::」  / i! |. ー‐'  ヽ'^レ /!リ             考えられませんわ
  i l::! ,| l::! 、ゞjif / \ 、     、Yィ´ '/
  / ゙"/l `   `ア|,/、 __ ゙i!   _  ' ! |                やりくりしてそのようにいたします
 i  .〃′   i⌒: !´ ::::ヽ||   ‐ン //r‐、= 、
 | i〃/   _/ l:. |:::::::::::ノ!=v‐.:`V// ニ、\\
 |〃/  /  ,>‐`ー∠::::ノ}_:::::ノ///  \ \\
, '/!i   ´    ゝ――‐-、ヽ':::::ト' //.     \ \\

┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はこの頃東京帝国大学工科大学の教授兼任を命じられ、軍艦工学の講座を受け持っている。   .│
│ 本来晴れがましいことであるが、やる夫の気が晴れる事はなかった。                      │
└────────────────────────────────────────────┘

258名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:00:09 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 長く続いた大戦で、ドイツでは人的資源が枯渇し、経済的、社会的な混乱は頂点に達していた。  ...│
│ この結果ドイツはついに和平への道を選び、帝制は崩壊し、新しい共和国が誕生した。        .│
│ 1918年11月11日ドイツは連合軍との休戦協定に署名、第一次世界大戦は終結する。        ...│
└──────────────────────────────────────────┘


       ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧     ∧_∧      皇帝がいなくなって戦争は終ったけど、
      /⌒ヽ )    /⌒ヽ )    /⌒ヽ )    /⌒ヽ )
     i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪       故郷に帰ってみれば経済はズタボロ、
      |三 |     |三 |     |三 |     |三 |
     (/~∪     (/~∪    (/~∪     (/~∪        街では共産党の軍事組織とデモ隊が闊歩してる
    三三     三三     三三     三三
   三三     三三     三三     三三          俺たちは何のために戦ったんだ……
  三三     三三     三三     三三

259名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:01:01 ID:ZTk7bxfg

┌─────────────────────────────────────────┐
│ しかし大戦の終結も身内の不幸も、結局仕事に邁進するやる夫を妨げる事はなかった。      ..│
│ 大正八年(1919年)に入り、天城型巡洋戦艦の設計はついに詰めの段階に入っていた。      .│
└─────────────────────────────────────────┘

     ____           ダメだお……何をどうやりくりしても、加賀型戦艦並みの防御力と
   /      \
  /         \        米巡洋戦艦レキシントン型と同じ33.25ktの速力を四万トンの
/           \
|     \   ,_   |       排水量に収めるのは不可能だお……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |        解決するには排水量増加と大出力の新型蒸気タービン機関が必要だお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /         しかし今からでは到底タービンの開発は無理だお……

260名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 23:02:50 ID:plkAwtpY
巡洋艦だと居住性も確保しないといけないしねえ

261名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:04:00 ID:ZTk7bxfg

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 結局いくばくかの妥協をした上で、大正八年三月十三日、最終艦形が審議決定の運びとなった。         │
│ とはいえ防御力は長門型戦艦に勝り、巡洋戦艦とはいっても事実上の高速戦艦となる優れた艦であった。   .│
│ もちろんこれは絶賛をもって迎えられ、やる夫の名声はとみにあがったのである。                  │
└──────────────────────────────────────────────┘

○天城型巡洋戦艦  計画要目

           . ┼     =
            .┼. ._ ._. |,|
       .     | _| |_| |.|,|T__
   r‐────'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐
    ̄丶────────────‐‐´ 

*常備排水量 41,200トン      *機関出力 131,200馬力
*全長 252.37メートル        .*速力 30.0ノット
*幅 30.78メートル          *兵装 41センチ45口径連装砲5基、14センチ50口径単装砲16基
*装甲最大厚 254mm(傾斜12度)
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/5/55/Amagi_line-drawing.JPG

262名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:05:09 ID:ZTk7bxfg

┌────────────┐
│ 大正八年五月────   │
└────────────┘


          ____         
       / \  /\  キリッ        やる夫は四月に東京帝国大学総長の推薦で
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \         工学博士の称号をもらったんだお
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /         どこへ出しても恥ずかしくない博士様だお
    ノ           \
  /´              ヽ



          /                `ヽ
            /  ,.. :'" ``  ̄`: : 、   j_
          __,′ 〃           \   )      あなた、お義兄様の家から
        (  |  ノ //      '.     ヽ.く
    .xr'´ ̄ ..イ (_// /      i i 、    ∨
 r.::f´::」    !:::!  Y ! !i:  ! !   ハ| :Y    i       電報が届きましたわ
 Lン7て   |:::| ( | iハ. i i !   i i ! ノ! .! ii! !
   /! ハ.__ !:::! `YVハ_ヽN」!、 i i,ィ=く「 リル′
.  i::| !  )ヽ::.、_,ノヘ ィナハ! `ヽノイノ 刈イ{
.   ゝ!. |   ゝ-、{r刈 「 ゝ- '   , `  jハi ハ
.    i !     ゞイ| |、     c   .小}  ヽ、
   ノi ::!       /' | |介ト ..x‐.、   .イ⌒Y  ハ
  /:/ .::!    / |!.:': : : : : : :r千,: : : : jハ / ノ

263名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:06:00 ID:ZTk7bxfg

              ∧ト、}\ .,イ  ,.イ
                  N::::}|\ヾ/::|/:::::|/レ'レィ
                  }::::::::|::::::::::::::|:::::::::/::::::::::::|/|,.イィ ,.イ
             ト、::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::|彡'イ/
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             l ∨}、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | {イヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | |.}ノヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | -'   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 ',   }.   \ :::::::::::::::::::::::::/
                、 ノ.     \ノ二二ヽ/_
              ヽ、ヽ   , <       ∧
               ゝイ              ∧
                  }-‐ 、二二二  ̄ ̄`.∧
           < ¨  ̄                `丶
         イ `ヽ                     \

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
           о
          。
            ___
       /      \                徳太郎兄ちゃんから?
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \             兄ちゃんは昔患った結核性胸膜炎が
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /             最近ぶり返して休養しているはずだお
    ノ            \
  /´               ヽ            どうかしたのかお……

264名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:07:00 ID:ZTk7bxfg

                     r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
     ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
      | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
      |           .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   | 
      | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
      |   トクタロヲキトク       : スクコイ           |
      | ──────────‐ :. ──────────‐ |
      |                   :                  |
      | ──────────‐ :. ──────────‐ |



         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

265名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:08:03 ID:ZTk7bxfg

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 前年流行し、日本で一千万人以上の罹患者を出したスペイン風邪が、この年の春から再び        .│
│ 猛威を振るい始めていた。                                              ...│
│ 徳太郎は長年の宿痾で体力を落としており、到底病原菌に対抗できる力は残されていなかった。   ... │
│ 彼は臨終の床に駆けつけたやる夫や加藤寛治に残される妻への助勢を託しながら息を引き取った。   │
│ わずか四十九歳の生涯であった。                                          .│
└────────────────────────────────────────────┘


                   ,ィ  ,. ..ィ/ ,.     ,ィ
                 ノ! ,イム.:'"::::::;イ7",. .ィム.:':/ _,.
             ,イ ,イ!i|イ!イ::::::::::::::::::;イ"::::::::::::::::ム':7 ,
            iム|イ!li|!li;!;'i;i;;::: :.:.:: .:.:::.:....::::..::::::'":::::/ィム;"
          、  !il!li|!lil!li|!lil!lil:i;;:.:'i;::;l;..:;ィ;.,ィ.::;;ィ':;ィ:::'::::::::/イ
          ヾ;,i|!lil!li|!lil!li|!li|!lil!lil!l|!l;イ!li|!lil!li|!lil! ムィィ!;'イ::iィ
             il!li|!lil!li|!f;`ミミト!lil!li|!li|!lil!li|!lil!イ彡イ!lil!:.::イ!
              !lil!li|!lil!l!;;;;;.:.:.:.:.:.`゙ヾ'"'´:´:.:.:.:.:.  'ラlil;:.:::7
            li|!lil!li|!l|;;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ';!lィ:.::;',
             il!li|!lil!l!;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾ!li;ィ:/
               ,!lil!li|!ト;;;;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._;,;_ 'l|!li'´
                fl|!li|!lil!li|!lil!セir、:.:.:.:.:.:,.ィ;'´=..':'':"´` !'´`,
            ヾ!lil!li|!lil!lil!fii|lil!li;.:.:;'´;;-''ー、-`  /'´i, i
             `!li|!lil!li|!;'"´;イ!li|:. :.':;';;;:''`:.:.:.:  ,'、';ィ'/
              `'i|!lil!li|!、イ!li|!i!:. :.:'':.:.:.:.:.:  ;f-'r'´
                  'il!li|!lil!li|!lil!!;;,.. :.:.:.:.:.:.:.:  /ー'´
                  `!lil!li|!lil!ム';;_:.:.:.:.:.:. ,ィ;!
                _|!li|!lil!li|!lミュァ;.`:.:.: / |_
                r'lil!lil!li|!lil!f:´:.:.:.:.: /:,:.  !;;.`;
                 !li`、!li|!iヾ!liー-- イ'.: /;. '´   '、
           ,.ィil`r;i|!li|!r`ヾ!、`:、!li|!lf",. '´  .     f`r、、
      _ ,. ,ィ'"i´|!lil!li|!lil!lil!li|!l`;:::.\`_´'´ ,. ィ,´'´    ,イ ..`,!:.:.`ヽ..、
  ,. ィ'"il!li|!lil!li|!lil!li|!lil!l!;!li|!lil!!lil!;r'ー'--='; i::;.'     ,ィ/ :::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ. 、
,.ィil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!!::!lil!l:':`、ト;;;.:.:.: :.:.;!、´   ,.イ::' :::/:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!` ヽ 、

266名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:10:00 ID:ZTk7bxfg

         ____
       /__.))ノヽ           ……災難やったなぁ、やる夫……
       .|ミ.l _  ._ i.)   
      (^'ミ/.´・ .〈・ リ           あないなええ男がこない早ように逝ってまうやなんてなぁ
      .しi   r、_) |   
        |  `ニニ' /           せやけど、心配せんかってええ
       .ノ\`ー―i´    
       \  >< 〉           徳太郎の奥さんも、そんでお前も、これからワシが
         .´〉〈` |    
          .| .| /           あんじょう育て……もとい面倒見たる!!
           .l/
          ヽ/

267名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:11:00 ID:ZTk7bxfg

            ________
          /            \           ……満寿子姉ちゃんも、豊彦も、
         /               \
       ´ ̄`    ´ ̄`              \        そして徳太郎兄ちゃんも
      /_        __               \
     / /::::ヽヽ  //::::ヽ  ヽ           ヽ     やる夫がまだ恩返しをしないうちに
     ゝ ー ' 丿  ゝー '   ノ            |
     |  /  人  ヽ                      |     逝ってしまったお……
     |  ゝノ  ゝ _ノ                    |
     \  `´ ̄` ´                    /     どうしてやる夫には親族に先立たれてばかりなんだお……
      \                     /
.         ヽ _____  イ        く        もうやる夫には房子姉ちゃんしか肉親がいないんだお……
          ,'                 ヽ

268名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:12:00 ID:ZTk7bxfg

   |   |   |           ‖  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||               やる夫さん、加藤さん……
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /       ありがとうございます、私は大丈夫ですわ……
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/        夫はずいぶん前から病と闘っていたわ
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ        私ももう覚悟は出来ていたの……
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::
::::::::::::::::::::::| |:|     |:l      |//\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::

平賀音羽:平賀徳太郎未亡人。

269名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:13:00 ID:ZTk7bxfg

         /: : : : : : : : : : : : ; : : : ヘ
         /: : : : : : : : : : /l : : : :ヘ            ……まさに「禍福は糾える縄の如し」ね
          l: : : : : :  ,  ´   l : : : : l
         |: : : :  /     ヽ : : :|            さて、長くなったけど今回はここまでにして、
         l: : :  /\_    _/ l : : !
         l: |: 7f于テ   f于テl : l:|            次回は「八八艦隊」に差し掛かる黒い雲、
            V:  l` ̄ -ニ二= ̄´l  :l:l
    , -――  | l l    l{:    l  li ――- 、       そして革命的な巡洋艦建造に挑む
   l      レ| :l\   ‐_ー /l  l/       !
   |         人 :|:::::l>  <l:::::l 人       |       やる夫を描くわ
   |    /`T杉}イ:::::l      l::::jイ彡レヘ.     |
   |  _rイ   : :l ゝ'_    jノ /: :    ト   |       やる夫のライバルも登場する予定よ
   |   | \  . : :`Tヒ´    `7´: :   _ノ'|  |
   |  l\  ー- : :\     /: :-‐   /}   |       次回もよろしくお付き合いください……
   |  /   \   : : : : \  /: : -― /  l |

270名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:13:30 ID:ZTk7bxfg

     [ ニ/-‐/  /  l     |     \ニ]     |
      }ーl- /    |  ハ l   |\ |   寸     ーァ
- 、   // l l   /\|`\t. | / V1   | |      く     (うう!! なんだか微妙に空気が重い!!)
    ー' / V l  l/ィ≡ミ  u\|ィ≡ミ|  j ハ    、 |
      l   へ.  | /l/l/     /l/,l  /l/ し-―-、l\|
     ♀ l 〈 \t  r ---- ┐  j/♀             そ、それじゃあ、次回もよろしく!!
          \_  u  |   \/  u l
          \  l    /   /
            l\ヽ.  /  /                 まったね〜〜〜〜〜
     , -―-   / \  ー'rく __
   / ヽ     | \  \,/| \  \
  /    l    |  \/:\l   |  ||



第2話  戦艦長門建造  終わり

第3話  不譲のエース   へ続きます

271名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:14:00 ID:ZTk7bxfg

◎第二話「戦艦長門建造」


平賀やる夫            海軍造船中監:やる夫(AA)

平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


山本開蔵                技術本部第四部部員:牡羊座のムウ(聖闘士星矢)
加藤寛治                査問委員会委員長:星野仙一(実在人物)

山本権兵衛              総理大臣:碇ゲンドウ(新世紀エヴァンゲリオン)
加藤友三郎              海軍大臣:冬月コウゾウ(新世紀エヴァンゲリオン)

貴族院議員              キール・ローレンツ(新世紀エヴァンゲリオン)
査問委員会委員          藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)
査問委員会委員          宝積寺れんげ(桜蘭高校ホスト部)
一等兵曹O                 小笠原道大(実在人物)
二等水兵Ⅰ              井川 慶(実在人物)
海軍技術士官            伊藤 誠(スクールデイズ)
海軍技術士官            キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)


平賀謙一                やる夫の長男:やる太(AA)
牧瀬房子                やる夫の姉:神崎すみれ(サクラ大戦)
平賀徳太郎              やる夫の兄:大神一郎(サクラ大戦)


平賀音羽             平賀徳太郎未亡人:水銀燈(ローゼンメイデン)

272名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/18(水) 23:15:25 ID:ZTk7bxfg
本日の投下は以上です。相変わらず字ばかりで盛り上がらない話で申し訳ない。

あと、前回第一部のタイトル入れるの忘れてました。これも申し訳ない。
それではお休みなさいませ。

273名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 23:18:42 ID:frPVUFNI
乙でしたー。

やる夫に付けられた渾名の「不譲」って読みは「ふじょー」なんかな。
それとも「ゆずらず」?

274名無しのやる夫だお:2012/01/18(水) 23:25:24 ID:plkAwtpY
「ゆずらず」だと思う。平賀譲で「ひらがゆずる」と読むし、「ゆずらず」の方が洒落がきいてる

275名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 00:09:12 ID:W8H7MmDU
乙でした!
次は狼と呼ばれた艦かな

276名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 00:47:28 ID:IH7KkE1U
おつおつ

277名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 01:05:00 ID:DZiG4zSY
乙でした

278名無しのやる夫だお:2012/01/19(木) 22:44:30 ID:meFohTeQ
>>133
どっちかというとF-35の開発に参加する権利を有償で与えてくれるレベル

279名無しのやる夫だお:2012/01/23(月) 20:17:06 ID:BXWhHsB.
「?カスデダマ ハ ンバデ ノ クボ」りばうゆ

280名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/01/26(木) 22:54:59 ID:qf3deWbw
こんばんわ、生存報告です。

第3話は二月に入ってすぐに掲載できると思いますが、まだ予定は未定です。
決まりましたらすぐお知らせいたします。
今しばらくお待ちください。

281名無しのやる夫だお:2012/01/26(木) 23:02:16 ID:aKRsVXBc
楽しみにしてます♪

282名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/01(水) 00:21:16 ID:LrkdsqT6
こんばんわです。次回投下の日程が決まりましたので告知に参りました。

第二話の投下は2月2日(木)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

283名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 20:00:08 ID:iieT2u8g
こんばんわです。予定通り本日21:00より投下開始します。

よろしくお願いします。

284名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:00:26 ID:iieT2u8g

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

285名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:01:00 ID:iieT2u8g

                   /              \
                / /           ィ     l     皆さん、こんにちわ!!
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l     私は本作のナビゲーターを担当する
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l     東せつなです!!
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /      精一杯がんばりますので
   / //     . :/: : :{:r㌧、 ヽ >  /: /
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /         よろしくお願いします!!
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ 
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\

286名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:02:00 ID:iieT2u8g

       r=彡    {三三7_ 〈:.   `   ―-、 }三三二]. .              /
       {´     :└=ァ'´   〈     \  \辷三广: :            /
       ゝ.     : : :/   l :|ハ 、   ト、|    \\{: : : .       .   {
        \  . : : : |    /ヘjミ∨\ |ート  |   \\: : : : : : : : : . . : : .ヽ\    同じくナビゲーターの
          } : : : : : V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、Vト-ヽlヽ: : : : : : : : : : : :l: .|ー`
          _,ノ /: : : : :∧:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|   ` | ⌒\: :ト、: : :}:|     桃園ラブです!!
         ̄ 〈: : :{: : :l|∧|     '   Vソ ノ r‐|/    ○   }ノ  } : レ′
           )'^}:ノ○ :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ′      |j       j/       みんな、この作品を見て
                  |j   ゝ、 ∨ /   /,--:r 、ァ
               _/´ /)ー'  //:::::::::ヽ.\                   幸せゲットするんだよ!!
              〈〈    / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
         _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
    _,. -‐='- ,>ァ--―'  礀  /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
 /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
/           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
        -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |

287名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:03:00 ID:iieT2u8g

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

288名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:04:00 ID:iieT2u8g

    /: . . . . . . . . . . . . . -― '   1: : : l      ……さて、今回もやる夫個人の話しをする前に
    l: : : : : : : : : : : ∠         !: : :|
    |: :|: : : : : : :,ィfテミ \_  _ l: : : :|      当時の世界情勢について話しておくわ
    |: :|: : : : : :/ `¬    ィfテミ7: : :/ 
    l: :|: :|: : :/        `¬ /: : :/       1919年(大正八年)6月28日、フランスのヴェルサイユで
    ,: :j: :j: : ;         {    /: : :/  
    /: /イ: :| 、   - 、  /:/: :/        第一次世界大戦の講和条約が調印されたわ
―/: / :|l: :|  \     イ:/: :/
/: : /: : :从v:|   />rイ: : /|: : /          この条約は、敗戦国ドイツにはあまりにも苛酷なものだったの

289名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:05:00 ID:iieT2u8g

    //l/   |              \ :| l |
    ///     ∧       |             V:| l |       講和条約って言っても、
   //,′   | ∧ l   l\ \         V' l |
  ○ | :!   :l |_人ヽ.   l、__\ \  l     | |  ○       要するに、「そっちは戦争で負けたんだから
  / }ハ |   lハ| __ \、 l   _\l\トl   :|/  / }
  {/  `!  l| 彡≡ミ \|  ィ≡≡ミy1: : /l  }ノ        こっちが戦争で被った被害の弁償をしなさい」
        、  |ハ u            l: : /.ノ
       \lゝl      l        ハ:/〈_          っていう話なんだよね
      /  | ::\          /j/ l .:.:/`ヘ、
     /   | : ::| >、 (二ニつ .  ´   / .:/     \      それじゃあ確かに厳しくなるよ……
   /   |  \::|   >-‐<       / .:/      ヽ

290名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:06:00 ID:iieT2u8g

           ,  -―- 、     
          /      i`ヽ        ええ、まずドイツには1320億マルクという途方もない賠償金が
         /        l  ',  
       /          ,{   l       要求されたわ
       ,         / l   l| 
       |      ,. ´    l  l|      そしてドイツは全ての海外領土・海外植民地を没収されたわ
       l     ∠ー   -―l   l| 
       l     /fリ`    fリフ|  /.       それだけでなくさらに本国の領土の多くを割譲せざるを得なくなったの
         v :| :/, ,   l  , , |: /.   
       jノl: :l     __   /レ      *エルザス(仏・アルザス)、ロートリンゲン(仏・ロレーヌ)をフランスに割譲
          lハ| \  ´  /l: l       *北シュレスヴィヒをデンマークに割譲
       /  {:_:| 丶-r:_: : : ヽヽ      *オイペン、マルメディをベルギーに割譲
        _/ /  〈    l } }  |      *ポーゼン、西プロイセンをポーランドに割譲
     /{ :{ : :ト ゝ    /イ: lノ\
     /  ゝト : {_\ , ヘ-、ノ: :ノ  !      こうして削られた本国領土は13.5パーセントに及んだの
     |    l  `T /  ̄`Y`T  | |

291名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:07:00 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────┐
│ ヴェルサイユ条約で決定したドイツ共和国領土  ...│
└──────────────────────┘

: : : : : : : : : : : : : : : : : :| デンマーク。{} _,/V  i_\ スウェー { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }  リトアニア
: : : : : : : : : : : : : : : : :./__ <.:,-‐、_: :}    [: : :/ デン ヽ: : : : : : : : : バルト海: : : : : : : : : : : : }_._.   _
: : : : : : : : : : : : : : : : : \.:.:.:.:.:{ヽ  }: ヽ-、 <: : :`‐--'⌒‐':∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :___! `--'丶、
: : : (デンマークに割譲)-、__〈 : :~‖<ヽ_/フ : : : : : : : : : : `-' : : : : : : : : : : ___: : : : : i         /
: : : : : : : : : : : : : : : : : :°}   }: : : : : `‐-'`: : : : : ,、: : : : : : : : : : : : : _,-‐'~ _! {_: : : _,-'         〉
: : : : : : : : : : : : : : : : : :.⊂,   w--、,-,: : : _,--v' `>: : : : : : : : : _/    ∠  ○ ̄/   東プロイセン   {_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>     ∠,、 /    C-、_: : _,-‐' ̄      ,ー'ダンツィヒ'     (ドイツ領) __,-'
: : : : : : : : : : : : _,-‐、_: /`~          ~         ~~         \.:.:.:.:.:└、,-、,、    _,-‐'
: : : ::_,-‐'`^⌒i〈.   ~                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\i ̄
ヘ: : ]      i                                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 フ `-,   _i'                       ベルリン      ,--‐'.(ポーランドに割譲)
 \_/   '‐、                    ◎       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       /~                            ].:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│
オランダ<^‐'`'                              `-、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     ポーランド
`i_   〉        Weimarer Republik                 `i_,-、.:.:│
  `-, /           ドイツ共和国                        `i/
  i~ 〉                           _ュ_ ,-、         ̄\
ベル ̄i_                            _,-‐'     `‐、_,、        く
ギー ,-'                     _ ,-、/          く  i‐-、__   _>┐
   /!、_                     { V              `‐'   く_,、i~:.:.:.(ポーランドに割譲)
-、__i  〉                       `>     チェコスロバキア        \/
  |  ̄`                     \                      └i__/\  ,─、_/ ̄`-
  ヽ.:.:.:.:`--'i_                 `-、                       凵
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>                   └、    ,‐-、__
フランス \.:.:.:.:.:.:.:/                    _入_,ノ    `‐'^┐
  (フランスに割譲)         ミュンヘン    _,-'            〈
     |.:.:.:.:.:}   _             ○    く_              i`-、_
     ヽ_.:.:.:く,、_,、_> `-、         _,、_,、〈             ,-‐'
     '7`'~       `T^‐ュ_!`‐'i_/    `'   オーストリア     コ  ハンガリー
   /~         <_        __                }
 ┌'     スイス     `-'`>、_,-'`'^'~ └i             ,-'^i

292名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:08:00 ID:iieT2u8g

: : :丶. _  
: : : : : : : >  .                             ドイツに課せられた賠償規定はこれだけではなかったわ
: : : : : : :/ ̄了::>_、
: : : : : :/ \ {メ:::fり:::ハミ¬ー――――ァ――┬――――‐┬  将来の禍根を断つため再軍備を大幅に制限されたの
: : : : :/  ´ >=‐'         /ィテ〒ャj : : : : : : : : : :/
: : : :/                     {メ:fり:ノ|: : : : : : : : :/.  *徴兵制禁止
: : :/                    `冖"´/. : : : : : : : :/   *航空機・戦車ならびに戦闘車両・重火器・潜水艦
: ::'                /       /: : : : : : : : :/      航空母艦・化学兵器の保有禁止
: :l      r _,         {         /: : : : : : : : :/     *陸軍は総兵力10万人以下、将校4千人以下
: :l.       l\                /: : : : : : : : /.     *海軍は旧式戦艦6隻、軽巡洋艦6隻、駆逐艦12隻などに制限
: :| ヽ       ` ¬=-  _      /; : : : : : : /
: :|   \        ー        /: :/: : : : :/        これは本国周辺の警備がやっとの勢力に過ぎなかったの

293名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:09:00 ID:iieT2u8g

    /⌒ ー−ァ'´ -     -‐{_:::::::::::人      _      \
 r−/  _rf´ ̄`    -―‐- 、└t=く  ゝ. __,ノヘ、   〉  厂    ……いくら負けたとはいえ悲しいね
 ヽ   [:::::!           \ l ハ         |  /|  /
 t┘   }/゙|                 l_  l        レ' l/      領土を取られて故郷を出ざるを得なくなった人も
  `7 人/ ヽ、 l   卜 \  l  |ハ |
   レ′ |  、\、  |,二,.__\|  |〈 | /                  いっぱい居ただろうにね……
       ヽt  N弌\|ハノl | 亅|  / ノイ
       \ 入リ   ー'  j/ / 〈                   それに、多額の賠償金を払ったら
            `T´ ′      /   ',
          ゝ. - ―   /    ゝ. __ ,、_            国にお金が残らなくなっちゃう……
            `> 、__/ \       }}  `l ー}`丶
           /  |ー| -- 、{{     }}-‐ ノーノ    \

294名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:10:23 ID:iieT2u8g

            /: : : :       : :_:}: : ヽ
           /      . . . . . :ァ'´  {:   ヘ       ヴェルサイユ条約によって負わされた賠償は
             / . . . : : : : : : : /    v: : . l
         /: : : : : : : : : : /- 、_,     v: : :l      ドイツに怒りと混乱を産み、その結果が
            ,: : : : : : : : : :/テ示ミ    /ー-l : : l
            l: : : : : : : : : ハ {:り     示ミy: : :|      ナチスの台頭と第二次世界大戦の勃発なのよ
           l: : : : : : : : ;' `     { {:り 小: :!
          、: :l: : : : :l           ; : /      抑圧は悲劇にしかならないということね
          ',: :|: : : : l     -‐ 、    /: /
           l :|: :l: : |      ´    イ: /       ……さて、この大戦によってイギリスとドイツは
       、_ ノ: :l:从 : | 丶、    /レj:/
         ` ーァ: /!: : :トj    >rイ: :{  |'        大きく国力を消耗し、世界をリードする事は出来なくなったわ
           /:::/: : : : : {       l: :}: : :`ヽ.
        _」::/: : : : :l: :ゝ._    V: :j: : : :ハ       その結果台頭してきたアメリカは軍備増強に力を入れ、
      /  {: :{: : : : ト- ' __,./`ヘj: : : :}: }
       /    ``ヒ:_: : :` ー// -  ト.: : ノノ `ヽ     こうして太平洋で日本と建艦競争を起こすことになったの
     |         ̄ /      |イ    |

295名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:11:16 ID:iieT2u8g

.



=========================================================================

                第一部    第3話   不譲のエース

=========================================================================




.

296名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:12:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│アメリカの量に対して質で対抗しなければいけない日本海軍は、平賀計画に自信を持って         ....│
│八八艦隊の全面刷新を急いだ。                                             │
│こうして原敬内閣でも海相を務めていた加藤友三郎は、戦艦4隻(「紀伊」「尾張」「第11号」「第12号」)    │
│巡洋戦艦4隻(第8〜11号)の新造計画を大正八年十二月開催の第四二通常議会に提出した。       │
└────────────────────────────────────────────┘

     _ ―- ‐- 、
    (r/ -─二:.:.:ヽ            ……我々は明治四十年から実に十三年かかってここまで
    7''´ ̄ヽ-─<:.:.',      
.   〈t<  く=r‐、\:く           計画を進めてきた
   ∠j ` / ,j={_/ヽヽr'    
.    っ Y _/ ヽ了             この最後の一押しで八八艦隊の完成はなるだろう
.     し イ --─¬     
      f: :_: : :_:_:_└ 、           そのための補充予算は補助艦をも含めて六億八千万円
     /-ー/: : : : : : :\   
    /7: : : :r: : : : : : : : : }         これを大正十六年度までの継続費として申請した
   /: : : : : :.|: :j: : : :\: : j  
  /: : : : : : : j: ヘ、: : : : \|         最終8艦の戦艦・巡洋戦艦の完成を急ぎ、
 ./: : : : : : : \::::ヘ: : : : : : :ヽ 
 {: : : : : : : : : : ヘ:::ヘ: : : : : : :',        旧式艦と入れ替えて米国に対抗するのだ
 ',: : : : : : : : : : : :\ヘ: : : : : :ヘ.
  ',: : : : : : : :::::::::::::::::::〉: :_:_.r--
  '; : : : :.::::::::::::::::::::::r</ :.:..

297名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:13:00 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────┐
│ところがこの予算案は、原敬内閣が解散総選挙を行ったために不成立となった。            │
│しかも、明けて大正九年には戦争需要が落ち込んだために一気に戦後恐慌が訪れたのだ。     .│
│しかしこの時点では、まだ八八艦隊の予算取得に問題はないと見られていた。             │
└─────────────────────────────────────────┘

                扶桑型   .長門型     加賀型     天城型     紀伊型    .第八号
                  .戦艦     戦艦      戦艦     巡洋戦艦    .戦艦    .巡洋戦艦
      ._____         |   - - - ┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┥
  ..  /      \     /)
   /   \:::::::::─\   ( i )))
 ../    (●)  (●) .\ / /      旧式化した扶桑型・伊勢型戦艦を新型戦艦で代替して、
.. |       (__人__)   |. /
 /         ` ⌒     /         戦艦8隻、巡洋戦艦8隻をなんとしても揃えるんだお!!
/  _         /´
(___)

298名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:14:02 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────────┐
│海軍当局は予算の取得は不動とみて、八八艦隊最終8艦の計画をやる夫にゆだねた。             .│
│紀伊型戦艦に関しては、天城型巡洋戦艦の艦形を流用して加賀型並に防御力を高めたものとされた。    .│
│そして海軍の予想通り、八八艦隊の補充予算も六月末召集の第四三特別議会で承認された。       ......│
│しかしその予算は、所得税や酒税の増税で補填し賄っていたのである。                      .│
└─────────────────────────────────────────────┘

         / ̄ ̄ ̄\            残念ながら紀伊型は天城型と主機関は同一で
        /  \::::: / \
      /  .(●)  (●)  \         船型も同じだお
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /         しかし、それゆえに戦艦の攻防力と
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )        巡洋戦艦の速力を兼備した真の高速戦艦になるんだお!!
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

299名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:15:02 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────┐
│こうして九月四日、紀伊型戦艦の成案に加藤海相の決裁が降りた。     .│
│やる夫はついに真の高速戦艦をものにしたのである。            ..│
└───────────────────────────────┘

○紀伊型戦艦  計画要目

           . ┼     =
            .┼. ._ ._. |,|
       .     | _| |_| |.|,|T__
   r‐────'ヨHニニニニニニニ!Hヨ'───┐
    ̄丶────────────‐‐´ 

*常備排水量 42,600トン      *機関出力 131,200馬力
*全長 252.37メートル        .*速力 29.75ノット
*幅 31.36メートル          *兵装 41センチ45口径連装砲5基、14センチ50口径単装砲16基
*装甲最大厚 292mm(傾斜12度)
ttp://www.globalsecurity.org/military/world/japan/images/kii.gif

300名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:18:07 ID:iieT2u8g
 
 ________        ________..  ..┌─────────────────────┐
 |                |       |               |  │ 計画進行とともにやる夫の勤める          .│
 |                |       |               |  │                              ..│
 |   技術本部     |       |    艦政局    |   │ 技術本部に組織の改編があった。         .│
 |              /        \.            |   │                              ..│
 |______/\/ ̄ ̄ ̄\/\______|  ..│ シーメンス事件を機に旧艦政本部を        .│
            /        \             │                              ..│
            |             |              │ 二分して業務を分担していたのだが、      ...│
.           |   艦政本部  |                  │                              ..│
 ≡≡≡≡≡≡≡|             |≡≡≡≡≡≡≡   │ 仕事の複雑さからそれが障害となったのだ。 ......│
   計画業務   |             |   建造業務.    ..│                              ..│
 ≡≡≡≡≡≡≡|             |≡≡≡≡≡≡≡   │ かくして二つの組織は十月一日付を持って   ...│
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~.             │                              ..│
                                     │ 艦政本部に再統合された。            ....│
                                     └─────────────────────┘

301名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:19:00 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 大正九年十一月二十五日、新生八八艦隊の先頭を切って戦艦「長門」が呉工廠で竣工した。 ......│
└─────────────────────────────────────────┘

                          . │
...                         ─┼─
                              ‖                i_rュ_ 
                            _‖_...         ,,_ェt_-}__
                               ‖ \           jxi:i:-{''
                          rュ‖ , \:iiiiii:   .:iiiiii:  t|xii_i:|ュ
                            -rロ‖   |Ξ|   |Ξ| ┌「ii=ェェェ}  /i
              ====/ ̄`ュ_       /|::‖   |Ξ| ― |Ξ|r「二 i‐l"_ェ´ ̄ヽ====
  j,_____====/ ̄`ュ || ̄┌i ̄ ̄ ̄ ̄┴‖ [二二ii二二冖‐_冖‐_冖‐i―┴┐ ̄|_ェ´ ̄ヽ====   ____,,..;
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐冖~ ̄‐冖~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄冖‐:冖‐:冖‐:冖‐:冖‐´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : :: ^: : j
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

戦艦  長門

*常備排水量   32,720トン          .   *出力     80,000馬力
*全長.... .     215.8m              *速力     26.5kt
*幅..   .     28.96m              *主兵装   41cm50口径連装砲4基、14cm単装砲20基
*吃水. . . ..   9.14m            .   *装甲     水線305mm、甲板70mm+76mm
*主機. . . .   ギヤードタービン4基、4軸   *乗員     1,333名
ttp://livedoor.blogimg.jp/irootoko_jr/imgs/5/7/57262a90.jpg



着色写真引用元:旧日本海軍・艦艇写真のデジタル着彩
ttp://blog.livedoor.jp/irootoko_jr/

302名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:20:01 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 一週間後の十二月一日、計画主任の山本開蔵が第四部長に進んだ。                  ....│
│ その後を当然のように四十二歳の平賀造船大佐(大正八年九月、官階名称を変更)が引き継ぎ、    │
│ 引き続き巡洋戦艦4隻に挑んだのである。                                     .│
└───────────────────────────────────────────┘

                     ___
                  .,、‐'゙´    .゙.,⌒゙''‐、,
                ,/      ,..., ゙i   .゙ヽ,                 平賀主任
               /      /,.、-、i,,、ニ;ヽ,  i,
              ./      ノ /゙   ´゙'i`i゙i, .!  i,                もはや八八艦隊は
  .,、r''"´⌒゙゙'';';、,   ./   、,___ノ゙∠,  o  .ッ'.ノ ゙i, |  i
 ./       i:i ヽ, /  .,、-i /ッ〒t=;;= -='-',;;;;;;ミ、;、_ |                君の腕一つにかかっていると
 i ,、==;、,   ;ノ  ソ  i ./'i :i'ヽ,゙i;ニシ    /i゙!(,j.゙>/ .|
 !/    ヾ,r‐'"  ./   i .i,-| ゙i   ̄    i、ニ=''゙/  レ=ー-.、,           言っても過言ではない
、,,i,     i,   .V    ゙i,゙ヽi, i,       /  ./  .i  / ̄`゙゙ヽ
  i;     i'i、,  |    ,-'ヽ、i, i,    ,,_ .,,゙   /   .i; /      i         主任として八八艦隊の最後を飾る
  ノ===、,.ト、,_;;,.i   /i .i;;;;;i ! i,     .,,   ,/   j, i,      i
'ー'゙     .j  ヾ;'ヽ,/ .ヽ,ヽ/ ヽ;i゙'-、,    /、,  ./ ,、-.、,、===、/ラ'''''フ,,     第八号巡洋戦艦に
 ;.;     .ノ゙ヽ;  ヽ,゙ヽ  ゙‐、'ヽ、゙'  `''‐,/゙ヽ, ゙i, /,-'−''i     レ'゙.,;:ジ゙/,,.、、,
;ジ    ./\ \  ヽ,.ヽ,  .`'-、゙ヽ,   i|;;  i レ゙^ヽ,  .i   /'゙''''"  // ,)  思い切り挑んでくれたまえ
ミ、,,,,,、-‐゙   \ \  .ヽ, ヽ,   `ヽ,゙ヽ,  i;ヽ,./ ./'i゙j  L,,,,,i,  i゙    /゙ /



          ____
+        ./ \  /\ キリッ        任せてくださいですお、
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
    |      `-=ニ=-      |        部長!!
    \      `ー'´     / +

303名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:21:01 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 第八号巡洋戦艦の最大の特徴は、18インチ砲(46センチ砲)の搭載計画であった。              ..│
│ 世界に先駆けて16.1インチ砲(41センチ砲)を長門で搭載した日本であったが、既に列強が16インチ砲を  │
│ 採用している情報が入ってきている現在では、質的にそれらを凌駕する18インチ砲の搭載に          │
│ 踏み切るより他にはなかったのである。                                        ..│
│ 呉工廠の造兵部では、さらに平賀計画を補うべく19インチ砲の試作まで行った。        . ..  .      │
└─────────────────────────────────────────────┘

...__________________ _________rュ________
◯)_◯)________)   ;)'''''/`/'''\''    |  |   口]  |
             .. ̄`ヽ `ヽノ,/  / (ニ0,\   |  |    ̄  ̄'i
              | ̄ _ ̄ ̄i__,/____,,\_|_|______i
               |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ .. ::::::::::::::::::::::::::::|
               |               ..::::::::::::::::::::::::::::::|
               |               ..::::::::::::::::::::::::::::::::|    .....
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

304名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:22:00 ID:iieT2u8g

              ,,、 -''/                              ャ――z
            イ  /,r ''了 / 了                            /  /
            /  /,/  // ,/  ,r、-  _,,,、 -ー ―          lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
           /   /:/  // _/'  . /レ '' "  ,、   /          ∠,,、 -z    ,r――― ''"
          イ  / / __/: l/   /   z- "/  /         、 '"´,、ィ   /
          |.  / //__,    /,、-''"  /  /           、 '" ,、 '":ツ   /   /゙ '' 、
.           |  レ '''"  /       ,,、-'  /        、-' ,、 '´  /  /  /_  / ,、-'"/
.            |    ,、-ーー'    ,、-'' "   ,,、z        | ,、 '´    /  /      `',,、- ''" ,,,/
          |  r'        l"   ,、- '             '´    / /l/        /    /
          |  |        / ,、 ''"                   //       /  __/
          |  |         //                           ∠  /
         /  |        /√         __,,:::========:::,,__           | /
         |  /              ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...        | /
         |/              ‐´      ゙          `‐.      |/
                       /                    \
           .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
      .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
     ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
     ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
         ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                   ゙゙゙゙ i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
                 ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                    /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                   `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,   ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                    ゙゙´`´゙ -;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙ /`゙
                       ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                            ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

┌──────────────────────────────────────────┐
│ ……ただしこの試作砲は試射の際に砲身が割れて尾栓が飛ぶという失敗作であった。         │
│ 材質の変更で改良の見通しの付いたこの砲は、後の大和型戦艦のアーマーの性能をテストする .....│
│ 対アーマー射撃試験に用いられる事となる。                                .....│
└──────────────────────────────────────────┘

305名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:23:00 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────┐
│ 兵装の強化の一つとして、一砲塔あたりの砲数を増やす課題も持ち上がってきた。    │
│ もちろんこれは砲関係の重量やスペースを節減するためである。            ......│
│ 用兵側からは三連装砲塔の検討を提案してきたが、やる夫には別の腹案があった。   │
└─────────────────────────────────────┘


     ____      ヽ v /    やる夫はいっそ四連装砲塔を採用するほうがいいと思うお!!
   /⌒  ⌒\    -(m)-
  //・\ ./・\\     ≡    やる夫の計算なら連装砲塔2基より四連装砲塔1基のほうが
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |        軽量に出来るお!!
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |          ただ、さすがに四連装砲塔は大型で幅広だから
.\ “  /__|  |
  \ /___ /          中央部に四連装砲塔1基、前後部に連装砲塔各1基の配置を

                      検討したいんだお!!

306名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:24:06 ID:iieT2u8g

                 /¨',  ゚0Y    ______     Y 0   /
      , ヘ      l  l、   ,ヘ /          \  | ゜   /   列強諸国ではこの頃から
       {  ',       |  l \ / l    / ̄ ̄ ̄\   \|  /
       ヽ ヽ    |  l  l/ / `T≧ミト、   ,ィ≦ T´  |イ      三連装砲塔が主流になっていくけど、
        ヽ ヽ   |  l  '  '  |{:rリ}  1  {:rリ}|  l| |
   r 、    ヽ ヽ   |  l / /   |`冖´      `冖´|  l| |       四連装砲塔を搭載したのは英戦艦
    ヽ 丶    ヽ ヽ.ノ  し'  ハ  |     {|       |  l| |
      \ \  ノ          l∧   |    r--┐   /   //       キング・ジョージ5世級と
      \ ´    _   | ∧  | \   ̄   /l  〃{
        } -‐ r‐_ナ'´ ̄\{ ∧ | |> 、__. イ  l ∧ ヽ      仏戦艦ダンケルク/リシュリュー級のみよ
          {   ヽ---< _ ヽ ∧ l 人 ___ 人 |/  ヽ \
        }     ノ |   /⌒}人 ____ ノj/    \ \   それは技術的に決して容易なものではなかったの

307名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:25:02 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────────────────────────┐
│ このように新機軸を次々と打ち出し、技術的難題に取り組んでいったやる夫であるが、         .│
│ そのために彼は「不譲」の度合いを加速させ、傍からみればまるで圧制者のごとく振舞っていた。  │
│ 用兵側の過重な要求は断固として撥ねつけ、各専門部には容赦ない鞭を加えたのである。    .....│
│ 彼は自分が描いたアウトラインからは寸分の狂いも許さなかった。                     .│
└──────────────────────────────────────────┘


      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))            何度言ったら分かるんだお!!
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)             見てすぐ分かるような計算ミスをするんじゃないお!!
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))     検算しなければいけないような計算なら
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))       最初からやめてしまえ!!
 (___)    ./      ))

308名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:26:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│ このように一見部下に辛く当たるだけの上司に見えるやる夫であったが、一度彼が歯ごたえがあると  ..│
│ 見込んだ部下に対しては、単純に心を許す子供っぽさもあった。                        .│
│ 彼が見込みを掛ける部下とは、自分の容赦ない叱責に対してひるまず反論し突っかかってくるような    │
│ 人物であった。                                                       │
│ その典型が、土本宇之助という男だった。                                      .│
└────────────────────────────────────────────┘


     | ヽ、 |  `-′      .`ー ..,,__)  l
      l::: ヽ_\::            ::::/            何度言ったら分かるんですか平賀さん!!
        \:::         /          `ヽ
   ヽ 、  \:::::  , .l /__    ,  ,    l           その構造では明らかに強度を
    \  ̄ ̄ ::::::i l i |l_:::::`゛''ー-l  l    |
..、    ヽ、_, -| l.| ./`|,、`゛''',.=.| i | ハ,r.ー、         ロスしてしまいます!!
、ヽ   -ー ''´::::::l |::::| `lー_´ r,'、’_`l |. l /|,/ `/  ,,..,
..\ \ _,,`',ー_-ー,|:l::l    ,!>` :::/~゙i l/  ,'  l  l       私のいう構造で図面を
  i.   ヽ     `lヽソl  r==--, / /:ノ / ' l .,.-'′.ヽ
 r' ''´       | `ヽ、`二゛/l  l:::し'    ー' ,-'/_,,     引きなおさせてください!!
./          l  ', .`'ー ´ゝ|  .ー        l,_ゝ '、
l    ,,..ー―-- ;;ノ  l::、  |::: l          , ー '__ ノ    ある程度は"Cofferdam"※を設けないと
|    ,r',.-ー''゛~゛''、     ー、 l  .|         /l  l_,,.、
.l  /   ヽ    ヽ,    |  ー- ,,.>,  ,,.. -ー'''~゛´゛    )     かえって船体の剛性を確保できないんです!!
..| .l    )    ミ-.. ,i   /  ゞー''      / ̄゛´
. ヽ_,!   ,/_      \  /\   \  _.__,,/
   ヽ,    ヾ,    ,,.-''.´   \  ::`ーr'   ※コファダム:船体に意図的に設けられた空所。

土本宇之助:艦政本部の文官技師。

309名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:27:01 ID:iieT2u8g

          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\            ふざけるんじゃないおこの馬鹿弟子が!!
          〈ゝ、゛、〈 /  /-___┛┗       
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー┓┏ト┐        何にも使用しない空間が船体にあるなんて
          / ヽ  、: : ,  / >=-- |_.|~ト、    
          〈´ ゝ_ノ: : :ゝノ  \ーr-'、`'l_.ト、       やる夫には我慢できないんだお!!
   λ       〉 ( ○)三( ○ ) ノ |-, l  l._ト,   
   N ゝ,     .λ  /   !  ヽ  |  |_./   l_ノ      重量のムダだお!!
  .l   ヽ、   / | ゝ _ノ ゝ _ノ  |  レ′  [、7   
   \゛  .〉7 ル' |  .L r┬- l.   |  l|   〈_7      それに、「コファダム」なんて言葉
    ` 、[ル'   レ| | .`‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7   
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン        勝手に使うんじゃないお
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘    
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、      そんな言葉は第四部では使わないお!!

310名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:28:00 ID:iieT2u8g

     ヽ、              ヽ      ,
   , -― ’   ,  _____     `ー--‐'"/ 
  / , /  /  /: : : : : : : :.|  |   、     /        言葉一つこの職場では自由に
. /  ,イ ,'   |  ム、-――-..|  |   |    <__
 // /.     | l>、ヽ < _,.一|  |   |             使えないんですか!!
.  / /l___   l | ,>、 ー’┤ :|   |   ___ /
  |// ̄ ̄|/\|`_´ 〈 |:   ̄|_/|   |   `''ー-‐      ふざけんな!!
,.ー/  ,r'   __\   ` _,  |   |)
 / ー、、_   ´_   ̄ヽ三 ―〉  |   ,'   __,..      平賀さん!! 俺は今日限りここを辞めます!!
 {   }  l/ 厂  `'' ┴、  ̄   」 /  、  `ーッ
 ! lヽ/_/ヽ\_l,、    |  / l/ |  |`ー‐ '         止めたってムダですからね!!
 | {\ヽ13/∠ ヽ _j- '"  / .|/リ
 | ゝ、ヽ王/ l    〉      |\、
 ヽ、≧('x')≦ /   / `ー- ...._」/ ト、_

311名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:29:01 ID:iieT2u8g

        ノ L____
       ⌒ \ / \                   出て行くってか!!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \                ああ出て行けばいいお!!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !              お前の居るところなんか
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi               この第四部には無いお!!
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

312名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:30:00 ID:iieT2u8g

┌───────────────┐
│一週間後  第四部────   ...│
└───────────────┘


                               (\_/)
                [ ̄ ゙̄」             (´Д` )]
                 |   |             φ<V>;;と〉|/ ̄/i _
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄/三三/ ̄i三三i//|
          _______,/ ̄ ̄/i三/___________,i三三i/  |
        |_______|i i i i i i|  |┌──┐./ /|/ /|___l/    |
       ∧,,∧ |l ̄ ̄l|  |l l l l l l|_/ |    ||三|  |i iii|  |/|   /
     /ミ ,,゚Д彡______l|./  ̄/i/ └┬┬┘|_|/|l lll|./ | /
    / [ ̄ ゙̄」つ三/ i≡≡i/ [ ̄ ゙̄」三/ θ     /   |/
   |二二|    |.ミ二二二二二||二 :|    |二二二二二二|   /
   ||   ヽ__]ヽ  |ニニニニニ||  ヽ__]    |ニニニニニ|  /
   ||/ o_||/.J  |ニニニニニ||/ o_||/     |ニニニニニ|/
      o/ ̄o          o/ ̄o

313名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:31:00 ID:iieT2u8g

      ____
    /ヽ  /\           あ、あー音無君!!
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ         土本君は今日も出勤していないのかね?
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /         どうしても彼に任せたい設計があるんだが……
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l



                                             ..,、...-===-:::::_::::...、、
                                           .ィ⌒´:::::::::::::::::::::::::::\:::::::`::、、
                                             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::::::: ヽ、
        い、いえ、今日もまだ出勤されてませんが?       /:::::::::::::::/:::::i:::::へ::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::',  
                                           /:::::::::::!::l::{:::::::lヽ:::ヾヽ、::\:::::::::::ヘ:::::::::::;
        (出勤するもしないも、出て行けって            .i::::::!::::::l:!:!ハ::::::ト、\乂!ヾ:::∧:::::::::::l::::::::::::
                                         l::::::!::::::l乂ハ::::ヾヘ才云心ヘリ:::::::::: iヘ::::::::l 
        ここから追い出したのは主任では……)         l:: ∧:::::iィんハ\ヽ 弋j孑'"  |:::::::::::|、}:::::: !
                                        ∨:::从ヘ弋,タ)   /////// |:::::::::::レ′::::i
                                           ∨ハヘ\//ヽ   __,  !j|:::::: /:::: : :;′
                                          ヽ |::||!u   く     !   ハ:: /:::::::: /
                                              ハ:||ヽ、 .ヽ-- ′u ハ:: /:::::::::/!
                                           从iLムに)    ..ィ /イ::::/乂::Уリ
                                             {ハ::: ハ::::!!::`千ー、 r‐/: ∧从:/ {
                                           ヽ ∨从八/__,∧∧!::/  乂j

314名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:32:00 ID:iieT2u8g

                                                   /\     /|  ./|  /゙i
        ||        |                           \ \、_ハノ  ヽ、|/ |/ . |ノ   (,ハ_、//
.          n     |     バン!!                    \)'                         '(   .。
      fヽ  | l  _  |                             /.   主任!!  平賀さん!!        \
     __\`┘ V´/. |                           ヽ,)                            (,,r'
     `ー-、 て  { ..|                           /.     この間の設計の問題点を          \
     fニニ -、 -‐イ)ヽ.   ミ                           ヽ                              ,r'
         `rf彡く.: .\              _,. ィ            _)    俺は見つけましたよ!!         (_
、      :|l    \: : : :  \_           ,〈 /-ー''"ヽ、__ノ! ,l .,)   ..                             (,
:.\      ||     \ : : : : .;; ヽ、       /, , ;=リ笠、 ヽ、 -'-'ノ  /-、    早速図面を引かせてください!!  、-\|
  \    ||        \ : : : : ';; ヽ      /'/ 冷ヽ  ヽ、 l;)、-ニィ   ./ヘ                            ヘ
    \  ||     ミ  |: \: : : :" ヽ、_    lll...lヽ {テヾ ヽ!,, _ー_ァ ./  //7/ヘ /l ト、 |\   ./\、 /\ /\゙i
      \||        |.   ,,,   "'''''';;,ヽ、 lヽヽ.lト.ヽ=' _,-ー'_フー{ ;;'    ,r'./   V | ,l ヽ|   . ./   V   ゙i
              |   ヽ;;;_     '';;ヽ-<~リヾ `ェ=''  ,-'" ''  l;; "" /     ,,
              |     \    ー ヾ!  ;Υ_,,.-'";/    ゞ、_.ノ  _
              |       ヽ、_      ヽ_/~_,.-''" ̄ヽ  / / ー;;''"_,,,.、
              |         `ー-、:.. ヽ./ /::::::::::::::::/ -' /  " i~   `''''
              |    ミ       `ー./ /::::::''''....../  ~     、l
              |               ! ヽ_,,.-''"         ;;l
              |               ヽ , ' ,,:::''':::;;,,,,_ヽ     ;;/
              |                l ,,         ヽ   ;;''l
              |                !;;          ヽ ;;' l

315名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:33:17 ID:iieT2u8g

                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /\  / \         よし!! よくやったお土本!!
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \
 { -! l _」_ノ‐′/   / ::::⌒(__人__)⌒:::::;; \      すぐにでも掛かるんだお!!
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/      仕事がお前を待ってるんだお!!
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ

                                                ,  -二二-  、
                                               /,ィ=-:: ̄ ̄::`ミ、:\
                                                  //´:::::::::::::::i::::::::::::::::ヾ、ヽ
              え〜っと、主任……                   //::::::∧::::::::ハ:::::::::ト、::::::ヽ:'.
                                               l::{:::、/ レヘ/ uゞ‐┘N::::::::!:|
                                            ..    |::|:::| ○      ○ |::::::|::l
              こないだの怒りはどこへ……                '、|:::| u .:::::::::::::::::.   |::::::|::|
                                                 l:::|、 ;   △    J l:::::.;:/
                                                ヽ:::}ト  _・  _,..ィ´|:://
                                                `iLf圭)ス_人-w从リ (
                                                 ,. イr ぅヽ/ヽ、
                                                / |: :ヽ爪Y: : : }ヽ、

┌──────────────────────────────────────────────┐
│この衝突して喧嘩別れ、そして和解して再び衝突というルーチンをこの二人は延々と繰り返すことになる。    .│
│もちろんやる夫は土本のことを大いに好いていたのであった。                            ......│
└──────────────────────────────────────────────┘

316名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:35:00 ID:iieT2u8g

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。                       やる夫はお酒が大好きだけど、
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \                       肴にもこだわりがあるんだお
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __        ナマコやウニは形がないから嫌いだお
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒)        ||____________  |ま | ̄|      粒々のはっきりしたイクラは大好物なんだお
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| る|  |
    |  r ` _.   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|

┌────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫の好みは些細なことで分かれ、酒の肴ですら味ではなく形のあるないで決めるように         .│
│ 嗜好を画然と二分化する傾向があった。                                      ..│
│ そしてそれは、対人関係ですら原則として働き、好きと嫌いをはっきりと分けてそれを隠そうともせず、 ....│
│ 無神経なほどに開けっぴろげに振舞った。                                    .....│
│ その性癖は、彼の二人の部下に対して極端に作用することになる。                       │
└────────────────────────────────────────────┘

317名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:36:00 ID:iieT2u8g

       _____
       、___>  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __              田路坦(たじ やすし)1888−1940
   ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.         日本中学校、第一高等学校を経て
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l        明治四十四年東京帝国大学工科大学を卒業。
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/        在学中に特待生として海軍造船学生に
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
        ヾ に!        };.       ムわ/.         採用され、卒業後に任官する。
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
           ー',       _____       んソ            選抜されて英国留学に赴き、帰国後は
           ヽ   ´     `    :/´
          __|\   `"     /               艦政本部で腕を振るう。
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |              退官後三菱造船に入社。
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー

318名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:37:00 ID:iieT2u8g

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\              藤本喜久雄(ふじもと きくお)1888−1935.1.9
                  /             \
               /              \
                 / '´ ̄`   " ̄ ̄`    ヽ
                 l ;::ィ=ミ    ィ=ミ      l           石川県出身。
               |  ´"' ,    ""      |
               l     ヽ           i           田路と同じく明治四十四年に
                \   、__,__,      丿
                 \         /             東京帝国大学工科大学を卒業。
                  _,/ / i! :    .: / ヘヽ、
         _...... .-.:::::´::/:::::/  ヘ、    /  l:::::ヽ、、          田路に遅れて英国留学に赴く。
      ハ´::::::::::::::::::::::::/:::::::l!   /i   /    !::::::::l::::::`::.- ... _
      ,':::!:::::::::::::::::::::::/:::::::::l;:!/:! .,L __ノヘ  /!::::::::::l:::::::::::::::::::::::::`::ハ   後の海軍造船少将であり、「友鶴事件」の
     .i:::::l::::::::::::::::::::/:::::::::::l;:;:i\\i ! ノノヘ//::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::/::::!
      .l::::::l::::::::::::::: /___:/::i;:;:;!  Y⌒Y  /;:i`ヽ::__! ::::::::::::::::::::/:::::::!  責任を一身に受けることになる。
     l::::::::l::::::::::::::::::/::::::::!;:;:;l  :L::_ノ  /;:;:;i:::::::::\ ::::::::::::::::::::/:::::::::l
     |:::::::::l:i::::::::::::::i::::::::::::l/;l  ,':::::', /\:;i::::::::::::::/::::::::::::;':::/::::::::::::l
     |:::::';:::i!::::::::::::::l:::::::::::l;:;:;:;:! ,':::::::::',/;:;:;:;:;i::::::::::::/::::::::::::/::/:::::::::::::::l
     /:::::::ヾ i!::::::::::::::l:::::::::::l:;:;:;:;i,':::::::::::;i!;:;:;:;:;i::::::::: /:::::: i:::/::/:::::::::::::::: !
    i::::::::::::::::';:::::::::::::l:::::::::::!ヽ;:;:i::::::::::::j;:;:;:;:; イ::::::: /::::::::::l/::/::::::::::::::::::::i

319名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:38:07 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────────────┐
│ 帝大卒業時は藤本が主席、田路が次席であったが、やる夫はむしろ田路に好意を寄せ、  │
│ 堂々と彼をえこひいきしたのである。                                  .│
│ 彼はそれが藤本の神経を傷つけていることなど夢想だにしていなかった。            │
└───────────────────────────────────────┘

       ____
     /⌒  ⌒\           田路君!!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\        君が望んでいたグリニッジ大留学、やる夫が推薦しておいたお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /        これで間違いなく君は英国へ行けるお!!



    _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|        `ミ:::::::::::::::::::∧
        /::::::/ :::::: /:::i:i:::|、、____  ミ:::::::::::::::::::::ハ       平賀さん、ありがとうございます!!
     /::::::/::::::::!厶斗|:::|イ   ,,,,___ ` `Y:::::::::::::::::::/
      /:::/!::!::::升!ハ!八i  イんバ゙〉   j::::/ん`V        英国留学は私の大きな望みでした
    //  |:从:{ ィ行ハ     辷ソ    └〈 い.:) 〉
    ′   iハハ 弋ソj              イ ノ /        期待に答えられるようしっかりと
          i  ! i   ノ            しイ::/
          '.   ヾ:..    ___,    r<::/          勉学に励んできます!!
              、   r ニニ二二ノ     ノ  ',
               ヽ `ー‐−―′  /    〉、、
             ヽ  `¨    /   .>´   ヽ
                  ヽ、    ..イ ..> ´         \
               `ヾ ̄  /             /` ー―― ---- ...、
              / ヽ   iヽ.  /ヽ     /              >

320名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:39:08 ID:iieT2u8g

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \            ……一体どういうことですか……
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \         帝大では主席卒業、技術武官として海軍に採用された時も
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l       試験では私が主席だったんです
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l       それなのに、なんで次席の田路君を先に英国に
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /         行かせるんですか……
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \        私には訳が分かりません……
: : : : . : : . : : .                 \

321名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:40:01 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────────┐
│やがてグリニッジ留学から帰った田路には、とんでもないおまけが付いていた。    │
└───────────────────────────────────┘

             _.,、ィヽ--...、
         _.,.、.:<:::::::::::::::::::::::}、           あー、主任……
           /:::::::::::::::::/::::/!::/:::ヘ
.         l::::::::ノ::///~//ハ:::::ヽ         恥ずかしながら私、
          !:γこリ i/` ̄7/ヾー〈リヽ!
         V{ に  u ___  ' 〉           現地で一女を見初め、
          ∨ゝ,   /こ二ニ7 /
.            ∨ ヽ L ___/ /            思い切って求婚し、現地で結婚いたしました!!
.           /` \    ___ ノ 
    ,、r< ̄´\    ヽ、/、                 さらに彼女は妊娠し、帰国前に
  /   ヘ   ヽ   ∧j!、   
  ! ;    \   \/∨∧`>、            男子を出産しております!!
  l       ヽ   /:::j    .丶
  l        !  /:::/ !。   丶
  l          ヘ/::::/ !      ヽ



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

322名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:41:01 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────────────────────┐
│ 田路は留学中にイギリス税関史の娘に想いを寄せ、思い切って猛烈に求婚したのだ。   │
│ 情にほだされた彼女は勘当同然に家を出て田路と結ばれた。                 │
│ しかし、生まれた息子を含めた三人の生活は日本でも決して優しいものではなかった。   .│
└──────────────────────────────────────┘


    _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|        `ミ:::::::::::::::::::∧
        /::::::/ :::::: /:::i:i:::|、、____  ミ:::::::::::::::::::::ハ         平賀さん、これが私の妻のエマです
     /::::::/::::::::!厶斗|:::|イ   ,,,,___ ` `Y:::::::::::::::::::/
      /:::/!::!::::升!ハ!八i  イんバ゙〉   j::::/ん`V          申し訳ありませんが彼女は日本語が
    //  |:从:{ ィ行ハ     辷ソ    └〈 い.:) 〉
    ′   iハハ 弋ソj              イ ノ /          全く分かりませんので……
          i  ! i   ノ            しイ::/
          '.   ヾ:..           r<::/            Emma,this are Mr.Hiraga.
              、              ノ  ',
               ヽ  ´`´ ̄`    /    〉、、          That is my superiors.
             ヽ        /   .>´   ヽ
                  ヽ、    ..イ ..> ´         \
               `ヾ ̄  /             /` ー―― ---- ...、
              / ヽ   iヽ.  /ヽ     /              >

323名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:42:00 ID:iieT2u8g

              /jレ         \ \
             /  ,,/-\       丶 ヽ              Is it Mr. Hiraga?
            | | /    ヽ |ヽ\  \ ヽ l
.            | | |. ,,'二二´l丶ゝェェ\、ヽ. | |              How do you do.
            | .|. ト l"jェイl_ l+、l´エィ丁゛rl | |
           | | | | l‘ -- '  |ヽ ー- ' j l l |              My name is Emma.
           | :::| |丶 " "   }  " "  ノ /
           | ::l l|Tl、    __'    /T: /|              Japanese is not understood.
           |  ::V:|: \  '--’  /:/::/ j
         __ ヽ ::イ|::  | ヽ、_  'l, ̄ヽ/: /__              I am glad to meet you…
      r"^"゛-、ヽ  ̄/ |::  |    / ̄ ̄ヽl\  \--、,,
     ;::::::::::   ヽ、 r- |: / ̄Yイ-'     l  /"   ;: l
   , -y─-、;::;;::::::  ヽ | l |  ゝ-、::::::::ヽ、 y   ::::::::r""ヽ-z__
  イ  ヽ    ヽ-;;;:::::ゝj l |/ /::| | ヽ---< :::::::::::,:'    /   ヽ、
 f    \      ヽ/ ヽ.|  /   |  \  \--'/   y     :i
.t:::::     ヽ、    /   ヽ /タ\__|   __/___/     ::::,'
 y:::::::      ゛ - 、\   /   ̄  | /:::::::::          ::::::i
  、::::::::::::::::::::     \>、_|     ", r'   >      ::::::::::::::イ

324名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:43:00 ID:iieT2u8g

          ____
       / ノ  \\              な……Nice to meet you Mrs. Emma.
      / (○)  (○)\
    / ∪  (__人__)  \            I am Yaruo Hiraga. It is his superior.
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /     (何て大変なことになったんだお……
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /       よし!! この一家の面倒はやる夫が必ず見るお!!)
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

325名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:45:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 外国人の妻を抱えた田路の生活は、周囲のあざとい好奇心を浴びることになってしまった。         .│
│ それにも負けずに懸命に突っ張るようにして弱音を吐かない田路のことをやる夫は大いに気に掛け、  .│
│ 仕事を離れたところで彼をしばしば慰労した。                                   ..│
│ 例えば彼は、クリスマスには必ず田路の家を訪れて息子にプレゼントを渡したのだ。           .....│
└────────────────────────────────────────────┘

      |┃三 ガラッ
      |┃
      |┃
     |┃-‐ ´ ̄ ''ー-.__
     |┃::::::::::::::::::::::::::::::>⌒ヽ
     |┃::::::::::::::::::::::!:/ 弋__ノ                Hello John!
     |┃::::::::::::::::::::::::l
      |┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                    It is Christmas today.
      |┃_____ノ
      |┃(●)  (●) \ ______         The Santa Claus brought the stocking filler!!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\         \
      |┃  |r┬-|     |⌒)         ヽ
      |┃   `ー'   _//          |
      (⌒ヽ:ミ;;;;;;ハ;;;;;;::ミ /           |
      |┃ノ ::::●::●:::::::::/            |
      |┃::::::::::::::::::::::::::::<             |
      |┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)          /
      |┃/ ̄ ̄ ̄> ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |┃     (__)

326名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:46:00 ID:iieT2u8g

                 _,..   -──-  ._
                /            ` 、
            ´                 \
           /     ,.へ 、            ヽ      Thank you for the uncle of Santa!!
           ,'    ,ィ/   \\ヘ.        !
           !    / ′     ` `ヽヘト、   !
          !  ,.イ   _       __    V  !
          l  ! ´ ̄__      、_ ̄` } ;!      It is very glad!!
          ゝv  /7ィハヽ    /ィクヘヽ リべ
           { ヘ. ,、じ'シ,.      、じソ,、  j´! }
           、 _j .::. ̄         ̄.:::. ,リ ′
           丶!         :!        //
              丶     .____,     /
                _,ゝ、   V_ソ   ./、
           ,. ィ´    ! .._  _,. イ   `ヽ._
         / {  !     !    ̄    j.    / ヘ
         ,' ハ. '、   !`ー--一'´,′  / '   、
          /   '、 丶   !二二二 /     ' /    :!

田路順(John Tazi):田路坦の息子。

┌──────────────────────────────────┐
│ 田路の息子はやる夫のことを「サンタおじさん」と呼んで大いに慕ったという。  ..│
└──────────────────────────────────┘

327名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:47:03 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│ そしてやる夫はしばしば田路夫婦を自宅に呼び、妻カズの心づくしの料理でもてなした。         .....│
│ 日本語の分からぬ妻に気を使って田路はその場ではずっと英語で応対していたが、             │
│ やる夫もその心情を汲んで英語での応対に終始した。                              .│
│ 英語では田路のほうに分があったが、やる夫は意地でも日本語に逃げようとはしなかったのである。   .│
└────────────────────────────────────────────┘


        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|     さあ、カズの取って置きの
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |     食後の紅茶ですわ
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |     しっかりと味わって欲しいですの
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ├───┤〈 Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へr=====v::イ|:::::ト::| V* ,,, |::::\Vム..|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミ/      V====.| *ヽ";;./゙|=ニ三彡l::   |
  |   r上≦ __   {      } l/∧.{;.Y,,、∨ィ≪<::::::::入l    |
  | r─{  ‐厶__ヽ== ゝf士土,イ 三{==ヽェェェェ/=と∠='=カl   |
  | ∨::ヘ. {>ーァ‐‐ァ‐ッ────t─zr‐t―‐r‐v―、ャ厂 .|::≫ |

328名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:47:31 ID:iieT2u8g

         ,r' _ニ、ヽ、、  `ヽ、ヾ、  `γ∠/L
        /´ゝ/''"`ヽ、ヽヽ、    \ヽ、   l| トく
        レフ/    ,. ≧ゝヽヘ、  \⊥、〃 l|  ',
        ヽ、| _  ´ /´,rrァヾ├=―', -ヽノ |l  l,|       Thank you Mrs.Hiraga.
          ハァゝ、__l ´ ゞ-‐'ノ    〈ヽi |_,.イ 〃
          ,' 〉ゞヲ ヽ、__/     ノノ丿´ l/イ
         ヽニL_,イ          '´/ヽ=レ,ノ|        It was very happy today.
           ',〈、         ,イヘ‐-_/'´| :|
            ',    _,.        l-‐''"l |  ||       The dish was also delicious.
            ヽ、 ''"     .::   |   | |  ||
              ヽ、   /.-‐''´ ̄ヘ, || ||
                `ユ彡´      ', |:| ||
                「           ', |  | |
                l   _,. -‐ ニ二ニヘ、l ||
               ノ / _,..::'´フ:::::::::::ヽ::`ヽ| |
              ,r'レ/ /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」

329名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:48:00 ID:iieT2u8g

          /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
         /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.��
    ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
         /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/       Thank you for your kindness today my wife.
      /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
     /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、 
       |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !      Mr.Hiraga,Thank you.
       l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
           `| l{{<∧      { 、        |^;:./
            \ {:〉'´ \   ___、    j_/        I had a great time with you.
           _/  {:..  弋云 ̄ 二ノ   /!
         /´`ー-ぐマゝく_∨ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
        /   ー-、/X`ー/      //::|::::::::ヽ
       /´  ヽ _ くジ′∨` ーzァ7フ/ ::|!::::: :::',
      ./  _、_  \  〉  ム:..        .{!:::   .:'、
     /    __犬_   } / }\__〉      /  V     '、
     _/    〈___ノノ /|:.:       /   |  /!.  \_



         ____
        /      \           
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l        No, you're welcome.
     |      (__人__)     |`''|      
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /

330名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:49:03 ID:iieT2u8g

              , -── -r‐- 、
              ,r'´.:.:.:.::::::::::.:.:.i  .:.ヽ           ……せっかくもてなしをしても
            _ノ.:.:.:.:.::::::::::::.:.:.:.| | .:.:.::L
            (.:.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:.:.:.:j j.:.:.::::.:.:.`ヽ        英語で喋られては
          ノ.:.:.:,.'"´  ̄  ̄ ̄``ヽ、:::.:.:.:.(_ _
      _ 只ん::./            ヽ.:.::::.:.に7L     何がなんだかさっぱり判らないですわ
     〔 l]H ).::/               `、::.:.:仁7 _〕
       /Y7(:;:;'    l           i   .:.:lに_ノ^i7     話の内容も教えてくれないなんて
     l//  ):|  .1 !  .|.      ,′ .:| .::|:|.:::(  リ
      ,′ Kl  .:| |  ::|:. .: .:.::/.::,!::.:,!:|::|:|.:.:/:. ヽ     父様は私を疎んじているのでは
       i   i^、 .::|_」斗'1:::.::::::::;イーイ-:イ、:N/_ノ`^i  i
       |  ,′ヽ、:|ヽ!ヽ`ト、;:;:;:;/´l/ /l/^iノソ´   |  l     ないでしょうか……
       | i |   | ||} -ィ示ミ   ー示ュ- 爪 |     |  |
       | l | _j ||ト、〃〃  ' 〃〃 / |i| |     |  |     それに、あの外人の奥さん、清楚で慎ましやかで
       | | !ハ  | |リr‐ 、  -‐-‐  , イl |l| | ̄`7 |  |
       | | レ′ | |レ'´:. .:>ー <::.:.:T「`i | _ _.{ |  |     ものすごく目を引きますわ
       | | |   | |〔:::::.:.: .{薔}ソ.:. .:.:::」| | |  `!.│.│
       | | |ー.イ1i |:.::.:::::: .::V.:. .:.::::|!^}_」 |  | !.:i |     もしかして父様はあの女が目当てでは……
       | |.:|:.:.:<孑リー-----┴--─┘ リ孑> ,' |.:| |

331名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:50:01 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 大正十年(1921年)一月下旬、田路と入れ替わるようにイギリス留学に赴いた藤本が帰朝し、   .│
│ 第四部に再び配属された。                                          .│
│ しかし、やる夫に疎んじられていると感じていた藤本は、彼を必要以上に意識して         ...│
│ 自然とその間に距離を置くようになった。                                 ....│
└─────────────────────────────────────────┘

       ,. -―- 、
      /        \           留学の順番を僕と田路とで入れ替えるなんて、
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ         あの人は僕を嫌っているとしか思えませんね
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ          とても親しく交わるというわけには行きませんよ……
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i

332名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:51:00 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────────────────┐
│ そんな二人の食い違いを内外にはっきりとさせる出来事が間もなく起こった。  .│
└──────────────────────────────────┘

           |
      \            /
            _____
           /      # ヽ∟  /.:^ \      僕は戦艦「長門」で勤務してるんだけど、
    _    /________  ヽ  (_/.:.:.:.:ヽ
         |.:.♯.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ヽ (_\/::::.|      艦橋にいると風向きの具合で
            ,|.:./.:.:..::.:.\.:♯.:.:.:|   j   ヽ::::`−ノ
.          ||.:.:ε:.:.:.ε.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ′ /.:.:.:.:/       前部煙突の煤煙が降りかかって
     /   /.:.:.:C.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ  /.:.:.:.:.:/
         !.:.:⊂──´⌒ヽ.#.:ノ/(.:.:.:.:.:/ ノノ      真黒になっちゃうんだよ
 …ゲホゲホ    \.:\_(⌒⌒_) /!  ヽ、/
  r'⌒ヽ. 彡    ` ,┬─_− ´/ ヽ /          これじゃまともに勤務できないよ
 (´:::::::::::::`)      / |/ \/   く
  ゝ,___,ノ´  ((  /.:\ \ #      ヽ         何とかしてよ!!
           /,.:─ 、/ \    ♯  /\
.           (.:.:.:l.:.:l.:.:j  \ ___ /   ヽ

333名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:52:00 ID:iieT2u8g

         ___
       /     \              ……というわけで改善要求が出てるんだお
      /  _ノ '' 'ー \
    /  (●)  (●)  \           藤本君、君ひとつ何とかしてくれるかお?
    |      (__人__)    |
    \      ` ⌒´   /



        / ̄ ̄ ̄\
      /        \            分かりました
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |           ご指名とあらば一つ取り組んでみましょう
     \  、__',_,    __,/
     /         \

334名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:53:02 ID:iieT2u8g

           ___
          /⌒  ー、\             とはいえ、ぶっちゃけそれほど悩む必要はないんですよね
        /( ●)  (●)\
      /::::::  __´___ ::::::: \.          発生源を遠ざければいいだけのことなんですから
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、   僕にかかればこの程度のこと大したことではありません
<<</ヽ                     /\)))



         ___             ……というわけで主任、
       /     \    
      /   \ , , /\           前部煙突を後方にくねらせて曲げ、
    /   (_)  (●) \ 
    |       、__',_,    |          煙の吐出口そのものを檣楼から遠ざけるよう再設計してみました
     \         , / 
     ノ           \          これで対策は万全です

335名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:54:06 ID:iieT2u8g

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\                 ……え、煙突を曲げる!?
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /                あの美しく直立した煙突をかお!?
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

336名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:55:00 ID:iieT2u8g

          ____________
        /       ̄ ̄⌒゙゙^      ::::::::\
       /____       . _,,,,__,_     :::::::::::\
      /   ゙^\ヽ..  , /゙   ¨\,.-z   ::::::::::\        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
      「 ●    | 》  l|  ●    ゙》 ミ..   .::::::\      <                             >
     /i,.      .,ノ .l|  《       ..|´_ilト    ::::::::::\    <   そんなみっともないことが出来るかお!!   >
    / \___,,,,,_/ .'″  ^=u,,,,_ v/..       :::::::::::::::::l!   <                               >
    |      /"   |   \         i し./:::::::.}   <   味噌汁で顔洗って出直せやヴォケ!!    >
    |      |     |     ..|         ノ (  ::::::::|     <                             >
    |     丶 ___人____ノ          '~ヽ ::::::::::::}      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
    |   . /         \           ::::::::::{
    |    |    /⌒/⌒\ 〕          :::::::::::}
     |   |   ;/  ./ .   . |          ::::::::::[
     .|   |  i′  /    . |    .|      :::::::::::|
     .|   |  |    |     .∧〔   /    :::::::::::::/
    / }.∧  |    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
   /   /| \┌┌┌┌┌/./ /:::      :::::::::::::::::\
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄ /:::::::::::         ::::::::::\
       ヽー─¬ー〜ー――― :::::::::::::

337名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:56:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────┐
│藤本の提案に意表を付かれたやる夫はこれをたちどころに却下し、自分で提案した冠状の    │
│遮蔽帽を取り付けて煙を後方に押し流そうとした。                            │
│しかし結局これはうまく行かず、藤本提案通りに「長門」や姉妹艦「陸奥」の前部煙突は     ....│
│後方に曲げられることとなった。                                        │
└────────────────────────────────────────┘

;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:::;;;;;:;;;;;::;;;::;;
                          .─┼─
...........................                      ‖                i_rュ_           ..................................................
                            _‖_...         ,,_ェt_-}__
                               ‖ \          jxi:i:-{''
                          rュ‖ , \j!!lli .llllllll   t|xii_i:|ュ
                           -rロ‖   |Ξ| ゙l、 ヽ,,_ 「ii=ェェェ}  /i
              ====/ ̄`ュ_       /|::‖   |Ξ|  .|%,,,、゙゙゙t i‐l"_ェ´ ̄ヽ====
  j,_____====/ ̄`ュ || ̄┌i ̄ ̄ ̄ ̄┴‖ [二二ii二二冖‐_冖‐_冖‐i―┴┐ ̄|_ェ´ ̄ヽ====   ____,,..;
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐冖~ ̄‐冖~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄冖‐:冖‐:冖‐:冖‐:冖‐´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : :: ^:: j
;:;:;:;:;:;;:;:;...;:.;;.:;.;:.:-;:‐;-..:;.;:.;;--‐''-,,.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-,、-,,、、.,.;;、 -,,、、.;;-,;-;,;,_;,;-;,_;_;;;-,;-;,_;_;-;; ;,,、、..;;、-,、-;:ゞ,ー;:;ゞヾ´'"';:::
_, ;:_,,,...ー.--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ''""" "´ ;:'""",,;"´"",,"´
〜  〜                      〜     〜      〜      〜   〜    〜   〜

注):長門は全力公試の際に前部煙突から上昇する熱気で檣楼測距所が直立不能なほど高温になり、
   測距儀の精度にも影響が出たとの報告がある。
   恐らく事実は煙より熱のほうが問題だったようで、熱源である煙突を後方に下げる藤本提案は
   当然の解決方法だったと思われる。

前部煙突に遮蔽帽を付けた「長門」
ttp://livedoor.blogimg.jp/irootoko_jr/imgs/5/4/54d40bd3.jpg
前部煙突を屈曲させた「長門」
ttp://livedoor.blogimg.jp/irootoko_jr/imgs/d/f/dfc19fd8.jpg

338名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:57:00 ID:iieT2u8g

        ____
      /    \
    |\/  ノ' ヾ  \/|
   |/ ≪①>  <①≫ \|         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
   |      ___´___.    |          ┃  
    \、 ` .`ー'´ ´  ,/             結局おまえの原計画通りに修正しておきながら
.   / ヾ  `ー‐" " ⌒ヽ     
   /       ヾ ,"      \           おまえには一言の挨拶も無かったろう?
   |   r         r\,"⌒ヽ 
   :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''          これであいつという人物がどういう人かよく分かったろう……
    ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;;                                                 ┃
     ::::::::;;::::::;; :::::::;;;::::::                   ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       :::::::::::;;:: :::::::::      
           :::::: :::::::    
             :::::::::   
               ::;;::./ ̄ ̄ ̄\         ええ、本当によく分かりましたよ
               / ─    ─ \
              /  (●)}ili{(●)  \
              |     ___´___     |      あの人はそういう人なんですね……
              \    .`ー'´  . /
              /             \

339名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:58:00 ID:iieT2u8g

   |/  /          /: : : : : : : : : : : : : :
   |   /         . . :´: : : : : : : : : : : : : : : :      ……当時の藤本喜久雄の本当の考えを
   l /       . イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  /     . <: : : : :丶: : : : : : : : : : |: : : : : : :|: : :      知るすべは私達にはないけれど、
./     イ/ィテ〒 \: : :\ : : : : : : :| : : : : : |: : :
     /: : : \ ゞリ/  \: : l: : : : : : :| : : : : : l: : :      この頃から平賀に反感を持つ勢力が
-‐  ´  |: : : : : }       ヽl: : : : : : : :!: : : : : : :l: : :
     ヽ: : : :/         l: : : : : /: |: : : : : : :丶: :     彼の才気を頼りに集まってきて、
       \: ー-、  _     |: : : : /l: :ト、: : : : : : : : :
           \: └く._     |: : : / V }: : : : : : : : :     盛んに平賀の悪口を吹き込んだのは確かなようね
           ヽ: : : :\   |: : /ヽ  /: : :| : : : : : :
           l: : : : : :iー |: :/   ヽ/: : :/. : : : : : :     結果的に彼は反平賀の旗手のようになってしまったのよ

340名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 21:59:00 ID:iieT2u8g

  /        : : [ ー  ノ -、, ‐      \r --‐く           し1
  l/ . . : : : : . . : : : :ヒソイ ソ´     _  [  ー ]           く
  { , イ: :r'⌒  ー‐〃/ /´ ̄`   ―-、  `∧ ー 」: : : :         ヽ: l
  ∨ {: :{       /  l         \ / T⌒ヘ: : : : : : : : : : : .   l:ノ
    `¨       /   ハ            l: : :l|   丶---- 、: : :ト、: |
          { {  { :∧l   |\ \  |: /|          \ノ }ノ
           V  ∧{ーヘ、 l ー\ l|: 卜/|
           \ {Yf示 \|示テト、Y: : /´} 9         ……どちらにも言い分はあるんだろうけど
            ヘl ヒン    匕ン ノ j//、
              ∧ "  ′   " /フ´ }い          才能を持つ優秀な人たちが
             /:ト、 ‐ -   //l  / 卜、
             / / />r--r< // /  l/ >、       お互いに反目しあうなんて悲しいね
              l !   /l\___//  ,'  !/  !
             _| l l l|   / l  /  /   |       それぞれが協力し合えば
              |  ハ l ||  //j  /   /l    l
              |   |l |∧  //|!  /〈     l       もっとすごいことが出来たかもしれないのに……
            /  / ̄`h Vイ  ! l  /  ',     l
             |   {  ̄jノ l|  ̄r厂`V   |     l

341名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:00:00 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────────────────────┐
│ 藤本の気持ちなど何一つ汲むところもないまま、やる夫は八八艦隊計画に打ち込み、   .│
│ その進展状況を見届けるために各艦を建造中の造船所にもしばしば足を運んだ。     .│
└──────────────────────────────────────┘

         ___
       /ー  ー \     /'⌒ヽ
      (● ) (● ) \ ./   ヘ  ヽ        ・ 横須賀工廠(「陸奥」「加賀」)
     / (__人__)       \   /  ヽ  ヽ_.       ・ 呉工廠(「天城」)
     |   `⌒ ´         |  |    \___〉.      ・ 神戸川崎造船所(「加賀」)
     ヽ   /⌒i     /.  │           ・ 三菱長崎造船所(「土佐」)
      \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |
      /   //ー\|    \  .|   __       やる夫が見回らなければならない造船所は
     i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛
     ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |       日本の各所にあるんだお
                \.   |\  ゙i |
                 \  ヽ \._、,/  ダッ    だから席の暖まる暇も無いんだお
                   \ ゙ヽ
                     ヽ ^ゝ
                      \_|

342名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:01:00 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────────────────────┐
│ そんな東奔西走の生活の疲れを癒すのは、それぞれの土地で顔なじみになった料亭でのくつろぎであった。  ..│
│ そこではやる夫は「不譲」と言われた厳しさなど微塵も見せず、およそ他のものが聞いたことがない       ....│
│ 俗謡を酒に興じて歌い、すこぶるきっぷの良い「海軍さん」として振舞ったのである。                  .│
└───────────────────────────────────────────────┘


     かっぽれかっぽれ♪

     ドンチャン                  γ⌒))⌒) ))        甘茶でかっぽれ♪
    ♪      ヾ  __(((⌒ヽ     / ⊃__ ゞ  
             /⌒  ⌒⊂_ ヽ彡 / / ⌒  ⌒\
   (⌒ミ(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)彡⌒)   ドンチャン
       ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::|  彡_ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ        
        \ \    )┬-|   / ミ  ミ    |r┬(    / / ))   ♪
    (((⌒ (((⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / ≡ 彡 _`ー‐'  /( ⌒)ミ⌒)
        \ \ /                        / /

343名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:02:00 ID:iieT2u8g

                   イレ'^!
                x<   ;  /
            _ ,/: : : 〉/;:ハ/ ̄ `丶、 ___
           /, :´ : : : /;:;:;;;':/: : : : : : : : ヽ : : : : :く二ニZ
.       /: : : : : : /'"´:  ̄: : : : : : : : : : : :\;;-‐;;:'"/
.      /: : : : : : / : : : :/:/: : : : : : : : : : : : : : :マ;;'/
.       ,′: : : : :/: : : : : /:: : l: /: : : : : : : :ヽ: : :丶: :〈
.     : : : : : : :/: : : : : /::: :{ |│: :/: : │: : |:: l:: :|:: : :',       ……のう、ぬしよ
     i: : : : : :/ : : : /:/:l::::八! |: : {:: : : j:: : :|:: |:: :|:: l: :|
.    l: : : : .:,':: : : : l: |l::|::::|:::j/|: :,'!:: : /l:: ::,':: j: : |:: j: :|       最近はトンとご無沙汰であったのう
    j: : : : .:l :: : : : l: |レ∨|:‐ト|: ハ:::.:!│:/_;.イ:: /::/: ,′
    ,' : : /.::,'!::: : : : l: L二._Ⅵ_V`ヽヽ{ 匕Ⅳ レイ::/} /        もしや、わっちのほかに
{ ̄ ∨: : /.::/::|::: : : : l: |l代ぅ:歹 ̄`  弋歹^ア/:イ/
l:::::::├<.::/:::,'|::: : : : l: |   ¨¨^      `¨ ,':: : |          誰ぞいい人ができたんでありんすか?
l:::::::∧::::::::`ヽ:|::: : : : l: |         〉   :::: : :|
'::::::::::::}::::::::::::: `l: : : : l: ト、    、   _,   イ::: : : :!
:::::::::::,' ::::::::::::::: |: : : : l: | 丶、   ̄   . 个:!::: : : :|
::::::: /::::::::::::::::::::|: : : : l: |   /ヽ、_, ィ升=、| :l:::: : :│
ヽ/::::::::::::::::::::∧: : : :l: |  ハ/   ∨ヽ }:l::::.: : :|
::::::::::::::::::::::::::::::::∧:: : l: |>rK ヽ_/⌒V!.:l::::.: : :|
:::: ::::::::::::::::::::::::::: ∧:: l: |/∨ 〕 `\  /j :j::::.: : :l
::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧ l: |  厂\   ∨V.:,':::.: : /
::::::::::::::::::::::::::::::::: /::/\|  仁 二>、_ノ |,:': .: : /
::::::::::::::::::::::::::::://::::::::\ |/巛〉\/  |:::.: : /

344名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:03:00 ID:iieT2u8g

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( @)  (@)\ + +                     いや、そんな事はない、ないお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __        やる夫はいつだってホロ一筋だお!!
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・  ||____________ |ウ | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| ォ|  |       やる夫が帰るところはここしかないんだお!!
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. | ト.|  |
  (_ノ  ̄ / /     \`ー ―’.__ | カ|_|
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

345名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:03:30 ID:iieT2u8g

┌───────────┐
│広島県某所────    │
└───────────┘


爻   _,,-‐t‐''⌒ハ、       _,,, -‐''三]
k;;:、 (,, メ μ ,,´`, -―一''''""~ _,, -‐/::::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  / --一'''"~ ̄  ,/:::::['i']::::\へ、  /
ニヾ \鄴鄴 Y,/         /ii[]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-〜〜-―へ`~~    ]、
         ━
 〓           ━〓   ー ---- 、---―

346名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:04:01 ID:iieT2u8g

  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /     \            義姉上様お久しぶりですお!!
  |┃        /  ⌒ . ⌒  \
  |┃ .      /   (●)  (●)  \
  |┃ 三   |:::::::::':⌒(__人__)⌒:::::::::|         やる夫がご機嫌伺いに来ましたお
  |┃       \    |r┬-|    /
  |┃        /ゝ   `ー'   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \       息災でいらっしゃいますかお?
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

347名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:05:04 ID:iieT2u8g

    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ           ……ごきげんよう、やる夫さん
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ         お久しぶりと言うには、
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |         前においでになられたときから
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ           さほど間が空いていないように思うわぁ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |             それとやる夫さん、そろそろ私のことを
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ        「義姉上様」と呼ぶのは止めてくださらないかしら?
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,  私はあなたの奥さんよりひとつ年下なのよ
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´        「音羽」と呼んでくださっていいのよぉ
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ

348名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:06:00 ID:iieT2u8g

             ____
           /      \
          /  ⌒  ⌒  \          いや、とんでもありませんお
        /   (⌒) (⌒)   \
        |      (__人__)     |        亡くなった兄上の奥方を義姉上と呼ぶのは
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ         たとえ年下でも何の不思議もありませんお
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |       やる夫は兄上にあなたへの助勢を託されたんですお
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |       だから孝を尽くすのは当然ですお
    \. ィ                |  |
        |                |  |

349名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:07:00 ID:iieT2u8g

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |       そう、じゃあ今度も
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !       ゆっくりしていってくださるのね?
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ           ふふっ、それじゃあ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //       腕によりをかけてご馳走を作ろうかしら
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_     独り身ではなかなかそんな機会が無くて────
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::

┌──────────────────────────────────────┐
│ 兄徳太郎の未亡人音羽は、故郷の広島で生活していた。                    .│
│ やる夫は呉や長崎に出張する際は必ず広島で下車し、音羽に礼を尽くしたのである。  ...│
└──────────────────────────────────────┘

350名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:08:00 ID:iieT2u8g

┌───────────┐
│ 艦政本部  第四部  ...│
└───────────┘

         .___
 _ ∧∧  .!|\__\ .r──‐、          f'ゝ、 ̄`.、     ∧_∧
 ||l (,,゚Д゚)  ||/ ! i  |.|.    |. ̄ ̄//.|   | ヾ.,,f ̄ ̄i:. ̄\. (´∀` )、
 ||l::/ つつ,ヾ\|__.i___/ L..f^i __j   // |   |   \rヾ三三i  ⊂ ⊂  ):I
  L二/⊂〜ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |   |:.   ヾ.三三r、---、\   | |
  ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.    \    \ヽ i三三i三三i.ソ
  |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..     \    \ヾ三三i三三i
  |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /        \     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./            \  ||:       |
      .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/               \l||_____|



         ____
        /      \           みんな、おはようだお
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|      出張中変わりはなかったかお?
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /

351名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:09:00 ID:iieT2u8g

                                          -――- 、
                                       / / ̄`ヾフ´ ̄`ヽ.
                                      〃∠ __」 _____   \
                                       .'_〃_i__i ____ . イ、   '.
    おはようございます、主任!!   .             i i   |  ハ  i i   | i    ハ
                                     | l   l 厂`V从从リト!リ   l }
    そういえば主任宛に手紙が届いていましたよ?    | l    xf示    示x ト、__」ノ
                         .              l l    { ヒり     ヒり∧  |         , -‐ぅ-―‐ァ
    机の上に置いてあります                    V   ト、     '   { ノ  |      /  i´ニ厂
                         .              V  八   「 7   ノ7   l      {  人フ′
                                        Vハト、ト≧=⊇__. イ /ル'レ′    ,イ` ー‐イ
                                       ⅥⅥ}   iⅥN{           ! ` ーァ |
                                        xく `ヽ、 ト、≧=x__      |     !
                                       ∠ /\ , -―xY_  {、__     !       l



         ___
       /     \              手紙?
      /  _ノ '' 'ー \
    /  (●)  (●)  \           わざわざ職場宛に誰が送ってきたんだお?
    |      (__人__)    |
    \      ` ⌒´   /

352名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:10:00 ID:iieT2u8g

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        「近頃お忙しいでしょうか。御目文字いたしたく思ひますが
       |                    |
       |                    |        旦那様のご都合が付きますれば年内に
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /  近頃ご無沙汰で  /ヽ__//   一度いらしてくださいませ。
     /               /  /   /
     /  寂しいでありんす  /  /   /    其の後の事色々御話申し上げたき事が沢山出来ました。
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /     勝手なことを申し上げるばかりでご迷惑でしょうが、
 /             / ホ /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ロ /   /       ぜひ来て下さいませ────」

353名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:11:02 ID:iieT2u8g

         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

┌────────────────────────────────────────────┐
│ このように、いささかきわどい関係に陥った女性もやる夫には現れていた。                 ....│
│ 受け取った手紙を捨てるに惜しいと思ったか、やる夫はその手紙を入れた封筒に○秘の判を押すと   │
│ 自家用ファイルの中に押し込んでいたという。                                  ......│
└────────────────────────────────────────────┘

354名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:12:00 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────────┐
│ しかし、いったん家に帰ればやる夫は子煩悩な父親に過ぎなかった。        .│
│ 女への甘さなど、子供に対するそれに比べれば物の数ではなかったのである。 .....│
│ やる夫は子供に手を上げたことなど一度もなく、叱りつけることすらしなかった。  .│
└───────────────────────────────────┘


お帰りですお、父さん!!     お父さん、お帰りなさい!!

    / ̄ ̄~\              r 、.     ,、
  / ⌒   ⌒\             l ヽ,,, -ー -', l
  /   (●) (●)ヽ            /  @ o  @ ヽ          とーたん、おかえり!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|           Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
 .|      (_/´  .|           l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j   
 ヽ         /           `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)                ,、‐‐‐‐,、
 /   ヽ     ノヽ           リ::::::( ( ⌒) (⌒::(         〃   /●   ● \   ミ
./ /   ∩ノ ⊃|  |     .      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )          /⌒ヽ|⊃ (_,、_,)  ⊂|/⌒i
(  \ / _ノ |  |             Y ヽ    ̄イ' y           \ll|l     ヽ._)  l|lll  /
.\ “  /__|  |             / 'ヘ   j ̄ヽ            人l||l       |l||l 从 パンパン
 . \ /___ /             /、  ヾ /    ヘ           ( ⌒ )      ( ⌒ )

長男:謙一(十二歳)          長女:道(十二歳)          次男:重孝(四歳)

355名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:13:00 ID:iieT2u8g

           ____             ああ!! やっぱり家で子供達と遊ぶのが
         /_ノ   ヽ\     
       /(≡)   (≡)\          一番楽しいお!!
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\  
    y |     |r┬-|     |⌒)       さあ、おいで!!
    l \_   `ー'     // 
     \            ̄ /         抱っこでもおんぶでも何でもするお!!
       \         /   
        >      <            欲しいものがあれば何でも買うお!!

356名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:14:02 ID:iieT2u8g

::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l     いい加減にして欲しいですわ父様!!
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/      父様は子供を甘やかしすぎですわ!!
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/        だいたい子供と言うものはもっと厳しく
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://            しつけないといけないんですの!!
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l             父様はもっと子供を叱って下さい!!
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



                   ,,  、、 ,
                  、、 ゛ ____  ' ,                 丿⌒ヽ、
                 ,'  /⌒ 三⌒\  丶               /⌒     ヽ
                  ;  /(@)三(@ )\  ;           (  す  す   )
                 ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;            )  い    `  (
             ; |  u  |r┬-|   u  |     _     /  ま     丿
             ; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /      ヽ 、_ノ    せ    /
            ,' |   ___)    \   _     ヽ、_ノヽ  ん   ノ
               ;  |                \  '、,        ) :  (
                ;  |                 ̄) 、      (     /
             ; |               | ̄ ̄ ̄   ;       ヽ、_ノ

357名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:15:21 ID:iieT2u8g

┌────┐
│ 台所   │
└────┘

/|
  |   ___  _____
  | /   /|/       /|        ____
  | | ̄ ̄ ̄|  || ̄ ̄| ̄ ̄||  |          ||  ;  |
  | |      |  ||ヽヽ .|.ヽヽ ||  |          ||  i  |
  | | =    .|  ||    |    ||  |          ||_λ_|
  | | ̄ ̄ ̄|  ||__|__||  |          ||::.::..:.:.. |
  |_| ̄ ̄ ̄|  |;.  i | i .; |  |_____||::.::. .::..:..|______
/';.|___|/|_____|_____|/

358名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:16:00 ID:iieT2u8g

     シ:::、' ./   /        、  、    /:、:_:1::ト  \ 
     /:/ソ /  ′ ,'     i     l |  l,   /:/  .|:::| \.  ゙ ,  ,, -'|
.    /:// /, ,'  ,'/      j ,イ   〃 ! | !i  ':::'   |:::|   !,, - ´   .|
   /://ィl /l ! ' i l !   //,j  /,_ノナj,' l 、!:::|   ,!::;!-'' ´  _..:.-.:''|   全く、父様の放任主義には
   ゙リ/ ! ,、 レl l i l ! /レ i /イ=j=、 '//!_ ,,, - ''' _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:.:..|
     V、 lメ、ヽj、ィf' ,=ゞト '  '"  辷ソ-,, ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   困ったものですわ……
     / /〉.l ,〉^i 弋_リ       ,, '' '_ . .-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.    / //::ソ / |ヘ     、  ;''_,,..-:.''  :.'':.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   子供はもっときつくしつけないと
   / ,.レ ´ , ′′ \     ヽ l:i:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
.  / /  / ネー:、_,.‐ァ` 、  |:l:.:.:.:.:  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|   さあ、夕食の支度をしましょうか……
  \ヘ 、´ /:!l:::::::::::ン'::::/:,:::  !:|:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    ヾ、` /::::!l:::::/:::/:::::′::::_|;」:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:_:.:;;:.:...- ''.|
  ,- - ‐<´-i'' 丶\ ∠ー^i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶'' 
,, 'ー,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄-−´ l |:.:.:.:._:. - ''      
l-=|,,-=ト-==|===|      |,,''' -            
|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''

359名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:17:02 ID:iieT2u8g

      , -――- 、
     /,    ー- \  〜           おかあたま、ごはんはまだですか?
   / /    ●  \
   | ●   __ ⊂⊃|
    \⊃  ヘ _)   /_   〜         しげたかはおなかがすきました……
      ヽv-、_〕l_,. イ  \
       /  l      ヽ  \
      l  l        \  \
      k__,!

360名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:18:00 ID:iieT2u8g

      |\       /\       / |     //  /
    _|  \/\∧/   \∧/\ / |∧∧/ ///
    \                          /
    ∠ 男が台所には来るなっていったでしょ! >
    /_                        \
     ̄ / /∨∨| /W∨\  /\|\  .|∨  ̄
      //     |/      \/     \|
                                      __
==ニニ=ー-、,,            ,,.-''"`i          \/  /_/    / /
\.   ``''‐、,,`ヽ、      ,,.-''"::::::::::::::|        _/\     _/  ア  ・ ・
\\      `ヽ、\  _,.-'":::::::::;;、;:::::::::::}             ____
``'\`ヽ、    r‐`''7"7:::::::::::::r''  `ヽ、::{           /..ヽ  ノ \  
    `ヽ、`ーr、r':::::::;';;;/:::::::::::::::!     \         \\  ○::::::::::○ \ 
      `r‐''`)::::::i;;;;{::::::::::::::r' ヽ、 \ヽ ',,,..-‐'''"⌒\,,.-r''⌒`i., (_,、_,) ⊂|
    ,,,/`'ー!;;;;人::::::i;;;;!::::::::r''"ヽ、 \ ハ i:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、__,ノノ )ヽ_ノ ・.:/ 
 __,,,/:::::::::::::::::\ '、:::i;;;';:::r''i、ーヾヽ`'rォヽヾ::::::::::::::::::::::::::::;;ノ'//ヽ ー `'  < 
 !::::::::ーァ::::::::::::::::``ヽ( )::!| |.r'i;;フ   , /:リ::::::;;::-''"``ー''" // \  ̄__  )
/|::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::!ハ'、_  rュ/|j;:-''"       (   \  ̄    /
:::`、:::::::::::::;;:-'''ヾ、::::::::i'"゙!|`',';/`''''゙-'''"            \_ )     /
::::::::`ー-;( ; ;. ;' ノ::::::;-i  ',!. '、'、              /′       /   
:::::::::::::::::::`ー==',r''"  \ リ,,r''、,>              (     (/   ,ノ   
;;::-:''"::::::::::::::::::く -''",. ノ、」                   \   /   ./ 
::::::::::\:::::::::::::::::r`ヽ、/                    \/   / 

┌───────────────────────────────────────┐
│ やる夫とは全く正反対に、妻カズはヒステリックなほど厳しく子供達を扱った。         ..│
│ 長男や次男が台所に顔を出すと血相を変えてたしなめたのである。               │
│ 彼女は子供たちに事あるごとに忠を説き、孝を説き、さらに子供の反応が薄いと言っては ....│
│ やる夫のことをなじった。                                       ......│
│ 彼女はその思考の硬直ゆえに、徐々に家庭で孤立していったのである。             .│
└───────────────────────────────────────┘

361名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:19:00 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────────────────────┐
│ そしてさらに彼女とやる夫の心の距離を遠ざけたのは、カズの執拗な嫉妬心であった。 ....│
└──────────────────────────────────────┘

             .      / _     イ陀Xー  <_  く \
             .    イ|⌒/ 人 /人ー三'二 ヽ\\- } 、ヾ
             .     | //  /У〃´ '   、 ヽ\ヽ 乙 ∠ニ、
                / 7, ` Tア ///  l  i|  l   \ l !/‐ ニ f
               ヽl / / 7、.ィ{ ,  ! l|  l } ! }、 ! l } 〃:.:.:.:.:〉.i
                } __   ニ ll.l ! ll !」{  } t ァハT. l l !l } :.:.:.:.:.:l l
               、ー/ _ =、 ソll l }z≧X.|l〃Fxハ j リ !:.:.:.:.:.:.l l、
             .   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\}l トト弋ソ `   ゞ'/ / !.」:.:.:.:.:.:.l ト ヽ -_ 、
                  \:.:.:.:.:.:./ヽ.!八  、    '. イ! l:.:.:.:、ーt‐{_ ヽ 、 ヽi
                   ヽ:.:.〃:.:.:.i.{_l、 ヽ  ー='   イ⊥ l:.ヽ:.:\!:.:.:.X \\'
                  / ハ h:.:.:.:/   ! l }.>  < イ/ /:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ! ヽ.ヽ
             .    // }.{ !:.:.:/:.:.:., 〃 〃允ヽ./ ハ:.:.:.:.:.:.:.:{ l  !ト、 ノノ
                 // / ヾ .:.:.:.:.:.:.:i !l  {Lノ!lLノノ / .:.\:.:.://}、 ノハ ヽ
               , _/ /_ _/_ 7⌒/:.!./l ー -.、  イ/ .:.   \ヽi:i:トー<ヽ }
             . / / V >i:i:i/l/:i/.:.:い !    . 八ヽ     }:.:\:i:i:i:iハi:ハ
              { { イi:i:i:i:/i:i:i:/.:.:.:.l\ヽ-イ  :.        l:.:.:.:li:i:i:i:i{i:}:i:.ト、
                /:i:i//:i:l:i:l.:.:.:.:.:.l   ̄    :.        /:.:.:.:.l:i:i:i:}:i:トi:i:!/
                ヽ/i:i/:i:i:l:i:i{:.:.:.:.:.ヽ          、    ,. :.:.:.::.:ハll:i:il:iハi:!
                  i:iイ:i:il:i:li:八:.:.:.:.:.:.:\   ,   \ ∠ __ .イ }ハi:i}' }リ
                 l:i:八:{ ノl:iヽ ヽ .:.:.:.:.:.:.:.ー.く    /:.:.:.:.:. イ /

362名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:20:00 ID:iieT2u8g
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
                                   ○
                                 о              父様は出張のたびに
                                。             
       ┏┓   ┏┓                             ┏┓┏┓    広島の音羽の家を訪ねているわ!!
     ┏┛┃ ┏┛┗━━┓          ,.、/レトヘトト、      ┃┃┃┃  
   ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━ /  V-‐'ヽ、 }━┓ ┃┃┃┃    そりゃあ確かに音羽は私より
 ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━━━━ r'/   } fニ、i V⌒'i  ┃┃┃┃  
 ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛      , -┴!   /j_ `ー'  j,  |   ┗┛┗┛    一歳年下だし、
     ┃┃     ┃┃          _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|   ┏┓┏┓  
     ┗┛     ┗┛ _,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ   ┗┛┗┛    明らかに父様好みの巨乳で
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {          
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ           女の私から見てもあだっぽい
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、     
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-    目つきをしているわ!!
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、   
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \            でも、あんな女と父様が
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \         仲良くなるのは絶対いや!!

363名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:22:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────┐
│ こんな妻との心のズレや、仕事と家庭での態度の違いを自覚していたやる夫は、  ...│
│ あるとき親しい人に悩みを漏らしたことがある。                       │
└────────────────────────────────────┘


      / ̄ ̄ ̄\             なあ土本君……ひょっとしてやる夫は二重人格かもしれないお
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \          仕事ではとことん厳しくなれるのに、家に帰れば
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /          子供に声を荒げたことすらないし、妻の苦言に言い返すこともできないお

                          なんでなんだろうな……

364名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:24:01 ID:iieT2u8g

             _/  /__
       . '"´ ̄            \
     /       へ     |\|
    /   /   /-――¬\    \
\__/   /   /≦二  ̄/ヘ l    /        はあ、二重人格ですか……
\     /   / へ   l/ {j 〈  /
_,>  _l   ' 、 {j   `7  V l          正直僕は平賀さんのプライベートを知りませんから
     /7|  /|        /  :||\l
__,/| 〈 l  | メ        /   \         全く想像もつきませんね
_,/  ゝニl\|  _\  __  ∧ \  |
__/l   /l 「|l  〈_ -┘/ 「 ̄ス、|        でも、人間なんてそんなものじゃないでしょうか……
  ∧/ / |l ヽト――イ ト| //l|
∨ー  ̄/    l| |     Vノ  // l|/⌒\
 ∨ー∧    ヽヽ \   V.//二.     \
  ∨_人 ___| | __ >―'´ 八_)
/ ̄ 丶------' __    /  爪
             ___/   / l ヽ
                   /.:| l

365名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:25:00 ID:iieT2u8g

          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : >―― 〈: : :ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : :ァ≦        l : : :|     ……さて、ここまで少し長くやる夫の
         ,: : : : : : : : : : : : :/=ミ      _ | : : |
         l: : : : : : : : : : : ://::しリ     / ィ=ミy: : :!     プライベートの描写に時間をとったけど
         |: : : : : : : : : : :/ 弋シ      /:しハ! : : |
         |: : : l : : : : : :/        , 弋シノ| : : ;     この間に八八艦隊を取り巻く情勢は
         |: : : | : : : : :/            {    ,: : :/
         |l: :!|: : : : :l             /: :/      急激に悪化したわ
      ト--‐'/: :|: !: : : : : l     ⌒、ー    /: :/
      ー‐/ : /: j: : : : :/            / : /       大戦の終結後から始った物価の高騰が
        / : /: : |∧: :/           /: : : /
     , -'―/: : : : : :Vl   \      /l: : : : /         国家財政を大きく乱し始めたの
    /    {: : : : : : : {\    `ァァく: | |: :/l/
    /     ヽ: : :l: : : :ヽ   ̄ 「 〈: {: : \ !:/           そして、艦の大型化により膨らみ続ける建造費が
  ノ イ  ̄ ̄`ヽ \t : : : : \  \}: ヽ: : : |'丶
  {´ |      \\: : : lー` t--o)ノヘ: : : : : :)- 、        もはや払いきれないところまできてしまったのよ
  \ |        \l>=ゝ   )ヽ \ ノ: : : :ノ l \

366名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:32:05 ID:iieT2u8g

   _ ノ      [_ ー /ニ/  , | ∧    |  ヽ し1
   `フ     / `7イハ l  l ∧ |,二、   ∧| ! ノ
    { {レ⌒ ー'  / l l  l  v y'  ィ1 \/ ーV | |      払いきれないって、一体どれくらいなの?
    ゝ{       / l レーヘ  {    {:ソ   7:リ /レ'
              l   v{ ヘ. \t  `冖   、 {ソ/         少し前に八八艦隊の建造予算が
              ♀   \_            /
           {}    `t       r7  /           6年間で六億八千万円という
                  _」         /
             /   」   `7¬'´ \           数字が出ていたけれど、
            く  //    { \  /
             \   l、___/  /             当時と物価も違うだろうし、正直に言って
           , -―∧ |、___,/ /l ヽー- 、
         / l / / ∧ |   /イ  l  l   / \        まったくピンとこないんだよね……
         /  l/ /  ヘj  /     l  | /   l
         /  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l    |

367名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:32:30 ID:iieT2u8g

          .'             / l    ヽ        もちろん物価の違いがあるから
       /        /   l       l
      ハ       /      ヽ    l        明確な比較は出来ないけど、
      l /    /        _ l   l|
      |/     /ー- _,    /  l   l |        下記の表を見れば当時の陸海軍予算の
      l   |    玩テミ     玩示:  | |
       v |    ト=ソ      ゞ=' |:  l |        異常な突出振りが分かるわ
       Ⅵ:l   |     l     |:  //
        l |   !       __     |:. //         大正十年度(1921年度)の海軍予算は
        レlハ  |、   (_ )  /|://
          |ハ. |: > .  ‐ /: : j' l|          歳出総額十五億九千万円の31.6%、
         ///^ ー┐_≧= ' i: :|: :  l廴_
        7:/ 厶エナメ ]   v:l: :   \         陸軍予算を合わせた総軍事費は実に48%よ
          // /⌒寸"8   ソ:     ハ
     _ ,//|  /⌒} 8  /: :/  | lー、      このような財政状態が健全なわけないわ
    / l |:l: l   〈イ  8 -`フ´|:   / // |

┌───────────────┬───┬───┬───┬───┬───┐
│.                        ...|. 1917年 | 1918年 |. 1919年 |..1920年 |. 1921年 |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│国家総予算(単位100万円)       ...|..... 780 | ... 902 | ...1,064 | ...1,504 | ..1,591 . |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│海軍予算(同上)              |..... 118 | ... 184 | ... 249 | ... 398 |.. . .502 .|
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│海軍予算の総予算に対する割合(%)...|..  15.2 |  20.5 |   23.4 |  26.5 |  31.6 |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│陸海軍予算の総予算に対する割合...|..  28.5 |  33.7 |.   37.0 |   42.0 |  48.1 |
└───────────────┴───┴───┴───┴───┴───┘

368名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:33:00 ID:iieT2u8g

      ィく ) }  /    |   /     \
        ノイ 〈 /     l   ! \  ヽ   l
     イ ノ _ノ./       ∧  l⌒ー\ ト、 |      よ、48パーセント!?
     / _厂∨ |     l |u \レ'⌒' N ', l
   /テ/l  | l    l |  Y  fJ |   ∨      確か今の日本の防衛費の総予算に対する割合って
  /l /   l ハ.∧    l | u   |:リ  、_
‐' .:/ l     | l|\\  v     ゞ    /       5パーセントかそこら※なんだよ?
:/:::::、     l  〈  \ \     _ 〈
::::;‐--ヘ、   ゝ.      ̄´   /、 /┘       そんなのじゃ国がやっていけないよ!!
\、 __\     `Tヘ u     /  ∨
  ,\   ヽ>―――-=ニ ¬-、l             絶対に削らないとダメだよ!!
/  \ /      \  \   \
     /           \  \   \  

※平成21年度防衛関係費対一般会計比は5.4%(防衛白書より)
ttp://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2009/2009/html/l2261000.html

369名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:34:04 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────┐
│ この事態をもっとも把握しまた憂慮していたのは、それまで八八艦隊計画推進に          .│
│ 心血を注いでいたはずの海相加藤友三郎であった。                            │
│ 彼はこのまま建艦競争を続けていく限り国家財政の破綻は避けられず、それを回避するには ......│
│ 八八艦隊計画の放棄よりないとの思いを硬くしていた。                         ..│
└─────────────────────────────────────────┘


         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{             もはや八八艦隊の整備費を
         ゝヘ.r'    イリハ´   `ヾ≦イ
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{              捻出し続ける事は不可能だ……
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入              例え八八艦隊が完成したとしても
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|     ,'/: : : \
   ,、, ィ´     .li. , <`_〉 、  /: : : : : : : `': . .          その整備維持費だけで国家予算の三分の一が消える
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\     日本の財政を生かすも殺すも
  l: : {: : : : : : :   '.,   {ゝ---′_,/ : : : : : : : : : : : : : : : /`、
  |: : ;         ヽ_.l ノ __,ィ´        : : : : : : /.: : :|    海軍の決断如何にかかっているのだ
 入: ',         rヘ, 二>          : : :/.: : : :|
 ヽ\' ,        Ⅷ/                 ./.: : : :ハ   しかし、どうやって予算を減らせばいいのか……
  l  ヽ        y′             ./.: : : : : : |
  |   ',       《               /.: : : : : : : : :|

370名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:35:15 ID:iieT2u8g

               __,,,,_
             ,,-''" ̄     `゙ヽ                  ……という苦悩を海相は艦政本部長に
         /,,/´           ヽ
        / /               ヽ               漏らされた
       /     __,,,,__              ヽ
      r''~゙ヽ/´   `ヽ、            ヽ             海相の苦悩ももっともだ
      f  ,,-、' ̄ii\    ヽ.             ヽ
       {  i   丿  \   \、,--、        ヽ           しかし、戦艦や巡洋戦艦の建造費を削るなんて
      i  i     o  __,,ゝ、,,__フ.ゝi.         ヽ
      |  |._O_   -て《__ノ´| .|/ }    ヽ    ヽ         とてもできることではない
       //-=ミヽ     '´  ,| .|,,ノ      ヽ    ヽ
      ´  .| ヽ¬        | .|`! ヽ      ii   i. ヽ       そこで巡洋艦以下の艦艇の建造費の
        |  i \         | .! ヘ ヽ        ii   i  ii
        |   iヽ  --     ,| ii/  ヽ丶,-'''┐  i    i  i      削減に取り組んでみたい
          |  i `ヽ、   , .'" | i/  ,-''´:::;;;;;;;;;;;ゝ,,_i,-、  i  i
          |  | i `゙ ´ii   /´,,-''゙:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'-i,_ ノ      やる夫主任、
        !  | ヽ,,/´:;;i__/´::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ ''-,,,
        ヽ 丶   .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    君に提案があるならぜひ出してくれたまえ
          \,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

371名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:35:38 ID:iieT2u8g

         ____             ……というわけで藤本君、やる夫には以前から小型巡洋艦に対する
       /      \ ( ;;;;(  
      /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)        腹案があるんだお
    /    (─)  (─ /;;/  
    |       (__人__) l;;,´|         この計画は建造費節減のみならず、将来の水雷戦隊旗艦巡洋艦や
    ./      ∩ ノ)━・'/   
    (  \ / _ノ´.|  |           艦隊用重巡洋艦へも繋がるテストケースとしてとても重要だお
    .\  "  /__|  |
      \ /___ /           どうだ、ひとつやってみるかお?

372名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:36:13 ID:iieT2u8g

            ____
           /     \            ええ、仰るとおりです
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \         僕にも従来の巡洋艦より排水量を削減し、なおかつ
      |         ´     |
      \       ⌒    /         防御力を強化する艦を作る重要性はわかります
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \       この計画、ぜひ僕にもやらせてください!!
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

┌────────────────────────────────────────────┐
│ こうして海相の要望からわずか一ヵ月後の大正十年六月十二日、5,000トンの軽巡洋艦と同等性能を .....│
│ 3,000トン級に盛り込んだ画期的な巡洋艦をやる夫は提案した。                        ...│
│ この計画は承認され、当時建造予定だった5,500トン型軽巡洋艦の一隻の予算を流用して         │
│ 建造される事となった。                                                  │
│ これが夕張型軽巡洋艦である。                                           ...│
└────────────────────────────────────────────┘

373名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:37:01 ID:iieT2u8g

┌──────────────────────────────────┐
│ やる夫たちはこの艦にいくつもの新機軸を導入して、船殻重量の削減を図った。. │
└──────────────────────────────────┘


         / ̄ ̄ ̄\        我々の新型巡洋艦での画期的な提案は三つです
       / _,ノ  ⌒ \
      /  (●)  (●) \.     *船体に駆逐艦の軽構造方式を取り入れ、船殻重量を削減する
     |     、 ´       |      *従来船体外部に装着していた防御板を船体内部に組み込む
     \      ̄ ̄    /.     *さらに組み込んだ防御板を船体構造の一部として利用する
    .  /⌒ヽ         ィヽ
     /      ,⊆ニ_ヽ、  |     防御板は内部で傾斜して取り付けられていて、舷側の垂直装甲より
    ./    / r─--⊃、  |
    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |     高い防御力を有しています

                       さらには防御板と舷側の間に重油タンクを設けていわば緩衝材としています

374名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:38:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────┐
│しかし、この計画には各方面から疑問符が付けられた。                        ..│
│用兵側の要求と必ずしも合致しない小型巡洋艦の建造の必要性を彼らは疑ったのである。  .....│
└────────────────────────────────────────┘

┏━                               .       ━┓
┃|  あんな艦、小さすぎて太平洋じゃ役に立たないわよ!!      |┃
┃|                                 ..        |┃
┃|  使う者の身になって設計をしなさいよ!!    . .          |┃
┗━                                      ...━┛

       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
  <ノノノアー<    `゛   ,/    / i `ヽ、|: :j:/:、    /   ̄`‐'´
    `~`´   |`ー-、      /〉、  /  j \ |;ノ: : :| \_,/
         |: |: :|::|ヽ_,,/ / ゛  j__,.ノ  \ _〉: :|
        |: |: :|::|     〈__________|:.: :|
        レ'|: :|::|     / .j  |  |  |  i {:: : :j
           |: |リ    / /  |  |  |  | λ: :/

               ┏━                                                 ━┓
               ┃|  ちいせえだけの艦なんぞ作りやがって、笑わせんじゃねェェェッ!!    . .    |┃
               ┃|                                             . . .     |┃
               ┃|  日本海軍の艦ってのはなぁ、単艦で敵に勝るものでないとダメなんだよぉ!!  |┃
               ┗━                                                 ━┛
               
                    ll   人  .| --''" ,                | |/  _ \    l---'"~""~"ヽ
                    l   / l  .|     ,,,, ,,,--=-、       .┌ メノ'    \. ̄ \   l         ヽ
                    l  /  l  |     ヽ:::     ヽ       F----、 |\.|   く\|          ヽ
                     l /  ∠l .l\    ヘ_________ン  ,ノ ,,-┴~   \|___  }             ヽ
                      レ     リ   ~ "''ーv _   ,,,--t" /~ __=====、 \    ̄ ̄           |
                                   "'''"     V //''""~~""ヽ\.\             i.  |
                                       / /::{       !ヽ.\\             |  |
                                      /  //i::{        ̄i、ヽ\ヽ           |__ノ
                                      / // /|:l          l_ヽ\ヽ           ノ
                                     ./ .// / |::l          て,.\ヽ、        /
                                    / // / / |           て::\l::      ノ

375名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:39:02 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 外部の騒音を断固として跳ね返しながら計画を推し進めていったやる夫であるが、彼に対する批難は ....│
│ やがて内側からも巻き起こってきた。                                       ......│
└────────────────────────────────────────────┘

  |┃
  |┃ 三
  |┃
  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三      /     \             さて、今日も設計を始めますか……
  |┃        /  ⌒  ⌒  \
  |┃ .      /  (⌒)  (⌒)  \          新型巡洋艦には僕の盛り込みたいアイデアが
  |┃ 三   |   '"  __´___  "'   |
  |┃       \    `ー'´     /          いっぱいあるんです
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \        がんばりますよ!!
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

376名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:40:00 ID:iieT2u8g

                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐−'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,-−'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐−-、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`−‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,-−'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,-−'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,-−'´三三 ‐−'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,-−'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐−'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
. ┌──────────────────────────────────┐
. │      ____                                        .│
. │    /       \     ……ん?                           │
. │   /  _,ノ   ー \                                   .....│
. │ /   (●)  (●) ヽ   これは僕の製図した新型巡洋艦の図面集ですが    .│
. │ |  u.    '      |                                   │
. │ \       - ―    /  何か違和感がある……                    │
. │  /            \                                   .│
. └──────────────────────────────────┘

377名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:41:00 ID:iieT2u8g

        .____
     ;/   ノ( \;             こ、これは……
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;          僕の完璧な図面が書き換えられているじゃないですか!!
 ;.| ⌒   ___'___  ノ(   |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;          何ですかこれは!!



        / ̄ ̄ ̄ \
       ノし ゙\, .,、,/"u\         そうだ、こんなことができるのは一人しかいない!!
     / ⌒ (◎)ヾ'(◎)u \
      | u  ⌒゙ ___'___"⌒ u |        平賀さんだ!!
       \ u   `ヾ,┬、/` ,/
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、          あの人が僕の完璧な図面を書き換えたんだ!!
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  ゝ、
     l /  /      ト/.\\

378名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:42:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 本計画は藤本が提案・設計を行いやる夫がそれをマネージメントするという形で進められてきたが、   .│
│ いつしかやる夫自身が設計に露骨に干渉し始めたのだ。                            ..│
└────────────────────────────────────────────┘

   _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_   
  __,ノ                                  (,,__  
   ).   何で僕に断りもなく部下を使って勝手に        .(   
  ソ.                                    .ソ  
 ,)    設計を変更させたんですか!!             (, 
⌒ヽ                                    ,r'⌒
  ゞ   そんなこと僕は承認していませんよ!!      .  .(,  
  ノ.                                   Y⌒  
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´
    ミ(⌒)      ____       ____     (⌒)   
       | ヽ   ) し \  /\   /\  / ) し   / |  ミ   ___人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__
    ミ | ヽ/⌒( ○)::( ○)\/(○ )::(○ )⌒\/  | ミ   __,ノ                             (,,_
      |   'i  :::::::、_____,:::::::::::ii:::::::(_人_)::::::    i   |      )  お前のやり方では手ぬるいお!!       .(
      |  |      (ww(.   ‖   )ww)     |   |     ソ.                              .ソ
      ゝ       ゛ー´  /\  `ー"       ノ     ,)   もっと船体強度を確保しないとダメだお!! (, 
     /       (( (⌒) )) \/ _(( (⌒) ))     \   ⌒ヽ                            ,r'⌒
               \ `ー--" ∠___ノ             ´`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
                `ー---'''′

379名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:43:00 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────┐
│ 四部の中で藤本に好意を寄せる者たちにとってこれは許しがたい行為であった。   .│
└────────────────────────────────────┘

         __、-、,'',__
       <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'‐‐、
      、'"´:.:.:、‐ ,‐、、,-、:.:.:.:`Z
     ,:.'`:.:_-'´ i    `、i',:ξ               やる夫主任のやり方はひどいっす……
     フ:.:.:.:( -、__! 、 ., __,、l,'
     `、:.:.:.l  _`‐' .`'_ .i
      `,,_ ! "U""  ゙゙U".,'                 藤本先輩がないがしろじゃないですか……
       { ヽ   .,-‐-,  .',}
       `"ヽ_ ,'   .',_ '
      ,-‐‐'´,' .,' "","´、‐-、                 俺はやる夫主任には付いていけないっす……
     .,'   ,'  .',  `i `、 ',      _ ._ _
    .,'  ', `‐-、',`‐l__,-'  ',    , '、_',_',_',
   ,、‐' ` 、 .',    "'.,.l  、 , `,   i-、  , ヽ
 ,-J-'.'`、j .`、', _    '   .i  `、  , ' .´ _,-'`´
 ',='   i_  ,'        .l  _, ',-'  , '
 ', `,_,,,,、_,-' ,'        .l-'´ '   , '
 ,'." , - '`、         `,ヽ   , '
 ヾ-- '´  '"          i  `-'

380名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:44:00 ID:iieT2u8g

┌───────────────────────────────────┐
│ 内外のさまざまな厳しい目を浴びながら、軽巡洋艦「夕張」の設計作業は進み、   .│
│ 翌大正十一年六月五日には起工したのである。                    ...│
└───────────────────────────────────┘

                                                  |  __
                       |                             | |EEE|
                       ┼                            | ゙'ll,,ll_
                        |                               [ニニニニ]_
                        |                   .iiiiiiliilllilii、   !コl,,゙l/''''''l゙゙゙゙゙|__.   ,----。
                     ,----。,,,,,,,, |                   厂.,l,_  ゙゚\,,_!二コ| ロ  ̄  ┌´.!'''!.l,,__,,》====
             .,,,,,,,====l,,,,,,,,,,,||,,,,,,,|,,,|、    ,,,,,,,,,、    .[二]_,,l゙  .゙|,\,,_ ~゙゙゙《ll厂~|~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i┌‐┐_              ,,
   、 、     '''''''''|,,,,,,,|] ̄         |≡三≡|  [ ≡三≡弋三三フ弋三三フ、  ├‐┴‐─ ──────┴─────━━ヘ''''''ザ'''゙゙゚”/
...,!''''"~゙~゙~゙~゙゙~゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ・ ・ ・       : : : : : : :  : :      、
..'゙,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ,′

*常備排水量:3,141トン           *出力:57,900馬力
*全長:139.99m       .         *速力:35.5ノット
*全幅:12.04m                 *乗員:328名
*吃水:3.58m .                 *兵装:50口径14cm連装砲2基4門、50口径14cm単装砲2基2門
*機関:ギアードタービン3基3軸            40口径7.6cm高角砲1基1門、61cm連装魚雷発射管2基4門(魚雷8本)
ttp://www.history.navy.mil/photos/images/n00001/n09957.jpg

381名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:45:03 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 時間を戻して大正十年八月四日、夕張型の設計に自信をもったやる夫は、その技術理念を応用して  ..│
│ 8インチ(20.3センチ)砲6門を搭載する重装備の軽巡洋艦の設計案を提示した。               ..│
│ これが後の古鷹型に発展することとなる。                                     ...│
└────────────────────────────────────────────┘

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ          夕張型が排水量が過少で他国の艦より見劣りすると
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\           反対する人も多いんだお
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /           だけど、今計画中の5,600トン軽巡※も英米の偵察巡洋艦※※に
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \             比してみるととても満足できるものではないんだお
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <             だから経費削減も考えて最小の排水量でそれらを
      <_/       ト-'
       i        l               凌駕する設計を試してみるんだお
.       l        l
       l   、__.    l              その排水量はわずか7,100トンだお
       l    ∧    l
.      l    / l.   l              速力36kt、8インチ単装砲を6門搭載し、61cm魚雷発射管を
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \           8基装備するんだお
  /                 i
  l     ア イ ド ル    /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"

※5,600トン軽巡:大正十年度に計画された14cm連装砲塔4基8門搭載の巡洋艦。18隻建造予定だった。
※※英米の偵察巡洋艦:米国のオマハ級軽巡洋艦、英国のフロビッシャー(ホーキンス級重巡洋艦)を指す。

382名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:45:30 ID:iieT2u8g

                                             lニニニ,,,--,、,,、
                                  !    `゙゙'',r二ヽ-,、
                                  |    .,/   `''',iセ,;、,、
                                  |   丿    .,/` `フ㍉-,,、
                                  |  /`   .,,‐゜  ,/  .,.'"''゙li(ニ,,,i、.,,,,,_、
                                  i、 /    ,/′ ./  .,,‐` .,,i´  .,广'''/゙'']゙'゙ll,!,,、
  .,,,,,,、                             |  |   丿  .,/  /  ノ   ,/  丿 │ l゙ .「|'ry
  .l|,!..ト、                            ! l゙   丿  ,/`  ,i´  ,i´   /  /  / l゙ .| | |||
  .l|,! i |'i、,_、_   、______________| |   │  丿  丿  ,/    ,i´  丿 / .l゙ | | |||
  .私.l | .| 厂|"゙厂゙「 .|  |  .|   .|         | .|   ,l゙  /  ,l゙  丿   ,/  丿 │ | .| .|.|||
  .ll.i .! | | .| | |  |  |  |   |   .|           | l゙   l  │  /  丿   .,i´  /  │ ,l゙ │.| |l|
  .ll,|,,,! .| .| ゙l .| .| ゙l  |  |   |   .|           | |   l  ,l゙  │ 丿   ,/   .l゙  │  l .l゙.''|',!l!
   私〔‐゙l | .| │ | .|  l゙  .l゙  |   |           ∫  .|  ,"  ,l゙  ,l゙    /   │  /  │ .| l゙,!l!
   .私゙l .゙l | ゙l .| .| |  .|  |  .|   .|           |.|  l゙  .l゙  │ .l゙    /   丿  │  l  l゙ .l゙,{$
   私゙l .| l゙ | │ | ゙l  |  |  .|   .|           |l゙  │ .|  l゙  ,l゙   .,i´  │  │  l゙ ,l゙ .l゙|,l′
   .私゙l ゙l | ゙l .| | .|  ゙l  .|  ゙l   |        ||  │ .|  |  │   │   ,"  .|  l゙ .l゙ .l゙.|》
    依゙l .| | ゙l .| | ゙l  ゙l  │  ゙l、  .ヽ       j|  .l゙  .|  │ /   .l゙   l゙   ,!  l゙ .| l゙,|レ
    .ll||.| .゙l.l゙ l │ l .゙l │ ヽ  ヽ   `-,、     .l′ l゙  .|  .l゙  l゙    l   .l゙   ,!  │ │ l゙,|《
---ーrll゙l┼从┼゙l-:h-ん-7c--=r--┴x,---"∽←--┼-┼-┼-┼-┤---::レ--‐-F---┼-┼-:|-'レ|《---‐---‐--
    .私゙l .| ゙l ゙l, ゙l, ヽ. \ \、 ‘'‐、,_ `゙''‐-、,,,,__   |  ,!  l゙  /  l゙   .|   .l゙   .l゙  .l゙  | | l》
    .,lキ|'│゙l. ヽ`i、 \ `‐,,、`''-、,、`゙'ー、,,_   ″`゙] .|  ," / │   │   ,l゙   ,l゙ .''''|''''''ケ''リ生
    ll|.| .| ヽ\`i、`'-,.`ヽ.,,`''-、,_ ``'ー、,,、`"''ー--、,,丶l゙  | │ │   │  丿  丿  │ .| .| |《
    l巛 .゙l  ヽ,\,`ヽ_`ヽ,,,`''ーi、_"''ー、,.,_`゙''ー、, ,_、 | .| .l゙ ,l゙ ,l゙   丿   ,i´  ,i´  丿  ,i´ l゙ l゙》
    .゙li,ヽ ヽ  `-,,`'-,,゙'-、,_`''‐-,,,^''ー-,,,`゙'ー-,,、 `゙゙'| .l゙ / l゙ ,l゙   ,/   ノ  /  丿 ./`,/、〈|°
     .゚!ij,\,,゙‐-,、`'‐、,ヘ-,,"'ー.i、,,゙''ー-,,,,゙゙''‐.、,,`''‐-↓,l゙ .l゙ 丿 ,i´  .,/  ./  .,ヾ  .,/ ,/.,,‐,,//″
      `゚'R,,ミニ-ミ,〜、,,,,"'ー~ミニー、ミニ-、.,,,,''ー、,`'‐、 .,!.l゙ .l゙ ,l゙ ,/  ,,‐` ,/`_,/゙,,、-',,、rニ,,,ri,,j」i/″
        `”''┻llllllkiiii|||,!iij,,y,,,,,,.'ニ,ニニr,二,,、゙ヽ│ |l゙ ,l゙,//.,,-',,.,,,,,!,i,,c',,|,,,,,jji,diill絲lタザ゙”゛
                 ゙゙゚̄”゚''゙゙ヴ゙┻lllil絲i{Ii|il√| .,,,,|,,,,,llll#lllllll゙l゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚~゙^
                              `゙ ̄゛
重巡洋艦『古鷹』型 正面船体線図

383名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:46:10 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────┐
│ ところが古鷹型は重量軽減の一環として水線上の舷側高さを低くしたため、一部の居住区の  │
│ 舷側が海水に洗われることとなった。                                   .│
│ 反平賀勢力はこれを「水族館」とあざ笑った。                              │
└────────────────────────────────────────┘

;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..........................................................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::;;;;;:
:::::::::::::::::::::::::.................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........................
..............................................................................                              .........................................::::

                                         ┼
                   ┼                         ̄| ̄ 
                   │                   ──|. rュ_
                  ┃            _   .__ .| ji:i:r_|
              ―r''¬┃         几 |liii| Π.|liiii|iiii| |"}⊇ェェ}    r''¬;―
          ―r''¬ | ̄ ̄ |r''¬;―"i"i"""厂冂│ .|┌┐| .λ ヽ¬三n | ―r''¬| ̄|r''¬;―     __.,
   !'''''''''''''''''''''''''''''""~゙~゙~゙~゙゙~゙゙゙゙゙゙゙ ̄.. ̄:. ̄: ̄: ̄ ̄: ̄ ̄: ̄ ̄: ̄: ̄` ̄  ̄ ̄ ̄ ̄: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゚  /
:.;;.:;.;:.:-;:‐;-..:;;:;.;:.;;--‐''、-,,、、.;;-,;-;,-,,.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;-, ,.-,,、、.,.;;、-,,、、.;;-,;-;,_;_;:-;;;,,、、..;;、-,、-;:,''ー'';:;'''゜"´´`゛:::::::
  .--ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '´'゛゛''''~~_,,-ー'~,. - ' '´'゛゛ ~゛ ゛゛ ゛''゛'''' '゛゛ ''゛゛゛ ゛´,,     ゛´ ''゛゛゛ ゛´ ;:'゛''',,;゛´゛゛,,゛´
゛゛    ゛''゛''''  '゛゛ ',,'゛゛゛ ゛´,, ´ ''゛゛゛  ゛゛゛` ゛''      ゛'''' '゛゛ ''゛    ゛゛ ゛´,,     ゛´ ''゛゛゛ ゛´    
´´゜゜',, ´´゜゜',,゛゛''´`''゛'' ,,  ,.,   ´゛ ゛´゛ ゛゛゛ ゛''    , ,, ''゛''  ,,    ''゛'''' '゛゛ ''゛    ゛゛ ゛´,,  ゛´ ''
重巡洋艦「古鷹」(新造時)

*基準排水量:7,950トン           *出力:102,000馬力
*全長:183.53m       .         *速力:34.5ノット
*全幅:15.77m                 *乗員:616名
*吃水:5.56m .                 *兵装:50口径20cm単装砲6基、40口径8cm高角砲4基
*機関:ギアードタービン4基4軸            61cm連装魚雷発射管6基12門
ttp://www.history.navy.mil/photos/images/h97000/h97700.jpg

384名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:47:00 ID:iieT2u8g

            __
            /  -― `ヘ、
            / , ´         ヽ        でも古鷹型は重心高が極めて低く、復元性は優秀で
         , /{           l
          | /,-ヽ.        |        船体の動揺や振動も少なく、乾舷が低いとはいえ
.        !{ __ l       l
          v_} ⌒ l || !  {        凌波性は我が巡洋艦のうちでも非常に優れていて
          \ノ l  ハj l:  `フ
            }ァァ| ,'_ノ  ヽ: : ヽ       これまでにない優秀な性能だったの
              j'./l/_ァ'  }: : : l|
             {/`ァー‐'´ヽ: : リ       居住性も従来の5500トン型軽巡より勝っていたのよ
            /゚/ノ   /⌒l|:ノ
          {゚ ノノ  l {   |

385名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:48:07 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫がどれほど努力しようと、もはや八八艦隊計画そのものを放棄しない限り                   │
│ 日本の財政は立ち行かなくなることが明白であった。                               ......│
│ 逼迫した財政は庶民に生活苦を強い、やがて各所で給料値上げや団体交渉権を要求する         ...│
│ ストライキが頻発するようになった。                                          ....│
│ 七月上旬には、戦艦「加賀」を建造する神戸三菱造船所にさえ労働争議の火の手が上がったのである。 ....│
└─────────────────────────────────────────────┘


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ○  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           //\ 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        _.//  | 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        / .//  .|. 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        __/  //   |. 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          __/      //    |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          /        .//\   |
::::::::::::::::::::::              \       (∃i  ヽ___ |         /| 
    /|                |      //\ \   ).∧ ∧    // /9 
.   //´                |     //  \ \/(∀`  )   // (∃i 
   // ___     ヘ       /     ` __/ ̄\  \.〉  (_  /==o./ /⌒ヽ
.  //∧__\ _/  \      | _/ ̄ ̄     \      \. /// /――‐⊃
 //( ´A` )/. ∧__/      |/            |      | |/ // |´∀`)_
|⌒j/      ̄\( ´Д`) ̄ /9                〉    / ./ / |      \
| |      |\ /    \//                /     \E ) \    |ヽ \_
| | |     |. /    __ //i                 |   _   \.   |    | \| \
\_/|.    |.(  (  ( \ノ ノ      .∧_∧.       |   / \   \ ../  ) /  (E\.\

386名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:49:00 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────────────┐
│ そのように厳しい情勢の中で、思いがけない救いの手は太平洋の向こうから差し伸べられた。   .│
│ 米国のハーディング大統領が1921年7月11日、日英仏伊の4国に海軍軍備縮小の         .│
│ 国際会議開催を非公式に提議してきたのである。                           ......│
└─────────────────────────────────────────┘


         ,.-'" ̄ ̄ヽ、
        /ヽ____ゝヽ              ……というわけでアメリカから軍縮条約を批准する
        |  } ニ ニ | |
        ヽ_|  /」  |_ノ              国際会議を提案してきた
         ヽ、-==‐ /
          _}ー‐‐‐'〉、_             加藤海相、これは国家財政の破滅を救う「神風」だよ
       _,.-'< ヽ、  / ゝ ``‐、
     /    ̄ ̄ Y'  ̄    (ニ)=ヽ      君の育てた海軍を君自身で崩すことになるが、
____|_______|______|_ll_
    ______________      何とか会議に出席してこの提案をまとめていただきたい
      l + / ‐ +- -┼、ヽ |   
      L o、 つ  |ー ./ J   ヽ_/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
原 敬(1856年3月15日-1921年11月4日)
立憲政友会第3代総裁。第19代内閣総理大臣。「平民宰相」の名で親しまれる。
米騒動を収拾すべく輸入自由化を図り、シベリア撤兵やワシントン条約参加など軍縮にも力を入れる。

387名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:50:15 ID:iieT2u8g

       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、        ……分かりました首相
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |        海軍としては八八艦隊の原則は破りたくない
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )      しかし、次第によっては譲歩も必要でありましょう
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃       英米との釣り合いを見て、いかようにも対処しなければ
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /         ならないと思っています
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ
         |l !  fバ}  ∧  / 八

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│ 原首相からワシントン行きを懇願された加藤友三郎は、その思いに胸を熱くして交渉の首席全権を引き受けた。    │
│ 元より彼と首相の思いは同じだったのである。                                           │
└─────────────────────────────────────────────────┘

388名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:51:12 ID:iieT2u8g

        ノ λ     )
      ソ)人ノ 从:. ソ)ノ )
     ( V       (ソ  ヘ (          ちょ、ちょっと待てや!!
    ノ  )     ____     (
   (ノ     /__.))ノヽ   (          そんなのおかしいやないかい!!
   )      .|ミ.l _  ._ i.)   ,ゞ
   ノ ソr‐ (^ミ/#´・ .〈・ |     ( ノ        海の向こうの連中が勝手に言い出した
 、 i  彡    .しi   r、_) |  -く ヘ (  
   ( ヽ ヽ    |  (ニニ '/   /           軍艦減らす話になんでこっちが乗ってやらんとイカンのや!!
   ノ  )    ノ `ー―i    ( ノ 
 ノ ソ   /ヾ ヽ   ヾ ヽ\  ( ノ       わしは絶対反対やで!!
   )  /       ̄ ̄   |/ヽ ヘ (

┌───────────────────────────────────────────┐
│ この話に加藤寛治を始めとする海軍内の強硬派は激怒したものの、加藤友三郎海相に正面切って   │
│ 反論を唱えるものは誰もおらず、七月二十一日には海軍省と軍令部内に「軍縮対策研究会」が   .....│
│ 設けられることになる。                                              ......│
└───────────────────────────────────────────┘

389名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:52:01 ID:iieT2u8g

                    ,斗-、            ┌──────────────────────────┐
                 > ´   \.            │軍縮対策研究会の提案は以下のようなものだった。     .....│
.             r‐、/        \         │                                     ...│
    _______| |\\          \         │ 1) 英米との均衡を失しない限り                 .│
  rく         `V〉,\\__       \        │    八八艦隊の建造に固執しない              ......│
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\   .. .│                                     ...│
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''    │ 2) 日本は米国に対し、その7割以上の海軍兵力を      │
   Vヘ             V〉,    , <>'.      .. . ..│    絶対に必要とする                        │
   Vヘ             V〉,   < /             │                                     ...│
    Vヘ           V〉 〈//       .       .│                                     ...│
    Vヘ、 ______  ,∧_/             │しかし、慎重な加藤海相はこれを決済する事はなかった。  ....│
     Y≦三三三三三三≧厂              └──────────────────────────┘

390名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:53:01 ID:iieT2u8g

    ト- ': : : : : : : V: : : : : |  /_/⌒\:―-: 、\ _」_: : : : : : : :/-、: : : :く
    l: : : ; -―ヽ: : : : : : r' ニ/'´: :|: : : : : : : : : : :\}ニ ]: : : : :/     ヽ: : l|
    /: : /   \l: : : : : :[   / : : : l: : : : : ト、: 、: : : :ヽノ{: : : :/ /    l: : l|
    レ: :{    \\: : : :厂/ : :|: :/_\: : : | _\\: : :l | ー:/ /     /j/
    Vハ     \lー' |: : :N ィ千i>、| 千テyキ: ノ !   l/       /
    }'  V       ヽ―-ヘ: : :l / {ヒり   {ヒり jイy十¬'      /     まあ、国が潰れるかもしれないって
       V      ヘ  / `トt      '     ハ l | /       /
          V       ヘ.ハ  ゝハ    {こ)    /ノ ハ/      /      言うんだから、お金のかかることを
            V     V-、   \     /   ,V        /
           V   |  |  Yー/ 7>r=r<T ァー{ /  /   /       減らすのは当然だよねー
          ヽ.  |   l  / / |  /⌒1  | |  V  /   /
             \l  l ' /\ vノ }ー{ゝ//|  ハ  ,'   /         ところでせつな、その対米7割っていう数字は
             l  l/ / / V /:::::l / \ V ハ l  /
             |\/ / l    V:::::::l/  / V ハ /          どういう根拠で算出したの?
             l / /  \  v:::/  /  ̄|∨ ハl |

391名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:54:04 ID:iieT2u8g

       , -‐===‐- 、
      /: : : : :―-、 : : \
    /: : : : : : : : : : : :ト、 : ヽ
    ,: : : : : : : : : : : : :.l  ヽ: :l
    |: : : : : : : : : : : : //⌒ l: |
   !: : :l: : :|: : : : : '   _ l: |              根拠?  そんなものないわよ
     . : :ヽ: :|: : : : :| `=' l:/
      〉: : l: :l: : : : :|    〉
      /: : :.|: :v: l: : :|  _/l
   ーァ: :.:.rj: : :Vト、: | ̄{:.∧|
    /: : :/_{: : : ゝ:.ヘ!  |'
   {: : / 八:_:{: : : `ーァ
    V:/  -、` ー-r彡
    /    \  ヽ 



      /⌒\ /    {  l   l     `v―-、
  /⌒/   y=7   { /\l  卜、ヽ    V  ト、
  /    : :{ ニl/  : :ハ.:|ニこ\ | ゝ\\:  l`t: .l \
_ノ /   : : :Lニl  :l//´fニi   ヽl´,ニ. Y |  |ニ]: :   L._     ━━┓┃┃
`7 . : : :/ : : :_人 :|ハ `¨_      ゞ' ノレ:  /-': : : . . t'´          ┃   ━━━━━━━━
 { :l: : :/レ'´ /l〈\t..:::::::.  ‥  ` ..:::: /:/ト、: : : : : ;リ.         ┃               ┃┃┃
 `¨ヘ: :{_,  / 丶 l u  ノゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚.                                ┛
     `   9  八 u ´。≧       三 ==-レ'
           _\ -ァ,        ≧=- 。
         /   > イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        /     / ≦`Vヾ       ヾ ≧
        \     lー。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

392名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:55:01 ID:iieT2u8g

   : : : [ [ー/     l /l l  / 、    \  /⌒ヽ
  : : : : : [,ニl   /j/ー\|   |  \\     V    丶--- 、      ゲホゲホッ!!
: : : : : : : /  |  //     l\ |/-‐\|     |]           l
-―-、_ノ/ 卜. |ハ   〇   `    | | ||] : : : :      ー ァ
    /   レ\l_   ̄      〇   |V ヘ/: : : : : : :     /    こ、根拠のない数字って何!?
   /}     | く |u         \ ノ/ ∧  ー―、: : : :    |
  ノ'       \.l  /⌒ヽ ___   u /V  l     l: : :ハ   /      そんないい加減なことで
      ,|l- 、\し― 、    |  / /  ト、    |/ |/
     /  |   \l\   ̄\_ノ/―'   ヽ|              とてつもなくお金がかかる
     i |       ヽ 丶-┬ <
    l |   \  |\-、 廴r― | l、                   軍艦の建造比率を決めたの!?
    |       \ |  \ ー\   \

393名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:56:00 ID:iieT2u8g

               , -‐===‐- ._               
               /            `ー 、
              /            } \           ……まあ、全くいい加減な数字という
         /レ-――−――-   ィ   ヽ
        /     _____ / 卜、   l          訳でもないのよ
        /  .   ´          /   ヽ \ノl
         i/         /      l \ |          この7割思想というものは、実は明治の頃、
          |          /―一'   、_l   ヽ!
          l          :/         |:   |         日露戦争後から海軍にあったものなの
        l   /    :/、_,`     _   |:   |
          l  /    :/ `冖′   , 、_,l:  /          当時の仮想敵であったドイツ海軍もしくはアメリカ海軍と
           l:/  |   :/        { `冖イ: /
        / :/| : :l           /j: /           決戦を行うのは西太平洋と想定されていたけど、
       /イ   ! : : |     ∠二フ   //:/   r'⌒ヽ. 
    ―≠彡/  ∧ :|     −  /:´/イ ≡ (´:::::::::::::`)    地理的優位と我の優秀な技量を生かして
     /: ::/  : ; : :ヘ: !   \__  ィ: : : :  |    ゝ,___,ノ´
     / : / \ : : l: : : N      |:l: : : : : :、             彼が決戦地に辿り着くまでにその3割は削れるという
    {: : :{−- ヽ: :\:_{_         !:!: : : : : ∧
   ⊥ -ヘ: :{: : : : :| 8´       _ノ: : ノ: ∠.._l            考えだったの
  //\  \ : : : { 8 ー、    , - ̄8}: : : :  |

394名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:57:00 ID:iieT2u8g

    /: . . . . . . . . . . . . . -― '   1: : : l       つまり、敵に対して7割の戦力を保有すれば決戦の際に
    l: : : : : : : : : : : ∠         !: : :|
    |: :|: : : : : : :,ィfテミ \_  _ l: : : :|       ほぼ対当に戦えるという皮算用な訳ね
    |: :|: : : : : :/ `¬    ィfテミ7: : :/ 
    l: :|: :|: : :/        `¬ /: : :/        海軍はこれを「漸減作戦」と呼んだわ
    ,: :j: :j: : ;         {    /: : :/  
    /: /イ: :| 、   - 、  /:/: :/         はっきり言えばこれは、自軍に都合のいい理論に過ぎず
―/: / :|l: :|  \     イ:/: :/
/: : /: : :从v:|   />rイ: : /|: : /           確固たる計算に基づいた数字ではなかったのよ

395名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:58:01 ID:iieT2u8g

         , - 、_
       /    }`ヽ            一説によるとこの対米七割論は、かの日本海海戦で
     /    /l  l
      |  ∠  ⊥  |           連合艦隊作戦参謀として有名になった秋山真之中将が
     V l ・  ・|  ,
     N |  __  | 〃           その戦史研究により導き出した数字とも言われているわ※
     人!>-<j人、
     (( 〈ー  ー〉 ))           いずれにせよ、本来軍備の目安でしかなかった数字が
    /〈`T「ト--イTフ〉ヽ
    | l\Nヽ ノN/l |          この時期には絶対条件として一人歩きしてしまった感は否めないわ

※佐藤鉄太郎中将(元海大教官、日露戦争時第2艦隊先任参謀、後舞鶴鎮守府司令長官)も
 海戦史の研究から同様の結論を導き出している。

396名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 22:59:02 ID:iieT2u8g

        r}ー/  /⌒     -―-tーく
        {__,//   |           ヾ __}
        / /    ハ     ト、     l l            ……そんなバクチみたいな話で
| , - 、__/ /l   | |'´\    |´\l |   | ` ー‐、 |、_
レ         /!   t !   \t  |   ヽ|  /l     }ノ       国の戦力の保有数を決めてたなんて
       l  \ l  ○   \l ○  j / l
        9   {`T , ,      , , /ノ}  9            ぶっちゃけありえないよ……
              ーl           lー'
             、 '{` ー―┐ ,                 何でそんなことにこだわったんだろう……
              \ ー―一' /
              人>-<人
         ___/l  \ /  l\___

397名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:00:00 ID:iieT2u8g

┌─────────────────────────────────┐
│ ハーディング大統領は8月11日に正式に日本に対して招請状を発送した。 ......│
│ この招請状は日英仏伊のほかに中国にも送られた。              ....│
│ さらに10月4日にはベルギー、オランダ、ポルトガルも招かれている。      .│
│ これを受けて日本も交渉に赴く全権団を選抜することになった。         .│
└─────────────────────────────────┘

          , - ' ̄ ̄、 ー 、
       ,. -.イ ,. ァ─‐ | Μ |、ヽ
     <: : : /イ /  __ V |/ ヽ.i、                 この会議の目的は単に
       \/〃 |.    `   二` }|/
       /./.| | `="   'トノ`! ハ                 海軍軍備の制限を決めるだけじゃないの
      / /ヽ|ヽ|   、    ` .,' ,|∧
     / ./ヽ |  | ゝ、  ̄ .ィ-‐| ∧                日本の軍事・外交政策の基盤になっている日英同盟を
    // /ヽ、!ヽ、,|┴ `、 ,-´;;|/,.|、 ∧             
   /,/ |,-‐';|ー=,|ヽ∧V| 〉;|/´|;;ヽ∧           ,-,     破棄させて、日本を孤立させることが
  /Vヽ、/;;;;;;;ヘー-ヽ;;;ヾ水!;;;|  ,|;;;ハ ∧         ,-',、く--、 
 |,Vヽ,/;;;;;;;;;;;;ハ、_ハ;;;;;;;;;Y;;;;レ'ノ|;;;;;;;;',∧.    / <ヽン ̄   その真の目的なの
 |Y  |;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ  ハ;;;;;;;;;|;;;| ノ,|;;;;;;;;;;;ヾ_  /Y 辷-<´   
 |'|、 .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ==,|;;;;;;ハ;;;レノ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;7´  し-イ       それに、日本の東アジア進出を押さえ込み、
 Yヽ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ--;;;;;;' | ヾ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /´     
  |ヽj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;'. |  ヽ;;;;;;;;;;;;;;/   /           特に中国において日本が優越的な立場を
  ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;/ |    |ー--'、_/;;|
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;/  |   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           築くことを阻止することもそのひとつよ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    ∧    ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           だから中国やオランダ、ポルトガルを招請したのよ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     / ヽ     ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|

ウォレン・ハーディング(Warren Gamaliel Harding)1865年11月2日 - 1923年8月2日
アメリカ合衆国の第29代大統領。
軍縮会議であるワシントン会議を開き、日本の海軍戦力の制限および日英同盟の破棄を行わせる。
ただし、その政権には不正が横行し、史上最悪の大統領と評せられることも多い。

398名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:01:01 ID:iieT2u8g

          _,,、 _ 、
        /|   / /  ` ー 、
      _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐        私は英語が全く不十分で外交には無知識ですので、
      ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス
     ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ       全権は私一人でなく駐米大使の幣原喜重郎を頂きたい
     厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌
    ン_,イ!    イ|{ヽ     r/二ニ〉      それと軍人ばかりでは不都合ですから貴族院議長の
     ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/
      {ヽ'"フュッキ< `^、''エi'ヽ-,ハr‐}       徳川家達公にも来ていただけるようお願いします
        lrハ   '′{   ``    j彳ソ
      ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/        その他海軍の随員はこちらで選びます
        `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´
         _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
        i(人ヘ       /-‐'ノ |
       ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
     _//    `ヽ、/´        > 、_
  _/´   ヽ、    |     _,、‐'´    `\_

┌─────────────────────────────────────────┐
│ こうして三人の全権が選ばれたが、もちろんその中心は加藤友三郎であった。            │
│ その他随員には陸海軍のほかに外務・大蔵から幹部級が選抜され、総勢45名となった。      │
│ その中には対米強硬派の加藤寛治や末次信正、それに海相派の山梨勝之進、野村吉三郎    .│
│ などが含まれていた。                                              │
└─────────────────────────────────────────┘

399名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:02:00 ID:iieT2u8g

┌─────────┐
│ そして────  ..│
└─────────┘


.                /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:::.:.:.:',
               /: : : : : : : : : : : ::.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:',
           //: : : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.',             この度は軍縮会議の
          /|::!: : : : : : :./: :./}.:rヘ:.} ̄¨''ミ:.:..:}
            |八: : : :|: /|: :/ .|:| .}:|   ',:.:斥              随員として選んでいただいて
             |从: :|斗抃ト、|! /, -‐─Ⅴ }
                  ! {Ⅵ 艾テ  / 艾テ  ! /              誠にありがとうございました
               ヽ }        i     r‐'、
               /.|ヘ      」    / .| 乂             必ずお役に立てるよう
             イ  | 、  ` ー─  イ  |   ' ,
           ,  ’     |   > _ イ/  !      ' ,       心して行ってまいります!!
.      ,イ            |   \    /   .         >、
.     ,ハ             !    rそ厶    ′             ,ハ
.     /  .          '  / ∨// \ /                 .
    /    '.           V    }//{  V                  ,
.   /    .'               |//|               | ./     ',
  /      ',             |//|            i|/      .
. /       .',             |//|            }|       ',

400名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:03:02 ID:iieT2u8g

           _-─―─- 、._         ……やる夫が知る中では君が一番
         ,-"´          \
        /              ヽ      英語が得意だから推薦したんだお……
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ    正直に言えば、今建造中の艦を廃棄しなければいけないかもしれない
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /    条約締結にはやる夫は素直に賛成しかねるお……
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\     でもそれとは関わりなく役目を立派に務めて欲しいお……

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 造船官としては、当時横須賀工廠に勤務していた田路坦がやる夫の推薦で随員に選ばれた。  ......│
│ 余談ではあるが、この時田路夫人も外務省の嘱託として同行し、タイプその他で活躍している。  ....│
│ 二人は会議終了後に夫人の故郷に帰っているが、これは加藤友三郎の配慮であったという。   ....│
└──────────────────────────────────────────┘

401名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:04:02 ID:iieT2u8g

┌────────────────────────────────────────┐
│ 選ばれた随員の大半は加藤寛治の引率で先行し、十月十四日に政府から訓令を受け取った....│
│ 加藤・徳川両全権は翌日日本郵船鹿島丸で横浜を後にし、太平洋をアメリカに向った。    ...│
└────────────────────────────────────────┘

             |
             |                ..:::::::::
             |              ...:::::::::          ...::::::::::    ...::::::        |
             ‖            .:::::::::::::         ....::::::::    ...:::::::      ..:::::::::: |
               ‖           r---i::::       _..:::::::     ...::::::::      ...:::::::::::  ‖
             ||            |___|         !__!:::::    i ̄ i:::::    r- -:::::::::   ‖
             ||            |   |       |  |     |ー-.|     |ー -|     ||
              ヒ            |   |       |  |     |  |      |  |      ||
              ||     _r-----i≡====≡ニニ≡≡=__,|_,r、_i_|__|,r=、_j_j_|__|_rュ_,、__||_
__i/_______||__   rt=ェェェェi-===ェ===ェ====ェ==========================ェェェェェェェェユ__
iー−−−−−−−−--`ー'゙-、__ノ _,_,_,_,_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'=,'_= 三二ニ≡=-j
|  ♀                                                              r '´
.!                                                    ..  ....     .......  ヽ;;;;
.|     ;:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..'';:;,;:;;',''';:
:::::~::"´``゛゜''';:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,、,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..,''';',''';:;,;:'';:;,;:;..,,,..,,,..,..,';:;,

402名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:05:00 ID:iieT2u8g

            ,i、、
   i.ー''';  .,, ゝ、, ゙,!
    l  . l  i,゙ `'''ッ ゛         _,,,,.. -一''''"ヽ.          ┌──────────────────‐───┐
    !  . !  .`''''"       T^゙´  _,,,,.. -  ./          │ ところが、加藤全権がワシントンに到着して    .│
   !  .l,,、            ゙‐'''"´   ./   /          │                               .│
    !    `゙'''ー ,,_              /   /.            │ わずか二日後の十一月四日、海相を兼任して .....│
    l   r‐- ..,,_ ./          /   /              │                               .│
    !  .l    ´             /  ,,,  ゙ヘ、,          │ 加藤の背後を固めていた原首相が、        ..│
   !  .!             ,i′ / .`''-、、 `'''i..        │                               .│
   l ,,,,,,〉              /  /      ゙''-ヾ._ 、ィ'''、 ,,   │ 東京駅頭で凶刃に斃れたのだ。          ...│
                   `″           ヽ.゙l..゙‐' ! フ...│                               .│
           ____              `   ( /.......│ 急遽首相には高橋是清が任命され、      .......│
         /     ,.-'" ̄ ̄ヽ、          .      │                               .│
        /     /ヽ____ゝヽ      .          │ 内閣を引き継いだ。                   .│
     . /   (●) |  } ニ ニ | |         ..      └──────────────‐───────┘
     . |   (トェェェェェヽ_| n./」  |_ノ
       \  \ェェェェ.ヽ(  ヨ /
        /    `ー─   厂‐'〉、_
        |   、 ____/、  / ゝ \   i     :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
         |    /   ̄ ̄ ̄ Y'  ̄  ´ |゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:: :゛;∵゛
         |    |   |     .|   i;;三三ラ :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;

403名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:06:04 ID:iieT2u8g

       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、        ……信じられん
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |        国家財政を救うべく二人三脚でここまでやってきたのに
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )      彼がいなければ軍事支出の押さえ込みが
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃       難しくなるのは明白だ
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /         私はまるで半身をもがれたようだ……
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ
         |l !  fバ}  ∧  / 八

┌────────────────────────────────────────┐
│ ワシントンで悲報を聞いた加藤全権は、あまりのことに言葉を失い、その心を立て直すのに   │
│ 少なからぬ時間を要した。                                         .│
└────────────────────────────────────────┘

404名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:07:00 ID:iieT2u8g

    / : : : : : : : : : : : : /{: : : : : : :l l             ……日本の運命を決めるワシントン軍縮条約の
    , : : : : : : : : : : :/   ヽ: : : : : :l:|         
    |: : : : : : : : : :/     ヽ: : : : :||             これが不幸な始まりだったのよ
    ', : : l: : : : : /        x斗: : : :|廴__,      
    V: :|: : : : /_、  、/ヘニl : : : |i:_: :<          さて、長くなったけど今回はここまでにして、
     ',: :l : : : 代テ`    ーヘ: : : || / ̄>―ァ=、 
     ∧:l : : : |二ノ  }      |: : /l/ /  /   l    次回はワシントン軍縮条約での日本の戦いと
     l  ヾ : : l     __, 、   |: /: |/  /      ! 
      |  l 从: :l:ゝ.   `ニ´ /j/ : ‖ /      |    その履行、そして制限外の巡洋艦の建艦競争に
      |  l/:/\l:/ 8二アフチ8ノ: : : : !V       / 
      |  |:/: : {: :{ 8ー ト-- ': /: : :/ |/     V     没頭するやる夫と彼をめぐる陰謀を描くわ
      |  ゝt: : トミト 8ー >-‐' : : / |       〉 
      |   l \廴  8  \____/   |         |     やる夫の行く先に垂れ込める暗雲をぜひ見てね

405名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:08:02 ID:iieT2u8g

: : ヘ:_:_|           /l       |、   !         || |: : .
:/     !   | | / l  |     l \ |        l| |\:_:/
     ∧    | ∧ {ーヘ  |     /   ヽ|\l     / ! !         (うう!! 今回も微妙に空気が重い!!)
    // \  ∨  `___ uヽt.   /  ̄ ̄ ̄ |    / ○
   ○   l\{  {{⌒}}   \/ ___   !  | / /ヘ ○
   ○   ゝ/`  `¨´      {{⌒}} | | u !/ /┐|           そ、それじゃあ、次回もよろしく!!
  r――- 、 |  u         `¨´ | | ノイ 〉  /
  |       人          ,、┐   u  /  /
  l       >   丶-=ニ二ノ   .  -‐    ̄ ̄ ̄`ヽ       まったね〜〜〜〜〜
  ヽ          >r‐-、_ , <             /
   \         }    /               /
     /     r――{    /-―- 、          /



第3話  不譲のエース    終わり

第4話  吹き始めた逆風   へ続きます

406名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:09:00 ID:iieT2u8g

◎第三話「不譲のエース」


平賀やる夫            海軍造船大監:やる夫(AA)

平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


田路坦                  艦本第四部員:ロック(Black Lagoon)


藤本喜久雄              艦本第四完成本部部員:できる夫(AA)


山本開蔵                技術本部第四部長:牡羊座のムウ(聖闘士星矢)
加藤友三郎              海軍大臣:冬月コウゾウ(新世紀エヴァンゲリオン)


土本宇之助              艦政本部の文官技師:ドモン・カッシュ(機動武闘伝Gガンダム)
艦本四部事務員          音無小鳥(THE IDOLM@STER)
田路の妻                エマ(エマ)
田路順                  田路の息子:コリン(エマ)
戦艦「長門」士官         のび太(ドラえもん)
芸者                    ホロ(狼と香辛料)
海軍兵科士官            柊かがみ(らき☆すた)
海軍兵科士官            小神あきら(らき☆すた)
艦本四部造船士官        白石みのる(らき☆すた)

原 敬                   総理大臣:はらたいら(実在人物)
ウォレン・ハーディング      米国大統領:モンモランシー・マルガリタ・ラ・フェール・ド・モンモランシ(ゼロの使い魔)


平賀謙一                やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀重孝                やる夫の次男:やる太(AA)
平賀 道                 やる夫の長女:できる子(AA)


平賀音羽                平賀徳太郎未亡人:水銀燈(ローゼンメイデン)

407読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:10:46 ID:Pz6AEQPI


408読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:11:30 ID:zVACbeJg
乙でした〜

409名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:12:15 ID:iieT2u8g
本日の投下は以上です。呼んでくださった方、お疲れ様でした。

あと余談ですが、音無小鳥さんに相当する人物は原作にはいません。
使ってみたらなんとなく使いやすかったので出番増やしてます。
あまり遊びのない本作ですが、ちょっとだけ遊ばせて貰いました。

次回投下は二週間後になると思います。
それではお休みなさいませ。

410名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/02(木) 23:14:20 ID:iieT2u8g
>>409
×本日の投下は以上です。呼んでくださった方、お疲れ様でした。
○本日の投下は以上です。読んでくださった方、お疲れ様でした。

411読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:14:22 ID:4/0VrNqE
おつおつ

>>349
長崎はともかく呉に行くのに広島下車?と思ってぐぐったら
当時三原から呉まではまだ線路つながってなかったのね

412読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/02(木) 23:56:31 ID:QhFs4YD6
乙でした
ところで>>380とかのnavy.milの画像が全然つながらんのだが、
一時的に重いだけかしら

413名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/03(金) 00:06:05 ID:JAGp22qo
>>412
navy.milはたまにjpドメインからのアクセスを弾くことがあるんで、どーしてもだめだったら
串刺してみてください。

414読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 14:05:27 ID:qt6rahzQ
>341
・ 横須賀工廠(「陸奥」「加賀」)
・ 神戸川崎造船所(「加賀」)
なんで「加賀」だけ二箇所の造船所なの?

415読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/03(金) 16:08:50 ID:oNRgI7IA
・ 横須賀工廠(「陸奥」「天城」)
・ 呉工廠(「赤城」)
・ 神戸川崎造船所(「加賀」)
・ 三菱長崎造船所(「土佐」)

かな

416名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/04(土) 00:47:29 ID:Du/0LIEc

                ドゲザ!!
    /⌒ヽ         r‐ 、 , -―-、 _
    トJ rヘ」/⌒ ー-、 /^  `ーイ_     `ヽ            えー、皆様こんばんは。
   〉 . :L/    ‐-rヘ    `ヽ \     ',
    レ{ : /  l /    /ト、}    \}ヽ|     l           先日投下した第3話に誤植が複数見つかり
    人:レ‐/⌒ヽ -‐-、 l ト-- 、 l /1 || /  /l
      '| |       Vlく\`l}人{!l/   //           大変申し訳ございません。
       、 、   ト、 l |/ | {フ| / //-―=' /
     /\.ト、  l V ハ. ∧  V´//` ー一イ
     / ヽ/∨\l≧}/ l/ ヽ  V ` ー―/             謹んでお詫びさせていただくと共に
     |  {  ヒLl/     /{`ヽ}    /   _, -‐、
     |  |    /   / /  /     /-―く /ー―\     修正文を掲載いたします。
     |  |    /  /   /  /     /  〉_}廴 ̄}>、/\
     l  l   ー'     /  /   _/      ̄`ヾ{_,ノ

417名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/04(土) 00:47:55 ID:Du/0LIEc
>>341
┌──────────────────────────────────────┐
│ 藤本の気持ちなど何一つ汲むところもないまま、やる夫は八八艦隊計画に打ち込み、   .│
│ その進展状況を見届けるために各艦を建造中の造船所にもしばしば足を運んだ。     .│
└──────────────────────────────────────┘

         ___
       /ー  ー \     /'⌒ヽ
      (● ) (● ) \ ./   ヘ  ヽ        ・ 横須賀工廠(「陸奥」「天城」)
     / (__人__)       \   /  ヽ  ヽ_.       ・ 呉工廠(「赤城」)
     |   `⌒ ´         |  |    \___〉.      ・ 神戸川崎造船所(「加賀」)
     ヽ   /⌒i     /.  │           ・ 三菱長崎造船所(「土佐」)
      \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \   |
      /   //ー\|    \  .|   __       やる夫が見回らなければならない造船所は
     i   ^ /.   (,        ,|  | ,r'゛
     ゝ、__,〆  .    ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |       日本の各所にあるんだお
                \.   |\  ゙i |
                 \  ヽ \._、,/  ダッ    だから席の暖まる暇も無いんだお
                   \ ゙ヽ
                     ヽ ^ゝ
                      \_|



>>415氏のレスの通りです。>>414氏、誠にありがとうございました。

418名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/04(土) 00:48:23 ID:Du/0LIEc
>>406

◎第三話「不譲のエース」


平賀やる夫            海軍造船大佐:やる夫(AA)

平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


田路坦                  艦本第四部員:ロック(Black Lagoon)


藤本喜久雄              艦本第四部員:できる夫(AA)


山本開蔵                艦政本部第四部長:牡羊座のムウ(聖闘士星矢)
加藤友三郎              海軍大臣:冬月コウゾウ(新世紀エヴァンゲリオン)


土本宇之助              艦政本部の文官技師:ドモン・カッシュ(機動武闘伝Gガンダム)
艦本四部事務員          音無小鳥(THE IDOLM@STER)
田路の妻                エマ(エマ)
田路順                  田路の息子:コリン(エマ)
戦艦「長門」士官         のび太(ドラえもん)
芸者                    ホロ(狼と香辛料)
海軍兵科士官            柊かがみ(らき☆すた)
海軍兵科士官            小神あきら(らき☆すた)
艦本四部造船士官        白石みのる(らき☆すた)

原 敬                   総理大臣:はらたいら(実在人物)
ウォレン・ハーディング      米国大統領:モンモランシー・マルガリタ・ラ・フェール・ド・モンモランシ(ゼロの使い魔)


平賀謙一                やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀重孝                やる夫の次男:やる太(AA)
平賀 道                 やる夫の長女:できる子(AA)


平賀音羽                平賀徳太郎未亡人:水銀燈(ローゼンメイデン)



以上修正しました。

419読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 08:51:38 ID:x2a.xKCw
遅ればせながら乙でした
バカJaneのお陰で、また更新に気が付かなかった・・・orz
次回は条約型巡洋艦ですねw

420名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/09(木) 22:22:41 ID:qQI6Nbog
こんばんわです、生存報告です。
第4話の投下は2月16日(木)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

421読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/09(木) 23:04:32 ID:lbv1OcJg
よっしゃ、はあくー

422名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/15(水) 23:55:30 ID:57jxRbNg
こんばんわです。

日程に変更なく予定通り明日16日21:00より投下開始します。

よろしくお願いします。

423名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 20:18:21 ID:tI5MM47s
予定通り21:00より投下開始。よろしくです。

424読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 21:00:20 ID:fN7vYBCc
wktk

425名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:04:06 ID:tI5MM47s
                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

426名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:04:24 ID:tI5MM47s

                   /              \
                / /           ィ     l     皆さん、こんにちわ!!
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l     私は本作のナビゲーターを担当する
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l     東せつなです!!
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /      精一杯がんばりますので
   / //     . :/: : :{:r㌧、 ヽ >  /: /
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /         よろしくお願いします!!
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ 
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\

427名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:04:38 ID:tI5MM47s

       r=彡    {三三7_ 〈:.   `   ―-、 }三三二]. .              /
       {´     :└=ァ'´   〈     \  \辷三广: :            /
       ゝ.     : : :/   l :|ハ 、   ト、|    \\{: : : .       .   {
        \  . : : : |    /ヘjミ∨\ |ート  |   \\: : : : : : : : : . . : : .ヽ\    同じくナビゲーターの
          } : : : : : V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、Vト-ヽlヽ: : : : : : : : : : : :l: .|ー`
          _,ノ /: : : : :∧:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|   ` | ⌒\: :ト、: : :}:|     桃園ラブです!!
         ̄ 〈: : :{: : :l|∧|     '   Vソ ノ r‐|/    ○   }ノ  } : レ′
           )'^}:ノ○ :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ′      |j       j/       みんな、この作品を見て
                  |j   ゝ、 ∨ /   /,--:r 、ァ
               _/´ /)ー'  //:::::::::ヽ.\                   幸せゲットするんだよ!!
              〈〈    / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
         _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
    _,. -‐='- ,>ァ--―'  礀  /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
 /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
/           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
        -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |

428名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:06:05 ID:tI5MM47s

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

429名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:06:36 ID:tI5MM47s

         ,  -―- - 、
        /: : : : : : :ノ,: : \            ……さて、前回はワシントン軍縮条約交渉のために
     /: : : : : : /^{: : : : :ヽ
     /: : : : :/   ヽ: : : : :l|           加藤友三郎全権を始めとする全権団がアメリカに
    ,: : : : :/_   , - ヽ: : : |
    l: : : :/ィ=、ヽ  f^テl:l : :|           到着したところまで話したわね
    l: : : :| {_ノ    ー' l: : |
    ヽ:ヽ:|    }     ハ: /           日本の、特に加藤寛治に代表される対米強硬派にとって
      l: :|、   r┐  /: :|'
      |从:ゝ. _ ´ /: : :{.__ ,          この条約交渉は想像を超えた厳しいものになったの
       人: : : } ̄  |:: l: : ァ'
      フ: :{: {ノ    _ソ:l: : :}_          まずはその交渉の模様から描いていくわ
     /{:{: : :トゝ  ` 7: : :ノ `ヽ
    |l ヾ\:廴l二二ノ-=イ/   |
    |  | /`l |   |  V′  |

430名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:07:02 ID:tI5MM47s

 { /         [r /  ∧| l   | ,   \  l |: r' ニ{{            
  V :/  . : : : : : : :/ l   /_ノヘt |}ヘ   \l 1: { -{{: . . . . . . : : : : : . .  く
  .{/{ , -―- 、: : ; : \|    \|    ̄  ||: :V{_,ハ : : : : : : : : : : : : : :  ノ    う〜ん、なんだか今回は
    }ノ       `¨! .:: |`__,ノ     ゝ. __ |/: :|:/: :|1 ヽ : : : : : : : : : : : : : }
            ∧ .T                /: : ム:/ |    ̄ ̄ ̄`ヽ: ヽ:ノ     めんどくさそうな話……
           |  .\|             ̄ ̄ノ | │
           .{フ..  l  /⌒ ー ⌒\     /_,ノ {フ                 おとなしくせつなの話を
               ゝ.             /
                 >       イ                         聞いてよーっと……
                      `T ´   |

431名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:07:30 ID:tI5MM47s

.



=========================================================================

               第一部    第4話   吹き始めた逆風

=========================================================================




.

432名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:08:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────┐
│ 大正十年(1921年)十一月十二日  ワシントン  メモリアル・コンチネンタル・ホール   │
└──────────────────────────────────────┘

                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r−−‐-−−‐-−−‐-−−‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ−、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ−、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/8/8a/Memorial_Continental_Hall.JPG

433名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:09:20 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────────┐
│ 会場となったメモリアル・コンチネンタル・ホールにはABC順に座った各国全権を中心に、  .│
│ それを取り巻く各国随員、各国外交団、新聞記者など二千余名で埋まった。          │
│ 会議冒頭で議長が選出され、満場一致で米国全権ヒューズ国務長官が議長となった。   ...│
└───────────────────────────────────────┘


  | / ̄\    / ̄\    / ̄ |                 | / ̄\    / ̄\
  |,/     ヽ  /     ヽ  ./.   |                 |     ヽ  /     ヽ
,,__|l____l_l____l_l____.|                 |____l_l____l__
  | _   _   _   _   _   |                 |.    _   _   _
  |l   l  l   l  l   l  l   l  |   l  l|    ∧_∧       |    l  l   l  l   l  l
  |l   l  l   l  l   l  l   l  l | ̄ ̄ ̄ ̄( ´Д`,,)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. l  l   l  l   l  l
  ∧_∧l   l  l   l  l   l  l |      (l    l)        | ,l  l   l  l   l  l   ∧∧
 ( ;´∀`)_l_ !  .l  l   l.「 ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~l, l   l  l   l.__   ミ゚Д゚ 彡
‐'( つ''_ニ -''´ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                         | ̄ ̄ ̄ ̄ .! `''‐ニ_と _   ミ
 〓| ̄「    |   ,,. ――|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !   ,|―― 、   |    `''‐ニ_ ミ_,
 T^|  |    ,. -''´ └―ー|___│                 l__|ー―┘、 `''-、,       | ̄|〓┛
   '   ,. -''´  ,. ‐''´                                 `''-、, `''-、,    !  !^T
   ,. -''´ ,,. ‐''´                                       `''-、, `''-、, .
,. ‐''´  ,. ‐''´                                              `''-、, `''-、,

434名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:10:00 ID:tI5MM47s

       /                  \           ……さて、それでは議長としてまず軍縮原案を
     /  /             \     ヽ
    /イ  /     !           \    ',         提議しましょうか
 .   i!./! /     !    \.       \.   !
    / .| !    ! ∧ !    ヽ   \   \ |       1)現在進行中または計画中の主力艦建造計画の放棄
    ! | |    |__| \|\.    !   _,! \ ヽ !.       2)旧式主力艦若干隻の廃棄による一層の縮小
    | | /!∧  _|_`ト、  \ ,斗七´___!  ヽ\八.        3)関係各国の現有勢力の考量
    | V i| ヽr个弋ふト ヽ ∨, ィ埒リ 个 、 |   \.     4)主力艦トン数を以て海軍力計算の基準とし、
   /    |  | \  ´¨´ >=く  ´ ̄  !ィ´  !    \     これに比例する補助艦勢力を割り当てる
 /    /|  ∨ハ ` ‐‐'´  i  `ー‐ 个 \ |\    \
/   /  |    ヘ、    _ __,    /    ∨  \    \
   /   /     | > 、_     r</     |    \    \
  /   /      |―へ__r=くr┴‐|     \    \.    \
 厶-―;/       |::_,/_:|::::!:::|::::::::::|       \_   ヽ    )
./   /       /´:::/::弋」_ノ!:::::::::|        \ \  |   /
  /       /::/::::::::::::/  |::::::::∧         \ \  /!
./       /::::::/:::::::::::::::::|  |:::::::::::::\         \ ∨  |

チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ(Charles Evans Hughes)1862年4月11日 - 1948年8月27日
政治家、法律家。ニューヨーク州知事(1907年〜1910年)として活躍。上院議員から
ハーディング、クーリッジ政権の国務長官(1921年〜1925年)。のち連邦最高裁判所長官。
司法の独立のために力を尽くしたとされる。

435名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:11:02 ID:tI5MM47s

/. │ │     \        \   ヽ           この提議に従って、戦艦や巡洋戦艦は
... 人  |       ヽ    }       ヽ  ',
_/ ヽ {\       |     |      l |  |         今後10年建造を禁止します
../ ̄`弋\ \  _仁ー―ト― .   | |  │
      \ゝ \   | \  |   │ | |  |         その後は艦齢20年に達する主力艦に限って
≠==-、     \}__,ヽ.|   │ | 人  |
 ̄  ̄¨`ーr--r‐≠三ミ气刋|   |  ,'|.  \!         代艦の建造を認めますが、排水量3万5千トン以下に制限します
      /   \¨    ̄¨斗  j/ .|     \
.. ̄  ̄´   .j    `−―‐ イハ /   |      \      将来の最大保有数はアメリカ50万トン、イギリス50万トン
                    /.| }/     l       \
\     ヾ 二フ     / |     |  \         日本は30万トンとします
  \          ∠   |      |   \
.   | ヽ        ィ  │   |     ',     ヽ      この条約締結によって破棄される主力艦は
--.、|   ` ー ´  | _,|__,」       ヘ      }       *アメリカ30隻(845,740トン)
ヽー二イ  ̄ ̄ ̄! ̄`ヽ:::::::::::|       ヘ    /       *イギリス23隻(583,375トン)
ヽヘ‐一|::: :::∨:: :|-、:::::::`ー―ヘ       ヽ/    /.    *日本17隻(448,928トン)          となります
...| } ::/|:::::: ::|::: ::|ヽ \ :::::::::::::::\       \   /

┌───────────────────────────────────────┐
│ ヒューズの提議した軍縮案は大方の予想を覆す厳しいものであり、満場は息を呑んだ。    .│
│ 彼らは特に対英米6割に制限された日本の去就に注目したのである。              .│
└───────────────────────────────────────┘

436名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:12:00 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────┐
│ 一日置いた11月14日、第2回総会が開かれた。        ......│
│ 会議の冒頭、まずイギリス全権バルフォアが壇上に立った。   .│
└───────────────────────────┘

      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j         ……我々はヒューズ全権の大英断を賞賛し、
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!         その提案に賛辞を送ります
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|         ここに首相ロイド・ジョージから電報が届いております
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/         これはヒューズ提案に賛成するとの
   ヾj、      l           イソ
    `i     `ゝ-'"        ,!′          首相からのメッセージであります
     l    _,,、、、,,_    ,イ
       ト、  ´ -‐―- `    / |            では、読み上げさせていただきます────
       l \           /  |、
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
   ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
-‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
-‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_

アーサー・ジェームズ・バルフォア(Arthur James Balfour, 1st Earl of Balfour)
1848年7月25日 - 1930年3月19日
政治家にして外交家。哲学者。1902年首相になると、イギリスの対外政策の転換に努力。
1905年に辞任して、この当時は外務大臣を務めていた。
「パレスチナにおけるユダヤ人国家の設立を支持する」というバルフォア宣言で知られる。

437名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:13:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ そして、ヒューズ議長の求めに応じて加藤全権が壇上に上がった。                     │
│ 米英の全権と違い、加藤友三郎は現役の軍人である。                           │
│ ヒューズの提案が日本海軍にとりいかに屈辱的なものであるか誰よりも深く知るはずであった。   │
│ その彼が、ただ訥々と述べた。                                        .....│
└──────────────────────────────────────────┘

.__,‐l' l , /  _,../-ヽ
,:::::::,'_ ', .l l  ,'' _,......, '-,
_,,,,, -:::,,_':,l /,.::-‐'':,__,,._/             ……私は英語が不得手なもので、日本語で申し上げる
___l    >l'"    '':,,,''.',
,_ ,l   (|` ___,,,,,,,〈''''.〉             日本は米国案の高遠な理想に感動を禁じえない
. l';,'".'_':''' l ""-''-‐' l,,l l
. ':,':',   . ::l     ノ=/'              欣然その精神を是とし、海軍軍備の徹底的削減を
  ヽ,i  ' l/ ヽ,./ .ソ"
   ,,''::_〈 '''''''''"'_,:".:l_               行うのにやぶさかではない
   l::::::':_ "  /'",::' ";__
......:::::::::::::"'''''''"‐'"  ,/ "''‐-::...,_        ただ、日本は米国案に対して僅少の修正を提議するつもりである
:::::::::::::::::::::::::    _,. '"      "'''‐-::..,_
'''::::::::::::::::,----,‐''"            "''‐-,_

438名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:14:00 ID:tI5MM47s

        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇 .          ┌────────────────────┐
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )                    │ 加藤全権の言葉の通訳が終った瞬間、     .│
       `ー――'′ し∪  (ノ.                │                            ....│
                                    .│ ヒューズ以下のアメリカ全権団から      ....│
    ハハ                               │                            ....│
    (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧        │ うめきとも付かぬざわめきが起こった。   ......│
 ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)         └────────────────────┘
 `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ
   / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |
  (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
     (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ

439名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:15:00 ID:tI5MM47s

         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{
         ゝヘ.r'    イリハ´   `ヾ≦イ             日本は未だかつて英米と均等な艦隊を
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j              保持せんと主張した事はない
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|     ,'/: : : \             また将来もその企図を有するものではない
   ,、, ィ´     .li. , <`_〉 、  /: : : : : : : `': . .
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、       日本海軍の既定計画はあくまでも
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  l: : {: : : : : : :   '.,   {ゝ---′_,/ : : : : : : : : : : : : : : : /`、    守るに足るものであること、
  |: : ;         ヽ_.l ノ __,ィ´        : : : : : : /.: : :|
 入: ',         rヘ, 二>          : : :/.: : : :|    これをこのさい確言いたしておきます!!
 ヽ\' ,        Ⅷ/                 ./.: : : :ハ
  l  ヽ        y′             ./.: : : : : : |
  |   ',       《               /.: : : : : : : : :|

440名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:16:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────────┐
│ この瞬間、満場は総立ちとなって加藤全権に拍手を行った。                ..│
│ 自らが育んできたはずの八八艦隊を自らの手で葬り去り、”好戦国日本”の疑惑を   .│
│ 洗い流す発言に総ての人が感動したのである。                       ....│
└─────────────────────────────────────┘

                   |
\                 |            /         /
  \               |          /        /
   \                             /
      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、  /              _,r'´
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)               _,r'´
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、         _,r'´
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ   _,r'´
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l                     _
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ    ___,.--―――' ''''"""
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   _
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ̄ ̄――- _
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                ̄ ̄――- _
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

441名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:17:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────────┐
│ しかし、その後の修正案の提議は、ヒューズによって軽く跳ね除けられることになる。 ....│
│ 修正案の内容とは、海軍がそれまで示してきた対英米7割保有という数字であった。 .....│
│ ヒューズはこの7割という数字を全く相手にしなかったのだ。                  .│
└─────────────────────────────────────┘

       /                  \
     /  /             \     ヽ          我々の戦力の7割相当を保有する?
    /イ  /     !           \    ',
 .   i!./! /     !    \.       \.   !         そんなの認められるわけないじゃないの
    / .| !    ! ∧ !    ヽ   \   \ |
    ! | |    |__| \|\.    !   _,! \ ヽ !         6割の数字は現有海軍勢力の㌧数から割り出したの
    | | /!∧  _|_`ト、  \ ,斗七´___!  ヽ\八
    | V i| ヽr个弋ふト ヽ ∨, ィ埒リ 个 、 |   \       その算定に誤りはないし修正もしないわ
   /    |  | \  ´¨´ >=く  ´ ̄  !ィ´  !    \
 /    /|  ∨ハ ` ‐‐'´  i  `ー‐ 个 \ |\    \    だから比率の変更は絶対に認められないの
/   /  |    ヘ、    _ __,    /    ∨  \    \
   /   /     | > 、_     r</     |    \    \
  /   /      |―へ__r=くr┴‐|     \    \.    \
 厶-―;/       |::_,/_:|::::!:::|::::::::::|       \_   ヽ    )
./   /       /´:::/::弋」_ノ!:::::::::|        \ \  |   /
  /       /::/::::::::::::/  |::::::::∧         \ \  /!
./       /::::::/:::::::::::::::::|  |:::::::::::::\         \ ∨  |

442名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:18:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│ こうして会議が紛糾する中、開会後三週間経った12月1日にバルフォア全権が単身で加藤友三郎の元を訪れた。 .....│
│ これは対英米6割受諾を薦めるためであった。                                          .│
│ 彼は日米の仲介に動いたのである。                                                 .│
└─────────────────────────────────────────────────┘
           _ __
        ,r.:"´;:;;;;;;;;;;:;:.:.``ヽ
       ノ彡;;;;;:,;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.::ゞ\         ……貴殿が5・5・3の比率を日本国民に
      /.::/⌒ヾ.;;;;;;;;;;;;;:;:;:::.:.:.ミミミヽ
       l::::j    \`ミミミヽ:,、;;;;ミミミ',       反感を残すものとして呑めないのは承知している
       |/l       `゙""¨´ `l;ヽ\|
      リ,,rヘ、_    _,,,__  トヽ\!       ならばここはそれと合わせて太平洋の防備条件について
        ハ'^`モッ'ト :"ニtz‐ッ ``V^ヽ;l
        u|    ´l ;:. ` ̄ ` , ;ヘ'/       何らかの協定が得られれば、海軍制限について
       ll    ,′;:::.     / し'′
         1   `"´     ′1         国民の理解を得るための十分な説明になるのでは
         ',   -‐─-;   ' /.:.L
        ハ、    ̄´  .//ノ::ハ        ないのかな?
         __「ヽ\   _,.ィ‐'´ .:::/ トーrr
  ‐rr一'77フ′ ``≧≪"   :::// l: //:;:     この点なら私からヒューズに話してみよう
  l l   i゙1 \   ノl〈   .:.::// ノ/ ':;:;;;

443名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:19:00 ID:tI5MM47s

       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、       ……分かりました
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |      用兵作戦上の補償条件が満たされるなら
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )    対英米6割を受諾するのも止むを得ないでしょう
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃     しかし、ただ一つだけ絶対に譲れないことがあります
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /       戦艦「陸奥」は完成度98%として廃棄艦リストに挙げられていますが、
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{           あれは既に建造代価も精算済みで乗組員も乗艦しています
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ        これを葬ればどんな政治家でも国民に言い訳が立ちません!!
         |l !  fバ}  ∧  / 八

444名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:20:00 ID:tI5MM47s

                      i
                      |            ┌─────────────────────────┐
                      |            │ こうして交渉の結果「陸奥」は廃棄を免れた。        .│
                      |            │                                   .....│
                ―i二二i┼――‐‐         .│ しかし、その代償としてアメリカには建造中であった    ..│
            ̄ ̄ ̄rェェェェェiェェj_ ̄ ̄ ̄         │                                   .....│
               [i';';'i:.:.:.:i;';';'/]..            │ 16インチ砲主力艦2隻の存続を許し、イギリスには      .│
               _`゙'}iHi:i:{''゙´ュ__...           │                                   .....│
          ___〔二二二二二〕/___        │ 35,000トンの主力艦2隻を建造することを許した。      │
            ̄ ̄ ̄ヽヾ〕i i〔¨..::i/_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ..│                                   .....│
             E[「_二i ___i二_圭コ . .     . │ また、太平洋に防備宣言を設け、アメリカは         │
              二ニ_j  i.::::::ニ二           .│                                   .....│
             |_ 干rj    iュ::圭j_|...            │ グアムやフィリピンに防備施設を設けられなくなった。   .│
             __o_,','_}ttttttj_.::_:_::ュ_        │                                   .....│
             Ll_ ̄_____ ̄__」-‐'          │ しかし、何よりも大きい日本側の失点は、           │
             r‐! ェ|ェェェェェェ|ェェェ:|rュ__..         │                                   .....│
      ` 、    └L|ー、 ・・・・ _,‐」.:',',ニ{".        │ 日英同盟を破棄せざるを得なくなったことであった。    .│
        ` 、_____〕=|____|ニニニ',',}{ェュ; ____    └─────────────────────────┘
        _└ー--ニ}_:_____..:::::::::::',',二{ ゙}―{゙ェェj
      \ |三j : /´ ̄_:~""'''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
       \}ー rェュ ______ ――' ̄.::i:::{::::三三i:::::「ニニi
        |: /´ ̄ /oヽ、''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
     __,,.. .-‐ '''";-ー‐,'`""''' ‐- ...,,__.::::::三i-j}‐┼‐‐___
   __';     /'  ':, ; ...:::::::::::::::::::::::::::::`""'''i ̄jコ==== ニニニニニi
 ‐―‐,r' `ヽ   /    .:  ...:::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐―-└====ヽ ̄ ̄ ̄
    { ¨¨ `ヽ/     i  .:::::::::::::::::::_,,.-‐''"  ¨¨  ̄  ̄ ij ij }
::::::::::::i       /`':,    :|  ..::::::, -'"          ゛ ゛     |:::::::::::::::
::::::::::└ー-‐-/-ー-'ー-‐ 'ー-ー-'ー-‐ー ―ー-‐ー-ーー-‐-ー-ー':::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

445読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 21:20:04 ID:SxyCOOdo
アドミラル・ステイツマン!

446名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:21:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────────┐
│ この結果に最も憤然としたのは、首席専門委員として米英と渡り合った加藤寛治であった。  ..│
└────────────────────────────────────────┘

                                  ニ/ニ    Y    対
                                    {_     ゝ  
  ー亠ー          ____                 ヽ     〈    米
   二          /__.))ノヽ,                ⌒)    ノ  
   [ ̄]        |ミ.l #ノ ゞi.)     ∩─ー、       /    く    .六
    ̄        (^'ミ/.´・ .〈・ リ    / ● u  `ヽ   ―ー     ノ  
.     つ         .しi   r、_) |   / u ( ●  ● |つ.. ,-亠-    ) ...... 割
   __          | .ィェェェ /    |  /(入__ノ   ミ  / 廿     〈 
    /         ノ `ー―i´  ,.‐rニ(_/  ∪ノ  /  又    〃.    や
   (_,       / ̄ \_`ヽ/ - -l\__u_ノ_          /
   __        / /⌒ヽ| | | /  二}      ゙`''、          /.     て
   _/      / / \  \A./   ./          :、    ___ノ   
  (ノ ̄`メ、    | |\  \./   ./I            `、    ̄\_     !?
   __      |  | \/   ./ |          i'    i       /           |
    /      |  |  | \   /| |         |   |      ノ           /
   ´⌒)     .|  |  |  | `-ノ | .|         |   |       ´ゝ..ィ'!ヽ  /`Y´
    -'       |  |  |  |  |  |  |        |   |             )/

447名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:22:00 ID:tI5MM47s

                        ノ
                        \  わ  何 . こ
                         < . し   と  な
                         ) . が  か . い
    ―― [] []              >  .育  し  な
   | l ̄ | |  ____          ノ   て  て  条
   |_| 匚. | /__.))ノヽ        \  ..た  ひ   件
\\   | |. |ミ.l _  ._ i.)        ノ   .方  っ  ど
   \\ |_|(^ミ/#´・ .〈・ |        \   が  く . な
      \\しi   r、_) |         <  .マ  り . い
 [] [] ,-,  . .|  `ニニ' /          ) ...シ  返  し
   //    ノ `ー―i      ,.r-、 /   . や  す  .て
 匚/ /⌒>ーーニヾ ̄ \  P{三) ̄ヽ っ  ん   も
    /   |        \  \/\ノ  ノ   .!  や  飲
    /ヽ/^y         |ヽ     /  \         め
\  (、、J  |         | \_/   <        る
 \\    |         |       ノ           か
   \\ |          | _― ̄            い
\    \/ ̄ ̄ ̄"ー――7    ̄ー_           .な
从从   (           /       ν、
Σ  ヽ、  へ       ヾ/          V⌒
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \

448名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:23:00 ID:tI5MM47s

           ____
         /__.))ノヽ     えー……
   .      |ミ.l _  ._ i.)     交渉団の中で主張に食い違いがあるものの
         (^'ミ/.´・ .〈・ リ     総合的に判断して……日本は
         .しi   r、_) |      軍縮会議を……脱退し……言うなればわしが育てた交渉団は……帰国を
          |  `ニニ' /      検討するものとする……
            ノ `ー―i´
        /Λ 〉.:〈 7//\
     . /////V::::::V/////\
     ///////∧::://///////}
     .////////∨/////////{
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |

   \ えっ!!  /   \ ちょ、ちょっと…/
     \     /      \    ∞    
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )

┌─────────────────────────────────────┐
│ 彼はこの交渉を破談にしようと独断で動き始め、海軍強硬派の足並みを揃えた上で .....│
│ 外国人記者団に「日本は会議脱退を検討中」という虚報を流したのである。       ..│
└─────────────────────────────────────┘

449名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:24:00 ID:tI5MM47s

         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{
         ゝヘ.r'    イリハ´   `ヾ≦イ              一体どういうことだ寛治君!!
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j               我々は会議脱退など考えたこともない
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|     ,'/: : : \              記者に虚報を流すなどもってのほかだ!!
   ,、, ィ´     .li. , <`_〉 、  /: : : : : : : `': . .
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  l: : {: : : : : : :   '.,   {ゝ---′_,/ : : : : : : : : : : : : : : : /`、
  |: : ;         ヽ_.l ノ __,ィ´        : : : : : : /.: : :|
 入: ',         rヘ, 二>          : : :/.: : : :|
 ヽ\' ,        Ⅷ/                 ./.: : : :ハ
  l  ヽ        y′             ./.: : : : : : |
  |   ',       《               /.: : : : : : : : :|



        ___
      /__))ノヽ
      .| l _  ._ i.)            ……で?
     (ミl ´・ 〈 ・ リ
      し   (_) |            どない言われてもワシはこれ以上よう付き合えませんで
       |mj |ニ' /
      〈__ノ-イヽ ホジホジ        今ちょっと体の具合も悪いし、先に帰らせてもらいまっさ!!
     ノ  ノ

┌─────────────────────────────────┐
│ これには加藤友三郎もさすがに満面を朱に染めて寛治を難詰したという。   . │
│ 結局彼は、正式調印を前に体調不良を理由に一足先に帰国してしまった。  │
└─────────────────────────────────┘

450名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:25:00 ID:tI5MM47s

        /  / . : : : : : : : : : : : : : : . /   |  : : :|
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :/       l: : .  |    ……ということで二ヶ月に及んだ軍縮会議は
         ,: : : : l: : : : : : : : : : : : :x<_         l: : : : . |
         l: : : : |: : : : : : : : : : ;イfヒかY`   , -―l : : : : |    翌大正十一年二月六日に幕を閉じ、
        l: : : : !: : : : : : : : : /{ 辷ン       fヒかy: : : :|
       l : : : |: : : : : : : : :/         辷ソノ|: : : :/    いわゆる「ワシントン条約」が正式調印の運びとなるわ
         l: : : :|: : :| : : : : /        {:     /|: : :/
        |: : : |: : :|: : : : ;'            /: : : /     条約の有効期限は1936年までの15年間よ
        l: :/:ハ: : |: : : : |ヽ.     <二フ   /: /: /
       /://: : }从 : : : |  \     ー  /l: /: /      そして主力艦の代艦建造は1931年まで禁止されるの
     `フ://: : : : : :ハ : : |   \   . イ   !'i :/
     /: {:{: : : : : : : : ヽ |     `フ´: : :\  j/        次でその条約の詳細を見てみるわ

┌────┐                            ┌────┐
│ 戦艦   │                            │ 空母   │
└────┘                            └────┘

(米英)  52万5000トン※                     (米英)  13万5000トン
(日)    31万5000トン※                     (日)    8万1000トン
(仏伊)  17万5000トン                       (仏伊)  6万トン
基準排水量3万5000トン、主砲16インチ以下           基準排水量2万7000トン、備砲8インチ以下
※ヒューズ提案から「陸奥」の問題により改定されている   2艦に限り戦艦から改装可。3万3000トン以下

┌─────┐
│ 巡洋艦   │(条約内で巡洋艦という言葉は示されていない。主力艦を除く大型戦闘用艦船)
└─────┘

保有制限無し
基準排水量1万トン以下、備砲8インチ以下

451名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:26:00 ID:tI5MM47s

     /   /./    _ヽ      ヽ
     ハ ///   ー' ィヶf㌦      l          この他軍艦の廃棄は条約発効から18ヶ月以内、
      l / /      弋ンハ     | |
      |'   レfミ㍉       |    /! |          戦艦一隻を標的艦に改装できる(日本は「摂津」を充当)
     |   l Vン l        | /l/:::| ゝ _ ,
     |   |    '       | /::::::∧   ノ       現保有艦を3000トン以内でバルジなどによる防御強化を
     l   |:、   ー'´ ̄   j/:/!::::::::Vヽ \
     丶   |:::ヽ    __,ノ|ノイ:::::::::::::::::l  |      行えるなどの細かい規定があるわ
      \ !::::::::\∠-- 、  `寸 ̄`>、:::!   |
        l\:::::/ ⌒ \\  \     ̄ ̄ 〉     いずれにせよこれで日本海軍の大拡張計画は消え、
          /        \\  \  、__/ ヽ
          /        \\  >  _ ノ|    10隻の主力艦が残されたのよ

452名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:27:00 ID:tI5MM47s

    |    〃   | |   l\ \           ヽ! `¨´   )ノ
  しノ/  //  |  l l   |―\_、  l|     |l
  `Y     | l   |l 卜、   | ィ≠≦y\ |     |l      でもせつな、加藤友三郎の目的だった
   | |     l l   ハ |≦\ l| トri| | 》  }/     /|l
   レl  / 八   | 7ナノi|  ヽ| 弋.ン   /    / |'      国家財政の破綻の回避は果たされたんだよね
    ∨{   \ ヽ弋ソ         /   ィi  | /|
     ヽ{⌒  `T`   ’       ̄   ノ  ノ/|      その意味ではワシントン条約を結んで
            、   r--、       , ‐=彡' ♀
            l \   ̄      /|/´   {}       良かったんじゃないの?
            |   ヽ             |、
            ♀    丶-r‐ ´   / ヽ
           {}     」    /    \
                /ノ   /       }\

453名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:28:00 ID:tI5MM47s

    /            .> '"´      |  |
   ,            /          |  |    ……世の中には理屈の通らないことがいっぱいあるのよ
   |        / \_         |   |
   |  |     /fヒテー-、 `     、___  !:  l    確かに下記の表のように国家予算は安定したわ
   |  | |   / `冖¬    / fヒテー 、./:  /
   |  | |   /          `冖¬ /:  /     だけど加藤寛治のような強硬派は日本がアメリカに
   l  | |  /         l     /: : .'
   /  j:/:!  :'       __     /: : /      屈服したと思い込んだの
__// /:从 . :|  \     `  /: : :  /
: /  , : : ハ. :!   \     . イ: : : :   /       その結果反英米の国粋主義が台頭することになるの
    /  : : : ヘ|    /: ー'´: : :/|: : : :  /

┌───────────────┬───┬───┬───┬───┬───┐
│.                        ...|. 1922年 | 1923年 |. 1924年 |..1925年 |. 1926年 |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│国家総予算(単位100万円)       ...|.....1,501 | ...1,389 | ...1,785 | ...1,580 | ..1,666 . |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│海軍予算(同上)              |..... 397 | ... 278 | ... 282 | ... 227 |.. . .239 .|
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│海軍予算の総予算に対する割合(%)...|..  26.5 |  20.1 |   15.8 |  14.4 |  14.4 |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│陸海軍予算の総予算に対する割合...|..  43.6 |  34.9 |.   28.0 |   27.0 |  26.4 |
└───────────────┴───┴───┴───┴───┴───┘

454名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:29:00 ID:tI5MM47s

        , -‐ 、   //      ―- \r-- く⌒ソ    \__,
   , - 、 /     「7 _`l/       ―-[   }         く  ……確かにアメリカのやり方は強引だけど、
    |    /    Lj´ /´ ̄`   ―- 、 ヘ r-イ        -、l 
  、_ノ           /  |          ヽ /ハ |         、  |  今も昔も日本経済はアメリカに依存してるんだし
  \/      /   l t l     |      l  V |  ー一ヘ ト、 l\ノ 
    / / /⌒ ー| | ! \、   l\ \ |   |/l     レ’ }ノ    何よりも国の儲けにならない軍拡に
    Vヘ(     ハt  \lノ \  | ゝ _V  /l {}            
          {} \、 l ≡≡丶l ≡≡| //              お金を注ぎ込むなんて……
              \{         ノイく 
                   ゝ. _ )ー〜(  .ノ 〉 \             当時の日本人は精神面より経済面を
             / \√「天「厂 <  , \ 
               | |く  |/ |/  /  /  |           重視しないといけなかったんじゃないのかな……

455名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:30:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────────┐
│ さて、条約交渉がワシントンで行われている頃、やる夫は廃棄されるかもしれない新鋭艦を ......│
│ 何とかして残そうと彼なりの努力を行っていた。                            ...│
│ 彼はその船体を流用する補助艦の構想を上申したのだ。                      ..│
└────────────────────────────────────────┘

         ___                  た、例え戦艦として完成できなくとも
         /\:::::::::/\.
        /:::<◎>:::<◎>:::\              補助艦としてその船体を完成させておいて、
      /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
      |     ` ー'´  u   |            そのアーマーと兵装は隠匿しておけばいいんだお
      \  u   :::::     /
      /    :::::::::::::::::::    \           そうすれば危急存亡の際に戦艦として復活できるんだお!!
    /                 \  〈〈〈 ヽ
                      (〈⊃  } }   艦種は駆逐艦母艦がいいと思うお!!

456名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:31:02 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ しかし、成立した条約の中では軍艦廃棄に関する規則が明快に定められていた。          ....│
│ 空母に転用できる2隻を除いてその船体は総て海没処分かスクラップにするしかなかったのだ。   .│
└──────────────────────────────────────────┘

               /◎)))
              / / :
              / /  :
             / /   :
             / /     :,
            / /      :,
            / /       :,
             / /         :,           / ̄ヽ
      .∧_∧ / /          :,         〔=±==〕
     .( ・∀・) /          、  ∩__      (( (・ω・ ) ))
     |/ つ¶__/    ヽヽ     /;;;;   ヽ     (( o┳o) ))
     L ヽ /. |     ヽ ニ三 |:;;;;   | 人  (( [圓]J )) ガガガ
     _∪ |___|            \;;;;_ノ<  >` ::::┻┻::::::
     [____]_   ボカーン!  " /^/^:V^:/^〉^〉^|^:|^:l,
   /______ヽ_ヽ         (壬三三三三三三三三/^ヽ
   |______|_|      (壬三三三三三三三三三|  |`
  /◎。◎。◎。◎ヽ= / ̄/     :| .:|.、:| .:|.、|)(^:/^〉^〉^|^::| .卜_/i  .wVゞ;爻v;oゞゞ彡''‐v.、/V > :
  ヽ_◎_◎_◎_◎ノ=ノヽニヽ”v'(壬三三三三三三三三三○::||__|  ヾ:゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.;/ミ;.、:;v''‐-v,,;:

457名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:32:01 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────────────┐
│ つまり、空母に転用する「天城」「赤城」を除く進水済みの「加賀」「土佐」、起工済みの天城型2隻は   │
│ 消え去る運命でしかなかったのだ。                                        .│
│ やる夫は愛児を失ったに等しい心の痛みを受けた。                               .│
└───────────────────────────────────────────┘

         / ̄ ̄ ̄ \         ううう、なんで「加賀」や「土佐」を残せなかったんだお……
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。      あの2隻はやる夫が初めて一から取り組んだ高速戦艦だお
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜      世界最高の戦艦だったんだお……
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \       無念だお……
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

458名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:33:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────┐
│ 彼に残されたわずかな憂さ晴らしは、残された10隻の主力艦による「六四艦隊」を      .│
│ より強力なものにすることであった。                               ......│
│ 条約で認められた防御改正に彼は注目し、その実行を急ぐように激しく要望したのだ。  .│
└──────────────────────────────────────┘

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       「残存主力艦ノ改造ハ目下ノ海軍艦政上特ニ
       |                    |
       |                    |        最大必要ナルコトヲ確信ス。
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//  一、長門陸奥ヲ除ケバ一発ノ魚雷モ艦ヲ危険ノ位置ニ
     /    防御改正       /  /   /     陥ラシムルコト杞憂ニ非ズ。
     /              /  /   /      殊ニ金剛級ニ於イテ甚ダシ。
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /      二、長門陸奥ト雖モ今日ノ知識経験ヨリ見ルニ甲板ノ
 /             /    /   /        防御不十分ナリ。況ヤ余ノ八艦ニ於テヲヤ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /         何レモ容易ニ『クヰーン・メリー』※ノ悪運ニ陥ルノ患アリ。

                              故ニ、本改造ノ必要ハ補助艦新造ノ比ニ非ズ」

※クイーン・メリー(HMS Queen Mary):英ライオン級巡洋戦艦の三番艦。
ジュットランド沖海戦において敵砲弾が甲板を貫通、火薬庫が誘爆して爆沈。

459名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:34:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ そして、何よりもやる夫が重視したのは、アーマー製造技術の温存であった。             ...│
│ 主力艦が最低10年建造できないことで、防御鋼鈑の製造技術が失われる可能性があったのだ。 ....│
│ やる夫はそれを既存主力艦の防御改正によって防止しようとしたのである。              ..│
└──────────────────────────────────────────┘

         ___             もしアーマーが作れないということになったら
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\          それは製鋼技術の大損失だお!!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |        現在の技術から進歩できなくなる上に、むしろ退歩を
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ      余儀なくされてしまうんだお!!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄         だから、改造用のアーマーを製造して技術維持の目的を達するんだお!!
.      |          |

460名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:35:00 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────────┐
│ もとより海軍当局も手をこまねいていたわけではなかった。                    .│
│ 大正十一年五月一日、対米強硬派の加藤寛治が軍令部次長に就任したのである。     .│
│ 当時の軍令部長は山下源太郎大将であったが、加藤は彼をうまく祭り上げながら巧みに   │
│ 部内の実権を握った。                                           .│
└───────────────────────────────────────┘

     ____
   /__.))ノヽ              対米必戦は動かん!!
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ              あいつらは自国内で邦人を排斥し、経済的にも締め付けを図っとる!!
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /(⌒)            さらに太平洋や極東に多くの戦力を配置する米国の対亜細亜政策は
   ノ `ー―i´ノ  Y`Y´`Yヽ 
      (´ ̄   .i__人_人_ノ      日本との衝突を引き起こすのは間違いないんや!!
       ` ̄ヽ      /
           ` ̄ ̄ ̄´       だから国防上対米戦を重視すべきなんや!!

461名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:35:30 ID:tI5MM47s

         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)            ……ということで末次よ、
      (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
      .しi   r、_) |             アメリカをやっつけるためや、一つワシの下で
        |  `ニニ' /
       ノ `ー―i´_             働いてくれんか?
   γ´⌒´-−-><ーヽ⌒ヽ
  /⌒  ィ    〉〈   ); `ヽ         お前もワシントン会議での屈辱は忘れてへんやろ
  /    ノ^ 、__| .| __人  |
  !  ,,,ノ爻\_ .| .l ノr;^ >  )
 (   <_ \ヘ、,, _ヽ/、__rノ/  /

462名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:36:00 ID:tI5MM47s

         _________
      ,.r‐''''........._.......-、
    /:::::::::::::::::::||_))::::::::ヽ          そらそうよ
    !:::::::::::::::::::::::||_))S:::::::i
    !::::::::::::::::::_,,、-'''''' ̄ ̄`'ヽ        アメリカをやっつけんと日本が亜細亜の盟主になることは
    |ミシ ̄ ̄__,,,〜,__ !'''"
   .(6ミシ  ,,(/・)、 /(・ゝ |          できんのやからな
     し.    "~~´i |`~~゛ .i   
      ミ:::|:::::........ f ・ ・)、 ...:::i         ワシントン会議での屈辱はなんとしても晴らすんや
    ノ_ヽ::::::::::::-=三=-:::/    
  /:::::::::::\ヽ:::::::::::゛::::ノ/
/::::::::::::::::::::::\ ̄ ̄ ̄ |::::::::\

末次信正(1880年6月30日 - 1944年12月29日)最終階級:海軍大将
加藤寛治らとともに艦隊派の中心人物として対米強硬論を貫く。強固な右翼的思想の持ち主。
後に軍令部次長としてロンドン軍縮条約に強く反対することになる。

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 彼はワシントン会議次席随員で、強硬派の盟友である末次信正大佐を軍令部第一班長に起用して ....│
│ 懐刀としてその腕を振るわせたのである。                                    .│
└───────────────────────────────────────────┘

463名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:37:03 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 加藤寛治を中心とした対米必戦論が広まる中で、対米不戦を願う加藤友三郎の思いはかき消されていった。 │
│ 彼はワシントンから帰国後に請われて首相に就任していたが、その目の前には                   .│
│ 条約履行に伴う廃棄艦の処理手配や軍縮に伴う人員整理など問題が山積みであった。              .│
│ その他、シビリアンコントロールを目指す海相文官制など海軍大改革の諸問題に彼は取り組んでいたが、   │
│ その彼には既に腸ガンという死病が取り付いてしまっていたのだ。                         ....│
└──────────────────────────────────────────────┘

      〉,f升{    i.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾrく_j_jイ.:.:.:.:.:.:.:.:.i ト彡〉
       〈≦二{    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ト彡〉   今更わが身を労わろうという気はないが、
       〈≦二ト、 '" j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.i.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:. i トィ
      `Y^マヘー任≧==x--、.:.:.: : ゝト--‐企x、:.:l     将校や兵7,500名、軍艦を建造する工廠の工員14,000名を
       |f⌒Vi  ^f之フ才"´ |:.:.i:.:.:.:`之フ´.:.:/
        tl くト、    ´';.:.:.:. ,イ~|:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      余剰人員として退職させねばいけないその責任は
        ヽ ┤l     ` ´  |:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          `|┤ト、       ,ィ |:.:.i.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       私一人が負わねばいけない……
          ヽム``    , '´ト、;l:.:.j.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ∧:.:ヘ  rf{`   寸:.:.:.:.:.:.::/         しかし、余命少なく加藤寛治の暴走を止めきれないことが
        ,ィ´.:.∨:ヘ   `  ̄ ̄ ̄丶:.:.::/
  ___,斗‐<.:.|.:.:.:.:.∨.へ、  ...:.:.:.:.:.:.:. /          あまりにも苦しい……

464名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:38:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────────┐
│ 加藤寛治を中心とした対米必戦論の広まりは、ある人物に影響を与えることになる。 .. │
│ それは、やる夫の覚えめでたい田路坦であった。                    .    │
└─────────────────────────────────────┘

              _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|      `ミ::::::::::::∧
                 /::::::/ :::::: /:::i:::::|        ミ:::::::::::ハ
             /::::::/::::::::./::::::|:::::|        `Y:::::::::/
               /:::/!::!::::ハ!ハ!八i-ミ  ゝ=--―_ }:::::::/
.              //  |:从:{ <Tァ:::トミ、ヽ  /rfァ::T >}:ィ' l
              ′   iハハ  ` ̄   ::l      ̄´''7ノ/
                    i  ! i       ::       ムイ
                  ヘ      :{ .       /
                   ヽ   _,.. ..._   , i
                   ,r| \   '''  / !_
                   l <!  ` 、__ ィ   |〉 !
                  ノl \       .ノ ヘ
                ,..ィ'    ,...ヽ     r..´     ヽ
          _,... -‐ ´/ |    !::: |     |::::l     }ヽ ..._
     -‐  ´      '  |    ノ:::: l     /::::::l    |    `  ‐-

465名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:39:01 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 彼は随員として軍縮会議に参加した後横須賀工廠の勤務に戻ったが、第四部時代に計画した   │
│ 砲艦「安宅」が安定が不足していたとして懲罰を食らって以降海軍への不満を募らせていた。  ...│
│ そして、対米必戦論の広まりで起こった米英敵視の風潮が、彼に決定的な嫌悪を与えた。    ..│
└─────────────────────────────────────────┘

         f广}下7⌒トr−- 、 __                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       ヒソヒソ
        ,ィ卞れlんイ^Y⌒L、,`ヽ厶                 おい見ろよ、あいつ外人だぜ  >
        ィソ´ ̄^ミ、⌒^くス之乂l⌒Y勹                _____________/
       /,ニ、ニ ‐、`丶`ヽ、ヽヽゞノ Yフ' ̄〉
     //レヘ、丶、ヽ、`ヽ、\i ト∟イト、__/               ヒソヒソ
      {{ {   >‐-、ニ≧、ヽリ、`ヽハヘ}                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       Y=、__f^不ヒテー‐¬'ニヽ`ヽ| lい      …………             何でも海軍の技官の嫁だよと    >
      {'´{厂'、__フ'´     リ',ハヽ、l  l、\                        ______________/
      ` 7          イ`、ヽ、|  l,ハ ヽ                 ヒソヒソ
        ト´ __        `ヽ、ゞl  ヽ ヽ `、
         ヽ      ´ _ -─ヘ、│   l l |         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヒソヒソ
           \__ .ィ_´‐ ´     l│   | | l        俺たちは工廠からはじき出されたってのに、       │
             〈i     ___ヽl   l、l ト、                                        >
           ,.--、、___リ_. -−'´::::::::::::`l    l ヽ| ヽ     そいつは海軍に残ってのうのうと暮らしてるのかよ!!│
         _{   } _>、\:.:.:::::::::::::::::::|    |、 l'、,',ハ     ______________________/
        〈__ン'フ7´ /へ \::::::::::::::::|    ト、ニl',、',' l
     fア/:.:::::::::::\_,∠-‐^>、ヽ:::::::::::l   | lZ}'、,',、!               ヒソヒソ
     jV:.:.:::::::::::::;:'::;':.::::} ´ /ゝヽ::::/.','、,',、l| lニl,、','、|                                   ヒソヒソ
      くイ:.:.:::::::::;::':.:;:':.::::::{∠ - ‐ヘ V,'、,',、',' il ,仁l'、,',、j

466名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:40:00 ID:tI5MM47s

            /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::.:.:.:.::.ヽ
        ,':.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:, '.:.:.:/::./}:.::.:.:.:.:.:::i!.:.:.:.:\
         i:.:.:.:.:.::./ ヽ.:.:.:.:.::.://::./ /:./ ./:/}.::.:.:.:.:|.i:::.ト、:.jヾ
        ',:.:.:.:.:.{ {!i j }.:.:/7:ノ/::./ !:/ミV:./ |::.:./i:.:| |.:.! !i       ……というわけで、私だけならともかく
         V:.:.:.ハ う└'   i::./  {:|  `‐=}.:./ ,≦/.:|
.        r‐=',.:.:.:.',      {/  、_!|__  /./ /_/Ⅵ!|         これ以上妻が蔑視されるのには耐えられません
       / { .ノ:/ ¨'',           ̄¨  /./ {¨
     ┌''''  Y    {           //  ',             それに、懲罰のおかげでもはや出世の見込みもなく
  ィ¨¨:.|    {     ; 、          ‐- 、 ノ
. / !:. |  .:.  \   i ヽ       -‐ =、_,ノ               海軍というものにつくづく嫌気が差しました
.   !:.  !  .:.:   \ i  >       , '
  |  ,  .:.:.:.   \    ≧、 __ノ\                ですので退官を決意しました……
  |  !  .:.:.:.:.:    ,二ヽ ./     }  ≫、 _
      ,  .: :.:.::.:.:  /  / \  ∧   |       ≫、
       i .:  :.:.::.:/  /   | /   ',  !         ' ,
         ;   ./    ヽ  !     ', |          i
       l  /      }  |     ヽ{          }

467名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:41:00 ID:tI5MM47s

           _-─―─- 、._          ……田路君が苦しんでいることは聞き及んでいたお
         ,-"´          \
        /              ヽ        だからやる夫も何とかしてやりたかったお
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ      でも、君が決めたことなら仕方がないお
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /      田路君、やる夫が君に餞別を渡してあげるお
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\       ぜひ持っていってほしいお……

468名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:42:02 ID:tI5MM47s

          _____
         / ヽ____//
         /   /   /           推薦状……?
        /   /. 推 /
        /   / 薦. /
       /   / 状 /            平賀さん、これは一体……?
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       / ̄ ̄ ̄ \            ……やる夫はこの六月一日付けで造船少将に進級したんだお
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \        その肩書きがあればたいていの無理は利くお
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /        君が退官するという話を聞いて、海軍の下請会社の筆頭の
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ         三菱造船に君を雇うように口を利いておいたお……

469名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:43:00 ID:tI5MM47s

             . -―==≠´\_
        .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-
        / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶
      / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
.     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ      ……平賀さん……
    /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ
    :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧        申し訳ありません、ありがたくお受けいたします
   |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ
   |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {          このご恩は一生忘れません
   |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、
   |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |         いつか必ずお返しいたします……
   ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |
     \::::{ ( く_                     |
      \ヽ  }               ,_-. │
.          \>―ヘ             ´│ 
          |     \          丿 
        /|       `ニ==‐―┬=≦ __
         |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
         |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
.       /               `ヽ    ////∧

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 平賀の推薦を受けた三菱側は、田路のその英語力を買ってロンドン駐在員の席を用意していた。    │
│ 平賀の好意を泣き顔で受けた田路は、"Naval attache"(外国駐在海軍武官)をもじって          │
│ 「テクニカル・アタッシュ」と名乗り、大正十二年が明けて間もなく、妻子共々横浜を後にした。     ....│
└───────────────────────────────────────────┘

470名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:44:00 ID:tI5MM47s

            .  -――-、_
         / : : : : : : : ; -: :\         さて、大正十二年(1923年)とは軍縮条約を履行する年であるとともに、
     /: : : : : : : : : :/: : : : : :ヽ
      /: : : : : : : : : ィ: : : : : : : : : i       条約下の軍備再建に着手する年でもあったわ
    l: : : : : : :/  |: : : : : : : : : :l
    トmク/    l: : : : : : :|: |       対米対決の主力艦が量的制限を受けた今、残存主力艦の
    l:{只}ー、   -- ヽ: : : : : : | : |
      l : : |fr}    ィfrx Y: : : : : l: /       戦闘力向上とともにワシントン条約の対象外となった
      l : : |り    }::り)|: : : /:/:/
      l : : | ノ   `¨ |: : :/:/:/        1万トン以下の巡洋艦によって主力艦の劣勢を補うことが
      l: : :ト、 - 、    l: :/レ: :{
     |: ハ}/\   . イ:/: : :l: :\       軍備再建の要とされたの
     }ノ/: : : }T ´   jイ: : : :\: :ヽ
    l: : /: :{: {〈    /ノ: : : : : :|: : :}      既にやる夫計画による7,100トン級巡洋艦(古鷹型巡洋艦)の建造は
   /ハ: {: :/{: { \ ∠:ノ: : } : ナーく
  /    \{_ `T  / ∠:_:ノー'    ヽ     決定していたけれど、それを上回る条約上限いっぱいの
 l  l   /   l./  /     |   l
..ヽ l /   /     /     {/        10,000トン型巡洋艦の建造が急がれたの
  l V{  /      /       }

471名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:45:00 ID:tI5MM47s

                        , - 、. -、_ ノ!
      r--'⌒ヽ _ _ , -――-、/      く         結局またお金がかかることになるんだ……
    ト-'    r' f<   −-r{廴        }
     {     /ー/|      ̄`ヽーハ._ノ⌒}ノ         で、その10,000トン型巡洋艦って
     ゝ{⌒ ー' / \、 ト、   V \      
            {  l∠\∟\ |ト、ノ l              どんなものだったの?
          人 { ┰  ┰‐Vノ ノ {}             
        rr―、nl      ノイ nr―┐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈ノ{_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{_ノ  ̄ ̄ ̄

472名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:46:01 ID:tI5MM47s

            ,  -――- 、_
            /     , -‐ `ヽ          制限としては基準排水量を10,000トン以下に押さえることと
           /    . イ      \
       〃   /  |          ',        備砲を8インチ(20センチ)以下に抑えることの二点だけよ
        /    /    ヽ           ,
      ,   /    -―-l     |   l       8インチ砲の搭載は7〜8,000トン級の船体でも可能だけど、
      |   仁ニ   イ、Tl       l  |
      |   l }_ソ    ー' |    /  /       それを主力艦の代替として搭載数を8〜10門程度に増強し、
       .  l   '     |     /  /
         ヽ l        |  , /  /        限度いっぱいの10,000トンまで排水量を拡大したの
          l ゝ `⌒    | / /  /
          ||| \       | /|/  {\        これを"Treaty Cruiser"(条約型巡洋艦)と呼んだわ
          |人|  ノ>r '´ j/ l  { ヽ.
           /  /:|      〉 \ \       後のロンドン軍縮会議で甲巡、すなわち重巡洋艦に
         /   {ィ}     /   }_ }
         {{   \_  ー'ァ  / }/`ヽ      区分される艦種よ
         八   /`、_ _/  ///   |
         / /\{    `ァァ‐ '´ 〃   |     まさに条約が生んだ艦種なわけね
          l |  {`   /}    |l   |

473名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:47:00 ID:tI5MM47s

-、   /⌒ヽ    ___
  ー'    |  / , -―‐/⌒ヽ_               つまり条約のせいで巡洋艦が拡大化したんだ
     : : 厂辷/  / ,     \
: : : : : : : : / ー/   / / {    /   \            軍備制限があってもやっぱり軍拡競争は
: /: : : : /へノ| l  /∨  ,  卜.l   |
/レァ'´ |〃_ハj   l ー―ゝ. | \/ /            起こっちゃうんだね……
/ へ、〃/ヘ ` \ { 三三 \| ー‐} /
\_  〃 { 〈    `  , , ,    三{リ             条約があるがゆえに競争が起こるなんて、
/ \l|_ \_           ' ' ヽ
     ハ l\ ∧      ―‐-   ノ____       皮肉としか言いようがないよ……
     V |  \ >‐==冖ニ二三 ̄l   _
        / -―  l  l     i  ̄

474名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:48:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────────┐
│ 二月に入って間もなく、条約型巡洋艦の計画を目指す緊急会議が開かれた。      .│
│ 席上、加藤寛治軍令部次長はやる夫計画主任に量的劣勢の質的打開を依頼した。  .│
└─────────────────────────────────────┘

                     )  お前が条約型巡洋艦を育てるんや!!
                     ヽ 
        /__.))ノヽ       )  やる夫、任せたで!!
        .|ミ.l _  ._ i.)       `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ                      /  __  `` ー- 、
       .しi   r、_) |                    , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
         |  `ニニ' /                 _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  ビシッ
        ノ `ー―i_    -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /

475名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:49:00 ID:tI5MM47s

     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \                任せてくださいですお
    /: : :             \
  /: : : :            \            排水量10,000トンという条件が同じならば
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \         既に7,100トンの古鷹型を開発しているやる夫は有利ですお
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|         そのためにやる夫は既に幾つもの船型を
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /         描いているんですお
\: : : : : : :.::ハ从从从从ハ     /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\           米国や英国の新型艦には絶対負けませんお
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

476読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 21:49:35 ID:a37nYEOY
重巡洋艦なんて、まさに条約がなければ生まれなかった(少なくともああいう歪な形にならなかった)スキマ艦種だよなあ

477名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:50:00 ID:tI5MM47s

                       ____
                     /__.))ノヽ  
                     .|ミ.l _  ._ i.)               ……正直ワシもやる夫が内外でかなり
                    (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
                    .しi   r、_) |                 反感を持たれていることは耳にしとる
                      |  `ニニ' /   
                     ノ `ー―i                 しかし「夕張」での実績は捨てがたいし、
           .__/ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄)___
         〃  .// ̄ ̄ ̄/    / ̄ ̄ ̄/ /    〃⌒i       何よりもワシが育てたった平賀徳太郎に
         |  ./ /     /    ./     / /    .i::::::::::i
   ____|  .しU /⌒\./    /     / | ____|;;;;;;;;;;;i      弟に対する支援をすると死の床で
  [__]___|    / /-、 .\_.  /      Uし'[_]     |
   | ||     |    / /i  i    /           .| ||      |      約束したことは絶対忘れへんで……
   | ||____|____/ / .| .|\_ノ ______. | ||      |
   |(_____ノ /_| |__________. | ||      |
   | LLLLLL./ __)L_| |LLLLLLLLLLLLLLLL .| ||_____」
   | ||    (_/   / i                  | ||    | ||
   |_||        / .ノ                 |_||    |_||
            (_/

478名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:51:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────────┐
│ 軍令部からは新型巡洋艦に対する具体的な要望も出され、やる夫はこれを念頭に置きつつ  │
│ いくつもの試案を積み重ねていった。                                  ...│
│ それは、わずか三ヶ月ほどの間に8案にも及んだのだ。                       ...│
└────────────────────────────────────────┘

    ┌──────────────────────────────────┐
    |
    │  新大型巡洋艦  大体要領                        軍令部
    |
    |     *速力35kt以上
    │
    |     *航続距離14kt/10,000海里
    │
    |     *兵装
    │       ・8インチ砲連装四砲塔(8門)以上  5インチ高角砲6門
    |       ・魚雷発射管12門
    │

大正12年1月12日軍令部「新要求」より

479名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:52:16 ID:tI5MM47s
>>476
アメリカのデ・モイン級重巡が17,000トン超えたこと考えると、やはり1万トンの制限は
中途半端に過ぎますからねぇ。

480名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:52:29 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────┐
│ 大正十二年五月十六日、重要な技術案件を審議するための技術会議が設けられた。  ..│
└──────────────────────────────────────┘

                         ∧_∧ _       ∧∧ _
                        (´−` )||      (゚Д゚,,).||
      /`l       ______( (S)  )||____. |  O||___
      ||  |     /     /          /     / ̄/     /j
      || _└.   /    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/.  |
      ||_  /     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.|.  /|
      ||l  /     / | ̄ ̄||     / ._| ̄ ̄||     /  |/
        lニニニニllニニ|    ||ニニニニllニニ :|    ||ニニニニl  /l||
         |      |l   |――|| l――|l|   |――|| |――|| /
         |―――|l   l   || l――|l|   l   || |――||

481名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:53:00 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────────┐
│ この会議には、艦政本部の各部のみならず用兵側からそれぞれの代表が参加していた。   │
└───────────────────────────────────────┘

                     r、ノン^ー- 、_
                _ ∠  ┴‐< ̄ ,ニヽ
                / ,  rヘヘrく  /^ く二ミヽ
            ノYトト、{' /イハ ト、 ト、 Vヽ  }ヽ`ヽ \           古鷹型は8インチ砲6門搭載、
            , /ィ仏!L ゝ '^´| | !| ゛|  Y ハ  \ ヽ
         〃l l | l|     ィ/_土ニ jハ | ' /}ヽ  ヽヘ         だが新型巡洋艦には
        { | l i,斗-_、   ' ィf{灯7 Vィxくイ |  ,ハ|
          V!ハィ'7tユ}      ̄´     rソ/ /  / ; !         8インチ砲を8門は積まないと
            j} i `´ヽ‐          r介 /  /  jノ
                 、   ,  --      /イ | {  /            米巡洋艦と正面からの殴り合いでは
                 \  ¨      /{/リヘ ! ト-
               ヽ    _   ´   |    ヾし'            勝てないな
                     `T     _ レヘ
             __   /^Yハ_二 -¬ノゝ、_             それから増大すると予想される
            _」    ̄丁7´.:.:.:    レ':::   ̄了>─-、
           ノ´|:::|.:..:.   厂ト、.:.:.:.   /:::    ,イ/    l     航空機の脅威を振り払うには
         / | |:厶 --イ ! ヽ、__ ヘ、 ///   r‐- 、」
         f汀 |∠ _    /   ハ. : : .  // 〃    || ト-ィ|     なんとしても高角砲が必要だ
          h | },ハ:::::: ̄ ヾ-':  \_//  /  ,   l「 `ー'|
.         「} | i′rヘ:::::::::/:::::    _ ィ´     j   ,  |L _  |     まあ、これらの要求はすんなり通ろう
       <ヽリ l /  \::′:_, -‐'´ l{    ハ //ゝ ヘ、 7
       ト、\(\   トイ     l{     }::::ヘ   `¬トイ
.       j∠ユ ` 、\  !:::| _,.. -┴‐  ¬∧:::::l      く /
    辷二_ -   _, -┴ ' ̄      / L/ |::::::ヽ    /

砲熕部代表

482名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:54:00 ID:tI5MM47s

. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _      大型巡洋艦は戦艦との正面からの
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´     撃ち合いは望めないが、
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/          機動力を生かして有利な体制を保ち
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ            機を見て遠距離より魚雷を発射して
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶、 
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/     `丶 、      米艦隊の輪形陣を突き崩す必要がある
''         l/   i、   、______,、   ,'          \
                !ヽ、   、   ,      ,イ              \   戦艦に対抗できる唯一の武器として
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l                \
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l          , - ... _   \魚雷は一発でも多く搭載したいな
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!       /    ¨ ‐ -

水雷部代表

483名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:55:00 ID:tI5MM47s

                   , -──────- 、
                 /              \           ……皆さんおそろいになりましたかお
                   /                 \
              /                        \        それでは第四部(造船部)の代表である
             /       ´⌒\,, ;、、、/⌒`        ヽ
          /) //     ( ● ) ノヽ ( ● )         l      私、やる夫計画主任から
.         //,.'//      ´"''",      "''"´          |
       , ' ,.' , '/./       (____人____)        |      今回の10,000トン型巡洋艦の成案について
      ,.'       /,.'")'                       /
      /      ' , '                     /       説明させていただきますお
   ,-, '       , '  、                 ,/
  / !      ./ ___ 、ゝー               イ、,__         お手元の「壱万噸巡洋艦ニ就テ」という
/   ヽ  ,、-‐ '/´                            ̄`ヽ、
     ヽ' '、                                 \    資料に目を通してくださいお
      \. ',                                  ヽ
        ヽ                                   \ では、始めますお
       /                         |             \

484名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:56:00 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫は自ら書き上げた一万噸巡洋艦要領書をゆっくりと読み上げていった。 ......│
└───────────────────────────────────┘

         ___
       /      \           「本艦型ニ就イテハ、用兵上ノ要求ハ第一高速力、第二航続力、
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \        第三攻撃力、而シテ適当ノ防御ヲ有セシムルニ在ルモノト推察ス。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  之ノ設計ノ方針ヨリ言ヘバ、何レモ独立シテ考ヘ得可キニ非ズ。
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)   可成其御趣旨ヲ満足スル様ニシテ、総テヲ最モ経済的ニ総合スルニアリ。
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |          随分諸種ノ設計ヲ試ミタル結果、本案ヲ以テ最モ適当ナルト認メテ提案ス──」
    |           |

485名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:57:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 続いて本論に入り、速力は要求通りの35kt、航続距離は機関の都合で8,000海里に減じるなどの   .│
│ 要点を述べた後、武装に関しての話を続けた。                                .│
└──────────────────────────────────────────┘

        ____               「第一、大砲」
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\           「本艦ノ如キ高速力ニ対シ八吋砲ノ四砲塔ヲ装備スル事ハ
   |     |r┬-|     |
__ \      `ー'´     /     ___   最モ至当ノ設計ト見ル可シ。又、用兵上ノ要求モ
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /    四砲塔ヲ持ッテ満足サルルニ近カリシモノノ如シ」
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/   /;;:;::: /



       ____
     /⌒  ⌒\    
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\          アー、オホン!!
  |     l/⌒ヽ     |
  \   /   /    / 



     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ      「……然レドモ」
  |    ー       .|
  \          /

486名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:58:00 ID:tI5MM47s

         ____
       /      \            「……更ニ之ニ一砲塔二門ヲ加フル事、本艦ノ威力ヲ
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \          増ス事ニ於イテ至大ノ効果在ル可きヲ思ヒ、
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /    万難ヲ排シテ之ヲ装備スルコトヲ企テ、十門ヲ
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)     備フルコトヲ得タリ」
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

┌─────────────────────────────────────┐
│ やる夫は軍令部要求より8インチ砲を2門増やし、砲力重視の方向性を鮮明にした。   │
│ 量より質という用兵側の要求にここでは答えたことになる。                ......│
│ ただし、その代償として高角砲6門を4門に減らすこととした。               ......│
└─────────────────────────────────────┘

487名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 21:59:04 ID:tI5MM47s

            、__  -──== 、   _      , -、
               ̄二ニ=一…_二≧く    ̄¨ニ<   \
                 / ̄ ̄ ブ ̄  _, r ¬ミV´ , -ヘ  \ー-ヘ、     (……ふむ、平賀少将は
                  /,ィ 了/ 〃  ̄`>/  /^ト、ーヘ、>ミ┐
                // / /ヽ、 /   / / /| |  〉ー-ヘ.  |    軍艦対軍艦の砲撃戦に重きを
                     { | フ7ぇ、  / _/,イ  j /! ハ   _ハ`ヽ |
                 _∨ ヽーン    ィ7¬ミ辷7 / | ̄ / ! | |    置いたか
              <   /   } ヽ     ゞニン^ /,イ / / リ ||
                `ヽ|   r - _      `/ /∠ ベ二,イ  | |l    高角砲2門を減じられたとはいえ、
               ー=ニハ   、__ >    _/r 7⌒} |/ |   ||!
                   、  =           , -┘/ /|  /,ハ   8インチ砲2門の増加は
     \ー-、     , ヘ、   、            ∠ -‐≦< /  /イ |
       ヽ: : : :\/: : : : \  /^ー      -…7´/ ̄/, -一'////  /   それをはるかに上回る戦力だ
   _ ‐ 了ヘ: : : :/: : : : r¬-∧_         //  〃  /´//
.._/   |/ ∧: く : : : : : フY r< ̄` ー-、_ /    /   /          鉄砲屋としては喜ぶべきだな)
     _/ /:::::}_:_ >ー一' ̄∨\ノ: : : : : : : 厂ヽ
、  /  l::::::::::::::`Tヽ: : : : : :| : : : : : : : : : :/  _jL_

488名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:00:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────┐
│ 用兵側にとってもここまではむしろ喜ばしい改変であっただろう。     │
│ しかし、それに続くやる夫の発言は会議に衝撃を与えることになる。   │
└──────────────────────────────┘

     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─ヽ  .─   \      「……水雷発射管ハ十二門ノ希望アルモノノ如キモ……」
  |   (●)  (●)   .|
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       
    /: : :             \          「重量ノ為ト、居住区域ノ関係、及ビ
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \        above all 用兵上、本艦トシテハ強イテ多ク装備スルニ
: : : : : : : :.._        _      \ 
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l     及バズトノ御趣意ナルヤニ依リテ、
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )       /      八 門 ト ナ セ リ 」
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\   
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \ 
: : : : . : : . : : .                   \

489名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:01:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────────────────────────┐
│ この言葉は、水雷を扱う「水雷屋」にとっては青天の霹靂だった。        │
│ 水雷は、大砲の犠牲となって三分の一を減らされることになったのである。   .│
└─────────────────────────────────┘

             、
             ヾ:::、   ji
         `ヾ:::ヽ|::::::::ゝノ::i              じょ、冗談じゃねえ!!
         _..ン::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    fオ::、ニ三::::::::::::::::::::::::::::::::wx::::::ヽ          確かに「強イテ多ク装備スルニ及バズ」とは言ったが、
.      ヽ:::ヘ  ̄`ト、:::::::::::::::::::::j ,ヘミ::::;;イ
      ヾ:::ヘ ヾ::∨ミノ::::::ノヾKzzャキ∨::z        そりゃあ単なるご挨拶じゃねえか!!
        ヾ:::ヘ ゝ:∨.:::ノ三三}{三∨:ツ
        ヾ:::ヘセヘ∨/ ' \∨ヘ           用兵権限のない技術屋風情が海軍伝統の
        __<ヾニハヾi  Fニニニユ iソ弋ヽ__
     i彡彡゙.ノ光| ヽ.|;;;;;;;;;;;;;;| /  爪ヾt {ミヽ.    水雷戦を軽んじるのか!!
     |彡゙ ノjノヾゝ, ソ    i/  ル' ヾiミ、ヾミ|
     | ィ彡~  ィ彡 ヒニニニニオ `ヾv ヾミヽヾ|    何が「above all(何よりも)用兵上」だ!!
     |夕   ィダ           ヾ;;ヽ ヾミ|
     |   ヾミi             }ミソ    |    貴様、何様のつもりだ!!
     |三三三|                |三三三|
     |      |ヽ○          ○ ノ     |

490名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:02:07 ID:tI5MM47s

      ____
    /__.))ノヽ    
    .|ミ.l _ノ 、_i.)           なんや? なんか文句あんのんか?
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ 
   .しi   r、_) |           あるんやったらワシのところへ言うてこんかい!!
     |  (ニニ' / 
    ノ `ー―i´            やる夫の理屈はいちいちスジが通っとる
 _, ‐'´  \  / `ー、_  
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ       米英の巡洋艦も8インチ砲10門搭載を狙ろとるいう情報もある
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ       当然の処置やないかい!!
 ヽ、   ー / ー  〉
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ
                                                   ___ |\
                                                ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
                                                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
                                                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                            いえ、別に……           ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|
                                                /.:.:./.:.:.:._ノ:.:.:.:./ ヽ、_<:.:.\
                                              ∠ イ:.:!:.:.:/○ ∨  ○  |、.:.:<
                                                   |/|:.:/ | | 、_,、_,  | |⊃|ノ.:/
                                                   |/ヽ.| | ゝ._) | | //
                                                       \>,、 ____\ ̄ 7
                                                      / ヽ______/   \
                                                       / /¨¨¨¨\    \

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 加藤軍令部次長は「鉄砲屋」の親玉的存在であり、それが堂々とやる夫の後ろ盾になっている以上   │
│ 正面切った反論は「水雷屋」の誰もできなかった。                               ..│
└───────────────────────────────────────────┘

491名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:03:00 ID:tI5MM47s

   /三/ ,,......-‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__
.  /三/ ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::: ニ=-
 /=l/ /::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 |ll/∠ -‐ ''"´/:::::::::::::::::::::::::;イ:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|            し、しかし!!
 |ll| /三三//::::::::::::::::::::::/ /:::::::::/`゙ヾ-‐z;;;;::::::::::|
. ヾl l三三/.!:::::::/::::::/  /::::::/ノ(     >::::::>           魚雷発射管を12門搭載しても
  `ヾ=三l !::::/::::::/゙ヽ  |:::::/  ⌒ /`ヽ ≧::::;;>
.     ヾ=、 l::/:::/l|/\、 |::/   / _,,,、  〉,´ヽ\           その重量超過は数百トン程度だ
       |/レ'  |、 ヒハ |/  ≦ィチ ,,  ''<,..ソゞヽ、
         \ /=| ゙ー...":::::::::...゙ー-- ´   / ''/     `ヽ、        その程度なら一万トンをオーバーしても
            | |三|         __    i-‐'z≦三三ニl ヽ
.         / ̄`ヽ_   ヽ /_,≧、 /三三三三三|l   |l、     分かるわけないだろうが!!
       / ̄`    \\   /   //三三三三三三/  /ミl、
     / ̄`          \ゞ-‐ ''" イl三三三三三三/   /三| ヽ   何とかして搭載するんだ!!
   / ̄`           |--‐=彡l |三三三三三=シ /三シ'  |

492名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:04:00 ID:tI5MM47s

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i    排水量を一万トン以上に
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i    拡大して水雷を増加する?
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/    ふざけるんじゃないお!!
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、     ワシントン条約は陛下の勅許を
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... -−''' "´
 ―−―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==                 受けて調印したものだお
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /                     それを誤魔化すなんて
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i                      もってのほかだお!!
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 妥協案として、水雷発射管分のトン数を10,000トンから超過する案がどこからか持ち出されたが、   │
│ やる夫はこれをにべもなくはねつけた。                                     │
└──────────────────────────────────────────┘

493名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:05:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────┐
│ この話を聞き及んだ用兵側の反平賀派は激高した。   .│
└────────────────────────┘

┏━                                             .━┓
┃|  技術屋の任務は用兵側の注文を形にすることじゃねーか!!        |┃
┃|                                                |┃
┃|  たかだか図面屋の分際で用兵内容に口を出すなんて、          ..|┃
┃|                                                |┃
┃|  越権行為もはなはだしいわ!!                         ..|┃
┗━                                             .━┛

三ヾ、__     |/  l川 \l:: :l \/ 、!,   `ー'   厂     |三三三l`ヽ、
三` ̄ ̄   \,,   ィニ=::::::V、 r、_____, イ}  ノ:::     |三三三三三>、
三ニ     /ヾヽ三'/ :::::::::::::\ヽlヘ    ヘ ノ イ:::      | 三三三/  ,==\
三三ヾー/    V/   :::::::::::::::\`ー―一'/:::::        ,'三三三/ /三三ニ
三三ニ/       ',      ::::::::::::::::`ー―‐'´:::::................   /三三三ll  i三三三三
三ニ/         ',      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /三/ l三ニl  |三三三三
                ヽ                      /三/ |ニ三l  |三三三三
              \                  /三/  .l三ニl  |三三三三

494名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:05:30 ID:tI5MM47s

                          ┏━                                         ━┓  .
                          ┃|  夕張・古鷹・妙高と、最近は技術側主導の軍艦ばかりだ     |┃
                          ┃|                                         |┃
                          ┃|  対米決戦の兵器開発は、あくまでも現実の戦闘に参加する  ...|┃
                          ┃|                                         |┃
                          ┃|  用兵側の主導下に進めるべきだ                 .   |┃
                          ┃|                                         |┃
                          ┃|  不譲の平賀は邪魔なだけだ!!                  ..|┃
                          ┗━                                         ━┛  
                          
                                 ',  l       ヘ l:/   ヾ      _  _  l      l´  l l、
                                 ', !     ,イ  ハ!ヽ、_ ‐-       `    .l l     l l   |l l:.:.
                                 V    / .l ,'::            `ヽ _..l l     li !     l:.:.
                                ,/ ,イ   ,'  ! .ト、  rー-‐  ー- 、  , ィ:.´:.:.:.l l     ll l    !:.:.
                              ゞー' i / l  l  .l l:.:ヽ  `ー ___./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.l    .l l ll   .l:.:.:
                            rーノ:.:.:.:l/:.:.:ト、l .l  l:.l l:.:.:.:.`-:'':. ̄:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll    l .l ll:.:ト、 l:.:.:.:
                            !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l l  l:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    l l l:.リ ∨:.:.:.:
                            `ヽ:.:.:.ヽ、:.:.! l .l lヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l   l l l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.

495名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:06:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────┐
│技術側の反平賀派も付和雷同した。   ....│
└──────────────────┘

┏━                                     ━┓
┃|  人情の機敏てぇ物をあいつは分かっちゃいねえ!!.       |┃
┃|                                        .|┃
┃|  あれじゃ部下が育たないぜ!!             . .  . |┃
┗━                                     ━┛

         ヾrヘ{      | ヽ`   〃^
        , イィヘ      、 〉   /し
       〈 く ∧ハ        ′   ∧`
.        }   \ヽ ´ ̄元 ̄ / | \
        _」    r、\\ノ州 //  |  /\
   +‐' ´ 〈    |fハ `Y´ ̄<⌒ヽ/} / /
        ヽ   }い _」    \  `く/ / ̄\
           \ ヾ{   |     \   `く     >
          \  ┤       ヽ   \_ /
               \_」              r〜′
               |            /了
              んヘ、_,. -‐' _/
                   く___ ノ ̄

496名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:06:30 ID:tI5MM47s

                     ┏━                                           ━┓
                     ┃|  気に入った文官技師を私兵のように使うんだぜ?       ...       |┃
                     ┃|                                                 |┃
                     ┃|  あれじゃあ直接責任者の技術武官のやる気を削いじまう!!.        |┃
                     ┗━                                           ━┛
                     
                                 |l /! 、 \   ′         /  , 〃  /lノ l、  〉
                                |/|  `i ┬ゝ  ヽ ^       <._∠イ´, ‐'´/ / l /
                                   `ー‐弋ヽ    __         /`T"/ / / レ′
                                        〉∧   `二 ̄`       /  |/  〈._ノ
                                     l/  \        ,. ‐'´   / /  ヽ、__,ノ!
                                          ノ∧、  ,. ‐'´      l /| _>‐−'´
                                        ´  ヽ ̄      / |/ ヽ、   __
                                                ∧      /   ′  >'´ ,>' "´
                              _, -─‐- 、__, - 、  _, ‐'´`、     /     /,. ‐'´/
                        ,..-''"´       /∠>'´    〉   /    //  /
                              ∠二二ニ、〈           ,..- ' ´/  /
                                 ◯  ◯ \`ヽ 二ニ=‐ ' "´,..‐ ' "´    /   /
                                      ` ー---─ ' "´          / /

497名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:07:00 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────────────────┐
│そして彼らが槍玉に挙げたのが、当時就役直前だった軽巡「夕張」であった。                      │
│「夕張」は計画時の船殻重量1,076トンが最終的に1,255トンになり、200トンも排水量を増すことになっていた。    .│
│これを見た反平賀派は、やる夫の計画は重量にごまかしがあると陰口を叩いたのだ。               ......│
└───────────────────────────────────────────────┘

                                                  |  __
                       |                             | |EEE|
                       ┼                            | ゙'ll,,ll_
                        |                               [ニニニニ]_
                        |                   .iiiiiiliilllilii、   !コl,,゙l/''''''l゙゙゙゙゙|__.   ,----。
                     ,----。,,,,,,,, |                   厂.,l,_  ゙゚\,,_!二コ| ロ  ̄  ┌´.!'''!.l,,__,,》====
             .,,,,,,,====l,,,,,,,,,,,||,,,,,,,|,,,|、    ,,,,,,,,,、    .[二]_,,l゙  .゙|,\,,_ ~゙゙゙《ll厂~|~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i┌‐┐_              ,,
   、 、     '''''''''|,,,,,,,|] ̄         |≡三≡|  [ ≡三≡弋三三フ弋三三フ、  ├‐┴‐─ ──────┴─────━━ヘ''''''ザ'''゙゙゚”/
...,!''''"~゙~゙~゙~゙゙~゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ・ ・ ・       : : : : : : :  : :      、
..'゙,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ,′

498名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:08:00 ID:tI5MM47s

┏━                                           ━┓
┃|  それ見ろ!! ヤツのやることは所詮は机上の空論さ!!        ..|┃
┃|                                                 |┃
┃|  こうなった以上、もはやヤツを第四部から放り出すしかねえ……      .|┃
┃|                                                 |┃
┃|  さて、その後釜は……                                 |┃
┗━                                           ━┛

     /           ,;: '   / ィ /:.: :.:i:..}:: :.: ト:..ハハ  ̄
    く  ‐-              _ イ:i:.: :.: :.ノ:.: :.:lリソ
     `)             ,ィ´  }::i./:.: i:..: :./:/'
     〈               l   ノィ/{:.: :.:!:.:.八'
.       / ⌒           ノ  ´ /.: :.:i:.!:.: :.: {:.:.ヽ
     `7;j        _   ´    {:/!:.: ヽ:.: :.:.ヽ.:.::.:辷彡
     /;ij:j    -‐         {八:.ト、:.:i:.. :ハミュ、
     `ー''‐''´´ ̄ ̄} ‐   _, -─- =---ハハ:}:!
           /`┴-=≦´           ヽハ

499読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 22:08:15 ID:XfqZK7wE
ここでスッパリ巡洋艦は砲戦専門にして、水雷は水雷艇や潜水艦に集約するって
言うやつはいなかったのかねぇ・・・

500名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:08:30 ID:tI5MM47s

                       ┏━                                         ━┓
                       ┃|  ……まあ、一人しかいねえだろうな                     ...|┃
                       ┃|                                               |┃
                       ┃|  俺たちの言うことをハイハイ聞く温和で協調的な、それでいて   . .|┃
                       ┃|                                               |┃
                       ┃|  とてつもなく有能な男はな……                        |┃
                       ┗━                                         ━┛
                       
                                      _」 |    | 丶   ̄´   / 厶ヽ \
                                   ヾ_,ヘ.|             ,イ _」リ| ゝ-勹
                                      `フ八  | ̄\   //,ムノ 、≦´
                                  <,  〉-、`ニー┘// /ー'´   _>
                                    > >‐┬r三イ´ /   ト=彡
                                      ` ̄ ̄レノ |      Kハノ ̄´
                                        _/_,厶_   i|
                                    _∠ー -、 ー-、\ l l、
                             , -─-┬i/|     〉  ヽ_〉l  ノ`丶、
                            /      l/  |-─ '  _,ィ |. l/ __」 ̄ `T ー──- 、
                          /       /   ヽ _/ ヽ.ノ Y´ ̄    |   |      \
                          ,′    /    ∨     《近リ       /     |       `、
                          l    ∠/⌒ヽ、 |      ̄      /     |           `、
                          |     `7    Y´|           /     |        \
                         |     /       |/\   ヽ     /       ヽ| _        \
                          l     /     |    `丶、」_,.‐'´          `く丶 `ヽ、        \

501名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:09:03 ID:tI5MM47s

    藤 本 !!  平 賀 を 放 逐 し て お 前 が 第 四 部 を 継 ぐ ん だ !!
   
   
   {    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
   ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,              、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
   彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
        ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
     _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
   彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
   彡'   ヾ、    _ノ                              \_   ヾ´    ´ミ
         `ー '                 ____                 `ー ´
    ,ィ彡三ニミヽ  __ノ            /::::::::::::::::::\                  ,ィ彡三ニミヽ
   彡'                     /::::−::::::::::::−:::\                       ミ'
         _  __ ノ       /  (   ):::::(   )  \              _
      ,ィ彡'        .      |    :::::::__´___:::::::   |               ,ィミ'
   ミ三彡'        /⌒      \    ::::::::::::::::::::   /                  ミ三ミ'
          ィニニ=- '         ./ ::::::::::::::::::::::::::::::: \              ィニニ=- '
        ,ィ彡'              .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |                 `ミィ,

┌──────────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫放逐の空気は形成された。                                  ...│
│ 陰謀に巻き込まれた形の藤本も、自分の才能が評価された以上逆らう理由があるわけでもなく、 ....│
│ 徐々に嵩を増していく陰謀の流れに身を任せた。                               │
└──────────────────────────────────────────┘

502名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:10:00 ID:tI5MM47s

        /  / . : : : : : : : : : : : : : : . /   |  : : :|
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :/       l: : .  |     ……さて、やる夫はこの一万トン型巡洋艦において
         ,: : : : l: : : : : : : : : : : : :x<_         l: : : : . |
         l: : : : |: : : : : : : : : : ;イfヒかY`   , -―l : : : : |     当初魚雷兵装の全廃を主張したといわれるわ
        l: : : : !: : : : : : : : : /{ 辷ン       fヒかy: : : :|
       l : : : |: : : : : : : : :/         辷ソノ|: : : :/     この一件をもって造船官による越権行為とし、
          l: : : :|: : :| : : : : /        {:     /|: : :/
        |: : : |: : :|: : : : ;'            /: : : /      さらには後の設計変更による重量増まで含めて
        l: :/:ハ: : |: : : : |ヽ.     <二フ   /: /: /
       /://: : }从 : : : |  \     ー  /l: /: /       平賀やる夫を悪し様に罵る人がいるけれど、
     `フ://: : : : : :ハ : : |   \   . イ   !'i :/
     /: {:{: : : : : : : : ヽ |     `フ´: : :\  j/         今から少しそれについて考察してみるわ

503名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:11:00 ID:tI5MM47s

    , -―y{     、      \]}  人_}     _
  r―/  / ヘ、   |\__\   ヾT〈  丶---‐'´
  |     ,'  l l\、  V´ , ニ=、\   ||\            魚雷全廃……確かにそんな思い切ったことを
{し'    {   、 |,ニ、丶-\ r:ハY ',  ハ |  \、
乂/   八   |メr:ハ       Vン  | /⌒!    ゝ\        言ったら「水雷屋」さんが怒り出すよね
 {{ / rーヽ. { Vン ノ       l/ 〉/
  乂{へj   |\           rr‐'               でも、やる夫さんのことだから何の根拠もなしに
        |人   「ヘ      / |
       {}  \  ー'  _ ∠ ⊥._               そんなこと言い出したりしないよね
            >≠- 、 _    \
           /     \ \   /             きっと何かわけがあるんでしょ?
          _/        |   \ {
        //  ̄ ̄      |      \

504読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 22:11:26 ID:XfqZK7wE
なるほどもう言ってたのかw
そりゃ荒れるわwww

505名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:12:00 ID:tI5MM47s

            /:    : : : : : : : : : : : : : : __ ; : : : : : : : :
        /: : : .    : : :, -‐    ̄    /: : : : : : : : :
        ,: : : : : : : . . /           l: : : : : : : : : :     やる夫が危惧したのは防御上の問題よ
         |: : : : : : : :∠                |: : : : : : : :
         l: : : : : :/ハyヽ           |      . . : :     計画当時は魚雷の強度その他の理由で
         |: : : :〃{弌_ノ| |    -―‐- ._ |: : : : : : : : : :
         |: : :.:イ 弋_.ン      y=ニ、 ` |: : : : : : : : : :     船体内の中甲板に固定式発射管を埋め込んでいたの
        |: : : :|           ,心ハ\ |: : : : : : : : : :
         _」: : :.:|     _,/     {弌_ノ } ヽ: : : : : : : : : :     この配置では砲戦時の被弾で一挙に誘爆して
     ,.:'´ ハ: : : !    j/       弋__,ン   /: : : : : :/: : :
    ,.:'   ∧: ::.、                  /: : : : : :/: : :/     轟沈する危険性があるとやる夫は見たの
   ノノ      ハ: :.:\   、 _         u./: : : : : 〃: : /:
  ノイ      |: : : :∧     ヽ         /: : : : : //: : /: :      やる夫は巡洋艦に砲撃戦を優先させたのね
  { ノ    /:|: /}/: :∧          /: : : : //: : /: : :
  ルノ   /: : :j:ノ: : :.// ヘ. __     /: : :/ /: /:{\: 
  { {    {: : : : :{: : :{/    }     /: /  /イ: : : ヽ

506名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:13:00 ID:tI5MM47s

  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |        なるほど、防御上の理由か……
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }       「鉄砲屋」さんはやる夫さんの言うことを
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'         もっともだと思ったわけだね
               /  \ / /  イ |
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´                  「鉄砲屋」さんと「水雷屋」さんの意見が
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |                食い違っていたわけだ

507名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:14:00 ID:tI5MM47s

. / : : : : : : : : : : : : : : :>{: : : : :',
/ .:.:/ : : : : : : : > ´   '、: : : :l          そうよ、つまり、「重巡洋艦をどう使うか」に関して
l : : |: : : : : : / ̄`      ヽ: : : l
l : : |: : : : :ィ斤テy     ̄`ヽ!: : :!          用兵側でも意見が分かれていたということなの
∨: ::|: : : : 仏しノ    fィ〒y|: : :|
|: :;|: : : :|        弋ン /:|: : :|          承知の通りワシントン会議で主力艦である戦艦の
ノ: : 小: : : :|      '     /:|:.:./_
: : /: ::ハ: : :|    c:     /: :l:Y           保有数は制限されることになったわ
ー/: :/.:∧: |\       /.:.:/
-l: : |:.:.{: :ヾ\.>‐ァ. : ´: : :/〈_            このために、重巡は戦艦不在の場面において
 V: {:.:.:.:. : : : :\ ノ人: : : : : r '´
/ゝ:ゝ、 _:_:_:_:_:_: \ ): : : ノ             代用主力艦の役割を果たすべきだという意見が強かったの
  / ̄ ̄    `ヾ{ノ-‐'´
イ      / ̄` \               だから重巡は砲力を重視し、制限排水量内に収めるために
|    /      l|  
|   /          |                雷装は全廃してもいいとも言われたのよ

508名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:15:00 ID:tI5MM47s

      / . : : : : : : : : : l: : . \          その一方で、ワシントン会議での不利を克服するために
     /  . : : : : : : : : : : /l: : :   ヽ 
      / . : : : : : : : : : :/ l: : : :   |        魚雷を主力装備と位置づけ大々的に使用しようとする動きがでてきたわ
    ,  : : : : : : : : :/   ヽ: : : ‖
    | : : : : : : :/    , - l: : : l|        大艦を一撃で屠れる魚雷を大型艦にも装備し、積極的に
    l : :|: : ::ィ作ミ    彡作ハ: : l:|
     丶: :|: : ハ::ン      弋:ン |: : /_        使用して敵艦の漸減を図ろうとした人たちがいたの
      l: |: :|      l     l: :/丿
     /イ!: :|、   ___  /⌒!'⌒\       すでに計画された古鷹型には固定型魚雷発射管が12門備えられていたし、
        八: |::\     /、l | ⌒\\
      /: : ヽ{´ | >ー/⌒i八.ノ へ o \\    一万トン型巡洋艦でもその装備は当然と彼らは主張したわ
  //  : : :/ \\/⌒! | く    \  ) )
  / { : : :{: :ヽ  / `|__ノー'   \  //^)

509名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:16:00 ID:tI5MM47s

         /                } \       しかし、当時(大正年代)において日本の魚雷は
        /              ,ィ    ヽ
       ,               / v   l      まだそれほどの高性能を獲得していなかったわ
       ,'            /   V   |
       l          /       l   |      当時使用された61センチ(大正)八年式魚雷では
       l         ,fニ二   二y  ,
      !   | |    / 牝リ   牝リl  /      信頼性も低く、雷速・射程とも後年の酸素魚雷の
         .  :| |     / `¨´   、`¨ j /
        l   :| | !  /           / /       それに遠く及ばなかったの
      、__,ノ  :/ j: ;l  |    (二フ /: /
     >: : :/   !/ハ |> .   /l:l :/        だから酸素魚雷である大威力の九三式魚雷が登場して
     /: : /   j: :| ヽ|  /:l`:T \j/
   , =ニ´ {    、 :!   /`゙l: : : :   l          初めて海軍は魚雷戦の大規模な強化が出来たのよ
  /   l ゝ {  l\ゝ __ |ノ}: :  ノ\

510名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:17:00 ID:tI5MM47s

    /      /  l            ヽ
   ,'    /    l            l         そして妙高型は後に魚雷発射管を上甲板に上げて
   ,    /   、__」_         |
   l     /ノ     - \        |         旋回式発射管に換装して被弾時の被害拡大を防いだの
   |    lィ=ミ ヽ   ィ=ミy         l
  !  l」ィリ     }イリ ハ     |:  /         私たちはつい後世の視点で見がちで、魚雷の不搭載を
    ヽ  :l´~´ }   `~´  l   |:  /
    l  |i   '          l  l:|:l: :l           不審に思うかもしれないけれど、当時としてはありえない
    | l|:ヘ  }Z つ    .ィ:|:  l:|:l: :、 _ ,
    lノハ: : \  ー   / l:l:|: : ハ|:ヽ: \ノ        選択ではなかったと思うわ
    / : : : |:ヘ. __/  j:l:|: /: :  \ \
   /   /: : :l{ \l   / j/l: : :    \ )

511名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:18:12 ID:tI5MM47s

            .  -―- 、
            .  ´       >-、 
         /        /   ハ
        /      . -‐ ァ     ハ         その証拠に、米国ではワシントン条約に基づいて
      '      /   〈      l
     l   ∠.  、__ l     l |         建造された条約型巡洋艦の雷装を撤廃もしくは
      l  ィ冬ミ   f冬ミl    ,'::::l
     l  /ヒノ    ヒ:ノ |     /:::/         後に撤去しているわ
     l | l   ,       |   :/:::/
     l | l.          |  /:::::{          つまり、米国は巡洋艦の砲力重視を明確にしたの
     レ! ::\ ヒっ     | :/::::::::廴_
       |:::/ ヽ _  イ | /.::/ :: \         そのような考えを持つ人が軍令部にもいて、やる夫の
       |/     ト-‐_´ |' /   :::::::ヽ
           ∠. __/l     :::::l       それと合致したというのが正しいと思うの
         /        \卜、 :::|!
        /           ヽ `v::ノi       はっきり言えば加藤軍令部次長のような人たちね
        |              }' |

512名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:20:00 ID:tI5MM47s

              . -――- 、
            /: : : : : : : : : : :ト、
           イ: : : : : : : : : : : : : l: :ヽ        一部の人々の主張やイメージと違って、やる夫は
           /   : : : : : : : : : : : : j: : :ヘ
        /. .       : : : :/|: :  ハ       それでも懸命に砲雷両立の要求に答えようとしたわ
         l : : : : : : : : . . .. ‐'´  l. . . . l:l
         | : : : : : : : : /      l : : : l:|       やる夫は大正12年4月6日付の「要目比較表」※では
         |: : : : : : :/ー-   -― l: : : :l:l
        l: : : : : : 代テ`    代テY: : :〃       一万トン型の兵装を20センチ砲10門、発射管12門としているの
         v: :l: : l^^         ^^l: : /'
         }: :l: ::l      l     l: /         これが4月17日調整の図面※※では発射管が8門に減ったわ
          レハ: l、      _    /レi
          ノ: :v|::\  ´   /::: :l          技術会議のわずか1ヵ月前ね
        /  : :l:::ノ >- イ::::: :ゝ \
        _/: : : : : :ヽ     l|: : l: : :`T゙`        おそらく砲術関係者の後押しに支えられる形で発射管を
     / {: ::{: ::::::ト-ゝ、 , -!:ノ:: : l: ノ\
      /   ゝ::t: :::::| \  . ヘー|::: :ノ´   ',       砲力優先と居住区の確保のため8門に抑えたというわけね
     |    l `丶:{_ / ー Y:::ノ   |  |
     |     V   l {  ー―}´l     |  |       「above all 用兵上」というやる夫の言葉の意味がこれで分かるでしょ?
    〈     |l   い  ー‐i |     |  〉
    |      |  / /   [_ノ  丶  / |
    |      |  / /   丿 \ /  / |

※平賀アーカイブ目録「1万t軽巡洋艦関係」表題「要目比較表 12.4.6」
※※同上目録「1万t軽巡洋艦関係」表題「壱万噸軽巡大体図」

513名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:21:00 ID:tI5MM47s

    イ     {ミソ-‐=ニ ー 、
     レ{.r‐-〃´ ̄/⌒  、 ハ  , ヘ            なるほどね……
        。/  //l  ,、  ∨}三} └‐┐
       / l| /レーl  hV  l/! }   __ しi        どんなものでも評価する際には
         N"`ヽ\| `V | | {_/ -‐┴=ぅ
         l └-、__"`ソ/ ゚l} | rァァ'"´       「その当時の視点」を忘れちゃいけないわけだ
          r\__ イ     」二l/
     rr=ァ=テ{〈 \ハ 寸=、     !  |          戦艦の代用として砲戦を行うのなら、必ずしも
     |:|/ ヽ |:::|_,∨Vム く::l \   |  |
     「{  l !:::!  \| V }∨ `¨{  |          魚雷はいらないって話になるわけだね
    / ` ノ」:::| \  \l/...)-、_`  |
   /  /|V:::/ :::::::丶、l/: {     ̄          まあ、これも一万トンって枠がはめられたための
  〈 ーくi__:|_ゞ{   ::::::::::゚ |
   \  \  ヽ     ,  |                難しい選択だよね

514名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:22:03 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 偶然ではあるが、これからやる夫にとって不利な状況が続く。                             │
│ まずやる夫を庇護してきた加藤軍令部次長が六月一日付けで職を退き、第二艦隊司令長官に転出した。   │
│ やる夫を守る防護壁のひとつだった加藤の転出は、陰謀に弾みをつけることになる。              ...│
└──────────────────────────────────────────────┘

     ____
   /__.))ノヽ         ワシもずっとお前の面倒を見てやりたいが、
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ          第二艦隊を育てるのも大きな仕事やからのう……
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /          後の事は今度転任してくる艦政本部長の安保清種※に任せてある
   ノ `ー―i´
  ̄ ヽ___。__/ ̄ヽ         あいつはワシと徳太郎の同期や
   ,ィ -っ、    ヽ
 / 、__う    i  |       あんじょうお前の力になってくれるやろう
   /      |  |

515名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:23:01 ID:tI5MM47s

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \         残念ですお……
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |       一緒に一万トン巡洋艦の建造に携わりたかったですお……
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ        ともあれ、おめでとうですお……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

※安保清種(あぼ きよかず、1870年11月8日 - 1948年6月8日) 最終階級:海軍大将。男爵。
海軍兵学校18期で加藤寛治・平賀徳太郎と同期。日露戦争時「三笠」砲術長。日露戦争後より軍政畑を歩み、
軍令部次長・艦政本部長などを務める。1927年海軍大将に就任。1930年には濱口内閣で海軍大臣となった。

516名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:24:01 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────┐
│ さらにとどめを刺すように、これまでやる夫を絶妙に生かしてきた第四部長山本開蔵が   .│
│ 八月十三日付けでその任を退いた。                                 .│
│ 軍縮で人員整理を行った山本は、自らをその身に加えたのだ。                 .│
└──────────────────────────────────────┘

     /            \|   _,-─         ヽ
   /"         _,,_    i /,,、、_       ヽ,
  /"        /"  ` \ .i//    \       i       ……軍縮の人員整理を行い、
 ./        /          i  _, 、 、    \       i
../        /       ,;;--ミ 〆;;、  i     i       i      多くの人員を路頭に迷わせた身としては
.´        /     /    `′  i i、    i      i
          /     /"          | | ヽ    ゛,       i      いまさら職務に未練はない
       /    /           ! !. ヽ     ヽ     .i  
      /   ./     _     _.//    ヽ   ヽ    .i     しかし、気になるのは君のことだ
 `─¬´  ,,/"      (;;;)     (;// ,ゝ  ´  ヽ、,_ ヽ、_ i 
   `T─¬=======ミ、,_ 、    /./==o〒シ",ri i" ̄   i    私は本当は第四部長に君を推薦したかった
    ! (| !゛ヽ、て);;;≡/ヽ \   /"´,ゞ=)シ ./,iノ ./|  i   .i"
/  i ゛、 .!  !   ` ̄´    `   /       / .i´./ ||  |   |    君は造船少将に進級してもう一年になる
  i   ∨ ゛!             | 、    /, |ノ ii  .|   | 
  |   .i ,  ゛,           ,  ヽ==彡  .|   ii  |   i,    資格は十分だし実力もあるが、
  i   .i !i  .|゛,          /      ./  i  /!  i  .i/
  .i  .i ii   i;-iヽ      -─ -     ./i i i、 /ノ  .i   /    君に反感を持つものが多くいる今の状況では
   i  i ii  .i;;;;i. \     ─     ./ .| i .i::,)ヽ  ./ ./  
ヽ   ゛ヽii !.i .i、;;i    ヽ、       /   .! ! !/ i  / //     とても君を推すわけには行かなかった
 .ヽ  ,`ヽ ! i \     ゛ヽ 、 __,,/    .,i i i| /i / //   
;; :;;゛ヽ /   ヽiヽ `ヽ-,,_        _,,-"´ ii  !"  i //       残念だ……
.:;; .;;;..ヽ     ! `ヽ,,_  `゛-,,,   ,-"    ,,!-"    i//.    
 ;;; .;;;, ゛,       ``-,,_  .゛∨  _,,-" ̄     //.

517名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:25:00 ID:tI5MM47s

           ___
  *        /      \  ☆             大丈夫ですお、部長!!
  + ☆   /   ⌒  ⌒\     +
☆    ii ,、ノノ  (● ) (<)ヽ *            後任に内定した一期先任の鈴木圭二は現場畑で
*   / 彡^(´  ⌒(__人__)⌒:: |   キラッ☆
  *  /⌒ヽ     `ー'´   ノ +            大した実績もない男ですお!!
 +
    +                             これは自分を第四部長にするまでの

                                  ワンポイントリリーフに決まっていますお!!



               __,,,,_
             ,,-''" ̄     `゙ヽ
         /,,/´           ヽ
        / /               ヽ                  そうか、君はそう思っているのか……
       /     __,,,,__              ヽ
      r''~゙ヽ/´   `ヽ、            ヽ
      f  ,,-、' ̄ii\    ヽ.             ヽ
       {  i   丿  \   \、,--、        ヽ              だといいがな……
      i  i     o  __,,ゝ、,,__フ.ゝi.         ヽ
      |  |._O_   -て《__ノ´| .|/ }    ヽ    ヽ
       //-=ミヽ     '´  ,| .|,,ノ      ヽ    ヽ
      ´  .| ヽ¬        | .|`! ヽ      ii   i. ヽ
        |  i \         | .! ヘ ヽ        ii   i  ii
        |   iヽ  --     ,| ii/  ヽ丶,-'''┐  i    i  i
          |  i `ヽ、   , .'" | i/  ,-''´:::;;;;;;;;;;;ゝ,,_i,-、  i  i
          |  | i `゙ ´ii   /´,,-''゙:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'-i,_ ノ
        !  | ヽ,,/´:;;i__/´::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ ''-,,,
        ヽ 丶   .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

518名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:26:05 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────┐
│ 八月十三日、山本と入れ替わりに鈴木造船少将が第四部に着任した。   .│
└────────────────────────────────┘

           /  {     // ` ー-、 ∧
        l 、 _ゝ、 /    ヽ  V lヘ
        |/ /    ̄      _   V}ハ
        l {         /, ‐-\V〈 }                   あー、私が
         lハ    、  {  // _ ィ〉 |/ /
         ヽ } /ヽ __  -‐' />'′ }_/                    このたび第四部長に就任した
          〈ム ̄ 二´ハ    '´   /!
          ヽヽ ==' l        |                     鈴木圭二だ
           〈\ ´ 」l  〉  _ イ ハ
                }/` ー-、´-‐'__'ノ / } \                  みんなよろしくな!!
             / , --、___, | ̄     l /  l ̄\
       _,/  --、  \ / -´ ̄  l /    l    l ̄\_
   __/./    -、\ _ハ、__//    l     l      ̄\__
  /    /       __  \〉  \  /    l    l
  |    l      /_〉  /l    /´`ヽ    l    |       /
  l    l    _.イ__/ l   /    \  /    l        /
 |   /´\   l   |   l  /      /\l|     l     /
  !  /\  \.∧  l     ∨\    /  /     l    /
  | ,'   \  `/  l    l  \___/  /     }     l
  l /     \ /ヘ  l   / l  /  \ ∧     /    l

鈴木圭二(1875年1月13日−1930年9月29日) 最終階級:海軍造船中将
東大工大造船学科卒。明治三十七年造船監督官として英国出張。
舞鶴工廠造船部長、横須賀工廠造船部長を経て艦本第四部長に就任。



       ____
     /      \
   / ─    ─ \       ……まったく、この男は絵に描いたような中間管理職だお……
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

519名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:27:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────┐
│ 第四部長交代から四日後の八月十七日、ワシントン条約を締結した各国の批准書が   │
│ ワシントンに送られ、いよいよ条約を実施する段階に入った。                  │
│ 廃棄艦の兵装撤去は六ヶ月以内、海没・スクラップ化は十八ヶ月以内である。       ..│
└──────────────────────────────────────┘

          /  ̄⌒>¬
     /⌒ ̄|    / / ̄⌒\_         今こそ最後の気力を振り絞る時だ……
    「\   ヽ   |  )     ∧_
   く  \   |     |    /  >      八八艦隊の未成艦だけではない、
   ノ\  \  |     /   / _>
   L   、、   \   /    〟,/       私が日本海海戦で参謀長として指揮した諸艦も
    <ヘ≪ ⌒~~~`ヽw,・´~~~⌒ /へ>
    <ニ/      ((  /     |ヘ>       記念艦となる戦艦「三笠」を除いて
    <ヘ| =====| (( /===== ノヘ>
     (δ| 〟==ヽ   ==, ノζ)       そのほとんどがスクラップになるか補助艦になるかだ……
      (|ヨ       |      ┌/ノ
      (ヨ |   < |  ,    /_/         しかし私はそれを作業に遺漏のないように
       ヽ   / \_/ ヽ  /
       /|\ |ー――一| /|ヽ          指示せねばいかんのだ……
      ||\\ヽ、    //| λ
      / \\\__// / ヽ
___一|   \  ̄ ̄ ̄ ̄_/  ヽ_
~~     \   ー--、,-一  /    ̄ ̄
        \    ||    /

520名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:28:00 ID:tI5MM47s

          ___
          |    |
          |    |              ┌─────────────────────────┐
          |    |              │ 七月上旬から病床にあった加藤友三郎は、         │
          |    |              │                                   .....│
       ,,,.   |    | ,'"';,     ..       │ その気力を振り絞って作業に遺漏がないよう指示した。  │
     、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、   .....     │                                   .....│
      ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙      ...   │ そしてまるで彼が葬った諸艦の先導をするかのように  . . .│
      ‖  `i二二二!´ ‖            │                                   .....│
      昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌.           │ 八月二十四日、首相在任のまま大腸ガンの悪化で   ......│
     | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|. . .       │                                   .....│
     |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|           │ 青山南町の私邸で臨終を迎えた。享年六二歳。     .....│
     |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|           └─────────────────────────┘
  ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
    |  |:::  |: :    : : |::   |  |
    |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
  _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

521名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:29:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 友三郎逝去の翌日、やる夫が断固として計画変更を拒否していた10,000トン型巡洋艦「妙高」の ......│
│ 建造訓令が、やる夫の原案通り横須賀工廠に下った。                          ....│
└──────────────────────────────────────────┘

                      ┃        \l/
                      ┃          | =|~i-┐
                 _||_       A|-lニi==l__
               \  _|| _/゙゙ヽ  |x|Eェ|=l===l,
                \|||ヾ==ヽlliニ \|ニi≡iiコ ::|
          ━lニニil|ニニ((Yニ≫=i ≫=iE;[ニ二|・・・l  lニニニlァ━
        ━lニニ||[二二V三i二二i三i二二| ─ ━lニニYニニlニニニlァ━     ___,,,,、。、
   l'''''' ̄ ̄ ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ =>  /"
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜‐''""⌒'''┴〜〜〜

522名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:29:59 ID:tI5MM47s

..      ____
     / ―  -\        ……「妙高」がやる夫の原案通りに建造されることになったのは
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \      きっと亡くなられた加藤総理か退官した山本元部長の口ぞえのおかげだお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /      やる夫は感謝しなければいけないんだお
.   ノ         \
 /´            ヽ



         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o       そしてこれはムダに魚雷を積みたがる水雷屋共に
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |       やる夫が勝ったということなんだお!!
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く          これでやる夫の第四部長就任は間違いないんだお!!
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.       鈴木なんて所詮は繋ぎに過ぎない男なんだお!!
         ベシベシベシ

523名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:31:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────────────┐
│ ……もちろん「妙高」の建造訓令がやる夫の原案通りであったことは激怒する「水雷屋」や反平賀派を  │
│ 落胆させるどころか火に油を注いだのであった。                                  .│
│ 彼らはやる夫の知らぬところで密かに陰謀を練り上げていた。                          │
└────────────────────────────────────────────┘

┏━                       ━┓
┃|                          .|┃
┃|   ……どうだ、いけそうか?    ,    |┃
┃|                          .|┃
┗━                       ━┛

         l: :ハ:l  '}          jl ' ノ:.:.l/
       V `l  丶-     _, ´ 厂:/:/
              、  、=ァ''_´/  /イ:.:.|〈
            \ `ニ-   / ルW≧
             ヽj|lj;, ィ       l
              |        l
              /l     /    `丶、
              /  l     /       `丶、__
    ,. -‐    ̄ ー - 、   厶 -- ―          ̄

524名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:31:30 ID:tI5MM47s

                  ┏━                                             ━┓
                  ┃|  大丈夫、いけそうだ                                   |┃
                  ┃|                                                   |┃
                  ┃|  俺の計算なら中甲板の兵員居住区を潰せば、あと四基の魚雷発射管と  |┃
                  ┃|                                                   |┃
                  ┃|  魚雷格納庫が作れるぜ!!                             |┃
                  ┗━                                             ━┛
                  
                                     ヽ:.| ~             〃.}
                                        ハ    〉         ソ/
                                       l l    丶 ´_ -_‐7  rノ
                                        `ヘ  v_' ´ ‐ ,. - ´  ノ|!
                                        \   ̄ ̄-   ..::´: :|
                                          | ` 、__ , ..-': : : : |
                           _r──--、     ,.、-rノ    : : .    : . l\__
                        /´  ヽ,_   }-─ 、 ̄l   |          /´  \_
                      _/ ヽ    ヾ  |   丿  ヽ ヽ、_____ /   ,. -''"´  `` ー-
                     /  、   \ .:::}:_jr''"    〃\_       _../
                     |、   \   ):ノ:::::/    /     ̄ ̄ ̄ ̄   \

525名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:32:03 ID:tI5MM47s

┏━                                        ....━┓
┃|  よし、細かい計算は藤本にやらせればいい                 .. |┃
┃|                                              |┃
┃|  奴なら文句ひとつ言わずにうんと言うさ……               |┃
┃|                                              |┃
┃|  下っ端の水兵が乗り組んだ艦でどうなろうと知ったこっちゃない    |┃
┃|                                              |┃
┃|  ようは積んじまえばこっちの勝ちなんだよ!!            ......|┃
┗━                                        ....━┛

           ヾrヘ{      | ヽ`   〃^
          , イィヘ      、 〉   /し
         〈 く ∧ハ        ′   ∧`
  .        }   \ヽ ´ ̄元 ̄ / | \
          _」    r、\\ノ州 //  |  /\
     +‐' ´ 〈    |fハ `Y´ ̄<⌒ヽ/} / /
          ヽ   }い _」    \  `く/ / ̄\
             \ ヾ{   |     \   `く     >
            \  ┤       ヽ   \_ /
                 \_」              r〜′
                 |            /了
                んヘ、_,. -‐' _/
                     く___ ノ ̄

526名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:32:30 ID:tI5MM47s

                                    ┏━                       ━┓
                                    ┃|  後は平賀の始末だが……       .|┃
                                    ┃|                          ...|┃
                                    ┃|  まあ、それは別の同志に任せるか   |┃
                                    ┗━                       ━┛
                                    
                                         ∧./ l  ` " j       ´ ,'´lヽ〈
                                         / / 〈      ゝ丶      丶/ヾ、ヽ
                                         / fヽ.      _  ヽ、 |- ' 丶ヽリ
                                         ,' /iヽ` ',  / /, - `` ` ,ィ  i |ヽ j´
                                         l l | i ゝ-',  ´ ´  ,,,,,_,./ |リj/ ´
                                          l! ヽ! ハ ゝ-=,.'´`´ , '´ , -ヽ, - '´`丶、, ヘ
                                           ゝヽゝ‐|  wv '´, '´ /   , ' ´   \
                                             , -‐j ̄  ̄   /   , '´
                                         ,'  ̄/`<´      /__  '´

527名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:33:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────┐
│ 妙高の建造訓令が出てから一週間後の大正十二年(1923年)九月一日──── .....│
└────────────────────────────────────┘

|  やる夫は朝から第四部で計算を行っているんだお          |
|  残存主力艦の防御改正のための計算が必要なんだお……    |
\                                        /
   ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        O 。
        ____
      /      \
     /  ─-  -─\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /──( )─( )- \     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    |. u     (__人__)    | _________
   \  u..  ` ⌒´  ,/ .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
   ノ           \ . | | 機械式計算機 |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
. /´              .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
 |    l               .| |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、  .|_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二  _,| |  ||

528名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:34:00 ID:tI5MM47s

            _____
           /        ヽ
  チクタク     / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
          / /  ヽ |     ヽヽ
         | | 9   ○   .3 | |
         | |          ..||
          \\   6    //    チクタク
            | ├ ─┬─ ┤ |
            | │  │ . | |
            | │  │ . | |
   .. チクタク . . | │  │ . | |
            | │  │ 彡 | |
            | │  ○ . | |
            | │      .| |
            | └ ─── ┘│
            |.______.|



              .     _,,、、-‐‐‐‐- 、.,_     .
     ..       .._、-'' `    XII    .´''‐ ,_.  
            ._、‐`        ▲        ´'‐,
          .、 ` XI         ┃         .Ⅰ ^ _   
        ..、`              ┃               ´ , 
        .,`             ┃             ´_.
        ,` Ⅹ              ∧            .Ⅱ ',.. 
       .. ,′             ┃                  '.. 
     ....;                  ┃                   : 
     . .!                  ┃                 i
      l Ⅸ             ●              Ⅲ i        チ……
      .,                                ; 
      .'.                               ,′
      ´,                                ,'  
       .´_ Ⅷ                          Ⅳ _`  
         ^、                         、`  
          ' _                       _ `    
           ´-._ Ⅶ                Ⅴ 、‐`. 
             ´‐、,_                 _,、‐'` 
                ´''‐- 、、 Ⅵ  .、、-‐ ''`     .

529名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:35:02 ID:tI5MM47s

         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/
                       __ ____
                       __ ____
                    //   ̄  \\
                    //   ̄  \\
                   //--.--  -─\\               な、何が
                   //--.--  -─\\
                 //  (○ ○) ((○(○) \
                 //  (○ ○) ((○(○) \             起こったんだおおおおおお!!!!!
               .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
               .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
                   \\    ⌒Jjj` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
                   \\    ⌒Jjj` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
                  ノ         \\| | | |           ||
                  ノ         \\| | | |           ||
                /´                 | |          | |
                /´                 | |          | |
               |    l                | |          |||
               ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
               ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
                ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =
                ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =

530名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:36:13 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 午前11時58分32秒、神奈川県相模湾北西沖80kmを震源として発生したマグニチュード7.9の激震は、   .│
│ 東京・横浜・横須賀といった関東の主要都市を一度に貫いた。                        ......│
└────────────────────────────────────────────┘

      .ヽ  ...l .l       ,!   \   l三L  .r|    iゞ   .!  ./  ./ i′       ,./     ., -'''″
-、、     ヽ  " ヽ.      !     \  .!三l /│  ./    │ ./   ./ /       ./  _,、,/
  `''-..、   .!'、、  .\    /         ヽ.,!三三三} ,i、/     l‐l゙  ,ノン゛      ,,/,..-‐' /
、    `''、, .l  \   ヽ  │           l゙三三三| / . l′   ./ .! シ´       ./    /
. ゙''-、    .\.l   .`'-、.ヽ. !        /.三三三|/  .l    ,l lン゛      . /    /
   `''-、.   ..゙!、     ゙ゝゝ         /三三三三 !、  l   ./ | ."     . /     ./        ... -ー''',゙
      . l    ヽ      ト、、    /三三三三三 l. !!  ./ ;;l゙     .,,./       ./      , / _..-'"´
       .l    ヽ    ..l三゙''-、__/三三三三三三 ∨} / 三|   .,ン/'゙    .,/;∨  ー―ー'、,..-'″
        l     `-、   ヽ三三三三三三三三三三 テ三三| .,..‐゙/  . _..-'"三r'" ̄ ̄ ̄ ̄"
.、、         l.     .゙i..、  .ヽ三三三三三三三三三三三三 !‐"; / ._..-'''´三三/  __,、  __. ..,.. - ̄ ̄ ̄
  ゙'';;- ___l      ヽ`'-..,, ヽ三三三三三三三三三三三三 l゙‐'´三三三 iiン-‐''゙゙´三三三 ゙̄ii./ ″
¬ー-___--ー''''″    __⊥三三`ゝ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二=―---
.―- __、._..-''" ̄ ゙̄'、三iv.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二― ̄ ̄ ̄ ̄
    _.. ‐'″       ヽ;;;゙''-_二三三三三三三三三三三三三三三三三二-──--、_ー¬'''"゛   _____
_-'"゛            !三三三三三三三三三三三三三三三三三三`'-、 \ ___,゙ゝ、、  _..-'"゛
                   〉三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 \,i,二-‐'' ̄ン'"゛
 ̄――--___,゙'-、,、  ,/三三三三三三三三三三三三三三三三v-、三三三三三三三㍉、゙''ー ,,_
             `'ジ7"三三三_,,vi丶三三三/.i三三三三三三三三ヽ_ `|三三三三o三三三゙!ミ-/  .`\__、
      ._,, -'' /  ./ ;;.,r‐'''"゛ ./゙三三三/ .、 |三三三三三三三三三~ 三三三三\ .`゙'''ー-ゝ `'-、、 ‐. ̄ ̄
   _..-''´._ /   / ./   、 l三三三/  / .!三三三三三三三三____三三三三三l,_       `゙''''ー- ..
^'''" _ /    ./,./    .,/-l三三三/  _,!__/三三三三三三三三三゙'''ー、, `'''ー ..__三三゙'-、
._..-'"     ,/;i./ .ー ̄^゙'、.,..-''゙三-''7;i,゙_‐´ .,./ 三三三三三 ! ヽ三三三三三゙ゝ、__二ュ三三ヽ、
     ._.. -゙‐─^゙~゙''ー ../゙'''ク´   /三三゙'゙三三三三三三l′ |三三三三三三,____三三三、三三`'、
__‐''"            /     l三三三三三三 /.l三三ヽ .!三三三三 |     ̄ !.、 `'''ーxy..ミll― .__
               /     l丶;.,./ 三-、三/  .l三三三三、三三三|      .| .!     `'-,,ヽ、
                /     ./ /  / ゛  ..l′   .l三三三./ \三三|      .| .|       `'ヽ、
_,,.. -‐''''^゙ ̄ー―┐       ,/'"  /      l,    .ー!'、.;;ノ    `''''、;;.!     │.ヽ            `'-、、
        / /      ,/    ./       .,イ     .! \         ゙' li      ヽr'"'、,
     ,/゛ .`./     /     ./       / .!     .!   ヽ       .ヽ      ヽ  .|'-

531名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:37:00 ID:tI5MM47s

            ,r - ‐
           / (
           |  ヽ       _ ___,,、     ./|
          ,へヽ  ゛'- ‐ ' " ´    ヽ   ./  !
        /  \            ヽ/   .l      /l
   _,、 - ‐ ' ゜                  ヽ  /     //
 /- ‐ ‐ ' /                   l∠--― ' " ゜ /          だ、大丈夫ですか主任!!
      /゛   /   ________,、 ヽ               / .//
     ./   ./ //     \ l     ., 、  ー--- 、// ./
     i ././ / /--------∠ヽ }  \/ .}      ゜"゜ /
    .l ./  i / ! /.. '\、 .( / U ゞi  ! |ヽ l    /⌒丶、          お怪我はないですか!?
    |/  .|./ l/ .i ヽ'゜ i   ゜' ‐ '.レ  / .lヽヽ   /      ゜' ー 、
    .|    l  } .〈   く      .| ./ //|/  (  / ⌒ヽ      〉
          リ 丶、 _ ,、 -、  .l ./|/ . i.⌒ ヽ゜' "  , - ‐ ' ゛    〉
          /  ヽ、 i______〉 .| / /  丶   ヽ  /  ___ , -‐   〉
         ./    丶   /.!/ ./、   \  /  / /     〉ー
         /   _   ゜‐ イ゜  ./  \   ゜"(  /ヽ/  ./  /l
        ./, r‐'"゜ ゛'、 /.{゜'"゜ヽ     \   .゜' " /  ./  / /
            \ ! ヽ、 .!    ヽ  _ _ , - ‐ ' "7  .(  ./、 /-‐'‐-- 、
             ヽ,   )     |/      /゜ー "‘ "



       ,, ───_
    /:::://::´ ̄:::::::`\
    /:::::://::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       うう……事務所がめちゃくちゃだわ……
.   /::::::/::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::i
   |::::::/::::::::::///:/:::::|:::::||::::||       天井の電灯は揺れる、書棚は倒れる、
   |:::::|:::|:::i:::|`ーレ |::::_ト,_||::」j
.   |::(|::|:::|::| -─   ─ /:|        机も椅子も動いてしまってぐちゃぐちゃ
   |:::::::ヘ::N |  |   | |j:::i
.   |::::::::::ト\\rー, |ノ:::/         あの重たい機械式計算機が床に落ちるなんて……
    vNw::i ヽー⊂⊃ヾ/
      /´\  {\ー、          主任、大丈夫ですか〜
   /::´: :\ \ ) ヽー\
.  / ⌒ ヽ ̄<´⌒`rf´ ̄ヽ ヽ
  {    }: : : >、 ノ-\⌒/ ヽ
  |     |: : :ヽ/」  ー: :ヽ_ヽ_

532名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:38:00 ID:tI5MM47s

                   ___
                  /     \                 落ち着けっ、みんな落ち着くんだお!!
            /ノ   \   \
  、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、     まずは被害報告!!
  | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
 と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ    速やかに各部署の被害をまとめるんだお
    ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'
            │              │             負傷したものがいればすぐに救助!!
         │             │
          │             │             とにかく状況を把握するんだお!!
          │                │

533名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:39:00 ID:tI5MM47s

      _」/     /  _     ゝ      l     \
     |_」      / / f.:ノ    l \     ヽ      \
     「 _」     _/イ ゚ _ノ     |   \__  \__ -‐ ⌒tー'      な、なんてことだ……
    |  lハ   ー  j  ̄              ト-く |   l    \
    ヽ  ーヘ ノー、                   l    |  l           こんな状況ではとても
       \ └、l ゚ }!         -ァー、       l    |   l
        ヽ  ヾ ´|       /// \ 〉  |   |    l          仕事どころじゃない!!
        l   、└、_´    //  _//   /     !   l
        /}   `ト、 r  /´ //      /    |    l          帰宅の許可を出すから、
      _/ ヽ     \ ̄\_//       /、    |     l-――
    /  |     \__ノ l ̄`L イ /     / l     ∨   l         速やかに帰りたまえ!!
    |  ヽ        /    \     /\` ー― 〈/ ̄「´ヽ
  /     \       /   / ̄ ` ̄ ̄ l   \   r/    |  \
./          丶 _ イ   /   / ̄ ̄ \   \ l|   .人

534名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:40:00 ID:tI5MM47s

        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \               そうしますお!!
    /o゚((●)) ((●))゚o \
    |    (__人__)    |              子供たちが心配なんだお!!
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、        謙一!!
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、  をノ        道!!
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)          重孝!!
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙           父さんが今行くお!!
       | "''ヾ!|     .|
          |    i|   .|
        |   /| , il |

535名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:41:01 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────┐
│帰宅の許可は下りたが、交通機関はことごとく止まり徒歩で行くしかなかった。      │
│街中は倒壊した家屋や倒れた電柱、ひび割れた地面などがそこらじゅうにあり、    .│
│やる夫はしばしば足を止めることになった。                          .│
│そしてさらに、昼時で昼食の準備中の家が多かったこともあり、そこから失火して     │
│方々で火の手が上がっていた。                                 .│
└────────────────────────────────────┘

                                           、Х
                                        〈`
                                          /\
                                         //.:::.:.::〉    ま、街が廃墟だらけなんだお!!
                             i!i||!!      〉へ::.:/ヌ/〉
                              i!i!:;:;!i!|    /'个y´ ̄Lム、   自宅は無事なのかお!?
                          !i!|i|!i   i|!i|!|i!:.'.;| [] . :::.ヒ!
           _             i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,, . : : : :ロ.::|   急ぐんだお!!
              /:/\          i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!| :.:.::.:.::.:|
        ┌个┐| | .:_|___.     !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i![]::.:.::.:|
        | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r!i|    / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|:.:.:..::|
        | └┴┬i::::|==========|:i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i: : : :|
        |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r!!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|:::.|. ┌::、     /〉
   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : :!i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !:i:..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
 _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!ム、|  || _r─
//\| ::::ト、__ : : :||_'//、п‖::.:!i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢i!ii!!  .|、 i、       ,i  /  !i!i!冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|ー|__!」====l|_く>‐┴─|i|l|
.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!  i!iii;;;;;  |          |  !i! '                 ルヘ:

536名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:42:05 ID:tI5MM47s

┌──────────┐
│  平賀家  自宅   .│
└──────────┘


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ,/                      ヽ
    /                  ./\   ヽ
   r ''´ ~`ー、          //\\   ヽ
 r´       ミ>、_____//   \\__ヽ
.ぃ       ミミΣ.     // l ̄l ̄l \\ |
 <;::     ミミミシ.    //   l_l_l   \\
  `wv,i;、vi;w'´    //             \\
     |;;!;;li;;r'.        ̄  |            |  ̄
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l| |  .[llllllllllllエllllllllllll]   |.|| ̄ ̄l ̄
 ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄| ̄|| |  | ̄ ̄ l  ̄ ̄|   .|.|| ̄l ̄ ̄l
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄「 ゙|_||_,,|  |     l     |   ,|」|l ̄ ̄l ̄
l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄| |  |     l     |   ,| .! ̄l ̄ ̄l
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l| |_,,|___l___|__,| .!l ̄ ̄l ̄
l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄|                | ̄l ̄ ̄l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

537名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:43:01 ID:tI5MM47s

  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \           み、みんな!!
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.          無事だったかお!!
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ



、´ , l::::::::::|ヽ::::|||`゛|‐ 、::::|||`、::::::::::::::::::::::::::::::/::,::::::::|::::::::::::::i|
||`´/|:::::::::| ヽ::|,|==-、::゛┼、 l_::::::::,::::::::::::::::::/:::l::::::::|:::::::::::::::||
||||/::|::::::::| -r" / 0 , 、l`,:|t、 lT、:::::::::::::::::::/|:::l::::::,::|::::::::::::::, l-
/::/|::::::::|  l l (::)、l |`′  ||`,:::::::/:::::/ |::/::::/:::::::::::,-´
:/:/ |::::::::|  ヽ.ヾ、___,/       ′l:::/l::×、l:/:::::/::::::::, ′
'::/ .|::::::::|   >‐- 、       |/_|/_  /|:::/::::::::/  よ  父
:/ |:::::::::|                '/,‐rT //l:::::::,/   
ヘ |:::::::::|             、 lU /,| /:::/:::/l..   く   様
|||l |:::::::::|             ノ 、`‐' ' /:::/〆:/:|    
ー/:::::::||−、      ,-==-,  ` ‐ ハ '':::::×||    ご   ・
||l:::::::::::|||||||l     /-、  /    /::|ヽ::_,.-┘        ・
||l::::::::::::||||||ヘ   (   `/    /:::::| ヽ:::::`T‐、   無  ..・
|||i::::::::::::||||||l    ヽ /    ./ |:::::| ヽ:::::::ヽ`、
||||l:::::::::::||||||||ヘ   ー`    , ‐l´l .|:::::| 丶::::::::ヽl.  事
||||||l::::::::::|||||||||l     , -‐'´ -‐、:`、|:::::|  ヽ::::::::ヽl
|||||||l::::::::::l||||||||`ー-‐'´||||||||||||||ヽ:::`::::ヘ  ヽ::::::::ヽl.. で
|||||||||:::::::::|_,-‐',l||l、\||||||||||||||||||ヽ:::::::::::l   ヽ:::l::::::|  ・
 ̄`、 |:::::::::|  /||||||\ヽ|||||||||||||||||ヽ::::::::::|   \l:::::| . ・

538名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:44:00 ID:tI5MM47s

           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\          か、カズ!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |        よかった、大丈夫だったかお!!
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ         子供たちは?
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l         子供たちはどうしたお!!
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'


                        ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
\人_从人__从_从人__从人_人从ノ/  ./                        ヽ
 >                 <  .(    お父さん!! よかったよ……   )
 >  お、お父さん!!    <    .)                        ノ
 >                 <   . ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
 >  無事でしたか!!    <       .l ヽ,,, -ー -', l
 >                 <      ./  @ o  @ ヽ         ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
/Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\  ...Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ        |  おとうたま…… .    |
     / ̄ ̄\              l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j        |                   |
   /:::::::  / ヽ            `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)         | こわかったです……  |
   /:::::::::  (○)(○)           リ::::::( ( >) (く)::(            乂_________/
  .|::::::u:::   (__人__)      .      ハ::::ハ 。゚ ,ーュ。j) )            ___
  .|:::::::::::::   |r┬| |              Y ヽ    イ' y           /ノ  `ヽ\
  ヽ::::u:::::::   `ー'./              / 'ヘ   j ̄ヽ          / ○   ○  \
  /::ヽ:::::::::::    ノ              /、  ヾ /    ヘ         |⊃||(_,、_,)||⊃ |
  /::::       く               il     Y   il          /⌒l   ヽ._)    ィ’
  |:::::        \              l ヾ .._  i!  .. イl         /  /        ヽ
  |::::        ヽ、二⌒)          l j    i!    l l         |  l      Y  |

539名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:45:02 ID:tI5MM47s

 .::::.::::::i:|:.: 〉 |  |  | | , .:!  ,:′  ト、
 ::.::::.::::|:|::7 i |  ト、_|__,!ノ .:::|  /::   .,j!: |             子供たちはみんな揃ってます……
 :::.:::.::::|:|/ リ"´!二!二| ト、! /,イ  .:/ |:.:!
 ::.: ,イ心ト7 .:| 弋 (::。j`7 Vl/心、 .::/ j/              家の瓦はほとんど落ちてしまったけど、
 `7ゝ磷イ  :!  `"´     ヒソ}, イ /
 \ヽ、::::|   |        ′ ゞ'ノ イ                 家そのものは大丈夫ですわ……
   \:ヽ|   |      ‐-   ,! i|
     ヾリ  .iト、       ´   /|  |                 ただ、そこの風呂の煉瓦煙突が
    _」 .::||;:;\  _ _, イ   !  !
 , ィ´|;:;:;:| .::||;:;:;:;:;ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;\|  |                 崩れてしまって……
 ::/::::|;:;:;ノ  .::i;:;:;:;:;| |氷k;:;:;:;;:;:;:;:\ |
 /:::::::!;〈   `ヽ__,ノノヱ7;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;〉、 _ _ _ _           重孝が危うく下敷きになりかけたんです
 .:::::::::`7;ゝ--、__ _\;:;:;:;:;:;:;:;ノノ::::::| )ヽ:::::::::::::::\,r- 、
 .:::::::.:::::\;:;:;:/_, イ;:;:;:;:;:;:;:;7ゝz、,イ::::::|::::::::::::::::::::::ヽイ厂`つ
 :.:::::.:::::.::::::`7;:;:l:;<二 7;:;:;:;:;:;/:::::弋ニ二7iト、:::::::::::::::::::::::::〉6rノ
 :::.::::.:::.:::::,:イ;:;:;<_二リ;:;:;:;:;:;:ヽ:::::::ヽニ二>;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:./ ̄
 :::::::.::::::./:::|;:;:;:;:;Zニ7;:;:;:;:;;:;:;:;ト、:::::::Zニ7::厂 ̄ ̄

540名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:46:00 ID:tI5MM47s

                                  __,ノ
                                   ) . し、重孝それは本当かお!!
                                -=ニ
                                  ,)  よかったお、本当に無事でよかったお!!
                        ___     ⌒ヽ
                   __/_ ノ  ヽ、\     ノ-、
                . / ノ  ヽ_\) (<)゚o\     ⌒ヽ, -、/^ヽ「`′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
                /  ○   ○ \人__)   |
                | ⊂||(_,、_,)||⊂|⌒ ´  ./
    お、おとうたま…  ヽ(⌒) (_.ノ   ィ‘二 .イ
                  .√  .ヽ ̄ ̄, -‐ i´     
                  .|      i ̄  . |
                  .|      |     . |

┌─────────────────────────────┐
│ 妻や三人の子供たちは幸い怪我も泣く無事であった。       ......│
│ しかし、六歳の次男が危うく瓦礫の下敷きになりかけたと聞き、   .│
│ やる夫は思わず無茶苦茶に子供を抱きしめていた。         ..│
└─────────────────────────────┘

541名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:47:00 ID:tI5MM47s

┌────────────────────────────────────────┐
│ 後に「関東大震災」と呼ばれることになるこの大地震は、東京・横浜を焦土にしただけでなく   .│
│ 震源地に近い湘南地方に揺壊、火災、津波の三重苦を強いたのである。            ....│
│ この地震による死者・行方不明者は10万人を越し、それを一桁上回る人々が被災した。    .│
└────────────────────────────────────────┘

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ‖       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ‖‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c7/Desolution_of_Nihonbashi_and_Kanda_after_Kanto_Earthquake.jpg

542名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:48:00 ID:tI5MM47s

       , -―‐- 、
     /、   / ,≦\                ……というわけで、震源地に近い
    / , --、_/  `l ヽ
    lV     、___ Vハ              横須賀軍港地域も大きな被害を受けたという報告だ
    l{  __,    、._ _ V}
      ll /  _.ヘ   ゞ' ┘ レヘ             鎮守府施設全壊、工廠半壊、機関学校全焼、
     ヾー'ゞ' }   `  /l 〉〉
     〈ハ ` 〈.}  _、  u |り             海兵団施設大破など諸々の損害が出た
     ヽヘ.    ___    lイ
       ー1 ┴― 、〉ノ /l|              重油タンクには亀裂が入り、85,000トンの重油が流出した
        ト、  ̄`  / l}
        l | ト--- '/ ∧、             しかし、何よりも大きい被害は、空母改装のため
       /l\ l   //   〉\
     イ /  /\ ./}   /  l \         横須賀工廠で準備中だった巡洋戦艦「天城」だ
  /  / ,'  /}´ ̄`Y1  /   l  丶 _
/    l  | / l    l| /    |      \   船体が船台から落ちて歪んでしまったそうだよ
     |  V   〉ー-イ l/   /       l \

543名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:49:01 ID:tI5MM47s

┌───────────────────────────────────────┐
│ 工廠の船台で空母改装の準備中だった巡洋戦艦「天城」は、船体を支える支柱が外れて  .│
│ 艦尾が船台の左側に滑落、船体の軸線を完全に狂わせてしまったのだ。          ......│
│ もはや「天城」の進水は望むべくもなかった。                            ...│
└───────────────────────────────────────┘

           ((ゞ、
           il l\ゝ、                          (^)
           iU  \ゝ、-==-、                      -)}( -
           |     \γiロiヽ                      i|「
         . /\    ゞ:ゝiー:i/.                   ,--,‐=‐-,
        [=[====]    iXi><i                     ヾロヽ日/
                 iXi><i .                     I'''i亠l
                 iXi><i    .____________|,,,|l:l:l|______        
                 iXi><i   ..| | lニlニlニlニlニlニ|]ニニニl]==='| | |==l=l======l=l!|        
,ニニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', . | | ロ ロ ロ ロ lニニiニニiニニi ロ,|冊|IニニlIl==l //l|       
ll li|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi| | | lニニlニニlニニlニニlニニlニ| i|ヘヘニニニl=//l''|     (')ll 
ll ,l|'''|'''|'''|'''i|::l-‐l|'''|'''|'''|''i|::l-‐|l'''|'''|'''|'''i| |  | lI ̄l ̄l ̄l ̄l ̄| l!ニlニlニl! |'l'l'|l'ヘヘ≡lEl//l'''''|円円円円ll'____
. ____________                                     ___,,,,。 
.,|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄ ̄ ̄ : ~  |   
   l゚,,ケヽ--,:         : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゙゙゙゙゙゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ノ 
    ̄     ̄ ̄∩゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙∩゙゙`゙゙゙゙゙"'''''''''''''∩'''''''''''''''''''''''''''''∩'''''''''''''''''''''''''''''∩'''''''''''''''''''''''''''∩''''''''″
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

544名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:50:00 ID:tI5MM47s

         ____
       /     \          そうですかお……
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \       海に浮かべることも出来ないなんて、
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /       あまりにも無念ですお……
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 「天城」は解体と決まり、廃棄する予定であった神戸川崎造船所の戦艦「加賀」が代艦とされた。  ..│
└──────────────────────────────────────────┘

545名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:51:00 ID:tI5MM47s

┌─────────────┐
│ 震災から数日後────   .│
└─────────────┘

    ..      ____
         / ―  -\
    .  . /  (●)  (●)                カズ、謙一と道を連れて
       .|     (__人__) ヽ
       |      ` ⌒´   .|               少し出かけてくるお
        \ イ斗┴r┐` .; /
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、             ……正直言って、帝都が焼け野原になるなんて
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_            こんな事は二度とないだろうから、
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,         ぜひともあの子たちに現場を見せておきたいんだお
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

546名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:52:00 ID:tI5MM47s

  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」               ……どうぞ父様のご随意に
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |               お気をつけて
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j



                   r 、.     ,、
    / ̄ ̄\          l ヽ,,, -ー -', l          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  ⌒  ⌒\        /  @ o  @ ヽ       <   お母様、
  /   (⌒) (⌒)ヽ      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ       |
 .|    (__人__) |      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j       |   いってきま〜す
 .|      `⌒´  |      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)       \________
 ヽ         /      リ::::::( ( ⌒) (⌒::(
 / ヽ       ノヽ      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
/           ヾ       Y ヽ    ̄イ' y

547名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:53:00 ID:tI5MM47s

┌────────┐
│ 東京帝国大学   │
└────────┘
                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄

548名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:54:00 ID:tI5MM47s

                   .,,-''"    \
                 ._,-'"        \    ┌───────────────────────────┐
                 /\           \ ..│ やる夫は当時東京帝国大学工学部の教授を兼任していた。  │
           __   //\\           \│                                       .│
          /|[]::::::|_ / \/\\         /.│ そのために罹災した帝大を訪れたのだが、             .│
        ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //. │                                       .│
      |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/... │ その建物の三分の一は倒壊もしくは焼失していた。      .....│
    _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  ..└───────────────────────────┘
   / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/
     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/
      |  |:::「. / .\/\  /\ \/ /::::::::/
      |  |:::l //\ \/  \/\_, -― 、

549名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:55:06 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 帰路、やる夫はより被害の激しい下町方面に足を向けた。                        ...│
│ そこには焼死や圧死した被災者の遺体がいまだ処理しきれずに放置されたままになっていた。  ....│
└──────────────────────────────────────────┘

     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)         (;:゚o;(:)ヽ〜
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。 -;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_Α  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ〜 ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)〜 (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)

550名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:56:00 ID:tI5MM47s

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 急造の焼き場では、積み上げた死体に石油をかけて焼く様も見られた。                 .│
│ 隅田川では川に飛び込んだ後死んだ遺体が折り重なるように浮かび、体内の腐敗ガスで      ..│
│ パンパンに膨らんでいたのである。                                        │
└──────────────────────────────────────────┘

::::::::::......                  ....................................................      .........::::
:::::::::::::::::::::::..........................:.                       ...............:::::::::::::::::::
 /~ \..............     :.  .................:::::::::::...........   :. ............:::::::::::::::::::::::__ノ
__ .........::::::::::::::::::::::::::..........`ヽ.    .            :.   .............:::::::__/彡
 \     ヽ:::::::::/~   ̄ ̄)   :..-ー::::::::::..................`ヽ.    .ニ、ー'~
   ミ、     \::::::........  , ´   ノ::::...............:::::::;;;;;;;;;;ーー')   :   :.
 ゝ   ト、    λ-ーー (   ( (     ノミ~~~   −, ´   ノ ......_:.__:::::::::::::
 λ  ヽ ~''ー  λ............ヽ.  、ヽ::::::/彡      (   ( (     `ヽ.    .
               __:  } )         =ヽ.  、ヽ=====三:)   :
         __=-―'~ ̄    . ' ´    _  ............. :  } )    , ´   ノ
ー、,,,_∠~ ̄~\__...... .......   (:(         ̄~−ー== . ' ´    (   ( (
           :'':';:;'"'"       _,,、=〜         (:(  ̄''=っ  ヽ.  、ヽ
            :; ∧∧_=<~    ::'○ヾ  ..............::::::::::::::ノミ   :  } )
ーi、,,,,__wwjklwjklw (,,゚ω゚)二   ゝ:::::::::::...............               . ' ´
 ̄  / / ̄/ニlーiニトーi-,.;;:。;:;;::、;;        ∩∩''          (:(
    ̄           ̄. ,.,;:; :'::'○/ ̄"'`',:⊂/ /`::'jlwjiwjjilwi
          ∧ ∧               (。ω。 )二⊃ニヽー-、,,_
        (  ,,゚)    ∧∧                     ∠ニiー- ::∧ ∧:;
        [=  弋   イー、)                         ⊂(゚ω゚; )
        .|  | /   /  ,へ

551読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 22:56:11 ID:kTvJq5lw
帝都が焼け野原ねぇ
二十数年後に似た光景が現出するとは思わなかったろうな…
平賀自身その光景を見ることはなかったけどもし見てたら何を思ったんだろうな

552名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:57:00 ID:tI5MM47s

     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ         お、お父さん、なんですかこれは!!
   /:::::::::o゚((○)(○))゚o
  .|::::::u:::   (__人__)        ひどい臭いがするし、
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./        まるで地獄の絵草子ですよ!!
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)



       r 、.       ,、
       l ヽ,,, -ー ー-', l
       /   @  o @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...、 : : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ::::::ノ  ヘ:::::::::)       …………
      リ::::::(::ノ \  ノ :::(
.      ハ::::ハ ( ●) (●):) )
        Y ヽ __ ⌒ イ' y
          ,(  マ 〆 `)
         ./  ゝ ノゝ_ノヽ
         i   ノ Y i   )
         `ー ´  i! `ー'

┌────────────────────────────────────────┐
│ この惨状に気の優しい長男は目をつぶったが、やる夫がこの子が男だったらと思う長女は    │
│ まじろぎもせず地獄絵と対峙した。                                   .....│
└────────────────────────────────────────┘

553名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:58:02 ID:tI5MM47s

          、-'""""''''=='、,_          , r''''""'ヽ、、,,,_         ,、-‐
        /          `'‐ 、       i' ヘ i⌒、____ 、\ _,,,、 ,、- '´-‐-,
        r'          ミ''- 、_ ヽ、   ,,i'´i , |i    \' `i,  `!r'''(´ /~
     、=''´           ヾ、ヾ '、<r-'~ヾ, i '! "'   r‐'_""`yヾ!ヽヾ,r'´
    /       、、=_‐''''ミヾ`  ミミ`\ヽヽ. \|   /i'´  ̄ヽ〉 '"; } i   \      …………
   , '        ヽ; '7 , ;,、 、   ミ丶' 、ヽヽ ヽ、'、_. 〈. 人;,   \ ノ |  ‐+==
.   イ         ミ ! { {,'! ,ヽ      `ヾヽ / rヽ;‐`;;\     Yレヘ ‖
    |        ミミ、 丶''    ,   'i 、   } X´ ;;;;;''  ノ ノ}     i'''7´i +=
   ノ        `ヾミミ    ,   ゛ '  `   /´,, \  /ノ'ぅ |   ;.,'πヽ~"'''''''
 ;;;;'          \、、 r'!, t,,!` ,   ,,,,; /;;,,ー''"~フ''"フ'''f‐-;|    ;,'-=、,'_ ,,,;;;;
  ┐           `ヽ、 {:丶ヾ ' ___:;;;;/;;;'''' '´,  7 r'   |   ;;,'    `'''‐-
  -='_           ミミヽ_,,,、‐''";==ー‐‐'''''‐-'、,,,,,i、、{;;;;;;;;;;i  .;,'
   ̄っ、-‐、_            と´               |  ;,' ̄````'''''''=
"""""""""""`"゛ '''''''''''''''''''''''''''''''´-‐‐‐‐''''''''''''''''''''''''''''''''''''','r'~´   ,''''''''''''''''''''''''''''''
                          _,,,、,_    / ,、  ,  i
                         //  'χ';"'''-'7' , , ,'
                         ヾヽ.  } ( ;;,,, ノ///ノ
                          `''''""`~"" `~~ ̄



            ___
       /      \              (…………!?
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \           あの子たち、やる夫たちのことを
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /           さっきからじっと見ているお
    ノ            \
  /´               ヽ          いったいどうしたんだお?)

554名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 22:59:00 ID:tI5MM47s

            __ , -------- 、__
         , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        / ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;\
       /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,;:::丶
      / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::ヽ         ……兄ちゃん、あの子らはちゃんと
      i゙:::;:::::||::::::ii:::::::::::||::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::゙ i
     i゙::::|;;;;| |;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|        運動靴履いてるのに
    . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
     .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|       何で私らは裸足なん?
     |;::::::::|,-----、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|
     `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/ 
     .   i ^~~~ー==--  ー'-+、     / ゙-、;;;;/
        {      ヽゝ          '-'~ノ
       λ   ''゙゙゙'''-''---、       /-'^
        ヽ,    ^~^         (
        /  `丶 、     , -   /^l
        |   /( ノ `''''''´~  __, - '  ゙i、
       {  / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,- '¨ }
       {/ /  ゙ー────'~   \|
       /               ヽ  \

555名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:00:02 ID:tI5MM47s

    |     |  |     |         |     |  |     |
     |     |  |    |         |     |  |    |      (…………そうか!!
    |       |  |    |         .|       |  |    |
      |     |  |     |          .|     |  |     |      あの子たちは命からがら逃げ出して
     |     |  |    |        |     |  |    |
     |     |  |    |        |     |  |    |      運動靴どころか履物もないんだお
      |ノ    、.|  .|   、|        |ノ    、.|  .|   、|
     ノ_____,ゝ ソ___ゝ         ノ_____,ゝ ソ___ゝ     だから子供たちの足元を……)
   _ノ゙ ̄⌒^⌒}  .{ ⌒^⌒}      _ノ゙ ̄⌒^⌒}  .{ ⌒^⌒}
  'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}    'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \        ……謙一、お金を渡しますからそこの行商人から
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |      草履を買ってきなさい
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ       今から三人ともそれに履き替えるんですお……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

556名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:01:07 ID:tI5MM47s

     }     /   j! |             l       /
     l    , l   j!/l             l        /.   ┌───────────────────────┐
     |   / |  ,.'/_.|             !      /    │ もし運動靴を草履に代えさせたような思いやりが   .│
     {   {_ ィ  j! ! |             ,'     /.     │                                  │
     l   | .! ., 'j!{. !           /      /      │ 仕事の場であったのなら、おそらく           ...│
     ヽ.  | j,'  j!j |          /       /.       │                                  │
       ヽ l/  ,ハ....l         /      /       │ やる夫はそれほど嫌われずに済み、さらに      ..│
     . ...::::V'   j! ! `l        /      /          │                                  │
    :., ィ´    j! ,ィ  {        /      / .          │ やる夫を放逐しようという動きもなかったであろう。   .│
   , イ/    , イノ  ` 、         _. <           │                                  │
    ハ,lf,ニニフ// ´ , 、   ` ┬─ ‐ イ´  `::.         │ だが、現実はそうではなかったのだ。         ....│
   {ヽt_, -彡'      `´   ..../    {l     ,:...          └───────────────────────┘
   ` = ´            {ヽ  ィ彡|! . .::: ::'
                  lト、V/ , iノj..:: ' ´
                   l{__ハ_jノ'//
                  ` =‐ ´

557名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:02:04 ID:tI5MM47s

          /            l   \
         /                l     ヽ
          /              :        ',
          /              l        l         ……こうしてやる夫の周りで動き出した
       ,              ∧        |
        l              /  v     |         小さなうねりは、やがて集まって大河となり
        |              /   V    l !
       l         / /      V   l|        やる夫を押し流そうとするわ
          l   |    //         . -∨  V
          .  ‖   k _       ィ行〒|  |         次回はやる夫を押し流そうとする陰謀と、
        ヽ  l|     |行〒`     ゞ斗'|  /
          \|   :|ゞ斗          l: ./          何も知らずにその流れの上に乗ってはしゃぐ
           l:.   :|       l    /: 小
           |:ハ  |      , − /: /: ト\        やる夫の姿を描くわ
           |' ∧ |> .._   ´ /V: /  |
          // ∧| _ 8 〉   ̄ 8 l:/:   |`>、       次回も引き続きよろしくね
          /l /   { l\8`  -‐8//   l|  /\
        /  {  l ヽ  8 −― 8 / _,/  /| /   l
         |   l \{  ト\8   8  ̄/  ///     |

558名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:03:16 ID:tI5MM47s

    r┘  \_ _, -―- 、_
   」_    _ノ      -、 丶---、      /⌒\
   ノ \__ノ. -――  /⌒\ー \ _rへく       \_, - 、
_/  //              |    ヽ   ]          l
    〃              |   \ }  」            \_,
    //          /   , ハ     Vー、」         \_ノ
    / |    / / /l   / / l      |  \          \     それじゃあ、次回もよろしく!!
   / l   /´ ̄/ /ノ/  //、|  /   l |:l   \_        | |
  ○ ∧ | ̄'´ _ /   /   j/l   l/|     ) ト、    /.ノ
 / |  l `ト| ーヒfテ  ̄   _  /   /  |     ノ-‐' j  /´       まったね〜〜〜〜〜
 |/   \_l  , ,     ,   ヒfテー/ /  j          ノ‐'´
      ∧          ' '∠ イノ  ○
    /マ 〈ヘ、r― 、       /ー'    /l
  /  |  \ \   ー―ぅ '´     {/
 ̄ |    \   \ノトr-‐<´
  l     \/ヘ.| |\



第4話  吹き始めた逆風  終わり

第5話  悪意と善意   へ続きます

559名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:04:02 ID:tI5MM47s

◎第4話「吹き始めた逆風」


平賀やる夫            海軍造船少将(第四部計画主任):やる夫(AA)

平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


田路坦                  艦本第四部員:ロック(Black Lagoon)


藤本喜久雄              艦本第四部員:できる夫(AA)


山本開蔵                艦政本部第四部長:牡羊座のムウ(聖闘士星矢)
加藤友三郎              海軍大臣:冬月コウゾウ(新世紀エヴァンゲリオン)
加藤寛治                海軍軍令部次長:星野仙一(実在人物)
末次信正                軍令部第一班長:岡田彰布(実在人物)
鈴木圭二                艦政本部第四部長:ブンビー(Yes!プリキュア5)

チャールズ・ヒューズ .       ワシントン会議議長:エレオノール(ゼロの使い魔)
アーサー・バルフォア        ワシントン会議英国全権:ウルリッヒ・ケスラー(銀河英雄伝説)

土本宇之助    ..          艦政本部の文官技師:ドモン・カッシュ(機動武闘伝Gガンダム)
艦本四部事務員          音無小鳥(THE IDOLM@STER)
田路の妻                エマ(エマ)
海軍兵科士官(砲熕部代表)  芝村舞(ガンパレードマーチ)
海軍兵科士官(水雷部代表)  カミナ(天元突破グレンラガン)
海軍兵科士官            ヴィラル(天元突破グレンラガン)
海軍技術士官            ホランド・ノヴァク(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ムーンドギー(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ヒルダ(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ハップ(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ストナー(交響詩篇エウレカセブン)
震災罹災者の子供        節子(火垂るの墓)


平賀謙一                やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀重孝                やる夫の次男:やる太(AA)
平賀 道                 やる夫の長女:できる子(AA)

560読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 23:04:17 ID:BhUGBXwE
乙でした

561読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 23:05:01 ID:fN7vYBCc
乙でした〜

562読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 23:07:09 ID:7u/wdhd6


563名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:07:14 ID:tI5MM47s
本日の投下は以上です。読んでくださった方、お疲れ様でした。

妙高型重巡の兵装をめぐるバトルに関しては異論もあろうかと思いますが、
自分が調べた限りの一つの結論として書かせていただきました。

次回投下は来月早々になると思います。
次回はやる夫の二度目の欧州遊来を描く予定です。
それではお休みなさいませ。

564読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 23:07:52 ID:kTvJq5lw
乙ですた

565名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/16(木) 23:08:17 ID:tI5MM47s
遊来じゃないな、外遊ですな。間違えた。

566読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/16(木) 23:18:01 ID:XfqZK7wE
乙でした〜

567名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/17(金) 00:00:28 ID:Rvh9H13c
>>432 画像URL修正。

┌──────────────────────────────────────┐
│ 大正十年(1921年)十一月十二日  ワシントン  メモリアル・コンチネンタル・ホール   │
└──────────────────────────────────────┘

                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r−−‐-−−‐-−−‐-−−‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ−、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ−、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8a/Memorial_Continental_Hall.JPG

569読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/17(金) 23:35:00 ID:XswZH7xI
自分も平賀の事は虫唾が走るほど嫌いだけれど、作者さんが何を書こうとそれは自由では?
根拠の無い平賀アンチな書き込みをしないで欲しい、というのが作者さんの希望なわけだし。

でも平賀が溶接技術開発にストップをかけたせいで、日本の潜水艦が脆くてかたっぱしから沈められたのは事実。
潜水艦乗りだった自分の曾爺さんが死んだのは、平賀のせいだとずっと思っている。

570読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/18(土) 00:42:17 ID:7vzeW.h.

妙高はともかく夕張はなぁ……

571安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 00:57:28 ID:tcoGzBZc
夕張は必要だっただろ
あの当時ではかなり革新的な艦だ
保守的な彼があのような艦を作ったことは必要だったからだよ

573安価スレ作者ちょっと屋上来いお:2012/02/23(木) 11:14:57 ID:Vtv0XSPo
夕張は実験艦でしょ?

574名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/02/28(火) 22:11:36 ID:wPfS2YJo
こんばんわ、生存報告です。

第5話は3月の第二週(来週)掲載できると思いますが、まだ予定は未定です。
決まりましたらすぐお知らせいたします。
今しばらくお待ちください。

57610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/02/29(水) 00:30:01 ID:gSTqg/eM
>>574
把握wktk待機。
変なの湧いてるみたいなので、早めに茶店に行った方がいいかもよ。

57810スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/02(金) 22:56:30 ID:IuuASscY
……>>1は本気で管理スレに一度相談した方が良いと思う。

57910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/03(土) 01:23:25 ID:QMPZxmKU
>>1さんは管理スレッドに相談すべきだと思う

58010スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/03(土) 01:51:36 ID:Y0i05c/Q
もう報告済みだから、あとは羊羹さんにお任せしてこの件は触らずに居ましょ

581名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/07(水) 22:38:51 ID:YXt5wB3U
現状は羊羹さん待ち。皆様今しばらくお待ちください。

582名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/11(日) 23:34:16 ID:AxnNIAAQ
これ以上皆様を待たせるわけにはいきませんので、第5話の投下に踏み切ります。

第5話の投下は3月14日(水)PM9:00より行う予定とします。
変更あるようでしたらまた再告知します。

以上よろしくお願いいたします。

58310スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/12(月) 07:30:11 ID:mNRIgzGI
いやいや、そんな歴史系で前の投下から1ヶ月くらい間が空くなんて全然普通っすから
そんな恐縮するもんでないし、むしろ月刊連載ペースなら早い方w もっと軽く考えて良いのよ?

なにはともあれ、はあくー

584名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 20:09:18 ID:QA2kpkK2
こんばんわです。予定通り本日21:00より投下開始します。

よろしくお願いします。

58510スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 20:54:20 ID:oSBSNdHc
wktkしながら紳士らしいスタイルで待っています!

586名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:07:46 ID:QA2kpkK2

                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l−
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)

587名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:08:20 ID:QA2kpkK2
本作を読むに当たっての注意事項

※基本は原作準拠ですが、文責は一切本作者にあります。
※テキストメイン、ギャグなし。
※遠藤昭禁止。平賀譲および福井静夫に対する個人的な中傷は厳に慎んで下さい。
※過剰な連投や他者に討論を吹っかけるようなことは止めましょう。
※作中に登場する艦艇に関しての欠陥に対する過剰な批判、無駄に膨らませた妄想、俺戦艦等々に類する
質問や主張に対しては作者は答えません。

588名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:09:02 ID:QA2kpkK2

                   /              \
                / /           ィ     l     皆さん、こんにちわ!!
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l     私は本作のナビゲーターを担当する
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l     東せつなです!!
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /      精一杯がんばりますので
   / //     . :/: : :{:r㌧、 ヽ >  /: /
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /         よろしくお願いします!!
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ 
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\

589名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:09:30 ID:QA2kpkK2

       r=彡    {三三7_ 〈:.   `   ―-、 }三三二]. .              /
       {´     :└=ァ'´   〈     \  \辷三广: :            /
       ゝ.     : : :/   l :|ハ 、   ト、|    \\{: : : .       .   {
        \  . : : : |    /ヘjミ∨\ |ート  |   \\: : : : : : : : : . . : : .ヽ\    同じくナビゲーターの
          } : : : : : V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、Vト-ヽlヽ: : : : : : : : : : : :l: .|ー`
          _,ノ /: : : : :∧:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|   ` | ⌒\: :ト、: : :}:|     桃園ラブです!!
         ̄ 〈: : :{: : :l|∧|     '   Vソ ノ r‐|/    ○   }ノ  } : レ′
           )'^}:ノ○ :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ′      |j       j/       みんな、この作品を見て
                  |j   ゝ、 ∨ /   /,--:r 、ァ
               _/´ /)ー'  //:::::::::ヽ.\                   幸せゲットするんだよ!!
              〈〈    / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
         _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
    _,. -‐='- ,>ァ--―'  礀  /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
 /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
/           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
        -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |

590名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:10:00 ID:QA2kpkK2

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html

591名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:11:29 ID:QA2kpkK2

        /: : : : : : : : : : : :/  l : : : : : l
        /: : : : : : : : : :/     l: : : : : :l
       , : : : : : : : : :/      l: : : : : :l          さて、関東大震災で帝都が壊滅的な
       |: : : : : : : : /         厶: : : : :|
       l: : : : : : : /≧ァt-  ー彳!テl: : : : l          打撃を受けたところまで前回は話したけど、
       ヽ: |: :|: : :l弋り`   -`  |: : : /
           |: :|: : :|       l    |: : /l_          やる夫に仕掛けられた陰謀はそんなことで
           |:/l: : :|      __    |: /l:ゝ \
          /' ハ: : :|ゝ.   ´ -   /|/: :ヽ.  \      止まるはずもなかったわ
           /\:|: :| {>  __// ノ: : : : }    〉
          / /: : : : ゝ\    /ノイ: : : ノ//゙}∠.._     陰謀は深く、そして陰湿に進行して行くの
       /   {: :{: : :\\ `ヽ //ノ: :/ l/ノ  l イ
        /    `` ー-=ゝ  ̄ } { } ̄  /    /      何も知らないやる夫は一人はしゃぎ続けるのよ
        /        〈   {{゚} }   /    }

592名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:12:02 ID:QA2kpkK2

  ゝ./           ノ} ]    >―-、 \
   / /          |⌒匕ノ ` /       ̄ ̄`ヽ
   ! /       : : : :| /l ヽ /     /       |
   V   / : : : : : : : :|:/: |:  /     |   /     ,'
    {   /:{ : /l⌒ ー ': : :|: : _」    /l /l :|    /
    \{  V: ハ: : : : : : : : !:/ | l   /  VーⅥ:   /      ……男の人って陰険だなぁ
        }ノ ヽ: : : : : :〇{ ハt. |  rーテ元|: /
             \: : : ハ入_` \l   、 {ソ /´
                Y^|/  }        {          やる夫さん、どうなっちゃうんだろう……
             l                〉
            r 〈_          _ _/
           /^ヽ \  /\    /
             /-、  \ \{,  >‐'
          /  \  \ |::ヽ
         /       \  \トハ
         /   _    l   ヽl:::ヽ
        //   \  ヽ   \::l

593名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:13:04 ID:QA2kpkK2

.



=========================================================================

                第一部    第5話   悪意と善意

=========================================================================




.

594名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:14:00 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 震災とは関係なく、反平賀派の勢力は第四部で、そしてそれ以外の場所で深く根を下ろしていった。    .│
│ かれらは親平賀である安保清種艦政本部長に執拗にやる夫の更迭を迫った。              ......│
│ 安保本部長は加藤寛治が艦隊に去った今、唯一最大のやる夫の庇護者だったのだ。           .│
└────────────────────────────────────────────┘

┏━                                          ━┓
┃|  安保本部長、別に我々は無理を言っているわけではありません     |┃
┃|                                             .|┃
┃|  ただ、しばらくの間平賀主任にはその地位を離れて欲しいと、 .     |┃
┃|                                             .|┃
┃|  そう言っているだけです                             |┃
┃|                                             ...|┃
┃|  出来ないことではないでしょう?                         .|┃
┗━                                          ━┛

             { >       ̄    ヽ 三气   /‐、      ヽム'{: : : : トィ‐、
               ', r‐ト{  〃个ー   ^ ‐      く` {      i: :、: 、:.Y⌒ヾ、/⌒ヽ
           ._≠"\   ∨L、 `゛`''―--- ァ  /ハY⌒ ̄`ヽ  」: : ヽ: :|  /⌒ヽ: :〉
   .ト―――――--::::::::::: ̄1  h ^ー'⌒ー-―'   / , ‐ト、_.   ,∨ー-: : :.i  i    〉≧
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、. ', L       ∨  ∧_/::::::::::::ヽ-': :ヽ‐: : : : ー-L_Yノ: :〈
     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \\二ニェ―z'  ,イ:::::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : .:\.: .: .: .: .: .: :i
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   \   -  ̄  / |:::::::::::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
        \::::::::::::::::::::::::::,‐1  i   ー --- '  ト、:::::::::::::::::::::::入: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
         >、:::::::::::::::∧   i         i  \::::::::::::::::ヽ--ヽ、: : : : : : :_ , .: : : : :,人
        /::::::::\::::::::::::∧   i        /   〉:::::::::::::::::::::::::::::ート、-:.、,_>―'/ \
    -r¬":::::::::::::::::::\:::::::::::\  \          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ー―― '

595名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:15:07 ID:QA2kpkK2

              , -‐ ':::二:::ー- 、
           /:::::::::::::}十{::::::::::::,
            /::::::::,:::::::::‐―::::、::::::::′
         |::::/ '´ ̄ ̄` \:::::i
         |</ -━   ━-\>!
            ,ハ|-r' 云ヽ-r' 云ヽ-|,ハ        …………
            | | `―‐'|`―‐' | |
         ヽ」   /ー‐ヘ   |_/
              ',   , -==- 、   ′
           l\    ̄   /|
          _|  ` ー― ´  |_
        , -‐''´__|` ー――‐‐ ´|__ `ー-  、
      ,  -‐'´ __,\::::::::::::::::::::::/__ `ー-  、     ┌───────────┐
     , r‐r ´| | |` ‐r―r ´| | |`‐r‐r 、     │ アボキヨカズ        ....│
      ! l l  | | |   lo l  | | |  l |  |     │ 安保清種艦政本部長   │
                               └───────────┘

*安保本部長に関しては本作>>515参照のこと。

596名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:16:00 ID:QA2kpkK2

┏━                                      ━┓
┃|  おい、安保本部長の反応はどうだった?                 |┃
┃|                                         ...|┃
┃|  これまでの陳情がだいぶ効いているだろう……             |┃
┗━                                      ━┛


     /ィ´  {. ヽ ソj'  `ー゙゙゙゙' j;;/  r'´zオ;;ッ、  /)
         } `メi       ノ'    i  `¨ー ' /,'
         { / i  ,ィ.       |     j
         レ  .ヽ ヽ、` 、    ノ      j'
         {    '.  ` 、 ` 、     /
          ヽ    '.   、` ー 、`_フ /
             ヽ   '.   `゙゙   /
            i    ' ,       /
            `i、   ` rー一'ヽ
             i ヽ、   |    ヽ、

                  ┏━                                            ━┓
                  ┃|  ああ、もう一押しでウンと言うのは間違いないな                ...|┃
                  ┃|                                                  |┃
                  ┃|  安保本部長さえ押し切ればもう障害はないぜ!!             ....|┃
                  ┗━                                            ━┛
                  
                                  〉. ,' l/                ̄     |/  , -‐
                                 / V 彡   _ ..    ――――‐        /ー‐-
                              ,,  ''  ,, - '' ‐ '''           ̄         {
                           「 ¨                               〉
                            ヽ   __                           /    /
                             \  ``           ノ    ヽ ミ、ー-   , -ー--― ''_ニ
                               }      ヽ. ̄ ¨ '' ‐´- ... _   ``  ``      ,, - '':.:.
                              〈 _ .. -―――ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::¨::'':::‐ - .../` ー- '' \:.:.:.:.
                              /         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`丶、  ヽ:.:.
                              i  ー--      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ヾ:.
                  `丶、         ,'    ̄ ̄        ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ';
                  ';::::::::::`丶 、     /               ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

597名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:17:34 ID:QA2kpkK2

            , -‐ ':::二:::ー- 、
         /:::::::::::::}十{::::::::::::,
          /::::::::,:::::::::‐―::::、::::::::′
       |::::/ '´ ̄ ̄` \:::::i          …………
       |</ -━   ━-\>!
        ,ハ|-r'/--ヽ-r'--ヽ-|,ハ           これまで私は加藤寛治や死んだ平賀徳太郎の顔を立てて
       | |U`―‐'|`―‐' | |
       ヽ」   /ー‐ヘ   |_/          やる夫計画主任をかばってきた
          ',   , -==- 、   ′
         l\    ̄   /|            しかし、ここまでやる夫主任と用兵側との間がこじれては
        _|  ` ー― ´  |_
    , -‐''´__|` ー――‐‐ ´|__ `ー-  、      双方を引き離し、冷却期間を置くより他にはないな……
    ,  -‐'´ __,\::::::::::::::::::::::/__ `ー-  、
   , r‐r ´| | |` ‐r―r ´| | |`‐r‐r 、
    ! l l  | | |   lo l  | | |  l |  |

┌────────────────────────────────────────────────┐
│ ここに至って安保本部長もついにやる夫をかばいきれなくなり、やる夫の異動を黙認することとなってしまった。 .....│
└────────────────────────────────────────────────┘

598名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:19:00 ID:QA2kpkK2

┏━                                       ━┓
┃|  おい!! 安保本部長がついに同意したぞ!!         ....|┃
┃|                                          ...|┃
┃|  これでやる夫のやつを堂々と放り出せるぜ!!           ..|┃
┗━                                       ━┛

       !      }              /   _,ノ: . : . : .
      ヽ     |:.            l:.   /  '!: . : . : .
       \   j:.            |:.   !   '、、: . : .
          ヽ  く__  - `           |    〉\: .
          ',     __,,. 、 -‐ ァ    丿  /  l
         /\  く´/__,. - '´    /  /
       /    ヘ    ー一   ,、-'"  /
     /       l\     ,. - "   /   /ヽ

                         ┏━                                      ━┓
                         ┃|  そいつぁ朗報だ!!                            |┃
                         ┃|                                         .|┃
                         ┃|  よし、じゃあ後はヤツを追い出すための大義名分作りだ    ..|┃
                         ┃|                                         .|┃
                         ┃|  何せ相手は「軍艦の神様」だ                       |┃
                         ┃|                                         ...|┃
                         ┃|  神様は神様成りに丁重に葬らないとな……             .|┃
                         ┗━                                      ━┛
                         
                                         {.|     |     イ)ハ}
                                             厶   ` ^    ケ「リ
                                          _ヽ <ニコ  /!⊥、
                                           「l|  _|\il||レイ_|「 |  |
                                         |‖/ >/⌒「_ / /  〈
                                          丿l|,レ′/  |/∠- '"´ ̄`丶、
                                      ,. ‐' ´  /   ′   \/           |
                                   /     / _     __|    i ,    |
                                   /  l.|  〈/〃 `ト-'" ̄_丿   l|     |\
                                   |   ||   VL_j-─ '´/     _l|      ト、
                                   |   |l       `|「 /    「 |     i |\

599名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:20:00 ID:QA2kpkK2

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 策謀の鍵を握る「水雷屋」たちが次に手を回したのは、当時海軍省人事局長に就任したばかりの    .│
│ 山梨勝之進海軍少将だった。                                           ..│
│ 山梨少将は「水雷屋」の出身であり、彼らの話を信じて鵜呑みにしてくれたのである。            ...│
└───────────────────────────────────────────┘

        /. : : : : : : : : : : : : : :\           ヽ
          | : : : : : : : : : : : : : : : : : :',       _   |
         |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ヽ_ノ   |
        l: : : : : : : : : : : : : : : : : :/             |       ……なるほど、
        |: : : : : : : : : : : : : : : :/           |
         |: : : : : : : : : :__-_z'ー__‐_‐-  、   |       平賀造船少将を海外出張へか
          |: :, -‐ ニ¨-∠    ⌒>、ヽ.,_  ̄`丶、 /
          ∨ニ/⌒ヽヽ./     「了iTヽY〒ノ /ニコ′       確かに彼ならば諸国の軍艦の建造状況を
 ̄ ¨ " '' ¬ ┤:::!l / ノ ′     ヽ二ノ 〉_」 〈Uフ/
`丶、 \ 、   | l i| 「      丶 ` ─ _ノ     ト- |         調べるのにうってつけの人物だな
   `ヽ、\ヽ | ゝ`ー、    i 、   ̄   , ヘ  ∨ |、   /l
      \ `丶、`'<⊥__l ヽ    _,レ-、_ >| \/::/     非常に面白い話だ
       \」厶`丶、:::::::::::::: ̄ ̄:: ̄:::::::::::; -、:::::`ー::'´::;:く
        \ `ヽ、| ` ー- ._:::::::::::::_:∠三7`i::、:::_/  \
             \_: : \    {  ̄ ̄ , -−- / イ      `、
           ヽ`丶、`::ー- 、     ´ ̄`rイ / ∨       〉
             \  `丶、/`丶、___ノ|: :/      /
                     `丶、 : :`ヽ、/: :|/      /
                       `ヽ、: :| : : |′    /

山梨勝之進(1877年7月26日 - 1967年12月17日)最終階級:海軍大将 
海軍兵学校第25期。海軍大学校甲種第5期。ワシントン軍縮会議全権随員。
その軍歴の大半を軍政部門で過ごす。
海軍次官としてロンドン軍縮会議の締結に奔走し、「艦隊派」と折り合いを悪くして間もなく予備役編入。
学習院長を長く務める。

600名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:21:07 ID:QA2kpkK2

     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、;、''´   ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   /.:.:.:;ィ'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j´       `ヾ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  /;;;ィ'''´ ノ.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          `ヾ:.:.:.:r'´ `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::
  '´     j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  /ー、        ヾ.:; 〃ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.::.:.:      ええ、
      j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.|  /           レ  yヽゝ  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:
     j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::{ /              r'   ,'ヾ;.:.:.:.:.:.:      色々とやりあうことはありましたが、
     j;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨,ャj'ラー ァ             ソ   ノ  ヾ.:.:.:.:.:
    j.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ.:.:.:.:.:.:.:人.:.:、'ヘj.  ,ノ               、_ノ   `ヾミ;;;;     平賀少将は確かに
.    j.:.:.:.:.:.:://.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ;、 `                !       ヾミ
.   j.:.:.:.:.:.:ノ ./;;イ.:.:.:.:.:ヘ::.:/  ソ                   |     ,, '''     すばらしい才能をお持ちです
   j.::.:.:/ ノ'  |.:.:.:.:.: ∨                    j ,,  '' ´
   j:.:/       |.::.:.::; /         , '`     _,,  ''´            その才能を伸ばしていただくために
  丿'       |:.:.:;' 丶、 `     , '  _,,  '' ´
            i;.:j     `j   , ' <´                       ここで海外に出張していただき
            ∨       `<     ヽ
                   _>、      \                    見聞を広げていただきたいのです
         _,,. -ー   ''´    ヽ     \
     _,,  ´              ヽ    ,, へ\                 それにあのお方も激務が続いていますし、
  ,,,; ´                    ゙ー ´     ヽ.ソ
 ー───────--、                /                 これも慰労のひとつですよ
               ヽ                /
                ヽ          /

601名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:22:01 ID:QA2kpkK2

        /. : : : : : : : : : : : : : :\           ヽ
          | : : : : : : : : : : : : : : : : : :',       _   |
         |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ヽ_ノ   |
        l: : : : : : : : : : : : : : : : : :/             |
        |: : : : : : : : : : : : : : : :/           |            いいだろう
         |: : : : : : : : : :__-_z'ー__‐_‐-  、   |
          |: :, -‐ ニ¨-∠    ⌒>、ヽ.,_  ̄`丶、 /
          ∨ニ/⌒ヽヽ./     「了iTヽY〒ノ /ニコ′            ではその話が通るように
 ̄ ¨ " '' ¬ ┤:::!l / ノ ′     ヽ二ノ 〉_」 〈Uフ/
`丶、 \ 、   | l i| 「      丶 ` ─ _ノ     ト- |
   `ヽ、\ヽ | ゝ`ー、    i 、   ̄   , ヘ  ∨ |、   /l          こちらからも持ちかけてみよう
      \ `丶、`'<⊥__l ヽ    _,レ-、_ >| \/::/
       \」厶`丶、:::::::::::::: ̄ ̄:: ̄:::::::::::; -、:::::`ー::'´::;:く
        \ `ヽ、| ` ー- ._:::::::::::::_:∠三7`i::、:::_/  \
             \_: : \    {  ̄ ̄ , -−- / イ      `、
           ヽ`丶、`::ー- 、     ´ ̄`rイ / ∨       〉
             \  `丶、/`丶、___ノ|: :/      /
                     `丶、 : :`ヽ、/: :|/      /
                       `ヽ、: :| : : |′    /

602名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:23:00 ID:QA2kpkK2

┌───────────────────────────────────┐
│ こうして総てのお膳立てが整い、大震災から一ヵ月後の大正十二年十月一日、 .....│
│ 一通の訓令が下された。                                  ...│
└───────────────────────────────────┘

               /-ァ'´  ` ーー '´ `ヾl
          /l\   lノl               l|
         / l  \ l jノ           l l|                 やる夫君、やる夫君!!
        /  l   \.ノ -‐-、 ヽ  / _, --、l}
       /   l       〉 ーfテァー 〈ーfテ ァ ノl                 ちょっときたまえ!!
      /    /ー   ̄ /   二´   i 二´ l/!
     /    {⌒ヽ   /トl       l     /´                 君にいい話が来てるんだ
    / _ -‐ァー'    / l |    └、_jノ   l
    /  \ l    /   |ハ { /二二二}  /                   これはとても光栄な話だよ!!
   /  />⌒ヽ   /ーァ{| ハ  `ニニニ´ ,イ、         _
  /   ̄  /⌒ヽ/  l/ヽ   l \___//! \___┌V´  \
ー|         | |  \       / |  l      |/ ̄ ̄  \
  | l      / /   l    \     / j   lー―、 / ̄`     |
ー1        {_ノ    l     >=<   |    l   / ̄`       l |\
 |       |       \    /    〉、 l    l  | 、       |  l
 入      ノ       \ /\   / ∨    l  ヽ_}       |  |

603名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:24:01 ID:QA2kpkK2

        / ̄ ̄ ̄\             あー、なんですかお部長?
      / _, 、_ \
     /  (●)  (●)  \          部長の仰る光栄な話なんて、
     |    (__人__)    |
     \    ` ⌒´    /          どうせ大したことじゃないんですだお?
     /              \



      /  / l    ` ー‐ '   Vl
      /  イ /           /ヘl|
      l// l  /\    l    /  ヾ          な、何を言っているんだ!!
      | / l /   \  ヽ l /- 、 〉
      ∨ /  ー'´   `ゝ-  イ    /          これは海軍大臣から届いた訓令だよ!!
      /\ } l  ゝ _ ゚ノ   | ゚ __ノ l
       | へヾ l         {_     l          やる夫君、君に長期の海外出張の
      ヽ ヘ \      _  〕   /
         \ L|   /-―-----┐ l           機会を与えようという話なんだよ
         ト」   /ー' ̄ ̄ ̄ イ /
         l \l {-く_, -―‐」 /            これはどう考えても光栄な話だよ!?
         |   \ー―‐'  ̄ ̄ イ
        _/\ l \    ̄ /|             さっさと読んでみたまえ!!
      /〈    \  \___/ ト、
   _/  ヽ    \   l   / |\___

604名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:25:01 ID:QA2kpkK2

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |          「────貴官、欧米各国出張中、
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____     主トシテ英国ニ在リテ欧州大戦中及ビソノ後ニ於ケル
       /              /ヽ__//
     /    おめでとう☆   /  /   /      列国海軍艦船建造一般ニ関スル事項ノ
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /       調査活動ニ従事スベシ。右訓令ス。
   /             /  /   /
 /             /    /   /                             海軍大臣  財部 彪」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /

605名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:26:00 ID:QA2kpkK2

    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    `――――――○――――――’          ほ、本当だお!!
゚ | ・  | .+o   ____* o。 |。|   *。 |
゚ |i    | +   /_ノ ' ヽ_\   | |!    |          確かに海外出張を命じる訓令だお!!
o。!    |! ゚o /(≡)   (≡)\   | * ゚ |
  。*゚  l ・/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ |o  ゚。・         今イギリスに行けば、
 *o゚ |! |     |r┬-|     |  + *|
| ・    o \      `ー'´     / *゚・ +||         英国が「陸奥」存続の代わりに建造を許可された
 |o   |・゚  >         |  *。*   |
* ゚  l|  /           |    | +|         条約型新戦艦の情報が手に入るかも
 |l + ゚o  /           | *゚・ ||  ・ |o
 o○ |   | 丶    ヽ  /  | *o|  *。        知れないんだお!!
・| + ゚ o /| /     | /   |  O *。|
 O。 | ( ∪  / ̄\∪  ノ。* 。   |          やる夫自身の設計にも役立つんだお!!
 o+ |!* \  /     |  ノ   |  *o|
 |・   | ゚・  )ノ     \ | o○ |!

606名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:27:09 ID:QA2kpkK2

          /       / \              入  ' ,
            /       /    `ヽ、 \\   ///  ヽ、',
        ///  /        `¨ー 、 __,.-'"     ', i
          / /  r'"   l                        l l
        i  ./ l    j                      l.l      あー、喜んでもらえたかな?
        l//  l   /                      ll
        .l   / l    ,. -‐、                 ヘ ',      それでは君は、本日付を持って
      r‐ 、',/  /  ,.-'"_,,.....、ヽ     ',      ,    / ,.、ヽi
      / _  ヽ、 / -'‐'"´   ヽ ヽ    ',     ,'   / /  ヾl      第四部計画主任の任を解かれる
    / / ヽ、 ヾl        _ヽヽ、    ヽ    ' //     /
    i  ノ \      弋ー---ニニヽ`¨ー、 j  i/'"-‐‐_,,.-'"/      来月の末には出発できるよう
    ヽ、   ノ  ',     ヾ、__(・)_ヽ`ヾ/  ,ノィ'"(・)¨´/ l
      ヽ ', \. ',         __,.-‐‐     i 二、 ̄     l       しっかりと準備を整えたまえ
        ', 'ー、 ',.ヽ                 l           l
        ',   \i ヽ                l       /       では、よろしく頼んだよ
        ヽ; __.l                   l、       /
          l   l    iー           __    ノ       /
 ¨ ー 、      l   l    ', ヽ、      ___''"´   ,,. - /
    ヽ.      l    l、      ヾ、 ̄ ̄` ¨ ー─‐/  /
 ____i ヽ、 __l    `ヽ      `ー--------'"  /
 ヽ   ヽ、ヽ ikl       ヽ、     ───--   /
  ',    ヽ、',l \     ',  \           /|
   ',     i }  \    ',   \         / ト,
   ;.    ,','.    \   ',    \      /  j ト- 、
   :    //.      \   ',     `ー──'"   / l ヽ `¨ー 、
   ;.   //.        \. ',        /   ./  l  ヽ、_  `¨ー 、

607名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:28:02 ID:QA2kpkK2

             ___
             /⌒  ⌒\         l⌒l          任せてくださいですお!!
         /( ⌒) .(⌒) \   _/  |
       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ (_  \         海外の知識をたっぷり吸収し、
       | ┬   |----|     | (_   |
        \|    `ー'´     / .(_    |         戻ってきた時にはよりすばらしい主力艦の
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
  -┼-  -┼、\ ┼-┼- ──,  ヽ|  |ヽ ム ヒ       図面を引けるようがんばりますお!!
  -┼- . / |   .|  J    /   | ̄| ̄ 月 ヒ
  α^ヽ ./  J   ヽ___   ヽ_  / | ノ \ ノ L_い

608名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:29:02 ID:QA2kpkK2

    /'      -―-、   /|   ,/
   /  し '´       ー' _」//
   _〕                    / /|               おめでとうございます平賀さん!!
  /    l/\         `¨´ /
  l /  レ彡ハ    ト、    ∠,                これは間違いなく第四部長就任へ向けての
  Vヘ.  Y }!丿lヘ  l|ノ   _/       r‐-、
   ヽ\.ノ   ,、 l  / | ヘ、マ\       〉 _ノ       布石ですよ!!
  {\ /l`┬く_ノ ! / j/  /  ⊥,-‐ァ―‐/ /
  7V フ|/∨ └、_j/\、 / / /  |   (__ ∧        それまでに一度花を持たせようという
  - ///|    ∧l  // /   /    \    l
   l/´ |   / |  ̄    // |     丶---' 〉       計らいに違いありません!!
  イ   \ /  丶 __/     |       ―v′
  ヾ_  ノ《    , -- 、    、     /   ',       本当によかったです!!
     |   \   /    \    \_,∧    丶
     `ヽ 丶  l      |    /    l      l
       ヽ ゝ .ヘ  ̄` ー/  -‐'    ヽ       ヽ

609名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:30:00 ID:QA2kpkK2

                , -=====メ、 ̄`ヽ
              /         ヽ\   \
             /               \\   ',
                /                ヽハ   ム      おめでとうございます主任!!
           /     |  |   代___    | l     l
           |   |  |  | /|  \`    | l     |      しばらく寂しくなってしまいますね……
           |   |  |  |__仏ィ==ム   トl    |
           |,イ  Y乂_rt、   '¨代:::|    |     |      でも、帰ってこられたら出世は間違いないですよ
             ト、  ヽf代::i     込ン|    |     |
              |   〉ゞ'’、    '''' |   /    /      気をつけて行ってきてくださいね!!
            _|_i_/∧''''  r‐ 1   |   /    /
           / __/ ム斗,   ゝン  /|  /!   /
              / / ,〈_,斗-‐'「≧一r1´ | /_|__,ィレ′
          /    'Yヽ,  | \_丿 |/    〉、
          |      |   刈_/,イ /   , <_,ム
          |    rソ厂 ̄ `Y^Y´`ヽ,__//     ',
        /{    | r'  ∠二i__人〉  |  〉′´ ̄`ヽハ
         |`ー‐一' | |    /r' U  / /´ , '´  ̄` ,'
        ゝ ,     〉ゝ==イi/|___/`Y /     /
        /   ̄> '  f´::::( ):::::::::::::::::::i:| ´ ,     /

610名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:31:00 ID:QA2kpkK2

      ____
     /\  /\         みんな、ありがとうだお!!
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\      やる夫は欧州で列強の軍艦の調査をして
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /      いろんなことを学んでくるお!!



         ____                                                \
       /::::::::::::::::::\                                                 \
     /::::−::::::::::::−:::\                                                 \
    / ( ○ ):::::( ○ ) \   …………                    みんな、やる夫の帰りを       \
   |    :::::::__´___:::::::   |
   \    ::::::::::::::::::::   /                             楽しみに待っていて欲しいお!! /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \                                                /
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |                                             /
                                                            /

611名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:32:00 ID:QA2kpkK2

           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |     、
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i    三__|__
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.     口 |
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !     ‐┬‐
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |     │田│
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l      ̄ ̄
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /      、 マ
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /      了 用
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /         '"`ー‐
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./        ,
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/             レ |
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人               ノ
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´

612名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:33:00 ID:QA2kpkK2

┌───────────────────────────────────────────┐
│ こうして、その裏に仕掛けられた陰謀など何一つ察することのないまま、やる夫は十一月二十二日  ..│
│ 横浜から日本郵船欧州航路の香取丸でロンドンへ旅立った。                        ..│
└───────────────────────────────────────────┘


             |
             |                ..:::::::::
             |              ...:::::::::          ...::::::::::    ...::::::        |
             ‖            .:::::::::::::         ....::::::::    ...:::::::      ..:::::::::: |
               ‖           r---i::::       _..:::::::     ...::::::::      ...:::::::::::  ‖
             ||            |___|         !__!:::::    i ̄ i:::::    r- -:::::::::   ‖
             ||            |   |       |  |     |ー-.|     |ー -|     ||
              ヒ            |   |       |  |     |  |      |  |      ||
              ||     _r-----i≡====≡ニニ≡≡=__,|_,r、_i_|__|,r=、_j_j_|__|_rュ_,、__||_
__i/_______||__    rt=ェェェェi-===ェ===ェ====ェ==========================ェェェェェェェェユ__
iー−−−−−−−−--`ー'゙-、__ノ _,_,_,_,_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'_,'=,'_= 三二ニ≡=-j
|  ♀                                                              r '´
.!                                                     ..  ....     .......  ヽ;;;;
.|     ;:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,、、,,-、;;.,.、、,,-、,-;-:;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..'';:;,;:;;',''';:
:::::~::"´``゛゜''';:;''ー '',:;-、,-、;;..、、,,;;;-:;_;_,、,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,''';',;,''';:;,;:;.,..,''';',''';:;,;:;.,..,'',''';';.,..,''';',''';:;,;:'';:;,;:;..,,,..,,,..,..,';:;,

613名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:34:00 ID:QA2kpkK2

                   - ―――― 、
               /         \                (……皆の言う通り
             /            ヽ               
                /  ´─丶  `ー−、   i               帰国したら第四部長の椅子が
            l  ( ⌒ )   ( ⌒ )    l              
                l   /  i  ヽ         iー 、            待っているに違いないお
               ∧  ゝ___人____ノ      ハ:.:.:.:.\          
       r===ミ /:.:∧.// ー‐         ' リ.:.:.:.:.:.:.ト、         英国で得た資料で、やる夫はもっと
    __トミ彡1:.:.:.:_,xくxく          イ 〃:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ー-....._     
 , <:.:.:.:.:.トミ彡1≦>''´:.,ハ> ――― ´  //:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶   すばらしい主力艦の図面を引くんだお)
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=彡´.:.:.:.:.:.:/  \        ノ/ /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

614名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:35:00 ID:QA2kpkK2

    /      /  l            ヽ
   ,'    /    l            l        ……こうしてやる夫は欧州へ旅立っていったわ
   ,    /   、__」_         |
   l     /ノ     - \        |        その裏に何があるのか気づきもしないでね
   |    lィ=ミ ヽ   ィ=ミy         l
  !  l」ィリ     }イリ ハ     |:  /         こう言っては何だけれども、
    ヽ  :l´~´ }   `~´  l   |:  /
    l  |i   '          l  l:|:l: :l          四十五歳の大人にしては、彼はあまりにも甘すぎたわ
    | l|:ヘ  }Z つ    .ィ:|:  l:|:l: :、 _ ,
    lノハ: : \  ー   / l:l:|: : ハ|:ヽ: \ノ       彼が一部で嫌われ者になっているのを自覚していなかったの
    / : : : |:ヘ. __/  j:l:|: /: :  \ \
   /   /: : :l{ \l   / j/l: : :    \ )

615名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:35:30 ID:QA2kpkK2

          , - 、  __   , -‐ 、
         /    \_    `> 、   |, -‐、
          /      \  - 、  ヽ/   |-、
          |  /|     ヽ  r7^/    '┴┴ -、      ……私は人を信用しないのなんて
         l  ; l  |    l  [ { {_         /
            \|ーへ|    |  /T  }        {_     いやだなぁ
            /ゞミ._  v   l |   /l /       、_ノ
         r―'  _ヒソ  |   j/_   | {        |      でも、大人の世界ってそういうものなのかなぁ……
       〉     ' '   l  /r |   〇 `7ー、 1   l/
       ト、     /イ ー' /   ハ ノjノ }ノ|  /
        l        ̄厂_  |/      l/
        ー― イ    イ´
              _」 -―┴ュ
          /l  . '´ ̄ _|
          /::l/ / -― \  ___
        /V´//      V´ ̄l ̄ヽ
       /:::::/ //         l |  l|  |

61610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 21:35:31 ID:oSBSNdHc
香取丸の煙突の数が三本多いwwww

617名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:36:00 ID:QA2kpkK2

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´     ┌───────────────────────┐
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|     ..│ やる夫の在外調査期間は約八ヶ月にわたった。    │
         \___ノ )`イギリス |        __ ,)  レ〜、   . │                                  │
                ,-´、_    ´つ   /~~~´           ..│ その間対象とした国はイギリス・スイス・フランス・  .....│
              ,,-〜〜`   ,,ノ   /              │                                  │
              ´〜〜〜〜、_ノ ,〜-´               . .│ イタリア・ドイツ・オーストリア・アメリカの七カ国、   ...│
                  、-、 ,,-ノ         ドイツ       .│                                  │
              |~~~~`ツ                         │ 対象地点は海軍工廠9、造船所26、製作所33、 ......│
              `ヽ,                       オーストリア  │                                  │
                ~ヽ    フランス                     │ 研究所5、学校7など80箇所以上に上った。      │
                 )                     .....│                                  │
     ,,、,,-、          |              スイス           │ 中でも調査の焦点は、英国の条約型新戦艦と   ......│
     |   `‐- 、,     ノ                       ,--,    │                                  │
     /      ~`〜〜´                  __     )  ヽ   │ 計画中の条約型巡洋艦であった。            .│
    /                  ,〜、__  _〜´ `丶   ヽ  `ヽ..└───────────────────────┘
   /                  |   `-´    _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \イタリア\  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )

618名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:36:59 ID:QA2kpkK2
>>616
AAに手がまわらなくてすまぬ……。

619名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:37:13 ID:QA2kpkK2

                                       i
                                       |
┌─────────────────────┐  ...∧
│ 洋上で大正十三年(1924年)の正月を迎えた  ..│   ノ..λ
│                              ..│ .../…λ
│ やる夫は、一月十一日にロンドンに到着した。  .│   .====、、
│                              ..│ ...|.|IIII|.|l
│ 彼はセント・ジェームズ公園に近いホテル      .│ ./∴∴ヾ、
│                              ..│ l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,
│ 「アン女王の館」"Queen Anne's Mansions"※を . │ _|I I I I I I_|;}、
│                              ..│.| |γ⌒ヽ| |ll|
│ 根城にして約一ヶ月情報収集に励んだ。    ....│.| |,.!、,__,ノ.| |ll|
└─────────────────────┘.i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi        i鄴鄴鄴鄴ill|
          I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    i鄴鄴鄴鄴ill|
i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;:_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|I鄴:冊:_鄴|鄴鄴鄴I鄴:冊:_鄴|-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii].,II.[iii],II[iii]_I鄴._冊_.鄴|鄴鄴鄴.I鄴:冊:_鄴IIIllliiiiiii||iニニ[.二二二二]:|;./ | ̄|
| Ⅱ || ∩ || Ⅱ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |//_|_|__
|_Ⅱ_||_Ⅱ_||_Ⅱ_||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | | //i| (Д゚ )
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而___!_|ΠΠΠ|__!_而___!_|__,;:--ー--------- //i|/ 〈 <V>〉
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//i|/  ノ__:__|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;l::::!   ;."::: .''.//i|/     U U
 ..     ;' :., ':゙    :" .. "..:' ''.     .;, .'  :;.. ..,//i|/
  ゙゙   ;:'  . ::     :  ..  ;::  ... . .'''     ,:':; .//i|/
::::... . . ....:: ..::   ... ;; :: :.... ,     ""   ,;.:; //i|/
     ,;:;;::::; .;.  .'' . ;;:. :...,,:;; .:''         ;'::.//i|/
     ;:  ;:     ;:   ;:              //i|/
     '   '      '   '           //i|/

※クイーン・アンズ・マンション:1873年に建築された14階建て、高さ40メートルのホテル&マンション。
バッキンガム宮殿を見下ろす位置にあったため、ビクトリア女王が不快感を示し
このためロンドンでは1894年に高さ80フィートの建築制限が掛けられることになる。
1973年解体。
ttp://mercuriuspoliticus.files.wordpress.com/2009/08/queen-annes-mansions.jpg

620名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:38:00 ID:QA2kpkK2

┌─────────────────────────────────────────┐
│ ロンドン入りしたやる夫をいち早く迎えたのは、海軍退官後に三菱造船ロンドン駐在員となった   │
│ 田路坦であった。                                               ....│
└─────────────────────────────────────────┘

          _..ノ:イ:::::::/::::::::::::::::.::.:::i    `ミ::::::::::::::::::::::.:}|
.          /::::::/ ::::::::/:|:::::::l:::|     ミ:::::::::::::::::__人_
.       _人_  /::::::/:::::|:::/ーヤ|:::l:::! ー─‐‐ .ミ:::::::::::::::: `Y´           お久しぶりです平賀先生!!
.      ^Y^ ./:::/!::!:::|:/ _|∧八|   ___  `Y:::::::::/  |
         //  |:从:{' '⌒ヾ      ´ ̄`ヾ  j:.〃⌒;              先生がロンドンにこられたので
        ′   iハハ       ,         !/ r' ノ
            i  ! i               _, /     \/        私は大変喜んでいます
                '.   ,____      ,r‐<.       /\
                       V ̄ 丿   /                   平賀先生がロンドンにおられる間、
                   ヽ、 −   . イ.|
     _人_         __,介 ... <___j____      ◇         私が秘書役を務めますよ!!
    ^Y^         }`¬ノハ    /       {
     ___      入  V//}    ′       ノ
    /!     ̄ ̄ ̄   〉 マ¨7  /    __,厶==  ¨¨  ̄  ≧、
   r‐f l             ‘.   /   ̄_/          /⌒ \

621名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:39:00 ID:QA2kpkK2

         ____
        /      \             元気そうで何よりだお、田路君……
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l        しかし、秘書だなんてそんな自分の仕事を
     |  u   (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /        放り出すようなことはしなくていいお、ハハハ……
                   

┌─────────────────────────────────────────┐
│ しかし田路はこの後、やる夫がロンドン滞在中陰日なたとなってやる夫に協力することになる。 ....│
└─────────────────────────────────────────┘

622名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:40:02 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────────────────────┐
│ ロンドンでやる夫がまず訪ねたのは、イギリスの日本大使館であった。          │
│ そこに駐在する駐在武官に、英国の新型艦の情報収集を依頼するためである。    .│
└────────────────────────────────────┘


        ____
      /      \              ……というわけで、やる夫が欲しているのは
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \           英国の条約型新戦艦と条約型巡洋艦の情報だお
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ          もちろんやる夫も正面から当たってみるけど、
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \       ここはひとつ情報入手に協力して欲しいんだお
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}               お願いするお、豊田武官!!
           L;;;;」

623名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:41:03 ID:QA2kpkK2

                 ,イ _' 二ィ ̄:::二ニ - 、
            、  }、v/ 〃:::::::ノ:∠_::::::::::::::::ミ
            _ヾY V:::/:::/::∠:::::<r‐. :' " ̄:ヽ           ……難しい注文ですねぇ?
           `≧ヽ::::::::_厶 -   ̄ヽ`: : : : : : : : :i
              `ヾT           ′: : : : : : : :|
                |_,   ==‐- 、   ヽ: :_r- 、 : |          しかし出来ないこともないでしょう
                 f㍉   f゙ ̄ヽ_,. -‐ヘ{ fう 〉:|
                y'^ト--ヘ_,ノ       レ/: :!
                / イ             「 ヽ:|           まあ何とか手を回してみますか
             / /ノ__ -           /   v、
             ′/   `ー-一'    / i  /  l
         _ r‐く /     `T 、、   /   l/   |        せいぜい期待しておいてください
       _ノ  ヽ ヽ      ヾ 込. ィ   _/    , ヘ、
       /   \  | |/⌒> , ィ  ̄∠L>r'      /    > 、
.   _ /  ト、 | / レ‐´ / ノ:://.:.:.:八     /  _ - '::::::::::::\
  / ィT!  r _」ノし'ノ   ,ぐ// く_.:/  }  ∠ -‐':::::::::::::::::::::::::::::>、
 /   ||   厂 // / /:://.:.:/    j/:::::::::::::_;:: -─    ̄   \
  _ r,ィ  ィ‐r‐'   / ̄ 7:::〃.:.:.:./    /:::::::::::/
    ji |  /. . |  ∠ _,/::::イ.:.:.:.:./ _/:::::::::::/        -─   ̄
  ヾ〃 | / . . |/    /:::/ L_ :_√ /::::::::::/        /    _
     レ′. . 仁二二7::/    /::::::::::/        /  ∠二二

豊田貞次郎(1885年8月7日 - 1961年11月21日)最終階級:海軍大将
海兵33期首席卒業。海大首席卒業。第一次世界大戦時に船団護衛のためオーストラリアに派遣された経験がある。
エリート士官として長く海外に駐在する。この当時は中佐でイギリス大使館附武官。
帰国後は航空本部長・艦政本部長など軍事技術に関する仕事に多数関わる。
海軍次官を務めた後に予備役に入り大臣職を歴任。終戦後は鉄鋼開発に力を尽くす。

624名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:42:00 ID:QA2kpkK2

     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\          さて、裏のほうに手を回したら今度は表だお
  /   ─ヽ  .─   \
  |   (●)  (●)   .|         田路君、早速甘えてしまうけど、
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././          このメモに書いた人たちにアポイントメントを取って欲しいんだお
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン             いずれもやる夫の恩師か旧友だお

625名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:43:00 ID:QA2kpkK2

            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.`、            お安い御用です
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /イ/: :/ : : : : : : : : : : : : : : :.: :. : : : : : : : : : : i           すぐ掛かりましょう
          / /: :/: : : :/: :/: /{: : :/ ̄ ̄ ̄ヽ : : : : : : : :|
          i: :/|: : :/|: /: / .|: :/          ',: : : : : : :.j           ……なるほど、錚々たる面々ですね
          !/ |: / |/メ、 .|:/         ',: : : : : ./
.             !/.r|   _ヽ |!      __,,,  i: /ハ〉            元造船本部長のダインコート、
              ヽl  V.ソメ、    ´二_    l/ハ/
              !       i    V.:ソノ    )ノ/             造船工学の権威アットウッド、
              '.    ノ          ,rイ
              ∧   〈          /:∧              これも腕利きの造船官グッドオール……
           _ ノ.:/⌒ヽ 、 _ __,    , イ/ ハ.:.`ヽ
      ,  .:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ヽ  ト、  /  _ ̄)    l.:.:.',.:.:.:.:.`丶、        さすが平賀先生です
     /.:.:.:::::::::::::::::::::/.:.:.::l   l >'  '´  ̄ )    l.:.:.:.',.:.:.:::::::::::.:.:`丶、
   /.:.:::::::::::::::::::::::::::l.:.::::::ノ  /     , イ )   l.:.:.:.:.:i.:.:.:::::::::::::::::/::.:.:`丶、
  /.:.:.::::::::::::::::::::::\.:::l.::::::::i          イ:/ヽ /l.:.:.:.:.:.l.:.:.::::::::::::::/.:.:::::::::::::.:i
  l.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ|.:.::::::ト、        ノ   / l.:.:、/.:.:.::::::::::::/.:.:::::::::::::::::::l
  l.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::|.:.::::::l.:ノ        /|   / l.:.:.: ̄|.:.:.::::::::/.::::::::::::::::::::::::l

626名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:44:00 ID:QA2kpkK2

┌───────────────────────────┐
│ こうしてやる夫は英国留学時代の恩師や旧友と再会した。    .│
│ 彼らはやる夫のことを温かく受け入れてくれた。        ......│
└───────────────────────────┘

                _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
                >     ゆ っ く り し て い っ て ね !!   <
                ^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^^^Y^Y^Y

       _,;::---ー────---、            ___、_              ,,、-''''""´ ̄ ̄`゙`''-:、
    _,;-''~              ゙┐     ,,:ニ-ニ"~      ゙`''ーッ、_       ,r''"            `:、
  ,-'"    ,;:-----;;__  i | l l | l | i }.  ,,r'" '"  Z,,_;r''" =ニ `マツ  ゙:、.    ,f"     、 ミ、、 ミ、   `:、
../     /      ゙''ー-ニ;;;ヒニ-トム  ,i      _,,ニ-ー   ,/ニミ_   ゙:、. ,{′ト:、ミ__  )  ヽヽ、  ヽ   `:、
/''..    (   ,;-"         lミ}  |,i'",rf"  ''" ,'   ,,r'"   ゙''i;,  ゙i |,',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N ,ッ  ヽ、ミ ゙i
       ,〕  ",二..,,,_    、   .:lミ|. .|!レ' '',r'',,ri'レ",:rイィ,/"      ゙iヾ | ノ.}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ.  ヾ ミl
        i'  ィ-ー-:::ニ;;;-;,,,.)  _,;;};l . |'゙ r{/ ,リレ'"リ ,l!'        },ヽ| {l,;ニ=-ニ、 ,,;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i l
 ,/゙⌒ヽ、.;i'   ;;-;=ニモテ=   <モjニヲ  | ,{ニ二≡=-:,,,__ ,,ii,,,::::::-=≡ミ、 | |  ゙l -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 レ
 i l r )  l,  i  `''' ̄,ノ .:.. ヽ~:ニ{  ,}ー|   ーモ;テー i;  i''",i''モ;ァッ `::;f-v'  }  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ,l 〈 l }
 l. x {   ヾ ゙i,     ,::::::::  ヽ .|   { ;''{,.    ̄ .ク:::| ::::.`  ̄ ::::;リ、 }   . |,  ,/   、       ,:'' ゙" ノ ノ ノ
  ヽ、`ヵ   ゙  '    ,,,,;:t-=≡ミノ ,|  .゙l i゙i,       | ;;:::.     ::l'r',リ   ゙i   ゙-、 ''゙ \    '  , _,/ f′
、  ,}ーli       ノ"彡ノ 川 リヽ| .   ゙ヽ,_ト、    ,ヘ__.ニ-ヘ   .::ィ',r"    ゙i,  ,=====,,_      /ヽ ii;{
. ソ"  .゙ li    ''´==─"~~~~゙'=}      l,゙l;    ___,,,,,___..  :::;レ'|     ゙i,  ー----      ,イ  ハ, |
 |      li,       ""ー'''" /       ゙''ト、   ー===-   ;/ト;'        i,         / ,/   |,;ノ
=キ      ゙'li.  、      ;i' ,l        .f゙ヽ\        / ,,ノ^i        ゙:、_     _,、-''" ;/    トミ、
゙ ー-ニ=;;;-:::::,,,,,,,__ ゙ゝ、,,,___'_,,;:!        ,i i゙ヽ、_ミ:、_    ,,:::'ニ-ニ,イl!      ,=ラ._`'''''''''" ___,,,..ニ-ー'''_二、 ゙i
ノ/ 〃 `゙''''ー--ニニ≡=---:y彡}      _,j ゙iヾ  `ンミ''';'''ii'';ニ-=:"   リ:|、_     ,',/゙''-ニ:=y'''二ニ-ー='''''""  ヽ、L
,/ 〃       ,r'"三二ヾi |:ff'_,,ry-ーニ"-'ミゝミ,、_,ノr⌒i,} | {'/⌒l,}ミ-ソ>へニ;ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      )
:-:;,,,_      〔_わ   )}l | ! l:、i ,l_ ̄-ーニ"へミヽベ:、 | | .|: ノム-ニ ィ"---ー { (   ノl ,l' |  {       _,,-",r゙
     ダインコート(講師)            アットウッド(講師)         グッドオール(学友)

627名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:45:03 ID:QA2kpkK2

        ,r'" .:. :.: .: .: .:. :. :.い  l 1l , ;  l l;:;:;:;;l;!
          /. - ‐‐ ヲ;:;:;;;;;;;;;;:;;:.: .j  i i レ' ノ ノノ;:ィⅣ
       /.:.:.: .:.:./       ̄ ``"""""゙´   `ヾミ{
       ,′.:.:;;;:;;j!      .:. :. :. :.: .: .:. :.      ミj!      ……まったく、
      j!.:;:;:;;;;;;;;;j!  :     .: .:. :. :. :. :.: .:     ミj!
      j!;:;:;;;;;;;;;;;1 ,:  ,、、、、,, `ヽ. :. :.: , :'     N      ろくに英語も喋れずにおろおろしていた
      l;:;:;;;;;;;;;;;;1   ィイ彡-‐-ミ;ヽイ ', , ,. -‐ ニミヽリ
      l:;:;;;;;;;;;;;;/   -  二・_ン'`¨:; .ぐに・ニ   ハ      あの小僧っ子がこんなに立派になりおって
        V/⌒ヾ!i  "´.:.:.""~ '´ ,'  `ト、ニ´.:.:.   リ
        リ ハ リ ',              i      ,!
       l い〉  '          ,.ィ  !     ,′      年は取りたくないものだのぉ!!
       ヽヽ(          ,r'´≧;;_,;;人     ,′
        ト、 ヽ        ,r' ィイ彡亥ミミヽ  !
        ヾ1 !       ィイ彡彡ノ ヾミミ;;、   |
           l ぃ       (( _ _ _ _ソ    !
            | ',ヽ                ,′
          ,r|    \',     ` ニニニ ´   .,イ
         ト、ヽ    ゝ、      .:.   ,r'.:L_
        ∧ ヽ`ニ ''ー- 、_` ー -;:;;;;;;;:;:;:.イ_ノ  )
       ∧ ヽ   `¨ー `` ー-、 ,rr == ィ´i1
       / ヽ \  .: .:. :. :. : ̄``Y"´ .: .:. :.l l 1

サー・ユースタス・テニスン・ダインコート(Sir Eustace Tennyson-d'Eyncourt, 1st Baronet)
1868年4月1日−1951年2月1日
イギリスの著名な艦船設計者。準男爵。バス三等勲爵士。アームストロング社に入社後頭角を現し、
1912年〜24年にかけて"Director of Naval Construction"(海軍造船本部長)を務める。
本作時点では辞職してアームストロング社の重役に就任。
巧みな防御構造と独特な美的感覚で構成された彼の艦船は評価が高い。
彼が関わった主な艦は、ロイヤルソブリン級戦艦、レナウン級巡洋戦艦、巡洋戦艦フッド、
ネルソン級戦艦、ホーキンス級大型巡洋艦、ケント級重巡洋艦など。

628名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:46:02 ID:QA2kpkK2

                 ____
            ,、-''"´      `丶、
           /   ,.,.    _,,..  ッツ'"ヽ          年はお互い様だよダインコート
         ,' ;' ,.;';':'   "´,、-へ、 vヘヽ',
           l ,!';'  ,ィ , /´    ヾ 'ヘ シ i         その小僧っ子が海軍で出世して
            | ,K´l/ i/l/       } i i | l |
         '、{ ,.-、_   ,   __ 〈 リ   ' |         いまやリア・アドミラル(海軍少将)だ
          `|'´^tット (='テt‐ァ:、′! r‐:、 !
           l|  '´! i: ヽ`  ̄´  lノf ! リ         教官として私も鼻が高いね
             l|   ! '::     / ' j´ノ/
           l   `-ー`   / ,rイ´ !
             ', ゙´``''ー'   / ノlリリ
            ',  ̄´    / /   ト、
            ,ヘ、__,.、ィ'´ ノ ,、 ''´イ
            lン、ヽ、_,,.、-‐''ニ´-''´  !_
         _,,..、ィ7「,、ヽ 「 r;=‐ニ、ヽ    l ト-- 、.,_
   ァ',ニ=‐''゙´  l | `' l |||' i´   し′  //
   //       ', ', .//!|| !    ,、 ‐'ン′

エドワード・アットウッド(Edward Lewis Attwood)
"Royal Corps of Naval Constructors"(RCNC。海軍省の造船技術者養成機関)に所属した教育者で、
巡洋戦艦「フッド」の設計にも携わる。
著書"Theoretical Naval Architecture"は日本でも「理論造船学」という題で昭和18年に出版された。

629名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:47:00 ID:QA2kpkK2

      ,ィ'ニ" ̄    ̄`''-、
     /ニレー-、        \
    ,i゙  」⌒ミ      、` 、、ヾヽ             やる夫君、君の名はイギリスでも
.   レ ィライ价ミヽ,、    \ ``ミ゙!
   ,リ彡イ ゙!,゙i, ゙ヾミ、ヾミヽ ゙ミ`ヽ、|             鳴り響いているよ
   l彳ヲ′     ))) )从ッ人いY
   }ヘf.==-、、,,_  ''7∠ニ-<、トミシ             巡洋艦の……”ユーバリ”だったかな?
   | ハ! ーモェ-; i }=テ:ェテ-~` レ'ソ
   ゙iヽト   ´´ i l ゙i,`     イ.,i′             わずか3,100トンの排水量で、従来の巡洋艦と
    `ト|:::.   ,: i|、    イ゙/
    .>!:::   ^ー゙::‐''^    .l7′              同等の速力と攻撃力を備えているそうじゃないか
.     (〈゙:、::  ー==--   ノ<
   ./ い ゙:、  `''''''゙   /j.ノ                これは驚くべきことだよ
 ,,、イハヽ\`ミ:、     /ィ"介'ハー、,、_ _
´  ヾ`゙ぃ ,`>ミ''ーェ''フイくv,/ハ、_i゙i_ `i゙i`゙i`r-        ここは同期生として素直に褒め称えるべきだろう
`:`、,、-',、゙ー',イ!⌒))゙!|「らノ,トラノ`''ー-ニ,_ L ゙!.|_
ニ-‐''"´ `ヽ \、   !||. ,ィ',ィク′    `''ー-、゙-、

スタンレー・グッドオール(Sir Stanley V. Goodall)
やる夫の同期生。海大造船科でも稀代の成績を収めた優等生で後に海軍造船本部長(1936-1944)になる。
戦艦「キング・ジョージ5世」型、英国最後の戦艦「ヴァンガード」等の設計を行った。
バス三等勲爵士、大英帝国四等勲爵士。

630名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:47:30 ID:QA2kpkK2

       / ̄ ̄ ̄ \            皆さん、やる夫のことを忘れずにいて
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \         こうやって会いにきてくれて本当に嬉しいですお……
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /         だからやる夫は嘘を言わずに本当のことを話しますお
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ         やる夫は英国の新型艦の調査に来たんですお……

631名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:48:00 ID:QA2kpkK2

                                   ……だからもし教えていただけることがあったら

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::         何でも教えて欲しいですお
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::      でも、本当ならば我々の計画中の条約型巡洋艦の
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::   情報を代わりに提供するのが筋だけれど
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    頭の固い海軍省の連中のおかげで何も話せないんですお

                                   それでもよければ何か教えてくださいですお……

632名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:49:00 ID:QA2kpkK2

            _,;::---ー────---、
         _,;-''~              ゙┐
       ,-'"    ,;:-----;;__  i | l l | l | i }       ……やる夫君、君もわかっているはずだ
     /     /      ゙''ー-ニ;;;ヒニ-トム
    /''     (   ,;-"         lミ}       日英同盟が破棄されて以降、我が国は
    /       〕  ",二..,,,_    、  , :lミ|: 
   i'      . ,'  ィ-ー-:::ニ;;;-;,,,.)  _,;;};l        日本を潜在敵国として扱い、その関わりを
    |   ,/⌒ヽ、.;i'  ;;-;≡ニモテ=   <モjニヲ. 
   l   :i l r )  li  i  `''  ノ´.::.. ヽ~:ニ{        徐々に薄くしている
   :|  ! x {   ヾ ゙i,     ,::::::::  ヽ .} 
    ゙i  ゙ヽ、`ヵ   ゙  '    ,,,,;:t-=≡ミノ ,l:        しかも条約型戦艦や巡洋艦は
    ヽ  ,}ーli       ノ"彡ノ 川 リヽ!
     ソ"   ゙ li    ''´==─"~~~~゙'=}         我が国でも特に機密性の高い新型艦だ
      |      li,       ""ー'''" /'
    r=キ      ゙'li.  、      ;i' ,i'          そう簡単に話せる物ではないのだよ
    |゙''ー-ニ=;;;-:::::,,,,,,,__ ゙ゝ、,,,___'_,,;:!
    ノ / 〃 `゙''''ー--ニニ≡=---:y彡}          君が腹を割って打ち明けてくれた事は
   r/、/ 〃       ,r'"三二ヾi |:ff'
,,;;-fヽニミ::-:;,,,_      〔_わ   )}l | ! |:、         とても嬉しいが、我々としては……
--'''"~  `''ー-ニ:;;三-::,,,,,_____,,::-'"ノ.l | E|:ヽ、,,,__

633名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:50:06 ID:QA2kpkK2

        /     〃   ´゙;:;:;`ゞ、
       /,r'´    〃      ゞ;;:ト、`ヽ
     / ,ィイ ,,-'' ,=-   , ,;:'´,:ゞj゙  j i         ダインコート、その話は
      i   イv,ィイ  ,ィイ'  ,r'゙""ゞ, .; ゙i ,!
      |   /  ,ィ ,、 ,. ,r'´    ゙、; リ |         そこまでにしよう
      | 彡/ ;,r'´イ'´,!/´i/     ,;;:゙i゙ミ:、l
      !彡,イィ/  '´  '′       :::::l!ミ,!         我々にはそのほかにまだまだ
     ir'ヽ;:;,! ,r≡=;、_,,   _,,、-==、,;:!,イ
     ゙、}>!リ   ,zモテr'゙  ,!斤テァ、  リYl          積もる話がたくさんあるはずだ
       i Y`、         l;;:     i,jノ
      tト、, ',        l;.     ソ′         ……スコッチがまだ少しも減ってないじゃないか
       ヾj '      ,,  ,ィ、   ,!′
       `i       `ー'´     /            さあ、皆で杯を傾けよう
        ,!       ー─‐--   /
         ,fl   ヽ    ー一   /|             やる夫君もスコッチは久しぶりだろう?
       ,}、ヽ、_ \       / ,i、
       ! ``丶、ー`ー----‐イィイ |            どんどん呑もうじゃないか
      ,rl    `,ゝー-、Y' ,イ`ヽ ,!、
    , イヾヽ、    ヾ'´`ヾ ,! l /⌒ゝ,!/`ー-、_
 -‐'´,ィ'´  \\     ,j l l′ /イ``ー、_ `

634名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:50:38 ID:QA2kpkK2

          _,;::-''''''""" ̄ ゙゙̄'''-::,,
        ,,r''"            ゙li:、
       ,,f"     、 ミ、、 ミ、   ゙li、
      ,{" :ト:、ミ__  )  ヽヽ   ヽ   ゙:li;        先生方の言うとおりだ
      {i',l、,トミ  ゙ソツ,)ハル; )N' ,,ッ  ヽ、ミ ゙li,
      ノ}' ` `  '"   __''" ゙'' ( ヾ . ヾ ミl       さあ、東洋の小国から来た
      {l;;ニ=-ニ,,  ;;;=ニ≡≡ニミ, `i; ミミ ゙i; ;|
       ゙i -tュ-l   '";モァー-   :{ ,rー、 {ノ       我々の旧友に乾杯しましょう!!
      . ,}  ̄-ァ   ´ ̄    ,〉 } ;l ,〈 l; }
       :{   ,/   、       ,:' ゙'" ''ノ ノ ノ
       ゙i   ゙-、 ''゙ \    '  , _,/ f"
        ゙i;  ,=====,,_      /ヽ ii;{
        ゙i;  ー----      ,イ  ハ, i'
         ゙'i;         / ,/   |,;ノ
          ゙'i、_    _,;:-''" ;/    トミ、
         ,=ラ._゙''''''''''''" __,,,,.::::::-''''_二、 |
         ,:'/゙''-:ニ=y'''二ニ==ニ'''''""  ヽ、L,,,,_
 _,,,,_,,,,ニ-ー7' ト'´`ヾ} ,l' f".,rー-、)      ) ,rー--
 ,ィ'"---ー { (   ノ; ,l' |  {       _,,-"r"
r'       ゙i、`''ー"イ ;| :l゙:、,,`ー---─'''_"-''"

635名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:51:00 ID:QA2kpkK2

         ____
       /     \          (先生方、グッドオール君、申し訳ないお!!
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \       本当はやる夫も代償に新型巡洋艦の話がしたくて
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /       たまらないんだお!!
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./         でも、それは出来ないんだお……)

┌───────────────────────────────────────┐
│ 彼らはやる夫の率直な申し出に好意を見せた。                           │
│ しかし恩師や旧友たちの暖かさと比べ、東京の高官たちのコチコチの頭のことを考えると  .│
│ やる夫の心はロンドンの冬空のように重かった。                           │
└───────────────────────────────────────┘

636名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:52:01 ID:QA2kpkK2

┌──────────────────┐
│  軍需産業大手  ヴィッカース本社     │
└──────────────────┘


キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                           /  // ./;:/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキk'"メ,,.イ〃k'"'メ':                              __/   // ./;;/.,/' l|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                               /|/   // /::/../;;;/..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃,,,,....                       /   //./::/ /;;;/..,::'|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::||
メ〃メ,,ゞゞキゞゞ k''"'メ':メ,.キキ〃'                  /   //./::/ /::/ .,'' : |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"キキ'メ':〃'                    /   .// /:/ /:/ ::, '::,' ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ〃'"'メ':〃                         /   . // // /:/ .':::,.'::  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃メ,,.イ k'"メ'ゞ                           /  ..//.// / / ,.:":, " /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
メ〃メ,,.イ〃キキ k'"'メ':メ,.〃'                  /   //.// /:/ ,.:'::,,' /:: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キキ;;:〃キメk"〃キメ,,メ"                 /   l/// /:/ , '::, '/:::/ ,.|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃キキk'"'メ':〃'                     | /l  ://,/:/ ,'':,' ./:::/ ./::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
キメ〃k"〃キメキ,'"___ __                 |.//   l///,,.'::, ./:::/ /: /|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃メ,,.イ〃k'"'メ':・・・・|::::|                |://l  .//,.'' /::/./::::/  |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメk"〃キ :・・・・・|::::|                |://  :l/' ,,'// /:::/  /::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
キメ〃〃l'メ" ・・・・・・|::::|                |//l. ::; //./::/ / ; /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃k'"メ'・・・・・・・・|::::|   ,,,.II               |//.  /,"/::/ / ;; / ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
〃キメゞ・・・・・・・・・・|::::| 〃メメキ:: ̄ ̄|\       |//l:  l,"// / ;; / _,,.-''|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞゞ キ ゞ・・・・・・・・・|::::| 〃メkゞゞゞ :: |\| .       |//:  // /;;;;;/,,-''":l;;;;;;;; |::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|
ゞ〃;;ゞ;;;・・・・・・・・・|::::|〃メ〃キゞゞメ:::::\|,,,.....,,,.. ... ,|/l l/ -'';;;;,.''"-''"::::: : |-''''"|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
〃〃ゞ ・・・・・・・・・ 彡メ〃ゞ〃ゞゞゞゞ(〃メメゞキ;;;::;;|. '"  l,,-''",,-'::::::::::|:|::::: |  ::|::::l::::::::::::::::l::l:::::::l::l::::::::::::::::l::::|

637名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:53:00 ID:QA2kpkK2

┌──────────────────────────────────────┐
│ やる夫は条約型戦艦の16インチ主砲を製造しているヴィッカース社にも連絡を取った。   .│
│ 主砲の情報取得の可能性を探ったのである。                         ......│
└──────────────────────────────────────┘

       ____
     /⌒  ⌒\             ……そういうわけで御社で製造中の
   /( ●)  (●)\
  / :::⌒(__人__)⌒::::\          新戦艦用の16インチ砲の技術データを
  |     |r┬ i      |
  \__ `ー‐' __/          ぜひとも提供していただきたいんですお
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|

638名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:53:30 ID:QA2kpkK2

          /..:::::::::/:__,.v-‐-| :::::::/ ::::..\
            /..::::::::::::/''"´    / .:::::;イ :::::::::..ヽ
        /..::::::::::::/      ∠イ/7,.イ:::::::::::::',          ああ? 何言ってんだオメーは?
         ,",' l :: ::::::::!     、 ヾ__,ク=-く  l::::::::::/:::l
        ,'  ', : :::::├-、__ノ}  ` '゙‐・-‐ /:::::;ィ':::::::|          敵に回るかもしれない東洋猿に
        l∧, ヽ、ヾ、! /´。ン ノ     -‐''" Yミv
       { ヾ;、 、.`<`"´  ヽ         )ソノ          どこの馬鹿が最新の機密データを
          `''‐-〒‐     ,. -─-ヾ,    f_/!
               |l、  、fレ'´ ̄``~リ   | |::: |          ホイホイ渡すんだ?
              ヾ=、 ヾ,ィ____,.ク´  ノ |:::l:l
                \ `'─‐'''´  /_,ノ`iトヽ         造船少将が何だ!!
                  ヽ  ̄  ∠‐'":::::::::|、
                 /`7''''''"!::::::::::::::::::/ ヽ、        おとといきやがれ!!
              _ ,./|::::;i    l:::::::::::::::/   l`‐ 、
        _,. -‐ ''"´/  l::/ :〉へ/:ヽ::::::::/    '、  `"'' ‐- 、
  ,. -‐ '''"´     /   ,.l/:::/  |::::::ヽ;;/ヽ    `、
/          <´   / |:::/   |::::::::::/  `、    ,>

639名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:54:00 ID:QA2kpkK2

      ____
     /      \            うう……知り合いもいない軍需会社は
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \         さすがに扱いが厳しかったお……
  |     (__人__)    |
  \__ ` ⌒´ __/         けんもほろろに追い返されたお……
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|



      _,、r'´::::::::::::::::::,,i!M〃''''ミ:::::::::::::::::::::::::ヽ
  _ ,、r=テ:::::;::::::::::M〃'     .ミ::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /,:::::::/:::::::::::|     ,r'´   ミ:::::::;r-、::::::::::ヽ         な、何ですって!?
   _.,r/:::::/:;:::::::;::::|   /_,,,,_     ミ/ /ヘ\:::::::::}
    // !::!::::i!i!::::レ.'彡'Ο 7      i ,〉  }::::::/         ヴィッカース社で追い返された!?
  .///|:从:i_!」,::|   -ー''       〉、 /:::::/
   ./'  iハハ|'0j .i!.  `¨         レ/:::::::l          ロクに話も聞いてくれなかったんですか?
       ! ! .!´7              r<::::::::l
         .! ヽ `   _,,,_        i .ヽ:::::l          なら今から私が行ってきます!!
         !  _,,、r,,´r ''¨ ヽ         ヽ、i
          '、  Kゝ ,r'¨´, i           L _       今進めてる商談を反故にすると言えば
              ヽ  ヽri- ',´- '    /      Уヽ::`ヽ、
            \ `´      ,イ:     , '´ /:::::::::::::i`::ヽ 、_その応対した社員の首くらい簡単に飛ばせますよ!!
             \     /:::   , '´   /::::::::::::::::|:::::::::::::::` ヽ 、
               ヽ、 , rヘ::::::  , '´    /:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::
                   r'!.r i´       /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                  .i.'i_,、rl      / :::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                 /i {:::::::::l     /::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::

640名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:55:01 ID:QA2kpkK2

          ____
       / ノ  \\                 いや、田路君……
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \              別にそこまでしなくてもいいお……
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)        何事もやり過ぎはよくないんだお……
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫はたしなめたが、田路は自動車をヴィッカース社に走らせ、本当に抗議を行ったのだ。 ......│
└─────────────────────────────────────────┘

641名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:56:08 ID:QA2kpkK2

┌──────────────────────────────────┐
│ 諸方面との交渉の合間を縫ってやる夫はロンドン市内を出歩くこともあった。 .....│
│ 留学から14年経ったロンドンをやる夫は懐かしんだのである。            .│
└──────────────────────────────────┘

         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /          田路君、その……
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,       実はちょっとばかし探して欲しい人が2人ほどいるんだお
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {      どちらも留学時代に世話になった人なんだお
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |      ぜひお願いするんだお……

642名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:57:02 ID:QA2kpkK2

       ¨''<:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ_
       _,..≦":.:.:.:.:./::./:/レ{:.:/^⌒^¨''ー、:.:.::.:.:ヽ
        /::.:/:/.:.:!:!:./:/_,ノ!:| 、  u   ヾ:.:.::.ヘ
       ':.:.//:/: :/|:|/≦  |:! `ー- ...,,__ }:.:.::.:.:ヘ          どうしたんですかそんなにもじもじして?
       i:./ |:/|.:.:{ |i-‐ tァ  |!  -‐─tァ  {:.:.::.:.:/
       |′|' .{.:.:|   ̄  /      ̄    .}:.:.::./           造船関係じゃなくて一般の人ですか?
.            Ⅵ     }: :`        Ⅴf ヽ
          /ヘ|             し 〈 ji }          ……分かりました、ツテを辿って
          {{:iハ               イ ノ
           ヽ ハ    ヒ 二 つ     _/            探してみましょう……
            ヽハ    ー        /!:/
              ヽ            / {/
               ト、       ィ   |
               | ` ー─≦     |
               _|            |_
              /{       _,..-'''"  {
             / \   ./ ̄l       ヽ
             /  ァ、}__/___j      /`ー-、_
  __ _ ,,.. .-‐ '''/ /ヘ/////三三\   /        ̄ ''‐- ._
. /          //   }////     \ /             / \

643名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:57:30 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────────────────┐
│ そのうちの一人、バウデン夫人にはやる夫は間もなく会うことが出来た。 ....│
└────────────────────────────────┘

                   _ ノ    .:.:.:l    {   \、. . . :ヾヘ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:/:.: /:./:/:
                  j    j! .:.:八:ヾ:.:.:.:ヾ、、 ヘ. . : : :.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i―-、:. /:.:.:/:/:::
                    〈   .:.}{ .:.:.{  } :ハ: )`ヾヾヾ. .:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:. 、Y⌒ヽヽ :.:.::/:/::::::  久しぶりだねぇボウヤ
                  ノ   .:.:.:.:.ヽハ {イ-ーjノ  jソ j:.:.:.:/!|:.:.:.:.:i、:.:!ソこ} } }/:/:::::::::
                γイl| .:.:.:.:.:.:.{i!i!       rュ==ァイ:/ Ⅵ:.:./:.:ンl`ヽ/  ,ノ :.:/:::::::::::  英語の勉強のために
                 ノ小从 .:.:.:.Ⅶ、    イヾソ'′ ’/  /:./:.:.|!:.:l: 人  /:.:./::::::::::::/
                  ハヽソ:.:ハネj}              /イ : /:.:|!:.:.l いソ/:.:./::::::::::::/   あちこち連れまわしたのが
                       ( {{  V           /// :.:.|!:.:.:l ,イ彡′ ::::::/
                           /           //イi .:.:.:|!:.:.:.l j/ 'ヘ::::::::::::/    まるで昨日の事のようだよ
                            /_ .....:.:.:.:..         //:|:.| :.|!:.:.:.:l二二ヘ从ソ
                         `ヾ;  ___ ノ     // |.:| .:|!:.:.:.:.!二二ニヾ、    娘たちは相変わらず
.       /7                  └彡::::: ´     /′ |:.l :.|!:.:.:.:.l三三ニニ=\
  il.、   / ハ    __                 _ ハ ;;;         イ.:! .:|!:.:.:.:.:!三三三ニニ=   元気だよ
  ij i  /ノ:/__..:.:.:.:.:.::::::ヽ          . . : :/ :∧         //i . : :,.:.:.:.:.:.l三三三ニニ=
.  l_:l_/  /:::::ヾヽ:/:):ノ       /: : /  ://ハ、__ _ ...ィ////. . : , :.:.:.:.:.:i三三三ニニ=
::::::::::::::/  /::::::::ノ/-イ       /: : / /∠二二ヽ////////. . : : .:.:.:.:.:.:∧三三三ニニ=
::::::::: /  :/:´ /  /  ィこ>  / /.:.:.:.:/:γ三ヾ、 ::://///// // .:.:.:.:.:.:/:.∧三三三ニニ=
 ̄l_/  .:j ./  /  / ./  / /.:.:.:.:/ ::{{:::}}: ////// / /:.:.:.:.:.:.:/:./:.∧三三三ニニ=

644名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:58:00 ID:QA2kpkK2

.      /:::::::::::::::::::::::::::::::;::::::|::: |!:以 ヾr''¨}:::::::|::::::::ト;:::::::::::::::::::::ヽ:::: ト\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::∧::::i!::::|:∧!    |::::: |::::::::|ハ:::::::|::::::::::::::::Vハ `ー
    ー=イ:::::::::::::::::::::::::;::: | }::ハ::::|:| }    リ:: 小::: リ }:::: |::::::::::::i:::::}ハ:|
      |:::::::::::::::::::::::::ハ:::!-≠.|:::|- 、   / !/-≠V--リ、!:|:::::::::从:: | .リ
      |:::ハ::::::::::::::::::| }: |_ .ム::! -、`    / r _ _/_/升:!:::::::::リ }::リ./
      |/ }::::::::::::::: ト≦以::::::フアー      テr:::::::7≧.リ/::::::/Y /      何だ白饅頭、
      |!  ゝ、::::::: 八     ̄            ̄  //:::: / /
         |::>从:::::\       .:::.       /イ彡!/:|        まだ生きてやがったのか
         |::::::i:从` ヾ       ::::::       ´  /::::::::::::|
         |:::::::::::: i、        ` ´         /:::::::::: : |       それじゃあ久しぶりに
         |:::::::::::: |ハ    `ー= ─ = - '    ,イ !::::::::::::::|
         |:::::::::::: |: \      ̄ ̄       ィ  . |::::::::::::::|       「サイクリング」にでも行くかい?
         |:::::::::::: |  _}\     ̄    , .." |_   !:::::::::::: |
         |:::::::::::: |  {::ト.._ .> _  _ < _.ィ::::}  !:::::::: ::::|
         |:::::::::::: |  |::::::::::::>ー─..─<:::::::::: |  |:::::::::::: |

645名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:58:30 ID:QA2kpkK2

    /::/,/ :/ ム:|| |-、  / i| ̄`ヽ;:::::i
.   i::/./| /| :ム|-||-、_ L -――-ャ:::i
   i:::|/ri k´!|   i| .ノ´ ト、_ - ´i::::::i              よう旦那!!
   |::::::/ヘ | i| ̄ |´ , i〉     :|:::::::i
   r ニ ´ ヘ|フ      _  - ォ :|:::::::::i             まだくたばってなかったんだな
   i / r /.ノl 下二 ̄-―  ̄マ  i:::::::::::i
.  |' / /   l ∨       / .ハ::::::::::::i            安心したぜ!!
 r.'|  イ .ハ   .l  \     / /::::|:::::::::::::i
 ∨  i しヘv ´ l\ ` ー ´ /|::::::|::::::::::::::i- 、         すっかり老けちまいやがって……
  |   ヽ ´ .l    l ` - _./_ - i:::::|::::::::::::::::i::::`ー
  !    i  \_イ ̄  -v ´   .|::::|::::::::::::::::::i:::::::::
. |        ノ::::i      i    マ.|::::::::::::::::::::i:::::::
/      /:::i´ノ_    i  / i|:::::::::::::::::::::::i:::::

646名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 21:59:00 ID:QA2kpkK2

         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /          みんな相変わらず濃い面構えでやる夫は安心したお
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,        ところで……その……やる夫は下宿の近所に住んでた
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {      レスリーちゃんを探しているんだお
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |      誰か知らないかお?

647名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:00:00 ID:QA2kpkK2

      /    丿     /   j  { /⌒ヽィ公x       \_ノ
     /    /   /  /  ,.イい八!        }       く
    /    /    /  /  / -|‐==ト      ノイイ  ノ  ,ハ     レスリー?
  く      }   ノ { 〃l /{. 斗=ミヾ::::)  .:⌒メ j| イ     ト
    }      厶イ八八{ 八{  >セヅ`仁7  ィゼド刈  }ハ  ハノ     ああ、そういえばそんな子いたっけねぇ……
   ノ       {   {   ィ个ニ≧=彡ニ/   { ー= リ ノ厶イ
  (       ∧, -ヘ   |ニニニニニニニニ,′  ∨  イイ /         お前が住んでたあの家はもう
.  '         { く !  ├=ニニニニニニ{   , /   仏ィ′
    i    l  人 (l   卜ニニニニニr‐┘   __   ノハ|          引きはらっちゃっててねぇ
    |    l    ヽ.|  八ニニニニ=┤   ∠二〕  / |
    |    |     l|  | トヽニニニニゝ   `こ ゚′ /l  |          その近所の話なんて今はよくわからないんだよ
    |    |     l|  | | \ニニニニニ}    フ  /⌒' ノ
    |    |     l|  | |  `ト ニニ=}      イ / .イト、          役に立たなくて申し訳ないわね
    |    |   从 |!   {  ≧=‐-r=彡'  i / !{ !\
   ノ    j   .〃   | ト、      r‐ ミ|i {   |,' 川 ! \
       /  〃     | | \   ∧   Ⅵ {   | 〃从   ヽ、
      /     {{     ノ |    ヽ /∧  ∨ ̄ ̄ ̄`ヽ'ハ    )\
          ノ    (  ト、    ∨/.ハ  |  / ̄ ̄   Ⅵ}   '   \

648名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:01:00 ID:QA2kpkK2

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \          そうでしたかお……
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ         それは残念でしたお
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)        やる夫は彼女との再会を楽しみにしてたんですお……
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\
                  o
                  O
┌───────────────────────────┐
│             _,.、-―――< ̄ ̄ ̄`` 、              │
│         _,ィ'"´ / ̄\     \      \           .│
│    ,.、r<,rく´ ̄`ヽ== 、:::ヽ     ヽ        \         ..│
│   | ̄/ 〉ト、   /: : : : : :\:ヘ.    ヘ       ヽ       ....│
│   |/ ハ_/| | ヽイ  ヽ. : : :\! .:.:   ∧:. |:::.      ヘ        │
│.   /           ヘ  : : :.∨.:.:.  ハ:.:.|:::.:.      ∧     ...│
│  /      ハ   ヘ、     ヘ   :.:.i:.:.:.:|   ハ:.!:::::|:.     :.ハ     ..│
│  ,' |  :!  | ヘ   ヘヽ.  .:∧:.: : :.|:::.:.i  ::::||::::::!:.     :.:ハ    ....│
│  i !  .:|  |  ヽ   ヘ \  :ハ、:. :.|:::::,':.:.:.:.:::|!::::::|:.:  i:. :.:.:i    ....│
│  |:∧  :| .:.|!   \:.:.ヘ.  \:.:ハ\|:::,'.:.:.:.::::::|!::::::|:.:  |:. :.:.:|      │
│  ∨ハ .:| :.:ハ.   ‐‐\――-\|  |/ .:.:.:.:::::::!:::::::|:.:   l!:  :.:.|    ...│
│   \ :.:.|ヽト<       _,r┬‐- 、_ |! .:.:.:.:::::::,'::::::::!::   :i!:.  :.:|    ...│
│    \|:.:.:.,rf、     ノ }ッ ,,_/ ,' .:.:.:.:.:.:/::::::::i!:   .:i|:.: :.:.|    ...│
│      ∨.:|:.:.:.ハ     j,.ク   / /:.:.:::::/:::::::::i!:  .:.,':|:.: : :.:|    ...│
│      ! :,':.:.:.:ノ      xxx /  :!:.:.:.:./::::::::::,':  .:.,':::|:.:.:.:.:.|    ...│
│       |/ :.:.:.∧         /   |: :.:/:!::::::::,':: .:.:,':.:.:!:.:.:. :.|    ...│
│     / :.:.:,':.:.:\ 、    i.    |.:./|:.l:::::::,':::.:.:.:.,':.:.:.ハ:.:.:.:.|    ...│
│      / /:./:::::::::::i:ヽ     |   ∨ |:.|::::::i:::::.:.:/:::::::::∧::.::|    ...│
│    ,.イ .,':./::::::::::::/::{:::i`'ー‐''「|:.:.  .:レ ┴┐:|:::::.:/:.!:::::::::::∧:.|   .....│
│  /   .:.i:/::::::::::::/::::|:::ハ:_r‐┤!:.:./ .:.ハ :: ::\::::.:|:.:|:::::::::::::.∧|     .│
│  ,'  :.:.:l'::::::::::: ム-‐''"´-‐'" |:./  :.:.:.:!:: :: ::.:.\l: :|::::::::::::::: ヘ!     │
│  !   :.:.|:.:,r<´:/ ̄ ̄ ̄`y'"l/  :.:.:/.::>-―‐\:::::::::::::::::. ヽ.   ..│
└───────────────────────────┘

┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫の滞在中、レスリー嬢の現在の居場所はついに知れることがなかった。  ..│
└───────────────────────────────────┘

649名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:02:00 ID:QA2kpkK2

┌──────────┐
│ 二月八日────   │
└──────────┘


          / ̄ ̄ ̄\             やる夫は今日は仕事がないので
        /  ─   ─\_
       /   (●)  (●) \|l(^)        昔通ったグリニッジ大の近辺に行ってみるんだお
       |     (__人__)   l(_ )
       \     ` ⌒´   /⊂)        でも今日は田路君がいないから別の人間を呼ぶんだお
       /             ヽ ノ



          ____
        /\  /\ __
.     ./ .(ー)  (ー)'(_)( ゙ヽ                あー、もしもし、江崎君かね?
    /   ⌒(__人__)⌒ |.(  .',
    |      |r┬-|  ._|.(  ..ト-a‐-a,           突然だが今日付き合ってくれんかね?
     \     `ー'´ _(_)(.__.ノ      'a,,
    ノ            ̄/        "'a,      いや、君の今通うグリニッジ大の近辺を
  /´            ./  ._/「i__「i  .ノ
 |    l          i   /      Y"       少し歩いて見たいんだお
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  /       i
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (_______ノ        よろしく頼むお

650名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:03:00 ID:QA2kpkK2

     _____
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    /.::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|                               ……ということで
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |     ○______________
   |:::::::〉 ( ●) (●)|     ||                    /    呼ばれてやってきました
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)   ||                   /
    |     |r┬-|  |     ||                 /       江崎岩吉造船大尉です
    \    `ー'´ /     .||                /
.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、     .||              /          案内ならお手の物ですよ
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ  ̄  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  \/゙(__)\,|  i | | |(_ 〉                       どこへ行きましょうか?
    >   ヽ. ハ  |   | | ∪(_ 〉
                ( (_ 〉

江崎岩吉(1890年12月1日 - 1986年1月16日)最終階級:海軍技術中将
大正六年東京帝大工大卒。艦政本部第四部員、イギリス駐在などを経て、大正十二年十月から
大正十五年六月までグリニッジ海軍大学に留学。これは日本海軍最後の留学生となる。
藤本喜久雄の腹心として後の「大和」設計原案作成に関わる。昭和十八年艦本第四部長。

651名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:04:04 ID:QA2kpkK2

         . -―- .
       /       ヽ           グリニッジ大も久しぶりだから、
      //         ',
      | { _____  |           少し校舎や天文台を見て回りたいんだお
   (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
   ヽ、二ニ ⌒ 二ニ ⌒ 二. -r‐''′       そのあとで昔の下宿を見に行くんだお
     / (●)  (●)   \
     |_⌒(__人__)⌒    |         主人は代替わりしてしまったけど、
    / へ\ |r┬-/     /
    / ヘ\>) `ー'´     ヽ        それでも懐かしいんだお
   / \レ/J          |



     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|             分かりました
    |::::::::/ ⌒  ⌒ |
   |:::::::〉 ( ●) (●)|             下宿が遠いようでしたら
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |             車を呼びましょうか?
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

652名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:05:00 ID:QA2kpkK2

                ____Ω_____
                 ,ィf≡≡≡≡≡≡≡≡℡
             {三三三三三三三三三三}                いや、いいお
             {三三三三三三三三三三}
          ォ≦ヾ三三三三三三三三三才≧ュ             昔歩いた道を
                /  ´  ̄ ヾ  `ー−、   i
            l  ( ⌒ )   ( ⌒ )    l               ゆっくり歩いてみるお
                l   /  i  ヽ         iー 、
               ∧  ゝ___人____ノ      ハ:.:.:.:.\
       r===ミ /:.:∧.// ー‐         ' リ.:.:.:.:.:.:.ト、
    __トミ彡1:.:.:.:_,xくxく          イ 〃:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ー-....._
 , <:.:.:.:.:.トミ彡1≦>''´:.,ハ> ――― ´  //:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=彡´.:.:.:.:.:.:/  \        ノ/ /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

653名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:06:19 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────────────────────────┐
│ 天文台の周辺の丘陵にはまだ所々雪が残り、冷たい風が身を切るように吹いていた。     .│
│ そんな場所を白い息を吐きながら、やる夫は歩き始めた。                       .│
│ 天文台の東に続く高台には、見覚えのある瀟洒な煉瓦造りが十分なゆとりを持って並び、  .....│
│ 暖炉の煙を吐き出していた。                                       ...│
│ やる夫は入り組んだ道を一度も迷うことなく歩き、やがて「クレイガン・ロード」の門に出た。    .│
└────────────────────────────────────────┘

ゞヾ;ヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛; ;ゞゞ;ヾヾ`ゞヾ;ヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;;ヾ ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ;;; "ゞ;ヾゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ;;  ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;  ゛;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ
:ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_/ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;""ゞ;  :ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_ヽゞ
"ゞ ; ;";;;;""ゞヾ:;;_;_;/"ゞ ; ;"/" ヾ. -―- .   ;ヽ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ;\:__;;ゞ; ; ; ゞゞ
 ;;;;;; ; ;ゞ;;ノ;ノ″ゞ ;" "ゞ; ; ; ,r'       \;;" ゞ゛);ヾ ; ;ゞ ;"ゞゞゞ; ; ; ヽ;;ゞ; ; ; ゞ
:;;; ;;;;.....:::/ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ,'         ゙i゙i; ゞ(.ノゞ ゛ ; ;ヾ ;ゞ\:::; ;;;ゞ゛;;ヾゞ
;....;;;::::;i;..ii|ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.|  _____ } |; ;ゞゞ (ゞゞ ; ; ゞ゛;ヾ ; ;ゞ;iii;;i;;;:.,,;;:.:
:::: ;;;..;.ii:i| ; ;";;;;"ゞヾ:;,r'¨ニヒ`´        `7,r'⌒)ゞ ;" "ゞ; ; .ノゞ;;ヾ;;|ii::i;;....:....:::.
::..;;;.::.. :ii| ;; ;ゞ;;ノ;ノ″′''‐r- .二 ⌒ ニ二 ⌒ ニ二、,r(;ヾ ;;ゞゞ;";ゞ;\:__;::;;;..::.;; :::...
:::.::;.;;;.:i;:iii|;;;.....:::/ゞ゛;ゞ:.y.ノ /  ( ●)  (●) ヽ ; ;ゞ( ;;"\:__;;ゞ;|ii;;;iiii;;.|iiii.i....:::. ;:
:;;.:. ..;;.ii;i|;;..;;.ii;i|;ノ;ノゞ゛;ゞ:.|     (__人__)   |ゞ; (ゞ ; ;ヾ ; ;;ゞ|ii::i;ii;;.|ii::i;ii;...::,,,;;.
;;;....;;::;...;;ii|;;.;;ii:i;i|.;;ゞ:/ノ;ノゞγ ̄ ̄ ̄/ー/ ̄/ゞゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ゞ|ii;|ii::i;;ii;.|i..iiii.:::. ;;;..:
::;...;;:..;i...iii|;;.;;ii;;:;i|i;;;;i|.;;i|ノ;/ ̄  ̄ /)\ | < ヽヽゞ;ゞ;; ,|ii|iii;|ii;;|ii;i|.ii;ii;..:|ii::i;:...:::::,,,;;;
:..;;;.;;;.:;:;i.;ii|;;.;;i;;:;i|;ii:;i|.;;i|;i|;i|  |   j  )' y/^) i |ヾi,;;|;i|i;|i;i|ii;i|ii;;|ii;i.ii;;:|ii.iii,,;;:.:::,,,;;.
;;;....;;::;...;;.ii|;;.;;ii::;i|i;;iii|.;;i|;;|;ヽ  ヽ/ヽノ| ハ| ヽニ、 | ,., |ii|;i|;;i|i;;;;|ii;;|ii;ii;;;i.|.iii::. ;...;;;...::
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|;;.;;ii::i|;;i:ii|;i;i|ii|;;|ヽ   /o |l || o\_ノ..,.,,   |;;|ii;|ii:;;|ii:i;|;;ii:i;;.;|ii:::i;;;:;i;...;::
::;...;;.;;;;ii:i;:;i|.;...;iiii|;;i:ii|i;;i|iii.,..,.|  ̄     |l ||   | `  ., ,,.,.iii|i;i;;|iii;;|.;;ii:i;;;|ii:i;;;:;i::;...;:
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|i;;i:i:;ii|i;;iii|;iii,. ,,.. |     o |ヽノ| o  |,.. ,,,  ,..  ii:ii|ii;.i|i;;iii:i;:|i:;.i:i;;;:;i:..;;.;;::
::;.;;:..;;.;;ii:i;;i|;;i:iii;ii|;ii;iii   ,,.. |     |=Li|   |..        iii;iii|ii:i;;;:;i|i:i;;;:;i::;...;::;.;;
.;... .;;:.;:;iii;i|;;i:iiiii;i  ,,.. ,..` .|     |/^||   |,,.,.` ,..,,, . `,..   ii:iiiii;i|iii;i.;...;;.;;:.; ::;
iii;;ii:i;;i:i;:;iii;;ii ,,.. ,.. ,.,...  ,,ノ___ノ| /::|___|,..,,,    .,,.,.,    .,,  iii;;ii:i;;i:i;:;iii;
  .,.  .,. ` .,.,,, .,  .,. ,..,  |:: ::::::|/:::: /       ` ,..,   ,..,. ,..,    .,. ,..,,,
    ..,,    .,.  ,,,.,. ,.    |:: :::::j::::::/     ,..        `  .,. ,..,,,  `

654名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:07:06 ID:QA2kpkK2

             . -―- .  
            ,r'       \
           ,'         ゙i゙i               江崎君!!
           |  _____ } |
       ,r'¨ニヒ`´        `7,r'⌒)            ほら、あれだ!!
       ′''‐r- .二 ⌒ ニ二 ⌒ ニ二、,r
         /      '⌒   '⌒ヽ              あれがやる夫のいた
         |      ( ⌒) ( ⌒)
       /.|        (__人__)/´二二⊃        三十五番地だお!!
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ



        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

655名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:08:00 ID:QA2kpkK2

          /  ̄ ̄ ̄ / .__
            /_/ ̄/  /// 7
            匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
              / ./     l /l / / ./
                / ./        /./
             ̄          ̄

              c-  , -‐ノ 、
         c'   /  (● ●
                  ゝ  (__人)つ
                  /  二つ
              /   (  )
                (__/  .`´



              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|              …………
       / |   ( ー)  (ー )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫は自分のかつての下宿を見つけると、小走りに走りよって家の前に立ち、   │
│ 帽子を取って直立不動の姿勢で深々と頭を下げた。                   ...│
└────────────────────────────────────┘

656名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:09:00 ID:QA2kpkK2

                          、         ..|
           ______________    ...|
    `        |           ll   :...     |   .....|
           |           ll     /.:..     |   .....|   (……何してんだ? このジジイ……)
           |  ..:.:.:.:::.. ..     ll   /       |   .....|
            ..|    ./      ll ,     ∧_ |     |
           |   // .::.:.:.:.:..  ll     (・−・ | ,.  ...|
           |   /    ` .   ll  .:..:.. て    | ヾ'  |
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ...|



     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|           せ、先生……
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |           人の家の前で何してるんですか……?
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

657名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:10:00 ID:QA2kpkK2

┌───────────────────────────────────────────┐
│ あっけにとられた江崎が後日その光景を田路に話すと、彼は思わず膝を打ってうなずいたという。    │
└───────────────────────────────────────────┘

      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡彡彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     イ,,イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::〃´     ミ:::::::::::::::::::::::::::::::,--、::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ……平賀先生はやはり他人とは違うよ
 _,,、イイ/::::.//:::::::::::::::::::::::::::/        ヾ、::::::::::::::::::::::/ Y'``...\:::::::::::::::::::::::::::
    / .// /:::::,'::::::::::::::::::::::::|          ``ヽ、:::::::::| .|\  .ヽ',::::::::::::::::::::::::  きっとその下宿で寸暇を惜しんで
   ./ ./イ /:::::::l::::::::::::::::::::::::::',   ,,イ´ ̄      ヽ,, ', |  `  l:::::::::::::::::::::::::
    /  ,'::.:::::::|::::::::::::::::l:::::::l_', イ´ _          ̄  `ヽ__...)|::::::::::::::::::::::::::  勉強されたに違いない
    ,'   l::::.:::::::|::::::::::::::::|_::::'イ_、-‐''",,、-==,,          Y .ソ.|:::::::::::::::::::::::::
       |:::::.://',:::::',::::::::',ヘ ',  ',_、彡<<"イ           ヘ.丿.ノ、:::::::::::::::::::::::  その下宿に今日の起源があるんだ
       ',::::/,' ',::::.|',:::::::l ',.l  イハイ/              / `ヾ、::::::::::::::
       .',:.,' .|  ',::::|.',.',ヘ、ヘ.',    ´ィ               ',     ``<:::  だから、家の主が代替わりしていても
       '.|   .',::| ヽ', ヘ ハ.',                    .',       .>
     . . |    ヘ .ヽ  .,'                     .,          世話になった当時の主を偲んで、
                 ,'                     l  !!
                /                     ./  |    /   感謝の最敬礼をされたんだよ、
            .    ゝ、_.‐                  / .   |   /
                   ヘ   ,,、イ            イ .   | /      きっと……
                    `ー|                .  /
                      >、         /    /
                    .    ヘ         ,、   /
                        . ヽ     /イ  .`>       /
                          丶--''"    ./      /

658名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:11:00 ID:QA2kpkK2

           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´     .┌────────────────────┐
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|        │ やる夫の努力も空しく、条約型戦艦や     ...|
         \___ノ )`イギリス |        __ ,)  レ〜、    │                            ......|
                ,-´、_    ´つ   /~~~´              │ 条約型巡洋艦の情報が取得できるかどうか   .|
              ,,-〜〜`   ,,ノ   /                 │                           ...... |
              ´〜〜〜〜、_ノ ,〜-´                   │ 未だはっきりしなかった。              |
                  、-、 ,,-ノ         ドイツ       │                           ..... .|
              |~~~~`ツ                      │ やる夫はいったん交渉を打ち切り、そのあと  |
              `ヽ, , -, -, -, -, -, -  -   オーストリア  . │                                  ..|
               m9m9 m9m9m9 m9(● ●)ヽ         .│ 約50日かけてフランス・スイス・イタリア・      ..|
  .         ‐―‐―‐―‐ ‐―‐――  | .フ (_人_)9m        .│                                  ..|
     ,,、,,-、         ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨     ,「_ノ       │ ドイツ・オーストリアなどを視察した。         .|
     |   `‐- 、, ― ― ― ― ― ― ‐ 人 \_ノ     ,--,   │                            ......|
     /      ~`〜 ‘ー ‘ー ‘ー‘ー ‘ー ‘ー (___/ __     )  ヽ   │ ロンドンに帰着したのは四月中旬であった。  . |
    /                  ,〜、__  _〜´ `丶   ヽ  `ヽ...└────────────────────┘
   /                  |   `-´    _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \イタリア\  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )

65910スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 22:11:18 ID:IgP.aKHQ
建物そのものにも思い出はあるしなぁ

660名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:12:00 ID:QA2kpkK2

          / ̄ ̄ ̄\         やる夫の交渉ルートはもう殆ど尽きたお……
       γ⌒)      (⌒ヽ   
       / _ノ ノ    \  \ `、      残っているのはダインコート先生を始めとする
      (  < (○)  (○)   |  ) 
      \ ヽ (__人__)   / /      学友のルートだけなんだお……



           ____           先生に情報が欲しいともう一度尋ねてみたいお……
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ      でもそれはあまりにもあつかましいんだお……
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )     でもでもこのままじっとしているのも耐えがたいんだお……
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

661名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:13:13 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────────────────┐
│ 焦るやる夫の元に、数日後思いがけずダインコートから連絡が入った。 ......│
└────────────────────────────────┘


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |          「来る四月十五日にニュー・カッスルの
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____     アームストロング造船所で会いたく思います
       /              /ヽ__//
     /     よろしくね    /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /                       サー・ダインコート」
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /

662名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:14:08 ID:QA2kpkK2

┌─────────────────────────────┐
│ さらにそれと前後して、大使館の豊田武官からも連絡があった。 ......│
└─────────────────────────────┘


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\              ほ、本当かお!!
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |            本当に条約型巡洋艦の設計図が
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ             入手できるのかもしれないのかお!?
      / rー'ゝ        〆ヽ
    /,ノヾ ,>       ヾ_ノ,|
    | ヽ〆.         |´ |

663名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:15:00 ID:QA2kpkK2

              , ――- 、           .、. v ヘ ヘヘィ v ,
            /::::::::.   |       _r`          ^ホ_
          /::::::::::::::::.   |      、x._           _ン.
         /::::::::::::::::::::..  |     /: ::/  ̄`゙` ‐-‐ '" ̄ ヾ: ::',
         l::::::::::::::::::::::_ ,, |     l: :/ , ― 、     , ― 、 ':; : i    ええ、まあそれなりの労力はかかりましたがね……
         l:::::::::::::::::::::  |    l: :i   , ― ャ  ィ ― 、  i: :l
         l:::::::::::::::: _  |     ,:'^l-‐l    l'⌒ l    l‐- |^Y
_______|__ ̄    |     {d i   ゙ ― ' l   ゙ ― '  iゞ}    数日中には現物が手に入るでしょう
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \   |      ヾ.l      ‐ ‐      lシ/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::/   \  |       !   ー―――‐ァ  ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     \|         '.   ` ニニ '′  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ヽ      rl' .        / l、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、_      |    / \丶、;:;:;:;:;:;:;:;:// \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〃`'‐ 、  ノ   , <   \ _   _ /    >、.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;''    ``くヽ -<: : :\     /  ̄ ヽ    /: : :>、__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       l |:::::::::\: : :\ ∧    ∧ /: : :/:::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!      ||:::::::::::::::\: : ∨: :〉―〈: :∨: : :/::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      / .!、:::::::::::::::::::i : : : /   ハ: : : :/:::::::::::::::/
_________ _ _, く | ヽ::::::::::::::::ト、:: :l    |: :,/:::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     Y   l::::::::::::::::| |: :|    |: ::|:::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i      ノ    !:::::::::::::::| |:::|    |: :||:::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、   /,    |:::::::::::::::| ヽ!    !:/ |:::::::::::::::|

664名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:16:00 ID:QA2kpkK2

        ___
      /      \             よかったお、これで目的の半分は達せられるお!!
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \          それに、ダインコート先生が指定してきたアームストロング造船所は
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)         新戦艦「ネルソン」を建造している場所だお!!
./ i\            /i ヽ
                         図面は無理でも現物を見せてもらえれば何かヒントになるに

                         違いないお!!

665名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:17:07 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────┐
│ ニュー・カッスル  アームストロング造船所   │
└────────────────────┘


                    ハ
                     /∧
                 ///∧
                  I┴┴I
                  不スス不
                  |    |
                  |    |   _r‐=='^ ∧ー- 、                          r7_
                  |    |- '´..:..:..:..:..:.. f二j..:..:..:.ヽ _ r 、         ,. -─一¬二三//:..:..:
               r ー|    |:..:..:..:..:..:..:..:..:..|  |.:..:..:..:..:..:..:..:..: `ー-- 、_/ 同:..:..:..:. 内ハ..://..:..:..:.
TTTTー--一Fテ三] 「|-‐'´..:.. |    |.:..:..:..:..:..:..:..:..:.|  |:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..|叭≧≦片爿:レ '.:..:..:..:.
立立立立立立立立≧、 :..:..: |    |..:..:..:..:..:..:..:..:..:|  |..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.上士士士士士士士士
工工工工工工工]   L≧ |[]  |三三三三{r二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二ュ_ ..: :.:. ....:.:. :.:. ..:.:.: :.:.:. ... :.: ..:.:.:.: ::.: .:.:.:.: :..:. .:.::.:.: :.:.:. .:.::.: ..::.: . :.:.:. :
_______________|: ..:.: :.: ...:.:.: :.: ....:.:. . .:.:.: :.:.:.:.: .:.:. ..:. :.:.: .:.: .:.:.: ..:..:: :.:.: : .:.: :: .:.:: .:. :
. :::.:. :. .::.. :. ...::.: : :. :::.: : ::.. .:.:...::::. : .:: : ::.:.: ..:.: :.:..:. ..:.:.: : ..:.: :.:.:. .:.: .:.:..:. .:.:.:.: ::.:..:.:. .:.:. :.: . .: :.:.: :.:.: :.:.: .:.: :.: .
:...: .. ::.:.: ...: ::..: :::: :. :. :..:::. .: :.::. : . . .: .:. :.:.: .::.: . :.:.:.::....::.: .:.:.: .:.:.:.:. :.:.:.:: :: .:.:.: :.:.:.:.:. :::.:.: .:.:.: :.:. .:. :.: .: :.: ..:.: .:

666名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:17:30 ID:QA2kpkK2

┌──────────────────┐
│ 到着したやる夫は、一室に通された。  ..│
└──────────────────┘

                                                 |
           从从w!                                    |
           ,ハvVvwリ                                    |
          /ルwwV.ヽ                                    |
           WwwW            ____/ ̄/|____          |
_______|   :::|_______/     (三三 /   /|______ |
          ヽ_,ノ            [ニニニニニニニニニ/ I          丶
              , − -       .Ⅱ::::...         Ⅱ  I            \
              /  (● ●      Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/
              ゝ  (__人)
             ハ    ヽ      _________            , '⌒ i
  , '⌒i           し     |)   /           /|      ( ̄ / / |
/ /  ̄ ̄ ̄`)   し   J  /           /  |    / / /    |
i'⌒i  / ̄ ̄~, 1         /           /      / / /     |
|  . ̄ ̄ `)/ |       /           /       /  i'⌒i     /
|        |  /      /             /     (´ ̄ ̄ ̄   |    /
|____|/       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |         |  /
               |                |      |_____|/

667名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:18:00 ID:QA2kpkK2

            _,;::---ー────---、
         _,;-''~              ゙┐
       ,-'"    ,;:-----;;__  i | l l | l | i }
     /     /      ゙''ー-ニ;;;ヒニ-トム         ……やる夫君、
    /''     (   ,;-"         lミ} 
    /       〕  ",二..,,,_    、  , :lミ|:         わざわざここまでお越し願ったが
   i'      . ,'  ィ-ー-:::ニ;;;-;,,,.)  _,;;};l 
    |   ,/⌒ヽ、.;i'  ;;-;≡ニモテ=   <モjニヲ.         あいにくと私に今
   l   :i l r )  li  i  `''  ノ´.::.. ヽ~:ニ{  
   :|  ! x {   ヾ ゙i,     ,::::::::  ヽ .}          緊急の会議が入ってしまった
    ゙i  ゙ヽ、`ヵ   ゙  '    ,,,,;:t-=≡ミノ ,l:  
    ヽ  ,}ーli       ノ"彡ノ 川 リヽ!          申し訳ないが二時間ほど
     ソ"   ゙ li    ''´==─"~~~~゙'=}
      |      li,       ""ー'''" /'           失礼させていただけるかな?
    r=キ      ゙'li.  、      ;i' ,i'
    |゙''ー-ニ=;;;-:::::,,,,,,,__ ゙ゝ、,,,___'_,,;:!
    ノ / 〃 `゙''''ー--ニニ≡=---:y彡}
   r/、/ 〃       ,r'"三二ヾi |:ff'
,,;;-fヽニミ::-:;,,,_      〔_わ   )}l | ! |:、
--'''"~  `''ー-ニ:;;三-::,,,,,_____,,::-'"ノ.l | E|:ヽ、,,,__

668名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:19:00 ID:QA2kpkK2

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \             はあ、先生がそう仰られるのでしたら
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ           お待ちしますが……
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)          (どういうことだお先生……まさかこのまま
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /           何の話もなしに追い返す気なのかお……)
         /  `''ー─‐─''"´\

669名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:20:02 ID:QA2kpkK2

            _,;::---ー────---、
         _,;-''~              ゙┐
       ,-'"    ,;:-----;;__  i | l l | l | i }
     /     /      ゙''ー-ニ;;;ヒニ-トム      それでは申し訳ないが、二時間ほど一人で
    /''     (   ,;-"         lミ}
    /       〕  ",二..,,,_    、  , :lミ|      待っていただけるかな?
   i'      . ,'  ィ-ー-:::ニ;;;-;,,,.)  _,;;};l
    |   ,/⌒ヽ、.;i'  ;;-;≡ニモテ=   <モjニヲ      あいにくと手すきの者がいなくて、
   l   :i l r )  li  i  `''  ノ´.::.. ヽ~:ニ{ 
   :|  ! x {   ヾ ゙i,     ,::::::::  ヽ .}      何のおもてなしもすることが出来ない
    ゙i  ゙ヽ、`ヵ   ゙  '    ,,,,;:t-=≡ミノ ,l:
    ヽ  ,}ーli       ノ"彡ノ 川 リヽ!       退屈なら、そこに置いてある紙と鉛筆で
     ソ"   ゙ li    ''´==─"~~~~゙'=}
      |      li,       ""ー'''" /'       落書きでもしていてくれ
    r=キ      ゙'li.  、      ;i' ,i'
    |゙''ー-ニ=;;;-:::::,,,,,,,__ ゙ゝ、,,,___'_,,;:!         いいかね、
    ノ / 〃 `゙''''ー--ニニ≡=---:y彡}
   r/、/ 〃       ,r'"三二ヾi |:ff'         二 時 間 ほ ど 一 人 で だ よ ?
,,;;-fヽニミ::-:;,,,_      〔_わ   )}l | ! |:、
--'''"~  `''ー-ニ:;;三-::,,,,,_____,,::-'"ノ.l | E|:ヽ、,,,__

670名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:22:00 ID:QA2kpkK2

    ___________
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  彡
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||    バタン!!
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 0 ||                 _.、 -─―─-_
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||                /          \      先生……
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||               ,/              ヽ
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||              ,/_/::::::\_       丶
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  彡          │  ::::::::::::::         |   本当に行ってしまったお……
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||              (● )::::::::::(● )    u /
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||                (_人__)        、`
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||               \         _、/
    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||               /`゛''─‐─ー''`  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`

67110スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 22:22:31 ID:j2aNpZF.
ネルソンてアレか?w

672名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:23:00 ID:QA2kpkK2

  _∩
 / 〉〉〉                     まあしょうがないお
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \           二時間待てと言われたんだから待つしかないお
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \        先生の言ったとおり暇つぶしに
  ヽ   |     |,┬‐ |       |
   \.\   `ー ´     /        戦艦長門タンの萌え絵でも描いて時間を潰すお
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/        これも昔取った杵柄だお

673名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:23:52 ID:QA2kpkK2
>>671
そう、あのへらべったいやつw

674名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:24:10 ID:QA2kpkK2

            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、       さてと、紙と鉛筆は……
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /
         /                       ヽ



                                                 |
           从从w!                                    |     おや?
           ,ハvVvwリ                                    |
          /ルwwV.ヽ                                    |     机の上に何か資料があるお
           WwwW            ____/ ̄/|____          |
_______|   :::|_______/     (三三 /   /|______ |     何だお……?
          ヽ_,ノ            [ニニニニニニニニニ/ I          丶
                       Ⅱ::::...         Ⅱ  I            \
                       Ⅱ:::::::::....         Ⅱ/

675名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:25:00 ID:QA2kpkK2

┌────────────────────────────────┐
│________________                       .│
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~⌒゙ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚̄'l:             .│
│|          .|                        |            ...│
│|.          |                        |            ...│
│|.          |                        |            ...│
│l''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|            ...│
│|.          |                        |            ...│
│|.          |     159mm              |              │
│|          .|:     ↓                |             │
│llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiil゙゙゙゙゙゙| ....             │
│|                |        |       lllll  |              │
│|                | : : :  : :  : |  |18゚ lllll    |            ...│
│|                |:  : :   :  : |   |⌒lilll←────356mm    ....│
│|                |    : : : |   | .lllll    ..|              │
│|                | : : : : : : : : |    lllll      |            ....│
│━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━WL    .....│
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::::::::┃   /.;.;.;.;/ |              │
│|                |:::::::::::::::::::::┃  /.;.;.;.;/  .|              │
│|                |::::::::::::::::::::┃/.;.;.;.;/     |             ..│
│|                |:::::::::::::::::::┃.;.;.;.;.; |..     |              .│
│|                |:::::重油:::┃.;.;.;.;.;:|...     |              .│
│|                |::::::::::::::::::┃.;.;.;.;.;|.      |              .│
│| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::┃←──19mm×2+76mm木材×2  .....│
│|                |::::::::::::::::┃.;.;.;.;.;|        |            ......│
│|                |:::::::::::::::┃.;.;.;.;.;|      ..,,i´            ....│
│|                |:::::::::::::::┃.水;.;|       ...|              .│
│|                |::::::::::::::┃.;.;.;.;.;|        |            ......│
│|                |:::::::::::::┃.;.;.;.;.;|       ,l′             .│
│|___________|:::::::::::┃.;.;.;.;.;|_____,,″             │
│:::重油:::|::::::::::::::::::|:::::重油:::::::|::::::::::┃.;.;.;.;.;|       ,,゙゜               │
│:::::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::┃.;.;.;.;.;|       lll                 .│
│──゙'''゙"'゙゙'''゙゙'''゙"'゙"'゙゙゙'゙'''゙゙''゙゙''゙''゙''゙゙''゙゙'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚゙゚゚゚゚゚゚゚゚゚゙゚゚~` `             ......│
│                                              ..│
│           戦艦ネルソン主弾庫部横断面                  .│
└────────────────────────────────┘

67610スレを超えた安価スレはEX板へ移動を:2012/03/14(水) 22:25:37 ID:j2aNpZF.
>>673
待ち焦がれてようやく見せてもらえるのがアレとか不憫過ぎるwww

677名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2012/03/14(水) 22:26:00 ID:QA2kpkK2

         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



         ___