■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その28【募集中】
1名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 03:50:20 ID:gii1Mnpo
ここは、「自分のスレを評価して欲しい」、「依頼されたスレを評価したい」という方が集う場所です。
最低限のマナーを守った書き込みをお願いいたします。

基本的には依頼された作品(過去に依頼・評価された作品でも可)を評価することにします。
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  評価を依頼したい方へ    ..┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●作品名とその作品のアドレスを書いて下さい。(必須)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (2スレ目、3スレ目…とお持ちの方は、現行スレだけでなく1スレ目も提示してください)

    ●評価内容を指定してください。お任せでもOKです。

      □評価方針   甘口・辛口・おまかせ
      □評価スタイル   AA付・文章のみ・おまかせ
      □AAの改変具体例   必要・不要・おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等
        ※この辺りを具体的に表示しておくと評価する側もやりやすいかも?


    ●自分の依頼が忘れられてそうな場合は、指摘してください。アピールがあれば早く評価されるかも?

    ●評価されるまで時間がかかることがあります(特に長編)。ゆっくりお待ち下さい。

    ●評価人は、主観的な評価をすることが多いです。意見の1つとして参考にしてください。

    ●一度評価してもらった作品を、再度評価依頼することもOKです。
      以前された評価への誘導があればなお良いかもしれません。

    ●評価依頼の際には、依頼するスレで使用する酉等を用いて自己証明してください。
      酉をお持ちでない方は、IDが変わらないうちに依頼すると皆ハッピーです。

    ●指名表明していない評価人の指名はご遠慮ください。

   評価内容は、あくまで参考程度とお考えください。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~
   『評価は明日の投下の為の糧』
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  評価をしてくださる方へ   .....┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●依頼対象をじっくり読んでから評価してください。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ●辛口依頼をされていない場合、辛口は遠慮ください。
                ※また辛口と悪口は違います。ご注意ください。
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ●評価内容は客観性を担保できるように心掛けてください。

    ●評価内容は依頼した方の為になるものとなるよう心掛けてください。

    ●他の評価人が評価した内容を評価するのもOKです。

    ●評価を投下する前に、内容を確認して依頼した方がどう受け止められるか、
      チェックすることをお勧めします。
      文章では自分の意図は思った以上に他人には伝わらないことがあります。

    ●評価の仕方は基本的に自由です。気軽に評価していってね!!


   以上を心がけましょう。
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━┓
┃閲覧者の方々へ┃
┗━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●このスレの中での議論は、依頼人にとっても評価人にとっても居心地の悪いものです。
      議論が発生しそうな場合は以下のスレに移動してください。


      派生議論総合スレ
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278932656/

                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 03:50:34 ID:gii1Mnpo
┏━━━━━━━━━━━┓
┃ 前スレ (その27)    .┃
┗━━━━━━━━━━━┛
【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その27【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/


┏━━━━━━━┓
┃ 過去スレ    .┃
┗━━━━━━━┛

【金糸雀と】やる夫スレを評価するスレ【その他が】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235999157/

【依頼】やる夫スレを評価するスレ その2【お待ちしてます】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1236753483/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その3【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238030319/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その4【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242173154/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その5【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244051236/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その6【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その7【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その8【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248240682/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その9【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その10【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250756053/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その11【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254940811/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その12【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その13【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その14【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その15【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264853909/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その16【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1266030149/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その17【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1267194320/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その18【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その19【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272452856/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その20【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その21【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その22【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その23【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その24【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その25【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その26【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/

3名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 03:50:48 ID:gii1Mnpo
┌─────────────────────────────┐
│やる夫スレの作り方                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1268728839/    .│
│                                           .│
│やる夫スレのはじめかた                            .│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255381884/    .│
│                                           .│
│【AA】(´д`)Edit【初心者歓迎】                       .│
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1232413120/         ..│
│                                           .│
│やる夫初心者スレ6                             ....│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285080286/    .│
│                                           .│
│翠星夫で学ぶAA改変                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264249424/    .│
│                                           .│
│気軽に投下して練習したいなら                        │
│中篇、短編投下所49                             ..│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290209033/    .│
│                                           .│
│金糸雀とAA改変のお話して欲しいかしら                  .│
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1248869927.html     │
│                                           .│
│金糸雀とAAのお話して欲しいかしら                   ......│
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1256964717.html     │
│                                           .│
│みっちゃんにAAのお話して欲しいかしら                   .│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1273356426/    .│
│                                           .│
│みっちゃんとAAのお話をして欲しいかしら 2                │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1292238323/    .│
└─────────────────────────────┘

4名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 03:51:02 ID:gii1Mnpo
◇やる夫が0からはじめるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/749

◇【東京魔人】やる夫が黄龍の器になるようです【学園剣風帖】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/286

◇やる夫と彼女と見えないアイツ
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/346

◇やる夫は混沌王を目指すようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/535

◇できる夫は全てを失ったようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/801

◇【天羅】やる夫は因縁に生き業に死すようです【万象・零】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/929

◇この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/957

◇宇宙の運び屋、やる夫一家!
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/958

◇やる夫が『沈黙の暗殺者』について調べるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/962,977

5名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 03:51:29 ID:gii1Mnpo
>>4は未評価リストです

テンプレは以上

6名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 03:53:54 ID:gii1Mnpo
ミスに気がついた…

>>3は【スレ作りの参考になるスレのご紹介】です。

7名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 04:06:21 ID:nhuLwsgg
乙!

8名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 14:06:24 ID:uPIFZFtY

短編ですが意見が欲しくて依頼させていただきます

  『3つのメリークリスマス』

  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292776987/308-386


      □評価方針        おまかせします
      □評価スタイル      おまかせします
      □AAの改変具体例     おまかせします
      □その他要望・見てほしいポイント等

       ・話のテンポはよかったか?
       ・キャラは立っているか。 ストーリー上の工夫など
       ・どこか追加したほうがいい部分、削ったほうがいい部分はないか?
       ・最後の部分が駆け足気味だったけどうまくオチがつけていたか?
       その他感想などがあれば嬉しいです

9名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:53:18 ID:5K1.wAg2
15レスお邪魔します。

10名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:54:13 ID:5K1.wAg2


_    ,、-'t,,、-、_/|                              、   ,,,,,,、-'"t     ..:::::
)  ̄ ̄        /                   、,,ni、rj、,,r、,     r'~~~     `'ー'| .:::'' ..::::..'''::
  そ  土 そ    了                 (レ'"     ~''-,   i'~ 知 何 み   |.::: ,ry'''i/)::
  れ  曜 う      |                 ,{''` ,,, ,, ,,,,、 从  イ,  |  っ の な   |r'Y ノ./ー,' ::
  以  日  ・      |                ミj,ミ、,iツ(Y、iirリイ''ノ、,}  ノ  て 日 今  |,ノ''リ ノ ,,r ::'' ::
  外  だ  ・       |                'i ミ' ::~'':'、iir''イ"''〉"リ  |  お で 日  |{ ~j .リ__ i ,,'~'i ::
  何   // ・     〉                i{,i| ;;、ti;(从ノ,_,'、''j,,イ ノ  る  あ は  | ー',,"-ー't(  ', ::
  も  ・・       .,>              ,r/ヽ't`""'ミ|~ミ''''''"イ)/ー-ヽ.  か る       〉}  ,、 ''~  / ::
  無         /   ,, 、、、、,,、r-ー――r―';/'"i |t " 、,j,/" ''/イヽ' 、;;;;i //  か    /'i/)ヽ'"  r' ::
  い       _( ,、-'"::::::::::::::::~' 、''"""''ヽ|;;;;'i ,、'":ヽ ー==- ,i':::リ;;;;;)'ヽ,|.・・      .,、-'./ー,':::::  / ::
  !!      ._)  (;;;:::::::::: ::::::::::::::::~'ー、三ーヽ;;t  ::::::'、"、~ /:: ::リ|ii;;;| ,t|,、-'),、-―、/'リ ノ ,,r::: / ::
~'''''i  __(    ,r'~'''''ー- 、、;;;;;;;::::::::::ヽ,三=::;ヽ ::::: :'''''''":::''::: :::リ;;;;ヽ"::ヽ ,ry'''i/) ~j .リ__ i ,'~'i ::
  |/        iリ ::'"    ::::: ::::,~ー、 ,、ー、 ,i;;`'、;;;;,、、、、 , -、 ,ー、;;;;;;|ir ,r'Y ノ./ー,''. ー',,"-ー't,i  i ::
       , ー、 ,,、ー、:::   ::r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、;;r'~'i /、,,,ノ/、, /~)リ ,' ,ノ''リ ノ ,,r~''"} :::,、 ''~ / ::
   r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、:j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ;;j ;;イ./,,, //, /,、/;/ i ー{ ~j .リ__ i ,'~'i /:::: r' ::  r''ヽ
   j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ:i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '";;;;;j、-tj r'''レ::~'/ /;ノ'=i -' ー',,"-ー't,i  ',、 ,、-'" r''ヽr''ヽ( ヽ
   i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '"::::,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ ー(、,,,,iー' ー'' 二,,,,,,(~ ヽ,,ノ ~''"}  ,、 ''~ /''";;; ,,ti''ヽr''ヽ, ヽ
   ,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ  :::::j ~'''''''""  ,,,、-~ノ    j ~''''''"" ,,,、-イヽ ''||   ヽ /   r'::::::, '( . '、 ''t,, ', r 、',
 ,r"j ~'''''''""  ,,,、-~ヽ ::::::::/:::  :::::~'''~   ヽ-("~,)/:::  ::::~''~  t /、(:、,,,,ソ、、 ,、-"::,、 '"  ヽー',〉-.〉 |.| .i
,、"'/:::  :::::~'''~   ア~'Y'"~_,) ),,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、ー'"   t,,;;;; ,,;;; ,,、 '"'、;;;;`''ーー,、-'":::,,、 "_、,'''' 、 {ー ''ー t,,,,ii'ー|:
: 从;;;;;;;;,,,,,,,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、、ー'"~'ー-- ーヲ''''ヲー'i ::::~'ー-- ーヲ''''ヲ'" '、,,,,,, ,、-ー'"::::::,、'"  (  ' 、,,,、''~ ~'''''ー、  :
:ヽミ;;`'''ー--- ーヲ''''",('''"(~'ー---ー''''"-'"从:::' 、;;;;;;r、;;;;;; 、-'"'ー 、~'''''',、 '":::::::::::,、 '"    `'-、   ~';;、 '' リ:: :
   _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__
  __,ノ
   ). 今宵も平常運転でスレを評価してくれよう!!
  ソ.  今回のお題はこれだ!!
 ,)
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´`


【作品名】
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
1スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1285668984/
4スレ目(現行):ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1292514929/

11名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:54:55 ID:5K1.wAg2


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ              評価に入る前に…
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|              まずは俺の中の人からの言葉を
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ     掲載させてもらう。
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"





┏                                                         ┓
  お母様の突然の御不幸、お悔やみ申し上げます。

  かねてよりスレを拝読していた一人として、続きが待ち遠しくはありますが、
  まずはご自身の心身と身辺の事を優先させてください。

  その上で、また再びやる夫界隈に戻ってきていただければ
  一読者としてこれほど嬉しい事はありませんが、
  もし生活環境の変化の影響でエタるような事となっても、誰にも責める権利はありません。

  どうかご無理のなきよう。
  この評価に対しても、返答のレスは無くてもかまいません。
┗                                                         ┛

12名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:55:31 ID:5K1.wAg2


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、      では改めて…ひとつずつ評価ポイントを
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;      見ていくとしようではないか。
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--      まず第一のポイントはこれだ!
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┏                                                                        ┓
 □その他要望・見てほしいポイント等
 ・主人公は魅力的か?
 (主人公が剣の達人、拳も達人、術は最強。
  さらに国の最高権力者であり、複数の女性から好意を寄せられ、しかもイケメン(?)というチートのカタマリだが、
  嫌味に感じないか?)
┗                                                                     ┛

13名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:56:12 ID:5K1.wAg2


            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν       ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν        )
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν      ‐=、´   大丈夫だ、問題ない!!
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν        )
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ       , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ..       確かに強いしモテるしチートの塊のような主人公だが、
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ       その強さは全て、国のため、世界のため、
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.        そして大切な人々とおっぱいの為にのみ振るわれている!
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ          これほど明確に一本筋の通った主人公はそういない!
      _ ー l⌒\´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ             ほどよいおバカ・お茶目要素もあいまって、
   / / / !   ヽ  巛  彡   〃ミミ ヽ_       実に魅力的なヒーローだと思うぞ!!
 /!!!/!!!/〃 /   /   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/  /⌒ト、/ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!!r-='´     ヽヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/|    _∠ ノ |  ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \
    } ⌒´     `V
    〉       -‐く
    ヽ   ̄      /
    ハ      /|/
   7 |     ̄ , /l
 /¨l| 、    /ノ
 l  lト-ゝ==- '´丁
  \l|       /

14名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:56:51 ID:5K1.wAg2


        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ        …まあ、帝国の敵に回った者への苛烈な仕打ちや、
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν       敵に回れば肉親でも容赦しない面については、
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ        見る者によっては賛否両論あるかもしれぬ。
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ         だが、俺はそういう冷静で徹底的な一面も含めて
       | | Z ´ ν     Z  | | ν         ヤンヨ帝のキャラクター性なのだと読み取った。
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
       |ミ    ミ    /    ミ











 {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ
ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
 ` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__      
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ      恐らく、うぬが描きたかったのは、
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ      スティーブン・セガールに代表されるような、
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ-−':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ.      「無敵のヒーロー」なのであろう。
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |       だから、今のままでよいのだ!
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,       なるほど、奴は確かに無敵の最強キャラよ。
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /         だがその無敵の力で、人類と帝国に害なす者を
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡      徹底的に叩き潰す。
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::           だからこそ、良いのだ!
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::       胸がすくようなスカッとした気持ちで見られるのだ!
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::       今更、少しばかり敵の卑怯な策に嵌ったりしたとて
          li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ         動揺などされても困るというのが正直な所だ。
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l'' 
            ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::  ,'::::::::::::::,/

15名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:57:32 ID:5K1.wAg2

┏                                                                ┓
 ・七英雄の絶望的な強さを表現できているか?
  (人類が束になっても敵わない&皇帝以外に対抗できる戦力が存在しないという形になっているか?)
┗                                                               ┛


                     \:::::::ヽ    l:::::l   !:::|.   l:::|
                        ヽ::::::ヘ   l:::::|  ;::::|.  }:::l
                           ',::::::ヘ _ 」::::L _/:::::}.  ,'::::l
                        , ゝ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:: >' 、/ :::;'
                    ∠:::::iレ:::.:...     ..:.:.::ヽ/
                        /   .:.::゙::::.:.:.:.:..    .:.:.::::::ヘ
                   /.........:.:::ll:::.:.:.:.:.....:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:::::ヘ
                    / __ /~ゝ、::::_____ .:.:.:.:.:.::::∧
                      {::∨//.会目会 Y///∨-、.:.:.:::::;::::ゝ、
                   ,イ:::::∨/∧,目ゝ,////∨ゝく::::::::/::::〆..`‐- _
              ..,ィチ:} l (_jゝ=ニi目/ム== (_ )( _ソ:::::::/:::..     > 、      この点に関しては、少々苦しい。
.             .. < ::::::::::::| tー ( ( Y⌒) ) )ソ -‐=‐」::::::/:::::::.......       ヽ
           /   :::::::::::::::{ rー==ミ'ー彡ィ-三二 ̄ヽ.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.....    ヽ
          /................::::::::::::::ム.ヘ弋竺ァゞY ヒ"゙tァテミ ,-ヘ:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...   ∧  確かに、七英雄の強さは伝わる。
       / ::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽヘ::: .:.:.| ゙'´ }:.:.:. ̄  { ,込:.ヘ::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.....   |  だが、それをもって絶望的とは
.       i :::::::::::: _ 三 ={ !{`王ヘ::: .:.:.| ....ヽ:.:..  人|i王}::ゝ丶ー ‐-- _ ::::.:..    |  どうにも考えられぬのだ。
 .      { ::::::::::∠ __ ゝj`王::∧ :.: ゝ:.レ′ 丶   l王!::::_::::::.:.:.:.:.ヽ ‐-) :.:   ∨
  _ -‐≠込  :::人    _  レi`王::::∧ 'r ‐‐-- 、  :.:.∧}王|:人` ‐ ..._ >'´    /
ィチ /´   > ..  `‐ _〆//lヘ_〉ー'::::::ト, :.:. ̄.:.:.:     | ゙  }:.:... `< ___ ..イ
 ) 弋         ̄  ∨ ゝ__ ノ`':.:.l i  :::    ∠ゝ _.ノ:.:.:.:.>´       ,ト - 、
く _  ゝ ___   -〆 . . : : : : . :.:.:.} ゝ __ /.:.:.:.:..  >' ´        /: : :  ヽ、_
  )  r ‐-、    >'´ : : : : : : : : ::::〈  :.:` ;:.:.:.:.:.:. > ´               ,イ: : : >チ´v

16名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:58:30 ID:5K1.wAg2


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ          主人公であるヤンヨ帝が、
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i           絶対無敵の存在であるがゆえだろう。
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i          確かに、七英雄は強い。
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、    だがヤンヨ帝ならきっと何とかしてくれる、
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "   そういう気持ちをどうしても抱いてしまう…
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"








           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /       ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>       )
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>   ‐=、´   だが案ずるでない!!
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /      )
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_     , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、     ヤンヨ帝ならきっと何とかしてくれるであろうが、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ      それでも、見ていて興醒めする構図にはなっていないのだ!!
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-

17名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:59:05 ID:5K1.wAg2


            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν       と言うのもだな!
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ       ヤンヨ帝には多くの家臣や、自身を慕うおなご達、
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν       そして帝国の民たちがいるであろう!
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ..         それこそがヤンヨ帝の守りたい、守るべきものである以上、
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ       たとえ七英雄との直接対決には絶対負けぬとしても、
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.           その勝利までの過程に誰が犠牲となってしまうのか、
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/            そこがとてもスリリングだ!
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

18名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 20:59:38 ID:5K1.wAg2


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、     これに関しては、うぬが作中で既に何度か
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;     準レギュラー格のキャラを死なせている事が
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;     危機感を高める効果を生み出している。
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |      「この>>1なら誰が殺されてもおかしくない」
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--       「自分のお気に入りのヒロインが死ぬのではないか」
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、     「早く来てくれ悟空(ヤンヨ)―――!!!!!!!!」
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      読んでいる側はそんな心境になる。
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ     乱暴に言えば、足手まとい役が
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、     非常に上手く機能していると言えるのだろう。
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

19名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:00:09 ID:5K1.wAg2


 {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ
ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
 ` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、      以上のように、
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__      「七英雄との戦いが絶望的である」
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ      とは、いまいち感じにくい。
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ-−':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ.
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡     だが、読んでいてハラハラとはする!
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト      キャラクターたちが魅力的であり、
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |       彼らの命の危機を明確に描いているからこそだ!
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,       よって、うぬの意図とは多少ズレはあるかもしれぬが
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /        これはこれで充分面白い!
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡     このままで問題ないと俺は思うぞ。
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::
          li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l''
            ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::  ,'::::::::::::::,/

20名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:00:45 ID:5K1.wAg2

┏                                                                 ┓
 ・現時点で、誰がヒロインに見えますか?
  (ヒロインに見えるキャラを一名挙げてください。 誰もヒロインに見えない or 複数人でもオッケーです。
   甘口依頼ですが、意図的にやってみたことが、どう見えたか知りたいので率直にお願いします)
┗                                                               ┛

ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ       )                  >
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ      <    シャオムゥ!!     >
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ       <                 (
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))       /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::"













           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>         …本当に率直に名前だけ挙げてもアレであるゆえ、
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /          多少解説するとしよう。
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、        なぜそのように見えたのか?
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `    答えは簡単だ。
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、    ヤンヨ帝を慕うおなごは何人もおるが、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,          私人として心からの交流があるのは、シャオムゥだけだ!
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/

21名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:01:25 ID:5K1.wAg2


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ         いわゆる「フラグを立てる」的な行動を、
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'         ヤンヨ帝は多くのおなご達に行っているが、
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ         生来の性格がそうせしめているのであって
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ          恋愛感情が最初からあるわけではない。
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|          煩悩はあるがな。
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヤンヨ帝がおっぱい星人である事は
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     既に幾度も描写されている事だが、
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡       だからといって単に乳のでかさを理由に
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...        特別扱いしているわけでもなかろう?
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::               結果、ヤンヨ帝の女房役であるかのような
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"               ヤンヨ帝の理解者であるシャオムゥが
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  ヤンヨ帝の嗜好とは無関係に、
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"                    ヒロイン役に見えるのだ。

22名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:02:09 ID:5K1.wAg2


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈                 かと言って、シャオムゥ以外他の女性陣に
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、     魅力や存在意義が無いというわけではないぞ。
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;     薔薇・雪華姉妹はカンバーランド編を通して
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;     重要なレギュラーキャラであったし、
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""     ナズーリンも、女性陣の中で恋愛面に関して
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |      最も堂々とした態度を取っていて、いいアクセントだ。
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"      …唯一、フェイトだけは戦闘以外の見せ場が薄く、
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~.      少々地味な存在になっている感があるが、
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      貧乳勢の前でゆさゆさ揺れてたりするなど、
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、.       対抗心を煽るための存在としては有意義か。
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

23名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:02:46 ID:5K1.wAg2
┏                                  ┓
  最後に、以下の点は辛口でお願いします。
  原作既プレイの方は、話の続きが気になるかどうか?
┗                                  ┛

      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、       \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""    )                  >
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー   <  超!! 気になる!!  >
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー    <                 (
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ    辛口でなど評価しようも無いわ!
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,    超絶無敵最強イケメン最終皇帝の
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}    次なる話が待ち遠しくて仕方ない!
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii

24名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:04:08 ID:5K1.wAg2


          _
           〈`Jjj9,   ,,,、、、、、,_
         `l  l'   ii、、,,,、、、、j
          l、 `l   i|::L'ァ-、|ji|           はっきり言おう。
           l  ト、  il、-  ノ|リ           うぬのスレのクオリティは、現状でも充分高い。
           ヽ   ト-''トーr' ヽ.
            `、ヽ    ̄` ' ̄`⌒ヽ       だが、最も着目すべきは、「方向性が確立されている」事だ。
             `、l`、_ミ,、 ミ__,,,, 、 `、
              'l     ;    Y ヽ )    依頼文からして、今のやり方が正しいか気にしているようだが、
               ヽ、彡 i ミ  人  ; {     方向性を変える必要はどこにも無い。
                l ミ土ニ   { L   }    今のまま、磨き上げ続けよ!
                ト-rェーェ─イ  )  ノ
                {ノノーヾ--ヽ「」  }
                l,イ ヽ_ノ T``l、`'〜´     …うぬの帰りを、心待ちにしておるぞ!
                l |  l、  }  |
                .| {  ト、 |  .|

25名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:04:49 ID:5K1.wAg2
以上です。
俺もまた天へは不謹慎かもなので、今回は無しで…

26名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:08:16 ID:V8elhuSg
評価乙でした〜

27名無しのやる夫だお:2010/12/25(土) 21:08:42 ID:nhuLwsgg
拳王様評価乙でした!
やはりヒロイン(っぽい)のはシャオムゥですなぁ・・・

28名無しのやる夫だお:2010/12/26(日) 00:35:47 ID:DO4IZJ32
乙でした。拳王様の評価は面白い

29 ◆G7QbLR9AW.:2010/12/26(日) 00:40:48 ID:xARZPyMM
お世話になっております。

やる夫で学ぶ燻製
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/

完結しましたので、評価をして頂きたいと思います。

第一話終了時に、インデックス様とドラえもん様に評価をして頂きましたので
再評価依頼となります

ドラえもん様
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1289484647.html
>637〜646
インデックス様
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1289484647.html
>654〜662


      □評価方針       . おまかせ
      □評価スタイル   ...... おまかせ
      □AAの改変具体例   おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等

        ・前回とおなじく、「わかりやすさ」をメインに御願いします
        ・表現、説明の足りない部分などはないか
        ・キャラクターは描けているか
        ・その他、気になった点などありましたらお願いいたします


個人的には前回評価して頂いたお二方に是非評価を御願いしたいと思います。
その他の評価人の方にも評価して頂ければ幸いです。

よろしく御願い致します。

30名無しのやる夫だお:2010/12/26(日) 06:14:13 ID:C9mTjnnM
>>29
ドラえもんです。
まずは完結おめでとうございます。
リアルタイムで見ておりました。
評価の件承りました。

31名無しのやる夫だお:2010/12/26(日) 21:17:29 ID:Xb8E3BnE
乙です
拳王様の豪快な評価でなんかスカッとした

32 ◆CYmA6eS/tM:2010/12/26(日) 21:50:49 ID:ss3Bo4FI

   初めまして。短編ですが今後のために評価をお願いします。

      『 正直たぬきとたからもののやま 』
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290485412/377-551

      または文字化け修正版がコオロギ様によってまとめられております。
      http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2545.html


      □評価方針        おまかせします
      □評価スタイル      おまかせします
      □AAの改変具体例    もしよろしければ是非お願いします

      □その他要望・見てほしいポイント等

       ・ 話の流れやAAなどについて、とにかくわかり難いところはなかったか
       ・ 雛苺、やらない夫に魅力を感じるか
       ・ 主に演出面についてアドバイスをしてもらえると幸いです
       ・ その他、改善すべき点などありましたら遠慮なくどうぞ


   気軽な感想・意見のみでも構いません。
   是非よろしくお願いいたします。

33名無しのやる夫だお:2010/12/26(日) 22:43:31 ID:ihzkXHV.
短編ですが、投下時間を誤ったせいかいまいち出来の程度が判らないので依頼させていただきます。

  「墓標」(原作:星新一)
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292776987/603-635

      □評価方針   おまかせ
      □評価スタイル   おまかせ
      □AAの改変具体例   必要(無くても構いませんがあると嬉しいです)
      □その他要望・見てほしいポイント等

        ・読みやすさと話のテンポは良かったか?(AAの距離や台詞の位置は適切か)
        ・AAの改変・作成を行ったが不自然・不適切なところはないか?
         (特に620と630がソレっぽく見えてるかどうかは気になります。)
        ・原作に比べ付け足し・改変を多く行ったが内容は適切か?
        ・そもそもあの長さの作品をこれほどの長さにするのは不快でないか?
         (原作は2Pにも満たない長さでした)
        ・その他気になった点があればお願いします。

34 ◆tkykoDx7DU:2010/12/26(日) 23:10:10 ID:wSoNIN56

拳王様、評価ありがとうございます!
ご心配をおかけしましたが、私は大丈夫です。というか拙作を読み込んでいただいたことに励まされました。

さて、評価していただいた点に対する返信ですが、

ヤンヨ帝についてですが、迷うところがありました。
一つ目が最強を目指した結果、「弱いものイジメ」になっていないかと。
そして二つ目、強すぎるあまり「どうせ勝つんでしょう?」と緊張感を削いでいるのではないかと。
そのせいで、ロマサガ2の見せ場である七英雄戦を盛り下げていないか、それが心配でした。

しかし、評価を拝読すると主人公の魅力を十分出せているようで安心しました。



七英雄に関する質問は、

┌──────────────────────────────────┐
│           「軍隊も国家も七英雄には対抗できない」             ..│
│                        ↓                        │
│       「同じく常識ハズレな力を持つ皇帝なら七英雄と互角に戦える」     .│
│                        ↓                        │
│         「最高権力者である皇帝が最前線で戦うのも仕方がない」      .│
└──────────────────────────────────┘

ということが説明できているか確認したかったためです。
未プレイの方にとって、一国のトップが最低限の随伴だけで強力な敵と戦うのは不自然に見えると思いますので……
これは質問の仕方が悪かったです。すみません。

でも、もう一つの心配事だった緊張感を出せていることが分かったので、これはこれで「ため」になりました。
それにヤンヨ帝の到着を待ちわびるということは、彼が人類の切り札であることをちゃんと描写できているのかなと。


ヒロインについて。
第一部のテーマは「ヤンヨ帝vs七英雄」でして、それ以外のキャラは意図的に描写を薄くしていました(アウチさんは例外)
そんなわけで、誰をメインヒロインにするとか特に考えていなかったのです。
その状況で誰がヒロインに見えるかな、と。
やはり幼馴染は強かった。 参考にさせていただきます。


最後に──
正直、皇帝巨大化とか伝承法無視とか、やりたい放題やっていたので
自分の中で「ロマサガ2……?」と悩む部分がありました。
しかし、拳王様の「方向性を変える必要はない」という言葉に背中を押されました。
これでヤンヨ帝の自重しないアホ無双に全力で取り組めます。
ヤツはそのうち、おっぱいのために時間の壁さえ飛び越えるかもしれません。

改めて評価ありがとうございました!
スレのクオリティを磨き上げ、「さらに面白くなった」と言われるよう頑張ります!

35 ◆QIYyUGFUUU:2010/12/26(日) 23:56:50 ID:jFtppAc2
以前評価を頂いたのですが、再び依頼を出させていただきます


【ポケモン】やる夫はカイジをチャンピオンにするそうです【RS】

1スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279277257/

6スレ目(現行スレ)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293278955/


前回頂いた評価
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/

上記スレの>>699-708で野上ネウロ様より、>>736-762でマシロ様より評価を頂きました




    □評価方針                   :二回目と言う事で辛口で ボコボコにしてください
    □評価スタイル                 :AA付きでお願いします
    □AAの改変具体例                 :出来ればお願いします



    □その他要望・見てほしいポイント等

     ・前回指摘された点(AA演出が未熟、台詞が読みづらい、etc・・・)が改善されているか

     ・AA演出(特にバトルシーン)が分かりやすく作れているか

     ・一人一人のキャラが立っているか
      (ただし主人公のやる夫に関してのみ、今のところあえて影を薄めにしています)

     ・話のテンポが悪くなり過ぎてはいないか(特に13話後編〜最新話)

     ・話の設定、描写などで不自然であったり違和感を覚える場面はないか

     ・その他気づいた所があればなんでも


どうぞ宜しくお願いします

36 ◆WrXVisQ4/c:2010/12/27(月) 00:09:09 ID:r1dImvZM

初めまして
ストーリーが区切りの良い所まで進んだので評価をお願いします


【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
1スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280672178/
2スレ目(現行スレ)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289477474/


      □評価方針        おまかせ
      □評価スタイル      おまかせ
      □AAの改変具体例   おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等

      ・評価前にどの程度『メダロット』を知っているのか書いて頂けるとありがたいです
      ・分かりにくいところはなかったか
      ・世界観の説明は充分か
      ・やる夫に好感が持てるか
      ・テンポは悪くないか、また一話の長さは適度か
      ・どのキャラのパートナーが誰なのかで混乱しないか
      ・『メダロット』を知らない人が見ても理解できるか、また、楽しめるか?

     ◎・やる夫の強さはどのくらいに見えるか
      ・キャラが立っていると思うキャラは何人いるか
      ・舞台が宇宙であるというのが言われれば思い出す程度には伝わっているか
      ・水銀燈とやる夫の仲は良いように見えるか
       (オプーナとの事ばかり書いてて忘れていたので)
      ・誰にも触れられていないので不安になっているのですが
       メダロッチのAAの出来はどうでしょうか?


量が多くなってしまったので
『◎』以降は一言づつだけで構いません(と、言うのは失礼でしょうか?)

よろしくお願いします

37名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 00:54:21 ID:w5k8E/Ww
◇やる夫が0からはじめるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/749

◇【東京魔人】やる夫が黄龍の器になるようです【学園剣風帖】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/286

◇やる夫と彼女と見えないアイツ
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/346

◇やる夫は混沌王を目指すようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/535

◇できる夫は全てを失ったようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/801

◇【天羅】やる夫は因縁に生き業に死すようです【万象・零】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/929

◇宇宙の運び屋、やる夫一家!
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/958

◇3つのメリークリスマス
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/8

◇やる夫で学ぶ燻製
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/29

◇正直たぬきとたからもののやま
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/32

◇墓標
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/33

◇【ポケモン】やる夫はカイジをチャンピオンにするそうです【RS】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/35

◇【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/36


未評価リスト
短期間に凄い勢いで溜まったなぁ
こりゃあちょっと期間おいたら評価ラッシュあるで

38 ◆UsVIL4.A4Q:2010/12/27(月) 01:18:28 ID:bdiFkMGE
すいません、ちょっと評価依頼撤回します

39 ◆CYmA6eS/tM:2010/12/27(月) 01:51:25 ID:mAall1o2
>>32
申し訳ありません。見て欲しいポイントに一点だけ追加お願いします。


     『 ・ 雛苺がタヌキだと自然に受け入れることができましたか? 』


大変失礼いたしました。どうかよろしくお願いします。

40名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 01:57:43 ID:jSfPT.KA
>>38
トリップから察するに>>37のこれかな
>◇できる夫は全てを失ったようです
> 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/801
どの評価依頼を撤回するか明確にしてもらわんといかん

41名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 01:57:49 ID:5dMF71H6
>39
評価人じゃないけど、劇中でたぬきというのは自分に言い聞かせないとちょっと難しかった。
「話としては狸と理解できる」けど「絵としては普通の雛苺」なので。
対処方法としてはAAを改変してケモノ耳でもくっつけたら多少は解消されるやも

4247P ◆AOKANFcWcA:2010/12/27(月) 02:44:40 ID:qxqTWmQE

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/982-989

鉄平様、評価有難う御座います。

辛口評価、というより駄目出しと改善案をいただきたく思っておりましたので、
好意的評価に正直面食らっております。まさかほぼプラス評価とは思わなかった……

辛口評価を戴いた一点についてだけ、ご回答させていただきます。

>最後のこれ。ネタばれになるけど、
>
>モナ―の死体のあるところに着く
> ↓
>モナ―の死体が無い!実はすでに変装していた。
> ↓
>モナ―大暴れ。でっていうまさかの黒幕
> ↓
>モナ―死亡…カイジの逃走で終わると思ったらモナ―は…!
>
>すまん、やらない夫の家の爆発の所がよく判らないんね。

これなんですが、

>モナ―死亡…

この点はどの描写から、こう読み取られたのでしょうか?

モナーの死の偽装は、やらない夫を殺害する際に解かれていますが、
カイジを追い詰める際に更に偽装したような描写はしていないはずなのですが……

また、あわせてお書きいただいた

>やらない夫の家の爆発

これについても、どこでこう読み取られたのでしょうか?
モナーが爆破したのは、自然保護区内の火葬施設で、やらない夫の家は
でっていう曰く「失火で全焼」したのですが……
この2軒の爆破&消失が混同するような、うかつな表現をしていたということでしょうか。

上記2項目につきまして、こうした誤解を与えてしまった可能性について見直しを
図りたく思いますので、よろしければご返答をいただけましたら幸いです。

重ねてになりますが、評価をいただき、まことにありがとうございます。

【原作をご存知ない方】からの評価は頂戴いたしましたので、
引き続き、【原作をご存知の方】からの評価もお待ちしております。
あわせて、【原作をご存知ない方からの辛口評価】もお待ちしております。

元スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/

依頼内容
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/962n
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/977n

初心者なので、具体的なダメ出しが欲しくてたまりません……
お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
.

43名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:24:35 ID:0qqZAcSk
評価に12レス、投下させていただきます

44名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:25:10 ID:0qqZAcSk

 _ -─…‐-ゝ::::::::\   _ -─ァ
   ̄>:::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::∠...._.
 /::::::::::::> >::::Z ::::::::::: <::::::::::::<`
:::::::::::::::::´フ└z__::’‐'レヘハ「`::〈 Z_::\
:::::::::::::::::::´Z:-っノ:::::::::::::::::::::_r┘く::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::,:::::;ィ:::::ハ::::::::レヘ(`:::::::N             どうも、宇海零です
/::::::::::::::::,ィ /:l::/:|:::/ ヽ::ト、::::::::::::::::::|
. /:::::::::::/'l/ニレュ:|:/ ┌'_ヘレヘト、::::::::::|           今回評価させていただくスレはこちら!
//:::::::::メx===ミ゙′ ゙彡===ッX:r‐〈
 /イ /ヘ:|  .,,_ f9    f9 _,、  |:|う |           『3つのメリークリスマス』
  lイに|:l     ̄_ノ|   ̄   |:|_,リ          ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292776987/308-386
  _,ゞテl:|:    ヽ;|        |;しヘ,,__
 ̄:/ /:::lヘ ヽ二ニニニニ二ソ 八.  ヽ::: ̄         評価依頼>>8
::::/ /::::::N\\ーーr‐一/ ,.イノ::ヽ   〉,::
::〈:、{:::::::::::ト、 \ `二二´ ./ |::::::::l //:::::::
:::::\>、::::::|:::\. \   / /:|::::::::|//:::::::::
:::::::::::`:<:、|\::::\. `ー'′/::/|:::/.':::::::::::::
───‐Y::::::\::::: ̄ ̄::::/::::::Y,:'´───
: : : : : : : |:|:::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::|:| : : : : : : : :




        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ
        ム:::::ノへくヽム介:::、}.      「中篇、短編投下所52」に投下された
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV.     総レス数78レスの短編ですね
       |ヒソ! .__`Z,|
       l:::人 `ー― '/.        では、作者さまの希望する評価ポイント順に
      ノ´-、.\ ^ン.          見てみましょう
      /´⌒\Y`´
     //⌒\〈}          なお、今回もネタバレ全開ですので
     /ヽ、 , ァフ)ヽ            未見の方はご注意を
    /ヽ、r'ヌ/// i
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「

45名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:25:47 ID:0qqZAcSk

■ 話のテンポはよかったか?




 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト
 /、__ \::::7V / /\:::::::l
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ          話のテンポとしては…
      u    \  /              正直、あまり良くなかった、と言わざるを得ません
  J         ,. ‐'.,'
.    ,___     /
.        ̄ ̄ /
. \.   \フ  .'
. \:\     ./
  \::\  , '
    `く .` ´
    /
    /




          ‐=;;;::::::- 、
          _,,......,,,;;;;;;;::::::ヽ
      ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::'''"ニ=-
       ̄二ニ=‐::::::::  ::::::::::::::::≦-、,,
      ,. '":::::::::::::::::   ..::::::::::....   ::::::>        このお話は
    /:: ,, ::::::::::::::::....         ::::::ゝ.
  /-'''/::  ::::::::::::::::::::::::::::......................::::::|.       クリスマスの夜、恋人たちの恋の語らいを
    /:::;;:-,:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       キング・クリムゾンで吹っ飛ばしていく
   /::::/,:::............./,/!::/!:::::     ::l         ディアボロのお話ですが…
  // /:::::/:::∠メ、 .|//ヽN-....:::::  l
.    /::;//:::ム、,,_'N. iレ;;''二、‐|:r‐、:::::|.        そこに
    i/  i::/ i!,, (..リ)  <. !..ソノ゙!:ト.)/:::|
.       V .| ^>' ij~  ゙ "  ||フ/:::::|        「やる夫と紅美鈴のお話」と「阿部さん、道下、梨花のお話」
            |ヽ、     u  .!-':::: l
           ヽ -――‐-  / ヽ   |           がサブストーリーとして加わって構成されています
          ヽ  ==   /  ヽ:::::l.
            \    / ,,. -ヘ::::ヽ.           その三つを合わせて、タイトルである
            .ヽ- ヘ.-''"  _,..,\:ヽ          「三つのクリスマス」となるる訳ですが…
             r''"  ,..:''"::::::::::::ヾ、
             |  /:::::::::::::::::::::::::ヽ

46名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:26:23 ID:0qqZAcSk

        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N               それぞれのお話に割かれているレスの量が
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ                  「語りたい事」に見合っていないように
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_           見受けられるのです
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i




      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<                  あくまで概算ですが…
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|                  「やる夫と紅美鈴」が23レス
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|                 「ディアボロとサンタ」が24レス
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|                 「阿部、道下、梨花」が24レス
    l/   ! r-┘v  v |レ' :|
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、                  その他ナレーションなど7レスを加えて
       ヽ ≡   /  >'′L._             計78レスという構成です
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー-
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::         この、「三つのクリスマス」それぞれに、大体均等に
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y::::::::::::::::::::::::::          レスが割り振られた結果…
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::             物語の主題がボケてしまっているのです
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ

47名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:26:59 ID:0qqZAcSk

■ キャラは立っているか。 ストーリー上の工夫など




     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ            「三つのクリスマス」の内
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|.           後半二つの登場人物に関しては
  /' /       ,   , 、     ヽ`.          概ね問題ありません
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !            サンタさんの「実はスタンド使い」という設定が
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y             唐突だった、くらいでしょうか
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ           ですがそれも、ディアボロのキング・クリムゾンを
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´              抑える必要があるという、話の都合上の
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_.              設定として理解できます
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二




 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト
 /、__ \::::7V / /\:::::::l.          問題なのは、トップバッターとして
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l         描写されている「やる夫と美鈴」ですね
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ
      u    \  /.             紅美鈴の設定は元ネタであるPCゲーム「東方紅魔郷」から
  J         ,. ‐'.,'              そのまま持って来られており
.    ,___     /
.        ̄ ̄ /.                やる夫は、その紅魔館の主である吸血鬼・レミリアの兄
. \.   \フ  .'                 …という設定です
. \:\     ./
  \::\  , '
    `く .` ´
    /

48名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:27:35 ID:0qqZAcSk

          ‐=;;;::::::- 、
          _,,......,,,;;;;;;;::::::ヽ
      ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::'''"ニ=-
       ̄二ニ=‐::::::::  ::::::::::::::::≦-、,,
      ,. '":::::::::::::::::   ..::::::::::....   ::::::>
    /:: ,, ::::::::::::::::....         ::::::ゝ
  /-'''/::  ::::::::::::::::::::::::::::......................::::::|         当然(?)、この二人のパートには
    /:::;;:-,:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.         「東方紅魔郷」の設定用語が色々と出てきます
   /::::/,:::............./,/!::/!:::::     ::l
  // /:::::/:::∠メ、 .|//ヽN-....:::::  l.         (紅魔館メイド長の咲夜さんや
.    /::;//:::ム、,,_'N. iレ;;''二、‐|:r‐、:::::|          神・大妖怪の出席するパーティー、妖精メイドなど)
    i/  i::/ i!,, (..リ)  <. !..ソノ゙!:ト.)/:::|.
.       V .| ^>' ij~  ゙ "  ||フ/:::::|.          自分がこれらを一見して理解できたのは
            |ヽ、     u  .!-':::: l          東方シリーズをプレイしたことがあるからですが…
           ヽ -――‐-  / ヽ   |
          ヽ  ==   /  ヽ:::::l.          未プレイ者の方からしてみればどうでしょう?
            \    / ,,. -ヘ::::ヽ
            .ヽ- ヘ.-''"  _,..,\:ヽ
             r''"  ,..:''"::::::::::::ヾ、
             |  /:::::::::::::::::::::::::ヽ




        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、             ここはもう少し
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|            「知らない方にもわかりやすい描写」
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.            …をした方が良かったように思います
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{           もちろん、「やる夫と美鈴パート」の主題は
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ           彼らの愛し合う様を見せることですので
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\        数々の東方用語は単なる物語のフレーバーである
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ        と割り切って考えることも可能ですが…
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

49名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:28:12 ID:0qqZAcSk

■ どこか追加したほうがいい部分、削ったほうがいい部分はないか?

■ 最後の部分が駆け足気味だったけどうまくオチがつけていたか?




     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|.
  /' /       ,   , 、     ヽ`
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|           先の、話のテンポの部分と絡めて考えると
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y             「やる夫と美鈴」「阿部と道下と梨花」のパートを削り
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|           その分を「ディアボロ」パートに回したほうが
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ           良かったように思われます
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二




         , ' ̄ Z                                …僭越かとも思いましたが、作者さまの短編を再構成し
  <⌒ ヽl::  :::::::ゝ
  /;::::::::  ...::::. :::\                          いわば、二次創作として、「三つのクリスマス」を作成
 i//::::::::::::::::::::::、ミr 、`、__ ,, -――- 、、 __
  /:::...  ...::人|`>/'<ヽ\ `、:::::::::::/:::::::::::::ヽ  ̄`` ‐-           テストスレに投下させていただきました
  !:::,i::::::::::/コヽ'<oノ u.〈、 l  .l::::::::::{:::::::::::::::::::ヽ
  |/ !::i:::/<o) v  _ } l   l::::::::::`、::::::::::::::::::l            本来ならば、この評価の中で
    |/V  |`<._ _/ノ/ .|   l::::::::::::::',:::::::::::::::::!.             具体的な改変例などを述べるべきなのでしょうが…
       l::\\`´ /-‐''´==ト、:::::::::::l::::::::::::::::;l
       〈::::::/〉、`'´_,, >、<´ノ ,ヘ ==!:::::::::::::,' l           この作品はあくまで作者さまのもので
       /:::/,'/,'  7   `゙''ァ-―"\l:::::::::::,' ト- 、、_        今回投下させていただいたものは
        l:::/,'/,'  /    /    / 〉::::::::l  |     ̄        作者さまのアイデアを元に
      /:/,'/,'  /    /    , ' , '::::::::::,'  l              評価人・宇海零の視点で作らせていただいたものだ
       /:/,'7,‐ /  /.    / /::::::::::::/  /   ,. ‐
     i´:/,'/,'  /   /     ,'  ,'::::::::::/ ./,. ‐ '´.          …という事をご理解ください

評価用:「三つのクリスマス」(全64レス)
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291632341/804-867

50名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:28:48 ID:0qqZAcSk

          ‐=;;;::::::- 、
          _,,......,,,;;;;;;;::::::ヽ
      ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::'''"ニ=-
       ̄二ニ=‐::::::::  ::::::::::::::::≦-、,,
      ,. '":::::::::::::::::   ..::::::::::....   ::::::>
    /:: ,, ::::::::::::::::....         ::::::ゝ
  /-'''/::  ::::::::::::::::::::::::::::......................::::::|        作らせていただいた際の
    /:::;;:-,:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.        大きな変更点は二つ
   /::::/,:::............./,/!::/!:::::     ::l
  // /:::::/:::∠メ、 .|//ヽN-....:::::  l           ● ディアボロパートの分量を増やす事
.    /::;//:::ム、,,_'N. iレ;;''二、‐|:r‐、:::::|         ● オチの変更
    i/  i::/ i!,, (..リ)  <. !..ソノ゙!:ト.)/:::|.
.       V .| ^>' ij~  ゙ "  ||フ/:::::|.         です
            |ヽ、     u  .!-':::: l         その他、上で述べたように、「紅魔館」周りの設定を
           ヽ -――‐-  / ヽ   |         シェイプアップしてみました
          ヽ  ==   /  ヽ:::::l
            \    / ,,. -ヘ::::ヽ
            .ヽ- ヘ.-''"  _,..,\:ヽ
             r''"  ,..:''"::::::::::::ヾ、
             |  /:::::::::::::::::::::::::ヽ




                               オチの変更に関してですが…

        _,,,_   _,,,,_               確かに作者さまのバージョンでも
        >::::ヽ/:::::≦-、               きちんと落ちてはいたのですが
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,                 あのオチだと、クリスマスにも関わらず
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N                 不幸になった人間が二人います
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ                  言うまでもなく、お尻を掘られてしまったディアボロと
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_.              恋人の阿部さんを女性に奪われた道下です
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i            これは、クリスマスを題材とした短編としては
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i           いささか問題があるのでは、と思い…
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i        そこに手を加えさせていただきました

51名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:29:24 ID:0qqZAcSk

        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、.      あとはセリフに関して全般的に
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l..       削れる部分は削り、まとめられるレスは
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|        一つにまとめてシェイプアップを試みました
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|..
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.        また、サンタのスタンド名をゲイのアーティスト
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|         フレディ・マーキュリーの「Mr.バッド・ガイ」に変更しました
.         l ヽ          |Lン:{.
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ       「ダンディズムハンター」がもし洋楽由来の名前だったのなら
         ヽ ヾフ  /   _>、N      余計なことをしてしまい、申し訳ありません
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |




      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ                また、やる夫が美鈴の肩を叩く場面など
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|                幾つかの改変例的要素もあります
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|               他には、枠線のズレなどの修正
    l/   ! r-┘v  v |レ' :|              セリフと枠線が近くて見づらかった部分の
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、                配置換えなどもしてあります
       ヽ ≡   /  >'′L._
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー-
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ

52名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:30:01 ID:0qqZAcSk

          _
          >::::゙r-、
         Z:::::::::::::::i
          i/|)::::::::::i             作者さまの作品と比べて
           i,- '"^゙- 、,,              「ちょっとイイ話」っぽさが増しているので
         ,=''" ̄,,....  ..,,ヽ            作者さまからしてみるとコレジャナイ感が
       r'"/iREDCROSSi           拭えない内容かもしれませんが…
      /=,ノ        |
     人,,./ ヾ        |             とりあえず、主題であるディアボロパートの
   ,,.,, / .Yヽ  .f        |.           存在感は増したと思っています
  ( /  ./\ヽ i        |
   \\,/:::::::ヽ/       ノ
    ゙'" ::::::::::::;ヾミ====彡':::
         ::::::::゙:::::::::''"::::::

53名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:30:38 ID:0qqZAcSk

■ 評価を終えて




 _ -─…‐-ゝ::::::::\   _ -─ァ
   ̄>:::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::∠...._.
 /::::::::::::> >::::Z ::::::::::: <::::::::::::<`
:::::::::::::::::´フ└z__::’‐'レヘハ「`::〈 Z_::\
:::::::::::::::::::´Z:-っノ:::::::::::::::::::::_r┘く::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::,:::::;ィ:::::ハ::::::::レヘ(`:::::::N           クリスマスの夜…
/::::::::::::::::,ィ /:l::/:|:::/ ヽ::ト、::::::::::::::::::|
. /:::::::::::/'l/ニレュ:|:/ ┌'_ヘレヘト、::::::::::|.            愛を育むやる夫スレの恋人たちの間で
//:::::::::メx===ミ゙′ ゙彡===ッX:r‐〈              暗躍するキンクリさんの知られざる苦闘…
 /イ /ヘ:|  .,,_ f9    f9 _,、  |:|う |
  lイに|:l     ̄_ノ|   ̄   |:|_,リ              そこに目をつけ、短編として仕上げたのは
  _,ゞテl:|:    ヽ;|        |;しヘ,,__         本当にいいアイデアだったと思います
 ̄:/ /:::lヘ ヽ二ニニニニ二ソ 八.  ヽ::: ̄
::::/ /::::::N\\ーーr‐一/ ,.イノ::ヽ   〉,::
::〈:、{:::::::::::ト、 \ `二二´ ./ |::::::::l //:::::::
:::::\>、::::::|:::\. \   / /:|::::::::|//:::::::::
:::::::::::`:<:、|\::::\. `ー'′/::/|:::/.':::::::::::::
───‐Y::::::\::::: ̄ ̄::::/::::::Y,:'´───
: : : : : : : |:|:::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::|:| : : : : : : : :




      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|                惜しかったのは…
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|               メインテーマがサブテーマに食われてしまった事
    l/   ! r-┘v  v |レ' :|
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、                …その、一点です
       ヽ ≡   /  >'′L._
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー-
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ

54名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:31:14 ID:0qqZAcSk

     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ            短いレス数でお話を組み立てる短編の場合
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|.           主題を明確にする事は、長編以上に重要なモノとなります
  /' /       ,   , 、     ヽ`.
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|           作者さまに置かれましては、その
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y             「アイデアの閃き」
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ           を大事にし、その上で話の核となる部分を活かす…
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´              そんな短編の製作にこれからも力を注いで欲しい
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ            と、そう思います
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二

55名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:31:50 ID:0qqZAcSk

                   _____ /::::::::::/´::::::::::::::::::`ヽ
                     /::::::::::::::::::`ヾ::::::::::::::⌒ヾー─==ミ、           ____
               /´ ̄ >:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::: ̄ミ、 \         ̄ ̄ ̄
                   /::::〃〃::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::\        _______
                / :::/:::::〃〃:::i!:::::i!:::::ヾ::::::::::::ヾ`ヽ::::::::\          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  / イ/::::::::::::,::::::/:/Ⅵ\、:::::: ヾ::::ヾ:::::\`ヽj       ====ァ
   .              /′i|:::::::,::::/ ::/:/  i|∨ヘ\::::::::::`ヽ :::::i                 //
                    リ!:::/::厶イ升ミ、リ 刈云戈、、::::: Y::!               //
                     川:://乂´ ̄`   ´`ヽ⌒ヽY::::: ハノ         ==="
      宇海零でした      .{⌒Y!癶彡=ミ、  彡=ミ癶 |i⌒}             jj jj /〉
                  Vヘリ      :i         リh/              //
                  弋_ハ      .:|      厶ノ            /´
                     |:ヘ   ,____`__, イリ                 ・
                      __从::\   _    //八__            ・
             __ -=ニ二三7 '乂| \ `::/ /:!/ ∨二ニ=- __      ・
         ,r-=ニ二三三三三7    |     __/ .::|   ∨三三二ニ==-- 、
       ∧ニ三三三三三三7   ∧      /∧   ∨三三三三三三,∧
        ∧∧ニ三三三三三〈    //∧、_____,///∧  ∧三三三ニニニ∧∧
.      ∧//∧ニEニCニRニC=>-〈//////////////∧/三三三三三三∧//∧

56名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 06:33:07 ID:0qqZAcSk
以上で、評価を終わります

繰り返しになりますが、作者さま、作者さまのアイデアを元にした二次創作を評価用に製作したことをお許しください
また、テストスレを利用される方、評価用作品に大量にお借りしてしまい、申し訳ありませんでした

57名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 08:54:32 ID:DvjRi1cg
評価乙です

58 ◆XDD/DkyjV6:2010/12/27(月) 09:26:44 ID:cx3wdKOU
前スレ>>964-973


姫様、評価ありがとうございます。
お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

>>967
魅力について
ヒロインとしての弱さは、自分で考えていた以上だということが分かりました。
確かに読み返してみると、彼女の場はネタの応酬がメインとなり、冗長になりがちでした。
次を書く際には魅力を引き出す場の選定を行いたいと思います。

>>968
展開の速さについて
どうもあらすじ的になってしまっていると考えていましたが、
それもこれも娘のシーン以外が早送りの上に、
その肝心の娘に魅力が無い事が原因だと分かりました。
ありがとうございます。

>>969
オチのこと
娘についての錯覚は想定外でした。
多少の分かりづらさはフェイントとして必要であるとは思っていましたが、匙加減を誤ったようです。
申し訳ありません。

>>970
その他
恐れている点については、間やセリフにもう少し気を使えばよかったと反省しています。
理由については、もう少し、伏線を分かりやすく配置すべきでした。申し訳ないです。
消失についても、どこかで別の伏線「タイムスリップ関係の話題に触れる」などの場を用意すれば、
ここでの説明を回避できたと思います。

評価を受けたことで、今まで思いつかなかった変更案や場の展開に気付くことができました。
的確な評価ありがとうございました。

59名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 15:12:16 ID:c.wrCjDA
        ,!  l       ``ー '' ´         l   }
        }  l    ヽ    i  ./        l  {
        }  }     ヽ   !  /       {.  ,'    どうも、鉄平なんね。
          ,ゝ i       ',    ,        i , ‐、
       〈 `ヽ.!   -- 、_ \ 〈  _ -=  .l/  ,'
        i ヘ',l _ ''`=・-`, ,ゞ=` ´=・ニ´`  l/} .l
        l !ト!  ` ー ´ .i   `      ´  llィ !   依頼者から疑問を問われたんから(>>42
        ヽ、 ',        l             ,イ /   補足するんね。
         ! i、        l    ヽ     / ! /
          ヽl ヽ      ' ヽ  '  `  、   l´         .>>モナ―死亡…
            i  ,  , -_-- --―_-、 ヽ  l
           l.  {  `ー ''  ̄ ̄ ̄ ´ / ,イ 、         >この点はどの描写から、こう読み取られたのでしょうか?
          , lヽ、    ´  ̄  ̄ ´  / l:.:.:.:ヽ.
         /:.:.:.!  `丶、         /   !:.:.:.:}:.:l        これは、
.         /:.:.:l:.:.:,l     `ー ー―‐'    .l、:./:.:.l        最後の黒人とでっていうの会話で、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      ・ ・                            /ニYニヽ
         はい、数日前に失火で全焼いたしました。           /( ゚ )( ゚ )ヽ
                                            /::::⌒`´⌒::::\
         長官の遺体は確認されていませんが、           | ,-)___(-、|
         生存は絶望視されております。                | l   |-┬-|  l |
                                            \   `ー'´   /
                       ・ ・          ・ .・ ・           _, ‐'´  \  / `ー、_
         広い屋敷から、書庫から、庭から、駐車場から、   / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
         全て燃やしつくすほどの大火でしたから……     { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
                                         'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
         冬場は火事が増えますね。                \ヽ、   ー / ー  〉
                                           \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




¬''¬‐ー-- 、
         \
           ヽ             ここの文で、でっていうがモナ―をはめて、焼き殺したように見えたんね。
   _.rァ‐-、   }
` ̄      ヽ  }            そうか。やらない夫の死体を動かしたんじゃな。
        , }   }            ワシの解釈ミスじゃ。許しておくれ。
ニ / ,, -‐  ' / _ j
三‐´_-rッ‐、  1|r│           >>やらない夫の家の爆発
7゙``\ ̄ ´  |.ト'/
|           |」/            >これについても、どこでこう読み取られたのでしょうか?
|    、     /_ノ
 ̄`   \ / l |_
===:>│ / :| :\              これはただのワシが言葉を間違えただけなんね。
ニニ二´  /   7: : :\
    _/ / /: : : : : |:\
 ̄ ̄   ∧ /: : : : : :|: : \          誤解を招いてすまんのう。
:      / ::V _ : : : : !:.: : : : :\
::    ,-{::  }.'\\ : : l ⌒ヽ: : :.i´` ‐
:   / ヽ-'/  /`7: : !     \i      j`ヽ         以上鉄平の補足っした。
〜‐/ ‐|∵/  / /\│          ∠、: : : :\

60名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 15:35:36 ID:TfyfAz3Y
>>59
長官の遺体は確認されていませんが、ってあるよ。
やらない夫の体は火葬施設の焼却炉で灰になってる。

61 ◆thx1q1gBGw:2010/12/27(月) 16:36:32 ID:SeJhPTqQ

             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
             /: : : : : : : : : : :ゝ-、: : : : : : : : : ヽ : :ハ: :
            ./: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : :{ .}/´.〉
           /: : :イ: : : : : : : : : : : : : : : .':; : : : : : : :,ィ ‐ 。ノ: : .
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : .゙:;: : : : : :.ゝ-'/ `ヽ: ::.
.        ': : ;' : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :} : : : : ヽ : {_,ノ ゝ': : :i
       i: :./: /: .:.{: : : : : : : : : : : : : |::.、:.: : : : : : : |: : :i: : : : : : :.i    まっかせてー。
       |: :|: :.l: : :.|: : : : : : :./: :ヽ : :.| :ハ.:.: : : : : : :|: : :l_: : : : : :. |
       |: :|.: :|: : :.|: : :| : : : i: : .:.|: : :|: :∧: :.ヽ:.: : :|: : :{ ヽ: : : : : |
  fヽ ./`〉|: :|: :.|: : : };.: :| : : : |: :ハ: : :;イ⌒ ヽ' |: : : :|: :/ ) }.: : : : :|
  j | / ./. |: :ゥ-、,-、 : : ハ: : : ;| :| }::/. _>キテ.、: : : |:/ r' ./ : : :|: :.|
  | |l  i /  人 ヽ リ ヽ;イ!: ! i/ r' ん:゚:::cイ | ;/  ,イ : : : :|: :.|
  { ヘ ヽi  r'´: : ヽ  i ==x ゞ'    弋ヽ::ソ ´    ハ: : : : .|: :.|
ヽ ヘ  `   ヽ: : :.丿 }   __       ̄     / |: : : : |: :.|
  `        ゙"´   l ヽ. "'⌒              /  .|: : : : |、: |
>、            リ :∧     i    , イ 、  /   |: : : : | .\
  \           i  i:リヽ   ` ィ´  丿 ′  .|: : : : |   \
    .\        /  ゙/ > . ..  ` ー ´/    ./|: : : : |    \
      ヽ      ,イ  ハ  |: : : :| > ‐ " ヽ   / .|: : : : |    /`ヽ
      ノ     /   i ヘ  |: : : :|  |   ,    /  | : : : :|   /    〉
       /     /    |  ヘ..|: : : :|  |   `   ./.  |: : ハ.:| /
      ./     /    ,イ    |: : : :| ..|     /   | :/ ゙リ/




           /|ニ=、                  |ヽ
          r─ァ- _l               、‐┴-ヽ
          ハ  ,    ̄/             ∨   ∧
         ハ  ,    /        ,ィ=ァ_  ∨   ∧
.           ハ  ,  ,r二7ヽ  _ ,=ァ/__/l  ∧.  ∨   ∧
.          ハ. ,  ./  / .|rイ| /_/ィ| |`ヽ_Ⅷ .∧.  ∨   ∧
.         ハ , /〈 <>./ ̄rゝ-!|l゚/,イl.|_|_.Ⅶ , イ   ∨   ∧
          ハ. , / ./〉, / ̄ l_ /`ー‐'/  _/| | ∨lヽ|   .|∨   ∧
       7¨///〈 |l_l_/ゞ=|   |=彳|_|  ヽ|l |   〉、 ̄,∧¨
.        / .//∧r.、.| |H| \l  // rイ    { |彡、/ヽ∧∨∧
        / ./ 7 ./ f`ヽ、__ll _l`イ-、_/-|_   f ̄ヽ\_/  ¨∨∧
     / ./ _/  l ゝ─イ /`ヽ|‐| |‐|,rイヽ .ム.  ゝ-<  l.    ∨∧
.    / ././/   Ⅶ/ .| .| ll  l |_| |   l .ム  .ハ l  .|.    ∨∧
    / ././/    ゝl_l_l l l  |    ll   |、 .ム ゝ、 l_|     .|∨∧
.   / ././/      l rイ.|.|/| .|    ||    | .ヽ ム ト-、 |      .マ∨∧

※ギャブラン。加速性を追求した機体。ムーバブル・シールドにビームライフルとスラスターを内蔵。軌道変更を強引に行う。
本来はかなりの熟練で無いと操縦は難しかったが簡易化されて一般でも扱えるようになっている。

62 ◆thx1q1gBGw:2010/12/27(月) 16:38:01 ID:SeJhPTqQ
ごめんなさい。誤爆しました。こちらは削除するように申請してまいります。
ご迷惑をおかけしました。

63名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 16:38:49 ID:Rr0.rxtE
いんでない?
別に迷惑になるわけでもないし、羊羹さんの手を煩わすこともないでしょ

64 ◆thx1q1gBGw:2010/12/27(月) 16:47:08 ID:SeJhPTqQ
うっ、確かにそうですね。余計な手間を掛けることになるわけですし、
すみませんが上のは無視してくださいませ。

本当に申し訳ございませんでした。

65名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 18:43:41 ID:QZBMFFfA
そのギャプランの解説にちょっと物申したい気分ではあるw

66 ◆ZI7M3lGGaY:2010/12/27(月) 23:33:30 ID:DcoxKDSo
日頃ご活躍されている評価人の皆様、大変お世話になっております。

この度、無事完結致しましたので御評価願いたく参りました。

『やる夫とやらない夫が騎兵隊を設立するようです』
その1http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253964105/
その2http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255262368/
その3http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258719058/
その4http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264335696/
その5http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270387561/
その6http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280236999/
その7http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287925736/
その8(最終スレ)http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/

16話終了時に一度太公望評価人様に御評価頂いておりますので、
誠に僭越ながら再評価依頼となります。
該当レスhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/121

□評価方針       . おまかせ
□評価スタイル   ...... おまかせ
□AAの改変具体例   おまかせ
□その他要望・見てほしいポイント等

・全体を通して登場キャラクター達は生き生きと描けていたか。
・最終決戦は死闘と呼ぶに相応しいものであったか。
・太公望評価人様のご指摘の内容は改善されていたか。
・特に気に入ったキャラクターやシーンがあれば教えて頂けると大変嬉しいです。
・その他なんでも気になった点など有ればご指導願います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

67名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:51:28 ID:uU2d/mww
14レスほど使わせていただきます。

68名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:51:57 ID:uU2d/mww


                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ         皆さんこんばんは、初音ミクです。
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ        
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ      評価人をしにきました。
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ     
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ    
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ   
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ  
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ 
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..
      /::::::::/::::::::/ .:〃   / ;  .:::::::::::/  l::::::::..  |   l::::::::::::::::::::::::.
      /::::::::;'::::::::///    /:::..!   ;r'〈    !ヽ:::::::., |   l::::::::::::::::::::::.

69名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:52:25 ID:uU2d/mww


                         __
               ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ
                 /^ト、/}〔/     `^ヽ }
             /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
               /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ 
            ′ ,ム_i|‖´フフ_`  | #キ‐! }ヽ
            . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}釗ハ } 、 
              .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }      今回評価させていただくのはこちらの作品です。
                :.:i ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/    
            .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈      『墓標』
              .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,    
.           ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′   
            .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,   
.          }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {   
.           i  ;.:!  ..:}ハ     } {¨}   | l:.:::.:i:i :..: .:i
         i  i.:!  ..:.i _y',⌒ヽ. }  {ム-‐J |::.:.:.i.i : .: i
         l  :.i  .:.:l `〈》《  〈   〉   } |:.::::.i:! .:.: :.:i
           /}   !   i!::|  ,ハ     . .     |  !:.:.:.:! :.:.:.:.:.:ト、



      依頼レス:
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/33

      投下スレ:
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292776987/603-635



        ., - , へ-‐ '''' ‐- ,へ_
       / //  i   .i   ヽ.\ ヽ
       ,! '/,'   / |   lヽ  , \' ゙i
      ,'  .| i  ./'"' !  |'"'ヽ l.  i .l
      ,'  l .| ,L   '; .l   '_,,!  .l |       私も一時期、星新一氏にはまりましたよ!
     ./   i| .!/,,,..`> ヽ' <゙,, |  |i l     面白い作品ばかりだった記憶があります!
    ./   .'!, .l ,, ,, i'' ー-, ,, ,, l ,/ |
    .,'     ヽ_ヽ,  ヽ_.ノ  ,z|/  l      星新一氏の作品は、時代を問わず通用しますね!
    i      .|;;;;;;;;;''r‐__|___    !
   .|      /;;;;;;i /l 阿刀田高`l /
   l     ./,,!''ツ .||_._ 全集  ._|/
   |     / '::;;;;;'‐/ ̄ ̄ ̄ ̄/.

70名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:53:00 ID:uU2d/mww


               _ ,.、
            _,. -┴ミハ              
      , -「|、, '´ .  -‐' ¨ヽ.             特に見て欲しいという要望点はこちらですね。
        l : :|:| : :/'´ : : : : ', : `ヽ..          
.      | : :|」.:〃 : : : : ,ハ: :|ヽ.: : :',.          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      | : : ',、|l : : : : / l:/ィf|: :l, :           ┃1. 読みやすさと話のテンポは良かったか?
.      | :| : :',ヾ: : : ,佗) ' `从ハ           ┃2. AAの改変・作成を行ったが不自然・不適切なところはないか?
.       川 :|:. ':.,ゝl/{゙{`、_‐'ノ、: : |         ./ .┃3. 原作に比べ付け足し・改変を多く行ったが内容は適切か?
     /ノ丿:| ∨   ドー-ゞニ才 : |  ,. .:个 、 /   ┃4. あの長さの作品をこれほどの長さにするのは不快でないか?
.   /. :/.: 八:| 、 __|::::::::::::::::: ハ: |/.:::::::ヤニゞ     ┃5. その他気になった点
   /. :/.: : / : :/'´〈::::::::::::::::::::/ニ_V.::::::::::::::::',  .;   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.  /. :/.: : / : :/   、:::::::::::::/ヽ :::ヽ::::::::::::::::: _.; .   
 /. :/.: : : : : /  ,. -,`ー‐'′:::)::::,!,、'´ ̄ ̄
 : : : :/.: : : /,. <´丶./.::::::::::::::/.:::/¨}_\



            ____ __     __
        ,. : :´ヽY〃x= : :ミ 、/⌒`ヽ
    __ _ 〃⌒ミ>x≦⌒  ≧x ㍉:: : : : : :.
  /⌒ヽ/. : : : /: i{ : : : : : `': .、:\:.ヽ. : : : ',
 i : : : : /. : : : / :j八 : : : : : : : : \ :`ニ=r‐. : :,
 | : : : :,': ,' : : ' : :li : :\ : : : : : ::. : :\ゞ≧=- :i
 | : : : :{: { : :i : : :|i : : : :\ : : : : : ::. : :\:i : : : |
 | : : : :|: | : :| : : 从: : : : i:}\ : : : : : 、: 介=-.|
 | : : : :|i | : :|: : : :ト、\; :八`¨¨ゞ辷,xΧ: | : : : |    ですが、私は原作の詳細な記憶が無いので、
 | : : : 从| : j : : : L.xく \: :ヽfr乞タ个トメ、 : : :|     3と4については評価できません。
 | : : : : : | ∧:. : i:レf乞T ` ̄`   ,りイ::.: : : :.|
 |: : : : .ノイ\\八¨¨´  、    /l77|: : : :.:.|.    唯一言えることがあるとすれば、
 | : : : : : : : : iヾ_≧x=-  r- '¨ イ`¨ |: : : : : :|.     付け足しや改変はどんどんするべきだ、という
 | : : : : : : : _」 _   ≧┬‐一 " :ト.、 | : : : : : |    私の持論だけです。
 | : : : : : .:/    `Y. : .〈     } ハ | : : : : :|
 | : : : : : ,'      ', . : .',     | ハー- ミ : :|
 | : : : : : |      ∧ : . :\    }. :∧   ヽ |
 | : : : : : |  '、  /: . ', : . : . \ / . : ∧    }:|

71名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:53:52 ID:uU2d/mww


           _    _.. - ‐: ‐ : ‐ - .._ _
         ,':ヽ ヽ/ : : : : : : : : : : : : : :` 、 ヽ
         i::::l ', ',: : : : : : : : : : : : : :, -‐- 、 ',
        , '´: :`ヽi |: : : : : ., -‐ : : : : : : : : : : ヽ-.、
        ,': : : : : ,.:| |,.'´`, ':. : : : : : : : :ヽ : : : : : :ヽ:ヽ
.       i: : : : : :i: | ,' : , ': : : : : : ハ: : : : :.ト、: : : : : ',:.:',
      l: : : : : :l: l/: :,'. : : : : : :/ ',: : : :/  ',: : : : : :',: :',
        l: : : : : :.l:/: :.i: :: : : : :_/-‐´|: : ./`ー、',: : : : :.i、.:',
.      l: : : : : ::|l: : :l : : : : : イ示  |: :/ イ示,',: : : : l ヽ.',     原作付きのやる夫作品の場合、
.      |: : : : : :.|',: /|: : : : : 代ソ  |./  弋ソ ハ:.: : :.l   `     原作を再現するだけでは
.       |: : : : : : |∨|.',: : : :/      '     ,' ',: : :l.        原作には絶対勝てません。
      |: : : : : : :|.  `i: : :/、    _    /   ',: :,'
      |: : : : : : :|.  ,':/',;`    'ー´ , イ.:l   '/         原作を見た方が、手っ取り早いし面白いんです。
      |: : : : : : :|  ´   _i  `  ‐r< : : :l
       |: : : : : : :|    ,'  \     ', ヽ、:i_.            そこで、原作との差別化を図り、
       l: : : : : : :| _r‐´ i     `>、,<  `i  `、.          原作に無い面白さを作るのに有効なのが、
       |: : : : : , '´  `i}...l   /`ゝ ̄ノ\ l.',  l.           作者様のオリジナル要素です。
       |: : : : :,      j}.ヽ、/............l~~',......ヽ!..', l
       |: : : : :',     i...................厂l ,r´`',ヽ、.....',.l          せっかく手間暇かけて作っているのですし、
       |: : : : : i     i}..................ノ,ィ.、  '`, ヽ,ィヽ.          作者様独自の面白さを追求するのは
       |: : : : : ト、__ ィj............/:::::::::Πヽノ/、::::::::'.,.         悪いことではありません。
       |: : : : : |::::::::::::: :|....../:::::::::::::::| |:::::|::::\\::::::'.,.         むしろ積極的にやるべきだと私は思います。
       |: : : : : }::::::::::::::::|イ:::::::::::::::::::/./::::/ヽ::::::ヽヽ::::::',



        .. -― =-</゙>'ヽ
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
     l !'     、     \!   ',
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l         こんなことしか言えなくて申し訳ありませんが、
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |       この私の持論を3項と4項へのお答えとさせていただきます。
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |
    |   ::ノ  `/ ヽ!/::::l   L::.    l
.    l   (/  |::/::::::::::|::`iー ':::::.    |
   |   ::ヽ ./:::::::::::::::::ヽ/:/ |::::::::..   l
    l    :::| |:::::::::::::::::;;:::/:/ヽl::::::::::..   |
   |    :::l 丶-‐i ´ | `   \::::::::...   l
   l    :| /   ヽ/     , >::::::::...  |
    |    :l/ヽ  / ヽ  , :'::´::::::\:::::..  l

72名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:54:27 ID:uU2d/mww


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                    ┃
┃  1. 読みやすさと話のテンポは良かったか?                        ┃
┃                                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             ,..-:‐: : : : : : : ‐. .、
       _ ,.イ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ_   __
       __////: : : : i: : : : : : : : : : : : : :V∧´: :.ハ
.    /: :{///: : :/:..:|: : : : : : :.|: : : : : : :.V∧: : : :.
.    ,: : :.{//}: : ;'__:/|:.i : : : : : |:___: : : : : :V∧ : : :
    .: : : {/i}: :´i: :/`|:.|: : : :..:´|ヽ: :`: : : :..}//}: : :.i
   : : :..:.{/i} : : |/  ヾ{ヽ: : :i..;'  ヽ:i: :|: : }//}: : :.|
   i: : :..:{/i} : : |´笊ミ、ヽヾ:..|ノ´笊ミ!:/ : /==': : : |     全く問題ないと思います。
   |: : : :`¨:l: :i:| 弋リ   乂 弋リj/: :/: : : : : : :|
   |: : : : : :.ヽ从 ,,,,   、    ,,,, /j/: : :..: : : : :|     やる夫さんが自作の発明品を紹介する、という形式なので、
   |: : : : : : : : :ヾ   、  ノ   イノi: :..: : : : : : |     説明セリフが続いても違和感がありませんし、
   : : : : : : : : : : :.|>      イ_  : : : : : : : : :|     各AAごとのセリフも短く纏められているので
.    : : : : : : :i: : : :.|   fi¨´  /: :} 、: : :. : :..: : :    とても読みやすかったです。
    i : : : : : | : : : | __,ノ:ヽ__/: : : :ゝ-r‐‐ -- 、: :.
    |: : : : : ;'- ‐‐‐f:j}: :/}}:ヽ: : : :.j}: {{     Y:.
    | : : : : ,     j:{{:/ { ̄`7ヽ: :/ : {{      |∧
    |: : : : :i  :、 /: j{: :.ヽ‐‐{: : ヾ: : :.{{       |: ∧

73名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:54:49 ID:uU2d/mww


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292776987/611


        __
     ,.イ///}∧
      {/////i}}∧、
      |//////}}//}   __/7}  _,.......... __    rt
.    ////////}}//ヘ ,: : //:`:.く: : : : : : : : :`: :.、.{{{, -: :‐:.、
    //}///////}}//∧: /,:-: : : : : : : : : : : : : :..: :.{{{: : : : :.∧
.   ///}///////}}///jV:' : : : : :/i: : : :|: : : : : ヽ: :Ⅵ: : : : :.:∧
  《//リ///////}}////: : : : : :/ _ヽ: :..|丶: : : : :‘,`i : : : : : ∧
   ヽヾ///////ソノ//:.;.イ : : /´ ` ヽ:{ -ヽ‐ : : ‘,!:..: : :..: : : :.
    `ヽゞ≠ '二ノヾ〃//、: :.iy'笊ミ  ヾ xェュヽ: : :.i !: : : : : : : : :.
       ̄ ̄     /V//∧:.ト弋::ソ   "んハ》ヾ: :{{!:..: : :..: : : : :     私が一番上手いと思ったのは、
                i: :∨/ソ从     '   ゞ ' /:ハ:i | : : : : : : : : i       ここの上のAAですね。
                |: : :ゝく   丶 「  ァ   厶イiソ | : : : : : : : : |
                |: : : : :.ヘ rf{:.>、  <:.}ァ 、  | : : : : : : : : |
                : : : : : : :∨{{: : ;xyュく: : :.〃  ヽ、| : : : : : : : : |
             ,: : : : : : /: :{{y":{  〉ミ、:〃     Y: :..: : : : : : :.
           ,: : : : : : { : : : : :/`i´: : ゞf{ .:   |:.: : : : : : : : :.
.            ,: : : : :..:八: :..: :/  |:r_‐ュ: {{.,:'i 01 |.: : : : : : : : : :.
              ,: : : : : /: : :iー: ,′ !: : : : : :〉'{二二,}..: : : : :..: : : : :.
          /: : : : :/: : :/ : :,tュ  l: : : : :.{  i////i{ : : : : : : : : : : :.
            / : : : : : :,.イ{: : :,tュ   !: : : : /7、l/////}: : : : : : : : : : : :.
        / : : : : : : ヽヾヘ:x{   /、: : :////{/////} : : : : : : : : : : :∧
.       /: : : : : : : : : くヾ//ヽ//iヾ/////i{////∧: : : :..: : : : : : :..∧
        / : : :/ : : : : : :/ `ヾ{///////_> i´{/////∧ : : : : : : : : : : : :丶
.     /:.: : : :/ : : : : : :.//7ョュ、/ ̄´i、___,ノ} !/////i∧ : : : : : : : : : : : : : \
   /: : : : : :/ : : : : //////i/   ∨777} !//////i∧ : : : : : : : : : : : : : :..\
  /: : : : : :./: : : :/ //////     ∨///i} !///////i∧: : : : : : : : : : : : : : : : \
  : : : : : :/ : : :./  ∧////       ∨/i∧ |////////i∧丶: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  、: : : :..{: : /    i/////          Ⅷ//ハV/////////≧ュ、丶 : : : : : : : : : : : : :.ハ
  丶: : :i/     ////if          Ⅶ//i} V//////////i/ 〉 丶 : : : : : : : : : : : :i
    ヾ八     {////i}          i///i} ∨/i//////// /    \ : : : : : : : : :.′
      ヾゝ     ∨=彡′           j///iハ ゝ`ヾミ////       ヽ: : : : : :./
                `¨´             {////iリ  ` ー― ´         ∨: :/
                            弋__彡′                j/

74名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:55:11 ID:uU2d/mww


           xェzュ、
        , ィ7-く l:i}:!  __ _
         fryイ : : : Yi}:!: ´: : : :.`: : ..、
        l/: : : : : : ,>: ´:, ィ: :´: ̄: : ヽ、
       /: :、__; 彡: ; ィ:´: : : : : : : : :/: : :ヾ≡x
.      /: : : /: : ー:≠: :‐: :≦彡'/:/: :../: :.|i}:!
..     /: :./ : :yェェァ: -:‐≠zェュ、ノ:/: :,.イ : :..|i}:!
      .: /:/: :..《У´: ; ィ´ 弋:ツノ /:/ 、!: : ;jリ
.    /:/: : :./:./}三}      / ,ィョtl:../イ:.!      「えへん」とワンテンポおくことで間を作る、
.   /:/: : / /: /弋彡'′      、ゞ' /:イ: :!: :.       これにはとても感心しました。
 /:/: : : :/: :{:./  `7 ::.、    r ,   ノ/ : :..| : :
:´://: : : :/: : :从  / ̄`ヽ__、    ィ: :/ : : : |: : :     また、この一コマがあるだけで、
:.´ ′ : :/: : : /_ry-くミx: : :f{:::ヘ`¨´ /: / : : : /!: : l      やる夫さんの得意気な様子もよく伝わってきます。
 / : : :../: : : / {/   `ゝヘヾハ:__:}.、_/: /: : : :/ :..:..|
./: : : :./ : : :/  :     ゝヘ: : :`ヾ、ヽ: : : :/   :..:.|       この間の作り方はお見事でした。
′: :../ : : :/  ,__  .:::. { {: : : : : :ヽ`ヽ´     i: :|
: : :../ : : :/   {__`ヽ,′ } } : : : : : :}:ヘ: }   .:..:.|
:..:../:..: :./   i三iミx/ヘ  { {: `: ー: ':ヾ::ヽ   /:..:..|
/: : :../     从三ミ∧: ゝゝノ: : : : : : : :.ヾ::ヽ/: : : :

75名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:55:43 ID:uU2d/mww


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                    ┃
┃  2. AAの改変・作成を行ったが不自然・不適切なところはないか?     .┃
┃   (特に620と630がソレっぽく見えてるかどうかは気になります。)      .┃
┃                                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



         __   ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :{///
       ,ィ升/ヘ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: :.{///
       ∨/////: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ';..:{///
.        ∨//i,′: : : : : : :{: : : : : :、: : :|: : : : : : : : : i: {///
         ∨/i: : : : : : : : :.|: : : : : : Y: :ト、: : : : : : : : !_:. ̄
        ∨{: : :i: : : : : : |、: : :..: : :|i:i:| 、ヽ:..:_; : : :l//}: :
         iⅥ:..:.|: : :.: : : ; ヽ: : : 、|}从   ̄ ーi: : |//}: :
         |:..:ヽ:.|: 、: : :.i/ ノ `ヽ: |ヾ:.:} 、__,.ィ}: :|//}: :
          ,:.:..: :i:|: :ヽ: :T ´     乂ノ}/   ̄  l: ///ヽ        概ね問題は無かったと思いますが…、
.         /: : :..从:.人 : | ゝ=≠' ノ /     ム彡′ }:       作者様も気にされている620だけは
        /: : : /:./: ∨ヾ:.、      、        /   /: :     ちょっと強引だったかな、と思います。
      /: : : : : : : : : :.iゞ ヽ         _   イ:{  ,: : :
       ,: : : : : : : : : : : :|   丶    ´   /| ゞ‐' : : : :     リンクを張っておきますと、これですね。
      .: : : : : : : : : : : : |     ≧r‐  - ´  |ヽ、  !: : :
     : : : : : : : : : : : : : :    /:.|         |:/: ヽ 、: :
      i: : : : : : : : : : : : : :、   /: : :.}        /: : : :ヽ ヽ:
      |: : : : : : : : : : : : : : }   {: : : : `:ー.、  /: : : : : : :j}:`ft
      、: : : : : : : : : __; ィ:¨:´}}: : : : : : :/:} {:,ハ: : : : : :./: : :{{



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292776987/620

76名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:56:21 ID:uU2d/mww


                   ____
                   //厶、\       / 、\
               厶/. . . .  ̄ . . `> /  \ヽ
                /. . . . . . . . . . . . .{ {`. i`ヽ > >
                /. . . . . .  .  .  . . . .\ヽ|. . . `く
              .' . . . . /. . . . . . .   . . .|. . . . . .\
           /.i. . . . ハ. . . i、. . . . . . . . . . . ハ. . . . . . . .ヽ
.          /. .|. . `/、i. . . | \. . . . .i. . .|. . /| . . . . . . . . . .
         /.′|. . /x弍. .‐!- _ヽ . ._ . . |. //|. . . . . . . . . . . .
            |. .'ハ 弋}ヽ. . ツ'_)心、_` . i厶/|. . . . . . . . 、. .. . ,      前後の話の繋がりや、やる夫さんのセリフで
            i.i. i/!    \{ 乂..ツ^. . ' 「i !,i . . . . . . . . i\. .′     言葉さんが何をしているのかは理解できますが、
            ,从..八 ′        |. /i !j |′. . . . . . i. |  ヽ∧     「土を掘っているようなAAに見えるか」
         , <三三:. |i\ ゝ、    .ィ厶>'´ . . . . . . |. |   i. .'.     と言われますと、NOです。
       ∠三三三三:{i_,zュ --=≦  ;ム    .′ . . . . . i从  : . .|
      ∠三三三≧‐ ´ _,.>‐ /「j‐‐ ´  〉   ,. . . . . . . . ハ、ヽ  . . |    ただ、話の流れを妨げるような
    {三三=≦7 /´ ̄     r‐ァ―‐< ∧ .′ . . . . . /. .|  /. . .!     分かり難さはないので、
    ヽ三三三i  !     /イ      〈 ∨. . . . . . . . . .| ′. 八    気にされるほどではないと思います。
      `<三人 v―‐ ァ /' |      '. i. . . . . . . . . . . ! ,. . /.
           ̄ ̄  /,   |___ _    } ! . . . . . . . . . . | .′.′    「ザクッ」という効果音を4つもつけることで
            /./     ||i i|'1|./ /.'i. . . . . . . . . . . !. . {         土を掘っていることを強調されていますしね。
           {  {       ||i__j| i」{// ! . . . . . . . . . ∧. . ,
               \、〉、  「八 ̄  {、/   ! . . . . . . . . /i ヽ 、 
              ヽ   |   `'ー‐'^ }    !. . . . . . . /. .!  い)
                '. 人     ハ  |. . ./ . . {. .|  '′

77名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:56:51 ID:uU2d/mww


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                    ┃
┃  5. その他気になった点                                  ┃
┃                                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      xェェz. -: : : : :-. .、   __
     /イ: : : : : : : : : : : : :`ヽ///∧
    ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.V∨∧
.   /: : : :i: : : : :|: : : : : : : : : : : :ヘ ∨∧
   /: : :..: :|: : :..:..|: : : : : : : : : : : : : :///∧
  ,: : : i:-/ヽ:..: :..ト、; -‐:-: : : : : : :i:.}///ソ
.  ,: : : :|:/__ ヽ:..:| \: :ヽ: : : : : :.|;'//ヽ
 /ヘ: :..ヾ{ f:㍉ ヾ{ イ笊ミxi: : : : : |ヽ: : : : \         3項・4項を飛ばして5に行かせていただきます。
   ヽ: : :i 弋リ   弋::う ! : /:.: :| ヽ: :..: : :.\
    ヽ从  、       ムイミヽ:{  ヽ: : : : : : ヽ     私がこの作品を読んで一番感じたことなんですが、
     ヾゝ、 V ̄ヽ u ./三彡'`   ヽ: : : : : : : :    この作品のテーマは一体何だったんですか?
        ヽ:> ` ‐ '  ィ /: :ヽ_     ヽ: : : : : :      ギャグ?
       j//  i¨ヽ   /: : /  ̄ ヽ    ∨: : : :      シリアスな切ないお話?
          :  /: :{__/: : : :/      :     ∨: : :
          i ,: /ヽ: : : : :/    01  !     : : : :.     メインテーマが定まっていないように思えて、
          l/:´:{:::::::}ヽ:./{{ i  _  .      i: : :     作者様が何を書きたかったのかよく分かりませんでした。
         /: : /:`:f´: : : : :ゝ/´xェュ `′   /: : :
       {: : /::::::;′: : : :..:///////    /: : : :

78名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:57:46 ID:uU2d/mww


               _    _,,......,......,,_    __
            /ii,.-''´: : : : : : : : ::`:ヽ.///ヘ
            ,/-:: : : : : : : : : : : : : : ::.///_. ヾ\
          /::/: : : : : : : : : : : : : :///|: : ヽ//
           /://: : : :;ヘ : : : i: : : :.\ヾヽ|:: : ::×
            |/ /: : : :./ ヽ: : :|ヽ: : : : :\ヽ',: : : : :ヽ
.           |: : : :/-‐´ ヽ: l`‐\: : : :.|=lll丶.: : : :ヽ         具体的に説明させていただきますと、
          /|: : :/ r=-、  ヽ. r==ヽ: :.:.| l| i: : : : : :ヽ.        ストーリーの前半では、親不孝だったやる夫さんが
            /:.:|: :/:|弋::リ    弋::.リヽ: :|´ノ  i: : : : : : :ヽ      お母さんに親孝行をするべく頑張っている、
         /: : :.Vl:::l     ,       |ヽl/   !: : : : : : : i     いいお話でした。
.          i: : : : : |:::ト   _       /|:::|     i: : : : : : :.:!
          i: : : : : :l∨ `// )、_  / |/     !: : : : : : : i..     615や617も、クスリと笑わせるエッセンスとして
          l: : : : : :l   {   '´ / 〉イ.lヽ、       i: : : : : : : :!.     いいアクセントになっていたと思います。
        l: : : : :.;l__,::‐|    /_ノ /  l::‐.、 _ l: : : : : : : :l
        l: : :/´  {}:ヽ   j /   /.: : :{}  `ヽ : : : : : l
        l:.: :l   {};へ  /∧   /: : : : :{}    | : : : : :.:l
        l: : :l   /::::::::\/凸ヽ /: : : : : :.:{}   l : : : : : :l
        |:.:.: l  /:::::::::::::::::\ |.:`: : : : : : : :ヾ   l : : : : : :l



      /77ゝ‐…‐- ミ/77刀!
     /       /〃/」ii:|
    /  r 、  ト   Vハ V/
       {⌒ヽ. |⌒刈 ゞ=! ',
   |  |┬ュヘN┬┐! i、 }   ,.         ですが、626の「言葉さんを蹴って再起動させる」から
    j∧ :! ヒリ   ヒリ | j」ヾ!  ',.        方向性がおかしくなり、630でマネキンと間違えて
     Ⅵ、      レ'¨´|  ',.        やる夫さんが埋められてしまいます。
      |: :>`rtァ >⌒`  |   ',
      | : :レ/Yコ∧_〉、   |     '       これは完全にギャグの展開です。
   r_r≦´::〃/ | ¨〉::::ハ |     ,
    {{::::///= | 《::::::r'   |    ',
.    /¨´ 》V、_ノ、メ≫'   !      ,
   /. : : :ヾ====彳    }     :i}
.  /  : : .:ハ¨ハマ¨::{   ,'    :リ
  / / _彡'  ';::::} }:::::} _ノ     〃
 ( ({/´    j_:ノ l::::j`ーz_____彡'
  `ヽ       し'

79名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:58:34 ID:uU2d/mww


|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ、  _
::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/‖〉
:::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y‖/
:::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
: :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
:::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|
::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |.     そのままギャグでオチをつけるのかと思いきや、
:::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ‖;;;;;) !.!: : :、: |: :.|.    ラストはやる夫さんの切なそうなモノローグ。
、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|      ここでまたシリアスに戻っています。
 >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|
. <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/       このように、シリアスなのかギャグなのか、
 <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|     展開が一貫していないんです。
 <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|
. <ヾ="、ヽ`イ、::::|>   ||: : : :ll: : : :|.      私は笑えばいいのか、やる夫さんに同情すればいいのか、
_|'::::::::::l´ ̄.〉''\!'ソ    | |: : : :|: : : : |     どんな感想を持つべきなのか分かりませんでした。
=|::::::::::::|.-〈:::::::゙''':t-―--| |: : : |: : : : :|
:::|:::::::::::|: : :|::::::::::::|´ ̄:::`! |: : : |: : : : |
::::|::::::::::|: : : !:::::::::::|:::::::::::| |: : : : : : : :|



  _/.:              ヽ
'´.:                  /77∨ハ
 '            . . : : //∧ ∨/,
/         ` r-ニ_ : :///: : ', .∨}
      \ヽ.  У/へ_/x==x〉》〉'
     、  \'   V/〈《,{     X′            私の意見としては、このお話は
 \,.ィ、: .\: .   `≧=-∧     \           徹頭徹尾シリアスを貫くか、
:. : : :、く xくト刈 : . ∨///,>、     丶            ギャグになった後はとことんギャグでオトすかの
ト、: :. :ヽ癶リ jN : . : .∨/. : \       丶、        どちらかにすべきだったと思います。
:.:.`ー=ミ}      ’、: : :.} \: :从\       \
丶(`ヽ:ノ       ∨/: |   >=‐x \            僅か30レス強の短編なのですから、
     ':.`ゝ-.'´   ∨:.| /::::::::::::::::ヽ :\            シリアスとギャグを行き来しても、
      ':, :∧.:〕ヽイ从{'::::::::::::::::::x≪1: : .丶.        テーマがブレてしまうだけだと思います。
      j/ }/   /:::::::::::x≪´::::::::::', : : : . \. 
           rノ x≪´::::::::::::::::::::::::, : : : : . ヽ.     芯となるテーマを作り、それを貫くべき
          ,レ:::::::::::::::/´⌒`ヾ::::i :. : : : :.、.       だったのではないでしょうか。
         //:::::::::::::/        ',::| ∨ヽ: : \
        / , ′:::::::::/         } | }: : }: : : : : ..

80名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:59:00 ID:uU2d/mww


                _  ,..-─‐- 、、  _  、
           ,イミi/: : : : : : : : : :`ヾi/ミ;l\
              ///: : :.l: :. : : : : :.:.:.、:.//〈: : :\
            ,ゞ´/:.; :.:人:.:ト、: :.:.:.:.:.ヽ;ヾ、l、: :.:.:\
            / :.:/:.:| :./ ヽ;.:| \;.:.:.:.:.:.:.|、:.:ヽ; : :.:.:ヽ
          ,イ :./|:.:.:|;.:|_ ┘l、|- _\:.:.:.:|l;:‐、:|l、: :.:.:.ヽ,
          / |:/: |:.:.:.:||== ヾ!==≠i、「r=、lミ|、: : :.:.:.ヽ
        / :.:|′:||、:/'xx      xx:∪|l;|L彡'´。 |: : :.:.:.:.ヽ,       あと、細かいことですが、
       /: :.:.:.:.:.:.||l、|、   △      |:/|l‐'′o |゚: : :.:.:.:.:ヽ.      句点があるセリフと無いセリフが
       /: :.:.:.:.:.:.:.| ヽ:| ``ー-;ュ;r;:-‐'|/く′     |; : : :. :.:.:.ヽ.,      混在していたのが気になりました。
      /: :.:.:.:.:.:.:.:|  ヾ  /7ム、`i-リミ;ヽ     |; : : : :.:.:.:.:.:l
      /: : :.:.:.:.:.:.:.|      i=|‐lリヾ、ト、|、 ヾ      |: : :. : :.:.:.:.:.|     小さなことですが、大した手間でもないので、
    /: : : :.:.:.:.:.:.:.:|    |::/「iヘ::l|'::::/       |: : : : :.:.:.:.:.:.:l     どちらかに統一すべきだと思います。
    /: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.|    |::'::`>;」:`:::|        |:. :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   l: : : : :.:.:.:.:.:.:.、:.:|    ,ゝ'´|:.:.|``ー'\         |:. :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    |: : :. :.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:l  ,イ、 ,>く、   ,く        l:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|
   /: : :.:. :.:.:.:.:.:.:.:i|:.ヽ ヽ」、/::|::::ヾ、,イ、/     / l: :.:.:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.|
   | l: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;iト、:.ヽ、\ ̄|`ー:'|l′/      l:. :|: :.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:.:.|

81名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:59:33 ID:uU2d/mww


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                    ┃
┃  ※ 総評 ※                                        ┃
┃                                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            /77  _,........ _   /7}}
         r‐.、/,.ィ:´: : : : : : : : :`///⌒ヽ
         ; :,.イ: : : : : : : : : : : : : {/i:{: : : : :ヽ
            ;/: : : : : : : : : : : : : : ヽ{{{x、: : : : : :ヽ
           /: : : : : {: : : :|: : : : : : : :.V: ヽ: : : : : : ヽ
          ,: /: : : /_!: : : |ヽ__:_: : : : : .; : :ヽ: : : : : : ヘ
.         /j/: : : ;'´ ヽ: :i:|´ 丶: : : : : iェz: :ヽ : : : : :∧
        /: : |:!.:..:{f笊ミ ヾ{  ___ヽi: :..i:|ミ}: / V: : : :.: : :.      初やる夫作品とのことですが、
.       / : : 从:..从弋ソ   '⌒゛ |: :.从/; '   : : : : : : :.:.     基本的技術をしっかり押さえた
.       ,′: : : : ヾ{ハ ,,, '    ''' 从/:/   i: : : : : : :.i     とても読みやすい作品でした。
      .: : : : : : / ヾ、   V フ    i ´   _ _ !: : : : :..: :|
.     i: : : : : :.′   >  _ イ   /7f ´   Y : : : : : : |      作者様の今後の活躍を期待しています。
.     |: : : : : :i       _x}  /: j}{      !: : : : : : :.|
.     |: : : : : :|       , -f{: :レ': : : j}ヘ     |: :..: : : : :.|      以上、初音ミクがお送りしました。
      、: : : : :.    ,'   {{イ7`ヾ_j}: :ヘ:    !..: : : : : : |
       ヽ: : : : :ヽ   i   /:/-i: :r‐ュ..: :..‘, ___| : : :..: : :..|

82名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 00:59:46 ID:uU2d/mww
以上です。
お目汚し失礼しました。

83名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 01:33:37 ID:NCn6qcL2
評価乙

84名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 12:05:47 ID:7I6IL5VM
>>44-55
宇海零様評価ありがとうございました。

>>48
美鈴とのイチャラブを追求するあまりそういった未読者には分かりづらい単語を使ってしまいましたことに改めて気づきました
次回作を作る際は捕捉説明を加えてみます

>>49
確かにメインがディアボロだったのにメインが他の話と殆ど量が同じというのは
周りとの差がありませんね。こういった点も次回作では直していきたいと思います

そして二次創作として作られた3つのクリスマスを作って下さってありがとうございました
零様の作品を見ているとああ、ここはこうして表現することができるんだなと勉強できることがあり
何度も何度も拝見させてもらっています

私のEDではグッド、バッド、ギャグと3つのEDを用意したのですが、こちらのほうオチでも構いません
むしろこのようなオチを考えていただいてありがとうと思います
男狩りと道下のあわせ技がうまくディアボロもキングクリムゾンとしての仕事の実感を再確認し、
まごうことなきのハッピーエンドでこちらのほうがいいなと思ってしまうほどです。

そして話も私のレスの数より減っていますがそれ以上に話の質は向上していて
こういった点でも勉強できることが多いです

このお話に評価をしてくださってありがとうございました
今回の評価で直すべきところと今後の課題が見つかりました
改めて宇海零様感謝のお礼を述べさせてもらいます ありがとうございました

85名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 16:12:05 ID:tFTsCank

宇海零です

作者さま、評価への感想、ありがとうございます

正直自分でも、評価の為とは言え、作者さまのアイデアから勝手に短編を作るべきではなかったと
せめて、先に作者さまの許可をいただいてから投下するべきだったと後悔しておりましたが
その点、作者さまが受け入れてくださって、心の重荷が取れました、ありがとうございます

そして、エンディングに関しては、作者さまの短編からその意を汲み取れなかったこちらの責任です
なるほど、そういう視点から見ると、確かに3つのクリスマスが意味を持って並びますね

評価させていただいた者として、作者さまの新たな短編や、もしかしたら長編への挑戦を、勝手ながら期待しております
作者さまのペースで、よろしくお願いいたします

86名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:27:56 ID:6i60Y7Io
誰もいない。
評価を投下するなら今のうちかな?

87名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:28:15 ID:6i60Y7Io


                       _
                       /::::::::::`丶、
                         , -'─‐- 、::::::::\       おお・・・PCトラブルで書き溜めが消し飛んだ・・・・・・
                    ,イィ_二仁`ヽ:::\::::::}
                   〃ィO  O `!iい:::::i/      みなさま こんにちは。
                _rmイ/(__人__)  リ !|::|       インチキそっくりさん北鮮石です。
                辷71l{_     イノ レ',rnm    今日はこちらの作品を評価したいと思います。
               〈 _/(<_仆_>)、 __∠イ_/>へァ′
             /トヽィ/l 廴_//::.:_/ ̄ ヽ/
.         √ ̄ ̄´::.::jノ::Lノー─‐'::.:.イー一 '´   依頼レス
        厶-、::.〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::弋_¨´      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/32
         / ̄`メ、::.::.:>‐、::.::.::.::.::.::.:\       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/39
    __∠二Y  `´   └、::.::.::.::.::.::.冫
  ∠ニニ 、=、/         冫 ̄`>'´       『 正直たぬきとたからもののやま 』
  {. __儿ノ         /⌒ヽ/        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290485412/377-551
  ` ̄ ̄ ¨´        〈=r、`く          または文字化け修正版がコオロギ様によってまとめられております。
                   `ヾ \ ヽ         ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-2545.html
                  \_ソ




         ,,,、      , 、.. - ― -  . 、.、
        〃ヽ丶、イ.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..: : :::::.:::::::: ヽ:,、..- ―‐- 、
        |!. 丶、、.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..: : :::::.::::::::ヽ:,、.. :Zニ=ー―-、;;;.
        |!., ,,,ゝ':;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::.:..: Zニ    ;;;
        ;V.イ′.:/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .. :.:. \ミミ. /
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i. : : :`ヾ. . /
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|   普通『タヌキ』って言ったら、化かす・騙すと良いイメージ無いよね。
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/   ところが、この物語に出るタヌキの雛苺は正直者。
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./    嘘なんかつかない良い子なのです。
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/     色々あって雛苺は悪人やらない夫と出会い・・・
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′    ・・・っと、 あとは読んでのお楽しみ
              `l:::|::ト、   (__人__)   /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _    評価に入るよ。
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

88名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:28:42 ID:6i60Y7Io


        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i     まずはこちら
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|    ・ 雛苺、やらない夫に魅力を感じるか
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|   (_人_) ノ l     外道やらない夫に、バカ正直雛苺。
        ヽ lト、          / /      悪漢は格好良いし、少女は可愛い。
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/_ __
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´|_||__|   まずまずだね。
            /: i_lil__|:ik二つ




    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/      だが、もう一歩だね。
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/        「さふいふ物である」で十分なんだけど、
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  (_人_), イ::/         1、やらない夫が極悪人になるきっかけは?
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_          2、雛苺が正直者になる過程は?
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、    
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_    これを描いてくれれば、もっと魅力が上がる。
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::




      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    N______И
.   rヘ 二二二二/`ヽ、
  /  /,         、 ヽ
  ,′/ / ,′l |  ト、 !  j        「親兄弟に裏切られた」
  ! ′/ /7メ |  レ仁| /|        「バカ正直に生きた母親だった」
  | l| { l/-=ミヘ. |/:::「レ' /
  ∨丶 〈::.::.::}  ヽlヾツ厶イ         なんてのがあれば、
  `、 ト、⊂⊃(__人_) イ /         最後のやらない夫の心変りがもっと格好良かったし、
   ヽj \>r-r<}//  _       変わらぬ雛苺の心がもっと美しく見えるね。
    _/: : |介ヘ: : ̄厂「rヘレ‐-、
    >、: : :.:L_ニ_〉_:_厶┴し'/¨7 }    原作モノだそうだけど、原作でやらなかった事を
.   rく  /7¬^X ハ  〉 ≠ ー'/    やってはいけないなんてきまりは無いんだ。
  〈 \>'´/:`ヽ/ lレ': :∨ /∨ ̄      勝手に設定作って、もっと格好良く描いちゃおう。
     ̄  V_:_:_:_ノ_:_:_:/ / /
.       / ̄7  「 「 / /
      厶__/  l  |/ /
      |=≠    Y弍/

89名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:29:10 ID:6i60Y7Io


             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
          r==ニ二ニ三三三三三二≧    ・ 話の流れやAAなどについて、とにかくわかり難いところはなかったか
        `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/    ・ 主に演出面についてアドバイスをしてもらえると幸いです
         /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ゞ:.::.ヽ、 ヽ
         〃:/ト`ヾ `ヾ`ミ、ヾ:ヾ、:ヽ|     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290485412/463-465
         レ!小lノ    `ヽ 从 |::l::i|
.           レ|l:! ●   ●  i::`メ:ノ     ここの吹き出しは強調かな?
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ /:ノ´      二度目に読む分には悪くないんだけど、初見では混乱したよ。
          レ'./⌒l,、 __, イレ'ト、
.             /  /〈iトゝ  |}:::::::::ヽ
             |  l. /|    |}:::::::::ノi



      , -‐ '´  ̄ ̄ `ヽ、
     /:.:.:,::::::::.:::::.ヽ ::..:.:.: ヽ.    この後で「心を読めるのか」ってあるでしょ。
    /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ヾ:.::.:.::.ヽ、 ',    だから『吹き出しの中は心の中の呟き』『紙はそれを読んだ』って思ったんだ。
    l:::/::::l , `ヾミー-ヽゞ:ヾ、:::',   もしくは、やる夫のお約束『心の中身を口に出す』とも思った。
    レi::ル{レ'     ●` li!: ト、:::l
    /⌒)i"●    ⊂⊃: |ノ::|     でも、それだと「神に嘘が通じると思ったか!」が通らない。
  /   yi ヘ⊃   ,__,   ィ:`:ノ      この吹き出しを読む限りでは、べつに嘘ついてないもんね。
  (  /ス、,ゝ、 `´   ィ レ´ 
   '</:::::::{i  "‐,ー_イ  |}:::ヽ、
    \:::::::{i  〈/iトゝ  |}::::::::',    実際には『吹き出しは口にした言葉の強調』『心の中は別の事』だったみたい。
     i::::::{|   ./|    |}:::::::::|



            _____
          ┌<二三三三三≧
          ∨三三三三三三7
         ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
.       r==ニ二ニ三三三三三二≧     それと、やらない夫は、どうやって神様の読心に感付いたの?
       `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/      口元の様子だけ? それだと少し印象が薄いね。
        /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ
        |::. i::.::.: l ノ  ヽヽ`ヽト、ハ      ここは、こんな風にする方が分かりやすいんじゃないかな?
.         !::.:|:.:.从 ●    ●l小N
.         |:.(|:. ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l: i/
         ゙i⌒ヽ j  (_.ノ   j:|ソ_/⌒)
           ヽ  ヽx>、 __, イ !// ヽ /
           ∧__,ヘ::{i <,!トゝ `l}:::::::::ハ
           ヽ_ッノ:{l / !   l}::::::/'''′              以下 改変例

90名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:29:31 ID:6i60Y7Io
━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━


                / ̄ ̄\
              / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          |   (__人__)  |               人違いじゃないのか?
             |   ` ⌒´  |
              |         }            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              ヽ        }            |    『 俺は 何も してないぜ 』     |
             ,、ヽ     ノ-、          \_____________/
            /;;;i/      '、!\
        _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
   ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.  !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
  |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.  |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
 /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



     /:::::::::::/  /       l    ヽ    ! l.   ハ    ハ:::::::::::::ヽ.
    /:::::::::::::::,'   {    l    !     ',  .l  !     i    i::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::i   ヽ、   ',   !      i  l,' ハ l.   l    l:::::::::::::::::::',
   ,':::::::::::::::::::l    i \  ヘ` 、ヽ.  l.   l /! / Ⅵ_ ./     !:::::::::::::::::::l
   !::::::::::::::::::/\   ヘ ̄ >ミ 、ヽ.iヽ、li   //z≠≦、! /i    ,'ヽ::::::::::::::::l    愚か者め ……
   l:::::::::::::::∧   `丶、ヘ/ l: : :*: :iヾトィ}l  /´イ : *: : }!イ/     / .l ',::::::::::::,'
.   ',::::::::::::{ ',    .ヘ` `ー-- '   }/ 、_ `ー-- ' /    / / !::::::::/
    \:::::::', ヽヽ.   \  ̄ ̄ "´ ´   `  ̄ ̄イ     / ,イ  ,'::::::/
.       \:.:',  iヽ`i 、 `ーミ.=-     i       ∠... - '' / ! ,'::/
        ヾ、 ,' ヘヽヽ ̄ iヽ、      ‐-‐    / 〃  /、   l ' ´
         /〈´:.i、 ヾ、 l  l` ‐ - ... __ ... ィ ´:./ム-'' ./ ハ  l
        /  ',:.:ヽヽ l  l  l:.:.:.:.l   /:.:.:/    , '   ヽ.ヽ、
       /    〉:.:.:.ヾ l  ',  ヽ:.:.ヘ /:.:.:/    /      \\
.    /     .ハ:.:.:.:.:.:`!  ',   ヽ/:.:.:/    / /      _ .. ヽ,ヽ、
.   /      i:.:.:.:.:.:.`ー!.  ヽ   `/     /  〃  , - '' ´ i `i  `ー




                   て
       / ̄ ̄\       そ
     /   _ノ  \
     |    ( ○)(○)
.     |     (__人__)       ! !
      |     ` ⌒´ノ
.      |         }            ( コイツ …… )
.      ヽ        }
       ヽ     ノ
       .>    <
       |     |

91名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:30:12 ID:6i60Y7Io

| | | | \  |   |  |\| 川 |  \  \\  \     |    |
| | | |\ \|彡三三ミヾ. \川.|\  \  !i \  !i    |    |
| | | | |\ 巛  /   ミヾ\.|  |. i  |  |  !i  |   /    |       _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
| | | | |   レ|  |   (_) ミミ..\ | |  |  |  |  /  /    ∧    __ノ
\\\\   |  i      }川| ヾ | |  |  |  / イ  /     | :|     シ   神に そのような嘘が
i i i  廴   \ \__/  /  | !i !i i // .|  /     /  !    ,)
\\\  廴     ̄ ̄ ̄ヽ/  // //、-===、_     /      ⌒ヽ   通じるとでも 思ったのですか!!?
i  \\ \   : : : : : : : : : : :  彡_彡 彡===ミミ、≠`   /    /   ノ
、|\__ ≧    : : : : : :        / / (_)  ミ__/     〃   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
\\   \三≧             ゝ.{i    //彡       /
  \\        _____  ´  \ニ´_/彡      /    /
 ̄T--≧      /  \   ̄\\     ≦三___彡/     〃
/ |         {     \    \|      /   /       /         _            __
   !i         \     \  /      /彡彡       /         _/ /_         / /
    \        \     .|/   ≦ ̄ ̄   /    /        /_ _  /     _   / /
     .\        \__/    _>ニニニニーー≠          / / / / LフLフ/ /  L/
       `ヽ、    : : : :  _,,、T ̄        |                 / / / /   // ∠フ
          入___,,,-ー'''    |        /                   ̄   ̄     ̄






                    __
                   /    \
                 |         |
                  | \_ _ノ |__                \l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l/
                /|.(●) (●)|:::::::::::゙ー―-、_           三                      三
             /// | (__人__) .|__:::::::::::::::::::::::::\       三   人 の 心 が 読 め る の か !   三
          /::\\ヽ、.`⌒´ /....|| `-/\:::::::::::::::|         三                      三
          /::::::::/\\___  <|......|| ∠/\ \/ヽ|         /l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l i l\
          |_ /:::::::::\.__|ー,__|_||-'゙    \_/../
         /:::::::::\ ,-――´ \    _,-..' ̄..../
         ヽ,:::::::::::/( ̄ )    .|_,-'\\.....くヾ
        /::\/ ( ̄_,)   |:::::::::::::::::::\\__〉、
        |:::::/  / Z_、   /:::::::::::::::::::::::::\/:::\
        /:::(_//:::::::/  /` ゙̄ー‐- 、:::::::::::::::::::::\
         ヾ/:::(/'ヾ.:::::/  /        ゙ー‐ 、:::::::::::\
          /::::::::::::::/\〈_/::\           /[´:::::::::/´
         /:::::::::::::::/  \:::::::::::\       \ \/..ヽ、
       _/::::::::::::::/    \:::::::::::\       `\. 彡 .〉
     ///:::::::::::::::/      \:::::::::::\        \_/
     ||::::::::::::::::::/          ヽ:::::::::::::\
     / \:::::::::::/             |:::::::::::::/、
    || \|:::::/          | ̄ ̄ ヽ_〉
    || 三∨                ヽヽヽヽ'
    || 三 |
    ヽ_ /

━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━

92名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:30:51 ID:6i60Y7Io


        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l ノ_ノ_ノ ヽヽ_ノ_ノ| l        こんな感じでどうかな?
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !       2コマ目は分離しても良いとも思うけどね。
      '、:ヽ:| ヽ|    (_人__)ノ l
        ヽ lト、        / /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´




        ./     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::」_
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|   次はここ。
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290485412/405-407
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/    この繋ぎは惜しいねぇ。
         |l.::ヽ.:!.::::l         ノ/
        ト、.::.ミ.:.:::::、    (__人_)/l     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290485412/406のコマは
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/      怪盗っぽい夜空にするか、「キャー」の叫び声でも重ねるべきだ。
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_      けっこう薄味に過ぎるね。
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ

93名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:31:12 ID:6i60Y7Io

━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━


       ⊂ニニニニニニニニニニ⊃

     ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

  ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃
  。    :::::            *          *  。    :::::            *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚      ::::;;::::  。       o   。
      :::::        。           。           。      :::::        。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +   ゚       .   ゚    ::
 *           *    ::;;::   人人人人人人人人人人人人 ゚   *    ::;;::  ゚  ;
   :::   。    ゚     ::;;;:: <                  >    ゚     ::;;;::   `
           *    ::;;;: <   キ ャ ア ア ア ア !!!  >    o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::   <                  >     。
. 。       o  ゚         Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`   ゚    ::
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::      。
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;: .   ゚    ::
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;   *    ::;;::  ゚  ;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。o     + ::  ,    ;    o  ゚
  ______________________   _____________
  ((_((_((___((____((_(_((_((_((__((___((___((_((___((_@ ((__((__((__((__((__((___(__((__((__((__((__
  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  // / / / / / / / / / / / / / / / / / /
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_// / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニl:l//_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                                |:|==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@
                                |:| |
                                |:| |
                                |:| |
                                |:| |
                                |:| |
                                |:| |_________________
______________________|/|ヽλ_Y〜匚乂_ゝ、イ~ヽソヽ,ハ__ノ乂_ゝ~ヽ
ヽλ_Y〜匚乂_ゝ、イ~ヽソヽ,ハ__ノ乂_ゝ~ヽソヽ,ハ__ノ、|エ |匚ノ___~A___匚ノ___〉~~A(o)___匚ノ\/匚乂_ゝ、


━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━━━━ 改変例 ━━━

94名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:31:39 ID:6i60Y7Io


          `i.:|.:.::://|/^ト、.:.:.:ト、.:::ヽ::::ヽ.:i!ゞ‐-、,
         |.:|::::,ィイ'⌒ヽ \ヾ!'⌒ヾ:::::|/:::::::,:::./
           `ト、ト::l,r==''   `==ュ、 ,/::::::::/:/
          |.:/::.:'.,   ヽ     /::::::::/:/
          l/ i.:::::ト.、(__人__)  /:::::::,イ:/       ・ 雛苺がタヌキだと自然に受け入れることができましたか?
           |/l/N::>、 __ , イ:::,ィイ//
                  _l/__, イL_/|/l/^\__      90/100ってところかな。
            ,イ  , イ杯ト、    ,r'r'⌒ヽ    やる夫スレのお約束「スターシステム」の存在を心の片隅に置いておけば、
           /r==ュ7介ト^ヽ  /,/::!::.:.:.:.:!    誰にどんな役を演じさせてもアリさ。
         r─っニ三ニ:|/。j|;;V;ノ jiリ.:::|:::::::::::|    読者は自然に受け入れる。
         〈 ,二ミ ニ北ニ| ,。ji;;「  jf.:.::::|::::::::::::ト、
         〈 ,三ソ.ニ三ニ! 。j !;|  jソ.::::::|:::::::::i::|.:.i  後は台詞や背景で役を説明するだけ。
         /:厂丁 ニ三 ノ_,fj !;;L__ノ1.::::::!:::::::::N::.:.|
          /::ノ  ヾミ ̄``ーrr-、二ソ;;;:;:;:;:; ィ^i >'´
         丁ト、  `r 、__,ノノ    ̄ト、 ̄ヽ.:.「
          i! Lト、 _j」爪 //      ! ヽ   「
        \二ソV::|;;;V/      i   /
            _/:::.ヽU_。_。_。__/_/
          _/ニニ二二 .: .:. :.:. :.:.:.:.:.〈



        \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\     ただ、「スターシステム」を抜いて考えるとダメだね。
           /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|     さすがに少女人形の雛苺を無改編でタヌキってのは苦しい。
        /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
        ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l     少し出力する情報を変えると一般的な孝行娘になるんだから、
         |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l     そっちにしても良いんじゃないかとも思えるね。
        |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
           ヽトト|.:::ハ   (__人__)  /:',      ノ
              ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
                l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
                  |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
                  |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ

95名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:32:04 ID:6i60Y7Io



        |\     ,-‐‐―――--、
        |::.:.:\   f______!
.        _ !.:.:.:.::..ヽ-r;f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`f、__
      /-Z.:::::::::::::/r'´ / ,   ヽ ヽ`ヽ ヽ:::::::...:.:. ̄,ヌ
     '´ ̄`}..:::::::r' /  / / !   i ハ  ', l::::::::::.:.∠/            やや辛めに評価したけど、「細けぇ事は気にすンな」って
       ∠」:::::::::l / ./ / /!ll   l  l  i l::::::..:ゞ-r-`、           言えるほど良い作品だったよ。
        ヽ:::::ノ / /斗ト./ i !',  t‐-!、 | !::/=、、|             自信を持って下さい。
          V /.イ ィZ-<  !! ヘ _!__ハ | .i<:..:..:.: `ト
       _,, -'Z/! ,l il'b::rj`    'ィ':::。`ト、l ∧/   ____       そうそう、あなたのスレは短編集じゃないですか。
      / /〃{/!ヘj{ ゞ‐'    , b__rソ! .レ | ヘ'.,/  ̄ ̄ ̄ \      前の作品も面白かったですよ。
        //´!./! il l',ゝ._ `-'`.7   ィ/ l / !/  / ̄ ̄ヽ \     そして、次の作品を楽しみに待ってますよ!
  < ̄ ̄`\    ヽ| V ィf´{X}  }ik Ⅴ  /    \ くヽくヽ\ ヽ
    `ヽ、  \    ,__r"_ ヽl レ-'`l^ヽ  /_       \ヽ>ヽ> }  l
       ヽ、  ヽ、 f    k´ ̄し‘‐'ー'  | `丶、     ヽ_/  │
        \_/‘‐'ーヽ_l           |    \          | 
          |´   性 な ん て     │ 捨    ヽ        |
          |  知             |    て        _j
          |     ,、,、,、,、         │    て   ヽ/´ ̄
          |      |:::::::::::| _________,|   し     /
          |      |:::::::,斗'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   ま   /
         │    斗<::::::\          ヽ   え /
          |   /´ \:::::::::: \            /
          |_ /     \:::::::::::\       '、  /
          ¨´ ̄ ̄ `ヽ、  \:::::::::::\        /                以上、北鮮石でした。
                 \  ヽ:_:::::>―‐- 、V
                   ヽ/
                  ≡ニ三三三ニ≡=-
                      Z三三ニ=-

96名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:32:53 ID:6i60Y7Io
はい、以上です。
それでは、消えた物語を再び書く作業に戻ります・・・

97名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:34:58 ID:v4JJwaKA
評価乙です

98名無しのやる夫だお:2010/12/28(火) 17:38:07 ID:CRGDKMK6
>>68-81
ミク様、評価して頂きありがとう御座います。

>>70
>原作について
詳細な記憶がないのはしょうがないことかと思います。
何しろ原作は本当に短いので読んでも印象に残りにくく、すぐ忘れてしまう恐れもある話ですので…
(自分も最初は単純に短さしか覚えておらず、今回読み直して初めておもしろさに目覚めました)
付け足しや改変については自分もドンドンやっていきたいと思っております。

>>72
>読みやすさと話のテンポについて
概ね好評で何よりです。特に611に関しては原作にあった台詞で、さほど考えることもなくそうしたので
そこを評価されたのは予想外で嬉しいです。

>>75
>AA改変について
やはり620は不完全なようですね。元々その場しのぎだったので話を妨げるほどでなかったのならば
一応狙い通りですが…土砂っぽいのを混ぜ込んだのは効果がなかったようなので残念です。

>>77
>テーマの不明瞭さについて
これについては原作の特殊さを生かし切れなかったせいだと思います…

というのも、くどいようですが原作は短い話なんです。
ソレはもう、余分な無駄という無駄を一切省いたが為の短さでして、それ故にこの作品の主人公は
「星新一作品の中で最もあっさり死んだ主人公」と言える程です。

そして、この「あっさり死ぬ」という事こそが肝であり、ソレが生み出す「シュールさ」と「無常感」こそが
この作品に眠る魅力だと自分は判断しました。

ただ、この作品は独白で進む上に情報量が多いため、やる夫に真っ当に喋らせたらご覧の通りの長さになります。
無論、やろうと思えば短くも出来ると思いますがその為に台詞量を減らしては初心者として練習にならないし、
そもそも「短さの再現」を目指した作品は既に作られています(やる夫作品ではないですが)

故に、自分は「短さの再現」を目指すことは早々に諦め、1pと5行の中に圧縮された情報の解放、
及び別の形による「あっさりとした死」の表現を目指しました。そして、その結果が前半を緩いギャグ調にし
埋められるシーンから一気にシリアスに落とすという形になったんです。
(なので「ギャグ」か「シリアス」かで言ったら「ギャグを含んだシリアス」と表現するのが正しいと思います。)

ですので、626〜630の段階で「急にギャグに変わった」という風に見えたというのは……完全に失敗でした。
もうちょっと前半を緩い感じにするか、626〜630をもっとシンプルにするべきでした…

>>80
>句読点について
これはわざとで「真面目に語ってるときだけ句読点が付く」という演出……のつもりでした。
ですが、よくよく考えてみれば短編だと気付かれる可能性が低く、指摘されたとおりに受け止められても
当然だということに気が付きました……これからは短編でやるのはやめにしておきます。
(そもそももう一度確認してみたら何カ所か句読点付けてないところも見つけました orz)


少々長くなりましたが以上です。
是非とも今後の創作に生かし、向上していきたいと思います。
改めてお礼を述べさせて貰います。ありがとう御座いました!

99 ◆CYmA6eS/tM:2010/12/28(火) 21:40:57 ID:YYhb0cEs
>>87-95
北鮮石様、丁寧的確な評価ありがとうございます。
確かに二人がその様になった背景を書くことで、更に魅力が出たのではないかと思います。


>>89
ここの吹き出しですが、その部分は神のセリフとなります。

やらない夫「人違いじゃないのか」
羽入    「『俺は何もしていないぜ』」

この様な状況ですね。
やらない夫のセリフを先取りして言っているように、演出をしたかったわけです。
……が、わかりづらかった様なので、素直に2コマに分けるべきだったかなと思いました。


あとは、淡白さについての指摘ですが、とても参考になりました。
確かに改変例の方が、グンといい具合に仕上がっていますね。
これからもう少し気をつけてみたいと思います。


最後に雛苺の役についてですが、……とりあえずは平気だったようで安心しました。
ですが、>>41でも言われたように確かに苦しい部分ではあったようなので、
もう少し対処方を考えるべきだったと反省しております。


重ねて、北鮮石様、及び>>41様にお礼申し上げます。
また、他作品も読んでいただいたようで感激です!
ありがとうございます。励みになりました。

北鮮石様も書き直しお疲れ様です。
どうかお疲れの出ませんように

100名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 17:57:48 ID:spB7ejAM
17レスお借りします。

101名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 17:58:20 ID:spB7ejAM

            //_
              ,", ‐=、:7,=ニー-- ,,_
ビーフジャーキー! /〃 o l,〃o. l.l: : : : : :`ヽ、
               /::,.-l.゙-゙ムl ゙ー゙-"'''ー、: : : : ::ヽ
           l>ゞ、,,ヽ〈;;;;;ノ==二二  ` 、: : : :
,,-"|   ∧  〈 ̄ 二二 ` ./ 二-二"、   ヽ: : :
.  ! ./  ヽ、ヽ、__,,__  /__ , ―'─  `ヽ、  !: :
   レ'       ∨   `y'"  , -、 r― 、  !  l: :
                |  /   l l   ヽ  l  l: :
              ,.l、,,!,   り,,,,,,, ノ ./ /: :
           rー 、_l_  `ー' ̄   `l_/ /: : :
            \   ̄ ` ー----‐‐'  /: : : :

102名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 17:58:39 ID:spB7ejAM

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \    やぁ、大好物が紹介されてたんで、
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ    つい興奮しちゃった。
   / /   `ー ●ー    ヽ  
   l |   三   |  三  |    僕、ドラえもんです。
   | l \     |    / l
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_   今回、評価させていただくのは、これ!
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /   「やる夫で学ぶ燻製」

                    依頼レス
                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/29

                    現行スレ:完結
                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/

103名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 17:58:58 ID:spB7ejAM

        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \     あらためて完結おめでとう!
   // `−● − ′  \   ヽ
   |  三  |   三    ヽ  ヽ   一つの作品を作り上げるってのは、
   | (____|____   |   |   とっても大変なことさ。
   |  \.        /   |   |    よく頑張ったね。
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /



          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\     前回も評価させてもらったんだけど、
      /  /  `ー ● -   ヽ    今回は2話と3話を中心にやらせてもらうね。
      | / , 二   |   二、ヽ   まずは、評価ポイントを見させてもらおうかな。
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //   ・前回とおなじく、「わかりやすさ」をメインに御願いします
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /    ・表現、説明の足りない部分などはないか
        (二二二(〒)二二)     ・キャラクターは描けているか
        /  /     \|ヽ    ・その他、気になった点などありましたらお願いいたします

104名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 17:59:20 ID:spB7ejAM

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ     まず、第2話だね。
    // `ー●ー ´   \   ヽ    君の作品は、1話から3話までで、
   /^ 三 /  三     ヽ    l    概ね、実践・知識・実践と分れてるね。
   ヽ.__ /     __  l    |   僕は、この構成はすごくいいと思うよ。
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ      第一話の実践で、おいしそうな燻製の写真と作り方、
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ     こいつで掴みはOK。最初から蘊蓄だと読者が引いちゃうことがあるからね。
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l     そして、興味を持った人は、当然、知識も欲しくなる。
    l  |        |   ) /     それを君はきっちりと補てんしてあげたね。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /      これは本当によかったよ。
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

105名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 17:59:46 ID:spB7ejAM

          __
        (((_=_)))
           ||
        , ─ 釤── 、
     /   / ⌒ヽ⌒ヽ\
    /   , -|   ・|・  |ヽヽ     それじゃ、どうして2話が分り易いかというと、
   /   /   ` ー ●ー′ ヽl    君が説明を書くときに、書式を意識したからなんだ。
   l  /   二    | 二  |    これは、基本的なことだけど、すごく重要だよ。
   |   l    ─   | ─  -、
   l   |         |    __ ノ
   ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━━━━O━━〈
    /    / ___ ヽ  ヽ
   /    |  ヽ    ノ | l◯



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ     温度・時間・注意・方法に適した物、
 l  /   ー ●ー    ヽ     これらを各講義ごとに概ね同じように並べた。
. |  /  三   |  三  | _   これによって、読者の頭の中に枠組みが出来て、
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)   とっても理解しやすくなったんだ。
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

106名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:00:04 ID:spB7ejAM

       ___
      / ,(@)(@)、\
.     / /   ●  ヽ ヽ    時々、構成がバラバラで、知識が頭の中で、
    |  | 三 | 三 } }    グッチャグチャになるような本を読むこともあるけど、
.  ◯ヽ l  ___) /◯   目がまわっちゃうよね。
.   ヽ ヽ==¢==ノ 丿



     ____
    /:: . -、. -、::::\
  /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',    その点、君の作品は、
  |::/  " ● "  ',::|   しっかりと整理されてて、
  l::{ 、三 | 三 , }:l    すごく分り易いし読み易かったよ。
  ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    これは、素晴らしいことさ。
   /::::::i ___/
   i:::::::::i-(〒)―`ヽ

107名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:00:24 ID:spB7ejAM

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     知識としては十分に与えられたよ。
   / /   `ー ●ー    ヽ    液燻については、他の手法と扱いが違うけど、
   l |   三   |  三  |    これ、暗にお店で出すようなものじゃないって言ってるし、
   | l \     |    / l    蘊蓄として、大まかなやり方・起源・メリットデメリットを書いてるし
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_    このぐらいで良かったと思うよ。
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /



      , ──── 、
.    / /⌒  ⌒ヽ    \
    / , |   ‘|‘   |- 、   ヽ    チップやウッドに関しても、
  //  ー ●ー U  \   ヽ   僕はあれくらいで十分だったと思うな。
  l  二  |   二  ヽ   l   だって、結局最後は、燻して試して食ってみるしか、
  l  ─  |   ─   l  |   味を知ることは出来ないじゃない?
  ヽ (___|____  l  l    自分にあったものなんて全部試さなきゃわからない。
   ヽ           /  /
    >━━━━,-、━━ イ
.   /    /   ヽフ `ヽ l

108名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:00:42 ID:spB7ejAM

          ____
       /     − 、 −、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ
     / /    `− ●- ′  |    阿部さんのキャラクターもきちんと書けてたと思うよ。
     | |    二二  | 二二. |   企業秘密といいつつも、しっかりと教えてくれる。
     | | |\ -─  | ─___)   しかも、やらない夫がどんな風に教えたかを把握した上で!
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_    セリフの所々にガチホモらしさも出てるし、
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)   すごく「イイ男」らしく描かれていたね。
    \   ━━━━6━━  /
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |



                ,-、 nn
.r-、 _00           /::::'┴'r'
.|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
.|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
. ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
. \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
     \ ̄  l   ,>ィ''ヾト:r:‐、_
.       , / ,.-、/ /::\  `‐'^ヾ;<´
      / { ゝイ  /.:::::....`丶、.__戈‐    あと、評価しておきたいのが、>>313-314のやるやらの掛け合い!
       ! _ | ::|  |::::::::::::::::::::::::::::::;イ:l     間に挟まれる小ネタってのは、こういうのがいいんだよ。
      /  `ヾl、 l:::(\____:::::::/ l::|    パンと笑わせて、引きずらずにさっと本題に戻る。
.     {     ,ム\\:`‐-‐':/  /:/     実に鮮やかだったね。僕も一瞬だまされたよ。
     ヽ;:-ィ'´,.、 `㊦、、 ̄´  /='ィ⌒i
     ! {. ヾ;| l  \  `ヾ='´;: -‐'^'''゛
    ', '、  \\_,,>   ノ::/  } !
      ヽ,\  ヾ;、.__,/∠_   ノ/
        丶丶、ヽ;:::::::;:ィ´  ゙,  /
           `'‐-<.___ノ

109名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:00:59 ID:spB7ejAM

      ____
   /   − 、− 、 \
.  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ    さて、そろそろ3話に入らせてもらうね。
 / _/   `−●−′ \ヽ   主な内容はスモークジャーキーの作り方と、
 |(_ 三   |  三 _) |   やる夫と蒼星石の恋の行方だね。
 | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |
 ヽヽヽ   (^U^)   ///
  \ヽヽ(二二二)ノ ヘ
    ━━, ─、━/○^
    ,┴ 、二○= / ノ
   |   |ヽ_ ノ  /
    ` ─´ ─、_ /
         ( __ ノ



      , ───  、
    //⌒ ⌒ヽ   \
   /  |  ヘ|・   |− 、  ヽ        1話目と同じように、
  //  ー● ー ´   \  ヽ___   作業工程を一つ一つ写真に収めながら、
  l  三  |   三    ヽ .|   |   丁寧に解説しているね。
  .(____|____   l__.|   |   相変わらず素晴らしい。
  .ヽ\   , ── 、 ノ  (__ |__|
    ヽ ヽ、/___/  /  /
     >━━,-、━━━′ /
    ∠. /  ヽフ   \   l
   (__ | l ┌──┐  l   |
     l ヽ `ー─ ´ ノ   l
     ヽ   ̄ ̄ ̄    /
     ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄ ̄)

110名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:01:20 ID:spB7ejAM

             ___
          r ,ニ-、. ,r―-、` ー 、
         r ´ /    i     i   ヽ、
         /  ,. !  '`j、0   ノー 、    i    ソミュール液のような、簡単なものでさえ、
       l r'ー-ニー(__.ノ` ニ-―'' ヽ  .!    君は写真にとって、読者に確認してもらおうとした。
        !/ r三ニ  l  _三三_   i   !   そうした読者に対して真摯に臨む姿勢は、
        !l. `-r―‐ '''´ ̄_..........._ !   l  i    僕は最大限に評価したい。
    ,r―、 l!  ヽ  ,r'´     /  l  i
.   !   ,トヽ.   ヽ !   _,/   / /
    `ヽ'´  ヽ     ` ''''´     / ,r'
     ヽ   ⊂ニニrニヽニニニニ⊃、
      ヽ   /   ヽ!ノ    ヽ     ヽ



      ____
    /    - 、 - 、\
   /  , -|  ・|・ |- ヽ       そして、君は食塩水の危険性にも言及してたね?
  i /   ` - ●-′  i. _⊆⊇_  常識的に考えれば、ゴクっと飲んじゃう人はいないかもしれない。
.  | |    三  | 三  | |   .|  でも、ひょっとしたら読者の中には子供がいる人がいるかもしれない。
  ! | \.___|__ノ / |   .|  もう冬休みだ。キャンプで君の燻製を試してみようって人がいるかもしれない。
  \ヽ   \___/ / ◯─-┘
    ━━━━o━━ /
   |   /    ヽ |

111名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:01:52 ID:spB7ejAM

        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ     だから、やっぱり安全管理は必要なんだ。
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ    僕なら、密閉できる容器にはペットボトルを使うだろうし、
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐   読んでる人には、十分な注意を促した方がいいね。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !



          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ     君の作品からは、そうした危機意識が伝わってくる。
     l /  .二    |    二  ヽ l    ソミュール液では、蒼星石に味見させて、
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |    飲んじゃいけないもんだって印象づけたし、
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l    以前にも、ベーコンは火を通してくれとか、
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ   煙には注意してくれとか、
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l   読んでる人がトラブルを避けられるように、
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ   とても気を使ってるね。
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ    その気配りには、感動しちゃうな。
   l    /         \    |

112名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:02:40 ID:spB7ejAM

____
__  ヽ    _____
   ヽ |  /´  - 、 - 、 `\
// |  | / , -|  .|.  |- 、  ヽ      肉の切り方の解説もいいね。
/  |  //   ー● ー ′ ヽ  ヽ     どのように切る必要があるのか、
    |  /   二  |   二    |  i     どうすれば切り易いのか、
    |. | \ ─  |   ─ /  |  !    これまた、写真入りで解説してある。
   ミ.] ̄[ ヽ、_|__/  ! ] ̄[
     |__|            / |__|
     |__| ━━━6━━━く|__|
    | (_)  /____ヽ  (_ )
    | |ヽ、.| l ヽ    ノ |     ノ



        ____
     /   −、− 、\
    /   , -|  ‘|‘  |- ヽ      僕が個人的に評価したいのは、
    /  /  `−●-′  i.     肉の厚さを指定したときに、
    | /   二  | 二.   |     包丁を入れながら写真を撮ってくれたこと。
    | |    ─  | ─   !     料理本とか「厚め」とか書いてても
    ヽヽ   / ̄ ̄\ /      写真なんかない場合が多いがほとんど。
     l━━━━6━━       あっても、大抵よこに倒れててわかりづらいね。
      |  \/ ___ヽ |
     ! 、  ヽ   ノノ j
    o-|   ヽ◯⌒ヽ ○ヽ
      ヽ、__|   |__ ノ

113名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:03:02 ID:spB7ejAM

      ____
    / .,-、 ,-、  ヽ.
  / , -i ・ii・ i- 、 l    そうした見た目にこだわって、
  | , 三 ー ●‐' 三ヽ |    結果的に分かりづらくなった料理本より、
  l i 、_   |    , l |    はるかに実用的な写真の撮り方したのは、
  ヽ.(_)‐┴― '  !/    スゴイことだと思うよ。
   /  ノ____ /'
     ノ-(〒)―



         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \     zipロックの密封の仕方も、とても良かったよ。
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ    普通、このくらいなら
   / /   `ー ●ー    ヽ    「zipロックで密封しよう」ですませちゃうのに
   l |   三   |  三  |    君は妥協しなかった。
   | l \     |    / l    ひとつひとつの工程を分り易くしようとするのは、
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_    大変な手間がかかるというのに、すごい頑張りだ。
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /

114名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:03:28 ID:spB7ejAM

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ    そして、3話の「実践」として、
    // `ー●ー ´   \   ヽ   目玉といえる手作り燻製器!
   /^ 三 /  三     ヽ    l  
   ヽ.__ /     __  l    |  これはいいね。
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l   好奇心を刺激されるよ。
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



          ____
         /−、 −、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ    僕が思うに、君の作品を見て、
     // `ー●ー ′ \   ヽ   燻製を作ってみようって人は、
     l  三  |   三     ヽ   l   少なからず、作ることそのものに
    (___|___    |   l   楽しさを感じる人がいるんじゃないかな?
     ヽ l    __ `ヽ  !   /   そういう人たちには、ぴったりだと思うよ。
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
   ( __)ー━━O━━━━━く
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )

115名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:03:58 ID:spB7ejAM

        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \     1話から3話まで、
   // `−● − ′  \   ヽ    君の作品は本当に分かり易かったよ。
   |  三  |   三    ヽ  ヽ   そして、ただ作り方を載せるだけでなく、
   | (____|____   |   |   その他のフォローも素晴らしかったよ。
   |  \.        /   |   |    実践派学ぶ系としては、教科書クラスさ。
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /



         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ    もし、足りない部分があったとすれば、
.     i  /   `- ●- ′ |    そうだね・・・植木鉢のサイズぐらいかな?
      |  i   三 | 三  |    理想的な大きさみたいなのがあれば、
.      | |.   __|___.)    書いて欲しかったね。
      ヽヽ /      /
       ━━━━o━━
       /  /    \ |

116名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:04:50 ID:spB7ejAM

          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\    キャラクターもいいね。
      /  /  `ー ● -   ヽ   内心、好きあってはいるけど、
      | / , 二   |   二、ヽ  うまく伝えられない二人と、
      | | | ─    |   ─ ||   親友として、応援するやらない夫。
      ヽヽ .\    |    //   まさに王道だね。
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ



        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ    ただ、少し残念だったのは、
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ    ティガレックスのところだね。
   l    /  ──   |   ─  |    世界観にあってないし、
   |  /   ──   |   ─  |    蒼星石が、妖怪生肉おいてけになったのも
   |  l    ──   |   ─   l    ちょっと違和感があったよ。
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
    ヽ ヽ   (_____ノ /
      >━━━━━ O━━─( _ )   ヒラコーネタには反応せざるをえないけど。
     /   /       ヽ  /



          ____
       /     − 、 −、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ    でもね?
     / /    `− ●- ′  |    オチはすごく良かったよ。
     | |    二二  | 二二. |    ストーリー性を持たせた以上、
     | | |\ -─  | ─___)   決して、おろそかにしちゃいけない。
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_    君は、それを忘れないで、
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)   きちんと二人の恋を描ききった。
    \   ━━━━6━━  /    大したものだよ。
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |

117名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:05:16 ID:spB7ejAM

       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ    君の作品は、本当に良かったよ。
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ    内容だけじゃなく、分り易く伝える、
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',   その手段も含めて、すごく勉強になったよ。
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |   燻製に興味ある人だけじゃなくて、
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l   学ぶ系を書こうとしている人にも、
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /    ぜひ読んでもらいたいな。
   VV  {   )  ̄      / /    それじゃ、またね。
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \

118名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:05:41 ID:spB7ejAM
以上です。

119名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:21:34 ID:oKljr7yo
乙でした!

120名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 18:22:23 ID:d9xHvxOw
スレが見に行きたくなるような評価乙でした!

121名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 19:21:24 ID:HyrJPRBw


122名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 20:21:27 ID:gOmyfnh2
ここの評価人たちは自分の作品は晒さないで人の評価してんの?

123名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 20:22:43 ID:pp5DnpuU
映画評論家だって、自分で撮った映画を持ってないのと同じだろ

124名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 20:25:52 ID:LtWelgWA
シベリア超特急ェ……

125名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 20:34:10 ID:nY4dxQKo
シベリア超特急は面白いだろうが

126名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 20:51:27 ID:Yj5TjhGM
評価人が作者である必要はない

127名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 20:58:08 ID:H1zOzHxI
荒らしに反応しちゃいかん

128名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 22:01:46 ID:LACcQrrE
評価乙

>>127
すぐ荒し認定するのもどうかと思うがな

129名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 22:06:43 ID:I.nUsvek
じゃ俺医者になりたいからがんばって病気になってくる

130名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 22:10:02 ID:H1zOzHxI
>>128
そうか?
こんな、要らん物議を醸すような発言はどうかと思うんだが

まぁどっちみち閲覧者には関係ない話か
これ以上は議論スレだな

131名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 23:12:12 ID:gOmyfnh2
評価人が作者である必要はないけど、作者であるなら作品を晒すべきだと思うけどなあ。
ただ単にAA使って「○○だけど、今日評価するスレは〜」ってより「××って作品の作者の○○だけど、今日評価するスレは〜」
ってやる方がよっぽど普通の感覚だと思うけどなあ。

132名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 23:19:34 ID:7u8WG3gs
>ID:gOmyfnh2
自スレを晒して評価する作者に君がなれ!

133名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 23:19:35 ID:D1dlrCfk
>>131
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278932656/

ここへ行けば相手される
行かないのなら荒らし認定

134名無しのやる夫だお:2010/12/29(水) 23:20:08 ID:ePJobCTo
>>1

135名無しのやる夫だお:2010/12/30(木) 00:35:18 ID:oMfl8AQI
>>131
>普通の感覚だと思う

28スレまできてそうなってない時点で、
「普通の感覚」はどっちか察してほしいんだが。いい加減に。
まあ、自分がやって見せてないのに「普通」もクソもないけどな。

136 ◆G7QbLR9AW.:2010/12/30(木) 00:40:28 ID:80g9ksJs
>101-117

ドラえもん様、自分の評価リクエストに応えて頂き、有り難う御座います。

学ぶ系として「丁寧に分かりやすく」を目標として書いていましたので
その点を認めて頂き、嬉しく思います。

蒼の子とやる夫のエピソードですが、燻製の作業工程において
「待つ」時間が非常に多い為、その間を埋めようと入れて見たのですが
正直、うまくキャラのコントロールが出来ていなかったです。

また、無理矢理最終話でまとめようと暴走してティがやら肉おいてけとか
出してしまい、現在猛省しておsります・
世界観丸無視でした><

以上です
評価、本当に有り難う御座いました。

137名無しのやる夫だお:2010/12/30(木) 00:54:07 ID:kizYt/QI
>>135
落ち着け
もう議論してる人は移動済みだぞ

138名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:40:37 ID:mJ1.Ipgw
30ちょい使います

139名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:41:17 ID:mJ1.Ipgw

           /   Y∧_ノ/          l ,! |  !   \〉
           ,i    √>/     /      /  i  l   ヽ \
.         |   ({{. /     /   /   /  ,/  |    i  ヽ
.          |   ({{./    ∠,__ /  /  /   !    |   |
        |   ({/    / //~>-、  / _,>十-   !   }   評価スレの諸君、年を越す前にまた会えたな
         |   _,,l    _斗-=ェェ__,/   /' ´_ェ,__ |   |   j.    今宵も一つ、評価を下させて貰う
       /|   /j {   /ヽゞいl!,ノ `  /  ィ''矛ア>j  /  /
. .      / |   { { |    |   `~´        l `ー'´´ !/l../    なお、扱うのは次の作品だ
     / |   ゝ|   |              !      /  {/
    /   !    |     !             /     /  !l      『正直たぬきとたからもののやま』
  /    /   / !    :|\      、_ ,_    ,.イ  ||         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290485412/377-551
 イ     /   / |    | |\       ,    / !  l|
      /   /  |    | |:  > 、,      /   |  ||        依頼レス
.     /   /    |    | |:     > 、.イ    ! |   ||       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/32
    /  _,>-‐- 、,_!    ト,L_       |      ! !   !i.         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/39
   / >'"       \   i,: : :|       |_   | |  |ヽ
 / /             ヽ   ヽ:└‐┐  !: : |    | |   | \.     既に北鮮石が評価しているので、あらすじ等の紹介は省くぞ
   j              i,   } : : :└‐ |: : :|    | |   |   \
.

140名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:42:03 ID:mJ1.Ipgw

┌────────────────────────────┐
|  話の流れやAAについて、とにかく解かり難い所は無かったか  .|
└────────────────────────────┘

                  __,-r‐f^トn、
             ,-rCにしテナフ六トミNn、
.         ,.- cプ'゚´ヽ/ ノ^∠  「j ヽ「Tトン、
          / cタ'´ (_/jヽ_入C_ヽ_フヒノヽNn
        , '  cタ'l_/j> 7´/   l l l `゙くノヽ|ト}o       3箇所ほど引っ掛かる点が有るな
.      ,'  .cタ⌒j/ | / // / |│ | |   `ヾトハb
     /  .rヲ'^ソ l  | // / /| l l| | l l   Vリ8.     1つ目は>>392のDICHIGOが描かれる場面だ
.      ;   ヒl7/l   l  l // / / ,l l l| l l l、  l ∨{
     i l  | /l l  l l!'/ /__/_/ | ll l! l l l l l、 ハ!.     親子の台詞を同じレスに詰め込んだ事と、顔芸としての
     l l  ,.ー| l  | l7´/// ̄Vl| ! l l-l‐lナl | |       インパクトが強過ぎる事とで、本来の意図が霞んでしまっている
      li   //__i l  l l_rt 〒ォテ、ヽ Vl! l l/,.ィテャ jハ l
     ll 人( ,ハ.!   l |ハ 辷lソ    ∨lレf'ヒlリ ノ/ リ.       親ダヌキが人を騙す為の姿を思い描いていると言うより
      !l l l\ヽV  l !        V l   /イ         雛苺がドヤ顔で父親の意見を退けている風に見えてしまうのだ
    ; l l l l`トV l l          l  /|
.     ! il l | l| ∨i! l         ノ  /l l.          ここは前後する2つ以上のレスに分けて
     l ll l l l   Vl !           イ l| l          双方の意見を個別に解かり易く表現すべきだったな
.    ; ll lj l l|.   V!i '.     -‐_ァ / lil !. !
    /  l / l  l|   ∨lハ、     /l  ll l!. !          簡単な改変例を提示してみよう
     //  ;ハ l|ーヘ__V ∧> ー- '   l  l  li '
.    //  /::::l l|:::::::::::::ヽヽ\     l  l ll '.
    //  /____l l:l|_::::::::::::::::\ 、ヽ.    l  l l.l  ',

141名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:42:31 ID:mJ1.Ipgw

〜改変例〜

                                                 ┏━┓
                                __                ┏┛
                               f´:.:.:.:.:.゙㍉、     ___       ・
.                                 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミrャ㌢’:.:.:.:.:.:.:.:.}
                              人:.xェャ…”¨`ヾ…:x:.:.:.:.:.:{
                             ∠:.:.// /.イ !   イ i㍉:.:.:㍉:人
                               |// / {{ l   !j∧ ㍉:.:∧¨
                   …… ……     .{从./ ┃ ゝ ノ ┃j/|ィ У \
                             /  メ〃        〃j从!  //
                            く`ヽ「ミヽ.rっ  ワ   i´/∧ゝ. //7
                              `ソf ̄`ヾi≧ー一≦:`ヽ._∧ } Z



       ____
  .   /   /⌒ヽ⌒ヽ 、
    /   , -|/ ・|< |、\
   /   /   `ー ●ー ′ ヽ
   l  /   三.  |  三  |     人 間 を 騙 す ん だ !!
   |   l  /⌒\_|_/^l l
   l  | l , ─ 、− 、     l /
    ヽ l ヽ ___)__ / /
     〉━━━O━━━´⌒ヽ
    /  /      ヽ   l   l



           ⊂ニニニニニ⊃

         ⊂ニニニニニニニニニニ⊃

       ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

    ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

142名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:43:00 ID:mJ1.Ipgw

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ___,.. --───-、      ,.-───-- ..__
        ヽ          \(こ)/         /
         ヽ         \_  _/         /
         |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !
        /|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、|
      /  ヽ.     /         \    /\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       \   \ ,.イ  / ____..___    ヾ、./  ___ヽ.  │ 変化の術を 使えば 簡単だから…  │
        / __,rッ'´   / / // \,    i ゙ヾ   |       \_______________/_
       厶r'゙7    (ニ=キ-- =ー-、,__\__  l   ト、 |                        ゝ/    ___\
     /   !/    /   \. \ \  ,r " !   l `\                       /     / ノ −|
.    /    |! l    |    `ー―― ´   l   !    \                     |     /─| ミ|
  /     l |  i  | i   | {i.   / ./   /!   j     \                   ヽ   (||  `− b
  /__ ___      \!、 \_ij - ' .、 \_/// - , ノ  /         ヽ             ───   ヽヘ/ 〜〜〜` < お助け〜!
  {-─ ‐- =- 、.__,.トソ ト、,_ `  ヽ'i `´l / / //',イ           i             ̄ ̄    /二二ヽ-─ ′
  \_,.=ニー- 、.._く ノ.  、_ 、\、ノ レi l, / /_/_,,. シr=_,ニ二二ニ j               _ //    ( \
    r─二ニー-干ーz  ヽ弋;ッ、`ヽ! l:| l_,.ィ;;フノ-┘     _  /              ∈ ノ/     /\ /`ヽ
    ヽ=ヘ三ニ- |  、 `"´ ̄ヽ! |ヽ! ̄`´  ニ-‐=ニZ_  ̄`                 ̄ | ̄ ̄ ̄ |  ヽ_ノ
        ` ー-.{        l |  l     了-= _    `ヽ                   ヽ__/\
          \|.i   .    l .| /.     i !/ こ>‐ー '"                ,−、_|  ! \  ヽ
           乂i.      ヽ!___レ    .' {丿       < UUUNYYYUU!   /   |  丿   | ─|__
.       ._,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_               ヽ__ノ  ̄ ̄    ( __ )
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

143名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:43:28 ID:mJ1.Ipgw

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       ___,.. --───-、      ,.-───-- ..__
        ヽ          \(こ)/         /
         ヽ         \_  _/         /
         |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !
        /|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、|
      /  ヽ.     /         \    /\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       \   \ ,.イ  / ____..___    ヾ、./  ___ヽ.  │ 変化の術を 使えば 簡単だから…  │
        / __,rッ'´   / / // \,    i ゙ヾ   |       \_______________/
       厶r'゙7    (ニ=キ-- =ー-、,__\__  l   ト、 |
     /   !/    /   \. \ \  ,r " !   l `\
.    /    |! l    |    `ー―― ´   l   !    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ||辷彡ヘ`''゙ 、      廴  川リ 辷===彡'
                             リ 人辷人   マ)     辷彡什彡ク 厂 ̄
                                  /彡: 人辷,>... __ ,. イ>'´ ̄\辷《
      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `、    辷===彡ク       〉'゙      ∨ 》
      |   ヒナは だまさないのよ   }      ̄  r‐r=f^「ニニ|          ∨
      乂___________ ノ         | | |. レ'/∧       : : : 〉
                                  | レ'.|. |//  \    : : : イ
                                  L_ル'ゝ-'´  : :/    : :.||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.       ._,.-''i'´l  l   、_,.-ニ-、_,.-   / .|ヽ-------、_
      // | ヽ  ヽ    r`'''''"´,.   / ノ| `''―――-、ヽ
     / /   |  \  \  `"T"´   / / |--、_     \ヽ
    / /    /    \ \      //   |   \      l.L
   //    /       `''‐ヽ、,,,,,,,,,,ノ‐'´    l    ヽ    ヽ \_

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

144名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:43:53 ID:mJ1.Ipgw

    ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

       ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

         ⊂ニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニ⊃


      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` −●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |      ……え?
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |

                              _r'ニVニXニV^V^Vヽr冖、_
                              (>'´: : : : : : : : -‐兀  ̄ ̄`¨¨: : :ニゝ
.                              ヽ: : : : : : : : :_/厶く:: : : : : : : : : :厶
                            _rク′: : ;:r<>'´ / ヽ>、 : : : : : ∧ム
                           ∠ : : : /ノ了 / ,' l搭j 「ヽ>、 : : ノ: :ヽ]
                             !: //l /l l |  | l||l | | l!`マ: : : :_:_〉
.                             ∨ノ川 { | ィ¬ハ l | | r廾 l| l }) /
.                            /, ' |l | l | ,ィfた j l l,ィf心 リ| / V\
.                             〉〈  ヽソハ V:丿 ,  V::ノ八V / / 〈
                 あのね ……    ヽY^ヽ、>彡    .   く二>彳 ∨
                             く_≧ミゝ`てニ>r - ィ升≦ <ミン´
                            {{⌒ソフ´: : : :>‐、 _rベ : `ヽ/乃ノ
                                 〈: : :r-v′ l   ,⊥ ┐:\
                                /: :,'  ̄`ヽ/〉'´ : : : : l: : /
                                 ∨ /: : : : : く: : : : : : : : l :冫
.                                 /:/: : : : : : ハ: : : : : : : :V|
〜改変例終了〜

145名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:44:25 ID:mJ1.Ipgw

  .     /  ソ /  / / // /l i    ハ!
  .    ,'  .fフ   ,' / xイ/ / l.l. l   l  ',
  ...   ,'   ヒi    i r==ァ、/メノ / l.!/l l .l i ',
  .     ;  ./`!   i.ハ く.ノ.iヽ/  艾サリ i iハ.   分割するついでにイメージを補強する為の
       i   l.vi   l    `'    ./ィテ示リ / i. i.   要素を幾つか加えてみた
  .    i    ト、!  .l        i ` ー'ソノ ,.ィ ノ
      i   l l   i       /  /-イ./     狐狸の類が変化に使うお約束の小道具に
   .   i   i i.l   l.、   ` ‐-   ./  ./       化けた結果を示す慄き逃げる人間
  .  i   _.i_ l. i   l \.     ,.イ  リ
     i /   ヾ;:l.  i  \. ,.イ l l   i         目に付くのはこの2つだろうが
    l/       ハ.  l    i` i l l. l  i           書く側の人間に注意して欲しいのはこれらではなく
   /.         ',   l┐ l l l i l  l          台詞を変えた事の方だ
   /        i',  ',:¨Liコi l l. l.  l.
  ,'l i          l:゙、 ',:::::::Lマ i l l  l.          変化という直球を放って読者の意識に
 . ,' ! V       l、:', .ハ:::::::└i.ト、 .i. l. l          「これは雛が化けた後の姿だ」と刷り込んだ訳だな
  ; l V-、t‐、ィ⌒レ!、ハ ',--、\:::::\ i l
. i  i〈ヽ. \i.ノ-┴く. 〉::゙、.',:ヽ:::\/::::l.ヽ l         やる夫スレの特徴はAAを用いて物事を表現する所に有り
 l   l ヽ/´::::;.ィ=‐-、Y::::::', ',:::ヽ::::ヘ/ヽハ!        それ故に表現する際は『絵』の部分に意識を向けてしまいがちだが
    l. 〈:::/:::::::::::::::::::i:::::::ハ ',::::l:}:::::::';::::::\
.    l/:`V::::::::::::::::::::::l::::::::::i i:::l:!::::::::i:::::::::::ハ       こういった小技・裏技の類が有る事も忘れないでくれ
.   l  i::::::::V::::::::::::::::;.⊥._::::::!.i:lリ:::::::/::::::::::/::!
   l  V:::::::V::::::弋´-‐-、_\!ll:i_;.ィ:i::::::::::/::/i
.   i  \::::';:::⊂´_.. -┴、:`ヽ:::::::::::ヽ/イ:::ハ

146名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:44:49 ID:mJ1.Ipgw

     l l l   l: : : l / ..:/..,,_/. :// . ://   V !  V ', _V  i-
 .     l ll l   l : : :l'..: /  ./:./`゙ト、./ /    ', l_,.-=V ', V l
 .     l ll l    !: : .l:./  //‐- .l_/ >     ハ∧_.. -\l  V !
 .    l.ll l    l : :.iィ'"丁フlFラァミヽ    /  ,. ぅラ¨l! ̄テァ-       次に気になったのは
 .    ll.l l   l : :.l \ ヾ、リ_シ ノ      i   ヽヾ弋ヒノ ノ"´,      雛苺が大福の罠にかかる件(くだり)だ
 .    l!.l l   l.: :.l    `    ´        !     `¨   ´
 .     l. l l   l: : l             l                      話の流れは既存の物で充分に伝わってくる
     i l l   l.: : !              :. l           /       ただ>>403のレスのみ、右上に配置された
 .   i. l l   l: : :ト            ::..}          / .       効果音がやや見辛く(気付き難く)なっているな
    i.  ! !   i: : l ヘ            :./        _,,.ム‐"
 .   i . :l l     l : :i : :ヽ、      ┬‐--┬_,,.. -‐ニ¨_... -‐ ¨.      ここは単にAAとの距離を詰めるだけで良いのだが
    i . : l l     l: :.l: : l: : \      _..`-‐ニ¨´_.. - ¨/ l: : : l: :.       フキダシなどを用いて音の発生源を強調すれば
 .  l .: : l l    i : l: : l: :_,,.. -‐''"¨_,,.. -‐''"´   ,.イ!: : :.l : : : ∨      次レスの演出がより解かり易い物となるので紹介しておく
   i .: : :l l    _.. -‐ニ¨ _ニ -‐ ヽ、      ィ  l: : : :l : : :/
   ハ .: _.. -‐ ¨´ _.. -‐ ¨:l: : : : !   > _,.ィ"    l : : :.l.: : /:
  匕´ _.. -‐ ¨´  i: :l :l :リ : : : l             l: : : :l :./: :



〜改変例〜


                                      ∧
                                  γ´ ̄   ̄ ̄ ヽ
                                  |  ガサッ ! |
           ,xぅてぅx、                  ヽ_____ノ
           /..:..:..:..:..:.'㍉      ,xぅてぅfぅ。
.           ′..:..:..:..:..:..:`㍉__xぅ㌃..:..:..: : : ゚,
           |..:..:..:..:..:..:..:..:\Y⌒Yr一..:..:..:..:..:..:.i}
         __{xぅfぅてうfぅfぅi___}fぅてうfぅx:..:.リ
.        く¨ゝ、_____/ ̄¨㌧、..:..:..:..:..:.㌧、
         /..:..:..:..:,xfぅ㌃ {   ∧ ㌧、..:..:..:..:.㌧、
          /xぅfぅ㌃ / \I  /´㌧  ㌧、j{¨¨¨’
          〃 {人 Yねミx,乂 /ねミx、}  jハ
            乂(( 人V.:り     ヒ:り从  ノ}ミぅ
.           うー=彡ぅー==≡=ぇ:.,,_メ-=彡辷う
.           う '´          rf/¨'ーヾ=う      にゅ !?
          /      ..................... ヾ}    ,ゞ
       /        .:::::::::::::::::::::::::::. {_, 。 '゜ヽ
                 .::::::::::/⌒ヽ::::::::.. ̄´     '、
.         :     .::::::::::/ミ.:.:.:.:.:.ミヽ::::::::.
.         .      :::::::::::' ミ.:.:苺.:.:.ミi:::::::::.     ;
                :::::::人;_;_;_;_;_;_ノ::::::::::     i|
          、      ::::::::::::::::::::::::::         ,リ
          ㌧_                   ,.㌢’
          ‘ ''ー───────‐'' ’

147名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:45:15 ID:mJ1.Ipgw

   `ラ、、 /ヘ、                ‐''"           !          `'''ー ,,_                / .i゙
    l  /::::::r'     _  ___,,               _,, !,,_                `゙''ー ,,_     ,..‐″  .l゙
     | {_::::/     /:/ /:r'            ,.. -'"゛ |  .`゙゙'''ー ..,,_            `゙''''ッr'"     !
     .!//     〈;;/ /:::i          /ヽ    .|         `゙゙'''ー ..,,_     .,/゛ !     │
.     //     r':ヽ /:::::l          ./::::::::|  .,..-'"!'''―- ....,,,_          `゙''ッイ゛    l.     .!
    //      7:/ `ヽ'         /::::::/'"゛   l       .`゙゙"''―- ....,,,_. /  │    l     ,!
.    /::l     /:/   ,._         i::::/    .,..イ''―-- ......,,__    ,..‐" !    .!     l     .l゙
   l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ     ./::/  .,..-'´ _!、        ゙̄フ'|゛  │    !     |     !
.   j::::l     /:::l   l::i  /::/      i::/ ,..‐'゛  ./│  ̄"'''―-- /   !   .!    !     l    .!
.   /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ    /::l八、 . /   .l゙     ,/゛ !    !   .!    l     .l    !
  |::::::::l   .ヽ/     _/:/    ヽ/   lヽ、  │  .,/゛   .,!   │  │    .|     .l    .l
  ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ   /  .`'-、 .!. /       |    !   l     |     .l    .!
                      ヽ/   /._,,,.. -==*―――----l_____!   !     !     .l    .!
    l     l      l    /  _,ム-‐'''"ヽ . /  .!  ゙'-、   /     ./ ゙̄^'''ク'―--___l___l    l
   l     .l     .l._,,.. -‐!l'"´  \  ._/'''―--l.――― /    /   ./     /      / ̄ ̄ ̄l
   /     .|,,,.. -‐'''"´.l    ヽ    X_     !      ゙'-、 /   /     ./      ./    ./
  |,,,.. -‐'''"´ ヽ     ..l.    .ヽ. /     . `゙"''ート――――ー'''く   /     /      /     .i′
''"゛\      ヽ      l    / ゙゙''''ー ..,,_.   │       ___,,,,\/      /      ./     /
    ヽ.      ヽ     ヽ,/         `゙"''┼ー¬''''^゙ ̄´     \    ./      ./      /
     .ヽ      ヽ   . / ''''― ..,,,_           |              _;; /      ./      ./
      .ヽ     .ヽ./            `゙"''― ..,,,_ .| __,,,,,.... --ー¬''''゙゙ ̄´  `'-、   /      ./
       .ヽ    / .`゙''''ー ..,,、              |´                    \ /       ./
        .ヽ,/         `゙'''ー- ..,,、     .!          __ --ー¬''^゙゙´\     /
'、      .,/` ̄丶-. 、,,           `゙'''ー-._!_____ -ー¬''^゙゙´               `'、、  ./
. ヽ   .,/          `''ー ,,、             l                        \ /
  l,/                `゙'ー ..,,,       |          ___、、 -‐‐‐・ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.,/ `゙'ー、,、                    `゙''ー ..,,、 |   ,... -‐‐"                          \


〜改変例終了〜

148名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:45:45 ID:mJ1.Ipgw

      // {/ /   /!   ! ! !       |   、ヽ } ヽ
    i i {! ,′/ / l. i | l l. l |,、   ! 、 i. ! } i
    | | ,| i i._/__,! /l.ハ// | l__i_ト、l  | lf'' |.     我ながら改変と呼ぶのが憚(はばか)れる仕事量だな
    | | {! !´|/-/ /`リ/イ  .!´ l‐l ,' `|  | !|  |
    | lr‐| ltーr― -i、 ′i  | ゝ!-!/ーrァ  l.l-、. |.    だがこれだけの事で2レス目の網に
    | { 〈| l 弋_z.ク   ヽ ! 弋.z_ク !  !!〉 } |.    『頭上から降って来る物(=罠)』という情報が
    | i' 、! !           ′       |  |! ,/ .!.     加わった(より明白になった)気がせんか?
    | | |! !        !          |  |イ  .!
    | | |! !、  (`ヽ       /´) /|  | !  .!      この様に、『事前のレスに関与する情報を置く』事で
    | ! || l. \. i  i.←――→{ i ,.イ .!  ! !  |     実際には描いても無い動きを読者に想像させる
    l,′' ! !  `|  |        ! |  ! .!  ! l  |     ペテンじみた演出方法も有る訳だ
    / /! | l.   |  |`_  __,._イl. |  l. |  !. l  l
   i i l  ! !  r!  !{_ i  !,⊥! lォ、! l  ! l  !.     先の方法に続いて瑣末な事だが
   | l |  | l '"::/ /_ヽ i´_ `ヽ::`..l ,′ l. l.     憶えて置いて損は無いと思うぞ?
   ,.'-‐.i'i´::! !::::::!  ´ _`i i′_ `  !::::::! ,′`ii 、 !
 /|::::::::{:{::::ヽ !:::::|  ´_ ,}{´_`  !::::::!/::::::/':::::`i 、



.          // / /l  |  l! ト、 ∨ l| | ∨l{   i
          | l |l /__l_/| ハ. | N_∨l!│  }リ.  .|
         l∧ |l l__l__ l/  V!'"__ヽ_Vl!|  lニヽ |     気になった点の3つ目は>>458
           Nl〈ヽ ヒ込.!   ´ 迂汐 ||  |、i`〉 |
           | liハ ´  }       ||  |ノ/l  |       ここも最初に指摘した場面と同じく
           | |l ',   〈          !|   |イl l  |.     方向性の異なる情報を1つのレスに詰め込んだ結果
           | |  ハ、    _      ll!  l| |l |  |       それぞれの要素が混ざり合って何を表現しているか
           | li l| li\ ‘‐'       イ|  l| |l |  |       解からなくなったパターンだな
          | | l| |l li\`    < | l  l! |l |  |
      __     .| l l| |l |  lΤ´     ! l  l i|l | |      頭上の「ざわ」と下部の靄は神が登場する予兆とその反応なのに
.    _l__|_,、___|_|__i! |l l  li_|     | l  !_|l |l  |       順を無視して雛苺との会話に割り込んだため、特に解かり難い
    VハVハVハVハV|__l_,.ィ7´ノ   ___ _,! l l!/ ̄> 、
.   r‐'´\--─--/l|:::::::/:::〈ヽ '_r‐‐┘:!l| |::::::/   ヽ    靄に至っては、やらない夫が何か(雰囲気など)を
.   ト、ヽ |_l`ニニ´! l|:::::/ヽ:└v'´:::_:/::::| l |::::/     i    出しているようにすら見える(良いエフェクトだけに惜しい)
  ∧ ー'ー'  |  / | l|/:::::ー--::::´::::-‐::::: il i:/      i
.   ヽ  } / .//l l!:::::::`:ー:::::/:::::::/:;  /〉 、|    ;.     ここはボスキャラが登場する場面でもあるのだから
    |ー‐::7 . /::/:|l /::::::::::::ヽ;:'::::::::::/:::::,'  /:、:\|     l.     勿体つける意味でもレスを複数に分けるべきだった
    /:::::::::! ,l:::i:::li/:::::::::::::::::i:::::::::::::i:::::/ //:::::i::::「h_「h_「l7
.  ,':::::::::::| ∧::∨::::::::::::;:':::::l:::::::::::::l::/ //::::::::;::::ト.-----f.    別件もついでに片付けるので少し長くなるが
  /:::::::::::::l /::::::V::::::::::/::::l::::ヽ:::::::::/ //:::::/:::::|ー―‐::|     以下、改変例だ
 ;::::::::::::::::|'::::::::::::ヽ‐::´:::/:l::ヽ:::`:::/ /:::::´::::::::/!::::::::::::::l|
 :::::::::::::::::l:::::::::::/ |::::::::::::::::!::::::::::::/l:::::::::::::::::::/ |::::::::::::::!|

149名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:46:12 ID:mJ1.Ipgw

〜改変例〜


    ...:. .:.:.:..... ...:.:.:. .:.:.:.:.:.... :.:.:.:. :.:.:.:.:.:.: .:..... ...:.:.:. .:.:.:.:.:.... :.:..:.:. .:.:.:.:.:.... :.::.:.... :.:..:.:. .:: .
    . ....  ...:.:.:.:.:.: .:.:.:.. .... .. ..:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:...   .:.:. ...:.:.:.:.:.: .:.:.:.:...  ..  .:.::.:. :.:.:...  :.:
   ;ソ;; ;:;ヾ ゞゞ;;;ゞゞ:;ゞ ;;;;ゞ          . . .. ...:.: . .:.  ... .:.:. :. ..  . :. .:   . . ... ..
   ;;;'ミゞ;;ソゝ:::":;ヾ ゞゞ:;::; ;;;:;ヾ ゞゞ    . ... .. . .... ..   .:.   ..  .. ....  ..  .. ..
   ;;;。;";;';;;:;ヾ ゞゞ"”;"”";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ'      . . . .. . . . . . . ..  . : .
   ノソ:;";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ;:;ヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ                 ノヽ人从ハヘ ノミゝ人
   ;;;;;(;li/::;;;;ゞゞ:;ゞy”:;ゞゞ;ゞi/:;";;ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ             彡::ソ:ヽミゞヾゞ:;ノミヾ::
   ;;;⌒";ゞゞ;ゞ ヾ:::::"`";;';"”";;';"” ”";;';"”              ノノキ;;ゞilノミ彡个ヽミ爻ゞ
   ;;;;;ヾノソ";;';"”/ ::,;;ヾノソ";;'ミゞ;;ソゝミゞ;;   ' "''' .':'''' " " '"' "'''. '::: "' "'':::'"''::'':::':'''':::'"''::':
   ノ:、\ゞ;ゞ ヾ;li":; / " `;:;";;';:;"”:; ..:i;i;!;!;!i;;..i;i;...;!;i;i;.i;i;,, ..i;ii ,,..'.;'":;. :..''"'"    "'''
   ::';" ;;;";;'//;" ;;:。,ゞゞ;ゞ ヾ”:;;  : .:.  .:   *。 .:  .:.:.:.:.';''"'"'i;i;il;l;";!;!i;i;i;;'"'  "'''."'''
   'ミゞ\” ;:; ::, ;;;;(;;;:`;:;ヾ ゞゞ  :.:.::: :.:.:. :: :: :: :::。: :: :.:. :.:.: ::: : : : ';i;i;i;''!;!;i;:' "'''.
   .:.:.;;:。,,;'ヾ;ヽ ;ミi!/;';"y”” ::::::::::.:.::::. : : : : : :.:.:.:. :.:. : : : : : : : : : :-:::;!;!;!;!;i;:."'''、::::::'''.'"
   .:.:.:.:.:.:.:.::l' ;:;ミi!/ );;;)   ;;;  .:.:.:::::::::: 〜:::::::::::..:.:.::.:.:.:._::::::''"'"' "'''.':'''"'ヽヾ.. '.':,、
   .:.:.:.:.:.:.:.:,i' ;:;ミi| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::: :::::::::: :::::: :::::::;;''"'"' "'''.'''.;'":ソ''.':,、,、::::::。.. ::"::::::''"'"
   ,, ;''.'''"':.i' ;;,;ミi|、 ,, ;''.'''"'ヽヾiツィ "'''ヽ ,、 ':,、,ヾi ,、  。.. ,、 ':,、,、:::::
   .:.:.:.::.:.,.,i' ;:,,;,ミ'i,, :,ミ'i,,'.':,、,、:::. "::::::''"'"' "'''':,、,、::::::。.. ::"::::::''
   ::::'''.''.:wijヘ;;vkWゞ::::::'''.''.':,、,、:::. ':,、,、::::::。.. ::"::
   "::::::''、:::.'.''.''."'''





       「: : : : ̄ : <>h<>'´: : : : : : |
     _r| : : : : : : : : ; イ」: : : : : : : : : : ト、
   r夕: ヘ: : : : : :.:/>'びヘ>x : : : : : : l: :\
   ` ̄ | :ヽ: : :/>イ  l ヽ ドY>、: : /: r彳
      ハ_:_>ク l |l  ! | l l `YZ: :/ ト、        あれー ?
    ∠└べ^ヽ 'T !| |l ! 'T| ノ }ハ / `ヽ
   └ァニミヽ\ r;=ミヽj∨r;=ミxY! /   Vニ二|      このあたりの はずなの
     了⌒\ ハ 〈::_:}   {:_::} 八(二三仁>′
     └'⌒ヽノ小 "   '   " /{彡ク7∠Y´
       ̄`))らノ>- /)  イrく^)) }厂 ノ                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `
         /: : {L/、`Yヘ_l}: :`ヽ、                   |    おいおい 頼むぜ ?
          〈: : : : !: : :`ヽ!く: : : : : : :}                       _乂___________ ノ
         /: ノ : | : : : : : \) : : : く
         ∨: : :′: : : : : :ハ : : : :/
         〈 : /: : : : : : :/:|l : : : |
          | /: : : : : : :/: |l| : : : |
          ∧: : : : : : :/: :」lハ: : : |

150名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:46:35 ID:mJ1.Ipgw


        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|      お 前 が 頼 り な ん だ か ら ……
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
.

151名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:46:57 ID:mJ1.Ipgw

:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


                   ̄   、
              ´        \
          /              ヽ
         /           、_  ヽ
         '               ` 、ヽ
         l              ,‐-,.._ ゞ
        l              l 弋心 l      ( にしても、随分と時間が かかっち まったな
        l              冫.ー く
        l               l    ノ!       霧も出て来たし、さっさと 用を 済まさねーと …… )
        l               `ー‐ f r'
        l                  ノ'
        !                     /
        ,'                   /
      ̄ `ー -               /
             `  、        /
     :.:.:.:.:.:...        、      /
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´                                      00
     ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ   ,-'"´ ;;);ノ"´⌒`;;);;)    ,,-‐'''""´ ̄`            「二^^l
        ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,-''"´⌒`;;'      ,,-'"`ー'_,,-'"⌒);;);'',ノ ,,_,,-‐''"´ ̄`ヽ    | | ;‐i
            、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\,ノ⌒)))      ,,-‐'" ̄  `ー,-‐''""´ ̄ _,-‐'"⌒);) ,  「二__lニ ニl
            ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  `ー'"         ,,-‐''" ̄ ̄;;ノ;;''ノ),-‐''"´   `ー''"_,      〈/!_| ;‐i
           ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ,,-‐'"                 (´⌒(´⌒;;)ノ"          lニ ニl
 ,-'"´ ;;);ノ"´⌒`;;);;)    ,,-‐'''""´ ̄`ヽ´⌒(´                     ⌒ヽ_,,-‐''"           〈/!_|
,-''"´⌒`;;'      ,,-'"`ー'_,,-'"⌒);;);'',ノ ,,_,,-‐''"´ ̄`ヽ  .      ;.''; ,,-'"`ー'"
_,,ノ⌒)))      ,,-‐'" ̄  `ー,-‐''""´ ̄ _,-‐'"⌒);)ノ ;;''("⌒;);("⌒;);"' -‐''"
    `ー'"         ,,-‐''" ̄ ̄;;ノ;;''ノ),-‐''"´   `ー''"_,,-''"´⌒(´⌒;;ノ''"´

152名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:47:15 ID:mJ1.Ipgw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            |::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:冫        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
           l:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      l::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
           ヽ:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',        l::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ヽ:::::::::::.:.:.:.:.:.:. ',       l::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ',:::::::::::::::.:.:.:.:.:l       l:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
                ',::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|       l::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
                ',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:l      l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                  ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
               ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
                /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::::::::::::::::::.:.:.、:!
                ヽ, -、.:.:.:/}!.    !:::::::::::::::::::::::::.:.:ヽ
                  l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ
                  l     l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /    l!   l:::::::::::: −´ `  、:/
                   l     l!   ヽ ´         !
                ヽ、 _ ノノ   /          \
                  `ー‐ ´     l、           ヽ  /
                           l ヽ _      _ノi  二  ジャリ…
                          `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ  \
                                ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

153名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:47:36 ID:mJ1.Ipgw

:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

                                                 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
                   ̄   、                          /      _ _ _ _ _ _ _ _ _      \
              ´        \                       /    ― ― ― ― ― ― ― ―    \
          /              ヽ                  | l    //  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ \\    l |
 _______/           、_  ヽ __人,、__________/   そこ を 往く 者 よ.     \_____
         /                ` 、ヽ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                / .,.....、ヽ ̄ ̄`^∨` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   待つ の で.す ……     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        l              l {::::::} l             | l    \\ _ _ _ _ _ _ _ //    l |
        l              冫.ー く                    \    ― ― ― ― ― ― ― ―    /
        l               l    ノ!               \       ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄      /
        l               `ー‐ f r'                        ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
        l                  ノ'
        !                     /
        ,'                   /
      ̄ `ー -               /
             `  、        /
     :.:.:.:.:.:...        、      /
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
     ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ   ,-'"´ ;;);ノ"´⌒`;;);;)    ,,-‐'''""´ ̄`
        ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,-''"´⌒`;;'      ,,-'"`ー'_,,-'"⌒);;);'',ノ ,,_,,-‐''"´ ̄`ヽ
            、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\,ノ⌒)))      ,,-‐'" ̄  `ー,-‐''""´ ̄ _,-‐'"⌒);) ,
            ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  `ー'"         ,,-‐''" ̄ ̄;;ノ;;''ノ),-‐''"´   `ー''"_,
           ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ,,-‐'"                 (´⌒(´⌒;;)ノ"
 ,-'"´ ;;);ノ"´⌒`;;);;)    ,,-‐'''""´ ̄`ヽ´⌒(´                     ⌒ヽ_,,-‐''"
,-''"´⌒`;;'      ,,-'"`ー'_,,-'"⌒);;);'',ノ ,,_,,-‐''"´ ̄`ヽ  .      ;.''; ,,-'"`ー'"
_,,ノ⌒)))      ,,-‐'" ̄  `ー,-‐''""´ ̄ _,-‐'"⌒);)ノ ;;''("⌒;);("⌒;);"' -‐''"
    `ー'"         ,,-‐''" ̄ ̄;;ノ;;''ノ),-‐''"´   `ー''"_,,-''"´⌒(´⌒;;ノ''"´

154名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:47:59 ID:mJ1.Ipgw

   (ヽ、00  ∩
 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
  ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
 ( ⊂ニニ   / /⌒) )
  `ー――'′ し∪  (ノ

                   ‐――――‐‐ 、
              /           \.          |  ̄7
            /              \      |  /
.            /                 ヽ      | /
           /                     i     二        ..............................................................................
           |  二二二二 三 二二二二    i    L/      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |.           :::::::::::::::                      :::::::::::::::
           l   ___ ノ     ^ー―−   |       :::::::::::::::    なんだ 今の … …           :::::::::::::::
             l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l        :::::::::::::::                             :::::::::::::::
           !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l         :::::::::::::::    頭に 直接 響く. 声は … … ?    :::::::::::::::
           l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '          :::::::::::::::                      :::::::::::::::
             ',   /    |    ヽ    /              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /                    ..............................................................................
             ヽ   ` ー―― ´    ∧__
              \            / / 〉::`丶、
              /\         /  / /::::::::::::::丶、
             /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
          -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                 (ヽ、00  ∩
                               ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                                ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                               ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                                `ー――'′ し∪  (ノ

155名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:48:22 ID:mJ1.Ipgw

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
モワモワ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::: スゥ… :::::::::::::::::::::::::::::モワモワ:::::::::::::::::::::::::::::
(⌒;;;;,,.⌒)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::(;; `)⌒;(⌒;;;;,,.⌒)::::::::::::::::::::::
(⌒;;;;;⌒;ソ⌒;;):::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;::(⌒;;⌒ヽ;; `(⌒;;;;;⌒;ソ⌒;;):::::::::::
;;;; )(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.⌒):::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::(⌒;;;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;;;;; )(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.⌒)
⌒;ソ⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)⌒;ソ⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ''⌒⌒;ソ⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,
⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ'';`)⌒;;;;''⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)

156名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:48:47 ID:mJ1.Ipgw

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/  ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」   r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」          _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
     /  ,: :   / . : : .i : :./ : : : : `ー-、__,|    `" : : . . i : : : :.ヽ;;;;;;;;
    ./  . i   . i: : : : .::|: : .:i: : : : :        : : : l:. :. : : : |: .    : i;;;;;;;;;
    /;i    | . : :| : : : :.:l : :| : : : : /: : : ::l:: : !::: : :/:: :: : : :l : : ..   l;;;;;;;;;;
   /;;|   ..l:. : : !:. : : : :::!: : ::! : : : ./: : : : ::!:: :./::: : :./i:::..:: : : :.l:. : : : :. |;;;;;;;;;;
   .i;;;;l  i : !:. : : :ヽ:. : : :::::i,: : ::!: : :.:/: : : : .::!:: /!::: : ./ .!:::i:: : : .,'::: : : : : : l;;;;;;;;;;;
   l;;;;;|  l : ':,:. : : : \:. : :::|ヽ_;,:L:.:_ ::i: : : :_:..:L/-!-:..: /,__.|:::|::: : :/::::: : : : : |;;;;;;;;;;;
  .|;;;;;l  | : : ヽ::. : : ::::iヽ;.-_ニ -‐r :< `:| : : :..: /"'"/'''ツ'―‐! /-:、: /::::: : . : :  !;;;;;;;;;;;
  .l;;;;;;| li  : : \:::.. : ::'r' ;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ヽ: ,!: : .::://:;:;:;/_/:;:;:;:;:;:; / /: >':::::: : .:: : :  /;;;;;;;;;;;;
  .|;;;;;;;! !i : !: : : ''-::;;::: ヽ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ: .::/リ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; / / !::::::/ .::::: : : : /;;;;;;;;;;;;;;
   l;;;;;;;;':, !;! :ヽ: : : :::::!`'',r :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ ::i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 〈゙,ヽ, !:::::/ .::::: : : ://;;;;;;;;;;;;;
   .!;;;;;;;;;ヾ;ヽ \::.. : : \ヽ,! :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: | レ.!:::/:.::::: : : : //:i;;;;;;;;;;;;;;
   .!;;;;;;;;;;;;;;;〉, :ヽ::;;::::... ::ヽ ::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;::::::::::::: / //:::: : : ://::::|;;;;;;;;;;;;
    ':;;;;;;;;;;;;/ \ヽ: :"'':::‐--―ヽ  :::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::: - /::: : : : : /: ./i::::::l;;;;;;;;;;
    ヽ;;;;;;;i   \、 ::::...:::l\、      ::::::::::::::::::::::::::::::::       r'-:: : :_,: -:: :/::|:::/;;;;;;;/
      ヾ;!     '',-..,;:::::\、                      ,/::_.: r::''::::::  /|:::::l:/;;;;;/:::::
            ./ :/ :"''::ヽ‐                     ´'' "  ./:::::::: :,/::::::l:::/ r''::::::::::::::
             ,' :,i: .l ::::::::::ヽ 、                      ,. i::::::::: /:::::::::::!:::::::!::::::::::::::
            .! /:!: |: :: ::::::::::/:::''::-,.._            _,. -''" .i::;:::: /<::::::::::::!:::::::!::::::::::: ,,-‐'''""´ ̄`ヽ
            .| :i : ';l !: : ::::::::i::::::::::|::i:::`:''-...、__,,.. -‐''"     |::l::: ./: :.ヽ::::::::::|::::::!:::`ー'_,,-'"⌒);;);'',ノ
           l: | : :'!.ヽ :::::::|:::::::::::l::::!::::        /´〉,、                '" ̄  `ー-‐''"
           .| l : : _:::ヽ ::::L:::;::    l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/   ∧      /~7 /)
'"´ ;;);ノ"´⌒`; ,,-‐'''""´ ̄`ヽ::! /      二コ ,|     r--、 (/   /二~|/_/∠/
´⌒`;;'   ,,-'"`ー'_,,-'"⌒);;);'',ノ ゙'/     /__」   _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」   /^ヽ、 /〉    ,-‐''"´
ノ⌒))  ,-‐'" ̄  `ー-‐''"              (__,,,-ー''     ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                            `ー-、__,|    `"

157名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:49:09 ID:mJ1.Ipgw

::;iii"´/:::::::::|:: ... .  '¨`ソヽ:::丿.イ :: |::;.....;i:;ii| :::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|/ii;;:i( ::: |llliii| ::: |
:;;iii|~  ::::::::: |''".. .    : :: :,,. . ./、| .ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w::wWW:..|lllllii|、,,. ノ
:;;;ii| ::::::::: /... . '¨`ji: . .. ;;||; :: :`)         "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;
;i;('') ::::::::: |li:: ... . (;; ヾ  ヽ  `r ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W
;:;iii|....::::::: ノli:: ... .  ,,-^〜"、,,:;;;, :`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w
;iilli;ゝ ,、,,.、|lyiji: . ..../;;⌒`;;゙';;: ヽヽ) :ソ"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: ::::::::::::::
''''''''"wMw|li::; ;. .. (.;;(::(r⌒ノ:)ヾ〆(    :'. .,: :'. .,:wiiw        . .. .: ::::::: ::::::::::::::::::
wW:w;;w'´||l: : ::   ヽ::)’ゝ:jj丿ソ;;丿: : :. ..              ,,.、..,、_,,,..   . .. .: :::
w;Ww`  |li::;;   /yゝヽ〃: :; ;;/ヽ:::::: ::::::::: : : :. ...
w;''"  ,,...,,||l    (::;;; :ヽ((:::)ソ)..)ソ): :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
;´..    丿::;;;,!j   )::; :: :⌒ヾヾ\ソ ::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
  ,..,   |::;;; :: ::  .( . .. .    (   :::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..




          ,/     ,イ ,イ
        /〈    ////
        / /  /| レ レ
       / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
       / /   l |  '――'''''' // .//// , イ
      / /    l l      //   レ レ //
      //    Y     //     //
     /           /'"     /'"

   ::::i:::::::::::i:.:.:.:.:.:i : : : : : : : : : : : : :.i : : i : : : l : : : : :.l: .   ヽ
   ::::l:::::::::::l:.:.:.:.:.:.|;;. : : : : : : : : : : : :|;. : l: : : :.|: : : : : !: : : : : .i
   :::::|::::::::::|ヽ:.:.:.:.!;;;:. : : : : : : : :.; : :l;: : /i: : :/: : : : :/: : : : :  .l
   :::::"ヾ:''''!_ニ,-_\;;;;;;..: :. : : : : :: ;,|;; r=!-‐''i''': : :./: : : : : :  .|
   :::::::! :,,;z:::'r‐-= ヽ;ヽ:i:::: : :, ='',,z=‐''!/'|i=、:./: : : : : : :  .!;;
   ::::::::!く! !lヾ:○:: !!゙' : i:!i::: : /'゙!;!:::○:: .!!'xX:./: ; : : : : :  ,';;;      …… あなたですか ?
   ヽ::::::ヽ. ヾ::;;;;;;ノ _ : : /::;/: :. ヾ:;;;_;;ノ ."/:/: : : : :  ./;;;;;
   ::::\;;;_\ー ''' ": : :' :"   :`"'' --‐' /;/: : : : :  /;;;;;;;;          ボ ク の 森 で も っ て、 金 欲 が た め に
   ::::::\、:"'': : : : : . . . . :         '/;;: : : : : /':|;;;;;;;;
   ‐-:::;,;_ヽ.、: : : : : : : : : !        ,/; : : :_: : -:':/:: :.l;;;;;;;;;            殺 生 を 行 っ た 不 届 き 者 は ……
   :::::::::::;;\"'': : : : : : : ‐:...    . . : ーr;;;;;; : : : : /::::: : |;;;;;;
   丶:::::::::::;`''- : :_ : : : : :    . ,::ィ''´;;: : _: -'' ´:::::::::: : /;;/
   ::::::::/''ー:--;;;r'i:`'' - : __: :-::'':´!-;_;;;;;'';;;;;;l : :|::::::::::::::: : ´|
   ::::::/;;;;;;;;;;;x'''〈ヽ!: : : : : : : : : : :/:.〉ヽ;; ;;;;;;l : :l::::::::::::::: :l .l
   ::::/;;;;;;;/: : :\:\: : : : : : :/:.:/:. \;;;;;;l: : l::::::::::::::: :l .|
   :/;;;,z ': : : : : : :ヽ:.:.ヽ: : :/:.:/     ヽ;;;l : :l::::::::::::::: :l :l

158名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:49:31 ID:mJ1.Ipgw

     __,>: : : : : ヽ: : :ヽノ : : : :_:_:_:ノィ
    ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
    ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
   く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
     Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく
     ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く
    〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx     あ、 かみさま ー
    ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}
    `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
      )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
     辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、                 _/\/\/\/|_
       ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )                 \          /
              〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく                   <    ! ?     >
           人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \                 /          \
          (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉                  ̄|/|    /\| ̄
              〉:.〈// | i\\: : :.i : : : : : : \                   |   ./
          /:.:./j_j   | i:.: :\.>: :i : : : : : : : : \                   |   ./
            /:.:.//   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : \                  |  /
――――――――――――――――――――――――――――――――‐| ./――――――――――――――――
                                                  |/
                                    , " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛丶、
                                    /                \
                                 /                     ヽ
.                                     |                    i
                                    |                      |
  ( 神 だ と !? )                          |    ノ   ヽ               |
                                      |r‐ー'、    ゛ー,―-、        |
  ( お宝は目の前だってのに、厄介な奴が… )     |{(:::) ヾ      !(:::) ヽ,      |
                                      |ヽ==''"      ヽ=='"     .|、
                                   |   (  j     )         / ゛ー--- 、 __
                                 ',  `ー´` ー "        /          | | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                               r'"´  ',                /           | |     / / \
                             /      '、           /          ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
                             ,'       |\ --       /   /        //     / |     l: l
                            |   |!    | |. ヽ  i     ノ.:.   /       // |l      / |     .| |

159名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:49:54 ID:mJ1.Ipgw

     ::;iii"´/:::::::::|:: ... .  '¨`ソヽ:::丿.イ :: |::;.....;i:;ii| :::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|/ii;;:i( ::: |llliii| ::: |
     :;;iii|~  ::::::::: |''".. .    : :: :,,. . ./、| .ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w::wWW:..|lllllii|、,,. ノ
     :;;;ii| ::::::::: /... . '¨`ji: . .. ;;||; :: :`)         "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;
     ;i;('') ::::::::: |li:: ... . (;; ヾ  ヽ  `r ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W
     ;:;iii|....::::::: ノli:: ... .  ,,-^〜"、,,:;;;, :`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w
     ;iilli;ゝ ,、,,.、|lyiji: . ..../;;⌒`;;゙';;: ヽヽ) :ソ"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: ::::::::::::::
     ''''''''"wMw|li::; ;. .. (.;;(::(r⌒ノ:)ヾ〆(    :'. .,: :'. .,:wiiw      . .. .: ::::::: ::::::::::::::::::
     wW:w;;w'´||l: : ::   ヽ::)’ゝ:jj丿ソ;;丿: : :. ..                   . .. .: :::
     w;Ww`  |li::;;   /yゝヽ〃: :; ;;/ヽ:::::: ::::::::: : : :. ...
     w;''"  ,,...,,||l    (::;;; :ヽ((:::)ソ)..)ソ): :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
     ;´..    丿::;;;,!j   )::; :: :⌒ヾヾ\ソ ::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
       ,..,   |::;;; :: ::  .( . .. .    (   :::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..




f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、
|   それに…あいつが言ってるのは      .i
|
|   俺が蛇で騙して殺した奴の事だろう…  .|
乂__________________ ノ
       ○
         O 。                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、
           / ̄ ̄\             |.  流石に神が相手じゃ勝てる気はしねぇ…   i
         /   _ノ  \.         |
         |    ( ●)(●,         |   ここはシラを切って押し通すか         |
.         | u   (__人__)        乂___________________ ノ
           |      ` ⌒´ノ       ○
          │         }    o O
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;               
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、        …… あー、何のことだ ?
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |           
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_         
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

160名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:50:17 ID:mJ1.Ipgw

           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,       人違いじゃないのか?
   i                 }    }
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `
   i                    ,!         f´ ̄ ̄ ̄|                            |
   i                   !    ―ニ二.  お….|.     『 俺は 何も してないぜ 』     .|
    ',                   {           乂_____|                            |
    .}    !               }             乂__________  ________ ノ
    i     ヽ、          i  ,'                               | |
    l      ヽ、         |. /                             | |
    /        ヽ..,,____,,..ノノ                              |
  ノ                  {
                                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                       |::::::::::::/  ゝ、 癶! ::::::::::::::::: V :::::::::::::::::: /イ.:.::/  イ. :::::::::::: i
                                       |:::::::::メ、   i.:.:......ト、. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  イ /  /i:::::::::::::::リ
                                      マ.:::::i| ゝ、 i.:.:.:.个ャ  :::::::::::::::::::::::::::::::   , イ.:   ノ /i ::::::::::./
                                       ゝ、i|   ト、ゝ.:.:.`≧      `      ≦/  イ , ′!:::::./
                   毒持たぬ蛇は怖れずとも        ヽ!   ! ヽ\.:.人     r‐,     イ/.:.   /  /:/
                                               i  /\>.: > rrォ、_  < .:≦_./   i ´i
                   神は畏れるのですね…               l ./   li.:.:.:.:.: 「i:{ i ト、  i_ .:.:.:.:.:.:i    il  |
                                               l/    li.:.:.:.:.:./)!: l | i   / i\_ i     ll  |
                                               /  __. -‐i' ∧ i i |.//  /`ー―-、 :!
                                             /  r|    ゝ | Y   | ´  /   / ヽi i|

                                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \ て       ┃ ┏━┓
     |    ( ○)(○) そ    ┃   ┏┛
.     |     (__人__)       ・  .  ・
      |     ` ⌒´ノ
.      |         }
.      ヽ        }       ( コイツ …… まさか! )
       ヽ     ノ
       .>    <
       |     |

〜改変例終了〜

161名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:50:38 ID:mJ1.Ipgw

             ___,,,.....
         ,. ''"´  /ヾヽ、
        /  _,,.. -ァ‐マム  ゙、
      ,イ  ////ノ i  i ヽ、 ',
      /ll / ./ / / /,' l il∧ヽ!                ,、_,、
      i l.l/ l l/メノノ// .ノイハ ', i              _r'`´   "ヽ_    
 .      l fヘ l.lf¨テn、ト/ム_.!L._i l              _ノ       〈;.    前半部は>>458に詰め込まれていた情報をバラし
       l ヽV.l` ゙¨´  , ヾ-'ノ/! l          ,ノ          i;   時系列に添う形に組み直した物だ
 .      l l ',∧.   ,!   /: :l l l         、ン          l;.  
   ,. ¨゙丶、! .l ∨.',  ー - , イ: : :.l l l        ン            .i;   雛苺との会話⇒霧(靄)の発生⇒神(声)の出現
  ,'   ,.、n∩∧. ',ヽ.. <: : : : : : ヘ l ',       .,r'           ;;.     ⇒場の空気が不穏な物となる
  i  _rゝ'´ ̄ヾ´',∧ ヽ、: : :_;.: -、: ',ヘ\   ,r'             .;^    
  ', 己i::::::::....  \. ',/:: ̄ /  ',lハ ',ヘ \ r'           .,;^.      個別に取り扱った事もあって、一連の流れが
   ', X.j::::::::::::::>:....¨.. ─-  ..,,__ノ ヽ',_r"           .,;'       スムーズに理解出来たのではないか?
   ',∨ `i:丶、:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄レ          ,,;'         
    ',    ',:::.. ll 丶、:_;. -‐‐/ /l ̄ ̄r'          ,;'`丶、        
    ∨  ヽ:::::il::::::/  . ,.ヘ/ /ヾ)  ̄f'           ;;'     \.       やる夫スレは本や漫画のような媒体と違って
      ',   `li‐''"  / :/ /\ヽ冂j         ,;''     ⌒ヽ ヽ     上から下へ画面を動かしつつ読むため
      ∨   li    i :/../::::://レ’           ,ィ”         i  ノ    
      ト、   ll   .l / ./:::::// /        ,ィ'"\         .ナ'"      1つのコマで描く事柄はその流れに沿って表示しないと
      l ',   ll  .l/ ./彡三//       /\   丶、 .__. メ.        見辛い上に混乱を招く元となる
      ,' .∧  ll ./ /フ-' ̄/      /ヘ  \\    ヽ         
     /,.へ i   / //l / ,.ヘ    / ̄匚l \\ヽ ヽ    )        複数の情報を詰め込む際はこの事を、取り扱う情報同士の
    /¨\  \  i/¨7  / 〉 ', /ヽ-,/  lヽ ヽ \`ト、.__ノ          相性が良いか考えるのと併せて意識しておくが良い
   / / /\  。>i ィ/   i / ヽニ〉 / ./ ̄ヽ!/l l ',  ヽ             
  / / | i l iヽへ`丶、  レ' / / /   / ノj i/ i__ノ             
  ,' /  l l l .l/  ::i 入/  ̄¨ ,.‐--f-‐< ‐- 、 /> .......::::::.........
  l i  l l. l l/ .:::::{/ ∧__\ i   l   ',  /     ::::::::::::::;.

162名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:51:00 ID:mJ1.Ipgw

      / / / /  /  ,',' |   ヽ  ヽ\ん 《 )
     / /  / /  /  ノノ ト  |  ヽ  ', ',\ソ《 )      さて、後半…と言うか最後の部分は
    / /  ,' イ  1  /イ l l  l l   l   l  ', \ル)      北鮮石の評価・指摘に対する返答を見て書き加えた物だ
    ,' /|  l | ト、,' { /ノ | | ', | |  |ヽ  |  |  ヽ i) ',
   .l  l l  l l | l メ レ  l L-tーftチ- L ', }  }   ',i). l     別に2コマに分けなくとも表現は出来る事を
    ヽ l | ハ. | ミtェ_N  ', | ヽ | ヽ キ l |  l    ',)  |     伝えたかっただけなので、深く考える事は無い
     ヽヽ {. ',| ` 弋_fァ}  ヽ|=zェ__\ ヽ ||  | .   レ-gl.    
      V  ゝ    リ    ` 弋工テjt=ll  l    ト⌒ ||     そも、元のコマでも充分意図は伝わってきたぞ?
        |. | {     /         ̄ \| |.   |))i / l.    せいぜいカットイン内のAAがやや削り過ぎに思えたくらいか
.       l. l. 八  く            l l   / 久 |
       | |. 入  ヽ           | |   rー |   l   上記の改変例でAAを大きくしたのはその為だ
      l  l   |ヽ  - __        l l   /|  |   |
      | |   |  \  - ゚  ̄´      | |   / |   |  l    …ただ最後のやらない夫とのバランスが悪くなってしまったし
      l l   l  //\       イ  l l   イ  |  |  |.   下記程度の付け足しの方が、良かったかも知れんな
        | |  ノ  //  ゝ- <     ,' ,'  イ |  l  l   l




                / ̄ ̄\
              / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          |   (__人__)  |   人違いじゃないのか/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |   ` ⌒´  |                    |   『 俺は 何も してないぜ 』   |
              |         }                  \__________  __/
              ヽ        }                                    ∨
             ,、ヽ     ノ-、
            /;;;i/      '、!\                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
   ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.  !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!                マ.:::::i|ゝ、 i.:.:.:.个ャ             , イ
  |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|                ゝ、i|  ト、ゝ.:.:.`≧      `      ≦/
.  |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i                  ヽ!  ! ヽ\.:.人     r‐,     イ/
 /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|                    i  /\>.: > rrォ、_  < .:≦
                                                 l ./   li.:.:.:.:.: 「i:{ i ト、  i

                                        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

163名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:51:24 ID:mJ1.Ipgw

┌────────────────┐
| 雛苺とやらない夫に魅力を感じるか .|
└────────────────┘

.          /,.ィ'´_/flヽ\へ、\
.          ,.' ,イ .入ヽ.._レ' -‐! .レヽ.ハ
        /./ r,.ィ"7 ⌒ ー- 、ヘ ハ. ',
        ,'./ .ノ / / / !    `ト、 .l .i
         i i / //l ,'l. i  ハ 、 \V ヽ! .l
.       l l'  !ナ.トハ l ハlx‐\‐ ',  l 
.        l l.  l __⊥,.`ソ  、 ___\l  l、 l.       雛苺は良いな
.         i l  .l " ̄  .l    ̄`゙ l  l' l
       l. !.  l、     !     ,.イ .!  l      純真無垢で終始可愛らしさを振り撒き
        l ll  l \  ー_‐  / ! il.  l.     スレタイ通りのほのぼのした気分を楽しませて貰った
.       l l.l  l  ,.丶、 _,.イ !、 l  l.l   i
       i. l l  l'´<j     l>`.! i. l  l       私が思い付く限りでは後述する狸として
.      !,.イl   l::::::L    r┘::l i`ート、 !      受け入れられるかの部分を含め
      /  l::l.  i:::::::└i  ノ::::::::i i::l::::i  `ヽ.    ベストな配役だったと思う
     i   l::l  i::::::::::└、r':/::::::::! ,'::i::::;'     !
      l  ヽ::l i::::::::ヽ:、::::/:::/::::i /:/:://    i
     ,.l   ノ::i i::::::::::::\:::::/:::::::i/:::{::ハ.    i
    /r、_,、/::ハ !::::::::::\::':;'::::::::::l!::::::';::::V_ __i



                  __ ..  -  .._
.          _,。cOOコァァco。,__     > 、
.      rタくnK/⌒Y⌒Y三V葵ぅ、 ヽ  \
.       rタcj {} r(「Lフ-─ ‐-=<⌒癶 ' , ', ∧
.      fソヽcっ-'´      \ \.  `ヽ,心 ', , ∧
      fkく/ | l    \ \ ヽ   |Nハ. i |  ∧
.    }N/ / ∧ l|     \ \∨ l| Ⅳ│ | l l'..         一方、やらない夫には魅力を感じなかった
.    }トi | l } |  l| 、 \ヽ\  ∨ │ V^ヽ. l| l !
      ヽ| | l |/  l| \\>へ、_V l|  |/ ハl| | l        騙す相手、蹴散らす相手が如何にも雑魚な有象無象ばかりのため
.     .V l  /ヽ l|\,ィ´ \ _ i l|  |、ノ 〉│|          彼らを手玉にとっても大してカッコ良いとも賢いとも思えず
      Vl ,∠ll__ \!   ,zィチァ ノ | l  l|ノ /l|│l!
.       \{  _ヽ    ´ゝ┴'    ! |l l|イ li | |l         それなのに神とは言え、見てくれの上では幼女相手に
.         |`ヽtヒソ         ! |l l| ∨ l | |i          一矢報いるでも手こずらせるでもなく終始圧倒されるのみ
.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\_..    結果、『弱い者には強いが、ちょっと強い者には滅法弱い』という
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ー __ヽ.   構図が成立してしまい、ただの小悪党にしか見えなくなっている
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::  雛苺がマスコット兼・主人公の役割を充分に果たした事と比べると
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/:::::::::::/  活劇部分を担うダークヒーローとしては明らかに不合格だったな
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/:::::::´:::/
         | | l |',   |::::::::::::::::|::::__|l l|::: ̄::::ノ´:::::::::::/

164名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:51:45 ID:mJ1.Ipgw

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `,
   改善する方法として簡単なのは、対峙した相手をそれぞれ

   『こいつらを騙すとはやるな!』
   と読者に思わせる面子( 夜神月やLなど )

   『こいつにならボロ負けしてもしょうがない』
   と思わせる者( ラオウ、範馬勇次郎、特定シーズンのしっとマスクなど )

   に替え、視覚面でのハッタリをかます事だ

   後者に関しては「今の一撃で死なぬとは大した物だな、人の子よ」とでも
   言わせる展開を挟めば、より効果的だろう
ヽ、_______________  _______________ノ
                         | /
                         | /
                      _,。。_
                    ,。ァテ0叉テゥ。-、
妝t                     ,ィ移-┴┴‐<j癸\
  妝t                  ,レ'  /  , \|`N{lハ
    妝t            { // |l l ト、  | |Ⅵ l|
      妝t              Vl L|_ハ トN _xヽ| | |l l|
        妝t             V|lrt::テヽ'´ィ::テラ l |ノ |
          妝t.        __}lハ.  l    | | ト、l!               キャスティングによって全く同じやりとりを
.妝       妝t. _ rn匕 | l |\ - 一 /!l| |:::::へ、              別の物に見せかける
 ァ妝       妝t :::::`V{  | | |:::::`. - ´ _| lリ:/::::::::r\
   ァ妝       妝t::::::;ノフ'´| l |::::';:::ヘ.__r':::li/:ノ::::::::/   \              これもまた一種の演出方法だ
     ァ妝       妝tト、__│| |::::ヘ:::::::::::::::|l:_{-::、::{    \__
.      /ァ妝       妝t\\l|V´/ヽ::_::::;:!l::::i::::::Yヽ\ ru'ソヘ         短編ならキャラを使い捨てにしても
     /::::::::ァ妝       妝、\\::i::::::i:ニ::::|l:::::}::::::j::::::| rくシ´:::::::ヽ.       困る事など、そうは有るまい?
   /l_//\ァ妝     //7ヽ> \―、ニ:|ト、ノ:;:ィ:::::ノ:|、`^ヽ::::::::::::\
_   |  {Ll_ノ‐---ァ妝/シ^く/ //\  〉 ̄\!::i´::ノ:::::::::|l|.   \:::::::::::ヽ.    現実の映画やTVドラマなどと違って
   | / ̄ ̄\ \ \シ // /\\  \\:::::::::::::::| |    / ̄:::::::::::〉   起用する際にギャラの心配をする必要も無いのだ
   ∨        \ \i \@  ,ノlレへ\\_「|へ_|___:::_|_|__,.....:::::::::::::::::>'
.    ∨   /\  ヽノ\ \/llレ'/  \/^l」、_/_/`7:::::::l::::::::;> ´       遠慮せず、ブラック企業も真っ青の悪条件で
     ∨ ヽ @ \/^妝t \ | ̄\  /ニ/、__/  〈//\:::::l;:ィ         有名キャラをドンドンこき使ってやれ
.      ∨  \/    妝t ヽ\_\三/(O/\__`ー┬┴'
       \ _x匆.     妝t‐ヘ /::::::::: ̄ ̄`ー─―一':|
         ̄x匆      妝t /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ

165名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:52:05 ID:mJ1.Ipgw

             /  ////  /´/</ / / / i ヽ
            / / /ヽ/  ,.代≦、/ヽ / イ / i ',
            // :{ ( /   /  `くバ /´ |/イ/ i i
          // /人 y  /         /ナフ,イ | i|    …と、ここまで言っておいてなんだが
         /  /  /  /         Kカイ/ イ/リ
        /  / / /  /    ヽ  / .イ//リ    実のところ私は、神の配役に関しては
       /  ./ / i  .ハ      `   /         今のままで良いと思っている
     ,. -―- 、 /  i  /  \    ,. イ 〉 y´ 〉      
    /      ヘヽi  i    ヽ イ〈∨{ / イィ' i      厳つい化物から丸みを帯び、愛らしさの有る容姿に変わった事が
   /         |:.i  ト、   / / / | ヽ ´  /        物語全体の雰囲気をよりほんわかした物にしているからだ
  /         /:|  i:.:.ト,  ! i / /!  /  /
  /         /:.|  i:.:.:.:.:ト, ト、 / ハ  .i   i.        狙ってやったので有れば「よくぞ思い切った」の一言だな
 /       / 〉:|  ハi:.:.:.:.:.トvト、i_/ ハー-‐〈       
r 7,r‐z_ 、  /  /:.:.|:  i:.:.ii:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:i  ハ:::.:.:.:ヘ.         またそういう意味では、やらない夫の活躍が乏しいのも悪い物ではない
ムLi_// 〉/  /:.:.:.:|  i:.:::i }:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:|  iヽ i::.:.:.:.:ヘ      活劇部分が抑えられた事で、作品の軸が原作よりブレずに済んでいる
:.:.:.:.:.:.:`く/y::::::::::::::::| i::::://::::::.:.:}:.:.:.:.| iヽ.  i::.:.:. ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:::::::::::::::::::::| .i::://:::::::::::ノ:.:.:.:.:|. i:.:.:\i:.:.:.:.:.:.ヘ      少年誌とほのぼの短編スレ、掲載する媒体の違いを考えれば
:.:.:.:.:.:.:./ |:::::::::::::::::::::| !://::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヘ     これもむしろ需要に適した良改変だったと言えよう
:.:.:.:.:.:/  |:::::::::::::::::::i/::i !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::| i::::::::::::ノ!:.:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:./ / |:::::::::::::::::::i|:.:i.i.:.:.:::::::::::::.:.:.:.:.i/:::::::/:::i:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
:.:.:/ /  .i:::::::::::::::::::::::::ii:::::::::::::::.:.:.:.:.:.il_ イ `;:::::i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i

166名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:52:25 ID:mJ1.Ipgw

┌─────────────────────┐
| 演出面についてアドバイスして貰えると幸いです .|
└─────────────────────┘


                      /    /ト ノイ  .: /     `ヽ.{iヽ!
                      i   /{i. イ:/ / / /    :i   ヾi}
                       !  .// .i:/ / /./ / i i :i i i  Y
                     |  ,.イ  i />//.イ /| /.イ: i i:   i
                     ! i :|  .|≠</// イ/イ/ i ム|   |
                       ! ゝ|  .|`弋!ノヽ// /七二ハ// / i i
          _ -― 、  _      i  i !  |       / 弋!ノ ´/ / イ./    技術的な事に関しては
   _   ,. ´     / .}    i  i :|  |       !   /イ/      これまでのレスを参照してくれ
, - ̄   ̄       /  iヘニヽ/  i  :|  |、   _   ´   イ  i |      
  _     :/   /   ./  ! ヽ',  _,. 斗  .| \   ニ ´ /::|  ハ|      それ以外では一つだけ言っておく
 ̄    ̄ ̄/   ./   /   ', ヽく::::::::::i  i  \ _ .イi:::::::::|:  |. i      「作品のジャンルに即した範囲の演出を心がけよ」
      /   ./   ./   ./  } \::::::i  i_   / 〉::::::i  |ノ|       
     /    ,イ   /   ./  ./  ヽ:::i  i::::i_  ハ::::::::i   !. |      どんなに素晴しい改変技術で見栄えを良くしても
    /     ハゝ- ク   /   /    i:::ヘ  i::::::::ト、 _!:::::::::i  | |.      作品の雰囲気に合わぬ物なら、それは蛇足でしかない
   i     /  `! ̄`ー :´`ー ´    |::::::ヘ  ',::::::::::ト、i:::::::::::ヘ ! |.      
   !    /   i:::::::::::::::::::::::::Kヽ、    !::::::::ヽ. i::::::::::::::::::::::::::::ヘ|  i      既に実践できている事だが
    |    /    |:::::::::::::::::::::::::|:ヽイ / i::::::::::::ヘ. i::::::::::::::::::::::::::::::i|  i.     無自覚だったなら自覚して、自覚していたなら忘れずにし
   ト、./     !:::::::::::::::::::::::::|::::|/Y ./:::::::::::::::::i |::::::::::::::::::::::::::::::i:  i.     
   `´       !::::::::::::::::::::::::::|::::iノ /::::::::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::::::::/ i i.     今後の創作に活かすと良いだろう
           !:::::::::::::::::::::::::::i:∧`´::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::-―- イ i  |: |
          {::::::::::::::::::::::::::::/ ヘ::::::::::ゝ:::::::::::::::::::::;:/::::::/:::::::i | i|: |

167名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:53:07 ID:mJ1.Ipgw

┌────────────┐
|   その他の改善すべき点   |
└────────────┘


 .       ;     i/├'/ ./  /  /.  l. ! .l  l ',  ハ ∧
        i.    (!v' / .,' ./  /i /l  l !∨.ハ i  i ', ハ
         l   /トヘ/   i /  ./ ,' ./ l.  i. l ',.l Vト   ! i l
          l   / オ./.  l /  / ,'./ . l  ∧', 斗'"_i_.V /! !.リ    下積みの不足により見せ場(>>506-507)の魅力が
 .       l  / ,>‐i    l.l イニ/__=レ'  i ,ィ:孑ノ.ハ/ !//     幾分か減ってしまっている
 .        l  / //フl    iリl,八弋_レ^    !ヽヾ'" ,'l /       
 .        l ,' 八、 /',   V             ',    ,' .!         やらない夫の台詞は実際に雛苺を騙して『損をさせた』
 .        l ,'  .\ヽV  ∧            〉  .ハ !       過程( 『やらない夫>雛苺』の優劣を示す場 )が無いため
        i/     >V  ∧           '   /  l       
        !     i  V  ハ__.. -‐ァ- 一'   /l.   l         同様に雛苺も『騙された結果を乗り越えて何かを信じ抜く』
 .      i     i    入._/_,.. -‐ '   '¨ ./ li   l.       という描写が無い(単に疑いもせず、ほいほい罠に引っ掛かる)ので
       i      i   r/    〉_> .._  ィ l  l l    l        双方の言葉に重みが感じられんのだ
 .      i     i /〈ァ─‐< _ ⊥  i ¨  i  l l    i.       
 .     ;   _,.iィ´::::::::}'::::::::i ̄___L.  l::\.i  l  i    i        前者はイタズラ程度のやりとりを神の所に行くまでに挟む
 .      ,',,.. <\:::::::::::::/:::::::::l   __,. }  ト、:::>.、..__l    l.       後者は罠に掛かった過程を、やる夫が直に騙して捕らえた
    /" ̄ヽ::::::::\::::/:::::::::::i  /-- '    ヽ:::::::::::i:::!.   i 、.    形にでもすれば問題無かっただろう
    , '     .V::::::::::/:::::::::::::! / l::::::└-、  (:::::::::::::l:::',   i \
 . /       V:::::;':::::::::::::::l /l l::::::::::::::::\_f:::::::::::::ヽ:゙、  ',  \
  i         V::i::::::::::::::::::i:::l.  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:V  ',   ヽ,.、

168名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:53:28 ID:mJ1.Ipgw

                         |王|   ヽ ヽ/
            __,。、      土土   三 ヨ三  七_  レ | | |
          ,。r介{ 0}ト、      / \  口牛戈 (乂 ) ノ ・・
            ,f{ソィ'´/| | `ヽ
         /}/ /_/jハ从N ハ            ,ィ⌒つニ⊃
         ,' ,l |/t::ァ iィ:ァVリ           ,.ィf } E彡'       あとは…やらない夫の処遇だな
       ; 〈| l |    '  ハ          x<:::::::::ツ´
        il | liハ   - /厶tゎ──<:::::::::::>´           物語が勧善懲悪の体で綴られる割に
         |l | l l|`>ィ7´ _爿:::::::::::::::::::> ´             彼のなした善行が全く考慮されないのはどうかと思う
         |l l l l,| | l::l/ ,  >V ̄ ̄ ̄                    
        l| |/し'´|l|::ハ  /l l|                           神は彼が森の中で他者を殺めた事を咎めた
        |レ':::/:::::|l|::::ハノl l ∧                        だが彼は同時に、一つの清き命を救いもした筈だ(結果論だが)
       /::::::::i:::::::|l|ノ:::::/| | ∧
        人_::;ノ`::ー|l|::::::/ l|│ ∧                     そこには何らかの救いが有って然るべきなのに
.      / /l }/:::::ヽ{l|:::::{ l| l  | ∧                      神は一方的に罪を罰しようとするのみで、見逃す際の理由にすらしない
     / /│|':::::::::::::::::::::| l| l  |l  '.                     上から目線で説教を垂れる立場にしては不公平に思えたな
.    / / lVl:::::::::::::::::::::ハ l| |  !|  i                     
   / / l /::|::::::::::::::/::∧ l l!  l.| l|                  また改心した男が犠牲になるのも勧善懲悪の話としては些か後味が悪い
.  / /| l/::::ハ:::::::::/::::::::::_∧ |  | | l|                   ここは神の容姿を変えたのと同様、思い切ったオチの改変に
  / / |l |::/::::::';::::/:::::::/::::∧  l| |l リ                    挑んでみても良かっただろう

.

169名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:53:54 ID:mJ1.Ipgw

┌─────────────────────────┐
| 雛苺がタヌキだと自然に受け入れることができましたか? .|
└─────────────────────────┘


                         |王|   ヽ ヽ/
            __,。、      土土   三 ヨ三  ナ ヽ |   . | |
          ,。r介{ 0}ト、      / \  口牛戈  cト  '、_,ノ ・・
            ,f{ソィ'´/| | `ヽ
         /}/ /_/jハ从N ハ            ,ィ⌒つニ⊃
         ,' ,l |/t::ァ iィ:ァVリ           ,.ィf } E彡'        問題無い。無改変でも特に違和感は得なかったぞ
       ; 〈| l |. ≡ ' ≡ハ          x<:::::::::ツ´
        il | liハ   - /厶tゎ──<:::::::::::>´           細身で狡猾なイメージが先行する狐と違い
         |l | l l|`>ィ7´ _爿:::::::::::::::::::> ´             温厚でノロマなキャラクターに仕立てられる事の多い狸と
         |l l l l,| | l::l/ ,  >V ̄ ̄ ̄                雛苺の無垢・無邪気な振る舞いは、相性が良かったのだろう
        l| |/し'´|l|::ハ  /l l|
        |レ':::/:::::|l|::::ハノl l ∧                        また頭部の大きなリボンがケモノ耳の役割を果たして
       /::::::::i:::::::|l|ノ:::::/| | ∧                          ヴィジュアル面でも補佐していたのかもしれん
        人_::;ノ`::ー|l|::::::/ l|│ ∧
.      / /l }/:::::ヽ{l|:::::{ l| l  | ∧                      まぁ、欲を言えば、冒頭やタヌキの単語が出た前後の
     / /│|':::::::::::::::::::::| l| l  |l  '.                      数コマくらいは、尻尾を生やして読者に印象付けた方が
.    / / lVl:::::::::::::::::::::ハ l| |  !|  i     _,......,_           良いのだがな
   / / l /::|::::::::::::::/::∧ l l!  l.| lト、ー、<;;ヽ ヽ;ヽ
.  / /| l/::::ハ:::::::::/::::::::::_∧ |  | | l| };;;;} };;;;! ,レ'′
  / / |l |::/::::::';::::/:::::::/::::∧  l| |l リ:┴'´ー'ー ' ´
.

170名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:54:17 ID:mJ1.Ipgw

┌───────┐
|     ・総評    .|
└───────┘
                                              , '     ./
                                         , '   /
                                          , '   /
                                      , '  /
                                        , '  ./
            __,。、                        / /
          ,。r介{ 0}ト、                       / ./
            ,f{ソィ'´/| | `ヽ                 _/ /
         /}/ /_/jハ从N ハ            ,ィ´/ /
         ,' ,l |/t::ァ iィ:ァVリ           ,.ィf } E彡'        身も心も懐具合までも冷え切るこの時期にありがたい
       ; 〈| l |    '  ハ          x<:::::::::ツ´         温かな気持ちになれる良い作品だった
        il | liハ   - /厶tゎ──<:::::::::::>´
         |l | l l|`>ィ7´ _爿:::::::::::::::::::> ´             ただの原作再現に留まらなかった所も評価したい
         |l l l l,| | l::l/ ,  >V ̄ ̄ ̄
        l| |/し'´|l|::ハ  /l l|                           だが伸ばした長所が短所を覆い尽くす物ではないため
        |レ':::/:::::|l|::::ハノl l ∧                         小さく纏まり過ぎた感が残ったのも事実
       /::::::::i:::::::|l|ノ:::::/| | ∧
        人_::;ノ`::ー|l|::::::/ l|│ ∧                      よって今回は良作以上、秀作未満と評させて貰う
.      / /l }/:::::ヽ{l|:::::{ l| l  | ∧                     
     / /│|':::::::::::::::::::::| l| l  |l  '.                     まだ伸びる見込みは充分に有る
.    / / lVl:::::::::::::::::::::ハ l| |  !|  i                       先ずはより深い原作の分析を試してみよ
   / / l /::|::::::::::::::/::∧ l l!  l.| l|                   何が不足で何が余分かを見極めれば、今以上の独自性と
.  / /| l/::::ハ:::::::::/::::::::::_∧ |  | | l|                     原作の良さを共存させた、真に秀でた作品を生み出せる筈だ
  / / |l |::/::::::';::::/:::::::/::::∧  l| |l リ
.

171名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:54:41 ID:mJ1.Ipgw

                         , ---、
                        .f f⌒i.i
                        .| |. .|.|                           キミ゛、
                        .// .//  , - 、                      ソ劣少
                       // .// , へ、 \                    ソ少彡劣
                       ,{ {___{_ト-,{ {__{{'\__.ノ                 孑彡少キ≠=ミ
                     ,.イ、ノィ´   l ヽド、                 孑彡彡彡劣キ#ミミ
                    / ハ/ /  / l iト、 V ハ              孑彡彡彡孑´      シ
                    ,' iソ. ,' /ナレ、lハi斗Vlハ. }          __ 彡彡彡孑
                     i N i/ ィモア  iイタラjノレ       _,. <   ヽ彡孑
                    l !j. iゝ      〉  ! .l    _,. <     ,..イ
..                   l i  i、   --  /  !. ,. <     >''"
.                    l ! i. 丶、   /i. l i     >''"
                    i i i l l ` ー'  リ ハ ', >''"
                     l i  l ! / しv' ./'´゙ヽ          以上で今回
                      i l   lノ|/_./ ./ /.    ',       そして私からの今年の評価は終了だ
                   ,.ィi i , l>{_}く」´ /./     i
                 ,. < .i i'´.ヽ'  _,.',.イ  i    l       来年も数多くの優秀な作品と巡り会える事を期待する
        r 、 ,.  _.. ‐¨.. -‐ ¨i iハ.γィ":::://ヽ.  r「ト「ヒ「h
      _,.rへ. Y l‐¨>''"     i/:::::V:::::::://:::::::.ヽ. LhLトLヒ!      では諸君、良いお年を
     l i ヽ ト、j l'"        /!:::::::::;i::::::::〃l:::::::::::i:\l.    l、
    υ゜、!ヽ.j'",.ィ         ハ::i:::::::/:ヽ:::li::::l::::::::ソ:::::::;:i   li
   _ξ' ~丶_<_ノ` ,     ./ lト、ソ:i:::::::`リ-i‐:'":::::::::/. l   ll
       ヽo´、_ ノ丶、 ,..'  l!/!::::l:::::::::::::::l:::::::::::::::/ l. l   l.l
         ̄\   ヽ   / !::::l:::::::::::::::l:::::::::::::/ .l. l   !.l
           丶   ../  .l:::::l:::::::::::::::!:::::::::::/.l  l. l   .l l
              ` ー'"l   fィ:::!::::::::::::::l:::::::::::::',l   l l   .l. l

172名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 19:55:04 ID:mJ1.Ipgw
以上です

173名無しのやる夫だお:2010/12/31(金) 20:02:18 ID:EcBUL46k
乙です。
手に持ってるのは人参?w

174 ◆CYmA6eS/tM:2011/01/01(土) 10:25:12 ID:XfwWAdx6
お忙しい中、すばらしい評価をしていただきまして、どうもありがとうございます。
この、より分かりやすく効果的な演出が、自スレの改変したものだとに驚きを隠せません。

的確な問題点の指摘と、それに対する適切な処置が
具体的な改変例と共に述べられているため、とても参考になります。

しばらくは色々なジャンルに挑戦したいと思っているので、
その作品ごとに、演出の向上を目指していきたいと思います。
ためになる助言の数々、どうもありがとうございます。


それと、神の配役についてですが、そこまで深いことは考えていませんでした……
最初に考えたキャラは、戸愚呂弟なのですが、AAの問題で、
安直に 自分の扱える神のキャラということでキャスティングしただけであります。
うまいこと雰囲気にあったので、そのまま使いました。


評価を依頼するというのは、不安なものでしたが、
今では、このスレに来てたいへん良かったと思います。



いまさらになりますが新年おめでとうございます。
今年もより良い作品を作っていきたいと思います。
このスレのすべての作者の技術が向上する年になりますように。

評価・改変 大変ありがとうございました。

175名無しのやる夫だお:2011/01/01(土) 18:04:51 ID:UAWftH0g
◇やる夫が0からはじめるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/749

◇【東京魔人】やる夫が黄龍の器になるようです【学園剣風帖】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/286

◇やる夫と彼女と見えないアイツ
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/346

◇やる夫は混沌王を目指すようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/535

◇【天羅】やる夫は因縁に生き業に死すようです【万象・零】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/929

◇宇宙の運び屋、やる夫一家!
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/958

◇【ポケモン】やる夫はカイジをチャンピオンにするそうです【RS】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/35

◇【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/36

◇やる夫とやらない夫が騎兵隊を設立するようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/66


残り未評価
良い具合な消化具合

176名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:46:40 ID:bBI4SN0.
評価に35レスお借りします

177名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:47:21 ID:bBI4SN0.

 _ -─…‐-ゝ::::::::\   _ -─ァ
   ̄>:::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::∠...._
 /::::::::::::> >::::Z ::::::::::: <::::::::::::<`
:::::::::::::::::´フ└z__::’‐'レヘハ「`::〈 Z_::\
:::::::::::::::::::´Z:-っノ:::::::::::::::::::::_r┘く::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::,:::::;ィ:::::ハ::::::::レヘ(`:::::::N
/::::::::::::::::,ィ /:l::/:|:::/ ヽ::ト、::::::::::::::::::|
. /:::::::::::/'l/ニレュ:|:/ ┌'_ヘレヘト、::::::::::|
//:::::::::メx===ミ゙′ ゙彡===ッX:r‐〈             どうも、宇海零です
 /イ /ヘ:|  .,,_ f9    f9 _,、  |:|う |
  lイに|:l     ̄_ノ|   ̄   |:|_,リ             皆様、新年明けましておめでとうございます
  _,ゞテl:|:    ヽ;|        |;しヘ,,__        今年も、良いやる夫スレを沢山読みたいものですね
 ̄:/ /:::lヘ ヽ二ニニニニ二ソ 八.  ヽ::: ̄
::::/ /::::::N\\ーーr‐一/ ,.イノ::ヽ   〉,:::
::〈:、{:::::::::::ト、 \ `二二´ ./ |::::::::l //:::::::
:::::\>、::::::|:::\. \   / /:|::::::::|//:::::::::
:::::::::::`:<:、|\::::\. `ー'′/::/|:::/.':::::::::::::
───‐Y::::::\::::: ̄ ̄::::/::::::Y,:'´───
: : : : : : : |:|:::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::|:| : : : : : : : :





        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、             今回評価させていただくスレはこちら
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|            やる夫が『沈黙の暗殺者』について調べるようです
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|           ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|             評価依頼
.         l ヽ          |Lン:{           ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/962
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ           ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/977
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\        また、こちらのスレは以前鉄平さまが評価なさっています
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ        その際の評価はこちら
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/982-989
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |




    -―- 、, ''"≧_
   ''",,.>:::::::::":::::"<"
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::iヾ
 ///:::::::/ /| ベ\,:::::::i          申し訳ないことながら、僕は原作の「HITMAN」シリーズは
  i//::::// V ._r‐-、,.ii"゙i:|            未見・未プレイです
  i/i/i/゙⌒i ////u!E !|
   ' /ヽ<_,,.. -i !-:::           なので、その観点からの評価となることをお許しください
   /! ヽ\_ ,ノ/ ヾ:::::
   //゙''=ヘ =//_,.>:           また、評価の過程でスレのネタバレをすることもありますので
  .//   /  .×'"/"          スレを未見の方はその点ご注意ください
 //   ./  / .レ'""゙ヽ
.//   / r'",!/    ヽ-

178名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:47:57 ID:bBI4SN0.

     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`         それにしても、スレを読ませていただいた限りでは
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|.          なかなか渋くて面白そうなゲームですね
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y         ギャビン・ライアルやジョン・ル・カレ、フレデリック・フォーサイスを
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|             彷彿とさせます
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´          では、評価ポイントを上から順に評価していきましょう
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■ 主役(『沈黙の暗殺者』役)のキャスティングについて。

    ■ 話に微妙なリアル感というか、『それっぽさ』を付加したかったため、
      「メリーランド州ベセスダ」「トム・ブロコウ」「ジョン・ヒンクリー」といった
      実在の地名・人名・団体名などを多数登場させた点について。

    ■ 主にやる夫に言わせる形で、作品内にジョークを交えた点について。
      (やる夫スレでシリアス一辺倒にはしたくなかったので……)

    ■ やる&やらの会話シーンが作劇の大半を占めていた点について。

    ■ 最終話などにおける、死体の直接的表現について。

    ■ 最終話の展開について。わかりにくくなかったでしょうか?

    ■ やらない夫が、序盤は愛国の憂国の、と立派なことを言っているが
      次第に俗物の本性が透けて見えてきた……というのは表現できていたでしょうか?

    ■ 「話のつじつまが合わない」と思う点はなかったでしょうか?

    ■ 説明台詞が多すぎないか?
    ■ ひとつのシーンを描くのにコマ数をかけすぎ、冗長になっていなかったか?
    ■ もっと削れるシーンがあったのではないか?
    ■ 同じAAを使いすぎていないか?
    ■ でっていうの行動に整合性はとれていたか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

179名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:48:33 ID:bBI4SN0.

■ 主役のキャスティングについて




        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l            これは、全く問題ありませんでした、プラスです
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|            そもそもやる夫スレでは、いわば始祖とも言えるモナギコ系は
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.             登場する機会が少ないキャラクターです
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{            その為、あまりキャラが固まっておらず
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ            やる夫ややらない夫以上に
         ヽ ヾフ  /   _>、N           様々な役柄に当てはめる事が可能な存在です
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ         そこに、やる夫スレのスターシステム的な側面も合わせて
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ       考えれば、まったく違和感なしに読むことが出来るでしょう
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

180名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:49:10 ID:bBI4SN0.

■ 実在の地名・人名・団体名などを多数登場させた点について




        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ
        ム:::::ノへくヽム介:::、}      これも、プラスです
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV
       |ヒソ! .__`Z,|         創作の世界では、作品に迫真性、真実性を持たせる為
       l:::人 `ー― '/.           実在の人物などを上手く利用するのは良くある手法です
      ノ´-、.\ ^ン
      /´⌒\Y`´             そして、効果的な手法です
     //⌒\〈}
     /ヽ、 , ァフ)ヽ
    /ヽ、r'ヌ/// i
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「




        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,             ただ、こちらの作品の場合…
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N             少し、説明不足な箇所があるのが気になりました
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ              例えば、以下の部分です
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/26
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i





 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_         閲覧者が、元米国国防長官であるロバート・マクナマラや
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ.        キャスパー・ワインバーガーの事を知っていたならともかく
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::          そうでない場合、やらない夫の発言から
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト          彼らも元CIA長官なのかな?と誤解してしまう恐れがあります
 /、__ \::::7V / /\:::::::l
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l          こういった場合は、※でもつけて
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ.          レスの隅に小さく注釈でも入れておくといいでしょう
      u    \  /
  J         ,. ‐'.,'               同じ事は
.    ,___     /
.        ̄ ̄ /              ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/23
. \.   \フ  .'
. \:\     ./                でも言えますね
  \::\  , '                  フランク・ミラーやアラン・ムーアが
    `く .` ´                   アメコミの原作者であることを知っているか否かで
    /                   やる夫の台詞の説得力が変わってきます
    /

181名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:49:45 ID:bBI4SN0.

            ,,......,,,,
         ―"-- :::;;; ゙::ヽ、
        ,,....-‐::'''':::‐-゙::‐、:::::ヽ,  ,, ‐'"゙ ゙̄"''::.....
      ――''''''―-- ;;;;;:.. ゙ ...::゙":  :::::≦ニ二,, ̄
       ,.. -‐''""~ ̄ ̄ .....:::::::::::::::::..   :::::::::::::゙ヽ
     /::  ,,.:::::::::   ::::::::::::::::::::::::::..   ::::<"'' 、ヽ
    /,. -シ" ..::::::::::  ..:::::::::::::::::::::::    :::::::::::ヽ  ゙'i
  /'" ,/:::    ::::::::::............       ......::::::::::ヽ:::::ヽ
    /::::::::   .::::::::::::::::::::::::::: .::::::;:.....:::...::::::::::::::::::ヽ\ヽ
   ./  ,,./..:::    ::::::::::::::::;::::::::/|::::::;:::::::::::: ::.    i ヽi
  . i::://:::::::::::;:: :::..   :::/|:::::/ !:::::i: .i:    ........|
  |::/ .i:::::::::::/::::::::::::;;/: / | ../ v .、..|>..:|.......:::..::::::::|
  |/ .i...  /|::::::::/゙!;;/::;゙'‐|::/  ,. ::ヽ|;;:ヘi\;:::::::,,..;|.       もちろん、各人名・地名の詳細を事細かに書くというのは
    i:::::::::/ |  /、、|/...,,,_゙''!/|i ij' |;::''",,,,,... , , |::|"-、 }       スレを読む上で邪魔になるので控えめで構わないのですが
    !::::::/ |....../::|‐,  (o9゙''/i  ''" (o9 ,、‐|::L,,/./.        人名・地名に関してはそのレス内に小さな注釈をその都度
    |::::/  |::::/‐、| "'‐--‐'〈:::|  ゙‐--‐''゙  i::レ/./       入れても良かったのではないでしょうか
    |::/  |:::/<゙i;:|   ij''   ヽ|  ij       i:;!ノ./
    |/   |:;!ヽ..,,,!|      ▽        ||,,ノ         高名な人物の場合なら
    '    |!   !\  'ー―――――'  /:;/         wikipediaへのリンクを貼るなどの方法もありますね
           .!:::\   ,,,,,,,,,,,,,,,   /::::;!
       ,,. -‐''"!,...:|\   ::;;;::   /.|::...,!- ..,,_
 ,,.. -‐'''":::::::::::::::::/ .!:::|. \    /  .|:::,! i::::::::::::゙''‐- ..,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ|.   \,,,,/   |:/  i::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i| ij     u  |i    i::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/   i:::|         |::i    i::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/,    i:::::ト、        ノ|:::i   i:::::::::::::::::::::

182名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:50:22 ID:bBI4SN0.

       ___
     ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
     ,>ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
   ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
    ,/:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
  ./:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|
  l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|
    il/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.          他にも、わかり難い例として以下の部分があります
     l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
        il ヽ          |Lン:{         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/264-270
        '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ
        ヽ ヾフ  /   _>、N
           \_,.イ_,, -‐''"  /\
             ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
           |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
               |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
             ./|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
           / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |




          ‐=;;;::::::- 、
          _,,......,,,;;;;;;;::::::ヽ
      ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::'''"ニ=-
       ̄二ニ=‐::::::::  ::::::::::::::::≦-、,,
      ,. '":::::::::::::::::   ..::::::::::....   ::::::>
    /:: ,, ::::::::::::::::....         ::::::ゝ
  /-'''/::  ::::::::::::::::::::::::::::......................::::::|
    /:::;;:-,:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   /::::/,:::............./,/!::/!:::::     ::l         ここでは、ホワイトハウスの各所の名称が出てきますが
  // /:::::/:::∠メ、 .|//ヽN-....:::::  l       英単語だけ並んでいても、残念ながら
.    /::;//:::ム、,,_'N. iレ;;''二、‐|:r‐、:::::|.        大まかな意味でしか理解することが出来ません
    i/  i::/ i!,, (..リ)  <. !..ソノ゙!:ト.)/:::|
.       V .| ^>' ij~  ゙ "  ||フ/:::::|                     オーバル・オフィス
            |ヽ、     u  .!-':::: l           せっかく途中で「大統領執務室」としている部分があるのですから
           ヽ -――‐-  / ヽ   |           他の名称もそれに倣って、ルビの形で表記したほうが
          ヽ  ==   /  ヽ:::::l        読者にとってより理解し易かったと思います
            \    / ,,. -ヘ::::ヽ
            .ヽ- ヘ.-''"  _,..,\:ヽ
             r''"  ,..:''"::::::::::::ヾ、
             |  /:::::::::::::::::::::::::ヽ

183名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:50:55 ID:bBI4SN0.

      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ            また、第二話で香港が少しだけ登場しますが
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|            そこの地名の部分の漢字が読めなくて
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|           ちょっと引っかかってしまいました
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|
    l/   ! r-┘v  v |レ' :|          ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/228
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、
       ヽ ≡   /  >'′L._
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー-
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ




        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,            やる夫スレはAAを使用しているとはいえ
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N            文字を読んでいくスタイルですので
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N.             閲覧者がすんなりとは読めない可能性のある文字を
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ             演出以外で使用するのは避けたほうがいいでしょう
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ       この場合も、フリガナを振っておけば
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i       それで事足りたわけですし
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i

184名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:51:33 ID:bBI4SN0.

■ 主にやる夫に言わせる形で、作品内にジョークを交えた点について




       ___
     ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
     ,>ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
   ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、.         こちらは、プラスの部分もマイナスの部分もあります
    ,/:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
  ./:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|           プラスの部分としては、作者さまのおっしゃっている通り
  l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|          シリアス一辺倒にならずに仕上がっている点
    il/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.
     l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|            もちろん、シリアスなやる夫スレというのもアリではあります
        il ヽ          |Lン:{          …が、こちらの作品の場合は、本筋が重く暗い話です
        '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ
        ヽ ヾフ  /   _>、N         一閲覧者として見てみると、やる夫その他のジョークが
           \_,.イ_,, -‐''"  /\       合間あいまで緊張をほぐしてくれています
             ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
           |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
               |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
             ./|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
           / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |





 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト
 /、__ \::::7V / /\:::::::l.          マイナスの部分としては…
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l         所々にスレの雰囲気にそぐわないほどの
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ.         ギャグが挟まれていた点ですね
      u    \  /
  J         ,. ‐'.,'              それが特に顕著なのは以下の部分です
.    ,___     /
.        ̄ ̄ /             ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/34-43
. \.   \フ  .'
. \:\     ./               ここで、原作でも登場した
  \::\  , '
    `く .` ´                  “「沈黙の暗殺者」を生み出した五人の男たち”が
    /
    /                        キャストを変えて紹介されています

185名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:52:10 ID:bBI4SN0.

          _
          >::::゙r-、
         Z:::::::::::::::i.             …………
          i/|)::::::::::i
           i,- '"^゙- 、,,            意外性はあります、確かに、意外性は
         ,=''" ̄,,....  ..,,ヽ
       r'"/iREDCROSSi         ただ、あまりに改変の方向がギャグに振れすぎていて
      /=,ノ        |          作品のイメージをぶち壊してしまっています
     人,,./ ヾ        |
   ,,.,, / .Yヽ  .f        |.         ルイズ博士は、なんだってこんな変な人たちの
  ( /  ./\ヽ i        |          遺伝子を集めて最高の暗殺者を
   \\,/:::::::ヽ/       ノ        作ろうとしたんですか?
    ゙'" ::::::::::::;ヾミ====彡':::
         ::::::::゙:::::::::''"::::::




        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、           しかも、上の項目で作者さまはこうおっしゃってました
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,             「話に微妙なリアル感というか、『それっぽさ』を付加したかったため」
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N           それを考えると、この部分は完全に失敗です
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ              他が実在の人物、地名というのなら当然、ここに出てくる
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ        「シーチキン密売」「ニコ動中毒者」「メロンパンマフィア」「刃から炎がでる剣」
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i       というのも実際にあったことなんですよね?
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i..    …少なくとも、この作品の中では

186名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:52:46 ID:bBI4SN0.

          ‐=;;;::::::- 、
          _,,......,,,;;;;;;;::::::ヽ
      ,..-''"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::'''"ニ=-
       ̄二ニ=‐::::::::  ::::::::::::::::≦-、,,
      ,. '":::::::::::::::::   ..::::::::::....   ::::::>
    /:: ,, ::::::::::::::::....         ::::::ゝ.         ここは素直に、ギャグにはこだわらず
  /-'''/::  ::::::::::::::::::::::::::::......................::::::|
    /:::;;:-,:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         多少凡庸な選択にはなっても
   /::::/,:::............./,/!::/!:::::     ::l           やる夫スレの登場人物で暗殺者の遺伝子提供元として
  // /:::::/:::∠メ、 .|//ヽN-....:::::  l         起用されてもおかしくないキャラを
.    /::;//:::ム、,,_'N. iレ;;''二、‐|:r‐、:::::|.          選ぶべきだったのではないでしょうか
    i/  i::/ i!,, (..リ)  <. !..ソノ゙!:ト.)/:::|
.       V .| ^>' ij~  ゙ "  ||フ/:::::|          例えばディスティ・ノヴァ、例えば新城
            |ヽ、     u  .!-':::: l             例えばアンデルセン、例えばガッツ、例えばジャギ…
           ヽ -――‐-  / ヽ   |
          ヽ  ==   /  ヽ:::::l          そうしておけば、それらの遺伝子から生まれた
            \    / ,,. -ヘ::::ヽ          「沈黙の暗殺者」の凄さがいや増したように思えます
            .ヽ- ヘ.-''"  _,..,\:ヽ
             r''"  ,..:''"::::::::::::ヾ、
             |  /:::::::::::::::::::::::::ヽ




        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ            また、ギャグで言えば
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N            ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/56-57
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ             ここもちょっと…
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ       「そりゃトスカじゃなくて戸塚だろっ!?」
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i      …っていうギャグなのはわかるんですが…
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i

187名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:53:22 ID:bBI4SN0.


      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<                   発言者のやる夫は米国の敏腕記者
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ             聞いているやらない夫は引退した元国防長官な訳で…
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|                  そこに唐突に放り込まれた駅名ギャグも
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|                  雰囲気を壊す要因の一つになってしまっています
    l/   ! r-┘v  v |レ' :|
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、             ギャグを言うのは構わないんですが
       ヽ ≡   /  >'′L._              そのギャグで、作者さまの目指した
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー-.        「それっぽさ」を壊してしまったのは失敗でしたね
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ





          _
          >::::゙r-、
         Z:::::::::::::::i                その後のAVの下りも、やる夫らしくはあるんですが
          i/|)::::::::::i.              米国人記者らしくはなかったのが惜しいです
           i,- '"^゙- 、,,
         ,=''" ̄,,....  ..,,ヽ          また、米国記者らしく、という意味では
       r'"/iREDCROSSi         やる夫の所属を東方から持ってきたのも
      /=,ノ        |          マイナスと言えますね
     人,,./ ヾ        |
   ,,.,, / .Yヽ  .f        |.         米国の著名な保守系新聞社にするか
  ( /  ./\ヽ i        |          もしくはフリーの新聞記者にした方が
   \\,/:::::::ヽ/       ノ        良かったのではないでしょうか
    ゙'" ::::::::::::;ヾミ====彡':::
         ::::::::゙:::::::::''"::::::




        _,,,_   _,,,,_
        >::::ヽ/:::::≦-、
        /:.. :::::  ::::::.ヾゝ.           同じ事はでっていうの初登場の際の台詞にもいえます
        7::::::::::::::::::::::::: 、ヽ,
.       {: ...::::∧;ヘ:::......:;:゙N.           ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/232
        〉;N_V゙ュ ヒNV.ト、N
       .ヽ!ヾ゙e>,,.、e"ノ!ソ               ここはシンプルに、「中華料理」とか「飲茶」でも
     ,,. -‐7iト、v ゙!  /ヘ‐- ,,,_        良かったんじゃないでしょうか
   r‐'":::::::::/ .〉|\'三'.イ〈 i:::::::::::゙'''ヘ
  /:i::::::::::::/ ./::|ヽ、二ノ|:::i 〉:::::::::::::i:::i
  /:::|=三三\:::!=,=,=,=, !:::y三三三.|::::i
  !:::イ┌―-┐Y=,=,=,=,=,!/ 864 ト、:::i
 i::::/| .|||||:in ! |}=,=,=,=,=,.{|  …… .! !:::i

188名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:53:59 ID:bBI4SN0.

            ,,......,,,,
         ―"-- :::;;; ゙::ヽ、
        ,,....-‐::'''':::‐-゙::‐、:::::ヽ,  ,, ‐'"゙ ゙̄"''::.....
      ――''''''―-- ;;;;;:.. ゙ ...::゙":  :::::≦ニ二,, ̄
       ,.. -‐''""~ ̄ ̄ .....:::::::::::::::::..   :::::::::::::゙ヽ
     /::  ,,.:::::::::   ::::::::::::::::::::::::::..   ::::<"'' 、ヽ
    /,. -シ" ..::::::::::  ..:::::::::::::::::::::::    :::::::::::ヽ  ゙'i.          この項目の評価をまとめると…
  /'" ,/:::    ::::::::::............       ......::::::::::ヽ:::::ヽ
    /::::::::   .::::::::::::::::::::::::::: .::::::;:.....:::...::::::::::::::::::ヽ\ヽ          「ギャグを適度に挟んだのは読み進む上で
   ./  ,,./..:::    ::::::::::::::::;::::::::/|::::::;:::::::::::: ::.    i ヽi                     非常に効果的だった」
  . i::://:::::::::::;:: :::..   :::/|:::::/ !:::::i: .i:    ........|
  |::/ .i:::::::::::/::::::::::::;;/: / | ../ v .、..|>..:|.......:::..::::::::|            「ただしその中には、作中の世界観を
  |/ .i...  /|::::::::/゙!;;/::;゙'‐|::/  ,. ::ヽ|;;:ヘi\;:::::::,,..;|             壊すギャグが幾つか見受けられた」
    i:::::::::/ |  /、、|/...,,,_゙''!/|i ij' |;::''",,,,,... , , |::|"-、 }
    !::::::/ |....../::|‐,  (o9゙''/i  ''" (o9 ,、‐|::L,,/./          という所です
    |::::/  |::::/‐、| "'‐--‐'〈:::|  ゙‐--‐''゙  i::レ/./              ただ、これはあくまで評価人としての僕の意見になります
    |::/  |:::/<゙i;:|   ij''   ヽ|  ij       i:;!ノ./             実際スレでは、合間の小ネタを評価してくださってる
    |/   |:;!ヽ..,,,!|      ▽        ||,,ノ                閲覧者の方も多かったようですし
    '    |!   !\  'ー―――――'  /:;/
           .!:::\   ,,,,,,,,,,,,,,,   /::::;!                  そこら辺のバランスについては
       ,,. -‐''"!,...:|\   ::;;;::   /.|::...,!- ..,,_           作者さまの匙加減という事になりますね
 ,,.. -‐'''":::::::::::::::::/ .!:::|. \    /  .|:::,! i::::::::::::゙''‐- ..,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ|.   \,,,,/   |:/  i::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i| ij     u  |i    i::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/   i:::|         |::i    i::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/,    i:::::ト、        ノ|:::i   i:::::::::::::::::::::

189名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:54:54 ID:bBI4SN0.

■ やる&やらの会話シーンが作劇の大半を占めていた点について




     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ         ここは、問題なくプラスとさせていただきます
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`          もちろん話の中心は会話シーンですが
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|.           こちらのスレではその会話の内容を
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !         上手く再現して、AAにて説明してくれています
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|              また、そこで語られているのは原作としている
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ              「ヒットマン」シリーズでの
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´           「沈黙の暗殺者」オマエモナーの暗殺事例です
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二




        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、              実際、物語の構造として
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|             二人の人物の対話の中で
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|            謎の存在、謎の事件の概要が徐々に語られ
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.             その断片が形を成していく…
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{            と、いうのは非常に魅力的なスタイルの一つです
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ
         ヽ ヾフ  /   _>、N           そういった意味で、このスレのスタイルは
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\         連作のゲームを短くまとめる上でも
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ         正しい選択だった、といえるでしょう
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

190名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:56:13 ID:bBI4SN0.

■ 最終話などにおける、死体の直接的表現について




        、-v‐'''Z__             ここに関しても全く問題ありませんでした
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ.           元々、暗殺者を扱ったやる夫スレだと
        ム:::::ノへくヽム介:::、}.         見る側が覚悟できているわけですから
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV           あの位のAA表現で不快感を感じる事はないでしょう
       |ヒソ! .__`Z,|
       l:::人 `ー― '/              むしろ、最終話を除いては直接的な描写を避けて
      ノ´-、.\ ^ン.             比較的マイルドにお話が進行していたので
      /´⌒\Y`´             逆に最終話でのAA描写が際立ち
     //⌒\〈}             閲覧者の方々にも喜んでいただけたのではないでしょうか?
     /ヽ、 , ァフ)ヽ
    /ヽ、r'ヌ/// i             少なくとも、僕は、読んでいてカタルシスを覚えました
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「             当然、プラスです




■ 最終話の展開について




        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l          ここも全く問題ありません
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|           評価の為にまとめて読ませていただきましたが
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|          展開で詰まるような、疑問に思うような部分はありませんでした
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|.         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/510
.         l ヽ          |Lン:{
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ          で、やる夫の死体が閲覧者の目に晒されるまで
         ヽ ヾフ  /   _>、N         オマエモナーは確かに生きている、では、いったい誰が、どうやって…?
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ       という、短いながらもサスペンスフルな内容…
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ     とても、楽しめました
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

191名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 15:59:36 ID:bBI4SN0.

■ やらない夫の本性を上手く表現できていたか




 _ -─…‐-ゝ::::::::\   _ -─ァ
   ̄>:::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::∠...._
 /::::::::::::> >::::Z ::::::::::: <::::::::::::<`.            これも、問題なし!
:::::::::::::::::´フ└z__::’‐'レヘハ「`::〈 Z_::\
:::::::::::::::::::´Z:-っノ:::::::::::::::::::::_r┘く::::::ヽ.            例えば
::::::::::::::::::::::::::::::,:::::;ィ:::::ハ::::::::レヘ(`:::::::N
/::::::::::::::::,ィ /:l::/:|:::/ ヽ::ト、::::::::::::::::::|              ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/26
. /:::::::::::/'l/ニレュ:|:/ ┌'_ヘレヘト、::::::::::|
//:::::::::メx===ミ゙′ ゙彡===ッX:r‐〈           で捜査資料の違法な私的所有を指摘され
 /イ /ヘ:|  .,,_ f9    f9 _,、  |:|う |            それに対して他人の名前を出して自分を擁護していたり、また
  lイに|:l     ̄_ノ|   ̄   |:|_,リ
  _,ゞテl:|:    ヽ;|        |;しヘ,,__            ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/291-320
 ̄:/ /:::lヘ ヽ二ニニニニ二ソ 八.  ヽ::: ̄
::::/ /::::::N\\ーーr‐一/ ,.イノ::ヽ   〉,:::       での、クローンに関するダブルスタンダードと
::〈:、{:::::::::::ト、 \ `二二´ ./ |::::::::l //:::::::       合衆国のより良き未来を「自分たちが」決める、という傲慢
:::::\>、::::::|:::\. \   / /:|::::::::|//:::::::::
:::::::::::`:<:、|\::::\. `ー'′/::/|:::/.':::::::::::::
───‐Y::::::\::::: ̄ ̄::::/::::::Y,:'´───
: : : : : : : |:|:::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::|:| : : : : : : : :




        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ        そして、元部下とはいえ、今は無関係であり
        ム:::::ノへくヽム介:::、}.         現役のCIA局員という立場にあるでっていうを
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV           なんら懸念を抱かずに手下として利用する事…
       |ヒソ! .__`Z,|
       l:::人 `ー― '/.           とどめに、
      ノ´-、.\ ^ン
      /´⌒\Y`´             ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/405
     //⌒\〈}
     /ヽ、 , ァフ)ヽ               でのロールスロイス車内での台詞…やらない夫の
    /ヽ、r'ヌ/// i             崇高さの皮を被った俗物性が上手く表現されていたと思います
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「




■ 「話のつじつまが合わない」と思う点




        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|           ここも大丈夫、特に問題なかったと思います
.         l ヽ          |Lン:{
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

192名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:00:45 ID:bBI4SN0.

    -―- 、, ''"≧_
   ''",,.>:::::::::":::::"<"
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::iヾ
 ///:::::::/ /| ベ\,:::::::i.          後は、気になった点のみ指摘させていただきますね
  i//::::// V ._r‐-、,.ii"゙i:|
  i/i/i/゙⌒i ////u!E !|          特に触れていない点については
   ' /ヽ<_,,.. -i !-:::        少なくとも僕にとっては気にならなかった部分です
   /! ヽ\_ ,ノ/ ヾ:::::
   //゙''=ヘ =//_,.>:
  .//   /  .×'"/"
 //   ./  / .レ'""゙ヽ
.//   / r'",!/    ヽ-




■ シーンが冗長になってはいなかったか、また、逆に削りすぎた部分はなかったか




       ___
     ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
     ,>ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
   ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、         これに関しては、序盤は少し駆け足だったかな…
    ,/:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l             と、思う部分もありましたが、後半に行くほど
  ./:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|.           改善されていっています
  l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|
    il/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|           駆け足だったように思えた部分は、具体的に言うと
     l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
        il ヽ          |Lン:{             ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/16
        '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ
        ヽ ヾフ  /   _>、N            や
           \_,.イ_,, -‐''"  /\
             ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ.       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/40
           |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
               |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|.       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/121-122
             ./|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
           / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |      ですね





        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ
        ム:::::ノへくヽム介:::、}
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV
       |ヒソ! .__`Z,|.           この三箇所は、幾つかのレスに分解して、あるいはレスを増やして
       l:::人 `ー― '/             もう少し溜めを作っても良かったかもしれません
      ノ´-、.\ ^ン
      /´⌒\Y`´            以下、改変例です
     //⌒\〈}
     /ヽ、 , ァフ)ヽ
    /ヽ、r'ヌ/// i
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「

193名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:02:47 ID:bBI4SN0.

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/16 改変

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ___
          , -‐::::::::::::::::::`:::::::、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  … ジロリ
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
        ,′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
.      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー--,:::::::|
        l,:::::::::ノ⌒,,,_::::::::::ィ´● ):::::::|.        やる夫・ヘンダースン君、君は…
       l::::::::( ○フ::::::::::::::"^'=''::::::::::|
    ,,. -‐ゝハ,:::::::`゙゙゙゙´      、  ::::::!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\




                   _
                   | |____ [l[l
                   | ___|
                   | |__
                   |___|
                     ____
                    /_  /
                  ..////.               ______
                   ̄ //                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     ̄  [l [l //.          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        //       /::::::::::::::::::::::,:::::::::::、,,.-='、'、:::\
                        ^         /:::::::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ::::::::\
                              /:::::::::::::::⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''":::::::u:::::::\
                              |:::::::::::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                              \                     /
                                \                  /

194名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:03:44 ID:bBI4SN0.

                   「\      「\
                   |:::::::\   |:::::\
                   |:::::::::::::>─|:::::::::::\
                   |:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\
                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ┌───────────────────────┐
      │   SILENT  ASSASSIN                   │
      │『 沈 黙 の 暗 殺 者 』 と呼ばれる男について  │
      └───────────────────────┘
                      \::::::::::::::::::::::__/
                    ,-'"X ::::::::::::イ !:: ヽ __.
                  __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
                  ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::ヽ
              |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!::::``ー-、
               |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !:::::::::::::::::::`ー 、_
               !::::::|:::|:::::::j    |-┤     !:::::l,:::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、
              ,!:::::::,|:::|::::::|    ├┤      l,::::|:::::::::::::|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              !:::::::::l:::l:::::,!    |─|      ', : !::::::::::!  ``‐--、__::::::::::::::::::::::::ヽ
              ,!:::::::::::l:: !:::|     ├┤      .!::,|:::::::::|        .~`ー-┐:::::::::::`、
              !::::::::::::|::,|:::,!    |-┤      .!:::l::::::::,!           ~ !:::::::::::::ヽ
             |::::::::::::::j:::l::,|    ├┤       .:|:::::::::|               ヽ::::::::::::::ヽ
             ,|::::::::::::::::|:: !,!     |‐┤      .|l::l::::::::|.           ィ=r=ーi'~=二l7
             !:::::::::::::::::|:::|j      | │      .八:l:::::::|.         /≡≡= !  r'´
             !:::::::::::::::::|:::,||    ヽ./      / ̄ !j:::::::ゝ        `ーーf´---'"
             ヽ::::::::::::〃::j|             __/―--!l::::::::|
              !::::::::::::::ヽ:Г     .__, - |ニ   ヽ-- l|::::::::|
              〈::::::, r' ̄`ー-=‐''" .、   | !_, ‐'":::::!--イ:::::::|
               !::|     !、l, .___, >-‐''´:::::::::::::::: !--l,::::::,!
               `ト=' 、_ .、`‐=ニ|:::l :::::::::::::::::::::::::::::::|-- ハ::::::|
                ,/ ノ「 l''~"::::::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::|    ̄
                   ヽゝ:::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|

195名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:05:37 ID:bBI4SN0.

            |:::::::::::::::::::::::::::.             ::{        }
            {:::::::::::::::::::::::::::、           ::}       }
            |:::::::::::::::::::::::::::ヽ、,           .:}     ,  |.
.         {::::::::::.i::::::::::::::::::::::ゝ、       :ノ、   /   !
           |:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐===ニ=:、__,,ノ  ノ       ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
           |:::::::i:::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::ー、 `'''゙´  /       聞 い た 事 は あ る か ね ?
.            |:::::l:::::::::::::::::::::::       ::::::::::i ̄´      /
.           {::::i::::::::::::::::::::::          '      /
           }::i::::::::::::::::::::::                   /
           !人:::::::::::::::::::.               /
           /::::... ...:::::::::::              ,/
.        //:::::::::::::::\::::::::              ,/
      / /:::::::::::::::::::::::\__::::..    .:    /
.   /   /:::::::::::::::::::::::::::::: `'ー-‐ーー----;:"´
.  /   ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::;;″ /'ヽ
 /    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i'  /'"´ \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

196名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:06:37 ID:bBI4SN0.

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/40 改変

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ____
     /ノ   ヽ、_\              暗殺者を造り出すって…
   /( ○)}liil{(○)\             一大事じゃないですかお!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |        とっとと、その五人を逮捕すべきですお!
  \    |ェェェェ|     /




                                        ( ヽ、
                                     __\ \
                                     <__ \ \
                                  /<__ \ \ ヘ /⌒/
                                 ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
         いやあ、そいつは無理だろ      , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
                               /  ( ○ >、  、( \        !
         常識的に考えて…           /   , `'''"   _, \_ヽ     {
                            ./    {   ,   ( ●)、ヘ      > 、
                            |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
                          ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
                        / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
                      ̄<   !  `\      /___    \/ \(
                     _ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
                     !  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
                            \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
                              \ い /     /       //ノ
                               \ /     /       / / ̄

197名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:07:47 ID:bBI4SN0.

         ―――― だって、とうに殺されちまってるんだもの、五人とも


                             , ――-、
                            /       .:\
                               / __     .::|                         ,.-、
                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´




::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ         …殺っ…
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

198名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:09:05 ID:bBI4SN0.

                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ
                /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:`、
                l /l::l:::l:::::l:::::::l:::l:::::l::::::l:::::::l:::::::::ト、ヽ;::::〉:::ヽ
                lf´}::;:::ト,:::l:::::::l:::l:::::l::::::i:::l:::l`、::::;レ<:ヽ:r、::::`,
                |:::l{:::lリ.ト、;l::::::{:::l:::::l:::::ハ:::l::l _,メ:::::::l i:::l .l::::::i
                |l::l::::l:::::、_j゙ヽ;ト、レ'´レ' `、l,イ::::::::::::::}:l:::l .l::::::|
                |l::l::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/l:V:::::::|
                {l::l::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.l:::}:l::::::|
                {::ハ:::゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::}:}::::::|
                f´ i::::::゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -ノノ /::::;イ:}::::::|
                --、ヽ::::`,\:::::::::::::::::::::::: /  } /::::::: -、ヽ::|
                ::::::!:`ヽ:::::ヽ `ヽ、 __ /   ノ::::::/  .} \


               自らの遺伝子によって作り出された ――――


             ,' i  i l  l l .l l .l  ,イ l l .l ',  ',. ',      i    ` ‐ 、l:::::::」
             l l.  l l  l l l l ,'l l l l l', l '., ', '.,  ', l      l-‐ー、
             !il.  l l  l l l l i lヽ! l.l l ', ', ヽ、ヽ/,  ', l   _,、-´iヽ、::::::\
             l! l  l l  l l l l::::::::\',!', l::::ヽ、 :::::::::::: ヽ i l     / i  ̄ ̄
             l. l l l  l l l l::::::::::::ヽ ',l::::::::::::::::::::::::::::::l\/`ヽ  ,.イ  l
              ! ', l l. l l l, ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l  l  // l   l
                ヽl l', l l ',!,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l  l ノ'´   l   l
                \ヽ ', ', ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l .l_     l   ',
                 /  \ヽlヽ、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .l l::ヽ、_   ',   '.,
                /   l  l  ` ‐、::::::::::::::::::::::-'´   l /:::::l  l`‐- 、    ヽ
               /    l  l    「 ` ‐-‐ 'ヽ  ,-'"´ !':::::::l  L   ` ‐、   \

199名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:09:43 ID:bBI4SN0.

       \,′: / : : : / : : : ,' : /  / : : /l  : ,'::::::::::::::::::::ヽ  : : : : : : : : : :   ':,/
        :{  : ,' : : : :  / : /{ :/  / : /:::::| : :/::::::::::::::::::::::: い  : : : : : : : : : :  }--‐=
        :| : ,{  : : :  ,' : / |/`' /:/:::::::::::| :/::::::::::::::::::::::::::: };ノ\  : : : :\ : | : :
        :{ /:| : : /{ : :,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ ,、: : : |\ : }==-‐
       : : V : | : ,:' : : l : :{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::い}: : }: } : :∨ : :
         : : : { /: : : | : :}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ノ{: :/V二ニ===-‐
       \ : : V : : :  { :∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: lV : : : : : : : :
       \`' ‐-===ニV :∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : |ノ二二ニ===-‐
        : \      / : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| : { : : : : : : : :
       \ : `¨:¨:¨´ :  /ーヘ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/¨|: :八\  : : :   /:


                          SILENT ASSASSIN
             最高の暗殺者…「沈黙の暗殺者」の手によって、な ――――


                           __..____
                         イ,:'´:´: : ‐''´: :`---‐''
                        { {: : : : : : : : : : : : ̄`ヽ、 , ‐=.、
                      ,r:,ニ:,:´ : : : : `ヽ、: : : : : : ヾ:|: ,: 、: ヽ
                      l /:/:l: | : : :ヽミヽ、:ヽ: : : : :ヽ、Y : : : :l |
                      ヽ |: {: |、、: : ヽ::::::::::::ヽヽ: : : l T''''': : : \
                     i、_ノ人:T::::::::: ヽ:}::::::::::::::: } : |:i:| |: : : :l: : ヽヽ
                     ¨7/!lゝ:::::::::::::'゙::::::::::::::::l: /∧ヽ:〉: : : \: }
                      V:l ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::''t'=ン:l `ヽ:ヽ: ヽ
                       ゝ_ ニ=-::::::::::::::::::::::::::::/T´|: :l  ノ ヽ} )
                          \::::::::::::::::::::::::::::ノ : |: :、ゝ-) ‐'´
                        ,   ./ヽ._....  --‐ァ': : : :、: ヽ,. ‐:.''´
                        弋-'': :rイ ニヽ|:.:.:._|:| : : : : V  _;.:.:.:.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

200名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:10:21 ID:bBI4SN0.

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/121-122 改変例

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     ___
                 ,   ´      `    、_
               /    ,  ´_  -―   二二ゝ、
              /    /             \     │ ``  ̄ ̄フ
    .         /  , / /            __ノ 〉   ├─-   /
            /   // / _ -‐  __ー― ´ _ ィ゙,     |__  /\.  ツ.
            '   /, /, ≠ ¬ 、二 _ヽ 、  ̄! ̄「l  ! l
           |! >く//    マ_j心ヽ\_● j!ヽ|l
           |!〃  V  j    ヽ `゙ _,r`¬! く勿刀/
    .         v|{ 〈 (   {         ゙´      ヒ疋{
            ゙| >、\゙  ヽ       /〕    ヽ, }
             | | ム__,  l    ,  _`__⌒ /∨
             | |/ 、 |  l    ノ ´ィ 二二Z_ヽ. /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             W  . 、 l   { 〃`ー 、 ∠./ '/  <   -┼-.
             リ  i  \ 、   廴__j_/ '    |  . ,-┼/-、
             l   l    ヽヽ   ` ー―‐ ┘/      |  .ヽ__レ ノ つ.
             l    !     ヽ   ̄ ̄ ̄`v'       \_______
             ノ          \       ノ
           /     l       ̄厂「
          ´      、 ヽ      / /
       /         ヽ \    r' , ヘ

201名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:10:58 ID:bBI4SN0.

                                 _  ¨,.ニニ= 、、_
                                   ,  ´  /     _>、\
                       ;lニゝ!∨ミl、.     /      ,  ´   ∧ ∧
.              ググ …  i".,,∠二-、゙'、  /      /     ィ ∧ ∧
                    │.|.l.;;;;;;;;;゙l.} ! ....|   /       ///  V |  ツツーッ …
                    ;! `'`-ニ'" .l...  | || 〃/ //   . ィ \ V
                   |       |   V || | ///  _/  V≦zム
                      ;.!         |    Ⅵv/´∠. ≦__) ●イ刋アヘl、_
               _..-'''゙.!      l.'''‐、 .>「\l ミ ィ立アソ ┃〈'ーヘ、 |  ` ー―  、       オ、オマエ…
.              ;/´   .|"ーi―‐i''''}  .l ../ヘ (_ {    /.....┃ ヽ Vソ.        \
              l     ゙'!、 l  .! ,! '!、.ヽ | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \
               ;!      ̄` !  .l  ミヽ..,__丿....∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
            ,/ ヽ       .|  .,! .'''''/'i...._,_V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ
            ;l゙   .ゝ....-- ..,,,|  .し,,,,,,ゾx.″、ヽ   >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
           ヽ         、 .`'"     /  l、 `'-、| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \
              ;/  .\   !     ./ ,〃   `   .! l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ




                |:::::::|
                |:::::::|
                |.:::::.|
              l'''| ̄\      「\      「\
.                 | .|  |       |:::::::\   |:::::\           ┌──────────┐
               | 」  |       |:::::::::::::>─|:::::::::::\            │…モナー …………     │
             __.| |  |       |:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\         └──────────┘
.           ┏∪| |. 〔|       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
..          ,-〈` て| |  |      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.      /´⊂´ ̄ヽ  | 礀     〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      ┌ ヽ_弋 入 ` |E三|    ..|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      |__/    / |E三P     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       | {    / Y て′      __`7        -く
       ヽ    _丶      ,--−゛:::::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_
       |_,..-´ /::}    /::::i:::::::::/:::::::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
      ,zi_,..-´:::::::|    |::::/::::∠:::::/::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
      |。|::::::::::::::::::|  /:::::|:::::::/:::::::::|   |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i
      |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::|:::::|:::::::::::.|    |;;|    |::::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::|
.      |。|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|   |;:;;|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::.i

202名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:11:35 ID:bBI4SN0.

           「|
           | l r n
           | l |_| l
           l ヽ└'
           | lヽ \
           | l  ヽノ
           |_j
          _「l「L. _
         └‐┐i r‐┘                    _,,-ー-ーー-ー-ー-ー
              L| |                  _,, _,,-ー''""~
             └‐'             _,,-ー''',ー''      '"~~`
             n            /  ,,-''"   _,,-''
             U         /  /   ,,-''"       ,  ...........
             O       /  /   /       _,,-ー'''"}::::::::::::::::::.............
              O    /  /   /    .::ヽ,,-''":.:.:..::.:.:.:..};;:::::::::::.......        ノ
                       / /::...  /.::   .:::::/ー-,,_.::..:.::..:.}ノ      .::::::_,,-'ー-''
                      /:::... /     .::/. . : : :    ~"' 'ノ     ..::::::,,-'.::::
                    / ゝ /ヽ     ,,_ /. . : : : :      /    ヽ.::::/...::::::
                    /  ノ /   ノ   ..:ノ.: : : : :      /::.      ..::/.::::::
                    } -'  'ー''"  .:/.:::        /,,r、    ..:./.:::::::::
                    "''ー  "''ー-''~...:::          { .(  `ヽ .:.:/.::::::
                                   ヽ .ヽ、_,,ノ.....:::::
                                      `''ー''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

203名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:12:11 ID:bBI4SN0.

    -―- 、, ''"≧_
   ''",,.>:::::::::":::::"<"
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::iヾ         いかがだったでしょうか?
 ///:::::::/ /| ベ\,:::::::i
  i//::::// V ._r‐-、,.ii"゙i:|         AA的にも特別な事はしていない
  i/i/i/゙⌒i ////u!E !|          単なる水増しの改変ですが
   ' /ヽ<_,,.. -i !-:::
   /! ヽ\_ ,ノ/ ヾ:::::        1レス増やした事で雰囲気が増したと
   //゙''=ヘ =//_,.>:        自分では思っているのですが…
  .//   /  .×'"/"
 //   ./  / .レ'""゙ヽ
.//   / r'",!/    ヽ-




       ___
     ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
     ,>ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
   ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
    ,/:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l        あと、このレスですが
  ./:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|
  l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/30
    il/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|.
     l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|          せっかく丁寧に背景と合成しているのですから
        il ヽ          |Lン:{        台詞をやる夫と窓の間に入れるよりは
        '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ        やる夫の右側に配置した方が良かったと思います
        ヽ ヾフ  /   _>、N
           \_,.イ_,, -‐''"  /\
             ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
           |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
               |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
             ./|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
           / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

204名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:13:37 ID:bBI4SN0.

※台詞をやる夫のやる夫の左側に・・・の間違いでした、すみません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                         、
                                     ______________
                      ____              |           ll   :...     |
                    /     \.           |           ll     ./:..     |
      .               /  ─    ─\        .|  ..:.:.:.:::.. ..     ll    /      |
   全ての証明……    /    (●) (●) \        |    ./      ll   .        |
       ですかお     |       (__人__)    |        |   // .::.:.:.:.:..  ll .          | ,.
                 \     ` ⌒´   /         |   /    ` .   ll  .:..:.      | ヾ
                ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i       ザ ア ア ア ァ ァ ァ ァ ……
                   |  \/゙(__)\,|  i |
                   >   ヽ. ハ  |   ||



                ____
              /:::::::::::::: \                 /    / ̄ /
             /:::::::─:::::::::  \               ____/ ̄ __/   /    /
           /:::::::::::(●)::::(●) \          /        __/    /  _ _ /   / / /
           |::::::::::::::::::::(:::人::_)    |           /               /      / _/  _/_/ /
           \::::::::::::::::::` ⌒´::  /       _____/  ____/    _/.      __/
          ,,.....イ.ヽヽ、::::::ーーノ゙-、.
          :::::::::|  '; \_____ ノ.| ヽ i       ──┐ll .┌─┐──┐ll .┌─┐──┐ll .┌─┐──┐ll .┌─┐
         :::::::::::::::|:::::::::\/゙(__)\|  i |          │  │  │    │  │  │    │  │  │    │  │  │
         ::::::::::::::::>:::::::::ヽ. ハ  |   ||       ──┘  └─┘──┘  └─┘──┘  └─┘──┘  └─┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

205名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:14:13 ID:bBI4SN0.


        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ
        ム:::::ノへくヽム介:::、}
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV.         後は、二、三箇所、気になった点について
       |ヒソ! .__`Z,|          指摘させていただいて
       l:::人 `ー― '/         評価を終えようと思います
      ノ´-、.\ ^ン
      /´⌒\Y`´
     //⌒\〈}
     /ヽ、 , ァフ)ヽ
    /ヽ、r'ヌ/// i
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「




 :::.........   ...........:::::::::   `ヽ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   .:::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::_
 ::::::::::::::ハ:::::::::::::::: .....:::::::::ヽ
 ,ヽ::::::<.  ',:::::ト;::::ト::::::::::::::::::
  ./へ;:::\ ',:::l ヽ:|,>:::::::::::::ト
 /、__ \::::7V / /\:::::::l.          何が気になったのか?というと…
 ゙ (㍉`ヽ- ´  公ァ‐'チ ,へ::l
  ヽ、_ノ   (`´_,.ノ /.  ヾ.         やらない夫の口調です
      u    \  /
  J         ,. ‐'.,'              スレを通して読んでみると
.    ,___     /               やらない夫がかなりの頻度で
.        ̄ ̄ /             「だろだろ」「常識的に考えて」と言っていて…
. \.   \フ  .'
. \:\     ./               そこが、少し過剰に感じてしまいました
  \::\  , '
    `く .` ´
    /
    /

206名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:14:48 ID:bBI4SN0.

            ,,......,,,,
         ―"-- :::;;; ゙::ヽ、
        ,,....-‐::'''':::‐-゙::‐、:::::ヽ,  ,, ‐'"゙ ゙̄"''::.....
      ――''''''―-- ;;;;;:.. ゙ ...::゙":  :::::≦ニ二,, ̄
       ,.. -‐''""~ ̄ ̄ .....:::::::::::::::::..   :::::::::::::゙ヽ
     /::  ,,.:::::::::   ::::::::::::::::::::::::::..   ::::<"'' 、ヽ
    /,. -シ" ..::::::::::  ..:::::::::::::::::::::::    :::::::::::ヽ  ゙'i
  /'" ,/:::    ::::::::::............       ......::::::::::ヽ:::::ヽ         基本的に語尾に「〜お、〜だお」が付く
    /::::::::   .::::::::::::::::::::::::::: .::::::;:.....:::...::::::::::::::::::ヽ\ヽ       やる夫とは違い
   ./  ,,./..:::    ::::::::::::::::;::::::::/|::::::;:::::::::::: ::.    i ヽi
  . i::://:::::::::::;:: :::..   :::/|:::::/ !:::::i: .i:    ........|.         やらない夫はそこまで頻繁に
  |::/ .i:::::::::::/::::::::::::;;/: / | ../ v .、..|>..:|.......:::..::::::::|.         語尾に「〜だろ、常識的に考えて」が
  |/ .i...  /|::::::::/゙!;;/::;゙'‐|::/  ,. ::ヽ|;;:ヘi\;:::::::,,..;|           付くわけではないんですよね
    i:::::::::/ |  /、、|/...,,,_゙''!/|i ij' |;::''",,,,,... , , |::|"-、 }
    !::::::/ |....../::|‐,  (o9゙''/i  ''" (o9 ,、‐|::L,,/./.         また「常識的に考えて」はまさしく
    |::::/  |::::/‐、| "'‐--‐'〈:::|  ゙‐--‐''゙  i::レ/./        やらない夫を象徴する決め台詞なので
    |::/  |:::/<゙i;:|   ij''   ヽ|  ij       i:;!ノ./.          ここぞという場面で使う為に
    |/   |:;!ヽ..,,,!|      ▽        ||,,ノ          もうちょっと使用頻度を減らした方が
    '    |!   !\  'ー―――――'  /:;/          良かったかもしれません
           .!:::\   ,,,,,,,,,,,,,,,   /::::;!
       ,,. -‐''"!,...:|\   ::;;;::   /.|::...,!- ..,,_
 ,,.. -‐'''":::::::::::::::::/ .!:::|. \    /  .|:::,! i::::::::::::゙''‐- ..,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ|.   \,,,,/   |:/  i::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i| ij     u  |i    i::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/   i:::|         |::i    i::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/,    i:::::ト、        ノ|:::i   i:::::::::::::::::::::

207名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:15:25 ID:bBI4SN0.

      __\ ̄`ヽr'" ̄Z_
     >ー-:::::ミ`:::::"z::::::<
.   ∠;-:三::::::::彡:W:ミ`:::::::::ヾ                  また、これは口調とは違うんですが、
.  ∠;::::: 彡:;:ィ:;イ:ハ::l_:i::ヾハi:|
    /:;:::::::;べ'く l/ ヒ'ィヘト、__:::|                 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/305
.   l///l/!゙ご9i  `9こブ|F!}|
    l/   ! r-┘v  v |レ' :|                が、右から左に読み進むという縦書きの基本から
.        ',` ---=っ  ∧リi|-、            外れていたため、一瞬面食らってしまいました
       ヽ ≡   /  >'′L._
        _>、_,.ィ´ /  /::::::::`¨''''ー-.       「というわけだろ フランチャイズ われわれ」
    _,,. ‐''´\  /|  \  /::::::::::::::::::::::::
   /l::::::::::::::::::::Y:::j`ー-‐':Y:::::::::::::::::::::::::::       に読めてしまったわけです
   〉:l::::::::::::::::::::||::l:`ー-‐':||::::::::::::::::::::::::::
.  〈::::|::E.C.R.C.||:|:=====||:::::::::::::::::::::::::
  ,ハ;:lニニニニニニ|||:::::::::::::::||ニニニニニニニ

208名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:16:00 ID:bBI4SN0.


     -‐=ニ二_ ̄`ヽ.  ____
     ,. -‐'´ ̄`ヽ  Y´   ∠`             そして逆に、非常に良かったと思う演出が
    ∠,. -‐'´,.‐=ニ、   、'ニ=、  \
    /    ,.=ニ´ ,、,、゙ニ=、   、ヽ.         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/137
   / , -ァ'   /''〃i/ ヽ!ヾ  \ト、|
  /' /       ,   , 、     ヽ`       が
   / , ァ'   ,  /!. ,ハ ト、    ト、|
  /// ,  /} ,メ、l ./ .:| ,レ'.,、   | !.         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288961706/587
  /'  l. ,ィ イ_7ヘ_〕′〔レ∠,;ヘ. /゙Y
     |/|!,イ|くで:ラ'y、 ッ'で:ノフ:!i^!.|           につながる演出です
    ! l,l^J! ^ー 'ヽ| )`ー'^.:|.!ソノ
      l^'-lヘ.    <!/    :/y´              これは、素晴しい!
        l ,ヘ ‘ー―‐一' :/∧_           読んでいて、素直に感心しましたb
        _八rヘ.  く7  ,:イ/ Vヽ
  _,..-‐'´/   〉\  /: :|   V^'ー- 、 _
/    /   /|   `´: : : :|    ヽ      `ヽ
     《   ./ .ト、___,イヽ.   》
 .E.C.R.ヾ. /  ト、___,イヽ.ヽ 〃
二二二二∨  |`ー―― ‐'|.  V/二二二二





        、-v‐'''Z__
      /::::::;;;;;;;;:::::::<
      7::;;;;;;:::::::::::::;;;;::;;;ヽ
        ム:::::ノへくヽム介:::、}
       |rォ|ミ`oラ (oラfノV          こういった、演出をする際のセンスは
       |ヒソ! .__`Z,|.           表現技術を積み重ねた上で
       l:::人 `ー― '/             それをさらに良いものにしてくれます
      ノ´-、.\ ^ン
      /´⌒\Y`´            どうか、大事にして、これからの創作に役立ててください
     //⌒\〈}
     /ヽ、 , ァフ)ヽ
    /ヽ、r'ヌ/// i
    /  { '-‐ `ーァ
   /  人. )´/「

209名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:16:37 ID:bBI4SN0.

■ 評価を終えて




 _ -─…‐-ゝ::::::::\   _ -─ァ
   ̄>:::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::∠...._
 /::::::::::::> >::::Z ::::::::::: <::::::::::::<`
:::::::::::::::::´フ└z__::’‐'レヘハ「`::〈 Z_::\
:::::::::::::::::::´Z:-っノ:::::::::::::::::::::_r┘く::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::,:::::;ィ:::::ハ::::::::レヘ(`:::::::N.            短編の経験のみでチャレンジした初やる夫スレ
/::::::::::::::::,ィ /:l::/:|:::/ ヽ::ト、::::::::::::::::::|               だとは思えないほど、丁寧な作品でした
. /:::::::::::/'l/ニレュ:|:/ ┌'_ヘレヘト、::::::::::|
//:::::::::メx===ミ゙′ ゙彡===ッX:r‐〈            特に、背景とAAの合成が丁寧で
 /イ /ヘ:|  .,,_ f9    f9 _,、  |:|う |             各所で効果的に使われていました
  lイに|:l     ̄_ノ|   ̄   |:|_,リ
  _,ゞテl:|:    ヽ;|        |;しヘ,,__             その反面、合成した際の
 ̄:/ /:::lヘ ヽ二ニニニニ二ソ 八.  ヽ::: ̄           効果音の数ドットのズレが目立ってましたね
::::/ /::::::N\\ーーr‐一/ ,.イノ::ヽ   〉,:::
::〈:、{:::::::::::ト、 \ `二二´ ./ |::::::::l //:::::::        そこは、要改善だと思います
:::::\>、::::::|:::\. \   / /:|::::::::|//:::::::::
:::::::::::`:<:、|\::::\. `ー'′/::/|:::/.':::::::::::::
───‐Y::::::\::::: ̄ ̄::::/::::::Y,:'´───
: : : : : : : |:|:::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::|:| : : : : : : : :




        ___
      ____`ヽ:::::::`ヽ'´ ̄¨,Z.._
.      >ー::::`三:::::::::::::::三:::::<
    ∠´ッ‐::::::::::::彡'ノ川ヾミ ::::::::::ミ、
.     /:彡;;::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::ミミ:l.           お話もとても面白く
.   /:/:::"彡::;.イ/ ヽ::ト、:l、::::ミミミ::::|
   l/./:/::;.べ`ぐ  、>',.ヘ「ヾ、:::::::|.           シリーズ化されているゲームの中から
.     l/./:/キ¬fjゥ、 ゞ=fjデflニヽ|            上手くエピソードをピックアップし、削るべき部分は削り
      l/  l:^ー_ッ′ `ー '^ ||うリ|
.         l ヽ          |Lン:{.           一つの作品に仕立て上げた手腕は
         '、  ̄ ̄ ̄´ /ヾミミヽ        お見事!といわざるを得ません
         ヽ ヾフ  /   _>、N
    r'.二二v-、 \_,.イ_,, -‐''"  /\
   〈 ':─‐〈_,ハ  ┌「  ,.-;:=ニ´::_::::: ヽ
   { ',二¨jソ /.   |:|/::/:::::::::::::::::\::ハ
    ヽ,゙ー')、,イ    |':::::/::::::::::::::::::::::::::::リr|
.     ト-- ′!.   /|ニト、::::::::::::::::::::::::/| l.|
.     ト--‐''´|  / |ニト、ヘ::::::::::::::::::/ | |

210名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:17:13 ID:bBI4SN0.

            ,,......,,,,
         ―"-- :::;;; ゙::ヽ、
        ,,....-‐::'''':::‐-゙::‐、:::::ヽ,  ,, ‐'"゙ ゙̄"''::.....
      ――''''''―-- ;;;;;:.. ゙ ...::゙":  :::::≦ニ二,, ̄
       ,.. -‐''""~ ̄ ̄ .....:::::::::::::::::..   :::::::::::::゙ヽ
     /::  ,,.:::::::::   ::::::::::::::::::::::::::..   ::::<"'' 、ヽ
    /,. -シ" ..::::::::::  ..:::::::::::::::::::::::    :::::::::::ヽ  ゙'i
  /'" ,/:::    ::::::::::............       ......::::::::::ヽ:::::ヽ
    /::::::::   .::::::::::::::::::::::::::: .::::::;:.....:::...::::::::::::::::::ヽ\ヽ
   ./  ,,./..:::    ::::::::::::::::;::::::::/|::::::;:::::::::::: ::.    i ヽi
  . i::://:::::::::::;:: :::..   :::/|:::::/ !:::::i: .i:    ........|           色々と指摘させていただいた
  |::/ .i:::::::::::/::::::::::::;;/: / | ../ v .、..|>..:|.......:::..::::::::|           部分もありましたが
  |/ .i...  /|::::::::/゙!;;/::;゙'‐|::/  ,. ::ヽ|;;:ヘi\;:::::::,,..;|
    i:::::::::/ |  /、、|/...,,,_゙''!/|i ij' |;::''",,,,,... , , |::|"-、 }.          全体的に見て非常に高い水準にある
    !::::::/ |....../::|‐,  (o9゙''/i  ''" (o9 ,、‐|::L,,/./           スレだったと思います
    |::::/  |::::/‐、| "'‐--‐'〈:::|  ゙‐--‐''゙  i::レ/./
    |::/  |:::/<゙i;:|   ij''   ヽ|  ij       i:;!ノ./            これからも、面白いやる夫スレで
    |/   |:;!ヽ..,,,!|      ▽        ||,,ノ.            私たち閲覧者を楽しませてください!
    '    |!   !\  'ー―――――'  /:;/
           .!:::\   ,,,,,,,,,,,,,,,   /::::;!
       ,,. -‐''"!,...:|\   ::;;;::   /.|::...,!- ..,,_
 ,,.. -‐'''":::::::::::::::::/ .!:::|. \    /  .|:::,! i::::::::::::゙''‐- ..,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ|.   \,,,,/   |:/  i::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i| ij     u  |i    i::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/   i:::|         |::i    i::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/,    i:::::ト、        ノ|:::i   i:::::::::::::::::::::

211名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:17:49 ID:bBI4SN0.

                   _____ /::::::::::/´::::::::::::::::::`ヽ
                     /::::::::::::::::::`ヾ::::::::::::::⌒ヾー─==ミ、           ____
               /´ ̄ >:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::: ̄ミ、 \         ̄ ̄ ̄
                   /::::〃〃::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::\        _______
                / :::/:::::〃〃:::i!:::::i!:::::ヾ::::::::::::ヾ`ヽ::::::::\          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  / イ/::::::::::::,::::::/:/Ⅵ\、:::::: ヾ::::ヾ:::::\`ヽj       ====ァ
   .              /′i|:::::::,::::/ ::/:/  i|∨ヘ\::::::::::`ヽ :::::i                 //
                    リ!:::/::厶イ升ミ、リ 刈云戈、、::::: Y::!               //
                     川:://乂´ ̄`   ´`ヽ⌒ヽY::::: ハノ         ==="
      宇海零でした      .{⌒Y!癶彡=ミ、  彡=ミ癶 |i⌒}             jj jj /〉
                  Vヘリ      :i         リh/              //
                  弋_ハ      .:|      厶ノ            /´
                     |:ヘ   ,____`__, イリ                 ・
                      __从::\   _    //八__            ・
             __ -=ニ二三7 '乂| \ `::/ /:!/ ∨二ニ=- __      ・
         ,r-=ニ二三三三三7    |     __/ .::|   ∨三三二ニ==-- 、
       ∧ニ三三三三三三7   ∧      /∧   ∨三三三三三三,∧
        ∧∧ニ三三三三三〈    //∧、_____,///∧  ∧三三三ニニニ∧∧
.      ∧//∧ニEニCニRニC=>-〈//////////////∧/三三三三三三∧//∧

212名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:25:13 ID:GX90kmco
評価乙です

一つだけ、>>194の改変例ですがシルエットの耳は入れない方が良いと思います
あのシルエットだと、沈黙の暗殺者の配役がモナギコ系やダディじゃないかと推測し易くなってしまうからです
沈黙の暗殺者の正体はギリギリまで気付かせない方がいい気がします

213名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:26:31 ID:LXugJBoQ
評価乙でした
ただ、頭を撃たれてたったの数秒程度でも動けると私は思えないのですがその点はどうでしょうか?

214名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:26:47 ID:NtfOn52Y
丁寧な評価乙でした! 参考になります〜

215名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 16:37:49 ID:WXG1HQTY
乙です
アメリカに詳しくないので実在人物の名前出されても、誰それ状態だったな

216名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 23:14:41 ID:ttYing0A
なんか自分のクビを斬って身体が数十秒動くのを証明したマッドサイエンティストっていなかったっけか

217名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 23:16:06 ID:YacYtOEA
一応坂本竜馬は頭ぶった切られた後
「脳をやられたきに、もう駄目じゃ」と呟いて、
選挙速報を伝えてから死んだという話が。

218名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 23:18:15 ID:9UhXFwsE
ギロチンで首斬っても一瞬で死ねるわけではないことを瞬きして証明しようとした人ならいた気が

219名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 23:47:22 ID:wItXPlTE
フランスでいたね
首だけになった後で瞬きして見せた人

220名無しのやる夫だお:2011/01/02(日) 23:59:51 ID:LXugJBoQ
いや、首切られるのと脳が損傷するのは違うよねって話

221名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 00:17:30 ID:NcYPO/Ow
漫画やアニメ的演出と現実をごっちゃにしないほうが良いんじゃない?

222名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 00:26:40 ID:/gYeRR/w
いや、リアル感を出したいって話だったし、指摘はあって良かったかもしれん

223名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 00:34:54 ID:NcYPO/Ow
そういう依頼だったのねスマン

224名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 01:46:54 ID:coXMzyz2
>>213
頭を撃たれて生きていた例は稀にあるよ

だから、拳銃自殺の場合は銃口をこめかみに当てる方法から
口に咥える(延髄を狙う)方法にシフトしている

225名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 05:17:47 ID:it1IQFpY
>>224
その知識、マスターキートンから仕入れたとみた

226名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 06:11:02 ID:KMalbax6
頭に消防用の斧がぶっささっても笑顔で生きてる人、前にテレビで見たな
当たり所、ってのはあるんじゃねえかなあ

227名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 06:54:26 ID:L9uP80YA
いつまで雑談続けるつもりなんだか

228名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 12:43:24 ID:E9MXGHvM
文章のみの評価ってあんまりないね。
AA使って評価するの難しいです。

229名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:06:29 ID:D3o0JrtY
19レスほど投下します。

230名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:06:56 ID:D3o0JrtY


    /r 、    l:::::::::::::. /  /           /
   〈  ヽ、`'ー-\::::::::. /_/ ........................    /, <´ヾ,`ヽ
    |  /´  , ∠...ヽ::::ri'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::  //  \レ |
    l /   // ,   `゙ー-、..   _::::::::;/ `\   L'ノ
    | 〈. イ ,l /l ,、'___/  ,  i ヾi ̄ヾ´ ./      l /
    l   y' ./ \.レl -r‐‐/| ,i: |  |./      ,.ノ     \_人_从_/_人_人∧从_人_∧_人_从_/_人_/
    | //´  ̄ ̄ `"´`、── / ./    ....:::/        )                          >
   _レ  ,l " " /´ ̄ ヽ ,, ヽ /゙ i/   ..::::::::/        <     シェンロン                 >
  i/  ./ヽ.  |    l  " ./ |ヽ  ..::::::::/          < いでよ神龍!                 >
 ./ ,.i  /;;;;;;;>、 l     /   /  lノ..:::::::,: イ `i          < 世界から魔物を消し去っておくれ〜!  >
  ´∧ !;;// >=----‐ri';;l  .|;ヽ-イ ノ  ./           <                         (
   l;;`// //| |   |.|;|  :l;;;;;;;;;;;;ヽ....::ノ            /Y^YY^^Y ̄∨ ̄∨^Y^∨ ̄∨⌒Y^YY^^Y^
   / ./ //L /l l   .l l;;l ::|;;;;;;;;;r‐' ̄
   / レ'./;;;/ |;;;| l   | |;丶ノ;;;;;;;;;ノ
  '-‐i‐;';;;;;;;;;/  l;;;;;l |  .//;;;/ ̄ ̄
     |;;;;;;;/  /;;;;ヾヽ' /;;/





                        _
     _____________|:::|_______________________
     (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,.,.. .           ̄                        ..,.,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;(__)
     (;;;;;;;;; 『タイトル』                                     ,,;,,;;;;;(__)
     (;;;;;;;;; やる夫とやらない夫が騎兵隊を設立するようです             ,,;,,;;;;;(__)
     (;;;;;;;;; 『依頼レス』                                        ,,;,,;;;;;(__)
     (;;;;;,  >>66                                        ,.,;;;;;;;;;;;;;;;(__)
     (;;;;;,.  『1スレ目』                                     ,.,;;;;;;;;;;;;;;;(__)
     (;;;;;,  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253964105/   ,.,;;;;;;;;;;;;;;;(__)
     (________________________________.,;;;;(__)
                       |:::|
                       |:::|
                       |:::|
                     ノ |:::ト  、i /   /
                     (: ゝ!-'!´>、fVr<:\ヽ
                     ,≦/: :| K:イ:|: : !:_ヾ丶:゚。 ゝ==--.、
                  /〃/:/:! !斗ゝヽ::ヾ、`ヽ}: :ハ:V´¨¨ヽ\     はい!
                    //´∨|〃j=、V⌒ゝ、ーィ⌒ヽ!: : :}:l    ヽ:}
                 {/{   レ´¨ }う{fr'}l   fr'} ソ|: : :Ⅳ   ノ|リ    というわけで、
                 ゝ、ー==|、_ノj `ー' _  `ー' r}: : |リ___彡ノ     このスレを評価しちゃいたいと思いまーす。
                   `¨¨¨{´¨¨个、  l } ,-<リ: :ノゝ─= ゚
                     fゝ   l >‐‐イ  `Y〃
                          tr`ゝ ∨-ノ´¨¨  } ノ
                     ::::::::∧/ク'   // ノ、

231名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:07:37 ID:D3o0JrtY


                                         ┏       ┓
            / / i: : : : : : : :_: :-: ―:-:- : : _ : /::::::ハ  〉ー 、      あらすじ
.           |/  ! /:> : ´ : : : : : : : : : : : :`:|:::::::Y⌒Y :::::::/    ┗       ┛
.           |   /Y´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|::::::弋_ソ:::::::/
         乂/ /: : : : :_;斗孑 T  ̄| 下} ̄く― '::::!|::\/!
.           `Y´ >イ|´ ヒノ ,乂八  | lノ  |\:::::八::::::::;ゝ   やる夫君の故郷である辺境の村モールモース。
.         ,  ´| ./  N /二ミヾ \! 彡二ミヽ ト'  | ̄ \   平和なはずの村になんだか魔物が現れてしまいました!
         Y / |∧  { 《 fci::。iハ      {ci::。i::} 》| リ|\ ハ
.        ,′{   弋 .八 弋::::: c|    弋::::::ツ ノイ|ノ  }  }  近くに演習に来ていた王国の騎士団に、
       i 爪     | \ゝ'つ¨¨´///////`¨⊂゙ ハ |     爪.リ  魔物退治を頼みこむのですが、
        八 ! ヽ、__|  八              ,.イ  |___ノノ /   偉そうな騎士団は助けてくれません!
          ヽ.._`ミ |  |> .  ‐-   . イ: :|:  !___. イ    どうしましょう!
.              ̄∧  |: : {  `T冖T´   }: :.| ∧
             /: :ヘ  |: : :〉  弋:::リ   イ: : リ/ ∧




         /             |┼┼`ヽ
        /|  ,  ----- 、  r- !、_┼\
   _r、_   ,レ '´            ヽ::::::i´  〉 ̄ヽ
   > ' ノヽ/ ,. -‐--‐,-r 、     <:ヽ:/'-i'、::::::::/ _ r.i゙ ノ┐    仕方ない!
  ヾi./.;;/::ヽ/   / / / |   > 、   \ノ,/ ヽニ>'´、:ヽ  'ノ
  <´i:::/::::::// i l /!/  ヽ  /ヽノヽ` ゙iー.i' | l\/:::::::::i::::l〉'`    助けてくれないんなら自分たちでなんとかしてしまおう!
  r' |:/::::::::!i.|  ヽ! ,z==  \! =z !、ノ|  .| l |/::::::::::::|::::|ヽ    そんなやる夫君達のポジティブシンキングで結成したのが
  ヽl:i::::::::::::::>、!、| ヾ´,,  / ̄ヽ  ,,`ヾ/l  l'´::::::::::::::::::::l::::レ     『モールモースの騎兵隊』です!
  i´|:l::::::::::::/   l ''   l    l  ''  |  lヽ::::::::::::::::::::::;!:イ
   \!::::::::::l   .∧    ヽ   ノ   ,. l  l:|::l::::::::::::::/ | l
    ヽ:::::::|   l::r─-、    ̄ _ ,/:::l /::l:::|:::::::/  ノ ./
     ヾヽ!|  .|:::|   / ̄ヽ   `ヽ:| /::::|::l/ー?' _ノ




            //二/            X二lハ
            _//二/   .:.:.:.:.:.       X二}ハ―....、
          /,:≦>^ ´´ ̄     ̄`ヽ、   ./\_}__} ̄ヽ:::ヽ   人員!
         ∧:/ /    __      .:.:.:\/::::γ¨',‐ ┐ .∨:!
.       /:::/ (     イ:|/ ゙̄` ー――<`ー‐ゝ-':::::/  |:::|   村一番の戦士・やる夫君!
      i::: '   `i¨:「l : :|::|从从ヘ   トト、|从 メ、::/ }|::::::〈   j:::|    首になった騎士・やらない夫君!
      |:::|    l l:|:l : :|::|rやみミ\乂 rやみl:::!从/ ̄   /::/   村に迷い込んだ神官・翠星石さん!
      ∨::.、   从|:|:Ⅵ::| {ヒ.xリ     {ヒ.xリ|::::l从.__ //
       ヽ、:`ー ::::::_ノ|::ト、ゞxx" _'__ xx゚ 仆:リ`ー―一'´     以上!
.            ̄ ̄´   Ⅵ ヽ     {_,ノ   ノ/::/
                    Ⅵ  `>r- -イ ./::/            モールモースの騎兵隊は村の魔物を討伐すると、
                ∨Y^ー'´\/`゙/::/‐-、          7つ集めれば世界の魔物を一掃できるという
                ,。人ヘィ⌒Y⌒Y´j::::jー-、.:.、         不思議な石を集めるため、
                /.:.く ∨x {  } |::::| /.:.:\        村を飛び出して冒険を始めるのでした。
                / .:.:.:.: .`<∨:}人..,人.」::::{_,>.:.:.:.:.:. \

232名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:08:00 ID:D3o0JrtY


      / `/二>レレ<二ヽ   \             ┏       ┓
     /            \!  l  ヽ               概要
    / ./   i .:l  :| :.. ヽ :. ヽ | ヽ l                ┗       ┛
    / /.:i :i .:|_:|_i:. :|---i 、:. .i.| l | i |_
    | ./ .::| ::レ:!:|l |::.. :lヽ\ |ヾ` | l | li | l /.`ヽ      『7 〜モールモースの騎兵隊〜』というゲームが原作らしいです。
    l l| :::::l :'|:::| !l !ヽ:::! z≡s、/l  l/l/ ! ̄ ヽ | \    残念ながら私は未プレイですが、
  /リ,.l ::::|、::l::,z≡ヽ ヾ  , ,,,  ,l  ト /    \l .i
  /// ヽ:::l ヽ! ,, ,  ' _,  r., i l|  .| |'      l!:..|    スレでも再現されている『ローテーションバトル』
  l .:|   | |.l    `´    | iノ |l . l/、     ノi::/    7(セブン)というタイトルに現れる7人の英雄と不思議な石の関係。
  | .::!:!   l l .ヽ      /   '/:  |::::>-----'/://
  ヽ::|:\-: | l-'::::> 、_ i   /|::  lヽ、:::::::::/::/     凄く良い雰囲気のファンタジーみたいですね!
   \:_::; l .|-r-- ' ,v'r|_.. !ヽ-!:: /`ヽ  ̄ ̄        スレッドの出来が良いのもあって
     /;;:!、 :l |   //:::,!  ノ ヽ: /;;;;;;;;;|           プレイしたくなっちゃいました。
     // -ヽ、  //i´  ̄    レ;;;;;;;;;;;;;;l




            /       .:.:///   `ー、
         _/  .:/:/フ二フミ/     \
        /.:| .:.:イ /ィf7ヲメヽl :|  .:/   \
       /.:./´レ|.:/:l.:/,イ::::::うy' | :|  :/ト、   ヽ\         このスレッドで特に特徴的なのは、
       {.:.:{  |:ハ从l 弋_::ノ  |/| .:// |ヽ .:/ }/ \       ゲームシステムのローテーションバトルを
       ∨:\_.|l/.:l ゙゙        レミみメ、 }/     .:}\      AAで再現してしまったことですね。
          \_/.:/ト   . ′  /::::::しル'    .:/.:./  \
          /.:/ 人  `ー  弋_:::斗"   .:彡/:.、  / \  これのおかげで戦闘の『指揮』『チームワーク』の必要性が
            /.:/. /  ̄\    -=≦__彡イ' `ヽ.:.:Y   ヽ 浮き彫りにされて、
         /.:/. {  l><!`ー-/:イ.::r‐' ノ´    }.:.:|
        ; .:.{  ∨ // ヽ r‐/:/ヽ{ .:{          /.:.|      独特の雰囲気と緊張感を得ることに成功しています。
         |.:.:ハ   Vl弋___/:/<!  ト、.:\___/.:,イ
        レヘハゝ  } Vl><!イ/{   /  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .|
              ノ| }: : : :!::{  ./、    `  ̄ ̄ ´  .|




        /|  ,  ----- 、  r- !、_┼\
   _r、_   ,レ '´            ヽ::::::i´  〉 ̄ヽ
   > ' ノヽ/ ,. -‐--‐,-r 、     <:ヽ:/'-i'、::::::::/ _ r.i゙ ノ┐
  ヾi./.;;/::ヽ/   / / / |   > 、   \ノ,/ ヽニ>'´、:ヽ  'ノ
  <´i:::/::::::// i l /!/  ヽ  /ヽノヽ` ゙iー.i' | l\/:::::::::i::::l〉'`      特にラストバトルと来たら、もう涙涙!
  r' |:/::::::::!i.|  ヽ! ,z==  \! =z !、ノ|  .| l |/::::::::::::|::::|ヽ
  ヽl:i::::::::::::::>、!、| ヾ´,,  / ̄ヽ  ,,`ヾ/l  l'´::::::::::::::::::::l::::レ       盛り上げ方が抜群です!
  i´|:l::::::::::::/   l ''   l    l  ''  |  lヽ::::::::::::::::::::::;!:イ       一日でスラスラと読ませて貰いました!
   \!::::::::::l   .∧    ヽ   ノ   ,. l  l:|::l::::::::::::::/ | l
    ヽ:::::::|   l::r─-、    ̄ _ ,/:::l /::l:::|:::::::/  ノ ./       完結作ということで、
     ヾヽ!|  .|:::|   / ̄ヽ   `ヽ:| /::::|::l/ー─' _ノ        次回作に向けての評価になるのかな?
      \|、 l::/   l!   .ノ r‐   /::::/::| ̄ ̄ ̄          頑張りますね!
        ヽlヾ>、__>=r'ノ   ̄|::::::::/:::/

233名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:08:23 ID:D3o0JrtY


  |:::::::/       .........|::::::::::;へ::::::::::|   ┏                                     ┓
  l:::::::| ..:::::: '      ヽ;::::::!、.ノ:::::::/     全体を通して登場キャラクター達は生き生きと描けていたか。
  |:::::::!、/::         !:::;::へ::::::l     ┗                                     ┛
  ヽ、:::/::::::::....  ,.., r‐::::T、ニ:::L:::_|ヽ' ヽ
 ///::::::::;:ィ―i-、!|ヽ .|/ ,z彳 .l  ||.l |   そうですね。
/ :/ ├‐:'|i::::|==zx  \! '-==!| ./!/.::l   騎兵隊のメンバー達には、
| ::l   !i: lヽ l ,z彳' ´,.. -┐〃''.|:!/.i'::::/   もう本当に頑張って欲しい! そう思うことができました。
l ::::!  `ノ、!::|ヽ. 〃'' !  .l  ,/l::: |.イ
ヽ:::二二 ィ| lr ヽ、   ヽ、.ノ, イ .<|:: !ヽ
     /::;l |::>-―`r‐ r ―-'、´l:/::::|




      /.: ::{   /´ ̄ ̄       ̄{::::::::::::::ff__)::::Y:::::::::}
      ,'.:.: :ゞ/           <《___.以:::::::ソ::::::::ノ_
     {.:.:.: /      ____ __乂:::::::::::八`¨^ー‐く.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.、
     ゞ.:/    ,.。 ≦=ミ.:.:.:.:.:ト::i´ {.:.:.:.ヽ ーイ.:.:.∨:::::::::::》―- 、.:.:.:.:.:.ヽ
      イ  ≫´/:l:ト、.:l \.:.:.:∨\ィr=≦ミ、:|.:.:.: |`寸""      \.:.:.:.∧    心理描写を凄く丁寧に描写しているのが
   /.:.:.:.:しi´:|.:.:':!:|∧,rf忝ミ\.:.:\/ん ..:かメ!.:.:.:.|.}トl|        ∨.:.:.:.',    とても良いと思います
  /.:.:.:.:/  |.:.|:.:∧l ,//ん か  `  从:::::::り ル'.:.:|从j          i.:.:.:.:.:!
 ,'.:.:.:./   ∨V∧|《/从:::::::ハ     ゞ廴メ /イ.:.:.:|ソ          ;.:.:.:.:.:!   これのおかげでキャラに好感が持てますし、
 !.:.:.イ     \∨\`ト ヾ斗'  丶   xxxx/ ノ|.:.: ト           /.:.:.:.:.,’   この時にこう思っているという指標があるのは、
 !.:.,':{      /.:.:/|乂_ xxxx  ー '´    /イリ.:.:.:.!.:.\        /.:.:.:.ル'    感情移入する上でとても助かります。
 ∨.:ヘ      /.:.:/:j /.:.ト         イ_))'/.:.:.:.:|゙、.:.:.`.:ー― .:´.:.:.:.:/
  丶.:.:.\__j.:,イ.:/-'.:.:/  > --r ´ 以/r}.:.:.:.:j \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>"
   \ .:.:.:.:.:.: |:j.:|.:|.:.:/  /「`Y刈/ ̄//,イj.:.:.:/⌒ヽ  ̄ ̄
     ` ──|::爿:|´ / ̄ ̄ヽ,.r=、/ ̄//゙テヘ.:/::::::::::::',




            \  \    | /      /\
            /ヽ、  \ r‐.!/     彡'. : : :. '.
          /: : : : :>ー=ミ辷彡-<⌒''<| : : |: : '. ___
       /.: : : :./ /´: : : : : : : : :.`ヽ、 | : : | : : ∨ : : : : : : :`丶、
.     ,.一/./: : :. |/.: : : /.: : :.|: : | :. :..\| : : |: |: |.|´ ̄ ̄ ̄`ヽ、.:.\
  /.:. -‐|:.|: :.|: : |: :.|.: | : : : : |、:. |: |:. |:. :| : : |: |: |.|           ヽ.:.:ヽ   あなたはきっと、
. /. : /  |:.|: :.|: : |:. 斗‐┼|.:.|マT7メ、: | : : |: l.//            |: :. |   本当にキャラクターを大切にしているんですね。
 | : :|   |:.|: :.|:. 人 : | 、 |ヽ|、 .:.| ヽ|/ |: |: :| : : |./V          |: :. |
 | : :|   |:.|: :.|.: : : |、.!. `|__ \|  -  |/|./| : : |//          |: : :|   主役級からゲストまで、
 | : :|   |/\ト、.: :.|ヽミ=='     `===' | : : |∧          /: //   本当に丁寧に描ききっています。
. \.:.\    ヽ\|ハ  ::::::  ,    :::::   /: : :.|ヽ \______________/: //
    \.:.`ー----‐|: : : !、   r ¬     /| : : :.| ヽ、 : : : : : : : : : :. /
     ` ー-----‐| .: : | >__ `ー ′ イ_.」 : : /    `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
             | .: : | ィ二`≧=≦ /.::/: : /ニ、

234名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:08:48 ID:D3o0JrtY


  /      /    \ _| |   /
 .l      /      ヽ_l ノ /`丶、
 |      |` ー-,-----ゝ、!/‐-\.  \
 l      l   / ,. l '/´   ヽヽ  \ ヽ.\
 ヽ    ./  ./ l .|' ., .ヽ  i l. _l ヽ丶 \ヽ
  \  /  ,' /.|. l i.l  il .l .|' ヽl`、. ! |:i:i lヾ!_     ただ、いくつか気になった所はありますね。
    '    l .l :l .| レ´/| i| l| l.r‐、ヽ|:l:|:lノ/―、\
.           |:| :| .l '|、r‐、ノl ノ !' |  l l:::l`i   ト l  やる夫君の指揮官としての成長表現に関して
.        /ヾ!:l :|:.i :l |  l ´    ー' ヽ|.ノ   ノi /     ・やる夫君とやらない夫君の立ち位置の重複
.         /,イ ゙.| l rヾ ゙ー'   ._ ,   ノ.lー--/レ       ・やる夫君が指示されている。
.        l' :|.  l .|.!、_.! r┐ `´    /:: |―― '
       ヾ!ヽ、_ | .l,.-‐<ノ=-r‐ i'_´ |:: /        ちょっとこれについて言及したいと思います。
        ゙'ー-./ L.-'゙-,ヽ、` ´ `ノl /
           / r‐ ' ´  二 ̄ , |/ |
          / /、` i '´|  o i Y  l




       //        ヽ\
       / Xi    __  !`ヽXz┐
      .|XX| ,  '     `/  ( ) /
      ヾX /  _.. -r‐ rr-L/i|ヽ、!      やらない夫君は本当に頼りになるキャラクターです。
       ,>!/l i lz=x |、 |!z!=s、 /!--'、      メンタル面で不安定な点はいくらか描写されていましたが、
     / ,-i  |/i j;;!i   i j;;!i !|/ノヽ i
     i .〈  ヽ!.! ijー' '''''' ー' / l' ノ /     騎士として正当な教育を受けており、
     ヽ ー | .lヽ   ,. 、  ,.ィ: l二.<      実務と頭脳の面でやる夫君を支えていますね。
       ̄ /l | !` . !=!´ ノ! .| i
        / ヽ ! レ'`Ti´、 〉|ノ .|
       ,!、  ` ⌒レ0レ-'   ノ




       |// |       --         ///// __
      ∨∧ィ ´              `ヽ| ̄ ̄\/   〉
       У´                    〉ーニγ⌒Y=-〈
.      /   . . .-‐…………‐-. .    l__乂_,ノ___〉
.   Y  , イ´: : /: :/: ;ィ´: : :./ー! 、: : \_/  川  \ _
.    `7: :/: :/: :|,ィ爪,,,ヽ: : Λ:./}/,,,`ヽ:.:.:〈_/{l_l}\__,〉:.:.:
.    /l:.:/: :.:|: :Λlイ笊刈\{ l/ イ笊メ Vi :/:.:|: l | :/´ ̄ ̄   ただ、そのせいで
   / :|/l : : |: :ミ、《 トJ。rj  ヽ  トJ。rj 》/:. ::|/l/ :/       どうにも指揮という側面ではやらない夫君のほうが
.   l : : 八:.:.:ヽ:.ハ V);ソ ,    V);ソ ´ } : : |`ヽ/        上手なのではないかというチグハグさが発生しているように
    :.:.:〈  ヽノ l:\;ゝ ''''   _ _   '''    ,': :. :|  ハ        私は思えました。
    ヽ: :ヽ __,|: :八      _ r 、    / : : /‐〈: : ヽ
      \: : : : |:/ : |ゝ _rこ `ヽ Y   ィ : : :/  \: :. :ー
.        ー‐| : : :|_,/ハ、  |´{-、l: : :/    ` ー
            | : : :|  | / //}  |´ /: : /ーr- 、




  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、.:.:ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,V'、|l_j:.:i:.:.l
 l:::lr:l:.:.l -ー  -、 レヘ/     ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1255262368/686-687
// l .l:.|     |  ,|:lヽヽ    序盤においては作戦面の能力はやらない夫君のほうが上、
|:l `ーi::|    '  ,|:l |:l    そう言う風にこの場面は読み取れますし、
ヽヽ_/|::|`ー  ̄ , ' |:lノノ
  ,,rハ:l、_` 〔´ ,レ゙      終盤においても、やる夫君の難しい話は理解できないという描写は
/ :ヽ、 |  ヽ/ ̄Y ゙ ー、    "頼りになる指揮官"からは遠くなる表現ではないでしょうか。
: : : : : ヽ/> (0) <イ/ヽ:\
.: :. .: .: : /____∧___| : : :<: : ヽ

235名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:09:22 ID:D3o0JrtY


       , -――- 、  /´´ ̄ ̄ ̄ >
     <_      ヽ!    _ノ´
          ̄> 、   .|    /
      ,. --/   ヽ    /ヽ
     /, -―!:::../ //´ ̄`ヾ!  i       そしてやる夫君が指示されているのは最終バトルで頻出してまして…
    ..i::/   |::::.l | L /!  ,!/! .i |ヽ
     |::!    .!:::| l_l__ レ'_|_/ /! .|       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/13
    ヽ丶---'ヾl :lヽ     '!'/ノ /        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/37
     ` ― '´.| :|>、 i' フ,.ィ ./ー '         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/67-68
         ,r,r'l.::l./-` ´、./:/            ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/72-73
                           あたりですね。他にもあるかな。




       /:::::/                     Y:::::::Y
      /:::::::::/                   /\. |:::::::::|
      |::::::::::|    / ――――――― 、 |   Y::/\
      |::::::::::::\//              |  ,,-、
     /\::::::::::/                /  ll::::l|  /― 、
    /  /\/\__________ /ヽ‐´ `l´  〉`ヽ ヽ   指示する側のやる夫君が指示されてるんですよ。
   /  /    /     //_|_|__|_|ノ、ヽ へ、_|_|_ヽ、  /|`‐´、  |   |
   |   |   |/|   | |/ ヽl  .V  \|、/. |/ | /` ' / フ ー.' /  |  信頼される指揮官からは逸脱した表現ですよね?
   ハ   \___|.  | .彡三三ミ    彡三三ミ'// /|/___/  /  指揮官として信頼されているなら、
    \     \_|◯  //////   〇//、___/   こんな台詞は出てこないと思うんです。
      `ー―┐|  \    ァ〜ー―‐ヽ  Z´ |  | ヽ
         /..|  ||. ̄l ̄l____/ ̄ /.  |  |  \       そしてその結果、途中までのやる夫君の役割は
         /  |   |ヽ |: : : : :ll::::::::ll: : : : :|.、  |  |   |       『小ダメージを与える』『肉壁』『ローテーションと叫ぶ』
      〃/`ゝ-|.  |`ヽハ:_/`┬´\_/ ハ / /__/、ヽ     この3つだけです。
    /  /   l  \ |ー―\: : /|\: /  ̄/,/   〉 ヽ´ `  
                             ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/168-170
                                         この辺りは指揮官らしくて良かったのですが…



  |::/  / /./:  .:/ ,/ ` \! /    ..........::::::::::::::
  l/  l:: /!/、 .:/i .// ,/    ヾヽ:::::::::::::..........
  |   |::/ |!|::ヽ:/ |// ./:      ヽ \:::::::::::::::::::::.......
  l   i:;z==s、\/ !://: :  i:  |:. \ i丶、::::::::::::::::::
  | .: ヾ/し;ヽヾi  |' l:|:: .: /!:; l::.  丶|  .l  ̄| ̄ ̄    これらから、作者さんの意図する
  l ::: |/::!;;;;;!;;;;! '゙   |!l::、:_/_|:  !:  /: .l.  |   .l       やる夫君の良い所が
  | :: lヾ:ヽr v'     !.,z=s、 '/'‐-/::  |  l:. l .|        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  l :: |   ヾ'      ,.ヘ_ jヽヾ!:: ./:::  l : |:: | .l      確実に減衰されてしまっています。
  | :: l     ,     /::/;;;;;!;;;! |l ノ:::: /:| : l: ./l /
  l :: |   - 、   ヾ;::!;;ノ:ノ レ/::: /:::l : |:/ヽ!       キャラクターの性格や設定と
  | :: l、         ヾ"´ /::::/:::::/| : l::. /\      整合した話の展開になるよう気をつけると、
  l :: |;lヽ        ,. イ  ̄ノ レ'/_l :: |ヽ;:.  ヽ     きっともっと良い作品を作れると思います。
  | :: l!,.-- ̄/ ̄!ヾ´ /`::::::l´     | :: l  l::.   |
  l :: |!;;;;;;;;;;;;;;;;;/、 ノ l:::::::::::|      l ::: |  |:ヽ  l

236名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:10:14 ID:D3o0JrtY


          /         `ヽ| | \
         /             |┼┼`ヽ           ┏                               ┓
        /|  ,  ----- 、  r- !、_┼\              最終決戦は死闘と呼ぶに相応しいものであったか。
   _r、_   ,レ '´            ヽ::::::i´  〉 ̄ヽ         ┗                               ┛
   > ' ノヽ/ ,. -‐--‐,-r 、     <:ヽ:/'-i'、::::::::/ _ r.i゙ ノ┐
  ヾi./.;;/::ヽ/   / / / |   > 、   \ノ,/ ヽニ>'´、:ヽ  'ノ   すごかったですー!
  <´i:::/::::::// i l /!/  ヽ  /ヽノヽ` ゙iー.i' | l\/:::::::::i::::l〉'`
  r' |:/::::::::!i.|  ヽ! ,z==  \! =z !、ノ|  .| l |/::::::::::::|::::|ヽ    ここに関しては本当に言うことが無いです!
  ヽl:i::::::::::::::>、!、| ヾ´,,  / ̄ヽ  ,,`ヾ/l  l'´::::::::::::::::::::l::::レ
  i´|:l::::::::::::/   l ''   l    l  ''  |  lヽ::::::::::::::::::::::;!:イ     あの敵AAでよくここまで迫力や動きのある演出ができますね。
   \!::::::::::l   .∧    ヽ   ノ   ,. l  l:|::l::::::::::::::/ | l     びっくりです!
    ヽ:::::::|   l::r─-、    ̄ _ ,/:::l /::l:::|:::::::/  ノ ./
     ヾヽ!|  .|:::|   / ̄ヽ   `ヽ:| /::::|::l/ー─' _ノ
      \|、 l::/   l!   .ノ r‐   /::::/::| ̄ ̄ ̄
        ヽlヾ>、__>=r'ノ   ̄|::::::::/:::/



     \::::::.....    ヽl::::::::::::::/
      \::::::::::::.....r‐|:::::::::/ ` ヽ
      / `/二>レレ<二ヽ   \
     /            \!  l  ヽ
    / ./   i .:l  :| :.. ヽ :. ヽ | ヽ l
    / /.:i :i .:|_:|_i:. :|---i 、:. .i.| l | i |_
    | ./ .::| ::レ:!:|l |::.. :lヽ\ |ヾ` | l | li | l /.`ヽ
    l l| :::::l :'|:::| !l !ヽ:::! z≡s、/l  l/l/ ! ̄ ヽ | \    エフェクトの使い方が抜群ですね。
  /リ,.l ::::|、::l::,z≡ヽ ヾ  , ,,,  ,l  ト /    \l .i
  /// ヽ:::l ヽ! ,, ,  ' _,  r., i l|  .| |'      l!:..|    『補助効果がかかった』『防御した』
  l .:|   | |.l    `´    | iノ |l . l/、     ノi::/    『生命を吸収された』
  | .::!:!   l l .ヽ      /   '/:  |::::>-----'/://
  ヽ::|:\-: | l-'::::> 、_ i   /|::  lヽ、:::::::::/::/     効果の説明も相まって本当に分かりやすいです。
   \:_::; l .|-r-- ' ,v'r|_.. !ヽ-!:: /`ヽ  ̄ ̄       改変的には凄い技術! ってわけではないのでしょうが、
     // -ヽ、  //i´  ̄    レ;;;;;;;;;;;;;;l           最小の労力で最大の効果を得ていることがお手本にしたいです。




  |:::::::/       .........|::::::::::;へ::::::::::|
  l:::::::| ..:::::: '      ヽ;::::::!、.ノ:::::::/
  |:::::::!、/::         !:::;::へ::::::l
  ヽ、:::/::::::::....  ,.., r‐::::T、ニ:::L:::_|ヽ' ヽ
 ///::::::::;:ィ―i-、!|ヽ .|/ ,z彳 .l  ||.l |    展開的にも良いですね。
/ :/ ├‐:'|i::::|==zx  \! '-==!| ./!/.::l
| ::l   !i: lヽ l ,z彳' ´,.. -┐〃''.|:!/.i'::::/    ギリギリの戦闘から一時壊滅、
l ::::!  `ノ、!::|ヽ. 〃'' !  .l  ,/l::: |.      奇跡的な逆転勝利!
ヽ:::二二 ィ| lr ヽ、   ヽ、.ノ, イ .<|:: !ヽ
     /::;l |::>-―`r‐ r ―-'、´l:/::::|     敵の強さが良く表現されていました!

237名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:10:49 ID:D3o0JrtY

          >- --- 、            ┏                                 ┓
  \     /,.. -r‐r-..、   `丶   /     太公望評価人様のご指摘の内容は改善されていたか。
    ヾー<'    /ー|   \! r- '/      ┗                                 ┛
  '  ̄/     /   l     ヽ\ \
    /:::::::::.. /i |,l  |l      l、 丶、i
   i ::ヽ:.... /,. r|'l |  l\ヽ ......:::.|`ヽ、_>     そうですね…
   .|::.. ::::::::>//__| li /| |/i i...::::::::/ li> '!、
   l::::::::::::/|'/ヾiイi !ヾ zr-,、i ::::/:::: |// \    『急ぎすぎ』これについて言及しましょうか。
   |::::::::::/|l:| :l !:j   .|i;;j;;!li ..::: l / ヽ\ i
   .l:::::::/!/|l ::! ` '_   ゙=' '゙!:::::::::::|ノ:|  l i .|   他については問題は無いように思えたので。
   ヽ:/  l | :|\ ヽ.〉    |ヽ::::::/|:|::l  |: l l
   i    | l :l-‐/ ー‐ r,.'´l 丶/ l:!::|   l::l |
   !j   !.| l:|;;;//  //:|! | !| \ヾ::;:丶'::::/
       !;;;|!;;l !  /l- !|l/! |l ! />-`、""´




            /       .:.:///   `ー、        `
         _/  .:/:/フ二フミ/     \
        /.:| .:.:イ /ィf7ヲメヽl :|  .:/   \        太公望さんのこの言葉は、
       /.:./´レ|.:/:l.:/,イ::::::うy' | :|  :/ト、   ヽ\       ようするに『表現の溜め』を作れ、
       {.:.:{  |:ハ从l 弋_::ノ  |/| .:// |ヽ .:/ }/ \     そう指摘する言葉だと思います。
       ∨:\_.|l/.:l ゙゙        レミみメ、 }/     .:}\
          \_/.:/ト   . ′  /::::::しル'    .:/.:./  \  貴方のスレッドはキャラの台詞がとても長いので
          /.:/ 人  `ー  弋_:::斗"   .:彡/:.、  /   凄く説明的なんです。
            /.:/. /  ̄\    -=≦__彡イ' `ヽ.:.:Y       ̄ ̄ ̄
         /.:/. {  l><!`ー-/:イ.::r‐' ノ´    }.:.:|
        ; .:.{  ∨ // ヽ r‐/:/ヽ{ .:{          /.:.|
         |.:.:ハ   Vl弋___/:/<!  ト、.:\___/.:,イ




  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、.:.:ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,V'、|l_j:.:i:.:.l     心理描写も殆どキャラクターが『喋る』ことで読者に把握させていますね。
 l:::lr:l:.:.l -ー  -、 レヘ/
// l .l:.|     |  ,|:lヽヽ     『喜びのあまり踊りだす』『言葉を切って机を叩く』『涙が一滴だけ机に落ちる』
|:l `ーi::|    '  ,|:l |:l     こういった視覚面の感情表現を挿入するのがやる夫スレにおける『感情表現の溜め』です。
ヽヽ_/|::|`ー  ̄ , ' |:lノノ
  ,,rハ:l、_` 〔´ ,レ゙       そう言った観点から見ると、まだ台詞が説明的ですね。
/ :ヽ、 |  ヽ/ ̄Y ゙ ー、     台詞で表現した感情は脳に来る表現、そして視覚で表現した感情は心に来る表現。
: : : : : ヽ/> (0) <イ/ヽ:\    私はそう思っています。
.: :. .: .: : /____∧___| : : :<: : ヽ  キャラクターの感情をダイレクトに読者に伝えるため、
                   ここはもう少し考えてみたほうが良いと思います。

238名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:11:34 ID:D3o0JrtY


           <`ヽ/ ̄ノ
         ,  -┴┴┴- 、
       //        ヽ\
       / Xi    __  !`ヽXz┐
      .|XX| ,  '     `/  ( ) /
      ヾX /  _.. -r‐ rr-L/i|ヽ、!     あと太公望さんも思ったかは定かではないですが、
       ,>!/l i lz=x |、 |!z!=s、 /!--'、    『急ぎすぎ』に加えてもう一点。
     / ,-i  |/i j;;!i   i j;;!i !|/ノヽ i    話の導入が弱いですね。
     i .〈  ヽ!.! ijー' '''''' ー' / l' ノ /
     ヽ ー | .lヽ   ,. 、  ,.ィ: l二.<    私が貴方のスレッドで好きなエピソードは
       ̄ /l | !` . !=!´ ノ! .| i      1話から6話、そして30話から最終話です。
        / ヽ ! レ'`Ti´、 〉|ノ .|
       ,!、  ` ⌒レ0レ-'   ノ



l .::/  /----,- ..._\::::::::/ヽ_/
  |::/  / /./:  .:/ ,/ ` \! /    ..........::::::::::::::
  l/  l:: /!/、 .:/i .// ,/    ヾヽ:::::::::::::..........
  |   |::/ |!|::ヽ:/ |// ./:      ヽ \:::::::::::::::::::::.......
  l   i:;z==s、\/ !://: :  i:  |:. \ i丶、::::::::::::::::::
  | .: ヾ/し;ヽヾi  |' l:|:: .: /!:; l::.  丶|  .l  ̄| ̄ ̄     というのも他のエピソードと比べて、
  l ::: |/::!;;;;;!;;;;! '゙   |!l::、:_/_|:  !:  /: .l.  |   .l        ここの二つのエピソードは導入がしっかりしているから、
  | :: lヾ:ヽr v'     !.,z=s、 '/'‐-/::  |  l:. l .|        話が良く分かるし、感情移入しやすいんです。
  l :: |   ヾ'      ,.ヘ_ jヽヾ!:: ./:::  l : |:: | .l
  | :: l     ,     /::/;;;;;!;;;! |l ノ:::: /:| : l: ./l /       それに対して他のエピソードは
  l :: |   - 、   ヾ;::!;;ノ:ノ レ/::: /:::l : |:/ヽ!        起承転結の『起』が殆ど無く、
  | :: l、         ヾ"´ /::::/:::::/| : l::. /\       『承』にいきなり入っているように思えます。
  l :: |;lヽ        ,. イ  ̄ノ レ'/_l :: |ヽ;:.  ヽ
  | :: l!,.-- ̄/ ̄!ヾ´ /`::::::l´     | :: l  l::.   |
  l :: |!;;;;;;;;;;;;;;;;;/、 ノ l:::::::::::|      l ::: |  |:ヽ  l
  | : l;;;;;;;;;;;< ヽ  !::::::::::::!     | ::: l /:|::l  /
  l : |;;;;;;;;;;;;;;;;\ \ヽ:::::::::::ヽ、    l :::: |'::::// ノ




          >- --- 、
  \     /,.. -r‐r-..、   `丶   /
    ヾー<'    /ー|   \! r- '/
  '  ̄/     /   l     ヽ\ \
    /:::::::::.. /i |,l  |l      l、 丶、i        エピソードが始まると、
   i ::ヽ:.... /,. r|'l |  l\ヽ ......:::.|`ヽ、_>      『実はこれこれこういうことだから』そう説明で後付けされて
   .|::.. ::::::::>//__| li /| |/i i...::::::::/ li> '!、        イベントが進行するんです。
   l::::::::::::/|'/ヾiイi !ヾ zr-,、i ::::/:::: |// \
   |::::::::::/|l:| :l !:j   .|i;;j;;!li ..::: l / ヽ\ i     そのせいでどうも唐突感が拭えません。
   .l:::::::/!/|l ::! ` '_   ゙=' '゙!:::::::::::|ノ:|  l i .|     心の準備が無いまま進むせいで、
   ヽ:/  l | :|\ ヽ.〉    |ヽ::::::/|:|::l  |: l l     感情移入にも支障が出ます。
   i    | l :l-‐/ ー‐ r,.'´l 丶/ l:!::|   l::l |
   !j   !.| l:|;;;//  //:|! | !| \ヾ::;:丶'::::/
       !;;;|!;;l !  /l- !|l/! |l ! />-`、""´
      r;!;;;;;;l| //  |l| !ノ //;´;;;;;;;;;;;l、

239名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:12:07 ID:D3o0JrtY


  /      /    \ _| |   /
 .l      /      ヽ_l ノ /`丶、
 |      |` ー-,-----ゝ、!/‐-\.  \
 l      l   / ,. l '/´   ヽヽ  \ ヽ.\
 ヽ    ./  ./ l .|' ., .ヽ  i l. _l ヽ丶 \ヽ
  \  /  ,' /.|. l i.l  il .l .|' ヽl`、. ! |:i:i lヾ!_     そして設定の後付けが…
    '    l .l :l .| レ´/| i| l| l.r‐、ヽ|:l:|:lノ/―、\   正直な話、凄く多かったですね。
.           |:| :| .l '|、r‐、ノl ノ !' |  l l:::l`i   ト l  
.        /ヾ!:l :|:.i :l |  l ´    ー' ヽ|.ノ   ノi /  例えば、ラスボスがやる夫君の村を襲ったことがある、
.         /,イ ゙.| l rヾ ゙ー'   ._ ,   ノ.lー--/レ   この設定もですね
.        l' :|.  l .|.!、_.! r┐ `´    /:: |―― '
       ヾ!ヽ、_ | .l,.-‐<ノ=-r‐ i'_´ |:: /        実はこうだったんだ! みたいな展開は
        ゙'ー-./ L.-'゙-,ヽ、` ´ `ノl /        読者がなんとなくでも察しているからこそ、
           / r‐ ' ´  二 ̄ , |/ |         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          / /、` i '´|  o i Y  l        強みを持つ表現になります。





       バ リ ツ !!
           /            実は! という展開を使いたいならば、
      Ο¬ ΟL  ,  Ο       もっと伏線をちりばめると良いと思いますよ。
.     ト-'  ー'´ V V/V
     ∨|    .    |  ┤        例えばそうですね…
                       真紅さんがジョセフさんの杖貰うシーンがありましたが、
                       貰う前にジョセフさんがその杖で大魔法を使っていたりすると、
                       読者は「あの杖が貰えるのか!」と驚いてくれるかもしれません。

240名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:12:34 ID:D3o0JrtY


                     ┏                                                ┓
                       特に気に入ったキャラクターやシーンがあれば教えて頂けると大変嬉しいです。
                     ┗                                                ┛

      ∨∧ィ ´              `ヽ| ̄ ̄\/   〉
       У´                    〉ーニγ⌒Y=-〈
.      /   . . .-‐…………‐-. .    l__乂_,ノ___〉
.   Y  , イ´: : /: :/: ;ィ´: : :./ー! 、: : \_/  川  \ ___
.    `7: :/: :/: :|,ィ爪,,,ヽ: : Λ:./}/,,,`ヽ:.:.:〈_/{l_l}\__,〉:.:.:.:.
.    /l:.:/: :.:|: :Λlイ笊刈\{ l/ イ笊メ Vi :/:.:|: l | :/´ ̄ ̄`    悩みますね…
   / :|/l : : |: :ミ、《 トJ。rj  ヽ  トJ。rj 》/:. ::|/l/ :/         好きなキャラクターはやらない夫君かな。
.   l : : 八:.:.:ヽ:.ハ V);ソ ,    V);ソ ´ } : : |`ヽ/          家の再興の義務感との板ばさみっていうのは
    :.:.:〈  ヽノ l:\;ゝ ''''   _ _   '''    ,': :. :|  ハ         とても良いキャラづけでしたね。
    ヽ: :ヽ __,|: :八      _ r 、    / : : /‐〈: : ヽ        エピローグで仲間を選んだのも嬉しかったです。
      \: : : : |:/ : |ゝ _rこ `ヽ Y   ィ : : :/  \: :. :
.        ー‐| : : :|_,/ハ、  |´{-、l: : :/    ` ー
            | : : :|  | / //}  |´ /: : /ーr- 、           後は麻呂さんかなぁ。
        /| : : :| _|    {l   lヽ/ : :(ノ´    Y         凄く頼りになる大人ですよね。
         | | : : :| | ,ゝ  |l _/う'\:.:.:)       |         こういうキャラが大好物です。
        八: :. :Уて (つノゝノ)   ∨       |

241名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:13:07 ID:D3o0JrtY

l .::/  /----,- ..._\::::::::/ヽ_/
  |::/  / /./:  .:/ ,/ ` \! /    ..........::::::::::::::       ┏                  ┓
  l/  l:: /!/、 .:/i .// ,/    ヾヽ:::::::::::::..........          その他:世界観の描写不足。
  |   |::/ |!|::ヽ:/ |// ./:      ヽ \:::::::::::::::::::::.......     ┗                  ┛
  l   i:;z==s、\/ !://: :  i:  |:. \ i丶、::::::::::::::::::
  | .: ヾ/し;ヽヾi  |' l:|:: .: /!:; l::.  丶|  .l  ̄| ̄ ̄
  l ::: |/::!;;;;;!;;;;! '゙   |!l::、:_/_|:  !:  /: .l.  |   .l     もう少し、原作らしさを出しても良かったかなぁって思うんです。
  | :: lヾ:ヽr v'     !.,z=s、 '/'‐-/::  |  l:. l .|      というのも、貴方のスレを見て
  l :: |   ヾ'      ,.ヘ_ jヽヾ!:: ./:::  l : |:: | .l     世界観の描写が足りていないと思いました。
  | :: l     ,     /::/;;;;;!;;;! |l ノ:::: /:| : l: ./l /
  l :: |   - 、   ヾ;::!;;ノ:ノ レ/::: /:::l : |:/ヽ!     wikipediaを見て、こんな文章を見つけました。
  | :: l、         ヾ"´ /::::/:::::/| : l::. /\
  l :: |;lヽ        ,. イ  ̄ノ レ'/_l :: |ヽ;:.  ヽ
  | :: l!,.-- ̄/ ̄!ヾ´ /`::::::l´     | :: l  l::.   |
  l :: |!;;;;;;;;;;;;;;;;;/、 ノ l:::::::::::|      l ::: |  |:ヽ  l

┌────────────────────────────────────────┐
│舞台となるアルメセラ王国では、職種ごとに地域的な住み分けがされており、             │
│                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             │
│異職種の交流がほとんど存在せず、お互いに対する理解はほとんどなかった。          ..│
│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           .│
│騎兵隊は旅を続けるうちにさまざまな職種間の対立に出くわし、その問題を解決しながら、     │
│異なる職種で能力を補い合う戦闘方法(ローテーションバトルシステム)を重ねていく。      ...│
│「モールモースの騎兵隊」は王国の歴史の中で初めて                         ...│
│                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                          .│
│「異なる職種を組み合わせて戦う」という戦闘を行った部隊であり、                  .│
│ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     ...│
│これが千年後のアルメセラ年代記の時代まで受け継がれることとなる。               .│
│                                          wikipediaより引用       .│
└────────────────────────────────────────┘

242名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:13:46 ID:D3o0JrtY


       , -――- 、  /´´ ̄ ̄ ̄ >
     <_      ヽ!    _ノ´
          ̄> 、   .|    /
      ,. --/   ヽ    /ヽ
     /, -―!:::../ //´ ̄`ヾ!  i
    ..i::/   |::::.l | L /!  ,!/! .i |ヽ
     |::!    .!:::| l_l__ レ'_|_/ /! .|       これ、原作のテーマに関わる凄く大切な設定じゃないですか?
    ヽ丶---'ヾl :lヽ ツ  ツ'!'/ノ /       ここは凄く強調するべきだと思うんですよ。
     ` ― '´.| :|>、 i' フ,.ィ ./ー '
         ,r,r'l.::l./-` ´、./:/           だけど、貴方の作品では本当にすんなり異職種が協力してますよね。
      / ̄;;;;;| ヽL:/|.| /l /i       _ノ!
     ,!;;;;;;;;;;;;l // |;l l.//;';;;ヽ,     _ `て  職種の不和のエピソードは魔術師と剣闘士のエピソードくらいですが、
    /ヾL;;;;/';/  l;;|//;l;;;;;;;;;;/  __ ノ 三>   もっと軋轢とかあるべきだと思うんですよ。
   /  /" |;;|ヽ-.!;;;;;;/ヾrL!v/.ヽ!、/ ̄
  /  /   ,.!;;;ヾ'´;;;;;/   !   ,. - '
r‐'ヾ>'_ /´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ



.        \   、     |   /        /
            \  \    | /      /\
            /ヽ、  \ r‐.!/     彡'. : : :. '.
          /: : : : :>ー=ミ辷彡-<⌒''<| : : |: : '. __
       /.: : : :./ /´: : : : : : : : :.`ヽ、 | : : | : : ∨ : : : :
.     ,.一/./: : :. |/.: : : /.: : :.|: : | :. :..\| : : |: |: |.|´ ̄ ̄
  /.:. -‐|:.|: :.|: : |: :.|.: | : : : : |、:. |: |:. |:. :| : : |: |: |.|        街の移動とかも瞬間的なので、
. /. : /  |:.|: :.|: : |:. 斗‐┼|.:.|マT7メ、: | : : |: l.//        距離感などが読者はまったくわかりません。
 | : :|   |:.|: :.|:. 人 : | 、 |ヽ|、 .:.| ヽ|/ |: |: :| : : |./V
 | : :|   |:.|: :.|.: : : |、.!. `|__ \|  -  |/|./| : : |//       異端審問というキャラがいましたが、
 | : :|   |/\ト、.: :.|ヽミ=='     `===' | : : |∧       彼らはどういう人達なんですか?
. \.:.\    ヽ\|ハ  ::::::  ,    :::::   /: : :.|ヽ \________  異端審問官って通常、文字通り異端を裁く職業ですが、
    \.:.`ー----‐|: : : !、   r ¬     /| : : :.| ヽ、 : : : : :   この世界における他宗教は、
     ` ー-----‐| .: : | >__ `ー ′ イ_.」 : : /    `¨¨¨¨  かがみ達の居たとこだけのようですが?
             | .: : | ィ二`≧=≦ /.::/: : /ニ、
           ', .:.:.|ヽ、:.:.:.:.{  /..:::::/.::../ :::.ヽ
            ∧: :|::::::\.:.:辷彡-イ/.: / .::::::: }

243名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:14:28 ID:D3o0JrtY


 -‐==ミ/                           {         / /     }
 .-‐…ァ'                            `'ー…ァ‐-‐=_彡{ {      ∧
   ./                              /     人 丶._,,ノ{
   {             ___                   {     ´  /`T T´
   .∧       _, イ   |`ト|.」_|`ト              ` ┐   / i | l
  / /`777l´ | l |i   |。ャ≦纘ミメ、 |i ‐-  ,,_____彡ヘ\_,,ノ   l ト、 、_   世界観の描写は非常に重要です。
      .″ ' ! | l |l ! /W,c㏍k{__,刈`!! i  il |l,c㏍k{__,刈V l    l | |i\___   特にファンタジーならば尚更です、
  .i | |l i | i l | l |l !'`刈{h㏍c刎 N|ト、l   lN{h㏍c刎 ノイ l     |ノリi !     現実とは価値観や常識が異なる場合が
  .l | || l | l | | l |N | Vう辷タ    ヽ l| Vう辷タ  lハ¦ i  |/¦ !     とても多いですからね。
     .八N N | lΝ iΝ|  ^゚゚゚~´    .  N|  `~゚゚゚^     ! ! !   | j j
     --‐=_彡、| l !¦ |ハ           '         ,'イl l l i  |=‐---‐   DQやFFなどの有名な題材を扱うならば、
    ‐-==-‐| l i¦ | 八       / ̄`       人 | l l l  |.       暗黙の了解で多少は済みますが、
       .¨二ニΝ ! ! |  ,>      、_丿        `| | l |  |i‐---‐
   ‐-===-‐:|   l i|_,,ノ  ,>  .     .  <`   ‐- ノ | l |  |l‐-==   マイナー作品やオリジナルでは
           i|   | lト    {       ̄   ∧   ヽ     | l |  |l       ごまかしが効きません。
          /l|¦ | l|    \          { }   }     | l |  |ト、



          /  /                  '    ヘ
            /    /               r‐ 、ノ    l
          {    (_  -──- _ヽ    /: . : . \__ /: .}
         ヽ  /            \  {: . : . : .〃ヽ: . : . !
            /                    \ l: . : . : {{ ノ: . : ./
            /                  >、: .ィ: .ハヽ: . : /
     / 二{   / ̄/  / ハー-、____ /へ: . : . :/ ヽ: .ーヘ
    / /  '┬7   /\/ / ヽ 、   ハ  レ´ lヽ/ ! ∧ノ二
   / /     l /  l /ミzxH、'ー'ヽ\ ┼イレッツ   !ハl /       世界観がしっかりしていると、
   / /     Vl  ∧{ >≧≧  V ≦彡< ̄ /ィ |'V /         読者の想像がとっても広がります!
   { {      ∧/ /`=-´ ̄      `ヾ三ミ/ ,  ! ∨
   Vヘ     _/__ { /l/l/l/  ,  '´ ̄ ヽ/l/l/ l  | ノ          物語に深みを与えてくれるんです!
   \ \_r‐┴-、 )八     /           }   /二>へ_  __
     `ヽ/  /   `ヽ>、 (            ノ/´  丶 V  ̄
      { ,′      }: . :l ̄ ┬---┬ ´ ,′   `  } ̄ ̄    設定過多になるとまた問題ですが、
       ゝ_、     ノ . : 〉   {{   }}   人    ィT ]、       このバランスを特に意識すると良いと思います!
      //: l エー- ハ : . : .}   ノ=イ\  /- レィ //: ヽ

244名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:15:09 ID:D3o0JrtY

          >- --- 、
  \     /,.. -r‐r-..、   `丶   /        ┏               ┓
    ヾー<'    /ー|   \! r- '/          その他:展開のメリハリ
  '  ̄/     /   l     ヽ\ \         ┗               ┛
    /:::::::::.. /i |,l  |l      l、 丶、i
   i ::ヽ:.... /,. r|'l |  l\ヽ ......:::.|`ヽ、_>       シリアス・コメディ・ラブコメ。
   .|::.. ::::::::>//__| li /| |/i i...::::::::/ li> '!、        この3つを含ませるのは別に良いのですが、
   l::::::::::::/|'/ヾiイi !ヾ zr-,、i ::::/:::: |// \      このメリハリをしっかりつけましょう。
   |::::::::::/|l:| :l !:j   .|i;;j;;!li ..::: l / ヽ\ i
   .l:::::::/!/|l ::! ` '_   ゙=' '゙!:::::::::::|ノ:|  l i .|      特にシリアスと混ぜてしまうと、
   ヽ:/  l | :|\ ヽ.〉    |ヽ::::::/|:|::l  |: l l      折角の緊張感が霧散してしまいます。
   i    | l :l-‐/ ー‐ r,.'´l 丶/ l:!::|   l::l |
   !j   !.| l:|;;;//  //:|! | !| \ヾ::;:丶'::::/
       !;;;|!;;l !  /l- !|l/! |l ! />-`、""´
      r;!;;;;;;l| //  |l| !ノ //;´;;;;;;;;;;;l、




  l/  l:: /!/、 .:/i .// ,/    ヾヽ:::::::::::::..........
  |   |::/ |!|::ヽ:/ |// ./:      ヽ \:::::::::::::::::::::.......
  l   i:;z==s、\/ !://: :  i:  |:. \ i丶、::::::::::::::::::
  | .: ヾ/し;ヽヾi  |' l:|:: .: /!:; l::.  丶|  .l  ̄| ̄ ̄
  l ::: |/::!;;;;;!;;;;! '゙   |!l::、:_/_|:  !:  /: .l.  |   .l     特にこれを顕著に感じたのはダディ戦です!
  | :: lヾ:ヽr v'     !.,z=s、 '/'‐-/::  |  l:. l .|      展開的には、ダディは初めて陰謀を持ってしかけてきた
  l :: |   ヾ'      ,.ヘ_ jヽヾ!:: ./:::  l : |:: | .l     巨悪的な位置づけが相応しいでしょう。
  | :: l     ,     /::/;;;;;!;;;! |l ノ:::: /:| : l: ./l /     能力的にもラスボスに準じた能力を持ち、
  l :: |   - 、   ヾ;::!;;ノ:ノ レ/::: /:::l : |:/ヽ!      中盤の強敵という位置づけにできるはずでした。
  | :: l、         ヾ"´ /::::/:::::/| : l::. /\
  l :: |;lヽ        ,. イ  ̄ノ レ'/_l :: |ヽ;:.  ヽ    それなのに行われたのは妙にギャグ調な展開、戦闘…
  | :: l!,.-- ̄/ ̄!ヾ´ /`::::::l´     | :: l  l::.   |
  l :: |!;;;;;;;;;;;;;;;;;/、 ノ l:::::::::::|      l ::: |  |:ヽ  l






       У´                    〉ーニγ⌒Y=-〈
.      /   . . .-‐…………‐-. .    l__乂_,ノ___〉
.   Y  , イ´: : /: :/: ;ィ´: : :./ー! 、: : \_/  川  \ _
.    `7: :/: :/: :|,ィ爪,,,ヽ: : Λ:./}/,,,`ヽ:.:.:〈_/{l_l}\__,〉:.:.:
.    /l:.:/: :.:|: :Λlイ笊刈\{ l/ イ笊メ Vi :/:.:|: l | :/´ ̄ ̄   あなたの作風やテーマを考える限り、
   / :|/l : : |: :ミ、《 トJ。rj  ヽ  トJ。rj 》/:. ::|/l/ :/        シリアスな展開が主ですよね?
.   l : : 八:.:.:ヽ:.ハ V);ソ ,    V);ソ ´ } : : |`ヽ/
    :.:.:〈  ヽノ l:\;ゝ ''''   _ _   '''    ,': :. :|  ハ       確かに、ギャグは読者受けが良いですが、
    ヽ: :ヽ __,|: :八      _ r 、    / : : /‐〈: : ヽ       それで持ち味を殺してしまっては本末転倒です。
      \: : : : |:/ : |ゝ _rこ `ヽ Y   ィ : : :/  \: :. :
.        ー‐| : : :|_,/ハ、  |´{-、l: : :/    ` ー     空気を緩める時はギャグやラブコメで緩める。
            | : : :|  | / //}  |´ /: : /ーr- 、         締める時はシリアスでしっかり締める。
        /| : : :| _|    {l   lヽ/ : :(ノ´    Y       そういったことが今後は必要になってくると思います。
         | | : : :| | ,ゝ  |l _/う'\:.:.:)       |
        八: :. :Уて (つノゝノ)   ∨       |

245名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:15:43 ID:D3o0JrtY


           /   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/\=.ヽ
             / / i: : : : : : : :_: :-: ―:-:- : : _ : /::::::ハ  〉ー 、
.            |/  ! /:> : ´ : : : : : : : : : : : :`:|:::::::Y⌒Y :::::::/
.            |   /Y´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|::::::弋_ソ:::::::/
          乂/ /: : : : :_;斗孑 T  ̄| 下} ̄く― '::::!|::\/!
.            `Y´ >イ|´ ヒノ ,乂八  | lノ  |\:::::八::::::::;ゝ    ラブコメに関しては、
.          ,  ´| ./  N /二ミヾ \! 彡二ミヽ ト'  | ̄ \    序盤で立ち位置が完全に固定されましたよね。
          Y / |∧  { 《 fci::。iハ      {ci::。i::} 》| リ|\ ハ
.         ,′{   弋 .八 弋::::: c|    弋::::::ツ ノイ|ノ  }  }   「なんだかすぐに好きになったな…」
        i 爪     | \ゝ'つ¨¨´///////`¨⊂゙ ハ |     爪.リ   私はこういう感想を得ました。
         八 ! ヽ、__|  八              ,.イ  |___ノノ /
           ヽ.._`ミ |  |> .  ‐-   . イ: :|:  !___. イ    特に顕著なのが真紅さんで。
.               ̄∧  |: : {  `T冖T´   }: :.| ∧        やらない夫君と会って数時間足らずで惚れています。
              /: :ヘ  |: : :〉  弋:::リ   イ: : リ/ ∧




.        \   、     |   /        /
            \  \    | /      /\
            /ヽ、  \ r‐.!/     彡'. : : :. '.
          /: : : : :>ー=ミ辷彡-<⌒''<| : : |: : '. __
       /.: : : :./ /´: : : : : : : : :.`ヽ、 | : : | : : ∨ : : : :
.     ,.一/./: : :. |/.: : : /.: : :.|: : | :. :..\| : : |: |: |.|´ ̄ ̄
  /.:. -‐|:.|: :.|: : |: :.|.: | : : : : |、:. |: |:. |:. :| : : |: |: |.|       恋のライバルが登場する、
. /. : /  |:.|: :.|: : |:. 斗‐┼|.:.|マT7メ、: | : : |: l.//       そこはとても良かったのですが。
 | : :|   |:.|: :.|:. 人 : | 、 |ヽ|、 .:.| ヽ|/ |: |: :| : : |./V
 | : :|   |:.|: :.|.: : : |、.!. `|__ \|  -  |/|./| : : |//        恋に落ちる経過は、
 | : :|   |/\ト、.: :.|ヽミ=='     `===' | : : |∧        折角の長編なのでゆっくり描写して欲しかったですね。
. \.:.\    ヽ\|ハ  ::::::  ,    :::::   /: : :.|ヽ \________
    \.:.`ー----‐|: : : !、   r ¬     /| : : :.| ヽ、 : : : : :   ヤキモチ焼きな女の子二人と鈍感な男二人。
     ` ー-----‐| .: : | >__ `ー ′ イ_.」 : : /    `¨¨¨¨   行動がテンプレートなので、
             | .: : | ィ二`≧=≦ /.::/: : /ニ、         少しだけマンネリ化していたように見受けられます。
           ', .:.:.|ヽ、:.:.:.:.{  /..:::::/.::../ :::.ヽ



  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、.:.:ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,V'、|l_j:.:i:.:.l
 l:::lr:l:.:.l -ー  -、 レヘ/     ラブコメは後から付け足した要素なんですかね。
// l .l:.|     |  ,|:lヽヽ     ストーリーからはちょっと浮いていたのでそう思ったのですが。
|:l `ーi::|    '  ,|:l |:l
ヽヽ_/|::|`ー  ̄ , ' |:lノノ     付け足したことはとてもとても良いのですが、
  ,,rハ:l、_` 〔´ ,レ゙       ストーリーと絡めた展開の浮き沈みがもっとあれば。
/ :ヽ、 |  ヽ/ ̄Y ゙ ー、
: : : : : ヽ/> (0) <イ/ヽ:\   もっと女の子を応援したいって思えたかなって思うんです。
.: :. .: .: : /____∧___| : : :<: : ヽ

246名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:16:04 ID:D3o0JrtY


  /      /    \ _| |   /            ┏                     ┓
 .l      /      ヽ_l ノ /`丶、          その他:ただの好みの問題ですが。
 |      |` ー-,-----ゝ、!/‐-\.  \        ┗                     ┛
 l      l   / ,. l '/´   ヽヽ  \ ヽ.\
 ヽ    ./  ./ l .|' ., .ヽ  i l. _l ヽ丶 \ヽ
  \  /  ,' /.|. l i.l  il .l .|' ヽl`、. ! |:i:i lヾ!_     後はそうですね…
    '    l .l :l .| レ´/| i| l| l.r‐、ヽ|:l:|:lノ/―、\
.           |:| :| .l '|、r‐、ノl ノ !' |  l l:::l`i   ト l  折角のローテーションバトルなんだから、
.        /ヾ!:l :|:.i :l |  l ´    ー' ヽ|.ノ   ノi /  もっと戦略性があると嬉しかったです。
.         /,イ ゙.| l rヾ ゙ー'   ._ ,   ノ.lー--/レ
.        l' :|.  l .|.!、_.! r┐ `´    /:: |―― '
       ヾ!ヽ、_ | .l,.-‐<ノ=-r‐ i'_´ |:: /
        ゙'ー-./ L.-'゙-,ヽ、` ´ `ノl /
           / r‐ ' ´  二 ̄ , |/ |
          / /、` i '´|  o i Y  l


       , -――- 、  /´´ ̄ ̄ ̄ >
     <_      ヽ!    _ノ´      最終バトルは良かったんですが。
          ̄> 、   .|    /
      ,. --/   ヽ    /ヽ         7人パーティのうち4人が固定なせいで、
     /, -―!:::../ //´ ̄`ヾ!  i         結局は攻撃・補助・回復
    ..i::/   |::::.l | L /!  ,!/! .i |ヽ       1キャラクターの起こす行動が3パターンしかないのもあいまって
     |::!    .!:::| l_l__ レ'_|_/ /! .|       主題と思われるやる夫君の指揮官としての必要性が薄く感じました。
    ヽ丶---'ヾl :lヽ     '!'/ノ /
     ` ― '´.| :|>、 i' フ,.ィ ./ー '
         ,r,r'l.::l./-` ´、./:/

247名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:16:43 ID:D3o0JrtY


        /|  ,  ----- 、  r- !、_┼\            ┏        ┓
   _r、_   ,レ '´            ヽ::::::i´  〉 ̄ヽ          まとめー!
   > ' ノヽ/ ,. -‐--‐,-r 、     <:ヽ:/'-i'、::::::::/ _ r.i゙ ノ┐    ┗        ┛
  ヾi./.;;/::ヽ/   / / / |   > 、   \ノ,/ ヽニ>'´、:ヽ  'ノ
  <´i:::/::::::// i l /!/  ヽ  /ヽノヽ` ゙iー.i' | l\/:::::::::i::::l〉'`   演出面ではまったく問題ありません!
  r' |:/::::::::!i.|  ヽ! ,z==  \! =z !、ノ|  .| l |/::::::::::::|::::|ヽ
  ヽl:i::::::::::::::>、!、| ヾ´,,  / ̄ヽ  ,,`ヾ/l  l'´::::::::::::::::::::l::::レ    ラストバトルの出来も素晴らしく、
  i´|:l::::::::::::/   l ''   l    l  ''  |  lヽ::::::::::::::::::::::;!:イ    エフェクトの使い方がとても上手です!
   \!::::::::::l   .∧    ヽ   ノ   ,. l  l:|::l::::::::::::::/ | l
    ヽ:::::::|   l::r─-、    ̄ _ ,/:::l /::l:::|:::::::/  ノ ./
     ヾヽ!|  .|:::|   / ̄ヽ   `ヽ:| /::::|::l/ー─' _ノ




       У´                    〉ーニγ⌒Y=-〈
.      /   . . .-‐…………‐-. .    l__乂_,ノ___〉
.   Y  , イ´: : /: :/: ;ィ´: : :./ー! 、: : \_/  川  \ __反面、視野を全体に広げるとまだ直せる所が出てきます。
.    `7: :/: :/: :|,ィ爪,,,ヽ: : Λ:./}/,,,`ヽ:.:.:〈_/{l_l}\__,〉:.:.:.:
.    /l:.:/: :.:|: :Λlイ笊刈\{ l/ イ笊メ Vi :/:.:|: l | :/´ ̄ ̄ たぶん、あなたは『シーン』を作るのが
   / :|/l : : |: :ミ、《 トJ。rj  ヽ  トJ。rj 》/:. ::|/l/ :/     凄く得意な作者なのではないでしょうか?
.   l : : 八:.:.:ヽ:.ハ V);ソ ,    V);ソ ´ } : : |`ヽ/      書きたいシーンがあって、そこまで行くために物語を書いている。
    :.:.:〈  ヽノ l:\;ゝ ''''   _ _   '''    ,': :. :|  ハ      そんな印象を受けました。
    ヽ: :ヽ __,|: :八      _ r 、    / : : /‐〈: : ヽ
      \: : : : |:/ : |ゝ _rこ `ヽ Y   ィ : : :/  \: :. :    なのであなたが今後意識していくべきなのは、
.        ー‐| : : :|_,/ハ、  |´{-、l: : :/    ` ー   起承転結を元にした話の構成、
            | : : :|  | / //}  |´ /: : /ーr- 、
        /| : : :| _|    {l   lヽ/ : :(ノ´    Y     それも作品全体に渡るロングスパンの起承転結ではなく、
         | | : : :| | ,ゝ  |l _/う'\:.:.:)       |     1エピソード毎のショートスパンの起承転結だと思います。




      ,'.:.: :ゞ/           <《___.以:::::::ソ::::::::ノ_
     {.:.:.: /      ____ __乂:::::::::::八`¨^ー‐く.:.:.:.:.:
     ゞ.:/    ,.。 ≦=ミ.:.:.:.:.:ト::i´ {.:.:.:.ヽ ーイ.:.:.∨:::::::::::》―-
      イ  ≫´/:l:ト、.:l \.:.:.:∨\ィr=≦ミ、:|.:.:.: |`寸""       今後、簡単に訓練したいならば、
   /.:.:.:.:しi´:|.:.:':!:|∧,rf忝ミ\.:.:\/ん ..:かメ!.:.:.:.|.}トl|       50レス程度に起承転結を含める短編を
  /.:.:.:.:/  |.:.|:.:∧l ,//ん か  `  从:::::::り ル'.:.:|从j       いくつか作ってみると良いと思いますね。
 ,'.:.:.:./   ∨V∧|《/从:::::::ハ     ゞ廴メ /イ.:.:.:|ソ
 !.:.:.イ     \∨\`ト ヾ斗'  丶   xxxx/ ノ|.:.: ト         起承転結に加えて、
 !.:.,':{      /.:.:/|乂_ xxxx  ー '´    /イリ.:.:.:.!.:.\        話をコンパクトにまとめる訓練になると思います。
 ∨.:ヘ      /.:.:/:j /.:.ト         イ_))'/.:.:.:.:|゙、.:.:.`.:ー―
  丶.:.:.\__j.:,イ.:/-'.:.:/  > --r ´ 以/r}.:.:.:.:j \.:.:.:.:.:.:.:.:  もしかしたら作ったことはあるかもしれませんが、
   \ .:.:.:.:.:.: |:j.:|.:|.:.:/  /「`Y刈/ ̄//,イj.:.:.:/⌒ヽ  ̄ ̄   どこに力を入れるかを意識して作ってみると、
     ` ──|::爿:|´ / ̄ ̄ヽ,.r=、/ ̄//゙テヘ.:/::::::::::::',      自分の長短が把握できますよ。

248名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:17:19 ID:D3o0JrtY


  \\     lヨ El  日 ┬  勹 刀  ニ 土L   l7777    //
    \\   | ロ 」  疋_貝  用 牛  / ノ\_  oooo    //

    _ __                   _          __r=-、       と、言う所で評価を終わります。
   /X  `勺      ,.-─- 、       ,((─- 、     fヲ´ _`ヽ*、      シャーロック・シェリンフォードでした!
  ○/ jルレリリゝ   ( /=⇒ )     ,' /=「`⇒ )    ,ル! ィヲハ!j》 *○
  ノ≪Y゚ ー゚从ゝ (^h《 ルリハ!リfワ (^h《 / WNリ!'fワ ,ノ* N゚ヮ^レ'く≫*)ヽ   あなたの次の作品を待ってますよー!
  /ハl、 Y 岑v9   (〇ハ.゚ヮ゚,ハ〇)  ≪レ!゚ワ゚リ≫  《*/ρ*†*( j'  (*く、
   |リ《__夕く     ̄z〉岑〈z ̄      z〉岑〈z    う)`≪l_4l》 `⌒'
     ^^|じ┘    ⌒く4__Aゞ`     ⌒<A__A>⌒       └nJ`^
     └'        ヒ/^^ヒ〉         ヒ/^ヒ〉       └'

249名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 13:48:49 ID:qRGXctTc
評価乙です
シャーロックってこんなにAAあったんだな

250名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 14:16:55 ID:cPEFaycI
乙でした!
勢いで読んじゃうと気づかない問題点がわかりますね〜。

251名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 15:13:06 ID:cuko7lAw
なるほど
・説明口調
・ショートスパンの起承転結
・シリアス中にギャグを混ぜない
・過程を描く

耳に痛い指摘だ

>>249
ミルキィホームズはそこそこあるよ

252 ◆ZI7M3lGGaY:2011/01/03(月) 15:53:56 ID:ocyHpv2o
>>230-248
シャーロック様、御評価誠にありがとうございます。

『指示する側のやる夫君が指示されてる』
全く返す言葉もございません。
私自身も本作のやる夫は指揮官として成長し切れなかった感があります。
やる夫とやらない夫は『人好きのするリーダーと有能な参謀』を目指したのですが
やる夫を登場の時点でやや馬鹿にし過ぎたのが一つの原因かと思います。

『キャラの台詞がとても長いので凄く説明的』
仰るとおりです。私自身も説明的過ぎて『キャラが死んだな』と思う場面が幾つかあります。
これからは何とか台詞を短く、絵的な表現を心掛けたいと思います。

『起承転結の『起』が殆ど無く、『承』にいきなり入っている』
これは意図的に排除した節があります。
私自身書いていて面白くなかったためです。
ですが、やはり横着はいけませんね。
物語の導入部はもっと丁寧に描けるよう、注意したいと思います。

『設定の後付けが…正直な話、凄く多かった』
実を申し上げますと、やる夫の両親を殺した魔物=ラスボスという構図は早くから頭にあったのですが、
どうにも適度な伏線の張り方が掴めず、非常に分かりにくい物になってしまったのは否めません。
と言いますのも、その伏線が原作とその続編をかなり細かい所まで見ないと分からないものなのです。
本作は原作を未プレイの方にもプレイ済みの方にもどちらにも楽しんでもらおうと書いたものですが、
その弊害が非常に悪い形で現れた物の一つだと思います。
今後はもっと分かりやすい伏線の張り方を狙っていきたいと思います

『好きなキャラクターはやらない夫』
ありがとうございます。私自身もやらない夫はかなり感情移入しながらキャラクター造形を行ったので
そう仰って頂く事は大変嬉しいです。

『世界観の描写不足』
移動に関しては、地図AAを用意して置けば良かったかなあ、と今でも少々悔やんでおります。
加えてどうにも現在の私の作る設定はキャラを動かす上での味付け以上のものにはなっていないので
世界観の描写は今後もっと勉強を重ねたいと思います。

『展開のメリハリ』
ダディについては私の中で『ギャグとホラーの間を行ったり来たりする奴』と言うイメージが先行してしまい
それが原因で失敗したのだと思います。シリアス・コメディ・ラブコメのメリハリは今後更に注意したいと思います。

『ラブコメに関しては、序盤で立ち位置が完全に固定されました』
これも、もっと丁寧に描ければよかったと自省しております。
本作における二つのカップルはかなりテンプレートやお約束に頼った部分が否めません。

『折角のローテーションバトルなんだから、もっと戦略性があると嬉しかった』
実を申しますと、原作におけるローテーションバトルは魔物の行動パターンが固定された上で予め情報としてプレイヤーに分かっており
陣形を組んだ時点でほぼ勝敗は決しているのです。
その上で緊迫感を出さなければいけないので、最終決戦で特に悩みました。
むしろ、やる夫が必死に陣形を考えるシーンを描いておけば良かったかなと思います。

『書きたいシーンがあって、そこまで行くために物語を書いている』
余りにも見事に核心を突かれたので椅子からひっくり返りました。
シャーロック様の仰るとおり、私はまず『描きたいシーン、場面』があり、『如何にその展開に持っていくか』ということばかり考えながら書いてきました。
御指摘頂いた私の諸々の欠点、特に導入部の描写不足や説明的過ぎる箇所はここから来ているものも多いと思います。

『50レス程度に起承転結を含める短編をいくつか作ってみると良い』
私自身必要性は頓に感じていたのですが、今ひとつ自信が無く避けていた事柄の一つです。
ですが、次回長編を書く前に何作か挑戦してみたいと思います。


長々とレスをしてしまい申し訳ありません。
曖昧な評価依頼にもかかわらず、ここまで丁寧に御評価頂き、感謝の念に耐えません。
今後もご指導頂いた点を深く反省し、学び直すことで、より良い物語を紡いでいければと思います。
御評価頂き、誠にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

253名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 16:09:25 ID:HO/.dDEA
評価人さんも作者さんも乙ちゃーん俺ですよー
ミルキィってそんなにAAあったのか。やる夫スレだとぜんぜん見ないけど・・・

254名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 16:22:42 ID:cuko7lAw
>>253

AA録にページがなかったはず
漫画AA総合保管庫を参照してみるといいよ
ただシャロ以外は少なめかな
主に顔文字で作られてるんで、スレ向けに使いやすいAAは少なめだね

255名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 00:11:13 ID:QJuljaMk
>>254
「た」を探した?探偵オペラ〜だから

256名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:36:19 ID:CZk30kQg
28レスほどお借りします

257名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:36:34 ID:CZk30kQg

       /    j l
      /   /!  l
.       /  /  `ヽ,l
      j  、、_____   ,l
     ノ、、 \   / '、
     ノ__ `ヽ、 ` r'  _」
     l-- ニニニヒニ‐t!、
    ノ/ /||佐ぇ  ィッ刋.l.ト、、             おはようございます、こんばんは。藤原佐為です
    // ,{| l!    i: .:::l.l.| ト、`' .、
   ,.'//l l,|l  .__ ',:::::/|.l | l'、ヽ、`ヽ、         本日はこちらのスレッドを評価させていただきます
  ,/// l ljヘ!l|ヽ、   .:イl リl | l、ヽ ` 、 \
 / /Lト7  `| 、 `::´:/.:ヽ‐、!.l ヽ`、 `' 、 ヽ、        「【ポケモン】やる夫はカイジをチャンピオンにするそうです【RS】」
.''7, ! {チー─|─`ー'──' j!l、 '、 ヽ、 `ヽ、
. /イ!  T`ー‐十─┬──''゙ l.! ``''ー-`-i ヾ'、 、    依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/35
:;',' |{ .::: }   l    ..:::::::::  ll ::.. :::::.....|ト、 '、'、ヽ、
i.! l!::: {!   ::::::::::::!::::::::   l! ::::. ::i リLヽ '、'、   前回野上ネウロ氏、マシロ氏が評価されています
!i::::::!  l       !:::::::........ ! :::: ::!/!/ | '、 iヽ
::i!:::   !       ::::::::::::::::::::::::::: |::/  | }! lト.ヽ
!:::'、    i           ..::::::::::::::::i:. l'   |`'、!ノ} ゙、'、
|::::. `   !        ..::i::::::::::::::::::::::::::!::| ..  l  l:`'、 ',.}
!::::::...   !    ..::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::i:| l::::::!  !::::\!i
!i:::::    : ..:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::l|:. l:::::  :. !:::::::'!、
::!:.    i:::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::{:: l::::.   ::.. !:::::::}、
i:::!     :!::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::l:   l::!   :::::. !:::::::` 、
l::::i    ::i!::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::l.  l:!   ::::: !::::::::::::`ヽ、
::l::::!    :::l!:::::::::::::::::::  !::::::::::::::::::::::::::::l   l!i   ::::!:::::::::::::::::::::\
:::l:::l:   ::::l!::::::::::::     ::::::::::::::::::::::::::l  .:!l:..   ::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::l:: . . .:::i!:::::::       i  :::::::::::::::::::::::l. ..:::l l::..   :::::::::::::::::::::::::::::::::\
"/::::l:::::::::::i!::       l    :::::::::::::::::::l:::::::! l::..     ::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::. l:|::::::::::l        l     ::::::::::::::l::::i  l:::.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::. く!::::::::l          !      ::::::::::l::l  l:::::..         :::::::::::::::::::::::::::::::\

258名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:36:53 ID:CZk30kQg

         | /            |
         |  ̄ ̄ ̄7        |
        ノ     /        |
        l    /        _,,、‐'l
        j‐-、、__j______,,,,,、-‐''__,、、‐'!.
          ソ‐ァ、、__l______,,,,,、rTl´:!::l!i:::::.!.
          .,'.:i:l!‐-、    ,.‐‐-l、l:i!::l!!i:::::.i
       .i!::i!:k''‐,、    ,‐テ‐i、l:l:::i!キ::::::.i   「ポケットモンスター ルビー・サファイア」の世界観を下地に
       ll:::!::|`‐`' i   ー`‐'l´!i:::i!。j::::::.i     作者様の解釈によるオリジナル要素を盛り込んだストーリーですね
       !l::i:::l!  ノ        ! il::::iく::::::::.i
          i!::!::li:、 ┌‐┐    l ,i!:::!::l::::::::.i     自分はポケモンはシリーズを一通りプレイしました
          ll::i!:::!yト.|┃||   ,.ィ!' !::i:::i::::::::.i    また、漫画「ポケットモンスターSPECIAL」は
          !i::!i:::i ( .|┃||-‐''´/l. !:!:::i::::::::.i    ちょうどルビー・サファイア編まで読んでいます
          i八::!、`|┃||‐``'-‐'l"i:j::::i::::::::.i
      r''´l! ヾi,`|┃||‐---‐‐'ソ'ヾj`ヽ:.j
      〉、ヽ i `` |┃||     ´ i   ,〈.゛
     rく、゙、  |  |┃||      | , ', ゝュ
      j  `'゙'、 l /``!「´       l ,'゙'´  i
    ノ !、_,,ィf'´   \.       l   ,   |

259名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:37:09 ID:CZk30kQg

                     ,r'´ ̄ヽ
                    ,i:::::::::::::::i
                    l:::::::::::::::::l
                      l::::::::::::::::::l
                    l::::::::::::::::::::l
                   ,l:、_,.-::::::::::|
                   |::`ー::::::::::::::|
                   l::::::::::::::::::::::|
                  //`'''''"l::::::::::l
                  i:::|` ''ri'l::i-,::::|      評価ポイントはこちらですね
                 /:::i、' _  ii i-::::::i        では順番に見ていきましょう
                ./:::::: ヽ_,,,./i:::::::::i
                /',.-'''/ i、/'i:/ヽ::::i、     内容についてのネタバレを含みますので
               ,-'  i ヽ..,,./_ノ/ i ` `'i     未読の方はご容赦ください
              / i  _,.-‐''´    i ,/〈
            i'''´  ,i  i         i/ i
           _,-' ヽ 、i  i        // /`'i
          /-、   i i   i       i/_ソ i i
         ,i  `' , /   ,i  ,    ノ _,...ノ' '|
        ,.-' ヾ   /  _,.i' 丿  _,-' /  _:::::i
      ,r':: _,,,,_` i、i::: ,r' _,r'  ,r'_,,,,.-'''ー-- :〉
     ,i´_,-,-ー-、,...i,.r'´_,.-´   /   _,.-‐''' _  i
     ,ir''::::::'ー一} i´i,.-''   _,,,../_, ,. ''' _,.-‐'''" ヽ i


┌──────────────────────────────────────┐
│  □評価方針           :二回目と言う事で辛口で ボコボコにしてください     ..│
│  □評価スタイル         :AA付きでお願いします                     │
│  □AAの改変具体例         :出来ればお願いします                          │
│                                                          │
│  □その他要望・見てほしいポイント等                                    │
│                                                          │
│  ・前回指摘された点(AA演出が未熟、台詞が読みづらい、etc・・・)が改善されているか │
│                                                          │
│  ・AA演出(特にバトルシーン)が分かりやすく作れているか                   │
│                                                          │
│  ・一人一人のキャラが立っているか                                     │
│   (ただし主人公のやる夫に関してのみ、今のところあえて影を薄めにしています)     .│
│                                                          │
│  ・話のテンポが悪くなり過ぎてはいないか(特に13話後編〜最新話)               │
│                                                          │
│  ・話の設定、描写などで不自然であったり違和感を覚える場面はないか             │
│                                                          │
│  ・その他気づいた所があればなんでも                               │
└──────────────────────────────────────┘

260名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:37:23 ID:CZk30kQg
┌──────────────────────────────────────┐
│・前回指摘された点(AA演出が未熟、台詞が読みづらい、etc・・・)が改善されているか   │
└──────────────────────────────────────┘


     |~~'-、  ゙''ー ___          |    _|
.    |;;;;;;|;;|;;;iー−、,  ̄'''''--------┴--''" |
.    |;;;;;;;|;;;|;;;|;;;;;;;;|;;| ̄~7iー----------''i'''"|
    |;;;;;;;|;;;|-;;|;;;;;;;;|;|;;;;;/|-......__      _ィ-!;;;;;|
   |;;;;;;;;|;;;|ヾ!|;;;;;;;;|リ;;/r;;;o=、 `    ,f;;jア゙ |;;;|
.   |;;;;;;;;|;;;|ミニ|;;;;;;;|/` ゙="-     !''''"~ j;;;|      そうですね
   |;;;;;;;;|;;;;|、 o|;;;;;;;|           !    j;;;;|      評価依頼以前の話と比べると格段に読みやすくなっています
  |;;;;;;;;/;;/ツフ:|;;;;;;|           _,   j|;;;;|
  |;;;;;;;;;/;/"/;:|;;;;;;|          _,   /|;;;;|     またAAの動きで表現する部分が増えているため
 /;;/;;;/;//、" |;;;;;|ヽ    `''''ニ゛  // |;;;|       キャラクターのセリフにあった説明臭さが大分軽減されていますね
../;//;/;// \ |;;;|  丶       /.;;/  |;;|
///;/;//\   ` |;;|、丶  ` .,.,___/\/  |;;|
//;/;;//゙"![jニ- 、 '!;;| \\  j j \  \ー-|;
/;/;;;/   ゙'![j:i,`ニ:'!;;|、___`_、_、j_j,,..一` -7   ヽ
;/;;;/      `゙'!l,j-'!;i_ ___,.=---'''' ̄   ハ   ヽ
;;;;/         `'[j!l,`}f , <ニ−--''"  マ   ヽ
;;/ヽ         `-'l" ̄ ̄          マ   ヽ
"ヽ \      / ||ゝ            マ   ヽ

261名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:37:38 ID:CZk30kQg

      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l     ただセリフの強調したい部分を傍点に頼りすぎていませんか?
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l      適量なら問題ありませんがあまり使い過ぎると
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',     ちょっとウザったく感じます
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、   他の表現で賄える部分では極力使わないほうがいいかもしれません
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、
    「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

262名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:38:02 ID:CZk30kQg
──改変例──
(ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286799541/35-36)



                                   _                    ヽ
                                ‐''´ /         ,、           .',
                                 〃         /| / l  |ヽ、        |
                                .,' ,ィ      ムf /  l .L 」 ,、      |
                                |//   _,,、v‐'l/ ij  ', ┌-、 _      |
                                . ,' /| ./__,,r−、 u u ヽ|、-ヽ| ヽ      |
                                 |/  |/l(_    ヾ、  〃    `)| |-‐ 、  |
          や・・・止めろっ・・・!          .     l.(´   O ) ;; 、 O   )| |ニヽ ヽ|
                                     l..ヽ、 r-/..:: ι┐ rl'´ |.| -、| ..l l
          止めてくれっ・・・!                .l;;;;..`/..::::::::: u し'/  .l.|__,ノ /  l、
                                      l  (__:::::::::::u::`) /_  ||-- '′  ヽ、
          やる夫が死んじまう・・・!!!          l r‐---‐-−-〜'´__`l |   lヽ、  ヽ、
                                       l.l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ( |   l   ヽ、_ ヽ
                                         ll二二二∠二二二ノ.ノ   |    l  ̄
                                       _ヽ  ,,,,,,,,,,,,,,,u  ./ |   l     l
                                    ,、-''´ ,ヽ ij ;;;;;;;;,,  /;;  |   ,'|     .l
                                _,、‐''´    / ヽ u   /;;;;;;  l  / |     l
                                      /   ヽ、 /;;;;;    リ  / |     .l
                                     ./     `lヽ''''     l /  .|      l
                                     /       l .ヽ     .l /   |      .l





        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |       はっ!
    |:.7 /トr|: : : :∟」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |     さっきまでの威勢の良さはどこ行っちゃったわけ?
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|      だっさ!
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |     ・・・でも安心しなさい
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/     あの白饅頭
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |

263名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:38:22 ID:CZk30kQg


         l  .:            _..-‐'      ...-.‐''.″                 '.        l
         "  .‐  .,〃    .,..-'"゛   ,..、- '"゛                        ‐         |
          "   ゙, ,ノ゙/  ._..-'"   .,,, ー'"゛           ",                      l          |
       .‐ _'i     .〈rlr'"  _..-'"゛             |.ヽ  .|!                  ′        i
        . _ゝ゛       ,..-'"      ,、.          ! . l  .l゙|   ._,, -−''.'''''''''".''丶ヽ.!         !
      '`-、        彡= /´〉,、   ,l |          ′ .l .,! !,/´            !           |
       .'“゙7    l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/   ,! L.-ヾ=,'   '!ッ、 l  ゙'‐ ゛                 .....|        ,i
      ./ ._      二コ ,|     _,.-'´  _, - '_´    ,、ヾ'″             ,/″  !        l!
     ,/ ./.彡i,i./__」     _,.- '´| L-'´ _)  .〈 .|  ,.-、              /      |        ′
   / ./  .j″ l '´         ,.-'´  ,.-'"    _,,」 .`'´   〉           /     ._ !           |
  ../ . /    !_ -''丶    .ヽ .........{,.- '´| |      l、_,.. 、 「Zノ         "丶''.'._./ ´ !           l
..." ,./  ,,, -'"´    ′     .ヽ      |,i          ゙l_,〉             , /    .,!        l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     死 に た く て も  死 ね な い か ら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ″       .ヽ .i=゙‐'^゛ ._∠―''T                 .. /⌒i│       /
                l           \           r              _,,..、 .|  / ,..-、     /
                ヽ        ヽ.      /       〟 .i、i、    l   l | /´ l,、_ノ     / 、
                 ヽ         \   /       / ′| ゙ \   |  i' '´_,,、          /´〉,、
                  ヽ         ゙'、./      ./  .! l   \.,, |  し''´ 」     l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/
                  ヽ          \     ,/    l!     ゙'!,゙|  ,,.-''´       二コ ,|
_.‥‐-ヽ、、......、           ヽ          ヽ,  /                l| .|         /__」"″
  ´."."'ヽ‐‐--...´,゙゙,,゙._"_∵¬'.ー‐―ー .--- --- ......... .゙く............................ 、.---‐ー.l、_ノ
                ´ ̄ ゙´.^".''("'''''' '''''' ―.ー‐.--..-.v..... .............. .................. .,,         ッ‐t..'''.'''"`゙`
                     ,/'、              \.         ., 彡ii〟    .il!、ラl  \
                   /   .ヽ            \         r''"/ /    /、 l!    \
                 /     ,/'、,               \        /    ./   ゙''∴    .\
                /     ,/゛   .\             ゙'-、     ./    /      ゙'-、
.

264名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:38:38 ID:CZk30kQg


              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ノ    `ヽリ|::l:::|::::i|   ハルヒのセリフを強調するため
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|   次のコマにあったエフェクトの上に傍点のついていたセリフを移植しました
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|   二人のやりとりの間もやる夫は容赦なくボコられ続けていることが表現でき
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!    無慈悲、絶望といった印象を与えることができると思います
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|




              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ─     ─リ|::l:::|::::i|   それとこれは野上ネウロ氏とは違った意見になりますが
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|   「常にセリフの間を1行空ける必要はない」と思います
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!   セリフの内容ごとに2〜3行で区切ってやることで
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|   ある程度見やすさを維持しつつ話せる量が多くなります
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|   この辺りの匙加減は作者様にお任せする形になってしまいますが・・・
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|

265名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:38:55 ID:CZk30kQg
┌──────────────────────────┐
│・AA演出(特にバトルシーン)が分かりやすく作れているか   │
└──────────────────────────┘


              |::::::::::::::::::::::::::::\    |
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ |
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
                |_______;;;;!--|
             |______;;;;;;;;;;、‐r:|
               /:::::::::;l:l::::::::::|      _l:::|
               /:::::::::/l::l:::::::::| ̄`    ´ |:::|
           /:::::::::/::l::|::::::::::ヒ:イヽ   イ}`l:::|      バトルシーンに関しては構成がしっかりしていて
           /:::::::::/h'll:l::::::::::|'='-    ゙'´l:::::|     状況に合った演出ができているため分かりやすいですね
           /:::::::::,l.ヒ。!|l|:::::::::|      ' ,!:::::|
.          /::::::::/::`''t'|| |::::::::|   ー‐' ,イ'l:::::|      個人的にはキンセツシティジム戦、フエンタウンジム戦が
         /::::::::/:::::::/ | |::::::::|、     ,.:l:::| l:::::|      読み応えがあって好きです
         /::::::::/::::::/ `'‐l,,|:::::::|:::7::::- '::::l|::|. |::::|
          /::::::::/:::r''''''''''---l::::::トくト、::::::::/l:::| |:::|
.        /::::::::/r'" ̄''' -- 、l:::::|''--仁‐'、l:::|  l::|
      /::::::::/:j/,___、 ゙l`l l::::|-'-'、r'゙y‐一i |:|
      /::::::::/://_  ヽl |  l::|   `「`ー一l ||
     /::::::://'/ー‐ `ヽ/ └‐‐‐‐.、  |    l |
     ,':::::::/〃'   - 、 /l     -',  |    l
    ,':::::::/l/    _,,、ァ' |      イ  |      l
    ,':::::::,':| l / _,ィ7    |     l'  |     l
    l:::::::i::::l|/ 「 l l      |    ノ  l     l
    |:::::::l:::/ /| l l     |--::T´|   ,!      l
    |:::::::|/,/ |,! |    l  l:::: | |  ,!      l
.    l:::/   /l j   | l:  l  |: /       l
    l'´   / ,/ l  |  l |  |::/        l
    /    // ,ィ |   |   l |  |/         l
   /    / l  | l:|   |   |:| |           l
   ,'    ,/ |  `':|   |  |l l |              l
  ,'     ' l   r'|  |  ,! l|            l

266名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:39:10 ID:CZk30kQg

         | /            |
         |  ̄ ̄ ̄7        |
        ノ     /        |
        l    /        _,,、‐'l
        j‐-、、__j______,,,,,、-‐''__,、、‐'!.
          ソ‐ァ、、__l______,,,,,、rTl´:!::l!i:::::.!.
          .,'.:i:l!‐-、    ,.‐‐-l、l:i!::l!!i:::::.i
       .i!::i!:k''‐,、    ,‐テ‐i、l:l:::i!キ::::::.i   気になった演出があるとすれば
       ll:::!::|`‐`' i   ー`‐'l´!i:::i!。j::::::.i    銀時がやる夫に「追い討ち」をかける部分ですね
       !l::i:::l!  ノ        ! il::::iく::::::::.i   (ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286799541/10-11)
          i!::!::li:、 ┌‐┐    l ,i!:::!::l::::::::.i
          ll::i!:::!yト.|┃||   ,.ィ!' !::i:::i::::::::.i   状況的にやる夫は銀時に背を向けているのでしょうから
          !i::!i:::i ( .|┃||-‐''´/l. !:!:::i::::::::.i     ここは背後から斬りつけるような演出のほうがベターかと思われます
          i八::!、`|┃||‐``'-‐'l"i:j::::i::::::::.i     やる夫もその場に崩れ落ちるよりは前に転倒してしまったほうがいいでしょうね
      r''´l! ヾi,`|┃||‐---‐‐'ソ'ヾj`ヽ:.j
      〉、ヽ i `` |┃||     ´ i   ,〈.゛
     rく、゙、  |  |┃||      | , ', ゝュ
      j  `'゙'、 l /``!「´       l ,'゙'´  i
    ノ !、_,,ィf'´   \.       l   ,   |

267名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:39:27 ID:CZk30kQg
──改変例──


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           、ニ=-:::::V:/::::/::;ィ/∠:::|::i:ハⅥ/::|,ハ:Ⅵ::ハヽ|、i .| ,   ,   .ト-:::;;イ
              >ァ;:::::/|/l/イ,__|/_:::`|::|;::::i::/:/::ハ::|、:ハ'、VハⅣ|i_j /!  ,ヾ'"´
            /ィ:::/|::i:/'´.ヾモテーミ:|∨|::/|;仁ミヾヽハ_ト:/ヾ:!///,、丶、ノ               「追い討ち」
           /' |ハ '|:i:|   ` ̄ ̄   ∨:| リ モテーミヾ|/:/リ:/イ|/;:\ミ=‐ァ
                ハ Ⅵ         ハ:|    ̄ ̄´ /:イ´/:/:::::::{/-‐''"´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ___
           /::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::    \
        /::::::::::::::::      \
         |::::::::::::::::::::::::       |
        \::::::::::::::::      /            .,,,,,,  ,,..、 .,i、         _..,..,,....... .---.------------
     ,,.. .-‐' :::::::::::       \             :| │ ! l,゙.l'",,.... -ーー'''_,゙゙二―ー'''''"`"` ̄ ̄
    <"   ,__,,_::::::::::::::          \        :l''''′゙‐'''" ゙''゙'j.. -ー'''"
    ヽヾ丿  |:::::::::::::::::::::::::     i、 ヽ _,, -''''"´:!ーッ .r‐┐┌┘
      ヽノ   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l_,, ‐''"  _,, -''''"  :| │ .l゙ !
            |::::::::::::::::::::::_.. ‐'"゛  .,.. ‐''″      ‘'''"./ . l
           |:::::::::::,..-'"   _..-'"゛           / ./
          |::::/    ,, '"i    i          .ヽ‐゛
          /     / \|     |                                            .,i \
          l゙      l   |     |                                            \ ./  ,r、
          .l,     \、`--- ´                                               `゛ ,i" ./
           \,      `''ー- .,,_                                                  / . /
            `'-、,           `゙゙'━== ....,,,,__                                   . /  /
               `''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―-------------------------―‐ r'"  /
                   `゙'''ー-..,,,_                                           ヽ‐´
                         `゙゙"''―- ....,,__
                                   ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___
                                                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

268名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:39:41 ID:CZk30kQg

                      /丶
                         / /     / ̄/
                     / /   / ̄/ ̄     l丶            /\
                        /  \    ̄       l l     /\    /  /
                     / /\ .\         丶l   ./ ./   /  /
                  / /  `丶_.ゝ        __/ /    / ./
                  \l              \__/      \/
                                               ○
                             ,-―-、 , ‐-、
                        / ̄ヽ/ / ̄ヽ/   ヽ
                         ヽ、   y'ヽ、  y'  |
                         ー‐’|   `TT   |
                       ヽ、.人ノ|    | |#  .|,
                    (´⌒;;;\ ,,_)  /   //   ./ (
                        )ヽ. / #  ´    / て
                    - < /         /  (
                  (;;;) /  ̄ ̄ ̄ \ # /   >       うぐっ!?
                   / \_}   {_ノ   ',  /   て         あ、足を・・・
                    ,-i  (ー)  (●) u i  ー──―──- 、
                 / 弋. (_人_) # ,L_________.ノ
                /   /` ー-=-─一 ''゙ て
              /  /  ノ /^⌒`Y´⌒^\(
                 /  /   '/     l     \
            . `‐ ´


──改変例ここまで──

269名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:39:56 ID:CZk30kQg


              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ノ    `ヽリ|::l:::|::::i|    それと場面と場面の切り替えがやや唐突に感じます
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|    AA録2に区切り線のエフェクトが収録されましたので
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!     各場面の終わりに挿入してみてはいかがでしょうか
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|     回想や時間の経過などを表現したい時に便利ですよ
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|



↓こんなのとか

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


↓こんなのとか

─────────────────────────────────────

                        ・
                        ・
                        ・

─────────────────────────────────────

270名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:40:11 ID:CZk30kQg
┌────────────────────────────────────┐
│・一人一人のキャラが立っているか                                   │
│ (ただし主人公のやる夫に関してのみ、今のところあえて影を薄めにしています)   .│
└────────────────────────────────────┘

         __
        /,.,:;:;\
        |l;:;:;:;:;:;\
        |' \;:;:;:;:\
        k /;:;:;:;:;:;:;`i
        |ィ--,.、--i-ヘ、
       //`  ,,、l|;;;ト、;;;;;;ヽ-- 、     ,、_         これについては何の問題もありません!
       |;;}'`,  _, l|;;|/`丶、;;;;;;;;;;;;;\,/`"   \      それぞれのキャラクターがとても個性的に
       l|;ト,、ヽ_ノ/ニニ= 、  \;;;;;;;;;;;;ヽ ,ヘ    ヽ     また悪役は悪役らしくしっかりと描けています
        `};;/ ̄ ̄\  '`-,、 \;;;;;;;;;;`i/`i     |
  _,、 --''''" `''''─一      `i /\;;;;;;ノ_/──v'
  ヽヽ、               |' ,/_,  ̄ \;;;;;;;;;;;ヽ.
 `、 `",、                   |/----- 、 `!ヾ;j`ヾゝ┐
      \`′,、              |     、\  }l    |
      \ `` 、,          |     | ,ヘ/'|   |
        \  、、 _,ィ'`'''" ̄      /  >、   |
          \_,,ヘゝ。 |          |/| /  `''-┘
                 ヾT          ノ /
                    `''-、,,_ ノ|/ /〉/イ__
                    `''--⌒l  /
                        ノ /
                        `'''"

271名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:40:24 ID:CZk30kQg

           」              ヽ    イ
          ム、ヽ、            \ / l
          /: : ヽ、ゝ、            ノ  .!
         ./: :ノ: : : :`ー 二_ - _       /  l
        ,:':/: : : : : /:l: : l : i:ーr, 二_ ー- ム.  」
        /: : : : : :ノY': : :l!: ナナぇ 、_ ` ー-┐-┤
      /: : : : : : :/rテl: : : i!:; :メゞ;;テベミヽ  ,ィヒ: :l       こう言ってはアレですがやる夫スレ常連メンバーばかりの中に
    ./;: : : : : : : :.k 。 !: : : :i!:/   ̄     ィツノ: : :ヽ      オロカツさんが違和感なく溶け込んでいるというのがすごいですよね
   〃/: : : : : : : : :,'::>.-|: : : :メ、       l   ハ: : :ヘ    (それどころか御琴とのフラグまで……)
   / /: : : : : : : : : :l:::j. .!: : : ;  ヽ      ノ /: :}: : ハ
_/ /: :_:_:_: : : : : : :|::/、 l: : : :l   \. 、_ _  ノ: : :l: :/ i!   この辺りのキャラの動かし方は作者様の武器だと思います
  | ̄ i!  `ー― 、/ ヾ,|: : : ト、   ヽ ` ´ /: : : ノ:/  ノ
  |  .i!       / `丶, |: : : i. ヽ   \´: : : : :〃:| /     それとやる夫の影を薄目にしている、とのことですが
  |   .i!      /    `丶; :ト、 冫ー ´\ヽ、;_: : : ノ/     彼は現状でも十分自己主張していますよ
  |  i!     /      /\ .ソ | \ _ヽ \`ー.メ、
  |   i!    /     /   \┴ 一 ' ´{.  ヽ  .{
  |  .i!.     /    /       ヽ、_, -′  }.  l
  |. .i!.   /   /        , ヘ   ノ   ′ ハ
  |  i!.   /  /        , ′  ヘ、     / l
  | .i!.  / /       ,  ′     \    l!  i!

272名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:40:40 ID:CZk30kQg
┌────────────────────────────────┐
│・話のテンポが悪くなり過ぎてはいないか(特に13話後編〜最新話)     ..│
└────────────────────────────────┘


                    l:::::::::::::::::l
                      l::::::::::::::::::l
                    l::::::::::::::::::::l
                   ,l:、_,.-::::::::::|
                   |::`ー::::::::::::::|
                   l::::::::::::::::::::::|
                  //`'''''"l::::::::::l
                  i:::|` ''ri'l::i-,::::|       テンポが悪いとは思いません
                 /:::i、' _  ii i-::::::i         むしろかなりサクサク進んでいるように感じます
                ./:::::: ヽ_,,,./i:::::::::i
                /',.-'''/ i、/'i:/ヽ::::i、       13話後編〜最新話にかけても
               ,-'  i ヽ..,,./_ノ/ i ` `'i     重要なイベントに話数を割いている訳ですから
              / i  _,.-‐''´    i ,/〈       特にテンポが悪くなった、という印象はないですね
            i'''´  ,i  i         i/ i
           _,-' ヽ 、i  i        // /`'i
          /-、   i i   i       i/_ソ i i
         ,i  `' , /   ,i  ,    ノ _,...ノ' '|
        ,.-' ヾ   /  _,.i' 丿  _,-' /  _:::::i
      ,r':: _,,,,_` i、i::: ,r' _,r'  ,r'_,,,,.-'''ー-- :〉
     ,i´_,-,-ー-、,...i,.r'´_,.-´   /   _,.-‐''' _  i
     ,ir''::::::'ー一} i´i,.-''   _,,,../_, ,. ''' _,.-‐'''" ヽ i
   ,r/   / i i, `iー--、〈           :::::::y
  ,.r´ / :/:: |:::i,:::::i    ヽ、          i、 /
 ,r´ ,/:  /::: .i:::::i,::i      、         :::i /、
 `'-、::  /:::  i,-ー------------------―,┐、 i
   i:`,..........、--、 i┌-┐┌-┐┌-┐┌-┐i´|i' .|  ヾ、
  i::::iー-一i一''i| i__i i___i i__i i___i |,.-‐'| / iヽ''ー-、
  .{-、|   :::| :::i}ー,---,-,-、---------、-,{,''"i |   i `-  `ー、
  ,r'´'|   ::i  ::i | i_.-' _,============.} .i i‐ノ,iー----,,..____,.-ー
  ゙'''''`ー一''''''´ '--================,,,,_r'´

273名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:40:56 ID:CZk30kQg

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l/     \リ|::l:::|::::i|   というか途中経過の描写が大分端折られているんですよね
.         l::::|l ○    ○ 从::::|、:i|   「竜生の滝→フエンタウン」辺りの移動が特に顕著です
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|     滝でアクア団と別れた直後にフエンの宿屋まで飛んでいます
       /⌒ヽ__|ヘ        j::/⌒i:!
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|   結局一度天気研究所に戻ったのか? 戻ったなら隕石を渡したのか?
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|   割と大事な部分だと思うのでしっかり描いて欲しかったです
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|




              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l`ヽ    ノ リ|::l:::|::::i|   ともあれ、物語のテンポ自体は悪くないです!
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|   むしろもう少しテンポを落として描き込む余地がある、と思われます
            ヾ:|l⊃ r‐‐v ⊂⊃:::|ノ::|
       /⌒ヽ__|ヘ   ヽ ノ   j::/⌒i:!
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|

274名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:41:10 ID:CZk30kQg
┌────────────────────────────────┐
│・話の設定、描写などで不自然であったり違和感を覚える場面はないか   ..│
└────────────────────────────────┘


     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
.   /j_ ̄ _λ:::::::::::.l       作者様自身もお分かりとは思いますが
   |::|l` ´ い|::トv:::::.i     一番は「ミナミの帝王」の件なんですよね……
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i
   |::::>−=jノ〉ュ:::゙;;::.i     ……まあそこは深くは追求しません
   // ̄ ̄]~| ̄\l:::.i    原因はご自身でもよくお分かりでしょうから
  |/     |   `!j;リ
 /    〃 |、    ゙i    他の部分で大きな矛盾や違和感は特にありませんでした
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

275名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:41:28 ID:CZk30kQg
┌──────────────────┐
│・その他気づいた所があればなんでも     │
└──────────────────┘


    .l::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.i
    l::::::::::::::::::::::::::;;;;;;/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.i
    .l:::::::::::::::::::::::::::::l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/i
    l゙、::::::::::::::::::::::::::l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.;;.::'':.:;;イ
    i'、` :、::::::::::::::::::l.::.::.::.::.::.::.::.;;.::''":.:;;::'':::::.、
    l:::`:、::::゙''''─-┴─--''''".:.:.:.;;.::'':::::::.i:::::.、
   .|::::::::/ ''''───---'''''''' ̄  l::::::::::::l、:::.、
   l::::::::|_____           ____l:::::::::::l∧:::.、
   .l::::::::|__-,,,_ 、ヽ     -'_",,,,,-,,_l::::::::::|)/j:::::.、
   l::::::::| ゙!、 { `'j      ブ !、  )ノ゙|::::::::|'/:::::::::::.、           そうですね……
  .l::::::::|   ̄''''''        ̄ ̄   !:::::::||::::::::::::::::::.、           カイジはせっかくポケナビを持っているのですから
  l::::::::::i                    '!:::::||:::::::::::::::::::::::.、      それを活用する場面があってもいいんじゃないでしょうか
  .l::::::::::::l,       _ _        ./|::::::ト、:::::i'!;::::::::::::::.丶
 .l::;:::::::::::::i,              //i::::::|::ヽ:::ヽ丶、::::::::::::.` 、
 l:i.i::::::::::::;/\   `'  ''''"   /.:/.,::|:::::|::::`、:::`、j `丶 :::::::::::::.`:::ー、
. jリ_!;:=ニ":---;:\       _,. '":/.,::::::|::::|:::::/\:、ヽ、   ` ̄フ:: ̄:フf^゙i,
-''/''":..:..:..:..:| ̄ ̄`''丶、 __,.:.:":.:/.,:::::::::::|::::|/  /\\ ̄ニニ彡=''" |-、|i
:/:|:..:..:..:..  |        `'丶_'.,.:::::::::::::::|::::|  /:::::::::` 、`丶、__   ___,,L;;ィヽ
'::::!,     i,         、.丶 、;;;::-'"|::::|/:::::::::::::::::::: 丶、   ̄ ̄  .|/::::::.ヽ__,、
:  '!,     ト─、──..、   `!,. ゙!,\__,,.|::::| ::::::    :::::::::...  ゙゙゙̄''''''""|::::::::::::::::::j/ !、
:    '!,      !:└`''ー...,,,__゙ 、  ゙!, ゙!,、_ `'''--__、 ::::::..           |;:::::::::::::/ i `i
:     '!,    !::ロ:::::|:::::::: ̄ヽ ゙!, ゙!,-ニニ-_、-'、  ::::..  ...       |;;:::::::/ 7.| |\
      .'!,    .!:::::::::::|::::::   ゙i  l. ゙!,  |/|!`'''=`   ::.  ::::::::::::::......  |i;;;;;;/  h:/ | |::::i
      '!,    !::: :::|:::    !、「j、ゝ, / /             :::::::::::| |;;/  /::/ | .|:::::l
        'I゙I、   !   |:      ~ l ̄ /                 :::::| |/ /::/  | |:::::l
      l l::゙、  !:  |       l                    .|/ /::/   |/:: /

276名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:41:42 ID:CZk30kQg

      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
       !::::::::::::::::"、_  _,:"::::::::::\
.        i::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ー─ヽ
        i::::::::::::::::_,.-‐'゙_,.-‐‐゙,.\\、
        i:::::::::::::_,.-"゙  、  ッf丁ゝ\\、           エドやジャギと番号交換をする
        ! !! i! i!!i!ニミヾ゙ ::.   ´   \\\          タウンマップで現在位置や次の目的地を確かめるなど
.        i i!i i!! i! !`"´  , 、   i! i\\\、          使い様はいくらでもあったはずなんです
        i! i!!i仆i! ,.、 ,.、  ,..-、  !i! i!! i!\\\、
       .i! i!ii/‐/゙|___|"_,l,_|_____゙、 /i! i!i i! i!ii \ \ヽ、   これを使わずに放置しているのはとても勿体ないです!
.       i!i:,‐'" ヽ彡ニニ;;;;;ニニツ=" /i!i i!i i i!i i!   \ \
       !i!,| ゙ 、i彡 //-<-、._,.ノ、_i! i! !i! i i!i   \  \
.      /.i" ヽ、"'''ヾ" :::,.---' ____,,,,,,|....=--‐‐‐i i!、    \
     // |、.  ヾ、 ヽ-"l|~~(フ)__,,,.....----、---=‐-...,,_   \
    //l  ト、ヽ. ヾ、 ヽ:::::|ヾ、:::i  丶  、 ヽ      ゙゙'''‐、
  / lシ、、 .|:::::ヽ、ヽヽ.ヽ:::| ヾ:::!      丶ヽ 、_  ヽ.、 |
. /   〉ヽ 、 ヽ  ゙'''| ゙":::|  ヾ           i"" ヾ | ヽ
..| !   / ヽ   ヽ  .|:::::;:::::|   ヽ          !   i,|  ヽ
 |  /  ヽ  . ヽ .ノ:::::;:::::::|.    i.          i   l  ヽ
./  /   ヽ   y";::::;:::;;:::/    ;;,         i    |  : ヽ
/i  ヾ   i    ヽ;;::::::::;;;//    ;;;,         i   ; i  :  ヽ
| i、     i     ヾ:::::::| |    ;;;;;,         !   ; ! :  ヽ
ヽ 丶    !      ヽ::|  |    ;;;;;;         丶  ;  ! .:   ヽ

277名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:41:56 ID:CZk30kQg

      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l      それと少し関連しますが
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!      ホウエン地方の地図がほしいですね
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',     世界観の把握に役立つという点や
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、     現在地や次の目的地などが分かりやすくなるということから
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、    あって損はありません
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、 オートトレースなど簡単なもので十分ですので用意できるといいです
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、
    「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

278名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:42:10 ID:CZk30kQg

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|   あと世界観の説明は極力作中で済ませてしまったほうがいいです
            ヾ:|l ●   ●  |!:::|ノ::|   せっかくアイギスにイカ娘と「聞き役」に適したキャラがいるのですから
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!    (スレイヤーズでいうところのガウリィポジション)
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|


────────────────────────────────────────────────
      ,, -─ - 、_
   / ,.- '' ニ二ニ `丶
  ,'  、<,r' ´     `'く.゙i
  ,' ゝ >´ 人 ./从`i.ハ i}ハ
∠_ ベi゙l |リ ―V 从 ―}_}!从         ところでカイジさん
. 7 !i目| i  ●    ● l小N           チャンピオンとはなんでありますか?
 !へ,ゝイ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|.ノ 
   レヘ/j    (_.ノ   ノレ__/⌒)
     ,.:x>、 __, イ  ',::::ヽ/.
.   /ト  く ̄ン大ヒ ̄フ ',:::::ハ
  /  |p|.  </三.\_/  >'''´
────────────────────────────────────────────────


              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l`ヽ    ノ リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|   こんな質問をしてもらうだけで作中で堂々と説明する口実ができますよ!
            ヾ:|l⊃ r‐‐v ⊂⊃:::|ノ::|
       /⌒ヽ__|ヘ   ヽ ノ   j::/⌒i:!
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|

279名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:42:31 ID:CZk30kQg

    r1ヽ
   l j:::::l
   j ヱ::::l
   jl´∀`ll!      第一話冒頭などに世界説明のナレーションをねじこんでしまうのもありですね
  rlF 〒 リヽ    ここは物語の中に読者を引き込む絶好のチャンスですから
 / |_j_| ヽ   「大体こんな世界」程度の知識を読者に与えておきましょう
 ヽ/|  l  |ヽ/
 _(、|_l_|、,)_

280名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:42:49 ID:CZk30kQg
──改変例──
(ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279277257/8)

┌────────────────┐
│  この世界には「人」と「ポケモン」.   │
│  二種類の生き物が暮らしている.   │
└────────────────┘

                             l.玉}、
                            〔l`ーイ
                            /丁WYヾヽ
                          ハノ-―ー|ハ
                          /ゞイ      ト-'   ザッザッザッ
                    _ r‐' / 丿     |
                   /´V 屶|} /`ー‐┬‐イ
                   \\ ヾ_i/ ,/  | _」      ┌───────────────────┐
                     \___/|  |    ヽ ヽ       │  ポケットモンスター ……通称ポケモン     .│
                .        ┌|__,|    ゝニ<      │  彼らと力を合わせて戦う者のことを      .│
                         `‐┘     └‐┘     │  人々は尊敬の念を込めてこう呼ぶ……  ..│
                                          └───────────────────┘
.

281名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:43:09 ID:CZk30kQg
┌──────────────┐
│  ポケモントレーナーと……!   │
└──────────────┘

          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!
    | l ヒ |:|.       r __   \l     おう、やる夫・・・
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′    お前が家を出るなんて珍しいな
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'      ザッザッザッ
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ
/      _..⊥._ \``  |



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)       相変わらずカイジは口が悪いお
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))      ニートなめんなお!
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )     こう見えて毎週ジャンプ買いに行くから
       |        /           1週間に100メートルは歩いてるお!
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
  <やる夫 種族:トゲピー 備考・・・NEET>
.

282名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:43:23 ID:CZk30kQg
(ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279277257/13)

┌──────────────────────────┐
│  彼らポケモンの多くは人とそう違わない外見をしている     .│
└──────────────────────────┘

     ノノ/ノ_,ィシ',二つ-、
    {l´/  /´  /:f:::::::::::`丶、
    ,イ/     /. :;:::::o:o:o::::::ヽ
  /     ./: : :::::::::::8:::::::::::l
-‐'´ ̄ ̄\ィ'´::..__...::::_:::∞∞:::::::!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ'´:: : : ::::::``丶、、_:{
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : ..::::::::::::::::::::::::ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ィf、tェュ―- 、、::::::::::::::ノ
:.:.:.`ヽ:.:/リ'!リ` ̄'"  |::::;:;:``リツ7      火火火・・・やる夫ぉ・・・随分遅かったじゃねえか
:.:.:.:.:.:.:Y 八i、     |:;:;:;  / ,/、     おじさん心配したぜ
:.:.:.:.:.:./ 〈:.:.lト、t、_^__,ィt,イト:.:ヽ
:.:.:.:.ノ_,.ノ:}:.:ハ `ヾ`ニニ´/ l:.l:.:.:ト
:.:.:/´:.:.::ノ:.:{  、 ` ―r:イ/  l:.:.!:.:.:.:
:.:/:.-‐'://:.:l   ヽ  ,}/ ,イ l:.:.:ヽ:.:
:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ト、,,_'、 ,'_,. -‐l:.:.:.:.:〉:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ト、_____,.ィ!:.:.:.:/:.:
<葛西 種族:ブーバー 特性:炎の体 備考・・・趣味:放火>



        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;
;;;;;
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\      心配かけてごめんお
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |        なかなか頼まれた銘柄が見つからなかったんだお
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、       ・・・あと出会い頭に火を点けるのはモラル的によろしくないと思うお
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

                           ┌─────────────────────────────┐
                           │  彼らは個々が高い能力を持つ半面、社会性というものに乏しく     │
                           │  結果として人に代わりこの世界を支配するには至らなかった     │
                           └─────────────────────────────┘

283名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:44:55 ID:CZk30kQg

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|   第一話冒頭部分に
            ヾ:|l >   ●  |!:::|ノ::|    世界観解説にあった内容をナレーションとして入れてみました
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|   ナレーションに頼りすぎるのは問題ですが
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|   物語のアクセントとして使う分には効果的ですよ
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|




              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ノ    `ヽリ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|   もう一つ欲を言えば
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|   舞台がホウエン地方ですから
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!    もう少しホウエン固有のポケモンが活躍してくれると嬉しいな……と思います
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|

284名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 04:45:19 ID:CZk30kQg

              |::::::::::::::::::::::::::::\    |
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ |
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
                |_______;;;;!--|
             |______;;;;;;;;;;、‐r:|
               /:::::::::;l:l::::::::::|      _l:::|
               /:::::::::/l::l:::::::::| ̄`    ´ |:::|
           /:::::::::/::l::|::::::::::ヒ:イヽ   イ}`l:::|      こんなところでしょうか
           /:::::::::/h'll:l::::::::::|'='-    ゙'´l:::::|    物語の続きがとても気になるところです
           /:::::::::,l.ヒ。!|l|:::::::::|      ' ,!:::::|
.          /::::::::/::`''t'|| |::::::::|   ー‐' ,イ'l:::::|     以上を持ちまして自分の評価を終わりとさせていただきます
         /::::::::/:::::::/ | |::::::::|、     ,.:l:::| l:::::|     藤原佐為でした
         /::::::::/::::::/ `'‐l,,|:::::::|:::7::::- '::::l|::|. |::::|
          /::::::::/:::r''''''''''---l::::::トくト、::::::::/l:::| |:::|
.        /::::::::/r'" ̄''' -- 、l:::::|''--仁‐'、l:::|  l::|
      /::::::::/:j/,___、 ゙l`l l::::|-'-'、r'゙y‐一i |:|
      /::::::::/://_  ヽl |  l::|   `「`ー一l ||
     /::::::://'/ー‐ `ヽ/ └‐‐‐‐.、  |    l |
     ,':::::::/〃'   - 、 /l     -',  |    l
    ,':::::::/l/    _,,、ァ' |      イ  |      l
    ,':::::::,':| l / _,ィ7    |     l'  |     l
    l:::::::i::::l|/ 「 l l      |    ノ  l     l
    |:::::::l:::/ /| l l     |--::T´|   ,!      l
    |:::::::|/,/ |,! |    l  l:::: | |  ,!      l
.    l:::/   /l j   | l:  l  |: /       l
    l'´   / ,/ l  |  l |  |::/        l
    /    // ,ィ |   |   l |  |/         l
   /    / l  | l:|   |   |:| |           l
   ,'    ,/ |  `':|   |  |l l |              l
  ,'     ' l   r'|  |  ,! l|            l

285名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 05:00:59 ID:i292vYHE
評価乙です

自分のスレも評価して貰いたいのですがいいでしょうか?

やる夫はトーティス村の青年のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293787556/
□評価方針     辛口でお願いします
□評価スタイル   おまかせ
□AAの改変具体例  おまかせ
□その他要望
話のテンポや場面転換のタイミングは適切か辺りを評価して貰いたいのですが
それではよろしくお願いします

286名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:43:06 ID:U/VBWt9s
少しお借りします

287名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:43:27 ID:U/VBWt9s

                     _,                        ト、
                   //                        l ゙、
                 ,、イ /´                       |V .|
               ,、/〉´、/                      !:: :: |
               r'/〉丶7´     ,、               ,  ,〈!:: :: ヽ
             _ヤ./〉`ーァr-、,、_ ,'ヽ:: :゙、       ,. -'"`‐``、lト'゙' |:: :: ::'
             ト`〈>ィ<'"ヽヽ_ヽヽニl:: ヾ‐=゙`ヽyト、//|     ,.、,ヽl |:: :: ,
             X`ヽィ-゙,二ニ-‐'"ヽ.〉、〈`ヽ.、::ゝノ:`l、:: l_,、  /:: ::l`、 |:: :: '
 /ヽ、           ト、_>-、_:: :: _/ヽ.〈):: :: >):: ヽ jヽ'":: !'":: :: :::l:: :l !:: ::l
 ヽ ヽ'ヽ.        ゝ、_:: _,..-‐'"´:: :: :: :i.{メ:: /:: :: }:: l:: ヽ:: !:: :: :: /:: :: :V:: ::,'
  ゙.:: :: :: `´ヽ_ ,./ィ‐トイ ̄イ´__,...:: -‐' ノト!/ヽ:: :: l j:: :: / ト.:: :: /:: :: :: :j:: ::,'
   \:: :: :: :: ヽ` ゙ /´:: ヽ、´:: :: :: :: _,... -ァ':: <ニニヽ、rニ....__.,.ィ-イヽ:: :: :: ::l:: :'
     ヽ:: :: :: ::ヽ ヽ:: :: :: :: ヽ、.-‐'"´   /_.ヽ、 ヾ.:: ~,_,.Ю"´:: :: `:: ;l、:: :: :l:: .'
      ヽ:: :: :: :ヽ ヽ:: :: :: :: :: ::゙l    /:: ::ヽ`‐-'jノ'":: :: :: : _,..ィ-ァォャ、!:: :: !:: {       オイーッス、ティガレックスだ
      ヽ:: :: :: :ヽ ゙、:: :: :: :: :: ゙l  /、,、:: ::ト、 ,j:: _,./7ヤlメル'`'`゙´´>':: : |:: ::゙l
       ヽ、:: :: :: ヽヤ:: :: :: :: : l /メヤl--、|' ヽイi | /: `'ヽ   メ´:: :: :: l_:: :/       今回はこちらのスレを評価すんぜ
         \:: :: :: ヽ、:: :: :: :: ::V       j  l/ゝ, ゙. ヽ'"/!/:: ::、:: :、`ノ
          \:: :: ::ヾ、:: :: :: :: ヽ      ヽ ゙l ぞl l. | /ノト. ,ィ. ヽ /゙、ーヽ.
            ヽ:: :: :: \:: :: :: ::`、      l 〉ネ l  l/   l_! |_,l_ヽ :|..イ、|
            ゙l:: :: :: :: ::j:: :: :: :: :ヽ.     | |キ', /゙イ!    ゙V  ̄V
             ヽ.:: :: :: ::ノ:: ,:: :: :ヽ l     ヽ、メイwィヤ
                \:: :/:: 〈:: :: :: lヽメ      `~ ¨´
                コ、:: :l:: ,、:: ::|:: fヽ.
               / j:: ::| / ヽ l:: ::| |    やる夫はトーティス村の青年のようです
               |/ト-.ィ、_゙. l/ィト--、 |    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293787556/
               ´     V    ヽ!    □評価方針     辛口でお願いします
                              □評価スタイル   おまかせ
                              □AAの改変具体例  おまかせ
                              □その他要望
                              話のテンポや場面転換のタイミングは適切か辺りを評価して貰いたいのですが
                              それではよろしくお願いします

288名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:43:50 ID:U/VBWt9s

         __ __ィ√~フ
      _.ー~: : _.ー^^: :: ヽ : :)
     r: :: :: :: :r :\: ::Ю: :: :: ::\     最初に言っておくぞ
    |wwwwwwwwヽ: :: ::   )
     ~ ̄\ __‘w|ヽ  |     あんたはまずここを見るんだな
        w/:::::::/w./ ̄~/ |
       WWWWW/ _ /  |    │やる夫スレのはじめかた                            .
ハ      \二二//~!~   /    │http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255381884/    .
=|;\ヽ     i       i  /
丶、 \~^ー,'   ν   |/ \ \
_ \ |/   ν    /\  \ \



                 / ゙̄フ
   ,ヘ__         ノ   /
  /ヘ ,:´⌒ヽーー─ノ二二  ヽ |
  / \ |; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.゙ヽ、(l )ヽ、_ヽ、
 /  \_⊥___; ; ; ; ; ; ;;;;  ̄ ̄; ; ; ; ヽ|      あんたは完全な初心者だな
 |/|/|/|/|/|/ヽ___; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
 |/゙´; ; ; ; ; ; ; ;; |/|/|/|/|/`:ー-´⌒ヽ ゙ヽ     評価云々前にココをみな
 ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |/|/|ノ|ノ/  ヽ_,| .
  ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; (  ノノ(     多分あんたの聞きたいことは大体ここに書いてある
   ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽノノ  ヽ
    .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽ.ノ   ノ      まずは酉はつけよう、な
    .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽノ    /
    ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽノ    /
     ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽノ    ノ
      ヽWWWWヽノ    /
       ヽ、∴∵∴     /
         \∵∴   /

289名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:48:29 ID:U/VBWt9s

       __ __ィ√~フ
    _.ー~: : _.ー^^: :: ヽ : :)
   r: :: :: :: :r :\: ::Ю: :: :: ::\
  |wwwwwwwwヽ: :: ::   )     さて、見たところかなりレベルが高いなぁ
   ~ ̄\ __‘w|ヽ  |
      w/:::::::/w./ ̄~/ |      基本的なとこは大体押さえられてるし、目だって悪い点はない
     WWWWW/ _ /  |
      \二二//~!~   /      
ヽ     i       i  /
 \~^ー,'   ν   |/ \ \
\ |/   ν    /\  \ \
\__)ヽ   ν    /\ ⌒^^\ \
__y ゝ  ξ   /:::::::::::ヽ    \ \




  |\
  | \ヾヾー-、ヘ
  <  |ソ゚/WW//    気になったとすりゃあAAの張り方かね
  \ /ノヽ二ノ/
巛== ̄ _ノ         あんたのスレのAAは元のAAをそのまま張ってる感じだ
   ////
                 こいつはちと工夫したほうがいいな

290名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:50:42 ID:U/VBWt9s

                     _,                        ト、
                   //                        l ゙、
                 ,、イ /´                       |V .|
               ,、/〉´、/                      !:: :: |
               r'/〉丶7´     ,、               ,  ,〈!:: :: ヽ
             _ヤ./〉`ーァr-、,、_ ,'ヽ:: :゙、       ,. -'"`‐``、lト'゙' |:: :: ::'
             ト`〈>ィ<'"ヽヽ_ヽヽニl:: ヾ‐=゙`ヽyト、//|     ,.、,ヽl |:: :: ,
             X`ヽィ-゙,二ニ-‐'"ヽ.〉、〈`ヽ.、::ゝノ:`l、:: l_,、  /:: ::l`、 |:: :: '
 /ヽ、           ト、_>-、_:: :: _/ヽ.〈):: :: >):: ヽ jヽ'":: !'":: :: :::l:: :l !:: ::l
 ヽ ヽ'ヽ.        ゝ、_:: _,..-‐'"´:: :: :: :i.{メ:: /:: :: }:: l:: ヽ:: !:: :: :: /:: :: :V:: ::,'
  ゙.:: :: :: `´ヽ_ ,./ィ‐トイ ̄イ´__,...:: -‐' ノト!/ヽ:: :: l j:: :: / ト.:: :: /:: :: :: :j:: ::,'
   \:: :: :: :: ヽ` ゙ /´:: ヽ、´:: :: :: :: _,... -ァ':: <ニニヽ、rニ....__.,.ィ-イヽ:: :: :: ::l:: :'
     ヽ:: :: :: ::ヽ ヽ:: :: :: :: ヽ、.-‐'"´   /_.ヽ、 ヾ.:: ~,_,.Ю"´:: :: `:: ;l、:: :: :l:: .'
      ヽ:: :: :: :ヽ ヽ:: :: :: :: :: ::゙l    /:: ::ヽ`‐-'jノ'":: :: :: : _,..ィ-ァォャ、!:: :: !:: {    例えば、俺の元のAAは結構大きいのが多い
      ヽ:: :: :: :ヽ ゙、:: :: :: :: :: ゙l  /、,、:: ::ト、 ,j:: _,./7ヤlメル'`'`゙´´>':: : |:: ::゙l
       ヽ、:: :: :: ヽヤ:: :: :: :: : l /メヤl--、|' ヽイi | /: `'ヽ   メ´:: :: :: l_:: :/    AAの大きさは一定の大きさに統一すべきだ
         \:: :: :: ヽ、:: :: :: :: ::V       j  l/ゝ, ゙. ヽ'"/!/:: ::、:: :、`ノ
          \:: :: ::ヾ、:: :: :: :: ヽ      ヽ ゙l ぞl l. | /ノト. ,ィ. ヽ /゙、ーヽ.   例えばこのシーン
            ヽ:: :: :: \:: :: :: ::`、      l 〉ネ l  l/   l_! |_,l_ヽ :|..イ、|
            ゙l:: :: :: :: ::j:: :: :: :: :ヽ.     | |キ', /゙イ!    ゙V  ̄V
             ヽ.:: :: :: ::ノ:: ,:: :: :ヽ l     ヽ、メイwィヤ
                \:: :/:: 〈:: :: :: lヽメ      `~ ¨´
                コ、:: :l:: ,、:: ::|:: fヽ.
               / j:: ::| / ヽ l:: ::| |
               |/ト-.ィ、_゙. l/ィト--、 |
               ´     V    ヽ!

                           ゙'    `

291名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:51:33 ID:U/VBWt9s

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \         村を襲ったのはお前かお!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /





                                \\:::::::::::::::\ヽ
                 _ -----、          \\::::::::::::::::\
       //      /       `ヽ、        \\::::::::::::::
      /フ/     ., '             }::\       \ヽ::::::::::::
    /:::::/{     /              l:::::::ヽ、       | }::::::::::::
   //::::::::l l     f            /:::/::::イ       | |:::::::::::
.  //::::::::::l {     |ヽ         /::://:::::{        | |:::::::::::
.  //::::::::::::l !     l、::\       /::::/ノ::r-‐イ       } |:::::::::::    だとしたら、どうだというのだ
  l/::::::::::::::| |      !ヽ::::`ー―r―´::r‐ニ-´:::::::::::::/      / /::::::::::
  |{:::::::::::::::l l     、」:::::ヾー┐::::::::::::::} 「:::::::::::::::::ノ      / /::::::::::::          弱き者よ
  ll::::::::::::::::〉l      \:::::::::l {:::::::::::::://::::::::::::://    --//::::::::::::::
  ヾ::::::::::::::ヽヽ      \_-、:\:::::/::::::::,.‐:´:∠-−´.//::::::::::::::::::/
   \::::::::::::ヽヽ       ヾ:ヽ、::::::::::::::ノr、::::/   //:::::::::::::::::::/               くっ・・・っ!>
    \::::::::\ヾー―――−>- ゝイ7´ ∧ミ-ニ ´- ´:::::::::::_ -―<―
      ` ヽ、:::\\    rイ .i { /  { ゝニ‐"-=ニ‐" -― ̄:::>
     ヽー、  \::\\  / /  | Lム-ニニ´/::::::::::::/:::  /::::/:::::
       ヽ ゝニニゝ- \ニニムト=ニニ‐::::::::_::/::::::::::::::::::_/./::::::/:::::::::::
      -} |\ゞ^―――― ´:::::::::::::/ヘ ヽー―‐  ̄ _/:::::::::/::::::::::::::
   /´:::::::| |::::\\::::::::::::::::::::::::::::://:::`ヽ――  ̄:::::::::::::::::/::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

292名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:56:17 ID:U/VBWt9s

  |\
  | \ヾヾー-、ヘ    やる夫系のAAは比較的小型が多く、他のキャラと並べると大きさにかなり差がでる
  <  |ソ゚/WW//
  \ /ノヽ二ノ/    こいつは連続するとスレ全体の見にくさに繋がっちまうんだ
巛== ̄ _ノ
   ////          できるだけ一つのレス内の大きさは合わせような



|
|\∧_
|*・ w〉 チラッ  ま、演出によっちゃあ大きさを変えんのもありだけどな
|⊂ / ̄
|_ノ         例えばよ
|

293名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 16:57:21 ID:U/VBWt9s

                     _,                        ト、
                   //                        l ゙、
                 ,、イ /´                       |V .|
               ,、/〉´、/                      !:: :: |
               r'/〉丶7´     ,、               ,  ,〈!:: :: ヽ
             _ヤ./〉`ーァr-、,、_ ,'ヽ:: :゙、       ,. -'"`‐``、lト'゙' |:: :: ::'
             ト`〈>ィ<'"ヽヽ_ヽヽニl:: ヾ‐=゙`ヽyト、//|     ,.、,ヽl |:: :: ,
             X`ヽィ-゙,二ニ-‐'"ヽ.〉、〈`ヽ.、::ゝノ:`l、:: l_,、  /:: ::l`、 |:: :: '
 /ヽ、           ト、_>-、_:: :: _/ヽ.〈):: :: >):: ヽ jヽ'":: !'":: :: :::l:: :l !:: ::l
 ヽ ヽ'ヽ.        ゝ、_:: _,..-‐'"´:: :: :: :i.{メ:: /:: :: }:: l:: ヽ:: !:: :: :: /:: :: :V:: ::,'
  ゙.:: :: :: `´ヽ_ ,./ィ‐トイ ̄イ´__,...:: -‐' ノト!/ヽ:: :: l j:: :: / ト.:: :: /:: :: :: :j:: ::,'
   \:: :: :: :: ヽ` ゙ /´:: ヽ、´:: :: :: :: _,... -ァ':: <ニニヽ、rニ....__.,.ィ-イヽ:: :: :: ::l:: :'
     ヽ:: :: :: ::ヽ ヽ:: :: :: :: ヽ、.-‐'"´   /_.ヽ、 ヾ.:: ~,_,.Ю"´:: :: `:: ;l、:: :: :l:: .'
      ヽ:: :: :: :ヽ ヽ:: :: :: :: :: ::゙l    /:: ::ヽ`‐-'jノ'":: :: :: : _,..ィ-ァォャ、!:: :: !:: {      まてー!
      ヽ:: :: :: :ヽ ゙、:: :: :: :: :: ゙l  /、,、:: ::ト、 ,j:: _,./7ヤlメル'`'`゙´´>':: : |:: ::゙l
       ヽ、:: :: :: ヽヤ:: :: :: :: : l /メヤl--、|' ヽイi | /: `'ヽ   メ´:: :: :: l_:: :/
         \:: :: :: ヽ、:: :: :: :: ::V       j  l/ゝ, ゙. ヽ'"/!/:: ::、:: :、`ノ
          \:: :: ::ヾ、:: :: :: :: ヽ      ヽ ゙l ぞl l. | /ノト. ,ィ. ヽ /゙、ーヽ.
            ヽ:: :: :: \:: :: :: ::`、      l 〉ネ l  l/   l_! |_,l_ヽ :|..イ、|
            ゙l:: :: :: :: ::j:: :: :: :: :ヽ.     | |キ', /゙イ!    ゙V  ̄V
             ヽ.:: :: :: ::ノ:: ,:: :: :ヽ l     ヽ、メイwィヤ
                \:: :/:: 〈:: :: :: lヽメ      `~ ¨´
                コ、:: :l:: ,、:: ::|:: fヽ.
               / j:: ::| / ヽ l:: ::| |                   |\
               |/ト-.ィ、_゙. l/ィト--、 |                   | \ヾヾー-、ヘ
               ´     V    ヽ!                   <  |ソ゚/WW//   やだー!
                                             \ /ノヽ二ノ/
                           ゙'    `           巛== ̄ _ノ
                                              ////

294名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 17:01:58 ID:U/VBWt9s

                 / ゙̄フ
   ,ヘ__         ノ   /
  /ヘ ,:´⌒ヽーー─ノ二二  ヽ |
  / \ |; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.゙ヽ、(l )ヽ、_ヽ、
 /  \_⊥___; ; ; ; ; ; ;;;;  ̄ ̄; ; ; ; ヽ|
 |/|/|/|/|/|/ヽ___; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
 |/゙´; ; ; ; ; ; ; ;; |/|/|/|/|/`:ー-´⌒ヽ ゙ヽ    と言う風な改変も出来る
 ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |/|/|ノ|ノ/  ヽ_,| .
  ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; (  ノノ(    AAの大きさはかなり重要なポイントだ
   ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽノノ  ヽ
    .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽ.ノ   ノ    なるたけ気にしといたほうがいいな
    .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽノ    /
    ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽノ    /
     ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |゙ヽノ    ノ
      ヽWWWWヽノ    /
       ヽ、∴∵∴     /
         \∵∴   /



            ,..ィ 、_
           ,.'" ´⌒`ヽ......._
           〈wト,、_ l:: :: i'.Ю``ヽー─‐- 、__
           ゞ,、 リレメ、_ェ_、`ー''l|ヽ.ミ三'"´´    正直序盤も序盤だから、いえることはこんなもんかねぇ
             ゝ,、"レノ'|ヾ、.:: l:: ::`<´
                 }_,ィト、!r'"`メ、:: :: ゙.        原作をしっかり押さえてるから、もう少し頑張ってみ
             ,-'"イ,〉/'ノ    〉、.._゙、
             'イ´>`'/   /ヽ:: ::`ヽ.      んじゃ、次回を楽しみにしてるぜ
            ,、メィ>'/ ,ィ、'"´:: :: ヽ:: ヽ ヽ.
           ヾ、´ __/  ヾ..、:: :: ヽ:: :: l .l.
             `二  、   j``ヽ、:: |:: ::l| :|
             |:: ::`ー、 ヽノ:: ::l|:: ::| |:: ::l|::|
              ヽ:: _ヽ:: ::l:: :: l|:: ::||:: /':: |、
             ,.ィ'´-、ヽヽ:: ヽ:: ヽ l| ///) ``ヽ、_

295名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 17:02:44 ID:U/VBWt9s
以上です、しつれいします

296名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 17:03:32 ID:ygJ2CKvg
評価途中に悪いが、もしかして即興でやってる?
共同使用のスレではやらないほうがいいよ

297名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:08:31 ID:vgnDtBjQ
少しだけお借りします

298名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:08:59 ID:vgnDtBjQ

      i-、'、 ';   _,,....,,_    /,. ;'-;
     ヾ'''  ヾ、!, '"     `' .、//'´ 'ー;
     '-´.,,_, '   , ,、  、 , ヽ _,,.ゝ
          ,' ,' /_/l / ヽ__l',,,,', , ',
        i /! /l/ .!'  ´ヽ!ヽ!、 i. !      どうも始めまして!新米評価人の小岩井よつばだ!
       ,'!'、l/., --、   , --、 ヽl`;i
       ', !,,i             i,,.!ノ      今日はよつばが好きなゲームを題材にしたやる夫スレの評価依頼が
      / `ー',  | ̄ ̄ ̄.l  .,'‐' \     来てたから評価しようと思いました!
      ̄!_ /'.、. ',    ,' .ノ'、  __i`
       l,.',. ‐'´`i‐r--- r'i`'‐ 、ヽ!      そのやる夫スレとはこれだ!
      ,.ィ'    ,'、`ー 'ノ、   ヽ,      【やる夫はトーティス村の青年のようです】
   _ ,. '´ ,.!   / `""  .ヽ _ /,. ヽ     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293787556/
  i´ `,. '" ヽ,,.イ       i´ `´ _ノ
  `ー'        !       ヽ,_ノ´       このスレはナムコから発売された「テイルズオブファンタジア」を
          i         |         やる夫スレ化したものだ
          !、_      _,.ィ         
          |   ̄ .l  ̄  i          ちなみに評価の依頼内容はこれだな
          |    .|_   , i          □評価方針     辛口でお願いします
          l----‐.!-=r‐'          □評価スタイル   おまかせ
          ーi‐ 'T´!ェェ‐l           □AAの改変具体例  おまかせ
            |  .| 'ー '           □その他要望
            |  .|               話のテンポや場面転換のタイミングは適切か辺りを評価して貰いたいのですが
           l   !              それではよろしくお願いします
           l_,..、'、
           !'二ヾ
           !'´ `,!
            ̄

299名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:09:56 ID:vgnDtBjQ

     | |  __    / /
   、-- l-! '"      '-.、//‐‐‐‐ァ
  < ./         ヾ、  >
  -´//  /ハ. lヽ ヽ、ヽ   t‐--`
.   l l ,_/l/  ヽl_×l‐、 .l _. l      既にティガレックスさんが評価してくれたからな
   レレレ`!ー   '__ ヽl´r`;      前置きはこれくらいにして評価に移ろうと思う
    ,.d、 ̄        リ ノ
   ff  `;        r-< 、      作者様は話のテンポが気になって評価依頼をだしたんだな?
   l l.   i i ̄ ̄|   入   r`
   l. l  l.>-ニニ - '{、 ヽi`ヾ     だったらよつばの評価はかなりサクサク進んでると思うぞ?
   l ヽ ヾ.r'''(  〆 '``ヽ
.   l   |'、 ゙、  ~/:::::::::::::::i         でもその反面サクサク進みすぎて描写が足りないんじゃないかって
.   l   i´'、  ヽ 'ヾ:::::::::::::::::;:!      思うところもあった
.   l  'i::::'、     l:::::::::::::/.l
   ヽ-、l::::|.ヽ__ イ::!:::; -'" |
     `'ー|    `´"    .|




      、 、     _,. -‐ ''"゛´ ̄ ̄ ゛" '' ‐- .,_ // ,/ |/:: ::
  、―- .,_ヽ\, '"                  `'く/ :: :: :: :: :
   >   `>゙          /\  ヽ. 、  、  / :: :: :: :: ::
  <    ,'    ,i   /|  /   \  ', ヽ ヽ./ :: :: :: :: :: ::
   >    i   /| /|,/    `"''、┼‐-\/ :: :: :: :: :: :: :    たとえばこのシーンだな
  ∠=--―| ; /-‐|/'''"|/        ●  ;゙:: :: :: :: :: :: ::    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293787556/46-48
       |∧/   ●             | :: :: :: :: :: :: :
        ,'゙|                     | :: :: :: :: :: :: ::    ここはやる夫の両親が死んじゃうん場面なんだが、
        ||         ,. -―‐- 、     !:: :: :: :: :: :: ::    それを1,2レスですませるのは寂しいなって思った
        ゙、|       , '゙       ゙',  |:: :: :: :: :: :: ::    
         ',      i        j   i:: :: :: :: :: :: :: :    もうちょっとだけレスを使っても良かったんじゃないのか?
         〉、      ヽ.__ ,,. -‐ ' "´   ヽ;: :: :: :: :: :: :
           /  丶.             ,. イ `ー―‐┬‐     以下は参考までに作った改変例だ
        //|   ` ,ー―;-、-  -‐ '' "´ノ::ノ_,,.. -‐ ''('ー
        ´  レ'! / /,.ゞ-―..''.."".. ̄ ̄:: :: :: :: :: :: :: :
             ´,-‐i゙ '´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          i´`i、_ノ             :: :: :: :: :: :: :: :
           ,'´i、_ノ                    :: :: ::

300名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:10:23 ID:vgnDtBjQ

ここから改変例

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ
             二        }          クソッ
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ          家を見てくるっ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /            やらない子っっ!?
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ


    _____
  /三      \   ―― [] ]
   \三 /    三 | l ̄ | |
 '(○) (○ )   三. |_| 匚. |
 | (__人__)   u  三    | |
 \ `⌒,/ゝ  /⌒ヽ    |_| [] [] ,-      わかったお!
  /  | \|    三       //
≡(    ヽ   三   三      匚/      やる夫も父上と母上の様子を見てくるお!
. ≡\   \  三  三
 (⌒、\   \.__、≡二
   ̄ /         三
  /    /ヽ    三
 三   三 / ニ ヽ    三
  \__二_ニ  ヽ    三
             \  ≡
              \ ≡
                  ` 、_三

301名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:10:38 ID:vgnDtBjQ

┏━━━━━━━┓
┃ やる夫の家 ....┃
┗━━━━━━━┛


_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i |
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,.
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |   ~"~゙''"''' w,v,,ivll、,wii,,..,..,.ill,..w,,_,,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |                        ゙'' vw,,'w
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,                         ""''´''
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,..                           "゙''''~
                     ゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,,_
                                  ゙''"゙v,,ivll、,w,,'wii,.,
                                            `~"゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,

302名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:10:51 ID:vgnDtBjQ

  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三       /u    \
  |┃         /  \, 、/  \
  |┃       /  ( ●)  (● ) \    父上!母上!無事ですかお!?
  |┃ 三     |  '" (__人__)"' u  |
  |┃       \    ` ⌒ ´     /    一体何が――
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /                 \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三         |              |ヾ___ソ






::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ      ・・・・・・!
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

303名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:11:15 ID:vgnDtBjQ

: : : : : : : : :ー-、;;;;----、,,,_: : : : : : : : : : : : : : ヽ !: :i: :l: : : : :!: l         ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
: : : : : :r―--:...,,,二ニ=― ^'''-.._: : : : : :、: : : ,,\|: :|: : : : :|: ゙i、       <                             >
: :i、::\:\ ,/ ,./゙゙゙゙゙''''‐ニュ、   `'''li,ヽ...:ヽ,: : :`'i::゙'i,―-,,,,,l゙: : :゙l     <     父上ッ!大丈夫ですかお!?父上!    >
: : :゙ト、ヽ、:\_.゙l゙      `'r、   `''x\:.゙ヽ-_゙'、:ヽ:    ~゙"''―     <                             >
、ヽヽ\:ヽ广''┴-  _;:;:⌒ゝソ;:   `ヽ`''ヽ、゙'、ヽヾ:::             Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
:゙l,::゙'i,,ヽ. ゙''-ミ;_、   (;:;:;:;:;:;:;:;:;:) `'-、     :::`jL::`ヾ:::::::::         
、:\::゙!ン゙i、._、 `~"'''... ヾ;;;;;;;;;;;;/;  `'i、    .::::l゙:゙ゝ::::ヽ、::::::::::::::
:ヽ: ヽ、く i´:;ハ  ..:::,-::::.  ,,,v‐    `'-、  .::i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::     
: :ヽ: : ゙、`i7 l、:::、::::::::  //´       `'ー-i!---―ー''¬ー--,,,_::      ・・・・やる夫・・・か?巴は・・・無事でござ・・・るか?
、: :\: :ヽ`'-、  ̄"   .,l゙/ .,/  #     ..:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::″    
: \: : ヽヽ: : ゙':、_             ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   `'-、: : :\: `,-、..,,,,_        ..::::::::::::;-―ーrrv、.........,,,,,,,,,,_     
     `ヽ: : :\ :゙ヽ: :.゙l, ̄:Tー-...、:::::::::::;;/´   |:.|: : :ヽ\\
      ヽ: : : `-、:\ ゙l\ヽ、   ゙̄"゙´     .l:.|: : : :ヽ;;;`.、゙'‐    
        \ : :゙ヽ、:\゙l, ヽ\          l:゙l: : : : ヽ;;;;;゙'‐
         `ヽ、 : :\::ヾl  `ヽ          |::|: : : : : :゙‐;;;:     
           \: :ヽ




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     父上何が起きたのですか!?
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |   父上ほどの手練が一体誰に・・・!
  \     ` ⌒´     /




: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、: : : : : : : : . . . . .
: ::、: : : : : : : : : : : : : : : : : :゙lヽ: : :゙lヽ: : i、: : : : : : . . . . . .
: :l゙: : : : : : : : :、: : : : : : : :li、゙l,\: ::゙l,ヽ: l ゙l,:|゙l_,,,,,|i、. . . .    
: |: : : : : : : : : :ト、: : : i、: : :゙|i、゙l `i、: ゙l, ,|;;i‐|''l゙|  'l、. . . .. . 
: l゙: : : : i、::、: :゙lヽ: : : ゙l\: :゙l゙l.゙l _,,゙l,: {゙゙゙リ l_|,゙l_,. |l、:   i、   
: |: : : : :li、:|\:゙l ヽ: : :゙l `i、:゙l.゙l゙l'" k:.ト‐'"゙゙゙}l ゙l :l ゙l、 l、 l!     逃げろ・・・やる夫・・・!
: |: : : |l::|゙l_,|,,,..ゝ-‐\:゙l  ゙、|. ゙|   l:| ヾ  ,|  ゙l |. ゙l  .|| ||
: |: : ::,|ヒ'|゙゙l:l _..;;-‐テ `-.゙l、 j ´  ‖      | |  | :|:| .|:|.     ・・・奴らは・・・お主の「ぺんだんと」を・・・がはっ!
: ゙l: : : |゙l:゙l::|r'_,.ir‐"   `ヾ      ´  ::,,,,,、... |.|  ゙l │| |::|.
: :゙l: : :゙l,:゙l゙l::゙i、       :i、      !::::::::::`!  ll゙  .| l゙ ||:::|
: ::゙l: : : |〈!|、::゙_;:;:⌒ゝソ;:/..::゙l、    (:::,,;,;,、; 。 l′ ,!l゙ .jl:::|
、: ゙l、: ゙l:゙'、:::(;:;:;:;:;:;:;:;:;:)  ゙l  : .,,、          j/  ,|:::|.
゙l、: ヽ: :゙l: :ヽ:::ヾ;;;;;;;;;;;;/; ::::::ヽ-::::′      #  ノ  .丿:;| 
::ヽ: : \:゙l,: : `´  /;:ノ 。:::::::::::::::_,,,-‐ニ''"        ノl 
: : ヽ: : :゙-ヽ: : : : `'ー()   :::::::::::::`''"゛::::...      ..::/ |

304名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:11:28 ID:vgnDtBjQ

         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\    父上・・・!?しっかりしてください!父上!
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|  そんな・・・一体どうしてこんなことに・・・
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./




        ____
      /      \       いや・・・悲しむにはまだ早いお・・・!
    /  _ノ  ヽ、_  \     
   /  /⌒)   ⌒゚o  \    まだ母上が無事かもしれない・・・!
   |  / /(__人__)      |   
   \/ /   ` ⌒´     /    急いで母上を探して・・・

305名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:11:39 ID:vgnDtBjQ







   i/  Ni/lハ::::ハ!.:.ハ `¨    ,       /.::..:::/::ハ/
   !    从!::.::.::ハ.ト、   #         /イ :::/l/'i/          その声は・・・やる夫なの・・・?
         |::.::.::ト、>、    r´ ヽ  / !:::/ .iN             
         |::.::!:l ヽ.:!ゝ、.     '┃ /.!/   !ー-、__
     .    l::.::ト!   N   >ー‐イ '  i'     ゝト,  \____
         ヽ.::!      i/ / ハ      




       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \    は、母上!
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |   よかった、ご無事で・・・
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ

306名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:11:52 ID:vgnDtBjQ

      /::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::.:.::.::.::::.::.::.:::.:i:.::.::.i!:.::.::.::.:∧
     , '::.::.::.::.::.::.i::.::.::.:/`´ヽ:::.::.:.i::.::.::.:i!:::.::.:i!:::..::.::::.:∧
    .'::.::.::.::.::.::.::.l::.,::.::::!   ヤ::.::..i!:.::.::::!::.::.::i!::.:::.::.::.:::∧
   /::.::.::.::.::.::.::.::.l::.::li::.l.    l::.::.::l!:.:.::.:i!:.::.::.i!:.:.::/:::.::.:::.l
.  /:::.::.::.::.::.::.::.::.::|:.:::|!::|    |::.::.ハ!:.::./|::.|::./:::.:/::::.:!::.::i      
  i::.::.::i::.::.::.:i::.::.::.:|::.::|!::|    |::.:/ l::.斗七千::.:/:::.::.:l.::.::!
.  |:::.::.:|::.::.:.::|::.::.::.:|::.::ト、!   .|::/ i::/  i/__|:::/::.::.::.:.:! :::|      はぁ・・・はぁ・・・  
.  |:.::.::|::.::.::.:|::.::.::..l:::-|七 `  .i/.  i/,ィ'f:::ヽ.i/::.::.::.:::::!:::.:!      
 ノl::.::ハ::.::.:::.l i´::.::llハi!ニミメ、;:;:⌒ゝソ;:/tりソノl::.::.::.::.::.//N       やる夫、やつらが戻ってくる前に逃げなさい・・・
  i::./ i::.::.:::ハト、Ⅵf:{ {じり(;:;:;:;:;:;:;:;:;:)`´’/::.::.::.::.:/:/!        
   i/  Ni/lハ::::ハ!.:.ハ `¨ ヾ;;;;;;;;;;;;/   /.::..:::/::ハ/         北の都・・・ユークリッドへ行けば・・・伯父がきっと・・・
   !    从!::.::.::ハ.ト、   ´  /;:ノ   /イ :::/l/'i/            匿ってくれるはず・・・! 
         |::.::.::ト、>、    r´ ヽ  / !:::/ .iN          
         |::.::!:l ヽ.:!ゝ、. #:::┃ /.!/   !ー-、__        あいつらは・・・あなたの「ペンダント」・・・を
     .    l::.::ト!   N   >ー‐イ '  i'     ゝト,  \____ 
         ヽ.::!      i/ / ハ         /   /::::::::::> 、
      (_ノ  ヾ!     ., yr-:/  l !      /   /:::::::/    ヽ   
              イ:::::::::::/  /       /    /:::/         }
                / |:::::::::::/  /‐――ー-、./   /::/        l   
             / V:::::::/   i::::::::::::::::::::::::/   /:/ /       |   




          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;    そ、そんな・・・!母上まで・・・!
      ;/   o゚((○) ((○)゚o 
      ;l        (__人__)   |;   誰なんだお!こんなひどいことするのは・・・
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;    やつらって一体何者なんだお!?

307名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:12:05 ID:vgnDtBjQ



':,  \':, \: : !::::::::::::::\:.:ヽ:.:.|:.:.:.i:.:.:.: ト、:.:.:i: !:.:.:.: : i:.:.|:.:.:.Ⅳ
 \  \   >:::::::::::::::::::::::\i:.:.|:.:.:.|:.:: : l ',:.:|、:',:.: : : |:.:.|:.i: !
       ヽ           !:.:.!:.:. |:.: : :l  i:.l ',:.',:.:. :.|:.:.|: ! |     ごめんなさい・・・剣さん
       i`:..、     # |:. ii:.:.:|:.:.:.:.l.  !:l Ⅵ:.:.: |、:.!ハ|
       |: ハ: ー、 - 、  |:.:l l:.:.|:.:.:.:.!   ||   ヽ:.:| Ⅵ :!     私が人質にさえされなければ・・・
        !:{ ヽ: `Vノ  l:.l l: |:.:.:./   !     ヽ!
       ヽ!   :.:. ∧┃  ll ´|:.:!:.:〈       ,  l         こんな・・・こと・・・に・・・は・・・・・・
         \ i:. i `´  ! . |:.:.: ハ  :;:;:;:;:)    l
           l:.l        !:.:/  i   ;;;;;;;;/   l        ・・・うっ・・・・・・・・・
            ll      |:/   !  /;:ノ   /¨\
            !      |'   /    /´    /ハ
                    ソ   /     //  \
,                 //  /     //     ヽ




           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \     母上・・・しっかりしてください!母上ッ!
      /::::::::::         \    
     |:::::::::::::::         |   そんな・・・どうして・・・どうしてこんなことに・・・・・・
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;   父上も・・・母上も・・・目を開けてくれお・・・!
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

308名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:12:37 ID:vgnDtBjQ

  !l  |   !   ! | !  !ll  |! l l  |   ┼┼``
|   !ll  |! l  !|   !l|   |    | !     !/  ア ア ア ア ア ア ア ア ア ───‐─ ─ 
  !l |! !   | !  i   | !  | ! l   
!   | !     | ! l   ! | lll  |                ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1、,r'    
  i l       l    i | i  !|      !l  |   ! !|    l)                              (     
l     i   il l  |   illi ..|! !   | !    ! l    |   ‐=、´  うわああああああああああああああああ!! `、=‐  
 |   !l |! !   | !     | ! l    |  ! l  |! |   !ll    )                                (    
 !l |! !   | ! !ll  |! l !|  l   !ll  |!_________ l   , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ ⌒' ,  
  !l  |   !   ! | !  !ll  |! l /´               `\ 
 ! l  |! |   !ll  |! l  |!  /     ``゛'‐- ,_      ,.ィ!   | !     | ! l    |
! |   !l |! !   | !     |/   し       、   `\ ル / \l  |!|   !l  |   !   ! |
 !l |! !   | ! !ll  |! l !|/          o( `゛ ー-、 )   (,ィ´ jo。  l|  l  |!|   !l  |
  !l  |   !   ! | ! /      ° o .J`´⌒゛彡      ゙´⌒\°  | |! !   | !
|   !ll  |! l  !|  /           °      (        }    ハ   l  ! !   |!
  !l |! !   | !  /            °o    /⌒乂,,___ ,.ノ、_ ,ノ\ l  | ! l  |!|
!   | !     | i      し              {          ,、(V,-|    l|  l !|  l  !ll
  i l       |                       V            |   J |  !l  |
l     i   il l        し            V´⌒ \      |゚    l!ll   l  |!|
 |   !l |! !    ',                   V     \   .!   ./ |   !l |! !   
 !l |! !   | ! !ll  \                    V     }   .|  /  !l |! !   | ! !ll
 !l  |   !      \             J    `ー--┴−´ /     !l  |   ! 
 ! l  |! |        >- ___             ,, ,,,,,__、ゝ /|   ! ! l  |! |   
! |   !l |! !    /´ ̄     ̄`\               / \   |!|  ! |   !l |! ! 
 !l |! !   | ! !ll /            \     ''' ‐、-─一 ´    ハ     !l |! !   | ! !ll
 !l  |   !  /                                 ハ |   !l  |   ! 
|   !ll  |! l                                  ハ  |!|   !ll  |! l  
.  !l |! !   | !                                    ハ   !l |! !   | ! 
!   | !     |                                 ハ !   | !     |
  i l                                          i l      

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまで改変例

309名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:13:58 ID:vgnDtBjQ

.         ', ',          / /
         _',_ ', _,, -―‐- 、 / /_,,_
.       ィ´.::::::::,y`´..:::::::::::::::::::::::...ヽ´.::::::::::`'ァ
        >:,r''7:::::::::,:::::,:::::,::::::,::::::::::::i`ヽ、::::::_>   拙い改変だけどこんなふうにしてみた
        '′ i::,:::,::,'j:::/i:::/ヽ::::i',::l,_:i」_  `′
       't-―|:;'l:'リ`|:メ、レ u _,ゝk<!':j !::ヽ,     まあやったことと言えば一レスに詰め込む情報量を削ったくらいだな
       >_::;(' !'  ●    ●   ノ、:r
       ´ '",:'`|        J j´.::::.':,      これをやれば確かにテンポが悪くなるが、こういう大事なシーンはじっくり
        ,:':::::::ヽ、   -‐―  .ノ:::::::::::::',     描写してもよつばは問題ないと思うぞ?
        ,ヾ/ ̄ ̄`'' ー--一'" ̄ ̄';,'/i
.       i // | | | | | | | | | | | | | | | |',  |     何より、よつばがこのゲームを始めて初っ端からこんな展開になった時は
.       /               .',. j     かなりの衝撃を受けたからな
       〈-‐―==================ソ
.       ',    愛媛みかん.    /      よつば的にはもうちょっと描写してほしかったんだ
        ',            ■ /,
       .... / ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ..ヽ/ヽ
      .:::::/ニ/:::::...............:::::::::::::::::::::::::ヾ'´,\
     .::::::::ト、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`<,_ノ
    .::::::::::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  ∧ l /
               lヽ/:.:ヘ | ./
            、─:.:.:.:.:.:.:V /
     , r‐- 、     \:.:.:.:.:, -‐ ''' """" '' - 、     / ,r
      (    ',        > "  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ,r'.∠- '
     ヽ _ 、 ヽ   /                 ヘ,/テ":.:.:.:.:.
        ヽ  \ /:./:ヽ/  / ∧:.  :.:.    :.:.';.:.:.:.:.:.:
         ヽ  ./:./:.:/ヘ オ:.:/  ヤ:..|ヽ:. l:.. ヽ:.:.:L....,,,_
         l |  ヽ./オ:///ヾ;./    ';.:l ゝ-十:.:l:.:.:.}
       l l    'イ.レ" ニヽ、レ'     ヘ:l´ ヤ:.ト;.:.:l:.;,リ        
       l l      ゝ|   ``      _=ニ '.,l ヤf´r.ヽ,_ , ..     次の評価依頼内容は場面の切り替えだったな!
       l l    f:::::',   ,、 _          V{/ ハ
.        l l     L::::ヘ  f/   ` ''' ‐‐ ┐   r-..":::::Lr ''"    これは問題ないと思うぞ!
.        l l     ヾ:::ヽ !         l   .イ:::::::::::::::l       ちゃんと場面が変わるっていうことをAAで教えてくれてるし、
         l l      ヤ:,.r' 、 _    _ /.r ":::::::::::;,.. - '       変なところでぶつ切りにしてるわけでもなかったしな!
       l. l      Y   .'、' ,~ ''' テ.ノ`ヽ、:::::/
        l. l      l    ゝ-ニ´‐"   ヽf      〃
        l. l     l              l       〃
                 |               |    〃
                /  、           l   〃
               /   ヽ、          |
             ',    ` ‐- ...........   /
             /:ヽ             ハ

310名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:14:26 ID:vgnDtBjQ

  .ii
  .||
  .||
  .||        鄽酛
  .||       !  i,_ _    A/i
 fモヽ      .ゝ´.:.:.:.:.:.:.:.:\/   フ       まだ話数も始まったばかりで、評価依頼内容もテンポとか切り替えについて
 `|i 、\    // /∧___l、.:.:.:..Y- '´   _     のみだったから、短いけどこれで評価は終わりにしたいと思う!
  .!! .ヽ,\  .レx-k,′'x-k,ヾ:.:i   ,r '´ ヽ
      .ヽ,\ .|! 0  0 !.Y~j>'´,r '⌒"´    本当はあとひとつ言いたいことがあるからそれを次のレスで言うが、それは
        ! |`ゝ .r‐ュ  ノ'´`r '´        依頼内容とは関係ないものだし、よつばの主観によるものが大きいから
        V_ >.ー' <  r'´          気が向いたら見るくらいの気持ちでいてくれ!
         `i       へi
          |、.     h           以上、評価人小岩井よつばでした!
           ト、ー-    ,}
          | `"'-'" ̄.i
          !、_Y   _|
           .!三:ゝ、_,r´
           `ー´ .| |
              | |
              ! !

311名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:15:17 ID:vgnDtBjQ

     | |  __    / /
   、-- l-! '"      '-.、//‐‐‐‐ァ
  < ./         ヾ、  >
  -´//  /ハ. lヽ ヽ、ヽ   t‐--`
.   l l ,_/l/  ヽl_×l‐、 .l _. l     さてと、それじゃあ気になった点を言うぞ
   レレレ`!ー   '__ ヽl´r`;     
    ,.d、 ̄        リ ノ     やらない夫をふざけさせすぎじゃないのか?
   ff  `;        r-< 、    
   l l.   i i ̄ ̄|   入   r`    ギャグパートなら問題ないんだけどシリアスなところでも
   l. l  l.>-ニニ - '{、 ヽi`ヾ    必要以上にボケさせてるなって読んでて思った
   l ヽ ヾ.r'''(  〆 '``ヽ     
.   l   |'、 ゙、  ~/:::::::::::::::i      たとえばこことかな
.   l   i´'、  ヽ 'ヾ:::::::::::::::::;:!     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293787556/169
.   l  'i::::'、     l:::::::::::::/.l     
   ヽ-、l::::|.ヽ__ イ::!:::; -'" |     やや強引な理論だけど、必要以上のボケは必要以上のツッコミも入るからな
     `'ー|    `´"    .|     そういう意味ではテンポが悪くなることもあるかもしれないから一応、言わせてもらった



                              
                             
                  __ .... __    | /  
              ,  '´: : : : : : : : ` ヽレ'´ ̄     それにそのボケでちょっとグダグダになることもあるしな
            \\ /: /:/{: / \lヽ、斗、ヽヽ: : : :
     __, -─ー\/ ‐--/|/_,  v〃-‐-,_\ト} ̄     別に作者様がそうだって言ってるわけじゃないぞ?
     >: : : : : :_/: //と_  ̄ ノ   `ー‐とノ {ヽ 
      7_: : / {: :{/ (__) ̄     __   い      ただやるからにはそういう恐れもあるってことを
       //  /⌒     | ̄ ̄ ̄    ム  }ノ      頭の片隅にでも入れといてほしいんだ
          { ヘ     |           |   !ヽ     
           ヽ _ヽ  |        | ノ/{      まあこれは本当に人の好みだろうし、
         __.. --ァ \|        __,j'´:::::::::     それが良いんだって言う人もいると思うから難しいところなんだけどな
     , .. ‐      /::::::::::ヽ-‐r===ヲ:::::::::::::::::::::
    /  _, -‐─-/::::::::::::::::::::::ヽ、____ノ::人:::::::::::::::     ただあなたのスレを読んでるうちの一人はそう思ったってことを
     ゝr_ノ    \::::::::::::::::::/ ̄` ‐-‐ '´  \::::::/     覚えておいてくれると嬉しい
             `ヽ:::::::/          `Y 
               `Y                |
                |       /      |
                 |     / /       |

312名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:16:11 ID:vgnDtBjQ

                 \  |
                 ┌‐'\ヽ|_,.. -ァ─- 、._
             、‐┘.:.:.,.r'´  /::::::::::::::::::::l`ヽ、
              \:./r'´  ̄r`ヽ、::::::::,.. 」.._  ヽ   _,r'
                〃ナ   {::::_ノ ヒソr‐ r-、`ヽハ,.-'=-─r
               ァ'"`ー===' '´::::ヽヽ、!  ヽ l. l.:.:.:.:.:.く_
              /,rァ'''7/アT`メ ー-、.._ヽ、ヽ、_,.ノリ、}_.:.:.:.:r'´
               ゝレ!/レ,,,._!/    '´「フヽ=、- 'ヽl〉`` ー゙  とまあよつばが気になったのはここだけだ
                 { f7 '´  ヽ     _,,!_ }ハl`ヽ、7
             _,..ゝ、{         '´  ヽ  〉ハヾ     最後はちょっと脱線したが、それでもよつばは
            < .:.:.:.:!    r ー- 、...__    /). リ      あなたのスレが好きだぞ!
            /.:.:.:.:.:,rゝ   |        |    /ヒノ
                ̄レ'/ iヽ、!      /  /.:.:.:.:.\      陰ながら最後まで応援するつもりだ!
                / ヽハヽ`ヽ、._,.∠rァ'ハ.:.:,、:.| ̄
            ,r'  -‐-  \    ///  Vヽ.`       初心者ってことで色々大変かもしれないけど
              / /   ヽ、 ` ー ' // ソ   ヽ.       めげずに頑張ってほしい!
             / l !      〉   _,.  /_三 -‐   ヽ、
          /   l!      | ,_イ / /``ヽ  _,..rfシ/ヽ     この言葉を以て今度こそ本当に評価を終わりにしたいと思う!
          〈   |      ! / //     ヽ-'"`<  \
         /   L_     トシ'{           \   ヽ  ありがとうございました!
       ,r'⌒!  \`ヾfr─fジソ ,{            ヽ  \
      { ;;;;;ヽ、   ヽ |"´ レ'´ \            \  ` ー'、ヽ
      V ;;;;;| fー- 、... -|   l〃   ヽ.           ヘ  ヽヘリ
      ,ハ;;;;;; { !  ニ=- !   l     リ          ('⌒_ソハ_}'
      ーヽ;;;;、l !=-   -l   「``ヽ、_.ノ ヘ        _,./´l 「
        ハヽ;;l !-   - !  |     \ ', _,.--、 ,r、'´f  ̄``ヽ
          | fヾ`ヽL_   _,..li   !      ヽゝヽェァ'´ )_ト =__=ソ!
          | ゞヽゝヽ.「 ̄  |.!  ヽ、  ,./ r、ヽ  レ|/ /ヽ、.... -' `ヽ、
        ヽヾト、 \l   | {    、ヽ  ヽー' `7':ト、ヽ!:::::::::::::/::::::::_,.ゝ、
        ヽ、ゝy\!   ,.!-ゝ i ヽ l ソ'"`´フ_/|:::::|_,.->l!イ{:::::::::::/,r'´リ
          Tヾンl   ヽ_,.-しー'`'   /'  ̄| _| < トう!::::::// /
           ヽトリ   人ヽfヽ、   ,./   | l`=' _|-'"|/ゝ/:/ /
          rヽソ(  __ ! `fY`ク`>〃_     `| ソ{::::::ソ{! ヒ >:T´
          \{ `ァ-‐ゝ ヽ ,.-キiJ_`´>  (L__j/フ /7i:::::|
          _,.ィヽ ヽィソヾ、r-!  ト l‐<ト / rTヽト、 L...- '! 〃::::|
          ヾ,ィ"ヽ r'  ̄}! | '"リ_.!      |:::::ト,:::::::{〃ゝ_,.)
              ヽ== ' ヽヾー' \__ト’∠.ソ|:::::!(::::_.〃:::lシ::|
                   ヽ`ー‐'´ノ ̄ヽシ _,!:::::!::::::〃<!::::|
                     `` ''"     //、ノレ〃  `ヾ、
                            i  _!ニ!〃      \
                            し「;;;|::::::!ll.        ヽ
                             V;;;;l::::l lヽ.        ',
                               ';;;;;;!::::lト、\      リ
                             ヽ;;;|:::l、 ヽ ヽ、_,.. - ' !

313名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:16:32 ID:vgnDtBjQ
以上です。お目汚し失礼しました

314名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 20:29:02 ID:QceOoS16
お二人とも評価乙でした!

315名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 21:10:46 ID:/C9DoPhM
評価乙
しかし、知的なよつば……www

316名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 21:23:00 ID:XGsUrGak
評価乙

>>315
実はちよちゃんなんとちゃうかw

317◆ZgBVPMkxkQ:2011/01/04(火) 23:24:32 ID:???
評価乙でした。


以下のスレを評価依頼させていただきます。

"聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです"
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288365659/(1スレ目)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293284774/(4スレ目・現行)

・PCゲーム「Fate/stay night」の二次創作にあたる伝奇物語になります。

希望する評価内容は以下になります。

  □評価方針       おまかせ
  □評価スタイル     おまかせ
  □AAの改変具体例   おまかせ
  □その他要望・見てほしいポイント等

    1.各キャラクターの言動に不自然な点や違和感がないか。
      また、各キャラクターに個性を感じるか。

    2.作中及び作外での解説で最低限の原作設定が理解できるか。
      もしも原作未プレイの方であれば、話についてこれているか。

    3.演出に関して、何か問題点や改善点がないか。
      視点変更の頻度や会話・展開のテンポ、カットインや吹き出しの使いどころなど。

    4.AA描写に関して、何か問題点や改善点がないか。
      特に戦闘シーンにおいて、状況が理解できるか、迫力があるか。

    5.その他、気になった点があれば何でも。


以上です。よろしくお願いいたします。

318 ◆QIYyUGFUUU:2011/01/05(水) 00:22:15 ID:WI7o.dUI
>>257-284 佐為様、御評価誠にありがとうございます!

        
>セリフの強調したい部分を傍点に頼りすぎていませんか

確かに読み返して見た所、傍点を多用し過ぎて一言一言の
重みが無くなってしまっているように感じました
作成して頂いた改変例などを参考にしつつ改善していきたいと思います

>場面と場面の切り替えがやや唐突

やっぱり・・・や===では分かり辛いですね
早速次回より変更する事にします

>むしろもう少しテンポを落として描き込む余地がある

実は個人的にややテンポが悪くなって来てるかな・・・?と思って
場面場面を削っていたのですが、本来必要な場面まで削ってしまっては本末転倒ですね
今後は一つ一つの場面を、より丁寧に描写していくよう心がけます
御指摘のあった場面は、後ほどフォローを入れるつもりです

>作者様自身もお分かりとは思いますが

返す言葉もございません・・・ですが
そこ以外は特に問題無しとの事で安心しました

>ポケナビを活用

原作のイベント上持たせたはいいものの、完全に死に設定になってしまってますね・・・
このままでは良くないのでこれからはガンガン使って(?)いくつもりです

> ホウエン地方の地図がほしい

今まで「地図をある程度自作で作る」という行為に及び腰になっていたのですが
物語を進める上で必要なものであるのは間違いないので
折を見て登場させようと思います

>あと世界観の説明は極力作中で済ませてしまったほうがいいです

これは恐らくSSSの事ですよね・・・
自分でもこのスレ中最大の失敗であると思っています
タイムマシーンがあればすぐにでも修正しに行くのに・・・
後悔しても仕方が無いので、佐為様の素晴らしい改変例などを参考に
今後改善していきたいと思います

>もう少しホウエン固有のポケモンが

好みのポケモンばっかり優先して出した結果がこれだよ!
前半は少なめだった分、後半はしっかり第3世代の皆様も出していくつもりです


簡潔かつ的確な御評価ありがとうざいました 重ねて御礼申し上げます

319 ◆oV8A9x5aeE:2011/01/05(水) 00:41:20 ID:6Wi89LYM
>>287
ティガさん・・・でいいですかね?評価ありがとうございました
教えてもらったスレで勉強させてもらいます
AAの大きさとか考えた事無かったので頭ひねってみます
後、酉付けてみました・・・わざわざすみません

>>298
よつばさん評価の方ありがとうございました
印象に残るシーンは深く描写するのが大切なんですね
ていうかAAの表現力凄い・・・俺には無理かな
やらない夫のボケはやはりあざといですかね?
自スレでも書きましたがその日のテンションで書いてるもので・・・

御二方本当に評価の方ありがとうございました
少しでも指摘された所を改善出来るよう頑張ります

320名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 01:35:14 ID:lKep3u0w
>>319
どうもよつばです。
一応私は原作やってたので、そういう目線になってしまいますが、作者様の作品は何をやっているかは理解できる程度には作られていると思います。
後はそこにキャラの心情やよりわかりやすい演出を肉付けしていけば、より素晴らしい作品になると思います。
あとやらない夫はほとんど出てくる度にボケてたので、そう感じたというのが正直なところです。
確かにそういうキャラがいれば使いやすいですが、過剰にそれを使いすぎると話が進まず、グダグダなように見えます。そういう意味も込めて、シリアスパートでは抑えた方がいいと指摘させていただきました。
決してシリアスな時にはボケるなという意味ではないのでその点はご安心ください。
差し出がましいようですが、投下前には一度見直すといいかもしれません。見直してみると、作ってるときとは違った視点で見れることが多いですから。
それでは長文となりましたが、これで失礼します。

321名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 01:35:22 ID:lKep3u0w
>>319
どうもよつばです。
一応私は原作やってたので、そういう目線になってしまいますが、作者様の作品は何をやっているかは理解できる程度には作られていると思います。
後はそこにキャラの心情やよりわかりやすい演出を肉付けしていけば、より素晴らしい作品になると思います。
あとやらない夫はほとんど出てくる度にボケてたので、そう感じたというのが正直なところです。
確かにそういうキャラがいれば使いやすいですが、過剰にそれを使いすぎると話が進まず、グダグダなように見えます。そういう意味も込めて、シリアスパートでは抑えた方がいいと指摘させていただきました。
決してシリアスな時にはボケるなという意味ではないのでその点はご安心ください。
差し出がましいようですが、投下前には一度見直すといいかもしれません。見直してみると、作ってるときとは違った視点で見れることが多いですから。
それでは長文となりましたが、これで失礼します。

322名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 01:38:15 ID:lKep3u0w
わー!すいません!
二回も同じ文を書き込んでしまいました!片方は無視してください!

323 ◆oV8A9x5aeE:2011/01/05(水) 10:24:13 ID:6Wi89LYM
>>320
よつばさん
補足ありがとうございました
出来たらズレと誤字だけさっと見直して即投下してたので一呼吸置いて投下するようにします

324名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:13:22 ID:ja0zQsZA
投下します

325名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:13:54 ID:ja0zQsZA
           i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l!          l i,
             {;:;:;:;:イア;:;:;:;:イア;リ          l ム
           i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{        l.;.;ム
               };:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i          ,リ.;.;ム
          ,ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l!         l.;.;.;.;.;ム
          ,';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.        ',: : .;.;.;.;i,
         ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム        マ: : :.;.;.;`ヽ,
        //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ヾ、;:;:i,        ゝ、: : `丶、.;`イ!             ,/
.       /: : : : : : : : ヽ、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l!         〉ヾ、ヽ.;.;.;.;.;.;.;>、         /.;
       l: : : : : : : : : : : :.;.;.;.;.;`丶.;ヘ,        トーアノ: : >';:;:;:;:`>       ,/.;.;  こんばんは、僕イデオンです
       i: : : : : : : : : : : : : : : :..;.;.;.;.;.;.;ヽ.     />イ: :/;:;:;:;:,.ィ'´       /.;.;.;.;
       ヽ,: : : : : : : : : : : : : : `丶、.;.;.;.;.;\  /'´,.ィ'’l/ィイ;:;:ijリ、        /.;.;.;.;.;  ちょっといつもと違いますが気にせずに
        i: : : : : : : : : : : : : : : `丶、.;.;.;.;.;.;.;ヽ,.,ィ'’:.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ;:;:ミ.;.;ヘ、_   _ ,ノ.;.;.;.;.;.;.;
          リ: : : : : : : : : : ≧rュ、: :.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;イ.;.;イ.;.;リ:.;.;.;.;.;.;ヘ..;;.;.;.;.;三二´ ´: : : : :
       ノ  ィ: : : : : : : : : : : : : : : ヾ,: : : ゞ、:.;.;.;.;.;.;リ: : : : i}:.;.;.;.;.;.;.;.;>ー‐-二ー: : : : :   今回評価するのは>>285です
      /: : : : : : : : : : 》>=‐-: : : : : : :.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;、ソ: : : : i l i〉>'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐=
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 》>=‐- -、ノ: : : rァ'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i}ア: : : : : : : :  ちょっと出遅れましたが
.     ,': : : メ、: : : : : : : : : 》>=‐- イ ヘ: : : :.;.;.;.;.;.;.;)>'´.;.;.;.;.;.;.;.; : : : : : : リ;:;:;:;:/ソ: : :  自分なりに気になった事を書いてみます
     i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ: .;.;.;.;.;.;.;丶、.;.;ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ヽ, ≦ュ、;:;:;:;:;:;:;://r'´: :
     リ: : : : : : : : : : : : _,.ィア: ノ: : : : : : : .;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.; : : : : : : i´.;.;.;.;'ヘ: : : : : : : : : : : :
    ノ: : : : : : : : : : : : i>'’: : : : : : : : : : : ィァ i: : : : : : : : 入: : : ハ、.;.;.;.;.;ヾ,ィ: : : : : : : : : : :
   丿. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ,ィ: : : : >'7/iュ'ー‐一ュ、: : : : : : : : `ー一'’: : : : : : : : : : :
  ノ. . . . . . . . . . . . . . . . . . ,.ィソ. . . ノ  /   ヘ.;.;.;.;.;.;.;.;.;`'丶、          >ーェュ
  ソ. . . . . . . . . . . . . . . . . '´. . . . . j,  /     ゙,: : : : : : : : : : `'ーュ,_    >'´
 丿                   ノ        i 人     iリ /  ̄`ー'’

326名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:15:02 ID:ja0zQsZA



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      }   .}::::.           :::::::::::::i  !   .:::::::::::::
                    !  ソイ ,イ´><  .::::::::::::::!  !   _ . -=
                       /^",,イ´.  ´ `丶 ゙≧l::::::::::/ ,.'  ,.'   . -
                 /,,イ´.  ´ ≡ _  _ `丶 l::::::::/ , '   i   ′    作者さんは話のテンポと場面転換のタイミングを
                 i!"_" 三  _ ≡  _   _i!l:::::/,.'    l  {      気にしているようですね
                i!=  三  = _  ≡  i!l:::/′    i   }
                i!"""゙i≡l_ _ r─ - 、_ .i!l:/       !   ', 
                , −_.l    !:::::.     l! l!               .:::ハ   寸_   この辺りに関しては正直な話、特に言う事はありません
            l! l! l   !::::::     l! l!              .:::::::::ゝ      それなりにわかりやすく書かれていると思います
              l! l! l   !::::::     l! l!            .:::::::::::::l!  l 斤
               l! l! |   !::::::     l! l!        .:::::::::::::::::l!  l '
                l! l! |─一l::、     l! l!           .::::::::::::::::::l!  l ,'    それよりも気になったところがあるので
            l! l!:::l   :::::丶.  l! l!        .:::::::::::::::::::l!  l,'     そちらを重点的に書かせていただきます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






        \. " i   l    l    .l   .! ゙   ./
          /ヽ ;   i   !    !   l  ; ハ
          '   i !  !   l. _..._ .l   ! i. ! `、
       /   リ  l   |√.! ヘ |   l  リ  \
____ イ  i     i   |.'、メ」ソ |   i      ハ.
── .、 l :|  !  , "  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゛ 、  !  .|────
    ソ ! |  i. |   ≡      = ≡   | .i  .| !  ィ ー 、   まず最初は「メタ発言の多用」ですね
―― "  l |  ! | ≡     =      ≡ |  !  | .l  ゛ ―"
二二  │∧  l  \              /  l  ∧│  二二  多分、作者さんはギャグのつもりで入れているんでしょうが
   1 │ .ハ  ¨ 、 \  , - ――‐ - .  / , ¨  ハ. │ 「     僕個人としては「これは笑えない」と思いました
   │ |  l_∨   丶_.-‐  |     │  --._, '   ∨  l  | │     
__|  | │_ Y ヘ  l    |     |    .l  / Y  │ |  |___
―――|  .| _ i   ! i.   |     |    .i  !  i _|.  |――― ─ なぜかというと「元ネタを知らないと笑えないネタが多すぎる」
 ̄ ̄ |   | _ ∧  | ハ.  |     │   .ハ |  ∧  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ということです
    |  |  _  \i  >>=二二=<<  .i/__ .|  |
.   |  | _  __` ∧圭圭圭圭∧   '__ _.|  |
    |  |        ∧圭圭圭圭圭∧         |  |
 ̄ ̄|  □□□□□□□圭圭圭圭圭□□□□□□□| 「 ̄ ̄ ̄ ̄

327名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:15:52 ID:ja0zQsZA


                __       ,rッ/.∧
              \__|_.!_./   /././ /、::!
         _  .,イr-゚-ッ'i    .l」∨y'::ii::!
        ,イ:|ヽ、| ir.i-i.、i,i .,rッ-/___..〈::::i;i:!   メタネタというのは言わば「内輪向けのネタ」なんです
       ||::|::|i]::i .!.i、i_,iッi,r'-i-=:i:.:.:_:,:.:\/
        l:.∧|i]/`,ツムッイ::::::i:i:.:.:i:.:.i:.:i:.:.:.:.i    ネタを言う側と聞く側の共通の認識があってこそ盛り上がるネタなのですが
         |,ムイ,irt'Ei,r==:|:_:_:|::!;::::!:::i:.:i:::::::ii    あなたのスレはその認識を構築していますか?
        .i::i:irッi::|三!,i:.:.:.:i三:irッ'-'― 、:._:_ii
.         i::i:i::::::il:Lシ,:r-'";;\.l:i;ト'" ̄7:i¨ii.li    つまり、あなたのネタを楽しむためには事前の知識が必要なのが
      ∧l:i;rッ';;´;;;;i^i::::::|:::::rッiソ二 ̄i::l..ii.l.|    かなり多いのです
      /\二i::ir''、::i i::::: |:::::ト.i;ゝ、_ ̄iソ ii.l |
  r―r-r'`'yッ::::|::|、ソ_/:_:_::!;;;;;ト」::i.i___二ニ_」、!   確かによく知られているネタもありましたが作者の知識=読者の知識ではありません
  ト-'i二ilノl 〉ソ―'.i:::_::_::_:::||:::rッ-t\   .∨
  ゝ'"ムッi ii./―i'´:::|:.|:.:.:|:|:.:|!::|_\|:.| . ̄ ̄     このさじ加減を間違えると一気に白けるのがメタネタの怖さなのです
  .ゞ-=i=' .∧  i:::: |:.:¨:.¨:._:il:.:.:.¨:.:.:.!
.         L∧ i:::::|_:_:r:':_:_:_:¨;;;;`;;、|
       //\_\:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.|








                     _       r‐、― 、
         __,r―、 \  ゙| |   /    | |   |、
        r'| | | |\ ゙>-|O|-<゙     | |   l |
         | | | | | |=l rl〔, --、〕l、      |__l   .| l   それに貴方は「ナイツサーベルの罠」とか「壊れるバトルアクスの謎」を
         `| ゙ー.`| |ニ| l,| ll_|_|_ll |,l     |    |'   発言で語っていましたね
         |__,|_>ヘ'(,l`'-'>ヘ'-―>―‐|――‐'|
          | / /l'∠< ∠,l'∠ニ7_,l゙  l゙|  r、  |   それこそメタネタで使うべきではないですか?
          | l゙ .l゙r―‐'''r--、" ̄ ̄ .|  .|..|  |::|  |
        | .|  | |_  lニニ゙i  .>-- |  .| .|  |::|  |
          l |  | |--\l三ニ|/< ̄ |_ ;;-l、.|  |::|  |  せっかく原作ゲームのネタという読者の共通認識として使えるネタがあるのに
          | |_| |_,,`ニニニニ゙--―‐\三`,|  |::|  |  なぜ流してしまったんですか?
        |_\ \_|  ||三| |    || `゙|_>--|  |::|  |
      /  / ̄ .|  .ll三l,|   ||  |   .l―‐||'―l
     >r‐、__/    >|  l○_l   .||  |    |__,lニニl__,l  こういうシステム上のネタこそガンガンメタネタとして入れる部分です
   /lニ>'/゙l,  >'r┴Y(ニ)/7――、―‐、   | r――、 l  
   .|lニllニl/l  .| / .|| ̄ll ̄l i i ̄| || _|   .l/_/-' >、.|  AA頼みのネタや他の知識が必要なネタよりも
  //_,> l_l /  | ゙ー' l___l l ゙ー'゙ .|||,|_||  .l,_lニニ゙l /,|  こういう原作ゲーム内のネタを活用すべきでしょう
  'l, _>、>l_l_レ'    >ニニヽ, ヽ_>ニニニニ<ニ7    ヽニニノ-'゙
   ヽ‐-_'/      | |  | ̄ l. |   |   |
     ̄           | |  |  | |   |   |
                | |  |  | |   |   |

328名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:16:41 ID:ja0zQsZA


            `>、_. | |    |     |   | .|   <´
            / l |.| |   |    |  |. | ri´ ヽ
        ,.斗t.| l. l L___」γ⌒ヽ.L__」 │/ l  卜、
       __| || `´ |   |廴|ヽノ.|   | 〃 |  | |
--------┤|  l !   _Lr;zzt;zz三;zztzzz」     l  l .!  ____
三三二7 / !  | ! r';才´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ、ヽ. l  l H´r==========
⊂二⊃,'| .l  .| l !.|::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::`! | .l i  l | l三⊂二⊃三   次に気になったのが「戦闘時のAA」です
-――┘l.  ヽ .! ! l |:::::::::: ::::::::::::::::::   ::::::::::::::| l i i  ノ .!. L三三三三
¨¨¨¨ヽ !   ∧ーt-卞ヽ:::::::::::::;斗-―ztx;:::::::::::::j j.!_」,ィ1 .| r――----
   / !   ! ヽ ト ヾ、\:/ __.Lニニ」__\:/ /ノ イ./ l  .| !          まず下のアドレスからAAを見てください
  ,/  !   !  ヾ!ヽヾ\__/  |     |  \ィ´/ /.レ  !  .! !
-‐"   |   l   l  「1 .l     .|     |     l ト孑 |   |   l ー------
二二コ   l    ∨.l l、l     .|     |     l l ! !   l  l――――-
    !   l      Ⅵ .!.ヾヘ、 _.!     !  〃7 j ノ  l  「¨¨¨¨¨¨¨¨
   l    !       ヾ! {  \_キ¨¨¨¨7彡"  j l./    l  .!
   .l   l      `┘ ,仁三三三三二; └イ    .!   .l
___l   .l        ,仁三三三三三二         l   l
   ヽ  「¨TTTTTTTTTTl三三三三三三lTTTTTTTT┤  / ̄ ̄¨¨¨¨

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293787556/41-42



                   __
                \ .|o| /        __
      r=''i~||`ヽ.      r'_,-,_',         |~|  |`'ー、
      |  |..||`ヽ.|    〔|}_.―._{|〕        l,_|  |〔〔l||
      〔||―'-i....___|..___,-〉ヘHヘ〈ー、__,............___|.........|‐=‖            この時点のやる夫って、まだ弱いですよね?
       |`ーレニニi77ニニi7ヲ/ヲ/フ´ニニニ|   | .| _.-;''\||
      |冂|    | |     |三三|       |   | .| |c〈 〈ヽヽ.   ,--、
      || |   | |==、_|三三|__,.====|   | .| |c∧ ヽ〉 ヽ /  /   , -‐、  なのにこのAAを当てるのはいかがでしょうか?
      || |r===,| |- - - - - - - - - - - -'、三ニ', | ヽ,c.',__ri^i/`''/  / /  この時点の力量にあっていると思いますか?
      || ト、 三`'i|| ̄||三三三|| ̄ ̄|| ̄`Y`、.三`、|/___./`''/-、/`'/
      || | `i''ー-||  |:三三三||    ||  :|  . ̄ ̄l.i´r====ノ`ー'^'ー'´`'/ _... -‐‐┐
     / ̄ ̄フ`ヽ, ||  |'(米)三/|   || .目|     |.| |::::::/`ー--、.._`ー'ゝ''´、,_,.-‐''´
  r、/__/ r‐‐i'´〔ト、|〕7`'r'´ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄i , -‐‐'‐'''''´`ヽ,_    `'ー、`ー;´    この時のやる夫はまだ猪と戦う程度でしょう?
  /|/ ̄__/`ヽ, | []|`i´ ̄|  |  | ̄]  .| rr‐| ゝ、___)_..))   i ̄`ー-、   ゝ、
  |r―--、    |__| .|........|   |_. ̄__|__|l,___|    `'ー`'''ー-'、    ヽ  (_ ,' ,'ー-、 そんなレベルの時にこんな迫力あると思いますか?
  `y'フー、ヽ,  ∧r-ヽ,ヽ‐‐',.___`ーr‐‐‐‐r‐‐-r、iノ          `''ー--―''´`''ー--'′
  λ|.....ノヽ|__ノ  |  | `ーr---r--|     |  | |
  ト、ヽ_ノフノ    .|  |  |  | |    |  | |
  ヽ`ーヲ     |  |  |  | |    |  | |

329名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:17:28 ID:ja0zQsZA


                   \r-、/
                   __  _ノノ_'>-,、
                 /_/'/_/__'、‐<_,>、
                 ヽ_゙/_/__/_l\_\_>    僕もこの原作を触れていますが、ゲームクリアまでは
                  /_/__/./~>        主人公も相当成長し、技も進化します
                  |ヨ|ヨl,/ ./ 
                 l~'l l.l ̄l~'l
                 |__|__l.|_,|__|       その時になったらどういうAAを当てるつもりですか?
                 l |゙'Tヘ '、 ヘ
                  l_ l l  ヽ ヽ\     初期からこんなのだと、成長をAAで再現するには
                 l__,l__l   `、`、 ヽ    相当改変しないといけないのでは?
                     ,'ш'ヘ,〉    lшll_>
                 / / ./     l l 'l
              / / ゙/     .| | .|   特に魔神剣に関してはこんなAAがあるのになぜつかわなかったのですか?
                  / / /      l l  l
             〉-〉ロ,'_,、        〉-〉ロl_,
             l__l_l_>'      l_l__l__>

330名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:17:53 ID:ja0zQsZA

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                    ____
                     /!//
                     ///
               ///
              ///
             ///
              ///                                        'i、
.           ///         ___                              lヽ
      γ⌒γ/        /      \                             l .ヽ
      >!、_  \     /   ヽ、  _ノ\                           ゙l、 ヽ,   'i、
     ム/ \  \   /   ( ●) (●) \                            l  ヽ   .l!、
             \   \|       (__人__)   | (⌒\               'l,i、     . l   ヽ  lヽ
               \  \       `⌒ ´   / `7  \                  l \     .l,   .ヽ .l l
             \         ,r'´⌒ ̄ ̄` ̄ ̄  )                 ヽ \    l   .ヽ .l .ヽ
               ゙i               , ─ ───'"                    ヽ  \  . l.   .ヽ.l ..l
                 }             /                           ヽ   \  l    l.l  .l,  |i
              /           /                     _、        ヽ   \ .l    .゙′ . l  .||.
            /            /                    \゙''ー 、、    .ヽ    ゙' l          l .!.l
           /     (      <                          \  `゙''ー ,,、 .ヽ              l .| .l
         /       ノ´\     \                        \.    .`''ー ヽ              l ! !
        ノ      /ヘ───--  }                    ┬- ..,,,,_. \                       l} l
       /     /ノ  ソ____/                   \  "'''- ._\                        !
     /     / ゞ___ノ                      ゙゙'`-¬┴                         l
    ノ     /                               ─=二″  _,,,,,,                      l
   〈__    (                                  '''"'"゙´.i;;彡_ -―''フ″   . _,,,.. -ヮ‐   _,,, ー''″
     !、__ _)                                         rニ-―'''''"´   ii彡-‐''"゛
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

331名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:18:13 ID:ja0zQsZA

              _           _
           \   r‐┐ /
         ___ .>‐i!Oi!‐<  ____   せっかくだから格好よく見せたいという気持ちはわかります
           | ! _i kl〔, --、〕k.│ l| |
           | |__|,|l. ll_|_|_ll |,l!_| l! |   ですが、後々の展開を考えると初期の時点で派手なのや大型AA使うのは
     _,.、__〉 l|__|l iL`旦´_iL.l|___.L_,.、 控えた方がいいと思います
     i.EiUミ-l/ / ] i_ 目 _l [¨ヘ -f-fUiヨ!
     l モヒ_l_7_フ [.l二|0|二l.] ∨l、.Lヒシ! RPGは成長の物語です
       ̄ ̄¨   _∧ ハ ∧_  ¨ ̄ ̄  それをAAで現すのは結構大変なんです
            「亘L i! i!」「亘〕 
          |\厂L_ ロ  〔 l_厂l.lノ|     長い物語ですので後々の事を考えてAAを選別してみてはいかがでしょうか?
          L〔__l_,≧’‘≦_l__〕」





          \L / .|   |     |    | |   _/
            / l | .l │   |  __ │   } i , l ヽ
        , -'、 | ヽ| ト--- i γY ヽ∟__| | / .| .卜、
       _|  | .!    !    ! 廴|ヽノ|   i .´  | | l
ニニニニニニ-イ |  |│   ,{-ーニ┴──┴--、ノ    .! ! l _____
r-─-、 ,/ i . | │'、ァ ラ‐"´_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_`‐ミニ-、│ l .!i´ r'=二二=
,,__,,イ/ ,l │ l ト |:l::::_::::::::::::::::⊂⊃::::::::::::_:::::|::l ,l / | |! l、 (   )    次に「キャラの方向性」ですね
――‐'´ ,'  ヽ_.| ヘ.i::|:''"::::,,o::::::::::::::::⊂⊃::ゝヽ|::! ,' / ノ || ヘ=二二=
 ̄ ̄ヽ ‖.  i'、ゝ-ヾ丶:::::′::,ィ─――, 、:::::::丿l,'_/-"|! || .r―──―‐
:::::::::::/ ‖.  i' ヘ 「、ヾ、 \_/ ,ィ――‐tx 丶-' /! i!/ |! .|| i::::::::::::::::::::::::   作者さんは今の所キャラを
::::::::/ ,‖   i'≡='t 丶丶_,,ィ"´|     |  丶ィ' / / l´=;;!. .|l i、:::::::::::::::::::::   配置したAAの性格でつかっていますね
ニニ'__,‖.   i≡≡:| .!´|..|     !    .!   || {゙'l. !≡:l   || ヽ-------
――、7   i≡≡ | . | .|_」   .!     .!   ||_| l  ! ≡l   ||――――‐   ただ一人だけ違うのがいます
 ̄ ̄.‖   i'≡≡ ∨.! .!.゙ゝ丶_ .!     l _ .// | l  |≡=l   !´ ̄ ̄ ̄ ̄
   .‖  i'≡≡≡Ⅶ_l≡ 丶、 l_ ̄ ̄「_,イ´≡l_l./=≡:|   l          「巡音ルカ」です
.   ‖.   i'≡≡≡≡≡≡/三三三三三∧ ≡≡≡≡=l  |
   |____|≡≡≡≡≡=,/三三三三三三∧≡≡≡≡=!   |
 ̄`ヽ   □□□□□□□三三三三三□□□□□□「 ̄l ̄ ̄ ̄ ̄

332名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:18:33 ID:ja0zQsZA
                     _         ∠r 了T ヽ
                        7r-        / / ' | | |
                         〃         / / ′ | |   |
                    /,′         | | l  | | |
                 __ 〈 ヽ‐v'〈           | | l   j 」`¬ヽ   ルカ自体は本来個性の無いボーカロイドなんですが
          {L∠工__rヘヽrYヘ.ヽ         厶- 一 7^\  |   デザイン案から「冷たい印象の大人の女性」として作られていますし
          ヾ「 ̄lニT¬! ヽi> ' ´ ヽ〉   _,-'7    /    ヽ |
            l|  |l二ニrハ〈  rベ^ハ、/-‐/    /    ヘV
         lヘ |l二ニヽンr辷くヽ j/ フ /    /    / ヽ }    ある意味、原作の配置とは相反するキャラクターですね
            l  |l二ニ_上ニ-=──‐'─-、  /    / ヽ /
        | _, イ ̄    l   _ ..  -‐¬ Y    / ヽ /     それがあなたの作品だと完全に原作よりの性格になっています
           |//ヽ |     |ヽ |         |  ヽ  / ヽ /|    他のキャラクターはAAに準じているにもかかわらずです
   ノヽ ̄¨ ¬ ∨  |     |_〕L --─  ̄   i、〈rヽ/  |
   {r¬レ¬   | rヘ |     !     _  -¬}ヘ }/   |
.  {´\_j_,ィ^ー一| Lj ⊥   二 __辷ニ ̄       /リjV_ _ j     そのためルカだけがAAとキャラの性格が分離していると
.  `7ー--ヘ   | r 1 |       |          _/<__ ` く      僕は感じています
.   ヽー { `Y\/! ト┘|     |     , ‐T      ト、  |
   └-ヘ ノイ l ト-、 ⊥ ___jr一¬ ̄|  l|  , - 、| \|      まあ、これは僕個人の感じ方かもしれませんね
.        | | | |   || |レ- 、-|| |  l|  / `ヽl |    ヽ     
       厶-┴,ヘ-、_  | l |!  } | | |  | /_ `ヽl |   /
     /    /  \ミ=l l l辷'´-┘ j__ 厶/_ `ヽl |   /
  /     /    〃⌒ヽ7 ̄>‐ ¨   i   ̄¬! |  /
/      /      r{   //  |         ;     ` <

333名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:19:05 ID:ja0zQsZA


            `>、_. | |    |     |   | .|   <´
            / l |.| |   |    |  |. | ri´ ヽ
        ,.斗t.| l. l L___」γ⌒ヽ.L__」 │/ l  卜、
       __| || `´ |   |廴|ヽノ.|   | 〃 |  | |
--------┤|  l !\  _Lrz釗zzz三zz釗z 」   ./  l .!  ____
三三二7 / !  | ! ;X才´ ̄i¨ ̄ ̄ ̄¨!¨`ヾ、X  l  l H´r==========
⊂二⊃,'| .l  .| l !.|:ヽ: : : : : : : : : : : : : : /`! | .l i  l | l三⊂二⊃三
-――┘l.  ヽ .!─ ┼: : : : ::::::::::::::::::::::::::: : : : 十 ─i  ノ .!. L三三三三    最後に聞いておきたい事があります
¨¨¨¨ヽ !   ∧ーt-卞ヽ: :/ : ;斗i-‐!‐zx. ヽ: : :j j l_」,ィ1 .| r――----
   / !   ! ヽ ト ヾ、,×:/ i__.Lニ釗」__\:×、/ノ イ./ l  .| !
  ,/  !   !  ヾ! ./\__/  |  | |  \ィ´丶/レ  !  .! !        作者さんはこのスレをどういう方向に持っていきたいのですか?
-‐"   |   l   l  「1 .l     .|     |     l ト孑 |   |   l ー------   
二二コ   l    ∨.l l、l     .|     |     l l ! !   l  l――――-
    !   l      Ⅵ .!.ヾヘ、 _.!     !  〃7 j ノ  l  「¨¨¨¨¨¨¨¨
   l    !       ヾ! {  \_キ¨¨¨¨7彡"  j l./    l  .!
   .l   l      `┘ ,仁三三三三二; └イ    .!   .l
___l   .l        ,仁三三三三三二         l   l
   ヽ  「¨TTTTTTTTTTl三三三三三三lTTTTTTTT┤  / ̄ ̄¨¨¨¨





                   __
             _/::/: : :..:i、
             /l::/ニ/:_:_:_:_:|:i、              /
               /エ::::::i/二二ヽi \   _   ./
           /┬-i:ii:|/三三i i.i  .\ __| .|_r-< .r-ッ,   __
            /:::/::::::¨:.!!:三三i::i:¨l  / |.o.| |:_:_| |:_:_|  /:::/ __ ,rッ----、_
          |:¨:|:`:ー-||:三三|::|:.ノ r| r――、!:_ i |:_:_| ./::.//::::/ T:_:_:_:_:_:_./:i
          |:: :|:: :: ::〈〈:三三|:..|  `! .Y´`Y |:::::|.|:::::|/::://::::7/:: :: :: ::|: : : : : :|  あなたのスレはいわゆるゲーム系と言うジャンルですが
             |`ヾ、;;,,__|_!三三|:_;|_ _.ゝ」 : : !..|:::::Y::::::'ヾ:7::: //_::-::-::-|: : : : : :|  その中でも表現方法がいくつかあります
             i、: r'ッ/:::/: : :r-'―/ r'三トr―、|::_::_::::::::::::::::Y ̄~\::./: :|: : : : :./
            /_:/_./: :/: : /_三_/∠/∠/r―'::::i::::ヽ:::::: :::: ii  :: ,'Y: : :.!: : : :/   代表的なのが
         /: /: /下.|: :: |_:_:_:_: i 三 i: : : :ゝ--、i::::::::|:_:_:_::ノ   ,' |: :y':!: : :/
         /: /: /:|: : :|: :.::|--、.∨.三 |::r――-| |=='――-i   ,'  |:y': :i: :_:i    1.原作完全再現
       /: /: /: .|: : :|: :.::|: : :.i__i .三 ! '/ ̄i ̄|_|二二i二ニ\_,' ./y': : :i/:`i
       /: /: /r::/'\:\: ト-='_i_二二;;i:_:_:_i:_:_| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i /: : : ::./io゚:/    2.原作アレンジ(ギャグもしくはシリアス)
        /: /: /ヾ/: : |:::ヾ;;;;|:::::::i:::::i ;;;;;;;;;;;; .::/_:_::liヘー――――.∧: : :::/:io゚/   
      `ヾ、/ー/: : :/::::::::::::::::::/i: :.i 三三 /|: : : :|:::ヘ三ヘ:_:_: : : : :|∧: :/:io゚/      3.原作+他の作品
       ___ゝ、::|_::::::::: _:_:/ .|: : i i´`i /: |: : : :|:::::ヘ ソヘ_:_:_ッァ ,∨¨i三ゞ
       /: /\:_:_/-、 ̄    _|: : i心ソ/: : |: : : :|:::| 三|: :|               4.原作設定を使った半オリジナル
      /:::/: : :_:_:_:`ヾi__  .r'-'-、,r-.、__:_:_|_:_:_i´::ト―'-y'__
      /:::::i`ー 、: ::: :: ::/ッ .|:_:_::人_.ノ:ノi: : : : :¨Tー、i.¨:_:_ッ_:_:_|_           こんな所ですね

334名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:19:31 ID:ja0zQsZA



         \凡/   [] ̄|
    | ̄[]_ ,〔l凸l〕、-―|  |
    |_|冂 \且/ 冂〔| ̄_|   僕は原作あるものをやる夫スレにする場合は
    |  |lミl ̄ 甘 ̄ ̄lミl |  |   基本的に作者さんのオリジナルは必須だと思っています
    |_| ̄|  ⑭   | ̄ .|__|
   / // | ̄⑭/ ̄ ̄|  |  |  なぜなら原作そのままなら絶対にやる夫スレは原作に勝てないからです
  / //  |_|_|__|  |__|  
 (毛_|/   |   |   |  彡丿
        |   |   |       だからこそ、やる夫スレにする場合は作者の方々はいろいろなアイデアを入れて
       ■   ■         原作との差別を作るのです
       |_  |   |
       | |  | ̄|| ̄|       そして、それこそがやる夫スレを作る醍醐味と言っていいでしょう
       / |  | | |
     ハノ  |  | | |
    |┌―-○  |_|_|
     ̄ ̄ ̄ ̄ |__|_|





           __         ____
             |  | _|_   __ __|  l| |
             |  ! i\ |O| |/.|  l| |    あなたのスレは今の所原作に忠実です
             |  |__|_( 凸 _)__|  l| |    オリジナル部分はメタ発言程度でしょう
             〉 l|__|lヘ三,,ヘ|_| 〈_〈__、
           ,,__/__/ / ]i 目 _l [,,ヘ -f-fUiヨ  今はまだ序盤も序盤ですしこれで良いとは思います
          《ヶ〕_〕__フ [l二|0|二l_] `l__l Lヒシ|
          `" ̄   _〕 ハ_ 〔_    ̄ ̄  ですが、これからどうするかは考えていますか?
                「亘L| |」「亘〕
             |┃l.| | .l ┃|
              |\厂L_ロ 〔l_厂l.|ノ|
              L〔__l__/ \__l__〕」〕

335名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:19:58 ID:ja0zQsZA
ド"''i - ,  \  ヾ>\   \、                                 ,r一¬、
  ゙`ト、 "''‐、,,\  ヾ>\∠___〉>、                                 / ||   |ハ
    ≫-ャー-゙ニ'\  ノ      `ヽ、                   「|\    /  |  ||  | ハ  もしかしたら、そのような行為を
`'=''"´   ム   ゙"`イ‐- 、 ,,      |\       __rl~Tヘ  \ _|o|_,、kt、/     |  ||  |  | 「面倒だ」と思うかもしれません
 ∨-¬ ̄ ヽ      i ヽ  "''‐ 、   |\\       | i||!ミミ|.  ,]r┬-1r、|       | ‖_」  !
  ∨_ ュ -‐冖ヽ    ヘ  ヾミト、  "''、/\ \`i三≧x||| |!ミミl|  [||‐ト、/」ソ!  r-‐''フ ̄ ̄  /ヾ|
  ∨、    _ュム   ヘ  ^ヽ \  `ヽ \ ゙ハ圭圭圭`l!ミミ|!_二ニ==─¬^  /     /  ム ですが、そのアイデアを練る部分こそが
   ∨-‐¬"   ヽ   ヘ    ノ\\  `ヽ ソr、∨`'心圭圭≧x、/三フ/ ̄ ̄|  /     / / 7 作品を作る楽しさでもあるとは思いませんか?
   ∨ム=-─冖 ̄ ヽ  `><゙γ=ミ\\  ヾ ヽソヽ/   〃`'卞圭≧x、 ,j七]ト、/___,/ / 7
    \\ _ ュ -─'''゙丈¨  ゙弋_丿 \\_ヽ ヘ ∧  〃__二ニl==、[二スv一¬ヘ" |、 ,| 7   こう言っては何ですがそれを楽しめるかどうかで
     「マ\_    ,ィ\   \   \j..._ ̄≧x」{ヨ||, ','''゙i゙、ソ/ ̄ ̄〈 ̄|ヨ|     !]]]| ヘ|/   やる夫スレが楽しいのかどうかが変わると思います
        ̄`・、\\  \  \   \__∠......、゙ヘ圭圭≧x、 |,rォ(_}ー―〈 | !    |]]]|ソ」
         ヽ、 マ    ̄ ̄ \     (⌒) }┴>H<圭圭ニ=xケ{ー―〈  |lヨ|    |フ´
          `ヾ\         \    フ´_」^ア,ゝ ',(∧/)ミメ≧、..__〈_」 」_,=┤      ただ再現+ネタだけでは
            ー`―――――¬「 ̄ ̄ r=,' ,'_'_,_`才^゙'ri i  ゙ヾ之-‐'''゙ ̄Tヽ|      モチベーションを保つのは難しいでしょう
                       ',',   l , ' , '|弌二ゝ,゙',___!.,i i.___    | __ |
                       ' ', ,  l ', '  | |   |ヘ、,,,,,:|      ||    | | |`ヽ、
                        `゙゙゙゙゙゙i´   | |   |  1 |___||    | | |   |
                             |   | |_______|  |              | | |   |
                              |   | |     |  !          | | |  |

336名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:20:32 ID:ja0zQsZA


                     |   |
       \ヽ \          l| l' |
        \、            .i  |
          ヽ\、        |l  i
              、\   \r-、/,|
             ヽ\`__  _ノノ_'>-,、     _,,, ―''''' ̄ ̄ ̄  まあ大して難しい話じゃありません
    ̄""'''' ―-- ,,,,_  `/_/'/_/__'、‐<_,>、-''- ̄ ―― ̄ ̄ ̄__ 作者さんが「こうだったら面白いな」と思う話にすればいいのです
   __ ――― _三ヽ_゙/_/__/_l\_\_> ̄ ̄'' ―――
        ― ''''""    /_/__/./~>' -‐'=―---  ̄ ̄        ゲームで語られなかった謎とか、補足したいエピソードとか…
                 |ヨ|ヨl,/ ./  \` 、  ̄ ̄''''―        なんだったらエンディング変えてしまってもいいんです
                 l~'l l.l ̄l~'l   \ ` 、''' ‐- ,,,
                   |__|__l.|_,|__|    \
                 l |゙'T'、 '、 '、                  それをやる事ができるのはやる夫スレぐらいなんですから
                   l l l ヽ ヽ ヽ
                l__,l__l   '、 '、 ヽ
   ''' ―--  _    ,'ш'ヘ,〉   lшll_>     __,,,,, ―   
'''' ―― ,,,,__― = / / ./     l l 'l- ''  ̄ __ --
    ――  _ ̄'ニ/ / ゙/     .| | .|三 ̄__  ―――






:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.                                        .....:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.                                      . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:. .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .                                       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:
ヾ  .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....                                        .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. ..  余計な事を長々と失礼しました
一. ̄      ./ /                                             .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..
  l!       _,' ./\        _  _                               .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..
  !     ,' /   \ ,-=二7-//                              .:;:;:;:;:.:.:.:... .    .. .. .. 今後の作者さん独自のやる夫スレが
 l!       ,'./     / .r 一'`´!                           .:;:;:;:;.:.:.:.. .        見られる事を祈って評価を終えたいと思います
 l       ,'∧三二 〔i! `ー r -.'                                 .:;:;:;:;.:.:.:.. .   .. .. ..
三二ニー イ ∧   ∧Ⅵ_i!_i〕!_l                           _ -,.:;:;:;:;:.:.:.:... .
      /〕l  l!  .Λ{  } ー.、ヘ                        _ - ´   i.:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..
     /ik】.  !.    !℡ \  \,ィ== 、             _ - ´       i!.:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..     イデオンでした
      /℡i!   l     ト―-.、 /三ムヽ   \_  ─   ̄!l!l          i!  .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . .
──〈/〆     !     ! ̄\∨三三ムム.   ヽ.         !l!l          i!   ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:.
 / /        l     l!  │∟二∨/T     i!         !l!l     _ - " ヽ    . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.
_,' _/l         k     !      ̄ ̄ ̄ ゙i    .i!      ハl!  - ´       \ ─ .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

337名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:22:24 ID:Ci.ud2iM
乙です
なまじAAが揃っているのも考え物ですな

338名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:44:08 ID:OvRbKPnQ
乙です
方向性についての指摘はいいアドバイスだと思います

339名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:46:02 ID:bagB3TC2
演出は確かにですね
ドラクエでメラにド派手な火炎AA当てたらあとで苦労しそうだし
ギャグとしてならいいかもですが

340名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 22:50:27 ID:aLJzKEAs
評価乙

341名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 23:07:27 ID:YUjrUYfU
>>339
「今のはメラゾーマではない・・・メラだ・・・」
的展開ならその演出もいいとは思うがまさにこれは時と場合によるとしかいえないわね

342 ◆oV8A9x5aeE:2011/01/06(木) 01:16:35 ID:H9pceeyg
>>325
イデオンさん評価ありがとうございました
方向性ですか・・・はっきり言って何も考えず投下しています
劣化というよりも駄作と言った方がいいでしょうね

AAとかも目に付いたものを貼り付けているだけですし甘かったですね
本当に数日前の自分を殴りつけたい気持ちで一杯です
正直黒歴史にしたいですが何とか修正できれば良いな・・・無理か

343名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 01:29:16 ID:kPhMFca6
>>342
どうも、イデオンです

>方向性ですか・・・はっきり言って何も考えず投下しています
差し出がましいようですがもう一言

何も考えずに楽しめるというのは読者のみだと思ってください
何も考えずに作っても面白くできる人はよっぽどの才能がある人だけです

まずはプロットとキャラの設定を簡単でいいから考えてみるといいでしょう
そこから新しいアイデアが浮かぶ事も多いですし


あなたの作品はまだまだ序盤です
まだ十分やり直しが効くと思いますのであきらめずに頑張ってみてください

344 ◆oV8A9x5aeE:2011/01/06(木) 02:59:23 ID:H9pceeyg
>>343
自分なりに考えましたがオリジナリティは出せそうにないです
劣化品で駄作・・・それでもいいかなとふっきれました
せっかく評価して頂いたのに裏切る結果となりまして本当に申し訳ありません
さて、完結目指して頑張ります

345名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 09:16:31 ID:25.8DxvA
漢らしい発言だ
迷いも無くなったようなのでこのまま突き進んで下さい

346名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 15:29:27 ID:GLQT6GaU
>344
横から失礼致します
一つ覚えておいて欲しい事があります
オリジナリティや個性は「書いている人の内側から湧き出、自然に形作られる物」という事です。
「頭で考えて作る物」ではありません。
あなたに個性があるか否かは未知数ですが、
「個性的にするために」とあれこれひねくり回していると間違いなく失敗するでしょう。それだけは断言できます
まずは完結目指して頑張って下さい。今あなたに出来るのもやるべき事もそれだけです

347名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 16:57:46 ID:u0oWD2Lo
ところで、Editor落すところから始めてまさに半日。
ここに「評価済み作品」を評価したレスが12レスほどあるんですが。

こと「やる夫」に関してはまとめ愛好の若輩者ですが、投下していいでしょうか?

348名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 16:59:53 ID:fVDSvyqw
構わん、続けろ

349名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:05:18 ID:u0oWD2Lo
>>348さんから温かいお言葉をいただきましたので

今から12レス投下します

350名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:05:50 ID:u0oWD2Lo

                ---―――--- 、
                /                \
           /                 \
              /                 〈V〉     \
          /     / ,. --―――-〈,ヘ〉、    ヽ
         ,′   l/ / l   l.    \. ヽ    ヽ
         |   /  ,  ヽ   l ハ   l\l      '.
           ',///  l 从   \l T l トl ./⌒ヽ       }
         / Vl l  l弋lT、  / r ァテく/  ∨ ̄ }  ,'   .  評価スレの皆様初めまして。新人評価人の志宝エリスです。
          /  l l l   l f下ハ、/  ぅ、...}リ>yく___ノ  ./
           从.ト、 ゝ V_ノ    `ーァ/'-メ-ケ  /  ....  今回は、どうしても作者さんにお伝えしなければと思うところがあり
   ____r-、.     〈X/入    ' _    / /イ |-‐ '        評価済み作品ではありますが、評価させていただきたくやってきました。
  >――.  \    / /` 、    .イ ムノ
  (二二二     ヽ   . l /   V エ壬‐:/ ./\       ......  私はやる夫スレ作成経験は全くなく、
    / ,.-、    rtヘ.  l / ______/入l±// 〃 、       .  読み専からの評価となります、ご了承ください。
   `‐'´  ヽイ乂,x‐:x-< /,任.:/ 7´  〃   \
        夕   ヽ:ヽ V / イ7 /   /      ヽ
        レっ.  ヽ:ヽ '<.:.:..|_/  ./ /     /
      ///}   >===Y´/ /> '   --― /
      /l  ,lく /} /    ∨// ___       /

351名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:06:53 ID:u0oWD2Lo

        ________.
      (/            \
     /\   ,,-──-- 、 〈V〉 \
  /   /''"───---- 〈∧〉  ヽ
 /   /::::/:::/:::::/:::::::l::::::l:::l:::、\    ヘ
 l    .|::::/:::::l:::|::|:::::::::}:::::j:::l::::l::::ハ.   ハ
 { r-v|::::ハL::l::L:l:.:.:.:.:l_::ノルLイ::l\|     }
 { {:::_.ト l  ィo^ヽ ヘノ .ィo^ヽ',|:::}:::::lー、.  |
 ゝ.L::_>V::〉l:::::::r}   l:::::::r} |r L了::::冫 .|    .今回評価させていただく作品はこちらです。
  \V::::::::ハ ゝ_ン   ゝ_ン .lヽ∧ヾ./  ノ     ちなみに、わたしにネタバレを配慮する余裕は全くありません。ごめんなさい。
    |:::ハ::リ  _ ー'ー'   人|_  ̄ ./
    ヘ:{\lヽ{_.) ____.. イ入リV- '"      ..┌───────────────────────────────┐
        イ  Kl 大∧     (##)       │架空の娘                                       .│
        .{─‐}、了リ |\rー(##)(##)--.、  ...│ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1292901679/n2-138   │
         `ーイハ..Y人l\l===,テー─‐‐ '′  .│                                            ....│
        /:::〉-'' 人-〈__  ̄          .│依頼レス                                      ......│
       「:::::/::Y: ̄Y´:::::::::::冫         ...│http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/947     │
       ヽ∠:::|:::::::::l::::::::::::Y        .  ...│                                            ....│
          ̄ニrル-ルr'"             │以前の評価はこちらの>> 964-972をご参照ください            ......│
           ト| ト|           .  ...│http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1291656863.html      .....│
           U U            .  └───────────────────────────────┘

   ※  評価の都合上どうしても前評価に触れる部分が出るのですが、評価人氏のわかりませんでした。
       当評価中では便宜上、「前評価人さん」とさせていただきます。申し訳ありません。

352名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:08:23 ID:u0oWD2Lo

     , -―)- 、 、     .こちらが作者さんご指定の評価ポイントですね。
   / y'´,^^ ヾ>ノ   ..┌──────────────────────────┐
   〈_/イノリ从リハ   .....│・ヒロインに魅力を感じるか。                     │
   'ノw|!‘ヮ‘ノル     .│・展開が早すぎないか。                       ..│
     と」介iソ     ..│・オチ部分が理解できるか。                    ...│
    rく/_j_〉      ..│                                     ...│
    ゙ーク_ノ      .....│・その他、気になる点があったらよろしくお願い致します。  ......│
             ....└──────────────────────────┘

.  方針などはお任せと言うことで、あらすじを前評価人さんにお任せして早速始めたいのですが、
  最初に申し上げておきたいことがあります。

   ┌───────────────────────────────────────────┐
   │どこまでを意識して描いたか、どこまで意図的に描いたことなのか。どこからが"予想外"なのか      │
   └───────────────────────────────────────────┘

  このことを作者さんご自身に問いかけながらこの評価を読んでいただけるとうれしいです。
  では、長らくお待たせしました。次レスから始めます。

353名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:09:15 ID:u0oWD2Lo

        ,.-‐──… - .          ┌──────────────────────────┐.
      /              `ヽ        .│・その他、気になる点があったらよろしくお願い致します。  ......│
     /  .. ,            \     .....└──────────────────────────┘.
     { _∠_,______+ヽ  .ヽ
     V/::::::::::::::::::::::::: ヽ \ ',     ',     まず最初はここから始めさせてください。
     /::l::|:::フハ{:::::::イ::::/:::::::イ::、}    !     これが真っ先に作者さんにお願い事をした理由であり、
    ∧::|::l:N ノ {:::/l:::/ヽイl::イヽ/}  !     わたしが評価しようと思った理由でもあります。
     トl::ヘ|● V レ● ノッレl.〉{}/ /
      !ヘ!l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ〉小〈/       わたしは、前評価人さんのあらすじを目にしたことで作品を読んだのですが
.       ./⌒!,、 __, イ 、リハ/`         「架空の娘」読了後に評価も読了して驚きました。
.       /\ / | V | ./ z/ Y         .作品への感想が前評価人さんとは全く逆になったんです。
.     /\ ヽ |´只`|/  7   }       ......~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

序盤のやる夫と娘の掛け合いはキャラもわかりやすく、テンポもいいコメディ展開で笑みがこぼれ、
中盤の朝倉さんとの幸せシーンは見ていて心やすらぐものでした。
クライマックスのパラドクス要素など、SFとして王道で、エンディングも納得してかるくウルッときちゃいました。
                      ~~~~~~~~~~~~~~

こうかくと、前評価人さんの評価と比べると正に逆、
わたし自身「別の作品と間違えたんじゃないか」と数瞬考えたほどです。

354名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:10:37 ID:u0oWD2Lo

       ,. -‐──… -- .
     /  ..         `ヽ    ....ですがわたしは、
    { _∠_,______+ヽ \   ..「この作品の面白さ」が個人の嗜好では済ませられない「危ういバランスの上に成り立った作品」だから、感想が二極化した
    V/::::::::::::::::::::::::: ヽ \ ',   ヽ   .~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    /::l::|:::フハ{:::::::イ::::/:::::::イ::、}    ',   .という結論に至りました。
   ∧::|::l:N ⌒{:::/l:::/Lイl::イヽ/}  !
    トl::ヘ|○ V レ○ ノッレl.〉{}/ /
     !ヘ!l@ r―-┐@.|::ノ〉小〈/  ....といっても、作者さんがあえて意図してこのバランスにした、という可能性もあります。
 /⌒ヽ.  ヘ. |    |  .レ/⌒i !    ....そのときは後生ですから、「しめしめ、また一人」とでもほくそ笑んでいただいて、
. \ / /`ヽ.ゝL___|.イ 、/`∽/     .わたしの評価は丸ごとゴミ箱にでも放ってください。
.   / / /ハヽ | V | ./ |\ `.>
.  `ヽ< j ヽ|´只`|/  |\/


バランスを危うくしている原因は以下の二つ。
┌──────────────────────────────────┐
│1.タブーともいえる表現を用いている点                         │
│2.SFテイストを用いながら、読者がその要に気づくまでに時間がかかる点     │
└──────────────────────────────────┘

次レスから説明します。

355名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:11:40 ID:u0oWD2Lo

┌───────────────────┐
│1.タブーともいえる表現を用いている点   .│
└───────────────────┘

      _
    /、  \   .これは序盤のコメディパートで何か所かみられました。
   ..(/~  ̄ヽ).
    l 〈从从)〉   .本編>> 53-54
    i(!| ゚ ヮ゚ノリ ......ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1292901679/n53-54
     /)〈|Y|〉i〉
    ヽく/llLヽゝ  「説明しなきゃわからないボケは笑いにならない」とはよく言われます。
      ヒヒ!   ....「タブー」というのは大げさかもしれませんが、
             読者の事を考えれば本来避けたほうが良い表現に分類されます

             スレ中では『ちびまる子ちゃん』における「ともぞー○○の俳句」などのナレーションネタを思わせる
             哀愁漂う空気が出来上がっており、
             作者さんがこれを意図してやったとすれば素晴らしい腕前です。何もいう事はありません。


             逆に言えば、作者が読み手が感じ取るだろう空気を意識して作ったのでなければ
             「偶然の産物」でしかないのではないでしょうか?

             「やってはいけないお約束」というのは、「お約束になるだけの理由」があります。
             作者さんがその理由を意識したうえで、それでも敢えて使ったのでなければ、
             この表現で笑いの渦からすくわれてしまう読者さんが居ることが残念だと感じました。

356名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:13:08 ID:u0oWD2Lo

┌─────────────────────────────────┐
│2.SFテイストを用いながら、読者がその要に気づくまでに時間がかかる点  ....│
└─────────────────────────────────┘

     _
   /、  \   . この作品の「ウリ」は何か? と問われれば
  ..(/~  ̄ヽ).
   》《〈从从)〉   未来から来た娘が巻き起こすドタバタであり、
   i(!| ゚ ヮ゚ノリ ...... ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    /)〈|Y|〉i〉    未来人だからこそ起こりうるタイムパラドクスです。
   ヽく/llLヽゝ   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     ヒヒ!

         もー全力で即答しちゃいますよ。
         作品全編を通して、「コメディあり、シリアスありのボーイミーツガール」という空気が満載ですが
         お話の要になる部分は全部「未来」「パラドクス」......SF(サイエンス・フィクション)要素によるものです。

         作者さんが「ディープなSFファンを狙って書いた作品」だったりすれば真ん中ド命中ってところでしょうか

         わたしは読書ジャンルとしてSFはかじってますし、
         前評価人さんのあらすじだけは見て、ある程度予想して読んでいましたので
         作者さんが出した伏線についてはあたりをつけ、読了後には思い返し「納得」までたどり着けました

         わたしの読解力が無いんだと言われたら返す言葉もないんですが

            ┌────────────────────────────────────┐
            │「SFに対する事前知識があって」「予めSFモノだと決めつけて」ようやく楽しめた。    │
            └────────────────────────────────────┘

         という感覚が拭えませんでした。
         お話の隠れた本筋を拾うのに手いっぱいで、展開自体を楽しむ余裕が無いんですね。

         ここは、評価ポイントの「展開が早すぎないか」という点とも関係してきますので、次レスでお話しします。

357名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:14:35 ID:u0oWD2Lo

ここからはわたしの想像ですが、他の多くの読者さんは、作品内では「タイムパラドクス」という単語が出てくるまで(=クライマックスまで)
「SF」ではなく「妄想で味付けされたSF要素」を読むことになっているんじゃないかと思うのです。
実際、序盤では「将来の娘」が出てくる理由を「厨二病」「妄想」と言い表してましたね。

これでは作者さんが用意した物語のフルコースを堪能する準備としては不十分です。


作者さんは走馬灯の流れを一目見るだけで走馬灯の一コマ一コマを全部覚えたり、はできないはずですよね?
「早い展開の中での伏線」というのは、それ位把握しにくいんです。

ハッキリ言います。
早い展開にするならするほど、「答えが丸見えなくらいの伏線、というかもう答えそのもの」を書いちゃって全然OKです。
AAで表現することができなくてごめんなさい。一例を会話だけ書いてみますね


Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  以 下 例 文  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


やる夫「設定年齢年上な娘とか何の冗談だお! タイムマシンに乗って未来からやってきたとでもいうのかお! まるでSFだお!!」

 娘  「妄想生まれの架空娘ですから。ほら、やる夫さんは空想が大得意な、確か……厨学二年生病、でしたっけ?」

やる夫「空想とかおべっか使うんじゃねーお、よけーにつれーんだお!
     それより何よりやる夫は中学三年生の受験生だお! 勉強のjyあwせdrftgyふじこ」


人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人  ここまで  人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人


例えば>> 21-22の間あたりでこんな会話を挟んでおくとかですね。   .    , -―)- 、
                                              ∩/ y'´,^^ ヾ>∩
…………不思議ですね。元の流れの方が良いように見えます。   ......  l=〈_/イノリ从リハ=l
                                              \ノw|! ゚ヮ゚ノル /
                                                ヽ〉」介i〈イ
                                                く/llLヽゝ
さて。                                      ...      くく く
                                           .      とと!
長文が続きすぎたと思うので、そろそろご依頼の評価ポイントに移りましょう。

358名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:16:25 ID:u0oWD2Lo

   ┌──────────────┐
   │・展開が早すぎないか。     ....│
   │・オチ部分が理解できるか。  .....│
   └──────────────┘

さて。この二つのご質問については、
要の部分は長文乱筆の限りをつくして続けてしまいましたので、先にまとめてお答えしますね。



「見えるべき情報(=伏線)が全く見えないがために、おいていかれた気分になる」
という意味では確かに展開が早すぎます。

これまでのレスで噛み砕いて説明したつもりですが、
早い展開であればあるほど「あからさまに描写」しちゃってください。


ただ注意してほしいのは「展開の早さ自体に意味はあった」ということです。

「オチ」の時間経過を除いても、
「(十分な伏線を含め)描くべき必要最低限の要素」に比べて「作中での必要な時間経過」が長すぎです。

作者さんが描きたかった内容に対して、
「読者がダレずに読み進めるために必要な速度」は満たしていたと思います。

バランスが難しい所ですが、作者さんならきっと会得できると信じています。



オチも最初に述べたように納得できました。                                    ,. -‐──… -- .
作者さんが張っていた伏線というと、やる夫の発言から考えてそれぞれ  ..                /  ..         `ヽ
>> 55-56、>> 59-62 のあたりでしょうか。             .            .          { _∠_,______+ヽ \
                                                             V/::::::::::::::::::::::::: ヽ \ ',   ヽ
結構注意して読んでいたので、読みながらでも「AAのセリフに違和感覚え」ましたね          /::l::|:::フハ{:::::::イ::::/:::::::イ::、}    ',
ただ、今まで述べた内容がきちんと伝わっていれば                            ∧::|::l:N ⌒{:::/l:::/Lイl::イヽ/}  !
                                              .              .トl::ヘ|● V レ● ノッレl.〉{}/ /
「AAのセリフに違和感覚える程度では足りない」ことはお分かりいただけるかと思います。      ....!ヘ!l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ〉小〈/
                                                          /⌒ヽ.  ヘ  ゝ._)   .レ/⌒i !
香りというのは定番ですし、比較的描かれていた方ですね。                 .      \ / /`ヽ.>,、 __, イ 、/`∽/
                                                    .         / / /ハヽ | V | ./ |\ `.>
がしかし、ラドンの下りはいよいよもって端折り過ぎです。                 .       `ヽ< j ヽ|´只`|/  |\/
これは「朝倉さんと一緒に勉強中に周期表を見て」とかで
1シーン作っちゃってもよかったくらいです。

359名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:18:07 ID:u0oWD2Lo

┌─────────────┐
│ヒロインに魅力を感じるか   .│
└─────────────┘

ヒロインはわたしにとってとても魅力的でした。

いいですね、
「愛する人が確かに愛した人である」
ことを確かめられたからこそできる、その覚悟

覚悟を表現するには短すぎる百数十レスほどの作品でも、
「そんな魅力を感じ取れた人がここにいた」ことは覚えててください。

作者さんは「魅力を伝えることができた人」です。自信を持ってください。

                                                     ....       ,. -‐──… -- .
                                                     ....      /  ..         `ヽ
前評価人さんは「最初と最後に出てきただけ」といった言い方をしてらっしゃいましたが  .....    { _∠_,______+ヽ \
「架空の娘」のタイトルにならって、彼女にピンスポットを当てれば              ....     V/::::::::::::::::::::::::: ヽ \ ',   ヽ
「作中一番多彩な感情をみせた」のは紛れもなく彼女であることがわかります。             /::l::|:::フハ{:::::::イ::::/:::::::イ::、}    ',
                                                     ....    ∧::|::l:N ⌒{:::/l:::/Lイl::イヽ/}  !
                                                     ....     トl::ヘ|○ V レ○ ノッレl.〉{}/ /
ただ、前評価人さんが仰ったように「中盤いなくなったように見える」のも確かで、             !ヘ!l@ r―-┐@.|::ノ〉小〈/
そこが物足りなさにつながっては居ます。                             .  /⌒ヽ.  ヘ. |    |  .レ/⌒i !
                                                     .....  \ / /`ヽ.ゝL___|.イ 、/`∽/
                                                     .....     / / /ハヽ | V | ./ |\ `.>
作者さんとしては、オチへの種まきとして                              ..   `ヽ< j ヽ|´只`|/  |\/
「時間経過」「シーン変更」の描写を最低限にまで削ったのだと思います。
確かにその意味では、「驚いて何度も確認してしまう」という事態にはリアルで陥りました(笑)

ですが、たとえどれほどの効果があろうと
「ヒロインの魅力がスポイルされる」というマイナスを打ち消すにはたりないのではないでしょうか?


「読者がそう思っても構わないと思ってやった」とするなら確かに人それぞれですから何も言えません
もし、「そうじゃないよ」とおっしゃっていただけるなら、
今一度「シーン変更や時間経過を明示する効果」について考えみて下さい。

360名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:19:39 ID:u0oWD2Lo

               ___
           、,r'`´..: : : : : :.`゛' :.
       、 -‐r,r'...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、 : :ン、 _      .                      ┌──────┐
  ,.,r'⌒',r'   |..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,r':.:.:.:.:.:... . \                           │○ 総括  .....│
 ,r'   `Y     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : : : :.:.:.:..'                          └──────┘
 { 、,r'⌒{  ァー`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ゙i
 j  , ' |゙i  〉:.:.:.:.:.:.:、ミ,r'`´´´´ ̄`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :. ゙i
 !、,,r' 丿゙i,r' .:.:.:.:.:.:,r'           |.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.  .
  丿_、,r':.:.:-=ニに、'   __    |:.:l.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:. :. i
     }i.:.:.:.::イニ,r'   ´ _  `'   |:.:l.:.:L_| .:.:.:.:.:.:.:.: i
     八:.:.:.:'.ー∨   、,ぅえ!゙'     |:八,r''J.:.:.:.:.:.i.:.:. i
      ゙i:. Y⌒゙i   (,リッh´     心}f l.:.:.:.:.:.l::.:.人   ミステリジャンルでいう所の「日常の謎」ならぬ、「日常のSF」
       ゙i:.(,  .            リヒ` 八::.:.:. !/    ジックリ堪能させていただきました。
       ゙i:.' -イ   ::::::::    ,  :::::: ト.:.:.:.:/     
        ンrミ| '       _     八ハ/        ただ、最後の最後でないものねだりをさせていただけるなら、
      ,.ミ=辷   ィ    ‘´   ,.へ ,r'        ....「もっと読ませてほしい」です。
      ハ:.:.:.: : : : .\  イ  _ . <
      i.:.:.:.:. : : : : : :.\ } Γ゙i               ...これまで色々と、「足りない」というお話をしましたが、
      },r'.: ニ ‐-: : :. :. 'ミ_j ゙i\              「これだけ短い中で魅力を感じさせる作品を描ける作者さんなら、
 ,r'⌒V :.:.:.(込): : : :\ .: : :.\゙i::.イ              200レスや300レスでもいい、もっと長い幅で作品を作り上げたらどうなるのか」
    ,' ..:.:.:.:.: : : :. :. : : : : : :. :. .`!、_::..\           という期待でいっぱりだったりしちゃってます。
 i   i .:.: : :二ニ ‐-.: : : : : : : : : :.. .゙i゙i. ゙i
 |   |..:.:.:.:.: : : : : : : :. \:. : :.\: : :. ゙i゙i:. ト,         この評価が少しでも作者さんのお力になれることを願って、筆をおきたいと思います。
 |   |.:.:.:.::.:.__ : : : : :.__ ゙i.: : : ゙ッ: : . ゙i゙i } ゙i
 l   (,、,r'´:.:.: :. `:.:. 心ん ゙i: : : :.゙i:. :. ゙i゙ij :.゙i
 '    ハ.:.:.:.:.:.. : : : .(,ぅ弋:. ゙i : : : ゙i: : . ゙i゙i ::.゙i
 ゙i   {.:.:.:.:.:.: : . ゙i .:.:.:.. : : : : .゙i : : : ゙i: : . ゙i゙i.:. ',
  イ厶:.:.:.:.: : : : .゙i:.:.:.:.:..: : .\゙i: : : :.'.(心) ゙ij ::..j
  |  |:.:.:.:..: : : : : .' .:.:.:.:.. : : .'.!、_____人 .:{`゙i
  |  |.:.:.:.: 心てf : : \:.:.:.:.: : . `ァ一‐─ー`} .:〉:. ゙i
  l  i.:.:.:.:.(,ふ弋 :.:.:.. \:.:.:..: . ゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i゙i∨.:.:. '
 ′  ':.:.:.:.:.:.:.:. : : : : :.. :.  \:.:. : . ゙i一─ー`|:.:.:.:.′
   ゙i ゙i:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :.:.:. . \:. :. ゙iァァァ77|:.:.: : :. i
    !、∧:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : .:.:.. : . \:. ゙i゙i゙i゙i゙i゙i|少) :.八
     i.:.:.゙i:.(込):.:.: : : : : : : : : : : . ハ\'ァ‐ー`l:.:.:. ,r'::. ゙i
     |:.:.:. ゙i.:.:.:.:.:.:..:. : : .:.: .: : : : :. 少マ \: :. |:./.: : : : '.
     |:.:.: :. ゙i.:.:.:.:.:.心てf : : : : : : : : : . .  \.j.:.:.: : : : : :i
     |::.: : ::. ゙i:.:.:.:.(,ふ弋:.: : : : : : : : : : :. .  ゙i心):. : : :|

361名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:21:12 ID:u0oWD2Lo

              ,. -‐──… -- .
           /           `ヽ
 .          , '               \
          /              〈V〉    \
       /   /         〈ハ〉ヽ      ヽ
 .       ′   / ,.. -‐====‐- .  ',       ',
      ,'    .{/ / / !   ヽ  \ヽ\}     !
     .'    / / / // l     !-‐=x/ヽ!       '
     {   ,' .!/{斗十ヽ,   jリハ从メ{  〉/}   /
       ',   !  ! ハ ヽxv=ハ  / ィチミx〉 {} / , '       以上、輝明学園高等学校2年、志宝エリスが評価させていただきました。
       ヽ  |从い.ハ〈 トィrl ∨  弋rリイ〉小〈/
       \{\从、ハゝ‐'  ,      iハハノ          初めてばかりで、評価人の形がちゃんととれているかどうかも不安ですが、
              \ヽ小.   vァ   ,イ川l从          機会があればまた評価させていただくことがあるかもしれません。
             `ヘl !lヽ、_    ィ /》|l!
                  |!!|/ 7了ヽ/ ∧リ\
              ル' /∧::::入_,ノ!   `ヽ,
            r '^^ヽV 〉〈 / .}   , -‐-ヽ       とても充実した時間をありがとうございました。
                〈    }{ {:::} } / /     ',
            / ゝx‐─==ミx/ / /       ,′
              | //       ∨/ {/     //
              | !{      x==弌. /   .:::, '/
              } |ヽ   〃    }′  / /
              } l  \ム      \    ハ
          / /   ! ヽ         }`ヽ / ∧
           / 〈   {  \    ノ  ./__/
            /  ` ーハ___入     /
       / /    /       /≧=<\
      /  // ..:/ O  O /        ヽ、
     / ̄ ̄\ ..::/      /        入
   /       \∧      入         /   \
  〈フr==x、   // !    /  \    / \   \
   ヽぃvノ\// /^\ /    \  /    \  `ヽ
        ̄´/   /   ヽ′ |   l ヽ′    \  /〉
      ∠,   /   /     .!    l   丶    //
       \\/   /      |   |     \__//
        \ヽ ,/L___ノL___,L_,.─―! ̄
           ` ̄  |      |  |      |
             |      |  |      |

362名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:24:49 ID:u0oWD2Lo
以上です。長文乱筆失礼いたしました。
レスへのリンクなど不手際が見えるかと思いますが、お目こぼしいただければ幸いです。

ぎにゃー><
>>351
「評価人氏のわかりませんでした」は誤字です、
正しくは「評価人氏のお名前がわかりませんでした」

363名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:38:09 ID:JdAuhkE2
評価乙でした!

364名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 17:42:31 ID:AEKHCTKM
評価乙

365名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 22:34:23 ID:4J2oROr.
全力で読み飛ばしたけど評価おつ

366名無しのやる夫だお:2011/01/06(木) 23:18:49 ID:9RkkkJQU
作者さんに伝えたいことがあったんでしょうから憎まれ口は叩かない方がいいですよ
評価乙

367名無しのやる夫だお:2011/01/08(土) 21:27:01 ID:jErvsINI
書き込み失礼します。テンプレにスレを評価とありますが、
短編投下所に投下したのも評価スレに依頼してもいいものでしょうか?

368名無しのやる夫だお:2011/01/08(土) 21:28:43 ID:Mu4b49sY
本人確認(名前欄に酉がついてたり、なければID)がとれれば問題ないかと

369名無しのやる夫だお:2011/01/08(土) 21:30:19 ID:YIrFakNg
大丈夫です、トリップ付けてないと本人確認できないのでちょっとややこしい事になりますが

370名無しのやる夫だお:2011/01/08(土) 21:32:16 ID:jErvsINI
>>368
早い回答、ありがとうございます
向こうとID違ったので酉取って依頼しようと思います

371 ◆k900AZ89po:2011/01/08(土) 22:24:58 ID:jErvsINI
>>369
お返事ありがとうございます、酉とってきました

初めてですがお世話になります

タイトル付けてませんでした、阿呆です。申し訳ありません……!
依頼レス
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1293015043/235

□評価方針        おまかせ
□評価スタイル      おまかせ
□AAの改変具体例   おまかせ
□その他要望・見てほしいポイント

・見る側にとってわかりにくい描写はあるか
・続きを書いたら読みたいかどうか
・個人的に気になった点等

作品投下時に酉を付けてませんがスレ内257に酉を付けたレスがあるので
そのIDと投下時のIDを合わせ本人確認としていただければ幸いです

やる夫関係で初めて投下したので制作の右も左もわかってません
が、失う物は何もないんだしわかる人に聞いてしまえ!
と思いましてこちらに依頼をお願いしに来ました

短すぎて評価に困ると思いますがよろしくお願いします

372名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:11:43 ID:.dbpcwL6
少しばかりレスをお借りします

373名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:12:47 ID:.dbpcwL6

      i-、'、 ';   _,,....,,_    /,. ;'-;
     ヾ'''  ヾ、!, '"     `' .、//'´ 'ー;
     '-´.,,_, '   , ,、  、 , ヽ _,,.ゝ
          ,' ,' /_/l / ヽ__l',,,,', , ',
        i /! /l/ .!'  ´ヽ!ヽ!、 i. !       初めましての方は初めまして!
       ,'!'、l/., --、   , --、 ヽl`;i
       ', !,,i             i,,.!ノ       そうじゃない方はこんばんは!
      / `ー',  | ̄ ̄ ̄.l  .,'‐' \
      ̄!_ /'.、. ',    ,' .ノ'、  __i`     新米評価人の小岩井よつばだ
       l,.',. ‐'´`i‐r--- r'i`'‐ 、ヽ!
      ,.ィ'    ,'、`ー 'ノ、   ヽ,       短編が依頼で来てたからな、サクッと読ませてもらったお礼に評価をするぞ
   _ ,. '´ ,.!   / `""  .ヽ _ /,. ヽ
  i´ `,. '" ヽ,,.イ       i´ `´ _ノ      評価するのは>>371様のこれだな。タイトルはないからURLだけで勘弁してくれ
  `ー'        !       ヽ,_ノ´       ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1293015043/235
          i         |
          !、_      _,.ィ
          |   ̄ .l  ̄  i
          |    .|_   , i
          l----‐.!-=r‐'
          ーi‐ 'T´!ェェ‐l
            |  .| 'ー '
            |  .|
           l   !
           l_,..、'、
           !'二ヾ
           !'´ `,!
            ̄

374名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:13:23 ID:.dbpcwL6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃□評価方針        おまかせ                            .┃
┃□評価スタイル      おまかせ                          ......┃
┃□AAの改変具体例   おまかせ                           ...┃
┃□その他要望・見てほしいポイント                           .┃
┃                                                ┃
┃・見る側にとってわかりにくい描写はあるか                       .┃
┃・続きを書いたら読みたいかどうか                          ....┃
┃・個人的に気になった点等                                ┃
┃                                                ┃
┃やる夫関係で初めて投下したので制作の右も左もわかってません        .┃
┃が、失う物は何もないんだしわかる人に聞いてしまえ!                ┃
┃と思いましてこちらに依頼をお願いしに来ました                    ┃
┃                                                ┃
┃短すぎて評価に困ると思いますがよろしくお願いします               ...┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                 ,ィ  ,ィこヽ.
                 l / └てくこ }
                  l /    ヽ   ノ
   、 ヽ.     ,. -─┴- 、 / |   |
   ュ‐>\  ,ィ´  -‐ニ_≧  \ !   !
  <_   >' /./ ̄`メ. ヽヽ. ヽ|   |
   /  ///l/    '  ,.-‐‐ ヽ下.___ト.
    ̄////l'il ̄`    /     リ::::::::::ト、       評価依頼内容はこれだな
     { l/.| ,.-─   , へ.  くi:::::::::::|<
      ヽ! ハ ′  _, -'′  i く八:::::::::K´       初心者さんか。応援するぞ!
        い    {       l ∧::ヽ:::::「`
        `〉、  \___,/ /:::い:::::::ノ         それじゃあ評価に移ろう
         /  >r---,-‐ 'フト、:::::::::::::|
       レ1 ,ハ |_/jニニィ′\::::::リ
         レ /:::::/       ヽ1
         __|:ヽ::::l        i |
        /::::::`ヽ::|          l |
       / >、::::::::l           l |
   ___/ /   ̄フ         い.
  /,  /      〉 ー-- _,      } }
  V__,ソ     く  -=ニ二.__   l |



     | |  __    / /
   、-- l-! '"      '-.、//‐‐‐‐ァ
  < ./         ヾ、  >
  -´//  /ハ. lヽ ヽ、ヽ   t‐--`
.   l l ,_/l/  ヽl_×l‐、 .l _. l       あ、その前に確認しておきたいんだけど
   レレレ`!ー   '__ ヽl´r`;       この作品って依頼内容の「続きを書いたら読みたいかどうか」と
    ,.d、 ̄        リ ノ       あのスレの性質から推測するにあくまで全体の話の中の
   ff  `;        r-< 、      ある一部分をテストとして作ったっていう認識でいいんだよな?
   l l.   i i ̄ ̄|   入   r`     
   l. l  l.>-ニニ - '{、 ヽi`ヾ     あれで一つの作品だって言われたらストーリーについても
   l ヽ ヾ.r'''(  〆 '``ヽ       いくつか言いたいこともあるし確認しておきたいんだ
.   l   |'、 ゙、  ~/:::::::::::::::i       
.   l   i´'、  ヽ 'ヾ:::::::::::::::::;:!       ちなみに今回の評価はよつばの推測が当たってた前提で進めるから了承しておいてくれ
.   l  'i::::'、     l:::::::::::::/.l
   ヽ-、l::::|.ヽ__ イ::!:::; -'" |
     `'ー|    `´"    .|

375名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:14:14 ID:.dbpcwL6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃見る側にとってわかりにくい描写はあるか    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                  ∧ l /
               lヽ/:.:ヘ | ./
            、─:.:.:.:.:.:.:V /
     , r‐- 、     \:.:.:.:.:, -‐ ''' """" '' - 、     / ,r
      (    ',        > "  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ,r'.∠- '
     ヽ _ 、 ヽ   /                 ヘ,/テ":.:.:.:.:.
        ヽ  \ /:./:ヽ/  / ∧:.  :.:.    :.:.';.:.:.:.:.:.:
         ヽ  ./:./:.:/ヘ オ:.:/  ヤ:..|ヽ:. l:.. ヽ:.:.:L....,,,_
         l |  ヽ./オ:///ヾ;./    ';.:l ゝ-十:.:l:.:.:.}
       l l    'イ.レ" ニヽ、レ'     ヘ:l´ ヤ:.ト;.:.:l:.;,リ
       l l      ゝ|   ``      _=ニ '.,l ヤf´r.ヽ,_ , ..      これは問題ないな
       l l    f:::::',   ,、 _          V{/ ハ
.        l l     L::::ヘ  f/   ` ''' ‐‐ ┐   r-..":::::Lr ''"      場面転換も背景と言葉で説明してくれてるからわかりやすい!
.        l l     ヾ:::ヽ !         l   .イ:::::::::::::::l
         l l      ヤ:,.r' 、 _    _ /.r ":::::::::::;,.. - '        それに日常系の作品はアクションやバトル物に
       l. l      Y   .'、' ,~ ''' テ.ノ`ヽ、:::::/           比べて動きが少ないから視覚的にそこまで考慮する
        l. l      l    ゝ-ニ´‐"   ヽf      〃     必要はなくて作りやすいんだ
        l. l     l              l       〃
                 |               |    〃       だから今みたいな場面転換の描写や、
                /  、           l   〃         時間経過の描写さえ怠らなければ問題ないはず!
               /   ヽ、          |
             ',    ` ‐- ...........   /
             /:ヽ             ハ
            ャヘ:::゙ -- ─ ァt── -- ":::;ヘ
             〉::'、__,,,::::::-/ ト、:::::::::::::::::::/:ソ
               / ヽ_ ,. -‐ '"  ゝ`、ー-‐",.イ



  .ii
  .||
  .||
  .||        鄽酛
  .||       !  i,_ _    A/i
 fモヽ      .ゝ´.:.:.:.:.:.:.:.:\/   フ
 `|i 、\    // /∧___l、.:.:.:..Y- '´   _
  .!! .ヽ,\  .レx-k,′'x-k,ヾ:.:i   ,r '´ ヽ     作者様は初やる夫作品らしいからな、もし動きのあるシーンも
      .ヽ,\ .|! 0  0 !.Y~j>'´,r '⌒"´     入れたいっていうんなら上手い人の
        ! |`ゝ .r‐ュ  ノ'´`r '´         作品を見るなりして参考にするのもいいと思うぞ
        V_ >.ー' <  r'´
         `i       へi
          |、.     h
           ト、ー-    ,}
          | `"'-'" ̄.i
          !、_Y   _|
           .!三:ゝ、_,r´
           `ー´ .| |
              | |
              ! !

376名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:15:14 ID:.dbpcwL6

┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃続きを書いたら読みたいかどうか  ....┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.         i   ,.......-‐‐‐-.......,   , ,
.       ヽ、| .,..::':::;:::::::::; 、::、::::::::`':.、 / /
       ,...-v':::;:'::ィ::;イ::/ ヾ::i、:i:::i::::、:'、/
     ,...::'~::::::;';'::,t:A;.'、!/   ヾ!,';l';-!::::i:::';:::`'::..、
.    '‐/:::::::::ィイ::イ!ri'O;;.i   "iO;;、tlヾ:|::::}、:::::::::、'、
     '‐''!:/l/!' ''l { lllll !    l.lllll }. i ' r‐、 '.、;-ヾ
      '  .{ { |  `'''´    `''''´   i`.!   ゙        次はこれだな
        `'-.!            i´ノ
        /::',    ,' ̄ ̄ヽ    .,'ヾ、          う〜ん……正直これだけでは難しいな
.       '-:::::::;'ヽ、  ' ‐‐‐‐'  , 、':::::::`、
        !‐;:/  ` 't- ... - r '"  '、:; 、!`'         決してつまらなかったわけじゃないぞ?
          '   ,..:'、     !、    '
           , '  ヾ`;ー.......':)、               ただ今回の話は一応はナナリーの怪我が
         /ヽ      ̄  ヽ             完治するだろうということで完結しているからな
        , ':::::::i          i:、      
       ,.'::::::::::::!          i::',            いわゆる「ヒキ」がないんだ
.      /::::::::::::::i           .i:::'、     
      /:::::::::::::::;'           |:::::',          それにタイトルもないからどういった話の方向性もわからない
     'r‐-.、:::::::i         ,.'   !::::::',    
.     /  /-、/          , '   |; ‐「
    /  / |  :.:.:.:.:....    /    .i  i    
    /  / .|  :.:.:.:.:.   /      |  |
    /  /  |  :.:.:.:.:  /    ,...;'  |.  |
.  ,'   ,'.  |    /    ./::;'   |  |
.  ,'   ,'  |    '      '::::::::'     !  |
. ,'   ,'   ! _,...............---‐‐‐::、,,,,,__   i  |
. /   .〈   <-‐‐‐ ''''''''''''ー‐‐-----.ニi)|  ',
.i   , 〉   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.i' i  ',
.`'ー-'` '   .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:ri }) !,!
       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:i:.:.:.ニ:':.:.:.::.:.|'ー ''





-\\   , ィ' ´      `´ ヾ <     ̄`Y
\ \ >'´                  \  /
  /                   く  
 /    /  / /   /\ \ \ \ 、\          だからといって、これで切るってわけじゃないから誤解しないでくれ
_/  /  /  / /l  /   \  l丶 X 丶 ヽヽ 
,'   l   l  /l / | /     \ i X ヾ \ヽ i        次の話も投下されたら見るとは思う
i  |  `ト、i_| / | /       >=ニ、ヾ\ ヽl/ 
|  |  ,1 / Ll>/、        frひハ ヽ\トi         ただ現時点では「見たい!」って思わせるほどではないんだ
r ‐ | / |/ / ィ'rひ、     {ゝリリ   l} |  |
,r ‐、 /  {!  {i !Uリ        `ー''   ´ ├ 、        キャラの内面を掘り下げたわけでもなければ、
、 { (V    ゝ  ゞ-''            l _ >       何か問題が起こりそうな感じもしないしな
ヽ ゝヽ  l        _ ......._       ノ \ \     
  >-−、 U     ,ィ´     ヽ     /┌一       強いて挙げればこれくらいか?
∠     \     f       リ   ,<´ヽl          ・かがみのルルーシュへの恋心
  |     > 、  ゝ       ,ィ´   \          ・ナナリーのやる夫への恋心
  ' ´ i / / `'ヽー - --− ' /      \          ・ルルーシュの最後の「落とし前」についての真偽
    レ /     \    /  ,へ     \

377名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:16:40 ID:.dbpcwL6

.         ', ',          / /
         _',_ ', _,, -―‐- 、 / /_,,_
.       ィ´.::::::::,y`´..:::::::::::::::::::::::...ヽ´.::::::::::`'ァ
        >:,r''7:::::::::,:::::,:::::,::::::,::::::::::::i`ヽ、::::::_>
        '′ i::,:::,::,'j:::/i:::/ヽ::::i',::l,_:i」_  `′       上2つはさっき言ったようにキャラの内面が
       't-―|:;'l:'リ`|:メ、レ u _,ゝk<!':j !::ヽ,         掘り下げられてないから、まだ感情移入はできない
       >_::;(' !'  ●    ●   ノ、:r
       ´ '",:'`|        J j´.::::.':, ヽ 、 、    3つ目は『ルルーシュ』という元キャラを考えれば、
        ,:':::::::ヽ、   -‐―  .ノ:::::::::::::', ノ ノ  ′   本当に何かをやっていて、そこから問題が
        ,ヾ/ ̄ ̄`'' ー--一'" ̄ ̄';,'/i          起きるかもしれないって思わせるな
.       i // | | | | | | | | | | | | | | | |',  |
.       /               .',. j         とはいっても、この話のルルーシュは
       〈-‐―==================ソ         良い奴そうだから本当に何もないのかもしれないけど…
.       ',    愛媛みかん.    /
        ',            ■ /,
       .... / ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ..ヽ/ヽ
      .:::::/ニ/:::::...............:::::::::::::::::::::::::ヾ'´,\
     .::::::::ト、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`<,_ノ
    .::::::::::::`´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



      、 、     _,. -‐ ''"゛´ ̄ ̄ ゛" '' ‐- .,_ // ,/ |/:: ::
  、―- .,_ヽ\, '"                  `'く/ :: :: :: :: :
   >   `>゙          /\  ヽ. 、  、  / :: :: :: :: ::
  <    ,'    ,i   /|  /   \  ', ヽ ヽ./ :: :: :: :: :: ::     要するにあなたの作品はまだ評価するしない以前の問題なんだ
   >    i   /| /|,/    `"''、┼‐-\/ :: :: :: :: :: :: :
  ∠=--―| ; /-‐|/'''"|/        ●  ;゙:: :: :: :: :: :: ::      不安なのはわかるが、読者はそんなに早く絶賛もしなければ
       |∧/   ●             | :: :: :: :: :: :: :     乏しめることもしないからな、スレを立てるのなら
        ,'゙|                     | :: :: :: :: :: :: ::      自分なりのペースでやっていくのがいいとよつばは思うぞ?
        ||         ,. -―‐- 、     !:: :: :: :: :: :: ::
        ゙、|       , '゙       ゙',  |:: :: :: :: :: :: ::
         ',      i        j   i:: :: :: :: :: :: :: :
         〉、      ヽ.__ ,,. -‐ ' "´   ヽ;: :: :: :: :: :: :
           /  丶.             ,. イ `ー―‐┬‐
        //|   ` ,ー―;-、-  -‐ '' "´ノ::ノ_,,.. -‐ ''('ー
        ´  レ'! / /,.ゞ-―..''.."".. ̄ ̄:: :: :: :: :: :: :: :
             ´,-‐i゙ '´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          i´`i、_ノ             :: :: :: :: :: :: :: :
           ,'´i、_ノ                    :: :: ::

378名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:16:59 ID:.dbpcwL6

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃個人的に気になった点  ......┃
┗━━━━━━━━━━━━┛


        ヽ  ヽ                ,r
        、....__\ ヽ      __     / ,.∠....,
     _,,ゝ  `ヾ、.. i ,. r ' ´   ``' ‐ 、/ /´  /__
      \     'y'´           ヾ、    /
     /........__,イ   / /  ハ  、    ヽ_........ヽ
            / / ,イ /l /  ヽ ト、 l  l ハ
          ,' ,イ_,.rf 廾メ   ゝ十L ト  l ',
            { /l' / j. -L      ヽL '、!ヽ } l}
         rl./ レ'/ ィ_):ヾ    行‐、ヽ V 、l          ルルーシュの一人称くらいか?
         l ly| { {:{;;;リ:l}    {l;;;;;リl} }. ヒヽi!         「俺」と「僕」があってちょっと違和感があった
         ゝヽ!  ゞニソ     ゞニソ  j.ノ /
          `>-、            /-<          それ以外は特に気になることはなかったな
         /   ゝ、  、 ____ ,   ,イ   \
        '┐   / >r/     ,...r'<ヽ    _ ヽ
         ' ヘ,.イ/ ィj'´)、` ¨¨ ´ /:::::::`ヾ、lヽ!
          /::/    i` 、___..ィ:::;、::::::::::::ヘ
         ,イ:::j     /-.._...r ' 丶::::::::::ヘ
.          /::::;イ   _,.r '        i::::::::::::ヘ
         /:::;.'    /              l:::::::::::::ヘ
       ヾ/   /            l:::::::::::::ヘ
       {   ,イ    _/::ヽ       l_::::::::;.r '
__n-──-`、-_'__|   r ' fー.ァ''ス____r〒テ 、l____
.  { ',ー ---- ‐リ  _,,...-|` 'ーt'´  ト、   ー'‐'‐ー'
  >、    /、  ( ( L _ | _,.. -'` )` )
  L_ ゝ--- '   )  ` '`‐===‐ ´''' ´
   ` ー─‐ ''' ´

379名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:17:31 ID:.dbpcwL6

           t:、,,,,_   .r=ァ'<  _ .. r''7
           `z、_ ` ̄!、_ノ ̄   _!
           < 7=-__[]_[]_,,,r< :>
           ∠=i r-[], ∧ []-L .i-=ム
             .|[]H<!/  ヘ!>-[].!
             仆!、凵 > < 凵 ノ.| )       というわけでよつばの評価は以上で終わりだ!
             /ゝ! `¨´   `¨´ ,rへ      
            7_ { ` ''- === -'' ´ } _「      初めてスレ立てるのは不安だろうけど、実際はスレ立てて
              !|         ト!       一回目の投下が終われば一気に楽になるからな!
             /.i`:'':-ァ、,,_,,rァ-''´.iヘ      
            ./:::l   l .○ .l   i::ヘ      だからもし続きを書くのなら、
            /:::::l   .l:::::::::::l   .i::::ヘ     今ある不安はとりあえず消し去って書きため作業に入るのがいいな!
           /:::_:::l    l:::::::::::l    i:::_::ヘ    
          i::::,r=''| ̄ ̄.l .○ .| ̄ ̄ !こ:::::::i    それじゃあよつばはこれで失礼する!
          !,:' .,r''こi:: ̄::::::::::::::: ̄::7< ヽ::!
          { {   .}:::::::::::::::::::::::::::{¨´ .} Y
          \ゝ _ノ:::::::::::::○:::::::::::ゝ__ノ_ノ
            Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
            { `¨''=-::;;__;;;::-=''¨´ }
            `ゝ、_         _ ,,r''´
              ,r| ̄T──T ̄ト.
              .i `¨´.|   |.`¨´ .i
              j    l   l    !
             ./    j    i   ヘ
             { .   ./     ヘ   .}
             `¨¨´       `¨¨´

380名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:17:51 ID:.dbpcwL6
以上で終わりです。失礼しました

381名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:29:26 ID:CtHG.SC6
評価乙ー

……やっぱり知的なよつばには違和感しかないなwww

382名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:31:23 ID:1uKIaQmU
評価乙

>>381
ばかやろう、よつばは動物園の理論知ってんだぞ

383名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 00:42:05 ID:CdP.I5ZQ
評価乙です

いちからか? いちから説明しないとダメか?

と煽りながら評価して欲しい気もする

384名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 01:02:04 ID:.dbpcwL6
                              
                             
                  __ .... __    | /   __
              ,  '´: : : : : : : : ` ヽレ'´ ̄<
            \\ /: /:/{: / \lヽ、斗、ヽヽ: : : : :> ,- |
     __, -─ー\/ ‐--/|/_,  v〃-‐-,_\ト} ̄ ̄ /ヽ 1    すまない!一つ言い忘れてたことがあった!
     >: : : : : :_/: //と_  ̄ ノ   `ー‐とノ {ヽ   { Y | 
      7_: : / {: :{/ (__) ̄     __   い    〉  |    セリフの位置は大体、目を基準にして置くと見やすいらしいぞ?
       //  /⌒     | ̄ ̄ ̄    ム  }ノ  /   / 
          { ヘ     |           |   !ヽ/  ∠     作者様のは気持ち上に置いてあるからな
           ヽ _ヽ  |        | ノ/{   /
         __.. --ァ \|        __,j'´::::::::::'、/       それじゃあ今度こそ本当によつばは退散する!
     , .. ‐      /::::::::::ヽ-‐r===ヲ::::::::::::::::::::::::∨  
    /  _, -‐─-/::::::::::::::::::::::ヽ、____ノ::人:::::::::::::::/
     ゝr_ノ    \::::::::::::::::::/ ̄` ‐-‐ '´  \::::::/ 
             `ヽ:::::::/          `Y   
               `Y                |  
                |       /      | 
                 |     / /       |

385名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 01:36:58 ID:CdP.I5ZQ
別な評価人は口の高さに置けって言ってたなぁ……
まぁ、好みはあると思うけど、個人的には目と口の中間ぐらいが読み易い

386名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 01:54:48 ID:TH8rKIQg
要は、顔の真ん中ぐらいのところに置くことで、表情とセリフを併せて見やすくなるってことじゃなかろうか。

387名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 02:00:59 ID:dpK.Zwks
>>383
依頼人がやんだの場合限定

388名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:18:45 ID:AaQmloho
12レス頂きます

389名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:19:34 ID:AaQmloho

              , ‐ v- 、
                 / l  ヽ \
            /  ,| l     \
  {二二二二二二 | l /、| ト、    |二二二二二二}
 , '´        , ‐レ'/>、.>、|__リ>、   |        `ヽ     遅ればせながら明けまして評価スレ
/        /: : : :| |,,’、  ・‐ァ, -v'‐‐ 、         ',     私はシオン・エルトナム・アトラシア
          ∧: : : :.| ト、 っ '''/ lノ: : / l 、       ',
        , ´/ /: : : : | l  >‐‐ / .,'.: : : :|__| :、       l    今日このスレを評価する者です
     , ' /V: : : : : :| | /‐‐<,'  l: :|: : : : : :.|  l  \    l   >>371
   /  |: : : : : : : :| |' 7‐〈.|   l:.:|: : : : : : |   |   ` 、  ',  ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1293015043/235-254
  /    .|: : : : : : : :lヽ|/   .l|/ト、|: |: : : : : :/    |       \
/    ,. '´|´ ̄ ̄ ̄l :_: :l -‐ ''''  ̄l|‐‐ 、二} l.  |        ヽ.
 _,,../   T‐‐‐‐ ''''     _,,.. -‐l|、  \ ',  l          \
 ''' "  ̄-―┘|     /7‐‐ 、ヽ _,.. l|∧   }\  |           ヽ
               ` ‐‐''' 〈/ //l ,_jj'''   ⊆_/_/   ` ‐- ..,,_,,.. --‐'''    }
                   ¨´{/レ



                 ,. -―- 、
            ,、‐''´        ``丶、
         ,、‐'´               `ヽ、
         \                   〉
            }\     _,,.. =-‐…ァ''Tフ
           ノ\ ` ー―''´__,,.. -‐ __,,.ニ=イ
       ーァ' , / >、ー‐'',. --r=''"´ i    l
     f辷タ1 /〈、{.| 丁{´   l    l    l
      j::::::::: |ハ lトミ、 {ヾ     l  j  l    l
      ト===1Λ }'、込 ', ‐ァ=ニ丁 /   ム   l    先によつばさんが評価を投下なさっていますね
    /_]j::i::: ||,ハ.{  ノ \⌒fぞjア   /`〉  l   
  _」´rn::!o:i/lイ ,ハ. `     `´jノ //_ノ!   |   なので私からは内容がかぶらない程度に気になった点を
r'l´||辷!」_::Lj'/{   \`     ,/ //l、 !   j   指摘させていただくことにしましょうか
| |._!_l:::::{´∨:|ミ} !/¨二`_フΤ/ ,.イ'/ V ' /   
l`::::::::_;人 \」/ /   / _/_j // /∨ Λ    少々辛めになるかもしれませんがご了承ください
`,エ´‐''"´   ヽ/  ,ノ ̄ ヽ l′ / i  ∨ Λ
 'ーrr         ',__,/\__/}__/   '、___∨ 〉
. /|,>、        ',ヽ /  {      ´   } /\
/ ー' /\_   / /ノ  /|   ,  ,. ==、  |′ /
ーイ   |Λ / Λ,_ん'   /  //77l l  |、 /\

390名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:20:56 ID:AaQmloho

 ・見る側にとってわかりにくい描写はあるか



            _,.、-‐'' "~¨`丶、
        ,.-''´         ..:丶、
        ,. '          .::::::::::::_;;;\
    _/:.         _,ノ‐''"乏:::::::::/′
    \ ゝ _   _,、-''´:::::::::::::c|C:::::/
      /\ー-r::''´::::::::::_;;:、:-─¬ーく
    / |  `lー斗r‐ィく´ ̄ \ ヽ ヘ ハ
     i /|   l| /|l \\\ ヽ_ ヽ  ゙,. i
    |,゙∧  l|{ !    ヽト,.ィfcァK `、 i.zU
     |//lハ 下、扞t:ォ、 ´'ヾ-~V\ ソ!:j 
    !《 { ∧ト∧ゞ'´ ,    ハ  ヾンノ      これは少し引っかかりました
ー仁ヘ--、X゙ ̄{`ミヘ、_  、 z ,.イ|リ|  仏       引用しますのでちょっと見てみてください
ヘ戈__厶{  _人__ミ{  {>'´  収|; |ハ 
     ,ムイノ_ ::::Ⅵト、\__ ,/ |l リ`ー-、 
     〉斗‐〉〉 ::::V小/云、,_ |j/ヘ::::::::| 
    /イ‐'//  .:::::V⌒ヽハ/\|ll  ̄`'く
    /ミz彡′.::;;;;;、::::〉   ヾi′ `ヽ  《ミヘ 
   〈::.... ...::::;ノイ::::::jノ     .}ト、_  .::';  Ⅵヘ
   `゙''‐-、{/ ̄~\:..  ..::八ヽ ゙̄ア;;_.   ̄〉
       Ⅵ/ ̄ ̄{゙''ー匕:::. _>イ孑\;;:;;ソ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

391名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:22:03 ID:AaQmloho

236 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2011/01/08(土) 19:38:54.49 ID:xUszpAIo

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    夜まで暇だし行くお!
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ



                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|     ちょっと待ちなさいよ!
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|     今日こそ掃除してってもらうからね!
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Ⅵ::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |

392名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:22:27 ID:AaQmloho
237 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2011/01/08(土) 19:39:33.13 ID:xUszpAIo

     |┃    
 ガラッ. |┃  
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  \   / \    やべっ、うるさいのに捕まる前に逃げるおっ!
     |┃     /  (●)  (●)  \ 
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|    おう!
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /


238 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2011/01/08(土) 19:40:07.86 ID:xUszpAIo

           , -――- 、 _ _/ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : !-.-.‐.‐.‐. ァ
    __∧': /   . . . : : : : : /: :/: : : :`: :<
.  /:::::::::::::::::〉: : : : : : :./: : : :,:イ: :∧: :i: : . .\:`ヽ   ○
  〈::::/:::::::::::/: : : : : : :/ : : : / /: /  ',: |: : ハ: : ヽ  \
  ∨:::::::::::::/: /: : : : :/: :-∠_/_:/   |: |: : :∧: : :ヘ、  ',         ○
  〈:::::::::::::/: /: : : : :/: :.X   //   \!∧: : : :',: : : ハ\j    ま、まてーっ! さっき暇って言ったばっかりでしょー!
  /\:::::/: /|: : : : /i/  \      /`ー∨: : :l: : : :.!        o
  ,'.:: : :ヾ:./´ !: : : /  ̄ ̄ ̄       ___∨: :i:. : : :!
. i.: : : ./イ!  |: : /      __    \    /!: ;イ::. : :.i〉
. !: : : : .::|:.ヽ_j: /     /:::::`:.、   \ /、|:/:.|:::. : ,'
 j: : : : : .:!:.:/ |/ \    /::::::::::::::::::〉     ! }':.:.:|∨:/     o
 |: : : : : .:|:/    > 、j::::::::::::::::::/   , イ-<:.:.;イ:.Ⅳ
 |: : : : : .:|'   /   |` ーrー-イ--‐ '  |:.:.:.∨:.!: |
 |: : : : : : !   〉     |  /ヽ  ヽ  o j:.:.:.:.:. : !: |          O
 |: : : : : : |  /`ー 、  |    ,!  }、   |:.:.:.:. : :.|: !    ○
 |: : : : : : | ./    ヽ |\/,|  / ハ   |:.:.:. : : :.|/
 |: : : : : : |/      `|\///   |  .|::. : : : : |



    , -‐―‐-、__
   /       、 `ヽ、      他の男子みたく引っ張ってでも連れてけばいいのに
  /  / / / ヽ丶 \/      
  l  / _j___{___ム_>=イ       かがみは誰かさんがいると強気に出れないのですね
  | |'´! -‐‐  ‐- { ! !
  | l |    r┐  ル| |
  | l |トィ⌒v⌒1′| |
  | l | ∧. ∧. f ハ. l |
  | | l:ハ| |/_| レ' j│!
  | l /  V〈_/ ,イ.j八

393名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:22:55 ID:AaQmloho

239 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2011/01/08(土) 19:40:45.16 ID:xUszpAIo

                          // _ _ _ _ __,
                         _ _/ヽ/: :/'´: : : : : /       ○
                  ,. : ' ´: : : : : : :ヘ: : : : : :-‐´ ー- 、
  o            /: : : : : : : : : : : :.ハ : :、 : : : : 、: : : : `ヽ
               /: : : :/  . : : : : :l: : i : : :ヽ:.: :、:.ヾ´  ̄ `    誰があんなシスコンなんかと……!
        ○     __/: : : :/ . : :/: : :./i:.|、: :!\: : :', : :ヽ: \
          , へノ:`ヽ/: : : :/:、__/_j__! ヽ!___,X: :i:.:. : :',: : ヽ     私はいつも通り強気よ!
           /:::::::::|:::::::,':/: :.:/:.:/  !/     ヽ!、:.:. : i\: :i
         {::::::::::::::{:::::/イ: :.i//           i: ヘ:.!  ヽ!    C
        ヽ::::::/!:::::::::!: .:|  z==ミ      z≠= ハ: :.|'
        o    >'.:.:.:|:`Y´|: .:|⊂⊃       ,   ⊂⊃/ヾ!
          /: .:.:.;イ: :.l、_|: .:|___  , ―----‐、   ,!'ヽ
.       ,. ': : .:.:./ ヽ:.;r‐ヽ:.|、: :ヽ. ー,―、―‐' ,.、イ:.:. : \  o
      /: : : :.:./   /   ヾ `ヽl/   }≦´___ `ヽ.:. : : :ヽ
.     /: : : :.:./  ,イ  ,.イ三ヲ' ´/   j、:::::::::::|`i、}: : : : : :ハ
    /: : : : :/   /:'  /// /´  、    / ∨:::::::|::j:::|\: : : : :}
.   /: : : : :/  /:::i  i:'/ /      \-'` ̄ ̄ Y:/::/   ヽ: :/
.   ,': : : : :.,'   {:::::|  |:| i  ヽ _   } 、__ノ/:;:' ,!   ∨
.   !: : : : :.i   `ー|  |:| |    `ノ´/ヾ::\ |:/ i    |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





             _,.. -‐=ニ二_¨¨゛ 丶、
          ,. '"  (†)      `ヽ、  \
         r'"     cp        `丶、_ \
         \   _,.-==== 、___     `ラ
          `v'"   ,    //  イ \   /
          r/     /  / / ',    /`〈
         〈ミヘ /   / //,' /  i  ハ: ヘ
         〈ミ{丶{: : i {从リレ/  / ハ ィ }
          〈ヘヽi: : iャ示テ-、// :ィチ从 イi
          ヽi:(i: : i ゝ-'   ´ , 弋ノ / ノリ      この『かがみがルルーシュを好き』というのを見せる一連の流れ・・・
   .        个i: : i i      丶 /イi        私は「えっ?やる夫じゃなくてそっちなの?」と思いました
            :|::'; : i::i 、   _ _  /i iiリ
           」__ム: :iリ=>  __ イ:: ハi         やる夫スレという体裁をとる以上物語の中心はやる夫なんだろうという
          <i::::i:::::ム: ',{:::::::::o}:::ト- 、i:: ir‐、       先入観がまずありましたし、
        f´i:; V´ \ _,.;ミミヽ;\i ii i |ヽ,  /i      そもそもかがみとルルーシュが一緒のレスに出てくる場面が
    / ̄ ̄ヽ, y i   i!`''‐.,,ヾヾヾ\  i  ', // /`'‐x  前にも後にも無いのですよね 実は
   ./    `' `''V,ヽヽ,i!    `''‐.,,ヾ;:;ヽ!  レ'//;:;//
   i       i ヽi ;i!       `'‐,ヾヽ i/;:;/, '
   i       ',ヽ,'i!          └―‐7 , '
   !⌒',      ', :i!          .:   ,':∧
   !o/;i   v''  ,'i!        /!   ,'/  ヽ

394名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:23:32 ID:AaQmloho

   ∠_,..           、o_\
  く  \          % /
.    >― , < ̄ ̄\ ー―く
   / / ハ \ 、  \   ハ
   { { ,L.__ヽ  Yヾ二 ヽ l !    やる夫に限らず創作全般にいえることですが、
   | ヽ|,.rn、 \l ´{_l_}`r‐` |    作者の頭の中では繋がっている内容も作品内に描写されなければ
   l  个r`′  ヽ  `|  | }    読者に伝わることはありません
   |   ハ、   '_   /  | /
   |  ト、 ヽ ´   , イ l  !′    「自分では書けたつもりでも読者には全然伝わってなかった・・・」
   |  | \|` 一 '′| l  |     って凄くありがちな失敗なのですよ
   |  | / ̄/`ヽ~ !  ム
   リ、 K  ∧   ∧.レ'レ' , へ   気をつけねばなりません
      ヽl ヽ ∧/⌒ヽ ヘ /




       _.、‐'  ̄ ̄ >
   _.、‐'::::::_.、‐'::::: _._:::}
  <_ .、‐'::::::::::::::::{V_}|
   \__\_‐‐ < ̄ ヽ.
   /l ト、 \  >\  ヽ          細かい描写に裂けるレスがなくて口で説明するだけでやっとだったとか
    レ|_士_\ X|__T .Y´::}          その時々で事情はあるかもしれませんが、
     ト、l_j \! |l |::::ノ          短いなら短いなりに工夫の仕方はあったりします
     | ト、' -  |l K
     | | >ー' |l |:::}_          たとえば仮にこれがかがみとルルーシュではなく翠星石とやる夫のカップルの話なら
     ┤/ |/^く_ |/::::::::::: >、        「やる夫スレのお約束」で読者に通じやすいですし
   /::::::::ノ:::}‐‐I V:::::::::::::::/::::::>、
.  ∧::::/:/  レ:::::::::::::::::::ヽ::::|| レへ._    かがみではなく同じ作品…コードギアスのキャラを使ったなら
 /_/::::{ ト、  l |‐‐:、:::::::::f:::::ヘ:::>== '::::\  ルルーシュに思いを寄せているんだ、という流れがより自然になったでしょう
./:::::::::::| ::: \ト、|::::::::::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::::}

395名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:24:32 ID:AaQmloho

         ,ィ:::::::::::::::::::,ィ';;;;;;;;;fンリ;;;;;;;;;;/""
       ,ィ´:::::::::::::::::,ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;l彡u;;;;;;;;/
     丶"""""::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;::イ-ー‐‐‐l
       \;;;;;;;;;;;;;;;::::::, .. イ´  丶、 \\
        | ! ト、""、、_      >、 \',
        !. | :| \ \`丶、_,.- '.  \ \
          | ! :|   \ \ -'´ ` ヌ   \ ヽ
        ! ヽ、!-‐´ ̄`ゝ丶、  ̄ ""`!、  ヽ .ヘ 
        | \ |ー‐ '´  `` ー`=  !〃、  ヽ.ヘ       読者という生き物は基本的に馬鹿で、おまけにとびきり冷酷です
           l !  !、""    丶     !;;;;;;;;;!  ハ ハ
           ハ ',  | \    -‐‐   /!;;;;;;;;;|ヽ ハ\、     こちらから親切丁寧に描写しないと意図は伝わりませんし、
         | .| ヽ;;;;;;丶、    ./ .|;;;;;;;;;リ ヽ ハ ',!.    「わかりにくいな」と思ったら文句を言ったり
            | .|  .|;;;;;;;;;;;;;``_¨_____|、;;;;;く   ヽ |     何度も読み返して理解しようとするよりは黙ってスレを閉じてしまう
        __ ヽヽ  レイ    /\   \ `i   | | 
       /:::::| ̄ヽ',  ',    /  |,,ヽ   /ー―-ァ-.、.    書いたものはまず読者の気持ちになって読み返し
.      /::::::::|:::::::::〉ヽ ヽ、/ >-‐-レ'´ヽ/::::::::::::::::::/::::::::\  伝わるものになっているかチェックしてみましょう
     /il、:::::::|::::::/::\iヽ釤y' /|  |ヽ::::::::::::::::::ヽ:::::人::::::ff oヽ、
    /t' '/::::::::|::/:::::::::::::::::::/ /ii|   |iヽ:::::::::::::::::::|::::!:::::\\r-."\
.   /"フ/:::::::::::y:::::::::::::::::::/ |iiii|  |iiヽ::::::::::::::::::|:/:::::::::::ヽ::\r‐7'\
.   /^ノノ:/:::::::::|,,,,,,,:::::::::‐/  |iii|  .|iiiヽ,,,,,,,,:::::::::|\:::::::::::::\:: ̄7:::::\
  / ̄:::/::::::::::::!;;;;;;;;,,,,,,,,,,|   iii   iiiiヽ;;;;;;;;,,,,,,y||||;;;;;;;:::::::::::: ̄|;;;;;:::::::::\
. /::::::::/:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;r−-、i_  ,r'''ー 、」;;;;;;;;;;;/ヽ:||||;;;;;:::::::::::::::|::::::::::::::::::::\
 f::::::ノ::::::::::::::::||||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|||、 ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ヽ|||;;;;;:::::::::: リ:::::::::::::::::::::::::|

396名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:24:57 ID:AaQmloho

 ・続きを書いたら読みたいかどうか



              _,,,-‐'''¨¨ ̄:.:.:.:.:.:,!
           ,,-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
          /:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;,;,_;,;_;,:l、
           /;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.;,_;,-''´: :ヽ、ヽ!
            !;,;,;,;,;,;,;,:.;,;/ :i、: : i、;,_: :` 、`、
           l;,;,;,;,;,;,;,;/: ,;,l、l l : :! ヽl: : : lヽヽ
        /;,;,;,;,;,;,;/: i /: :!_l!_l: :l iヾ!、:i、:! ヽ!
         /;,;,;,;,;,;,/ : :l: : :/f¨ヽV  `’l!l lヽ!
         `ー-、;,;!: : : l : /l `ー′    /: l
            `! : : : !;〈: :ヽ``   '´/`、: !
            └-;,_: : :/ト、:`.、┬''′ ヽ!     20レスそこそこの導入部分で言い切りたくはありませんが・・・
          ,,--i''´: : `/l `ヾーヽ!ヽ、        現段階ではノーです
    r'''! ,r‐'7’: : _,;-'''¨''i:.ヽ、 /`v'7:.:.l
   /`ヾ! !l: : :¨i‐''´;,;,;.:.:.:.:.l;,:.:.:`’''! :ヾ、/`!       別にあなたの書いたものが特別つまらないとかおかしいとか
    ̄フ、 `┬'’!;,;,:.;,:.:.:.:.:.:.!;,;,;,;,;,;,;,l: : : : `l、      そういうことを言いたいわけではありません
    /: : :T¨  ,!;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.!;,;,;,;,;,:.:,;l: : :/´ヾ __
    !: : :/ /ヽ;,ヾ、;,;,;,;/;.:.:.:.:.;,;.:.ヾ¨`ヽ、 `´ /
    l;/ /  /!;,;,;,:.:.:,;.:.:.:.:.:./l;,;,/ `!   ̄´
   _,,.-'フ’ / lヽ;_;,;.:.:.:.:.:.:.:.;l レ′/
  ヽ_,r _,,-'′ l    ¨'''‐-‐'′   /
     ´      `ヽ、      _,,/
           !  ̄¨!¨¨i´
            !    !  !

397名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:25:27 ID:AaQmloho

        \ † `ー-、_ _` 、
         / ̄7ー- 、__/_´ノ
         / _トュ'´_/ノ ハ`
         ( (`| i亟`/ノェ'! i
         `、 `| |  __ゝ;' |ノ
         i'´`,! ト、_ ィ'´i |′
       _rニ!/´`! !、_,_!、_! !       よつばさんが先の評価で話のポイントになりそうな部分として
     /´ヽ、  ̄ヽリ/、_,!、|iiー-、     三点挙げてらっしゃいましたね?
     /` 、    `'`y' 、ヾ,、i! i
    /  /  i    l _i \、 i    たった20レスの話で見所が三つもあるともとれますが、
    ,/`ー‐'   i    レ'、! /~`) i    しかしそのどれもがはっきりと「これが話の軸だ」といえるレベルには達していない
   ,( !、     ト、     ,~  /  i
   (ノノ`ィ-―┬´ ゞ'ノ  /'  i-イ´   作者様が何を伝えたいのかが伝わってこないのです
  (イ,)、 ',ー--'   }'"     '、T´    ルルーシュとかがみの恋愛?
  (ゝ'、 /  ,′  /    |i、 '、i、    やる夫とルルーシュの友情?
  (`イ、i   i   /     |l`i, `、     それともナナリー?
   (`ィ l,  l  /     |l i!  ヽ



            /   /  i,   i,
          /   /    .i,   .i,
.        /   ./      'i   i,
       /   /        i,   i,
.     /    /  _,,,,,.--''''''-.,,_ i,   'i,
     i,   ./  ,f: : : : : : : : : : :':,',i    i,
.     i,    i,  ,!: : ; : : : : : : : ; : : ;i    !
.     i,    i, ,!: ;':,iヽ,: : i; : : : ':,: : ,!   .,!
.      i,  ', i,i: i: ;i  i,: :i,ヾ; : : :':,:i   i
.      i,    'i i ;i--,_'i; :i,__ヾ; : i'i,   .!
.       i,   /ヾi;i'iエ'' ヾ;'i,'ロ'''i'',i .'i,  ,!、    ダイソン掃除機のCMが吸引力だけを強調して
       /'i, /: .;ヾ'、  , `  ./: i  ヽ, i:::i,   他のアピールポイントをあえて言わないように
      i::::::>' :  ; .ヾiヽ、- ,.,'/: /i  :`i;::::i   短いレスで人の興味を引きつけるには明確な軸があるべきなのです
.      i::::/  : .; i,i;ii| ` ´ ,!レ'i i,  : ヾi,    餌のない釣り針では魚は釣れないのですから
      レ'   : . ;./i '` i ,  , / .i',.i .;'  /
      ヽ、  : ;/ i',イ''i,  ノ.,_ .i ',i .;'  /    そういう意味ではこの短編は予告としての役割は十分に果たせていない
       ヽ,_ /   ; / 'i, ,'ヽ' ' ,' ,/i,     面白いかどうかはもっと見せてくれなければなんとも言えません
        ,!: :i"   V   .iV    i'": :i,
       ,!:,': i  ;.  'i   .i . :   i; : ';.!
.       ,!;': ;.i. ; ; : :i ,  , i : ;' ; . i ; : ';i,
.      ,!.; :,':.i.,' ; . ;!'  .'i: .;' .;: ; !; ; : :'.i,
.      ,!:,' ;': :,!'  ; .:/   ,! .; .; i; ; :'; : :i,
      ,!:; ;': :/   ;/    i  :;  .;i; ; ; :;: : i,

398名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:25:55 ID:AaQmloho

 ・個人的に気になった点等


    ./:::/'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  /::::/'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::l′
 /:::::/':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::-‐''"´   \
/:::/':::::::::::::::::::::::::::::::::::;:-''´  、        \
=彳:::::::::::::::::::::::::::::::;:::'´ー- 、 、 ゙.、   、.    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::/      >、,  ゙、   \.    \
、:::::::::::::::::::::::;:ベ- ...__ / __;x;''ヽ    ヽ.    、
 `'''^ヽ;r''Tl,.   \   /,ィ'´:::ヾト、ヽ ',./_ヽ  ',.    |
    ,'.,  | ヽ.   ヽ.' .'l  V;:::⊥. l,`ヾ:Vヽ l,.ヽ',   .!
   .| l   |  __ヽ、  `ヽ、 '´   l,  .ト、 l l, ゙,   l    そうですね・・・強いて言えばここでしょうか?
   .| l! ‐l'´,..rヽ、` ー- .._`.ー 、_  l.  ∨/ l. l, ',   |
.   .!.l.l,  ゙l;ヘヽ::li       ̄    |   .K | l, .', .,'   __
    !.l ヽ .l,ヽ '´j,._   __       .|   l ゙、! .|  V-‐<. ヽ
     ヽ \゙、 l    '´       |     ! ゙、.j  /---、 .l ノ}
      `   |`` `ヽ、        ,.::!    |  .>:'^ヽ,__   ヾ,.ノ
        !    ト、 ` .、   ,...:ヘ. /     レ'´   / \
         /    .|. ヽ、..二.........Y    /     ヽ
       //    /         /    /
     .//     /       ,イ|   /



252 :VIPにかわりましてGEPPERがお送りします [sage]:2011/01/08(土) 19:49:08.73 ID:xUszpAIo

      ____
     /  -- 丶、
    / ノ   ●) ヽ┏┓    それに?
   .|  (●, ,⊃ ノ ┏┛
   .ゝ、  `´  .へ ・



              _ ,.. -‐‐ ¨´ ̄:.`:.:.─- 、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
           /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          ノ:.:.l :.:|:.:.: .:.:.: .:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
       /:.:.:.:.| :.:!:.: .:,': .:. :.:/: /:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:|:.:|    あの運転手には 落 と し 前 をつけさせたからね!
      /:.イ:.:.:.l :.:.| :.:.:|:.:.! :/: /:.:/:/: .:.:.:.:/:.: /:./:.:. !:.{
    ∠:. ' }:.:.:.ハ:.:.l :.:.:l:.:.|:.:l∠イ/:./: .:.:.:.イ :.:.: /:./!:.:. |:.:!
          /:.:/:.:ヽ:|:.:.:.:|:.:.!:.ト、`>7 :.:.//: ./,:./:.!:.: ト、{
       /:ノ:.:.:.!:(ヽ:.:.:l:.:.|:.jk㍉、ノ<`ヽノ//:イl:.:.|:.:.:! `ヽ
        /´/:.:.:.ノ:.:ヽヽ:.:l:.:l:.ト乏必フヽ、 /ソ彡≦ァ:.:ノ:.:.j
       /:.:/}:.:.:.:.`‐ヽ',:|ヽ  ̄ ̄  ノ  .f沒/:.:./:.:.,リ
        ノ/ /:.:.イ:.∧ ヽ         {`7:.:./:.:./
     /´   /:.:ノ }/、 ヽ、   、   , /. ':/l:.:/
        ノ´  /::::\_  ヽ   ¨  ̄.イ}:.:/  }/
         /::::::::::::::`ー─`ヽ. イ:ヽlj:/  /
      _ -´─‐-、:::::::::::::::::::/(/`ヽ!  !¨ヽ
     /      、 ト、::::::::::::/ ̄ヽ.  /  }
     /         \::::`丶::::ヽ   l- '  /ー-- 、
    ,'          ヽ:::::::::::::::ノ  /{   /ヽ    ヽ、___
    l           , - ゝ、::::::::'.    l  {::::::l         ̄ ̄ ̄ ̄
    l        /     ̄〈  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:::,
    |         ´         〉  ───<::::ヽ /
    |     ヽ        { 〉   ___}::::::::|
   │     〉、       ヽ `ヽ      }::::├´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     l    /:::::}        _ヽ ── ´::::::::'.
    l:\  /::::::└──‐‐¬ ̄::::::::`¨::´::::::::::::::::::::〉

399名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:26:21 ID:AaQmloho

        ゝ-〈: : : : : :
     -'-‐二  \: : : : : : :
   /-'/´  、  \: : : : : : :
  / ///  /  l   \: : : : : : :
   //,  /l   l、   \l: : : : : :
  ノ' l l X l   l l   l l`‐、_: : : :
 /´! /l.l/-、-! l __l_l、_. l ! l  T
   !//l' /_) l'ヽ二l_lヽ ヽ l l !  l
   l/ ハ`. ´ l l l` ‐+、l  l l ト   !     ルルーシュの服装!
  //l  '    l/、 l。_.ハト、 レ'、ヽ  !     それまでアッシュフォード学園制服だったのが
  /'  、.  __   ’  ̄ l' ヽl⊂l ヽ l     いきなり半袖マンにクラスチェンジとは
  l'l l ヽ ` ヽ    ι 1 N'ノ  ヽ
  l l  l l.、 ー'   _,-イ l’ミ   \   AAの少ないキャラならこだわっても仕方ないですが
.  l' ヽヽ ー=-‐  -‐ハ  !\ミ‐-     ルルーシュは学生服・黒の騎士団服とバリエーションがあって
    ヽヽ.  `y__, -‐'´/ l H'´\`      それぞれ充分な数が揃っている
    ヽ l γ⌒ヽ_ ,-‐イ l:::l::::::::\
     `l  l、 /:::::::::::::::::::l l::::l:::::::::::::     決めポーズくらいは前の場面と統一しましょう
      / /::::::::::::::::::::/ハ::::l:::::::::::     一瞬ひぐらしの前原圭一に見えちゃいましたよ
 _ -‐'フ´ _ノ::::::::::::::::::::〃::::ヽ:::::::::::
. ヽ  ´-‐'´::::::::::::::::::::::::/'::::::::::`:,::::::::
  「`T´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::

400名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:26:54 ID:AaQmloho


               ,r''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
               !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
            i;.:゚x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.、
            ,> -―''''''''''''i,''ヾ''''''i;''''ー-:,_.:.:.:.:`,
              ,r"/: : : /:,: : : .'i,;,;>;--i: : i; 、:`、:.:,/
           ,' i  i i / 八  ヽ`''-、   \l
           ii:  l__!_ト、`´\ \  `>∠ ,|、     まとめです
            ,' , /_!,xr―、`l ハ l -l―l-l、 l ,'i i' 
          /,' /ーゝト:::イ`  ゙´ ィf'卞x、ソi,'ハii      ・書きたいこと、伝えたいテーマを明確にしましょう。
          i i i /',  ` ¨´    ゞ::イ〃/i//〉       そしてそれを見せるために読者の視点を意識しましょう
         i∧レレi ',     `      / l/
         i !v'iYi ヽ  `  ー    イ /         厳しいことを言いましたが、しっかり場面転換なども使えてらっしゃいますし
          li i l ' l  |\   _  イ/ i         最近の初心者の方はレベルが高いものだと感心しております
         |i i:; !;: l´ `ヽ,`¨´/V´l  i   _,,..、
       _,. , -:|-一へ:\:|,人_,人_X::::::::::::::}:|:/:::|:::/::::::\、    少し意識をして、やる夫スレのスタイルに馴れたら
     /  /::::::::::::::::::::::`'‐ゝイ l ∨:::\:::::::::|/::::::::::::}} (X\ヽ! ぐっと伸びていかれるのではないかなと思います
    /  /^{{::::l:::::}::::::::::::// | | ヽ:::::::\:::::|::\::::::\`r'ひ\ せんえつながら期待していますよ
    / /イ〃::::|::/::::::::::/ / ,r:ー-、 〉::::::::::\|::::::ヽ::::::::`'==='イ`ー 、
   { /_/:::::::::リ::::::::::::ヽ/ / />-V:::::::::::::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ノ´::::::::::::::::|:::::::::::::::::l.-'| {    \::::::::::::::::l;::\::ヽ:::::::::::::;:::::::::::::::::::|

401名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:27:18 ID:AaQmloho

以上です

402名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 03:43:49 ID:KH0Lq31A
評価乙です

403名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 09:59:04 ID:WMaDOd5A
評価乙ですー

404名無しのやる夫だお:2011/01/09(日) 11:16:51 ID:qkZIknmc
◇やる夫が0からはじめるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/749

◇【東京魔人】やる夫が黄龍の器になるようです【学園剣風帖】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/286

◇やる夫と彼女と見えないアイツ
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/346

◇やる夫は混沌王を目指すようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/535

◇【天羅】やる夫は因縁に生き業に死すようです【万象・零】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/929

◇宇宙の運び屋、やる夫一家!
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/958

◇【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/36

◇"聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです"
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/317

残り未評価

405 ◆k900AZ89po:2011/01/09(日) 11:38:08 ID:a7OLtgGc
お世話になっております、個別にレスさせて頂きます

ID:.dbpcwL6様、評価ありがとうございます
推測は当たっております、もう少しわかりやすい導入を心掛ければ
そしてタイトルの意味、セリフの位置、ヒキ等意識しない部分が多々見えて来て
ここにお願いして良かったと思っております
ルルーシュの一人称はミスですね、阿呆です

ID:AaQmloho様、評価ありがとうございます
皆様の方が沢山のお話を読まれてると思いますし
バサッとして頂いた方がありがたいです
どこが見辛い、どこがわかりにくい等、自分はまだ未熟ですので
>>395は妙に納得してしまいました、よく覚えておきます

総括
話の軸、キャラの内面等もう少し掘り下げ、どこを餌にして食付かせようか
そこら辺を考えて練習してみます
またお願いしに来る時もあるかと思います、その時はよろしくお願いします

406 ◆c4JMP7AoQ.:2011/01/10(月) 03:40:56 ID:NFXSXr0o

初めまして
ストーリーの区切りが良いので評価お願いします。

【風雨来記】やる夫は北海道で出会いと別れをするそうです
1スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1286797721.html
2スレ目(現行)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289924740/


      □評価方針        おまかせします
      □評価スタイル      おまかせします
      □AAの改変具体例     おまかせします
      □その他要望・見てほしいポイント


       ・原作が知らなくても大丈夫か(原作を知ってる方なら原作を知ってても楽しめたか)
       ・1シーン1シーン短くなかったか
       ・会話の流れは変ではなかったか
       ・キャラに魅力は感じるか
       ・双子の伏線は解りやすかったか、解り難かったか
       ・その他感想などがお願いします。

407 ◆XDD/DkyjV6:2011/01/10(月) 11:42:19 ID:riUyWVJw
>>350-362
志宝エリス様。評価ありがとうございます。
返事が遅くなって申し訳ありません。
文章のみ、長文でのお返しになるので、読みにくいですが平にご容赦ください。

>>355
>タブーともいえる表現を用いている点
>「説明しなきゃわからないボケは笑いにならない」

ラドンやモノリスがジョークとして三流なのは意図的な物でした。
ラドンについての下りで、読者に「訳が分からない」と思ってもらうのが目的で、
その後のモノリスは読者が「架空の娘がやる夫の知らないことを知っている」ことを隠すための罠です。

前回姫様に評価してもらった際に強く反省したことなのですが、
この短編において私は情報を故意に隠しています。

その結果、読者に対してひどく不親切で、せせら笑っているかのような印象を与えてしまいました。
>>354で「危ういバランスの上に成り立った作品」と評価されましたが、むしろバランスを踏み外してい待っています。
大変申し訳ないです。

この短編で読者に求めているのは読解力ではなく努力であり、
読者に読み解く努力というストレスを与えることは、製作者として失格なのではないかと思います。

>>356
>「SFに対する事前知識があって」「予めSFモノだと決めつけて」ようやく楽しめた。
>「SF」ではなく「妄想で味付けされたSF要素」を読むことになっている

SFな部分に関してですが、SF的要素という分かりやすい言葉を使って理由をつけることで、
いままでの「妄想的な存在だった架空の娘」を否定するという意味を持っています。

パラドックスの話の際は、ミステリで言うところの犯人の自供に当たるシーンです。
その演出の為に、読者に「妄想」や「厨二」などの言葉を使って刷りこみをしていました。

しかし、結果としましてはおっしゃる通り書き込み不足を実感しています。

改変に関しても大いに納得しました。
やる夫がラドンについてをぐぐって怪獣ではなく放射能物質にたどり着く過程も描くべきであったと後悔しています。

すでにナレーションを多用することで多くのシーンをスキップしているので、
多少のシーン追加及び、ナレーション追加は問題ないと思われます。

>>358
>「(十分な伏線を含め)描くべき必要最低限の要素」に比べて「作中での必要な時間経過」が長すぎ。

この部分に関しては、短編として構成の時点で失敗していたと考えております。
プロット時点で見通しの甘さに気付いていれば、もう少し緩やかな時間の流れを用意できたのではないかと反省しております。


>ヒロインはわたしにとってとても魅力的でした。

ありがとうございます。
姫様にも指摘されましたが、もう少しやる夫と絆を深めるシーンを挿入するべきであったと実感しております。

>>360
>総括

次回作は未定ですがまたいつか短編を書きたいと思っております。
その際はよろしくお願い致します。
この度はありがとうございました。

408名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:48:42 ID:OjIZszKs
40レスほど失礼します。

409名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:49:26 ID:OjIZszKs

                       , - '´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   /::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::\
               ,ヘ「|/:::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::::\\
              >┴}´:::/....  :/::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
            /::::://::::/:/::::::::/:::::/..../|...............|....:ヘ ∨7、
              /:::://イ:::::/:/::::::::/ !、/!::/ |:::::::|:::::,|:::::::::V<´
           /::/ // !:r/:/::::::::/ |/X/   !::::/!_/ |::::::::::|:.:\
            |/  |'  v{!/!:::::::/   \  /:::孑|/ |::::::::::ハ:ト、:ヽ
                  Y |::::!::|. ──  //── |::::::::::l | \!
                  `|::::|::| "゙"゙   、  \  /::::::::イ       どうもこんにちは、新米評価人のハム子こと西沢歩です!
              , ──┤::|!ト、 , ^ ー 、  "゙"/イ:::::/'        今回はこちらのスレを評価させていただきます。
            /: : : : : : : 〉、|` >´ ̄`〈__ イ//:::/
               /: : : : : |: :/_, -〈/ `ヽ }: : : |´/´/ヽrへ       がんがんネタバレしているので
           〈、: : : : : | : : : : : : : >'ニニy'::\: j: : :/: K ヽ ヽ      未読者はの方はご注意ください。
            / `ヽ, : |: : : : : : :/ ー-{: : : : : : l': ::(ヽ`  ノ\
          /     }_/ : : : : : / ニニY: : : : : : |、: : |   |  \
            /     / |: : : _/  ノ´:::|`: : : : : : l ヽハ   \   ヽ
         /  ` ̄ ̄ ̄ ̄´     /|::::::| : : : : : :/    \   \  ヘ
          |     , --── ´ ̄: :.k、、| : : : : :/      \   ー ヘ
        ー ´ ̄    |: : : : : : :/: ::ー': : : : :/         \   |
                 ∧: : : : : : : : : : : : : : :〈           ー─'


「やる夫と彼女と見えないアイツ」
 1スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1277024431/
 依頼レス:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/346

410名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:49:59 ID:OjIZszKs

                /:::::::::::/´:::::::::::::::::ヽ::::::::::\
          /−´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::ヽ::\   _
         /:::::::::::::::::           ::ヽ:::\ハ //ク
        /   .........../::::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ::::::::;イT─ 、-、
         l::::::,'::::::/:::!:::::: ハ::::::::!::::::l::::::::::::::::::::::::l:::::://:i !::::::::::\
       /|::::::!::::::|::::|::::::l  !:::::ト、::ト、::::::::、::::::::|//::::}」-、:::::::::::
.       //!::::::!:::、:l::::ト;::::|  |:::::| |::/_ x-‐':::i::::::::l::/:::::::l  `ヽ、::   この物語は、とある一介の高校生やる夫がある日、
      //::|::::::|::::::Tヽ!ヽ::!  !::::!イi_ ヽ:::::l:::::::|´:::::::,'      ヽ   幼馴染のかがみとつかさと学校に行く途中に
      /イ::::|::::::|:::::::| ィ≠ミ|  |::/ イ卞うトk:::|::::::|ヽ:::/           自分以外には誰にも見えない奇妙な男、
      |' |::::ハ:::::l:::::::KヒヘY!  |'  ネ、vり イ:::!:::::f、}/            翠星夫に出会うところから始まります。
      |/  !:::l::::::ハ弋汐     乏少´ !::|::::::|ソ       
      |  ∨|:::::|∧               |::!::::::!
         Ⅵ::::|::::ヘ   ′         ィ:イ:::::|            やる夫は翠星夫を通じて、自分と同じように
            v!:::i!::::::iヽ、 ー-‐   r< リ|:::/             翠星夫を見ることができる、父親の同僚の娘できない子・
          ヽ:::ト、::|   ` ー ┬ r'、`ヽ.\レ             その友人涙子・上級生の世界・同級生の澪らと知り合い、
           ヽ! V:|    _f.〉(ヾ.、\ヘ Yー、           交流をもつようになります。
                ゝ!-7 : /l ヽ\ヾ! `  l: : : /7ー 、
            /  /: : /, ヽ  \`     l: : //     \
             /!   / : :,','   ー´i      ! :,',.'   /  ヽ
          / l  .,' :: : !l     {     /:.,','   /    ',





               ,  -─ -  、
             /:::: : : : : : : : : : : ` 、
           , ':::::::...::::: : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /::::::::::::/:: : : : ; ': : /: : : : : : ',
         くスイ::::::::;':: : : : /i:: :/l: : : , イ: : : i
        /.:::;リ:;へi::: : : :/,.!- 、l: :X   !: /: :l
        / .::;:イ l:::i マl:i: : : / ハ...イヽ   /;:': : ;'      やがて彼らは、彼らを取り巻く人々の愛憎や思惑、誤解や噂が
        l: :;イ::l ';:ヽ、l:l: : :,' ヾ:ソ    ,ィイ: : /       絡まりあって引き起こされる騒動に巻きこまれていきます。
       ';:i ';::l  ヽ::;'l:l: : i ''     〃/:: :/',
       ':; ヽ_ 〉 !l: :l   ヽ、  ''/:: ;イl::i       騒動の中で「彼女」ら自身も翠星夫の囁く言葉によって
        /:::::::::` 、 ';:l ヽ、 _,  イl::::/ リリ       どこかおかしくなっていく一方で、中心のやる夫は何も気づかぬまま、
       /::::::::/:::::::\ヽ/ーュ、  ノ/:;:'          物語はある一つの結末へ向かって行く……というストーリーですね。
       ,':::::::/::::::::::::::::::へ.__ノ::::` ノ
       i:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\:::::::::;:-\
       l::::::::::::\:::::::::::::::::::::::\:::i:::::::::\          あ、ちなみに私は第一話から追っている読者の一人です。
         !:::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::\:::::::::::::\
       l::::::::::::/ ̄ \:::::::::::::::::::::\::::::::::::\
          l:::://  ̄   \::::::::::::::::::::\:::::::::::\

411名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:50:30 ID:OjIZszKs

                 _/ : : : : : :/: : : 丶: : : : : :\
                  ´/ .:.:.:./.:.:.:/.:.:.:∧.:.:.\.:.:.:.::.:.:.\           |
        |           /:./ .:.:.:./ .:. /|.:.:./  :::.:.:.';:::.:.:.::.:.:.:.:ヽ     |    _人_
      _人_     ,':.:,′.:.:.:.::|.:.:::/│/   ';::.:.:|ヽ::.:.|::.:.:.:.:.:. _人___   `Y´
      `Y゙    く\ |:. | .:.:.:.:::/|:::::| _,|:|ノ   |\|_.ハ::.|:::.:.:.:.:.:.  ゙Y´    |
.    i   │   {二>:ハ: | .:.:.:.:::|七:.「 |:|    |:.:/ `ト:.|::::.:.:.:.:.|_ |
.  __人_    /.:.:.:.:::{_}:| .:.:.:.:::|x孑弋ト{    }イア㍉|:∧::::.:.:.:.|::.:.:.\   ┼  まずは言わせてもらいますが……
.   `Y´   //.:.:.:.: /ト、| .:. :.:::爪_,.イi|      |iゝ,._八 |::.:.:.:.:.ト、::.:.:.: \+    実に不愉快な物語ですね!
.    i   //′.:/  V| .:.:.:.:::| V少       V少  小 :.:.: ;′ヽ::.:.:.:.:.ヽ
        /´ /.:.:./     (|.:.:.::.:::| ////   ′  /// /|::.:.:.:/   ';::.:.j\}   あ、このスレの読者の方はわかっておられるでしょうが、
       /.:.:./     十 :.:. ::.::|    r--ー‐v    ;::j::.: /    |::.:.|     これは褒め言葉です!
       {:.:./        + :.:.:.:::ト、    {    /     イ::::.: /       |::.:.|
       ヽ:|         '、.:.:∨\  ゝ'" ̄\ イ:::|:::. /     │:/     よくもまあここまで不愉快にできるものだと感心しきりです!
                  ヽ:.:∨{^ト/ /  ̄\_乂:∨/        |/
            -───<∨ ∨ノ x―- 、 }<_______
          /⌒\   /  〈 ー'´, --、__) 〉  ∨|   ∧
            /       く    {  (__, --、/    >   /  ,
.          |      }  \  人   ,.-─イ   /│ /   |





               /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:\
           ___,/:.:.:.:.:/.:/.|:.:.:/ |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:::',
         '⌒ :7:.:.:.:.\/ |.:/   !.:.:./:.:.:ハ :.:.:.:.:|:.:.::::|       登場人物の多くは、自己中心的、偽善的、ゴシップ好き、被害妄想屋、
          /:.:./:.:.:.:.∧x≧x{'   /.:./ l:.:/」 :.:.:.:.:|.:::::::|       自己憐憫屋、人の話を聞かない、流されやすい、感情的、独善的など、
       /:.:./|:.:.:.:.:|〈 /rひ  / ーァ≦´|:.:.:.:.:|:::::::ハヲ_     不快な要素をこれでもかと詰め込んだキャラ付けとなっており、
        //  :| :.:.:.ノc Vzソ     /:rひ∨|:.:.:.:.:::|::::/::<⌒    一見まともに見えるキャラもどこかずれている始末です。
             |:.:⊂⊃   ,     Vz:ソっ |:.:.:.:::/::/\::.:.\
             | :.ハ.   |、    ,   ⊂⊃ .:::::/|/   ヽ::::.:.',    さらに、誰もかれもが腹に一物を抱えつつ好き勝手に動き回るので
             ∨|:.\ ′ ̄`ー{     /::::::/'/     ヘ::.:.|   物語がどんどんややこしくなっていくという、
              ∧|  >、   __ .ィ/::::::/<         |::/   その不快さと複雑さの描写が秀逸なスレですね!
     x<<ミx、  | i \  | ̄><′  7//::\.      レ
    v|i゚ タくキハ. ノ|  >'| //| |\ / /:::::::::/ヽ
    ト\イ从ヤノく | i   l /| | レ<ミ>く:::::::::/  |

412名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:51:20 ID:OjIZszKs

            ,':::::::::::/:::;:イ:::::::l::::::i:::::::::::i:::::::::::i
              i:::::::::;イ:::/ l::::::l';::::::l:::::::::::l:::::::::::l
           ,.イ:::::::;' l::/  l:::::l__i:::::l';:::::::::l:::::::::::l
          /::;:イ:::::::iイト、  !:::l  l::::ト i::::::::l、::::::::l,. イ
         ,':;イ::;l::::::::l l::」  l::/イスヽ、l::::::::l i:::〃`ヾ
         i/ l;' l::::::::l '"  ノ  l::::::」 ゝ:::::::lノノ ヽ:::::',    それでは評価に移りたいと思います。
         ! l  l::::l:::l 、    '"´   l::::::!    ';:::::i
           !   ';:l';::l\ ー     ノl::::;'     i';::l    まずはAAについてですが……
              'l ';:! ` - r‐ ' ´ ,イ:/ \     ノ リ
             /    「/、 l   / !/  l \





                ,. -──‐ - 、
                 , .:´. : : :, . -‐‐-.、: : :`ヽ
               /. : : : :/ . : : : :: : :´ ̄ ̄:.`ヽ
                」. : : / . : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
          rイ |: : / . : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : :l
        , .--V_/:.:/. : : :l:.:l.:.l: : i: : ハ: : : :l:.:.:l:.l: : :L       今のままでまったく問題ないと思います。
      /.: : : : 「|.: l. : : : l _L:l.__ハ: l  l: : :ハ: :.l:.l: :.:.|.:`ヽ
       /:/./`T´.:.l: : : : l: :|_」: :iメ、l  l.:.ィ´i.:/.::l. :.::ト、.:.:|     このスレは(見た目は)淡々と会話主体で進んでいく物語で、
     /:/ l.:/   Vr {: : :.:∧ィ=テメ、   l:/〒/ l: :l: : :l ヽ|     戦闘シーンやモノローグすら無いので、
     |/ l/    /い. : :.i イ´l。1!    !ハ。ヽ j:./: :./        大がかりなAA改変がそもそも必要とされません。
            ヽい: : :.l ヽ りノ    りソ イ: : :/
               ヽ|: : :l '゙゙゙゙゙゙゙    , ゙゙゙゙゙゙゙j:.: :/         そしてその会話シーンもAAの間隔やセリフとAAの距離など、
              \: ト、        , イ.:.:/          基本的なところは抑えられておられるようですので、
              /ヽト、丶、 r‐-っ イ.:/l.:./  「「 ̄ |     このままでよろしいかと思われます。
          「コレイ{     \ _」ニ´、 |/ l/.  |:|.  |
       ,r<.:.:.:.:.:V´ ヽ、    }1 イ.:.:.ヽ     |:| ニコ|
      /: /`ヽ: : :ヽ   \ ノノ ,ハ.:.:.:ト、     |:|  |

413名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:51:51 ID:OjIZszKs

              ,  -─ -  、
              /::::::::::::::::::::::::::ヽ::\
             , '::::::::::::::::::::::';::::::::::::::';:::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::i::::l::::::::::::::::i:::::::::',
            ,'::::::::::i:::::;イ:::::l::::ト、:::::::::::::l::::::ト、イ       AA改変してないからと言って演出にも問題はありません。
         i:::::::::::l::/ l::;ィユ=r、!::::::::::i:l::::::レ「`ヽ     翠星夫の言葉に「彼女」たちがのせられていく様子など
          l:i:::::::i:レ、 !:::トiリil イ:i::::::::l:lヽ:::::::ヽ:::::',     戦慄するほどでした。
         l:l:::::::l:::liリ l:/ヾツ,,, l:l::::::::リノ:::::ノ l:l';:::i
          l:l:::::::';:l'' ノ      l:!:::::::! ';:/  リ i:;'     AAにそれほど手を加えずとも
         l ';:::::::l:.  _     ノ リ::ノ i,  - 、ノ      ここまで演出できるものなのだと感動いたしました。
          l ':;:::::l::ヽ      , -∠ 、   \     その筆力はお見事ですね。
            ', ヽ:::l';:l  ̄  `y/⌒ヽ i ヽ   \
             \ヽ    / /   l  ',  \ l
                  //     l   i    ヽ!
                  /      l  ',    〉
                 /        l   ヽ  l
                   /- 、     l    \ l

414名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:52:18 ID:OjIZszKs


                                                            ,  -─ -  、
                                                             , - ´' ´ ̄: : : : : ; : -─ - 、
                                                        /  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`‐、
                                                        / . : : . .  : : : : : : : : : : : : : : :`‐、: : : :\
                                                       / . : : : : : : : . . . : : : : : : : : : : : : : : \: : : :ヽ
                                                     ,' . : : : ;': : /: : : : : : : : : : : : : : . . . . . .ヽ: : : : :'.,
 次に、これらのポイントについて語らせていただきます。                   i  .: : : ;' : :,': : : : ;.イ: : : : : : : : : : : : : : : : '; : : : : ',
                                                         l . : : : i: : :i: : : : / l: : : : :i: : : : l: : : : : : : :i: : : : : i
┌───────────────────┐                       l . : : : :.l : :l : : : /  l: : : : :il: : : : l: : : : : : : :l: : : : : l
│ ・会話の流れが無理矢理過ぎないか    ..│                       l : : : : :il-ーl-: 、/   l: : : : :! l: : : il: : : : : : : l: : : : : :l
│ ・話の流れが無理矢理過ぎないか      │ ! ヽ                    ,イ : : : : ll: :,イ: : ;'ヽ  l: : ; :,'ーl-: 、l l : : : : : : l: : : : : :l
│ ・長文多過ぎで読む気が失せるレベルか  │ ヽ \               / .l : : : : :i,l:イ´ヽ!   l: : : /  l: : :l lヽ:i: : : : l: : : : : :lイ
│ ・一シーンが長すぎで息切れするか     .│   \  \             / . : :l : : : : l:l';:!ト イ   l: : :/ィてl-、! l: : l: : : : l: : : : : lノ: :
│ ・登場人物が多くて混乱しないか       │    \  \            l . : ;イl : : : :.l::l ';l:::::::l   l: :/ l:::..l: ;'ゝ!: :l: : : :,'`ヽ: : ;イ';: :
│ ・そもそも話についていけるか        ..│     \ / `ヽ        l : :,イ:! l : : : l::l L:::ノ   ,'/  l::::::;:':イ 〉:l: : : :/へ l:/ l::i',:
└───────────────────┘      /    \       l :;' l::l l : : : l::lW   '´    L:::::ノ ,' l: : : :/.ノ /   l::l i:
                                  「ヽ〈  /     \      l:i l:l  l : : :.l::',  丶    WW / ;' : : /,.プ´   l::l
                                  ヽ  '., /  /   __ ヽ     ';! l   l : : l:::l\  、_,     / ;' : : /      /ノ
                                   \`‐-く.__/    ',      ! ',   l : :li::l  `‐、      , /:/: :/ー- 、   ノ
                                       ヽ、 _, 、 _ , `ヽ- 、        '; :l l:!   l` ‐ ' ´ /:/:/- ─ - 、
                                          \       \l\      '; l ',   l   / /     i   \
                                          l\      l  \      ヽ   /l /      ,  - ┴- 、  ヽ

415名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:52:44 ID:OjIZszKs

                __ _          ・会話の流れが無理矢理過ぎないか
              〃,.-`-ヽ         ・話の流れが無理矢理過ぎないか
            ⌒iiミイ(((ハ))〉⌒
              ゙(!| ゚ ヮ゚ノ|        まずはこの二つにまとめて回答させていただきます。
               /j〈芥〉!つ       あなたのスレではストーリーはほぼ会話で構成されているので
           .   `く/_l_j,ゝ        この二つの質問はほぼ同義ですね。
                ヒヒ!






   < 、 | |:::|:.:.:.:.:.:.:.:.::|.:.:.:.::::〃.:.:::::/ ヽ:::.:.:.:.:.}::.:ヘ::.:.:. |::.:.:.:.:.:.:.|:.:ヽ|/7r,
     \>|/|.:.:.:.:.:.:.:.:::|.:.:.::::/ |.:.::::/   ',::.:.:. ハ::.:.:t::.:.:.|!:::.:.:.:.:.:.|ヽ.jK∠ _
   , <¨| !::|:.:.:.:.i.:.::::::ハ.:.::::{ !.:.:::|     |::.:.:.l |:.:.ハ:.:.|1:::.:.:.:.:.:|\! }:...  \
 /.:.:.:.:.:j |:::|:.:.:.:.|.-‐┼t─|‐k、__!    |:.:__j,斗::!‐┼廾‐.:.:.:.: |:./| j:、:::..  
 .:.:.:.:.:/ハ.:|:.:.:.:.|::::::::! ヽ::| ヘ:::|`^′ !.:.:/ .レ   |/ |:::.:.:.:.:.:.|/!'\\::::.    ただ……今の時点では判断を下すのは難しいですね。
 .:.:::〃:/  ヘ!.:.:.:.:!:::::::| ┯━━┯     j.:/ ┯━━┯|!:::.:.::.:.:.|:::/   ヘ::ヽ::
 .:://:/   |:.:.:.:.:|:::::::| 弋::::::::::ソ     //  弋::::::::::ソ |:::.:.::.:.:.ハ′   |::| ヘ    展開が無理矢理なのはその通りです。というのも、
 //:/     |.:.:.:.::!:::::::!    ̄    /´       ̄   リ::..:::.:.1 }     !:|     この話では、おかしな登場人物がありえない思考を
 . !/       |:.:.:.:.:|::::::| /|//|/       /|//|/ /::::::::.:.,'ノ     リ     巡らしたあげく斜め上の行動をとることで
 . |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!::::.:/            ストーリーが展開されていくのが定石となっているからです。
       !                         |::::/
       |                         |:/ `ヽ           神の視点を持っていて、
     |                           | |   `ヽ、        かつある程度正常で冷静な思考ができる読者からすると、
.    /|                             | |       \      やはり無理矢理に見えます。

416名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:53:15 ID:OjIZszKs


                  , -─ ´ ̄ ̄, ̄` ー 、
                /: :__: : : /´: : : : : : : : \
               / /: : : : : : : : : : : : : : : - 、: : : ヽ
               _ /./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::::::ヽ
             __ゝ7/   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ \V7,        ですが、ただ無理矢理だ、とも断じ切れません。
         /: : : _|,'         ,、    i   . . . . : :|:::::::、ikー‐ 、
        /: : : / ;、|: : : : : . . . /. . / ヽ::: : :|:. : i: : : : : |::::─|} 、::::::::\    なぜならこの話には翠星夫という、人の判断力や思考力、
.        /:: : //:/ |: : : : : : : ハ: ::/   |:::.:. ハ::.::ト;::.:| : :|::// \\:::::::ヽ   善悪観を狂わせる(と思われる)存在がいるからです。
       |: ::/ //    |: : : :|: ::/ { :|   |::::. ' l:::ハ:::!:::::|:::::/   ヽヽヽ::::ハ
       |::/  |'    |: :|::::|::┼‐┼!'´  |::::メ─|‐ト !::!::::|、/      V! ∨:|  翠星夫が見える「彼女」たちはもちろん、やらない夫や
.        |'       |: :|::::l: :|ィ┬テミ、  |:/ ┬≠、 |::|:::::|丿     リ   !:::!  かがみも翠星夫に影響を受けている描写がありますね。
                |: :|::::∨! 弋ュソ   /  之少"!イ::::::!            V
              _ ゝ::|::::::トヘ     ,      /イ:::::,'             サブキャラクターの一部にも、
          /  ├ヘ:V:::| !::i\   _   / ||: /、             明らかに正常な判断ができなくなっている者や、
         /     !  ∨:| V! l` 、 _ , ´  /|:/ : 〉.            常軌を逸した行動原理を持つ者がいますが、
     _ - ´   ヽ  |   V! `| , 分、    /:.|' : / ヽ           もしかして彼らも翠星夫の影響下にあるのでしょうか?
   _,<         \ Y       'イ,イノハ. V /!: : : / \ ヽ           それともあれは素の性格なんでしょうか?
─´   `ヽ         |    /////| ! ∨ /: : : / / ̄`!
        |          |   〈〈´ .// !| | !  /: : : //     |
       |     , ─┤     ヾソ´ !| | ! /: : : /         |





               -──-
             /      \
         _,、- '☆l     ☆ Λll、
       /_,、- '   l   lll /Уl l      というわけで、何でそれで説得されてるの?とか
        ̄__    \  lllノノ  V      何でそんなぶっ飛んだ思考をするの?とかいろいろツッコミどころはあるのですが……
       ⊂l   ̄ `‐-ゝ-‐'/´  ̄l⊃
          `‐‐、  ,l /  /- ' ̄
            ヽ/l   l            この翠星夫の影響がどれくらいの人に、どれくらいの範囲で
          _ノ  l     l           及ぼされているのかはっきりとわからない以上、
         ll;:::l_Λ___l          今の段階でそれらが無理矢理かどうかを評価するのは
          ll::::l l l l l l l          時期尚早と言わざるを得ません。
       三  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \
     \  < ̄ ̄ ̄ ̄   / /
      \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ /
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

417名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:53:42 ID:OjIZszKs


          ,': : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : '; : : : :',
            i: : : : : :l: : : ハ: : : : :i: : : '; : : : :i: : : : :i
         l: : : : : :li: : :,' '; : : : :ト;_:li : : : l: : : : :l,ィ
           l: : : : : :l_l__:i  i: : :イ '; : :l l: : : :l: : : : l:::プ、
           l: : : : /:! '; :l`  l: : :l,.イーく l: : : :ト、 : !::ノ:\    さらに続けます。ここでは翠星夫の存在はちょっと脇に置いておきます。
          l : : : : :l,.イ⌒ヽ  l: :l  ト ...ゞ: : :l i: :,'イヽ: : ヽ
         /: l: : : :i:l〈 ト...イ  l: !  l::::::::;イ: : :l ノ/ l: l'; : : :',
       ,': : : :l : : l:l ';:::リ  リ  `Ζzl: : :lノ  ,'/ i: : : i   依頼文を読む限りでは、
        i: : : ;':l '; : ',:l Ζ         ,イ: :!  ノ    l: : ;'   作者様は無理矢理なのはもちろんわかってやっておられて、
       l: : :i l:l '; : :lヽ     _   , イノl ;'       ,.イ:/   そしてそれが無理矢理過ぎないか、ということを知りたいようですね。
       l: : l ';l  ':,: :l:', ` ーr-- ‐'´  l !'         ノ
          '; :l ',  ヽl '.,   !       lノァ' ´⌒ヽ
         ヽ',      \ _」   , - ´//     \
            , ' ´ 7/ -、  /  //        ヽ





           ,. -─‐‐-. 、 _
         / . : : : : : : : : :: .ヽ: `ヽ
        /. : : : : : : : : :ヽヽ: : : :',: :「V〉 __
          /. : : :i: : ハ: : ト、:ト、ヽ: : :i: :LL.:´.:.:.:.`ヽ
        i. : : :i:.l: :.l  ',.イ リ ヽ:}.:.:.l.:./ハ:l ̄`ヽハノ
       l: : : :lイTメ、 l/イ〒ハ。}.:.: ト、.:.:,′
       ∧: : :l l イハ    ヽじノ l.:.:.l l.:./
       /. :ハ: ::l:ハヽい   ''''''' l.:.:/ノ/
        l / l∧ l: ハ''''''      l.://       "過ぎる"と感じるかどうかなんですが……はっきり言いますと
          \l.:.> _`__, イ/`L_       「人によります。」
           ヽ| / ̄``ヽ: 、:_:_: L_
            /. : : : :',: : : : : : : : ヽ:.`ヽ
              l: : : : : :.',: : : : : : : :: i: : : :ヽ
              ハ:/. : : : :V: : : : :: : :l: : : l : i

418名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:54:06 ID:OjIZszKs

              , - ─ --   、
           , '            `  、
            /                 \
        , '    ,ィ                 ヽ
         /    / l   ',             '.,
       /    /, --l- 、i      ',          ',     少々失礼なことを申し上げますが、
       /    /  ___l  ,' l i     i        i     この話は無理矢理なのがデフォルトで
       ,'     ,イ ィ=- 、./ l l      i l       ト、 ,ィl     むしろ無理矢理でなければこのスレではないと言えるレベルなので、
     i    ,' .:!  トiイ! ゝl l      l l    く:::::::::プ    今さら読者の無理矢理さ許容範囲を模索することには
      !     ,':ノ   Lソ   ! !    l l´ ヽ    (:::  `ヽ   意味がないと思います。
     l    l      ,,,  l l     ,' ,'「ノ /    ` ヽ   ',
      l     il        l イ    / /┘ノ      ',  i  あなたの話が合わない人は早々に立ち去っているでしょうし、
     l    l ', ー    l ,'l   ///r '      / i  !  私を含めた、今まであなたの話についてきた読者は、
      !    il ヽ       ,'/l   /// ,'      , '   イ ,'   少なくともある程度には話の無理矢理さを許容し、それでもいいから
     ',   !l   ` ー- / l  , ' /  i_ , - '     l /   続きが読みたい!と思っているからついてきているのです。
        ',  l l     ノ ', ,'/ノ , -┴── 、    ノ
       ', ! ',        ', -─── -  、  l
       ヽ!      /__   ....................::`  ‐-  、
             / ..:/   `  、     :::::::::::::::::::::::l

419名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:54:55 ID:OjIZszKs

                 ,   -─ ァ=- 、
              ,  : : : : : : : : : : : : : : : : `. 、
              /: : : /: : : : : : : : : : : : : :. : : \
           , ': : : : :/: : : : : : : : : .: : : : : : ::. : : :. ヽ
            /: : : ..::::;' : : : :. : : : ..: : : i : : : :l::. : : ::.. :',
        へ,':,ィ..:::::::::i : : : ::. .:i..:::;イ: :/l : : :::l:::. i: : :::. :i
          ` プ ゝ:::::::::::l: : : : :::..:l::/ l: :/ !: : .∧:::l: : :::::. l
         , -..:) )::::::::;-l i: :: ::::::::lィTユr、 l: :/ ';::!: :::::::: :!
        /.::;イ l::::::::/ r l l: :: ::::::::l トリil ノ l.:/  リl:: i:::::: l     ですので、ここで言うべきことは一つです。
       l .:/l:l  ';:::::', ヾ l l: :: ::::::xxヾソ ノ  ,.イ〉l: l:::::i l
      l ;' ';!  ヽ:::ヽ、 il l: :: :::::::l       じ ,' ,'::::::l l      そのまま続けてください。
       ',       \::::ll l: ::. ::::::l  , - 、 x/:/::::::;' ;i      四十数話まで続けてきたこの話のスタンスを
               ヽl l '; ::..::::::l 〈: : : : ノ, イ;イ:::::/.;イ:!     変える必要はまったくありません。
               l l ヽ: ;  --─< ノ l::/ノ !リ
                 l   イ/ /    ヽ   l/
              ノ   l/ , '     . : ', ノ
              /    」 i      : : :i
           /l :  /  :l      : . :l
          / l L//   :l/       : : : l\
          / └ '      /    , - 、 : l: .ヽ

420名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:55:47 ID:OjIZszKs

                 (⌒> ‐ ――-<⌒)
                 ∨        ∨
                 /   ● __ ●   ',
                  l   :::::‘t‐'ーィ’:::::  l
                   l      ゝ_ノ    l
                   /  ´ ̄)   ( ̄` ハ
               ・長文多過ぎで読む気が失せるレベルか
             ・一シーンが長すぎで息切れするか
               ,'     __ _      }  _
               {  _/´ ̄ ̄`´ ̄ ̄`丶、ノ /))
                  ゞ/.:.: ,.:.:.:./.:.∧.:.ヽ.:ヽ.:.:.:.:`く /
              rV::/::::::/:::::/::::/ l::::::::::::}::::::l::ヽヽ
             7::/::::::::{:::::::{:::::| │::::}::ハ::::|::::::Vl
             !V:::::: ∧\ハ ::|  j:::: j//}: |:::::::ト|
             r‐くレl:::::::::|x磷ひV_, /、_x磷ひく|:::::::|:|/7、
            _, >{|::|::::::: ト弋::ソ   // 弋::ソ ノ|:l:::::|:|}-<
        /::::::, -ヘ:|:l::::: | -‐   ,   ‐-  |:l:::::lリー、::::\     次にこの二つをまとめて。
          /::: /{   (|:l::::: |                |:l:::::|  }\:::ヽ
        j::/     l:l::::: |      _    ル!::::j    \j
       '´        ',l::::: l\   ´    `  /l:::::: ,′
               ヽ::::::::::|> , _ , < │:::/
                   \{V   |    |     }/

421名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:56:16 ID:OjIZszKs


      ',  \ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ',     / /
       ヽ   ,':::i:::::l::::::ト、:::::l:::::::';:::::::::::::', i      /
          \i::::l:::::l::::::l ';::::::lヽ::::i';::::::::::::i L   /
         l:::::l:::::li:::::l  i::::::l__';::::l ';::::::::::l   /l
         l:::::l::::::l';:::ト  l:::::l  ';::l ';:::::::::l二::::「レi
            l::::l:::::::l,イヽ  l::::l イ:て`ヽ::::::l ';::L「`ヽ
          ,イ::l:::::::l ト:l  l::l  l::::::::プl::::::l .ノ:/ ';::::::::',     私個人の感想を言わせてもらえば、二つとも
         ,'::::l::l::::::::lLリ  リ   L:::ノ l:::::l:/  i::';::::::i     「そうは思いませんでした。」
         i:::::::l:l:::::::::',"  _  " ,イ!:::l    l:::l::::::l
            l:::::l::l';:::l::::` ‐ l  ヽ_/ ll:::l    l:;イ::::::l     ですが、押し問答だの駆け引きだの口工作だのが多いこのスレでは、
             ';:::l',!ヽ::l';::',    ̄「   ,. リ ̄l ノ  l::::;'     どうしてもやはりほかのスレに比べてその傾向は強くなると思われますし、
           ヽ   \ヽ    l  / ノ   ヽ   リ      作者様もそこを気になさっているのではないかと思われます。
      , - ' ´ ̄ ` ‐、         r┴/    , ─ト、
   ノ ,'   ',  ヽ `ヽ.    / /   /::::::::::::::l \
   「 ,ヘ 「プ i く! l ,.ヘl  // /  //::::::::::::::::::li  \
   ヽ、__ノ‐-‐'` ‐-‐'`‐イ/:::://  / /:::::::::::::::::::::ll   \
    l , '      ).ノ「::::::;へ二_.ノ::::::::::::::::::::::;イ;l    \






          /:.:.:.   !. .ハ:.:.:.ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽヽ
            /  . . .:.,:.:::|.:.:! ヽ:.:.:ヘ:.:ヘ:.:.:.:.:.:.ヘハ _
           ,'. . :.:.:.:.:.:.|:.:.:ト:.:|  |:.:.:.:|ヽ:.ト、.:.:!:.:.:|、|/,、
        |:.:|:.:.:.:.:.i.:.:|.:::| |:ィ  |.:.`jー|‐!┼:|:.:.:.|ミK二二.ー、
          <|:.:|:.:.:.:.::|-A‐1´|   }:::/ レ′|:.:|:.:.:.k'_:.:.:`:ヽー、
    ,...‐'_´ィ|:.:|:.:.:.:.::|:::| ヽ|     |:/ 、_,rz孑:|:.:.::|  \:.:.:.:.ヽ    が、大丈夫です。これらの部分を直す必要はありません。
   ///::::|::ハ.:.:.::::|:::|ミ≡≠'  |'   xxx |::.|:.::::|    \:.:.:.ヘ
.  /'´ /.::::/|:| !.:.::::|::ハ xxx   ′    |:.:|:.::::|     ヽ:.:.ハ   まず文が長い、シーンが長いと言っても、
     /:::/   |:! V:.:::|!k_ヘ     __,  j:.:|.::::/      ∨:.|   特に長すぎると言うほどのものではありませんし、
     !::/   1!  ∨:|リ| `ヽ       /!/.::/        ∨!   AAと会話文の配分も適切です。
    |'     |   Ⅵ、|   夂ァー─' iネ、|::::/          リ
            _ ゝ!─‐イ: :.}ー-v-'´|:./イ`ー── 、       何よりあなたの作ったこの複雑な物語を、余さず読者に伝えるためには
           /ヽ : : _/─┴‐‐┴‐┴─‐ 、_/: : : |       ほとんどがなければならない会話・シーンでした。
            | : : Y´_, ─,ニ二二、─ 、__ソ: : : : |
           | : : F‐f‐´ ̄   ヽ::::::: ̄`ー‐┤: : : : |       ですので、気にせず進めてください。
          | : : |::::《      斗::::::::::::::::::::::|: : : : :.|

422名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:56:40 ID:OjIZszKs

 
           ,  ´ ̄ ̄ ̄`丶、        ・登場人物が多くて混乱しないか
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::ノ.}:::/::::::::,.ィ:::::::::::::::::::::ヽ      次にこれです。
         7:::し':/::::::::/、/::::::/ヽ::::::::::::ハ
      .  、{:::/^/:::::::/' {\/   }:::|:::::::::}.     登場人物……確かに多いですね。
         V{灼::::::/   ∨  厶イ::::::/'      読み返す過程で数えてたんですが、なんとその数49人です。
          ヽ7::::/""     ∨,ノ:::/       閉じた世界の中で動く物語の登場人物としてはかなりの人数です。
      .     l:::/U/`ー- 、 ""/:::/
      .   ‐-|::l> {     }  /l:::/        しかも、この話では数人のメイン+ゲストで進めていくような話と違って
           V{ `テミ、_ノ-イ::ル′        サブキャラクターの果たす役割が非常に大きいので、
          /  `ー‐'´ ヽ ノ´          各キャラの関係性やポジションを把握していないと
                              必然的に混乱することになるでしょう。

423名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:57:01 ID:OjIZszKs

               ,  -── - 、.__
             /::::::::::::::::::::::::` ‐、::` ‐、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::',
          ,':::::::::::::/:::::; イ::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::i      まずメインキャラからしてやる夫、翠星夫、できない子、かがみ、つかさ、
            i::::::::::::;イ::::/ l::::::l:::i:::::::::::::::::::l:::::::::::l      澪、世界、涙子、やらない夫、できない夫、インデックスと11人もいます。
         , イ::::::::::;' l:::/  l:::::;イ::li:::::l:::::::::::l:::::::::::l      (後ろの3人あたりはメインと言えないかもしれませんが)
         /::::l:::::::::::i,.イ:;'   !::::;' l::l l:::il::::::::::l:::::::::::l
        l::;:イ::::::::i:l l/:ト  l:::/,.ィリ-、l l:::::::::l:::::ヾ;lへ     さらに物語の中で好き勝手に動き回る、
          l ! l::::::::l:l ';:リ  !:/ lノ:ト.リゝ:::::::lヽ:::〃ヾ`     サブキャラクターで構成される集団が10近くあります。
        ! l::::::l:::l""  ノ   L:liノ l:::::::;'ノ/l';:::::',
            l:::::l:::l\  __  "" ,':::::/    l;イ:::::i
          l:::l ';:l'´ \ヽ ノ u,./::::/    / l:::::;'     ストーリーの中でのキャラの動かし方に作者様は
              ';:l l ヽ l/:`7T ´ /:://ヽ、 ノ  l:::/      相当気を使われたのでしょう、無駄なキャラはほとんどいません。
           ', l   l::::/ l  /::ノ/::::/ ` r-、ノ
             l i  ';:/   ' ´/::::/  ノ  ',       何人か統廃合してもいいんじゃないかと思われるキャラもいるのですが
             il  ` ー----- ‐ '´     i      (唯、ミクネル、池田ァモモやらない子など)、
             ,'          i      l      だいたいのキャラに「役割」が与えられているのは
              i           l  /    ト、     覚えやすさにつながるので良いことだと思います。
             ',          l /   / /
             ヽ、         l/    ,イ

424名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:57:43 ID:OjIZszKs


    /: : : : : : : ハ: : : : l.l: ヽ: : : : : :',: : : : : : : :',
    l: : : : : : : :l  l: :/! l: : :ト,: : : : : ',: : : : : : : ',
    l: : : : :l: : :l  イ: : l l: : l. ',: : : : :.',',: : : : : : i
      !: : :i: l: : :l.  !: : :レ=、‐ 、',: : : : :l:.i: : : : [シ'":¨: .、     ただ無駄なキャラがいないのとキャラの多少は別の話で、
     l: : :l: l: :,ィ=、 l: :.,' l::::::ヽ  〉: : : :.l.liヽ: : :lノミ: 、: : ヽ    やはり群像劇としても多すぎる人数だと思います。
     l: : :l: l. l l:::i  l:./ i::::::::::} / l: : : :.l li }: : :/  ヽiヽ: : i
     /:l: :.:l: l:l. l::::i l/  ヽ::::ノ   l: : : l i/: :/   l:.} ',: l    ある程度あなたの話を面白いと思って
    i: : l: : l: l:l ヽ'゙    ////   l: : :l-':li '゙     l/ i/    積極的に読もうとする読者でなければ
.    !: : li: :.l::.ハ  r         l: : l/i!    ノ       ついていけなくなる可能性はあります。
    ',: ::l.',: : l:.ヽ.._  -- ‐   /.l: :.l-,
     ヽ:.l ヽ: l、: : l ‐ ...   /  /l:/ ヽ.__           今さら言っても仕方のないことではあるのですが……
      'i  ヽlヽ: l    T_..  ィ   /-、:::ヽ‐-、
           `i ,、 弋¨   l  /    ヽ:::`, \
          /    __........        l:::::i   ',
          /       〈〈__...  /   l::::::l    ',
       /ヽ       ¨//  /     l::::::::!   ',






                _ -  ̄ ̄  ̄ ヽ、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::,、:  ヽ  ヽ\
             /::::/::::::/:::ィ::::::/ ヽ:::::::|::、::::::::ハ
             ,'::::/::::::::l::::ム_::::l  !:::::A:_:::、:::::ハ         また、作者様は集団のキャラの出典を大体は揃えていますが、
        _ --「l:::::':::::;:::ハ´ハ::`l   !´:! !ハ`i:::::::!ー─ 、    (生徒会、新聞部、中学生組、化学部、研究所メンバーなど)
      /:::::::_Д:::::|:::::l:::l lィホk、!  l::/≠ト、!:|:::::::l::、_::_\  これはよい判断だったと思います。
       /::::::;イ::/  l::::l:::::!::| ハ::::し!   /イl::ゝ| V:!::::::l´ーヽ/ ノ`  むしろ全部バラバラだと絶対に把握できない人数ですので。
     |:::::/ {/   ヽ,!::::!::| 弋_歹    廴ソノ |:l::::::l   f/ 
     l:::/         {',::::!:|二⊃      ⊂ニ|:!::::/        出典がばらばらな集団(やる夫のクラス、つかさのクラス、
     |/        ヘ:::l:|    ー -- ‐   イィ:::/         世界のクラス)や同じ集団の中にいるのに出典が違う者(月)などは
               ヽヘヽ、       /}イ:/          やはり把握しきるまでは時間がかかりました。
             _ -代ヘ| ヽ` ー ィ ´!ヽ/´
              _ - ´: : : :/: : l  `ヽ./ |: : Y:::::T`l-、
          /ー、: : : : /: : : :〉  〃ヘ |: : ,'::::::,': |: : !        ところで先ほど私は無駄なキャラがいないと言いましたが……
           |: : : ヽ: : : \/: :∨//ハ.v)} ,'::::::,': :f: : |
         |: : : : ヽ  〈: : : : トニイ T!|'::::::,': : !: : :!

425名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:58:05 ID:OjIZszKs


                  ,   -  、
                ,  '        ` ー- 、
                 /                   \     ・ジュウシマツ
            , '                      ヽ    ・クマー
               /                          ',    ・インコ
.             /     /  ,ィ            ',     i    ・でっていう
          /   __ 〃 / l           l i     l
        , イ,'    /,'ヽ/  !    i  l      l l    l   彼らは別です。
        / ,' i   i / ,' /  l , -,.イ 、l      l !    !   設定としてはやる夫、かがみ、澪のクラスメイトなのですが……
      / ,.イ l   lイユヽ  !   / ! ノ!\     ,'     ,'    いったい何人の読者が彼らのことを覚えているでしょうか?
      ,' / l l   l トリ   ,' ィ=- 、 l i     /    /入    なにせ第十五話以来出てきていません。
       i /  l l  ilxxー'  / /ト、 .イヽl   /、   ,.イ  ',
      !'   l l  ,イ  、 ノ '  L三:ノ ノ   /ヘ 〉 / !il   i  やる夫のクラスの描写はそのあと何回もあったにも関わらず、です。
           ',l / ヽ        xxx,'  /ノ /'   ,' l   !  明らかに不自然です。
           l /   \ 、       /  /ー '   ノ ,'  /
        ,  - !ー ア  ` - ─ ' /  / ̄` ‐、  ノー '    私は評価のために読み返すまでは全然覚えていませんでした。
        /    /  / ノ , -'´  / / , - 、  ヽ
      / ヽ  / , ヘ /  ,.イ   ノ //      ヽ l
     /   ',  ̄  / l  i ',   , イ           ',l

426名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:58:30 ID:OjIZszKs

          ,  -── - .、
       , -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、
     /::::::::::::::::`丶::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ,'::::::::::-、:::::::::::::::\::::::::::::::::::::;:ィ::',
     i::::::::::::::::\::::::::::::::\; - 、「、r二ー-、         扱いづらくなったのでしょうか?最初は何か役割があったのに
     !::::::i:::l\:::::\:::::::::::::\へヽ::::::`ヽ:::::',        予定変更のあおりでも食らったのでしょうか?
     l:::::::l:::l ,.ゝ-‐、 ::::::::::::::ヽ. l:::::::::::l ';:::i
     l:::::::l::', ト、   \::::::::::::';ノ::::::::::/ i::!        何にせよ今さら出しても不自然感が増すだけなので、
       l:::::::l::',、 ヾヽ 〃 \::::::::';:::::::ノ   リ        何か特別な役割でもない限りこのまま「いなかったこと」にしてしまうのが
      ';::::::';::::〉 ン, - 、 u ヽ::::::',`ヽ  ,.ィ' ´ ̄      一番の得策だと思いますが……
       ';:::::::く  ノ   )   ':;:::::i  Y::::;'
       ':;::::::::` ー---‐'´ ヽ':;::l   /::/
        ヽ:::::::',ヽ::ゝ    ,.イ ';! /::/          作者様は彼らをどうするつもりだったのかちょっと測りかねます。
          \::',  \ , イ::「 /:/
           ``  /   '、:二-'´     \
             /',       , ィ     lヽ





              /:::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           i:::::::::i::::::;':::::;イ:::::::l';:::::i::::::::::::i
            l::::::::l:::::::i:::::i-l::::::l i:::::li:::::::::::l
          ,ヘ,.イ::l::::::l:::::l ';::::l ,!- 、!::::::::ト、
         , -プ::;イ:::::l ,.イてi';::l  ト.イ 〉::::::l:::::',
        /::::;:イ ';ヽl::::l  Lリ ':;!  ン l:::::::l ヽ::i    この項はここで終えますが、
          l::::;イ:l  ヽ:l:::l Z     ,.イil:::::l  ';:!    キャラの多さのことについては後でも少し触れたいと思います。
        l::;' ';!   l:::ト:`r 、_, イ l:;イ::;'  リ
           ';i  ヽ   l::l  l    l / l:/
         ヽ     ';lノ     ` ‐ノ
               ,-‐ ' ´',        ` ‐ 、

427名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:58:51 ID:OjIZszKs



     ・そもそも話についていけるか                                      _ __
                                                           〃-´-、ヽ
     「話についていく」だけなら問題はあまりないと思います。                  ⌒イ((ハ)))〉ミii⌒
     キャラや伏線を完全に把握しきれていなくても、大体のところがわかっていれば       |l、゚ヮ ゚ |!)"
     話を読ませるだけの力があなたにはあります。                      .    ⊂i〈芥〉i>
     (こういう話が苦手でなければの話ですが)                             くi_l_ヽゝ
                                                             ヒヒ



            ,  -── -  、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ
            ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::',
         i:::::::::::il:::::lヽ:::';ヽ::';:::::::::::i:::::::::i ,.ィ       ただ、ひとしきり騒動が起こった後に、
         l:::::i:::::l !:::l ';:::i-';:::ト、:::::l::::::::lr/ュ        実はそのきっかけとなった噂を流したのは○○だった!
          l::::l:::::l-';:l  ';::l,.ィーr、:::::ト、:lイ:::ヽ       などといったことがあまりにも多い話なので、
        , イ:::l::::l,.イヽ   !l l:::::::イi::::lノノ ';:';:::',      ちゃんと理解しきろうと思うならば複数回読まなければ厳しいかと思います。
        /:::::l:::l:::li l::」  リ └‐'´ l::::!  i:::l:::l
        l:::::::l';::::::l:l"  、  '"´ ,イ::::l  ノ l::!      また、かがみ、つかさ、やらない夫、澪などは、
        l:::::;'l ':;::::l::ヽ、 ___ , イ l::::l    リ       (はたから見ている分には)相当面白い心情の変遷を見せていますが、
         ';::i ',!-ヽ::';::',  ,.へ ,.イヽl:::l__, ー- 、      このあたりも一回は読み返さないとその面白さは
       /ヽ    「 T  ハ  リ l _   \     理解できないかもしれませんね。少なくとも私はそうでした。
       ゝ   , - '´l , -'"´「プヽ /l l  `ヽ  ミ
        7 /   く:::::://イli::';:::::\ lヽ、   \ミ

428名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:59:22 ID:OjIZszKs


, - 、     /:::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::\
  :  ',    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
  :   i   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::',
  :   l  ,':::::::i:::l:::::: ハ::::::';::::::ヽ:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::i
ヽ_ ,.へ i:::::::l::::l::::;' ';:::::: ト、::::';::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l     質問に対する回答は以上です。
      l:::::::l::::l::::i   i:::::l ';:::::i';:::::::::::::::l::::::::::::::::::l.ィ     次に、依頼文にあった
      l:::::::l::::li::::ト  l:::イ´ ';::::l ';:::::::::::::l::::::::::くヽ! プ
        l:::::::l::::l,ィ 、 l::::l,.ィー-!、';::::::::::::l- 、:::::::〃`ヽ‐、  >>書きたい内容は決まっているのにその描写がうまくいっていないというのが悩みです。
       ,イ::::::l::::l トイ  l:::l lヽrゝ ヽ:::::::::lk ! i::/´ヽ';:::::', ヽ >>問題点が分かれば解決のしようもあるのですが、それが何なのかが分からなくて困っています。
        i::::l:::::l::::l !:」  l:;' l:::li:::i ノl::::::::::lノ /'´   l:i:::::i  >>どうしたらいいかというよりは、どこがおかしいのかというのを知りたいです。
      l::::i:';:::l::::lZ  ノ  ー‐'   l:l::::::lノ     l:il::::!  >>直近10話が特にそう感じるので、そのあたりを注力して読んでいただければと思います。
       ';::lilヽ:';:liヽ、  __ Zz ,イ:l::::l      ,' l::ノ
       ヽ! ヽ::l';::',` ー--r‐ '´ l:l::::l`ヽ   ノ  リ   について少々語らせていただきます。
----─ ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄l  /il   リl:://  \
             l///l__/ !ノ/ヽ  l \
                l '´ /,イト、  /   \」   \
             l  l/ノlト、」 /    ゝ    \

429名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 16:59:47 ID:OjIZszKs

            ,  - ─ - 、
         , -´:::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::i::::::::l`ヽ::::::ヽ:::::::::くヾヽへヘ
      ,':::::::::::l::::::::l  ヽ:::::::';:::::〈.ヽ` ┴くヽ           ですが……すみません、作者様が何に悩んでらっしゃるのか
        i::::::::::::li:::::::l  、__';:::::iヽ:::\)   ヽ「::\         私はいまいち理解できていないかもしれません。
      l::::::::::::l ';:::::lノ    ';::;イ ヽ:::::` ‐ 、ノ:::::::::::::\
        l::::::::::l ';::::l   /::::l  ';:::::::::ト::\:::::::::::::::::::\     特に依頼レスをした時点での直近10話(31-41話?)で
         l:::::::::l ー‐ァ!    ̄「:「  ト、::::l ';:ト、`i‐、::::::::::::::::\   描写がうまくいっていない……とのことですが、
      , イ::::::::l /ヽ',    リ //l ,i::::::l i:l ';:::l  ,ゝ::::::::::::::::ヽ  私には作者様の本来思い描いていたことが分からず、
      /:::::l:::::::::', /// r  `ヽ   ノ l::::l ノ iノ/',ヽ:::::::::::::::/ うまくいっていないようには見えないからです。
       l:::::;'i ';:::::::', 、  ',     l,.イ  l::l , -‐'´  ヽ \::::/
      ';::::i l ヽ:::::', ` ーrー '´ l  rリ         \ヽl   「どこがおかしいのか」というのも、
      ヽ:l ',  \::',    」    7´l             プ    まず私の眼には特におかしくは見えないので、
        ヽ    \ィ:T    ノ:::::l   ',     /     指摘することはできません。
          ,イ´「 ヽ::` ‐-‐'´::::::/    ヽ  /
          ,' l l   ` ー‐-、:/, - 、   `「         わざわざ評価に出てきておいてこの体たらくで
            i`ヽl li    , ーァュ<二 〉   l         ほんとーにすみません!
          l  l ll   く / ,.イ lヾ、 ̄     l
          l  l l     ̄ l l   ヽ       l
          く  il l      Ll li   ヽゝ    l

430名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:00:15 ID:OjIZszKs

                   _
               _ - ´/ ̄ ̄`:...、
                 /:_ -ー:::::`:::ヽ:::::::\
               /::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\
            /:::::::,::;::::ハ::::::ヽ::ヽ:::::::::::::ヽ::::::::ヽ
           ,'   | | j ヽ....::!、::ヽ::::::::::::ハ:::::::::|r,
             l:::::::::::l::l:::!   !::,| メ-|、:::::::::::ハ::::::::l Kニニ 、
              |::::::::| ,孑|  |:::| ,⊥Ll::::::::::::|、:::::{ }::\ `    ただ依頼文と作者様の前作のスレでのレスを総合すると、
             ,=!::::::::|::| ≠,  |:/ 仆-ムハ::::::::::| }:::/ \:::\     書きたいことは決まっている、
            //l::::::::|:| パ::;! |'  弋__ソ ∨:::::|ノ/    ヽ::::l    でも書きたいことのための準備ばかりしていて全然進んでいない。
         l::::ハ::::::|:|ヽ ー'         i:::::|/     l:::l    そして全然進まないことも含め、描写が思っていた通りにならない……
         |:/  ∨:|l:::ヘ ` _ , 、   ィ:::::!        |/
         |'    ∨|、:::| 、 ヽ_丿 / |∨            ということでよいでしょうか?
         _ =≦「jj. ヽ!  ` ー┬     ヽ
    _r- ニ彡'ー ´ |lilj       _j      |lー 、
     // /^r ,   jli!l|/ ̄ ̄//-、  , --‐ !l     ̄ヽ
      {   ' /  〈li!1i     //        !l     l





              ,  -──- .、
            /::::::::::::::::::::::::::::::` 、
          , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,'::::::::::::::::::::::i:::::::li:::::::i:::::::::::',      私が推測するに問題点は一つではないかと思われます。
           i::::::i:::::::l::::::;イ::::::l ';::::::l';:::::::::i
        、 l:::::::l::::::l:::::;' l::::l ';::::l ';:i::::::l      おそらく作者様はプロット作りをした時点で、
        く プ:::::l::::::ト::;:ィュl:::l  イヽi::l:::::ト、     話のボリュームを読み違えたのではないでしょうか?
         /::::ヾ::;イ:::::lく ト...イ ';!   l:ソ il:l::::!::::',
       ,'::::;イ:i ヽl::::l  ー'     ,, ,イ:l::;' ';';:i     つまり、キャラを、設定を、伏線を、話の舞台を、絡み合う思惑を、
       i::::;' l:l  ';:::ト、u" _  /リ:!/ ノリ    ストーリーのステップ数を多くし過ぎたせいで、
        ';:i ';!   ヽ! `r -‐'´l ノ        作者様が当初想定なさっていた以上に話が複雑かつ膨大に
        ヾ          l  , ' ´` 、        なってしまったのではないでしょうか?
              , -イ! ,'     ヽ
                /  l  i         ',

431名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:00:40 ID:OjIZszKs

              ,  -──- 、
           , - ´::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::-:::::\
      _「`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::` ‐、
   , -' ´:::::::::`ヽl<〈::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /:::::::::::;::-─-ノノ::::; - 、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::/ ,'::::::::::::::::::/ ,.ィ /::::::::::::::/:::::::::, イ:::::::::::::::::::::',
  l:/   i:::::::::::::::::/ r /::::::::::::/:::::::/ヽ/::::::/!::::::::::::i   話が膨れ上がることで全然先に進まなくなってしまい、
 /      l::::::::::::::::l ヽ/::::::::::/:::/ー-、/:::,.イ ,'::::::::;':::::!    複雑になりすぎたストーリーの整合性をとるため、描写が予定していたものと
        l:::::::::::::::ヽ、/::::::::://r 、,.イ/;イ  l./::::::::/:::::;'   異なってしまうという事態が起こってしまったのではないかと思うのです。
 ',      ';:::::; -' ´ /::::::::/   ヽi:::::/;イ」  l/::::::::/::::/
  ',     /    ,':::::::/ ,.イ  ヾ/  ,.ィ:::::::::::/:::::/    おそらく多くの読者が読んでいる途中で
  i\,.へ/     ,'::::::/  し   ,'   〈:::::::::::::/!:::/     そのストーリーの長引きを感じたことと思います。
  l  ヽ::::\    i::::/            〉::::::://:/
   l  l::::::::\    l::/ ',   くゝ    /:::::///       依頼文で作者様は読者の息切れを気になさっていましたが、
   l l l::::::::::::ヽ /l/ ` ー-- ‐ ' ´:::::/  /        もし息切れする要素がこのスレにあるとするならば、
   l  l l ';:::::::::::::',  !   ゚o  /,.イ::/  /        それは一文や一シーンという小さな単位ではなく、
  l l l/ ヽ::::::::::::ト、    / /:/   /          このストーリーの膨大さにあると思います。(もちろん読者によるのですが)
 ノ l /   \:::::::l ` ‐ 、┐ /   /
                                  このスレの作風は日常話などと違って、長く読み続けるには若干しんどいのです。

432名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:01:09 ID:OjIZszKs
              ,  -─  - .、
           ,. ´:::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        , ':::::::::/::::::::::::/::::::::ハ::::::::::';:::::::::::::::',
        /:::::::::;':::::::::::::/::::::::/ ';::::::::::i::::::::::::::::i
       ,'::::::::::i:::::::::::::;イ:::::::;'   ';:::::::::l:::::::::::::::l
       i::::::::::l::::::::__/ l:::::::i    i:::;:::イi::::::::::::::l
      入l::::::::::l::::::::::;' `ト、::l   ,.イ:::::::l l:::::::::::i::ト、    ただ、これは物語の根幹にかかわることなので、現状打つべき手はないです。
     プヾ!::::::::l:::::::::i _l:::::!_   __l:::::l__l::::::::::l:l:::::ヽ   あなたの話は途中で路線変更できるようなものではないですしね。
    /:::::::;':i';::::;イ::::::::! TてユT  Tてユ l::::::::::l:!::::::::',
    l::::::::i::l ヽi l:::::::l ヾ::::::.ノ   ヾ::::ノ  l::::::::::l!';:::::::i   打つべき手があるとすれば、
    l::::::::il::l  ', l::::::l ,イ  ̄      ̄ ,,,ノil::::::::l ';:l';:::;'   「物語を着実にでも進めて、終わらせていくこと」くらいでしょうか。
     ';:::::l l:l  ヽ.l:::::lし   r─┐  /l::l:::::::! リ !/    ……こんなアドバイスですみません。
     ヽ:l ';!   l:::::l ` r-L _」イ   l;'l::::;'  ノ
       \ ヽ   ';::::l  l     l  ノ l:/
             ヽ:l ノ      ト-r-ノ
          , - '´<           ,'   `ヽ
        /      `  ー--- ‐ '´     lヽ






             ,  -─ - 、
             /::::::::::::::::::::::::::` 、
          ,'::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::',
             i:::::::::i::::ハ:::::li::::i:::::::i::くゝイ
          l:::::::::il::;' l::::l';:::ト、::l::::::l::`ヽ     「こうすればよかったのに」ということならば、上で多すぎると言ったものを
         ,イ::::::::l,ィュ l:::!イユl::::ト::/l::i';::',     物語を始める前に減らしていれば、話の膨れ上がりは抑えられたと思います。
         /:::l::::::l:l Lソ リ Lソl:::lノ l::! i::i
         l:::;:イ::::l:l   _    ,l::l  リ !ノ    例えばキャラはヒロインを一人減らすだけでその周りの人も減り、
            ':;i ';:::';l`..ーr  イ l:!   ノ      かなり話の量が減ったことでしょう。
          ヽ ヽ:l';:! 」   lー! 、        ストーリーも、話の運びを工夫することで
            ,. イ7:L_.ノ://:::::::ヽ       ステップ数を減らすことはできたのではないかと思います。
           i::::::l l:::::::::::::::://::::::::::::l
           l::::::lノ:::::::::::::::l/::::::::::::::l
           l:::/-── - l::::::::::::::::l

433名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:01:36 ID:OjIZszKs

                ,  -   、
             , -'´::::::::::::::::::::::::::` ‐、
           /:;::':::::;イ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::;'::::::;:'  !::::::i:::::::::::l:::::::::::::::::ヽ
         ,'::::;'::::::/  l:::::::!:::::::::::l:::::::::::::::::::::',      ですが、こういったものを削るのは、
           i::::i::::::/ ー,':::::;イ::::::::::;':::::::::::::::::::::::i      スレのウリや作者様のやりたいことを削ることとも表裏一体です。
         l::::!:::::/ ,ィヽ:ノ ,'::::::::/::::::::;へ , イ::::!
          l::::::r  〃  〉 ,':::::::/:::::::::::プ,.-く:::;'      結局最後は作者様が自分の話を「どういう風にしたいか」
         l::::::l Ζz  /::::::/`'´ヽ:::ヾ';:::::';:/::ヽ     「どういう風に見られたいか」ということに尽きるかと思います。
          l::::;'lヽ__  u/::::::/ ソ /::::::::::i::::::l ヽ::::',
         l::;' l://、 __/::::;:' -‐イ::::; -'´l::::::l  ';:::i    次回作を書かれるならば、
          l;' //:l  /:,.イ    l'´    l::::;'  i:;'   今回そうなってしまったことを参考にすればよいと思います。
             // ';:! /  l ,  -‐┴i   ,'::/   ,'/
r── rr 、 「 ',      r ' ´   __l ノ '´  /    このスレでは、苦しいかもしれませんがこのまま進む以外に道はありません。
l _ ol入 ` ‐、`ヽ    l ',  /  i  l
l __/ l-,'    i   ト 、 「  ヽ/   l   l
l___」 L__ノ ノ / /        l    l
       `i ̄ //  ヽ       i l






           _,、-‐ - 、
         -'´::::::::::::::::::` 、
        /:::∧::l::::l:::::::::::::::::ゝ
        l:::l''-l;l l:::l:::::::::::::::::::l- 、       ……これで答えの一つにはなったでしょうか、あまり自信はないのですが。
        l:::l..,,_l l::l:::::::::::::::丿'' 、:l
        ∨.._.."'l::l::::::::ヘ ミ  ヾl      もし作者様が本来なさりたかったことがネタばれせずに
         ヽ_ _) l;;;;;;;;;; ヾ::lミミ        具体的に言葉で説明できるならばそうなさってください。
       ⊂l ̄ \/"'''''…l;lミミヽ        何か返答をお返しできるかもしれません。
      ...  ヽ---l    ヾ/ \

434名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:02:00 ID:OjIZszKs
                   ,  -── 、
                 /: : : : : : : : : \
                /: : : : : : : : : : i: : : \
              /: : : : : : : : : : : : :lノ : : : ヽ
             /: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : ', `ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : :l'´ ` r- '   )
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l   ` ‐-‐ '
       r─   ̄ ̄ ̄ ̄ `  ‐- 、: : : l
       l                `‐、l
       L___              ヽ     ところで今現在のスレでは、
       /:::::::::::ハ::: ̄ `  ‐-  、 ___ノ     第三十六話で世界と涙子が翠星夫に陥落し
       ,':::::::::i:;'  ';:::::';:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::',      (という表現でいいのかはわかりませんが)、
       i::::::i::l::i  /';:::::i';:::i:::::::::i:l::::::::::::::::::::i     さらに第四十一話でやる夫とできない子が付き合いだしたことによって、
       l::::::l::l';l   , イてヽl::::::::l:l; - 、:::ト ァ::l     物語は起承転結の転に完全に移行したかと思われます。
        l::::::l:::l,ィ   l:::::::il::l::::::::l:lく  l::{「` ‐、
       l::::::l:::l il   イZzl::l:::::::l:lノ /::::';ヽ:::::',    アドバイスを一つ。
       l::::::l:r '        l::l:::::l:l-‐'´:::; イ::l';::::i    ここからはなるべくスピーディーに結末まで進めていったほうがいいと思います。
       l:::::l:',  __,    l::l::::;'lヽ:; -'´ l::l i::;'
        ';:::l';:ヽ     l::!::/,' ト、   リ l/     .おそらくこの話のクライマックスは未来の(現在の?)キョンと翠星夫が匂わせている
         ヽl/` ー ' ´l:::/   リヽ  ノ      何かの大きな事件になることだろうと思われます。
          l: : :/   l:/-‐ ' ´  ',         読者はそこでキャラ達の末路を見て、
          li: L__., イ       /、        思う存分戦慄したりざまぁwwwしたりしたがっていることでしょう。
       , - 、リ: ;: -//i:l     /: : ヽ
       (   ): : :/ //: l___, -'´: : /: :',      が、今の状態からそれに至るまでの間に読者をダレさせてはいけません。
        `プ: :, '⌒ヽ: : : : : : : : : : / : : : : i

435名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:02:21 ID:OjIZszKs

          /::  ̄ _ `ヽ、
        / ⌒`: : :: : :: ::\: :ヽ
        /,ニニ:==-l:: :: :: : ',:: ::',
       / / :|::/ / |::::|:: ::l :: :: l:: :::l
       ! .l..::|_|:::| |::::|:: ::|_:: :: lヽ:J_       今は読者のテンションが上がりかけている状態です。
     / l l::;:/下l| |:::厂|リh:: :::h::〃⌒ヽ、     しかし、(ストーリー中での)時間がかかり過ぎると、
    /〃 .l l:::{,,レ-、 |ノ,、--、:| :|:「リ:ハ ::::い}    ごく簡単にテンションは下がってしまいます。
     / /{ |:::}        |://ノ  ヽ:::::}
     {/ | |::入  ,_'_ _,  ..::}/://    }::ノ     一度下がったテンションは上がりにくくなり、
     {  乂|:::::{>ヘ=ヘ, 、:イ_}〃     |/      結果クライマックスにもそれほど楽しめなくなってしまいます。
        _,、小{_:: :: :}-イ:::乂     ノ
      /:::: :/〃^:: :ノ{ヽ/:::::l:::::`丶-r、       ですので、積み重ねた伏線の回収などいろいろとややこしいでしょうが、
      /:::: ;::::{  三Y |j}/\ノ::::::::::::/:::::l       話はこれ以上停滞させることなく、一気にラストまで持っていく事をお勧めします。
      }:::: :: ::::}  ^J{ :/::::::/::::::::::/:::::::::l
     /:::: ::::rイ Y:| /:::/::::::::::::::/:::::::::::|

436名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:02:37 ID:OjIZszKs

              ,  - ──  -  、
            , ': : : : : : : : : : : : : : : : : :` 、
          /: : i: : : : :l : : : : : : : : : : : : : : : \
            /: ;': : :l: : : : l: : : : : : i: : : : : 」ヽ ,:イ: ヽ
         ,': : i: : : l : : : l: : : : : : :l: : : : :ヽ::::/\ : ',
          i: : :l: : :./l: :__il: : : :i: : :l: : : : : : ';::ヽ: : :ヽ ト、
          l: : l: :i :iイ: : l l:` : l: : :!: : : : : ノ` ー'; : : ';:l: :',
         l: : :l: l :l ,ィr 、 l: : :,' : :l⌒ヽ : : :/: : : ',: : :ilヽ: i
            l: : :l: l l li  ',l: :/: : :l/ヽ l: :ノ: : : : : i'; : l  ',:l
           li: : '; ',:! リ ノl:/: : : l ) /: : : : : : : : l i: :l  リ    最後に二つほど指摘したい点があります。
            ll : : ノ     xxx: : :! ノヽ: : : : : : /! l !  ノ
          l ',: :ヽ イ⌒ヽ l: : :,'     '; : ; '   リ       あ、これらも話の途中ではもうどうしようもないので
          l ',: : :l\___l: ;イ     ヾ    ノ        参考程度にお考えください。
             l  ヽ: :l   , -─ -  、  \

437名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:03:02 ID:OjIZszKs


     /____/__ハ.__i_____:::::::ハ::::::::::::. / / >
.    /.:::::::::/.::::::/  |:::::::::::}:::::::::::::::::::::::i::::::::::::V/⌒ヽ
   /.:::::::::/」::::/   |:::::::::ハ:::::::i:::::::::::::i::::::::::くフ=<´、
   ,:::::::::::/ i::/`  |:::::7¬ト::::|:::::::::::::|:::::::::::: ト、:::::::`:..、
   !::::::::::{  ァヘ.  |::::/  ノ::::::ハ::::::::::::|:::::::::::j \::::::::::ヽ
   l:::::::::ハ 〃トィi   |:/'⌒ヘx/ |i:::::::::::j::::::::::,′  ヽ::::::::::i
   |::::::::::ハ  V:ノ  ノ'   トイ心リ.::::::::/::::::::/     ∧::::::::|   まず、このスレではまったく時間経過がわからないのが一つです。
   |:::::::::::::} ::::      弋::ツ/.:::::::∧::/      |::::::ノ
.   !:::::::::八  `   ::::::   イ.::::::::/ ノ'          |/
  八::::::{:::::l\  ト、       /:::::::::/く               話はひたすら淡々とした日常の中にあり、
    ヽ::ト、::l  \ 、)    /.:::::::, ′ \             テストも学校行事も何の季節の描写もありません。
     ヽ ヽ    ーァ=≠.:::/     \            時間経過を話題に出す人も一切いません。
             {  厶イ      , ==亠―-= . _





          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          ,': : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : '; : : : :',
            i: : : : : :l: : : ハ: : : : :i: : : '; : : : :i: : : : :i
         l: : : : : :li: : :,' '; : : : :ト;_:li : : : l: : : : :l,ィ
           l: : : : : :l_l__:i  i: : :イ '; : :l l: : : :l: : : : l:::プ、
           l: : : : /:! '; :l`  l: : :l,.イーく l: : : :ト、 : !::ノ:\
          l : : : : :l,.イ⌒ヽ  l: :l  ト ...ゞ: : :l i: :,'イヽ: : ヽ   場所移動する際は風景AAでわかりますが、
         /: l: : : :i:l〈 ト...イ  l: !  l::::::::;イ: : :l ノ/ l: l'; : : :',   同じ日なのか違う日なのかわからないこともままあります。
       ,': : : :l : : l:l ';:::リ  リ  `Ζzl: : :lノ  ,'/ i: : : i
        i: : : ;':l '; : ',:l Ζ         ,イ: :!  ノ    l: : ;'   そもそも物語開始時点から一体どれくらいの時間がたっているのでしょう?
       l: : :i l:l '; : :lヽ     _   , イノl ;'       ,.イ:/
       l: : l ';l  ':,: :l:', ` ーr-- ‐'´  l !'         ノ    徹底してますね。これは作者様が意図なさってのことでしょうか?
          '; :l ',  ヽl '.,   !       lノァ' ´⌒ヽ
         ヽ',      \ _」   , - ´//     \      時間の経過が読者に見えるようにしたほうが
            , ' ´ 7/ -、  /  //        ヽ     話に現実感が増すとと思うのですが……
          /   //         //         \

438名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:03:28 ID:OjIZszKs

               ,  -── - 、.__
             /::::::::::::::::::::::::` ‐、::` ‐、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::',
          ,':::::::::::::/:::::; イ::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::i
            i::::::::::::;イ::::/ l::::::l:::i:::::::::::::::::::l:::::::::::l      そして、あらゆる噂はタイムラグなく学年すら超越して
         , イ::::::::::;' l:::/  l:::::;イ::li:::::l:::::::::::l:::::::::::l      すべての場所に一気に伝わるのが普通になっています。
         /::::l:::::::::::i,.イ:;'   !::::;' l::l l:::il::::::::::l:::::::::::l
        l::;:イ::::::::i:l l/:ト  l:::/,.ィリ-、l l:::::::::l:::::ヾ;lへ     これは新聞部の権力を表すという物語の都合上
          l ! l::::::::l:l ';:リ  !:/ lノ:ト.リゝ:::::::lヽ:::〃ヾ`     仕方のないこともあると思うのですが……
        ! l::::::l:::l""  ノ   L:liノ l:::::::;'ノ/l';:::::',
            l:::::l:::l\  __  "" ,':::::/    l;イ:::::i     時間経過の描写がないことと併せることによって、
          l:::l ';:l'´ \ヽ ノ u,./::::/    / l:::::;'     噂が何か電子メールか何かかと思うくらいに
              ';:l l ヽ l/:`7T ´ /:://ヽ、 ノ  l:::/      機械的に伝わっているような印象があります。
           ', l   l::::/ l  /::ノ/::::/ ` r-、ノ
             l i  ';:/   ' ´/::::/  ノ  ',       そのため、噂を伝える「大衆」の存在感が全く感じられなくなっています。
             il  ` ー----- ‐ '´     i       噂というものを考える際に最も恐ろしいものの一つだと言うのに……
             ,'          i      l      この点はちょっと惜しいと思います。
              i           l  /    ト、
             ',          l /   / /
             ヽ、         l/    ,イ

439名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:04:01 ID:OjIZszKs

    /: : : : : : : ハ: : : : l.l: ヽ: : : : : :',: : : : : : : :',
    l: : : : : : : :l  l: :/! l: : :ト,: : : : : ',: : : : : : : ',
    l: : : : :l: : :l  イ: : l l: : l. ',: : : : :.',',: : : : : : i
      !: : :i: l: : :l.  !: : :レ=、‐ 、',: : : : :l:.i: : : : [シ'":¨: .、     二つ目に……すみません、ちょっと言いたいことが
     l: : :l: l: :,ィ=、 l: :.,' l::::::ヽ  〉: : : :.l.liヽ: : :lノミ: 、: : ヽ    まとめられていない気がするのですが、主人公やる夫のことです。
     l: : :l: l. l l:::i  l:./ i::::::::::} / l: : : :.l li }: : :/  ヽiヽ: : i
     /:l: :.:l: l:l. l::::i l/  ヽ::::ノ   l: : : l i/: :/   l:.} ',: l
    i: : l: : l: l:l ヽ'゙    ////   l: : :l-':li '゙     l/ i/    一言で言うと、人間らしくないキャラに見えます。
.    !: : li: :.l::.ハ  r         l: : l/i!    ノ
    ',: ::l.',: : l:.ヽ.._  -- ‐   /.l: :.l-,             基本的な性格としては「受身の巻きこまれ型キャラ」なんですが……
     ヽ:.l ヽ: l、: : l ‐ ...   /  /l:/ ヽ.__
      'i  ヽlヽ: l    T_..  ィ   /-、:::ヽ‐-、
           `i ,、 弋¨   l  /    ヽ:::`, \
          /    __........        l:::::i   ',
          /       〈〈__...  /   l::::::l    ',
       /ヽ       ¨//  /     l::::::::!   ',





                ,  -─ -  、
                /::::::::::::::::::::::::::ヽ::\
               , '::::::::::::::::::::::';::::::::::::::';:::::ヽ
            /::::::::::::::::::::::i::::l::::::::::::::::i:::::::::',
              ,'::::::::::i:::::;イ:::::l::::ト、:::::::::::::l::::::ト、イ       有り得ないくらい汚いキャラたちの中にあって、
           i:::::::::::l::/ l::;ィユ=r、!::::::::::i:l::::::レ「`ヽ     有り得ないくらい「綺麗な」やる夫でもあります。
            l:i:::::::i:レ、 !:::トiリil イ:i::::::::l:lヽ:::::::ヽ:::::',
           l:l:::::::l:::liリ l:/ヾツ,,, l:l::::::::リノ:::::ノ l:l';:::i     というか負の感情が無さすぎと言うべきでしょうか。
             l:l:::::::';:l'' ノ      l:!:::::::! ';:/  リ i:;'     どんな勝手な噂をたてられてもほとんど怒りもせず、
           l ';:::::::l:.  _     ノ リ::ノ i,  - 、ノ     せいぜい困惑しているだけなのはどういうことでしょう?
            l ':;:::::l::ヽ      , -∠ 、   \
              ', ヽ:::l';:l  ̄  `y/⌒ヽ i ヽ   \   誰に何を言われても特に悲しそうでもないし、
               \ヽ    / /   l  ',  \ l   周りのキャラがどんなに自分勝手な行動をしても、
                    //     l   i    ヽ!   ずっと「他人を第一に気遣うキャラ」で居続けます。
                    /      l  ',    〉
                   /        l   ヽ  l
                     /- 、     l    \ l
                  r ーr、 ヽ _  l     l┘
                  ヽ、::/ ` ーァ 、ノ      l

440名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:04:21 ID:OjIZszKs

                ,  -   、
             , -'´::::::::::::::::::::::::::` ‐、
           /:;::':::::;イ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::;'::::::;:'  !::::::i:::::::::::l:::::::::::::::::ヽ
         ,'::::;'::::::/  l:::::::!:::::::::::l:::::::::::::::::::::',      さらに言うと、負の感情に限らず、
           i::::i::::::/ ー,':::::;イ::::::::::;':::::::::::::::::::::::i      呆れや困惑以外の感情を見せなさすぎです。
         l::::!:::::/ ,ィヽ:ノ ,'::::::::/::::::::;へ , イ::::!      物事に対して常に一歩引いた姿勢でい過ぎというか。
          l::::::r  〃  〉 ,':::::::/:::::::::::プ,.-く:::;'      ニヒリックというか。無邪気でないというか。
         l::::::l Ζz  /::::::/`'´ヽ:::ヾ';:::::';:/::ヽ
          l::::;'lヽ__  u/::::::/ ソ /::::::::::i::::::l ヽ::::',    例えば、翠星夫関係の集まりで、
         l::;' l://、 __/::::;:' -‐イ::::; -'´l::::::l  ';:::i    ほとんど楽しそうとか嬉しそうな感情なんて見せないのに、
          l;' //:l  /:,.イ    l'´    l::::;'  i:;'   わりとその集まりを大切に思っているらしいことを口では言っています。
             // ';:! /  l ,  -‐┴i   ,'::/   ,'/
r── rr 、 「 ',      r ' ´   __l ノ '´  /    まあ別に嫌がっているわけではないのはもちろんわかるんですが……
l _ ol入 ` ‐、`ヽ    l ',  /  i  l          大切に思っているなら思っているで、
l __/ l-,'    i   ト 、 「  ヽ/   l   l          人間なら自然に発露する感情というものがあるのではないでしょうか?
l___」 L__ノ ノ / /        l    l          そういうやる夫を見た記憶はほとんどないです。
       `i ̄ //  ヽ       i l

441名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:04:51 ID:OjIZszKs

          ,  -── -  、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ
         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::',
       i:::::::::::il:::::lヽ:::';ヽ::';:::::::::::i:::::::::i ,.ィ
.       l:::::i:::::l !:::l ';:::i-';:::ト、:::::l::::::::lr/ュ        もっと端的に言いますと、下の三つに代表される、
       l::::l:::::l-';:l  ';::l,.ィーr、:::::ト、:lイ:::ヽ      困惑・呆れ・熟考のAAを多用しすぎだと思います。
      , イ:::l::::l,.イヽ   !l l:::::::イi::::lノノ ';:';:::',
      /:::::l:::l:::li l::」  リ └‐'´ l::::!  i:::l:::l      まあそういう表情になるであろう場面が多くなるのは
      l:::::::l';::::::l:l"  、  '"´ ,イ::::l  ノ l::!      この話では仕方のないことなのですが、
      l:::::;'l ':;::::l::ヽ、 ___ , イ l::::l    リ       単なる日常会話の場面でもかなり使ってらっしゃいますよね?
      ';::i ',!-ヽ::';::',  ,.へ ,.イヽl:::l__, ー- 、      もっと一介の高校生らしい喜怒哀楽の表情を見せたっていいと思います。
     /ヽ    「 T  ハ  リ l _   \
     ゝ   , - '´l , -'"´「プヽ /l l  `ヽ  ミ
      7 /   く:::::://イli::';:::::\ lヽ、   \ミ

         ____                             ____
       /     \          ____          /      \
.    /       \      /     \    .  /  ─   ─\
.  / /) ノ '  ヽ、 \ ..   /  ─    ─\   /    (●)  (●) \
  | / .イ '(ー) (ー) u| /   ‐=・=‐ ‐=・= \ .|       (__人__)    |
.   /,'才.ミ). (__人__)  / |       (__人__)    | /     ∩ノ ⊃  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \  \     ` ⌒´   ,/ .(  \ / _ノ |  |
 /\ ヽ          ヽ.                  .\ “  /__|  |
                                  \ /___ /

442名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:05:19 ID:OjIZszKs


      /:::::/ :|:::::::::::::::::::|:::::::::::: {:::::::.:.:.:.:|\:::.:.:.:}::::.:|::.: : .|:::::.:.:∨:::: :.:.:.\
   /  ̄ | :::| :::::::::::::::: |:::::::::::::|:::::::.:.:.:.:|: ヽ_: :.|ヽ_:|_::: :.:|:::::.:.:.:|゙\\::::.:.ヽ
  く    | :::|:::::::::::::::::: |::::::.:. ∧-‐: .:.:.|   ':::::| |∧`:.:.j:::: :.:. |   \::: :.:.:|
   >ヘ 〈:::::|::::::::::::::::::::|::/::.| _ヽ:::::.:. |   j厶=ミ |:::.:;'::::::.:.:.:|    \.:.:|
 / :::::::::{___〉::::::::::::::::::::::::|\:::厶=ミ'、:::.!   ´ 爪 j}ヾ/|::::::.:.:. |      ∨ すみません、なぜ急にこんなことを言い出したのかと言うと、
'´:::::::::::::/∨::::::::::::::::::::::::::| x爪    \{    {/トイ| 〃j::::::.:.:.:.|        この話の登場人物は軒並みまともで無さすぎるので、
::::::::::::::::   ヽ:::::ヘ ::::::::::::: |〃{介ーハ        V::::リ  :::::::.:.:.:.j        せめて主人公やる夫は
:::::::::::::/     \∧ ::::::::::::lヾ V)::::ノ}        "´   {::::::.:.:.:厂 "'、     まさに読者に一番近いキャラであるべきだと思う私の考えからです。
::::::::: /      {.∧ ::::::::::::.  ー゚´      '   : : : :.::::: :.:.:∧  "'、
::::::::/       _,ゝヘ::::::::::::丶 : : : : :           /:::::::.:.:/゙';'   "'、   周りがひどすぎるので比較的まともには見えますが、
:/∨    ,、,、,、/   、::::::::::::::':.          _   /::/|::.:./ ,'"    ,;'   どうにも感情表現の薄い人間らしくないキャラのように見えます。
     ,'^"  "'、    \::::::::::::ト      ´   /|:::::/│ ' ,'"    ,;"
   ,:'"     "'、    \::::::|\ `  ー─ァ<  l/ :|/ ,'"    ;'|    作者様が狙ったことならば大きなお世話なのですが。
   ;"      "';、      \|  丶 ___/    |    ,"







           , -' ´::::::::::::::::::::` ‐、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         i:::::::::i::::::;':::::;イ:::::::l';:::::i::::::::::::i
         l::::::::l:::::::i:::::i-l::::::l i:::::li:::::::::::l
        ,ヘ,.イ::l::::::l:::::l ';::::l ,!- 、!::::::::ト、     あと、色恋沙汰に関してだけ無頓着で鈍感過ぎ、
       , -プ::;イ:::::l ,.イてi';::l  ト.イ 〉::::::l:::::',    キザな台詞を言うのに照れなさすぎ、
      /::::;:イ ';ヽl::::l  Lリ ':;!  ン l:::::::l ヽ::i    ぼっちキャラでもないくせに同性の友人がいないっぽい、
       l::::;イ:l  ヽ:l:::l Z     ,.イil:::::l  ';:!    というのも少々不自然に感じますが……
      l::;' ';!   l:::ト:`r 、_, イ l:;イ::;'  リ
        ';i  ヽ   l::l  l    l / l:/        まあこれは創作の中でありがちなこととみるべきでしょうか。
       ヽ     ';lノ     ` ‐ノ
            ,-‐ ' ´',        ` ‐ 、

443名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:05:56 ID:OjIZszKs


              ,. -──‐ - 、
              , .:´. : : :, . -‐‐-.、: : :`ヽ
             /. : : : :/ . : : : :: : :´ ̄ ̄:.`ヽ
             」. : : / . : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
        rイ |: : / . : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : :l       また、物語の都合に振り回されて
      , .--V_/:.:/. : : :l:.:l.:.l: : i: : ハ: : : :l:.:.:l:.l: : :L      ちぐはぐなキャラになっている面も見受けられます。
    /.: : : : 「|.: l. : : : l _L:l.__ハ: l  l: : :ハ: :.l:.l: :.:.|.:`ヽ
.    /:/./`T´.:.l: : : : l: :|_」: :iメ、l  l.:.ィ´i.:/.::l. :.::ト、.:.:|    それを強く感じた場面は二つあり、
   /:/ l.:/   Vr {: : :.:∧ィ=テメ、   l:/〒/ l: :l: : :l ヽ|    第二十三話でつかさの告白を断りに家に行き、
   |/ l/    /い. : :.i イ´l。1!    !ハ。ヽ j:./: :./       何も言えずに引き返した時がその一つです。
          ヽい: : :.l ヽ りノ    りソ イ: : :/
             ヽ|: : :l '゙゙゙゙゙゙゙    , ゙゙゙゙゙゙゙j:.: :/        あの時点ですでに噂が広がり始め、尻に火が付いている状況で、
            \: ト、        , イ.:.:/         噂の厄介さというものを十分骨身にしみてわかっているはずのやる夫が、
            /ヽト、丶、 r‐-っ イ.:/l.:./  「「 ̄ |    気が削がれたというだけの理由で引き返したのはどう見ても不自然でした。
        「コレイ{     \ _」ニ´、 |/ l/.  |:|.  |
     ,r<.:.:.:.:.:V´ ヽ、    }1 イ.:.:.ヽ     |:| ニコ|     おそらく作者様は、取り返しのつかないところまで
    /: /`ヽ: : :ヽ   \ ノノ ,ハ.:.:.:ト、     |:|  |     噂が広がってしまう状況にしたかったのと、
   /: : /    i: : : :|    `Y´  i.:.:.:l ',   l_L_」_    やる夫の優柔不断さを示したかったのだと推測しますが……
  /i : :/      i: : :.:|     i   i.:.:.:l  i  //´ > - )   
/ l: : l     i: :.:.:|     i   i.:.:.:l  | //  ゝ-‐/    やる夫が物語の都合に振り回されて
                                    一時的に馬鹿になったようにしか見えませんでした。

444名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:06:27 ID:OjIZszKs

          ,  -── - .、
       , -'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、
     /::::::::::::::::`丶::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ,'::::::::::-、:::::::::::::::\::::::::::::::::::::;:ィ::',            もう一つは第四十一話のやる夫の冗談告白シーンです。
     i::::::::::::::::\::::::::::::::\; - 、「、r二ー-、
     !::::::i:::l\:::::\:::::::::::::\へヽ::::::`ヽ:::::',        おそらくやる夫争奪戦に、ダークホースできない子を
     l:::::::l:::l ,.ゝ-‐、 ::::::::::::::ヽ. l:::::::::::l ';:::i        不意打ちで放り込むためのシーンだったのでしょうが……
     l:::::::l::', ト、   \::::::::::::';ノ::::::::::/ i::!        そもそもやる夫って冗談をそんなに言うキャラでしたっけ?
       l:::::::l::',、 ヾヽ 〃 \::::::::';:::::::ノ   リ
      ';::::::';::::〉 ン, - 、 u ヽ::::::',`ヽ  ,.ィ' ´ ̄      私が見たと記憶するそれまでのやる夫の冗談は
       ';:::::::く  ノ   )   ':;:::::i  Y::::;'         せいぜい憎まれ口くらいだったのに、
       ':;::::::::` ー---‐'´ ヽ':;::l   /::/         女の子に初めて言うデカめの冗談が嘘告白ってのは
        ヽ:::::::',ヽ::ゝ    ,.イ ';! /::/          いくらなんでも有り得ないのでは……?
          \::',  \ , イ::「 /:/
           ``  /   '、:二-'´     \      それまでのやる夫のキャラとブレすぎだったと思います。
             /',       , ィ     lヽ     単に何らかの出来事を起こして、甘酸っぱい雰囲気を通じて
            ,.イ  ヽ l  , -'´  l     l      気持ちを伝え合わせるだけでは駄目だったんでしょうか?
          r'´    ノ‐ '´   O l     l




           _,、-‐ - 、
         -'´::::::::::::::::::` 、
        /:::∧::l::::l:::::::::::::::::ゝ
        l:::l''-l;l l:::l:::::::::::::::::::l- 、       ……長々とすみません、
        l:::l..,,_l l::l:::::::::::::::丿'' 、:l
        ∨.._.."'l::l::::::::ヘ ミ  ヾl      とりあえずやる夫のキャラに関しては
         ヽ_ _) l;;;;;;;;;; ヾ::lミミ        私がそう思った、と言うことだけお伝えしておきます。
       ⊂l ̄ \/"'''''…l;lミミヽ        私以外の読者は特に違和感など感じていないかもしれません。
      ...  ヽ---l    ヾ/ \

445名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:07:26 ID:OjIZszKs

                                     ┌──┐
      ',  \ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ',     / /   │総評│
       ヽ   ,':::i:::::l::::::ト、:::::l:::::::';:::::::::::::', i      /..   └──┘
          \i::::l:::::l::::::l ';::::::lヽ::::i';::::::::::::i L   /
         l:::::l:::::li:::::l  i::::::l__';::::l ';::::::::::l   /l      多様な性格のキャラクターたちが巻き起こす複雑に絡み合う物語は
         l:::::l::::::l';:::ト  l:::::l  ';::l ';:::::::::l二::::「レi     読者をぐいぐい引き付ける力を持っており、
            l::::l:::::::l,イヽ  l::::l イ:て`ヽ::::::l ';::L「`ヽ    作者様のたしかな実力を感じさせます。
          ,イ::l:::::::l ト:l  l::l  l::::::::プl::::::l .ノ:/ ';::::::::',
         ,'::::l::l::::::::lLリ  リ   L:::ノ l:::::l:/  i::';::::::i   しかし、やり過ぎて展開が間延びしている面も決して否めず、
         i:::::::l:l:::::::::',"  _  " ,イ!:::l    l:::l::::::l   その複雑さは作者様をも苦しめ、
            l:::::l::l';:::l::::` ‐ l  ヽ_/ ll:::l    l:;イ::::::l   キャラの多さは読者を混乱させる原因にもなっていたかもしれません。
             ';:::l',!ヽ::l';::',    ̄「   ,. リ ̄l ノ  l::::;'
           ヽ   \ヽ    l  / ノ   ヽ   リ    この話においてはもはや書き進める以外に
      , - ' ´ ̄ ` ‐、         r┴/    , ─ト、      対処する方法はないのですが、
   ノ ,'   ',  ヽ `ヽ.    / /   /::::::::::::::l \     大丈夫です。なぜならこれまでも
   「 ,ヘ 「プ i く! l ,.ヘl  // /  //::::::::::::::::::li  \   読者はついてきたのですから。
   ヽ、__ノ‐-‐'` ‐-‐'`‐イ/:::://  / /:::::::::::::::::::::ll   \
    l , '      ).ノ「::::::;へ二_.ノ::::::::::::::::::::::;イ;l    \

446名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:07:57 ID:OjIZszKs

               ,  -─ -  、
             /:::: : : : : : : : : : : ` 、
           , ':::::::...::::: : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /::::::::::::/:: : : : ; ': : /: : : : : : ',
         くスイ::::::::;':: : : : /i:: :/l: : : , イ: : : i      評価は以上です。
        /.:::;リ:;へi::: : : :/,.!- 、l: :X   !: /: :l
        / .::;:イ l:::i マl:i: : : / ハ...イヽ   /;:': : ;'      いろいろと難癖をつけましたが、
        l: :;イ::l ';:ヽ、l:l: : :,' ヾ:ソ    ,ィイ: : /       私は間違いなくあなたの話は面白いと思っていますし、
       ';:i ';::l  ヽ::;'l:l: : i ''     〃/:: :/',       もんのすごく続きが読みたいです。
       ':; ヽ_ 〉 !l: :l   ヽ、  ''/:: ;イl::i       (読んでるとわりと胃に穴があきそうですけどねw)
        /:::::::::` 、 ';:l ヽ、 _,  イl::::/ リリ
       /::::::::/:::::::\ヽ/ーュ、  ノ/:;:'          この複雑なスレを描き切るのは非常に大変なことと思いますが、
       ,':::::::/::::::::::::::::::へ.__ノ::::` ノ            どうか頑張ってください。
       i:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\:::::::::;:-\           この評価が作者様の役に立つものになったかどうかはわかりませんが、
       l::::::::::::\:::::::::::::::::::::::\:::i:::::::::\          そうなることを願いつつ、続きを楽しみに待ちたいと思います。
         !:::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::\:::::::::::::\
       l::::::::::::/ ̄ \:::::::::::::::::::::\::::::::::::\      それではこれにて。西沢歩でした!
          l:::://  ̄   \::::::::::::::::::::\:::::::::::\
         l /         ハ \:::::::::::::::::::\::::::::::;ゝ、
        l           ノ \:::::::::::::::::;ゝ、/  , ゝ──- 、
        l            」    \::::; '   ` 、   /      ',
        ヽ、-=== =ー--く      ヽ、    ` 、/      i
         i          ',    /   `  、   ` ‐- 、  /
         l           ヽ /    . : : :  ` ‐、    ヽ
            l          /   . : : : : : :   i  ヽ   ノ
         l    ,  ー /   . : : : : : : :   . : ;'  . : /  ̄ lー - 、

447名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:08:34 ID:OjIZszKs
以上です。
お目汚し失礼しました。

448名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:14:58 ID:0AO72z5w
このスレは面白いけど内容が難しいし結末まで読まないと評価し辛いだろうなぁと思ってた
良い評価乙でした

449名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 17:26:13 ID:9Fb5MD0A
本当に丁寧な評価乙でした

450名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 18:02:24 ID:noPSSEGU
丁寧な評価乙でした!
ほんと読み込んでますな〜

451名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 18:20:22 ID:6tAryKCI
この方のスレは前スレから見てましたが
このスレがどう評価されるか楽しみでした
丁寧な評価乙でした

452名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 18:37:38 ID:ZLB6nAco
丁寧な評価乙です

453名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:19:41 ID:5ZpbRkmc
投下します

454名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:20:21 ID:5ZpbRkmc
        \. " i   l    l    .l   .! ゙   ./
          /ヽ ;   i   !    !   l  ; ハ
          '   i !  !   l. _..._ .l   ! i. ! `、
       /   リ  l   |√.! ヘ |   l  リ  \
____ イ  i     i   |.'、メ」ソ |   i      ハ.
── .、 l :|  !  , "  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゛ 、  !  .|────
    ソ ! |  i. |   ≡      = ≡   | .i  .| !  ィ ー 、  こんばんは、僕イデオンです
―― "  l |  ! | ≡     =      ≡ |  !  | .l  ゛ ―"
二二  │∧  l  \              /  l  ∧│  二二
   1 │ .ハ  ¨ 、 \  , - ――‐ - .  / , ¨  ハ. │ 「     今回はこちらを評価してみたいと思います
   │ |  l_∨   丶_.-‐  |     │  --._, '   ∨  l  | │
__|  | │_ Y ヘ  l    |     |    .l  / Y  │ |  |___
―――|  .| _ i   ! i.   |     |    .i  !  i _|.  |――― ─
 ̄ ̄ |   | _ ∧  | ハ.  |     │   .ハ |  ∧  |   | ̄ ̄ ̄ ̄
    |  |  _  \i  >>=二二=<<  .i/__ .|  |
.   |  | _  __` ∧圭圭圭圭∧   '__ _.|  |
    |  |        ∧圭圭圭圭圭∧         |  |
 ̄ ̄|  □□□□□□□圭圭圭圭圭□□□□□□□| 「 ̄ ̄ ̄ ̄


◇【天羅】やる夫は因縁に生き業に死すようです【万象・零】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/929




                __       ,rッ/.∧
              \__|_.!_./   /././ /、::!
         _  .,イr-゚-ッ'i    .l」∨y'::ii::!
        ,イ:|ヽ、| ir.i-i.、i,i .,rッ-/___..〈::::i;i:!   原作は世界最速のTRPGと言われた天羅万象・零です
       ||::|::|i]::i .!.i、i_,iッi,r'-i-=:i:.:.:_:,:.:\/
        l:.∧|i]/`,ツムッイ::::::i:i:.:.:i:.:.i:.:i:.:.:.:.i    簡単にあらすじを説明するとやる夫をはじめとした主人公達が
         |,ムイ,irt'Ei,r==:|:_:_:|::!;::::!:::i:.:i:::::::ii   世界を支配している神宮家の陰謀を阻止するために戦いを挑むというものです
        .i::i:irッi::|三!,i:.:.:.:i三:irッ'-'― 、:._:_ii
.         i::i:i::::::il:Lシ,:r-'";;\.l:i;ト'" ̄7:i¨ii.li
      ∧l:i;rッ';;´;;;;i^i::::::|:::::rッiソ二 ̄i::l..ii.l.|   TRPGを原作としているだけあり、4人の主人公が満遍なく活躍する
      /\二i::ir''、::i i::::: |:::::ト.i;ゝ、_ ̄iソ ii.l |   魅力ある群像劇となっています
  r―r-r'`'yッ::::|::|、ソ_/:_:_::!;;;;;ト」::i.i___二ニ_」、!
  ト-'i二ilノl 〉ソ―'.i:::_::_::_:::||:::rッ-t\   .∨
  ゝ'"ムッi ii./―i'´:::|:.|:.:.:|:|:.:|!::|_\|:.| . ̄ ̄    
  .ゞ-=i=' .∧  i:::: |:.:¨:.¨:._:il:.:.:.¨:.:.:.! 
.         L∧ i:::::|_:_:r:':_:_:_:¨;;;;`;;、|

455名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:21:50 ID:5ZpbRkmc


              _           _
           \   r‐┐ /
         ___ .>‐i!Oi!‐<  ____
           | ! _i kl〔, --、〕k.│ l| |     まず世界観解説スレに関してですが・・・・・・
           | |__|,|l. ll_|_|_ll |,l!_| l! |
     _,.、__〉 l|__|l iL`旦´_iL.l|___.L_,.、  僕は経験者だからわかる部分は多いのですが
     i.EiUミ-l/ / ] i_ 目 _l [¨ヘ -f-fUiヨ!  初心者や知らない人はかなりわかりづらい部分があると思います
     l モヒ_l_7_フ [.l二|0|二l.] ∨l、.Lヒシ!
       ̄ ̄¨   _∧ ハ ∧_  ¨ ̄ ̄   現にルールに関して色々と議論みたいな事がかかれたこともありましたよね?
            「亘L i! i!」「亘〕
          |\厂L_ ロ  〔 l_厂l.lノ|     特に陰陽師と式打ちの誤解は目立っていましたね
          L〔__l_,≧’‘≦_l__〕」







                          r-、_
           rl''l゙l,\  .r┐   / .| l  ト、
              l i l l .l.\r'|o|'ュ/  .|__|  l l
          l l_l_| ..| [〔,゙-、〕]     |    l_l   はっきり言うとTRPGのルールや世界観なんて、
            l__|_,l ゙i_l,|,|,l,オ__ >‐l――.|    やってない人間からすれば複雑怪奇な代物です
             l /_,//ニl/-―l,/―l'‐ '| |:| |
           .l | | l__ .lニl   >--|  || |:| |    いくらわかりやすくやろうとしても、やっていない人間からすれば
            .l | | l ゙、l三l,/  _,|_l.| |:| |    どうしてこうなるかがわからないという事はありえます
          i .l、-、'、-┬=デ""r-、ヽ,_.| |:| |
            l_,,`'‐_l  iニl   |l`ll'イ .|____,l   それに世界観やルールの詳しい説明を求める人は
         /  /`'V |. .lOl   |l=iレ   l__,l   読者の中の数割いればいいほうです
          rlュ,ヘ /r-=,(_)/>,=='゙T`'l  |,_r|ュ_,|
       f==.f、, V .l l__l| | | |_| .l]`l  |r>- 、|   現に、解説スレで語った事が本スレで理解されていなかったこともあるでしょう?
.       〈_<|_l、ン゙ .'- ,_l__,l l_,, -‐'ト,l   l,l_l三|| 
         `ー゙'' ~   .l | 'Y-`-|  |  |   `'''"   そんなものなのです
                | | |  | |  |  |
              l | |  l. |  |  |
              | | |  l  |  |  |






           __         ____
             |  | _|_   __ __|  l| |
             |  ! i\ |O| |/.|  l| |    やはり世界観などは別スレよりも本編の中で簡単に解説する程度でいいと思います
             |  |__|_( 凸 _)__|  l| | 
             〉 l|__|lヘ三,,ヘ|_| 〈_〈__、   別スレでやってしまうと「これ書いたからいいだろ」と説明を端折ってしまい、
           ,,__/__/ / ]i 目 _l [,,ヘ -f-fUiヨ   そっちを読んでいない人にはわからないままという場合も起きるかもしれません
          《ヶ〕_〕__フ [l二|0|二l_] `l__l Lヒシ|
          `" ̄   _〕 ハ_ 〔_    ̄ ̄   できるだけ、本編読めばわかるようなつくりにした方がいいと思います
                「亘L| |」「亘〕
             |┃l.| | .l ┃|
              |\厂L_ロ 〔l_厂l.|ノ|
              L〔__l__/ \__l__〕」〕

456名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:23:40 ID:5ZpbRkmc


                      _       r‐、― 、
          __,r―、 \  ゙| |   /    | |   |、
         r'| | | |\ ゙>-|O|-<゙     | |   l |
          | | | | | |=l rl〔, --、〕l、      |__l   .| l  次にキャラクターに関してはぼやけているか?という事ですが
          `| ゙ー.`| |ニ| l,| ll_|_|_ll |,l     |    |'  そんな事は無いです
          |__,|_>ヘ'(,l`'-'>ヘ'-―>―‐|――‐'|  
           | / /l'∠< ∠,l'∠ニ7_,l゙  l゙|  r、  |  復讐者であるやる夫、忠義の士であり続けようとするやらない夫など、
            | l゙ .l゙r―‐'''r--、" ̄ ̄ .|  .|..|  |::|  |  キャラクターとしては十分な個性を持っている面子ばかりです
         | .|  | |_  lニニ゙i  .>-- |  .| .|  |::|  |  
           l |  | |--\l三ニ|/< ̄ |_ ;;-l、.|  |::|  |
            | |_| |_,,`ニニニニ゙--―‐\三`,|  |::|  |  敵側も世界やマリオをはじめとして相当濃い者ばかりで
         |_\ \_|  ||三| |    || `゙|_>--|  |::|  |  簡単に忘れる事のできそうに無いものばかりでした
       /  / ̄ .|  .ll三l,|   ||  |   .l―‐||'―l  
      >r‐、__/    >|  l○_l   .||  |    |__,lニニl__,l
    /lニ>'/゙l,  >'r┴Y(ニ)/7――、―‐、   | r――、 l 
    .|lニllニl/l  .| / .|| ̄ll ̄l i i ̄| || _|   .l/_/-' >、.| 
   //_,> l_l /  | ゙ー' l___l l ゙ー'゙ .|||,|_||  .l,_lニニ゙l /,| 
    'l, _>、>l_l_レ'    >ニニヽ, ヽ_>ニニニニ<ニ7    ヽニニノ-'゙ 
    ヽ‐-_'/      | |  | ̄ l. |   |   |         
      ̄           | |  |  | |   |   |
                 | |  |  | |   |   |





                   \r-、/
                   __  _ノノ_'>-,、
                 /_/'/_/__'、‐<_,>、
                 ヽ_゙/_/__/_l\_\_>  むしろ、どちらかというと20スレになって
                  /_/__/./~>      ようやくキャラ同士の係わり合いができてきたな・・・と思いました
                  |ヨ|ヨl,/ ./
                 l~'l l.l ̄l~'l       よく言えば丁寧、悪く言えば冗長な描写です
                 |__|__l.|_,|__|     
                 l |゙'Tヘ '、 ヘ        ここらは読む側の好みで変わるとは思いますが、
                  l_ l l  ヽ ヽ\     僕としてはもう少し早い段階でどうにかできたらなおよかったと思います
                 l__,l__l   `、`、 ヽ
                     ,'ш'ヘ,〉    lшll_>




              _           _
           \   r‐┐ /
         ___ .>‐i!Oi!‐<  ____     キャラの多さに関しては長編スレである以上仕方ないでしょう
           | ! _i kl〔, --、〕k.│ l| |
           | |__|,|l. ll_|_|_ll |,l!_| l! |     ただ竜が関わる国はあの時点で出さなくてもいいと思いました
     _,.、__〉 l|__|l iL`旦´_iL.l|___.L_,.、 
     i.EiUミ-l/ / ] i_ 目 _l [¨ヘ -f-fUiヨ!  出さなくてはいけないキャラは仕方ないとは思いますが
     l モヒ_l_7_フ [.l二|0|二l.] ∨l、.Lヒシ!  キャラを増やすような展開をあまり作らないようにするのは必須だと思います
       ̄ ̄¨   _∧ ハ ∧_  ¨ ̄ ̄
            「亘L i! i!」「亘〕      仕方ないからと出して、キャラの印象が薄くなってしまっては失敗ですし
          |\厂L_ ロ  〔 l_厂l.lノ|
          L〔__l_,≧’‘≦_l__〕」

457名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:26:10 ID:5ZpbRkmc

          \L / .|   |     |    | |   _/
            / l | .l │   |  __ │   } i , l ヽ
        , -'、 | ヽ| ト--- i γY ヽ∟__| | / .| .卜、
       _|  | .!    !    ! 廴|ヽノ|   i .´  | | l
ニニニニニニ-イ |  |│   ,{-ーニ┴──┴--、ノ    .! ! l _____
r-─-、 ,/ i . | │'、ァ ラ‐"´_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_`‐ミニ-、│ l .!i´ r'=二二=
,,__,,イ/ ,l │ l ト |:l::::_::::::::::::::::⊂⊃::::::::::::_:::::|::l ,l / | |! l、 (   )    それでは、最後にあなたのスレの
――‐'´ ,'  ヽ_.| ヘ.i::|:''"::::,,o::::::::::::::::⊂⊃::ゝヽ|::! ,' / ノ || ヘ=二二=   長所であり、短所でもある部分に触れたいと思います
 ̄ ̄ヽ ‖.  i'、ゝ-ヾ丶:::::′::,ィ─――, 、:::::::丿l,'_/-"|! || .r―──―‐
:::::::::::/ ‖.  i' ヘ 「、ヾ、 \_/ ,ィ――‐tx 丶-' /! i!/ |! .|| i::::::::::::::::::::::::
::::::::/ ,‖   i'≡='t 丶丶_,,ィ"´|     |  丶ィ' / / l´=;;!. .|l i、:::::::::::::::::::::  それは「あまりにも長すぎる展開」であることです
ニニ'__,‖.   i≡≡:| .!´|..|     !    .!   || {゙'l. !≡:l   || ヽ-------
――、7   i≡≡ | . | .|_」   .!     .!   ||_| l  ! ≡l   ||――――‐ 
 ̄ ̄.‖   i'≡≡ ∨.! .!.゙ゝ丶_ .!     l _ .// | l  |≡=l   !´ ̄ ̄ ̄ ̄ 
   .‖  i'≡≡≡Ⅶ_l≡ 丶、 l_ ̄ ̄「_,イ´≡l_l./=≡:|   l
.   ‖.   i'≡≡≡≡≡≡/三三三三三∧ ≡≡≡≡=l  |
   |____|≡≡≡≡≡=,/三三三三三三∧≡≡≡≡=!   |
 ̄`ヽ   □□□□□□□三三三三三□□□□□□「 ̄l ̄ ̄ ̄ ̄








         \凡/   [] ̄|
    | ̄[]_ ,〔l凸l〕、-―|  |   あなたのスレは非常にボリュームがあります
    |_|冂 \且/ 冂〔| ̄_|   8月後半から初めてもう既に20スレに入っています
    |  |lミl ̄ 甘 ̄ ̄lミl |  |  
    |_| ̄|  ⑭   | ̄ .|__|   板の仕様で1000まで投下できない事が多いとしても、非常にボリュームがあります
   / // | ̄⑭/ ̄ ̄|  |  |
  / //  |_|_|__|  |__|   しかし、そこまでやってもようやく1話……オープニング部分が終わっただけ
 (毛_|/   |   |   |  彡丿
        |   |   |       はっきり言って、量は多いのに上記以上に評価するほどのストーリーは進んでいないのです
       ■   ■   
       |_  |   |       僕も元から読んでいなければ、その量に躊躇していたでしょう
       | |  | ̄|| ̄|      
       / |  | | |      読み応えがあるし、先の展開が気になるのですが
     ハノ  |  | | |      この量だけで敬遠する人も少なくないはずです
    |┌―-○  |_|_|
     ̄ ̄ ̄ ̄ |__|_|

458名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:26:49 ID:5ZpbRkmc


                                 __
       r=''i~||`ヽ.   _         _        |~|  |` ー、
       |  |..|| ヽ |   \  r┐  /      l .|  | ,'.l i!|   長い事自体は悪いとは思いません
       |  |..||.二.|    ゙>-|O|-<゙          l,_|  | l l .||   あなたには長編を終わらせた実績もあるし完結はするでしょう
       |  |..||.三.|.     〔l〔, --、〕l〕        |   |‐= |   
      〔||―'-i..三_| __, l゙i_l.「.l_ll,ム __ _,......____|   |‐= |   しかし、あなたのスレは既に新規参入が非常に難しいスレです
       |`ーレニニi77ニニi7ヲ/ヲ/フニニニ!  .| .|   |‐= |   おそらく今後も今読んでいる人達で読者は固定されると思います
       |冂|  _|─‐ ‐ ¨ー─¨───‐|_ | .| _.-;''\..|
       |l | ̄  |     」圭L       |  ̄| .| |c〈 〈ヽヽ;
       || |   | |==、,'三三゙,r ===|  | .| |c∧ ヽ〉 ヽ、  ,--,
       || |r===,| |- - - - - - - - - .--'、三', | ヽ,c.',__ri^i /`''/    , -‐、   自分で評価しておいてなんですが
       || ト、 三`'i|| ̄||三三三|| ̄"|| ̄`Y`三`、|/     ヽ./`''/  ./ /    ここまで来たらもう、他人の意見など聞かず
       || | `i''ー-||  |;三三三||  ||  :| 了 ̄丶___./`''/、 /`'/ , ' ゙,  作者さんの好きなようにするべきです
      / ̄ ̄フ`ヽ,||  |!'(米)ミ ,'|  ||  :|   i゙ l.i´r====ノ`ー'^'´'  / . " , '
     /   /   ||  l ゙丁  ̄ l  || .目|  i  |.| |::::::/`ー-、._ `ー'ゝ''´、_ . '    そうやった所で今いる読者はついていくでしょうし
  .r、/__/  .r‐‐i'´〔ト、|〕7`'r'´ ̄ ̄ | ̄ ̄i, -‐‐'‐'''''´`ヽ,_    `ー、`ー;´., _ _  僕もついていきます
 /|/ ̄__/`ヽ,   | []|`i´ ̄|  |  | ̄] | rr‐|ゝ、___)_..))   i ̄`ー-、  .,  _ ノ
 |r―--、    ,  |__| .|........|   |_. ̄_|__|l,___|    `'ー`'''ー-、    , '   ̄      もう、そういうものだと割り切って
 `y'フー、ヽ,   / r-ヽ,ヽ‐‐',.___`ーr‐‐‐‐-rr、i.ノ          `''ー'          書いてしまったほうがいいでしょう








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      }   .}::::.           :::::::::::::i  !   .:::::::::::::
                    !  ソイ ,イ´><  .::::::::::::::!  !   _ . -=   
                       /^",,イ´.  ´ `丶 ゙≧l::::::::::/ ,.'  ,.'   . -    それでもあえて言うとしたら
                 /,,イ´.  ´ ≡ _  _ `丶 l::::::::/ , '   i   ′     即興であるが故の冗長さですね
                 i!"_" 三  _ ≡  _   _i!l:::::/,.'    l  {
                i!=  三  = _  ≡  i!l:::/′    i   }       あとから見ると「こんなに尺取らなくてもいいよな」
                i!"""゙i≡l_ _ r─ - 、_ .i!l:/       !   ',      というシーンがいくつかありました
                , −_.l    !:::::.     l! l!               .:::ハ   寸_
            l! l! l   !::::::     l! l!              .:::::::::ゝ      書き溜めしろというわけじゃありませんが
              l! l! l   !::::::     l! l!            .:::::::::::::l!  l 斤  プロットをもう少し練って描写の取捨選択すると
               l! l! |   !::::::     l! l!        .:::::::::::::::::l!  l '    少しは展開も早まると思います
                l! l! |─一l::、     l! l!           .::::::::::::::::::l!  l ,'
            l! l!:::l   :::::丶.  l! l!        .:::::::::::::::::::l!  l,'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

459名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:27:14 ID:5ZpbRkmc
:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.                                        .....
:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.                                      . .:;:;:;:;:;:
:. .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .                                       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.: 長々と書きましたが
ヾ  .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....                                        .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.: 続きを楽しみにしている事は変わりません
一. ̄      ./ /                                             .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:...
  l!       _,' ./\        _  _                               .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..  ぜひこのまま作者さんの思うとおりに
  !     ,' /   \ ,-=二7-//                              .:;:;:;:;:.:.:.:... .    突っ走ってください
 l!       ,'./     / .r 一'`´!                           .:;:;:;:;.:.:.:.. .
 l       ,'∧三二 〔i! `ー r -.'                                 .:;:;:;:;.:.:.:.. .   ..
三二ニー イ ∧   ∧Ⅵ_i!_i〕!_l                           _ -,.:;:;:;:;:.:.:.:... .    イデオンでした
      /〕l  l!  .Λ{  } ー.、ヘ                        _ - ´   i.:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..
     /ik】.  !.    !℡ \  \,ィ== 、             _ - ´       i!.:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:...
      /℡i!   l     ト―-.、 /三ムヽ   \_  ─   ̄!l!l          i!  .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.
──〈/〆     !     ! ̄\∨三三ムム.   ヽ.         !l!l          i!   ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:
 / /        l     l!  │∟二∨/T     i!         !l!l     _ - " ヽ    . .:;:;:;:;:;:;
_,' _/l         k     !      ̄ ̄ ̄ ゙i    .i!      ハl!  - ´       \ ─ .....
,'_/ |       /,'三二7ム≧≡ニ> _   ム   .l!_ ─  ̄  `丶 __ ,. ─  ̄     
    !      /,.'三二7/   ハ三三≧i卞 !    .i __ ,.  ─   ̄
    ハ___7  ̄_二ヘ    ハ.三三ム ∨三二/
       ヘ´  ___∧    ハ (  )   k三ミ7
        ∨〈彡〈  l!    ー─ __∧ ̄
            ∨〉彡∨ ー──、\弋  ゙∧

460名無しのやる夫だお:2011/01/10(月) 23:36:27 ID:f6Jmvhgg
評価乙です
俺も見てたけど世界観については掛け合いで解説しているからかわかりにくかったな
あとマリオの後編を早く見たい

461 ◆Xuy1cDD5to:2011/01/11(火) 00:25:43 ID:YhOPz8BM
西沢様

評価を本当にありがとうございました。
自分の中ではそうでならなければならないと思って書いていることが本当にそれでいいのかずっと不安だったのですが、
お話を聞いて確信できました。
ミスもかなり相当にあるのですがもうここまできたら押し切るべきだと覚悟しなくてはと感じました。

・ジュウシマツetc.
 →こいつらについては正直もう忘れて欲しいかなと思いました。
   もちろん役割は用意してあるのですが、確かに今さら出てきても誰だこいつは?なんですよね。
   もう一回ちゃんと出すか削るか考えます。

・描写がうまくいっていない
 →依頼を出してから考えたのですが、自分の中で話が全然進まないことに尽きます。
   話のボリュームを読み違えた結果描写することが増え、
   読者に的を絞らせないようにするつもりがただ冗長なだけになっている感じがしていました。
   話がだれないように、シーン自体の見直し等含めてここは努力したいと思います。

・時間経過の表現なし
 →すみませんこれは仕様です、としか言えないです。
   話の性質上構造上そうでなければならないので。
   一応話の流れを前から後ろに流すようにして時系列的な混乱は避けたつもりですが。
   そうすることでどこか現実感が出ないようにしたつもりですが、気になる人もいるのであれば痛し痒しです。

・噂
 →おっしゃるとおり自覚もしていますが正直失敗しました。
   これ以上登場人物を増やしたくなかったというのもあって、そのへんの表現を省いたのですが、
   代わるいい解決方法を思いつきませんでした。
   次どうするかというのは正直今も頭を抱えています。

・やる夫について
 →その通りおっしゃる通りです。基本的にそのように描いています。
   仕様というかそうじゃないといけないというか仕方ないというか、そうである理由があるためです。
   異質だと感じていただけたのであればよし!という感じなのですが、
   主人公が読者から遠いというのは考えて見れば確かに変ですね。
   でも最後まで読んで振り返ってああそういうことか、というレベルの話なので、そういうものだと受け止めてもらうしかありません。。。
   そのあたり自分には山ほど言い訳はあるのですが、確かに主人公の造形がきちんとできていなかったのは致命的なミスでした。


とはいえ、やってしまったことはもう仕方ありませんので、ここまで読んでいただいた方々を信じて最後まで書き進めようと思います。


長文失礼致しました。

462 ◆HARO/n.qC6:2011/01/11(火) 01:19:10 ID:Noc3SW6E
話が一段落しましたので評価を依頼します。
┌───────┐
│ 評価依頼  .....│
└───────┘
   ▽ 【Gセイバー】 やる夫が白い旋風になるようです 【PS2】
         1スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276866333/
            2スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1294070409/

      □評価方針                    辛口
      □評価スタイル             おまかせ
      □AAの改変具体例            おまかせ

      □その他要望・見てほしいポイント等
          ・ 話の起承転結がはっきりとしているかどうか
          ・ 劇中でいくつかの勢力が出ているがそれぞれの立ち位置がわかりやすいかどうか
           ・ 読んでいて気になったところ

      を評価していただきたく思います。評価人の方、どうぞよろしくお願いします。


【前作:やる夫がGセイバーに乗るようですの評価】
ttp://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236.html >>197-204 ゾイド弟者様
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1270048498.html >>442-463 東せつな様

463 ◆aImPcv6N1s:2011/01/11(火) 01:19:27 ID:0NEZBaps
イデオン様
評価ありがとうございました

やはり、長いということのデメリットは感じておりました。
とりあえず、もう少し場面場面の切り分けをうまく使って少しでも冗長さを減らしていければと思います。
キャラの登場などももう少し区分けしたほうがよさそうということは参考にさせていただきます。

キャラの印象がぼやけていないというのはありがたく感じております。
このままぼやけさせる事なく、頑張って行きたいと思います。

世界観解説編に関しては、あのボリュームを本編に挟むと、スレッドの消費量が
さらに加速するという問題点の解決だったのですが・・・。
できる限りは、本編でも分かるようにしていくようにしますね。

>>460
マリオ番外編の後編は本編開始と同時に再開いたします。
お待たせしてしまい申し訳ありません。

464名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:05:10 ID:YZ9GrKHE
16レスかります

465名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:05:40 ID:YZ9GrKHE

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \     やぁ、こんにちわ
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ    僕、ドラえもんです。
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l    今回、評価させていただくのは、これ!
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ )    「宇宙の運び屋、やる夫一家!」
   /  /  ヽフ ヽ   /
                     依頼レス:
                     http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1291656863.html
                     上記スレの958

                     現行スレ
                     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1292931629/l50

466名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:05:58 ID:YZ9GrKHE

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ     いやぁ、実にいいSF作品だね。
    // `ー●ー ´   \   ヽ
   /^ 三 /  三     ヽ    l    僕も楽しみに読ませてもらってるよ。
   ヽ.__ /     __  l    |
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l    君の作品を読んでるときは、
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /    YATやナデシコのOPが、
     ヽ  ヽ、__/    /  /     頭の中で鳴りっぱなしだよ。
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ
.     i  /   `- ●- ′ |    さて、評価ポイントはっと・・・
      |  i   三 | 三  |
.      | |.   __|___.)    ・きちんとSFになっているか
      ヽヽ /      /     ・SFを良く分からない人でも楽しんで読めるか
       ━━━━o━━      ・キャラクターは魅力的か
       /  /    \ |     ・ギャグ、シリアスがうまく書けているか
                      ・ストーリー上の工夫、表現が足りているかどうか等
                      ・AAの使い方などアドバイス、その他気になった点

467名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:06:19 ID:YZ9GrKHE

┌──────────────┐
│・きちんとSFになっているか    │
└──────────────┘

          __
        (((_=_)))
           ||
        , ─ 釤── 、
     /   / ⌒ヽ⌒ヽ\
    /   , -|   ・|・  |ヽヽ      まず、これについて話す前に
   /   /   ` ー ●ー′ ヽl     少なくとも、僕がSFとはどういうものと考えてるのか、
   l  /   二    | 二  |     君に伝えなきゃいけないね。
   |   l    ─   | ─  -、
   l   |         |    __ ノ    もし、自分の考えてるSFと違うって思ったら改めて依頼してね。
   ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━━━━O━━〈
    /    / ___ ヽ  ヽ
   /    |  ヽ    ノ | l◯



        _____
      / | ・| ・ | 、 \      SFって定義がハッキリしない上に、
     // `-●-′ ヽ ヽ_     そもそも、スペースファンタジーの略か、
     |  三 | 三  `(___)   サイエンスフィクションの略かって事さえ、
     | / ̄ ̄ ̄ ̄\/  /    人によっては違うものなんだ。
     ヽ\_(二二)_ /  /
      /━━(t)━ /  /
      /  (┌─┐)  |

468名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:06:36 ID:YZ9GrKHE

        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \     でも、君の作品はどちらの略であろうと、
   // `−● − ′  \   ヽ    立派にSFしていると思うよ。
   |  三  |   三    ヽ  ヽ
   | (____|____   |   |   僕の考えるSFってのは、
   |  \.        /   |   |    SFを中心とする文化が描けているかなんだ。
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /



          ____
         /−、 −、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ
     // `ー●ー ′ \   ヽ     だから「科学」と「宇宙」が両立する君の作品は、
     l  三  |   三     ヽ   l    間違いなくSFなんだ。
    (___|___    |   l
     ヽ l    __ `ヽ  !   /
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
   ( __)ー━━O━━━━━く
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )

469名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:06:53 ID:YZ9GrKHE

           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ     具体的にあげていくと、
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ    例えば、圧縮コンテナだね。
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |   これは、サイエンスフィクションとして、
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !   極めて重要なアイテムの一つだと思う。
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ      そもそも、物質を元の性質を損なわずに
    /  /   `ー ●ー′ ヽ     十数分の一に圧縮する。しかも、物質を問わず・・・
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)    これは、現代世界じゃありえない、空想科学だ。
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /     だが、君の作品の中では、流通を支える重要な、
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /     しかし、当たり前の存在として書かれている。
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)

470名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:07:06 ID:YZ9GrKHE

          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\     これこそ、文化を描くということなんだ。
      /  /  `ー ● -   ヽ
      | / , 二   |   二、ヽ   現実とは違うけど、リアリティのある世界を描く。
      | | | ─    |   ─ ||    どんなジャンルでも必要なことではあるけどね。
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ



         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ     そして、八神がやる夫の船を見たときの反応、
.     i  /   `- ●- ′ |     これをもって、君は作品内の「常識」の一部を見せたね?
      |  i   三 | 三  |     こういったことも、文化を描く上で重要だ。
.      | |.   __|___.)
      ヽヽ /      /     なんでもありな世界なんて、ありえないからね。
       ━━━━o━━
       /  /    \ |

471名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:07:25 ID:YZ9GrKHE

     ____
    /:: . -、. -、::::\
  /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',    そして、君は船内に娯楽室があることを書いたね?
  |::/  " ● "  ',::|    長期の宇宙航海では娯楽は不可欠だ。
  l::{ 、三 | 三 , }:l    こういった生活臭を出すことも実に良い効果だ。
  ヽi(__.)‐┴―''゙ i/ 
   /::::::i ___/
   i:::::::::i-(〒)―`ヽ



      ____
    /    - 、 - 、\        科学技術・交通手段などのインフラ・食べ物
   /  , -|  ・|・ |- ヽ        政治・法律・歴史や伝説・冠婚葬祭・娯楽・常識
  i /   ` - ●-′  i. _⊆⊇_
.  | |    三  | 三  | |   .|   僕の映画なんかが分かりやすいと思うんだけど、
  ! | \.___|__ノ / |   .|   こういった要素は、読者に物語の世界に入ってもらうのに、
  \ヽ   \___/ / ◯─-┘  非常に大きな役割を果たすんだ。
    ━━━━o━━ /
   |   /    ヽ |

472名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:07:39 ID:YZ9GrKHE

          ____
       /     − 、 −、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ     ただ、僕としては
     / /    `− ●- ′  |     もっと、知識面の補足がほしいな。
     | |    二二  | 二二. |
     | | |\ -─  | ─___)    圧縮コンテナはどういう仕組みで圧縮するんだい?
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_     おおざっぱな原理でいいから説明がほしいな。
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)
    \   ━━━━6━━  /
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |



          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ       たとえば、劇中劇の形式で説明するなら
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ      CMでもいいし、教育番組をながしてもいい。
     l /  .二    |    二  ヽ l     あるいは、使用している場面を描写してもいいね。
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l     いずれにせよ。
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ    SFに蘊蓄は欠かせないね。
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |

473名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:07:56 ID:YZ9GrKHE

┌──────────────────────┐
│・SFを良く分からない人でも楽しんで読めるか    .│
└──────────────────────┘

           _ ____
         ,,-´     _ _` ヽ、
       /      / /|\\ \
      /    ,,,−|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.     ごめんね。
     /   /    ヽ _ | _./   \ヽ
     |   /         ●        ||    ここまで、喋った僕が、
    |    |    /     |  ヽ    |    よく分からない人の気持ちを語っても、
    |   |   / /    |    \  |    説得力ないよね?
     |  |    /  /   |   \  /
    / \ |       /    |  \   /
   /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /
   |     ヽ━━━━━┯イ ´
.   |   i\  \   (T) ノ ノ
   |  |  _\  \ _ / /
    |  | \ \(  )/|



      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ      ただ、SFというより、
  /   / U ` −●- ′ ヽi.      スパロボやガンダムの知識がないと、
  |  /  二   |  二   |      ちょっとつらいかもね。
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |

474名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:08:13 ID:YZ9GrKHE

┌─────────────┐
│・キャラクターは魅力的か   ..│
└─────────────┘

       , ───  、
     /   / ⌒ ⌒ヽ\
    /    , ┤  ・|・  |-、ヽ   _Π_    クルーも筋肉運輸とても魅力的に描かれたいると思うよ。
.   /  /  `ー ●ー′  ヽ .i  i
   l  /    三   |  三  | |   |   その中でもヨーコや仮面筋のは特にいいね。
   | l  \       |    / l |   |   人に歴史あり。この言葉を実感させられるよ。
   ヽヽ  ヽ`ー─┴─´/  /. |   |
    ヽヽ  \ _____ / / (__ ). |
      >━━━━ ,-、━´  ̄  ノ ̄
     /   /   ヽフ ヽ |─ ´



          ____
         /−、 −、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ     でも、そういう視点で見ると、
     // `ー●ー ′ \   ヽ    まだまだ描ききれてないキャラクターもいるね?
     l  三  |   三     ヽ   l    これは尺の都合上しかたないから、おいおい見せて。
    (___|___    |   l
     ヽ l    __ `ヽ  !   /    ただ、やる夫に関しては早めにしたほうがいいかもしれない。
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
   ( __)ー━━O━━━━━く
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )

475名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:08:30 ID:YZ9GrKHE

           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ      やる夫の運び屋としてのプライド、
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ     仕事に対する情熱。
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |     これらが、どんな過去から育てられたかは、
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !     ぜひ見せてほしいんだ。
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ



        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \    やる夫の口から語らせてもいいし、
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ   劇中劇というか、エピソード形式にしてもいい。
   l    /  ──  |  ──  ヽ
   |  /    ──  |  ──  |   彼の情熱を「本で読んだ男らしさ」にしちゃ勿体ないからね。
   l  |    ──  |  ー─  l
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ

476名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:08:47 ID:YZ9GrKHE

┌──────────────────┐
│・ギャグ、シリアスがうまく書けているか    │
└──────────────────┘


        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ      ここは全く問題ないね。
    // `ー●ー ´   \   ヽ
   /^ 三 /  三     ヽ    l     特にキラとクルーゼの会話は、
   ヽ.__ /     __  l    |     思わず身を乗り出したよ。
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /     筋肉運輸の連中もコミカルでありつつ
     ヽ  ヽ、__/    /  /      けじめある存在だ。自信もってほしいな。
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



┌────────────────────────┐
│ ・ストーリー上の工夫、表現が足りているかどうか等    │
└────────────────────────┘


         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ    ちょっと、人物AA中心すぎるね。
.     i  /   `- ●- ′ |    そのせいで、何が起きているのかが、
      |  i   三 | 三  |    わかりにくくなってる。
.      | |.   __|___.)
      ヽヽ /      /
       ━━━━o━━
       /  /    \ |

477名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:09:06 ID:YZ9GrKHE

            __
            ( ((__)) )
         , ──┴── 、        特に残念だったのが斎藤と近藤のシーン。
.     /   / ⌒ヽ ⌒ヽ  \
     /   , ┤ /・|・\ ├ 、  ヽ     ここは報告や状況の変化にあわせて、
    /  /  ` ー ● ー ′ \ ヽ    背景を表示してほしかったな。
   / /  ──  |  ──   ヽ l
   l /  ──   |   ──   | l   作戦は艦橋じゃなくて現場でおこってるんだから。
   l l   ──   |   ──   l l



        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \     でも、全体のストーリーはすっごくいいよ。
   // `−● − ′  \   ヽ
   |  三  |   三    ヽ  ヽ    僕は、このお話が大好きだよ。
   | (____|____   |   |    この調子でいってほしいな。
   |  \.        /   |   |
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /

478名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:09:19 ID:YZ9GrKHE

┌───────────────────────┐
│・AAの使い方などアドバイス、その他気になった点    │
└───────────────────────┘


          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \     まず、セリフが横に長すぎる。
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ     ひとまず、AA含めた横幅が800ドット以内に収まるように
.   /    /       ̄ ●   ヽl    がんばってみて。
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ



            _ _ __
        ,.  ´ , - 、, -、 `丶、
      /  , -{  ollo }‐- 、 ヽ   あと、気になったのは……
     /  /   `ー/⌒V   ヽ. }
     ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨   >おかげで容量も増えに増え、テキストで1M……過去最長となりました。
     ! l  二二   |   ─   ′
    l |     ,.  -┴-、   /
.    l l      `ー─−'   /
     ヽ >──────く
     / ̄ ̄ ̄ラ⌒く ̄  ハ

479名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:09:39 ID:YZ9GrKHE

           _,,,,.........,,,,_
         ,,,;;;'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;γニヽ;;;;;;;, --、;;;;;;',
    ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,. '´ ̄ l;;◎ノ ̄ |;◎人;;;;;|     もし君がtxt形式で制作しているのだったら、
   ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;/     `¨´   ` ´   V     今後はmlt形式で制作することを強くお勧めするよ。
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;'             ,.ィ′
    !;;;;;;;;;;;;;;;;;|       _     ´ |      (´д`)Editの「ファイル」→「新規作成」で、
    !;;;;;;;;;;;;;;; |     /´_;;_;;`ヽ、   !     「MLT」を選んでみて。1レスずつに分けられるから、
    |;;;;;;;;;;;;;;;;l    `<<;;;トl;;「lー,-> .|      投下ミスが劇的に減るはずだよ。
   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;|     ヽ;;;`ー''´ ./   .′
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;'、       `ー-- '′   |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ            |
   |;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;ノ     ,. -―- 、   |
   |;;;;;;;;;;;/_ヽ.   /____ ',  /
   .!;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄Tー、! ヽ    / |. |
   L___,.....⊥__ソ`   ̄ ̄

480名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:09:51 ID:YZ9GrKHE

       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ   それじゃ、僕の評価はここまで。
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |  今後の展開にも期待しているよ。
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l   またね。
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
   VV  {   )  ̄      / /
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \

481名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:10:20 ID:YZ9GrKHE
以上です

482名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 11:19:21 ID:YZ9GrKHE
◇やる夫が0からはじめるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/749

◇【東京魔人】やる夫が黄龍の器になるようです【学園剣風帖】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/286

◇やる夫は混沌王を目指すようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/535

◇【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/36

◇"聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです"
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/317

◇【風雨来記】やる夫は北海道で出会いと別れをするそうです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/406

◇▽ 【Gセイバー】 やる夫が白い旋風になるようです 【PS2】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/462

残り未評価

483名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:11:26 ID:OSy5EJg2
12レス借ります

484名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:11:49 ID:OSy5EJg2

            ,、ィ''"""~7
       ,.-─,ィイ,,,,、、、,,_/
      ,r'Y-ー'-jレ、  ,,,_ ヽュ、
     _ノ⌒'ー-、 」jソ   `ゝ'j〉人ヽ_ _ _
   ,r'´,ォイj>ュ、 Yハ、  ,t三}、   ̄`7ー、7 ̄ 7ニニニニニニ=
   レ'⌒Y/   i i  >-ー'゙´ ゝイ_j_jー‐ 'ゝ----‐'゙       このテッドブロイラー様が評価依頼を
   |_ _」   |  ゝーr‐r‐r‐r‐r‐r‐ーュニニニァ=            丸焼きにしてくれるわガガガー
   |   |   >'"´ ̄ ̄`T´二二7_/二二つ
   |   |ヽ__,イミt、__,イフ´
   |_ _」>ニニ二三三二ニ<__
   |    レ´              `ヽ
   `ー‐'Y´二ニゞ、 __,,ィ、    /
        >ーニY;;;;;:.:.:.:.r'´^Y´^7′
        〔  `i::::::.:.:.:..! _」 _/
       L__つ;:;:;:;;/´   `ー-、
              'ー─ ──'゙

485名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:12:11 ID:OSy5EJg2

<最初はこれだガガガー

◇やる夫が0からはじめるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291042408/749

┏────────────────────────────────────────────────┓

 □評価方針                  おまかせ
 □評価スタイル                 おまかせ
 □AAの改変具体例                おまかせ

 □その他要望・見てほしいポイント等
 
  ・演出について、過不足がないか
 
  ・話の展開や雰囲気について突っ込んで頂いても構いません。
   自分ならこうするという意見をお願いします。

  ・独自の形式をとっているのですが、この部分について意見をお願いします。

  ・キャラがぶれている箇所があると自分でも自覚していますが、
   特に気につくキャラやシーンがあれば指摘をお願いします。

  ・その他評価人様の思ったこと、感じたことなどがあればお願いします。

┗────────────────────────────────────────────────┛

486名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:12:25 ID:OSy5EJg2

 ・演出について、過不足がないか


            ,、ィ''"""~7
       ,.-─,ィイ,,,,、、、,,_/
      ,r'Y-ー'-jレ、  ,,,_ ヽュ、
     _ノ⌒'ー-、 」jソ   `ゝ'j〉人ヽ_ _ _
   ,r'´,ォイj>ュ、 Yハ、  ,t三}、   ̄`7ー、7 ̄ 7ニニニニニニ=
   レ'⌒Y/   i i  >-ー'゙´ ゝイ_j_jー‐ 'ゝ----‐'゙        問題ない。ドアの開け閉めにまで
   |_ _」   |  ゝーr‐r‐r‐r‐r‐r‐ーュニニニァ=             効果音にエフェクトまでついている。
   |   |   >'"´ ̄ ̄`T´二二7_/二二つ             演出としちゃ上等ガガガー
   |   |ヽ__,イミt、__,イフ´
   |_ _」>ニニ二三三二ニ<__
   |    レ´              `ヽ
   `ー‐'Y´二ニゞ、 __,,ィ、    /
        >ーニY;;;;;:.:.:.:.r'´^Y´^7′
        〔  `i::::::.:.:.:..! _」 _/
       L__つ;:;:;:;;/´   `ー-、
              'ー─ ──'゙

487名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:12:38 ID:OSy5EJg2

  ・話の展開や雰囲気について突っ込んで頂いても構いません。
   自分ならこうするという意見をお願いします。


ト、、...,,,,, ..、、、、、,,,  ,,、、、、、、,,,
`ヾ .:. :. :. :.: .:.:.:.:.:.:.:;:;:;:.:.:;:;:;:;.;:;:;ヾミミミヽ,,,,   i,
  `ヾ.:.:.:.:.::.:`` ー== … ‐- 、、;;;;;ゞミミミヽヽ、 i;',
    `ヾ .:. :.::;:;::;:;:;:;;ヾミミミ三ニニニニミミミヾミヾi;;;',
      ``フ.:.:.::::::``ヽい,r''"´    ̄ ̄``ヾミミミヽ
     〃´ ̄``ヾシシシ′  ノヽ  .;.;.;;;;;;;;;;`,';';''i;N
      l;!     ノ''′    ⌒  .;.;.;.;;;;;;;;;;;;',,i,l,i,i       一回一回が長すぎる!
      リ.    (  r'r'  ,,、、ィ    .;.;.;.;;;;;;;;;;j!,i,l,!
           `Y{;;{,,ィイ@__フ^ヽ .:;;;rr-、.;.;.;;;;;j!シシ       もっと、コンパクトに纏めてテンポをあげてほしいガガガー
             _ノ .:'゙ヾ´ ̄`  .j!.:;;;い ,!;;;;;;;;,シ′
         ( _,,,入_ ',    ,.ィ.:';;;;;ソ /,;;;;;/
          `フ.:.:.:::ヽ,,_  .:;.;.;.;.;、_ノ;:;:;イ
           ヾWWMMハヽ    メソ.:ィイ′
           (.::::::::::::::ソ´  メソ.:ノ⌒゙゙'''ー- 、_
            ,r'"´ ̄~   __ノシ'爪      /,r'.::.>、、、,,,_
           ゝ.:;:;:;:;;:;:;:;,.-‐''´ノ i^ヽ   .,.イ /.:.:.::::::::::::.:.`;;;;;
               `ヽ个.:.:.:.:.,' .i  .;;>≠ノ ノ.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:;;;;;
            _,,,ノ.::::j!.:.:.:.:.,'  .iγ"⌒フ .:∧.:.:::::::::.:.:.:..:;;;;;;;;
          ,.イ.:.:.:.:.::::::j!.:.:.:.,′ ..ノ   / .:/  `ー- …-、;;;;;;;;;
         ,.イ.:.:.:.:.:.:.::::::j!.:.:.:,'_,.ィく   / .:/.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;`ヽ
       ,γ.:.:.:.:.:.:.::::::::::j!.:.:.,′  ``Y´ .:/.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

488名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:13:02 ID:OSy5EJg2

  ・独自の形式をとっているのですが、この部分について意見をお願いします。


__________ _,.,.、_________________
| o               ,ィ'i:;';゙/7 o                 o |
|   ┌―──―,r,エエ>'p++Y_──────────┐  |
|   |       H r〔lダ ャ{┴<エエぇェ、___        |  |
|   |      r<lエエlX\゚(穀、 /`>'´ /__厂,_ラ    安価スレってのは、読者参加が肝だけど、
|   |     /-ヘ./ 日  ̄_ヽ,)_,-'"二二, ̄        あんたのスレは、長い上にルールの把握もしなきゃいけない。
|   |     |'='|  V.エエ.>┴'‐ウ 厂,三ヲ        はっきりいって、途中から追うのは面倒くさすぎるガガガー
|   |     |  | /`ー―'ーr‐ ''"⌒` ̄´           |  |
|   |     |,_,| }ョョョ尚'__                 |  |
|   |     |, ̄,|ト .._    `ヽ               |  |
|.o  |       ̄´{;;;;:::'ー-ィ  ノ               | .o|
|   |        rrゝーr‐イヽ,ノ}                  |  |
|   |        l,| ヾく  {__/_ノ               |  |
|   |        | ~)⌒'|   `ー、                 |  |
|   |        ̄  └‐'ー―┘            |  |
|     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |
|              テッドブロイラー             |
|             賞 金  60000                |
|     _  _  __  _  _ ___ __ __     |
|     | |∧| | |,rュ | | \| |└┐┌┘| l二 | ┌‐、ヽ     |
|      | ∧ |. | r‐┐ | | |\ |  ||  | l二 | L..ノ ノ    |
|.o     ̄  ̄  ̄    ̄  ̄   ̄ .o  ̄    ̄ ̄  ̄ ̄´   o|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

489名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:13:20 ID:OSy5EJg2

  ・キャラがぶれている箇所があると自分でも自覚していますが、
   特に気につくキャラやシーンがあれば指摘をお願いします。

            ,、ィ''"""~7
       ,.-─,ィイ,,,,、、、,,_/
      ,r'Y-ー'-jレ、  ,,,_ ヽュ、
     _ノ⌒'ー-、 」jソ   `ゝ'j〉人ヽ_ _ _             水銀燈がよくわからんガガガー
   ,r'´,ォイj>ュ、 Yハ、  ,t三}、   ̄`7ー、7 ̄ 7ニニニニニニ=
   レ'⌒Y/   i i  >-ー'゙´ ゝイ_j_jー‐ 'ゝ----‐'゙     誇りを持たせたいのか暴走させたいのか
   |_ _」   |  ゝーr‐r‐r‐r‐r‐r‐ーュニニニァ=         一体、どういうキャラにしたいのかわからんガガガー
   |   |   >'"´ ̄ ̄`T´二二7_/二二つ
   |   |ヽ__,イミt、__,イフ´
   |_ _」>ニニ二三三二ニ<__
   |    レ´              `ヽ
   `ー‐'Y´二ニゞ、 __,,ィ、    /
        >ーニY;;;;;:.:.:.:.r'´^Y´^7′
        〔  `i::::::.:.:.:..! _」 _/
       L__つ;:;:;:;;/´   `ー-、
              'ー─ ──'゙

490名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:13:42 ID:OSy5EJg2

<次はこれだガガガー

◇【東京魔人】やる夫が黄龍の器になるようです【学園剣風帖】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/286


□評価方針 お任せします

□評価スタイル お任せします

□AAの改変具体例  正直、AAの改変はほとんどしていませんので不要で願います

□その他要望・見てほしいポイント等
1・話の理解は出来たか?原作を知らなくても大丈夫か?
2・話として面白かったか?
3・キャラクター達に魅力はあったか?
4・文章が読みにくい部分もあったと思うので、どう修正したら良いか

以上でお願いします

491名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:14:02 ID:OSy5EJg2

・話の理解は出来たか?原作を知らなくても大丈夫か?


ト、、...,,,,, ..、、、、、,,,  ,,、、、、、、,,,
`ヾ .:. :. :. :.: .:.:.:.:.:.:.:;:;:;:.:.:;:;:;:;.;:;:;ヾミミミヽ,,,,   i,
  `ヾ.:.:.:.:.::.:`` ー== … ‐- 、、;;;;;ゞミミミヽヽ、 i;',
    `ヾ .:. :.::;:;::;:;:;:;;ヾミミミ三ニニニニミミミヾミヾi;;;',
      ``フ.:.:.::::::``ヽい,r''"´    ̄ ̄``ヾミミミヽ
     〃´ ̄``ヾシシシ′  ノヽ  .;.;.;;;;;;;;;;`,';';''i;N        わけわからんガガガー
      l;!     ノ''′    ⌒  .;.;.;.;;;;;;;;;;;;',,i,l,i,i
      リ.    (  r'r'  ,,、、ィ    .;.;.;.;;;;;;;;;;j!,i,l,!        宿星ってなんだ?なんで力を持ってるんだ?
           `Y{;;{,,ィイ@__フ^ヽ .:;;;rr-、.;.;.;;;;;j!シシ        なんで高校生が事件を解決しようとするんだ?
             _ノ .:'゙ヾ´ ̄`  .j!.:;;;い ,!;;;;;;;;,シ′        こんな疑問がわきまくったままスレが進んでいったガガガー
         ( _,,,入_ ',    ,.ィ.:';;;;;ソ /,;;;;;/
          `フ.:.:.:::ヽ,,_  .:;.;.;.;.;、_ノ;:;:;イ
           ヾWWMMハヽ    メソ.:ィイ′
           (.::::::::::::::ソ´  メソ.:ノ⌒゙゙'''ー- 、_
            ,r'"´ ̄~   __ノシ'爪      /,r'.::.>、、、,,,_
           ゝ.:;:;:;:;;:;:;:;,.-‐''´ノ i^ヽ   .,.イ /.:.:.::::::::::::.:.`;;;;;
               `ヽ个.:.:.:.:.,' .i  .;;>≠ノ ノ.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:;;;;;
            _,,,ノ.::::j!.:.:.:.:.,'  .iγ"⌒フ .:∧.:.:::::::::.:.:.:..:;;;;;;;;
          ,.イ.:.:.:.:.::::::j!.:.:.:.,′ ..ノ   / .:/  `ー- …-、;;;;;;;;;
         ,.イ.:.:.:.:.:.:.::::::j!.:.:.:,'_,.ィく   / .:/.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;`ヽ
       ,γ.:.:.:.:.:.:.::::::::::j!.:.:.,′  ``Y´ .:/.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

492名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:14:16 ID:OSy5EJg2

・話として面白かったか?


__________ _,.,.、_________________
| o               ,ィ'i:;';゙/7 o                 o |
|   ┌―──―,r,エエ>'p++Y_──────────┐  |
|   |       H r〔lダ ャ{┴<エエぇェ、___        |  |
|   |      r<lエエlX\゚(穀、 /`>'´ /__厂,_ラ   疑問を一切無視すれば
|   |     /-ヘ./ 日  ̄_ヽ,)_,-'"二二, ̄     テンポはいいし、話の筋も王道
|   |     |'='|  V.エエ.>┴'‐ウ 厂,三ヲ       面白いことは面白かったガガガー
|   |     |  | /`ー―'ーr‐ ''"⌒` ̄´           |  |
|   |     |,_,| }ョョョ尚'__                 |  |
|   |     |, ̄,|ト .._    `ヽ               |  |
|.o  |       ̄´{;;;;:::'ー-ィ  ノ               | .o|
|   |        rrゝーr‐イヽ,ノ}                  |  |
|   |        l,| ヾく  {__/_ノ               |  |
|   |        | ~)⌒'|   `ー、                 |  |
|   |        ̄  └‐'ー―┘            |  |
|     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |
|              テッドブロイラー             |
|             賞 金  60000                |
|     _  _  __  _  _ ___ __ __     |
|     | |∧| | |,rュ | | \| |└┐┌┘| l二 | ┌‐、ヽ     |
|      | ∧ |. | r‐┐ | | |\ |  ||  | l二 | L..ノ ノ    |
|.o     ̄  ̄  ̄    ̄  ̄   ̄ .o  ̄    ̄ ̄  ̄ ̄´   o|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

493名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:14:41 ID:OSy5EJg2

3・キャラクター達に魅力はあったか?

            ,、ィ''"""~7
       ,.-─,ィイ,,,,、、、,,_/
      ,r'Y-ー'-jレ、  ,,,_ ヽュ、
     _ノ⌒'ー-、 」jソ   `ゝ'j〉人ヽ_ _ _
   ,r'´,ォイj>ュ、 Yハ、  ,t三}、   ̄`7ー、7 ̄ 7ニニニニニニ=
   レ'⌒Y/   i i  >-ー'゙´ ゝイ_j_jー‐ 'ゝ----‐'゙     熱い連中ばかりだったけど
   |_ _」   |  ゝーr‐r‐r‐r‐r‐r‐ーュニニニァ=         その責任感がどっからくるのか
   |   |   >'"´ ̄ ̄`T´二二7_/二二つ          全然わからん
   |   |ヽ__,イミt、__,イフ´                    これじゃ魅力半減ガガガー
   |_ _」>ニニ二三三二ニ<__                  
   |    レ´              `ヽ
   `ー‐'Y´二ニゞ、 __,,ィ、    /
        >ーニY;;;;;:.:.:.:.r'´^Y´^7′
        〔  `i::::::.:.:.:..! _」 _/
       L__つ;:;:;:;;/´   `ー-、
              'ー─ ──'゙

494名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:15:00 ID:OSy5EJg2

4・文章が読みにくい部分もあったと思うので、どう修正したら良いか


ト、、...,,,,, ..、、、、、,,,  ,,、、、、、、,,,
`ヾ .:. :. :. :.: .:.:.:.:.:.:.:;:;:;:.:.:;:;:;:;.;:;:;ヾミミミヽ,,,,   i,
  `ヾ.:.:.:.:.::.:`` ー== … ‐- 、、;;;;;ゞミミミヽヽ、 i;',
    `ヾ .:. :.::;:;::;:;:;:;;ヾミミミ三ニニニニミミミヾミヾi;;;',
      ``フ.:.:.::::::``ヽい,r''"´    ̄ ̄``ヾミミミヽ     文章自体は読みにくくないが
     〃´ ̄``ヾシシシ′  ノヽ  .;.;.;;;;;;;;;;`,';';''i;N     必要な話がボッコリぬけてるようなストーリーじゃ
      l;!     ノ''′    ⌒  .;.;.;.;;;;;;;;;;;;',,i,l,i,i     駄目だガガガー
      リ.    (  r'r'  ,,、、ィ    .;.;.;.;;;;;;;;;;j!,i,l,!
           `Y{;;{,,ィイ@__フ^ヽ .:;;;rr-、.;.;.;;;;;j!シシ     原作特有の設定を使用するときは
             _ノ .:'゙ヾ´ ̄`  .j!.:;;;い ,!;;;;;;;;,シ′     なぜそうなるのかってのを伝えようと努力するガガガー
         ( _,,,入_ ',    ,.ィ.:';;;;;ソ /,;;;;;/
          `フ.:.:.:::ヽ,,_  .:;.;.;.;.;、_ノ;:;:;イ
           ヾWWMMハヽ    メソ.:ィイ′
           (.::::::::::::::ソ´  メソ.:ノ⌒゙゙'''ー- 、_
            ,r'"´ ̄~   __ノシ'爪      /,r'.::.>、、、,,,_
           ゝ.:;:;:;:;;:;:;:;,.-‐''´ノ i^ヽ   .,.イ /.:.:.::::::::::::.:.`;;;;;
               `ヽ个.:.:.:.:.,' .i  .;;>≠ノ ノ.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:;;;;;
            _,,,ノ.::::j!.:.:.:.:.,'  .iγ"⌒フ .:∧.:.:::::::::.:.:.:..:;;;;;;;;
          ,.イ.:.:.:.:.::::::j!.:.:.:.,′ ..ノ   / .:/  `ー- …-、;;;;;;;;;
         ,.イ.:.:.:.:.:.:.::::::j!.:.:.:,'_,.ィく   / .:/.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;`ヽ
       ,γ.:.:.:.:.:.:.::::::::::j!.:.:.,′  ``Y´ .:/.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

495名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:15:22 ID:OSy5EJg2

                                                                    .:从,)ノ':.:,
                                                                . . .:,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,
                                                         ,     人,,ノ;ヾ'     . .:', .:.
                                                          ,,ノ;ノヾ从.         ;' ('
            ,、ィ''"""~7                                    ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,.            ,;ノ'
       ,.-─,ィイ,,,,、、、,,_/     以上、テッドファイヤー!がががっ!     ,,.,,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,.:..               (;,
      ,r'Y-ー'-jレ、  ,,,_ ヽュ、                        ,,.,.,...:.:;:;';':'゙':..::..:...                     :.;'ノ'゙
     _ノ⌒'ー-、 」jソ   `ゝ'j〉人ヽ_ _ _              ,,、.:.:;:;';':'゙'゙'"~                            ゙;,'(;:,.
   ,r'´,ォイj>ュ、 Yハ、  ,t三}、   ̄`7ー、7 ̄ 7ニニニニニニ= <.:. "゙'゙`                                    ';,' ノ
   レ'⌒Y/   i i  >-ー'゙´ ゝイ_j_jー‐ 'ゝ----‐'゙   `'';;;:.:,...,,、                               .',´)'
   |_ _」   |  ゝーr‐r‐r‐r‐r‐r‐ーュニニニァ=          ~`'"';':':,;.,,                               ,(;'."
   |   |   >'"´ ̄ ̄`T´二二7_/二二つ                ~`'"';':':,;.,,                        ;,:ノ'
   |   |ヽ__,イミt、__,イフ´                               ヾ;. '',、,",                ,(:'"
   |_ _」>ニニ二三三二ニ<__                                  '",;;'人,,ノ;ノヾ;,.,,  .:从,)ノ'.:从,)ノ':.:,
   |    レ´              `ヽ                                   '" 从ノ,;;'ノ,,.:,, ,.ノ,、 ,,;ノヾ″
   `ー‐'Y´二ニゞ、 __,,ィ、    /
        >ーニY;;;;;:.:.:.:.r'´^Y´^7′
        〔  `i::::::.:.:.:..! _」 _/
       L__つ;:;:;:;;/´   `ー-、
              'ー─ ──'゙

496名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:29:30 ID:IMN49WJI
怒涛の評価w
イデオンさんドラさんデッドブロイラーさん評価乙でした!

497名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:29:49 ID:OgFo1RHs
これ評価っていうより感想じゃね…?

498名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:34:05 ID:DM.CrBU6
正直、これはちょっと・・・

499名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 17:36:26 ID:74IacS5I
評価乙
なにか言いたいことがある奴はこちらでな

派生議論総合スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278932656/

500名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 19:14:40 ID:FAN9J9h.
別にこういう感想でもいいんじゃないかと思うけどね
他人の意見はやっぱ貴重だし
ブロイラーさん乙でした

501名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:12:41 ID:uxn9OopU
27レスほどお借りします

502名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:13:03 ID:uxn9OopU

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !   なるほど……。
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '   そういうことでしたか……。
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l



                                            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                 ん?         'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

503名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:13:28 ID:uxn9OopU

                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::     失礼しました。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::     ついつい読みふけってしまいましたよ。
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::     皆様こんにちは。
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::     初めて評価させていただきます。
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ    名前はそうですね……、
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi   「L」とでも呼んでください。
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、    私が評価しますのは、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\   「
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   ◇【風雨来記】やる夫は北海道で出会いと別れをするそうです
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、     依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/406
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_                                                   」
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ   こちらになります。
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l   現実を舞台にしたお話ですが、
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i   幻想的な雰囲気の漂う人物達が繰り広げる
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |   旅物語といったところなのでしようか。
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i

504名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:13:42 ID:uxn9OopU

                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/   では作者様が望まれた評価ポイントを
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    順に追っていく形で進めていきましょうか。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ       まずはこちらですね。
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、


       ┌─────────────────────────────────────┐
       │・原作が知らなくても大丈夫か(原作を知ってる方なら原作を知ってても楽しめたか)  ......│
       └─────────────────────────────────────┘


       /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
        /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
     //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi 
     /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦    私は原作を知らないまま読み進めましたが、
     iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i    全く問題ありませんでしたよ?
    リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',    充分に楽しませていただきました。
    ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
      リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、  作者様の持ち味なのか原作の雰囲気なのかは判断しかねますが、
       !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`   独特の心地よさを感じられる空気がありますね。
         i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、    私はこういうの大好物です。
           リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
           `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
               ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                 ヽ'  /     i         ',

505名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:13:56 ID:uxn9OopU

                                              ,イ∠.-7_
                                               i::::::::::::::::::::ミー
     原作はアドベンチャーゲームとのことですが、               r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
     私は途中まで小説が元になっているものだと            n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     勘違いをしていました。                       r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
     慌てて調べてしまいましたよ。                   .     {__. i レ/ 丶        ヽ
                                           ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
     それくらい「知らなければ理解できない描写がある」         〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
     といったものを感じさせない作品でした。                 ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
     ゲーム性を一切表に出さず、                          λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
     「読み物」として表現することを意識されたのだと思います。    | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                            ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                              \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                              '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                                                \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                                                  〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |



    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::  読まれている読者様は
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  やはり原作をご存知な方々が多いようでしたが、
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   原作を知らないことが枷となるような
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   そんな作りではないと思います。
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   私もすんなりと入り込むことができました。
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`   素晴らしいですね。
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i   参考にさせてください。
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

506名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:14:24 ID:uxn9OopU

                             ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                              |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                              /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                  ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                    |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
             次はこちらですか……。       ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                       |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                      リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                 __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                             ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                        ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                            l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                          | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、


                       ┌────────────────┐
                       │・1シーン1シーン短くなかったか    .│
                       └────────────────┘


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、     特に短いとは感じませんでしたよ。
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、    恐らくは原作のイベントを組み合わせて
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ  それを1シーンとしてえがいているのだと思いますが、
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ. さっくりと読めたにもかかわらず
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i 物足りなさを感じるようなことはありませんでした。
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i ただ、少し思うところがありましたので
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i それについてお話させてください。
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

507名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:14:36 ID:uxn9OopU

                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、   評価ポイントの内容とはずれてしまうのですが、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\   関連はあると思います。
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、    物語の中で何度も
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_   少し冗長な表現が見受けられるのです。
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i  顕著な例としてはこちらになりますね。
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       ____
     /⌒  ⌒\     ふう
   /( ―)  (―)\    いい湯だお、おまけに眺めが最高だお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    なにより、女湯と岩一枚ってのがいいお
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

508名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:14:52 ID:uxn9OopU

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\      ・・・
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\      ・・・
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\      ・・・
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`        同じ表情が4つも並び、
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー       さらに無言が3つ並んでいますよね。
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、     投下中のメタ発言の中に
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ    「原作でも・・・が多いとはいえ」
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',   とあるので元々がそのような表現なのでしょう。
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |   最初のほうに見られた
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {   全く同じ大きなAAで3レスにまたがってというものも
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }   1度や2度でしたら描写としてありだと思いますが、
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}   1シーンに3度はさすがに飽きるような気がします。
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i  ここからですね。
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!  30レス内に3回もそんな箇所があります。
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ !
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // |
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ー'^'''^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1286797721.html/124

509名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:15:52 ID:uxn9OopU

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、  それに対するやる夫のツッコミがあるように
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   ネタとして用いられたのは判りますが、
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ   合間に無言のやる夫を挟んだり、2レスに抑えたり、
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、   せめてその3レスを挟んでいる
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ   台詞のあるAAは変えてみるなどしたほうが
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\   冗長さは減らせたかもしれませんね。
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ



ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.  例えばこのシーンを3連無言はそのままに
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i   やる夫を加えてみます
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1286797721.html/
132〜136レス目

510名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:16:05 ID:uxn9OopU

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\     そんなことよりおぜうさん
     |   u.   `Y⌒y'´    |     今晩やる夫とどうかお?
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



  ゝ-‐―──────-、―- 、 /
. _, -' ̄               ̄`―Y、
(                        ヽ、
.ヽ    , -‐―" ̄ ̄ ̄`―--、__      )
  ` y‐"´     、         ``‐、  /
  //,  i   ノ, lヽヽ、    、   l  、 l,,/
  i'//l  | /λヽヽ、ヽ _,-‐ヽ''"!  i |
  l| l 'i ‐-/イノ‐ト ヽ、ヽヽ ._,=-t'フ   | |
  l,| | |l ノニ-y--、ヽ `ヽ /'i,,,;;;,l/ ノ  l l
   ',l lヽ、ヽ` i..:::l  ヽ    ̄ // , //    ・・・・・・
   ヽl', `ヽ_ト ̄   、     ノl /,-/ヽ
    ノ l li lヽ、   -   ,,,,,/-‐''''""''―-、
    /  ,ヽ',   ` ‐,- -‐''"~~~
,,,,,-―''"'')`iヽ}、-‐'"ヽ、  _, -‐'"~ ̄'/ヽ
     ) )/'´ ,--、 >' lヽヽ、    ) ノ
>'´ ̄"''"(~/ _  ̄`Y l | > ヽ   (`/
     ) l     ̄`y'  | `´/  iノ

511名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:16:16 ID:uxn9OopU

         ___
       / ⌒ u ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    / u. ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´   u |   ・・・・・・
      \    u  ゙ー ′ u ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



  ゝ-‐―──────-、―- 、 /
. _, -' ̄               ̄`―Y、
(                        ヽ、
.ヽ    , -‐―" ̄ ̄ ̄`―--、__      )
  ` y‐"´     、         ``‐、  /
  //,  i   ノ, lヽヽ、    、   l  、 l,,/
  i'//l  | /λヽヽ、ヽ _,-‐ヽ''"!  i |
  l| l 'i ‐-/イノ‐ト ヽ、ヽヽ ._,=-t'フ   | |
  l,| | |l ノニ-y--、ヽ `ヽ /'i,,,;;;,l/ ノ  l l
   ',l lヽ、ヽ` i..:::l  ヽ    ̄ // , //
   ヽl', `ヽ_ト ̄   、     ノl /,-/ヽ    ・・・・・・・・・・・
    ノ l li lヽ、   -   ,,,,,/-‐''''""''―-、
    /  ,ヽ',   ` ‐,- -‐''"~~~
,,,,,-―''"'')`iヽ}、-‐'"ヽ、  _, -‐'"~ ̄'/ヽ
     ) )/'´ ,--、 >' lヽヽ、    ) ノ
>'´ ̄"''"(~/ _  ̄`Y l | > ヽ   (`/
     ) l     ̄`y'  | `´/  iノ

512名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:16:26 ID:uxn9OopU

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   ・・・・・・
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



  ゝ-‐―──────-、―- 、 /
. _, -' ̄               ̄`―Y、
(                        ヽ、
.ヽ    , -‐―" ̄ ̄ ̄`―--、__      )
  ` y‐"´     、         ``‐、  /
  //,  i   ノ, lヽヽ、    、   l  、 l,,/
  i'//l  | /λヽヽ、ヽ _,-‐ヽ''"!  i |
  l| l 'i ‐-/イノ‐ト ヽ、ヽヽ ._,=-t'フ   | |
  l,| | |l ノニ-y--、ヽ `ヽ /'i,,,;;;,l/ ノ  l l
   ',l lヽ、ヽ` i..:::l  ヽ    ̄ // , //
   ヽl', `ヽ_ト ̄   、     ノl /,-/ヽ    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ノ l li lヽ、   -   ,,,,,/-‐''''""''―-、
    /  ,ヽ',   ` ‐,- -‐''"~~~
,,,,,-―''"'')`iヽ}、-‐'"ヽ、  _, -‐'"~ ̄'/ヽ
     ) )/'´ ,--、 >' lヽヽ、    ) ノ
>'´ ̄"''"(~/ _  ̄`Y l | > ヽ   (`/
     ) l     ̄`y'  | `´/  iノ

513名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:16:37 ID:uxn9OopU

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |  また3連続で黙らないで欲しいお
/  u  ∩ノ ⊃―)/   >>1がワンパターンヤローだと思われるお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ    ・・・・・・
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_    プッ
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

514名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:16:57 ID:uxn9OopU

                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   ……どうでしょうか。
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、     少しは飽きが減らせているような感じがしませんか?
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ   同じAAが続くと確かに
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i   「ずっと黙っている」というような描写はできますが
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ  同時に冗長さを招いてしまいます。
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i  何か少しだけでも合間に挟んでみるなりして
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |  他の部分に変化を加えてみてもいいかもしれませんね
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj  といったわけで、
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/   1シーンは短すぎるとも長すぎるとも感じませんでしたが、
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    こういった部分がたまに出てくることによって
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       少し中だるみしてしまうような感じがしました。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '           あくまで私が拝読させていただいた感想ですけどね。
       /   ヽ、     _ イ               無言シーンも御作のよい雰囲気を形作っていると思いますし
      /      ヽ、  Y                 それを壊してしまわない程度に参考になればと……。
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ

515名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:17:11 ID:uxn9OopU

                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::    次はこれですね。
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ   私がもっとも気になった部分でもあります。
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ


                     ┌────────────────┐
                     │・会話の流れは変ではなかったか    │
                     └────────────────┘


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、  予め言っておきますが、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   変だと思うようなところはありませんでしたよ?
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、   唐突に途切れるような感じも
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ   突拍子も無い方向へ変化したような感じも
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\  私には特に感じられませんでした。
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

516名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:17:27 ID:uxn9OopU

                                          /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                         │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                         /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                        /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                                       │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                        |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
     しかし、何と言いますか……。                丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
     もう少しだけ緩急が欲しいような気がします。              /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
                                          ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
     淡々と会話がなされている感じがしました。         ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                            ||:::::ゝ                ∧|/
     登場人物の性格もあるのでしょうね。                    │入...___             /
     主人公であるやる夫も                              丶  \─ゝ          /   /
     そんなにはっちゃけた人物ではなく常識人のようですし。.          |   |,           /| //
                                              /  |        ....////
     下手に弄ると折角の雰囲気が壊れてしまうのかもしれません。  /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                           /       \<\:::::::/ /      ノ
                                         /   , ----= 、 \// /      //
                                        / >           /  /      /



       /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
        /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
     //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
     /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
     iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
    リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',    難しいですよね。
    ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ   怒りっぽいとかよく笑うとか
      リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、   そういう役付けがあればそれを武器にしてしまえるのですが……。
       !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
         i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、     キャラの性格を壊してまで、とは思えませんし
           リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
           `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
               ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                 ヽ'  /     i         ',

517名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:17:45 ID:uxn9OopU

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!   よい例を提示できなくてすみません。
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !    やり易いもので例を示すのであれば、
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '    台詞の量で変化をつけるのもよいかもしれませんね。
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i



              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    沈黙や静かなシーンは台詞を少なめにしてみる。
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\   極端な話、一言のみの会話が2・3レス続いてもよいかもしれません。
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/      逆に怒号が飛び交うようなシーンには
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /       誰かに一気にまくし立てるように喋らせるような感じですね。
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l
  !       `'ヽ   ヽ、  i    |  !   l  \ ` /
  ヽi    \   ヽ ''-、,` { / !  !   i ヽ`'、`゙/
   ヽ l    \   ヽ  `'‐ l      ! l, i  !  }
    l, i     \  ヽ,   l.,..-'''"   l  i  〉 !
     l, i   l し\ ヽ,  !`''ー、、  l  / ノ ノ
     ヽ i  i      l- /       l / __/
      ヽ, ´      l |       li゙‐'゙″
        `''ッ '"゙゛ ゙'-__ ! !  __,,,,,,,__/
          ,ノ¬- ,,_、/  ! ̄_..―ー'i.,|
          l/i'゙,i'  /´   l゙´   、.!
        ゙'`-‐ ´      l ! | .l.//
                 `''"'゙'''"

518名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:18:08 ID:uxn9OopU

                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|  特に目立つ要素の無い何気ない会話。
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj  重要ではないだけに読者も目が滑りがちです。
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     しかし、こうした中盤にしっかりと引き付けられるかどうかで
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       感情移入もしやすくなるのではないかと思います。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '            特に御作は会話が中心の物語のようですからね。
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、    その点に関して言えば、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\    終盤はとても盛り上がりを感じられました。
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ    緩急もしっかりとついていましたし、
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、     引き込まれるものがありましたよ。
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ   他にもおやっさんとの電話は
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i   心地よいテンポでした。
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l  これを是非序盤から中盤にかけても
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i  意識されてみてはいかがでしょうか。
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k

519名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:18:35 ID:uxn9OopU

                                              ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                             i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                           i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                              !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                                 .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                              i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                             !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
                                                 /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                              '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                                 `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                             続いてはこれですね        'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                   ヽ、、      /::::    : //
                                                       i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                      ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/


                      ┌─────────────┐
                      │・キャラに魅力は感じるか    │
                      └─────────────┘


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::  はい、魅力的ですよ。
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   特に第1部のメインキャラだと思われる双子については
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、  しっかりと性格がつかめ取れました。
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`  泉さんなども作者様の愛を感じましたね。
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

520名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:18:47 ID:uxn9OopU

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     ただそうですね……。
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.     他のキャラクター達はいわゆる
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-  「よくいる恋愛アドベンチャーのキャラクター」
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ  を脱しきれていないような気がします。
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、  ですがまだ第1部ということですし、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、 これからそのキャラクター達にも
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ  スポットがあたるのですよね?
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、  それであればこれから描写すればよいわけですし、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ  別に今のうちから気にするようなことではないかもしれません
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

521名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:19:01 ID:uxn9OopU

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.  最後の具体的な評価ポイントですね。
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i  こちらのようです。
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i


                ┌────────────────────────┐
                │・双子の伏線は解りやすかったか、解り難かったか     .│
                └────────────────────────┘


              __             
         /l.   i´ `i           , 
        < > .|   |       r,シ,..:':レ'l
         V   |   .|         /::::':::::::::::::',
               |   .l      i::::ニ_:::::::、:::',
               |    !     ,r':::、::_:ミ:::ヽ、::ヽ、
           、、 i   |     /:::i:::::::::\:::::::::ヽ::::`-
       ___ i´  `1   .l    ,リ:::!::::l゙_、::::::、::::::::::ヾ::::::::ヾ
.       /  `'l:   iー− |_  __!_l:::::',l゙i oヽ\ i`o、::::::::::::ヾ '  「あ、これは何かあるな!」
   / ̄、i   i.',   ',__... l  `'´、 ノ::::::i `'''´   `''''"゙i::::::ハ-、  という描写はあちこちにありましたね。
   /   i   ゙';    i   !、   ヽ !ハ::、  ´ `   ,从::l ゙  l
   〉、  ヽ、   ヽ.   i   ヽ`ー‐-=--―=._‐=‐ ,ィ'1!リヾ   l  綺麗に最後に繋がっていますし、
   ゙ーヽ、_:ii.r''''ソiニフ             `iェ‐ニ'ノ  〃 |i  違和感を感じるようなこともありませんでした。
     i   ``'''": '´       _,.-ッー-――‐'ー''"   jt.   l
      i     _、__  ,.-‐'´r-'i '         , ' / i   l  勿論「唐突すぎるんじゃないか?」ということもなく
     ``ー-''''´ヽ、_ニ‐'''´~   i    _    , ' /  ア-‐ .l  楽しませていただきましたよ。
                    く_,.-‐'´      / / ̄ , !
                    / ``   '    l! /  /

522名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:19:30 ID:uxn9OopU

                                              i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                            i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                               !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                                  .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                              !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
           あえて難をつけるならば                       /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
           「これは絶対に伏線だろう」                        '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
            という判りやすい見せかたであるということですが……。     `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                  .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
           傷跡なんかは特に強調されていますから                  ヽ、、      /::::    : //
           読んだ方々は何かしら気付かれていたとは思います。           i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                       ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/


          ,/  ,,、-‐=''
           /:i,、ィ'´::::∠、,,,,,,___
        ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ニ=-       ですが別にジャンルもミステリーというわけではありませんし、
       ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、        例え伏線だろうと気付いていても
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'=、      最後の種明かしを直接推理できるものではありません。
    , 、 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`
     l .| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      「なるほど……」
 , --‐' i, '!i'!:::::::::::::::,=-‐'""゛゛゛゛ ̄ ̄`'''‐、    と思ってもらうには充分だったかと思います。
 7     i, !ヽ::::::/´                 \
 `i    l,  リ/   ヽ              '、 個人的には素晴らしいと思いましたよ。
  ゙ー-、  i,   !     ',                'i,
     '!  'i,  l      ', ,  ノ          '、
     !、-‐''"i,|     / / /            L.___
    ,/   ゙l′   l゙ノ ´                //
    `ヽ    i    l゙、,                //
      l   ,|     l'ヽ`ー              //
      iヽ  ( l,   ,| '!、 ,          //
       | l, ヾ'、ヽ  i  `!、l          //
      l\i,      /   ト、!          //
       ゝ、\、 _,ノ    | lヽ       //
          ヽ`'-二、     ! l \     //
        \  `"ヽ      !,,_ 丶    //
          \____\____i_____//
         '´―、――‐、:::::::::::::::,――‐ヽ i

523名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:19:45 ID:uxn9OopU

                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   最後の評価ポイントに移る前に1つだけ。
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_    台詞の位置はもう少し下に。
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ   そしてキャラクターに近付けてみませんか?
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ  ちょっと読みづらい部分がありました。
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i  少し例を示しますね。
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289924740/272

524A-HO ◆2Ik.zfj8u2:2011/01/11(火) 20:20:17 ID:y4VpnQnQ
デッドブロイラー様評価ありがとうございました

総評としては全体的に説明不足と言う事ですよね?

次回に生かせるように精進したいと思います

525名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:21:19 ID:uxn9OopU
レス番を間違えてしまいました。
正しくはこちらです。失礼しました。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289924740/378

526名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:21:33 ID:uxn9OopU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ____
   /      \
  /         \
/           \  って携帯の話はどうでもいいお
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/  それより―――
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



           ,. ´  /     、   : :\: : : :\:.: : 丶、
          /     l      | \   : :\: : : :\: : : :\
         /      |  |   ト、 ___\   : : \: : : :Y´ ̄`\
        /  / /   ,/|  |   |´\ ` \ : : : : ヽ.: :∧
      /  //  |  ィ'"¨{  {   |   \  ヽ: : : : : :ヘ:.:.ハ
.     / / / / |   l/ ヽ、ヘ | ィfテテマk、 ヘヽ、: : ハ : l
    /  / イ  :|:   l,ィfテメ\ ヽl  | j::::}ハ }jト、,ハ: :ヽ:.:.:.l:.:.|
         |/ l  ∧ 小{ j::ハ  \l、 レトr以 l| |ヽ|: : :|\|: :|
         l' |  |:∧八 Vl以   \`'ー‐'   | |: : : : :|: :|: : |  他に予定が入ったんですよね
         l  !ハ :ヽハ ,,'"´ '       ""  |/ : :l: :.:|: :|: : |  私のことは気にしないでください
.          V| l: : :i::{     r_;      八 : l: .|.:|: : l
.           Ⅵ l : :.|:|> 、 _      ,. イ/ /: :/: :/|: :|:.: :l
          ヽ! !: :.|:| !: |: l:.:|`77ハ´  / /: :/: :/ :|: :l:.: ;l
             l: : !:! |: !: l:.:l,// ∧ / /: :/: :/  \! : :l
            |: :l:l !:.|: l:.:|| i / 〈./ /: :/: :/ /  ∧: :l
                !: |j l:.:|: l: j{ |,/  {/./: :/: :/ /  / ,ハ: :l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

527名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:21:52 ID:uxn9OopU

                                            ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
                                         //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
                                   .       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
                                          i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
                                        l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
                                        !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
              ぶっちゃけあまり大差はありませんねっ! l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
                                         !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
              そんなに拘る必要は無いかもしれません。  l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
                                           i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
                                            _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
                                      ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、



              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠   ただ長文ではない限り、台詞はなるべく喋っている人物の
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   目と口の間にあったほうが読みやすいのではないかと思います。
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、   それとあまり離れすぎるとAAと台詞で目が泳いでしまい
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/      疲れることもあるのではないでしょうか。
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧      好みの問題もあるとは思いますけどね。
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l
  !       `'ヽ   ヽ、  i    |  !   l  \ ` /
  ヽi    \   ヽ ''-、,` { / !  !   i ヽ`'、`゙/
   ヽ l    \   ヽ  `'‐ l      ! l, i  !  }
    l, i     \  ヽ,   l.,..-'''"   l  i  〉 !
     l, i   l し\ ヽ,  !`''ー、、  l  / ノ ノ
     ヽ i  i      l- /       l / __/
      ヽ, ´      l |       li゙‐'゙″
        `''ッ '"゙゛ ゙'-__ ! !  __,,,,,,,__/
          ,ノ¬- ,,_、/  ! ̄_..―ー'i.,|
          l/i'゙,i'  /´   l゙´   、.!
        ゙'`-‐ ´      l ! | .l.//
                 `''"'゙'''"

528名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:22:07 ID:uxn9OopU

                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'   では最後に……。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |


                     ┌───────────────┐
                     │・その他感想などお願いします    │
                     └───────────────┘


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、  とても楽しませていただきました。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、  特に最初のほうで述べたとおり
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',   物語り全体の雰囲気がよいです。
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i   こういう雰囲気って狙って出すのは難しいですよね。
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

529名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:22:21 ID:uxn9OopU

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、     それと、最初の投下から比較すると
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、    格段に表現力が上達されていることを感じました。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.  AAの使い方然り、言い回し然り
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i  間の置きかた然りですね。
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i  上達していく作者様の作品を追うのは
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i  とても楽しいものです。
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、   きっと色々と学ばれたのでしょうね。
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ   私も人に偉そうに言えるほど
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、     技術があるわけではありませんので
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_    参考になる部分がたくさんありました。
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i   AA改変などはこれから少しずつ
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ  覚えていけばよいのではないかと思います。
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i  今は焦らずにしっかりと
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |  お持ちになっているよい部分を
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|  活かした物語作りを続けてください。
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /

530名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:22:37 ID:uxn9OopU

     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   / 第1部だけでも楽しめました。
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ これから始まる第2部も
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ    楽しみにしながら追っていこうと思います。
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´     どんな人物のどんな物語が繰り広げられるのか
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \      期待してお待ちしています。
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ



          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\   私の評価は以上です。
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/   貴方のこれからの創作活動に
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_     少しでもお役に立てることを願って……。
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

531名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:23:08 ID:uxn9OopU
以上です。
所々あるミスをお詫びします。

532A-HO ◆2Ik.zfj8u2:2011/01/11(火) 20:23:49 ID:y4VpnQnQ
うあ、評価中に失礼しました(汗)

L様評価乙でした

533名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:28:10 ID:uxn9OopU
>>532
いえいえお気になさらずに。
こちらこそ長々と失礼しました。


>>508
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1286797721.html
の124レス目

>>509
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1286797721.html
の132〜136レス目

にあてたものです。

過去ログに行ったスレッドのレス番指定はやり方が違うのですね。
すみませんでした。

534名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:33:41 ID:IMN49WJI
丁寧な評価乙でした!
読みたくなりましたw

535名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 20:36:58 ID:oY6kVIRU
乙です

◇やる夫は混沌王を目指すようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1291656863/535

◇【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/36

◇"聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです"
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/317

◇▽ 【Gセイバー】 やる夫が白い旋風になるようです 【PS2】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293216620/462

残り未評価

536名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:02:53 ID:nXvdsix6
遅れたけどデッドブロイラーさん乙
あんたは優しい人だ

537名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:48:53 ID:RYoFmg8Q
40くらい貰います

538名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:49:13 ID:RYoFmg8Q

                            ( ( (
                               ) ) )

                        ,.ィ'"´ ̄`丶
                       /   ィィヲテ下F=、
                       /  /,.ィフ¨ ¨フメf.ノ
                     / / /)i´ / ノノノィ ,ハ
                       /イ ,ハソ. ,^r、メィハ ノ リ                   評価スレの皆よ、新年を恙無く迎えて居るか?
                    .ノ/ // リ  ; ,,`´ ,ヶソ ノ
                 ,. -=‐-- イ /l. i  、,. イ ,レ'                   私が今年最初に評価するのはこれだ
                ノ  , -ー- ..,..ノ .! lヽイ! ! リ      r―ト-⊂つ
               .i ,.'" ̄ ̄ ̄~~`、i l.´   `Y     / rヘ_)f-イ
                    !丿,< ̄ ̄ ̄\ } l.,.  yリ    .ト、___⊂ィ       【メダロット】やる夫は宇宙で友達と遊ぶようです【ナビ】
                  く   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.>! .!_ `Y λ   .l   |          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280672178/
               .{  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rf^ ハ !.:.}   / `ヽ  l   |
                .〈  .:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝレ'^Y>y' /.:.:.:.:.:.:.:},イ   |          依頼レスは>>36
                |  .:.:.:.:.:/ .:.:ゝィrf>'/.:.:.:.:.:.:.:.:././    |
                |  .:.:.rく .:.:.:.:.:.:.rく/.:.,ィニ}: :rく /   /
                |  _,、.:|  ` :.:.:.:小:|_/,ィ´人弐_∧_/、―x, l /_  .............. _
                lf三ニ=|  __,>-―{ {__斗―ヽ,、,、,、,、,'^.:.:.:.:x'^¨´.:.:.:..:.:.:ゝヽ、j // >、
                  :l 才ィイ|  \r' :/>'^寸ニ二}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:x'^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.てィク:.:.:.:;: '"´`ヽ
               / : : ^'"|    `Yr' /l|:.:.:.` 、>、:.:.:.:.:.:.:.:x'^:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;: '´      l
               _/_ニ二ニ.:|    _|l_/ /.:.:.:.:.:.:.:`'^'^'^'^':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ´,ィ´       _ソ
             /三フ.:.:.:.: : |   / //.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ト、,ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ´_之____  -‐'´/          ,マ
          _/      /:|  |l、, ,rヘ:.:.:.:.:.:.ゝマVYVイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ´ /       `¨マ´      ,マ.  i≡i
     __,ィ´    / / / |  |l_|_ _ト、:V.:.:.:.:.>ィ介><:.:.:.:.:.:,ィ´ /             ',.      i≡i  i≡i
    /        /,x――-、_j_/ 丿 `ト  V:.:.:.:.`ひしイ以:.:.:.:.r'   /                l      i≡i  L._」
  く    -‐=ニ二rf¨,二、  介^ /  /   \:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.仍 〈                ノ     L._」  ___ ,.,
   ` ̄ ̄ ̄ ̄て《ノ/  r' ィ´ ̄ ̄\__/      `寸マニニ二二,_」______,  -―'"´          |_|||_|||_〕、iー、__
               `                `ー-----一                           (___ノ

         ※お酒は二十歳になってから! 飲んだら乗るな、飲むなら乗るな!

539名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:49:31 ID:RYoFmg8Q

             /  ////  /´/</ / / / i ヽ
            / / /ヽ/  ,.代≦、/ヽ / イ / i ',
            // :{ ( /   /  `くバ /´ |/イ/ i i
          // /人 y  /         /ナフ,イ | i|    原作はスレタイからも解かるようにメダロット ・ シリーズの1つ 「 n a v i 」
         /  /  /  /         Kカイ/ イ/リ
        /  / / /  /    ヽ  / .イ//リ    中学1年生のやる夫は偶然にも 「 宇宙メダロット 」 と呼ばれる
       /  ./ / i  .ハ      `   /         特殊なメダロットを発見した功績により、宇宙空間に建造された
     ,. -―- 、 /  i  /  \    ,. イ 〉 y´.〉       最新鋭のテーマパーク 「クラスター」 へと招待される
    /      ヘヽi  i    ヽ イ〈∨{ / イィ' i     
   /         |:.i  ト、   / / / | ヽ ´  /        だが予想外の事故によりクラスターは.やる夫とその友人達を
  /         /:|  i:.:.ト,  ! i / /!  /  /        乗せたまま軌道を外れ、宇宙の迷い子となってしまうのだった
  /         /:.|  i:.:.:.:.:ト, ト、 / ハ  .i   i.       
 /       / 〉:|  ハi:.:.:.:.:.トvト、i_/ ハー-‐〈       やる夫は頼れる相棒メダロット ・ オプーナと共に施設内ではぐれた
r 7,r‐z_ 、  /  /:.:.|:  i:.:.ii:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:i  ハ:::.:.:.:ヘ        クラスメート達を捜しつつ、地球への帰還を果たそうとするが……。
ムLi_// 〉/  /:.:.:.:|  i:.:::i }:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:|  iヽ i::.:.:.:.:ヘ      
:.:.:.:.:.:.:`く/y::::::::::::::::| i::::://::::::.:.:}:.:.:.:.| iヽ.  i::.:.:. ヘ       あらすじは以上、なお私はメダロットに関してはサッパリ知らん
:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:::::::::::::::::::::| .i::://:::::::::::ノ:.:.:.:.:|. i:.:.:\i:.:.:.:.:.:.ヘ..    名を聞いた事が有るのと読後にWikiを調べた程度だ
:.:.:.:.:.:.:./ |:::::::::::::::::::::| !://::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヘ    
:.:.:.:.:.:/  |:::::::::::::::::::i/::i !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::| i::::::::::::ノ!:.:.:.:.:.:.:.ヘ     よって今回の評価はそういった視点に基いての物となる
:.:.:.:./ / |:::::::::::::::::::i|:.:i.i.:.:.:::::::::::::.:.:.:.:.i/:::::::/:::i:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
:.:.:/ /  .i:::::::::::::::::::::::::ii:::::::::::::::.:.:.:.:.:.il_ イ `;:::::i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i

540名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:49:58 ID:RYoFmg8Q

┌──────────────────────────────────────┐

     ・評価前にどの程度『メダロット』を知っているのか書いて頂けるとありがたいです
     ・分かりにくいところはなかったか
     ・世界観の説明は充分か
     ・やる夫に好感が持てるか
     ・テンポは悪くないか、また一話の長さは適度か
     ・どのキャラのパートナーが誰なのかで混乱しないか
     ・『メダロット』を知らない人が見ても理解できるか、また、楽しめるか?

    ◎・やる夫の強さはどのくらいに見えるか
     ・キャラが立っていると思うキャラは何人いるか
     ・舞台が宇宙であるというのが言われれば思い出す程度には伝わっているか
     ・水銀燈とやる夫の仲は良いように見えるか
      (オプーナとの事ばかり書いてて忘れていたので)
     ・誰にも触れられていないので不安になっているのですが
      メダロッチのAAの出来はどうでしょうか?

└──────────────────────────────────────┘

       ____
     /,ィf尖ゝ、
     | / jノノ从)〉.         
      j (l|┬ イ(|            その他の要望 ・ 見て欲しいポイントはこちら…多いな
     /ノ l|‐┬‐'l|   ,)
   ,ノ /'リヽハヽi|、 (ソ      依頼者も言っておる事だし
  ( ( /7´;;::;;ノく二に.)       簡単に済ませられる所は簡単に済ますか
   ヽ ヾう::::〈 从ノ
      ノ:::::::::ヽ、         では例によって上から片付けて行く
    ぐゞゞゞゞゞゝ          
..    `~|::「|::|~´            最初のは既に済んでおるので
       |::|.|::|             2つ目の「分かり難い所」に関してからだな
       |::| !::!、         
     (^_,;;} ゝ_^)

541名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:50:18 ID:RYoFmg8Q

┌──────────────┐
|  分かり難い所はなかったか   |
└──────────────┘


          。cタ∠/   ,K く L:j r'了⌒癶
            ,cf//  }、___,ノ==-─‐-<ヽ___j'心         
          /cタ/{ _/ ィ´   /   |  l \ ヽ乃      
.        /cタ/⌒ソ///   / /│l |  l  l \ k{       まずは言葉のナイフくだり(1スレ目>>408-414)だが
       / rf7ヽ, '  / /   / //!| l |   l|  | |`寸      
.      /  }人/  ,/ /   / /│lИ  │ |  l| ∧       いきなり刃傷沙汰のAAを何の手も加えずに張られても
.      ,'  {l_/  l| /  /|/  l | l l  ,ハ  |  l| l|}     それをイメージ映像と捉えるのは無理だ
      ;   f{.l   l|/‐≠=メ、   / | | | /  V |、 l| l|!      
.     i  /ヽ|   |/ /__ \./ ∧| l/-ー=| ナ|l | il!     フォローとして配置した誠の台詞も直接的な物でないため
.     l  //li  マ 卞Tぅト、`// ∨ ─ _j/ l | リ.      あまり役に立っておらん
.     ! ,i´ /|l   lヽ弋ナノ     / ィf不ぅ力 |/l ./     
.    .l ∧ l |l   |          ,  `┴ ' ´ /l /|.        せめて>>413に「※」付きの注釈で「イメージ映像です」とでも
     | / ヽ.|l   |           |      /  |.       表示しておくべきだったな
     |  //|l   |         │     ./|  l|.      
     !  // |   l|、          ノ       / l|   l|         ギャグシーンは殊更に『何をしているか』を一目で解からせぬと
      | // |   il--、       ‐__-     __l !  |.       ネタが面白いか否かに関係無く滑ってしまう。注意せよ
.    | // /!l  l|ヽ \        / ,ィ´ |  |.       
      // /│   l| l }  iヽ      / / ││  |.       また一連の場面において、誠とそれ以外の者の台詞に
.     // / /|   l| l !  ー` ー‐ ´ ./|  l | |  |        明確な違いを設けぬ(括弧の有無だけでは視覚的に弱い)まま
    // / '│   l| l l         /| l|  li| |  |        誠のすぐ近くに配置しているのも区別し辛くマイナスだ
.   // /   /!i   l_l_|___      /:::/{ l|  li| |  |     
  // /  / |l   l!:::|::::::: ̄ ̄:::::::::/ 〉\ l | |   |

542名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:50:37 ID:RYoFmg8Q

〜改変例(対象は>>408)〜


                  (ヽ、00  ∩                   (ヽ、00  ∩
                ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃                ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
                 ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇        ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
                ( ⊂ニニ   / /⌒) )             ( ⊂ニニ   / /⌒) )
                 `ー――'′ し∪  (ノ              `ー――'′ し∪  (ノ


             ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_                なんだ、何が有ったんだ? >
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                クラスターが漂流してるらしいぜ >
   ,/:::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::/::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l                            おい、マジかよ!? >
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `;
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て   |   みんな落ち着け!
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/   ノ  
         ゝ;八      ;      /イ       <   慌てて居たら何もできないぞ!
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、     ヽ、______________ノ
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l

543名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:50:54 ID:RYoFmg8Q

〜改変例(対象は>>412-414)〜


          |\     /\     / |   //  /
        _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
        \                     /
        ∠   聞けって言ってるだろ!   >
        /_                 _ \
         ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
          //   |/     \/     \|

 | |                _r‐=、ヽ‐¨ ̄ヽ
 | |               ./::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 | |               /::::::::::::::::/l::::::i、::::::::ヽ
 | |             |:::/:::::::::X V:l::レ、::::::::|
 | |              |/|::/:::イセミヾlVィテヽi:::イ
 | |               |/lネ、|   、    〉)::>
 | | バンッ!         V'ヘ、 r= 、 ,ノリ"
 | |                   ノ`、 _ ,イ
 | | 三三        _    ._,,イ\  /ヽ、__
 | |==...──......--‐f.."::`‐::´::/:::| /⌒ヽ ,|:::ヘ`::''::..、
 | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::ノ|/∨__/ヽl:::::ヘ::::::::::::`゙:>、
 | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;; :::::::::::〉"::| |:::::|  ハ::::/:::::::::::::/::::|
 | |´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 'ヽ;;::::::::::∨ :ヘ |::::::| /::::`ヽ::::::::::/:::::::|
 | | 三三          |::::::::::::∨::∧:::::/::::::::::ノ::::::::::|::::::::::|
 | |             |::::::::::::::∨::::`〃:::::::/:::::::::::::|:::::::::::|

544名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:51:12 ID:RYoFmg8Q

                |\                                 /7
                |  |                                /  /
                |  |            ___               /  /
                |  |          / __ \      __      /  /
                |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
                |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
                \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
                  \___ノ                     (___/  \____ノ


                          rfニ、ヽ
                          l。 。 f9i
                          t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
                          `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
                          ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
                         /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
                          ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
                         l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
   ・・・ ・・・ ・・・ ・・・。         /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
                        /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
                       ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
                          !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
                          /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
                    . _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
                    `_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
                    -‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
                    、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    / / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

545名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:51:28 ID:RYoFmg8Q

::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,':::::::::::::::: ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/," ̄ゞ"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/  ( よし、黙ったな )
::://  /::/    //    /;)/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /      、/ソ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /     俺が委員長になったのは今みたいに
     ヘ            /´   ',///´             みんなが困った時、頼れる存在になりたかったからなんだ
                     '、
              __      _ゝ             不安なのは解かる。俺だって怖いさ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′                 けど今は俺を信じて付いて来てくれ!
;;;;', /     `` 、   , "                     『俺が』必ずみんなを無事、地球に帰すからッ!
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

546名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:51:45 ID:RYoFmg8Q

::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,':::::::::::::::: ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i::::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/      メ::::::!::/::::::::::::::::/ l::::::/
::://  /::/    // ミk.,   /:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/  ( ……決まった。
//'., ' , ∨     /    ゙ヾミk/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/    /           これで俺の株はウナギ登りのストップ高に―― )
     ヘ            /´   ',///´
                     '、
                      _ゝ
、                     / ´
;;',   /` 、         , ′                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `;
;;;;', /     `` 、   , "                                    |   ハァ? お前、なに言ってんだよ?  >
;;;;;ヾi           `´                                      ヽ _______________ノ
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

547名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:52:00 ID:RYoFmg8Q

:::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|   「現実見ろよ」
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l:   ///
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,':::::::::::::::: ノ:::::::::;! イ
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/: て 三三三
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/,"::::::::::"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/  そ
::://  /::/    // ヾ\:::::::/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/:    ビシッ                          ヒュン
//'., ' , ∨     /  u::::::::゜ミメ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/                   「つーか死ね」 三三三
/   ゝ       ::::::::::::::::::::::::::::/::/i //:::/ /:/   /:
     ヘ     U      /´   ',///´
                     '、    バシッ      ( ……あ、あれ? )
             ij       _ゝ て
、               _ _ / ´  そ 三三三
;;',   /` 、        ´ , ̄ :   ⌒  ミ                     「ウザッ」 三三三
;;;;', /     `` 、   , ":          ミ                                ヒュン
;;;;;ヾi           `´:          「誠にゃ無理だ」
;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;\\:
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

548名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:52:23 ID:RYoFmg8Q

                ...................................
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
   :::::::::::::::    だいたい、お前が委員長なのも       :::::::::::::::
  :::::::::::::::                              :::::::::::::::
   :::::::::::::::     みんなに選ばれたからじゃなくて…    :::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ...................................







              /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.: <
             /l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L__      , '; , ・
        _ _ __:l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.「 ̄ `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.∠   ',.゙:; ,
     ,..:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶.:.:「 |.:.:ト、.:.:.:.|    |:::|\.:.:..:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.< ./.| ,',.゙:; , : '
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `ヽ ニヽ  \|   イ穴ミヽ ヽ.:ト、.:.:.:.:レ'⌒ /::::| , '; , ・
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V」     {{ 込ノノ  l.:l ヽ:.:.:l   /.::::::!   '.:    . : .
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ,   ´ ̄    リ  l.:.:!  /.:.:.// ,',.゙:;
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         ノ  V^1ヽ/.:.:.//'.:    . : .
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l r‐-、    /   /   !  `V/゙:; ,
.:.:.:.:/l/l.:.:./l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ´ ̄ii!  /    /   l   l``ヽ
.:/l/ /.:./ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:/__|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| > iii! イ   /     /   l   `ヽ
     【―― 単に雑用係する奴が他に居なかっただけだろ(笑) ――】
   l.:./ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´|.:.:./´ |.:.:.::.:.:/l.::/  / ii!;`\ ∠      /     !     \
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  l.:./ r=rr.:.::.:./ l/  / |.:: /⌒ヽ     /    /       \
  /:l  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     l // /::/    /   | /     \  /     /
 /.:.:.l /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     V 〈      /   |∧    /^V  \ ̄
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ.:l          V     ̄/l  ヽ  / / ノ ノ/ / r ,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    ̄ ``ヽ  /i    /  l  /⌒V //^l / / / / /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/          V  |   .:.::;:;:.  l /   V / /   l / //)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            |  | .:.;;;;;;;;:;:;;;:;;;;;l;/;:;    l l       /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            |  | ;:;:;:;;;:;:;:;;/.::}};;:;:;;:;  / l        /

    ※注:↑はイメージ映像です。当スレは全年齢を対象としており
       清く正しく美しいをモットーにお送り致しております・・・・・・たぶん。
.

549名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:52:54 ID:RYoFmg8Q

    ┌──────────────────┐
    └──────────────────┘                 「みんな自由行動で良くね?」
        ┌────────────┐
        └────────────┘                         ∧,,∧ ∧,,∧
           ┌───────┐                        ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧
           └───────┘               「さんせー」  ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )
              ┌───┐                           l U l (  ´・) (・`  )l と ノ
              └───┘                           .u-u (   l). (l   ) u-u'
                                                      `u-u'   `u-u'
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : |-|l―|-ヽ-: : : ヽ: : : : : : :\: :.\
: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\                 「どーせその内、助けも来るだろ」
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j    言葉のナイフが痛いぜ…
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /     あ、この場合の読みはコトバだからな、コトノハじゃねーぞ
r―― | | |  ″        | |       `ー-/
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /



                    ●


                    ●


                    ●


〜改変例終了〜

550名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:53:46 ID:RYoFmg8Q

            __,。、
          ,。r介{ 0}ト、
            ,f{ソィ'´/| | `ヽ
         /}/ /_/jハ从N ハ            ,ィ⌒つニ⊃      上記の改変例で注目すべきは下から数えて3レス目
         ,' ,l |/t::ァ iィ:ァVリ           ,.ィf } E彡'       罵声が石つぶてのように誠を襲う場面だ
       ; 〈| l |    '  ハ          x<:::::::::ツ´
        il | liハ   - /厶tゎ──<:::::::::::>´              私はここで『言葉による暴力=物理現象』という下地を作り
         |l | l l|`>ィ7´ _爿:::::::::::::::::::> ´                 続くナイフでの一刺.しも同種の物だと認識し易くした訳だな
         |l l l l,| | l::l/ ,  >V ̄ ̄ ̄
        l| |/し'´|l|::ハ  /l l|                          先も述べたが『ギャグは一発で理解させてナンボの物』
        |レ':::/:::::|l|::::ハノl l ∧
       /::::::::i:::::::|l|ノ:::::/| | ∧                    写実から離れて捻った表現を用いるなら
        人_::;ノ`::ー|l|::::::/ l|│ ∧                     尚の事それを理解させる為の要素も念入りに用意せよ
.      / /l }/:::::ヽ{l|:::::{ l| l  | ∧
     / /│|':::::::::::::::::::::| l| l  |l  '.                     読者に作者の頭の中を覗く事は出来んのだ
.    / / lVl:::::::::::::::::::::ハ l| |  !|  i
   / / l /::|::::::::::::::/::∧ l l!  l.| l|                  イメージを的確に伝えるには
.  / /| l/::::ハ:::::::::/::::::::::_∧ |  | | l|                   作者の側からしっかり歩み寄ってやらねばならんぞ
  / / |l |::/::::::';::::/:::::::/::::∧  l| |l リ





         _,.ィヽ-、_、__ム__-、  ノ-ミ、ト、
        ィ )ノィ' ´ ハ    `>、__ノ‐ミ、ヽ.
        ,rソ'´    .i i         ヽ-'‐h.∧          次は暴走メダロットの制御装置に関する
      /  /  /  i l  l  l   l   \ス  ',.        部分( 1スレ目の>>444-445>>503-504 )だが…ここはちと酷いな
     /  ./  / i ,' ハ . !  l  l l l   Vリ ハ
.      ,' .i ,' l / ./l/ / V ト、 l、 i l l  | ',}.   ',.       まず>>444のAAが何なのかサッパリ解からん
.      i l l. lイ.l/ /./リ  Vi Vlヽト、ハl  l. リ   ;       更に描くコマが小さいせいで印象が弱く記憶にも残らん
.     ; i l l ナナ‐-イ  -キヾ‐六lリ.   l. l   i        そのため後の場面と繋がり生まれず、伏線として機能しておらんのだ
     ', ト、ハ r‐t元ラミ   ,ィt元テ ァ!   ト、   .l
..     ヽト、i ` ¨´   !    `¨ ´ l   i ノ    l       結果、やる夫が制御装置を作動させても『なぜ知っている?』としか思えんし
       | .ハ.     /!        l   l´ l   l      スイッチ操作の流れも唐突に場違いな畑仕事を始めたようにしか見えん
.      l.! ヘ.    ヽ!         !   .l  l   l
.       l.l  丶.    _       /l  .l.  l   l.      作中で水銀燈が「何をしたのぉ?」と問うが、甚だ同感だった
      l l  l  \ ´ー`   ,イi  l   i  l    l
       l l  l  l l. iヽ _ ,.イ  l  l   l.  l    !      伏線の真意を悟られんようにしたいのは解かるが
.       l l  l  l l l       ヽl   ! l l. l    l.     回収時に「ああ、あれはそういう意味だったのか」と
      l l  l  l ,.ィ"      ,r'´:!  iヽ、l l. l    l..    読者が素直に頷ける程度には情報を明らかにしておけ
.     i l  l_..ノ::〉、    ,. -ァ':::::::l  l://::`:::7`¨ヽl
     ,.ィ.l .i::::::::〈    __/¨:::::::::::i  i:/::::::::::/   ;      でなければ無用な混乱と「卑怯臭い」と言った具合の反感を生むだけだ
    /   i. l::::::::└v-‐'::::::::::::::::::::i   l:::::::::::::/
.

551名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:54:10 ID:RYoFmg8Q

〜改変例(対象は>>444-445)〜


     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \       ん?
|  ∪   (__人__)    |      あれは……?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                          ,,;;;;;;;;,,
                         ;;;;;;;;;;;;;;;;;
                            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                        ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ← ア レ
                        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
                         ':;;;;;;;;;;;;;;::'
                         ';;;;''
                          ;;;;
                       ,,,,,,,,;;;;;;,,,,,,
                    ::,,,r'''~ヽ;;;;;;i;;;;;;;;~''ヽ,
                    /~'、''~´'';;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;/~ヽ,,
                   :/;;´;;`ュ,,,,,,;;;;;;i;;;;;;;;;;;/;;/;;;;;i
                  ::::i;;;;|ヽ,ノ'i;;;;i'~;;;i;~'''r'、;;/;;;;;;;i
                  :,i;;;;;;;ii~'ヽ,,~、i;;;;;;i;;;;i´;;~ノ,,;;;;;;i
                 :::ノ;;;;;;;人,, '''ェ,r'''''|''ー、/,,,,r''i;;|    機能ヲ停止シマス…
                 :::i;;i;;\ヘ;;~''ー-ゝ⌒,,r''''~ ,,/;i
                  i;;|;;;;/;;~i,,;;;;;;j~|~'´ji'''ー'''''~;;/          機能ヲ停止シマ……
                 ,,ノi;;|'~;;/;;`人;;r;;;ュiiiノ~;i;;;;;/
               ,,r'''';;ノi;;i、人;;;;/;;;;;;/'''''i'''~i;;/;;;/
          ,,,ェ'''''''''~~;;;;;i'';;人メ;;;;乂;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;i/;;;/
        ,,r''~,,;;;;;;;;;;;;;;;;;リ;;ii;;;;;人乂;;;;;乂;;;;;;/;;;;/;/
      ::/ ノ~''メ,,~'''''ヽ,;∬iii;;;;;;;\ヽ、/;;`''ー''/
     :/|;;;ソ;;;;;;;;;;~/;;;;;;;;;~i;;iiii;;;;;;;;;;;`'ヘこニン"
   :::/::i:~ン~''メ,,/~~;;√~'i~;;;iiiii;;;;;;;;;;;;iiiiiii;;|

552名無しのやる夫だお:2011/01/11(火) 21:54:26 ID:RYoFmg8Q

〜改変例(対象は>>503-504)〜


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \