■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【R-18】牝畜たちが鳴くようです 3【エロ】
1 ◆5OveIraQkk:2011/07/18(月) 00:10:51 ID:tUxLiTjY
               〉/|      、_ノ       /     ′  ..|\                  ├―‐<:::三ミrzゥrzゥrzぅ'
      /⌒ヽ    ∠斗i{                {    |   ..|  \             |    /f}}rzゥ' \\
    ,-={_, イ  厂 ̄イ沙':´: 心、                 V   |     .|   ヽ            |   /:f}}      ヽ\\
    〉--ク\ j /  {'i{:_: : 《i i 心   /          i  |    .|    '.                | /:/f}}       `ヽ\\
     ト- ノ_ノアX   ∨i{_: :《 i i i }   {        ,ィ{___|   .....|     '.           / /:// ̄ ̄ \___\
     |    〃 \  ヽ'(: :《i i i i } ノ八   _,x≦爪i 厂 ̄|》    .|     '.             /  '―'´ 二ヽ___ \――‐-
.    /    ′   \__` ー--=≦=‐-=≦ i i i 》 : :i{'シ   |′  ....|      '.       // ̄ ̄/ ,. ---‐ ヽ::ヽ
   /      {      ゙'マ夾夾夾≪x介x≫`゛‐、-=イ     |     .|      !.      // ,.ィ厂〈_/,. ----‐ |::::|\
  {      |          \: : : : : : : : /     ヽ |    l     |      |    // ,.rソノ  >――,.、._ /::::j  ヽ
.        |           \_:_;_:. ィ           |     l      .|      ! ,. '⌒ヽ '´    /    /::::し`::/
          |             i^Y         i !         ...|      冫     }     /      ヽ__/   `
         | _,. -‐===‐- ,. _l {   _, -‐===‐ミ| !   |     .|    〃/      / -‐ '´
        Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y{ |Y^Y^Y^Y^Y^Y^l      |    .....|  ,.-‐/  / /
        j|V/V/V/V/V/V| |/V/V/V/V/V/| l   |    ...|  /  `.∠ _,.ィ彳
       / |'´: : : : : : : : : : ``| |'"´: : : : : : : : : :|!     |      |、_{  /   }从ヾ、
     〃  |: : : : : : : : : : : : :| |: : : : : : : : : : : : :| |    |     ..| `ーイ  _ノ^`   \



                        【R-18】牝畜たちが鳴くようです【エロ】



                    /:.:.{{  }}:.`:.  \               ,.ィ´  }}:.:.:.l:.:.:.:::l
                    /:.:.:.:{{ ※ }}:.:.    \    rr‐-r‐‐ァァ   ,.ィ'′{ ※ }}:.:.:.:.:i.:.::.
                  .、:.:.:.:.:.:ハ   l!:.:       `  .,_r`、::l:::/´-、ィ'´    :{{  }}:.:.:.:.:.:.:i:..:.  、|    /
                  .\:.:.:.:.:/.:..{! l!.:.:.        f :.:.:.Y′..:.:.:}     }}!  }}:.:.i:.:.:.:.:.:i:.:...:} :!  /
                  : .:.:.:./.:.:.:.:.∨! l:         ト、:.:.:.:.:.:.:.:,ノ!. ,   .:{! i}:.:.::.i.:.:.:.:.:.:i.:.:.  /
                    .:.:/:.:.:.:.:.:.:ィl! |       l:.. ` ̄´  .:j. ′  {{ i}:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i:.:.:.
                    ./.:.:.:.:.:./  {{ i}    .   lゝ..,_ __,. ,ノV    {! l}} `ヽ:i:.:.:.:.:.:i:.:.:
                         `、:.  `、      |:      .:.:'.      /     .:/
                           `、:.  `、    !:..     } !|     /   .:/
                  .        `、:.  `、    j1::..i   !ノノ !     /  .:/
                             \:.  `、 ,ィ小从从ハノ,.小、  / .:/
                          ,. -‐`'"´ ̄  ΞΞΞΞ `` 〈/
                     ,. -‐ ´            = ニ ニ =      ``  .,

2名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 00:13:13 ID:tUxLiTjY
■ 前スレ

1.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1299404164/
2.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1303631916/



■ まとめてくださっているサイト様

やる夫のぞき窓 様
http://shota356.blog91.fc2.com/blog-category-98.html

やる夫短編集 (,,`д`)<とっても!地獄編 様
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-246.html

やる夫の図書館 α版 様
ttp://yaruo-library.net/thread/1299404164/3

やる夫まとめも 様
http://blog.livedoor.jp/matomemo3/archives/cat_123545.html

3名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 00:19:41 ID:Fdhhrcfk
たて乙です

4名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 01:10:30 ID:qlU4BjNA
スレ立て乙

5名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 01:11:33 ID:XWpSs.FU
スレ立て乙

6名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 01:28:27 ID:FhhAVdaI
スレ立て乙

だが、>>1の右端のAAが非勃起チンコに何か棒状の物を突っ込んでいるように見えて棚。

7名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 03:27:46 ID:gWN5eKN.
スレ立て乙
前スレ
>>977
鬼作もかなりあれだけどNPCに負けると特に悲惨だぜ

>>947
NPCとして研究所長門

・・・・・・悲惨なのはエロ的な意味ですよね、そうですよね

8名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 04:39:41 ID:c/xGM2qQ
スレたて乙
ここの>>1さんの出すヒーロー系主人公って優柔不断でヘタレな、典型的なコキュっぽく書かれる事が多いからねえ
どうしても寝取りキャラのほうが一本筋の通ったキャラに見えてしまう
いや、相対的にそう見えるだけで冷静に観察してみるとかなり外道だったりするんだけどねw

9名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 07:23:27 ID:EkUBekZQ
鬼作さんなら、ランカやラクス、レナといった一筋縄ではいかない女性も攻略しそう

10名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 11:55:15 ID:TA0M22ZA
立て乙です。

前スレのゲーム化の話でCycの闇○声思い出した。
そしてやる夫闇○声やろうとして挫折したのも思い出したorz

黒井センセはすっごく好きなキャラなので外伝にも期待

11名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 15:35:26 ID:b8mECZAc
立て乙。そしてエピも乙でした。
こう、ぞぞぞっと来るけどエロさもあって、凄かったなー。
外伝、楽しみにしています。
あ、別スレの方も待ってるよー。ようやく気づいたわw

12名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 17:51:50 ID:2WjHSAHA
ベアトはレナと直接つながりを持っているわけではないのですね
ビジネスだけど、レナの目的が金銭そのものでない辺りがすごく怖いです…

13名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 18:09:59 ID:8Q5q.4Do
今、最終話見た!
おもしろかったよー!おつおつ!

14 ◆5OveIraQkk:2011/07/18(月) 21:07:17 ID:X8rZJiS6
>>3
>>4
>>5
どもw


>>6
削りすぎましたかね。


>>7
長門は敵に回らないはずです。研究に必要なことはいかなることでも
ためらいませんが、悪行を好き好んでおこなうキャラではありません。
ランカやレナといった悪行大好きなキャラがいるので
わざわざそういう役を回す必要が無いということもありますw


>>8
『やる蒼吸血鬼』の印象がよほど強いらしくて、よく言われます>主人公ダサい
あの手の弱くて頼りない主人公はそんなに好きでもないのですが……。


>>9
鬼作にも選ぶ権利があると思いますw


>>10
乞うご期待。
Bサイクの闇の声シリーズは、実は自分もちょっと思いましたw


>>11
あちらもよろしくお願いしますw


>>12
レナは趣味でやっていますからね。良心ではなく悪心に基づいて行動する
ガチの極悪人です。近くにきたら悲鳴をあげて逃げ出したくなる人です。


>>13
ありがとうございます。お楽しみ頂ければなによりですw

15名無しのやる夫だお:2011/07/18(月) 22:37:37 ID:sSMWb42o
問題は、スレを二つに分けても相手の妨害しに行く人がいる可能性が否定出来ないことだ

16 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:25:23 ID:AUwGo1TQ



【 適当なおしゃべり : ユーザーが集まる安価式ゲームの作り方を考えてみる 】



.

17 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:26:41 ID:AUwGo1TQ


            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ             毎度恒例、物語が終わった後で作者が適当に
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}             その時々で考えているアイディアなどを
   `ミヽ‐-‐'´ {::.   >>1     .:}ミ、\_,ィ'イ´       適当に語るコーナーです。
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´        テキストばかりだと画面がさみしいので
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ         例によって>>1がこよなく愛する
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´         ディスティ=ノヴァのアバターを
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´          使って語ってみます。
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }

18 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:28:31 ID:AUwGo1TQ


            .,ィ'"´⌒´`ヽx-‐、
              r'´   '´  /   入=、
             ,ィ!〈 ,〈 i i / //,ィ  ノ
           r'´ミ、ヾ゙゙ヾヽi〃///∠,イ、
      ,ィ、_,)、 彡 リ⌒´       .:彡ミ},イト、        冒頭に書いちゃいましたが、
    ト-‐`ーヽ、_ヾ、   u    .::三彡'´ノ´        今回のお題はこれ。
   , ` ̄ラ⌒ヾ彳ト))、,,,,ゝ 〃,,,,ィオイrtt彡'ヽ、
   トミニ彡 .,ィ⌒ {゙゙ミ(廴ノィ=ミ廴ノノミ }' }彡' .ノ
   ==彡'7 /〃入  ,,ィ'´|__i,jヽミ、__ノノュミく__,
      ト、ゞ-‐'´ ,ィヘ((ト-≧乏-ィ))}、ミリノ    二=テ、          ,ィ
       `ヽ-‐、彡;彡ヘゝェェェノ, ,イ//`T" ̄ ./  .`>'"⌒>'´
            /゙/ゝ、二_/'´/  /  .,'´   /  /
           /// ヽ_/ /⊂ ̄´   レ-‐/   /   ,;;;/
          / ./::://;;;;;;ヽ/    >   .i∨⌒ ,ィ'./     ´
    ,ニ="´く  〈:::/ 7;;;;;;/   ,ィ'´   ,ィ'´ , .〃 '   ,ィ'フ




┌──────────────────────────┐
│『ユーザーが集まる安価式ゲームの作り方を考えてみる』  .....│
└──────────────────────────┘

19 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:28:55 ID:AUwGo1TQ


                              ___  ,i
                        ミ  ,-‐イ´,'ィ'´, '´ `ラノ ,i
         ハ             o  .,イ.,-‐'´⌒彡'´,彡'´彡イ,ィi
          シ           ミ   {/ ィ⌒ヽ' 彡'´彡'´ '´,'}       昔、安価型ゲーム
          ュ       ,、,,,,,,,,,, 0、 r〉、.斥リミ ̄ト=彡t彡'ノノ-'ノ      『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』
               ミ,:'´ 二ヽ`i .ャ-/、`〉乏__  〉  'ノ }三彡 '´彡'´    を運営したり、いくつかの安価スレでユーザーと
             ミ゙´   ,,-、 ヽトj、 ヽト、ィ  ノ`}ヽ'´ l t<三二ニ彡'     して遊んだりした経験と、ゲームニクス理論を
            ,,ミ´ ,ィミ、 〈./ミ. `ヽッ'-‐‐'´  '   ,! ヘ、`ヽ、  ノ´      調べてみたりした結果を元に、つらつら
            ト、,,...::|ヽ、    ο  `ゞ、゙゙゙゙   .,ィ'´ } `ミ三彡'       書いていってみようと思います。
        ___,,,,、. }  `ゞ' }    ハ  ゜    '.,__,ィ彡::   ',   \彡'
       /r‐-  ヽミ    ミ   シ      ゝ、__.\   ',.ィ彳´;|`ゝ‐-i|li|、i,|i
    ミ/.ィ しーャ-  \、       ュ   ,i|il-‐i‐‐ilラ〉、/ /;;;;;{       ,' `ヽ
  __  Y´/{、ヽ、`:.-‐'´ } \       i|i|l|'     // 〈r、 /;;;;;;;i     /    }
 ,〈、 )〉'/  ゝ乏tヘ、 .ノ  .\  、、,,,,,,,j,,,,,.     ,イ;;〉ト'`∨};;;;;;;;|     、    |
ゞ=彡´      {、彡'     ミ゙゙   ミ、 \  ./;;;/、}___/./;;;;;;;;;|    \{    .{
         、ヽ\     /ゝ、  ミ、ヽ.ヽ、 〉ο;;;;;{ .| .{ };;;;;;;;;;;|     |    ',
     ハ     .、ヽ\   ミ \`ヽ、 ヽ、\}、 /;;r、/`i r‐、_;;;;;|     |     ',




          ,=-‐――ゝ、彡三ミ、`ヽミヽ、
        ,=‐'´、. U,, ,-‐u ij : : : :`、ミヽ、 `ヽ、
       i'⌒ゝ'//∠,,,,,,,,イォ、: : : : : : : ミ、 `ヽ、 `、
      ,ィ乏≧=〟,イ,"=ミヽ`゙ヾ: : : : ,イミ、   `、 ',            はい、安価スレは無理と言いつつ、
     人 、 ヽ _,〉癶辻-ノ入ャ、_: : :ミヾ、ヽ、    `、i            やっぱりやりたいのでその準備です。
      〉.:'ト::ヽ〉'´...`ヽ、 `‐ヘヘヘ `i ミ、`ヽ、 ヽ、 `、 ',
     乂77777ヽ :: . ヽ     〉ミ,ィ-、  、 `、 、`、  .,イ
     )LLLLLLヽ :: : . |   / '´ェュ、 }、    `ヽ、 y'´,i
     / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;} .,'::  :: ̄ ̄  ノノ://  ゝ、__.,ノ ./イ
     / ;;;;;;r‐‐-、;;i ,'::  ::    r'ソノ./ミ、___,.イ / i
   ./ ;;;;;/ , '  /,'::   : ノ  ,ヘ__,=イ´トミニ二__.,ノ´ ,彡'
   ム__(    /,'::   (_r' / ミヾ、i i i`ヽ、       .,/
  LLLLYヽ乏ノ       } 入ヽ、ヽ、 ヽ`t、二彡<__,ィ
 〈,t-、ヽ、_.,イ      .<´ ,'ミヽ、`ヽミヽ、 ミヽ、`ミニ彡'´
  {ソc゙`ヽ=‐'´  ..ィ<;;;    ,'ミ、`ヽ、ヽ、 ̄ヽ、 `ミ、 フ
  ゞ、心 `´,ィ<'´ .;;;     iミ、ミヽ、ヾ、ヽ、ヽ、ミ、_彡'´
    ̄} ̄´;;;  .;;;; ,=-‐―'´ \_ゝ、 .≧=-‐'´
     .', / ̄ ̄ ̄        \ ̄ ̄

20 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:29:22 ID:AUwGo1TQ


1.参加しやすさを大事にする


.

21 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:30:26 ID:AUwGo1TQ

           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、            普通のやる夫スレと同じように、
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ           多くの参加者を集めるには、
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ          面白いストーリーに魅力的な
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/          キャラクターが必要なのはもちろんです。
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´           ですが安価スレの場合、さらに
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、         『参加しやすさ』も加わってきます。
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     ',
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ|
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入
 { ' /λ. / ,'|:::::::i.',   |:::::::i 、.,'.|::::::i.  |彡ミ〈

22 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:31:21 ID:AUwGo1TQ



1.1 一つ一つの操作ルールはシンプルに



         >―-‐'´ミヽ、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}            
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈            ユーザーを集めるためには、それぞれの
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ            操作ルールはシンプルなほうがよいと
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑             思われます。
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、               シンプルなほうが、遊んでみるまでの
        ./       `ヽ、;;;∨             ハードルが低くなるためです。
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ            複雑で実行困難なルールだと、
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、     面倒すぎて参加してみようという気にならず、
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉   最初の段階で大部分が脱落してしまいかねません。
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ
         ト  ヘ、__,,ィ<´ };;;;;;;',
         {            .',;;;;;;;∨
         .〉            };;;;;;;;∨
         {             ',;;;;;;;;',
         |               };;;;;;;;;}





                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,        例えば選択肢式で『番号を選べばよいだけ』、
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´        フリー安価式で『とりあえずやりたいことを
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´        書いてみるだけ』といった方式をとるのは
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7        良い方法と思われます。
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',

23 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:32:55 ID:AUwGo1TQ
          ,・'´'´,ニ'´ ̄,ニ=`ヽ、 ノ } |イ,イ
         r´/ r彡' ,ィ'´彡ニミ_,ソ´  ノ,' ノ ,
         j ,' j´ , / ´ ,ィ'´  _,ィ≦,' //イ ,             逆に、操作が複雑なものはあまり人を
        r' ,' ,',' /,' / //,ィ彡三_ノ ,彡'/イ             集めたい安価スレには向かない気がします。
          入//'´'´""'´彡//ニヽ彡'´彡'彡'´__           例えば戦略シミュレーションゲームのように、
       //i ij  u ::  o〈´`!!j彡_彡'´>'´ |.   ̄`ヽ、
       リ `ヽ、,,  ,,イ、'彡 i: : 、´`~´ //  i     /´ \
       `ゝ   ヽイ込シ__ノ ij  〉、./ ./   i     i    `、
        {  ij   |-!っ,-‐、、  /、/  /   i    ,'     ∨
              └´`゙'´モン  i_,イヘ/ ,ィ'"´    ,'    ::::::... ∨
          ij   u ij  `~ラ'´〈 |;;;/| `ヽ、 .,::  i    ::::::::: i
   __  (`ヽ、         {  / |-{/   / ,':::  i    :::::::::. ',
  __|_ ノ  `t゙ .i    u    `、| |;;;i   / ,':::   ,' ,ィ  :::::::::  i
  { -イ人_/  `i  ij      λ |;;;i  ./ .,':::  ,;: .::/ :   :::::   |
  ,ゝ'´7 ,'ヽ、::::::::',    ij    〈、',.|;/ /: i:::,' ,'::ぇ/ :   ::   .:',




┌───────────────────────────────────┐
│1.劉備(主将) 兵数10000 兵糧 20000 金 500 参軍 諸葛亮 弓兵    .│
│2.関羽 兵数5000 兵糧 10000 金 50 歩兵                  ...│
│3.ハルヒ 兵数3000 兵糧 10000 金 50 騎兵                  .│
│                                                    │
│陣形 鶴翼の陣                                          .│
│出発日 214年5月15日                                    ...│
│目標 長安                                           ....│
└───────────────────────────────────┘

※ これは説明書きではない。これを安価レスで指定しないといけない。




           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡        ……と各パラメータを全て指定する必要がある
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ        複雑なルールだと、よほどコアな人でないと
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡         付いてきてくれないでしょう。
         `二コ弋二ラ´>-、
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、
       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ
       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ

24名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 01:33:44 ID:ldUVfc9U
ただ、18禁が可能な安価は難しすぎるよね。見てて思う。
展開をコントロールしようとするの+個々人の性癖が出て、多数派が勝っても少数派が勝っても派手に荒れる・・・

25 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:34:57 ID:AUwGo1TQ
                     ,=‐'⌒'`゙`ヽ、
                   r‐イミ、 `、/ ,' /⌒i、
                  .,イ彡'⌒ヽ、i , ,' , ',=、‐イ、   ,      まあ逆に言うと、コアな人はこんなシステムでも
                ト、  / ,ィ彡ミ、ヾii///,ィtヽ`、}  ,イ,ィ     付いてきてくれますけどね。
              i、| `゙彡'彡´::           ::',`゙‐'"´  ,イ
              ト、二ニ=r‐i゙ヽ、    u    ,ィト、彡'´ノ ノイ     参加者の絶対数は減ってしまうでしょうが、それは
              |ミヾニ,ィ{ ',ト-孑ォ、ィ  i,ィぇ孑イノミ三彡 'ノ     方向性の問題です。
           ,=―‐ヘミ三彡八"乂シノi=i'乂シノミ|'ミ、_彡イ‐-、   コアユーザーだけ集まればいい、と割り切れるなら
          ,' i    `ヽ彡'´,ィヘ_,=-‐ぇi jふ-、__/ミ二__ノノ   i',   複雑なもので良いと思います。その方がきめ細かく
           / i       `゙`7'"´.i { トェェェェェイ.} 人_彡'´    i ',  ゲームを設計できるのは確かなのですから。
           ,'  ',      .i::::::|、`ヽヾ;;;;;;;;;;;/.,イ.,'.:|:::::|      ノ .i
          ,'   i、        |::::::| ` .\ャェェィ/ ,' .,|:::::|i   、 ,'  .i  ここでは単純化を推奨していますが、それは
        .i   .i .',       i::::::|,=-'⌒〈゙==´i⌒ヘi::::::|',   ヽ}   i 人が集まる安価スレ、というテーマに
        i   ' }     .|::::::i   `,{;;;;;;;}゙'´,ィ'´|::::::i ',   }'i   | 議論を限定しているからにすぎません。
        |    ノ,  ,'   .i:::::::|彡'´ ´.|::::::| '´ ,j:::::::| .',   i. ',  i
        |    /'、ノ   '7i:::::::,' ,ィ   ~|::::::|  ,イ;;',::::::', ', .,、〉'  .|    _  _
    __   j、   ./, 'i  , ' ,' i:::::::i;;;;;;'  .,ィ|::::::|;;;;;;;;;;;;' ',::::::', '., ',.|ヽ  λ  .rt(. '.,(. '.,
  rv'´/ .,イフrャ   ,'´λ;/ .,'.,'/:::::/;;;' ,,,;;;;;;|:ヽ::i;;;;;;;;;'  ',:::::::',. ', .iヽ、  rt .i ',`i 'iヽ 'i
  /〈. 〈 ./ / | | 「| ,' {/ ,',' i::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::i:::i;;;;;;',,;;;;;'.',:::::::',  '.,i'´ , | .', .| i,'  |/ /!
  ', .{. ',| |_ノ jノ.ノ ,ィノ  .,' ,'::::::,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::ii:::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',  i/ .人 `イ i  ,' /.,!
  ∨: : : : : ' . '. /=、/   ,'./:::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',   `、ツ´ `i. . . : : : :/./
   `ヽ、:::::::::::::::ノ  ;i  ,' i:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',   .i ,' .,人 : : : : ;i,イ
    ||;;`ヾ-‐'/   ;;|  ,' .i::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',   `、 |ヾ、;;;;;;イ;;|/i

26名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 01:35:27 ID:1yYpEbNk
神の安価講座の補修みたいなもの?

27名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 01:36:46 ID:eC37TJH2
実際、俺はコア過ぎてついていけなくなったな
メガテン系だったから仕方ないんだが……

28 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:36:48 ID:AUwGo1TQ



1.2 適切なナビゲーションを用意する



           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ       ユーザーを適切に案内するナビゲーションを
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/       用意することも重要でしょう。
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´         でないと、ユーザーはなにをすればわからず、
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、      迷走するか沈黙するか、のいずれかとなって
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     ',      しまいます。
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|     もちろん面白くないので、ユーザーは
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',     離れていきます。
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ|
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入
 { ' /λ. / ,'|:::::::i.',   |:::::::i 、.,'.|::::::i.  |彡ミ〈
 i   ソ∧/ ,' .i:::::::| ',  i:::::(⌒) .,i::::::',_j__ムこt、
 〉'´ .ノ __j_ ,'  |:::::::i  ,' |::::::| |  レ'´ .,ィャ‐-、しヘ',
..(_,ィ'´ソ .,´`ゝ、_i:::::::i; ._,ォ―'こつ/  ,イ ノ   入 ∨




          /./ ,' ,' /  .//      ノ ,ィ'´   ._ Y
          入{ i i/   //    /,ィ'´.,ィ='´ ̄彡ニミL、 / /     
          {ミヾヽ!{i!、,,〃//ノノ/,ィ彡ヘ、__二=-‐--ラ'´ /ノ ,ィ ,ィ  ナビゲーションは面倒なものですが、
          t i ,ィ='/        .::::::万ヽ=ニ二ニ='´   ノ/イ'´/ ., 全てを知り尽くしている設計者(>>1自身)とちがって、
       t‐-‐'´ 〉'´ /     i  し .:::::::::弋     ,ィ彡'´    ノノイィ ユーザーはまったく知識を持っていないわけですから、
      ト、_',  / i. /  U    !j   .. .::::: !j `i、`ヽ=彡'´-‐'´  // / 「言わなくてもわかるよね」という姿勢はNGです。
      ヘ 二/   }/  {   ,!         ,ィニ}、____   ノノ   /
       \` ̄´.〈ャ;,,,, ヽ,、( ,,,,,,,,ィ=イ<_,ィ({  ".〈〈 ∨ ̄´'´  ,ィ´ ノ
          入_,ィr(゙弋i〈__二( iО) }ノ〓  |  : }ノ /ヽ、__,ィ彡<_
          ャヾ-=|'乂ノイ゙゙i⌒乂__ノノノヘ   ∧:::. .' /ミヽ__ノ´ }   `゙ヽ、
        _>、 .入  ,イ__i__|ゝ=、  _/::  ト、_/  `/  /         `ヽ、
       ,ィ'´   ` ̄´`ヘ廴_,ィ‐'    ̄`}/ ;;:   / ;    //   ,'             `ヽ
     ∨      .::::,=リ -、,-‐-   ,'.{ .;;:.  /:: i   //  /       ,ィ='"´⌒`ト、
    ∨i      .:::: ヘノヽ二⌒゙>-‐、、)) .ノ.,イ;;:: ; /./  /      /     /,' }
    ∨ i     ,  :::  }' .j,=-‐'´:: .,ィ' .,ィ≦,ィュ ;;:./ /  /      ./       .'/;' |
     { ト、  i´、  '´  jィ'´ :: .,ィ=≦ィ'´ ;;  ,ィ'/   /   /     /         /.'. ´)
    i リ 万 ', } ,'  .{...  ,ィニ-‐'´ ;;;. _,ィ=ニソ    /   /     /        ./ ,ィイ´}
    { レ ト、 ',ノ i  /  ,,..   ,,,-‐'゙´,,,,ィラ´ノi>、 /   /     /        '//,イ{
    ∧ {i .i `ヽ、ゝ/  ,'   '´  /:::ノ ./,イi  Y   /     /      / // i

29 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:37:29 ID:AUwGo1TQ

           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ    案内がないとどうなるか、
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡    という例を出してみます。
         `二コ弋二ラ´>-、
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、
       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ
       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ

30 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:37:41 ID:AUwGo1TQ


              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/    ___ _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||     ヽo,´-'─ 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ    r, "~~~~"ヽ
.____________.||:::|   | |. |i..|                                i. ,'ノレノレ!レ〉
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛   __ '!从.゚ ヮ゚ノル ♪
;:..     .            |:::|   |  | |___________________   ゝン〈(つY_i(つ
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================   `,.く,§_,_,ゝ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ~i_ンイノ~

   ______                                i^ヽry/`ヽ、
_ ´>  `ヽ、 ___________________, '` ⌒ ゙`ヽ'_________
=_,.'-=[><]=.,_ ====================================L(ノ八ノノLi〉================
''::ヽi (レノλノ)レ〉'      '';;'..,.                   il、゚ヮ.゚[i.llλ
  ノ,レパ ヮ゚ノ§                             ノi`ム´」,ヘリ
 (( / ):-:!つ                       .      〈/i.Tヽヾ、_〉
   (ン'〈_〉>、                             ゙''t_ァ_ァ‐゛
   ~'i,フT,フ^~


┌──────────────┐
│安価を取ります。>>130で。   ....│
└──────────────┘

31名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 01:38:36 ID:eC37TJH2
TRPGでもそうだよなぁ
TRPGだと『プレイヤーは君が思うより猪武者になる。君が"簡単"と思う物のもう一歩下に難易度を設定しろ』なんて言うし

32 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:38:38 ID:AUwGo1TQ

                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´    ユーザーに見せるのはこれだけです。
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',

33名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 01:38:53 ID:eC37TJH2
よし。130まで加速してみるかw

34 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:39:48 ID:AUwGo1TQ

                __
             ,-‐彳/  \,ィ-、
            r{ イ i´ /, '´ソ/´ ̄`ヽ、
          r‐イ i i ノ 〃 ノ  /´, '´  .`i
           /´ゞ、',ゞi i i〃// , ' '´ ,ィ=ニ三ミ          実はこれは、3人のヒロインのうち、
        /., r=ミ、ミ、ヽ ',i シ'´ ,ィラフヌ、'´⌒ヽ{          誰かをデートに誘えるイベントなのですが、
        { i iミ:````゙゙ヾ〃'""""´ヾミi } 、. i          ここからそのことを読み取れた人は
     i、  .} ', .|ミ:.            ミi i  {     ,     おられますでしょうか。
     ト`ヽ、j jノミ、:.    ∪,,,       .ミヌ ヽヾ、_,ィ'/
     `ミ、_彡' ミYヾ、__,, (___,ィニ'"´,-レ´}ヽ-‐'´彡' ,      多分、いても一人二人でほとんどの人は
     く_ニ彡'´片(匁))、__,仔匁メ〉)彡'´}リミニ=ニ彡'´      「わかるもんか」と感じたのではないかと思います。
       ヘ彡'.ハ〓ゝ=''イ| | トゝ=彳〓 .jノミ=-彡'´_,
      .`ヽ、_彡入_.,=个‐i´)ヽ、___イト、ヾ、二彡'´
        ,>´/;;;;ヘ',、__`乏´ュ、_, } ,イ | `「"彳 ` ̄ ̄    例がやや極端ですが、実はこの例はFLASHを
      ,>'´  i;;;;;;;;;|\ `-‐-ィ'  i/::. j  };;;;;;∨        用いて同じようなUIを実装している商用サイトを
 .,>‐'´       i;;;;;;;;;ヘ ヘ、___/:::::::/,-、/;;;;;;;;∨       モデルにしています。まったくありえない例と
./         i;;;;;;;;;;;{  | :::::::::::::::/ ./ /;;;;;;;;;;;;∨       いうわけでもないです。

35 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:41:22 ID:AUwGo1TQ

            .,ィ'"´⌒´`ヽx-‐、
              r'´   '´  /   入=、
             ,ィ!〈 ,〈 i i / //,ィ  ノ
           r'´ミ、ヾ゙゙ヾヽi〃///∠,イ、       
      ,ィ、_,)、 彡 リ⌒´       .:彡ミ},イト、    今の例に、
    ト-‐`ーヽ、_ヾ、   u    .::三彡'´ノ´    今度は、キャプションと選択肢をつけて
   , ` ̄ラ⌒ヾ彳ト))、,,,,ゝ 〃,,,,ィオイrtt彡'ヽ、     誘導をかけたものを作ってみます。
   トミニ彡 .,ィ⌒ {゙゙ミ(廴ノィ=ミ廴ノノミ }' }彡' .ノ
   ==彡'7 /〃入  ,,ィ'´|__i,jヽミ、__ノノュミく__,
      ト、ゞ-‐'´ ,ィヘ((ト-≧乏-ィ))}、ミリノ    二=テ、          ,ィ
       `ヽ-‐、彡;彡ヘゝェェェノ, ,イ//`T" ̄ ./  .`>'"⌒>'´
            /゙/ゝ、二_/'´/  /  .,'´   /  /
           /// ヽ_/ /⊂ ̄´   レ-‐/   /   ,;;;/
          / ./::://;;;;;;ヽ/    >   .i∨⌒ ,ィ'./     ´
    ,ニ="´く  〈:::/ 7;;;;;;/   ,ィ'´   ,ィ'´ , .〃 '   ,ィ'フ

36 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:41:39 ID:AUwGo1TQ


【 野場学園 】

              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/    ___ _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||     ヽo,´-'─ 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ    r, "~~~~"ヽ
.____________.||:::|   | |. |i..|                                i. ,'ノレノレ!レ〉
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛   __ '!从.゚ ヮ゚ノル ♪
;:..     .            |:::|   |  | |___________________   ゝン〈(つY_i(つ
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================   `,.く,§_,_,ゝ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ~i_ンイノ~

   ______                                i^ヽry/`ヽ、
_ ´>  `ヽ、 ___________________, '` ⌒ ゙`ヽ'_________
=_,.'-=[><]=.,_ ====================================L(ノ八ノノLi〉================
''::ヽi (レノλノ)レ〉'      '';;'..,.                   il、゚ヮ.゚[i.llλ
  ノ,レパ ヮ゚ノ§                             ノi`ム´」,ヘリ
 (( / ):-:!つ                       .      〈/i.Tヽヾ、_〉
   (ン'〈_〉>、                             ゙''t_ァ_ァ‐゛
   ~'i,フT,フ^~


┌────────────────────────────┐
│霧雨魔理沙、博麗霊夢、ミスティア・ローレライがいるようです。    │
│誰かをデートを誘えますが、誰か誘いますか?            ..│
│                                         .│
│番号または名前で回答してください。>>130を採用します。     ....│
│(番号または名前でなくとも分かればかまいません)             │
└────────────────────────────┘

【 選択 】

1.霧雨魔理沙
2.博麗霊夢
3.ミスティア・ローレライ
4.誘わない

37 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:42:24 ID:AUwGo1TQ
            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}         
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´    何をすればいいのか
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,    ずっとわかりやすくなったことと
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´    思います。
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }

38 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:43:08 ID:AUwGo1TQ

             ,-へヘ^/´ / /^'"'ヽ
        ,    ,/  ヾ ` ! / '  /~`、`、    
       、i`、_ノ  i'¨~"``・〃 '' "~'; '^ ヽ、_;,ノリ, 
       ミヽ、___ノ,'j     u    `:,ミ.    ノノ    もしフリー安価式で、デートに限定せず
      、ミ゛-ニニ彡 イ.____,,.〜、__,jト 、.~_  _ 彡    自由にさせたいならば、キャプションを
      `ヾ、_,,.. 彳=((◎))-t((◎))=.it ミ__ニ-'´ノ    少し変えればいいでしょう。
       ヾ、二ニ'-';|: ~ _,.-+!‐!+-、.,__`| |ミー― '", 
         `-tニ三`ト'",  ^^`   、Tィミ 三ニ-'彡 
        r''""~ ̄⊇==き三≡ー''~,イミヾー,,ニ='  
        ( '´ ,: ~ 冫キヽ ハ ヾ ;' .j'λニ=―-―、_
/    r〜ヾ、   / ∫`ト、 '  ノ ̄~"ヘ ,ゝ   .' !
/   )丶,、!ミ   j / ヾ、 `"./~    ヘ'、.   ,   `i
/  /  / `ー-∠、. `;,/⌒ゝ./ ____ヘ !     ハ
/  /  /     `y i , ‐" ̄       ̄"ー 、    ヽ、




┌─────────────────────────────────┐
│霧雨魔理沙、博麗霊夢、ミスティア・ローレライがいるようです。           .│
│3人とも暇そうにしていますから、話しかければ相手にしてもらえそうです。   ..│
│                                                │
│なにをしますか?                                      │
│                                                │
>>130を採用します。やりたいことを書いてください。                  │
└─────────────────────────────────┘


            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ           「3人とも暇そうにしていますから、
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}           話しかければ相手にしてもらえそうです。」
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´      と書いてあるのは、3人のうち誰かと
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,      なにかイベントを起こせることを
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´      示しています。
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }

39 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:44:20 ID:AUwGo1TQ
            __,=―-、__
          ,ィ⌒ヽ、  ヽ}`゙ヽ、
         r'´ミ 、ミ、ヾi//彡彡,〉
     i、_   j/´彡'´       ',⌒ゝ-ィイ|
     ト、` ̄´,ィ i::.    u   .::i`―'´ .ノ       「こういう指定をかけるのはフリー安価と言えないのでは」
   ミ`┴‐彡'彡{-‐ォニャ'´ ト=‐ャ、}ミ、_彡ィ       と思われるかもしれませんが、いくらフリー安価と言っても、
    ト`ヽ―'´ 「`|彡辷ソ彳゙|i辷ヌミ´|` ̄ /       方向性程度は示したほうが良いだろうと思います。
    .ミ、__,ィ,火ゝ  ,ィ´゙ニiコ`ヽ、__ノミ三彡
      彡'´/ゝY´{      }j、` ̄フ         完全無制限にすると、ユーザーは迷走して、
       `‐--‐'´人ヒ-‐'ニニ=‐ノ'⌒≦_        突然筋トレを始めるなどの謎の行動をとりはじめ、
        ,=-‐'/ .,个ヽ、_,ィ´ / ,ィ⌒`ヽ、      ぐだぐだになりがちです。
     ,=-‐'  〈 / i\::::// / ./     ヽ、
    .人      i `、 r、 Y / .i、 ,'          ',
    ,'   ', λ i  .i´|;;;;;;;;/  |ミ、{      , .i,i
   .i    ', .リ ノ   / .「;;;;/  .|ヾ ',    ,, ノ ノ入
   i   / },'./   / .|;;;;i    .i   )ミニ //  //  i

40 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:45:42 ID:AUwGo1TQ

           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ      抽象度の高い内容は>>1が提示し、
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/      それをどのように具体化するかは
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ       ユーザーが決めるようにする、と
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´        言えば、旧作の『論理的思考シリーズ』
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、     を読んで下さっている方には
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     ',    一発かもしれませんね。
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ|
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入

41 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:47:06 ID:AUwGo1TQ



1.2 選択肢式か、フリー安価か



                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,   さて、安価の回答には、選択肢が決まっているもの、
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´   フリーなもの、その中間、とあります。絶対優位を持つものはなく、
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´   どれも一長一短ですから、自分のやりたいことに
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7   あわせて選ぶのが一番かと思います。
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',

42 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:48:49 ID:AUwGo1TQ



1)選択肢が決まっているもの



         >―-‐'´ミヽ、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/        選択肢が決まっている方式は、良くも悪くも
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}        『選択が限定されている』点がポイントです。
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈        良い面は、『少なくともどれかを取ればよいという安心感』が
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ        あること。つまり誘導しやすいので
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑         ユーザーが迷走しづらくなります。
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、           悪い面は、『可能性が強く限定される不自由感』が
        ./       `ヽ、;;;∨         あることです。
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ
         ト  ヘ、__,,ィ<´ };;;;;;;',

43 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:49:34 ID:AUwGo1TQ
                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,       以前私が運営した
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´       『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』では
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´       選択肢方式を使いました。
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',




〜 画面例 〜

┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│安価に入ります。今日新城が撃ち抜く相手を選んでください。   ....│
│                                         .│
└────────────────────────────┘


【選択肢】

A.羽即出できる夫 (男)
B.見学会いく夫 (男)
C.キョン (男)
D.著栗鼠ギャル夫 (男)
E.谷口 (男)
F.屋二出やる実 (女)
G.桜田のり (女)
H.百人キル子 (女)
I.新即出やらない子 (女)
J.柏葉 雛苺 (女)

44 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 01:50:26 ID:AUwGo1TQ

                              ___  ,i
                        ミ  ,-‐イ´,'ィ'´, '´ `ラノ ,i
         ハ             o  .,イ.,-‐'´⌒彡'´,彡'´彡イ,ィi
          シ           ミ   {/ ィ⌒ヽ' 彡'´彡'´ '´,'}        ユーザーは、行動こそ著しく制限されますが、
          ュ       ,、,,,,,,,,,, 0、 r〉、.斥リミ ̄ト=彡t彡'ノノ-'ノ       逆に他の可能性を(無駄に)考えなくていいという
               ミ,:'´ 二ヽ`i .ャ-/、`〉乏__  〉  'ノ }三彡 '´彡'´     メリットがあります。
             ミ゙´   ,,-、 ヽトj、 ヽト、ィ  ノ`}ヽ'´ l t<三二ニ彡'
            ,,ミ´ ,ィミ、 〈./ミ. `ヽッ'-‐‐'´  '   ,! ヘ、`ヽ、  ノ´       また、これは制作上の理由ですが、可能性を
            ト、,,...::|ヽ、    ο  `ゞ、゙゙゙゙   .,ィ'´ } `ミ三彡'        絞って考えられるため、制作側としても
        ___,,,,、. }  `ゞ' }    ハ  ゜    '.,__,ィ彡::   ',   \彡'         予め準備がしやすいのも良い点です。
       /r‐-  ヽミ    ミ   シ      ゝ、__.\   ',.ィ彳´;|`ゝ‐-i|li|、i,|i
    ミ/.ィ しーャ-  \、       ュ   ,i|il-‐i‐‐ilラ〉、/ /;;;;;{       ,' `ヽ
  __  Y´/{、ヽ、`:.-‐'´ } \       i|i|l|'     // 〈r、 /;;;;;;;i     /    }
 ,〈、 )〉'/  ゝ乏tヘ、 .ノ  .\  、、,,,,,,,j,,,,,.     ,イ;;〉ト'`∨};;;;;;;;|     、    |
ゞ=彡´      {、彡'     ミ゙゙   ミ、 \  ./;;;/、}___/./;;;;;;;;;|    \{    .{
         、ヽ\     /ゝ、  ミ、ヽ.ヽ、 〉ο;;;;;{ .| .{ };;;;;;;;;;;|     |    ',
     ハ     .、ヽ\   ミ \`ヽ、 ヽ、\}、 /;;r、/`i r‐、_;;;;;|     |     ',
      シ      、ヽ\     ゙゙゙゙ミ`ヽ'´゙ \/ィ-‐'´ ゙゙̄ヽ, ::ヽ、     .|     ',
      ュ      ミ       }  > ' ´ ̄ ___/  .,トイ‐----ミヽ     }

45 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:00:02 ID:AUwGo1TQ
途中ですが人が居たのでレス返し


>>15
妨害安価への対策も後ほど述べます。



>>24
暴れる人がでるのはある程度仕方ないですね。
それくらいのめりこんでくれていることも意味しますので、
痛し痒しです。

まあ、たいてい一晩たてば落ち付いていらっしゃるので、
そこまで気にしてなかったですね、自分は。

ただ、足の引っ張り合いになるとかなり殺伐としますから、
それは防止するほうがいいと思います。



>>26
本当にたまたま完結のタイミングがかぶっただけで、
補習してやろうだなんて意識はないです。

もちろん全部見ましたけどねw
ためになりました。


>>27
長く続くと複雑化しがちなんですが、そうすると
昔からの住人さんですらついていくのが大変で、
まして新規参入なんて無理、という状況に
なりがちですよね。



>>31
「おいおいおい」と言いたくなるような行動を
とることがありますね。ただ、実際にプレイヤー
側に立つと体感できるのですが、本当にわかることが
少ないんですね。GMとプレイヤーの差を埋めるバッファとして
難易度を下げるのは、やはり必要なことじゃないかと
思います。
旧作では『ちょっと難しめかな』というものを出したら
ボロ負け、『これは優しいだろう』で良い勝負に
なってましたね。




>>33
とらないですよーw

46 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:01:40 ID:AUwGo1TQ



2)フリー安価式



         >―-‐'´ミヽ、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ              ではレス返しも終わったところで続きに行きます。
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|              フリー安価式は選択肢式の逆と考えてよいと
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈              思われます。
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑               良い面は、『選択肢がとても広いため、
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´                自由に行動でき、ユーザーの意外な
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、                 発想を期待できる』こと。
        ./       `ヽ、;;;∨
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ              悪い面は、『自由度が高すぎて何をすれば
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、       いいのかわからず、ユーザー(特に初心者)が
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉     迷いがちなこと』。
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ   
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ   
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´    
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ

47 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:02:15 ID:AUwGo1TQ

                __
             ,-‐彳/  \,ィ-、
            r{ イ i´ /, '´ソ/´ ̄`ヽ、
          r‐イ i i ノ 〃 ノ  /´, '´  .`i
           /´ゞ、',ゞi i i〃// , ' '´ ,ィ=ニ三ミ
        /., r=ミ、ミ、ヽ ',i シ'´ ,ィラフヌ、'´⌒ヽ{          また、迷った挙句突拍子もないことを
        { i iミ:````゙゙ヾ〃'""""´ヾミi } 、. i          してしまいがちで、シナリオそのものまで
     i、  .} ', .|ミ:.            ミi i  {     ,      迷走させるおそれがあるのも注意点でしょう。
     ト`ヽ、j jノミ、:.    ∪,,,       .ミヌ ヽヾ、_,ィ'/
     `ミ、_彡' ミYヾ、__,, (___,ィニ'"´,-レ´}ヽ-‐'´彡' ,      誘導・安価の取捨選択・安価の解釈を
     く_ニ彡'´片(匁))、__,仔匁メ〉)彡'´}リミニ=ニ彡'´      上手くやれる人でないと、かなり大きな問題が
       ヘ彡'.ハ〓ゝ=''イ| | トゝ=彳〓 .jノミ=-彡'´_,       起こると思われます。
      .`ヽ、_彡入_.,=个‐i´)ヽ、___イト、ヾ、二彡'´
        ,>´/;;;;ヘ',、__`乏´ュ、_, } ,イ | `「"彳 ` ̄ ̄
      ,>'´  i;;;;;;;;;|\ `-‐-ィ'  i/::. j  };;;;;;∨
 .,>‐'´       i;;;;;;;;;ヘ ヘ、___/:::::::/,-、/;;;;;;;;∨
./         i;;;;;;;;;;;{  | :::::::::::::::/ ./ /;;;;;;;;;;;;∨

48 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:02:32 ID:AUwGo1TQ



2 安価の指定方法



.

49 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:03:39 ID:AUwGo1TQ


            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,   安価の指定方法は、安価スレに大きな影響を
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´   及ぼしますのでよく考えたいところです。
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }

50 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:03:51 ID:AUwGo1TQ


2.1 番号式と時間式



          __,ィ‐ォ‐イ⌒彡`ヽ=、
        ,=イソ/ノ//'´"´7 }ミ、\   ,ィ
       ノ彡`´      . `トミ、_,ィ≦"/
     r'"/   u  ,,,,=<゙゙゙: : ミヾ、_  '"7 __,ィ
     λノ,,,,,,,,,ェュ''''7´ィぅ)゙v‐-=ゞ、ミニ彡'≦'´ ノ      私が知る中では、
     /〉'´゙〉-、`7廴二ノミヽ r=テ-、ニ二 ∠=イ     安価の取り方は、大きく1)番号式 
  ト-‐'´ .辷ン{"\,ッ `ヽ、__   }  7〉∨彡'´ ∠      2)時間式 の二つに分かれます。
 、≧='´ / / ヽ込-、_ノ゙ :}ヽ/: : ''ソ ノ三彡/´_,ィ
  \ '´ \{ヽ彡-‐―・´ ::    ir‐'´ミ二三 ̄彡ィ
  `ミ三彡' ∧ 、        ::    八   `ミ-‐ ,イ´
   `´く  ∧:      : _,=-‐'ヘヾ、   =三シ
     ヘ彡'.∧_,=-‐‐'´::::::: ;;  ∨ミ、二彡'´
      `彡'´ >、::::::::::::  ;;   ∨シ'´
       ゝ-ヘ彡入:::   ;;__,=┴'"⌒≧―――
            _i......:::大´  ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;/
             /λ}:::: /  ∨"´;;;;;;;;;;;;;;;;;/





┌───────────────┐
│1)番号式                .│
│                     ...│
│・ >>130で                .│
│・ このレス数+5           .│
│                     ...│
│とやる方法。             ....│
│                     ...│
│                     ...│
│2)時間式                .│
│                     ...│
│15:00が過ぎてから最初のレス    .│
│                     ...│
│とやる方法。             ....│
└───────────────┘

51 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:04:48 ID:AUwGo1TQ


           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、            
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、           番号式は、考えるほどのことではない安価や、
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ          検討する時間が別に取ってある場合など、
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ         思考時間を必要としない安価に向きます。
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´          一方時間式は、ある程度考えて回答する
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、        必要がある安価に向きます。
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     ',
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',      たいして考える必要もないのに時間式を
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i      とると、待つのが面倒でユーザーは
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i      イライラしますし、逆に考えないと
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ|      答えられないのに番号式にすると
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入     今度は『時間がなさすぎる!』と
 { ' /λ. / ,'|:::::::i.',   |:::::::i 、.,'.|::::::i.  |彡ミ〈     クレームが来ます。
 i   ソ∧/ ,' .i:::::::| ',  i:::::(⌒) .,i::::::',_j__ムこt、
 〉'´ .ノ __j_ ,'  |:::::::i  ,' |::::::| |  レ'´ .,ィャ‐-、しヘ',   状況に応じて使いわけたほうが
                                いいでしょう。

52 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:05:41 ID:AUwGo1TQ



2.2 スナイパー対策の必要性


                _,ィ´ ̄ラ'´ ̄ ̄`゙`ヽ、
            _,=-'´/´     _,ィ'´ ̄`゙`ヽ、
          ., '´/  , '  ./  '´  ./´ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、
          / ,'  , '  ., '   , '´ ノ´        ::::::i           さて、スナイパーと呼ばれる人たちがいます。
        .,イ ,'  .,'/  , '   / ,ィ'´  ,ィ'"´ _,=-‐''´ ゙̄ヽ、          めちゃめちゃ安価をとるのがうまい人たちです。
        i(  i  ,'/,'  /  ., ' , '´ ,ィ'´ ,ィ'´  ,=-‐―‐‐ ::‐ト、
        r'ヽ .', ii ii /, .//,ィ彡'´/  _,='´,ィ⌒`゙`ヽ、   :::i  .,イ     どうやって安価をとっているのかは
   ト-‐―‐' .Y ゙゙゙ヾヾ!!////'´ノ∠´,ィ彡'´,ィ彡'´-‐'⌒゙ヽ、 `>-‐'´:::i      わかりませんが、とにかく取るのが上手い。
    ヘ -‐  .{              ,リ´ ..::::::`ゞ`‐-ミ、`゙`‐-彡'´., '  ::::/ , .,イ
     \_ノ彡i         ,ィテ{  ..:::::::::::::ミ、   `゙ ̄  '´  ::::ノ,イ|//   冗談のような確率で持っていきます。
   .ト-‐彡'´  }  i  U リ   ' ノノ  .:::::::::::::::〉ミヾ、     ::::‐-‐'´  '´:::ノ
   \ミ二´ 人,, ;;ヽ } リ/ ;;::   i{   '´ ,,,,j:::::(ミ`ヾミニ三彡'´     ::::/
     木ニ彡'´{`iヌ、} il r//   リ ,,,,,,ィ≦'´〉テ〉-、ミヾ、       .>≦-ィ
     `、彡' r、弋)゙)、,;ヽ=ラ=テヘ ヽヽ=ィノ_rュニ=Y‐-、_,ィ'  '´::::,=-'´
    ヘミニ彡' ヘ入ニjノ==彳( ゝ辷ノ) /.ノ二 `|:::::::: j: ヘ、}`ゝ-==ニ-‐ィ
    ∧     ∧  i  |  トゞ-=ニノノノニ :::. ノ:::::::.. し'./、`ミ二ニ=-ノ´
      `ゝ-ィ二ゝィト‐'`‐つヽ、    ..:::::::/::::::: ,' /`ヽ、二./"´ `゙ヽ、
         `ゝ-ヘゝィニ彡___こ==ュ―ィ'´/::::::/ゝヘミ、ミ彡'´      ヽ、
            `ト十十十イ匕Yト) ./,;'::: :::/:  :. / /ラ´ヽ . . . . . . .  ヘ
             λこニ‐ラ'´⌒}_ノ./'´::´_,ィ'::: .:/ /ノ  ヘ: : : : : : : : :  \
             {:'´ ゙`/ ` ̄/   ,ィ<  :::./ / .,'  .:::::::::ヘ: : : : : : : .    ::ヽ、
             ゝ、... } ==} .∠::::  ::, '  .ノ , ' .::::  ./ ̄ ̄ ゙̄`ヽ、    ::ヽ、
       __,ィ‐=、_   ゙フ   |‐'´,イ⌒ヽ、/ /,' ! .::  ., '         `ヽ、  ::∨
       (  ...::(     ` ̄´    ∨〈  ( i/  ,' .,'  ! ::  /             `ヽ、:::∨

53名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:07:51 ID:NnOaF96Y
>>1おすすめの、参考になる安価スレとかあったりしますか?
ここは捌きが上手いとか、ここのシステムは秀逸だ、とか。

54 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:09:07 ID:AUwGo1TQ
                 >=、/⌒ヽ、_
                ,=ニ、/、 } ト、   ト、)`i、
               /彡ミ、 Y  リ}  }ノノ ノ⌒`ヽ
           ∨/シ=、 ∨ i /リ ./ //二、`∨
        ,ィ ,、  }ノ彡ニミヾヽ 〃, '/ .ノ//二、`ヽヽ
       .{ ヽ入ソ'´    `ヽ、ノ////ノ⌒`ヽ. .i }リ`)、ト、,ィ
          ト `ヾ/,ィニ三ミヽ、 ヽ!!//ラ'´⌒ヽ、', } i ! jハ| リ|
      ト、|ヽ、_ ,ヘ ヘミ'⌒゙゙゙ヾヾ!!〃〃彡彡ミ} i、__./ノノ リ          
      ゝヽ、_,  ,)ノミ           ミミト、ヽ、_/ .ノ/!         安価を取るのが他の人よりも
       ヾ、_二=ニノ´,'.!           ミソ´`゙'‐、"ヽ、//,          抜きんでてうまいので、
      大‐=-‐‐'´/  /|     U     ゝィ'イ  |ゝ .}、ニノラ'´        対策をとらずにいると、安価スレは
      ゝュ__ノ/ノ/ トャ、        ,,ィ≦ィ'´|  .i  ||//         スナイパーの独壇場となってしまいます。
        ゝニ二,ィ / |.{-ニヾ、;,,  ,,;;r彡ラ´)ノミ j   ト、 {、ノ<         嘘のようですが本当です。
       >'´彡三ノ  天`―イ゙トF彳{r'´ ノ ノ   /::::::ノ:): : : : \
     ∨   -=ニ彡ォノ八ャ彡-.ヘi__iシ ',  ヽ'´   .,'::::::/:/)  . : : :∨     
    ∨__       \;;;;;;;;ヘ`、(トトiエエイ|..      :::,'::,':/     ::∨    
     {  `ヽ、     .',\;;;;;\ヽ`二彡! 、     .::::/   >'´ ̄`}    
     i     >ュ_ ', ヽ、;;;;∨`厂';;;入ヽ    ::/  :  /    :ノ    
     |    / jソヽ、>‐、};;;;∨ヘ;;;/´|(i_ `    :/  .::/     :人
     .i /゙). ∧ ∨`、 (_,ィ ∨;;;;;} |;;;7/  `ヽ、_ト、  ./     ./  )
      ∧ゝ、\∧ ヽ、   |  `Y;;;∨i;;;ノ      ::ノ .:/    ./   ノ
     ∧! `t、`゙{   `ヽ'´  .::.);;;;;;;∨      ::/ミ、/ c=ニ彡 / .ト、
      ヘ `ヾ、`ヽ、      ,'{',;;;;;/       ::}、.ノ し'´   / .:   }
       !   \ `、    '!{;;;;{        ::};;;}、,,,,,,,、  ,イ ..:::´ .ノ
       ∧ヘ   \..:::.     ゙∨~\_     ::|;;( \ ヽ、`'゙´´ /|

55 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:11:00 ID:AUwGo1TQ
         r'´/ 〃i 〃〃  ///  ,ィ'´  ,=-入彡'/ |ノリ)   ,ィ
        / 〈  {{ i ii /  〃/  ./   /    \  / ノ//イ/|
   |N、  ( λ ', ', i i {   // / ,ィ'´/,ィ'´ ,ィラ .ノ,ィニ彡'"´ノ   ノ
   人ヽ`ー=、 ',  ', ', ',', i ////,//ノ ,ィ≦´ ` ̄ ̄´ ,ィ'´ / /
    \ヽ二ゝ、ヾ、ヾ、\∨///ノ〃〃""´ ̄.::::λシュ_,ィニ二彡'´ ノ/      一旦そうなると次のような
    ∧ヽ、二ラィュ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙"u      u .::::::::彡//、ヽ二ニ彡'´./       問題を引き起こしますので、
     ヘ、ーラ./`゙j _   !j      !j  .::::;::::::彡'ィ} 人_,ィ彡ノ ノ      なんらかの対策は必要でしょう。
     ャ‐大// ./ト/λ      i      }::: 〉| ノ,ノ    ノ´´ /イ
     ゝ-ラ/ ノ.,イ゙゙.ノ``ヽ U 、ヽ !j    ,,,,ィ'_,イ.トイ ` ̄´   ノノ,ィ
         {/ // .Aッ,,,,,, 〉}i {,,,,,,,,,,,,ィュ゙)∨〓/ /| ∨` ̄ ̄´  /
        ,',' .i/ ∧乂之ヲ)ゞノ/|ゝ==ヘ  / i ∨≧=-‐'"´
      ,',' /  {_∧´゙゙゙´ノ「`彳ノヽ‐-=二=ィ´  } ノ  /`゙<_
      〈{ /  / ⌒'゙<i ト-イ´ソヘ  !j {  /:::/ /      ̄`ヽ、__
      ∧ {  ', _二入、廴/_,ィ=-‐、 /:::/ /            `゙ヽ、
      ∧ .;  ∨    `ヽ、ト-ィニ‐'⌒/:::/   /               `ヽ
       i  :  ∨     ゝ、ゑ_/::://  /                 ∨
       j、 :   ∨       , ' / .\/ /  /                   }
      ∨ }::    )     / ./  ,イ /  /                   /
      ∨ ,./:::..   /     /  \、〈 .〉´  ∧                  /
     〈//  `:. /ヽ    /    /{;;;フ    i                  ,'}
    r'´/\  .::./ヽ、` ,',' ./   i |;;/    .i .,'     /           ,' |


【 スナイパーの独壇場となったときの問題点 】 

1)実質的に参加者がスナイパーのみになってしまう

  なにしろスナイパー以外は安価を取れないの
  ですから、実質的に他の人は参加できないも
  同然となってしまいます。

  この事態は、なるべく多くの人に安価ゲットを
  分散させて参加感を高めたい安価スレとしては、
  あまり好ましくありません。



2)スナイパー以外の人が楽しめない

  安価を取れないかも、という不安と、取れるかもという
  期待、取れたときの達成感が安価スレの醍醐味です。
  (ストレス→快感の流れと、射幸心が絡みます)
  最初から一度も取れないことがほぼ確定しているのでは、
  スナイパー以外の人は楽しさ半減です。



3)破滅的な安価をあえて取られ、ゲームが台無しになってしまう

  安価に極めて強い人は、どういうわけか
  『他の人が積み上げたドミノを倒す』ような破滅的な
  安価を取りたがる傾向があります。これが猛威を振るうと
  ゲームにならなくなってしまいます。
  実際、多くのプレイヤーが積み上げた結果を、最後の最後で
  スナイパーが崩す、賽の河原状態になったスレも
  あったのだとか。

56 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:12:24 ID:AUwGo1TQ

      ,イ   / { /|,..⊥-く`Y^ | 〃 {7´rヘ
        | ヽヘ. l| ソ‐く._ _,>='''""``''=<,,/,フ7'ヽノ} ノ|,イ
  /|l i.ハ ∧   r'⌒ヽ / ,. ィ''"´ ̄「丁` ''‐ 、`ヾ、/r:=_<ノ ノイ   ,
  |l | l、ヾ;、.イ ,二'7/ /ヽ. l     | {    ,ノ`ト、 ヽ',.-、,| / / _,イ/イ
  |!  '、`'=,ル'⌒/;' ,'   | ヽ.  j !  /  /.:.::゙, ;;Y=ニユ,彡',/ ,ノ.,ィ      そこで、少人数(または一人)のスナイパーが
  |ヽ \_/ ´ ̄l;;;! ハ.   l ,. -;_Y、,..ヽイ_ ,ノ:.:.:.:,ハ ;;i二ニ-、!_,,.イノ:,'       独占できず、また破滅的な安価をあえて
.\.l、`'' / /,r三;];;l ,' .\.:.:.:`|.{i;/、 , i  ヾi; Y:.:.:/ :i ;l三ニヽ. !/ //       取って台無しにすることを防ぐような
 `'ー '"´|/ {-;rヘ|;;l |  ヽ\.:::ヽ;、. x'、iY_ノノノ// ::| ;|/^!\`Y-;彳'       システムとマスタリングが必要となります。
`ヾ;三ニ'|   |,ハ |;;l |::   `ヽ{_二I,><r'ニ´-'´   ::| ;;|イ ト.',.ヽ|'´ _/
 \`ニ-1  |.! ゙||;;l |::      >-‐i| (U) |!-〜     :,' ;ハ| 川| /_`,ニィ' /     次の項からその論点について考えたことを
、\、二ア .八 V:|!;;l ト- ..__..=テ7〉><゙Yヽ=、,  _;ノ /jノ,ハ ,!{'ー '´∠イ     述べていきます。
 \_.二´,ノY |;;;i  Y^ヽ、_>'//.:::「l!|:::.|.い/ ̄ / //,.仆;ミ、.二´∠イ
 //ヽ--‐イ^`|!;;;'、 ヽ⌒'ー'='二:j l |ニ ヾ` .:/ ,イ/K\ヽ、..二 -'/\
  /     ,/  l l::::ヽ.` ‐- .__ _ノ .:! ヽ._.. - ´ / ,/ j 「`'ー― '「     ヽ
../     / /   l l:::  `` ‐- .._ ̄ ̄_,,.. -‐ ´ / /  |     ヽ
/     / /     ヽト、v;---- .._ _  ̄ _ __.. -―v彡′ |       l
      / ,'        \ニr_=_=,、ハト--仆;r_=_=;ァ'ラ′  |         |

57 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:13:22 ID:AUwGo1TQ



2.3 少人数(または一人)が安価を独占できないようにするシステム的な方法



/ ,' j  ,ィ彡'./,ィ―=、 、\  ',      }
 j ' ノ´ // /三ミヽヾ、 ij ,ニミ、 |
` ̄彡'´./'´'´ /ミヽヾヾヾゝ〃彡ヘ、 |
` ̄´ ./   r'´;            |、 .}    ,      
、   /   .|::             }ミ} |   ,イ|      というわけで、さっそく
、 ̄    .八,,、       U    ,,jヾ、\__ノj }      少人数(または一人)が安価を
:{`ヽt-ィ'<;;  >=、,,,,, ヾ 〃 ,=彳}ミニ=彡'シ/      独占できないようにするシステム的な方法を
:{ ', K |:::: 二彳.rィ少トミ、___ィヌノ.ノ}ミ、_彡' /       考えてみます。
シヘヽ` |:::: 彡八゙‐-彡'`Y‐‐iム彡'./、`彡ノ/
彡'ヘ_ ヘ:::.    `二彳__|:_|、_/``‐ ,彡'
,>-' { ヘ、_,ャ'´   ヽ、._jイ/ミニ彡'
;;\ .人   { トェェェェェェェェイ/´ヽ-‐'
;;;;;;;;\. \  i {ヘ ヽ }:ミ::://
;;;;;;;;;;;;;;\. \ ', ゝゝ-.':::ミ//
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヘ ', ヾェェェイイ
ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ个、_`‐‐‐'/
 ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘヌ `‐―'
   ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ ∨

58名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:13:45 ID:eC37TJH2
時間安価はそれ用の時計があって、そこを見ながら体内時計でカウントダウンしてポーンと書き込みボタン押して取ってるみたいです
やってみましたが、それなりの速度のPCで、他のリソース削っておけばそれほど難しくないですね。5年落ちのXPマシンでも取れましたし

対策としては、特定時間の何個目ってのを見たことがあります

59名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:14:23 ID:8AMCqQ/E
多数決とか、安価融合とかあるよね

60 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:15:26 ID:AUwGo1TQ


1)多数決式


                ,==‐'´ ̄`゙ヽ、        ,ィ
              /,ィ'´,彡'´⌒ミヾ、`ヽ、.   / |  ,
             ,ィ´//          入ノ .ノ/i ,       まず、一つのレスで
             〉""〃-イ彡'´イヽ、__,ィ彡'´ノ ./´ /ノ|       全てを決めるのではなく、
               /⌒.::::::  彡'´ ,      ,ィ彡'´ ,ィ .´ノノ       複数のレスで決めるようにする多数決式が
           /゙゙゙ヾ;:::   `ヾ彡、ニ三彡'´ ,ィ'´ //i        考えられます。
            irt‐、,=-‐⌒O=彳r⌒∨彡'´  ノ 彡'ノ,
           }|) } ノ〓,   ノ:::.  ))ヽ.}三彡'´ '´ノノ/        安価を取られても、その決定権が
     r'´i     /`7ゝ‐-=、_/ :::  リ´/ミ=-‐' //ノ         何分の一かに抑えられるため、
     },. }    辷つ _,ィ‐、.}; ;    ゝイミ、`ヽ、__,ィ'´/ヘ         影響力を軽減する役に立ちます。
     |. ',.     ヒィニィ'"´);: ;    };. `ヽ、__/   ∨
     ',゙゙ ∨⌒).      /   ',  .ノ;;::.   //  ,===∨
  .,ィ‐‐ム;;,. }'' {     /    }/.. ;; / ,イ,ィ´ ̄      ∨
  _| Y_ノ=/   |    .(,イ   /::::::  .;/ / /          ∨
  ,|.L__)'´   .〉    .ゝ-彳´⌒`゙ヽ./ / /            ∨
  |\_,イ、    /              / / /.             ∨
  \/    入              } / /                 ∨

6158:2011/07/19(火) 02:15:54 ID:eC37TJH2
正確には『2時15分の↓3』とか指定して『2時15分以降の安価で3個目』にするのだとか
同時に複数人が取得に走るので、狙って取るのがほぼ不可能に近い

62名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:17:14 ID:T8JYW6S6
指定時間に合わせるのは簡単だけどね…

純愛側と、陵辱側を両方読者が動かす安価スレっていうと、
昔あったやる夫の同級生2のやる夫は皆に想われるようですを思い出す…

63 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:17:15 ID:AUwGo1TQ
                              ___  ,i
                        ミ  ,-‐イ´,'ィ'´, '´ `ラノ ,i
         ハ             o  .,イ.,-‐'´⌒彡'´,彡'´彡イ,ィi
          シ           ミ   {/ ィ⌒ヽ' 彡'´彡'´ '´,'}         
          ュ       ,、,,,,,,,,,, 0、 r〉、.斥リミ ̄ト=彡t彡'ノノ-'ノ        また、多数決式には
               ミ,:'´ 二ヽ`i .ャ-/、`〉乏__  〉  'ノ }三彡 '´彡'´
             ミ゙´   ,,-、 ヽトj、 ヽト、ィ  ノ`}ヽ'´ l t<三二ニ彡'       ・安価を取れる人がそれだけ増える
            ,,ミ´ ,ィミ、 〈./ミ. `ヽッ'-‐‐'´  '   ,! ヘ、`ヽ、  ノ´        ・他の人との協力が必要になるため
            ト、,,...::|ヽ、    ο  `ゞ、゙゙゙゙   .,ィ'´ } `ミ三彡'          話し合いが活発になる
        ___,,,,、. }  `ゞ' }    ハ  ゜    '.,__,ィ彡::   ',   \彡'
       /r‐-  ヽミ    ミ   シ      ゝ、__.\   ',.ィ彳´;|`ゝ‐-i|li|、i,|i    というメリットもあります。実際に旧作の
    ミ/.ィ しーャ-  \、       ュ   ,i|il-‐i‐‐ilラ〉、/ /;;;;;{       ,' `ヽ  『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』
  __  Y´/{、ヽ、`:.-‐'´ } \       i|i|l|'     // 〈r、 /;;;;;;;i     /    }  でも多数決式を採用しましたが、これは
 ,〈、 )〉'/  ゝ乏tヘ、 .ノ  .\  、、,,,,,,,j,,,,,.     ,イ;;〉ト'`∨};;;;;;;;|     、    |   安価システムの肝でした。
ゞ=彡´      {、彡'     ミ゙゙   ミ、 \  ./;;;/、}___/./;;;;;;;;;|    \{    .{
         、ヽ\     /ゝ、  ミ、ヽ.ヽ、 〉ο;;;;;{ .| .{ };;;;;;;;;;;|     |    ',
     ハ     .、ヽ\   ミ \`ヽ、 ヽ、\}、 /;;r、/`i r‐、_;;;;;|     |     ',
      シ      、ヽ\     ゙゙゙゙ミ`ヽ'´゙ \/ィ-‐'´ ゙゙̄ヽ, ::ヽ、     .|     ',

64名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:17:15 ID:i79ryi0I
>>58 >>61
まぁ、なんだ。>>1が説明しようとしてるのに先走る必要なくね?w
多分普通に安価スレやってきた>>1の方が詳しいだろうし。言うまでも無く

65名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:18:20 ID:eC37TJH2
>>64
確かに、ごめんなさい
今日は休んで明日じっくり読むことにします

66 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:19:25 ID:AUwGo1TQ
            ,=-‐―‐-=、    }`、
          ,・'´'´,ニ'´ ̄,ニ=`ヽ、 ノ } |イ,イ
         r´/ r彡' ,ィ'´彡ニミ_,ソ´  ノ,' ノ ,
         j ,' j´ , / ´ ,ィ'´  _,ィ≦,' //イ ,             
        r' ,' ,',' /,' / //,ィ彡三_ノ ,彡'/イ             もっとも多数決式は、選択肢から選ぶ方法なら
          入//'´'´""'´彡//ニヽ彡'´彡'彡'´__           採用は簡単なのですがが、
       //i ij  u ::  o〈´`!!j彡_彡'´>'´ |.   ̄`ヽ、       フリー安価の場合は難しいものがあります。
       リ `ヽ、,,  ,,イ、'彡 i: : 、´`~´ //  i     /´ \     参加者の自由な発想がかぶることは
       `ゝ   ヽイ込シ__ノ ij  〉、./ ./   i     i    `、    そうありませんからね。
        {  ij   |-!っ,-‐、、  /、/  /   i    ,'     ∨
              └´`゙'´モン  i_,イヘ/ ,ィ'"´    ,'    ::::::... ∨  採用にはひと工夫いるでしょう。
          ij   u ij  `~ラ'´〈 |;;;/| `ヽ、 .,::  i    ::::::::: i
   __  (`ヽ、         {  / |-{/   / ,':::  i    :::::::::. ',
  __|_ ノ  `t゙ .i    u    `、| |;;;i   / ,':::   ,' ,ィ  :::::::::  i
  { -イ人_/  `i  ij      λ |;;;i  ./ .,':::  ,;: .::/ :   :::::   |
  ,ゝ'´7 ,'ヽ、::::::::',    ij    〈、',.|;/ /: i:::,' ,'::ぇ/ :   ::   .:',
  ヽ、イヽ,-、 `⌒人t、       λ',ii /::i i::,' ,'::.〈  ::       :::}
   ⌒〈 イ ` _,イ }.i `ヽ、    r'´`.',i/   i:,' ,':: ∨ :      :: i
       ⌒ ̄ト、 / i   \__,人ミヽi   i:,' ,':: ./  :      :: |
         ',ヽミノ     }{   ヾ',   ,' ,':: /  :      .:: ,'




                ,==‐'´ ̄`゙ヽ、        ,ィ
              /,ィ'´,彡'´⌒ミヾ、`ヽ、.   / |  ,
             ,ィ´//          入ノ .ノ/i ,
             〉""〃-イ彡'´イヽ、__,ィ彡'´ノ ./´ /ノ|    例えば、前もってフリー安価を募集しておいて、
               /⌒.::::::  彡'´ ,      ,ィ彡'´ ,ィ .´ノノ    それを選択肢として
           /゙゙゙ヾ;:::   `ヾ彡、ニ三彡'´ ,ィ'´ //i     用いるような手法が考えられます。
            irt‐、,=-‐⌒O=彳r⌒∨彡'´  ノ 彡'ノ,
           }|) } ノ〓,   ノ:::.  ))ヽ.}三彡'´ '´ノノ/
     r'´i     /`7ゝ‐-=、_/ :::  リ´/ミ=-‐' //ノ
     },. }    辷つ _,ィ‐、.}; ;    ゝイミ、`ヽ、__,ィ'´/ヘ
     |. ',.     ヒィニィ'"´);: ;    };. `ヽ、__/   ∨
     ',゙゙ ∨⌒).      /   ',  .ノ;;::.   //  ,===∨
  .,ィ‐‐ム;;,. }'' {     /    }/.. ;; / ,イ,ィ´ ̄      ∨
  _| Y_ノ=/   |    .(,イ   /::::::  .;/ / /          ∨
  ,|.L__)'´   .〉    .ゝ-彳´⌒`゙ヽ./ / /            ∨
  |\_,イ、    /              / / /.             ∨
  \/    入              } / /                 ∨

67名無しのやる夫だお:2011/07/19(火) 02:19:49 ID:/WXMI2ME
しかし、この前試しにスレで即興安価したが、
思いっきり疲れたな、休まる暇が無い
安価スレやってる人、マジすごい

68質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:20:46 ID:i79ryi0I
>>65
あー、いや。自分もそこまで言うつもりじゃなかったんだ
とりあえず>>1が困るかもと思っちゃって口を挟んだだけで
まぁ、お互い落ち着いて投下見ようぜ
失礼しました

69質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:22:10 ID:eC37TJH2
>>68
いやいや、明日も朝から仕事だから休むだけですよ。眠くて脳が暴走してるんだと思いますし
では、おやすみなさい

70 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:22:38 ID:AUwGo1TQ
           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ         なお多数決式にする場合、
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ          >>100
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´           >>101
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、        >>102
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     ',
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',       とくっつけると簡単にスナイプが
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i       行えてしまうそうです。
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i      スナイパーの人が自慢していました。
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ|      
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入
 { ' /λ. / ,'|:::::::i.',   |:::::::i 、.,'.|::::::i.  |彡ミ〈     よって次のようにレス番号を離す必要があります。
 i   ソ∧/ ,' .i:::::::| ',  i:::::(⌒) .,i::::::',_j__ムこt、
 〉'´ .ノ __j_ ,'  |:::::::i  ,' |::::::| |  レ'´ .,ィャ‐-、しヘ',   >>101
..(_,ィ'´ソ .,´`ゝ、_i:::::::i; ._,ォ―'こつ/  ,イ ノ   入 ∨  >>109
 〈ゝ'´/ '´  ` ̄7'´   と「|j ',{  乂`  '´ ノ .,'   >>116
  Y ,ィ彡      ',: : : .  ∪,ィj乂  `゙=‐'´  ノ
   `゙`7―‐-=、____レ``>、_彡´ ',|:`t≧-‐<"
     ,' i ii.   |:::::::|_, /∠| i'´'´`|:::::i  |       この工夫がどれだけ効果があるのか、ですが、
    .i  ',ii   i:::::::i'´   /iニi彡'´;;i:::::|  ',       その後取りづらくなったと文句を言われましたので
    i   'i   |:::::::i  /, '/;;,\  ;|:::::',.  ',      それなりにあったようです。
   .i   i   |:::::::| / /イ;;;;;;;,.  ;i::::::i   i
   ,'         |:::::::|  / };;;;;;;;;;;,. .;i::::::|   ',
   i .       i:::::::|'´ ,'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::|.   i
   | ',     |:::::::|  ´i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::i   ノ
   ', i     ',:::::::i  {ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::|  ,'
    ヽ|      i:::::::',.  ', };;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::',  ノ
     ',      |:::::::i ,ノノ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::i. /
     ',     |:::::::|/,入  ',;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::レ"
      `゙ヽ、__  ',::::::| {;;{  };;;;;;;;;;;;;;;;ゞ'´|
          〈`゙ヽゞ┘ '´|  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i

71 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:23:59 ID:AUwGo1TQ



2)暗号式



                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ       安価のレス番号をわかりづらくして、
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,    どれをとればいいのかすぐにわからなくする
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´    方法もあります。
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7    >>5*7-(10+4)/2 (答えは25以上30以下になります)
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´    といった風に指定します。
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、         スナイパーが答えを出して狙い始めたころには
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、      安価番はすでにとられている、という寸法です。
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',

72 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:25:12 ID:AUwGo1TQ

         >―-‐'´ミヽ、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}         この方式は
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|         『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』で
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈         途中から採用しました。
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑          先述の多数決式と組み合わせることで、
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´           スナイパーによる脅威を無視できるレベルに
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、            まで低減できましたので、かなり効果があったと言えます。
        ./       `ヽ、;;;∨
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ
         ト  ヘ、__,,ィ<´ };;;;;;;',
         {            .',;;;;;;;∨
         .〉            };;;;;;;;∨
         {             ',;;;;;;;;',




           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ         もっとも、その都度計算式を用意するのが大変、
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡          という問題はあります。
         `二コ弋二ラ´>-、
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、
       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ
       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ

73 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:28:45 ID:AUwGo1TQ



3)ランダム式



            ,==r'`y⌒ヽ、
         /ミ、ヾ!〃/∠`ヽ
          r彡ミ'.,,u、,,,,,,,,  〉i {、___,ィ
       { rシラ/ヾ乏匁゙゙ (ゝ、_彡'イ            ランダム式、とでも名付けられる
     i、_) 辷j〟/、ニ_'´ミ`A、_彡ィ_,ィi           方式もできますね。
     トミニ〈r'{トェェェェイ}ヽノ 3.}ミ、_ 彡',ィ
     ',三彡} }:::cっ:ノ ; ォ_ノミ二彡'ノ
      ',ミ彡ヘ iェェ/ ,;  } {ミニ=彡'ラ'
      ヽ彡' {  ̄´ ;;,ィ'"´; ゞ、ニ彡'´
        `ヽ,ゝ-イ:::  ;; ノノ` } ⌒i ̄`゙゙゙ヽ、
       ,ィ'"´//i .{、   ;ィ'´ { , / ノ },       `、
        / } / { |n \ノヽ、 .∪ {    i〃/ ,ィ  {
      ./ _、.} レ´ ⌒` ̄ノヽ-┘ /,' }'〃/ し´,-ミi
     (彡'っ |  '´ ` ̄´;;  '´`´ (_, .∨' ,ィ'´⊂ニイ、
    ノ==ミ i ,     ;  ;;   'ヽ } ,' //⌒ヽ _)
   ,イ=っニミ、|,;;;    ;;  , ,;;,, ,;,,;;;;  .Y//二ミ、ヽ)




                ,==‐'´ ̄`゙ヽ、        ,ィ
              /,ィ'´,彡'´⌒ミヾ、`ヽ、.   / |  ,
             ,ィ´//          入ノ .ノ/i ,      >>+1〜+10までのどれか
             〉""〃-イ彡'´イヽ、__,ィ彡'´ノ ./´ /ノ|
               /⌒.::::::  彡'´ ,      ,ィ彡'´ ,ィ .´ノノ      や
           /゙゙゙ヾ;:::   `ヾ彡、ニ三彡'´ ,ィ'´ //i
            irt‐、,=-‐⌒O=彳r⌒∨彡'´  ノ 彡'ノ,       >>今から20秒内についたレスのうちどれか
           }|) } ノ〓,   ノ:::.  ))ヽ.}三彡'´ '´ノノ/        (1ID1レスまで)
     r'´i     /`7ゝ‐-=、_/ :::  リ´/ミ=-‐' //ノ
     },. }    辷つ _,ィ‐、.}; ;    ゝイミ、`ヽ、__,ィ'´/ヘ
     |. ',.     ヒィニィ'"´);: ;    };. `ヽ、__/   ∨      と指定しておき、乱数を用いた何かで
     ',゙゙ ∨⌒).      /   ',  .ノ;;::.   //  ,===∨     範囲内のレスを後で指定する方法です。
  .,ィ‐‐ム;;,. }'' {     /    }/.. ;; / ,イ,ィ´ ̄      ∨
  _| Y_ノ=/   |    .(,イ   /::::::  .;/ / /          ∨    どれをスナイプすればいいのかわかりません
  ,|.L__)'´   .〉    .ゝ-彳´⌒`゙ヽ./ / /            ∨   から、脅威度は下げられるでしょう。
  |\_,イ、    /              / / /.             ∨
  \/    入              } / /                 ∨

74 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:29:15 ID:AUwGo1TQ


          /./ ,' ,' /  .//      ノ ,ィ'´   ._ Y
          入{ i i/   //    /,ィ'´.,ィ='´ ̄彡ニミL、 / /
          {ミヾヽ!{i!、,,〃//ノノ/,ィ彡ヘ、__二=-‐--ラ'´ /ノ ,ィ ,ィ
          t i ,ィ='/        .::::::万ヽ=ニ二ニ='´   ノ/イ'´/ .,
       t‐-‐'´ 〉'´ /     i  し .:::::::::弋     ,ィ彡'´    ノノイィ        ただし、選択の経緯がユーザーから見えないと、
      ト、_',  / i. /  U    !j   .. .::::: !j `i、`ヽ=彡'´-‐'´  // /         >>1自身が自分好みの選択肢を選んでいるの
      ヘ 二/   }/  {   ,!         ,ィニ}、____   ノノ   /         ではないかと思われかねないので、
       \` ̄´.〈ャ;,,,, ヽ,、( ,,,,,,,,ィ=イ<_,ィ({  ".〈〈 ∨ ̄´'´  ,ィ´ ノ          納得を受けるような透明性のある
          入_,ィr(゙弋i〈__二( iО) }ノ〓  |  : }ノ /ヽ、__,ィ彡<_          仕組みは必要でしょうね。
          ャヾ-=|'乂ノイ゙゙i⌒乂__ノノノヘ   ∧:::. .' /ミヽ__ノ´ }   `゙ヽ、
        _>、 .入  ,イ__i__|ゝ=、  _/::  ト、_/  `/  /         `ヽ、
       ,ィ'´   ` ̄´`ヘ廴_,ィ‐'    ̄`}/ ;;:   / ;    //   ,'             `ヽ   前スレで公開したWEBサイコロは
     ∨      .::::,=リ -、,-‐-   ,'.{ .;;:.  /:: i   //  /       ,ィ='"´⌒`ト、 オープンダイスで振れるので
    ∨i      .:::: ヘノヽ二⌒゙>-‐、、)) .ノ.,イ;;:: ; /./  /      /     /,' } もしかしたら使えるかもしれません。
    ∨ i     ,  :::  }' .j,=-‐'´:: .,ィ' .,ィ≦,ィュ ;;:./ /  /      ./       .'/;' |
     { ト、  i´、  '´  jィ'´ :: .,ィ=≦ィ'´ ;;  ,ィ'/   /   /     /         /.'. ´)
    i リ 万 ', } ,'  .{...  ,ィニ-‐'´ ;;;. _,ィ=ニソ    /   /     /        ./ ,ィイ´}
    { レ ト、 ',ノ i  /  ,,..   ,,,-‐'゙´,,,,ィラ´ノi>、 /   /     /        '//,イ{
    ∧ {i .i `ヽ、ゝ/  ,'   '´  /:::ノ ./,イi  Y   /     /      / // i

75 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:30:04 ID:AUwGo1TQ



4)時間+番号式



/ ,' j  ,ィ彡'./,ィ―=、 、\  ',      }
 j ' ノ´ // /三ミヽヾ、 ij ,ニミ、 |
` ̄彡'´./'´'´ /ミヽヾヾヾゝ〃彡ヘ、 |
` ̄´ ./   r'´;            |、 .}    ,   これはある程度人がいないと通用しませんが、
、   /   .|::             }ミ} |   ,イ|
、 ̄    .八,,、       U    ,,jヾ、\__ノj }   >>15:00になってから2番目のレス
:{`ヽt-ィ'<;;  >=、,,,,, ヾ 〃 ,=彳}ミニ=彡'シ/
:{ ', K |:::: 二彳.rィ少トミ、___ィヌノ.ノ}ミ、_彡' /    と指定する方法もあります。こうすると、
シヘヽ` |:::: 彡八゙‐-彡'`Y‐‐iム彡'./、`彡ノ/     ただ早いだけでは安価をとれなくなるので
彡'ヘ_ ヘ:::.    `二彳__|:_|、_/``‐ ,彡'     難易度が増します。
,>-' { ヘ、_,ャ'´   ヽ、._jイ/ミニ彡'
;;\ .人   { トェェェェェェェェイ/´ヽ-‐'         サーバーのレスポンスを確認してから投稿、
;;;;;;;;\. \  i {ヘ ヽ }:ミ::://             といった手法は技術的にほぼ不可能なので、
;;;;;;;;;;;;;;\. \ ', ゝゝ-.':::ミ//              かなり有効でしょう。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ヘ ', ヾェェェイイ
ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ个、_`‐‐‐'/               別の装置が不要で簡単にできるのもプラスです。
 ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘヌ `‐―'
   ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ ∨

76質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:31:55 ID:6pZU2TvA
前に悪魔側として参加してたスナイパーです。

やや感じたのは悪魔側にスナイパーが多数居て圧倒的大多数の神側に拮抗していたなどと個人的に妄想してます。

多数派有利のゲームになるなら面白くするには一捻り必要かなぁと思ってます。

77 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:32:52 ID:AUwGo1TQ


         r'´/ 〃i 〃〃  ///  ,ィ'´  ,=-入彡'/ |ノリ)   ,ィ
        / 〈  {{ i ii /  〃/  ./   /    \  / ノ//イ/|
   |N、  ( λ ', ', i i {   // / ,ィ'´/,ィ'´ ,ィラ .ノ,ィニ彡'"´ノ   ノ
   人ヽ`ー=、 ',  ', ', ',', i ////,//ノ ,ィ≦´ ` ̄ ̄´ ,ィ'´ / /
    \ヽ二ゝ、ヾ、ヾ、\∨///ノ〃〃""´ ̄.::::λシュ_,ィニ二彡'´ ノ/
    ∧ヽ、二ラィュ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙"u      u .::::::::彡//、ヽ二ニ彡'´./       もっとも、番号をいくつにするかは悩みどころです。
     ヘ、ーラ./`゙j _   !j      !j  .::::;::::::彡'ィ} 人_,ィ彡ノ ノ
     ャ‐大// ./ト/λ      i      }::: 〉| ノ,ノ    ノ´´ /イ       多すぎると人数が足りなくて再投稿の
     ゝ-ラ/ ノ.,イ゙゙.ノ``ヽ U 、ヽ !j    ,,,,ィ'_,イ.トイ ` ̄´   ノノ,ィ      余地が出てしまい、結局スナイプされて
         {/ // .Aッ,,,,,, 〉}i {,,,,,,,,,,,,ィュ゙)∨〓/ /| ∨` ̄ ̄´  /       しまいます。
        ,',' .i/ ∧乂之ヲ)ゞノ/|ゝ==ヘ  / i ∨≧=-‐'"´
      ,',' /  {_∧´゙゙゙´ノ「`彳ノヽ‐-=二=ィ´  } ノ  /`゙<_        といって少なすぎると、指定秒ジャストの安価が
      〈{ /  / ⌒'゙<i ト-イ´ソヘ  !j {  /:::/ /      ̄`ヽ、__   大量に並ぶため、結局ジャスト近くで安価を
      ∧ {  ', _二入、廴/_,ィ=-‐、 /:::/ /            `゙ヽ、取れる人だけが独占してしまいます。
      ∧ .;  ∨    `ヽ、ト-ィニ‐'⌒/:::/   /            
       i  :  ∨     ゝ、ゑ_/::://  /               ある程度は仕方ないと割り切った簡便法と
       j、 :   ∨       , ' / .\/ /  /                言うべきでしょうね。
      ∨ }::    )     / ./  ,イ /  /              
      ∨ ,./:::..   /     /  \、〈 .〉´  ∧              
     〈//  `:. /ヽ    /    /{;;;フ    i

78質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:33:46 ID:eC37TJH2
>>76
少数派でも安価さえ取れれば一発でひっくり返せる! みたいなシステムは確かに面白いやね
でも多数派になるよう説得扇動するのも結構楽しかったよ

79 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:34:50 ID:AUwGo1TQ



2.4 破滅的な安価でゲームを台無しにされることを防ぐには



          入{ i i/   //    /,ィ'´.,ィ='´ ̄彡ニミL、 / /
          {ミヾヽ!{i!、,,〃//ノノ/,ィ彡ヘ、__二=-‐--ラ'´ /ノ ,ィ ,ィ
          t i ,ィ='/        .::::::万ヽ=ニ二ニ='´   ノ/イ'´/ .,       
       t‐-‐'´ 〉'´ /     i  し .:::::::::弋     ,ィ彡'´    ノノイィ       次に、破滅的な安価でゲームを
      ト、_',  / i. /  U    !j   .. .::::: !j `i、`ヽ=彡'´-‐'´  // /       台無しにされることを防ぐ方法を
      ヘ 二/   }/  {   ,!         ,ィニ}、____   ノノ   /        考えてみます。
       \` ̄´.〈ャ;,,,, ヽ,、( ,,,,,,,,ィ=イ<_,ィ({  ".〈〈 ∨ ̄´'´  ,ィ´ ノ
          入_,ィr(゙弋i〈__二( iО) }ノ〓  |  : }ノ /ヽ、__,ィ彡<_         安価スレには付きものの悩みと
          ャヾ-=|'乂ノイ゙゙i⌒乂__ノノノヘ   ∧:::. .' /ミヽ__ノ´ }   `゙ヽ、      思います。
        _>、 .入  ,イ__i__|ゝ=、  _/::  ト、_/  `/  /         `ヽ、
       ,ィ'´   ` ̄´`ヘ廴_,ィ‐'    ̄`}/ ;;:   / ;    //   ,'             `ヽ
     ∨      .::::,=リ -、,-‐-   ,'.{ .;;:.  /:: i   //  /       ,ィ='"´⌒`ト、
    ∨i      .:::: ヘノヽ二⌒゙>-‐、、)) .ノ.,イ;;:: ; /./  /      /     /,' }
    ∨ i     ,  :::  }' .j,=-‐'´:: .,ィ' .,ィ≦,ィュ ;;:./ /  /      ./       .'/;' |
     { ト、  i´、  '´  jィ'´ :: .,ィ=≦ィ'´ ;;  ,ィ'/   /   /     /         /.'. ´)
    i リ 万 ', } ,'  .{...  ,ィニ-‐'´ ;;;. _,ィ=ニソ    /   /     /        ./ ,ィイ´}
    { レ ト、 ',ノ i  /  ,,..   ,,,-‐'゙´,,,,ィラ´ノi>、 /   /     /        '//,イ{
    ∧ {i .i `ヽ、ゝ/  ,'   '´  /:::ノ ./,イi  Y   /     /      / // i

80 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:38:55 ID:AUwGo1TQ



1)失敗が約束された行動を教えない



          / ,'  , '  ., '   , '´ ノ´        ::::::i
        .,イ ,'  .,'/  , '   / ,ィ'´  ,ィ'"´ _,=-‐''´ ゙̄ヽ、
        i(  i  ,'/,'  /  ., ' , '´ ,ィ'´ ,ィ'´  ,=-‐―‐‐ ::‐ト、
        r'ヽ .', ii ii /, .//,ィ彡'´/  _,='´,ィ⌒`゙`ヽ、   :::i  .,イ         失敗が明々白々な選択肢があると、
   ト-‐―‐' .Y ゙゙゙ヾヾ!!////'´ノ∠´,ィ彡'´,ィ彡'´-‐'⌒゙ヽ、 `>-‐'´:::i          それを安価でとれさえすれば
    ヘ -‐  .{              ,リ´ ..::::::`ゞ`‐-ミ、`゙`‐-彡'´., '  ::::/ , .,イ      確実な失敗を用意できてしまいます。
     \_ノ彡i         ,ィテ{  ..:::::::::::::ミ、   `゙ ̄  '´  ::::ノ,イ|//
   .ト-‐彡'´  }  i  U リ   ' ノノ  .:::::::::::::::〉ミヾ、     ::::‐-‐'´  '´:::ノ       そのため、間違いなく失敗する
   \ミ二´ 人,, ;;ヽ } リ/ ;;::   i{   '´ ,,,,j:::::(ミ`ヾミニ三彡'´     ::::/        選択肢はわかりづらくしました。
     木ニ彡'´{`iヌ、} il r//   リ ,,,,,,ィ≦'´〉テ〉-、ミヾ、       .>≦-ィ
     `、彡' r、弋)゙)、,;ヽ=ラ=テヘ ヽヽ=ィノ_rュニ=Y‐-、_,ィ'  '´::::,=-'´         これは旧作の『新城直衛は悪魔たちを
    ヘミニ彡' ヘ入ニjノ==彳( ゝ辷ノ) /.ノ二 `|:::::::: j: ヘ、}`ゝ-==ニ-‐ィ          追い詰めるそうです』で
    ∧     ∧  i  |  トゞ-=ニノノノニ :::. ノ:::::::.. し'./、`ミ二ニ=-ノ´          採用した方法です。
      `ゝ-ィ二ゝィト‐'`‐つヽ、    ..:::::::/::::::: ,' /`ヽ、二./"´ `゙ヽ、
         `ゝ-ヘゝィニ彡___こ==ュ―ィ'´/::::::/ゝヘミ、ミ彡'´      ヽ、
            `ト十十十イ匕Yト) ./,;'::: :::/:  :. / /ラ´ヽ . . . . . . .  ヘ
             λこニ‐ラ'´⌒}_ノ./'´::´_,ィ'::: .:/ /ノ  ヘ: : : : : : : : :  \
             {:'´ ゙`/ ` ̄/   ,ィ<  :::./ / .,'  .:::::::::ヘ: : : : : : : .    ::ヽ、
             ゝ、... } ==} .∠::::  ::, '  .ノ , ' .::::  ./ ̄ ̄ ゙̄`ヽ、    ::ヽ、




                ,==‐'´ ̄`゙ヽ、        ,ィ
              /,ィ'´,彡'´⌒ミヾ、`ヽ、.   / |  ,         『どれをとっても確実な失敗はないとなると、
             ,ィ´//          入ノ .ノ/i ,        安価の意味がないのでは?』
             〉""〃-イ彡'´イヽ、__,ィ彡'´ノ ./´ /ノ|
               /⌒.::::::  彡'´ ,      ,ィ彡'´ ,ィ .´ノノ        と思われるかもしれませんが、
           /゙゙゙ヾ;:::   `ヾ彡、ニ三彡'´ ,ィ'´ //i
            irt‐、,=-‐⌒O=彳r⌒∨彡'´  ノ 彡'ノ,         1)成功率は低いがリターンは大きい
           }|) } ノ〓,   ノ:::.  ))ヽ.}三彡'´ '´ノノ/         2)成功率は高いがリターンはそれなり
     r'´i     /`7ゝ‐-=、_/ :::  リ´/ミ=-‐' //ノ
     },. }    辷つ _,ィ‐、.}; ;    ゝイミ、`ヽ、__,ィ'´/ヘ          といったように、リスクとリターンを分散させることで
     |. ',.     ヒィニィ'"´);: ;    };. `ヽ、__/   ∨        選択肢に差をつけることは可能です。
     ',゙゙ ∨⌒).      /   ',  .ノ;;::.   //  ,===∨
  .,ィ‐‐ム;;,. }'' {     /    }/.. ;; / ,イ,ィ´ ̄      ∨
  _| Y_ノ=/   |    .(,イ   /::::::  .;/ / /          ∨
  ,|.L__)'´   .〉    .ゝ-彳´⌒`゙ヽ./ / /            ∨
  |\_,イ、    /              / / /.             ∨
  \/    入              } / /                 ∨

81 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:40:43 ID:AUwGo1TQ
                             __
                       _r─=ニニ ̄`¬、__
                   __     r仁二ニ ¬、 `丶、 ト、_
                '⌒ハ(´ _/`¨^ヽ  `ヽ、 、 、\ l└t、
           -=ニ ヽ r'人)'⌒'<⌒ヽ `ー、 ! 、  } ハ ゙l 、 ,八
               > 〉{し'⌒ミヽ ト、 ヽ _乂ー'^¨¨ヽ、i} |l i} }}
               〃 〈 〈 (⌒ヽノ ィヽ \ 广´   ::   ´ヾル1 l 〃
                {辷卞-`ー‐く^Y ハ ト\f″   :::        `"^^i 
               '´ ̄廴r==ミ、|{ (_j Lハ l   ;:::             '  
             /⌒ト-'_/´ ̄ハ ヽ'   H、 ヽ、   ::j} u   /    最初は隠せていた『失敗確定』の
                   _>┬ンミノヽ  / へィ^>;、 y' ノ /:' !    選択肢も、ゲームが進むにつれて正体が
              f´   l l     ' ! i ニ{ {ー'ノ }K__,ィ斗孑;′    ばれることがありますが、その場合、
              ,  '´|     l l    |   ハ」___`二フ' 7¨7辷ソ/      自分は選べなくしました。
         /   |   l ゙.   ∧ {  ‐r_‐  r_ゝ'__∧_/
.       /      l    ! 、 ′ \  ト卞;、_ヽ-'/´
     /       '     l  ヽ     ヽ ヽ` ┴'‐'フ
.    /     ::::::::::::... ,     l  \.ィ'了ヽ、 `  ̄/ 
   '        ::::::::..  ,     l  /く /l  l`  ̄ヽ  
 /            :::::::.  l    l/::;;j|′l   l    ハ 
./           :::::::.   l    l::::::::|  l   !     l 




           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ           尚、一歩進んで、何を選んでも失敗が無いようにする
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡            方法もあります。が、失敗がないゲームは
         `二コ弋二ラ´>-、            ユーザーに適切なストレスを与えづらく
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、          設計が大変です。
       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ         安直に採用はしづらいですね。
       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ
. ∧:::::|i i〈  `ヽ i:::::::',     } ',   /
  ∧::ヘij`'    ゝ\:::'.,   .入   /

82 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:42:58 ID:AUwGo1TQ



2)却下する



         >―-‐'´ミヽ、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ           
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}           これは駄目だ、と思った安価は
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|           却下する方法もあります。
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ            マスタリングによる対処です。選択肢から
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑            事前にはずせられればいいのですが、
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´             フリー安価の場合はそうもいかないので、
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、              手段として確保しておく必要があるでしょうね。
        ./       `ヽ、;;;∨
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、    このあたりはこちらのスレが詳しいので
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉  こちらをご覧ください。
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ 神(笑)が教える「安価スレのコツ」
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1310812119/
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ
         ト  ヘ、__,,ィ<´ };;;;;;;',

83 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 02:44:05 ID:AUwGo1TQ


                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ          遅くなりましたので今日はここまで。
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´       もし次があれば『ハマる』ゲーム性の実現や
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´       具体的な計算式について検討したことを
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7       発表したいです。
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ 
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',





参考資料:.

ゲームニクス理論(スライド)
http://www.slideshare.net/jrpj2010/t10-4966875

神(笑)が教える「安価スレのコツ」
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1310812119/

モバイルソーシャルアプリに見る現代ディジタルコンテンツ革命
http://wirelesswire.jp/Inside_Out/201012132100.html

84質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:44:38 ID:T8JYW6S6
乙でした

85質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:45:40 ID:xbpv/GlM
乙です

86質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:47:35 ID:eC37TJH2
乙でした〜

87質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:51:46 ID:cHSEJ15U


88質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 02:53:58 ID:YzCO/1w2

自分は安価の選択に参加しなくても(つーか、何が適切な選択か判らなかっただけだけど)
リアルタイムで選択肢が決る様とその結果を見るだけでも割りと感情移入できて楽しかったな

89質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 03:03:30 ID:i79ryi0I
乙でしたー

90質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 03:05:28 ID:6pZU2TvA
おつでした。

91質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 03:50:46 ID:/BPeKtRw
安価スレは苦手で見た事なかったけど、色々大変なんだなぁ

92質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 04:25:21 ID:Q.eiZqrg
乙でした
なかなか参考になりました

俺の好きなスレでは戦闘シーンで時間安価を多用するんだけど、時間安価に強いスナイパーが
沢山常駐していて、明らかに作者自ら殺しに来てる安価を出されても悠々クリアしてたな…

まあ、戦闘シーン(=失敗すると主人公死亡)だから>>55で言うところの問題は起きてないし
寧ろスナイパーの方々は「暇神族」とか呼ばれてありがたがられてるけどw

93質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 07:26:36 ID:1yYpEbNk
>>92
塔と魔王?

94質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 09:03:08 ID:DWlqWKLE
どの選択肢にもある程度のメリットを含ませるのはマジ大切

95質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 11:44:49 ID:DnaWkWFc
>>93
青森スレじゃね?

96質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 15:14:50 ID:tsvWKfPw
乙でした
こういうデザイン的思考はありがたい

>>62
あのスレは良かったよねえ・・・・・

>>27
原作系スレはどうしてもそうなってしまうのよねえ・・・・
工夫してる余地/作者さんも多いんだけど

97質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 19:20:07 ID:j0/zTY8s
>>95
行動隊長スレじゃね?

98質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 19:30:27 ID:X7qJIIG6
フリー安価は、安価に参加してるレスとしてないレスを区別しやすくなるルールが欲しいと思ったりする。
「レスの先頭に"●"印が書かれてないレスは安価無効」みたいな。

99 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 20:26:49 ID:sQfUp0b.
>>53
ストーリー捌きは作者さんの好みですからね。
良い悪いはなかなか難しいものがあります。
そのためそこは個人の好き好き、という答えになってしまいます。
ご質問頂きながら申し訳ありません。


システム的に、という意味なら、何をやるかにもよりますが、
ライトなものなら
『やる夫がホモビデオに出演するようです』。
とても単純、なのにゲーム性を出せていて、
よかったと思います。


ヘビィなものだと、それこそ講座を開いておられた
『これが私のポケモンマスター様』。
ナビゲーションがとても親切で、
割と複雑・高度化しているのに、
今北産業な状態でも安価に参加できるのが
素晴らしいと思います。
重要な安価は多数決式にするなど、きめ細やかな
対応が見られるのもいいですね。


安価を取る人を分散させる工夫なら、自画自賛ながら
後期の『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』。
ISDNの人でも安価を取れた、というレスを見たときは
成功した、と思ったものです。



>>58
スナイパーと呼ばれている人たちは、ほとんど職人芸の域に
達しているんでしょうね。
ただ、職人芸を持たないと安価が取れないってどうなんだろう、という話もあり。
やってたから参加してみた。運がよかったので取れた。それくらいで
いいんじゃないかと思っています。


>>59
安価スレの>>1を務める方は、皆さん色々と工夫していらっしゃいますよね。
でないと成り立たない、とも言えますが。


>>61
>正確には『2時15分の↓3』とか指定して『2時15分以降の安価で3個目』にするのだとか
やや問題含みながら、簡単にできる方法の中では
一番バランスがいいかもしれませんね。
少人数の人が独占することはありそうですが、
少なくとも一人の人がずっと取り続けるのは難しいはずです。


>>62
ある程度似通う部分がでるのは致し方ない面がありますね。


>>67
安価スレは疲れますよね……。
『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』のときは、
ぶっ通しで数時間マスタリングをしていると、
終わったころにはフラフラになっていましたw

開始時間も適当にゲリラで、というわけにいきませんし。

色々と大変なので、安価スレは軽い気持ちでは開けません。


>>76
悪魔側のプレイはあくまで裏道!
何度も書いたはずです。


>>78
成功率は低いけども成功したときはデカい、というのは射幸心を煽るので
ゲームの基本ですね。

ただし『他人のドミノを崩して喜ぶ』暗い楽しみ方は、賽ノ河原状態に
直行してしまいますので、進行役としてそれを推奨するわけにはいかず、
むしろ排除せざるをえません。

例えばRPG系の安価スレがあったとして、
それまで皆で延々レベルあげをしたりクエストをこなしたりして、
ラスボスと出会うところまで来てさあ今から最終決戦、というところで
『降伏する』をスナイプされ、それが通ってスレが終了しようものなら、
白けるなんてレベルじゃないと思います。

『安価だから仕方ない』とはよく言われますが、
『安価スレなんてしょせんこんなものか』とほとんどのユーザーが
どっちらけで終わるようでは、エンターテイメントとして失格でしょう。

100 ◆5OveIraQkk:2011/07/19(火) 20:37:12 ID:sQfUp0b.


>>84
>>85
>>86
>>87
>>89
>>90
どもw


>>88
>(つーか、何が適切な選択か判らなかっただけだけど)
まさに悩みどころはそこです。
何選んでいいかわからない、となる人をできる限り減らせるのが
望ましいのですが、それがなかなか難しいんですよね。


>>91
それはもう、物凄く大変です。


>>92
なんだか本州最北で戦いそうなスレですねw

『指定秒数を取ればボーナス』タイプの安価なら、事実上
参加者を最初から安価に強い人限定にしますので、そこまで
問題ないかもですね。


>>94
ですね。質・量の差はあるとしても、メリットとデメリットを
両方とも全ての選択肢につけておくか、またはついているように
見えることが望ましいと思います。


>>96
参考になれば幸いです。


>>98
それだけ操作が複雑になっちゃいますからね。

自分なら、初めて見たときになんだろうこれ、と多分
首をかしげると思います。

安価のレスなのか微妙だったら、
『これって安価? 5分内に回答ヨロ。回答なかったら没な』
みたいな感じで確認するほうがいいんじゃないかと思います。

101質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 20:45:37 ID:lWAnSGTc
>>1は心理学者か何かか?と思うほどコダワリが凄い
18禁安価スレという人の集まりやすい場所で群集心理の研究でもしてたりしてなww

102質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 22:18:57 ID:eC37TJH2
>>92,93,95,97
誠奇譚かも?

103質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 23:18:46 ID:q7j6NKA2
>>101
心理歴史学を学んでるんじゃねwww

104質問スレッド稼動中だお:2011/07/19(火) 23:26:01 ID:NzizyZp6
>>103 あれは個人の動きに関してはまったく読めないだろw 
そうか、だからスナイパーの動きを読みきれなかったのかw

ところで>>1個人の嗜好は分からないけど、今までの>>1の作品見てきた限りだと
陵辱・ダーク系のエロ描いてる時のほうが筆がノッてるなあ、と感じた

105質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 00:36:01 ID:KgMd.hCk
ランダム式で、指定レス-指定レスの書き込み秒数一桁目が安価でいいんじゃね?
例えば>>500を指定して、>>500の書き込み時が11:22:33だったら
500-3で>>497が安価になり01:23:45だったら500-5で>>495が安価になるとか
擬似乱数として書き込み時間の秒数使うのは良くあるし


そういや二人の主人公とヒロイン達が居て、片方がヒロイン達と純愛でもう片方が鬼畜調教で
安価でフラグ積み重ねて先に規定値に達したほうが取るって
「やる夫は皆に想われるようです」じゃね?二年前に道半ばでエタったけど

106質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 00:42:26 ID:oZmvFPFE
自分の主観だから他者に押し付ける気はまったくないけど、個人的には寝取られの面白さって
「性に無垢(あるいは淡白)な女性が女として目覚めていった挙句に、
他の男に愛を捧げるところを指をくわえて見るしかない」ところにあると思うんだよね

だから個人的には男遊び激しいタイプが取られてもさほど興奮しないし、
洗脳や輪姦もあんまり興味がないんだわ

107質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 00:50:03 ID:/xSP4n6w
寝取られの根幹は「奇襲」だよ。
主人公のあずかり知らぬところでヒロインが堕ちる又は惚れる、これに主人公が全く関わらないこと。
そしてそれをいかに読者に体感させるかが肝だろう。
つまり、NTRとスレタイに書いてないNTRが一番ダメージがでかい。
読者にも奇襲が行ってんだからな!

個人的な考えだがね。この間そう悟った・・・

108質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 02:42:05 ID:aZnymPQ2
属性のない人間にこれでもかと叩かれ非難されコキ降ろされる覚悟が必要だがなw

109質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 07:58:30 ID:GDLAcR6I
しかもそれで出来がよろしくないとNTR好きからも「どの趣味の相手を狙ってるんだwwww誰得wwww」って言われるしなwwww

110質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 09:42:04 ID:xIxOFgUM
>>107
それって既に>>1が一度考えて
>楽しめる効果よりもむしろ悪い意味で気分が悪くなる効果の方がよほど大きそう
>『娯楽の提供』という最上位の目的に反するのは好ましくありません
って言って中止にしたパターンじゃないか。(悪魔と戦うようです埋めネタより)
まあ、その次にやった吸血鬼と戦うようですで、警告が不十分だったからか、
一部読者にとってそういう展開になったという落ちが付くが。

111質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 11:26:11 ID:Aouz1WAk
不意打ちNTRは、私みたいなNTR好きな人間にはたまらんけどね でも吸血鬼の時にさんざん話題になったけどね
NTRは好きな人間がNTRと認識して楽しむべきで、楽しめない人間に押し付けて良い物じゃ無いわな、そりゃ不愉快なだけだろうし
なので、スレタイにNTRと入れてくれたほうが安心して楽しめると思うですよ

112質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 11:47:30 ID:0MSjRXsY
志向はそれぞれだし、R-18で満遍なく警告してNTRをちょろっと書いて置くってのもありかなあ。

だがケッチャム原作のやる夫スレ、てめーは警告なしじゃだめだ。そんなのまだ無いけど

113質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 11:50:58 ID:rTfuINR6
以前やろうとしてた作者さんはいたけどねー

114質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 14:57:14 ID:ZhgCTIFk
正直NTRで騒ぐ人の気持ちがまったく分からないから、NTRが出る度にファビョる人は俺の好きなスレを潰すクラッシャーにしか見えない。

115質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 15:47:08 ID:KAq4mGKo
俺が平気なんだから他人は我慢するべきだろJK(キリッ

116質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 16:37:51 ID:ZhgCTIFk
>>115
いや、作者がそう言う話を作りたくてやってんだから、優先度で言ったらNTR嫌いな方が出ていくべきじゃね?
別になんでもかんでもNTRにしろって言ってんじゃないしさ

117質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 17:00:53 ID:xeHzM6xI
>>116
言われてみれば確かに、作者が作りたい話を優先して、合う合わないで読者が取捨選択するのが筋ではあるか

上手く言えんけど、荒れる可能性が高い物ではあるから、事前警告があった方が(住人、作者両方の)心の平穏に良い。って感じじゃない?

118質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 17:52:26 ID:yzsBUbXg
別にNTR派でも否定派でもないけど、荒れる要因の最大は「何も言ってなかったじゃん!!」かなぁ
事前に通告してればNTR派は「いつ寝取られるのかなw」、否定派は「あーきたか、読むのやめるべ」

これで大半は済む。事前通告有りで騒ぐ連中は荒らし扱いでいいと思うよ

119質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 17:59:05 ID:xeHzM6xI
NTR物は、怒りそうになる奴の気持ちもちょっと分かるだけに難しいよな
『まぁまぁ落ち着けよ』って言うしかないし

120質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 18:07:19 ID:JM3zF9HA
以前ハーレムものでもなんでもない安価スレで、
出てきた女性キャラを住民が放置してたので、他の男性とくっついてたら
それをみてとある住人が「寝取られかよ!」と叫んだ

誰も気にすらしてなかったぞと頭を抱えたものです

121質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 18:08:02 ID:S0aAN6dA
百合薔薇TSその他諸々
大抵の特殊属性は自分の好き嫌いは置いといて理解はできるつもりだが
NTRだけは何が良いのかさっぱり分からん

122質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 18:10:22 ID:l0MG5O2Q
随分伸びてるとおもったら。ここでする話じゃないぞ、いつまで語ってるんだw

123質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 18:11:38 ID:rTfuINR6
NTRは既にある関係に介入することだからねえ。その点は他と違うよね。

124質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 18:16:43 ID:ZhgCTIFk
それ含めての物語なんだからそう言うもんとして受け止めて欲しいな
周囲の人間の気持ちが全て一人に向いているってのはそれはそれで気持ちが悪い

125質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 19:22:22 ID:oetVy4eQ
最初にNTR展開を警告しなかったらスレ立てた奴が悪い
警告があってそれでも読んで文句を付けるようならそいつが悪い
それでいいじゃないか

趣味嗜好は押し付けるのも理解できないとアッピルするのも無粋な行為

126質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 19:52:17 ID:ZhgCTIFk
ストーリー始めから予告されるNTRは物語の中でその意味を激しく損なうんでないか
作者は対象が重要であればあるほどストーリーのターニングポイントとして用意するイベントだし、読者も予想外であるから当時人物との共感を感じる事ができるわけで。
始めから「誰かNTRれるよー」って言われてたら、主人公が幸せそうにしてるのに読者は疑心暗鬼でヒロインを見て、作者はインパクトを与える手段を失うんじゃないかな

好きなスレを潰されたりした一読者の戯言として聞いてくれ
すまんかった

127質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 19:55:50 ID:fyiSa2Xs
警告って一種のネタバレですしね
不意打ちの面白さもありますし
一読み手としては、自分が恥ずかしくないように心がけるしかありません

128質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:06:58 ID:jLW8KHIg
ん?確かそのような展開を示唆していた覚えがあったが>吸血鬼

129質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:24:01 ID:oetVy4eQ
>>126
だから属性のない人間にとってはその不意打ちが「趣味嗜好の押し付け」に等しいんだってばよ

荒らしを肯定するつもりはないけど、
不愉快な思いをさせられた人間が意趣返しに走るのを押し留めるのは難しいべ?

130質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:26:55 ID:0MSjRXsY
だいたい、そういう不意打ち方式はかのスティーブン・キングすら言うだけでやってないのに何を偉そうにって思うw

131質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:27:15 ID:GpGkupKg
>>128
一応前作の悪魔退治スレ終わった後の雑談でそんな話書くといっていたね。
だから吸血鬼スレの住民は大体展開がわかっている前からのファンと、
知らなかったためバハムートラグーン状態になった新規ファンとの感想の
違いが面白かったw

132質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:30:09 ID:ZhgCTIFk
>>129
そんな事言ったらお話作れないじゃない。
どんなお話だって制作者の主義主張の提示だと思わない?
加えて言うならその主張に合わない人が面白い話を作ってくれるわけでもないから、ストーリーにインパクトを与えたいと作者が意図するなら、俺は作者側を支持したいね

133質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:31:08 ID:xIxOFgUM
>>128
最初(新城スレ埋めネタ)の時点での注意書きは
>尚、まだシナリオは固まってないところがいっぱいあるのですが、
>なんにせよ今回は一切縛りなしで
>(つまりエロでもグロでもなんでもアリアリ)
>思いつきに任せて進めますので
>何が起こっても不思議じゃないという前提でお読みください
だし、
2スレ目開始時の注意書きは
>性的描写・暴力的表現を含みます。18歳以上の方のみ閲覧ください。
> >1は基本的に愛や友情の物語を好みますが、
  気が向くとブラックな話やド鬱シナリオを書き出しますのでご注意ください。
なので、NTRだと明言はしてないな。そこまでの雑談やアンケートを見ればNTRの可能性を読み取るのは容易だったと思うが。

まあ、終了後のレス返しで
>とはいえ、最初にNTRですと宣言しちまうと、興ざめしやすい構成のような気もします。
>という問題があったため、ぼかして書いたのです。
>それの代替が>>1の注意喚起でした。
>気付かなかった方には、ごめんなさい、としか言いようがありません。
って言ってるんで、その辺は1も悩んだところだと思う。

>このスレをご覧になっているくらいなら大丈夫、ですよね?
とも書いてたので、そもそもNTR耐性ある読者がメインだという想定をしていたんだと思うが。

134質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:42:53 ID:ESe.a98A
伸びてるからなにかと思ったらなんだこれ

135質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 20:54:02 ID:.DtDzMNQ
いつかきた道

136質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 21:00:51 ID:e6.eHhbY
これからも続く道

137質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 21:17:42 ID:jLW8KHIg
エロ本買ったらNTRだった。金返せって騒いでいるんですね、分かります。

138質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 21:20:32 ID:4Qt5GYXg
完璧純愛路線でいってからのNTR。やっぱコレだよ。吐き気を催すほど興奮する

139質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 21:35:34 ID:yzsBUbXg
イミフな例えやめとけよ>>137。遠回しな言い方がカッコイイと思ったら
大間違いだぞ

140質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:08:01 ID:6UmNb8R6
流れぶった切りで申し訳ないんですが、
やる夫になって私が操る鬼作と白井黒子をとりあう
ミニゲームをやるとしたら、付き合ってくださる方は
おられるでしょうか。

今日の話ではないのですけども。

141 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 00:09:03 ID:6UmNb8R6
トリップが外れていたので念のため

142質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:10:34 ID:QMWFKH2U
地獄の果てまで

143質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:12:07 ID:je4em.FQ
おれ気さくな鬼作師匠の方に味方したいw は落いといて
楽しそうだから参加したいですよ

144質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:12:48 ID:DizBXVLk
うーん、率直に言わせていただくと、ゲームとして愉しむのはともかく、
プレイヤーがやる夫側というのがちょっと引っかかりますね
>>1のLaw主人公って、いまいち感情移入しづらい性格していることが多いので

145 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 00:12:52 ID:6UmNb8R6
そうそう。鬼作が勝った場合、黒子は鬼作&カナの鬼畜モンコンビに
肉壺にされてしまうので、いわゆる寝取られ展開になります。
ご注意あれ。

146質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:14:05 ID:L2rlOq0Y
すげー鬼作さん側につきてぇwwwww
というか、主人公が悪役側の作品はやらないの?

147質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:15:21 ID:CTnAHToo
きさくな方の安価に参加しますぜ

148質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:16:33 ID:je4em.FQ
寝取られはどうでもいいんだが>>1の作品中一番好きなヒーロー鬼作さんが活躍するとあっては
全力でやる夫の足をひっぱるしかねぇw カナもいいキャラしてたしね

149質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:17:46 ID:QMWFKH2U
鬼畜もん、少なからず力を貸すぜ!

150質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:20:09 ID:ngD/CL4E
やる夫の味方が誰一人としていない件

151質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:21:26 ID:Ld/ZGqeo
いやいや、おれはやる夫側で参加するよ、当然。
全力を尽くして、その上で敗北してこそ真の寝取られ感を味わえるものだろう。
逆もまた真。

152質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:23:07 ID:DizBXVLk
>>150 吸血鬼スレのときのやる夫が主人公らしいことは言うんだけど実力はからっきしで周りを見ないやつだったからねえ
というか、>>1の作品で完全無欠にかっこいいやる夫ってほとんど出てきていない気がする

153質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:32:59 ID:Se7KwokM
一般の出版物みたいに風評で広がるタイプに比べて
ライブ感の強いやる夫スレだと不意打ち系はやりづらいわな

前者なら「ちゃんと調べなかったから悪いw」みたいなノリが通るが
後者は完全な初見殺しだもんなぁ
わざわざやる夫スレでやらんでもええんちゃうの、と思う

154 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 00:35:17 ID:6UmNb8R6
なんという鬼作人気……!
とはいえ、ありがとうございます。
ちょいとデザインしてみようかと思います。

155質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:36:11 ID:Ld/ZGqeo
あの鬼作さんは輝いてたからしょうがないw

156 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 00:37:41 ID:6UmNb8R6
>>146
鬼作

157質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:38:33 ID:DizBXVLk
善であれ悪であれ、とことんまで突き抜けてる人物には魅力が宿るものだからねえ
悩むのはいいんだけど、自分のやってることについてグダグダ言い訳したり、
周りを見ずに空回りしているだけだと、とたんに三下っぽくなる

158質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:39:55 ID:Xj/lJJDU
なあに、空回りだってたまには主人公に必要さ
スカしてなきゃね

159質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:42:10 ID:je4em.FQ
>>156 アレはピカレスロマンで鬼作さんは鬼畜モンの悪漢だったけど純然たる主役だったと思うよw

160 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 00:43:07 ID:6UmNb8R6
あうち、途中で投稿を。

>>146
鬼作プレイももしかしたらやるかも。

161質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:43:07 ID:L2rlOq0Y
>>156
あいや、読者が悪役(調教師)とかをやれるのをって意味で書いたんだけど
自分が知らないだけで鬼作さん主人公でそういうのやったスレがあるってこと?

162 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 00:48:46 ID:6UmNb8R6
もしかして鬼作プレイのほうがいいんじゃないだろうかと
すこし思っている自分がいますw

でも敵役が……。さすがにやる夫を敵役にはしづらいですし。

163質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:52:20 ID:L2rlOq0Y
>>160-161
同秒wwww
やる夫じゃなくてぷりき○あとかでいいんじゃない?正義の味方だし勝ったら落とせるよ!www
NTR感はないけどね

164質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 00:52:55 ID:SyQeRTO.


165 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 01:05:20 ID:6UmNb8R6
>>163
寝取られは別に目指していなくて、むしろ
「このままだと鬼作に黒子をとられてしまう! そうはさせるものか」
みたいな盛り上がりを考えていたのですが……
なんだか当てが外れた感がひしひしと。

嫌われ者オブ嫌われ者ズの止だそうかな……w こうなると
どっちに転んでも黒子絶望ですが。

166質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 01:11:13 ID:Ld/ZGqeo
鬼作さんコミカルなんでそういう意味では悪役向いてないかもしれませんねw、

167 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 01:11:31 ID:6UmNb8R6
>>144
あんまりLaw系主人公が自分はあわないのかもですね。
そういえば、自分の好きなキャラは、ディスティ・ノヴァ、カナマスターの鬼作、
悪魔退治の新城直衛やキョン、研究所の長門、牝畜娼館主のベアトといった面々。
NまたはCの人物ばかりかも。

168質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 01:16:46 ID:O5RLrAGI
結構、やる夫スレの読者は「悪党」が好きなのかもw

169質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 01:40:55 ID:usG.tTWU
「信念のある悪党」は応援したくなってしまうので、いっそ主人公を「信念のある悪党」にするのが気楽かと。

敵が信念のない悪党なら、読者側の意思統一も楽ですし。

170質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 01:51:43 ID:Xj/lJJDU
『女性はとにかく妊娠させる』って信念もあるっちゃあるが……

171質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 02:04:53 ID:SyQeRTO.
俺はLawで行くよ? 誰が主人公でも全力で
不幸は回避できるならするべきだ

172質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 02:11:01 ID:N/NOhjDs
それLight

173質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 02:12:30 ID:KTyUQiUg
仮にやる夫と鬼作が女をめぐって争い、やる夫とその女性が純愛EDを迎えたとしても、それは鬼作さんにとっては不幸だと言う事を忘れちゃいけない
幸福とか不幸とかって凄く不安定であやふやなもんよ
涙子さんぺろぺろ

174質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 02:17:05 ID:SyQeRTO.
あれ、Light?
>>173人に一方的に害を与える選択は認めない

175質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 02:20:20 ID:.NLIoi8s
Lowがどういう状態かはメガテン基準で言うが。

法律や教義、立場を明確にして基準を明確にするのがLow。

それと異なり自分の内部の感情や欲求に従って行動するのがChaos。

Lightは善。
Darkは悪。

だったよな?

176質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 03:00:26 ID:TgSuX1Zc
>>175
LowじゃないLawだ

177質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 07:28:38 ID:xdNRIyp.
>>167
新城さんってどっちかというとlaw寄りだった気がするんですが。

>>173
それ言い出したらおよそすべての物語にそういう側面があるだろ。
登場するありとあらゆるキャラクターが幸福になる話なんてめったにない。

178質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 07:40:42 ID:L2rlOq0Y
新城さんはそれだとLaw-Darkっぽいなぁwwwww
上からの命令とか軍紀を遵守するけど、本人の性分がひっどいひどいwwww
まぁ、人間味はあるし本人の性質とかがそうなだけで普通の感覚とかも理解はしてるけどね

179質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 09:39:35 ID:VfTygPNo
>>168
ただの露悪か偽悪だろ。現実に身近に居られたら嫌だけど、二次ならいいや、っていう。

180質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 14:42:40 ID:4lnWEkLY
乗り遅れたが黒子取り合いとかマジ俺得。

181質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 14:47:03 ID:kGDiHjf2
黒子ペロペロ

182質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 15:35:08 ID:qc7sW9SE
>>179
これまでもここの作者さんの投下を楽しませてもらってきたけど、
本スレは鬼畜調教や仲を割いて寝盗りを楽しめるのを
あまりにも当然であるかのような口振りの人が以前にも増して圧倒的に多すぎて、
ちゃんと現実の倫理との区別ついてんのかなあと結構マジで怖くなってくる。

そこまでいかなくても特殊な性癖という意識がまるで欠落しているような・・・

・・・まあ、棲み分けは本当に大事という事で。

183質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 15:51:06 ID:pZKdp2FE
>>182 ついてるに決まってるだろ。DQやり過ぎてモンスターと戦うのは現実じゃないって区別ついてんのかなと心配してるとか言ってるのと同じじゃないか
意味が分からないというか、区別がついてないのはむしろ>>182じゃね

184質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 17:00:26 ID:B//kaBLM
いっそ鬼作さん主人公にして、シリーズ・人間の屑相手にヒロイン寝取りに挑戦するピカレスクものとか見てみたいw


ただ、安価ゲームだと寝取り失敗すると女の子の状況がより悲惨になりそうだしなあ…

185質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 17:32:36 ID:4lnWEkLY
前々から思ってるんだけどさ。
エロゲとかやってたら2次元と3次元を混同して性犯罪を〜とか言い出す奴って
そっちの方がよっぽど混同してるよな。
3次元が2次元にかなう筈ねーのに。

186質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 17:46:25 ID:yGtSfsJY
自分が「そう」だから他人も「そう」だと思い込む、というのは現実と妄想の区別が付かない人種にありがちなこと。
ストーカーの恋愛論にも似たようなもんがあるね。

まぁ、この手の問題は「自分だけは正常」って思い込んだ時点でアウト

187質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 17:55:18 ID:7oCaA74c
二次元の女の子ぺろぺろしたい! 素敵!
三次元の女の子ぺろぺろしたくない! ふしぎ!

188質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 18:08:17 ID:orE2FN/.
>>187
実現不可能だから好き勝手言えるんですねわかります

189質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 18:17:05 ID:kGDiHjf2
好き勝手言えるのが二次元のよいところですぞ。

190質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 18:17:39 ID:7oCaA74c
>>188
やろうと思えばできるだろうけど、レズの謗りを受けてしまう……

191質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 18:19:55 ID:.NLIoi8s
納得した。

192質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 21:14:07 ID:5l4UjSiw
>>175
メガテンだと
Low→秩序とか法を重視
Chaos→混沌とか自由
Lightは創造的
Darkは破滅or破壊的
って大まかに分けた感じになってるだけ

善とか悪のアライメント論争とかマジ怖いよね、卓が荒れる

193 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:05:38 ID:6UmNb8R6
【 かいはつにっき 】

あまりの鬼作人気で当初の目論見が潰えたっぽいため、
主人公は鬼作に変更。やる夫は登場しないことに。

悪役も決定。『お前かあー!!』と言われるといいなあ。

194 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:06:34 ID:6UmNb8R6

【 開発画面 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      ダイスロールなう……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        ┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
        │  _  ││●    ││    ●││●  ●││●  ●││●  ●│  コロコロ……
        │. (圭) .││      ││  ●  ││      ││  ●  ││●  ●│
        │   ̄  ││    ●││●    ││●  ●││●  ●││●  ●│
        └───┘└───┘└───┘└───┘└───┘└───┘

                   ゝ----':::::::::::i                  /:::::::::::::ゝ.__::::::::::::::::::::`::':::‐..-、
                      '、::::::::::::::::',              .、':::::::::::::./  `ゝ 、 _ _ , 、 '`
                       '、::::::::::::::',  ___    /:::::::::::/
                     '、:::::::::::::,´r‐‐-、  `ヽ、/:::::::::::/
                       ,r.、, イ´: : : : : i: : : :ヽ: `ヽ, /
                    /: :.´: : :ィ: : : : :i: : : : ',: ハ: :.ヽ
                   i: : : :/:.r: :./:/|: : : : :i: : ヘ: : ハ
                     |: : :/: :/: :/: :./ l: : l: : l: : :.ハ: : :ヘ    >>520-530
                      |:i: /: :i: : i: : :/  l: : l: :.:l: : : :.l: : :.:.}    から1つが選ばれます♪
                      |:l:.i: : l: :lr'''¨¨ ̄¨l: lヘ:.ィ‐、: リ: : : リ
                       |: トヘ: ヽ:l ィチ示    r,=.、/: : /
                       |: :.トへ:リ 弋_シ    lr':ラ゙//
                 /: :/: l: :.ヘ       、 ゞ‐'/ |
                   /: :/: ./: : | ヽ    ーr、 __/:.:.|
                     /: :/: :/: : /|.|  >__ _.>.\.`}:.i:.\
                  /: :/: :/: : /:/ー‐ー-| `i´ / ./: ヽ:.:.\
                /: :/: :/: : /:/ゝ、_〉 ̄|  `´  / ̄|: : :イ/.、
               /: : :./:..ィi: :./:.l      ̄ l   , イ\ ' ´ _.V:ヽ
             ハ: /:/f l/l/     ヽ '、.'´  〇 >':.¨´:.| V: ヽ
                |: : : : / |    ヽ/ ,--- 、ヽV  .イ、:.:.:.:.:.:.:| V: :.|
                |: : : :/: :|     / /:.:.i:.:.:.:.:.:`'ヽ'´.   \:.:.:.:| .V: :|
               |: : :/: : :ヘ.    V:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.::ノヘ      ヽ/  i:./
            |:.:.i: : : :.:.ヘ   弋:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.::.ハ:.:.ヘ     ヽ  .|/
            ヽ:l i: : :lヽ:.ヘ   ゝ、,:_:i:_:,:.イ:.:.i:.:.:.ヽ       |
              ` .V: | .ヘ: ヘ     .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:\    .i
                    V  .V.ヘ     .V:.:.:.:.:.:.:.::i:.:.:.:.:/:r.ヽ、  /
                   \ヘ    .V:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:〈:.:|  .`´
                      ヽ    .ヽ:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:ヘ:ヘ
                      /l      .V:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ヘ∧
                        /.: : ヘ     V:.:i:.:.:.:.:.:.:/: :ハ
                     / : : : : ヘ     .V:i:.:.:.:.::/ : :: :ヘ
                   i: : : : : : : :ヽ    V:.:.:.:/: :: :: :: :',
                      ,':.::: : : : : ::.:.:ヘ   ._l_:.:/: :: : : : : : l
                       |: :: :: :: :: :` 、r-'‐'¨  i/r ' ´: :: :: : |
                       |: :: :: :: :: :: :: :VΟ   ヘ: : : : : : : : |

195 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:07:02 ID:6UmNb8R6

【 開発画面 】


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 鬼作たちの超必殺技!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―
───‐‐‐.  ヽ  ,/ ̄  − _r〜冖ー-、_`ヽ
───‐‐    V/   − r'´ _r -z、_-└、ハ
─‐─‐‐    / |{   ̄  | 「 「f こ三ヘ >−┐
──‐     / /l` − _  { └t〈」└tソイ 〉    j   バッ!
   ヽ!    i / /     `└/,∟ヘ _7イ\ーイ|
     \   | l ,'       ,\  /ーt.T´\ \リ!
        ̄ l l〈 ー- 、 _   {/斗≧xュヘ   \/V          3人の鬼畜魂が真っ赤に燃える!
        ', l.ハ   _Y   彡イ r lヽ ヘ/-、 !
         ヽ、∨〈 r l     弋._ ノ ' 〃r冖 |/
           ハ. ゝ '         /  ノ/
          〃L',    , - ― 、   l| .ィ´ ゙̄l
          |l/´> 、 \ |     〉  !イ--z―'イ ̄ ヽ
      , 、   l! ,ィ/7_.>、 ヽ二// |「  ̄三了    ',
    //`ヽ_ ∨/'´  〉  `− ィ´  /'ー-、ニ」       ',
    / /  / /\{_∠-¬  / | / r'ニ二  ̄|      ヽ
    〈     '  j_ V 〈 _」 /!\j∠.  ┬− ァ ┘        \
     \ 、    〈_丿 、└// ̄| r−i ',  / {/´ ヘ           /
     { ヽ、   `Y | ゞ='  レ {_」 |/ ゞ=' /       /
_―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=

196 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:07:21 ID:6UmNb8R6

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―
───‐‐‐.         !   !                            //::::::::::::::::::::しヘ、_
───‐‐           i     ;                         / ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ、  バッ!
─‐─‐‐ \____     ',     ;                       / ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フ
──‐     \_  ̄` ーV   ',                         イ イィ’  __:::::::::::::::::::::::::::::::-=ニヒ.
    \.      \  ̄ ‐- ',     ', ̄  ‐- __             /´  '"ソ:.:.:.    ,.   ` 、:::::::::::::::::-ニヒ   肉壺コマせと
     \ ̄´  \     _V    V-/\___ ̄` ー-─--ヒ'´`">ーf  イイ´.:. ,イ      !  \:::::::::::::::ノ    轟き叫ぶ!!
.      ,へ、    \ ̄  ',   V:::::::::::\‐--<   \ f ノニ-イ:::::| ,.ィイ:.:.:. :./   /   ,!   ゙,::::::f´
  _    /   丶、    \ - i    V:::::::::::::::\::::::::\./ . f ヒニrヘイ:::::| 7:.‐x :.イ{;イ  /:   / ,!   lr-イ
     ¨  ‐-  _ \    ` ハ     V:::::::::::::::::::`::::::::// ム'ー'´Lィ{  { ,r'、:/__\、 l ,' | /   イ   }イ
   ‐-  _       ̄\__ /  ヽ-‐   ヽ:::::::::::::::::::::::::i /ヽイヒイL´゙!:::::゙!7イ|/ノ:::示トV .|/_,,.斗-|‐  ! |!
   //  ‐-  _/         / \--、:::::::::::|/::::::::,/イ: :トヘ、 !rべ{ V辷ソ    イフラフ }::. / リ
.   / /   / _ノ        _/    ヽ i:::::::::::l\ ム'| : :|:;ヘr、ヘテイ'.〉 ` ー      ムソ  イィ,イ '
  _/  -‐  ̄  リ  -‐ フ´          \V !::::::::::l:::::::7 l : : ト{f`个rヘ/|      _  '   厶ィ  ´
     /   __,.ィ    /   |/       `ー- :::_l::::::::| |! : :.! ゙! !: : / .ト、   ( _ノ  ,. ィ |│
   一' ¨ ̄/ \__/     \      i         ̄ ̄`ヽ::l   ヽ / /  l、.> - < | │ l│
   /  /   / \__,.. -─‐\  __L..,__         〉}  ./ / \l:::::::::: ̄ ̄::〉 ノ /リ
      /    /  /|::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::`>---一 ´::/  / /    |::::\::__:::::/ヽ./⌒ヽ
_―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―
.         ∨ハ::::::| キニこ''''ヽ \  ̄`¨¨''' ー/、,,_i!.i::/ |/ヽ:::! .}!
           V.,r-、|   ,、r\__`ヽ、ヽ  i,r ' ,、r''´ ._,,r、`'''‐ 、_/:/ '  バッ!
          !./\| ヽ -={::)テ-ミヽ、ミv .' 、,r-ー''´,、rーヾ、/ミ/
            .i ,r〈! .ヽ  `ー=ゝ>j  i ├=ェ::イこ_ヽ   .iー、            愛と!
       , 、i´¨|  ./.   `ー-''¨´ '' 三て',\ `´ー '´¨_ |V h
    _,r' ´ /  !ヽヘ、          i  .i ゝ `' ' ¨´   .! i .| .|`ヽ         邪念と!
_,、r ' ´/   /   ∧ヽト -,,,__,,,、、r r-  i  .i  ィ、       ,ノ丿ノ .| ト、
   ./  ./    i |ヽj ヘ   !,r'´  ヽ、    i ,r'-ヽ、    ,イ´ /   .|  ! 'i        肉欲の!
   /   /    | |/ .| ∨┌、    `、_/    \  / /,ィ'    .! i  .i\
  ./   '     .!rニ‐、|  ! i  ヾニ==ェ、、,,,_ _,、ァ i ./ /´,,|_     .|  i:::\
 /         .!ヽ.ヽ.ヽ    ',`ー-==ニ二_フ'´ ' / i'´/`i     |  i:::::::
./          ! K   ヽ   ヽ、__      ,r'    / .`i/      !  i:::::
'          | .! i,  ヽ   r'´`¨¨¨'''i,'´    / /i!         |::::
_―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=

197 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:07:37 ID:6UmNb8R6
=− ― ̄_ − = -_− =− ― =  ̄ _ =  ̄ − _―_=− ― =  ̄ _ =  ̄ − _―_
ニ −=  ̄ ‐ _ ― − _ニ −ニ−=  ̄ ‐ _ ― ̄‐ _=−−=  ̄ ‐ _ ― ̄‐ _=− ̄‐ _
      /, '´ `7´    ∩、.ミミ三彡 ∧     /\Χ へ、ヽ-S>- )´ ヽ、  '、 ヽ   \
      / /   ′      `,' )ー,ニ-‐-、〉   _ハ )´-‐' ̄ ̄``ー', <{ ,   `  `、_〉ゝ-ー ヽ、
      |イ: , ,、_i     ,   / ' λ  } ``ー'´ ノ´ノ´⌒ヽ、、 ー<7´ ヽ ',      ∨{     λ
    ノ/ Y´⌒ ト、  , / /´/ //  ノ  ヽ   〈  `  `、  ヽ    、\     ',ハ    、} i
    {´, ' . ',  / 》ミニ彡テ彡彡彡彡´  -‐‐ー  ナ`、._    ヽ、 ヾミ、、._ \ミヽ、._   八 , ,、 ', ヘ.
   /´ヽ \、. }《 ,'´   `▽´゙ミミ=ー       〃   ``ー-   ``ー-ミ三ニ=三ミソイ,``´,,``ヽ.ヽ、
  {'、,.. 、  ∨N、.     /ノ  \ \      八          _,,.-'´,'7/   ̄` λ / _,.} ,,}ヽ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                A/  /        j//    |//<//////////////////>
                {:: ;::____,,,,,// -‐<////////////>///    j/
                |{ i ヽ///////////////////////> ¨  /イ      /                せきは
              `ゝ.ヘ \\///////////////> ¨                             膜破!
                 ヽ〉,''"´{\////>  / ¨ 「¨≧−‐y . ____
              ⌒ヽ   ヽ、    -=<    ゝ.// ソ     //^ゝ                  らぁぶらぶ
                i  ヽ         ゝ _   ¨    //                      ドキドキ!!
                j    Y  ゝ、  `ヽ.   ¨  -=ニ
                /       !    ヽ                     '⌒ヽ
               /       l       .              /
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
       〉人__,..-、ノー"//// ! ``ヽ、._ヽ、>{  `、 \ \\、  ヽーイ´  { ,' { 〉/ノ
      i /     }ノ/  A  、 ー ..___,入  〕   \  ヽ  ヽヽ〈`ソ ', 〉//
      ∧、',    ノ´´ / λ ',    ,..-‐\彡     \  ヽ ,..-〉' `/ノ´
    / ヘヽ'     <'´    }  ',丶 /    ``''‐''⌒'、   丶  >´7´ゝノ´
    / { ',        ∧    }', ヽ、/           ``ヽ   ヽー<ー'´
   { {  ' ,        ハ   ! :  ノ              λ     ヽ
=− ― ̄_ − = -_− =− ― =  ̄ _ =  ̄ − _―_=− ― =  ̄ _ =  ̄ − _―_
ニ −=  ̄ ‐ _ ― − _ニ −ニ−=  ̄ ‐ _ ― ̄‐ _=−−=  ̄ ‐ _ ― ̄‐ _=− ̄‐ _

198 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:07:52 ID:6UmNb8R6

               ,,,,、-∠
               )   /  ,、'て ,,、ィ
               フ /_,,、-イ /./ /
              ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ
          ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /
       ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ
\   ヽ..イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /    _,, -''"
   .\  /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /, ー''"
..,_   .\.  ヽ}  / /. /  )  |    //   / /                                __,,,,,,,
  `゙''ー.  \ イ  } /  /  / /        //              __,,,,,,,..........--―ー'''''''''"゙゙ ̄´゛
        / /  | /   //  `゛   ___________    ー'''''''''"゙゙ ̄´゛
____ ./,/  |/      ──===ニニ......,,,_、     ̄ ゙゙゙̄''''''―- ..,,,,_ _____________
       _、                    `゙゙'''ー-..,,_             `゙゙'''ー ,,,_
   ._.. -'"゛ ,,. i'.i′  .,    、ニミ"'' ..,`゙"''―- ..,,,,_   .`゙''ー 、、           `゙'''ー ,,_
. -'"゛    /   / l゙   .、\ .、  `''- 、`''-、;;-..,,,_  .`゙゙''''―- ..,,,゙_'- ,,,                `'''ー ..,、      てんきょおおうけえええん!!
     .,/ 、  l │, l .ヽ \ .\、   `'-、 .`'-、. `゙'''ー- ..,,、    ´ .`''-、、                 `゙''ー..,,,      鬼畜ビーム!!
   /  /    l  ! ! .l  ヽ. ..\. ゙'-、    \, `'-、    .`゙'''ー- ..,,、  .`'-、、                  `
 ./  /   ./ !  .l.! │   ヽ.  ゙'-、 .\. `'-、. \.  ..\、        `゙'''ー-..,,,_゙''-,,
/  ./   / ./ . |  .l.  !  、 ヽ、 . \ `'-、 `'-、.\   \~''ー..,,,            `゙'''' \
  . /   / /   !   l  !  . l   \   .`'-,,゙'-、 `''-\  .\  `''ー 、、             \
 /   ./ . /   .!   .ヽ .!  ..l.   \.    ゙''-ミ'-、  ヽ    \-,,,   `゙'ー 、、        \
″  ./ . /    |    ヽ .l   . l   ヽ\,     ゙'''ヽ,  .ヽ    .\.`''-、、   `゙'ー 、、      .\.
  ./  /    ,! !     ヽ.!    l.   .ヽ. \      .`''-..,..ヽ      \  `''-..、    `''ー、,、    .\.
 ./  /     .l゙ l     .ヽ  !  l    ヽ \、      `''ヘ、,    ヽ    `''ー..、    .`゙'ー 、、  .\.
../  /     .!  l      .\ . ! .ヽ    ヽ  .゙ l-、       `''ー..、  ヽ.、.     `''-..、     `''ー 、,.\
′ ,i′    !   l       ヽ l.  ヽ     ヽ  `-.\、        `''ー、,ヽ`'-、      .`''ー..、     `"
 ./      l    .ヽ       \  ヽ     .ヽ  \ `'-、          `'ー ,,,゙''-、       `''-、、
../       l     i.ヽ        \ .ヽ     .ヽ  \  `'-、           `゙''-ミ;;-、       .`''-..、
"      ,!     .! ヽ        \.       ヽ  .\   `'-、               `゙'ゝ、,、
       l゙     !  ヽ            \      \  .\    `> 、                `'''- ..,,
      .!      !   | ヽ            \、     ヽ.   ゙'、   .l `''-、                  `''ー ..、
      !      .!  │ \             \、    .ヽ   .\  .l   .`'-、
     │     │  .|   \              \    .ヽ   \  !      ゙''-、
     /         |   l    l\              \   .ヽ   .ヽ..l         \

199 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:08:12 ID:6UmNb8R6


────────────────────────────────────────┐
     /  八 :.    | |    ト、ヽ/  \ 、      ノ  `ヽ  、                      │
    .′'/  \ヽ l| ! | |    L..メ≧zz、 \ヾー< `ヽ  〉  \                      │
    { /    ヽゝ从 | |    ´}.. ´ ̄Ⅵ\ ヽ 、\ヽ  ∨|     ヽ    ひっ―――――!?    │
    ∨   }  ー==≠Ⅵ   〃 (・) ノノ  |ヽハj  ヽⅥ   |       \                 │
.     ∨  ノ  / r===ミ }  イ  _..ィ彡  |ト     !小   |        \  _                │
   ー=ニゝ彡 イ 八  (・/ /リ           }ハ    | 八ヽ ___ ..-‐ ¨¨ ̄|                │
      // /   ヽ ノ/ }     ___   ∪  }     !へ./⌒ヽ}         !               │
   ー=ニ彡 ´ Ⅵ  ー≠イ  `   //`ヽ    / }   / /    |         |              │
         八  {ハ ∪  マ´ ≠   l  / 〃  /  ′   |        !               │
          /  '.    ヽ   ヽ {     ノ / / {   {   {      .′       |              │
              Vハ  > ... _`ー ´ _. イ { 八  、  :.     {         .|              │
               } }: |  八  _三Ζ、八 、  ヽ  }  }    '.      |              │
────────────────────────────────────────┘

200 ◆5OveIraQkk:2011/07/21(木) 23:09:36 ID:6UmNb8R6
というわけで開発画面でした。
動かしやすい……鬼作は動かしやすいぞー!w

201質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:09:48 ID:1vnSFcW2
ちょwシオニーかよwww

202質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:10:50 ID:yN2fJz8Q
下からえぐるのか

203質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:12:51 ID:L2rlOq0Y
シオニーちゃーんwwwww

204質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:17:01 ID:B1sQtNn6
このあとシオニーちゃんは腹パンどころじゃないくらいにヒドイ目にあうんだろうなぁww

205質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:20:55 ID:Ld/ZGqeo
>主人公は鬼作に変更。やる夫は登場しないことに。
なん…だと…
残念だ、カタルシス的に考えて。

しかし鬼作さんは万能キャラやなぁw
次回作も期待してます

206質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:42:15 ID:1xF/BXys
やる夫出さないのは正解だと思う。
よくも悪くも多作品で主役として使われて一定のキャラクターイメージが付随しすぎたし、人気がありすぎ。
やる夫とない夫はすでにAA作品における感情移入の対象と化してしまっている。恋愛ゲーの主人公にキャラがついてるようなもんかもしれん。
悪役ならともかくかわいそうにはしづらいんだと思う。

207質問スレッド稼動中だお:2011/07/21(木) 23:45:58 ID:h9.blw7I
うわぁ

208質問スレッド稼動中だお:2011/07/22(金) 00:34:09 ID:vcHw1AzQ
どこに(キリッが入るのだろうか

209質問スレッド稼動中だお:2011/07/22(金) 01:11:31 ID:GAoinTzc
>>208
恋愛ゲーのくだりの後ろにでも入れてくれ

210質問スレッド稼動中だお:2011/07/22(金) 14:26:28 ID:1Fwu0qC.
おお、安価ゲームスレの新作開発中とは嬉しい。
最初からみんな悪側としてプレイするのも乙なものかと期待させていただきます。

・・・これなら「新城直衛は悪魔たちを〜」のように神派対悪魔派で紛糾しないで済むかも。

211質問スレッド稼動中だお:2011/07/22(金) 19:02:49 ID:nzHRuVxI
いつからだろう
鬼作さんのイメージが鬼畜じゃなくて気さくなオジサンになってしまったのは

212質問スレッド稼動中だお:2011/07/22(金) 19:51:25 ID:Zmq1KMyM
>>165
止を実際に使っているものですが、ひっじょーーーに使いづらいです
嫌われ者一直線なものなうえにマジカルチンポ(NTR用語:SEX一回で女性を虜にするの意)もちみたいなものなので
プレイヤー側が勝手に最大限の警戒を敷くので。

コミカルさ無しならいいんですが、そうでもない予定なら、そのまま鬼作をお勧めといまさらながらw

213質問スレッド稼動中だお:2011/07/22(金) 19:53:28 ID:Zmq1KMyM
ってしまった、読み進めたら普通に話が変わってたorz

>>211
わりと初期から・・・・というかゲーム中ですらそんな感じであるからにして

214 ◆5OveIraQkk:2011/07/23(土) 22:59:30 ID:iTd22kz.
安価ゲームのタイトルは『金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ』に決定。

嘘?予告入れてきました。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1310931790/705-729


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼鬼
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                     The master of Kanaria is Kisaku Ⅱ

                   金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜畜
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


       ,'.:.:.i.:.:Y.:.:.: ; .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ y-' ̄ ̄`ヽ、
     . /.:.:>‐、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ´ ̄: : : .`: : : : : : : : : :ゝ
     /./   ∨.:.:.:.:.:.:.:../: : : : : : : : : : : : __: : : l: : : !
     ソ      ∨.:.:.:.:.:.:|: : : : : / ハ /`ー' 〉ハ |: : : |
           __∨.:.:.:.:/: : : ハ/ l.〈〈ーz二-リ ソ j: : : |
        <´ ̄三∨.:.:.:i: : : |j l┬十ゞ 〉 〈 ,ノ ソW"`ー7
        |.:.:.`ー‐-z`ゞヘ: :∧l ゝ-‐=ミソ  ィ≠シ〈.:.:|..:.:./
        气.:.:.:.:.:.:.:.:.:{〈ヾ∨! ` - 廴゚ノ`j ヘ ゞ゚‐' ヽ.:.:./          / ,  人    \ { r−、 テニ=、 ヽ
         ヽ.:.:.:.:.:.:.:|\乂リ ′  ´   l |  _,ノ.:./           / / /  \    \L_t.ニf薔}ニi }
          ヽ.:.:.:.:.:ヘ/`ヽ、`ー┬' , ´L_i ぅヘ `|.:.:.ト-、         ′!/       `ヽ、   う/ /乂| |彳,},
          _Ⅵ\.:.:.:.:', i |   { 〈 (  ゞ ゞ _,、〉∧.:.:.ヽ       i i!{        `ヽ / /ミ. 、| |,r´ }
     .   /.:〈 Y. \.:.\ >、 ゝ ヘ二ニニソ 人 ヽ.:.:.:.\     i il !  -−    _ {_/ヽ ヾ-|_| i |
      /.:.:.:.:.:.ヘ }   `ー<ヽ、 `ー-t_ ´ ー  / l   ヘ,.:.:.:.:ヽ、 .|i il | ,≠ミ      ``  } |i   ! !
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ.    `j ヘ 、 ヘ `ー─イ iヘ     |.:.:.:.:.:/  || |! |  |、ハ}    ,ィ≠ミ、  ! |!  i! |
     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ     .;i入ヾヽ、 ゝ    / /.| 〉ヘ  |.:.:.:./  || | !  `ー'    |、_ハ}   ! | l! ,|
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',    ;.lヾゝ}  ヽ   /  _l ! |  |.:.:/   |! | 人     `  `ー'  ,イl ! l! , |
     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',    : ヘ \\`ヽ、  /`"// .|  Ⅳ    .|! i{  |iヽ、 ` ー   ,/|!|l! / i|
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     |.:.:.:i\\ ヘノ  //.:: |   ハ    | ! ` |! |i> 、 , ィ{、li i! ! | | i   i|
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  .l  |.:.:.:.| :\\  _// :: |   .|.:.',    .| !  |!「 ̄`ヽ、 ,r ‐- 、l i |_| i‐r、!
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八  | .|.:.:.:.| : ゞ=<->ノ .:  |   |.:.:.i    | i  |! L..,__ 「」、   /| l!j ヾ='' \

215質問スレッド稼動中だお:2011/07/23(土) 23:01:36 ID:yM2fqpqs
Ⅱかwww

216質問スレッド稼動中だお:2011/07/23(土) 23:05:12 ID:FM3yMuIo
鬼畜wwww

217 ◆5OveIraQkk:2011/07/23(土) 23:07:54 ID:iTd22kz.
>>201
>>202
>>203
>>204
そう、みんな大好きシオニーです。
敵役ポジにいますから良い目はみられないでしょうねー。


>>205
良いキャラですよねw


>>206
今回は人気がなさすぎて降板しました……。
というか鬼作人気ありすぎというか。


>>210
紛糾しないに越したことがないのはもちろんですが、
それくらい熱くなってほしい気もして、微妙なところです。


>>212
アドバイスありがとうございます。
止はまあ……あの止ですからねw


>>215
>>216
開き直って完全に鬼作メインにしましたw

218質問スレッド稼動中だお:2011/07/23(土) 23:40:16 ID:mrS0OKhM
ヒャッハー!
待ち遠しいぜ!!

所で前から聞きたかったんだけど、もしかしてそのカナAA結構気に入ってますか?
俺が作ったやつだから…嬉し恥ずかしいんだぜ。

219質問スレッド稼動中だお:2011/07/24(日) 01:40:46 ID:gaLAFE7s
え、ちょ
こいつと悪との勝負って救いがないんですけど

220質問スレッド稼動中だお:2011/07/24(日) 01:42:33 ID:gaLAFE7s
どうしようどっちの味方もしたくねえ

221質問スレッド稼動中だお:2011/07/24(日) 03:13:04 ID:bIlFEiyI
Ⅱってことは薔薇乙女となのはさんはすでに調教済みってことかね

222質問スレッド稼動中だお:2011/07/24(日) 10:31:52 ID:l3saR7V.
トップのAAの下の奴
ぱっと見、ランジェリーから男根生えているように見える

223質問スレッド稼動中だお:2011/07/24(日) 15:02:45 ID:FzWTuQxs
スレを探し回ってしまった…
普通に考えたらまだ誘導無いんだから当たり前か

224質問スレッド稼動中だお:2011/07/24(日) 15:37:58 ID:S3qcbtqQ
まずはななこ先生の番外編をここでやってくれるんですよね

225 ◆5OveIraQkk:2011/07/25(月) 01:18:05 ID:0GqbMZ/s
現在開発中。

軽めのゲームでも戦闘フェイズでかなりの計算が発生することに
気がついて割とあわててたり。


>>218
これはお世話になっております。
クールな表情が使いやすいので多用しています。


>>221
ですね。なのでカナや真紅は鬼畜モンとして登場です。


>>223
誘導をかけていない隠れ家的なこのスレを発見なさるとはw
いらっしゃいませ。


>>224
あの劇重な世界観はしばらく離れたいのが正直なところだったり。
でもちゃんとやるつもりなのでしばしお待ちください。

226質問スレッド稼動中だお:2011/07/25(月) 08:36:56 ID:cKaKvcdE
女の子視点の激重編よりは男視点の単純なエロのほうがいいなあ、とか無茶振りしてみるw
いや、春香視点面白かったんだけど、すごく面白かったんだけど!

227 ◆5OveIraQkk:2011/07/27(水) 02:37:57 ID:dh9PbR..
【 かいはつにっき 】

ここまでで方向性、大まかなシナリオと分岐、戦闘デザイン、戦闘補助ツール、
安価を加味した入力システムなんかを制作。

あとは細かいシナリオと小イベントなどなど。

実際のプレイをサクサク進められるようにあれこれ用意してます。



>>226
設定の二次使用は歓迎しておりますから
この際自給自足を目指して自作にチャレンジ!
と無茶振り返しw

228 ◆5OveIraQkk:2011/07/28(木) 00:24:55 ID:qs62uFgU
巨乳ほむーりんか……その発想はありませんでした。

次のミニゲームのヒロインは黒子・ほむーりんで二択取るのも
悪くないかも。

229質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 00:26:21 ID:D8tS9s2k
だがしかし、自分は黒子一択でいきますぜ!

230質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 00:26:27 ID:42YVyA4U
ほむほむ、エッチなAAを精力的に増やしてらっしゃる職人さんがいますものねw

231質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 00:31:19 ID:RN1VLDgU
某所がすげープッシュしてるもんなw

232 ◆5OveIraQkk:2011/07/28(木) 00:35:15 ID:qs62uFgU
どういう塩梅かなー、というわけで軽くシミュレート。

もし上手くゲームをすすめられて肉壺にできた場合、
黒子なら……



       _/⌒, ': : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ /ヽ
      /: ::|:::::/: : : : : : : : : : : :/乂: : : : : : : : : : :∨::::::::|-―‐、
    /: : : : !:::/: : : : : : : : : : : : |   !: : : : : : : : : : : Y:::::::{: : : : : ヽ
    /: : : : :}::/: : : : : : : : : :|: : :|!   |: : : : : : : : : : : :.ト、_:::}: : : : : :.'.
   .': : : : :/:::|: :l: : : : : |: : :ハ: :.:| ,  }: :|:|: :./: :}: : : : :',:::::く: : : : : : :l
   l: : : ∠:::::|: :l: : l: : :」斗l-l:.|:.|'   |:/卞/、}://:/: :l:.|:::::ノ: : : : : : l
    l: : : : : 廴リ: |: : |: : |_j从ニ八!  リ_/从_/,イ/!: :/: }_人: : : : : : :l     おはようございますの、
    !: : : : :/: ハ从:.:|、:Kっz夕`     っz夕ュル'//: : : l: : : : : : l     ご、ご……ご主人様。
    !: : : : :l: : : |Y⌒Ⅳ :::::::    i      ::::::::: /く}: : : :l: : : : : :.l
    l: : : : :l: : : lハ _(!                   /_ノノ: : : : l: : : : : :l
    l: : : : :l: : :.l  ゝ、ム    ____     /_ノl: :l: : : :l: : : : : l
   l: : : : :l: : :l     ヽ.   (      )  /   l: l: : : :l: : : : :/
    !: : : ::l: : l       >、  ̄ ̄ ̄ ィi´    l: :l: : ::l: : : ::/
    l: : : ::l: :∧xヘr―-、ノ 、}` ‐--‐ ´{  \__」:_:l: : :l: : : /
    l:l: : : l: l/ヽ|  {    \_ _ノ     }  / /7ヽl: : :く
    l:l: : : ∨  ', |/  !     >}ー、    l ∨ //   ヾ、: :.\
    l:l: : : :{   ∨   |   .イ  ゚j   \   / ∨//    }: ト、: : :\
   ノノ: : :人   |    ヽイ |  。}   /\,'   V/     !::| ヽ: : :.ヽ




ほむーりんなら……


      ,....- ''''"::::::::::::::::......、
   ,....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
/:::::::::::::::::::::::::,..ィ///////////ハ:::::、:::::ヽ
::::/:::::::::::/,ィ///////,::-::::::::::、::::::::',:::::ヽ:::::::、
::/:::::::::::イ////´:::,::::::::::l::::::l::::ヽ:::::::',::::::::',:::::::.
イ::::::::::::::ト-''´:::::::::イ::::::::::|::::::|:::::::l::::::::';:::::::::::::::l
:|:::::::::::::::|:::::::j:::::::::j!::::::::::|l::::リ:::::::l ,:::::::l::::::::,::::::、
:|:::::::::::::::|:::::::li::::::::|i:::::::::リ l:::lー、-ト-、-:|:::::::i}:::::::ヽ、
:|:::::::::::::::|:::::::|:::::::l,-!‐'::/ !:リ  l/ __l::::!::ヾ:j:::l::::} \
::',::::::::::::::',::::::l_/| |:::/  l/ ィ<ハ i}リ::::::/::::|レ'       おはようございます。
::::、:::::::::::::、/l::::::l __!/     弋(ソ /イ::::::::::::|:l
:::::ハ::::::::::::ヘ::,ィr<ハ`      //// }:l:::::::::::|:|        ……ご主人様。
:::::l. ',::::::::::::ヽ 弋z(ソ     `   ,イ:,:::::::::::l:::.
:::::ゞ、,:::::::::::::::、 ////   , ‐v  , イ::l::l:::::::::::|::::,
:::::::::::::、::::::::::::::ヽ 、_    ー '/l、´ /イ::::::::::,、::::::.
::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\ ニ = - ' /イ }  !:::::::/ `ヽ:..
:::,r''´ ̄ \:::::::::::::::\  `Y´   l  l::::::/     、::\
:/      `ヽ、:::::::::::\_ |__ィ/////l::::/-ァ    ヽ
'       _ィ//`丶、::::::ヘl//l|/////l::///
     ヽ、///////\:::ト、/}、////l//,イ、
         \///////\ ´ \////// ヽ
          {//////l/l_,ヾ-l/l` ̄´  }
        ヽ//´ ヽ_l/l    l/l      ,

233 ◆5OveIraQkk:2011/07/28(木) 00:38:12 ID:qs62uFgU
うむ……。ほむーりんも捨てたものではありませんね。


>>229
ご武運をw


>>230
やはり職人の寵愛を得たキャラは強いですね。
見る間にもりもり増えます。


>>231
某所……? できましたらkwsk。

234質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 00:40:59 ID:D8tS9s2k
おそらく某所はこの板内の地球侵略スレだと思われます
安価スレで「地球侵略」で検索すればヒットするはず

235 ◆5OveIraQkk:2011/07/28(木) 00:44:57 ID:qs62uFgU
>>234
ありがとうございます。
後で見てきます。

236質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 03:22:53 ID:QgcMwftk
>>227
よし、言質はとったから勝手にクロスオーバーだと無茶ぶりをうけかえすテスト

237質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 19:35:29 ID:f7Z2zUbo
>>236
あー、それ止めた方が良い。
クロスオーバーについては当事者同士の了解 or クロスオーバースレに登録して
いるもの以外はトラブルの元になる(最悪、羊羹氏からの規制対象になる)から。
二次創作ならともかく、クロスオーバーは結構注意が必要だよ。

238 ◆5OveIraQkk:2011/07/28(木) 19:49:15 ID:P5IYbP0w
あ、自分はクロスオーバーでもなんでも
お好きにどうぞってポジションです。

なんで自分の了解を得られるか否かって問題は
すでにクリア済みとお考え頂ければと。

239質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 20:40:23 ID:lRNoqI4s
ほ、ほむほむやばい

240質問スレッド稼動中だお:2011/07/28(木) 22:22:30 ID:ciXB7gQ6
どんなゲームになるんだろうなあ

241 ◆GI8xWOz4Ko:2011/07/29(金) 21:41:09 ID:fLl7i27A
新城時代に憑かていたトリップが記憶通りかテスト

242 ◆GI8xWOz4Ko:2011/07/29(金) 21:52:59 ID:fLl7i27A
安価ゲーム開始のめどがたったので予告を入れてきました。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1311076958/418-436

やる夫板で専用スレを立て、明日20:00から開始します。

243質問スレッド稼動中だお:2011/07/29(金) 21:53:43 ID:HOlv59.I
明日ですな把握です!

244質問スレッド稼動中だお:2011/07/29(金) 21:54:42 ID:OPEvlPqw
乙です、これは楽しみww

245 ◆GI8xWOz4Ko:2011/07/29(金) 22:05:15 ID:fLl7i27A
あ、そうそう。タイトルは


【R-18】金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ 1スレ目【安価ゲー】

の予定。ただし文字数がオーバーしたら

【安価エロゲ】金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ 1スレ目

でいくつもりです。


>>243,>>244
当日はよろしくお願いいたします。

246質問スレッド稼動中だお:2011/07/29(金) 22:05:17 ID:UaHfQabM
了解だぜー

247 ◆5OveIraQkk:2011/07/29(金) 22:12:12 ID:fLl7i27A
トリップを戻し忘れていたので戻し。

248 ◆5OveIraQkk:2011/07/29(金) 22:13:02 ID:fLl7i27A
>>246
お待ちしておりますー

249質問スレッド稼動中だお:2011/07/29(金) 22:40:10 ID:Z28RkUic
貴方憑かれてるのよ……

250質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 00:05:05 ID:dVEo7Fo.
鬼畜さん楽しみだな
旧作からのキャラの攻略とかしたいなw

251質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 04:00:05 ID:aZxLbN.k
女性を誰の毒牙にも掛けない選択は可能なんだろうか

252質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 05:16:49 ID:5oloPdRI
おお・・・ついにやるのか・・・・!!!

253質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 13:20:06 ID:HZl2xdKs
ついに来たか

254質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 13:33:17 ID:4bUiloSE
キター

255 ◆5OveIraQkk:2011/07/30(土) 18:35:17 ID:x6M0jXXk
まだ少し早いですが、

【安価エロゲ】金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ 1スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312017940/

を立ててきました。
開始は予定通り20:00からの予定です。


>>249
おうち。


>>250
今回はほむらまたは黒子ですw


>>251
不可能です。


>>252
結局やってしまいました。


>>253
>>254
是非ご参加ください!

256質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 18:43:37 ID:yybqosBw
スレ立て乙です

257質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 18:51:35 ID:5lXEuzXk
業務連絡とかはもうこっちのスレではしないの?

258 ◆5OveIraQkk:2011/07/30(土) 18:53:19 ID:x6M0jXXk
>>256
どもw

>>257
安価ゲーの連絡は向こうで行う予定です。
こちらは牝畜関連にしようと思います。安価ゲーの裏話は
安価ゲーが終わってからに(でないとネタバレに直結しますので……)
します。

259質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 18:53:19 ID:3Awmm5ro
スレ立て乙でした
ターゲットの二人の性癖って…

260 ◆5OveIraQkk:2011/07/30(土) 18:54:28 ID:x6M0jXXk
>>259
ええ、私も選んでから気付きました。

たまたまそのときエロAAスレをにぎわせていたキャラを
選んだら、こうなりましたw

261質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 18:55:13 ID:LP0.xuzs
男嫌いなキャラをぐちょぐちょになるまで調教するって…興奮しない?

262質問スレッド稼動中だお:2011/07/30(土) 18:55:43 ID:su3iTqHs
ちっぱいJC二人組……
牝蓄でおっぱいばかりだった反動か

263 ◆5OveIraQkk:2011/07/30(土) 19:00:57 ID:x6M0jXXk
>>261
マジレスすると程度問題かなとw


>>262
黒子はう〜む、なラインなのですが
ほむらは最近おっぱいAAができましたので緊急浮上しました。

なお両名とも大学生という設定。

264 ◆5OveIraQkk:2011/08/01(月) 22:17:29 ID:apTQiXsA
ふと思いついて黒井ななこの外伝が書けたので
AAあてが終わったら外伝こっそり投下します。

265祭りの準備はOKかお:2011/08/01(月) 23:04:31 ID:Mo4KpgrI
キター!!
お待ちしておりました!! じゃなくて、待ってます!!

266祭りの準備はOKかお:2011/08/01(月) 23:10:34 ID:koMN0ujk
期待しております

267 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:25:07 ID:mQzlQzfc
では投下開始しますl。

268 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:25:17 ID:mQzlQzfc

【 見知らぬ部屋 】
                                |:
                                |:
                                |:
                                |:                 目が覚めると見知らぬ部屋にいた。
                                |:
             _________         !:                 殺風景な部屋だ。白い壁、白い天井。
             ||              ||       |:                 絵や置物もない。あるのはベッド一つの、
             ||_______||       |:                 至極無機質な場所だった。
__________ ||.ヽ           \______|:
             ||\.\             \      \
               \.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||      \
                 \.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                                         \
                                        \
                                              \

269祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 00:25:42 ID:8YGs7JWg
キター!

270 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:25:44 ID:mQzlQzfc



  } } i ´   八                     (`ー=く`ん' 〃 { i、
 ノ ,ハ   ,厶イ   \               ノ    { {  {i   、 \
___/ /        .\         ,_-‐ァ      人   ー-=ミ、 ヽ        奇妙だった。
::::::::::,' .ヘ.         . : : .、                  /   )  ,リ    ヽi  )       今がいつか見当もつかない。それどころか
ー=彡..::::::::::、        . : >.、             . イ  、___彡'     j/        昨日までなにをしていたのかとんと思いだせない。
:::::::::::::::::::::::::::.、       /{  > 、     .イ /  /          /
:::::::::::::::::::::::::::::::.、   / 八 (  ≧=‐<  八 {   /
::::::::::::::::::::::::::::::::::\ {     ヽ)       ノ/  ヽ  {




                 ∨: : : :./テヽ=- ´ ̄  、`ヽ、: : /: : : : /ヽ
                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j     それなのに、自分が『メズ』という名であることは、
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7     何故かわかっている。
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、
              r三三心   ,==,  ',三三三三三三三三三三三三三i
             /三三三ニニ三三ヘ_ノ三三三三三三三三三三三三三ヘ
               /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ハ

271 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:25:59 ID:mQzlQzfc


【 見知らぬ部屋 】
                                |:
                                |:
                                |:
                                |:                 奇妙至極のことだ。まだ自分は寝ていて、
                                |:                 これは夢なのではないかと思う。
             _________         !:
             ||              ||       |:                 無論悪夢だ。
             ||_______||       |:
__________ ||.ヽ           \______|:
             ||\.\             \      \
               \.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||      \
                 \.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                                         \
                                        \
                                              \

272 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:26:29 ID:mQzlQzfc





                      牝畜たちが鳴くようです外伝 『メズ』





.

273 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:26:39 ID:mQzlQzfc


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                がちゃり。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

274 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:26:49 ID:mQzlQzfc


                     ______
                   .. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.                , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               {:./⌒Y____,r――- 、:.:.:.:.:.:.:.:.i
             '.{ て):.:.:.:.:.:. ̄ヘ:::::γ⌒ヽ、__:.:.:.:}
             {ト、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ゝ__ ノ⌒ヽ-<j
          ____/:`{}{}_}:.:.:.:.:.:.::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   j                  とドアが開けられ、肌の黒い大男が部屋に
       /. . . . .`ヽ:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:'´.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:├r '   `ー=彡′           入って来た。何故か名前が『ゴズ』だとわかった。
.      /...,. . /: :`ヽ\:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:`ヾYソ丿 . : .:〜彡             それが何故かはわからない。
    ,く. ./. ./... . . . . ..ヾ\\:.:/:::{:.:、ー‐==-、::::, ´     て´
   . . . .\: { . . . . . . . ∠ハ:.:.:ミ::::::{:.:.:.``ー=才く   . :〜´
    . . . . . .`\. . . . . . . . . .`Y::彡:::::`ー彡{:.:ィ \> : : ..
    . . . . :ヾ. . ..\. . . . . . . :}.:}:.:.:乂从:::::::::_У    彡 : . .
    . . . . . :ハ. . . .`\. . . . :}:.}:.:.:.:./:"´ ̄`ヽ  ((   .:))
    . . . . :/. . . . . . . . :ヽ. . :.}.:}:.:.:.ハ. . . . . . . . }    `ー: . .
    . . . 〃. . . . . . . . . ..}\人:.:.:/:∧. . . . . . 人_
    . . . . . . . . . . . . . . 八. :`Y:.:.:.:.:.:.}ト、. . / . . `Y`ヽ
    . . . . . . . . . . . . . ..{. :.}. ..|`ー=升! ∨{. . . . . . }:.:.:.:',
    . . . . . . . . . . . . . . し′. .}圭圭7 . .V . . . . . リ:.:.:.:.:',



      /     |                          }
.      /    /⌒V∧       -‐、    /        ∧V⌒V
   -‐/    //⌒jV∧         i    /         ∧V /⌒V        ゴズは、目が覚めている自分を見ると、
/  .,′   .{ { ソ V∧____  ヽ  ノ   ____∧V 〈 ソ  }
   /    ∧    ∧  ./  ̄ ̄ 斥───ヤ'´  ̄ ̄\  V  ノ  /|        「おはよう。それともハッピーバースディ、と言うべきかな」
.  /      ,' ヘ  ハ .∧ i         Ⅳ⌒Ⅵ  二ヤテ } ./  ハ. /
  i      i   ヘ V   弋      ノ   人       .ノ/   し' /  .        豪快に、だがどこか皮肉げに、口の端を吊り上げた。
  i     釗   \__   ` ‐── "      ` ‐── "   r-‐ィ
  |      |   |  |              i |         ノ  !  .|
  i          |  |           人 i |  人           l
  |      !   |   、   ァ=‐-   `ー─'    -‐=ヵ   ,'   |
  {     釗   i   \  { {示二二二二二二二才.|   /   !   ,
.  !      !   i     \{ { \\______,ノ/ }  ./   ,'   /
  ∧      `、   i        \\ヽ ______// ./   /   /
.  ∧     ヽ  ヘ       \\_,ノ⌒\__/ /    ′  /
   ∧      \  \       \        /    /    /

275 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:27:20 ID:mQzlQzfc


           ___/ /: : : : : : : : : : : : : : : :',_
      _ -‐ ¨ ̄  ./, ' /: : : : : : : : : : : : : : : : : ',  ヽ
    _/      / , ' /: i: : : : : : : : : : : : : : : i :.i`ヽ ',
  /: :./───‐‐{  ;  {: :.} : : : : : : : : : : : : : : :|: |  ;  i、
/: : :./     / ,'/ヽ|: :ノ : : : : : : : : : : : : : : :{: |  ;  { \              「俺はゴズ。
: : : :./     / , ' .{:{ 心:| : : : : : : : : : : : : : : : : :`:レ'ヽ  ヽ \             起きたばかりで悪いが、いくつか質問に答えてくれ。
: : :./     / ,'   ヽ:ヽ: {:_: :__: : : _: : : ____/: :心}   }   \            まず質問その一。自分が誰かわかるか?」
: : :{     / ,'   |  \: :\/  .Yi__iY´ ヽ/: : :{ :ノノ   /    ヽ
: : :.V    / ,'    i  /:|: : : :ヽ _ ノ}.: :.{⌒i_ ノ: : :|{}{}′ /}      ' ,
: : : :V   { ,'    |i/: :.|: : : : : : : : |: : :| : :|: : : : j  ;  / {_      ヘ
: : : : V  ./| ;  {i /: : : |: : : : : : : :_| : :.| : :|: : :./  ;  |  ヽ      ヘ
: : : : :.V / .| .;  | |: : : .:ヽ: : : .:_ /:.{: : :| : :.|: :/ ./::Y;  {   |       ヘ
¨:‐-: :_V  |  ;  | .ト、: : : : :\:/:/ : :| : :.| : :.|: { /: / .;  }   _{_______ヘ
: : : : : :¨:‐-| _ ;   } \: : : :./ :.| : : :ヽ : : : : Y´: :〉 ,' / /   ____ ヘ
 : : : : : : : : : :¨‐- _/_  \: :.|: : |: : : : : : : : : :.}: ./ ,' /./  /: : : : : : : : : ', }
: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ  .\|: : : : : : : : : : : : : : } ,' .//  /: : : : : : : : : : : : ',|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  .|: : : : : : : : : : : : : / .//  /: : : : : : : : : : : : : : : '.|




                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、     「……メズ」
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、
              r三三心   ,==,  ',三三三三三三三三三三三三三i
             /三三三ニニ三三ヘ_ノ三三三三三三三三三三三三三ヘ

276 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:27:30 ID:mQzlQzfc


                     ______
                   .. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.                , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               {:./⌒Y____,r――- 、:.:.:.:.:.:.:.:.i
             '.{ て):.:.:.:.:.:. ̄ヘ:::::γ⌒ヽ、__:.:.:.:}                  「オーケー。質問その二。お前の主人は誰だ?」
             {ト、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ゝ__ ノ⌒ヽ-<j
          ____/:`{}{}_}:.:.:.:.:.:.::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   j
       /. . . . .`ヽ:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:'´.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:├r '   `ー=彡′
.      /...,. . /: :`ヽ\:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:`ヾYソ丿 . : .:〜彡
    ,く. ./. ./... . . . . ..ヾ\\:.:/:::{:.:、ー‐==-、::::, ´     て´
   . . . .\: { . . . . . . . ∠ハ:.:.:ミ::::::{:.:.:.``ー=才く   . :〜´
    . . . . . .`\. . . . . . . . . .`Y::彡:::::`ー彡{:.:ィ \> : : ..
    . . . . :ヾ. . ..\. . . . . . . :}.:}:.:.:乂从:::::::::_У    彡 : . .
    . . . . . :ハ. . . .`\. . . . :}:.}:.:.:.:./:"´ ̄`ヽ  ((   .:))
    . . . . :/. . . . . . . . :ヽ. . :.}.:}:.:.:.ハ. . . . . . . . }    `ー: . .
    . . . 〃. . . . . . . . . ..}\人:.:.:/:∧. . . . . . 人_
    . . . . . . . . . . . . . . 八. :`Y:.:.:.:.:.:.}ト、. . / . . `Y`ヽ
    . . . . . . . . . . . . . ..{. :.}. ..|`ー=升! ∨{. . . . . . }:.:.:.:',
    . . . . . . . . . . . . . . し′. .}圭圭7 . .V . . . . . リ:.:.:.:.:',

277 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:28:24 ID:mQzlQzfc


┌───────────────────────────────┐
│               /   ヽ /ヽ                          │
│.     /        .├ - 、  l  ヽ      l                   │
│     i          l   `ヽ/ ',      l                   │
│  /  l          l        ,     .l                    │
│  l  l    ヽ.    l        .l     /                   │
│  l  .l     ト、   l        l    .ハ         |           │ 何故かすぐに顔と名前が思い浮かんだ。
│  l.  ヽ    .lヽ   l        l   / l   /     l           │
│.  !   ヽ    l ヽ __ l   -――‐i―‐,ナー+ 、__ /i     l         │ 「レナ」
│   l    > ‐ ''"l ̄ヽ  l     =―-,l__,/   .l.  /`/    ./           │
│   ト、    X '⌒キ=ュ\ヽ    /"//==- /_ / ノ     /            │
│   l ヽ   `-i\ ヽ::::ヾ、\、     .l::::::::::::::ノ/>'ノ    ノ     〃      │
│   l \   丶 ヽゝ::::)       弋;;;;;;;;;ツ /"ノ    /     ./ l /    │
│    l  \  \ ` -''       ` ー--- ' /    _/      / 〃     │
│\  ヽ  /` 、 \    i       -=ニ_-‐ '''´       ./       │
│  \. ヽ/     ヾ`   ヽ         /         ./        │
│   \ ヽ       ` 、  − -‐''  ,, ''          , '           │
│    / ` \        `丶、   /         , ' |           │
│.   /         / , '  `ー フ         ∠ -−――丶        │
│.  /        .// /     /         /        ヽ、       │
│ /       / //      /         /           ` 、    │
└───────────────────────────────┘

278 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:28:36 ID:mQzlQzfc


              −── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',                           「その通り。最後の質問だ。お前の義務は?」
              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:                         やはり、答えが何故かわかった。
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′
          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|
            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',




   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、       「牝畜に加工する女の応対」
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //

279 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:28:47 ID:mQzlQzfc


               :つ        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
              Y´ : ..       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               し彡  . . . : j ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                     `Y: : .   ′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                    ミ: : .    |.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.|.
                  ...: 彡:./¨Y|:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:| ̄ミヽ     「完璧だ。引き継ぎは成功しているな。おめでとう『メズ』。
                  丿:  {{ハヘ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:/⌒ヽ}     お前は今日から俺と同じこの館の従者だ」
                 (.: : . . :∨ 小k.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´`Y/ ∧
               .): .  :ハ、_j\γ ⌒ ヽ云テ云7 ⌒ ヽー /}入_Уハ:
                  : : ..  :.`Y{}{}r┐:.:{    },バ:.:バK戈癶 }//{}{}/       ゴズは大仰に手を広げた。どうもそれで歓迎の意を
                `Y: : . .  .:`)从:.:.乂___人:.:.:.:.:.::乂___人:.:.:从/       表しているらしい
               ヘ: : . ._丿  . : : 从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:|! 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从:.:〃
              人: : . .   . . : 八从:.:.:.:.:,r―、_^ー'^_,.:--ュ:.:.:.://ー、:       ただし余計なひと言を付け加えた。
                :.:.{しヘ: . 八{:.:.}:.从、::乂ヽr-r-r-r-ア乂r--く.:.:.:.:.∨
                Ⅵ: :{: : : :_丿: : : Ⅵ从:.:.:ヽ二二二>\ヽ: :__,ノ.:.:.       「あまり祝えるものじゃないがな」
                 : :.}: :\丿: . .  `)Ⅵ从乂;;;;;;从;;;(__:.:.:.:.\\{`ー:
               : :|\ヽ⌒`Y: .  . :}:Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::`Y:.:.:.}\\、:
                   : }: : :``ミ=ァ: . . : : : Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::}.:.:.:.:Y:.:`ーヽ
                :i|: :.: //小、二ニー乂::::::::::::::::::::: 乂/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.
               ./! : //:.:し{: : : : : : : : : : 乂::::::::::::ノ: : {:.:.:.:.: {.:.:.:.:.:.:.:
                  彡′ {{:.:.人 \.: : : : : : : : : : : : : : : : :.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

280 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:30:18 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―



【 廊下 】


                |∬|:.                   |∫|:.
                |∬|:.                   |∫|:.              ゴズに先導され、廊下を歩く。これから、
                |∬|:.                   |∫|:.              この館の主に挨拶をするらしい。
        __         |∬|:.       __         |∫|:.       _
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |:       廊下は先ほどの部屋とは
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|        うって変わって豪奢な内装だった。
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |:
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄        『殺風景では宜しくないからだ。
                |∬|:.                   |∫|:.              館に迷いこんだ女が逃げかえって
                |∬|:.                   |∫|:.              しまっては主の意に沿わない』
 ====================|∬|====================|∫|==========        またも、なぜかわかった。
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜
 ====================|∬|====================|∫|==========

281 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:30:29 ID:mQzlQzfc


              , - ‐ - 、
             ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
              _j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.i_
            {:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.}
          r‐=ニ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニ=、
          |   ____ _  /                          「俺たち館の従者は、奴隷だ」
.        _ -┘'' ¨ ̄  ̄ ̄ ̄    ¨'' ‐- 、
      Y´                   ヘ                       足を止めないまま、ゴズが淡々と説明を始めた。
.     /:V                    j:.ヽ
    ,':.:.:.}                      ,':.:..:}                     ゴズは背丈があるから歩幅が広い。むこうは
.    {:.:.:.:.{          /   、           ,':.:..:,'                     普通に歩いているつもりらしいが、自分は
.    ;:.:.:.:.:}         /    \.      ,'.:..:.:.;                     遅れないために早歩きしないといけなかった。
.    j:.:.:.:.:V     /       ヽ    /:.:..:.:.:i
   /:.:.:.:.:.:.}   彡'  .:..} i|           l:.:..:.:.:.:i
   ,':.:.:.:.:.:.:.:|    .:.:.:.:./ .i|           |:.:.:.:.:.:.}                     「主のために生き、主のために死ぬ。命令には
   V:.:.:.:.:.:.:.|   .:.:.:./            |:.:.:.:.:.:,'                     絶対服従。お前の前の『メズ』もそうして生き、
   }:.:.:.:.:.:..:}                    |:.:.:.:.:.{                     死んでいった」
   /:.:.:.:.:.:.:{|                   |:.:.:.:.:.}
.  i:.:.:.:.:.::.:.:}                  {:.:.:.:.:,'
   !:.:.:..:.:.:./{                   }:.:.:./
   ',:.:.:.:.:.:{ ` 7‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐┬':.:.:/
   }:.:.:.:.:.i  /               |:.:/

282 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:30:40 ID:mQzlQzfc



   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \   ━┓
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽ  ┏┛     前の『メズ』、という言い回しが気になって、意味を
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i   ・       聞いてみた。
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //

283 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:30:52 ID:mQzlQzfc


              −── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',                           「ああ、それはだな……」
              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:                         とゴズは面倒がらずに回答してくれた。
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′
          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|
            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',
    _ / }  .ノ/:.:.:.:::.:.:.::.:.:.::|      / /  |: : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.::i

284 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:31:03 ID:mQzlQzfc


┌─────────────────────────────┐
│【 先々代『メズ』 】                               │
│                                           │
│    /::////::∠:::,-'/ / /l_|_L',:',-::l、:::ヽ::..ヽ:::::::::::ミ:'、         │
│   /イl::::::::::::/三ア、_/ /┼二ニ- 、_ヾ__ヽ::::、::::二ニヽ::)            │
│  / |'、ヽ::::(、イーヾ' } {,' 「-l-ヾ'ノ>ノ ヽーTヾミ;:::::::ノ           │
│  {  {、ヽー-ヘ` ー-イ  ヽ,_ , 、-'`     l'⌒l:::::::r'           │    それによると、『メズ』は持ち回りらしい。今いる者が
│  `― ヽ    ',  /              r' /,\{            │    死んだら、新しく『メズ』を作る。その『メズ』が死んだら
│          ', r'              ノ ヽ ',ヽ、          │    また次の『メズ』を作る。
│          ヽ `ヽ            /`'/   }  ',::::ヽ、         │
│            ヽ ヽ= - _      / /  /  }::::::::`ヽ、       │
│             ヽ ヽ--      / / ,、-'    /:::::::::::::::::`丶、     │    そうして、受け持っている者は変わっても、ほぼ常時
│             /' ,     / /-'´    ,-':::::::::::::::::::::::::::    │    『メズ』がこの館にはいるという寸法らしい。
│                                           │
│                                           │    昨日までの記憶が無い自分が、なぜかあれこれと
│                                           │    知っているのは、それまでのメズの記憶を
│【 先代『メズ』 】                                 │    一部引き継いでいるからだそうだ。
│                                           │
│    、  、、 、 、                                 │    よくそんなことができるものだが、この館の主にかかると
│     !ヽ'' `''`゙ ヽヘ,,                                │    それくらいは可能なのだそうだ。
│   ヾ、ヽ` ll 〃 ' ヽ、                              │
│      {i'`"`"^~``、  i                               │
│    r'=、_,.=─ ,ァ゙!,., l                               │
│    `i‐ノ ヽ-''" `.6}/                               │
│      .| ヽ''    ト:i゙                                │
│     ヽ ⊃  ,./  !                               │
│      .〉  / /::: ヽイ`':、                             │
│     'ーi'"  /::/ 二三 ヽ                          │
└─────────────────────────────┘

285 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:31:25 ID:mQzlQzfc


                    /'´ ̄ ̄ `
                  //,  --- 、
           ,. -──〈/ ∠  、 __ \
            / 二ニミヽ/´ ̄ヽ 冫‐-\`ー一′
          , イ/´ ̄`// /⌒ソく - 、  \
.      / / / / / ノ / 「 fr‐、. \ \ヽ \
      f  / / /  l / /   ヽ \\ \ トミ\_\
      j _/ィ' / / !' / 釗! lヽ `_ー--、', `` <`ー
    // ! ′/ |l |   | ト、 ヽj\ 丁 ト、! __  -‐`>
  _//   | | |i 八ト、 l | l\_≧⊥_l YZ_,. ィ´
   /  _≠| | |l厶=㍉\ ! l彳f i l ヾ.| 仁二≧′
 ∠ _ー≦三、l |l〃{ リ冫 ヽヽ! ー゙彳/ / / _, イ                    「ということは、僕も作られたわけだ」
     フ/ 人ヽヽⅥ` ¨´        /イ / /ハ リ
     _/イ |ト、.\\      , .     /イli ,ハ{ У
        ヽi」レ^ヽ ト-ヽ  _ _ _,  ∧| { イ
         `⌒)},ハ\  ` 二 ´   イ! }ハヽ、
            イ'′ j}>fト     / !乂ト`ヽ
         ___/  ,ノ!|  `"´   l      \┐
           |  人 ´ (       'ヽ    __」ハ、
       r‐┤{::.::.::\   ヽ      ,′」  ,.ィ´  / 卞、
      /   | ハ::.::.::.::.\ l       ∠ -''::/   /    \
    ィ    { ∧::.::.::.::.::ヽ\_, -''´::.::.::. , ′ 〃      \




                /: ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:\
            /: : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.\
          ┌、: : :.:.:.:.:.::.:.:.:. .::.:.:.:.:..::.、                         「ああ」
          /| ≧=‐-ヘ:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.::.:.:Y
.           /: :レ′: :./:.:.}:.:.::.:.:.:..:.::.::.:.:..:i                        極めて簡潔に、悪びれもせず同情することもなく、
           /: : : : : ::.:.:.:.:.::ノ:.:.:.:.::.:.:.::.:. .:.:.::}                        ゴズはあっさりと答えた。作り方はと聞くと、
        `ー'': : : ::.:.:.:/:.::.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:/
         }¨ヽ从:.:.:.:.:.::.: .:.:.::.:..:.::.:.:.:.::/                         「牝畜と同じように人間を加工してだ」
         {二};';';}:.:.:.:_.:,,..-‐── -=ミ
.           从ノ;/ ̄              У
           {;';';'/                   /
            丁                  /
         {          ,,____/
         _ゝ─=二  ̄ ̄      \
       , '/ ̄: :.:.:.::.:.ヽ          ヽ
.       // : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:',           `、
      // : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.V           i
.     // : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.::.V          |
    / i : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.::.:.:.:',            |

286 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:31:53 ID:mQzlQzfc


イ  i, /   y  ,   ハ  ヘ  \/ `ヽ、
/ /  //  , !  i  i   ハ i', ヽ`ヽ-、 ヽ
 〃  / ./ i i / 人 i ノ    i 7ハ  ヽ、 )ノ
   // /  j,イフ¨`、ハ    ノノキ-、 、   >、                      と返って来た。自分は、昨日まで別人だったらしい。
   7/ j'  / /イ ヽ、 \ヽ  i,イ jハノ  ヽ ヘ.ハ                     酷い話だ。まったく記憶がないので、怒りを
   i ' |. イイ,ィネ示ヾ <  t- ',.示テヾ,   i  〉7                     湧かせづらいのだが。
   〃ヽ、 〃 i::::0::i ` フ _) /:0:j 〃´ j ,i__, 彳
    ヽ ハ 、 乂ン   ¨´  乂ン , /ハ/,イ ヽ
i , -=イ__,//  ヾ-r'´     ヽヾ-ィ i  〃ヽ、 ハ
ハ!  /\'   u.           ′  从   j  ノ
八_  `ヽ,::ヽ、     ヽ-'ヽ-'  .イ ゝ  /イ
三心ヽj.7' ,::::::>、       . イ、_,、ヽ  (i、
三三ハイ  ' ,:::::::::::>-- <三ヨヽ、
三三ヨヘ     / |三三三三三三≧ェ;、
三三三心、    ` j三三三三三三三三ハ
三三三三心___  .7三三三三三三三三三!




    /: : : : :ヽ : :, ' : : : : : : : :{ : :. : i
.    i ,ィ7ハ: :〉〈 : ,ィ77ハ: : ヽ: : : |
    」/////ハ≧≦///// }≧─‐Vヽ
  Vハ}V/////: : : : V///以/ ̄//ハ.j                           「慰めにならないかもしれないが、牝畜のように
   {{ {:.`ー‐‐/: : : :、 : : ̄ : : : .: : : : ): : }                           掘られたりはしてない。そこは安心しろ」
   ハ }: .: : : :`ー ‐' : : : : : : : : :./: : し: /
.   {}{}!: :从: : : : : : : : : : :从 ノ: : : {}{}{}                           本当に慰めにもならない慰めをもらった。
     !: {;';'}ィ二二二≧:.};';'} : : :r''.!─‐、
.  /人ノ;';'} `ー── ''~: };';'} : :.ノ : !_   \
. /  ./ヽ;';\从从_/;';';'}/: : :.| \.  ',
/  ./  |ヘ;';';';';';';';';';';';;';';/: : :i : :.|   |   ',
  /     |: .\;';';';';';';';'/: : : : :} : :.|   |    i
/       |: ヽ: : : : : : : : : : : : ./ : : !   /   }
     ./j: : }: : : : : : : : : : : :/ : : : | ./.   /\
    /: : : : :.{.. : : :.: : : : : : / .: : : / /.   /   \
.   /: : : : : : :ヽ : : : : : : : / : : : :/./    /     \
   / : _: :_:_ : : : : : : : :_:__: :.//   /
\ノ : : : : : : : :\ : : : /:/ ̄ ̄/\ ./
 / \ : : : : : : : : : : : : :./   /.  \

287 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:32:12 ID:mQzlQzfc


                /: ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:\
            /: : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.\
          ┌、: : :.:.:.:.:.::.:.:.:. .::.:.:.:.:..::.、
          /| ≧=‐-ヘ:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.::.:.:Y
.           /: :レ′: :./:.:.}:.:.::.:.:.:..:.::.::.:.:..:i
           /: : : : : ::.:.:.:.:.::ノ:.:.:.:.::.:.:.::.:. .:.:.::}                        「話を戻そうか。お前の仕事は女どもの応対だ。
        `ー'': : : ::.:.:.:/:.::.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:/                        それ以外の仕事はない。
         }¨ヽ从:.:.:.:.:.::.: .:.:.::.:..:.::.:.:.:.::/                         暇な間は、主が許可した範囲内に限り、なにを
         {二};';';}:.:.:.:_.:,,..-‐── -=ミ                       するのも自由だ。
.           从ノ;/ ̄              У
           {;';';'/                   /                       例えば、自分の境遇を嘆くか諦めるかはお前の
            丁                  /                        裁量に任される」
         {          ,,____/
         _ゝ─=二  ̄ ̄      \
       , '/ ̄: :.:.:.::.:.ヽ          ヽ
.       // : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:',           `、
      // : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.V           i
.     // : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.::.V          |
    / i : : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.::.:.:.:',            |
.   / .!: : : : .:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.::.:.:.:.:i           |
   /   |: : : : .:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:...:}            |




              −── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',                             「ろくな選択肢じゃ無いね?」
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',
              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、                         そう言うと、ゴズは肩をすくめた。
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′                        「すこしだけ何をするか自分で決められるが、
          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|                          なにを選択してもクソッタレ。そんな人生もある。
            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _                     この館の従者の人生がそれだ」
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',
    _ / }  .ノ/:.:.:.:::.:.:.::.:.:.::|      / /  |: : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.::i



.

288 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:32:23 ID:mQzlQzfc


:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::                         と、ゴズが突然足を止めた。
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::                         かと思うと、大きな扉の前を指差した。
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::                         「着いたぞ。ここが俺たちの飼い主様の部屋だ」
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

289 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:32:35 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:. \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:. \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:|  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
____] : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ノックをして、部屋に入る。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :    薄暗かった。まだ昼だというのにだ。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :    明かりといえば一つのランプだけ。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :                     窓は閉め切られているのか元々
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :                     ないのか、外から日の光は入っていない。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
──┐                       _
 ̄ ̄ ̄]                          | |          | ̄ ̄ ̄ ̄|―
:::::::::::::::|                      | |   l王王三三三|        |三
:::::::::::::::|                      | |      | lil|    ヽ ____,ノ
:::::::::::::::|                      | |      |lil l     | |    | |
:::::::::::::::|                      | |二二二|li i|]     | |__| |
:::::::::::::::|                      | |      |i |l||    | |__| |
:::::::::::::::|                      | |      ||ll ||    | |__| |
:::::::::::::::|                      | |      |l |i||    | |    | |

290 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:32:47 ID:mQzlQzfc

   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::                 埃とかびの臭いが漂っていた。古ぼけて
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          :::       淀んだ空気。まるで穢れが部屋中に
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::       漂っているようだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: :::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              ::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::

291 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:32:59 ID:mQzlQzfc

                 ___
              ,..-'"´   ` ー 、
             /__          \
            l: : : : : : ` ー 、      ',
            ヽ: ': : : : : : : : `ヽ、    ',
           ,..-:ゝ: : : : :`: : : : : 、:\   ',                      そんな部屋の奥に、白い服の女がいた。
          /:.:,:.:.:.,:.\: : :,: : : : : : ` 、ヽ__,‐.〉                      机に座り、なにかをファイルに書いていた。
         /:.:/:,:.':.:.:./:.`:.ー,−―――‐.ヘ'                       牝畜の記録だろう。
        /"´7:,イ:.:.:.:.:':.:.:.':.:.:/:.:.:.:.:.:./:.':.:.i:!:.:.ヽ
      '   //./:.:.,':.:':.:.:.':.:.,:.:.:,、:.:.:.,':.:':.:.:.!:.:.:.:.:l
        . !' /:.:./:.':.:.:.:':.:.,―'-ヽ/!:.:.,:.:.:.:.:.:ト、:!
         . /:.:,イ:.:!:.:.:':_,..-― 、_" >´ヽ:.:i:.:.l `!
         l:.:/ l,..-'"´      `ー、 l:.:!:.:l
         l//`、   : 、  :  :   `ー、:/
          ,..!' : : :    : : 、: :,: :  . :  ',
          (   ` 、.i   : : :,: : :,  . : '   \
         )  、`、/: . . : : , : : : . :,: / ', :'   ヽ
          ヽ___/: : : : : : : : : :,: : ハ' , ' 、 ,ノ
         }ー./  : :、: : : :,: : : :/ { {,.‐'彡ミl
         l / _  : :、: ': :、: :ヽ  ヾ"!  ヽ
         lζ:::::::ヽ_':___/    . ヽ  .ヽ
         / \::、:::}:::::{-::=:::)     . ヽ  ヽ
        ./   /,:::::ゝ‐',""`´(、       ヽ   ヽ

292 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:33:16 ID:mQzlQzfc


   /            /   _,,   (、,,,_,ノ/
  , ´            :/ , - ''´       、 ノ
  /            .:::/::::::::          ` 、
. /            .:::/:::::::      、       ヽ
/             .::::/:::lヽ       ',  ,   、 `、
l           ..::::; 'l:、::l::::ヽ       ',  `,   ',  '、
l          ...::::/:::l::::`/ヽ',:.  ',:.  l:::.  i   `,  ',
l::       .....::::::/:::  l.     ',:.  l:::.  l、:. l:.   `,、. l                ゴズが連れてきました、と呼びかける。
`'- 、:::::::::::::::::::, /:::    l.     l:::. /l:::,, - '' ./:.    l ', l                彼女は首だけこちらに向けた。
   `l::::: ''''´~     `,  l ,, -─l-:/ l:::./ ,,、:/:::: /:  l '´
    ',::::.       ',、  ',   _,,,,l/ //,::l''//::::. /l:::. /                  「私のことがわかる?」
     `,::::.  . `、  ``、,-',''~:l  ` ´ l:::ノ l/:::::/ l:::/
      ',:::::. :::.. ` 、<`、、:::ノ    、 `´ l:/ /::/                   表情のない顔で聞いてきた。
      l::,、:::.:::::',:.  `  、' ,      ,   ./  `、/
.      l/`、,_::::::',:::..   ` 、      /:::...  `、
       '   ~`''''`'l-、,...   ` 、__,/-、:::::::::.. `、
            r::´:::::::::: 、   `、    ` 、` 、:.. ',
           l::::::::::::::::::::::::l`ヽ、'、     ` 、'、::. ',
           ノ::::::::::::::::::::::::ヽ ,`ヽ- 、     `、 ',
         /~`'''''─''''''' ̄/´     \





   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!      「主のレナ様、でしょう」
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У          脳裏に浮かんだ内容をそのまま
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ           言葉にする。
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //

293 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:33:30 ID:mQzlQzfc


                 ___
              ,..-'"´   ` ー 、
             /__          \
            l: : : : : : ` ー 、      ',
            ヽ: ': : : : : : : : `ヽ、    ',                       「うん、成功してるね。下がってよろしい」
           ,..-:ゝ: : : : :`: : : : : 、:\   ',
          /:.:,:.:.:.,:.\: : :,: : : : : : ` 、ヽ__,‐.〉                      とだけ主は言って、またファイルに
         /:.:/:,:.':.:.:./:.`:.ー,−―――‐.ヘ'                       目を落とした。すべきことはもうない、
        /"´7:,イ:.:.:.:.:':.:.:.':.:.:/:.:.:.:.:.:./:.':.:.i:!:.:.ヽ                      と言わんばかりだ。
      '   //./:.:.,':.:':.:.:.':.:.,:.:.:,、:.:.:.,':.:':.:.:.!:.:.:.:.:l
        . !' /:.:./:.':.:.:.:':.:.,―'-ヽ/!:.:.,:.:.:.:.:.:ト、:!
         . /:.:,イ:.:!:.:.:':_,..-― 、_" >´ヽ:.:i:.:.l `!
         l:.:/ l,..-'"´      `ー、 l:.:!:.:l
         l//`、   : 、  :  :   `ー、:/
          ,..!' : : :    : : 、: :,: :  . :  ',
          (   ` 、.i   : : :,: : :,  . : '   \
         )  、`、/: . . : : , : : : . :,: / ', :'   ヽ
          ヽ___/: : : : : : : : : :,: : ハ' , ' 、 ,ノ




              −── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',                           「お疲れさん。もういいぜ」
              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:                         とゴズが肩を叩いて、出るぞ、と
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}                         顎をしゃくった。
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′
          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|
            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',
    _ / }  .ノ/:.:.:.:::.:.:.::.:.:.::|      / /  |: : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.::i

294 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:33:43 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


【 食堂 】


 (W从~j;::: :;'')),                 ||( ゚ω゚)ノ||:
 vW;;;;;wリ:::::リノ               ||(..'V-)::||:              ..
 vWリl从::::::リ                ========i:            ..:::::::
 WvリW从:リ                                 ..::::::::::::::
 ===!|l lリノ====================================================     再びゴズに連れられて、大きな
 圓圓|l;:|圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓     食堂に入った。
 =|\i||ii|/|===================================================
  \:三:/::::                                :::::::::::::::::
    ::::::::::''''

                .____________
               /―∞    Ψ ⊂oO⊃  \
               / ―∞ ̄ ̄ ||  ◇⌒:θ:目 \
              ./ / ○ ∞.⊂⊃ \△三@\.  .\..
                 /日 _..○○_   '''***  ̄ ̄ . 日\::...
             / '''/\_/_<****>  ⊂oO⊃\:::::.....
            ./  _ __ '''''_ _:__:__ _ _ __ _ \::::::::.....
            | ̄.:  ::.  ̄:  .:  . :. . :. . :.  :.  :  :. . :. ̄|::::::::::::::..
           /  ;::i i::.  .::;i .::i   i;::. .i;:.  i;::. i;:.  i::. .i::. i;::. .|::::::::::::::::

295 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:33:53 ID:mQzlQzfc


                                        |
                                        |
                                        |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           が、そこを通り過ぎて、奥にある
                                      \          小さな部屋に案内された。
                                        \
               | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
            /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|               木製のテーブルが一つと、椅子がいくつか。
           ./                         // l|                それ以外に部屋の飾りはまったくなし。
          /                         // . l|                使う分には問題ないが、荒涼とした内装だ。
           /  甘                      //  l|
        |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
        |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
        ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||

296 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:34:04 ID:mQzlQzfc


          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
        i: : : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
     __|: : : : : : : : : } : : : : : : _: : : : : : : : : : : : :.|
    / ,' >‐、: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : :/ : : : : : : :|                   「ここが俺たち用の控室だ。ときどき
    / ,' /:/⌒Y二─-、 : : : : : : : : : :} : :{ : : : : : : : {                   応接室や食堂にもなる。面通しの
.   / .,' .{:{: 厶ノ: : :. ̄ヽ ̄ ̄≧-‐-く───- ‐-く}、                   ために今他の連中を連れてくるから、
  /  ,'  ヽ: Y : : : : : : : :\ .//////ハ/⌒Y´////ハ ヽ                  待ってろ」
  /  ;   {:ハ: : : : : : : : : : 刈//////ノ: : ',:V/////ノ`、 \
/{   ;   {}{}{}、: : : : : : : : : : ≧‐-‐く : : : ',≧‐-‐く  ヽ \
  |   ;   /: : : :| : : : : ヽ: : : : : : : : :r : : : : :} : : : /. \  `  \
  |   ;   {: : : : |: : : : : : : : :_:_: : : : :`ー: :─' : : :/   \  丶 \
/|   ;   ヽ: : : {: : : : : : /: : :  ̄:¨:ヽ :_:_: : /      .\  丶 \
  |   ',   V : \: :_/ : :_:-‐ :  ̄: ̄_: : : )_/         .\  丶 ',
  |    ',   V: : :/ : / : : : : :._:-‐¨_V∧: ノ_           .\   i
  V    ',   V:/: :/ : : : : : /-‐: ¨: : V∧:.ノ',         ヽ   .|
  V    ',   //: : : :,' : : : : : : : : : :/: V∧ ',            }  /
.   V    ',  /: : : : :/ : : : : : : : : /: : :/V∧ ',        , ' / \
    V     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : :ノV∧ ',      , ' /   ヽ
    V   {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  ¨¨   ',     , ' /     |

297 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:34:22 ID:mQzlQzfc


                 ∨: : : :./テヽ=- ´ ̄  、`ヽ、: : /: : : : /ヽ
                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、     「いいけど、なぜわざわざこんな
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ   場所を? あっちの部屋のほうが
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7   大きいのに」
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、
              r三三心   ,==,  ',三三三三三三三三三三三三三i
             /三三三ニニ三三ヘ_ノ三三三三三三三三三三三三三ヘ




                     `Y: : .   ′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                    ミ: : .    |.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.|.
                  ...: 彡:./¨Y|:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:| ̄ミヽ     ゴズは皮肉げにわらった。
                  丿:  {{ハヘ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:/⌒ヽ}
                 (.: : . . :∨ 小k.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´`Y/ ∧     「あそこは家畜の餌場だ。新入りを
               .): .  :ハ、_j\γ ⌒ ヽ云テ云7 ⌒ ヽー /}入_Уハ:     古株にお目見えさせる大事なお儀式に
                  : : ..  :.`Y{}{}r┐:.:{    },バ:.:バK戈癶 }//{}{}/       使うには、ちょっとばかりエレガントさに
                `Y: : . .  .:`)从:.:.乂___人:.:.:.:.:.::乂___人:.:.:从/       欠けるのさ。見た目だけは豪華だがね」
               ヘ: : . ._丿  . : : 从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:|! 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从:.:〃
              人: : . .   . . : 八从:.:.:.:.:,r―、_^ー'^_,.:--ュ:.:.:.://ー、:
                :.:.{しヘ: . 八{:.:.}:.从、::乂ヽr-r-r-r-ア乂r--く.:.:.:.:.∨
                Ⅵ: :{: : : :_丿: : : Ⅵ从:.:.:ヽ二二二>\ヽ: :__,ノ.:.:.
                 : :.}: :\丿: . .  `)Ⅵ从乂;;;;;;从;;;(__:.:.:.:.\\{`ー:
               : :|\ヽ⌒`Y: .  . :}:Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::`Y:.:.:.}\\、:

298 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:34:34 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




/: : : : : : : :ハ:{  \: : :\:.`ヽ: : :\
/,: : : : : : /. |:|   .厶: ヽ:.\: .\: : ハ          _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
/. : : : : :{:!≦ ! ≦ーハ: : :\:.ヽ : \(        ,r'"           `ヽ
|: i: : : :豺|rァ乂 くt云尓: : : : : : :{ヾ:     __,,::r'7" ::.                   待つことしばし。
|: |: i |从;リ  i `ヽ   ハ: :|: : Nハ:\   ゙l  |  ::
乂: |从    ,|!      ri: :|: !::!  `ヾ:.  | ヽ`l ::                    やがて、ゴズが何名かの男を
i{ |: |ハ    __     //:ハ}::! |     ) .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_       連れて戻って来た。彼らも全員
ハ乂!:::厶  ´ー‐ '´  .イ/ハ(ハ:::|       〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ       従者らしい。
(   !/ハ}\     .:'._|'イ:( |:|       | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄
  ハ  . \≫-- イへ厂. 7 |:|      . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、            めいめいに皆こちらを見るものだから、
. /.\ .  \;;;;/  〉._/:ハ.ノ:N      . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /      なにやら落ちつかない。
イ.:::::::::::}`ー-=彳>.::´::::{::::::iノノ         .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il
:::::::::::::/ゞミ:. ̄.:::ハ::::_:::彡'!::::::}-.、         .{  ::| 、 :: `::=====::" , il
:::::::::::;   ∨::::::::/     !:::::.∨:.\       /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l'
:::::::::::i   ゞ:_::_{     ;:::::::::.∨::::.\    / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'"
:::::::::::|   /.::::ハ    ,::::::::::::::∨:::::::::ヽ '"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"


               j:::::::::::::::::::::::::::::::/::ヽ/ヽ :::::::::::: ∧
                /:::/:/:::/::: l:::|::i:::i::: `'" ヾ:|::|:|::i:::::∧
            /:::/:/:::/:|:::::l:l:|::|:::|:::     |:|::|:|::|ヘ:::ハ
              /:::/:/:::i:l::l|:::::l从リハ::   ィ升サリ:::}::::ハ
               {:i::l:l:l::::从ハ:::::l_Tユゝ、  Kエフ''イイ::::ノ i
               iハハ∨ヘヽ::`ヽ     i |     //´
                 ヾ:::::ヘい\       」 |     ハ{、   )
                 Ⅵ::::ヽ、:.:...   ___  ,イ、ヽ二ノ
               (.....ノノ::::::::八:.:.:..  ´ ー   ハヾ丶彡′
            `ヾニ彡:::::::::::::::::ト、::.:.:...      /::::jハ!ヽヽ
            `>≫ィ彡ミ::_ゝー____ー‐_升彡イノハン}
              //Ⅸi|:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|:.:.:.:.|
              {{/Ⅵ!:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|:.:.:. j
         __........i_,x≧::::::::::::::::.:.:.:.:.:.|ー┐〈;;;;;;┌′:.:.`ー..、
     ̄ ̄ : ::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!::::!;;;;ゝ;;;;;l:::::::ィ j:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:....._

299 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:34:59 ID:mQzlQzfc


                  /: : : : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:::. : :\
                     /: : : : : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.: :ヽ
                 /: : : : : : : : ::.:.:.:{:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.: :
                r'__: :ィ云≧、:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.: :.i               「こいつが新しい『メズ』だ。主への
               {//ソ¨//////≧==‐‐-斗=ミ:.:.::.:.:l               挨拶も終わってる」
                V: :.:.V////:.:.::.:.:.:.:..:::.:::.:.斥:.:.:}.::.::.,'
               /: :.:.:.、:. ̄: ::.:.::.:.:ノ:.:.::.:::.:.ハ::.::.ノ:::./               とゴズが自分を紹介した。
                ¨7:.:.:':_.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:./::.:/_ _
          ___,,.. -‐={`二、ヽ:.从:.:.:..:.::.:.:.:.:.:rイ:.:.:.::.:{≫  ヽ
        /      /才二ノ.:.{;;;}:.:. :.:.::.:.:.:.:.::.:._,斗≦    ∨
       {i|      //};;;从;/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ∨
          |i|       ¨¨  {;;;;;;;;;;|                       }
      _ }i|          _≧={                  _ ノ_
    '': : : : /|i|     >''   /:|            _  <
/: : : : : : :/ |i|   〃.:.\__/:.:}         _ -‐        __
: : : : : : :ァ"  ̄ ̄ ,ノ.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.::{__,,.. .-‐''"         /.:.:.:.:
: : : : : :/     /二二二У ̄ ̄ ̄ ̄                /.:.:.:.::.:.:.
: : : : :/    /     /                  /.:.:.:.::.:.:.:..:.:




                  r- 、
                   ハ `ヽヽ、 ̄ ``ヽ、
       r--- 、__ . < , -‐‐‐- \      \
         ヘ,``ヽイ´ , -‐ '         `ヽ      ヽ
         y  /,.     !       i、_     ハ
          {  :' i    .{'、    '、    7    i
         V :i  !,     j'´ヾ、  ヽ    )   i_                   「メズ……らしいです。よろしく
          ,イ ./  j弋   i 示ヘ`ヽ`ヽ.!   /   / ハ                  お願いします」
         八 ( i ト,癶ヾハ_ 乂j イ  ノi  j  /    !_
         `ヽヽ .l ゝ:,`ー‐'       ヽ,   i     7                 他の面子に自己紹介する。が、
          i / 、 .ハ `        ノ!      、ニ彳                自分がメズだという自信がないので
          ヾ- ノ 八  ー    . イ | `ヽ j', i'ヾ>-'                 おかしな調子になった。
          彳イ  > ri. __ . イ   ∨=イ、 リ
          ijヽ,    / i、__:ハ     ,ィ三三≧x
           , 、ヽ_,フ .7冫.イ ,. イ三三三>'´
         .ィ .; .Y ∨.イ//,ャ≦三三三三三ヘ
         i  :> .ノjヽ, /≦三三三三三三三ニY
          rイ! '-'>‐` ./三三三三三三三ニニニj
        iニ>x___,-イ三ニr-、三三三三三三ニ'
          {三三ニ!イ三ニ{  j三三三三三ニニ7

300 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:35:12 ID:mQzlQzfc


          ゙iト、!.:.:.   .:,ィ;;;  l!;.、     ノイ,!
           ゝj::',.:.:.:::.:.,r',``^ー''^ `ヽ  ,.:'i_丿
            `|.:::i.:.:..:.:``''ー==='''^ j;:. !
            j.:.:.!.:..、:.  ``二二´ ! !: |
          /|ヽ.:.゙,.:.゙、:.  ー‐一 ,' .,゙: イヽ
           /.:.::::!  ヽ、.:ゝ、,     ノ /:/ |;;;::\
     ,、-‐''/.:.:;;;;;;;;;|   ``ヽ`二二 フ'"´  |;;;;;:.:.:.\‐-、、,
    .:::::/.:.::::::;:;:;;;;;;;ト、     /;;;;:;::::::ハ    /l;;;;;;;;:;:;:;;::\;:;:;.
    :/.:.:.:.::::;;;;;;;;;;;;;;| ヽ   /ヾ;;;:;:;:/ ,!   / !;;:;:;:;::;;:;:.::.:..ヾ;               機嫌を損ねるかとも思ったが、くくっ、
                                                 と含み笑いを漏らされただけで、
                   ヽ _} : : :|    ./ .!      !: :.| .|!          咎められることはなかった。
                    i:. :.: : .|             !.: .:!
                    |ノヽ :. |      ` ´      /: ハ.|           むしろ、なんとはない同情や共感の
                      }::从  ` ー ─ ‐''  , ':. :{. !           ようなものを感じられた。
          .            八!| \   ‐-‐  , {八:|
          .               |__\    /_!               たぶん彼らも似たような思いを
          .            /|\ \` =¨/  ト、              味わったことがあるのだろう。
          .           /三|三| /`Y´\ イ三i|≧ヵ,___
                  _,≪三=.|三三弌≠=彡''¨ ̄¨|三三三三
          _____,≪三三/三三| i i iⅤ/// ! ! ! |三三三三
          三三三三三三/三三=| i i i |///{ i i i |三三三三
          三三三三三 ./三三三| i i i |///| i i i |三三三三
          三三三三三/三三三=| i i i |///| i i i |三三三三

     =≦三:.:.:.:ヽzソ ミ        i| ′
       z彡:.:.:.:.:.:.:ハ      ヽ 」イ
       / ィ.:}:.:.:.:.:こム   `ー―‐'´:.:ミ=-
.       {/ !:ハ:.:.:.、ミ=- \____/.:i:.ヽミ=-
          | ̄ ̄ ̄ ̄}―‐┴‐1^iハノ
      厂`: : : : : : : : |:::::::::| ::l::| :|‐、
 _  -‐ ´-: 、: `: :―-: :{__::j__j∧/ ム` ‐- . . _
´: : : : : : : : : : :\: : : : : : | }::ヘ::::ヽヽ ハ: : : : : : : : :`f´: ヽ
.: : : : : : : : : : : : :ノ: : : : : : :|i :|:::::::}::::::ヽ\: : : : : : : : : l: : : :!
: ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : |i :|::::::::ヽ:::::::', ハ: : : : : : : :/: : : :l
: : : `,: : : : : : : : : : : : : : : : !i :!::::::::::::}::::/|: :|: : : : : :∨: : : : :!

301 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:35:26 ID:mQzlQzfc


                       ,  ----=≦
                    ,.          >x.__
                 -=≦              ̄
                  /       , ィr、      :.
                 /'     /  || '.      :.              「元々が正直なほうだったのですかね。
                 /rク  _∠\  |  ∨     i              そう言いたくなる気持ちは理解
                 {   イt'::癶   lr'ニ '.      |              できます。
                 ,イ   |      |イrッメ.V   {ハ l
                 ||   |l     ! `¨ }   ハ  ,              私は『シュテン』です。仕事は雑用全般。
                 |!i  {      ′     /}.   | ll  :,             来客に気にいられれば応対もします。
                 |!l! ∧  ー= _,    ,〃/ハ  | ||  ゝ            趣味は酒造りと飲酒です」
                 |. }  rヘ.  ー   . イ // j. } j :!!
                 ∨\{/` -r<//j/   Ⅳj j.'               と涼しげな風体の青年が先陣を切った。
                ,〃 ヘ≧x)≦z‐'__∧    j.}//
            _    /   ,' ! l {/\¬==! }t、
      _          r《  ,' j ! |)//l l | | 八.\
     /         | ゞ ! j l | l|/{ l l | | _>,.\
      /           :|    | | l j l|/ハ! !:| |   o }    .
.    /             |   | l.l | l.|//| j | |    j     \__
   /           |!   j| | | l |//ji !:| |   ,      / /
.  /      \\     |i   l! !| ! ||'//| j | '    ′      / /
. /       \\\   !!   l| j ! ||(//l l Ⅳ   ,         /
 \_,     \\  !    l_, | l'///| ! ,′ ./       /
     /             ! |l|///|! ,′ /       /

302 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:35:39 ID:mQzlQzfc


                 ,.-' " ´  ̄ ̄ `丶、
               ,r'´            `丶
            トー く: : : : : : : : :          ヽ
            }   `ヽ: : : : : .           ',
            ト、  ミミミヽ: : : :           !
            トミ >= ミミシ′  ‐==z、、,,     ト、                 「『コンジョウ』だ。仕事は家畜の世話。
            トV ハ ミ′   ーrェェテ''´  ,,,,,,, jミ!                今扱っているのは牛豚鶏に、牝畜だ」
            い ( , ′          斤'''` リ
            V入__/  ',    , ィ.:.:.:;. l~~` ,′
            /   ′  .:!  , r'´ `ヽ  ノ   j
           /〈   !   .! ' ー -ェ--ェ"´}  /
         /.:i ヽ   ',    .   、,,,ニニ´   /
     -‐ '''"´.::::::',  \ ゙、   i         /
  .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::',   `丶、  ',      / /
  .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::',     `ヽ ` 、、 ....ノ ,.イ:.ヽ
  .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       > ー-、/ |::::::.:.ヽ、
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ     /: : : : : :i   |:::::::::::::::.:ヽ、
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   / `ヽ: : : :ト、 /l::::::::::::::::::::::.:.丶、
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.', ヽ/   `1: :l  V !:::::::::::::::::::::::::::::::.:.丶、
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:',      l : :l    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ



                          _....:.:´\/`:.:.ー:..、_
                      「:.:.:.:__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:ヘ
                    ,':.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.',
                       /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/Vヘ:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:',
                   /:.:.:./:.:./i:.:.:i:. トvヘ:. i:.:.:!:.|:.ヘ:.:.:.',
                     /:.:.:.//:/:.:l:.:.!!:.:|  |:.:|:.:.:i:.|:.:.ヘ:.:.:ヽ.
                  |/:/:.i:i:.:l:.:小八:.|  |:.ハィムト;.:}:}:.:.:.トゝ           「『オンギョウ』という。牝畜を卸す
                  |从:.:l从!/千ュヾ:!  ムィヒュリ ノソ:.:/リ            役を受け持っている」
                   `ヾ{ハ  ̄ ´    `  ̄   ハ}:.:{
                  `ー彡ヘヘ     :     ハノ:.:.ヽー
                      ミ:.ノ:.:.:ハ  _`´_  /:!.:.:.:.:.:彡
                  彡:.:.:.:i(:.:.:\   ー   /:.:.}:.:.:.:ミヾ
                   イハソハ!ヽト ヽ ___ /彡ハリヘ;.:.j`ヽ
                       `!从r‐┤ ̄ ̄! ̄ ̄├‐┐ノリ
                       _┌'::::::|__;:;:;:;:;| ;:;:;:;:__|:::::::`┐
                     _.,....-:::::´:|::ヽ::i:::::i:;:;:;:j;:;:;:;:l:::::i::::: ノ:::|`::::::-......,
         _....,....-:::::::´::::::::::::::::::::::|:::::::l:::::l:;:;:;:;|;:;:;:; l:::::l::::::::: |::::::::::::::::::::::::`:::::::ー-.....,._
       ハ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:::::l:;:;:;:;:|:;:;:;:; l:::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.      /:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:::::l:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:l:::::l::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::: /::::::',

303 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:36:10 ID:mQzlQzfc

    /: : : : :ヽ : :, ' : : : : : : : :{ : :. : i
.    i ,ィ7ハ: :〉〈 : ,ィ77ハ: : ヽ: : : |
    」/////ハ≧≦///// }≧─‐Vヽ
  Vハ}V/////: : : : V///以/ ̄//ハ.j                           「で、最後に、お前さんも含め、従者たちを
   {{ {:.`ー‐‐/: : : :、 : : ̄ : : : .: : : : ): : }                           とりまとめる役が『ゴズ』。今は俺だ」
   ハ }: .: : : :`ー ‐' : : : : : : : : :./: : し: /
.   {}{}!: :从: : : : : : : : : : :从 ノ: : : {}{}{}                           とゴズが締めた。
     !: {;';'}ィ二二二≧:.};';'} : : :r''.!─‐、
.  /人ノ;';'} `ー── ''~: };';'} : :.ノ : !_   \
. /  ./ヽ;';\从从_/;';';'}/: : :.| \.  ',
/  ./  |ヘ;';';';';';';';';';';';;';';/: : :i : :.|   |   ',
  /     |: .\;';';';';';';';'/: : : : :} : :.|   |    i
/       |: ヽ: : : : : : : : : : : : ./ : : !   /   }
     ./j: : }: : : : : : : : : : : :/ : : : | ./.   /\
    /: : : : :.{.. : : :.: : : : : : / .: : : / /.   /   \
.   /: : : : : : :ヽ : : : : : : : / : : : :/./    /     \


                                                 この一連の自己紹介をもって、自分の
                                                 『メズ』としての人生が始まった。

304 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:36:29 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―



                                        |
                                        |
                                        |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           面通しが終わると、シュテン達は
                                      \          他の仕事があるとかで、早々に
                                        \        自分の持ち場に戻っていった。
               | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
            /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|
           ./                         // l|                ただしゴズはまだ話があるとかで部屋に残った。
          /                         // . l|
           /  甘                      //  l|
        |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
        |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
        ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||




               -─-
                /: : : : : : : : :.ヽ
           ′: : : : : : : : : : ::.:.:
           i: : : : : : : : : : : : : :.:.:i
            _ .|: : : : :_ : : : : :_ : ::.:.:.|─-ミ                        「話というのはほかでもない。お前の研修のことさ」
         /: :Y≦Y´ ヽ_Y´ ヽ≧|⌒、 ヽ-
          〈 ツ:| : :弋 _ ノ 弋 _ ノ : : :ツ }  i  >,                  と、二人きりになった部屋でゴズは言った。
          _ >、:.{: : : : : :r : :ァ : : : : : r'/   }     >,
      / /  ¨{: : :从 :`ー: : :.从: ./    ;       >,
     / ./   人:/;';'{ -‐ ─ };'/      /      ____ヽ
.    i   /       \;';';';';';';'/         /  /./: : : : : ::.:.:.:.:ヽ
.    {  {        {: :`ー─{       /  , ' /: : : : : :::.:.:.:.:::.:.:.:.:、 _
.   /:V ヽ     |: : : .:.:.:.:.V.    /  / /: : : : : :::.:.:.:.:::.:.:.:.:::.:.:.:.:::.:.:.、
   ': : V  \   |: : : :.:.:.:.:.:.V  /    {  i: : : : : : : : : : : : : : :: :_ : :_ 三ミ、
   i: : : :V   `ー-┘ ̄|.:.:.,ィ⌒ヽ<.    {  |: : : : : : : : : : : : : :‐ : : : : : : : : : ヽ
.  /: : : :::.V     / r'' ̄: : : : : : : : : :’< }_j: : :_ : : : _:, -'" : : : : : : : : : : : :.:::
 /: : : ::.:.:.:.V    V .〉': _,..'': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:
./: : : ::.:.:.:.:.:.:|     V{: (: : : : : : .:::.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し'`ー{:_:_つ`ー、:.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:.:.:.:::.:.:.::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:.:.:.:::.:.
                        ̄ ̄ ̄ "''' - .._::.:.:.::.:::.:.:.:.:::.:.:.:.::::.:::.:.:.:.:ノ

305 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:37:07 ID:mQzlQzfc

                  r- 、
                   ハ `ヽヽ、 ̄ ``ヽ、
       r--- 、__ . < , -‐‐‐- \      \
         ヘ,``ヽイ´ , -‐ '         `ヽ      ヽ
         y  /,.     !       i、_     ハ
          {  :' i    .{'、    '、    7    i
         V :i  !,     j'´ヾ、  ヽ    )   i_                   「研修?」
          ,イ ./  j弋   i 示ヘ`ヽ`ヽ.!   /   / ハ
         八 ( i ト,癶ヾハ_ 乂j イ  ノi  j  /    !_
         `ヽヽ .l ゝ:,`ー‐'       ヽ,   i     7
          i / 、 .ハ `        ノ!      、ニ彳
          ヾ- ノ 八  ー    . イ | `ヽ j', i'ヾ>-'
          彳イ  > ri. __ . イ   ∨=イ、 リ
          ijヽ,    / i、__:ハ     ,ィ三三≧x
           , 、ヽ_,フ .7冫.イ ,. イ三三三>'´
         .ィ .; .Y ∨.イ//,ャ≦三三三三三ヘ
         i  :> .ノjヽ, /≦三三三三三三三ニY
          rイ! '-'>‐` ./三三三三三三三ニニニj
        iニ>x___,-イ三ニr-、三三三三三三ニ'
          {三三ニ!イ三ニ{  j三三三三三ニニ7




.     /: : : : : : : : : : : \
     : : : : : : : : : : :. : : :. ヽ
   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.   i: : : :i : : : : : : : : : : : : : :.i: |
.   |: : :ノ : : : : .ヽ: : :., : : : : {: |                                「ああ。今のお前はおぼろげな知識だけがある状態だ。
.  /⌒ヽ : : : : : : : }: : {: : : : : : .}Y                               これでここの仕事をするのはも難しい。
  { : : : :}/Y  ̄ Y二Y  ̄ Yニ=:.}
/ヽ: : : :\弋 _ ノ: : 弋 _ ノ: : :}/ ヽ                             だからしばらくは俺がやってるのを見学させようと思う。
  {}{}{}: ヽ : : : : : : : :|:.:: : : : : /\  \
   }: .| : } : :_:_:〈 : : }__:_ :. : /  \  \                          もしかしたら参加もしてもらうかもしれない」
   }: :{ : : ./;'r=====ミ;';ヽ/     \  \
.   /: : :\/;';弋__,ノ;';;';}_       ヽ.  i
  /: : : : : :\;';';';';';';';';';';';;'ノ: : ヽ     ./  .|ニ=‐- 、
. /: : : : : ` 、: `ー───く: : : : :.V   /   /      \
. |: : : : : : : : ヽ: : : : : : : :/ : : : : : :.V ./   /         .\
. }: : : : : : : : : :\ : : : : /: : : : : : : : i/   ./         /.、
/: : : : : : : : : : : : ヽ: : /: : : : : : : : : }   ./         /: .:.\

306 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:37:23 ID:mQzlQzfc


                 ∨: : : :./テヽ=- ´ ̄  、`ヽ、: : /: : : : /ヽ
                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j     「わかった。……手間をかけるけどよろしく」
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、     正直気は乗らない。しかしやるしかないのは
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ   理解していた。
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、
              r三三心   ,==,  ',三三三三三三三三三三三三三i
             /三三三ニニ三三ヘ_ノ三三三三三三三三三三三三三ヘ




      /     |                          }
.      /    /⌒V∧       -‐、    /        ∧V⌒V         にぃっ、とゴズは笑った。
   -‐/    //⌒jV∧         i    /         ∧V /⌒V
/  .,′   .{ { ソ V∧____  ヽ  ノ   ____∧V 〈 ソ  }        「気にするな。仕事の一環だ」
   /    ∧    ∧  ./  ̄ ̄ 斥───ヤ'´  ̄ ̄\  V  ノ  /|
.  /      ,' ヘ  ハ .∧ i         Ⅳ⌒Ⅵ  二ヤテ } ./  ハ. /         地は気のいい男なのかもしれない。
  i      i   ヘ V   弋      ノ   人       .ノ/   し' /  .
  i     釗   \__   ` ‐── "      ` ‐── "   r-‐ィ
  |      |   |  |              i |         ノ  !  .|           「ま、今は主の罠にかかってる女がいないから、
  i          |  |           人 i |  人           l           やろうにもできないんだがね。そのうち
  |      !   |   、   ァ=‐-   `ー─'    -‐=ヵ   ,'   |           来るだろうから、その日を待っててくれ」
  {     釗   i   \  { {示二二二二二二二才.|   /   !   ,
.  !      !   i     \{ { \\______,ノ/ }  ./   ,'   /
  ∧      `、   i        \\ヽ ______// ./   /   /
.  ∧     ヽ  ヘ       \\_,ノ⌒\__/ /    ′  /
   ∧      \  \       \        /    /    /

307 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:37:33 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


【 レナの館 】

  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。                                   ゴズの言う『その日』は、それから
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。                           ほどなくしてやってきた。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ ____
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    _
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xX
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..==
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll:
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'

308 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:37:47 ID:mQzlQzfc


   【 ロビー 】

ー┴ー[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__
 ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||
┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||
      ||: | :||::     .[[[]]]. ..::||: | :||::    .:[[[]]]:.:.  ||: | :||::            ||: | :||    運悪く、この館に一人、女性が迷いこんで
ニニニニニニニニ./ /|:l─l二二二l::‐─ー| ||ニニニニニニニニニニニニニニ    来たのだ。遠方からの旅の途中だったらしい。
|||||||:/ //|:|           | |||||||||||||||
┴┴┴┴┴┴.::/ //|;;|:|,ィ──────:| ||┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴    道に迷い――実際には主に誘われて、
 ̄:l ̄ ̄厂 ̄:::/ //|///i┴─────‐ | || ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄    のはずだが――この館に辿りついて
_;|__;/____/ //| |//i┴────── | ||__;/____;;|__;/__;;|__;/__   しまったそうだ。
  ||: | :||:  / //.::| |/i┴──────‐ | ||      ||: | :||::.: .      ||: | :
  ||: | :||::::../ // 7|/i┴───────.:| ||      ||: | :||::.: .      ||: | :
_||: | :||:::/ //| /:/i┴───────.::::| ||::___||: | :||:._____||: | :
Τ||: | :||/ //| l//i┴────────‐| ||::ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤ||: | :
|||: | :/ // :| l/i┴─────────| ||::|||||: | :||::|||||||: | :
⊥|| [[[]]]'./:7:/i┴─────────‐[[[]]]⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥||: | :
─lニ:|| |:l/ .//r┴─────────‐..:|| |:| ──‐l二二二l:────l二二
_/_.|| |:|'//r┴──────────‐ || |:|__/___/___/___
_/_:|| |:|/i┴──────────‐..::::|| |:|___/___/___/__
_/_[[[]]]┴───────────‐‐[[[]]]_/___/___/___/
/___/___/___/___/___/___/___/___/___
_/___/___/___/___/___/___/___/___/__

309 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:38:02 ID:mQzlQzfc


               / \
             / `丶._ /   ヾ ̄ `丶、
         /      ′、           ヽ
.          /    .ヘ /: :ヽ   l  、  、  ヽ
      //  /  /‐r'^ーヘ ∨ |  ヽ  \} ヘ
.     / ./  l  /  |     } V|   ハ   ヽ. ハ
     〃/    ! _」z..⊥、   |  Ⅵヘ⌒≧!     ∨}                    名前は、黒井ななこ。地方の生まれなのか
      ' /  .:  f´ l  |   |  !j  ∨ |    l マ                    独特のイントネーションがある女性だった。
     ,:   .::.  | |  |   |  リ   V.」_   ト、 ‘,
.     l |  .:::l  |斗r==ミ.   j    ィfてハ ア.  l∧ ',
.     l |  ::::l  kハ ら、_ハ      代:タリ l∧  l   vハ
.     レ |  ::::| λ 乂少′     ー- '   ハ |  Ⅵ
      |  ::∧ | ∧      '       /l  ,Ⅵ   `
     l  / Ⅵl ハ       、_ . '    /l | ´ }j
       , {   ヾ| | , ゝ 、        . ィ: :| |: 、
      ヽ j   r:l | : : : : /`l ー一 7 ∨: : リ: : \
        ,..:‐`l |.:一.:ケ ハ   /  V 、 : : : : :ノ
       ;.:.:.、.:.:.ヾ.:.-‐:j   ∧  /   少.:、:`:.<
.      l.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.ハ    ト .{ ィ.:´.:.:.:∨:`.:.:、:ハ
.       l.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:└‐ァ一' Y ト、.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.;.|
     r┘.:.:.:.:.:.:.:.';.:.:└-\   lヽ|.:.:ヽ.-‐:'.:.:.:.:.:; :!
     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:./.:.\ ヽj.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:∨.:ハ
.      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.\.:.:.:. \ V :.:.:.:.j .:.:.:.:';.:.:リ
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; .:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.\V.:.:./ .:.:.:.:.:.}.:.l
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヾ./.:.:.:.:.:.:.:,'.:.:!
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.'.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:>,、.:.:∨.:.:.:.:./ :.:.:|
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.'.:.'.:.:.:´:.:.:.:.:.:`.:.∨':.'/ .:.:.:.:l
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//∧.:.:.:.:.:.:.:r 、.:.:.:.:.:.:.:.:.r 、ノ.:.;' .:.:.:.:.:.|
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// /.:.;.:'.:.:.:.:ゝ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ':}.:.;.:.:.:.:.:.:.:.|

310 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:38:17 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/





      /     |                          }
.      /    /⌒V∧       -‐、    /        ∧V⌒V
   -‐/    //⌒jV∧         i    /         ∧V /⌒V
/  .,′   .{ { ソ V∧____  ヽ  ノ   ____∧V 〈 ソ  }        「この部屋を使ってください。
   /    ∧    ∧  ./  ̄ ̄ 斥───ヤ'´  ̄ ̄\  V  ノ  /|        自分の家だと思ってくつろいで
.  /      ,' ヘ  ハ .∧ i         Ⅳ⌒Ⅵ  二ヤテ } ./  ハ. / !        下さってかまいませんよ」
  i      i   ヘ V   弋      ノ   人       .ノ/   し' /  .|
  i     釗   \__   ` ‐── "      ` ‐── "   r-‐ィ  |       と、黒井さんを部屋に案内し、
  |      |   |  |              i |         ノ  !  .|   |        ゴズは、気さくな調子で言った。
  i          |  |           人 i |  人           l   |
  |      !   |   、   ァ=‐-   `ー─'    -‐=ヵ   ,'   |   !
  {     釗   i   \  { {示二二二二二二二才.|   /   !   ,′
.  !      !   i     \{ { \\______,ノ/ }  ./   ,'   /
  ∧      `、   i        \\ヽ ______// ./   /   /
.  ∧     ヽ  ヘ       \\_,ノ⌒\__/ /    ′  /
   ∧      \  \       \        /    /    /

311 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:38:30 ID:mQzlQzfc


     .        / ̄`ヾ´/  ヾ '  、
     .        /   / x ' r 、   ヽ  、 ヽ
     .       //:   / /` ^ 'ヘ‐V '. ‘, \ ':,
           //     ' ,      | V ト  l  ∨ ,
     .     //  / ,斗ヒ^    l  ヒT vト、   V ,                   「おおきに。すいません、お世話掛けます」
         ' l   l  .:::l |      |  | j ∨j:.`  l V
     .     l :|  :|  ,::ムj_     j  レ _,.ムA  | ヘ                    と申し訳なさそうに黒井さん。
     .     |/|  :l  ム ら)圷      'ら):ハ ハ   !  '
         j l  :', :{ V タj     いzソ ;.:l  :|ヘ !
          l  λ lハ. ´    '    ` ' l|  j ∨
     .      '  |∧l:人   f冖ヽ     ノ; l| /
             Ⅵ  ヽ | :> 、ゝ- ' , イ.: ;. ル':\
            `  〈:l |: : / ヽj ̄ 才 ∨/ : : /
               ,..‐l |‐〈 ∧〉/λ  //ー< ,r ;
            /   lノ  ∨{.:.:.:.:}'ヘ レ   />'ヽ
         ,z:_ 、{  '、 , 、   〉:-〈  r_7´_,`ヾ  ハ
     .   |/三≧;{ / ^^'ヽ=≠7三三\|-  Y:  |




                        , -‐.. __
                     _ メ、_:_:_: : :  ̄\_
                       /: : : : : : : : :\: : : _:_:j_:_:)_
                 /: : : : :_:_: : : : : :} ̄: : : : : : : :\             「なに、なに。主の言いつけですよ」
                    /_:_:_∠_ : : : :` ー‐': : : : : : : : : : : : :\
              _/: : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\         ゴズはひらひらと手を振った。黒井さんは
                  {: : : : : : : : : :_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ        奇特な方だと目を輝かせていた。
              }: : : : /: ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.               /}: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i       主の厚意だから礼を言うなら主に、と
             /: ヽ:/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_: : : : : : : : : :.:.:|       いう意味にとったのだろう。
      / ̄ヽ, ─=ニ_:r'' : : : : : : : : : : : : : : : :r‐斥'´:.:}::.}: : : : : : : ::.:.:.:.:i
     /    //      ̄ ‐- _: : : : : : : : : : : : //:.{:.:ノ:.∧∨: : : ::.:.:.:.:.:,'
.    /    {           >,_: : : : : : : } }:.:.:¨.:.:.:: :.∨∧:.:.:.:.:.::./        本当は、主に命ぜられて貴方を嵌めている
   /                    \: : : ノノ:.:.::.:.::.::.:.: : :V∧__.:.:.:.{         のですよ、という意味なのだが。
.  /                       \{}{}{}:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.V  \/
─┤     ノ                    \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:V ./
  ヽ  ____ヽ ノ                     .\:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:レ′
  ‐-\ ___                     \:.:.:.:.:.::.:.:.:/
 二ニ=‐-─      _二 ̄ ̄ヽ__         ヽ. :.:.:.:.:.|
        -‐=ニ ̄           ̄\       }/¨`ー┘

312 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:38:42 ID:mQzlQzfc


           _ _
            , ':.:.:.:.:.::.:ヽ
         {:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.i
         |:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.|
        >’ ̄ ̄ ̄ ̄>,_          ∩∩r、_                「こちらはメズ。この館に来たばかりで今
       /  _______|         r、 .};;!};;!};;|;}                見習いをさせています」
    _ -‐ ¨ ̄ ̄  : : : : : : : : : :`ー─、     }.:Y:.:,.;.;,..;./
.  /__ ̄ヽ                  i    {:.:.::,.;.;,.;./
  {/:.:.ヽ  ',                    ト、   ヽ:.:.,.;.;/
.  {:.:.:.:.::.:.:.',  ',               |:.:\  /:.:.:.;.{
.  |:.:.:.:.::.:.;.;.',  i     ノ : : : {      }.;.:.:.:\/:.:.:.;.;.|
.  }:.:.:.:.::.:.:.;.;.} |  , -'" : : : : : :\    /.;.;.:.:.:.:.:ヽ:.;.;.;.|
  |:.:.:.:.::.:.:.:..;.|ノ, -'": : : : : : : : : : : :ヽ  /.;.;.;.;.;.;.:.:..:.:.',.;.;.|
  {:.:.:.:.::.:.:.:.;.;| : : : : : : : : : : : : : : : : : :/\.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.}.;./
.  ',:.:.:.:.::.:.:.:.;} : : : : : : : : : : : : : : : : : :|  \.;.;.;.;.;.;.;.;/
.  }:.:.;.:.;.;.;.;j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .|    `ー‐-=''
  ,':..;.:.:.;.;.;{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.{
. /:.;.;.;.;.;.;.;.}               }



                    _ _
                    /'´ ̄ ̄ `
                  //,  --- 、
           ,. -──〈/ ∠  、 __ \
            / 二ニミヽ/´ ̄ヽ 冫‐-\`ー一′
          , イ/´ ̄`// /⌒ソく - 、  \
.      / / / / / ノ / 「 fr‐、. \ \ヽ \
      f  / / /  l / /   ヽ \\ \ トミ\_\
      j _/ィ' / / !' / 釗! lヽ `_ー--、', `` <`ー
    // ! ′/ |l |   | ト、 ヽj\ 丁 ト、! __  -‐`>                 「よろしくお願いします」
  _//   | | |i 八ト、 l | l\_≧⊥_l YZ_,. ィ´
   /  _≠| | |l厶=㍉\ ! l彳f i l ヾ.| 仁二≧′                  すまし顔で言う。思うところはあっても
 ∠ _ー≦三、l |l〃{ リ冫 ヽヽ! ー゙彳/ / / _, イ                    『メズ』として振舞うしかない。
     フ/ 人ヽヽⅥ` ¨´        /イ / /ハ リ
     _/イ |ト、.\\      , .     /イli ,ハ{ У
        ヽi」レ^ヽ ト-ヽ  _ _ _,  ∧| { イ
         `⌒)},ハ\  ` 二 ´   イ! }ハヽ、
            イ'′ j}>fト     / !乂ト`ヽ
         ___/  ,ノ!|  `"´   l      \┐
           |  人 ´ (       'ヽ    __」ハ、
       r‐┤{::.::.::\   ヽ      ,′」  ,.ィ´  / 卞、
      /   | ハ::.::.::.::.\ l       ∠ -''::/   /    \
    ィ    { ∧::.::.::.::.::ヽ\_, -''´::.::.::. , ′ 〃      \
  く 〈  、   ヽ ヽ:__::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./   // , '´
   冫、   \  ヽ \)::.::.::.::.::.::.::.::/    /

313 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:39:11 ID:mQzlQzfc


                          /   ̄二ニ=─-.、_
                             _,/ :|             ̄ `ヽ、
               | ̄ ̄`ー-、_,.-‐'´/ ;:|               \
                |        ̄_ヾ 〃:|  i   |、 、.         ∧
                 |        |ヘ::: ./|  :|:  | ∨ ヽ.        ∧
                  | ,'       |'゛゛`| | : ::|:  | ∨__ :l           ハ
                   | /       |l  |/´ | | : ::|:  |  ∨ `lヽ、 \: : : : i:  |
              |/       |:| |   | .| :.::|:  |  ∨ |、     \:: :|:  |     「はい、よろしう。黒井です。仲よう
                  / ,':       | | :|   | ∨:|:  |   | |∨     ∧::|  |     したってください」
               :/ ,':       |_ヽ|_、 |  ∨|  |  ,__|:/__∨    ∧:,': |
              / /    i  ||マ弐心、|  |:,'  |,ィチ弐マア∨   | ∧:/     気さくに黒井さんは笑った。成人の
                / /|     | ||i |_)c::::l`   |  /  |_)c:::::| |::∨   |\.∧     はずだが、まるで童女のような
                | .| |    /:| |:l、V::::::::|    | /  |:::::::../,'| ::∨  |: /\|     屈託のなさだ。子どものまま大人に
                |/:::∨   |::| |:| ゛ -‐     |/   ‐- '" | /∨  |'__       なったとでも形容しようか。
                   ∨   |:::ヽ|::|     '       "" / / ,∨ |:::::\
                 ∨ |:∧:| :ll:.、    、_,ノ'    / /‐-':: :\|::::::::::|     あるいは未通女なのかもしれない。
                   \|: : : | l::::ヽ、          ,.ィ/ /:::::::::::::::::::::::j ̄
                        | |: : ::::::>::.....r -‐ '"´_,/ /-‐'´|"| ̄ ̄|.、
                        | |: : : ::::::::::::::::| :/ ̄ / /    〈:::|   ∧:\
                      ヽ| ̄ ̄/´ ̄,/   ,/ /-‐-=ニ >、.   ∧:::ヽ、
                         /ヽ.,.イ   /,' /     `ヽ. ∧   ∧::::::|
                        _,.-‐'´/:::::ヽ|__/  |/        〈、 ∧   ∧::::|





     _,. . -― -   、、 ,,.. -‐ '"´|,.ヘ
 ,. ‐'"           '´      ,l   ',
'´               _ .. l ‐ '゛!.;:.  i、
            _ / ‐ ´  .!   l:'::i::. l゙、
       _.. ‐ ´_./ , - ―― | ‐ -ハ;:::!:. l.゙、
/     ´ ̄  ,' i     .|.  / l:::l:: l. ゙.                        この先、彼女には恐ろしい運命が
             i .l       .:j _,ィ=、:::!: | '.                       待つはずだ。
       .,.: '" .:l :j     .::j|´/   |:::i: ! .i                       だが今の彼女には想像すらできない
    ..:;: '´  .:;:::::! .:i|    .:::イ /    !::::!: |  |                       のだろう。
  .::/   .:/:::::j :/:!    .:::;'j./   i:::::.}. |;. |
..::; '  .:; ' .:::::::/|./^|    ::/ l/ -― i::::::.!!.| i. j
/ .:  .;.'゛.:::::::::::!.|' |   ::/  z== l::::::.!j.j !.l
.:/ .;:' .:::::::::::::::::^:.、,_l   .:/!      ヾ;::l !l. リ
゙'、   .:::;:::::::::::、-`   l   .:;{ |       /::l |!
;;;j;;^i<;:::::、‐`     l   i l !  `ー ,.イ:::;!
;;;;l;;;ヘ. ,_コ       l .i l.!   /,' !:/
;;;;;!;;;;ヘ゛ ``''- ,_   i'! i``T¬i" |:/ !'
;;;;;;;;;;;;;ヘ      `'ー.、.トリ、 j! .l! j'
;;;;;;;;;;;;;;;;ト 、_      `'i `> ,}
;;;;;;;;;;;;;;;;j  `丶、     |〈 {

314 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:39:24 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―



【 食堂 】


(W从~j;::: :;'')),                 ||( ゚ω゚)ノ||:                ..::::::
 vW;;;;;wリ:::::リノ               ||(..'V-)::||:              ..:::::::::::
 vWリl从::::::リ                ========i:            ..::::::::::::::::::
 WvリW从:リ                                 ..:::::::::::::::::::::::::
 ===!|l lリノ=========================================================
 圓圓|l;:|圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓
 =|\i||ii|/|=======================================================
  \:三:/::::                                ::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::''''                                     ::::::::::
                                              ::::::
                .____________
               /―∞    Ψ ⊂oO⊃  \
               / ―∞ ̄ ̄ ||  ◇⌒:θ:目 \
              ./ / ○ ∞.⊂⊃ \△三@\.  .\..
                 /日 _..○○_   '''***  ̄ ̄ . 日\::...
             / '''/\_/_<****>  ⊂oO⊃\:::::.....
            ./  _ __ '''''_ _:__:__ _ _ __ _ \::::::::.....
            | ̄.:  ::.  ̄:  .:  . :. . :. . :.  :.  :  :. . :. ̄|::::::::::::::.....
           /  ;::i i::.  .::;i .::i   i;::. .i;:.  i;::. i;:.  i::. .i::. i;::. .|:::::::::::::::::::::::::::

315 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:39:36 ID:mQzlQzfc


                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ     食堂のテーブルに、シュテンの
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__     作った豪勢な食事と美酒が並ぶ。
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,     黒井さんのために作られたフルコースだ。
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i     本当は薬の混ざった餌だが。
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソVi
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,
 :    .  '''';::::::::: ::." ::."  .   _,-'''´,;::::   〔 ;';; .;}}:〕:::..  ;;;;;`'''-、;;;;;;;;;;;;
サ三三ミぇュ、-、、      :    { .::. '';,,.    {,;_ :.::;}}:;} .:::.  ;;;   };;;;;;;;;
<二二ニ==-'' `i; .:  ... : .:.   ゙‐、,, ::... '' ...........~.........~....::.::: ;;;;'' .,,‐'゙;;;;;;;;;;
,,,,___,,,--''''~~::   :    ::.  .::.  `ー、,_         '''''' _,,-'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                       .:::.''':;; ̄ ̄~~~~~~~~~ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ...  :::..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        '''""'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::..::

316 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:39:51 ID:mQzlQzfc


              / `ヽ __/  `ヽ
              /    ∨/ _    ヾ丶、
         ,  ´     / ハ '/ハ     ’  ` 、
        /,      / /``¨´ 'T , l       、 _ヽ                  黒井さんは最初は戸惑っていたが、
.        / ./    x ヒ/'¬    |  , ,L._    ∧ `                 結局出された食事を全て平らげた。
       { / .l     .::l./   u.   |  l .ハ `     ',‘,                  空腹には勝てなかったのだろう。
.         / .:::!   _:/j_      |  l/ Ⅵ    l '.
        / イ:::l   「 ィ ホト`     j  _,.,=V!   l  |、 ,                 道に迷っていた間、ほとんどまともな
.       レ、 |::;  ハ ら::') :}     ん;心 '!   |  l. ヾ',                 食事はとれなかったろうから、
.         f' |  ,i   乂__ソ     { じ ;リ .ハ  l  |                   仕方のないことだ。
.         λ ! ,!|  ` ¨ ´      ゞ- ' '::::;l /  l
.     r:'´ : : | ハ !、      __      {::/ !/l   ;
       |: : : : :j' : !| ;` ,.  ´  ’    , イl′j l /
      !: : : : : : ;.!|′ ヽ `7r‐┐ チ:}  !j    レ'
.      '; : γ´ ij     ', /   ! ヽ:/  '/
.         フ/  ',  l.    ∨.、  |  ‘, /
       //   , |  /{.:.:.:.:.:ヘ | / l
.      / '    ', レ'   V:.:.:.ノ ` /  !
     / ;′     ;/    〉.:〈 __{.   |




                 ∨: : : :./テヽ=- ´ ̄  、`ヽ、: : /: : : : /ヽ
                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ     もっとも、仕方ないとは言いつつ、
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ     あれで彼女は牝畜になる運命から
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j     逃げられなくなった。自分が与えられた
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7     知識によればそのはずだ。
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ   混ぜられた薬のせいだ。薬の効果は
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7   多数あるが、主や従者たちに逆らえなくなり、
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,  結果としてこの館に引きとめられるのを
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ  断れなくなってしまうのが致命的だ。
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、

317 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:40:04 ID:mQzlQzfc


            : : : : ̄ : : ミ
         / : : : : : : : : : : :.\
        ,' : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ                            この館が用意する罠は往々にして
        } : : : : : : : : : : : : {: : : : :',                            この調子だ。真実を知る機会はなく、
.        Y⌒ヽ__Y  ̄ ヽ : : ヽ : : :/                            知ったときには手遅れ。
       弋_ /: :弋   ノ≧=‐r‐ミ
        |: :_:` : : :  ̄: : : : : : : : : }                            ゴズが以前言ったように、嘆くか
        {乂ュ ): 从: : : : :ァ{}{}{}彡                            諦めるかを選ぶ自由だけはたいてい
        _八;';';';';';';';';'ミ: : /:{ヽ                               用意されているが、慰めにもならない。
     /: : }.  ̄7:¨:¨:¨≫-‐彡}>,
.   /: : : : :| <ヽ: : /___/ : : ヽ
  〈: : : : rー}  ./.  ̄/ rzzn .i: : : : : : }
  /: : :.{  { /  / .|__| {:. : : : : :{
  {: : : : / ノ /  /     /ノ: : : : : }
   ¨}_|¨ ./ ̄7C={    .ノ'´: : : : : :.}
.      /     `ー‐/: : : : : _: _ノ
     /   7    ゝ┬=ニ¨

318 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:40:43 ID:mQzlQzfc


┌─────────────────────────────┐
│.            | |            -‐…‐-                 │
│.         __| |     __ ,. '´    -‐      `丶、    ♥        │
│         >-| ト、 , -' / 〕/ / . -‐        丶、         │
│          フヽ| ト、/:ヽ   /゙ア〃/           ヽ     \        │    もっとも、牝畜になったなら、嘆いたり
│       ーク | レ':::::::|i  ∧{;イ /   ヽ、/ }    }     ヽ         │    諦めたりすることもできなくなる。
│        {イ|/.:::::::::::|L./  、l厶ィ≦_彡くノ   ノ         '.   ♥  │
│        ├=ニ二三ア   /   ´ヒ心=彡厶イ   ノ      ト、     │    どちらがマシかは悩むところだ。
│        /三二ニ=/   〈、   :::.´ ̄`´    ノ /       | \    │
│.       /ー=ニ二/  //`’  u//     /|i         l `ヽ    │
│      //.::::::::::::/゙ / /\ u//     ∠') 八        l      │
│.     //.::::::::::::/ /  / /゙>'//   /_「「 {  丶       l       │
│     //:::::::::::::::′,'    / / / `;  //:::::::_;ム.八   \   l        │
│.    /.;:::::::::::::::::: ,    /   / / / _/厶。"   `ヽ:..、   \  l      │
│   /::;::::::::::::::::::; /   / _ ..=≠≦;∧      u    ゙;:ヽ   ヽ l      │
│.  /:::;:::::::::::::::::厶=-‐::::::´:::::::::::::|三|/∧           }::::i    i\       │
│  /.:::;::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::[ ̄] /∧       ∧::l\  八 \   │
│ ;:::::/.::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;乂リ::::」_j-┬ u  /.:::i::|  \  \     │
│ `¨` ー‐------┬‐┬‐‐=ァ'" /∧ ̄「`¨¨\   /.::::::l::l、  丶.       │
│            八 人 /  /  ハ |`丶::::::.\/.:::::::::T! \\\      │
│       。    ヽ_/        八 、 \::::::::::::::::::::リ\ ヽヽヽ     │
│         r‐='´Y:::    '  rッ::. ヽ \  ∨/.:::::::::/  ヽ|       │
│         |  Y { /) i / )   _\ \ }'.:::::::::∧    } | i |      │
│         |  ,レル' / 八/ /   / ノ \ ∨/.:::::::.ヽ   | i | i     │
│        | / / { / / / / .ィ∧ V/,.::::::::::.∨ | i | i      │
│         |    ;≧=}  し'  / / ノ.::::i  |/.::::::::::::/`ヽL j__i| i    │
└─────────────────────────────┘

319 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:41:01 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


【 食堂の隣の控室 】


                                        |
                                        |
                                        |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           それから数日後の、早朝。
                                      \
                                        \        黙々と、自分はゴズと朝食を取っていた。
               | ̄ ̄|       | ̄ ̄|                     朝食と言っても、シュテンが黒井さんに
            /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|                出すような豪奢なものではない。
           ./                         // l|
          /                         // . l|
           /  甘                      //  l|
        |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
        |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
        ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||

320 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:41:17 ID:mQzlQzfc


              _.. ; -―――――――- :_
            ,'´ ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,, `、
            |、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!γ二`、               大きなカップ一杯の甘ったるい謎の液体、
            | ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;' k'"  ヾ.i              それから人参一本だ。
            l   ` ―-------― '::"  |    l |              こんな食事で体を壊さないのだから生き物と
            'l.                 l    //               言うのはおかしなものだと思う。言うまでもなく
             !.                ,'   //                味にはとうに飽きている。
             'l.              ..::人__ノ/     /´ ̄`ヽ
              '!.           ...::::,'^ー-‐"     |::::=ー: : |
               ヽ         ,,,,;;;;;;;"         |:::: : : : :|
                ゛'''−-------−''´          |:::: : : :|
                                     l::::= : : |
                                     l::::=: : :|
                                         |:::: : : :|
                                        |:::: : :|
                        .                l:::: : : |
                                          l::::=: :|
                                          l:::: : :l
                                      l:::: : i
                                      l:::: :l
                                      l:::: i
                                       ー′




     : : : :  ̄: : : ミ
  /: : : : : : : : : : : : : :ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ',                                 ちなみに人参は水で洗っただけで皮も
./:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : :',                                 むかれていない。シュテンが意地悪して
i:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : ',        _ , -v(ヽ, -‐、                いるわけではない。そうするよう主が
|:.:.:.:.:.::.:.}:.:.:.::_  -‐ミ斗=ィ  ̄ ヽ        l`ゝ、 ‐、   、- 'イ              決めたからだ。無論ゴズも同じ食事だ。
.',:.:.:.:.:.::.:.::.:ん′   }'⌒ヘ ___ノ       ノ'´  __   ‐- 、V`ゝ             主は自分たちをウサギだと
. 〉⌒ヽ==込 _ _ノr: : : j: : : :}       〈 /       l  )             誤解しているかもしれない。
(:.:.:.ヽ::.:.:.:.:ヽ:.:.: : : :., ─-‐、: : {       ノ ( r '(  ((_   (
 `{}{}{}-、.:.:.:.}.:.:.从〈 ー─‐‐}从       ゝ, ィ―'(r' ー-( rゝ
     _ ゝ:._:.:.:|;';';.ヽ二ニ彡;'ノ        ヽ(ヽ、 'ー-' , -'-(
   ,< {  ヽ :≧、;';';_;'_;'/           <:`iー'´ノ::>
  / : :ヽ\_ 人 ̄{_八: :',            /:::::::::::::::::\
. / : : : :}rzzn| |  | |rzn: :',          /:, -、:::::::::::,-、:::ヽ
./ : : : : /|___| |  | ||_|: : }          <:::::ー'::::::::::::`ー':::::::}

321 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:41:39 ID:mQzlQzfc


                               / : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:: : }
                        _   ; :.i: : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:..: : : i
                       / : ヽ{: ノ: : : : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.i: : .;    「よおメズ。お前さんの予想は当たりだったな」
           __         ,<{ : : : |、 : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.i: : :
          { : :}      ,<   _ゝ : :.ト、\ : : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:{.:./ :   と、さっさと栄養補給を済ませたゴズが言った。
          _j: : |    ,<   / , ' \ |: V 7 __: : : :: : : : : :_:.:.:.:.:.:://: : :./
___r─‐- 、  ./√ア,<     / , '    |: :V/////ハ──≦////ハ77/: : :./
: :./: : : : : : : { / /<          ./ ,'  :.:.:.:.:.|: :.弋////ノノ⌒ヽ{///////: : / ̄
:./: : : : /> \  ./⌒i     / ,'   :.:.:.:.{.: : : : : ̄: : : : : : : :`‐--‐′: : :/
ノ`ー‐ィ///////\/: : : {   >/ ,'    :.:.:.ノ: : : : : : : : 〈: :. : .〉: : : : : : : : :/: : :
//////////////j_ : : :| >’ ,' ,'    :.:.:/.:ヽ.: 从:ハ.:__: ヽ ノ__: 从 : : :/}: :/ :
/////////,<: : : : : :.}   ,' ,'    :.:.:/.:.:.:.::乂;';{ Иz ー ‐ / /;';乂:/:::{:/ : :
////,<: : : : :ヽ : : : :/.    i i     :.:{.:.:..:..:::.乂;'\`二二二 ノ';';';';乂:::::}: : :
<: : : : : : : : : : : : : : /    | i     :.:|.:.:.:.::::::::乂;';';';;';';';';';';';;';';';';';';乂:::::::|: : :/
: : : : : : : : : : : : : : /.     | i     :.:|.:.:.:.:::::::::乂;';';';';';';';';';';';;';';';;'乂:::::::::|: :/ :




                -、_ 」ヽー(、_ ノl  _
                 } `ヽ     >'´ /
              _r'´} r'´     `ヽ  ハ
              ヽ           ヽY ニゝ                   「なんの話?」
               フ    r=、 }  」ヽ=、   -r
              (  ( ィ ' nヽ( }'´nヽ}   (
              r' _rぅ:l `ー' ` -ヾ' ハ   `l
               L「 r-'_>、'ーー , -'T;;「`リ ̄リ
                 >::::::ヽ`ブ:::::ヽ,ヽ
              __r'´l:::::::::::::::::´:::::::::::(‐、
             /、 | |:,_::::::::::::::::::::::/, >、
             ( ヽl| l{__):::::::::::( ノ/ニ二l

322 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:41:50 ID:mQzlQzfc


               :つ        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
              Y´ : ..       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               し彡  . . . : j ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                     `Y: : .   ′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                    ミ: : .    |.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.|.
                  ...: 彡:./¨Y|:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:| ̄ミヽ
                  丿:  {{ハヘ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:/⌒ヽ}
                 (.: : . . :∨ 小k.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´`Y/ ∧
               .): .  :ハ、_j\γ ⌒ ヽ云テ云7 ⌒ ヽー /}入_Уハ:     「あの女が初物だったって話さ」
                  : : ..  :.`Y{}{}r┐:.:{    },バ:.:バK戈癶 }//{}{}/
                `Y: : . .  .:`)从:.:.乂___人:.:.:.:.:.::乂___人:.:.:从/       にやり、とゴズが笑った。
               ヘ: : . ._丿  . : : 从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:|! 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从:.:〃
              人: : . .   . . : 八从:.:.:.:.:,r―、_^ー'^_,.:--ュ:.:.:.://ー、:
                :.:.{しヘ: . 八{:.:.}:.从、::乂ヽr-r-r-r-ア乂r--く.:.:.:.:.∨
                Ⅵ: :{: : : :_丿: : : Ⅵ从:.:.:ヽ二二二>\ヽ: :__,ノ.:.:.
                 : :.}: :\丿: . .  `)Ⅵ从乂;;;;;;从;;;(__:.:.:.:.\\{`ー:
               : :|\ヽ⌒`Y: .  . :}:Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::`Y:.:.:.}\\、:
                   : }: : :``ミ=ァ: . . : : : Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::}.:.:.:.:Y:.:`ーヽ
                :i|: :.: //小、二ニー乂::::::::::::::::::::: 乂/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.
               ./! : //:.:し{: : : : : : : : : : 乂::::::::::::ノ: : {:.:.:.:.: {.:.:.:.:.:.:.:
                  彡′ {{:.:.人 \.: : : : : : : : : : : : : : : : :.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.




   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!      ああそれ、とそっけなく返した。
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ       喜ぶほどのことじゃないからだ。
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //

323 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:42:14 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


                                                 昨日、黒井さんはゴズに抱かれた。体に
                                                 蓄積した薬で欲情し、また半ば正体を
                                                 失していた黒井さんは、ゴズに押し
                                                 倒されても抵抗しきれなかった。

                                                  ____
                                            ,..=ニ¨ ̄`;´ィニミ丶、
                                          ,.イィ´ ,ィ  r:、 ;ヘ   ヽ ヽ
                                         /ィ ,ィ / ハ {-┴ハ i   ‘, ‘,
                          ,.rf'Y`V`:¨777777x、  'イ/ 〃 / _厶{ |  / j} .ハ  ‘, }
                      ,..ァ7,'ハ t.ハ.人ノ///////,:ヘ  { //  / /__ ヾ{ ′」_ハ   }!  ト、
                     ,..ァ7"///////7////////,ノ/////   !ハ / ;リ磷ミ リ    リ `ト、  !i  | `ヽ
                  ,..ァ7/////////////////,厶イ//////    キイ {ハ ヒリ   ィチミxj ` リ l ,: ___ \
            ,ィf7////////////厶斗‐''ニ〃:´///////,:′    Ⅵ._N .::: ,    ヒzリ〉 /,1 l!ノ、  ̄   1
         ,.ィf///////ム-‐ '' ¨´    /'//////////,:′       __}! `ヽ. r;,i\ .::`7 ,才})|_」":.ヽ    i}
         ///////////        /'///////////∧  ,ィ77≠≦_;|_,.ノ` -/ ィ`ーくム=彡"´.:.:.:.:.:ヘ.   〃
      //////ァ-―一'          /////////////,:イ i}ィ‐1/;イ  _;::.____ ,ィ彡!´     }.:.:ヾ、.:.:.:.:.:.:./  /,′
     くZム≧孑≦ミ:x、         /∨/////////// ,' ,斗彡:ノ廴,イ=≠≠ァ"  }ヽ   ,イ.:.:.:.:.:.:.:._;.ノ   / ;
        /////////,`:丶.、  , ′  ` v'//////,.:バ} / r'/ ゚ィ:/  `ー=彡   j| \ }!|.:.:.:.:.:.才   / /
.       ///////,i'////////ヾ、     `ー{]フ"_,.ィ"_,..。彡 {!:(ヽ    ,:::'  {!    /イT¨¨´ー    / /
.        ////////l}///////////`丶、    rソ彡 ,。''¨´    i}:::ヘ .: .:--‐/ ̄¨¨1    }; | |   ヽ   , ′′
      ,′'//////ヽ、/////////////ミ>、厶匕イ        ヾ:::::ヽ ,.-ァ   /     !{ l l    / /
.      ′'//////   \'////////////>く>x/     `ー:、  ヾ才  /     }    イ;ハヽヽ.≦_   /
     ,'////////     \'////////// /          〉‐ア´-       fヽ. __ {!八 ヾ:ー一=ミi´
.    ; ///////       _\'//////,′{       〃  ィ√´           / ` ̄ j}ノヾ:、 `)  リ
     ;///////      `7 \////{  j       /′ /i{          /     /"// / / /
    ,://////        'ィ≦xミーミ:、! .ノ        /;′イ ,ィゞ       /____   / 〃 / / ´
.   ,://///              `キ 了 丶、 __  /厶彡ァ"|{ ヽ. _,.斗≦イ  ̄  / / ,イ  /
...  i/////                  ‘,/   _才 ̄´ //  |{  ,.ィニ´   , イ_彡イ;ァ/  /

324 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:42:28 ID:mQzlQzfc


                        、  _
                   l、z−'´``' ´ ‐,-イ
                   ,l )>  冖、ヽr|ヽ
                   { 'r'´, r、  ヽ ヽ l
                   )) ノr‐(ヽ(,ゝl、  )                    研修生であるところの自分は、その
                  > ,ハヾ ' ハ ゙ノハ┐(                    様子を一部始終見ていた。不思議と
                  (rイ;ヘ、'‐'-' /ヽ{ヽノ                   気付かれてはいなかったらしい。
                   __,_z^ヾ,'''´ノ:ゝ                      主がなにかしていたのかもしれない。
                  _「l / |:::::::::`'´::::::`へ、
                 /r l {ヽヽ::::::::::::::::::/ノ レヽ

325 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:42:51 ID:mQzlQzfc


                                                 黒井さんは、始め、それでも止めるように
                                                 言っていた。だが、


━╋┃┃r" ̄ ̄`  、/    /  l                 l  ヘ    .ヘ,  ´     \人_人从/
┏┫  i   ━ ┏┓ \  ./   l                l   ヘ  ./         ) _∟〃(
┗┫  {  ━┓┗┛   \/    l               l   .ヘ/          <. / こ  >
     {  ┃┃┃  ━┓.\  .「       l    u.   'l   /            ) i_」_ (
     l 'rュァァ、,    ┛   \./                 '、/        .rャャィニ < (乂 ) >
     ',  .(////          \               /     u.   ヘヘヘヘ'  )  つ (
      ',  ``ヾ             \   .\_人从_/   /            `>)ノ'<  |. |  >
 人_人 . .ヘ   .\             \___>-─‐- <__>==---'゙ヘ       ./  .ノ  ) ・ ・ (
. )7  ト.て .ヽ    \ u.   >'"´ ̄`.`.=-、.  _  /       `、     /   , ' /⌒Y⌒`\
く .{__ノ (   ',    /\  .{::,:'゙    u.   \  /         .::',   /\  /
 | 七_  {    ', /    \ .i          ヘ :/       u.  .:::, ./(_  \/
 |.(乂 ) |    /       `!            Y.           ::i'゙  (   .\
 |  あ |  /       (( l,            !           .::,))      \
 )││ |.     .u.      '.,          人         . :/          \
ノ ・ .・ (             ./ >、        ./:::::ヘ        .::,.'\ u ━╋┃┃
 ̄`v-√           /   .::ヽ                 r'::  .\  ┏┫
    .l        ./     ::ノ       __,r 、__       '、::.   \┗┫  .━ ┏┓
     ヽ、__, -‐ '"   .::,:>'"    - ´,r"    `.- :      `<:::   ``‐- 、 ━┓┗┛ ━┓
            ::::, -.'"        } : : }: : >--< :{: :         ` <      ┃┃┃    ┛
         ::::, -.'"       . :{ .> ´ k ̄`i `ヾ:        u    ` <
      ::::, -.'"            {/    上ニフ u  イ             ` <

326 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:43:12 ID:mQzlQzfc


                                                 ゴズのジョークのような大きなペニスで
                                                 何度も突かれているうちに、抵抗は
                                                 弱まっていった。


.    |     ト    ,    .::::::. / U    |       \  ノ ノ `⌒>‐          、/
      | '{  ハ    , -‐v┐  {         ,| [ ̄ ̄ 丁∠ く  /   :.         u.
     |/人    、   V  ノ  人       |/   厂匸.. /  }_ノ`ー-ヘ         '.
━╋┃┃   \{\ ≧=‐-  r<\\      |{    /  {__ ∨    /  ∧         :.、
┏┫  ━┓   \ ヽ     \ ` 'Y \   、         >‐…ァ=-‐=イ:∧         、)
┗┫    ┛           ヽ |   ヽ-=彡   -‐<   /    //: : ∧
                        `|    |::::::.`ヽ      / u  // | :/ ::.            '.
                      |   |:::::::::::::::マニ=‐一'     // : |/  ::::.、          i
                     l      、:::::::::::::}{          .::i: : :|       ‐-ミ u    }
               ー七゙―z      .〉:.     \}:::::八          |::|: : :|        -‐''‐…‐┴‐'
             /(乂 ) {       `^  . __ ノ<:::::::>、     ⌒冂: : :|    `ーく.:::::::::::: : : : : : : : :
              {  ツ |            {      \::::::\    |::|/: :| . -‐   \:::::: : : : : : : : :
           \ ! /            .〉:..   _ノ}/⌒^ ̄` <7: : :У     __ >‐-  _:
               .Y⌒            `´ ̄ `¨¨´\        {: :/            ノ   ̄ ̄
                                  ー-  _/    u.        /     \人_人从/
                                      /            /        )__レ┴、(
                                     /           ━╋┃┃      <.  | ー' >
                                  , '              ┏┫  ━┓     )ー七  (
                                       '               / ┗┫    ┛   <. (乂 ) >
                                 {             .  ´               )  つ (
                                         -‐<                <  ♥  >
                                  、         ` 、             /⌒Y⌒`\
                                   \            \

327 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:43:37 ID:mQzlQzfc


                                                  最後には自分からゴズの腰に
                                                  足を絡ませ、ゴズの精を受け入れていた。

.         ,‘/             Y: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: /: : : : : : : : : : : : : : :``ヽ/ ./ (__ノ_ヽ   ノ(_
      ・ /           / : : : : : : : : : :(ヽ: : : : : : :ヽ:l: : : : : : : : : : : : : : : : : /´ヽ_人_ノ     `ヽ.    そ
    ,‘/               /: : : : : : : : : : : : ヽヽ: : : : : : : (: : : : : : : : : : : : : : : :(__)‐i           ヽ、  て
.   ・ , '       _    __ノ: : : : : u: : : : : : : : :} }: : : : : : :l::::'.: : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,            `; (
 ,‘, '     ー匕゙―z. ̄ ̄: : : : : : : : o: : : : : : : : :ヽ): ο: : : l:::〈: : : : : : : : : : : : : : : o: : : ヽ、,,,           '.
.・ /  u   /(乂 ) { : : : : : : : : : : : : : : /7/7: : : : : : : : : : : ノ:::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ.          '. l_ o
. /    .、_{ |  |: : : : : : : /7 ,-, //// : : : 0 : : : : : ノ;;_:l!l:::ヽ、: /) : : : : : : : : : : : : : : :.:‘,,'        ! l__ ノ7
../    }ー匕゙ ッ { .: : : : /ノ/ //////: : : : : : : : : /‐-ミヘlY:::// : : : : : : : : : : : : : : : /7/7       l    /
,'   / |(乂 ) ♥ {,..: : : : l/// ./,イ: : : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::ヽ /:uヽ: : : : : : : :/7: :,-, ////',       l  ‐/
l.  ./ : :.| |  Y⌒´.: : : : : :// .// l_l : :___ >'"(:::::::u::::::::://i::::::::::::}: : : : : /ノ/ //////: ヽ、     / / ッ
!  ./ : : :.}  ッ {.: : : : : ,:・:{ し'/ r,/7、    ``ヽ,ノ-‐‐-、(Y/;;;;;ノ:::;;;;;;:ノ>''"´l/// ./,イl.、・ ,: : : >‐、<        |\人_人_人
l /: : : : :.}  ♥ /.: : : ,’:>'"` ´  l.l.D )       `ヽ. 、_人(ノ:::/:::::/)= ヽ .     // .// l_l. `ヽ・ .: : : :`、      .< ‐匕_
../ : : : : : `⌒⌒7: : :・ /   u   _ラノ´          ヽノ(´{{;;::::():/)(_.i     { し'/ r,/7、   \‘, : :.:`、      .)(乂 )匕_
/: : : : : : : : : : : : ,’, '        /r‐ァ /            ',u ii ヾノノ' i( ̄ノヽ  っ ` ´ .l.l.D )  ⊂つ : :u: : `、    <    (乂 )
: : : : : : : : : : : : : : :/       ´ / /‐、        ._j(  i  U,ン }  )),.イ .(ノ       ラノ´       '. : : : : : :\     ) ‐匕_
: : : : : : : : : : : : : :.,'  ij.       //´))      )}_)  ヽ、 ij  '゙ /(,              ==,    '.: : : : : : :    < (乂 )/
,. -‐‐‐‐-、: : : : : :l          ,イ´ /         i |    ヽ``/   Y i(´       ヽU    '"       i: : : : :レ′    .)   /⌒し
: : : : : : : : :ヽ、/ l        (ヽ'.ノ       l i      { )k. ) il        U            l/: : : : :    .<    つつ♥

328 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:43:59 ID:mQzlQzfc


                                                   刺激が強すぎたのか、そのまま
                                                   気を失ってしまったものだ。

                      ,. - 、                ,゚          ,.ィ⌒ヽ
                ビ    ( は )             ’ ,. -‐-、 , ゚    (  は )
                 ク     ( ぁノ        ’ /´J    ``i.、      ヽ ぁ ノ
                  ッ      ゙ー'′       ’/.i        )i \’,    ゙'ー′
                                   ・/  ij        i(.  \’.
                              /  /       ノi 。 u ヽ          ビ
               , f;:ヽ‐-、===、..._       ,'  /          'J      ヽ__r;.、        ク
               /゙::::::::::: : :、   ``ヽ    {  /       ,. -‐''¨¨´ ̄: : ::::::::::::(         ン
  ビ              , ': : :::::::::: :        ヽ、} /     ,. '´       )j   : ::::::::::: :ヽ’,    ッ
   ク            ;/         ノ。           ``ー   ‐'´                    ヽ ;
   ッ.          ;/          u            ゚            u      Y.       ,・ ,.
             ・,'                                          '.’     ,.ィ´
,            :,'  u          ,. ィ''"´ ̄ ̄``ヽ-'´ ̄ ̄``ヽ、                   }   ,.>''"
 ヽ、’,       :{      ,・,.’<´     〃   }:::{        ``  、._・ , . _,. -‐''"´
   `ヽ、 _’ ・   人   _,.・ <´         /(.     ノ::::!              ̄ ̄ ̄
         ̄ ̄ ̄ ̄         u   じ.   /::::::'.     u    u
              ::        o       /;;;=、::'.
                                  /::ノー';::'.
   ゚      u                      /::ノ:::・::::':::'.
                     o       /:::::::::::::::::::';::'.
                     u       ,'::::::::::;;;;;;;;:::::';::'.              /
                          ノ::/´   ヽ::::}              /
             ヽ                {/      ヽ:!        o   .:
              U          /        //              /
                     u     (        {:/(ノ(         /        ι
                     、       l           Y ヽY    i(    .::
                       ヽ       い  .      ∨:ヘ(   J   /                 u
              i .    ヽ    /  ヽr‐'´       .∨: '.(        /              o
              し J   ヽ   /    (        } 、_ノノ     /       /            i./
                     、/ ι  し        ノ `}(     /      〃             ノ(
                ii     }iヽ    )  ``ヽr'´   ))  /       (             し
                     ||     ノi ヽ   ノ       i ii   ij /   。    〃 U
                ヾ、   〃    /      l ヾ、  '/  o      〃
             ι  iヽ_〃     {        l  l ヽ、__ノ'       〃   ij     o

329 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:44:23 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―



      /     |                          }
.      /    /⌒V∧       -‐、    /        ∧V⌒V
   -‐/    //⌒jV∧         i    /         ∧V /⌒V
/  .,′   .{ { ソ V∧____  ヽ  ノ   ____∧V 〈 ソ  }        「この館での人生はクソッタレだ。
   /    ∧    ∧  ./  ̄ ̄ 斥───ヤ'´  ̄ ̄\  V  ノ  /|        不自由極まりない。だが、ああいう
.  /      ,' ヘ  ハ .∧ i         Ⅳ⌒Ⅵ  二ヤテ } ./  ハ. / !        良い女とヤれることだけは悪くない」
  i      i   ヘ V   弋      ノ   人       .ノ/   し' /  .|
  i     釗   \__   ` ‐── "      ` ‐── "   r-‐ィ  |       とゴズは笑った。
  |      |   |  |              i |         ノ  !  .|   |
  i          |  |           人 i |  人           l   |
  |      !   |   、   ァ=‐-   `ー─'    -‐=ヵ   ,'   |   !
  {     釗   i   \  { {示二二二二二二二才.|   /   !   ,′
.  !      !   i     \{ { \\______,ノ/ }  ./   ,'   /
  ∧      `、   i        \\ヽ ______// ./   /   /
.  ∧     ヽ  ヘ       \\_,ノ⌒\__/ /    ′  /
   ∧      \  \       \        /    /    /

330 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:46:33 ID:mQzlQzfc


          ./--!,. ' ''     ~^- ''   .ノ
    .,..-- .._  /  .ヽ      .<~    /;
    .丶   ^-=ニ         ヽ\  / ./ヽ
     ヾ' ,..---~           ヽヽ  | /  .)
      .リ,.  _             \ ...  ._ .!_
      /  '~      (        ヽ   .|  \
      >/   .(    人_-  /       ~-   |
     /.(   .\    .)  |  |丶          .\                  「僕はちょっと残念だった気もする」
   .┌//   丿λ   ( 、= ヽ___           )
   ./(   ,ノノ- ヽ  ^1'  ~^=- -)         ,.....                 黒井さんならもっと別の初体験が
   .)    ξ.( . iiヾ._ ,|  0  '  < ,   ,     (                  あったのじゃないか。
    |  ,-i )#:ヽ, !   '-!  .,, ,ノ  ( (  ∧_      ~.)                そう思った。
    .| ( '' ?| '' '<         ヽヽ ( .\~^--'^~^) ./
    .\> (( .ヽ   -=-'     ./^ヽ).),.-='''''=,  (/                 
           \       /  ,.-=^~::::::::::::::)                    
            ( .ヽ ._,,. ->,  /:::::::::::::::::::::∠..__
                ./::::)/::::::::::::::::::::::::::::::::::::~^-
               /::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

331 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:46:52 ID:mQzlQzfc


            _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‐=二三
          / .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :‐=二三三三三
          ,ィ  , ':: : : : : : : : : : : : : : : : : :‐‐=二三三三三三
       /  , ': : !: : : : : : : : : : : : : : :‐‐=二三三三三三三
     /  , '/⌒ヽ: : : :i : : : : : : : : :‐‐=二三三三三三三三             「……逃がしてはやれないぞ?」
       , ' .//心:| | : : i!: : : : : : : : ‐==二三三三三三三三三
   /  ' : :|{: :{ : :| | : :i! : : : : : : : ‐==二三三三三三三三三
  '´ ,' : : : :|{: :{ : :.!∧ : : : : : : : :‐==三三三三三三三三三三
/ /  ,' : : : : : :',: }: :.V∧ : : : : : : : : : :‐==三三三三三三三三
. / =‐‐: : : : : :.',: {: { V∧ : : : : : : : : :‐==三三三三三三三三
.ノ  } ≧=: : : : 7 刈:! :∨ >rそ=ミト、‐==三三三≫=ミ三三
 二=‐=二: : : :77: }: :.∨       Y斗==≦又     刈三
   i : : : : : : : :i/::.え: !: :圦       ノ三三三杁         }三
   i  : : : : : : :} ::.:.:}: |i三=≧=‐-‐≦三三三三込     ノ三
   i : : : : : : : :ノ ::.:.:|: i三三===三==三三三=≧=≦三三
   i : : : : : : : :{ :.:.:.:. !: {三三三イ三r_  .i三三三}!三三三三三
: : : :i: : : : : : : : }::.:.:.:.:.|:炊三={{ 三三≧、{三三/三三三三三




                /(
              ,. '⌒´′ヽ、-─- 、
         .ト,‐- 、!   ,.         _ヽ─-ァ
           | !  > '´       ``ヾ   ,イ
          ,.| | ''´           \ ./ ト、
       //-'´   ,r         ヾノ !                       「わかってるよ」
       ノ ! l     r'l    /!  、、   ヽ. `ヽ.
       ( f_l´     「,..L_   / ,>、ノ、ヽ   l  /
     (´く   ハ´′o ヽ、ノ '′o '〈、   ',  {                     そう言いつつ、自分は黒井さんが
       }ー)  |::::l ゝ,__,.  ` ゝ.,_,. ' ハ   f、  l                     なにかのはずみで逃げ出してくれない
       ヽl⌒´!::::',    、__,_,.   /::::l-、 l ゝ }                     ものか、と思っていた。
        `  (;r´ `__、     ,. ' `jr' ノ'´  )ノ
            r:'::´::::::|>r ' ´ |''ー-´、   '´
           _,. -`::::::,、:/  !  /:::::::::::::>
      ,. :'::::::::::::::r ' /  /´!/::::::::::::::::´‐ 、
       /:::::::::::::::::::! '   '  ト、::::::::::::::::::::::::::\
     .,':::::::::::::::::::::l     ' }:::::::::::::::::::::::::::::::}
     l:::::::::::::::::::::::ヽ、    /::::::::(_)::::::::::::::l
      !::::::::::::::::::::::::::::丶、r‐ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::l

332 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:47:14 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..- −―:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./      \..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./        .::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....        |.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          それから数日後の、夜。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....\      ./..........
         ..............................    .. ー −::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............
..                                  ...................
                                     ,::;;;::;
,::;;--゙゙,,;;;;;::;;;:::,,,,,;;;;,,,;;,,,....;;;;... .. .. ....;;;;;;;;;;;..,,;;... . .. ... ..;;,,,,,;;;;;::;;;:::,,;;;;;';;llllliiiiii!
illlllllliiiiiillllllllllliiiiiiiiiiliiiiiiiiliiii!!!;;;,,,,,;;;!!!iillllllliiiiii!!;;;,,,,,;;;!!!iillllll!!!iiiiiiiiiiii!!!lll;;:;;;;;;i;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
''"''"''"''"~~~''"''"''"''"''"''"''"""''"''〜"''"''"''"''"'''〜'''''"''"''~~~"''"''"''"''
''〜"''''''''''"''"''""〜"""''"''"''"''"''"''"''~~~~"''"'""〜"""'"''"^^''"〜'''"/
''''"''"''"^^''"''"''"''"''"''"''''''''''''''''"''~~~"''"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"''@,
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''"''"'~"''"''"'
--...,,,,__,,....--''" ̄"''--..,,,,____,,,....--''" ̄"''--...,,,____ --...,,,,__,,....--''" ̄"

333 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:47:25 ID:mQzlQzfc


      ../|  |   jllji|            li!jli
     / ,,|  |   lilill!             jlilil|   ピチャ
     |(   |  |   li il|            |iiil!!
     |  / ::|   |jili|            |liil!l ピチャ
     |/   |   .jil li| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ lili!l|                    「んっ……。んん……」
        ;; .|  ,/jlil!il             li!lljl
         ┌‐┐il!jliilj________ljli!l'|                    甘い鼻声に交じり、ぴちゃ、ぴちゃ、と
       _  .ノ l l ゝi'ii!jli================liil!|,l,                    卑猥な水音が部屋に響いていた。
      /||   |___ii,ljlij : : : : : : : : .j!lilj,il
     / ..|| /┻ /|j!liljゞ : : : : : : : ノjljil!.iゝ
   /,  ノ´⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~)、
 /, (⌒             .:: ::::: ::: :::::: :  ~:,)
 |l (              ..: ::::::: ::: ::::::  ~:: ノ"
 ||,ゞ、            ..:::.::. : ::: ::::::  ,,~:: ~ノ"
 |l⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒~⌒^⌒^⌒~ )~ノ"
 ||l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_l_n_::; '"
 ||ー'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-'-||

334 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:47:37 ID:mQzlQzfc


                ,.. -‐ ' `ヽ
           ,. -‐ "´         `!,..-─-:、           J .:::          ゴズの一物を、黒井さんが口に含んで
   ,.. -‐ "´ ̄ ̄二``ヽ、         /:;;;:...  .:ヽ          ,.:::-─-、:.       奉仕しているのだ。
 :.\:..   ,..-‐'"´_   u  、  /、:;;;::..   .::;;;}        /    ::. \:.
 ..::;;;;:`ヽ、/ ̄`ヾ´  \  _  `/.:;;;:    ...:::;;;:テ'ヽ、 :  /      ::..  \   所謂フェラチオだ。娼館の女たちがやる
    ...::;;;:`ヽ、. );;,.   ヾ  `ヾ:;;;;;:..   ゙.;;ー:ァ'´   `J:‐'´         ::...._ ヽ  ようなことを、最近まで男を知らなかった
       ..::;;;゙ヾr‐-:、  |:、  l;、;.:;;::..  ..:;;;/_,...::--────--.、.._:、      `ヾ:.  彼女がやらされていた。
         .:;;ゝ  ` ー':.、`;ー;'ミ彡';;;::... ,.':-‐、:;;;::..        ..::;;;`:ヽ
         ..::;;;:`:.ー-:、.  `ヾ、:彡ミ:、;;;:'"   >;;;::..          .:;;;:ヽ
   .:;( ̄ ̄``ー-- 、.._  \.   \ミ:'  /´.:;;;::...           .:;;;;;;l
   .:;;:ゝ、.._       `ヽ、..:\   \ー─--:..、..::;;;;::..          .:;;;:l
     ..::;;;:``:.:‐-:.、._     ``"、    `ヽ、.__  ゙ヽ:;;;::..         .:;;;:l
           .::;;;:`:ー-、.:           `ヽ ヾ:;;;::...       .:;;;:l   J
           ..::;;: ,.. -‐'"              ヾ:_____  ...::;;;;:l.
        ..::;;;:,.. '"´    ´               \      ̄ ̄ ̄ ̄`¨`  ー

335 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:47:48 ID:mQzlQzfc


                      -┐ -‐‐-
               , '    |__」      ``丶、  んっ♥
                _/     | |ハ            \
               ´/       卜ムヘ、         \
          /  |      「    \         \              もっとも、彼女に嫌がっているような
         '   /|     |  u   ヽ=‐- \       \             そぶりはない。むしろ嬉々としてやって
.        /    '  |     ,. |´      |\_  \   トゝ.丶           いるようだった。
         ′      |   i/、 |__      |灯「》   ヽ  i } )^ヽ
       i       | /i   ,斗‐‐ミ    レ::j,_ \  '   i ハ  ノ          ゴズの仕込みが卓越しているのか、
       |      |  i 〃{_j:::::ハ     .::::、´:::::.∨ヽ !  lハ./           主の薬の効果か。おそらく両方だろう。
       ',       |  i⌒ ヽ:::ジ' .::::::  _  __}i\N / / }
        、      |  i    「ヽ.:::   ,√/  }`ー┴'―'―ヘ
        丶  { r lヘ      l       {:::{   ノ. :       し'
             \ \{ハ     l        、::、 .ィ: : : : .      . ::
              \ |`T\ \l、       `^7⌒ ー- -―=彡、
      / ̄ ̄`'<⌒ヽ |::::::`ト ゝ    ア¨¨¨¨´
       | : : : : : :`ヽ У::::::::.\   /:::.\      ピチャ
       |/: : : : : : : :/.::::::::::::::::::::.  ∧:::::} ヽ
     / : : : : : : :/.:::::::::::::::::::::::::.、  マヽ  }、
    /{ : : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::\_》イヽ \

336 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:48:11 ID:mQzlQzfc


           , ─</ `ヽー-
.          /  /ヽ ハ        ` 、
         /  / _∨ ム :.      l  ,
.        / l f´ /   l | |:.   l: |   :.
      |  | l { __   ! ヒ卞:.¨`l: |   }
      |  | lイ´    j/ヽj 丈l: |   ,                          「ようし。もういいぜ」
      l  ヽ 汽=ミ    '爪_::.jハ孑v
      | ∧ ヘ.乂リ      ゞ-ヘ レ ソ                           とゴズに言われ、黒井さんはやや
      | ! ∨∧// '   //  ハチ                            名残惜しそうにペニスから口を離した。
       ヾ   ∨个 ,  `   イ/                              何かを期待するようなまなざしで、
            >ヘ´ `T ´  /  `   、                         ゴズを見上げた。
            /    ‐ 、  r‐        ,
.           {   },          ノ    }
        ∧  /    /      Y  .′
          / ハ./     ′      }  ,
.         / / {      {      ノ ,
        / /   |   ゚   {   ゚ /  /
.       / /   .{`-─ ´ ヽ、__/   .′
      l  {   ハ ヽ     /   ' {
      |  l    l    }   `l    j
      |  l    |  /     .l     ; ヽ
      | i八   | ./       l     ′  \
.      从 {   l /′     `l    ′    \
.      \ヽ l {       l   ,:...        \ _
.          ヽ/ ‘,      l   :  `  、     \ヽ
.          /   :.       l   !     ` 、     \':.
.       r‐ '     j\    /   ヽ       \    ヽ
.       j/´/// /   ` ー {  、   、\         ヽ   ノ
.       (_(/  ー'        ヽ_}ヽ\ヽヽ}  ___ ノ  ̄
                      ヽ )┘

337 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:48:21 ID:mQzlQzfc


          /                  : : : : : : :
         /  ;                : : : : : : : :
       _j   i|    , '          : : : : : : : : :                 「おねだりの仕方がまだ分かって
.      ///ヽ  {   , '           : : : : : : : : : :                 ないようだな」
     ,'/////,ト、 〉.:./  _ _         : : :/:.: : : : : : :
.    i//////}__ ¨'' .>'´///ヽ\     : : :/:.:.: : : : : : :                 とゴズは大仰に肩をすくめた。その上で、
.    |/////  \////////', \   : : :.{:.:.:.: : : : : : :                 黒井さんに、大きく足を開いて
     ヽ/,'/   :.:.//////////i  .\ : : : :{:.:.:: : : : : : : :                自分で性器をぱっくりと開いて
     | /   :.:..i/////////,'    \_: : :_: : :_: :                 みせるように命じた。
.    /    :.:.:.:.:|////////,'    >V∧V∧V∧V∧
   〈    :.:.:.:.:.::.:.',//////ノ  > ’ : :  ̄: : : ̄: : : ̄: :
.    ヽ   __:.:.:ヽ:.:.≧=≦-‐ ¨   : : : : : : : : : : : : : : : :
    ノ  ̄  .:.:.'::          : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ヽ` ー- 、      _       : : : : : : : : : : : : : : : :
    )、__ \    {;';ヽ     : : : : : : /:.:: : : : : : : :
   / 〈   ヽ \   ヽ;';';',   : : : : : :/:.:.:: : : : : : : : :
   ヽ _ `‐-  _ヽ \   };';';i   : : : : :/:.:.:: : : : : : : : : : : :
   / ≧ 、     _/   |;';';|  : : : : /:.:.:: : : : : : : : : : : :
.  /,ノ;';';'{   ̄ ̄     |;';';|  : : : /:.:.:: : : : : : : : : : : : :
. /;';';';';';';'{            |;';';|  : : : : : : : : : : : : : : : : :




.        / ̄`ヾ´/  ヾ '  、
.        /   / x ' r 、   ヽ  、 ヽ
.       //:   / /` ^ 'ヘ‐V '. ‘, \ ':,
      //     ' ,      | V ト  l  ∨ ,                        「え……」
.     //  / ,斗ヒ^    l  ヒT vト、   V ,
    ' l   l  .:::l |  u.   |  | j ∨j:.`  l V                        黒井さんはさすがに戸惑っていたが、
.     l :|  :|  ,::ムj_     j  レ _,.ムA  | ヘ
.     |/|  :l  ム ら)圷      'ら):ハ ハ   !  '
    j l  :', :{ V タj     いzソ ;.:l  :|ヘ !
     l  λ lハ.////  '   //// l|  j ∨
.      '  |∧l:人   f冖ヽ     ノ; l| /
        Ⅵ  ヽ | :> 、ゝ- ' , イ.: ;. ル':\
       `  〈:l |: : / ヽj ̄ 才 ∨/ : : /

338 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:48:36 ID:mQzlQzfc


                      _,.、‐"   __,            /
                     f___/  ̄/            /
                         !  /   /       、  |
                           !/  〃   __、   !  !        やがて、おずおずと自分の秘所に
                        /  / /  /   !   |  ヽ       指をあてた。
                        ,' - r' ,.../  /    !   ト、 _ }
                       ,'  / /:/ ´ /     ',  ! !  !
                       |  レ':::::!  /       |  | ! |
                     ,'  !-、 !-、:/ .,'        !  _! ゝ' ───ラ
                     ,'  !_ノ::Y´/ )/  、     ヽ __j       /
                     !  r':::/::├‐'    !             /\
                     !  ト、:{:::r'      ,.'            /   \
                     ',  !::/::/    ,.'
                     ',  ):{::/   /                 l  l  |
                       !:!::!  /                     /
                       ',:レ
   ヽ                   、::|
    \                 ヾy!
      \                メ,:!
       ヽ、               !            |
         ヽ、            _,. -',            !
            ` ―――――''"´   ヽ           ヽ

339 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:49:30 ID:mQzlQzfc


                        , へ-‐…‐-   .
                    /′             丶、
                 /⌒\{                \
                   /    、_ト、          \ ',
                     /    |'^  \ \ 、        \!
                 i /    |     ヽ  ヽヽ \  ヽ }             自分の白い肉丘を押し広げ、奥にある
                  | ,′   |     `゙'. ̄ }∧  \ V             ピンク色肉壁を露わにした。
                   |      _|ノ      }ィ::灯不  |うヽ}
                    | |  ト斗::テ   Vヅ | '. | ノY              「こ、こうですか……?」
               | {  |   |∧Vツ 、  ::::: u| ∧〔,ノ
                |∧ | 、  込、:::  r:::つ  イ/ }':::`丶、            恥ずかしそうに顔を真っ赤にして、
                     、| \{ N≧=┬一  /{::::::::::::::::ノ             黒井さんがゴズをおそるおそる
       _               ヽ /\「 \ __   __ ` ー-<              見上げる。
    /   `丶          ,  ∠...        ____     ヽ
    '       |i 、          ;≠-‐‐-ミ>x<彡=-‐‐-ミ    }
   {         |{ \     , ' .:ッ::    `^^^´     .::ッ:. ヽ  ;\
  |     ヽ|:.   ヽ.     {                     .     \
.   |       |::}   u:.                       ∧   \
.  |        |::}     .    i:.. _   _ ノ    丶.  _ ノ ∧ i     `:ー-
    |        レ      '.  |   厂            /  / }|   } }
   |  u    }        '.  ! ,               /  /   斗-‐    ̄`丶、
.    |      ;         ∨ /          ___/__  '  ´          }
.   |       ,′        Y´    ゝ  ´     '"´        /       ′
    |      ′           }   /    _/           ,        /
   |     '               / '      {/             /       /
.     |    ;              八j     ノ             ;       /
.    |     {           / / ∧ j j′            {        /     ,勹  n _n_◎
     |     `ヽ         {  { / } }'´{               ;        /     く..く  l l└i七  =「lァ 
    |       ノ    u      Ч:::ル' ノ             ,        '         \) LK⊆T  (乂))
    l    /ヽ         ヽ Y /              u/       , '
    :    {  \           n             /'     , '
    '.    ヽ   ≧‐-    イ厶、              /    , '
     '    }           | } } }≧=‐-  =≦;=-‐ァ'    /
     〉   ノ          UUノ         {       /
                               ノ      /

340 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:49:45 ID:mQzlQzfc


               :つ        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
              Y´ : ..       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               し彡  . . . : j ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                     `Y: : .   ′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                    ミ: : .    |.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.|.        「おう、そうだそうだ。いいねえ。そそるぜ」
                  ...: 彡:./¨Y|:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i .:.:.:| ̄ミヽ
                  丿:  {{ハヘ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:/⌒ヽ}     にいっ、とゴズが笑う。その後、ちらりと
                 (.: : . . :∨ 小k.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´`Y/ ∧     自分のほうを見て、ぱちり、とウインクしてみせた。
               .): .  :ハ、_j\γ ⌒ ヽ云テ云7 ⌒ ヽー /}入_Уハ:
                  : : ..  :.`Y{}{}r┐:.:{    },バ:.:バK戈癶 }//{}{}/
                `Y: : . .  .:`)从:.:.乂___人:.:.:.:.:.::乂___人:.:.:从/       どうだ、順調に堕ちているだろう。こうやるんだぜ。
               ヘ: : . ._丿  . : : 从:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:|! 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从:.:〃
              人: : . .   . . : 八从:.:.:.:.:,r―、_^ー'^_,.:--ュ:.:.:.://ー、:       そう言っているらしかった。
                :.:.{しヘ: . 八{:.:.}:.从、::乂ヽr-r-r-r-ア乂r--く.:.:.:.:.∨
                Ⅵ: :{: : : :_丿: : : Ⅵ从:.:.:ヽ二二二>\ヽ: :__,ノ.:.:.
                 : :.}: :\丿: . .  `)Ⅵ从乂;;;;;;从;;;(__:.:.:.:.\\{`ー:
               : :|\ヽ⌒`Y: .  . :}:Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::`Y:.:.:.}\\、:
                   : }: : :``ミ=ァ: . . : : : Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::}.:.:.:.:Y:.:`ーヽ
                :i|: :.: //小、二ニー乂::::::::::::::::::::: 乂/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.
               ./! : //:.:し{: : : : : : : : : : 乂::::::::::::ノ: : {:.:.:.:.: {.:.:.:.:.:.:.:
                  彡′ {{:.:.人 \.: : : : : : : : : : : : : : : : :.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

341 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:50:06 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




【 シュテンの地下酒蔵 】

|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |        また数日後の朝。
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |        自分はシュテン自慢の地下の
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....      酒蔵を訪れていた。ゴズに酒を
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::     シュテンから多めに受け取って
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::     くるように言われたからだ。
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |

342 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:50:18 ID:mQzlQzfc


     l: : : l: : : : : : : : : : : : : : ://: : : /ヽ: : : : : : : : :lヾ、
     l: : : l: : : : : : : : : : // /: : : /  ',: : : : : : : :l   \
    i: : : :l: : : : : : ///=-、/: : :/ .___',: : : : : : : l                   「おや? 貴方がここにくるとは
    l: : __l: : : : : :lィ'ニt匆ニヽ/: : / / ⌒ヽ i: : : : : : :l                  めずらしいですね、メズ。
    イl: f/i|:: :: : : :l      /::/ .i r=刄ミ、}: : : : : : : l                  どうしました」
    / ゙i l }l: : : : : :l     /'"   l     l:l l:: : : : : l
     l { l: : : : : l  /'    _ |       l/l:: :: : : :/                  と、折よく酒蔵の入り口にいた
     丶ヾl: : : : : l      ー' ノ      / /: : : l: ;l                   シュテンが向こうから声をかけて
      |l:ゝ': : : :ll:l                /: : : :;/l/                   くれた。
      l! l: ::l: : ::ヘl `¨ー─‐ ──‐''  /: : : :l/ .ll
       l: : ll: : :l ヽ   ー---    ノ: : : :/ll l!
        l:l:l ト、::ト、          / l: : :/ .l! /
        リイ l l: l \       /j  lfl:/ l!
        __l,--ヘ;l--、\     / _/  l!l:l  l!
       /l___ト、l__ヽ、ー―'゙/ \ l!|!
    ./: :: ヽ: : : :レ'゙ ̄ヽニミ_/¨`ヽ_、ヽ
   /: : : : : :l ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : : : : < ̄ ∨/∧
-‐'": : : : : : : ::l   lヽトll: : : : : : : : l/l l ∨//\

343 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:50:30 ID:mQzlQzfc


                 ,====、
                  |;:.:.:.:.:.:.:.:;|
               |;`` ´´.;|
               |; :::::::::: ;|
               |; :::::::::: ;|
               |;二 二.;|
               |;     .;|
               |;     .;|
               ノ;    ;ヽ
              /;         ;\
            ,';           ;',                          朝から一人飲みの最中
            |;               ;|                         だったのか、酒瓶とグラスが
            |;               ;|                         近くの積まれた酒箱の上に
            |',───────, '|                         置かれてあった。
            |i ̄ ̄ ̄.ww ̄ ̄ ̄i|
            |i     └-┘     .i|   , ======、
            |iChateau d'Yquem i|   |i:.¨ ̄    ̄¨.: i              シュテンはいくら飲んでも酔わない
            |i   Lur Saluces  i|   |i:         :i|             体質なのだそうで、朝から飲んでいても
            |i    -.337.-   i|   |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|             主がそれを咎めることはない。
            |i _______i|   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
            |.`───────'.|     \:;;;;;;;;;;;;/
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|      `ヽ;:i'´
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|        |;:|
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|        |;:|
 ───── ─. |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|─────.|;:|─────
            |;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;|      __ノ 人__
            |;:.:.:.:.:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:.:.:;|      ` ── ´::::::
            |;:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |;:.:.,'.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:. '、:.',:;;|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           `'、::_';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               ` ̄``´´ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

344 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:50:44 ID:mQzlQzfc


        -、_ 」ヽー(、_ ノl  _
         } `ヽ     >'´ /
      _r'´} r'´     `ヽ  ハ
      ヽ           ヽY ニゝ
       フ    r=、 }  」ヽ=、   -r                           「今日から多めに酒がいるそうなんだ」
      (  ( ィ ' nヽ( }'´nヽ}   (
      r' _rぅ:l `ー' ` -ヾ' ハ   `l
       L「 r-'_>、'ーー , -'T;;「`リ ̄リ
         >::::::ヽ`ブ:::::ヽ,ヽ
      __r'´l:::::::::::::::::´:::::::::::(‐、
     /、 | |:,_::::::::::::::::::::::/, >、
     ( ヽl| l{__):::::::::::( ノ/ニ二l
      T==ミヽ;::::::::::::::/∠ニ二--/    _ , 、-┐
     /:::::::::::::::::'::::::::::::::ヽゝ:::::::::::/   / ,、-┘ノノ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /,、-'´
    ヽ;:::::::::::::::,、--、_::::::::::::::::::::/ / /
     ヽ-イ;;ト、、ノ コ--、_;、-' / /




         _ /   、\     丶
    ー -‐=ニ/  |` 、 `、ヽ .\  `   丶
        , '.  !\\ \\い  ',  |.ヽ
       ///.  |  !\\ \` i .| i  |ミ、\                       「ああ……なるほど。そういえば、
     / ,' ' | ハ .! ィー─ヤ ! |  |二=ヽ                     そろそろ追い込みをかけるころ
        ! | | |‐=ミ、V ィ=ニキ | .!  |三ニ>‐                     ですか」
        | ! | |r‐弌 `、ァ''弋r斗 ! |  .Ⅳ^}
        il.! | |代忘\`、''¨´ | | |  | /                       と、納得したようにシュテンは頷いた。
        |!| | |`¨¨´  ヽ、  |ハ !  | ¨
        i|.! .j i  /    \ ! .| .|  |                         酒と色、そして薬。牝畜にする直前の
        l|.! ! !ヘ `ヽ  _,,.. ''゙  |. |  |                         数日は、女にそればかりの日々を
         ! | | | ヘ `ー'゙´     | ! !                         送らせるのが通例だ。
         |.! ! | ハ   ‐''゙    | .| !
          |ハ .!i .∧      /||! _
          |.!! |.i .| i丶_ ィ __| .!'´ _
           |.! | ! |/   ∠ ヘ/ .|/'´
           | .!.!/     / ̄ヽ , -=彡
           | ./    /   γ´
           ,y  //\_ /    ー
          // ./ / //   ./ //
.         /// /  //  _/ //
         // >/  〃′`二   //

345 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:50:55 ID:mQzlQzfc


                       ,  ----=≦
                    ,.          >x.__
                 -=≦              ̄
                  /       , ィr、      :.               「なら、そこのサービスワゴンを
                 /'     /  || '.      :.              使いなさい。二本の手だけで
                 /rク  _∠\  |  ∨     i              運んでいたら何往復もする
                 {   イt'::癶   lr'ニ '.      |              ことになる」
                 ,イ   |      |イrッメ.V   {ハ l
                 ||   |l     ! `¨ }   ハ  ,              そう言って、奥にある車輪のついた
                 |!i  {      ′     /}.   | ll  :,             金属製の台を貸してくれた。
                 |!l! ∧  ー= _,    ,〃/ハ  | ||  ゝ
                 |. }  rヘ.  ー   . イ // j. } j :!!               「そういえば、こうして二人で話したことは
                 ∨\{/` -r<//j/   Ⅳj j.'               ありませんでしたね。
                ,〃 ヘ≧x)≦z‐'__∧    j.}//                どうですメズ。少しは慣れましたか」
            _    /   ,' ! l {/\¬==! }t、
      _          r《  ,' j ! |)//l l | | 八.\                   機嫌がいいのか、そんなことを
     /         | ゞ ! j l | l|/{ l l | | _>,.\                 言った。
      /           :|    | | l j l|/ハ! !:| |   o }    .
.    /             |   | l.l | l.|//| j | |    j     \__
   /           |!   j| | | l |//ji !:| |   ,      / /
.  /      \\     |i   l! !| ! ||'//| j | '    ′      / /
. /       \\\   !!   l| j ! ||(//l l Ⅳ   ,         /
 \_,     \\  !    l_, | l'///| ! ,′ ./       /
     /             ! |l|///|! ,′ /       /
    /    八          Ⅵ|'/// /   /       /

346 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:51:12 ID:mQzlQzfc


                 ∨: : : :./テヽ=- ´ ̄  、`ヽ、: : /: : : : /ヽ
                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ     「慣れてるだろうね。でも慣れたくは
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j     ないかな」
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、     率直に思うところを言った。この館は、
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ   あまりなじまない。
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、
              r三三心   ,==,  ',三三三三三三三三三三三三三i
             /三三三ニニ三三ヘ_ノ三三三三三三三三三三三三三ヘ
               /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ハ
           ,.イ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三リ





         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
        '  : : : : : : : : : : : : :.}: : :|\: : : : : : : : : .:.\_
       i: : : : : : : : : : : : :: : :./|: : :|  \: : : : : : : |` ー=‐-               シュテンは咎めなかった。その代わり、
       |: : : : : : : : : :. : : : , ' !.: ::|    ',:. :.: :.: : .|                    同情するように笑った。
       |: : : : : : : : : : :../_,イ : :} 、___V: : : : : |
       |: : : : : : : : : / ̄  |: :/     V: : : : |                    「それはそれは。ご苦労なことですね」
       |i: : :ハ : : : :.{.斥云テ''}:/,' 斥云テ''}.: :ハ::!
.       八: :{ V : : :!      / |      |:..:.{ .};
         ヽ _} : : :|    ./ .!      !: :.| .|!
          i:. :.: : .|             !.: .:!
          |ノヽ :. |      ` ´      /: ハ.|
            }::从  ` ー ─ ‐''  , ':. :{. !
.            八!| \   ‐-‐  , {八:|
.               |__\    /_!
.            /|\ \` =¨/  ト、
.           /三|三| /`Y´\ イ三i|≧ヵ,___
        _,≪三=.|三三弌≠=彡''¨ ̄¨|三三三三
_____,≪三三/三三| i i iⅤ/// ! ! ! |三三三三
三三三三三三/三三=| i i i |///{ i i i |三三三三

347 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:51:33 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




【 廊下 】


                |∬|:.                   |∫|:.
                |∬|:.                   |∫|:.
                |∬|:.                   |∫|:.
        __         |∬|:.       __         |∫|:.       _        ワインをたっぷり積んで重くなったサービス
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |:       ワゴンを一人で押して、廊下を歩く。
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|        黒井さんを牝畜にするための酒だ。
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |:
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄
                |∬|:.                   |∫|:.
                |∬|:.                   |∫|:.
 ====================|∬|====================|∫|==========
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜
 ====================|∬|====================|∫|==========

348 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:51:44 ID:mQzlQzfc

                                                 この頃は、黒井さんも、ありもしない
                                                 霧にかこつけてすっかり自分の境遇を
                                                 受け入れているようになった。




                 _
                 /    `丶ー‐- .、        . ''" ̄ ̄``丶、          この前、ことの最中にゴズに
              i      \: : : \   /      >   ‐-ミ          肛門に指を入れられたときは
              |      ;    `'マ: :\/ /    /    ___  >        抵抗していたが、それもいつまで
                   |    {        iヘ⌒V /xう'′ `'く  ∠∠ ヽ        持つやらだ。
                  |     |\     /:∧  ゙'{^7  /ノヘ V⌒マニT∧
              _」     F{::\__/:/ :∧   V /:: 〔::::}}/ヽ  Ⅵ|  i  \人_人从/
    -‐==≠    ´ '.     :::∨ : : /:∠、   }     /   u }リ  |    ) _∟〃(
  〃   /   /    ハ     「⌒'<二二    ノi⌒ヽ _r‐ )_ /    |  <. / こ  >
  {,. '"/   /_ -‐=7∧     Vニ=‐-ミ  \_「∧_ 、 _ノ  ,ル゙__彡 }  |    ) i_」_ (
 〃 , ゙    //     `¨ハ     >‐―−==¬::::L.≧=≦⌒>‐-ク i |  < (乂 ) >
  /    /'(____/三二:.、   _、 r‐v l | ̄{‐-〃⌒フ   /{  !ノ    )  つ (
 . j   _ノ::::::;;;r‐ 、-‐ァ‐v‐--‐''¨´   \ ヽ{ | |{ {\::::`'く_彡   }/    <  |. |  >
 斗-‐::; ‐v'" ノ  j /  j             \_)_j、_iヽJ  ヽ::::::\}   ノ       ) ・ ・ (
 ::::::;  {  {   |   l |   {    :. .:            }:::::::::::丶、       /⌒Y⌒`\
 /  、  \ |   l |   |    ::. .::    U         ̄ ̄ ̄ヽ:\
     \   ′ `¨  {   J  :::::::                  ';:::|
  ‐-  .. _}          、   .:::::_::::.                      '::|
 ‐-  _             \_, '⌒!::       u               :|\
     `V                /.::                   ;:::::::\
 .    ′               _/                        }:::::::::/
     {             /  / .... `ヽ                   ;:::::::/
     ∨             , ゙   ,  '"⌒丶、                 ;:::::/
      /          /    ;        ヽ              ;:::/
 .     ′         /     .::|          l            i:/
    /        /       .:::|        |               l′
  /        /       {|       |            l
              /       人|           |               l
          /u     /:::::|         |           l
            /      /.:::::, ┤ .....:::::::::::::...._|、           |
 .        ,′  .ィ:::::::::::/ ノ.::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ          {
 .       ,′  / ,:::::::::::::{/            \
          , -‐< {:::::::::/
        ;      `ヽ/

349 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:51:56 ID:mQzlQzfc


   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、       自分は見ているだけだから、直接手を出している
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!      わけではない。だがまぎれもなく自分も
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ       彼女を牝畜にするために働いている。
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ           そんなことを思いながら、廊下を歩いた。
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //




_____________
                 __\
                 /     \
                \____\                          自分の知識によれば、黒井さんが
                           \                        牝畜に変えられる儀式の日は
三三三三三三三三三三三三!二二二二ニi_                        もうすぐだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

350 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:52:14 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




【 食堂の隣の控室 】


                                        |
                                        |
                                        |             数日後。例によって、自分はゴズと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           朝食をとっていた。
                                      \
                                        \
               | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
            /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|
           ./                         // l|
          /                         // . l|
           /  甘                      //  l|
        |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
        |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
        ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||


     : : : :  ̄: : : ミ
  /: : : : : : : : : : : : : :ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
./:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : :',
i:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : ',        _ , -v(ヽ, -‐、
|:.:.:.:.:.::.:.}:.:.:.::_  -‐ミ斗=ィ  ̄ ヽ        l`ゝ、 ‐、   、- 'イ
.',:.:.:.:.:.::.:.::.:ん′   }'⌒ヘ ___ノ       ノ'´  __   ‐- 、V`ゝ
. 〉⌒ヽ==込 _ _ノr: : : j: : : :}       〈 /       l  )
(:.:.:.ヽ::.:.:.:.:ヽ:.:.: : : :., ─-‐、: : {       ノ ( r '(  ((_   (
 `{}{}{}-、.:.:.:.}.:.:.从〈 ー─‐‐}从       ゝ, ィ―'(r' ー-( rゝ
     _ ゝ:._:.:.:|;';';.ヽ二ニ彡;'ノ        ヽ(ヽ、 'ー-' , -'-(
   ,< {  ヽ :≧、;';';_;'_;'/           <:`iー'´ノ::>
  / : :ヽ\_ 人 ̄{_八: :',            /:::::::::::::::::\
. / : : : :}rzzn| |  | |rzn: :',          /:, -、:::::::::::,-、:::ヽ
./ : : : : /|___| |  | ||_|: : }          <:::::ー'::::::::::::`ー':::::::}

351 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:52:25 ID:mQzlQzfc



              _.. ; -―――――――- :_
            ,'´ ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,, `、
            |、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!γ二`、
            | ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;' k'"  ヾ.i
            l   ` ―-------― '::"  |    l |
            'l.                 l    //               いつもの殺風景な風景。おかしな
             !.                ,'   //                ドリンクと人参一本という食事。
             'l.              ..::人__ノ/     /´ ̄`ヽ        おそらくは自分が死ぬまで変わら
              '!.           ...::::,'^ー-‐"     |::::=ー: : |        ないのであろう光景だ。
               ヽ         ,,,,;;;;;;;"         |:::: : : : :|
                ゛'''−-------−''´          |:::: : : :|
                                     l::::= : : |
                                     l::::=: : :|
                                         |:::: : : :|
                                        |:::: : :|
                        .                l:::: : : |
                                          l::::=: :|
                                          l:::: : :l
                                      l:::: : i
                                      l:::: :l
                                      l:::: i
                                       ー′

352 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:52:38 ID:mQzlQzfc


.     /   / /ハVヘ : |       __   ノ|\!:∧ ヽ     \
   ,   、 \j :代:∧    .^′ ) イ、.:|:_ : : : ヽ : : . . .   ノ              黒井さんはまだ寝ている。荒淫と
.   {      `   < _Vlヘ`≧`T ´ゝ_〈∧!  ヽ :\\ r=-‐'                飲酒で疲れきっているから、
   > .         `  `ト:} ‐-  '  〉∧.'、  \ \\                 まず昼までは目が覚めまい。
v      > ..     ヽ. j/`/7 v77//////)   ヽ:.ヽ \
 :.         / `  , 、 ////////{//////ハ 、   ヽ:ヽ \              意味もなくそうさせているわけ
  ',          / : : : : / 〈/////////}∧////} 、ヽ,   ヽ\ ヽ             ではない。その間に、彼女の
  '、     ノ´// : : : / ; : :V//////j/j//>///! /    ノ : :ハ/            体の牝畜化が急速に進む
   ` ー 彡 〃 : : : /l: :l : :l∨/////l///// > '    ,∠ -一彡             という寸法だ。基本、荒れた生活を
          ';  : : / :l : '; : l ∨////j//> '   . イ´    .:               すればするほど心身ともに人間
.         li   : :'  l : : 从 ∨//:r ,´     , '´        .::               ではなくなっていく。
.        l!  : :.l  ∨_,.┴一 ´ Y ,    /       ...::::
         ヾ. _:_:|_ /         {///l }ノ     ...:::::::::::

353 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:52:52 ID:mQzlQzfc


                     ______
                   .. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.                , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               {:./⌒Y____,r――- 、:.:.:.:.:.:.:.:.i                  「今日が最終日だ」
             '.{ て):.:.:.:.:.:. ̄ヘ:::::γ⌒ヽ、__:.:.:.:}
             {ト、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ゝ__ ノ⌒ヽ-<j                   とゴズが言った。
          ____/:`{}{}_}:.:.:.:.:.:.::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   j
       /. . . . .`ヽ:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:'´.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:├r '   `ー=彡′
.      /...,. . /: :`ヽ\:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:`ヾYソ丿 . : .:〜彡
    ,く. ./. ./... . . . . ..ヾ\\:.:/:::{:.:、ー‐==-、::::, ´     て´
   . . . .\: { . . . . . . . ∠ハ:.:.:ミ::::::{:.:.:.``ー=才く   . :〜´
    . . . . . .`\. . . . . . . . . .`Y::彡:::::`ー彡{:.:ィ \> : : ..
    . . . . :ヾ. . ..\. . . . . . . :}.:}:.:.:乂从:::::::::_У    彡 : . .
    . . . . . :ハ. . . .`\. . . . :}:.}:.:.:.:./:"´ ̄`ヽ  ((   .:))
    . . . . :/. . . . . . . . :ヽ. . :.}.:}:.:.:.ハ. . . . . . . . }    `ー: . .
    . . . 〃. . . . . . . . . ..}\人:.:.:/:∧. . . . . . 人_
    . . . . . . . . . . . . . . 八. :`Y:.:.:.:.:.:.}ト、. . / . . `Y`ヽ
    . . . . . . . . . . . . . ..{. :.}. ..|`ー=升! ∨{. . . . . . }:.:.:.:',
    . . . . . . . . . . . . . . し′. .}圭圭7 . .V . . . . . リ:.:.:.:.:',

354 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:53:10 ID:mQzlQzfc


      / ./  ./ /  /  ,.   / ノ/ ///  ,イ i 7 〃  i,        「そっか」
      ヽ!    | / i .//  / / /ヽ≧7≠=t/ /   ./  7 i  .|   \
    r-‐' j  八  .j i |  // / ヾ〃´ ,ィ'Y ij i   / j 人 iヘ iヽ、          と、短く返す。思うところは山ほどある。
     j , --ナ.-- ナ / .',  /i i /     ./〃j  ヽ∨  i/フj7 jiニ、ヽ',ヽ、         だが今さらだ。起こることを止められは
    (_( /  ,-- イ _,i、 .iハ .i| i     ヒン    i  //// 〃`ハ i'、  `       しない。
      ヽ ,ェi /≧t/  ハ i!ヽ ハ  ´`'r=t<´ _,ノ, イ、.ヒン,イ |  j ヘヽ
    _,.ィ三ヨヽ|三ヲ    |7  i ノ        ̄´ 冫´¨` i ヽノ  .ノ/
   三三三三三ヨヘ   j/ .ノイ\            . イヽ ヽ--‐ '          「嘆くか、諦めるかの自由だけはある……か」
   三三三三三三ヨヽ      :::::>、    ´ ̄  イ   / /
                                                 ただ、それだけはつい口をついて出た。




              −── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',
              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:                         「まだ拘ってたのか」
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′
          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|
            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',
    _ / }  .ノ/:.:.:.:::.:.:.::.:.:.::|      / /  |: : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.::i

355 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:53:30 ID:mQzlQzfc


                 ∨: : : :./テヽ=- ´ ̄  、`ヽ、: : /: : : : /ヽ
                   〉、≠   7 i,       \ー 、: : : : :./ ハ
                 / /  ./ ,  | i',       -、 ヽヽ ヽ、 :/ j  .ヘ
                 7 i' / / /  i ∧ヽ、  \   i i, |ヽ ハ i   ハ
                7 ./ .i 7 ,j  i ∧,     ',',   .i ハ  iヽ |ヽ   j
                Y i ./i | 〃 i ヽハ   iハ   ヘ  iji i  i iヽソ   7     「歴代の『メズ』は何人も牝畜にしてきたろうけど、
                  ) i7!ヾ  iヽi /  ノjハ,',    i!   i | i,ヽ、ヽ_ i、     僕自身は彼女が初めてだ」
               _, イ j、ヽ、\ヽ、 i ,イ ,ィゝヽ、 /,'    i .iヽ`ヽ、ヽ、 jハ
                 ( 〃了  ノハ`沁ヽ、i  ′{ヘ::ソ〃7  ,ソ j  i  ',ハ  .7
              `` ソ i'´人ハヾテ `  ヾ=彳 i i, 〃 メ ,ハ  i `ヽ、 `ヽ,
                i,  ,.ィ´i从 〈        ,)  /  / 从iハ ./`ヽ、!  ̄ヾ
                j 〃   ) _ヘ_ 、_,、___ ,  `テ7 /  / 〃i  ヽ   リ   〃
                ヾ    i//   i-    ,. ィ´ヾi、7i  i三ヨ7、 <
                    ≠,. -──t- <::..... イ三ヨ≧、i三ヨi
                /ニ.イ ,. - ----}三三三三三三三三三i≧ェ、
                j三リ      --、/三三三三三三三三三三三i≧、
              r三三心   ,==,  ',三三三三三三三三三三三三三i
             /三三三ニニ三三ヘ_ノ三三三三三三三三三三三三三ヘ
               /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ハ




                        , -‐.. __
                     _ メ、_:_:_: : :  ̄\_
                       /: : : : : : : : :\: : : _:_:j_:_:)_
                 /: : : : :_:_: : : : : :} ̄: : : : : : : :\
                    /_:_:_∠_ : : : :` ー‐': : : : : : : : : : : : :\
              _/: : : : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\         「それもそうか」
                  {: : : : : : : : : :_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
              }: : : : /: ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',       ゴズがぽりぽりと頭をかいた。
.               /}: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
             /: ヽ:/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_: : : : : : : : : :.:.:|       「それを先に聞いてしまうと
      / ̄ヽ, ─=ニ_:r'' : : : : : : : : : : : : : : : :r‐斥'´:.:}::.}: : : : : : : ::.:.:.:.:i       言いづらいんだけどな、メズ」
     /    //      ̄ ‐- _: : : : : : : : : : : : //:.{:.:ノ:.∧∨: : : ::.:.:.:.:.:,'
.    /    {           >,_: : : : : : : } }:.:.:¨.:.:.:: :.∨∧:.:.:.:.:.::./
   /                    \: : : ノノ:.:.::.:.::.::.:.: : :V∧__.:.:.:.{
.  /                       \{}{}{}:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.V  \/
─┤     ノ                    \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:V ./
  ヽ  ____ヽ ノ                     .\:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:レ′
  ‐-\ ___                     \:.:.:.:.:.::.:.:.:/
 二ニ=‐-─      _二 ̄ ̄ヽ__         ヽ. :.:.:.:.:.|
        -‐=ニ ̄           ̄\       }/¨`ー┘

356 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:53:46 ID:mQzlQzfc


イ  i, /   y  ,   ハ  ヘ  \/ `ヽ、
/ /  //  , !  i  i   ハ i', ヽ`ヽ-、 ヽ
 〃  / ./ i i / 人 i ノ    i 7ハ  ヽ、 )ノ
   // /  j,イフ¨`、ハ    ノノキ-、 、   >、
   7/ j'  / /イ ヽ、 \ヽ  i,イ jハノ  ヽ ヘ.ハ
   i ' |. イイ,ィネ示ヾ <  t- ',.示テヾ,   i  〉7                     「なんだい」
   〃ヽ、 〃 i::::0::i ` フ _) /:0:j 〃´ j ,i__, 彳
    ヽ ハ 、 乂ン   ¨´  乂ン , /ハ/,イ ヽ
i , -=イ__,//  ヾ-r'´     ヽヾ-ィ i  〃ヽ、 ハ
ハ!  /\'               ′  从   j  ノ
八_  `ヽ,::ヽ、     ヽ-'ヽ-'  .イ ゝ  /イ
三心ヽj.7' ,::::::>、       . イ、_,、ヽ  (i、
三三ハイ  ' ,:::::::::::>-- <三ヨヽ、
三三ヨヘ     / |三三三三三三≧ェ;、
三三三心、    ` j三三三三三三三三ハ
三三三三心___  .7三三三三三三三三三!




           _ _
           /:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          j:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::',
        {|>===Yヽ:.:.i
.           /:.:.:.:.::.:.:.r'':.:.:{、                                 「実は今日は、お前も参加しろってお達しなんだ。
        }∋i|.:.:.:.ノ:.:.::.:} \                                主からのな」
.       /{i|i|i|i/:.i:.::.:.ヽ  ヽ
     -‐〈   /:.:.ヽ:.::{:.:.:.:::.:〉、/ ̄ ‐- _
   /   \/≧=‐--‐=≦_       _ ヽ
  {/:.\   |ヽ ̄|.  「 ./    /::::Yi
.  {:.:.::,.:.::ヽ  \ヽ|   | /   /::::.:.:.:.|}
   }:.:/.::.:.::}_  { .|   | |   {::::.:.:.:.:.:::{
   ;:.:.::.:.:/─.:.:\_j_|___|_|_  |::::.:.:.:.:.::::.;
   i:.:.::.:.{/二.:.:/.:.:::.:.:.:.:.::::.:.:.\{::::.:.:.:.:.::::.i
   {:.:.:.:.:.`ー:.''.::.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:-‐:::¨::.:.:.:.:.:::::.:.:}
   ヽ.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:::.:/.:.:.:.::::::.:.:.:.:.::::.:.:.:/
    \.:.:.:._.:.:-‐ | |¨ \:.:.:.::::::.:.:.:.:.::::.:./

357 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:53:59 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




                                                 夜。

                                                 ゆらゆらと、地下室で蝋燭の炎が
                                                 揺れる。

                 ;:.           .)'ゝ;                 )'ゝ;       ;:.
                ::ノソ:.      .:(  .):                .:(  .):     ::ノソ:
         ,'      :)' て:..                                 .:)' て:..        ,'
        (:'     ::(   ):                                     ::(   ):       (:'
        ',  ))                                                    ',  ))
        }  /(                                                         }  /(
      ,' ノし': :ヽ                                                     ,' ノし': :ヽ
    ((,イ: :  :: :V)                                                  ((,イ: :  :: :V)
    、ゝ: :   : :(ノ}                                               、ゝ: :   : :(ノ}
    ヽ: :: :  : :: :/                                                ヽ: :: :  : :: :/
      ゝ;:; :;从;ノ                                                  ゝ;:; :;从;ノ

358 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:54:14 ID:mQzlQzfc


   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::||:;:;';';:::.:. . . :;::;';':';'.';':';':;';:.:.:. . . :;:'::'.:. . . :;::;';':';';:;';:;';';::.:.:. .
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::||;:;';';:::.:.     . . :;::;';':';'.';':';':;'     .`':.:.:. . . :;::;';':';';:;';:
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::|lト   、      . :;::;';::  ,----、. . . :;:'::':::. . . :;::;';':';';      女が牝畜になる日だけは、こうして
   ;'; ; '::::,':,:.:: ::. .::::;:;'';|l|::      .:.':;:;';:;';:;';:;.:: :.  |i::::  i|.:.::';';';':':';':':: : .:.:.:;';';      ここに蝋燭がともされる。
   ;';'; ; '::::,':,:::. . .:.::::::';|l|';':'::       . :';:.':'.';';  :ヽ;;;;;ノ ;';:';':' :.: : . ∧ ;';';';:
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::|l|;';';:::.:.    . . :;::;';':';'.';':';':;';:.:.:. . . :;:'::':.:.:. . . 〈::|:〉:;';:;';';';      なにかの形式的な儀式なのか、
   '; '::::,':, : .:. :. :.:. :. :::|l|:::... ...  '.: .: .: .:.:';.;';:;';':';';';';';:;::'::  {iⅩi}  . :;::) (、.::.;';:.'      それともなにか理由があるのかは、
   ';:;'; ; ':::: :,:    .:.:.|l|:::: :,:   . :;. : ';:;';:;';';:;';:;';:;';';':';'  {i ̄`i}   l;l`ーz_:;      『メズ』である自分もわからない。
   ;'; ; '::::,':,::.. .   . :|l|:,::.. . :   . . :;.:':';:;';:;';.;';';';':';';' 7ijlilililiT  ::||  ';';';
   ';:;'; ; '::::,':,:.: : : : : :.;|l|:,::. .     '... ':::::,':,:.: :;:;: ;::';':  ,〉!i!i!i〈   || ';.;';';'      知っているのは主だけだろう。
   ';:;'; ; '::::,':,::::.:. . .:.:;';|l:,::,:,::..:;.    .:.: : : : ;';';::';':';';';': [li,j,j,j、]   |""""""|
   ';:;::'; ; '::::,':,':,':,':,;/二 .  ::          :ニニニニニ   l|::::....:ニニ|:.:.:.:.:.:.:::;|
   '; .';'::::,':,':,':,':,;/三三三 Υ          三三三⊆⊇::::::::...三三
   ':::::,':,':,':,':,;/二二二二二/二        二二二l二二二i;二二二i二
   .;':,:',:;',::/二二二/二二二二/二二  !二二二i;二二二l二二二l二二
   ':::,::'/−―/――−――/―−−/−―――−――ヽ―−―――−
   .;/−―――−/−―−―/−―――−l−―――――−ヽ

359 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:54:29 ID:mQzlQzfc


              ,、  ,ィ'´ヽ‐-.、_
           ,..-‐/ ∀〃  \  `ー-、
        ,ィ'´,. / ,;ヘ:,ィ'::\ i 、     `ヽ、
         / /  | /'゛``|"´| |、 ハ   、  ヘ、                      連れて来られた黒井さんは、何が
      / /   i|-|-‐、 |  |.| ,|-‐|-::  ヘ.  ハ\                     自分の身に起こるのかは聞かされ
       | j:.:  :|:| |     |  || ∨:|、::.  ハ  ト、 ヘ、                   ていない。
       | |: :  |_|/___、  |  |',___∨_|:::   |  | `゛`
.       j._,|i: : マ弐テォ゛ |   'ィチ弐ア::::.   |、. |                      ただ、普段と違う様子に、何かが
      {: ::||: : |、 {:ィ::;|   !   {:ィ::;リ,,'ハ:::   | | |                      起こることはうすうす感じるの
      ∨:リ: : l ゛-‐'     `‐-" {::|∨ | j/                      だろう。どことなく不安げにしていた。
       ( |: : :,:'|、 u.   '     ;::| ∨リ
         `|:.:/|:| .ヽ、    -     ,.ィ'.|:| j/                        当初の快活な様子は最早ない。
        |;/ ,||'´:::::;>‐r -r;‐<:::::`|:|、                         むしろ正体をほとんどなくしていて、
        /:::|'r‐'/  {'´  `ヽ ∧ーリ:::\                        朦朧としている様子だった。
.        ヽ:/'´ /  λ‐-  ,-}  ヘ  ハ::/
          /   /    ハ    ,|  ハ  ∧
       _,/  ´ ̄ ̄ヽ }\,/| '" ̄` .ハ
      ノ ノ   /::.   〈  :i  |   ',:::   }
      / / ̄゛ヽ./:::    | ..:...::ノ    ノ:::.  |

360 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:55:45 ID:mQzlQzfc


                       ___
                       ,  ´      `ヽ
                   f__彡==丶、: . . .  \
                   ヽ---------.\: : : : . . ヽ
                     /' /   in ,、 `ヽ、  j!                奥の机に座り、
                ー'イ ./ { //{ .:{__V__}.ハ :.:`¨く                 ファイルに何事かを書いていた主が、
                    //.:.! .:.i_{」!ェ :i  _|_:.i: :.}:.:.:|                 とん、とファイルを置いて立ち上がる。
        .           {:.{ :.{ :N j从ミ :{  ィ=ミ}!:.:.:.:.:!
                 ∨ヽヽi{/化i} `ヽ !0j}ヽノ:.:./
                   {`ート┴‐' ,  ┴‐ノ.:ノノ
                   ヽ:.:レヽ  、___,  フ7´/
                    ヽ! __丶 _ .イ、//リ
                , -―-、j'´  `in!´  ̄`ヽ
               /   __ヾ} ,.ィ7¨!ヽヽ /`ー.、
               ! .┬.'´ Y/イ'´ ,| |  ヽ/    ,}
               !  .{   y' └-、_! .レ-、}  }: j  :!
               !  .|__: :/          .}'. . :/
        .      |  ∨ミ{ : : : : : : : : : . . . : : :!: : :.}
        .      !   .} ∧ : : : : : : : : : : : : : j!‐┬'
              ヽ   / {i   : : : : : : : : :/¨T´
               ヽ.ノ  iト、      : :./  .|
                   ノ!      . : : {  |




_____________
                 __\
                 /     \
                \____\                          黒井さんを、中央の台にうつ伏せに
                           \                        横たわらせると、ゴズに抑えさせ、人間を
三三三三三三三三三三三三!二二二二ニi_                        牝畜に変える針を無造作に打ち込んだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

361 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:56:05 ID:mQzlQzfc



  / /,    / / // / ,' / ハ '.   / il! | /'"´
. /´ ./ ,     / イ/ イ:/ l / / .ハ '.  ハ、||}jj _ -z,
 l! / /    / /{ l:ム'- { |/イ:.:,:ト、  l {><= 7:
 { l/イ  ,イ { l:.|:|!|ヘ{-弋:l|:!:.:.:.:|:.l\ト '.    7:.
 ヽ ll l ,:.:.l | l!:.ト>,≠=、トl!|:.l:.:l!:.|:.:.:ト、「 = 、/:/:                     主は、容赦しないどころか、微笑を浮かべて
   |! i |!:.l l { {7 /:::::::::}l!l ::.:.:ト.{\「≧、_ ,7/:...                     すらいた。
   l '. l!:.:'. ト、ヽ、lィ:::::::;' ヽ{ト、{ ヽ 7, =、ヾ.|イ|!:.
   ヽ ハト、:ヽ ヽヽ、廴_7′  ヽ\ /:::::::::::} lll.|ト、
.   , ./:.`\ヽヽ\¨¨   ,    ハ、::::::,ィ jlj!ハ:
   / イ:. :.:.:.l:.:l``=ヽ     '. : . . . .弋、_シ '/:.:.:ハ
.  /:/ハ:. .i. :.!:.lハ      ヽ 、___ : : : : : : >'/://:
 , ./ | {:i:.:|:.:.l:.:|:.:ト、    ー. : : : : :-=´_, イ:.:./:.:.
 l l  l リ:.:|'ヘ:.:.| ̄ 丶、  : : : : -=ニイ. /:.:/:.:.:.:.
 l | /´l:.:l ヘ:.{     ヽ.._.... --‐ ´/:〃:.:.ハl :.:.:.:
 ゝ'   ヘ:{  ヽヽ -──、{ ー- ...___/:/7:.:.:.〃l!:.:.:i:
 /     \- ´   ,__/ 7─ 、:::::l:.{:::l:.:.:.lイ:.|!:.:.:l  ズズズ……
, '   , / _ l ,   ( ィ_ィ`ヽ: : :\l:.!イ:.:.:l{l:.:ト、:.:.
    /   Y: : : : : /「7{l: : : : : : : \ム:.:.ト、l ヘ:.:
  , ´    {: : : : :/: : : ハ: : : : : : : : : : :}:.:.ヽ\ ヽ




                     .ト、_人_,.イ
                     く   う .7
                      |. 七_ |                       そのときの悲痛な叫びは聞いていて
                      | (乂 )|                       気分のいいものじゃなかった。
                      |. 七_ |                       知っている人の悲鳴だから尚更だ。
                      | (乂 )|
                      |. 七_ |
                      | (乂 )|
                      |.  つ.|
                      ). │ |
                     ノ.  ・ (
                      ̄`v-√

362 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:56:26 ID:mQzlQzfc


               /   ヽ /ヽ
.     /        .├ - 、  l  ヽ      l
     i          l   `ヽ/ ',      l
  /  l          l        ,     .l                     「メズ」
  l  l    ヽ.    l        .l     /
  l  .l     ト、   l        l    .ハ         |            と、主が珍しく自分に声をかけた。
  l.  ヽ    .lヽ   l        l   / l   /     l
.  !   ヽ    l ヽ __ l   -――‐i―‐,ナー+ 、__ /i     l            「まだ彼女に指も触れてないそうだね。
   l    > ‐ ''"l ̄ヽ  l     =―-,l__,/   .l.  /`/    ./            研修生がそれは駄目だよ」
   ト、    X '⌒キ=ュ\ヽ    /"//==- /_ / ノ     /
   l ヽ   `-i\ ヽ::::ヾ、\、     .l::::::::::::::ノ/>'ノ    ノ     〃
   l \   丶 ヽゝ::::)       弋;;;;;;;;;ツ /"ノ    /     ./ l /
    l  \  \ ` -''       ` ー--- ' /    _/      / 〃
\  ヽ  /` 、 \    i       -=ニ_-‐ '''´       ./
  \. ヽ/     ヾ`   ヽ         /         ./
   \ ヽ       ` 、  − -‐''  ,, ''          , '
    / ` \        `丶、   /         , ' |
.   /         / , '  `ー フ         ∠ -−――丶
.  /        .// /     /         /        ヽ、
 /       / //      /         /           ` 、

363 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:56:44 ID:mQzlQzfc


    /  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:   ヽ.
   // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.::/:.:|:.:.:.:.::.l.:.:.:.:   ヽ.                     「一番手は貴方が務めなさい。前はゴズが
_// /:.: ::.:.:.:./:.:.:/.:.::..|:.:.:.:.:.:.:/^v'|:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:    ',                    使うから、貴方はお尻を使うこと。そっちも
. / /:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.::.:.|:.:.:.:.:.:/   |:.:.:./|:.:.:.:..:.: .:.   |                    使えるようにしてあるそうだから、裂ける
/ :.|:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.i:|   |:.:./ |:.:.:.:.:.:. :.:   |                    心配はしなくていいよ」
| :ハ:.:.:.|.:.:.:.:.:.:|:.:.::ハ:.:.:.ハ:.:.:.:i:|  /:./  |:.:.:.:/:.:.::. :.  |
| ハ:.:.:.l.:.:.:.:.:.:|,,斗‐'ナTヽ:.:.i|  /フ ̄`ト、/|:.:/:.:.:  /
| | ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:\:|,-=テミ \| " ,ニニ/:/ /:/:.:.  /                     何事かと思えばこんな内容だ。この
l |  ヽ:.:.:.ト、:.:.::.:く弋こソ  `   {:じイ「.>.:.:.:  /                      主から声をかけられるとろくなことが
.ヽ|   \:.∨\:.:ヽ´ ̄       ̄”フ:.:.: / /                        無い。
.      \∨:ヽrニ=-   i    /_;:, イ /
      / :.ヽ:.:.:.:\..  ー ‐'   ̄/.:.:.: |
     / :.:.:.:.:.:./レ^ ` r 、 _ , イ^リ::.:.::.:. |
     | :.:.:.:.::/ _ r‐-、|     |_|:.:.:.:.: |
   ., --| :./:.:/ ̄  ヽノ     ヽ |:.:.:.:. /
  / \ |ハ:.:/     |_     ヽハ:.: 人___
. /   \  \    \ ⌒ヽ、_/ ∨    \




   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、       「わかりました」
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ       だがそう答えるほかない。主には
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У          逆らえない。それが従者『メズ』の
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ           宿命だ。
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //




                                                 自分のモノは、事前に
                                                 飲まされた興奮剤でガチガチに固く
                                                 なっている。

                                                 不本意ながら、挿入には差支えなかった。

364 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:56:58 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―




             {     ,' 〈::  {         __  ',
             ヽ   /  `ー ヽ       ´    ` <__:=  ―- 、
             ー ´       \  /          ヽ        \      針を打ちこまれても尚、従順にも、
                       /                         \     黒井さんは言われたとおり台の上で
                         /                |         ヽ    四つん這いになって
                     /               ′         ',   尻を高く上げていた。
                    .′               ハ            |
                    {              /.,' i             !   形のいい大きなヒップは、事情を知っていても
                    /               /〃ノ             なお、劣情を催さずにいられないほど
                       /                 /T ´           .′   扇情的だ。
                   /               /   }             /
                     /            /    |             /
                 /            /    |            /

365 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:57:55 ID:mQzlQzfc


                    ; /
  _    o                ; , '           _  _
    / ∧  /          . ; /         // ヽ>ヽ>
.   ー'     \   つ     ., /        //
                  ・ ’ ..>''"         / /
.          /   >''"´             ヽヽ
       /  /  _,,-‐‐-..、          \\      「二、ヽ        潤滑剤を塗りたくられた小さな
            ,.-"‐'ミ:::::::::::::::::::::::ヽl/          \>       ノ_ノ        すぼまりに、本当に入るのだろうかと
        /_::::::::::ミミ、::::::::::::::::::::::Y´                            思いながら自分の先端を押しつける。
   ,, -―''''"二ニ=ヾ、:::::::::::::::::::::ノヽ       u
-‐''"   : : : ::::::::::::::ミミミヾヽ::://::::}u
       : : :::::::::::::::::::::::::::::://::::;:′       u
    -    : : ::::::::::::::::::::://:/    ヾ   ヽ、
:       / /        //ノ    ιヘ\ っ`ヽ、
     / /  ....    / '        ヾ;;;\   `ヽ 、,,.._     u
  -‐'" /::::::::::::   /, '′       ノ し'{ヾ;;へo    )(``'ァ-..,,_
   -┐l::::    / , '             )l⌒ヾ()。=へ-、._    ノ ;   ``ー- 、
.      !::    ///               l(    ヾ;u(ノニ=ァ''" ,
        , ///                ノ u.    / ;
   , , , ////                   :   _...-‐''<
  /////                     i        ヽ
 / /!                         l , ' ヽ  /  \
/ , '  l                     八.   l / ‐-、 ( \
/  .人                       ノ  ヽ ノ(    ヽ ) \

366 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:58:19 ID:mQzlQzfc


                                 ー七゙―z
                               /(乂 ) {
                                {  ツ |
                            .     \ ♥ /
                            .      Y⌒

.  \ \                     /
    \ \                \, '
     \ \          \/\                           ずるり。
 _   l l         ,.・  /\     /l  0 0                  と、案外にもすんなりと入って行った。
  / ∧   ノ    ・ ’ ’  ..>''"     ,-‐'二 こヽ   (ヽ  0 0
.  ー'     \ つ  >''"´       //,-、! !      ).)               キュウキュウと強く締め付けられるが、
――---_____/___  _っ    ( O ノ.    < <  _             入らないほどではない。
:三二ニニ==/― _,,... -―''''""ヾ、    ヽ |   ノン ) ). ヽヽ.  ⊂、ヽ
二ニニ==‐, '-―''''"::::::::::::::::::::::::::::つ    じ   レ ⊂ソ  )ノ    ノノ       以前は指一本でもこじあげるようにして
――,, -―''''"二ニ=ヾ、:::::::::::::::::::::::)}       u                     入れられていた彼女のそこは、
-‐''"       : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::リっ                           もはや、すっかり性交用に仕上げられて
           : :/ /:::::::::::::::::::::::::;:ン′       u                   いた。
    -      / / : :::::::::::::::::::///, ヾ   ヽ、
:        -‐'" /    : : :::://// ιヘ\ っ`ヽ、
        -┐l::::     /ノノノ,    ヾ;;;\   `ヽ 、,,.._     u
              !::   , '′/       ノ し'{ヾ;;へo    )(``'ァ-..,,_
           / , '/ /       )l⌒ヾ()。=へ-、._    ノ ;   ``ー- 、
.            //// /          l(    ヾ;u(ノニ=ァ''",
        , //////                ノ u.    / っ
   , , , ///////             :   _...-‐''<
  ////////               i        ヽ
 / /!///                   l , ' ヽ  /  \ て
/ , '/l/                         八.   l / ‐-、 ( \ て
// .人                      ノ  ヽ ノ(    ヽ ) \

367 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:58:32 ID:mQzlQzfc


               ヘ. ____
               _/   \    ``丶、
        , ‐</       \      \
       ./      ∧       \     ヽ
       /    i/^`′| |   |     \    ',
       ,     |   、|,: |   | _、ノ    ヽ  i     __                「あ……ああ……っ」
 .     i    | u  「丁 アl∧!\   |  i   |   _ノ    \
 .     |    |_ ノ  ノ |/,斗テ灯不 |\| x<⌒\ ヽ    \            黒井さんが、せつなそうな声を上げる。
 .     |    | -‐       上:ツ。j,..斗 '"   |   \}
 .    |     ト==ミ ,    .::::::. / U    |       \  ノ ノ
       | '{  ハ    , -‐v┐  {         ,| [ ̄ ̄ 丁∠ く
      |/人    、   V  ノ  人       |/   厂匸.. /
       j   \{\ ≧=‐-  r<\\      |{    /  {__ ∨
 .             \ ヽ     \ ` 'Y \   、         >‐…
                    ヽ |   ヽ-=彡   -‐<   /




━╋┃┃
┏┫  ━┓
┗┫    ┛

         /             ヽ
        /               }                          「こっちもいくぜ」
        |               !_   ,. --―――-- 、.._
        !              イ `,. '´           `  、         と、ゴズが下に回り込んで、器用に
        入     ,ィ  、  __,./レ´       u          ` 、      自分のモノを黒井さんの性器に
       / `ー---く`、r、冫´ /                      \     うずめていく。
     /        `ry し'´(/                       ヽ  ヽ
    /      u  入`ー‐'´/                        !_
    /         /    ~´                         ヽ、
   /    }     !  ノ入、 /              i             \
   i    {      !r=イ=入'               rJ
   !    `'     y´ `´rイ                |                  l l
   {        /イ´j  ', |      {        J               ,.- | ―‐z
   i       ,. ' '´  し'´)`!       `'            J         /   |⌒し {
   !  u   / / _    i r'',                             }   |   ;゙
    ',     / /   /   `' .〉                            |    〉 ツ/
    ',   / /  ⌒/     /ヽ、     U                     |    〈 /
     ヽ  / !   /     / \ヽ、                        「 / ♥/
      `y  i   !    /   `´ヽ、                       | /⌒し{
      i  !   {    イ       \                      } | {
                                              } |ッ{
                                              ⌒ ♥、ノ

368 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:58:43 ID:mQzlQzfc


: : : : : : : : : : : : : :丶: : : : : : : : : : : : : ヽ            |: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : ヽ、            !: : : : : :
:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、: : : : : : : : : : :ヽ         !: : : : : :
    ¨ <: : : : : : : : : : : : : \: :,--、: : : : : : }        ‘. : : : : :
         ` 、: : : : : : : : : : ヽ|   ',: : : : : :.!         ’: : : : :
‐--=  __    ヽ、: : : : : : : : ’. |: : : : : /         ‘.: : : :
: : : : : : : : : : ¨: : :- . _ヽ: : : : : : : : :', !: : : :/           |: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、: : : : : : :} .}: : : :|          i!: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、:_:_:_:ノ ノ: : : :.i          ,': : : : : :  ━╋┃┃
:゙:゙:゙:゙:゙: :=‐-=: :_: : : : : : : : :.リ  ̄ィ:´: : : : : ‘.           /: : : : : :   ┏┫  ━┓
: : : : : : : : :/´¨¨゙`‐- ___ ノ /: : : : : : : : : : :):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... i!: : : : : : :   ┗┫    ┛
: : : : : : : : : ゝ---‐‐: =ヽ,/: : : : : : : ,: : :/‐':.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i!: r‐: : : : i : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ、: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :γ¨γノ-': : : : i: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :,': : :       ━╋┃┃
: : : : : : : : : : : : :=,-イ "_χ-(: (: : : : : |:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',: : : : :       ┏┫  ━┓
: : : : : : : : : : r_y :τ二、_)(__i-''、y: : : : !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!: i: : :       ┗┫    ┛
: : : : : : : :γ''`ノ¨´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐:|:(__,: : !ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{: : : : :
: : : : : : Jrで´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝjλ: }   ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : :
: : : : : __i:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽノ:/.     `ヽ、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:}: : :
: : : : :)-i、ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i'_,: |         ` ‐――― ´!: : :
: : :、_) i!_}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!´: i!                  }: : : :
: : :,.:i_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rヽ:/                 /: : :
: :ノ、ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(¨:(: !                    }: : :
: !:ヘ_)ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(¨,゙: : :!                  ,' i : :
二_)    ` ―= = = = = = ´ /゙r: : : :',                   i: : i!:
、ソ                /゙´: c: : |                   ヽ: : :
ノ                   {ヽr: : : : |               i : :
                      C_: 、: f: :l                     ‘.:

369 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:58:56 ID:mQzlQzfc


                                  -‐=ニ二. _ ̄`ヽ
                               /        ー-ミ
                                 _/    ‐-=ミ  \ `ヽ
                            / {  , -‐z‐―=ミー-ミヘ _   。 o
                               /   > ミミ;´    ) `ヽ   {{\_,ノ
                            '   ∧   `'ー――;  }} :::: 、__j\
                                  イ '.    `ー{―〃z u _  ,′
                           {  ∧ ハ   .二ニ=-‐    ∠ノ/  っ
                                  \       < ̄ '⌒ヽ
                              {        ̄ ¨¨て フア ̄/   。    「あ……あ、あー……!」
                            \{       ‐-ミ   彡、_{
                                 >、        `V::::::::7:::〉        男二人に挟まれてその身を嬲られ、
                            / L≧=‐-  -=≦、::::/:::/         黒井さんが哀切な声をあげる。
          } `   .                /   }/    ∧:\/::::::∧_
             ;     `       . _ /    /      / ∧::::::::::/ {  `ヽ_
           .イ            `¨´     \-‐ァ゙    /   /  ー‐′  、   .:ツ´)
          |‐-  _        ゝー‐(_//    / //             Y´ ∠ヽ
           |     ¨   …‐-, '   {{, '/  / // {             }   〈
          |            〈     ル'/   /, /   丶 /         /     〉
         |           ` ー 7/   , ' //    /       /    ノ
         |             //   /  {   /      .   "⌒>‐一'′
          |      .   -‐…‐-ミ //   //  ) /      / / ̄
          {   /          { {  〃    /       / /
       {,  {   '        -‐八「`ヽ{   , '     / /
             ∨      .  ´     )   )  /    . '゙ /
             {    /             {    ´ /
          ,;爻∧  , '                  ー‐  /            __
       ヾ爻  ̄ ̄;                  ,ィ   ____r, -‐ ´     `ヽ、
        |   .:.::::{                    / ̄       | 「{ { ト、 く …‐-  、
       | .. __.                 /        |_ノ |_ノし'  \)      ヽ
       | :_:ノ   /:.                                       }
       |'     /::::::.、                                      ノ
       |   ,. : :::::::::/\                                     /
       |  {: : : :.::::爻 `   .                      .  -‐    /
       |  、:::  ´            ̄     −-- --−  ´          /
       | /                        -‐/         /
        |/                    , -‐     /         . ´

370 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:59:17 ID:mQzlQzfc


      ー七゙―z
    /(乂 ) {
     {  ツ |
.     \ ♥ /                                        彼女は自分がもうすぐ牝畜に
.      Y⌒                                         変えられることは知らないはずだ。

              V:::jヾ:、   .-v、u. .!::ハ::::「;;;;`;;;;,┐               だが、それでも何かを感じるところが
               ヾ:| |゙:、   ゙、__,! /|:j゙i、!::|;;;;;;;;;;;;/                あるのだろうか。
                ` .|:| `¬ーr'" ,.イ| ∧! ̄ヾ'′               その声には艶めかしくも、物悲しい
                  ||,. '"¨' | `>く l| ./  ,  ゙:.                響きがあった。
                  ,{、  -‐!/{;;::∧} /   /    i、               胸を騒がせずにいられなかった。
                                       |\人_人_人
                                     .< ‐匕_
                                     .)(乂 )匕_
                                  <    (乂 )
                                      ) ‐匕_
                                    < (乂 )/
                                    .)   /⌒し
                                  .<    つつ♥

371 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:59:42 ID:mQzlQzfc


::::::::|::::.  l :::::       {|   .:::::/_|_  ::::::|!.  |:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:|   .::
::::::/|:::::.  ', :::::.    ::.  .:!t-‐" ̄:|` ̄',`ヽ`ミヽ::|.l::. |:.:.:.:.:.:. .ィ二≡!‐‐---.
::::::| l:::::::.  l:::::::.   :::::. .::| ', _,,;;;;;;;|-‐‐-\_ ::::::| ',::. l:...:.:.:.:.:.:.:__,,:|_ .:::::::
::::::| .!:::::::.  ',:::::::.   ::::::::.::|:.:.゙i _,-‐!===ヾヽ  ::::! l:::::|:.:.:.:.:/.:.:_-‐l‐ ナ‐-、
::::::! i:::::::::.. ::ヽ::::::.  ::::::::,,|/ゝ.、:::l´ ̄i`ヽ,ミ\ :::', ',::::!:.:.:.:.-‐/二/-‐ ̄(`ヽ      主が楽しそうに、魔女そのものの
、:::|  i:::::::::::::::::|ヽ:::::.. _,/、!´:.:.:.!\:', ノ`"1`ヽ\ ::ヽ.',::!:.:.:.:.:.ゞ´|/イ   !`"       酷薄な笑みを浮かべていた。
ヽ::l  ヽ::::::::::::::! ∧:::::::::.. ::::丶:: ヽ ヾ´  .ノ /:.:.:.:.:\ ヽ:.\:.:.:.:i メ、 ヽ...ノ /
  \  \:::::::Y:::::\::::::::::::::::ヽ丶 ` -‐ '' /      ヽゝ   ヽ  `‐-‐ '
       \::::!::::::::::`丶:::::::::::\` ‐-- '             ` ‐--‐‐/
.       /\',:::::::: .:ィ、` +、:::::\         ,        _,,-‐´::::::
       /:::::::::\ .:::/:::`‐ヘ:.:. ̄` =-             -‐´-‐― "/  ニィィ
.      /::::::::::  .::::::::::::::::::::ヽ:.:.:..       .____,,         /::
     /::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::丶:.:.:.:..        ̄ ̄         /',/
.     i::::::::::   ::::::::::::::::::::::/::::: /::ゝ、:.:.:.:...              <_/i/i::
.     |::::::::   :::::::::::::::::::::/::::: /レ´  `>:.:.:.:         ィ ´    ' レ

372 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 00:59:52 ID:mQzlQzfc


 コツッ }      コツッ           {          ──ァ│|
     .}    \_人从_/      {            ., <           体を義務として動かしつづける。
 \人 .}     )   .(       { 人_/      /  \
 _)   }  .λ  、_,、_,   λ  {   (_ コツッ     ___ ○
   )  .}   .}. `フ::. ソ .::;;ヾ¨´ .{   {   (              ノ
 /´Y .}  .}.l|/::::..    :::;;;ヽ|l {   {. Y´\          __/
    .}   } /::::       ::::;;;ヽ {   .{               、、.,
    l   .}/::::..       .:::;;'、{  .l                 .ノ
     '、 l| (::::..       ..:::;;;丿|l .ノ
     ヽ  >::...     ..::::;;;イ  /   ──ァ│|
      } l|l !ヾ. ̄⌒__ ̄彡| l|l .{     , <
      }  .iミ:::ミC= ≡..::: ) .{    /  \
      }  |::::     ″. ´/  .{   ___ ○
    .|. }  |::::: ヽ    / /;|  { |      ノ
    ||. } |l |::: ( '   ( .::;;;| |l { ||   __/
    ||. } |l |::: | ミ  l| l ヽ\| |l { ||   、、,
    ||. } |l |::: 丶ヽ l| l ヽ ) |l { ||     .ノ

373 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:00:07 ID:mQzlQzfc


       /
     /    ━╋┃┃
   /      ┏┫  ━┓                                  /      容赦なく黒井さんを責め続ける。
   /       .┗┫    ┛.=`-____、                       /
 /          rー――-- 、_         __         ,イ///  ヽ
 /   .人_人     {      i  /  フ ̄スー――――ー―----,ィ' ´ \    ヽ
      )7  ト.て   .',      ! /  ー '´ ^ ー  、      Y {  //   _ニ \_
    . く .{__ノ (   ...!     /     ,ィー-、___j      し ヽ、!  ー=ニニ  ,.イ` 、
      .| 七_  {    .i   /       `  、u     c    ヽ ヽーー-、    '´ノ   `ー-
      .|.(乂 ) |       ./        、._   ` 、__        ', r !´ミ  彳ー,-彡ぅ
 彡/ .|  あ |    ./           \` 、_ (__)       !! ! )ミ_,.彡 /'´
      .)││ |.../        ー、_ー 、  ` - 、 ̄u         ノ ノィ,=ー< / /
    . ノ ・ .・ (           /    \ `ー-ィ_)     し   し'うイ⌒ミ、Y 、!
    .  ̄`v-√          /       `ー、___j        ,// ミ  ミ`y 'i
      /           /                u  /、ノ/ ミ  ミ ハ  `
      /        _,. -  ー、        __,......... /_,. -yニニ  ミ  イヽ し          .ー匕゙―z
    /      ,. '´      ! ` 、,.  - ' ´          イ´、    _,{  ゝ、         ./(乂 ) {
   /    ,− <       ,.  ' ´               /ー ヾ_  ,ィ} /  ` 、       、_{ |  |
  /   ,. '´ ̄ ヽ、ヽ、 ,.  '´                 ,. '     ̄    レ     ヽ、     }ー匕゙ ッ {
  /  /      ,. '´                   _,.ィミ   二ニ    /  ...━╋┃┃  .|(乂 )♥  {,
 /  //     _,. '´                  ,.  '´ ヽ、   三三  /   ..┏┫  ━┓.| |  Y⌒´
 ,. '´/   ,./      _,. -            /ニニニ  \    ,_  /     .┗┫    ┛.}  ッ {
   /  /      ,. '´            /三三三三三ニ`ーr'´  ヽ|                } ♥  /
   /                   /三三三三三三三三ニ\  |            `⌒⌒7

374 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:00:30 ID:mQzlQzfc




                                                 やがて。


              |  | |            , ----──-------. .、
              |─‐           , '": :__ : : :____: : `ヽ、
              |    ─‐ァ ○    .,': : : /n .o  ̄¨ζ⌒`ヽ、 `ヽ: : ヽ   |  | |
                    ./  , -ュ、 {: : : {( いヽノ⌒´     `ヽ.{: : ヘ  |─‐
  .ヘ     \   /    {.  /  ノ: : : : ヽ、ヽ: : ゙ヽ、_, --─'" ̄ ̄ ̄ヽ. ',: : :}  .|  ─‐ァ ○
- 、__>-─-: --、>-< ____,>---: '": : : : ,u、: :ヽヘ : : : : : : : : : :_: : : : : : :} {: : :}      /
: : : : : : ;,;,m、: : : : : : : : : : : : : : : : : :.,v、,ゝノ:::ノ `ヽ、:`二二ニフ"´: : :`: : : : :ノ ノ: : :}     ./
‐-‐'ヽ'^` ¨ `─'''''(`'"⌒``'' --'゙Y'゙:::::::::::::::::(_ノ``-、 `    ヽ--──'"二ノ: : : : l
       __)ヽ、_      '、ζ⌒`ニニ==ニニ、 C   ./゙ ̄ ̄ ̄: : : : : : : }     l¨l    「|「|
 ヽ、_, -='",-  ̄ ̄```==-.  γ"::::,r'":::::::::::::::::::::::τ   .,イ : : : : : : : : : : : : : }     l .l   ,ィ|_||_|
 , '"  ̄ ̄ .   u.     , -'"  (::::::::::::::::::::_, -'ニ゙ノフ  .ノ`ヽ、__, 、: : : : : : :ノ     .l .l, - '", '
   J    _       ,C  .(⌒)ヽ、__,, -='゙--'_, -'" /⌒ブ     ̄ ̄ ̄ ___ .「l「'l l , - '"
       '"、ヾ、     ι-'"フ `'"   ("-.、, -'"  , <: :, <      _, -'"´ | |_|レ゙.l .l        /`--ァ
::::::::::::::::    ` -  c-‐'ニニ二         __, ->'゙: :, <   `ヽ ヾ´   ,ィ |   l .l       /  ./
 ;:;:;:;:;:;___;:;:;____     ̄;:;:;:;:;:;ζ  __,、__,r-'ヽ-": :, --ャ'"   `ヽ     .ヽ, -'" .| |   .l  ̄ ̄ ゙̄l  二7 /__
 ;:;:;/:.:.:.`´:.:.:.`'゙⌒`'"`¨` '"`'"^`'゙: : : , --─ <   ヽ              .Ll   l____l  |, -‐ '"
 /: : : : : :r────---< ̄ ̄ ̄`ヽ     \

375 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:00:41 ID:mQzlQzfc


            \\
     \\   \\\                 _,..............._
    ヽ \\   \\` 、      f i    _,. '´      `  、          「お、おおおおおっ!」
     ヽ、 \\   \\ ` 、    )!  ,. '´             ヽ、
       ヽ、  \\    r、 ヽ(ヽ)`'( /                 \
         ヽ、  \\ t-、`ヽ、、_j  /             u      \
           >、 \ ヽ、、_r、_) -vイ     |
         ,. '´   ヽ、(⌒`し' r、`ーY     J
        /       `ヽ、 ふ(_ノ.!            ,
         /           (`ー´   ',            ',
      ,'      u     / `ー   `            ',
      ,'            i  ノヽ、 、 i
      |   u       r、 レ'´( f ト、ヽ i    U
      {         _,.うー',._ `_' し {ー、!
      ト、       `⌒YJ } fv') r-、し冫               u       nn
      ! ヽ        /  ィ ノ / | / r/',ヽ                     「:lLlLl
      !    |     /  `´  し' ー'r、 ヽ',     ヽ        i      |::|
        |    |     /  ,' ,'   ,' ,'  / /rij ',     |       し !    J |::ニニl
        |   ‘'     /  ,' ,'   ,' ,' /i (/ ヽ、 ヽ、    し      ´j{      |::|
        |     u  /  ' ,'   ,' ,' / ',   J   \          し     |_j
       |       /  ' ,'   ,' ,' イ  |       \               r──( O )
      |       イ  ','   ,' ,'  i  |        \                ̄//´
      |        ,','   ,' ,  |  |            \           .    //
      !        ,' '       |   |           \            〈/
       |        ,'       |    |             \
       ',                  |              \

376 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:00:52 ID:mQzlQzfc


                                -‐=ニ二. _ ̄`ヽ
                             /        ー-ミ
                               _/    ‐-=ミ  \ `ヽ       自分とゴズの雄たけびに交じり。
                          / {  , -‐z‐―=ミー-ミヘ _   。 o
                             /   > ミミ;´    ) `ヽ   {{\_,ノ    「あああああああー――――――――っ」
                          '   ∧   `'ー――;  }} :::: 、__j\
                                イ '.    `ー{―〃z u _  ,′   黒井さんの断末魔の叫びが、部屋に響いた。
                         {  ∧ ハ   .二ニ=-‐    ∠ノ/  っ
                                \       < ̄ '⌒ヽ
                            {        ̄ ¨¨て フア ̄/   。
                          \{       ‐-ミ   彡、_{
                               >、        `V::::::::7:::〉
                          / L≧=‐-  -=≦、::::/:::/
        } `   .                /   }/    ∧:\/::::::∧_
          ;     `       . _ /    /      / ∧::::::::::/ {  `ヽ_
         .イ            `¨´     \-‐ァ゙    /   /  ー‐′  、   .:ツ´)
        |‐-  _        ゝー‐(_//    / //             Y´ ∠ヽ
         |     ¨   …‐-, '   {{, '/  / // {             }   〈
        |            〈     ル'/   /, /   丶 /         /     〉
       |           ` ー 7/   , ' //    /       /    ノ
       |             //   /  {   /      .   "⌒>‐一'′



                                                 びく、びく、と、最後の痙攣を示すように、自分の
                                                 ペニスを彼女の肛門がしめつけた。

377 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:01:16 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―



【 畜舎 】



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    :::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::         牝畜にされた黒井さんは、
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      ::::         『ナナ』と呼ばれることになった。
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         :
::::::::::::::::::三三三:::::::::::::::::::::::::::::::::三三三::::::::::::::::::::::::::::::::::三三三::::::::::::::
::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::
::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::
::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::
::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::
::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::::::::::::::::三三三三三:::::::::

378 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:01:33 ID:mQzlQzfc


                                                 牝畜となったら、管轄はコンジョウに
                                                 移る。今日も今日とて、コンジョウが
                                                 畜舎で『ナナ』に色を仕込んでいた。

              l゙::::: ::;;,: :l゙: : :::::::::::|           ゙l、: :::::|lL:::::: ::::゙l::::::: : : : ::゙l:::::: :ヒ:::ヒ|i、::::::|
           .|:::::::::;;;l:: : 〔: : ::::::::::|         │: :::::|'ル:: : : ::',_、,,,,.:、:.::|、::: 'L::巛、::.l
          │i、:::::;,ll:: :::゙l.  ^`^'l''''‐ッ、,、    .゙l::::::.,レrセ'''"`:゙゙li、:::::: : :::::゙l;;::::::゙l:::゙l|;`::.|  _
           |::;|:::::::;l'し::::〔     |   ``     !::::: ``:゙,: : : ::仏:::::: : :::::|,;::::::゙l:::[゚i、:,-‐'´:::::::\__  んっ♥
             |:;,l,:::::;l;;ll,::::::〔               .,!::y:゙l:i、:ヒ::: : :___.::::::'|,::::〕::|,ト,lヾ:__;/-‐‐'´、,,_
           |::,l┤:;;|;|゙L:::::゙l、           `!:]レl,,,,,,illllllllllllllllllll゙゙゙丿::::::≧::::]::l,i´`''─── 丶 `ヽ、
             ,rl::ト│:;];l`ト::::;゙l,:                l゙.'ll゙゙”゙l、;llllllll!!゙゙l゙.,l°:::::::私::::l,::l`     ゙~''''=,, ヘ   ヘ  んっ♥
i、         l゚ ゙l,|: :゙l.::|;リ .゙l,::::;;゙',、ミ三三三彡      "::|丶 ゚*i,,,,,,vrツ|ヒ:::::::::::|;;゙l;:::l│: : : :     .゙''i、 ゚゙l, 丿
;゙l、         ,l゙  'l|: : ゙l,:゙lヒ .ヽ::;;;℡'l゙゙゙゙ ゙゙゙゙゙°   、  ` `  `''¬''''″::!゙l::::::::::l゙_,ォ::||,!: :    : : :    ゙L .゙l,      .,
;;;゙l         i    `  .゙l,`ト  ヽ::;;ビllll,": : : : :: : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : |:;|::::::::,广:゙l,`,i´    : : : :    ゙l ]     .,/゜
;;;;;゙l,     :",|      .ヾl: : : .ヽ.;゙l.;゙l゙ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : │:l、:::,l゙: : .レ`           ,! レ    .,i´;;;;;:
;;;;;;;;ヽ  ,".‐_ |      ‘i|、 : : ::゚ii,L};;'%,: : : : : : : : : : : : : : : :   : : : u:,i| l゙|::::,l゙  :             | l゙i、  ,,-″;;;;;,,
il、;;;;;゙L: /、冫`:゙l,: :     : : :゙": : :  .'ミそ‐.,゙ト: :     : ..: : :     : : ,,r'"l゙,l゙:゙l:,l゙: : : : : : :         : :,"丿 ゙l、.l゙;;;;;;;;;;,,ill
lli,;;;;;;;;;゙L!,,"、、: : ゚=,_: : : : : : : : : ::::、: : ゙、!: : : : : `''・i/ ⌒ソ⌒ ヽ: : : ` ゙̄] ̄|广'''''''''''"      : : : : ::,メ,/′ ,),i";;;;;;;,,illlllll
lllli,;;;;;;;;;゙l,゙.广`''-、,_::゙''=,,_:::::::::::::;;;;.,i°: : ゙‐: : : ::::: : :|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|′: : : : : : : °: :    :   : : : : ::::;;;;,,,rツ'゛: : ,/,l°;,,iilllllllllll
llllllliiii,,,,s"゙'‐-,、: : ~゙'''''''['ヘi,,;;;,,r'"    : : : : : ::::::::|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|: : ::::::: `: : : : : :    : ..,、_,.;;;;;;_,,,/"'´: : :.,/゙l,i´;;;;illlllllllllllllll
lllllllllllll°  : : `'‐、:   : :,,ン'”゛     : : : : : : : :::;l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ソ:::::::::: : : : :  : : : : : : : iレ″,x・“゙,,,,コk,,,,,: ` ,,i";;;;;゙llllllllllllllllll
llllllllllllli,,,      : : :_,r'":          : : : : : :::’.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;,/::::: : : : : : : : : : : :::::: : : ,,,ltiir‐''“゛: : : ...:レrf″;;;;;;;;;'llllllllllllllll
llllllllllllllllllヘ-,,,,:  .,.,,r″: :            : : : : ::: : x,.;.;.;.;.;,r'":::: : : :      : : : : `''!ミ,,彡-r,,,,,!ー'''"゙゙゙゚'゙'〆;;;;;;;;;;;;;;;;llllllllllllll
llllllllllllllll゙;;;;;;;√: ,/゜: :              : : : : : ::: .゙'l,,,r″: : : :          : : : : ゙~ヽ,、:  ゙゙゙゙゚̄~''仆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;llllllllllllll

379 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:01:53 ID:mQzlQzfc


       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|                          家畜の世話は面倒だが、牝畜に
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{                          色々と教え込むのだけは悪くない、
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }                           とはコンジョウの言だ。
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"                           そこはゴズと意見をともにしている。
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_
    :|     `'7"""""ヽ       |




   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!      自分は、義務としてその様子を
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ       牝畜用の畜舎の前で眺めていた。
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //

380 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:02:41 ID:mQzlQzfc


                      -┐ -‐‐-
               , '    |__」      ``丶、
                _/     | |ハ            \
               ´/       卜ムヘ、         \
          /  |      「    \         \
         '   /|     |  u   ヽ=‐- \       \         ただし見るでもなく見ていただけで、
.        /    '  |     ,. |´      |\_  \   トゝ.丶        物思いにふけっていた。見ろとは
         ′      |   i/、 |__      |灯「》   ヽ  i } )^ヽ       言われたが別のことを考えるなとは
       i       | /i   ,斗‐‐ミ    レ::j,_ \  '   i ハ  ノ       言われていない。
       |      |  i 〃{_j:::::ハ     .::::、´:::::.∨ヽ !  lハ./
       ',       |  i⌒ ヽ:::ジ' .::::::  _  __}i\N / / }
        、      |  i    「ヽ.:::   ,√/  }`ー┴'―'―ヘ
        丶  { r lヘ      l       {:::{   ノ. :       し'
             \ \{ハ     l        、::、 .ィ: : : : .      . ::
              \ |`T\ \l、       `^7⌒ ー- -―=彡、
      / ̄ ̄`'<⌒ヽ |::::::`ト ゝ    ア¨¨¨¨´
       | : : : : : :`ヽ У::::::::.\   /:::.\
       |/: : : : : : : :/.::::::::::::::::::::.  ∧:::::} ヽ    チュッ
     / : : : : : : :/.:::::::::::::::::::::::::.、  マヽ  }、
    /{ : : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::\_》イヽ \

381 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:02:57 ID:mQzlQzfc


                                  -‐=ニ二. _ ̄`ヽ
                              /        ー-ミ
                                _/    ‐-=ミ  \ `ヽ
                           / {  , -‐z‐―=ミー-ミヘ _
                              /   > ミミ;´    ) `ヽ   `\_,ノ
                           '   ∧   `'ー――;  }} ::::    \
                                 イ '.    `ー{―〃z . _  ,′
                          {  ∧ ハ   .二ニ=-‐    ∠ノ/    あれは人間ではない。
                                 \       < ̄ '⌒ヽ    自分の知る黒井ななこではない。
                             {        ̄ ¨¨て フア ̄/
                           \{       ‐-ミ   彡、_{       だが、声も外見も、自分の知る
                                >、        `V::::::::7:::〉      黒井ななこだ。
                           / L≧=‐-  -=≦、::::/:::/
                          /   }/    ∧:\/::::::∧_      牝畜のナナ、という呼び名は、
                          /    /      / ∧::::::::::/ {  `ヽ    便宜上のものにすぎない。
                         /  -‐ァ゙    /   /  ー‐′  、  ,ノ´)
                        / 〃 /    / //             Y´ ∠ヽ
                     , '    {{, '/  / // {             }   〈
                       〈     ル'/   /, /   丶 /         /     〉
                     ` ー 7/   , ' //    /       /    ノ
                       //   /  {   /      .   "⌒>‐一'′
                 .   -‐…‐-ミ //   //  ) /      / / ̄        そもそも牝畜などというものは、
              /          { {  〃    /       / /           主が勝手にそう名付けただけだ。
          , '        -‐八「`ヽ{   , '     / /             牝畜などという種族がいるわけ
           ,゙         ´     )   )  /    . '゙ /              ではない。元々人間であり、今も
        , ┤    /             {    ´ /                組成がやや変わっているが
    ,_-‐―く  .  , '                 ー‐  /                 ほぼ人間である。
   {ニ        、 ;                  ,ィ  _____
   (__   -‐   ̄{                    / ̄          ̄      ‐-  、

382 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:03:12 ID:mQzlQzfc


    /   `丶          ,  ∠...        ____     ヽ
    '       |i 、          ;≠-‐‐-ミ>x<彡=-‐‐-ミ    }           普段は意識しないが、主の
   {         |{ \     , ' .:ッ::    `^^^´     .::ッ:. ヽ  ;\          ネーミングをいつのまにか使うことを
  |     ヽ|:.   ヽ.     {                     .     \        強制され――いや命じられている
.   |       |::}   u:.                       ∧   \       わけではないが、状況的に他に用語が
.  |        |::}     .    i:.. _   _ ノ    丶.  _ ノ ∧ i     `:ー-    無いので使わざるを得ない――
    |        レ      '.  |   厂            /  / }|   } }      結局のところいつしか牝畜なる
   |  u    }        '.  ! ,               /  /   斗-‐    ̄`丶、  存在が本当にあるかのように
.    |      ;         ∨ /          ___/__  '  ´          }  錯覚してしまっているにすぎないのだ。
.   |       ,′        Y´    ゝ  ´     '"´        /       ′
    |      ′           }   /    _/           ,        /
   |     '               / '      {/             /       /
.     |    ;              八j     ノ             ;       /
.    |     {           / / ∧ j j′            {        /
     |     `ヽ         {  { / } }'´{               ;        /
    |       ノ    u      Ч:::ル' ノ             ,        '
    l    /ヽ         ヽ Y /              u/       , '
    :    {  \           n             /'     , '
    '.    ヽ   ≧‐-    イ厶、              /    , '
     '    }           | } } }≧=‐-  =≦;=-‐ァ'    /
     〉   ノ          UUノ         {       /
                               ノ      /

383 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:03:29 ID:mQzlQzfc


  > あーっ♥ あーっ♥


                                                 つい昨日まで『黒井ななこ』だった彼女が、
   ___,/   / / 〃  / / /./示ヾ//   ヘ i_|、-\iヽ           まったく別の『ナナ』として扱われ、
   、___, . -‐彡 / i  /, イ7 ≠ i//ノ:ift i,   ', ィ于t_ヘ  \``ヽ、       また彼女自身もそれを受け入れている
     _フ / / i 〃 i! 八 / i/   i∧! i!.iヒ::リ ヽi   〃7 Ⅵ ヽ, ヽi>-、!      ことは事実だ。
    //i l   | i  ヽ、_ ヽハ   |j ,.、  乂ン _ノ , イ':::7 .i´ヽ、iヽ .i/  /ノ
    i|  ヘ   ヾ  / ノ `ヽ i    ´`==tr、 `‐ '   ゝイ_、i! i  ) У
    ヽ_, ⊃   /_,イ/i   ノ/             ,ゝ¨`` iヘヘ'_ イ           だが、それでも、彼女は黒井ななこでない
     < ,-'f三テ、_ / ヽ /´ :ヽ、              イ、 ハ             と言えるのだろうか。
    ,.イ三三三<  └、ヽ  ::::>、       ´¨  イ  j  ノ
  ェ≦三三三三ヨ≧、   ̄   :::::::::>、     /    //
                                                 主は、精神の連続性がないことを以て
                                                 黒井ななこは死んだと言う。

> あああんっ♥                                       だが、それを死とすべきだろうか。

                                                 あそこまで極端ではなくとも、心変わり
                                                 くらい誰でもしよう。

384 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:04:06 ID:mQzlQzfc


      ー七゙―z
    /(乂 ) {                                        哀れにも、嬉しそうに、ナナが――黒井さん
     {  ツ |                                        が鳴く。
.     \ ♥ /                      ー七゙―z
.      Y⌒                      /(乂 ) {              出会ったころの、童女のような心を持った彼女は、
                              {  ツ |              もはやその残滓すら感じられない。
              ヘ. ____        .     \ ♥ /
              _/   \    ``丶、   .      Y⌒
       , ‐</       \      \                     /.:::       /
      ./      ∧       \     ヽ                   |        /
      /    i/^`′| |   |     \    ',                   |  ー--‐ ^:
      ,     |   、|,: |   | _、ノ    ヽ  i     __          l       :.
.     i    | u  「丁 アl∧!\   |  i   |   _ノ    \       l            /
.     |    |_ ノ  ノ |/,斗テ灯不 |\| x<⌒\ ヽ    \    l          ∨     , '
.     |    | -‐       上:ツ。j,..斗 '"   |   \}     }    .            , '
.    |     ト==ミ ,    .::::::. / U    |       \  ノ ノ `⌒>‐          、/
      | '{  ハ    , -‐v┐  {         ,| [ ̄ ̄ 丁∠ く  /   :.         u.
     |/人    、   V  ノ  人       |/   厂匸.. /  }_ノ`ー-ヘ         '.
      j   \{\ ≧=‐-  r<\\      |{    /  {__ ∨    /  ∧         :.、
.             \ ヽ     \ ` 'Y \   、         >‐…ァ=-‐=イ:∧         、)
                   ヽ |   ヽ-=彡   -‐<   /    //: : ∧

385 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:04:22 ID:mQzlQzfc


        、-ニー-、/ノ _ -―=-_                           (……心とは不確かなものだ)
    __ -=、ヽ ` `'" '´   ‐' r_,、
   「`ヽ ``丶           < ̄ ̄ 才                       そう考えずにいられなかった。
    !   } ,.-' ´           `ヽ/ !
   人 レ′                 ヽ l\_                      心は絶対不可侵のものではなく、所詮
  r′`^′       ,     r-、      `'′ 了                     脳という器官の働きにすぎない。である以上、
  〈       ,r1 / |    _」 | 、           !                      目の前の現象も起こりうる結果の一つだろう。
  /      r",r{,r'ヽ{   {  r' `Yヾ;┐     ヽ_
  〉      {{ ′i⌒iヽ、  V i⌒i  ! 7ー-、    〈                     だがしかし、そう考えると、なんと心とは
 {     r'´::l 、_ー'_.ィ `Y´ 、_ー'_.ィ /::::::n}    r′                    深遠でありながら脆弱なものなのだろうか。
  L _r‐勹::::::', ´^^`,    ,´^^` ,'::_::::てー-、(
  //  ノ::_/^ヽ、  `ー=ー'′ .ィ~ └、:::>  } r'                      また、その脆い心によって支えられる
  `ー  7:{  _,.. >:, 、    ,. イ``ー-、._ヽ{ ノ´                       人間とは、いったいどれほど危ういもの
     ^′く:::::::::::::< ``"´  >::::::::::::ノ                           なのだろうか。
      ,.r‐rぅ:::::::::::\  /::::::::::::::`ヽz‐┐
   _,. イ l ||::::::::::::::::::`Y´:::::::::::::::::::::::/  _`ヽ、
  / `i `ヽヽ l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{〃´ r‐ ヽ

386 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:05:04 ID:mQzlQzfc


          .イ            `¨´     \-‐ァ゙    /   /  ー‐′  、   .:ツ´)
         |‐-  _        ゝー‐(_//    / //             Y´ ∠ヽ
          |     ¨   …‐-, '   {{, '/  / // {     u.       }   〈
         |            〈     ル'/   /, /   丶 /         /     〉
        |           ` ー 7/   , ' //    /       /    ノ
        |             //   /  {   /      .   "⌒>‐一'′
         |      .   -‐…‐-ミ //   //  ) /      / / ̄        『ナナ』のみずみずしい肉体が、
         {   /          { {  〃    /       / /           汗をたらしながらゴズとコンジョウの間で
      {,  {   '   u.    -‐八「`ヽ{   , '     / /             揺れ動く。
            ∨      .  ´     )   )  /    . '゙ /
            {    /             {    ´ /
         ,;爻∧  , '                  ー‐  /            __
      ヾ爻  ̄ ̄;                  ,ィ   ____r, -‐ ´     `ヽ、
       |   .:.::::{      u.             / ̄       | 「{ { ト、 く …‐-  、
      | .. __.                 /        |_ノ |_ノし'  \)      ヽ
      | :_:ノ   /:.                                       }     ___
      |'     /::::::.、                                      ノ    ,'´ 七 `',
      |   ,. : :::::::::/\                                     /     ! (乂 ) l
      |  {: : : :.::::爻 `   .                      .  -‐    /      l   あ .l
      |  、:::  ´            ̄     −-- --−  ´          /        l   つ  l
      | /                        -‐/         /         \  ♥ /
       |/                    , -‐     /         . ´              ̄ ̄




               ,

    .,..-- .._  /  .ヽ      .<~    /;
    .丶   ^-=ニ         ヽ\  / ./ヽ
     ヾ' ,..---~           ヽヽ  | /  .)                     彼女は何なのだろう。
      .リ,.  _             \ ...  ._ .!_
      /  '~      (        ヽ   .|  \                   実情を考えなければ、彼女はみずみず
      >/   .(    人_-  /       ~-   |                   しい肉体をした麗しい女性に他ならない。
     /.(   .\    .)  |  |丶          .\
   .┌//   丿λ   ( 、= ヽ___           )                  だが、それを額面通りに受け取るわけは
   ./(   ,ノノ- ヽ  ^1'  ~^=- -)         ,.....                 いくまい。
   .)    ξ.( . iiヾ._ ,|  0  '  < ,   ,     (
    |  ,-i )#:ヽ, !   '-!  .,, ,ノ  ( (  ∧_      ~.)                といって、では何かと言われても困るのだ。
    .| ( '' ?| '' '<         ヽヽ ( .\~^--'^~^) ./
    .\> (( .ヽ   -=-'     ./^ヽ).),.-='''''=,  (/
           \       /  ,.-=^~::::::::::::::)
            ( .ヽ ._,,. ->,  /:::::::::::::::::::::∠..__
                ./::::)/::::::::::::::::::::::::::::::::::::~^-

387 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:05:29 ID:mQzlQzfc


                                 -‐=ニ二. _ ̄`ヽ
                              /        ー-ミ
                                _/    ‐-=ミ  \ `ヽ
                           / {  , -‐z‐―=ミー-ミヘ _   。 o    ゾンビのようなものか。だが脳を
                              /   > ミミ;´    ) `ヽ   {{\_,ノ      いじられてその傾向を制約されているにせよ、
                           '   ∧   `'ー――;  }} :::: 、__j\      自分の意思を持ち、行動しているのだから
                                 イ '.    `ー{―〃z u _  ,′     ゾンビと呼ぶには語弊がある。
                          {  ∧ ハ   .二ニ=-‐    ∠ノ/  っ
                                 \       < ̄ '⌒ヽ       強いて言えば黒井ななこの生まれ変わりと
                             {        ̄ ¨¨て フア ̄/   。     呼ぶのが近いか。しかし別に彼女は生き物として
                           \{       ‐-ミ   彡、_{          一度死んだわけではなく、記憶と人格が揮発し、
                                >、        `V::::::::7:::〉         再学習が行われたにすぎない。
                           / L≧=‐-  -=≦、::::/:::/
         } `   .                /   }/    ∧:\/::::::∧_          これをもって生まれ変わりと呼んでいいの
            ;     `       . _ /    /      / ∧::::::::::/ {  `ヽ_       だろうか。
          .イ            `¨´     \-‐ァ゙    /   /  ー‐′  、   .:ツ´)
         |‐-  _        ゝー‐(_//    / //             Y´ ∠ヽ
          |     ¨   …‐-, '   {{, '/  / // {             }   〈
         |            〈     ル'/   /, /   丶 /         /     〉
        |           ` ー 7/   , ' //    /       /    ノ
        |             //   /  {   /      .   "⌒>‐一'′
         |      .   -‐…‐-ミ //   //  ) /      / / ̄
         {   /          { {  〃    /       / /

388 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:05:47 ID:mQzlQzfc


                . ∩.⊂⊃◎  n
                  l | ⊆⊇  . /厶__  ___                  ぽん、と突然肩を叩かれた。
                  Ll(⊆广  └'^ー┘ `つ_)


.

389 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:06:04 ID:mQzlQzfc


     l: : : l: : : : : : : : : : : : : : ://: : : /ヽ: : : : : : : : :lヾ、
     l: : : l: : : : : : : : : : // /: : : /  ',: : : : : : : :l   \
    i: : : :l: : : : : : ///=-、/: : :/ .___',: : : : : : : l
    l: : __l: : : : : :lィ'ニt匆ニヽ/: : / / ⌒ヽ i: : : : : : :l
    イl: f/i|:: :: : : :l      /::/ .i r=刄ミ、}: : : : : : : l                  慌てて振り返る。シュテンが後ろに立っていた。
    / ゙i l }l: : : : : :l     /'"   l     l:l l:: : : : : l
     l { l: : : : : l  /'    _ |       l/l:: :: : : :/                  シュテンはとんとん、と自分のこめかみを指で
     丶ヾl: : : : : l      ー' ノ      / /: : : l: ;l                   小刻みにつつきながら言った。
      |l:ゝ': : : :ll:l                /: : : :;/l/
      l! l: ::l: : ::ヘl `¨ー─‐ ──‐''  /: : : :l/ .ll                    「上の空ですね。なにか悩みごとが?」
       l: : ll: : :l ヽ   ー---    ノ: : : :/ll l!
        l:l:l ト、::ト、          / l: : :/ .l! /
        リイ l l: l \       /j  lfl:/ l!
        __l,--ヘ;l--、\     / _/  l!l:l  l!
       /l___ト、l__ヽ、ー―'゙/ \ l!|!
    ./: :: ヽ: : : :レ'゙ ̄ヽニミ_/¨`ヽ_、ヽ
   /: : : : : :l ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : : : : < ̄ ∨/∧
-‐'": : : : : : : ::l   lヽトll: : : : : : : : l/l l ∨//\




                    _ _
                    /'´ ̄ ̄ `
                  //,  --- 、
           ,. -──〈/ ∠  、 __ \
            / 二ニミヽ/´ ̄ヽ 冫‐-\`ー一′
          , イ/´ ̄`// /⌒ソく - 、  \
.      / / / / / ノ / 「 fr‐、. \ \ヽ \
      f  / / /  l / /   ヽ \\ \ トミ\_\                    水を向けられたので、考えていたあれこれを
      j _/ィ' / / !' / 釗! lヽ `_ー--、', `` <`ー                  そのまま話してみた。
    // ! ′/ |l |   | ト、 ヽj\ 丁 ト、! __  -‐`>
  _//   | | |i 八ト、 l | l\_≧⊥_l YZ_,. ィ´
   /  _≠| | |l厶=㍉\ ! l彳f i l ヾ.| 仁二≧′
 ∠ _ー≦三、l |l〃{ リ冫 ヽヽ! ー゙彳/ / / _, イ
     フ/ 人ヽヽⅥ` ¨´        /イ / /ハ リ
     _/イ |ト、.\\      , .     /イli ,ハ{ У
        ヽi」レ^ヽ ト-ヽ  _ _ _,  ∧| { イ
         `⌒)},ハ\  ` 二 ´   イ! }ハヽ、
            イ'′ j}>fト     / !乂ト`ヽ
         ___/  ,ノ!|  `"´   l      \┐
           |  人 ´ (       'ヽ    __」ハ、
       r‐┤{::.::.::\   ヽ      ,′」  ,.ィ´  / 卞、
      /   | ハ::.::.::.::.\ l       ∠ -''::/   /    \
    ィ    { ∧::.::.::.::.::ヽ\_, -''´::.::.::. , ′ 〃      \

390 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:06:19 ID:mQzlQzfc


.                   ____
.                  , <: : : : : : : : : : : : :丶、_
.                ´: : : : : :: : : : : : : : : : : : : :.ミ==−‐-
.            / : : : : : :: : : : : : : : : : : : :, ヘ: :..\
             ': : : : : : : : : : : :: : : : : /. ィ{   ',: : : ヽ                シュテンはしばらく黙っていたが、やがてこう言った。
            / : : : : : : : : : : : :: :/_ ,彡く l{   Vヽiハ
.            ' : : : :__: : : : : : : : 厶爻以ミヽト!、   ぃ い、              「考えこまないのが一番ですよ。考えても
           ,': : :.,´r !::l: : : : : : :.{   `ヾツ`!l   , -、li l iヽ\             仕方のないことはね」
.          i : : :i ー|釗| : : : : ト'、      i '、 {圷、i| l | `、丶
.           i: : : .v l/!::| : : |: :|  \     ! ヽ V^ハi {     \
.          | ,: : : .、ノ_j: |..: : !: :!.         - / '  い.
.          釗l: : : : V i ハ: .}: :|   、__     ハ、 !ぃ'、              「シュテンは考えたことはないの?」
.          |釗: : : :{ 八  、{ヽi.     _ `  、, ,'! ! ハi| \\
.          ! | i: : : :ト、.   i 丶       `丶 / i | |、i|  ヽ
        釗|八:.l: :ト、`ー    > .      ∧ lハ!バ
          ル'  }从{ `        ` ;  __/ `i  !                 「ありますよ。もうやめましたが」
       _____ノ_j         ___j___
      丿 _     l !         | 、     {
   /   `、  , l l       | \    ‘、
  /      ', j 丿 !       丿   ,l      ヽ
ン´, -―――‐} 〃   ,   / ̄   / !      厶__

391 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:06:50 ID:mQzlQzfc


            ,.! |  ,.ゝ    -、     `ニ=-‐-、
         _,/ レ'´       ヽ ⌒i   `',
        -‐7   /        ヽ   ヽ-─┴ァ
        /   / i  _/レ!       、  ヽ//
       ノ   /   /′ }  }ヽ    `、   V `ゝ
        ,ノ r'7′ ,.イーァ=、{  { リヽ、  ヽ  ヽ 丶 \
      f  ノ {   , |:::l.ヽL゚ノ〉゙! {' ,. =- ミ、     ヽ`  }                 「どうして?」
     /ノ`' /オ i リi:::!  ̄  ヽ l.ヽ,{.゚ノノ`i_  ト、  iヽ  !
     l′  〈 r'′ lハ.     ゙{   ̄ ./:} ト;::|_  ト ',. }
         |ノ   '  ヽ `=;;-‐'  ィ´ハ{ ヽ}({ { |.  〉!
         ′,. ‐'''"´:::}ヽ..__,.. - '"_」`ヽ.、    ノ_」  ソ
            >、.::.:::.::ヽ    /:.::::.::::::.::`ゝ  リ
       ,. '´   !:.:.:.:::.:::i  /:.:::.::::.:::::::.:<
      /     |.:.:.:.::.:::.∨:.:::.:::::::.::::::::::.:::::::>-、
    /   ヽ   |:.::.:::.:::::.::::.::::::::::.::::::::::.::::::/ / \
   /\ヽ \ `ヽ、 ヽ:.::.::::.:::::::::.::::::::::::__::::::::/ /   \
   i:::.::::\\ヽ \  ヽ:.::.::::::::.:::::::::::(_)::/ / /   ヽ
   !:::::.::::.::\ヽ\ `ヽ、ヽ:.::.::::.::::::.::::::::::::::/ ///,. -‐  ヽ




         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
        '  : : : : : : : : : : : : :.}: : :|\: : : : : : : : : .:.\_
       i: : : : : : : : : : : : :: : :./|: : :|  \: : : : : : : |` ー=‐-
       |: : : : : : : : : :. : : : , ' !.: ::|    ',:. :.: :.: : .|
       |: : : : : : : : : : :../_,イ : :} 、___V: : : : : |
       |: : : : : : : : : / ̄  |: :/     V: : : : |
       |i: : :ハ : : : :.{.斥云テ''}:/,' 斥云テ''}.: :ハ::!                    「苦労しかしないからですよ」
.       八: :{ V : : :!      / |      |:..:.{ .};                    なんとも言えない表情で、シュテンはそう
         ヽ _} : : :|    ./ .!      !: :.| .|!                    答えた。
          i:. :.: : .|             !.: .:!
          |ノヽ :. |      ` ´      /: ハ.|
            }::从  ` ー ─ ‐''  , ':. :{. !
.            八!| \   ‐-‐  , {八:|
.               |__\    /_!
.            /|\ \` =¨/  ト、
.           /三|三| /`Y´\ イ三i|≧ヵ,___
        _,≪三=.|三三弌≠=彡''¨ ̄¨|三三三三
_____,≪三三/三三| i i iⅤ/// ! ! ! |三三三三
三三三三三三/三三=| i i i |///{ i i i |三三三三

392 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:07:05 ID:mQzlQzfc


                  /三二三\
               /l/////////∧                           その後、『ナナ』がオンギョウに連れて
                  {l///////////l}                           行かれ、再び館に主と従者だけ
                 Ⅵ)////////Ⅳ                           しかいなくなるまで、そう日数は
                 ≦ ////////≧                           かからなかった。
             彡ィ∧/∧/∧ハミ
                  __行Ⅳソ{Ⅵ汽_
.        __ -‐: :¨: : : : : : : : : : : : :¨: :‐- __
       /.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::.\
.      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:ハ
.       |: : : :\:::::/: : : : : : : :.:i:. : : : : :ヽ:::::/: :/: : |
.      |::. : : : .:Y : : : : : : : : : |:::. : : : : :.:∨: :′.: : :|
        |:::::. : : : レ´.::::: : : : : : :!:::::::. : : : :.:l: : : : : : :/
      〉:::::. : : :|::: : : : : : : : : : : : : : : : :::| : : ; : : :.}
      ミ: :ヽ : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : /: : : :|

393 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:07:16 ID:mQzlQzfc


       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


  | ;,,;,|
  | .:.|                                             それからずっと、来客のない日が続いた。
  | .:.|
  | .:.|
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ ____
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    _
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xX
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..==
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll:
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'

394 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:08:06 ID:mQzlQzfc


                ___
         __   ,. ''.´ . . . . . ', ___
         l   ` - 、 . . . . . . . レ'. . . . .ノ
         l   i_ - ''. / . . . . . . . . . .ヽ.-. 、 ____
         |  /. . ./ . . . . . . . . . . . . . . . <     /
      , - ''レ'. . . ./ . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヽ/ /
     /. . . . . . . . . . . . ./. . . . . . . . . . . . . . . . .', /、                  自分は来客がないと仕事がない。
     ! . _. - . . . . . , -(, . . . . . . . . . . ./ . . . ヽ.. ∨. .ヽ                 今日も今日とて、ただぼうっと景色を
     l.(. . . . . . . .(   ). . . . . _ -、.丿. . . . . .i . . . .__ノ                 眺めていた。
    /. . i . . . . ./ ___(. . . . ノ    ヽ. . . . .ノノ. . .ヽ
   /. . . .ゝ. . .ノ      ヽ.ノ  ̄ ̄ ̄ ゝ. . . ノ . . . . .)
  .(. . . 人. . . (   (   __         ゝ. . . . . . . ./
   ヽノ  ヽ. . .ヽ、   ̄   ヽ、 _)    し. . . . ._. ノ
       (. . ( .>,,....,_      _ ,,, .. イ ノ. .ノlノ
       ヽ_-' /  ) ニ=r‐i''      l. .ノ
       , '' 'Y  r.イ/:::::::レ'::\
       i     l-'::::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ _ .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       ヽ _::::, -i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      __    .}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /   Yヽ-.┘::::::::::::::::::::::::::::::::::}___
     ,'    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ
     i.    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    |

395 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:09:11 ID:mQzlQzfc


       (⌒ ヽ
      (     )                                     鬱々とした職務、非道な主。
       (    ヽ⌒ヽ 、
        (          )                                 『メズ』としての人生は酷いものだが、
               , ⌒ヽ.                                こうして見る山々と空の美しさだけは悪くない。
             (    '
             ゝ   `ヽ
              (    ⌒ヽ
              _,,,...:-‐‐=-..,,,_
.、            ,r'":: ::      ::\,,..,、.,                   __,,.. -'''""
::.`'::.、      ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、        __,,.. - ‐‐ ''''"" ..:: :: ..::..
::  :::.`'::.、  ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、--‐‐''''"" ::: :: .::: ...::   ..::.. ...::
..:: ..:::.  ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_ ...:::  ::: ...:::..  ..:: ::__,,,,-‐
 ヾ  ,r'"::::   ;ゞ   ゞ    '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_     __,, - ''"":::.. ::.
ゞヾ; ゞ,;''ゞゞ ,;ゞヾ ,;ゞヾ''';ヾゞ; ::.. ::::... :: " ''''‐- ,..,,,...   __,,,-‐‐''''" ..:: ..::.. .:: ..::..
ヾ ;'''';,,;'''''';; ,;''''';;;''''''; ゞヾ;,,ゞ'''';. . . . . . . , , , , , , , . . . . . . . . , , , , , , , , , , , , . . . .
,,ヾヾ;;ゞi;;;;;i; ゞヾ; ゞ   ヾ;;ゞゞ ゞ'; : :: :,,,::;; ;; :::: :::: :::::;; ;;;: :: :::: ;;:: ::: ;::;;; ;:: ::,: :;;;; ;:: ;;; ;;:: ::
;ゞヾ ヾ ゞi;:,;:, ,、,、  ゞ;; ゞゞ ゞヾ;;;;i ''"~""'' ''""'' ''""'' ''"~""' ''"""'' ''""'' ''""'' ''""
ゞゞ ;ヾゞ , ;;ゞヾ;ゞ  ヾゞ ゞ;ヾ ゞil゙ ''"""~  ~"""'  ''""" ..:::::_::::::.......  ....:::::........::::::.......

396 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:09:48 ID:mQzlQzfc


,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ − ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ  なんとなく、物思いにふける。
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''                                    いずれまた、女性がこの館に
                                       .:: ..'...:⌒`      迷いこむだろう。
                                 .: ...:::⌒` ''      .
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..    前回はほとんど見ているだけ
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::..    だったが、次は自分が一人分を
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .    すべて請け負わないといけない
                                      '' ' 'ー '''  ''    かもしれない。

       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ                  つまり、一人の女性を、牝畜に
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""        なるよう手を打って、手遅れに
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ          させてしまわねばならない、かも
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""    しれない。
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,

397 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:10:25 ID:mQzlQzfc



                                |:
                                |:
                                |:
                                |:                 だが、それは『メズ』の避けられない
                                |:                 業である。
             _________         !:
             ||              ||       |:                 あの日、あの殺風景な部屋で目を
             ||_______||       |:                 覚ました時から、どんな選択をしようと
__________ ||.ヽ           \______|:                 回避しようがなかった宿命。
             ||\.\             \      \
               \.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||      \               自分の人生において、予め定められていた
                 \.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \              唾棄すべき物事だ。
                  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                                         \          つまり、結局のところ、女が来たらやることを
                                        \        やるしかないわけだ。
                                              \

398 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:10:36 ID:mQzlQzfc


                    /'´ ̄ ̄ `
                  //,  --- 、
           ,. -──〈/ ∠  、 __ \
            / 二ニミヽ/´ ̄ヽ 冫‐-\`ー一′
          , イ/´ ̄`// /⌒ソく - 、  \
.      / / / / / ノ / 「 fr‐、. \ \ヽ \
      f  / / /  l / /   ヽ \\ \ トミ\_\
      j _/ィ' / / !' / 釗! lヽ `_ー--、', `` <`ー                  「まったく。誰も来なきゃあいいのに」
    // ! ′/ |l |   | ト、 ヽj\ 丁 ト、! __  -‐`>
  _//   | | |i 八ト、 l | l\_≧⊥_l YZ_,. ィ´                  そんなことを、一人ごちた。
   /  _≠| | |l厶=㍉\ ! l彳f i l ヾ.| 仁二≧′
 ∠ _ー≦三、l |l〃{ リ冫 ヽヽ! ー゙彳/ / / _, イ
     フ/ 人ヽヽⅥ` ¨´        /イ / /ハ リ
     _/イ |ト、.\\      , .     /イli ,ハ{ У
        ヽi」レ^ヽ ト-ヽ  _ _ _,  ∧| { イ
         `⌒)},ハ\  ` 二 ´   イ! }ハヽ、
            イ'′ j}>fト     / !乂ト`ヽ
         ___/  ,ノ!|  `"´   l      \┐
           |  人 ´ (       'ヽ    __」ハ、
       r‐┤{::.::.::\   ヽ      ,′」  ,.ィ´  / 卞、
      /   | ハ::.::.::.::.\ l       ∠ -''::/   /    \
    ィ    { ∧::.::.::.::.::ヽ\_, -''´::.::.::. , ′ 〃      \

399 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 01:11:07 ID:mQzlQzfc





                      牝畜たちが鳴くようです外伝 『メズ』


                            お わ り




.

400祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:13:17 ID:DookLMho
乙でした。
従者の寿命がどうなってるのかはわからんけど、
風変わりな精神を持ってるこのメズは、あまり長いことは
体が持たないんじゃないかなあ、なんて思ったり。

ともかく、ななこさんのエロが濃くてよかったです。

401祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:13:20 ID:ORqvEJ9o


402祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:13:42 ID:l/vUFTBg
乙でしたー

403祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:15:17 ID:8YGs7JWg
乙でしたー

メズは他の従者と違って、色々と考えてるって意味で異彩を放ってますね
ただ、時間がたてば他の従者みたいに、環境になれて考えなくなってしまうのでしょうね……

404祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:15:50 ID:s4EvVnq2
乙でした

館に入って逃げれた人っているのかなあ……
そういう人はそもそも館に迷い込まない気がするけど

405祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:18:39 ID:Q8ICLuDs

メズ視点が良かったw

406祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:25:03 ID:KiHRgbrk
乙でしたー
堪能させていただきました

407祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:28:56 ID:1qGejaEQ


408祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:32:13 ID:kbd9qfb.
>>404
いないんじゃない?
もしいたら、館の正体が明らかになるいうことだから。

第1話を改めて読む限り、多分、女畜に不適当な人は館にたどり着けられないよう、
何重にも心理的な陥穽が張り巡らされている感じがする。

409祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 01:58:19 ID:.Uzpyfp6
これはいい諦観の物語

410祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 05:52:36 ID:IQZXZ.O.
奪う側のレナ達から逆に全てを奪う者が、美しい景色の向こう側から、
やってくるんでしょうね。

411祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 07:18:42 ID:Umm8I8fE
どんな経緯で代替わりが行われたのか気になる
牝畜は歳を取らないけれど、経年劣化がないわけではないでしょう

412 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 19:44:08 ID:Frq9uJyA
>>400
従者もあまり寿命は長くありません。寿命と引き換えに
若さを保っているためです。

>ともかく、ななこさんのエロが濃くてよかったです。
ご利用いただけましたでしょうかw

今回かなりの部分をエロAA自体のエロさに頼ってみたのですが
割とうまく行った気もしており、実は地の文とかセリフって
そこまで必要ないのかもとちょっと思ったり。



>>401
>>402
>>407
どもw


>>403
メズがその後どうなるかは御想像にお任せします。
ただ、春夏と会ったころはまだほぼあのままですね。


>>404
>>408さんもおっしゃっていますが落とせる人しか来ないように
なっていますからねえ。


>>405
ありがとうございます。

しばらく牝畜の外伝は書く気しないなー、と思っていたのですが
メズ視点で行けるんじゃない、と気付いたら
すぱぱっと思いついて書いてしまいました。
時々こういうことがあります。


>>406
お楽しみ頂けましたら幸いですw


>>409
どもw 従者たちはだいたい諦観を持っています。
レナみたいなのが主だとそうならざるをえないというか。


>>410
御想像にお任せします。


>>411
それをほとんどなくす代わりに寿命がごっそりと。
マンガン電池とアルカリ電池の違いと言いますか。

413 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 19:51:42 ID:Frq9uJyA
さて、ともあれ短編も投下しましたことから、現役スレとして居座るのもあれかなということで、
このスレは数日置いて過去ログ送りを申請しようと思います。


ゲーム作りについて考えたことあれこれは、やるとしてもこっちが
終わってからこっちでやろうかと。

【安価エロゲ】金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ 1スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312017940/

414最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

415祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 19:57:25 ID:kmKc.79E
乙っす。

二本平行でも別にいいんだぜw
でも、この館で条件に満たない男はバードって漫画の蛇に負けた
奴みたいになるんだろうな・・・
(ミンチになって農園の肥料・・・)

416最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

417最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

418祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 20:42:51 ID:3o4.mlzE
うーむ。
いっそのこと開き直ったラング=コンジョウの話とかもみたかったなあw

419 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:47:56 ID:Frq9uJyA



牝畜たちが鳴くようです おまけ 『コンジョウ』

420 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:48:10 ID:Frq9uJyA


┌─────────────┐
│コンジョウの朝は早い……     │
└─────────────┘


                  _ __
               ,.'"´    ``ヽ、
             ,r'´              `ヽ、
           ,、ィ'.:.::.               ト、
           j.:;;;!.:.::::.                ゙i ゞ
            j.;ミ、.:.:.:             /,イj!
          }゙ミソ.::_,,、-=-、、,,  _ ,,,_  jィ彡
          〉^リ"´_,,、ィェゥ''゙´ ,斤ェェz、,``iレ'゙{     起きてるのは俺だけか……
          〈 ハ.:.: "  ''"´.:; i;.``''ー    ,イ !    
          ゙iト、!.:.:.   .:,ィ;;;  l!;.、     ノイ,!
           ゝj::',.:.:.:::.:.,r',``^ー''^ `ヽ  ,.:'i_丿
            `|.:::i.:.:..:.:``''ー==='''^ j;:. !
            j.:.:.!.:..、:.  ``二二´ ! !: |
          /|ヽ.:.゙,.:.゙、:.  ー‐一 ,' .,゙: イヽ
           /.:.::::!  ヽ、.:ゝ、,     ノ /:/ |;;;::\
     ,、-‐''/.:.:;;;;;;;;;|   ``ヽ`二二 フ'"´  |;;;;;:.:.:.\‐-、、,
    .:::::/.:.::::::;:;:;;;;;;;ト、     /;;;;:;::::::ハ    /l;;;;;;;;:;:;:;;::\;:;:;.
    :/.:.:.:.::::;;;;;;;;;;;;;;| ヽ   /ヾ;;;:;:;:/ ,!   / !;;:;:;:;::;;:;:.::.:..ヾ;

421 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:48:21 ID:Frq9uJyA


┌─────────────────────┐
│彼の一日は朝一番の畜舎の掃除から始まる。     │
└─────────────────────┘



       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 寝床から干し草が飛び出ていてワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ   .| 寝ていても寝床を乱さないのが
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"   < 寝相のいい牛なんだよな。
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 寝相のわるい牛はこれだから困る。
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \____________________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_
    :|     `'7"""""ヽ       |





┌───────────────────────┐
│それが終われば各家畜への餌やり。             │
│これも時間が決まっているので気を抜けない。        │
└───────────────────────┘



    ;;;;;;;;;ヽ.     ,、,、、、
  //;;;;;;;;;;ヽヽ    >-,〉
 ///;;;;;;;;;;==ヽヽ,,,,,-,',,,,,,,,了  コケー
 |l!゙   ''!illllli゙/  ノノノノノl
 |l    ゙!il!゙/    ./ノノノ
      ヽヽ,,,,,,,,/ノノノ
       ヽllノノノノノ
         |/.|/
          ´k´k


        _________
       /              \ -、
   ,、_,ノ                   ゙,ノ   ブヒー
   `‐、_      、              |
   r‐゙。      |       _    |
    |iヽ   ヽ   /、_____/ヽ ノ
   `┴─‐'´| /ノ       / ノ | /
        (,_ノ"        `" (_ノ

422 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:48:39 ID:Frq9uJyA


┌───────────────────────┐
│そのあとは動物たちを運動させる必要もある。      │
│運動不足は家畜にとっても大敵なのだ。          │
└───────────────────────┘


      ,ノ⌒\_
     /^ヽ  ヽ  >' ̄ノ__
    `ー1 r= }  レ厂{ヽ\    ンモー
       ト、 ノ   ヽ  丶`〈
        | ヽ Yぅ ィ   ! |
        |  {ヽ=='   〈  |
       |  l  ,'    / /
      |   !!     }イ
      ヽ 、 l  / 〈|
       | |ヽレ'|  〈 |
        ハ〉l   V | 〉
       〉{ ,〉   | 〈〈
        / 〈┘  〈 〈¨
       └'-'    └'┘




┌────────────────────────┐
│休憩ももちろんある。                        │
│動物たちがのんびりと放牧地で草を食むのを見ながら   │
│川から汲んできた水を飲むのが彼の日課だ。         │
└────────────────────────┘



        ヽミ;'''"´ニ 二三三! : .:. :     ``丶、
        ノノニ二三三三三{ : .:. :.         `ヽ
        ,ハニ二三三三三ヲ: .: .:.:.   u.       ゙、
        ,ハヾミミ,r'⌒ヾ云ヲ:. :. :. :.               ',
       ,ハミミミ/   lヲ´. :. :. :.:.:.:. ‐-、、,,,,        !
        〈 ミミミ! 〈 〈. :.: .: .: .: .:.    :. .:.``ヾミ;、,,   1         ふー
       V ミミミ゙、 い.::.:;.        ` ,,r== ..㍊'′,,、1
       V.:.ミシ入_/.:.:.:..:'、          ̄´.:.;;  ,斤シ′
         `y''"´.:.:/.:.:.:.:.:..:;i           ...:.:.:;:;  i::Y
        /.;;;;;.:..:;′.:.:.:.:.:.;: 、    ,,,,,,. ィ´,,, .:;, _,」 !
        ./;:;;;;;;;.:.::;..:.:.:.:.:.:.:.:  ';. '" ・-、、,,. ``' 了/
     /.:::. ``ヽ、';:.:.:.:.:.:.:.:.  l.       `` < /
   __/.:;:;;;;;;:.`丶、 `ヽ、:.:.:.:.   |     ー,.;;;;;'  /
 .:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.、  ヽ、:.:.:::;:,          /
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;.、  `ヾ.:.゙.、.     ,r'
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;、   `ヾ;;;;:.:、,.;彡
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.、     /⌒ヽ〈
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ  /.:.:.:.:.:.:い

423 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:48:54 ID:Frq9uJyA


┌───────────────────┐
│日が沈む前に、動物たちを畜舎に戻す。     │
│その後はまた餌やりと掃除の繰り返しだ。    │
└───────────────────┘

                                   ...::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::....
                                 ...:;''''        '';;;:::...
                                ...;;;''           ''';;;:::...
                                  ...::;;;''              '';;::
                    ..........::::::::::::::::::::::::::::::;;'                ';;::::::::
            ..........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;'                  ;:::::::
  ............................::::::::::::::::_,,,...:-‐‐=-..,,,_::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,.. - ‐‐ ''''"
.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r'";; ;;      ;;\,,:::::,:::::::::::::::::::::::::::::::__,,.. - ‐‐ ''''"";;;;,,,, ,,;;;;;;;;;;,,,,,
;;;,`';;.、::::::::::::::::::::::,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`';;.、--‐‐''''""';;; ;; ,;;; ;;;;;  ,,,;;; ;,,,;;
;;  ;;;,`';;.、:::::::::,:r';;; ;; ,;;; ;;          ;;  ;;;,`';;.、 ;;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;;;;;;  ,,,,;;;
,,;; ,,;;;,  ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  :; ;; ;;, ;;`';;、_ ,,,, ,,,,,,;;;;; , ;;; ;;;
 ;;;;  ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ;; ;;`';;、_          __,, - ''""
;;;; ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... ,-‐‐''''",,;; ,,;;;, ,;;
,r'";;;,,,,,, ;;;;;,,,,,,,,;;;;;; ,,,               _,, - ''" ""'''"" `'' -,.. ,,;; ,,;;;, ,,,, ;; ;;

424 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:49:20 ID:Frq9uJyA


┌──────────────────────────────┐
│毎日、休みなくこれが繰り返される。                        │
│1年365日朝から晩まで、家畜の世話は継続あるのみなのだ……。   │
└──────────────────────────────┘


..;;;;;;;;;;;;;;;;;.    ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.     .;;;;;;;;;;;;;;;;;.     ..;;;;;;;;;;;;;;;;;.    ..;;;;;;;;;;;;;;;;;
゙''ー---‐'"   ゙''ー---‐'"   ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'"    ゙''ー---‐'
;;;;;;;..   ;;;;;;;;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐'"   ゙''ー--‐'"   ゙''ー--‐'"   ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'"    ゙''ー--‐'
 .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;.   .;;;;;;;;;;;;;;.     .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;;;;;.    .;;;;;;;;;;    .;;;;;;;;;
   .;;;;;;;;.     .;;;;;;;;.     .;;;;;;;;.       .;;;;;;;;.      .;;;;;;;;
.;;;;;.   .;;;;;.      .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.      .;;;;;      .;;;;;.    .;;;;;
..,,,_     .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.      .;;;;;       .;;;;;.       .;;;;;
 : ゙゙"'ー-、,,、   .;;;;;.       .;;;;;.       .;;;;;.     .;;;;;       .;;;;;.       .;;;;;
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、  ... .::::.. . . ;;;;..:: : :.. .  ..;;;;.. ::: :::: ;;;;. :.  ... .::::;;;;.. . . .:: : :.. . ..
: : : : : : : :       `゙'-、、 ... .::::.. . . .:: : :.. . ... : ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::: :: :. :: ::
 : : : : : : : :        `ー--,. ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::     :::: :: :.  ... .::::.. . . .:: : :.
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、. . .:: : :.. . ... :::     :::: :: :.  ... .::::.. . . .:: : :.. . ..
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,__ ... .::::.. . . .::   :: :: :.  ...,,,,-‐'゛~゙"'ー- .:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙゙::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―--::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .

425 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:51:09 ID:Frq9uJyA

┌───────────────────┐
│だが彼のこんな地道な努力により、         │
│こんな山奥でも肉料理が出せるのである。    │
└───────────────────┘


                  _ __
               ,.'"´    ``ヽ、
             ,r'´              `ヽ、
           ,、ィ'.:.::.               ト、
           j.:;;;!.:.::::.                ゙i ゞ
            j.;ミ、.:.:.:             /,イj!
          }゙ミソ.::_,,、-=-、、,,  _ ,,,_  jィ彡       ようやく一日の仕事が終わった……。
          〉^リ"´_,,、ィェゥ''゙´ ,斤ェェz、,``iレ'゙{       オナニーでもするか。
          〈 ハ.:.: "  ''"´.:; i;.``''ー    ,イ !      
          ゙iト、!.:.:.   .:,ィ;;;  l!;.、     ノイ,!
           ゝj::',.:.:.:::.:.,r',``^ー''^ `ヽ  ,.:'i_丿
            `|.:::i.:.:..:.:``''ー==='''^ j;:. !
            j.:.:.!.:..、:.  ``二二´ ! !: |
          /|ヽ.:.゙,.:.゙、:.  ー‐一 ,' .,゙: イヽ
           /.:.::::!  ヽ、.:ゝ、,     ノ /:/ |;;;::\
     ,、-‐''/.:.:;;;;;;;;;|   ``ヽ`二二 フ'"´  |;;;;;:.:.:.\‐-、、,
    .:::::/.:.::::::;:;:;;;;;;;ト、     /;;;;:;::::::ハ    /l;;;;;;;;:;:;:;;::\;:;:;.
    :/.:.:.:.::::;;;;;;;;;;;;;;| ヽ   /ヾ;;;:;:;:/ ,!   / !;;:;:;:;::;;:;:.::.:..ヾ;

426 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:51:54 ID:Frq9uJyA


牝畜たちが鳴くようです おまけ 『コンジョウ』


>>418
ふぉーゆー

.

427祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 21:52:38 ID:3o4.mlzE
何かが違うwwwwwww

でも有難うwwwwwwwww

428祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 21:52:41 ID:R8xpUAo.
オナニーするのかよwww
まあ、獲物がいないときは暇なもんだしな

429 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 21:52:45 ID:Frq9uJyA
>>415
そらもうぐしゃぐしゃと。
男女で来た日にはかなり凄惨です。

430祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:00:47 ID:3o4AG0vU
乙でした。
牝畜がいないときはオナニーするしかないだろうしなあ。
コンジョウは特に性欲が強そうだしw

431 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 22:03:04 ID:Frq9uJyA
>>427
やっつけで失礼w


>>428
あの館、来客がないと処理は自分でするしかないんですよね

432 ◆5OveIraQkk:2011/08/02(火) 22:03:43 ID:Frq9uJyA
>>430
はい、彼は溜まりやすいのもあります。

433祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:06:24 ID:KbziLwgE

牝畜抜きにしたら牧歌的だww

434祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:07:35 ID:kmKc.79E
癒し枠ってのが嫌だw

435祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:12:20 ID:kmKc.79E
>>429
牝畜に寝取らせて
バラバラにしてから調理ってか…

436祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:18:08 ID:OQwkbbFM
牝畜と一緒に来た男が牝畜用のエサになったりとかな

437祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:44:21 ID:MJVF/8Qc
乙です。
静かな諦観の雰囲気がいいねぇ、と思って読んでたら、いきなり
健康的な話になってわろたw

438祭りの準備はOKかお:2011/08/02(火) 22:47:31 ID:8I81vnAk
乙。
ものすごい平和だったなw

439祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 02:33:13 ID:n8BKQh7Q
すいません、くるスレ間違えました

440祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 09:00:13 ID:sVnK/oBI
乙です

コンジョウさんマジ牧場長
メズ外伝でも思ったんだけど従者いい人多すぎだろw

441祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 09:13:19 ID:TG6LTLA2
悪人が従者になるわけじゃないんだろうしね
牝畜同様、レナの眼鏡に叶った適性者がそうなるんだろうなあ。

442祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 11:30:50 ID:aof8sWmE
やべぇ男女で来た時の話とかみたいwwwww
にしても……自由がロクニない以外はちょっとあこがれる生活だなぁコンジョウ

443祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 15:16:17 ID:LBLC7NG6
オッサンの生活が健全すぎて和んだ

444祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 15:22:49 ID:TG6LTLA2
そういえば、やる夫が自分の牝畜を欲しいと
娼館の女将に打診して、すげなくあしらわれていたけれども、
「あたら命を無駄にするな」ってことなんだろうなあ。

445祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 17:54:11 ID:T/g3AO6.
話し全体は牝畜物語なのにコンジョウさんだけ普段は牧場物語してるwww

446祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 20:19:44 ID:c/8ZBLJs
女っ気ないときは普通のおっさんだなw

447祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 20:22:44 ID:ZWBMIyRo
むしろ勤勉ですらあると言えようwwww
コンジョウさんの日々の努力があるから牝畜のあの肉体が出来上がると言えようwwww

448祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 20:25:23 ID:yyaxFA0.
”大丈夫 コンジョウが調教した牝畜だよ”

449 ◆5OveIraQkk:2011/08/03(水) 20:30:09 ID:CCcBlL/s
こうですねわかります


┌────────────────────────────────────┐
│                                                      │
│   ○○県産     牝  畜                                      │
│                                                      │
├────────────────────────────────────┤
│私が丹精込めて育てました                                        │
│                                                      │
│                                                      │
│.、        ヽミ;'''"´ニ 二三三! : .:. :     ``丶、                __,,.. -'''""    │
│::.`'::.、     ノノニ二三三三三{ : .:. :.         `ヽ      __,,.. - ‐‐ ''''"" ..:: :: ..::..     │
│::  :::.`'::.、  ,ハニ二三三三三ヲ: .: .:.:.           ゙、-‐‐''''"" ::: :: .::: ...::   ..::.. ...::     │
│..:: ..:::.  ,r',ハヾミミ,r'⌒ヾ云ヲ:. :. :. :.               ',:、_ ...:::  ::: ...:::..  ..:: ::__,,,,-‐    │
│ ヾ  ,r'"::,ハミミミ/   lヲ´. :. :. :.:.:.:. ‐-、、,,,,        !. ::`'::、_     __,, - ''"":::.. ::.    │
│ゞヾ; ゞ,;''ゞ〈 ミミミ! 〈 〈. :.: .: .: .: .:.    :. .:.``ヾミ;、,,   1   __,,,-‐‐''''" ..:: ..::.. .:: ..::..    │
│ヾ ;'''';,,;'''''';V ミミミ゙、 い.::.:;.        ` ,,r== ..㍊'′,,、1. . . . . . , , , , , , , , , , , , . . . .    │
│,,ヾヾ;;ゞi;;;;;i; V.:.ミシ入_/.:.:.:..:'、          ̄´.:.;;  ,斤シ′:: :::: ;;:: ::: ;::;;; ;:: ::,: :;;;; ;:: ;;; ;;:: ::   │
│;ゞヾ ヾ ゞi;:,;:,`y''"´.:.:/.:.:.:.:.:..:;i           ...:.:.:;:;  i::Y'' ''"~""' ''"""'' ''""'' ''""'' ''""   │
│ゞゞ ;ヾゞ , ;;ゞ/.;;;;;.:..:;′.:.:.:.:.:.;: 、    ,,,,,,. ィ´,,, .:;, _,」 !''""" ..:::::_::::::.......  ....:::::........::::::.......   │
│       ./;:;;;;;;;.:.::;..:.:.:.:.:.:.:.:  ';. '" ・-、、,,. ``' 了/                       │
│     /.:::. ``ヽ、';:.:.:.:.:.:.:.:.  l.       `` < /                        │
│   __/.:;:;;;;;;:.`丶、 `ヽ、:.:.:.:.   |     ー,.;;;;;'  /                           │
│ .:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.、  ヽ、:.:.:::;:,          /                           │
│ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;.、  `ヾ.:.゙.、.     ,r'                             │
│ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;、   `ヾ;;;;:.:、,.;彡                           │
│ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.、     /⌒ヽ〈                           │
│ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ  /.:.:.:.:.:.:い                             │
└────────────────────────────────────┘

450 ◆5OveIraQkk:2011/08/03(水) 20:30:51 ID:CCcBlL/s
安価スレの準備があるのでレスは後にさせてください。

451祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 20:31:12 ID:.PkjiAyM
高いから買えないじゃないですかwww

452祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 20:33:18 ID:pyY7SoB6
牝蓄ってレナたちが独占してるの?
それとも他にもそういう事してる奴らがいたりする?

453祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 20:39:49 ID:c/8ZBLJs
すげえいい笑顔で写ってそうwww

454祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 21:11:36 ID:CYunH17k
ブラボー!ブラボー!
指笛ピーピー!
ななこ先生がここまでエロくなるとは思わなかったわ・・・

455祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 21:36:03 ID:eoj7TMpo
乙です、相変わらずスレ主殿は描写自体はさらりとしているのに内容はでろんとしてますなw
エロでは無くエロスな雰囲気で大変美味しゅうございます。

そしてコンジョウさんの一日が健康的すぎてワロタ。
ギャップがあまりにも卑怯すぎるw

安価スレも楽しませて頂きます。

456祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 21:43:21 ID:tW1TBYwg
コンジョウさん勤勉すぎワロタwwww
ちょっと癒されたのが悔しいw

457祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 21:58:18 ID:aof8sWmE
クッソ平穏を感じたwwwwwwwww

458祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 22:29:20 ID:bTD..iO.
>>449
色々と吹き出しちゃいけないもの吹いたじゃないかwww

459祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 22:45:57 ID:LBLC7NG6
「あー、あのコンジョウさんところの牝畜なら安心ね」

460祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 23:07:37 ID:82I4qgBk
そんな会話が娼館でされてたら嫌すぎるwwww

461祭りの準備はOKかお:2011/08/03(水) 23:14:57 ID:yyaxFA0.
本編で春夏さんに忌避されていたのが遠い幻のようだ

462 ◆5OveIraQkk:2011/08/03(水) 23:25:16 ID:CCcBlL/s
>>433
>>434
>>437
>>438
>>443
牝畜が関係しなければとても平穏な農村の一日ですw



>>436
うへぇ……。



>>440
主がぶっ飛んでるだけに部下は良い人が多いという……。


>>441
ということですね。


>>442
ちょっとシャレにならないことになるのでさすがに。





>>444
ですね。ベアトは真相を知ってるわけじゃないですが
経験則でヤバいと勘づいてます。


>>445
そしてシュテンはもやしもんですw


>>446
レナは従者にかなり無関心なので
命令の範囲内なら好きにできるんですね。
まあ来る命令はろくなものがないのですが。


>>447
たしかにww彼の地道な積み重ねによってあの豊満な肉体が作られてますよね。


>>451
トレーサビリティもばっちりの高級品なのです(キリッ


>>452
もろ独占ですね。レナしか作りませんしあんなの。


>>453
最高のスマイルです。


>>454
ご利用頂けましたでしょうかw


>>455
あまりに内容がきっついので淡々と書かないと
やってられないという説もありますw

安価スレのほうもよろしくお願いいたします。



>>456
>>457
平和なときは平和な生活ですw



>>458
>>459
そのレスで自分も吹きましたw
何も飲んでなくて良かったw


>>460
頭抱えますねーw


>>461
ま、女が絡みますと彼はね……。

463祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 05:50:54 ID:vjGjvLpE
>そしてシュテンはもやしもんですw

想像したら、鼻唄歌いながらタライの中の葡萄を踏み潰すシュテンの姿が…

464祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 08:45:27 ID:kJM3giCs
>>463
やwwwwめwwwwろwwww

465祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 09:10:16 ID:v5ZWx5ac
酒造と酪農は完璧だから後は農園だな。

メズが野菜作り始めれば気も紛れるよ

466祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 10:12:48 ID:64/Migso
絵とか陶芸もいいかもしれないな

467祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 11:16:45 ID:pNXpnsEo
>>465
池作って養殖始めようずw

468祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 11:18:42 ID:rLHCGcF2
唐辛子と大豆を育てて麻婆豆腐を作るオンギョウさんを想像しちゃったじゃないかw

469祭りの準備はOKかお:2011/08/04(木) 14:10:28 ID:HNplrHJk
乙様

470 ◆5OveIraQkk:2011/08/05(金) 21:24:07 ID:zraxoCwY
>>463
嫌過ぎるw でもたしかに普段は女性がいませんね……。


>>465
>>466
>>467
やろうと思えばできなくはないんですよねw


>>468
案外似合うかもしれません。原作も一人暮らしが長かったようですし。


>>469
どもw

471 ◆5OveIraQkk:2011/08/05(金) 21:25:43 ID:zraxoCwY
さて、そろそろこのスレは過去ログ送りを申請しようと
思います。

なにか用事がありましたらこちらへお願いします。
トリップがここと異なりますが1は同じ人間です。


【安価エロゲ】金糸雀のマスターは鬼作さんのようですⅡ 2スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312385212/

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■