■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その25【募集中】
1名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:10:47 ID:yWIWStE.
ここは、「自分のスレを評価して欲しい」、「依頼されたスレを評価したい」という方が集う場所です。

基本的には依頼された作品(過去に依頼・評価された作品でも可)を評価することにします。
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  評価を依頼したい方へ    ..┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●作品名とその作品のアドレスを書いて下さい。(必須)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (2スレ目、3スレ目…とお持ちの方は、現行スレだけでなく1スレ目も提示してください)

    ●評価内容を指定してください。お任せでもOKです。

      □評価方針   甘口・辛口・おまかせ
      □評価スタイル   AA付・文章のみ・おまかせ
      □AAの改変具体例   必要・不要・おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等
        ※この辺りを具体的に表示しておくと評価する側もやりやすいかも?


    ●自分の依頼が忘れられてそうな場合は、指摘してください。アピールがあれば早く評価されるかも?

    ●評価されるまで時間がかかることがあります(特に長編)。ゆっくりお待ち下さい。

    ●評価人は、主観的な評価をすることが多いです。意見の1つとして参考にしてください。

    ●一度評価してもらった作品を、再度評価依頼することもOKです。
      以前された評価への誘導があればなお良いかもしれません。

    ●評価依頼の際には、依頼するスレで使用する酉等を用いて自己証明してください。
      酉をお持ちでない方は、IDが変わらないうちに依頼すると皆ハッピーです。


   評価内容は、あくまで参考程度とお考えください。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~
   『評価は明日の投下の為の糧』
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  評価をしてくださる方へ   .....┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●依頼対象をじっくり読んでから評価してください。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ●辛口依頼をされていない場合、辛口は遠慮ください。
                ※また辛口と悪口は違います。ご注意ください。
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ●評価内容は客観性を担保できるように心掛けてください。

    ●評価内容は依頼した方の為になるものとなるよう心掛けてください。

    ●他の評価人が評価した内容を評価するのもOKです。

    ●評価を投下する前に、内容を確認して依頼した方がどう受け止められるか、
      チェックすることをお勧めします。
      文章では自分の意図は思った以上に他人には伝わらないことがあります。

    ●評価の仕方は基本的に自由です。気軽に評価していってね!!


   以上を心がけましょう。
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


また評価人評価はここではご遠慮ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

評価人随時募集中。1作品のみ評価とかOKなので気軽にどうぞ。



なお、次スレは>>980を踏んだ方が立ててください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆様のご協力をお願いします。

2名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:11:09 ID:yWIWStE.
┏━━━━━━━━━━━┓
┃ 前スレ (その24)    .┃
┗━━━━━━━━━━━┛
【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その24【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/


┏━━━━━━━┓
┃ 過去スレ    .┃
┗━━━━━━━┛

【金糸雀と】やる夫スレを評価するスレ【その他が】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235999157/

【依頼】やる夫スレを評価するスレ その2【お待ちしてます】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1236753483/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その3【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238030319/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その4【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242173154/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その5【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244051236/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その6【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その7【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その8【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248240682/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その9【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その10【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250756053/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その11【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254940811/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その12【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その13【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その14【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その15【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264853909/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その16【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1266030149/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その17【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1267194320/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その18【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その19【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272452856/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その20【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その21【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その22【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その23【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/

3名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:11:27 ID:yWIWStE.
○ 指名評価人制度

 依頼される方が評価人を指名したい場合は、指名評価人として登録される、
以下の方々の中からご指名ください。

 評価人は得意不得意がありますので、これを参考に指名すると良いでしょう。


○ 指名評価人


【野上 ネウロ】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/90

【星野仙一】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/92

【きめえ夫】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/489

【翠星夫】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/570

【シュバルツ・ブルーダー】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/641

【クーパ】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/721

【響鬼】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/919

4名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:11:41 ID:yWIWStE.
(´・ω・)つ スレ作りの参考になるスレのご紹介

 評価を依頼する事で参考になることもありますが、こういったスレを参考にしても、
作品を作る上での糧になるでしょう。

┌─────────────────────────────┐
│やる夫スレの作り方                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1268728839/    .│
│                                           .│
│やる夫スレのはじめかた                            .│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255381884/    .│
│                                           .│
│【AA】(´д`)Edit【初心者歓迎】                       .│
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1232413120/         ..│
│                                           .│
│やる夫初心者スレ5                             ....│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1277551558/    .│
│                                           .│
│翠星夫で学ぶAA改変                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264249424/    .│
│                                           .│
│気軽に投下して練習したいなら                        │
│中篇、短編投下所34                             ..│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278187247/    .│
│                                           .│
│金糸雀とAA改変のお話して欲しいかしら                  .│
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1248869927.html     │
│                                           .│
│金糸雀とAAのお話して欲しいかしら                   ......│
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1256964717.html     │
│                                           .│
│みっちゃんにAAのお話して欲しいかしら                   .│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1273356426/    .│
└─────────────────────────────┘

5名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:12:06 ID:yWIWStE.
評価依頼中のスレ一覧


◇【クトゥルフ】やる夫が奇妙な事件に巻き込まれるようです4【かも】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/980

◇やる夫は0Gドッグのようです:再評価
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/667

◇やる夫達が『死』から逃れるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/686

◇やる夫は三河の聖になるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/787

◇やる夫は忘れられた世界の魔法使いのようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/831

◇やらビス 〜ZONE.OF.ENDERS〜
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/920


欠番、ミスがあれば訂正をお願いします。

6名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:12:49 ID:yWIWStE.
始めて評価スレを立てましたので不備がありましたらご容赦ください。

7名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:15:37 ID:qEwMp4tY
スレ立て乙

だが指名評価人は機能してないしいらないんじゃないか?

8名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:16:58 ID:.BDj8RgU
スレ立て乙

9名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:18:15 ID:9nemJ7oo
スレ立て乙です。
早速ですが18レスほどお借りします。

10名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:18:38 ID:yWIWStE.
>>7
ちょっと判断がつきかねたので前スレのままです
次スレからは消した方がいいのでしょうか

11名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:18:50 ID:9nemJ7oo


                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ          皆さんこんばんは、初音ミクです。
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ        
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ       今夜も評価人をしにきました。
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ     
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ    
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ   
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ  
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ 
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..
      /::::::::/::::::::/ .:〃   / ;  .:::::::::::/  l::::::::..  |   l::::::::::::::::::::::::.
      /::::::::;'::::::::///    /:::..!   ;r'〈    !ヽ:::::::., |   l::::::::::::::::::::::.

12名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:19:27 ID:9nemJ7oo


                         __
               ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ
                 /^ト、/}〔/     `^ヽ }
             /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
               /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ 
            ′ ,ム_i|‖´フフ_`  | #キ‐! }ヽ
            . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}釗ハ } 、 
              .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }      今回評価させていただくのはこちらの作品です。
                :.:i ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/    
            .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈      『やる夫は忘れられた世界の魔法使いのようです』
              .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,    
.           ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′   
            .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,   
.          }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {   
.           i  ;.:!  ..:}ハ     } {¨}   | l:.:::.:i:i :..: .:i
         i  i.:!  ..:.i _y',⌒ヽ. }  {ム-‐J |::.:.:.i.i : .: i
         l  :.i  .:.:l `〈》《  〈   〉   } |:.::::.i:! .:.: :.:i

      依頼レス:
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/831

      1スレ目:
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/

      2スレ目:(現行)
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287414724/



 /.ィ  .::l   ::::::l::: l:.    ::ヽ //
 レ  .:::::ハ   ::::::ト、 l、:.    ::::ヽ{
 / .:::::/_ヽ  :::::l ',l‐\-   :::::::|
 l  ::::/:| _\ ::::| , -‐-\::. ::::::|
. ヽ :::l::::l r-、ヽ::l. r―、ヽlヽ:. ::://    私が知っているTRPGはソードワールドとガープスくらいで、
  ハ:::l::::l ヒ::ナ `'  ヒ::::ノ '! ::l:::/イ     D&Dはほとんど知りません。
  | :ヽ:::|、             | :::/ l::|
  l  ::::V->-yー- 、, -<.| /-y-|     ですので、全く予備知識の無い一読者として評価させていただきます。
  ヽ  /:::::::::/::::::::::::::::\ /.|/01l |

13名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:20:00 ID:9nemJ7oo


               _ ,.、
            _,. -┴ミハ              
      , -「|、, '´ .  -‐' ¨ヽ.             特に見て欲しいという要望点はこちらですね。
        l : :|:| : :/'´ : : : : ', : `ヽ..          
.      | : :|」.:〃 : : : : ,ハ: :|ヽ.: : :',.          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      | : : ',、|l : : : : / l:/ィf|: :l, :           ┃①AAの貼り方に見辛い点が残ってはいないか
.      | :| : :',ヾ: : : ,佗) ' `从ハ           ┃②原作未プレイの人間でも楽しめるようになっているか
.       川 :|:. ':.,ゝl/{゙{`、_‐'ノ、: : |         ./ .┃③その他気になったこと
     /ノ丿:| ∨   ドー-ゞニ才 : |  ,. .:个 、 /   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.   /. :/.: 八:| 、 __|::::::::::::::::: ハ: |/.:::::::ヤニゞ    
   /. :/.: : / : :/'´〈::::::::::::::::::::/ニ_V.::::::::::::::::',  .;   
.  /. :/.: : / : :/   、:::::::::::::/ヽ :::ヽ::::::::::::::::: _.;
 /. :/.: : : : : /  ,. -,`ー‐'′:::)::::,!,、'´ ̄ ̄
 : : : :/.: : : /,. <´丶./.::::::::::::::/.:::/¨}_\



                ,,-、        __
          /⌒〃ィ丶-‐─ -- 、 //ヾ__
         / ィ'⌒ /⌒  \   //イ  ヽ
         /          ヽ  《〈 |    ',
        /    从.  ト、    ヽ ヾ 、{    ',
        { i  i / ',  | ヽ      ヾ、    ',
         レ'{  レ¨` ', { '⌒ヽ.    ト、|_|    ',
    r‐、,ヘ/ ',  ,ィてハ V ィてハヘ   ├‐┤     ',      作者様も言われている通り、
   { tソ/::::::::.\', ハt{::::ノ   t {:::::ノ 〉  }::i][i|      ',      既に改善されている点も多いので、
   7/::::::::::::::::::V⊂⊃ ,   `⊂⊃∨リ__ノ|      ',       その点には触れないようにしたいと思います。
    `ヽ.:::::::::::::::::∨、  r ─ァ   _レ人(   i      ',
     /  ` ‐ - 、/ ヽ _- ' -‐く_      i   ...   ',     では順に見ていきましょう。
    /  . : : : : : `ヽレイ_ス  /,へ_     i  ::::    ',
    /  . : : : : : : : ::.!/ | `´  {__/ `ヽ    i  :::    ',
    |  . : : : : : : : ::/  |    /ヽ::::::::::::..、 i   :::     ',
    |  : : : : : : : ::/、ヽ |    ヽ \:::::::::::::::i  :::::   ...  ',
    レ', : : : : : : : ム  /     __〉__ 、:::::::人j :::::   :::   i
     .', : : : : : ://`´ /ヽ __.. ィ´ ∨> ヽレ_つ i ::::::   :::  ,'
      ', : : : : : ヽム__ム__ __.}___}__..イ〈.      ',:::::.  ::: ノ
      ヽ  , ´  /`ヽヽ/¨ヽ/:::::::::::::.、      ヽ::   ,メ
        '´   /:::::::::y'   `ヽ.::::::::::::.、      ヽノ
        r ‐‐ ':::::::::::/       ヽ:::::::.ii
         \ヽ,:::::/        {__ノ/

14名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:20:36 ID:9nemJ7oo


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                              ┃
┃    ①AAの貼り方に見辛い点が残ってはいないか           ┃
┃                                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                __
              _// ̄´
         ,.、ri ./   ,`\ r i、
   , へ   / .|l' i , l  /   | l ヽ
  /:::::::::::\ /  i.| ./  ヽ| \  l/l  .l  , へ       ほとんど問題はないと思います。
 ./::::::::::::::::::::ヽ. . | il. l ̄__ ̄ ! / |  |/::::::::::\
 l::::::::::::::::;、:::::::::::\ヽ| ヽ.ノ ,.|/ _.l/::::::::;:::::::::::::ヽ     若干テキストの位置が高めかな? とか、
  ヽ\::::: l `|ヽ::::::::/ ` ,―<‐<:::;:::::::/ |:::::::::::/,>   空行を入れた方が読みやすいかな? とか
   ― ̄' l  l ̄ヽ ,ヘ/iノ| / ̄|   |   ヽ ̄― '    思ったりもしましたが、これはもう
        |  |   | | l  |    l  l           好みの問題だと思いますね。
         l  .l   l  l | .l   .|  /



                     _  . ' ´ ̄ `  、
   , -、, -、            _|ll/ ,   ,.i  、_ \ __
   !   /   へ       /  /  /i  / .l   ',ー ///.、
   \/   .|   ',    /   .,'  ./ .|  ,'  |    li,-.///  ',
  ,.-‐- ..._   ',  l  /     |   | _ヽ. l -‐l    |:|///   l
  !      ー  ヽ/      l l ,イili:! !|   ヽ./ l::lヾ     |    各AA毎のセリフも短くまとめられていて、
  ` -  ... _  !   \r、    // /:_!`´、  ー-/ //:ヽ/     l   とても読み易かったです。
       〉 -- 、    |::\ /// ヽ、 ―-, / /L://     /
     ,. .! _... - ,   l:::::::ヽ ̄:::'‐rr― 、-`-//  ./     /      この書き方でいいと思いますよ。
   ./  〈  __... ノ, /_ |::::::::::::::::::::::::|.!   l :::`X::ヽ /     / 
  /    /:i   ..ノ´:::/:::::::::::::::::://i 、  /ヽ':レ!::::!\   /
.//    /::::`::::´::::::::/:::::::::::::::/  ヽ /::::::::::\ヽ:\l  ./
/     /:::::::::::::::::/:::::::::::::::/     !´::::::::::::::::::::iヽ \i /
/    i l:::::::::::/:::_:: -― '        l::::::::::::::::::::::l::::\ `ヽ、
     ー― /´            ヽ::::::::::::::::::::!::::::|`::‐-r

15名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:21:04 ID:9nemJ7oo


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                              ┃
┃    ②原作未プレイの人間でも楽しめるようになっているか.       ┃
┃                                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                   , --- 、
                   __  _____   /7     \
                  / r=ァ ´        `{ {\     \
                    ! レ'            \ ヾ='\
                  V  /           !┐  ヽ ヽ
                 /   / \  ト、      !⊥   '  ヽ         私が原作未プレイだというのは
                 ,'   /`ー、\l´ >'、 /:::::::|   !    ヽ      既にお伝えした通りですが、
                 i  /  |fT,ハ  fTハ|∨レヘ:::|  ,     ',      ちゃんと楽しく読めましたので
                 レ' i   ハ弋ソ   弋z|  ト、_i::|  /     ',     概ね問題は無いと思います。
                  l   ハ  '     | /::::::://         ',
                   ∧  { i> . ‐_ , レ' ≧='´二>       ',     ただ、一点だけ気になった点がありますので、
                 / \ ∨}  , ┴  L_          ',    それを指摘させていただきます。
                    /     \!  / Y/ハ´ ̄ >─- 、       '
                /    r ニVコ{  !/--ヘ  /     '.       i
                  /     :| 二} ∨ |  「∨i   i   i      |
              /   ,  -┤ ア}} ,' ,   /rュハ  | 01 |     |
                / ∠  - ┴≠'´i_|. ,'  /     \j   |     |
             /  \        | |/  ,'     r==仁)     |
              /.     \      ,レ'  i      ハ.     |    |

16名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:21:35 ID:9nemJ7oo


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/57
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/109



 /:..:..:..:..:..:..:..:..:.///:..:/:..:..:..:..:..:..:.:..:..:..:..:..:..:..:..、:..ヽ _
./:..:..:..:..:..:..:..:..:.///:/:..:..:..:..:../:..:../:..:..:..:..:..:.:..:..:.\:..:ii:..:..\
i:..:..:..:..:..:..:..:..: ///:..:..:..:..:../:../:..:..::i:.i:..:i:..:.i:..:..:..:..:..:. ヾll:..:..:..: ト.、
.;..:..:..:..:..:..:. : ///:i:..:..:..:-/-/t=、:..:l:.l:..:l:..:.l:..:..:..:..:..:..:..:.∨:..}:. |:..:ヽ
.';:..:..:..:..:..:..:.///:/!:..:. . /:../__!:..:::/|イ:. |ヽ厂:.ヽ\:..:..:.. ∨j:..:|:..:..:.i
 ;..:..:..:..:..:.///:.i: |:..:..:/ ィ三ミく〃j i : |  竺:..:i:..:..ヽ:..:..: Ⅵ: !:..:../
 i:..:..:..:.. /// : l: |:..:..lん.::::ハ   八: ! ィチハ !:..:..:..:i:..:..: ∨:l:..:/    2コマほど取り上げてみましたが、
 |:..:..:..: ム{ム: : l: ト.、:.弋.:.:.:rリ    /ん:::::爪:..i:..:.. |:..:..:..:.Ⅵ/      ここ以外でも何度も「フランを解放する」という話が
 |:..:..:i:..:ヾイ: : |Y⌒ヾゝ ̄¨     ,弋:rソム ∧: : |:..:.ト:、 ∨       出ていますよね?
. !:..:..|:..:..:. i:.. 人__r=ヘ     __    ノ//:..:i:..:.ト:..:|:..::>
  !: : |:..:..:.:;':..:..:.l |:..:..:.i> .  ´ `   イ,ィノ 川:..:.l:..i !:...i:..:i        この「フラン解放」がやる夫さんたちの
  !: : |:..:..:.;..:..:. リ ム:..:..|__j  >ー≦::::/::iハ:.. |:|:.. |: l !:..:l:.∧     目的なわけですが、私はかなり長い間、
  i: :.:i:..:../:..:..:/ {::ハ:..|::::i  ヽ:::::::::`::::::::ムハ:..リ :∧リ:.. !:. ∧    「これって一体何のことなんだろう?」と
  |:..: !: /:..:..:/   Ⅵ ∨::/!   }:::::::::::::/::::::\ レ′\:..: : : ∧     思いながら読んでいました。
  |:..: !/:..:..:/>彡::::::/彡ィミ=く:::::::::::::/\ ̄`    \:..:.. ∧
. 乂./:..:.<:::::::::::-=彳/////>ソ:::::::::/    .\      ヽ:..:..:..\
  ./:..:..:..:i  ̄/::::/∧////イ::::::::: /〃     ヽ      )、:..: : \
  ,:':..:..:..:. | .Уイ /7777イ:::::::::::::::{/     /      ./:..:.\:..:..:..:.ヽ、



|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ、  _
::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/‖〉
:::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y‖/
:::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
: :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
:::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|      というのもですね、フランという街の現状として
::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |      読者に与えられている情報が、
:::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ‖;;;;;) !.!: : :、: |: :.|
、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|     ”『文明区』という人間の支配するエリアと、
 >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|      それに隣接する『スラム』という危険なエリアがある”
. <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/
 <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|.       たったこれだけだからです。
 <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|
. <ヾ="、ヽ`イ、::::|>   ||: : : :ll: : : :|        私は、東西ドイツに分かれていた頃のベルリン
_|'::::::::::l´ ̄.〉''\!'ソ    | |: : : :|: : : : |.       みたいな街なのかな? と思っていました。
=|::::::::::::|.-〈:::::::゙''':t-―--| |: : : |: : : : :|. 
:::|:::::::::::|: : :|::::::::::::|´ ̄:::`! |: : : |: : : : |
::::|::::::::::|: : : !:::::::::::|:::::::::::| |: : : : : : : :|

17名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:22:18 ID:9nemJ7oo


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287414724/163



        冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |    2スレ目のこの地図を見て、なるほど! と
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|     漸く理解できたのですが、この地図は
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|     最初にフランの街に着いた時点ですぐ
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|    出しても良かったのではないでしょうか?
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i.     地図がまだ用意できていなかったとしても、
  | |::::::| |:::| .r'⌒v/  /=〈 /7〉-‐'⌒/ .::::::::} ::::i    テキストで現状の説明をした方が
  | |::::::| |:::|/   ハ__,イ  ∧レ'/   01} .::::::::{ :::::i     理解しやすかったと思います。
  | |::::::| | /  }′  /¨7  V {    {  ::::::::} ::::::i
  | |::::::| |/ /   / /    i  i  }  ::::::{ :::::::i.    例えば、物語冒頭でフランについて述べられていますので、
  | |::::::| |__/   /  ′ r==z i }   |   ::::} :::::::i     ここに「復興はしたが現在モンスターに包囲されている」
  | |::::::| 〈___}   /  ′     Y二Y}   ::::{ :::::::i    という記述を加えても良かったのではないでしょうか?
  | |::::::| 〉::::i  /  .′     /:::::::::{    | ::::::{
  | |::::::| /::::::i  |  |     /::::::::::::|     ト、 ハ
  | |::::::|/:::::::i  |  |     /:::::::::::::.ハ   | ヽ ハ
  | |:::::/:::::::::i  |  |     /:::::::::::::/ /    |  } 八



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/11-14

18名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:23:19 ID:9nemJ7oo


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                              ┃
┃    ③その他気になったこと                             ┃
┃                                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                _  ,..-─‐- 、、  _  、
           ,イミi/: : : : : : : : : :`ヾi/ミ;l\
              ///: : :.l: :. : : : : :.:.:.、:.//〈: : :\
            ,ゞ´/:.; :.:人:.:ト、: :.:.:.:.:.ヽ;ヾ、l、: :.:.:\
            / :.:/:.:| :./ ヽ;.:| \;.:.:.:.:.:.:.|、:.:ヽ; : :.:.:ヽ
          ,イ :./|:.:.:|;.:|_ ┘l、|- _\:.:.:.:|l;:‐、:|l、: :.:.:.ヽ,
          / |:/: |:.:.:.:||== ヾ!==≠i、「r=、lミ|、: : :.:.:.ヽ       一番気になったのは、戦闘シーンの味気なさです。
        / :.:|′:||、:/'xx      xx:∪|l;|L彡'´。 |: : :.:.:.:.ヽ,  
       /: :.:.:.:.:.:.||l、|、   △      |:/|l‐'′o |゚: : :.:.:.:.:ヽ      いえ、私も人様のことをとやかく言える身では
       /: :.:.:.:.:.:.:.| ヽ:| ``ー-;ュ;r;:-‐'|/く′     |; : : :. :.:.:.ヽ,      ないことはよくわかってるんですが。
      /: :.:.:.:.:.:.:.:|  ヾ  /7ム、`i-リミ;ヽ     |; : : : :.:.:.:.:.:l
      /: : :.:.:.:.:.:.:.|      i=|‐lリヾ、ト、|、 ヾ      |: : :. : :.:.:.:.:.|.     例えば、このコマとか…。
    /: : : :.:.:.:.:.:.:.:|    |::/「iヘ::l|'::::/       |: : : : :.:.:.:.:.:.:l
    /: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.|    |::'::`>;」:`:::|        |:. :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.|
   l: : : : :.:.:.:.:.:.:.、:.:|    ,ゝ'´|:.:.|``ー'\         |:. :.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    |: : :. :.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:l  ,イ、 ,>く、   ,く        l:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|
   /: : :.:. :.:.:.:.:.:.:.:i|:.ヽ ヽ」、/::|::::ヾ、,イ、/     / l: :.:.:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.|
   | l: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;iト、:.ヽ、\ ̄|`ー:'|l′/      l:. :|: :.:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:.:.|



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/857

19名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:23:50 ID:9nemJ7oo

<改変例>



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―__ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― _____ ̄―


               ____                ○
             /      \.             O .::::::::. ○
            /  ヽ、   _ノ\             .:::::::::::::. ○
          /     (●)  (●) \        o .:::::::::::::::::.       スリープ
          |        (__人__)    |       /)/)/)::::::::::::: (⌒)    『眠り』!
          \       ⌒´   /     「////:::::::::::::::::: `~
         γ⌒           ⌒ ̄ ̄' ̄´  (:::::::::::::::::::::::r ⌒ヽ
          i  j            ___、__,、_`つ::::::::::::::::ゝ __ノ
          ヽ、 l           /′           。 :::::::::::::::::::::
        /つゝ、,,!             }          o :::::::::::::::::: (⌒)
       {〈〈〈,ゞ,ソ          〈             O :::::::::::::: `~´
         ` ̄/            \          O :::::::: ○
         /     /´`\      \           Ο ○
         !    く´     \      ヘ
          \    \       ヽ     ヘ
          (´________ノ        ヽ    ヘ
           ` ̄  ̄            ∨______`)


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―__ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― _____ ̄―

20名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:24:10 ID:9nemJ7oo


   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::         :_      _::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::     :::::    ,-―-(⌒、\_//⌒)-―-、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::   /      > _  _ <    / ヽ
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::    /     ! ヽ_-X-_/ .!   V    ヽ    ZZZ…
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       ::::: (⌒V     | ( ,(○ ○) )  |      ,―、
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::          > `ー、 /  `i(_,vーv、_)i´   ヽ   _/ -´- 、
             ::::::::::::::::::::        :::::( ),  ( )/ヽ- ´ヽ.|,、,、,| /     /ヽ( )_   >-´
          ::::::::::::::::::::              ( )´  , ヘ    ヾニニ/   /l      `( )
       ::::::::::::_      _           ::::::::::::::::::::< ヽ_二二(○)二二/ヽ
   ::::::::::::::,-―-(⌒、\_//⌒)-―-、          / \_        _ ,<
:::::::::::::::::::/      > _  _ <    / ヽ         (    イ  ̄ ̄ ̄ ̄\_   \
:::::::::::::::::/     ! ヽ_-X-_/ .!   V    ヽ::::::::::::::::::   [二二]         [ 二二]
  (⌒V     | ( ,(○ ○) )  |      ,―、  ::::::::<___>         |     |
:::::::> `ー、 /  `i(_,vーv、_)i´   ヽ   _/ -´- 、 :::::::::::::           /    ⌒\
:::( ),  ( )/ヽ- ´ヽ.|,、,、,| /     /ヽ( )_   >-´    ::::::::::::::::::         ̄ ̄ ̄ ̄
 ::::::( )´  , ヘ    ヾニニ/   /l      `( ):       ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: < ヽ_二二(○)二二/ヽ     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/ \_        _ ,<     ZZZ…:::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::(    イ  ̄ ̄ ̄ ̄\_   \      ::::::::::::::::::::          :::::::::::::
       [二二]         [ 二二]
     <___>         |     |
                   /    ⌒\
                     ̄ ̄ ̄ ̄

やる夫の『眠り』……2匹のオークリーダーと4匹のオークが眠った!
のこり14匹のオークは範囲の外にいる!

21名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:24:25 ID:9nemJ7oo


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、    数が多すぎて、全部は寝かせられないお。
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



<改変例ここまで>

22名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:24:40 ID:9nemJ7oo


                rへ __  __
                    /: : : : : : : : Y: :ヽ
              /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
.              //: :// l: :|\ヽ : :',: : :. ',
             / l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',
              /: :l: :l@    @ l: :/: :l: : : :.',    あと、このコマとか…。
          /: : :ヽ:!\ △   /:// l: : : :..i
          / : : : : l.  冫ー‐‐<    l: : : :. l
         /: : : : : :! ./l/l// 01i,  l: : : : : l
         /: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l
          i: : : : : く/レへ: : : : l::::::::::',. !: : : : : : l
.         l: : : : : : :\:::::::::::ヽ イ:::::::::::::〉l: : : : : : : l
        l: : : : : : : : :ト、:::::::::::::::>tjtjtjノ l: : : : : : : :l
        ',: : : : : : : :/├‐┤|─ '"|   l: : : : : : : :l
        ヽ: : : : / .l:::::::| l:::::::::::l   ',: : : : : : :,'
          \:/    l:::::::l |::::::::::l   ヽ:: : : : /



http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/860

23名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:25:00 ID:9nemJ7oo

<改変例>



                                                           /_`゙ヽ
   __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐――                       /   }リ    , '⌒ヽ
   ―― ̄ ̄___ ̄―===━_                             /   〃   /     }
   __―_____ ̄                                   .ヘゝ、_/'  /`゙ 、_/
                                                 /    `7′,く_   /
                                                     . ,'   __ ∠ァ'`ゞー";',/
                                     / ̄ ̄\  、フイト、_,.イ   ` ゙ 、   ∠ ='´- −ー- - - .、
                                      /   _ノ  \ィ1:!::jjr'´  :イ ノミ、==、  ̄´(    {   /   `ヽ
                       お返しだろ!   ( ●)(●)イ::i|:;!:i::jj::レ'  ,:, ノ .ヽ.i `ヾヽ ``、ーrェt冖- ィ 、. ,,.._ノ
.                                   ゙(__人__)   l 儿ム'´  ヽ,ィ'‐ヘ..ノノ   } ヽ ヾ―- 、,, __
        _j|_                        |         }l{     .ノ     "'ヾ.人 ,,_  、 ,.,_,'  ,' .`")
         ̄|! ̄                 f'r{ト|ト---ri´:;ト、 ヽ        } "'' - ''"           \ >、.  ̄"'''-‐'´
       ‐- = ============= ==={{ (エ|「`7灯:/|:;:::  ヽ     ノ                 ヾ、_.)
                  ``={.]∟!{ |;ヘノ,!::::::::{:: `ー'_,.ィ
       ,、 
     |\/ /,ヘ                                             ___ ̄―==
    / 〈.ヽ'/ /     /7                                  ̄ ̄___ ̄―===━
    ! .r、゙''| Y  /二‐' フ                  ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
    ヽ/ } |     //| |´  __ _
      | .!     /ノ |/    |_| U/〉
      |/            〈/
      !

24名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:25:18 ID:9nemJ7oo


                                                     ヾ>
                                                _____ ヾ_>
                            / ̄ ̄\   ..    ゛ ,     /___   ./
   , -ー―- , ___、 -ー―ー-,r'゛'‐v‐ ,、- , .:.:.:.:/.:,.,\.:.:.:/\  \    \\       /  /      _ ヾ>
   ゛' ゛'  ,:::::::::::::::::::_::::_:::::::::::::::::゛' ,::::::\:゛‐, |.:.:.:.:(○(○  |.   .\゛ ,   \.      /    \    /  /  ヾ_>
     , ゛' ゛'  ,:::::!::::::::゛' 、-ー- ,:゙i::::゙i:::゙i::〈.:|..:.:.:(__人__) |..     \           /  /\/^   /  /
    ゛  ,  ゛' ゛'  ::,_-i''`、..,,,. ゙i:\::\\ (,.:.:.:.:.:`⌒´  |       \\     /  /      /    \
    ゛'  ゛  ,  ゛' ゛'  , ̄_-ミ_',:::::!、::::゙i::゙i {..:.:.:.:.:_.  ,r'           \     ./  /       ./  /\  \
         ゛'  ゛  ,  ゛' ゛'  ̄゛',t-,r、 -ー  (, . ゙i_,r':゙ii            ^--'      . /  /  ´\/^        _
   ゛ '   ,     ゛'  ゛  ,  ゛' ゛゙ッ,, ゛    ゛  ー―!、ミ_,.,゙i:l              /¨⌒^ ̄ ./  /      ___   /  /
   :::::::::::::::゛ '   ,    ゛'  ゛   ,   ゛' ,   、 ニ'- ゛ ' ‐-゙i;;\(,             '._ ,>'´  ^--'     ./___/ ,/  /
  :::::::::::::::::::::::::::::,,r''   ,     ゛'   ゛   ,`'‐゙.,'‐- _, !、 _i:::;;;;;;;゙i                 ,' /      ___           /  /
  ::::::::::::::::::::::::::::(,\,,/゛ '   ,            ゛ '  ゛' -'`i::::::;;,r'- ̄            ; }    //´z≧ァ`ヽ    ___/  /
  :::::::::::::::::::::::::、ッ ̄:::::::::::__ノ.ソ '   ,         ゛ ' ゝ;;,:::::!、         .,`‐- ,  f^     ′{ f__ i f=   ./____/
  :::::::::::、==ッ:::::::::::_┌フ_l ゛,' ニ≡{il::゛ '   ,        ゛ '  ,_        ; ミ_ i.゛' j    l 彡;三___」{
  :::::oッ:::::::::::::::::┌フ'_l'┘ !. ゙i'ミ_ニニニ[=ri;;゛ '   ,           ゛ '  ,_      ', ' , /     |{ ,/ー-、__} /\
  ::::::::::::::::::::::、  ` /ッ゙i. ゙i. | |. !×|.   ,r'`ッ\,__゛ '   ,        ゛ '  ,_ ゛' , {  ヽ、 l'└―-、/,/
 ::::::::::::::::::/ ,' ,r' 、`   \ ゙i!. l. |×L/. /     \.' , ゛ '   ,        ゛ '   ,_    ̄ ̄. (,  ┌ ッ
::::::::::::::::,,r'  ,'. l. ,'__ __  \(,(, !Ξ!,r',r'´  __ 、,r'   ゙i ゙i     \ '   ,        ゛ '  ,_    ゛'‐';∵・
::::::::::::::,r'  , '.  i i _ _ 二ニ゛>,,r''^'(, ニニ二__   ___! l     ゙i.、,::::゛ '   ,         ゛ '   ,_   ・“
v⌒゙i,'   ,r'   l. !   ,. --ー''´::::::::::::::゛' ,ー‐- ,,,,____,,! 丿   /ゝ !、:::::::::\゛ '   ,       ゛ '  ,_
  ,r'ミ_,入_ __ (, l-ー'`、-.,__、-v-,::::::::::::::::゛''‐-  ,____,ッ!、_, 二7''-ー`´フl:::::::::゛'‐-  ,゛ '   ,       ゛ ' .
、 !  ,r' ゛'‐-,r' ´::::::::::::::l      ゛` ̄\:::::::::::::::::::::::::::゛'i/-<`〉     !::::::::::::::::::::::::\,  ゛ '   ,
、i  ソ_ _,, / - ,:::::::::::::,,r'            !、___:::::::::::::::::::,r';;' ー-ミ_二ニッ`::::::::::::::::::::::::::::::::'‐- ,   ゛ '   ,
゛',r'-‐/    \、--゛             ``  ̄゛ ,';ニ三二ミ_ニニ,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、,r'       ゛'.
                               i        ゛/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!、


やらない夫の攻撃! オークに7のダメージ!
オークは瀕死の重傷を受けて倒れた!



<改変例ここまで>

25名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:25:40 ID:9nemJ7oo


                 __           _
               /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
              ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
             /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
              /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
             /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
               /: :!: : /イ==  == i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ           私のAA技術だと、これくらいが限界ですね…。
           /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ      
             /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ      効果音とかエフェクトとか、その辺を
          /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、       付け加えるだけで大分印象が変わるので、
           /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、    試されてみてはいかがでしょうか。
        /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、   
         /: : : : : ::{   /:::::|::::::| ii |`iミY:::r-´ヘ::::::》: : : : : : : : : : ',
        ./: : : : : : : |   \_|:::::::| ii |:::}   }ヘ:::::::i/ ',: : : : : : : : : : ',
      /: : : : : : : : |     |:::::::| ii/_ヽ∠ヽ`、:::ヘ´」',: : : : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : : :',       |::::::∨ーt´--`-}::::;::ヽ:|',: : : : : : : : : : : ',
      i: : : : : : : : : : :\    \/:::::/    |;:r-:::i:! i: : : : : : : : : : : :',
       {: : : : : : : : : : :ヽ:\   /:::::::/     |:|!;i|:::| |: : : : : : : : : : : : :|
      ',: : : : : : : : : : : :\___./__:::::,'       ,':|iiii|:::|:|: : : : : : : : : : : : :|
       ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/::,'     /:::|iiiii|::::|: : : : : : : : : : : : ::|
       \: : : : :\: : : : : : /::::ヽ{     /:::::|iiiiii|./: : : : : : : : : : : |: :|
         ` - ,,_二==-{:::::::::::::::}  ___/::::-=二´: : : : : : : : : : : :ノ: |
                  ヾ三彡   >、`ー---´: : : : : : : : : : /: :/
                        {:`ー\: : : : : : : : : : : : : /{/
                        `ー- `ー,, __ ,, -´

26名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:26:13 ID:9nemJ7oo


          ,ー、   __    ,ー、
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :ト、: : : : : :゛ : : :.i
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |
       ((||)).|レ! / ┬┐ リ┬┐ル: : !┐ : : |      それから、ストーリー面で一つだけ、
       |~| .|: Vl.  し'   .し'  |::/ .」|: : : : }       唐突に感じた場面がありますので、
        /⌒ヽヘ ヘ   ∇    j,./⌒i !: : : : i      お伝えしたいと思います。
        |\ //:::\>,、 __, イァ.i´⌒ヽ|: : : : :i
      ((||))/::::::::::/ `V{__}V´==.|::::/ 7.|: : : : : |
       ゛‐-- ´   .ハ    |ー-/ ; : : : : ノ



http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281625964/677



      _,,.. --、_}ゝ、 /^ヽ、   __
      >、_,....、| \:`゙ー-': :´ ̄: : :  ̄` ‐-、   ,-、_
       >---,ー'-': : : : : : : : : : : : ヽ=-、__::`..:ー-、
       /  //: : : : : : : : : : : : : 、: :|::|\::::::::::::::/
      ー-‐'y' _,, : ::/ : : /| : : : |ヽ : : : ゙、l、゙:::::ヾ、-'/
       /,r':/ : ..:/ 、  / :| : : : ::| ∨  ,  : ヾ、::::::/::ヽ
       '´ /::/: .: :::|::  `/、 :|:: : : : :|  ',/ : : : :|ヽ::/ l:::::|
          〈::/../ |   / \|::   ::| -‐' ',: : : :: :|l::::::} `ヽ:|
       /V:∧:| :,|:: : ::/ ┃ .V:. : :: | ┃ ',:: : : ::|::',::/: : : ヾ|
        ./: |/ .V|/|: ::::/ ┃  ',: : : : | ┃  |、:: :: :|、ノ':: : : ::.|         やる夫さんが首席とのことですが、
      /: :   .:: :|: ::‖ ┃  `、:: ::| ┃  |',: :: :: | |. |:: : : :::',        ここまで特に優秀そうな描写もなかったので
      /:: ::  .: : : |V:7l 、、、    ゝ、| 、、、 |: ',:: ::/ノ |:: : :: :::',        少々面食らいました。
     ,' :: :: .: :: : | .∨ゝ、    ,-、 ヾ   ,-|:::〉: /   |: :: :: :: : ',
     ,':: : : :: .: :: : |   _lヽー-  ∟ ヽ__ -=ニ_|:/∨    |:: :: :: :: :: ゙、     これ以前に、やる夫さんの才能を感じさせる
    ,': : : :: : :: :: : |  {ミ l、  ,, ‐' 、<><> .| |/ 7、  |:: :: :: :: :: ヽ、    描写を一つ二つ入れておくと
    ,': : :: : : : : : :: :|   ゙ー、\(‐-ヽ| ∧   `^、_/ヽ.ヽ   |:: :: :: :: :: :: :: ::、  良かったのではないでしょうか。
   ,': : : : :: :: :: :: : :|     \_,.く_)/ヾ    .:∧._/./   | :: :: :: :: :: ::: : ::゙、
    l: :: :: : :: :: : : :: ::|          .} : :: :::::  (  ;′  |:: :: :: :: :: :: :: :: :ヽ
   ,': :: : : : : : : :: : : :|         ,,l"ニ= == = `<   .|: :: :: :: :: :: :: :: : :∧
   |: : : : :: : :: : : :: :: |        .<'、_  ,     .,<l   |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :゙、
   | : : : : : : :: : : :: : :|        `ー、,ニ=ニ=ニ=イ‐'   |:: :: :∧:: :: :: :: :: :: :: :|
   |: : : :: : : : : : /V: |          |、_,.|   |、_|      | :: :/ ヽ: :: :: :: :: :: ::|
   |: :: : :: : : : / ',::|           |::::::|   |:::::|     |:: :|    \ :: : :: :: ::|
   .|: :: : : ::/   .∨            |::::::|   |:::::|       |:::|     \:: :: ::/
   |_;:: イ                ゙ニ′ lーノ      |/       \:/

27名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:26:43 ID:9nemJ7oo


       ./: :./: : : : : : : : :/ l: : : : : : : : :ト、: : : : : : : : : : : : : : : : : :
      /: :./: : : : : : : : : : /  !: : : : : : : :.l ',: : : : : : : : : : : : : : : : :
    /: //: : : : : : : : :へ:./   ',: : : : : : : l.  ',: :./: : : : : : : : : : : :
   // li: : : : : : : : : : : /\   ',: : : : : : :l  X: : : : : : : : : : : : : : :
       !:l: : : : : : : : : :./   \  ',: : : : : :.レ'  \: : : : : : : : : : : :
      .l:.l: : : : : : : : : :! _.. - ._   ヽ: : : : :.l  ,、 -‐r-、: : : : : : : : : :
        ! :l: : : : : : : : :.l/ /-、:::ヽヽ  \: : :.l イ  )::: ', ヽ: : : : : : : : :     それ以外には、今のところ
       .l: :l: : : : : : : : :l{ ト-'::::::::lヽ   ヽ: :.l. トr':::::: l  〉: : : : : : : :    目立つ問題点はないと思います。
       .l: :.l: : : : : : : : l.ヽ ', :::::::: l     \l. l :::::: / |: :\: : : : :
       .l: : :l: : : : : : : :li  ヽ::::::/        ヽ-- '  l: : : :ヽ: : : :.     強いて言えば、パーティメンバーのうち、
        ! : : l: : : : : : :.l:i                  l: : : : :/\:      やる夫さんと水銀燈さんにばかり
        l: : : : ',: : : : : l: .l        '         l: : : :/::::::/:      焦点が当たっているように思えますが、
        .l: : : : :ヽ: : : :.l: : ヽ       __      /l: : :/\:/: :    まだ他のキャラクターに焦点が当たる場面が
        l: : : : : : \: :lヽ: : lヽ    i゛/   )    イ l: :/l   l: :      来ていないだけなのだろう、と私は思いました。
.         l: : : : : : : : ヽ!: l\l >   ヽ      / lヽl/: :.l   l: :
       .l: : : : : : : : : : : ト\___r‐> . __ .  '゛    ! \-ゝ   l: :
         l: : : : : : : : : : : :l `─┬'" V|      /    ハ    l:
       l: : : : : : : : : : : :l_.. -‐l   li      /     lレへ  l
          l: : : : ,、 -‐ '"    l   〉   rヘ       l > |>
          l: : /        <l  / |   l  \        l. 〉 l )
          l /         ( l / ヽ─── >、    l〈 lヽ

28名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:27:02 ID:9nemJ7oo


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                              ┃
┃    ※ 総評 ※                                ┃
┃                                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



         /rヘ::>'"  ̄ ̄  ` <::
         l〈 /: : : : : : : : : : : : : : \-l:::l
         l::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::l
     ___/_L: : : :/l: : :/ヽ : :l: : : :.i: : l: : ',
    / 、_、_,.ィ゛: : :/ l/    ',: lヽ : : l: :l: : : ',
 r-/ 、>┴‐- 、li: : :./       ',l ヽ: l: :ト, : : :
 l:::\__, <T ̄li: : / __     __  ',:l: /:l : : :       長編は初めてとのことですが、
 l:::::::::::::::::::::>: :li: /l  ⌒     ⌒  リ:/:ノ: : : :     テンポよくサクサク読めますし、
 l::::::::::::::::::/: : :ヽl: ト、/// __ /// /: : : : : : :     先の展開も気になります。
 l:::::::::::::::/、_: : : : : l >.、ヽ_ノ   ィ: : : : : : : : :
. !::::::::::::::::::::::` ‐r┴'"⌒>'T r<_ l: : : : : : : : :     とても面白いお話なので、続きも期待しています。
  ヽ:::::::::::::::::::::::::l   /: l.イ`く/: :./  ヽ: : : : : : :
    ` -r─---┴r-./: : : :l-〈: : :.}   l: : : : : : : :       以上、初音ミクがお送りしました。
.     l: : : : : : : :l 〈: : : : :l l: : /__  /: : : : : : : :
.      l: : : : : : : :l  ',: : : l l: :/:::::::Y |: : : : : : : :
     l: : : : : : : :.l  i: : :l. l:/:::::::::/ ! : : : : : : :

29名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:27:17 ID:9nemJ7oo
以上です。
お話の邪魔をしてしまって申し訳ありません。

30名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:35:45 ID:6n1yIgKc
評価乙です

31名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:43:33 ID:j/BJrjNQ
お疲れ様です

実際にやるTRPGって面白いんだろうか

32名無しのやる夫だお:2010/11/11(木) 23:48:36 ID:OoF1J8Rw
乙でした。

関係ないけど前スレはエヴァ開発さんと花京院さんだけで埋められそうですねw

33名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 00:40:22 ID:7EknW.So
評価乙です

>>31
卓を囲むメンツ次第

34 ◆mcNo69nznE:2010/11/12(金) 00:55:57 ID:AMTep5O6
初音ミク様。
評価ありがとうございました。

フラン解放につきましては、完全に私の説明不足で返す言葉もありません。
評価スレの過去スレを読んで、地図の重要さを把握した時点でやっとそのあたりの説明が足りていなかった事に気付きました。
そこで慌てて地図を作成したのですが、公開するタイミングが2スレ目までずれ込む事に。
このあたり、自分の技量の不足を痛感しています。

戦闘のAA改変例は大変参考になりました。
原作がRPGですので、これからも戦闘シーンは数多く出てきます。
改変例を参考にしまして、より楽しめるように努力していきたいと思います。

あと、やる夫の頭のよさも描写不足でした。
これを書いていた時は、中々メインの話に絡めない水銀燈の動向に焦りを感じていました。
なので、彼女をクローズアップしようとしてやる夫の描写にまで充分に配慮が行き渡りませんでした。
考えてみれば、その前の戦闘シーンなど、やる夫の知力を表現する場は充分にありました。

というか、今これを書いていて思いついたのですが、最初のコボルドにコボルド語を喋らせれば良かった!
そうすれば、コボルド語を理解できるやる夫と、出来ないない夫達で知力の表現に差別化が出来たのに。

このあたりの反省点は今後に反映できるよう努力します。


最後に改めまして評価ありがとうございました。
大変参考になり、また勉強になりました。
このお礼は今後のスレのクオリティアップという形で返せるよう精進いたします。

>>31
気の会うメンバーでやるTRPGの楽しさは異常。
ただし、面白さが一緒にやるメンバーに、かなり左右される遊びなのが問題点でしょうか。

35名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:19:57 ID:9C9NyQZo
16レスほどお借りします

36名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:20:38 ID:9C9NyQZo

                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ     紳士淑女の皆さん、こんばんは
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i    今夜も評価をさせていただくロビンマスクだ
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' / ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
         / /  ,.-ヘ   |ヽ. __〉ヽ〈  、  ヽ∨{|  ヽ_,コ |L_! ‖  !\
        /     /⌒!  | ヽ !ヘ∨⊥ --ゝ、 〉! y'´  __ノ .ハ  | ‖  !  ヽ
          /          ハ .|  └‐' ヘ ∟----、 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
       { /(    /ノ| .!    ___ゝ--`ニニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
      ,.‐'/ / ヽ--一 / | |  ___ヽ__´"''−-.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ



       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|            今回評価させていただくのは前スレの>>920
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /           やらビス 〜ZONE.OF.ENDERS〜
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│           現行 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285585067/
    | |  `:―┘  └‐' |│           依頼レス ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/920
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│            私はSFモノが大好きであるが、こちらのゲームは未経験だ
    | └ヘ.     |    ハ.j             そのため至らぬところがあるかもしれないが、ご了承いただきたい
ゝ_/|/\|    |   |∧__ 
    |   \    |   ∧ \  \        そしてネタばれになることもあるので、未プレイの方は気を付けてくれ。
    ∧   \ __| / | 〉  |

37名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:21:26 ID:9C9NyQZo

        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ         さて、貴方が気にしているポイントを順々に評価していこうか。
     |!‐,‐、,┐| ..::::|
     l|`T ̄~| | :::::|         ①原作のスピード感をAAで表現出来ているか
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.     先ほども言った通り私は原作未プレイであるから原作のスピード感、というモノが
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ   いまいち判らない。戦闘シーンなのか、展開なのか。まあ当然前者だろう。では戦闘だが、
    |ト、i   ) ..:::γ    /    第二話でスピード感があったか、と言われれば微妙、と言わざるを得なかった。
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ      しかし、最新話の戦闘シーンなどはこれをスピーディといわずなんと言う!
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘     と思うほどに感じられた。そのためもう十分というほどに表現出来ているはずだ。
    ` (○0ニニニニ;〔



   .   ∧
      |. |   .へ
      ┴:┴/  ヽ
  /.    /   |  ヽ
/.    / n. ∩. ! n n|
    / n. |:|. | |. | |:| |:||V7
  く V |:|. |:|. | |. | |:| |:ll          ②やらない夫とミク、その他のキャラたちの掛け合いは面白いか
   |.  U U. U | U し . | .
   | | ̄弋二>‐亠く二フ | .        これも問題ないな。特にミクの無邪気とも言える性格と、やらない夫の兄とも
   | |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_| |         友人とも言えるような会話にはこちらもほっこりさせていただいた。
   | |.      |   | | __
   | |      |   「 |ヽ   `ヽ    AIと仲良くなる。個人的にSFはこれに尽きると思っている。それも表現出来ている
 二.| レヘ    |   レヘ| |  ̄ `ヽ  ため心配は無いはずだ。
 /レへ.__>   |   / | |  ̄ `ヽ

38名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:22:06 ID:9C9NyQZo

        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /     さて③話の流れやテンポに不自然なところはないか
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /        最新話まで読ませていただいたわけだが、私が不自然さや違和感を
  \ \     / /    /\ `|/          覚えた展開は特にない。序盤であるしな。
   \  ̄ ̄ ̄| |        /           
\   \   /|__>     /             ただ、改善点としてはあるな。
  ヽ    \/  ||     /               以下にそれを書こう。
  ハ    |   ヽ   /

39名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:23:12 ID:9C9NyQZo
257 名前: ◆jaolJpkoLk[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 22:39:10 ID:AOgJHGOo
================================================
                            ___
                      _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,
                   ,..-'"゛                `'‐
                 /        _ -ー¬-、        \
                  /         /       `'‐        ヽ,
            /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ
             /            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ
            /              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!   私の部屋に降りてこい、やらない夫
            ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ
        │                   -ー¬'        ゙弋___ 〉
            |                   l\  、            `'-、 "ヽ    場所は変わっていない、分かるだろう?
         ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |
          ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !
              \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
             /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |
      ._,,, ───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !
  ._.. ー'"゛             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./
''"                       `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                                       ... r''ヽ..,,、
                                ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                                `ヘ、
================================================
              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―−   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l  ・・・・・・・チッ。
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::            【引用しています】

40名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:23:37 ID:9C9NyQZo
258 名前: ◆jaolJpkoLk[sage] 投稿日:2010/10/06(水) 22:39:23 ID:AOgJHGOo
             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./   コツ
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉  コツ
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}                        【引用しています】
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´

41名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:24:17 ID:9C9NyQZo

       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|       こちらはやる夫とやらない夫の戦闘シーンで、やる夫が自分の所へ
./   くV  | | | | | | | | || || |V7     やらない夫を誘ったものをそのまま引用させていただいた。
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│      テンポとは関係ないが、AAを張る際には一行だけ改行させるようにした方がいいな。
    | |  `:―┘  └‐' |│      名前欄などと被って多少醜い部分がいくつか見受けられた。
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│      それでは本題だ。これは宇宙空間での戦闘から艦に着艦したのだろうが
    | └ヘ.     |    ハ.j      そのような描写が一切描かれていない。そのため読者からすると混乱して
ゝ_/|/\|    |   |∧__    しまう可能性があるわけだ。エクシアは搭乗して闘うのだから、降りる姿や
    |   \    |   ∧ \  \  着艦描写などは入れたほうが様になるし、分かりやすいだろう。
    ∧   \ __| / | 〉  |



        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ        テンポは確かに大事なものだ。しかしそればかりを意識して他が疎かになってしまうのは
     |!‐,‐、,┐| ..::::|        避けたいところだな。心理描写や戦闘描写、場面切り替えなどはあんまり書くとグダグダして
     l|`T ̄~| | :::::|        しまうものだが、無いと無いで一気に読者が混乱してしまう場合がある。
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.    以下に私が改変したものを挙げる。
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘

42名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:24:40 ID:9C9NyQZo

================================================
                            ___
                      _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,
                   ,..-'"゛                `'‐
                 /        _ -ー¬-、        \
                  /         /       `'‐        ヽ,
            /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ
             /            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ
            /              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!   私の部屋に降りてこい、やらない夫
            ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ
        │                   -ー¬'        ゙弋___ 〉
            |                   l\  、            `'-、 "ヽ    場所は変わっていない、分かるだろう?
         ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |
          ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !
              \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
             /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |
      ._,,, ───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !
  ._.. ー'"゛             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./
''"                       `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                                       ... r''ヽ..,,、
                                ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                                `ヘ、
================================================
              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―−   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l  ・・・・・・・チッ。
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::            【引用しています】

43名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:24:56 ID:9C9NyQZo

        :  _ _ _     _ _   : .      :
  :     :    :    _ _        :  .     :
 :  _ _ _     _ _   : .      :           ‥∴
                                                /´〉,、
                                9j9h, r,      l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/
    _ _ _ _ :_ :_    _ _             lェェiュ「j,」      二コ ,|  ∴∵∴∵
        _ _ _ _ :_ :_    _ _       巡iェェiュ L巡     /__」     | ̄|rヘ
                              |」|  ,j | l !!          (^ーヵ L__」L/
                                 ヽ// 」L1//          r三'_」
                  ,r‐r-、     巡)、ェェァ(巡j)二トトト、            ‥∴    ∧
               ・==ュノ jL __ _ 7/   /    」 \ヽ巡    r、        r--、 (/
        _,|  ̄ ̄`¨`ー-ュ1、 ー一‐' ─一 `''"´ii1____/  /´  ̄ト,r─ ュ l       _,,,ニコ〈  〈〉
     ー ── - 、二二ニニニ、、、 - ‐   '''"´  イニ  -‐ '  1  ,!」==|」 |      (__,,,-ー''   ‥‥
         |     ̄ ̄ `` ー- 、    「|rーrュ iコiコ| -─' 了二/ ̄ ̄ l,,/       /~7 /)
         |   二カ>  ニュ  | |    |,|・=!」,iコiコ! -‐'' 7 ´ ̄          /二~|/_/∠/
         |           ___  | |    LL ィィイ ___/              / ̄ 」
         |   二カ>  ┴' 」 !,,、、 -‐'' ´             ∴∵∴∵   ~~ ̄
         ,ィ|     ,.- ''"´,.- ''"´                 _ _ _ _ :_ :_    _ _
      /  」,.- ''"´,.- ''"´              _ _ _ _    _ _ _ _ :_ :_  _ _  _ _ _ _
       ̄`T二ニ>'´                        _ _ _       :  :      _ _
                   ∴∵ ∴∵ ∴ ∵∴  ………

44名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:25:06 ID:9C9NyQZo

                               __
                            ヽ、r'ュ_,rッ<、
                       __   li Yvィュ ,{、>イノ _ ___/ ̄rヽ、
                       l ヽ _>ー,ll={ln〈ィl∠f‐/└' - '>/-、||
                       〉、>_i」r‐'/r_ニ/〈‐'´  /ヽ} l/
                       ヽヘ ゞ=(./ー'くヾ='、ヽト、_, ヘ  / /
              _         ∨Yt-ヘ「|ヽ>ヽノヽ」__ト、 ∨ ∧       __
              / /|:..       / / 〉、||〈_>'_/ヘ /7/'〈-ヘ _ヽ∧     :|\ \
             / / ::|::..      ,イ_/>.ノ 〉、ヽノ〈`lー〈/  〕ン ハ`〉∧   .: :|: : \ \
            ,⊥^'|   : :|:..     /- 〃_ フr{_r‐<_}_ユ !-ュ {i =|{(、))∧〉   .:.:|: :  |^'⊥
         ./ /|::|   : :|::     //,〃 >ー└/ | l--┘' /ヽ,|L」 ! || リ     .:.:|: :  |::|\ \
       ./ /  |::|   : :l:. . /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'\ ::|: :  |::|  \ \
       l`´|   |::|   : :l:/                             \|: :  |::l    l`´|
       |:::::|   |::| : :/                                 \   |::l    |:::::|

45名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:25:20 ID:9C9NyQZo

             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./   コツ
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉  コツ
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}                        【引用しています】
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´

46名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:26:20 ID:9C9NyQZo

  |ヽ __ /|
  |/ Ⅳ_                      どうだろうか?
  /   `i l┴L.
  |    | |   |   r―、    ___        私にはAA改変能力が無いのでこのような稚拙なものだが、このような描写を
 |    レヘ_|   |   |   | l    |       入れると、今やらない夫はどこにいて、機体をどのように置いたのかも
―く ̄    〈┬‐‐v   |   {二}_|_|_| |       分かりやすくなっていると思う。
   \___} \_|\. |⌒ヽ.  Y   ヽ
               V   }. |二二ハ      いくつか上記と同じように背景AAを入れることで、さらに読みやすくなるだろう。
 | ̄ ̄ ̄`‐‐┬―'´ ̄!  V  ̄ヽ |     ',
 | ̄ ̄ ̄`:‐‐:|‐‐‐' ̄ |  l   /     l     その分テンポは若干落ちてしまうが、気にするほどでもないはずだ。
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |      |
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |\__/|
  ̄ ̄`:‐‐‐‐、l_/ ̄   |   \__ /



      _ /  |  \_
     / /.  _  |  _  ヽ ヽ
    /  /. _ | | | | |.  \ヽ
    ∧/  | || | | | | | | | |∧            さて④(原作プレイ済みの方) 原作の雰囲気を壊してないか
    ト、  | | | || | | | | | | |_| |                (原作未プレイの方) ストーリーに分かりにくいところはないか
    | | __ |_| | |_l___ |
    |.ヽ|::::TニニX :::::::XニニT::| |            私は後者の方に当てはまるわけだが、ストーリーについてはまだ序盤で
  .  | |\::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |            あることを考慮しても不可解な点は特にないな。未だ不透明な部分はあるが、
  .  | |   ̄ ̄│ ̄ ̄ ̄.| │            それはこれから説明される部分であるだろうし、今ここで言うべき点も無い。
    | |へ|    |    |へ.|
___ト、      |     / \_____    気になる点はあるが、それは次の項目で一気に話させてもらおう。
|二二二| \    |    /|   |  |二二二
    /   \_.|_ /     /  |二二二
   |      /⌒|      /    ̄ ̄ ̄
   \    /   / .|⌒', /
     \_ /   /_ |  | _       /
   /⌒|  /   /  ノ  ノ{  \    /

47名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:26:38 ID:9C9NyQZo

                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\      ⑤その他何でも思うことがあればお願いします
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /          さて、最後はこれだな。思う事と疑問が
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i    いくつかある。それを今から言おう。
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' / ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
         / /  ,.-ヘ   |ヽ. __〉ヽ〈  、  ヽ∨{|  ヽ_,コ |L_! ‖  !\
        /     /⌒!  | ヽ !ヘ∨⊥ --ゝ、 〉! y'´  __ノ .ハ  | ‖  !  ヽ
          /          ハ .|  └‐' ヘ ∟----、 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}

48名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:26:59 ID:9C9NyQZo

【引用しています】

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨丶
       /:::::::::::::::::::::::::              \
     /:::::::::::::::::::::::::::::::u                \
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::U           丶
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::U:::::::::::::::::                 │
 /:::::::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :U     │
 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´   {ー-===._-、      ,.   │
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ._  \ヽ、   /      |
 l:::::::U:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      、⊥エェ_,_ヽ. `く´ ノ    |
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /´ >,`‐゚‐' Y,`-イ ′    ノ |
 l:::::::::::::::::::::::::::::U       /    '゙ _^ニ=、′!、  / j
 l:::::::::::::U:::::::::::::::::::      |    ´"/´´¨   !ヽ,∠ニ=ァ'
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     |    i{          「ージヌー  ぬわああああああああああああああああ!!!
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     !    (         / ヽ \
 ヽ:::::::::::::::::::::U::::::::      |    ヽ、____.人__ノ /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ー=_:::ニニ,二,⌒  ン
 \::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::        、``ー-ニィ  /
   \::::::::::::::::〈 ヽ.:::::::::::::::::      `ー- 、.   ノ
     \:::::::::::::}  `丶、  \            /
       \,,ノ     `>          _/
       ,r''__\_       /ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     //(9}/::ヽ    /::::::ヽ.._... --┐
    /,.イ,ニY〃::::::::〉ーく:::::::::/        {
    / ヒ:シ//ヽ_/:::::::::::::::Y´         `、


      , ヘ、__ _,. --  .  rヘ
     //,ィ':´: : : : `´ ̄: `丶:`ヽメ、r‐-、
  /⌒ン': : : : : :/: : :i : ヽ、: : \: : ヾ,ヘ: : : ',
  ,' : /: /: : : : : l: : : :l : : : :\ : : ヽ、:ハリ! : : i
 l: :/: /: : : : : : ハ: : : ト、: : : ヽ: : : ヽ: レ1:: : : l  メタトロンが流れこんでくる!?
  l: l: :イ: : : メー' !: : ::l'ー-_\_:_: ヽ: : :l :i |! : : :l
  |: |ノイ: :ハァ'7'i' ヽ;:|'´!ハ`ヽ\: : : : :l l li: : : : ',
.  レハ,; |:/〈. !ソ.   ` し' ノ 'i : : : :l  !l: : : : ',   マスター!しっかり!!
   l : :レ' 7"   _'__    ´,.,.!!ヽ : ,'  l:l : : : : ',
  l: : : :!: :ヘ.  |/´ `ヽ u  :ハ:/::ソ  i::! : : : : ',
  ,': : : :l: : l:メ\ 、  _.ノ   イ::/::/ __l::l : : : : :',
. / : : : l: : :!.  `>‐-r   /ヽレ'ァ ン´::::::::ヽ: : : : :',
/: : : : l : : :! /r‐'7,ハ,/ ,レ'__/::::::::::::::::::;ハ: : : : :',

49名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:27:56 ID:9C9NyQZo

           ∧
           | |   へ.
          .‐┴ /    \     私の勘違いであれば申し訳ないのだが、これはやる夫の大型AAだ
       /   /// // ///..|
      / ハ/ /// // / // ハ    攻撃を受けているのはやらない夫で、さらにやらない夫のサポートAIミクは
      |  〉____/ // / ハ    やらない夫の心配をしている。なのにやる夫のAAが使用されているのはなぜだ?
     /  / / U ト‐‐┘ `┬:、__V1
___./  .| | ―――― 、_ `‐‐ | /    それとメタトロンが流れ込んでくるということだが、どのような支障があるのか
   /   | |      /  `‐‐/     よく分からなかった。これについては最新話で判明したが、読み進めているうちは
  /    | レ^|.    /    //      やはり疑問の域を出なかったな。戦闘前後あたりでメタトロンが流入した場合の
  {___!_.ヘ」   /   ,_//\_    デメリットを書いておいてくれればよかったと思う。
 /    ハ     /   /ハ|   |\  



        //\  /|
       / /   V  |         あと、モトコという人物像も半透明なのがどうも、な。
     /// /  // ',  |
    |V ////  // /∧ `ヽ        いきなりやらない夫が敵機体に「モトコか!?」などと話しかけ、ミクがそれを無人機体
    〉イ二X‐‐‐ く // ',  ',       だと主張していた。AIにデータが流用されているほどだ、優秀なランナーだったのだろう。
   //:::::::::::::::::::::く二X / V⌒      しかし、それを知っているのはミクとやらない夫だけだ。
  // ̄ ̄ / ̄\::::::: \  / |
  /厶.   /   /\:::u/ /   |      モトコという存在をもう少し濃くするために、ミクが人物像を簡単で良いので説明を
 / へ|.  /   /  /V /   /       してくれれば有難かったな。「データによると云々」といったふうに。
  ハ.   /    U .へ//  ̄ ̄ \   戦闘中故にそのような描写を省いたのかもしれないがな。
. / ',  /      厶/      _)
/   Vへ    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

50名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:28:15 ID:9C9NyQZo

  |ヽ __ /|
  |/ Ⅳ_
  /   `i l┴L.                   あと、やる夫はエクシアを返せと言った。ということは利用する気があった筈だ。
  |    | |   |   r―、    ___      しかしエクシアにはやらない夫と延命装置が接続されているのが現状だ。
 |    レヘ_|   |   |   | l    |      コレクターではあるまいし、戦力価値のあるエクシアを2ヶ月間放置などと
―く ̄    〈┬‐‐v   |   {二}_|_|_| |     まず考えられない。
   \___} \_|\. |⌒ヽ.  Y   ヽ
               V   }. |二二ハ    やらない夫が接続される2ヶ月の間にいくつか戦闘を行っていたのかもしれないが、
 | ̄ ̄ ̄`‐‐┬―'´ ̄!  V  ̄ヽ |     ',    ともなると専属パイロットがいるわけで、秘密裏でやらない夫の接続は難しくなる。
 | ̄ ̄ ̄`:‐‐:|‐‐‐' ̄ |  l   /     l
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |      |    この空白の2ヶ月が気になったな。
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |\__/|
  ̄ ̄`:‐‐‐‐、l_/ ̄   |   \__ /



      _ /  |  \_
     / /.  _  |  _  ヽ ヽ
    /  /. _ | | | | |.  \ヽ      私が気になった点は以上だ。
    ∧/  | || | | | | | | | |∧
    ト、  | | | || | | | | | | |_| |       貴方の欠点としてはテンポを重視するあまりに説明描写が少々少なくなっている
    | | __ |_| | |_l___ |       点だろうな。そのため全体としては大きな影響が無いが、細かく見れば見るほど
    |.ヽ|::::TニニX :::::::XニニT::| |       荒削りとなっている部分が露見していく。
  .  | |\::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |
  .  | |   ̄ ̄│ ̄ ̄ ̄.| │      しかし貴方の長所は著しい成長速度だと思う。最初にも言ったように最新話の戦闘は
    | |へ|    |    |へ.|       AAの魅せ方が最初の戦闘と比べスピード感、連携感などを感じ取れるようになった。
___ト、      |     / \_     合いの手でもそれを言われているし、例え改変だとしてもオリジナルさをだすために
|二二二| \    |    /|   |     努力されているというのは素晴らしいものだ。
    /   \_.|_ /    
   |      /⌒|      /      欠点というのは治せるものだし、長所は伸ばせるものだ。
   \    /   / .|⌒', /       貴方ならばすぐに乗り越えられるだろう。
     \_ /   /_ |  | _     
   /⌒|  /   /  ノ  ノ{  \

51名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 04:29:35 ID:9C9NyQZo

             /∧/|
            V、_/  V^/|
           /7_.ィ、┌‐(\n
  *o ゚ |+o。   |7 / {二二 \}             o○+ |   |!*l:::j
   o○+ |   |! | /  {二、    |              |+ | ・゚  。*゚  l・
  ・+      + |ト/ _ / ヽ _ハ    ハレハト、 |+ | ・゚  。*゚  l・  o
  ゚ |i    | |l  |二二|====イ__ハ  ハレ     Vハ|+ | ・゚  。*゚  l・  o    にしても、SFはやはり良いものだな!
  ゚  o。!    |i  |    ヽ.   ',    \ト、_、_、_、   イ |゚ | ・ +o   o。!   貴方のスレの一層のにぎわいを祈っている。
   ゚| o ○ ゚ |i|    ',   |      V 〈_ ∠n  ,┴―:、゚ ・゚  。*゚  l・  i   
  | |i 。 *o゚ |! o|     レ‐‐‐|     ∧´ ` ィ/    ',| o ○ ゚ |i
   。 | ・   ・+ |二二二|   ハ   / /  ̄ ̄`ヽ ̄ `ヽ  | 。 * ゚ |     最後に、メタトロンをメガトロンと見間違えたのは
   |+ | ・゚  。*  |       / / ヽ二 /          V    *  ○   秘密だ。
   ・ +o   o。!\     / / / /\             }・ | + l 。o
   *o ゚ |+o。!   o  ‐ / / / /  /\_       イ  l +o+        以上、私ロビンマスクからだ!
                 |  ̄ヽ/ ̄ ̄  `―┬   / |   ○|・
  _|\∧∧∧∧∧∧∧MMMMMMMMMM∧∧∧∧∧∧∧/|_
  >                                       <
   / \ヽヽ   ̄ ̄    / ̄ ̄l       / ̄ ̄lヽヽ ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /   \   ̄ ̄ ̄/ /   /  ―― / ̄ ̄/  .   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  /     \    /     /          / .   / | ノ \ ノ L_い o o

52名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 05:13:35 ID:rMIQWxvY
朝早くから乙

53名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 12:32:10 ID:7EknW.So


54名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 15:02:35 ID:mGg.a.BY
評価乙でした!

55名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 18:52:00 ID:qJLBs25M
ロビンマスク様
朝早くからありがとうございます
以下長文失礼します

>>①②については自分が得たいと思っていた評価です
  自分の拙い技術で表現出来ていたようで安心しました

>>テンポとは関係ないが、AAを張る際には一行だけ改行させるようにした方がいいな。
   自分はJane styleのスキンを使っているので名前欄が背景とは違う色で囲まれており
   名前欄とレスの境界線がはっきりとしているため全く気づきませんでした・・・
   確かにブラウザや他のスキンでざっと見直すと見づらい部分がちらほらとありますね
   指摘ありがとうございます、次の投下より毎回1行を入れようと思います

>AA改変ありがとうございます
 原作がアクションゲームで戦闘がウリなのでどうしても戦闘AAを考える時間が多く
 戦闘以外のシーンがおざなりになっていたようです、
 2コマ入れるだけでかなり変わりますね、勉強になります

>>私の勘違いであれば申し訳ないのだが、これはやる夫の大型AAだ
   仰る通りやる夫のAAです・・・
   やらない夫AAに表情がマッチするものがなく、やる夫のAAを使い
   ミクに「マスター」と言わせることでやらない夫と思わせる・・・という考えだったのですが
   上手く表現できてなかったようです、頭を長くしたり、前後をもう少し考えればよかったかもしれません
   といっても後の祭りですが、次やる夫AAをやらない夫AAとして表現するときには手を加えようとおもいます

>>戦闘前後あたりでメタトロンが流入した場合のデメリットを書いておいてくれればよかったと思う
   実は自分でも気づいていて後の話でミクに説明させたのです

>>モトコ、空白の2ヶ月
   この2つについては後々話の中で説明させる予定なのでご容赦下さい



貴方の評価で様々なことに気づけました
これから欠点をなくし、長所を伸ばしていこうと思います
また、来週6話を投下予定なのでよろしければ見に来てやってください
評価してくださり本当にありがとうございました

56 ◆jaolJpkoLk:2010/11/12(金) 18:52:59 ID:qJLBs25M
酉抜けてました
連投失礼します

57 ◆1wQfyH.yuY:2010/11/13(土) 16:35:56 ID:ri8Xgl8.
始めまして。
一度、現状の問題点の洗い出したいと考えた為、評価依頼を出させて頂きます。

========================================================================================
『   作品名』 【異説】やる夫は神に仕えし悪魔のようです【FFT】
『    原作』 ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 (PSPソフト)

『  現行スレ』 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284735773/
『以前のスレ』 http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1279466326.html

『スレの方針』 ●本筋はそのままに、原作と異なった展開を描く。
           ●原作における敵側の視点も重点的に描く。

      □評価方針         辛口

      □評価スタイル       おまかせ

      □AAの改変具体例      必要(できる限り)

      □その他要望・見てほしいポイント等

       (1)AAで「今、何が起こっている」か、等をちゃんと表現できているか?
         特に、真紅や水銀燈が演じているキャラクターの描写に違和感を感じないか。
         ⇒このスレを始める為に、始めてアスキーアートの作成に手を出しました。
           今まではネット上の情報を元に独学でやってきましたが、一度他の方の
           ご意見をお聞きしたいです。

       (2)[原作ゲームを未プレイの方]
          分かり辛い、理解し辛い内容となっていないか?
           ⇒原作のストーリー終盤の内容を序盤でネタバレするような話なので、
             「原作ゲームをプレイ済の方向け」と位置付けておりますが、
             原作未プレイの方からもご意見をお聞きしたいです。
            [原作ゲームをプレイ済の方]
          ストーリーや設定の改変により、物語に違和感を感じないか?

       (3)原作の雰囲気を表現できているか?

       (4)キャラクターがちゃんと描写されているか?
        ⇒特に、「やる夫を含めた主人公の3人」について評価願います。

       (5)その他、お気づきになられた点がありましたらご指摘願います。

========================================================================================

話としては中途半端なタイミングとなり、評価し辛いかもしれませんが、宜しくお願い致します。

58 ◆25f6D6RY6c:2010/11/13(土) 22:36:50 ID:0fF.sdtg
お疲れ様です。
無事にスレが完結致しまして、今作の評価、並びに次回へ活かすべき反省点をお聞きしたく参りました。

●スレタイ
『やる夫の青春』

●URL
1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1284392208.html
最終スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289591070/

□評価方針:お任せ(激辛・極辛でも構いません)
□評価スタイル:お任せ
□AAの改変具体例:必要(必要希望ですが、評価人様が不要と思いましたら不要でも結構です)
□その他要望・見てほしいポイント等

1. 1レスの分量は適切か否か
2. 行間の量は適切か否か
3. 一度の投下量は適切か否か、また、どのタイミングで区切ればいいか
4. 台詞回しがくどく読み辛くなっていないか
5. 状況や会話の流れから、キャラへの感情移入が無理なくできるか否か
6. 安い話の連続で、読者が冷めるような展開になってしまっていないか
7. スレを通して、女性向けになってしまっていないか
8. 次回作を作るとするならば、スレを通して何を改善すべきか
9. その他、気になる点がありましたらご指摘願います
10. 最期に、評価人様の、読者としての感想を一言頂けたら嬉しく思います


要望の多い厄介な評価依頼ですが、どうぞよろしくお願いします

59怪物料理 ◆LMOnTr0Bc6:2010/11/14(日) 01:01:40 ID:???
失礼します。
以前、評価を受けたことがありますが、話がこれより終盤戦に向かう前に再度、評価をお願いしたく思います。

●スレタイ
『やる夫は怪物料理の名コックのようです』

●URL
1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270281489/
現行:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287670180/

□評価方針:おまかせ(辛口でも構いません)
□評価スタイル:おまかせ
□AAの改変具体例:必要
□その他要望・見てほしいポイント等

1:登場人物に魅力を感じるか(前回も聞いた内容なのですが、以前よりキャラが増え、各キャラの掘り下げ等も行っていますが、それが上手くいっているかどうか)
2:登場人物の行動がちゃんと表現できているか(AA改変のほとんど出来ていない人間ですのでどうしても台詞や地の文に頼ってしまっている部分があるもので…)
3:ストーリーがわかりづらくないか(現在、当初から予定していた通りに本編が進行しているのですが、わかりづらくて置いていかれたりしていないか)
4:AAによる戦闘表現について(自分で上手くいっているか、と考えると、そう思わないのですが…。上記改変具体例の要望もこの部分に関してになります。今後、どうしても戦闘シーンが増えるので、参考意見を聞かせていただけると助かります)
5:その他、気になる点があればお願いします。
6:評価人様の読んでの印象、などお聞かせいただけると助かります。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

60名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 04:37:18 ID:CAFE/x.g
>>59
>●一度評価してもらった作品を、再度評価依頼することもOKです。
> 以前された評価への誘導があればなお良いかもしれません。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

61怪物料理 ◆LMOnTr0Bc6:2010/11/14(日) 07:35:36 ID:???
失礼しました。

以前の評価は
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1234956561/891-896

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/167-171

になります。

62 ◆oyuEEig2Sg:2010/11/14(日) 09:22:42 ID:lfEDvmAI

【評価依頼】

評価人の皆様、初めまして
評価依頼をさせて頂きたく思い書きこまさせて頂きました

□タイトル:【祝福の】やる夫が祝福の鐘を鳴らすようです【カンパネラ】

1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1285077641.html

現行スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287323431/


 □評価方針        辛口
 □評価スタイル      おまかせ
 □AAの改変具体例     必要

 □その他要望・見てほしいポイント等

・ヒロインの魅力は表現できているか(重要)

・話の流れに不自然なところはないか、また描写に不足な部分は無いか

・原作未プレイの方:内容は魅力的であるか、また用語等分かりにくいところはないか
・原作プレイ済みの方:配役によって原作のキャラ、雰囲気は壊れていないか

・AAを使った演出・描写等に問題はないか

・その他問題点、改善点はないか

またやる夫スレ初心者の為、
「こうすれば良いのに」などの具体的指導を頂けたら幸いです
まだ投下量は少なく評価し辛いかもしれませんが、以上の内容で評価よろしくお願いします

63名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 12:27:32 ID:WpJjuDiM
◇【クトゥルフ】やる夫が奇妙な事件に巻き込まれるようです4【かも】:再評価
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/980

◇やる夫は0Gドッグのようです:再々評価
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/667

◇やる夫達が『死』から逃れるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/686

◇やる夫は三河の聖になるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/787

◇【異説】やる夫は神に仕えし悪魔のようです【FFT】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/57

◇やる夫の青春
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/58

◇やる夫は怪物料理の名コックのようです:再々評価
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/59

◇【祝福の】やる夫が祝福の鐘を鳴らすようです【カンパネラ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/62


一気に増えてきた

64名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:32:14 ID:Fe3cnw76
>>59


                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,    どうもはじめまして。
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´   とあるスレで>1をやっております。
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7    ふらりとこのスレに寄ったら
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ    以前から追いかけているスレの作者さんの
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´    お名前をお見かけしたので、
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ      ひとつ頑張ってみるかと
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、         評価人に名乗りをあげてみました。
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',





          /./ ,' ,' /  .//      ノ ,ィ'´   ._ Y
          入{ i i/   //    /,ィ'´.,ィ='´ ̄彡ニミL、 / /
          {ミヾヽ!{i!、,,〃//ノノ/,ィ彡ヘ、__二=-‐--ラ'´ /ノ ,ィ ,ィ
          t i ,ィ='/        .::::::万ヽ=ニ二ニ='´   ノ/イ'´/ .,
       t‐-‐'´ 〉'´ /     i  し .:::::::::弋     ,ィ彡'´    ノノイィ
      ト、_',  / i. /  U    !j   .. .::::: !j `i、`ヽ=彡'´-‐'´  // /       ただ、自分は批評慣れしていないので
      ヘ 二/   }/  {   ,!         ,ィニ}、____   ノノ   /       他の方の批評とはかなり書き方が
       \` ̄´.〈ャ;,,,, ヽ,、( ,,,,,,,,ィ=イ<_,ィ({  ".〈〈 ∨ ̄´'´  ,ィ´ ノ        異なると思いますが、
          入_,ィr(゙弋i〈__二( iО) }ノ〓  |  : }ノ /ヽ、__,ィ彡<_         そこはご容赦頂ければと思います。
          ャヾ-=|'乂ノイ゙゙i⌒乂__ノノノヘ   ∧:::. .' /ミヽ__ノ´ }   `゙ヽ、  
        _>、 .入  ,イ__i__|ゝ=、  _/::  ト、_/  `/  /         `ヽ、   
       ,ィ'´   ` ̄´`ヘ廴_,ィ‐'    ̄`}/ ;;:   / ;    //   ,'             `ヽ  
     ∨      .::::,=リ -、,-‐-   ,'.{ .;;:.  /:: i   //  /       ,ィ='"´⌒`ト、
    ∨i      .:::: ヘノヽ二⌒゙>-‐、、)) .ノ.,イ;;:: ; /./  /      /     /,' }
    ∨ i     ,  :::  }' .j,=-‐'´:: .,ィ' .,ィ≦,ィュ ;;:./ /  /      ./       .'/;' |
     { ト、  i´、  '´  jィ'´ :: .,ィ=≦ィ'´ ;;  ,ィ'/   /   /     /         /.'. ´)
    i リ 万 ', } ,'  .{...  ,ィニ-‐'´ ;;;. _,ィ=ニソ    /   /     /        ./ ,ィイ´}
    { レ ト、 ',ノ i  /  ,,..   ,,,-‐'゙´,,,,ィラ´ノi>、 /   /     /        '//,イ{
    ∧ {i .i `ヽ、ゝ/  ,'   '´  /:::ノ ./,イi  Y   /     /      / // i


.

65名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:32:36 ID:Fe3cnw76



1:登場人物に魅力を感じるか




          __,ィ‐ォ‐イ⌒彡`ヽ=、
        ,=イソ/ノ//'´"´7 }ミ、\   ,ィ
       ノ彡`´      . `トミ、_,ィ≦"/         では早速。
     r'"/   u  ,,,,=<゙゙゙: : ミヾ、_  '"7 __,ィ      『登場人物に魅力を感じるか』
     λノ,,,,,,,,,ェュ''''7´ィぅ)゙v‐-=ゞ、ミニ彡'≦'´ ノ      行ってみます。
     /〉'´゙〉-、`7廴二ノミヽ r=テ-、ニ二 ∠=イ
  ト-‐'´ .辷ン{"\,ッ `ヽ、__   }  7〉∨彡'´ ∠
 、≧='´ / / ヽ込-、_ノ゙ :}ヽ/: : ''ソ ノ三彡/´_,ィ
  \ '´ \{ヽ彡-‐―・´ ::    ir‐'´ミ二三 ̄彡ィ
  `ミ三彡' ∧ 、        ::    八   `ミ-‐ ,イ´
   `´く  ∧:      : _,=-‐'ヘヾ、   =三シ
     ヘ彡'.∧_,=-‐‐'´::::::: ;;  ∨ミ、二彡'´
      `彡'´ >、::::::::::::  ;;   ∨シ'´
       ゝ-ヘ彡入:::   ;;__,=┴'"⌒≧―――
            _i......:::大´  ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;/
             /λ}:::: /  ∨"´;;;;;;;;;;;;;;;;;/





            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ          単純にYES/NOでいうならYES。
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ         基本的に素晴らしいキャラばかりで
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}         好感が持てます。
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,   特に主人公のやる夫は
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´   仲間(群れ)を必ず守ろうとするなど
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ    個人的にもポイント高いです。
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }




           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ     もし今の状態に加える何かがあるとするなら、
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/     それは個人の欲望や目的を描写する具体的なシーンを
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ     増やすことかもしれません。
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、    何がしたい人なのか
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     ',    何のために生きてる人なのか
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|   それを感じさせるエピソードが
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',   もっと増えると、
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i   さらに魅力が増すのではないかと思います。
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ|   たしょうドロドロした本音を垣間見せる感じも
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入  アリでしょう。



.

66名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:33:21 ID:Fe3cnw76




2:登場人物の行動がちゃんと表現できているか




         >―-‐'´ミヽ、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}         出来ていると思います。
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、
        ./       `ヽ、;;;∨
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ
         ト  ヘ、__,,ィ<´ };;;;;;;',
         {            .',;;;;;;;∨
         .〉            };;;;;;;;∨



            __,=―-、__ 
          ,ィ⌒ヽ、  ヽ}`゙ヽ、
         r'´ミ 、ミ、ヾi//彡彡,〉           ただ、行動の動機はもっと強くていいかも。
     i、_   j/´彡'´       ',⌒ゝ-ィイ|       巻き込まれ型のシナリオの場合は
     ト、` ̄´,ィ i::.    u   .::i`―'´ .ノ       キャラ自身の動機は弱くても何とかなりますが、
   ミ`┴‐彡'彡{-‐ォニャ'´ ト=‐ャ、}ミ、_彡ィ       積極的に参加するなら
    ト`ヽ―'´ 「`|彡辷ソ彳゙|i辷ヌミ´|` ̄ /       それ相応の動機があったほうが
    .ミ、__,ィ,火ゝ  ,ィ´゙ニiコ`ヽ、__ノミ三彡        無理がない気がします。
      彡'´/ゝY´{      }j、` ̄フ
       `‐--‐'´人ヒ-‐'ニニ=‐ノ'⌒≦_        例えば、自分と仲間の命を賭けて麻薬業者との殺し合いに
        ,=-‐'/ .,个ヽ、_,ィ´ / ,ィ⌒`ヽ、     参加するなら、それこそやらない夫たちの友人の誰かに
     ,=-‐'  〈 / i\::::// / ./     ヽ、    危害を加えられたとか、
    .人      i `、 r、 Y / .i、 ,'          ',    過去にそれで酷い目にあったとか。
    ,'   ', λ i  .i´|;;;;;;;;/  |ミ、{      , .i,i    
   .i    ', .リ ノ   / .「;;;;/  .|ヾ ',    ,, ノ ノ入   「彼はそういう人だから」で乗りきるのも手ですが、
   i   / },'./   / .|;;;;i    .i   )ミニ //  //  i   読み手によっては無理があると感じるかもしれません。




.

67名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:35:23 ID:Fe3cnw76




3:ストーリーがわかりづらくないか




          __,ィ‐ォ‐イ⌒彡`ヽ=、
        ,=イソ/ノ//'´"´7 }ミ、\   ,ィ
       ノ彡`´      . `トミ、_,ィ≦"/
     r'"/   u  ,,,,=<゙゙゙: : ミヾ、_  '"7 __,ィ      少なくとも自分はわかりました。
     λノ,,,,,,,,,ェュ''''7´ィぅ)゙v‐-=ゞ、ミニ彡'≦'´ ノ
     /〉'´゙〉-、`7廴二ノミヽ r=テ-、ニ二 ∠=イ     
  ト-‐'´ .辷ン{"\,ッ `ヽ、__   }  7〉∨彡'´ ∠     
 、≧='´ / / ヽ込-、_ノ゙ :}ヽ/: : ''ソ ノ三彡/´_,ィ
  \ '´ \{ヽ彡-‐―・´ ::    ir‐'´ミ二三 ̄彡ィ
  `ミ三彡' ∧ 、        ::    八   `ミ-‐ ,イ´
   `´く  ∧:      : _,=-‐'ヘヾ、   =三シ
     ヘ彡'.∧_,=-‐‐'´::::::: ;;  ∨ミ、二彡'´
      `彡'´ >、::::::::::::  ;;   ∨シ'´
       ゝ-ヘ彡入:::   ;;__,=┴'"⌒≧―――
            _i......:::大´  ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;/
             /λ}:::: /  ∨"´;;;;;;;;;;;;;;;;;/





            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ           もし、ご自身が現在「なんだか唐突だなー」
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ          と感じられるのであれば、
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}          伏線をもっと増やすと
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´    いいかもしれませんね。
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }


.

68名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:35:57 ID:Fe3cnw76



                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ       今回のコブラが出てくるお話では、
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,    やる夫たちが(口実含みではありましたが)
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´   『ロド麻薬が町に蔓延して廃人が増えては困るから』
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´   という理由で参戦しました。そこで伏線として、
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7    読者がロド麻薬の恐ろしさを感じられるような
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ    シーンをいれる……といった具合です。
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´    
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ      「(これくらい怖いものなのだから)やる夫たちが焦るのはもっともだ」
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、         と後のシーンで読み手に思わせることが狙いです。
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、      
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',




                              ___  ,i
                        ミ  ,-‐イ´,'ィ'´, '´ `ラノ ,i
         ハ             o  .,イ.,-‐'´⌒彡'´,彡'´彡イ,ィi     例えば、ロド麻薬の中毒者になったモブの敵キャラが
          シ           ミ   {/ ィ⌒ヽ' 彡'´彡'´ '´,'}     やる夫 or やらない夫 or ヒロイン辺りにちょっかいを出させる
          ュ       ,、,,,,,,,,,, 0、 r〉、.斥リミ ̄ト=彡t彡'ノノ-'ノ    シーンを最初のほうに入れるとか。
               ミ,:'´ 二ヽ`i .ャ-/、`〉乏__  〉  'ノ }三彡 '´彡'´
             ミ゙´   ,,-、 ヽトj、 ヽト、ィ  ノ`}ヽ'´ l t<三二ニ彡'
            ,,ミ´ ,ィミ、 〈./ミ. `ヽッ'-‐‐'´  '   ,! ヘ、`ヽ、  ノ´     この点、原作の『コブラ』では『廃人になって地下を裸で徘徊する女性たち』
            ト、,,...::|ヽ、    ο  `ゞ、゙゙゙゙   .,ィ'´ } `ミ三彡'      なんてショッキングなシーンを使って
        ___,,,,、. }  `ゞ' }    ハ  ゜    '.,__,ィ彡::   ',   \彡'       表現していますよね。
       /r‐-  ヽミ    ミ   シ      ゝ、__.\   ',.ィ彳´;|`ゝ‐-i|li|、i,|i (まあそれはこの作品ではやり過ぎだと思いますが)
    ミ/.ィ しーャ-  \、       ュ   ,i|il-‐i‐‐ilラ〉、/ /;;;;;{       ,' `ヽ  
  __  Y´/{、ヽ、`:.-‐'´ } \       i|i|l|'     // 〈r、 /;;;;;;;i     /    }
 ,〈、 )〉'/  ゝ乏tヘ、 .ノ  .\  、、,,,,,,,j,,,,,.     ,イ;;〉ト'`∨};;;;;;;;|     、    |
ゞ=彡´      {、彡'     ミ゙゙   ミ、 \  ./;;;/、}___/./;;;;;;;;;|    \{    .{
         、ヽ\     /ゝ、  ミ、ヽ.ヽ、 〉ο;;;;;{ .| .{ };;;;;;;;;;;|     |    ',


.

69名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:36:42 ID:Fe3cnw76


           ,=-‐--、_
         ,ィ⌒  i ,' /,' `ゝ、
          .r'⌒ヾ   , , ' , '⌒ヽ、        もちろん、ロド麻薬の恐ろしさはやらない夫のセリフの中で語られていました。
     ト、  .j ,',i´`゙゙ヽ//ノ/'ツ .i | ,ィ      ただ、エピソードでも語ったほうがピンと来やすいと思うのです。
     、_!、`"´彡i   u    ./__,-‐'´j.,ィ
      ヽミ彡'´rトャ、,,, 、,,,,ィ≦メ、彡' ,'´/     「ヘロイン以上…その20倍の中毒性を有する危険な麻薬だろ!」
      .`ミ彡ヘ弋う)rt代う)ミノリニ彡,イ
       `ヽ彡ゝ‐'ぇjゝ‐、=イ´ミ彡'´       と語らせるだけでなく、さらに
          ,ィ个、` ̄´,ィ"∧:、 ̄ ゙̄ヽ、
      __,ノ´.i:::|、ヽ`゙'"´:::ノ ',::',     '    『その危険な麻薬で中毒になった可哀そうな人』
   ,>"´   .i::::|゙` ≧、,イュ ; i:::i     i|   『と、その人によって起きる二次被害』
  ,イ      i::::::i_ノく:::ヽノ:ノヽ、|::::',    ノ',   を実際に登場させて、危険さをPRするほうが
  .i ',      i:::::::i  `{::::::}   ',:::::',  、/ .i   よりインパクトがあるということです。
  i  ',  ,   |:::::::|.   ゝ=i   i::::::i  i|、  i 
 .i /,ヘ / i  , i:::::::|    |::::',   |::::::i.  ト、ヽ| 
 ,' / /i.ノ / ',:::::::i、.   |::::::',   ;i::::::',  i )入





            __,=―-、__
          ,ィ⌒ヽ、  ヽ}`゙ヽ、          まあ……、それってすごく頭が疲れますので、
         r'´ミ 、ミ、ヾi//彡彡,〉         自分も面倒な時はついセリフや地の文で
     i、_   j/´彡'´       ',⌒ゝ-ィイ|     抽象度の高めな説明をして、
     ト、` ̄´,ィ i::.    u   .::i`―'´ .ノ     「これはこれこれです、以上」
   ミ`┴‐彡'彡{-‐ォニャ'´ ト=‐ャ、}ミ、_彡ィ     と流しちゃうので、あまり偉そうなことも言えないのですが……。
    ト`ヽ―'´ 「`|彡辷ソ彳゙|i辷ヌミ´|` ̄ /      それだとどうしても読み手の印象に残りづらくなります。
    .ミ、__,ィ,火ゝ  ,ィ´゙ニiコ`ヽ、__ノミ三彡      (下手すると読み飛ばされています(汗))
      彡'´/ゝY´{      }j、` ̄フ
       `‐--‐'´人ヒ-‐'ニニ=‐ノ'⌒≦_       やはりベストはセリフや地の文ではなくエピソードで語ること
        ,=-‐'/ .,个ヽ、_,ィ´ / ,ィ⌒`ヽ、    なのかなと。
     ,=-‐'  〈 / i\::::// / ./     ヽ、   
    .人      i `、 r、 Y / .i、 ,'          ', 
    ,'   ', λ i  .i´|;;;;;;;;/  |ミ、{      , .i,i 



.

70名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:37:12 ID:Fe3cnw76




4:AAによる戦闘表現について



         >―-‐'´ミヽ、           自分は今の状態でも良いと思いますが……、
        /,彡'´ ̄`゙ニ=ミ、ミヽ        あそこからさらに改善したいとおっしゃるのであれば……
      /i }i〃 / ̄彡'´ミヾ/
    i∨|ミ彡' 、    i´j|´` .}         動作の流れを細かくしてみるのは
    ヘ ',ヽ-' i、ミヽ-‐‐'  }   ,|        どうでしょうか。
    `ミヾ、 .ト、_',ミ、Yィt:‐≦_rィi〈        
     \` \三ニゞ、_  !、`ティ         実際に使われていたシーンを使わせて頂きながら
       `ヽラェミ彡'´!、_.`孑         話しますが、
        /;;;;;;`ヽ、 ', .}_.`゙´ 
         / ゙゙゙゙゙`ヽ、ミニミ、|、  
        ./       `ヽ、;;;∨
      /,ィ-‐―‐‐、    ヘ;;;;ヽ
     {/ i     `ヽ、  ヘ;;;;∨      r、
     ∧  ',     i }ヽ  ヘ;;;;ヽr‐-ュ=ィ´ ノ゙゙〉
      .∧       ',i 入  };;;;;|`゙´ {    }
       ∧ ',     リノ イ  |;;;;;{>-く、  /i`ヽ
        .∧ ',     /   Yn、-t'´     }<,,イ ノ
         }',       ノ〉|/,'     .ト‐-‐イ´
          .i∧   / 彡' ,' レ    ,,ィ'
          i ヘ  \乂ノ   ,,,<゙ヘ

.

71名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:37:36 ID:Fe3cnw76





━━━━━━━━━━━━━━━━━実際のシーン━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                  ,,,,,_      _,,,,,,,,,_
                    r<才´  ___.:\ /__/⌒ヾヽ
                /://   /〈〉〈〉〈// //ハ ヽj
                  /:/:′  'ー≠=// /// /´> 、                 だからこそ…
            __/ノ     /⌒'{{ ⅥL:__≧ 、、<> ..
            /ヽノ   ヽγ´ ̄    ヾヽ、__.::::> 、、    <> ..         俺は絶対に負けられん!
         l:::::::::ヽ、\_.:ゝ       ` ー ´     ` <>   <> .
.         l:::::::::::::::::::ヽL                       ` <>   <> .    お前に負けることは、彼らに
         l:::::::::::::::::::::::::l′                          `'<>    <> . 教えてきたことを嘘にすることだ!
.         l:::::::::::::::::::::::::l                         ` 、 `::.....     `  .
         l:::::::::::::::::::::::::l             _____            \::::::`:..、     ` 、
.         l:::::::::::::::::::::::::l            ./:::::::::::::::::::.:.:.:.:...... _      .   \::::::::`:..、      .
         l::::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        \:::::::::::\     ヽ
.         l::::::::::::::::::::::::: l          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧         \:::::::::::\     \
.      l::::::::::::::::::::::::::::!         /::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::l            .ヽ:::::::::::::' 、       ' 、
      l:::::::::::::::::::::: ∠、       /:::::::::::::::::::::::::ミ'i|`ヾヘi、、ノノハ::}           ゙:、:::::::::::::::..       ' .
.      l:::::::::::::::::::/::::::L,,__    }:::::/ヽ:::::ミ才"      ヾ"Ⅵ∨             ' :::::::::::::::::.      ' .
      l::::::::::::::/::::::::::二ニL,____,i!:://ヽⅥミ   ヾ'ニ'= 、  ノリ /                ' ::::::::::::::::..      、
.      l::::::::::::::://:: / ̄ ̄ ̄ヾ:/ハヽン;}::     ぐ世!゙`' ィ=ニ7                 ' :::::::::::::::::..      、
      l:::::::/::::///:⌒ヽ:::::::::::/Ⅵ:i!ヽ ヘ.        ̄'"  イtオ'                   '::::::::::::::::::...
     \/:::://::::::::::::::::::∨/::::::::Ⅵ!  ー、         .{:. /                    ∨:::::::::::::::..
.      /:::://:::::::::::::::::::::ムヘ:::::::::::::ヽ::::::::::l.        ^ r' ./               .「`ヽ    ∨:::::::::::::::...
.       ,:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::ヽ::: ヽ     -―ー /                l   ',     ∨::::::: /
      i:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::ヽ . \.   ー‐ /                .l    }     ∨/
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ∧:::::::::::::::::: ヽ:::;rヽ.__/                    .l   !    ,/
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヽ、                     .,'   :,'  /      /
.      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::____:::::::}>ー--:::::::/                      /   /./      /
       l:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: ̄ ̄\´ ̄ ̄`ヽ、、                    /  ,ノ′     :/
..      l::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/O/.                   / /        :/

.

72名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:37:50 ID:Fe3cnw76


                  / ./             !  /
                 ,i"/             !  .|
                   /./                 l   .!
                /./                  ,!   .!
                  //               l   |
                  /                !   ,!
                 フ                !   .|           ┓┓
                ″                !    !    ┃     ┛┛         ┓     ┓
                              /    l     ┏━━┛            ┛    ┃
                                 ,!    l゙     ┃           ━┃           ┏┛  ┛┛┃
                             !    .!     ━━━┛     ━━┛    ━━┛      ┃
                               /    ,!
                               /    /
                              /    /
                           /    l
                          /    ./
                            /    /
                         /     ./
                           /     ./    |\     /\     / |   //  /
                       /     /   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                         /     /    \                     /
                      /     ./    ∠  ジャック・ハンマー…覚悟!   >
                     ,i′    ./     /_                 _ \
                       /      /       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                      /      ./         //   |/     \/     \|
                     /      /
                    /      ./
                   /      ./
                  /       ,/

.

73名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:38:00 ID:Fe3cnw76


\\ .:/ 〆-‐‐」し--i(::ヽヽ\  ノ |  ヽ・ ..
 . \\/  ,ノ ((   f r‐'^^゙) ):::)) ヽ'´-‐、`ニ \:.
 : ,. \\从/)└ ,.-─-=、、、_.ノ人  ゙ヽ、ヽヽ , ヽ .
.     そ   て // ̄⌒^゙゙ヾ):::....)) //ヽ' `ー ノ |・
 :| ,(.ゝ,    そ/(( ,,.===‐, __」し-ノ (_  !f ̄  | :         |\     /\     / |   //  /
  .|/,ミ "`/'^r  \:::|~`y.○ノ゙r‐'^^゙).)⌒l し!-y⌒、 |::        _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
・: |′,==.    \\ヽ-‐^:: `ー //::ノ (  //》 ).         \                     /
.            \\ | i('⌒ )ゝ-⌒:  // < .| :         ∠     ぐぅああああああっ!   >
・:.. 》 ゙─イノ= '⌒'‐、\\L_ l,f~´`彡イ<| (ノ ノ:          /_                 _ \
  : | ) ) /=、_ヽ、..((......\\`)ノノフ__   ノヽYノ\..         ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
   :\.:((人_.ノっノ )) (( \\))/r''''`/  .)ミソ  \: .       //   |/     \/     \|
   ::> )) 丿,ィ─-、._.,,/ ...\\/ 彡.-‐=二 ̄二\ :゛
   :. ヽヽ=「~ニ---─ラ~/(V/:: \\从/-‐::. ̄       ヽ ・:
    ・・ヽヽ~ヽ-─‐彡.′ノノ :/‐そ   て           \
     : \/゙‐--イ:: . ノ//  ゝ,    そ   ,,---─彡三
      : ヽ 」し-⌒ ノノ/ヽ___"`/'^r .\_////////////
       : ヽ_==-─ ////////////\\///////////
       ・ ////////////////////////\\////////
                             \\
                              \\
                           〈  ̄l
                           /ー'  ヽ、     ハ       __
                           .ヽ、   r'     ノ   !      / ヽ
                           r‐'    ̄ヽ/ ̄   !      !  !
                           /  =  ゙   ハ   __ノ      /  j
                           ヽ  = ゙ / !  `ヽ-―、     /  /
                            ヽ__  = ⌒     _ノ   /  ノ
                           l` ̄   〈⌒/ /ヽ  ノ    /  ノ
                           ヽ-‐ヘ ヽr'_/  | |     /,、__!
                               ヽ.j.    | |   / {
                                    | | _,.-、⌒
                                   ,ノ l {   `!
                                  `¨ー  `ー'

.

74名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:38:12 ID:Fe3cnw76



    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<       …ジャック・ハンマー。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ       それでもな、俺はお前さんがそう嫌いじゃない。
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\


.

75名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:38:26 ID:Fe3cnw76





━━━━━━━━━━━━━━━━━実際のシーンここまで━━━━━━━━━━━━━━━━






.

76名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:38:40 ID:Fe3cnw76



            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ         と、構え→斬撃エフェクト→
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ        ジャックハンマーが斬られたシーン→阿部の感想
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}        の4コマで表現した戦闘シーンをさらに
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´  細かくして
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´   
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i


.

77名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:38:56 ID:Fe3cnw76




━━━━━━━━━━━━━━━━━細かくしたシーン━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

.

78名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:39:07 ID:Fe3cnw76


                  ,,,,,_      _,,,,,,,,,_
                    r<才´  ___.:\ /__/⌒ヾヽ
                /://   /〈〉〈〉〈// //ハ ヽj
                  /:/:′  'ー≠=// /// /´> 、                 だからこそ…
            __/ノ     /⌒'{{ ⅥL:__≧ 、、<> ..
            /ヽノ   ヽγ´ ̄    ヾヽ、__.::::> 、、    <> ..         俺は絶対に負けられん!
         l:::::::::ヽ、\_.:ゝ       ` ー ´     ` <>   <> .
.         l:::::::::::::::::::ヽL                       ` <>   <> .    お前に負けることは、彼らに
         l:::::::::::::::::::::::::l′                          `'<>    <> . 教えてきたことを嘘にすることだ!
.         l:::::::::::::::::::::::::l                         ` 、 `::.....     `  .
         l:::::::::::::::::::::::::l             _____            \::::::`:..、     ` 、
.         l:::::::::::::::::::::::::l            ./:::::::::::::::::::.:.:.:.:...... _      .   \::::::::`:..、      .
         l::::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        \:::::::::::\     ヽ
.         l::::::::::::::::::::::::: l          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧         \:::::::::::\     \
.      l::::::::::::::::::::::::::::!         /::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::l            .ヽ:::::::::::::' 、       ' 、
      l:::::::::::::::::::::: ∠、       /:::::::::::::::::::::::::ミ'i|`ヾヘi、、ノノハ::}           ゙:、:::::::::::::::..       ' .
.      l:::::::::::::::::::/::::::L,,__    }:::::/ヽ:::::ミ才"      ヾ"Ⅵ∨             ' :::::::::::::::::.      ' .
      l::::::::::::::/::::::::::二ニL,____,i!:://ヽⅥミ   ヾ'ニ'= 、  ノリ /                ' ::::::::::::::::..      、
.      l::::::::::::::://:: / ̄ ̄ ̄ヾ:/ハヽン;}::     ぐ世!゙`' ィ=ニ7                 ' :::::::::::::::::..      、
      l:::::::/::::///:⌒ヽ:::::::::::/Ⅵ:i!ヽ ヘ.        ̄'"  イtオ'                   '::::::::::::::::::...
     \/:::://::::::::::::::::::∨/::::::::Ⅵ!  ー、         .{:. /                    ∨:::::::::::::::..
.      /:::://:::::::::::::::::::::ムヘ:::::::::::::ヽ::::::::::l.        ^ r' ./               .「`ヽ    ∨:::::::::::::::...
.       ,:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::ヽ::: ヽ     -―ー /                l   ',     ∨::::::: /
      i:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::ヽ . \.   ー‐ /                .l    }     ∨/
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ∧:::::::::::::::::: ヽ:::;rヽ.__/                    .l   !    ,/
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヽ、                     .,'   :,'  /      /
.      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::____:::::::}>ー--:::::::/                      /   /./      /
       l:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: ̄ ̄\´ ̄ ̄`ヽ、、                    /  ,ノ′     :/
..      l::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/O/.                   / /        :/


.

79名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:39:20 ID:Fe3cnw76


    .:/ 〆-‐‐」し--i(::ヽヽ\  ノ |  ヽ・ ..
   : /  ,ノ ((   f r‐'^^゙) ):::)) ヽ'´-‐、`ニ \:.
 : ・/⌒゙゙~  )└ ,.-─-=、、、_.ノ人  ゙ヽ、ヽヽ , ヽ .
  / ノノ」 し-- // ̄⌒^゙゙ヾ):::....)) //ヽ' `ー ノ |・
 :| ,(.(. l r'^^ //(( ,,.===‐, __」し-ノ (_  !f ̄  | :
  .|/,ミヽ、ヽ /,!′:::|~`y.○ノ゙r‐'^^゙).)⌒l し!-y⌒、 |::       く…
・: |′,==、、丶 )ゝ:ヽ-‐^:: `ー //::ノ (  //》 ).
  ヽ、(vξ.○】i `ー  ノ | i('⌒ )ゝ-⌒:  // < .| :      くそったれがァアアアアアアアア!
・:.. 》 ゙─イノ= '⌒'‐、`ニ ヽL_ l,f~´`彡イ<| (ノ ノ:        
  : | ) ) /=、_ヽ、..((......ノノ'''''`)ノノフ__   ノヽYノ\..
   :\.:((人_.ノっノ )) (( ../^))/r''''`/  .)ミソ  \: .
   ::> )) 丿,ィ─-、._.,,/ .::((/  / 彡.-‐=二 ̄二\ :゛
   :. ヽヽ=「~ニ---─ラ~/(V/::/ / _∠-‐::. ̄       ヽ ・:
    ・・ヽヽ~ヽ-─‐彡.′ノノ :/‐ニ二 .::             \
     : \/゙‐--イ:: . ノ//   ....::::     ,,---─彡三
      : ヽ 」し-⌒ ノノ/ヽ____r‐--、___////////////
       : ヽ_==-─ ///////////////////////////
       ・ ////////////////////////////////////


.

80名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:39:35 ID:Fe3cnw76


                  / ./             !  /
                 ,i"/             !  .|
                   /./                 l   .!
                /./                  ,!   .!
                  //               l   |
                  /                !   ,!
                 フ                !   .|           ┓┓
                ″                !    !    ┃     ┛┛         ┓     ┓
                              /    l     ┏━━┛            ┛    ┃
                                 ,!    l゙     ┃           ━┃           ┏┛  ┛┛┃
                             !    .!     ━━━┛     ━━┛    ━━┛      ┃
                               /    ,!
                               /    /
                              /    /
                           /    l
                          /    ./
                            /    /
                         /     ./
                           /     ./    |\     /\     / |   //  /
                       /     /   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                         /     /    \                     /
                      /     ./    ∠  ジャック・ハンマー…覚悟!   >
                     ,i′    ./     /_                 _ \
                       /      /       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                      /      ./         //   |/     \/     \|
                     /      /
                    /      ./
                   /      ./
                  /       ,/


.

81名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:39:47 ID:Fe3cnw76


                           〈  ̄l
                           /ー'  ヽ、     ハ       __
                           .ヽ、   r'     ノ   !      / ヽ
                           r‐'    ̄ヽ/ ̄   !      !  !
\\ .:/ 〆-‐‐」し--i(::ヽヽ\  ノ |  ヽ/  =  ゙   ハ   __ノ      /  j
 . \\/  ,ノ ((   f r‐'^^゙) ):::)) ヽ'´-‐、`ニヽ  = ゙ / !  `ヽ-―、     /  /
 : ,. \\从/)└ ,.-─-=、、、_.ノ人  ゙ヽ、ヽヽ , ヽ__  = ⌒     _ノ   /  ノ
.     そ   て // ̄⌒^゙゙ヾ):::....)) //ヽ' `ーl` ̄   〈⌒/ /ヽ  ノ    /  ノ
 :| ,(.ゝ,    そ/(( ,,.===‐, __」し-ノ (_  !f ̄ヽ-‐ヘ ヽr'_/  | |     /,、__! /\     / |   //  /
  .|/,ミ "`/'^r  \:::|~`y.○ノ゙r‐'^^゙).)⌒l し!-y⌒、 |:: ヽ.j.    | |   / {/\/   \/\/ |∧/ ///
・: |′,==.    \\ヽ-‐^:: `ー //::ノ (  //》 ).      | | _,.-、⌒                   /
.            \\ | i('⌒ )ゝ-⌒:  // < .| :     ,ノ l {   `!   ぐぅああああああっ!   >
・:.. 》 ゙─イノ= '⌒'‐、\\L_ l,f~´`彡イ<| (ノ ノ:      `¨ー  `ー'                 _ \
  : | ) ) /=、_ヽ、..((......\\`)ノノフ__   ノヽYノ\..         ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
   :\.:((人_.ノっノ )) (( \\))/r''''`/  .)ミソ  \: .       //   |/     \/     \|
   ::> )) 丿,ィ─-、._.,,/ ...\\/ 彡.-‐=二 ̄二\ :゛
   :. ヽヽ=「~ニ---─ラ~/(V/:: \\从/-‐::. ̄       ヽ ・:
    ・・ヽヽ~ヽ-─‐彡.′ノノ :/‐そ   て           \
     : \/゙‐--イ:: . ノ//  ゝ,    そ   ,,---─彡三
      : ヽ 」し-⌒ ノノ/ヽ___"`/'^r .\_////////////
       : ヽ_==-─ ////////////\\///////////
       ・ ////////////////////////\\////////
                             \\
                              \\



.

82名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:39:59 ID:Fe3cnw76






           ドサ……






.

83名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:40:11 ID:Fe3cnw76

          / ̄ ̄ ̄ ̄\_
        _/        / ̄ ̄`-、
      /__       /     | \
     / ̄ \__/ ̄      \  |、
   //     \      /   /^\ \|、 
   | |     |      /  / /ヽー \ |
   | > _   \ \|// / /-、_   | | __
   | / /  `--、_\ ////:::::::::::::::: \|/ \ 
    |`l  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ||、  |
     ‖ lll ::::::::::::::/   |     \    | | /|
   / ̄`l lll    /    / 人       /`l`l/
   | /\\   /    |ヽ-/      | |||//
   | l′| |  |      、-、_/ヽ、_   釗| .||/|
   ヽ \ `|\ ヾ   /`--、_/ ̄\  > /`l
    \_\」 \   /、_、―-″′   | /  |
      | llll  |      / ̄`―、_/ /    |
      | .lll\ `l ヽ―-′       /     |
      |    `ヽ、       _  //     |
      |      \_   _、-ゝ-″|      ト、
      |      `l `―-′    /       | .`ヽ
     /7      `l         |        |   `
   _/`  `l       |        /       |      





                          _   _,,-ー-,,_
                     _,,-ー''"""""::.::   ..::"''ー-,,_
                 ,,-ー''".::                  "---
               /::..         .:::  /:.
              /::.   ヽ_,,-ー''~~~~'_ー-,ノ;_::::...
            ,/::.    ..::/.:.:.:.:.:.:_,,ー'''":::::::::::::::::ヽ:::::::...
           /::.   _/.::.:..:./:.:.:/..:.:.:::::::::::::::::::}_,,
           l::.    .::l ....:_/..::/:..:.:.:::::::,,_-ー''".::
           i::.    .::{  ..::{ ..:::{..: .::,/::,r'ヽ、   ヽ
           ヽ::.   .::i  ..::} ..::}.:: .::{::.. {   ヽ   ..::: ,-ー''" ̄ ̄
            ゝ.:.  .::ノ .:::,i  ,i..:: ,:::ヽ::._ヽ___ノ ,,-ー''"
"''`''''''''`''''`''''''''''"''''''''''"''"''''''`''"''''"''''`''''''''`'''''''''`'''''''''''''"''''''''''"''"''''''`''"''''"''"''


.

84名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:40:22 ID:Fe3cnw76


                    -─‐- _
                 , ´::::::::::::::::::::::::::`::..、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、,_,:::::ヽ
              ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ゙"''r゙!
              i::::::::::::::::::::::::::, ‐、::::::::.,ノ    |
              |:::::::::::::::::::::::/ハ i::r ´‐-__- ..,,|
              i::::::::::::::::::::,イ f.r' レ′ ,,て`゙/          ……
              /:::::::::::::::/ ヘ ヽ      ` ',
                /ー ''"""´   `i'        '
            ∠-‐‐ ''       !    ,,.. _rー ′         
        _ - ''"       ,,_ ヽ ヘ    r '             
    > "     /       ` ‐ヾ、  ,'
 > "         ,            >__、__
     , '      /   ,          ̄   `> _
     /      /   /                  ヘ


.

85名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:40:33 ID:Fe3cnw76



    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<       ……ジャック・ハンマー。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ       それでもな、俺はお前さんがそう嫌いじゃない。
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



.

86名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:40:46 ID:Fe3cnw76




━━━━━━━━━━━━━━━━━細かくしたシーンここまで━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

87名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:41:00 ID:Fe3cnw76


            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、          といった具合で、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ         構え → ジャックハンマーが焦る → 斬撃エフェクト→
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ        ジャックハンマーが斬られたシーン → 遺体が倒れた音
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}        → 残った遺体 → 阿部の感慨 → 阿部の感想
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´  の8コマで描くとか。
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,   
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´   
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i




.

88名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:41:20 ID:Fe3cnw76




5:その他、気になる点があればお願いします。




          __,ィ‐ォ‐イ⌒彡`ヽ=、
        ,=イソ/ノ//'´"´7 }ミ、\   ,ィ       たまには
       ノ彡`´      . `トミ、_,ィ≦"/       「ストーリーが予定通りに進行しなくてもいいや」
     r'"/   u  ,,,,=<゙゙゙: : ミヾ、_  '"7 __,ィ    とキャラや設定を大事にするのも手かなと。
     λノ,,,,,,,,,ェュ''''7´ィぅ)゙v‐-=ゞ、ミニ彡'≦'´ ノ 
     /〉'´゙〉-、`7廴二ノミヽ r=テ-、ニ二 ∠=イ    
  ト-‐'´ .辷ン{"\,ッ `ヽ、__   }  7〉∨彡'´ ∠ 
 、≧='´ / / ヽ込-、_ノ゙ :}ヽ/: : ''ソ ノ三彡/´_,ィ
  \ '´ \{ヽ彡-‐―・´ ::    ir‐'´ミ二三 ̄彡ィ
  `ミ三彡' ∧ 、        ::    八   `ミ-‐ ,イ´
   `´く  ∧:      : _,=-‐'ヘヾ、   =三シ
     ヘ彡'.∧_,=-‐‐'´::::::: ;;  ∨ミ、二彡'´
      `彡'´ >、::::::::::::  ;;   ∨シ'´
       ゝ-ヘ彡入:::   ;;__,=┴'"⌒≧―――
            _i......:::大´  ,ィ'´;;;;;;;;;;;;;/
             /λ}:::: /  ∨"´;;;;;;;;;;;;;;;;;/



.

89名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:41:44 ID:Fe3cnw76



6:評価人様の読んでの印象、などお聞かせいただけると助かります。




                ,.-‐―――、
          ,=-‐――ゝ、彡三ミ、`ヽミヽ、
        ,=‐'´、. U,, ,-‐u ij : : : :`、ミヽ、 `ヽ、
       i'⌒ゝ'//∠,,,,,,,,イォ、: : : : : : : ミ、 `ヽ、 `、     続 き は ま だ か ッッッ!?
      ,ィ乏≧=〟,イ,"=ミヽ`゙ヾ: : : : ,イミ、   `、 ',
     人 、 ヽ _,〉癶辻-ノ入ャ、_: : :ミヾ、ヽ、    `、i
      〉.:'ト::ヽ〉'´...`ヽ、 `‐ヘヘヘ `i ミ、`ヽ、 ヽ、 `、 ',
     乂77777ヽ :: . ヽ     〉ミ,ィ-、  、 `、 、`、  .,イ
     )LLLLLLヽ :: : . |   / '´ェュ、 }、    `ヽ、 y'´,i
     / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;} .,'::  :: ̄ ̄  ノノ://  ゝ、__.,ノ ./イ
     / ;;;;;;r‐‐-、;;i ,'::  ::    r'ソノ./ミ、___,.イ / i
   ./ ;;;;;/ , '  /,'::   : ノ  ,ヘ__,=イ´トミニ二__.,ノ´ ,彡'
   ム__(    /,'::   (_r' / ミヾ、i i i`ヽ、       .,/
  LLLLYヽ乏ノ       } 入ヽ、ヽ、 ヽ`t、二彡<__,ィ
 〈,t-、ヽ、_.,イ      .<´ ,'ミヽ、`ヽミヽ、 ミヽ、`ミニ彡'´
  {ソc゙`ヽ=‐'´  ..ィ<;;;    ,'ミ、`ヽ、ヽ、 ̄ヽ、 `ミ、 フ
  ゞ、心 `´,ィ<'´ .;;;     iミ、ミヽ、ヾ、ヽ、ヽ、ミ、_彡'´
    ̄} ̄´;;;  .;;;; ,=-‐―'´ \_ゝ、 .≧=-‐'´
     .', / ̄ ̄ ̄        \ ̄ ̄




                  ,.,,.._,....、
             ,-へヘ^/´ / /^'"'ヽ
        ,    ,/  ヾ ` ! / '  /~`、`、     
       、i`、_ノ  i'¨~"``・〃 '' "~'; '^ ヽ、_;,ノリ,  ……というのは半分冗談ですが、
       ミヽ、___ノ,'j     u    `:,ミ.    ノノ  半分本気ですw
      、ミ゛-ニニ彡 イ.____,,.〜、__,jト 、.~_  _ 彡  
      `ヾ、_,,.. 彳=((◎))-t((◎))=.it ミ__ニ-'´ノ  
       ヾ、二ニ'-';|: ~ _,.-+!‐!+-、.,__`| |ミー― '",   期待しておりますので
         `-tニ三`ト'",  ^^`   、Tィミ 三ニ-'彡   是非今後も頑張ってください!
        r''""~ ̄⊇==き三≡ー''~,イミヾー,,ニ='    
        ( '´ ,: ~ 冫キヽ ハ ヾ ;' .j'λニ=―-―、_
/    r〜ヾ、   / ∫`ト、 '  ノ ̄~"ヘ ,ゝ   .' !
/   )丶,、!ミ   j / ヾ、 `"./~    ヘ'、.   ,   `i
/  /  / `ー-∠、. `;,/⌒ゝ./ ____ヘ !     ハ
/  /  /     `y i , ‐" ̄       ̄"ー 、    ヽ、


.

90名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:42:57 ID:Fe3cnw76
以上です。専ブラのデフォルト設定でsageていたので最後にage。

91名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:47:23 ID:lcvynpMs
評価乙です

92名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:48:46 ID:9fByQQqk
丁寧な評価乙です

93名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 13:55:24 ID:pTCIZHQY
丁寧な評価乙でした、

94名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 14:05:35 ID:S98Ve/Lw
このAA誰?乙

95名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 14:14:07 ID:X9i.bJXM


銃夢のノヴァ
プリン狂い
敵になったり味方になったり増えたり減ったり忙しい人

96怪物料理 ◆LMOnTr0Bc6:2010/11/14(日) 19:02:42 ID:???
ノヴァさん、素早く、かつ丁寧な評価ありがとうございました。

>単純にYES/NOでいうならYES
ありがとうございます。
そう思っていただけているのならば幸いです。

>個人の欲望や目的を描写する具体的なシーンを増やすこと
なるほど…。
この辺でちょっと掘り下げていく方法も考えてみるとします。
作品的になかなかドロドロとした、という感じにはならないかもしれませんが
「誰が」「何を」「どうしたいのか」を各キャラごとにもう少し描写していく用に心が手見ようと思います。

>自分と仲間の命を賭けて麻薬業者との殺し合いに参加するなら〜
この辺は、もっともな話だと思います。
作者が時代劇など、ちょっと古臭い人間関係が好きなもので「一杯の酒で生死を共にする」という話にしたかった部分があります。
この部分はやらない夫とコブラだけでなく、それを取り巻く登場人物全員にも共通している部分で、ああいう形にしました。
が、「それで命かけるの?」と感じる方もいらっしゃるかも知れません。
仰るとおりだと思います。

>ロド麻薬の恐ろしさを感じられるようなシーンをいれる
実は、ここは意図的に外したシーンであります。
ノヴァさんも仰られる「まあそれはこの作品ではやり過ぎだと思いますが」という部分ですね。
話としては、実際にあの町にジャンキーを作り出してしまうよりも、そうなる前にどうにかする、という感じの方がこの物語としてはらしいかな、と。
ただ、過去の回想シーンなどで、やる夫ややらない夫がロド麻薬の常習者を見るシーンなどは入れておいても良かったなあ…と、思いました。

>AAによる戦闘表現について
なるほど、ちょっと細かくシーン分けしてみても良さそうですね。
参考になります。

>「ストーリーが予定通りに進行しなくてもいいや」とキャラや設定を大事にするのも手かなと
これは、「本編のストーリー進行を一旦、置いておいてキャラを掘り下げる話をしてもいいのでは?」という理解でよろしいでしょうか。
そうですね…本編の進行に関係ない挿話でキャラを掘り下げていくことも考えてみます。
どうも、進行を焦るところがありまして…(苦笑)

>続 き は ま だ か ッッッ!?
もちろん、続きの方も頑張って書いていきたいと思います。

丁寧な評価、重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

9764:2010/11/14(日) 19:14:44 ID:Fe3cnw76
           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,u、__,イミ彡      あ、すみません。
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡      批評は以上と言いつつ
         `二コ弋二ラ´>-、      キャラの魅力について、今思い出したことがあるので
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、    一点加筆させてください。
       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ
       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ
. ∧:::::|i i〈  `ヽ i:::::::',     } ',   /
  ∧::ヘij`'    ゝ\:::'.,   .入   /
  .∧::  ニ=   .\\:'., , '  >イ|
   ∧:. ',     入.ノ:::. //;;;;;|.|

9864:2010/11/14(日) 19:15:36 ID:Fe3cnw76


                     ,=‐'⌒'`゙`ヽ、
                   r‐イミ、 `、/ ,' /⌒i、
                  .,イ彡'⌒ヽ、i , ,' , ',=、‐イ、   ,
                ト、  / ,ィ彡ミ、ヾii///,ィtヽ`、}  ,イ,ィ
              i、| `゙彡'彡´::           ::',`゙‐'"´  ,イ       これは物語に限らないことですが、人間の魅力の一つは
              ト、二ニ=r‐i゙ヽ、    u    ,ィト、彡'´ノ ノイ      信念を持っているかどうかです。
              |ミヾニ,ィ{ ',ト-孑ォ、ィ  i,ィぇ孑イノミ三彡 'ノ
           ,=―‐ヘミ三彡八"乂シノi=i'乂シノミ|'ミ、_彡イ‐-、     それも、なんとなく
          ,' i    `ヽ彡'´,ィヘ_,=-‐ぇi jふ-、__/ミ二__ノノ   i',     「よくわかんないけど偉い人がそう言ってたから自分もそうだと思います」
           / i       `゙`7'"´.i { トェェェェェイ.} 人_彡'´    i ',    くらいのヤワいものじゃなくて、
           ,'  ',      .i::::::|、`ヽヾ;;;;;;;;;;;/.,イ.,'.:|:::::|      ノ .i    自分の経験や思索を土台にした確固たる信念です。
          ,'   i、        |::::::| ` .\ャェェィ/ ,' .,|:::::|i   、 ,'  .i
        .i   .i .',       i::::::|,=-'⌒〈゙==´i⌒ヘi::::::|',   ヽ}   i
        i   ' }     .|::::::i   `,{;;;;;;;}゙'´,ィ'´|::::::i ',   }'i   |
        |    ノ,  ,'   .i:::::::|彡'´ ´.|::::::| '´ ,j:::::::| .',   i. ',  i
        |    /'、ノ   '7i:::::::,' ,ィ   ~|::::::|  ,イ;;',::::::', ', .,、〉'  .|    _  _
    __   j、   ./, 'i  , ' ,' i:::::::i;;;;;;'  .,ィ|::::::|;;;;;;;;;;;;' ',::::::', '., ',.|ヽ  λ  .rt(. '.,(. '.,
  rv'´/ .,イフrャ   ,'´λ;/ .,'.,'/:::::/;;;' ,,,;;;;;;|:ヽ::i;;;;;;;;;'  ',:::::::',. ', .iヽ、  rt .i ',`i 'iヽ 'i
  /〈. 〈 ./ / | | 「| ,' {/ ,',' i::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::i:::i;;;;;;',,;;;;;'.',:::::::',  '.,i'´ , | .', .| i,'  |/ /!
  ', .{. ',| |_ノ jノ.ノ ,ィノ  .,' ,'::::::,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::ii:::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',  i/ .人 `イ i  ,' /.,!
  ∨: : : : : ' . '. /=、/   ,'./:::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',   `、ツ´ `i. . . : : : :/./
   `ヽ、:::::::::::::::ノ  ;i  ,' i:::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::',    .i ,' .,人 : : : : ;i,イ





                rt-r‐ュ-ュ、__
             ,ヘ< .i i ' /, r‐゙ヽ、
             / /ミヾ、V/,,,ノノ,'彡〉 .λ
            .〈ヽヾ````"""""´7 /,'!、 .,ィ.,      そのため、
         、ト、_ノノノ    u    〈、__y=-'´彡´     「このキャラの信念は強いんだぞ」
         トミヽ-‐'´|゙゙ャ、_, 、_ィ=孑ヽ、彡'´ 彡´     ということを示せるエピソードがあるとと、キャラの魅力が一層光ると思います。
        _', `‐-  「代__ノト=廴_ノ'ミ j /ミニ彡7
        ヘミニ= 入´ ノト-iっヽ、__/ノヽ-‐彡イ     そのための手段は色々あると思いますが、
         ≧、彡'´ `Y´‐≧≦‐'  |i ヽ、_,ィ'´     『逆境にあってもその信念を捨てない姿』を
            `ヽ、彡' ゝォ、    /|ミ_ノ       描写するのは良い方法のうちの一つです。
               `゙ゞ‐-| `ゝ-イ ,┴、
                    ,イ´`ヽ ;:   /'`i }`ヽ、       『逆境に陥っても折れないような
           ___>イ:::/ |'`ゝ┐r' /| |::::::',`=‐-、_  強い信念だぞ』、と示せますからね。
      ,ィ"´ ̄    /::::|ノ\\__//`゙゙',:::::::',     `ゝ、  
      ,イ       /:::::i   ゙{: : : }, '´  i::::::::',     /  ',


.

9964:2010/11/14(日) 19:15:59 ID:Fe3cnw76


          __,ィ‐ォ‐イ⌒彡`ヽ=、
        ,=イソ/ノ//'´"´7 }ミ、\   ,ィ        例えば『仲間をなにより大事にする』キャラなら、
       ノ彡`´      . `トミ、_,ィ≦"/        『仲間を見捨てれば自分は安全圏に行ける』
     r'"/   u  ,,,,=<゙゙゙: : ミヾ、_  '"7 __,ィ     ようなシチュエーションに叩き込んでやって、その上で
     λノ,,,,,,,,,ェュ''''7´ィぅ)゙v‐-=ゞ、ミニ彡'≦'´ ノ     『自分を危険に晒してでも仲間を見捨てない』
     /〉'´゙〉-、`7廴二ノミヽ r=テ-、ニ二 ∠=イ     ような判断をさせるとか。
  ト-‐'´ .辷ン{"\,ッ `ヽ、__   }  7〉∨彡'´ ∠
 、≧='´ / / ヽ込-、_ノ゙ :}ヽ/: : ''ソ ノ三彡/´_,ィ
  \ '´ \{ヽ彡-‐―・´ ::    ir‐'´ミ二三 ̄彡ィ    まあ、そのためには、シナリオ上で
  `ミ三彡' ∧ 、        ::    八   `ミ-‐ ,イ´   強烈な逆境を用意する(つまりそのキャラをピンチに陥れる)
   `´く  ∧:      : _,=-‐'ヘヾ、   =三シ     必要がありまして、つまりシナリオに少なからぬ影響を
     ヘ彡'.∧_,=-‐‐'´::::::: ;;  ∨ミ、二彡'´      及ぼすのですが、ピンチは盛り上げ場にできますので、
      `彡'´ >、::::::::::::  ;;   ∨シ'´         そこは上手く組み合わせることが可能でしょう。
       ゝ-ヘ彡入:::   ;;__,=┴'"⌒≧――― 




            __,=―-、__
          ,ィ⌒ヽ、  ヽ}`゙ヽ、            やや余談ですが、
         r'´ミ 、ミ、ヾi//彡彡,〉           逆に、普段仲間が大事と言っているのに
     i、_   j/´彡'´       ',⌒ゝ-ィイ|       ちょっと危なくなったらすぐ
     ト、` ̄´,ィ i::.    u   .::i`―'´ .ノ       仲間を見捨てて命乞い、なんてのは
   ミ`┴‐彡'彡{-‐ォニャ'´ ト=‐ャ、}ミ、_彡ィ       ヘタレキャラの演出になりますね。
    ト`ヽ―'´ 「`|彡辷ソ彳゙|i辷ヌミ´|` ̄ /       
    .ミ、__,ィ,火ゝ  ,ィ´゙ニiコ`ヽ、__ノミ三彡        かっこ悪いですが、あえてかっこ悪いキャラを
      彡'´/ゝY´{      }j、` ̄フ         描くならそういう逆手にとった表現の仕方も
       `‐--‐'´人ヒ-‐'ニニ=‐ノ'⌒≦_        必要になると思います。
        ,=-‐'/ .,个ヽ、_,ィ´ / ,ィ⌒`ヽ、
     ,=-‐'  〈 / i\::::// / ./     ヽ、    
    .人      i `、 r、 Y / .i、 ,'          ',
    ,'   ', λ i  .i´|;;;;;;;;/  |ミ、{      , .i,i
   .i    ', .リ ノ   / .「;;;;/  .|ヾ ',    ,, ノ ノ入
   i   / },'./   / .|;;;;i    .i   )ミニ //  //  i



.

10064:2010/11/14(日) 19:16:17 ID:Fe3cnw76


            ,r-‐' ̄`゙゙ヽ、
          r‐'´ミ i  /,ィ'´`ヽ
         r'ヾ、 、 i、, .'´/ ⌒ヽ
          {'´r゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'""""""ミヽ}            そんなわけで、『今ひとつキャラの魅力が出ないな』
   `ミヽ‐-‐'´ {::.    u     .:}ミ、\_,ィ'イ´      と思えるようであれば、そのキャラの信念を
   トヾ、_,彡'´イヾ、,,,,,,,,, 、,,,,,,,ィ'"トミ、  _,ィ彡_.,      光らせるような仕掛けを打つと
   、ミヾニ彡'´,{|ヽ((込)イ=ト(匁))'イr}ミニ彡'彡'´      うまくいくかもしれません。
    `ヽ二彡'´,ヘ ´゙ライi_j_ト、゙゙` .ノノ、_,ィ彡イ
    `ヾミ三彡'`Y´;_,ミ之_,ィ`7イミヾ、_,彡ィ´
       `‐-≧,ィト、. `⌒´  ,ィ'トミ、二_ノ´        以上、加筆でした。
             }::',>、__,x< {` ̄´
          ,ィ'个、; ;:´  ;´ /ト、
       ,ィ'"´ / }、`ヽ、;:..,ィ'"´ } `ト-=ニ、
    ,ィ'"´   ./ λ` /ヘY/ヘ  ,イ  `、    ̄`゙゙ヽ、_
 ,ィ'"´ ノ   ./  { `´`Y;;;;Y´`´ }  ∨      ノ`i
イ、〈 i / ィイ./  .|'´   ト;;;イ、 \.|   ∨     iノ  }


.

10164:2010/11/14(日) 19:29:32 ID:Fe3cnw76


>>96 これは、「本編のストーリー進行を一旦、置いておいてキャラを掘り下げる話をしてもいいのでは?」という理解でよろしいでしょうか。
いえ、ストーリーを予定通り進行させるために、『そのキャラがそんなことするかな?』とか
『その動機には無理がないかな?』と思えるような行動を取らせるよりは、
予定を組み直してでもキャラが自然に動くようにしてあげたほうが面白くなることもあるでしょうから、
必ずしも事前の予定をガチガチに守ろうとすることもないのでは、というくらいのつもりで
書きました。


しかしながら……
挿話でキャラを掘り下げていくお話はそれはそれで
読者としては歓迎ですw



>>作品的になかなかドロドロとした、という感じにはならないかもしれませんが
や、別にドロドロさせなければいけないということはないと思います。
(別にさせても良いですけども、そこはまさに仰る通り世界観との相談ですw)

これは物語に限りませんが、あまりに良い人すぎると、
「何考えてるか分からない」と思われて逆効果になることがありますので、
それを防ぐために多少我がまま言わせるのも一つの手では、
くらいの意図でした。
二人以上の我儘がぶつかると、ときどきドロドロになりますのでw


>>.もちろん、続きの方も頑張って書いていきたいと思います。
期待しております!

102怪物料理 ◆LMOnTr0Bc6:2010/11/14(日) 20:55:03 ID:???
ノヴァさん、再度ありがとうございます。

お書きになられたすべてを自分の中で消化して形にしていけるかはわかりませんが、ご期待に沿えるよう頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

103 ◆qk1YZdNFfk:2010/11/14(日) 22:39:41 ID:CTHElqQ.
こんばんは、全部で420レスほどの物語ですが、
完結したので評価をしていただきたくてきました。

●スレタイ URL
【エターなし】鋼の鬼 やる夫【二話で完結】(現行、完結済み)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/



□評価方針:お任せ(できれば辛くお願いします)
□評価スタイル:お任せいたします
□AAの改変具体例:お任せいたします
□その他要望・見てほしいポイント等


AA
1. 噴出しや枠などを、ほぼ初めて使用したような状態ですが、うまく使えているか。
2. AAなどで見づらかったり、分かりにくいところはないか。
3. 1レスあたりの分量は適切か、長すぎたりしないか
4. その他、AAで気になることがあれば何でもお願いします。


5. 450レスという短い物語ですが、それできちんと起承転結と盛り上げ、伏線の配置ができているか。
6. 完全なオリジナルキャラクターとして真紅を追加しているが、
  原作を知らない人から見て蛇足になってないか。
7.(できればの要望)
  実は、どうにも短いスパンで面白い話を作るのが苦手で、短編に挑戦してみたのですが、
  それでもどうも序盤がグダついてしまっているような気がします。何か取っ掛かりでもいいので、
  こうしてみたらどうか?というアイディアをいただけないでしょうか。
8. その他、話で気になることがあれば何でもお願いします。

104名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 23:02:21 ID:lcvynpMs
>>103
これは面白かったなー
どう評価されるか期待

105名無しのやる夫だお:2010/11/14(日) 23:05:20 ID:IwXa/rzY
原作知らないから真紅がオリジナルとは分からなかった
逆に原作で真紅的なキャラがいなくてどう意思疎通できたのか知りたいくらい

106名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 00:07:58 ID:40jCnr6.
意思疎通なんてそもそもしてないよ。
そもそも争いあってた魔獣二匹が、主人公たち取り込んで殺しあっただけ。
取り込んだ奴が拒否ったせいで片方が負けて、
主人公は融合して間がなかったから、偶然何とか助かった。

しかし、心情的には原作知ってる人の評価して欲しいけど、そんな奴は殆どいない罠。

107名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 00:19:33 ID:CkH4a5tI
主人公二人の関係ややり取りもほとんどなくて目茶苦茶淡泊だからな
なのに主人公が命かけるからほんと微妙、スレに出てたコーヒーも夢ってキーワードもオリジナルだよ
真紅だけじゃなくて

108名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 00:31:07 ID:vZB5AqhU
…感想は本スレに書き込んだほうが喜ばれますよ?

109名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 00:31:42 ID:40jCnr6.
小説版はもうちょっとマシなんだけどね。
主人公の片割れが所長の息子で、もう片方がその幼馴染。
所長の息子が島を飛び出して、幼馴染がその代わり見たいな感じで重要な立場に……。
その結果怒鬼に飲み込まれたんで、自分が島の外で勝手気ままにやってたことも含めて、所長の息子は幼馴染に責任を感じてるって話だった。

110名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 00:35:30 ID:zi4Iv3wY
>>107
すまん、退散するわ。
なんか迷惑かけてすまん。

111名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 00:37:31 ID:f0GIzE.Q
これから読もうという時に、評価でもないネタバレっぽいのは勘弁してくれ。

112名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 10:21:47 ID:CkH4a5tI
評価依頼って制限なし?
長すぎると駄目とかそういうのはないの?

113名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 10:25:58 ID:wN.gELcI
長くても評価してもらえるときはもらえる
評価人がすでに既読のスレだったりしたら反応早いかもね

114 ◆XnRkilFxSo:2010/11/15(月) 12:58:14 ID:CvHzBK5Y
こんにちは。
1スレ使い切ったので評価をお願いします。
またこれは3次創作です

【やる夫が殺人ウイルスを手にしたようです。】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286457904/l50

元スレ
【やる夫が学園都市に迷い込んだようです】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270275054/


□評価方針:お任せします。 
□評価スタイル:お任せします。
□AAの改変具体例:お任せします。
□その他要望・見てほしいポイント等

IF編なので、最初以外は話の流れなどが異なっています。

115 ◆RYUU.nj4zk:2010/11/16(火) 00:38:52 ID:2/ybPHnA

評価依頼をいたします。よろしくお願いします。

【短編】やる夫はポーカーで大勝負をするようです
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1289724203/

      □評価方針   辛口
      □評価スタイル   おまかせ
      □AAの改変具体例   必要
      □その他要望・見てほしいポイント等


  ①BANKERSという漫画の途中のエピソードをやる夫スレにしたのですが、
   原作既読未読に関わらず楽しめたでしょうか?

  ②緊張感のある勝負が表現できていたでしょうか?

  ③ブラフやイカサマの様子等、わかりづらい部分はなかったでしょうか?

  ④AAの使い方や表現に問題は無かったでしょうか?

  ⑤その他気になった点はありますでしょうか?


特に伺いたいのは④についてなのですが、
自分はギャグスレでは良く「テンポが良い」ということを言われるのですが、
今回の作品についてはそのテンポの良さがマイナスになっていないかな?と思ってしまったのです。

投下し終わった後見直して考えたのですが、例えば
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1289724203/132-133
この部分の描写は
http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1281453822/624-627
このように溜めた方が緊張感が出たのではないかな?と……

最初のままで良かったのか、直した演出の方が良いのか、
またはもっと他に良い表現方法があるのか、
是非意見をお聞かせください。
上記以外の部分でもビシビシご指摘お願いします。

116名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:53:19 ID:znA6qY8Q
さて、22レス程お借りします。
0時には寝るつもりだったのになぁ…

117名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:53:41 ID:znA6qY8Q


                        __,, r=ェェ、
                        ヾ彡≦彡ヽ
                          |三三≦'i          私は学ぶためにこのスレを評価する。
¨¨¨.,二ニェェ、、,,,,,_                  ,'ミ三ミri彡i         そして私はその探求によって得た物を
            ゙̄¨'''''==ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i         礼として作者に還元したいと思う。
              ._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
          , ;r ','r ''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
     _,, ::r'' ´,r''¨´            入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
 __r'' ´_/´                 .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
  ̄ ̄                    /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
                   ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!
                    \    ヾ.`i    l\l l .|
                      \Z_   >i    l !。 .∨
                        .\   .!   .i  /:|
                         `ト、     /  ゚ V|
                          〉`''ー-,ィ   。 V|i
                   _,,,,,,,、、、、、、i  ,,,r .|   , V|i
      __,,,,、、、、r--ー=''''¨¨´ _,,、、r-ー       .〉  i::i, .Ⅵヘ
,,、、r-‐''¨´         _,,r '' ´    <r^'´`¨¨フ  /´ヽ!::::∨:::i .ヘ,
  _         _,,r ''´      ,,r '´ `¨¨¨´  /::::::::::::::::::::::: | ./
     ≧_             /        /:::::::::::::::::::::::::::::::|.!
    /           /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」
             !ゝ-ニ_-┤
           トゞ≧ゝヲ,|         本日はこのスレッドを評価させて頂きたいと思い、筆を取った次第である。
           トII-==-II| _   _, -    1987年製作のアニメ、及び小説が元ネタらしいな。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,         最近、花京院氏で申し訳ない…
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、    そういう気持ちになったりするが、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ   まぁ、負けないように気合を入れて評価させて貰おう。
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |
                ┌───────────────────────────────┐
                │『【エターなし】鋼の鬼 やる夫【二話で完結】』                  │
                │【依頼】>>103                                    ....│
                │【現行】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/   │
                └───────────────────────────────┘

118名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:54:01 ID:znA6qY8Q


┌──────┐
│はじめに  .....│
└──────┘

             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        1987年製作とは…
             !ゝ-ニ_-┤        また随分と古い物を出してきたな。
           トゞ≧ゝヲ,|        まさか秘神黙示ネクロノーム以前にクトゥルフ・ロボット物があったとは驚きだ。
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|    まず、このスレの評価に関係しそうな前知識を述べておこう。
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    【有り】
           ln     __     `丶、 |      ・ラブクラフト短編既読による、クトゥルフの基礎知識有り。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |        ・スパロボプレイ。(ただしアストラナガンは詳しくない)
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|    【無し】
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |      ・原作未視聴
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|       ・デモンベイン知識無し
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

119名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:54:43 ID:znA6qY8Q


           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     ただし読了後、評価のための知識を得る為に検索し、
                ,'ミ三ミri彡i     アクションパートのみ視聴、wikiなどで基礎知識を見ておいた。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




  入_              L. _ ヽ   厶 ´  ̄`ヽハ
   /ヽ            ├‐= ´ ̄|  | , ‐ニ ̄   ヽ!
  /   \       |    _」   r' _ -<二ニ_」      そこから推測するに
 /    /ヘ、      | _/´  !  レ' _ニ_卞Fr-、|      かなりアグレッシブにアレンジしているようだな。
     //  \      「 _     l  } _,fr゚彡Z二`ー<!      しかし高いAA技術と話の構成力によって、
 \  〃      入     l   _ニ-┤ [>匕trriエエ7ァY|      作品が高いレベルでまとまっている作品だ。
   `く       /  \ ├テ´   ヘ レII ト<rェェュ」jト、
    ヽ    /    \j /    ∧」>‐ ニ-‐ T  ̄\    良い作品だよ。気合を入れて評価させて貰おうか。
     \ 〃      ノ '    / 弌      ┼    \─- 、 _
       く      /    /   入       十      \    ` >
   7¬─- ト、 _ ,/_   ノ     /  ヽ___⊥  -‐ _二)  /
  /      /   //      /    弋ァ─‐ァ¬ 二厶-ゝ=,ニ __‐─‐ァ
 /     /  ∠/       ィ       /^Tー= 7 ̄  /    /  ヽ  ̄_>‐-、
 ァ‐-┬ ' /         // |       〃 l|l   ,′  〃    | _ 斗‐ ´ / ,  |
    |  〃      /  /  !     {! 川 l   |   {i| _,. - ´ |     //   ヽ
     j} /    /   /  j}     ,イ!   l  |  _ ィ ´:.:.:.:.:.:.:..:.:|    〃 _ ゝ
 ヽ  /     〃     /   /     / |!    Lノ<_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..!   ∧    `ー \

120名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:55:08 ID:znA6qY8Q


┌───────┐
│AAについて   │
└───────┘


               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|     AAについては簡単に触れる程度にしておこうか。
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    というのも、貴方のAA演出は非常に高いレベルであるため、
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl     私如きでは手を加えることもできんよ。
           ln     __     `丶、 |
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    若干ロボットのAA自体がごちゃっとしていて見辛いが、
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|    これは装飾の多いロボでは仕方ないしな。
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |    それを見越しても、素晴らしいの一言だ。
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i      ただ、一つだけ気になった所がある。
                ,'ミ三ミri彡i
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/388-398
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ    にある、エヴァンゲリオン初号機→アストラナガンへの進化だ。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

121名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:55:56 ID:znA6qY8Q


       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      私がエヴァを良く知っていて、
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     アストラナガンを知らない為に思うかもしれないのだが。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     これってスペックアップしているのか?
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ





             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´     確かに調べた限り、アストラナガンは凄い機体なのだろう。
          i^−--.」      だが、知名度で言えばエヴァが圧倒的に上であり、
             !ゝ-ニ_-┤     かつエヴァ初号機自身が世界を終焉させられるハイスペック機である以上、
           トゞ≧ゝヲ,|      違和感が拭いきれない。
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |





           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ     この件で私がなにを言いたいかと言うと、
             |三三≦'i     「演出の盛り上がりを読者の作品知識に依存してしまった」のだ。
                ,'ミ三ミri彡i
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

122名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:56:23 ID:znA6qY8Q


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                           .┃
┃    やる夫スレ読者全体                           .┃
┃                                           .┃
┃     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        .┃
┃   /                   /\            \       .┃
┃ /                     /iiiiiiiiiiii\            \    ..┃
┃│   エヴァを知っている     .│iiiiiiiiiiiiiiiiii│ アストラナガンを .│   ...┃
┃│                      .│iiiiiiiiiiiiiiiiii│ 知っている  .│    .┃
┃│                   │iiiiiiiiiiiiiiiiii│         .│    .┃
┃ \                      \iiiiiiiiiiii/           /    ..┃
┃   \                    \/           /       .┃
┃     \____________/\_____/        .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \       上の図は『やる夫スレの読者全体』と
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      『エヴァ知識有り』、『アストラナガン知識有り』の層を図にした物だ。
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     無論読者全員が同様の知識があるわけではないため、
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     読者層は『両方知らない』『両方知っている』
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     『エヴァだけ知ってる』『アストラナガンだけ知っている』
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「     この4層に分類することができる。
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     貴方のこの1シーンは、この4層それぞれが受け取り方が違うのだ。
                ,'ミ三ミri彡i                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i     貴方のこのシーンの妙味を万全に理解できるのは『iiii』の部分。
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ    『両方知っている層』だけだ。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i  さらに『片方だけ知っている層』では真逆の受け取り方をしかねない。
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

123名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:57:06 ID:znA6qY8Q


  入_              L. _ ヽ   厶 ´  ̄`ヽハ
   /ヽ            ├‐= ´ ̄|  | , ‐ニ ̄   ヽ!      勿体無いではないか!
  /   \       |    _」   r' _ -<二ニ_」      貴方の最高の演出が、一部にしか伝わらないのだ。
 /    /ヘ、      | _/´  !  レ' _ニ_卞Fr-、|
     //  \      「 _     l  } _,fr゚彡Z二`ー<!     コアな層だけに向けているならともかく、
 \  〃      入     l   _ニ-┤ [>匕trriエエ7ァY|     全体に発信したいならば、こういう不親切さは除去すべきだ。
   `く       /  \ ├テ´   ヘ レII ト<rェェュ」jト、
    ヽ    /    \j /    ∧」>‐ ニ-‐ T  ̄\
     \ 〃      ノ '    / 弌      ┼    \─- 、 _
       く      /    /   入       十      \    ` >
   7¬─- ト、 _ ,/_   ノ     /  ヽ___⊥  -‐ _二)  /
  /      /   //      /    弋ァ─‐ァ¬ 二厶-ゝ=,ニ __‐─‐ァ
 /     /  ∠/       ィ       /^Tー= 7 ̄  /    /  ヽ  ̄_>‐-、
 ァ‐-┬ ' /         // |       〃 l|l   ,′  〃    | _ 斗‐ ´ / ,  |
    |  〃      /  /  !     {! 川 l   |   {i| _,. - ´ |     //   ヽ
     j} /    /   /  j}     ,イ!   l  |  _ ィ ´:.:.:.:.:.:.:..:.:|    〃 _ ゝ



             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´       具体的な解決策としては、
          i^−--.」        『作品Aを知っている AND 作品Bを知っている』向けの演出ではなく、
             !ゝ-ニ_-┤       『作品Cを知っている』向けに演出すれば縛りは緩くなる。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -  さらに『作品Cすら知らない』層にも分かる演出をすれば尚良い。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i      私だと、そうだな…
                ,'ミ三ミri彡i      エヴァ零号機 → エヴァ初号機 という演出にするかな。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ    『エヴァを知っていれば良い』『フォルムの凶悪さが上がるので最低限理解できる』
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ    まぁ、良い演出はまだまだあるだろうがね。
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i  とにかく万人向けの演出を、次は目指してみては如何だろうか?
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

124名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:57:32 ID:znA6qY8Q


┌───────┐
│話について  .....│
└───────┘


      |         _____     \     |
      |     _-ミヘ、   \:: ̄:>¬-、ヽ   |
       |  ,-/,ニヽヽ V::>、     ヽヘ、/  / \ヽ |     素晴らしい!
        |ィく::〈 { {fゥ }jル'//ヘ、    \ /   ヾヽ|
.      lハニーヽ辷彡'∠≦一'ニ二ニ ー-ミ二 ̄´ /!     話の始まりを不安と事件の『転』から構成し、
     |  Vィア ̄               `ヽ、/ l|     本題の始まり、『起』に繋げる。
      |!>rT「 l         ____         \/{     そこから世界観の説明の『承』に繋げる。
       l| | | |├─‐_,二 r─ r ¬  T ̄r ¬-iトLr、ヽ
      lヘ | レ| |::::「 l_,⊥ -┴‐┴ ┴‐┴r 」:::| ト| | |     冒頭から読者を惹きつける!!
     l|  | |::| |::::ト┘             |::::| |::| |>|    話の構成の仕方を良く分かっているな!
     |  l N l:::::|  / ̄ ̄`ー'  ̄ ̄\ |::::| |::| |  |
      |  !|l ト、::|く              |::::| |::| |   l
      !    VLトヘ! >‐┬…¬冖 T  ̄ /::::j厶L!   !
    ノ^ー- 、_    \ニ二¬ー┴‐ ┴ー-/'´      ヽ




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |    特に世界観説明だと
            l   _,二ニミ≧z_   \|   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/61
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   が良い!
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
           ln     __     `丶、 |    私がこういう演出が好きであるため、贔屓目も出てくるが、
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    このたった1レスで
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|    『近未来であること』『東西冷戦が続いているパラレルワールドであること』
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |    この2つの重要な世界観設定が、
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|    端的に、かつ説得力を持って説明されている!
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

125名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:57:53 ID:znA6qY8Q


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´       真紅についても、推測になるが非常に良いアレンジだと思う。
          i^−--.」        全てを知っている彼女が居なければ、
             !ゝ-ニ_-┤       真相は全てやる夫の推測という形になってしまうだろう。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -  そう考えると事実を裏付けてくれる存在、真紅は必要なキャラに思えるな。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     さて、褒めてばかりでも仕方がない。
                ,'ミ三ミri彡i     もっと深く、詳しく評価して行ってみようか。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

126名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:58:37 ID:znA6qY8Q

┌──────────┐
│二人のやらない夫    │
└──────────┘


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        まず、作品の1つの鍵となるテーマであろう、
             !ゝ-ニ_-┤        『理性と狂気、"二人の"やらない夫』に関わる部分だ。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ     冒頭、
             |三三≦'i     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/8-12
                ,'ミ三ミri彡i     "理性の"やらない夫から手紙が来たように、
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i     彼は単純に狂気に落ちたワケではなく、
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ   外からの狂気の人格に"乗っ取られた"ということになる。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i つまり人格面で言えば、やらない夫は二人居る。
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |    「狂気に落ちる」のではなく、「狂気に乗っ取られる」
            l   _,二ニミ≧z_   \|    この展開は
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   クトゥルフ神話の生みの親ラヴクラフト氏の短編でも頻出する設定であり、
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    クトゥルフ神話体系を題材にした作品特有の設定だな。
           ln     __     `丶、 |
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)

127名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 01:58:56 ID:znA6qY8Q


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/103-105
            /^'- _]´       で、やらない夫の本質が変わっていること、
          i^−--.」
             !ゝ-ニ_-┤       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/256-257
           トゞ≧ゝヲ,|        で、やらない夫の「理性の人格」がまだ生き残っている伏線を出した。
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ   そして
        //   キ   ! ヽ,      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/458
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、  理性のやらない夫の最後の抵抗。
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |  狂気のやらない夫の強さと理性のやらない夫の抵抗を丁寧に演出しているな。




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|    素晴らしい!
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    彼だけを見ても演出が一貫して綺麗な話の流れとなっている!
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
           ln     __     `丶、 |
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)

128名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:00:05 ID:znA6qY8Q


            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \       だが、欲目を出すとすればだな。
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      この「二人のやらない夫」という演出。
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     これを後半でもう一度提示して欲しかった。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     この設定が明確に示されているのは、
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「     冒頭、やらない夫の手紙だけだ。
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     読者はな、「展開や設定を忘れる」ことがある。
                ,'ミ三ミri彡i     だから重要な設定の場合、忘れそうな頃にもう一度出す、
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i     そういった配慮も必要になってくる場合がある。
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |     この設定は貴方の
            l   _,二ニミ≧z_   \|     「本来ならば抗い得ない狂気に対して、友のために抵抗する」
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    この最高の演出の鍵となるスパイスだからだ!
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
           ln     __     `丶、 |    この最高の演出を、
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    万人が最大限に享受できるようにしてやろうではないか!
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

129名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:00:27 ID:znA6qY8Q

┌─────────────────┐
│クライマックス部分の『起』について    .│
└─────────────────┘


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/444
          i^−--.」       物語の最高潮の始まり。
             !ゝ-ニ_-┤      夢の進化が『鋼』に翼を与えるシーン。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     良い演出だ。
                ,'ミ三ミri彡i     良い演出なのだが…
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \      エヴァ初号機→アストラナガンの狂気の進化より、
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ     進化の度合いがささやか過ぎやしないか?
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n    このシーンを見た時の私の感想は、
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |    「あれ?アストラナガン飛べないの?」だ。
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ

130名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:00:56 ID:znA6qY8Q

           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     まぁ、この『翼』は飛ぶためのユニットではなく、
                ,'ミ三ミri彡i     『鋼』の出力を上げる外部出力ユニットと見るのが妥当なのだろうが…
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ   どうしても夢の進化が狂気の進化に勝ってるという説得力が無い。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      ここで必要なのは夢と狂気の劇的な対比だ。
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     その為には、夢の進化が勝るという一目で分かる展開が必要だ。
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´      従ってこのシーンを物語の一番高い所に置くために、
          i^−--.」       場合によっては『怒鬼』の進化の演出のグレードを敢えて落とす必要もでてくるだろう。
             !ゝ-ニ_-┤
           トゞ≧ゝヲ,|        物語を高めるために、敢えて演出を抑える。
           トII-==-II| _   _, -                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ  そう言った小手先の演出も必要になってくると私は思う。
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |

131名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:01:21 ID:znA6qY8Q

┌────────┐
│序盤について  .....│
└────────┘



             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        基本的に問題は無いと思われる。
             !ゝ-ニ_-┤        というのも、冒頭の読者を引き込む力が強いので、
           トゞ≧ゝヲ,|        多少のグダつく世界観の説明も、
           トII-==-II| _   _, -  続きが気になる読者は苦に思わず読んでくれるだろうからだ。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     だが、仮にこれを解消させたい場合。
                ,'ミ三ミri彡i     情報の削減が必要になってくる。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ   おそらくは物語全体の情報量が多すぎるせいでグダついていると感じるのだろう。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

132名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:01:43 ID:znA6qY8Q


  入_              L. _ ヽ   厶 ´  ̄`ヽハ
   /ヽ            ├‐= ´ ̄|  | , ‐ニ ̄   ヽ!
  /   \       |    _」   r' _ -<二ニ_」      例えば、「冷戦が続いたパラレルワールドの未来」という
 /    /ヘ、      | _/´  !  レ' _ニ_卞Fr-、|      世界観の設定。
     //  \      「 _     l  } _,fr゚彡Z二`ー<!      これは物語への関与が低いので除去できる。
 \  〃      入     l   _ニ-┤ [>匕trriエエ7ァY|
   `く       /  \ ├テ´   ヘ レII ト<rェェュ」jト、
    ヽ    /    \j /    ∧」>‐ ニ-‐ T  ̄\
     \ 〃      ノ '    / 弌      ┼    \─- 、 _
       く      /    /   入       十      \    ` >
   7¬─- ト、 _ ,/_   ノ     /  ヽ___⊥  -‐ _二)  /
  /      /   //      /    弋ァ─‐ァ¬ 二厶-ゝ=,ニ __‐─‐ァ
 /     /  ∠/       ィ       /^Tー= 7 ̄  /    /  ヽ  ̄_>‐-、
 ァ‐-┬ ' /         // |       〃 l|l   ,′  〃    | _ 斗‐ ´ / ,  |




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´       こうすると、利根川の扱いが難しくなるかもしれないが、
          i^−--. 」       ここは「ソ連」という表現を「某国」に変えてしまおう。
             !ゝ-ニ_-┤
           トゞ≧ゝヲ,|        本質的に必要な利根川の設定は「祖国の裏切り者」だ。
           トII-==-II| _   _, -  裏切る先はソ連だろうが、北朝鮮だろうが物語に大きな影響は無い。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |

133名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:02:03 ID:znA6qY8Q



           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i      ただ、注意して欲しいのは
                ,'ミ三ミri彡i      「情報の削減」は「物語の深み」を浅くしてしまう。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ    この二つにはトレードオフの関係があるのだな。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |    私自身はこの作品においては
            l   _,二ニミ≧z_   \|    この程度の情報量でも大丈夫だと思うよ。
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   無理に削る必要は無いだろう。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
           ln     __     `丶、 |
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

134名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:02:19 ID:znA6qY8Q

            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \      後は…
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ     そういえば、日本がどういう立場にあるのか、
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′    この設定が最後まで出なかったな。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |    アメリカ側についているのか、第三勢力なのか。
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「    まぁ、アメリカ側だと仮定してアレンジしてみようか。
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \

135名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:02:44 ID:znA6qY8Q

ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289124781/22
を改変

              / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|     すいません、デイビット所長。
       r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     つい暇だったんで騒いでしまって……
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ                             _______
      └'`{  .   \.|   /   i                 :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
         ヽ、._   ヽ、_,r'   .|                :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
            `ヽ、   /'  |                 | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|
               `'ー'´                   ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :
                               グッ! | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
                                    | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
                                    | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
                                    ヽ__)_/ :  /            \






━【野郎通信中】━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

       !〃/,rシァ‐''ニ斗彡彡'′     いヾト、ミミ l
       l'ソ/イZ=彡'ア_彡''"        ゙t,ヾXヽヽミl
       l '´,Zr'zェ≦;、,,,_           ヽヽト、tミ l!
       {ハリ キ  (_・,ノ`ミ'   ,.:‐-ェ,,___,,,Nミ!ゞヽl
       tjV ´^''ー-''     /;;;::イ゙て・フ^'‐ァ ヾミミl
        l, l           /;;::::::`` ‐-‐''^´:.:.lリjリ
        ヽj,          /:::::::     .:.:.:.:.:.l/7/      まったく。      アメリカ
       ,. -ゝ、        /:::,;:'    .:.:.:.:.:.:/ィ'′     この研究は我が「ステイツ」も注目している、
      /  .:.:.:.ヽ    r'^' /:::-、    .:.:.:.:.:./'´        重要な実験デース
      i′:.:.:.:.:.:.:.゙! ,,、 ヽ    ノ   .:.:.:.:.:/         はしゃぎ過ぎて失敗されてしまっては困りマス。
.      l! :.:.:.:.:.:.:.:.:l ヾヾニ:ヽ_ .イ..,,_ .:.:.:.:/
     l  :.:.:.:.:.:.:.:.:ハ、 `丶、`'?--彡'´.:/            あと5分で実験デス。
     l,  :.:.:.:.:.:.:./l iト、  、;;,,`,, ̄,,´ :/ーr‐- 、        さっさと終わらせて次の仕事をしてくだサーイ。
    ,イ!.:.:.:.:.:.:.:.:/ ltl \ `゙゙ ''' "´/:.:.:.:.:.l:::::::::::\
 ,.-'",..、:::l:.`'=":.l   い ` ー-‐ ''".:.:.:.:.:.:.:.:l::::::::::::::::`丶、    通信切りマス。
':´::/ ヽ.l:.:.:.:.:.:.:,ハ  l,    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: リ::::::::::::::::::::::::::`゙ヽ、
::,ノ    l!:.:.:.:.-シ' ヽ  l,   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
'´,;   .:.lゞz彡´:.:. 丶、  t;;; イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

136名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:03:35 ID:znA6qY8Q



       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      う、うーん…
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     すぐさま思いついたアメリカ人がネウロのデイビットだったせいで、
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     変なことになったが…
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「     ・日本人のキャラ(利根川)をアメリカ人(デイビット)にすることで、
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ     日本がアメリカ側であることを表現した。
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ    ・台詞にアメリカを混ぜることで、研究の立場を明確にした。
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ
      l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i      利根川の配役は、この作品においてハマり役だと言える。
                ,'ミ三ミri彡i
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i      だが、こと短編に置いては設定を一目で分かるようにする、
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ     「分かりやすさ」が必要になってくる。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ    これを上げていくことで、余計な展開が不要になるのだ。
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ     例えばこの場合は研究の立場の説明シーンが削減できる。
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

137名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:04:34 ID:znA6qY8Q

┌────┐
│総括    │
└────┘


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´       AA演出力、話の構成力、共に高いレベルにある作品だ。
          i^−--.」        依頼文を読んでも、
             !ゝ-ニ_-┤       貴方が独自の創作理論をしっかり持っている良く分かる。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      私のこの評価は、私の創作論を元に評価したものだ。
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     従って、貴方のそれと食い違う部分も出てくるだろう。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }



               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |    そんな時は貴方の創作論を大事にしてくれ。
            l   _,二ニミ≧z_   \|    それは貴方の個性であり、こだわりであり、強みであろう。
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    そもそも、私が正しいという保証はどこにも無いのだ。
           ln     __     `丶、 |    貴方のスレを、評価する前から読ませて貰っていた、
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    一読者の愚かな意見でしかないと思ってくれ。
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

138名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:04:53 ID:znA6qY8Q

          ト<   >────v             _,. ‐ァ
       />、 ヽーく三三工了厂 ̄      ,. <  Y´
      / /    >、 \             ∠  _ \/           さて、以上で評価を終わらせて頂く。
       | V  /   >、     ⊂三⊇     /     -ミ{            至らぬことがあれば申し訳ない。
       ヽ \{  /  -ヘ、            /^ヽ __     |            さらばだ。
       >ー\ {  // ̄`ヽV二ニー  「 l| 、_    ̄|
/ ̄ ̄ _ 二ー- 、\.l |    |l─…  /レ-|  -  ̄二コ
    / _..   -─ヘ ヽヽ _/    />}∠l` ー─ =ニハ                 署名 シュバルツ・ヴァルト
⌒`V /   _, ニミ\         / 'ヽ二 |二ニ=, 一ァ Zヘー--、_
   l/ _ /´       \ヽ       |l   └-fitヘ\冖勹 /ヘ     ̄`7
  ノ / 7          !|      ヽ      ト彡>‐' ̄}]/ ∧  r-   {     _, -
  r' 7 ハ          !|       ` ̄ ̄ ト--r 7ア / ∠ ┴‐ヘ -一'^ヽ>‐´ _, -
. 〈  ゝ' 〉           / /          | ` -イ_ ‐'  _, -ゝ  フ´ _, -'
/^ヽ   { \        / /             }ブ ̄   r一'       /  /
   Vフ^ヽ } ____//        ___ ∠>一' ̄         l  /
  く  /^V  ─‐           /⌒ヽー'                 l   |
   ∨   、                }                   /  /
    、   ヽ          r/                   /  /    っと、スレが更新されてたな。
|      、     \       /′                    /  /     仮面の方だったか。
l    l ヽ     >‐一'  ̄                    rヘ-イ      前作も楽しく読ませて貰ったよ。
;!    l  ヽ    ノ´              /             /  /
l|     l  ヽ               _/               /  /        序盤がかなり改善されているな。
∧     、  \       _,. -一ヘ                 /  /         次回も期待させて貰うよ。
  \     \  ヽー< ̄      ヽ           /  /

139名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:10:57 ID:LTZzYOfc
評価乙でした

自分も20レスほどお借りしますね

140名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:11:31 ID:LTZzYOfc

              /    j l
             /   /!  l
                 /  /  `ヽ,l
             j  、、_____   ,l
            ノ、、 \   / '、
            ノ__ `ヽ、 ` r'  _」
            l-- ニニニヒニ‐t!、
           ノ/ /||佐ぇ  ィッ刋.l.ト、、
           // ,{| l!    i: .:::l.l.| ト、`' .、            こんばんは
          ,.'//l l,|l  .__ ',:::::/|.l | l'、ヽ、`ヽ、      評価人をさせていただきます藤原佐為です
         ,/// l ljヘ!l|ヽ、   .:イl リl | l、ヽ ` 、 \
        / /Lト7  `| 、 `::´:/.:ヽ‐、!.l ヽ`、 `' 、 ヽ、
      _,、-''7, ! {チー─|─`ー'──' j!l、 '、 ヽ、 `ヽ、
   rく´´   /イ!  T`ー‐十─┬──''゙ l.! ``''ー-`-i ヾ'、 、
   ヽ,)、 ::::::;',' |{ .::: }   l    ..:::::::::  ll ::.. :::::.....|ト、 '、'、ヽ、
   j'  ヽ:::i.! l!::: {!   ::::::::::::!::::::::   l! ::::. ::i リLヽ '、'、
   「ヽ ::::::l::!i::::::!  l       !:::::::....  ! :::: ::!/!/ | '、 iヽ
  .i! :::ヽ:::::!::i!:::   !       ::::::::::::::::::::::::::: |::/  | }! lト.ヽ
  i:! .. ::::.ヽ!:::'、   i          ..::::::::::::::::i:. l'   |`'、!ノ} ゙、'、
  l:ノ.::::::.. ::::|::::. `   !      ..::i::::::::::::::::::::::::::!::| ..  l  l:`'、 ',.}
 l//、::::::::::...!::::::...   !    ..::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::i:| l::::::!  !::::\!i

141名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:11:46 ID:LTZzYOfc

         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     ├──┴──────┤
     ├‐┬──────┬‐┤
       |:::::::|___.      __|:::::||          今回評価させていただくのはこちらです
      .|::::::::|二__ '    '二二|::|、::|
      |:::::::::|  TU>   彳 UT|:::| l::|         「やる夫が奇妙な事件に巻き込まれるようです」
      |:::::::|::|  ̄       ̄ |:::|ノ::|         依頼レス:
      |:::::::|::|    〈      |::|:::::::|           ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/980
      |:::::::|::ト   _ _,   |::|:::::::::|
      |:::::::|::| \      /|::|::::::::::|          現行スレ:
      |:::::::|::| へ丶__ , '  |::|. \::|         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281269288/
     <.:::::::|::ト \    / |::|   / ̄|__
   <  \:::|::| \ \ /  |::| _/  /   へ
  / \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /   /  \

142名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:12:01 ID:LTZzYOfc

         | /            |
         |  ̄ ̄ ̄7        |
        ノ     /        |
        l    /        _,,、‐'l
        j‐-、、__j______,,,,,、-‐''__,、、‐'!
          ソ‐ァ、、__l______,,,,,、rTl´:!::l!i:::::.!
          .,'.:i:l!‐-、    ,.‐‐-l、l:i!::l!!i:::::.i
       .i!::i!:k''‐,、    ,‐テ‐i、l:l:::i!キ:::::.i
       ll:::!::|`‐`' i   ー`‐'l´!i:::i!。j:::::.i     評価ポイントはこちらですね
       !l::i:::l!  ノ       ! il::::iく:::::::.i
          i!::!::li:、 ┌‐┐    l ,i!:::!::l:::::::.i     また、前回依頼時に蘇芳・パヴリチェンコ様が評価されています
          ll::i!:::!yト.|┃||   ,.ィ!' !::i:::i:::::::.i     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/210-217
          !i::!i:::i ( .|┃||-‐''´/l. !:!:::i::::::::.i
          i八::!、`|┃||‐``'-‐'l"i:j::::i::::::::.i     そちらも踏まえました上で参りたいと思います
      r''´l! ヾi,`|┃||‐---‐‐'ソ'ヾj`ヽ:.j
      〉、ヽ i `` |┃||     ´ i   ,〈.゛       ※一部ネタバレを含む場合があります
     rく、゙、  |  |┃||      | , ', ゝュ
      j  `'゙'、 l /``!「´       l ,'゙'´  i
    ノ !、_,,ィf'´   \.       l   ,   |

┌───────────────────────────────┐
│□評価方針                     おまかせ                    │
│□評価スタイル                    おまかせ                    │
│□AAの改変具体例             おまかせ                    │
│□その他要望・見てほしいポイント等                        │
│                                                  │
│  ・ストーリーについて                               │
│  ・演出や表現について                                 │
│  ・キャラ描写について                                │
│  ・その他気になった点などありましたら、お願いします               │
│                                                  │
│  あとオマケですが、キャラが多すぎ&設定詰め込み過ぎで.          │
│  話が冗長になってると思うのですが、バッサリ切るとしたら           │
│  どの辺が適当だと思いますでしょうか                        │
│  参考までに、この辺要らんと言うのがあればお願いします(´・ω・`).   │
└───────────────────────────────┘

143名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:12:17 ID:LTZzYOfc

・ストーリーについて 及びキャラ描写について

      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l     クトゥルフ神話を題材としたオリジナルストーリーですね
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l     残念ながら私はクトゥルフ神話をよく知りませんでしたが
   | |l::!.:::i`  、 _         l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',    適宜用語解説が入っていたためおよそ問題なく読み進められました
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、   続きの気になる展開の連続で、読んでいて面白いですね
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、
    「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

144名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:12:32 ID:LTZzYOfc

              |::::::::::::::::::::::::::::\    |
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ |
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
                |_______;;;;!--|
             |______;;;;;;;;;;、‐r:|
               /:::::::::;l:l::::::::::|      _l:::|
               /:::::::::/l::l:::::::::| ̄`    ´ |:::|
           /:::::::::/::l::|::::::::::ヒ:イヽ   イ}`l:::|      また、キャラクター描写についても
           /:::::::::/h'll:l::::::::::|'='-    ゙'´l:::::|     主要な人物については概ね問題ないと思います
           /:::::::::,l.ヒ。!|l|:::::::::|      ' ,!:::::|
.          /::::::::/::`''t'|| |::::::::|   ー‐' ,イ'l:::::|      登場する人物はかなり多いですが
         /::::::::/:::::::/ | |::::::::|、     ,.:l:::| l:::::|       それぞれの人物像をおおよそで把握できるだけの
         /::::::::/::::::/ `'‐l,,|:::::::|:::7::::- '::::l|::|. |::::|       個性付けがきちんとできている人物が多いです
          /::::::::/:::r''''''''''---l::::::トくト、::::::::/l:::| |:::|
.        /::::::::/r'" ̄''' -- 、l:::::|''--仁‐'、l:::|  l::|
      /::::::::/:j/,___、 ゙l`l l::::|-'-'、r'゙y‐一i |:|
      /::::::::/://_  ヽl |  l::|   `「`ー一l ||
     /::::::://'/ー‐ `ヽ/ └‐‐‐‐.、  |    l |
     ,':::::::/〃'   - 、 /l     -',  |    l
    ,':::::::/l/    _,,、ァ' |      イ  |      l
    ,':::::::,':| l / _,ィ7    |     l'  |     l
    l:::::::i::::l|/ 「 l l      |    ノ  l     l
    |:::::::l:::/ /| l l     |--::T´|   ,!      l
    |:::::::|/,/ |,! |    l  l:::: | |  ,!      l
.    l:::/   /l j   | l:  l  |: /       l
    l'´   / ,/ l  |  l |  |::/        l
    /    // ,ィ |   |   l |  |/         l
   /    / l  | l:|   |   |:| |           l
   ,'    ,/ |  `':|   |  |l l |              l
  ,'     ' l   r'|  |  ,! l|            l

145名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:12:45 ID:LTZzYOfc

      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
       !::::::::::::::::"、_  _,:"::::::::::\
.        i::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ー─ヽ
        i::::::::::::::::_,.-‐'゙_,.-‐‐゙,.\\、
        i:::::::::::::_,.-"゙  、  ッf丁ゝ\\、
        ! !! i! i!!i!ニミヾ゙ ::.   ´  \\\              ただ、問題もあります
.        i i!i i!! i! !`"´  , 、   i! i!\\\、
        i! i!!i仆i! ,.、 ,.、  ,..-、  !i! i!! i!\\\、        一番は「登場人物の多さ」とそれに伴った「視点のブレ」ですね
       .i! i!ii/‐/゙|___|"_,l,_|_____゙、 /i! i!i i! i!ii\\ヽ、
.       i!i:,‐'" ヽ彡ニニ;;;;;ニニツ=" /i!i i!i i i!i i!  \ \     この作品は個性的な登場人物が多く
       !i!,| ゙ 、i彡 //-<-、._,.ノ、_i! i! !i! i i!i  \  \、 それが魅力でもあるのですが……同時に欠点でもあります
.      /.i" ヽ、"'''ヾ" :::,.---' ____,,,,,,|....=--‐‐‐i i!、   \
     // |、.  ヾ、 ヽ-"l|~~(フ)__,,,.....----、---=‐-...,,_  \
    //l  ト、ヽ. ヾ、 ヽ:::::|ヾ、:::i  丶  、 ヽ      ゙゙'''‐、
  / lシ、、 .|:::::ヽ、ヽヽ.ヽ:::| ヾ:::!      丶ヽ 、_  ヽ.、 |
. /   〉ヽ 、 ヽ  ゙'''| ゙":::|  ヾ           i"" ヾ | ヽ
..| !   / ヽ   ヽ  .|:::::;:::::|   ヽ          !   i,|  ヽ
 |  /  ヽ  . ヽ .ノ:::::;:::::::|.    i.          i   l  ヽ
./  /   ヽ   y";::::;:::;;:::/    ;;,         i    |  : ヽ
/i  ヾ   i    ヽ;;::::::::;;;//    ;;;,         i   ; i  :  ヽ
| i、     i     ヾ:::::::| |    ;;;;;,         !   ; ! :  ヽ
ヽ 丶    !      ヽ::|  |    ;;;;;;         丶  ;  ! .:   ヽ

146名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:13:00 ID:LTZzYOfc

     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
.   /j_ ̄ _λ:::::::::::l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i        これらの一体どこに問題があるかですが……
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i          結論から言いましょう
   |::::>−=jノ〉ュ:::゙;;::.i
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i        こ な た が 埋 も れ て し ま っ て い ま す
  |/     |   `!j;リ
 /    〃 |、    ゙i
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

147名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:13:17 ID:LTZzYOfc

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|    繰り返しになりますが作者様のスレは魅力的な人物が多いです
            ヾ:|l ー   ー u |!:::|ノ::|     ですが、それらの個性に主役であるこなたが食われてしまっているんです
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!    キョン子とか新城隊の皆さんとか……
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|    鍾乳洞内での群像劇による視点の分散などがそれに拍車をかけています
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|     見方によっては雪華綺晶のほうが立派にヒロインしてるかもしれません



              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|    個人的にはこなたの一人称語り部のような形式で進む
            ヾ:|l ●   ●  |!:::|ノ::|    ムスカ邸襲撃辺りまでが好きだったりします
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!     もう少し描写の視点を「こなた」と「やる夫」に絞ってもいいのではないでしょうか
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|

148名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:13:32 ID:LTZzYOfc

       |                 |
       |               |
      |                 |
      |                |
      |                  |
      |                 |
       |                  |
       |ー―----------――――┤
       |!li!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l| ̄|:::::::::::::::::::|
      .|i!i!i|__      ___|__ |:::::::::::::::::::|
      |i!li!| ,,,_,`   ´ ,,.!_,,,`|:::::::::::::::::::|     もう一つ気になったのはキョンの友人たち……
      |!il!|~、断'    '゙~断'ゞ|lγ^:::::::::|     SOS団+αの面々ですね
      !|!li|    }       |::::|rフ::::::::::|
      !|li!| 〃 〈    〃 |!l!|ノ!li!i!!li!|.    彼らの登場が少し唐突すぎないでしょうか
       !|li!|ヽ、  `r-、     |!li| |i!lii!i!li!!il|.
     |iii|!l|i!iiヽ、 llTl゙  / |!l| |!!li!lilli!lii!!!|
     |i!iii|!|/`、` || || / /!!|√ヽ!!!、i!llilii!ii|
    /「 ̄!!| `ヽ\ || || // !|  /   ̄ ̄ヽ、i!|
   / √{{.!| ̄ ̄ ̄||.|| ̄ ̄ ̄!|/      / ̄i\、
  /ヽ |  ̄|~ ̄ ̄ ̄|||| ̄ ̄ ̄ !        /  !  \
    i/ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、   !       |   /   `ヽ、
  /     !       /,ヽ、 !       | /      \
              //  |           | /        ヽ

149名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:13:46 ID:LTZzYOfc

          |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::|
         }:::..  !  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::..│ ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::|
         |::::::::::|::::::::::::::::::     .........::::::::::::::::::|
          |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        「二二工二二二二二二二ニニニニコ
        /:::::l__ノ   ゝ、_ ヽ:::::::::::::l|::::::l:::::::::::::l
          /:::::::l        `゙ !:::::: :::l|::::::l:::::::::::::l
       l:::::::::l 0      0   l:::::::::::l|::::∧:::::::::∧      ハルヒとの邂逅はともかく
        |::::::::l          |:::::::::::|l::::|`ヽ:::::::::∧       何の前触れもない古泉の登場、再会には戸惑いました
        |::::::::|          l:::::::::::|.!:::|o丿:::::::::::∧
        |::::l:::l   r─-、     l:::::l::::| l:::「::::::',::::::::::::∧     キョンが「マキナにされる前の日常」を回想し
        lイ:l::::ヘ.  l   )    !::::l:::|, l::ト、::::::\::::::::::∧   そこで彼らの存在を示唆しておくだけでも大分違ったと思います
         l l::l::::|:::\   ̄     l::::l:::|斗:!‐\:::::::\:::::::::',.
        |::l::::ト、::::l::> _ 斗┼:l:::| l::|   \::::::\::::::',
        |::l::::| ヽ:斗イ\/   |:::l:::| l::|    \::::::ヽ::::',
        |::l::/「ニ二二二二二二l::l:::|ニ|::l二二二二\::::l::::',
        /        /       |::l::l |::l      /\::::::',
      ,.イ|       /      |::l::l |::l     /   \:::',

150名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:14:01 ID:LTZzYOfc

・演出や表現について

                    ,i:::::::::::::::i
                    l:::::::::::::::::l
                      l::::::::::::::::::l
                    l::::::::::::::::::::l
                   ,l:、_,.-::::::::::|
                   |::`ー::::::::::::::|
                   l::::::::::::::::::::::|
                  //`'''''"l::::::::::l
                  i:::|` ''ri'l::i-,::::|      回を追うごとにAAの改変・AAによる表現技術の向上が見られます
                 /:::i、' _  ii i-::::::i      .それ自体は非常に喜ばしいことなのですが……
                ./:::::: ヽ_,,,./i:::::::::i
                /',.-'''/ i、/'i:/ヽ::::i、     AAによる演出に凝るあまりか
               ,-'  i ヽ..,,./_ノ/ i ` `'i    逆にごちゃごちゃして少々見づらい部分があります
              / i  _,.-‐''´    i ,/〈.
            i'''´  ,i  i         i/ i    具体的には中盤以降の戦闘シーンなどですね
           _,-' ヽ 、i  i        // /`'i   効果線とカットインの枠線とが複雑に入り乱れていて
          /-、   i i   i       i/_ソ i i   何が起こっているのか分からない場面がところどころありました
         ,i  `' , /   ,i  ,    ノ _,...ノ' '|
        ,.-' ヾ   /  _,.i' 丿  _,-' /  _:::::i
      ,r':: _,,,,_` i、i::: ,r' _,r'  ,r'_,,,,.-'''ー-- :〉
     ,i´_,-,-ー-、,...i,.r'´_,.-´   /   _,.-‐''' _  i
     ,ir''::::::'ー一} i´i,.-''   _,,,../_, ,. ''' _,.-‐'''" ヽ i
   ,r/   / i i, `iー--、〈           :::::::y
  ,.r´ / :/:: |:::i,:::::i    ヽ、          i、 /
 ,r´ ,/:  /::: .i:::::i,::i      、         :::i /、
 `'-、::  /:::  i,-ー------------------―,┐、 i
   i:`,..........、--、 i┌-┐┌-┐┌-┐┌-┐i´|i' .|  ヾ、
  i::::iー-一i一''i| i__i i___i i__i i___i |,.-‐'| / iヽ''ー-、
  .{-、|   :::| :::i}ー,---,-,-、---------、-,{,''"i |   i `-  `ー、
  ,r'´'|   ::i  ::i | i_.-' _,============.} .i i‐ノ,iー----,,..____,.-ー
  ゙'''''`ー一''''''´ '--================,,,,_r'´

151名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:14:16 ID:LTZzYOfc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  _ ______|  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_______∧,、_______
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|--!;;;;;______| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ノ    `ヽリ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|   改善案……というほどのものではありませんが
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|  .カットインに用いる線をこのような太線にすると少し見やすくなるでしょうか?
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!  
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|   疾走感などの表現を追及して様々な線を使われているようですが
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|  そこまでこだわる必要はないかな、と私は思います
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

152名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:14:31 ID:LTZzYOfc

         | /            |
         |  ̄ ̄ ̄7        |
        ノ     /        |
        l    /        _,,、‐'l
        j‐-、、__j______,,,,,、-‐''__,、、‐'!.
          ソ‐ァ、、__l______,,,,,、rTl´:!::l!i:::::.!.
          .,'.:i:l!‐-、    ,.‐‐-l、l:i!::l!!i:::::.i
       .i!::i!:k''‐,、    ,‐テ‐i、l:l:::i!キ::::::.i
       ll:::!::|`‐`' i   ー`‐'l´!i:::i!。j::::::.i     あとは、そうですね……
       !l::i:::l!  ノ        ! il::::iく::::::::.i     病院内の見取り図、ムスカ邸の見取り図
          i!::!::li:、 ┌‐┐    l ,i!:::!::l::::::::.i     瑜伽洞の簡単な地形図、神奈川県地図、箱根周辺の地図……
          ll::i!:::!yト.|┃||   ,.ィ!' !::i:::i::::::::.i
          !i::!i:::i ( .|┃||-‐''´/l. !:!:::i::::::::.i      登場人物の現在位置や物語上重要な場所の位置関係を把握できるよう
          i八::!、`|┃||‐``'-‐'l"i:j::::i::::::::.i      オートAAなど簡素なもので構いませんので
      r''´l! ヾi,`|┃||‐---‐‐'ソ'ヾj`ヽ:.j      こういったものが用意できるといいかもしれませんね
      〉、ヽ i `` |┃||     ´ i   ,〈.゛
     rく、゙、  |  |┃||      | , ', ゝュ
      j  `'゙'、 l /``!「´       l ,'゙'´  i
    ノ !、_,,ィf'´   \.       l   ,   |

153名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:14:46 ID:LTZzYOfc

           」              ヽ    イ
          ム、ヽ、            \ / l
          /: : ヽ、ゝ、            ノ  .!
         ./: :ノ: : : :`ー 二_ - _       /  l
        ,:':/: : : : : /:l: : l : i:ーr, 二_ ー- ム.  」
        /: : : : : :ノY': : :l!: ナナぇ 、_ ` ー-┐-┤
      /: : : : : : :/rテl: : : i!:; :メゞ;;テベミヽ  ,ィヒ: :l
    ./;: : : : : : : :.k 。 !: : : :i!:/   ̄     ィツノ: : :ヽ.     それと、個人的な意見ではありますが……
   〃/: : : : : : : : :,'::>.-|: : : :メ、       l   ハ: : :ヘ     無線でやらない夫と麻呂・朝倉の会話を聞く場面は
   / /: : : : : : : : : :l:::j. .!: : : ;  ヽ      ノ /: :}: : ハ     このようなやり方もあったのではないか、という一つの提案として
_/ /: :_:_:_: : : : : : :|::/、 l: : : :l   \. 、_ _  ノ: : :l: :/ i!    ちょっとした改変例を示しておきます
  | ̄ i!  `ー― 、/ ヾ,|: : : ト、   ヽ ` ´ /: : : ノ:/  ノ
  |  .i!       / `丶, |: : : i. ヽ   \´: : : : :〃:| /
  |   .i!      /    `丶; :ト、 冫ー ´\ヽ、;_: : : ノ/
  |  i!     /      /\ .ソ | \ _ヽ \`ー.メ、
  |   i!    /     /   \┴ 一 ' ´{.  ヽ  .{
  |  .i!.     /    /       ヽ、_, -′  }.  l
  |. .i!.   /   /        , ヘ   ノ   ′ ハ
  |  i!.   /  /        , ′  ヘ、     / l
  | .i!.  / /       ,  ′     \    l!  i!

154名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:15:01 ID:LTZzYOfc
・改変例


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、       『お待たせいたしました。
        /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .      狭苦しい所で申し訳ない』
        {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }  
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ  
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }  
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三



                                                   ,r'ニ:二ュ、
                                                  (      》
                                          -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
                                             `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
                                            /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                                                /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
                                              '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}
                「あーあー、テステス。                  j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ
     /              やらない夫、念のためテスト。聞こえる?」  |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
   ∠_______                                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、
 | ̄|;::::::::::::::::::::::::::::;|                                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、
 |  |;::::::::::::::::::::::::::::;|  < 良好だろ                      ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
 |  | <(@∀@)> |    ボソボソ                          {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

155名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:15:31 ID:LTZzYOfc

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

                                    ',    /.:             ミツ/ー'′
                                     ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
  『ふむ……実に”らしい”場所でおじゃるな』           ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
                                     ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
                                      ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
                                    _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
                              _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_


.    |     (__人__)     『お久しぶりです麻呂さん……
     |     ` ⌒´ノ      こういう商売をやっていますと、この手の場も必要となりますので……』
.     |       nl^l^l
.     ヽ      |   ノ
      ヽ    ヽ く
      /     ヽ \


    ',     / :.   __ い、.        ミソー-;"
    l    / ` ー‐"´′ ヾ       ミツiノソ       『ほう……おぬしも中々やるでおじゃるな。
     l  '   : :     ヽ、     〃 i、ヾ、       それでこそ麻呂が見込んだ相手でおじゃるよ』
     ',  _,、-ニ=ニ==、,, 〉      /ノl
     ヽ  ヽ、`゙"´,,/  ,,、  ,.  / ,' i,-‐- 、
      ヽ    `゙゙゙゙゙     ´ .///, -‐'"::::ヽ

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

156名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:15:46 ID:LTZzYOfc

      // /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:./  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:. ハ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     / '´ ./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.: _イ─/-、 !:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:./ ヘ ̄ ̄\::.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.|
.        /:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:. /:.:|:. /   |:.:|、:.:.:.:.:.: |.:.i   \:.:.',:.:.ヽ.:.:.:.:.|:.:.:.',:.:.:.:.!
.         /:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:イ:/     i::.! ',:.:.:.:.:.:|:./      \{:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.',:.:./
        /:./ イ:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:./|イ     |/  ,:.:.: : |:|       ヘ:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.V
     /イ    |:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:/=≠==〒   V:.:.:|:j  〒====ァ:.:.:.: |:.:.:. :. ',
      /     ハ:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.ハ ̄{:::::::: : |    ',:.:.:|;!   |:::::::::::::} ̄ハ:.:.:.:.:|ヘ:.:.:.:.:.i
    '     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:/、 V⌒){;;;;):|      ;:.:Y  r‐y;;;;)f! ./ .〉:.:.: |:.:.〉:.:.:.:|  「バーカ、バーカ
            |:.:.:./ヘ:.:.:.ヘ:.:.:{ .:'ヘ ', kゞイ|     \ゝ, |:::ゞイ::| ; ハ:.:.:.ト、{:.〉;.:.:|   他人と短時間密会するのに
            |:.:/   V:.:.:.}:. |:.:.|ヘ ゝ-─r‐y、    ,   r‐rヘ─-´'' /:.:.:}:.:.:|ノ|/ ヘ:.:|   んなところ使うバカな奴なんて
.          ∨   \;ヘ: |:.:.|:.:| ″/⌒} } } 、_,、_, { { f⌒Y ・ |:.:.: i: /|:/  ∨   いるわけないだろー」
               |:. `| :.|:.:{ /⌒} | | | (⌒⌒) | | { r‐ヽ,  }:.:. ∨ |:|
               |:. : | :.|:.:.:Y  j    r‐、ー‐'"r┤  {   Y´:.:.:./:.: |:|
               |:. : | :.|:.:.:.|   r l l | j___! .! l ゝ,  |:.:.:.:.:|:.:.:.|:|
               |:. : | :.|:.:.:.|   {     ! 〈     〉j    /   !:.:.:.: |:.:.:.|:|
               |:. : | :.|:.:.:.|       人  人        |:.:.:.: |:.:.:.|:|
               |:. : | :.|:/|__,r‐='彡イ─‐}ミxヘ、____|\:. !:.:. |:|
               |:. : | :.|{三三三三三彡'|  .トミ三三三三三}: |:.:. |:|



                  __,..-‐:─:─::─::─:-.、_
           /:ー:-、,.-:‐'": : : : : : : : : : : : : : : : :: : `ヽ、
          _|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::、: : : :::i:: : : : : \
        ,.イ´::|:.i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : ::|::: : : : : : ∧
        /::/: ::|::|i: : : : : : : i: : : : : : ;ノi: : ::_:_:!:_: :! ::_:_:_::: : : ハ
     /:;ィ;' . . : ::|::||: : : : ::/:|: : : : ::(_,ノ: : :|::::::::`Y::::::::::|:::: : : : :}
     /'´/. . . . ..:|..||. . ../. . .||. . . . . .ヽ..\|::::::::::::|::::::::::|::::. : : : :|
       |: : : : : :::|::|∨: : : : : ::|∨: ::i: : : :\::ゝ::::::::|::::::::::|::::: : : : :|
      |: : : : ::::;|;/:::i\: : : :.:| ∨: :|、: : : : :ヘ:::-:‐'::-:‐:<、:::: : : : |
      ∨: : :::/|::|::::|  \: :.:| ∨:|:::\: : : :|:::::::::|::::::::::|:|::::: : : :|
       ∨:.:::/ |人::j    \:|  ∨ヽ|::::\: :|::::::::j:_::_::_:|:|::::: : :リ    「ちょっとこなた、幾ら聞こえてないからって……」
         \:|    ノ     `    |;/ヽ:∨: ̄:/:.:/:: ::i:|::::::;/:|
           `  〈           τ_,,ノ:::: : ::/: :/:: : ::|:|:;ィ':::i:|
              ヽ、 r' ̄ ̄`l  ,r'´::: : : ::/: :;/:: : : :|:|'|:i::::|:|
               `ー`=ニ二´_,/:/::: : ::;/;/|::i:: : : :!| |:|:::|:|
                    /:/:: : : :/;:ィ´ ̄|::|:: : : ::| |!::::|:|
                      ,ノ:/: : : ::/'-‐─‐:|::|:: : : :| |:::::::!|
                   /'´{:: : : :/     ゛|:|:: : : :| |::::::::.|

157名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:16:00 ID:LTZzYOfc

     |~~'-、  ゙''ー ___          |    _|
.    |;;;;;;|;;|;;;iー−、,  ̄'''''--------┴--''" |
.    |;;;;;;;|;;;|;;;|;;;;;;;;|;;| ̄~7iー----------''i'''"|
    |;;;;;;;|;;;|-;;|;;;;;;;;|;|;;;;;/|-......__      _ィ-!;;;;;|
   |;;;;;;;;|;;;|ヾ!|;;;;;;;;|リ;;/r;;;o=、 `    ,f;;jア゙ |;;;|          と、このような形でこなた達の側から描写すると
.   |;;;;;;;;|;;;|ミニ|;;;;;;;|/` ゙="-     !''''"~ j;;;|           より「無線で会話が筒抜けになっている」という感じが
   |;;;;;;;;|;;;;|、 o|;;;;;;;|           !    j;;;;|           出るのではないでしょうか?
  |;;;;;;;;/;;/ツフ:|;;;;;;|           _,   j|;;;;|
  |;;;;;;;;;/;/"/;:|;;;;;;|          _,   /|;;;;|     ヘ    ところで台詞を括弧で括るのをやめてしまったのは
 /;;/;;;/;//、" |;;;;;|ヽ    `''''ニ゛  // |;;;|   /   \  何か理由でもあるのでしょうか?
../;//;/;// \ |;;;|  丶       /.;;/  |;;|  /       独特の雰囲気が出ていてよかったと思うのですが……
///;/;//\   ` |;;|、丶  ` .,.,___/\/  |;;| /    /
//;/;;//゙"![jニ- 、 '!;;| \\  j j \  \ー-|;/   / 
/;/;;;/   ゙'![j:i,`ニ:'!;;|、___`_、_、j_j,,..一` -7 /   /   /
;/;;;/      `゙'!l,j-'!;i_ ___,.=---'''' ̄  //   /   / 
;;;;/         `'[j!l,`}f , <ニ−--''"/  /  /
;;/ヽ         `-'l" ̄ ̄    /  /  /
"ヽ \      / ||ゝ        >、/  /

158名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 02:16:16 ID:LTZzYOfc
         __
        /,.,:;:;\
        |l;:;:;:;:;:;\
        |' \;:;:;:;:\
        k /;:;:;:;:;:;:;`i
        |ィ--,.、--i-ヘ、
       //`  ,,、l|;;;ト、;;;;;;ヽ-- 、     ,、_
       |;;}'`,  _, l|;;|/`丶、;;;;;;;;;;;;;\,/`"   \       私からは以上です
       l|;ト,、ヽ_ノ/ニニ= 、  \;;;;;;;;;;;;ヽ ,ヘ    ヽ        今後の展開を一読者として楽しみに待っております
        `};;/ ̄ ̄\  '`-,、 \;;;;;;;;;;`i/`i     |
  _,、 --''''" `''''─一      `i /\;;;;;;ノ_/──v'        それでは!
  ヽヽ、               |' ,/_,  ̄ \;;;;;;;;;;;ヽ
 `、 `",、                   |/----- 、 `!ヾ;j`ヾゝ┐
      \`′,、              |     、\  }l    |
      \ `` 、,          |     | ,ヘ/'|   |
        \  、、 _,ィ'`'''" ̄      /  >、   |
          \_,,ヘゝ。 |          |/| /  `''-┘
                 ヾT          ノ /
                    `''-、,,_ ノ|/ /〉/イ__
                    `''--⌒l  /
                        ノ /
                        `'''"

159名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 03:08:24 ID:dgV.Tye6
評価乙です

160 ◆qk1YZdNFfk:2010/11/16(火) 09:46:33 ID:Bniz2Sdo
シュバルツバルト様、評価ありがとうございます。
無自覚的にAA面で「これは知っているだろう」と使っていたため、指摘されて気付くことができました。
複数の作品をAA面で同一キャラとして越境している場合、その両方を知らなければ楽しめない。
言われて見れば、当たり前のことですが、ぽっかり見落としていました。

世界観に関しても、冷戦があるなら日本は資本主義側だと読み取るだろうと細かい部分を飛ばしたり、
少しでも削るため「相手の知識を当然」という前提で書いていることが多かったので、
分かりやすさをうまく使ってシーンを削りながら設定の量を削らない、というやり方を練習してみようと思います。

最後の、翼に関してですが……いや、本当に言われたとおりですね。
吠えるシーンが欲しい、斜め上に構えているAAが欲しいと半ば構図からAAを選んだため、
進化の割合がちぐはぐになったのは、自分のものを読みなおして、なるほどと感じました。
演出をあえて抑えること、改めてキモに命じておきます

しかし、不安だった序盤が少しでも改善されていると言われて、胸を正直なでおろしています。

繰り返しになりますが、評価ありがとうございました!

161名無しのやる夫だお:2010/11/16(火) 12:07:43 ID:p7Fe1ha2
まあ、エヴァだけ知ってる人間は山ほどいても
アストラナガン知っててエヴァ知らないやつはそう居ないしね…
※アストラが登場するスパロボαにはエヴァも参戦している

162 ◆hptd6gl7m.:2010/11/16(火) 14:20:21 ID:KQkkzL5I
初めて評価依頼させて頂きます。

さあゆけ!やる夫
http://yy702.60.kg/yaruo2nd/kako/1281/12811/1281197345.html

      □評価方針      おまかせ
      □評価スタイル    おまかせ
      □AAの改変具体例   必要
      □その他要望・見てほしいポイント等
       原作の既読未読に関わらず、楽しめたかが気になります
       
よろしくお願い致します。

163 ◆9yr370KNws:2010/11/17(水) 06:39:26 ID:LHM46ibI
佐為様、評価有り難うございます。

読んで頂いた方の気を引ける展開になっていると知って少しホッとしていますw
キャラの魅力についても、あれだけの数を出していても、ある程度は個性を
出せているとのことですので安心いたしました。
まあ、この辺は元ネタに頼ってるだけなのですが……w

視点のブレは、おっしゃる通りかと思います。
主人公格のキャラにもっと焦点を絞った方が良いとは分かっているのですが、
いざ編集しようとしても自分では勿体なくて中々思い切れません。
この辺は本当に難しいです……
逆に、SOS団の方は省略しすぎていたようです。
代表で出したハルヒで全員の登場を示唆したつもりになっておりました。
ご指摘有り難うございます。

AAはやっぱり見難いですかね……
漫画のコマ割りを意識したり、スピード線や集中線、ベタフラ等をイメージ
していたつもりですが、AAには向いてない表現だったでしょうか。
もう少しスッキリさせるように心がけてみます。

地図に関しては、基本となってる舞台が現代日本の架空の街である関係で、
余り考えてはおりませんでしたが、こちらも何か考えてみます。
改変例は有り難うございます。
確かにその方が分かりやすいですね、今後の参考にさせて頂きます。
あと台詞を括弧でくくるのを止めたのは単純な話で、他のスレを見ても
誰もやってなかったからですw


最後に、繰り返しになりますが評価有り難うございました。
そろそろ取り下げようかと思っておりましたので、ちょっと嬉しかったですw
有り難うございました!

164 ◆vjJXhxgFiw:2010/11/17(水) 11:55:45 ID:/NzrZ/Ys
すいません、また評価お願いします。
本来はFF6のやる夫スレなんですが、今回は練習でジャングルウォーズというゲームの短編をつくってみました。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287934063/ このスレの971から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289946070/ このスレの26までです

予告編といった感じの短編で作ってみました。

□評価方針   おまかせ
□評価スタイル   AA付
□AAの改変具体例  おまかせ
□その他要望・見てほしいポイント等
状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか
ゲームを知らない人でも内容がわかるように作れているか

ここを中心に見てお願いします。

165名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:18:15 ID:fePcRT5c
5分後ぐらいに投下します。

166名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:22:55 ID:fePcRT5c

             / ̄ ̄\
           /       \
           | _ノ  ヽ、   |       来ると思って起きてました。
           | (ー)(ー)  |       今回はこのスレの評価をさせて頂きます。
           |  (__人__)   |
               l  `⌒ ´   }         【FF6】やる夫が帝国と戦うようです
            ヽ      ./                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287934063/971-999
           /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、             http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289946070/1-26
       ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.              依頼レス
        //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.               >>164
     ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
    /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)          以前いらっしゃった、やらない夫のAAを使ってた方とは別人だ。
. |  u  (__人__)          俺がこのAAを使うのは今回が最初で最後ですのでご了承を。
  |      |r┬|}
  |      | | |}         前は別AAで評価してたりしてたんだけど、色々諸事情あって変えたんだ。
.  ヽ     `ニ}           今回の評価が終わったらまたしばらく評価自重するから許してね。
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

167名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:23:47 ID:fePcRT5c

     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|      原作知らないからやむなくニコ動でチェックしてきたよ。
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }          ゲームボーイじゃねえか! しかもハードがクソデカくて重たい時代の! 懐かしいな!
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)          ヘンテコな会話が飛び出すなあと原作知る前は思ってたんだが、
. |  u  (__人__)          パンツやら許してやら原作からしてこの作品はこうなんだな。
  |      |r┬|}
  |      | | |}         これ自体はこのままでいいよ。FFⅥ見る限り、あんたは原作のセリフとか
.  ヽ     `ニ}           そのまま持ってくるそういうスタイルのようだし。それはそれで味だ。
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

168名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:24:45 ID:fePcRT5c

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \       まあ細かい話をすると、セリフの最後に句読点も『!』もなしで
        (●)(● )   |         終わってるセリフが多いのが目立つのが気になるかな。
.       (__人__)       |
.        ヽ`⌒ ´    |         文法的な意味ではなく、キャラの心境が加味されてるか疑問って話。
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289946070/16の改善案
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)     …………!?
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |     ここはどこだお!?
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |          ここはこうじゃね?
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|        俺の言ってることが100%正しいとは思わんけどさ。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

169名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:25:15 ID:fePcRT5c

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)           パパがさらわれたらやる夫だって悲しいはずだし、
. |     (__人__)        やりきれない思いで胸がいっぱいになるはずだろ、常識的に考えて。
  | u   ` ⌒´ノ
.  |         }                   そしたら語尾や口調に揺らぎが出てくるのも必然じゃないか?
.  ヽ        }                あんたはその辺に対しての考察が非常に無頓着な気がする。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


    __
   /ノ ヽ\
 /.(●)(●)\        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289946070/17
 |. u. (__人__) |          『やる夫のせいだお……』の方が適切だと思うんだ。
. |        |
  |        |          まあ、『……』や『!』や『?』の多用は美しくないともされるが、
.  ヽ      ノ         感情の起伏が多い場面ではよく使われるもんだし、バンバン使っていこうよ。
   ヽ     /
   /    ヽ                     使い過ぎて気持ち悪くなったらそれからやめりゃいいんだ。
   |     |                    まずは色々使って善し悪しを判断していくべきだ。
    |    .   |

170名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:27:06 ID:fePcRT5c

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(     そこから派生して説教臭いことを言うと、あんたはもっと他のスレ、
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)       あるいは小説なりゲームなりもっと多くの創作物に触れるべきだと思う。
   |      (__人__) /;;/
.   |  u      ノ l;;,´         表現力養おうと思ったらAA力磨くのもいいけど、語彙力だって大事なんだ。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \     状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか、って点は
        (●)(ー )   |     この辺りから疑問を感じるんだ。
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |          キャラの場面ごとの心情をちゃんと自分で把握してるか?
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ               把握しているなら、この辺にも自然と気が回ると思うんだが……
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

171名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:27:27 ID:fePcRT5c

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      ゲームを知らない人でも内容がわかるように作れているか、って言われるとNOだな。
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     もっと言えば、原作の雰囲気をこっちで勝手に想像して、別次元で
  |     ` ⌒´ノ      違和感(上記の心情描写など)を覚えるほど。
.  |         }
.  ヽ        }           まあ違和感の内容自体は100%こっちの責任だが、作者の想像力は常に
   ヽ     ノ           読者の想像力の一歩先を行ってなくちゃ『内容がわかるように作られている』という
    i⌒\ ,__(‐- 、            ものを作るのはなかなかに難しい。もう少し自スレのキャラを自身で把握して欲しいな。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ー)(ー)       あんたの実際問題の表現力、語彙力がどの程度のものかはわからん。
     |     (__人__)
     |  u   ` ⌒´ノ          なんでわからんかって、あんたの作るスレで使われる言葉の数々は
       |         } \      原作のセリフをそのまま持ってくる場合が多い。FFⅥも今回の短編もそうだけど。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/        だからあんたの語彙力が多いって印象はどうしても抱けない一方で、
 |         / ̄ ̄(_)         オリジナルでやったら語彙力あるかもしれないし、一概には言えないけどさ。
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

172名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:28:06 ID:fePcRT5c

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |      創作物でも仕事でも何でもそうだけど、まずは何かしらやってみて、
.             |  (__人__) .|      それを表に出して他者からの反応を見て、善し悪しを判断していくんだ。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ         そうして自他共に良きとされるものを見つけていくのが成長というものだ。
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ         他スレ、評価内容、自スレへの反応を見て、色々やってみようよ。
        └'`{  .   \.|   /   i        自分の中で取捨選択して自己完結してるだけじゃ成長の種にならんぞ。
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|         どんな創作論も作品という形にしないと芽を吹かないんだからさ。
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |         そういう意味でも、今回の評価依頼はものすげー困る。
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |        評価に持ってくるのが早過ぎるんだ。
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./            こっちだって評価を作る以上、あんたの姿勢や力量を鑑みて評価を
        j .}ン// ヽ                考えなきゃなって思うのに、これじゃその辺が何もわからん。
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

173名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:28:54 ID:fePcRT5c
  __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\      俺前回の評価で『あまり早いうちから評価依頼することは勧めしない』って
 |. u. (__人__) |        言わなかったっけ……あんたに直接……まあ確かにあの時とはニュアンスも微妙に違うし、
. |        |      あんたが批判されるの覚悟の上でなら別にいいけどさ。
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /           評価もらって羅針盤設けたいのは俺も作者やってるから痛いほどわかるけど、
   /    ヽ            自分で考えて自分で良くしていく力を養わないといつまでたっても変わらないぞ。
   |     |           評価依頼した時点で、100%自分で考えるという好機を捨てていることを自覚してくれ。
    |    .   |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        そもそも念頭において欲しいんだが、評価スレで下される評価と
 |     ( ●)(●)        スレについてくるレスの作品に対する感想、どちらも客観性は等しいと思うぞ。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       感情的な側面が出にくいか出やすいかの差はあれど、本質的には一緒だろ。
.  |         }       俺だって人間だし、その辺100%割り切れるかって言えば別だし。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

174名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:29:24 ID:fePcRT5c

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |    原作そのままなぞるだけじゃダメ、って評価スレでも本スレでも
.             | u.(__人__) .|    さんざん言われてるのになぜまたそれを繰り返してここに聞きに来るんだ。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ      原作を追うスタイル自体に関しては、俺は否定的になるつもりはない。
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ        なぞるスタイルで状況を伝える、ということを目標に『今回はどうだろう』と
        └'`{  .   \.|   /   i         思って聞きに来てるならそれはいい。多分そうかなとは俺も思ってるし。
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        だけどあんたのスレには大量にレスがついてるんだから、
 |    ( ー)(ー)        まずはそっちを参考にして作品を改善していくことを考えてくれよ。
. |     (__人__)
  | u   ` ⌒´ノ           あんたにも己はあるだろうからすべて呑みこめとは言わないし、
.  |         }              俺も読者の意見蹴って作品作ることもあるけどさ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \            わざわざあんたのスレまで足を運んでくれた人の意見を形にしないまま、
   /    く  \        \         形にする気にするのがあるのかわからないまま評価スレに来られても、
   |     \   \         \         同じこと言われるだけの可能性が高いってことはわかってくれ。
    |    |ヽ、二⌒)、           \       同じことの繰り返しじゃ何の前進にもなりゃせんだろう。こっちも虚しい。

175名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:29:48 ID:fePcRT5c
      __
    / 〜\
  / ノ  (●)\        評価スレに来るなって意味では断じてない。創作は先の見えないものだし、
. | (./)   ⌒)\         他者の評価という指針が欲しくなるのはわかる。ホントよくわかるつもりだよ。
. |   (__ノ ̄   \
  \ ι       |           だが、前回評価された時よりも進展あまり無し、そもそも進展を得るには
    \       /          短すぎる期間をおいての再評価依頼では適切な判断・返答が難し過ぎる。
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.               単なる感想レスでいいなら自スレについたレスで充分じゃないか。
       /       \. \             評価スレで聞いたって、言われる内容の本質は本スレで言われることと
      ./   /       |. \ソ           変わらんぞ。AAがついて、言われる内容のボリュームが増すってだけで。
    (  y'      .|



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (ー)(ー )   |       『前と何も変わってねーじゃん』って半ば中傷めいた返答を返さなきゃならない
.       (__人__)   u  |      こっちだってけっこうツラいんだ。楽しくやって欲しいのにさ。
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./          これだけ言うなら黙ってろって話でもあるんだが、この項目はこの後
        j .}ン// ヽ           述べる改善案の前置きとして作ってある。だからその辺は了承してくれよ。
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

176名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:30:05 ID:fePcRT5c

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      あんたがスレを良くしていく改善方法は以下の2つ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ           ①小説でも漫画でもやる夫スレでも何でもいいから色々触れてみて、
.  |         }             そこで得た表現方法をなんでもいいからガンガン使っていこう。
.  ヽ        }                自分の中で取捨選択して自己完結してるだけじゃ結果には結びつかない。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |           ②下された評価や自スレについたレスをもっと顧みて、自分自身で考えて
. |  (__人__)  |               作品を良くしていくことをもっともっと考えた方がいい。あんたがそれを
  |   ` ⌒´  ノ           実践ないとは言わないけど、現状ではそれは不充分と言わざるを得ない。
.  |         }           人に意見を求める前に、寂しくても自分で答えを出す練習をすべきだと思う。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

177名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:30:43 ID:fePcRT5c

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\    あんたが求めているであろうと俺が推察する
          |  (●)(●) .|        【状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか】
        !  (__人__)  |      【ゲームを知らない人でも内容がわかるように作れているか】
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /          この2つをより明確にしていくためにはこれが必要不可欠だ。
      ./ ノゝ     /             あんたは現状それを為すための下地が出来てない。
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


      __
    / 〜\
  / ノ  (●)\       もちろん、まったく評価していないわけじゃないよ。
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \         前回AA改善案もらってから、それを実践していこうという姿勢は
  \ ι       |          FFⅥ読んでるからわかる。AA自体はズレズレではあったけど、
    \       /         最初から何もかも上手くいくわけはない。ゆっくり進んでいけばいいんだ。
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

178名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:31:19 ID:fePcRT5c

             / ̄ ̄\
           /       \
           | _ノ  ヽ、   |       ただ、評価スレないし自スレでのレス、多くの人から意見もらっていて
           | (ー)(ー)  |       なおかつあまり変化が無いのであれば『この人には何言っても無駄……?』
           |  (__人__)   |       って思われちゃうのもまた事実。社会ってそういうもんだから。
               l  `⌒ ´   }
            ヽ      ./           そうなると読者離れ起こすか、批評好きな愉快犯が中傷するために
           /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、      寄ってくる臭いスレになっちゃう可能性も高まるんだ。
       ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.                               イヤじゃね? そういうの。
        //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
     ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
    /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |      言われたことを100%実践するのは不可能だ。俺も出来ない。
     . (人__)      |
     r-ヽ           |        だけど誰かに意見求める以上は、やっぱり前回言われたことから
     (三) |         |       何かしら進展を得ようとした姿勢だけは見せてくれないとな。
     > ノ       /
    /  / ヽ     /           ただ評価が欲しいだけなのに、それ起点で疑問持たれちゃうと損でしかないから。
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

179名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:31:40 ID:fePcRT5c

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \         俺はFFⅥ大好きだし、あんたのスレのファンであることは間違いない。
 |    ( ●)(●)           完結してくれることを祈ってるし、そういう意味では今回の短編はNO。
. |     (__人__)        寄り道して本編が息してない作者を俺は嫌というほど見てきたからな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }              好評ならいつかやるって言ってるけど、今はそんなこと考えないでくれ。
.  ヽ        }                 まずはFFⅥの方を最後までやってくれよ。最終回まで必ず追いかけるからさ。
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/         俺からの評価、もとい評価人翠星石からの伝言は以上だ。
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l             しんどいこともあるだろうけど楽しくスレと付き合うすべを見つけてくれ。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /            そこに対して答えを出せるのはあんた自身しかいないんだからな。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

180名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:31:56 ID:fePcRT5c
以上です。
スレ汚し失礼致しました。

翠星石のAAで作ったら暗い表情AAばっかであまりにも陰鬱な出来だったので今回のみAA変えました。
舌の根も乾かぬうちに戻ってきた恥知らずですが、またしばらく評価自重します。

181名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:33:39 ID:dvrsugSQ
乙でした

貴方の評価は脇から見ていても良いと思うので出来れば自重せずに評価を続けてください

182名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:34:26 ID:ZT84DXjU
乙。

辛口評価は評価する方もつらいよね。
貴方の気持ちが作者さんに伝わりますように。

183名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:36:36 ID:/Jfsqd7s
評価乙
今回ばかりはしゃーないよ…

184名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:36:47 ID:nNWMeJrE
またあんたか

185名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:42:22 ID:7aaxxiGc

知らんことを教えたり、足りない部分を指摘することはできても
実際にスレ作んのは作者本人だからな

186名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 18:58:35 ID:HByHncsY
乙、ていねいな評価でした

187名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 19:23:12 ID:tcLj0Yyk
◇やる夫は0Gドッグのようです:再々評価
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/667

◇やる夫達が『死』から逃れるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/686

◇やる夫は三河の聖になるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/787

◇【異説】やる夫は神に仕えし悪魔のようです【FFT】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/57

◇やる夫の青春
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/58

◇【祝福の】やる夫が祝福の鐘を鳴らすようです【カンパネラ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/62

◇やる夫が殺人ウイルスを手にしたようです。
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/114

◇【短編】やる夫はポーカーで大勝負をするようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/115

◇さあゆけ!やる夫
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/162


良い評価が続て結構減ったはず………と思ったけど、減るどころか増えてる不思議
結構いいペースで消化してると思ってたんだけど、それ以上に溜まるペースがパネェのね

188名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 19:33:10 ID:X40faFhI
丁寧な評価乙でした

189名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 19:47:55 ID:aD5lqo8Y
お疲れ様です、翠の人。

190名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 20:21:09 ID:0TXmc.0E
適切な評価だと思います。
乙でした

191名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 21:00:05 ID:B/sWaAOc
乙でした 誠意が伝わるといいですね

192名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 21:59:44 ID:OuwOTY1I
乙です。

恥知らずなんて仰らないでください。

193 ◆vjJXhxgFiw:2010/11/17(水) 22:15:46 ID:/NzrZ/Ys
翠の人、評価ありがとうございました。

まだ判断できるほど出来ていないってのは自覚している上で今回来ました。

もうちょっと表現力とか色々と身につけて次スレくらいまでまた試行錯誤でやってみます。

194名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:34:46 ID:P70CWgRw
>>193
あなたが身につけるべきなのは、表現力とかじゃなくてもっと人間的な部分だと思うよ・・・

195名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:36:25 ID:YpbnYUFI
ここで煽るのはやめないか

196名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:36:47 ID:B/sWaAOc
自覚してるなら何故来た…

197名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:43:17 ID:9Dfmbqns
自覚できてるのなら評価依頼する意味全く無いよね…

198名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:44:29 ID:0TXmc.0E
皆の言いたいことはわかる、俺も同じ気持ちだ
さあ、一緒に屋上に行こう…

199名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:48:10 ID:YpbnYUFI
屋上
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289619759/

200名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 22:51:45 ID:BcwKK7T2
>>199
大変な事になっとる……ww

201名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:22:13 ID:m/DCryLo
     |  n凶               凵凵 | ̄ ̄ ̄ ̄|    |
     | ̄ ̄ ̄´  rrn∧_∧  ` ̄ ̄ ̄| [W.C] |    |
     |八八八  ` ̄( ´∀` ) 八八 八八|        | tz   |
     |凶凵凶    ( つロO 凶凵 凵凶|        |    |
. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,  |
 {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i   |
  | r──┐_r──┐_r──┐_r──┐_r──┐ |   |
  | L__」ス L__」ス L_
  | ||」i  ||」i ||」i               _
                    / ̄   `  、
                   /     ,ヘ./| 〟 ` 、
                 イ   .    i''''''''!. !i| .|   |
                  |  .:: .:  i_ .| ! |_,'.! |  |       こんばんは
                  | !:::::|:i:::i itぇ ,i..! |tァ!| ||
                  |:!:::::| !:::i :ト、  |ハ  || ||      絵がグルグル回るATMから
                  |〟::| !:::i :ト.i    ′..|| | |      お金が引き出せない、鬼柳京介です
                //!:::::| !:::i | }} ,-‐ァ , '.| | |
               /ニ,' ::! :::| !:::i Ⅳ.  ̄ ,イ::|::|.. | |
             /三.〈::::::!::: |..!:::i.|::::` ‐ i: |::|::| | |      本日はこちらの短編を評価させていただこう
             \三ニ\::!::::|..!: i.|:::  : i┴┴| | |――ァ
          _  -‐'三三ニ゛!:::| !: i.|::: .:: !、三三.|.|三/
      ,<´ ̄ \三ニ 、‐- ニ _ ゙、|_゙、i,!`ヽィ‐-ヽ.三ニレ/
       i三三三三 ゙、三ニ\ミミミミミi  ̄圦  ! ̄ i三ニ‘ー--‐ァ
.      i三三三三ニ∧三ニ.\ミミミ|   o\!  i三三ニニ∠__
   _⊥二_二三ニ∧三三三゙、ミ.|、    �供�/i三三/三三ニ≧x

                ┌──────────────────────────┐
                │ 【短編】やる夫はポーカーで大勝負をするようです      ....│
                │ http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1289724203/  │
                └──────────────────────────┘

202名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:22:54 ID:m/DCryLo


┌──────────────────────────────────┐
│ ①BANKERSという漫画の途中のエピソードをやる夫スレにしたのですが、   ....│
│   原作既読未読に関わらず楽しめたでしょうか?                 ......│
└──────────────────────────────────┘



:::::n::::::::i'i:::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::::::::::::,i、:,ii、:::,ii、::::::::::::::::::::::::::::::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::||
:::::i'i i'i |;;;|::::::i'i i'i::|[]|/.ヽ::::,ll、:::l:::l:|l,,|::li,,il::▽::▽::U:::U:::::::::i'i::i'i::|[]|/.ヽ:::||
:::::|」( )|;;;;|:::::|」( ):|  ||:...!|:::l,_,l:::|__|l._,l::l,_,l::⊥::⊥:⊥:⊥::::::::|」(_):|.....||:....:|:::||
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三]


       /``'´    `丶、
      /        , ,  `丶、
.   /   |  | ∧//|       ヽ
.   r'   | | |  | |゙「 'ー| | |    |
.   |    | | |  | ト、_  ! ,|| N | |
.   |    | | |   l 代ッ 、| | | LⅥ :|      まずはこの注文からいってみようか
.  |    | :l l  :l ト{ ̄ レ'、|佐ラ !
   |  | l l l  l ト.ュ     Y | |        ちなみに俺は
   |  | l Nl  l |,リ _ '´ ,イ |         原作はまったく知らないわけだが ────
   |  | | ├‐ ┴┘ . ニ _,イ_|__.|___
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : /
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : /
   |  | | | ̄ ̄ ̄: : −--: :〃__
 /|  | | |: : : : : : : : : : : : : / ̄: :‐-. .、

203名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:23:35 ID:m/DCryLo




                                                 /7
                  |   .|ミヽ /!                     l   /_/
                  | l   ト、,,ミム!      ト、            |       />
                  | |   | ‖  | ,イ   .| ヽ  .|  | l l l  |      </
                  | |   | l:!   .| ,: l. i! !   ∨ |  l l l l  .!
                  | l .l ├ト!―ミ!.|、! .i! |> ‐ヤ!  ! .l l l  .|
                  | | .|  代`{ rj| ト. ! l! | ,代ぅソゞ .l .l l l  |    大丈夫だ!
                  | | .|  |`,={  | ! レイリ    | l l l l  |    原作未読でもまったく問題なく楽しめる
         ,´ `ヽ      .| | .|  | .| |.  リ ,/ レ     | ! .l l l  .|
        {    {     .| | .|  ト ヾ 、 〈         .| .l l l l  .|
        l   |.      | | l| || \} }   ` __ ,    l .l l l l   |     原作の人間関係だの伏線だのを
          〉 _∧     | | l| || : : ヾ    ニ´     ,| | l l !、  |    持ち出されたらさっぱりわからん所だったが
      _ _|    ヽ.     | | l| || > ´|\       / |.l! ! .l .l/.> .
 /´ ̄   `ヽ、._   ∧   | | l| ||////.! |\   . イ  |.!| .| .l! l/////.> .
 } _  /     ヽ.     l   .イ/l| ||////.! i! ` ´   /  |l l .i! ll l////////    ポーカー勝負に焦点を絞っていたため
./    ̄ `ヽ、   l    .|イ:///:l| ||////.! .i!    /  ll .l !l l !l////////    違和感を覚えることなくすんなり読めたぜ
ゝ 、     / \ノ     .ル//// l| ||////.!  i!    ./   .i! ,リ リ リ////////

204名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:24:17 ID:m/DCryLo


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃     20××年東京……やる夫はやらない夫と組み、
┃日本では違法とされるカジノ、裏カジノをオープンさせるのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  | 前回っていつやってたの?
                                 \
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         / ̄ ̄\
                       /       \        ___
                       |::::::        |     /     \
                      . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   |::::::::::::::  U |/  (●) (●)   \
    やってない。         \.  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
 原作を見てもらうしかないだろ。  >...ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
______________/   ヽ::::::::::  ノ   |           \
                         /:::::::::::: く    | |         |  | 〔ディーラー兼カジノオーナー:やる夫〕
                 -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
                          |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)
                     〔カジノオーナー:やらない夫〕
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━



                _
            / ̄   `  、
           /     ,ヘ./| 〟 ` 、
         イ   .    i''''''''!. !i| .|   |
          |  .:: .:  i_ .| ! |_,'.! |  |    例えば、これは初っ端の1シーンだ
          | !:::::|:i:::i itぇ ,i..! |tァ!| ||
          |:!:::::| !:::i :ト、  |ハ  || ||    適当といえばあまりにも適当だが ────
          |〟::| !:::i :ト.i    ′..|| | |
        //!:::::| !:::i | }} ,-‐ァ , '.| | |
       /ニ,' ::! :::| !:::i Ⅳ.  ̄ ,イ::|::|.. | |       物語のメインはあくまでポーカー、
     /三.〈::::::!::: |..!:::i.|::::` ‐ i: |::|::| | |      むしろこれでいいんだ、これで
     \三ニ\::!::::|..!: i.|:::  : i┴┴| | |――ァ
  _  -‐'三三ニ゛!:::| !: i.|::: .:: !、三三.|.|三/

205名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:24:57 ID:m/DCryLo


         _/二ヽ_            ∧∧        ∧w∧
         (  ,,゚)              (* '∀)       (´∀` )
          <`~´ >             /< つ白       (つ旦と)))
    二二二ニ(   )二二二二二二二 (   l二二二二二二二二二二二二二二二二二l
   ::::::::::::::::: : ┳::::::::::::::::: : ┳.::::::::: ::::::.(.┳ヽ)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                        ――━┻━――────────────── ┘

       /``'´    `丶、
      /        , ,  `丶、
.   /   |  | ∧//|       ヽ
.   r'   | | |  | |゙「 'ー| | |    |
.   |    | | |  | ト、_  ! ,|| N | |
.   |    | | |   l 代ッ 、| | | LⅥ :|     ハッキリ言って店の名前も、二人の出会いも
.  |    | :l l  :l ト{ ̄ レ'、|佐ラ !     経営状態なんかもどうでもいい
   |  | l l l  l ト.ュ     Y | |
   |  | l Nl  l |,リ _ '´ ,イ |        読者が見たいのはギャンブルだ
   |  | | ├‐ ┴┘ . ニ _,イ_|__.|___
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : /        ここでいきなり
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : /           『 そう、あれは10年前の冬だった・・・ 』 とか
   |  | | | ̄ ̄ ̄: : −--: :〃__
 /|  | | |: : : : : : : : : : : : : / ̄: :‐-. .、    回想が始まっても困るだろう?

206名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:25:38 ID:m/DCryLo




    /Z -,                 _
    V7./ /7「l_           _ -‐    `ー‐ 、    、__人__人__人__人__人__,
      .// // .レ' ロロ/7     /   i ,、 ,1     \  _)                 (_
     ¨  ¨     /    /  ./ .i i. V..|       \ _)  つぅまりッ!    (_
                 /  ./ ,| i / |           )                 (
               /  ./ ‐- | ,'、セ斗        i ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
              /   / 、弋シ,    |   !     i才´/    __ !
.    ,       、‐- ......_/  / / / |п !'     |   !   /   /   、  !   \
.   (   (..,,___ \三/   ./, '| ∧ヾ、i==、 i       .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    `''‐- -     > / //'" |/. 丶||.、三ノ i  ,'/  /.|  短編として ”見せたい部分”  と
            , " / ././      丶    .i  // / ,|         ”切り捨てる部分” の取捨選択が
            '" / , "/   ./      -‐ i .// / ., _乂____
          / , / ,〟 ./  //  /  .i/〟 / , ″ _       |  テンポの良さ、読者に飽きさせず
            /. ', //  / イ // / /,-‐ /, ″    ̄   ‐- .|  読ませる流れにつながっているのだろう
           /,.' /  / / レ/ ./┌― / ./     `i  \  _乂___________________ ノ
   ,       '″ //// _ ニ/, "7 !ニ"-‐ "     i i    \ヽ.゛、` ― i  .,'\
  (   (..,,___.     '" i.' -‐ ニ'"/ i´             i     ./ ゙、  ` -‐'  /  ヽ
   `''‐--.        く三三三 ./  !、          /     ノ     |     /     !
, ‐- 、_            i\ニニ/  /三 ‐-  __ ノ、   /     |   ./    /
、 __ ! ` -‐ 、      i | ゛、ニ,  /三三ニ゙三ミ三三三 ‐- '..   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 ̄`、.ー 、   i       i )ニi ,' /三三三ニ.゙、ミ三三彡'ニニニ\ |  やる夫スレの教科書にしたいくらいの
‐- 、 ) i `  |     .i|三.|,' ,'_三 -‐  ̄ ‐-ミ三三_三三三|  完璧な始まり方だ
‐- 、i _i、   |_    /.|三/ i三三三三三三._  ̄ -‐ '  ̄ / _乂__________________ ノ

207名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:26:25 ID:m/DCryLo




┌────────────────────────┐
│ ②緊張感のある勝負が表現できていたでしょうか?  ...│
└────────────────────────┘




                    _
                  , -‐   ̄ 丶\
                 /,-  .  |ヽ 、ヽ丶
               / i.,ヘ、//i i |i i.!. ム i ヘ         これも実にいい!
           <   |.!ii゙゛" i |.|| |:i | .i | .i
            マ .||《_ |,!.|| |:| | .|: i |   ,〟
        _    i. .|| 、_o.ァ |,!レ:.|ノ:| i: | |  //                勝負をかけたときの緊張感というか、
         \≧ェ .._|ハ||、ヾ,   、   ! |:.. i/ニ/              『息苦しさ』みたいなものが
            \ニニ::i Ⅳ\ ` -=='/i !ニ三三/        _
.            \ニ:| !::i !:≧ト ./iノ /三三 /        .ヘ、.i|
          /. \i |::! .!三 |   |,'三三::/_ _      l`i | !、| |、     読んでいるこっちにも伝わるような
            /_二| .!ニ|,'ニ||. !  _!|三ヲ'三 /三ミi ).|ノ レ' .! 〉     いい表現だったぜ!
        , "'i三三|,'/|、  .ii ヽ ´ ,','|ニ/三ニ/三三ミ.i /  ' ' '/
      ///!三ニ 'ニ | ヽ、ii ,-‐ 7/ |≧ 、三三三ニヲ∧ / ,.イ            .        i'i          .___
     // ./,'iェ≦三ニ.|    ii″ // |三三≧ 、三ニ/三\/:::|         / ̄ ̄ ̄ ̄.l「il ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./.|
    "´  /' Ⅷ三三 i.    ii //   i三三三/三/三三ニ\::i    /ヽ   /      . |l」l       日/./
         /三Ⅷ三ニ.i    ii//   i三三/i三 ./三三三ニニソ   . lヽ/l__/旦       ̄       日/./
         !三Ⅷ三 !   /`゚ァ,   |三/ニ.,1ニ/三三三ニヲ´   .,;: l l__/_____________/./
         ,'三三Ⅷ. |   / .〃   |ヲ'三ニ.,' Ⅴ三三三/     ,;:: i______l"____________"i/
.          /三三|ニⅧi  / .〃   |'三ニⅣ  Ⅷ三ニ/         .,,;| |.i"    l     ::::::::::::::::::|::::/ ~"
       /三三 .iーヽ| \〃    .|ェェ.Ⅳ      ̄´         /i i/>     |      ::::::::::::::l::/

208名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:27:06 ID:m/DCryLo


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
                                   「l
                                  l´l  l」「l
                              l .!─, l」
                              l .l ̄  /,=7
                              レ'   // //  _
                           ____    //   l」 /l
                         /      \      _//
                        / ─    ─ \    l_/
                      /   (●)  (●)  \              「l
                      |      (__人__)     |           l´l  l」「l
                       \    ` ⌒´    ,/            l .!─, l」
           「l            /⌒ヽ   ー‐    ィヽ            l .l ̄  /,=7
        l´l  l」「l          /      ,⊆ニ_ヽ、  |            レ'   // //  _
        l .!─, l」        /    / r─--⊃、  |                 //   l」 /l
        l .l ̄  /,=7     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                    _//
        レ'   // //  _                                     l_/
             //   l」 /l
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・


                  | l   ト、,,ミム!      ト、            |
                  | |   | ‖  | ,イ   .| ヽ  .|  | l l l  |
                  | |   | l:!   .| ,: l. i! !   ∨ |  l l l l  .!
                  | l .l ├ト!―ミ!.|、! .i! |> ‐ヤ!  ! .l l l  .|    顔は冷静、
                  | | .|  代`{ rj| ト. ! l! | ,代ぅソゞ .l .l l l  |    それとは対照的に早まる鼓動!
                  | | .|  |`,={  | ! レイリ    | l l l l  |
         ,´ `ヽ      .| | .|  | .| |.  リ ,/ レ     | ! .l l l  .|    そして、途切れた時の 『プッツリ感』
        {    {     .| | .|  ト ヾ 、 〈         .| .l l l l  .|
        l   |.      | | l| || \} }   ` __ ,    l .l l l l   |
          〉 _∧     | | l| || : : ヾ    ニ´     ,| | l l !、  |    これぞポーカーであり、心理戦!
      _ _|    ヽ.     | | l| || > ´|\       / |.l! ! .l .l/.> .
 /´ ̄   `ヽ、._   ∧   | | l| ||////.! |\   . イ  |.!| .| .l! l/////.>          ・・・って、感じだな
 } _  /     ヽ.     l   .イ/l| ||////.! i! ` ´   /  |l l .i! ll l////////
./    ̄ `ヽ、   l    .|イ:///:l| ||////.! .i!    /  ll .l !l l !l////////
ゝ 、     / \ノ     .ル//// l| ||////.!  i!    ./   .i! ,リ リ リ////////

209名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:28:00 ID:m/DCryLo



┌────────────────────────────────┐
│  ③ブラフやイカサマの様子等、わかりづらい部分はなかったでしょうか?  .│
└────────────────────────────────┘



:::::n::::::::i'i:::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::::::::::::,i、:,ii、:::,ii、::::::::::::::::::::::::::::::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::||
:::::i'i i'i |;;;|::::::i'i i'i::|[]|/.ヽ::::,ll、:::l:::l:|l,,|::li,,il::▽::▽::U:::U:::::::::i'i::i'i::|[]|/.ヽ:::||
:::::|」( )|;;;;|:::::|」( ):|  ||:...!|:::l,_,l:::|__|l._,l::l,_,l::⊥::⊥:⊥:⊥::::::::|」(_):|.....||:....:|:::||
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三]

                        _
                    / ̄   `  、
                   /     ,ヘ./| 〟 ` 、
                 イ   .    i''''''''!. !i| .|   |    ブラフ、イカサマについても
                  |  .:: .:  i_ .| ! |_,'.! |  |    特にわかりづらいということはなかった
                  | !:::::|:i:::i itぇ ,i..! |tァ!| ||
                  |:!:::::| !:::i :ト、  |ハ  || ||    イカサマの説明は文章量自体は多いが ───
                  |〟::| !:::i :ト.i    ′..|| | |
                //!:::::| !:::i | }} ,-‐ァ , '.| | |          _
               /ニ,' ::! :::| !:::i Ⅳ.  ̄ ,イ::|::|.. | |         /ノ   物語に引き込まれていたせいかな、
             /三.〈::::::!::: |..!:::i.|::::` ‐ i: |::|::| | |      /../    読むのが一切、苦じゃなかったんだ
             \三ニ\::!::::|..!: i.|:::  : i┴┴| | |― r-、. ./../
          _  -‐'三三ニ゛!:::| !: i.|::: .:: !、三.     l ./^ヽ./
      ,<´ ̄ \三ニ 、‐- ニ _ ゙、|_゙、i,!`ヽィ‐-ヽ. .     |/ /⌒ヽ、
       i三三三三 ゙、三ニ\ミミミミミi  ̄圦  ! ̄ i三ニ‘ー- (_/ /⌒ヽ}
.      i三三三三ニ∧三ニ.\ミミミ|   o\!  i .      |.`Y A_ ノ、

210名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:28:54 ID:m/DCryLo


┌──────────────────────────────────┐
│ ④AAの使い方や表現に問題は無かったでしょうか?                ..│
│                                                  │
│ 自分はギャグスレでは良く「テンポが良い」ということを言われるのですが、   ...│
│ 今回の作品についてはそのテンポの良さがマイナスになっていないかな?   ...│
└──────────────────────────────────┘


            /         |           /
          //.            |         //
   _____________|________
    __   _,..、E!      E!_,.._    __ __
   |i|..:|  i二二二二二二二二i  |:..|!|..:|  i二二二二
   |i|.::ヽ.  ::::::.....  | i! ::::.::..    ノ::.|!|.::ヽ   :::::.....
   |i|  ` ̄| : :. . r'jキ ::: :  | ̄´  |!|  ` ̄| ::: :.: :.
   ̄ ̄  ̄  ̄     ̄ ̄    ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄

       /``'´    `丶、
      /        , ,  `丶、
.   /   |  | ∧//|     ヽ
.   r'   | | |  | |゙「 'ー| | |    |    ①でも挙げたが、
.   |    | | |  | ト、_  ! ,|| N | |      今回の作品においてもテンポの良さはプラス
.   |    | | |   l 代ッ 、| | | LⅥ :|
.  |    | :l l  :l ト{ ̄ レ'、|佐ラ !     この物語を良作、名作としている骨格のひとつと言ってもいいだろう
   |  | l l l  l ト.ュ     Y | |
   |  | l Nl  l |,リ _ '´ ,イ |       ストーリーにせよギャグにせよ、
   |  | | ├‐ ┴┘ . ニ _,イ_|__.|___   テンポの良さが逆効果といった事例はあまり無いと思う
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : /
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : /
   |  | | | ̄ ̄ ̄: : −--: :〃__         あなたの持つ重要な”武器”だ
 /|  | | |: : : : : : : : : : : : : / ̄: :‐-. .、    自信を持って大事にするといい

211名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:29:48 ID:m/DCryLo


本編
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1289724203/132-133

改変例
http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1281453822/624-627

┌───────────────────────────┐
│ 最初のままで良かったのか、直した演出の方が良いのか、  ...│
│ またはもっと他に良い表現方法があるのか、           .│
│                                       .│
│ 是非意見をお聞かせください。                   ...│
└───────────────────────────┘



                    _
                  , -‐   ̄ 丶\
                 /,-  .  |ヽ 、ヽ丶
               / i.,ヘ、//i i |i i.!. ム i ヘ        改変例を見ると、確かに
           <   |.!ii゙゛" i |.|| |:i | .i | .i       ”溜め”が入ったほうが良さそうだ
            マ .||《_ |,!.|| |:| | .|: i |   ,〟
        _    i. .|| 、_o.ァ |,!レ:.|ノ:| i: | |  //       ただし、こいつはあまり多用しすぎると今度は
         \≧ェ .._|ハ||、ヾ,   、   ! |:.. i/ニ/      テンポの良さを殺しちまう恐れがあるからな
            \ニニ::i Ⅳ\ ` -=='/i !ニ三三/        _
.            \ニ:| !::i !:≧ト ./iノ /三三 /        .ヘ、.i|
          /. \i |::! .!三 |   |,'三三::/_ _      l`i | !、| |、    ここぞ!と、いうシーンに絞って
            /_二| .!ニ|,'ニ||. !  _!|三ヲ'三 /三ミi ).|ノ レ' .! 〉    使うことを心がけていきたいところだ
        , "'i三三|,'/|、  .ii ヽ ´ ,','|ニ/三ニ/三三ミ.i /  ' ' '/
      ///!三ニ 'ニ | ヽ、ii ,-‐ 7/ |≧ 、三三三ニヲ∧ / ,.イ
     // ./,'iェ≦三ニ.|    ii″ // |三三≧ 、三ニ/三\/:::|
    "´  /' Ⅷ三三 i.    ii //   i三三三/三/三三ニ\::i
         /三Ⅷ三ニ.i    ii//   i三三/i三 ./三三三ニニソ

212名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:30:36 ID:m/DCryLo
            ,、                ___,,,
       //  |亅       /|.,、   / ̄ ̄    /
       / /   | |. /l  __ ||| l ∠-一ァァ 7  /       __
      / / /1 ||| | / /∧l/ V     / / / .// \   / /
      7 / | | | l |/ / /|1 ,-‐─¬ / .///  ヽ、_/ / /
      / /   l | |ノ / /  | | `"7T7// / ´   __/ /
     / /    l |   | /   l |  // レ // / ̄ ̄__/
     / /     l | ,' l/   `'   |/ ∠人  ̄ ̄ ̄
     / /     レV        _
    `             _ -‐    `ー‐ 、 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
               /   i ,、 ,1     |  AAについても、不満は無い!
                 /  ./ .i i. V..|    _乂___
              /  ./ ,| i / |         丶   |  ただ、せっかく評価スレに来てもらって
            /  ./ ‐- | ,'、セ斗       i .!  /|  手ぶらで返すのもアレなのでやってみた
           /   / 、弋シ,    |   !    i才´/_乂___________________ ノ
.     、‐- ......_/  / / / |п !'     |   !   /   /   、  !   \
      \三/   ./, '| ∧ヾ、i==、 i   .!   /   /   ヘ  `-―-'!
.        > / //'" |/. 丶||.、三ノ i  ,'/  /  /     /\_   ノ、
.      , " / ././      丶    .i  // / , "     /    ̄   .i
.      '" / , "/   ./      -‐ i .// / ., "      、, 1     .i、
       / , / ,〟 ./  //  /  .i/〟 / , ″ _       |      .' \
.      /. ', //  / イ // / /,-‐ /, ″    ̄  ‐-  .|    i   `i
        /,.' /  / / レ/ ./┌― / ./      `i  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
.       '″ //// _ ニ/, "7 !ニ"-‐ "     i i   |  改善例というよりも、
         '" i.' -‐ ニ'"/ i´             i   |  『他人がやった一例』 ぐらいに見てくれ
         く三三三 ./  !、         /   _乂__________________ ノ

213名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:31:38 ID:m/DCryLo



┌───────────────────┐
│ んだよ……まだチョコチョコ張るのか?  ....│
└───────────────────┘     ''';;;,,,     ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,       ''';;;,       ,,,,;;;;''''     ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''',. -─- 、       ;;''    ,,,;;;;;'''''        '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
             /: : : : : : : : :\      ;       ;'   ,'´ ̄ ̄`',   ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,     /: : : : : : : : : : : : : :ヽ            l   :   l '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,|: : : : : : : : : : : : : : : :|             ∠.  :   l                ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;| : : : : : : : : : : : : :/|:|               ヽ   ゚ ノ  ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    |: : : :/^ ‐- ,_// |/ ̄''''─- __           '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ヽィ、: 7   _,, ,r'fリ|)\       `ヽ             ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            ,!d.l:| てヒッ ヽ  i  ヽ       |          ';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,, /|ヘ、,l:|     冫  ト   ヽ      |                  ;,      '';,,,;';,,;''
        / .|  |:;ヘミ     _/^i;|    >      「`l
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,/   |  |:;:r‐、  /_ | |;:|  /    |     \            ';,       ,;
     /    |  .|:;`i ヽ   / ./);匕       |/     \            ''''';;;; ,,,;;;''';;'
   /      |   |:;:;|   `‐'´  //);:;|  ̄|    ト、        \             '''';;;;;    ,,,,;'';,
  /         ̄7|;:;{       |;:;:;|   |   |  \      \           ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
 {          / |;:;\     /;:;:;:|   |  |     \      \       ,;''   ;'  ''';;;;,,,
 ヽ    ヽ   | く  |;:;r‐|  ィ''´ |;:;:;:;:;:|   |  |      \ ┌───────────────────┐
  \    \ | ヽ ト|_ `'''┤  |;:;:;:;:;|   |  |         │ 見て……笑って……大金積んで……    .│
   | \    ∨   ヽ|  `''‐‐->  |;:;:;:;:;|  /  |         │ それでようやくブラフが完成するんだろ?   │
   ヽ      |    リ     /  ヘ;:;:;:;:;| ./   |        └───────────────────┘
    `i      |  /     /   ┌───────────────────────┐;''''''''''''
                          │ 少ないチップじゃブラフにならねぇじゃねぇか……   │
                          └───────────────────────┘

214名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:32:08 ID:m/DCryLo





       /``'´    `丶、
      /        , ,  `丶、
.   /   |  | ∧//|       ヽ
.   r'   | | |  | |゙「 'ー| | |    |
.   |    | | |  | ト、_  ! ,|| N | |
.   |    | | |   l 代ッ 、| | | LⅥ :|
.  |    | :l l  :l ト{ ̄ レ'、|佐ラ !       ご め ん 無 理
   |  | l l l  l ト.ュ     Y | |
   |  | l Nl  l |,リ _ '´ ,イ |
   |  | | ├‐ ┴┘ . ニ _,イ_|__.|___    元の表現で一切問題ないよね
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : : : /
   |  | | |: : : : : : : : : : : : : : : /
   |  | | | ̄ ̄ ̄: : −--: :〃__
 /|  | | |: : : : : : : : : : : : : / ̄: :‐-. .、

215名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:32:52 ID:m/DCryLo
 ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||  ∠ ||           ||
 ||  ||  || ;; √||  ||  ||    ||  ||  ||  ;'  ||  ||  ||     ||´二\ /二`||
 ||  ||  ||    ||  ||  ||   ;;'; ||  ||  ||    ||  ||  ||  ;;   ||三三 l l 三三||;;
 }三三三{    }三三三{    }三三三{   #;}三三三{     || ≡≡l l≡≡ ||
 ,. ____ 、  ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄,. ____..、  ̄ ̄ii ̄||三三_l l_三三|| ̄
         )__||___||___(         )___||_||_._._._._._._._._._._||_
  ̄ ̄|| ̄ ̄´  __||      ||__  ` ̄ ̄|l ̄ ̄´  __||
   _||_    |l   ||
   . ̄ ̄
                         _
                         / ̄   `  、
                   /     ,ヘ./| 〟 ` 、
                 イ   .    i''''''''!. !i| .|   |
                  |  .:: .:  i_ .| ! |_,'.! |  |
                  | !:::::|:i:::i itぇ ,i..! |tァ!| ||    辛口評価を希望とのことだったが、
                  |:!:::::| !:::i :ト、  |ハ  || ||    なんだか褒めてばかりで申し訳ない!
                  |〟::| !:::i :ト.i    ′..|| | |
                //!:::::| !:::i | }} ,-‐ァ , '.| | |     悪いとこ無かったんだからしゃーないよな?
               /ニ,' ::! :::| !:::i Ⅳ.  ̄ ,イ::|::|.. | |
             /三.〈::::::!::: |..!:::i.|::::` ‐ i: |::|::| | |
             \三ニ\::!::::|..!: i.|:::  : i┴┴| | |――ァ      今回の評価は以上だ!
          _  -‐'三三ニ゛!:::| !: i.|::: .:: !、三三.|.|三/        満足していただけただろうか?
      ,<´ ̄ \三ニ 、‐- ニ _ ゙、|_゙、i,!`ヽィ‐-ヽ.三ニレ/
       i三三三三 ゙、三ニ\ミミミミミi  ̄圦  ! ̄ i三ニ‘ー--‐ァ
.      i三三三三ニ∧三ニ.\ミミミ|   o\!  i三三ニニ∠__
   _⊥二_二三ニ∧三三三゙、ミ.|、    �供�/i三三/三三ニ≧x
  /ミミミミミミ/7二三ニ〉三三三iミ| \   /\ヘ、,"三三三三ニ!ハ , -‐ァ、
. /_ . --―‐//二ニ三./三三三ニiミ.|  `、<    \\三三三三 ノニ|く _、―‐‐ 、       ,‐- 、
. !、 /三三二二三 ノ三二二二. iミ|    v\   ,'ニニ二二 ̄` 、三ノ /\(゙ 、 ニ⊃ i_   _ / θ  ゙,i
   `/三二二三三/三三二二二ニi.|    § .\,ー―――ァ^   \三` ミ,'二゙..ニ⊃i ゙、 ̄(二)   /ノ

216名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:33:24 ID:m/DCryLo
 ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||    ||--||--||  ∠ ||           ||
 ||  ||  || ;; √||  ||  ||    ||  ||  ||  ;'  ||  ||  ||     ||´二\ /二`||
 ||  ||  ||    ||  ||  ||   ;;'; ||  ||  ||    ||  ||  ||  ;;   ||三三 l l 三三||;;
 }三三三{    }三三三{    }三三三{   #;}三三三{     || ≡≡l l≡≡ ||
 ,. ____ 、  ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄,. ____..、  ̄ ̄ii ̄||三三_l l_三三|| ̄
         )__||___||___(         )___||_||_._._._._._._._._._._||_
  ̄ ̄|| ̄ ̄´  __||      ||__  ` ̄ ̄|l ̄ ̄´  __||
   _||_    |l   ||
   . ̄ ̄
                   _,,.. -‐‐- ..,,
                 /::::::::::::::::::::::::\
                /::::ハ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
              _∠ -''´ ⌒ミ::::::::::::::::::::::ヽ
          , -‐ ''''´    ∠ニ⌒::::::::::::::::::::::::::} !i
        ィ'´      ─ァ─-ゝ::::::::::::::::;;、::::::::|
       ζ,,,、__,,_  く'´\ 、:::;;:::-‐'´ <::::::/      / ,/
      イ彡    ィ''「|ヽ|イ叮ヽ¨ -ィュ‐ヽ |/^i   ノし'(//
       |彡    ノ t| _.   |      |y/    ー-ミ  て
       了   ∠ -‐''´/   〈      |ノ       ヾ  そ__
        ,|,,.、>ニ、   /{   、___ノ /    i!      } γ´ ̄
       /  ヽ, ヾ)  ノ  '、    ‐‐   /          / ゝ
     ィ´ -‐^''´._| _ `─‐┴''''二ニ=-'|        /ィ´
      |  ‐''' ̄_」 -‐   _/~' ‐‐ ´  ト、   li
     |     ̄丿   /| ̄~ >、-‐'' ̄ト、
     |    i´ ''´ ┌'´::::|  /| ̄\  |:::ヽi!_
     |   ├--‐':/::::::::|/  .\__ノヽ/|::::ヽ::::`'‐-、_
     /   /:::::::::::/::::::::::|   / l ヽ  |:::::::::\:::::::::::: ̄`'‐-、_
  /|´|.  /:::::::::::/:::::::::::::|   /  .j |  |:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::
/::::::| | /:::::::::::::/::::::::::::::::|   |    |  |::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::            【おしまい】

217名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:36:23 ID:V.hfShzw
評価乙です。
面白そうなスレだ、一度読みに行ってみようかな。

218名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:36:38 ID:u.h34nnA
なん……だと……?

219名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:38:49 ID:YTB8dbwU
評価乙です。
ただ、一言言わせてくれ。

>ご め ん 無 理

コーヒー返せwww

220名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:40:45 ID:B/sWaAOc
鬼柳乙と言えばいいのかルパン乙と言えばいいのか判断に苦しむぜwww

221名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:43:59 ID:mIsmxuvQ
評価乙

ATMからお金を引き落とせないのは多分、機械が故障してるからです
斜め45度の角度でおもっくそ強く叩けば良いと思うよ

あ、拳骨だと手が痛むんで、かなづちの使用をオススメします

222名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:47:47 ID:HByHncsY
馬っ鹿もーん!
そいつが評価乙世だ!www

223名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:57:14 ID:1YVr6PrQ
>>213
これなら元スレの方が見やすくていいなぁ
改変にケチつけるわけではないけど

224名無しのやる夫だお:2010/11/17(水) 23:57:30 ID:ImPhhbbo
評価乙

なんて評価元スレを見たくなる評価なんだ

225名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:00:48 ID:pXjUdO9I
満足さんなのに満足満足言わないのはどうかと思ったらそういうことだったのかwww
評価乙

226名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:13:57 ID:iQ33U/kI
鬼柳ル○ンさん乙ですw


ということで連続で恐縮ですが、
どなたとも被らないようでしたら、5分後に評価投下しますね。

227名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:19:54 ID:iQ33U/kI


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                  |   こんばんは。
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |   今日も評価をさせて貰う大ちゃんだよ。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   よろしくね。







       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \             さて、今回評価させて貰うスレはこちら!
   /                  ヽ   / ̄ ̄ ̄\ミ
    l:::::::::.                  | /   ●    \ 依頼レス >>162の「さあゆけ!やる夫」だよ!
    |::::::::::   (●)     (●)   | \        / http://yy702.60.kg/yaruo2nd/kako/1281/12811/1281197345.html
   |:::::::::::::::::   \___/     |   \/ ̄\/
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    \ /

228名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:20:21 ID:iQ33U/kI


        ______
      /     〇⊂⊃\
    /             \    この物語は、引越しの際にやる夫くん(ロボットの玩具)が
   /                 ヽ   トラックの荷台から落ちてしまう所から始まっちゃうんだ。
    l:::::::::               |
    |::::::::::   (●)    (●)  o|   はたして、やる夫くんは大好きなやらない夫少年の元に
   |:::::::::::::::::   \___/    .0|   自力で帰る事ができるのか!?……というのが物語の粗筋。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ








       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \
   /                  ヽ  原作は「さあゆけ!ロボット」っていう絵本らしいけど、
    l::::                  ::::|   ボクは未読なんで、未読者の視点で評価させてもらうね。
    |:::::    (●)     (●)  :::::|
    |::::::::    \___/   :::::::|   さっそくだけど、評価ポイントかむひ〜あ!
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ

229名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:20:47 ID:iQ33U/kI


     ┏                                    ┓
       原作の既読未読に関わらず、楽しめたかが気になります
     ┗                                    ┛





         ______
.      /(●)    (●)\
    /     \__/    \     なるほど、ストレートな感想が聞きたいんだね?
   /..        \/      ヽ
    |::::::                 |    よし、じゃあ大ちゃんも直球でお応えしちゃうよ。
    l:::::::::::               .|
   |:::::::::::::::::.....             .|
    ヽ::::::::::::::::::::::::::::......         ノ

230名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:21:07 ID:iQ33U/kI


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ...::::ヽ   ずばり言って、大ちゃん的にこのスレは……
     l::::::::::::::::::::::  \,, ,,/  ...::::|
     |::::::::::::::::: (●)  / ̄ ̄ヽ.::|
   ./|::::::::::::::::::. \_/  v c,.jヽ='"
 /゙^⌒ヽ、, へ、  /    ノー'ぅ' J
/       i   '⌒ヽ   /----''゙ヽ__
             ヽ / ///  ヽ
              iノ '⌒''"゙⌒^`  〉






              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /              \
         /              ヽ
   / ̄\ l      \,, ,,/      |   ……十二分に楽しめたよ!
  ,┤    ト |    (⌒)     (⌒)   |
 |  \_/  ヽ     \___/     |   ホントにやる夫スレ初めてなのかな?
 |   __( ̄ |    \/     ノ    だとしたら作者さんは良いセンスを持ってるね!
 ヽ___) ノ

231名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:21:24 ID:iQ33U/kI


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \    基本的なAA配置なんかも、大ちゃん的には言う事無いぐらいだし、
   /                  ヽ    台詞も、比較的簡潔だけどちゃんと物語が伝わってくるし。
    l:::::::::.                 |
    |::::::::::    ⌒     ⌒     |   それに、地の文の入れ方も他の台詞と明確に分けてある上に、
   |:::::::::::::::::   \___/    |   ちゃんと解説の役割も果たしてるからとっても見易いしね。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
                        キャラも、やる夫君は言わずもがな、やらない夫少年の両親や
                        ケンプファー様(笑)もイイ味出しててグッドだよ。






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \    それに、物語のストーリー自体も面白いなぁ。
   /                  ヽ   これは大ちゃん原作は読んだこと無いけど、
    l:::::::::.                  |   作者さんが原作の魅力を引き出せてるから味読の大ちゃんにもそう思えるんだね。
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::./// \___/ ///  |   ホッコリするお話が好きな方で未読の方は、是非読んでみるといいよ。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   大ちゃんはすっかり癒されました。

232名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:21:45 ID:iQ33U/kI


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                 ヽ   ……っと、いけないけない。
    l:::::::::   /      \   |   作者さんの要望の中に、
    |::::::::::   (●)    (●)   |   ┏                   ┓
   |:::::::::::::::::   \___/    |     □AAの改変具体例   必要
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   ┗                   ┛
                        が有ったね。





        ______
      /     〇⊂⊃\
    /             \
   /                 ヽ   大ちゃん個人的には、作者さんのAAの使い方には問題を感じないから、
    l:::::::::               |    今の使い方で十分だと思うんだけど、「あえて」重箱の隅を突っつくなら、
    |::::::::::   (●)    (●)  o|   最後のやる夫くんのお披露目シーンかな?
   |:::::::::::::::::   \___/    .0|
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ   あ、下のレスは盛大なネタバレになっちゃうんで、
                        これから読む方は見ない方がいいからね?







       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \   という事で、ボクが改変例として挙げるのは>>401
   /                  ヽ
    l::::                  ::::|   ここは物語的な最後の締めに繋がると同時に出オチにもなる場面だし、
    |:::::    (●)     (●)  :::::|   もう少し派手に登場してもいいんじゃないかな?とも感じたんで、
    |::::::::      __      :::::::|   大ちゃん的にちょっと改変してみました。
    ヽ:::::::::.             ::::::::ノ

233名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:22:16 ID:iQ33U/kI


>>401の改変例
_______________________________________________
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ  l  ! .l ,! ,! .l  /  /   /  / /  ./ . /  _..‐'゛ ._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. ヽ.ヽ .l / ̄\  ! /  ./ . .|\     /\        / |   //  /
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'、,\.  \.ヽヽ . l|     | l /  /  _|  \/\/   \/\/\/ |∧/ ///
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `'-、 \ `-,\ .ヽ.ヽ.l. \_/ l / ./ . ,i".\                        /
〜 ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-、,.`'-..\,`-ヽ, ヽヽ!、.l .╋ l゙,! / ./ .,i'ン∠ 名づけて「やる夫プーナ改(KAI)」っ! >
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,, `''-ミ;; 、"-ミヾ' \ ヽヽ l.╋ .,! l /..,iシ//_                    _ \
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..,,,_`゙''ー ..,`'''ニ;;,.`'-,,.`  / ̄ ̄ ̄\ ゙,ノ / .゙ ̄ / /∨| /W\  /W\|W\  .|  ̄
        `゙゙"''―- ....,,,_ `゙゙'''ー 二ー 二 `/ ─    ─ \ ./ ゙‐'´ ._,//   |/     \/        \|
"'''''¬――-.... ........,,,,,,___、`゙゙"''―- 二¬/  (○)  (○)  \  ‐''"゙ー''二ニ--ー';;;;二,゙,,,,............---一ー''''''''''
___________゙二ニニニニ‐ <|    (__人__)    |>'ニ二二二二___________
_____,,,,,,,,,,,.............. ----――¬'''''''二.  \    ` ⌒´    / o_  .-..........,,,,__
         _,,,,.... --ー;;二ニ ̄._,,, ‐ /            |   Oー二,゙''― ..,,,_  ゙゙゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,__
..... --ー¬''^゙゙´_.. -‐'''"゙_,,.. -;;ニニ''''_、.,..(_ ) 同    同  ||../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-‐''" _..-'彡;;'",/ンl⌒ヽ        _ノ | |  汚されちゃった・・・                |
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛ ,.. ‐'゙,゙ ‐彡''ン'゛./,ノ|  r ` (;;;U;;)   )__).|  アタイのからだ、汚されちゃったよ・・・  |
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'',゙/゙ / . / ./ (_ノ  ̄  / /  ヽ\_________________/
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /  ./ ./ / ./  /  l゙ .l ( _) .l  .ヽ ヽ .\ `-、 \   `''-、,    `゙'ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/  / / ./ /   / │ .! |  .!  l  .ヽ ヽ.  \ \  \    ゙''-..、     `゙''-
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / . /  /   /  ! .l  !  !  .l   ヽ .ヽ.  ..\ `-、 `'-、   `''-、,
  _..-'" ._/´ . /    ,/  /  ./  ,/  ./  /  !  !  .!  .l,   .ヽ \  .\  \.  `'-、    `'-、、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /'''7'''7 ○   / ̄/ ./''7      /'''7'''7 ○     __/ ̄/__      /'''7'''7 ○              / ̄/ ./''7
   / /i  |       ̄  / /       / /i  |      /__  __  /     / /i  |   ┌─────┐   ̄  / /
 _ノ / i  i__     ___ノ /       _ノ / i  i__     _./  //  /     _ノ / i  i__  └─────┘  ___ノ /
/__,/  ゝ、__|   /____,./     /__,/  ゝ、__|     |___ノ.|___,/    /__,/  ゝ、__|             /____,./

234名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:22:35 ID:iQ33U/kI


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /  U               ヽ   ……どうかな?
    l:::::::::.    ノ             |
    |::::::::::   (●)     (●)   |   ラストの締めなんで思いっきり派手にしてみたけど、
   |:::::::::::::::::   \___/     |   先に言ったとおり、作者さんのAAの使い方は特に問題は無いと思うから、
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   参考にできる場合だけ参考にしてね。





       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \   あ、それから、コレも重箱の隅的な事だけど、
   /                  ヽ  レスの先頭AAの2行くらいは空けて、
    l::::                  ::::|  AAとAAの間ももう少しだけ離した方が見易くなるかも。
    |:::::    (●)     (●)  :::::|
    |::::::::    \___/   :::::::|  
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ

235名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:22:55 ID:iQ33U/kI


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \     という事で、大ちゃん的総評は、
   /                ヽ   「とってもハートフルな物語が大変グッドでした!」
    l:::::::::     \,, ,,/       .|
    |::::::::::   (●)     (●)   |    作者さんは最後が蛇足なんて言ってたけど、
   |:::::::::::::::::   \___/     |    ハッピーエンドが大好きな大ちゃんにはとっても素晴らしいラストだったよ!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
                / ̄\    次作も楽しみしてますから、是非またホッコリさせてね。
               ,┤    ト,
               / .\_/  |
             .|  ̄)__   |
              \ (___/






        (´\r-、     ┼      *       +     /`/`)    +
     ┼   (\. \!       *           *     // ,/)  *
  +     * (ヽ、   \ +  *         *     /   /)   +
      ⊂ニ      )        *   +   *   (     ニ⊃
  *  +  ⊂、     (    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ノ     ⊃   +  *
         (/(/   ヽ /            \/    、)ヽ)  ┼
    +        (/    . /                ヽ   、)ヽ)
     *       (/'(/  l:::::::::              |'  /、)、)´    +  以上、大ちゃんでした。
         +      (/ |::::::::::   (●)     (●)  |ヽ)ヽ)
     +          |:::::::::::::::::   \___/   | *    +      それじゃあまたね〜。
        ┼        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ ┼      +

236名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:23:56 ID:iQ33U/kI
投下は以上になります。
お目汚し失礼いたしました〜。

237名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:25:54 ID:..AUu.xw
乙でした

俺もこのスレ大好きだった
ほんまハートフルやで

238名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:33:45 ID:e.5Wu5H6
丁寧な評価乙でありました〜

239名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:36:27 ID:TWmyr.dU
すこしだけお借りします。

240名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:36:51 ID:TWmyr.dU

評価人と言えるほどアドバイスができそうにないので、アバターAAはなしでやらせて頂きます。


今回、私なりのアドバイスをさせていただくのはこちら。

【FF6】やる夫が帝国と戦うようです(の作者様の短編になります。)

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287934063/ このスレの971から
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289946070/ このスレの26までです




さて、評価のポイントですが、作者様の要望はこちらこちらになります。

□評価方針   おまかせ
□評価スタイル   AA付
□AAの改変具体例  おまかせ
□その他要望・見てほしいポイント等
状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか
ゲームを知らない人でも内容がわかるように作れているか



それではさっそく要望に沿ってやって行きたいと思います。

241名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:37:08 ID:TWmyr.dU

まず、評価方針ですが「おまかせ」とのことですので、思ったことを言わせて頂きます。

次に、評価スタイルですが改変例等のAAは入れさせて頂きますので、
アバターAAの方は無しでやらせて頂きます。申し訳ありません。

最後に、AAの改変具体例は「おまかせ」ですのでこうした方がいいのでは?と思ったところの
例を挙げさせて頂きます。


上記を踏まえてその他要望の

>状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか
>ゲームを知らない人でも内容がわかるように作れているか

この二点に関してアドバイスをさせて頂きます。

242名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:37:28 ID:TWmyr.dU

まず、一つ目の「状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか」ですが、

はっきり言って出来ていません。というのも、

このシーン
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287934063/981-985

やる夫のパパ(阿部さん)が、やる夫を助けるために、倒したハンターAから奪ったマシンガンを投げるというものですが、

なぜかハンターBに当たらず、アピーニ・ゴート(水銀燈)に当たっています。

ですが、その後なぜか水銀燈は無事でハンターBは倒れて(いるはず)います。

このシーンは何回読んでも、どういう流れが正しいのか判断できません。



また、登場人物も扱えているとは言い難いです。

例えば、このシーン
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287934063/990-991


やる夫がちたんという猿と会話をするシーンですが猿の方がまるで誰かに言わされているようにしかみえません。



この二つの例から見ても「状況説明ができていて登場人物をしっかりと扱えているか」という所が
出来ているとは思えません。

ですので、私なりの改変例を用いてアドバイスをさせて頂きます。

243名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:37:42 ID:TWmyr.dU

まず、阿部さんがマシンガンを投げるシーン。

ここから改変例

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi         クソッ、ただの素手の男相手になにやってるんだ!!
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l
          l      //ヘ        手間かけさせやがって!!
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ   
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ     こうなりゃ俺がやってやる!!
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」‖|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ



         ___
       /     \
      /   \ , , /\              待てお!!
    /    (●)  (●) \       nn
     |       (__人__)   |        i i.i    お前の相手はこの僕。
      \      |r┬-|  ,/、-─,‐─‐/ ヽ-、
.      /⌒,    `ー'´     ___; _、r イフ'    ジャングルパパの息子、やる夫が相手をするお!!
     /  ,)、_, -、_    ,/ ̄       ̄
    (_____´r'  〉   l
.      |    ` ̄~    |

244名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:37:57 ID:TWmyr.dU

          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi       どけ!!クソガキが!!
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l
          l      //ヘ      ぶち殺すぞ!!
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ  
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」‖|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ



          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \ 
     /   (●)  (●)   \ n
     |      (__人__)    l^l.| | /)       ガキじゃない!!やる夫だお!!
     \     ` ⌒´    /| U レ'//)
    γ⌒               ノ    /
     i  j         rニ     ノ       あんまりなめてると痛い目にあうお!!
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/
   /つゝ、,!          }
  {〈〈〈,ゞソ          〈
   ` ̄/            \
    /     /´`\      \
    !    く´     \      ヘ
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)
                     ̄ ̄ ̄´

245名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:38:10 ID:TWmyr.dU

      _______
    _,./       ヽ
   /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、
   〉       `Y(,_ )  )
  (´   ─、,,_  入_____ク
  }         \_/   /   ___
  {   ─、,_   !   、!  /     \
  ヽ      ヽ/  /(/   \ , , /\
   ヽ ¬─-ー"  /   ノ   (●)  (●) \    でやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
    ゝ、_     _L  / ヽ     (__人__)   |
      `゛ー<  /    ヽ    |r┬-|  ,/
          ∨       ヘ  `ー'´  r'.二ヽ、
          ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
           ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
            \             \`7ー┘!
              ヽ               「:ト  イ



  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / // ̄ ̄7〃  .|〃       ─┐  /
        // ..// //\   |\ ───     /
         /   ////   \.  | \      _/
     / /   / /   l ‖l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\

246名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:38:23 ID:TWmyr.dU

          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l      なんだ?それだけか?
          l      //ヘ 
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ 
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」‖|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\          そんな・・・全く効いてないなんて・・・
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ
         |____ニニ゙i
         l___---i―'''''べi       でしゃばりやがって、クソガキが!!
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l
          l      //ヘ      邪魔だ、死ね!!
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ 
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」‖|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ

247名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:38:37 ID:TWmyr.dU

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ     (もうダメだお・・・パパ・・・)
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
 <                             >
<        伏せろ!!やる夫!!            >
 <                             >
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY




          / ̄ ̄\
         /´ ̄ ̄ ̄``ヽ て
         |____ニニ゙i  て
         l___---i―'''''べi 
         ゙i0)l-、ヘ/  〉l       しまっ・・・
          l      //ヘ
         / ̄,'lllllll,' ` ノソ 
      _....,,_.. >――-、___/ノ/`゙゙゙'ヽ
    /    ニ  '  ゙i    ヘ`'‐、 \
    /  ,--'''´ l     |    ヘ广   ゝ、              ,‐、
    rメー-..__ ,ノ    ,--―――――────|f |l三三三三三「」‖|≡
    ,'′   |   _....l''" ̄ ̄ ̄ ̄|┗━━━━━广エ∩∩∩∩=コ┘
   l心、  ノ  l´ _ヽ/ ̄`i⊃ ''l | \(ヘ    ((ノ   ノ
  ノ  ri| ̄ ̄ ̄ ̄」tヽi′   |Β │  `'''--―'''''''´´ ̄ ̄´
  '、 _厂|| lコ[illl田田]ヽ__lΒ  |
   ヾ ヘ ゙i_‐‐‐――┘_| | | |  ナ

248名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:38:53 ID:TWmyr.dU



___________________________________
 _   _                                                   _,,、    ....,,r
 | |  // □□                                 __,,,,,.... --ー¬'''"゙ ̄゛    _,,llll゙゙゛
 | |//        / ̄ ̄. ̄/    _/ ̄/_   _,,,,,,......--ー¬'''゙゙゙゙´             ,..._,,,lllll゙゙~_,,iiilll゙゙
 | /            ̄/ /    / __  /    _ _                  _,,,,llllll゙゙゙´._,,iiill゙゙´
 | |____     _,/ /__    ー' ___ノ /    UU/7              __,,,illllll゙゙゙´  .,,,illll゙″
.-|_____|    /___________/     /____/      く ノ         __,,,lllllll゙゙゙゙´    .,,,iill゙゙゛
                  ,                     ;:;:.............._,,,,illllll゙゙゙”゛      ._,,iil!゙´
        ,         __,,,,;;;;=;;      ;...................;..;;;;;...__,,,,,llllllll゙゙゙゙~゛           ,,,ill゙゙´       ./
........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,,,iiiiillllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiillllllllllllilliiiiiiiiiiiiii!!!!!゙゙゙ ″           _,iill゙゙゛        /
;;;;;;;;;;;;;;__,,,iiiiiiiillllllliillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄               _,iiil!゙´         /
iiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄                          ,,,iii!!゙″           /
llllll!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄゛                                  ,,,iill!!゙゛             /
                                         ,,iiil!!゙゙"           /     ,    ‐
                                        ,,iill!!゙,〆              /     .,/   i′
                                   ,,iilllllll!l゙゛           /     ./    /
                                    ,,iilllll!!゙゙゛               /      ./    /
                                   ,,iilllll!゙´              /      /    ./
                              ,,iillll!!゙´.  ..;:           . /      ./     /
                             ,,iilllll!!゙丶 ....;            /       ./     l
                              _,iilllll!゙゙丶....;.;              /       /     /
                            ,,iillllll!!゙゙´;;;.;.;;;;: -゛        /       ./     ./
                           ,,iillllll!!゙丶;;;;;;.;;;;: /          /        ./      /
                      ,,iilllll!!゙゙_./ ;;;;;;;.; /             /        /      l
                    ,,iiillll!!ll,iilll゙´;;;;;;.; /             /           /      /
                  ,,,iillllllllllll!!゙´.;;;;;;.; ,./             /         ./       l
                ,,,iillllllllllllllllllll,i+;;;. ./          /         /       /
              ,,,iilllllllllllllllllllll!!゙´;;. ./             /          /       ./
              _,,iiillllllllllllllllllll!!゙゙´;;;;. ,/              /             /       /



.

249名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:39:05 ID:TWmyr.dU



                           ┌┐┌┐
                     ┌──┤|||
                     |    ||||
                     |    ||||   
                     |    ├┘||    
                     |    |  └┘                        ┌┐┌┐
                     |    └───┐            ┌──┐        │|||
                     |            |          ┌┘    └────┤|||
                     |    ┌───┘          |                ├┘└┘   ┌┐┌┐
                     |    |                  └┐    ┌──┐  │         ||||┌┐
                     |    |                    |    |    │  │           ̄   ̄ ││
                     └──┘                    |    |    |  |             ┌─┘│
                                                 └──┘    └─┘                ̄ ̄



.

250名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:39:21 ID:TWmyr.dU

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、          ・・・・・・
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(●) \ `、チラッ
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~



       ____
     /_ノ  ヽ_\
   /。(⌒) (⌒)。\        パパ!ありがとうなんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ヽr┬-/     |
  \      `ー'´     /

251名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:39:35 ID:TWmyr.dU

         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
    //.   u  l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ       なっ!!
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ      マシンガンを投げるなんて・・・
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ     無茶苦茶にもほどがあるわぁ・・・
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
      、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\
.       /L/::::/ l::::::::::::__,、::l   >::::::ゝ l ̄
      ∠:::</::::/,‐レ^マ/  )(〈^7::::::/l ノ
        ̄〈:::〈lて π`Z  〈.  /::::::< ノl l
         ゝ:::::"vl><l`‐'´`´:::::::::::`‐、iノ



    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<                さて・・・
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|                 残るはあんた一人だ
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

252名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:39:48 ID:TWmyr.dU

                     ,, -'''''゙゙ ̄丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙゙̄''''ー ..,_
                   ,./ ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙ li、
              ,, へ;;;;;;,..,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`x
              /;;_ / 'ミ,, !;;;;;;;;;;./ '''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l
          ,,―'''''゙~゛    ./ ;;;;;./ ,,,,,-.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l
          |      ,,,..-'゙_,,./ ゛   . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
             !    .イ゙´./ "゛     .,ノ丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !
             |   .;;.! /      ,,x‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,..iンy''ゞ“'(、;; !
             l   .;;;ゞ   ...,i'''´ `''ヘ........,;;_,..-'''ri./ ケ'″       !;;;;│
         /   ./   ...;./    .,..-ー'''"´ ." ゛/             !;;;;;;;}
           /         ;./ ;; .,/゛       /             〃;;;│
        ./        .;i彡-'"゛     _.. rZ゙ネ            ,....、l";;;│
       ./       .,/"      .,..-'´   .″ ゙ ,,...... -ー'''"´  _,,,王;;;│
      ,r′               _ン'´;;;;;;..... 、   .,i,!彡-;;ッ━'''''リ.l./   !;;,iT、、
     ,i′             く..,_;;;;;;;;;;;;;;;..ゝ  "´   iニニy;;ン‐   .レ゙,..、 .|     さぁ・・・どうする?
    ./                      ゙̄''、;;;;;;, .. `''ゝ        i|'"  "/
   /                ,..,,,,,,,,,,.  l.;;;;}            ,iリヽ  /
  ./                / ;;;;;;;;/  /;;;│                レ′ ./
 ./                / ;;;;;;; l  ./;;;;; !             |,. /
.″                 / ;;;;;;;;;;;;;;ゝ r";;;;;;;}            j゙/
                  ,/丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;′              l゛
            _.. ‐'" ^.l.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   . ‐″       ./|
         ,.‐'´     . _|ぃ;;;;;;;;;;;;;;;                  / ト-、
        /      .,r'";,!;; l.;;;;;;;;;;;   __、 .__        /   l  ゙'-、
          /     .,./ ;;;;;;/;;;;、ヽ,;;;;;;;.   ,.......       .,./     ヽ   `''-..、
       ;;i′   / ;;;;;;;;;;,!;;;;;;.l;;;;;ヽ.;;;;;.           _/   .、  ゙ュ,     .`'''―-┐
        ;; !   .,/;;;;;;;;;;;; !;;;;;;l,;;.l;;;;;;;;`''-..、     _.. ‐´    .|;    .lヽ          /
     ;;;;iト;;ッぐ;;;;;;;;;;;;;;;;,i";;;;;;; l;;;.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''''゙゙´;;;;         !;     .}      ..l.゙゙'ー 、
    ...;;;;;レ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./ ;;;;;;;;;;;;.!;;;.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;       l;      .!          ヽ   `'''
   ....;;;;;;,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l;;;;;;;;;;        /      !         ヽ
    .;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ''‐;       l      │          ゙.l〜..,,

253名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:40:09 ID:TWmyr.dU

        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }      クッ
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ‖  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l



              ____
            /三三ヲ´                      ___
            (三三三≦                r=ニ三三三ヲ´
            \三ニ<                  /三三三≦、
             \三≫___          /三三三< ̄
              }ニ/    `弋ヽー、     ,/三三ニ/)ニ\
              У i     `弋}__\._  /ニ/7∨v')≫ ̄
       「ヽ  、    ハ i ト、  ハi、 ∧ 心メ==.〉ニ/:: :/┐└i
        \\{、ヽ、 { A、|_ヽ. ノノレ } , Y^ソ‐v/:: ::/┬_」 ̄
        ´ー-}_ ヾ:::ハ ', ◯   ◯cl人 V:: :l::i:: :/‐┘:: \     退却!!退却よ!!
            └--Ll i゙ ゚     _  ,ト. |:: :: :/:: :: :: :: /
              | .〉、 ⌒´  _)/:∧!:: ::ヽ<´ ̄ ̄ヒ―、
              レ′\   ̄ イ介__)~|:: :: i:: \__―ヒ'^ー'
                      ` ゙̄<く__{@}‐':: :: :|:: :: :: i c┘
                       ヾ:」:: ::}><ヾ:: ∨::ト'
                        ヽ「/´ ̄ ̄`ヾーヽ」


                                    あぁ、待ってください。お嬢様!!>



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

改変例ここまで。

254名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:40:24 ID:TWmyr.dU

次の猿のちたんとの会話シーンですが、原作を知らないので指摘をするだけにしておきます。


>こんにちわ やる夫さん 僕はこの村のガイドをやってるんです

>よかったらちょっとおさるのリハーサルに付き合ってもらえますか?


この台詞ですが、少しぎこちなさを感じます。と言うのも、

その前のシーンのやる夫の口ぶりからするにやる夫とチタンは知り合いであると思われます。

知り合いにこんなガチガチな喋り方をするでしょうか?もう少しフレンドリーに接してもいいのではないでしょうか?

あるいは、ちたんに説明口調を貫かせたいならゲームっぽさをアピールをしてみるのも有りかと思います。

例えば、ちたんはいつも同じことしか言わないだとか、ちたんがつくりものっぽく見えるとか、それに対してやる夫に

疑問を持たせるなど、やる夫スレに沿うような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

255名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:40:39 ID:TWmyr.dU

さて次の「ゲームを知らない人でも内容がわかるように作れているか」ですが

これはできていると思います。

私は原作を知らないので細かい所まではわかりませんが、このゲームは大まかに言うなら

「やる夫がパパを助けるために世界を旅するゲーム」という所ですよね?

だとしたら、内容は伝わっていると思います。これに関しては特にアドバイスできることはありません。



さて、要望へのアドバイスは以上ですが個人的にこうした方が良いと思うことを少しだけ。

まずは一つ目。もう少し丁寧に描写をしましょう。わざわざスレを使って表現をしているのですから

自分だけでなく他人がわかるようにしてしてみてはどうでしょうか。

もし、この表現でちゃんと伝わるだろうかと思ったら何度か読み返して見ましょう。

冷静になって読み返してみると思わぬミスも見つかります。ぜひ、やってみてください。



二つ目ですが、ゲームのおもしろさと物語のおもしろさは別だということを理解しましょう。

作者様のスレを見ていると、なんというかゲームで起こったことをなぞっているだけという感じを受けます。

例えば、登場人物が説明口調であったり、細かい描写がなかったりと、ゲームの中で起こったことしかスレに

描写をしていないため、どうしても面白みに欠けます。というか、理解出来ない部分もあります。

まずはこの辺りをどうにかするべきではないでしょうか。

もし、どうすればいいのかわからないのであればゲームの原作をやる夫スレ化している作品を参考にしてみてください。



私にできるアドバイスはこれくらいです。お役に立てれば幸いです。

256名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:41:35 ID:TWmyr.dU
以上です。長文失礼しました。

257名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:48:53 ID:TJhzpbIE


んだか、アバターAAなしは良いけど、はじめと終わりくらいは、
なんか目立つように、AA欲しいよなあ。

評価人のスキルなんて、上から下まで様々。

割りきってくれればいいと思うけどね。

258名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 00:51:29 ID:DtWu11GA
評価乙。
だが、ちょっと眼が滑るなぁ、やはり……

259 ◆vjJXhxgFiw:2010/11/18(木) 00:54:33 ID:LYB73/jU
評価ありがとうございました

ぎこちないせりふといえばそのとおりなんです。
元々ゲームではおさるが普通に「ここはボーイの村です」 って住民でしかも村長とも言えるジャングルパパにわざわざ説明していたので
何で住民同士でそんなわかりきった事いってるのかな と思って 観光のリハーサルというシチュエーションであの台詞にしていたんです。

マシンガンの絵をわざわざAA合成で使わなくてもこっちのほうが確かにスピーディーに見えました。

ゲーム原作系はなぞるだけだとどうしても面白みに欠けるのでしょうか?
そうだとしたらもうちょっとオリジナリティを色々加えてやってみます。

260 ◆RYUU.nj4zk:2010/11/18(木) 00:59:39 ID:kdEyyVOc
鬼柳さ……いや、ルパンさん!?ww
評価ありがとうございます。

辛口希望したので厳しいことを言われることを覚悟していたのですが、
お褒めの言葉を頂き嬉しく思います。

>ここぞ!と、いうシーンに絞って
>使うことを心がけていきたいところだ

そうですね。
長所であるテンポの良さを殺してはなんにもならないので、気をつけていきたいと思います。

>改善例
いや、十分参考になります!
自分はあまり背景やエフェクトと組み合わせることをしてなかったので、
今後はもう少し頑張ってみようと思います。


どうもありがとうございました!

261名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 01:23:28 ID:TJhzpbIE
>>259
ゲームに限らずなんだけど、媒体が変われば表現方法を変えるってのはあたり前のことなんだよ。

読者がどう理解するか?を考えて作るのがスレ。
ゲームとは時間感覚も自由度も違う。

AAにゲーム上の人物のセリフを付けるだけでは、伝わらないことが多いと思う。

ひと通り目を通させてもらったから、評価させてもらうかなぁ……。

262名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 01:26:24 ID:jz5big4g
>>259
なぞるのがダメっていうのではなく、媒体が違う以上見せ方は変えないといけないってだけの話かと思います。
商業でも元がゲームのものを小説媒体だったりアニメ、マンガに移すとだいぶ見せ方が変わってきます。
けどそれはオリジナル要素を無理に突っ込んだからそうなる、っていうのとは別で
媒体が違う以上同じお話でも同じ見せ方では別物になるし、魅力を伝えられない事もあります。

同じお話、同じ世界である事を見せるためにも別の見せ方を模索することも大事なんではないでしょうか

263名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 01:28:00 ID:ky7/Vf36
というか、前回の評価で言及されてた筈では>なぞるだけが云々

264名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 03:58:32 ID:u9ylJcLw
>>259
話というかテキストをなぞるだけだと、やる夫スレではゲーム画面や音楽、SEというものが
削られている以上、不自然に情報の欠けた劣化コピーになりやすい。

画面の代わりにAAをただ置いても、動きがなかったりテキストに合わないAAだと、読者の
違和感を増幅するだけになったりもする。
だから、配役したキャラに合わせて喋り方や語尾を変えたり、原作には無かった解説や
細かい会話で欠けた情報を埋め合わせて、自然に読めるようにする必要がある。
その部分にこそ作者の色が出るし、読者もそれを楽しみにしているはず。

こういう言い方するのもどうかとは思うけど、ただテキストをなぞっただけのスレを見るくらい
だったら、プレイ動画を見た方がずっと楽しいだろうしね。

それでもなおそのスタイルを貫くというのならば、それは貴方の選択。
評価を気にせず、そしてこれ以上求めず、突っ走ればいい。

265名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 08:36:49 ID:Fa80ZUWE
アニメから音声や動きを削ったのが漫画。
漫画から絵を削ったのが小説。
そして、アニメ→漫画や、漫画→小説のメディアミックス展開なんてのは
いくらでもある。その全てが劣化コピーかというと、それは絶対に違う。

漫画やゲームのやる夫化が「原作の劣化コピーにしかならない」とか言ってる奴は、
人気アニメのノベライズを任されて、でも自分の描いた小説だけ不評だったという、
売れないラノベ作家か?

問われるのは作者個人の技量でしかなく、「小説だから」「やる夫スレ」だから
なんていう、ジャンルの責任にするんじゃねえ、といいたい。

なぞるだけでは不評なら、なぞるだけではない描き方を
すればいいだけの話。

266名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 08:58:57 ID:w3uaBnLI
>ゲーム原作系はなぞるだけだとどうしても面白みに欠けるのでしょうか?


前回の評価でそこを思いっきり突っ込まれていたけど、全然省みて無いんだね…
別に◆vjJXhxgFiwが「なぞるだけ」の話が作りたいのなら構わないけど
二度も評価依頼出しているなら、少しは評価人の言う事に耳を傾けた方がいいと思う

267名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 09:12:26 ID:xTCjcZvk
スレの評価はともかく作者の評価はスレ違いじゃない?
屋上へ行くべき
ここで言うなら評価人としてちゃんとした形をとろうよ

268 ◆hptd6gl7m.:2010/11/18(木) 10:16:07 ID:Gh9Q1iyM
大ちゃん様、評価して頂き有難う御座いました。

色々最初に考えていたストーリープロットをその場その場で削ったり
追加したりした結果ですので、クオリティ的に不安な部分が多かったのです

原作に対してイメージを如何に合わせ、如何に壊していくかを
テーマに書きましたが、今回は上手く行ってくれた様です。

AAも有難う御座いました。
元と比べてインパクトの差が激しく、コッチに今から差し替えられないか
絶賛後悔中であります。
トップの行や、AA同士の間隔については教えて頂いた通り
現在やっている燻製スレに反映させてみようと思います。

今回の評価に慢心せず、読んでくれた方々に楽しんでもらえる様な
やる夫作品をもうちょっと書いていこうと思います。

評価して頂いた大ちゃん様、読んで頂いた皆様
本当に有難う御座いました!!

以上です。
長文失礼致しました。

269 ◆GXmjSNniyE:2010/11/18(木) 10:27:48 ID:Teqym6Aw

どうもです。評価依頼のお願いに参りました

『やんねえ香は時間を30分ばかし間違えたようです』

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289306246/

      □評価方針   評価様のやりやすい方向でお願いします
      □評価スタイル   おまかせ
      □AAの改変具体例  出来れば欲しい、無くてもいいです
      □その他要望・見てほしいポイント等
 
    ①ぶっちゃけ、見てて面白(楽し)かったか?
      特に良い点、悪い点が知りたいです
     (もし頂けるならA〜Eの評価も欲しいです)

    ②分かり難い、気になった点はどこか?

    ③キャラクターはどうでしょう?
      (明らかに問題のあったキャラ、魅力的なキャラは居ましたか?)
    
   
正直最初の①だけでも構わないので、できるだけ多くの人の評価が頂きたいです
辛口、甘口はお任せします。やりやすいようにどうぞ。

長々失礼しました。よろしくお願いします

270名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:40:00 ID:kU9o0jqc
20レスほど失礼します

271名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:40:21 ID:kU9o0jqc

                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /           紳士淑女の皆さん、こんにちは
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !     今回も評価をさせていただくロビンマスクだ
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' / ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
         / /  ,.-ヘ   |ヽ. __〉ヽ〈  、  ヽ∨{|  ヽ_,コ |L_! ‖  !\
        /     /⌒!  | ヽ !ヘ∨⊥ --ゝ、 〉! y'´  __ノ .ハ  | ‖  !  ヽ
          /          ハ .|  └‐' ヘ ∟----、 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
       { /(    /ノ| .!    ___ゝ--`ニニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
      ,.‐'/ / ヽ--一 / | |  ___ヽ__´"''−-.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ、



       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /     今回評価させていただくのは>>269さんの
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│     『やんねえ香は時間を30分ばかし間違えたようです』
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│     http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289306246/
    | |.      |    |│
    | └ヘ.     |    ハ.j      となる。いつも通りネタばれになっている可能性があるので気を付けてくれ
ゝ_/|/\|    |   |∧__
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |

272名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:41:01 ID:kU9o0jqc

        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|       さて、この物語は強面、そして実力も折り紙つきのやんねえ香が、実はプリキュアに
     l|`T ̄~| | :::::|       憧れていた。そして音速丸の力によって念願のプリキュアに変身したやんねえ香。
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.   でもその姿は……!
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /   そして迫りくる悪の軍団。それに立ち向かうやんねえ香と音速丸。
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ    といった内容だな。
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔



       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│      原作、というのは無いオリジナルストーリーだ。
    | |  `:―┘  └‐' |│
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│      『30分ばかし間違えた』とはどういうことか分からなかったが、分かった時には
    | |.      |    |│      なるほど、と思えた。
    | └ヘ.     |    ハ.j
ゝ_/|/\|    |   |∧__     さて、評価のほうに移ろう。
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |

273名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:41:39 ID:kU9o0jqc

  |ヽ __ /|
  |/ Ⅳ_                  ①ぶっちゃけ、見てて面白(楽し)かったか?
  /   `i l┴L.                   特に良い点、悪い点が知りたいです。(もし頂けるならA〜Eの評価も欲しいです)
  |    | |   |   r―、    ___    
 |    レヘ_|   |   |   | l    |    貴方は面白いか面白くなかったか、という点に置いてかなり心配しているようだ。
―く ̄    〈┬‐‐v   |   {二}_|_|_| |    それはギャグ系にかかわらずやる夫スレを投下されている作者様全員に言える
   \___} \_|\. |⌒ヽ.  Y   ヽ   内容だろうな。
               V   }. |二二ハ
 | ̄ ̄ ̄`‐‐┬―'´ ̄!  V  ̄ヽ |     ',  それでは望み通り細かく評価していこう。
 | ̄ ̄ ̄`:‐‐:|‐‐‐' ̄ |  l   /     l
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |      |
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |\__/|
  ̄ ̄`:‐‐‐‐、l_/ ̄   |   \__ /



     _rV .|
     |||しハ |
     |. V  |
     〉┴ 〈
.    /´ ̄` V
         |
   |      |
   |      |
   |/  ̄ ̄ V
   ゝ/ ̄ ̄V       .へ    /|       一言でいうなら面白かったな。
    |.   〈      /_ V `Y/
    |    ヽ.    /┴‐‐/   V        やんねえ香の口調に最初は戸惑ったが、それも魅力のうちになっているし
    |     /⌒|/  へ/    }        追ってくる悪の組織のキャラも立っており見事といえよう。
    |    /   | フ へ   /
    |    |/|ニ| ⊥__\/  /⌒|      30分遅れるという発想もいい。
    |   / /\       /ニ/|  |
      /  / \ / 二二二V   |/  ̄ \    AA配置や台詞の感覚なども適切に守られているし、貴方の魅力は
     V  / \ / 二二二 /   |     \   キャラを生かすことに長けているものだと思う。
     |.  |\  /二二二 /    |      }
     |   \ /.ニニニニ/    :|     人  これが初めてのやる夫スレだというのならば素晴らしいの一言だ。
     |                ',  ̄`    \
       /二二二二\.       X    }   \

274名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:42:01 ID:kU9o0jqc

   .   ∧
      |. |   .へ
      ┴:┴/  ヽ
  /.    /   |  ヽ
/.    / n. ∩ ! n n|
    / n. |:|. | |. | |:| |:||V7        ただ悪い点というか、説明してほしかった点もあるな。
  く V |:|. |:|. | |. | |:| |:ll
   |.  U U. U | U し . | .        精霊は悪の組織に捕まったり協力しているという設定であり、音速丸は捕まらないように
   | | ̄弋二>‐亠く二フ | .        逃げ回っている設定だな。
   | |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_| |
   | |.      |   | | __       そもそも音速丸は仲間を助けたいのか、それとも自分が捕まりたくないだけなのか
   | |      |   「 |ヽ   `ヽ    そこらへんの明記が欲しかったところだ。
 二.| レヘ    |   レヘ| |  ̄ `ヽ
 /レへ.__>   |   / | |  ̄ `ヽ



        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|       それと、先ほども言ったように精霊は悪の組織に協力してしまっている者もいる。
     l|`T ̄~| | :::::|
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ    精霊はポケモン、または起動兵器で表現されているようだが音速丸はその故郷の
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.   同族を説得みたいなものを無しで倒してしまっている。
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /   プリキュアが題材とはいえ、準主役級の音速丸にもこういった人間的な性格を
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´   入れたりすると戦いが盛り上がるかもしれないな。
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔

275名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:42:42 ID:kU9o0jqc

       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7    総評でいうと、5段階評価の上から二番目の『B』だ。『A』に限りなく近い、な。
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│     とはいえこれは私個人が評価、という立場から見たものの結果だ。
    | |  `:―┘  └‐' |│
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│     読者様は私が先ほど言った気になった点などは気にしていないだろうし
    | |.      |    |│     そんなに重く受け止める必要はない。あくまでも一人の捻くれた男が『B』だった
    | └ヘ.     |    ハ.j     と感じてくれればいい。
ゝ_/|/\|    |   |∧__
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |



        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /    ②分かり難い、気になった点はどこか?
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /      分かり難い所は特になかったな。題材が子供向けアニメのものだし
\ X        / /  /\\\  /        貴方は簡潔ながらも丁寧な台詞で適所に説明を入れているから
  \ \     / /    /\ `|/          迷わずに読む事が出来た。
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /             簡単そうに書いているが、これは意外と難しいものだ。それがキチンと
  ヽ    \/  ||     /              出来ている貴方は凄いと思うぞ。
  ハ    |   ヽ   /

276名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:43:09 ID:kU9o0jqc

        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|         そしてAAの改変具体例は出来れば欲しい、無くてもいいとの事だったな。
     l|`T ̄~| | :::::|
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ      戦闘でも貴方は効果線を使いこなしているし不明な点も特になかった。
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ    しかしあえて重箱の隅をつつくというのなら3点ある。
    |ト、i   ) ..:::γ    /
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´     まずバクフーン、と明記しているのにもかかわらずマグマラシのAAを使用している事。
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ       これは進化前の種族とはいえ、統一した方が良かったな。
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔       さて、次だが…

277名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:43:25 ID:kU9o0jqc

【引用しています】

             , -'"´   ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
           /                 \
            /                   :::::::\
        /                    ::::::::::::ヽ
       /                    :::::::::::::::丶.     それなんだけどよぉ
       i     , - 、               :::::::::::::::::::i
     ,-‐l      {.  .}         ., - 、    :::::::::::::::::::l     まずはこれを見てくれや
    /   l     ` - ´        {   }   ::::::::::::::::::::l
   .|  ,-l                     ` - ´   ::::::::::::::::::::l
  .,-| ̄| 、!                    .:::::::::::::::::::`ヽ.
  { |_| }       `――――´     .::::::::::::::::::::ヽ、::::ヽ.
  |` ---´|ヽ                  .:::::::::::::::::::::::::/ヽ   )
 l´`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`――――――――――、´ ノ  /
 .|ニニ}                                 |/  /
 .ヽニノ                             /ヽ/
  |                           {ニニ i
  |                           ヽニ/
  |                              |
  ヽ――――――――― 、___________|



──────────────────────────
          _.、-‐'''''''''''ー‐‐- 、
         /           \
        /              ヽ
       /                `;
      ノヽl、l         .l      }
     /   `゙゙ー==、,,,,,,,,_/__/|___/ノ,.、ノ|
    ./         /`゙''ー/●-‐‐''"´ `!
   /    , 、   ///!//、::/ヽ、 | l /l/
   !/    !ヽ.|./|/ー、=、 '´  :/_,.、=、〉//ヾ
   〈 /  ヽ '| '"l ~i`   /´i ,.ソ/.:/  |
    `"!| / \_,、 |~'' ̄     ´l::::// j |`
      `'!/l / |:、゙:::|     ,   /:::/ヽ |//
      .´ ``! .|/\'、  ‐-‐ // |"
         .| ./  ` 、   ./  /
_,.、---、、-‐ヽ-‐/     `''''l"´\,/
──────────────────────────

278名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:43:37 ID:kU9o0jqc

  |ヽ __ /|
  |/ Ⅳ_
  /   `i l┴L.                   見ての通り音速丸が先代パートナーを紹介しているシーンだ。
  |    | |   |   r―、    ___
 |    レヘ_|   |   |   | l    |      ここで音速丸は巻物を持って紹介しているな。
―く ̄    〈┬‐‐v   |   {二}_|_|_| |      しかしやんねえ香は――
   \___} \_|\. |⌒ヽ.  Y   ヽ
               V   }. |二二ハ
 | ̄ ̄ ̄`‐‐┬―'´ ̄!  V  ̄ヽ |     ',
 | ̄ ̄ ̄`:‐‐:|‐‐‐' ̄ |  l   /     l
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |      |
 | ̄ ̄`:‐‐‐‐:|‐‐‐' ̄ |  |   |\__/|
  ̄ ̄`:‐‐‐‐、l_/ ̄   |   \__ /

279名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:43:52 ID:kU9o0jqc

【引用しています】

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl
    人λ::::(|::|( ○) (○ノレ´         ?
.      |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ|::|
      .|:::::::|::|、   ̄ノく:|::|           ______
     、ノ::::::::|::| ヘ___い:::|::|         / /      /
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、       / /      /
     /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ     / /      /
     {::.| イ <  .| .十) Y > .}ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(○) (○)|::|):::リ          !?!?
      .|::::|::|   r-ュ  .|::|::::| 
      .|::::|::|ゝ   ̄  ノ|::|::::|          ______
    ヽノ::::|::|:::::`i_____i´::::|::|::::しi       / /      /
     .ヽ::,ィリ--ハ|ハ::ハハ,リ---<       / /      /
     /:| .y ./ | ヽヽヽヽ `ヽヽ     / /      /
     {::.| イ.<  .| .十) Y > .}ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i

280名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:45:40 ID:kU9o0jqc

           ∧
           | |   へ.
          .‐┴ /    \       このようにPCを見て驚愕している。
       /   /// // ///..|
      / ハ/ /// // / // ハ      伝える媒体が紙とデータとかけ離れてしまっている。
      |  〉____/ // / ハ      先ほどのバクフーンにも言えることだが、こういう細かいシーンを統一すると
     /  / / U ト‐‐┘ `┬:、__V1      より自然に話が頭に入っていくと私は思っている。
___./  .| | ―――― 、_ `‐‐ | /
   /   | |      /  `‐‐/       それと流血・殺傷表現だな。これはコメディタッチの作品とお見受けしたが
  /    | レ^|.    /    //        その場合はその表現法を変えたほうがいいかもしれないな。
  {___!_.ヘ」   /   ,_//\_
 /    ハ     /   /ハ|   |\     以下に表現法を変えたものを投下する。

281名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:46:24 ID:kU9o0jqc

【以下改変例。引用も含まれます】

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                                      _______
                                   ∠二_____  ヽ | _______
                                           __`ヽ‐<二////////Λ
                                         /´  {}´   ///./ ̄`ヽ//}
                                      ,r'´ヽ,rニ7´ヽ〉二二l_,rイ : : : : :.〉/,}
                                      レ'レ'´ ノヽ/.   ,イ´`| : : : : ////
                                      `‐'´     ,レ´`,| : : : :////
                                                レ´`|_,... ___,〉//       ,イ
                                             ,,ィr''|  /´i//// V     ,r'/
                                         , イ´.//,.Λ_|  {/////Λ  _, イV
                                          ,'  .//イ l ヽ   〉、__///}r‐'イ |/
                                           i _,...// 〉 .| {: :ヽ /,.._/`イ ̄ __/
                                        /´ r={‐} } .l ヽ:_:_!{__ノ___,...,ィ´i    
                                         ゝィ´ ハヘ  |/ヘ/レ〈:_:ノ 二iノ
                                      ,r‐ヘ´    ハ ヽ`ー‐'´´_ノ   〉    グルォオオオオオ!!
                                    , ..:-‐''´/ | |     〉、__二_ \`ヽノ
                                 /,//////,|  | ヽ、 ,イ  /     ヽ //
               _    r- 、        /////////Λ ハ   ´ヽ ノ      |/
              ヽ二イー'‐―`-、    ///,ィエ二ヽ_,r―――‐,ィ´ヽ        |
            ⊂ニ二i      _{}二 ̄工三二ヽ     ヽ,  , イ    ヽ    /
      ___   r‐‐r‐i   / `ヽ ̄O>   〉     }   |        i__/
      `"''‐-=..二二二二二二__/三三__ノ___ノ_ノ___/////|
                      _, イ   `ヽ.///////   __〉 /   |//////////|
                 ,ィ´ //{       }//_/  ヽ_/  `ヽ ,__ノ|//////////|
               ,イ´,/////ヽ_____,.-‐''´´           V///|,/////////,|
            r‐/////////////                   V//,|,/////////|
              / l ̄ ̄ ̄〉//,. '´                     V//|,////////,|
            /  /    /イ'"´                  V/,},////////|
          /ヽ―‐'ヽ__, イ'"´                     ヽ/////////'
.      /__/O__|ゝ'´                              ヽ,//////,'
.     /`ヽ  /./                                `ー--‐'
    〈    ヽ|/
.     ヽ、  /
      ヽノ

―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

282名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:46:36 ID:kU9o0jqc

                           、      ,:
              _  [][]       i:i       ,:' i
              |  |           i::i ,  ,、 ,:' i
              |  |__     、 、i::::i i:i ,:':i,:'  i , : '    ,、
              |  ___|     i :、i `、:'::i,:'::::'  i ' ,i´_,.;−',:'
              |  |        i_,,.;:- -、::,:'`'   ,:':::::::::::,:'_ _
              |  |     ,、 _.ィ ',、::;;;;;;;;;;;;;`i    `;:::::::::::::::, : '
               ̄    ,',:'  ,:' ;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   , :':: : ::, : '
                 .  i:' ::;;;_,.`-''"´`丶、y_.ィ´:::::, : ', , _
                  . i: : ,' .,、 \ ,,_人、ノヽ::::::_,,.;−''"´
                   i;;;,:' .:'シ _  _)ヽ    (''';;;;;;;;`:、
                   iソ , イ- <       >─;;;;;;;i
                    ` '  ゝ':' ,:)     て  `、;;;;;: i
                         /^⌒`Y´^\   i;;;;;;;;: i
                         i   ,:'i    i   i;;;;;;;;;;i  __
                        i   ,:'  i    i   i`:、;;;;;;;i |__|
                        i.リ ,'  .i      i   i. `、;;;;;;;i       /\
                        `'`'  ,:'      'i ,:'   `、;;;;;;i     / /
                           ,:'         `    i;;;;;;;___/ /
                          :'             i,;;;|___/
                          i              :、;;;;;;;;`:、
                           j    ,- "´ `丶、    'y ,、: 、
                          :´__.-''"        `丶、  i`:i
                                        :、, i
                                          '`

283名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:46:50 ID:kU9o0jqc

                               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                                )                  >
          _.. - ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、       < ルアアアアアアアアア!! >
         /              ヽ        <                  (
        /          U     ヽ      /^Y ̄∨ ̄∨^Y∨ ̄∨^Y∨ ̄\
      ./   U                    ヽ
      //                     i
     i/              ○    Ο |
    /       U            ‐-、  |
   ./   /         U       /  |                     /Y /    r-、  _
   /   /  /  /  /            ヽ  .!                     7:::ヽ /V::::/   /::t__    __
  ./   /  /  /  /          -‐´ /         .,-イ .,,,、、 ,,,,、     /:/`'  7::::く  /:t-i::/ ./ ̄____:::::/
.  |   /  /  /  /              /         .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|    l,/   /::/ヽ' ヽ;:`'/    ̄,-, //
  .|   /  /  /  /:::::::::          /        ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""        l,/    /:/    /:/
  ヽ/、 ./  / /:::::::::::::::::::::::::::::     /         .ト'",l゙ l゙ l゙ │                `'     `'
    | / , /-‐´ゝ‐- ____ - ‐ ´            l゙ ,l゙ .l゙‐'"
    `‐´     /´_ ヽ、 ヽ-、ヽヽ            .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
                ̄´      ̄´               {-!ト''゙l゙,i´
                         ,、.               ,レ"
                   /´〉,、   ,l |              l"    .. /⌒i       /`l _   ,、
             l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/   ,! L.-ヾ=,'             _,,..、 .|  / ,..-、 ,、.   l  |/ 〉 .〈 .|  ,.-、
              二コ ,|     _,.-'´  _, - '_´    ,、        l   l | /´ l,、_ノ ,l |  l  |レ' _,,」 .`'´   〉
             /__」     _,.- '´| L-'´ _)  .〈 .|  ,.-、    |  i' '´_,,、   ,! L.-ヾ=,'  l、_,.. 、 「Zノ
             '´         ,.-'´  ,.-'"    _,,」 .`'´   〉   .|  し''´ 」 _,.-'´  _, - '_´     ゙l_,〉
                      {,.- '´| |      l、_,.. 、 「Zノ    .|  ,,.-''´ (_,.- '´| L-'´ _)
                          |,i         ゙l_,〉      | .|     ,.-'´  ,.-'"
                                           ..l、_ノ    {,.- '´| |
                                                     .|,i

284名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:47:01 ID:kU9o0jqc

               〃 /  /     .      ヽ   、 \
              / /  /    . /        ',    ヽ ヽ
               / /  :/l/  , . : :l /: /       l |     ゙,: l
                 ' /r‐、' .   :/: /:// : l: . :     ヽ い:ヽ : .  、|
             j ry /゙Y : . : l : lフヘ: : l: :、ヽ:    !: トミ、ヽ: .  、ヽ    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
             //./ / __l: : : l:ト、l_≧=ヽl、: :い:   l: /ヽl: : :l: 、:ヽ: ヾ=‐   )                  >
           ー'y' / / / } l : N《 ̄芥心ミヽヽl: : /:/=―ヽ j: :| : l | |    < ルアアアアアアアアア!! >
                / / / / ,'ハ:、:l `、{几rリ`ヽ ゙l : ルクfjT㍉lイ: / 〃j/     <                 (
            / / / / ,'/ <ヽ ミ-  ̄ ̄   ノ ィ 弋rリィノ':ノ/ ´      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
             , ' ,/ / / ,'∧ -ヽ             l   ̄孑 "´
         / ´ ´   ,'∧ `¬1            ,     /                     ,i、、
          /       { ぃ: :八         ` '゙    /               i.ー''';  .,, ゝ、, ゙,!
          /      ,' l  i从!_>┐   , -‐‐-,   ' __              l  . l  i,゙ `'''ッ ゛         _,,,,.. -一''''"ヽ
        ,        ,' /'゙´ ̄   |:::::::|、   `¨二 ´ / l:::ト、_             !  . !  .`''''"       T^゙´  _,,,,.. -  ./
       ,'        /       |:::::::| \     .イ___j:::|  |             !  .l,,、            ゙‐'''"´   ./   /
        l       //      |:::::::|、 ` ─‐ ´ !   |:::|  |             !    `゙'''ー ,,_              /   /
.       丿    _ //       '|:::::::|` ー- 、_,. -‐ヤ   |:::|  |             l   r‐- ..,,_ ./          /   /
    r‐く二二、  トム       |:::::::|    ハ   ,   |:::|  |              !  .l    ´             /  ,,,  ゙ヘ、,
r≦三7  ` ‐、_ ` くノ \      |:::::::|   /: : :',  '、 |:::|  |              !  .!             ,i′ / .`''-、、 `'''i
.  ∨      ` ≪i\   \     |:::::::|  rf´ : : : ゙、   ヽ|:::| 〈‐-、_           l ,,,,,,〉              /  /      ゙''-ヾ._、ィ'''、 ,,
                     __ __               _     __                    `″          ヽ.゙l..゙‐' ! フ
                  /:7/::/:/               ┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-
                 /::└:ァ ̄                │ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐         __
                 |:::r‐┘_/7仄!             / /  l  ヽ_   ̄ |__  __|     _┐   |   ||
                 L:| /::::::__:::::7         !l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i l ̄| |_l _. | |
                   `7:/ L/            ̄         ̄    └┐ ┌‐┘  ̄  / /  .|_|
                  「l_[I]/二 7                          | |_l        / ///
                }二. n_|  / / ロコn                                 ̄     | ̄|
                  レ'    〈/ヽ>  ノノ                                        ̄ ┘

285名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:47:17 ID:kU9o0jqc

                   へ
  ,i′  / . /   /  / .//    ヽ .! |  l .l                 l  . ! .l  l  l .l.l、 ヽ  .ヽ   .ヽ,
../    / /    ./  / /        ヽ .l │ .!                 !  l .l  .l  l  l.l,  l.   ヽ   ヽ.
′  ./ . /   ./  ./ / /⌒ヽ    V⌒ヽ .!                  !  . l .l  .l  l ..l l  .ヽ   .ヽ   .ヽ
   / . /    ./   / ./ /      )         ̄ ⌒ノ ̄\         l   l .l  l .l,  l l  ヽ   .ヽ
  / . ,i′  ./   / /|/         丶           _   丶            !   ! .l  l  l  .l l  ヽ   ヽ
 ./ . /    ./  / ./ |        >ーヘ  / ̄  ´ ` ̄ ̄            l   | l  l  l. ..l,.l   l,   ヽ
./  /    ./   .i" /  / l  ,! >─  ヽソ !                    l   | l  l,  l  .l,.l,  ヽ   ヽ
゙ ./    ./   ./ /  / . !  ,!  | ̄ ̄/ ヽ│                    l   .l l  l  .l  ゙l,.l,  ヽ
. /     ./   ./ /  / l゙  l゙  (⌒     ( !                     l   .l . !  l.  l  l,ヽ  ヽ
/    /   / /  ./ l  .l゙   .|ヽ|;;;;\ ).|                     l   l l  . l  .l  . l..l   ヽ
    ./   i′/  .l゙ . !  .l゙   ! /;;;;;;;;:|/     ,,,,                  !   .l .l  . l  .l,  l.ヽ  ヽ
    /   / ./  ./ . !  !   l /;;;;;;;;;;|      `ヽ                  l   l .l  .l. ..l.  ..l, l.  .ヽ
   ./   ./ /  / . !  !   /;;;;;;;;;;;;;;|       / |                 !   l .l  .l,  .l  .l, l.
  /    / /  / /  !   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     /` /                  !   l  !   l  .l,  .l. l
  /   ./ ./  / /  l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,.....─/ `l/                   l   .l  !   l  l   l .l
. /   / /   !  !  . !    ヽ;;;;;;;;;;;;;/;;;ヽ;;;;ノ /ヽ                
/   / ./  .l゙ .l゙  l    / |⊂; ̄ヽ i;ノ;;l  /;;;;;|               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
゛   /  l   / .l゙  l , ┌─;'"´;;;;;;;`〉//:::`i;;;;|`ヽ ┐   ─-          )                  >
   .i′/   /  l   l / ) ゝ;;;;;;;    ∧) |::::::::ノ/;;;`ヽヽ─-.,ノ  ``ヽ   < ガアアアアアアアアア!! >
  / ./   / ./  / 丶 `..ゝ ̄⌒ ̄-‐、 ̄ ̄ ̄ヽ;____      丶 |    <                 (
  / ./   /  l   ,! 〈   .;;フ;;;;::-::;;_;:ゝ ' ⊂⊃ __ヽ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ⌒   ノ /    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
 l゛ l   ./  l゙   ! /  (;; ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ ̄`ー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  ノ〈 | 
./ ./   !  /   l   ̄L/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ノ    ー::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//~   `        l    l  .l   l.  l.
!  /   !  /   l   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   人             /               l    l  .l,   l  . l.
 ./   l  /   /   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|-´─-_ヽ \ _   ノ              !    l  l   l
 !   . !  /   /    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ.:.⌒ ;. ゙丶_,.-,.___ゝ               l    .l  l   l.
/   /  /   .l゙     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ̄ _ ,.-‐´  丶|                   l    .l  l   .l

286名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:47:37 ID:kU9o0jqc

                      .,、-ー''ア:;、-'/       ,,、-'7         / ̄/_
                 |    ノ  ////了      / /     ,-ー―" __/
                 |   .イ  i::/ / / /       / ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /
                 |  ! !,|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"  /// /
                  !   | .! ,リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /       |/ ./ /  ./\
             i !    | | i   ,、-ー'   '"/ / / /        //   \/;;、-'/
                 i .!   |  / 「"       ,ノ /  / /              、-",、 '
                  |   | / /         |/    レ                   / /
                  |  i .| |  |                                | /
                  |  |ii| |/                                 レ"
                 !  |il| i             i::i ,  ,、 ,:' i
                | i | !          、 、i::::i i:i ,:':i,:'  i , : '    ,、
            i   .i |  |i | i         i :、i `、:'::i,:'::::'  i ' ,i´_,.;−',:'
        {i    |   :| ii  i :|          i_,,.;:- -、::,:'`'   ,:':::::::::::,:'_ _
         i :  | i  |:i:   |      ,、 _.ィ ',、::;;;;;;;;;;;;;`i    `;:::::::::::::::, : '
          :i   | i   i:|    i! :   ,',:'  ,:' ;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   , :':: : ::, : '
          i  .| i  :i |    |: i|  .  i:' ::;;;_,..-''"´`丶、y_.ィ´:::::, : ', , _
           :i  | : i!|!     !|!i . i: : ,' .,、       ,':::::::::::_,,.;−''"´
     ヾ    :i  i|! : :||i i    i! | |:ii i;;;,:' .:'シ _  _     ,:'ヘ,:''''';;;;;;;;`:、
          i  i! | i|!i ;   i:!i | i |: iソ , イ :i ,' `、       `:、;;;;;;;;;i
           \! i| |:ii!:| |   :|:|i!| i|:/` '  ゝ':' ,:' 、     i   `、;;;;;: i
        ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i  i i| i|!|:/       i   i    i   i;;;;;;;;: i
            \i|!:i||l! | :  | i| i|/;/       i   ,:'i    i   i;;;;;;;;;;i
          、ヾ、|i|!i:| :  i |:i!!,イ       i   ,:'  i    i   i`:、;;;;;;;i
           ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/    i.リ ,'  .i      i   i. `、;;;;;;;i
    、         ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /     `'`'  ,:'      'i ,:'   `、;;;;;;i
     .\      ゞ、  、   |i  /         ,:'         `    i;;;;;;;;;`ー -、
    `ヽ; ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  /      :'             i,;;;;;;;;;;;;'"´
       >、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//      i              :、;;;;;;;;`:、
        >ヽゞヾ、ゞ        イ <        j    ,- "´ `丶、    'y ,、: 、
           ≧/ ,    ヾ`、く         :´__.-''"        `丶、  i`:i
          / 〃´// / i| レヽ\、ヽ                      :、, i
         ´  ;  //   | i;i ゞ、 \ヽ `                    '`

287名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:48:34 ID:kU9o0jqc

                   / レ'´∠__
                  /   /!  _/
              ___/  /レ' /_ ∠_
           /:レ'::´::::::::::::〈./    /,/
         /:::::_. -‐-.、::::::〉  _. -< ´       (あれ…俺、生きてる……?)
         l:::/      >' /:::::::::::::\
        ,'://l u     ´ l:::::::::::::::::::::::ヽ     (外れた…のか?)
         l::l lソ   _ 、./  l:::::::::::::::::::::::::::.、
        l::!  ノ '´ /     |:::::::::::::::::::::::::::::.、   (でもダメだ…意識、が……遠の、く――)
           /     !:::::::::::::::::::::::::::::::..
          /      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::.!
        ⊂-----一!   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
               l.   !::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
               |   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
               !  .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                /   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 /   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

288名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:48:48 ID:kU9o0jqc

                       「|
                       | l r n
                       | l |_| l
                       l ヽ└'
                       | lヽ \
                       | l  ヽノ
                       |_j
                       _「l「L. _
                      └‐┐i r‐┘
                         L| |
                        └‐'
                         n
                         U
                          0
                          O

289名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:49:44 ID:kU9o0jqc

       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /       こんな感じだろうか。
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│       主な改変は台詞強調、斬撃効果音無し、殺傷及び流血表現無しだけだがな。
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│       まあギルスは超攻撃的フォルムだし必殺技が巨大な棘のかかと落としという
    | └ヘ.     |    ハ.j        アマゾンに似通った部分がいくつかあるから仕方ない表現だったのかもしれない。
ゝ_/|/\|    |   |∧__ 
    |   \    |   ∧ \  \   しかし大部分な流血などは避けたほうが読者もコメディとして受け入れやすいだろう。
    ∧   \ __| / | 〉  |      以上が私の気になった点とAA改変だ。




        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ        ③キャラクターはどうでしょう? (明らかに問題のあったキャラ、魅力的なキャラは居ましたか?)
     |!‐,‐、,┐| ..::::|
     l|`T ̄~| | :::::|        これは①でも紹介したように貴方の長所となっている。
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ     問題のあるようなキャラはいないし、魅力的なキャラも沢山いる。
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ  中でも私のお気に入りはフェイトだな。
    |ト、i   ) ..:::γ    /
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´   可愛すぎるだろjk…。嫁に来てほしいくらいだ。
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ     あとハクねえ&ネルもヤバい。いい発想だ。
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔

290名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:50:11 ID:kU9o0jqc

             /∧/|
            V、_/  V^/|
           /7_.ィ、┌‐(\n
  *o ゚ |+o。   |7 / {二二 \}             o○+ |   |!*l:::j
   o○+ |   |! | /  {二、    |              |+ | ・゚  。*゚  l・
  ・+      + |ト/ _ / ヽ _ハ    ハレハト、 |+ | ・゚  。*゚  l・  o
  ゚ |i    | |l  |二二|====イ__ハ  ハレ     Vハ|+ | ・゚  。*゚  l・  o   さて、長くなってしまったが私の評価は以上だ。
  ゚  o。!    |i  |    ヽ.   ',    \ト、_、_、_、   イ |゚ | ・ +o   o。!   満足していただけるような評価だっただろうか。
   ゚| o ○ ゚ |i|    ',   |      V 〈_ ∠n  ,┴―:、゚ ・゚  。*゚  l・  i
  | |i 。 *o゚ |! o|     レ‐‐‐|     ∧´ ` ィ/    ',| o ○ ゚ |i    
   。 | ・   ・+ |二二二|   ハ   / /  ̄ ̄`ヽ ̄ `ヽ  | 。 * ゚ |     これからも貴方の一層のご活躍に期待している。
   |+ | ・゚  。*  |       / / ヽ二 /          V    *  ○
   ・ +o   o。!\     / / / /\             }・ | + l 。o   以上、私ロビンマスクからだ!
   *o ゚ |+o。!   o  ‐ / / / /  /\_       イ  l +o+
                 |  ̄ヽ/ ̄ ̄  `―┬   / |   ○|・
  _|\∧∧∧∧∧∧∧MMMMMMMMMM∧∧∧∧∧∧∧/|_
  >                                       <
   / \ヽヽ   ̄ ̄    / ̄ ̄l       / ̄ ̄lヽヽ ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /   \   ̄ ̄ ̄/ /   /  ―― / ̄ ̄/  .   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  /     \    /     /          / .   / | ノ \ ノ L_い o o

291名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 16:57:51 ID:EM0BSJh6
評価乙です

292名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 17:18:05 ID:pCV2q0LU
乙。

流血表現は俺も気になってた。

293名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:12:10 ID:pXjUdO9I

>>284のハムにちょっと吹いたw

294名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:41:40 ID:VG.gswws
評価乙でした。どなたもいませんでしたら投下させていただきます

295名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:43:13 ID:VG.gswws

:::::::::::::::::::::::::::::`==、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.-',.--、  どうもこんばんわ。あなたの親愛なる隣人モズクスです。
、::::/  ̄`\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____,,.ィ''"´  / .私 |
 /.す遂 神ヽァ‐┬--,.=====、‐ ニ ''゙r‐‐''"`:::| |ヽ、 <. は |  本日は>269で依頼がありました
 | ぎ 行 の |:{ ,} '" -─-, i::::i:::  i:l'" ̄  ::|, }::::゙i.   | た |  『やんねえ香は時間を30分ばかし間違えたようです』
 | ま し .御 |:} {:::::::     ::::::i    i:l     :::|;;, }:::::l|`i | だ |  を評価させていただきます
 | せ.た 胸 |:, ,.j!::::::::     i:::゙===='ノ   :::|`‐^iノx,ハ ヽ_,ノ
 ヽんに を/,゙'ヽ!::::::::::.. __゙___,,,,,,,,,. -‐ ' :ノノ /,x/  ヽ     と言いましても基本的なことは概ねロビンマスクさんが仰ってくださいましたので
  / ̄ ̄ ヾx゙ヽ `‐-、::.   ------─'''''  //x/   ノ7-、   個人的に思うところを少々語る程度になりますが。
 /ヽ     ゙ヽ、x゙ヽ、 \          / ./,x,/   /x/





: : : : : : : : :              i.:.:... \
,: : : : :          / /      _|.::.:.:::_/
/: : :       / //  _,.. -''":::::ヽ;:.:.ヽ
L: :   ヽ ヽY,、{.〈 ゙_,,..-'"::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ.:.|
/ /    '゙,∠Tr'゙,.ニ>、:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:ノ.〈.    まず気になったのはダメージ表現ですね
:/-‐''"´::::゙7      |-=゙!:::::::::_,...-─'''''i.:.:.:.:/
〉::::::::::::::::/     |::::::::`‐'´      ゙i,.:.く.     例えば516や520の後に
: )::,.‐--/ __,,... -‐'''ヽ;:ー-、_,..-へ、,._   ゙i,.:.:ヽ
!´     i´__::::::::::::::r'ヽ:ヽ,. >`゙''ー-、`゙''i |.:.:.:l    ダメージを受けたギルスを入れるなどすると分かり良いと思います
, /へ.l_(;;;;ヽ-‐''"_,,,.. --─''_,、゙ヽ、゙、 | .!.:.:. ̄ヽ
:!i:゙'´___,,..-‐''"__,,,. -r─イ'"´i  `'!`゙'i:! l :l.:.:.:.:.:.:.|/
.|:l:r゙i‐'T'"゙i´ _|___.⊥,-┴‐┴- 、|_ i:| :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
/:|゙i;:;|,.r'‐'゙´`´  _,.____,,,,,.___,_`゙::|i .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
:.! Nl;;__,,.-┬'二i___,,,l__,,,.⊥‐┴、_|__7゙:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 | |;:l.l-‐゙‐''゙__,... --──''二⌒`ーァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 〉 ゙r'`‐''"´ 〜'''"´ ̄´   `フ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :
/ ゙、 ゙         __,,.-'"゙:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :
ヽ ヽ,..-─''''''""´ ̄::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :

296名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:43:49 ID:VG.gswws


                                                       /`l
                                                   ,、.   l  |/ 〉
                                                   ,l |  l  |レ'
                r―-----―――ヽ、xヽ、,r、                  ,! L.-ヾi=,'
                 `ヽ――--t_x―--,\/; ;s`\, っ           _,.-'´  _, - '_´
                       //     \i/゛ヽ_ゝ             |_,.- '´| L-'´_|      __     _
                          /::!  ___x--‐‐゛ヽ   ! っ  クッ         ,.-'´  ,.-'"       /__ノ   /丿
                      /:::>´゙:::::i\|^^^^^|/`::!              |,.- '´| |    />        / /
                     <:::::::::::::::/ヽ∧ww∧/::::>                |,i   / r´   ,____,. - '´ /
                     ヽ:::::::/__/__i:::/                    く/Ll   /____,/
                      ヽ;:::゛゛::::::::::::::::::::::::::!          ○.
                       ∨::::::::::::::::::::::::::::/             ::::..  O             /
\\             ___≠-=<´ ̄`゛`ヽ.、::::::::::::::>‐ヽ、        ○ ::::::::::::..  O         /
 . \\         /;´; ; ; `i::ヽ; ;/``ヽー-- 、`=、i´ /;;ヽー--、      :::::::::::::::::... o |    //
  ,. \\从/   /; ; ; ; ; ; ; ; |:::::i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ``ヽi:|/´i´; ; ; ; ; ; ; ; ;\  (⌒)  :::::::::::::::::::...  。// /
.     そ   て  i; ; ; ; ; ; ; ; ;/::::::|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ; ;!; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ `~´   ::::::::::::::::::::::: .。 /
    ゝ,    そ  |; ; ; ; ; ;/!:::::::::::::!;\; ; ; ; ; ; ; ; __≠i::::|\、; ; ; ; ; ; ; ; ; ;`!     :::::::::::::::::.:::.:  /
    "`/'^r  \、; /; ; !::::::::::::::ヽ; ; ` ̄ ̄ ̄; ; ; ;/ ;|::::!、; ; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄<、 r ⌒ヽ  :::::::::::::::::::::. 。二 -
      .    \\; ; ; ;/:::::::::::::::::|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i´;/: ̄\; ; ; ; ; ; |´ ̄゛\\ゝ __ノ   :::::::::::::::::::::: 。
.            \\:::::::::::::::::::::/; ; ; ; ; ; ; ; ; ;x-‐´::::::::::::::::::`ー―‐´::::::::::::::::\`>     ::::::::::::::::::::. o i´`゛゛´`i_、
 /、:/ ゝ、  !´/\\x、::::::::::i; ; ; ; ; ,x-‐´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::/     (⌒)   ::::::::::::::.. i_/ ̄/
..i; ; ; i::::/:::::::>‐、::::::::::::\\キンッ |; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::::::::::::::::::/     `~´    ::::::::::.. O´; ; ; /
 \; `゛−丶:::/:i:::::::::::::::::::\\   !::::::::::::x-―――――-x−−−:) \:::::::://           ○   ::::::.´
  /\、; ; ; ; !::::/:::::::::::::::::::::::..\\`!二゛____/´´´  ,x---、`i、弋:/                ○-ゝ
  .i、  \_; /\:::::___:::ノ  \\从/――――-、    (    ) )   ̄ ̄ ̄ ̄/; ; ; ; ; x―`´´´
    ̄ ̄ \; ; ; ; ; ノ       そ   て――――:\、   ヽ―-´ /i
                    ゝ,    そ
 ┌─┐[][] /〉.,┐◎         "`/'^r .\
  ̄/〈   // | |                \\
  く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7         \\
          [][] 「| レ .レ            \\
            ノノ O O             \\

297名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:44:25 ID:VG.gswws


◎┃┃◎   ただ539では出来ているので、
  ┗┛     冗長になるのを嫌ってあえて入れなかったのかもしれませんが、
┏┳┳┓   もしそうだった場合はご容赦ください
┗┻┻┛






/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.((:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ  ;;
.:.:.:.:.:.:.:.ノi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.) ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.((   /!
:..、:.:.:.(´ノ:.:.:.:.-┼:.:.:.:.:.-┼:.:ノi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ノ   } !
)ヽ:.-┼:.:.:.:.:.:.:ノ|:.:.:.:.:.:.:.ノ|:(".ノ:.:.:.:.:.:.:-┼{.o oi:.:.ヽ
'" ノ:.ノ|:.:.:, -‐ )ヽ─っ(‐-、i ( /i:.:.:.:.:.ノ|ノ 0 .ノ:.:.:.:.
  彡'(/,,_i`"  Yヽ) ) 丿 V `ヽ、:.:.:.`‐ .'":.:.:.:.:.:
、 `ヾ,_ ノヾ-'"`‐'`-''`‐-(,,_ノ 从,、_,,)_ __:.:.:.:.:.:   次に変身後の細かい表情をカットインで表していますが、
从, '", -‐ー────ー‐- 、 ヾノ ̄:::::::::::::::::::` 、   たまーに「あれ?変身解けてたっけ?」と思ってしまうことがあります。
ノ :/.,=ニニニニ!"  `|iニニニニ=iヽ:::::::::::::::::::::::::;:;;;;;;;;;
_::i {;;i二i;]_i|____!|_[;i二i;;}::::!ノi、::::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;   そんなことは文脈上あり得ないとは分かっているんですが、感覚として
__ ヽ   ̄ /;;;;;;;;;;;;;;ヾ  ̄,-‐' ,_,ノ::!___;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;
|::!,,_`-‐、エエニエニエエエノ _ノ::| ::|:::::::/i-― '"    というわけで瑣末なアイディアですが、カットインとAAを合成してしまうとか
|:::::::| |ヽ、 ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡':i |:::l  ::|./ /ヽ:.:.:.:.:.:.
i:::::::| !エエエニエニエエエエ_l |:::!__/ /   `、:.:.:.:.:
`―-- 、,_二二二_, --‐'''/ ./     \:.:.:.:.:.:.-‐‐'"
 \─--─=====─--/ /         .\].]/       /
 `_>/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、,/ ---──---‐''"/ソ   (;;;ノ ノ
    l: : : : : : : : : : : : : : : : | ---―――---- '" ( (;;;ノ   (:.:.

298名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:44:46 ID:VG.gswws


                          //             \         〉== }    /::::::: |
                        / /               )\ っ    / ̄`´ ̄}  /=-、_/
                        / l、             ,、レ´ヽノl つ __,j::::::::::::::::::}  /:::::::::::  >
                        |  }|^ス、         ノ´ |  ソ}   / /|__,,,,ノ /:::::::::::  /
┌─────────────────── }  _,/^ヽ___/´~  ノ/|,,_//:::::::{ {´:::::::::::::::7_/`ー-z__ソ
│    ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧         ヽ、ヽへ、 |~´ ,ハ、 / ト-―' |  j j_,-、ノ ,|:::::::::::::://::::::::::::  /L
│   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        `7   l f i j /     k~´/::::::::::/ ム二_ノ/_::::::::: /  `ヽ、
│  ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶        ̄7⌒ヽヽ| | ソ /⌒ヽ T| ̄ヽー、/  >:::::::::::::::\二ヽ__/ :::::::::::l
│  /::::::u:::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl               Y /    ゛} |:::::::::::::::《_/:::::::::::::::::::::::::::::\\ :::::::/
│ .人λ:::::(| |( ○) .(○::ノレ´  な、なんじゃ一体? | /     ノ/::::::::::::::::///::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_ノ
│    .|:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|                      | ヽ、_,,,,_.ノj::::::::  ////:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`‐、
│    .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|     なんなんじゃ!?  レ⌒~  ̄~゛}:::::::: ////l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  \_}
│  、ノ:::::::|::| ヘ___い::::|::|                 ⌒Y⌒゛リ^ヽ._ソ|:::::://///>- /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: <
│  .ヾ::/:::.n:n|ハ::ハl nnヽ            ヽ`、リ-、l_,-ィ、, トヘ' {_ノ////::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }
│   /:::| nf||| {::} | | |^!n            | \_|__|/彡|_,-〉   (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /´~
│  .{:::::| f|.| | ∩.{::} ∩|..| |.|   ,,――‐、ィ-/~ \_      彡レ'  ̄ ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
│  .{:::::| |: ::  ! }.{::} {! ::: :|     ::::  \`ヽ\ ̄\   彡〔:::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
└───────────────────》~\ ``ー-'''ノ::::::: ヘ_、 二ヽ_      /
                /   ,;' :::::::::::  ヽソ\   ~ヽソ//::::::: /ヽ、\__ \   /
               〈,;   :::::::::::::::::::::::::    ト  /´゙  ノ   |  ヽー―、 ̄ ̄~\/\
               |  ゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |} /::::::::::::::::::::::  |      ノ ̄ ̄〕:::::::::::ノ
               ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヘ /:::::::::::::::::::::::  |         》::::::::::: }







◎┃┃◎  この手の合成はAlt+変換で右揃え線を付けてからやると割と簡単に出来ます。
  ┗┛    詳しくはテンプレ先を参照のこと。
┏┳┳┓
┣╋╋┫  ただこの方法はこの場合は無表情なギルスだからこその
┗┻┻┛  シュールさ・笑いをスポイルしてしまいかねないので、こういう表現もある、ぐらいにどうぞ

299名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 18:46:44 ID:VG.gswws

◎┃┃◎  ……ところでそもそも根本的に、このスレコメディなんでしょうかバトルモノなんでしょうか
  ┗┛
┏┳┳┓  もしコメディなのだとしたら明後日の方向のことしか言えてないような……
┗┻┻┛  ま、それはそれとして




    /   /  /  / /  / /:::::::_____::::::::::::::::::::::::/.:.|///  /////// |::::::::::::::::::::::;---- 、::::::::::::::::\
    /   /  /  / /  / /'" ______ ``ヽ、:::::::::::/:.:.:.|/// ///////  '、::::__,、-─‐-、、,_;;;`ヽ、:::::::::::::\
   /   /  /  / /  / /'":::::::::::::::::`ヽ、 \:::/::::::::|// //////   r'r==、|L.r'ノノ 人ミヽ;;;;;;\:::::::::::::ヽ
   /   /  /  / /___/ /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:/:::::::::::|/ /////    r'rッ;、;、}L;i:」j;.ノ==、ヽヽ;;;;;;ヽ:::::::::::::::
  /   /  /-‐'"   / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::∩::::|/ ////    |ミィ◎」)i``'´|く!;◎>ミ、ハ!;;;;;;;;|::::::::::::::
  /   /     ,、-‐'''7/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::| ク:::|/`ヽ、./    r|// ,.ィr===r、j、_``ヾ}|`i;;;;;;ハ:::::::::::::
 /    /_,、-‐'"´    /-──‐-- 、::::::::::::::::::/:::::::j {:::/ ////\iニヽ.{_!;i;Yrrr┬┬┬-、ミ!|::iY{;:;:;:{ }::::::::::::
./              /v‐'""`'''─-、``ヽ、:::::/::::::{ r':::/..:///  \ヾ, ヽ! i::レ' ┴┴┴┼i| |V!V ;:;:} }::::::::::::
/           _/ /::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 `/:::::::トイ::::/.:::///     ヽ ヾ;ヾ!;レ'⌒`''"⌒)j」 | | l|   ,ノ:::::::::::::
     ___,,,,、-‐''"´ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ /::::/::;ヽ/.:.:|     ヾ、ヾ;ヽTTTTTT川ノi | ||-<  ̄ ̄
    /     /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:;:;::::レ':::::/;i ::`i|..:..:ト、::    iヾ;、 ヾ;ヽ二こ彡イ /;j |\_:::`ヽ
    /     /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:;:;:;:;::::::;--、;|::::::}  ト、ヽ    :::\\ ヾト-、ニ,ィ'r'   )`V:|
   /      / ,/,、----- 、::::::::::::::::::::/;:;:;:;:;:;:;:/ n i∨/ ∧:ヾヽi      ``/ ̄/  __∠....  //;/|
   /       / l_,、-─-- 、 `ヽ、:::::::::/;:;:;:;:;:;:;:;:{ U l/|/!| |::::',;:|     _. ,ィヽ/  /  /─‐ァ'/;イ  |`ヽ、
  /       ト /:::::::::::::::::::::::``‐、 `ヽ!;:;:;:;:;:;:;:;:;:__フ´| |  ヽ!_|_,,、-|‐‐''"´ // | \ /  /::::::::::::::::/|ニ彡'rj
___/  ヽ\-、|ヽ ト、 ヾ-、|!::::::::::::::::::``7;:;:;:;:;:;:;:;:;〈_/  |_,、-‐'"| | \   //_/   \/\_/ | --く
  ___,、-ヽ ` \\ヾ リ ヽ', ノ!::::://:/;:;:;:;:;:;:;:;:;、-‐''"´:::/;:;| ヾ,!| |!  ヽ`ー─'′
 'フ'"´,ィ ̄,、==== 、 ヾ`´ヾ/レ'´/ ,,.. /;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;|   | ||    }.
;:;:\//r'´ ∠彡'´ 二 / | ! {  ‐'",ィ /;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;/_,、-‐|'7  /
;:;:( ::::/、>、二彡'´ ̄__// ,ィヾ==く 彡 /;:;:;:;:∠、-‐''"/   i / /
;:;:;:;`‐'::::\彡//∠三==彳/イ || } 巛く`ヾ`''"´二,,_:::::::/   / /| \
ヽ;:;:;:;::::::: ヽ=ァ---ァ'==彳//川 ||ヾ`iヾ⌒`彡::::::/  ___ノ ./ |  \  タイトルセンスすごく良い!
ヽ::::゙i;\ r‐‐'"∠ /ノ,ィ'|/_ノ`i i|!|ヽ| \二ニ>ァ'" |  / |  /
:::::ヽ::',;;;ヽ `ーヘ///ィ'´//!| ,.ィ´||/リ! リミ、` <二/    |  /  .! \
:ト、::::|::゙i;;;;ヽ...:::::',彡彡/l/} ,ノ |/i|  ハ!、ト、|`ヾ、‐/ {>   | /  |  /
:::::::::::|:::ト、;;ヽ;:;:;:;|.;/ / '´  //゙r'Ti|ヽト、!、\ミ| | ___,、-|/   | /
'`::::::::|:::}‐゙!;;;',;:rへ、/      ::::: L・! l/
__;:::::::|::ハ;:`i;;;;|;:`┬─`   ..;-‐‐' /
:::::::::/::ハ;;;;;;:|;;;|;:;:;|::;|   ,ィヘ ,ィ、 |
:;彡'/⌒`‐|;;;|;:へ::;|::  Lト'┘`''"




◎┃┃◎   このタイトルセンスには嫉妬すら覚えます(ギギギ
  ┗┛
┏┳┳┓   内容を端的に表しており尚克興味も引く。ナイスタイトル。
┣╋╋┫
┗┻┻┛   では拙い評価でしたが、多少でもお役に立てれば幸いです。

300名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 19:39:36 ID:pCV2q0LU
モズクズ様、乙さしぶりです。

301名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 19:48:38 ID:EM0BSJh6
評価乙です

確かにこのタイトルはすごいと思ったwwwwww

302名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 20:07:28 ID:pCV2q0LU
よく見たらモズクス様でした。
申し訳ありません。他意はないんです。

303名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 20:19:42 ID:oBuT0tJU

モズグスじゃなかったかしらん?

304 ◆MiiXT4h7g2:2010/11/18(木) 21:06:22 ID:C414BYLI
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288880095/

まだ2話までしか投下できていませんが、評価をお願いします。
(甘辛は問いません)

・面白かったかどうか
・学ぶ系の体裁を保てているか
・読んでいて、理解できなかったところ、分かりにくかったところ
・続きを読みたいと思う気持ちは生まれるか
・その他、思ったこと感じたことがあればよろしくお願いします

特にお願いしたいのは、2話の評価(添削)です。
第2話以降、実技を学ぶスレにしていきたいと思うのですが
実技を
AA&文章でどう伝えるか、ポイント(注意点)をご指導していただければと思います。

宜しくお願いします。

305名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 21:07:53 ID:esg6g8lo
>>304
このタイトルもずるいww

306名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:33:03 ID:78J36GB6
評価乙でした、私も8レスほどお借りします

307名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:33:53 ID:78J36GB6

          |  ,  '´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
          |/             `ヽ、|
         ∧    _ -r─r┬==zィ  \
        イ  ヽ--彳土``  ! `ニニ`ヾ川 }}
        んY 」 ´ {bじ!       {:じ!ヾ リ爿                 初めまして! ウッソ・エヴィンと申します
      ___/ | (| , ,` ̄  .:i   `ー'   レ ト、
____/ / / / ヽ|       .::{ 、      ミ /ノ|├ 、              今回はじめて評価いたします、検索はしましたが以前に
 //  / / /     i     ____   _///|  `ーュ_
 |/  /〈 〈     ヽ   V  ̄ ̄) r'´r‐'´ 〃  /    \       ウッソを使っていた評価人さんがいましたら申し訳ありません
 |   | ヽヽ     レヽ、   ̄ ̄´ //  /  /   _ -─‐
 |   |  \\   〈〈  |ヽ、___ ,イ/ /  /   /
     |    ヽ ヽ ∧\     __// /  /   /     --
     |  /   ヽ ヽ{ \`エニ二-{ {   ⊥  /     / ̄´
 \  | ̄|丁ヽ--ヘ」  | ̄´    」」 ─十1 /     /
`ー、\」/ i       〉        |    |  {  / /  r─一
    `┤_」 ---- ⊥          |    |  |/ /r─┴
    /     /   ``丶、___/----< ̄ ̄ ̄´
   /   /フ´           `ヽ    \





           ,,r''"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;"'''ー-、,,,,_
          /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;、
          ,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i
         ,,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;',        評価させていただくスレは>>269
         / 7 . ,イi゙  |l |i,,|li    ゙!liヽ、; ; ; ; ;l
        f  l| _,,/ |i  ヤヤ;;;:::=ー、 、!liミヽ; ; ; ;l       『やんねえ香は時間を30分ばかし間違えたようです』
        .|il''"'''"ニ>、   "´,rヵr-、 ` 、 ,r--ミ"''、`;;;,,,,、    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289306246/
        '''-,,,ヤ ,:何゙ヽ    ゙'ー'_,,、  ''".< ゙l ミ;;;;;;;;;;;;;,,,、
           ', ー'' ノ,;;;、   ̄'''     < ノ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  です!
            l   `:、 、         =ィ ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;-'''
            .、   、==ーy       ゙Vミヽ        既にロビンさんモズグスさんが評価していますが
            ` 、   ''"´         ',i ヾ:.、
            ,,r''` 、     、-`    /   ヾ:.、     評価を読んで気になったことがあり、ペンを取らせていただきました
           ,,r''    ` --<      /     ',:',

308名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:34:24 ID:78J36GB6

           ,,r''"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;"'''ー-、,,,,_
          /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;、
          ,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i
         ,,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;',         ①ぶっちゃけ、見てて面白(楽し)かったか?
         / 7 . ,イi゙  |l |i,,|li    ゙!liヽ、; ; ; ; ;l
        f  l| _,,/ |i  ヤヤ;;;:::=ー、 、!liミヽ; ; ; ;l         楽しめました! サブキャラクターも魅力的ながら
        .|il''"'''"ニ>、   "´,rヵr-、 ` 、 ,r--ミ"''、`;;;,,,,、
        '''-,,,ヤ ,:何゙ヽ    ゙'ー'_,,、  ''".< ゙l ミ;;;;;;;;;;;;;,,,、    やんねえ香がそれに埋没することもなく活躍している
           ', ー'' ノ,;;;、   ̄'''     < ノ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            l   `:、 、         =ィ ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;-'''    のが素晴らしいですね!
            .、   、==ーy       ゙Vミヽ
            ` 、   ''"´         ',i ヾ:.、        評価はAとさせていただきます
            ,,r''` 、     、-`    /   ヾ:.、
           ,,r''    ` --<      /     ',:',

309名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:34:50 ID:78J36GB6

      イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.  〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.ィ:.z、:.:.:.:.:.:.ヘ
 /:.:.:.:.:.:.:./__,イ_:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./jリ  !.:.:.:.:.:.:.ハ       ②分かり難い、気になった点はどこか?
 !/:.:.:.:__:.:.:.:./  ̄` <:.:.:.:.:.:.イ〃  .ll:.:.:.:.:.i:.:.:l
 Vィ/7ヘヽイ   ´ ,.z.、t<イ /   .ハ!:.:.:.:.l:.:.:l      全体を通して分かりにくいところはなかったと思いました
  ヤ!  r'       、ウソ.'     _ /イ:.:.:.:.:.i:.:.:l!
  ヾ、イ               , z≦〈:.:.:.:.ノ:.:.リ      あえて細かい所を指摘させていただくなら…
ィz=ヤy                   仍 j ./ヽイ:.:.:/
ヾz、 l/                    ./:.:./_,.イ
::::ヾz/  、           ´   rj ̄           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289306246/474-475
:::::::::ヾヘ ヘ        ̄ ヽ    /´
ヘ:::::::::::::Yヘ           イ、              ですが、このシーンでギルスがしゃべってないので声の変化がわかりにくい
:::::Y:::::::::::l::}    > _   <   .ヾz、
:::::::}::::::::::j::i      /、         ヾz、           のではないか、と思いました そこで…
:::::::l:::::::::/7        .ヽ          .Y.!

310名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:35:20 ID:78J36GB6

 ●474改変案


                    zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
                               {:.:.l/:.:.:ム ´:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.\\
                             ,.=ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ:.、
                          ィ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.ヽヾ!
                           .':.:.:.:.:.:.:.:iゝ./l!.:/、ヽ:.!:.:.:.i/!:.:ト、}
                           {:.:.:.:.:.:.:.:.l:―:.レt=ォ jハ:.:厶:.:i:./    おお、今までより断然楽じゃ!
                        ゙、:.:.:.i⌒キ:.:.:.:i ! fリ ノ1!フ!:ル'
                           V:.:.、ゝキ:.:.:.ト ゙    " i':〈      体中に力が滾っとる!!
                            ノ:.:.:.゙ーヘ:.:.:! r 、  j:.:.ハ
                         .  ゝ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:l. ゝ ' ィ"1ヽ:.:.ミ
                       >:.:.:.:.:.:.:.:.:.i∧:.、 「:.:.:.:.:.ハ }:.:i
                       . /:.:.:.: ,r―…ヘム:.:、Y≧x:.:.:.:ゝi:.:|
                         .イ:.:.:.:.:. /   ヽ.   ヾミ从トハ \:.:!:.:ミ、
                     zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz





            //             \   
          / /               )\ 
          / l、             ,、レ´ヽノl 
          |  }|^ス、         ノ´ |  ソ}
          Vヽ|  `フ} _,/^ヽ___/´~  ノ/|,,_/
          ヽ、ヽへ、 |~´ ,ハ、 / ト-―' |  j j
           `7   l f i j /     k~´/::::
             ̄7⌒ヽヽ| | ソ /⌒ヽ T| ̄ヽー 
             |{   `ヽY /    ゛} |::::::::::::::
             jl     〉| /     ノ/:::::::::::::: 
            ノ ヽ、_,,,_,,/ | ヽ、_,,,,_.ノj::::::::  /
            ヽ {二⌒`.レ⌒~  ̄~゛}:::::::: ///        タギットル!!
             ヽ、ヘ、{⌒Y⌒゛リ^ヽ._ソ|::::::////
              ヽ`、リ-、l_,-ィ、, トヘ' {_ノ////
               | \_|__|/彡|_,-〉   (:::::
      ,,――‐、ィ-/~ \_      彡レ'  ̄ ヽ 
    /   ::::  \`ヽ\ ̄\   彡〔:::::::::::::: \
   /  ゙゙'' :::::::''  :::/ 》~\ ``ー-'''ノ::::::: ヘ_、 
  /   ,;' :::::::::::  ヽソ\   ~ヽソ//::::::: /ヽ、\
 〈,;   :::::::::::::::::::::::::    ト  /´゙  ノ   |  ヽー
 |  ゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |} /::::::::::::::::::::::  |    
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヘ /:::::::::::::::::::::::  |

311名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:35:50 ID:78J36GB6

        /       ,f:vr:、      <´
       ./       l从l   ヾ.       ヾヽ      どうでしょうか?
      /   l   火l l    ゞ、  \ ヾ、\
      l l  l .ノ /  l ヤ   ヤヾ、 ヾ\ヾヾ、ゞ   全文しゃべらせるのはうるさくなりすぎるので一部分だけにしました
      l ャ ヤ/=ニzヤ ヾ. ,zニヤ=ヽ::ヾ、:::\::::::ゞ
      l ::ヾ.,,ヤ''(゚。)゙ ぃ   ''(゚。)゙ぃ`yヽ::::::,,ゞ 
       ''`'l`''l . ゙=´ / }   `=''  yヾ,,ゞ       レイアウトについてはもう少し考える余地があると思いますが
        .゙ミ.ヤ     V,. 、     リリ     
         ャヘ .           /y         やんねえ香の心情と外見とのギャップが出せた、…と信じたいです
           ヘ   ''"二``  /
            'iヽ.      .ィ::|
              |  ` ー '":::::::|
             ノ..:         ゛、





               ,.   - ──  、,_
              オ : : : : : : : : : : : : : : >、
               〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            /: : : : : : : : : :、: : : :、 : : : : : : : : : ',
              ,' : : : : 鄽: : : : : > : : _>ー、_: : :__ : :ヘ
          l : : !: : .! ゞヘ >チ ニ 、  jz/r 、ヽ: :〉   あとフェイトですが、
              Ⅵ l : : !_     ´ ヒソ,     .> j./:./
              V込ケ≠、   ` ¨       _ イ.:/    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289306246/428-431 で
              ` ーヽ ヒj           i Ⅵ,'
                 l ヽ '_ _             l __    味方側からも不安がられているのにすんなりと音速丸を
               ゝ   ー '      イ z≦:¨:.:.:ハ
                   \    ,. z≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   見つけることができたのには少し違和感がありました
                  >≦ '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>-込、
                   V:j.:.:.:.:.:.:.:.:.>.:.:".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>.、
                       _,.ィ!:!.:.:.:,.:<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>.:.:.:¨.ぃ    以前にギルスが学校に現れたことと組み合わせて
                ,.イ:.:,廾チ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>.:´.:ィ:.:.:.:.:.:.:.ハ
                 ,.ィチ:イ:./.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>´.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   最初に学校に行こうとする→迷って偶然音速丸を見つける
                /:.トイ.:.:.:/.:.:.:ゞ .:.:.:.:.:.:./.:.:..:.,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j
               j.:.:.l/:.:.,.イ.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.{:.:,.:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l!   とするとキャラクターイメージが具体例として強く残るので
.            , イ.:.:.:.l!.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.>イ.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
.        , z 七:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:. ,'.:.:.ヽ.:.,イ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ   よりよかったのかもしれません
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

312名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:36:25 ID:78J36GB6

           ,,r''"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;"'''ー-、,,,,_
          /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;、
          ,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i           ③キャラクターはどうでしょう?
         ,,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;',          (明らかに問題のあったキャラ、魅力的なキャラは居ましたか?)
         / 7 . ,イi゙  |l |i,,|li    ゙!liヽ、; ; ; ; ;l
        f  l| _,,/ |i  ヤヤ;;;:::=ー、 、!liミヽ; ; ; ;l          一番好きなのはやんねえ香ですね! 変身後も含めて
        .|il''"'''"ニ>、   "´,rヵr-、 ` 、 ,r--ミ"''、`;;;,,,,、
        '''-,,,ヤ ,:何゙ヽ    ゙'ー'_,,、  ''".< ゙l ミ;;;;;;;;;;;;;,,,、
           ', ー'' ノ,;;;、   ̄'''     < ノ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     あとここから評価への反論になるのですが…
            l   `:、 、         =ィ ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;-'''
            .、   、==ーy       ゙Vミヽ
            ` 、   ''"´         ',i ヾ:.、
            ,,r''` 、     、-`    /   ヾ:.、
           ,,r''    ` --<      /     ',:',





                     /  ,.----―‐、ヽ. \
       /            /   ヽ      ヽヽ、_ヽ
      /         _,.-‐''"    ヽ      ヽ  `ヽ
    /        _,,.-‐'"        ヽ      ヽ   ヽ
    /      _,.-'"            ヽ      ヽ   ヽ
   /    _,.-‐'"               i!      i! .._ i
  人_,.-‐"         _,,... _;;.::='' \   i!      i!/   >'
 /           _,,..-''_,.-‐''"  //// 入 /_____/  ,.イ'
 | ,.-ヽ、    _,.-'"_,.-"///   // / |/ ゙ヽ||ヽ|__| |ヾ  r i!
 |/   ヽ.. ,.-'"  r/  /|/|_ニ―'‐-'、,,;  、_;/,.-''ー1  .| |
 i     ヽ |   |;,.-‐'   ``,.ニ~'''''""  `;:---、 i   | |ヽ
 i!     ヽ |   .|    ,.-イ'スi!`    i!  (く.i! {   | | |
 |      i |   |    "_ヾ.ノ_    i  ー‐'  l   | | |
 ヽ      | |   |            ヽ、    l   | | i!
  ヽ、    |  |   |           ,. /    !   | i/
   ヽ、   /  ヽ  ヽ、       ____    /   ,! ,i!
   ヾ`ヽー'   ヾ、   ヽ、     /二二ニ!    /   / /      この作品はコメディが主ではないと考えます!
     ヾ、      `ヽ、  `ヽ、      ,.-―‐-く   / ./
      ``―、_     ` ‐、_  ` ー--/  __ `ヽ/ ./
          `゙゙‐-、    ゙`ー、.._/  i'"  `ヽ  /

313名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:36:51 ID:78J36GB6

      イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.  〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.ィ:.z、:.:.:.:.:.:.ヘ
 /:.:.:.:.:.:.:./__,イ_:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./jリ  !.:.:.:.:.:.:.ハ
 !/:.:.:.:__:.:.:.:./  ̄` <:.:.:.:.:.:.イ〃  .ll:.:.:.:.:.i:.:.:l    最新話を見る限り、撃たれたことをコメディとして処理していませんし
 Vィ/7ヘヽイ   ´ ,.z.、t<イ /   .ハ!:.:.:.:.l:.:.:l
  ヤ!  r'       、ウソ.'     _ /イ:.:.:.:.:.i:.:.:l!    いきなり http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289306246/1 で
  ヾ、イ               , z≦〈:.:.:.:.ノ:.:.リ
ィz=ヤy                   仍 j ./ヽイ:.:.:/     友達がいない発言ですしね、普通のやる夫スレならこれだけでも欝展開です
ヾz、 l/                    ./:.:./_,.イ
::::ヾz/  、           ´   rj ̄
:::::::::ヾヘ ヘ        ̄ ヽ    /´
ヘ:::::::::::::Yヘ           イ、
:::::Y:::::::::::l::}    > _   <   .ヾz、
:::::::}::::::::::j::i      /、         ヾz、
:::::::l:::::::::/7        .ヽ          .Y.!





          |  ,  '´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
          |/             `ヽ、|
         ∧    _ -r─r┬==zィ  \
        イ  ヽ--彳土``  ! `ニニ`ヾ川 }}           聖霊の惨殺については >>346-350 で
        んY 」 ´ {bじ!       {:じ!ヾ リ爿
      ___/ | (| , ,` ̄  .:i   `ー'   レ ト、           自分が暴走したことに後悔するシーンがあり
____/ / / / ヽ|       .::{ 、      ミ /ノ|├ 、 
 //  / / /     i     ____   _///|  `ーュ_     これによって力の制御に意識が向くので重要な展開だと考えます
 |/  /〈 〈     ヽ   V  ̄ ̄) r'´r‐'´ 〃  /    \
 |   | ヽヽ     レヽ、   ̄ ̄´ //  /  /   _ -─‐
 |   |  \\   〈〈  |ヽ、___ ,イ/ /  /   /       >>465でも変身することをためらっているのは筋の通った描写だと
     |    ヽ ヽ ∧\     __// /  /   /     --
     |  /   ヽ ヽ{ \`エニ二-{ {   ⊥  /     / ̄´   思いました
 \  | ̄|丁ヽ--ヘ」  | ̄´    」」 ─十1 /     /
`ー、\」/ i       〉        |    |  {  / /  r─一
    `┤_」 ---- ⊥          |    |  |/ /r─┴
    /     /   ``丶、___/----< ̄ ̄ ̄´
   /   /フ´           `ヽ    \

314名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:37:32 ID:78J36GB6

        /       ,f:vr:、      <´
       ./       l从l   ヾ.       ヾヽ
      /   l   火l l    ゞ、  \ ヾ、\      やんねえ香とギルスの描写に共通点が多いので
      l l  l .ノ /  l ヤ   ヤヾ、 ヾ\ヾヾ、ゞ
      l ャ ヤ/=ニzヤ ヾ. ,zニヤ=ヽ::ヾ、:::\::::::ゞ    (外見で恐れられている、無意識下の暴力など) 
      l ::ヾ.,,ヤ''(゚。)゙ ぃ   ''(゚。)゙ぃ`yヽ::::::,,ゞ
       ''`'l`''l . ゙=´ / }   `=''  yヾ,,ゞ        あの暴走も物語に必要なのだと考えます、そのため流血表現も
        .゙ミ.ヤ     V,. 、     リリ
         ャヘ .           /y          必要ならば気にせずにやっていいと思います
           ヘ   ''"二``  /
            'iヽ.      .ィ::|            もちろん、今後の展開に口をだすつもりは毛頭ありませんが
              |  ` ー '":::::::|
             ノ..:         ゛、





           ,,r''"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;"'''ー-、,,,,_
          /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;、
          ,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i
         ,,i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;',
         / 7 . ,イi゙  |l |i,,|li    ゙!liヽ、; ; ; ; ;l
        f  l| _,,/ |i  ヤヤ;;;:::=ー、 、!liミヽ; ; ; ;l
        .|il''"'''"ニ>、   "´,rヵr-、 ` 、 ,r--ミ"''、`;;;,,,,、      今後は一読者として貴方のスレを楽しみたいと思っています
        '''-,,,ヤ ,:何゙ヽ    ゙'ー'_,,、  ''".< ゙l ミ;;;;;;;;;;;;;,,,、
           ', ー'' ノ,;;;、   ̄'''     < ノ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    評価は以上です、ご静聴いただきありがとうございました!
            l   `:、 、         =ィ ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;-'''
            .、   、==ーy       ゙Vミヽ
            ` 、   ''"´         ',i ヾ:.、
            ,,r''` 、     、-`    /   ヾ:.、
           ,,r''    ` --<      /     ',:',

315名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:42:11 ID:uSQwKiEM
評価おつです

316名無しのやる夫だお:2010/11/18(木) 23:49:10 ID:VG.gswws
評価乙でした。

モズグスの中身ですがすいませんここの>298だとかのはスレの474で既にされておられるようで余計でした。謝罪します

317名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:36:11 ID:eh9142cQ
投下します

318名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:36:33 ID:eh9142cQ

          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ    ,,,
         /  ( ●)(●) |  /⌒_)      どうもこんにちは。
           |    (__人__) } ノ  ノ
     __. }、.    ` ⌒´ 、`   /       能登麻美子のCMナレーションは癒される。
   (⌒               |_,,,ノ
    ""''''''ヽ_         |           評価人の能登です。
         |           |
         |         |           寒いですが、今日も元気に評価したいと思います。
         i      ̄\ ./
         \_     |/
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

319名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:36:53 ID:eh9142cQ

            / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
            /  (●)(●) |         はてさて、今回評価させていただくスレは
            |   (__人__)  }
        /     ∩ノ ⊃ \        こちらの作品。
        (  \ / _ノ |  |
.        \ “  /__|  |
          |\ /___ /
          |          |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

304 名前: ◆MiiXT4h7g2[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 21:06:22 ID:C414BYLI
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1288880095/

まだ2話までしか投下できていませんが、評価をお願いします。
(甘辛は問いません)

・面白かったかどうか
・学ぶ系の体裁を保てているか
・読んでいて、理解できなかったところ、分かりにくかったところ
・続きを読みたいと思う気持ちは生まれるか
・その他、思ったこと感じたことがあればよろしくお願いします

特にお願いしたいのは、2話の評価(添削)です。
第2話以降、実技を学ぶスレにしていきたいと思うのですが
実技を
AA&文章でどう伝えるか、ポイント(注意点)をご指導していただければと思います。

宜しくお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

320名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:37:18 ID:eh9142cQ

          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ
         /   (●) (●) |          これはこれは、面白そうな題材ですね。
         |    (__人__)  }
        /、.    Y⌒y'  ヽ        近頃めっきり学ぶ系が少なくなってしまいまして
       /        ゙ー      |       学ぶ系大好きの私にとっては、非常に興味深い内容です。
         |           | /
        ヽ_|  ┌──┐ |丿           では早速評価に入りましょう。
         |  ├──┤ |
         |  ├──┤ |






          / ̄ ̄ ̄\
         /   ,:' /,';;;}:  ヽ    ,,,
         /_, 。ィ' li:.、ヒァ'  |  /⌒_)      と、その前に。今回も非常に辛口な評価です。
           |⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、} ノ  ノ
     __. }、.   ,:' /,';;;}:.ヾ:`   /        誹謗中傷になっていないと自負しておりますので
   (⌒               |_,,,ノ         それでもよろしければご覧になってください。
    ""''''''ヽ_         |
         |           |           ちなみに私は一応色々済ませてる経験者です。
         |         |           
         i      ̄\ ./           え?何が経験者だって?そんな野暮なことは言いっこナシですよ
         \_     |/
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

321名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:37:38 ID:eh9142cQ

        / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ
      /  ( ●)(●) |              まず本評価に入る前に。私が必ずやってるAAチェックのほうをば。
        |    (__人__) }   
        }、.    `⌒´ ノ            AAのほうは問題ないのですが、ちょっとセリフが読みづらいですね。
      ヾ≧ , __ ,  イ            行頭を揃えることと、ひとつのAAにセリフは基本は3行。長くても5行に
     (´`)  l {ニ0ニ}、  |_____          してみましょう。あと大型AAを使ってるときにAAとセリフが近すぎることが
      /l, l└ タl」/|´ Windows `l         あるのでそこも注意。
   ヽ/ l l__ ./  |___Vista___|
   ,/  L__[]っ /        /       スレを見やすくするためにもこういうところも心がけてみてください。




          / ̄ ̄ ̄\
         /    ̄   ̄ ヽ
         /   ( ー)(ー) |          とは言っても、あなたのスレの内容は学ぶ系。
         |    (__人__) }
        /、.    ` ⌒´  ヽ         どうがんばっても説明などで長文になってしまうことはあります。
       /            |
         |           | /         解決方法としてはAAを増やして一回に読む文章を少なめに見せることと
        ヽ_|  ┌──┐ |丿         「セリフの段落を上手く活用してみること」です
         |  ├──┤ |
         |  ├──┤ |

322名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:38:03 ID:eh9142cQ

【以下、本スレより抜粋です。】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               _
             , . .': : : : : : : :  ̄`: 丶
         /: : : : : : : : : : : : : : ' : : : :\
        , '   /  / ,'. . .....i..,.. . .',    ヽ
.        /: : :/: : / : ,' : : :.:.:.! ',:. : :': : : : : ',
       ,':.:/ : : ' : : :! :.:{ :.i : :.:.:.!:. ',:. : ',: : : l : :l
       /: : :.:! :.:./|:./ ヽ| : :.:.:.!ヽ ヽ: |:.: : l : :ヽ
.       ´ l: : :.:{ :.:.T|/―-|\:.:.:| ‐ヽTT:.: :.! : :.ト\
         |: : :.:l\:.:<て`ヽ   ヽ! ィテア:.: :.!:.:.:.!   しかし、日本はどうだろう。
.         \ : ! :.ヽ| ヒ::ノ     ヒ:::ノ|: : :!,|: :'
         ヽ!:.:.:i       :     |::.:/ノ!/   着物は単純に帯を解いてしまえば容易に肉体をさらすことができる。
.            ヽ: | 、     ‐     イ:.//
               ヘl.|!:i> 、   イ:/:|//      日本人は、心を許してしまえば儀式的なキスなど不要だった。
              !| |x }  ´  |/- !
                ,,/:. V  /:. :. :.>、       古来より日本人にとってキスは、性交におけるやさしい官能の技だった。
         ,,.: :. :{:. :. :V/:. :. :/:. :. \
.         ,, :. :. :. :. :.!:. :/:. :. :/:. :. :. :. :. :`丶、    あいさつになりえなかった理由はそこにあると
      i:. :.ヽi :. :. :. У:. :. :. :, :. :. :. :. :. :/:. :. :. :.',
        l:. :. :.:|:. :. :. /:. :. :. :./:. :. :. :. :. :/:. :. :. :. :. }    私は一方的に思っている。
.      |:. :. :. i:. :. :/:. :. :. :./:. :. :. :. :. :/:. /:. :. :. :.,'
.      |:. :. :. :i:. :/:. :. :. :./:. :. :. :. :. :/:.:〃:. :. :. :,
.      l:. :. :. :..Y :. :. :. :./ :. :. :. :. :./:. /:. :. :. :.,
        }:. :. :. :. :', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:.:/:. :. :. :. :..
.      i:. :. :. ',:. :.i: : : : : : :.|: /:. :. :. :. :./
.       l:. :. :. :. ,:. :| : : : : : : :!/:. :. :. :. :. {
.       |:. :. :. :. :, :.| : : : : : /:. :. :. :. :. :.}
.       |:. :. :. :. :.',:.|____/:. :. :. :. :. :. :/i


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

323名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:38:25 ID:eh9142cQ

【改善案です】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               _
             , . .': : : : : : : :  ̄`: 丶
         /: : : : : : : : : : : : : : ' : : : :\
        , '   /  / ,'. . .....i..,.. . .',    ヽ
.        /: : :/: : / : ,' : : :.:.:.! ',:. : :': : : : : ',
       ,':.:/ : : ' : : :! :.:{ :.i : :.:.:.!:. ',:. : ',: : : l : :l
       /: : :.:! :.:./|:./ ヽ| : :.:.:.!ヽ ヽ: |:.: : l : :ヽ
.       ´ l: : :.:{ :.:.T|/―-|\:.:.:| ‐ヽTT:.: :.! : :.ト\
         |: : :.:l\:.:<て`ヽ   ヽ! ィテア:.: :.!:.:.:.!        しかし、日本はどうだろう。着物は単純に帯を外してしまえば、
.         \ : ! :.ヽ| ヒ::ノ     ヒ:::ノ|: : :!,|: :'        容易に肉体を晒すことができる。
         ヽ!:.:.:i       :     |::.:/ノ!/        
.            ヽ: | 、     ‐     イ:.//               心を許してしまえば儀式的なキスなど不要だった日本人にとって
               ヘl.|!:i> 、   イ:/:|//           キスとは欧米のそれとは違う、
              !| |x }  ´  |/- !                  性交のやさしい官能の技という認識が古来からあった。
                ,,/:. V  /:. :. :.>、         
         ,,.: :. :{:. :. :V/:. :. :/:. :. \          こういうところに、日本においてキスは欧米のそれのような
.         ,, :. :. :. :. :.!:. :/:. :. :/:. :. :. :. :. :`丶、         挨拶の手段になりえなかったと私は一方的に推測している。
      i:. :.ヽi :. :. :. У:. :. :. :, :. :. :. :. :. :/:. :. :. :.',
        l:. :. :.:|:. :. :. /:. :. :. :./:. :. :. :. :. :/:. :. :. :. :. }    
.      |:. :. :. i:. :. :/:. :. :. :./:. :. :. :. :. :/:. /:. :. :. :.,'
.      |:. :. :. :i:. :/:. :. :. :./:. :. :. :. :. :/:.:〃:. :. :. :,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




          ./ ̄ ̄ ̄\.    ∇ _    
          /  ⌒  ⌒ ヽ ,_|| _| | .,    ちょっと文章が変えてしまいましたが、
         ./  ( ●)(●) |  / ̄√ ̄    上の例で今回施した改善は三つ。
         |    (__人__) } ノ  ノ     
        /.    ` ⌒´ 、`   /        「行頭をそろえる」「AAからセリフを離してみる」
        / /        |_,,,ノ            そして「空白改行を逐一いれないで、段落ごとに入れる」という点です。
       〈 〈        |         
        ξ )          |            長い文章の時は 何も一行ごとに空白を挟んで改行をするのではなく
         i      ̄\ ./              「文章の区切りの良いところ」で改行をしてみましょう。すっきりします
         \_     |/          
          _ノ \___)            上の改善案なんかは実際は7行近くある長いセリフですが、
         (    _/                    こう言う技術ですっきり見やすくすることが出来ますよ。
          |_ノ

324名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:38:56 ID:eh9142cQ

          /⌒\
         / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |/::            \        それと、学ぶ系では毎回おなじみ欄外説明。
         /:::       ⌒  ⌒ _)
        /|::.  '',,   ( ●)(●),|           貴方のスレでは「===」や「────」で区切ってるのですが
        | |:::.     ,,  (__人__),イ          これだと他のAAと被って、見づらくなる可能性があります。
        \|:::::.        ` ⌒´ ' ノ       
        /:::::..            \           こういう枠線は「━━━━」や「●●●」、「■■■」など
        /|::::::::..                        できるだけ太い線で区切ってみると見やすくなります。
        ( .|    /  ノ ̄ ̄ ̄)  ノ       
       ヽ.|◯  |   ノ ̄ ̄ ̄)  /           まぁほとんど好みなので、特に気にしなくても良いかも
       /.|  o .|  ノ ̄ ̄ ̄) /           




           / ̄ ̄ ̄\
          /   ⌒  ⌒ ヽ    ,,,
          ==/  ( ●)(●) |==/⌒_)===========<>
         |    (__人__) } ノ  ノ
     __. }、.    ` ⌒´ 、`   /        あと少し気になったのが、
   (⌒               |_,,,ノ         「やる夫が無口すぎ、長門が喋りすぎ」ということ
    ""''''''ヽ_         |
         |           |           ほとんどやる夫が置物に成り下がってます。
         |         |
         i      ̄\ ./           長門が喋るセリフをやる夫が喋るように工夫してみましょう。
         \_     |/            そうすることによって、話の掛け合いになって
          _ノ \___)            より読者がセリフを読みやすく、そして物語にひきこみやすくなりますよ
         (    _/
          |_ノ''




  乙三    / ̄ ̄\/ ̄\\   
        /  ⌒   |   |⌒ ヽ  
        /  ( ●) |   |(●) |         とにかく、学ぶ系においては長い長い文章を読ませることは
        |    (__人)  )__)  }         絶対に避けては通れません。
       /、.    ` ⌒ノ ノ´  ヽ  
       /         | |   |          それを読者が苦にすることなく読ませるためにも、
      |         | |  | /          こういう細かい心配りをしっかりする必要です
.      ヽ_|  ┌──┐\|丿    
          |  ├──┤ |                面倒くさがらずに、一番見やすい文章になりよう、
       /:::::::::├──┤ |                常に心がけましょう。
       /::::::::::::::::::::::;:; ..,、ノ i     
      i'::::::::::::::::::::::::::.... ....:::ヽ

325名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:39:22 ID:eh9142cQ


              ____
              // i i ヽヽ
           / /  ハ    i ',
            / V八/ ! ハ / ', ',         
          八/ ⌒  ⌒ i i         さて本評価に入りましょう。
         /l / ( ⌒)(⌒ ) ! i         
            !/人  (__人__) 人 i         まず【評価ポイント2:面白かったか】について。
        // ヽヽ ` ⌒´ <   ',
        /  八 ヽ',//    ',        と言っても、前述の通り非常に興味深い題材だなと思います。
        ! i       lo     | /        第一話のキスの歴史や、その文化、日本でのキスの認識など
        ヽ_| =  lo = |丿         私はとても面白い考察だな、と思いますよ。
            !________人________!
         / /  i  i ', ヽ          キスひとつとってもここまで文化が違うものなのですね
          /__/______|____|___',____',
           !====ハ====!
          (__)(__)




           / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ   ,,,
         /  ( ー)(ー) |  /⌒_)       そして肝心の第二話についてなんですが……
         |    (__人__) } ノ  ノ 
     __. }、.   ` ⌒´  、` /         ちょっとこれは後回しにさせてもらいます。
   (⌒               |_,,,ノ
    ""''''''ヽ_          |
         i      ̄\ ./
         \_     |/
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

326名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:39:50 ID:eh9142cQ

           ______
           |::::::       |
           |::::::       |
           |::::::       |
           |::::::       |
           |__________________|
       __|_______|___    そして、【評価ポイント2:話がわかりにくくなかったか】について。
         /  ( ●)(●) |
         |    (__人__) }           私は特に「ここがわかりづらかった」と感じる部分はありませんでした。
        /、.    ` ⌒´  ヽ
       /            |        文章は読みづらいものの、ひとつひとつの用語にも丁寧な解説がありますし、
         |           | /         AAの図解も解説や注釈を駆使して、できるだけわかりやすく描写してます。
        ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |           AA改変、作成が出来ないといろいろ不便ですが、
         |  ├──┤ |         貴方はいろんな点で補完しているので、十分わかりやすいです






       / ̄ ̄ ̄\                でも欲を言ってしまうとやっぱり、ずばりなAAは欲しいところですよね。
      /, ' ⌒  ⌒ヽ               
 ̄ ̄ ̄`/  (__)(_) |               ここで私がAA改変のひとつやふたつ出来ればよいのですが
   "" | ",  (__人__) }                生憎専門外……。申し訳ありません。
 ",   ゙i     ` ⌒´ },_____  
~ ""      ────、      ヽ        Ⅱ板にはAA依頼スレがありますので、思い切って使っちゃうのも手です。
 ̄ ̄ ゙̄i  "` ゙゙´,_    )───"´         AAは難しいものです…
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

327名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:40:09 ID:eh9142cQ

       / ̄ ̄ ̄ ̄\             
      /  ─   ─ ヽ            では【評価ポイント3:学ぶ系の体裁はとれてるか」なのですが……
     /  ( ●) (●) .|            はっきり言いましょう。「ものすごく微妙なライン」です。
     |    (__人__)  .}
r―n|l\      ` ⌒´   ⌒ ヽ          「第一話のキスの歴史や文化」については
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ          私はこれについては「学ぶ系である」と断言できるのですが……
.     \        |      |       
.       \ _  __ | ._   |          問題は第二話の実技です。わたしはこれを「学ぶ系か?」
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|        と問われると「うーん……」と首を傾げてしまいます。
\      // /<  __) l -,|__) >      
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>         と言うのもですね。
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >           第二話の実技には「なんの客観的データ、資料が無い」んです。
      \_| |  <____ノ_(_)_ )





      / ̄ ̄ ̄\
     /   ⌒  ⌒ ヽ            すごく乱暴な言い方をすると、
     /  ( ●)(● )|            
      |    (__人__) }            あなたの第二話での相手を悦ばすキスの技術…
      }、.   ` ⌒´  |
     リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/        『誰が見てもそれが正しい』と裏づけできる証拠や資料がありますか?
    (|        /  / と)
    と|       /  /  /          言ってしまえば、第二話でのキスの実技は主観のみでしか書かれてません。
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     何も科学的な根拠が無いんです。
  |          NEWS 7140 .|
  |                   |

328名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:40:39 ID:eh9142cQ

           / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
         /  ( ●)(●) |     ここで学ぶ系の定義について考えて見ましょう。
         |    (__人__) }
         }、.   ` ⌒´ /     学ぶ系は大きく分けて2つあります
        / Θ丁|::::::::|@|      「職業体験」「学問」「人物伝記」です。
        / V 困 |::::::::|{l}|
       / オ   |::::::::|0,|      職業体験は読んで字のごとく、やる夫がある職業に就いて
       ヽ, \ 〃 |=ロ=| ,〉      いろんな職業にせまる学ぶ系。
        \/\/ミ||=||
         | :   |  |       学問は昨今よく耳にする用語の解説。経済、歴史や政治などの文系学問、
           |. :   |.  |       数学や物理学、化学等の理系学問などなどを専門的な分野の学ぶ系。
            | :  |  |
          | :  |l  |       人物伝記は、ある人間の一生をやる夫に置き換えて
  .        |___||__|       その人間の本末を見る学ぶ系です。
          / |¥ヘ \ヘ
          ー−-┴─┘




     ,、‐ " ̄~ `丶、  _
     /   /ハヽ   ヽ〈〈〈〈ヽ
   /   // ヽ\   〈⊃  }     この三つは内容に違いはあれど、
    |  /    `   `、i |   |     そこには万人の認める「科学的根拠」または「信用できる事実」があります。
   |   | ( ●)(●  i |  |
   | i ,|:::: (__人__) :::|  !        職業体験は、それでお金を稼いでる作者の経験談、
   ノ .| |\   ・  ,ノ| .|  /        つまりその道のプロが言うことなので信用できますし、
   | ヽ|/ヾ ̄下~/ |ノ/ 
   ノル/`ー||_,ィ,,`\/        学問分野も偉人の知識、資料、研究の積み重ねなのでこれも信用できます。
    /   ノ    ☆ |        人物伝記、歴史だって、いろんな俗説が出てくることがありますが、
    >、 /_    ☆|         少なくとも一次資料に載っていることは、紛れも無い事実だと証明できます。
   (___)     |

329名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:41:28 ID:eh9142cQ



          / ̄ ̄ ̄\
         /  ⌒  ⌒  ヽ      ここで貴方のスレが「学ぶ系」になっているかどうか考てみましょう。
         /  ( ●)(●)  |      
         |   (__人__)  }      第一話はキスの歴史ですが、
        /、   ` ⌒´    ヽ     いろんなところに出展や一次資料のデータが張り出されており、
       /            |    そのデータのたしかな裏づけを元に、客観的な意見を出しています。
         |           | /
        ヽ_|  ┌──┐ |丿     ここだけを見れば「キスの視点で見た民族文化」という「学問分野の学ぶ系」
         |  ├──┤ |      として分類することが出来ます。
         |  ├──┤ |



          ; / ̄ ̄\ ;
         ; /.  ノ |||| 、_ヽ ;      しかし第二話の実技ですが……
        ; /  ( ●)(●) ;     
       ;  |. \ (__人__)} ;      長門は自信を「キスの伝道師」と自称してますが
       ; /、.  |  ` ⌒´ ヽ ;      現実にはそんな存在はもちろんいませんし、キスの知識をウリにして商売し、
      ; /ヾ  、       | ;     ご飯を食べている、「キスのプロ」というのも私は聞いたことがありません。
      ; |          | / ;     
      ; ヽ_|  ┌──┐|丿 ;      「キスの歴史」ならともかく、「キスの技術」を学問としているなんて、
       ;  |Ξ├──┤|         聞いたこともありません。呼ぶとしても科学的根拠や研究が足りません。
       ;  |Ξ├──┤| ;





           / ̄ ̄ ̄\   __rii――i----i
           /  ⌒  ⌒ ヽ   ]'゚三三゚i゙~( ̄
         /  ( ●)(●) |  /il::!⊂)  ̄
         |    (__人__) } ノ |l::::ll     「キスの知識」だけではお金も稼げないし、そんな学問も存在しない。
     __. }、.    ` ⌒´ 、`  / ̄      「こういうキスをすれば相手は悦ぶ」と言われてることには、
   (⌒               |_,,,ノ        何も科学的根拠も、信用できるアンケートや統計データも無い。
    ""''''''ヽ_         |
         |           |          言ってしまえば、個人の主観の域を超えていないのですよ。
         |         |
         i      ̄\ ./          これが私が「学ぶ系と呼ぶには微妙だ」と言った理由なのです。
         \_     |/           
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

330名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:42:05 ID:eh9142cQ

          γ⌒)
         / ⊃ ̄ ̄ ̄\
      〃/ /  ⌒  ⌒ ヽ∩⌒) ))    ここで勘違いして欲しくないのは「貴方が言ってることは嘘っぱちだ」
       γ⌒) ( ●)(●)..|/ ノ       ということではないんですよ。
      / _ノ   (__人__) } / ))     
     (  <  .   ` ⌒´ 、( ⌒)      実際、それなりにそれなりの経験をつんできた私も「確かにそうだ」
    (( \ ヽ          /        と共感できる部分もありました
       ヽ_ _       |ノ      
        |           |          でも、実は「そこは違うだろ」と思った部分がちらほらあったのも事実です。
        |         |          これがまた、私の意見と食い違うところが結構な量があります。
        i      ̄\ ./          
         \_     |/          でも私はその部分を、この評価と言う場では指摘することが出来ません。
          _ノ \___)         
         (    _/        
          |_ノ



          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ    ,,,
         /  ( ●)(●) |  /⌒_)
.        | ̄|     (__人__) } ノ  ノ       何故なら「貴方の意見が主観で間違っていたとしても、
.        |  } \    ` ⌒´ 、`   /       私の意見も主観で間違っている可能性がある」からなのです。
   (⌒  ̄ ̄、 |         、|_,,,ノ
     ""''' |'''ヽ_/        |           貴方の意見に根拠が無いのと同じように、私の思うキスの技術にも
.        |  |          |           根拠や裏づけデータなどなく、ただの個人的主観にすぎません。
.        |_|         |           前述の通り、キスには学問も信用できるデータもないのですから。
         i      ̄\ ./           
         \_     |/           
          _ノ \___)           
         (    _/             
          |_ノ''

331名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:42:40 ID:eh9142cQ

            / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
            /  ( ゚ ) ( ゚ ) |       と言うか、そもそもキスの快楽を科学的に証明しよう!なんてこと自体が
            |   (__人__)  }       無粋と言うかナンセンスと言うか、まぁただのアホです。
        /     ∩ノ ⊃ \      キスとか人の愛なんてそんな理屈を超えてるところにあるんですから。
        (  \ / _ノ |  |
.        \ “  /__|  |      つまり、キスごときでこんな細かい事を言ってる私はアホです。
          |\ /___ /
          |          |      そもそもやる夫スレにそんなガチガチな根拠なんていりませんよね。
          |          |




       / ̄ ̄ ̄\
      /   ⌒  ⌒ ヽ       でも、「学ぶ系」を見てる人たちは「そこに書かれてることは正しい知識だ」
     /  ( ●)(●) |       っていう前提で読んでいます。
     |    (__人__) }
    /`'ー‐---‐---一'´\     貴方のスレを見て、実際にその技術を実践する人が居たとしましょう
   /           ::::i  ヽ    貴方は自信を持って「是非やってみてください。間違いなく悦びます!」と言えますか?
  |   |         :::;;l  |
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    意地悪な質問ですが、そんな100%の根拠なんてあるわけありませんよね
  |\`、: i'、
  .\\`_',..-i
   .\|_,..-┘

332名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:43:19 ID:eh9142cQ


                         |`ヽ、
                         |::::ヽl
                         |:::::l |   長々と重箱の隅をつつくような指摘をしましたが、まとめると
           / ̄ ̄ ̄\    |:::::l |   
             /  ⌒  ⌒ ヽ.  |:「 ̄    「キスの技術」は「誰も確実な根拠を持ってない題材」です。
         /  ( ●)(●) |  /⌒_)    例え間違ったことを書いたとしても、誰もしっかりした指摘が出来ません。
         |  *  (__人__) } ノ  ノ    
     __. }、.    ` ⌒´ 、`   /     貴方はそういう題材で「学ぶ系」をやっているんだ。と言うことを
   (⌒   /////////W\;|_,,,ノ       念頭に持ってください
    ""''''''/////////WWWミ        
       /////////WWWWWミ        だからこそ無責任なことは一切書いてはいけません。
      /////////WWWWWWミ       例え科学的根拠がなかったとしてもあなたなりの研究を重ね、
     /////////彡  ̄\Wミミ        あなたが自信を持てることのみ書きましょう。
         \_     |/         
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ







            ____
           /\ヾ訢\
          ./ ,.ッニ三三、 ヽ          そして
         / . シ/:::::::::::::ヾ | ./⌒)      あなたが評価ポイントで一番気になってるだろう
         | -‐i::::::::::::::::ソ .|..ノミつ       【評価ポイント:実技のAA表現】なのですが……
      ._. }""''''ヽ..,,三シ'"イヾ/´
    .(⌒イ i i   ̄ヽヽ  ' ̄E.シ        私が指摘したセリフなどを気をつければ今のままでも
    ""''''''ヽシ ニニニニ| iニニニニ|´         特に問題なしだと思います。
         |ーーー| iーー- |
         |.ニニニニ| iニニニニ|          貴方が伝えたいことをぴったりのAA,最低限の文章で表現すれば
         i  .ミ、ニニ ̄\ ./          読者にはちゃんと伝わりますから。
         \____ミニニニ|/
          _ノ`ミ\__)           ただもちろん適当なことを書いてはダメです。
         ( `ミシ               あなたなりに根拠が持てることだけを書きましょう
          |_ノ

333名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:43:50 ID:eh9142cQ

   l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l
   | lニニニニニニニニニニニニl || ガラッ .__________    .l |
   | l            l ||    /::::::::::::::::::\   | |      総評としまして。
   | l            l ||   /::, ---‐‐-- 、:::ヽ .l |
   | l            l ||  .i::::l (●)(●) i:::::i. l |      細かいことを抜きにして考えれば
   | l            ⊂〕  ト:::ヽ(__人__) /:/! l |      貴方のスレは間違いなくとても興味深く面白い題材です。
   | l            l ||ヽ、/ ` ー={ニ}= '   ヽl |
   | l            l ||       ハ    i  i|      しかし信頼できるデータが無い分、
   | l            l ||ヽi          l   !|      適当なことを書いてはダメです。
   | l            l || |          ___  l 〈 l
   | lニニニニニニニニニニニニl || |      /  ヽ!(二) l      自分なりにしっかり研究、分析し、より研ぎ澄ました自論を
    l二二二二二二二二二 !     _/      |二二l      言うようにしてみましょう。
                 /   / ヽ    |
                ヽ  丶    〉   !_         「貴方のスレを見て彼女が喜びました!」と言えるくらいの
                 ヽ   〉   ヽ____)        技術を読者に見せ付けてやりましょう。
                (__ )







         /::::::::::::::::::\へ
        冂::::::::::::::::::::::::::::::ヽΤ」
      Σ厂:::::Nノレレ-V::):ノ:::|
       |:::::::/   ( ●)(●)i::::|/⌒_)       今回の評価はどうでしようか?
        |::::::|    (__人__) }:::ノ  ノ 
       |:::::::}、.   ` ⌒´  `  /         貴方の納得できる批評はありましたか?
    (⌒ ̄ ̄      丶   ヽ,,ノ::|
    ""'''i''.. _  ヽ   人  丿:::::::|         今回もきつい表現があったと思います。そこは先に謝罪いたします。
      |:::::: |     ̄   ̄ |::::::::::::|         申し訳ありません
      Nvレ|         |∧NV
         i      ̄\ ./            私の稚拙な評価が作者様の創作活動の刺せとなることを祈りつつ
         \_     |/             締めの言葉とさせていただきます。ありがとうございました。
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

334名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 08:44:27 ID:eh9142cQ
以上です。ご清聴ありがとうございました

335名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 09:49:28 ID:sozX2las
評価乙です

336名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 13:10:21 ID:H3/CI.hE


337名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 15:33:15 ID:No4IVGZg
評価乙。
本筋とは関係ないんだが、>>328にはスペイン宗教裁判的な意味でツッコみたいw

338名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 15:34:14 ID:qhvUG8Rs
乙です。あとは…

◇やる夫は0Gドッグのようです:再々評価
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/667

◇やる夫達が『死』から逃れるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/686

◇やる夫は三河の聖になるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/787

◇【異説】やる夫は神に仕えし悪魔のようです【FFT】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/57

◇やる夫の青春
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/58

◇【祝福の】やる夫が祝福の鐘を鳴らすようです【カンパネラ】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/62

◇やる夫が殺人ウイルスを手にしたようです。
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/114


ですね

339名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 17:01:01 ID:9UDT2a5g
能登さんお久しぶり、評価乙です。

340名無しのやる夫だお:2010/11/19(金) 18:00:28 ID:PN8ppuhM
評価乙です
あなたの評価を見て気づきましたが>>314 ×静聴 ○清聴 でした
謹んで訂正させていただきます

341 ◆GXmjSNniyE:2010/11/19(金) 22:47:53 ID:A2t0.PVU
ロビン・マスク様、モズクス様、そしてウッソ様
評価本当にありがとうございました

即興投下ゆえに問題もあるかと不安に思っていたので皆様の
声は本当にありがたかったです

それではもう一度、ありがとうございました

342名無しのやる夫だお:2010/11/20(土) 18:24:18 ID:6uPSQGRI
乙です

343名無しのやる夫だお:2010/11/21(日) 21:31:50 ID:Love.FsQ
おつです

344 ◆7NfbYTpZXo:2010/11/22(月) 18:44:40 ID:jTrRL/uk
短編の評価依頼です

新訳ニニンがシノブ伝翠星夫板版
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1286199880/94-166

評価をよろしくお願いします
辛口で構いません、
AAの有無はお任せします
AA改善例は具体的に提示できる場合のみで結構です

・原作を読んでいなくても楽しめたか
または原作を読んでいても楽しめたか

・より良い表現や展開、セリフ回しなどはあったか

・分かりづらい表現や冗長な展開、また不足している描写などはあったか

・その他、少しでもお気付きの点がございましたらお教えください

公平な評価人としての立場からのご意見も頂きたいですが
俺、私はこう思ったという個人的な言葉も強く聞きたく思っております
また、様々な視点からの意見も知りたいため、一言でも言いたいことがありましたらおっしゃっていただけると幸いです
よろしくお願いします

345 ◆7NfbYTpZXo:2010/11/22(月) 18:49:45 ID:jTrRL/uk
すみません……

追加で

・キャラクターの魅力の有無はどうだったか
また、それはどのような個所から感じられたか

に付いても触れていただけると幸いです

346名無しのやる夫だお:2010/11/22(月) 19:12:25 ID:OQ.cA2Uo
>>344
読んで来たので感想を。
ちなみに原作は少し読んでます。アニメは全部見ましたが。

基本原作通りだけど、それ単体の短編として充分楽しめました。
冗長・不足なども特に感じませんでした。

最初ギャル夫が悶々とする場面は、我に返って混乱する際にワンテンポ置いた方が良かったかもしれません。
空白を増やしたり、焦っていく経過のAAを一つ挟んだり。

キャラクターに関しては、短編のギャグ主体なのでなんとも言えません。

以上です。
楽しませていただきました。

347名無しのやる夫だお:2010/11/22(月) 19:18:51 ID:sEfOo15I
評価乙

348 ◆7NfbYTpZXo:2010/11/22(月) 23:17:47 ID:jTrRL/uk
>>346
評価ありがとうございました
たしかに悶々とする場面にもう少し工夫した方が良かったかもしれませんね
さらっと流し過ぎたかもしれません
改めてありがとうございました

違った面からのご意見も知りたいため
他の方ももしお気付きの点がございましたら
よろしければ評価してくださると幸いです

349 ◆EuIEJpojhY:2010/11/23(火) 20:56:49 ID:35ZlwNvI
こんばんは
諸々の理由から下記の評価依頼を取り下げさせていただきます。


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/667

今回はご迷惑をかけて申しわけありません

350名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:04:16 ID:GhuUySB6
他にどなたかがいらっしゃらなければ
18レスほど失礼してよろしいでしょうか?

351名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:09:41 ID:mGjImmBQ
>>349
う〜ん、今読んでる途中でやってみようかと考えていたんですが
また次の機会にしておきます


>>350
どうぞ!

352名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:11:10 ID:GhuUySB6

では失礼して


      / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
        ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
.      i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
.      !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
      |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァ酛芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i    お初にお目にかかる
            }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !    クラフト・ロレンスと申します。
            |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|
             、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `     評価に手をつけるのは初めてのため
             ヽ  . '                 j V:{:::::::!       不慣れな点も多いと思いますが
                  ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト      ご了承をお願いします。
                    \  -― ''"´       / /  | ル' :|__
                   ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、
                     v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、



        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′  さて、この度拝見させていただくのは以下のスレ。
        レ{ , ,ィj li!    丶、     イ     【異説】やる夫は神に仕えし悪魔のようです【FFT】
       ___j_レ ヾ\      `ニ ゝ、/′
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/57
   ___ /           1ヽ `ー:、ゝ{ `ヾ、_       依頼文は以上となっていますね。
  /:::::::`:ヾ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ
/: : : : /: : : :`丶、ソ:、 L___ゞ(  ;ア´ ̄ `ヽ    辛口をお望みということですので
:-: : :/: : : : : : : : : :y丶 ゞ:、    };ゝ'  __    ヽ   できる限り考慮しながら、評価させて頂きましょう。
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 ¥{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ、 >一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ヾ: : : : : : : : : : : : ゞ: : : : :ゝ       |⌒V

353名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:11:42 ID:GhuUySB6

                -‐ ―-  、
             /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !
           .,'          ト,、!    ',
           И     i.      l  !. l、  !`
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、           そうそう、要望の(2)にかかわる問題ですので
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、       先に述べさせていただきますが
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、     私は原作既プレイ者となります。
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!    必然、そちらの目線で語らせていただくことになるため
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l    ご理解のほどを。
  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
  \:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l



                    -‐-  、
                 /       `  、
               /,       /   .\
                /   ./ ィ /   / ィ /7
                /ィ  ´7i'.l,  ,l l,⊂_ ‐-' <
                ィ彡  弋'l /´リ‐- リλ   ヽ    とはいえ、元々の原作からして
               ,ヘム_ィ イリ7.'   ´´l.リ`ヽ  ',     数多くの登場人物が織り成す人間関係や
             __,/   ` <ヽ  __ , '´  .r'-‐¬   政治の場で流れる権謀術数が目立つ作品。
           /---‐――--.、ゝ\i.jイ    」-‐>ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´    /  ´   l  私がどこまでその原作を理解できているかは
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!  甚だ不安が残る所ではあります。
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !  見当違いな見方をしてしまう面もあるかもしれませんね。
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', l  ̄  ̄        ̄ヾ\   !
   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.',―ー==―---        ヾ  j
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-‐':.:´:.:.7 ‐-  _         /
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://, ,   !/ ̄‐-'‐=ニ一 '
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://./,、 , , j        ̄
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./! ´!/j /.//

354名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:12:08 ID:GhuUySB6

(1)AAで「今、何が起こっている」か、等をちゃんと表現できているか?



               _ -‐― ―--、
           ,  ' ´         'ー- 、
          /            l ,   ヽ
         /           !   l,、,!    ト 、
        l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
        ,'        l AAトトl、. N .A   !
       ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
        レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ
        l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'    では、要望を上から順に参りましょう。
        l ,  ヾ.、コヽ.!         イ     まずはAAに関して、ということですが。
        ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /
          レ、   l>       ̄ .,'
           .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'
            レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、
           /´.',λ! /´/    ノ_: :\
         /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
          ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
        ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
     -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



       弋 ヽ  ヽ    ヽ.  ' ,'        /丶
        .∧ \      ヽl l. , /l /l /  /  /
       /イ.ヽ, -‐''' ‐-   ',/! !l 仁メリL/l./  l
       _.」/--‐―、  ヽノ .リ レV沙、.'` 」   N
      /          ヽ.  ヽ    ‐  /y! /リ
      ,'         l`丶/       V レ     率直にお答えしましょう。
     /'´        l   l      , イ
   /             ./  `` 、.,イ        私はあなたのスレを当初から追っていましたが
  /              ハ  , , , ,イ          「本当にこれが初心者の作るスレか?」という思いを
/    /         /、  >、//イ          抱かずにはいられませんでした。
  孑'´          /-‐ヾ ヽ´
_´             / \ レ ̄
             / ヽ`\>.、
            ./:l -―- 、 V l\

355名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:12:44 ID:GhuUySB6

       /              \
     ./                 ヽ
     /                    ハ
    /                、      !
     l              /∨.l     !
    ,'             ,   !'`´`! ,   , !
    /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'
   .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l '     枠やふきだし、また背景やエフェクトの合成――
    l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l      どこを切っても、見づらいと感じる部分はありませんでした。
    ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '
       l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'       辛口依頼にこう返すのも芸がないのですが
       l `ー;          /  /         あえて言わせてもらいます。
       .!ハ l.ヽ        __  /、
      ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、
    ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:.`:.:ー. 、
 ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ



        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′       「あなたのAA技術には何の問題もありません」
        レ{ , ,ィj li!      、     イ
       ___j_ムチ ヾ\     ` ̄ ヽ /′          自信を持って、あなたの思う道を邁進してください。
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /
   ___ /           1ヽ `ー:、≧{ `ヾ:、
  /:::::::`:.ァ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ
/: : : : /: : : :`丶ミ≧:、 L___ゞ(  ;ャァ'´ ̄ `ヽ



      , '" ̄ ゙̄ヽ
.    /   ∧∧ ヘ丶   AA改変の具体例を出してほしい、ということだったのですが
   イ / V┳  ┳ト ゝ  すいません、正直なことを言って、私よりあなたのほうがレベルが高い。
    ヘ(ヽ{. u r‐ュ jV
    ^ヘ≧t'ゥ'<    こちらのほうが勉強をさせていただいているほどなのですよ。
     /:::::::}}:::::i:ヽ

356名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:13:12 ID:GhuUySB6

(2)[原作ゲームを未プレイの方]
 分かり辛い、理解し辛い内容となっていないか?

  [原作ゲームをプレイ済の方]
  ストーリーや設定の改変により、物語に違和感を感じないか?



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、          (2)という項目でまとめられていますが
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\         この2つは別問題であると私は感じました。
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/        故に、両方に関して考えを述べさせていただきましょう。
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /         まずは前者――簡潔に言い表せば
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/           物語が分かり辛くないか、ということですね。
   |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
   !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
  /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|
 ヘ :::::::::::::::‖:::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |
  }:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |



         /                             l  !
      _, ''´_                    /   ,  l .l
        ̄ ̄/             ,    ,  /! i、   .i ,' ,|
        / ィ            , !    l  ,ト!l-! /リ!.,' .,'リ
        l/ l         , /l. l    ハ /_,l云 .「/lハ/
          l         ,イ ∧И    ,' .∨ `.|h!ヾ.',     FFTという作品は
          !/l     /Vイ、ヽ, !,  ィ/      ¨-  '、    もとよりストーリーが複雑かつ難解です。
           ′ l      .ヽ ` !l,  /′        ヽ
            !,,ィ  ,    /‐-、 `', .!         /    多少わかりづらくなるのもむべなるかな。
          _,/`'‐-<!_ /ヽ〈  , !  ヾ.           /- 、    しかしここで終わってしまっては評価になりません。
       /:/`丶 、  `丶ヾ、 ,代        -‐_,'.、 ヽ,
    , -''":/ : : : :/: :`丶,、   \ ` 、      T、,斗―='‐、 少しだけ、突っ込んだ話に挑戦してみましょうか。
  /`ー=ニ二_: :/: : : : : /: :`丶  \  .>'''"´ ̄ ̄´   _,ノ
,..:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`−-、: :/ : : : : : : \  ト、-'       , -‐''"/

357名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:13:46 ID:GhuUySB6

                -‐ ―-  、
             /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !
           .,'          ト,、!    ',
           И     i.      l  !. l、  !`          今のあなたのスレは
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ           登場人物が多すぎる。
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、      原作は四部構成
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     そのうちの、まだ第一部だというのに
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!     ベオルブ家、神殿騎士団、骸旅団etc...
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l



                    -‐-  、
                 /       `  、
               /,       /   .\
                /   ./ ィ /   / ィ /7
                /ィ  ´7i'.l,  ,l l,⊂_ ‐-' <
                ィ彡  弋'l /´リ‐- リλ   ヽ
               ,ヘム_ィ イリ7.'   ´´l.リ`ヽ  ',        そういった数多くの集団が台頭し
             __,/   ` <ヽ  __ , '´  .r'-‐¬         また、己が目的のために暗躍しています。
           /---‐――--.、ゝ\i.jイ    」-‐>ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´    /  ´   l      しっかりと熟読すれば各々の立ち位置も把握できますが
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!      一度流し読むという程度では、なかなか理解が難しい。
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', l  ̄  ̄        ̄ヾ\   !
   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.',―ー==―---        ヾ  j
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-‐':.:´:.:.7 ‐-  _         /
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://, ,   !/ ̄‐-'‐=ニ一 '
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://./,、 , , j        ̄
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./! ´!/j /.//

358名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:14:28 ID:GhuUySB6

                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'          私が気になっているのは、キャラクターの出展問題です。
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
             ヽ.  \ゝ、l         /          今時点であなたのスレには「コードギアス」と
              ヽ,  ,八     , -―, '           「銀河英雄伝説」の登場人物が
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j            重要人物に当てはめられている割合が非常に多い。
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   いえ、それ自体あなたの好みであり
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  特に問題視するほどのものでもないのです、が。
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ



    /ィ /,' /レ」/! /  l       ',
    /ィ〈./' ' `l'.レ/.  l  l ,     ',
     ´ / 、""´ /ィ /ル /レl /    l`
    .<      ´ .イ'//リ_ハ!    ヽ         それらのキャラクターたちが
     `       l/r<    /レ'` `      別々の立ち位置にキャスティングされていることが
      ヽ ̄`    ./  l   ./          一読では理解しづらい理由に繋がっているのではないか、と感じました。
       ,'i i i , , __,ノ,  .'レ、 /
      .ゝ-==´ ,-'‐――'‐'┐          具体的にはベオルブの兄弟に対するエルムドアとウィーグラフ
        /'/」  ,. .、-‐┬ヽ、         加えてコードギアスからは、ミルウーダあたりでしょうか。
       ∠_ >ニ/ヽ: : :ヽ_: '-‐<
       // ̄:ヽ;/´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        私が銀英伝を見たことがない、ということも多分に影響しているのでしょうが
     //`丶/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',        正直言って、所見では見分けがつかなかった。
    /./_: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
   /./: : :/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

359名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:15:07 ID:GhuUySB6

              _ -‐― ―--、
          ,  ' ´         'ー- 、
         /            l ,   ヽ
        /           !   l,、,!    ト 、
       l         !、 !,  i 厂l /  ,' ̄
       ,'        l AAトトl、. N .A   !
      ./1     i   N、孑云.ヽ! /rァ! l ト,l
       レ   l./l   リ  `ゞシ'ィ  ヽ'イl' リ
       l   l'´ミリ、 l     ´    ヽ'     あなたのスレでは、キャラクターの呼び名に一部を除いて
       l ,  ヾ.、コヽ.!         イ      出展名ではなく原作での名前で統一しています。
       ' レ'l   `ヘ. `     -―‐ /      “ルルーシュ”ではなく“ラムザ”であるように。
         レ、   l>       ̄ .,'
          .! ィ ,ゝ  `  、i i i i j'       主観ですが、それも分かりづらさに拍車をかけているのではないでしょうか?
           レ' ∨ヾ、   -‐` ̄ 7、      原作に詳しい者であればそのほうが把握しやすいかもしれませんが
          /´.',λ! /´/    ノ_: :\     私のようなにわかプレイヤーや未プレイ者には、少しとっつきづらい物がある。
        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ        もっとも、各話で初登場するごとに
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、     肩書きと作中名を記しているあたり
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\    このようなことは指摘するまでもなく、理解されていたかもしれません。
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/  代替案も出せず申し訳なく思いますが
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /    次へ進ませていただきましょう。
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::::└―‐┤  .|   レ―‐┘:::::: /
   !:::::::::::::i:::i:::::::::::::::卜、│ ,,|:::::::::::::::::::Y
  /::::::::::::::::l::l::::::::::::::::::|:::::`|'"::|::::::::::::::::::::|
 ヘ :::::::::::::::‖:::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |
  }:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::: |:::::| ::::::::::::::::: |

360名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:15:31 ID:GhuUySB6

  [原作ゲームをプレイ済の方]
  ストーリーや設定の改変により、物語に違和感を感じないか?



   / '   /   i、   :.  } ! ::.  i !:.   ::.  i::::.:.:.}
.     ,′ //   |ヘ、 ::i://:ト、::.::.:.i::.!::.  i:::. |:::::.:ハ
    iハ /  .:! :i | ヽ::/厶:|:L::ト:::|::j:::.  ト、:::.|:::/
    | ', :.:::l :.ト、|_   ハ:r ァト芯ア }∧ハ::::|⌒Y::{
       }∧.:lハf卞心  丶、ゞ-'     ',::{ノ /.:{         現時点では問題ないかと。
       ′ ',ト、{  `フ              i__.ィ.::N         今のところの大きな改変というと
          ヽ  、〈             jハ{::::!          原作ではプレイヤーには窺い知れない
            \  __ ,.     /  jハル、         やる夫率いる神殿騎士団の暗躍、
             ヽ ー'    // / : : :{::`丶、      それに付随する、ルカヴィの存在の名言。
                  Vj爪、 / // . : : :ノー- :::.丶、
                 ゞ斗''く  /  . : : /.:.: : : :`ヽ:::.    それくらいでしょうか。
                / / 」i〕 /`ヽ  . : /ー- 、: : : : : : :



                     ,--、-‐   ̄  ‐-
                   />l  「        ` <
                 r.、ヽ. ',l  '、     /     ` <、
                γ、 ヾ、   ヽ   /ィ         7
                弋 ヽ  ヽ    ヽ.  ' ,'        /丶
                 .∧ \      ヽl l. , /l /l /  /  /
                /イ.ヽ, -‐''' ‐-   ',/! !l 仁メリL/l./  l
                _.」/--‐―、  ヽノ .リ レV沙、.'` 」   N
               /          ヽ.  ヽ    ‐  /y! /リ      もっとも問題がないというよりは
               ,'         l`丶/       V レ       現時点ではあまり原作と乖離しておらず
              /'´        l   l      , イ        そこまで気にならない、というのが正直な感想です。
            /             ./  `` 、.,イ
           /              ハ  , , , ,イ           はっきりと言うなれば、やはり進行度の問題ですね。
       _,/    /         /、  >、//イ            時期尚早、今はなんとも言えません。
     / /  孑'´          /-‐ヾ ヽ´
    / /-‐' ´             / \ レ ̄
  r.‐'' ´                 / ヽ`\>.、
  /                   ./:l -―- 、 V l\

361名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:15:57 ID:GhuUySB6

.       /                |ヾ!厶!::       ヽ
     /           : : : : |    |::  :    :  ',
     ,′        :ハ:∧: / {: : : :|   !: /: : :.} : :  ',
      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|    せめて第二部の半ば程までいけば
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!       大きな流れも見えてくるのでしょうが
         |: :\__                 /      //        今時点ではヴォルマルフ(やる夫)を主要キャラにして
         |: : : : :ハ                   /'′      そのバックボーンを描くつもりなのだろうな、という程度しか
         レヘ: : :}∧       , -‐  ̄`ヽ    /         あなたのオリジナル要素が読み取れませんでした。
         }: : |  \.      ̄ ̄ ̄    /
         |ハ::| ヽ \      ̄   /
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\



    ,' ./ィ:l l:::`::::l.   l l::l、 ',:::、:`:::lヽ.`l l::,::ヽ. l:::::', l::::',. ,'::::::::::',/l/::::::::
    ,' /.リl l::::::::::!.   !l::!ヽ!、',::.l、:::::l ヽ. ! l:::l::::ヽ!::::::', l:::::∨:::::::::::::::::,:::::::::
  .ム'   l !:::::::! !、_」├‐`ヽ::.L',::::! ヽl l:::l',::::::::::l、l:リ:::::::::::/::::::::::::/!:::::::
       .l l::l::::::\ヽ レ' __ゝl ',::「 ` ',l.::!リ l::::::/.!l、:::::::::::,'::::::::::::/、!:::::/
       ,l//l:::::,ィ:::〉    '´、弁>、l   .レ   ',::/ !l l:::::::λ::::::::::/ >!::/
       .レ' .l:::l l:,'     ゞク ノ       レ  リ !::::::l l:::::::://' レ
         .l::l !'     \ ̄´            !::::l l::::://  ノ   もっともあなたのスレの場合
         .レ ./       `              l::/ l:::/-- イ /   じっくりと描写してこそ光るスレである、と
          ./    , -、               l/  .レ __  /   私は感じています。
         〈    /   ` ‐-- ---、           l 「:´:::::
           `  ,/         --彡           l リ、:::::    故に、先へ先へと急ぐことなく
           , '     r‐-- ---- イ_          j   ',:::/   じっくりと全体を描写していったほうが良いかと。
          ./    /、_-==-‐ ´    ̄`ヽ     /   レ/
          /     ,ム'´           ニ彳   /    /    難しいことを言うようですが、焦らぬように。
         .l  - '´      _,, -‐' ´ ̄ , ̄`,〉/    /
         }      ,  <          孑'´     /
         〈   -‐' ´       _斗=≦´<     /

362名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:16:26 ID:GhuUySB6

(3)原作の雰囲気を表現できているか?



        /     ,        ,       /、
.       /     /       / ィ/ //   イ \
      /    //ィ       / /x!,ィ/,イ  / /ヘ   {
      ,イ /  ハイ' |  j|  /l/ ' ,レ≧x;ィ イ / /   il
     厶‐ァ  ´ i"(ミxリ! / | ,:′  ヾテヌゞレ'l/ /ィ  i !
      / ,イ  ヾ 辷 |,′l/      ゞ'’  :' ,ィfナ ィヾ!
.     /'′| i   ゝ-、"        ´   {;リソ〃リ
       jN    i !            ヾ /′
        レ{ , ,ィj li!    丶、     イ       これに関しては問題はないでしょう。
       ___j_レ ヾ\      `ニ ゝ、/′       良く言えば重厚、悪く言えば陰惨。
       j    ̄ `丶 、 \;///,ィ.,;._` /
   ___ /           1ヽ `ー:、ゝ{ `ヾ、_          そういった、暗い空気感が全体より醸し出されています。
  /:::::::`:ヾ:、.___     !  \ }/´`ー- 、 ヽ        アルガスの思想や豆スープ等、わかりやすいエッセンスが
/: : : : /: : : :`丶、ソ:、 L___ゞ(  ;ア´ ̄ `ヽ       序盤より散りばめられていることも大きいのでしょうね。
:-: : :/: : : : : : : : : :y丶 ゞ:、    };ゝ'  __    ヽ
`:、`ー-:、: : : : : : :/: : : : :\、 ¥{__ .ィ´       ヽ
.:.:.:.:`ヽ、\: :./: : : : : : : : : \ノ;ィ{ 、___,       丶
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ. ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ、 >一’{`ー      Yヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ヾ: : : : : : : : : : : : ゞ: : : : :ゝ       |⌒V



      , '" ̄ ゙̄ヽ     もっとも、いえ、これは重箱の隅を突付くような指摘なので、流してくれても良いのですが――
.    /   ∧∧ ヘ丶    それ故にhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279466326/722
   イ / V┳  ┳ト ゝ    このシーンには驚かされました。
    ヘ(ヽ{. u r‐ュ jV
    ^ヘ≧t'ゥ'<     やる夫スレなのでギャグが入ること自体は何の問題もないのですが
     /:::::::}}:::::i:ヽ    あなたの作風的に随分と唐突に感じてしまったもので。

363名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:17:07 ID:GhuUySB6

(4)キャラクターがちゃんと描写されているか?
  ⇒特に、「やる夫を含めた主人公の3人」について評価願います。



        /              \
      ./                 ヽ
      /                    ハ
     /                、      !
      l              /∨.l     !
     ,'             ,   !'`´`! ,   , !
     /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'
    .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l '      現時点ではディリータ(スザク)が若干薄いかな?と
     l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l       感じなくもないですが、まあ問題はないでしょう。
     ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '
        l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'        彼が活躍するのはジーグデン砦の後
        l `ー;          /  /          第二部以降のことです。むしろ現時点では
        .!ハ l.ヽ        __  /、          影に徹していて当たり前とすら言える。
       ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、
     ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:.`:.:ー. 、
  ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
,..:.'.:.:.:.:.:.l L_: : : ',. 、 j.  \/-−ヘ: : : ;ゝヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ



                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ      ラムザ(ルルーシュ)は可も不可もなく
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `      今時点では普通の“主人公”ですね。
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'        内面描写等々はしっかりとされているものの、“悩む若人”
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、        “お人よしのいい子ちゃん”。この辺りは原作踏襲のそれでしかありません。
             ヽ.  \ゝ、l         /
              ヽ,  ,八     , -―, '         おそらくあなたの話は3人が主人公として台頭する物語。
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j          他の2人に喰われてしまわないよう、しっかりとした個性付けを
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、  してあげたほうがいいかもしれませんね。
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´: ̄: `:!    l    /!'´;  ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、
  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈/: : : : : :!、   l    /;;l: : : : _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i

364名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:17:43 ID:GhuUySB6

                -‐ ―-  、
             /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !
           .,'          ト,、!    ',
           И     i.      l  !. l、  !`
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ       ヴォルマルフ(やる夫)は――どうなのでしょうね。
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、        原作では3人の中で、当然ながら一番出番の少なかったこの男。
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、  あなたが一番に描きたいのは、彼のエピソードなのでしょうか?
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  いえ、他2人に対するオリジナル要素の多さから
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!  そう感じただけなのですが。
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
  \:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l
   ヽ!:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:`´:.<`;;‐y':::ヽレ:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.1:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    〈/:.:.:.:.:.:.:._/:.:.:.:\:.:.:.: ̄:7:::::::十:::::!:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ



      / /  / /      iヽ   :.   } j |:. ..  |:.   !::.   ::  l:::::::::::::ト、ヽ
        ,   ' / .     「´',  ::i.. //  ト、::.:::.. !i::. l:::::.  :|::::.. l::::::::::、{ `
.      i∧ !/  i  :::!|  、 :::l〃. :::...l__;:::i、:. H::: |:::::::. :ト、:::::.|::::::/
.      !  V  : ::| :. .::!l l   ヽ /厶::::ト、:|__V_∨ l:::l::::i::::..::l、_ヽ:::|:::;′
      |   ', .:. :::l ::.::ト、!_   ハ::「'´ァ酛芯:リア  |∧ハ:::::!、 }:\:i    少なくとも今時点では
            }:∧:.::::}ハ:if卞心.   ヽ   ゞ-'        ';::|ノ /:::::: !    自信の欲望に忠実な、魅力的な
            |'  ',::::ト、:|` `ー'}     `          }i /::::::、|    “悪役”であると感じました。
             、:! };ハ  /                  iイ::::::::::::| `    
             ヽ  . '                 j V:{:::::::!      そういう意味ではキャラクター付けには
                  ヽ \              /  i:;ハ:ト:ト      成功していると言えるのではないでしょうか。
                    \  -― ''"´       / /  | ル' :|__
                   ヽ  ー '     /   /  /: : {::.::`丶、
                     v ,.小. 、  /    /,. '´. : : >^:ー-::_:`丶、

365名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:18:36 ID:GhuUySB6

      |   : :  : : : .|_l/,.ィ/∀\.: !‐′ :!、/.|: : :ハ: : :   \
      | : : : :|:   : : : :| /゙二\.ハ:|    |/`_ヒメ/、: : :  ト、_>
.    厶: : : :ト、: : : ト、:| 《 ヒ::リ       ィ゙.二゙\リ:.::. ト、|
      }: : ハ|..}: : : | :}    ̄ /     i 、 ヒ::リ 》.:.ハ:..|
      |: : { 入: :.:|           : { ` ̄ 厶、{ ヽ|    ただ、気になることが一つ。
      レヘ,.ヽ ヽ\!           : 〉       ハ!
         |: :\__                 /      //      立ち位置が異なる――どころか敵対する立場に立つ
         |: : : : :ハ                   /'′      複数の人物を主人公に据えるというのは
         レヘ: : :}∧       , -‐  ̄`ヽ    /         非常に大変なことではないでしょうか?
         }: : |  \.      ̄ ̄ ̄    /
         |ハ::| ヽ \      ̄   /          いえ、捌ききれるのであれば、まったく問題はないのですが
           リ  ',  \l:l:l:l:|:|:|:|:l:l:l./|            単純に考えて描写量は3倍になりますし
         r┴───ヽ `ー──‐゙/ :|\          展開的にも、やる夫の立場とルルーシュの立場は
         /¨|: : : : : : :/   \    :/ /  \         絶対に相容れないでしょう。
       //´\: : : : 厶__>、   /___>
__,ィ⌒/::::::::::::::\: : : : : : : : : : : \/   |::ー- 、\
///// ̄::::::::::::::::::::::::ハヽ: : : : : : : : : : ::}  ./\:::::::::::::\ー、




                ,--、-‐   ̄  ‐-
              />l  「        ` <
            r.、ヽ. ',l  '、     /     ` <、
           γ、 ヾ、   ヽ   /ィ         7
           弋 ヽ  ヽ    ヽ.  ' ,'        /丶
            .∧ \      ヽl l. , /l /l /  /  /
           /イ.ヽ, -‐''' ‐-   ',/! !l 仁メリL/l./  l
           _.」/--‐―、  ヽノ .リ レV沙、.'` 」   N    ただでさえ複雑な物語を偶像劇風に描くことで
          /          ヽ.  ヽ    ‐  /y! /リ       あなたの物語は今後、さらに混雑を極めることかと思います。
          ,'         l`丶/       V レ
         /'´        l   l      , イ           ですが、主人公同士の相容れぬ主張同士がぶつかる落とし所。
       /             ./  `` 、.,イ          それだけはしっかりと定めておいてください。
      /              ハ  , , , ,イ
  _,/    /         /、  >、//イ            気が早い話と思われるかもしれませんけれどね。
/ /  孑'´          /-‐ヾ ヽ´             早めに抑えておいたほうがいいんですよ。こういうことは。

366名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:19:08 ID:GhuUySB6

(5)その他、お気づきになられた点がありましたらご指摘願います。



              ,  -―-  、
          ∠     _r 、rヽ
          / /   >ヽヽ ヘt
            i i  i iレ`iヽ    !
          レ W巡!厶 _jΔ   」__
          {レ' ‐-  -- ヽ∧ >'⌒ヽ         指摘、とは少々異なると思いますが。
           ヾ    |  / ∨::::::::::::::`::..、
            }\ ‐‐ イ   \:::::::::::::::::::\      あなたの物語は、きっと壮大なものになる。
         _ r 个 弋. イ 卜ー--‐ヽ::::::::::::::::::::::\    連載期間が長大になるのは、まず避けられないでしょう。
     _....:::::´├―ト、 `∨' ├ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   /::::::::::::: ├─ l ``才´├.弋 :::::::::::::::::::::: /
   i::::::::::::::::::::├―‐.|   |  ├─ヘ:::::::::::::::::/



                  -‐-  、
               /       `  、
             /,       /   .\
              /   ./ ィ /   / ィ /7
              /ィ  ´7i'.l,  ,l l,⊂_ ‐-' <
              ィ彡  弋'l /´リ‐- リλ   ヽ
             ,ヘム_ィ イリ7.'   ´´l.リ`ヽ  ',     しかし、先述したとおり、焦らないでほしい。
           __,/   ` <ヽ  __ , '´  .r'-‐¬    というより、私はもう長さに関しては諦めています。
         /---‐――--.、ゝ\i.jイ    」-‐>ヽ    あなたの作風の魅力はきっと、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´    /  ´   l   その描写の濃さと重厚感だと感じました。
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!   大長編結構、存分にやってください。
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !   それでも私はついていくつもりですので。
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', l  ̄  ̄        ̄ヾ\   !
 ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.',―ー==―---        ヾ  j

367名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:19:46 ID:GhuUySB6

                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'        それと、評価とは関係ないのですが。
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、        一言だけ言わせていただきたい。
             ヽ.  \ゝ、l         /
              ヽ,  ,八     , -―, '         例のコピペの件ですが、あれは100%、完全に
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j          ただの荒らしです。あなたに落ち度はまったくありません。
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ



                -‐ ―-  、
             /     ‐¬  `  、
            /.         l    .i
           .,'          .! .i    !
           .,'          ト,、!    ',         折り合いが悪く巻き込まれてしまったことは不幸でしたが
           И     i.      l  !. l、  !`         あのような馬鹿な行為に心を折られ、モチベーションを
            l !    !,ィ. /l ト、!. '-‐N.リ             下げられてしまうというのは非常にもったいないことです。
            レリ'ヘ、   !/'仁リィ  、 ̄ !、
         /´L.'lゞ、ヽ.∩、   , -‐'‐.つ:.`:.:....、      私も気持ちの上ではわかりますけれど、そこはしかし
       ./:.:.:./l: :レ'リWN ヽ,>'´  -‐フ'!:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、    気にせず、笑い飛ばしてやりましょう。
      /:.:.:.:.:./:.:l´: : : ', !     '  /ノ-!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    きっと、そのほうが楽しいですよ?
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : :/ヘl      '  'イ、: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
  γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l': ´: : /ゝ、     イ :_; 」:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.l
  .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.',; r-</ ./.7'ァ_イ´ 「:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〉
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.V:.:.:.:ヽ'_/././ 〉 .j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:-<
  \:.:.i:.:.:.:.:._:.:.-‐>'、;;ヽ:.:.:.:.:. ̄',. ! /l_:.:.:-‐:/「:.´:.:.:.:.:l

368名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:20:03 ID:GhuUySB6

                ,--、-‐   ̄  ‐-
              />l  「        ` <
            r.、ヽ. ',l  '、     /     ` <、
           γ、 ヾ、   ヽ   /ィ         7
           弋 ヽ  ヽ    ヽ.  ' ,'        /丶
            .∧ \      ヽl l. , /l /l /  /  /
           /イ.ヽ, -‐''' ‐-   ',/! !l 仁メリL/l./  l     ……長々と語ったわりには
           _.」/--‐―、  ヽノ .リ レV沙、.'` 」   N     終始支離滅裂になってしまったかもしれませんね。
          /          ヽ.  ヽ    ‐  /y! /リ      精一杯辛口で見てみようとしたつもりですが
          ,'         l`丶/       V レ       いかがだったでしょうか?
         /'´        l   l      , イ
       /             ./  `` 、.,イ           ではこれにて。
      /              ハ  , , , ,イ            またのご縁がある日まで、お暇させて頂きましょう。
  _,/    /         /、  >、//イ
/ /  孑'´          /-‐ヾ ヽ´

369名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:20:45 ID:GhuUySB6
以上になります
失礼いたしました。他の方いられましたらどうぞ

370名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:21:55 ID:TC7RoCKQ
評価おつ

371名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:22:06 ID:r/q0Hc2o
評価乙ー

372名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 00:23:10 ID:ZNhDYP9Q
評価乙です

373 ◆MiiXT4h7g2:2010/11/24(水) 00:53:22 ID:6baOEQI2
>>318
おそくなりましたが
評価、ありがとうございましたm(__)m
参考にして、次回以降頑張って作りたいと思います! 本当にありがとうございました

374 ◆vDlYRhfg/o:2010/11/24(水) 01:12:04 ID:IMs7hXpM
初めまして、物語に一区切りつきましたので
一度、自分では分からない反省点を洗い出したいと思い評価依頼させて頂きます

●やる夫が未来へ呼び出されるようです

●1スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1283585443.html
●現行:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289120411/

      □評価方針   おまかせ
      □評価スタイル   おまかせ
      □AAの改変具体例   もし良かったら
      □その他要望・見てほしいポイント等

●初めてのオリジナル挑戦なのでストーリーが分かり辛い部分があったと思います、特にどの辺りが分かりにくかったか

●ストーリーが早足すぎてないか(状況や台詞に対する説明が少なすぎではないか)

●何故か考えさせられる内容、というのを意識したのですが実際に考えさせられたか
 (登場人物の心理描写などに問題はないか)

●AAの見辛いシーンがないか(あった場合、もし良かったら改善例をお願いします)

●その他、気になる点などあったらご指摘下さい

●評価人様が読んで感じた、物語の感想をお聞かせ下さい

375 ◆G7QbLR9AW.:2010/11/24(水) 01:23:36 ID:D6v3MbHw
評価を御願い致します。

やる夫で学ぶ燻製
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/

      □評価方針     お任せです
      □評価スタイル   お任せです
      □AAの改変具体例  不要で御願いします
      □その他要望・見てほしいポイント等
      同士が増えてくれればと思い、書き始めた物ですので
      『わかりやすさ』に重点を置いての評価を御願い致します

376名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:30:53 ID:C5iewVI.
17レスほど評価を投下します。

377名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:31:32 ID:C5iewVI.


;;       /:::::::::::::::::''"  ノ::::::::   リ
;;      /:::::::::::::::::::''"   ノ::::::::::   リ    ,,,,,,,,、、、、、,,,,,、,,,,,、、
;;    /::::::::::::::::::''"    /:::::::::    リ,、-'''""ミミリヽ从从从从~''ーi、
;;   /::::::::::::::::::''"    ,r":::::::::::   i、r~从从~'::、ソ::)::)リリ从从ツツレし,,
;; /::::::::::::::::::''"     /:::::::::::    ヽ"~' 、ミヽヽii))ツ((レ;;((从从)ツツツレレ
;/::::::::::::::::::::''"::    ,"::::: : : :    t iiヽ、、(ヽ( (从ツ)リリ从彡彡彡彡:}"    うぬのスレと北斗二千年の歴史を葬るのに
;;::::::::::::::::::::::/::::     ;::::::::::: : : :   tミ~'' ミ''ーミミ'ーミ从ツ彡-ー彡彡彡彡:{;     ここより他に場所はない!
;;:::::::::::::::::: /::::     ',:::::::::::::: : :   {ミミ三;;;} } 从从::::::::::::从从:::'" }彡彡:{
;;::::::::::::::: ;':::::::::     ヽ::::::::::::::   j ミミ ;;;j }ヽ:::::::::从::从::::::::''",,,, }三彡:{       今宵はこのスレを、この世紀末覇者拳王が
;;:::::::::::  i::::::::::      ヽ::::::::::: :   〉ミミ;;i ;;ミ、ii_ミ;;、}}"ir;;__;;;彡、tミ彡ツ       評価してくれる!
;;:::::::::  |::::::::::::       '、:::::::::::: : >、 ミ{ 、~''ー'ー'≧"j {~"='-'ー''~" |}ミ彡j
;;::::    i:::::::::::::       ',::::::::::::: |i'ヽ }t  ~;;;;;;;;;;;;;ミi ,彡;;;;;;;""  i}:/:j |
;;::::    t:::::::::::::      _,,,,,,,,,,,;;;;;t、';t };ヽ;;;;'";;;;;r-;(,,)ー、; '''''' ノリ,'リiリ、,,、-ー ''ニ=ー 、
;;:::    '、::::::::::::    r''"ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|゙;'ーt;|;;;;', ''r''、´:::;;、 '"、   イ:リソ"/リ;;;;、- '" ::::::::::  i
;;:::     ヽ:::::::::::::   | :::  ~' 、;;;;;;;;; t}'ー-i :   ,;z;;;';;;;;、    ノ i'ー''彡'"    :::::::::::  リ          ,、- ''
;;:::     ヽ::::::::::::::::::::i ::::    ~'' 、;;;'| i;;;;;| ::::: ''~;;ーー;`''    リ;;;/     ::::::::::::: /  ,,,、 -ーーz-ー''"
;;:::::      ヽ:::::::::::::::::t :::      `ヽ、/;;;\ 、;;;;;;;;;;;'''''ヽ::   //      :::::::::::::,、- ''":::;;;;;、 '"´::  :::: ,, 、
;;:::::::      ヽ'''"´ ::::ヽ::         ヽ;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::   //         ,、 '"::;;::;;;::;;、 '":::  :::  ,、 '":::::
;;:::::: : : : :     ヽ,,、 '":::::'、::        ヽ;;;;;;;;;~' 、;;;;;;;;;,,、 '"/        ,、      ::;;r" ::: ;;;:::;;;;r'"::::: ::::
;;:::::::::: : : : : :    ヽ;:::,r'~~ヽ、::       ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ/     ::::::::::: ((:::  ;;;;;;;;;;;;;;t゚:::   ;;;;;;t,。
;;::::::::::::: : : : : : : :   ヽ,   )ヽ、::::    :::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::::::.........:::::::::::::::::::/ヽ,。:::  ::::;;;;;ヽ:::   ;;;`' 、 。




□タイトル:【祝福の】やる夫が祝福の鐘を鳴らすようです【カンパネラ】

1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1285077641.html

現行スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287323431/

378名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:32:08 ID:C5iewVI.


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、     断わっておくが、俺はこの原作をまったく知らぬ。
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;     うぬのスレを読んでみたところ、
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;     ライトファンタジー的な剣と魔法と謎文明の世界で、
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""     冒険的要素もあるが、肝は日常パートでの
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |      キャラ同士の交流であると俺は解釈した。
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、     …古き良作、「悠久幻想曲」に近いノリであろうか?
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      この解釈が正しいのかどうかはわからぬが、
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、     一読者としてはそう感じたと思ってもらいたい。
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、     では、評価ポイントを見ていくとしよう。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

379名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:32:40 ID:C5iewVI.


 {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ   ┏                             ┓
ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}     ・ヒロインの魅力は表現できているか(重要)
 ` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、  ┗                             ┛
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ    ばいんばいんのきゃわゆいおなご共が
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ-−':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ.    いちいち可愛いやら笑えるやらで、とてもよい!
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト    ヒロイン格それぞれの描写量も、
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |     今の所ちょうどよい配分ではなかろうか。
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,     よって、この点に関しては俺は何ら問題を感じぬ。
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡    …そう、この点に関しては、な。
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::
          li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l''
            ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::  ,'::::::::::::::,/

380名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:33:43 ID:C5iewVI.


ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与       うぬのスレには、重大な弱点がある。
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ      ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ       )                       (
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ    ‐=、´    読者への情報提供不足だ!!   ",ー
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))       )                         (
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,      , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!y!yヘ!ソ'
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'       評価ポイントで言うと、以下の2点に当たる!
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"  ┏                                             ┓
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /      ・話の流れに不自然なところはないか、また描写に不足な部分は無いか
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::                                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:    ・内容は魅力的であるか、また用語等分かりにくいところはないか
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::"   ┗                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           ┛

381名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:34:14 ID:C5iewVI.


           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>         例えばひとつ例を取ってみるとだな。
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /          「クラン」という単語が出て来たのは1スレ目の>>131だった。
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /         なのはさんがその代表者である事、
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、        やる夫の工房がその管理下にある事が途中で語られている。
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ        しかし、その具体的な実態が語られたのは>>765まで来て
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_     ようやくだ!
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,       原作未見の人間にとっては600レス以上も、
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_    ちんぷんかんぷんな内容の会話がされていた事になる!!
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/








                 | ̄ト目iiiiii ̄\
              ,,,、、、、,∩_/;;;目iii\   /
             ii、、,,,、、      ./  ::::/             ク  ラ  ン
                 i|;≧≦|i .   /   ::/    例えばこれは、冒険者組合というような表記が
             |:|:.д/ ̄イ  ::::;;;/       一度でもあれば、多少はわかりやすかったのかもしれぬ。
           / \V | ∠__/
       / ̄  ̄ ̄ ̄V ̄    ;;;;;|      あるいは1スレ目の>>79->>106の間あたりに
      /   人    人    ノ/      彼らが冒険者的立場である事の明確な描写を入れるとかだな。
      (   人__/_ ̄ ̄;;;;/
     /  ):/\__/:::::\_/|        …個人的意見になるが、ただの技師とお姫様だと思っていたので
    (;:::;;;;;;;):/  \:::::::::::人::::::::::::/        いきなり冒険的エピソードが入った時、少々面食らったのだ。
    (々 ̄/   /:::::::::::::人:::::::/|
      ̄ ̄  /; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;;|

382名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:35:29 ID:C5iewVI.


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ        見る限り…
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i         世界観にしても、キャラの生い立ちにしても、
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|         固有名詞ひとつひとつにしても、
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i.        まるでわからぬ、という事はあまりない。
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー    なんとなく雰囲気で察せるものが大半だ。
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" 
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡       だがそれゆえ、正確に伝わるかという事が
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::..        少々疑問なのだ。
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::.
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::             さきほど挙げた例もまたそうであるように、
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"           何も知らぬ者に一から見せる上での
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::               順序が良くなかったのであろう。
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

383名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:36:00 ID:C5iewVI.


       ヾ
        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν       多分にハーレムラブコメ系のライトなノリのスレであるとは言え、
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ        俺はこれを軽視できるものとは思わぬ。
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ         今しがたの例で言えば、「クラン」がどのようなものであるか
       | | Z ´ ν     Z  | | ν          想像がつかなかったゆえに、
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν         なのはさんの発言、「やる夫と共にクランを立ち上げてきた」
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ         その言葉に何かを感じる事ができなかったのでな。
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
       |ミ    ミ    /    ミ

384名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:36:31 ID:C5iewVI.


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、    さきほども言ったが、俺は原作を知らぬゆえ、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;    うぬの構成力の問題なのか、原作の問題なのか
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;    そこまではわからぬ。
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""    だが、いずれにしても初見の人間が見た時に
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |      パッと会話内容を理解できぬ構成なのは
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--    いかにもまずかろう。
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~    …このような点はまだ他にもある。
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

385名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:37:02 ID:C5iewVI.


                     \:::::::ヽ    l:::::l   !:::|.   l:::|
                        ヽ::::::ヘ   l:::::|  ;::::|.  }:::l
                           ',::::::ヘ _ 」::::L _/:::::}.  ,'::::l
                        , ゝ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:: >' 、/ :::;'
                    ∠:::::iレ:::.:...     ..:.:.::ヽ/
                        /   .:.::゙::::.:.:.:.:..    .:.:.::::::ヘ
                   /.........:.:::ll:::.:.:.:.:.....:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:::::ヘ
                    / __ /~ゝ、::::_____ .:.:.:.:.:.::::∧
                      {::∨//.会目会 Y///∨-、.:.:.:::::;::::ゝ、            例を挙げれば、「エール」なるものは
                   ,イ:::::∨/∧,目ゝ,////∨ゝく::::::::/::::〆..`‐- _         未だ具体的な説明がない。
              ..,ィチ:} l (_jゝ=ニi目/ム== (_ )( _ソ:::::::/:::..     > 、
.             .. < ::::::::::::| tー ( ( Y⌒) ) )ソ -‐=‐」::::::/:::::::.......       ヽ    文脈からして、おそらく実体のない
           /   :::::::::::::::{ rー==ミ'ー彡ィ-三二 ̄ヽ.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.....    ヽ   魔法的なエネルギーっぽい物か?
          /................::::::::::::::ム.ヘ弋竺ァゞY ヒ"゙tァテミ ,-ヘ:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...   ∧  と俺は推測しているが…
       / ::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽヘ::: .:.:.| ゙'´ }:.:.:. ̄  { ,込:.ヘ::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.....   |
.       i :::::::::::: _ 三 ={ !{`王ヘ::: .:.:.| ....ヽ:.:..  人|i王}::ゝ丶ー ‐-- _ ::::.:..    |  隕石はエールの塊だから
 .      { ::::::::::∠ __ ゝj`王::∧ :.: ゝ:.レ′ 丶   l王!::::_::::::.:.:.:.:.ヽ ‐-) :.:   ∨  危険性はない、と説かれても
  _ -‐≠込  :::人    _  レi`王::::∧ 'rィ‐‐-- 、  :.:.∧}王|:人` ‐ ..._ >'´    /   どう安全か、いまいちピンと来ぬ。
ィチ //ヽ    、              //:. ̄.:.:.:     | ゙  }:.:... `< ___ ..イ
 ) 弋|  `ヽ、 ヽ\     /i   / /  :::    ∠ゝ _.ノ:.:.:.:.>´       ,ト - 、
く _  ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈 ゝ __ /.:.:.:.:..  >' ´        /: : :  ヽ、__ -──-
  )  r i                 /  :.:` ;:.:.:.:.:.:. > ´               ,イ: : : >チ´v'
    N                 |
   _ノ    ,. -┐ _    ...:::::::::::|
 _)    ノ:: ノ ノ::. ソ .:::::::.: ...  ヽ
 \      !... / ,'.  / .:::    ::::::. (.
  __)     i::: ヽノ::: /  / )  :::.. :: 〉.
 ヽ     〈..::. ...  `''くo>′  ::::.  〈..
  ヽ    ヽ:: :::   :::. 'ー'⌒) ::::::  >
   i     ヽ.::: .. .:::: ..:::..::/  ::::  (
    `ヽ、_l! | \:::.:.:::::.:::: /      /
       L ヽ `ヽ、_/ |     ヽ-ァ
      |!l )  `ー─一'′l!      i
       l!  ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′

386名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:37:41 ID:C5iewVI.


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、      また、アイギスが「乗り込むタイプのゴーレム」と
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;      字面でのみ言われているが、実際のところ
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;      どのぐらいのサイズなのか実感できぬ。
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |       5〜6mぐらいなのか?
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--      モビルスーツぐらいのサイズがあるのか?
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"      それらがパッと実感できぬゆえ、
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~      文章から状況を読み取らざるを得ぬ。
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ      ダイレクト感に欠け、読み解きづらいのだ!
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                  く ̄\
                  /二、"ヽ
                  (゚ .]__ノ  拳王様はちょっとでかすぎです。
                  r'⌒ヽii
                ─|   | |
                  ヽ_ノi'ゝ
                  U"`ヽ)

387名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:38:12 ID:C5iewVI.


            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν      さきほど挙げた、情報提供の不足という弱点を
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ      一気に解決する手がかりが、ここにある。
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ..
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ      視覚効果を使った情報提供が、うぬの特効薬だ!
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ        具体例を挙げよう。まずは1スレ目の>>346だ!
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

388名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:38:44 ID:C5iewVI.


=====改変例ここから=====


.        /   ハ _ ..-‐・・・7 :. :. :. :. :. :. : √. :. ̄:ヽ   ヽ.
        /     レ´7 :. :. :. :. : / :. :. :. :.    '  :. :.ノノ: ハ   '.
      ′   ! :〃 :. :. :. :../ :. :. :. :.   '⌒ヽ +:. /:. .|     |
      .i      |〃:. :. :. :. 〃 :. :. :. :. 〆:. :. :.ノ:._:. :.〃:....:|    |
.       i     |:.+:.(( :..ム_-‐='「 ̄'干i:ー―ト、 ̄ヽ:ー┤   |
     i    | ..イ ,..千ハ∧ !   | ト、 ハ∧ ∧ ミz - |   それで、どこに行くの?
     |     レ′/イ /升小 、i    ノ '/ィァテミV、, ) ト、!   !              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |   -=彡' ! |,ィてVi!ミ       f0::::::ハ Vイ ハ!\  |              |   大聖堂だお    >
     |    / 从| '〃し::::oハ        iハ::: ○ ハ||    |              \________/
     |    ∧  | 从 iハ:::(⌒       ゝ-‐' ,, i! l:     |
     |      ∨| !   `ー_ ’             i! |:     |   大聖堂って言うと…
     |        ',| !          ,           i! |:    |
     |        |ハ、                 ,イ 人;   |  
     人       | ヽ.ト、         ,_、      イ /!: : :!   |
    ′ ',      ト、 \i>           イ }|イ!: : :!   |
    ! ::!:       レ' ヽ ヽ:. \>‐- __ .. '´ ノ /| !! : |   |
    |  ::|:     |   ヽ. ヽ :.\‐--一… ¨  .:..| !! :∧   ヽ.
    !  ::|:     |     \ ヽ-、ヽ.       /:. :.! !ト   ヽ.   ヽ
    ノ  :::!:     |       〉 i / :...>=≡了:):. ! !|ノ\! i|     '.
.  /         |   \ /:!  i′((_))_\〃 :. :.! !\_ノヽ!      !




/ /:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:./.:.:.:ィ.:/.:.,へヘ:V|.:.:|.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:i.:.:.:|
 /.:i.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.::.:/.:.:.:.:/.:.://:ィ.:.:/   `'|.:.:|.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.::.:.:i.:.:.:|
. |.:.i.:.:..:i.:.:.:.:i.:.:.::.:/.:.:.:/.:,ィ' / /.:.:/     .|.:.:|:.:|.:.:.:.:.::i.:.:.::.:.:i.:..:|
..|.:i.:.:..:.i.:.:.::.:レー‐-、/ ,///.::/      .|.:.:|.::|.:.:.:.::.::i.:.:.:.:::i.:.:.:|
.|.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:/:.:/:.:r'´ //./ノ ==-.、   |.:.:|.:..:|.:.:.:::.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:|
.|.:ii.:..:.:i.:.:.:.:i.:.:i.i/ニ=,lt;"´ //      \ |.:.|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.::i:.i::::|
.|.:ii.:..:.:レi.:.:.ト,r'|::ケf~ト`,ソ'´   _     ソ〈 |.:.::|.:.:.::..:.::i:.:.:.:::i.:i.::.|   この街で一番高い場所にある建物です。
.ヽi.i.:..:i.:i.:..:|"'i.i_:::::~:j´      '´"ニニ=,、_/'^''ト、:|.:.:.:.:|.:.:i.:.:.:.:i.:.:i.:.:|
 `i.:i.:.:i..:i.:.:| .: r`i:::.ソ       ":/::::;リヘ、 .|.:.:|.:.::.:,'|.:.:i.:.:.:.:i.:.:i.:.:|   …なるほど、確かに見晴らしはとても良い場所ですね。
  `ト、i.:`トヽ ;:{:::::/:        : i_:::::::f、ィ'ト,/.:/.:.::/.:|.:..i.:.:.:.:i.:.::i..:|
   |.:i.::` 、| ` 、 ̄         .: i .j::::::::::::}'ソ:/.::.:/.:/.:.:i.:.:..:.i.:.:.:.i.:|
  /.:.i.:.:.:.:`、   ィ::::       マ,,,`::::::':ソ//.:.:.:/.:/.::.::i:.:.::.:i.:..i.:.i.:|   ほら、見えてきましたよ。
  /|.:.:i.:.::.:i.i.:.`:、  `         `'〜'´/'/:/.::./.:.:.:.:i.:.:::.:i.:.::i.:.:i:|
 /'.|.::.i.:.:.:.:ii.:.:|.:.\.  `''          ´///.:/.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i.:.:.:.i.:..:リ
../ |..:.:i.:.:.:.:ii.:.|.:.:.:.::`:、         ,,r ´|.:./:/.:.:.:.:.:i.:.::.:.:i.:.:.:.::i.:.:.:|i
/  |.:.:.:.:i.:.:..:i.::|.:.:::.:.:.:.:.` 、_,,,、 - ´   ト/:/.:.:.:.:.:i.:.:.::..:i.:.:.:.:.:i.:.:.:リi
  .|.:.::.:.:i.:.:.::|-―ー''フ´ |         |':/.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.::.i.::.:.:.:.:i.:.

389名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:39:15 ID:C5iewVI.


                _†__
             /-‐―‐-ヽ
            __|_|_ii_|_i_i |
            | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、
         r-'='-!.i.| 甫  ̄ i´  ト、
      ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ,..,,
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/壁{
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノ壁ミトュ_
                _____         _____ __
      ̄ ̄\_..⌒\ l-.__=__- __=.|   /二ハ . ∧___∧_  _ / ̄ ̄
          \ \_  |=|+|=|+|=|+|=|   |FF|ニ| . |ヨl 旦 旦  _/ /
      ̄ ̄ ̄ ̄|__ \\ 、TTTTTTTl/二二ニハ∧_  ,. // __| ̄ ̄ ̄ ̄
     田 田   |   |  | l l:ロ:::ロ:::ロ:::||E E E|日||ヨl旦 l l |  |   |  田 田
             |田 |  | | l ―――――――――‐ l | |  | 田|
     田 田   |   |  | | l―,               ,―l | |  |   | 田 田
             |田 |  | l‐ /            ゙. -| |  | 田|
     田 田   |   | __― ,/'                ゙、 ―__ |   | 田 田
             | .... 一   /                ヽ   ー- |
     - ―  ̄   ,, - ''"                  `゙''- ,,    ̄ ― -


                          -‐…‐- 、
                  . ´   _  -‐-、\
                /   ,,ァ7 / / / ∧ ,
               ′ ,ィ/ // / 厶.-┬弋ハ
              {   ∨ / /ィ,ハi|从六ヽ ミ=‐
                   '    V'ィiレ'Tニリ  '乏刈ハ \        あっ、あの丘の上の建物?
                ’   }ハ,ル,4弐    Vソ小 \ \
.                /∧  ″}爪r勿   ' " } .\ \ ` 、    あんないい場所から流星群が見られるんだ…
                 // 〉  从ヽ ' ' ' ┌く} 人,\\ \  \
                 / / //,ハヘ '≧=-`r< {{_》x. \\ \i__,〉
                  /  //x》ぅv\ニ彡ヘ._,xヘ.」i ヽ \\ \
.            ,., -┘  //_〃、/ ヽ 'vx≪,]」_|i‘弋 !、\\\ \
          //     // {{,入\ ', ゞ</`寸   ‘い, \ ヽi\\
         ,  /    /i/   `⌒’vi | i  \iハ i  ‘'ー-‐¬ノ  ヽ}
.       /  i   / i / /    |i | |  │ | │  }  } h, _  ′
.     /  / / __彡      /ノ_ノ 小 │ | | /   { いノ




| /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\    \:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ          ___     ヽ:|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|   うん。
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ ,ィ==、      " ̄``     |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハ "                  |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|   しかも、一般向けに屋上が開放されるんだよ!
 ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ             :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
  ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
     \  |:.人     ー -‐'     ,/:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|
      ヽハ:.:.:| \          / |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|
       i |:.:.|   ヽ、_    _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|
        ヽ:|     | ` ´  ,. '´ /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./


=====改変例ここまで=====

390名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:39:47 ID:C5iewVI.


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ       2レスに分割する形にはなったが、
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i        直感的に「高い! 見晴らしよさそう!」
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|       と思えるようになったのではなかろうか。
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i     
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'   読者に情報を提供するにあたって、
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"  長々と説明文を読ませたりするでもなく
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡    パッと直感に訴えて理解させる事ができる…
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...      これが視覚的演出の強みだ!
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::          アイギスゴーレムに関しても、
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::            次のレスのような感じではどうだろうか?
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

391名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:40:22 ID:C5iewVI.


                                      __
                                      |::::::|._
                               _____|::::::||_:::|
                               |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::!
                       ___     i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::|
                    _,. =彡' __\ヽ   |___:::::::::::/  ̄
                 ー=彡' /,ィx===ミヽ',      /::::::::::\
                  厶イ/7 厶ィ/l ヽ} l    /:::::::::::::::::::::\
.:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... -、厶イ/仞刈ハ l /、 ',: /::::::::::/\::::::::::::/ .:::
:... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:xく__ノハ}7ハ   , 仞刈lト、l.::::\:::::::/  \:::::/::
::::... .... ..::::::::::::::::....::::::......../ミ≧f7彡' ,ィト`--イ/l/ヽ...::::::......\//\  丶'::::::::
::::::::....::::::........ . .::::::.._/-‐く ノ/  く.:.V.:.:} /7/. . .::::::... ....:::/::::::::\
、,,,、 ..::::::::::::::::....,rfハヽヽ_{::::::r:ト--、 _`'ゝ-'{彡'....::::::........ . .::.\ ::::/:::::
  `゙'-、.. .. . ... .トミヽ_} } ,,`ーヾ=ミ≧ュ ヽ_ノ:::: :: :. ... .::::: :... .\/ ./\
    `ー--,.::|::/  ヽ! `    .,イニf/:::::7=ュ `⌒ .::::.. ... .. .. . ../::::::/ .. . .
.      : : ゙《  __ト、_,. -,イ    `ーL7 ≧ュ. .   .. . .. /::::::/.. .. .. . ... .
−、: .       ∨   } 7:::) ヽ       `ヽ=ゞ'. . .. .   \/
'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:∨  |  V __ノ',__:::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. ○.. .
.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙∨  |   ∨   ',`゙''ー-       _,,.--ー''''''○
""''"''''"""''"""'''''"} ! .!    \   :.""''''"" ゙゙̄"'''''―-    ○
""''""''""",,,,-‐'゛''''|.| イ     ヽ  ト、"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
:::::... .,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛:::|.! .|      ゝ、- \        ゙''、,,:::::::....::::::........ . .::::::... ..
,,-‐'゛,,,,-‐'゛    |ト、,イ        \__}ヽ         ``'‐.
"""'''''"""''""''''"''"||  |            \ '.::... .... ..::::::::::::::::....::::::....... . .::::::... ....:::::::::
"""''""       ||  |           ',_∧'''""''"''''"""''"""''''
:::::::::::....::::::........ . .:|::ヽ}}              ヽ:::::, :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..: .. .
""''"''''"""''"""'''''"ヽ:::ノ             `¨"""''"""'''''"""''"''"""'''''"""''""''''""''"''''
:... .... ..:::::::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"""''""''''""''"''''""
MmwMwM 从WYWノM MWYMWノWYWノMノMYWWYWノM MWYMWノWYWノMノMY
:::::... ..... .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .:::

392名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:41:00 ID:C5iewVI.


                    、j.Vl, ,、
                    r'〈/^〈  ,
                  \]ヽ_>y‐<ブ            実際のところ、うぬがこのようなモビルスーツ大のサイズを
                   ゙ト┐‐`rrl             想定しているのかどうかまではわからぬ。
ト、 __、」_)v"/ .ノ!          l! `- ,l.从             ので、そこはうぬの想定に併せて適宜応用してほしいが…
l ゞ     レ"人 ,i       ,、 ,ィヽ‐'"f jヽ-'"--'L_
ヽ爻   , 」 / ,レイ-   j、_ィV''_'>イ( i イノ゙/    ,.r-`::、
..ト‐爻爻‐-、`Y /  ゙ヽ,.r-┬'"  \ヽ,r‐‐'"    /,   \    少なくとも、巨大である事が一見で伝わるであろう。
/  !    〉Yヾ、  彡  l      i       ,ト ≦__.,!
、  l  ,.r YY(  ヾ ヽ l      .l       ,Y''"  `, .l    こういった伝え方を意識していく事で、
):、 ノ  /" /l l   Y、ノ  Y ,rー‐-H -―‐r--</ヽ  ヽ,!    読者に提供できる情報量は格段に増えるはずだ。
ヽl_ /  / ,!rヽi'" .i'  ゙ヽ、ト、     l       l   ,!  .l    読みやすさを損なう事なく、な。
/,.--、`:.、.ノ/   l  ノイ /.l  )>ーV>ー--   l、__ ,.   .,!
'   ヽ、 '(       Y ヽ'"l  r'" ゙ Y  i /     ,!

393名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:41:41 ID:C5iewVI.


      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii              )                  >
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、      <      総括!!      >
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""    <                 (
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii     キャラは良く描けている!
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r   だが、キャラの動く舞台についての
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ   説明や描写が足りぬ!!
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,    文章や会話文ばかりでの説明は
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}    読みやすさを損ないかねんゆえ、
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii    視覚的情報提供を心掛けよ!
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、      舞台を洗練させる事によって、
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,    キャラも行動の説得力が増し、
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""   より輝くであろう!!
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii
                 t ' 、:::::t   、, t::::::::::::::::`'';;;;ii{{::::::::::::~'' ー- 、   ヽ、、,,
                 t  ~' ii    ~i'''"`::::::::::::,,,;;リ:::::::::::::::::::::::::::、,,,,~''    "

394名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:42:21 ID:C5iewVI.


          _
           〈`Jjj9,   ,,,、、、、、,_
         `l  l'   ii、、,,,、、、、j
          l、 `l   i|::L'ァ-、|ji|           うぬのスレはキャラの魅力に満ちておる。
           l  ト、  il、-  ノ|リ           だが視覚情報の少なさゆえに、読み解くのが少々しんどい。
           ヽ   ト-''トーr' ヽ.
            `、ヽ    ̄` ' ̄`⌒ヽ       この点にもうひと手間かけてもらいたい!
             `、l`、_ミ,、 ミ__,,,, 、 `、
              'l     ;    Y ヽ )    剛の拳が如きうぬのスレのヒロインのきゃわゆさに、
               ヽ、彡 i ミ  人  ; {     激流を制する清水が如き読み解きやすさが加わった時、
                l ミ土ニ   { L   }    うぬのスレはより面白いものとなろう!
                ト-rェーェ─イ  )  ノ
                {ノノーヾ--ヽ「」  }
                l,イ ヽ_ノ T``l、`'〜´     俺もまた天へ…トキの元へ帰ろう…!!
                l |  l、  }  |
                .| {  ト、 |  .|

395名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:42:55 ID:C5iewVI.
容量確認漏れで1レス増えてしまいましたが、以上です。
失礼しましたー。

396名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:44:58 ID:rWtUbiEA
評価乙です

397名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:46:06 ID:r/q0Hc2o
評価乙

398名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 01:58:39 ID:yGQ.hljI
乙です
拳王さまは所々吹かせてくれるわwww

399名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 02:09:27 ID:3/OyeHAk
評価乙です、毎回天に帰るのは大変じゃないんでしょうかw

400名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 02:10:04 ID:MbOTDH92
評価乙

401 ◆1wQfyH.yuY:2010/11/24(水) 02:14:47 ID:BB8LCwZg
>>352-369
クラフト・ロレンス様、評価をして頂き、有難うございます。
自分では気付かなかった問題点も指摘して頂いて、有意義な評価内容でした。


●AAについて
有難うございます。今後も見易さを重視して作っていきたいと思います。


●登場人物について
自分でも薄々感じていましたが、確かに多過ぎると感じています。

特に、「どのキャラクターが誰なのか分かり辛い」という点については、至急に改善しなければ
ならない問題だと考えています。
毎回キャスト表を入れる、キャラクター紹介を入れる、等でフォローできるものと考えていたの
ですが、まだまだ認識が甘かったです。
直ぐに対応するのは難しいですが、見て下さっている方々の意見も踏まえて改善していきたいと
思います。

未登場キャラクターの配役についても、特定の作品に偏る事無く、見ている方が理解し易い様
な配役にできるかどうか、見直してみます。


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279466326/722
このシーンについては、もう少し上手く入れれば良かったなと後悔しています。
この辺りは他の方々が作られたやる夫スレを見て、シリアスとギャグのサジ加減を学んでいきた
いと思います。


●主人公について
ご指摘頂いた通り、一番描きたかったのはヴォルマルフ…というかルガヴィですね。
そういう意味で、やる夫は原作の主人公ではなく、自分が一番描きたかった箇所の中心に置きました。
主人公3人が相成れぬ存在である為、描写しなければならない事は数多く存在しますが、
支離滅裂にならぬよう、情報を整理した上で描写していくように心がけます。


●連載の長さについて
自分でも最低1年は掛かると見込んでいます。
正直に言いまして、自分の考えが甘かったと考える事は非常に多いです。
ですが得たものも大きく、自分では満足しているので今後も続けていきたいと思います。


●最後に
荒らし云々については、もう考えるのは止めておきます。
ご心配をお掛けしまして申し訳ありませんでした。
気にしても仕方がない事ですし、励まして下さった方々の為にも、前を見て話を作っていきます。

そして、今回ご指摘頂いた点を今後の話に活かせるよう、努力していく所存です。



改めて、評価して頂き有難うございました。

402名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 05:47:09 ID:gfQwB/R2
ものっそいネガティブなコピペから飛んできたけど
凄く良いスレだなー

403名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 20:04:28 ID:aT3.Km2Q
>>351
>>349です。お気持ちは嬉しいのですが依頼から時間がたっていたことと
>>402で出ているネガティブなコピペの遠因を作ってしまったことを反省して今回は取り下げさせていただくことにしました。

もう少し自己分析をして疑問点を絞り込ませた後に依頼させていただくことにします。

404名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 23:58:40 ID:m1jmq2qU
ここって読み専のAA無し評価ってしちゃだめなのかな?

405名無しのやる夫だお:2010/11/24(水) 23:59:03 ID:rbBLWbzQ
別にいいんでない?

406名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:01:22 ID:rhO8l7MM
>>404
ありだけど、始めと終わりは一度空白レスかAA貼ってもらえると
読む方は助かる

407名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:04:16 ID:7nJLMFPE
あと、評価希望作者の「評価スタイル」の部分をちゃんと読むのも忘れるなー。
AA付き評価を希望してる作品をAA無しで評価しちゃダメだぞ。

だがそれさえしっかりしてれば、文章だけでも問題なし。

408名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:06:51 ID:37GoZROg
>>404
無理に凝ったAA使わんでもええんよ
こんなんで十分よ

ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/5381/index2.html

正直、AAが何でもいいからついてないと、雑談と見分けがつかんのよ
ぃょぅとか新巻スカルチノフとかで十分だから、何かつけて欲しい

409名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:08:55 ID:pHdg39/k
じゃあやる夫でいいじゃないか

410名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:14:33 ID:ZQY211mY
ここは作者の為のスレだぞ?判りさえすれば、別に文字レスだけで十分だろ?

411名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:26:44 ID:ptAhJJNg
正直パソコン無くて、PSPでやる夫スレ見てるから
AAが貼れないってだけなんだけどやっぱり評価にはAAが必要なのかな

412名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:32:17 ID:tL4FdFAE
>>410
この手の議論はよく出るんだけど、いつもループするよな。

別に文字だけでも構わん。
でも、AAついてないと読み難く成りがちだってのは、事実なんだよ。

だからせめて最初と最後には、ってな話も出てくるし、
それだったら、全部につけるってな話になる。

ぶっちゃけ、AAつけるのって、そんなに手間か?
手間がかかるから嫌だ、って話なら、そもそも評価なんか出来なくね?

やってみりゃ分かるけど、1つのスレ読み込むのって時間が結構掛かるんだぜ。

413名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:35:19 ID:9qJ5Nqqo
以前評価依頼出して評価してもらったけど、AAなしでも何でもいいから客観的な意見が聞きたいとだけ思ってた。

「AAなしだと見づらい」ってのは第三者の都合だし、評価待ちスレの中には早く評価して欲しいって人もいるだろうから良いんじゃない?

414名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:37:50 ID:7nJLMFPE
>>412
>だからせめて最初と最後には、ってな話も出てくるし、
>それだったら、全部につけるってな話になる。

1行目はともかく、2行目はそんな事考えてる奴はほとんどいない。

415名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:40:53 ID:BMJUR2yE
つけたほうがベター
でもつけなくてもいいよ(ただし>>407
これくらいの感覚でいたほうがいいんじゃないかなぁ

条件ゆるいほうが、評価者の絶対数を増やすことに繋がるし
AAをチョイスしてbyte数考えて……とやると
案外評価もエネルギーと時間使うものだし

416名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:41:52 ID:AZThK3jY
>●評価の仕方は基本的に自由です。気軽に評価していってね!!
って>1にあるんだから、後はその他の>1にあるルール守ってれば問題ないんでしょう

417名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:45:37 ID:cioxv3OA
AAなくても内容が道理に適ってるなら依頼者以外も聞く耳持つからよいよ、どんどんやって欲しい。

ただ評価人が横幅800ドット越えや、上手な段落分けできない等のAAの扱いに慣れてない事露呈しちゃうと、
説得力に関わってくるから注意してねとしか言えない。
そのせいか評価後もあまり改善されてない・・・?ということ、なきにしもあらず。

418名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:47:38 ID:7nJLMFPE
>>417
最近はもう、800基準は古くなってる気がする。
900、場所によっては950くらいまで許容されてる気がするなぁ。

419名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:48:54 ID:UxZu7L1k
評価って依頼人のためのものだろ、AAなしで長文でも依頼人なら読むだろうし、
第三者に配慮した結果評価の数が減るんじゃ本末転倒だわ。

>ぶっちゃけ、AAつけるのって、そんなに手間か?
>手間がかかるから嫌だ、って話なら、そもそも評価なんか出来なくね?
あんたがいってるのはカレーライス作るなら福神漬けも作れ、
作れないならカレー作るなってのと同じだ。しかも注文者でも料理人でもない第三者がね。

>やってみりゃ分かるけど、1つのスレ読み込むのって時間が結構掛かるんだぜ。
だったらなおさら、AA作る時間削った方が早く評価できるね。

420名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:54:06 ID:pxEpEUt2
AAつけるのは評価人のためでもあると思うよ
辛口の文章だけだときつくなりがちなのを笑顔つけるだけで緩和できるし

あとはここがやる夫板だからAA使うんじゃない?
文章だけよりも面白くなるしなw

421名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 00:58:10 ID:T3.g.9nw
ぶっちゃけ、初期の金糸雀の人とかがAA使ってたからってだけのような気もw
古泉の人とかもすっかり見なくなっちゃったなぁ・・・

422名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 01:04:16 ID:4khzpUjI
花京院の人はどこいっちゃったんだろ。

423名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 01:07:35 ID:eirYErQU
>>422
数ヶ月見ないとかならともかく、1ヶ月も経ってないのに、どんだけ気が短いんだ。

424名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 01:48:39 ID:F6PzMIIY
評価人にだって当然、現実の生活があるんだしな。

425名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 02:52:39 ID:olpGjfbc
以前、ここに評価依頼した身だけど、AA評価は「おまかせ」にした

本スレじゃ聞けないから、色んな意見を聞きたいだけで
評価者自体にAA技術有るか無いかは気にしない(改変例出す場合は別だろうけど)

「AA有った方がいいだろ」って流れになると、評価が進まないだろうから
依頼者が「AA有り評価」に拘らなかったら、無くていいと思う


個人的には多角的な評価が欲しいから、短文でも感想貰えたら嬉しいな。

426名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 08:43:26 ID:Rr638BX2
自分も評価依頼したことある人間ですが、同じですね。<色んな意見を聞きたい
自分のスレを見てくれている人も、本スレじゃ苦言って言いにくいと思うし。

「正直、この部分がわかりづらかったよ。」

とかこの程度のことでも全然いいし、評価じゃなく感想になってしまっていても言ってもらえれば嬉しいです。

427 ◆oyuEEig2Sg:2010/11/25(木) 18:10:42 ID:IY6ua8Es
>>377-394
拳王様、評価ありがとうございました
ヒロインの魅力を伝えられたら、と思い始めたスレなので、
拳王様にきゃわいいと言って頂けるのは大変嬉しく思いますw

説明、描写不足については痛感しました
用語やアイギスのサイズ等々、自分では気が付いていなかった所でした・・・
掛け合いばかりの説明では分かりにくいとは自分でも思っていたのですが、
視覚的情報というのは勉強になりました
描写に関しても背景やエフェクトを組み合わせることをあまりしてなかったので、
キャラのみでなく、舞台にも気を配り、
視覚的にも情報量を多くする、ということを頭に置いて続けたいと思います

改めて、今回は本当にありがとうございました!

428  ◆kYxYjmK6mo:2010/11/25(木) 22:29:11 ID:YKIOyGBQ
評価お願いします。

      □評価方針   中辛でお願いします
      □評価スタイル   AA付 (できればミクさんがいいです)
      □AAの改変具体例   おまかせします
      □その他要望・見てほしいポイント等
     1 世界観はわかりやすいか、わかりにくいか
     2 ずばり、びっくりしましたか?
     
     ミクさんを指名しますが、誰でも評価していただいて結構です。
     むしろどんどん評価カマン!
スレ名
「【秘密結社】やる夫は秘密結社精鋭兵のようです【フリーメイソン】」

 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289909935/

429名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 22:59:35 ID:nJRrTxiU

>>428さん


|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ、  _
::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/‖〉
:::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y‖/
:::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
: :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
:::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|
::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |.     へ、私ですか?
:::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ‖;;;;;) !.!: : :、: |: :.|
、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|      スレ開いて驚きましたが、折角のご指名ですので
 >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|      やらせていただきます。
. <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/
 <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|     しばらくお待ち下さい。
 <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|
. <ヾ="、ヽ`イ、::::|>   ||: : : :ll: : : :|     てか、今答えますが
_|'::::::::::l´ ̄.〉''\!'ソ    | |: : : :|: : : : |
=|::::::::::::|.-〈:::::::゙''':t-―--| |: : : |: : : : :|
:::|:::::::::::|: : :|::::::::::::|´ ̄:::`! |: : : |: : : : |
::::|::::::::::|: : : !:::::::::::|:::::::::::| |: : : : : : : :|



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃  ②ずばり、びっくりしましたか?         ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



   \  ,、 '": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
⌒ヽ  l/: : :_..: : -: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : ヽ  l: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
: : : : :〉__|: : l: : : : : : : : : : : :/l: : : : : : :li: : : : : : : : : :',
: : : : /: : : : l: : : : : : : : : : :/ !: : : : : :.ハ: : : : : : : : : l
: : :./: : : : : l: : : : : : : : : :./ ,イ: : : : :/ヽ ヽ: : : : : : : : l
: : :レ─、: :.l: : : : : :: : : :// l: : : :/  \ ',: : : : : : : l
: : l:::::::::::::ヽl: : : : : : : :/    l: : :/     ',: : : : : : :.l
: :.li::::::::::r、::l: : : : : : :/ /⌒i! l: :/  l!⌒i!  ',: : : : : : li      びっくりしましたよ!
: :ハ::::::::::l:::i::l: : : : /  .l!  l! l:./   l!  i!  ',: : : : : :l i     
: l. l::::::::::l:::l::l: : :/   (__r-' i'    ` -'   l: : : : :,': :l
:l. l::::::::::l:::l:::l: :.i r─- 、         r─┼、: : :/: :.l
,'  l::::::::::::::::::l: : :l ` ─‐' ,、 ─- .._     ` ‐┼': : /: : : l
  ヽ──‐┘ヽl    /    r‐、i.      /:.ハ:/: : : : :l
     /|:::|: : : :ヽ   ヽ       !   /:/l: : : : : : : :l
    /: :ヽ::Vへハ)  ` .._ ̄ ̄ ̄_.. イ: :./ l: : : : : : : :l
.   //: .:\\_┌─┐ ハ ̄     l: /  l: : : : : : : :i
  / ̄ ヽ: ハ: : └─┘〈: : l.     l/   l: : : : : : : :l
 /      Y-ヽ: : : : /: : ハ: : L........._      l: : : : : : : :l
./       l: : ハ: : :/ヽ: :l: :V:l    ヽ     l: : : : : : : l
.        l: :.ヽV: :| `T: : : l     i     l: : : : : : : i

430名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:01:18 ID:TqZH5QpU
何にだよw

431名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:03:07 ID:9qJ5Nqqo
いきなり指名されたことにでしょw指名評価人でもないのにw

432名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:03:11 ID:K9UIUmpk
ミクさんに指定きた事にじゃね?
確かにびっくりはするだろう、うん

433名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:03:18 ID:cUOCMpQ2
そらいきなり指名されたら驚くわね
ミクさん指名評価人じゃないから

434名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:03:34 ID:FnsuFI2c
かわいいw

435名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:04:33 ID:gnTi6lDk
なんかやり取りに吹いたwミクさんがんばれー

436名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:04:37 ID:TqZH5QpU
ああ、指名か
だが、評価ポイントのびっくりしましたかってのも改めてみるとわからないけど

437名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:07:48 ID:ZqLSYx5E
ミクさん、かわいすぎw

438名無しのやる夫だお:2010/11/25(木) 23:27:07 ID:ZqLSYx5E


短編の評価をお願いしてもよろしいですか?   ご迷惑じゃありませんか?
よろしければご評価ください


      □評価方針   お任せします。砂糖を吐くような甘い評価も死にたくなるような辛口も感謝をもって受け入れます
      □評価スタイル   AA付きの方が嬉しいですが、AA無しでもありがたくご評価頂戴いたします
      □AAの改変具体例   おまかせします
      □その他要望・見てほしいポイント等
       ・どうやったら面白い作品が作れるか、この作品のダメな部分はどこか
       ・作者の性癖には触れないでください。下手に触れると悦ぶかもしれません
       ・尺はちょうど良かったか。長すぎたか。短すぎたか
       ・替え歌の伏字は増やした方がいいか

       いくつか要望をあげましたが、やりにくければ気にせずにご評価いただければ幸いです


無題(SOS団にやる夫が入団してくる平々凡々なお話)
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1289114038.html
の930-969

439名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:20:06 ID:/PsbmbyE
6レスお借りします。

440名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:20:19 ID:/PsbmbyE

               _
            /´  `フ
           /      ,!      はい、流浪の評価猫の野良猫だにゃー。
           レ   _,  r ミ
          /  `ミ __,xノ゙、      今日は>>438の「SOS団にやる夫が入団してくる平々凡々なお話」を
.         /        i      評価させてもらう事にするんだにゃー。
         ,'    .     ,'
        ;     ',  l  l       相変わらずニャーニャー五月蝿いけれど許して欲しいにゃー。
        i       |  | |
      ,.-‐!     ミ  i i
     //´``、    ミ  、 ー、
.    | l    `──-ハ、,,),)'''´
     ヽ.ー─'´)
      `"""´




┌───────────────────────────────────────────┐
│□評価方針   お任せします。                                           .│
│          砂糖を吐くような甘い評価も死にたくなるような辛口も感謝をもって受け入れます    .│
│□評価スタイル   AA付きの方が嬉しいですが、AA無しでもありがたくご評価頂戴いたします     ...│
│□AAの改変具体例   おまかせします                                      .│
│□その他要望・見てほしいポイント等                                       .....│
│ ・どうやったら面白い作品が作れるか、この作品のダメな部分はどこか                  ....│
│ ・作者の性癖には触れないでください。下手に触れると悦ぶかもしれません                ..│
│ ・尺はちょうど良かったか。長すぎたか。短すぎたか                              ..│
│ ・替え歌の伏字は増やした方がいいか                                     .....│
│                                                              ..│
│ いくつか要望をあげましたが、やりにくければ気にせずにご評価いただければ幸いです         .│
└───────────────────────────────────────────┘
               ゙:,  '゙;;, '{i,: ,r:;、 ,;; /〉`);,
                ';, ,;' ` Y,, `" ,,. ,!ヾ`):;
                 ';,    `ー- ―7  ゙' ;!,
                 ゞ:;,   ',.  ,/:;,  ;i ゙;,       依頼内容はこんな感じだにゃー。
                    `ヾ::;,i  i:;  ,:;"  ゙:;,
                      ゙;:  ゙ :;:'" ,,.::  ゙:;,     辛口だけれど了承願いたいにゃー
                       ゙;:     ,. :;''"  ゙;;,     死なないで欲しいにゃー
                       ';          ';,
                        ';    ,,.. 彡  ミ,
                        ';      彡  ヽ
                         ヾ   、''::;;   ,;:'
                        _,,,..`ゝ- :;)f   ;' オモイニャー
                       (_r_,,.. -‐ '" ( Y:,ソ

441名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:20:42 ID:/PsbmbyE


     _,,,,,_
     ;'::::::::::゙ー:::-::-,、__,.:-:‐:::<フア          まずこの作品は
    ;' ;ク:::;::::::;::::::;: rー:、.:.::::.::::ミ<、___          「ハルヒの世界にやってきたのが古泉ではなく
   _ノ''´ ,:: ,::::;:::::;::::;: ,ゞ;イノ.:::: ::: ,ミ,,,,__`)        性格の悪いやる夫だったら?」
  (__,;::-'''''"'ー--、::;:::::;"'彡≡` xノ
          `ヽ:;:::;' `ヾ"´ ツカレタニャー     という内容なんだにゃー。
              `ヽ、 、、)
                ゙ー'′            そこで一つの問題が浮かぶ……



          ___
             {´ ヽ\
    「`ヽ _,、_|__ ノ  \
    ヽy´ミ \ \\   ',             それはこの作品が
    〃:::::::  :::::\ \ヽ、 |
    {:::::‘ . . ‘::::::\_LLノ             1.ハルヒを知っている人には楽しめる作品にするのか?
     ', ミ(_人_)彡::::::/ミヾx             2.知らなくても楽しめる作品にするのか?
     ト--==-‐<ノ´   }
      {  ゞ___xシy'    }             と言う事だにゃー。
      ヽ   ` ̄8'⌒ヽ  |
      `、    { \ },   |             1の利点は原作の内容を説明しなくてもいいこと。
       \   ゝ _乂l   |             読み手は「ああ、このシーンのパロディね」と理解してくれるから。
         \  ヾ |`ヽ |____         ただ当然原作知らなければ置いてきぼりになるにゃ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ、,,,,} i,,,,乂_
        えき☆ちょう!!

442名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:20:58 ID:/PsbmbyE

     ,, -────-;.、
     、-─ " ゙̄7´:: :;イ.;.::.: .:. : :.:; ----、
     \;_:_;:..:. ::/;:::;: ハ: .:;::: .: .: ′.:. :.:...,,\_
      \`¬ ,::;/;:::;::l.:: :. .:.::{_ -‐_二ニイ´      猫がこれ読んで「ああ、原作知っている人向けだな」
         'Y´  ;: l: i: ::!i:;: .:.:.: :: く´  }:;:.:}∧       と、思ったのは原作の説明の大半をすっ飛ばしたからだにゃ。
          ミ   ;:i l ;:l l:; . : . : . :´,:.:.:;ィ ミ\
        }!_ 」_ヽハ{;り ; r -.:.:::..:.: : : / ミ . :\    長門やみくるは未来人とかの説明をされる割に物語に
         べ マiハ     rr;-テ‐-z_; / _',.:... .:.:.:|     何一つの関わりが無いんだにゃ。
      , -‐ ‐゙- `    〈^ニ´;:;:;::, -_ン ,'ミ. : . :. ::|
      , ´ ̄ ̄丈 〈 ィ ,  xr-‐'"  /: .: .:: .: .: ;!   どうみてもやる夫よりその二人の話の方が重要なのに…
          ./ヽ;:::゙゛^ー-ヘ\   /.: .: :::/:. ::.〈
            Y" \   \X.:. :. : .:.:/.:.: :;_人   その地点で原作を知っている人向けのパロディと
             |    ',   ハ;:\: .:./ .:〃  ヽ  判断したかったんだにゃ。
            く}     ヽ;ン^ r-、_.::厶ィ__}!  } _,〉
           〈_L.⊥_〈_ / | } )′    ̄ ´
                      ̄  ̄ ´


     __ -r- 、
  , -<ヽ`ヽ .:.:.:`:.:Tf ¬ァr-;,.、
  `¬7升´::.:. '、i!;,卞、ム、i、_j:. {:.'、ヽ.
   ヾハf',ォ、:. .八:.;,i!.: }! トx「Ⅵ:.: }: ハ           と、なると今度は原作のハルヒの設定とかは
    乂 _ソヘ´ ヾ_ソ:.ノィ_> :.'; .j!:' .:ハ          どこ行ったの?と思ってしまうんだにゃ。
     `´   ゝ;丕¨´ヾi'.r≦Y.:/r〃. }
        ,f.:i;″   jミに7.::7:j: :r:.ハ         長門やみくるがあの設定でいると言う事は
        i :.il!   ,イ'  ,ハ:.V./.:/r='.         ハルヒも原作の設定にゃんだよね?
        ゝ'′ ,ィ.:ゝ':.'":.:.   .::.:',タ'"!
           /、`ヾ : . : ..:_::.:...:、'.:={        だとしたらあのまま話が進むのはおかしくにゃいかにゃ?
          f' ヾ::.、>'"´  i::.:ハ、_1
          j_ノ_:.:7′    _ノ∨ ト、j
          j イ:.7 rォ7Ti:.:_ソr〈_iソ チョットタッテミタ
          r' .::ソ  ゝ┴ '"  `¨´
          `¨´

443名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:21:11 ID:/PsbmbyE

      |:::::::::::::::::::::::::       |:.:.:.!. : . : |,ィ
        !::::::::::::::::::::       l:.:.:.| . ://!             原作未読の人でもわかるようにするなら
       i:::::::::::::::::      ,,-''"゙゙゙゙゙"'' / l              なるべく原作のネタは使わないか丁寧に説明する。
         !:::::::::::::    ,,,r'.. r''""ゞ、  ヾ
       |:::::::::,,-''''"" ';:::ミ ;;;,,  〉   .:ミ             原作のパロだと割り切るなら
          i::::;:'      .::ミ:::..      .::ミ             きちんと原作に則る――
        レ':.    , '""''-,,_  てlフ=====i~i=ニニ0
        ミ:::   ミ      )ニー'"tュi三三iミ'"ゞ二≡≡ニニ二二()
       ミ:::    ''""ヽi i i j'_ノノーi・ ̄二,ミ  ミ──’
       ミ::   、    "'''"ミ ̄ヽ └─''"""'''''"  ソノ シロマンジュウヲ ウチヌイテヤルニャ
      彡:.    ヽ:.    '"⌒ヽ::::ヽ \"'-,; . : ."''-,,_
       ヘ:::..   ノ::..     .:::t-、_::ヽ  \:."'-,, . : . :"''-   その切り分けが出来ていないように感じられたにゃ。
       /i,,- t -<;;;;、;;;;、,,、,、;;、;;;i_ゝ::::ヽ  \:.:.:"'-,,. : .
      / ゙''ー-゙ー'::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::ヽ   \:.:.:"'-,,:
     /     .:::::::::::::::::::::::::::::      :::::::ヽ    \:.:.:.:.:



        (ヽ
        ヽ ヽ
         } :: l
           l .:: }
        / .:: l
    , -'"⌒ "'- '、   _            ここから更に辛口になるけれど、
   / r ヽ'''    `Y'  }
  /   :ヽ :`ー'''''''''''"  ノ           この作品を読んで「やる夫最低だニャwww」とか思っても
  i  :/ :〉   | | |   ヽ             そこで止まってしまっているんだにゃ。
 .l  .::i ::i            i
  i :::::i ::i  :●    ● i            ただただやる夫が好き勝手暴れているのを
  ヽ: :i ::ヽ==:::    ==,ノ            最後まで観ていただけ。
   ヽ :{ :::ヽ,,,;(_人_),,/ノ
    l ::i  :::::::::::::::::::: i             何のカタルシスも無く幕を閉じてしまっているんだにゃ。
    ヽ;:i  ::::::::i::::::: /
     ヽ  :::::::l::::: ノ              原作をレイプしてぶん投げただけ。
      l  :::::::l;::: i
      lヽ :::::l::::/
      { ヽ :::l::/
       ''''} :::::ヽ
        {,,,,,,,,,,}

444名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:21:31 ID:/PsbmbyE

         /⌒ 、   , -、
          /   \ /  ヽ
         |  ミi _ ゝ` ' ‐ - 、
         |   /: : : : : : : : : : ` 、            それならもう突き抜けて
        /|彡r': : : : : : : - ─-、 _ L            「ハルヒも長門もみくるもみんなやる夫の○○だお
       /: : :レ'´: : : : : : : : : : : : :    rヽ           好き勝手やって暴れまわってやったおww」
.      /: : : |: : : : : : : : : : : : : : :      i'           「やる夫君…さっきの歌で濡れてきちゃった抱いて」
      /: : : : ヾ,,: : : : : : .  r┬,ィ‐──'            な展開にしてキョンにツッコマせるとか
    /: : : : : :  ` ‐ ─ 、  ,' レ' ''─- - - - - 、
.   /          ,'  / ノ  : : : : : : : : : : : : : :`  、   最後にやる夫が強烈なしっぺ返しを受けるような展開を
   l          〈  ヽ 丶 _ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : `   用意してやる夫にイラついた読み手をスカッとさせるか
   l            `─` ─' ヾ、: : : : : : : : :、 : :
   !: :               : : : 丶: : : : : : : : :丶     ギャグだけれどそんな突き抜けも逆転も無しに
   ', : : :             : : : : : : :\: : : : : : : : : ヽ    終わったからネタで笑った以上にはならないんだにゃ。
    ',: : : : :          : : : : :r ─ 、 \ : : : : : :  ` ‐
    ',: : :r'´  ̄ ヽ    : : : : : : :/    \.l
     l: :_i  ヽ丶 i j___:: :: :: ::l i  i i  〉_____
    `   ̄`""""         `""""`"'


               _
            /´  `フ
           /      ,!
           レ   _,  r ミ       (⌒ー⌒)     ギャグだろうと始発点と着地点をはっきり見定めないと
          /  `ミ __,xノ゙、      r(   ´n       少し笑えるネタがあっても消化不良に感じるんだにゃ。
.         /        i        >   ,/
         ,'    .     ,'     〜'oー、_)         最後の替え歌をオチとして用意していたのだったら
        ;     ',  l  l                  長すぎるという問題まで考えなければいけないんだにゃ。
        i       |  | |
      ,.-‐!     ミ  i i                  そんなぶつ切りに感じられた作品だから
     //´``、    ミ  、 ー、                長すぎとも短すぎとも思えない――
.    | l    `──-ハ、,,),)'''´
     ヽ.ー─'´)                     ただ「やる夫最低」と「下品な替え歌」が残っただけだったにゃ。
        ̄ ̄
                  (⌒ー⌒)
        n__n        (´・ω・`) ニゲルチュー
      (⌒ー⌒)ノ         c'   っ
    c('・ω・`)っ      〜(_,'ーo'
     ` ̄ ̄´

445名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:21:48 ID:/PsbmbyE

               _
            /´  `フ
           /      ,!
           レ   _,  r ミ             でもAAとかの見せ方は十分に出来ているんだにゃ。
          /  `ミ __,x〜゙、 ムシャムシャ
.         /        i              読み手を踏まえて内容の構成に
         ,'    .     ,'              丁寧な作品作りを心掛ければいいものが作れると思うにゃ。
        ;     ',  l  l
        i       |  | |              後、歌の伏字はどうでもいいんだにゃ。
      ,.-‐!     ミ  i i              でも伏字だらけで作ったほうが読み手にひかれないで
     //´``、    ミ  、 ー、             伏字だらけというギャグにもなったと思うにゃ。
.    | l    `──-ハ、,,),)'''´
     ヽ.ー─'´)              (⌒ー⌒)
      `"""´            (´・ω・`) ニイサン…
                     c'   っ
                    〜∪ ∪




           「\      「ヽ
.           \ ` ー‐ 、! し- 、_____
.            `ヽ   ヽ_/       \     そういう訳で今回はこれまでだにゃ。
                  〉                 ヽ
              /                   ',   辛口になっちゃったけれど作者さんもこんな猫の評価に
                / /⌒ヽ ___, ― 、      !   気を落とす事無くどんどん作品を作っていって欲しいにゃ。
            / /            ヽ       ヽ
.            l {     _      丿         ', それじゃあまたにゃー。
.            ヽ ヽ _丿〉     < <   イヽ   !
              ` ー― ′    ‐ヽ、_r;   チ 〈〉 |
            さかだちっ!!/ /└‐'´  〈_,_,_〉

446名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:23:03 ID:/PsbmbyE
以上で評価を終了させていただきます。
スレ汚し失礼しました。

447名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:23:23 ID:OSL2FKhg
なるほど・・・評価乙でした!
ぬこかわいいよぬこ

448名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 01:26:19 ID:4CeZG/T.
評価乙でしたー

449名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:13:02 ID:l8sluWMk
自分も似た内容ですが評価したので
12レスやらせていただきます

450名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:13:29 ID:l8sluWMk
                                                -――- 、
                  人                         , ‐'´         \
                  `Y´                        /            、 ヽ
           *                                |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
                                  \          .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
                      *             \          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
                                       {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
  >>438についてルイズ・フランソワーズ・              ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
  ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが評価させてもらうわね       7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
                                         /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ
       |                                  |   .:.:::::::::::l  __ヾ\    ≧:::::::::'、ヽ {
     _ 人 _             l                   l_ .:.:::::::::/ >v'  l \::ヾ  ̄::::::::::::::::', }>
      `Y             - + -                    ヽ.:::::::::V  |  ! l∧::::::::::::::::::::::::::::Vリ
       |              l                      i::::::::::::`ドー rL.」 厶::::::::::::::::::::::::::::!
                                            l::::::::::::::j ̄ 7:::::├‐ ト、::::::::::::::::::::::::!
                                            \::::::/  :/::::::::::!   !:::`、:::::::::::::::::::!
                                              `/  :/ー‐‐┤  「¨¨ ヽ::::::::::/
                                              ,′ :/      !   !   レ' ´
                                              ┴‐┴━━━ゝ-┴



           .' /   /  / \/  /   /       !        、 ヽ
            | l ― く   /   i \/  /ヽ      ,′ ,       i  l
            レ'′     V  /| ∧ X    ',.    /  /    ,′ i  }
           | γ,⌒..ヽ│ / ≧レ、 V  `   }    /  /  __ /    ! ,′
           │ | i f i | l│ハ! /::::::::ミヾ    /  _..斗 7 ¨  /    , /    まだ読んでない人は
          〉 ゝ.゙ _'ノ ノ│V ゝ:::::::::/   ∠__. イ__..j// ,. イ    イ/
  ,. ' ⌒ ゝγ ⌒ヽゝ - イ   ', lハ:.:.:__/       7:` ミ,/イ /  / /      お話のネタバレがあるので
γ   , '⌒     |    ハ   ヽー‐ '        ハ..::::/ 〃,/ ..イ
'   .ノ    Y   ヽ  │ )   }:::::         /、.:.:._/ /'イ´  /         注意してね
  ,'´     │    |  ヽ/    ノ         `− '′ //   /
{ |  l.    |    │   `ー < ..   /|     :::::::  //   ハ
  ゝ  ゝ  ゝ   ノ   i     ヽ> 二 .._____ ...ィ/!   {   \
  ゝ `ー`─ >…'三/`丁ゝ.  __  人  / |::三/ l   { ゝ   ゝ   `ー- 、

451名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:14:00 ID:l8sluWMk



            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \      ポイントに従ってみていくわ
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',    まず
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/ .  ┌─────────────────┐
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!     │・どうやったら面白い作品が作れるか     │
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |    │                         │
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |    │ この作品のダメな部分はどこか     │
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |    └─────────────────┘
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ   これね
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \







            ,. -- 、__
          /^⌒     \
         ' 〃        ヽ
        i } i i |  l i }  li
         / /T从ト、 jィ_ノ  リ     . /7     どうやったら面白い話をつくるれか……
       / // Yヒツ^Vヒツ}/ィ     // ゚* .
.       /   厶} |、 、_ ' ィ'/人    //7  +:.   ということなので
      { ' /::{∨ | ヽ7斥//::\ )  /}气}  .:*
.      ) !:://::(☆)//:::::::∧ハ } `ノ , ゚     一番簡単にできる方法
.     /  Y /::::>x7:{ 乂/::::V / `7
.   /    ∧ ヽ.__:::爪::::)  )::://  /
   i /  人_)   )」」Y. .イ:::く    /
.  乂  (    /   | ゝく:::::\.ィ′       『 物語の起承転結をつける 』
  ト、_) /.:: ̄/|    ゝ-く^ヽ::::::i ヽ
  ヽ.__/.::/.ィ__|     i     ∧::::| しi
  _/::厶く:::::::::`ヽ./`ヽ./:::::>=彡        これを気にしながらお話を作ったらどうかしら?
  >:'"`ヽ  \::::::::ヘ::::::::::{:::::/   \
./.:::::::::::: ̄``:ー―----ヘ`V::{ 、   /:: ̄\
.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧ ∨ \{.:::::::::::::::\    あなたのお話を見ながら具体的に説明していくわね
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}__}   \::::::::::::::::::ヽ

452名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:15:01 ID:l8sluWMk

 【ポイント1】



┌─────────────────────────┐
│・ SOS団にやる夫が転校生として入団        『起』  │
│                                      │
│・ やる夫は女の子を調教するジゴロだった!    『承』  │
│                                      │
│・ 卑猥なやる夫                             │   /         \
│                                      │  /  /   ヽ  \ ! ヽ ',
│・ 学園祭でやる夫が歌うことになる               │ ./  | / !  ヽ   !  ! !
│                                      │ ハ !  !>、! _, ィf广 ト  ! ヽ
│・ 学園祭のステージで卑猥な歌を歌う         『転』   │ 从 |r武 |/ ffチリ!  !  \
│                                      │   /.!:::::    :::: /  / \  ` ー 、
│・ 去っていくキョン  終わり               『結』   │  ./!人  ,_    /  /\__ \    \
└─────────────────────────┘ / |  !>‐― {  〈:::::::::::::}  \ヽ  )
                                        〈 !  〉:::::|r‐く.|   \::::::/   ヽ! /
 あなたの物語の起承転結はこのように見えたわ           ∨  /::::::::!女/:\   \:}     ! {
                                        /  /::::::::::::∨::::::::::〉    }|   \.   \
 これを見て私が気づいたことは                   ./  /|::::::::::::::∧::::/   /::ヽ   \   `ー-、
                                       〈    |::::::::::::/i i∨    /::::::::::::\   )      )
 『転』が弱いということね                        )   ∨:::::/|ヘ! !|    ! |::::::::::::::::::}  /     /
                                      /    |/ |:::〉 | !    >::::::::::::}  !     ./
                                    .<._     |   |::| ∨|    \::::::::∧ !    〈





-ー ''´   ̄ ̄ ̄  ー- 、
/                       物語に『起承転結』をつけるというのは
                 \
                \     \     つまり『起伏』をつけるということ
     ..:.l:   `、.      ヽ   ヽヘ 
  :.:.i :.:.:l:..   \:.  ヽ  \:.:.....',:ハ   それまでのお話に無かった
 .:ハ:.{:. :.:.:.!{:.:..  ヽ丶/:l:.:. :.:.ハ:.:. | l|   ビックリするような『何か』を入れることなの
`:/、!_|ヽ:.. |:.ヽ:.:.:...、_}イヽ:.:|:.:.:. :.:.l:.}:.: j リ
:.:{ j:.厂ヽ:トヘハ:.:.:.:.辻≠テミ-:.:.:从:./
 ァ行テ气F`  ノ:/ チ乏/ //.:l/´     それが『転』にあたる部分に集約されているわ
   r'乏:_j       ̄  イ:.:{:.{
.  ´        、      {:.:ヽ`
:ヽ               八:. \
:.:.:.\         ' `   /:.:.:.:.:.:.: ヽ

453名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:15:27 ID:l8sluWMk

        ,. - '::´ ̄ ̄:`::ー-、
      / ,.: : : : : : : : : : : : : : \          さて
     /: : /: : ,: : : : : : : : _ : : \: .\
     |: : i : : {:./: : : : : :、: ヽ : : ヽ: : i                  ・ ・
     |: : ト、ハ|.: : : ヽ: : ヽ: :|: : : :|: : |        あなたのお話のキモは
     |ハ:.i !\:.ヽ.: : : :|: ハ|: :.|.: : : |: : |
      从弋ト、:.!: :!_」斗ヤT: : : :|: : |        『やる夫が卑猥な男だということ』よね
       |:.| ヒリ |ノ 弋たト/: : : 八: :|
     /|人::: 、   ::`ー' /: : : /: : ヽ!        そこが面白いところ
     (:._ノ: : \ r 、   /: : :.∧: : : : \
    / : : : : : _}>、 _, ィ: : : /: :ヽ: : : : : \
   (.: : : : : /:/:.:.:.:ムr:/: : : /\: : \: : : : : \   でもそう考えると
    ヽ : : 〈:.:.:.:|:.:.:/A.Y : : : {:.:.:.:.\_: : : : : : : )
     ) : : \_:i:.:.|.X/{: : : : :\――┴┐: : : /   やる夫がステージで卑猥な歌を歌うことは
弋二¨´.: : : : : 人V|/::{__: : : : \:.:.:.:.:.:.:{: : :/
人_ノ: : : : /:.:,:ィ介ー―‐‐): : : : : }:.:.:.:.:.:.〉:(     『予測できてしまう』のよ
{___:./:.:/::/i!.|:.:.:.:./: : : : : :ノ:.:.:.:.:./: : :\
   厶イ/>く ノi \:{: : : : : : : (___:.:.:.:.:|: : : : : :\
   |::/|_/   \__rく∨: : : : : : _厶:__:.:.|: : :\: : : \
   |/  |     \_}J\: : : ___/:.:|: : : : :): : : : )
   |\  \     \  \_>:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : /: : : /
   |: : :`ーr-、>、    /|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : /: : :/
   |: : : :/    \ _/  _|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: :{: : : {





            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ       卑猥なことを続けてきたやる夫なんだから
         /.:./  / / .:.  /     \     当然ステージでもやっちゃうだろう
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',   と思ったわ
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!     予測できることが悪いことではないんだけど
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |     そればかりだと物語が『平坦』になってしまうの
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \

454名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:16:00 ID:l8sluWMk

:.:.:.     |:   ハ:.. ヽ:   l.:{:.:.:.:.:.    ヽ:.:.  }/:.}ヽ.:.ヽ:.. .:.:.l.:. }
:.:.:.     |:.  | l:.:.:.j{:.  :|:.:',:.:.:.:.:.:..   |ヽ/:厶<ヘ.:.:.|.:.:.:/|.:/         『結』に行く前のイベントとしては
:.:.:.     l:.:. │l:.:.:ハ:. :l:.:.l\,:.:.:.:.:.:... レ:lィ仗ヽ}ヾト:|.:.:l.: / j/
: .:.:   -―ヘ:.:. 十j:./ーl:.‐七弋"ヘ:.:ヽ:.:.:. イ圦: _ハ jN.:/K             少しインパクトが足りなかったわね
ハ:.:.:..      マ.:7/'"仟テ¨ヽ`トヽハ:.:l.:.:.:/ V::イ j   j/:.{小、
.:.: .:.:. :.:   ∨ヘ  {仗:  ハ     V}:./  ゝ彡′ '{\| { ヽ __
:.:.∧:.:.:. :.:.:   ∧、  ∨f::-イ j     j/    ̄   ',:..  l:.  \  `ヽ      でもあのお話は『替え歌を見せる』
:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:..       ゝ=彡’         ヽ       }:.:  l:.:.:..  \
:.:.:/.:.: :.:.:.:.:.:..    ヽ                     イ:.: 八:.:.:.:.:.:.. \       という目的もあっただろうから
: /:.:.:.:.::ヽ .:.:.:.:.:.   \          _. -っ    /.:.:.:.:.   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..\
:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ :.:.:.:.:.:.    \U       ‘ー_'´   /l.:.:.:.:.:.:.:...    \:.:.:.:.:.:.:.:.:...
:.:.:.:.:.:.: /:.ハ!.:.:.:.:.:.:    ::ヽ          /  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:....    \:.:.:.:.:.:.:.:.:..   そこを変えるわけにもいかないと……
:.:.:.:.:.: /://l:.:.:.:.:.:.:.      ト     __,.イ ヽ  \:.:.:.:.:.:.:.:.     \:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.: /  .}i :.:.:.:.:.:..       j__    | /    \  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..     \:.:.:.:.:.:.:








        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \                  なので
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ               歌を歌い終わった後に
  |  /   /   / /     |  i    }
  | |   |   / /     /|  _L   |               それまでの流れを変えるイベントを
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ                あと『一つ』いれてみたらどうかしら
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ 
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ                 〆
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |

455名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:16:29 ID:l8sluWMk

              /: : : /: : : :/: : : : :|: : /{: : : : : : : :.l: : : : : : : '.
            ′: : :{: : : :.|: :入 /{: : { |: : : : : :!:|: |: : : : : : : :}
          |: : : : :|: : : :.N: rチ≧ュx_,|: :ト : : :}ノ≦: : ハ: }: :/
          |: : : : :|: : : : |イ ト、__,小Vノ|: : : ィテヾ}: /: }/レ
          |: : : : :|: : : :.:|  V:zソ   ノ/ Kイ レ'};ノ       卑猥な行動、卑猥な行動ときたから
         ノ : : : /!: : : : :!  xxx     、 ゞ’ !l:.|
        /: : : :./: |: : : : :|          xxx 从{         それとは違う何か……
       /: : : : :./: : :!: : : : :ヽ       r ァ   人: |
      /: : : : : :./: : :.∧: : : : : \       イ : : V:、
    / : : : : : : /: : : /:.∧: : : : :.∧> - イ:l : |: : : :ヽ:ヽ        『例』を2個考えてみたわ
  /: : : : : : : :/{:_:_,ィ三三}: : : : : :∧>、ムハ|┴ミx: : : : :\\
. /: : : : : : : :/イ三三≧ミ7: : : : : : : }/〉女 }三マム: : : : : :ハ: :ヽ
 {: : : : : : :.:/三三三三三}: : : : : : : トくイ ヘノ三三}: : : : : : :|: : :ハ
 ヽ; : : : : /三三三三三7: : : : : : :/三ミx‐/三イ歹ハ: : : : : :}: : : :.}
   }: : : :{≦三三ミ≧iⅣ: : : : : : /三三マ三7少三i}}: : : : /|: : : /
   ): : ;イ三三三三三/: : : : : : :/i三三三≦三三i7: : : : {/: :イ
 /: ;_タ三三三三三7: : : : : : :/三三三フ介≦三/: : : : : ∨:.∧
./: /三三三三三三{: : : : : :.:/三三≦彡イ|ミx≪{: : : : : : : V: : ヽ






            ,. -- 、__
          /^⌒     \
         ' 〃        ヽ
        i } i i |  l i }  li
         / /T从ト、 jィ_ノ  リ     . /7      例1
       / // Yヒツ^Vヒツ}/ィ     // ゚* .    ・ キョンが途中で乱入して歌を引き継ぐ
.       /   厶} |、 、_ ' ィ'/人    //7  +:.
      { ' /::{∨ | ヽ7斥//::\ )  /}气}  .:*   例2
.      ) !:://::(☆)//:::::::∧ハ } `ノ , ゚    ・ 学校中の人間がやる夫に惚れる
.     /  Y /::::>x7:{ 乂/::::V / `7
.   /    ∧ ヽ.__:::爪::::)  )::://  /
   i /  人_)   )」」Y. .イ:::く    /        ってのはどうかしら?
.  乂  (    /   | ゝく:::::\.ィ′
  ト、_) /.:: ̄/|    ゝ-く^ヽ::::::i ヽ
  ヽ.__/.::/.ィ__|     i     ∧::::| しi
  _/::厶く:::::::::`ヽ./`ヽ./:::::>=彡'
  >:'"`ヽ  \::::::::ヘ::::::::::{:::::/   \
./.:::::::::::: ̄``:ー―----ヘ`V::{ 、   /:: ̄\
.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧ ∨ \{.:::::::::::::::\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}__}   \::::::::::::::::::ヽ

456名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:17:16 ID:l8sluWMk
             __, -ー- 、
           / /    ヽ` 、     例1については
          ./. l l从、 从、| | l
           \!」>ヽ'< '7 |!      それまで『やる夫』ばかりが卑猥な行動をしていたので
            ノ|  __   / ∧ヽ
          // >、 _`イ  l  \\    『キョン』にそれをやらせてインパクトを狙ってみたわ
         .〈 人  トr十一) ヾヽ 〉 〉
          ヽl/ノ  〉夲/  /_::Ll. /    この場合SOS団の女の子がキョンに惚れ直して
          r/ /ヾ〈   〈:::::::::\\
         _/   ./:::/::||、\  \::::::::!  \   『やる夫ザマぁwwwEND』
       / イ  〈:::/::/||::ヽ::)   ヽ::::ト、   ヽ
      / / ヽ トゝ::/::||:::/  l  ):l \  〉 皆がドン引きする
      l |   f´ヾ`:::/::::∧彡__ノ/!/::::|   l /
      \  |::::::::::/::::::| !\:::::\::::\:l //  『なんでやる夫ではよくて、俺では駄目なんだEND』
        lヽ|::::::::/::::::::| |::::::\:::::\::::Y /
       .ノ ノ:::::/::::::::::| .!:::::::::::ヽ::::::ヽ」 |     などの『結』に派生できるわ
        ̄/::::::/::::::::::::|人!:::::::::::::::::::::::::| \
       ./::::::/::::::::::::::|::|::|::::::::::::::::::::::::::!`l ̄






                 ___
                 , -,r'´: : : : : `ヽ
            /: : : : : : : : : : : : :.\          例2では
              /: : : : : : : : :./j: : i、: : : :ヽ
          ,': : : : : :」_|__/./: :/ 」_」_: : :\       なんでこんな歌で皆惚れるんだよ!
          |: :.l: :.i: ∧|ヾ`|: / ´ l/|: i: :}`ヾ
          |: : !ヽ!、lr=ミx. ヽl ,ィチト!/: /         という『理不尽さ』でインパクトを狙ったの
           |: : l : : :代り    ゞ' j: : i      /〉
         〃: : !: : :⊂⊃ __ _´⊂⊃: ',     .//
.         //: : ;r!、!: : l>.、___,.イヽ: : :.ヽ   //   こちらだとENDは変えずに
.        //: : :/:;:;:;l: : :l,`ー><:l:;:;:;iヽ: :\: :.〉  //
.       /: :/: : rヽ..,__l: : :',:X´`/:;:;/:;:;:i: : : ∨ .f`l/}    熱狂に包まれる会場を後にしたキョンが
      i: :/: : :.|:;:;:;:;:/: : :∧:;∨:;.:/:;:;:;:;|: : :./_,.ノi、l/
.       l/: : : :.|:;:;:;:/: : :/:;:;:;`><´:;:;:;:;:;{: : :f´ r'ニ、!     こんな学校にはついていけないということで
.      /: : : : /:;:;:;:{: : : {:;:;:;:;// l|\:;:;:;>ソ (,r‐ ノ
      i: : : : :,':;:;:;:;:;:\: :\/   l  |¨´/ヽ__,.r'"      退学届けをだして終わったりしたら
      |: : : :.,':;:;:;:;:;:;:;:;:;:}: : :i  .l  | /    /
     ヽ: :./:;:;:;:;:;:;:;:;:;/: : :/   〉 |     /        いいんじゃないかな
      ∨:;:;:;:;:;:;:;:;:∧-‐'     l  ヽ.___/ヽ
      /:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;}     l   \: :./

457名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:18:16 ID:l8sluWMk

                  __
                 __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..-.、           まとめとしては
.              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         ┌──────────────┐
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.ヽ           │・ 起承転結の『転』では         │
.          /.:/.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:ヽ.:.:.:/.:.:.:.:.:}.:.:.ハ          │                      │
         {.:.:!.:.:.:.\.:.{.:.:.:.:.:.:.}/∨V.:.:.:.|:.:.:.:.',         │ それまでの流れを打ち崩す     │
           Ⅵ.:.:.:.:.:y心.:.:.:./r'气ハー|.:.:.jl.:.:.:.:.:、      │                      │
             \.:.:f´トrリ`ソ  ヒ rリノV.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.\          │ インパクトのある行動をする   │
            从| ー',      ̄   !.:.:.从.:.:.:.:.:.:.:.:\    └──────────────┘
          _/.:.:.:!   r‐ 、     ハ.:.:.人\:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          /.:.:.:.:.:.:ノ\  \_)   .イ.:.:.:./.:.:.\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
.         |.:.:.:.:.:./.:.:.: j`  -- <ノ.:.:.:./⌒ヽ.:.:\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  こうすることで見てる人をビックリさせて
_      j__.:./.:.:.:.:.:ノy'乙イ//.:.:.:.:.{    L.:.:.:.}.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.丿
\\   //\.:.:.:./ { / (.:.:.:.:.:.: 八    `ヽ.:丿.:.:.:.:./   物語が印象に残るわ
  \ヽ_//::::::/\{   レ'    \.:.:.:.:.:.:.:\    〉.:.:.:.:.:.:(
   fヽ /´廴::::\/\ ミ彡       \.:.:.:.:.:.:.:ヽ   \.:.:.:.:.:.:\
   l /    〉::::::::::::/ 人       ).:.:.:.:.:.:.:.)    \.:.:.:.:.:.:\     やる夫の卑猥な行動が続いたら
   ヽ    /:::::::::/.:レ'′i!\     /.:.:.:.:.:.:/        \.:.:.:.:.:.:\
   jー─イ、ヽ-'′.:.:.|  i!  `ー‐/.:.:.:.:.:. /─ァ───x  ∨.:.:.:.:.:.:.`:.、 『他の人』の卑猥な行動を入れる
   〈     `ン.:.:.:.:.:.ハ}   i!   (.:.:.:.:.:.:.:.:(  /⌒      〉  V.:.:.:.:.:.:.:.: }  って具合にね




【ポイント2】

┌───────────────────────┐
│・ 尺はちょうど良かったか。長すぎたか。短すぎたか  │
└───────────────────────┘
                      __
                 _, '"´      `丶、
                /            \
                  / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
               l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
               l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
                | l Vf゙?i圷/ jl ノィアト、ヘ// /
                  j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ
               ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !     これについては先程言ったように
                / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
                //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ    あとワンエピソード入れて欲しかったわ
          / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
         /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
         ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
         {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
         ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
          }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
          /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
         / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ

458名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:18:49 ID:l8sluWMk

【ポイント3】

          /                ヽ           ┌─────────────────┐
           / /7  /      、     ',           │・替え歌の伏字は増やした方がいいか    │
        / // r  ,! |:   l:、  \:  i  l             └─────────────────┘
        ,' // l / l !l  l::ヽ、  ヽ l  l
        l //  l l::ーVィヽノ/::`ー\ U \l  l    これについては
         |//  l、z≠==ミ∨::::: z≠=x、l l  : l
       // :   |く /`ヽ   ::::  / `ヽ /l l : l    私にはこの歌、きつかったわね
       //  .  ',  ゝ‐ '   ;:  ` ̄ lil! l !   l
      //|  :. l u             ,'リ .:   ',
      // |  i  : ト、   ャ─ -_‐ッ゙  /イ ;    !   『渇いたマン○にク○ニする ♪』
    ,.、// j  l ; l l少 、   ̄    /l /   :   l
 r-‐' /7、 /  / j / } l `l ー - ‐ ´! l ,'  /     l   これと
 l と'_{ (/ノ /ハ '、{ /:'rィ´ \    ,.イ`k、l ,' i   l
/  _.、__〉 ',//ハ ヽ弋ヽ   `兀´   / | ト、l  i  !  『子宮の奥 精液逃がさぬように ♪』
{  、__}:::厶ィ‐'´ l  }ヾヘ\ 〆⊥\ / l l l  ト、_l
l、  _,.フ;:/  ヽ / ノー、 ヽ Y´☆`Y イ  ヽ ! j   {  ヽ  ここが特にね






         /       /    、  \   ヽ  、
        l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
        |/     / 人      ヽ,   ',   |   !       ここはもう少しボカしが欲しかったな
        ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
        ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \     インパクトはあったんだけど……
         〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
        /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
      /    |  |             /   |ヽ、|     〉
      ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /   逆にム〇コは普通にムスコでよかったんじゃない?
       〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
      /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ
    /  r'7     ノ:::::∧` >< /     /:::::::::::::::::::::::ハ  ` 、
   /   /´/     ∧:::::::::∨ ,、 ∧     ヽ; -ー' ´::::::::::::}.    \     この辺りのシモネタの許容は
. /    |::/     /::::::\:::::∨ | /:::::ヽ      \::::::::_,::::ハ       \   『好み』だから参考程度に考えてね
〈      /     /:::::::::::::::\ ヽ7::::/::ヽ      ヾ´::::::::::::::::l        \

459名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:19:17 ID:l8sluWMk

【ポイント4】

┌────────────────────────────────┐
│・作者の性癖には触れないでください。下手に触れると悦ぶかもしれません    │
└────────────────────────────────┘

           /:/: : : : l: : : :/: : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        l:{.:l: : : :.l: : :/:. |: ::{: 1: : : : : :i: : : : : : : : : l: : : :.:i: : : : : ',
        {ハl:: :l:l:T :71ヽ|: : :ヽ|: : : : l: 1: :i: : : : i : : |: : : :.:|: : : : : :i
            l: :.l:l:1l/ 」::Nヽ: : : : : : :_l:_1_:.}: : : :}: : |: : : :.:|: : : : : :l
          ヽ从{ 彳〒ト、: : : : : :´/ /1: メ、: : /: :.: |: : : :.:|: : : : : :l
               i: l  l。1 ヽ : : : : /l/ l/  l:X: : : / . : : :!: : : :.:.|   これは『クイズ』だと思っていいのよね
               l: l ヽヒリ  ): : /弌〒テテ弍 /: :/ : : : : :!: : : :.:.|
           /l: |  : : : : ノ/    ハ 。Oミ// . : : : : /: : : : : :.|
          /: :l {     ′     ヒ辷ソノノ / . : : : : :/: : : : : :.: |   私が思うにあなたの性癖は……
             (: :/: :ヽ    、   _, . : : : :´ /. : : : : : /i: : : : : : : ::!
              V. : : : :\     ̄      /. : : : : : : /i :l: : : : : : : :
           /. : : : : : : :\ _   , ..イ: : : : : : : /: :l: |: : : : : : : :
         /:. : : : : :/.::::::::::::::::::「 ,. '´. : : : : :/: : : : : :l: : : : : : : :
        / :. : : : : /.::::::::::::,. '´. : : : : : : : /.:.:.`ヽ: : : : : : : : : : :
       /: : : : : : :/.:::::::::/ . : : : : : : : : : /.:::::::::::::::::〉: : : : : : : `ヽ
      /: : : : : : : /.:::::/ . : : : : : : : : ,.'´.:.:::::::::::::::/: : : : : : : : : : :
     ./ : : : : : : ./.::/. : : : : : : : ,. '´.:::::::::::::::::::::::::〉 : : : : : :l : : : : :
     !: : : : : : // : : : : : : : :/.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : : : l : : : : :
     !: : : : : /´. : : : : : : : /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::): : : : : :ノ: : : : : :





            ,. -- 、__               まず一番最初に手篭めにしたのが『ハルヒ』
          /^⌒     \
         ' 〃        ヽ            次に『みくるちゃんの裸』を覗いた
        i } i i |  l i }  li
         / /T从ト、 jィ_ノ  リ     . /7      そして有希については
       / // Yヒツ^Vヒツ}/ィ     // ゚* .
.       /   厶} |、 、_ ' ィ'/人    //7  +:.    『一コマしか登場しない』
      { ' /::{∨ | ヽ7斥//::\ )  /}气}  .:*
.      ) !:://::(☆)//:::::::∧ハ } `ノ , ゚
.     /  Y /::::>x7:{ 乂/::::V / `7        このことから考えて
.   /    ∧ ヽ.__:::爪::::)  )::://  /
   i /  人_)   )」」Y. .イ:::く    /         ┌──────────────────┐
.  乂  (    /   | ゝく:::::\.ィ′        │普通以上の乳が好きで、美乳派である   │
  ト、_) /.:: ̄/|    ゝ-く^ヽ::::::i ヽ.          └──────────────────┘
  ヽ.__/.::/.ィ__|     i     ∧::::| しi
  _/::厶く:::::::::`ヽ./`ヽ./:::::>=彡'        どうかしら、当たってる?
  >:'"`ヽ  \::::::::ヘ::::::::::{:::::/   \
./.:::::::::::: ̄``:ー―----ヘ`V::{ 、   /:: ̄\
.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧ ∨ \{.:::::::::::::::\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}__}   \::::::::::::::::::ヽ

460名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:19:54 ID:l8sluWMk
        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ
  |  /   /   / /     |  i    }
  | |   |   / /     /|  _L   |               こういう本編とは関係ないクイズを
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ                するのは良いと思うわ
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ                 〆
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆    読み返すきっかけになるもの
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./      どうせだったら短編の最後に
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/       「さて、やる夫の性癖はどんなものだったでしょうか?」
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__       という一文をいれて、読者を悩ませるのも
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |       面白かったかもしれないわね
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/     ∨__/   \
::::::\ \  \::::::::::::::::/::::::∧:/ /     |       \
:::::::::∧  \.  \:::::/::::::::/| (  (     /:::\       ヽ
::::::::::::ノ    \.  \:::::::::イ| |  \ \   \::::/ \       |



【よかった所】


           .' /   /  / \/  /   /       !        、 ヽ
            | l ― く   /   i \/  /ヽ      ,′ ,       i  l
            レ'′     V  /| ∧ X    ',.    /  /    ,′ i  }    最初の掴みは良かったわ
           | γ,⌒..ヽ│ / ≧レ、 V  `   }    /  /  __ /    ! ,′
           │ | i f i | l│ハ! /::::::::ミヾ    /  _..斗 7 ¨  /    , /
          〉 ゝ.゙ _'ノ ノ│V ゝ:::::::::/   ∠__. イ__..j// ,. イ    イ/      やる夫の見た目を奇異なものとして
  ,. ' ⌒ ゝγ ⌒ヽゝ - イ   ', lハ:.:.:__/       7:` ミ,/イ /  / /      話のネタにするのは
γ   , '⌒     |    ハ   ヽー‐ '        ハ..::::/ 〃,/ ..イ
'   .ノ    Y   ヽ  │ )   }:::::         /、.:.:._/ /'イ´  /          クスっときたわね
  ,'´     │    |  ヽ/    ノ         `− '′ //   /
{ |  l.    |    │   `ー < ..   /|     :::::::  //   ハ
  ゝ  ゝ  ゝ   ノ   i     ヽ> 二 .._____ ...ィ/!   {   \         これをもっと物語絡めてもよかったかもね
  ゝ `ー`─ >…'三/`丁ゝ.  __  人  / |::三/ l   { ゝ   ゝ   `ー- 、

461名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:20:11 ID:l8sluWMk

【おわり】


                   ,. -‐-- 、
              ,. -‐ '´        `ヽ
            /                ヽ、
          /    /  /     ヽ    \
          /    /   /    !     ヽ    ',
          i    !   /     !     !     !
          |    i _.斗r‐    ヽr‐- 、 !  !   ',        次回は物語の構成:起承転結について
          | !   ィ´ヽ.|ヽ |\   |\| `ト、 |   !
          V   | ,斗≠ミ  ヽ  / ,斗=、!  ! |  !        意識しながら作ってみてね
          /\|ヽ|ヽ {いrf}   |/ 必_,ィ} ヽ/  | 八
        /   ∧ ハ Vニ ソ     Vこソ /  /   ヽ
       / ,  / ハ. ハ ::::    '    ::::: /  /     \
.      / / /.r‐介rヘ 人    Y  ァ   /  厶_/{>  ヽ ヽ
      { i/ _|/ヽト.:∨ > 、    ィ   /:._厶ヘ.勺   !  )
      ヽ.{ ヽヽ|   }:.:∧   ヽ  ` ´ /   /イ   }./   /  /
        \  |   ヽトヘ   ',   /   ./V    八  /  /
        ノ )∧    V}.   i  /   〈____ /     /
      / / ∧     ム   ! /   {     ノ/   /  (
     / /    !  ,. r个ヘ.  |.〈__/   /.人  {   ` 、 _
.   / /     /∨「:.:.!:.:!:.:. 〉/ヽ:.:/   /个f:..:.:〉  ヽ      `ヽ
 / /    /  ∨:.!:.:!:.:.|-|_/|:.:.X:.:/   厶:.:.:.!.:..:V    \       \
/   !    |   く__r rー'::::::::::::∨:::/   /::::::`ー:r〈              !
|   .|     ヽ、   .|:::::::::::::::::::::|:::|   /:::::::::::::::/:::∨      }    !  /
ヽ__  ヽ __  ヽ.  ∧:::::::::::::::::::|ヘ|  /:::::::::::::::/ フ::::V     /   /  /
   ` ヽ     )   |\.}::::::::::::::::::ヽ.∨:::::::::::::::::::/ ' ̄/}     /   / /
    ノ   /   \ |::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::::::::/__/:::ヘ   /    /

462名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:20:31 ID:l8sluWMk
これで終わりです
ありがとうございました

463名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 02:32:00 ID:OSL2FKhg
丁寧な評価乙!

464名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 03:02:20 ID:2gHtBS3I
ツンがゼロなルイズさん乙w

465名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 18:33:24 ID:mfg4ldy6
華京院以外の評価人はいらない
むしろ彼専用の評価スレを立ててほしい

466名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 18:35:10 ID:jCUr1SV2
あなたが勝手に立てて規制でもされればいいんじゃないでしょうか

467名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 18:42:52 ID:mfg4ldy6
評価されるならランクA以上の人にやってもらいたいんだよ
誰に評価されても一回評価されたことになるからさ・・・
前に評価依頼したけど思ったのと違う人だった
今度の依頼では悔いをなくしたい

すまん、これ以上は屋上でやります

468名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 18:50:05 ID:jCUr1SV2
ランク云々言うんならパー速でやっててください。こっちに持ち込むな

469名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 18:51:57 ID:pt586R.Y
ID:mfg4ldy6は明らかに荒しだから構うんじゃねえよ
無視するのが一番効果的な対応だろうが

470名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 18:53:17 ID:jCUr1SV2
すまん

471名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:00:45 ID:fOUG4MKI
まあ、荒らし自体は横に置いておくとしても、指定評価人制度はもっと使われてもいいと思ふ。
作者と嗜好が近い評価人の方が実になりやすいだろうしね。

472名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:03:19 ID:QpqzO.lM
機能してないのが問題
リストに載ってる人で指名された人、この前スルーしてなかったっけ?

473名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:05:08 ID:qNifX2Xg
何でスルーしたらダメなん?
評価するかしないかは、評価人次第じゃないの?強制なの?

474名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:12:14 ID:QpqzO.lM
指名してください、って言ってるのに
指名されたにも関わらず、断りの一言も、連絡すらも無しってのはさすがに酷いと思うんだけど

475名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:20:10 ID:NefXS5Vg
その評価人に評価依頼した作者はどうなるのよ
確かあったろ、指名したまま宙ぶらりんになったスレが

476名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:24:15 ID:8pZqc0I6
まぁ、基本的には避けられるよね。
指名外の評価人には。

477名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:24:32 ID:o8h6bvNg
機能してるしてない以前に
>>3の評価人さんたちって最近見かけないような……

478名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:31:44 ID:HCP.cmyU
>>474
その後一度も発言してないなら、ただ単に「見てない」んじゃね?
第一指名って言っても、あくまで希望なんだから、善処はしても強制される筋合いはないだろ。

479名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 19:34:51 ID:NefXS5Vg
基本選べる立場の評価人がステまで晒して名乗り出てるのに
指名しても評価されるかは評価人次第ってんじゃあ指名制度の意味が無い
結局指名されたスレの評価をするか否かを評価人が選ぶなら、それは名乗り出てない評価人となんら変わらないんだから

480名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:00:40 ID:fOUG4MKI
つまるところ、指名評価人リストの定期的な更新が必要なのかな?
稼働していない指名評価人をテンプレから外したり、「無指名なら評価しないけど指名されたら評価するよ」って
評価人さんには、テンプレ更新の時に改めて表明してもらったり。

481名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:06:59 ID:npVryd1o
定期的に未評価リストも挙げられてるのに見てないなんて通用しないだろ
定期的な指名評価人続行宣言をしてもらえれば、失踪しても混乱を招かずに済むし指名評価もしやすくなりそうだが

482名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:09:23 ID:qNifX2Xg
屋上
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1290465505/

483名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:10:27 ID:o8h6bvNg
とりあえず近日中に、指名評価人立候補の方たちは
生存報告をしてくださいって感じですかねー
もう評価人を続ける気はないor指名評価は止めるということであれば
見ているのであればその旨も書いていただきたいですし

ネット上のことで責任は無いとはいえ、自ら名乗り出た以上
無責任のまま逐電が一番タチが悪いですから

484名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:17:15 ID:fOUG4MKI
>>482
このスレで(=スレにいる評価人が見える所で)話さなきゃ意味ないだろJK。

>>483
仕事じゃないんだし、大きな責任を負わせるのもどうかと思う。名乗りでた直後に失踪とかならともかく。
かといって、放置のままいなくなって制度が形骸化するのも問題だし、指名した作者も困るから、
「名乗り出なくてもいいけど、そうしないと一覧から外れるよ!」ぐらいが落とし所なんじゃね?

485名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:22:56 ID:o8h6bvNg
>>484
失礼、そのつもりでの発言でした。
責任を負わせる、という意味ではなく、指名評価人というシステムそのものが
名乗りでた方々が消息不明、じゃそもそも揺らいでしまいますから
やる以上は定期的に生存報告をして欲しいなぁ、と
続けられなくなりそうなら、その場で止めます、が言えるくらいの気楽さでいいので

486名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:23:12 ID:bIbiSqIU
職人も評価人もあくまでボランティア
デスマ作者もいるように、旅行や出張その他でこのスレを常時見てくれてるとは限らない
一週間音沙汰なければ依頼者もちゃんと再依頼するようにした方がいいでしょう

487名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:26:37 ID:NefXS5Vg
それが良いかもね
指名依頼した側に救済措置が無いと辛いっしょ

488名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:32:56 ID:HlJl67eI
AA技術に関して評価、出来れば使命でやろうかと思ってたけど
シュバルツって人とクーパって人はまだ評価やってるのかな?

489 ◆0c5.Gibvqc:2010/11/26(金) 20:44:43 ID:Icnio10E

はじめまして

先日完結いたしましたので
次回への指針にしたいと思い、評価依頼させていただきます


■タイトル 【やる夫が】やらない夫たちのオーケストラ談義【学ばされる】
■URL   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287740639/


□評価方針          辛口でお願いします。
□評価スタイル        おまかせします。
□AAの改変具体例       あればぜひお願いします。

□その他要望・見てほしいポイント等

   ・AAの使い方やセリフについて見栄えが悪くないか、わかりづらくないか

   ・「何を言っているかわからない」という部分はなかったか

   ・その他、気になった点

  これらを中心にお願いしますお願いします。


  スレのテーマ上、興味のない方も多くいらっしゃると思いますので、
  「読んでみたが興味を持てなかった」
  「興味は持ったがつまらなくて途中でやめた」
  という点からの評価・感想でも大歓迎です。
  それらも受けとめて今後の指針にしたいと思います。

  多くの方の評価していただければ幸いです。
  よろしくお願いします。

490 ◆XnRkilFxSo:2010/11/26(金) 20:45:04 ID:im3WJFRo
レス読んで再依頼することにします。

やる夫が殺人ウイルスを手にしたようです。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286457904/

□評価方針   おまかせ
□評価スタイル   おまかせ
□AAの改変具体例   おまかせ
□その他要望・見てほしいポイント等

「やる夫が学園都市に迷い込んだようです」の
IFルート版なので本スレと比べてどんな感じなのか。
又単純に読んでみてたのしめたかどうかなどの意見をお伺いします。

491名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 20:59:51 ID:ZTRbYINI
特定の人に絶対やってもらいたい!というなら、誰それ以外は評価するなヴォゲ!
とでも書いておけばいい。

コミケと同じだよ。皆等しく「やる夫スレ住人」なんだから。作者様()は不要。

492名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:01:56 ID:KLQvB2YM
評価するかしないかは評価人の自由だけどな

493 ◆XnRkilFxSo:2010/11/26(金) 21:02:44 ID:im3WJFRo
>>490
では、今日お時間が空いている方に評価をお願い致します。

494 ◆XnRkilFxSo:2010/11/26(金) 21:03:18 ID:im3WJFRo
ごめんなさい、誤爆したかも

495名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:04:36 ID:c9h5yPYI
>>494
誤爆じゃないんで大丈夫ですよ

496 ◆XnRkilFxSo:2010/11/26(金) 21:07:10 ID:im3WJFRo
>>495
どうもです。

497名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:14:16 ID:XeJc3hJk
◇やる夫達が『死』から逃れるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/686

◇やる夫は三河の聖になるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287743882/787

◇やる夫の青春
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/58

◇やる夫が殺人ウイルスを手にしたようです。
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/114

◇やる夫が未来へ呼び出されるようです
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/374

◇やる夫で学ぶ燻製
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/375

◇【秘密結社】やる夫は秘密結社精鋭兵のようです【フリーメイソン】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/428

◇【やる夫が】やらない夫たちのオーケストラ談義【学ばされる】
 依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/489


なんかゴチャゴチャしてきたからまとめ
最近荒れ気味だけどスルーして評価人さん頑張ってください

498名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:37:00 ID:YbSqlCgQ
>>471-488のまとめ。

 現在の指定評価人制度は、正しく機能していないのではないか?
 評価依頼された指定評価人が評価しないことが稀にある。なぜ、このようなことが起きて
いるのかと言うと、指定評価人が既に人知れず引退してしまった可能性があるから。
 →①指定評価人リストの定期的更新が必要。

 依頼されたスレを評価しないことが、なぜ問題なのか?
 指定評価人は、自主的に評価を受けると公言しているため、依頼されれば評価するのが
正当だから。
 ただし、例外として指定評価人でない評価人が依頼を受けた場合は、評価を強制されな
い。むしろ、指定評価人でない人への評価依頼は今後混乱を招く恐れがあるので禁止する
べきではないだろうか。
 →②指定評価人以外への評価依頼は禁止にするべきではないか?




①指定評価人リストの定期的更新が必要
②指定評価人以外への評価依頼は禁止にするべきではないか?

 1について暫定的に1週間呼び掛けて、反応のなかった人に関しては、リストから外しては
どうだろうか。その後は評価スレが新しく建つ度に更新していく形がいいのではないかと思う。

 2についてはみんなの意見が聞きたい。




 悪戯に蒸し返したいのではなく、>>484が言ったことと今回のことを次に生かしたいからこ
そ、ここで意見をまとめておきたい。

499名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:42:41 ID:qNifX2Xg
指定評価人に名乗り出ない人に対しては、評価依頼しない方がいいと思う

負担が増えて、評価人辞めたら元も子もないし

500名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:44:00 ID:uWtQB8zI
名乗り出てない評価人に集中したら大変だしね

501名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 21:54:50 ID:FK/BNDDU
派生議論スレでやったほうが…でも評価人が見てるここでやるほうがいいか?

①指定評価人リストの定期的更新が必要
指定評価人制度自体がいらないと思う。7人もいながらここまで機能してないってことはそういうことでしょ。

②指定評価人以外への評価依頼は禁止にするべきではないか?
むしろ>>428さんみたいに、
「できれば○○さんが良いです、もちろん他の人も歓迎です」
っていう軽い感じで良いんじゃないかな。
お願いされた人が評価するのもしないのも自由、お願いされてない人が評価するのも自由。
個人名挙げたからにはその人以外から評価されにくくなるかもしれないけどそれは自己責任で。

まぁその場合、人気の評価人さんに殺到するかもしれないけど強制じゃないからされなくても怒らないってことで。

502名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:07:24 ID:YbSqlCgQ
>>501
 このスレに関わる重要な話だから、後でこれを読む人たちのことも考えて、あえてここで
話した方がいいと思う。ただ、こうすることで少なからず評価の邪魔になることも確かだから、
できるだけ早いうちに結論を出したい。

 評価人自らが名乗り出ている以上、そこは評価人自身に任せるのが妥当だと思う。今回
の問題は、指定評価人制度の"リストの更新"に不備があったから起きたことじゃないかな。
指定評価人制度自体は悪いものではないよ。
 ただ、今回の呼びかけで指定評価人が一人も現れなければ、指定評価人制度は実質無
くなるんじゃないかとは思う。

 指定評価人とは別に、"依頼することは自由"ということならいいんじゃないかな。ただ、そ
の場合は、評価依頼には"指定評価人依頼"と"評価人依頼"の二つがあると明記しないと
いけないね。

503名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:09:02 ID:8L6V1QSk
指名評価人なんていらないと思う
そもそも勝手に一人が名乗っただけだし、その後もほとんど機能していないし一人は頼まれても無視したままじゃないか

504名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:14:56 ID:YbSqlCgQ
 >>498で"1週間呼び掛けてみる"って言ったけど、あまりこの問題を引きずると評価の邪
魔になる恐れがあるから、28日の夜までの方がいいかもしれない。丁度明日から休みだし、
この二日間でほとんどの人が確認できると思う。もし、これを逃してもスレが移る頃にリスト
の更新は毎回行われるから大した問題にはならないはず(指定評価人がいればの話だけど)。

505名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:21:38 ID:YbSqlCgQ
>>503
 形骸化している感は否めないね。ただ、上でも言ったけれどまだ指定評価をしたいという
評価人がいるのなら、無理に失くすべきではないと思う。ここら辺はリストの指定評価人の
応答を待ちたいと思う。どちらにしても今回の呼びかけで指定評価人が現れないようなら、
この制度は無くなる。

506名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:27:05 ID:I7BUDu/s
まぁ制度はいらないよな
指名してもいいよって空気は大切だと思うが

507名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:30:26 ID:9dy16LeM
試験運用の感が強かったのがズルズルっといった感じに見えたので、
猶予の後、テンプレ中から削除しても構わないのでは。

指名自体は構わないと思いますが、
今までで三回?程話題になっても評価人の方から
残して欲しい!!って要望が特にあったわけでもないですし。

508名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:32:22 ID:LWOamSEA
35レスほど、投下よろしいでしょうか?

509名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:34:45 ID:I7BUDu/s
長いなw
いいんじゃね?

510名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:35:09 ID:LWOamSEA
お借りします




            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l     こんばんは、ヴィルヘルミナ・カルメルと申します
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |     このたび、僭越ながらこちらのスレを評価させていただきます
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ
          /: : : : :: :|:::弌      '    イ:::|乂           【秘密結社】やる夫は秘密結社精鋭兵のようです【フリーメイソン】
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289909935/
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {      拙いところもあるかと思いますが、
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈     どうぞよろしくお願いいたします
 /  /:::::::::::〈          }      | ハ |     ∨     ヽ

511名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:35:51 ID:9dy16LeM
っと、どうぞどうぞ……

512名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:35:53 ID:LWOamSEA



   l: : :/. : : :/ : : : : : : : : : : `ー┴く  〃 ハ
   |/. : : ; :' : : : : : : : : : : | : : : : : : : :V 〃(|
   |: : : :.:/: /. : : : : : : : : :| : :i : : : : : :∨_ル1
   |: : :/:./ : : : : : : : : : : : | : :| : : : : :_;∧   |     依頼レスは>>428です
   ト: :/!: !: : :/: : : : : : :.:/ : : : : : : : : : ハ-┬'
   |: /`ト、 : / / : : : : : : /: : /: : : : : :i : : : 「 ̄}
   |/ミメ、l / /:./l: : : : :/ |: /: : :|:} : : | : : :〔__丿      ミクさんをご指名ですが
   |ん:::::ハ' :.:/; : : :ニ/二/「:厂:メ、: : | : : :「:|
   ドcン′ l// : :x'斗==ミx l/. : : ノ:!: : ':|:.|       誰でも評価して可、とのことですので、
   l´{| ,   /:/  ん.::::リ V : :/:八:/:.:l人
   |ヽ!    /    `゚ cン  /.;/:/:/ ̄厂 ̄ ̄ ̄`ヽ   失礼して評価させていただきます
   | ト、   ,     , , イ´: ∠/   /      '. : : :i
   | | ヽ- 、      ∠.イ:/{         / | : : : |
   | |  { `゚     . イ/ : : / 厂 ̄ ̄ ̄⌒Y  ノ : : : |
   | } ├‐=ァァ 7ア : / : : / /       /  //. : : : :/





                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!    ポイントを、二点に絞ってお話したいと思います
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/         ①どんでん返しについて(シナリオ)
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_          ②戦闘シーンについて(AA)
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (       特に①は、依頼ポイントの
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/       「2 ずばり、びっくりしましたか?」
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「
             |:::: : : : : :', __」_     j: : : :.|        これに対応することだと思います
           l::::::: : : : : ',-─- 二ニヽl: : : : |
              ',::::::::. : : : :', 三二ニ-、|: : : :::|
         , イヽ:::::: : : : : :ヽ`¨` ー 、|: : : :::|       以下、本編について、多大なネタバレを含みます
      ,. '´ /   \::::: : : : : \     |: : : :::|

513名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:36:19 ID:LWOamSEA

┌──────┐
│  あらすじ  │
└──────┘


             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、


┌─────────────────────────────────────────┐
│  やる夫は結社フリーメイソンの精鋭、戦闘のプロである。                          │
│                                                             │
│  ある日、彼は新人の育成と、巨額の金を信用金庫に預けるよう、ボスの佐々木に命じられる    │
└─────────────────────────────────────────┘


      __   _,,,  -――-  _
    /:.:.:.,.`-‐ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.   /:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
  /:.:.:./:.:/:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\    
.  l:.:.:.:.l.:./,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.  l:.:.:.:.l://:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. '
.  l:.:.:.:./」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
  l:.:.:.:|:.|:.:.:l:.:.|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:.}:.:.| !
  l:.:.:.:.|:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
  l:.:.:.:.:1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
.  l:.:.:.:.:゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.  l:.:.:.:.:.:.:ヽヽヽ:.l、  u   _    /:.:.!
.  レ'ヽ:.:.:.:.`:.:lハ:lヽ、       ,.-1:./
.     }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽN |` ‐ 、__ ィw  '/
     l/l:.:.:.:.:.:./l.:.,r'^,!       「ヽ、'´
      l:.:.:.:.:_,.-'  |       ヽl ヽ、.._


┌───────────────────────────────┐
│  だが、育成するはずの新人・キョン子は白昼堂々さらわれてしまった    │
│                                               │
│  敵対組織「悪魔教会」から、身代金を要求するメールが届いた       │
└───────────────────────────────┘

514名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:36:38 ID:LWOamSEA


           _______________________ \         \
           /\__________________\\_______.\
         |\/                            ̄ヽ|          |
         | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||          |
         | |  |                          |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |    そちらのキョン子さんを      |  ||          |
         | |  |    誘拐致しました。           |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |     返してほしくばやる夫さんに    |  ||          |
         | |  |    一人でウチの本部まで       |  ||          |
         | |  |    100万ドルを持たせて       |  ||          |
         | |  |     来させることですね。       |  ||    ○    |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         \\ \_______________/ /|     ◎   |
           \\________________../  |          |
             ̄    ||          |          |          |


┌───────────────────────────────────┐
│  言われた通りに金を持って悪魔教会に乗り込み、三人の敵幹部を倒すやる夫  │
└───────────────────────────────────┘


    |′::::::::::::::::/ `、::::::::::::::::::::::::, ´   ゚ ` 、::::::::::::::::::::::::!
   /,:::::::::::::::::::;   ,  、:::!::::::::::!{。    .  }::::::::::::::::::::::::l
.  i ,::::::::::::::::::,  /, - 丶:::::::::::..、   。 ノ:::::::::::::::::::::::,
   ::i、::::::::::::::,'  彳;;} !  i:::::/::::::` ;- イ::::::::::::::::::::::::/
   、i 、:::::::::::,::.、 弋,ノ   }:::,'::,::::::::,::::ノ {:ヽ::::::::::::::::,::/
     i、:::::::,::::::}       /:, '/:::/i::/  ソ;::\:::::::::; ´
  .    ヽ:::i::::/     ノ' //  i;´ !   、::::i,、-,
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
            |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
            |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
            |:|!: : : : : : : | `ゝ弋:__:ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|
            |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|
            |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |
             \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l

515名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:37:15 ID:LWOamSEA


  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\


┌────────────────────────────────┐
│  敵のボス、できる夫はかつての親友だった                    │
│                                                 │
│  できる夫と激しく戦うやる夫。仲間のおかげで敵の自爆も封じ、 勝利した .│
└────────────────────────────────┘


  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:!
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.: i
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N:.:.:.:.: i
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. :.|:.:.:.:.:.:l
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ.心 \!  ;l.-ト、 ヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ:.:.:.:.:.:.i
      リ、:.:.:.\|:{ ヒン     代::::ヒ .|:.:.:.:.,'ノ〉:|:.:.:.:.:.:.:.:l
        ヽN:.:.:.:|       ゙=´ .,!:.:.:./イ//:.:.:.:.:.:.:.:l
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i


┌────────────────────────────────────┐
│  だが、助けたはずのキョン子がやる夫に銃を向ける                    │
│                                                      │
│  彼女は、フリーメイソンに家族を殺された復讐者だったのだ。誘拐は狂言だった   │
└────────────────────────────────────┘

516名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:37:37 ID:LWOamSEA


┌──────────────────────────────────┐
│  やる夫を撃つも、自分の本心が復讐にないことに気付き、泣きだす佐々木   │
│                                                  │
│  やる夫は、防弾チョッキのおかげで一命を取り留める                  │
└──────────────────────────────────┘



                    .....:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.....
                 ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:`:.、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. iヽ:.:.:.:、:.:.:\
            /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.i: l:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:ヽ
             / //:.:.:. /:.:.:.:.:.:/:.:.: /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.
              /:/ :. i:.:i:.:.i:.:.:.:.:イ:.:.: /:/ヽ:.:.:.:.:.:i:.:.:.:. i:.:.:.i
.            /:/:.:.:. |:.:|:.:.|:.:.:./ .|:. ,イ:/   \:.:.:|:.:.:.:.:.|:i:.:.l
          i i:.:.:.:.:.|:.:.!:┼ 7 メ:/〃, ‐―‐ヽ: !:_i:.:.:.!:l:.:.l
          | |:.i:.:.:.:!:ハ:.!:/ /:' /'        !ハ/:.:.iハ!:.:.:l
         /:.l:.ヽ:.:.ハ ,ィf示ト、    ,ィf示ト./i:.:/ /:.: i:!
          /:.:.ヽ:.iヽ!:.:.  irし::}     irし::}/:.:l:.ゝ':.: /!.:.
.        /:.:.:.:.:.ヾ:.:ゝハ. ゝ‐ '  ,   ゝ‐ ':.:.:.:!/:.: ィ:.ハ:.i
       /:.:.!:.:.!:.:.:i:.:.:.!:ーヽ    、   ,  /:.:.:.:.ム ´/:' |:|
        |:. ハ:!ヽ:.!ヾハ从:>         ィハ从乂. /'  !'
       ヽ!  ` `  ,、.、    i` ‐ ´ /     _
              ,.−': ::λ _ /    !、   / 酛_
           /.: : : : :冫  _     _ ̄冫: : : :.ヽ
            /: : : : : :冫    ヽ  '´    冫.: : : : :.i
             |: : 丶: :/ ー  _    _  '|: /.: : : : l
             |: : : :.ヽ!_.      ̄       !:': :/: : : l
             | : : : : i:,: : : : : −. . _  _ . . : :´ヽ:': : : : |
          i: : : : i': : : : : : : : : : : Y : : : : : : : l : : : : l



┌─────────────────────────────────────┐
│  全ては、フリーメイソンのボス佐々木と、悪魔教会のできる夫が計画したことだった   │
│                                                        │
│  やる夫はまた新人育成の日々に戻るのであった                        │
└─────────────────────────────────────┘


┌─────────┐
│  あらすじおわり   │
└─────────┘

517名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:38:24 ID:LWOamSEA


┌─────────┐
│  ①どんでん返し    │
└─────────┘


                 / .: :.::.::.::.::.l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`ヽ┤
             /. : .::.:i:.::/!::.!::.::.::.::.ト;:.::.::.ヽ::.::.::.::.',j     ……「びっくりしたか」についてですが
               i:l .::.::.:」_:l|ハ::.::.::.';:l Vヘ::.::.';_.::.::.::i|
               |:!:.::.::.|:|:.|`ト|、ヽ::.:: トj_,.斗ヾ´! :|.::.::!l
               N、:.:.:.NN ヽ! ` \:|´ヽ `ヽ`レノ.:/リ:!       おそらく、作者氏の狙いは、
.                }:.\:.ト ー‐‐'  `  ー‐‐',厶イ:.:.:.',
            r 、  /.::从∧              /.::|人::.::ヘ        どんでん返しによる驚きだったのだと思います
           }エ!_/.::/.::/l iヘ    _'_    ,イ:|:.:|::.: \::.\__
           l ! `ヽ.::__.::.!:|:.:> _  `´  .ィ'.:.: |.::|;ィ;、ト、>'´  |
           l レ'Y´j\/;|:ト;トト┤::≧‐≦´:|:/レ'!: l/>'´     |
           |.' /}コl_ヽ!:!-イ、\__Y__/,>-|:/´    _ |       簡単に言うと、二つありました
            〈  / )|  `ハ! /.::::ヽ∧ ∧'".:::: l リV  _>´ ∧ノ
            ∧  <_}r!ー┤|〈:::::::::/ Y ∨::::::l/ V´     〈_丿
.         〈::∧  )| ./ /  ̄/   |   | ̄´\ \     ))



┌──────────────────────────┐
│  ・キョン子がさらわれたと思ったが、実は狂言誘拐だった   │
│                                        │
│  ・全ての黒幕は、実はやる夫のボスの佐々木だった      │
└──────────────────────────┘



              ィ77ーr 7 7ーr7´ ヽ__
             __///∧/_/_/_/_/__/ /` 7ヽ
              <´∧,,. .:´: : : : : : : : : : : ` : .//∧、
               У´. : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ/〈:ヽ     綺麗に決まったどんでん返しは、読んでいて楽しいものです
               /. : : : : : :/. :/. : : : : : : : : : : : :∨ 〉:..
             ./. : /. .:.:.:/|: / l: : :ト : :.:.:| 、: : : : ハ〈: : .    推理小説などでの「やられた!」という快感は、
          ,′. :! .:.:.:/_」ノ_ l!: : | \-+-ヽ : : : |/. : :l
           l: : : :| : : { ___.八: :| _ヽ!\トハ: : |: : : :|    いかに作者が読者を騙せるかにかかっています
           |.:ト : {. :.:〈| l::::::|  ヽ!| l::::::::::l |l ∧.:|: : : :|
          ヽ ヽlヽ 从 >:::j    、> ::::::j リ: :∧|: : : :|
             //. :/ :l.  ̄       ̄ ̄ /.:./ : : : : : :.
              //.: /. : ゝ.   。   _ イ.:./ :/: ト :ヽ: .\       さて、氏の作品で、どんでん返しが鮮やかに成功し、
            .イ/.: ∧: ./. : `=ェュ7´〉7/| /ヽノ \ ー―
          厶イ ∨\{ヽノ〈〃 i Y{rメ 〉j'               読者の驚きに繋がっていたかと言うと――
                 /У`^^^{てY
               、イ_/  、_  j! :|
             〈 ̄ ̄}〈      ̄/〉 :|

518名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:38:48 ID:LWOamSEA


.                  _r‐ィ‐,イ¨ヽr‐ァ、‐-、
              f_ト‐レ'.┴‐、l‐'、/´\\
             /:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\∠_:.ハ
           /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ト、:.:ト、_.:.:.:\_}:.:|
            |:.:.:.:.:Nヘ:.:.:.| X!´\l:.:.:.:.:.l:.:.:|         やや厳しかったのではないか、と思います
            ∨:.:.:|ー‐\|    _, l:.:.:.:.:.l:从
              \:.lマリ    ̄   |:.,イテl!:.:.:l
      , '´   ' ;.     ヘ!  、      ノイ:|_ノ:.:.八         というのも、二回のどんでん返しを行ったことで、
     :       ;.      〉、, -‐、  / |:.|:.:.:.:.:.:.:.:\
     ';.      ;..   /:.:.ムr‐iノ≦ .r‐┤「l:.:ハjリ´>,──‐、      ストーリーが破綻してしまったように思うからです
       ',    `,  厶:.l:.:`¨´:.|`Y´::::::リ弋___//      |
      ',    ,'  / ̄И:.:r‐rト-r'´ ̄// / ´ ̄7ヽ  /
        _,.=─┐/ _ レ'.レ' ´¨「 ̄´:::/ /´7ユノ:::::| __/
      / ‐‐ヲ   .| 丁 //  l | ´  ̄   !_〈:::::::::::::://
      ! , フ 鮭.| 「 / .厶_ .l | /    /::::::::::::::::::/´7
     Vト、ヽニ、ヽ、|/      }__j l   〈:::::::::::::::::::::|‐'         全ての黒幕佐々木。その協力者できる夫
      N、 ー─'   \.       l   l─-、:::_ノ
      Vヽ___  / ̄ヽ、     l   /:::::::::У               彼らは、なんのためにこの事件を起こしたのですか?
        ∨::::::::::::::∨:::::::::::::`丶、__/::::::::::/
       ∨::::::::::::/´ ̄ト、::::::::::::::::::::::::::::::/!





                    ,rー‐-、___,--、_
               ,r'ー、r'"|  _i_ i  `ヽ、
               ___〉  |_,、r‐'´: : : :`¨'ヽ、, /、-、,
             〈  ゝ-''` : : : :、: : : : : : : : ヽ,/ 〉
             /:〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ :ヽ        特に、できる夫です
              /.:. : : :/ .: : : : : : : :.:.|: : : : : :l: : : : : : :',
            /..:/: : :/. : : : i: : : : : : :|: : :|: : ::l : : : : : : }、      部下三人をやる夫に半殺しにされて、
           /::/: : /. : : : :,ハ: : : : : : :| : :|: : ::|: : : : : : ! :l
             i:.: l: :.:.|.:..::.|: /`ヽ!: : :.:|\|\.::|: : :| : :,ヘ: l      自分も本部もろとも自爆しようとしています
            l:./l: :.:|.:.|::.iV´‐-ヽlヽ : :| -‐`メ、| : :i : : :l: :',
             l/ |::.:|.:.|.:..|ィテ〒ミ  \|ィ〒テそ : /:/: : i: :ヽ
              /l:: |.:.\|ヽ辷ソ    ヽ.:ッツ }: :/ i.:. : |: : : \
             /: ,ハ;|.:.|:.:ハ    ,       l:/:,イ: : : :\ : : `ヽ、_,     ……なのに、佐々木・できる夫を黒幕にしたことで、
      _ .-.´ : / : : l:ハ::.ハ       U  〃.: :|: ハ: : : : \.: :_: : :<
       ̄`゛i.:. : : : :l: : : :i: : : ヽ、  `   .イ:|: : :l /:.:|: : ;r '´ ̄ `}      すべて自分で計画したことになってしまうのです
        r‐‐‐- 、'_: ハ l : l: : : :l : >-<´ノ :!: : :L _>'´    ./´ }
         .{      `ヽ、 : i: : :.l .{  {     / !: :ノ /   ,、  l.ヽ,〈      なぜこんなことを……?

519名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:39:20 ID:LWOamSEA


   l: : :/. : : :/ : : : : : : : : : : `ー┴く  〃 ハ
   |/. : : ; :' : : : : : : : : : : | : : : : : : : :V 〃(|
   |: : : :.:/: /. : : : : : : : : :| : :i : : : : : :∨_ル1     実は、「キョン子の狂言誘拐の真相」についても、
   |: : :/:./ : : : : : : : : : : : | : :| : : : : :_;∧   |
   ト: :/!: !: : :/: : : : : : :.:/ : : : : : : : : : ハ-┬'      似たようなミスがありました
   |: /`ト、 : / / : : : : : : /: : /: : : : : :i : : : 「 ̄}
   |/ミメ、l / /:./l: : : : :/ |: /: : :|:} : : | : : :〔__丿
   |ん:::::ハ' :.:/; : : :ニ/二/「:厂:メ、: : | : : :「:|       最初は、「誘拐されたのに、誰も車を目撃していない」
   ドcン′ l// : :x'斗==ミx l/. : : ノ:!: : ':|:.|
   l´{| ,   /:/  ん.::::リ V : :/:八:/:.:l人
   |ヽ!    /    `゚ cン  /.;/:/:/ ̄厂 ̄ ̄ ̄`ヽ      という『謎』のはずでした
   | ト、   ,     , , イ´: ∠/   /      '. : : :i
   | | ヽ- 、      ∠.イ:/{         / | : : : |
   | |  { `゚     . イ/ : : / 厂 ̄ ̄ ̄⌒Y  ノ : : : |     読者は、アレ、と興味を覚えます
   | } ├‐=ァァ 7ア : / : : / /       /  //. : : : :/





            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ      これに、「人外のパワーを持つ阿良ヶ木君が誘拐した」
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!      という、仮の真相が与えられます
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ      車を目撃していない、ということの説明になっていて、
          /: : : : :: :|:::弌      '    イ:::|乂
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ              なかなか良いと私は思ったのですが……
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈

520名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:39:44 ID:LWOamSEA


           /.:.:.: : /.:.:/ : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : .  、\ \
          /.:.:. : : : :l .:/ : : : : :l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .   `ヽ⌒ヽ、
            /.:.:/: . : : :l :l.:.:.:.: : : :l: : : : : :.l : : : : : : : :!   ', / !     どんでん返しで、
         /.:.:/.: :.: : : :| :|. : : : : : ト、: , : -ト、‐ :、.:: : : :!    V1. !
           l.:./l .: : : : : :ト、ト、. : : : : lく\: : ヽ\:|\: : :!  !  ! !  !
           |.: | : : : : : :|‐|=ト、: : : :.ト、l ,.ィテ〒 ミヽ㍉V. : :/l /.l l!   !    「実は狂言誘拐で、キョン子が自分で車に乗った」
           |:l l: : :.:l : : | V  \: :.l イ 1゚いソ_/  l/: ;.イ://.:.l/l  !
          l/ '; .: :l : :,.イ行〒 \|   ` ¨´     /: :;イ/イハ 〉:!  !    という、本当の真相が明かされます
            \:l : : l弋辷ソ            // |:. i _ノノ: ::!  ヽ
             \: :ト、    /        U    j.:. レ' : : : : :.  \
             i |: :ハ     `            /.:.: |:.:.:.:.:.:.:.: : : :.  \      ……あれ? と思いませんか?
             l |: l: .ハ      ‐       /|.i.:l !l::.:.:.:.:.:.:.:. : : : :.:. ヽ\
              l/: l:/: : .ヽ、           /  |.|.:|.:|.:l.:.:l、.: : :ト、l`ヽ、 . .: : :\
           /: /l : : : : : : 丶、      イ, -─リ:.:l.:l.:l.:.:l:ト、: :.|  ,. " ´ フ´ ̄`
           /: ; イ:/: : :/ : : :.l :、 :> <_/.:.:.:.:   i.://:ノl/lノ \| '´   /    /
         "´   l/. : :/ ト、: : ト、|\| l_/.:.:.:.:.:   _」// _\__, イ    /     /:
         , -─- 、/./ /─-、ヽ|   ノV__ , -‐ "´  l/.:.:.:/  /    /.:.:``ヽ /: :
      /       V.:/    ヽ __∠ ノ⌒L_  -‐─ /.:./    /  _ _L.:.:.:.:.:.:.:V /
       /       V    /.:.:.:.:ノ   「.:.:.:.:.:.:.:.://     /´    ̄`7.:.:.:.:.:.:.V





                 / .: :.::.::.::.::.l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`ヽ┤
             /. : .::.:i:.::/!::.!::.::.::.::.ト;:.::.::.ヽ::.::.::.::.',j    最初は、「車すら目撃されていない」はずでした
               i:l .::.::.:」_:l|ハ::.::.::.';:l Vヘ::.::.';_.::.::.::i|
               |:!:.::.::.|:|:.|`ト|、ヽ::.:: トj_,.斗ヾ´! :|.::.::!l    だからこそ、阿良ヶ木君の犯行、という仮の真相が成立します
               N、:.:.:.NN ヽ! ` \:|´ヽ `ヽ`レノ.:/リ:!
.                }:.\:.ト ー‐‐'  `  ー‐‐',厶イ:.:.:.',
            r 、  /.::从∧              /.::|人::.::ヘ
           }エ!_/.::/.::/l iヘ    _'_    ,イ:|:.:|::.: \::.\__      ところが、真相をひっくり返した結果、
           l ! `ヽ.::__.::.!:|:.:> _  `´  .ィ'.:.: |.::|;ィ;、ト、>'´  |
           l レ'Y´j\/;|:ト;トト┤::≧‐≦´:|:/レ'!: l/>'´     |     最初に提示された謎と矛盾するのです
           |.' /}コl_ヽ!:!-イ、\__Y__/,>-|:/´    _ |
            〈  / )|  `ハ! /.::::ヽ∧ ∧'".:::: l リV  _>´ ∧ノ
            ∧  <_}r!ー┤|〈:::::::::/ Y ∨::::::l/ V´     〈_丿           これでは、驚きに繋がりません
.         〈::∧  )| ./ /  ̄/   |   | ̄´\ \     ))

521名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:39:57 ID:LWOamSEA


            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l    作者氏に足りないのは、
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!    どんでん返しを繰り出す時の練り込みではないでしょうか?
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ
          /: : : : :: :|:::弌      '    イ:::|乂            ・どんでん返しの前後で矛盾が起きないこと
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐     ・読者が納得できる理由があること
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {     この二点です
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈
 /  /:::::::::::〈          }      | ハ |     ∨     ヽ





                , '´〈    |  l  ト-‐ヽ
           /  /`ヽ  , 、| _/ヽ‐‐ヽ丶、\
          / ┌く、/ ̄/      ヽ  ヽ ヽl
         /   | ./   /        ヽ     \      佐々木がこんなことを計画した理由はなんでしょう?
            |   _,|_/       / |      !   、  ヽ
        │  | /      /   |       l ! l  !   !ヽ
         !   |/     /  /   /!      !| | | !   |l│   たとえば――「やる夫を危険に思って、抹殺しようとした」
         |    |   /  /   / | !l.   /|レ }イ │  | !|
        │   |    | -/l ‐,t/-、|l |   /, -┬,〉 !   | l
         |     !   | 〆-;'‐┬ /' | / |ソノ |  !  /           ありがちで陳腐ではありますが、筋は通ります
        / /   | |  !` lヽノ'  '  |/  '"´  l /| /
        / /     ヽト、 ヽ  ̄´     ,    |' !/ヽ、_
      /〃    |   !ヽ`ゝ         , イ :|'´ ̄\二ニ=‐
       '´/   /| /   |  |`ヽ、      ̄  /,‐| :!     >ー、          とかく、作者氏の作品では
      ∠_ , '/  |/|   !  !::`ー.ニ - 、__/ヽ/ | |   /   ヽ
  , ‐=ー ─ ∠. ‐'´ |Λ/ヽ ヽ _::::: ̄`:V:|.=‐- 、| !  /     ∨|     主要人物の行動に、動機が弱いと思うのです
 /    ̄\  ̄ \ レ' /:\ ヽ`ー-、::_丿)::`ヽ! //          { !、
./      |  ー -ヽ/`ヽ:::::ヽ ヽ ー/ヽ}〈 :::::: ! /ヽ      l ヽ / | l
|        .|       \  ヽ:::::ヽヽ:/  ヽ \:::!,イ  ヽ _ - ! l /  ! |
|       /::\  ‐─‐ ヽ  \:::ヽヽ   !  l:/::|   |    / /  ' |

522名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:40:34 ID:LWOamSEA


                 / .: :.::.::.::.::.l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`ヽ┤
             /. : .::.:i:.::/!::.!::.::.::.::.ト;:.::.::.ヽ::.::.::.::.',j
               i:l .::.::.:」_:l|ハ::.::.::.';:l Vヘ::.::.';_.::.::.::i|      最低限、この四人の動機が埋まらないことには……
               |:!:.::.::.|:|:.|`ト|、ヽ::.:: トj_,.斗ヾ´! :|.::.::!l
               N、:.:.:.NN ヽ! ` \:|´ヽ `ヽ`レノ.:/リ:!      と思います
.                }:.\:.ト ー‐‐'  `  ー‐‐',厶イ:.:.:.',
            r 、  /.::从∧              /.::|人::.::ヘ     読みましたが、自分は結局、佐々木とできる夫が、
           }エ!_/.::/.::/l iヘ    _'_    ,イ:|:.:|::.: \::.\__
           l ! `ヽ.::__.::.!:|:.:> _  `´  .ィ'.:.: |.::|;ィ;、ト、>'´  |    「なぜ」この事件を起こしたのかが不明でした
           l レ'Y´j\/;|:ト;トト┤::≧‐≦´:|:/レ'!: l/>'´     |
           |.' /}コl_ヽ!:!-イ、\__Y__/,>-|:/´    _ |
            〈  / )|  `ハ! /.::::ヽ∧ ∧'".:::: l リV  _>´ ∧ノ
            ∧  <_}r!ー┤|〈:::::::::/ Y ∨::::::l/ V´     〈_丿
.         〈::∧  )| ./ /  ̄/   |   | ̄´\ \     ))




┌───────────────────────┐
│  やる夫   :昔の自分のようなキョン子を助けたい  │
│  キョン子 :フリーメイスンに復讐したい         │
│  佐々木  :                          │
│  できる夫 :                         │
└───────────────────────┘




            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ     やる夫スレにおいて、そこまで緻密なプロットが必要なのか?
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!      手軽さが売りではないか? という気持ちもあります
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ
          /: : : : :: :|:::弌      '    イ:::|乂
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ         とはいえ、細かい重箱の隅をつつくのではなく、
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |     一読して矛盾が見つかってしまうようなら
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {      これは作者側がなんとかすべき課題と思います
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈
 /  /:::::::::::〈          }      | ハ |     ∨     ヽ

523名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:40:59 ID:LWOamSEA


┌────────────┐
│  ②戦闘シーンについて    │
└────────────┘


.                  _r‐ィ‐,イ¨ヽr‐ァ、‐-、
              f_ト‐レ'.┴‐、l‐'、/´\\
             /:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\∠_:.ハ
           /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ト、:.:ト、_.:.:.:\_}:.:|       こちらは、依頼のポイントにはありませんでしたが
            |:.:.:.:.:Nヘ:.:.:.| X!´\l:.:.:.:.:.l:.:.:|
            ∨:.:.:|ー‐\|    _, l:.:.:.:.:.l:从       私が読んでいて気になった点です
              \:.lマリ    ̄   |:.,イテl!:.:.:l
      , '´   ' ;.     ヘ!  、      ノイ:|_ノ:.:.八
     :       ;.      〉、, -‐、  / |:.|:.:.:.:.:.:.:.:\
     ';.      ;..   /:.:.ムr‐iノ≦ .r‐┤「l:.:ハjリ´>,──-、      作者氏というより、やる夫系作品全体において、
       ',    `,  厶:.l:.:`¨´:.|`Y´::::::リ弋___//      |
      ',    ,'  / ̄И:.:r‐rト-r'´ ̄// / ´ ̄7ヽ  /      「戦闘アクションをどう描くか?」
        _,.=─┐/ _ レ'.レ' ´¨「 ̄´:::/ /´7ユノ:::::| __/
      / ‐‐ヲ   .| 丁 //  l | ´  ̄   !_〈:::::::::::::://         というのは、一つの大きな難問だと思います
      ! , フ 鮭.| 「 / .厶_ .l | /    /::::::::::::::::::/´7
     Vト、ヽニ、ヽ、|/      }__j l   〈:::::::::::::::::::::|‐'
      N、 ー─'   \.       l   l─-、:::_ノ
      Vヽ___  / ̄ヽ、     l   /:::::::::У
        ∨::::::::::::::∨:::::::::::::`丶、__/::::::::::/





   l: : :/. : : :/ : : : : : : : : : : `ー┴く  〃 ハ
   |/. : : ; :' : : : : : : : : : : | : : : : : : : :V 〃(|
   |: : : :.:/: /. : : : : : : : : :| : :i : : : : : :∨_ル1     ・迫力
   |: : :/:./ : : : : : : : : : : : | : :| : : : : :_;∧   |
   ト: :/!: !: : :/: : : : : : :.:/ : : : : : : : : : ハ-┬'      ・スピード感
   |: /`ト、 : / / : : : : : : /: : /: : : : : :i : : : 「 ̄}
   |/ミメ、l / /:./l: : : : :/ |: /: : :|:} : : | : : :〔__丿      ・分かりやすさ
   |ん:::::ハ' :.:/; : : :ニ/二/「:厂:メ、: : | : : :「:|
   ドcン′ l// : :x'斗==ミx l/. : : ノ:!: : ':|:.|
   l´{| ,   /:/  ん.::::リ V : :/:八:/:.:l人
   |ヽ!    /    `゚ cン  /.;/:/:/ ̄厂 ̄ ̄ ̄`ヽ       私見ですが、大事なのはこの三点だと思っています
   | ト、   ,     , , イ´: ∠/   /      '. : : :i
   | | ヽ- 、      ∠.イ:/{         / | : : : |       特に、最後の「分かりやすさ」です
   | |  { `゚     . イ/ : : / 厂 ̄ ̄ ̄⌒Y  ノ : : : |
   | } ├‐=ァァ 7ア : / : : / /       /  //. : : : :/

524名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:41:19 ID:LWOamSEA


                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ     あらゆる構図のAAを自作できるなら話は簡単ですが、
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|    現実には、改変までで手いっぱいです
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′       ①既存のAA
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |            ②やりたいアクションシーン
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |     この二つをすり合わせる必要があります
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (     作者氏の場合、②に①が追い付いていないように思うのです
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「





              ィ77ーr 7 7ーr7´ ヽ__
             __///∧/_/_/_/_/__/ /` 7ヽ
              <´∧,,. .:´: : : : : : : : : : : ` : .//∧、
               У´. : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ/〈:ヽ
               /. : : : : : :/. :/. : : : : : : : : : : : :∨ 〉:..    数レス、引用します
             ./. : /. .:.:.:/|: / l: : :ト : :.:.:| 、: : : : ハ〈: : .
          ,′. :! .:.:.:/_」ノ_ l!: : | \-+-ヽ : : : |/. : :l
           l: : : :| : : { ___.八: :| _ヽ!\トハ: : |: : : :|     人外の怪物の力を持つ、阿良ヶ木君と
           |.:ト : {. :.:〈| l::::::|  ヽ!| l::::::::::l |l ∧.:|: : : :|
          ヽ ヽlヽ 从 >:::j    、> ::::::j リ: :∧|: : : :|     やる夫の戦い。場所は、屋内です
             //. :/ :l.  ̄       ̄ ̄ /.:./ : : : : : :.
              //.: /. : ゝ.   。   _ イ.:./ :/: ト :ヽ: .\
            .イ/.: ∧: ./. : `=ェュ7´〉7/| /ヽノ \ ー―
          厶イ ∨\{ヽノ〈〃 i Y{rメ 〉j'

525名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:41:53 ID:LWOamSEA

┌─────┐
│  引用    │
└─────┘

    /:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
  . /.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.>
   |. :..:.::..:.._..:.::.:.:.. ハ.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::::\!
   |. .:. :./ノ.:.:.:..:./_メ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.:..:.::.:.\   ふっ、その通りだ。
   {.: / /__:.:.:.:./  __\.:、.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.: : :|:|⌒   僕らがここにいる理由。
   ∨./ / /\:.| <イ::::::} \\.:.::.:ハ.:.:.:.: ハ}     そこに利益なんてない。
   |.  '  r_,}:|    ̄       \{ .|:.:.:./
.   ハ     \::ゝ        !   レ∨
   /:.\    \      ` ′  /
.  厶彡!:\    ヽ  ー- ‐_ '  ′
     |/|/i     }      /
      __ ト、   / ヽ   _/
  /二ソ ヽトミ二ヨ    /_
_〆  \ .∨    |    l\}\___
=、_.   ∨    |    {  |  \  \
──.\  ′    ト、_  , -|   }   \
__ \/      | \    !  ./    ハ




            |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
            |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
            |:|!: : : : : : : | `ゝ弋:__:ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|
            |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|   「理由が無いのが理由」だ!!
            |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |
             \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l
                    \: : : :\         j         }: :/:} : : :∠ノ/  !
                ヽ小ー ゝ       ヾ       レ' :/:.:/__/:l
                 }: :ヘ       、_____      // /: : :ト、:\
                   /: ;イ.:ヽ.       'ヱ二二 >      イ: :∧| ` 一
                     //|:、 :\               / /:ト、{
                    !:ハ: :|ヽ.            /   |: | `
                    , < |   丶    .  ´    |`> .
                   _/    |     `¨´       |      > 、
                r' ´       |             /   |      八

526名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:42:05 ID:LWOamSEA
                      iiiiii,,、                         ,,iiiiii,
                    lllllliiil!!!!′                        ,llllllll!゙
         liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,.゙゙゙゙゙゛         iiiiiii,                  ,illllll!゙
             ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllll!′       .iii,,,iiiiiiiilllllliiiiiiii,,            ,illllll!´
                ,illllll!゙         ,lllll!゙゙゙゙ ̄´',llllll!゙              ,illll!!´
          __,,,,,,,,,,,,,,,,illlllll!´            ゙!!゙゛   ,,illlll!゙゛           ii!!゙゙
       .゙!!llll!!!!!!!!!!!!!!゙゛            _,iiilll!!゙゙゛             ,,iiii
                            i,iiii!!!゙゙゙´            ,illllll!
                                            ゙゙!!゙´

                /:|:::::::::i::::;iく ゙i;:lll!::::|||!
                  i::::::i::::::|;ィi|liリ  l::ii|:i:lil!
                  ゙-|--イilliil/   |||:||:|:l
                 ゙ー!´    ll:::i||:|!
                           |:|::l:!|
                          |:||!!:
                           l iil!
                          ||i!
                             |l



              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \   ……そうかよ。
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|
       / |              .|\
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

527名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:42:18 ID:LWOamSEA
                      iiiiii,,、                ,,iiiiii,
                    lllllliiil!!!!′               ,llllllll!゙
         liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,.゙゙゙゙゙゛      ,iiiiiii,         ,illllll!゙
             ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllll!′    iii,,,iiiiiiiilllllliiiiiiii,,      .,illllll!´
                ,illllll!゙      .,lllll!゙゙゙゙ ̄´',llllll!゙     ,illll!!´
          __,,,,,,,,,,,,,,,,illlllll!´      ゙!!゙゛   ,,illlll!゙゛     .ii!!゙゙
       .゙!!llll!!!!!!!!!!!!!!゙゛         ._,iiilll!!゙゙゛    ,,iiii
                      i,iiii!!!゙゙゙´      .,illllll!
                                   ゙゙!!゙´
                 从 从,、、、、、,,
              j,、-''~~iiiiー'~;;""""'''~''-、
         从,,从、r"iiii、、;;;;''"~'-、,, ,,、 '~~~iiiii,,
         ,r'~ ''ヽ 、,,:::::  ,、 '"" iiii'"'''""""'iiiii
    从,,、 ''' " '''"""  ヽ:::::'";;;;;;''" '|ii" ;;;;:::::::::" i|
   ,r''"    iiii、  ,、 "~'t ;;;;::: '' iii  :::::::::  i|
   i~ 、     ''iii"":::::::::: iii| :::::  ' ii,,,,、、、ー '' "" 't;;,
   t;;   、 ,、'ニ"サi '';;;;;;;;:  i| :::,rヽ'"~,,,,,,ヽ :::::,,,::::  t;;
   リ、,}tii、'}iii;;;::  ii ::: ::  i :::t  `'、,,,,,,、ノ  :::;;;;::,, t;;
   i、,,''';;;;t  iiii   ii :: :  リi :: ヽ, 、、、,,  '''"";;r"::::: ヽ;;
   t''~;t ヽ :::   ,i'ー--- '";;~~~;;;;~::'''''''''''t''"";;;;;;;;;;;;;  );
   r;;; ::t::~''ー-ー''";;;;;;;;;;;;;;;;、'";;"";;;;;;;;;;;;;;;;;;''"~'ー-ー '''::::::::リ;;
   i;;; | ii、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、''''''''" ;;;;;  ;;;;;;;;;;       ::::::::::j;;
    i;; | i;;;~'' -―''"    ;;;;;            ii ,,iijii|;;
    i;;;; t'"" '''""             ,,,,iijji '''"iii||||""
    t;;;;,,;;''iii}}},,;;      ,,,iii|i     ''''|||iii,,iii''"
     iiiiiii } iiii、、,    iii||ii}}|_|ii,,,'''';;;;''"|||iiii''"
     |iii |''''ii{{i 、,,iiiiijj,,,ii}}||i||||ii'i '''iiii|||'iii||||i||
.     iii | ,, iiii、 ';;;; ;;;;|||||||||| i||||||||||| |||||| |;;
     |ii||||| |||j  ;;iiiii}}||||||i''  "''iiiii|||| |||||| |;;;
     |ii ||| ii''iiii ||||| ''ii||||、  i '|||| | | i||||||i;;;
     |ii ||从|||ii||||i  |||| |  || |||, ''i  ||||||;;;;
     从ヽ||}} iii|||||||iii  ''';;||i  || |||iiiiiii| i|||||i;;;;
    从,  i  ii||||||;;;; | ii ||||  |||||||||| |||||||ii;;;;;,,
    从从  :ii||:::||:|;;; | |||i;;|;;ii,, |||||||||| ||||||||i;;
   从从 ,,::::::::::''''':::i||| '';;;;;|;;;iiii ,,iii||||||||||||i ,、
   从   :::::::::: ::  :::::|::| ;;;;i;;;;::: ||||iii'' | ,,r'";;;;
  从从 ::::::    ::::::::::i ||||||''i iiiiiiiii |;;;、-',,
 ii||| i  :::::     :::: :::i| |||||i iiiii|| /'"iiiii
 ;;;   ::: ::       :::::iiiiiiii||||ii||||||||||||||||||'i

528名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:42:32 ID:LWOamSEA
        ─ ─ ─ ─                 ─ ─ ─ ─────────── ─ ── ── ───
                  ─── ─ ─        ─ ──  ────_    __  _______
                                 ──‐‐‐‐────── ───‐──── ──‐‐
                                                   ≡
                                     __,、                     ____
                                  〃ニ;;::`lヽ,,_          ≡      /      \
                                  〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..    / ヽ、   _ノ \
                                 /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"/   (●)  (●)   \
                                 >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=、|      (__人__)     |
                                j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l | \     ` ⌒´    /
                               ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |   ≦´ `'ー' " トく
                               i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く>  /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
                               ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/ 〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
                                \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   /(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
                                    ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  /  ト=-|:|-─ ( l   /
                                       / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/::::::::(ヽ--─  / |  /
 _  __  ___     ______________ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/::::::::::::`<==-- ノ / /
                                   ──  ───    ──────==============

529名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:42:45 ID:LWOamSEA
┏━━━━┓┏┓┓   ┏┓    ┏┓┓   ┏┓    ┏┓┓   ┏┓    ┏┓┓      ┏┓┏┓┏┓
┗━━┓  ┃┃┃┃ ┏┛┗━┓┃┃┃ ┏┛┗━┓┃┃┃ ┏┛┗━┓┃┃┃      ┃┃┃┃┃┃
  ┏━┛┏┛┗┛┛ ┗┓┏┓┃┗┛┛ ┗┓┏┓┃┗┛┛ ┗┓┏┓┃┗┛┛      ┃┃┃┃┃┃
┏┛┏┃┗┓         ┃┃┃┃         ┃┃┃┃         ┃┃┃┃   ┏┏┓┓ ┗┛┗┛┗┛
┗━┛┗━┛         ┗┛┗┛         ┗┛┗┛         ┗┛┗┛   ┗┗┛┃ ┏┓┏┓┏┓
                                                ┗━━┛ ┗┛┗┛┗┛

530名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:42:56 ID:LWOamSEA
                             _、
         ,,..        ._.,,、                       ._
  ‐‐''" ̄´゛                       _,,...、....、..、...、,,_
                     _,.......-..-‐'"゛    、 . , `'''ー、,,,,_、
      '''"     ._..... -'''"`゙´ 、    .!  l.  |  | > .|        ̄ ゙̄'― 、_
        _..r'",゙` ,  、 ,! 、 、 l l  ! !  .l  "  | r  !   ./  .、 .,i   ,i   .`゙"'ー..,,,,_,
      ,.'"   .|  .l,  |  ! l . ! .! .l ,! l  l  、.!   l.i  /  l  /., /,   ,. ,i  `゙゙゙゙゙''-、.
   ,, ‐" .、 .'i │ |、 ! l.l, l .l、  ! .| .″ リ  .l.|  .U゙.! ./  / / / .//   /  / .../  ,i   .゙ヽ、
  . -゙ .: .l, . l 、..l .|, ||  .|、! ゙ .l l l  l. l .l  "  .|!  l"." /|  .″./ ." ,//   /  ,i",/   /   / ,゙ー
  _.- !、 、\.ヽ..l, ヽ.l ,!.l, .lヽ    !..l.  ,|, ,! .!   .‐  !  .l゙.l゙  ./    " ,/ ._..-''./    ./ .,i / -`'
.″  ,..`'ー二,,_`' l、゙'./ ...l,  `'〟  . '、.  |, .!.!  |"  .i′ !  / `  ./    .,..-'  '"´ /,. ./ .i彡"、 `
 ー'"´  ./    ⌒"'― .l`'、.ヽ. \   .l'、 " ┤.i,.゛ .l.′ ゛ ゛  ,- -‐'"  / _..-彡'"゛._,..-'''"  、 ゝ
     .′ ,..-  ./    .\ヽ.\ `'-、 \   .゙‐         ″    '"....、-‐,゙..-‐'"、   .ヽ
       ゛  /    .,i ,`''-,, ''ー `''ー `'               ー;;ッ←''''"  ''、  ゙‐
                 /  ′  .`'¬‐'''' ゙̄'―-―'''''"゙ ゙̄''―---ー'''"´., .、   ゝ
                    |   !  .!丶   .|  .! .'、 .l,   .l  |. ."
-‐ο                                                           __._,,
                                                      _、  ,,,,"´
             .. 、--.. ,,,_.__...               _......,,,_          ´´´"""‘.``´   ` ゙
                            ‐.'"    ο               −-.‐
         ο            '''          -.ー- .... .  ,,
." ゙̄'''−'.'''''ー

531名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:43:07 ID:LWOamSEA
    /:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
  . /.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.>
   |. :..:.::..:.._..:.::.:.:.. ハ.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::::\!
   |. .:. :./ノ.:.:.:..:./_メ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.:..:.::.:.\   来い。
   {.: / /__:.:.:.:./  __\.:、.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.: : :|:|⌒   「化物」が相手だ。
   ∨./ / /\:.| <イ::::::} \\.:.::.:ハ.:.:.:.: ハ}
   |.  '  r_,}:|    ̄       \{ .|:.:.:./
.   ハ     \::ゝ        !   レ∨
   /:.\    \      ` ′  /
.  厶彡!:\    ヽ  ー- ‐_ '  ′
     |/|/i     }      /
      __ ト、   / ヽ   _/
  /二ソ ヽトミ二ヨ    /_
_〆  \ .∨    |    l\}\___
=、_.   ∨    |    {  |  \  \
──.\  ′    ト、_  , -|   }   \
__ \/      | \    !  ./    ハ



                    /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                  /: : :          \    ハッ――
        __ .,-u--、.  ./: : : :              \
       / |`ー/ ヽゝ/: : : : : :              \
      / _¨`ヽヾ /ヽ、: : : : : : :.._        _     \
      ! .´ ヾll | | |  l: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
      |.ゝ ノ /|/ .L/|`ヽ_: ::;;( ● )::::ノヽ::::::(●  );;:::   |
      ヽ ー ´/ f l ゞfi-, = 、 : ´"''",       "''"´       l
     _|   | ! |」__ /   ト: . . (    j    )       /
    /  .ゝ___ノ_ノ/__ | ゝ___ ,ィ : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
   ./  /  |  ||、l_| !゙¨~/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
   /  /ヽ.  !   |! ヽ!  |ゝ 〉: : : : : :.``ー- -‐'"´       \
  |  l  \|  |!__ノ, - 、 / . : : . : : .                 \
  | /}ヽ..  L_|_/   ノ'
  / / {  \      / i.
  |  ヽ |   ヽ-ー  ̄  ノ

532名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:43:08 ID:sRK6pHkw

     ____
    ハ((.__\
   (i. _  _ l彡|
   |l ・〉. ・` .Vノ^)    指名評価人だった気がした1001です。
    | (_,ヽ   i.J       こないだ評価したばかりなんで
.   ヽ`ニニ´  |.       生存報告はいらないとは思いますが、一応。
.     i‐一′(



      ____
    /__.))ノヽ
    .|ミ.l _ノ 、_i.)
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ
   .しi   r、_) |       で、制度の事なのですが、完全に廃止という形にしてしまうと、誰かが
     |  (ニニ' /.       『あの評価人に評価してもらいたい』という時にまたいざこざが起こる気がするんですよね。
    ノ `ー―i´
 _, ‐'´  \  / `ー、_.      ……まあ、ぶっちゃけ実際のところは
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ ヽ   議論する必要がないほど機能していないのですがね。
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、   ー / ー  〉
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ



         ___
.       /__))ノヽ
       | l  _  _ i.)
.       (ミl ´・ 〈 ・ リ
       し   (__) .|   だから、『制度として明文化はしないけど、そういうのもOKだよ』って、
   ビシッ   | `ニニ' ./     この位フランクな方が評価する側もされる側もやりやすいと思います。
   / ̄\.ノ `ー―イ
  ,r┤    ト、__/`
 l,  \_/ ヽ|  |  |  | `ヽ
 |,  、____( ̄)|  |  |  | | |
 ヽ, 、__)`JAPAN | |} | |
  ヽ、__)_.|  |  |  |  |l__|__|

533名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:43:58 ID:LWOamSEA
                ...................................
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
  :::::::::::::::       「化物」どころじゃねぇや        :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ...................................

534名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:44:13 ID:8L6V1QSk
>>532
一回更新してから書き込めよ…

535名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:44:19 ID:sRK6pHkw
文章考えててリロードしてなかった、すいません……

536名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:45:36 ID:LWOamSEA

                                 引用終わりです。 >>535 お気になさらず
.                  _r‐ィ‐,イ¨ヽr‐ァ、‐-、
              f_ト‐レ'.┴‐、l‐'、/´\\
             /:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\∠_:.ハ
           /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ト、:.:ト、_.:.:.:\_}:.:|     阿良ヶ木君がジャンプ、上にパンチを突きあげます
            |:.:.:.:.:Nヘ:.:.:.| X!´\l:.:.:.:.:.l:.:.:|
            ∨:.:.:|ー‐\|    _, l:.:.:.:.:.l:从     やる夫は銃を持って横っ跳びにかわしました
              \:.lマリ    ̄   |:.,イテl!:.:.:l
      , '´   ' ;.     ヘ!  、      ノイ:|_ノ:.:.八    ズガガガガッと効果音、次のレスはクレーターです
     :       ;.      〉、, -‐、  / |:.|:.:.:.:.:.:.:.:\
     ';.      ;..   /:.:.ムr‐iノ≦ .r‐┤「l:.:ハjリ´>,──‐、
       ',    `,  厶:.l:.:`¨´:.|`Y´::::::リ弋___//      |    「来い。」と言う阿良ヶ木君
      ',    ,'  / ̄И:.:r‐rト-r'´ ̄// / ´ ̄7ヽ  /
        _,.=─┐/ _ レ'.レ' ´¨「 ̄´:::/ /´7ユノ:::::| __/     ハッ、と笑うやる夫
      / ‐‐ヲ   .| 丁 //  l | ´  ̄   !_〈:::::::::::::://
      ! , フ 鮭.| 「 / .厶_ .l | /    /::::::::::::::::::/´7
     Vト、ヽニ、ヽ、|/      }__j l   〈:::::::::::::::::::::|‐'     ……これ、どういうシーンなんでしょう
      N、 ー─'   \.       l   l─-、:::_ノ
      Vヽ___  / ̄ヽ、     l   /:::::::::У        誰のどの攻撃で、室内にクレーターが出来たのですか?
        ∨::::::::::::::∨:::::::::::::`丶、__/::::::::::/
       ∨::::::::::::/´ ̄ト、::::::::::::::::::::::::::::::/!             やる夫の銃弾の行き先は?
         \::::/    } `ヽ、::::::::::::::/ ├─-、




            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l     戦っていることは十二分に分かります
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!    でも、迫力やスピード感……
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ
          /: : : : :: :|:::弌      '    イ:::|乂         なにより、「分かりやすさ」が足りないように思うのです
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |     特に、作品の後半は、バトルシーンの目白押しです
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {     バトルが魅力的に描ければ、さらに面白く感じるはず
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈
 /  /:::::::::::〈          }      | ハ |     ∨     ヽ

537名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:46:14 ID:LWOamSEA



                , '´〈    |  l  ト-‐ヽ
           /  /`ヽ  , 、| _/ヽ‐‐ヽ丶、\
          / ┌く、/ ̄/      ヽ  ヽ ヽl
         /   | ./   /        ヽ     \
            |   _,|_/       / |      !   、  ヽ       以下、自分の改変例です
        │  | /      /   |       l ! l  !   !ヽ
         !   |/     /  /   /!      !| | | !   |l│
         |    |   /  /   / | !l.   /|レ }イ │  | !|
        │   |    | -/l ‐,t/-、|l |   /, -┬,〉 !   | l
         |     !   | 〆-;'‐┬ /' | / |ソノ |  !  /
        / /   | |  !` lヽノ'  '  |/  '"´  l /| /
        / /     ヽト、 ヽ  ̄´     ,    |' !/ヽ、_
      /〃    |   !ヽ`ゝ         , イ :|'´ ̄\二ニ‐
       '´/   /| /   |  |`ヽ、      ̄  /,‐| :!     >ー、
      ∠_ , '/  |/|   !  !::`ー.ニ - 、__/ヽ/ | |   /   ヽ
  , ‐=ー ─ ∠. ‐'´ |Λ/ヽ ヽ _::::: ̄`:V:|.=‐- 、| !  /     ∨|
 /    ̄\  ̄ \ レ' /:\ ヽ`ー-、::_丿)::`ヽ! //          { !、
./      |  ー -ヽ/`ヽ:::::ヽ ヽ ー/ヽ}〈 :::::: ! /ヽ      l ヽ / | l
|        .|       \  ヽ:::::ヽヽ:/  ヽ \:::!,イ  ヽ _ - ! l /  ! |
|       /::\  ‐─‐ ヽ  \:::ヽヽ   !  l:/::|   |    / /  ' |

538名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:46:50 ID:LWOamSEA

┌──────┐
│  改変例    │
└──────┘



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       |  そうさ、僕らがここにいることに、利益も理由もない……!  |
      \_________________________/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
            |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
            |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
            |:|!: : : : : : : | `ゝ弋:__:ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|    「無意味」に、「理不尽」に奪う
            |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|
            |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |     僕がしたいのは、ただそれだけだ……!
             \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l
                    \: : : :\         j         }: :/:} : : :∠ノ/  !
                ヽ小ー ゝ       ヾ       レ' :/:.:/__/:l       「理由がない」ことこそ――
                 }: :ヘ       、_____      // /: : :ト、:\
                   /: ;イ.:ヽ.       'ヱ二二 >      イ: :∧| ` 一         ――僕には理由になる!
                     //|:、 :\               / /:ト、{
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





     \人人人人人人人人人/
    <                  >
    <   行くぞッ!!   >
    <                  >
    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

                /:|:::::::::i::::;iく ゙i;:lll!::::|||!
                  i::::::i::::::|;ィi|liリ  l::ii|:i:lil!
                  ゙-|--イilliil/   |||:||:|:l
                 ゙ー!´    ll:::i||:|!
                           |:|::l:!|            ,/     ,イ ,イ
                          |:||!!:          /〈    ////
                           l iil!          / /  /| レ レ
                          ||i!            / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
                             |l         / /   l |  '――'''''' // .//// , イ
                                      / /    l l      //   レ レ //
                                      //    Y     //     //
                                       /           /'"     /'"

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

539名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:47:11 ID:LWOamSEA


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
/: : : : : :               \
: : : : : : : :.._        _      \      \人人人人人人人人人人人人/
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l      <                  >
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |      <  ……そうかよッ!!   >
: : : : : : ´"''",       "''"´       l        <                  >
: : : : : : . . (    j    )       /      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
        ─ ─ ─ ─                 ─ ─ ─ ─────────── ─ ── ── ───
                  ─── ─ ─        ─ ──  ────_    __  _______
                                 ──‐‐‐‐────── ───‐──── ──‐‐
                                                   ≡
                                      __,、                     ____
       ┓┓                              〃ニ;;::`lヽ,,_          ≡      /      \
┃     ┛┛         ┓     ┓            〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..    / ヽ、   _ノ \
┏━━┛            ┛    ┃         /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"/   (●)  (●)   \
┃           ━┃           ┏┛  ┛┛┃   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=、|      (__人__)     |
━━━┛     ━━┛    ━━┛      ┃   j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l | \     ` ⌒´    /
                               ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |   ≦´ `'ー' " トく
                               i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く>  /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
                               ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/ 〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
                                \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   /(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
                                    ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  /  ト=-|:|-─ ( l   /
                                       / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/::::::::(ヽ--─  / |  /
 _  __  ___     ______________ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/::::::::::::`<==-- ノ / /
                                   ──  ───    ──────==============
       __ .,-u--、.
       / |`ー/ ヽゝ
     / _¨`ヽヾ /ヽ、   |i
     ! .´ ヾll | | |  l   |
      |.ゝ ノ /|/ .L/|`ヽ_  | i
     ヽ ー ´/ f l ゞfi-, = 、
     _|   | ! |」__ /   ト
    /  .ゝ___ノ_ノ/__ | ゝ___ ,ィ
   ./  /  |  ||、l_| !゙¨~/
  /  /ヽ.  !   |! ヽ!  |ゝ 〉       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |  l  \|  |!__ノ, - 、 /        |   バッ!! |
 | /}ヽ..  L_|_/   ノ'            \_____/
 / / {  \      / i.
 |  ヽ |   ヽ-ー  ̄  ノ

540名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:47:38 ID:LWOamSEA


┏━━━━┓┏┓┓   ┏┓    ┏┓┓   ┏┓    ┏┓┓   ┏┓    ┏┓┓      ┏┓┏┓┏┓
┗━━┓  ┃┃┃┃ ┏┛┗━┓┃┃┃ ┏┛┗━┓┃┃┃ ┏┛┗━┓┃┃┃      ┃┃┃┃┃┃
  ┏━┛┏┛┗┛┛ ┗┓┏┓┃┗┛┛ ┗┓┏┓┃┗┛┛ ┗┓┏┓┃┗┛┛      ┃┃┃┃┃┃
┏┛┏┃┗┓         ┃┃┃┃         ┃┃┃┃         ┃┃┃┃   ┏┏┓┓ ┗┛┗┛┗┛
┗━┛┗━┛         ┗┛┗┛         ┗┛┗┛         ┗┛┗┛   ┗┗┛┃ ┏┓┏┓┏┓
                                                ┗━━┛ ┗┛┗┛┗┛


     \人人人人人人人人人人人人人人人人人/
    <       モノ                 >
    <   そんな銃弾ッ――効くかァアアア!  >
    <                          >
    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\         |  / ,
                                     \__ノし// 、
                                  ..__)/⌒ヽ(_ ',
                                     ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
__―_|  / ,_ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄ /⌒|「⌒\__―― ̄ ̄___ ̄―=
:.:.:.:.:\__ノし// 、:./    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \  \:.:\_,::.:.::::::::::::::::::::::::|
..__)/⌒ヽ(_ ',/         \、_:.:.:.:.:.:.:.:.\   ,ィ示, \::ヽ::::::::::::::::|
. . .: ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄-、,__   ヾ、\.::.:.:.:.:.:.:\/!辷:ツ   》、ト、 ::!:::::∧
:.,: :/⌒|「⌒\::.| \,ィ==ミxー-、\\:.::.:.:.:.:.:.\、_ /.//∨::: /:::::\      |  / ,
:.:∧::.:.::::::::::::::::::::::| 〃/爪ハ   \. ヾ\> 、:.:.:.:. \ー     /:::/:::::::::::::::\\__ノし// 、
/  {: :.ト、:::::::::::::::::ヾ《 弋辷ソ     ノ,/  \ ` ー──ヽ.    /:::/:::::::: ..__)/⌒ヽ(_ ',
   \! \::::::::::::::::ヾ、_      //′              /,.ィ′::::     ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
.、\ ::::: .  \: :.::!\|  ̄                    ´ /:::::      /⌒|「⌒\
:. \ 、___   \:|                    {     /:::::
| . : :\__,    `                 ,イ.  、   }     /:::::
|: : ハノ\.  \                 `ー-、 ,.ノ     /:::::
l/: : \ \  \            , -―==ニヽ   /:::::
: : : : :::::::\ \  \         /         /  /}::::::
:、::::::::::::::::::::\. \  `> ,        ー‐―─  '´  / .|::::::      |  / ,
::::\::::::::::::::::::::\  \    `> ,        ̄      /  |::::::   \__ノし// 、
::::::::::\::::::::::::::::::::\  \      ` _         /  ./:::::: ..__)/⌒ヽ(_ ',
::::::::::::::::\.::::::::::: ::::::\  ` <      ` ー --‐"´._/::::::::    ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄ /⌒|「⌒\___―― ̄ ̄___ ̄―=
          |  / ,
       \__ノし// 、         
    ..__)/⌒ヽ(_ ',
       ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
      /⌒|「⌒\

541名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:47:52 ID:LWOamSEA


                          \人人人人人人人人人人人人人人人人/
                         <                          >
                         <  おおおおおおおおおおおおッ!!  >
                         <                           >
                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                ̄ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
`"''─‐-,..、____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄`"''r――――――-- ..、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l              ヘ  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l                 i
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          ヽ. |    l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l           Y, -、  l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l            `-.、_  冫
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l            `ア
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`- ., ___, ァ..,,_     !
―――-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    `"´ `ヘ__,.- ´ ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――― ̄`"'' ―‐-.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=


                      iiiiii,,、                         ,,iiiiii,
                    lllllliiil!!!!′                        ,llllllll!゙
         liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,.゙゙゙゙゙゛         iiiiiii,                  ,illllll!゙
             ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllll!′       .iii,,,iiiiiiiilllllliiiiiiii,,            ,illllll!´
                ,illllll!゙         ,lllll!゙゙゙゙ ̄´',llllll!゙              ,illll!!´
          __,,,,,,,,,,,,,,,,illlllll!´            ゙!!゙゛   ,,illlll!゙゛           ii!!゙゙
       .゙!!llll!!!!!!!!!!!!!!゙゛            _,iiilll!!゙゙゛             ,,iiii
                            i,iiii!!!゙゙゙´            ,illllll!
                                            ゙゙!!゙´

542名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:48:42 ID:LWOamSEA

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ┏━━┓         ヽ
                ┃    ┃      ┏━┓ /  、  メ
                ┃    ┃      ┃  ┃ |   _ス´ /
                ┃    ┃┏━┓┃  ┃ | ./ .∨
                ┃    ┃┃  ┃┃  ┃ r'´l.  f´ヽ./
                ┃    ┃┃  ┃┗━┛/彡廴ノ /  }
                ┃    ┗┛  ┗┓\y'   Д´ ̄\/ ̄
                ┃            ┃  ヽ  ノ" ヾ、/  》  |
                ┃  ┏━━━━┛〉、_/\クri  l}  /  ィ|´
                ┃  ┃|     f`<´ ヘ_/{lii从ヽ/゙ゝ=、/i/|
                ┃  ┃>-‐ァ7ヘ、\{_}//「lli>ヤ´ソミミ'ヘ/l|
                ┃  ┃‐‐--{_lj /\/_\V/∠l」>i「llli7/∧,|
                ┗━┛ _ {`ヽ{_//´ /X〕ミ:》''´〈〉ヾk'〈/ヾ''|
                   l  |/ 7}\l__>‐゙/く_>r' l〉ミ〉二ヾi}ー-'|lli_,ィ'"´
                   l  K ,//, 「`Y}三./ _l_ソ_}ツヘ__{\八___|lliノヽ
                    l  |^ヾ'  L// __幺:::`:::::く../\/i´ ゙̄ヽ|´   \
                 、i l  | ̄二ニ=r―‐く大^ニァ' }/7/〈{     ,| :
.        ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―/{_{\/\/ /i|  /   ┏━┓
    ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―jjY^ヽ/\.|;,   ┃  ┃
                  `ト、Y´ ̄ ̄} ̄[三,/:::.`ヽ=ァヘ{ニ<   ヽ| l     ┃  ┃
                   \ l|`ト、ロ /, /l }/.:::rr=く_[/_7{_\,>、_ , ,┏━┓┃  ┃
                   ヽ|  l\' / /::::/こl」」くi_/ 」   \ ヽ ┃  ┃┃  ┃
                     \ l __/ ,[ ̄j7i| l|_j「┏━┓ ヾi ┃  ┃┗━┛
                        { ヽ;ン'^ヾ个 l|  | lli┃  ┗━━┛  ┃
                  /ヽ    ` 'く j l//^ヽ!┏━┛          ┏┛
                  V/        、{ i  /^┃      ┏━┓  ┃
                        ロ  \ィ!i| ┗━┓  ┃  ┃  ┃
                              \|  i{ l┃  ┃  ┃  ┃
                          [l    \,l| l┃  ┃\┃  ┃
                           /7        \;i┃  ┃  ┃  ┃ |、
                        `′         ┃  ┃  ┗━┛、|i \
                             <>    ┗━┛、     |iヽ
______________________________________________


     /ヽ                          ロ         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     V/                                       |   パラパラパラ……  .|
                 _,,..-‐、 ____            [l        \_______/
                /i_ 彡}ゞi_i_i_|          /7 
              / ,, .-‐'' ゙ー、___ ソ\       `′    
            /  / \, 、/ ヽ   \
           /  /_i (○) (○)u\   \        あっぶねぇ……化物が……!
            |     丶 (__人__)  /__\   \
           ´~"''‐、..      ゙"´      ''‐ /
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――

543名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:49:07 ID:LWOamSEA


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::: 人:::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/: : :\::::::::::::::::::、::::ゝー '
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::∧  ̄ ̄\::::::::::::::}、::::i
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::l:::::::/::::i     二;;::::::::::l V      どうした……?
. i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::/::::l:::l ー=ニエI/|::::;/
. l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,、:::::::|/∧:|、:ヘ      レ'´ \       フリーメイソン
  !:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::メ、V::::::/: : !: :`丶.          `j
.  i::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/: :':∧:::i              , /
  ヾ::::::::::::::::::::/∧:::::/: : : ヽ、ゞ、                i
   ヽ、::::::::::::::::::::!::::j、ゝ、_: :_!、          ____ 〉
     丶:::::::::::::::::∨::/>  __          ` ̄ ̄ フ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 |  怯えてるのか?  |
                \________/





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                           /: : :          \
       \人人人人人人人人人/             __ .,-u--、.  ./: : : :              \
      <               >         / |`ー/ ヽゝ/: : : : : :              \
      <  ハッ――!!    >        / _¨`ヽヾ /ヽ、: : : : : : :.._        _     \
      <                >         ! .´ ヾll | | |  l: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\          |.ゝ ノ /|/ .L/|`ヽ_: ::;;( ● )::::ノヽ::::::(●  );;:::   |
                              ヽ ー ´/ f l ゞfi-, = 、 : ´"''",       "''"´    U  l
                             _|   | ! |」__ /   ト: . . (    j    )       /
                            /  .ゝ___ノ_ノ/__ | ゝ___ ,ィ : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
                           ./  /  |  ||、l_| !゙¨~/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                              /  /ヽ.  !   |! ヽ!  |ゝ 〉: : : : : :.``ー- -‐'"´       \
                          |  l  \|  |!__ノ, - 、 / . : : . : : .                 \
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
  :::::::::::::::       こいつはまいったな――        :::::::::::::::
   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

544名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:49:24 ID:LWOamSEA


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |  その『化物』が――    |
     \__________/

                       _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、    _   r'^>/^ゝ     r-、 ,、
                      |  `l / // /       / / く ヽ   |  `l / // /     / / く ヽ
                      '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''   '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''
                       '!  ,、__7  i  ``゛''ー、       '!  ,、__7  i  ``゛''ー、
                       1  |       |  l` ̄`''        1  |         |  l` ̄`''
                        i_」         'L_」            i_」      'L_」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
            |: : : : : : : : :|      `ヾ{: : {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|:.|
            |: : : : : : : : :|rt=f==z、,,\:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }:.|
            |:|!: : : : : : : | `ゝ弋_i_,ノヾ \\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./:.:|        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            |:||: : : : : : :人  ` ̄ ̄´    \: : : : : : : : : : : : : : : :∧:.:|         |  相手になってやるんだ  |
            |八: : : : : : : 、\           \ト、: : : : : : : : : :.:./ }: |       \__________/
             \: : : : : { ̄`         i      ヽ: : :/.: : : : :/ /∧l
                    \: : : :\         j         }: :/:} : : :∠ノ/  !
                ヽ小ー ゝ       ヾ       レ' :/:.:/__/:l
                 }: :ヘ      、_____   ,   ,// /: : :ト、:\
                   /: ;イ.:ヽ.     Vヱ二二フ       イ: :∧| ` 一
                     //|:、 :\               / /:ト、{
                    !:ハ: :|ヽ.            /   |: | `
                    , < |   丶    .  ´    |`> .
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            |   来いよ  |
           \_____/


                           ...................................
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
              :::::::::::::::                            :::::::::::::::
             :::::::::::::::      ……「化物」どころじゃねぇや        :::::::::::::::
              :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                :::::::::::::::                        :::::::::::::::
                  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ...................................

545名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:49:48 ID:LWOamSEA


            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l      レス数は8レス→7レスと減ってますが……
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |       情報量は増えたと思います
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ
          /: : : : :: :|:::弌 U     '    イ:::|乂        狙った通りの「分かりやすさ」に繋がれば良いのですが
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐      
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |       正直、自信とかはありません
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈
 /  /:::::::::::〈          }      | ハ |     ∨     ヽ





                       r─┐
                _ ノ V   ├-┐
               /| ⌒ヽ '"`⌒ー┬1、        追加した情報は、
             / .ノ y'´      .,::|::::.,ヘ
           / .::「_/./.::.  ``メ、:|::|::::|:::.,ヘ
             /   )/./l:::::.:. i:|:/ ,l/メ|::::|::::|::::.',     先程の、「どうクレーターができたか」
          /  , .::::l/ハ::ヽ::. 〈 `トッf|:::/:::/::::::|
         , ′.- 、:::::い::: `ト、:.、 `` |/:::/l:::∧!             「やる夫の銃弾はどうなったか」
       ∠/    L:::::::|::.  |       ,V |/ ′
      <( , -─- V⌒ヽ  |    ‐: /  ′
     /⌒V〃: : : : : : : ヽ  ', |  __/          ほとんど、この二点だけです
      /    `l. : : : : : : : : :',. i 厂:.|:. |
      l    /. : : : : : : : : : | N|:::::::|:: L_
     ヽ _/. : : : : : : : : : : :ヽ ト、::::| ⊥_,⊥__      ・パンチの方向と、破壊の向きを揃える
       l/. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : 〉/ Lん、_\   |
      lV.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:,〃  !.:.:.:.:. /__」 」      ・弾が当たっていることを、エフェクトで示す
      | \.::::::::::::::::::::::::.:.//   /.:.:.:.:.:'. :. :. Y (
      ⌒ヽ>斗'" ̄``7′/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ_/:ヽ
        んハi:::: : : : : レ′ ノ _ ニニ、::::,.イ_/:/    この二つを軸として改変しています。新規作成のAAはありません
          |:::: : : : :L    i     Y: : : :「
             |:::: : : : : :', __」_     j: : : :.|
           l::::::: : : : : ',-─- 二ニヽl: : : : |

546名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:50:15 ID:LWOamSEA


.                  _r‐ィ‐,イ¨ヽr‐ァ、‐-、
              f_ト‐レ'.┴‐、l‐'、/´\\
             /:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\∠_:.ハ
           /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ト、:.:ト、_.:.:.:\_}:.:|    ……大した改変やっていないように見えると思います
            |:.:.:.:.:Nヘ:.:.:.| X!´\l:.:.:.:.:.l:.:.:|
            ∨:.:.:|ー‐\|    _, l:.:.:.:.:.l:从       (実際、そんな大したことはやっていませんが)
              \:.lマリ    ̄   |:.,イテl!:.:.:l
      , '´   ' ;.     ヘ!  、   U ノイ:|_ノ:.:.八
     :       ;.      〉、, -‐、  / |:.|:.:.:.:.:.:.:.:\           ですが、手間は結構かかりました
     ';.      ;..   /:.:.ムr‐iノ≦ .r‐┤「l:.:ハjリ´>,──‐、
       ',    `,  厶:.l:.:`¨´:.|`Y´::::::リ弋___//      |
      ',    ,'  / ̄И:.:r‐rト-r'´ ̄// / ´ ̄7ヽ  /
        _,.=─┐/ _ レ'.レ' ´¨「 ̄´:::/ /´7ユノ:::::| __/       10日で一つの作品を完結させてしまう
      / ‐‐ヲ   .| 丁 //  l | ´  ̄   !_〈:::::::::::::://
      ! , フ 鮭.| 「 / .厶_ .l | /    /::::::::::::::::::/´7         作者氏の武器の一つが『速度』だと思います
     Vト、ヽニ、ヽ、|/      }__j l   〈:::::::::::::::::::::|‐'
      N、 ー─'   \.       l   l─-、:::_ノ
      Vヽ___  / ̄ヽ、     l   /:::::::::У             長所を潰すアドバイスになっていなければよいのですが
        ∨::::::::::::::∨:::::::::::::`丶、__/::::::::::/
       ∨::::::::::::/´ ̄ト、::::::::::::::::::::::::::::::/!
         \::::/    } `ヽ、::::::::::::::/ ├─-、






   l: : :/. : : :/ : : : : : : : : : : `ー┴く  〃 ハ
   |/. : : ; :' : : : : : : : : : : | : : : : : : : :V 〃(|
   |: : : :.:/: /. : : : : : : : : :| : :i : : : : : :∨_ル1
   |: : :/:./ : : : : : : : : : : : | : :| : : : : :_;∧   |      フキダシ、効果音、エフェクト、効果線……
   ト: :/!: !: : :/: : : : : : :.:/ : : : : : : : : : ハ-┬'
   |: /`ト、 : / / : : : : : : /: : /: : : : : :i : : : 「 ̄}
   |/ミメ、l / /:./l: : : : :/ |: /: : :|:} : : | : : :〔__丿      これらは、アクションシーンを飾り立ててくれます
   |ん:::::ハ' :.:/; : : :ニ/二/「:厂:メ、: : | : : :「:|  
   ドcン′ l// : :x'斗==ミx l/. : : ノ:!: : ':|:.|           AA録には、色々といい素材が揃っています
   l´{| ,   /:/  ん.::::リ V : :/:八:/:.:l人
   |ヽ!    /    `゚ cン  /.;/:/:/ ̄厂 ̄ ̄ ̄`ヽ
   | ト、   ,     , , イ´: ∠/   /      '. : : :i      これが処女作とのことですが、AAに慣れたら、
   | | ヽ- 、      ∠.イ:/{         / | : : : |
   | |  { `゚     . イ/ : : / 厂 ̄ ̄ ̄⌒Y  ノ : : : |      ぜひ、戦闘アクションも色々試していただきたく思います
   | } ├‐=ァァ 7ア : / : : / /       /  //. : : : :/

547名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:50:32 ID:LWOamSEA



              ィ77ーr 7 7ーr7´ ヽ__
             __///∧/_/_/_/_/__/ /` 7ヽ
              <´∧,,. .:´: : : : : : : : : : : ` : .//∧、
               У´. : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ/〈:ヽ      まとめです
               /. : : : : : :/. :/. : : : : : : : : : : : :∨ 〉:..
             ./. : /. .:.:.:/|: / l: : :ト : :.:.:| 、: : : : ハ〈: : .
          ,′. :! .:.:.:/_」ノ_ l!: : | \-+-ヽ : : : |/. : :l     ・どんでん返しは計画的に
           l: : : :| : : { ___.八: :| _ヽ!\トハ: : |: : : :|
           |.:ト : {. :.:〈| l::::::|  ヽ!| l::::::::::l |l ∧.:|: : : :|      矛盾を無くし、キャラの行動に理由を
          ヽ ヽlヽ 从 >:::j    、> ::::::j リ: :∧|: : : :|
             //. :/ :l.  ̄       ̄ ̄ /.:./ : : : : : :.
              //.: /. : ゝ.   。   _ イ.:./ :/: ト :ヽ: .\   ・バトルが物語の重要な位置を占めるのなら
            .イ/.: ∧: ./. : `=ェュ7´〉7/| /ヽノ \ ー―
          厶イ ∨\{ヽノ〈〃 i Y{rメ 〉j'             戦闘アクションにも力を入れてみては?
                 /У`^^^{てY
               、イ_/  、_  j! :|
             〈 ̄ ̄}〈      ̄/〉 :|
                〉  λゝ. _  /ソl ̄,)
              7ヽ__ ^^ー'=≠' 弋"
                ー'  `X__ /    >
                 (__ノ `ー―´





            〈  /: : : : : : : : : : : : : l : : :\
            /ミ7(_:_:_: /: : /: : :l : : : :.| : : : :.ハ
             ハミ/:ヘ _ _,' _ _,'ー ‐:|: : : : .l ー ニ ハ
          ,' :7: : : : : ,!: : :/: :/:::l::: : : : |!: :.ト!: : : :l       拙い評価ですが、作者氏のお役に立てば幸いです
           {: :l/|: : :i: ;|: ┼|-x::::/:: ./j/ァ|:/T:1: . :|!
          |: |l !: : :|::::|::/__!_卞:|::::./ 仏=ミ,|::: l: : |l!
          | l!: :l: : l :::ドト、ッ「` j/ 'ヒzツ '゙|::::.| :.j |        ヴィルヘルミナでした
          j !: : :\ト、:{ ´ ̄          ノ_:ィ」ノ
          /: : : : :: :|:::弌      '    イ:::|乂
        /: : : :/: : :|::: |::ゝ、    冖   /l:. |::: :\_/`ヽ
    __ _, ィ: : ;ィ ::::/: : : :l::: l::::」:_> 、 _,. ィ_::::: |:..|::::: /  ,.-‐|-┐
   _ _ ̄ ̄ ノ::::/|ハ::: : ト、:.l::|;;:::`:::ー┐/;;|、川:.:l!/  /    |
 /´`ヽ  ̄ ̄``'ー-! 、|:._从ハ:'ト 、::::::::::Y:;;// |:.K   ´_      |
 !   \       丁   ヾ、二三仁刀   !j' }二/      {
 { __ /\   _ _ _ヽ   ヘ   | | ヘ  /   |´       ノ
  ノ ソ::::::::::::)-‐  ̄   ヽ    \ | |l |ノ    `, - ──-〈
 /  /:::::::::::〈          }      | ハ |     ∨     ヽ

548名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:50:55 ID:LWOamSEA
以上です
議論中、失礼いたしました

549名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:52:23 ID:XECkr2Ws
乙であります

550名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:52:37 ID:CX3HWSkI
評価乙でした

551名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:52:45 ID:mUIKxQRM
乙でした
毎度のことながら改変例が勉強になります

552名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:52:56 ID:sRK6pHkw
割り込みすいません……評価乙でした

553名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:54:02 ID:I7BUDu/s
乙でした

554名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:54:22 ID:YbSqlCgQ

具体的で細かな評価乙です。
いえ、こちらこそ評価の邪魔になってしまったようで申し訳ないです。


>>506-507
 では、評価依頼(この場合、指定評価ではない)については、AA作成依頼スレの依頼のように
"スルーされても泣かない"形式を取って行きましょう。そうしたらまず、これ用のテンプレが必要
になりますね。

 指定評価制度は必要ないという意見が多いようですね。
 私は一先ず現在の指定評価人の意思を確認したいと思っていたのですが、それをするま
でもなく指定評価制度を失くしたいということでしょうか。

>>532
 >>完全に廃止にしてしまうと問題が起きる
 上の指定評価ではない評価依頼に置き換えるのはどうでしょうか?これなら評価を依頼するこ
とは出来るので、そうした問題も起きないかと思われます。

555名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 22:55:20 ID:9dy16LeM
評価乙です

囲みと効果線は初歩にして扱いがムズいので参考になります

556名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:01:43 ID:h34.kc8Q
評価乙です
この例の書き方、どこかで・・・

557名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:04:05 ID:LwL2DOQU
どうでもいいけど阿良ヶ木じゃなくて阿良々木(あららぎ)だよ
って思って当該スレを確認したら序盤作者が間違えてたのねw

558名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:07:13 ID:npVryd1o
いったいどこが違うのかと思ったらなるほど、気付かんわ

559名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:26:26 ID:YbSqlCgQ
 まとめです。

①現在の指名評価人依頼
 現在正しく機能していないことや評価人の負担及び依頼人の自由性を制限しているので
廃止。代わりに新たな指名評価依頼制度を設ける。

②新しい指名評価人依頼(改訂版)
 AA作成依頼スレの依頼のように"スルーされても泣かない"を前提に、試験的に設置して
みる。


以下>>3の改訂版テンプレ
○指名評価人制度

 依頼される方が評価人を指名したい場合はご指名ください。

★注意★
評価人はボランティアで依頼を受けています。スルーされても泣かない。
また複数依頼や後出し要望などは極力避けるようにしましょう。



>>1に付け加えるのであればこちらを
┏━━━━━━━━━┓
┃  指名評価人制度  ┃
┗━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


    ●依頼される方が評価人を指名したい場合はご指名ください。

    ●注意
      評価人はボランティアで依頼を受けています。スルーされても泣かない。
      また複数依頼や後出し要望などは極力避けるようにしましょう。

                                                    ┃
                      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

560名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:27:49 ID:I7BUDu/s
いや、制度とかいらない
空気はいるけど

561名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:28:14 ID:c9h5yPYI
それでいいと思う

562名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:29:19 ID:uWtQB8zI
逆に指名されたくない評価人が居る場合は、はっきりその旨テンプレに書いておくのはどうでしょう?

563名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:32:45 ID:OSL2FKhg
評価乙です!
AA改変無しでもすごくわかりやすい描写に・・・参考になります。



評価人は職業でもないし、入れ替わりが激しくて当たり前なんだから常駐前提の評価人指名「制度」は
不要だと思う。作者さんが指名するのは勿論自由と思うが。

564名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:34:23 ID:NefXS5Vg
>>562
指名されても受けない自由がある以上は大丈夫じゃないかな

565名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:34:25 ID:c9h5yPYI
いいと思ったけど、一点だけ。
【評価人指名依頼】の方が言葉やわらかくていいんじゃない?

566名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:34:42 ID:FK/BNDDU
わざわざ指名「制度」とか作っちゃうと指名された人スルーしにくいんじゃないかなー。
評価人希望しても良いけど評価されるとは限りませんよ、の一文添えるぐらいで良いんじゃない?

567名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:35:28 ID:b7mQlxd6
評価人指名って評価人評価みたいなものだろ

568名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:36:53 ID:9dy16LeM
二通りの作成、お疲れ様です

>>532 氏も仰っていますし、
>>1に付け加えるタイプの後者で大丈夫だと思います
それに習うならば、評価人指名依頼の方がいい……かな

569名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:43:32 ID:YbSqlCgQ
 細かなことですが"指名評価人制度"ではなく"評価人指名依頼"の方がいいかも知れま
せんね。


>>560
 それが理想ですが、空気だけでは初めて評価依頼をする方たちにとって辛いと思われます。

>>562
 なるほど。ではその旨もテンプレに追記してみます。

>>563-566
 言葉がよくありませんでした。すみません。


再度改訂。
┏━━━━━━━━━┓
┃  評価人指名依頼  ┃
┗━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


    ●依頼される方が評価人を指名したい場合はご指名ください。
      ただし、必ずしも評価されるわけではありません。

    ●注意
      評価人はボランティアで依頼を受けています。スルーされても泣かない。
      また複数依頼や後出し要望などは極力避けるようにしましょう。

    ●評価人指名依頼を受け付けていない評価人
      ・○○評価人

                                                    ┃
                      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 どうでしょうか。漏れがあればご指摘願います。

570名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:53:07 ID:YbSqlCgQ
 >>●評価人指名依頼を受け付けていない評価人
 この項目を入れるかどうか悩みましたが、あった方が便利だと思われる評価人も居るかも
知れないので、とりあえず試験的に付けてみることにしました。必要ないようであれば、それ
以降外したいと思います。

 以上です。長々と失礼しました。

571名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:53:28 ID:c9h5yPYI
>>569
乙です。
グット良くなってきましたね。

ちょっとご意見

【評価前の後出し要望だったらまだ何とかできる】から、
【評価後の後出し要望】に変更した方がいいと思う。

それと評価スレの複数依頼ってどういうのだろう?
具体的に思いつかないのですが、
元々がAA作成スレのテンプレだからそこは削ってもいいのではないでしょうか?

572名無しのやる夫だお:2010/11/26(金) 23:56:33 ID:FK/BNDDU
3番目はわざわざ名乗る人いるのか?って気がするからいらないんじゃw
本人にその気がなくても嫌味に感じる人いるかもしれんし。

573名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:00:28 ID:xi7JCsos
複数の評価人に依頼はダメって事なんじゃないの?

A氏とB氏とC氏、評価お願いします とかさ

574名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:01:32 ID:ZaGohhCI
でも「すみません評価依頼はお断りしてます」ってはっきり明示した評価人に依頼が集中したりしたら大変だし

575名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:03:32 ID:ItqE6pO.
>>573
なるほど、そういう事か。
確かにやられたら不快感感じる評価人さんもいるかもしれないな
サンクス

576名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:07:41 ID:wOW6n9HY
同時期に同じ評価人への評価依頼が重なったとして
A「BとCは評価したのに俺を評価しないなんて…、粘着してやる!」
となる可能性が怖いけど

577名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:09:30 ID:h.mvl89I
>>571
 >>複数依頼
 複数依頼は"複数の評価人に依頼すること"だと考えています。
 ご指摘ありがとうございます。

>>572
 そう感じる方も居るかも知れません。
 しかしそこは実際にやってみないと分からない部分なので、とりあえずは入れてみる、とい
うことでいきたいと思います。不必要なら、後に外すこともできるので。


再々度改訂。
┏━━━━━━━━━┓
┃  評価人指名依頼  ┃
┗━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


    ●依頼される方が評価人を指名したい場合はご指名ください。
      ただし、必ずしも評価されるわけではありません。

    ●注意
      評価人はボランティアで依頼を受けています。スルーされても泣かない。
      また追加の要望などは、評価される前に出すようにしましょう。
      さらに複数依頼(複数の評価人に指名依頼すること)は禁止します。

    ●評価人指名依頼を受け付けていない評価人
      ・○○評価人

                                                    ┃
                      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

578名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:11:20 ID:ItqE6pO.
>>577
回答と反映ありがとうございました

579名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:13:47 ID:EU57.7PQ
形骸化してる制度ならそのまま風化させた方が良いんじゃね?

580438:2010/11/27(土) 00:15:56 ID:0NgXcAVg



>>440
野良猫様
こんな稚拙な短編を評価していただきありがとうございます
その通り原作知ってる人向けの最低のやる夫が最低の結末を残すお話でした。替え歌ネタをやりたかった気持ちも強かったです
次回は起承転結、オチに気をつけて挑戦してみます
ご評価ありがとうございました

>>450
ルイズお嬢様
このような下種の短編をご評価いただき身に余る光栄でございます
起承転結でございますか
なるほど、私めとしては各話で起承転結を、例えば転入時のエピソードでは「転入生がくる(起)やる夫登場(承)やる夫がハルヒ調教(転結)」というイメージでやっておりました
改めて見てみると強引で伝わりにくく未熟でございますな

結部分については例2が良いですね。キョンの不幸っぷりが際立ちオチも付きます
例1もそこであえて谷口が乱入して猥歌を熱唱するなど、妄想が広がりますな
尺については私めの未熟の致す不手際でございます。次回はインパクトのあるオチをもってワンエピソード加えたいと愚考する次第でございます

>>ポイント3
ムスコに伏字は不要でございましたか。では次回は伏字無しで表記することにしましょう
ボカシの量は次回作成時に考えさせていただきます。より卑猥に、より健全にを目指し精進いたします

>>ポイント4
いえいえ、一般常識をわきまえた日本男児としてお嬢様のようなザクロの粒からみくるのようなスイカまで全ての○っぱいを愛しております
しかしそうですね。ある程度感触を楽しめる方が好みといえば好みでございますな。ほほぅ、無意識に願望が表にでておりましたか
これはこれは意外な自身の一面を認識させていただきました
当然ながら美しいものは大好きでございます。美しいものが嫌いな人間など存在いたしません
あえて申告させていただくならば○輪は大きすぎない方が美しゅうございます
すっかり性癖の話から脱線してしまいましたな。この話はおいおい、じっくりお話しましょう。大変失礼致しました

掴みは良かったとのことなので、意外性を攻める方向が向いている人間なのかもしれません
次回は起承転結を意識しつつ淫靡で卑猥で荒唐無稽な意外性を前面に押し出した作品を作らせていただきます
優しく丁寧なご評価ありがとうございました

581名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:18:58 ID:h.mvl89I
>>579
 今までの指名評価人依頼とは別に、評価人指名依頼はあった方がいいということだった
ので>>577の形で残すことにしました。

582名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:19:49 ID:nPJY2xEg
評価人指名依頼を受け付けていない〜〜の下りは要らないかも
今までの流れ的にもこの欄が増えた時、削除する/しない云々にまた発展しかねないから

583名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 00:34:41 ID:h.mvl89I
>>582
 仮にこの欄が増えたとしても、大した問題にはならないかと思われます。何故かというと、
上で問題になった"指名評価人依頼"では、「指名しても評価されない。これってある意味あ
るの?」という根源的な問題でしたが、この欄が増えたとしてもこのような致命的なことには
ならないからです。
 "増え過ぎて困る"などの問題も考えられますが、それは随時対処していけばいいことだと
思います。対処の方法としては、上で話したような欄の評価人に呼び掛けるなどの方法が
考えられます。

584名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:16:18 ID:xXnZdm0.
議論も一段落ついたようですので、19レスほどお借りします。

585名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:16:57 ID:xXnZdm0.


                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ          皆さんこんばんは、初音ミクです。
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ        
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ       今夜も評価人をしにきました。
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ     
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ    
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ   
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ  
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ 
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..
      /::::::::/::::::::/ .:〃   / ;  .:::::::::::/  l::::::::..  |   l::::::::::::::::::::::::.
      /::::::::;'::::::::///    /:::..!   ;r'〈    !ヽ:::::::., |   l::::::::::::::::::::::.

586名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:17:20 ID:Ci49uzfQ
いよっ、ミクさんまってました!

587名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:17:25 ID:xXnZdm0.


                         __
               ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ
                 /^ト、/}〔/     `^ヽ }
             /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
               /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ 
            ′ ,ム_i|‖´フフ_`  | #キ‐! }ヽ
            . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}釗ハ } 、 
              .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }      今回評価させていただくのはこちらの作品です。
                :.:i ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/    
            .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈     
              .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,    
.           ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′   
            .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,   
.          }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {   
.           i  ;.:!  ..:}ハ     } {¨}   | l:.:::.:i:i :..: .:i
         i  i.:!  ..:.i _y',⌒ヽ. }  {ム-‐J |::.:.:.i.i : .: i
         l  :.i  .:.:l `〈》《  〈   〉   } |:.::::.i:! .:.: :.:i


     『【秘密結社】やる夫は秘密結社精鋭兵のようです【フリーメイソン】』

      依頼レス:
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/428

      1スレ目:(現行)
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289909935/



        冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |.     今回の評価にあたり、Wikipediaで「フリーメイソン」の項目を
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|    読んでみたのですが、これが元ネタなのかどうか、
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|    私には判断できませんでした。
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i.    ですので、完全なオリジナル作品として評価させていただきます。
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i
  | |::::::| |:::| .r'⌒v/  /=〈 /7〉-‐'⌒/ .::::::::} ::::i
  | |::::::| |:::|/   ハ__,イ  ∧レ'/   01} .::::::::{ :::::i
  | |::::::| | /  }′  /¨7  V {    {  ::::::::} ::::::i
  | |::::::| |/ /   / /    i  i  }  ::::::{ :::::::i
  | |::::::| |__/   /  ′ r==z i }   |   ::::} :::::::i
  | |::::::| 〈___}   /  ′     Y二Y}   ::::{ :::::::i
  | |::::::| 〉::::i  /  .′     /:::::::::{    | ::::::{
  | |::::::| /::::::i  |  |     /::::::::::::|     ト、 ハ

588名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:18:05 ID:xXnZdm0.


               _ ,.、
            _,. -┴ミハ              
      , -「|、, '´ .  -‐' ¨ヽ.             特に見て欲しいという要望点はこちらですね。
        l : :|:| : :/'´ : : : : ', : `ヽ..          
.      | : :|」.:〃 : : : : ,ハ: :|ヽ.: : :',.          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      | : : ',、|l : : : : / l:/ィf|: :l, :           ┃1. 世界観はわかりやすいか
.      | :| : :',ヾ: : : ,佗) ' `从ハ           ┃2. 驚いたか?
.       川 :|:. ':.,ゝl/{゙{`、_‐'ノ、: : |         ./ .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     /ノ丿:| ∨   ドー-ゞニ才 : |  ,. .:个 、 /  
.   /. :/.: 八:| 、 __|::::::::::::::::: ハ: |/.:::::::ヤニゞ    
   /. :/.: : / : :/'´〈::::::::::::::::::::/ニ_V.::::::::::::::::',  .;   
.  /. :/.: : / : :/   、:::::::::::::/ヽ :::ヽ::::::::::::::::: _.;
 /. :/.: : : : : /  ,. -,`ー‐'′:::)::::,!,、'´ ̄ ̄
 : : : :/.: : : /,. <´丶./.::::::::::::::/.:::/¨}_\



    ,..- ,ヘ,. -―-  ..,:ヘ....、
   / .//  .,:  ;、  .\ヽ, ':,
   /  >/  ./ !  |':,   ヽ'  !
  i  i .l  /'"'.!  .l'"'ヽ .i  ',  .|
  .l  .l .| /= , \. | , ==、 .l  l
  .|  i| !,{.i|||i.}  ヾ.{.ii|||l.}  .|i  .|     作者様からの要望点が少ないので、先にお答えした後、
  l.   '!, !,'ー' 、_,. ゙'ー '| ./   l    私が思った事をいくつか言わせていただきたいと思います。
 .|    ヽヽ""     ""ノ/   |
 .l     l ` 'r=,--_r ヾ | ´    .l
 .|     | /;-i;;;;;;;;;>'!,l     |
 .l     l '-''i !""! ,,z!,     l
  !     .|  r!;人人//    |
 .ヽ    l   `"iニi=ニ/ l    ./
   ':,   |    |;;;!;;;/ .|   ,/
    " ヽ j    '== '  lノ’''´

589名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:18:55 ID:xXnZdm0.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃    1. 世界観はわかりやすいか                  ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          ___
                   i〔 ヘ´:::::::::: ,.ヘヽ〕iヽ
                   / 〃::∧::::ト、:: : ',ヽゝ:ム
                    l イ: :i_∨krr.、: : Fll、.∧
                   !代: lrr.、ヘ!ゝン Y |」j.... ∧
                ノへ ゝン    ".kヘ∧: : :∧           いきなりやる夫さんの父親が殺される
                 /.:.:.:∧ト" ニ´イ||ヘゝ∨: :.∧.         ショッキングなシーンから始まっていますし、
                   / : : / ゝrl/=l/.リ01i |:. : :.∧       その後も全体的にハードボイルドな雰囲気が
                 ,.'.: : :/.   /《 /l_《! │ !: : : :.∧       感じられますので、
                /: : : / .  /_// .| ̄.|l._l | : : : : ∧       世界観が分かり難い、ということは無いと思います。
            ,:': : : : : .′///:::::| _.ム‐弋 |:. : : : :..∧
              / : : : : : ,'//.../ヨ:::::|  |   ヘ.!: : : : : :..∧
          /.: .: : : ://.\∧::::,.へ/| Ⅶ ヘ: : : : : : : ∧
           /. : : : : / <</_i__i__i∨i__i__i__! Ⅶ \.: : : : : :.∧
           ,'.: .: .: .:/___Τ T=ヘ  マ|  Ⅶ/ァ:. :. : :. :.∧
        ;. : : : : : : : レレ' |__!   ',__|_/レヘゝ:. :. : : :.∧
         i.: .: .: .: .: .: !   l ̄ |   ', ̄ヘ   !: : : : : : : : :..∧
         |: : : : : : : : |   l  |    ',  .ヘ.  !: : : : : : : : : :∧
        l: i : : : : : : l   |  |    ',   ヘ !: : : : : : : : :..:∧
.         l |',.: : : : : :l   !  |     ',  ヘ ! /!.: .: .: : : ,': :,′
         l:| ', .: .: .: :|  i   l     i   ヘ/│.: .: : :, '! /
.          l| ヽ : : : |   l   ヽ.    ノ    ヘ.│: : / l/
.           ',   \.:.:i   |r─‐‐ヽ  r──‐ム l , '    '
               ヽ、  \___丿  ヽ__ノ .ノ′



 /.ィ  .::l   ::::::l::: l:.    ::ヽ //
 レ  .:::::ハ   ::::::ト、 l、:.    ::::ヽ{
 / .:::::/_ヽ  :::::l ',l‐\-   :::::::|
 l  ::::/:| _\ ::::| , -‐-\::. ::::::|
. ヽ :::l::::l r-、ヽ::l. r―、ヽlヽ:. ::://    ただ、「フリーメイソン最高精鋭兵」はとても凄い存在であるということですが、
  ハ:::l::::l ヒ::ナ `'  ヒ::::ノ '! ::l:::/イ     これはちょっとよく分かりませんでした。
  | :ヽ:::|、             | :::/ l::|
  l  ::::V->-yー- 、, -<.| /-y-|
  ヽ  /:::::::::/::::::::::::::::\ /.|/01l |

590名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:19:40 ID:xXnZdm0.


           _    _.. - ‐: ‐ : ‐ - .._ _
         ,':ヽ ヽ/ : : : : : : : : : : : : : :` 、 ヽ
         i::::l ', ',: : : : : : : : : : : : : :, -‐- 、 ',
        , '´: :`ヽi |: : : : : ., -‐ : : : : : : : : : : ヽ-.、
        ,': : : : : ,.:| |,.'´`, ':. : : : : : : : :ヽ : : : : : :ヽ:ヽ
.       i: : : : : :i: | ,' : , ': : : : : : ハ: : : : :.ト、: : : : : ',:.:',
      l: : : : : :l: l/: :,'. : : : : : :/ ',: : : :/  ',: : : : : :',: :',
        l: : : : : :.l:/: :.i: :: : : : :_/-‐´|: : ./`ー、',: : : : :.i、.:',       これは、「最高精鋭兵」に対する比較物が
.      l: : : : : ::|l: : :l : : : : : イ示  |: :/ イ示,',: : : : l ヽ.',      存在しないからだと思うんです。
.      |: : : : : :.|',: /|: : : : : 代ソ  |./  弋ソ ハ:.: : :.l   ` 
.       |: : : : : : |∨|.',: : : :/      '     ,' ',: : :l        古い漫画の例になって恐縮ですが、
      |: : : : : : :|.  `i: : :/、    _    /   ',: :,'         『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』では、
      |: : : : : : :|.  ,':/',;`    'ー´ , イ.:l   '/          序盤から”魔軍指令”や”軍団長”などの
      |: : : : : : :|  ´   _i  `  ‐r< : : :l              肩書きを持った敵がたくさん登場しました。
       |: : : : : : :|    ,'  \     ', ヽ、:i_
       l: : : : : : :| _r‐´ i     `>、,<  `i  `、         しかし、そういったリーダークラスの部下として、
       |: : : : : , '´  `i}...l   /`ゝ ̄ノ\ l.',  l          多くの一般モンスターの存在が描かれました。
       |: : : : :,      j}.ヽ、/............l~~',......ヽ!..', l
       |: : : : :',     i...................厂l ,r´`',ヽ、.....',.l            この一般モンスターとの対比によって、読者は
       |: : : : : i     i}..................ノ,ィ.、  '`, ヽ,ィヽ         リーダークラスが凄い力を持つ強敵だと
       |: : : : : ト、__ ィj............/:::::::::Πヽノ/、::::::::'.,        自然に認識できたわけです。
       |: : : : : |::::::::::::: :|....../:::::::::::::::| |:::::|::::\\::::::'.,
       |: : : : : }::::::::::::::::|イ:::::::::::::::::::/./::::/ヽ::::::ヽヽ::::::',



            ____ __     __
        ,. : :´ヽY〃x= : :ミ 、/⌒`ヽ
    __ _ 〃⌒ミ>x≦⌒  ≧x ㍉:: : : : : :.
  /⌒ヽ/. : : : /: i{ : : : : : `': .、:\:.ヽ. : : : ',
 i : : : : /. : : : / :j八 : : : : : : : : \ :`ニ=r‐. : :,
 | : : : :,': ,' : : ' : :li : :\ : : : : : ::. : :\ゞ≧=- :i
 | : : : :{: { : :i : : :|i : : : :\ : : : : : ::. : :\:i : : : |
 | : : : :|: | : :| : : 从: : : : i:}\ : : : : : 、: 介=-.|
 | : : : :|i | : :|: : : :ト、\; :八`¨¨ゞ辷,xΧ: | : : : |.      ですが、この作品にそういった描写はありません。
 | : : : 从| : j : : : L.xく \: :ヽfr乞タ个トメ、 : : :|
 | : : : : : | ∧:. : i:レf乞T ` ̄`   ,りイ::.: : : :.|     登場人物が「やる夫さんは凄い」と言っているだけでは、
 |: : : : .ノイ\\八¨¨´  、    /l77|: : : :.:.|      読者は共感できません。
 | : : : : : : : : iヾ_≧x=-  r- '¨ イ`¨ |: : : : : :|
 | : : : : : : : _」 _   ≧┬‐一 " :ト.、 | : : : : : |.      フリーメイソンの一般兵を登場させるとか、
 | : : : : : .:/    `Y. : .〈     } ハ | : : : : :|    あるいはやる夫さんが最高精鋭兵になるために
 | : : : : : ,'      ', . : .',     | ハー- ミ : :|     どれだけ苦労したかを描くとか、
 | : : : : : |      ∧ : . :\    }. :∧   ヽ |    「凄さを実感させる描写」がもう少しあると良かったと思います。
 | : : : : : |  '、  /: . ', : . : . \ / . : ∧    }:|

591名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:20:54 ID:xXnZdm0.


|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ、  _
::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/‖〉
:::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y‖/
:::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
: :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
:::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|     ついでに言ってしまいますと、
::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |     やる夫さんの描写がかなり薄いです。
:::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ‖;;;;;) !.!: : :、: |: :.|
、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|.      最初から強いのはいいんですが、現時点では読者にとっては
 >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|.     「裏づけの無い強さ」でしかありません。
. <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/
 <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|      『ドラゴンボール』の孫悟空さんも、強敵に何度も負けて、
 <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|      その度に修行してましたよね。
. <ヾ="、ヽ`イ、::::|>   ||: : : :ll: : : :|
_|'::::::::::l´ ̄.〉''\!'ソ    | |: : : :|: : : : |        ああいった「強くなる過程」を描くことで、
=|::::::::::::|.-〈:::::::゙''':t-―--| |: : : |: : : : :|      「読者に納得できる強さ」になるんです。
:::|:::::::::::|: : :|::::::::::::|´ ̄:::`! |: : : |: : : : |
::::|::::::::::|: : : !:::::::::::|:::::::::::| |: : : : : : : :|



     /.:.:///.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.//:.:.:.:.:.:..ヽ
.     /:.://.:.:/:.:.:./:.:.:. /:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |:.:.:.\\.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:l.:.:\\.:.::.:.:.:.:.:.:.: |
     !:.:.:.:.:.:.\|:.:.|:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.\|:.:.:.:.:.:.::.:.:.|
     |:.::.::.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
     |.:.:.:.:.::.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',      この作品はまだ最初のお話が終わったばかりで、
    !:.::.:.:.:.::.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   |:.::.:..:.:.:.:.:.:',.      多分今後描かれるんだろうな、とは思いましたが、
     |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;    |:.:.::.:..:.:.:.:.:.:',      これは必要な描写だと思うので、
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:  \ヘ.    ′      /イ:.:.|/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:',    敢えて言わせていただきました。
     |:.:.:.:.::.::.::.:|  /|:.:\  ` `    / |:.:/      |::.:.:.:.:.:.:.::.:..:.:.:',
     |:.:.:.::.:__| //|:.ノ\__ .. イ|,|/ _    |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:',
     |:. /    /〈. V_|\_>'′_ l   /    ̄ヽ |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.|
     |/    |    ̄ ̄!ニニ}  ̄ ̄  /      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    /     |      | |       /        │:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.|
   /       |      |  |      |  Y   01 │:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.|

592名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:21:43 ID:xXnZdm0.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃    2. 驚いたか?                      ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ./: :./: : : : : : : : :/ l: : : : : : : : :ト、: : : : : : : : : : : : : : : : : :
      /: :./: : : : : : : : : : /  !: : : : : : : :.l ',: : : : : : : : : : : : : : : : :
    /: //: : : : : : : : :へ:./   ',: : : : : : : l.  ',: :./: : : : : : : : : : : :
   // li: : : : : : : : : : : /\   ',: : : : : : :l  X: : : : : : : : : : : : : : :
       !:l: : : : : : : : : :./   \  ',: : : : : :.レ'  \: : : : : : : : : : : :
      .l:.l: : : : : : : : : :! _.. - ._   ヽ: : : : :.l  ,、 -‐r-、: : : : : : : : : :
        ! :l: : : : : : : : :.l/ /-、:::ヽヽ  \: : :.l イ  )::: ', ヽ: : : : : : : : :
       .l: :l: : : : : : : : :l{ ト-'::::::::lヽ   ヽ: :.l. トr':::::: l  〉: : : : : : : :     これは、「指名されて驚いたか?」ではなく、
       .l: :.l: : : : : : : : l.ヽ ', :::::::: l     \l. l :::::: / |: :\: : : : :       「ストーリーで驚いたか?」という意味ですよね。
       .l: : :l: : : : : : : :li  ヽ::::::/        ヽ-- '  l: : : :ヽ: : : :
        ! : : l: : : : : : :.l:i                   l: : : : :/\:
        l: : : : ',: : : : : l: .l        '         l: : : :/::::::/:
        .l: : : : :ヽ: : : :.l: : ヽ       __    U /l: : :/\:/: :
        l: : : : : : \: :lヽ: : lヽ    i゛/   )    イ l: :/l   l: :
.         l: : : : : : : : ヽ!: l\l >   ヽ      / lヽl/: :.l   l: :
       .l: : : : : : : : : : : ト\___r‐> . __ .  '゛    ! \-ゝ   l: :
         l: : : : : : : : : : : :l `─┬'" V|      /    ハ    l:
       l: : : : : : : : : : : :l_.. -‐l   li      /     lレへ  l
          l: : : : ,、 -‐ '"    l   〉   rヘ       l > |>
          l: : /        <l  / |   l  \        l. 〉 l )
          l /         ( l / ヽ─── >、    l〈 lヽ



            ,‐ァ、   _ _    ,‐ァ、
         〃ヘ 》≦´ : : : : 、:`ヽ〃ヘ 》
        《〈 / : : : : : i; : : : ヽ《〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :| \: : : : ゛ヾ: : :.i
        !〃: : ⌒ ヽ :! ⌒\: : i: : i : : :l
        |レ! / ●   リ ● i:\|┐!:. : :.l         勿論驚きましたよ!
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/=」 |:.: : :.l      細かい伏線があんなにいっぱい張ってあったんですね!
        /⌒ヽヘヘ   ゝ._)    j//⌒i !:. :. :.l        凄いです!
      \ //:::\>,、 __, イ7、〃 ⌒ヽ: : : :i
.         从 l||l::::::/7 V{__}\/ l||l人::/ 7: : : : !
         ( ⌒ )'"7   ハ ==( ⌒ )- /| : : : :ノ

593名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:22:10 ID:xXnZdm0.


                     _  . ' ´ ̄ `  、
   , -、, -、            _|ll/ ,   ,.i  、_ \ __
   !   /   へ       /  /  /i  / .l   ',ー ///.、
   \/   .|   ',    /   .,'  ./ .|  ,'  |    li,-.///  ',
  ,.-‐- ..._   ',  l  /     |   | _ヽ. l -‐l    |:|///   l
  !      ー  ヽ/      l l ,イili:! !|   ヽ./ l::lヾ     |     矛盾点についてはヴィルヘルミナさんが
  ` -  ... _  !   \r、    // /:_!`´、  ー-/ //:ヽ/     l    言われている通りですが、私は面白かったです。
       〉 -- 、    |::\ /// ヽ、 ―-, / /L://     /
     ,. .! _... - ,   l:::::::ヽ ̄:::'‐rr― 、-`-//  ./     /       キョン子さんもヒロインっぽく可愛かったですしね。
   ./  〈  __... ノ, /_ |::::::::::::::::::::::::|.!   l :::`X::ヽ /     /
  /    /:i   ..ノ´:::/:::::::::::::::::://i 、  /ヽ':レ!::::!\   /        続きも頑張ってください。
.//    /::::`::::´::::::::/:::::::::::::::/  ヽ /::::::::::\ヽ:\l  ./
/     /:::::::::::::::::/:::::::::::::::/     !´::::::::::::::::::::iヽ \i /
/    i l:::::::::::/:::_:: -― '        l::::::::::::::::::::::l::::\ `ヽ、
     ー― /´            ヽ::::::::::::::::::::!::::::|`::‐-r

594名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:22:45 ID:xXnZdm0.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃    3. AAの使い方について                    ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               _    _,,......,......,,_    __
            /ii,.-''´: : : : : : : : ::`:ヽ.///ヘ
            ,/-:: : : : : : : : : : : : : : ::.///_. ヾ\
          /::/: : : : : : : : : : : : : :///|: : ヽ//
           /://: : : :;ヘ : : : i: : : :.\ヾヽ|:: : ::×
            |/ /: : : :./ ヽ: : :|ヽ: : : : :\ヽ',: : : : :ヽ
.           |: : : :/-‐´ ヽ: l`‐\: : : :.|=lll丶.: : : :ヽ
          /|: : :/ r=-、  ヽ. r==ヽ: :.:.| l| i: : : : : :ヽ      ここからは私の追加分になります。
            /:.:|: :/:|弋::リ    弋::.リヽ: :|´ノ  i: : : : : : :ヽ
         /: : :.Vl:::l     ,       |ヽl/   !: : : : : : : i      私がよく言うAAの基本ルールについてですが、
.          i: : : : : |:::ト   _       /|:::|     i: : : : : : :.:!
          i: : : : : :l∨ `// )、_  / |/     !: : : : : : : i.    1. セリフとAAはある程度離す
          l: : : : : :l   {   '´ / 〉イ.lヽ、       i: : : : : : : :!    2. セリフの高さはキャラクターの目線が目安
        l: : : : :.;l__,::‐|    /_ノ /  l::‐.、 _ l: : : : : : : :l.     3. セリフの開始位置を縦に揃える
        l: : :/´  {}:ヽ   j /   /.: : :{}  `ヽ : : : : : l    4. セリフに空行を入れる
        l:.: :l   {};へ  /∧   /: : : : :{}    | : : : : :.:l
        l: : :l   /::::::::\/凸ヽ /: : : : : :.:{}   l : : : : : :l     この四点が気になりました。
        |:.:.: l  /:::::::::::::::::\ |.:`: : : : : : : :ヾ   l : : : : : :l

595名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:23:08 ID:xXnZdm0.


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289909935/812


                     _
          _  _,..;;-;;v─-、//ヽヽ
         //||/:::::_::;: ::::::::::::⌒\| |
         | |/:::::::;/::ヾ:::::へ::::::::ヽ:::\
       /::ヽ;;::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ、;;:ヽ:::!
      /::::/:/|::'=-|::::::/__ヽ:::;;:::i.\;::::!::i
     /::::::::;:::/ i|Oj !|:::/',=、 i::::/,=、!:/レ
    ,′::::i:::/  !=´|:/ ヒ!〕 i:/ ヒ!〕レ :::!     例えばこのコマです。
    !:::::::::::::::!  \‖!;      ,  ! :::::!
   i:::::::::::::::::!     丶::::..、  ー /i:::::::::!
   |:::::::::::::::::!     _;;;! ` −i.._  i:::::::::!
   !::::::::::::::::::!    /丶-─‐v-丶_!:::::::::|
    !::::::|:::::::::::|  ,.-‐\__/ハ_ノ! ヽ::::::!
   |:::::::::i:::::::::::! , ′  ヽ : : : : :| |: : :ヽ !::::|
    |:::::::::i::::::::::i l     ,|:: : : : : :| |: : : ::ヽ:::::!
.    !:::::::::!:::::::::| l    iノ、: : : : :| |: : : : ::!:::::|
    |::::::::::!::::::::! !‐-‐ |:: : : : : : :| |: : : :,′::::!
.    !::::::::::!::::::::ヽ:::::::::!ヽ: : : : : :| |: : : :!:::::::::!
    !::::::::::!::::::::::ヽ::::::! !: : : : : | |: : : !::::::::::|

596名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:23:32 ID:xXnZdm0.


<改変例>



                           ,.-−- _
                        /`´:.:.:.:.:.:.:.:.丶
.                    ,  ´:.¨:.:‐-:.:、:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.                  , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:'., 
              x=-/:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:',
              x'' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.,:.:.:.:.:.:'.,:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.',
             x'' ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:. ',
           // /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,〉:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:. ',
.           i/ .,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、,:-‐<:.,,l:.:.:.:.:.:.:.:',へ:.:.:.:.:!:.:.:.:.:. ',
             !:.:.:.:.:.:.:_,:.:、ヽ.:.ヽヾlヽ/'-,-:.:.:.: l.  !:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:',
             ',:.:.:.ヽ´:,、:.丶 `ー'「、:::cl :.:.:.:.:.:. l /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',      …え?
             ',:.:.:.:丶,.=、-`    ヽノ.l:.:.:.:.:.: lノ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
.              ' ,:.:.:.:.ヽ: 〕      l:.:.:.:.:.:.l:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
.               l:.:.:.:.:.',.  ' __     !:.:.:.:.:.l´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
              /.',:.:.:.:.:ト、  ー'   ,.!:.:.:.:.:l',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,
.             /  ',:.:.:.:.:', `ー--.ヘ l:.:.:.:.:/ ',¨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.: ',
                 i   ',:.:.`ヾ    .///!:.:././  丶:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:l,:.:.:',
              !.   ',:.:',ヽヽ ,/// l:.:.〃   , -‐,.ヽ:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:l.'.,:.:.l
              l    ',: ', ヽ´! /--l:.:/ ., .,´ , ´ ´¨',:.: l:.:.:.:.:.:.l:.l ',:.l



              __
            ,,.-´    ``ヽ 
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ 
         |      ( ●) ( ●).          明日からも頼むぜ?
       /.|        (__人__)/´二二⊃     まだ俺の育成は終わってねぇしな。
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉       なぁ? 「キョン子」
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ

597名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:24:05 ID:xXnZdm0.


        .. -― =-</゙>'ヽ
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
     l !'     、     \!   ',
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l         セリフの書き方なんて、好き好きだと言ってしまえば
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |       それまでなんですけどね。
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |         私はこの方が読みやすいと思います。
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |
    |   ::ノ  `/ ヽ!/::::l   L::.    l
.    l   (/  |::/::::::::::|::`iー ':::::.    |
   |   ::ヽ ./:::::::::::::::::ヽ/:/ |::::::::..   l
    l    :::| |:::::::::::::::::;;:::/:/ヽl::::::::::..   |
   |    :::l 丶-‐i ´ | `   \::::::::...   l
   l    :| /   ヽ/     , >::::::::...  |
    |    :l/ヽ  / ヽ  , :'::´::::::\:::::..  l



            ,‐ァ、   _ _    ,‐ァ、
         〃ヘ 》≦´ : : : : 、:`ヽ〃ヘ 》
        《〈 / : : : : : i; : : : ヽ《〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :| \: : : : ゛ヾ: : :.i
        !〃: : '´  ヽ :!`ヽ\: : i: : i : : :l       ご存知かも知れませんが、(´д`)Editなら、
        |レ! / ●   リ ● i:\|┐!:. : :.l     Altキー+カーソル左右で1ドットずつ増減できる他、
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/=」 |:.: : :.l       フィールド右下にドット数が常に表示されています。
        |: : :ヘ           j//  !:. :. :.l
        |: : : /⌒l,、 __, .イ7ゝ、   | : : : :i.     縦揃えをする際に非常に便利です。
        |:〃⌒`ヽV{__}ヽ/Y  ヽ  .!.: : : : !
        | | 7::::::::/ ハ ==.| 01 i   | : : : :ノ

598名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:24:32 ID:xXnZdm0.


            ,‐ァ、   _ _    ,‐ァ、
         〃ヘ 》≦´ : : : : 、:`ヽ〃ヘ 》
        《〈 / : : : : : i; : : : ヽ《〈 ⌒ヽ
.      人   i :/,: : : 人: : :| \: : : : ゛ヾ: : :.i
.    `Y´  !〃: : \ ヽ :! /\: : i: : i : : :l     他にも、「 」(全角スペース)が11ドット、
        |レ! / ●   リ ● i:\|┐!:. : :.l.    「 」(半角スペース)が5ドット、
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/=」 |:.: : :.l    「.」(半角ピリオド)が3ドットです。
        |: : :ヘ         j// .!:. :. :.l
        |: : : : l>,、 __, イ7ゝ、   | : : : :i    これを元に、チョチョっとこのコマをいじると…
        |: : :./ 7 V{__}\/Y  ヽ  !: : : : :!
          ( ⌒ )7   ハ ==( ⌒ )   | : : : :ノ


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289909935/197

599名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:24:55 ID:xXnZdm0.


<改変例>



                                   _______
                                   |\         \
           _______________________ \         \
           /\__________________\\_______.\
         |\/                            ̄ヽ|          |
         | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||          |
         | |  |                          |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |    そちらのキョン子さんを.     |  ||          |
         | |  |    誘拐致しました。.           |  || [ニニニニニニニ] . |
         | |  |     返してほしくばやる夫さんに.   |  ||          |
         | |  |    一人でウチの本部まで      |  ||          |
         | |  |    100万ドルを持たせて        |  ||          |
         | |  |    来させることですね。.        |  ||    ○    |
         | |  |                          |  ||          |
         | |  |                          |  ||          |
         \\ \_______________/ /|     ◎   |
           \\________________../  |          |
             ̄    ||          |          |          |

600名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:25:28 ID:xXnZdm0.


            ,‐ァ、   _ _    ,‐ァ、
         〃ヘ 》≦´ : : : : 、:`ヽ〃ヘ 》
        《〈 / : : : : : i; : : : ヽ《〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :| \: : : : ゛ヾ: : :.i
        !〃: : `ヽ ヽ :l ノ\: : i: : i : : :l
        |レ! / ●   リ ● i:\|┐!:. : :.l      全角だった「100」を半角にしたり、
        |: Vl⊃ r‐‐v ⊂⊃::/=」 |:.: : :.l.      目立たないところに半角ピリオドを打ったりすることで、
        /⌒ヽヘヘ   ヽ ノ    j//⌒i !:. :. :.l      ズレを修正できました!
      \ //:::\>,、 __, イ7、〃 ⌒ヽ: : : :i
.        //::::::::::/7 V{__}\/ヽ|::::::::/ 7: : : : !
       ゛‐-- "7   ハ ==  トー- /| : : : :ノ



            ,‐ァ、   _ _    ,‐ァ、
         〃ヘ 》≦´ : : : : 、:`ヽ〃ヘ 》
        《〈 / : : : : : i; : : : ヽ《〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :| \: : : : ゛ヾ: : :.i
        !〃: :/  ヽ :!   \: : i: : i : : :l  
        |レ! / ノ   リ`ヽ i:\|┐!:. : :.l
        |: Vl ●   ●  .|::/=」 |:.: : :.l.      こういった直線のズレは非常に目立つので、
        |: : :ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃.j// .!:. :. :.l     できるだけ直した方がいいと思います。
        |: : : /⌒l,、 __, イ7ゝ、   | : : : :i
        |:〃⌒`ヽV{__}ヽ/Y  ヽ  .!.: : : : !
        | | 7::::::::/ ハ ==.| 01 i   | : : : :ノ

601名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:25:55 ID:xXnZdm0.


                rへ __  __
                    /: : : : : : : : Y: :ヽ
              /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
.              //: :// l: :|\ヽ : :',: : :. ',
             / l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',       なお、戦闘シーンに関しても
              /: :l: :l@    @ l: :/: :l: : : :.',       少し素っ気無いように感じたのですが、
          /: : :ヽ:!\ △   /:// l: : : :..i.       何とか改変例を示そうと四苦八苦している間に
          / : : : : l.  冫ー‐‐<    l: : : :. l       ヴィルヘルミナさんが素晴らしい改変例を
         /: : : : : :! ./l/l// 01i,  l: : : : : l     示してくださいました。
         /: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l.      やー、私もあれくらいのAA技術が欲しいです。
          i: : : : : く/レへ: : : : l::::::::::',. !: : : : : : l
.         l: : : : : : :\:::::::::::ヽ イ:::::::::::::〉l: : : : : : : l     とりあえず、私にも示せそうな簡単な改変例として、
        l: : : : : : : : :ト、:::::::::::::::>tjtjtjノ l: : : : : : : :l      このコマをちょっとだけいじりました。
        ',: : : : : : : :/├‐┤|─ '"|   l: : : : : : : :l
        ヽ: : : : / .l:::::::| l:::::::::::l   ',: : : : : : :,'
          \:/    l:::::::l |::::::::::l   ヽ:: : : : /



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289909935/7

602名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:26:31 ID:xXnZdm0.


<改変例>



                ,,,,、                 ,,,,,、
                ,! .,i´:iー匸l  ┬-、        /` ,l゙
           │.l_ ゙‐'゚″  .|,,,ノ  .,,,ο    | ,i´
           ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡'"`    .|丿
           / / `"   ,―''''゙ン'"`      _レ゙
              l゙丿     `'-‐"           ,i´丿
              ``                 `"`
                                                
                                               〈\ ,,_人、ノヽ 
                                        _,.=t=t=≦ )     ( 
                             __,--─==''|三[l::[l::[l三 <      >
                              _/´¨三三三三三!三三三三ニ )     て   
                        _/三三三三三三三ニ:|三三三三ニ ^⌒`Y´^\ 
                      /'三、__,======鄴鄴醞!}、三三::f}三',三三三三 
                       l三:::IIIIIII三三三 鄴鄴鄴II|ー―――‐ゝ三三三::/
                       t_,ゝ三三{T=、、f¨ヽ三ヽ====斤`ー―‐‐!三二ニ:〈¨
                   ..//´' ̄ ̄\ 三三三!三:、三三=ソ::j_|三三三ヨ==f ̄ ̄ ̄`ヽ、
                  ´ r'´ /   `¨ ̄ ̄{ ̄ ̄{  j三三fニニニニニニニ='庁´三ニ/三三ミ、ヽ
            /´ / |::!|f     __,=──''¨三三V三三三三ニ',::::,'三ニ::!::γ⌒ヽ::::}
    /´ ̄ ̄√    |  |:弋|        {l`¨ ̄ ̄ ̄}==、三──`ー‐::::|三...::j::::{:::::::ソ:::::|
  /  /´´     '. ゝ、`'.   ー――――'¨ ̄ ̄}  \三三三三三三ヽ.三弋=='::::::j
  / ,.. イ           \  \'.   、___{l___ノ    ` ̄ ̄¨¨¨---==三三三:::/
                   ヽ  `             ヽ



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

603名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:26:58 ID:xXnZdm0.


                 __           _
               /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
              ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
             /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
              /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
             /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
               /: :!: : /イ==  == i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ        簡単すぎてお恥ずかしいです…。
           /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
             /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ        改変は出来るところから少しずつやっていけば
          /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、.      いいと思います。
           /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、
        /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、    私もそのクチですから。
         /: : : : : ::{   /:::::|::::::| ii |`iミY:::r-´ヘ::::::》: : : : : : : : : : ',
        ./: : : : : : : |   \_|:::::::| ii |:::}   }ヘ:::::::i/ ',: : : : : : : : : : ',
      /: : : : : : : : |     |:::::::| ii/_ヽ∠ヽ`、:::ヘ´」',: : : : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : : :',       |::::::∨ーt´--`-}::::;::ヽ:|',: : : : : : : : : : : ',
      i: : : : : : : : : : :\    \/:::::/    |;:r-:::i:! i: : : : : : : : : : : :',
       {: : : : : : : : : : :ヽ:\   /:::::::/     |:|!;i|:::| |: : : : : : : : : : : : :|
      ',: : : : : : : : : : : :\___./__:::::,'       ,':|iiii|:::|:|: : : : : : : : : : : : :|
       ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/::,'     /:::|iiiii|::::|: : : : : : : : : : : : ::|
       \: : : : :\: : : : : : /::::ヽ{     /:::::|iiiiii|./: : : : : : : : : : : |: :|
         ` - ,,_二==-{:::::::::::::::}  ___/::::-=二´: : : : : : : : : : : :ノ: |
                  ヾ三彡   >、`ー---´: : : : : : : : : : /: :/
                        {:`ー\: : : : : : : : : : : : : /{/
                        `ー- `ー,, __ ,, -´

604名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:27:26 ID:xXnZdm0.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                  ┃
┃    ※ 総評 ※                          ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                 , x≦三}               _
            ,x≦ヨ>_'´{彡- :―: :-: : . ._  ,.イ三}i
            {三l'´: : ; イ: : : : : : : : : : : : :.`,イミ/}}}}}
             ,{三!:./: : : : : : : : : : : : : : : :/三/:-ヾ}}
          /:.i三/: : : : :/: : : : :.l: : : : : : : {三i: : : : :ヽ
          ,': : :∨: : : : /i:,'!: : : :.ト、: :l: : : : V/{: : : : : : :ヽ
            : : : :.,': : : :./ l:l ; : : :.l V:.!、: : :∨ハ:l: : : : : : :ヽ
         l: : : :,:.i: : : ; `ヽj V: : :l__,ム:{-: : : : Vリl: : : : : : ト、:ヘ
         /l: : : j∧: : f寸ョx ヾ: :l,.ィョェュ、i: : l:..:/l : : : : : :.l ヽ:.i    
          /: : : :/: : ヽ: l 弋:リ   ヾ{'弋:リ '}: :.l:./ ,: : l: : : : :.! !:}       色々言わせていただきましたが、
       /: :i: : : : : : :.ヾヘ ,,,  、   ,,,,  i: /'´ ,': : :l: : : : :.∨;′     私は楽しく読めました。
      /:./: : : : : : : : :..:ヽ   、  ノ   ,.イ/   ; : :..:l: : : : : :l ; 
    /; イ/: : :.;.ィ´` ー、_:/ >、 _ _, <i     : : : : l: : : l: : : {       作者様はやる夫スレ初心者とのことですが、
.  ,ィ´:/  / : : ;'  _  j}`〈 : : \__, ィ:´:ヘ    l: : : : : : : l: l: : :.      私だってまだまだ初心者です。
 /: :/   /: : : :.V壬三ミxj: :.i´\: /::ヽ: : :./ヽ、_ l: ..: : :.: : :l: l : : :.
 !: :{, ィ:´: : : : : : :Ⅷミ三三ミx',  Y、::::〉/ : : {f´ ヽ: :..: : : :l : : : : :.    人気作家を目指してお互い頑張りましょう。
 l/: : : : : : : : :/: }三三三三ミ!  } i:`:{: :..: : : }}   } : : : :/.: : : : : :
,イ: : : : : :./: : : /: ∧三彡': ; -、!  l :l:::::ヘ : : : :j}   /: : : : : : : : : : : !    以上、初音ミクがお送りしました。
!: : : : : : ; : : :./: / }三/:__/  iノ   {: ';::::::ヘ : : :ヾ、 ∧: : : : : : : : : : : l
!: :i: : : : l:.: : ;. :/  {{r‐‐{ !   l    ヽ';:::::::ヘ : : : }}/ ヽ: : : : : : : : : : l
ヾ:ヽ: : : :!: : :l: :  {ハ  {i ヽ `、    \::::∧ : :/    V.: : : : : : : : :l
、 ヾ: ; --、: : l: l  》ヘ }ト、 ヽ ヽ=t-、  ヽ:::::\      ; : : :..: : : : :.l
ミ≧く:_:, ィ壬ミx>-':ヽゝ'三ヽ、ヽ Y : : `i¨´::::::::::\    !..: : : : : : : :l
三三r=-‐:':´ : : : : : : `: ≠:'.ゝヘ_ノ : : : :`ヾ、;:ィヘ::::\ ,: : : : : : : : /
ミ三/:} : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ミ}ヾシ::::::::::\: : : : : : :/
ミ三7:l : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : :,イ三}  `ヽ、::::::::::} : : : : /
ミ三ヘヽ : : : : : : : : : : : : : : : : `ー_;=-‐:{三三!    ` ー-、j: : :/
三三ゝヽ: : : : : : : : : : : : : ´:  ̄: : : : : :.i三ミ}     , ィ´:, ィ´
三三三}_\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l三ミ}  ー=' - ‐'´

605名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:27:42 ID:xXnZdm0.
以上です。
今回指名されて驚きましたが、自分に評価して欲しいと言ってくれる人がいて
嬉しかったです。

606名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:28:38 ID:Ci49uzfQ
分かりやすい評価乙でした!

607名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:34:26 ID:h.mvl89I
評価乙です

608名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 01:38:02 ID:qjYwKtoM
評価乙です

609  ◆kYxYjmK6mo:2010/11/27(土) 10:08:36 ID:gsew18YE
ヴィルヘルミナ様、ミク様、ありがとうございました。
>>510
す、凄い…! 「本当はこんな風に描きたかったんだ!」と思わされます。
AA改変は奥が深いですねぇ。

>>585
指名評価人じゃないのにありがとうございました。
作者にとって「驚いた」の一言ほど嬉しいものはありません。
次回も頑張ります。

最後にもう一度、お二人とも、乙でした。

610名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 10:36:57 ID:e90rh6fQ
両名様、評価乙でした。

611 ◆IZJJGNQHEU:2010/11/27(土) 11:51:01 ID:jN/BxgaA

   評価をお願いします。
 
   『やる夫と右隣の魔王』

   ・1スレ目
   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280841875/
   ・現行スレ
   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1290081653/

     □評価方針             辛口でお願いします
     □評価スタイル.         お任せします
     □AAの改変具体例     お任せします

     □その他要望・見てほしいポイント等

      1.話として面白いか
      2.キャラクターに魅力はあるか
      3.解かり辛い箇所はないか
      4.その他、気になる点があれば御指摘願います

     よろしくお願いします。

612名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:45:33 ID:gsew18YE

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ   皆様はじめまして。
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',  評価人の蒼星石と申します。
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|  本日評価させていただく物語は、こちらですね。
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|  ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1280841875.html
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'  「やる夫と右鱗の魔王」
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,   なるほど、魔王と勇者物ですね? 
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ   僕はこういうの、大好きです。
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

613名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:46:17 ID:gsew18YE

□評価方針             辛口でお願いします
     □評価スタイル.         お任せします
     □AAの改変具体例     お任せします

     □その他要望・見てほしいポイント等

      1.話として面白いか
      2.キャラクターに魅力はあるか
      3.解かり辛い箇所はないか
      4.その他、気になる点があれば御指摘願います



      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
        ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y   依頼文は以上ですね。
.       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ   それでは一つ一つ行きましょう。
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!   辛口をお望みですね?
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃
          !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'
.      ,イ;:;:;:;:;:`7_、   , -‐ホュヽ<ュ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rハ  iイ´/ハヾ! ハ7z、

614名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:46:50 ID:gsew18YE

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬  1 話として面白いか
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/   なるほど、ズバリ結論を先に
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/     言ってほしい訳ですね?
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T      せっかちな作者さんです。
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|      感想は――――
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

615名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:47:14 ID:gsew18YE

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /   「微妙」です。
      く         . -‐====== ー-く    今回は評価という事なので
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ  読ませていただきましたが、正直
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l  そうでなければ第一話で僕は読むのを
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}  やめていたと思います。
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′



    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<   のっけから失礼ですみません。
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\  でも正直な感想なんです。
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ  読んでいて感じたのは「このお話は何が目的?」
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/  という事です。
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

616名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:47:41 ID:gsew18YE

           /´...:...:..:..:..:.::::::::::::::::::::::::::`丶、
       ┌―-'- ...,,,__..:..:..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::〉
      |...:...:...:..:..:..:.:.::::::::: ̄ ̄`:::::‐-、__:::::/   これはあくまで僕の考えなのですが
 (´    L ―――--...,,,_:::::::::::::::::::::::::`ヽ、_  「面白い物語の最低条件は、
  ヽ、__,ィ´::::::/:::/:::l:::::::|:::、:::::ヽ ̄¬、__::::::::::::/  人物がある目的に従って事件に立ち向かい、
       |:::l:::/::::l::::::|l::|::::l|::`、:::::::、:::::::l:::::「ヽ_/   苦労しながらも乗り越え、成長する」
      l::l:::l:::::|-r‐ト| !::::K-‐、::―ヽ:::|::::::ノ::|    事だと思っています。
        リ:::|::::l::!l::::| ! ヾ、!ヽ,.::ヽ_;;::_`ー/‐':!
        !::|::::|::YTヽ  ヽ r'i´  リ:::|/゙}/ソ
       l:ハ:::!从 ト_j      ゝー;'!::/:!ノ '
         ! ヘ:{ヽト、""_..'_  ""ノ:::ノハ:{
         ヽ `/´__`ヽィ´/ ' `
         、_,/ .../;;;;;;;;;ヽ..ヽ`ー- 、_
        ,_/アュ、ヽ;;;;;;;;;;| r-、   j!`ト、
        ノ`ー'、フ ...` ̄´f、ヽ_>、 ノ!r':::::ヽ
       /:|  。ヘ`ー-ri´r'´  ∨ン::::::::::::\
   __,,.イ´:::!   。│/!} {!:| f、。   ゙、::::::::::::::::::::\
     ⌒ヽ._|  。 j/::|、_j|:|  }  。 、 ゙、:::::::::::::::::::::
          「ヽー7ヽ」ー‐'t_rtゝ、。 ヽ ヽ、::_,,r-‐
         ` ̄´/::::l><l⌒:::ヘ  ̄´ ノ `

617名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:48:30 ID:gsew18YE


 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |   主人公には意味もなく
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |   散歩に出かけたり、ご飯を食べたりする
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |   時間なんてありません、常に事件に
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |   全力で立ち向かわなくてはならないのです。
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |   大変ですね、主人公って。
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂



          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「   もちろん、全ての作品がそうである
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|   とは言いません、それなら「日常系」
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/   というジャンルが成り立たなくなります。
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./   ですが、日常系は簡単に見えてとても
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/    難しいジャンルです。
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

618名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:49:12 ID:gsew18YE

          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「   もちろん、全ての作品がそうである
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|   とは言いません、それなら「日常系」
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/   というジャンルが成り立たなくなります。
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./   ですが、日常系は簡単に見えてとても
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/    難しいジャンルです。
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:



  ,′ . .....:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. |:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:. /l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|  なぜなら、
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:; ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|  「こうすれば面白い!」という
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|   方法が無いからです、それに日常系は
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ   詰め込める要素も少ないですからね。
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /     キャラを成長させるのも困難ですし、特に
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /      事件も起こらないですから。
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/
            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/
      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_
  r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ

619名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:49:54 ID:gsew18YE


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \   話が逸れましたね。
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ  つまり僕が何を言いたいのか?
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ  「この物語の目的が分からない」んです。
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !  特に重大そうな事件も起こらない。
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|  だから、どこか退屈に感じてしまうのです。
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |



          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「   ですが、これは僕の感想です。
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|   中には「意味もなく生活している
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/   のを見るのが楽しいんだ!」
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./    そういう人もいるでしょう。
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

620名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:50:43 ID:gsew18YE

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\  ですが、作者様はシリアスなお話を
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ  書きたいのであれば、早く事件を起こし、
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',  タイムリミットを作るのがコツです。
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|  このお話なら、「魔王を倒さないと
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|  あと○○日で君は死ぬ!」なんでどうでしょう?
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

621名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:51:09 ID:gsew18YE

     /  {    \                        /   /  /ヽ
     ヽ  ヽ    ヾー 、__                _,. -‐ '   /  / /
      \  \   \  ` ー-- 、___,. -ー '"     _/ ./  /   人物の関係は原作通りにして、
        \  `ヽ、 ヽ、                 ,. - '  /   /    「自分を守るためには、
         \   ` ー-`_ー-- 、_     _,._-ー '_ ,. - '´    /ヽ、   大好きなあの子を殺さなければならない」
           !ヽ,       ̄` ー--- ̄- ̄-─ ' "´       /  ヽ、   こんな設定にしたら面白いのでは?
           |  ` - 、                     ,. ヾ、    |   愛する人を殺さなければ死ぬ、わぉ、
           | ,. - 、! ` - 、__           _,. -ー' ´  \\   !   良い素材が出来上がりました。
         ,. - 、 ソ   ヾ      `ヾ ' ー--丶 ̄ヾ`' - 、.   /   ヽヽ |
      ノ   V    ト       l      \ \  `'フ,ィ7´7 ̄ ̄ ヽ!
      /      |      !ヽ     ̄ヾ ̄ ' ─- 、\ \  イ:ン, !、ヽ   '
    /       /     / \      ヽィ'〒.'.:テヽ  ` ー-ゝ `´ l ヾ`ヽ、
.   /       /    ∧、  \\    \:.:'''.:ノ      ヽ  /   \ `
_,.. /     /    /‐-ヽ、  \\   `゙\"´       /
 `ヽ    /  ../     ` ー-ヾ、\   ヾ、   r_‐',イ、|-、.
   ヽ   /   ,__`i  ,> ヽ       `ー\   ヽ -- ー'  ヾ、ノ ヽ、
    ヽ     r´  ヽ  ヽ ヽ          r ヽ  ヽ-r─-- 、_.ヽ`ソ \
、   /    (゙     !_ } ヽ          ! | \ \戈、`- 、 `ヽ、__ \_
 ヽ '"    ノ ヽ   ノ    ,> ヽ        ! |  ` ヾヽ、`ヽ、 \ l ヽ  ヾ、
      ´   _,. -"   ヽ ヽ       ヽ`ヽ、 | | >、 \_ノ !<、
         /       }  ヽ        ヽ、ヽノ ! `7`ヽ、 / -'

622名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:51:34 ID:gsew18YE


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \   と、長くなってしまいましたね。
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ  そろそろ次に行きましょう。
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ  
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |



2.キャラクターに魅力はあるか

          ,  - ─────- 、
        _/  /  ̄        ̄\_
       _/   /              \_   ここで唐突に質問です。
      _/   ! /                      \  魅力的なキャラとは何でしょう?
    /     ヽ|     _, -─‐──‐ - 、_|
    !     ,イ    _/    , -─ ‐‐- 、      \
    |    / |  /    _/.:.:.:.:::::::::::::::::::.:.`ー- 、_ _/
    |  /   |/  _/:.:. :.:.:::::::.:.:::::::::::::::::、::::::::::::.リ
    |/   /  , ィ.:.:.:.:::::::::/ノハ::\.:.:.:.::::::::`ト、::::::::i
   (⌒)   \ry.:.:.i::::::::::::::/ィイ `ヽト l\.:.ヽ:l::`,::::::!
         ヾ!.:::l:::::::::イ, -一'´   `ー、-ニ:::!:::::|
            ヽ|:i:::::〈,ィ弋::zソ`    弋辷7`::|::!::|
           |:|:.:.::l! "´ ̄    、     /::,'::,!
           |:|.:.:.:|>、    、 _,    ,イ::/::/
           N.:.:.:.Nゞ>、       , イ |/::/
                \l |:/ _ > ー--‐r<|:/  |/
           , ィ仄  ̄  `>‐< `ー-ュ、_
          /.:.:::{ i〈   , ィ フ介<`ヽ  〉i ト、
         /.:.:::::::〈 | {  !L_, イ:f!トト、_」j  } | 〉:\
       /.:.:::::::::::::::{ !ノ   ̄ /:/f ヾ:|   j iノ::::::.:.ト、

623名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:52:02 ID:gsew18YE

        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\  色々回答はあると思いますが、
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\  僕としては「人間臭い」というのが
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |  重要な要素だと思います。
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;:::::::::: ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |  「胸が大きい」とか「美少女」だけでは
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|   キャラの魅力は出ないでしょう。
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|



               -‐=一==‐- .
           '´          \
                        ヽ   もちろんこれは僕の考えです。
      /  '´          ヽ    `、  絶対的なシナリオ作法などありません。
     ,       /         i l i   、  可愛いだけでOKな場合もありますしね。
      // / / / {   ∧  、  釗i |    ',  では、「人間臭さ」を出すにはどうすれば?
      / / / ∧ Vハ { ト、   i│ !
    ,' { ' ,' '  ' _', V ∨ Vハ ,} j }    }
.   {{釗i l i{ i  {  Vハ  }   Vハムムイi   ,'
    リ ! i i ii ! ,ィチ汽Vハノ  '{i廴}i} 刈   ′
   {{ 、{ { !{ i|  |^じ' }      托5ソ リ !  /
.   》  レ{ !{ !{  ! ‥'′ ,    "" {{ノ /
        トN从 {ト、    、        リ /
            V从}>‐===-、,. イ {/
           ノ:::::::::::::::::::::::V⌒V子ー┐
         f匕 >‐┐:::::::rー-、⌒i `71乙弍
       r'片不{-‐ ┤:::::;勹ニハノ  服従 ∧
.       ∧}フ廴〈,.-‐く:::::::{ニ二: }   服従
.      / `YFFレ辷ブ:::::::`ーァノ   服従   }
     /   {上ァ'}:::::::::::::::::::::::::::|   服従  /
.    /   /  |::::::::::::::::::::::::::::!\ 服従  ∧

624名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:52:38 ID:gsew18YE

           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   そのためには、登場人物に
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',   苦難に立ち向かってもらいましょう。
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l   そして、最終的に成長するのです。
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l   具体的に言いますと
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ   「最初、△△な欠点のあった主人公が、
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./     事件の中で○○な性格に成長する」
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ     です。
           ,.ィ´ ヽニノ <l/
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ
         /.:.:.:.ヽェェイXLェェイ.:.:.:.:.:.',
        / `ヽ.:.:.:.:/Ⅹ〔.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
       〈   L.:.:.〔 {y}〕.:.:.「~~T´
        / `ヽjニ三三三ニ !,.ィハ
         / 。゚/.:Lニ三三三ニレイ 〉
       ノ  /.:.:.:.:ヽニ」.:lニ/.:.:.!``1
     { `ヽ/.:.:.:.:.:.:.:、.:., .:.:.:.:.:l  l
     〈 ,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:!゚。 ト、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.にニハ}
       〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ハハJ
       `ー--‐'  ヽ.:.:.:.:.:.:ノ
              `¨¨´

625名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:53:01 ID:gsew18YE

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ| 
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬   熱血クンは冷静さを
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/    持つようになり、冷徹クンは
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/     人情溢れる人物になる訳です。
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T       簡単ですよね?
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|



           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./  読者は無意識の内に、
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./   主人公と自分を重ねています。
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \   だから成長し、危機を自らの行動で
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|   脱した時、一緒に感動してくれるのです。
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \

626名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:53:49 ID:gsew18YE

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /   ただ一つ注意ですが、
      く         . -‐====== ー-く    間違っても突然何の前触れもなく
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ  成長したり、「その時、やる夫は成長した」
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l  とか書いてはいけません。
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′



    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<   成長の証は「行動」です。
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\  そして成長のきっかけは
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ  「他人からの指摘」です。
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/  気をつけましょう。
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

627名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:54:29 ID:gsew18YE

3.解かり辛い箇所はないか


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ   特に見当たりません。
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ   この点は問題ないと思います。
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !  戦闘描写も中々お上手です。
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|  僕なんてつい最近評価依頼したら、
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ  「戦闘がちょっとそっけない」ってゲフンゲフン。
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

628名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:55:07 ID:gsew18YE

  4.その他、気になる点があれば御指摘願います

 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |   最後ですが、前半書いた様に
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |   この物語のゴールが分からないのです。
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |   今の所闘ってご飯食べてるだけですし…。
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |   人物紹介なら第一話でざっと行い、事件を
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |   早々に起こすべきだったと思います。
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \
            ∧_/\    {   /               \__f⌒ヽ
         / r‐' ( >' ,二.rく ―‐、           <⌒ヽ丿  └┐
           | / Y´  イ /トく ̄\\         ___) /n_厂



        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\   冒頭も味気ないです。
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\  これはライトノベルの話になりますが、
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\  冒頭がつまらなければ大御所でも
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |  ない限り、棚に戻されます、売れません。
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;:::::::::: ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

629名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:56:13 ID:gsew18YE

  /   l     .i, 'i、
  /   !     .|.! !.ヽ   l            やる夫スレでもそれは同じです。
  /   .|      ! .l ! .ヽ   l\          , 理想的な冒頭としては、
  ! /  │  .|   ! .ヽ.l,  \ . l、 \         !  ショッキングかつ、主人公が
 .! l|   l  / .,./   . l..l.   \ミ/;;、.,゙;;xi..ii,i--――-l..,、  挫折する、という物です。
 | l│   .l .l'"/了゙゙''''''''''.lヽ     .`'!!r..,,._,,,`-ニニ二l、 `
 .l.! .! .,  .}゙.iiシ'┌'''Z,゙,゙'''x/.l、      !" .|コy ,,, |.,l′
  │ l l ,iシl,.l. ヽ .l'Yくッ.! .\          ! ゙‐''゙'ジ゙/ r     .,
  ゝ ゙lir彳 ..l,.l   .゙―ー"   `''        ̄´  /./      !
     ヽ.!i、 ゙ l、                      /. /    ,l゙ /
      ゙'.乂、 .\        ゝ           ,〃 ! /   /l/
      .| ll \  .\       _       ´  /./   / 〃
       ! |l `'‐  ゙l‐ヘ、               ,!/   .i| l'!l゙
       .! l.l   .l.!゙7-、          _/´l|〕  .,l"l/ l!
       l ! l   .l l |  .              .|'l゙ ./ . ′
       レ .l  l .|/      `゙'''Y'"゛    ._,.. | l\
          .l │         │   _..-'"  | l   .\
             \|          '" ̄''''''    .l/     \



             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\  「平凡な出会いシーン」
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ  「設定を長々と語る」
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',  冒頭でこれが出たら、読むのをやめる
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|  人が多いです。
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|  逆に言えば冒頭さえうまくいけば、その
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'  お話は大体成功です。
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

630名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:56:44 ID:gsew18YE

          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|  色々と失礼な事を書いてしまい
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/  ましたが、今回挙げた点を改善すれば
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./   格段に面白くなると思います。
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/    これからもがんばってくださいね?
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|     評価人兼作者の蒼星石でした。
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

631名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:57:51 ID:gsew18YE
長々と失礼しました。
辛口とはいえ厳しい事を言ってごめんなさい。
ですが、最初は誰でも下手です、諦めずに頑張りましょう。
それでは、さようなら。

632名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 13:59:14 ID:OHkJ7NOw
せめてタイトルは間違えないようにしよーや
あんまりだろ

633名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 14:01:07 ID:gsew18YE
あ、失礼しました。
「右隣の魔王」ですね。

634 ◆XnRkilFxSo:2010/11/27(土) 14:15:47 ID:f.lOqgaw
評価をお願いします。
 
やる夫が殺人ウイルスを手にしたようです。

1スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286457904/

2スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289567526/l50

□評価方針           辛口でお願いします
□評価スタイル.      お任せです
□AAの改変具体例     お任せです

□その他要望・見てほしいポイント等

IFストーリーになっているのですが、元との比較などは評価範囲に入れず
物語の進行としてこれまでの話は読んでいて単純に面白いかどうかを評価して欲しいです。

また主人公は特殊な環境+無意識による5人の殺害を起こした高校生です。
その人物が事件から原行スレに至るまでの話の中で
殺人を犯した立場としての心情が、回りの友人達も含めて
あらわれているかどうかを見て欲しいと思っております。
また物語の進行で無理矢理すぎる場面が無いかどうかも見ていただけたいと思っております

お時間があれば評価をよろしくお願い致します。

635天凱凰 ◆p2fltk1KJg:2010/11/27(土) 15:00:02 ID:7.CZ5frY
評価をお願いします

やらない夫物語 〜傭兵の軌跡〜
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289141257/

      □評価方針        おまかせ
      □評価スタイル       おまかせ
      □AAの改変具体例   必要

      □その他要望・見てほしいポイント等

     ・話そのものとして面白いか

     ・キャラに魅力はあるか

     ・戦闘シーンについての改善案

     ・世界観やその他の説明で説明口調すぎて機械的もしくは冗長になっていないか

     ・やらない夫があまりストーリーの中心に絡まないがそれについてはどう思うか

     ・オリジナルですがいろいろな原作の世界観を流用しているためわかりにくくなかったか

     ・なんとなく思ったことを一言だけっていう方の評価もぜひ参考にしたいと思っていますので
      深く考えずに軽い気持ちで評価してくださるとありがたいです

636名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:34:24 ID:bcc0X2Cw
10レス借ります。

637名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:34:57 ID:bcc0X2Cw

            //_
              ,", ‐=、:7,=ニー-- ,,_
燻製食べたい!! /〃 o l,〃o. l.l: : : : : :`ヽ、
               /::,.-l.゙-゙ムl ゙ー゙-"'''ー、: : : : ::ヽ
           l>ゞ、,,ヽ〈;;;;;ノ==二二  ` 、: : : :
,,-"|   ∧  〈 ̄ 二二 ` ./ 二-二"、   ヽ: : :
.  ! ./  ヽ、ヽ、__,,__  /__ , ―'─  `ヽ、  !: :
   レ'       ∨   `y'"  , -、 r― 、  !  l: :
                |  /   l l   ヽ  l  l: :
              ,.l、,,!,   り,,,,,,, ノ ./ /: :
           rー 、_l_  `ー' ̄   `l_/ /: : :
            \   ̄ ` ー----‐‐'  /: : : :

638名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:35:19 ID:bcc0X2Cw

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \    やぁ、びっくりさせちゃったかな?
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ   ごめんごめん。
   / /   `ー ●ー    ヽ  
   l |   三   |  三  |    僕、ドラえもんです。
   | l \     |    / l
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_   今回、評価させていただくのは、これ!
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /   「やる夫で学ぶ燻製」

                    依頼レス
                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/375

                    現行スレ
                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/

639名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:35:44 ID:bcc0X2Cw

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ    ベーコンの作り方を
    // `ー●ー ´   \   ヽ   とってもわかりやすく書いているね。
   /^ 三 /  三     ヽ    l   僕もつくってみたくなっちゃったよ。
   ヽ.__ /     __  l    |
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \    それじゃ、評価に入らせてもらうね。
   // `−● − ′  \   ヽ
   |  三  |   三    ヽ  ヽ  評価ポイントは「わかりやすさ」だね。
   | (____|____   |   |  いくつかのポイントに分けて、
   |  \.        /   |   |   評価させてもらうよ。
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /

640名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:36:12 ID:bcc0X2Cw

          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\   まず、なによりも評価したいのは、
      /  /  `ー ● -   ヽ   随所に実物の写真を使っている所。
      | / , 二   |   二、ヽ
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ     いっちゃあ、なんだけど
 l  /   ー ●ー    ヽ    AAには限界がある。
. |  /  三   |  三  | _   どんなにおいしそうに書いても
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)  白黒の線と記号だ。
 ヽヽ ( ______ / / /   良くて、味っ子、悪くてジャぱんが精一杯だ。
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

641名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:36:35 ID:bcc0X2Cw

          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ     でも、君はちゃんと実物の写真を用意した!
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
     l /  .二    |    二  ヽ l   狐色の燻製には、思わず食欲をそそられたよ。
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ    そして、君は、完成品だけじゃなく、
    /  /   `ー ●ー′ ヽ    ちゃんと、制作過程でも写真をつかったね?
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)  これで、今から作ろうって人は、
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /   写真と見比べながら作れる。
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)

642名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:37:07 ID:bcc0X2Cw

      ____
    /    - 、 - 、\       これ、料理本なんかでも、
   /  , -|  ・|・ |- ヽ       結構省略されてたりするんだよね。
  i /   ` - ●-′  i. ____  とくに、やたら掲載数の多いやつ・・・
.  | |    三  | 三  | |   .|
  ! | \.___|__ノ / |   .|  文章だけじゃ、書いてあることと、
  \ヽ   \___/ / ◯─-┘ 自分が今やってることが同じか、
    ━━━━o━━ /      不安になっちゃうことが結構ある。
   |   /    ヽ |



     ____
    /:: . -、. -、::::\
  /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   そういう気持にさせず、
  |::/  " ● "  ',::|   丁寧に一つ一つ写真に撮ったのは、
  l::{ 、三 | 三 , }:l   とっても素敵なことさ。
  ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    感心しちゃうな!
   /::::::i ___/
   i:::::::::i-(〒)―`ヽ

643名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:37:32 ID:bcc0X2Cw

          ____
       /     − 、 −、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ   次に登場人物。
     / /    `− ●- ′  |
     | |    二二  | 二二. |  無駄に人数を増やすことなく、
     | | |\ -─  | ─___)  役割分担ができているのは、
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_  理解するのに無理が出ない!
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)
    \   ━━━━6━━  /
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |



        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ   学ぶ系じゃ、普通のスレより、
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ   登場人物は少ない方がいい。
   l   /   二   |  二  |  下手に増やして物語性を重視すると、
   |  l     ─   |  ─  l  伝えたいことが、ぼやけかねないからね。
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

644名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:37:57 ID:bcc0X2Cw

        _____
      / | ・| ・ | 、 \    教える側と学ぶ側。
     // `-●-′ ヽ ヽ_
     |  三 | 三  `(___)  ひとまず、この両者が揃えば、
     | / ̄ ̄ ̄ ̄\/  /  学ぶ系は成立するんだよ。
     ヽ\_(二二)_ /  /
      /━━(t)━ /  /
      /  (┌─┐)  |



          __
        (((_=_)))
           ||
        , −───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i      後は、地の文を読ませるのに、
    /        /    ヽ__ ●     解説役をつけるぐらい。
.   l        /    ──  |
   |      /      ──   |     その他のキャラクターは、
   l       /       ── └、    読み易さを上げるための
    !     i      ______ ノ    コンパクトなストーリーに合わせた、
    ヽ   |   /    //⌒ヽ   最低限の人員でいい。
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /

645名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:38:21 ID:bcc0X2Cw

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ   君のスレだと、主要キャラは、
   / /   `ー ●ー    ヽ  教える やらない夫、学ぶ やる夫。
   l |   三   |  三  |   ストーリー要員の蒼星石。
   | l \     |    / l   この三名だけ。
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ )  だから、蛇足と呼べるものも、
   /  /  ヽフ ヽ   /   混乱を招く様なストーリーもないんだね。



        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ    これらの要素があいまって、
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ   君のスレはとても分り易いよ。
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_  第二話もこんな感じで進むといいな。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

646名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:38:40 ID:bcc0X2Cw

       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ   僕も冬休みになったら、
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',   のび太くんと作ってみるよ。
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l   それじゃ、僕の評価はここまで。
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /   自信をもってくれると嬉しいな。
   VV  {   )  ̄      / /    またね。
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \

647名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:38:59 ID:bcc0X2Cw
以上です。

648名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:40:34 ID:feknXGj2
評価乙でした。
興味が湧いてきたのでちょっと読んできます。

649名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:42:10 ID:bUfa2WiY
評価乙

650名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:42:26 ID:WKd72TEg
評価おつでした
ちょっと読んでみるかな

651名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:45:36 ID:vH3tkUOw
ためになる評価乙です
ただ、個人的には燻製スレには夜読むとお腹が減って困るという重大な問題点があったと思いますw

652名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:47:01 ID:bUfa2WiY
>>651
ワロタw
確かにそうだw

653名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 15:48:40 ID:WKd72TEg
>>651
分かるw

654名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:53:49 ID:1Sk92/Gc

`¨⌒ヽ,ノ_j 、 \__
     \}/\   `¨^⌒>    ̄ ̄ミ 、
      `  `¨⌒^ア  {>-‐‐‐-ミ  \
        ⌒ヽ、 /  /ニ∠二二∠>  \
          ___,}.′ __j∠三三∠二二二>i     -- 、_
        / _,ノ __彡'. ._i_._./|._././ i`'<ニニ|   .∠: : : : : :\
       {     `7./.斗ぅミ}/}/ 'l.7i. .`¬{__/   \_:_:_: : :
       、_____,ノ|/|《. {r::)     7:代}. } . . V     _,/>く{ : :     こんにちは。
 \         /./{ ヽヽ    . ヒ::} }}/. .八{       ̄ ̄( : :     インデックスだよ。
    ______, /./.人   ト-- r ヽヽノイ{、 `        {,: :
         __/ . /⌒ミ:\ 、__,ノ   /|. .{ ,)          /}: :}     今日はこのスレを評価するんだよ。
        . . . ./⌒ヽ \:`:ーr‐< ̄ミ. .∨     . -‐   , : ,′    よろしくお願いします。
       _._.ノ'⌒    \ \弋___,) {_,),>、\__/      /: /
    ⌒¨´ /      \_,〉 ,ハ \} {/ _,). .}____ __,ノ⌒′
      /       ̄ミ{   {,>、{ } ̄{`}. j八.\

依頼レス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/375

現行スレ
<スモークウッド限定>やる夫で学ぶ燻製<初歩の初歩>
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/

655名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:54:47 ID:1Sk92/Gc

            -‐……‐-   .
        /              `ヽ
      /   /-‐ァ¬._フ¨¨フ 7 ァ┐l
.     /     ′゚/^ ∠ ゚/⌒ ゚/ ||
     '     {__/,/,_/__ノ___|_{
.     {    ノ   _」.⊥.∧∧}⊥|.」 ト、>
      }    `T /}∧j └′  ' ┘}ノハハ         話運びがシンプルで
.    /    「l | ^'宀'^     ^'宀{ ,  }         読みやすく好印象です。
    {    ,ノ{| | '' '     '   ''}{  {
.     ∧   /`T| |    __,_,   ,小、          私はこういうスレでは
   /   /l  l | ト,    | |  イ|| ヽ         必要以上にAAに凝る必要はないと思うから
.  /     l  l | ト{└fエエエエエ}| |   }         依頼を見て安心しました。
        |_」.L| |\|> .二ユ r_,l |   /
        |>く_,| l\/  .二ユ l-{厂` {          力の入れどころを間違えていない。
        ├'  | | ′  -‐{  ヒノト,、} \         いい感じだよ。
         |{  | |/{   r ´   |下、ハ   ヽ
.         八 |/ } 7升=====! | !{ |   |
  - 、   {   、l,′ |∧{| ||| |,_八{   |
    }    |   {,__|  | | ||l∧/|ヽ  |
  、 `   ‐|-‐ ∧ ∧ |ノ ∧ ∨ | ̄|┴ 、|
   `7 ‐-┘ ._/___V  | /  V  | |  \



          i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
          | ,!/ 二ニ= ,―,-r =r' _^) 匕.!    |
          l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |
        ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |
          ,' 人 /'´ん、:}     了示xハ ト、ヽ、_ |
         !  l下 弋zク      Kじc八i/ ! ̄ |     写真があるから作ったことがない人にもわかりやすい。
           ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !      あなたの読者への細かなフォローも好印象だね。
           ,'  ,! i、   、            !   !     |
        ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {      この話を読んでこれから燻製を
         ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l      やってみようって人が今後も増えると思うな。
         // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l
.        //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
        {人.V  l! ! |  、_   / /  ,' / ::}   ',
      /`^' {   !| l     /  /   !/ .:::;   ',
      ,'   !  i l. lr=、ト===r'--、 ./   ,'   ::::    }
       {     !  j ! ゞ='.L_/)_ノ /{   i    ::    i

656名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:55:12 ID:1Sk92/Gc

/         /_ / ,  人,  / ) / i、  ハ
     _ ノ `,ー - ニ _ /   /)ノ しV |
...:;:'   ´7 , _/ ! ,イ .,イ /`ハ ̄` ー--'-{  |
:;:'     /イ /`T/T/7イ / l`ハ、_i ,   >/
:   ..::.:/,ィテ7ァー、  j/  .l/ l/l7i .ハ/ /
   ..:::;イ.,' 弋ソタ        rfテT j' ハノ- 、ノ
 ..::;イ  !  、、、         辷ソ  /==ァ/ V
. ::/./l  l u       、  、、、 ハ //  }     ただし細かいフォローは時として
-<-'、l. !     /`丶、 _    /=='./  /     話のネタつぶしになりかねないんだよね。
  ヽ ヘ. ト、、   {    V     ノ77./  /
  _ハ V\ヽ、 ` ー '  <777./  /       その辺りの加減は重要だよ。
  (0{こ', V ヽ∠7ー</ /77ァ/n'Y l        この手のスレでは特に大事。
  `T ̄', V  ノ{ /   ̄ /∩! l|.!
     .ヘ V / { く − く  ノ ' ′ ノ



                     ____________
                  . ´            `
                     r ´                \   o
     O     o    r┴───┐                ヽ
               | ./:.:/⌒/:.。:!                  |   ○
               |/.:./:.:_/.:_.:._|                 |
       O         ノ丁/ 、_j__、j `ゝ              |  o
                 ネ/V ∩V\|                  |
                      l ∪  ||                 |      現時点で結構な数の読者がいるし
                     ノ    '''' ||    (         |      彼らの質問に一つずつ答えていると
                   (       |ト、    \          ト、     これからやりたかった話なのに雑談で
               o     ヽ  ⊂⊃||=|     \       \    消化しちゃった〜って事態を招きかねない。
                    ` ー‐<ヽ.         \        )
                    {OY ⌒ヽ         `        ´\      時にはその場ですぐ答えずに
                          |    \                \     以降の話でフォローするような
                          |/    へ               |\ 、   対応も必要になってくるでしょう。
                          |     |\                |/ヽ|
                  rとヽ !      |                / ー─'\   読者全員をフォローできるわけはないからね。
                    {  /77!       釗       _____/      /〉   割り切りは必要だよ!
                   Y //人     | \ ̄ ̄              //| 
                      | | |  )      !   ヽ            ___ _〃 | 
                      | | |       |     └─┬ォ…i´ ̄ ̄ ̄ ̄/| 从 
                      | | /ヽ     人      从ト  !∧   人 / |ハ

657名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:55:47 ID:1Sk92/Gc

  /. : : : /. : : : : /. : : : : : : : : : :i: : : : : :`ヽ
/. : : : : //.:./ :/.: : : :/. : : : : /;ハ: : : : : : : :',
 .:/__/. : :/ :/.:\/ :/.: .:// !: :i: : : : : : :
.:./. :`7. : : .:.:i:,イ:.:/i`X´/ :// |.:|:.: :i : : 、i
/.: :/厶ィ7/||丁下ヌヽ/X´ /   !_厶: :|: : : :\
. .:/⌒ヽY.: :.:lj八.弋:.:ノソ`    ≦リ|:.:ノノ.: :/丁`ヽ
. :{{  ゝ|: : : l|   ー '     丁下ヌイ.: :/!:/
: :ヾ、 ヽ|: : : l|             弋ツノ/|/ ,リ
: : : :`ー‐|: : : l|            '   ¨ {:.|          さて話題は変わるよ。
:.:.: : :.:/ :|: : l: |        _       } |          このスレのキャラクター模様について。
: : / /. : |: : l: |         ´’      人|          ネタバレを激しく含むから未読の人は注意してほしいかも。
: / / : : ;|: : l: |> .           イ: i: |
/ / . : /.|: : l: |   `,r―― ' ´}: : |: :l: |
 ̄` ̄ .!: : !:.|   /.: : : : : ://. : :|: :li:.|



                    ___
                    _/       `丶、
                  / ム-―――― -ヘ \ 
                    / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  '、 
                   ,′ |__________,|   |
               |  /: :-/‐: ;ハ: -ヽ\:\ |      開始時点で蒼星石さんは
               |_,厶 : ィ磷/  ヽ:乞ぇ:ヽ: ゝ!      やる夫さんに好意を抱いている。
               | /ヘ:/ヒ::リ     ヒ::リ小 Vハ
                /ヽ レ' l∧     '    ∧!   ';     そしてやらない夫さんはそれを察していて
             〈::::::∨∧ |l: |ゝ  `ー‐'  イ j:|   ';     2人を気遣っている。
.              ';::::::Y:://:|: |.:.:!>r- ;<: :|: l:|     |     やる夫さんはこれらに気づいてないけどね。
               ';::::j:/ | :|: レ〈ノ..二二..`〉|: | \  ∧
            ∧''''| /´|: |::::ゝ=====ァ:::|: |'^ト|\  \
            / | |ヘ./|: |(匸\ ∠匸): |V│     〉    鈍感なやる夫
              ∧ | | ∧|: | \ /|\/ |: |ノ'│   /|     キモチに気づいてほしい蒼星石
              /:::\| |〈 . |: |   |:ヽl/l.  |: |  {__/ ::|     指南役兼フォローのやらない夫
.            〈:::::::::::>''ニ)ヘ|: |   |:::/::::│ |: |  |:::::::::::/
.            |\::_{  - }人:!   !::|::::::│ |: |、 \_;;人      描写の数を見てこれらの人間関係は
.            l_::/-ヘ__-ノ ノ\ |::|::::::│ |: | \  {: :リ      今後に関わる重要な伏線と見たよ。
           ヽ/ ::ト| |/八: :∨::|::::::::| ノ:八    ∨
           {  {:::`|_|//j:)'/:::∧::::::∨'´  '、   ヘ
.            \ \::_ノ/ ´/::::/ハ::::::::、    |    '、
              ̄  /  ,/::::::/  \:::::\ │    }

658名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:56:06 ID:1Sk92/Gc

                   _. --──── -- 、
                   /               ` ー 、
                 /                      \
                   /     /              \
                    /       /  ________ ノ /
              ,′    イ ̄             `l |
                |     /|                | |     そこで余計なお世話を一つ焼くなら。
                |   / ハ__________.ノ |
              ノ  /_.イ / ノト、_」/ |/l/_.斗  \ 〕     このスレッドのメインは燻製料理ってことを
.               / l   ̄ 7|/| 」ィfて-カ`    ィf リハ  ! 「|      忘れずに書き続けてほしいかも。
             / |    ∧| ノ   弋zノ      辷ノ' ノ∨|/|      中心は燻製料理の作り方、調理、知識ということだよ。
.            / |   // | |、           ,    | |   ノ
.           /       // | | \            人 ハ  |       何故ならそこがこのスレッドの特色だから。
        /         厶-、| ト._个 、  ∠フ _. イ|    \| 
        /       /   / ̄ ヽ、 >- ≦ノ| | /´⌒ く\
.    /     __. イ     / /⌒ヽ\   //  | | しl⌒ヽ ∨
    /        ̄   |   {   /⌒l\\/7  | | 〈⌒ヽ |
    ,′           l     ヽ  /⌒l \ /  / /  〈⌒  ノ
.   {            |      >ー-く´   /   / /  /`ー'7



                   _____
                 '"´        `丶、
              /   /          \
              /    ,r'ー──────-  \
                /     |            \},/
                ,′    |     ___        |!
            j    / ̄了´ /レj: / 「、¨T メ、 l|
             l   ∠/: ; :/厶匕_|:/|/ j从`ト|-!∨|
             |/   レイV 斗テ圷   ィテ圷j∧}\
.            /    /| :| '弋):ン     弋):ソ/: リ. |       蒼星石さんがヒロインを務めるスレッドなら
             |  ,   人| :| '''      '   ''! : |  |       他にもたくさんあるからね。
.           j/    /:.!:| :ト、   f^ーーr   ': : | │
           /    /: :r'| :|;/> _ゝ rイ  イi: : : | │       人間ドラマを描くのは楽しい。
        /      /: :∧| :| \,_>f. |´ : :i i: : : | │       でも配分には注意してほしいかな。
.       /     /:/{ | :|.     ̄{. {'7<:j: : :│ヽ|
      /      /'´__|_:|\__ ∠゙ヽ`{  \ :│ ヽ       話の中身が燻製料理<<<人間ドラマになったら
.     /     /   、ー‐く|  \{-   Y   ∧ |          スレッドの特徴という意味で黄色信号が灯ってるかも。
     /     / 、 j j_ノつ_:|\  ‘ヘ     l_∨ } |   │
     /   x=/ー'7 ̄ |  | :|  ヽ/ j\  ∨ ヽ|│   |
.   /   〃i/  ∧   j/ | :|   ∧ ┼,∧   l  ハ|    |
   |   {{ i  ,' /l  /'  | :|  / 〉r'´| \/ / ∧   ,'
   |\__/l| |  !/'!|∨ / | :|_,/ / l| |   / / / ハ__,/
.   \__| |l.八 │ リ/´   | :|/ /  ∨l ,/ / /   }\

659名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:56:35 ID:1Sk92/Gc

             _ __ __ _
             ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |
       !  l:l !   //  // // //\  |
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |     私はこのスレッドを読んではじめて
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |     燻製の作り方に触れたので
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |     深い知識はないんだけど……
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |     学ぶためのネタって数に限りがあるよね。
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |     ネタに終わりが見えてきた=読者に伝えたいことが無くなってきた時。
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |     この話はどこに向かうのだろうか。
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |     いくつか展開を想定してみたけども
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1     私はここでそれを言わない。
  /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧     自分で考えて決めてほしい。
  ,′ \//     l:: l     \/ハ/. l.:l   / ',
  i   //     l:: l     〈  〉 l:.l  /   ',
  l  //      l:: l      /\/:l  l.!      i
  l .//      /l:: l    /.:.:./l.:.:l  l:!     l

660名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:56:58 ID:1Sk92/Gc

                 ノ/:::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::ー-:...._〉  \
              |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ヽ
              |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      '.
              {└-  _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j      }
             -='/: : : : /{:丁 :{: :T: ┬:-  __/      ′
             /イ: {: ∧⌒l: ハ: :\{⌒ト:ハ: : : :\     |
               / 人ハ/ イ卞iト  \{ ィァ=ミj/∨ : ト:>   j     もう一つ話をしようかな。
              {/  Y } 弋)ソ     ん刃ハレヘ:∨     /
                {   | j ,,   ,     ゞ.ン 〃:{V    ∧      頻繁に入っているギャグだけど
             、   |人         ''' /:.:厶     │     そのほとんどがキャラクターが自分たちで
                  \ |i : \  ` ー    /: :/_人       |      ボケを回収してるんだよね。
                 `|i: : : : > ,__.. -=彡':/:::/ 〉      |
               ヾ;. :_:r-、:〈/: : : : :/::::::/        }      例を並べてみよう。
                  /「 /j__ノァレ-=ニ二  ̄/          ,′
                  { ト┘ ∧       /        ∧
                トイ__,/       {        / ハ
               7´ ̄入  、     i            |
               /::::/ 八  ヽ.   |        {    |
                 /::::/  〃{ ヘ.   \  |              |

(キャラクターのボケを回収していないシーン)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/40-41

(キャラクターがツッコミを入れてボケを回収しているシーン)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1289741998/47

661名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:57:42 ID:1Sk92/Gc

      _人_    ,. -―――-、   
      `Y´  /  ,. -―――-\  
           /     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ _人_
        /    厶r ァ: TT T <:.:.} `Y´          上を例にすると>>40を投下したところで
        /   イ: : !./|⌒|メ /|ハr: : >             読者からの合いの手ツッコミをもう少々待ってみるのもいいと思う。
       ,'    |/!,ィf穴   fハハ: :| _!_            「やる夫をF○CKかよwww」みたいな合いの手が入ると
       |    i |: |  r.リ   r.リ iV  .!    , -―-、     やらない夫のボケが回収できた。
       |    ん|: | "    ' ` ,;| *     /    ̄ヨl
       |   / /|: |  {⌒ 7  ,从   /7  , -―´'    とはいえ合いの手待ちで時間を取っていくと
       /!  ,/∧.|: |  、__ ,. rく|: :|  /!:::/ /| //      投下速度が遅くなるのも事実。
      /   /厶__|: ト、/ヽ.:././ |: :|/  |:::|/  |イ
.     /   /   \!.::.:r个く__|イ    |::::|   / !       リアルタイムで読む人がつらくなってくるから
     /   /   ―' ´ ̄ ̄>彳     |::::|  ,' !       一話につき40レス前後のこのスレなら使っても1〜2回を目安に。
   /   〃       ー'      /\:|  ! |
   /    | |               \/:|  ,'  |        ギャグがワンパターンにならないような
  /    | \__/           {:::::|/  |        アクセント程度で考えるといいかも。
  |\   |  / /  ̄|T7' <_____,>'ー―‐┘
  |::::::\  |       |:::|: :|::||  |: :|



      ハ , /  /,' /   .   ゚.  、  ∧
.     ,《  ,' ハ i.| |:.│  :  l:. l : !:. i ゚。  .:',
    /;  | :l.:.:i.l:| |:.:.|  :  lヾ:.| !l |:.:.| 、\ .:.!
 __/ {   { .:.ト、;山モ∧ :i.:. ムモ」」|リY:}  丈_`ニ=-
 ` ~  | !: .:∨|チ去弍ヽ ヾ.!:/y‐去弍ミx「ヾ  ヽ !|
.    代:.t:.{゚{{ |::ミzi:|゙   '´ f"|::ミzf:|゙}}〔:.. X__ \       あとこれは完全に余談だけどホモノンケ姫には吹いた。
     ゚ Y^ヘ` つ少        つ少 ” !: l》∧゙丁`
.        l i:. 〕 ¨¨´  、     `¨¨´  l  レ^i:} !゚.      まあ食べ物の話だしくそみそすぎると読んでて困るかも。
.        l |:从 ///        //// | :. !_, ゙<!∧      今くらいで抑えるのが妥当かと思うな。
      /! l ヽ.   `  ‐‐'    イ|:.:.:| _ッ¬¬、
      〉、| .:}ヽ ≧n 、     ,. 彡  } j´       !
      λ |.:.:ト、 `ーく  ゙マニ ´ /    リ゚ ,'__,.r‐----tj
     / ', 〔 ! \  `=ハ /   ,.ツ:.:/  /   }:゚.
     ,'  》.! |   `ーf !、 / _,f !'´〃:.:/  ,′   リ.:.}

662名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 17:58:23 ID:1Sk92/Gc

                 丶    |     /
               \              /  /
           \        ___        /
                   /        \
         ─       '         \      ─
                  /  ん‐───ヘ  丶
                   /  //////////∧   丶          ・まとめ
                 /  /`ー───_─ヘ.    \         見やすくわかりやすい。
                /   厶∧:/|:メ八|\|\厂    \        画像を用意する心配りが良い。
              /   /:(ハ^'''^  `'''^Y): \  \ \__     序盤のつかみはオーケー。今後も期待。
              /     /: : :l八//rー┐/人:ヘ: : \     \/ 
         /     /:/ ̄|: ト>ゝ-く<| :| ̄ヽ: :',\    '/      完結できることをお祈りして評価を終えます。
         /        /: {. ⊆|: | ∨'´x=∨| :|⊇ }: : \丶   |       お疲れ様だよー。
     /\      /: r'   |: | _{ ム` { | :|   {ヘ : :│   |
     \//\     /: ∧ \|:∧ `ノ∧ /ヘ:|/ |: :\ |   /
.        \//\ /: /:r┴rイ/l Ⅵ/! ∨ |/|\ ニ7 : : |
           \/ '/: :/ 〉 / |/,|__ノ|/|\ |/|  ヽ 〉: : :| /
             `7: :/: :/  <>ヘ. |/|/l  |/|    / : : ノ /

663名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:01:17 ID:vH3tkUOw
乙でした

664名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:04:45 ID:xi7JCsos
評価乙です

665名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:45:14 ID:e90rh6fQ
評価乙でした。
20レス程、お借りします。

666名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:45:56 ID:e90rh6fQ


               _,,,,..-----..,,_
             /          \_
        ,,........./,.             .\_,,,_
        !`--/, / .r/ /,    , :..::: ::|......-|
       λ;;;/! /::// !∧'!ヽ.,.:ヽ::|::::::|;;;;;;;ノ
       .!;;;;;|イ .:|::レ|-/:! '.,L..L_.:ヽ!::::::!;;;;;;'|
       L_;;;_| :Kハ!ヽ|'.| \-,_`''_|::::::L_;;;;j
        `'7!| ::|r'''"`''   r''"''-.`|::::|ト, `"
         /;|:!:::ト,〃  ,.   〃 .|::::||ヽ
        /;;;||.:::|ヽ,   r--,.  _,イナ:::|!;;;'!           初めまして、琥珀と申します
        /;;;;;〉!,::|;;;;`-,_ `''" ,.ィ"|:|:|:::/;;;;;;|
        '、;/_|ヽト,ト|j `''''''" レ|/ノ;/,.|;;;;;/           今回評価させていただくスレはこちらです♪
        V `'',,.-"!!      //\"^ レ"
        ,,.--''"!:::::::ヽ.,    //;;;;;;;/`'--..,,_              『やる夫と右隣の魔王』
      /;;;;;;;;;;;;;;|::::::::\,  //::::::;;/;;;;;;;;;;;;;;;\
    /_;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,::::::::ヽy/::::::::;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|          ・1スレ目
    |;;;\_;;;;;;;/;;;;;ヽ,:::;;;;/_;:::::::;;/;;;;;;;!;;;;;;;;;,.-";!         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280841875/
    .ハ;;;;;;;;\,/;;;;;;;;;;\/トヽ;;/;;;;;;;;;;;;レ''";;;;;;;;;;!        
.   |;;;;'!;;;;;;;;;;;;!----/"/|ヽ\;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!           ・現行スレ
   |;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;!_,,..,,〈 '//| ,\ヽ;;;;,.,_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1290081653/
  .|;;;;;;;;;''!;;;;;;;;|--- |' r'' | '〉  ヒ..-/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;|
  |;;;;;;;;;;;;\_;;;|::::::::::! ヽ |/   !:::::::/;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;|
  !;;;;;;;;;\_;;\L_r-ノ   Y   |.,_::/.-'''";;;;;;;;;;;;;;|;/
.

667名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:46:14 ID:e90rh6fQ

                          __.. - ''  ̄¨7
                          r'´   _,,,∠
                     _ .-└- 、∠´_ ノ豸
            _.._-_''_三_`_〆´        ⌒ミZナ 、
         , .‐'´ ヤ⌒ ー、/       、  ヽ  ゞi`ヽ、
        く     \彡イV   / / ,' ハ  ヽ  ヽ、 \ _
         \ !  ,>Zンi   / / /j j ゙i,. - 、 }、\ゝ、\
          ゞLくイ  ,イハ  !r'/⌒//  | i }ト!  ト 、 `' !  \        あらすじは、とあるアパートに住む
           / ヽ /ミ|ト| ,ィ|_ムノ_/   Hゥt}i  ト、`''ー┼ … 1
           /   X/!‖ V|| Yi'ー|,`    ヒレ ハり\\  |   |      学生の蒼星石さんと、フリーターのやる夫さん
         /    ミジ〃| |   ! ll`¨´     " 八j  ヽミi !/^ゞ
       /    V   l|  i.ll|、   ,ー⌒'く从|\_  i              お隣さん同士のお二人は、それなりに親しい関係です
      /  _  |    !l゙i   .lト!|ハ>':´::::::::::::::::` ー 、 ヽ亅
     /,.‐'´  ヽ亅   l、\ 刈ヽ\::丶:::::::::::::::::::::::::「::ヽ、
     '´            斤リ:.:.:.:.:.:.\::\::::::::::::::::::::i!、:::::\
              /⌒V八 `へ、:.:.:.:.`、:::丶、:::::::::::!::l::::::::::::\
              〕 iへ;;__`ーく >- 、_{::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::丶
             〈ン ┤::::::::::\ く〔   〕-:ー::…::-::::、 ::::::::::::::::::::}
              匸 l , -- 、_`一ラ'´::::::::::::::::::::::::::::|1`'ー_-、::j
              じ.{:::::::::'::´:::::ノ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \i 丿
               Xl::::::::::::::厂::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::|ト, 、 ヽヽ
                |:::::::::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|!. U \ソ
.

668名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:46:41 ID:e90rh6fQ

                 ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                  ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
                 ヽ (::___:;;) /
                 ,'       ',.
                フヽ ヽ /  /l
                ,' ヾゝ   ィフ ',
                | _    ' l    __L_            ┌─────────────────────┐
             ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_              │ しかし、ある日突然訪れた来訪者達によって   .│
             '´   _ィl ー┴-'ヽ''i `i- ,,_                │ 蒼星石さんは、魔王                .....│
                ,:;':' | |''_ -',/.  ',  `'''ー--;;、.       │ やる夫さんは、勇者にされてしまいます。     │
              /,' /, |゙  ,:;''-、,.-´   ./ ´ `:、       └─────────────────────┘
             _,.:!ヽ!ヽ,! lヽ!/./  `-,  /      i
           / _,i゙-, l-:、_i"| /    ,.:'  i        |
           i ./.| (ヽ Ti |:i _| ,'   ,:'     |         |
            |.,' | .|´'i'゙`,‐/ ,'  ./    、i       |
             |.| .| | `、!'/  .i  /     |         |
.           | ! .| |  |O   |  ,'      |       i
          | |.  l ! .|    | ,'         ',      |
.            | |   i.| .|O   | ,'        .i        |
.

669名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:46:58 ID:e90rh6fQ

              ヽ. | !.|        ,' ! ,'/
               ヽ !| ! ,- -、 / !,' /
                ヽ`ヽ.l:`;';;| / ,'/
               / ヽ (::___:;;) /
              /.._ ,'       ',. _
             /  | フヽ ヽ /  /lノ :\           ┌──────────────────────┐
        ___,/;:;.  |,' ヾゝ   ィフ ',;:;:;:;:;\            │ 最初は相手にしなかった二人ですが、        │
      /´;:;:;:;:<,;:;:;:;.  | _    ' l    __L_:;:;:;:.\         │ ラプラスの魔さんの強引な手腕で            │
    _,.‐'.ゝ、;:;:;:;:;:;:; ̄ ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_‐´ ̄;:;:;ノヽ、.      │ RPGっぽい事をしなければならなくなります…。   │
‐‐'"´;:;:;:;:;:、;:\;:;:;:;:;:;:;:;'´   _ィl ー┴-'ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:, ヘ,      └──────────────────────┘
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.\;:;:`;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/   }   ト、;:;:;:;:;:;:;:/j_/;:;:;:;:;:;l
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:._ ̄ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;/   ノ    │;:;:;:;:;:;:,イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
‐‐'´ ̄ ̄´   ̄`tー、 ∠´        {;:;:;:;:;:;:.ソ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
      r、   ,イ_;:;:`ー `ー、/}  ┌‐'´;:;:;:;:./;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
   r‐'「ヽ」/ ̄ ∨`ー、__/  '-、_」ヽ、;:;:;:./;:;:;:;:;:;:;:;:;/
  r┴-ヒ´_r‐   i|;:;:;:;:;:;:;:;:`゙'''''''''''ー‐-、ヽ_/;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ̄''''ー-_-‐'''iレ ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`;:;:;:;:;:;:;:;:;:./
          ー┬┬‐‐--、.___;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
.

670名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:47:15 ID:e90rh6fQ


              ,.、 r┬‐- 、
                /⌒    ̄ヾ:、
         , ‐;:'7  ,. /,i 、.、 ヽ :仁`ヽ
         l:::::// 〃i ,ハ、ヽ\i .l::::::/
          i::l/|  |,从|  ヽ,.\,! |:::::l
           .L:;j.| k'「`!'   .'i~:i`i |/i'′
          /:l.l ! ゞ' 、  '=' | l! ト、         二人の運命や如何に!
       r:r‐-'、;:!| ト、. fこ;! ,イr‐!、|-゙'てヽ
      r;j. h:‐ 、`i\! ヾ;`ニ゙イ/「jニヽ !'"(`',ム     というお話しですね
      ユ了(rj-、 l l::::::::ヽ. 〃:`l、7 l'て'ヘ∠
      У::::<-j、j ハ::::::::∨:::::/Y  j‐(`::::∨
     /::::::\└rj |::::ヽ::::/:::::/::::::i. ∨:イ::i::',
    /::/:::::::::::\:|  ` ' ー―― ' ´l.  「,ト;::::〉:',
   /:::::i:::::::::::::::::;:'|           /lノ /::l:::|:::::',
  /:::::::::ヽ::::::::/ .!         i‐'./:::::∨:::::::',
 ./:::::::::_:::::ヽr′  l         |゙´:::::::::::::∨::::::',
..〈::::::::::::、二'ーュ.._ .λ         !:::::::::::::::::::::〉i::::::〉
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::/;>ト、\      |:::::::::::::::::::::::::::::/
.

671名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:47:41 ID:e90rh6fQ


                                       r-、
                                       ゝ rリ
                          r ヽ           / /
           __ ___  _____ ゝ rリ、        / /
           __ ___  _____   \ \   ,へ , -―'´ミ、
           __ ___  _____    \ \/ ./ ィ ィ、N_ ヽ
                          _.. - '' "ヽ人/ ノイfj l}Mf'´
           __ ___  _____ /      イ じへ ヮ_ノ      では、評価に移らせて貰います
                       _ {   \-―` ー'´
                     ヽ7 |  \   ヽ                   最初のお題は、こちらですね
        __ ___  ____ _し|   ヽ   ヽ
                      ⌒L__,,,, -、ノ                1.話として面白いか
                      ,ィ" , -''"
                     / ./
                   「|_/
                   レ'
.

672名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:47:58 ID:e90rh6fQ


                     , -―- 、
                  /      ⌒ヽ  _
.              /           ヘ´一 }
              /// / ハ ヽ ヽ\l  |ミ!  〈
               !ハ{ _{厶 ヽト、‐辷|  |ミ!__,〉
                 Nヤfr!   ´{fr}〉  ! !
                 ! l ゞ' ,   `´ |  | ト、        ・・・う〜ん
                  | l\ ャっ u|  | | \
                  | | l ` r‐ '′ ルノん〜′    いきなり、ちょっと難しい御質問ですね
             ヽ.ト /||  /'´\_
                , -‐7|  || /'´  / `ヽ.
            /    |  レ'   /       !
          /\/  |  |  /     /   |
          / ,'   {  |  |/    /  , ‐、|
.       /   {   l   |  |       / /   |
.

673名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:48:31 ID:e90rh6fQ


      ,へ、 ,. -'' "´ ~ `` "` ヽ、     _,. - 、
     /<,/     '´    `ヽ  ヽー' ´‐ー'7 ヽ
    く ,r'^'´            ヽ  ヽー-'´   |
      ソ           、ヽ   Y彡彡       |
     / // , ,  , i'   l i 、 i ヽ ヽ   |彡'彳    ソ
    l / / i' i' i i |   | | | ト ,l  |   |  ,/〉   / \        というのは、個人的に見て
.   | l| l l ,| | i! |!  | _lj |」,.|L|_|    |,/  ヽ     ノ
    |!| | | l_,ィT、|l / ! ,rソェ/ュレ、`   |´ヽ  ヽ__ /         ほのぼの系のギャグパートと
    ヽ|! ト|,r'i'Tヘ、V レ 'l!ヽ.j、}``  |r、 〉  ヽ \
      ト| iヽヾ イ!     `ー`''! l   |j, /   ヽヘ、|         本筋であるシリアスパートが同時進行していると思われます
      | l  i ー`"´ ノ   ////| l l |ノ  ヾ   \ `゙'''ー-
      | |  ヽ // ` ___  u | | | j、  ヾ \  \
_     | |   l`ヽ、  `'ー '´   ,| | ,j |'l ヽ トヾヽ\ ̄
< `‐、.  | |、 |l | `ヽ、 __,. '´ル' /!/ /\ヽ 、\「 `
、`i  ト 、.,ヘ|ヽ |、| |   |   |`ソノル'|/l |  `ヽ| ヽゝ
 〉 〉 | | 〉、 \lヽ|、  |   | |    l |       |     /
.

674名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:48:57 ID:e90rh6fQ

           rh
            トハ.                r、
         ヽr=、     ,zr==ー、r‐ 、. ├|
           /  \  ,イノj八 }}`ヾノ. │!
            {     \ {ハ i> < ≧イ⌒}├!           ギャグパートの方は、文句なしにおもしろいですね!
            \   ハ__人 ̄}ノ ノノ厂 | |
              `ー<_ ≧=}ト、=彡rf厂「j┤__             勇者チームは、社会人のサークルがアウトドアを楽しんでるみたいですし
                   ⌒ヽr八、\厂_ノr'⌒<二ニヽ、
                     `i厂 ̄  { {_{r j }}    }     魔王チームは、女学生の仲良しグループが放課後集まってるみたいですよ
                  八 ー=彡ヽ `「{⌒ト、  /
                        \ー=ァ.  i┤ {  ヽ/      アンタラ、ホントに勇者と魔王かい! ってなモンです♪
                     ∨   /|│ }、  }
                         /.    i=!  iー‐'
                     /`ヽ   小} .ハ
                      ,'      ト、jj/ー-、r'⌒ヽ、
                   i      |==|   }、  fハ
                   r{、    ノi|  |   / `ヽ人}
                     `L{ユt〜く広!i| i|i  /   `´
                    \⌒  i| | i|i/
                          `ーt i|!i|i小
                             }j|i ! |小
                           rfイ从仆ハ
                            {`Y⌒≧ノ
                           ` ̄ ´
.

675名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:49:15 ID:e90rh6fQ


  r〜‐‐ - 、 ___ ,.ィ´ ̄/
  ヽ   /´    ̄ ̄ `丶、
   } /ヽ、          ヽ
   / /ミ v'  / /  ハ ヽヾ ヽ
  ム/ミ /   i.__/ //  i ハ! i ハ
  /!   i   |/==く` .ム壬ハ!/  !     日常の何気ない会話や素振りで、とても笑わせてくれます!
  / |  |i ⊂⊃    ´ ̄r‐っ|
 ん从 jl i i l|   「 ̄i   ナ l|        演出が抑えめなのが、却ってシュール!
    V从ハル> ー ' イルハハ!_l_l_l_
     /´ ̄\ ヽ77´/~`ヽ   | | |  `ヽ
.    /      ヽ ̄ ̄`ヽ  \l.| | |   /
    {       ハ    /     \! !/        / 7 「 i [][]  [二]/ 7
     〉、     iノ    /      ! ! て       /_/ .|__!    [二___/
.    /  \     /\      ヽ そ____
   /     \__/    \__ ______メ く  `ヽ    / 7 「 i [][]  [二]/ 7 / 7 / 7
   ゝ.           ノi  /⌒V^ヽ/´===〈     /_/ .|__!    [二___ / /_/ /_/
      ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .(! 0 0 0 0 0 |)                   /7 /7
                   t_______j                   ̄  ̄
.

676名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:49:38 ID:e90rh6fQ


     ,.  '"´ ̄ `` ー .、
 r─、/_          \- -- ┐
 l  /´            ヽ   |
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .|
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  |
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」     反面、本筋の方は
  /' | /===    ===l  !ヽ
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ     与えられる情報量が少なく、輪郭が掴みにくい感じを受けました
く   .|  i    ーっ  し,イi| ,'   〉
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '"
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/
       /ヽヽ />、
       ヽ  ヽY/  >
.

677名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:50:09 ID:e90rh6fQ


            __   ___
         _//       ` 、
       ,.イ/7"  /          \
     //;;;;;/   /   /    、ヽ  ヽ
    〃´::;;;;; ∧.  |  ./:/  :l.:.l .:l:.ハ :.ハヽ
    ヽ:::::::;;;;;;|、ヾ |  .:.|/: .:.:l .j/:lL:.l .:.:l:.!
      ヾ :::;;;;;ト ゝ、| ‐:7,,乞、/:〃ノ'ヘj:.:./リ
       ` ー/|`{ f`| <f:::Jイ '"}/ル7レ'     やる夫さんと蒼星石さんも状況に流されて行動しているだけで
.        / ;| !ヽー! :.:| ̄     ! /!|
        l ;;!:l:.:l:.!|! :.:.ト ,  _ ‐_ィ . !|       どのように、どれくらい物語が進展しているのか・・・
        | ;;;;リ!:.:l:八 :.:| 冫 `Y〉:.:.!|
       `〜ヘ:.:ヾ_:ヽ:∀   :.:小、.;ヘ         お話しの目鼻が、ちょっとまだ見えてきませんね
         ,〆⌒ヽ、/     :.:|ヽ∨、
        (~/'¨`〜/      ::レ' l |
          /⌒ー/   .::. ::|   :l |
           〈        .:::: ::|  ::!|
         `、:..    ....:::::::: ::|  ::!|
.

678名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:50:27 ID:e90rh6fQ


                     , -―- 、
                  /      ⌒ヽ  _
.              /           ヘ´一 }
              /// / ハ ヽ ヽ\l  |ミ!  〈
               !ハ{ _{厶 ヽト、‐辷|  |ミ!__,〉
                 Nヤfr!   ´{fr}〉  ! !          ギャグパートは非常におもしろいのですが
                 ! l ゞ' ,   `´ |  | ト、
                  | l\ ャっ u|  | | \         物語全体としては、まだまだ序盤なのでしょうか?
                  | | l ` r‐ '′ ルノん〜′
             ヽ.ト /||  /'´\_           謎や伏線が積み上げられて、期待が高まりますが
                , -‐7|  || /'´  / `ヽ.
            /    |  レ'   /       !        読む人によっては、説明不足に感じられるかもしれません
          /\/  |  |  /     /   |
          / ,'   {  |  |/    /  , ‐、|
.       /   {   l   |  |       / /   |
.

679名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:50:44 ID:e90rh6fQ


 2.キャラクターに魅力はあるか


        __
    __/ ̄     \
   「 / 「 r ,  ハヽ ヽヽ
   」{三| | メ、/リレX7ノ }
  //{ニ| |/ >  < {lノ           勇者のパーティーの一員なのに定食屋を営み、尚且つ美人の奥さんまでいるキル夫さん!
  7 | (|⊂つ ( ̄)rぅ |
  \,| l、\| `ーr、<ノ リ         隠れ中二病患者でMっ気のある梓さん!
    >そ ! ̄\ |l`〈´ヌ
    {/ て{__Y_,ノ ノ }         おもしろいキャラがいっぱいですね!
   /  rへ、  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
   / /\ノ  / / ̄ /レ/ / / /
  〈 ´     >___/ / ̄ / / レ' /
  ̄ ̄ ̄ ̄ └┴―――――┘ ̄

.

680名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:51:10 ID:e90rh6fQ


.     /        \
    _/  /   /!     ヽ_
    〈|   !  /l/ lハ、N    ハ\
    ∨ NV-、  -\NV  } /     ただ、こちらも情報が制限されてますので、
    /l  |〈rクi|    |fアj│  l/   
  /⌒>! l ""  '  `゙゙´/  /l         各キャラクターがどのような方向性に進んでいくのか、謎に包まれてますね
. 〈 ´ 人∨ ヽ、 ( )  ,イ  厶L、  
  \  /ハ 、ト 〕 、  ィ´ノノrくヽヽ ヽ     キャラクターの具体的な掘り下げが行われるのは、これからだと思います
    }  } __,/l|   /\_/  ヽ  /
   /  「l |  l|  /  /   r‐ '
  ,イ   ト、 !  l| /   ′  /<}
 /;|   | |」 l|、 /   /   /\ノ
 |│  | 「| l_У  /   ,イ__ノ
.

681名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:51:44 ID:e90rh6fQ


  3.解かり辛い箇所はないか


     ,.  '"´ ̄ `` ー .、
 r─、/_          \- -- ┐
 l  /´            ヽ   |
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .|
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  |
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」     繰り返しになって申し訳ありませんが
  /' | /===    ===l  !ヽ
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ     与えられる情報量が少なく、判断材料に乏しいのです
く   .|  i    ーっ  し,イi| ,'   〉
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '"     物語の骨子を判別できるまで、ストーリーが進んでないように感じられます
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/
       /ヽヽ />、
       ヽ  ヽY/  >
.

682名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:52:04 ID:e90rh6fQ


  4.その他、気になる点があれば御指摘願います


              , - ―-  、
             , '´        ヽ
          /    ,ハ        ヽ
.           // { { 〃 いヽ ヽ    !\       日常から非日常へのトンデモ飛躍
         ヽl ト iイフメ ヽゝヘトヽ  .!  〉
         〉| ヘ!,ィ´ヽ   ィ´ヾ、!  .l ,/      という点では大成功していると思われます
    __    ,.-らi  ハ.っソ ,  っソ/!   k  
   フ/  /, '´)', iヘ''''  r− '''' /! .ノヽ       そこから導き出されるシュールなギャグには、
   < {  (、   ")ゝ、', ヽ、 ー'  ィ 7_z=テヌヘ
   ) {   `t  i' ヽN>ラ ` ´ k〃イッヽ ヽヽ}       大いに笑わせて貰いました
   ヽ_ゝ  l  トr t"´!i  〃ヽy'  ___ノ
        l  ヒミ! l;.  !i /'   /  /"`}
       /l   lゞ! l;;  ゙y/  〃   /,,,`}
        l l   i ヘ! l;; 〃 .;;/  /、 }
        l l  ノ  |  ̄ ̄ ̄/  / レ'
.

683名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:52:23 ID:e90rh6fQ


                     , -―- 、
                  /      ⌒ヽ  _
.              /           ヘ´一 }
              /// / ハ ヽ ヽ\l  |ミ!  〈
               !ハ{ _{厶 ヽト、‐辷|  |ミ!__,〉
                 Nヤfr!   ´{fr}〉  ! !          しかし、少し物語の輪郭が掴み難いと感じました
                 ! l ゞ' ,   `´ |  | ト、
                  | l\ ャっ u|  | | \         理由の一つに、
                  | | l ` r‐ '′ ルノん〜′
             ヽ.ト /||  /'´\_           勇者視点と魔王視点の二つの筋が、
                , -‐7|  || /'´  / `ヽ.
            /    |  レ'   /       !        同時進行しているからではないでしょうか
          /\/  |  |  /     /   |
          / ,'   {  |  |/    /  , ‐、|
.       /   {   l   |  |       / /   |
.

684名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:52:40 ID:e90rh6fQ


      ,へ、 ,. -'' "´ ~ `` "` ヽ、     _,. - 、
     /<,/     '´    `ヽ  ヽー' ´‐ー'7 ヽ
    く ,r'^'´            ヽ  ヽー-'´   |
      ソ           、ヽ   Y彡彡       |
     / // , ,  , i'   l i 、 i ヽ ヽ   |彡'彳    ソ
    l / / i' i' i i |   | | | ト ,l  |   |  ,/〉   / \        二つの筋が交互に進むので
.   | l| l l ,| | i! |!  | _lj |」,.|L|_|    |,/  ヽ     ノ
    |!| | | l_,ィT、|l / ! ,rソェ/ュレ、`   |´ヽ  ヽ__ /         テンポがゆっくりなのに、情報量の出し方も少なめ・・・
    ヽ|! ト|,r'i'Tヘ、V レ 'l!ヽ.j、}``  |r、 〉  ヽ \
      ト| iヽヾ イ!     `ー`''! l   |j, /   ヽヘ、|         その為、読者にとって、とっかかりになる流れや情報が
      | l  i ー`"´ ノ   ////| l l |ノ  ヾ   \ `゙'''ー-
      | |  ヽ // ` ___  u | | | j、  ヾ \  \      なかなか提示されないのではないか・・・と
_     | |   l`ヽ、  `'ー '´   ,| | ,j |'l ヽ トヾヽ\ ̄
< `‐、.  | |、 |l | `ヽ、 __,. '´ル' /!/ /\ヽ 、\「 `
、`i  ト 、.,ヘ|ヽ |、| |   |   |`ソノル'|/l |  `ヽ| ヽゝ
 〉 〉 | | 〉、 \lヽ|、  |   | |    l |       |     /
.

685名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:53:00 ID:e90rh6fQ


.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:. |   .| f /   / /  ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   |/_/   ///   |
:: :: :: :: ::       ト- 、/__/   ノ__  _______|            後半戦の為の布石は着々と打っているのでしょうけど
           _,,.|  /ミ/⌒ /ー────''j
        _,.-'" ∠___|./   /∠" ̄ ''ー`''ー}            全体の流れは、今の段階では少し分かり辛いかな
      /  /  , -"⌒/      `ヽ  ノ''ヽ
     /   〃l ///r-'"          /、 ノ               というのが印象に残りました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|     _,,. "  」"--- 、 __
         ≠≠≠/  .| _,,. -'''",,,.-二___ - _,,-''
≠≠≠≠≠≠≠≠/    | __,,,.-ニ ___   _,,-''
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   /_____     _,,,-'''
                |  /) ̄ ̄ ̄"''ー'"
            .|/''"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ( ̄ ̄)
         (,_ _,)

.

686名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:53:30 ID:e90rh6fQ

           rh
            トハ.                r、
         ヽr=、     ,zr==ー、r‐ 、. ├|
           /  \  ,イノj八 }}`ヾノ. │!
            {     \ {ハ i> < ≧イ⌒}├!           総評としては、一話一話、とても丁寧に作られて
            \   ハ__人 ̄}ノ ノノ厂 | |
              `ー<_ ≧=}ト、=彡rf厂「j┤__             ギャグが大変おもしろいですよ
                   ⌒ヽr八、\厂_ノr'⌒<二ニヽ、
                     `i厂 ̄  { {_{r j }}    }     物語のテンポは少し人を選ぶかもしれませんが、
                  八 ー=彡ヽ `「{⌒ト、  /
                        \ー=ァ.  i┤ {  ヽ/      AAの扱い、台詞回しや演出などは手慣れた感じで
                     ∨   /|│ }、  }
                         /.    i=!  iー‐'       非常に安心して読めますね
                     /`ヽ   小} .ハ
                      ,'      ト、jj/ー-、r'⌒ヽ、
                   i      |==|   }、  fハ
                   r{、    ノi|  |   / `ヽ人}
                     `L{ユt〜く広!i| i|i  /   `´
                    \⌒  i| | i|i/
                          `ーt i|!i|i小
                             }j|i ! |小
                           rfイ从仆ハ
                            {`Y⌒≧ノ
                           ` ̄ ´
.

687名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 18:53:52 ID:e90rh6fQ


                                  ,ィへ    
                               r−」__,. -`ー 、
                               ヽィ勿jノ .._  ヽ、
                              /イ彡ィ ,イ_ リゞv ゝ    拙い評価でしたが、何かのお役に立てれば幸いです
                             ィ-、二.に.ン ´ ゙ x!从リ
                          _,、r'´., -へ⌒T〔  |~フ丿|      ではでは、失礼致します〜♪
          , ‐ ´ ̄`‐、_, -- 、  r--fケイ゙:::::::::::゙L ゞ>ーイ ^
      _,..-二二ニニ二_      `'ーr'、 く::::::::j:::::::::::::::::\ 〔/ノ´
         /イ^\ー `''ー-、,   く )人ー冖、:::::::::::::::V___  _ r−、_
   竺三彡フハ_ノム  ゝ−宀-、丁'=北 ↑ `ゝ、ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::_:癶::::ノTT「|.┬ ’
       ̄ ̄ 辷厂ゝ/::::::::::::  V::::::::::::::)亅   |⌒ヽ、::::_ 、- '_、~(  八r代__、ィ
    _____    |:::::::::::::::::::::::::_;:::::::::〔..」   |_..−_弋 ー::¨::::::::八-亠'´::::| 亅
    `''ー-、,   ̄ ̄ ̄¨ 一 、;;/彡L... - ー''二~...-    \::::::::::::://:::::::::::::::レ'
     =ニ二_       幵 ミr−''ヲ ̄  |      \:::::〃⌒` ー-、/
     ≧_......,,,,     _,...Hイ以亠'´    ,'        ⌒
     ∠_   _..,、<::::::::::〔こf       /
      =ニ二|<__/` ー-〔こ(    _..ノ
           込ラ     入に  j厂
            ̄        `〜’

.

688名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 19:17:08 ID:WQpJd1s2
評価乙です。

689名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 19:34:59 ID:kweQVl7U
琥珀さん、インなんとかさん、評価乙です

690名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:12:06 ID:okJ9DNLc
評価乙です。

27レスほど、評価のためにお借りいたします。

691名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:12:32 ID:okJ9DNLc




           ,ャ=─── 、 ト、
         , - ----≧::::::::::::\}::i
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    初めまして。
     /,イ::::::::f::f::::::ハ::::::::::::ハ::`l:`l:::::::::::::i   初めて評価をさせていただく、やんねえ香です。
       |::::::::|:::|ノ ⌒ト、:::::リ⌒ヽ:|:::|:::::::::ト、|
       ヽ|ヽ|:::| (●)∨ (●) |:::|::λノ    今回、『やる夫と右隣の魔王』を評価させて頂きます。
         |:::|i 〟     .〟.|:::|:::|
         |:::|::ゝ  )─(  ノ:|:::|:::|      依頼レス:
         |:::|:::::::>__<::::::|:::|:::|      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289484647/612
         _|:::|::>´|/{:::}ヽ|`<:|:::|:::し´i
       / {::/__-う__とこヽ ̄ヽノ ヽ/    本スレ:
       ,´   { ( l三三三彡'}  .{   ハ  (1スレ目) http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1280841875.html
      /    > ヽ/ /::/ .ヽ{  {   ハ  (現行)   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1290081653/
     j    ./  / {:::{  | ヘ  ヽ   ハ
     /〃,三/  ./l .{:::{  | ∧   ヽ三ヽl
  r==┐  l  ./ l__.{:::{ __」´ ヘ   l )》ノ
  |    .|))___/__|\;;∨\;;\ \__ノ_ノ
<.ゝ、___ノ> x--'/\\∨_..\;;\` ‐-、  ̄ ̄ ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄  {. ‐/_____\;;ヽー─‐  ̄   }
        `ー────────‐─ '

692名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:13:27 ID:okJ9DNLc



      ,ィ ,イ/⌒Z__
      ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::ルリノ
    人λ:::::::::::::::::::::::::::::i.):|
 .     .|:::::::::::::::::::::::::::::l |::|                     評価方針は辛口とのことですが、
      |:::::::::::::::::::::::::::::| |::|              n      甘辛を上手く調整できていないかも。すみません。
    iヽ_ノ::::::::::::::::::::::::::::::しi:レべ〜immi_____|└-ュ、
    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ     {川.}          、ゞ   それでは、
   /i´::::::::::::::::::::::::::::::::'、  xへ,,r-{ww} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`.---゙ ┌────────────────────────┐
  /  .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  `ヽ                  │ 1.話として面白いか                        │
ξミヾ/{::::::::::::::::::::::::::::::::::}    ..}                 │ 2.キャラクターに魅力はあるか                  │
. 彡<´ \',::::::::::::::::::::::::::::::/  .レ'´                   │ 3.解かり辛い箇所はないか                     │
   .\  ヽ,:::::::::::::::::::::::/   |                   │ 4.その他、気になる点があれば御指摘願いします.    │
    .\ ル リ ル リ いヽ  |                   └────────────────────────┘
      ,ノ /           |                    この順番で、評価させて頂こうと思います。
    [-ァ ./         |
      .--∧         |                    また、評価対象のネタバレが嫌な人は
       /;;;/`y;;;;;,;;;;;i;;;;;;i;;;;;|                         読まないことをお薦めいします。
      /;;;/;;;/;;;;;;/;;;;;;;l;;;;;;i;;;;;|

693名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:13:47 ID:okJ9DNLc


┌─────────────┐
│    1.話として面白いか     │
└─────────────┘
                 , _
              __≧::::\ ト、ト、
             ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
            ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
         rヽヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|  まだ結論は出せません。
         i !  レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      r;r‐r/ |.  .|::::|::|  r--ュ  |::|::::|     5話以降の展開については、
      〈_L (`ヽ .}   |::::|::|ゝ   ̄  ノ|::|::::|     もうちょっと進行しないことには評価はできません。
      l` ( ``/ .ヽノ::::|::|:::::`i_____i´::::|::|::::しi
     ヽ   l   .)::, -リ-/|ハ::::::ハへリ--ォ(
      |,.   l  .{:::| .y / .| .|:::ヘ,ヘ \.v }:::}

694名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:14:05 ID:okJ9DNLc



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\   ですが、一話から四話にかけては『面白い』です。
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|   また、物語序盤としてなすべきことを、ちゃんと押さえていると思います。
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      .|::::|::| _ ____   |::|::::|     まず第一話は、蒼星石と池田の視点で語られ、
      .|::::|::レ゙ }     ノ|::|::::|     第二話ではやる夫の視点で語られていますね。
    ヽノ::/、 〈`i_____i´::::|::|::::し
     ヽ:,ハ ヽ Y`ー.、:ハへリ--ォ
     /::{ ヽ_ゾノ-‐゙ヽヘ \ヾ }
    .{:::{`¨´─'|  ヾヽヘ  》 Υ

695名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:15:23 ID:okJ9DNLc


     ,ィ ,イ/⌒Z__
      ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
    /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl      ここでは、
   .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
 .     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|          1.突然、池田が一人暮らしの蒼星石のもとに来訪し、
      .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|   バサッ     『蒼星石が魔王であること』、『自分が仲間であること』を告げる。
__  、ノ::::::::|::| ヘ___い::::|::|   ____
ヽ  ̄`"¬ー∟、,,,_.ハ::ハ1,'-ー"´ ̄´.....,., /  2.蒼星石の隣人のやる夫も、同様に突然の来訪を受け、
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; / ))   むりやり勇者のパーティを結成させられる。
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/´w`)/;;:;::: /     3.『魔王VS勇者』という構図を前提として、
  {⊃;;:;:;;:;::;:;;;:;::;:;;::: l ;;:;;:;;:;:;:;;;:::;:;;:;⊆}      ラプラス、キル夫、池田などの主要キャラが動いている。
   ヽ⊃) ̄7;;:;:;:;::;;:;: l ;:;:;:;;:;::;:;::;;::; ⊂ノ
   / /__7;;:;;;:;;::;;;; l ;;:;;:;:;:::;:;;::;;;:;: /      この三点が主に語られています。
   / ;:;:;:;;;;::;:;:;:;::::;;;:;:; ! ;;:;::;:;:;;:;;:;::;: {        序盤としてやるべき、『どんな人達が出てきて、何を目的に動いているのか』
  ノ / ̄/ ̄/ii7lkl/7 i []ikllihXCV ヘ、.      ということを、魔王サイト、勇者サイド共に上手く説明していると思います。
   ̄`"¬--、,,,.__¬ }L ]_,,,、-ー"´ ̄

696名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:15:41 ID:okJ9DNLc


                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ:::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l::::::::::::}ヽ}   そして次の第三話、第四話にて、蒼星石(魔王側)と
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::∠__ヾ::::::::::::il:レ-\|::::::|::::::::::::l    やる夫達(勇者側)が、ラプラスを介して接触します。
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:/______`ヽ::::::/リ_____ |::::::|:::::::::::::|
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'代. ノ     弋  ノ..|::::::ト、::::!ヘノ    そして『魔王』や『勇者』といった非現実的な状況を理解させ、
    .ヽ::|\:|::::::| ヾ` ̄        ̄ |::::::lリ::::|      受け入れさせるために、ラプラスは蒼星石を操って
        |::::::{ヘ      ,      l|::::::|::::::l      やる夫達を一瞬で殺害し、そして蘇らせるわけです。
        |:::::::トヘ、            ,イ.|::::::|::::::|
        |:::::::|:::::::ト、     ̄   ィ::::::|::::::|::::::{
   クイッ   .|:::::::|:::::::::::::::ト  __ , ´ |::::::|::::::|:::::::ヽ    ノi
     _,rーく´\  , --、  ─────────ゝ--'"::ノ
(( ,-く ヽ.\ ヽ Y´ //  ヽ__/    .};;;{::::::|;;;;;;:::::::::::::/
  { -! l _」_ノ‐′三≡=-i, /ーヽ  ./} .|::::/   ̄`ヽ\
  ヽ ゙ー'´ ヽ  /.  .{ ヽ∧:::::∧/  .}..|:/ヽ      }::::}
 (( ゝ、  ノ_ 三≡=-.  .{::::::}    .}./  ヽ    .j::::}


<以下のシーンのことです>
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280841875/275-291
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280841875/391-327

697名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:17:06 ID:okJ9DNLc



                 _
         ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
        ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
     , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
    /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
   ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}
  /::::::/:::::::::::|::::::|:::::/  .メ:::::::::::ヘ:}  \|::::::|:::::::::::::l      やるやら二人は当然、死という現実を前にして膝を屈します。
  {::::,イ:::::::::::::|::::::|:ナ─'´ ヽ::::::/リ.`─--|::::::|:::::::::::::|
  l:/ l:::::::::::::|::::::|,'   ヽ .ヽ/ イ    |::::::ト、::::!ヘノ     一方で蒼星石は、操られたといえ、
    .ヽ::|\:|::::::| ミ≡彡     ミ≡彡.|::::::lリ::::|       『仲の良い隣人を殺して』しまったわけです。
        |::::::{ヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::::|::::::l        そして、再び操られて、やる夫を殺されることを防ぐため、
        |:::::::トヘ、            ,イ.|::::::|::::::|       魔王であることを受け入れます。
        |:::::::|:::::::ト、   ⌒    ィ::::::|::::::|::::::{
        |:::::::|:::::::::::::::ト  __ , ´ |::::::|::::::|:::::::ヽ    ノi 人の命を弄ぶような恫喝によって、やるやら、蒼星石は
   .iヘ   ノ|:::::::|:::::::::::::ハ、    /∨::|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ  『魔王VS勇者』という構図に無理矢理ハメこまれたわけです。
   ヘ::`--'":::|:::::::|::::::::::/  ヽ__/    .};;;{::::::|;;;;;;:::::::::::::/  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   冫::::::::::::|::::::ムィ'"{ヘ , /ーヽ  ./} .|::::/   ̄`ヽ\
    {::::/ ̄ ',:::://  .{ ヽ∧:::::∧/  .}..|:/ヽ      }::::}
   {:/     ',//  .{   .{::::::}    .}./  ヽ    .j::::}

698名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:17:23 ID:okJ9DNLc





                                                             ___ _   ト、
                                                       _=≡三二二::::`ヽ、 ヾ:ヽ
        この時点で、                                     /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、|::::i
        『この物語の敵は誰なのか?』、『物語の目的は何か?』          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        お分かりですね?                               /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミX
                                                     /,イ´:::::::/::::::,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                                   ;'::::::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::ヘ::::::::::::::::::ト、::i
        『魔王を助ける』『勇者を助ける』という名目で                 i:::::::::::l:::::::i::,ヘ、イ::::::::::ハ::::::::::|::::::|:::::::::::::::::::l ヾl
        行動する池田やインデックスなど自陣の味方こそが障害であり、  |八:::::|::::::lyー=ヾ|::::::/ _乂´::::l::::::|::::::::::::::::::::}
        本当の敵とは、『魔王と勇者が戦う』絵図を進める、            ヾ/!::::::iヽトイi:!ヾ''レfー=ミ;;;;:|::::::|:::::::::::::::/リ
        案内役のラプラスに他なりません。                           |::::::iゞー '゚  ヾ| トイi:::!.7i::::::ト、::::::::::ノ
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                          |:::::i   ,    ゞー '゚ ノ::::ナノ::::::::::|
                                                        |:::::::>、        /::::/:::::::::::::::::|
                                                       |_:::::|:::ヽ  ヽ     /::::/::::::::::::::::::::`、_,イ
                                                       {:::::∧!./ソ`┬ <.:/:::〃!',ヽ::::::::::::::::::::::::::::ノ
                                                   λ:/::/// \! .::/:::/ノ/_.|  ヽ::::::::::::::::::ノ

699名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:18:04 ID:okJ9DNLc



                                      |::::::::::::::/::)
                                      ,':::::::::/:::::ん′
                                     ,'´::::::::':::::::::{
                                    ァ:::::::::/::::::::::::}
                                    {_;:::::'"::::::::::::∧
                                     `ー-、::::::::::: ∧                   , -===- 、
                                          :::::::::ハ            x=ヽ、/;;::::::::::::::::::::::≧=ー
        だが現状、したり顔で味方だと言い張る人間に、    ∨::::::::ハ {`⌒}      ≦::::::::::\ヘ\:::ト;'´:::::::::ニ=-彡'
        協力と言う名の隷属を強いられ、              ∨:::ノ ∧ ヽ _ \ ,ヘ、∠::::::::::::::::::::::::::::ヽl:j:::::::::::::::::::ノ
        訳もわからず隣人を敵にしなければいけない。       二ノ::∧   \/彡ヘ/::|:|:メ,.{:::ト,:::}:} : : :}::::::::三彡'
                                           ヾー‐ーヘ     川  'レ(|(●)レ゙,.斗トYニ二: ='(^⌒ヽ
        そして彼らの思うような『魔王と勇者が決戦する』         \   '、___、.\  八 、,、_,(●))ミ} __ Y ノ
        という構図の成立こそが、                      ヽ  ヽ入:ヽ }   ,ィ^ヘ ,」, ィ|:l`ヽ.xヘ川_」 |
        主人公(やるやら、蒼星石)達の敗北なのでしょう。        ヽ    7::::∨ //|从|,ヘ  レ'  _.ノ川__ノ
                                               ヽ  /:::::::::ヘ.ヽ/ .{:レ´」   ∠=彡' ̄
        また、そんな状況を蹴っ飛ばして、親しい隣人や友達と共に    `、 ヘ::::::::::::\ /ヾ:y゙/ ̄
        当たり前で普通の日常に帰ることこそ、                  ヽ .ヘ>‐┐:::::::::::∨
        主人公達の勝利なのだと思います。                    .ヾL___,|::::::::::::::::\
                                                  : |   ||:::::::::::::::::::::\
                                                   .|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                   .|   |
                                                   .|   |
                                                   .|   |
        ……盛大な勘違いだったらマジでごめんなさい。               .|   |

700名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:18:18 ID:okJ9DNLc



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\   で、このような物語の構造を、
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|   50レス程度×4話という短い分量で、
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ    あなたはちゃんと説明できています。
      .|::::|::|  .、_n_,  .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ.  | |  ノ|::|::::|     後ほど述べますが、状況説明と、感情移入しやすい主人公達を
    ヽノ::::|::|:::ヽ ノ .ュノ::|::|:::::しi     上手く両立させて表現しており、『十分に面白い』と評価させて頂きます。
     ヽ:, -リ-ハ|.{ ..ニjハ,-リ--、:(
    /:| .y / |.| "ツヽヽ `ヽヽ:}

701名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:18:35 ID:okJ9DNLc




          ,ィ ,イ/⌒Z__
         ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l:::::::::丶
       /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::::ハl
       人λ::::(| |( ○)|iil|(○::ノレ´
    .     |:::::::|::| ,, r-‐ァ リ:|        さて、5話以降の展開については、
         .|:::::::|::|、   ー'ノく|::|  グツグツ  魔王側、勇者側のそれぞれの準備期間といった印象を受けます。
       、ノ:::::::|::| ヘ   い:::::|::|        コメディ要素も増え、まったりな雰囲気ですね。
   〔_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕
    ( ̄ ̄ ̄ ̄ι ̄ ̄ ̄ ̄    .:.:.:.:.)     ですが、それぞれ修行や遊び、拠点の確保などといった日常も、
     (      ι      .:.:.:..:.:.:. )      それは『魔王として覚醒する』、『勇者として魔王と戦う』という目的がある以上、
     (______.:::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.)      いつか破られてしまうものです。
      \___ _____/
    ____〔 从从从从从从 〕___
    |            【○】      |
    |____________________|

702名無しのやる夫だお:2010/11/27(土) 21:18:58 ID:okJ9DNLc



         ,  , イ  , ─- z
       // /::://::::::::::::≦ 、
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
       `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
   ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ    日常コメディのように見せつつも、日常の危うさ、儚さが
    /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ   アクセントになっていて『次回が楽しみ』という思いにさせてくれます。
    iイ:::::::::|:::|:::ナナヽ:::::::::リ., ヘ弋|::::l:::::::lヽ:|
     弋l::::::|:::|:::.ノ,.  .∨::リ ,...._ヽ::|::::l:::ソ       そして、その日常