■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【R-18】新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです 28 【安価】
1 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/16(土) 23:58:05 ID:.J3QePX.


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

         新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



    /::l iへ、 |:::{. n   .i::i ,イヾ /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
    }:::{_  n、ヽ;:l lノ .ト, V./ヾ、.i| /::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
    ー-`- ヽ} ヽl j:{_レ' /ヘ Yヘ::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
      ト、 ヾ=、__/.iヘ  {.゚ ノノ ,,ノ゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
    ヾ_ ゙ヽ> リ^ヽ:::{  VF彡/:::=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
    (. ゚,>,~ヾ::、.  `:}   ヾ;:ヽ {::::::Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
    ;;ゝイ::ヽ `i:l      ∨ Xシ.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
    ゞニ''⌒ゝ l|        キ::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
    ::::,,,,  '/  i      iY ナ-,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ::::::::::
    "二ニに   (ヽ、,,,__,,,ノノノ:::::ミ, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i
    ミ,,_-=''i才,  `ー--彳:::ヽ、:::ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://::



*性的描写・暴力的表現を含みます。18歳以上の方のみ閲覧ください。



過去スレ
1.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278853382/(水銀燈編)
2.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279196736/(水銀燈編、フェイト編)
3.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279287730/(フェイト編)
4.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279294607/(フェイト編)
5.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279372906/(ルイズ編)
6.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279630337/(ルイズ編)
7.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279635394/(ルイズ編、蒼星石編)
8.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280058976/(蒼星石編)
9.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280233673/(ハク編)
10.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280493397/(ハク編)
11.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280585447/(ハク編)
12.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280787521/(澪編)
13.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281100060/(澪編)
14.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281189983/(ハルヒ編)
15.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281705863/(ハルヒ編)
16.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281713808/(ハルヒ編、みくる編)
17.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281875975/(みくる編)
18.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281883659/(みくる編、シグナム編)
19.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282749330/(シグナム編)
20.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282919429/(シグナム編)
21.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283178696/(外伝:涼子編)
22.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284040170/(ライダー編)
23.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284731464/(ライダー編)
24.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284899434/(ライダー編)
25.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284907543/(ライダー編、詩音編)
26.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285507090/(詩音編、悟史編)
27.ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286542418/(悟史編)

.

2 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:09:49 ID:Uf72BhHw


    , -        丶 ヽ   ヽヽ
  /            ヽ ヽ   ヘ ヘ   だだっ!
. /      ,i`丶    、 ト、ヘ   i i
 i    、  l,ゝ' ¨\.  }ヽ. l ヽ.X. l ├--―――‐-、
 l i.   i  l    ヽ l `i l/、┤ l lヽ       ヽ
 l  l 、 ヽ l     ヽl /l゚ーノ_l. /l/!. ヘ        丶
 ヽ ヽ 丶 \ヽ-===ノ '   ' ¨ '' l/ lノ   l
  ヽ ヽ. \ ヽパー'ノ''       ./l    l
.  ヽ. ヾ 、 ` ・、ゝ'´   丶 __  / l , 、  l
    \ ヽ、、ヽヽ、_   '´  ノ l〈 ` ・ ゝ 、
        }\ ̄ ヘ ¨__ヽ、ー '   l >     ヘ l ノ
       i、  \ V ¨/`丶、 l /       `'ヽ
        ヽ、 `ヽ、  `` ー` ='          \
          l`ー--\

北条悟史
「詩音!!」

3 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:10:00 ID:Uf72BhHw

         , -−‐- 、
      , . :': : : : :−- 、: : `丶.
    /: : : : : : : : : : : : :ヽ:‐-:、ヽ
  , -': : : : : : : : : : : : : : : : :\‐-ニヽ.
 /: : : : : : :ト、:ヽ: : l.:. : : : : : : :ハ ̄¨ヽi 、
./: : :  : : :r' i: : l:. : ト、_.. : : : ヽ:ハ i: : : ト、ヽ
i:  . : l: : l  l: :ハ,-7´ヽ_l_ : : ハヽl l: : : l 、 .>
l . : : : l: : l  l/ l //。ヽ: : : : l,)l l:i: : : lヾ
l. : : : : :ヘ: l/l  l/'`ヾ 'l: /: :/:l:l:l: :l、: : :l ヽ.
l: : : :l: :i: ヽl. ,イ゚ヘ ::::::::::::l イ: :/:ハ:l:Vlヘ: : :l./
.l: : :.ト、ヘ: : ト'、`:'::::' _  l/l: :/ ! ll: :l:l:ヘ: :ヘ
ハ: :l ヽ: :\|:.:丶、    l ム-'Tヽ:l:l:.:.ヽ. :\
  ヽ:、 ヽ: : 、:.:.:.:.:.:ll:.:i:iー:1ヘ l  l `l:l≡-=二ニ-、
   ヾ、 \:l:.:.l:.:.:ll:.:.ll: ,.:-ノ_,,l、-b l_// ̄ /´  ヽ
    \  ヽll:.:.l.l:., '/ ノゝ(ノ`')   .l-- /    .i
         V /i ,! '´ /  /   ヘ l  i     l
         /:,イ  /   .i     ヾ、_l.l     l
         /:/i   i.   l      .ト、l.    l
.        //:i l.   !   .!     / ll    l
       ///ヘヽ  ヽ.   ヽ.   ノ  l l   l
       /ィ/:.:.:ヽ.` 、 \   ` ‐´   //l.   l
     ///:.:.:.:.:/ `i i  l    |   .//:.:l   l

園崎詩音
「え……あ……さと、し、君……?」

4 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:11:32 ID:Uf72BhHw

                ,. '´     _,.、-       }      ∧
              / ,   ィ-‐久_        ,'       ,': ',
            ___,、-'‐‐ ,、-'‐'" ,_ィzュ,゙,つ     ,      .i: : i
         ,ィ‐,'''--`ヽ/     ,、--、`ヘ,.   i        i: : :.i  さっ
          く/´    ,.'        `゙'''''‐-゙、゙~   i        i: : : :i
        f´,.     /         'マ¨`'‐'     i        i: : : : i
        i /.,.   /       ,ィ''、'‐ 、ヽ,     イ.       ,: : : : : i
       V', . ,.'      フ''"´    ```~--‐',_,'.       ,: : : : : : i
          Y ,.,.'     ./-、              `ヽ、    ,: : : : : : :.i
        |, '      i/  ヽ            ヽ   ,: : : : : : : :.i
       /      ,'      \                ハ: : : : : : : :i
         {        ,、         ` 、          ,' i: : : : : : : :i
          ',        ハ         `'.‐.、,_.      ,'  .i: : : : : : : :i
            '.,    /  .i                ¨T'¨ ̄ .   i: : : : : : : :i
        ゝ‐''"    |                i      i: : : : : : : :i
               |   i           '、.      i: : : : : : : :i




: : : .:.:.:. : : .:.:.:/  l:.:.: : : : :l:.:. : : : : : : : : : : : : : :     ハ: : : : .: : ; ': ./:
: : .:.:.:.:.: : .:.:.:イ   l:.:.: : : : :.ト、. : : : : :         、.   :ハ_ ... -': .:.:/: : :
: :.:.:.:.:/: :.:.:.:/l    l:.:. : : : :ハ:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : ハ:. : : ハ: : :.:.:.:/: : : : :
:.:.:.:.:/i:.: :.:.:.i:.l    l:.:.: : : : .l i:.:.:.: : : : :.: : : : : : : : : : : ハ.:. : : :i:.:.:.:/:. : : : : :
.:.:.:.:i:.:l:.:.:.:.:.l:.:l   l:.:.: : : .i  l:.:.:.:. : : :__: : : : : : : : : : ハ.:. : : l/:. :.:.: : : : : :
:.:.:.:l:.:.:l:.:.:.:.:l:.:.l.  、l:.:_ : .:.l__...L:.-:.': ´i:.:. : : : : : : :. : : : :ハ.:. : : l:.:. :.:.:.: : : : : :
:.:.:.:l:.:.ハ:.:.:.:l:.:.:.:.ヽ、ーl:.:. ̄l   l:.:.:.:.: .:.l:.:. : : : : : : :. : : : : ハ.: : : l:. : :.:.:. : : : : :
:.:.:.:l:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.z i:.:.:.:l _  l:.:.:._:./l--: : : : : : .:.: : : : :ハ.:. : l:. :.|:.:.:.: : : : : :
:i:.:.l:.:.:.:.:.ヽ:.:i:.:.:.:.:.:.:.l l:.:.:l ー二lニナ'l´:.: : : : : : :.:.: : : : / l:.: :l: : .:l:.:.:.: : : : :
: l:.l:.:.:.:.:.:.::ヽl:.:.:.::.:.:/ ∨    l:.:.:/ l:.:.:. : : : : : .:.:. : : / イ:l:.: l:. :l:.l:.:.:.: : : : :
.:.l.:lヽ.:.:.:.:.:.:.:\:.:.ノ       l:.:/  l:.:.:. : : : : : .:l:. : :/´ .i:.:.l:.:l:. : l:.l:.:.:.: : : : :
: :l l ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、      '   .l:.:.: : : : : : .:.l:. : /  l:.:.:l:.l:. : ::.:.l:.:.:.:. : : :
ヽ:l l. ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶  、_..-、  l:.:.: : : : : :.:.; l:. /  l:.:.:.l:.:. : : :.:.l:.:.:.:. : : :
 ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ヽ ̄   l:.:.: : : : :.:./、l:./ /l:.:.:.:.:.: : : : .:.:l:.:.:.: : :
  `  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ  l:.:. : : : :.:/ /l://  .l:.:.:.:.:.: : : : :.:.:l:.:.:.:.:.:.

園崎詩音
「嫌……!! 見ないで、悟史君……。

私……、私……!!」


.

5 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:11:44 ID:Uf72BhHw

        __
,. -‐ '' ´ ̄         ̄,r` =‐- ミ、
            ,/          ヽ、
                         ヽ
             , '           i  ':,
         /            |.   ',
        i  /          i   |i    ',
   i   | ,/              ,'|   |.ト、   i
   |   |/i     /     / :|  ,' i从  |
   |   | i     /  ,'       |  /  !い',
',   |   |  i  /    /   | ,'  ! i | }/
iヽ、 |   ∧   /  i   ,'i , -≠|゙/¨゙ ,' ハ/
|i  `.|   /,'∧ レ′  i   i |  ,'  /   {/
| '、 ! /f''¨`ヽ!   i  | | ,'__,.ィ彡'  ',
l ヽ、|,/i { i´  | i  i  | | ,'  ̄     \
',   |i リ ヽ `ヽ i仆、    | レ         /
. ヽ, ! ハ iヽ−リ  ヾ   |        /
   \  ヽトミ、     \{          ,'
',  ヽ、 ヽ、`、                 
∧ i ハ!` ヾ ¨`       、         /
从ル| ヽ         /``¨ −- ′
  /          /`ヽ、
 ̄ ̄\           ∧、   ̄`
     \      { ヽ\
      \       ', \
 \       \        i  ∧
   ヽ    ,r 、\   /i / }

北条悟史
「……辛い思いをさせたね、詩音。

もう大丈夫。園崎家の人たちに、
永琳さんや新城さんたちも来てくれているから、
大丈夫だよ。安心して。

……会いたかったよ、詩音」


.

6 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:12:04 ID:Uf72BhHw




  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、: : : : : : :\: : :.ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : ;、: : : :i!: ヽ: : : : : : : : :\: : :\
/: : : : : : : : : : : : :ト、: : :./,∧: : :i.!:.:i ',: : : : : : : : : :.ヽ: :.∧
: : : : :/: :i: : : : : : :!ミミヽ/i〃∧: :i !:.i !: : : :.i : : : : : :.∨: :',`ヽ、
: : : /: : :.:i: : : : : : iヽiトv〃′ト、:i_l:i  i: : : :.l: : : : : : : |: : ∧、 \
`ヽ : : :.i :.i : : : i : :i‐`      i: :i |:「 ¨|¨`:/i: : : : ',: : :|/: :j > /
: : {: : : :.i: :.i: : : i:.:,イ       j: / l:j_j: :/ i: /: : : ヽ: |: : :.,'|'´ /
: : :i : : : i : :.i :.:/ i|       j:/,ィ乞""气ミュレ': :/:.iヽ!: :./ | /
\:.i : : : ト、:イ: : {. リ     /〃ヽ    } ∧: :/: :.i: :!:./: :l\
: : :,イ: : : i: :', :\:i ,,xイ斥、       廴斗つ: :/.:.:. :.i:.レ': : :i  \
: :/: i: : : :i: : ヽ、,,彳、  ヽ        ムイ : : : |!: :i/: : : :i\  \
:/: : :i : : :i: : : :〃 と.廴斗  ヾj //i///: : : : :|i: : i.-‐- i、 ヽ   ',
: :,' : :i: : :,i : : : : : :∨///    _ .   ,': : : : : :|.i: : i    ヽ ',   ',
:/ : :}:i :./:i : : : : : : :`二=-  マ    }  ,': : : : : : j i: :/       ヽ   i
' : : :i: :/} 、 : : : : 、:ヽ、    ゝ  '´  i: : : : : / .i:/        ', i
: : : i ,'  i:.∧: : : :.ヾ、: :\..     /i: : :./  /            i/
: : / '   !/ ∨: : : :i `¨``  `~¨¨¨ ´ ,.i: :/          .:.     i
: ://   j/   ヽ: : : i    ー- 、   イ レ′          .,';;;::..   i

園崎詩音
「…………悟史君……」


.

7 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:12:17 ID:Uf72BhHw


        __
,. -‐ '' ´ ̄         ̄,r` =‐- ミ、
            ,/          ヽ、
                         ヽ
             , '           i  ':,
         /            |.   ',
        i  /          i   |i    ',
   i   | ,/              ,'|   |.ト、   i
   |   |/i     /     / :|  ,' i从  |
   |   | i     /  ,'       |  /  !い', ,r-―――----   . , __
',   |   |  i  /    /   | ,'  ! i | }/: : : : : : :ヽ: : ヘ : : : : : : : : :`:ヽ、
iヽ、 |   ∧   /  i   ,'i , -≠|゙/¨゙ ,' ハ/: : : : : : : : : : : : : \ : : : : : : : : : : ヽ
|i  `.|   /,'∧ レ′  i   i |  ,'  /   {/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : :.ヽ
| '、 ! /f''¨`ヽ!   i  | | ,'__,.ィ彡'  ',: /: : : : : : :i: : : : : : : : : : : ヘ : : : : : : : : : : :ヽ   ぎゅ……
l ヽ、|,/i { i´  | i  i  | | ,'  ̄     \: i : : : :/!: : : : : : : :i : : : ヘ : : : : : : : : : : : ',
',   |i リ ヽ `ヽ i仆、    | レ    ヽヽ   //|: : : / l : : i : : : : | : : : : ',\: : : : : : : : : :.',
. ヽ, ! ハ iヽ−リ  ヾ   |        / |:.ト|、: /  !: : ,' : : : : |: : : : : : : : `ヽ、: : : : : : :L,_
   \  ヽトミ、     \{          ,'  ! | j: /`¨¨l`:/: : : : : :l : : : : :i : : : : : : ``: ー'´{  `ヽ
',  ヽ、 ヽ、`、                ¨¨´.:i  j/ !,'    リハ.: : : : : :!: : : : : |二ニ=-− ''' : ¨ }\
∧ i ハ!` ヾ ¨`       、         / : !   ,ィ≠ミ、、/ .}: :./ : : l: : : : : :|: : : : /: : : : /:∨
从ル| ヽ         /``¨ −- ′:/       ヾぅムィ: : : ,' : : : : : :∨/_; : :-‐'´: : : ヽ
  /          /`ヽ、   ! : |/   //// /   /: : : : : : : : : : : :', ̄: : : : : i : : : : : :\
 ̄ ̄\           ∧、   ̄`| : lヽ            /: ;イ : : : : : : : : : :ヘ : : : : : : |: : : : : : : :
     \      { ヽ\   ! : l: :',         // l : : : : : : : : : : :ヘ: : : : : : :| : : : : : : :
      \       ', \ ∨i : :.!、       '´  ! : : : : : : : : :∧:リ: : : : : : :| : : : : : : :
 \       \        i  ∧ ∨: : :'、 ̄``       ,' : : : : : : : : :/: }/: : : : : : : ト、: : : : : :
   ヽ    ,r 、\   /i / }.  ∨ : : ヽ         /: : : : : : :/:. ://: ; : : : : : : :|: :\: : : :
    ヘ   /   }  ヽ¨´   !{      ∨:./ ヽ-−'j"¨´ムイ: : : :./!: :/ { :/: : : : : : : :|: : : :\: :
     ヘ  /    ̄``\  .i       V{   ヽ:./     ヽ!: :.:/ j :/  ∨: : : : : : /: |: : : : : :ヽ
     }/  \    ヽ  i      ヾ     レ′   /:, '´} /|/ `ヽ} : : : : : /: : |: : : : : : :
 \        \    ',  !                  ,r‐''´ ノ'´     i: : : : : /: : : |: : : : : : :
   \             ',  !           /   ‐=''¨ ̄ ̄`ヽ /: : : : :/ : : : :|: : : :ヽ: :

園崎詩音
「う、う……。ひぐっ。悟史君……悟史君……!!」


北条悟史
「うん。よしよし」

8 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:12:40 ID:Uf72BhHw


.       {:::::::::::::/⌒`ヽ/     ヽ    \::::::::イ
       \:::://            ヽ    Y ハ
         >   /   ト /|    i   ヽ   ヘ ハ
        /    i   「`´|    }       ハ .i
        / ,'   {  i |  .|   i i i   i   ハ |
        i i   i  ト、{ |   } .,イi ハ i  / }  ',  } |
        { i {  .i {ヽ从|   | / rイ示ハ7 /  i /  ト、
        | i i',  ト、|イ示ヽ  リ  弋,リ レイ   i /:::..、 `ヽ
        リ ハ ', i ハ{ 弋リ        ノイ i  i {::::::::ヽ  ヽ
          ヽヽi:::ハ    、      ィ´ i  リ::.:.. ヽ  /
           }ハ :::::ヘ    ー ‐ ´  ノ i i  /リ::::::..  ヽ
           { Y:::i:::::> 、   i´.|≦_i i /::::ヽ::::::   \
            ハ::i::イiハ:::rヽ `| i   iノi イ::::::::::ヽ::::::::    )
          ィ-r-}ノリ-─くf´Yi. i     リハ、_:::::::ヽ::::::  /
          /,'   ィ    r´⌒ヽi--─‐´::::::::::::::::`,ーヽ:::::/
        / i   /    f ´`ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽヽ
      /  ノ  /  o==〈 ⌒`  ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ ヽ
    rイ  / /     /::ヽソ   /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ハ  \
    人 ノ /      /:::::::(   {:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|::ヽ )
      ヽiγ       {:::::::::::ハ   .i:::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::|:: ヽ
     ノヾ{     o====o::i   i:::::::::::::く:::ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ::  )

常世思金神
「様子を見に来たのだけど……
あの様子なら詩音の回復は早そうね。

彼女、いいパートナーに恵まれたわ」




              _, -‐‐';;´;;;;;; _ ...'''' -‐===‐- 、ヽ
          ,, ( ) ̄;; .. -‐ ' ´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''';;;ヽ.
     ,,, -''' _,,, '"ヾヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''  '';;;;ヽ
  '''' _,, -''':::::::::::::::,ヽ、 ヽ、 _ ;;;;;; _ ..... ---―‐--―‐‐ヽ
  , ´ _ `:::::::::::::,,::''''  ''゙`ヽ、 ___  , .,,,、ァー,--,-‐―_-_ゝ
 / /  `;;:::::,,''        '´ ----―・ナ´,゙〃シ  l
 i i. <  ;;::::;          ` ̄ ̄-‐´-___ュz.  `、
 ! ト 〈  ''::;              ´            /
 、ヽ`ー 、.l !                        __/
 :ヽ、ー゙'´ ,、                   ィ, ´, ´ ,,
 "'',,  ̄ 、、ヽ                    ,У、 ",,
 、 ,,""ッ, ヾ.、          ´ '‐=ニニニニ二チ./ ,:.:.:.,i  '',,
 "'' ,,   '',,:.:`〒==ミ、        ._     l' /:.:.:.l|  ,,''
    "'' ,,  '',,:.:.:.:`:.、 `〒===〒 ̄ヾ 、  / /:.:.::.:.i| ,,''

新城直衛
「まったくです。

ああいう人間ばかりなら、僕たちも仕事がずっと
少なくて済むのですがね」

9 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:12:51 ID:Uf72BhHw





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




.

10 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:13:07 ID:Uf72BhHw

"   "  ;   ,  :   " ''−- 、 _     ; ;;  :
  ,       、  "   ''  '   " ''−- 、;;_   ,ィ',ィ'  " ,,
    "'  ;;.     "  ,,  ..  "゙ " "''   " '''−. - 、_ ''
 "'     .;:..;,   "  '   、  ;   "  '  ;;'':;  ィ l  "''−-
  "' "  ;':. ..;、 ''  "  '' 、 " ; ;''、   _,,,. .,;: . :;''" ノ "  ;;   ハナセーッ
:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "  .
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   " 
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、  
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,




     l              _____              l
     l         _ - ¨          ¨ - _         l
     l     ,, - ''                   ¨ - 、    !
     l  ,  ' ´                           `ヽ、 !
     l/                                ヽl
     lヽ            __ ... ------ ...._          /ハ
     N、\      ,, - ―=ミヽ`ー ァノハ、r_≠≦ニ===、- .. __/:/:.:.!
     !:.:.\ `┬ '<´      ヽ`Tー―'ll`ー '´      > ll_.ィ´:.:.:.:.:l
     l:.:.:.:.:. ̄:ll 、 ヽ、 _○-彡 ll´ ̄ `llヽミ.ヽ、○  , ノ ll ./:.:.:.:.:ィ:l
     ';.:.:.:.:.:.:.:.:ll. `ー  ̄ -‐''  〃    ',  `ー   ̄ ノ  〃/;ィ:.:.:/ リ
     ';ト、:.:.:.:.ヘ.゛===========" ,'    ゛===========" 〃/://
      ヾ、ヽ、:ヾ、            ,'               〃 / 、
    _ - ¨ヽ、`ヾ、        〈            u   イ/   ヽ、
_ - ¨      i          `   ´           l       `ヽ、
ヽ、        l     ,ィ,ー-- ...___... -― 、   u ∧        /`
  ヽ       入    〈く ト、,、, ー----------、, ヘ > 〉  ,イ ヽ,      /
   ヽ     ./  \   `ヽヽ、________ ...ノ   /} !  l     ./

下僕だった男
「お、お前ら、こんなことしていいと思ってるのか!

やめろ、離せ! 嫌だ、離してくれっ!!」

11 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:13:28 ID:Uf72BhHw


          ,. -‐':´:::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ
          |::/´⌒ゝ::::::::::.::.,-─… 、_ :::::::::::|
         |:!     ` ̄ ´  _     ゝ :::::::|
         |'    ヽ   '´      |:::::::::|
         | 、 __        _ _ _|:::,-、!
         ゝ´ ̄ ヽ== r '  ̄ ̄`ニ イ/ r |
         l| `ー‐イ  ` ー─ '´  |:|イ /
          ゝ  _〈 __       イ `iノl
           l. l;;. - --:二;;;ヽ   ,イ::/
            ヽl;;i ー ─ - '!::!  / |'
              ,. ハ   ̄   i;;;レ'   |\
         イ: :/ヽ ゞ--- ー'ノ  .. イ: : \、 __ _
  _ ... --‐ '’: :/: : |  \ ̄_..¨ - ‐'´  |: : : : : |: : : : : : : `
'´: : : : : : : : : : /: : :∧   /-|      ,. イ: : : : ::|: : : : : : : : :
: :. : : : : : : : : /: : : :| ゝ イ嵒ハ   /  /..: : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : ': : : : :|   L::::| ヽ '   /: : : : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.|:..: : : :|  /0:: f|      ': : : : : : :.:.|: : : : : : : : :

園崎家の家人
「いいから来いや。

言い訳なら地下でじっくり聞いてやる」




 〃/: : : /: : : :/: : : :/: : : : : : /: : : : : l: : : : : : l: : : : : : l: : : : : :', :ヽ: :\: : \
. /'/: : : /: : : :/ : : : ,': : : : : : ,': : : : : : l: : : : : : :!: : : : : : :!: : : : : :',: : ',: : :ヽ: : :
  `ヽ、/: : : :/: : : : ,': : : : : : ,' : : : : : : l: : : : : : :l: : : : : : : ! : : : : : i: : :',: : : ヽ: :
   /.: : : :,': : : : : i: : : : : : i: : : : : : : l: : : : : : : li: : : : : : :.l:___ l: : :.', : : : ハ:
    `ヽ、,': : : : : :l: : : : : ̄!: ̄_¨二コ=‐-: : : : :!l -‐ニ三l_ _: : :.!: : :.',: : : : ,ゝ
      .i: : : : : : l: : : : : : l ニz==、=ミ――‐┘ ̄'z==,==、┬' : : : i: , イ: :
       ¨T ‐- 、T ¨l ̄l イ/ト--イ::r-i ゛        7ト-イ::::r、}ヾ!〉_.. ィ ´ : :!: :
        |:l: :l: : : : : l: : ! ′Vヘ__ノ !          Vヽ_ノ ノ ´/: : l: :l : l:!: :
        |:l: :l: : : : : l: : ト、 `ー―‐'        `ー―‐'  /: : /: :l: :l l: :
        | l: :!: : : : :.!: : !、!          !             /: : /: : l: :l: !: :
        | l: :l: : : : : !: : ! ヘ.       ー−'       /: : /: : /: ,' !: :
        |: !: l: : : : : ! : l : : ヽ、             , ィ/: : /: : /: /l : l :
        |: l: :!: : : : :l: : l: : : : : !:l¨ ‐- ..._   _.. - イ: l:/: : /: : /: /: l : l: :
        |: l: :l : : : : !: : !、: : : :l ',: : : :l    ̄    l/: : :/: : /: /: : l : l: :
        |: :!: l: : : : :l: : l ヽ、: : l: ヽ、ノ       / : : : /: : /: /: : : l : l: :

古手梨花
「おー、ドナドナと車に詰めこまれていくのですよ。

建物に立てこもってた下僕も、あいつで最後ですってね。

詩ぃとレナ、それから他の女の子たちも保護できたし、
なんとかひと段落といったとこかしら?」


.

12 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:13:45 ID:Uf72BhHw


     /    /     ヽ    \       \
   /   .  /     \ \.    \   ヽ.  ヘ ̄` 、
   /   /  ,       ヽ  ヽ    ヽ  ヽ  ヘ:.:. : : :\
  //  ./  .i   i      ハ  .iゝ'   i.  ヘ  ハ:.:.:.:. : : :ヽ
  .〃   ,   丶  、     ,,lX´l ヽ   l   i  i:.:.:.:.:. : : :.i
 //   l   ー-ヽ--ヽ、  ー'' ,lrニニi―、/.i   l  l:.:.:.:.:.:. : :.l
./:.i    ! ヽ、   Xニ、ヾヽ  '/f lイ:::`ト/Y.l   /  ト:.:.:.:.:.: : :l
f:.:.l   l   `i/rニi::ヽヾ、ヽ. / ト-'::-:'::}  /  /   ハ:.:.:.:. : :l
i :.ハ.   l   /l ト-':::::i,   l/ '' ¨ ̄ ̄`/ ./  /  i:.:.:.: :/
l: :.:.ヽ  .lヽ、 `、 弋>''  ノ       ∠ ィ´  /l.  /:. : /
ヘ: :.:.:.\ V l`ー -` ´     __ , - ' ¨ヽ /_ .. イ´  i /:.:/,
 ヽ:.:.:.:.:i >' l  l l    r‐''__ ,, ‐'' ¨´ ー/  l   y:./  ヘ
   \:.:ヽ. > 、ヘヽ、   `''´       / ト 、. i  ーヘ    ヽ
    /ヽヽ'  `ソ i `> - .... __ . ''   lソ ヘ ',   ヘ
   /  / `  /  l  {  〈|       〃  \_   ヘ
 /  /    /  l  ノ  ヾ、、    //    / ` ー- ...\

羽入
「でもまだまだお仕事は残っているのですよ……。

これから犠牲になっていた人たちのケアや
撮られていた映像や画像の消去。
残る下僕たちの探索と、場合によっては懲罰も必要なのです。

しばらく休む間もないのですよ……あうあう……」




   /             ヽ   ヽ   ヽ  ヽ    \
.  /        /   l   ヽ   ヽ   ヽ   ヽ   /
  i   /  ,   ./    l   i   ヽ   ヽ  ヽ/
.  l  /  /   .i    〃   .li     i    i ,, - '
  l  .i  ./   l  ,,,--ナト    l.|-=―- l   ,ゝ
  li l_/    l   , /ニ、--― Lrt--、―フ ´ |
  リ   T ''''  ̄/ひ::ヽ     l:'::::::l ト、/  l
.  l    l    /l l::::::::::l    弋::: リl/i   i|
  l    l    '-、l.弋_ツ     ゞ='- l   l l
  l    l     lー- '   _'    ,イ   l |
  |     l     l 、        , '     l .l
  l     l、.    l ` l ー - '  ト、, 、  ./ |
  l     lヘ    l r-!、_ lヽ  liニ-\ /  l
  |     l ヽ    l  , -+- !、/ /ニ- |/  l
  l     l  .>   l<  , ll、  l リ、r‐ l   l
  |    / ̄ ヽ   lヽ//l.ト、ヽヘ. /`' /   .l
  l    /    ヽ  ゝ、_i l lヽ/ i   i l    l

古手梨花
「みぃ……。それは、がんばって、としか言いようがないのですよ。

しばらく毎日シュークリームを一個づつお供えしますから」


.

13 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:14:11 ID:Uf72BhHw


               _____
           , . . . ' . . . . . . . . . . . . `丶、
        , ..' . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
       /. . . . . . . . . ./. . . . . . \ . . . . . . ヽ
        /. . . . . . /. . . ./ . . . . . . . . . .\. .<;;\ヽ
     /. // . . {. . . . .l . . . . . . . . . . . . ヽ. . ヾ,;;;\
      //;;/. . . . l . . . ..l . . . . . . ..ヽ . . . . . ヽ. . ヽ;;;;;\
    /;;;;;/l. . . . . l . . . . l . . . . . . . .l! . l . . . . l. . . ハ;;;;;;;;ヽ
   /;;;;;;;;;/. l . . . . .ヽ. . . . ヽ . . . . . ..|l . !. . . . .|. . ./.|;;;;;;;;;;;ヽ
.  /;;;;;;;;;/. . .\ . . _ヽ_,ノ`ヽ.ヽ、,_l !_!. . . ノ. ./ . !;;;;;;;;;;;;;;|
 /;;;;;;;;;;;{. . . . . .丶 ___ヽ -ヽ. . . .ノ__. ./ . /. ./.l ヽ;;;;;;;;;!
 !;;;;;;;;;;;;;ヽ. . . . . イ:::::::::ヽ!ヽ   ヽ. イ ::::::ヽ!ヽ/./.!.l  l;;;;;;/
 l;;;;;;;;;;;;;;イlヽ、. .ヽゝー‐''    lノ ゞー‐'' // . /  ̄ !;;;∧
 ヽ ;;;;;;;;;| |.!. . .`. . ゝ      _  -  フ__〃. . ./   !ノ ヽ_
  \;;;;;;! !.!\. . ヽ  く  ̄      /; ; ;\. ノ /  /   ト\
    \| |.|/\ . .丶、` ー - ‐ /; ; ; ; ; ; ;\   /    /; ; ;
      く   丶.、. `>  ,,_ /; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ  /ー―く___
     /!\    ヽ ゝ \  /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.∨; ; ; ; ; ; ; /
    /. . |  ヽ、  __  ヽ/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ ; ; ; ; /
  /. . . . ヽ    > '; ; ; ; ; ; ヽ/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ; ; /

羽入
「梨花。これだけ頑張るのに日当がシュークリームいっこ
とは厳しすぎませんか」




::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/  l:::::::::::::::::::::::::::l  l::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::i  l:::::::::::::::::::::::::::l  i::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l::::::::::::::
::::::::::::::::::::::i:::::__::-===ト、`ト___:::::::::::::|-キ_===、___|::::::::l:::::::::::::::    どーん
::::::::::::::::::::::l'¨/,っ:::::::::::ヽミ:、    ̄ ̄¨ /っ::::::::ヾ`\ l::::::::l:::::::::::::::
――-- t、l// i::::::::::::::::::::::i `        ' /:::::::::::::::::ヽヽメ、__ノ:::::::::::_
::::::::::::::::::l〈 〈. !::::::::::::::::::::l         l:::::::::::::::::::::l  lヾ-−'''¨¨::::::
:::::::::::::::::::ト、ヽl. 弋:::::::::::::ノ          弋:::::::::::::::ノ /ノl:::i::::::::::::::l:::
l::::::::::::::::::i:ヽ   -ニニニ           ニー--‐'  '´/l::::l::::::::::::::l:::
:l:::::::::::::::::::l`ヘ            '        ̄¨´  /,,l::::i::::::::::::::l:::
::l:::::::::::::::::::l::::ヽ、         -==-          /:::::l::::l::::::::::::::l::::
:::l:::::::::::::::::::l:::::::丶、                 ,/:::::::l::::l:::::::::::::::l::::
::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::l ` -            - '::::::::::::::::l:::::l:::::::::::::::l::::

古手梨花
「でも、元はと言えば、ここまで被害が拡大したのは
羽入が弱っちかったからですよね?」


.

14 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:14:34 ID:Uf72BhHw


    /三三ニ/!     ト  .ハ 、    l  ハ  ,イ   }  ヽ三三ハ
    {三三ニ八    ハ ヽ( ヽ八   } ノ ノ//  /    }三三=}  だばー
    .辷三三{   ー ゝミ≧==彡^ヽ ./`ゝ、_/ /}    .八三三|
    マ三三ム    { ((二二二)) ノノ((二二二)) }   人三三lノ
     丈三三ィ\  ゝ.「 ̄「 ̄      ̄「 ̄「 ノ  / }三三/
      \三{!| l ーミ.、   | ____  ! ー=彡〆 /!三/
       ヽj{.!人 人 'ー ' (       ) |__j ノ  / ノ/
          .ノ / \  >- `二二二二  -<ィ / ヽ !
       / l  ┌======='====='=======┐  }八    ⌒ヽ、
 (    /   |  │|///////////////////| |   |  \      }}
  `ー=彡〆ィ  | /`| |///////////////////| |⌒ヽ!   ミ=─=彳
      ./  .トヽ .| |///////////////////| |   ハ  ヽ ___/

羽入
「あうあうあうあう……。

相手が悪すぎたのですよ……」


.

15 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:14:47 ID:Uf72BhHw






・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





.

16 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:14:58 ID:Uf72BhHw




【殺風景な地下室】

                                |:
                                |:
                                |: 
                                |:
                                |: 
             _________         !:
             ||              ||       |:
             ||_______||       |:
__________ ||.ヽ           \______|:
             ||\.\             \      \
               \.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||      \
                 \.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \
                                         \
                                        \
                                              \




: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. -−==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、
 ヘ          l -,ヽ、     l                 ` 丶 、
ヽ ヘ         l./  \    l                     ヘ

北条悟史
「詩音、帰ろう。

立てる?」



.

17 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:15:13 ID:Uf72BhHw


./ : : : ,:' : : /: : ; : : :!: : :.}〃i; l: ', \
==:./: : : ; : : /: :i!: |: : ,′ }:.l: i! : :ヽ
ー=:/: : : :/: : ; : :/!: l|;l/  /:-l、:! :∧:',
`ミ;.|: : : / : :/: /斗:廾!   /x=ミ、l:/:.:.}/
: : :|: l :/ : :/: :{ ,x≠ミ、  イr'::´,':{:.:〃
\|: :| { : |:i: : lfイr':::´   弋少 |:!: : ',
: :/: :!: ∨l.:、八弋z少    xxx从: : :ヽ
: {/l : :l: :ヽ: :、`xxx     ,  /: :}/:、:.}
:'´: ,': : :.l: : :\ハ:} 、_  ¨ ,/: : :′:.∨
:./: : : ∧ : :`ヽ. ト−`t¨¨i、.: :ヽ: : : :/:\
′: : : /, -−= T i!   i  } `oニ ,ァ-、: : : \
: : : : /∧ ヽ  i O,=、! j__ iО!  { /ヽ: : : :.`ヽ、
: : : / {‐-ヽ ` i / `i´((_))! i l /=-‐}: : : : : : : `ヽ
: : /:.:∧−‐`ヽ,/  ,'  、 '   i  ',=イ: : :|ヽ: : : : : }
: /:.:.:{:.:.ゝ- ―/   /   ヽ / i  ヽ\: : :i ヽ: : :/
/:.:.:.:.ヽ:.:.:.∧ {      }   ,'    } ヽ: :l  }: /
:.:.:.:.:.:.:.:\':.:.ヾ、 ヽ , '   /{    ,'  /: : :l//
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.∧丶、 ___ . ´  ` ,_   /: : : ´: /

園崎詩音
「はい。大丈夫です」




  /  /       !    / |  /" `''"´!  | ヽ    |
. /  /        |    ! |  l     |  !  ヽ    ハ
/  /l        !    l  l  !     |  /   |   | !   /
|  ./ |   ト     |    |  ! |     | /   l __|__|  ./
| / l   | ヽ    |  -‐!─-!-|、_   / /‐' ´ ̄|  ! | /
| /  |   |  ヽ   lト,  |、_  ヽ|   // .,___ | /  | /
|,'   !  /|  ヽ   !ヘ,..-ト=.,二. _ヽ /  ,=テ;ー‐t /-ァ'/
    |  | l   \  ヽ\込;:;:ri _`'      弋;:_r|/-' /  /
    !  | |     \ ヽ ヽ  ̄          / ./ /
    ヽ .| ヽ  |    \ \       i       //
     ヽ!_,.L _ト,_ ,. __ `弋     __  __ _,./- 7     /
  ,. -ー' `ヽ,__ ,. _ ,.ノ   ト 、  _>'フ ,.ィ'´    /    /
-'´__,.、 \.  ヽ,     |_,. ブ,.<´      -'7    /
     ヽヽ、ヾト,  `ー-ァィ,.'´‐'"´ ,. |`ゝ、 - ' ´ /    /-ー、
 ',フ ̄ヽ, く >- '>-,.<´  |  / , `}      |   / i  i
  /   ヽ, \r'゙,.∠´t-'´  | /  /  |      !  /  /  ヽ
  /     `ブ'´   |   /´   ! /      .| / ヽ, /
.ノ   ,. -'´    _,..> | /     Y       |/ /

園崎魅音
「おっ。様子を見に来たんだけど、
そっちもひと段落ついてるみたいだね」


.

18 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:15:29 ID:Uf72BhHw


              _  -‐===‐-. .
           ,r '´: : : : :/`: : : : : : ヽ、
            /: :/: : :/           \
    __,,.. ...._ /: : :/: : : :/: : : : : : ; :! : : : : : : : ヽ
    ! ー ‐_,.'/\ /: : : :/: : : ;/: :./Vi: : : : ,': : : : :
    `¨¨´/ !: ヽ: : : : :/: ://: :.,'   ! : : ,i: : : : : :l
     ,r-、__{:‐- .{ : :/: / //!:.,'   !: :/ l: : : : : :!
.    / ' -‐゙、i : l: :i,xf≠ミ、l i  斗/  }: : : : : l
   /    ,二`}:.i!: イん::::ハ} i!  ,ィ≠ミ、,': : : :/: l
.  /    /: : |_l: :',:.:i ゞ‐'  i  ん::::ハ}/: : : /: : l
  /   ,/: /: : l: : lヾ:、   、   ゞ‐' , ': ;. :./lヽ. :!
. /   /: : :/: : : :l: :.lヽ `  .. _   ∠:イ: :/: !  ヾ、_,
/   /{: : /!: : : : ヾ:.l::::`ト 、   _ . ィ´.: :.| /: : |
   / ',: { ヽ: : : : _,r‐ 、 `¨´ {:::::|: : : :|': : : :!
  ,' ,r'´ ̄ ̄ ̄i!´     冫,iー‐┐::j :i.: : : : : :.|
  ´         i!   /l/|  |::/: :|i : : : {: :.!
 ,'    i     レ',´、__,' 、!   ゝ、: リ : : : i: : ',
./ヽ     ,ir   ,r'´::::::L::j::::::ヽ/  `ヽ、: : :i: : ヽ、

園崎詩音
「あ、お姉!」




          _...__
      , '´       `ヽ、
    , '⌒            ヽ
.   // , 、,  、  、  、    ',
  / // ,-v⌒ 、 i  :i | :i l ,
    //  i i/^´ヽ i} :ト、 l l  ! l !
    |l|   | {, -‐ !!l !' 丁  j リ
    |!l i V    リ }/ V j  / /
    Vi ハト '⌒   '⌒Yイノ
     ′{ w  、_, w 7′
       >,r‐、___ .ィ´
      r‐'   ,'V|/ヽ
      {○ ・ ・  j/  }
      `ゝ_r‐rマ_j′

北条悟史
「やあ、魅音。上の方は終わったんだね。
園崎家の人たちの現場指揮、お疲れ様。


……ところで、聞きたいことがあったんだけど……」



.

19 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:15:44 ID:Uf72BhHw

        . - " ̄ \―ィ"   \_........._
     . イ"              \   \
    /          ハ        \   \
  /  _.ィ       ハ/ |        ヽ     \
. / _/        /゛  " |         ヽ     ヽ
/ イ    |    ./    |  ./、      ヽ    |
//     |  ハ ._ |     |_../ ヽ       |    |
. /     .|  .ハ |゛   ~ノ /_.....__|  /    |    |
. |   /   | /  ヽ|    //"i__):::ト/|   ハ |    |
..|  イ   ハ ト=.._       /:::::::::::ハ/    | |.    |
..| / | \. ヽ ,. = "      |:::::::::::::::|    /|.    |
. | / |  / ゝ          、::::::::::/    /V.    |
 V  ヽ |      ー―一、  ゛ーイ ィ  ./ ノ    |
  ,-、ヽ./ヽ     |    i   //|  //     |
  .ヽ ヽ.|  |ヽ ._  ヽ._____ノ   _. イ  /|.      |
   \ ヽ |   ゛ --------ィ "  /./ |.        /
  / /゛゛ヽ   /ハイ:ト_/ フ ヽ/  |     ./
  |  ヽ-  |   / / ソ |/  /  |   |     /

園崎魅音
「ん、なんだい」




     /: : : /: : : : : : :.:.:.:.:./.:.:.:.:.;、:.:.;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.: : :i
     i   /     .:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:/` ´-l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.: : l
     l: : : /: : : :.:.: : .:.:.:.:.:l:.:.:.:.:/    l:.:.:.:.:i:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:. :l
     l: : .:i: : : .:.:.:. :.:.;.:.:.:.:l:.:.:.:.i     l:.:.:.:.l:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.: : l
     l: : :l: : :.:.:.:.:.: :.:l:.:.:.:.ハ:.:.:l     l:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:. : :l
     l: :.:.l: :.:.:.:.:.:.:.:.:.l-‐ナキ=l- ....  _ ,l:.:/_/...-l―:.:.l:.:.:.:.:. :.: : :l
.     l: :.:.l: :l:.:.:.:.:.:.:.:.l_:.l==ヘ:.l==ミ ̄ ´l:イ',∠,,,,,,、l:.:.:./:.:.:.:.: : : : : l
     l:.:.:ハ:ハ:.:.:.:.:.:.:`l'´lひ::::`::)   l/ レ'ひ:::::ノl>:/:.:.:.:.: : : : : /
      l:.:.l l:lヘ:.:.:.:ヽ:.ヘlゝー‐'‐     =ー- '- レ:.;.:.:.:. : : :/:./
      ヘl lヘ:.ヘ:.:.:.:`i、ヘ            /:,イ:.:. : : ;イ:./
         ヘ:.|l\:.:l、\       ゝ   '-/,l:.: : : /l:l/l
          ` l:.ハ>l\    ===    イ'ニl: : /ヽ、/ l
           /´/   丶、    , - '-<__/イ \.   l
         /  l     ` 、/:::::::__::::;::ヘ     /
        /   ヘ      l::;::::'::´:::::::::::::::::/     /
 ,  ‐  '  ̄ l    ヘ      l::::::::::::::::::::::::::/     /

北条悟史
「地下室に下りる前、園崎家の黒服さんたちが、
Devil tubeに映ってた下僕の男たちを
黒塗りの車に押し込んでいたのを見たんだけど、
彼らをどうするの?」



.

20 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:16:05 ID:Uf72BhHw


   ./ ./        .r:_ _     ヽ
   /  /    .|  |  / : :ヽ     .ヽ
  イ ./     .| ハ  | ゛~ヘ  i   ヽヽ
./ | / /    | |__|_ .|   .| |    .|ハ
|  .| | :|.    .|イ| .|. |   フメ|    ハ
|  .ヽ.| :| : :   .ハ|  ヽ|   レ |  .|: | ヽ
|  ヽ| :| : : .  |_  __,    _  |   |: : |
|   :Yハ: : : :  ヽ=="   ==ィ/: .|: /
|   : :レ|: : : : : ト \      イ: : : /:/
|   : : ハ: |: : : | \.  「フ  /ハ: : /イ
|   : : : : Nハ: : ハ.  、   /: | |: /./
|   : : : : : :|. ト: H._  ゛ト.イ/イk:| |/
|   : : : : : :|. ハ|  ヽ-√///.|.||/
|   : - -ーイヾヽ_ /: イ.V///i N
| /   ヽ  ヽヽ_V./イ |   | ト-- 、
| .|     ヽ  \ V ヽ|   | | .|  ヽ
| .|      ヽ   \_  .|  .| |  |.  |
| .|      | .|   ヽ |  ノ |  | |  .|
| .|     \| /    .V  / ヽ \  ヽ

園崎魅音
「ありゃ、見られてたのか。意外と目ざといねえ。

それは……たぶん『転校』、もとい、
雛見沢から『転出』させる感じかなー」




          ___
       , - ''"     ゙'' - 、
.     /         、   ヽ
    ,'////. ,-、   ヽ   \  ',
.    //// i .ト_i_' , ',  i .i ヽ.i ',ヽヽi
    i / /i l l   ', ト i i ', トi i i |
    l ', i i |斗イ i/∨二≧ト l .l ,'
.     ` ヽ ', .',(いう   ヒう) .il.//
      ` \""" ' """"" //
         ゙ 、  、_   //
          > 、_ , - ' | ',
      _ ,, /  /   / .i` - ,,_
.     , '´  ./__i〈   .∧  .l    ` 、
.     ,'.    ´  V_____,,,' ', .,'       ',
   ,'   ,'     | , - '  V        .',
.   /   .i    .r'´       i     ',
  /   .|    .|         |      >

北条悟史
「むぅ……。

想像していたのと違って安心したけど、
詩音たちにあんなひどいことをしておきながら、
追い出されるだけなのか……。

でも、それが園崎家の決定なら仕方ないかな。

雛見沢のことは園崎家に任せるものだものね」


.

21 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:16:34 ID:Uf72BhHw


  /  /       !    / |  /" `''"´!  | ヽ    |
. /  /        |    ! |  l     |  !  ヽ    ハ
/  /l        !    l  l  !     |  /   |   | !   /
|  ./ |   ト     |    |  ! |     | /   l __|__|  ./
| / l   | ヽ    |  -‐!─-!-|、_   / /‐' ´ ̄|  ! | /
| /  |   |  ヽ   lト,  |、_  ヽ|   // .,___ | /  | /
|,'   !  /|  ヽ   !ヘ,..-ト=.,二. _ヽ /  ,=テ;ー‐t /-ァ'/
    |  | l   \  ヽ\込;:;:ri _`'      弋;:_r|/-' /  /
    !  | |     \ ヽ ヽ  ̄          / ./ /
    ヽ .| ヽ  |    \ \       i       //
     ヽ!_,.L _ト,_ ,. __ `弋     __  __ _,./- 7     /
  ,. -ー' `ヽ,__ ,. _ ,.ノ   ト 、  _>'フ ,.ィ'´    /    /
-'´__,.、 \.  ヽ,     |_,. ブ,.<´      -'7    /
     ヽヽ、ヾト,  `ー-ァィ,.'´‐'"´ ,. |`ゝ、 - ' ´ /    /-ー、
 ',フ ̄ヽ, く >- '>-,.<´  |  / , `}      |   / i  i
  /   ヽ, \r'゙,.∠´t-'´  | /  /  |      !  /  /  ヽ
  /     `ブ'´   |   /´   ! /      .| / ヽ, /
.ノ   ,. -'´    _,..> | /     Y       |/ /

園崎魅音
「……ご理解頂けて幸いだよ」





     , -―‐-、_
   ,/  .  , ヽ `u
  /  .,i iヽ/i ィ , 、ヽ
  /イ ハl  l/ l/i |彡3
  i/.i .l -‐  ‐‐- l l リミ人
   i {  r┐ ".リノイ
    .トゝ、 _ , イ | |.|
     ハ7`゚◎゚´マヽ l.|
    |(      ).| !|
    | 〉____〈 |八
   //::::::::゚|:::::::ヘ \

園崎詩音
(わかってない……
絶対本当の意味がわかってないです、悟史君……)


.

22 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:18:37 ID:Uf72BhHw


┌──────────────────────┐

 その後、神仏たちと園崎家・古手家の尽力により、
 行方不明となっていた生贄の女性たちは
 無事全員が保護され、
 事件は区切りがついた。


└──────────────────────┘


.

23 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:19:00 ID:Uf72BhHw






・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





.

24 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:19:15 ID:Uf72BhHw


┌──────┐
│         .│
│1ヶ月後    .│
│         .│
└──────┘


【岐阜県鹿骨市興宮】

                                        /:::::::::::::::::,.;ゝ.  ミーンミンミン……
                                       /:::::::_,.-‐''~ ,、人
                              __        /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
                         ,.、   / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           ヽー-'     ヽ. ヽ、_,,人_j      |エエエエ |::::::::|ヾ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            / /       \     ゝ'~_三~ト-、エエ |::::::::| 冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              / /          \    = ̄  '`‐-'‐-、j-、...__(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /~~`ー'~~```` /           `ー、               ヽ;;;;;;;;;_.........



.

25 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:19:30 ID:Uf72BhHw


【園崎詩音宅のリビング】

      , '/,; 'il|   , ' /,l|__________________________
      // .||| ///|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |'/   .,!l' //,l| |.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |   //// || |.|
  | | |.0 ////  || |.|      ┌‐‐l]‐┐
  | | |///,'l|.    || |.|         .| ::.。゚o.: | .__
_| | |/// ||.    || |.|      │ ,;γ │| 7 |
 ̄| | |// ..|||.    || |.|      └――┘|;;;;;;;;;;|
 ̄| | |/   |||.    || |.|              |''''''''''|
  | | |     |||.    || |.|             ̄ ̄                  .┌┐____
  | | |     |||   0|| |.|                             /└┘(二),/|
  | | |     |||.    || |.|                             |[二二二二]| |
  | | |     |||.    || |.|                             ||______.|| |
  | | |     |||    ,|| |.|                             ||______.|| |
  | | |◎   |||  /,||_|,l____________________||______.|| |
  | | |     ||| //                                  .|[二二二二]|/
  | | |     ||' /
  | | |   //
  | | |  //            ________________
  | | |//            /                      /l
_| | |/           ./                      //l!
/| | |.            /                      // ~
  | l/           .l二二二二二二二二二二二二二二二二l/
/~              |__|,!                      |__|,!



              _  -‐===‐-. .
           ,r '´: : : : :/`: : : : : : ヽ、
            /: :/: : :/           \
    __,,.. ...._ /: : :/: : : :/: : : : : : ; :! : : : : : : : ヽ
    ! ー ‐_,.'/\ /: : : :/: : : ;/: :./Vi: : : : ,': : : : :
    `¨¨´/ !: ヽ: : : : :/: ://: :.,'   ! : : ,i: : : : : :l
     ,r-、__{:‐- .{ : :/: / //!:.,'   !: :/ l: : : : : :!
.    / ' -‐゙、i : l: :i,xf≠ミ、l i  斗/  }: : : : : l
   /    ,二`}:.i!: イん::::ハ} i!  ,ィ≠ミ、,': : : :/: l
.  /    /: : |_l: :',:.:i ゞ‐'  i  ん::::ハ}/: : : /: : l
  /   ,/: /: : l: : lヾ:、   、   ゞ‐' , ': ;. :./lヽ. :!
. /   /: : :/: : : :l: :.lヽ `  .. _   ∠:イ: :/: !  ヾ、_,
/   /{: : /!: : : : ヾ:.l::::`ト 、   _ . ィ´.: :.| /: : |
   / ',: { ヽ: : : : _,r‐ 、 `¨´ {:::::|: : : :|': : : :!
  ,' ,r'´ ̄ ̄ ̄i!´     冫,iー‐┐::j :i.: : : : : :.|
  ´         i!   /l/|  |::/: :|i : : : {: :.!
 ,'    i     レ',´、__,' 、!   ゝ、: リ : : : i: : ',
./ヽ     ,ir   ,r'´::::::L::j::::::ヽ/  `ヽ、: : :i: : ヽ、
'ヽ   /    {::::::::::::::n,::::::::::{      } : :i : : : :\
 }  ,'      ',::::::::::/ i:::::::::::i.  {/  ,': : :i : : ', : : \

園崎詩音
「レナもやっと退院ですか」


.

26名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:19:43 ID:OrQLSY5g
>>21
あれか、転出する(>>20)先は地下帝国通り抜けてあの世なのか

27 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:20:09 ID:Uf72BhHw


                             _,,..-‐'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,_
     , --- '"  ~              ∨ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  , -'~  , ___ ___, ,,,,             /,,,, \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
 (  ,-ー'                         /;;;;;;;;;,,,,   ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:\
  ~'      _             _,,..-‐'':::::ヽ;;;;;;;;;,,,   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   //ヽ  /  i, -、        , -'", -'" ;;/~ヽ:::;;、;;;;;;;;,,  ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ∨//ヽ i /  ,i        // ,,,-'""~( 7 ;;;;'""`゙''-,,;;;;;,,,  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   .∨///-"  /     //〃     .ヽi, "    ,--、;;;;;;,,  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ∨/  ,-'/ヽ,   / i 〈       /       〈   ・、;;;;;;,,,,.☆--,;;;;;;;;;;;::;;;:::-'"
    /_,,..-‐<  /   .|  .i ハ      ハ         "'-- ┘\;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,:/
   /,-'    .ヽ/   /  i 〃      ヘ          -' ,/'~丶.;;;;;;;;;|
    l_,,..-‐''" ヾ,  ヽ--'" / .i ヾ       i            iヽ` - '"/ i
  /  ___   ∨     ヽ ∨ヾ         i,  ll     -、  j   / )`'-、
  ヤ    ノヽ   )      ヽヽ 冫      ∧  \      ̄   /  /    |
   ヤ  〃   ̄ ノ ヽ      ヾ ∨     .∧   `'-、,_, - , -'"  /    ヽ
   ヤ       ,-'   i             \      `''-、,_ _,,..-‐''    /      \
 / ̄,ヤ "--'"   /    \         `'-、             ,-'         ヽ

新城直衛
「うむ、なんとかね。

なにもかもすぐに元通り、とはいくまいが、
きっと良い方向に向かっていくことだろう。

竜宮君も強い女性だからね」




          _...__
      , '´       `ヽ、
    , '⌒            ヽ
.   // , 、,  、  、  、    ',
  / // ,-v⌒ 、 i  :i | :i l ,
    //  i i/^´ヽ i} :ト、 l l  ! l !
    |l|   | {, -‐ !!l !' 丁  j リ
    |!l i V    リ }/ V j  / /
    Vi ハト '⌒   '⌒Yイノ
     ′{ w  、_, w 7′
       >,r‐、___ .ィ´
      r‐'   ,'V|/ヽ
      {○ ・ ・  j/  }

北条悟史
「なんというか……不幸中の幸いですね。

贅沢を言えば、最初から不幸がないのが
一番でしたが」


.

28 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:20:44 ID:Uf72BhHw


             ,,,,,,;;,,,,,,,;;,,,,;;,,,,;;,,,,;; ,,
            z;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ、
           z;;;;;r r ' ´ ´ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マ、
          z;;;;/´  ___ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
             Z/  r´  ._.    `、;;;;;;;;;;;;;;l
          `j`ヽ   (’ ノ    .;;j /~`丶'
              l.(’/   ~´      ´ δ.|
              .l l            ___/
           l  `マ         / ∧
           .l   / ̄ ̄ ̄`  ./ / ∧___
          _\        / /;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
        __/;;;;;;;;;;;\____/  /;;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      _/;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ___/;;;;;;;;/::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;マヽ
     ./;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.|.;;;;;;;;l l l;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|
    /;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー---- ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;|

新城直衛
「それはそうだ。

しかし、残念ながら、
どれほど素晴らしい人間であろうとも、
悪い目にあうことがあるものだ。

日ごろからよく慎んで凶事を未然に避けることが大事なのはもちろんだが、
避けられなかったときでも自らの境遇を恨まずに
人生を再建していくよう務めることも、
また大事なことだろうと思うよ」


.

29 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:21:17 ID:Uf72BhHw


三三三三三=/ r'てミ孑三\___,___、
三三三三/   ヽソ三二{ ̄       \
三三二/   /三三二三 ̄ ̄ミ`ヽ孑' へ
三三/   /三三ニ――ニ⌒ヽ  ソ / ̄ ̄ヾ
三/  /~三三彡: : : : ヾソ\ \/. ( ,,;ー―ヽ
_/三=='"ノ―‐、 /   ーヽ .}  {l   //    
:::::;;二    'ヽ゜ ノ       /. |  {l  /  厶
ヾ;;;        ̄  ,,   /,,  |ヽ、|  {__/ ノ
┤''                   |:::::::ヽ    ノ
ヽ,   .         __,   |:::::::/ ヽ、     
__ヽ      ー‐―'".     }  {   {__/
    \、  l ;;     ,; /:}  ヽ::; ;::    
__弋=======___ー':::::/   \‖ ,,,,,,,,;"
    ======____::::/  ;";,,; ヽ ノ
  ヾヾ          ''''     /  弋::::::::::::::
\、        '',;",;     ;;;''';/.    | ヾ::::::::
  =========弋弋弋ヾヾヾ  /      |  ヽ:::::::::
                 /      ヽ   \::::
                 /        ヽ
               /   \    {l ミ

新城直衛
「……まあ、すでにそれを実践している君たち二人を相手に、
こんなことを言っても釈迦に説法かもしれんがね。

もう園崎君は日常生活に支障はないのかな?」




./ : : : ,:' : : /: : ; : : :!: : :.}〃i; l: ', \
==:./: : : ; : : /: :i!: |: : ,′ }:.l: i! : :ヽ
ー=:/: : : :/: : ; : :/!: l|;l/  /:-l、:! :∧:',
`ミ;.|: : : / : :/: /斗:廾!   /x=ミ、l:/:.:.}/
: : :|: l :/ : :/: :{ ,x≠ミ、  イr'::´,':{:.:〃
\|: :| { : |:i: : lfイr':::´   弋少 |:!: : ',
: :/: :!: ∨l.:、八弋z少    xxx从: : :ヽ
: {/l : :l: :ヽ: :、`xxx     ,  /: :}/:、:.}
:'´: ,': : :.l: : :\ハ:} 、_  ¨ ,/: : :′:.∨
:./: : : ∧ : :`ヽ. ト−`t¨¨i、.: :ヽ: : : :/:\
′: : : /, -−= T i!   i  } `oニ ,ァ-、: : : \
: : : : /∧ ヽ  i O,=、! j__ iО!  { /ヽ: : : :.`ヽ、
: : : / {‐-ヽ ` i / `i´((_))! i l /=-‐}: : : : : : : `ヽ
: : /:.:∧−‐`ヽ,/  ,'  、 '   i  ',=イ: : :|ヽ: : : : : }

園崎詩音
「はい。お陰さまで、アルバイトにも復帰できました。

最初のころは眠れなかったりうなされたりしましたけど……
悟史君が支えてくれましたから」


.

30 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:21:35 ID:Uf72BhHw


: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. -−==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、
 ヘ          l -,ヽ、     l                 ` 丶 、

北条悟史
「たいしたことはしてないさ」




        _,,...-‐'''””`゙''ー-、,_
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'-,
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       i---- ☆ ----、;;;;;;;;;;;;i
       l_,,..-‐'''''''''''‐‐‐‐‐,,,,,,,/    ___
     /_______________,..、-''"llll "'i  __/ /
        |〈__・〉  〈___・〉 ≡ / / / /
        |   /       ∨ / / /
     ,-'"\   __,   , -'";;i--./
      |;;;;;;;;;;;;\__, -'";;;;;;;-'";;;;;;;;;` 、
     ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /;;;;;;;;;;;;;:;\ \o/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、    <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /o\ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

新城直衛
「謙遜というものだよ。すぐ側で支えてくれる人間は貴重なんだ。
その存在はときに神よりも頼れることもあるくらいだ。

……そのことを考えても、
前回の戦いに勝てたのは
まったくもって幸いだったと言える」


.

31 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:21:51 ID:Uf72BhHw


                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                   /: : : :/: :/ : : : : : : /: : : : : /: :/;;| : : :.
                   __{: : : ://: /: :/: : : :/: /l: : /l : :i;;;;;!: : : }
                /四Fミ 、彡:{: : :| : : : {: 厂 !夂 l : l};;;;i: : : :i
                /| l/! |: ヾ丶{/: : l : : : l:/ 了心、i:ヽi;;;;;!:/: : l
              //i | | !: : :ヽヽ: :/l: : : :/  辷'  l/{;;;;;;l/: : : l
         // / i | i: : : } }: :i i: : 从       丶;;!: /Ⅵ!
           《 《// / / l ヽノ ./ : :i l: : : i        /: :/   i!
         \ ̄ / / / ヽ__ノ.: : : i !/i: l     -‐ : : :/
         / i ̄  / / | : : : : : : : :',  \',    / : /
           / /  / / |: : : : : : : ハ  |: :ミ=- '´: Ν
        / /   ⌒  |: : : : : : : : :∧ ̄ v=-- 、: :\
         ̄        | : : : : : : : : : :∧/      ヽ: :\
                  | : : : : : : : : : : :∧       ', : : \
                ,' : : : : : : : : : : : :∧       \: : : \
                   /: : : : : : : : : : : ハ: :∧           ヽ: : : :ヽ
               / : : : : : : : : : : : i ∨∧          \: : : }
                 /: : : : : : : : : : : : :i  ∨∧             ゝ: i

園崎詩音
「本当に。
まさか悟史君まで狙われていたとは思いませんでした。

おおかた二人とも犠牲になったところを
お互いにみせつけて私たちをさらに苦しめようとしたんでしょう。
性根が腐っているにもほどがあります」




       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

新城直衛
「悪魔というのはそういうものさ。
なにしろ人を不幸にするために存在している連中だからね。

まあ、でも、しばらくは比較的
大人しくなるんじゃないかな?」


.

32 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:22:25 ID:Uf72BhHw


: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. -−==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、

北条悟史
「へえ。それって、やっぱり前回勝ったからですか?」




    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :−: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.− ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - − ‐ ― - _ ,,             ̄ "/
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,

新城直衛
「ああ。
前回討ちとった悪魔たちのリーダーは、
普通なら直接前線に来るはずがないくらいの
大物だったらしいんだ。

なぜそんな大物が来ていたかはわからないが、
なんにせよ、あの儀式を行っている悪魔の派閥は、
そいつが抜けた穴を埋めるのにしばらく手一杯になるはずだ。

おそらく新しく儀式を始める余裕もないのではないかな」


.

33 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:22:47 ID:Uf72BhHw


              _  -‐===‐-. .
           ,r '´: : : : :/`: : : : : : ヽ、
            /: :/: : :/           \
    __,,.. ...._ /: : :/: : : :/: : : : : : ; :! : : : : : : : ヽ
    ! ー ‐_,.'/\ /: : : :/: : : ;/: :./Vi: : : : ,': : : : :
    `¨¨´/ !: ヽ: : : : :/: ://: :.,'   ! : : ,i: : : : : :l
     ,r-、__{:‐- .{ : :/: / //!:.,'   !: :/ l: : : : : :!
.    / ' -‐゙、i : l: :i,xf≠ミ、l i  斗/  }: : : : : l
   /    ,二`}:.i!: イん::::ハ} i!  ,ィ≠ミ、,': : : :/: l
.  /    /: : |_l: :',:.:i ゞ‐'  i  ん::::ハ}/: : : /: : l
  /   ,/: /: : l: : lヾ:、   、   ゞ‐' , ': ;. :./lヽ. :!
. /   /: : :/: : : :l: :.lヽ `  .. _   ∠:イ: :/: !  ヾ、_,
/   /{: : /!: : : : ヾ:.l::::`ト 、   _ . ィ´.: :.| /: : |
   / ',: { ヽ: : : : _,r‐ 、 `¨´ {:::::|: : : :|': : : :!
  ,' ,r'´ ̄ ̄ ̄i!´     冫,iー‐┐::j :i.: : : : : :.|
  ´         i!   /l/|  |::/: :|i : : : {: :.!
 ,'    i     レ',´、__,' 、!   ゝ、: リ : : : i: : ',
./ヽ     ,ir   ,r'´::::::L::j::::::ヽ/  `ヽ、: : :i: : ヽ、

園崎詩音
「そうなんですか? なによりですね」


.

34 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:22:58 ID:Uf72BhHw





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





.

35名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:23:14 ID:OMij2GXM
新城さん……すごくフラグくさいです

36 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:24:04 ID:Uf72BhHw


┌───────────────┐
│                     ...│
│一方、当の悪魔たちはと言うと  .....│
│                     ...│
└───────────────┘


【ラクス・クラインの居城】


┴┬┴┬┴┬ー|    :::||:::/|:::::|/:|::::::/l\ ::::::: :|:::|    :::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐
┬┴┬┴┬┴ー|    :::||/:::|:::/:::::::|/./\:\ ::::|:::|    :::||┬┴┬┴┬┴┬ /l\ .┬┴┬┴┬
┴┬┴┬┴┬ート---‐':||:::: |/::|:::::::|/:::::::::: \l\|:::ト---‐':||┴┬┴┬┴┬:/.:::::|  \::.‐r┴┬┴
┬┴┬┴┬┴ー|    :::||::./|::: | /l\::::::::::::: : :\|:::|    :::||┬┴┬┴┬‐∧  /\  ∧‐┬┴┬
 ̄:|  ̄ ̄:l´ ̄ ̄|    :::||/:::|:::∧/\l\:::::::: : : : |:::|    :::||┴┬┴┬┴/  ∨ .○. ∨ .∧┴┬┴
_;|___;|_____:ト---‐':||:::: |/::/:::::::::::::\.\:.   |:::ト---‐':||┬┴┬┴‐/  /___:∨ ヘー┴┬
゙┬┴┬┴┬┴::|    :::||: :/V:::::::::::::: : : : \l\ ,|:::|    :::||┴┬┴┬∧ :/工工工工:∨ .∧ー┴
工工フ\ r┴┬::|    :::||/:| :|:::::::::::: :   :: \/ |:::|    :::||┬┴┬‐/  :V /ΤΤΤΤ`∨.::.:゙;:┬‐
ΤΤ∨_い┬┴::ト---‐':||:::|_:|ニニlニニニlニニ|_:l ::ト---‐':||┴┬┴::|;_.,:|||||| |:|;_.,:|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::|| :| :|:::::::::::::  .::    | :|:::|    :::||┬┴┬┤  |||||| |:|  ::|┬‐
││::||ー1|┬┴::|    :::||/|_:|ニlニニニlニニニ:|_:| :|    :::||┴┬┴┤  |||||| |:|  ::|┴‐
││::||ー1|┴┬::ト---‐':||::| :|::::::::  :    :  | :l :ト---‐':||┬┴┬::|;_.,:|||о|| |:|;_.,:|┬‐
│囗::||ー1|┬┴::|    :::||::|_:|ニニニlニニニlニニ:|_:|::|    :::||┴┬┴┤  |||||| |:|  ::|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::|| | :|:::::: :     .::     | :| |    :::||┬┴┬┤  |||lニニニニ|:|  ::|┬‐
││::||ー1|┬┴::ト---‐':|| |_:|ニニlニニニlニニニ|_:l ト---‐':||┴┬┴::|;_.,:|||||| |:|;_.,:|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::||:| :|::     ::     .:   | :|:|    :::||┬┴┬┤  |||||| |:|  ::|┬‐
⊥⊥::||ー1|─┴::|    :::||:|_:|ニニニlニニニlニニ|_:l:|    :::||┴─┴┤  |⊥⊥⊥⊥⊥ |:|  ::|┴‐
──┴ー┴──l;,.__,;;;リ':::                 l;,.__,;;;リ───::L,_ノ─────:ヘL,_ノ─‐



.

37 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:24:16 ID:Uf72BhHw



【ラクスの執務室】

   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::||:;:;';';:::.:. . . :;::;';':';'.';':';':;';:.:.:. . . :;:'::'.:. . . :;::;';':';';:;';:;';';::.:.:. .
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::||;:;';';:::.:.     . . :;::;';':';'.';':';':;'     .`':.:.:. . . :;::;';':';';:;';:
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::|lト――、      . :;::;';::  ,----、. . . :;:'::':::. . . :;::;';':';';
   ;'; ; '::::,':,:.:: ::. .::::;:;'';|l|::   |  .:.':;:;';:;';:;';:;.:: :.  |i::::  i|.:.::';';';':':';':':: : .:.:.:;';';
   ;';'; ; '::::,':,:::. . .:.::::::';|l|';':':: |     . :';:.':'.';';  :ヽ;;;;;ノ ;';:';':' :.: : . ∧ ;';';';:
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::|l|;';';:::.:.|    . . :;::;';':';'.';':';':;';:.:.:. . . :;:'::':.:.:. . . 〈::|:〉:;';:;';';';
   '; '::::,':, : .:. :. :.:. :. :::|l|:::... ...l '.: .: .: .:.:';.;';:;';':';';';';';:;::'::  {iⅩi}  . :;::) (、.::.;';:.'
   ';:;'; ; ':::: :,:    .:.:.|l|:::: :,: l|  . :;. : ';:;';:;';';:;';:;';:;';';':';'  {i ̄`i}   l;l`ーz_:;
   ;'; ; '::::,':,::.. .   . :|l|:,::.. . l|:   . . :;.:':';:;';:;';.;';';';':';';' 7ijlilililiT  ::||  ';';';
   ';:;'; ; '::::,':,:.: : : : : :.;|l|:,::.. . l|    '... '::::,':,:.: :;:;: ;::';':  ,〉!i!i!i〈   || ';.;';';'
   ';:;'; ; '::::,':,::::.:. . .:.:;';|lト、:,::..:;|.    .:.: : : : ;';';::';':';';';': [li,j,j,j、]   |""""""|
   ';:;::'; ; '::::,':,':,':,':,;/二 .\::l|         :ニニニニニ   l|::::....:ニニ|:.:.:.:.:.:.:::;|
   '; .';'::::,':,':,':,':,;/三三三 Υ          三三三⊆⊇::::::::...三三
   ':::::,':,':,':,':,;/二二二二二/二        二二二l二二二i;二二二i二
   .;':,:',:;',::/二二二/二二二二/二二  !二二二i;二二二l二二二l二二
   ':::,::'/−―/――−――/―−−/−―――−――ヽ―−―――−
   .;/−―――−/−―−―/−―――−l−―――――−ヽ



.

38 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:24:36 ID:Uf72BhHw


      /            /        /:::; -'"    ,. -'"  / \:::::::::.::
   // /           l       /:::::;/  ,.. -'"   /   ヽ、::::::::::.
  /"/ /           .:|  .:      /::/,.ィ "   ,... - "     };;;;\:::::::. ビキビキ
/;;;;;///        ::: .: .:::l  ::     //"'"/ ,..-ィ'"  :      ノ;;;;;;;;;;\::
;;;;;;ノ/ /      i  .::::.::: :::l .::: :   : 〃 / "   }  ::      `ヽ、;;;;;;;;;`
;/   l      ,, ヽ  ::::!::l、 ::ハ :::、::  :/     ノ し l .:::       :::|::::\;;;;;;;
__ ,... - ''l  .:  ::. ::::.ヽ ::|l::| l :|、ヽ,::ヽ:::. ノ|  _,,,⌒..-/ /,:  .::::  .:::/:::::::::::丶、
__ , -  ヽ :|l :::::.. ::、::7、:|ァヾ゙、:|;;;;;;;\、::::|ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/'"/'フ .::::    .:::/::::::::::: ::::
     ヽ:l ヽ ::::、::::丶彳;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_,,  '" :: :::::/::::::::::: /::::
      !  ヽ、::ヾ、:::`ヽ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ .:::::::::::::/:::::::: 〃:: /
      .....  丶、:::7ー、        ,          /:::; -:;; -ィ/::::::: //: /
::::::::::::::::::::   ../  :::::|_1         |      / '"ーI ":  l:::;; -'"/ '"
::::::::::::  .......:::::/  :::::|::ヽ        !         /"|:::::  丶 - "'
 ...:::::::::::::::::;;:ィ'  ::::::::|::::::\         __、    /- |:::::::  ヽ
:::::::::::;; - '" "  : :::::::ノ__::::::::ヽ、   '  ̄  ̄ `   /    {::::::::  ヽ
- '"  - "   ::::::::::::ノ/- '",,ヽヽ、   "   ,./|-、__   l::::::::   ヽ
       .::::::::::/ __ -i、、"  |  丶、   ,.. '   l  〃、 ヽ:::::::    ヽ、
       :; '"/''  _/ヽ、__, l    `''''"    |、 〃ヽ  ヽ:::::::: ::  ヽ,_ヽ、

情欲の魔王 : ラクス・クライン(本名:アスモデウス)
「 大 馬 鹿 者 ! 」



.

39 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:25:21 ID:Uf72BhHw


.      /     . . :::::::::::::::: .::::::::::::::::/         /:::::::::::::::..
      , '.:: .:     :: ::.::::: :: .::: .: .:::::::::/             \::::::::::::::::.
.    , '.:: ,ィ  .:   .:: :::::/ .:;イ : ::::::: :: ̄ フ  ̄ ̄ ヽ.   ,‐- 、\::::::::::::.
.   , '.:://  ./   :::::: ::!: ::/ {   ::: :::  /      ト、 /:::::::::::::`゙`::::l::::::
  //  / . .::!   ::::: :::l::/  !   : i /   u ゚  l ∨:::::: :::::::::::::::l::::::
  ''´   / :: ::::!    :ヽ:ト{_二l   . l :l,  ,.-;;ニニ,j /゙l::;/ ::: :::::::::::ト;:::::  がくがくぶるぶる
.      / .::: :/l   :、 ::',〃,-,ヽ . :.l;::{v'´〃, -,、ノヘ、 jイ .: .: :::::::::! }::::
     l : ::::/ ! .  .::ヽ.. ',' {ノj ヽ :::トl   {_ノ::} ノ` / .::: .::::::i::::l/::::
    |:::/   l :i. :..:::ト、:',ゞニ-  ヽ:l    -二"rっ /.::;イ: ./::::::::|::::l:::::::
.     l :/  |::::;:. :::::i::::トヽ  /  ゙!       } } /:/|/::::::::::l:::::l:::::
.     l {   . | .::l::l;::::::l:::::',   、         l l/'´   l/:: ::::::;::l::::::l:::.
      ヾ   } :/l:l ';::::l:::: :ヽ  `       しj j  し j: . :::: !:l、:ト、!
           j./ .';! 丶:l:::: :. :ヽ、 `t===、   // u _  7 .: :::::: !:|/1::`..
           /´.  `/::ス!/.::: ::::::\`二 ̄   //- '´ ,/:/: ::: !:l l:::::::
            /;イ }::/!  ::::::: l丶  _ <   ,. イ:/l  ::  !l. ';::::::
            /´ l .//|:. :: .: ! 匚{_    ヽ「‐'' /´ l   .:.:゙',  '、:::
             ,l 〃.|::  .::.::l    `丶、 `ヽ   j   .:::::::::',  ヽ
              j /' `1 : .::;ィ:::|       \ l  7 . .:::; ヘ:::::',

その配下(復活したて) : ミーア・キャンベル
「も、申し訳ございません……」



.

40 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:25:43 ID:Uf72BhHw


             ┌=く_/ `ヽ、/ヽ\
           _, ェ彡!__{zr――-、 ∧ヽヽ
          {'´//´             `∧: ト.}、
          ィ ´ /           .ノ .},ィ、 丶、
       /> 7         . . /´ _ .イ jハ丶 丶
      / /   {    .: .: : :  : :./7__, . : '´: : !  .ヽ ヽ
     / /    .ハ . .{ : { :Nハ: : . ::/  __j,ィ. : : : !   ヽ ヽ
   / /    {:i: : : ヽ、トr==ミヽ:ト{  ,r≠ミイ: : : }:ト、   '.  '.
   .' '    /.∧: {: 、:'.⊥"⊥ ヽ ⊥'⊥/: :イイヽ.ヽ    '. .'.
  .' '     ././  `ト!-トヽ     !:::    イイ: i':.! ヽ.ヽ   '. .'.
  .' '    /./   .' :| :ハ       '      イ : i: :!  .ヽ 〉   '.  '.
 .' '、   ∨   ノ . ! :.| :丶、 ´ ̄` ィ: : | :i| :ヽ、  `    レ! !
 ' ' \    イ' :j{ :ト!: :イ!`  - ´ トィ!i! :ト!: ヽヽ、   / i .!
. i !   \  /  :/| |!_ハノ       ∨ト| . ハ: : \  /   ! i
. ! .i    ._ >‐‐ ´ ̄! :.!:|:.:.:ヽ∧ ∧ノ/:.:j|:./}` ー- .∨_    ! .!
..! !r‐ "´         ト、:!.ト、:.:´ヽ∨/`´:.:/!!/ |       `.‐-、! .!
.i! ハ          } ヽ!:.ヽ:.:.:/./:.:.:.:./.{ リ .j           /! .!

ラクス・クライン
「勝手に居城を抜け出して人間界に行ったことはまだよろしい。
開発主任として、製作した新儀式を
自分でも試してみたくなる気持ちはわからないではありません。

しかし。
私の重臣の身でありながら、むざむざ神仏に
首を取られるとは何事ですか。

今回の失態の影響は深刻ですよ。

貴方と一緒に討たれた護衛の
夜神とミカエリスはしばらく斃れたままでしょうし、
復活したばかりの貴方も当分使いものになりません。

いくら私でもこれほどの戦力減をすぐに取り繕うのは不可能です。

何年か、下手をすれば何十年か、
私たちの活動に悪影響が出るのは覚悟せざるを得ないでしょう」



.

41名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:25:53 ID:xcTLXypg
もう復活か!?

42 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:26:08 ID:Uf72BhHw


    | .::. ::ヽ::丶 \ /                   ヽ    ̄ ̄/ /  /_7_7
    :|:::::.:::::ヽ::::\//..:/ /:/     ..:::::  .:..       ヽ __,/ /
    : :|:::::::::::::ヽ:::://.::/:/::/ / / .:/ .:::::::// .::::.       | _________/
   ..: :|:::::::::::; --/ |::::|/::::| / / ::/:::::::::///::::::|:/ .::. :  .:: |
   .:: ::|::::/ '⌒| |::::||:::::|ル'1::j|..::::::///::::::::/ /::::..:. .:. .:: |    / ̄ ̄. ̄/  /_7_7
  ..::: ::|:::{  r' | ||::ハ::::::::::::ハ|`i::::/|/|::::::::/::/::::::::,イ:: .:::/      ̄ ̄/ /
  .:::: ::|:::ヽ   (|: !:::: ヽ:::::::|:::「l:::i:::::::::`|:::::/:::/:::::::/ |::/l/    __,/ /
  ::::: :::|::::::ヽヽ|::    ヽ;::|:::::::::::::::::::::::::j///:::::::/ j/ 〃   /__________/
  .:::::: ::::l::::://‐|::      | ヽ! ::::::::::::::: 〃 r'イ:::/  /
 .:::::::: ::::||::||:! |:::    |         ! ´
 .:::::::: :::::|`ヽ、 .|:::  |  |            ヽ
...::::::::: ::::::|   `|:|  |  |     、   ,.. --'         /_7_7
:::::::::::: ::::::|   |:|  |  |     `_y'′       / ̄ ̄. ̄/
:::::::::::: .:::::::j   |:!| |:.  |     //          ̄ ̄/ /
:::::::::::..:::::::/     ||l |:::. | ヽ、__.ノ::|        __,/ /
:::::::〃:::::/  ...  |∧|::::::..| ||::::::::|::|    /_7_7/__________/
:::::/:::::::/      `''-ヽ、:::| ||::::::::| |  ̄. ̄/
/::::/          `ヽ.||::::::::| |  / /
::::/              ヽ:::::::| | ,/ /
'                   ヽ:::| | ___/

ラクス・クライン
「ミーア・キャンベル……。

私は貴方だけを不完全ながらも一足先に甦らせました。
ですが、それは貴方を優遇したからではありません。

私が一刻も早く罰を与えたかったからです。

当然!

そ れ は 理 解 し て い ま す ね」


.

43名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:27:03 ID:0DWKFXw2
OSHIOKI期待

44 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:27:08 ID:Uf72BhHw


   /.,ィ   :/   ..::::::/:: .: :: ::∠..........................._      __  \:::::::::
  /-'´/   .../   .::: ::/ /   :: ::/ :/     ヽ   /::: ̄ ̄`:::::::
    /   .:;イ   :::: :::{: .::l;:   : :/ . /   u 。   j:ヽ  イ::::: :::::::::::|::::::
     l .: .:; ' l    :: :::l;:::八 : . l: ./,、_, -‐- 、_ /.::ハ/ l:/: :::::::::::!:::::
     l .:::./ |    :、:ハ::{ニ'、:. .:: !:::{゙´  ,,;;ニミ、7/-、 / .: .:::::::::l::::::  がくがくがくがく
     l :::/   .| :ヽ . ::l'〃,-、ヽ:::::.l、:l   ''´,‐r、 /ミ、 /   . .:::::::l-;:::
     l::/   | :::::ヽ::.:..:lヘ {ノ:} ヽ:::l `     {‐':::j /` /  / .:::::::::ハ l:::
     l/   | .::::';:::ヽ:::lrっニ-  ';::l丶  ヽ二´_,,  /  ,ィ:::: .:::::::l::i ,/:::   ぶるぶるぶるぶる
    /    j :/l;1:::::lヽ'、    /';:! {j      ll / /|:::::::::::j:::lソ::::::
        l ::/ l' l::::::l::::l``U 、 リ         ll /'´  l:::: :::::::;l::::l:: : ::
        l:/   !::::l:::::'、   丶       ノ}!l    U,': ::::::: 八::!.: ::.
        /′   ';::l::/j: \   t=−‐ュ;,,  "j.j u _/: .: ::: l‐ヘl::. ::.
            八l´j..::: :丶、 二 ̄    // ‐'´/ .:  :: l  ト、:.::.
             /ィ ./::::.: : :  ヽ    _,,..- '´  ,.イ::/  : .', ノ ヽ::
            { /.::;イ::.  :.:. :l ` ‐ァ´ > 、__/_/:/|    :::.l   `
            }l/.:/. l ::: .:/!: :l  `<_ 「__//:/ l:   .::::::l
              j/,イ j :: .:/. l::::!     \ヽ l/  }  . ::;ヘ::l
             {/´  」 ::.:/  l:::!       \ヽ ノィ  ::.:/ `!
              j  / !:::/   l::l       /i  / .:::/

ミーア・キャンベル
「あ……あ…………」



.

45名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:27:10 ID:xcTLXypg
南無〜w

46 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:27:25 ID:Uf72BhHw



   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::||:;:;';';:::.:. . . :;::;';':';'.';':';':;';:.:.:. . . :;:'::'.:. . . :;::;';':';';:;';:;';';::.:.:. .
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::||;:;';';:::.:.     . . :;::;';':';'.';':';':;'     .`':.:.:. . . :;::;';':';';:;';:
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::|lト――、      . :;::;';::  ,----、. . . :;:'::':::. . . :;::;';':';';
   ;'; ; '::::,':,:.:: ::. .::::;:;'';|l|::   |  .:.':;:;';:;';:;';:;.:: :.  |i::::  i|.:.::';';';':':';':':: : .:.:.:;';';
   ;';'; ; '::::,':,:::. . .:.::::::';|l|';':':: |     . :';:.':'.';';  :ヽ;;;;;ノ ;';:';':' :.: : . ∧ ;';';';:
   ';:;'; ; '::::,':,: :  . : ::::|l|;';';:::.:.|    . . :;::;';':';'.';':';':;';:.:.:. . . :;:'::':.:.:. . . 〈::|:〉:;';:;';';';
   '; '::::,':, : .:. :. :.:. :. :::|l|:::... ...l '.: .: .: .:.:';.;';:;';':';';';';';:;::'::  {iⅩi}  . :;::) (、.::.;';:.'
   ';:;'; ; ':::: :,:    .:.:.|l|:::: :,: l|  . :;. : ';:;';:;';';:;';:;';:;';';':';'  {i ̄`i}   l;l`ーz_:;
   ;'; ; '::::,':,::.. .   . :|l|:,::.. . l|:   . . :;.:':';:;';:;';.;';';';':';';' 7ijlilililiT  ::||  ';';';
   ';:;'; ; '::::,':,:.: : : : : :.;|l|:,::.. . l|    '... '::::,':,:.: :;:;: ;::';':  ,〉!i!i!i〈   || ';.;';';'
   ';:;'; ; '::::,':,::::.:. . .:.:;';|lト、:,::..:;|.    .:.: : : : ;';';::';':';';';': [li,j,j,j、]   |""""""|
   ';:;::'; ; '::::,':,':,':,':,;/二 .\::l|         :ニニニニニ   l|::::....:ニニ|:.:.:.:.:.:.:::;|
   '; .';'::::,':,':,':,':,;/三三三 Υ          三三三⊆⊇::::::::...三三
   ':::::,':,':,':,':,;/二二二二二/二        二二二l二二二i;二二二i二
   .;':,:',:;',::/二二二/二二二二/二二  !二二二i;二二二l二二二l二二
   ':::,::'/−―/――−――/―−−/−―――−――ヽ―−―――−
   .;/−―――−/−―−―/−―――−l−―――――−ヽ

ミーア・キャンベル
「ひぎゃあああああああああああああ!」



.

47 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:27:58 ID:Uf72BhHw


┌──────────────────────────┐
│                                     ...│
│主を怒らせた悪魔の悲鳴が魔城に響き、消えていく……   ...│
│                                     ...│
└──────────────────────────┘


┴┬┴┬┴┬ー|    :::||:::/|:::::|/:|::::::/l\ ::::::: :|:::|    :::||┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐
┬┴┬┴┬┴ー|    :::||/:::|:::/:::::::|/./\:\ ::::|:::|    :::||┬┴┬┴┬┴┬ /l\ .┬┴┬┴┬
┴┬┴┬┴┬ート---‐':||:::: |/::|:::::::|/:::::::::: \l\|:::ト---‐':||┴┬┴┬┴┬:/.:::::|  \::.‐r┴┬┴
┬┴┬┴┬┴ー|    :::||::./|::: | /l\::::::::::::: : :\|:::|    :::||┬┴┬┴┬‐∧  /\  ∧‐┬┴┬
 ̄:|  ̄ ̄:l´ ̄ ̄|    :::||/:::|:::∧/\l\:::::::: : : : |:::|    :::||┴┬┴┬┴/  ∨ .○. ∨ .∧┴┬┴
_;|___;|_____:ト---‐':||:::: |/::/:::::::::::::\.\:.   |:::ト---‐':||┬┴┬┴‐/  /___:∨ ヘー┴┬
゙┬┴┬┴┬┴::|    :::||: :/V:::::::::::::: : : : \l\ ,|:::|    :::||┴┬┴┬∧ :/工工工工:∨ .∧ー┴
工工フ\ r┴┬::|    :::||/:| :|:::::::::::: :   :: \/ |:::|    :::||┬┴┬‐/  :V /ΤΤΤΤ`∨.::.:゙;:┬‐
ΤΤ∨_い┬┴::ト---‐':||:::|_:|ニニlニニニlニニ|_:l ::ト---‐':||┴┬┴::|;_.,:|||||| |:|;_.,:|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::|| :| :|:::::::::::::  .::    | :|:::|    :::||┬┴┬┤  |||||| |:|  ::|┬‐
││::||ー1|┬┴::|    :::||/|_:|ニlニニニlニニニ:|_:| :|    :::||┴┬┴┤  |||||| |:|  ::|┴‐
││::||ー1|┴┬::ト---‐':||::| :|::::::::  :    :  | :l :ト---‐':||┬┴┬::|;_.,:|||о|| |:|;_.,:|┬‐
│囗::||ー1|┬┴::|    :::||::|_:|ニニニlニニニlニニ:|_:|::|    :::||┴┬┴┤  |||||| |:|  ::|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::|| | :|:::::: :     .::     | :| |    :::||┬┴┬┤  |||lニニニニ|:|  ::|┬‐
││::||ー1|┬┴::ト---‐':|| |_:|ニニlニニニlニニニ|_:l ト---‐':||┴┬┴::|;_.,:|||||| |:|;_.,:|┴‐
││::||ー1|┴┬::|    :::||:| :|::     ::     .:   | :|:|    :::||┬┴┬┤  |||||| |:|  ::|┬‐
⊥⊥::||ー1|─┴::|    :::||:|_:|ニニニlニニニlニニ|_:l:|    :::||┴─┴┤  |⊥⊥⊥⊥⊥ |:|  ::|┴‐
──┴ー┴──l;,.__,;;;リ':::                 l;,.__,;;;リ───::L,_ノ─────:ヘL,_ノ─‐


    (
  ;;, '´  ̄ ´ヽ;;
  ;;/  iノ ノノ ));;
  ;;'ヘ、,,ノ;゚ Д゚ノノ;;
     ハハ



.

48 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:28:21 ID:Uf72BhHw






・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 






.

49名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:28:28 ID:l8XYtUo2
悪魔のBADwwwww

50 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:28:43 ID:Uf72BhHw


┌─────────┐
│            ....│
│およそ1年後。     .│
│            ....│
└─────────┘


【園崎家】


‐:-: .
:.:....:..:.:...`丶、    __     . - 、___
.:.:.::.:.:.:..:...::.:.:.`ヽく..:.:::..:..:..> ´::.:.....:.:...:...:..:...:..:.:..`丶、 r=v=t
::_:.:._:.:...:.:_.:.:.::__:::._ヽ ,zt/._..:.:_.:._..:.:.:_:.:.:..:.__.::.:._.:_..:.:_.∠交v交ヘ - 、__
ニ:.=爻=ミ.::=ニ二:./文\::.二.:ニ:一:.=ニ二::.ニニ:.∠メメ≠寸メメX ..:一.ニ::`ヽ、
三爻.::.:..: ミ三=//LL\\二ニ=ニ二ニ一=.∠メメ≠エ工`寸メメX ==一=へ、
t爻:.:.....:.:.:.:ミ//:元元元:\\ニ二ニ=一ニ∠メメ≠エエ匚]エエ`寸メメX ニ二ニ=ハ
爻:...:.:.:.::..:.:ミく艾艾艾艾艾メ\\=ニニ∠メメ≠エ王エ王エ王エ`寸メメX =ニ二=
.:.:.:..::..:..:.:..::..:.ミ爻爻爻爻爻爻爻\ヽ∠メメ≠工匚]エ匚]工匚]エエ`寸メメX 二ニ=
.::.:.:.:..::..:.:.:.:.:.:ミ爻爻爻爻爻爻爻メ.∠メメ≠エ王エ王エ王エ王エ王エ`寸メメX 三ニ
::.:.::..:.:.:.:...:.::ミ竺竺竺竺竺竺竺∠メメ≠エ工匚]エ工匚]工エ匚]エエ工`寸メメ∠
.::.:.::..::.:.:.:.:≦王王[[[[[[[[[[[[[[[[[[,仏くr==========================zf〉∠∠
:..:..:.::.:..:::.:.彡王,く⌒ヽ[[[[[[[[[[[[[[|≡≡LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL」∠∠∠.
;,;;,;,;,;;,;,;,;,;ミ=≦:..:.:.:.:.r:ト:┬┬┬z|≡≡||冊冊冊冂冊冊冂l:l:l:l:l:||:l:l:l:l:l:l:l:トv|川
从乂从从メソ从メ从刈w|||x|≡≡||丗丗丗凵丗丗凵l:l:l:l:l:||:l:l:l:l:l:l:l:トv|川
メ爻爻ソ爻爻爻爻爻込,_|爻ミ杉彡乞r|L三ス⊆⊇辷彡化j:j:j:j:j:jj:j:j:j:j:j:j:f:トv|川
===============================
ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ


.

51名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:29:22 ID:8v8QlEoU
全力で叫ばせて戴こう。

ミーアざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

52 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:29:44 ID:Uf72BhHw



【園崎家の応接間】

 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   ヾ@ノ |:::|     |:::|  |  |:| O        |:|:|        O |:|   グワッハハハ
 |  | |  | (ヾ/,ノ) |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |  ミ)Y´ノ  |:::|___|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   i ̄ l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |__| .::|______ |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |/´ └‐┘             |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |:|_______,|:|:|_______,|:|
 |  |,.' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|───────┴───────|_
/ ̄              ___________
              /                 |
                /                     |
            /                   |
              /                 |
          /                     |
            /                   |
        /                       |
        l二二二二二二二ニ二二二二二二l
         | ||                   | ||
         |__lソ                |__lン



【大量の御馳走】

            __,,,,---====---;;;,,,,___
         _,,=-'"´-='"´ ̄ ̄ __,,,,`"' =-;;;`ミ'ヽ,,,
     ,, -,^"´:;:;:;:;:;_,,,,,,__r--y ==ヽ = )__,,,,,=-、__:;:;`"'ヽ=- 、_
   .//:;:;:;:;_,,,,,--;;i、_r-i=ァ __,,,__i::;:;;;;:;:;ヽ,|-、;:;:;:;:;}:;:;:;:;:;:;:;`ヾ、ヽ
  //:;:;:;:;:;:;ト=-、,,,:::ノ|;;;;;;;;;;;;;;;;イiー-ァ=-v-,ァ´ヽ<二`'-、 __:;:;:;:;ヽ \ 
.../ /:;:;:;:;,-=-、r‐=-、 ィ=:::、/⌒Y'" ̄ヽ-=、 ヽ、_  \  :ハ:;:;:;:;:;\\ 
/ /:;:;:;:;〔彡ミ::ヽ:::彡ミヽ::彡\彡ミ\   ノ、__ __ハ__ノ"" ̄::::ヽ、_:;:;:;:;\\ 
‖:;:;:;:;:;:;{'ヽ、_ン"ヽ,=;;、v=-、 >、__ノ'\ノ〈:::::::::::ヽ、::::::::::\;;;:::::::::::::ヽ、:;:;:;ハ.ハ
i  <'⌒"ヽ=イ''ヽ、\ `ヽ、ヽ、 \\, ハ::::\::::::::::::\,,,,::::::::::〉`>;;;;;ノ:;:;:;:;ハ ハ
|:;:;:;:;`i"'、::ノVi;::::ヾン八_::::ヾ-ゝ、_,,ゝヽン::::::::::ノ_>--==フ=-ー;;;,,,,____、__:;:;:;:;ハ i.
:;:;:;:;:;:;ヾ/:::::::::ノ-、::::j,=-り;;;;;=-、r―-- 、v⌒'''´\--<` ヽ、==-ーァ,,,ハ:;:;:;.i :|
|  ./⌒ヽー‐/⌒ヽYj   \ィ⌒`"'ー,,、 .ハ''ヽ、_  `ー、ヽ、 `jー≧ ンハ,:;‖ .i
ヽ、'jヾ,  ヽ、   \_   \    \ム:、_ )>=ァ'´ ̄ヽ、<、 ̄ソ :::{/ ‖
  ヽヽ_ゝ,,,,,;;;;ノ、    _ァ、   >- 、___,,ア  `ヽ,__{、 }三} )-- 、.}  /  /::|
   \ー〃 `ヽノ=´__ヽ、_,,イ i三ヽ ),==ト、i彡) /  ヽ、_イ .(三ンハ./  /::::i 
  ヽ、 \:;:;:;:;:;:;( ノ三ノ ノ‐--{  ̄/ __ \ーイi {三リ )ミ/ミヽ___,ノ  ./::::/  
  ヽ::\  `ヽ、_ |ミ''=ィ´ /ミハ )ー'´| ,!==i /|ー'´|ミ__,,,ノ |彡'"´  ,/.:.:..:/   
   ∨:::::ヽ、 `~=-、_,ト、ヾ=イ/|;;;;;ノ|ミー-'彡|   |:::::::::_,,='"´  ,.='´.:.:.::/
    \:::::::::` =- 、  `""'''==---;;,,,_____,,,,,;;;--==''''"´ _,,='"´.:.:.:.:.:/
     .\:::::::::::::::::::`';;;;;;;;;;;              ,,,,-='´:.:.:.:.:.:.:.:.:/



.

53 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:30:33 ID:Uf72BhHw

【と、酒】
         i-''''''''''''''‐i
         l'' ̄ ̄ ̄'l l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
         l     .l.l               .l
         l     .l.l      金        .l
         l彡二二ミj l      岡       .l
         .l;     i l      酒        l
       .   l;    ;;i l      造        l
         l;    .;;i.l               l
       .  l;     ;;i.l               l
         j;     ;;il                l
         l;      ;;j               .l
        j;      ;;ヽ               l
        /;  ____  ;;ヽ  ._,,、_   ノ l   .l
       ./-´´    ``‐、ヽlニ  、-''   十十  . l
      /;  金岡酒造  ヽ _/\ ヽi  ノ l    l
      /  ,,,,,,-‐‐‐-,,,,,_   lヽi´ij7   i | i    l
     /l/´       `ヽ、j;;i''/ヽゝ  .二二   .l
     /;             ;;;li´ij7   jヽi/    l
    .i;              ;;;l/ヽゝ  .ノ/ヽ    l
    j;              ;;;l.゙l=   |二|   l
    l;              ;;;;l,,ニl    |二|   l
    l-,,,,,,,,,_______,,,,,-l     .──   .l
    l          ノ l    .l     / \   l
    l    _,,、_   .十十    .l          .l
    l   lニ  、-''   ノ l     l          .l
    l   /_/\ ヽi  i | i    l          .l
    l   .ヽi´ij7   二二 .  l          .l
    l   .//ヽゝ  jヽi/  .  l          .l
    l   .ヽi´ij7   ノ/ヽ    l          .l
    l   .//ヽゝ   |二| .   l          .l
    l    l゙゙l=. . .|二|    .l          .l
    l   lニ,,,,ニl   .──    ,l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
    l`'''‐-,,,__    / \,,-‐''´;;l
    ヽ、_    ̄ ̄ ̄ ̄´´ ,,,-´
       `''''''‐‐-----‐‐'''''´


.

54名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:30:49 ID:xcTLXypg
ほほうw

55 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:30:54 ID:Uf72BhHw


               / : : : : : : : : : : : : /`ヽ ハ: : : : !: : : : : : : : : : : :ヽ
                 /: : : : : : : : : : :! : : |    | : : /: : : : : : : :\ : : : :'.   ぐわっははは!
             / : : : : : : |: : : :∧: : |     |: : ハ : : : : : : ハ \ : : !
             |: : : : : : : :v―ト、ヽ._l    |:_ム |-: : /: : : :ハ  ヽ.:|
.                .': : : : : : : : ト: : l   ハ:l    孑/   l: : /: : : : : : :!  り
              l : : : : : : : : |7 :{ニミ     斗ニ弋:/: : : : : : : :|
              l: : : !: : | : : l ヽ           7´ : : : : : :!: : |
             '..: : |: :∧: : ヘつ ┌――‐┐⊂/ : : /: : :∧: :|
                ∨∧ : : ヽ: : '   l   ヽ. | ∠ . ィ : : : : .' }.:/
                 }/ ト.: : : :\ド  '.    V    .': : : : /  |/
               ハ: : : : : :\   ヽ_ ノ  ,イ : : /:/
    r======= ┐      ! :ヽト、 : : | >、 _ . ィ   !: :〃/         r======ァ、_
    | ___   lr、   r‐┴‐ 、:.\: | / ー――V|   l:ノイ/, ― 、      rミ|     `ヽl
.  / _ .ノ-,  | }. ´        ̄ ̄`L ____ | ̄ ̄| ̄l    \.     ! |   ⊂二¨ヘ
  〈 / , ― つ  ! /                      |  |__  '.     | |   r― ┴、'.
.  〈 / .∠二   |'                      |〃::!::::o:|  |    Y    ⊂二 ヽ/
  ヘ r'  /   .!       /              ヽ::::|::::::::|  l、.    |     .と二∨
    \ ´___ノ      ヽ/                  ヽl:::::::::!    ヽ   L ___ / /
      ヽ   ヽ {      .'                      ∨フ}     '.  /    , '
       !     !       l                   l l       ∨     ,'
.     |     '..      |                   l l       _/    .,'
       l     ヘ      !::...     ......:::::::::::::::::.......   .....::l |    //      /

園崎魅音
「ほらほら、者ども飲めい! 
めでたい婚儀の二次会に、遠慮は無用だよ!

大いに食べて飲んで、詩音と悟史の新しい門出を祝っとくれ!」



.

56 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:31:14 ID:Uf72BhHw

       _,  -―-  、   ';:::|::::::';:::ト、/斗/  ヽ、 j:::::/::::::::::j
  , - ¨         `ヽVヽ:::::ヾ≡≡    ェ厶イ::::::::::::/ _  --  _
  ヽ               \::`ー ⊂⊃、__,  ` >'::/:;  ´        `  、
  ヘ\                  \!.   {   }-=彡イ;/              \
 ―‐ヽ ` ー  _  \          \、 ゝ,_ノ   _,/                 ヽ
 :::::::::::::`:.. ,_  ¨ ー ヽ         ヾニ ー エ´/           _
 ::::::::::::::::::::::::`:::ー.... _ ヽ           ヘ 丁 {             _, >‐ァ- -―
 ::::::::::::::::::::::::;:::::::::;:ヘ:::`::ー....、       }ソトイ弋‐--   --―  ¨ _,. ....:'"、:::ヽ::::::::::
 :::::::::/::::::::;:イ::::::厶_::';::/!:::::::`:::ー......-┬' f.|ー|¨ 〉/::::ー--........-‐:::::¨::::::::::::ム-∨ ヽ:::::::
 ::::::::j!:::_;;ム !::::/   `¨¨ l::::::::::::::::::::::::::i  ! l  ,/ {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{    ';::lヽ
 ::::::::!',::::j  |::/ \    !::::::::::::::::::::::::/ ノ l_,/.|. ';:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::|ヽ/!`ー-  }/:::
 ::::::::!≡≡ .!'     `   j::::::::::::::::::::::/`´     ヽ  、:::';:::::::、::::::::::lヽ:::::レ' ヽ|  ≡≡:::
 \::ヘニ⊃     ≡z,/:::;:イ:::::::::::/         ヽ ;:::ヽ::::::ヽ:::::ヘ ヽz≡    ⊂⊃:::
 レヘ.`   、_   (⌒ヾミ/:::::/::; '- 、       〉_i:::::::\::::\ー`彡"  _,. ィ   ノ::::
  / \  ! ` T `ー'∠:: -‐'/   i      / レi::::::::::` ー-=-   l´   ! /⌒ヽ
  ! r v、ヽ`ー '  /::::::: /       !     /    \:::::::::::::::i     t ,ノ

竜宮レナ
「いっただっきまーす!」


.

57 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:31:25 ID:Uf72BhHw


               _ ____ _
          ,. -‐':´:::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ
          |::/´⌒ゝ::::::::::.::.,-─… 、_ :::::::::::|
         |:!     ` ̄ ´  _     ゝ :::::::|
         |'    ヽ   '´      |:::::::::|
         | 、 __        _ _ _|:::,-、!
         ゝ´ ̄ ヽ== r '  ̄ ̄`ニ イ/ r |
         l| `ー‐イ  ` ー─ '´  |:|イ /
          ゝ  _〈 __       イ `iノl
           l. l;;. - --:二;;;ヽ   ,イ::/
            ヽl;;i ー ─ - '!::!  / |'
              ,. ハ   ̄   i;;;レ'   |\
         イ: :/ヽ ゞ--- ー'ノ  .. イ: : \、 __ _
  _ ... --‐ '’: :/: : |  \ ̄_..¨ - ‐'´  |: : : : : |: : : : : : : `
'´: : : : : : : : : : /: : :∧   /-|      ,. イ: : : : ::|: : : : : : : : :
: :. : : : : : : : : /: : : :| ゝ イ嵒ハ   /  /..: : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : ': : : : :|   L::::| ヽ '   /: : : : : : :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.|:..: : : :|  /0:: f|      ': : : : : : :.:.|: : : : : : : : :

園崎家の家人
「頂戴いたします」


.

58 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:31:44 ID:Uf72BhHw


: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. -−==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、
 ヘ          l -,ヽ、     l                 ` 丶 、

北条悟史
「頂きます。詩音は体に障るとよくないからほどほどにね」




             /  ./     ./   /  .ハ         \
            l |ヽ/     ./|  /|  .ヘ,Y´l         ヽ
           /l ./ /  ,  / l  / | /  ーナ  ./       ヽ
 -、        / / / /   l-‐/=十、l | l    l  ./        l
 ヽ,ヽ      < ./ / /   l,-+z=z.l゙''ナ .|   / イ   /      .l
  .ヽ,ヽ     〉  l イ ,   lヽ,fノ~ヽl` .l |  /./ l  /      | .|
   ヽ.ヽ    ./  .l l | ヽ、 l { .し丿  ヽl ./ ´゙''.x、./      ハ.|
    l ゙yヘ ./   l l/i  ヽ l.ゝ-=    `    /.イ     /  / リ
    〉ンヘ .l-、   リ l   ヽゝ       ''=ミ、´/     /  ./
    「ンヘ'y" |_  /  l .i  .|   .、__ ゙     /  ,./ イ  ./
.   〔   .とノ |ヽ ゙''― A lV  .ト   `ー´    /_.. - ´  / l  /
   /l 尺 ハ | .゙、    l lヘ  Lヽ、__.... -‐"T ̄    / / /
.  / .l   ヽ  |  ト----ヘl 〉 | ゙ー-‐f.〕| |_|     ,ィ´ //
 /   l   l ノ  }     /ヽ.| /  l l_ ̄'ヽ | ./ ././ | 〃
./    〉   /  /    / .リ / .〈  ゙ー l.l/l //ヽ |
    /   /  /   /○⌒Y⌒y-<~)   | l./ノ  l |
.   /   /  /  /  乂.人 .人 ノ´   / l/ .|  .| |

北条詩音(旧名:園崎詩音)
「大丈夫ですよ」


.

59 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:32:10 ID:Uf72BhHw


                、  ト、      __
                __>f、ヽ、_,∠<_´ ̄
               ィ´ _ -── - .._  ` = 、
.            , ´ /_ - 二二≧_::::丶、   ヽ` 、__,
          _ノ _ -─'   ──- __`ヽ、:ヽ  、\` く_,
     `ー=ニ二 ィ´ //     、  _  ̄ ̄三≧\ヽ、`ヽ、__,
        // , イ / ハ     丶、  ̄ ―- _>、ヽ、 、ヽ \
.            , //  , ,' 、 \、  ヽ、 ヽ、  、 ト--\_ 、\─ヽ
         l l l   { l  ヽ  ド、   \-\、_ヽ小、     =-ィ
         V l l! l l -─\ヽ ` ー-zム、ヽ\j    ヽ、\--'=-
          ヘ 、ト、ヽヽ   _ヾ、_  >fラ≠:X、\ \ ヽ─
           ヽ|!\、トXヱ ̄ヽ     戈__シ ' V\ヽヽヽ、ヽ、
            l 、ヽ\弋__シ′      xxX /_ノVト、 l`ヽミ、
            l 、 ヽ丶\_Xxx  、      , ' 、ヽlリヽ!
            ヽ|\ヽ\r=-  ー '   /ヽ、 |`ヽ!
             `  ヽト、ヽ>‐  ___ -イヽ ̄` `  _ -  ̄ _z三≧=- _
             , - 、//^  ヽ    l`ー─― ´ , ='´´          `ヽ
           /  〈 《    「ノ    7 ___... = ィ - 、
          /     丶ヽ.  ヽ_ィ=//ィ≠‐ハ¨´    `ヽ.
         /       \、三三ヽ、//_ノ// ノ       l
        {          ゝr- 厶>^コ<<イ        l

北条悟史の妹 : 北条沙都子
(もう、披露宴が今日終わったばかりというのに、
早くも絵にかいたようなおしどり夫婦ぶりですわね。
すこし妬けてしまいますわ。

私もはやく良い人を見つけないと)



.

60 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:32:25 ID:Uf72BhHw


      _, -―-、_
    //    \`ヽ
   /´ / /  l  ヽ丶 l_
   /{ i-‐'{   !`!‐--} ハi;;;ヽ
   |;ヽ、N'\/ソl丿ソ }l;;;;;|
   {;;;;| リ/// ////∠ノ.|;;;/
   ヾハ ,ゝ、 tっ__ .イルノ!.イ
     ノ、/{⌒)⌒}\>、│/|
    / /.::{}|´|{}´:.:.:.:ヽイ/ |
   Jr/ .:.:{}|/|{}:.:.:.:.:.::.l`! 八

羽入
「あうあう。梨花、お酒もいいですが、
ボクはシュークリームが嬉しいのですよ」





            . .- :.:‐:.:‐.-. .
       __ .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:..、
    /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
.   /:.:./:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:i:.:.:.:.:.| :.:.:.:.| :.:.:i:.:.:.:.:.:i :.:.i:.:.i
. L.:.:i.:.:.:.:.:.:i :.:.:.:.|:.:.:.:. | :.:.:.:.| :.:.:l:.:.:.:.:.:| :.:.i:.:.i
    |:.:.:.:..:il :.:.:.:.l::i:.:.:.:|j.:.:.:.:ll:.:.:.l:.i:.:.:.:.| :.:.|:.:.|
.   └‐┬ij_:.:..:.:|エ:.:.」i_:.:.:_lL:.:エト.:.:.:|:.:.イ:.:.|
      |:.:.:.:Τ/{ i l     l i lヽ「 ̄:.::|:.:.|
      |:.:.:.:.:|  ヒzソ    ヒzソ .l .:.:.:.:.l::..|
      |:.:.:.;小  :.:.:.  _ _   :.:.: 小.:.:.|:.|:..:l
      i .:.:.:.:i:i:`: .        イ:..|:.:.:.:|:.|:.:.|
      i:.:.i:.:.:i:|:.:..l.:.:.т ‐ т:.:.i.|:.:.|:.:.:.:|:.l:. :i
       |:i::l:.:.:l:|:.:.:l:.:.:.ノ   、:.:.l:|:.:.|.:.:.:.|.:|:.:.:i
.     |:i:.| :.:リ ィ ´      ` iト.:|:.:.:.:|.:| :.:.!

古手梨花
「ちゃんと用意してるってば」


.

61 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:32:49 ID:Uf72BhHw


>わいのわいの

                      ,,.. -――- ..,,
                     |::::::__ri__::::::::::::|::`::::......、
                  !:::└i_r┘::::::::|::::::::::::::/
                     ,.  ‐-、, -―  ‐- /  ← 特別ゲストとして参加中
                   /    ,ヘ ハ     ',  ヽ
                ;     !   l       i   ',
                !   l    |―‐-   |   |
                レ1 ,.ヘ!   .レ1,ハ  /_   ;
                      レ|r-   '"´`゙ ! ア 〉 /
                  !、 、     '' レ ー' ,.イ
                   > - ' ,.イ   / ,!
                     `]l__,..斗、   ,ハ
                    ,. '"/::::::::::;::>..< .!
                      // , ':::::::/:::::::::::::l,.イ
                 ///:::::/:::::::::::::::::::l }
                   , ' ./ /:::::::/:::::::::::::::::::::::::|,イ
                  ', {  !::::::::';:::::::::::::::::::::::::;! .}
                  〉 ヽ ';::::::ノ´:::::::、_;: r< イ _
                   ん、_ \<-、::::::::::〈  { 〈__}´ 〈
                    l   l〉/ `7〜'_,. イ_フ ヽ_「

常世思金神
「悟史と詩音も本日めでたくゴールイン。
これでようやく雛見沢の件の後始末も終わりね。

めでたしめでたしだわ」




        _,,...-‐'''””`゙''ー-、,_
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'-,
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    ← 同じく特別ゲストとして参加中
       i---- ☆ ----、;;;;;;;;;;;;i
       l_,,..-‐'''''''''''‐‐‐‐‐,,,,,,,/    ___
     /_______________,..、-''"llll "'i  __/ /
        |〈__・〉  〈___・〉 ≡ / / / /
        |   /       ∨ / / /
     ,-'"\   __,   , -'";;i--./
      |;;;;;;;;;;;;\__, -'";;;;;;;-'";;;;;;;;;` 、
     ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   /;;;;;;;;;;;;;:;\ \o/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、    <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /o\ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l

新城直衛
「お疲れさまでした。おおかた一年かかりましたか」


.

62 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:33:11 ID:Uf72BhHw


                 x─── 、
           /:::::::::::::::iーi::\
          /:::::::::::::┌┘└┐\
        ./::::::::::::::::::::: ̄|__| ̄:::::::::\
      /:::::::::::::::;;;;;;-ー''>イヘヘ, x-、:::\
     ._rヽ;::::::::::;/        l/ ,ィ ´ヽ_::ヽ
   /   .〉ー'          l l. /|ヽ、.`l
   |   /   ./ /  ri  ,  .∧|/l l ハ \
   |  イ   / /  / | /|  / .||  ._r=ミ 、 \
   / / |    l ハ/_|,,,;;ヒ/キ / .‖ /,l |ヽヘヾヽヽ\
  |/  |    χヘl_|__,L_-| /  / ヾ、l∧、ゞ`ゝ-、ヘl
  /   |   | __ィ彡r-ーrミリ  / _,,二lヘlヽ、     \
.../ / //|  .l ヽ〈゙(ゝイワ ゙   イrィ7ヘV`¨´      \
〈 〈 / /ハ  .l   l`¨ ̄ ̄    ゝ=ンリミ'T''T"">,,____l)i
..ヘ V / |ハ丶 .ヘ  l  ""    ,  ""/.〉| .|ヽ|   .|   .P l
  V、l l\l \ .\ヘ.    __   / .ヘ| /∧|   |  .| .ヘ
..∧ヘヽヾ >- 、\ `ト、. ` ´ ,, イ ノ ト、 | //.リ  .,|___|__〉
∧ヽ/ヽ/   \ヽミニミ -イ ´´ ̄ヽ,ハ川/     |     .|
| ヾ イ      ヽヽo ||/o|:::::;:::::::::::::::\     .|     ',
\\〈        `l` ーイ:::::ヘ::::::::::::::::::.\     .|     .|
  / .|         ヽo=ヽ,=P:::ゝ、;;::::::::::::::::`ヽ、 ',     |
  l丶ヘ         `¨l ヽ、_:o:::::::::ヽ、::::::::く::::rイ.ヘ、    |
  ヽミ/          / P='く:::::::::::::::::ヽ,::::::,>ト 、 ヽ  l

常世思金神
「それくらいね。
でも、あれだけの数の下僕たちを1年でさばけたなら上出来よ。
魅音たちの手伝いがあったらよかったものの、
そうでなければもっと長引いたと思うわ。

それより、貴方の方はどう?
最近私も雛見沢ばかり気にしていたから、
様子を見に行けてなかったけど」




    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :−: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.− ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - − ‐ ― - _ ,,             ̄ "/
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,

新城直衛
「なに、静かなものですよ。
ちょくちょくと小悪魔が騒ぎを起こしたりもしますが、
たいしたことはありません。

特に、例の儀式があれから一度も起こっていないのが
いいですね」


.

63名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:33:16 ID:xcTLXypg
おめでと〜

64 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:33:34 ID:Uf72BhHw


.       {:::::::::::::/⌒`ヽ/     ヽ    \::::::::イ
       \:::://            ヽ    Y ハ
         >   /   ト /|    i   ヽ   ヘ ハ
        /    i   「`´|    }       ハ .i
        / ,'   {  i |  .|   i i i   i   ハ |
        i i   i  ト、{ |   } .,イi ハ i  / }  ',  } |
        { i {  .i {ヽ从|   | / rイ示ハ7 /  i /  ト、
        | i i',  ト、|イ示ヽ  リ  弋,リ レイ   i /:::..、 `ヽ
        リ ハ ', i ハ{ 弋リ        ノイ i  i {::::::::ヽ  ヽ
          ヽヽi:::ハ    、      ィ´ i  リ::.:.. ヽ  /
           }ハ :::::ヘ    ー ‐ ´  ノ i i  /リ::::::..  ヽ
           { Y:::i:::::> 、   i´.|≦_i i /::::ヽ::::::   \
            ハ::i::イiハ:::rヽ `| i   iノi イ::::::::::ヽ::::::::    )
          ィ-r-}ノリ-─くf´Yi. i     リハ、_:::::::ヽ::::::  /
          /,'   ィ    r´⌒ヽi--─‐´::::::::::::::::`,ーヽ:::::/
        / i   /    f ´`ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽヽ
      /  ノ  /  o==〈 ⌒`  ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ ヽ
    rイ  / /     /::ヽソ   /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ハ  \
    人 ノ /      /:::::::(   {:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|::ヽ )

常世思金神
「あら、やっぱり先方に与えたダメージは
それなりに大きかったようね。
けっこうなことだわ。

……でも、油断は禁物よ?」




 .::/;;'  ,r'‐' ´/:::`::::ヽ..、   /  ''  |
.:,;;;''';  .:l, /::: :: : : \::'  ゙'';;,    |
;'';''   ::,レケ=‐-、- = ニ::::_\   ゙';,,,  |
;;'' ,,,.-‐'' i´ 。    l       ,,;i'"\ ゙';; , |
'´i;;l.l   ヽ....__ノ      .l| ゚  \ ´"|
:::|:::||    ヽ           !;;`ー-,,';;;;\ |
::|ニ||               i   j::::::::ヽ|
:::|ニ|                _  ノ  .i::::::::: ソ
'ッ,,l.l            セ´、/シ'   /:::::/,"',,,
'' ;; "';,、;;             〃/ ヽ  "'''';;,,
,;;';;;''''';;,,'' -=ニニニニニニ..‐. y/ ' "'',,  l..:::::.....;,''
'' ''' ,,, ''';;'';;;,;,,、   、     //i ' ,  _ "; \::::,;;''
,,;;;'';;''" ,, ";;;;'';;;;;`i     .//::::l ' `'i `'''‐-ゝ,,_
,;;;''''    "'';;,, ;;'';;l、ニ≡イ'':..:::.::ノ ` ';; i -....___ /

新城直衛
「はい。
悪魔どもは常に人の隙を狙っていますからね。

どれほど優勢であろうと気は抜けません」


.

65名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:33:39 ID:1OVyp3qg
おお、結婚したのか!

66 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:33:54 ID:Uf72BhHw


           /.― /ー―  。\
          ,. '"´ ̄``ヽ 。_|:.:.;.\
          ///ー-、 ,  \ .゚.:..:.:.:..\
       /, /,.イ{     } ! i  \ .:.:.:.:.;;.:.:.〉
      ノ///ナ|ト  _ノ} ノ! } i ハ lヽ.:.:.::./
     イ/}l{ !l,==、   `ヾノ,イ /,'i l |l ',/
     {{ノ,ハlリ、、   ==ミ´/// l l |l  }
     ヾj j从     、、、ノイ厶ノノノl ノ
     〃{ {Λ `ー    /_,ノ ,イl j !{、
     {{ヾゞ|少r--r‐r ´/ ,.イ丿/ 川、
     ヾ、`{〈ハ{ _L.l/ /ノ ,.'// |ハ
.         \/´ // // ,イ /l ,ハ ',
          /: :::{ { {. l/ //./ ,'/l l l l |
         j:::::::: '、ヽ`| !l {、l  {' ノ j | l |
.          |:::::::: :::\j l !ヾ| ', V//, !ノΛ

常世思金神
「うん、それがわかっていればよろしい。

じゃ、仕事の話はこの辺にして、私たちもお酒を頂くとしましょう。

今日はとことんいくから、貴方も最後まで付き合いなさいね」




: : : : : : :/     _ , r ‐ ''' ´},,州,,{ ` ''' ‐ - ,     `ヽ: : : : : : : : :リ
: : : : ,r´   _ , r ' ´    _,,,ニ=ニ,,,_     ` ' 、   ヽ: : : : : : /
: : : :{  , r ´ _ r==三三三三三三   ̄ `==、   `へ ` }´: :ノ
` '‐-}´_, r=三三三三三三三三     三三三三==、  ヽ{:/
   rニ0三三三三三三三三三二二二三三三三三三三三0 {
  ≦三三三三= ̄ニニ、"、"   "">´,r―-ニ_` ̄ ̄ ̄ト;`;{ _
 r-、 |;;;| "  r ' ´ ・   } ;::ヽ   i;:/ {  ・   ヽ    ;;;;;;/´ 、ヽ
/、  ヘ |;;|     ヘ     リ ノ;:::)   '  {      リ    ;;;/ /   }
ヽ、ヘ  ヽ|      `ー--‐´  r ' '       `ー― ´    y /   } }
  i }  |           r|、  ,_               |  { / /
ヘ ヽヽ |            ≧ニ, 、              | // /
 ヽ \! |              <へi ヽ`            | r r /
  ヽ   |             `             |  /
   ヽ、_,ヘ     ,、r――――――――--ャ      ト- '
      ヘ    λ`=-――'--------≧´/     リ、
    , r‐: :ヘ     `ヽ` ̄'‐--―-―''´フ'        ノ  ` ' 、
, r ': : : : : : : :ト、      ` ー―---― ' ´     /| L_   ヽ
: : : : : : : : : : |  \     ー------―,     /  |、| | | | ̄| |
ヽ、: : : : : : : | ヽヽ \                   /  ノノ ヽ| | | | |
、 ヽ: : : : : :|三≧,ヽ ≧ー-- _      _≦_==三三三ヽ| | |
 ヽ ヽ  /三三三三三`====三三三 ̄==三三三三三|

新城直衛
「はっ! お手柔らかにお願いします」


.

67名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:34:13 ID:xcTLXypg
体に障る、これは子供フラグ!

68 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:34:13 ID:Uf72BhHw


┌─────────────────────────────┐

 その後も宴は終始和やかに進んだ。

 ここにいる者たちは、ほとんどが前年の悲劇の当事者または
 関係者であるが、それを感じさせるような影は見られなかった。

└─────────────────────────────┘


 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:| キャイキャイ
 |  | |  |         |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   ヾ@ノ |:::|     |:::|  |  |:| O        |:|:|        O |:|
 |  | |  | (ヾ/,ノ) |:::|     |:::|  |  |:|          |:|:|          |:|    アハハハハハ……
 |  | |  |  ミ)Y´ノ  |:::|___|:::|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |   i ̄ l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |  |__| .::|______ |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | |/´ └‐┘             |  |:|          |:|:|          |:|
 |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |:|_______,|:|:|_______,|:|
 |  |,.' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|───────┴───────|_
/ ̄              ___________
              /                 |
                /                     |
            /                   |
              /                 |
          /                     |
            /                   |
        /                       |
        l二二二二二二二ニ二二二二二二l
         | ||                   | ||
         |__lソ                |__lン


.

69 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:34:35 ID:Uf72BhHw


┌─────────────────────────────┐

 ――過去に残る悪魔たちの爪跡を
 なかったことにすることはできない。

 だが


└─────────────────────────────┘



 ./            ,            ,      ゛'' - ,, ,,,,, L, - 〆
 l     ./      /     /      .l:.,/i,        丶--- ''"
 l     l      .l     /      .ト ;;;;:i,   i      ヽ
 l     l      .l    / l    /  /  ゛.l   l  ゛,  'i,  'i,.
 .l     l      l   ./ __l   /.l  ./   l  .l   i  i,  i,.
 .ゝ    l      .l  .''' ."""''' k l ./    l  /   }  i,  .}
  ゛    .l      l  l'   .'i / l /   ,,_ .l  /   .l   .l  .l.
  'i,    .ゝ     l\ l ,, ,, _ヽl /"    .7',,./l   ./   l.l  l.
   l , ,    "i,    .l.,;-====ii,,'゛ "     ///  ,/ i  ./ .l /.
  /,l/l     ゛i,   ." ゛   .゛     ,, ,, /" ./ ,/ ./  ./ l /.
  / l l   ,   ゛ i.、 ゝ .        '"'ヾ_.,," ." ./  ./ /".
    ゛-,, .l     ゛,ゝ,\       ,.   ゛./  .ノ.丿./
      .\.N     'i,.     i'' .- .,    ∠,,/ /i".
       ヽ''i,     i,    ゝ_,ノ    ノ.、     l
         >.、    'l゛- ,_   _,,  - '"  ゝ    .l
         ノ:::::゛ヽ、  'l. /゛- ''       \ i,  .l
       ,,ノ:::::::::::::::\  ト-゛l          ヽl'i,  l
  __ _,, - ''" ゛ゝ ;; -;;''';''\ 'l, i;;''""'' 、_      .l 'l, .l
-""      ,, -" ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.lゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛-i ,,__    i, l
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.i  ゛ヽ,,   l"



.

70 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:34:57 ID:Uf72BhHw


┌─────────────────────────────┐

 それを乗り越えることはできる。

 きっと、そういうことなのだろう。


└─────────────────────────────┘


./ : : : ,:' : : /: : ; : : :!: : :.}〃i; l: ', \
==:./: : : ; : : /: :i!: |: : ,′ }:.l: i! : :ヽ
ー=:/: : : :/: : ; : :/!: l|;l/  /:-l、:! :∧:',
`ミ;.|: : : / : :/: /斗:廾!   /x=ミ、l:/:.:.}/
: : :|: l :/ : :/: :{ ,x≠ミ、  イr'::´,':{:.:〃
\|: :| { : |:i: : lfイr':::´   弋少 |:!: : ',
: :/: :!: ∨l.:、八弋z少    xxx从: : :ヽ
: {/l : :l: :ヽ: :、`xxx     ,  /: :}/:、:.}
:'´: ,': : :.l: : :\ハ:} 、_  ¨ ,/: : :′:.∨
:./: : : ∧ : :`ヽ. ト−`t¨¨i、.: :ヽ: : : :/:\
′: : : /, -−= T i!   i  } `oニ ,ァ-、: : : \
: : : : /∧ ヽ  i O,=、! j__ iО!  { /ヽ: : : :.`ヽ、
: : : / {‐-ヽ ` i / `i´((_))! i l /=-‐}: : : : : : : `ヽ
: : /:.:∧−‐`ヽ,/  ,'  、 '   i  ',=イ: : :|ヽ: : : : : }


: : : : : : l       ヽ: : : : : ハ: : :_:/: : : : : : : : :  l ヽ l
i: : : : : :l        i: : : : :/ ,l/: : ハ: : : : : : : : :  l  !|
ヽ.: : : : :l        l: : : / .',lニ-=メ. l: : : : : : : : : l  '
: ト、: : : 」.. -−==='l: : /  7//゚l l: : : : : : : :. /
: l. \'¨: ヽ __二-、  l: :/  /l 'ィノ' .l: : : ; : : : : /
: :l  > =キ¨::::::C`´  レ   '`¨´  l: : :/l: : :  /
: :.l z'//`::>-:::_ノ..      l    /: :/ .l: : : /
: : ヽ   ゝ-''''¨         ヽ /:/  l: : /
: : :ヽ                'イ    l/
、: : : ヽ            ,   /
ヘ\: : \        - '   /、
ヽ\` ー -`          /} ヘ
 ヘ-` ` 、        ./ /  ヘ
  i      ` ー--- イ /    〉ヽ 、
  ∧           /      i   ヽ ` 丶 、
 v l         /       .l           ` 丶 、
 ヘ          l -,ヽ、     l                 ` 丶 、


.

71 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:35:16 ID:Uf72BhHw


┌─────────────────────────────┐

 そんなことを考えながら、新城直衛は
 新しい門出を迎えた若い二人と、その家族・友人たちが
 宴に興じる姿を、
 いつになく穏やかな表情で眺めていた。



└─────────────────────────────┘


ニ三三三三三三三三三≧ョュ、
三三三三三三三三三三三三ヨ≧、
三三三三三三三三三三三三三三ヘ
三三三三三三三三三三三三三三ヨi
三三三三三三>ニニニニニニニニ、三ヨ/
三三>- ' "      ,-'ヘ,_____ .ヽ'"
-'"    ,  - ' " ¨ ヽ--'   .`゙'i,
  , - '"     ,,.ュョョ三三三三三::ヘ
-'"    ,...ョヨヨ三三三三三三三三ヨ\
 ,,..<三三三三三三三三三三三三三::ヘ
三三三三三三三三三三>--::;;-、:::|-'"
;;;;;;;>-、三三三>- ' "--ヽ  ', ・i ',i
;;;;;;;;;i  ,='"   , ‐'"¨',      ヽ,ノ i
;;;;;≠ ヽ  r'´    ’j     ヾ;-' ', .',
;;;;;≠    `----‐'"         i i
:ヾ;;'                イ7 i
  ヽ             /,,  /  j
                    `ー' , ,'
 ,,      冫    _,,  -‐'" i゙ヾェ、,
´  ^'---,;ヘ,   ̄ ̄ ̄  , -、    ,,|`゙''、, ヾ
  ,,,     〃,, , ,,..-‐'", ヘヘヘ , ; ノ〃y7
 ''  ;; ., ,,  ヾ,,ヘヘヘヘ ヘ ', ',.',,イ:://



.

72 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:35:35 ID:Uf72BhHw



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです


                     北条悟史編


                     エピローグ


                       終

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

73名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:36:06 ID:QfttGRrI
乙!
エロないけど面白いからいいや

74名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:36:30 ID:xcTLXypg
乙〜!

75名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:37:06 ID:45rpFq02
乙かれさまでした!次はどんな形式かい魔からwktk

76名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:37:37 ID:v3LodREA
お疲れさまでした〜。
ただ、もしかしてこれで終わりとか……?

77名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:37:49 ID:1OVyp3qg

二人ともお幸せに

78名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:40:33 ID:cPwRxr7U
サトシは幸せものやな
彼女とさいしょからAFとかやっても抵抗ない中古の嫁をもらって

79 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 00:40:34 ID:Uf72BhHw
というわけで北条悟史編終了。

『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』
もいったん締めです。

80名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:41:04 ID:1Mlzg2go
乙でありました
次回作も楽しみにしております

81名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:41:06 ID:yoD4WYgU


さあ次の戦いだ

82名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:41:31 ID:yoD4WYgU
>>79
あ、あれ?

83名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:41:34 ID:xcTLXypg
改めて乙〜!

84名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:43:17 ID:OMij2GXM

って……今回で終了なんですか!!

85名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:43:20 ID:8v8QlEoU
乙。

>>79
ああ、終わりそうな雰囲気だったけど。なるほど。

86名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:43:28 ID:ptYJCHpM
乙でしたー

87名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:43:48 ID:sHmRvAFg
いったん〆るってことは次はバラライカ編かな?

88名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:43:52 ID:.CLoJha2
よし、次のヒロインは……って、え?

89名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:45:12 ID:1OVyp3qg
おっと、今回で一旦終了だったか。
お疲れ様でした。長い間楽しませていただきました。

またエッチなスレや論理的なスレを書いたら、是非読ませてください。

90名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:47:26 ID:QfttGRrI
今回で終了か…今まで乙でした。
ところで新作の予定はあるんですか?

91名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:49:44 ID:0DWKFXw2
乙乙

92名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:51:13 ID:T0qeWBLU
お疲れ様でした。
ここまで楽しませていただき、ありがとうございました。

次の機会があることを楽しみに待っています。

93名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:59:20 ID:NAJszBZ6
乙でした。
革新的なスレで面白かったです。

94名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:59:51 ID:05SekxS.
完結乙です

95 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 01:04:12 ID:Uf72BhHw
>>79 途中で投稿してしまいました(汗)


キラ&バラ&ランス編を期待して下さっていた方も
いらっしゃったようで、そこは申し訳ないのですが、
回数的にもストーリー的にも
キリがいいのでちょうどいい潮時かなと。


【終わりのごあいさつ】

今回は負けた時のバッドエンドが
けっこうキツい、という世界観で、
論理学を応用した
安価式のゲームをやってみました。

どちらかと言うとコアな方を想定した
娯楽スレだったわけですが、
当初の予想よりもずっと多くの方に
ご参加頂けました。
拙いマスタリングやシナリオに
お付き合い下さり、誠にありがとうございます>皆さま

自分はもっぱら進行役としての参加でしたけれども、
神仏派の真剣な推理、また悪魔派のエグいミスリード(笑)を
とても楽しませていただきました。
プレイヤーの皆さまもまた、
楽しんで頂けておりましたら幸いです。



【次回の予定やこのスレをどうするかについて】

次回の予定は今のところ白紙です。

正確には、『論理的な考え方を学ぶようです』を
かなり長期間放置しているので
それをまず終わらせないといけません(汗)


このスレはそのままにしておこうと考えています。
放っておいたとしても管理人様が2〜3ヶ月に一度、
まとめて保守なさるようなので、あえて
管理スレでdat落ちを要請することはないのかなと。

気が向いたら埋めがてら短編を投稿するかもしれませんしw


なお、
「キラ&バラ&ランス編を>>1がやらないなら
俺がやるぜ」なんて気合いの入った方や、
外伝を投下したいと言う方が
もしおられましたら、使って頂くのもアリだと思います。




かなり長々と書いてしまいましたが、
以上をもちまして終わりの挨拶とさせていただきたいと思います。

これまでお付き合い下さり誠にありがとうございましたm(_ _)m

.

96名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:04:21 ID:g2lsois6
完結乙でした!
たとえここでスレを締めようとも第二第三の俺らとともにパワーアップして帰ってきた>>1が新シリーズを開始するのもまってますw

97名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:10:30 ID:HAco0x.I
ん、お疲れ様でした。
これまでとても楽しかったよ。
願わくば、全力の>>1に今一度挑戦したかったが。

98名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:10:59 ID:45rpFq02
今回で終わりだなんて、うわーん!だが楽しませ∩ぬきぬきおっきさせてもらいました
乙かれさま!

99名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:14:50 ID:sHmRvAFg
オツ

100名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:15:05 ID:H9Uhgbyg
乙でした!

101名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:20:55 ID:yoD4WYgU
お疲れ様でした!

終了は残念ですが、たしかにこれだけやれば充分かなという気もします。
ストーリー的にも、これ以上はもうラクス様や長門あたりが直接出てこないとってところまできちゃってますしね。

自分は基本神仏派で推理を楽しませていただきましたが、勝った時の恋人たちのハッピーなエンドも、
負けたときの悔しさと不幸な境遇に落ちた人たちの物語も、おまけやご褒美を越えて楽しませていただきました。

次回作などもありましたら、また楽しませていただきます。

102名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:28:44 ID:NwyvYHyc
>>1
いままでありがとうございました
お疲れ

103名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:49:51 ID:3NAxVaOg
>>1乙!
すげえ面白かったんだぜ!

104名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:06:02 ID:jI0Ju7vY
>>1
自分は二回しか参加できなかったけど、凄い楽しめた。
本当にありがとう。

105名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:39:05 ID:EAesnPHk
>>1乙。

出来れば引き分けとパーフェクトゲームが見たかった・・・

106名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:44:33 ID:vs.Gl46U
>>105
シグナム戦から神仏派のパーフェクトゲームだらけじゃないか。

107名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:54:08 ID:uGKjwvKY
乙っしたー
しかし誘惑に乗らない魂を取れる画期的儀式と言いつつほぼ100%奪還されてる訳で
収支的には悪魔の得になってたのかねw
一回でも堕したっていうのが重要だったんだろか

108名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 04:18:54 ID:EAesnPHk
>>106
3発で悪魔3人きっちり撃ち抜くって意味で。


ラクス様がどれくらいキレられるか・・・

109名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 04:26:53 ID:tdNBSBHQ
お疲れ様でした。本当に今まで楽しませてもらいました
個人的にはフェイトさんとハクがエロかった

>>107
岩に埋まってる宝石に、楔を打ち込むようなもんだと思ってる
軽く傷がつくだけ(色々ありましたが、私は元気です)か
ヒビが入る(社会復帰するか堕ちるか微妙なライン)か
もしかしたら岩が砕けて宝石(魂を回収できたり悪魔になったり)が拾えるかもしれない

その楔を撃ちこませない、傷を修復するのが新城さんやらの仕事で
楔を打ち込む、ヒビから更にダメ押しをかますのがラクスさんらの仕事と言うか

110名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 07:06:03 ID:zatE/P.E
>>107
場所が日本で敵が悪魔ってこともあって実は戦力拮抗してないんじゃなかろうか
そのせいで簡単に魂を奪い返されてるのかもしれんと思う
悪魔側は姦計で辛うじて戦況的には互角(?)に持ち込んでるけどね
神側は戦力拮抗分+外つ国からの侵略に対抗する分ってことで
地力的には神サイドが一方的に有利なんじゃない?
そのせいで普段は一撃必殺の新城さんが、今回は大公の分霊相手とはいえ
常世思金神さままで出陣しちゃってるからねえ
そりゃ月も叫ぶわw

111名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 08:00:06 ID:iR75jFtk
おつでしたー

112名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 10:08:37 ID:lD8SOl06
お疲れ様でした
こういう形式の推理ゲームは新鮮だったので次回作があるならまた参加したいです
長期間楽しませて頂きありがとうございました

>>47
あれ、ランカも復活?

113名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:06:21 ID:QhJ3FrNI
>>112
ランカは別に負けてなかったんじゃ>
なぜかやる夫回になると神仏派負けが込んでたし。

114名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 16:40:51 ID:niIiecIM
ランカはシグナム編で倒されてるよ。

115名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 16:49:24 ID:4ymcxeHY
お疲れ様でした
今まで楽しませてくれてありがとう

116 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 17:58:05 ID:Uf72BhHw
【埋めネタ : 寝取られって難しい】


今回は寝取られにも挑戦したわけですが……
これが考えてみたら意外と難しかった。

色々考えてみたので、
埋めがてら語ってみます。

117 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 17:58:23 ID:Uf72BhHw


1.仲が冷えた結果、寝取られましたということでどうか


まず、恋人だった女性との仲が冷えて、その結果として
他の男に走られたというパターンを考えてみました。

が。




                   ソミ~           ~゙'ミ、
                 xミ~゙               ヽx
                彡                   ゙ミ
               ノミ r=-:、    ,.;っxフミヾ、      ミ
               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l 
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/  それ普通に別れただけでしょッッッ
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ  
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙


と気がついて没。

寝取られと名乗るためには、
ある程度仲が良くなければならんらしいのです。

しかし、普通に考えれば、仲が良好な男がいるなら、
(男はともかくとして)女性はあまり他の男に関心を示さない
傾向があります。

ではどうするよ、ということになりますが。

.

118 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 17:59:22 ID:Uf72BhHw


2.よろしい、ならば浮気症の女だ。



浮気症の女性という設定にすればすればいいんじゃないかと。

夫または恋人は愛しているけれども別の男とも寝たい、
という女性ならば、『夫または恋人を愛しており、かつ他の男と寝る』ことに
矛盾はないでしょう。

しかし。



                   ソミ~           ~゙'ミ、
                 xミ~゙               ヽx
                彡                   ゙ミ
               ノミ r=-:、    ,.;っxフミヾ、      ミ
               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l 
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/  ヒロインがヤリ●ンじゃ嫌でしょッッッ
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ  
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙



というわけでこれも駄目だと。

この
『パートナーを愛している良識ある女性なら、浮気などしない』
といって
『パートナーを愛していないか、または良識のない女性ならば浮気するが、
そんな女性がアヘアヘしていても面白みがない』
という矛盾をどう解決するか、という問題が
寝取られストーリーを書く上で大きなポイントであるようです。


.

119 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 17:59:39 ID:Uf72BhHw


3.かくなるうえは強姦しかあるまい。



仕方ないので強姦を視野に入れます。
パートナーを愛している良識ある女性でも、自分の意図に反して
他の男とセックスさせられる、つまりレイプされることならあるでしょう。

そんなわけで、ヒロイン強姦による寝取られを考えていったわけですが……。



               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l 
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/  それじゃただのレイプでしょッッッ
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ  
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ    
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙

というわけでこれもNG。

寝取られと言うには女性が自発的に別の男についていかねば
いかんわけで、強姦されて恨み骨髄、では違うんじゃないか、
と。

120 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 17:59:57 ID:Uf72BhHw



4.ならクリムゾンだ



そうは言っても普通に和姦するのは無理だと結論がでております。

だったらクリムゾン方式で、
「くやしいでも感じちゃうビクンビクン」
でいくべえかと考えてみましたが




               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l 
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/  ヤリ●ンと区別つかないでしょッッッ
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙

よってこれもアウト。

121 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 18:00:33 ID:Uf72BhHw


5.ならば媚薬だ


こうなったら人格を一時的に喪失してもらいます。
媚薬・洗脳・催眠術などなどです。
実際に『新城直衛が〜』はこの解決策をとりました。

んが、やってみると何かが違いました。

なんだろね、と考えてみたところ、


               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l 
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/  ヒロインが自分の意思で
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ  他の男に抱かれてこそのNTRでしょッッッ
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l



あー。

じゃ廃人になってなにやってるかわからなくなったらおkかな?



            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、  ヒロイン廃人にするとかドン引きでしょッッッ
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙


まあ、それもそうです。

122 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 18:01:35 ID:Uf72BhHw



6.騙されたなら仕方ないんじゃないか?



かくなるうえは別アプローチ。
女性はその気はなかったのだけれど、いつのまにか浮気していた、という方向性で行ってみます。

最初に女性が浮気しようとして浮気するのではヤリ●ンか別れ話に
なってしまいますし、さりとて媚薬やらなんやらというのも何か違う。
だったら、浮気しようと考えずに浮気するのであれば、
まあなんとか説明付くんじゃないかと。

これならいけそうです。

となると、浮気先の男が積極的に動かないといけません。
こ奴が最初から罠にはめるつもりで強引に動き、
『そのつもりはなかった』
けど
『気がついたら浮気していて、しかも逃げ道なし』
という状態に女性を追い込んだ上で、ヤリまくって調教すればいいわけです。
それも簡単な罠だと『ただの馬鹿女じゃん』で終わりますので
それなりに仕掛けが要り、
よってそれができる男でないといけませんので、
知恵や金、権力といったものを持っていることが望ましい。

が、普通に罠にかけただけだと


               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l 
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/  頭使っただけのレイプでしょッッッ
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ  
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ    
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙


となっていけませんので、
レイプと見なされないような仕掛け、例えば、
『相手との人間関係を考えての泣き寝入り』や、
『自分のプライドなんかとの取引』
という形式にする必要があります。

以上を踏まえつつ、寝取られとは少し違う形で書いてみたのが
『初音ミクがやる夫に自分を売るようです』
だったわけですが、
これがそれなりに好評を頂きました。


.

123 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 18:02:21 ID:Uf72BhHw


7.つまりどうせいと?


結論と致しまして、
『まず浮気先の男が積極的に動くなどして
女性の意思に反する形で
一発カマしてしまい、それを足がかりにして
ズルズル引きこんでしまう』
形にするのが寝取られの自然な道筋の一つなのかなと
思われます。






以上、【埋めネタ : 寝取られって難しい】でした。
お付き合い下さりありがとうございました。




.

124名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:02:22 ID:G7ZmyWjM
埋めネタって言うけど、あと800レス以上もやるのか?w
違うテーマでちょこちょことだろうけど

125名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:02:41 ID:cPwRxr7U
最後ってこちら側が悪魔に負けたら
悟の18禁お尻愛AAの展開だったの??

126名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:03:53 ID:G7ZmyWjM
あ、乙

127名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:04:09 ID:OMij2GXM
最後の戦いで負けていてもこのスレは終了だったのかな?

128 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 18:05:34 ID:Uf72BhHw
遅れましたが、
『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』が
楽しめたとのレス、誠にありがとうございます。

楽しかったとおっしゃって頂けることが
私の楽しみの一つです。

129名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:06:25 ID:KRPUKnJ.
最初はレイプだが、徐々に肉欲に溺れていくとか・・・がNTRじゃねーのかな。

130名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:06:50 ID:ANkrQOek
寝取られ定義は考えすぎると頭がおかしくなって死ぬ

131 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/17(日) 18:07:39 ID:Uf72BhHw
>>124 埋めネタって言うけど、あと800レス以上もやるのか?w
思いつきをちょこちょこ書いていく形ですが
800はないと思いますw



>>悟の18禁お尻愛AAの展開だったの??
いえ、エロなしでした。



>>127 最後の戦いで負けていてもこのスレは終了だったのかな?
いえ、最後は勝って終わりにする予定でした。
そのためさらに誰かが狙われて雛見沢編続きです。

132名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:11:04 ID:KRPUKnJ.
>>130
考えるな感じろというか・・・・

レイプなりヤリ◯ンなりが発展して取る側、取られる側(傍観者含む)がカタルシスを感じるのがNTRじゃね。

133名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:14:42 ID:cPwRxr7U
>>1さんはすごい描写がエッチでしたが
魔法使いだったんだろうか

134名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:36:12 ID:QhJ3FrNI
まあ、一回やってしまった事実をネタにして足抜け出来なくするってのはNTRの典型では
ありますな。

135名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:41:31 ID:zatE/P.E
乙です
逐一叫ぶ泣き虫サクラさんに噴くw

136名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:49:19 ID:1Mlzg2go
NTRは3でもいいと思うがなぁ

純愛カップルだったのに、ヒロインが強姦されて、その守れなかった負い目などでぎくしゃくしてしまい、とか好きだぜ
関係性の持続とその変化がNTRの醍醐味だと個人的には思うっす

137名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 18:58:00 ID:iElW/PpA
自分のマジカルチ○ポと、それまでの自分の人生の全てをかけて寝取り業を磨いてきたヤリチンが、
愛だけの男にNTRれてしまうとかって話なら、NTRスキーにも純愛スキーにも俺得でいいんでない? てふと思った。

138名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 19:33:22 ID:HXt8HlDg
NTRの定義は虹の寝取られスレでもたびたび議論されてるからなぁ
毎回決着着いてないし、やっぱり考えるな、感じろということなんだろうなぁ
>>137
俺個人としてはNTRされる方はとても善良な奴じゃないと駄目だなw
「ざまぁwww」って感じになっちゃうのはどうも…

139名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:07:42 ID:lD8SOl06
友達以上恋人未満な関係で好意はあるのに、自分より魅力的な異性が現れて
相手がそっちに取られるのを止めきれなかったってのはNTRだよな?
取る側取られる側どっちがメインに動くとしても

140名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:14:26 ID:3pPo8FV2
>>1様、本当にお疲れ様でした。今年の夏はこのスレを楽しみに待つ日々でした。
自分の場合、安価はラッキーなゲットが二回あっただけですが、なんて言いますか
雑誌の読者参加ゲーム的な「参加感」、しかもリアルタイムなのが病み付きにw
繰り返しになるんですが、本当に楽しかったです。>>1さんに感謝感謝。

>>128にあるタイトルが、
一瞬『新城直衛が誠たちを追い詰めるそうです』に見えちゃったorz

141名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:34:08 ID:n/iZLTVg
>>139
個人的にはそれだとNTR感は薄いかな〜(気を悪くしたらゴメン)。
肉体関係がある方が、奪われた感が増すというか。

そういう点では貞淑な人妻が夫以外の男に…が一番燃えたり。
中学生の息子と娘がいる30代半ばの人妻(男は夫以外知らない)が、
家庭を切り盛りする幸せを噛み締めて生活している最中に弱みを握られ、
最初に陵辱されて以後何度も体と心を弄ばれ、精神的に調教される…
みたいなシチュエーション。
夫婦の寝室に連れこまれて陵辱、
「旦那さんとはここで息子さんと娘さんを作ったんですよね?」
「折角ですから僕の子供も作ってみますか?」
「それとも、お子さん達が帰ってくるギリギリまで楽しんでみましょうか?
 スリル満点ですよ」
的なやりとりがあれば最高。
後は寝取る側のチ○コが夫のよりデカいと完璧かな。
夫が十数年かけて届かなかった快楽の境地を数日で与えてしまう寝取り男。
つまり! 徐々に精神的に従属していく過程があると最高って話ですよ!

…長文で何を書いているんだ俺…。

142名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:49:12 ID:QhJ3FrNI
ストレスで万引きをするようになったのを見咎められてやられてズルズル。
昔、AVに出演したのを突き止められて、脅迫されてやられてズルズル。
ダンナが淡白でついつい覗かれそうなところでオナニーするのを見つかってやられてズルズル。

と、いうか基本女性の性欲が強くないとNTRを成立させるのって難しくないかとちょっと思う。

143名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 21:14:44 ID:IeQWCIo6
オナホ研究家長門教授とかここの悪魔とかみたく、思考をいじればどんな女でもNTRできるさ
意思とか尊厳とかなにもかも剥ぎとっていくのは良いものだ
1984をエロにしたらこうなるんじゃないかなーとか思う

144名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 21:50:27 ID:hCwF0eaQ
クライベイビーさんツッコミし過ぎwww

145名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 21:55:03 ID:HXt8HlDg
片思いしてて仲もそれなりにいい同じクラスのあの子が放課後の教室で
ちゃらいイケメンとよろしくやってるのを目撃してしまって悔しい…でもっ(ビクンビクン)

肉体関係無いしお前が勘違いしてただけだろプギャーって感じだがこういうのもいいもんだと思う
もちろんこれをNTRと言えるのかどうかは個人個人によるが

何言ってるんだろ俺。はぁ…明日月曜日か…

146名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:09:05 ID:S9I1XqtY
>>1
お疲れ様でした。ここのことを知ったのは最近だったけど、とても面白かったです。最初に読んだときはつい次々読んでいって寝る時間が大変なことになりましたw
安価とれたときは「よっしゃあ!」と声を出して喜んでしまうくらい嬉しかったです。
本当に楽しかったです。ありがとございました!

147名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:54:10 ID:02ma1f5w
自分が寝た後にエピローグが来てたとな…orz
遅ればせながら乙でした。

詩音をヒロインにねじ込んだ形になってしまいましたが
AAがお役に立てたようで良かったです。

この作品は閉められるみたいですが
今まで楽しませていただきました、ありがとうございました。

148 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:11:24 ID:qbcdfn7A
埋めネタ : 寝取られ物談義



まだまだ続くよ寝取られ語り、というわけで
さらに語ってみます。

149 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:11:41 ID:qbcdfn7A



1.たぶん基本形



寝取られを研究するにあたって、自分も
寝取られ物のお話をいくつか視聴してみました。
その結果として、
おそらくは次の形式が基本なのだろう、と
結論しています。


.

150 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:11:53 ID:qbcdfn7A


1) まず主人公とヒロインがラブラブします


       ♡
           ,ヘ- - へ       ,
  -  - 、    lノ人从ヽ、l    
/ (● ●)ヽ   リ|I Iiヽi l´      
ゝ(_人_) ノ    ノゝ-, ノリ ゝ     
【主人公】    【ヒロイン】




2) そこに間男が登場します

  ノ  、 、
  l(● ●)l
  | (_人_) |
  ヽ     ノ
 【間男】




3) ヒロインが間男にヤられます

       ノ ヽ
       | ω │
       ゝ  ノ
        /  ヽ   ぱこぱこ
,,ハ    l /  l
ハlヽノ ⌒ヽニ   )
゚ ノレ   / /__   ヽ_/ |
( ̄ ノ(__)__ ノ J



4) その後、ヒロインが間男の女になり、主人公はフラれます。  
  これで寝取られ完了。


       ♡
  ノ  、 、    ,ヘ- - へ   
  l(● ●)l   lノ人从ヽ、l   
  | (_人_) |   リ|I Iiヽi l´   
  ヽ     ノ   ノゝ-, ノリ ゝ 



          __
    o ○ o/_ノ ヽ、_`o o
   。゚    o゚/^)  ((<)゚oヽ ゚ 。
       (0//(_人_)' 0 )




ただし、バリエーションは様々です。

.

151 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:12:18 ID:qbcdfn7A


2. バリエーション



自分の調べた限り、バリエーションは次のようなものが見つかりました。


1)主人公×ヒロイン     2)間男登場      3)間男×ヒロイン     4)寝取られ完了
―――――――――    ――――――     ――――――――    ―――――――――
(二人の関係)        (間男の素性)      (セックスする理由)   (間男とヒロインの関係)
 ・恋人             ・赤の他人        ・恐喝             ・恋人
 ・夫婦             ・隣人           ・強姦             ・夫婦
 ・幼馴染            ・家族           ・薬物使用等         ・ご主人様と性奴隷
 ・恋人未満の友人       ・主人公の関係者   ・事故
                  ・ヒロインの〃       ・ヒロインから誘う
                                ・売春


ただ、寝取られを売りにするものほど、
寝取られたヒロインは最終的に性奴隷になることが多いような気がします。

寝取られを売りにするものの場合、
セックスする理由は恐喝や強姦が多いのですが、そこから
まともな恋人関係や夫婦関係が作れるのはさすがに無理があり過ぎること、
また、ヒロインがとことん汚されないことには悲惨さが際立たないことが
理由ではないかと思われます。

152 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:12:33 ID:qbcdfn7A


■ バリエーションの実例

実例をいくつか簡単に説明してみます。
例えばとあるNTRアニメはこんな構成になっています。


1.主人公×ヒロイン     2.間男登場      3.間男×ヒロイン     4.寝取られ完了
―――――――――    ――――――     ――――――――    ―――――――――
(二人の関係)        (間男の素性)      (セックスする理由)   (間男とヒロインの関係)
 ・恋人未満の友人      ・主人公の関係者   ・強姦            ・ご主人様と性奴隷

【あらすじ】
清いお付き合いをしていた主人公とヒロインだが、
主人公の関係者にヒロインが強姦されてしまった。
その結果として、ヒロインは主人公の関係者に惚れこみ、
その性奴隷になった。


『レイプされたら気持ちよかったからヒロインはそのまま性奴隷になることにしました、
は無理があるのでは?』
という問題を解決するためか、ヒロインは少々ネジが飛んでいます。



.

153 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:12:51 ID:qbcdfn7A

また、とあるNTR同人誌はこんな構成になっています。


1.主人公×ヒロイン     2.間男登場      3.間男×ヒロイン     4.寝取られ完了
―――――――――    ――――――     ――――――――    ―――――――――
(二人の関係)        (間男の素性)      (セックスする理由)   (間男とヒロインの関係)
 ・夫婦              ・隣人          ・事故            ・ご主人様と性奴隷
                                ・恐喝


【あらすじ】
それなりに過ごしていたある夫婦だが、
ある日妻が酒の過ちで隣人と寝てしまう。
それをネタにされて関係を強要されるうちに
妻が乗り気になっていき、
最終的には妻は隣人の性奴隷となった。


途中で妻が乗り気になっていく必要からと思いますが、
夫は性に淡泊で、妻は潜在的に欲求不満、という状態に最初からなっています。
妻はいわゆる『淫乱な人妻』です。

.

154 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:13:05 ID:qbcdfn7A


次に、とある一般エロゲに含まれる寝取られ要素がこんな感じです。


1.主人公×ヒロイン     2.間男登場      3.間男×ヒロイン     4.寝取られ完了
―――――――――    ――――――     ――――――――    ―――――――――
(二人の関係)        (間男の素性)      (セックスする理由)   (間男とヒロインの関係)
・幼馴染            ・主人公の関係者    ・普通に告白して     ・恋人
                                 つきあうことになった


【あらすじ】
幼馴染との煮え切らない関係をそのままにしていたら、
いつのまにか主人公の関係者(友人)が
幼馴染に告白して付き合い始めてしまった。



シナリオ展開に無理が無いシナリオでいい感じなのですが、
主人公も他のヒロインをたいてい追っかけてますので、
構成上、寝取られをそれほど強調できないという問題があります――
寝取られものとして見たならばの話ではあるにせよ。

当然ながら主人公の前でセックスして見せつけるようなシーンは
ありません。

.

155名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:13:32 ID:3a223qUs
>>108
人狼なら神占い師とかで連続で狼発見して吊ることも出来るけど、
このゲームでは神託が謎解きみたいになってて、出る日と出ない日があるから
3日目では最後の悪魔の情報が全く出てない。
つまり、3発3悪魔撃ちを狙うなら神託に出ていないところを撃つ必要がある。
誘導しようにも理由を付けられないし、ちょっと欲張りすぎだな。

156 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:14:01 ID:qbcdfn7A
あ、書き漏らしてますが、一般エロゲの内容はまた聞きですw



最後に、『新城直衛が悪魔たちを追い詰めるようです』 水銀燈編は


1)主人公×ヒロイン     2)間男登場      3)間男×ヒロイン     4)寝取られ完了
―――――――――    ――――――     ――――――――    ―――――――――
(二人の関係)        (間男の素性)      (セックスする理由)   (間男とヒロインの関係)
 ・幼馴染           ・主人公の関係者    ・薬物使用等       ・ご主人様と性奴隷
 ・恋人未満の友人


となるバッドエンドが計画されていたのですが、有志たちの手により無事阻止されましたw



.

157 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:14:53 ID:qbcdfn7A



3.どこら辺が盛り上げ場なのか?



さて以上を踏まえつつ、次に
『NTRものって結局どこら辺が盛り上げ場なのか?』
を考えてみたいと思います。

これは、『そもそもNTRってなにがええんや』という本質的な問題にも関わることで、
なかなか難しいのですけれども、そうは言っても
NTRものを書くのであれば、ここを明らかにしていないと
アピールするポイントがわかりませんので、
難しいからと避けて通るわけに参りません。

そこで無理やり先達の作品や熱い主張をまとめ、
『この辺が盛り上げ場なんじゃね?』
と思われる点を2点ほどあげてみます。

まず、

1)間男への劣等感や敗北感、喪失感から来るマゾ的快感
 が挙げられます。

 これは多くの場合、セックスに関するものを用いて表現されます――例えば
アブノーマルプレイへの理解、テクニック、タフな精力、あるいはチンチンの大きさ。

このために、主人公は、対照的になるよう、
セックスには淡泊、アブノーマルプレイ忌避、
精力少なめ、ポークビッツ、といった
哀れなヘナチンぶりを強調されやすいようです。

 それから、

2)ヒロインに対する支配感・優越感・背徳感
 も大きな要素のようです。

 これは凌辱ものにもある程度共通します。

 ここから、自尊心を持つ相手を屈服させればこその支配感
確固たる良識を元に必死に抵抗されればこその優越感
元の姿との落差があればこその背徳感でありますからして、
自尊心を持ち良識を強く意識するノーマルな女性が
ヒロインであることが望ましいということに繋がります。
(反対に、プライドがなかったり良識がなかったり、
変態だったりする女性がヒロインだと、最初からバッチコイなので
演出がやりづらいと思われます)

また、寝取られものだと
『ヒロインの主人公に対する裏切り行為』という側面を持たせやすいため、
背徳感を強調しやすいと思われます。

 潜在的な淫乱ヒロインであっても、
最初のほうは清純派っぽかったり貞淑っぽかったりするのは
この辺が理由かもしれません。
(もっとも、あまりにそれが徹底していると『そんなヒロインなら
そもそも寝取られが成立するのは変じゃないか?』と読者が考えるため、
媚薬や洗脳に逃げざるを得なくなります。ある程度シナリオに
合わせて調整せざるを得ないでしょう)


 なお、読者が自己を投影するのは、サドなら間男、
マゾならヒロインとおそらくなるでしょうが、
なにぶん劣等感や敗北感、喪失感を感じたいというマゾな趣味を
最初から持つ方々が主な読者として想定されますので、
おそらく苛まれるヒロインの描写を強めにしたほうが
受けやすいのではないかと思われます。

.

158 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:15:37 ID:qbcdfn7A


4.以上を踏まえて構成を作ってみる


以上を踏まえ、寝取られ専用シナリオの構成を作ってみようと思います。



4.1 PRポイント1 : 間男への劣等感や敗北感、喪失感から来るマゾ的快感


まずPRポイントをおさえます。


1)劣等感

劣等感は間男を通じて表現します。
間男はチート化したいところですが、
『こいつに負けたんじゃしょうがないな』と思えるような間男ですと
言い訳ができてしまってよろしくありません。
そのため、むしろ『俺はこんな奴以下なのか』と嘆き悲しめる
サイテーな奴を設定します。
ここでは『人格低劣。女癖が悪く嫌われがち、ルックスはチャラめ、悪知恵は働く』
くらいにしておきます。
そうそう、『ただイケ』コンプレックスを持つ人の魂をエグるため、イケメン設定にしておきます。
それから最近、男性の収入減が男の自信喪失をもたらしているというニュースも多いので、
それを信じてさらにその心の傷に塩を刷り込むため、『金はある』という設定も加えておきます。
これで劣等感はかなり表現できると思います。


2)敗北感
それから敗北感。これは『サラマンダーより、はやーい』という好例がありますので
ヒロイン自身の口からこれに似たようなことを言わせて表現してみます。
伝統的にチンチンの大きさ、それからセックステクニックがやりやすいので
この二つを言わせれば良いと思われます。

また、これをヒロイン自身の口から主人公に聞かせなければいけませんので、
ヒロインと主人公は肉体関係を持っていることとします。


3)喪失感
最後に喪失感。これはヒロインが完全に間男にデレデレになっていることで表現します。
ただし、脅迫・媚薬その他で無理やり関係を持っているようだと、
『正気に戻る → 警察に訴えてタイーホ → よりを戻す』のコンボが期待できてしまい、
希望が残ってしまいますので、主人公を絶望させるべく
ヒロインは自主的に間男にゾッコンにさせます。

.

159 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:16:03 ID:qbcdfn7A


4.2 PRポイント2 : ヒロインに対する支配感・優越感・背徳感


それからヒロインに対する支配感・優越感・背徳感を設計します。


1) 支配感
これはヒロインが間男に従順になっているところを見せればOKでしょう。
フェラチオをさせる、アナルを捧げさせている、
といったややアブノーマルプレイをやらせていることで表現します。
抵抗→屈服の対比でもいいのですが、
あまり強く抵抗させるとなると恐喝や強姦になってしまいますので
今回その手は封印。


2)優越感
次に、ヒロインへの優越感。これはヒロインが弱っていればいいのですが、
貶めてもかまいません。
M奴隷っぽく扱って、さらにそれを受け入れさせることに成功していれば
表現できると思われます。


3)背徳感
最後に背徳感。せっかくの寝取られものですので、
『ヒロインの主人公に対する裏切り行為』という良心を虐めるだけ
虐めてみようと思います。
『主人公ごめんなさい、でも感じちゃうビクンビクン』
みたいなノリでよいと思われます。
表現の一案としては、
主人公への愛を、デートスポットのチケットや主人公からのプレゼント等の物に
仮託した上で、それを破壊あるいは破棄するシーンを入れる感じでしょうか。



4.3 組み合わせ



以上のPRポイントを踏まえつつ、次のような組み合わせにします。


1)主人公×ヒロイン     2)間男登場      3)間男×ヒロイン     4)寝取られ完了
―――――――――    ――――――     ――――――――    ―――――――――
(二人の関係)        (間男の素性)      (セックスする理由)   (間男とヒロインの関係)
 ・幼馴染          ・主人公の関係者     ・事故           ・恋人
 ・恋人                                          ・ご主人様と性奴隷

.

160 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:17:48 ID:qbcdfn7A


4.4 原案をでっちあげてみる


以上を踏まえて原案をでっちあげてみます。


【原案】

やる夫は幼馴染の薔薇水晶と付き合っている。
すでにセックスもしているが、ただし比較的淡泊な内容にとどまっている。

やる夫たちには伊藤誠という先輩がいた。
女癖が悪く、評判の良くない男で、やる夫は嫌っているが、
薔薇水晶はゼミの先輩ということもあってそれなりに付き合っている。

その伊藤誠は薔薇水晶を落としたいと思っていて、
悪だくみをはじめていた。


ある日、薔薇水晶は伊藤誠に飲み会に誘われる。
最初は断った薔薇水晶だが、その後、同じゼミ生の雪華綺晶に
自分の代わりに行くよう頼まれてしまい、嫌々ながら出席することにする。

雰囲気の良い店でつい油断してしまった薔薇水晶は、
酒を飲み進めるうちに、うっかり眠ってしまう。
それは伊藤誠に睡眠薬を盛られたためでもあったが、
彼女自身はそれに最後まで気付かなかった。


気がついたときには薔薇水晶は伊藤誠と肉体関係を持ってしまっていた。
伊藤誠に愛をささやかれ、自分のうかつさを嘆く薔薇水晶。
それが伊藤誠の姦計だと彼女は気付けなかった。
そのまま薔薇水晶は伊藤誠に再び抱かれてしまい、体を翻弄される。
その快感はやる夫とのセックスで感じるそれよりもはるかに強かった。
「やる夫君、ごめんなさい」
一度だけだから、と言い訳する薔薇水晶。


やる夫とのセックス、事後。
物足りなさを感じる薔薇水晶。

ある日、また誠が薔薇水晶を誘う。食事だけとやや強引に説得され、
薔薇水晶は葛藤の末、誠の誘惑に乗ってしまう。
だが、食事だけでは終わらず、けっきょく再び情事へとつなげられてしまう。
誠と薔薇水晶とのベッドシーン。

やる夫と薔薇水晶の会話。
薔薇水晶がよそよそしいと感じるやる夫。髪型や化粧の趣味が変わったことを
不思議にも思う。(これが伏線になる)

別の日、やる夫は伊藤誠と取り巻きが話しているのをたまたま耳にする。
最近遊びで寝取った女にかなりエグイことをさせていることを、
取り巻きたちに自慢中の誠。
(この時点では薔薇水晶と明示しない)
不快感を示すも、自分には関係ないことだとその場を去るやる夫。

数ヵ月後、やる夫は薔薇水晶に別れ話を切り出される。
やる夫は抜け殻のようになりながら日々を過ごすことになる。

その後のあの日、やる夫はたまたま用事があって、
普段は近寄ろうとしない誠たちのたまり場の側を通った。
すると、薔薇水晶のものらしき声がする。
やる夫は驚いて溜まり場の中を覗いた。
そこにはあられもない姿で誠に抱かれている薔薇水晶の姿があった。

「誠君、好きっ! 大好きぃっ!」
呆然とするやる夫。
その後かなりきつめのベッドシーンと、やる夫を貶めるセリフ。
声を殺して嗚咽するやる夫と、
薔薇水晶の絶頂を示すセリフを重ねたシーンで終了。



.

161 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:18:07 ID:qbcdfn7A


ヒロインを罠にかけるあたりはもう少しひねってもよさそうな気もしますが、
とりあえず以上です。






|
|ω・`)……誰か書いてくれないかな(チラッ
|







埋めネタ : 終わり
.






.

162名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:19:08 ID:3a223qUs
>『人格低劣。女癖が悪く嫌われがち、ルックスはチャラめ、悪知恵は働く』
やっぱり出てくるのは誠氏ねだよなぁ。

163名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:20:38 ID:3a223qUs
>>161
自分の代わりに行くように仕向けた雪華綺晶から誠の仕込みでしょ。

164 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 01:23:25 ID:qbcdfn7A
>>147 詩音をヒロインにねじ込んだ形になってしまいましたが
>>AAがお役に立てたようで良かったです。
こちらこそお世話になりました。ありがとうございました。

お陰さまでトリのシナリオに
(実質的に北条悟史と園崎詩音は二人分で1シナリオのようなものですから)
豊富なヒロインのAAを使うことが出来、
大変助かりました。

165名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:24:02 ID:vO4nZRSw
チンチンのでかさや精力、セックステクニックを強調するために、外見はブサとかキモとかおっさんにするというのもありますな

166名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:29:36 ID:62x4O2fs
考察が熱いwww

NTRには特別こだわりはないけれど
やはり主人公とヒロインの結びつき、あるいは主人公の想いが
強ければ強い程効力を発揮するものかと思います。

漫画などの講座で見た事がありますが、曰く、「上げ下げの幅と効果は比例する」
つまり、結びつきが強い程(上がっている程)、NTRれた時(下がった時)の落差が出る、と。
ゆえにNTRに主軸を置くにしても、ラブラブもおろそかには出来ないかと。

167名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:29:53 ID:OU/ItSDQ
ふむぅ。勉強になるな
NTRスレ建てる時に参考にしよう

168名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:31:48 ID:62x4O2fs
>>160
個人的には、NTR発覚は振られたその日の方が
よりダメージがあると思います。

169名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:31:52 ID:fvE1.aaE
>>153
作家名特定余裕でした!

170名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:36:07 ID:MhhhKO4E
あえて薬物とか超常とか催眠の洗脳を使わずに、不条理な論理と技術だけで
堕とされるというのもなかなかきつい気が。

時間がむちゃくちゃかかりそうですが。

171名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:45:30 ID:tL9XTPEg
考察熱すぎワロタwやっぱり間男はチャラ男か汚っさんの方がいいよね!

172名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:51:16 ID:4fySSwX2
ここの>>1は的確だなあ
時に>>164
勝たせる気なかったのか

173名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 08:36:13 ID:1gRo0vtQ
>>1

こんなに計算してストーリーを書いていたのか。NTRにかける情熱が半端ないですね。
このスレとミクのNTRはとても楽しませてもらいましたので、是非今後もNTRを書き続けてください!

174名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 09:04:57 ID:vIcFJUMI

NTRって奥深いんだなw
あるドラクエのスレで主人公のやる夫がNTRについて熱くで興味持ったが
このスレでますます興味わいてきた

175名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 10:35:46 ID:sX6TD.YE
ぬるいと笑われて構わんが、破滅破局よりは
幼馴染と恋人未満

幼馴染騙されて別の男と関係、恋人に

実は相手は屑でえげつないプレイを楽しみ、飽きたら捨てるつもり

奪い返す、「汚れちゃった」「構わない」、みたいなノリのハッピーエンドも大好きなんだ
主人公が最後に首吊るような展開も引かれはするんだけどね〜

176名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 18:47:28 ID:BexYCKhU
NTRって何がいいんだろ?と不思議だったんだが、
M男が読んでたり、間男に感情移入してたりするのか。
納得した。

ところでNTRもの好きな女性っているんかな?
だとしたらどの辺が萌えor燃えポイントなんだろ

177名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 18:56:27 ID:91i1QA7g
>>176
勿論ヒロインを取られる消失感と
悔しさとやるせなさとちょっぴりのマゾっ気です。
というのは少数派ですが。

恐らくヒロインに自己投影をして、妄想し
退屈な生活への刺激にしているのではないでしょうか?
妄想の中なら苦しみはただのスパイスだし、快楽はそのまま甘受すれば良い訳で。
まあ実際、自分の身に起こるのは遠慮したい人が殆どですけど。

178名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 21:43:31 ID:tdlA1vF6
綺麗なものを汚したい、という感覚もあると思うがなぁ
悲劇とかを楽しむ、というと何か言葉が変だけど、

泣きゲーで泣いたから楽しめない、というのは違うように、悲劇だから楽しめるというのも確かにあるしねー

179 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:49:21 ID:qbcdfn7A



埋めネタ : 恋人を奪われなくても寝取られらしい



しつこくづつくよ寝取られ談義、というわけで
『恋人を奪われなくても寝取られらしい』
というテーマで語ってみます。



.

180 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:49:44 ID:qbcdfn7A



埋めネタ : 恋人を奪われなくても寝取られらしい



しつこくづつくよ寝取られ談義、というわけで
『恋人を奪われなくても寝取られらしい』
というテーマで語ってみます。



.

181 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:50:00 ID:qbcdfn7A



1.恋人を奪われなくても寝取られらしい



『読者に劣等感や敗北感、喪失感を感じさせる』ために、
間男に恋人を奪われることが、
寝取られの基本だと思うのですが、
それ以外のシチュエーションでも寝取られと
呼ばれることがあります。


.

182 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:50:26 ID:qbcdfn7A



1.1 失うのは恋人でなくてもいいんじゃね?



結論から申しまして、大事なものを失って(喪失感)、
しかもそれが主人公の力の無さと(劣等感)、
さらに主人公よりも強い何かが原因であれば(敗北感)
寝取られと言われることが多いようです。

つまりこんなヒロインでも『寝取られ』と銘打たれます。


1)主人公×ヒロイン´
―――――――――
(二人の関係)
・ 姉
・ 妹
・ 母
・ お仕えするお嬢さま
・ お仕えさせているメイド
・ 高根の花のクラスメイト
・ 女と意識していなかった悪友
・ あこがれのアイドル
・ あこがれの隣のお姉さん

まだありそうですが、キリがないのでこの辺にしておきます。


この辺になると、別に寝取られているわけでもなんでもないのですが、
なにぶん『寝取られ』という用語以上に適切なラベリングを可能とする語句が
今のところ開発されていませんので、仕方の無いことです。

つまり、例えば妹をギャル夫に調教されて主人公が悔しがる、
という企画であるとして、『妹寝取られ』なら一言で説明できる上に、
読者もだいたいセールスポイントが予想できるのでいいわけですが、
これが『清純な妹のギャル男による肉奴隷化』だと
長いしセールスポイントがわかりづらいしで宜しくありません。

恋人を寝取られた場合と似たような
喪失感と劣等感と敗北感を読者に感じさせられれば
こまけえことは良いのです、たぶんw



.

183 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:50:43 ID:qbcdfn7A



1.2 喪失感の演出の難しさ



ただしヒロインをこのタイプにする場合、
後で喪失感を演出するのが難しい、という点で
どのライターも苦労しているようです。

なにぶん、『喪失』するためには
1)喪失するための人間関係がまずあり、
2)さらに何らかの理由によってそれが消失しなけれならない
わけです。しかし、血縁が特に顕著なのですが、
こういうものはちょっとやそっとでは消失しません。
例えば、姉が寝取られましたと言いましても、
相手の男がまともで姉も幸せになっているなら、
「良い人を見つけたじゃないか」で終わってしまいます。
別れさせるだけで喪失を演出できる恋人とはわけが違います。

そんなわけで、結末には別世界の住人になるとか
――例えば肉奴隷化やAV女優になる等―――、
失踪・蒸発するといった、かなりキツイ状況が用意されがちです。

これはつまり、シナリオ設計の選択肢がかなり狭くなり、かつ、
残されたルートもドン引きもののハードな内容になることを意味しますので、
恋人以外で寝取りをやろうとするのであれば、
事前に細かく計算しておかないと後で相当苦労すると思われます。



.

184 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:50:59 ID:qbcdfn7A



1.3 実践してみる



理論だけで終始してもなんですので、
実際に以上のモデルを使ってあらすじをでっちあげてみます。


≪ 設定 ≫
ヒロイン役 :母親(柚原春夏)
消失するもの:主人公が信じていた上品で貞淑な母という評価
       (本人を消失させることにすると、後で死なせたり失踪させたり
        することになります。考えるだけでうんざりするので
        ここでは主人公の評価までにとどめます)
消失の仕方 : 肉奴隷化

あとはベーシックな寝取られと同じ。
落ちる理由を考えるのが面倒なので
春夏は欲求不満の未亡人設定にしておきますw

例えばこんな感じ。


1.主人公×ヒロイン

 母親の柚原春夏を慕う主人公のやる夫。
(ここで主人公が上品で貞淑な母と信じていている
ことを表現しておく)


2.間男登場

 春夏に下心を持つオヤジ、鬼作登場。


3.間男×ヒロイン

 春夏が罠にはめられて調教され、
鬼作の肉壺に。


4.寝取られ完了

 学校を早退してきたやる夫が喘ぎ声を聞いて
春夏の部屋をのぞき、
鬼作さんの鬼畜棒でアヘ顔をしている春夏を見て
(これが上品で貞淑な母という評価の消失)
大ショックを受けて終了。



.

185 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:51:24 ID:qbcdfn7A



もういっちょ行ってみます。



≪ 設定 ≫
ヒロイン役 :メイド(月姫の翡翠)
消失するもの:本人
消失の仕方 :肉奴隷化


1.主人公×ヒロイン

 けなげにお仕えしてくれるメイドの翡翠と、
それを可愛がるやる夫。


2.間男登場

 翡翠に下心を持つオヤジ、臭作登場。


3.間男×ヒロイン

 翡翠が罠にはめられて調教され、
臭作の性奴隷に。


4.寝取られ完了

翡翠が出仕してこなくなる。
首をひねっていたやる夫は
臭作がネットに流出させた翡翠出演の
プライベートビデオを見て絶句。
後に翡翠はソープ嬢になったらしいと
風のうわさで聞く。



……書いておいてなんですが、
あらすじを考えているだけでも
かなり苦痛を覚えますので、こっちは
やりすぎかもしれません(汗)



.

186 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:52:15 ID:qbcdfn7A



短いですが
『恋人を奪われなくても寝取られらしい』以上です。

『調教の表現方法としての寝取り』に続きます。




.

187 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 21:52:40 ID:qbcdfn7A





>>172 時に>>164勝たせる気なかったのか
いえいえ、勝てばよし、負けてもフォローはできる、
という両天秤の状態になるよう、
園崎詩音編のセーフティネットとして
北条悟史編は用意されていた、ということです。


>>173 NTRにかける情熱が半端ないですね。
期待して頂きながら申し訳ないのですが
正直、調教は好きでも寝取られはあんまり……、ですw

あれこれ書いてますが、
情熱がなくても調査・分析、結果報告はできます。
課題のレポートを嫌々でも書けるのと同じでw





.

188名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 22:44:14 ID:vO4nZRSw
母親ネトラレは山文京伝かな
この人の母親系作品は視点が息子なものだから、
「母親に捨てられる子供」というエロとは違う恐怖がある。

189名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 23:06:08 ID:5/5s2QSY
NTR対象に幼馴染が入ってないのは…

190 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:21:21 ID:qbcdfn7A



埋めネタ:調教の表現方法としての寝取り


では続き。



2 調教の表現方法としての寝取り



他作品を研究しているうちに気がついたことなのですが、
寝取られと言われる作品は、実は調教メインで、寝取られは
そのための演出の一つにすぎないということがよくあります。

この場合、主人公を裏切る良心の痛みに悶えるヒロインが背徳感を、
また、嫌がるヒロインをそれでもアヘらせることで支配感・優越感を、
それぞれ演出する、という感じになります。
『くやしいでも感じちゃうビクンビクン』と似たようなものです。
こちらは『主人公ごめんなさいでも感じちゃうビクンビクン』ですが。

やや極端ながら、ヒロインが調教されるシーンがひたすら続き、
主人公は最初と最後に顔見せだけ、というシナリオも
調べた中にありました。
寝取られのために調教を使う、というよりはむしろ、
調教のために寝取られを使う形になります。

この理由としては、やはり寝取られと調教の親和性が
高いからであろうと思われます。
自分も、実際に寝取られシチュを試してみた感想として、
調教の表現手段に便利と感じました。


.

191 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:22:11 ID:qbcdfn7A



2.1 調教に寝取られを絡める利点1 : 合いの手役としての主人公




自尊心を持つ相手を屈服させればこその支配感
確固たる良識を元に必死に抵抗されればこその優越感
元の姿との落差があればこその背徳感、
というわけで、
>>166さんもおっしゃっておられますけれども、
調教ものの盛り上げポイントの一つは元の姿との落差なわけですが、
その『ギャップがすごいんですよー』ということを表現するのに、
あるいは元の姿を知っている主人公に合いの手を入れさせる
手段がなかなか有効でした。

自分の書いたものを例としてあげるのは気恥ずかしいものがありますが、
この合いの手の有効活用を図ったシナリオが、
『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』における
フェイト編とハク編です。

エロシーンで、主人公のやる夫が
「なんて格好を……。……嘘だお……。あのフェイトが、あんな……」
(=フェイトははしたない格好などしない女の子である、とやる夫が信じている
ことを表現しています)
とか
「は、ハク姉が精飲まで……」
(=ハクは精飲などするような女性ではない、
とやる夫が信じていることを表現しています)
などと合いの手を入れることで、場を盛り上げさせています。


元の姿との落差をどううまく演出するかというテーマは、
調教もののとても大きなポイントになりますので、
演出のための一手段に使えるというだけでも
寝取られシチュを活用する価値はあると思いますw


.

192 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:22:43 ID:qbcdfn7A



2.2 調教に寝取られを絡める利点2 : 『主人公ごめんなさいでも感じちゃうビクンビクン』




また、寝取られシナリオは、ヒロインの立場に立った場合、
主人公への裏切りですから、背徳感の表現として使える上に、
『嫌々なのに感じてしまう』という被支配感を演出しやすいという利点もあります。

人妻もので「ごめんなさいあなた」とか「もうやめて、許して」などと
ヒロインに言わせたりするのはよい背徳感の演出の例と思います。

もっとも、葛藤を演出したいがために、ヒロインの貞操観念をあまりに強くしすぎると、
「それなのに堕ちるのは変じゃね?」
という話になって、後で言い訳するのが大変になり
『壊れたんです』なんてウルトラCをかける羽目になったりするので、
後々は考えないといけないでしょうが。



.

193 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:23:09 ID:qbcdfn7A



2.3 というわけでモデルを作ってみる



以上を踏まえて寝取られをからめた調教シーンの流れを
モデル化してみます。


1)ヒロインの日常生活(ごく普通の生活を送っていたヒロインが)
2)後でご主人様となる間男登場(悪い男に目をつけられ)
3)きっかけ発生(なにかしらの理由で調教されることになり)
4)調教シーン(実際に調教されて)
5)寝取られ完了、調教結果をお披露目(性奴隷になり、それを主人公が知る)


といったところでしょう。


.

194 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:24:15 ID:qbcdfn7A


1)ヒロインの日常生活


まずヒロインの日常生活を描写します。
後で調教後との落差を演出するため、
清純派なところを見せておくとよいと思います。
また、寝取られとからめますので、
主人公との恋愛関係も描写します。

なお、裏切りによる葛藤を後々描写する関係で
主人公との関係は恋人あるいは夫婦限定です。



2)後でご主人様となる間男登場

後でヒロインを調教することになる間男を描写します。

どのようなご主人様に設定するかは
想定する読者層の好みによると思います……
例えば、マゾ趣味を持つ男性層を想定するなら
精力だけ人並み以上で後はむしろ低劣な、
キャラがよさそうですが、
実は浮気願望を持っている女性を想定するなら
浮気相手として相応しくなるよう清潔感を持たせた方が
良い気がします。なんとなく。



3)きっかけ発生

ヒロインが調教されることになった理由を書きます。
脅迫、強姦、薬物使用、事故、などなど。
ヒロインがノリノリだと調教シーンの演出が困難になるので、
嫌々調教を受けることになったということにしておきます。

ただし、後でヒロインが堕ちる描写を入れないといけませんので、
たとえ嫌々であるにせよ、心の一部だけでも納得させておくほうが
後でシナリオの無理が出にくいと思われます。



4)調教シーン

言わずもがなですが、最初の一発目では背徳感の描写を強めにします。

その上でイくことで『なにかが壊れた』的な描写を入れるなどして、
後々調教に引きこまれていくことに理由づけをしておけるとベター。

ただし、堕ちていく経過をとことん細かく書くのは困難です。、
無理に書くとかえっておかしくなりがちなので、
拘りが無いなら適当に省略をかけるほうがよいでしょう。
作品がゲーム化されるような著名なエロ小説作家ですら
調教過程はかなりバッサリ省略しています。



5)調教結果のお披露目


フィナーレです。主人公の合いの手を使いつつ、
調教されたヒロインの
ビフォー・アフターのギャップを演出します。




.

195 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:25:09 ID:qbcdfn7A


2.4 モデルを使ってみる


では例によって実践編。モデルを使って原案をでっちあげてみます。

といっても一から作るのは大変すぎるので、
前回のやる夫・薔薇水晶・伊藤誠の原案に
手を加えることにします。




【原案】

1)ヒロインの日常生活

やる夫は幼馴染の薔薇水晶と付き合っている。
すでにセックスもしているが、ただし比較的淡泊な内容にとどまっている。



2)後でご主人様となる間男登場

やる夫たちには伊藤誠という先輩がいた。
女癖が悪く、評判の良くない男で、やる夫は嫌っているが、
薔薇水晶はゼミの先輩ということもあってそれなりに付き合っている。

その伊藤誠は薔薇水晶を落としたいと思っていて、
悪だくみをはじめていた。


3)きっかけ発生


ある日、薔薇水晶は伊藤誠に飲み会に誘われる。
最初は断った薔薇水晶だが、その後、同じゼミ生の雪華綺晶に
自分の代わりに行くよう頼まれてしまい、嫌々ながら出席することにする。

雰囲気の良い店でつい油断してしまった薔薇水晶は、
酒を飲み進めるうちに、うっかり眠ってしまう。
それは伊藤誠に睡眠薬を盛られたためでもあったが、
彼女自身はそれに最後まで気付かなかった。


気がついたときには薔薇水晶は伊藤誠と肉体関係を持ってしまっていた。
伊藤誠に愛をささやかれ、自分のうかつさを嘆く薔薇水晶。
それが伊藤誠の姦計だと彼女は気付けなかった。
そのまま薔薇水晶は伊藤誠に再び抱かれてしまい、体を翻弄される。
「やる夫君、ごめんなさい」
しかし、その快感はやる夫とのセックスで感じるそれよりも
はるかに強かった。
ついに絶頂を迎えてしまう薔薇水晶。気が遠くなっていく中で、
自分の中の何かが決定的に変わってしまったことを
感じていた。



4)調教シーン



やる夫とのセックス、事後。
物足りなさを感じる薔薇水晶。

ある日、また誠が薔薇水晶を誘う。食事だけとやや強引に説得され、
薔薇水晶は葛藤の末、誠の誘惑に乗ってしまう。
だが、食事だけでは終わらず、ホテルへと誘われる。
薔薇水晶は誠にやる夫と恋人であることを勇気を出して告白し、
断ろうとするが、結局は強引に押し切られてしまう。
薔薇水晶はやる夫を裏切ったことの良心の疼きと、
誠に与えられる快楽の狭間で葛藤しながらも、
最後には絶頂を迎える。



やる夫と薔薇水晶の会話。
やる夫への罪悪感から、ついよそよそしくしてしまう薔薇水晶。
それがやる夫の怒りを招いて雰囲気が悪くなってしまい、薔薇水晶は悲しむ。
その傷心の隙を誠は見逃さなかった。再び薔薇水晶は体を誠に任せる。
そんな日々が続くうちに、
いつしか薔薇水晶は髪型や化粧も誠の趣味に合わせるようになり、
アブノーマルなプレイも受け入れさせられていく。
(ただしこの時点では、それをほのめかすだけにとどめる)

最終的には、薔薇水晶は誠にやる夫に別れるよう言われ、
それに同意してしまう。
悪い顔で笑う誠。


5)調教結果のお披露目


ある日、やる夫の家にDVDが届く。
それは薔薇水晶のセックスシーンを写した
プライベートビデオだった。
大勢の男たちに嬲られている様子を
抵抗なくビデオに撮られていく薔薇水晶。
それはやる夫が知っている彼女の姿とは
似ても似つかなかった。彼女は無残に
調教されきってしまっていたのである。

嘆きながらも、薔薇水晶のあられもない姿を見て
興奮し、自慰を初めてしまうやる夫。
薔薇水晶の絶頂を示す声とともに、
やる夫もまた果ててしまうのだった。



.

196 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:25:54 ID:qbcdfn7A


書いておいてなんですが、
ひっでーシナリオですね(汗)


ともあれ以上です。






.埋めネタ : 終わり

197名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 23:31:12 ID:4fySSwX2
例で柚原春夏が出てくるとは思わなかった
葉っ派なのか>>1
あ、お疲れ様でした

198 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:33:44 ID:qbcdfn7A
>>188 母親ネトラレは山文京伝かな
いくつかありますねー。
あの作者さんのシナリオはクオリティが高いと感じます。

もっとも子どもが登場するものは、
「子どもをまきこむのは勘弁してやってくれ……( つД`)」
というのが先に来ちゃうので実は苦手なのですが(汗)


>>189 NTR対象に幼馴染が入ってないのは…
前回代表的な寝取られに入れちゃってるからですw

.

199 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:37:22 ID:qbcdfn7A
>>197 例で柚原春夏が出てくるとは思わなかった
エロAAスレに柚原春夏のエロAAがあがっていましたので
印象に残っていました。

ぶっちゃけToHeart2はやったことがありませんw


というかエロゲ自体実はあんまりやらなくて、
Fateと月姫を除けば
廉価版の愛姉妹、SEEK2あたりに手をだしたくらいです。


.

200名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 23:38:14 ID:FhhqEMoo
こんなにネタがあるんなら梅に短編でも書いてほしいなあ(チラッ

201 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:38:44 ID:qbcdfn7A
あ、違う。嘘つきました。
鬼畜王ランスと戦国ランスもやってます。

202 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:40:53 ID:qbcdfn7A
>>200 こんなにネタがあるんなら梅に短編でも書いてほしいなあ(チラッ

   ┌─┐
つ │鏡│ キラッ
   └─┘



.

203 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:42:43 ID:qbcdfn7A
あ、電脳M奴隷・麗美もそういえばやりました。
意外とやってますねw

204名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 23:43:10 ID:91i1QA7g
>>1さんの短編が見たいなぁ(チラッ

205 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/18(月) 23:44:13 ID:qbcdfn7A
204 >>1さんの短編が見たいなぁ(チラッ

   ┌─┐
つ │鏡│ キラッ
   └─┘

206名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 23:46:49 ID:vO4nZRSw
春夏はたぶん月曜日スレで増えたのかなあ

しかし誠がやる夫から女を寝取る、というのはそのものズバリの寝取られスレを彷彿させるw

207名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:09:39 ID:fyg0VBSc
でもぶっちゃけ、NTRだとそんなにシナリオひねれないと思う
発端から結末まである意味がっちり決まっちゃってるわけだし
寝取るシーンのシチュエーションに凝るくらいしかできないでしょ

208名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:49:27 ID:zBmsvHXg
逆にやる夫が寝取る側ならどうだろう
チート化が流行る前のやる夫って基本ダメ人間多かったし
イケメンからヒロインをNTRする冴えないブ男って構図には合いそう

209名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:50:47 ID:jU/MtVao
NTRは結果に対する呼称だからな
自ずと制限はある

210名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:13:35 ID:xjr/lM4A
>>208
テレビ局とか、エロゲ原作のやる夫スレだとあるね

211名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 02:03:22 ID:ENYsyKPU
相変わらず考察が熱いなw
>>1さんのオススメのNTR漫画とか聞いてみたいなぁ(チラッ

212名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 03:04:09 ID:7PHCF3XM
>>184
そのケースは「主人公を置いて男と失踪」ぐらいまで行かないとNTR臭が薄くなる
……というか母子相姦という新たな世界への扉が開くだけの気もw
どちらでもありそうなのが、若く美しい後妻(親子仲は良好、主人公の初恋の人)
が別の男に寝取られるケースで、NTRの場合はそのまま男と失踪、
相姦ものの場合は「親子だから恋心を押し隠してきたのに……!」
「義母さんの女の部分が満足出来ないというなら俺が犯ってやる!」と息子がブチ切れ
その後で実は、義母が日々成長していく義理の息子に男を意識するするようになっていて
体面上関係を持つことなど出来ず悶々としていたところを別の男にコロリ……
などという演出強化が入ったりしそうです

長々と書きましたが、NTRという視点から見ると未だ肉体関係が無い状態で女性が居なくならない場合、
NTRを構成する「雄としての性機能の否定」が薄くなるのではないでしょうか
(いわゆる「あの人のモノよりずっと大きいわ」とか「サラマンダーよりはやーい」とかです)
肉体関係を持っていないからこそ、「近くに居るならまだ寝取りかえすチャンスは有る」というか……
「どうなさいました………?主人公様……さあ さあ お気を確かに……!
 がっかりするには及ばない……!一度は寝取られた彼女はまだあなたのそばに居る……!
 まだまだ……寝取りかえす可能性は残されている…!
 どうぞ……存分に彼女を追い続けてください……!
 我々(プレイヤー)は……その姿を心から 応援するものです……!」
ゲームだと↑みたいな感じでw


……夜中にふと起きたからって何書いてるんだ俺はorz

213名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 06:12:06 ID:DSz/MAnQ
現在短編を書いてみている途中。

もしこのスレが埋まる前に完成したら公開(後悔?)予定。

214名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 14:59:35 ID:AJiy8ITM
NTRものもいいけど、前作みたいな救いようのない鬼畜ものも見たいな。

215 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 20:59:29 ID:ZW.SzNdc



寝取られ談義 : 読者の心の壁を乗り越えて、「ひぎぃ」と言わせよう



さらに続くよ寝取られ談義というわけで、
今夜も語ってみようと思います。



.

216 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:01:22 ID:ZW.SzNdc
おや?

>>213 現在短編を書いてみている途中。
>>もしこのスレが埋まる前に完成したら公開(後悔?)予定。
mjsk。

+   +
  ∧_∧  +
  (0゚・∀・) ワクワクテカテカ
  (0゚∪ ∪ +
  と__)__)   +


あと万一がスレ埋まってもご安心を!
新しく立てればいいことです!

217 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:01:51 ID:ZW.SzNdc
それはそれとして埋めネタ続き。




1 読者の心の壁を乗り越える




寝取られシナリオの作成で問題となるのが、
読者が最初から心の壁を作っててしまうことです。

なにしろ寝取られものは
確実に精神的にクるシナリオになるわけですから、
後で痛い思いをして「ひぎぃ」と言わずにすむよう、
「こいつは後でどうやっても寝取られるんだから
あんまり入れ込まないようにしよう」
とばかりに、最初から感情移入せず引き気味に
読まれてしまいがちなのです。

これは心の防御機構として大変正しい仕組みなのですが、
作成側としましては、読者に思い切り感情移入した末に
「ひぎぃ」と言わせねばならないわけですから、
なかなか困った話でございまして、
なんとかこの防御機構を無力化するための
策を用意せねばなりません。

218 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:02:42 ID:ZW.SzNdc



1.1 騙し討ちを仕掛ける



とどのつまり、最初から寝取られとバレているから
心の壁を作られてしまうわけです。
「だったら最初は寝取られじゃないフリを
しておけばいいじゃまいか」
という解決策が一つ思いつきます。
すなわち騙し討ちですw

また聞きで恐縮ですが、
実際に『うちの妹のばあい』というエロゲが
これを実行したようです。
なんでもお兄ちゃんシミュレーターと名乗って警戒を解かせた上で、
寝取られシナリオに突っ込ませ、
プレイヤーに「ひぎぃ」と言わせる設計なのだとか。
良い趣味ですw

ただ、騙し討ちをかけますと、
次回作から警戒されまくりになるでしょうから、
後のフォローで苦労しそうです。

その危険を冒してでも一発カマしたい、
という狂おしいまでの情熱を生かすのも
また一つのライフスタイルではありそうですが、
少なくとも、軽い気持ちで仕掛けることは
できない手法である気が致します。


.

219 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:04:11 ID:ZW.SzNdc



1.2 インボルブメント・デバイス



そんなわけで、もっと穏便な方法として、
インボルブメント・デバイスの活用を考えてみます。

インボルブメント・デバイスとは、
プレイヤーを巻き込んで当事者意識を
抱かせるための仕掛けです。
元々マーケティング用語です。

例えばエロゲで選択肢を用意して、
プレイヤーを主人公として参加させた上で
寝取られシナリオに突っ込ませて
「ひぎぃ」と言わせるような仕掛けはこれにあたります。

やる夫板2で実行するのであれば、安価を用いて
場合によっては寝取られを避けて純愛ルートに
行けるような仕組みを活用しつつ、
寝取られルートに突っ込ませるといいかと思います。

ただし寝取られを避けられるようにしておくことが重要です。
なぜなら、最初から寝取られることが確定しておりますと、
自分のコントロール外の出来事ということになって、
参加感が失せてしまうからです。


.

220 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:04:32 ID:ZW.SzNdc


『でもそんなことしたら寝取られがなくなる可能性が高いじゃないか。
俺は寝取られが書きたいんだ』

という点が気になるのであれば、
ヒロインAとヒロインBを用意しておいて、
ヒロインAを選べばヒロインBが寝取られ、
ヒロインBを選べばヒロインAが寝取られる、
というシステムにする手があります。

これならば確実に寝取られを書ける上に、
『俺は誰を選べばよかったんだ―』的な苦悩を
読者に味わって頂けて一石二鳥と思います。

なお、この場合、ヒロインAとBは立場を同じにしておいた方が、
(つまり妹なら妹同士、幼馴染なら幼馴染同士)
「助けられたようで実は助けられていない感」
とでもいうべき状況を作り出しやすいかもしれません。


.

221 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:04:52 ID:ZW.SzNdc



*余談*



余談ながら、『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』でも
安価パートがこのインボルブメント・デバイスの効果を持ちます。
もっとも、『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』は
寝取られを目的としていたわけではなく、
よってバッドエンドの効果が際立ちすぎるとかえって困りますから
――というのは、プレイヤーが入れ込んだ挙句
散々な目にあって二度と近付くまいと決心する、
なんて事態が多発しては
人が減ってゲームが成り立たなくなりますので――
これは副作用というべき効果でした。
そのため、その副作用を軽減すべく、
シナリオのキツさを下げたり難易度を調整したりといった
工夫をしています。
ただし甘くし過ぎるとそれはそれで
緊迫感が失せるのである程度キツくする必要もありました。
そんなわけで、バランスどりには最後の最後まで
本当に苦心しました。



.

222 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:05:33 ID:ZW.SzNdc



1.3 日常パートに力を入れる



さてそれから、日常パートも重要です。
顔見せだけ終わったらさっさと寝取られパートに入る、
というシナリオですと、
どうしても感情移入をされづらくなりがちですから、
日常パートに力を入れておく必要もあろうと思います。

それこそ途中までは恋愛感情を盛り上げるだけ盛り上げておいて
ゴールイン、
直前に寝取られルートに落として
「ひぎぃ」と言わせる構成が、
大変面倒くさいですが有効でしょう。



.

223 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:07:06 ID:ZW.SzNdc


1.4 結論


結論を申しますと、インボルブメント・デバイスとしてで安価を活用しつつ
恋愛感情を盛り上げる日常パートを長めに書いていき、
読者に参加してもらって当事者意識を強めさせたところで、
寝取られパートに突っ込ませれば、
かなり「ひぎぃ」と言わせられるのでは
あるまいかと思われます。



.

224 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:07:24 ID:ZW.SzNdc




寝取られ談義 : 読者の心の壁を乗り越えて、「ひぎぃ」と言わせよう


終わり




.

225名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:12:53 ID:DWRZRxqA
どうでもいいがひぎぃ言わせるのは読者をかよw

…さてと、ちょっと書きためするか

226名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:14:24 ID:pEbfd8kE
乙です

>読者に思い切り感情移入した末に「ひぎぃ」と言わせねばならない
事前情報を全く入れずにバハムートラグーンをプレイした俺のことですね、わかります

227名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:30:11 ID:xjr/lM4A
寝取られが避けられないっつーと、下級生2の幼馴染ヒロインたまきがいるな

228名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:33:30 ID:CxGGMi.g
>>227
あれは最初から他の男のもの。
どちらかというと、主人公が寝取った側。
ま、俺は委員長一筋だから関係無し。

NTR嫌いなので、ずっと神仏側でしたよ。

229 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 21:43:32 ID:ZW.SzNdc


>>211 相変わらず考察が熱いなw >>1さんのオススメのNTR漫画とか聞いてみたいなぁ(チラッ
PARANOIA CAT(藤原俊一) 『憧れの女』とJIN 『遠坂家ノ家計事情』シリーズが
良かったですね。寝取られと言っていいかは微妙なラインですが。

ハードな寝取られものとしては、
自分はギブアップしましたが、
山文京伝の作品がいいかもしれません。




>>225 どうでもいいがひぎぃ言わせるのは読者をかよw
寝取られシナリオってそういうものだと思いますw

>>…さてと、ちょっと書きためするか
期待!



>>226 事前情報を全く入れずにバハムートラグーンをプレイした俺のことですね、わかります
ああ、少年たちのガラスのハートに直撃弾をブチこむことに成功した
とても羨ましいゲームですねw
いまだに語り継がれるのだからすごいと思いますw



>>227 寝取られが避けられないっつーと、下級生2の幼馴染ヒロインたまきがいるな
へえ、どれどれ?


(……Googleで検索中……)


……主人公が間男やってませんか?(汗)

230名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:47:22 ID:.OdFvBy.
みとすぱはいいよねー。咲子さんの男性事情とかもろ好みだった

231名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:53:36 ID:vjytNbHo
>>230
あれは良かった<咲子さんの(ry

232名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 21:55:38 ID:Yxa3wdjo
同級生・下級生シリーズは基本的に
アバズレ設定が無い限り、同じ学園の女の子は処女だったと思うから…
メインヒロインで幼馴染で非処女というのがかなり「ひぎぃ」だったのでは?

主人公「そういやお前彼氏とか居ないよな」
ヒロイン「え、居るよ?」
主人公「そうだよな、居るわけないよなー・・・えっ?」

こんな感じ。

233 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 22:01:35 ID:ZW.SzNdc
>>225 どうでもいいがひぎぃ言わせるのは読者をかよw
という突っ込みで
なんか寝取られシナリオを書く鷲巣巌
というテーマを思いついたので即興で投稿w

234 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 22:01:56 ID:ZW.SzNdc



          ___________
        ./                 \
       / __           .___  \
      / /::::::::: `ヽ、        /  :::::`ヽ、ヽ、
.     / /::::::::      ヽ、__,/     :::::::::ヽ、ヽ.
     l /::::::::::    '⌒ヽ、__, -‐ ´ ̄`  ::::::::::ヽ...l      ククク…………
.    | |::─‐- 、    ヽ、___, -‐'   ,-─‐::::| . |
.     | |::::::    ̄ ‐-__       __-‐  ̄  :::::::::| .|
    | |:::::::  _, -─‐- \     / -─-- 、 ::::::::| .|       抗えっ…!
     |  ヽ::: ´ _-===-、      , -===-_、`ヽ:::/ ..|
   ./⌒l...| : <´.  o ` >≡ ≡< ´ o  .`> :::|.../⌒i
    | l⌒| .| ::::::::` ‐---‐ ´:::::::|::|:::::::` ‐---‐ ´ :::::: :| .|⌒l |
   | l⌒|. |:::: ヽ;;::::::::::::::::;ノ::::::|::|::: :::;::::::::::::::::;;;ノ::::::|..|⌒l |
.   | l.O| .|::::::::::: ̄ ̄ ̄   ::::|::|:::::   ̄ ̄ ̄,,ノ ::: :| | 0l |       せいぜい抗うがいい…
..   | l. | |⌒ヽ  ̄ ̄  :::::::|::|::::::    ̄ ̄ '⌒ ::| |.しl.|
   /ヽ二_|⌒ヽ、_,ノ  (__::::|::|::::__) ヽ、_,ノ'⌒ヽ|人_ソl
   /    |:::::_       ∪        ._::::|    .|
  /      |:::\ヨ王l王l王l王l王l王l王l王l王/::|      |
  /       |::::::::                ::::::::|      |
 //|     l;::::::::::    ____     :::::::::;l     |\ |
 ̄|::::::|     |\:::::::::   ::::::    ::::::::/|     |::::::| ̄
::::|:::::::::|.    | . :\:::::: |  l  l  l   ::::::/: |.    .|::::::::|:::::
:::|::::::::::::|    . |\ :::\:::::::      ::::::/::: /|     |::::::::::|:::::

235 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 22:02:20 ID:ZW.SzNdc


          ,.. -─ '''''' ─- .、,
          /,.、,_ヽヽl l / /_,. 、ヽ
        / / -、`''ー─'''´,. - ', ',
       / / ``ヽニー_ ‐_',ノ´´ ', ',   ド鬱シナリオの予感に精神的に追い詰められ…
       /‐;‐==、、,,_ 、..__.  _,,、、==‐;‐',
.      i l,   ___``   "´___   .,! li   スレ住人が力の裏付けもないのにハッピーエンドに
     f⌒ll _.._-‐。-、 i i ,r‐。‐-_.._ ll⌒i   向かわせようと圧力をかけたり……
.     !(`!| ヾ三≡" | | `≡三'" !l´)!
       ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/   せめて自分の好きなキャラは助けてほしいと
      / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\   無駄な要望をだしたりする……
    /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \
  ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_
'"´    / |  i ! \   ニニ   /,'// l,    `
    /  |   ト、 \ ' ' ` / ,! '/  l,
    /   l  | r\   ̄ ̄  ,イ.//    l
    \  リ, l 、))r\_ _/レノ/   /
    /   |ヘヘ、\ゝ))r ||、ノr) 〃 |   \



.

236 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 22:02:37 ID:ZW.SzNdc


          ___________
        ./                 \
       / __           .___  \
      / /::::::::: `ヽ、        /  :::::`ヽ、ヽ、  |   その抵抗こそ……
.     / /::::::::      ヽ、__,/     :::::::::ヽ、ヽ.    ………美味……! わしの愉悦なのだ……!
     l /::::::::::    '⌒ヽ、__, -‐ ´ ̄`  ::::::::::ヽ...l 
.    | |::─‐- 、    ヽ、___, -‐'   ,-─‐::::| . |   
.     | |::::::    ̄ ‐-__       __-‐  ̄  :::::::::| .| 
    | |:::::::  _, -─‐- \     / -─-- 、 ::::::::| .|
     |  ヽ::: ´ _-===-、      , -===-_、`ヽ:::/ ..
   ./⌒l...| : <´.  o ` >≡ ≡< ´ o  .`> :::|.../⌒i 
    | l⌒| .| ::::::::` ‐---‐ ´:::::::|::|:::::::` ‐---‐ ´ :::::: :| .|⌒l |
   | l⌒|. |:::: ヽ;;::::::::::::::::;ノ::::::|::|::: :::;::::::::::::::::;;;ノ::::::|..|⌒l |
.   | l.O| .|::::::::::: ̄ ̄ ̄   ::::|::|:::::   ̄ ̄ ̄,,ノ ::: :| | 0l | 
..   | l. | |⌒ヽ  ̄ ̄  :::::::|::|::::::    ̄ ̄ '⌒ ::| |.しl.|
   /ヽ二_|⌒ヽ、_,ノ  (__::::|::|::::__) ヽ、_,ノ'⌒ヽ|人_ソl  
   /    |:::::_       ∪        ._::::|    .|  
  /      |:::\ヨ王l王l王l王l王l王l王l王l王/::|      | 
  /       |::::::::                ::::::::|      | 
 //|     l;::::::::::    ____     :::::::::;l     |\ |
 ̄|::::::|     |\:::::::::   ::::::    ::::::::/|     |::::::| ̄
::::|:::::::::|.    | . :\:::::: |  l  l  l   ::::::/: |.    .|::::::::|:::::
:::|::::::::::::|    . |\ :::\:::::::      ::::::/::: /|     |::::::::::|:::::



.

237 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 22:03:20 ID:ZW.SzNdc



       ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/
      / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\
    /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \
  ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_       わしは…… それが見たくて……
'"´    / |  i ! \   ニニ   /,'// l,    `
    /  |   ト、 \ ' ' ` / ,! '/  l,
    /   l  | r\   ̄ ̄  ,イ.//    l
    \  リ, l 、))r\_ _/レノ/   /
    /   |ヘヘ、\ゝ))r ||、ノr) 〃 |   \







.        | ゝ.|.| ト、ヽu__ | .| u、_ /,ィ |.|ノ l
.        ゝ-|| | |ヽ u ゝ!__!ノ u ,ィ'|.| ||‐'´|
       /  | ト'、|`T.T T T.T´レ1| .|  |      その恐れ……  恐怖を…見たくて…
       7/| .| \|`「`「`「`「´| |/ |  |ヾ
  ,.、 -‐ '' "|';';| .| しu`U二二二 ̄u .|  |';';'|" '' ‐- 、..,       見たくて……
'' "';';';';';';';';';'|;';';'|  `'i 、    ̄ ̄  ,、-i´  .|';';';'|;';';';';';';';';';';" ''
';';';';';';';';';';';';|';';';';|   | `'-、___,、-'´  |   |';';';';'|;';';';';';';';';';';';';'     見たくて………もう… 何度も……
';';';';';';';';';';';'|;';';';';'|   ト、      .ノ|   |';';';';';';|';';';';';';';';';';';';






            ,,..、--―――--、..,,
          r'" ,.,.,.        ,.,., `' 、
         | .i´ _`'-、___.、-'´_ `i  l
            | l u _ `'-、__、-'´ _ l .|
         | .l    `'-、____、-'´ u l |
         | |-====、、  ,、====-| |     ド鬱シナリオを書いて
.       r‐'、ヽu,、-三- ゛|j~´-三-、u /r-、    しまったよ…………!!
       | r‐| | <´ o 》ノi i、《 o `> .| |`i |
       | に| | ゛ミ≡彡 | |uミ ≡彡 .| |.コ |
.        | ゝ.|.| ト、ヽu__ | .| u、_ /,ィ |.|ノ l
.        ゝ-|| | |ヽ u ゝ!__!ノ u ,ィ'|.| ||‐'´|
       /  | ト'、|`T.T T T.T´レ1| .|  |
       7/| .| \|`「`「`「`「´| |/ |  |ヾ
  ,.、 -‐ '' "|';';| .| しu`U二二二 ̄u .|  |';';'|" '' ‐- 、..,
'' "';';';';';';';';';'|;';';'|  `'i 、    ̄ ̄  ,、-i´  .|';';';'|;';';';';';';';';';';" ''
';';';';';';';';';';';';|';';';';|   | `'-、___,、-'´  |   |';';';';'|;';';';';';';';';';';';';'
';';';';';';';';';';';'|;';';';';'|   ト、      .ノ|   |';';';';';';|';';';';';';';';';';';';




.

238 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 22:04:45 ID:ZW.SzNdc
即興でしたが以外とフィットしているかもw

あ、ちなみに>>1を鷲巣巌に仮託したわけではないので
念のためw

239名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 22:06:33 ID:9yenkwVA
寝取られた結果っていうのも大事だと思う。
悪者一味が奥さんを拉致、自分のことの記憶を消され、
奥さんとの再開の直後に間男の手で自分が殺される。
あげくに自分の子供と間男の子供が殺しあうというSFCの某SRPG。

240名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 22:13:45 ID:xjr/lM4A
このせりふ、鷲頭様じゃなくて蔵前(銀と金)じゃなかったか?

241名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 22:14:44 ID:xjr/lM4A
あ、すいません自己解決した。鷲頭さまでいいのか。

242名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 22:21:31 ID:ENYsyKPU
>>229
おお、ありがとう!そしてどちらも好きな奴だw
JIN氏の漫画は絵も好みだから大好物です
山文京伝は人を選ぶでしょうな

NTRは今まで普通の展開だったのにいきなり来るとグッとくるな
特に純愛物のエロゲーだったり連載漫画とかで来るとたまらない
まぁ怒る人がいるせいなのかゲームで見ることは滅多に無いが

243名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 22:42:36 ID:zBmsvHXg
>>219
ハーレム系のゲームで序盤から1ヒロインを魅力的に描いておきながら
いずれ知り合うはずの主人公とは接点ない所で陵辱三昧
ようやく助けたと思ったらろくに会話もないままゲーム終了

同じゲーム内で救出すればH可能なヒロインも多かっただけに
干渉不能なこれには「ひぎぃ」と言わされたけど、NTRとはまた違うジャンルかなあ…

244 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 23:19:37 ID:ZW.SzNdc
あ、そうだ。
埋めネタに一点加筆。

騙し討ちにする場合、
伏線を真の意図に気付かれにくいように工夫しつつ
上手に張らないといけないでしょうね。


伏線をまったく張らなかった場合、唐突感がでてしまって
「ちょっと待て、なんでいきなりそうなる」
という話になりますし、といって、バレバレの
伏線を張った場合
「ヤベエ来るぞ」
と警戒されてしまいます。



>>242 NTRは今まで普通の展開だったのにいきなり来るとグッとくるな
期待していたものが甘甘なものであればあるほど、
ギャップ激しくてキそうですね。
『嘘だッ!』
って感じですか。



>>243 干渉不能なこれには「ひぎぃ」と言わされたけど、NTRとはまた違うジャンルかなあ…
嫉妬という共通点はあるかもしれません。
自分はよくわかっていませんが、
嫉妬も寝取られもののファクターの一つじゃないかと
言われています、実は。



.

245名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 23:22:39 ID:nWhR9B0A
全然関係ないけど、「其の嘆きこそ、我の糧也。」っつー台詞を思い出したw

246 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/19(火) 23:47:19 ID:ZW.SzNdc
加奈〜いもうと〜



臭作



寝取られ

を混ぜると、血を吐けそうなシナリオに
なりそうなならなさそうな……。



……やめ。もう寝ますw

.

247名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 23:52:18 ID:7PHCF3XM
なにその混ぜるな危険w

248 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 00:13:38 ID:yUKeR4Yk
なんか眠れませんw



妹ヒロインの……

日常パートは純愛オンリーで
臭作ちょい役だけで


主人公と結ばれる直前くらいで
ヒロインが恐喝のネタをとられーの


ヒロインを助けるための安価、
と見せかけて実は3択のどれ選んでも無理、
みたいな感じで失敗させて
ヒロインが臭作によって処女喪失させられーの


ヒロインを今度こそ助けるための安価、
と見せかけてやっぱり実は3択のどれ選んでも無理、
みたいな感じで失敗させて
ヒロインが調教されて感じていきーの
媚薬かまされーの掘られーの


これがラストチャンスだ絶対
ヒロインを助けるぜファイナル安価、
と見せかけてやっぱり実は3択のどれ選んでも無理、
みたいな感じで失敗させて
最後は主人公の目の前でヒロインが自分から腰振って
喜んで臭作にご奉仕しつつ
「お兄ちゃん、エッチな私をもっと見てえ」
とか……


いやしかし
これじゃ言い訳不能の騙し討ちだろとか
そもそも臭作が登場した時点で絶対警戒されるだろとか
色々問題が山積み……



……やめ。今度こそ寝ますw

249名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 00:41:19 ID:eulBhADg
なぜだ
本人は否定してるのに
もう>>1=欝シナリオを書く鷲頭様が完全に一致してしまうwwwwwwww

250名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 00:56:50 ID:RmYClA/A
終わったと思ったら埋めネタで再燃しているとかどんだk(ry
調教物は大好物なのでもっとやr(ry


今更だけど、神託による駆け引きの要素にヘビ側は神託が1つしかないのにカエル側に神託が追加される。
ってパターンがあってもいいんじゃないかな?って思った。

251名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 01:36:03 ID:Sg5X7Xxk
無垢なる刃・・・!

252名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 02:04:23 ID:bFFYwWqY
やる夫初挑戦なんだけど、AAのずれ修正とかってみんなどうやってるの?

253名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 03:55:53 ID:vawqU0G6
定番は全角or半角スペース、後はドット.だな

詳しくは初心者スレとリンク集で
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285080286/

254名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 10:35:19 ID:lHQiBZQY
>>243
ネタに全力全開である事が既に周知済みのメーカー(ちよれん関係とかw)ならいざ知らず
「鬱要素は一切無いです」って前宣伝しておいて買ったら裏切られたじゃ怒るのも無理は無いかと……

自慰行為って「都合のいい気持ちよさ」が前提であって、「好みじゃない」「受け入れられない」ものは「排除」がデフォだしな。
自分の好みに合わない料理は店で頼まないし、食卓で出されても建前で愛想笑いしても心の中は「お断りします(AA略」だろ?

255名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 10:43:23 ID:oLL3e9QA
>>252
ここで聞くことじゃねぇ

256名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 12:25:18 ID:MqUk8fL2
>>252
AAエディターとかで直すんじゃん?

257名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 18:54:47 ID:If/4ZQcE
ふと思った。>>1氏は複数プレイをどう思っているのかと。
自分の場合は母娘丼・姉妹丼に限定だけど(母親は未亡人で)。
いやその、

「お母さんって、お父さんにもこんな綺麗な顔で抱かれてたんだ…?」
「い、いやっ、言わないで…。お母さんをあまり虐めないで頂戴…」

とか、

「お姉ちゃんを気持ちよくしてあげる。エッチは私の方が先輩だもん…」
「――だ、駄目っ! こんな、こんな…三人でしちゃうなんてっ…!」
「えへへ。大好きなお姉ちゃんの弱い所、全部暴いてあげる」

みたいな、年下が年上を虐める下剋上的展開が大好きなんだ自分!
NTRにおける間男に感情移入する心理とも共通すると思うんですよ!
変態趣味を自ら公開するのはどうかと思いますけどね自分!

258 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:53:13 ID:yUKeR4Yk


>>252 やる夫初挑戦なんだけど、AAのずれ修正とかってみんなどうやってるの?
(´д`)Editをツールに使いつつ
スペースとドット、多少のズレはいいんだよの精神で
やっています。




>>257 「お母さんって、お父さんにもこんな綺麗な顔で抱かれてたんだ…?」
>>「い、いやっ、言わないで…。お母さんをあまり虐めないで頂戴…」
>>「お姉ちゃんを気持ちよくしてあげる。エッチは私の方が先輩だもん…」
>>「――だ、駄目っ! こんな、こんな…三人でしちゃうなんてっ…!」
>>「えへへ。大好きなお姉ちゃんの弱い所、全部暴いてあげる」
んー……たぶん母親、あるいは姉はどっちかというとだらしないキャラではなく
普段は毅然としていて真面目な感じだと思うんですが、
セリフを読む限り普通に日常の姿との落差から来る背徳感、という感じに見えます。
これなら3Pとかでなくても近親相姦レズでもいけるかも。
あと先輩受けの後輩攻めとかも近そうな気がします。



.

259 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:53:45 ID:yUKeR4Yk



埋めネタ : 寝取られにおける調教済みヒロインのHシーンを考察する

260 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:53:59 ID:yUKeR4Yk




1.ごあいさつ




                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ     皆さまこんばんは、埋めネタの寝取られ談義
                .|:::::/         |::::|     のお時間です。
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥    今夜は寝取られにおける調教済みヒロインのHシーン
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l     というテーマで語ろうと思います。
                 ゝ.ヘ         /ィ 
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、       いつもテキストだけで語るばかりでは
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ       面白みがないねというわけで、今回は
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |



.

261 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:54:18 ID:yUKeR4Yk


                  ,r:、
      , ⌒ハ ,_ _ _ _、/::::::゙,_
.       j::::ゝ:::ヽr^ ⌒:/.:.Y´ゝ:)´_:::::i
      ノ:::::::::j(ノ::::::::::'^::::::::::`:::::.)y:::::;
     /:::::::::リγ::::::::/::::::/:;:ヘ::::::::i:::ヽ;;リ     肉奴隷に調教済みの
.   /:::: y.::ノハ:::::〃::::_:;|/  レ'\ト、::ヽ|     ヒロイン、やらない子さんと
   (:::::::〈:::::ノ:::::::::l:: ;ィf_,'ニ  itァ=N/::j     
.   \::::∨人/::ハ:N ヒダ'   、 "!(::!
      ヽ/〉 )/::::リ.、  " _ ,′,:/
.      /  i ハ::::ハZ´ゝ、 __ イ:)__
     (   /r:‐/:::::、≧ヽハ ト┴<ヽ
.          〈 {:.:.l.: : :ハ:.:{{:::\`>、_l、ij:._
         l:.:.,' : : : : :Y゙T::>^−-、V/:
         . Y:.:.:.: : : :.l:.:l/ : : : : : : ::Ⅵ、:',.
            |:.:,': : : : :l:.:'i:::.:. : : : : .:.:}ハ、:::l
           レ': ,': : : :|:.:.ヽ:.:.:.: : : ;: '〃l: ノl
           |:.: ' : : : :ト、:.:.':'`':': :´: :/: :ll: 、|
            j:/: ; ': : :l::ハ,':.:.: : ; : :.,': : ::l : ハ
         ノ:':;.' : : : :|.:|:j:.:.: : ; : : ' : : : l : :_〉
         Y:.': : : : : :|.:lム-、、___r'、_ノL_イノ
           ノ:.: : : : : : Nレ人_`::ー::--::--::‐;イヽ
.         l:.:.:.: : ; : :∧/、.:/::`丁:.:丁::´「:.:;ハ:ノト、_
        |:.:.:, : : : :l /:.:.:八::‐/:-:.:」:.:-.:l、:,:ィ:.:.l:.:\:>、__
         〈; -‐: ´: :l/:.:.:/:.:.:〉7-‐:ノ:ヽ:`lノ:.ハ:.:.:l_::ノ  /:` ‐- ._
.      __,ノ:.:、: : : : :}.:.:〃:.://:::.:./:.:.:メニ、l:.:〈:::l:.:/    /::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
     r'ニ、 \.: : :.:ィ/::/:.;//:.l:.:.:l:;/    \::ソ    l:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\
.    〈ィー′ヾニニ人:l_:l:.:.ノ!:.:レ'´   ,. ‐ ´:.:ヽ、   |::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:
      `ー---‐'´ `ヽ!::':´l:::レ´    /:::.:.:.:.:.:.:..:..\__ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.
             └-、‐K    /:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:. \ ` ー- 、:__;;::::::::::::::::::::::
                  \  l:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:ヽ    /`:::::::::::::::::
                    `ヽ!:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.: }    /:::::::::::::::::::..





             ___
            / ノ '' ⌒\
          / ( ● ) (● )\     やらない子さんを調教したご主人様ことドヤが夫
        / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\    との絡みを使いながら、
        |      ト==ィ'     |   実況風に考察したいと思います。
  _,rーく´\ \,--、  `ー'    /    
. ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /     ー  ´ ! ` ー-、
 { -! l _」_ノ‐′/ ヽ        |    ∧
. ヽ ゙ー'´ ヽ  /   ヽ       i   |/ハ
 `ゝ、  ノ ノ     ヽ     |


.

262 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:54:49 ID:yUKeR4Yk
                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ 
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ 
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥     実況役は私、古館いじろうと!
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l
                 ゝ.ヘ         /ィ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |




   / ̄ ̄\    妹を寝取られたシスコン兄貴こと
  / _ノ  ヽ、_ \   やらない夫が担当しますだろ!
. | ( ●)(● ) |  
. |  (__人__)  │ 
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



.

263 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:55:11 ID:yUKeR4Yk




2.エロシーン実況






2.1 本番前





【やらない子の部屋】

  |
  |       ┌───┬───┐                 さあ始まりました。
  |       │::::;::::::;;;;;::| ;; ;::::: :::::::j                  寝取られ生本番です。
  |       │:: ::;:: ::::: :|:::: :::;; ::::::::j
  |        '~'~'~~~~~'~'~~~~~~'~~'                  場所はやらない子さんの
  |    ,________,__.                      部屋です。
  |  / /     / /i     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       
  |_,| 三 |二二二二| 三 |;;;;|__ /⌒'⌒´⌒´⌒´⌒'ハ___    どうですか、これからドヤが夫に
/ ::::| ◎ |li≡≡ilWl | ◎ | /   /  ノ  ヽ :: 丿/;;l         妹を寝取られるシーンを直視する
     ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄   ./  ヾヽ   (   /:::/         やらない夫さん。
                  /           /:::/
                  l⌒'⌒´⌒'⌒´⌒'⌒´l,/
                  |,,|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|,,||



.

264 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:55:32 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\     早くもクるものがありますね。
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |    この妹の部屋には
     i      r‐‐人__) .|    【実の兄の自分ですら入れてもらえません】。
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |    
      i  !,       ノ    そこに男を招き入れるというだけで、
      .',  ヽ、 .   /     【すでにドヤが夫がやらない子にとって特別な男になってしまっていると察せられて】
        \  .     ヽ、    かなり鬱入ります。
         \      |.i
           |    .   | |

  


                   はい、ありがとうございます。
       ______      そのように【けっきょくは同じ説明をほのめかす状況やセリフを積み重ねていく】
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ようにして、できるだけ臨場感を持たせつつ絶望感を感じさせるのは大事ですよね。
     i:::::::::(((((((((⌒);)  
      |:::::::/        .iノ   『やらない子はドヤが夫の女となっていた。』
      |::::/    ヘ  / |    の一言で説明したのでは
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)    臨場感が足りませんからね。
    l  !:;     ⌒´⊃` |     
    ゝ_┃     ´___/ 
       |┗━⊃<二二y'      なおこのシーンのポイントに読者が気付きやすくなるよう、日常パートのほうで
      |   \_二/      【妹の部屋に入ろうとしただけでボコられるやらない夫】
    /ト、   /7:`ヽ、_     なんてシーンを事前に仕込んでおくといいと思います。
  /::::::::| ~''x‐''''~~ /::::::::::::::`ー
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::::::: 
::::::::::::::::::::::| /:::::| /::::::::::::::::::::::::::::::: 



.

265 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:56:51 ID:yUKeR4Yk
わかりづらいので修正

× そのように【けっきょくは同じ説明をほのめかす状況やセリフを積み重ねていく】
○ そのように【けっきょくは同じ意味のことを説明する状況やセリフを積み重ねていく】

266 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:57:27 ID:yUKeR4Yk


       /⌒ヽ_ /ヽ      __       /:.:.ヽ __
       |:.:.:.:.:.:./:.:.:./〉-‐:.:.:- ´:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、   _/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       !:.:.:.:.:/:.// ̄`:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:´ ̄:.:.`:.:ヽ/l ',: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
       l:.:.:.:.:.:〈 ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ', ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |/: : :.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ_\ >:.:.:.:.:.:.::.!
        /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.|:\:.:.:.:.:.:.:.',     古館いじろう
       {.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.: :.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:|: :.l:.::.\:.:.:.:.:..',    「あ、さっそくやらない子さんが
       i:.:.: :イ:.:.:.:.:.:.:l:.:. :. /:/!! ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.',:.: .:.\: :.:.:ヽ    脱ぎはじめました。
     l:.:./: !: : :.:.:.:.|:.: ,:. :.イ リ  \:.:.:ヽ: :.:.: !',.:.::i:.:.',:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ
     !:.: :./!:.:.:.:.:.:/!:.//       ヽ:.:.:.:`:.:!:.! l: .!:.l:.:.:.ヽ: : :.:.ヽ:.:.:.',   恥ずかしそうな表情がそそりますね。
      l:.:.:/ .!i\:./:.ヽ! --‐'     ‐-ヾ-!-/:/ j//!:.:!:.:.ハ:.:.:.:.:.',:.:.:.:',
      |: ,'  il  `i:.:.:.:!.「了豺      了忝リ ,':/:.:|: :.:.:./ ヽ:.:.:.:',:.:.:へ
      i:.   !i   |:.:.ヽ_ ゞ-'      ゞ-'  /:/ノ/: : :.:.',  ヽ:i::./   )  自分から脱いでいるところもポイント高いと思いますが
     l:!       |:.:.:|:八""    ,     "" /:/:.:.:.:.:.:.:.:..∧   )リ      その辺はどうでしょうかお兄さん」
      ヽ     !ヽ:!:.:.:.\   、_._,   , ' !: :.l:.:.:.:.リ.:.ミ:.::',  .〃´
            ',ヽ`ヽ:.:.:.::ヽ、  _ _ .. イ :.j:./.:!ヽ、:.:.:.:.:.:戈
                ヽ:ノ ヘ.:.:.:.}...    ,ト'"´゙`く::.:. :::.::.:.:.::.:)
.           レ'´  ||  ー 、    , -‐  ,,ll,,__ゝ.:、.::.ノヽ
             / '´  ノ`ー-- 、、,,   ,,_ - "::t.::.:.:.込ヽ'   ヽ
            /  /:.r㌫ハ::.::.::.::..`rヵ1伐か::.::.::.:::.:.::.::.ト   }
        /   f:.V沙'::.::.::.::.::.:.::.伐リヾtダ::.:::.:.::ィ:::.::叨}   }
       _,iヽ   {:.::.::.::.::.:;.、_::.::.::rぇ、^  ゞ≦心:.:::炒::V:.l  l|
      / |!. \ V::.::..:.r伐ハ::::fソ.ゝ'    ` ー-=ミ:.y'.:l!ヽ ,,l|、
      i . : :.い、:.  ヘ::.::.::ゞ>':/                i:.::!:.:. ⌒(ヽ-1
.     ,ゝァ⌒ー--- 、`i¨´; '´              i:. :.:.i: ハ:`:ー、ゝ
   /,/: : : .:.:.:.:.:.:.いr′                 l:.:.:.::.:..V : : Y::|ハ
  /  l: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.i V \                     !:.i :.:.:i ∨.:/::.{ ヽヽ
  i . :r|: : .:,:.:.:.:.:.:.:.:.:..い: :i :i,                    V::.:.:.:、.∨::.::.`ヽゞ
  ゝ‐'i!: ./;∠:._:.:.:.:.:..iヘ.Vi小              i       i.:.:.:.:.:. い::.::.::.::.:/

267 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:57:39 ID:yUKeR4Yk
 '´  jイ:.r'⌒:.:;. --‐丶.ヽi V           !       ヾ.:.:.:. ヽ.';:.:::/::
  . . . ,ゝ';>'´ : : . . . ;ゝ ∨                     \:.:.:.:、..\'::.::.::.
: : : : :/:/ : ,. ‐----"′: ヘ                      \、ヽ:. \::.
;. -‐i':/ : /    ,' l.:.:.:.:.:._;〉                     `ヽ、 ヽ
   j:l : :,イ        ト、/                        \
 . ヘ:j /:,'        |:.:}                            /  ∨
: : i  ,:' :/      ,.l   !/                   ,. -ュvぇy'!戈リか.)====
: : | i /       / l!.  i    ヽ       _,.-r佞Y´ _;.t妙/i ∧/
: :! !:i′  、   {  !   !    \   __,〃⌒.t迄ソ辷,ニ、,/リ.〃ヵ
Y´ ヽ |    i   l  い ,'     _ヽ,ィ伐か::.-‐,.イルj.りj」I//√7
釗   ! 、', !  、 `≦===¬-冖、ミミ,.イマ1ゝ<シ´:.::.:.:.::.::/
亅  | い  ヽ. ,.;.彳 ̄           \ い V√´::.:.:.:.:.:.::.::.::.:/
'    ! ヽ.\/<. ',            ヽ^´::.::.::.:.:.:.:.:.:.:. .::.::,′
     `T:iヽ//ヽ V i}                 ヽ:.::.::.::.:.:.:.:.:. .::.:/
        ! i〃 ` \Yj                 `、::.::.::.::.::.::.::/
      / Y    `                   ';::.::.::.::.::./
.     /i  !                      マフ>'
    / ! :!                      マ、  !
    `ヽ| :l                      ', `丶',
      l :|                         ',   ヽ


.

268 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:58:12 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\     「やめてくれ!」
      |    }‐イ-上 〉. \    と言いたくなりますね。
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__) .|    【自分から望んで肌をさらしていく】ことで
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |    【やらない子自身の意思で抱かれようとしていることがわかって】
      i  !,       ノ     しまいます。
      .',  ヽ、 .   /     
        \  .     ヽ、    【男のものになってしまったんだな】
         \      |.i     と思えてしまって絶望もひとしおです。また、
           |    .   | |    【やらない子の愛を手にしているのであろうドヤが夫への嫉妬】
                     も燃え盛ります!




        ______     
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ    【自分から】というのがポイントですね。
     i:::::::::(((((((((⌒);)
      |:::::::/        .iノ    これがもし嫌がっていると、
      |::::/    ヘ  / |    『まだ助け出せる余地がある』
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)    と思えて絶望させられませんし、
    l  !:;     ⌒´⊃` |     『本当に好きなのは俺かも』
    ゝ_┃     ´___/     とやらない夫さんが考える余地もあって嫉妬心が湧きづらいでしょう。
       |┗━⊃<二二y'
      |   \_二/        【これはもう駄目だ。やらない子は身も心もドヤが夫のものになったんだ】
    /ト、   /7:`ヽ、     と感じさせられるようでないといけませんよね。
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::::  特に【心も】という点は重要だと思います。


.

269 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:58:39 ID:yUKeR4Yk


                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ 
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|     なお、このエロシーンで絶望感を演出したいのであれば、
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ    【助けたかったのに助けられなかった】 
                .|:::::/         |::::|    というシーンをここより前に用意しておくとよさそうです。
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|     たとえば
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥     【落とされまいとするやらない子】
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l     【やらない子を落とそうとするドヤが夫】
                 ゝ.ヘ         /ィ     【やらない子を助けようとするやらない夫】
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-     の3人の戦いが描写されていると
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、   なおいい感じになると思われます。
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !   うまくやればそこをストーリーの盛り上げ場
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !   にもできるかもしれません。
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ 
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ 
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |


.

270 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:58:58 ID:yUKeR4Yk



2.1 フェラチオ





;;;;/::::::::::::/;;;;l:::::::::::!;;;;;;!:::::::;':::::::::i      ,// `   u   ヽ、_        古館いじろう
;;/::::::::::::/;;;;;;l::::::::::l;;;;;;l::::::::l:::::::::::!       //        ,ノ       「あ、やらない子さんがフェラチオをはじめました。
;/:::::::::::/;;;;;;;;!:::::::::!;;;;;;!::::::::!::::::::::l  o            r'´         見た感じ、慣れてますね」
:::::::::::::/;;;;;;;;;|:::::::::!;;;;;;l::::::::l:::::::::::;!           , -‐'
─ ‐-' 、;_;;;;;l:::::::::l;;;;;;l::::::::l::::::::::;!          /            
       `ヽ;::::::::l;;;;;;l::::::::ト、::::::l   u       /゙ヽ  , -─−- 、   
        ヽ;:::l;;;;;;l:::::::i゙ l::::::!          |   Y´         `'ー 、,_
            ヽ;;;;;;;!:::::;l、l::::::!          ,. -ヘ,  l            ゙ヽ     ,. -−-、
          ヽ;;;/l:::::i l::::::!、     ,/   ヽ、,!            _, -'、_, - '´      !
           i; i l::::i: l:::::!` 'ー− ´       i'ト、-、,___,. -−' ´ ,. ‐'´    ..:::::/
             i l::::i: l:::::!                 ij  \_ヽ、  'ニ,. ‐'´     .:::::/ー 、
           i l:::::i  l:::::!                  \ヽ、 /     .....::::::/    i
           / l:::::i  l:::::!                   /`y''´     ..::::::::: '´    .:/⌒ヽ



.

271 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:59:17 ID:yUKeR4Yk



        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\     「すでにフェラを仕込まれているのか……(つД`)」
      |    }‐イ-上 〉. \    という【悔しさや嫉妬】、それから、
      |    ノ´     /)゚o |    「あのやらない子が男のチンポを咥えるなんて(;´Д`)ハァハァ」
     i      r‐‐人__) .|    という【落差から来る驚きや興奮】がないまぜになりますね。
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |  
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /     
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   |




        ______
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   前者は寝取られならではですね。【落とされ済であることの描写】
     i:::::::::(((((((((⌒);)  を通じた絶望を読み手に与えます。
      |:::::::/        .iノ
      |::::/    ヘ  / |   後者は調教ものと共通の
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   【落差から来る背徳感】というポイントですね。
    l  !:;     ⌒´⊃` |  
    ゝ_┃     ´___/    この点、やらない子さんが最初から
       |┗━⊃<二二y'    フェラチオもバッチコイの女性であると、『元からじゃん』となって
      |   \_二/      いずれも今ひとつ感じにくくなりますから、
    /ト、   /7:`ヽ、      【最初のころは清純派であるか、
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::::::   または貞操観念が強い】あるいは
                      最低でも寝取られるやらない夫さんが
                      【やらない子さんが無垢な女の子と信じている】
                      べきでしょうね。




.

272 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 19:59:47 ID:yUKeR4Yk


                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ 
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|     なお、【やらない夫がそう信じているだけ】
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ    という設定にすれば、
                .|:::::/         |::::|    後でやらない子さん自身にそれを裏切らせて、
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|     【信じていた相手に裏切られたショック】
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥    を味あわせることも可能かと思います。
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l    
                 ゝ.ヘ         /ィ     どす黒いストーリーを書きたいならば
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-       裏切りという手法は高い効果を持ちますので
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、   うまくからめたいところです。
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / ! 
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  ! 
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ 
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ 
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |



.

273 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:00:08 ID:yUKeR4Yk




2.2 おねだり






 ,          ` 、, '       /  ij             /  /                     /
  ',            ` 、     i         _       , ' ./                         / 
  ',             ` 、  /l       ` ´      ノ /                        /
   i               ` 、!       r−−チ´ヽ/                            /
   l      ι          \   /  ̄l  ∨  /⌒                       /  古館いじろう
   l                  r ´/  /∧  .l  /          ι                /   「さてフェラが終わり……
   l                /l ノ  / ,r,,、 ',  !r/                            /     やらない子さんが自分から
   l                《__ノ .{  .{ /;λ;; ', Y    くぱぁ                       性器をくぱぁして
  /、                 ヽ.l  lイ;;;八;;ヽヽイ                        , '       おねだりしはじめました」
  / l \                 l _ノl;;;;{,i!,};;l リ,l                    i| , '
 / l -`ー ´  ̄ ヽ、            ヽヾ;∨;;ノ',,/  、_,                   |l,''
 !  l       __ ` ヽ            |r`ヾソイ!   ヽ(                      ij
 !  l      ヘ  ヽ_、ヽ           ij    |l     il                /




.

274 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:00:46 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |       フェラのときと同じように、
      |   (_ノ j {. '、\     「そんな恥ずかしいことまで自分からやるように仕込まれたのか……(つД`)」
      |    }‐イ-上 〉. \    という【悔しさや嫉妬】がさらに燃え上がりますね。
      |    ノ´     /)゚o |  
     i      r‐‐人__) .|    股を開くだけじゃなくて性器まで自分で広げて見せる点が、
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |    【調教が進みきっている】ことを演出していて
      i  !,       ノ    悔しさもひとしおです。
      .',  ヽ、 .   /     
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   |




        ______
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   まあ、表現しようとしていることは、けっきょくこれまでと似たようなものなのですが……
     i:::::::::(((((((((⌒);)  【同じ描写を繰り返すとくどく感じられてしまう】
      |:::::::/        .iノ   傾向がありますから、
      |::::/    ヘ  / |   【同じことを伝えるにしても形は変える】
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   必要はありますよね。
    l  !:;     ⌒´⊃` |  
    ゝ_┃     ´___/    なお余談ながら、
       |┗━⊃<二二y'    【女性が自分から足を開いて受け入れ態勢を見せる】
      |   \_二/      ことは女性が乗り気であることを示すサインだそうです。
    /ト、   /7:`ヽ、     このため、ヒトの男もこれを見ると【俺を受け入れてくれるんだねっ!】と
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::::::  興奮するように出来ているそうです。
                      これが足を開いたエロ画像が多い所以なんでしょうね。

275 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:01:19 ID:yUKeR4Yk





2.3 男による愛撫





       ,-ト ゛ .l   .|   . l           l,._.. ;;           ,,/           /   /  /   !  ,,
    i-t'l、 .l   l   |    l            !  : .:...         ./             l゙    !  :!   ,! / l゙    古館いじろう
    l ." ヽ !   l  |    .!           ゙l   ;        │             !   │  /   ,!./   /.   「あ、今度はドヤが夫が
    l   .! !    l,  !,   .!、          ,!   '/i.〉.、 .../..'゙. .!           /    .,! ./    l .|   |    やらない子さんのオマンコを
''- ..J  |   .l,.ヽ   ヽ ヽ   ヽ             ,!  .ノ   !、.} .' '  .,!           /|   .、/ /    / /    / .,i'   自分でさらに広げだしました」
  .|'l゙゙;│   .ヽヽ   . l,i‐!   ゙l.l            /  .  .,..ン'‐..、    .l          l″  | !゙ア    /'゙    ././
  l'゙ l .\   `'!、     .!     !          / .,、./    ...丶 .\`         /    .!     |.l′   . / │
  .!  \ .\   ".l    l,  |   .l        / .,、>    `  ゙'..'' ヽ       │    ゙     ,!    .∠/
  .!   `''''゙! .〟  .ヽ         . l    ._,,,.. =-..i /    ".,.    .l,ii!‐冖¬ ,,,_、 ._l         /    .| ,!    .,.
   ゙k、   .〉 .ヽ   ′           !゙゙''''"´  .'i l'゙´. l    .|..    .!  ` .,,,   .´゙/               ヾ  ゝ ,,ィ゛
   | .`'-.._.                  l     ,〉 ._;;;;=゙ぐ,- 、,..." _,,,..;;彡'''ル 从、   .|                   r'" .!
   .l   .l                     ゛  ./ ̄゛ .´''.、、.`".ニ゙「''..,゙、-.' ゛   `'、                  l  │
    .!    l                    /            .........         ..l                    /  /
    l    ヽ   _,, -             ,/              ぐいいっ   ヽ           ゙゙゙''-、./   ./
     l    . l./ ゛               ,/               _,                \             \ /
     .ヽ . ,/             /            、 ' `               ゙'-,、            `!、
     ,.ゞ゛            ,rツ´             "!....               `゙'、             `'-、
   _/゛                /                                      ヽ             `''-..、
. ‐'´               /                                         ヽ                 `‐
                   /                                            ヽ
                  /                                              l、
                 ,l./                   ,-     \、              ,,, ‐´ ヽ
             /  `'ー ..,,,_、         _,,,iitニニ............ -----┴ー ...._______,,,.... -ー''"     ヽ


.

276 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:01:35 ID:yUKeR4Yk



     /^ヽ                , _
    /:.:.:.:.:.',ヘ -‐ =‐‐--  、     /:.:.:.ヽ
   /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、 /:.:.:.:.:.:.`
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ/.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.x:.:.:.:.:.:.:.:. ゙,   古館いじろう
  〈:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.∧ヘ<:.:.:.:.:.:.ヽ  「やらない子さんは恥ずかしそうですが
  ∨:.:.:.:./:.:.:.:./| 7ハ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヘ:.:.:.:.:.:., :.:.:.:.:     されるがままですね」
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.l j. |:.:.:l:.:.: :|:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:
  !:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.: :| l  l/│:.: :l.:.:./ | : :l:.:.:.:.:. }:.:.:.:.:.
  /:.:.ll:.:.:.:.l:.:.|:.: :|  / |:.: /:.:./  |:.:.l:.:.:.:./:.|:.:.:.:.:.:
. // l:.:.:.: |ハィ_斗‐-  /l_/_.斗`ヽリ:.:.〉:.:.l.:.:.]:.:.:.:.:.:.
/   〉:.:.:.l.ヽ「了豺      了忝リl ∧ | /:.:.:.:.:.:.:.
.    /ヘ/:.:l  l ゞ-'      ゞ-' l / ノト} l:.:.:.:.:.:.:.:.〈
   / ノ\{∧l////  '   ////イメ│レ.l.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
    /:.:.:ノ} 八     _     ,∧||i ::::|:::::|_:.:.:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:/:.:.〈リ::\       ,イli´::::l:::::||「斤ヽ_:.:.:.:.
.   〈:.:.:く::::/:.〉:.:.lヘ:}i  ‐‐ ' ´ l/::::リ::::/:.:.:..:.::.:.:.|):.:.
    ヽ,)//,、/ハ,r ' !            ヽ::.:/〈:.:.:.
      )::. /    ヽ  ,. ァ'/ /       ヽ ヽ:.:



.

277 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:02:00 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |      つまり自分の大事なところを触られることを許しているということですね。
      |   (_ノ j {. '、\    
      |    }‐イ-上 〉. \  【やらない子は身も心もドヤが夫のものになったんだ】
      |    ノ´     /)゚o |   ということを示していて嘆かわしいです。
     i      r‐‐人__) .|  
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . | 
      i  !,       ノ 
      .',  ヽ、 .   /     
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   |




        ______
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   これも
     i:::::::::(((((((((⌒);)  【同じことを伝えようとしているんだけど形は変える】
      |:::::::/        .iノ   ということです。別に胸を揉むのでも良いと思います。
      |::::/    ヘ  / |   こういう【大事なところを触らせる】シーンは
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   【男に体を預けている = 信頼関係ができている】
    l  !:;     ⌒´⊃` |    ことを演出するのにいいですね。
    ゝ_┃     ´___/    
       |┗━⊃<二二y'      ヒロインの性格が甘えん坊であると
      |   \_二/       よく合うと思います。
    /ト、   /7:`ヽ、     
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::: さらに、その甘える相手が過去にはやらない夫さんであったなら、
                      【自分に甘えていた可愛い妹の喪失】
                       も表現できていいですから、
                        日常パートでやらない夫さんに甘えるシーンを
                        事前に差し込んでおきたいですね。



.

278 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:02:31 ID:yUKeR4Yk




2.4 本番





やらない子「ああっ、お、大きい……」

       .\       `'''-、,  .l                      |  `'-、      ./     .l
        ヽ         \.ヽ                       l    `-..,,,  ._,./      l.     古館いじろう
         \            ゙‐ l、                       ゙ヽ,,_     ̄./        l     「あ、本番入りました。
           ゙'-,,.   ._,,,,,__  .| \                        `''-..、 /            l     チンチンも入っています。
                >''"     `'''ヽ、.ヽ             -'''''          `)′         l  
              /           ゙'-..l                         /               l,    チンチンが大きいと評価していますよ」
           /              i    .`'-、                        /              ヽ
           !          │      \                   /゛              \
          ,|          ,.  l            \                 !                 `'ッ..、
            /.|      ./    .l           \            !                  !
            / ゛    .″     !               `'、      _、  .!                  l
         l              !             ヽ    │.゙i   .ヽ                    !
        l              |              !     |.ーヘ   . l                 |
       /                  !              l.    ! !、.'/'―、 !                   !
       /               l                  l   ./ .,,/--ミi 、. ll′              /
      /               i′                 l, .l゙ / ::::::::::::゙゙'!{                  /
      .|               /                 ゙'-.l、|::::::::::::::::::::::::.!              /
     ./                 ,i'.l                      !::::::::::::::::::::::::: l           ,/
     l              /  ヽ                   ゙l,:::::::::::::::::::::::::.l,,_       .,,, ‐´
     /             /     \                  l:::::::::::::::::::::::::ヽ `゙^'''''''''''"゛
     !               /       \                   j|、::::::::::_.. --┴ー'''¬‐
    l              /          `'ー ,,,            / `' /
    /           /                 `'ー ,,,     _,,, -''″ ./
    ゛          ゛                      ̄ ̄´      ゛


.

279 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:03:11 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、     本番を許すのはもちろん、ドヤが夫が【たくましい】と評価されることも
      r'´ 、r | | ,.L |     嫌ですね。
      |   (_ノ j {. '、\   そこを喜ばれると、
      |    }‐イ-上 〉. \  【そいつと比べて俺は駄目だというのか? ヘナチンってか?】
      |    ノ´     /)゚o |  という嫉妬と劣等感が湧きあがります。
     i      r‐‐人__) .|  
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . | 
      i  !,       ノ 
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   |




        ______     ここでやらない子さんにやらない夫さんのチンチンよりも大きいと
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   言わせて、劣等感に塩をすりこめれば
     i:::::::::(((((((((⌒);)  さらに効果大ですね。寝取られものなら是非やりたい演出です。
      |:::::::/        .iノ  
      |::::/    ヘ  / |   なお、やらない夫のチンチンよりも大きいことを伝える方法として、
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   「やらない夫のモノでは届かない、やらない子の体内の奥の奥まで侵入していく」
    l  !:;     ⌒´⊃` |    という感じで表現する地の文がエロゲの例文にありました。
    ゝ_┃     ´___/    ヒロインを汚しつつ劣等感も際立たせていていい感じですね。
       |┗━⊃<二二y'    
      |   \_二/       
    /ト、   /7:`ヽ、     
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /::::::::::::::::::::::::: 


.

280 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:03:27 ID:yUKeR4Yk





やらない子「んっ。あっ、あぁ……すごい、奥まで入って……んっ、くるぅ……」

                      ,ハ /\      /::::::ヘ
                 /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
                /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}     古館いじろう
               ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|     「やらない子さんが良い顔をしながら、あえぎつつ
               i /:::::/:::::::::::::::′∧ヽ\:::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:     状況を解説しはじめましたよ」
              /::::::::′/::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ::::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
             /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
           /:::::::/::::〃:::::  /:::::∟、  、::| ヽヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
         , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::l‐:|ヾ      / }:ノ .|:\!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
            {::::::/:::://|'::::::l-斧示ミ、ハj/ ,ィ斥示ミゞ j::::|::::,ト、:::\::lル
         l::::// l:l;└,=:::l,'込⊆シ  ノ   弋⊆彡',  }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
            `/,'  l:||:://∧ッ´¨//////////¨`.  .j/;/|:::l丿::リ::|  `丶
         ( l  リl:!/ ム ≦ッ     ′    ./〈`〈`くヽ;_:,、:シ : i    )
           ヽ l/  ´ r'i :トrゞu.  ,‐.-- ‐、/ {_ヽ ム ム./ 〉、
              j .{、\ ´ r'i : i゙ゝ   `´ ̄`´   イ ;ヽ ヽヽ./  ハ
           ./ ,' \ ハ/ |lヘ::{,〃个:..、    ,...::::{ニ}::iヽ Y     ハ
          ,':_;ハ.  ヘ }-‐=7} ノ .} :::::.` - ´..:::::::| ソ `{      ハ;
         .// |.     |. 丿卜、′       ゙ 入 .|     { ハ
          /: } }    /    l  \        /  ∨∨     .i .{ ハ


.

281 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:04:10 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、  「奥まで」というところが、すみずみまで犯されている感じがして嫌ですね。
      r'´ 、r | | ,.L |    
      |   (_ノ j {. '、\   「未開発のところを残させてもらえず、なにもかもさらけ出されていく」 
      |    }‐イ-上 〉. \  点が
      |    ノ´     /)゚o | 【やらない子の全てがドヤが夫のものにされていく】
     i      r‐‐人__) .|  感じがしてキツイです。
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ 
      .',  ヽ、 .   / 
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   |



        ______     これもけっきょくは【同じことを形を変えて表現してるだけ】なんですけどね。
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ  
     i:::::::::(((((((((⌒);)  なおエロの状況をヒロインに解説させるのは普通に使われる手ですが、
      |:::::::/        .iノ  【事細かに解説するとか余裕あるなオイ】
      |::::/    ヘ  / |   と読者に違和感を感じさせてしまうことがあります。
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   そのため、「んッ」とか「あっ」のような喘ぎ声をセリフの中の
    l  !:;     ⌒´⊃` |    ところどころに入れて
    ゝ_┃     ´___/    「それほど余裕があるわけでもないんですよ」
       |┗━⊃<二二y'     とエクスキューズを入れておくことが重要です。
      |   \_二/       
    /ト、   /7:`ヽ、      「最初から解説させなきゃいいじゃん」って?
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::::::   それだと状況や抜きどころが読者に伝わりません。

282 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:04:54 ID:yUKeR4Yk


                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ     「だったら、全部地の文で解説すればいいじゃん」って?
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|     ある程度はそうしたほうがいいと思いますが、
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ    ヒロイン自身の口から言わせることで
                .|:::::/         |::::|    【ヒロイン自身がどう感じているか】
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|     を簡単に説明できますので
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥     セリフによる状況説明を
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l    一概に否定すべきものでもないと思います。
                 ゝ.ヘ         /ィ   
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-      
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー-
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ 




                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ           それから、ヒロインの余裕のなさを表現するためのテクニックとしては、
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|           呂律が回らなくさせたり語尾を変化させたりするのも
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ          良い方法です。
                .|:::::/         |::::|          「すごい」→「しゅごい」または「すごいぃ」
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|          といった具合ですね。
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥  
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l          ただしやり過ぎると滑稽さが先に来て
                 ゝ.ヘ         /ィ           笑ってしまいますのでほどほどに。 
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-            
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、     
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ    
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !    
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !



.

283 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:05:28 ID:yUKeR4Yk


                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ   
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ             また、エロシーンの地の文では、
                .|:::::/         |::::|             女性視点をメインにするなら受動態がよくあいます
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::             「ペニスを突きさ『され』て、やらない子は……」 
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥             という感じです。
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l           
                 ゝ.ヘ         /ィ             一方男性視点をメインにするなら能動態があいます。
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-             「ペニスを入れ突『さし』て、ドヤが夫は……」
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、      という感じです。
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ     
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !     




                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ           あと、エロシーンの長さですが、
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|           短すぎると盛り上がる前に終わり、
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ          かといって長すぎるとダレます。
                .|:::::/         |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::           どれくらいだと駄目で、どれくらいだとちょうどいいのか、ですが、
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥          『新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです』
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l           での反応を見た感じ、
                 ゝ.ヘ         /ィ           水銀燈編が短すぎ、
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-           みくる編が長すぎ、
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、    フェイト編・ハク編あたりが
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ   ちょうどいい感じのようですね。
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !   もし長編エロをやるなら、
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧   エロ以外のシーンを間に挟んで休憩
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ   を入れる構成のほうがよさそうです。
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ 
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \  
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |


.

284 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:05:46 ID:yUKeR4Yk




2.5 中出し






               //
             /  /           // / /               古館いじろう
           /    /          / // /                「おっと、射精してますね。それも中出しです」
           |    /     / |  /  / /  /
           |   /    /   |  /  / / /   '
           |   |  /    | /  / / /
           |   |/     / ./  / / /
          /|        /  ./ ./ //
        /  |      /   //
       /  「     /
      /   |     |     /|
      /     ̄|  |   /  |
      ./       |   |  /    |
    /          |   |/   /    /
    /         |      / /|   |´
   /         |     / /  |   |   ――-、_
.  /          |  / /   .|/| Y´       /::Y⌒ヽ  /                !
 ,'            |/   |  /|   / /     /:::::::!   \/                   |
 |                |//  / ,'   _ /:::;:ィ⌒)   / _,. ―っ              |
                  /   /  /   | /::::ノ´:::::*r'::!   /_,.--' ̄   / /         |
                /   |  / __ !-,.-く´ ̄ ̄ `ヾ__ノ´/    /| /  /           |
               / (    |/ ⊃⊂⊃/ //      \ソ   /      /           |
               /⌒ヽ   /´ ̄ )'    ノ{       ヽ )    |       /             |
            / /         /  / (         {ヽ.   |  / |  /  __        ! /
             し'       / // ι⌒i |ヾ       ヽヽ  |  |  |  | _| |__      |/
                 // :〈{     | !        r' !.  |  |  |  | |_r‐┐|  /| /
                 し'  : / ヽ    し'        |  ヽ. |  |  |  |   / / /  | /    /
                    / ビ :/  |.|               ,'⌒ヽj |/   !  !   ´/  /    /
        \        〃  ュ / r-'ノ               / !.       |  |   /  //    /
         \   //  ク/r' r'                /し' ビュ    | |  /   / /    /
          \(  !  ン/ノ r'             /    ク     |/ /  / /    /
            ヽノ   /                  /     ン         /  / /    /


.

285 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:06:33 ID:yUKeR4Yk


やらない子「はぁ……」

     /^ヽ                , _
    /:.:.:.:.:.',ヘ -‐ =‐‐--  、     /:.:.:.ヽ
   /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、 /:.:.:.:.:.:.`
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ/.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.x:.:.:.:.:.:.:.:. ゙,   古館いじろう
  〈:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.∧ヘ<:.:.:.:.:.:.ヽ  「やらない子さんも怒りません。
  ∨:.:.:.:./:.:.:.:./| 7ハ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ヘ:.:.:.:.:.:., :.:.:.:.:     
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.l j. |:.:.:l:.:.: :|:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:    『中に出すな』くらいはいいそうですけどねえ」
  !:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.: :| l  l/│:.: :l.:.:./ | : :l:.:.:.:.:. }:.:.:.:.:.
  /:.:.ll:.:.:.:.l:.:.|:.: :|  / |:.: /:.:./  |:.:.l:.:.:.:./:.|:.:.:.:.:.:
. // l:.:.:.: |ハィ_斗‐-  /l_/_.斗`ヽリ:.:.〉:.:.l.:.:.]:.:.:.:.:.:.
/   〉:.:.:.l.ヽ「了豺      了忝リl ∧ | /:.:.:.:.:.:.:.
.    /ヘ/:.:l  l ゞ-'      ゞ-' l / ノト} l:.:.:.:.:.:.:.:.〈
   / ノ\{∧l////  '   ////イメ│レ.l.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
    /:.:.:ノ} 八     _     ,∧||i ::::|:::::|_:.:.:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:/:.:.〈リ::\       ,イli´::::l:::::||「斤ヽ_:.:.:.:.
.   〈:.:.:く::::/:.〉:.:.lヘ:}i  ‐‐ ' ´ l/::::リ::::/:.:.:..:.::.:.:.|):.:.
    ヽ,)//,、/ハ,r ' !            ヽ::.:/〈:.:.:.
      )::. /    ヽ  ,. ァ'/ /       ヽ ヽ:.:

286 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:07:03 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、     ひどいもんですね。
      r'´ 、r | | ,.L |     もし抗議しない理由が【最悪子どもができでも良いくらいの覚悟があるから】なら、
      |   (_ノ j {. '、\   【心からドヤが夫の女になっている】わけなので絶望的です。
      |    }‐イ-上 〉. \  
      |    ノ´     /)゚o |  あるいは、
     i      r‐‐人__) .|  「ドヤが夫に生でしたいと言われたからそうしただけ」
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |  かもしれませんが、その場合でも 
      i  !,       ノ  【ドヤが夫に喜んでもらいたいと思っている = 心からドヤが夫の女になっている】
      .',  ヽ、 .   /   ことになりますのでやはり「ひぎぃ」と言いたくなります。
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   |





        ______    そういうことですね。ただし中出しを演出に使う場合、
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ  【ヒロインが中出しを許した理由を読者が想像できるようにしておく】ことは重要でしょうね。
     i:::::::::(((((((((⌒);) そうしないと、「妊娠するかもしれないとまったくビビらないとかおかしいだろ」
      |:::::::/        .iノ  と読者に思われる恐れがあります。
      |::::/    ヘ  / | 
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)  ここで「頭の弱い子なんです」と逃げるとヒロインの魅力半減ですし、かといって
    l  !:;     ⌒´⊃` |   「作り話ですから」なんて回答をしたら読者が冷めます。
    ゝ_┃     ´___/  
       |┗━⊃<二二y'   もっともらしい中出しオッケーの理由があるべきです。
      |   \_二/       
    /ト、   /7:`ヽ、  
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::::::


.

287 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:07:49 ID:yUKeR4Yk





2.6 アブノーマルプレイ





やらない子「アッー!」

  ....:/::       /   !:.:.:.::::::::::!.:.:.::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.:.:/    i:.      i:.:.:.:.:.
../',:::::::      /     !.:.:.:.:::::::::}:.:.::::::::::::::::::::/::::::::::::.:.:./    ',:..      :.:.:.:.:  古館いじろう
:::/:::      /      !.:.:.::::::::::!:.:.:.:::::::::::::::::::i:::::::::::::.:/     ヽ:..       ヽ  「おっと、アナルファックが始まりました。
:::::     _,. ':.:       ',.:.:.::::::::!:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::.:./:.:.      ヽ、:....        アブノーマルですね」
   _,. ' ´:.:.:.:         ',.:.:.::::::::i:.:.:::::::::::::::::/::::::::::::/:.:.:        :.`:.:.:、:.:.:...
  /:.:.:.:.:.:           .ト、:.:::::::!:.::::::::::::::::::::::::::::./i:.:.:.          :.:.: ̄ヽ:... 
/:.:.:.:.::            :.!,-、:.:::::{:.:.::::::::::::::!::::::::;イ -:i:.:.:            :.:.:ヽ   
:.:.:.:.:.:.:             :.:ヽ ´ー、:!::::::::::::::::j:__,.k'´:::/.:.:             :.:.:. 
:.:.:.:.:.:.             :. \ '´`ーt-t-''、´ _,:.イ:.:.:.:.:.             :.:.:.
:.:.:.:.:.                   - :.ー-:.:.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.             .:.:
.:.:.:.:.              ',:.:.     ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:             :.:.:
.:.:.:.:.               ',:.:..    /,ィ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.::..             :.:
.:.:.:.:.              .:./.:.:.   / /yヽ:.: :.:.、:.:.ヽ:.:.:.:.:.::.:....
.:.:.:.:.         ......:.:.:.:.:.:.:.:/:. ./ /ィ'、ヽ   :ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
:.:.:.:.:.       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/ 人`, i ヽ  :.:.ヽ:..ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
:.:.:.:.:.     .:.:.:.:.:.:.:.:.:;:/:.:./:.:.:.:.:.:{  い !/  !  :.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:::.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ`ソ  r':.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.....
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  !i! /:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ {イ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト-、、.,____〉 /y)__,,,,..-ミ´ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:`''㍉彡彡`’ミミミミミ.`´:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


.

288名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:07:53 ID:iJNQUTDo
兄貴を嫌ってる妹に彼氏ができました
でok?

289 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:08:55 ID:yUKeR4Yk


やらない子「あっ……あ、あー……」
                              __ ノ__     _
                             /. : : : : : :`ヽ ̄: : : : `ヽ        古館いじろう
                     _ .. - .. _r==ェ 、: : : : : : : : ─: : : ̄  ̄ ヽ      「普通に考えれば嫌がりそうなものですが、やらない子さんは
                ノ, -=x/. : :_: : : : .`丶 ゞ=ヽ ⌒ヽ: : : :ー−: : ̄ ̄ ヽ     嬉しそうにしております。どうもアナルを犯されることに
                {. ; / `ヽ〃. : :`: : .,,_ : \. : :.\. :ハ: : : :ー : ‐:  ̄ ̄ ヽ     慣れているようですね」
               , ´/:/ :`: : : : : : : : : : `: . :.\: : :.\:}: : : : : `ヽ: : ̄ ヽ             _
                 /. :.{: : : : : : : : : : : : : 、: : : \: ヽ: : : :\: :\: : : :ー : : ハ     _ .. -==二
              〃. : : : : : :ト〃ヽ : 、\:ヽ : : : ヽ: }、. : : :.\: :\: : : ー── 、==-‐==ニ  ̄ ̄ ̄
                ノ}: : : : : : : {´   \ \\ゝ-、: ',: :ゝ: : : 、.:.\: :\: : : : :ヽ         `ヽ
            / イ. : : { : : : ハ      ヽ ムチテ7ヽ :} 、: :`ヽ }. : :ハ` : . __: : :)
           /. : : l : : :.ハ: : : レ´     " 乂:::::j,,_!}ハ:.:|ハ: 从 (: : }: ヽ: : : : `ヽ =ニ  ̄ ヽ  \
         〃:/: /: { : : {.:ヘ: : :l ≠、      ´  リ. l :|丿}'( ヽ\: : : ): ヽ: :i. i}、 ヽ
         {ハ l: :l: :ハ: : : :.:ヽ: {´乂::j  、      /. :ノ i|ノ/ ハ ノ  ヽ´ /乂 ノ ハ )         }: .  }
           ハ' / ム: : 丶: .ゞ.._ ´   v´ )/ :〃.:リ {/ ゝ \ )   ( (ヾ : :  }: .   l: .  {
         ___ ム斗 ''  )イ ハ ヽ: :ミ=-     〃: :{i :/`厶イ     )       .:i}: :  i: .   l: .   `
       /  /. : ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ''=─三ニ≡(' ハ乂//      ____..     .:||\  !: .   ゝ _
     / { /. . :                     ̄  ̄ `ヽ   .::´     ヾ: .{i: . ヽ  :. ____


.

290 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:09:48 ID:yUKeR4Yk
>>288 兄貴を嫌ってる妹に彼氏ができましたでok?
寝取られなら兄貴を慕ってる妹、ということに
したほうがやりやすいと思われます。

291名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:09:58 ID:tf1Ci4jw
ンギモッヂイィ!

292 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:10:06 ID:yUKeR4Yk


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |       これもフェラのときとほぼ同じなんですが、
      |   (_ノ j {. '、\     「そんなことまで受け入れるのか……(つД`)」
      |    }‐イ-上 〉. \    という【悔しさや嫉妬】がさらに燃え上がります。
      |    ノ´     /)゚o |    
     i      r‐‐人__) .|    常識的に考えればアナルファックはアブノーマルプレイですから、
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |    【そんなプレイを抵抗なく受け入れるまでに調教されたんだな】
      i  !,       ノ     と感じられてショックが大きいですね。
      .',  ヽ、 .   /  
        \  .     ヽ、    あと【俺の純真な妹はもういないのか……】という
         \      |.i     喪失感も感じられます。
           |    .   |




        ______     落差が強まるためと、【ハードプレイすら受け入れる=それだけ男に従順になっている】ためだと思いますが、
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   【プレイのハードさに比例して、喪失感を強く感じさせられる】
     i:::::::::(((((((((⌒);)  傾向があります。そのため、盛り上げていく過程にハードプレイがよく用いられますね。
      |:::::::/        .iノ  
      |::::/    ヘ  / |   特に、有る程度尺のある寝取られものは、
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   クライマックスに近付くほどプレイのハードさが増す傾向があるように思います。
    l  !:;     ⌒´⊃` |     
    ゝ_┃     ´___/    なおアナルファック以外のハードプレイの表現としては、 
       |┗━⊃<二二y'      3P、ボンデージ、ピアシング、タトゥー、首輪、野外調教、剃毛、
      |   \_二/       公開セックス、プライベートビデオの撮影・公開、といったものがあります。  
    /ト、   /7:`ヽ、    
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::: ピアシングとタトゥー、それから主人公に対しての公開セックス、
                   :プライベートビデオの撮影・公開は
                   後戻りができないことが際立つだけに良くも悪くもショッキングでしょうね。
                    
                   尚、中でも主人公に対しての公開セックスとプライベートビデオの撮影・公開は、
                   寝取られと相性がいいと思います。


.

293 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:10:56 ID:yUKeR4Yk


                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ           まあ、寝取られものの場合、
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|          ヒロインを酷い目に合わせたほうが
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ         悲惨さが際立つから、という理由も
                .|:::::/         |::::|         プレイがどんどんハードになっていく原因の
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::          一つとしてあげられそうですが。
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥        
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l          
                 ゝ.ヘ         /ィ          
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-          
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、   
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ  
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ 
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \  
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |



.

294 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:11:17 ID:yUKeR4Yk




2.7 事後




やらない子「すごかった……」

               ,,-―――-- 、、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ
           /:.:.___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___:.:.:.\ヾ
          //::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:ヽヽ      古館いじろう
          /:/:.:./:.:/.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:\:.:.ヽヽ    「本番が終わって事後になりました。
         //:.:.//:.:/:.:.:./:.:.:.:./:.:..:|.:.:.:.:|:.  :.',:.::|/     やらない子さんは満足げですね」
       //,イ//_斗‐-/、:./|...../|..||....|  ..:.|:.:.レ''
        // / r / |:/|/  |/ .|.ハ/| ..:.:.:.:.|:.:|
      イ/,':.://:.V, ィ≡ミi   ´  ̄ `メ.」:.:.:|:.:.|./
      /' /:.://|::.イ ヘ:::::::リ     _____  |:|:.:..|:.:.|:.':\
         //l/│l∧,,. ̄  ,    ̄`,,メ:|:.:./:.∧:.:.:.:.:|
      /   | レ:::::::ハ   r―ァ   ∠イ:.:/:.:/ 〈:.:.:./
          /:::}::::ヾ`l 、  ̄  _, イ/://::ノ/ ヽ
          /|:::|ヽ:::::ヽ  ‐- _/j  |::::| l l   ヽ
         // ヽ::ヽ::ヽ      i  |:::|:::| ヽ  丶
         r‐´   ヽ::::',::::',      / ヽ|::|  Y   ヽ
       /      ヽト:::::',ーー-     |:|    }    丶ー_-、
      _{        ||ヽ:::',            ヽー、  \ `ヽヽ、
 __ = = ̄ ̄{        | ヽ|               ',  }   ヽ _ -´ノヽ  ヽヽ
_ ´      入   ヽ   |  |  u            }/.} /´   ヽ -ー ´ __/´
      // ヽ    ヽ.   ノ       ヽ     .r--ィ´ヽ_ヽ、   ヽ-- ‐  ̄



.

295 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:11:48 ID:yUKeR4Yk



        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |       【すべてを受け入れている】
      |   (_ノ j {. '、\     様子が
      |    }‐イ-上 〉. \    【完全に男のものになった】
      |    ノ´     /)゚o |    ことを感じさせてマジ泣きしてしまいますね。
     i      r‐‐人__) .|    
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |   
      i  !,       ノ   
      .',  ヽ、 .   /  
        \  .     ヽ、    
         \      |.i
           |    .   |





                   例によって言ってることは同じなんですけどね(【やらない子は男のものになった】)。

        ______     ただ、今回はHシーンの考察だけですからいいですけれども、寝取られシナリオとして見たなら
     ヾ/::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   やらない子さんが普通に幸せそうな点は寝取られものとして問題です。
     i:::::::::(((((((((⌒);)  これではぶっちゃけ妹に彼氏ができただけとも取れますので、
      |:::::::/        .iノ   【祝福しろよシスコン】という感想がでそうです。
      |::::/    ヘ  / |   
    ,⊥|:|----(=・)-(=・)   それと、やらない夫さんの良い妹を持つ兄という立場が相変わらず盤石なことも、
    l  !:;     ⌒´⊃` |    喪失感がたいして感じられないことに繋がるためマイナスです。
    ゝ_┃     ´___/    
       |┗━⊃<二二y'     やらない子さんがもっとド淫乱に変わり果ててしまっているとか、
      |   \_二/      AV出演をさせられて大変な事態に陥っているとかの、強烈ななにかしらの
    /ト、   /7:`ヽ、     喪失感の演出の付加が、シナリオ化する場合は必須でしょうね。
/::::::::::::::::| ,,イ;;;;>、 /:::::::::::::::::::::: 



.

296 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:12:30 ID:yUKeR4Yk



                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ    
                .|:::::/         |::::|    
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥    以上、寝取られにおける調教済みヒロインのHシーン
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l     の考察でした。
                 ゝ.ヘ         /ィ 
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─-
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、       
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ      
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |



.

297 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:12:42 ID:yUKeR4Yk





埋めネタ : 寝取られにおける調教済みヒロインのHシーンを考察する




終わり



.

298名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:13:59 ID:my4hpcGw
乙なんだけど、乙と言いたくない。
そんな気分。

NTRはやはり嫌いだ。

299名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:15:43 ID:YYapgJkY
乙です

300名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:21:59 ID:AUGXSH0s
乙でした。

>やらない子「アッー!」
これだけだと男の娘っぽいwいや冗談ですよw

あと、ドヤが夫がゲスっちく言葉責めするのもいいかもしれませんね。
「へっへっ、こっち(=アナル)もこないだまで処女だったクセにもう病み付きかよ」
とかその辺で。
これでやらない子が思いっきり喜ぶとこう…絶望感がいや増すような。

301 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 20:25:27 ID:yUKeR4Yk
>>300 あと、ドヤが夫がゲスっちく言葉責めするのもいいかもしれませんね。
>>「へっへっ、こっち(=アナル)もこないだまで処女だったクセにもう病み付きかよ」
>>とかその辺で。
1)元の姿との落差
2)本来反発するべきところで逆によがる屈服ぶり
の二つを同時にPRできるので
その手のセリフはとても有効ですよね。


.

302名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:40:21 ID:JwfTbfxI
…ふぅ。お兄ちゃん大好きな妹だった過去とかあるとなお心がえぐられるよね
やらない夫には乙としか言いようがないけどw

303名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 20:54:43 ID:Yczp5SbI
最近はゲームは同人の方で寝取られだとはっきり言って多く出てるな

304名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 21:01:15 ID:hhHL6jAU
乙。
個人的な見解としては、騙まし討ちはスレでやると
純愛だと思ってた人がキレて大荒れする危険があるからお勧めしないな・・・
「うちの妹」もネガティブな意味の反響もかなり大きかったようだ。
俺は大好きだけど!

305名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 21:07:12 ID:CtwATGy.
逆にドヤが夫がなんか面倒くさげで「あーなんかこいつもう飽きちゃったな」的な感じとかでもいいかもしれませんね俺的に
>>303
前NTR専門ブランドとやらのゲームを見てみたが間男がなんか普通のイケメンでショボンとした

306名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 21:29:19 ID:E5szJuIo
プレイするまで寝取られってわからないエロゲない?
初めから寝取られって分かってると、取られたときの衝撃が足りないから物足りない
やっぱり寝取られは不意打ちされる感じで楽しみたい

307名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 21:31:32 ID:E5szJuIo
書き込んでから気づいたけどここで聞いたら
書かれたエロゲが寝取られ物って分かっちゃうじゃん…
やっぱり自分で探します

308名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 21:31:45 ID:JwfTbfxI
それ教えたら不意打ちじゃなくなっちゃう気が

309名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 21:46:55 ID:AX/pUf/w
ダミー2つを交えた3つくらいを教えればいいんじゃね?

310 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/20(水) 22:47:31 ID:yUKeR4Yk
>>302 …ふぅ。お兄ちゃん大好きな妹だった過去とかあるとなお心がえぐられるよね
そこは特に寝取られとして構成するなら重要ですよね。
なので、例えば落とされていく調教パートのどこかで
「お兄ちゃん助けて」
とやらない子に言わせたりして、
『兄を信頼する妹』と『ドヤが夫との対立』を盛り上げたりすると
駄目だった時の「ひぎぃ」感がたぶんハンパないと思います。



>>303 最近はゲームは同人の方で寝取られだとはっきり言って多く出てるな
あくまで勘にすぎませんが、相当ニッチでしょうからね……。
小さくやれる同人のほうがむいているのかもしれません。



>>305 逆にドヤが夫がなんか面倒くさげで「あーなんかこいつもう飽きちゃったな」
>>的な感じとかでもいいかもしれませんね俺的に
悲惨さが際立ちますね。
お風呂行き+「あいつ飽きたから」的なバッドエンドとかはできそうです。



.

311名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 22:52:56 ID:Fp1CuMXg
飽きた後なら、寝取られ男がその女を恵んでもらうとかもアリな気はする
こいつ以外には簡単に股開くけどこいつにだけは絶対にやらせないとかの条件付きでw

312名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 02:28:21 ID:verIBNVE
>>1さんは相当穴るふぁっくが好きなんだろうなぁ
毎回出てくるし

313名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 12:55:09 ID:ntq2YiL.
フム、楽しい考察を読ませていただきましたし、1人のNTR好きとしてのNTR準備について、少しだけ書かせてもらうね〜
なぜ準備が必要かと言うと、物語は書く側が提供するだけでは無く、読む側が受け取ってはじめて物語だからです、マグロはいけません 読む側にも礼節やモラルの他にも下準備が必要なのです
やり方は簡単 NTRスレを見つけたら、まずはヒロインの純愛にのめりこみます、主人公とヒロインの幸せを願い、NTRなど無ければいいと案じ、心配するのです、ただこれだけでNTRが素晴らしい破壊力を持ちます
早く奪われろとガツガツするようでは心からNTRを楽しめません、それでは立場が寝取る側です、取られる事、奪われる事、ここがポイントなのです
さあ、胃袋にドスンとくる苦しさのために、思いましょう、ああ、頼むからやめてくれ、と、どうしてこうなってしまったんだと


こんな無駄準備して寝取られを楽しむ人間が私一人じゃないと祈りつつ

314 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:10:48 ID:5e.gymy6




埋めネタ : 対立を使って話をモリモリ盛り上げる



今夜も埋めネタ、寝取られ談義を
語れるだけ語ってみようと思います。



今回は割と作成術よりです。


.

315 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:11:05 ID:5e.gymy6


衝突、戦い、ぶつかり合い。
まあ呼び方はなんでもいいのですが、
話を盛り上げるためには、意思の対立が有効です。


意思の衝突があると、
「あるいは別の結末もあるのでは? どうなるんだ?」
と思えるだけに目が離せなくなりますし、
またぶつかった結果意思を通せなかった側がその後何を思い、あるいは、
なにをしでかすだろうか、といった期待もできます。
場合によっては、『得られるはずだった未来』(逸失利益みたいなものですね)
との落差の演出に使えたりもします。


.

316 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:11:23 ID:5e.gymy6

さてさて、衝突の例としてわかりやすいのは主人公と敵役といった具合で
二人以上のキャラクターが衝突するものですが、

・「やめて、入れないで!」 → 「アッー!」

・「中はらめー!」 → 「アッー!」

・「やめろ姉に手を出すな!」 → 「アッー!」


     ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) 支払いは任せろー
 バリバリC□ l丶l丶
     /  (    ) やめて!
     (ノ ̄と、   i
            しーJ



.

317 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:11:53 ID:5e.gymy6


別にこれは一人のキャラの心の中でやってもよくて、
その場合は葛藤なんて言い方をしますけれども、
ぶつかり合う良心と欲望といった具合で、

・「駄目、感じちゃらめー」 → 「ん気持ちいひぃーっ」

・「したい、すごくしたい」 → 「でも駄目よ私」


            '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ:.`丶
.          /::::::::::::: /.: /:: イ:::::/::::::::::::::::::::::Vハ::::::::::\
       /::::::':´:::::::/::::: /:::/ |::::ハ::::::::‐-::::::::: V∨::::::::: \
.       /:::/::::::: /:,' ::::::/´/  :| ::!  ヽ::::::::::::ヽ:::::V:::::::::::::::::: ヽ
      ///:::://:::l::::::イl::/_  l:::|   \::::::::::::::/ :::::::: l::::::::::::',
       // / ::::|::/:ィfテメ  ヽ| ィfテテマk-:::: /::::::::::::::|:::::::::::::i
        /   ,' :::::::l/ ::{ j::ハ     | j::::}ハ }j ∨::::::::::::::::l:::: /:::::|
          i::::::::/::::::j Vl以     レトr以 l|/:::::::::::::::::,'::::/:::::::|
          |:::::/l :::::リハ∪/// ,ミニっ○':::::::::::::::::/:::/ :::::: |
          l::/ |::::::{.:.:::。 f>―-、 。   | :::::::::::: /`ヽ::::::::::|
          |,   | ::::::ヽ、 `ーu┘    |:::/:::::::/ __ノ::::::::::|
                l:::::∧::::> 、       |/| :::::/:::::::::::::/ :::|
               ヽ:{ ∨       | :::/-、::/ヽ :リ
                        ` ┬ '  |::/=く:::: |
                 /´ ̄`ヽ」  / l/    `Y
               {/   、  ノ,            l
               j     `                 !



.

318 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:12:44 ID:5e.gymy6


とばかり、ある心と別の心のぶつかり合いを演出することもできます。


何か盛り上げ場にしたいシーン、まあクライマックスか、
ダレるのを防ぐための中間地点、
あるいはキャッチのための初っ端あたりになると
思いますが、そういうシーンが仮にあるとして、
書いている最中に
「今一つ盛り上がりが足んねえな」
と思ったなら、対立の構図を
加えるのは一つの手と思います。



.

319 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:13:20 ID:5e.gymy6



1 対立を使って話をモリモリ盛り上げる



以上を踏まえ、人妻の寝取りを例として使いつつ、
対立についてさらに考えていこうと思います。



例えば、企画上、間男とヒロインが絡むことが確定しているとしても、
間男とヒロインがこれから初めて絡もうかというシーンで、


.

320 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:13:37 ID:5e.gymy6


   / ̄\
  |  ^o^ | < おくさん せっくす しましょう
   \_/
   _| |_
  |     |
        F / ̄\
       ○|     | < わかりました
       ∩\_/
       \\| |_
        |     |



てな具合で、話をすんなり進めますと、
盛り上げづらいことおびただしいものがあります。


まあ上の例はブーム君を使っていますからギャグのように見えますけれども、


.

321 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:14:37 ID:5e.gymy6


中には本当に、


       ___
      / ヽ '' ノ\      どうも奥さん、間男です。
    / ( ● ) (● )\     旦那さんから話は通ってますよね。
  / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\
  |      ト==ィ'     |
  \     `ー'    /




  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i  ええ、聞いてます。夫の留守中は貴方に慰めてもらえばいいんですよね。
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、


なんて感じでスイスイ進ませるシナリオ設計も
過去の作品中にあったそうです。
ネットの某所で激しく槍玉にあげられておりました。

まあ、個人的には、なんぼ不満を感じたからと言っても、
少しはライターさんを気遣って、せめて言い方は考えてほしく、
そもそも匿名だからと人をいくらでも口汚く罵ってかまわないと考えるのは、
自分の品格を貶める振舞いですから、槍玉にあげた本人だって
ダメージ受けると思うのですが、まあそれは余談であります。



.

322 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:15:06 ID:5e.gymy6



1.1 盛り上げるための対立



さて話を戻しまして、盛り上げ場を盛り上げる方法ですけれども、
事前に



      ___
     / ⌒'' ⌒\      もう諦めなって奥さん
   / ( ● ) (● )\
 / :::::⌒ , _ ゝ⌒:::::\
 |      `ー'      |
 \     ー     /




   ⌒ハ            ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::: i
  ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i  やめてえっ
  ル:::::リγ::..:::::..:::...::..ヘ、:: : ::ノy::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ  \  /::::::)ルリノノ
     リ::::::( ( >) (<::(
.     ハ::::ハ u ,,  r‐ァ リ) )⌒l
      ) ) )、    ̄ノくハ(|`'''|
      / ⌒ヽ  ノ    |  |
     /  へ /、 ,ヘ\__/ /
   / /  |( _ ゞ*< ノ   ノ
   ( _ ノ     .|     |




てな具合でヒロインに抵抗させることで衝突させたり、


.

323 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:16:40 ID:5e.gymy6


また盛り上げ場の最中でも



  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ   (駄目よやらない子、
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノU ヽ ::::::) ルリノ   今私を犯しているのは
    リ::::::( ( ー) (ー::(   夫じゃないのよ)
.    ハ::::ハ U,,  r‐ァUリ) )
     ) ) )、 U  ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i



.     , '      レ   _,  rミ
,.‐ニニニ;          `ミ __,xノ゙、
| l   , ⌒ハ ミ  ,、、、、 ヽ、 ハ⌒ 、
ヽヽ-´)::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y`ヽ._,,))/.::::::::i
. '''''',ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ   (でも気持ちいひぃー)
      リ::::::(u( ○) (○::(
.      ハ::::ハ /// r‐ァ//リ) )
       ) ) )、   ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::)
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i



といった具合で葛藤させたりしますと、
それはもうモリモリと話が盛り上がります(たぶん)。



そのため、ビシビシ対立させると良いと思います。

また、盛り上げ場に備え、
対立を無理なく起こせるような
キャラクターの設定や、ストーリーを、
最初から用意しておくとさらにいいでしょう。

もし用意なしでいきなり対立させますと、唐突感がバリバリで、
「おいおいなんでそうなるんだ?」
と読者が物語そっちのけで疑問の解消に頭を使いだしてしまいますので、
あまりよろしくありません。



..

324 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:17:09 ID:5e.gymy6



1.2 シナリオの自然さと対立



また、盛り上げ盛り下げとはまた別の話になりますが、
人間、それぞれの都合を持っているもので、
その都合がまったく問題なく最初から整合する、
ということはそうそうないことですから、
最初からすいすいすーだらだったと
何一つトラブルなく話が進んでいくのは、やはり不自然です。


たとえフィクションであっても、
その対立を避けられるような設定を無理やり用意するよりは、
さっさと表に出してやった上で解決するほうが、
自然でよいと思われます。


.

325 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:17:32 ID:5e.gymy6


例えば、主人公のやる夫と

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


その恋人役として、美人という設定の水銀燈がいて

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::


さらに、間男とは全く別の役割を与えたいキャラクターとして
やらない夫もいたとします。


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



.

326 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:18:00 ID:5e.gymy6

ここで「やらない夫が水銀燈に興味を持ちだすと喧嘩になりそうだから」
という理由で、やらない夫は最初から水銀燈に興味なしということにしてしまうと、


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \    俺ホモですから
. | ( ●)(● ) |   
. |  (__人__)  │  
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |


とばかり、カッ飛んだ設定を付け加える羽目になったりしますので、
(まあやる夫板2でホモは珍しくないですが、一般にということで)
そうではなく、


.

327 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:18:42 ID:5e.gymy6



いっそ喧嘩させてしまい、



「水銀燈かわいいじゃねえか彼女にしたいぞjk」
        / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____  「銀ちゃんはやる夫のもんだお!
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\   手をだすなお!」
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    �堯 魁拭  �  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /




潜在的な問題を顕在化させた上で




   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\   「ちっ、その様子じゃ本気で惚れてるらしいな。
. |   (●)(●)|  そこまでマジなら身を引いてやるだろ。
. |   (_人_)│   俺はお前とガチで喧嘩してまで
 |     ` ⌒´  |  水銀燈をモノにしたいわけじゃないしな」
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |




とかなんとか理屈をつけて、解決させるとよろしいかと。

まあ、やる夫ものなら、もっとてっとりばやく、
「もげろ」と言わせて(=水銀燈の恋人はやる夫だと認めさせて)
脱落させても良いと思いますが。
この辺は、どこを重点的に演出したいのかという
シナリオの都合との兼ね合いです。




.

328 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:19:28 ID:5e.gymy6




2.寝取られもので使えそうな対立




では以上を踏まえ、寝取られもので使えそうな対立を
考えてみようと思います。



.

329 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:20:02 ID:5e.gymy6


2.1 キャラ同士の間の対立


まずキャラ同士の間の対立を考えます。

寝取られものでは、登場人物は大きく分ければ

1)主人公(寝取られ男)
2)ヒロイン
3)間男

だけですから、


           ,ヘ- - へ       ,
  -  - 、    lノ人从ヽ、l    
/ (● ●)ヽ   リ|I Iiヽi l´      
ゝ(_人_) ノ    ノゝ-, ノリ ゝ     
【主人公】    【ヒロイン】



  ノ  、 、
  l(● ●)l
  | (_人_) |
  ヽ     ノ
 【間男】



各キャラの間に発生する対立は、
この3つの要素の間に存在する線、
つまり


1)ヒロイン ― 主人公
2)間男 ― ヒロイン
3)主人公 ― 間男

の3本だけに限られます。まだ気楽ですね。順に考えてみます。

330 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:20:21 ID:5e.gymy6



1)ヒロイン ― 主人公



・主人公に助けてほしいヒロインと、
 それを無視する(あるいは気付かない、助けられない)主人公

寝取られパートに入るか、あるいは入る直前くらいで
使えそうな対立です。
読者に
「主人公早くしろ! 間にあわなくなっても知らんぞーーーッ!」
と思わせられるような展開ができると良いと思いますw




・間男のものになりたいヒロインと、ヒロインを取り返したい主人公

寝取られ後のクライマックス付近での対立です。
まあここら辺まで来ると事態はとっくに手遅れなわけですが、
それでも主人公に抵抗をさせないと盛り上がりませんので、
適当にウジウジさせるなりシコシコさせるなりする必要があります。
おそらくは、プレイのハードさがどんどん増していく中、
それを止めようとして止めきれない、
といった感じの演出になろうかと思います。



・かまってほしいヒロインと、かまってやれない(やらない)主人公

日常のあたりの対立です。
すこし禍根をのこしつつ『でも待ってます(はあと』な解決を使うかんじになろうと
思います。

ヒロインが寝取られる前は、基本的にヒロインと主人公はラブラブでなければ、
寝取られというよりも普通の別れ話みたいになってしまいますので、
深刻な対立は起こしづらい気がします。
(ただし、過去にそういう対立があったとか、
あるいは雨降って地固まるとばかりラブラブぶりを演出するために
あえていったん思い切り対立させるのは良い手だと思います)


.

331 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:21:00 ID:5e.gymy6



2)間男 ― ヒロイン


・ヒロインを落とそうとする間男と、落とされまいとするヒロイン

まあ、寝取られものにはほぼ必ず出ますので、
説明不要でしょう。





3)主人公 ― 間男


・ヒロインを助け出したい主人公と、ヒロインを落としきりたい間男

調教パートあたりでの対立になると思います。
起承転結で考えるなら転のあたり、もっとも盛り上がりやすいパートです。

普通のストーリーなら主人公勝利、寝取られものなら間男勝利が
確定していますがw



まだあるでしょうけれども思いつかないのでこの辺で。


.

332 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:21:24 ID:5e.gymy6




2.2 葛藤(キャラの内面の対立)




それからキャラの内心で起こる衝突、つまり葛藤を考えてみようと思います。


1)主人公の葛藤

・ヒロインとの仲を深めたい、が、仕事その他が理由で出来ない

 不安を高めるのに使う感じでしょうか。



・ヒロインを確実に助け出したいが今の方法であっているのかわからない、が、
 なにもしなかったら事態は悪化する一方

 間男との戦いを演出するならこれは必須でしょう。



.

333 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:22:32 ID:5e.gymy6



2)ヒロイン



ヒロインの葛藤は主人公のそれ以上に寝取られもののポイントですw

そのため、かなり細かく考えるべきですから、
さらに寝取られ度に応じて分けて考えます。


 寝取られ度 

   低い   ・主人公にデレデレ期
    ↑
        ・間男と関係を持つが
         基本的に愛しているのは主人公期

        ・間男を愛し始めているが
         主人公のことも忘れていない期
    ↓
   高い   ・間男にデレデレ、
         主人公は過去の人状態期



.

334 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:23:03 ID:5e.gymy6


・主人公にデレデレ期

さほど葛藤もなく主人公の女状態です。
せいぜいその後の伏線になるような
たいしたことのない(少なくともこの時点では)不満がある程度。



・間男と関係を持つが基本的に愛しているのは主人公期

 駄目だと思いながら間男と関係を持つ感じ。
間男との縁をどうやれば切れるかとかそういう悩み。

「やめてください、私には夫がッ!」
的な演出になると思います。


・間男を愛し始めているが主人公のことも忘れていない期

 主人公に悪いと思う、けどぶっちゃけ間男に走りたい感じ。
葛藤はむしろ主人公への思いの残りかすを
どう始末しようかという内容になります。

「夫のことは言わないでください」
的な演出になると思います。


・間男にデレデレ、主人公は過去の人状態期

 再び葛藤なし。主人公とは、精神的に完全にグッバイしています。

「もう夫のことはいいの」
的な演出になると思います。



全部通してみるとわかると思いますが、
寝取られとは、ヒロインの立場からすると、
身も蓋もない言い方になりますが、
ヒロインが葛藤の末に男を乗り換えるストーリーでもありますw


.

335 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:23:31 ID:5e.gymy6



3)間男



間男の葛藤は……寝取られものにはあまりいらないような……。
「こいつは後でヒロインを解放するのでは?」
と思えるような隙があると、真剣さが薄れてグダグダになりそうです。

情け無用のご主人様とか、後先考えまったくなしの馬鹿男(俗に言うDQNキャラ)、
といった、葛藤とはたいして縁が無い悪者キャラで良いと思われます。

女性向けなら間男もヒロイン(というか女性向けなら多分こちらが主人公)と
一緒になってウジウジするストーリーもアリかと思いますが、
寝取られものは、基本的に男性向けですからね。


というわけで特になし。
もしかしたら気付いてないのかもしれませんがw



.

336 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:24:07 ID:5e.gymy6



3.以上の各論をまとめてパッケージ化してみる




以上の対立ポイントを、先の
調教+寝取りモデルと組み合わせてパッケージ化してみます。



.

337 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:25:10 ID:5e.gymy6


0)恋愛前(なくても可)
  ・主人公とヒロインが仲良くなるための
   雨降って地固まる的な対立


1)ヒロインの日常生活
  ・かまってほしいヒロインと、かまってやれない(やらない)主人公


2)後でご主人様となる間男登場
  なし

3)きっかけ発生
  ・「やめてください、私には夫がッ!」的な演出
  ・主人公に助けてほしいヒロインと、それを無視する主人公


4)調教シーン
 ・「夫のことは言わないでください」的な演出
 ・ヒロインを確実に助け出したいが今の方法であっているのかわからない、が、
  なにもしなかったら事態は悪化する一方、と言う板挟みで苦悩する主人公


5)寝取られ完了、調教結果をお披露目
 ・「もう夫のことはいいの」的な演出
 ・間男のものになりたいヒロインと、ヒロインを取り返したい主人公



寝取られものを書く場合は、この辺りの対立を
利用しつつシナリオ化すれば、
けっこうモリモリと盛り上がるシナリオに
なるのではないかと思います(´・ω・`)bグッ



.

338 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:25:25 ID:5e.gymy6



埋めネタ : 対立を使って話をモリモリ盛り上げる




終わり



.

339 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/21(木) 20:32:07 ID:5e.gymy6




>>313 こんな無駄準備して寝取られを楽しむ人間が私一人じゃないと祈りつつ
なんという訓練された読み手……!www




.

340名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 20:40:09 ID:/bjgXVWo


間男の葛藤というと、対立からは外れますが、ヒロインとの関係性に悩むというのがたまにありますね。
単に肉欲だけで性奴隷に堕としたけど、段々と情が移ってしまい、「こんな女に何気にかけてんだよ俺は?」とか悩んだり。
または本気で惚れていたんだけど、ヒロインが自分のものにならないのならいっそと陵辱調教して人格を破壊してしまい、
後になって自分の本当の思いに気付いた時にはすでに遅し、あの凛々しかった/貞淑だった/純情だった彼女が
チンポねだってイき狂う姿を見て「俺が欲しかったのはこんな彼女じゃなかったのに!」と後悔と絶望する間男とか。
……臭作さんとか鬼作さんが聞いたら軽蔑するだろう軟弱さですがw

この辺は間男視点になるので、寝取られモノよりも寝取りモノの一形態になるんでしょうけど。

341名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:20:06 ID:5tsqD32I
HSOTDなんかは、年上で子供の頃結婚の約束してた幼馴染が、
主人公の親友(イケメンで行動力もあり、性格もよさげ)と付き合い始める、
なんてNTR完了後な状況から連載が始まったから(あれだけのわがままボディのJKに手を出さない高校男子なんていねーよw)、
これは良質のNTR! これからどんな風に二人のイチャつきっぷりを見せ付けられるのかなー、て期待してたんだが、
一話目でNTR男があっさりゾンビ化してぬっころされるし、
ビッチは速攻で主人公に乗り換えるし、ですげー萎えたなぁ・・・
ヒロイン(ビッチ)の葛藤が無いでしょッッッッッ!!!

342名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:26:19 ID:.50RE0EI
個人的にNTRものでやる気が失せるのが、主人公がヒロインに片想い(両片想いではない)の話。
物語が進んでいくと主人公がヒロインを取られてしまうけど、
先にヒロインを落とせなかったお前が悪いとツッコミを入れたくなってしまう。

343名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:29:05 ID:lKKBPH86
そもそもちゃんと付き合っていたかも非常に曖昧だから咎め立てする立場じゃないしな

344名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:38:13 ID:oW6vWOds
>>342
その後悔感、喪失感とか含めていいんじゃないか
自分が咎めたてする立場じゃないからこそ味わえるNTR感もあると思うんだ

345名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:44:47 ID:/bjgXVWo
どうしてオレはもっと素直に行動していなかったんだ!と悶えるさまとかね
幼馴染ヒロイン相手にはよくあるな>明確に付き合っていない
To HEART2のあかりシナリオにもそれがあって、同人じゃそのままあかりが別の男と付き合いだして
浩之が喪失感を伴った後悔を味わう、というのも結構見られるw

346名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:47:06 ID:uUhkOrEs
>>341
あれはヒロイン(笑)がいかにビッチかを説明するエピソードってだけだからな。
後×乗り換えた ○乗り換えようとしたが結局相手にされなかった

347名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 21:54:25 ID:/bjgXVWo
だって正ヒロインたる先輩の魅力が比較にならないんですものw
アレで寝取られやるのなら対象は先輩以外にないだろう

348名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 22:52:55 ID:U7f9SO/E
風呂で髭剃ってたらチンコ切断されそうになった
今でも、もし切れてたらと考えるとゾクゾクする

349名無しのやる夫だお:2010/10/21(木) 23:58:03 ID:sgcpCfSM
ふと

「いかに相手を殺さずに苦痛のみを与えるか」

という拷問のプロの話を思い出した。
下手に生き延びる可能性を奪って絶望させてしまうと苦痛を与えようがなくなるので
中途半端に希望を持たせるのがプロの拷問術だとか何とか。
NTRものっけから絶望させちゃうと後が続かないかも・・・

350名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 01:28:42 ID:pg8z7ehI
やっぱね、NTRを愛でる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか裏切られてなきゃあ駄目なんだ
「」

NTRですと宣言されて予想通りNTRれるようじゃあ

主人公Aとヒロインのラブラブ未満「早くロマンチック始まらないかなあ、恋愛と言ったらヒロインの個性を出すエピソードとエロだろ」

間男B登場「このワザとらしい三角形」

思わず男ふたりともに感情移入する「この三角関係は正解だった」

ヒロインは脇役として出ていた親戚のお兄さんCとコンバイン「三角関係からの伏兵NTR! そういうのもあるのか」

「うぉオン! 俺はまるでNTRスキーだ」

351名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 07:40:27 ID:oUVjtiNU
絶望感であれば、「既に終わった過去」を持ってくるのも手かもしれませぬ。
例えば…

<あらすじ>
七王子やる夫には愛する妻・巡音ルカが居た。
だが一年前、判を捺した離婚届と「さようなら」とだけ書かれた
置き手紙を残し、やる夫と顔を合わせることなく姿を消してしまう。
「ルカ、いったい何があったんだお…」
悩むやる夫の元に、ある日差出人不明の小包が届く。
中身は一枚の画像録画用DVD。
再生してみると、そこには間男によって犯されるルカの姿が…。

とか。
「妻がレイプされた=もう変えられない過去」な分、読者が主人公に
感情移入した場合は絶望感がかなりあるのではないでしょうか。
また、これに

『奥さんの締め付けは本当に絶妙ですよ……。このまま中に出してしまいたいくらいです』
『い、イヤっ! 赤ちゃんだけはイヤっ! お願い、出すなら外にしてっ……!』
『もう何度も僕に抱かれてるのに、まだ旦那さんに操を立てるんですか? 可愛い人だ、
 旦那さんが聞いたら泣いて喜びますよ……』
『たっ……助けて、助けてあなたぁっ……!!』

みたいな会話が聞こえたりすると、絶望感がさらに倍増する感じがします。
血涙を流しても変えられない過去の重さが、Mな人には堪らないかもしれませぬ。
そして最後は、妻が登場するアダルトDVDが送りつけられて……というEDとか。

でも調教の要素が必要不可欠な方には物足りないかもしれませんので(>>1さんも?)、
実際に書いてみる場合、映像の中に妻が「もう夫との生活には戻れない……」と悟る
きっかけとして調教シーンを入れる方がいいのかなぁ、と思ったりするのですが。

……通勤前になんで熱く乱文を書いてるんだろうw

352名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 10:43:58 ID:1rtuAFIA
これ見て脳内で物語作ればセルフでいけるな ふぅ

353名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 11:31:49 ID:ze1CWWmg
>>335
>女性向けなら間男もヒロイン(というか女性向けなら多分こちらが主人公)と
>一緒になってウジウジするストーリーもアリかと思いますが、

エロ漫画のアナザーワールドを思い出したorz
あれ女性エロ漫画家だしなあ……

354名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 12:47:19 ID:GJzCJq/g
>>七王子やる夫には愛する妻・巡音ルカが居た

…・夫婦別姓か、と、どうでも良い事を考えた、過去良いね、過去

355名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 13:30:34 ID:joz7ARbs
方法論はともかく
細かい差異なんて個人の好みでしかねーんだから
議論するだけ無駄っしょ
ただ、そういう嗜好の人もいる、って話さ

356 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/22(金) 20:32:00 ID:oB6yo4tY




プチ埋めネタ : あれ、もしかしてこれでいいのか?





ふと疑問に思ったんですが、本物のM男さんなら、
いちいち寝取られたりしなくても、
例えば告白シーンで


             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \        あ、あのね? 
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ      
.      /:::/             、   \::::::::'   l      やる夫君、でしたっけ。
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l     ごめんなさい。私もう心に決めた人がいるから、
   〈/      | | i |   |  | l‖|| | l_|::::|_ l|    貴方とはお付き合いできないんです……。
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|‖ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ


と出来るだけ他人行儀にして『貴方とは同じ空気を吸うのも御免です』感をだされ、


.

357 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/22(金) 20:32:41 ID:oB6yo4tY


その後で


      l    | l       /|      |      /:::::::/ |:::::| |  \::\
      |l   | |     / l|     /:|     :/:::::::/  :|:::::|\   〉::::〉
      || .:=| |==≠=リ- ._/ |    /:::::::/   |:::::|::::::\/::::/
    イ|   j |   /  /   / `ト、 〈::::::::{   |:::::|\::::::\{ 
      | |  / |___ /  /  /.u  :|    \::::::\  |:::::|  \::::::ヽ
     / |  / 厶イ三/≧∠ _    j|     \::::::\l:::::| | `ーく      なに今の人、最悪……
    :/ | /彡'´ ̄ / ∠ ̄`¬ミメ廴       \::::::\|  l   \\  
   / |/    〃  ̄ ヽ    `刈 /      / 丁Т    l     ヽヽ   不細工だし格好もダサいしキモすぎよぉ……
  l   |/ ミミ_弋 リ 丿   イⅥ /       /  |:::::|     |      |:l   二度と話しかけないで欲しいわぁ……
\|     ´三三`ー≦彡 // /      /   :|:::::|      |     |:|
     ij          u ̄` // /      /    |:::::|       ヽ   :|::|
                // /      /     :|:::::|       \ :|:::|
u 、                 〃 /     /     |:|:::::|、         :|::::|
                   /  /   /       :|:|:::::| \       :|:::::〉
              u       /  ./|      /|:|:::::|  \      :|/ \
                 /  ././:/       / /:|:::::|    \     ノ〉  \/::
-_ー 、         /  ,/./:/      / / |:|::::::〉     \ //  /:::∠
ご゚          / ̄ ̄ ./ /       / / /|:|/   /:|   // _/::::::::::::::
⌒         ij     /  /      / / / :|   /::/  // /::::::::::/ ̄_
             イ   /      / / /  | _/:::/ /∠ /::::::::::/ /:::::::::
    U       イ |  /      / / /  /:::::/ /::::::::::::::::::::::∠ /:::::::::::::::
        <  |  :|   /     / / / :/::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なんてことを本気でドン引きした女の子に言われたほうが
よっぽど悦べるのでしょうか。




.

358 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/22(金) 20:34:00 ID:oB6yo4tY


心は相当抉られる気はするのですが。



え、自分?
もちろん喜べませんw

どころか、こんなこと言われたら、
たぶん一人で部屋に引き籠ってしばらく呆然としてると思いますwwww




.

359名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 20:36:33 ID:NaXEw.Cc
M男はいじめられることで愛する人からかまってもらいたいというものだから、これで喜ぶ人ってのは…いるかもしれないけど、ディープだよなw

360名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 20:38:56 ID:n/GE9C/A
自己憐憫で悦に入るタイプのMとかならいけるんだろうか、そのシチュエーション
俺は絶対にごめんだけど

361 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/22(金) 21:02:06 ID:oB6yo4tY


>>340 この辺は間男視点になるので、寝取られモノよりも寝取りモノの一形態になるんでしょうけど。
ですねー。『寝取られ』だと、もっぱらヒロインと寝取られ男が葛藤役になると思います。
御主人様役がへこたれたらいったい誰がその先の調教を進めるんだ、
という進行上の問題もありそうですけれどもw




>>350 ヒロインは脇役として出ていた親戚のお兄さんCとコンバイン
>>「三角関係からの伏兵NTR! そういうのもあるのか」
いい構成ですね。

自分が考えていたものだと、間男が複数いて、間男Aがおとりで間男Bが本命で、
間男Bは間男Aをやっつけるために協力してくれて
途中まではさも味方のような顔をしている、なんてのがありました。

インボルブメント・デバイスと組み合わせれば、
間男Aをやっつけて喜んでいるところへ
本命の間男Bによる寝取られを発生させ、
読み手を「ひぎぃ」と言わしめるんじゃまいかと。




>>351 絶望感であれば、「既に終わった過去」を持ってくるのも手かもしれませぬ。
調教ものによくあるヒロイン破壊モデル、
1)凌辱
2)媚薬/洗脳その他の使用
3)イカレさせて風俗嬢化なりなんなり
と組み合わせれば調教も含められそうな。

後はやる夫スレ化だけですね(チラッ




>>353 エロ漫画のアナザーワールドを思い出したorz
ラストがー、とかまあ不満点がないわけではないですが、それでも
後ろの処女をこれから失くそうって女の子のジタバタぶりは
イケますよね。




>>359 M男はいじめられることで愛する人からかまってもらいたいというものだから、
あー、そういう……。

してみると寝取られものって不思議な嗜好ですね。愛を失くしちゃうわけなので。



.

362名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 21:03:00 ID:6s0zxdEU
そもそも自分からアプローチをかけることがないからこういう風に断られるというのは想像が出来ない

って人もいそう?オレノコトジャナイヨ

363名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 21:14:30 ID:NaXEw.Cc
>>362
護身完成ですな

364名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 21:44:28 ID:3ZLLDfSQ
>>359
はいはい釣り針釣り針

いくらMでも「プレイと関係ない痛み」はお断りします(AA略だろjk。

365 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/22(金) 22:48:19 ID:oB6yo4tY


うーん。つまるところ、寝取られエンドに至るルートは
大きく分けて次の5つ……でしょうか。
組み合わせをひねることはできるにせよ。


1.既に恋人同士(夫婦含む)の場合


1.1 間男についていっちゃったルート

 ≪基本的な進行≫
 1)なにかしらの理由で二人が引き離されて
 2)ヒロインが(罠にかけられる、自主的に等で)間男と関係を持ち
 3)さらにズルズル行って
 4)いつしか身も心も間男のものに
 Final)お別れエンド


1.2 悪党の餌食ルート

 ≪基本的な進行≫
 1)問答無用で強姦調教
 2)心は主人公のものだけど体は間男のもの。
  (あるいはどっか壊れて心身ともに間男のもの)
 Final)守ってあげられなくてごめんねエンド


1.3 お遊びルート

 ≪基本的な進行≫
 1)別カップルとスワッピングを申込
 Final)たまにはこういう遊びもいいよねエンド



2.別に付き合っているわけではない


2.1 普通に別の彼氏が出来るルート

 ≪基本的な進行≫
  1)別の男に先を越される
  Final)他の男とお幸せにエンド


2.2 悪党の餌食ルート

 ≪基本的な進行≫
 1)問答無用で強姦調教
 2)心は主人公のものだけど体は間男のもの。
  (あるいはどっか壊れて心身ともに間男のもの)
 Final)守ってあげられなくてごめんねエンド




多分もうない……はず。



.

366名無しのやる夫だお:2010/10/22(金) 22:59:09 ID:fHa2QZw.
お願いだからまた書いてください。短編で結構ですから。

367名無しのやる夫だお:2010/10/23(土) 01:41:52 ID:Wa5gtKww
なんというか、自分にはさっぱりわからない世界だ・・・。

368名無しのやる夫だお:2010/10/23(土) 02:13:39 ID:hDEXv/Qo
男女の立場が逆の場合はどうだろう
爽やかな好カップルだったのに悪い女に引っかかって男の方が豹変させられるようなパターン
掘られたり虐められたりが大好きなM男化でも嗜虐心燃えまくりのドS男化でもいいけど
「私の好きな○○男さんはもうどこにもいないのね…」的なカップル崩壊劇も寝取られの一種だと思う

369名無しのやる夫だお:2010/10/23(土) 08:29:25 ID:Xwnrp6uA
どーでもいんじゃね?
こーゆーのって男の主観だけど男の描写なんて男性読者にしてみれば
「そんなモンはいらんから、エロを出せエロを!」ってなるだろうし。

370 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/23(土) 18:49:16 ID:.d55pa..
ここまで寝取られものの作成についてあれこれ考えてきた
わけですけれども、なんというかこう、純粋に調教ものとして見たとしても
「とことん後腐れしそうッスねー」
とか
「悲惨すぎてドン引きー」
とかの感想が先に来て、エロどころじゃなくなるので、
自業自得かつ後腐れを考える場合じゃない破滅もの
くらいしか個人的には納得いくものがないわけですが、
書くとすごく疲れるので(笑)、
いやもうホント、愛と信頼とかそういう感じの
スッキリしたストーリーが色々と一番ですね。ええ。




>>368 男女の立場が逆の場合はどうだろう
形がやや違いますが、基本的に
間男についていっちゃったルート(この場合間女ですけれどもw)、
と考えればいいのではなかろうかと。

371名無しのやる夫だお:2010/10/23(土) 20:10:27 ID:0KWLfedI
>>愛と信頼とかそういう感じの
>>スッキリしたストーリーが色々と一番

やる夫研究員と翠店員のことですねわかりますん

372名無しのやる夫だお:2010/10/23(土) 20:24:23 ID:foevEa3g
俺は男だが葛藤のない物語なんて面白くもなんともないと思う
エロなぞいらん面白い話を持って来い、だ

373名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 00:49:40 ID:eqQ4mkdM
「既に終わった過去」ネタ。
自分は間男に感情移入してガン攻めさせるタイプなので、
間男はねちっこい程大好きでござる。
そのせいか間男×女は一対一が好物というか、調教終了後はともかく
調教途中でリンカーンさせるのは、あまり好きじゃないというか。

間男にも、堕とした女を傅かせて愛でるコレクタータイプと
堕としたら後は適当に捨てる数撃ちタイプがいるような気がします。
個人的には執着心が感じられる前者の方が好きなのですが。

…どちらにしろ間男の選択AAは止以外ありえないわけですけどね!

あれ、投下するにしてもスレ立てする程じゃない気が…。

374 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 09:27:31 ID:PbgUHZmc
>>371 やる夫研究員と翠店員のことですねわかりますん
ああ、あの二人の関係は愛と信頼ですね。
けっこう自分好みですw



>>373 あれ、投下するにしてもスレ立てする程じゃない気が…。
そんなエロ短編・中編の投下用に使えるスレがここにありますよ!
……とPRしますw


冗談抜きの話、
エロ短編・中編投下用のスレはVIPにもうあるのですけれども、
やる夫板2のほうが投下の負担が少ないのでいいんですよね。

VIPのほうは、板の性格上仕方ないことですが、けっこう規制が強いんです。
一番厳しいのはレス間隔30秒の制限(やる夫板2は10秒)ですが、
改行規制も地味に辛いですw


以前、『初音ミクが〜』の投稿先をVIPに選んだ際
(30秒規制を失念していたので)、
想定していたよりも投稿時間が延びて大変でした。

単純に計算しても投稿時間が3倍になるのですが、
実際には投稿ミスが起こってさらに30秒待つ、
という失敗が多発するので、
たぶん3倍どころじゃ効きません。


特に投稿する板にこだわりがないなら、
やる夫板2で投稿するほうが、楽でいいと思いますw





.

375 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:36:12 ID:PbgUHZmc


埋めネタ : 嘘予告





┏―――――――――――――――――――――――――┓

  ―――それは、ある若妻を襲った悲劇。


┗―――――――――――――――――――――――――┛

| /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\ =≠z.\:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ レ≠=ミ      / {r':::::::i\ヽ|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ /|r'::::::::}       レv:::::::ri}/ |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハヽVヽ_r'}      _辷__r,タ  |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|
 ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ ゝ- ''        :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
  ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
     \  |:.人     v ― ァ    /:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|
      ヽハ:.:.:| \    ` ー    / |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|
       i |:.:.|   ヽ、_    _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|
        ヽ:|     | ` ´  ,. '´ /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./
         ヽ    |` ーr‐'´   /:./ \  |:.:.:.:.:.i:..:..:./



.

376 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:36:27 ID:PbgUHZmc


┏―――――――――――――――――――――――――┓

  新婚夫婦を引き裂かんとする冷酷な調教者、
  やらない夫に


┗―――――――――――――――――――――――――┛

             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` 、
.              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        \   お前のことは昔から
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ゛、  狙っていたんだ。
           /:::::::::::::::::::::::::::::::  __,             i
.            i::::::::::::::::::::::::::::::: __ ,,,            ,,  }   俺は欲しいものを
           }:::::::::::::::::::::::::::   '``'(;;;;;)ヾ\     __\ .|   我慢しない主義でね。
.          |:::::::::::::::::::::::::       ' ̄´     ヾ(;;;) ゝi
          |:::::::::::::::::::::::::                  l 
            |:::::::::::::::::::::::::::.             ::{        }
            {:::::::::::::::::::::::::::、           ::}       }
            |:::::::::::::::::::::::::::ヽ、,           .:}     ,  |
.         {::::::::::.i::::::::::::::::::::::ゝ、       :ノ、   /   !
           |:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐===ニ=:、__,,ノ  ノ
           |:::::::i:::::::::::::::::::::::::     ::::::::::::::ー、 `'''゙´  / 
.            |:::::l:::::::::::::::::::::::       ::::::::::i ̄´      /  
.           {::::i::::::::::::::::::::::          '      / 
           }::i::::::::::::::::::::::                   /
           !人:::::::::::::::::::.               /
           /::::... ...:::::::::::              ,/
.        //:::::::::::::::\::::::::              ,/
      / /:::::::::::::::::::::::\__::::..    .:    /
.   /   /:::::::::::::::::::::::::::::: `'ー-‐ーー----;:"´
.  /   ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::;;″ /'ヽ
 /    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i'  /'"´ \




.

377 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:36:41 ID:PbgUHZmc



┏―――――――――――――――――――――――――┓

  彼女は大切なものを奪われていく。


┗―――――――――――――――――――――――――┛

                                    _
                            _      ,‐':´:_:_: :`:ヽ
                      ,、-:':´: : : : : : :`:'‐:'、/´: : `ヽ: :.ヽ
               __    /: : : : : : : : : : : : : : 、:.入`:゙:ヽ: : ヽ: ハ
           `¨,'、‐、:`:Y: : : : : : : : : : : : :、: : : : :\/ハ: : ハ: : :',: :',   やめてッ!
           ,..:'´: : __: : : : : : : : : : : : :、ヽ: ヽ:\: :.:ヽヽi:}: : :.i: : :.i: :.i
         /:., ィ':´: : : : : : : : : : :ト:.ヽ: :\\:ヽ:ヘ: :.ハ:.iii: : : i: : :.i: :.|   やめて、それだけは!!
          /://: : :./: : : : : : : : i: i.\--‐‐:''""¨´i: : i: |: : : :i: : : i:.:.|
            i/ /: : :/: : : : : : : :.i: i: :i:/  ` 、.fi示ハ }:i: :リ }: : :.i: : : i:.:.|
         i: : : ,': : :i: : :i: : : :ヘ /., 、    弋zカ /イ:リ:Y: : : i: : : i : |
           |: : :.i: : : i: : :.'、:',:'、:/ frjiう        / |:.:|.|: : :i: : : i: :.|
          i: : :ハ: : :.ト: : ヽ:.ゝ:.ヘ、.乂ジ ,        i: :i |: : :i: : :.i: : |
            V: i. V: :ハヽ: :ゝ、ゝr-ゝ、     '‐'     /i: ハ.i: : :i: : :.i: : |
           V:i '、: :ハ \: \T:.:i \,      ,イ /リ.弋、- ' ¨ ‐、 |
              ヽ  \:.ヘ ` ‐ 、i:.:i  `¨ '' ‐‐f゙  / /       ヽ
               ヽ'.、   ヽ:i        ,|  , '          i
                      `___,、 ィ ´ '´     i        |
                     ,. '´     _,.、-       }      ∧

.

378 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:37:14 ID:PbgUHZmc



┏―――――――――――――――――――――――――┓

  ベッドがきしむたびに、凌辱者のものになっていく心。


┗―――――――――――――――――――――――――┛








          i゙ ゙̄i                  あ、あっ! も、もうやめてっ! 
          /___ヽ                 これ以上は、もう……っ!
           || !     ,.、
           || ゚    .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ギシッ
           ||    | |
           ||    | |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ⊆⊇    i_i\ノ´ー-'´゙ ゙̄`ー−'´, --             ギシッ
                  `ー、 ヽ ´  ゙̄`ヽ ゙̄、



.

379 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:37:26 ID:PbgUHZmc


┏―――――――――――――――――――――――――┓

  後戻りできなくされていく体。


┗―――――――――――――――――――――――――┛






          , --────-- 、           ずいぶんヨガってたじゃねえか。
        /           \
       /              \        もうアイツのことなんか忘れただろ?
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |         / / ̄\ \:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;:| |. ○ .| |
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   :::|::     \
    |            |      |     |
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|               '.{    :l    }/ /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       \               u     / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \


.

380 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:37:42 ID:PbgUHZmc


┏―――――――――――――――――――――――――┓

  やがて、新婚夫婦の愛の巣に、
  なにもかもが終わったことを示すDVDが、届けられる。


┗―――――――――――――――――――――――――┛



             _____        くくくっ。
          ,..ィ禾圭圭圭圭圭爻.、!
          ,.イ升圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭弁.、    このビデオを見れば
        ,勿圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭小 !   アイツもお前のことは諦めるだろ。
        .,勿圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭小
        爪圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭沁
      {i圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:○:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭i}_
      {i圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭i}
      .仔圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭妨
       弐圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭汐
         ゙弐圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭伊'
         `守圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭才
          `<圭圭圭圭圭>´



.

381 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:38:02 ID:PbgUHZmc




┏―――――――――――――――――――――――――┓

  そのDVDに映されていたものは……


┗―――――――――――――――――――――――――┛





┌─────────────────────────────┐
│┌───────────────────────────┐│
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
││                                          ││
│└───────────────────────────┘│
│                  o o o o o                      │
└─────────┬─────────┬─────────┘
                ┌─┴─────────┴─┐
                └─────────────┘




.

382 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:38:42 ID:PbgUHZmc



┏―――――――――――――――――――――――――┓

  彼女の愛する夫がガチホモとなった姿ッッッ!!


┗―――――――――――――――――――――――――┛



┌─────────────────────────────┐
│┌───────────────────────────┐│
││                                          ││
││                                          ││  < んぎもぢい゛ぃお゛ーっ!!
││             l||    ____.                    ││
││                /     \                   ││
││              ../    _ノ  .ヘ                  ││  < オラオラもっとケツをふるだろ!
││             /    ((ー)) ((ー l|l                ││
││             |  ///// (__人__)' i                 ││
││             .\      !_ノ/ / ̄ ̄\            ││
││             。 .>     < /      .ヽ           ││
││              l|| .i u      i |     ::::::::::l           ││
││             /´ソ  ,     イ、|     ::::::::::l           ││
││          _/  /  ∧ u   | .| u  .::::::::::l           ││
││        /´    ノ  ,//     ヽ {  ....::::::::::::/           ││
││        ゝ___<く r''/   ヽ,,♂ . ヽゝ ::::::::::::/          ││
││          /⌒ー'´ J /´ ` /´~   ::::::::::ヽ  。        ││
││      (( r''"        , ヘ u  / u    ::::u::::::ヽ          ││
││        `-―――---"   \/   /    ,/::::::i          ││
││                 /⌒    /   /、  .::ノ          ││
││                 ゝ__/ ̄ ̄ ̄               ││
│└───────────────────────────┘│
│                  o o o o o                      │
└─────────┬─────────┬─────────┘
                ┌─┴─────────┴─┐
                └─────────────┘



.

383 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:38:58 ID:PbgUHZmc


┏―――――――――――――――――――――――――┓

  今、夫を寝取られた新妻の怒りが爆発する!!


┗―――――――――――――――――――――――――┛





        /, -=ァ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`\   /  ̄ ̄ ̄`ヽ 
.       // /.:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr/.:.:-=ミ .:.:.:.:.:.:.:.'.  あのガチホモども!
           /:::: /::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\-::}}:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  絶 対 許 さ な い の 
        /:::::/::::::::::::::/ ::::/:::::/::::/:::::/ ::::::{:::ヽ:ヽ ::::::V:ハ:::::::::::i.:.:.:.:.:.:.:ヽ: |
.       ,':::::/ ::::::::/::::〃::::/:/::::!:::/|::::::|::::::::::}:::::}:::}}:::::::::∨:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: }.:|
       |::::/| :::::::/:::: {{:::::7:丁:::j:::l`ト::::l::ヽ‐十:::ト:リ:::,'::::::ヘ:::::::: :l.:.:.:.:.:.:.:.: ! |
       ∨ l|:::::::,'{:::::从 ::|∨ヽ八:{ \{ ヽ\{Ⅵ:∧/ ::::::l::}::::::: :l.::.:.:.:.:.:.:. ! |
.          |::::::ハ::::Ⅵ ::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_j/ /:::::::/j/:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.:.:! |
            ',:::::l.ハ:::ヘ|::小::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::/}::::l :::::::: l:.:.:.:.:.:.::. ! |
            \{  \{| 八 、..,,________,,. 彡イレ |::::l ::::::::::l::.:.:.:.:.:.: ! |
               {:::::::ヽ. ヽVvーーーvソ / ' :::,'  |::::l ::::::::::l.::.:.:.:.:.:. ! |
               ヽ::::{ `ト、ヽyー‐r´イ  /:::::/  |::::l:::::::::::l .:.:.:.:.:.: ! |
                >く/`=.≧-z≦=|`∨:/    ! ::l :::::::::l .:.::..:.:.: ! |
         -―――‐'´/ {  /^\.  } ./く `ー- _L::L_:::::::l.:.: .:.:.:.: ! |
      〃::.::.::.::.::.::.::.::.:/   | /ミ{^}彡, |  ヽ::.::.::.::.::.::.::.  ̄入 :.:.:.:.:.: ! |
      ∧::.::.::.::.::.::.::.::./    Ⅳ/∧\.Ⅵ   ',::.::.::.::.::.::.::.::./:.::|.::.:.:.:.:.::! |
      |::.ヽ_ -――/    ∧く_./ ヽ._>∧   〉――- _/ .::.:|.::.:.:.:.:.::! |
     _|::.::∧ /   `ヽ _/ マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/     ∧ :.::.|.::.:.:.:.:.::! |



.

384 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:39:18 ID:PbgUHZmc


┏―――――――――――――――――――――――――┓


  『なのはがやる夫を寝取られるようです』


  作成次第公開!

┗―――――――――――――――――――――――――┛




  \> 、_     ∨ \
   \   `> .、 .∨   \                      |    /            |    /
     \      \    ヽ    __         \   |ヽ  /         \   |ヽ  /
      ,>、    ,_.ヽ   |   /:.:, ‐‐ ̄          ヾ\| / |__           ヾ\| / |__
     ./:./:.:.`>´:.:.:.:\ l |--./:.:./―-...、       \,ゞ /__≠ゝ__       \,ゞ /__≠ゝ__
     /:.:./:.:/:.:/:.:.:.:.__rゞ┛┗:.:ヽ、\`.-\       ゞ,'´   ヽ┼ヾ―<      ゞ,'´   ヽ┼ヾ―<
     /:./:.:.:.:./:.:./:.:/ ̄ /./:┓┏//:l:.l\:.\           /´iやる夫l |/ヾy―      /´iやらない夫l―
    //:.:./:.:/:.:.//    /ヽ:,':.//:./|:||:|ヽ:.:.i        / ̄|    .| |´        / ̄|    .| |´
    //:.:/:.:./:.:/  >:.´:.ヽ\.,'/:|/:.//,' | | ヽ:|           |  |   |_,'            |  |   |_,'
   ,':.:./:.:〃/ >:.´:/.ヽ:.:.:.:.:./ 'ヽ|//| /. ./  .レ′       l  |   ,' ヽ          l  |   ,' ヽ
  ./:.:./:.//:/´:.:.:../ .|二二:7、 |:.:|.∠              ヽ |   ,'            ヽ |   ,'
 /:.:.:.://:.:.:.:.:.:/  ゞ`、 ,'/==|:.:|  7              ` ´` ´              ` ´` ´
/:.:.:.:/ /:.:.:.:/'´    `ヽヽゞ゙"ヾヽ,' \
:.:.:/ /:.:.:.//  { }     } //|=:ヽ::`,>v
:/ ./:.:/ .{=ヽ------、_  .i 《' 、.|`.ヽ、'´ `ヽ
/:./. \ヽ `‐ ´ ̄ ヽ_ヽ} `ヽ.}  }   .y′
:.:./  \  ヽ――- __ >´.  ,'/-彳--t ´
/    \,'__;;;;;;;;;;;;,′     ,'/  |:|,'/ \
        ,'  ` ヽ;/ヽヽ-__/./.  |||.|  _.|
      ,′   / \`ヽ__/   }|} ゞ´
       /    / \ /ヽ-=__ ‐‐ {:ll.|ゝ
     ヘ、   ./  /<_//    |:||ヽ、
    .l;;;;;> 、 | /、   ´  ./,ヽ、ヽ,
.    ,';/,`>-`、‐ヽゝ\    ,//--ヽヽ|、
.     i,'// ̄ ̄:.`‐`ヽ.>、ヽ´/-    ヽ |
    .|,'/: : : : : : : : : :ヽ  `´   |       |.∧ ヽ


.

385 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:39:41 ID:PbgUHZmc




┏―――――――――――――――――――――――――┓


  ただし作成の予定なし!!



┗―――――――――――――――――――――――――┛




.

386名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 13:39:44 ID:2bS.e2sk
完璧にギャグじゃねえかwwww

387 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 13:39:51 ID:PbgUHZmc



埋めネタ : 嘘予告終わり。




.

388名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 13:56:10 ID:O2zg0n2M
乙ですw
立場が逆だとギャグにしか見えないw

389名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 13:59:35 ID:UHG5DyKM
やる夫ヒロインスレか

390名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 14:06:55 ID:B2rEr39k
アイマスの同人誌で
絵理が悪徳プロデューサー(男)に涼を寝取られ調教されるという内容のものが
ありましたが、どうでしょう。

391名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 14:15:16 ID:jXhJmvbg
そういえば、間男じゃなくて間女がNTRしたら・・・
ただの浮気か

392名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 14:17:43 ID:UHG5DyKM
男女に限らず、心身奪われたらNTRになるな

…面白いの思いついたw

393名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 15:09:18 ID:uRpn/s8I
これは期待w
そうだよな、なのはさんが屈服とかありえんよなw

394名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 16:33:41 ID:uHP6EwAM
言葉が誠をNTR・・・
って、まんま原作ですねわかります。

395 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 18:24:37 ID:PbgUHZmc
>>386 完璧にギャグじゃねえかwwww
>>388 立場が逆だとギャグにしか見えないw
稀にこういうことが本当にあるらしいですが、
妻はとても微妙な気持ちになるそうですねw



>>390 アイマスの同人誌で絵理が悪徳プロデューサー(男)に涼を寝取られ調教されるという内容のものが
>>ありましたが、どうでしょう。
どーでしょうって……

だwwwwれwwwとwwwくwwwwwwwwww

としかw


>>391 そういえば、間男じゃなくて間女がNTRしたら・・・ただの浮気か
男には二股かける道がありますからねー


>>392 男女に限らず、心身奪われたらNTRになるな
>>…面白いの思いついたw
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +
 と__)__) +


.

396名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 18:37:06 ID:x5.xFnBI
男×男じゃギャグでしかないが女×女なら充分ありだ
神無月の巫女は初回からヒーローが決めてる足元でお姉様によるNTRが始まってたな

397名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 18:39:30 ID:s21DYHkg
>神無月の巫女

そのタイトルは聞くだけで不愉快になるな。

398名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 18:45:53 ID:DQmbCiF2
妻に浮気されてすったもんだの末、亭主と間男がくっついたという話を聞いたことがある

399名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 18:49:40 ID:VECMi45w
恋人が男に寝取られるのは嫌だが女に寝取られるのはなんか興奮しちゃう

400名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 18:59:21 ID:UHG5DyKM
面白いというか禁忌区分になるのかな?

…獣ネタは

401名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 19:09:58 ID:Z6jVCJs2
獣+NTR……あなたの○○○は豚以下ねとか言っちゃうのか(゚A゚;)ゴクリ

402 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/24(日) 19:20:09 ID:PbgUHZmc
>>400 面白いというか禁忌区分になるのかな?
>>…獣ネタは
もしそれが獣姦なら、少なくともアブノーマル系ですね。

もしそうではなく、
たとえば『漏れなつ』NTRバージョンみたいなものであるなら、
確実に禁忌区分だと思いますw


>>獣+NTR……あなたの○○○は豚以下ねとか言っちゃうのか(゚A゚;)ゴクリ
うーんw

403名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 20:02:06 ID:IiDcE9Kc
大変笑わせていただきました、このギャグNTRの破壊力を上げるためだけに、此処まで延々NTR論議をやってj来たのかもと思えるのが、この>>1さんの素敵な処だね

404名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 21:21:43 ID:kOHUlZxs
先入観を使った笑いってのは一度で耐性できる分破壊力高いね。
斜め上からの攻撃は大好きだ。

405名無しのやる夫だお:2010/10/25(月) 21:48:52 ID:29ZspFWk
それにしても、終わったのが次スレに入ってからでよかったな
前スレのラスト近くで終わってたら埋まっちゃってこんな風に語り合えなかったし

406名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 00:51:26 ID:7S4Rygik
すまん既出かもしれんが・・・

主人公 X ヒロイン

寝取り後

間男 X ヒロイン
間男 X 主人公

結局、2人とも別れる話をした後に調教されたことに気づく
しかも俺の脳内では間男が女でも、男でも、僕女の子とか、私男の子とか、でも逝けちまうあたり、もう末期だな

俺こんなMだったっけ・・・?

407名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 01:42:41 ID:VvZideVM
つまりお前さんも調教済みってことさ

408 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:26:32 ID:kMls2zpU
なんか思いついたので投稿。



埋めネタ : 間男を捕まえたギースさん




.

409 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:26:47 ID:kMls2zpU


           _,..-'''"´ ̄`~""''' ‐- .
          /               \
        /                  \
       /  ,;lll|||ll||||||kl||||||||||jl||||||||ll|l彡ソ,  ヽ       私、ギース ・ ハワード(42才・男)と申します。
        L ミヾ゙kl|1!,(ヾlli|!||ll|ll!il/ソ/li!illl彡彡   ヘ      アメリカでマフィアをやっております。
       / 三ミ゙    `゙"ソ"゙´       ゙;三  |
       |  三:´                ゙:ミ   !
       |  彡;                 ヽミ  ソ
       | 彡.゙       ヽl  ソ ノ     7, ;ミ xz{
       |z=、゙  _二三z, |! , 〈´_z三≡テへ´ ミ/ ヾ
       〉  k  ゝ ゞソ_Z≧ ≦ヘ_ゞソ ,≧ノ  ソ ヘY }
       l,|、( |  `  ̄ ̄´ j  、 `ヾニ ̄   />  /
       ヽヾI        7 |         j =゙,/
        ヘヾk     / |l  ,ヽ       /- イ
         `゙i      ´`=´`       k/´
          ヘ   / __,___  、   l,.イ!
            | ヽ. l ´       ` /  ,/  ト、
          /|.  |\  ´ニニニ`,   /   | \
        イ.  |!  |  \      /  /  |   |\_
     _z<゙, |  .ヾ, `    `ー――´    / ./   |   >z=-、
  _z<゙´    |   |            /  /     |        `>z=-、_
゙´        |    i      `:、       /    l             >z=-


.

410 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:27:23 ID:kMls2zpU


【ギース・ハワード氏の妻、リョーコさん(32才・女)】

                  /`:ー=、二 ..ー...、
              「 ̄ ̄ ̄:.`ヽ:..:..:...:.\:.:.:.:.:.\       実は先ほど、長年連れ添った妻の浮気現場を発見したと
             __j\:...:ヽ:.ヽ:...:...:..:ヽ:...:.:.ヽ、-、:ハ      部下から報告があったので
              }:..:\ヽ:..:.l:...ヽ:.、:ヽ:..l:.l:.ヽ:.レ\ヽ!
              ハ:...トヘト:...:l、:.,.lLA:A:.ト:|:...:ト|_:.:イ:丶ヽ
           ,小:.ヽ:ヽ ヽ:|ヘ:.「l「_⊥.!_:.:...l|:__:/:.:.:.lハ:|
            /:...:.ト:./´:ヽ  | ーチィて::ル'l...:.!⌒}l:..:.小 }
          l:l!:.|:..l:.ヽ:ト,≧、 ´ ヾ:斗:|:....|_ノ:|:./::.|:.l
          lハ{ヽト.:ト.代:z〉    ´  !:|..:..|:.:...|/:.:.:.:|:..l
          |! __rヘヽハ´ ` _._-ノ ノイ:...:!:.l...!:.:.:.:.:.| l..l
              | 〈、ヽヘ }ー-.ト...      /...:.l:.:l...|:.|:.:|:.:.| l:..l
           {⌒ヽ.〉  :ム:}:.`7ヲ´/....:.l|:.l...:|:.|:.:|:.:.| l...l
           「ニヽ〉  //ー':/ー_/...::/ !:.!...:ト- L:_!_|:l
         /マ }_,二 /イ: : : : /二/..:.:,:トj!:|!...:|: : ://ハ.l:...l
       r‐くヽ ヽ_´r 爪::|: : : :/ /....:.:/ト/|..l.!..:.! ///_`ハ l:...l
       /  丶三_7 jl: l::! : : l /./:.:.イ:|': ハ:.l,〉:.V∠ _ {:ハl....l
        /    ‐ ´/ ハ:l::l: : :レ':.イ:.,/,.|:|: : : >Vヽ:ヽ  |: : l l:...l
      ノ     /   { ハl::l: :丁ム// L|:/'/`{  ̄ /┬ ´ l...:l
      j       / /ハ.  ヽ、: |ノリ{{/: /.'/   /  /:.:.:.|   l....l

411 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:27:43 ID:kMls2zpU


                 _ __ _
.  ∩ ∩  ∩∩   /________\
   l l__,」 !-‐、∪∪  /::::::::::::\               激怒して
⊂ニ ,-‐ 「 ̄     /: -一…‥‥…ー- :ヽ              すぐに妻と間男の身柄をさらって
   U //      i/ -−…:;…−- \i              こさせたのですが
.     // ∩∩   !/_;;;;;;;;;;;;;_\l
    〈/   U U /^) i/             \i    __,
   ___ // Lr 二、_ ̄ ̄,.ィ二  >く lてノ厶==ミ、
  / ▽ ▽ \   「ヽ`´-゚≧;  ≦゚-`´/},ノ >/ ▽ ▽ \
. / く!     l>   ヽ!{〉   j       {'/   / く!      l>
|>___ ¨ ¨ ___<|   `ヘ.   ‘ニ´   /T′ |>___ ¨ ¨ ___<|
∧´ー`   ´ー`∧     !\ ´ ̄` / |  ∧´ー`  ´一`∧
ヽマ         マノ    |   ヽ-- '    !   ヽマ        マノ
  ヽ△   △/      }    !  / {     ヽ△   △/
   }`▽_▽´{       / !   厶 ' ´  ヽ    }`▽_▽´{
 __八  V  八__,.ィー'フ j    /      ¨'¬'⌒¨ ト   八_
´ /ー-   厶r'´ |     __丿  /           |   ‖  `ヽ_j_
 {    _/  l|  ∟..__     _____j    l|  /   `
 > '´   ¨l|  |       `y'´        |    l! /
'    /     ‖ |       {          |  〃/
   /     Y⌒ヽ============ァ'⌒V!
.  /     /{    }                {    }\
  {    /   `ー‐′                `ー‐'  \




.

412 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:27:58 ID:kMls2zpU


            ゴメンナサイ アナタ……
       
           /´  _        ヽ\    
          ./ / /仏∠! } }   トハ   
          /l lレィ┿!   j┿テトj/リ! ミ}            泣きじゃくる妻と一緒にやってきたのが
          |∧ |j-'==  =='イ  l   {   
           |ヽ} | |、_,、_, | |│ ハ彡|   
           | 八 | |. {  } | |_l /ノ  !   
           | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j //  i |  
           l/ヾ三} l___/{彡'´}  i |   
           |l   ノl |二//|   l  ,イl|   
           | ゝー' ∧! //∧__j / l |




.

413 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:28:08 ID:kMls2zpU





               ∧__∧
              彡     ヽ
              彡  ●  ●
             彡  (    |______             馬。
             彡   ヽ   l,.,.,.,.、、/\
            /`     ( ・ ・)   /  /  。  
          /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |\/|       
            | キ ャ ベ ツ | /    
            |____________|/





.

414 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:28:26 ID:kMls2zpU




              _ --―==ー-  _
             ,  ´    x≦二二≧ `丶
         /Z斗ー=≠z_ r=ニ二三≧  ヽ
        //´     Zー==ー≧   ハ
          ,'"       r<二二≧ ー< i      ……どうしたものか困っています。
.         i 、   _,,、、_   \  /⌒ヽ  !
       j__八ァ≦tッフィ     {、//⌒} }  |
       `} ´`ヾ`ー<       {⌒ノ/  リ
.       ノ    \   u     }ー' /、  {
       `ヽ`             {rー'  \小
         {r===ー‐'      ノ }    ー}\
         `{r=ミ、     __/::....      /  i≧ 、
          {    }  _,ィ升/:.. .::..   /  ハ、 \
           ー=≦=≦彡'´::..  ≠ :.. /  ,′j     \
            >、ヾ::::::::...    イ   /  /       \
           /:::::jハ、::::...    ノ   /  /          \
         _/:::::::::/  {`ヽ   { {.   /  /             \
    _ ≠´ ̄/:::::::/  ハ   rノノ  /  /              ハ
   /     /::::/`ー‐  }  ∠  /  /                小







.

415 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 19:29:02 ID:kMls2zpU



埋めネタ : 間男を捕まえたギースさん



          おわり



.

416名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 19:34:00 ID:Zjncpu8E

確かにこれは困る

417名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 19:43:48 ID:j6BG.QTU
ギースさんマジ哀れwwwwwwwwwwww

418名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 19:48:32 ID:sfeRBXh6
馬男→うま男→う間男→間男
ってやかましいわ!

419名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 19:51:09 ID:7mRHbQzI
そうですのう、当て身投げとレイジングストームの練習台にするといいですよ。

420名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 19:51:26 ID:.ujnWsT6
とりあえず、馴れ初めを聞いてみよう

421名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 20:15:57 ID:4w3TOo72
遂に獣姦に手を染めたか…

422名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 20:22:36 ID:VvZideVM
埋めネタでウマネタか

423名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 20:39:09 ID:HTd.A/PQ
乙でした
現場に駆けつけたら駆けつけたで騎乗位の最中だったでござるの巻きになってそうだな

424 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 20:40:45 ID:kMls2zpU
>>420 とりあえず、馴れ初めを聞いてみよう
やはりクラブで知り合ったのでは。



乗馬クラブでしょうけれども。



.

425名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 20:47:14 ID:ePb/N4lQ
ntr談義面白かったです
間男がヒロインを堕とす過程を間男側から見れば寝取り、ヒロイン側から見れば寝取られ程度の適当な認識だった自分が恥ずかしいです

前に読んだネット小説で色々あって妻の昔の男に憑依してしまった旦那がその男になりきって妻を調教するってのがあったのですけど
こういうのも寝取られものと呼んでもいいものでしょうか

426名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 20:53:42 ID:eCc8H.h2
とりあえずビルの最上階から蹴り落としたらどうです?

427名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 20:55:09 ID:leu1mLZA
>>425
どこのなんという作品かすぐに判ってしまったw

428 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/26(火) 21:09:51 ID:kMls2zpU
>>425 こういうのも寝取られものと呼んでもいいものでしょうか
んー、寝取られを規定する絶対的な基準って多分なくて、
それっぽければ寝取られと呼ぶことはできる(呼ばねばならないわけではなく)と
思うので、
とりあえずそれっぽいもので、、
いわゆる寝取られと言われるものを好む人をターゲット層にして
話を進めたいなら、
そう呼んじゃえばいいのかなと個人的に思います。

寝取られなんて用語は、究極、
便宜的なものですから、
程度問題ではあるでしょうけれども、
使いやすいように使えばいいのかなとw



.

429名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 22:01:09 ID:MqApPV/w
視点を変えると、寝取られってやつは、相手に自分が奪われるのではなく
自分が他人の大切なものを奪う事や相手の大切な関係をぶち壊すというカタルシスを得る
という見方もありかなぁ、と今までの考察を読みながらなんとなく思った
ところで馬と人間の獣姦は二次元だと凄く心に響くシチュです、ギース先生

430名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 22:02:06 ID:M3.JvksM
馬に寝取られたギース様哀れすぎるw
最初、シスコン棒術使いはハゲだと思ってましたw

…寝取られっていうと、みんな何で目覚めたんだろう。
自分はアリスソフトの「守り神様」、加代子さんの米屋ルートかなぁ。
自宅の中庭で、白濁液を思うまま胎内にぶちまけられた所とかが好き。
当時の2chでも「米屋になりてぇ」連呼する人が多かった記憶がw

431名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 22:09:57 ID:leu1mLZA
>「米屋になりてぇ」
それはやっぱり寝取りになるんじゃないかなあ

432名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 20:12:44 ID:lJkkHgbc
しかしこれだけNTR考察が盛んだと、
>>1さんがやる夫研究員のスレを
復活させるかもしれないと期待してみる。
NTRにおける情動を研究する長門。
そして翠店員を寝取られてしまうやる夫…!

あのスレは長門の全くブレない、揺れない、偏らない研究姿勢が好きなのですよ。
いや、長門の胸が全くブレない、揺れない、偏らないと言っているのではry

433名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 20:30:00 ID:0Viu3KII
>翠店員を寝取られてしまうやる夫…!

うわ、見たくねぇ・・・



しかしあそこのながもん、よく正気が保てるな。

434名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 20:55:51 ID:XiDti/bo
>>433
アレが、ながもんにとっての正気、なんだろう

435名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 21:04:19 ID:0Viu3KII
もし、ネクロマンサーが実在したらあのながもんみたいな性格なんだろうな…

436名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 21:05:03 ID:VW4lMDEk
>>433
むしろ「正気」が研究対象

437 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:20:40 ID:hiN/ERoU
>>429 自分が他人の大切なものを奪う事や相手の大切な関係をぶち壊すというカタルシスを得る
>>という見方もありかなぁ、と今までの考察を読みながらなんとなく思った
言われてみれば確かにそうですね。
Lose−Loseの関係に突撃する暗い悦びというか、破滅や復讐の快楽というか。
モンテ・クリスト伯(岩窟王)の見せ場にそういう感じのシーンがあったような気がします。
あれも初っ端からシャレにならない寝取られ方しますし。



>>430 馬に寝取られたギース様哀れすぎるw
文字通り相手は馬並みですから、ナニの大きさでは、さすがにw


>>432 NTRにおける情動を研究する長門。
>>そして翠店員を寝取られてしまうやる夫…!
きっついですねえソレ……。



.

438 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:21:19 ID:hiN/ERoU

思いつきの埋めネタを今晩も投下します。






埋めネタ : やる夫がばらしーと叫ぶようです




.

439 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:21:31 ID:hiN/ERoU


【東京都白饅頭市 : ファミリーレストラン ガスット 内】

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.  //     | |          /| |    //    | |          /| |
.//       | |  /.       //| |  //      | |  /.       //| |
        | | //      /  .| |  /        | | //.          | |
        | |/          | |          /| |/          | |
        | |            | |        //| |            | |
        | |        _  | | _         | |            | |__
三三三三三三三三三三三 ..|\\蒜蒜\\.三三三三三三三三三三三三三..|\\
 \       日 \     :|  \\蒜蒜\\  \       日 \     |  \\
\. \          \  \   \\蒜蒜\\  \ 日       \   \  .\\
 ̄|ヽ  \          \   \ ..| ̄|ニニニ| ̄|\ \          \   \  | ̄|
  | \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ ゙\|  |..   ..|  |  \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ .\|  |
   ̄ ̄| ||              ||\| ̄ ̄  |    |   ̄ ̄|  ||              ||\| ̄ ̄  |
 ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄



.

440 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:22:06 ID:hiN/ERoU


               ____
           ,. -'"´      `¨ー 、
          /                ヽ、
         ,.' '⌒       ⌒ヽ      ヽ、
       /  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、        ヽ、
       /   ii   l:|    〃   ハ         ヽ
      ./   .l:l  ,リ.    |:|    ,リ          ヽ
     / .   ゙'‐‐'"      ゞ、__彡'            i
     /  XX(    j       )XXX               l
    ,'     `ー-r'´`jー--‐'′             /
    i        `ー"                    /
    ',                           /
     ヽ、                       /
      ヽ、_                    /
         `i                    ヽ

近所の学生 : 名取やる夫
「コーヒー飲みながらでいいから聞いてくれおやらない夫。

もうね。ばらしーが可愛いくて可愛いくて仕方ないんだお」




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

近所の学生 やる夫の友人 : 松千代やらない夫
「ばらしー……悪い、誰だ? 

まさかついに彼女ができたのか?」


.

441 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:22:22 ID:hiN/ERoU


                         _____
                        /        \
                      /           \
                     /, --、    .,.-- 、   \ 
                   / ., ーヽ   ,'. ー-、       \
                  /   ( ー l    l ー )       \
                  |     `ー ノ    ヽ ー '            |
                  |   '⌒(____人____)⌒`        |
                  \      `ー--‐´           /
                    \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
                     \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
                     ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ
                    /:/\::::::/〈/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∠
                     |/:::::::ヽ{二ニ=:::::::::::三≡::::::::::: ̄:::::::::::::\

名取やる夫
「いや、全然。

同じ学部の女の子ってだけで、まだ2、3回話したことのある程度だお」





      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

松千代やらない夫
「なんだそりゃ。

ってか、それであだ名で呼ぶとか慣れ慣れしすぎるだろ常識的に考えて……」



.

442 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:22:46 ID:hiN/ERoU

        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \     十     キラッ
    /: : : : : :               \.          |    *
  / : : : : : : :.:.:.:.:  _        _   \.     _人_
 |:::: : : : : : : : :.:.::.:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`   l      ̄`Y´ ̄
 |:: : : : : : : : :.:::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |         |
 |:: : :: : : : : : : : : : :´"''",       "''"´  l
 \ :.: : : : : : : : . . . . (    j    )  /   +
   \:::: : : : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′/
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ

名取やる夫
「いいんだお。

これはばらし―がやる夫の彼女になってくれた時の予行演習なんだお」






 < 店員 「いらっしゃいませー。お二人様ですかー?」




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

松千代やらない夫
「予行演習ねー」
(また無駄にならなきゃいいけどな)

443 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:23:21 ID:hiN/ERoU



< 店員 「お好きなお席へどうぞー」


      !    |  !    l  
     |     |   i    l
       }   |   l    、
       | 、 ,. |     l 、  ,  i
      ト --..:1    i、_ ノ:!
      |::.::.::.::.::|     l::.::.::.::.::.|
.       !::.::.::.::.::|    l::.::.::.::.::|
       l::.::.::.::.::!    |::.::.::.::.:l
        i::.::.::.::.|      !::.::.::.::.!
         !:.::.::.::|     |::.::.::.::|  とてとて
       |::.::.::.:l      |::.::.::.::|
          }::, -┴i   ノ-―、:!、
       l´:‐.: ̄:`j /´: ̄:..´:.}
       ー―‐ ´  ー―― ′




.

444 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:23:56 ID:hiN/ERoU


           ヾ:、∧ . -──- 、 ∧//            
            >{`>'        ヽく)ァ、              _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
           `7′          Y-‐'             /   ,′  ´ ̄、`Y  l
              .′  |        |_ l\            /    /   、    l くハ |
           { Yl ト、_ト、\,厶-、| 入} '. \          ,′ , l !   , |  、 |  l l|
           ∧/\!く弋:)ヽ/{`{Y1:Y^V'} |   \      .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
           / r'   l`}、、、   ヽ二〃 ヽ! |    }}        | |  l | 釗l7/斗‐r、 | | | |
           l |\_l. \  o    /{_,.イ .   〃        |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
          | |  | \ (`⌒)⌒/ /| | l  {{        ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
         | l  !  レ`'廴イ_/´,イ}   |   !   \        / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
            〉〉|    /   ) l    |     '.   \    .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
         // ,′ ,r.┘ ,イ └ ァ  l.  |   .     》     l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
.        l ! .′ 7¨ヽ._} ト〜 く  l   |   }    〃     |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
        !| ヽ /   ヽ|    ヽ. l  |  ,′ 〃     / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
        ||  } {      |    }./  /| /  /     . / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
.          |!  / ノ     l    廴/ |/         / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
.         l!<__>〜、__,ィ´入__   ,rく            ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
              '⌒`ー1´¨.l `ー1¨丁´              `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
                ∨|  ∨ |               ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈    `
                 ヽ┘  `┘

やる夫と同じ学部の学生 : 薔薇水晶
「けっこう混んでるねー」


薔薇水晶の親友 : 雪華綺晶
「うん。あ、そこの窓際の席が空いてるよ、どう?」


薔薇水晶
「いいよー」



.

445 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:24:21 ID:hiN/ERoU


                ___
             ,. -'"´     `¨ー 、
            /            \
          /                ',
           /                    ',
          .l     '⌒ヽ      ,ノ⌒  .l
          .l      (tリ\,_    、__,   l
         .',   U  `ー',     ヽ     /
             \       l   人   l   /`ヽ
         /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
        ./                     l

名取やる夫
「あ!? あれはばらしーだお!」





 |___
 |   \
 |  \ \   ササッ
 | ( ●) \
 |人__) /// |     薔薇水晶の席から
 |⌒´    /   ← 見えない位置に隠れる
(⌒ー─' )



.

446 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:24:53 ID:hiN/ERoU


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

松千代やらない夫
「ああ、あの子がそうなのか。
大人しそうだけど、けっこう可愛いな。

……で、なんで隠れるんだよお前は。
挨拶くらいしとけって」




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ

名取やる夫
「きょ、今日はあれだお。準備ができてないんだお」




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |  u  ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

松千代やらない夫
「挨拶に準備なんかいらないだろ、常識的に考えて……」
(こりゃ今回も駄目そうだろ……)



.

447 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:25:21 ID:hiN/ERoU






・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





.

448 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:25:40 ID:hiN/ERoU


【薔薇水晶たちの席】


     /: :: : : : :::: /: : : ::/.: ; : : :|: .:: : : : : : ::: : :|: : : : :l. : : : : l:::. : : : :|.: : : : : : :
   //: .::: . :::::::/ : : .::/: .:|. : : | .:::: : : : : :.:::: : |:: : : |. |:. : : : |:::::. : : : |: : :i: : : :
 / /:: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :
'   .l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :
   .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :
   .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.
    l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::
.    ゙ .l::::|λ::::l':|:::::l  l|, l、l:|、|l |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:
     ヘ:|l :〉::::::l|::::|!  ´ ̄`ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : : |
      〉 ハ:::::|l:::|゙l ィ=≠ミ、   ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
      ./:/: : ヾlヘ:|::|.               \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
      //: : ..::::/ .::::l         ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     /': : : .::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
     /': : : .:::/: .:::::::::::丶              ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
     / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    ` ー‐           /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
   ./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、           ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
、_,. -'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
ヽ,`ヽ : : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::

薔薇水晶
「ねー、きらきー、この前新しいネイルサロン行ったんでしょ? どうだった?」




            ,-、,           /´ヨ=i''l___
          _l''ェヒ,, .,!,----===--‐‐'''''''ク、巡} l ._! , 、
         ./<弋yli'',,.l====     ,  ,ゝ、,, -‐i  l i 、
        // .!ニY,'' ´         、     l .l / .!!
        i   ,.`´   l  、    .i  \    / l/  ii
        il  / l  .i |   i 、  l .i ゝ,  /  .l   l l
        ! ../ .! i  l i i  i .l .l il il  ..i ./ ./ ll l l
        i ./ .l l  li il i  l .l .l i il  .y /i i、.l l .l l
        .i .il  .l. .l  .! l l i  ll ,_l,,,ll-ll=,,ll、,,/ ./.l .l !,l l .l
       ..//.ll  ! .l_,, ュi‐i‐i i .li / l__!,,--、,,l / / l l  .l >!、
     ./  ,li.l  .!__!__,,-ュ、-、'`゙゙. ,,''.i'::::::::::::i/ / / l   ゝ、''\
    ./´   l '‐‐'''! .! l,!,后i>i.i   .! ''>:::::::/i i ..l  l  , \ `i
    li    .|   |i .'i'!,'-fi゚/    `''ー‐'⊂l l l   l /i   l  ll
     .`'-、_ !、   l .!⊂⊃  __,    ,,/! l l   Y l l ,, l . ./
        'i  l  ././ `' 、 __ __ __ _ , . .'´  .入 .入   l .v.l l /
        / ! ./ // i    f.、l l=,,l,l-'-'' .'l ..入, `''、,  li  .l
      // //  /   .._/ i゙゙゙.lξ'7コ ,` /=,, \  ! l\, l
     / /゙i ./   /  _./,! /  _r‐'‐'./``i l_-.''1  l .l  li\\,,

雪華綺晶
「んー、ちょっと微妙だったかな。

あそこなら今ばらしーが行ってるとこのほうが良いと思うよ」


 
.

449 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:26:04 ID:hiN/ERoU



【やる夫たちの席】


   ,r' ⌒ ヽ、    ____    
   / /⌒ 、、  /      \    ← めっちゃ聞き耳立ててる
  .| { 〜 }、/  ヽ、   _ノ\ 
  .ヽ ヽヽ  /   (● )  (●) \
    ヽ i 6 i        (__人__)    |
    ノ ,ー.i\      ` ⌒´   /
   .(    {  、          
    ヽ、_ノ、          

名取やる夫
「ほほう、ネイルサロンに興味ありですかお。

さすがばらしー、オシャレさんだお」




   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

松千代やらない夫
「こらこら、盗み聞きは行儀が悪いだろJK」



.

450 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:26:30 ID:hiN/ERoU


【薔薇水晶たちの席】


              .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
            _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
           /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、   ←やる夫たちに気づいてない
          /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
         .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
        ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
        /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
       / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ
      .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
       |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ
       ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|
        /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |
       //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
      l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
       |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ

雪華綺晶
「ねえ、それよりばらしー。ギャル夫君とはうまく行ってるの?」



.

451 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:26:52 ID:hiN/ERoU


【やる夫たちの席】



          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \    ギャル夫!?
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /

名取やる夫
(え?)




   ,r' ⌒ ヽ、  ___  ,r' ⌒ヽ、
   / /⌒ 、γ´   ゙Y , ⌒ヽ ヽ   ピョコピョコッ
  .| { 〜 }:ー  ー .{ 〜 } | 
  .ヽ ヽヽ (● ) (● ) / ノ ノ
    ヽ i 6 i (_人__) ( d i /
    ノ ,ー.i  `⌒´  ,ー,. (
   .(    {      i    )
    ヽ、_ノヽ_  __入___.ノ
       //  / /ヽ

松千代やらない夫
(お、彼氏か?)




.

452 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:27:35 ID:hiN/ERoU


【薔薇水晶たちの席】


          __,, -‐‐-rty-=´─==   `ミ 、
           ` ‐=-‐戈ノ //       ` \ __
           /_,,/! ///           ヽ{}ト、
           ´´ /./| ///!.  /  ! /   l | !    ゙iヾ、ゝ.
             |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、|.
            / / .| | !: i !  | メ、!  i l !  ! l i `
          / イ   ! |l:  ! l , i j. ! i ,-、!/ /  / i .!
.        // /   .i| ! !!‐i土iニ|´! l 、《/レ‐-/ //
       //  /   /| !ii l|T::。Tヾ  i メrゞ=;;〈/ /〈
.     //   /   / l |〉i i .ゞ‐'   ' 《〈トK》 / X ヽ
    //    ./   / i |;ゝ  ////  , ヾYイ  ' !`ト、\
   i {     /   /  ,' |', `‐-,  ‐ - ,/|   .| ! `‐`: 、
   l ヽ   /   /  / !ゞ、ヽ |`ト ..  イゝ !__,,_」-+t_,, -‐二ゝ
   ヽ ヽ、/   _.ム‐/ /" \__,,へヘ-イ-‐"     /ヽ-‐"
     \ \,-'  `‐- '     <ィ泌>.〉  -‐--,-,./.  iヘ
     / 丶 ゞ ヽ、 _,,-、     `ゞXノ'  _  /|`'    } ヽ
    /   )ヽ.     ヽ__,, -‐< `ヽ|` T´ `" 〈     i`‐-二‐-- 、
.   /  _, ´ _入: : . . . . . . /   └、ヽ|r´     ',: : : : ._,人t‐--、 ̄ ` >)

薔薇水晶
「う、うん。……それなりに」




                        ,-、_
         /ヽ    _ ‐ ´`‐´ ´人)‐、‐、
       /ニトイミソ ̄´´ // ヾ/lくl(tJ>}) ヽ
      / ili(Gゞ)ト    ´     \ヘ彡イ  il
      i tト=ミ彡          \ヽ lし\l il
       il ノノl  l  . ヽ . i   il ヽヾ\  lil i   ニヒッ
       iヘ  /  l  i ヾ、ヽヘ \  ヾ\ l iヾ
      ノ l i   i  i l フアヽヾ>七´ヾ ヽil l il\ヽ
      i   i i   l l l〉ソ」i\iくヽ〉=-、`l il i l i \`
     / /l l ハ l il l彡´X>`ヽ〉il弋yソl 斗l   lヘヽ \
    / i´  il l l  ilく薔仝〈》  ´`ー⊂⊃ l  ilミ=-、 ヽ
    / /    l i 〉`〉《トVvイ´      /il ヾ  ヽ`\\ ヽ
   / /   ノl  il lヾ ⊂⊃  < フ /〉\Yミヽ ヽ ヾ \ `、
  l  il  / l  il l /`ノ`トヽ _ _/イミK  ) \  \ ヽ ) `ヽ
  il  l /  / / i//ー´`  tート三//,,_

雪華綺晶
「いいじゃーん。彼、見た目は怖いけど割と優しいでしょ。

もうシちゃった?」




.

453 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:28:34 ID:hiN/ERoU


【やる夫たちの席】



          ____
         /      ┘( 
     ,---、  \    /⌒―、  ガーッ
     .l   l  (●)  (●) \ |
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /
       /          |
      /          |

名取やる夫
(なっ……なんて破廉恥な質問をしてるんだお!

そんなわけあるかお! 

ばらしーは永遠の清純派なんだお!)




           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }

松千代やらない夫
(こら、暴れんな! 聞こえないだろ!)



.

454 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:28:53 ID:hiN/ERoU


【薔薇水晶たちの席】


                  -―=====--===‐-
             __ , /               `丶、
            く必}廴__      ,      ..      ≧f必}ア三ニ=
        -=ニ三竺勹                    `ヽ ヽメ≧≒=-
         ,イ必ナ /    ,,  / ;    |         、 Y^ヾ\
        厶斗/  /   〃  l|  !    |    、     ', l  ヾ ヽ.
          /´| |  ! /| i | || il  i. |ゝ_ヾ\ヽ |   | |    ! ';'、   カアアア……
          .! l! | /| .| | ! | || iト, !.!  \\.i \ !   | |   |  ゙、ヽ
          | |! | .! !!_j.>iイ  li  liヽ lト   ,r=_-‐、ヽ|   | |    |  ヽ`
          .| !| .i! i r| | !|j|-―l!, l!\i  イ〈:i´r=ミ:〉|  .! .|   |   ヽ ヽ
          |f .| i.| ! .!,jlr i!|  ゙̄ 、    \ iVl/ト彡l/ /.!| |   |    l │
          || | ! !!! |〃 ゙l!ゝ_ノ j       ヾ二 メ i/| i .| .|   l    / /
          l! ヽ!.l | .| i  ゝ '´        、_ノ i! !/ |! |    |   / /
        .  !  リi | トt,/////    ,     ̄  / /  /| !  |  /ソ
             |  | .゙l !!ヽj.        - −    j/|,..イ‐レト - 、 ソ
             !  |ィト|´   .ー ,、_        .. '"  //j: |/     ヽ.
             !/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `'' ‐r-ィf´ .:.:.:.:.:.:.:.:,'| /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            ,  ヽ、 _,,-、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:<ィ泌>.〉.:.:.:.:.:.:.:.:.: .l/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !
            i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ__,, -‐  `ゞXノ'  _  /| l:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
            ,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,-、_ _. < `ヽ|` T´ `" 〈 |! .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l!
            |!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  / ヽ└、ヽ|r´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            ヽ..:.:.:.:.:.: /      へ `Y´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: j .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  /
             | >≡f=!/,,   /   へ ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.: f.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::.:.:ノ

薔薇水晶
「え? えっと……その……うん。

けっこう、前に。ギャル夫君、強引で……」


.

455 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:29:21 ID:hiN/ERoU



【やる夫たちの席】



                   _____
                 /::'⌒:::::::::::; '⌒゙\
                /:::::::::::::::::::::::::∪    \
              /::/´  `ヽ::::::::::/´  `ヽ \    
             /::::::(     l:::::::::::::l     )  \
           /::::::::::::::ヽ_   _ノ::::::::::::ヽ_  _ノ  ; \
           |:::: ;:::::''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |:::::U::::::::::::::::::::`┬─'^ー┬'′      |
            \:::::::::::::::::::::::::::::::|エエエエエ|        /
             \::::::::::::::::::::: !lllllllllll     U  /
             /::::::::::::::::::::::::::lllllllllll      \
            /:::::::::::::::::::::::::::::└ u U┘        ヽ
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ,   |

名取やる夫
「!?」




    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |   u   (●)
.  |       (___ノ)
   |        ´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ

松千代やらない夫
(うわー、衝撃の告白だろ……)




.

456 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:29:46 ID:hiN/ERoU



【薔薇水晶たちの席】



      __     _
    / ̄>t=ヘ_/ムイ-
   /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
  ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
/   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
   ././ / / 〃     ハ | i  ‖ ヽ ノイ  ′ !
  // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |‖ ,  ゙, ∨ /  j|
/ .イ | | ‖||| || ,..⊥l | |‖  | i ' /|   〃
   | | | ‖|l| | {f'´|メ | |‖ |! l/ / |  ||
   | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |‖ |! / /, i| l|
   ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|
    | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l
   イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
 // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
 __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
| ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |

雪華綺晶
「へー、良かったじゃん。

ばらしーは奥手だから、いつまでも処女のまんまかもー、
って心配してたんだ」




    //     / / /  l |         i     ! ! l  Y  ヽ
  / ' / !   イ / / ! / | ./{f^i}  /!/l | j l |   l   i .
/  / ト.l i! ∧ /斗 lf=≠十 l   }! / |≧=+-/ li ! ,.!  .l !ヽ    アセアセ
    ! ハ l! | i  |  V l     !/l|  l{/7=! /iヘ、 |! l| / !  .小l|\\
  ,ィ'| / i!∧! ヽl   ヾ|      l!  /:`-}{l/イノ_}ハ Y!/ l / | j  ヽ ヽ
, ' l从 |     三三三三三  ヽ /ヘ:::::{ \Y´__,.イ/|  ∨ ! /   \\
  / /N U                ヽ:\__],.ノ::/ !  i! ノイ     , ´ }
   /‐                      \_,.>く   l  八      / , ´
'  /--'                     、_ノ   }   ヽ- ‐ ´ ノ
 / :` ー‐ 、   ∪    -、     _            U ノ     |´ ̄
, ′/: : :,: :\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      //    }
 イ: : : : / : l 个 、         ' '       .イ /    ハ
//: : : :/ : : i! : : : :>               . <: /: /     |
,:': : : / : : : :|: < ̄ └ 、` ー  __ ,. -_= ´ー-、:/: /      l
: : : / : : : : :| : _\    `ー'⌒ヽ `く_ __,∠、:'      |

薔薇水晶
「ちょ、ちょっとばらしー、声が大きいよ?

他の人に聞こえちゃうからもっと静かな声で話してよ」



.

457 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:30:02 ID:hiN/ERoU


            ,-、,           /´ヨ=i''l___
          _l''ェヒ,, .,!,----===--‐‐'''''''ク、巡} l ._! , 、
         ./<弋yli'',,.l====     ,  ,ゝ、,, -‐i  l i 、
        // .!ニY,'' ´         、     l .l / .!!
        i   ,.`´           \    / l/   .i
        il  /              ゝ,  /  .l    . l
        ! ../                ..i ./  il     l
        i ./ .    il i  l .l .l i il  .y  il     l
        .i .il  .l. .l  .! l l i  ll ,_l,,,ll-ll=,,ll、,,/  il .    l
       ../ ll  ! .l_,, ュi‐i‐i i .li / l__! --、,,l /  il      !、
     ./  ,li.l  .!__!__,,-ュ、-、   ,/.i:::::::::::::i/  il       '\
    ./´   '‐‐'''! .! l,!,后i>i.i   .! >:::::::/  l       . `i
    li       |i .'i'!,'-fi゚/    ` ー‐'⊂l  .l     i     l
     \_      l .!⊂⊃  __,    ,,/!.  l    l    ./
        'i    ./ i` 、 _ _  イl  .弋 入   l   /
        /   ./ ../     i`-‐ - ._ .,-'、  \, `''、,  li  l
      / .. //     / iー! トィf3 ,  \  \  ! l\, l
     / /゙i ./     _,-' /  _r一'./ ヽ, _, \   l l li \!,

雪華綺晶
「大丈夫だよー、いちいち他の人が
私たちの会話に耳をすませたりしないってー」



.

458 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:30:20 ID:hiN/ERoU


【やる夫たちの席】



   ,r' ⌒ ヽ、  ___  ,r' ⌒ヽ、
   / /⌒ 、γ´   ゙Y , ⌒ヽ ヽ 
  .| { 〜 }:ー  ー .{ 〜 } | 
  .ヽ ヽヽ (● ) (● ) / ノ ノ
    ヽ i 6 i (_人__) ( d i /
    ノ ,ー.i  `⌒´  ,ー,. (
   .(    {      i    )
    ヽ、_ノヽ_  __入___.ノ
       //  / /ヽ

松千代やらない夫
(そうそう。まあ、俺はそうでもないけどな。

やる夫は……あ、自分の世界に入ってる)




      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

名取やる夫
(嘘だお……信じられねーお……。

ばらしーがあのギャル夫に!?)



.

459 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:30:51 ID:hiN/ERoU


名取やる夫
(じゃあ、こんなことや)


【やる夫の妄想】
            ______
   __,, -‐‐-rty-=´─==   `ミ 、 /
    ` ‐=-‐戈ノ //       ` \ __    アッ、アッ!
    /_,,/! ///           ヽ{}ト、
    ´´ /./| ///:!  /  ! /   l | !   ゙iヾ、ゝ /         /
      |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、| /       /    .:
     / / .| | !: i !  | メ、!  i l !  ! l i `     ; : : : . . . .!|. : : :.i| |
   / イ   ! |l:  ! l , i j. ! i ,-、!/ /  / :i .!    i | : : : : : : :!|!: : : :|i |!
   / /   .i| ! !!‐i_ 二`´l l 、《/レ‐-/ //    i| !: : : !|: : : : : : : :||!
    /   /| !ii l| ミz弐ゞu iメrゞ=;;〈/ /〈/     !|.: : 。i|!.: : : : : : :|! |
    /   / l |〉i i       《〈トK》 / X ヽ      | |!: :i!;: : : : : : : :.|!  ______
    /   / i |ゝ  ////   ' ヾYイ /  ___  __|__人 : : : : : : : |´_       `
   /   / ,' j.__ u  f' ̄フイ- ¨  ̄     ̄`ヽ`ヾ、、: : : 。o 从;_て            \
.\/:.:/::/ ̄`゙ミ::、 >.=- `¨´                  `し' ヾミy !j ' .; o) ヾ。           \
.  \!/       >´                   o。    し'ハ (_     o
    ゝ-  ‐  ´                            ij´ ` 。             `
  /                                                        ’
. /                                     ;*;'                 |
                                        ゛                 !
                                                          i
                                                      ;
                                                           /
                                     /  ゛、              /
                                                       ,
                                                       /


.

460 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:31:28 ID:hiN/ERoU


名取やる夫
(……あんなことも!?)


【やる夫の妄想】
 ,-'" ''‐ ......  l    .│  . |l   /  ''ー....                                    _,,..--‐'' ̄ ̄   ん……
..‐     ''''ニ..'''''l       │  l      `''‐-..._                       _,,........--‐''""   ギャル夫君の、大きい……
          │ `      ||  ,'          、 ,゛''ー---............------------一一'‐'' ̄ ̄
        _,,,....l        │ f          l ノ’          \   、 \_,.>  ´ ̄ ̄ ̄ ` 丶、
    _..-‐''^   !   ..    | |          |''            \   丶/             `丶、      ___
  ,..‐"      .!        |゙'''!          l              >-'                  ` 、lr' ´ ̄  /
 ,/     ι  釗     -'''、   ゙ 、       |               7'´                    /´ ̄ ` < _
/          .釗   . -''':.:.:.:..--,_:.:,.: ヽ      !             /     /             `丶、ー<,_____,.`ァ
     ι      ./.:.:.:.: -'''".:_.:.:_,,......------....‐;;_-..、 l ゝ         /    /,イ        /          \::::\    、   \
           釗.:.:.:_,. -'''"          ^゙''ー-..ー ,  ゙ ..      /    // |       /    |    !  \::ヘ`ー--───'
         /_ 、‐’   ι              ゙ヽ、   ゙_ッ   /     斗七     /}     !     !   l ハZ}\\
/      .l ,/   ^     ι             ''‐、"   、ー--/   / /、 | l , -十|ゝ─-/|     | ,/!  Y   ヽ\
      ./’                          ゙\      |「|!   / {チ心l|ハ }  ノ|r¬〒ryfz    ! / j  |    \\
     ./                              `ー、    ! jl   ハ ∨マり | 、!   { ヘ{(f卮}_ lj   / 7/   |      \\
      .'                     、、          ''‐.._{ ! / }|////  |ト、 |∨ ゞミYシ l  / ,.イ    |       ヽ ヽ
                           ''             `ー / レ人 u. '   ∨ `ー…く. ,'  ノ/ l.   |        ムイ}
                                          l ! `''‐-ヘ    _    u  ,イ  ,イ´    l    |        /〃
              u                                  ^ー 、 )  ./ / / / ,.-- 、! .  八        / /
    |                                               `''‐ 、,イ ノ7 /    ヽ /  ヽ    ./ /
    」          U                                        `ー-/       ハ
    ||                                                      `''''‐‐‐‐''''''''ー
     |                                                             ゙゙ー:、
\ 、_  1   ,l
  ゙.ー-.._1
  `   ゙l
    ''-..゙'、
       ゙゙ 、                         |_
        ' .\                        ゙´
         ゝゝ、                                                  ___......-
.

461 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:31:47 ID:hiN/ERoU




           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

名取やる夫
(あるいはもっと過激な……
いやそこまでは……)




.

462 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:32:05 ID:hiN/ERoU


【薔薇水晶たちの席】


            ,-、,           /´ヨ=i''l___
          _l''ェヒ,, .,!,----===--‐‐'''''''ク、巡} l ._! , 、
         ./<弋yli'',,.l====     ,  ,ゝ、,, -‐i  l i 、
        // .!ニY,'' ´         、     l .l / .!!
        i   ,.`´   l  、    .i  \    / l/  ii
        il  / l  .i |   i 、  l .i ゝ,  /  .l   l l
        ! ../ .! i  l i i  i .l .l il il  ..i ./ ./ ll l l
        i ./ .l l  li il i  l .l .l i il  .y /i i、.l l .l l
        .i .il  .l. .l  .! l l i  ll ,_l,,,ll-ll=,,ll、,,/ ./.l .l !,l l .l
       ..//.ll  ! .l_,, ュi‐i‐i i .li / l__!,,--、,,l / / l l  .l >!、
     ./  ,li.l  .!__!__,,-ュ、-、'`゙゙. ,,''.i'::::::::::::i/ / / l   ゝ、''\
    ./´   l '‐‐'''! .! l,!,后i>i.i   .! ''>:::::::/i i ..l  l  , \ `i
    li    .|   |i .'i'!,'-fi゚/    `''ー‐'⊂l l l   l /i   l  ll
     .`'-、_ !、   l .!⊂⊃  __,    ,,/! l l   Y l l ,, l . ./
        'i  l  ././ `' 、 __ __ __ _ , . .'´  .入 .入   l .v.l l /
        / ! ./ // i    f.、l l=,,l,l-'-'' .'l ..入, `''、,  li  .l
      // //  /   .._/ i゙゙゙.lξ'7コ ,` /=,, \  ! l\, l
     / /゙i ./   /  _./,! /  _r‐'‐'./``i l_-.''1  l .l  li\\,,

雪華綺晶
「もうフェラとかしてあげた?」




       __   _..: 二=¨ミ" ̄三ニ==ミ,斗‐ァ
       ヾ=ミ`Y´   /     ヽ    `ヾツ-,
   -=ニ三≧ヽ// / ハ  ,イi|  ハ 、 i  `辷ニ=-
   ,ィ"斗匕≦彡' イ   / j / |ハ   リ )}ヾ:、  Ⅵ\
  ´ ̄/斗孑'ィ / !l  / / イ  !|ヘ  /八/,  \、 ハ
    ´ ̄ 7"イ / ! | /_人_ハ_ミ、ヽ 乂_/バi  ヽ\ ヘ、
      /イ//  i イ/ ハ {`ヽ ヾ\  リ厂リ i 八 ヽ ヾ:、
.   /, 1 //   i|/八 ハァ≠弍ミ、 ヽ人乂=≠リハ )ノ  ヽ\
  // i iハ   八  |jバ代._!.ノ `   (! 〈{くr}>j /ハヽ :} ヽ\
. / /  / // /  ヽ ハ ヘ´ ̄`     `辷彡くイ,'/ i ヽゞノ   \ 、
/ /  / // 〈  jイヾ、ヾハi/i/i/  j:.  i/i/j从/ ハ ! ヾ、     Yi
! {  / / ′ イ /!| 1 ヽ \__   _       /:′{ ヾi   ヘ    | !
| i ,:′ '/   八 ' i| i| i  \乂  ‘=’   /い i! ヾ:、   ヾ:、 ハヽ
i ∨  ハ / /  ヽヾ! |!ト、  ヽ \_ _ ..イ.:.:.:ハヽ ヾ  } )  ハ  }ヽ!
入ヽ /// /    } !| i| い    \ \ {.:.!|.:.:.:.:.:.:〉 \ /     ヘ / i
  ヾ ' / / _..-イ| i|!人ヾ\    ヽ ヽ辻ミ:j从ヽ.  ∨  , ,′ Ⅵ /
  \ i {/   |川ヾ:、ヾ、 ヽ   } ハ  `Y ̄`丶 ′ / /   / /
    Ⅵ: :    川リノ: :`ー-≧  ノ   ヽィミぇ_   ヽ i:/   //
ヽ   Y、 `ー-‐ナ大ー―-、: :ヽ/ 乂   ハ: :`ニ{ i   Ⅵ'  /{

薔薇水晶
「…………うん。

ギャル夫君、喜んでくれるから……」


.

463 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:32:35 ID:hiN/ERoU


【やる夫たちの席】


                   _______________
                  /   /            ヘ   \
                 /   /              \   \
               /  .‐''~_               _~''‐  \
              /  /´ ,    ヽ ヽ         /´ ,.    ヽ. ヽ  \
            /   ,'  ,;     ', ', |!!il!|!l!!l!l!l| ,'  ,      ', ',   \
           /    {  {      } } .|!!il!!ll!!!il!l| {  {      } }    .\
         /      '、 ヽ    / / .|!l!!il!!l!!il!l| '、 ヽ    / /      ..\
        /             ̄ /     |     \ ̄             .\
      /               /      ∧      ',               .\
     /                {      / ヽ     }                .\
    |             ヽ    ヽ___/ __ \___ノ    /             |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /              |
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                  |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                  |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                 /
      .\                |工工工工工工工工工|               /

名取やる夫
「……………………!!」




.

464名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 21:32:51 ID:1kx/t3yc
やる夫くん勃起しちゃった?w

465 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:32:53 ID:hiN/ERoU

名取やる夫
(ばらしーが……ばらしーが……
ギャル夫のチンポを舐め……舐め舐め舐め!?)

【やる夫の妄想】
                                                          _____
                          ____   __                      /          ヽ、
                   ,.'<´__   `ヽ __`゛^ヽノl__             /了.
        __,, -‐‐-rty/        /´         i   、V´<_        / /
.          ` ‐=-‐戈ノ    ハ   /           l!  ヽV´ヽ        / /
           /_,,/! /    /!   ´            |!  ! ! \ \      / /    んむっ
          /  ./ /    /:: {―/-/ヽー ト、     ./l、 i .|  い      / /
      //   ./ /    /:: |. / / /.| N  ./ `ト}j|  }l リ      / /
\   //    / /    /::  ハ`ト./ / /ヽート、/  ,,从r七|ソjノ      / /
  \//    ./ /      {::  ,'从ハ/ ゙ヽート、.!..l ∧〈/ i´r=ミ、γ'" ̄`丶、. /
   \      ./ /     /:  lハil 丁≧===、ヽレ′ Vl〈トK》 リ/::::::::::::::::i| :|  /
     \   / /     /::   l∧! ゙ イ{ノ;;.ijぇ!゛   ヾ=メ〃入、:::::::::::ij:::}. /
      \./,/    /::   l`vト  ヽゞー‐"        、_)/. ゞ\....:::::::::{/
        \.      /::   ハ .|   //////    '   /   ヾ\:::::ノ
         \   /::   ハ:..八         ___、  /       ヾУ/
            \,/::   / ノi::.. \      f´:::::`、::Y     と ̄)/
              \.  //ノi`ー‐i>- 、  iゝ、:::::γ     r`く /
                \// ノト'ー^: : : : :.i:.ヽ、|i_ヽ,/;ι   / ン 〕、
                 \___ノ: : : : : イrー"´ヽ、 \;;    (__/ i |
                    \ノ: : : : / -- 、\`丶__j; ; υ; ιL/_/           ____       |
                    \: : / _ ゛`> i 丶,,_j    ノ「      ̄ ̄゛ ̄ ̄ ̄                `ゝ
                      ""   て/ \,,j
                         丿



.

466 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:33:15 ID:hiN/ERoU


名取やる夫
(もしかして口内射精とか……)


【やる夫の妄想】
 _,-´// イノ/ /,  /l  /l | | /     ハ l'、 i、  i  、   '、'ヽ ヾ ヾ
 ../ ,', -´ /´イ /l  /l| / | |:| l |     lハ |i ', |:',  .|、 |',  '、  iヽ  \
       / ,',i  ,'.| / |'l , |l | l || ,'i    ,' |i l |l .l | i  ハ |'、  i  |、'、
      / /,.|  i | i i | l ,i i|/, :ト、 i   , l| ノl |、l /i | il .l  i|l l| '、、
 ニニ''-、' // ||i .| |、| |、'i .ハ i丶 |,,,\ {{⌒ヽ ,|,,,i,,i_|//,| l.| | l ||,'l ',|
    7 / ,' | l | |,,-'''|"i"|"',.|""|ヽi、 \!  }}  リ |~/"i''-' l / l '/l .,'ハ
 .  /λ / '、'、 '、\ |-'ーlニ'"~'、 '、ヽ/\从<ア/^Y. イ lノ / イ ' ソ '、
 .// |l / ,' ヽ,'、ヽ <"7",,ヾヽ       {ゞミ{{∨、ノ{ノ  ノノ' l / ', ', ,, -
 ./  ' /, /  ' l'ヽ '、', .'' リ `        ハ: : ∨ヽ::Y:: イ  ||  | '、 '、'、`ー
 ´   // ,'    ,''、     '''''"~        辷Ⅹヽ.:}ノ :/|   .|',  i .',', '、、
    //  ,'    ,'"'、  〃 〃    .::i    〃\:`く// l   i.'、 ', '、'、'、
   ,' /  /  /  ト、'''',l  U     , --‐-- 、     ̄))'~i   | '、 '、'、 '、'、
 ./ /  ./  // / 7l' ヽ-- 、 .イ,'⌒^⌒ヽi  U  /-´ ',   l '、 '、'、 '、'    はー、はー……
  , '/  / .// / // ゝし⌒i ! i! し'>`つ. j     / ' |   '、   i ',  ', '、
 ノ./  /  // / ノ i  |_,,>、(( .ヽ ( (  ノ  ,,ィ゙ '- 、 |i  '、  i ',  '、 '、、
 ./_,,, /-- ' '-、 ノ  |に  \"`i ) `ーい,-''´, -"" ノヾヽ | l   '、 l '、  '、 '、
 ''        ''- 、 | '、 ̄"''`-、'、' ~'''.i iz,'  ̄/ /::、−' | 、_,, - '- '- ,, '、 '、
            "'、| iヽ   ヾ`、  し' __/_'_ノ// _,,ー"       "''-、
 :::::::            >.:::\  ヾ,'、_  >'  /イ_,,-'
 '           :::::::::::::::::::ヽ    ヽ、 / ::' l::::::::::::
             '::::::::: '':::::::、   :::ヽ  ソ :::::::::::

.

467 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:33:30 ID:hiN/ERoU


名取やる夫
(ごっくん……も……!?)


【やる夫の妄想】
 .// |l / ,' ヽ,'、ヽ <'_,!..ニニ,,、       {ゞミ{{∨、ノ{ノ  ノノ' l / ', ', ,, -
 ./  ' /, /  ' l'ヽ oゞ''" ̄゛`        ハ: : ∨ヽ::Y:: イ  ||  | '、 '、'、`ー
 ´   // ,'    ,''、               辷Ⅹヽ.:}ノ :/|   .|',  i .',', '、、
    //  ,'    ,'"'、  〃 〃    .::i    〃\:`く// l   i.'、 ', '、'、'、
   ,' /  /  /  ト、'''',l  U               ̄))'~i   | '、 '、'、 '、'、
 ./ /  ./  // / 7l' ヽ-- 、    'ニヽ   U  /-´ ',   l '、 '、'、 '、'
  , '/  / .// / // ゝし⌒i !    ::::::      / ' |   '、   i ',  ', '、          んぅ……ッッ
 ノ./  /  // / ノ i  |_,,>、((         ,,ィ゙ '- 、 |i  '、  i ',  '、 '、、
 ./_,,, /-- ' '-、 ノ  |に  \"`i ) `ー―,-''´, -"" ノヾヽ | l   '、 l '、  '、 '、
 ''        ''- 、 | '、 ̄"''`-、'、' ~'''.i iz,'  ̄/ /::、−' | 、_,, - '- '- ,, '、 '、
            "'、| iヽ   ヾ`、  し' __/_'_ノ// _,,ー"       "''-、
 :::::::            >.:::\  ヾ,'、_  >'  /イ_,,-    ゴクリ



.

468 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:33:47 ID:hiN/ERoU



【薔薇水晶たちの席】



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆     \  、 |   |
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \   |r┬‐ |   /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /

薔薇水晶の彼氏 : 宇都宮ギャル夫
「ちーッス」




                             _
                , r ‐ -r '´  ̄ ヽ<穀ヾ ヽ
           /~〈穀}Y´ ̄         ゞ-ノ三ニ==− -ゥ
      _-==ニ三フ            ヾ 彡 ≦ミ三≧ヘ、
     /:::::/:;ィ7/    ′     、   丶  ト、 ヘ  ` ̄´
      ̄フ::/ l ",  /  ,,  i    l   }  l|  ヾ ヽl\ ヽ
      //  ,' ./ /  l|  l   !   l!  !  }  i! 丶\
      "  ./ /! l|   l!  |! "⌒)-チ‐|!- リ   l   |   \ヽ
          / /ヘ リハ .斗‐|トx、`メr≠ニミl'   l!  l|    ヽ\
        ./ /  ∨ ト、 iィ≠=ュ \j{〈{匂イ}j   l|  l!     \丶
       / /   Ⅵヾ∧ゞー'″  `辷ソイ'   }  i|       } |
      ./ /     ゞⅦハ xx ′ xx 、_) {   /:.  l|      ムィ
     / /     リ  l ヽ  ` ´    /  /:.:i:.  !    / /
      / /     / , ク '  l:.:._>- r ≦/  /:.:.:l::. 八_.  / /
     イ ,'      /r' ム-久l:r、Y⌒Y^lノ  ,ハL:.」_;水´{ ∠ く_
   ム l{     // ' ,ィく ヽV /}泌r/  /: : :イ: :_:_:ヘ:》  `ー ニ、-、
   {  ヘ.     /,ト、'xヘヽ ヘ 八弐    /_:_:_:ノ⌒´ : : : }      //
   ヽ  ゝ、_ / |:i:ヘ ´ュ-、 オ: /:.リ   ム: :-: :、: : : : : :リ     〃
    `ー 、/ ハ: : }_/l : ' : : : |: :{  /´: : : : : :`メ、 :_: :l|     //
       {  イ {: :∧人:':_:_: ;ィ :∧/ : : : : : : : : : : : : 了     //

薔薇水晶
「あ! ギャル夫君♥」




.

469 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:34:11 ID:hiN/ERoU


       _,. ───-- 、  、_
    )、/´          〈ィ今r=ー
   }Lfy'         ヽ  /ハ/ ̄ ` ヽ
   /Y'  / /         }i ヘ     !
  ./ i{  |  '   !   i |  |   i    |
  ! |   ! |   ハ  /| ! ハ   !    !
  ト、i   |ヽト、  i }/r;}ル1〉!  ハ     |
  ヽNヽ ト!r yト、!  ゞ彡=、 / i   !ト、
   !  YくY〈{`     /////  i  |i   |\ヽ
   ヽ  | 「T`  ー一   { r  ヽ    ! | !
    }' ! |公ァ ___r-yイ jリ、  |i    |
    | / ! / /了爻イ !   ーァ|!    |
   / {  /  i r'ー弃一k   〈    i  |
   / |   _/ 〉     〉、  \  |  !

雪華綺晶
「ちーっす。ここで会うのは珍しいねー。
バイトの帰りかなにか?」




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   ∩ `ー´   /
                / ⊂  \∩ィつ ヽ
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´

宇都宮ギャル夫
「そそ。飯食おうと思って入ったら、
たまたま二人を見つけたから、声かけたわけ。

お邪魔だったッスか?」




            ,-、,           /´ヨ=i''l___
          _l''ェヒ,, .,!,----===--‐‐'''''''ク、巡} l ._! , 、
         ./<弋yli'',,.l====     ,  ,ゝ、,, -‐i  l i 、
        // .!ニY,'' ´         、     l .l / .!!
        i   ,.`´   l  、    .i  \    / l/  ii
        il  / l  .i |   i 、  l .i ゝ,  /  .l   l l
        ! ../ .! i  l i i  i .l .l il il  ..i ./ ./ ll l l
        i ./ .l l  li il i  l .l .l i il  .y /i i、.l l .l l
        .i .il  .l. .l  .! l l i  ll ,_l,,,ll-ll=,,ll、,,/ ./.l .l !,l l .l
       ..//.ll  ! .l_,, ュi‐i‐i i .li / l__!,,--、,,l / / l l  .l >!、
     ./  ,li.l  .!__!__,,-ュ、-、'`゙゙. ,,''.i'::::::::::::i/ / / l   ゝ、''\
    ./´   l '‐‐'''! .! l,!,后i>i.i   .! ''>:::::::/i i ..l  l  , \ `i
    li    .|   |i .'i'!,'-fi゚/    `''ー‐'⊂l l l   l /i   l  ll
     .`'-、_ !、   l .!⊂⊃  __,    ,,/! l l   Y l l ,, l . ./
        'i  l  ././ `' 、 __ __ __ _ , . .'´  .入 .入   l .v.l l /
        / ! ./ // i    f.、l l=,,l,l-'-'' .'l ..入, `''、,  li  .l
      // //  /   .._/ i゙゙゙.lξ'7コ ,` /=,, \  ! l\, l
     / /゙i ./   /  _./,! /  _r‐'‐'./``i l_-.''1  l .l  li\\,,

雪華綺晶
「ううん、全然。一緒に食べない?」



.

470 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:34:52 ID:hiN/ERoU


.               /VVVVVVV酛
            /        /
.         /           >
       / 〃廴,/ ゛゛\ \>
.       f' ,/  (      ヾ, ヘヘ
.      |i│ ─    `ヽ     }_} ヾ,,
.  .━ .ト.:| (●)  (●)  §小.N
.  ┃┃ 乂|  (__人__)   § N
.   ⊂ ヽ∩ ゜。 `ー´  。゜   ヽ
.   .乂_\  ∞   ∞  /攻 ,)
     \∞ゝ、__∞∞_   " /
       \  ____ 。/

宇都宮ギャル夫
「良いッスねー。

あ、ごめんばらしー、ちょい詰めてもらっていい?」




                             _
                , r ‐ -r '´  ̄ ヽ<穀ヾ ヽ
           /~〈穀}Y´ ̄         ゞ-ノ三ニ==− -ゥ
      _-==ニ三フ            ヾ 彡 ≦ミ三≧ヘ、
     /:::::/:;ィ7/    ′     、   丶  ト、 ヘ  ` ̄´
      ̄フ::/ l ",  /  ,,  i    l   }  l|  ヾ ヽl\ ヽ
      //  ,' ./ /  l|  l   !   l!  !  }  i! 丶\
      "  ./ /! l|   l!  |! "⌒)-チ‐|!- リ   l   |   \ヽ
          / /ヘ リハ .斗‐|トx、`メr≠ニミl'   l!  l|    ヽ\
        ./ /  ∨ ト、 iィ≠=ュ \j{〈{匂イ}j   l|  l!     \丶
       / /   Ⅵヾ∧ゞー'″  `辷ソイ'   }  i|       } |
      ./ /     ゞⅦハ xx ′ xx 、_) {   /:.  l|      ムィ
     / /     リ  l ヽ  ` ´    /  /:.:i:.  !    / /
      / /     / , ク '  l:.:._>- r ≦/  /:.:.:l::. 八_.  / /
     イ ,'      /r' ム-久l:r、Y⌒Y^lノ  ,ハL:.」_;水´{ ∠ く_
   ム l{     // ' ,ィく ヽV /}泌r/  /: : :イ: :_:_:ヘ:》  `ー ニ、-、
   {  ヘ.     /,ト、'xヘヽ ヘ 八弐    /_:_:_:ノ⌒´ : : : }      //
   ヽ  ゝ、_ / |:i:ヘ ´ュ-、 オ: /:.リ   ム: :-: :、: : : : : :リ     〃
    `ー 、/ ハ: : }_/l : ' : : : |: :{  /´: : : : : :`メ、 :_: :l|     //
       {  イ {: :∧人:':_:_: ;ィ :∧/ : : : : : : : : : : : : 了     //

薔薇水晶
「うん。はい、隣どうぞ」




  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

宇都宮ギャル夫
「サンキュー」




.

471 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:35:55 ID:hiN/ERoU


【やる夫たちの席】




   ,r' ⌒ ヽ、  ___  ,r' ⌒ヽ、
   / /⌒ 、γ´   ゙Y , ⌒ヽ ヽ  ばらしーって呼ばれてるよ……
  .| { 〜 }:ー  ー .{ 〜 } | 
  .ヽ ヽヽ (● ) (● ) / ノ ノ
    ヽ i 6 i (_人__) ( d i /
    ノ ,ー.i  `⌒´  ,ー,. (
   .(    {      i    )
    ヽ、_ノヽ_  __入___.ノ
       //  / /ヽ

松千代やらない夫
(おーおー、見せつけてくれるだろ。

でもあのギャル夫って奴、
見た目チャラいけど、
けっこう良い奴っぽいじゃん。

薔薇水晶って子がデレデレになるわけだろ)




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

松千代やらない夫
(あ、そういややる夫は……)




.

472 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:36:25 ID:hiN/ERoU




         :::::     ____ 
           :: ,. -'"´      `¨ー 、
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、     チーン
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ:: 





.

473 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:36:44 ID:hiN/ERoU



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、   御愁傷様だろ
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

松千代やらない夫
(だよね)




.
.

474 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:37:01 ID:hiN/ERoU





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




.

475 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:37:19 ID:hiN/ERoU


┌─────┐
│       .│
│その夜   │
│       .│
└─────┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙シ;;;'";:;:;;;:::::::::::::::;;;;;:::::;;:::;:;:;;:;;:;;::;;::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;i;i;i;i;i;;;;i;i;i:::::::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';';
:::::::::::::::::::::::::::::::::::   ..:::::::::::::::::::::::: ミ;:;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;i;i;i;i;i;i;i;iiii シ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;';';  ガタンゴトン……
::::::::::::::::::::::::::::::::    ..::::::::::::::::::::::::::>;r;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i;i;i;i;;;;;;i;i;iiiiiiiiiiiiii;'; ;:;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;';';    ガタンゴトン……
::::::::::::::::::::::::::::    ...::::::::::::::::::::::::::::::: ミ;;:;';;:::;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;i;i;ii;i;iiiiiiiiiiiiiiiiii:: :;:;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;'
::::::::::::::::::::::      . .:.:.::::::::::::::::::::::::::::"'"'";';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;i;i;i;iiiiiiiiilllllllllllヾ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;';;
::::::::::::::::::.:.     . . .:.:.:::::::::::::::::::.:.  . :.:.:.:::::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';'"'ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;i;i;i;iiiiiiiilllll ツ  ヾ;;;;;;;;;;;;;';'"'"'"ヾ;;;;;;;;;;';'
::::::::::::::.:..      .:..:::::::::::::::.:.:.:.   . .:.::::::::::::::"'"'"'"'"'"':::::::::::::ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;|ililililililililil|:::::::::::::::::"'"'"'::::::::::::::::::::::::::::
..:. . . .            . . .   ..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'"'"''|lilililililililili|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::..:.. . . . . . . . . .::.:.:... . . . . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|lilililililililili|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :|lilililililililili|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
r|i;;:::;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ri!;;;i!;::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;r-|lilililililililill|: ニ|i!;;;;;;;;::;;;トi!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|三|i!_| ̄|t|-イ|E][I]|ゃ!i!i!;:;:;:i!尭|エ||;;r-イ| ̄| ̄|]}}[三|i|III|!r イ:;;;;;;;|三三|ニ|lilililililililili|三|!;;;;;;;;;;;;;lK!;;;;r─ イ;;;;;;;;;;;;;
|刑℡|州!||iiiiii|Er─|]]!IiIif""|刈III|i||;;|三|コ|ロロロ||るい|jIjIi||!ハトイ|三三三| |lilililililililili|;';';';';';';';';;,,| ̄| ̄|三|=r=㌍
IiIiIi℡r|==日_EE|三|HHH|三川III|Ii ̄ ̄|ハ ̄|H|;!;!;!;i|亞Hハo[[i圭i茎i 圭||lililililililililil|;';';';';';';';';'ヾ三三三i!=r=㌍
rHL申||器|彡|EE!I!I!L[i]|!|%|%|川川㌧| ̄| ̄| ̄|从从|HHHHH|i圭iIiIiIi圭 i|lililililililililili℡;';';';:;:;::::.:::\;,.,,.ノ|!三九!!

476 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:37:36 ID:hiN/ERoU

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

名取やる夫
「まさかばらしーに彼氏がいるなんて……」




      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /

名取やる夫
「しかもエッチもやってるなんて……ッ!」




          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;
      ;/   o゚((○) ((○)゚o 
      ;l        (__人__)   |;
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;

名取やる夫
「こ、こうなったらやることは一つだお!」



.

477 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:38:06 ID:hiN/ERoU


                       ____
                     /ヽ,,)ii(,,ノ\
                    /(○)))(((○)\
                  /:::::⌒(__人__)⌒:::::\
                  | ヽ il´ |r┬-|`li r   |     シコシコシコシコ……
                  \  !l ヾェェイ l!  /
                    /⌒ヽゝ    ノ~⌒ヽ
                  l             |
                  | ,Y        Y  |
                   |  | ・     ・ |.  |       シコシコシコシコ……
                   |  l         |  |
                  | .|     l   ノ  ノ
                  {' `\      /  /
                  ,>、   ヽ    /  /ヽ          シコシコシコ……どぴゅっ
              .   /  \ \  / /   ヽ   ))
             ((  / .   ◆◇◆◇◆   ヽ
              .  /     ◇◆◇◆◇    ヽ
               /      /◆◇◆◇      ヽ
            .  /      / ◆◇◆ \      ヽ
            .. /     /          \     ヽ
             /    /             \    ヽ
             i   /                 ヽ   .i
             |   |                 |   .|
             |   .|                 |  /
             .|  .|                 |  |
             /   |                |   ヽ
            /   /                 ヽ   ヽ
            (__/                  \_ノ


名取やる夫
「うおおおおっ!  ばらしーーーーーッッッッッッ! ウッ」




.

478 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:38:31 ID:hiN/ERoU



┌───────────────────┐
│                          ......│
│やる夫一人の夜が今日も更けゆく……   ....│
│                          ......│
└───────────────────┘



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙シ;;;'";:;:;;;:::::::::::::::;;;;;:::::;;:::;:;:;;:;;:;;::;;::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;i;i;i;i;i;;;;i;i;i:::::::;:;:;:;::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';';
:::::::::::::::::::::::::::::::::::   ..:::::::::::::::::::::::: ミ;:;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;i;i;i;i;i;i;i;iiii シ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;';';  ガタンゴトン……
::::::::::::::::::::::::::::::::    ..::::::::::::::::::::::::::>;r;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i;i;i;i;;;;;;i;i;iiiiiiiiiiiiii;'; ;:;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;';';    ガタンゴトン……
::::::::::::::::::::::::::::    ...::::::::::::::::::::::::::::::: ミ;;:;';;:::;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;i;i;ii;i;iiiiiiiiiiiiiiiiii:: :;:;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;'
::::::::::::::::::::::      . .:.:.::::::::::::::::::::::::::::"'"'";';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;i;i;i;iiiiiiiiilllllllllllヾ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;';;
::::::::::::::::::.:.     . . .:.:.:::::::::::::::::::.:.  . :.:.:.:::::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';'"'ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;i;i;i;iiiiiiiilllll ツ  ヾ;;;;;;;;;;;;;';'"'"'"ヾ;;;;;;;;;;';'
::::::::::::::.:..      .:..:::::::::::::::.:.:.:.   . .:.::::::::::::::"'"'"'"'"'"':::::::::::::ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;|ililililililililil|:::::::::::::::::"'"'"'::::::::::::::::::::::::::::
..:. . . .            . . .   ..:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'"'"''|lilililililililili|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::..:.. . . . . . . . . .::.:.:... . . . . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|lilililililililili|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :|lilililililililili|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
r|i;;:::;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ri!;;;i!;::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;r-|lilililililililill|: ニ|i!;;;;;;;;::;;;トi!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|三|i!_| ̄|t|-イ|E][I]|ゃ!i!i!;:;:;:i!尭|エ||;;r-イ| ̄| ̄|]}}[三|i|III|!r イ:;;;;;;;|三三|ニ|lilililililililili|三|!;;;;;;;;;;;;;lK!;;;;r─ イ;;;;;;;;;;;;;
|刑℡|州!||iiiiii|Er─|]]!IiIif""|刈III|i||;;|三|コ|ロロロ||るい|jIjIi||!ハトイ|三三三| |lilililililililili|;';';';';';';';';;,,| ̄| ̄|三|=r=㌍
IiIiIi℡r|==日_EE|三|HHH|三川III|Ii ̄ ̄|ハ ̄|H|;!;!;!;i|亞Hハo[[i圭i茎i 圭||lililililililililil|;';';';';';';';';'ヾ三三三i!=r=㌍
rHL申||器|彡|EE!I!I!L[i]|!|%|%|川川㌧| ̄| ̄| ̄|从从|HHHHH|i圭iIiIiIi圭 i|lililililililililili℡;';';';:;:;::::.:::\;,.,,.ノ|!三九!!



.

.

479 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:38:44 ID:hiN/ERoU





埋めネタ : やる夫がばらしーと叫ぶようです


     終わり







.

480名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 21:40:22 ID:1kx/t3yc
やる夫wwww出したあと絶対自己嫌悪するぞw

481名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 21:41:52 ID:1EttdpGU
ひでぇ夜だwww乙www

女にNTRされるとかあったっけ?

482名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 21:44:16 ID:XiDti/bo
まあ主観的には寝取られ、かな?w

483 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 21:56:17 ID:hiN/ERoU
というわけで薔薇水晶を使って寝取られネタおわり。


実は薔薇水晶を使って例の

【騙し討ち+インボルブメントデバイス+長めの日常パート
で最後に寝取られシチュをブチかまして
読者を『ひぎぃ』と言わせるモデル】

の実効性を検証しようかと企んでいたのですが、ヤメにしました。


.

484 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:00:05 ID:hiN/ERoU
>>480 やる夫wwww出したあと絶対自己嫌悪するぞw
だからいいんでしょう、きっとw



>>481 女にNTRされるとかあったっけ?
鬼平犯科帳にそういう話があったような。



>>482 まあ主観的には寝取られ、かな?w
一応、やる夫にとってはw


.

485 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:01:02 ID:hiN/ERoU

さてさて、

【騙し討ち+インボルブメントデバイス+長めの日常パート
で最後に寝取られシチュをブチかまして
読者を『ひぎぃ』と言わせるモデル】

実験の概要を、
もったいないので書いてしまいますが



.

486 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:01:59 ID:hiN/ERoU


タイトル案(仮)は


【安価で】木下秀吉と薔薇水晶は私立探偵のようです【解決】



で、寝取られ臭さは一切ださない予定でした。

もちろん新スレ、トリップも変えての実行です。



.

487 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:02:23 ID:hiN/ERoU


まず、『長めの日常パート+安価』の予定がこんな感じ。




起 『探偵の木下秀吉と薔薇水晶』

浮気調査中の木下秀吉と、薔薇水晶。
ターゲットは誠と世界。依頼者は言葉。

薔薇水晶のウッカリで成功するけどケチがつく感じで騒ぎに。

ソツがないけどひらめきもない木下秀吉に、ドジだらけだけど
たまに優れた発想をする薔薇水晶。




承 『新しい依頼』

薔薇水晶の失敗のフォローでお金がないと騒ぐ秀吉。
同業者のやる夫から仕事が回される。人探し。
実際にはカルトがバックにいる悪徳セミナーから
脱走した人間を発見するミッション。
刻限は短め。




転 『安価パート、脱走者を探せ』

交友関係とかそういう常識的なところから追う秀吉、
とつぜんのひらめきでなんとかしようとする薔薇水晶。

秀吉を主人公として、脱走者の特徴や、
部屋に残されたアイテムをヒントにして安価で
脱走者の居所を推理。

正解は旅行雑誌で、書き込みをヒントに
脱走者を捕まえられるように。
安価で2回失敗すると薔薇水晶に先を越される。




結 『事件解決、お金が入ってホッとする秀吉たち』

無事やる夫を通じてお金が入り、
最後は秀吉と薔薇水晶がにっこり笑う。

しかし脱走者の怯えぶりを不思議にも
おもう秀吉と薔薇水晶だった。




.

488 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:04:03 ID:hiN/ERoU


とまぁ、さも普通のシナリオのフリをしています。
寝取られどころかエロくささも出しません。

その上で、本来の狙いである寝取られパートへ行きます。



.

489 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:06:29 ID:hiN/ERoU



脱走者のいたセミナーに潜入していく薔薇水晶。


                  __
                  \_メ、\{尤),. -──‐- 、
                   _二二ン´-─‐‐‐‐-  `ー_‐- 、
                 /_」 /´ /     /´   ヽ 丶、 ヽ
               _/-一/   .´    /  /       |  ヽ `ヽ_r厂}ァ__
     ,. -─_,. -‐  ̄  // / /  / /   ´       |   !    ヾ≦__   どうしても気になるんだから
   /  /´         / / / /  .´ '   '            l  ヽ 乂、<   しょうがないでしょ?
  <___<          /   /イ l !    ' ' i !  i  :      i   !    | ll\
     `ヽ\    /     |イ | l. _ l ! l l  i  i      |    |   !  | l:l
       ヽヽ  /         ト! |! `|_ト !、| |  l |     j!   l!|  | │';'、
        }r‐く          !`、{`寸ラミ、 ト、lヽ | !l     / !  /リj  l  l| ゙、ヽ
       /ヽ ヽ  /     .:  /ト {ノij.::ぇ!ヽ!  l ! | '"´/丁士/、   |  l|   ヽ`
 _ ̄二 ≠-_、_ハ  V     .::  /j |  ゞ─く      j 仁丁__メ/`| /! j /八    ヽ
   /    /|  |__   .:   /:ハ_!  :::::::::::::::      ==ミz、_// j/ノ  |
      / __|/ __\/´`i :// .:八  :::::::::    /  ::::::::::::::´^/イ :.  l |
    /  /:.ノ/  `i \/、// / ./ヽ    丶_ _   ::::::::  /_;j!  :.  l |
       /:.:.:/´ -─┐|、___):.:\/: /: : : \            ,.イイ|!   :.  l l
     /:.:.:./´    ,. }ノ:: }::::.:.:.:.ヽi: : r_‐土\    ,... -‐:.:´:;/:.:..|!   :.   l !
   . :..:|:.:.:.:{    イーノ::  V:.:.:.:.:.:`、<:.:.::::{ー仁壬⌒'⌒ヽ: 〃: : :|!   :.   l. l
  . : : : ::|:.:.:.:.\  `ヽ:::.   }:::::::.:.:.:.:ヾ┴:、:.ヽ;.:.::冫:ン⌒ラく〃: : : :|!    :.   l: !
: : : : :<:_::、:.:.:.:.:\   ヽ  ハー::斗-、:.:.:.:.:ヽ:.、_f´{{穀):.:.:.:.:.:>.:: : : : :|!    :.   l; i、

490 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:07:16 ID:hiN/ERoU


薔薇水晶は、悪徳セミナーのバックにカルト教団がいることも調べ上げ、
今度は調査範囲をそのカルト教団にも広げようとする。


     /: :: : : : :::: /: : : ::/.: ; : : :|: .:: : : : : : ::: : :|: : : : :l. : : : : l:::. : : : :|.: : : : : : :
   //: .::: . :::::::/ : : .::/: .:|. : : | .:::: : : : : :.:::: : |:: : : |. |:. : : : |:::::. : : : |: : :i: : : :
 / /:: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.: : :  ふーん、教主ナナリーね。
'   .l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|: : :  あのカルト教団が
   .| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::. :  バックにいるのね。
   .|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::::.
    l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:::
.    ゙ .l::::|λ::::l':|:::::lヾ=l|,=-l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : : |:
     ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ゙{: : il ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : : : |
      〉 ハ:::::|l:::|゙l ゙ ゞ: :': :ノ.゙  ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : : : :
      ./:/: : ヾlヘ:|::|.  ゙´ ̄`       \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : : :
      //: : ..::::/ .::::l ..::::::::....  ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. : : :
     /': : : .::::/ .::::::ヘ :::::::::  ヽ   ...::::::::::,,...  ,}l   \ -|:|: : ::::::::::::.. : :
     /': : : .:::/: .:::::::::::丶             ::::::::゙''-‐''    ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.. :
     / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\  ,- 、             /--‐''|:|: : ::::::::::::::::..
   ./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::`/  /          ,.イ : : .::::::::_|:.| : ::::::::::::::::
、_,. -'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::: /   /lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::::::
ヽ,`ヽ : : : : : : : : : : : : : `ヽ、/  /ト、ヘ-`'''ヾi´: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::::::::::::::
ノ   ヘ: : : : : : : : : : : : : : : i  _,..!‐'''''ヽ : : : l : : /::::: :/:::::: : :/::::::::ヘ::ヘ:::::::::::::
  ,,.-''゙ : : : : : : : : : : : : : : |    ,.-‐''''ヽ : i!: :/::::: /::::::: : :/::::::::::::::::ヘ::ヘ::::::::::


.

491 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:07:43 ID:hiN/ERoU




しかし。




             / / ./  .,' ,ィ'三三ミ=、  _,,r=-,_ 、  ヘ
               ,' .i .::;'  ,イ彡'´ ̄ ̄```-'‐===ミミミ!   iハ    私たちは実体のない宗教法人だと
             i ,'l .::::i. .l/'             ``ミi    l i   思われることもありますが、
                l ,'.l.::::,' :: l                 i   l .i   宗教活動もちゃんとしておりますのよ。
             l.,'..:i!:/ :: i i-‐ '"´ ̄`    .‐-、._  .,'   .i l .l
              ,'/.::ノ'  ::.l .ハ ___             `` i i:  ヽ,.l     もっとも…………
             ,〃:;イ,' , .:::: i:i,--==ト_        ,--  l .i:.  :::.ヽ,
         .//,.イ/ , ' .:::/ .:/トイ::::::lヽ       ,イ云二トl.  i::. ::.. ::::i
       ,イ,/ i i / .:::,' .,イ. ゞ--'イ        .l;;:ひ:::;ハ  ヽ, :、:::::l
      / .;イ .::l l': i :::i :i.l i          ,    ``¨~´ .∧.  ヽ ヽ ::l
    .,.' .::;イ  .::::,ヽ ヽ 、ヽ、ヽ、__ ノ    !       ./,イ^ト、ヽ  ヽ!
   ,' .:,イ. .::::::,イ .:iヽ、``  ヽ,ー‐'   ― 、     ,.イ:::l:::::l i   i ノ.ヘ
   .i ./ ...:::,イ .:/::::::::i:`ヽ,ノ ノi  `i.、       , イ/i:::,メ'::::,l.  ,l:::::、.ヘ
    l' .:::;/  .::,イ:::::: ,':l::::::i  i i /´l、. ` 、_  イ、::,' .i:::l:i'/,ィ'´ノ イノ:::\::..ヘ
   .l:;イ  .::/.::::::::/:::l::::::`ヽ(`/   ` 、   ,l' l:i: i:::iヘl i ,'イ/::i:::. ヘ、ハ
  ./   , '´...::::::/:::/.::::::i_,ィ'ヽ、     `ヽ,_.ィ .l、i::. ヽ:ヽヽ:::i':_:::ハ:ヽ  .ヽl
. /    ......::::;ィ'", --、,-‐'´  `、 ヽ       /.:::.∨.l i i、  ヽ、`ヽ、 `ヽ、ヽ   l


.

492 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:07:57 ID:hiN/ERoU


゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, 
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙ _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;   ,, -イ´  ̄ ``ヽ、  ;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;  ,.ィ'´  _ ,r'´ ̄`ヽ、 `ヽ、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;; ,.イ  .,-―ミ ,彡ー 、   ヽ、.ハ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`.  // ./ . /,ィ'三三ミ、. ,,ィ==-、   ハ  .........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;.  ,' i!.::,' .i;/´    `´ ̄``ヽ;i  .i.i  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;.  i /!:::i : .!            ゙l  .l i  'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″  崇拝しているのは悪魔ですけれど
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;.  i,'.:l::/ :: ir‐"´ ̄`:::::::..‐‐-、_ .i  ::.i i     __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ...  ,''.:,'イ /:: i :l_-、::::::::::::::: ___ `! :.  ::ヽ`,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .  ,イ',イ/, '.::::/.:イ:::。::iヽ::::::::::::,ィ==-、i. :: :. ::`i  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′.  /,イ.,' ii/..::::/,イ .ミ=彡.::::::::::::::::ll;;゚;;;;リ i、 : .、:.::l  .-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ .  ,イ.:;イ. .::i、l ::::i,::i、、     i     ̄ ./入ヽ、ヽ:l      iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟.     .  /..;イ ..::::ノヘヽ、.:.ヽ、__,ノ   - 、    ,.'イ:∧:. ', ノハ  ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'..  ,'./...::;/ 〃:::,'i`ヽノ;;:i:::`i、     , イ::i:;イ::,.i:: ノ!:. ヽ      .ヽ;/
. ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,! .   .  i'.:;.イ .:; イ:::::,'::i::::i :lli'./.\ `  .イ´i  i::l、i´ノイノi::ヘ、ヘ    ..



とか


.

493 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:08:40 ID:hiN/ERoU


             / / ./  .,' ,ィ'三三ミ=、  _,,r=-,_ 、  ヘ
               ,' .i .::;'  ,イ彡'´ ̄ ̄```-'‐===ミミミ!   iハ
             i ,'l .::::i. .l/'             ``ミi    l i   貴方……悪魔に魂を売った
                l ,'.l.::::,' :: l                 i   l .i   人間を相手にしたことは、一度もないでしょう。、
             l.,'..:i!:/ :: i i-‐ '"´ ̄`    .‐-、._  .,'   .i l .l
              ,'/.::ノ'  ::.l .ハ ___             `` i i:  ヽ,.l   
             ,〃:;イ,' , .:::: i:i,--==ト_        ,--  l .i:.  :::.ヽ,
         .//,.イ/ , ' .:::/ .:/トイ::::::lヽ       ,イ云二トl.  i::. ::.. ::::i
       ,イ,/ i i / .:::,' .,イ. ゞ--'イ        .l;;:ひ:::;ハ  ヽ, :、:::::l
      / .;イ .::l l': i :::i :i.l i          ,    ``¨~´ .∧.  ヽ ヽ ::l
    .,.' .::;イ  .::::,ヽ ヽ 、ヽ、ヽ、__ ノ    !       ./,イ^ト、ヽ  ヽ!
   ,' .:,イ. .::::::,イ .:iヽ、``  ヽ,ー‐'   ― 、     ,.イ:::l:::::l i   i ノ.ヘ
   .i ./ ...:::,イ .:/::::::::i:`ヽ,ノ ノi  `i.、       , イ/i:::,メ'::::,l.  ,l:::::、.ヘ
    l' .:::;/  .::,イ:::::: ,':l::::::i  i i /´l、. ` 、_  イ、::,' .i:::l:i'/,ィ'´ノ イノ:::\::..ヘ
   .l:;イ  .::/.::::::::/:::l::::::`ヽ(`/   ` 、   ,l' l:i: i:::iヘl i ,'イ/::i:::. ヘ、ハ
  ./   , '´...::::::/:::/.::::::i_,ィ'ヽ、     `ヽ,_.ィ .l、i::. ヽ:ヽヽ:::i':_:::ハ:ヽ  .ヽl
. /    ......::::;ィ'", --、,-‐'´  `、 ヽ       /.:::.∨.l i i、  ヽ、`ヽ、 `ヽ、ヽ   l

494名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:08:50 ID:1kx/t3yc
股間が熱くなるな…

495 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:08:54 ID:hiN/ERoU

              ____ ,r‐‐ー-- 、
            ,r",r-、`,r   ̄ `ヽ`ヽ、
           /,r"-‐- f ,r"´`ヽ、 ゙ヽヽ、         心の底から社会を憎み、世界を呪い、人類の不幸を願う。
              ,'./.' r‐-ミ/彡三ニヽ  l、ゝゝ         自分の幸せを一切望まず、ただ他人の破滅をこそ望む。
             l   l三ニ= '´ ,r‐- l、_l|  爪〕
         ,|メ|  ヽ,r-‐    ‐-!-、`ヽ `キァ 
           〔/ヘ  ./ `.,r‐       ___\.ヽ  ヽ,        そんな、他人への怨念と悪意だけで心が満ちた、
            ,イ l  /´. ___   弋ノ`l |  .lヘ、       穢れきった人間を相手にしたのは、今回が初めてよね?
         /,l ノ l  ノ,'l少` :、    ‐イ   人  丶、
          // l .|  (ヽ、_  ,. -‐ァ .,!.| l .,イ ハ  ハヘ、   
       /   ヽ ヽ ヽ`  ._ `ー'  イ| 乂ヽゝ_ ヘ  ハ.ハ  
      // ,'   ||`ヽ` `i.|  l` .‐´ .|' `i |ハl、    l .|  
       |‖′  .|!___,,) l |.ト- (⌒{}⌒) |__nリノ` `---、 l |  
      lノ    //l ~´ill|、l.|、 . (_八_)   ⊂二    ハ `ヽ、
      /   / f//   ---っ       ⊂二       l  .ヽ   
     .‖ .‖ .|ノ ハ   _∠、       ,≧=-  ,l   .|ヘ   ハ
      .l   || ,|  .ハl    ,ノ、.__    _,.rヽこ,  |/   !ヽ.l   .ハ
     |   ||.〈  、 .|  く´ー ,.r‐{ニ}ミ- 、ー|  .|    /.l.|   .|
     l   .l| .ヽ___ヽ l   レ'´ .//┤ヽ`ヽ、!、 l` _,r-'´ .l.|   .l
     ∨  ヽ   ∨┤  /   /l l、\\ `l l二,| || .‖   /l
      X  ヽ   ∨.l、〈_     l| | l、   .λ‖.‖ ll ‖  ./ |
       `、 | .∨.`l〈.``ヽ、 ‖ | .|`、_/ .y' .‖ リ//  / ノ
        ハ  ノ   ∨`、|  |l-".|  .|ハ| ||  | .‖  /  / /
       | |       ∨ .|   リ...| .|  .∨∧|.....l ‖   イ  (/
        Vリ    l ∨ |  .j   |   .∨ ヽ | ‖  / ||  ヽ
       〉     //  l | /   . |   V  ハ‖ / ./ .   ノ
       V   / l | .l| .l .l   .|ー _.V rー〉 | / ,. r'´
        `< .| | |.,'.‖ L 、 .|   ̄ レ' 〈l   l| l´



なんて感じのドSナナリーに薔薇水晶は正体を見抜かれて



.

496 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:10:13 ID:hiN/ERoU



にげようとするも結局捕まってしまい



                        , _ __
                  ≦二 ̄Y `/::::Yヽ
                 , -‐―,x‐ = ' `ヽ` ヽニ≧‐
                      ̄// / /      ヽム \
                   〃 .// ,' ./  } i .i ヽム',
                      〃 ,','  ,i .,'{   ノi .l l .l .l ム',
                     ,イ .i ハ .ハ { ヽ./ , =≦ト、|  ',',
                     ,' l j! i,ィ気ハ  / マ ィYkヽ }ノ }. ',
                    ,′}.八ゝゞ-つ    マ.∨/ //iノ  ,
                  ,′/ 〈.ムヾ     ′  ゞ‐´./ .〉  ',
                    j    `ム u  ,.-.、     // ',.   ',
               |   /: : 个 、  ¨   .,.イ¨: :', ',  ',
               /  /: : : :i , 个:... _ ...::个.丈: :: :', ',  ',
                 /  /__, = 、ィxゞ、:.:.:.:,.ィ>‐ 、__ ',  ハ
             /  ,イ  、 _,、__`ミ Y゛イ彡´    ./ ヽ ', \
               /  .{  ,ィ ´   `ヾ\   ,.イ彡´ ̄ ヽ、 .}. ',
           /  .,| /       `ヾX´/       ヽl. ',
              /   /l. ,′ ..................:::::/∧マ::.......::::::::::........ :}  ',
          / / ./i l八 ..::::::::::::::::::, './::::`ヾ 、:::::::::::::::::::::::,′ ',
         ,′,' / .i,ノ ::::\_::::::_,ィ彡′::::  ::::` ミュ、_:_:ノ |、  .',
         ,′, .,' K, =---ゞニ-< 、       , イ ,≦-〉-=、〉i i ',
           , ,',イ /i {, =---′ ̄`ヾ 、 ., イ´<´   .{_____j .i i. ',
          ,' / i |! |. i |  :.:.:|  , -‐彡≧Y≦_ 、    |:.:.:.|   i l、}
         .l ,' .i !i | .i .j  :.:.;≦ イ´   {彳` ` ヾミ、_ .j:.:.:.:l   ハ l l.|
        .|{   i.|.i.| j,〈   /´  /      |i|     >≧:.:.:{ / i| i|
          |i   | .|/  `‐ゝ______|!|______〉, ィi /  | .|
                ,≦‐‐--<__彡-ji{ミ__,ィ=‐‐-≧、 /
                , イ:_: : : : : : : : :{´,イ/|iト、マ 、: : : : : : :\
          , イ ´    ` ヾ: : : : :レ'.//|i| ゞイ : : : : > ´  ミ - 、
        , イ´          ヾ; : : :.ij: |i|:.ij : : : : /          ミュ、
      ./            ij   ヾ: : : :|i|: : : : ;.イ             ミュ、
     ./                   .:';: : :|i|/: : /                   \
   ./                . .:.:.:.:.';.:.::|i|:.:.:/:.:.:.:....                  \
  ./                  ..:.:.:.:_';:::|i|:::;':.:.:...                   \
 /                ...:.:.:.:.:.,イ::::`,个´`ー:::.、:..             u.        ム
..,′           ......:.:.:.:.:.:.;.:イ:;::::::::::::ム.{::::::::::::`:::r≧、:_:.:.:.:.:.:.....            \
.{           .:.:.:.:.:.:.:.,....ィ:.:.,.ィ.:´::::::::::::::::::〉マ::::::::::::::ゞ、ミ、`ヾ:.:.:.:.:.::..           :.:}
.|          ,ィ:.:.:¨´:.}:.:イ´ ゝ‐- 、_ン´ マ、_:__::,イ    \:/`ヽ:.:.:.:.:...        .:.:.,′
..\       イ:.:.:.:.;. イ´                          `ヾ:.:.`ー-:.:、_:..:....  ..:.::./
  \、_,x-― ´                            ` ー -- 、:.:.:.:.:.:.:/
                                               ̄


.

497 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:11:08 ID:hiN/ERoU


無理やり調教を受けさせられる。



                            人 ビクッ
       , -,,´       ̄` ー 、二二、 ヽ    て      _   やっ……、駄目、それは駄目ぇっ!
     ,,' ´ ,, ,, -‐ー  ̄` ''ー.,  \  \ \,   >     _  
 ____,/    ,;. ;.         ;   ' ,  \   \ \       
 ≧ァソ    ,'  ; ;    ー┼‐l+‐l'|ヽ  ヽ、  ゞ、ゞ             秀吉、助けてぇっ!!
 ..`ト=''    i   ;, ;,卜、 メllメイ'´r'yレヽ   ^ー--─―'''⌒ヽ 
 ∠ィ| ; l   ヾ.メゞヾメ、 .|トゝ伐 )、ゝ    ,r'⌒ヽ、    `ヽ、
 ./ /.| ; ヽ.ヽ-メヽヽ.ヽ   `メゞ=<:::) ゝ./: : :i: : : :ヽ. r‐"r‐'⌒ヽーーーーーーーーー- 、  いや、嫌あ……
 .i {   ',   ヽメヾ,,,レハ、    ,        i ): : : i: : : : : : ):/: : : : :`メ⌒ヽ、ーーーーーー- 、  アアーッ!?
 .l ヽ 人 ヽ、 ゙ヽ ヽイ弐 ソ..:::   _    /(、: : i: : : : : 〈: /: : : : ___,: ノ: : ヽ,__,,,、
  ヽ ヽ、 \ ヽ、, ゙ヽ`ー ´:::   r'"  )  /  ),.: i: : : : : : :)、: : /".,r‐′: /: : : : : : : : ヽ、
   \ \ ヽ、 ヽ、 ゙ヽ      ` - ´  / /::|: i: : : : :\,) `ヽナ ,,`_つ: : : : : : : : : : : : : (,_
     丶 ヽ   }  ',  ",-、,     イ (: : : : i: : : : : r'⌒ヽ(.,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ヽ....-‐''"´
       \ \|   ', (,ィ〜r'⌒'r'⌒丶,,,}: : ::/!: : : : 〈         ゝ、,,__,,..-─': : : : : : : : : : )
       丶 )/''⌒ `゙"''' ヒ,,,ノ';;;;;;;;: : : >ryfz!: : : : )          '、: : : : : : : : : : : : : : : : (
.        / / ヽ.: : : : : : : : : : : : : : : : :{(f卮f}) ,ィ"      :::c::: !: : : : : : : : : : : ,,,..-ー'´
       / /l  .! V": : : : : :ヾ: : : : : : : : ゞミYシヾ i               |,. '´: : : : : : : /´
 .    / / !  .| ヽ、: : : : : : \!: : : : : : : : : : イノ          ,ノ: : : : : r'⌒ー'
     / / i   ||   `,二⌒iー/`ヽr‐'⌒ヽこノ   -、_       ,イ: : : : : :i__
 .   / /  l  ||   ,/,r--i‐i  i           ';r,イ: :`` -‐ '": : :): : : : :/ ズ/      ....-‐''"´
   / /  l  .||  ,| i;;;"__ ゞミ|           l: : : ,. '´: : : :,rー': : : :/| ブ/  ....-‐''"´
   / /  .i   ,r'⌒"/ノ' //:i           }, '´ : : : : : :(ー― '´ /ブ〈‐''".:;;;:.:;;;:.  ヽ、
 . / /    l   l: : : : ゙´: : :ノ: : : ',  ::::c::::      /: : : : : : : : ,ノー ´ / ッ /;;:         ヽ、
 / /    !  人: : : ,. '´ : :_.,, - ゝ         /: : ,r'⌒ヽ,,ノ:::┃:ノ(}/⌒'´⌒           ヽ、
 ./     ノ  ./ .ハ'´: : : ,. '´: : : : : : `` ---‐ '" ーー':: ̄丁ヽ、::;:‡:/.:;;;:                 ヽ、
     ,´   /   ハ,. '´: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : r'⌒/.:;;;u;;; ̄ J
     /   ノ     }: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : _/  /.:;;;:
  . / , -´      ノ__... -‐゙''"´: : : : : : : : : : : :_/   /.:;;;:



.

498 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:11:33 ID:hiN/ERoU


行方不明になった薔薇水晶を心配する秀吉。

しかし、もし薔薇水晶が調べていたセミナーが
想像以上に危険な団体であったことを危惧して、
ナナリーのセミナーを調べ始める前に、
まずやる夫に万一の時は警察に通報してくれるよう頼む。



             . : : ´: ̄: : : ̄:`: : ..
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          ,':/: : : ,': : : : : : : : : :',: : : ヽ: : : : :.
         ,':,': : : :.!、: /|: : : : : : !ヽ:/ハ: : : : :    万一わしからの定時連絡が
          i:l : : : : !∨  !i: : : : : :|  \: :}: : : : i    途絶えたら
.          l:l: : : :.-|/─-|L: : : :.‐|--一ヽl: : : : l    すぐ警察に通報してほしいのじゃ
         l !: : : : :.|   lト、: : :./リ  __,,,,、|: : : :l|
          |:|: : : :i:イ下¨;::T ヽ:/  イ¨ ;::} イ:}: : :!:!
          |:l: : : :.{ヘ 弋zzノ     ゝ≠' /:,': : :!: !
          |:.!: : : :.ヘ:\"     ,   ""//: : : !: :l
           l: :',.: : : :..下.    r ,    .イ:./ : :,': : l
        ,': :.ヘ: : : : :l: :> .     .イ: /イ: : /|ヽ:.j
        //|: ヘ: : : :',:.γ,|_>-<.|、:./:./: ∧:}
             !/ \: :∨   \ /´ .',\:,/  `
          __..-‐//\ハ  /─ヽ  i::::::}ヘ--....--、
      r一ヽ´::::::::::{ {:::::::::::', .∧:::::::∧ .}::::::! }:::::::::::::::::\




                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \    いくら悪徳セミナーでも
     ,. -‐'fフフ           7                `、   そこまでやるとは思えないけど……
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ   オーケー、引き受けるお。
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !  焦って無茶な調査はするなお、秀吉。
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /   薔薇水晶ちゃんがいつもみたくフラッと
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.  帰って来た時に、お前は刑務所の中、じゃ
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;  笑い話にもならねーお
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:


.

499 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:12:08 ID:hiN/ERoU


その上でセミナーの裏にカルトが存在することまで突きとめる。



          /: : : : : : : : :/ : : : /.: : : : : : : : ::|: :l: : : : : \ :
           / / : : : : : : /、: : : ;' /:: : : : : : : :.:|: :|、: : : : : :ヽ
.         / :' : : : : : : :.:|ヽ>'´ |:.{: : : : : : : : : |: :| \: : :/
.         /: /: : : :_: :_」∠ ̄ |ミ:.、: : : : : : :.:|: :|  `く/: :
       /: / : /´ __ ノ  j∧: i: : : : : /_ハ: }_    ヽ: : :
      .: :/ : /  / : : 〈    `ミ、:.:| : : : /}:/ j/ ` ー--∨:
      |: j : /  /: .:へ :.     ヽヽト、: :/ / :7  ̄     ∨:
      |:八/  ./ .ィ } :.         ∨             }
      |:! /   ,. : ⌒}:.:lヾz--=z       、__        /:
      |l :.   ´  ,.`へ:l    ̄        ヾニ三ー一_ァ :
      |l  :.    ´ / /:l ´´´            ̄ // :
      |:   :.       V: : :、   ‘       ´´´´ //: :
         :.       ∨ : \      _          //: : :
           :.     .八 : : : > .、  `     ./: : : :
         ?     /: : : : : : : : : >: .._ __. ..-/.:/}: : : :
        ?       /:. : : : : : :/7 : / : : : : >   /// : : /
        ?       /: ヽ、: : : :/厶イ_ :/ }  // {: : :/
.     ?        / ヽ Lヽ: : ヽ ./:.:/       /   |: :/
.    /         / ̄ \ \: :V:.:./       /   j /


.

500 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:13:11 ID:hiN/ERoU


だが、秀吉のことはナナリーも警戒していた。

危険を感じて脱出するしようとするも、
先手を打たれて秀吉は捕まってしまい、
やはり無理やり調教を受けさせられることに。



ヽ::::::::::::::::::::::::::>...、                          ,. <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>.、
 V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>...、                       /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
.  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、                /:.:.:.:.:./-‐/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.\
   `ー―'´ ̄` <::::::::::::::::::::::::::::>...、          /:.:.:.:/:.:./´U_/_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:.ヽ  よ、よすのじゃ!
             `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::>.、        //:.:./:.:.〈_ ̄ T:.:/´:.:.:/:./:.:/:.:.:.:/:.:.:..i:.:.:.:.:.
                 \:::::::::::::::::::::::::::::::>.、    //:.:./:.:.:イ示x、レ1:.:.:X:// V=/:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:   やめろおっ!!
                \::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、 //:.:./:.:.:/c上rリ  jイ/,\ u V:.:.:.:.:./:.:.:.:i:.:.
                      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}<:.:|:.:.:.{u//   ≧=ミx\/:.:.:.:.:./:.:.:.:..|:.:.
                      \::::::::::::::::::::::::::::::/   `<∧    '    上rり} 》/:.:.:.:.:./!:.:.:.:.:.|:.:
                     \::::::::::::::::::/     ヽ∧ ,-、  // `u/:.:.:.:.:.:/`|:.:.!:.:.:|:.:.
                 _,.  -‐   ̄\ __:/        }:∧ー'    u //:.:.:./ノ.ノ:.:.|:.:|:|:./
         _,.  -‐              ` ー-      / 〉「_>―‐‐//:.:.:.:/イ:.:.:.:.:ヽN
       ,. ' ´                        //_7二 ><:/:.:.:.:/、:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/
   , // ̄\ __      u              ,. -‐<: //ヽ: : :__/_:/_,. ィレ':/:/:.!:.:.:.:|
  ,.' / / //  __)           U   イ__/____/{: : : :>' ´     `ヽ`ヽj/j/j人:.:.:.|
. // ,    /__          ,. <__\`ー―  > '´    /       }  | /  \|
,'      '   ̄ ___)    _,..__ /:.:.:.:.:/:.:.: ̄:> '´       /      /   !
           /   u   / ヾ_:):.:.:.>'_,.>rf^i        /-――- 、 / /〉
   u   /    ,. --、 /   ∠-‐ ' ´  \  !        /::::::::::::::::::::::::〉/ _>┐
      ---'⌒)  {   イ  /            \ト、 u     /::::::::::::::::::::::::/―:.::.:.:.:.:.|
_______/  ̄ヽ._  // 〉    u       |∧     ,'::::::::::::::::::::::::/三三三彡!
              冫/ // 〉           |.∧   /!:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:._,.イ
ヽ     、!_       / / / /           |  レ1:.:.|::::::::::::::::::::::/  ̄「    |
 >―-、⌒ヾ   u  /  // //´〉  u       !  i||:!:.:.|::::::::::::::::::::/   」   .!
/: : : : : : :}     /    // /〉        /|  !レ'/::::::::::::::::::/  /    /
{: : : : : : :ノ―――'        `´ //      /__\ `}/:::::::::::::::::/ /     /



.

501 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:14:02 ID:hiN/ERoU

しかも面白がったナナリーに、
薔薇水晶が捕まっていることを知らされ、
その上で調教を記録したビデオまで見せられる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ,. <   ////  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、 ̄ヽ `ヽ      わ……私のオマンコに、
  ∠ ___/ / /,′                    |l /l ヽ   \ \     ご主人様のたくましいオチンチンを
         厶∨    /    l  !    !  |!   、 |/ l|∧ヽ    ヽ `ヽ、_  どうか入れてください……
         / ! /   !  l ,`メ、 !  ._ l  i i  ! 、 | !| i.       ̄ヽ、ヽ、
        / /i |i | i ! i ! ! li `ト、" `)  j i  ! i i i| i !         .〉 /
        / / ! i! ! i il ! ! !_j.Lゝf´\ ノ ! / !  / j ! !/i  !        ./ /
       / / i .ト、 !, ! ィ十i´i !| { {   (\} 厶斗jメ、/jl / / / 〈.       //
      //  ヽ! Nトi ィ==弐ゞ `ヽ  ソ'r¬〒ryfz-{ |/レヘ j. 、\.   /./
.    //   /  レ∧  ! {Ч;;'j   ∨ ヽヘ{(f卮}_)〉jト,  ヽ  ヽ`、/./
  //    ,′ 八rヘ.  ゞー‐"      ヾゞミYシ:./ ム.j`\ \. ∨ /
 〈 i´     ノ  ノ> 、_〉 u /////     `ー-<´,,..ィ"ニ゛ー;,ゝ、. ヽ〈 {'.
.  \\   ./  / :   ∧       _'_   ./´'ヾ:;..:;..:..:シ'  `ヽ!,\,\   /
、   \\ /  / ;   / へ、    (    〉./             ヽ\.ヽ/
 `ヽ,  } }./ _,,ィ"-´ ̄ ̄ ̄ ̄ ゛ヽ、. `ー.‐´/                `./
   \/ r-y'´: ;            \ー―/                 /
.    `く〃: ;                  .        し      /
      `ヽ          ... ──― 7'ヽ''─── .. 、.       /
        \     ./´       /人ヽ      `\   ./
    ヽ     `ヽ__/      r   { (c) .}        \/  /
     J      `ーi      し   ゝヽソノ        ノ′   し´
                       /入ヽ、
,_______                  / ,イrヽヽヽ、           .rー―,― ―¬´
   ....._ ̄ ̄ ゙゙̄ ̄゛ラ         ´//〃i ` ',ヽヽ、.          '、 ̄_ ,,, −         くぱぁ
      ⌒''`ー―― ―― ――,―‐ 、/ i ヽ、ヽ`. 〈 ̄j ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄
   、                ー‐ ノ! { ,  i | } .ゝ___,.___,.__ _   ,
   J     -.._―-ー―一ー―一ヾヽ! i i!., | !/,.J       __ .. − ´"   し
           '` ー .... __     i  ,ゝ ', レJ.|´j __ .. − ´        _ .. ‐
     、-.._           ̄ ! ̄ j. し \ヽヽ ノ /`ー-'      __ .. −´  /
       ゙ ヽ ̄ ー‐..__,,__   ̄ノ - _ ヽ``'ノ´ `ー .. −'' - ´      /´  ,,/´
    ,、     `ヽ 、     ~ ̄     (  ̄`''' ´ ̄  、  )       /   ,,/   /
、.   ヽ`'' ー,,,__    `ヽ          i  u  人.   ー^ j      /´  ,/    /
 ヽ   i     `ヘ、  〈 \        し  , ヾィ  ) i      < _> ./     /
  !   i       ` 、__ン          U  ラf=  J       `ー´      ,′ ./
.  !  .__i                         'i                  /_..フ /
   ! .!. _j                         i                   `ー ´
   `ー ´                        人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

502 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:14:39 ID:hiN/ERoU


秀吉は、命綱の役を引き受けてくれたやる夫の
行動を待ちわびる。



: : : : : :/: ::::/        |: :|::i: : : : : : :,'::::::|:: i:|      \::::::.: :|: : : : : : : : : : : :|: : :
: : : : : :l:.:.::/            |: :!::|:.: : : : : :i:::::::i:::ハ|           ヾ::: :|: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : : : :|:.:/       ____」:.:|ムィ: : : : ;': :ーz/」'___        ',:.:|: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :   (我慢じゃ……ッ!
: : :|: :.:.レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ーキ::|:::::',::::i: :/::::::/};' |=‐-  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ!: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :    定時連絡が出来なかったときは
: : :i: : :.|______    ',ト、:::ト:::V:::::::// /    _____ |: : : : : : : : : : : :.|: : :    やる夫がすぐ警察に通報してくれる!!)
: :.:.|: ::,ィfア¨示ニ,ニ、ニ、ニ≦  ヽヽ:::::::/ ′ ィfニ,ニ,ニ、ニニ!¨゙ミ≧、: : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :.', ´ヘ《  |{ニノ:.:.:.:.:.:勹:}|      `'´    |L,r':.:.:.:.:.:勹:.}|  》イ: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : :ヾ : :ヽ r彳}:.:.:.:.:.:.:.ィ:i|          。    r彳、:.:.:.:.:.:.ィ:i|  イ: :/: : : : : : : : : :.:.:|: : :
: ::::i: :..',: :.',  ゞ========く              ゞ========く  /:./: : : : : : : : : : : : |: : :
: ::::|: : : ト: :i: /i/i/i/i/i: .        . : :/i/i/i/i//:./: : : :|: : : : : : : : :.:|: : :
: :::::',: : :| ヽ:',: : : : : : : : : : : :           : : : : : : : : : : : :/:/|: : : .::|: : : : : : : : : |: : :
: :::::::V: :'.ー\:、  u            .:i|           u    /;イ_i: :.:..::::|: : : : : : : :.:.:|: : :
: :::::::::',: : ',∧ ヾ                   o    /´//i: : .::::::|: : : : : : : : :.|: : :
: : ::::::::V: :Vム `             r = 、          ´  ///: .::/.::::!: : : : : : : :.:.|: : :
::. : ::::::::',: :.:V/ン、           ̄ ̄´          ィ//': .:::/.::::::!: : : : : : : : :|: : :
:::::. ::::::::::ヽ: :V//へ                         ,∠///: ::::/.::::::::|: : : : : : : :.:′: :
: :::: ヽ::::::::::',: :V////>                     </////. .:::/.::::::::::|: : : : : : : : : : :



.

503 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:14:59 ID:hiN/ERoU


しかし、運悪くそれはカルト教団の警戒網にひっかかってしまった。

それらしき言動をナナリーの協力者にしてしまったやる夫は、
誘拐されて秀吉からの依頼の件を喋らされ、
最後に売買用人体として解剖されてしまう。




      ./ _、.} レ´ ⌒` ̄ノヽ-┘ /,' }'〃/ し´,-ミi
     (彡'っ |  '´ ` ̄´;;  '´`´ (_, .∨' ,ィ'´⊂ニイ、
    ノ==ミ i ,     ;  ;;   'ヽ } ,' //⌒ヽ _)
   ,イ=っニミ、|,;;;    ;;  , ,;;,, ,;,,;;;;  .Y//二ミ、ヽ)
   人/⌒`ヽ、| .___ ',,;;;;; ; ' ,,‐-、 `{/ /´  ;`ヽ}
   ./   ./,i .|| 餡子 |..,;; ; ;  ;; ' `ヽ,,}_,レ'´  ; }ノ
   /,-‐ヾ、/ | |「 ̄ ̄", ; ;;   ' 、 >'´⌒ヽ   , /
  ./´   `y-‐⌒⌒ヽ、_ ; ;; ;,   >'´、 n c  },,,...::´j
 .( ,'/⌒/´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/⌒ヽ‐'"´ ;;;;  ij j}   j,=-'"´
 ∧ { 、i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ , リ i } ;; ;;_,=-ッ=ミヽ  ,-‐-、
  .Y ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 /  },ィ-‐=ニ二 ;( `´ )リ'⌒ヽ、__)
   `7ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)ュ´ .,ィ /'';;;, ,;; ;; ;.,ィ´`ゝ-‐'     `ヽ `ヽ、
    \`ヽ┬ィニ二,ィ'" / ,, ; ,'´ ̄    (   _入    )   \
     \)、)、)-‐'"´´;;   ,;; ;/::       ``イ´;;;;;;;`ゝィ´    }
         |  ,;;,;   ;; /::::      ::  {;;;;;;;;;;;;;;;;;;{       |
         |'´ij ;;  ,ィ´ ̄{::::::.      ::  ゞ、;;;;;;;;;;;;j     ノ
         |   ,イ   ヽ、:::::...         `ニ二ニ   /



.

504 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:16:03 ID:hiN/ERoU


その後、ナナリーは分解されたやる夫の写真と、やる夫のパーツの一つ(脳)を
必死に耐えていた秀吉に見せつける。



           // ./ . /,ィ'三三ミ、. ,,ィ==-、   ハ     
            ,' i!.::,' .i;/´    `´ ̄``ヽ;i  .i.i     深淵を覗こうとする時、
          i /!:::i : .!            ゙l  .l i    深淵もまたこちらを覗いている、と言うでしょう?
            i,'.:l::/ :: ir‐"´ ̄`:::::::..‐‐-、_ .i  ::.i i    
            ,''.:,'イ /:: i :l_-、::::::::::::::: ___ `! :.  ::ヽ`,   私たちを調べようとする者は、
        ,イ',イ/, '.::::/.:イ:::。::iヽ::::::::::::,ィ==-、i. :: :. ::`i   私たちからも調べられるのです。
        /,イ.,' ii/..::::/,イ .ミ=彡.::::::::::::::::ll;;゚;;;;リ i、 : .、:.::l
     ,イ.:;イ. .::i、l ::::i,::i、、     i     ̄ ./入ヽ、ヽ:l   貴方の交友関係くらい、とうの昔に
.     /..;イ ..::::ノヘヽ、.:.ヽ、__,ノ   - 、    ,.'イ:∧:. ', ノハ   調べ上げておりましたわ。
    .,'./...::;/ 〃:::,'i`ヽノ;;:i:::`i、     , イ::i:;イ::,.i:: ノ!:. ヽ
.   i'.:;.イ .:; イ:::::,'::i::::i :lli'./.\ `  .イ´i  i::l、i´ノイノi::ヘ、ヘ



真っ白になる秀吉。


              .  -―: .  .
          , -‐くス´ . . . .: .: .: .: .: .`: .、
        /     Y〉.:.:.:.:/.:.:.:.:.:._;.:.:.:.:.:.:.ヽ    ば……馬鹿な……
        _|    /〉.:.:.:./. :.:.:/.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
       〈入_rくソ.:.:.:./\>' //.:.:.:l、.:.:.:.:ト、
       く/// ハ_〉_:_;':/`ヽ |:l:.:.:.:.ハ/|.:.:| l
     ,く// /.:/|ハ/ \、  Wlル'‐〈/l.:.i| |
     /.:/.:〈_/.:人|.:l:i^ー′    __∧;'.:.|レ′
     ̄///.:.:.:.:.:.|.:|:|'''     〈__/ノ.://.:廴〉
     ´ /.:/.:.:.:.:.|.:|:|      ' ,,, /.://.:/lヽ>
       '/7.:r,=|.:N\__´’  イ.://.:/l |
      , -‐くr‐|l.:ヘ:|/,三三]__,⊥!//.:/八|
     /   ,' . :ー:-〈〈:_:_: : :〃 ∠ 'イi/
    i  l/ . : : : : :ヘ∨: : :|l    |   /\



.

505 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:16:38 ID:hiN/ERoU


そこへ別の人間が連れてこられた。
入ってきたのは、あられもない格好をさせられた薔薇水晶だった。


                    ______
          __,, -‐‐-rty-=´─==   `ミ 、
           ` ‐=-‐戈ノ //       ` \ __
           /_,,/! ///           ヽ{}ト、     秀吉!?
           ´´ /./| ///!.  /  ! /   l | !    ゙iヾ、ゝ.
             |/ '/i l i  /!  | l !   | | .!  l ト、|.    貴方まで捕まっていたの……
            / / .| | !: i !  | メ、!  i l !  ! l i `
          / イ   ! |l:  ! l , i j. ! i ,-、!/ /  / i .!
.        // /   .i| ! !!‐i土iニ|´! l 、《/レ‐-/ //
       //  /   /| !ii l|T::。Tヾ  i メrゞ=;;〈/ /〈
.     //   /   / l |〉i i .ゞ‐'   ' 《〈トK》 / X ヽ
    //    ./   / i |;ゝ  ////  , ヾYイ  ' !`ト、\
   i {     /   /  ,' |', `‐-,  ‐ - ,/|   .| ! `‐`: 、
   l ヽ   /   /  / !ゞ、ヽ |`ト ..  イゝ !__,,_」-+t_,, -‐二ゝ
   ヽ ヽ、/   _.ム‐/ /" \__,,へヘ-イ-‐"     /ヽ-‐"
     \ \,-'  `‐- '     <ィ泌>.〉  -‐--,-,./.  iヘ
     / 丶 ゞ ヽ、 _,,-、     `ゞXノ'  _  /|`'    } ヽ
    /   )ヽ.     ヽ__,, -‐< `ヽ|` T´ `"  〈     i`‐-二‐-- 、
.   /  _, ´ _入: : . . . . ./    └、ヽ|r´      ',: : : : ._,人t‐--、 ̄ ` >)
  /  <´< ̄  )、: : : : .i ::c:::     i     ::c::   i-t-´_=| ヽ\--`- , '/
. /   ` == 、/ 〉ゝ‐-'、         i         /  ̄! 、ヽ i  \//
 !    (   `/ゝ' ノ!` 、 ゝ、     イゝ、 , _ ,.イ    ', \ヽ   ヾ<
 ヽ    i.   // /! |ヽ i  |ヽ ̄     ヽヽ ヽい  ヽ 〉      〉`' ヽ
   ヽ   ) /.i/彡 !. `  | /        ) !  `>,  //     /    )
    )  / /  ,   / |    |/     _,,-‐'丿 ‐--' ノ /ノ     /i   (
.   /  / (  /  i/  i  ,-‐'      /  /    〈 /    _,,-<、 ' ,   ',
. / /   /  iヽ i  ヽ__,,、    / /(     /    /    \\  ヽ
./ / /   /!   ', y   / `‐-‐'     !ヽ    i.   /       ヽ、\ |
i  i l   / ヽ   i ! //       __,ノ  i   !  人   , - .
ヽ ヽ|   l   ) /..,/      , -'"´/ /    !  i .∧ ヽ- '|rフ
 ) / l  i  / //      -'"    !/      l /, ヽ、 、ヽノ
//  ヽ、 ヽ ! i/             ヽ     i //.  ` ̄
      ソ. ゝ/                   l レ



.

506 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:17:03 ID:hiN/ERoU


互いに調教された結末を見せあう、
悪夢のグループセックスが始められる。



             ,. <,ィ //、、__               〃/ | __ー-.、    い、嫌あっ! 
          ,. <   ////  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、 ̄ヽ `ヽ   お願い、彼の前では許してぇっ!
        ∠ ___/ / /,′                    |l /l ヽ   \ \
               厶∨    /    l  !    !  |!   、 |/ l|∧ヽ     ヽ `ヽ、_
               / ! /   !  l ,`メ、 !  ._ l  i i  ! 、 | !| i.       ̄ヽ、ヽ、
              / /i |i | i ! i ! ! li `ト、" `)  j i  ! i i i| i !         .〉 /
              / / ! i! ! i il ! ! !_j.Lゝf´\ ノ ! / !  / j ! !/i  !         ./ /
             / / i .ト、 !, ! ィ十i´i !| { {   (\} 厶斗jメ、/jl / / / 〈.       //
            //  ヽ! Nトi ィ==弐ゞ `ヽ  ソ'r¬〒ryfz-{ |/レヘ j. 、\.   /./
.          //   /  レ∧  ! {ric゛j   ∨ ヽヘ{(f卮}_)〉jト,  ヽ  ヽ`、/./
         //    ,′ 八rヘ.  ゞー‐"      ヾゞミYシ:./ ム.j`\ \. ∨ /
       〈 i´     ノ  ノ> 、_〉 u /////     `ー-<´,,..ィ"ニ゛ー;,ゝ、. ヽ〈 {'.
.        \\   ./  / :   ∧       _'_   ./´'ヾ:;..:;..:..:シ'  `ヽ!,\,\
          \\ /  / ;   / へ、    (    〉./             ヽ\.ヽ
           } }./ _,,ィ"-´ ̄ ̄ ̄ ̄ ゛ヽ、. `ー.‐´/                `./
           / r-y'´: ;            \ー―/                 /
          ノ く〃: ;                  .         し      /
.        // | ; ;            i    ,    、             ./
ー―― 、..//  /i             |j   . ´   u ` 、.           /
       ̄` ‐-´、!.               /        ` ー . ,, _ _ ./
            `ヽ、.          /            ___./
                \       /    __   ,. '´     /
                  `ヽ __/   ./     `ヽ´  ,     /
                    \   /           し   /   i
                      \                 /    し
                        \               /
            J             \            /
                            ヽ           /   /   ずぶっ
                             \  /  八   \  /
       /                       Y    ノ,C、ヽ   Y      ずぶっ
       J                    ヽ  |  /イ⌒:ヽ:ヽ、 |                      /
.                              \! {彳⌒ !::.j i:. :i.} !             u       /
\                              r/i:.)j::. :.ヽ` !:. :||: ト    ,                /
  \.                         O /,Y j:i:!ヽ!) |:.レy:._| ヽ  j                /
    \.                        J xミ!ィrゝ爻レ彡彳彡ィ_ヽ               /
      \                   、___,ゞ`ー―' ''''''''' ''''―-"k=三_ ` 、            /


.

507名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:17:20 ID:XiDti/bo
……ただのエロだけですむとは思わなかったが、さすが!w>「ひぎぃ!」と言わせる

508 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:17:35 ID:hiN/ERoU


           「l 「l                 ,. < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ
      r、  / ヘヽヽ〉           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、    
       〉 X/  ヽ〉            /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.\:.:\   薔薇水晶、見ないでくれえっ!
     /,. ヘヽ                /:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ヽ   
    //,.-┘ L           /:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:|\:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|         へ  へ
   〈/ (( ̄_) ヽ  ,.- 、      /:.:.:.:.:.|:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、! U ヽ〃!:.:.:.:.:.:i:.:.|      ,へ  \\\\
      ヽニ__ノ{_j  //^L}    /:./:.:.:.:.|/ u |:.:|:.:.:.:.:.:.:_/__!__  V:.:.:.:.:.:.:.|:∧      \\//
             〈/        !:.:|::.:.:.:├―千|:.:.|.:.:.:./レ/  u ̄〉:.:.:.:.:.:..|:.:∧     /,. -、 ヽ
                         |:.:.!:.:.:.:从u _ヽト、ト、:/  -‐___ /:.:.:/:.:.:.:.!:.:.:∧    //―┘ |
                    |:.:.|:.:.:.:.:.:.ヒ≧==ミ、   〃  ̄ 冫:./:.:.:|:.:|:.:.:.:i∧ 〈/ ( ( ̄) 〈  _
                   //:.|:.:.:.:.:..:ト、///  ////イ:.:.:.:/:./:.:.:.:|:.:.\    ヽ二,.ヘ | `っ ノ
                     //:.∧:.:.:|:.:.:Vヽ.u   _',. - 、   / /:.:.:/:./:.Nヽト、「`        |__j  `
                  /イ:./-‐V:.|:.:.:.〈 ̄> ._{   リ_,.イ/:.:./:.:/-┴┴、
                / j/⌒ヽヽト、:.:.|\―-、  ̄ /__/://///  ∧
                    |    >,\!: : ヽ: : :>-<: / : : {´_,. イ / / ∧
                    ∧  /    >: : : :<: {___}: : >: : : 〉  \|/   |
                    | ヽ._j  /  {__/:| 「ヽー┬' \_ |  /  ハ         _,. -
    ―- .._「 | 「 |         ,〈!    レ'     /:/: : ノ_>‐、: : :!-―-、  レ' /  〉、    ,.  '´
          | .| | .|      /:、\  j  // ̄j_/:.:{`='=}` |――‐<〈    / ∧,. r┐
    ,ヘ  〉 | |_.j  `  、〈\:.:.\ヽ{//:.:.:.:.:.:〈:.:.:.:.:.:/ , .r':./:.:.:.:.:.:.:.:.:./`:< / 〈ヽ | |
    \ X/           `<`.:.:./イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:..|   |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./ 「 |  ,X 〉L!
    /,ヘ \    __         `<:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:__|___|   ├┴<__/:.:.:.:.// | レ'/`
   //―` |   | 〉          \:.:.:\:/ / ̄ ヽ , / ̄ ヽ  \ :./  /イ |     「 .l
 //(. (二) \ | | ,--、.  /〉    ` <  {             }   /   </,.-、 L 、   | レ-勹
└´   `ー―'^ヽ_〉| |/ ./\二/        、ヽ   _,. !、_   ノ_/     ヽ―' ノヽ〉  |  /
             |  /   r---、     (ヽ    ̄` r、'´ ̄     ぅ     ̄     |__/ 、- 、
            |__./    `つ_ノ   〈ヽ    o o  }}                      つ_)
                     o  \ 、_∩_)八 o ぅ/〉  /〉
                        〈ヽ     ヽ   う ´'


.

509 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:18:37 ID:hiN/ERoU


楽しげに見物するナナリー。


             / / ./  .,' ,ィ'三三ミ=、  _,,r=-,_ 、  ヘ    あら、二人とも。
               ,' .i .::;'  ,イ彡'´ ̄ ̄```-'‐===ミミミ!   iハ
             i ,'l .::::i. .l/'             ``ミi    l i   遠慮せずいつものように
                l ,'.l.::::,' :: l                 i   l .i   自分からお尻を振っておねだりして
             l.,'..:i!:/ :: i i-‐ '"´ ̄`    .‐-、._  .,'   .i l .l   いいのですよ?
              ,'/.::ノ'  ::.l .ハ ___             `` i i:  ヽ,.l 
             ,〃:;イ,' , .:::: i:i,--==ト_        ,--  l .i:.  :::.ヽ,
         .//,.イ/ , ' .:::/ .:/|l::::()::l|ヽ.     ,イ云二トl.  i::. ::.. ::::i
       ,イ,/ i i / .:::,' .,イ ミ=彡        ll;;:ひ:::;ハ  ヽ, :、:::::l
      / .;イ .::l l': i :::i :i.l i          ,    ``¨~´ .∧.  ヽ ヽ ::l
    .,.' .::;イ  .::::,ヽ ヽ 、ヽ、ヽ、__ ノ    !       ./,イ^ト、ヽ  ヽ! 
   ,' .:,イ. .::::::,イ .:iヽ、``  ヽ,ー‐'    r  ァ    ,.イ:::l:::::l i   i ノ.ヘ
   .i ./ ...:::,イ .:/::::::::i:`ヽ,ノ ノi  `i.、       , イ/i:::,メ'::::,l.  ,l:::::、.ヘ



.

510名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:19:18 ID:Jw8no.co
ひぎぃ、と言いかけたが餡子で吹いてしまったwwww

511 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:19:22 ID:hiN/ERoU


二人は調教された体を嬲られ、
たまらず嬌声をあげてしまう。



    ,. <   ////  `==ニ二´       `二ニ==彳/ 仆、 ̄ヽ `ヽ      l|  i
 ∠ ___/ / /,′                    |l /l ヽ   \ \     !   |i   んっ、あっ、あっ……
   ||     厶∨    /    l  !    !  |!   、 |/ l|∧ヽ    ヽ `ヽ、_    |
    |!     / ! /   !  l ,`メ、 !  ._ l  i i  ! 、 | !| i.       ̄ヽ、ヽ、  !    や、嫌ぁ、感じるのは、嫌なの……
   !     / /i |i | i ! i ! !_l.LゝK " `)  j i  ! i .i i| i !         〉 /
°      / / ! i! ! i il斗七i l ! i  \ ノ ! / !  / j ! !/i  !         / /        はぁんっ……!
  i 。   / / i .ト、 !, !i| ! i !| { {   (\} 厶斗jメ、/jl / / / 〈.        / /
  |    //  ヽ! Nトlj '_,!..ニニ,,、 `ヽ .ツ r¬〒ryfz-{ |/レヘ j. 、\.     //
.    //   /  レ∧ oゞ''" ̄゛   '" ヽヘ{(f卮}_)〉jト,  ヽ  ヽ`、 //
  |//    ,′ 八rヘ. ///// _'_ /ヾゞミYシ:./ ム.j`\ \. ∨ /
 〈 i´     ノ  ノ> 、_〉. u     r´ . ヽ  `ー-<´,..ィ"ニ゛ー;,ゝ、. ヽ〈 {'.              i   !
.  \\   ./  / :   ∧      !r  ̄ヽi  J/´'ヾ:;..:;..:..:シ'  `ヽ!,\,\         °  ||
  ! \\ /  / ;   / へ、.   ヽ、i ノ  /             ヽ\.ヽ | || |  |    i|! !
| |    } }./ _,,ィ"-´ ̄ ̄ ̄ ̄ ゛ヽ、  し´ ./                `.   ||     |i   i!|
| |   / r-y'´: ;            \ー―/                        \  ||i
| |    く〃: ;   





: : : : : :/: ::::/        |: :|::i: : : : : : :,'::::::|:: i:|      \::::::.: :|: : : : : : : : : : : :|: : :
: : : : : :l:.:.::/            |: :!::|:.: : : : : :i:::::::i:::ハ|           ヾ::: :|: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : : : :|:.:/       ____」:.:|ムィ: : : : ;': :ーz/」'___        ',:.:|: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :   う、うーっ!
: : :|: :.:.レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ーキ::|:::::',::::i: :/::::::/};' |=‐-  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ!: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :i: : :.|______    ',ト、:::ト:::V:::::::// /    _____ |: : : : : : : : : : : :.|: : :   や、やめ、お願いじゃ、やめてくれぇっ!
: :.:.|: ::,ィfア¨示ニ,ニ、ニ、ニ≦  ヽヽ:::::::/ ′ ィfニ,ニ,ニ、ニニ!¨゙ミ≧、: : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :.', ´ヘ《  |{ニノ:.:.:.:.:.:勹:}|      `'´    |L,r':.:.:.:.:.:勹:.}|  》イ: : : : : : : : : : :.:.|: : :   あァっ!
: : : :ヾ : :ヽ r彳}:.:.:.:.:.:.:.ィ:i|          。    r彳、:.:.:.:.:.:.ィ:i|  イ: :/: : : : : : : : : :.:.:|: : :
: ::::i: :..',: :.',  ゞ========く              ゞ========つ  /:./: : : : : : : : : : : : |: : :
: ::::|: : : ト: :i: /i/i/i/i/i: .        . : :/i/i/i/i//:./: : : :|: : : : : : : : :.:|: : :
: :::::',: : :| ヽ:',: : : : : : : : : : : :           : : : : : : : : : : : :/:/|: : : .::|: : : : : : : : : |: : :
: :::::::V: :'.ー\:、  u            .:i|           u    /;イ_i: :.:..::::|: : : : : : : :.:.:|: : :
: :::::::::',: : ',∧ ヾ                   o    /´//i: : .::::::|: : : : : : : : :.|: : :
: : ::::::::V: :Vム `             r = 、          ´  ///: .::/.::::!: : : : : : : :.:.|: : :
::. : ::::::::',: :.:V/ン、           ̄ ̄´          ィ//': .:::/.::::::!: : : : : : : : :|: : :
:::::. ::::::::::ヽ: :V//へ                         ,∠///: ::::/.::::::::|: : : : : : : :.:′: :
: :::: ヽ::::::::::',: :V////>                     </////. .:::/.::::::::::|: : : : : : : : : : : :



.

512 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:19:57 ID:hiN/ERoU


最後には、二人は互いに痴態を見られながら
無理やり絶頂に達せられ、
絶望と快楽の狭間で悶えるのだった。



         < 二‐ 、ー-/ ,   /  /    i      ヽ_ニ―<_
           /::: _/:: _/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::___`‐-、
         ∠ィ-,‐'´l// ./ | i  i     i |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
          /./  // l  !l|. i  j ,∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.       / ./    { | l | ! ! i| .!ィ´i、 j乂/|ノ廾ナノイ.!|| i } ヽ、  `ー、
.      /   /     !!',! l | | jイi j `._' ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / j イ.  `.i  /    ああああああーっ!!
     ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ!、ミzニ弐ゞ u   ヽ)〈ヘ'ly"/|/l.ノ !.  ノ  /
     `ヽ、_ ヽ、   /  | l l ´          `ヾ='<´i|   i  /  /
         \ヽ j   .|  !〈i, /////  _ ' _  ///、ノ/,l i.    レ´ /
           )ヽ   l  l'ー、     〈   )  J /r'||  / ィ´
          / 〉  |  |  i \    `ーJ   /|  ! |  / / i
         /  /  _,,| __l|  |_. __ `ゝ 、   . イ . i_l_| 〈  \!、
.      /  /j ./´,. ‐ ´ ̄ ゛: 、ヾ   ̄ ,,. -'"´ _ _ `.ヾ、 `ヽ、
.     /  /  .{.i/         `ヽ、`  ´,, - " ̄     `ヽ、ヽ、 .}
     〈  {   .ィ-;ー..、        u丶  '´         ..... ヽ i_j
.     \ \ /::`:::: ::;.'                      .:::::‐,::. `!
       \ !  ゛ '"                       ':::`::';:  }
.         〉i           u /   、 。   ,      u  i
         ノ 人υ        :, :'´     ヽ    j        ノ
.       / / i` 、   υ  ,             ι      .jィ´
       / /  i  ヾー- ‐ '´         ,   `:ヽ 、、._:_:_:_:.:..j´.i.
ヽ、     ! !   !  !,,_   ゜        J        υ   :,' i
   `ヽ 、i j    }  i,, ::. "´                    :/ ,'.
      `‐'、   i  y'          ``''''    . . :-、、: : : ,'  !.
        `ヽ i  !                     : :ヽ-く  iヾ
          ヽ、|!::                    。    \ !
             ` -,,,.. -- ーー-、 __              .. -‐ ´
         .    u       ノイi  `ヽ、       _..
                   :{(c) } ι   ヽ、  、、 - ´
               :  /ノ,^ヽ:ヽ
               ; /,.イ´ノ,゜、ヾ`ヽ
            u  /,/"/´⌒,`\'ヽ.ヽ       ドブッ!!
              ,{ !/ ! ;. u' 、 )`i }: }        ドクドクドクッ
              j:{/ i,゙ ''    j |/ ノ
          i!  ( l",!  .リ u :  .i!:ノ ヽ
             し i":|  .〜'''  , |;´、 . )
           l!: :, l; :! .|'"  .ノ,゙/│uー^
           、〈 ,, l: l「  ! ″゙゙ / !  : ,
         ,. ' : : ! l. }  ,i' ./  ; i (, :: ソ           : :,r-, l^、、  :.,r「.j
、          (, ': ::|  :|   ./  .  !: j ';;          :,-、 /l jy ''、: : / .l
  `ヽ、.: ο    . _,' j:|  ;!  ";    |  `J         :| ト, | ` |  |_丿  |,フ
    `ヽ     し : :! │      │: /         :、´ ヽi  .|  i_' .,,ノ
             !: |      ,! i i U        _. -ヽ_/、__ノヽ ' `



.

513 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:20:13 ID:hiN/ERoU




     {  )
      ,ゝ ) _,. -----......._
     ヽ. X´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
    /\ヽ:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\        うああああーっ!
    /:.:.:.:.:.:,.ぅ):.:.:.:.:.:.:.!\:.:.:.:.:.:.\:.:.:.\
  /:.:.:.:.:.:〈 r':.:.:.:.:.\┴┴\:.:.:.:.:.:\:.:.:.\            /
  /:.:.:.:.|:.:.:.\\:.:.:.:.:.\    X:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\______    |
 ,':.:.:i:.:∧:.:.:.:.:\ヽ:.:.:`!┼‐' u 〉、:.:.:.:.:.:.:\:.:.: ――<´     !
 |:.:.:.|:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:\、:N  /〃て):.:.:.:.:.:.\\―‐<´     |
 |ヽ__V_」u\\_:.:.:.:.:\  / /   ヽ:\:.\:.:\\「 ̄      |
 | r―ヘ:|   〉、> ̄ ̄\ ' ///  UV:.:.:.:.:ヽ:.:.V ̄\    __!
 V:.:.:.:.:.\U/u __,.   ,\ ,.-、 / Vヽ:.:.:.:.|:i:   ヽ ̄ ̄V!
 . V:.:.:.:.:.:.:\  j厂 U  r‐':\: :Y: /: : :〉:.:..|:ト!-――V    |
   V\:.:.:.:.:.:\C///   \: : _Xヽ,.イ: : |:./|:!/ ̄ ̄__>、V
   \:.\:.:.:.:.:.:\___/ ̄ ̄>r'} ふ´ j/ j/ ┃┃ ̄ ̄:.:./
     V:.:..\:.:.:.: ┃:.:.:.┃┃ : /!(_Y:⌒:ヽ,、,.:┃┃:.:.:.:.:.:./
     V:.:|:.:.:`ー┣━━ _///_,.ト=''  )、┃┗━:.:.:.|
       V:.ト、:.:ト:r┗━━ レ'━┓.人 U    \:./__:.|
       V| vヘ「 ̄\_}/  ━┻━:.\    冫´   |   ┃
      j/  〈  ̄\ ノ   /\:.:.:.:.:.:.:.:\_>'      |   ┃┃┃
          ト、   ヽ./ {:.:.:.:.\_/:./´   ヽ    |    ┣━
          「 ̄\__〈  ,.く:.:.:.:.:.:.:.:レヘ:{      -‐ -.ノ  ∩┃┏┓
    _,... ------------<_____ノ__八__,._イ  '    |{  ┃┃
 '´ ̄                           ̄     | 7.   ┃
                    ┃`u            〈〈  ,.-、  (/
                    ┃         (⌒)  八_〃´ ノ{
                    ┃  ┃┃      `ー`c  う `うっ
.              U     u. ┃       ,.-、_,.-、C(⌒) っ   \
                    ┣━━    し'´ ̄ヽ ○ `´      \
                    ┃    ┣━┓    (⌒ヽ    `u    ´
  U                      ┃  ┃ ━┃ c `u u
                        u        ┃ ━┛    \
              u              し'         /
                                     /




.

514 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:21:39 ID:hiN/ERoU

物語はここで終了。

「え? これバッドエンドだよね? トゥルーエンドがあるんだよね?」
という反応がおそらく有ると思うので、それを
ぶった切る




【安価で】木下秀吉と薔薇水晶は私立探偵のようです【解決】


                   完




の表示。

515 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:22:29 ID:hiN/ERoU




……なんて酷いストーリーも検証のために用意していたのです、が。




.

.

516 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:23:26 ID:hiN/ERoU


用意したストーリーもとことん酷い上に、
検証する内容も

騙し討ち+αという手法で
読者をどれだけ『ひぎぃ』と言わしめるかの効果測定

ときていますので、



          /./ ,' ,' /  .//      ノ ,ィ'´   ._ Y            
          入{ i i/   //    /,ィ'´.,ィ='´ ̄彡ニミL、 / /           これ、楽しめる効果よりもむしろ
          {ミヾヽ!{i!、,,〃//ノノ/,ィ彡ヘ、__二=-‐--ラ'´ /ノ ,ィ ,ィ        悪い意味で気分が悪くなる効果の方が
          t i ,ィ='/        .::::::万ヽ=ニ二ニ='´   ノ/イ'´/ .,       よほど大きそうですね……。
       t‐-‐'´ 〉'´ /     i  し .:::::::::弋     ,ィ彡'´    ノノイィ
      ト、_',  / i. /  >>1    !j   .. .::::: !j `i、`ヽ=彡'´-‐'´  // /
      ヘ 二/   }/  {   ,!         ,ィニ}、____   ノノ   /       私を激しく罵る人が出るかもしれない
       \` ̄´.〈ャ;,,,, ヽ,、( ,,,,,,,,ィ=イ<_,ィ({  ".〈〈 ∨ ̄´'´  ,ィ´ ノ        なんてことは初めて作品を投下したときから覚悟の上ですし、
          入_,ィr(゙弋i〈__二( iО) }ノ〓  |  : }ノ /ヽ、__,ィ彡<_         ぶっちゃけたいして実害もないからどうでもいいですが、
          ャヾ-=|'乂ノイ゙゙i⌒乂__ノノノヘ   ∧:::. .' /ミヽ__ノ´ }   `゙ヽ、      しかし、『娯楽の提供』という
        _>、 .入  ,イ__i__|ゝ=、  _/::  ト、_/  `/  /         `ヽ、   最上位の目的に反するのは好ましくありません……。
       ,ィ'´   ` ̄´`ヘ廴_,ィ‐'    ̄`}/ ;;:   / ;    //   ,'             `ヽ 
     ∨      .::::,=リ -、,-‐-   ,'.{ .;;:.  /:: i   //  /       ,ィ='"´⌒`ト、
    ∨i      .:::: ヘノヽ二⌒゙>-‐、、)) .ノ.,イ;;:: ; /./  /      /     /,' }
    ∨ i     ,  :::  }' .j,=-‐'´:: .,ィ' .,ィ≦,ィュ ;;:./ /  /      ./       .'/;' |
     { ト、  i´、  '´  jィ'´ :: .,ィ=≦ィ'´ ;;  ,ィ'/   /   /     /         /.'. ´)
    i リ 万 ', } ,'  .{...  ,ィニ-‐'´ ;;;. _,ィ=ニソ    /   /     /        ./ ,ィイ´}
    { レ ト、 ',ノ i  /  ,,..   ,,,-‐'゙´,,,,ィラ´ノi>、 /   /     /        '//,イ{
    ∧ {i .i `ヽ、ゝ/  ,'   '´  /:::ノ ./,イi  Y   /     /      / // i




というわけで中止にしました。


.

517名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:24:22 ID:tc/F09ZI
え、凄く楽しめたのに……w

518 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:24:32 ID:hiN/ERoU



                ,.-‐―――、
          ,=-‐――ゝ、彡三ミ、`ヽミヽ、
        ,=‐'´、>>1,, ,-‐u ij : : : :`、ミヽ、 `ヽ、         ああああああああああああああああああ
       i'⌒ゝ'//∠,,,,,,,,イォ、: : : : : : : ミ、 `ヽ、 `、       あああああああああああああああああああああ
      ,ィ乏≧=〟,イ,"=ミヽ`゙ヾ: : : : ,イミ、   `、 '       あああああああああああああああああああああああ
     人 、 ヽ _,〉癶辻-ノ入ャ、_: : :ミヾ、ヽ、    `、i      せっかくモデル作ってみたんだから
      〉.:'ト::ヽ〉'´...`ヽ、 `‐ヘヘヘ `i ミ、`ヽ、 ヽ、 `、 ',      使ってみたいぞぉおおおおおオオオオオオオオッ!!
     乂77777ヽ :: . ヽ     〉ミ,ィ-、  、 `、 、`、  .,イ
     )LLLLLLヽ :: : . |   / '´ェュ、 }、    `ヽ、 y'´,i   使ってみたらナニが起こるかなんて考えずに
     / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;} .,'::  :: ̄ ̄  ノノ://  ゝ、__.,ノ ./イ   実行! 実行ッ! 実行ッッッ!!!
     / ;;;;;;r‐‐-、;;i ,'::  ::    r'ソノ./ミ、___,.イ / i
   ./ ;;;;;/ , '  /,'::   : ノ  ,ヘ__,=イ´トミニ二__.,ノ´ ,彡'
   ム__(    /,'::   (_r' / ミヾ、i i i`ヽ、       .,/
  LLLLYヽ乏ノ       } 入ヽ、ヽ、 ヽ`t、二彡<__,ィ
 〈,t-、ヽ、_.,イ      .<´ ,'ミヽ、`ヽミヽ、 ミヽ、`ミニ彡'´
  {ソc゙`ヽ=‐'´  ..ィ<;;;    ,'ミ、`ヽ、ヽ、 ̄ヽ、 `ミ、 フ
  ゞ、心 `´,ィ<'´ .;;;     iミ、ミヽ、ヾ、ヽ、ヽ、ミ、_彡'´
    ̄} ̄´;;;  .;;;; ,=-‐―'´ \_ゝ、 .≧=-‐'´
     .', / ̄ ̄ ̄        \ ̄ ̄



なんて魂の叫びもなんとなく聞こえる気がするわけですが




.

519名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:24:41 ID:q3mHCx/s
まあ
実際不意打ちでやられたら軽くトラウマものだしな

520名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:24:45 ID:EKOUStmo
乙でした。
まあ、需要は限られてはいますな。

521名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:25:04 ID:XiDti/bo
>ぶっちゃけたいして実害もないからどうでもいいですが
さすが>1!そこにシビれる憧れるう!

522名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:25:18 ID:VW4lMDEk
そういうエンターテイメントと思えればそれはそれで楽しめそう

後で種明かしと言うか何というかが有ることが前提だが。

523名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:25:23 ID:jYy5UGHQ
実にエロくて良いのですが、しかしその後図だと「お互いに相手の苦境を分かり合ってる」ので、寝取られ感はちょっと控えめになるんじゃないかとか思った。

524名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:26:32 ID:Jw8no.co
どん底にぶち落とすような騙し討ち…凄くわかるし面白そうだが
哀しいかなNTRも一般的にはマイノリティなのよね

525 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:26:47 ID:hiN/ERoU

           ,ィ==‐=ュ、
       .、  j⌒ミヾ〃/ィi、  ,
       ト、ミ´彡:_,1、__,イミ彡
       .',` ̄ r{-◎tt◎イ`゙´イ
        彡' ヘ.Yi´ゝ'`Yノミ彡    我慢我慢。
         `二コ弋二ラ´>-、
       ,ィ'" /〈(、::,ィ// /"⌒ヽ、  自制です私。
       ハ ノ ノ }イ;Y´|:: {    .}
      i ソ}iく //;;/ { }、_//,'λ
       { λ/ / j;;;{ < ト、_ノ  ト、
      〈 メ´入 Y;;;;;i_=‐┴ミヾ=っ i }
   ,ィ‐‐X,ィ‐rt‐ラ´   \`=ミヾ.  / i
 /   / ,ィ|」 ,'     \    ノ .}
∧::::::.Y///´ト┴{::::::..   廴ヽ‐'´ミ、.ノ
. ∧:::::|i i〈  `ヽ i:::::::',     } ',   /
  ∧::ヘij`'    ゝ\:::'.,   .入   /
  .∧::  ニ=   .\\:'., , '  >イ|
   ∧:. ',     入.ノ:::. //;;;;;|.|



という感じで抑えました。


もうあらすじ公開しちゃったので
今から思いなおしたとしてももう遅いですw




.

526名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:28:31 ID:EKOUStmo
でも、秀吉AAは痴女系に弄ばれるストーリーとかで見てみたい気もwww

個人的にはやっぱり愛(欲望という蜂蜜をブチまけるような状態でも)があったほうがいいですし。

527名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:29:45 ID:96XmXJ5Q
最後にお情けで二人が絡ませてもらってたらより好みだ

528名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:31:51 ID:tc/F09ZI
>>527
開発されまくって、抵抗なくぬるりと入るようになった感覚に悔しさとか悲しさを感じてくれれば尚良ですね

529名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:32:50 ID:pDUU/BDU
解説乙
>>1がストイックなド変態で、かつ自分の美学に反しないよう行動するナルシストだと実証された気がする

530 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:36:42 ID:hiN/ERoU
>>529 >>1がストイックなド変態で、かつ自分の美学に反しないよう行動するナルシストだと実証された気がする
そこは、ストイックな紳士で、かつ良識に従って行動する常識人……
と呼んで頂きたいですねw

531名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:38:26 ID:q3mHCx/s
話の流れぶった切るけど
博士のAAは何?

532名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:38:35 ID:1kx/t3yc
乙 俺的に秀吉ポジションがやる夫だったらより感情移入できてナイス

533名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 22:40:11 ID:VW4lMDEk
>>531
銃夢のノヴァ教授

534 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/27(水) 22:40:32 ID:hiN/ERoU
>>519 実際不意打ちでやられたら軽くトラウマものだしな
まあ読者を裏切るのは(どんでん返しと言う意味で)
常套手段ですから、結局は程度問題なんですが、
さすがにキツすぎるわなあ、と。

それでも寝取られ好きの人は楽しめるかもしれませんが、
まあ、

>>524 哀しいかなNTRも一般的にはマイノリティなのよね
ということですねー。


.

535名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 23:03:53 ID:qid8mds2
俺としてはそんなどんでん返しも悪くない
>>529が的確すぎて吹いた
でも問題は数あるスレの中でそのスレを発見出来ない可能性が高いことなんだね。
>>1はいいけど読者として。

536名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 23:05:15 ID:vG3xKXyQ
分かった。
安価でこのバッドエンドなルートを回避する方法があれば行けるんじゃないか?

537名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 23:21:23 ID:KwdCylRU
エロゲーで時々純愛に見せかけてNTRや陵辱があることが発覚して炎上することがあるけど
ユーザーをびっくりさせたい誘惑に負けて炎上するようなシナリオ書くのかねえ

538名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 23:21:29 ID:K8a40TVA
本人が書きたいものを書く
それがやる夫スレのルール
というわけでどんどん行っちゃえ
>>536
選択肢だけ作っといて実はどれ選んでもBAD、「あの時あっちを選んでいれば…」と延々ひぎぃさせるのもありだな

539名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 00:16:36 ID:L6KhPoak
ごめん、ギャグにしか見えないw

540名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 00:17:58 ID:L6KhPoak
あ、しまったリロードしたと思ってたら全然してなかった
↑のはギャル夫とばらしーのやつね

541名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 00:43:18 ID:/1CJVQr6
これはR18短編ででも書くべき

542名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 00:45:08 ID:XDe7Ubgw
YES!普通にエロいというか素晴らしいというか


ふぅ…

543名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 00:58:36 ID:KN3v55qQ
ここ読んでたら『ダーク・ハーバー』って海外の映画(ドラマかも)って作品思い出した……
観れないからレビューばかりを漁ったんだけど、それらを総括すると、

『雨の日に夫婦が謎のイケメン拾ってそれ以来に亀裂が入る。
 妻は間男となったイケメンに夫の殺害を頼むが実はイケメンと夫は最初からグルで二人は妻を殺して逃亡。
 追われる夫とイケメン。最後は夫が全裸で冬の海にダイブ』

……という話だった。
イギリスのNTRって奥が深すぎるね。

544名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 01:56:05 ID:zDIfZqrg
アウターゾーンで似たような話なかったか?

545名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 02:16:10 ID:c4Y4rLdk
>>1はこの連載時に神仏派で和姦が良いといってなかったか!?
最近どうもNTR大好きなドSな人にしか見えないんだけど。

546名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 04:42:12 ID:n6ByWgnY
うーん、エンターテインメントの定義って難しいですよね。
個人的には「人の数だけ娯楽がある」という考えですので、
秀吉とばらしーのコレも娯楽として成立するのでは……と
思っております。
まあニッチではあるんでしょうが、最初に注意書きがあれば
大丈夫ではないかと。
「このスレではハッピー以外のエンディングも有り得ます」
とか。
……肝心な「騙し討ち」の部分が弱くなりそうですけどもw

でも>>1氏がドSだというのは心の底から同意ですよww

547名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 07:54:02 ID:egZ9M3q6
>>1の情熱とそれを押さえ込める強い理性に感服した

あと、多分>>1にとっての和姦=調教済みの人から愛情までも捧げられるセクロス
だと思う

548<お茶ーっ!>:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

549名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 18:23:33 ID:yaUYbfD.
>>1さんって「女教師と生徒の年の差カップル」をどう思う?
ダダ甘美人教師と秀吉系男子とかそんな感じの。

でもコレ、実際にやるなら教師役が難しそうですね。
自分の場合は……ベヨネッタしか思い浮かばずw
「バッボ〜イ!」じゃギャグにしかならないww

550名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 19:42:12 ID:4m1ajhPA
みずほ先生がいるじゃないか>エロ女教師

551名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 19:57:07 ID:bIAEjCIw
やる夫的にいうなら銀様とか

552名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 20:30:43 ID:8GOH9cw2
まあ、少し気になってたんですが、自重正解だとは思います、騙す必要がどこにありますか、見たくない人に見せるのは露出狂です・・・それも良いな、いや、すまん、話がそれた
NTRはNTRだと宣言し、それでも踏み込み楽しみたい人が楽しめばいいのです、訓練された読者は自ら飛び込んでダメージを受けたがります、本来はそれがNTRスキーです
凌辱が好きだからNTR見たいと言う人とは住み分けるべきですね

553 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/28(木) 21:02:05 ID:8fHGKkfI
>>549 >>1さんって「女教師と生徒の年の差カップル」をどう思う? ダダ甘美人教師と秀吉系男子
そういう嗜好もあるんだなー、くらいですね。
女教師ならスーツ水銀燈のAAがたしかあったと思います。

554名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 21:24:29 ID:.cJZcukk
やはり調教NTRの要素が無くてはアンテナにかからないのか……>女教師と生徒
調教NTRだと鬼作さんAA大活躍ですがw
というか定番ですよね女教師調教w

555 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/28(木) 21:53:36 ID:8fHGKkfI
別にNTR調教の要素はいらないのですが(笑)、
個人的な趣向として、男キャラは敵でも味方でも
ガン責めもといガン攻めタイプが好みなものですから。

556 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/28(木) 21:58:06 ID:8fHGKkfI
ちなみに自分が「かっけー」と思うのはこういう感じの人たちです。


ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a9/Vladimir_Putin_official_portrait.jpg
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3a/Bzhezinsky.jpg

557名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 22:00:02 ID:zDIfZqrg
ところで、散々良いNTRについて話し合ったところで聞いてみたいんだけど
「最低のNTR」ってどんなNTR?


短編はあと少しで出来そう・・・

558 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/28(木) 22:08:37 ID:8fHGKkfI
>>557 「最低のNTR」ってどんなNTR?
最低の、が何を指すかにもよると思いますが……
気分が悪くなる、ということなら、
エグい裏切りをとことん演出すれば
かなりクるんじゃないかと言う気がします、なんとなく。



>>短編はあと少しで出来そう・・・
期待!

559名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 22:12:23 ID:c4Y4rLdk
最低かどうか知らんが、ゲームならアノニマスとか螺旋回廊は
鬱になるゲームだった。
皆様、特に>>1の評価が聞きたいところ。

560名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 22:59:21 ID:zDIfZqrg
鬱にしようとして鬱になるんじゃなくて、

「こんなNTRはつまらない」

的な意味で。

561名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 23:13:49 ID:4m1ajhPA
女の方がビッチで貞操意識がなく寝取りになってない、とか。
男がフォローできないクズ(悪人という意味ではない)で、
女が逃げるのも無理はねーだろ思えてしまえる、とか。

そんな意味かな?>最低のNTR

562名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 23:16:00 ID:iM45FqAQ
下級生2という単語が頭に浮かんだ

563名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 23:17:59 ID:zDIfZqrg
個人的には

「最終的に女が前の男のところに戻ってきて、それを男が受け入れる」

なんてのは論外だと思うんですが…
ってこれまんま下級生2じゃん。

564名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 23:45:51 ID:8GOH9cw2
論外か?パターンの一つとは思うんだが
てか何が何でも二度と元に戻れないぐらい悲惨な目に会わなきゃならない、の方が、物語を狭めて、つまらないと思うんだが

565名無しのやる夫だお:2010/10/28(木) 23:55:00 ID:L6KhPoak
元ザヤは自分もあまり好きではないなぁ…それがあるだけで最低なNTRになるとは思わないが
あとはだいたい>>561じゃね?

結構前の話だがたけのこ星人氏の漫画の読者投票でNTR?展開が無くなったのが残念でならない

566名無しのやる夫だお:2010/10/29(金) 00:05:40 ID:pBfggZ/Q
主人公とヒロインは幼馴染の一人で互いに異性として意識してなかった。
ヒロインには恋人がいて肉体関係をもっている。
ところが主人公とヒロインは互いに異性として好きになっていく。
そして、ヒロインは恋人と別れ、主人公とくっついた。

下級生2ってこんなシナリオでしょう。
元カレから見れば寝取られになるけど、主人公から見れば寝取り未満だと思う。

567名無しのやる夫だお:2010/10/29(金) 01:29:55 ID:yjP6D3YI
元鞘か…。
OVA版「同級生2」の田中美沙もそうだなぁ。
主人公に「やさしくして…私まだ一人しか知らないっ…」と言いながら抱かれた後、
元彼に電話で謝られたらそちらに戻るというエンディングw
「今夜の私は貴方の奴隷…」と言ってフェラしたり、ケツにキスされまくって感じたり、
本番のセクロスでは思いっきり乳揺れさせたりしてた癖に、結局は元彼の所に戻るとかw

568名無しのやる夫だお:2010/10/29(金) 21:09:36 ID:f3ZgvXAA
そもそも元ざやは大枠の物語としてはNTRじゃないのではないか、と言いたい

恋愛関係Aの構築→NTRによる破断→恋愛関係A'の回復(NTRの超克)、
って全体としては恋愛関係をA'>Aと肯定するおはなしに見える

569名無しのやる夫だお:2010/10/29(金) 21:22:51 ID:MMh1HKSA
別に、ボロボロにやり捨てられた後主人公の元に元に戻る=ハッピーエンド、とも限らんと思うしなあ
それはNTRじゃない、と言う言い方もどうかと思ったり、そういうの含めて広い選択幅が有ったほうが、いろいろ妄想も広がる

570名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 01:36:27 ID:nSR771TI
他のストーリーのギミックやガジェットとしてNTRが存在するか、
NTRそのものがストーリーの主題なのかは分けて考えたほうが良いと思う
NTRとしてはつまらなくても作品としてどうかは違うことがあるわけで

物語の幅は広いほうが(自分には)良いとか、選択肢があったほうが色々(自分の)妄想が広がる、
という人はいつでもどこでも、作品を分類したり分析したりしようとすると一定数現れるけど、
妄想を形にしてみると意外と”他人の娯楽として成立するパターン”
は少ない(新しいパターンを作るのは難しい)のが分かるかもしれない

妄想の時点では面白いと思って作ってはみたけれど駄作だったぜ、ってのもお話作りをする時はよくあることで
つくってみたけど自分の娯楽としても成立しませんでした、というのもあるしねえ

というわけで、NTRブームこないかなあ……(チラ

571名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 01:58:43 ID:e01UnRow
短編は出来たことは出来たんですが・・・
(ただ今AAのズレチェック中)
短編としては冗長になっている上にNTRにもなっていないという・・・

ここであげてしまっていいですかね?

572名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 02:04:09 ID:37r8Xuj.
いや、なんでここに投下するのさ
短編スレとか18禁短編スレとかあるじゃろ

573名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 02:05:15 ID:Mv7lBFqs
確かにここで投下はスレ違だと思うな

574名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 02:14:20 ID:HNeUEoag
IF短編なんじゃねーの?
と思ったが、IF書いてるとは一言も言ってないな。

まぁ、本編も終わって埋めネタ投下してる状況だから>>1がおkっていえばおkで良いんじゃね?
該当スレに投下してここにはリンク張るだけにするのが適切だとは思うが。

575名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 02:21:55 ID:e01UnRow
危ないところでした。

18禁短編スレってやる夫系R18ストーリースレでいいのかな?

576名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 02:27:20 ID:omnk/5cE
うん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1286012948/

のアドレスであるなら、そうだよ

577名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 02:56:49 ID:e01UnRow
あと30レス分しかないみたいなんで、次のスレが出来たら投下にチャレンジしてみます。

578 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/30(土) 07:50:21 ID:jCcXNkMU
おはようございます。

個人的には、このスレを投下用にしてくださった方が
むしろ嬉しかったりしますw

理由は2つあって、

・このスレを有効活用してほしいということと、

・VIPのほうは規制が厳しいので投下する人の負担が
 やる夫板2を使う場合よりもおおよそ3倍に増えること(>>374


というものです。


もっとも、エロ中短編スレを新しくやる夫板2に立てて、
そっちに投下するほうがいいかも、という気もしてます。
そうすれば後者は解決しますからね。

579名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 10:19:07 ID:ZNKX50rs
>>570
貴方がNTRだと思う物がNTRです、ただしそれが他人にとってもNTRだとは限りません
と言う前提を頭に入れて考えてみるのが良いと思うな、一定数現れる事自体が答えだろう

580名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 11:18:14 ID:ySH2cTho
こまけぇことはいいんだよ!

581 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/30(土) 14:34:53 ID:jCcXNkMU
個人的には、あんまり『これは駄目』ということを意識しすぎると
それに振り回されて『細かい当たり障りはないけど、一番肝心な売りが無い』
という罠にはまりやすいので、意識するなら
「このどんでん返しがポイントだぜ」とか「このシーンがこのシナリオの命だぜ」
みたいな『面白いなにか』のほうを意識したほうがいいのかなー、という
気もします。




.

582 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/30(土) 14:51:09 ID:jCcXNkMU
ちなみに前回の没シナリオの
見せ場の一つはここ。



     (彡'っ |  '´ ` ̄´;;  '´`´ (_, .∨' ,ィ'´⊂ニイ、
    ノ==ミ i ,     ;  ;;   'ヽ } ,' //⌒ヽ _)
   ,イ=っニミ、|,;;;    ;;  , ,;;,, ,;,,;;;;  .Y//二ミ、ヽ)
   人/⌒`ヽ、| .___ ',,;;;;; ; ' ,,‐-、 `{/ /´  ;`ヽ}
   ./   ./,i .|| 餡子 |..,;; ; ;  ;; ' `ヽ,,}_,レ'´  ; }ノ
   /,-‐ヾ、/ | |「 ̄ ̄", ; ;;   ' 、 >'´⌒ヽ   , /
  ./´   `y-‐⌒⌒ヽ、_ ; ;; ;,   >'´、 n c  },,,...::´j
 .( ,'/⌒/´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/⌒ヽ‐'"´ ;;;;  ij j}   j,=-'"´
 ∧ { 、i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ , リ i } ;; ;;_,=-ッ=ミヽ  ,-‐-、
  .Y ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 /  },ィ-‐=ニ二 ;( `´ )リ'⌒ヽ、__)
   `7ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)ュ´ .,ィ /'';;;, ,;; ;; ;.,ィ´`ゝ-‐'     `ヽ `ヽ、
    \`ヽ┬ィニ二,ィ'" / ,, ; ,'´ ̄    (   _入    )   \
     \)、)、)-‐'"´´;;   ,;; ;/::       ``イ´;;;;;;;`ゝィ´    }
         |  ,;;,;   ;; /::::      ::  {;;;;;;;;;;;;;;;;;;{       |
         |'´ij ;;  ,ィ´ ̄{::::::.      ::  ゞ、;;;;;;;;;;;;j     ノ
         |   ,イ   ヽ、:::::...         `ニ二ニ   /

何を隠そうあのシナリオの元は
ディスティ・ノヴァ教授のAAのリストを見ていた時にたまたま
見つけたイカしたAAからビビビッと来たものです。

.

583名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 14:54:19 ID:xYevN44.
そりゃいいが餡子てwww
頭パーツだけ復元したらやる夫放心状態のAAになりそうだな

584 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/30(土) 15:00:01 ID:jCcXNkMU
脳バージョンも用意されてあったんですが
やる夫ですから餡子のほうがいいかなとw


   人/⌒`ヽ、| .__   ',,;;;;; ; ' ,,‐-、 `{/ /´  ;`ヽ}
   ./   ./,i .|| 脳 |  ,;; ; ;  ;; ' `ヽ,,}_,レ'´  ; }ノ
   /,-‐ヾ、/ | |「 ̄"  , ; ;;   ' 、 >'´⌒ヽ   , /
  ./´   `y-‐⌒⌒ヽ、_ ; ;; ;,   >'´、 n c  },,,...::´j
 .( ,'/⌒/´_7´ヽニヽヽ-/⌒ヽ‐'"´ ;;;;  ij j}   j,=-'"´
 ∧ { 、i´λ_j┴、Y-'`/ , リ i } ;; ;;_,=-ッ=ミヽ  ,=、
  .Y ,イ(己_j_二ノ、 7 /  },ィ-‐=ニ二 ;; (. `´ )リ'⌒ヽ `)
   `7ゝ=t__」::ヽィニ)ュ´ .,ィ /'';;;, ,;; ;; ; ,, /⌒‐-‐´;  ::ヾ‐'ヽ
    \`ヽ┬ィニ二,ィ'" / ,, ; ' ,,;  _/   '´  ; ,ィ i; |  .|
     \)、)、)-‐'"´´;;  ;; ;   r7λ ..   .:´二ィ‐‐、_  )
         |  ,;;,;   ;;    | {〈ゝ .:::.  :´{エエエエエ{ :::/
         |'´ij ;;  ,ィ'´ ̄ ̄ ̄{\__,  ::  `、ヽ;;-、;-、j {―‐、
         |   ,イ      ∧ .:: ノ  ::.   `|: :i: :人. ∨


ちなみにやらない夫バージョンもあって、
そちらは白餡でしたwww

585名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 16:01:15 ID:gVoyJF/w
あの展開で餡子みたいなギャグ要素出しちゃったら台無しだわいwww
でもやる夫とかやらない夫の頭に詰まってるものをイメージしようとすると、
たしかに脳みそより餡子の方がしっくりくるなあ

586名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 16:47:28 ID:oHUN/DPY
ただ、ギャグを入れたから衝撃が緩和したとも言えるw

実際、それまでは普通にエロ調教モノだったのが、
あの1レスだけで一気に陰惨なモノに変ったからな

587名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 17:04:12 ID:e01UnRow
やっぱりできる夫は栗餡なのかな?
意外とチリビーンズだったりして。

588名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 17:06:55 ID:ST8qmnbk
やらない夫の顔の造形やたらリアルだなw

589 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 19:26:28 ID:EiskOMuM
流れぶった切りでしかも意味不明の安価を取らせて
頂きたいのですが、

Q.青と緑のどちらがお好きですか?


1.青

2.緑



>>安価レス・次のレス。無効ならどんどんその次。



.

590名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:27:31 ID:BvF47msY


591名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:27:57 ID:XwGbxPn2


592名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:28:44 ID:r6zN8yFQ


593名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:28:52 ID:Xk3GoIC6


594名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:29:11 ID:duiKsRhk
手遅れだけど、青っていっておく

595名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:29:16 ID:tsRKeSdw


596名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:30:43 ID:J2V5.nQk
そりゃ青の子だろ、常識的に考えて
でも一番は黄色い子

597 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 19:30:45 ID:EiskOMuM
おわっ、もう回答を頂けるとはw

安価協力ありがとうございます。
何の安価だったのかは後ほどw

598名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:31:28 ID:BvF47msY
銀とか赤とかも候補にあったのかね

599 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 19:31:55 ID:EiskOMuM
銀はなかったですが、
赤(スター☆リン)はありました。

600 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 19:32:43 ID:EiskOMuM
ああ、あくまでアイディアとしてです>赤(スター☆リン)
すぐ没にしましたw

601名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:34:54 ID:MB1zYBA2
さあここから投下まで青と緑の意味の推測がはじまる!

602名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:37:27 ID:BvF47msY
赤スターリンかよww
青とか緑も蒼や翠をぼかしたものじゃなさそうだww

603名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:37:38 ID:CTrOuqRA
なんかごっつう悪い予感がするのうw

604名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 19:42:51 ID:xabKrzbQ
まあどっちを選んでも
俺らの心を折にきそうだな

605名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 20:13:43 ID:ovQZ7HCo
毛◆沢東とチェ♪ゲバラだったりしそうだw

606名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 20:56:30 ID:.aLY0UfM
ホー△チミンNTRと聞いて

607 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:30:05 ID:EiskOMuM
埋めネタ : 蒼星石・イン・わんだーらんど

608 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:30:20 ID:EiskOMuM


【とある林の昼下がり】

:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ    ダダダダダダダ……
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                     ,..,.,.,.,、



.

609 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:30:43 ID:EiskOMuM


                       i     ;        /
                        l       ;       /         ダダダダダダダッ
                    l     ,'      /     ,..、、
                     |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ
                     l.    ,′     /       ,: ゙i|
                   i    i    /ヾ:     ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   ' ノ,' __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´    ̄i`− '" l
                  /     |             l     ,!
                    r'´ ̄`ヽ、!           ゙、   /
                  ,'      |            `''''"
                 ,'     ,:'
                   /     /
               /     ,,.:' /
              、-゙''   '''" /
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く
          ``''‐- 、_ `` ``r'′
               `丶、ノ




.

610 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:31:08 ID:EiskOMuM


          /', ヽ、゙i、ヽ.   },`=彡ヾ、 、.  、  ∨
       / ヽヽ、 } ヽ}゙¨`)ヒニ彡>、   `` 、.ヽィノ  ドドドドッ
      /:  ヽ.  ヽ. イ /´'''7´  \.ヽ `ヽ、_ノ
      | ',    ゙ ヽ.  ∨ ´    i′    ``゙ ー‐"
      ! :       ', 、ヽ  ,   !
        ', ヽヽ    i ,リi、∨  .,'
      ヽ、、゙、   } ∨リ :/
          >ヘ }ー、ノ.../´゙i::::/
       /´ノ! ノ' /´  ノ::/
      /  ,'/レ{、  /:/
    i  ,' /  ' /::/
    ノ  ,ノ'′  ,/::i′

611 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:31:34 ID:EiskOMuM

                                          ダダダダダダダ……    


         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三   だっ、だっ、だっ……
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
        /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽ:`、:::::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヾー--ト ,._ヾ:: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|,.-‐'、:l ヽ-ゝ ゝォ=ミ≡ァ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|,ィ= 、\     r::::ハリ イ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ-r'っj/!イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|rぅ-'         `.j /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヾ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
         ヽ:::::トー`  r 、        ,   /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
          ):::ヘ    ー'     u´ /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ:::::::ハ `;´  |     |/  __│
.              l::::::ヽヾ`'   u   |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\

【少女 : 桜田蒼星石】



.

612 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:31:49 ID:EiskOMuM



             , -‐==ニ三三三三三ニ=‐-...,,
           /三三三三三三三三三三三ニヽ、
           /三三三三三三三三三三三三三ニヽ
           /三三三ニニニニニ三三三三三三三》
         /;;¨´  __,,,,,,,,,,,,,___  ̄`゙ゞ、.三三/
       , -‐==ニ三三三三三三三三ニ=‐-,,、 ヾ、ニ/   だっ、誰か! たすけてぇぇぇぇえええええっ!!!
     /三三三三三三三三三三三三三三ニヽ ゙/
     /三三三=-゙:´: : : : : : : 、: `: ゙ ー、三三三三ニ゙<
    (三三. :'´: : :|: : : : : : : : : :\: : : : : `: 、三三三ニヽ
     ヾ./ : : : : :{: : 、\:.:. : : : :丶: : : : : : :.\三三ニニ)
     /: : : :/:.:.:八: : \: \: _: : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽニニヅ
     /: : :/: :./__メ、: \\ ゝ:_:_:_: :.|: : : : : : : : :|イ
    /: :./: : /   ヾ::, \ ヽ \: : :|: : :.|: : : : : :i
    |: : |: :./ /⌒ヽ  \  /⌒ヽヽ:.:|: : : }: : :}: : :|
.    |: :.八/ /   }     /   } ヾ::/: :/: : : : :.|
.    |::/: :/ {_   ノ     {_   ノ  》: :人:/: : : :|
.    |/: :/   しノ ////// しし'  /: :/ヽ: : |: : |
.    |: :{       r-〜く       /: ./ ノ: :/: :/
.    |::/.、     |/  ',     /: :/: /: :/: :/
     |/ |\    {/   }    /: :/: /: :, レ′
       レ′>─r ァ t─ァ--/// レ′
        /.:.〃イィ介:、"  j_ア:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /YYY.:.:/7 l//iト、 ヽ j./YYヽ.:.:.:.:.}


.

613 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:32:04 ID:EiskOMuM



                ,.. --‐'"ヽ、
         ,.∠´,,.. -‐/ヾ_\    ドドドドドッ
      ,,..-'"  _,,..===,`'  ,-、゙ヽ.
     /,   ,.. -‐<__,{  ,(´  ``ヽ、
    (´ォi ゙r-‐''"´ ̄ { ,/´' ,    ', ゙i
    'ミーぅ∪'      ∨   ヽ.  リ ノ――-、
    `ー'′       λ、,.-、..ヽ_ /′     i    
              i/ハ'  ,'/ ,/    ノ 、 }
                / ,'   { r,〃    (●(●    どうして逃げるんだいマイスィートハニー! 
             /'     !∨ ,/{   (__ノ_)'
               /i'      ヽ/__ヽ  `⌒/〉-、_
              i ゙i       /`ヽフ≫、_ノ´,   ヽ   俺はただ受け止めてほしいだけだろ!
           {ハヽ   ノ__,.-、  `Y´ `ヽ   ',
               !. {  `,r-{´、 ,..ーヽ ヽ{. ,,..- 、:_   リ
             /!ゝ、  ゝ_ヘ‐'_,..-'"ヽ、._/´_,,. _ ゙ヽ_,ハ
            / ハ.(`},、   `ヽ.-‐''',.ハ _ ̄ 、.  ヽ、,リ
          /', ヽ、゙i、ヽ.   },`=彡ヾ、 、.  、  ∨
       / ヽヽ、 } ヽ}゙¨`)ヒニ彡>、   `` 、.ヽィノ
      /:  ヽ.  ヽ. イ /´'''7´  \.ヽ `ヽ、_ノ
      | ',    ゙ ヽ.  ∨ ´    i′    ``゙ ー‐"
      ! :       ', 、ヽ  ,   !
        ', ヽヽ    i ,リi、∨  .,'
      ヽ、、゙、   } ∨リ :/
          >ヘ }ー、ノ.../´゙i::::/
       /´ノ! ノ' /´  ノ::/
      /  ,'/レ{、  /:/
    i  ,' /  ' /::/
    ノ  ,ノ'′  ,/::i′
【蒼星石を追うなぞのマッチョ】


.

614 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:32:25 ID:EiskOMuM


                   / ̄ ̄\
            /⌒丶/   _ノ  \/⌒\
           /´   |    ( >)(<)   ヽ
           | /   |     (__人__)     |    俺のビッグな愛を!
       .    |     |  /// ` ⌒´ノ    |
           |     |         }ノ     ,|
       .    |     ヽ        }    丿
           ノヽ`   ノヽ、.,__ __ノ   /
          /   ,/ソ         \ /
         (       ,/    `´   |
          \   イ  ´         |
           \  ヽ \    八  ノ
             ヽ    ` ー ´人` /
              \     / ´,、ヽノ
             ノ⌒    /      |
            /            ノ_  _,,..、ィ'´ ̄ヽ
            | ノ     ヽ _,, . 、‐' "´     丿 ← この辺がビッグ
         /⌒l |.      愛愛`、         /   
         /  l,丿 ,    愛愛愛 、 __,, =- '´
        |  /  ´     愛愛愛愛       \
       丿 /   ,     ./愛愛愛   ヽ    |
      /  |,   |    /      )\      ヽ
      ヽ ノ    ヽ__,/      . (  _\_     |
      (_)__)|___,/          (__)_)_)ヽ、__/



.

615 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:32:44 ID:EiskOMuM


           イ´      ``ヽ`ヽ! ヽ、
          `フ''ー-、__   /................l
       _,,、ィ''´.........ィ......... ̄ ̄....................|      なぞのマッチョ
      ハ,..l´`'、__,ィ'´ヽ、....´........l..l........i......l.|      「君のケツで!」
     _、ゝ´=三三三〈.../..........l!..|.......|.......ヘ,
.   ,ィ'´............ ̄ ̄'ヾ=`'´``'、,|!...l....................〉
  /............./....................... ̄ヽ/lヽ、__,ィ´`、_/
.  l.............7...................................l |    l
.  l!...........リ.......ケツ............../.∧.| `' .l  
  V..........`、_..................../.......ヘ! `、.7
   V............`、.................................ヘ  l!
   V.............`、.................................ヽ.l
    l!................`,...................................`、,
    \................`'、_............................../!
     `l!.........`'....ヘ`'.........`ー-....../..|
      `、................ト、...................../!、
       `ヽ、_......._ィ`ー!............_,、ィ´!
        ,イ´ . ̄  リ `'''、"´   l


.

616 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:33:01 ID:EiskOMuM


   /           |   |            \     \  \ /
  /          |   |   i         \  \   \\  /
\/       /     ハ.   l\ ゝ、        \   ヽ     ', ゙く
. /       /     / ∧  ! \\\        ヽ   ',     l   ',
/       |   / /  \. \  \ゝ、\       .ヽノ|    |  |     絶対お断りだッ!!!!!
i        l\  //     ><\  \ゝ-\-−─一'| |    |  |
l        | _>=ニニ<´   \\    ,ィチ示-ミ气> |    |  |
| |   | lく r'"/´ ̄`ヽ\   \ヽ 〃f。 f i .} jノ| |   /  |
| |   | i.ヽ! { ゚ ( ) }        \  ゝ ー' 。つ   | /   /   .l
ゝヽ   ヽ ヽ ⊂。 _ ノ           ー--‐'  ノ/  ./  / /
 lヽ\  \\__ー--‐ '       }     ヾヾヾ / // /./
 | \l\  ヽ−'〃〃〃  , -- 、___ノヽ    u  ∠/ // /
 '、  | | ゝー\     /      `ヽl      / 〃 //
  \ | |  | | ヽ、    {           }    /──‐く⌒}
   「⌒ >--、--<\   ヽ        /   /  ┌‐ノ⌒ヽ」\
  r「⌒/  l/`ヾ−、 ー-丶、___/-‐'     r‐'、 \  \ ヽ
 / 〉 |  /  / / `ヽ   ̄ヽ、ーイ __    / 、 ヽ    ', ',
/  ゝ. l            |   /ニ「}二、 \   〈 i  ヽ      } ゝ




.

617 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:33:30 ID:EiskOMuM


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)    蒼星石! こっち! こっちだお!
      ___      ノ    /
    U \   /\  rニ     |. 
   / (●)  (●) \  ヽ   / 
 /     (__人__)   \ / `  /  
 |      |r‐- l     |   /.  
 \.       `ー'´   ,/  /    
  /⌒ヽ        ィ  /      
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |
【謎の白饅頭?】





                     , .::'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.:`::.:.、
.                   ,.. '::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\
                /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.;:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
                ,.':::/::.::.::.::.:〃::.::./ /::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.::.:::.
.                /:::./::.::.::.::./::.::.:〃 ./::.::. :i!::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ハ    あっ!? お前そんなところに!
                /::.イ'::.::.::.::.:i::.::.::/   !::i::.:: ハ::.::.::i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.::.:.::.::.:,
             /::/.,'::.::i::.::.::.l::.::/   l:: l::.:.i l::.::.::l::.::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
             ,'::/ j::.::.:l::.::.: :|:7ーz,,__,l::.:l::.:l  ヽ::.: l::.::.::.|::.::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.:|
               レ'  |::.::.i!::.,'::.:レz=--、 |::.:|::.l` ー廴 l:::.::.:l::.::.::.:l::.::.::.:i::.::.::.::l
                 |::.::ii::.:i!::.{イテ示ミ l::. l::.| z,,_ム::>:: l::.::.::.:l::.::.:: l::.::.::.::
               l::.:i !::ハ: | {じt::jハ:::i!::| ≧キミメ:V::.::.::.:,'::.:i::. l::.::.:: ,'
                   Vハ:|::.ト{ 弋zソ  ヽハ! 7じt::j}ム::.::.::.:/::.::l::.:l::.::/:/
                 升::i:ト xwx r    辷zン/::./::./::. /::./::./i/
                 人!::.∧         xwx /:,イ::./::.::/::,イ::/
                 i人::!:::>、   `     ,イ,イ::.::/::. /イ.7/
                 {:::八:::.:.| >、       /::.::.:〃 /   \
                 |::i{ii}ヾ::.!   `ー…==イ::.::/./       \
                  i:::トii} .ヾl   i   ヽ /::.:〃´         `ーzr、
                jハi::ト}      \  ,/:/          /フ彡ニ}}
                i:::::::ヽ{    ,,ィiiに}メ           // r..''¨ハ
                /::i:::::::}i }  ィ〃 /∧Vミメ、           ノ/ r'::::::::::ハ
               {:::::l::::::::{ i{  {il{ .//{lil.l::l ヽ:ヽ      / /r'¨::::::::::: :∧



.

618 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:33:43 ID:EiskOMuM


               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\   は、話は後だお! 
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \  あいつにケツをガッツンガッツン
    |  | |        (__人__)   |  掘られたくはねーんだお!?
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \   ほら、こっちの洞穴に隠れるお!
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ




       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く    くぅ〜〜〜! 
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|   わかった、助かる!
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!    隠れるからそこどいて!
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ
       /.:.:::::.:. }1f  ///八トト、 f{:::.',
       ,..イ.:.::::::::.:. }1(.  |_L::l j!:iソ f{::::.',
     /.:/ .:.:.::::::.:. }1f   l::| j!:|  f{:::::.',
  ./.::::/ .:.:.:,′.:. }1(    |::| j!:|   f{:::::.\
  ``ヽ:' .:.:::/ .:.::::: }1f     j!l    _f{::::::::::.\


.

619 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:33:57 ID:EiskOMuM

【小さな洞穴】
::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                          :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                            :::::::::::::::::::::::::::   すぽっ
::::::::::::::::::::::::::::::                             :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::                                ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::                                  :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::                                  ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  .                             : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.                               `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '                                  ,:::::::
::::::::::::::::',                                  ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

620 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:34:17 ID:EiskOMuM





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




.

621 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:34:29 ID:EiskOMuM


:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ    
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                     ,..,.,.,.,、


.

622 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:34:40 ID:EiskOMuM

                      , -‐- u
                    / ノ ヽ、 ヽ
                     |(●) (●)|        むぅ……見失っただろ。
              _,...ィ|. (_人_) |        あの足でそう遠くに逃げられるはずもなし……
            ,.. --<´   {ハ `⌒´ ,}``ー、      どこかに隠れたか?
          /´     `ヽ∧ヘ___/リ  ,..ィ>- 、
          ,i          }`ヽ ノ ノ´'"  ヽ   ヽ
      ,/ }ヽ、 ,,      ∨'´  \   ',   }
      /   ゙丶._(__,. '   ´ { `丶  ;  y ノ ∧
      ,' ,ヘ   ヽ  }-       〉 `ー ‐' y'´ ー‐,'"ハ
      i/´`-‐-、_,.ノ、      ,!    ,ィ   r'  ∧.i
      {ヽ \._ ``ヽ、ミ`=-,=<_ー-‐''"7ヽ、... --、.  |
     >- 、. ``   >-/  ー=ミ..、_∠/---‐‐、 _リ
    /´ ',    `> 、._ リ    ニニ> ∠ソ`¬'"_,..ノ
   .{ィ'⌒ ヽ_,..-―- 、 ̄ヽ、....、二メ-‐‐''''''''''''"´ ` `ヽ
    ノ、, ; ノヘ(_ _  ノ  Y  Y´..__  ヽ、.   `ヽ ハ
   i ハ ,ノ   Y´.._゙ ´ ´ ̄{  リ´-‐'"    ヽ-,.. - '.∨
   {  {   ト、.__ `__,.. -'ー<_   ,.. -‐ァ‐‐'" ヽ ゝ/
   .Y′!  ,ノ    ̄       ``¨¨¨¨´ 〉 、 _ノ' ,/
    .i  :  i´                   / ,/ /
   .|  ; ,!                ノ '" /
    }._ノ .リ                  {   `ヽ.
  /´ヾ、 {                ゝ- 、  _゙=っ
と..、_r‐ ,.._ノ                   `¬-'´


.

623名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 22:34:48 ID:BvF47msY
あれ?蒼いな・・・?

624 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:35:16 ID:EiskOMuM


【小さな洞穴】
::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                          :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                            :::::::::::::::::::::::::::   
::::::::::::::::::::::::::::::                             :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::                                ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::                                  :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::                                  ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  .                             : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.                               `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '                                  ,:::::::
::::::::::::::::',                                  ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶  もう大丈夫だお。
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ 
  l    |r┬-|     l  このウサギの隠れ家は
  \   `ー'´   /  そうそう探し出せるもんじゃねーお
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l




        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /  ヒヤヒヤ
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |    だといいけど。
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ

625 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:35:52 ID:EiskOMuM




:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ    
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、
           ''''""'"'''"""
;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''"""~
))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"           ''"""~
ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))                     ,..,.,.,.,、




.

626 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:36:13 ID:EiskOMuM


【探索中のマッチョ】
                            , ノ 、ヽ
          `ヽ、ハ.              l(● ●)|
            ヽ {                 | (_人_) |             この辺だと思うんだがなあ……
             } i              ヽ 「| ノヒ=''"´ ̄` >
              i  i       .ノ 、ヽ   ,.-‐''´ハ ̄ニ--,‐‐―''"
               |  i     ● ●) l  /  //`´   !
             !  }、._   (人__) !  .i / /´     /
       , ,.ノ 、 ヽ、  ``ー-ヽ  ノ  {/  ノ       /
       l (● ●川i ``‐、.   `  \_ `ーイ      /
       | (__人)||''''|    ≧ヽ     ヽ ノ       〈
       ヽ,-‐'"ヽ ノ     ヾ!    ハ   ノ´ . ,    }
       /y|  ,.-‐〈       !      /    7   ノ
      ノ/{ ヽ    ヽ      ヽ       i   ,〃  /
      {_,人    ∧     ,.ゝ'"`ヽ {,/ /  /
         \    ヽ、_,,.-'"  ,'   }  {  {  (
          ヽ    .ノ 、ヽイ __,.レ〃 ̄)ヽ.  ヽ.
           ヽ   ● ●) l≡ー''",..-‐'´  ヽ  ヽ.
            {   (人__) |彡ー,'" .,∧  ,.-―‐‐---‐⌒≡、
             ! /ヽ  ノ   }  \ ', {  ィ-、--,―,ノ、 ̄`   いやここか……違うな
             ,.y'´  _       !ヽ.   `< !  ! `Y  (●
          /ノ  ,,.‐个、    人/\  \!  ヽ |  (__ノ)
        / / /|  } 〉     ``く\   !   `´ヽ  ノ\
       / / /   }  ν'   ,..-、._   `\. ヽ ,'  `  `ヽ i
     /  / /   / /  / ヽ. }`E、 _人>、 !        ハ'´
  ,..-‐''"  ノ´/    |/  /    〈 } ``ヽ-'   ',      ! ヽ.
 `ー'⌒`彡,,,/    / 、_/      `´        ヽ      {ヽ. ヽ.、
     〃`  /´   /´!                 }    {  `ヽ \
         / ,,.‐'´{   !                 }     ゝ.  \ ヽ.
       / /    !  !                 |  ,    }    \ ヽ、_,
     _/ /    !  {                     !/   ノ      `ヽ='´
    i´ /      |  \__               /  /|
   / /         `'''ヽ---'              /  /  |
   !__ノ                              /  /i  |

627 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:36:27 ID:EiskOMuM

               / ̄ ̄\
           | ヽ、_    |
           l) (●)   |
           (人_)    リ
            !⌒   /八
            ,>、__,.彳 人 `` ー 、
        _,ノ´、,  ,..>、リ,. -- 、. ヽ--、
        /     ̄´   {-_,.  -、 、,'  ヽ       ……ちっ。どこにもいないだろ。
      /   〃,..     'r  _,.. 、}>、.. r-{.
     /、  _,..イ´      ト. ´   i  ´   }
     /  ゙ー'´ }ヘ     _,..ノヘ`ー- ...ィ! ',  ハ {       仕方ない、諦めるだろ……
    ,' ,'     リヾニ=ニ´ ,. ‐'' h ー 、 ハ リ  ノ}
   ,'八  ,  / \ミヽ、ヽ.   |!  } 彡N  ', ハ
   }  (.,/    ∨ ヽ('' ´`` /´`'!,∨ ! ,.'  i
   ,ハ',  ii      {   入__ _ノ.__,ノ |  ∨  ,{
   i : v リ     /、  {   ゚ ´,| |   |,   }
   { Y, ,'    ィ‐‐-ミ、_`',      リ }   ,'   ヽ
    iヽ !   ,' :   ハ`ヽ、..__,/-',〉-‐‐y    ,}
    }. ∨   ./ ノ  /  ∨' ,.  _,./ !  `''"i ', {ノ'′
    ',  `ヽ_,..{,'  ノ   i   /´ 、  ヽ、.__ ,〉 ト,)
    ',  r‐ヤ  '     人ノ    >‐‐イ / ` }
    ヽ、∨       /`ヽ、 /   ハ , /
      y' ,'     ; /     `{   ,/-‐ /
      i      i'    /' ,/  ,.. ´


.

628 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:36:42 ID:EiskOMuM



【小さな洞穴】
::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                          :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                            :::::::::::::::::::::::::::   
::::::::::::::::::::::::::::::                             :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::                                ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::                                  :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::                                  ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  .                             : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.                               `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '                                  ,:::::::
::::::::::::::::',                                  ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l   あ、去ってく。
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l   助かった……
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj



.

629 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:37:06 ID:EiskOMuM


.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\   (はぁ……、本当、なんでこんなことになるかなあ……)
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ



.

630 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:37:20 ID:EiskOMuM




┏━―――――――――――――――――――――――――――――――━┓
┃                                                ┃


                 蒼星石・イン・わんだーらんど


┃                                                ┃
┗━―――――――――――――――――――――――――――――――━┛





.

631 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:37:34 ID:EiskOMuM


┌─────────┐
│            ....│
│数時間前のこと   ..│
│            ....│
└─────────┘



【東京都七王子市 蒼星石の家 : 2010/10/31 18:35】


  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |:  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |:  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__________:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  |:  | :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :._,,-
  |:  | : : : : : : : : : : : : //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : : : : : : : :|_,,-
  |:  | . : . : . : . : . :∠/      \_________\ : . : . : . : . |.i-
  |:  | : : : : : : : | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_ : : : : : :|.l-
  |:  |   :   :  :  : |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___  :  :|
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


.

632 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:37:55 ID:EiskOMuM

【玄関】
________________/
                       |
            _                |
        /| |ミ             |
      /: : | |              |
___/ : :::::::| |______,      |   がちゃっ
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||      |
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||      |
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||      |
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||      |
. . . . . | |:::::::::::::::| |          ||      |
| ̄| ̄| |:::::::::::::::| |          ||      |
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||      |
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||      |
|  |  | |:::::::::()):| |          ||      |
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||      |     o。
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||      |   O ‰
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||      |   _レ'
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||    _|__)(
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||   |r- _ (_)- __
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||   ||   - __    - __
|  |  | |:::::::::::::::| |          ||   ||   ||  - ___
|  |  | |:::::::::::::::| |_____||   ||   ||    ||     |
 ̄ ̄ ̄\ :: ::::| |         ` ̄ ̄||   ||    ||     |
      \ : :| |              \  ||    ||     |
        \|_|                \||    ||     |
                           \.   ||     |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\



             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\ 
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',     翠星石よりも
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|     早く帰って来ちゃったな。
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,      誰もいないけど、ただいまー。
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

【野場大学の学生 : 桜田蒼星石】

.

633 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:38:06 ID:EiskOMuM


            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|   トッ、トッ、トッ
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___



【2階の蒼星石の部屋】
                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \      カチャッ
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」〜〜ー〜ー-―〜〜''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\

634 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:38:23 ID:EiskOMuM



''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !   あー疲れた。学生も楽じゃないや
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |





            ,  ´__ ` - 、       `丶、
.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /   ……って……
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ
.    {     | / ..:/        i;  l ',     \
.     |  __!/  .::/           '::   l  ゙、       `7


.

635 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:38:37 ID:EiskOMuM


【既に部屋にいた謎のウサギ……ウサギ……? うん、たぶんウサギ】

           ,. -─- 、           ,..-‐- 、
         ,.'´     `ヽ.       /     ':,
        /      ノ、    ':,      ,.'  i      ヽ.
        ,'     ,.'ヽ:ヽ    ':,    ,'   |      ':,
        |   /  !::ヽ.   i   /  /:!       i
        !  /    !:::::::!   ,'  ァ'  /::::::',.       ,'
        レ'      !::::::/  .,.'  / /:::::/ヽ、     /
                  ,,':::::;' /  ̄/ /:::::/    `ヽ, / `ヽ
            ,. ' !:::/     /;:イ  \       </,  ハ
              ./                ' ,       (くく __  ',
             /               ','´ ̄`Y´`ーヽノ ハ
          .,'    \    /         }    }   {  } ',
            ,{  (●)ゝ `ー'(● )     .l   /    ) /ヽ .}
         ハ    (_人_)       /  /,/ゞ_ノY   /
   _|ヽ   /  \    `⌒´       /   Y´   _,,ヽ_ノ
   \  /´{/    `ー- ,, ___  イ      }ゞ__,,-‐=''´
   <,,/   ゝ /   ,i ,ィ≦、     ,ィ,.ィ///≧;;/
    ノ   _,  ̄`>=<;',イ/////ヾ、,yイ//////∧i
    {   /   '´   ;;{/////////{///////////}
   ../ヽ  ゝ=‐-、_ノ;;∨///////}/////////∧!
   \__  `ー-、\_,r‐、゙-/////∧/////////
     ..ヽ`ヽ,_     r='ヽ//////////////´
      `ー-=,,..._     ノ/////////////ー-=,_
          ./  `ヽ=-'´`ヽ///////////,    `ヽ
       //         ノゞ//////,'      ハー、
    ./ /      _,,=-‐'´,,,ヽ//////        ', \
    (      ,r‐'´ ,,/''"´ ゙>=--'  `'ー、,,__      ハ



.

636 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:39:07 ID:EiskOMuM

【……と、謎のたぶんウサギが抱えてた蒼星石のパンツとブラ】

                                               tヽヽ- 、_,.、
                                               { 、ヽ_ 、} )、
                .                                   〉 !' = ) ,) ',
                                   _              〉 , ')、'_,)   !
                                ヽ '⌒ `⌒⌒`'`ー'`ヽ-、__   〉//、ノノ    !
                               {_,、``__,´、_,´ ,.``ー_ ‐-、ヽヽ ( , 〉)}´    }
                                    !Y´ヽゝ`ヾ´ヾY´ヽr‐、,.-'ヽ}Yr', ′    /
                                   !| ヽ-r `'`'`'_'´' __`'´_,.-'⌒ljヽ=ォ   /
                                  ノ,!⌒ ヾ-'ー' ー'´ `´    l_〉ヽく  , ′
                                 //;、_             人||__ヽ>'
  {: ァ7乙冖7冖r7冖7冖r¬冖冖冖7乙7`ァ:}   ノ/,ィヽ ``      |     /  !j
  ヘ  、___<_乙ム∠, {二{}二} , ィ乙マ´.:  〃, '´、>` |! \        !    /
   ', ノ__}、_」i:.`乙V  /ハヽ, ィ乙マ´ .:  〃
     、   :. `乙VLl }/V'マ´ .:.  〃
     \,  :.  乙V:. .::{〃V  .:   〃
       ', :.   乙} :. ,ィ乙′.:   〃.
         \ :.  乙,〈 {乙  .:  〃
          ヽ、 〉〉 } i乙 .:  〃
           `r、'; l}乙l :: ノ
             ヾ、l; l; : '´




  ___ _| 1           _ __ _      . :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :. :.
  /       .1       ,.ィ'"´        ``丶、    .: .: .:. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :.
         i!         | |              \    . :. :.: . :.: .: .:. :. :. :. :
         i! ー ---- ‐.| |               \     . :.: .: .: .:. :. :. :.
          i! ¨¨¨¨ ´  .リ "´  ̄ ̄  ̄ ``丶、    .:::/──
          l!    _ _ノ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、. \ .:.::/               誰だお前ーっ!?
          l!.  〈   ,. - ─‐- 、、、     \ \:/     
         j.    `y'´.:.:.:.:::::;::::;:::::.:.:.:..:.``丶、   \/    . :. :. :.: .        てかなんで僕の下着を抱えてるんだ!
  ,. 。       ハ   /:/:/::::::::/::/i:::ト、 .:.:.::::::::::.:.`ヽ  \   ー ----- ‐‐ ‐ ''' ´
  ぃ 。    /  ', _./:.:l.::l.::l::::/::/ 1::ト、:、.:.:.::::::::.l:::::!::.ヽ  \    ── ─-- - 、
  い    ノ:.   i:〈::ハl:::l:::レ' \ |:::ト、:::\.:.::::::l:::::!::::::i    〉     . :. :. :.: .: .
   Y´¨¨´    .i:.`ヽト::ト::;ィテテ㍉:|  \::\.⊥::|:::::::|_/
    \      j.:.:.::::l::::::「 辷ノ ヽ:! `ー=ニ≦:::::1::::::!
      l::ヽ   ,r'´.:.:.:::::l::::::l u    ,   _込ソノ`::::1::::::!
    _」:::::::V/ .:.:.:.::::::::l::::::l、   r= 、     /1::.:/::::/
    i.::::::::::::::1.:.:.:::::::::::::|::::::::\  l:::::::)   ノソ::/:::/
    l.:::::::::::::::ト、::::::::::/´|::::::/⌒ト、.二_,. イ::::/!/::/      ー---- ‐‐‐‐ '''"´
    l.:::::::::::::::::7ヽ、.::「 l:::/   lL__,/⌒l::/ |::/    . :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.:.
    ',.:.:.::::::::::/.:.:::::.: _〕 l/  ,.ィイ介トト、  l/ l/    ̄ ̄ ̄ ¨¨¨¨ `` ー-. :. :.: .
    ';::::::::::::l.:.:::::::::〔   /.::/ ハ:l`ヽ\i:ト、


.
.

637 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:39:30 ID:EiskOMuM


               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\   しまった!! 
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \  もう帰って来たかお!?
    |  | |        (__人__)   |
    |  | \       |r‐- l u./  戦略的撤退だお!
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ

(*耳とか色々省略してますがさっきのウサギです)





        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「      あ!? 逃げるな、待て!
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}       逃がすか! 僕のパンツとブラ返せ!
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:


.

638 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:39:44 ID:EiskOMuM


 __  __
(  \ \
 \ ̄) ̄)
  .\ ヽ ヽ
    \ \ \
  .   \ \. \                  .i^ヽ
      \  \ \                ノ |   甘いお! やる夫ワープ!
       \   \\_             / /
        \  ´⌒ヽ,⌒ヽ,         / /    開けワンダーランドへの扉!
         ヾ    人  λ   ._____ / ./
          \    、  ヽ./ ー  ー\./
            ヽ、     ヽ./ ( ●) ( ●)
             \   ./     (__人__) \
               \ |       ` ⌒´   |
   <\_______ノ \            /
    ヽ________,_\______/





:::::\:::::::::::::::::::::::::\:::::\::::ヾ::::::::::i:::::::::::::::i:::::/:::::::::::i::::::::::: /::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::   みょみょみょみょん
::::::::::::::\::::::::::\:::::::::::::::::::ヾ:::::ヾ:::::::i:::::::::i:::::::::::i:::::::::::::/:::::i:::::::/:::::::::/:::::::::::::/:::/::::
:::::::::\:::::::::::\::::::::::::\:::::ヾ::::::::ヾ:::i::::::i::::::::::::::::::i:::::::|:::/:::::::::::::::: /::::::::::::::/:::::i:::::::::/::::::
:::-:::\:::::::::::::::::::::::::\::::::::::::\::::::::::: : : : : : : :: : :: ::i: :: :::::/:::::::::::::::::/::::::::::´:::::::_::::::-:::::
:::::::`-、::::::::::\:::::\::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : :::::::::::/:::´::::::´:::::::::::::::::::::::´::::
::`::`::::`:::::、:::::::::\::::::\:::;:::: : : : : :i : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :::::::::::::´::::::::´::::::::´:::::::::::
::::`:::::、:::::::::::::::、::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :´::::::::::_:::::::::─::::::::´::
-_:::::::ー:::ー::::_:::::::-::::,:::: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::-::::::::::: ̄:::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::─:::::::::::::::-_:::::::
:::::::-::::::: ̄::::::::::_:::::::::/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::-::::::_::::::::::-:::
::_:::::::::::-::::::::_:::::::::::::: : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::ー::::::::::::::-:::、:::
::::::::::::::_::::::::::::::/::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、::::ヽ:::::::_::: ̄::::::_:::
::::_:::::::::::/::::::::::::::::/::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヽ::::::::、:::::::-:::::_:::::
::::::::-:::::::/::::::::´:::::::::/:::::i::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::ゝ:::::::ヾ:::::::ヾ:::::::::::、:::::::ヾ::
:::::::::: ̄:::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::i:::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::i:::::::::::::ヾ:::::::ヾ:::::::::::ヾ::::::::::::`::
:::/:::::::::/:::::::::::/:::::::: /::::::::/:::::i:::::::::::::: : : : : : : : : :::::i:::::::i::::::::::ヾ:::::::::::ゞ:::::::::::::ヾ::::::::::ヾ::::
::::::/:::::::::::::/:::::::::/:::::::: /::::::::: /::::::::::::i:::::::::::i:::::::::::|::::::!:::::::::::::!:::::::::i::::::::::!::::::::ヾ:::::::::::::ヾ:::::
:::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::: /:::::::::::|::::::::::::i::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::::::ゞ:::::::::ヾ::::::::::::ヾ::::::::::::
:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::: /:::::|::::::::::::i::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::i::::::::::::ヾ:::::::::::::::ヾ::::::::::::ヽ:::::::::::::ゝ:::


.

639 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:40:14 ID:EiskOMuM

    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /      逃がすか! 
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\      とうっ!
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )



.

640 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:40:30 ID:EiskOMuM


:::::\:::::::::::::::::::::::::\:::::\::::ヾ::::::::::i:::::::::::::::i:::::/:::::::::::i::::::::::: /::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::   みょみょみょみょん
::::::::::::::\::::::::::\:::::::::::::::::::ヾ:::::ヾ:::::::i:::::::::i:::::::::::i:::::::::::::/:::::i:::::::/:::::::::/:::::::::::::/:::/::::
:::::::::\:::::::::::\::::::::::::\:::::ヾ::::::::ヾ:::i::::::i::::::::::::::::::i:::::::|:::/:::::::::::::::: /::::::::::::::/:::::i:::::::::/::::::
:::-:::\:::::::::::::::::::::::::\::::::::::::\::::::::::: : : : : : : :: : :: ::i: :: :::::/:::::::::::::::::/::::::::::´:::::::_::::::-:::::
:::::::`-、::::::::::\:::::\::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : :::::::::::/:::´::::::´:::::::::::::::::::::::´::::
::`::`::::`:::::、:::::::::\::::::\:::;:::: : : : : :i : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :::::::::::::´::::::::´::::::::´:::::::::::
::::`:::::、:::::::::::::::、::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :´::::::::::_:::::::::─::::::::´::
-_:::::::ー:::ー::::_:::::::-::::,:::: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::-::::::::::: ̄:::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::─:::::::::::::::-_:::::::
:::::::-::::::: ̄::::::::::_:::::::::/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::-::::::_::::::::::-:::
::_:::::::::::-::::::::_:::::::::::::: : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::ー::::::::::::::-:::、:::
::::::::::::::_::::::::::::::/::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、::::ヽ:::::::_::: ̄::::::_:::
::::_:::::::::::/::::::::::::::::/::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::ヽ::::::::、:::::::-:::::_:::::
::::::::-:::::::/::::::::´:::::::::/:::::i::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::ゝ:::::::ヾ:::::::ヾ:::::::::::、:::::::ヾ::


             , -‐==ニ三三三三三ニ=‐-...,,
           /三三三三三三三三三三三ニヽ、
           /三三三三三三三三三三三三三ニヽ
           /三三三ニニニニニ三三三三三三三》
         /;;¨´  __,,,,,,,,,,,,,___  ̄`゙ゞ、.三三/
       , -‐==ニ三三三三三三三三ニ=‐-,,、 ヾ、ニ/    って、うわわわわわっ!?
     /三三三三三三三三三三三三三三ニヽ ゙/
     /三三三=-゙:´: : : : : : : 、: `: ゙ ー、三三三三ニ゙<      な、なにこれ!?
    (三三. :'´: : :|: : : : : : : : : :\: : : : : `: 、三三三ニヽ
     ヾ./ : : : : :{: : 、\:.:. : : : :丶: : : : : : :.\三三ニニ)
     /: : : :/:.:.:八: : \: \: _: : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽニニヅ
     /: : :/: :./__メ、: \\ ゝ:_:_:_: :.|: : : : : : : : :|イ
    /: :./: : /   ヾ::, \ ヽ \: : :|: : :.|: : : : : :i
    |: : |: :./ /⌒ヽ  \  /⌒ヽヽ:.:|: : : }: : :}: : :|
.    |: :.八/ /   }     /   } ヾ::/: :/: : : : :.|
.    |::/: :/ {_   ノ     {_   ノ  》: :人:/: : : :|
.    |/: :/   しノ ////// しし'  /: :/ヽ: : |: : |
.    |: :{       r-〜く       /: ./ ノ: :/: :/
.    |::/.、     |/  ',     /: :/: /: :/: :/
     |/ |\    {/   }    /: :/: /: :, レ′
       レ′>─r ァ t─ァ--/// レ′
        /.:.〃イィ介:、"  j_ア:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /YYY.:.:/7 l//iト、 ヽ j./YYヽ.:.:.:.:.}

641 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:40:51 ID:EiskOMuM

            ..____
            ,ソ ヽ、_  .\.._______
            ◎) ((◎))  \        `ヽ   わ!? こら、扉に無理やり入ってこようとすんなお!
           /(__人__)'    |            ヽ
           {  `⌒´     /  /          ヽ 
           `ヽ_____/  / ̄ ̄フ\    ノ
          / /     ./  /   /  /  /
         / /      /  /  /  /  ∠_,-
      ⊂二⊂ノ        /  /  (__/  ∠__,- 丶
              ⊂二_ノ     (________ヽ



.

642 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:41:07 ID:EiskOMuM

みょみょみょみょみょみょみょみょみょみょん

            !                ヽ,,__,,,ノ                  l. .,)   .,i'゛ `、     ./
            !                           ......、            ´     !、,_,ノ     ヽ
              /                        l゙  .!         l´゙l                     `″
             /             / ゙̄''、         `''''"          ´
'-、         _/゛             !    /
  `゙'''''''''''''"                ゝ....-'゛                    ◯            ◯       うわああああああっ!!
                                  _,,,,               `゛                   /
         ,..-―ー-、                    l゙  . l                 。           \
          /       \                  ゝ -'゙              。
       /        . l                          ◯            。   ◯
       .!           l
       .ヽ       ./                                            i'"'i
        .`'-..,,,,,,,.. -'゛           /゙゙゙\                                   `"
                      l゙    .|                       ◯
                         ゙'-..../       .,,....、
                                │  .,!                          /'
                                 `'ー'"                                l
                                                   ,,,,,、            `''
                                                  /   l
                     ,,-''" ̄`'''-、                        ヽ,,,,, ″    _,,..,,,
                  /        ヽ            , ―-、               /    ゙'i
                    !           |            |    .}                    l   ./
                    l        . l            ヽ、 . /                `''''''"
ーー ,,、                \      /              ´゛
    .`'-,                `''―ー'''″                                 ___,
      .ヽ                                                  ,/´  `゙'-、
        l                          ,..-'''" ̄ ゙̄''ー、,               /        .ヽ
        .|                        /            \            │        |
        .l                    /                ヽ               l,           /
                             ゛                ゛                       ゛

.

643 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:41:21 ID:EiskOMuM





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





.

644 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:41:39 ID:EiskOMuM


        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |   そうして、変な林に出たかと思うと
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;:::::::::: ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |   さっきのマッチョに見つかって、
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ   何故か追われて今に至ると
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|






               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \    蒼星石ー、考え事が口に出てるお
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \






           _  -─-  _
         | , -──- 、|
        r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト  っと失礼
          {:::::|ト、::\:::ヘ:::/
.           l::::if_テ f_テi}::l
          }リト、 -, イ/{
           r‐十示千、
            /,-、i }{ fj:.:\_
          く∧_ノj=''=┘:.:.厂
        〈__ノr‐r‐┬rr ヘ
          /__|爻|:」ハ ヘ


.

645 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:42:20 ID:EiskOMuM


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!  ……で、どさくさにまぎれてたけどさ。
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!  色々後回しになってた質問にお答え願いたいなあ。
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'  ここどこ? お前何? なんで僕はあいつに追われたわけ?
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ



               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\   うむ、もっともな質問だお
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |  お答えしてやるお。
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



.

646 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:42:40 ID:EiskOMuM


:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞヾ:ヾ    
ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞゞ;;ゞゞ;;ゞヾ;;>;ゞヾ;ゞ
ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii| <:;ヾ:ヾ;;>ヾ;ゞ'';ゞヾ;ゞ  まず、やる夫たちがいるここは、
|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii| /;;ゞ :;ヾ:,    |i;ゞゞ  蒼星石が普段いるところとは
|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii| ノ / :ヾ;;>ヾ;ゞ ;ゞヾゞ  全く別の世界だお。
|;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii"´/ |;;::ii|    |i|/
|;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|~   .|;;::ii|  ''\|i|    『不思議の国のアリス』って知ってるかお? 
':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;('')''"''''"""''"""'''''"""''  あれに出てくる『不思議の国』のような場所だと
";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;iii|`:;,':,:;.,:;.:;';',: ':::;.:".:;.:';  思ってくれればだいたい間違いねーお。
.:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iilli;ゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~゙
"''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "'''''''''''''''"  ..,,、vji、iijww、ii..,   世界の名前もそのまま『ワンダーランド』だお。
     "'''''''''"               '""'''""'"""
 ,..,.,.,.,、                                    ,..,.,.,.,、


           ,. -─- 、           ,..-‐- 、
         ,.'´     `ヽ.       /     ':,
        /      ノ、    ':,      ,.'  i      ヽ.   それからやる夫はこの世界と蒼星石の世界を
        ,'     ,.'ヽ:ヽ    ':,    ,'   |      ':,   行き来する権利を女王様から認められている
        |   /  !::ヽ.   i   /  /:!       i  スーパーラビット、やる夫だお! 
        !  /    !:::::::!   ,'  ァ'  /::::::',.       ,'
        レ'      !::::::/  .,.'  / /:::::/ヽ、     /
                  ,,':::::;' /  ̄/ /:::::/    `ヽ, / `ヽ
            ,. ' !:::/     /;:イ  \       </,  ハ
              ./                ' ,       (くく __  ',   まあ、なんだかムラムラしてきたから
             /               ','´ ̄`Y´`ーヽノ ハ   狩りに出て女の子のパンツでも取ってこようとしたら、
          .,'    \    /         }    }   {  } ',  本人に追いかけられてこのザマだけど
            ,{  (●)ゝ `ー'(● )     .l   /    ) /ヽ .}
         ハ    (_人_)       /  /,/ゞ_ノY   /
   _|ヽ   /  \    `⌒´       /   Y´   _,,ヽ_ノ
   \  /´{/    `ー- ,, ___  イ      }ゞ__,,-‐=''´
   <,,/   ゝ /   ,i ,ィ≦、     ,ィ,.ィ///≧;;/
    ノ   _,  ̄`>=<;',イ/////ヾ、,yイ//////∧i
    {   /   '´   ;;{/////////{///////////}
   ../ヽ  ゝ=‐-、_ノ;;∨///////}/////////∧!

647 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:43:19 ID:EiskOMuM


    / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
 /  (●)  (●)  \
 |    (__人__)    |  あ、ちなみにやる夫が蒼星石の名前を知ってるのは
 \    ` ⌒´    /   家探しの途中に知ったからだお
 /            |
(_ )   ・    ・  ||
  l⌒ヽ        _ノ |
  |  r ` (;;;U;;)   )__)
 (_ノ  ̄  / /
        ( _)




            ,.-─────-、
          /      .:.:.:.::::::::::::::|
         /     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::|
        ./     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::」_      ……下着泥の件については後ほど必ず問い詰めるとして。
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈    僕があいつに追われたわけはわかる?
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l                        .:. .
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/                  .:. o .:.
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_                   .:.
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ               .:
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\             .
      ,イ .:.:.:::::::::)i 〈〈 __// f{ト、:/ |(:::::::::::.ヽ_
       / .:.::::;::::::::〔 |  `ーr<. f{ |:|  | 〕:::i:::::::.i:::::.\     _ノ 〉
  .   / .:.::::/ .::::::::)!   |;| f{ !:|  |{.:::::|::::::::::::::::::.:.>  ,ィj}   `_ーっ
    / .:.:.::/ .:.:::::::〔 !   |;| f{ |」  | 〕:::|::::::::::::;:ィ´レ'´ :i j} ー-っ'´
  . / .:.::::/ .:.:.::::::.::)!     f{ |  .|{.:::::|::::::/ ,′   .レj}不フ


.

648 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:44:33 ID:EiskOMuM


      ___
    /     \     ああ、あいつはやらない夫と言って、木こりなんだけど、
   /  _ノ '' 'ー \    溜まってると誰のケツでもいいから問答無用で掘ろうとするんだお。
 /  (●)  (●)  \  
 |      (__人__)    |  たまたま今日は溜まってる日だったんだと思うお。
 \      ` ⌒´   /  





  
  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l   そんな理由なの……。
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l    
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!   溜まってきたから、なんて理由でアナルバージン奪われたら
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l   たまったもんじゃないよ……
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!  
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!   なんでそんな変質者が
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/   堂々と日の当るところを闊歩してるのさ。
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄   
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj





          ____
       / ノ  \\       いや、この世界ではあの程度の性癖は普通なんだお。
      / (●)  (●)\     いっとくけど、あいつは常識人として通ってるお。
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



.

649 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:44:50 ID:EiskOMuM

                 __
                l三三二二二=====--、__
                |三三三三三三三三三三三三!|
                |.__  ̄ ̄====--、.三三三l
.             r―===三三 ̄====―-、__   l
            ∨三三三三三三三三三三三三三三!l==-、
             ∨三三三三三三三三三三三三三三三彡´   マジ?
              ゞ=========ニニ二二三三三三/
             /:::/.:::::::/:::::::::ヽ:::::::::::::ヾ:.:::.:::::::::::::::::::::::::\
             /:::::/:::.:.:::ハ::::.:::::::::::ヽ::::::::::ヾ:.:::::.ヽ、:::::::ヽ:::::::ヽ
               /:::::/::::::.:/ ヽ、:::ヽ:::::::\::.::::::\::::::::ヽ、::::::ヽ::::::゙
           /:::::/:::::::./ / `\::.\::::.ヽ`ヽ、 \:::::::ヽ::::::ヽ:::|
            ':::::::{:::::::.l ノ     ヾ:、\   `   ゞ::::ヾ、::::ヽ|
          |::::!::::l::!:、:!.r⌒゙i          r⌒゙i  i、ト::::|::::|::::::l:i|
          レ|::'"」:::::| ゞ="        ゞ=" ノ ハ:::i:::!ヽ::l:i
            、::::|.:.i―、              ,.― ―、::/::| !:l:i|
            ` !.:.!―'    ヽ__人__ノ   ゙ー ―':/:::::| ノメノ
      /´ ̄`ヽ    | ,ヘ      、    ヽ      i/::::/´ ̄`i
      /     ヽ__|.:::.ヽ     ` 、__ノ      /j.:::./    |
      \   /  /:|.::./` 、_          /--.,レ/     ./
       \ ,/  /::::レ':::::{j   ´ >r─‐ュ<   j}:::/    /
        /  /:::::::::::::::{j   //了,ハ\\ヽ j},ヘ、______∧
          ̄ ̄`\::::::::::{j   { く/ノ/引ヽヽノノ .j}       ',
             |:::::::::{j  `ー'´//l弓| |`ー′ .j}ゝ    




               ____
             /      \
           / ─    ─ \    マジマジ
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



.

650 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:45:26 ID:EiskOMuM


                __
             __「ー--  '\
             |\ヽ_____/ヽ
               >、ー──‐ ' }
            /ィ ` ー──.'.´「   ……最低の世界だ……
             リ,   : : : : : : 从   
                ,ゝイ ̄ ̄`ハ
             /!  |{〉   〈|
            〈{   L'====┤
             /:`''ー┬──.イ
              ∧!  /: : : : : : l
             /::::{  ヽ; : : : : : l
             ゝ‐'\    ̄ ̄ ノ...
                ̄ ̄ ̄::::::::::::::





      / ̄ ̄ ̄\   世界変われば常識も変わるものだお。
    / _, 、_ \  そっちの世界の常識で判断するべきではねーお。
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    | やる夫はそっちの世界の常識もある程度わかるからいいけど、
   \    ` ⌒´    / 普通の住人はそんな感想をぶつけられてもハト豆だお?

                 いっとくけど、異世界に行っての下着狩りだって、こっちじゃ
                 そっちでいうキツネ狩りくらいにあたる高尚な趣味なんだお。



.

651 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:45:45 ID:EiskOMuM

        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」     
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ    ……御忠告どうも。
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l
        ヽ lト、          / /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
            /: i_lil__|:i
          i: : :l:::::ヒj::l」
           /ーイ::::::i::::l|
          /  //ヽハ/li
        {!  j/: : : :, : :l}
        ゞ=イ: : : : j: : :!'




          /              \
         |                〉
         |                   /
         |    _ _  - ──-、/
       _ _[二二 _ _ , -───‐- 、
    (´ ̄                       \   でもそんな世界なら一刻も早く出て行きたいな。
    \   , ィ´  ̄ ̄ ̄ ̄``ー-.. 、 _  _/   どうやって戻ればいいんだい? 
     `y'´ /  /.ハ、.: .:.、  . :.:.::::ヽ::ヽ::::<
     /  /  /:/;ハト,ヽ:、\ . :.:.:::::::|::::|::::::|
      i   ! /.:// \ト、ト、:.\:.:.:.::::!::::|::::::!    あっちに来れた君のことだ、こっちからあっちに行く方法も知ってるだろ。
     |  l/::// __, ヾ! ‐ゝ-ト、:_:_|::::|::::::|
     | / .,:ィ厂_ _     `二ニ!::::!::::::!
     ト、 ̄.::/:!ヾテ。::.フ   ヽ辷フ 7:::,'::::/
     l/|.:.:::/:::|              /::/:::/
      |.::/.:.:::ト、         /::/:::/
      l/ヽ.::::l/ト 、  (⌒ヽ , ..イ::/l::/
         \N  `コ ー-‐<l:::/l/ |/
        _ _/  ̄`フ杯ト、 _
       _「ハ_     ,イ  j1ト、 \ ト、
      l/.:.:.:.::::)ト、  //  //j。jト、//.:.:!
     /.:.:::::::::::::Yト、l ト、 // j。 i|V/.::::::|




..

652 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:46:17 ID:EiskOMuM


                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \     蒼星石が元の世界に帰る方法?
             /(―)  (― )   \   もちろん知ってるお。でも……
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ





 \  /    |   ||  ト    \          ',
   Y      |   / /l ヽ   | \    \         |
    ′     ,′ / / ! |\ 、  \ ,. -‐ i\―-|   |  |
   |       /  /_/__', 、 \\ へ、  |  ヽ |   |  |   なにさ
   |    _, / イ/ /―  \ヽ  \\ ィ>=ミ=ハ |  /  |
   |     / //イ ̄卞ミ  \    〃i _ィ:::y } ∧|  /  |
    !   //rセ {_ イ:::}」}     \    ヾ  ノ,.  / /  |
   i  /  \ ` 丈_ノ      ヽ     ̄`  / /   ′
   /  \   \" ̄       i〉       / |     ,′
     '.   \   \                      / /  /
     '.    ` ー一        _           イ /  /
      ヽ     \           ´         / //  /
      \  \ \            /  /' / /′
        \  \  > ,._     ,. ' |ノ ヽ / /
         \ ┌:/lヽ/ `ヽー   /    Уく
          _\/ノ'"    / }  /    /   \


.

653 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:46:39 ID:EiskOMuM


       ___
    /     \     ……いや、今はいいお。
   / ヽ  /  丶
  /  (●) (●) ヽ
  l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l




  
       / ̄ ̄ ̄ \    なんにせよ、蒼星石が自分の世界に戻りたいなら、
      /  ─    ─\   この世界の女王様に会って許可を得ないといけねーお。
    /    (ー)  (ー) \
    |       (__人__)   |  あの木こりも去ったことだし、やる夫が女王様のお城まで案内してやるお。
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__    それで下着の件はチャラにしてくれお
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)




  l 二 /   / 二二二二二二二二二二二_j__ l二!
  l二/   / 二二二二二> < _  \   ヽ ̄ヽ}
  lニ′/ 二二二二> ´_         \   V  ハ
  {' / 二二二> ´ヽ、    `  ー-     `丶   V  ハ   むぅ……。思うところはあるけど、
  / 二二二/    \    _  \   > _ ヽ、 Vi !   他に当てもないし仕方ないか。
. /二二二/ {  \  ` ー __  >く  ヽ. \  _\ Vj
 { ニ二二ハ  \  ヽ     ̄7´三≧壬¬ト、 \ `Vl
 i 二二{  l   爪 、  ` <二 77rf'う:::i } _  l\ ヽーミ、
     i i    ト、_〉f> 、` <二′〈:t_シ'´  l   、 V l `
     l |  '.   l\孑㌣ ー  ̄ ̄  ̄     } !  \}\}
     l l 、 ヽ K'_ノ ハ             lイ  .ヽ ヽ ヽ
      、 \ 厂ヽヽ- '′ i           ハ  :!、  ト、 ヽ
      \  V、 ヽ       .. -     / !ハ l } l ヽ ',
          ヽヽ \          /  l厂l l l !  } !
            \` ー二 ─_--- ∠─- 、!、、V } .「  .j/
             _rv≠ ¬:.:.:.:.:.〉了f>、rf= 、ヽ、_ノ__
             (ノ.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:乂__ハ\Vハ、\>f千く ーッ、


.

654 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:47:08 ID:EiskOMuM


                . .-―……=- 、
           ..=ニ三三三三三三三ニ;}
         , : '三三三三三三三三三ツ:'ハ
       /三三三三三三三三ニィ=彡:'//|
      /三三三三三三ニ≠千'/////////!__
    ∠三三三二ニ=-匕////////////////|三入
    ヾ777 ̄ ////////////////////////,∨三i
.      ∨///////////////////////////三三!     わかった。よろしく頼むよ、やる夫。
        ∨/////////////////////_'イ三三ニ人
      /ヘ./////////////ム斗ィ彡千三三彡':.1.:.:ヽ
.    /∠三}////,厶斗匕"千三三三三ニ=イ.:.:.:.:.|.:.:.:.i
     `ヾ三三三三三三三三三ニ=ィ‐彡、 .:.ハ:.:.:.:.:Ni.:.:|
        `Y┬====≠≠ァ十ナスミ:、:\.:.:,斗-z.:.:.:.|:}トミ|
         |.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;从j:/_;ム ヾ、\:.く:_;ムャi:,'i:.:|ハヾ!
.        キ:{:.i.:.:.:.:、:.:.:.:.:,才":/__     磷;;))リ;.l.:.:!:|Ⅳ
        ヾ:.{:ヾ:.:.:ヾ:.:.:.ゞ;ィ禾ハ`    ゞ-"'Ⅵ:.イI|
         ヾト、:\.:.;ィx:.:`代zソ    、   ,:.:.:.バ!
          ` ヾ:.入:辻、:ヽ      . _ , .イ:.:./  }
           ヾ{ヾ从イ:.ヾ:、      /iリ:./
              ` ` }`jヘヾ:、ミ≧ーr〈 彡7 /`ー:
              /   ヾ `ス,ィ卞≠ミーく、 ;ノ_
                 ,へ、   /:ハ仆ミ:、ゝ〉) ヽ´、_ゝ
                /   `ーァ':/  }:、:ヽヾ://   ∨ヽ、
       ___,_,/      ヾミー:::i Ⅵ:、 `    廴ノ`丶、
      {_  ゝァ-ァ‐ :、       `ヾ:| ヾ:ヾ:     j}ヽ: : : : : : )
       `7 ;イ r'-z,.ィr:t丶、.        ヾ:ヾ>  ,ム/: : : : : :/
          ト-'=イ:::::::::::}:::`ーイ_ミx._    ヾ>  / ゝ:\:./
        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:il:::::::::::::::`7 `丶、  __,/ 彡' : : :ヘ
       ,′: : : : : : :jl::::::::::::::::::`三ミx レ' ̄´_彡': : : : :_:ノ
        /: : : :..-‐- .:::::::: : : ::::::::::::::`ニ≠’三::::::: :ノ´




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))            あいあい、だお
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


.

655 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:47:25 ID:EiskOMuM


┌────────────────────────┐
│                                    │
│そうして蒼星石はやる夫の案内の元、             │
│ワンダーランドをしばらく旅することになった。        .│
│                                    │
│だがそれは、蒼星石の受難の始まりであった……。    .│
│                                    │
└────────────────────────┘



 .        ____
..          /        \
       / ⌒  ⌒   \
      / (⌒)  (⌒)    \              r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
      |   '" (__人__) "'     |              |_, -――― - L.
     \   `ー ´     /             r'´           /
       / ゝ         ィ'ヽ              ヽ._, -――――‐ -'、
     /                 \             / / \\ \ \ ',
   /   ィ          r   \            イ / > ヽ `<ヽ\l l
    |   `||           |ヽ  ヽ            イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l
    /⌒ヾ|          | |,  |            |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ            と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´
       |          |                   \ヽ.」._ノ_/
         l    Y´     /                    / ̄l凶/   \- 、
         ヽ,   (     ,/                 _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
          ヾ  |   |                 / ヽzく.厶_/     \_.ノ
         ≒;|   |                 \     }
         (.("_`゙_)                   ̄' ┘



.

656 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:48:10 ID:EiskOMuM




┏━―――――――――――――――――――――――――――――――━┓
┃                                                ┃


            埋めネタ : 蒼星石・イン・わんだーらんど

                       おわり
┃                                                ┃
┗━―――――――――――――――――――――――――――――――━┛



つづく……のか?





.

657名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 22:49:12 ID:BvF47msY
続けようぜwww

658 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 22:49:23 ID:EiskOMuM
というわけで以上。

うん、変態やらない夫を書いてみたかっただけなんです、すみませんw

なお、これをスター☆リンでやるのはちょっと無理だよなーという
理由で赤は没になりました。

659名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 22:52:02 ID:XwGbxPn2

あれ?いつになったら蒼が後ろを掘られるのかと正装で待っていたのですが……?

660名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 22:54:03 ID:tsRKeSdw

変態やらない夫好きなのかw

661 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 23:00:38 ID:EiskOMuM
>>659 あれ?いつになったら蒼が後ろを掘られるのかと正装で待っていたのですが……?
そういうAAが2〜3枚あればできるかもしれませんけど難しいですよねー(チラッチラッ

662 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 23:03:11 ID:EiskOMuM
>>660 変態やらない夫好きなのかw
やらない夫の超兄貴を見ていて、なんかあーいう
ネジの外れたノリもいいもんだなとw

663名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 23:09:01 ID:CTrOuqRA
蒼い子のおしりAA・・・見たい、物凄く見たい。

そして短編スレの新しいのが立てられない・・・

664名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 23:10:00 ID:CTrOuqRA
って今見たら立ってた・・・orz

665 ◆GI8xWOz4Ko:2010/10/31(日) 23:19:15 ID:EiskOMuM
どんまい。

666名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 00:14:26 ID:sw1vQUfk
これって新連載の予告編ですよね。

そうだと、そうだと言ってくれ>>1よ。

667名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 00:32:54 ID:caYY81Mc

本編のやら蒼はとても良かったのに、これはヒドイww
続きがスゲー見たい AAの技術があればなぁ

668名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 05:18:22 ID:GBV/qTvM
短編投下してみました。
お目汚しとは思いますが…

669名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 09:50:38 ID:b0iXW1tI
とりあえずエロゲーライフさんに謝れ(苦笑)

670名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 10:30:42 ID:0hXzWn7Y
乙です
なにこのマラオとイジール兄弟が出てきそうな世界w

671名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 10:35:33 ID:81FhFUH2
>>668

さすがにこれはダメだわ

672名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 11:10:10 ID:qkIR2YLw
お目汚しどころか糞擦りつけられた気分だわ

673名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 12:11:41 ID:3lodOBZA
>>668
両方の原作にたいしての敬意どころか悪意しか見えない
これも検証のために制作したのですか?

674名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 15:09:02 ID:Q1k/df0g
ちょっと見てきたけど……これはダメだろ
選んだ両題材や展開がどうこうだけでなく、
やる夫が好きな方の側が独占しようと悪魔に誘惑されたり
撃った後のセリフが、原作で人気のあるキャラにかけるには辛辣すぎるものであったり
新城にこんなペースは初めてだ、的なことを言わせてみたり(1・2発目命中はハルヒの時にあった)
終わった後でやる夫から一人以外全部の女性が離れていったり
やる夫に「中古穴はダメ」とか言わせたり
最後にほだされてもいない逆レイポをハッピーエンド扱いで〆たり……
もう両作品を好きな人の逆鱗に触れまくりレベルの代物だろ
もしかして、今このスレがNTR談義だからって「両作品NTRました」ってドヤ顔なんだろうか

675名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 15:34:45 ID:b0iXW1tI
これがオリジナル作品だったら、面白いと笑った、でも、オリジナルじゃないよね?
他人の作品同士のクロスを無許可、悪意的解釈で書きあげ、元スレに報告って、荒らしだよね?
あげく、エロゲーライフは、この手の悪意的解釈が続いてエタったわけで…これはどうよと思うね

676名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 18:07:23 ID:v9bzVdhc
また良心的神仏派大暴れでござるw

それがこのスレの寿命を縮めるのが永久に分からないんだろうなあ

677名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 18:37:04 ID:2/exRBig
スレの寿命も何も、今ってスレ埋めてるんだろw

678名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 19:18:06 ID:2b5aj2jw
煽ったうもりが赤っ恥でござる

679名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 19:28:58 ID:v9bzVdhc
ほー、埋め、ってなってから投下された>>1のネタ投下はこのスレの余命を使ってないわけだw
そもそも>>1の投下に価値がないと思ってるのかなw
調教させるのを目標にするなんて人間性が劣ってる! とか長文レスしてた人たちだろw

ま、最初から最後までお前らは自覚がないだけでただの荒しだったわなw

680名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 19:40:01 ID:DAocJ5gY
>>679

折角宣伝したネタが酷評されて悔しいのは分かるが、涙拭けよw

681名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 19:57:09 ID:OIKbPGjg
このスレの成分だけでああなったならともかく、エロゲライフさんの
ネタ使ってあんな展開にしたのはゴミ過ぎるわ。

682名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 20:21:47 ID:jaYa6KP2
>>679
落ちつけよwww
最後の行自己紹介になってるぞwww

エロゲーライフは読んだことないから何とも思わんが、なんつーか「こっちで投下しなくてよかったね」
って感じだわ。
単独で見ればまぁ面白いけど、ここに居る人らには受けないor受けが悪い内容。
どう悪いかは他の人が言ってるから割愛。

683名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 21:16:13 ID:oMMSh75c
そんな事よりNTRについて熱く語ろうぜ!

といっても、俺の場合はNTRよりは凌辱の一環として見てるんだが
彼氏とか居て、まだ処女なのに違う相手に犯されちゃう女の子って可哀想で可愛いよね、というのが根源にある

684名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 21:23:38 ID:OIKbPGjg
「私には夫が」「彼よりずっとイイ!!」とか、間男にグチャグチャに
されるのが良いんだよなー

寝取られる男が不幸になる様は好きじゃないんだけど、
女が回数重ねる毎にどんどん罪悪感とか無くしてって、貪欲に間男を
貪る姿に凄くエロスを感じる。

685 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:32:04 ID:OViR6iUQ
>>668 短編投下してみました。
乙です!

そう来たか、というお話で楽しく読ませて頂きました。
書きなれていないのにあそこまで作れれば上等だと思います。
次は仕掛けや設定をうまく生かせるようにすれば
もっと面白くできると思います。がんばってください(´・ω・`)bグッ





それから、筆が荒れ気味な方がいらっしゃるようなので、
少々厳しいことを申し上げねばなりません。

まず、作品を読んでどう思うかは個人の感性に
委ねられるとしても、それは好き放題に人を攻撃して
よいか否かという話とは全く別の話です。

次に、そもそもこのスレでは他作品の批評(特に悪口)は
御法度ということにさせて頂いております。

たとえ思うところがあるとしても、
乱暴な内容のレスは自重下さいますようお願いいたします。


.

686 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:34:04 ID:OViR6iUQ
では気分を変えて埋めネタ投下。




埋めネタ : 蒼星石・イン・わんだーらんど 『農家の朝は早い……』




.

687 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:34:34 ID:OViR6iUQ


┏━―――――――――――――――――――――――――――――――━┓
┃                                                ┃


            埋めネタ : 蒼星石・イン・わんだーらんど2


┃                                                ┃
┗━―――――――――――――――――――――――――――――――━┛

688 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:34:59 ID:OViR6iUQ


┌───────────┐
│                │
│農家の朝は早い……   │
│                │
└───────────┘




【ワンダーランド : 05:03】
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:  :.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .....
:.:.:. .. .:.. (⌒     ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:  .:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:.  .. .......:. .
   (  ⌒"       r'. ..:.:.:....   ..:.:.: ...    .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:... ......  .. . .:.:.
 (  "      .   . ). .:.:.:.:.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:. .:.:. ....:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. :.:.:. .  チュン……チュン……
. ..:.ゝ        .ノ ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  . .......:.:.:.:.:... ...     ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:....
             ... ...     ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:     . ...
:.... ....  .. ......:. .:.:.:.... .......:.:. .. ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:  .:.:. .
:. .:.:.:.:. . . .....:.:.:. ....   ..:.:.: ...    .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:... ..........   ..:. ...... .: ...
:. (⌒ 、 . .. . ::. ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  . .......:.:.:.:.:   ..:..   . ... .......:.:.:.:.:   .. ....
     ⌒) ... ..  :.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:. .:.:. ....:.:.:.... ..:.:.:.: .: .... :. .:. (⌒ 、 . ..
    )".::.    :.:.... ....    .. .......:.:.   :.:.:. .:.:.....    .:..  . .....:.:.. .....(⌒"  ⌒) ...
  ゞ . .:... .       . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.  : ...  . .(⌒
.....:. .:.:.:..... ...     ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:   :.:.:. .:.:.:ーく"⌒  .. .:.:.:.
::...:. .: .:.:. ...... ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:  _,.ノ"⌒. .... . . .... . ..
.. .:.:   .   :.:.:. .:.: (⌒   .:.. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . . ... ...:.:.:.:. ::
 . .:.:.:.:.:.... .:.:.:...:r'⌒ヽ ..      . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.     .. .:.:.: . . ..


.

689 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:35:16 ID:OViR6iUQ


【赤さんファーム】

                                         チュン……チュン……
     ""ヽ,,、      `  ,,,,, :::::.... ,,,     _,,,,,_     、、
  ,,,,,:::::    `~゙゙ヽ,_          / ̄ ̄∧     ''''″  ゙`゙rー'''゚゚~^ ゙~゚`⌒'''''´´` ''''″  ゙`゙rー'''゚゚~^ ゙~゚`⌒'''
  ,,,,, :::::......   `~~゙        | ̄ ̄|品|   ,,,,, :::::......:::::: ,,,,,  :::::......::::  :::::......:::::: ,,,,, :::::......:::: :::::......:::::: ,::
      ,r~~~~~~~~~~~~~~~'r、'''''''''''''''r、'''''                       .、;:...: ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   .,,r,r″ヾ-_ヾヾヾヾヾヾヾ゙゙゙`r--、、~ヾヽ、    .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:.   .、;:...:,:.:.、.:,:/::::::::::::r:::::::y::::::::::::::k:::::y:::::::
  .,,r'ヾヾヾ~,-----------、 .,,,r/   'r、ヾヾヽ, .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.      .、;:...:,:.:.、.:,:.:./;;;;;;k、;;;;;;;;;;;;;;;;;;r、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,r"ヾヾヾヾ | ミルク牧場 |ヾヾヾヾヾヾヾヽ/.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:..:::::i    .、;:...:,:.:.、.:,:.:..、/ y、,..::r、::;;;'::y、; ::::;.:'::;;k、::;;,;;';
"'| l゙゙""""""""""""""""""""""""":||~~~”||.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、:::::i     i;:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:./k‐、 .,';:,.; ,.::r‐、y‐、 ..;;:':..,",;,,:::
  | |   |::::::::::::;;;;::;:;;;;:;:;;:::;;;;::;:;::::::::::::::: ||   /.、;:...:,:.:.、.:,:.:.:::::i     i:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:./ ...;:..;.. k‐、 ,., , ;:,.:;.' y‐、 ..,;:,.
 | | / ̄ ̄ ̄ /l   ./ ̄ ̄ ̄ ̄/i ||   /.、;:...:,:.:.、._,:::::i     i;:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:./;..;;:y‐、..;:.'''':;... r‐、,,,.;:.,"r___
  | | | ̄ ̄ ̄ ̄|/  |:二二二二|/:::‖/.、;:..,,,;:;::;i'''゙''       i;:;:.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、 ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''; | .畑  |
 "'"""'""゙ ''~"'""""""゙''~~'"'''"'"""゙"""゙''~'''゙''"'          i:;:;.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:.   ̄| | ̄
                                    '''゙''"'"""゙''~'''゙''"^r、.、;:...:,:.:.、.:,:.:..、;:...:,:.:.、.:,:.:. ''''''
                                                    "'""゙''~"'"'""゙''~"'



.

690 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:35:54 ID:OViR6iUQ


                  , -─ - 、 
                  ,r'´         `ヽ 
                  /            `、
                   ,′              ',.           そしたらやる夫、あと頼んだぜ!
                ,'   _,,           ゙,
                i   '"´        ``ヽ   !
               /|  ,rzェァ   rェzァ、   '^!
             l |   ´ ̄ , ..)、 ̄`    /
               u,   /   _ _ ,ィ   _ノ!
              ゙、.  !ヾ:( _ ノノ    ,イ〈:.、
            ,イ: :/:ヽ   ` ̄ ´  /: /::::::.\
         , .イ: : :./::::::::\ __ _ _ , イ: /:::::::::::::::.\
        /|:::::| : : : : : : : : : : : : : : : :r─ ─- 、:::::::::::::.\
      /  ヾ/: : : : : : : : : : : : : : : : :|      \:::::::::::::.\
     /    /:l: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       \:::::::/ \
    /    ,/::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : :|          ̄\   \
      【農夫 : 赤さん(45才) 趣味は赤ちゃんプレイ】



.

691 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:36:42 ID:OViR6iUQ



               ∩_
              〈〈〈 ヽ    あいあい、任せとくお!
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    じゃ蒼星石、ねみーけど始めるおー。
   /( =)  (=)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
【ワンダーランドの超兎 : やる夫】





          ,-=======- .._
            |三三三三三ミヽ
          rz=ニ三三三三ニ=ミ/
        マ>"´:.:.:.:.:.:.、:.:.`゙ヾニ7
        /:.:.:.:/:./{:.:.{:.:、\ヽ:∨   え、あ、うん。それはいいんだけど……
        //:.:.:.{:/ ':.:.、:.:、ヽ:.:',ハ
         {:':.:.!:ハ:レ' ヘ{ヽミ_:ヽ:}:.}
        'ヽ:.N ―‐  ―‐ }:`:.′
            ヾ:.:、"  r_、 "ィリ:./
          ∨ ` ーz 、‐く レ′ ネムイ……
          ι    <_ノヽ_):.
                  | | | .!
                 |    l
                |   |
                |    .|
                 |     |
【ワンダーランドに迷い込んだ学生 : 桜田蒼星石】




.

692 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:37:06 ID:OViR6iUQ


        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !    これから僕たちが何をしでかそうと
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |     しているのか、教えてもらっていいかな
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl    
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ



.

693 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:38:34 ID:OViR6iUQ


【厩舎】

  ,,,,, :::::......   `~~゙        | ̄ ̄|品|
      ,r~~~~~~~~~~~~~~~'r、'''''''''''''''r、'''''  
   .,,r,r″ヾ-_ヾヾヾヾヾヾヾ゙゙゙`r--、、~ヾヽ、 
  .,,r'ヾヾヾ~,-----------、 .,,,r/   'r、ヾヾヽ,
,r"ヾヾヾヾ | ミルク牧場 |ヾヾヾヾヾヾヾヽ/.、;:
"'| l゙゙""""""""""""""""""""""""":||~~~”||.、;:
  | |   |::::::::::::;;;;::;:;;;;:;:;;:::;;;;::;:;::::::::::::::: ||   /.、;
 | | / ̄ ̄ ̄ /l   ./ ̄ ̄ ̄ ̄/i ||   /.、;:...
  | | | ̄ ̄ ̄ ̄|/  |:二二二二|/:::‖/.、;:..,,,
 "'"""'""゙ ''~"'""""""゙''~~'"'''"'"""゙"""゙''~'''゙''"'

694 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:38:51 ID:OViR6iUQ


【の中の、何かを期待しているらしき雄どもの群れ】

     ,, - ―- 、               ,, - ―- 、                 ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ           ,. '" _,,. -…;   ヽ              ,. '" _,,. -…;   ヽ    ずらーっ
  (i'"((´  __ 〈    }           (i'"((´  __ 〈    }             (i'"((´  __ 〈    }  
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }           |__ r=_ニニ`ヽfハ  }             |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }           ヾ|!   ┴’  }|トi  }             ヾ|!   ┴’  }|トi  }     
    |! ,,_      {'  }            |! ,,_      {'  }              |! ,,_      {'  }     
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、           「´r__ァ   ./ 彡ハ、            「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ           ヽ ‐'  /   "'ヽ            ヽ ‐'  /   "'ヽ  
     ヽ__,.. ' /     ヽ           ヽ__,.. ' /     ヽ             ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_         /⌒`  ̄ `    ヽ\_           /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \      /           i ヽ \        /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ     ,'              }  i  ヽ       ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }    {             j   l    }      {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l    i   ヽ    j   ノ   |   } l      i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|    ト、    }   /  /   l  | .|      ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |    ! ヽ      |  ノ    j  ' |      ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |    { |     } |      l    |      { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|    ヽ |     i  | \    l    /|      ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |     { |     l   |     |   / |       { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |     l !        |       l  / |       l !        |       l  / |
    | l        | /    l   l   !     | l        | /    l   l   !       | l        | /    l   l   !
    { レ      〉 f      l  |     { レ      〉 f      l  |       { レ      〉 f      l  |
    | {     /| !     i  i   i     | {     /| !     i  i   i       | {     /| !     i  i   i
    | |       ,'       l  {l   |     | |       ,'       l  {l   |       | |       ,'       l  {l   |


..

695 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:39:47 ID:OViR6iUQ



       ____
     /_ノ  ヽ、_\     まだ寝ぼけてるのかお? 
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \   お城に行くまで飲まず食わずってわけにいかないから、
  |   /,.=゙''"/      |  これからやる夫の知り合いの赤さんの仕事を手伝って
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /  食べ物を分けてもらうんだお。
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃      これからやるのはそのお手伝いだお。





           _  -─-  _
         | , -──- 、|   いやそれはわかってるよ。
        r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
          {:::::|ト、::\:::ヘ:::/   そうじゃなくて、今からやろうとしてる仕事の内容。
.           l::::if_テ f_テi}::l    ここって農家だよね?
          }リト、 -, イ/{    なんで人間の雄がマッパで
           r‐十示千、    ものほしそうにこっちを見てるのさ
            /,-、i }{ fj:.:\_
          く∧_ノj=''=┘:.:.厂
        〈__ノr‐r‐┬rr ヘ
          /__|爻|:」ハ ヘ



.

696 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:40:02 ID:OViR6iUQ


               ____
             /      \     ああそっち。これでいいんだお。
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \  今からやろうとしてるのは、ホモミルクの収穫なんだから
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




.   ___
  |───|
 <二二二二>    ホモ……え、なに? 
 (i,ノo レ'oリ,)
.  lル Д lノ
  /|~介~|\
. <ヽ l__||__,l_/ >
  l` lニ爻ニl,´|
  l,/::::::::::::::', |
. /:::::::::l:::::::::',
. 〈:::::::::::l:::::::::::〉



.

697 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:40:32 ID:OViR6iUQ


           ,. -─- 、           ,..-‐- 、
         ,.'´     `ヽ.       /     ':,
        /      ノ、    ':,      ,.'  i      ヽ.
        ,'     ,.'ヽ:ヽ    ':,    ,'   |      ':,
        |   /  !::ヽ.   i   /  /:!       i   だからホモミルクだお。
        !  /    !:::::::!   ,'  ァ'  /::::::',.       ,'   蒼星石はホモミルクの採集は初めて……に決まってるか。
        レ'      !::::::/  .,.'  / /:::::/ヽ、     /
                  ,,':::::;' /  ̄/ /:::::/    `ヽ, / `ヽ   じゃ、今からやるところ見せるから、
            ,. ' !:::/     /;:イ  \       </,  ハ  それを見て真似してくれお。
              ./                ' ,       (くく __  ',
             /               ','´ ̄`Y´`ーヽノ ハ   説明するよりそっちのが早いお
          .,'    \    /         }    }   {  } ',
            ,{  (●)ゝ `ー'(● )     .l   /    ) /ヽ .}
         ハ    (_人_)       /  /,/ゞ_ノY   /
   _|ヽ   /  \    `⌒´       /   Y´   _,,ヽ_ノ
   \  /´{/    `ー- ,, ___  イ      }ゞ__,,-‐=''´
   <,,/   ゝ /   ,i ,ィ≦、     ,ィ,.ィ///≧;;/
    ノ   _,  ̄`>=<;',イ/////ヾ、,yイ//////∧i
    {   /   '´   ;;{/////////{///////////}
   ../ヽ  ゝ=‐-、_ノ;;∨///////}/////////∧!
   \__  `ー-、\_,r‐、゙-/////∧/////////
     ..ヽ`ヽ,_     r='ヽ//////////////´
      `ー-=,,..._     ノ/////////////ー-=,_
          ./  `ヽ=-'´`ヽ///////////,    `ヽ
       //         ノゞ//////,'      ハー、
    ./ /      _,,=-‐'´,,,ヽ//////        ', \
    (      ,r‐'´ ,,/''"´ ゙>=--'  `'ー、,,__      ハ


.

698 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:40:49 ID:OViR6iUQ



    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ    わ、わかったよ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/    (強引に押し切られたけど、すっごい嫌な予感がするなあ……)
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::



.

699 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:41:08 ID:OViR6iUQ





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




.

700 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:41:31 ID:OViR6iUQ


     ↓ ドリルっぽく見えますが搾乳機です
                 .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
  、──┬---、_      .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><    やる夫
   \   l|   l|  ̄^irー.,_i″        ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {   「まずこの搾乳機をこいつらのチンチンにつける」
    \l|   ll   l|  l|~'ー.,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \  l|   ll  l|   l|゙`ー-┬ト    .ミノ′                 〕  カチャカチャ
       \l|   l|   ll   ll   / /    :、_ リ                   .}
         \  l|   ll   ll   / / 、    ゙ミ}                   :ト   蒼星石
            ゙ ヾー、_l|   l|   / /  :!.,   リ                   ノ   「うえっ」
              〔 ` ~'‐亠ノノ    i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔






                      
          ,.ィ'" ̄;.;.`ヽ、    
         /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ    
         ,イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.「 ̄ `' ー-.、
       / ル,;.;.;.,.r‐--、;.;r、;.:L_      ヽ、     やる夫
        |  L_`"'、 __,.、 l;llヘ!;f'  ,      ',    「そうしたらケツを突きだしてくるから」
       ∧ ヾ=,!´ー≡″L/   !         ',
      ,'    ヽl   __ j /ヘ   i!       ,  ',
      ,'     i!`く-‐' ,イ   ,./i l      /   ',
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //


.

701 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:42:03 ID:OViR6iUQ

【張り方】
         _ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.⌒  ⌒:::;;;ヽ
       /::( >)  (<);;ヽ   やる夫「こいつを」
     /::.⌒(__人__)⌒.::::;;;;i
     (::.   |r┬-/  ..::;;;丿   
      >::...  `ー'´..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )






【大変見苦しい映像のためカットします……】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■   ブスッと。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□   
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



.

702 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:42:19 ID:OViR6iUQ


              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!   アッー
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;




    ┌、
     i /
    ( (
      ! !
      ヽヽ
     |│     どぴゅっ
     ヽヽ
        ! !
        '、'、
        ! !
       ! 」
       ! l
        ! ヽ_
       j   ^'、
       | _, ‐'′
      │'、
       | '、
      │ r
      │,ノ
   /‐'-、 |/    ___


.

703 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:42:41 ID:OViR6iUQ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\   ……とまあ、こうして
/    (●)  (●) \  ホモミルクが採れるって寸法だお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





            ,  ´__ ` - 、       `丶、
.         / /  /   ` - 、      丶
       / /    '    /   ` - 、       \        /
      /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /   …………………………
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i


.

704 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:42:56 ID:OViR6iUQ


        ,、ィ'´: : : : : : : : : : :.:`ヽ、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : :ヽ
     /: :l: : : :.:|: : : : : : : : :: : : : :|: : : : : :.ヽ
    i!: : |: : : :.:|: : :.|: :.|: : :: : : :|: :|: : :: : : : :l!   ……要するに精液だね?
   i!: : :|: : : : |: : :.:|: : |:: :|: : :|: |: |: : : : |: : :.i!   ホモミルクって……
    l: : :.|: : : : :ト、: :.:|: : |: :|: :|:.|: :: :|: : : :.||: : :.l
    l: : :.|: : : :.l ヽ: :|: :|:|-|‐|‐_|: : :|: : : :|`i: : l
.   l: : : |: : :./‐'´ \:|!レ リγ又|: : |: : :.|/: :/
    l: : :.|/:./γカョ、 .\   迚:リ|: :|: : :.|: :./
.   l: : :|: : :l l 迚リ     ///リ/: : :/: /
   /:l: : :l: : :l:.l ///  ,     /: : /:/ /
.  //!: : |: : :| .`ィェョエf!ョェュ、,/ |:./|/
../ . l: : ||: ,ィ三三三三三三!ト、l/  .`'ヽ、 .r、
     リl/ィ三三三三三三三三!lト、    ィク".`j
     イ/////////ヾ、三三三!ト、  ィケ: : :.:`、
  /二//////////////ヾ、三三三! ィケ: : : : : :.i!
.  l .ィ-////////////////ヾ三ヘ'"´ヽi!: : : : : : :.i!
.  l  ー}//////////////////!(二  .l!: : : : : : : :l
  V ハ//////////////////ト--   .i!、: : : : : : :ヽ
  ,j! ,ィ´V///////////////!リゝャ ,ィ'"´.∧: : : : : : : ヽ
  i!"   ヾ、////////////三ィ'´    ヘ: : : : : : :,ィ´
   ∨     ゞ===‐'"三シ"、 o     ヘ: : :: /




         ____
       /      \
      / ─    ─ \    そうとも言うお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  商品名はホモミルクで統一されてるけど。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.

705 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:43:24 ID:OViR6iUQ



                /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.;:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
                ,.':::/::.::.::.::.:〃::.::./ /::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.::.:::.
.                /:::./::.::.::.::./::.::.:〃 ./::.::. :i!::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ハ   なんに使うのさ、
                /::.イ'::.::.::.::.:i::.::.::/   !::i::.:: ハ::.::.::i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.::.:.::.::.:,   こんなイカ臭いもの……
             /::/.,'::.::i::.::.::.l::.::/   l:: l::.:.i l::.::.::l::.::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
             ,'::/ j::.::.:l::.::.: :|:7ーz,,__,l::.:l::.:l  ヽ::.: l::.::.::.|::.::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.:|
               レ'  |::.::.i!::.,'::.:レz=--、 |::.:|::.l` ー廴 l:::.::.:l::.::.::.:l::.::.::.:i::.::.::.::l
                 |::.::ii::.:i!::.{イテ示ミ l::. l::.| z,,_ム::>:: l::.::.::.:l::.::.:: l::.::.::.::
               l::.:i !::ハ: | {じt::jハ:::i!::| ≧キミメ:V::.::.::.:,'::.:i::. l::.::.:: ,'
                   Vハ:|::.ト{ 弋zソ  ヽハ! 7じt::j}ム::.::.::.:/::.::l::.:l::.::/:/
                 升::i:ト xwx r    辷zン/::./::./::. /::./::./i/
                 人!::.∧         xwx /:,イ::./::.::/::,イ::/
                 i人::!:::>、   `     ,イ,イ::.::/::. /イ.7/
                 {:::八:::.:.| >、       /::.::.:〃 /   \
                 |::i{ii}ヾ::.!   `ー…==イ::.::/./       \
                  i:::トii} .ヾl   i   ヽ /::.:〃´         `ーzr、
                jハi::ト}      \  ,/:/          /フ彡ニ}}
                i:::::::ヽ{    ,,ィiiに}メ           // r..''¨ハ
                /::i:::::::}i }  ィ〃 /∧Vミメ、           ノ/ r'::::::::::ハ




               ____
             /      \     よくは知らないけど、
           / ─    ─ \   化粧品の原料になったりするらしいお。
          /   (●)  (●)  \  『どホモるんリンクル』とかの。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
        ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y
.       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ   (うっわー、最低だ……)
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃
          !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'
.      ,イ;:;:;:;:;:`7_、   , -‐ホュヽ<ュ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rハ  iイ´/ハヾ! ハ7z、



.
.

706 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:43:52 ID:OViR6iUQ


          ___
        /      \       さ、もう手順はわかったお? さっそくだけどやったやった。
     ,---、  \    /\―、   食べ物を分けてもらう以上しっかり働かなきゃ駄目だお。
     .l   l  (●)  (●) \ |
     |    |    (__人__)    | |  やる夫は向こうの雄からホモミルクを採ってくるから、
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /  蒼星石も出来る限り頑張って絞り取るんだお。
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /
       /          |
      /          |





              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/   わ、わかったよ……
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_   (嫌だなあ……本当に嫌だなあ)
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\




.


.

707 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:44:06 ID:OViR6iUQ





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





.

708 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:44:27 ID:OViR6iUQ


           _,,,, -::::::::::::-   、
        ,, ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    ドキドキ
       i:::::{ !ゞ〜⌒゙'~┐:::r-'~`=´リソ''}:::::i
     l::::リ        ' ノリ'        !:::::l
     |::::}         ノ'         |::::::!
     ,-、:|:ノ二ニニ‐-、   , ー------、;::::i
    l ,ヘ!:!. '´て)`ヾ    〃´て)`ヾ ̄!⌒i
     !r´i:!  `二ニ-   |::i -ニニ'   〃 !.|
      ヾ(`!.          |:::`     i ノ.i/
     ヽ`l           !_        !//
       `!        'ミー'~'     /ソ
       , ト、   、......_ _......._,   /!
      / |ヽ    、__.,    /;;|、
    ../  !| iヽ           /;;;;!;ヽ、
    '   `| ヽ ヽ、   i  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-,,,, _
        !   !  `ー---,,,´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
        ヽ        :;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ー-、   ヽ        / :::::/;;:::
     ヽ   ヽ       !  /    ヘ,,_
        >   `         '    '     ̄




            .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
            |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
            |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
            |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    ドキドキ
             ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
                  \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
                     ゙iヽ、   u .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
                     .|::;ィ::゙:: ´  |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
                        // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
                       /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
                       .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
                             ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
                         .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
                        /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
                       /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ
                                        


.

709名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 21:44:29 ID:b0iXW1tI
これはひどい(褒め言葉)

710 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:44:48 ID:OViR6iUQ


【大変見苦しい映像のためカットします……】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■   蒼星石
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□   「えいっ」
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□   ブスッ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!   アッー
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;




    ┌、
     i /
    ( (
      ! !
      ヽヽ
     |│     どぴゅっ
     ヽヽ
        ! !
        '、'、
        ! !
       ! 」
       ! l
        ! ヽ_
       j   ^'、
       | _, ‐'′
      │'、
       | '、
      │ r
      │,ノ
   /‐'-、 |/    ___



.

711 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:45:50 ID:OViR6iUQ


 r====-----.´――==‐--、_       ヾ、三三三!
 ヾ三三三三三三三三三三三三ミト、_     ヾ、三三》
   ヾ三三三三三三三三三三三三三ミト、_     ヾ!/
.    ゞ" ̄: : : : : : :l: : : : ̄".ヾ=三三三三ミ、_ ./   (あ、採れた。やってみたら結構簡単なんだな)
   /: : : : : : : : : l:.i!: : : : : : : : : :  ̄=三三三ミ、_
.  /:/: : :.:l: : : :/.; :l: i!: : : : : : : : : : : : : :ヾ三三三ミト、
.  //!: : : :l: :/:./l:.:l!:.ヽ: : : :ヽ: : : : : : : : : : ヾ三三三ミ、
.  i:!.l: : : :l/:/  i::l\\: : :.ヽ: : l: : : : : : : : :.ヾ三三ミト,
  i! l: : : :lィ'´ ̄`' ヾヽ \\_: :ヽ:.l: : : : : :.|: : : :.ゞ‐'''"´
   ヽ: : : | l'セ示、\\` _`'ー-l: : : : : : l: : : :i!
    ヽ,: :ヘ `乂::ソ  `  ´トモ示 |: l: : : : :l: : :./
      l: : :l`         弋ツ/:./!: : : : l: :./
      i!l: :.l、    '       // l: : : : l/
      |.ヽ: :lヽ   ー-    /  /!: : :.:/
       ,、ヽ:! ゝ、     , ィ'´ l: :.:/ ヽ,
      l  `'   `'ー ‐,' ´ / ./: :/   ヽ,
     ./`j   ,ィ====ォョ、´_  .//     ゝ‐-、
      l...ゝ,   《   ,ィク`ij"ゞミト、´     r-、ノ´`´.i!
     /....イ、  ゞ=ィケ"〃.ij!   〉〉   _,-'..................i!


.

712 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:46:04 ID:OViR6iUQ



           |三三三三三三三|
       ┌―! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i=¬
        ヽ三三二ニニニニ二三三/   ま……まあ、なんで自分が
            /.:.:.:.:ハ、.:.:\.:.:.:.ヾ.:.:.:.:ヽ   こんなことしてるんだろうとか
         l.:.:|:_/∠_`\ヽ  ̄ \.:ヽ.:   色々疑問もあるけれど……
          ヽ/____   ヾ┬―ゥ ヽ.:.:   慣れてくると、こんなの作業かな。
          !`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' /レ' 
  r"´     |.:.:.:ゝ    _     /.:.:|  よし、深く考えずに
 (   =‐'   ヽ.:.:l|ヽ、___ヽノ_ ,ィ i:|.:l|.::,'  次の雄、行ってみよう……
  ゝ-'         \:ト、}-‐斤ヒl、レl/|/   考えたら負けだ。
    r、         /}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^ヽ._/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j  `ヽ、}}  /X |  {{  |


.

713 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:46:29 ID:OViR6iUQ


【次の雄】
              _. -―-  ._
            .:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ:、:`丶
          /:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /:.:.:.:./:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         /:.:.:.:./:.:.:l:./:.:.:.:.:.,:イ:.:.:.:.:.ヽ:.:.!:.:.',
         |::.:.:.:':.:.:.:l:.:.:_:.:/ l:i:.:.:.:.:.:.:}:.:|:.:.:.|     おどおど
         |:.:.:.l:.:.:.:l:.:./`ヽ. |i|:.:.:.:.:.:.ハ:.l:.:.:.:l
         |:.:/!:.:.:.:レ'、    l!|:.:.斗/'"}|:.:.:.:|
         |:.:、!:.:.:.:lr'、 `ヽ  ヽ.:∠-ァ/!:.:.:.:l
         |:.:.:|:.:.:.:.lゞーフ′   之/'/.:':.:.:.:,′
         ゞ:.ハ:.:.:.:.ト、u     ""/:./:.:.:,イ
          /:: 、:.:.:.| \  . ′.イ:.:/:.:.::/
          ヽ::ヽ:.:lヽ  .{`Ti/ i>く,//::/
         ,/、  `ー<`ニア / /_.ゝつ
         / _. ゝ 、  /-}ト、\ ´ く
        ./ / ` ー-\{ー〈ハ`; \   `:、
       / /       }|::::::∨ | /`  }
       / /    _ __ト;::::::::ヽ l、/    ,′
      ; 〈           ヽ::::::/ r7   /


.

714 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:47:16 ID:OViR6iUQ


         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:   …………あー……
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三   若い雄もいるんだー……。
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽヽ _:::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヽ-‐:::ハ!´ ヽ :: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三  僕と同い年くらいに見えるなあ。
       |::l!:::::::/::::|, -‐、'l ヽ-ゝ ゝォ=、=ァ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三    変に現実感が戻って来ちゃったよ……
       |::ハ::::/:イ::|_,.= 、\     r:::ハリ イ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ- ' j/!イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|  -'            /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヽ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
         ヽ:::::トー`   _ _         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
          ):::ヘ     -         /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ::::::ハ     |     |/  __│
.              l:::::ヽヾ`'       |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\



.

715 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:47:50 ID:OViR6iUQ



蒼星石が戸惑っているのでこちらも戸惑っているらしい
                 ↓

            , ─ 〈       !┘ ̄\ト.
           <    | `l ヽ  '     ,.イ ̄\丶
.         /⌒´ヽ ィ彡 ──  ミト ミ/.   ∧_:\
        >、  , イ: : : : : : : : : : : : : :`:' ,ヽ  ィ ヽ: '.,
         /  ./: : ,'/: : : : : : : : : : : :ヽ : : : \\ <: :
        \/: : : :/: : :::!: : : : ::::|: ミ: : : \!: : : ヽ乍 |: : !   びくびく
          ,': : : : i: : /|: : : : : ::!: ! \: ,ィl: : : : : :「 ̄: : :|
          : : : : ::|∨  ',|!: : : : :!!:|   <::レ: : : : l: : !: : :
          |: : : ≧ト' 、 ___!l',: : :::リトミ---≠'|: : : : : :!: :∨: ::l
          |: : : : : |,≠=ト.ミ \:ノ' j Lィ≠乍≧x: : : :l、: :∨: :'
        : : : : : :イ{ 匕::::l`    ´ !,代ノ:lリ: ! : : : ト∨i∨: !
        i: : : :ヘ: :l} ヒ:::斗     ヒ:::_Vl / : : : リ ∧|\: ',
        |: !: : ::ヘ: l!::::::::  、    :::::::::::,'イ: : : : :ケ: : : : : ト: ',
.          V:',: : :::ヘ人           / ,': : : : /:: : :l: : : | ヘ:
         ∧:V : : : \.>   ´ `    / ィ: : : /,': : : : !: : ::|  `
          l/ i::ヘ: : ∧: `: :>.、   _ イ .,': : :,::/ : : ∧|\: L --、
        ,ヘ::',\:∧: : :/ : ::_Τ __ ィ/: /イ∧:::,' /    /  |
          /  \ ' ∧<┼ -L/ヘ, -ケ≠.<ト/ ∨'´  _ ト.  レ、
       {       {\  _{  ト、_´     /  >‐'    /レ ∧  |
       トj    / ヽ    /‐ l       /\ {     ∨:::::∧. |


.
.

716 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:48:13 ID:OViR6iUQ



     l: : : : : :ハ: : : : \: : : \: : : : :: ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
      l: : : : : : ハ\: ::: ::\: : : \: : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : :: :l
      l: : : : : ::: ハ: :\: : : :\: : :::\: : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ   ……しょうがないか。
      l: : : : : : : : : : : i> ,: : :丶 、: ::ヽ : : :: :::\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
     l: : : : ヘ: : : : : ハミ  ≧: : : : : : : : : : ヾ: : ::\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::i∨:ハ   お仕事だもんね。うん、お仕事だお仕事だ。
.      i: : : : : :\: : : ∧゛ fr丁i¨”≧==- _: : : ` 、: :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::i  \|
.      ハ:::iハ: : : :ハ: : : ∧   lりi  メ    テ=z _: : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
       \iハ: : : :ヘ l\__ゝ ヽ孑´      i: : : : :” ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l     カチャカチャ
.         \rxヽ、              |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r.l  
              ソ xXXXXXXXXx.  |: : : : : : : : : :x: : : : : : : : : : : : : : : : / リ
             <                 /.i.!: : : : : : : ::l l: : : : : : : : : : : : : : /       せいっ
            \         し //l: ,': : : : : : ::l. ハ: : : :: : : : : : : : ::/ 
                 i _          // l::,': : : : : : ::l   ハ: : : : : : : : : : :i
              `r          j/ l,': : : : : : ∨   jハri: : : : : : i           ブスッ
               \         /: :,: : : : ::∨      _゛_\: : :i
                     ∧      /: ::il: : : : :∨_ zヤ  ̄   {∧:i
                /:::::¨テ≦ ´/: :://: : : :∨        ∧¨i
                  /:::::/ //  /:::://: : :x:∨           \
                   /::::/ j/rZ /:://:::/i::/                \
               j/  f  ムイ .// i:/   __.  fz⌒Vrヘノ`'ー-、_r‐、_
                 z- k-z .ツ   ~    { ゙√


.
.

717 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:48:27 ID:OViR6iUQ


: : : : : :/: ::::/        |: :|::i: : : : : : :,'::::::|:: i:|      \::::::.: :|: : : : : : : : : : : :|: : :
: : : : : :l:.:.::/            |: :!::|:.: : : : : :i:::::::i:::ハ|           ヾ::: :|: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : : : :|:.:/       ____」:.:|ムィ: : : : ;': :ーz/」'___        ',:.:|: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :   アアッ!?
: : :|: :.:.レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ーキ::|:::::',::::i: :/::::::/};' |=‐-  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ!: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :i: : :.|______    ',ト、:::ト:::V:::::::// /    _____ |: : : : : : : : : : : :.|: : :
: :.:.|: ::,ィfア¨示ニ,ニ、ニ、ニ≦  ヽヽ:::::::/ ′ ィfニ,ニ,ニ、ニニ!¨゙ミ≧、: : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :.', ´ヘ《  |{ニノ:.:.:.:.:.:勹:}|      `'´    |L,r':.:.:.:.:.:勹:.}|  》イ: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : :ヾ : :ヽ r彳}:.:.:.:.:.:.:.ィ:i|          。    r彳、:.:.:.:.:.:.ィ:i|  イ: :/: : : : : : : : : :.:.:|: : :
: ::::i: :..',: :.',  ゞ========く              ゞ========く  /:./: : : : : : : : : : : : |: : :
: ::::|: : : ト: :i: /i/i/i/i/i: .        . : :/i/i/i/i//:./: : : :|: : : : : : : : :.:|: : :
: :::::',: : :| ヽ:',: : : : : : : : : : : :           : : : : : : : : : : : :/:/|: : : .::|: : : : : : : : : |: : :
: :::::::V: :'.ー\:、  u            .:i|           u    /;イ_i: :.:..::::|: : : : : : : :.:.:|: : :
: :::::::::',: : ',∧ ヾ                   o    /´//i: : .::::::|: : : : : : : : :.|: : :
: : ::::::::V: :Vム `             r = 、          ´  ///: .::/.::::!: : : : : : : :.:.|: : :
::. : ::::::::',: :.:V/ン、           ̄ ̄´          ィ//': .:::/.::::::!: : : : : : : : :|: : :
:::::. ::::::::::ヽ: :V//へ                         ,∠///: ::::/.::::::::|: : : : : : : :.:′: :
: :::: ヽ::::::::::',: :V////>                     </////. .:::/.::::::::::|: : : : : : : : : : : :


.

718 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:48:41 ID:OViR6iUQ


              r─────-、、  ビクッ!
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/   (うわビックリした! 若いせいか反応が違う!
             _ノ_____  ̄``丶、/     ヤケに艶めかしい声を出すんだなあ……
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_     ドキッとしちゃったよ)
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
         ヽト、::::ヘ       u /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\



.

719 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:48:56 ID:OViR6iUQ


            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ``丶、
            |   . : : : : : :        `丶、
            | . : : : : : : : : .          \
            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄``丶、      \  (………………)
        「  ̄ ̄ 二二二ニ ニ丶、   `ヽ、    /
        ! !             `丶、   \  /
        ', L__ __ ___ _       `丶、 V
           〉.:::::::::::::小:、: : : : ``丶、      `ヽ、
        /;.:.::.l.l.:::/i::l.:.:.ト、:.:.:.:.:.:. : : : :.`丶、     〉
          //.:.:l.:l:レ' i.:ト、;ト、:ヽ、:.:.:.:.ヽ: : : :: : : `ヽ、 /
       l/ i.:.:l::|´ ̄l.:l  ヽ仁lニミヽ.:.!::::::::::::::::.:.:.:.:.:「
            VN:!行F::l   〒テテミヽ.::!.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!
           l:1 少'リ  弋辷ソ l:.:.:!.:.:.:.:;.::::!.:.:::l::::!
           l:.l         /.:/.::::::/:::/:::/:l::;′
           l:.ト、          /,:イ.:.:.:./.:./.:./://
           l.:l:.:ヽ  `       ,'.:.:././.:./://
          l.:.:.:/ \_ _   イ.:.:/l´.:./l/
          l.:.:/     i   l.:./ 」.:/  ′
          |:/     _,ム _」/ ̄`L_
              ′ _,. イィ介:、       >ュ、
           ノ「フ7 l//iト、 ヽ     /_ノ.:.:.:.ヽ
          /7´ l L_//} ト、ヽノ    /_ノ.::::::::: ゙、
           〃   `7/ ,} l |     j 〈.::::::::::::.:.:. ',
           〃′  // ,} l |       j_ノ.::::::::::::.:.:.:. i
          〃′  l/  ,ノ l |     j_ノ.:::::::::::::::::.:.:.:l


.

720 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:49:17 ID:OViR6iUQ


            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ``丶、
            |   . : : : : : :        `丶、
            | . : : : : : : : : .          \
            | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄``丶、      \  (………………ふむ)
        「  ̄ ̄ 二二二ニ ニ丶、   `ヽ、    /
        ! !             `丶、   \  /
        ', L__ __ ___ _       `丶、 V
           〉.:::::::::::::小:、: : : : ``丶、      `ヽ、
        /;.:.::.l.l.:::/i::l.:.:.ト、:.:.:.:.:.:. : : : :.`丶、     〉
          //.:.:l.:l:レ' i.:ト、;ト、:ヽ、:.:.:.:.ヽ: : : :: : : `ヽ、 /
       l/ i.:.:l::|´ ̄l.:l  ヽ仁lニミヽ.:.!::::::::::::::::.:.:.:.:.:「
            VN:!行F::l   〒テテミヽ.::!.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!
           l:1 少'リ  弋辷ソ l:.:.:!.:.:.:.:;.::::!.:.:::l::::!
           l:.l         /.:/.::::::/:::/:::/:l::;′
           l:.ト、          /,:イ.:.:.:./.:./.:./://
           l.:l:.:ヽ  `       ,'.:.:././.:./://
          l.:.:.:/ \_ _   イ.:.:/l´.:./l/
          l.:.:/     i   l.:./ 」.:/  ′
          |:/     _,ム _」/ ̄`L_
              ′ _,. イィ介:、       >ュ、
           ノ「フ7 l//iト、 ヽ     /_ノ.:.:.:.ヽ
          /7´ l L_//} ト、ヽノ    /_ノ.::::::::: ゙、
           〃   `7/ ,} l |     j 〈.::::::::::::.:.:. ',
           〃′  // ,} l |       j_ノ.::::::::::::.:.:.:. i
          〃′  l/  ,ノ l |     j_ノ.:::::::::::::::::.:.:.:l


.

721 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:49:59 ID:OViR6iUQ


ヽ      /     /. \ \ \\\\\ \ '、
  \ /     /\\ \ \ \\\\.ヽ ヽ∨    (試しにこねくり回してみたら……あ。反応が良いや)
   /     /\\.\\ \ \ \\\\\ V
  く     /l ト、\ヽ \\\ \ `x.^\\\ヽ.ヽ ',
   \   /釗| | .ト\\\\\\/ ,. -‐.┐、\ヽ\ ',     ぐっちょぐっちょ
.      \/ /.l l//ハ\\ヽ \ヽ `  ィ{:;{i:;jリ.j | | ! | l\}
      ∨| l|l|l,.. -‐\\ヽ\. ′ヾ`ニ′ハl | | |∧|
.         '、.{. ! | | | _ z.-‐-、          //l l | |  }       アッアッアッ
         \| i ||弋{:{i:;jリ.j     、     /'./| l | |
          i\l i \`` ‐′   _,.. '    / .| l l釗
          |  |\ \\         /  ! l | ー─--
           i  {   \ \` ー----、‐‐´   / |
.          \__   \ \\,.'´ ̄ `ー 、r′
              / ̄ \ \    _, イ.{iー-、


.

722 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:50:12 ID:OViR6iUQ



: : : : : :/: ::::/        |: :|::i: : : : : : :,'::::::|:: i:|      \::::::.: :|: : : : : : : : : : : :|: : :
: : : : : :l:.:.::/            |: :!::|:.: : : : : :i:::::::i:::ハ|           ヾ::: :|: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : : : :|:.:/       ____」:.:|ムィ: : : : ;': :ーz/」'___        ',:.:|: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :    ぐっちょぐっちょぐっちょぐっちょ
: : :|: :.:.レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ーキ::|:::::',::::i: :/::::::/};' |=‐-  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ!: : : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :i: : :.|______    ',ト、:::ト:::V:::::::// /    _____ |: : : : : : : : : : : :.|: : :
: :.:.|: ::,ィfア¨示ニ,ニ、ニ、ニ≦  ヽヽ:::::::/ ′ ィfニ,ニ,ニ、ニニ!¨゙ミ≧、: : : : : : : : :.:.:.:|: : :
: : :.', ´ヘ《  |{ニノ:.:.:.:.:.:勹:}|      `'´    |L,r':.:.:.:.:.:勹:.}|  》イ: : : : : : : : : : :.:.|: : :
: : : :ヾ : :ヽ r彳}:.:.:.:.:.:.:.ィ:i|          。    r彳、:.:.:.:.:.:.ィ:i|  イ: :/: : : : : : : : : :.:.:|: : :     アッアッアッ  アッー
: ::::i: :..',: :.',  ゞ========く              ゞ========く  /:./: : : : : : : : : : : : |: : :
: ::::|: : : ト: :i: /i/i/i/i/i: .        . : :/i/i/i/i//:./: : : :|: : : : : : : : :.:|: : :
: :::::',: : :| ヽ:',: : : : : : : : : : : :           : : : : : : : : : : : :/:/|: : : .::|: : : : : : : : : |: : :
: :::::::V: :'.ー\:、  u            .:i|           u    /;イ_i: :.:..::::|: : : : : : : :.:.:|: : :
: :::::::::',: : ',∧ ヾ                   o    /´//i: : .::::::|: : : : : : : : :.|: : :
: : ::::::::V: :Vム `             r = 、          ´  ///: .::/.::::!: : : : : : : :.:.|: : :
::. : ::::::::',: :.:V/ン、           ̄ ̄´          ィ//': .:::/.::::::!: : : : : : : : :|: : :
:::::. ::::::::::ヽ: :V//へ                         ,∠///: ::::/.::::::::|: : : : : : : :.:′: :
: :::: ヽ::::::::::',: :V////>                     </////. .:::/.::::::::::|: : : : : : : : : : : :



.

723 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:50:29 ID:OViR6iUQ


            ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ   ぐっちょぐっちょぐっちょぐっちょ
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    アッー  アッー  アッー
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉






            ,. -── -    ポッ
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、     (これ……ちょっとイイ……かも?)
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i   ぐっちょぐっちょぐっちょぐっちょ
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ぐっちょぐっちょぐっちょぐっちょ
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l   アッー  アッー  アッー アッー アッー
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
          ハ'、  ////|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉



.

724 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:51:28 ID:OViR6iUQ


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \        はいそこー、
 /  (●)  (●)  \      尻いじくるのが楽しいからって
 |      (__人__)    |      遊んじゃ駄目だおー?
 \      ` ⌒´   /





.   ___
  |───|
 <二二二二>  ハッ!!
 (i,ノo レ'oリ,)
.  lル Д lノ   ぼ、僕は今何を……
  /|~介~|\
. <ヽ l__||__,l_/ >  ……いや! 誤解だよ、やる夫!
  l` lニ爻ニl,´|   これは違うんだ!
  l,/::::::::::::::', |
. /:::::::::l:::::::::',
. 〈:::::::::::l:::::::::::〉




.

725 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:52:50 ID:OViR6iUQ

┌─────────────────────┐

 ワンダーランドに少し馴染みつつある自分に
 気づき、苦悩する蒼星石だった。

 彼女の明日はどっちだ。

└─────────────────────┘


.

726 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:53:06 ID:OViR6iUQ

.


┏━―――――――――――――――――――――――――――――――━┓
┃                                                ┃


            埋めネタ : 蒼星石・イン・わんだーらんど2

                       おわり
┃                                                ┃
┗━―――――――――――――――――――――――――――――――━┛



つづく……のか?





.

727 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/01(月) 21:56:11 ID:OViR6iUQ
>>684 寝取られる男が不幸になる様は好きじゃないんだけど、
>>女が回数重ねる毎にどんどん罪悪感とか無くしてって、貪欲に間男を
>>貪る姿に凄くエロスを感じる。
あーいいですね。
あれで寝取られる男が気の毒だなー、と思えるところが
なければ寝取られものももっと好きになれると思うのですがw

728名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 22:03:33 ID:6v6DGU9o
頬赤らめる蒼星石にドキドキしたw 乙

729名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 22:04:34 ID:Npq5qXVg
アリかも……ハッ!?
俺は正常だ俺は正常だ俺は正常だ乙でした

730名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 22:04:49 ID:b0iXW1tI
乙でした、つい我慢できなくなって投下中に書きこんでしましたが、再度

うん、これはひどい、もちろん良い意味で(笑)

イイオトコはギャグでしかないけど、秀吉ならイケてしまうのはどうなんだろうか
ちなみにNTRは罪悪感と快楽に揺れるのが良いですよね〜

731名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 22:19:38 ID:sAO45J0.
乙!
むかしのパソコンパラダイスの紹介程度にしかしらないが
変態の国のアンジー(PIL)っぽいなw

732名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 23:25:10 ID:GBV/qTvM
>変態の国のアンジー

あそこまでぶっ飛んだゲームって、今じゃ作れないだろうな・・・
個人的に遊んでみたいけど。

733名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 23:29:26 ID:ClQksDro
俺も蒼星石にケツをこねくり回されたいぜ…

734名無しのやる夫だお:2010/11/01(月) 23:43:26 ID:sw1vQUfk
蒼の子は何を使ってナニしてるのだろう。

>>1続きthanks

735名無しのやる夫だお:2010/11/02(火) 01:08:43 ID:s8yml6GI
蒼の子のおしりのはじめてまだかなあ…

736名無しのやる夫だお:2010/11/02(火) 01:10:41 ID:pqXUcMxk
入れるも入れられるも初めての時は違和感だけど
何回もやってるとすごく気持ちよくなるからなぁ

737名無しのやる夫だお:2010/11/02(火) 01:38:19 ID:MFfK8gnc

新シリーズこれで行こうぜw

そういやフェイト編IFとかここの二次創作まとめてる所はないのか

738名無しのやる夫だお:2010/11/02(火) 03:27:24 ID:SNKt/ReQ
変態の国のアンジー懐かしいなあ
キム・タックとかぶっ飛んでたw

……ホモミルク、準にゃんは居るのか!?

739名無しのやる夫だお:2010/11/02(火) 09:34:41 ID:lu45JytU
>>737
「大人な趣味でやる夫を纏めるお!」というサイトで纏めてるよ

740名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 06:04:08 ID:OWfmSbh6
NTR、人妻の場合なら最初に夫とのエッチ(濃厚ラブラブ)があると
落差が大きくなって燃えるんですけどねー。
そういう前提があった上で、間男によって犯される喜びに目覚めていく。
そんな展開がイイというかw

・初期「こんなの……夢よ、悪い夢……! 助けてあなたあっ……!」
・中期「違う……違うの、私……淫乱な女じゃない……でも、体が火照って……」
・後期「どうして……? 犯されてるのに……、犯されてるのに勝手に腰が動いちゃう……!」
・末期「ごめんなさい、あなた……。私、もう戻れない……」

みたいな段階を踏むのがいいなあと。
無論フィクションとリアルは分けてますw

741名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 11:27:24 ID:c/Ya4I4.
その後さらに、
最終段階「あなたに見られてるのに・・・・。」
とか続く。

基本幸せなのが良いので、NTRは趣味じゃないなぁ。
だから神仏派だったよ。

742名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 14:57:22 ID:HD3sjin2
ホモ牛乳はホモの牛の牛乳だと小学生のころ思っていました。
いいぞもっとやれ。

743名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 17:39:01 ID:KnDwp68I
そういえばここでのNTR談義ではあまり
『処女の女の子NTR』
ってのはありませんね。

個人的には一番ダメージがでかいと思うんですが・・・

744名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 18:52:25 ID:4cAb6dnQ
>>743
考えても難しくね?
くっついた後だと強姦とかじゃないと説得力無いし、
そこから口説かれたとかだと

・彼が手を出してくれない。どうすれば→どうすればいいか教えてやる

って感じの頭弱い子が間男にやられるパターンとか……
んで、くっついてない場合だと、自分からアクション起こさないから
他の男に掻っ攫われたとかで、寝取られ的に大したダメージ受けないんだわ。

まあ、仲睦まじい描写してから不良共に因縁付けられて目の前で初体験なのに
グチャグチャに犯されるってのも様式美があって良い物とは思うけど。

745名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 19:18:41 ID:.ty/6PsA
>>744
因縁付けられて目の前で云々ってのもNTRってよりもただの強姦の比重が大きい気がするな

処女NTRで不自然でなく頭弱い子でも無いっては難しいな
自分は一番ありうるやつとしてまだくっついて無い子が、ってのが思い浮かんだが
>>744みたいにあまりNTRっぽく感じないって人もいるしなぁ

まぁ個人の好みだな

746名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 22:00:55 ID:KnDwp68I
>頭弱い子

この一言で「たけのこ」って単語が頭をよぎった…

747名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 22:16:10 ID:QhHQZQtQ
幼馴染を寝取られる、に特化するなら、たけのこは良い物ですぞ

748名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 23:09:51 ID:KnDwp68I
でもあれ、余りに幼馴染の頭が悪すぎて萎える…

749名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 23:16:05 ID:4cAb6dnQ
たけのこって何の略語?

750名無しのやる夫だお:2010/11/03(水) 23:24:02 ID:QhHQZQtQ
たけのこ星人と言うエロ漫画家、NTRに定評がある

まあ、アレよ、エロ漫画だぞ?シュチエーションがあればいいのよ
リアルよりも、ギャグ的なまでのデフォルメ人間模様で気軽に参加できる方が楽しい
レイプ屋脅迫から始まる恋とか、エロ漫画以外だとギャグ以外無いが、エロ漫画なら成立するし

751名無しのやる夫だお:2010/11/04(木) 00:00:53 ID:D21JI2Aw
シャチエーション

752名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 03:14:48 ID:cWYhaE9A
もしかして>>1さん規制喰らってる?

753 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 22:18:18 ID:ph7xXtrs
どれどれ?

754 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 22:20:33 ID:ph7xXtrs
大丈夫のようですw

リアルの都合

755 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 22:21:38 ID:ph7xXtrs
途中で送信してしまいました(汗)

リアルの都合で書きこみを控えていただけです。

756 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 23:02:08 ID:ph7xXtrs
さきほどから考えているのですが埋めネタが思いつきませんw
お題を安価で募集してみます。
お暇な方はご協力を。


安価1 : ヒロインは誰にしましょう?

1.泉こなた
2.蒼星石

757 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 23:02:35 ID:ph7xXtrs
安価レスは、早かった人です。

758名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:03:11 ID:kr22rfsY


759名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:03:16 ID:4FFTjgb6


760 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 23:05:12 ID:ph7xXtrs
おお、もう御回答が。ありがとうございます。
それにしても蒼星石人気ですね……w

では次の安価。

主人公は誰にしましょう?

1.やる夫
2.やらない夫

761名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:05:24 ID:EjXiOlbE


762 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 23:09:00 ID:ph7xXtrs
主人公はやる夫と。


ではやる夫と蒼星石の関係はなんでしょうか?
1.恋人
2.夫婦
3.幼馴染
4.それ以外(具体的に)

*ただしそれ以外を選んだ場合、作るのが難しそうなら
パスします。あしからずご了承ください。

763名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:09:46 ID:Sp63Qpf2
3

764名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:10:10 ID:ORfOOj0g
3+αで.近所の兄貴分と妹分とかどうだろう

765名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:11:13 ID:DDXSRj7s
3で

766名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:11:49 ID:EjXiOlbE
4
兄妹

767 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 23:16:06 ID:ph7xXtrs
幼馴染ですね……。

では敵役……まで固定すると
シナリオが作りづらいのでフリーにさせていただくとして、

安価ではなくアンケートですが、

・こういうシチュがあるといいなあ(チラッ

みたいなものがありましたらご自由にどうぞ。
シナリオに挟めそうなら挟むという方向で作成します。

768名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:16:55 ID:GZXVZnlY
NTR…

769名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:18:15 ID:V3yI5Atc
寝てるところを起しに来てくれるシーンとか

770名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:19:19 ID:ORfOOj0g
搾乳とかどうだろう(チラッ

…と言うのは冗談で、焼き切れるぐらいまで快感与えられて失神した姿を目撃とか

771名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:19:55 ID:DDXSRj7s
どっちかというとギャグ方向の話がみたいですね

772名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:28:42 ID:9WDMZTR.
敵が出るってやっぱNTRなのか

773名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:28:44 ID:vfzot70o
青姦!
もしくは夜這い!
伝統的かつ普遍的なシチュエーションが大好きです!

774 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/05(金) 23:31:18 ID:ph7xXtrs
ふむふむ……御回答ありがとうございます。
搾乳はともかくとして(笑)、
それ以外は――やるやらないは未定ですが――
可能かなと思います。


尚作成開始は明日からの予定ですので、
アンケートは引き続き募集させていただきます。

・こういうシチュがあるといいなあ
・こういう仕掛けが燃えるなあ
・シチュや仕掛けじゃないけど
 俺得な要望があるんだよなあ

などなど、遠慮なく仰ってくださいませ。
シナリオとの兼ね合いがありますので必ずとは
お約束できませんが、前向きに検討いたします。

775名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:35:12 ID:EjXiOlbE
>>・こういう仕掛けが燃えるなあ
と言うと
数話前に死力を尽くし決着をつけたライバルが、さらなる敵の出現で一時的に味方として云々とか

776名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:35:30 ID:.7dgsawk
NTRというか、凌辱。身動きできないやる夫の前で蒼星石がレイプ

777名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:37:32 ID:V3yI5Atc
夢オチとみせかけて現実だぜ! とかも好きだわw

「ああ、あれは悪い夢だったんだ……」って淡い夢を問答無用でたたき切る時の絶望感、大好物です

778名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:38:48 ID:GZXVZnlY
やらない夫が何らかの形ででも出れば俺得

779名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:40:54 ID:2AQczsyM
つまりやらない夫に寝取られる、と。完璧だなw

780名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:49:19 ID:NgwmJTRk
緊縛

781名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:54:20 ID:mYaM1Pps
逆にやらない夫から寝とるとか。或いはやらない夫の妹の蒼星石を知らないうちにやる夫が……とか

782名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 23:56:41 ID:4FFTjgb6
やる夫と蒼星石が、淫魔に取りつかれたやらない夫を助ける。
ただし、ヒロインは蒼星石。

783名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:02:19 ID:CGLs9PcM
クール系のツンツンなサブヒロインが一人いると俺得。
最初はやる夫に批判的・冷笑的で、やる夫への評価は常に「バカな人」。
それが次第に惹かれていき、やがて「バカな人」の後に

「……でも、嫌いじゃないわ」(←パッと見わからない程度に微笑んでる)

とかつけ足すみたいな感じで。
ただしやる夫への好意を自覚した時には手遅れ、みたいなのだと最高です。
得てしてこういうヒロインが異次元騎士な展開に巻きこまれるわけですが!
「イヤっ、助けてやる夫!」と叫びつつ、敵(?)の面々に処女を散らされ
代わる代わる犯されたりなんかしたら……。

※これは提案とかではありませんで、「そういう性癖の人もいるんだなぁ……」
くらいに読み流してもらえると有り難いですw
でも、展開はともかくクール系サブヒロインが一人いてほしいなぁ……と
思っていたりはするんですが。

784名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:08:20 ID:4kgvERJE
>>783
一瞬、某ルナかと

785名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:11:59 ID:2CMa/mBM
異次元騎士だと最後がシャレにならん

786名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:14:24 ID:DcK.HXaI
やる夫と蒼の子(生えてると好ましい)カップルによる、やらない夫調教・・・・いや、本気で誰が得するんだよ

787名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:16:43 ID:qS0O8gXM
異次元騎士って、「こんな黒人の知り合いはいない」ってアレか…。

788名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:25:45 ID:iuNfb8.o
>>787
それいじょうはいけない

ジャンヌが萌えるからそれでいじゃないか

789名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:34:30 ID:BNdQrwhs
個人的には妹である蒼星石を溺愛するやらない夫。そんな彼が偶然、やる夫と蒼星石の初Hを目撃してしまい、とかが・・・。
妹への溺愛具合を思いっきり演出して見せれば、悔しさは半端ないんじゃないかと。やる夫と蒼星石がらぶらぶであればある程。

790名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 00:41:25 ID:IxRFU9mY
淫魔に取りつかれた蒼にやるやらが一滴残らず搾り取られる

791名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 01:07:39 ID:5XdmWtMk
SM! SM!

やる夫と蒼聖石両方とも変態趣味

792名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 01:41:27 ID:0kk51PTE
SM!緊縛!奴隷屈服!!!でもたまにはラブラブSMもみたい!

793名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 01:49:42 ID:jzeNyVqs
埋めねたっつーことをわすれるなよお前ら

794名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 02:33:26 ID:4JMR1E3M
陣痛イイィィ!

795名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 05:35:58 ID:y3.dG.Kc
せっかくなんで>>1力説なNTRド鬱シナリオで行って欲しい

796 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/06(土) 08:42:46 ID:PKxiqH6g
おはようございます。

深夜でありながらたくさんのアンケートへの御回答を下さり
ありがとうございます。
頂戴した内容を勘案しつつ、これからネタを考えてみようと思います。

尚、書き上がるまではギリギリまで挟める可能性があるので
他にもございましたらどうぞ。

797名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 10:45:01 ID:IxRFU9mY
一見純愛に見えるNTR、もしくは一見NTRに見える純愛とか。

798名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 12:21:05 ID:exCE4CRU
蒼がやる夫に完全に調教されているので、間男が何をやっても寝取れない。
という、後味の良さそうなNTR?を推してみる。

799名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 12:23:48 ID:4JMR1E3M
間男と思いきや、主人公の調教の一環でしたってオチか

800 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/06(土) 18:00:02 ID:PKxiqH6g
昼を食べてから寝て、起きたら五時でした……orz

今から制作再開。

安価質問:次のキャラのうち敵役にするとしたら?


1.伊藤誠
2.夜神月
3.ルルーシュ・ランぺルージ


例によって早い者勝ちです。

801名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 18:01:46 ID:vK.jTVwQ


802 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/06(土) 18:13:14 ID:PKxiqH6g
了解です。ではルルーシュで。

それにしてもなんという反応速度w

803名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 23:29:32 ID:aFg3GUfQ
1秒w

804名無しのやる夫だお:2010/11/06(土) 23:42:17 ID:Tpq2Up3I
1分な…

805803:2010/11/07(日) 00:38:26 ID:oiwNkOPo
素で見間違えてたわ・・・

806 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 14:18:49 ID:mnl/001w
*フォーマットのテスト*






      [ 萩野やる夫の幼馴染 : 久坂蒼星石 ]

        〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
        ヽ::::.:/ , -'"´              \
         Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
         /.::::::::.:.:.:.:., ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        \.::::::::::,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ     
         \,:: イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::i|:::!:::::|
          /::::::::::::::.!:::::::::::::::::::/::::/:::::::::::: | 从::i}:|::::!    
             {:::::::::::::::::|:::::::::::::::/// ヽ、:::/}气ノ:::i};i}:|
             {i::::::::::::::::|:::::::::::::/,ィ'::丁i   V' {b::{:::イl l|     
            ∨:::::::::::::!::::::::イィip::::::ム      ゝ'ヽ:/リ
            \:::::::::ヽ:::::::乂戈マツ'      /!//
             ヽ:::::::::.\::::::> /!/   _ _  / i、|
              ムイ:::::::::`:::>      `´ /{ / `
                  〉ヽ)ヾ)从}ノー==ァ―イ::;、/
            __ ノ  .r⌒/ノ〈´ ̄  `ーV l/
               iノ  / /.  //ノ 〉       \
              人  i  i  // Y-'            \
           l  ) ',  ∨〈⌒      、___      \
           | ∨、〉 / /フ     ⌒/´ 弋     ヽ   |
           ヽヽ ) ∨/て{           ヽ、
            ∨i.`t_ノ〈ヌ, ヽ、         、   }〉〉\
             ヽ / ハ: { `        |.  :ノ /  \
                 〉} /  ∨ヽ       i‐ァ'//
                 レ {.、  ∨∧      |´//
              ミ/.|   .∨∧       !//
              |' i    `ヽ \   ノ/
              | ノ     `>  >'´ヘ!
             >'-=7ーx―'_.ィ ―レ'
            /  人_i´   \二二_ヲ
            八i´/::  |\   r'    ヽ
           /  ノ::   }  ゝ-'      i〉
          /  /::    ',  |        '!
       r'´ /   /   .|  |ヽ       .〈
     / ./.ノ   ∨   ! }{ノ{        ∧
    / ./ 〈/   /    / 人ノヽ       .∧
.    / ./.  ,'    i   . //  ヽノ\     ∧
   ヽ〈.   |    ', //     ヽ-'ヽy―!-、_〉
     レ'    ',   /∨          `ー}_人r'
         ヽ     \_          !
           \   ノ i `         }


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  すこし顔を赤らめながら、彼女……蒼星石が振り向く。

 「もう。僕にこんな恰好で支度をさせたかと思えば、
 そんなことを……。

 一体やる夫はどうしたいのさ。
 ご飯にしたいの? それとも……僕、なの?」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

807名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 14:29:42 ID:20AS1amQ
・・・ふぅ

808名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 16:46:06 ID:cpIoPdaU
MO・GE・RO! MO・GE・RO!
N・T・R! N・T・R!

…ふぅ

809名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 16:52:24 ID:iqu/HAJk
この蒼がNTR…股間が熱くなるな

810 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:09:31 ID:mnl/001w
ではやっとこ 1 話 が 出来ましたので投下を開始します。


尚、まだシナリオは固まってないところがいっぱいあるのですが、
なんにせよ今回は一切縛りなしで
(つまりエロでもグロでもなんでもアリアリ)
思いつきに任せて進めますので
何が起こっても不思議じゃないという前提でお読みください。


それこそ埋めネタなのに何故か新スレが
立てられることすらありえますw



……どうしてこうなった。

811 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:10:09 ID:mnl/001w




◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆





                やる夫と蒼星石は吸血鬼と戦うようです





◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆




.

812 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:10:25 ID:mnl/001w







                   〜 Epi.1 事件との遭遇 〜







.

813 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:10:38 ID:mnl/001w



□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 01:54
□━━━━━━━━━━━□

  【 東京都七王子市 】


:.ヽ   _     _
:~:::..... ノ~::::: ... ヽ  ,:::::::...)     
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ             ― -
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ          /       \        ホー…… ホー……
  ,....:::::::::........ .........  .....く          /           ヽ
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ        |            |   
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛          |           |   
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ      ヽ          /
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::)     \       /
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ         ー―  .     
.::::....  ........ .  ....::....::::........:....r''                    
.....::::::::.....::::......y.ノ........... .......... :::::/              
:iiiiii::;iii:i; イ........,.,:    ....::::::r''~__;;)
;:;;::'':;ii:::.. | .)ヽ,.......,,............::::::::) (;;;;;;___)                    
ii::  :;i;: ,,V:;iiii;/  :::  ::ノ
:;;;::;;.::;;;: ;; i;;i:/....::::..ノ                        
::;i;..  .::i;:ii:ii;/
;ii;:.:;:..,:;''' r''ヽ_ノ


.

814 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:10:54 ID:mnl/001w


  【 人気のない道路わき 】


 ;;):.:'. ;;:.:. ;(';:.:. ) ; ;;:.:.'` ;);:.:.:. ),.,.,,.,,.   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ;;:'.`):. ; ;:.:. ;;:.:.:;;:,;:;;;:;; ;:;;;:';;;:; ;) ';:.:.'.:). ,.,,.,.,,..  ::::::: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::: :::::::::::::::::::::::
 ;;:.:. ;;:.:)`).( ;;:.:;;;):;;;: ;';;:;;;;: );;;:;:;;;:;;; .);:.:.` ;;:,.:)   :: :: : : :: :: : :: :: : ::: : :: : : : : :: : :   .(:. ;;:.';:.
 ;;:.:. ';;:.:;:.):. `;;:'.:. ;;:.:. ;;:.';:. ;;:.):. ,,,';;:.;ヽ:. ;;:`.:. ;;:.:.)  . . . . .. . .. ... . . . . . . . . . . . . . ;:(.:. ;;:.';:. ;:.:.   ホー…… ホー……
 ':;;`;:;;;:;;:;;)';;:;;;. ;';:.):. ;;:.ヽ;`;:.:;. )''''                     , .,.., ., ;:.(:. ;;:.';:. ;:.:.
 :;;;:;;:;`);ヽ';;;: .) '''|| ' ''' '''                     , .,.., .,(;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.(';:.
 ;;:.:. ;;:.;;;;;;:. )゙,,, ,||. ,,., .,.., .,., .,.,               , .,.., ., (;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.');:.   (;:.:. ;;:.
 i! ii!! i!i,. ;i;';;. ,,.;||;.;i;';.,,;;`;;;;`;;      ___  __  (;:.:. ;;:.'(;:. ;:.:. (;;:.';:;:.';(:. ;: ( ;:((.:. ;;:.';:. .:.
 i!i!i! i!i,.;;.;i;' . :;,||.;;.;,.;;. i;'; ,;;`;;`;;   |iiii|  |!!!!!!!!|(;:,;:;;;:';;;:;:,;(:;;;:;; ;:;;;:';;;: ;.;;.:;;`;(;,.;;.;;.:;;`;;,.;
  i!i!i!|/ ,.;;.;i;;.,; ;;;;||;;;,;;`;,.;;;;;;;i`.;;.;i;';.,,;;`;;;.゙ii|  |!!!!!!!!|.;;.;,.;;.;.;;.;:;;`;,.;;.;.;;.;,.;;.;ii|;.:;;`;;,.;;.;.;;.;,.ii|;;.;
  `i!i!i ,.;;.;i;';. :;;`;||;,.;;.;|i |i;';.,,;;`;;,i;';.,,;;`;; 「 ̄ ̄.;;.;,.;;.;.;:;;`;;.;,i|.;;|ニニニ|i;.;;.;,.;;.;.;;;;;;;;; ;;iii|;,:;
  |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;;|i;`;;|i`,.,;:;;|i`;;;;;;;;;;;`;;i`.;;.;,.;;.:;;`;;i|.;;.;,.;:;;;i|;;;;||;:::`;.;||i|;,.;;:;;`;.;.;:;;`;;.;,.;;.;.
  |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;`|i;`;;|i`,.,;:;;|i,;;;;--`      -- ;;;`;:;;;:;;:;':;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;;;;:;`;:;;;:;
__,,,,,,,,,,-----;;;;:::::::)''''''''''''''"""""~~  /     ヽ        ~~~~"""'''''''''--------,,,,,,,,,,__
:::::::::::::::::::   ,, --''''''"       /        ヽ
  _, --'''""~           /           \




.

815 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:11:07 ID:mnl/001w







                   o
                    ゝ;:ヽ-‐―r;;,    
                ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\     ポタッ……
                "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从  
                   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0 
                  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ   
                  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`  







.

816 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:11:28 ID:mnl/001w





           |/: : : : :|: :..:\   ゝ- '    /:.:.:.|: : : : :ヽ
            ./: : : : :./: : : :/.>      <:|: : : :ヽ: : : : :ヽ   ヒュー
          /: : : : :/: : : : :l: :.ィ | ` ‐ .´・ |¨ゝヘ: : : : \_: : : :ヽ
          ./: : :.rァ: : : : : :/  rノ     ・ 弋.  ヘ: : : : :.ヽ¨}、: :.ヽ     ヒュー
        ./: : :f'l /: : : : : :/ ./¨        .',  ヽ: : : : : :ヽ.|: : :.ヽ











                    o
                     ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
                 ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /    ポタポタポタッ……
                 "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
                    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
                   ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
                   (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
                   "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
                     (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                             ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                             ´  /;:ノ 。  。
                                 ()





.

817 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:11:43 ID:mnl/001w



           [ 近くに住むOL : 朝比奈みくる ]

                   ,、-‐‐z:':´: `'‐.、..、,
                    ,、イ-‐': : '´: : : : : : : : :.`ヽ:ヽ,
              /: : : : : : :l: : : : : : : : : ヽ: : : : :.ヽ,ヽ
           , ': : : :r: : : : :.l: : l: : : : : : : : :\: : : :.:ヽハ
            ./: :/: :/: : : : : : l: :.ヘ: : : : 、: : : :.:.ヽ:.:.:、:.:.ヽ',   ヒュー
          /:.:/: : l: : : : : :. ハ: : :l、: : : :ヽ: : : : :l: : :ハ: :.l:l
            l:.:イ: : :l: : : :l: :/  ヽ斗\:.ト、ゝ,: : : l: : : l: :l:.|     ヒュー
            |/.|: : 从: : :l/.ィセ¨´\'、 \:`l'ヽト、l: : :.l: l: |
            .|: :.ハ: : :.l . ィ示ヽ   ゝ   ィ示ヽ,:l.i: :.ハ/: |
            .|∨: :.r\lイ {r':::::|      .{r':::::lゞ/レ、ノ.:.:.|
             .|: '、: :|Z|:ヘ . 廴ソ   ,.   廴ソ .i: |Z|: : i |
             .|: : : :.ゝ|:.:ヘ      ,  、      ./: :|'´: : :.i.|
           |/: : : : :|: :..:\   ゝ- '    /:.:.:.|: : : : :ヽ
            ./: : : : :./: : : :/.>      <:|: : : :ヽ: : : : :ヽ
          /: : : : :/: : : : :l: :.ィ | ` ‐ .´・ |¨ゝヘ: : : : \_: : : :ヽ
          ./: : :.rァ: : : : : :/  rノ     ・ 弋.  ヘ: : : : :.ヽ¨}、: :.ヽ
        ./: : :f'l /: : : : : :/ ./¨        .',  ヽ: : : : : :ヽ.|: : :.ヽ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               │ 《 朝比奈みくる 》
                                               ┼────────

  ――――痛い。

  首筋がズキズキと痛い。
  生臭い血の臭い。鉄の臭い。目まいに動悸もする。

  視界がブレてひとつの電灯がふたつに見えた。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

818 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:12:04 ID:mnl/001w



                             __   __
                ,,,_________,イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}   ピチャ……
               {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
             _廴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
          ( ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
          ..`ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_
             ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
             {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
              ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴::::::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               │ 《 朝比奈みくる 》
                                               ┼────────

  まるで映画のように私の首から血が流れ出て、体から抜けていく。
 腕を伝って流れ、アスファルトにポタポタと落ちて血だまりを広げていく。

  首が痛い。

  それなのに、どうしてかそれが気持ちいい。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

819 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:12:15 ID:mnl/001w



    /     |: : :'|: :.\'l,      |   | /´        /  ,//|::|
         |: : ∧: :ヘ\,,.ミゞ-     ノ|        // イ: :/ |:|
         |: :/ l; : :.\\      丶     __ ,///| : ,l ‖
         }:/  l,|: : : :\`ヾ `-=―――_,.=-'´/イイ: :,ハ:. ,l  |
         /   | l; : : : :> 、    ̄ ̄´   /イ: : : :| |: |
              l; イ|: : : |::`ゝ、      _,.イ´ |: : :|:.| .l,:|
              |/|/( ̄ー-r->、__,. イーyーー`)/|| l,l
              l  }|ー-―| r―――--l .ト-―.イ l  ヽ
                 | ∧. |│     │ | イl |
                 イ,ヘ|/,-,.|│      | |,-,|.|,n|
             ._/ (^)//)'| |         | .||-ヽ||`> ― 、__
 __,--――'´ ̄ ̄ ̄    ,/ |  | |      | |  |,ハ´        ̄`'ー―--


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               │ 《 朝比奈みくる 》
                                               ┼────────

  私の後ろには、がっちりと、私の肩を痛いほど掴んでいる、『何か』。

  ソイツはじゅるじゅると汚い音を立てて、私の血を飲んでいる。

  ソイツがいったい、なんなのか、私にはわからない。
 
  けれど一つだけ、間違いないことがある。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

820 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:12:33 ID:mnl/001w

                   _ , - - - 、,_
                    ,. :':´: : : : :、: : : : : : :`、ヽ
                //: : : /: : : : ヽ: : : : : : : ヽ
              //: : : : : i : : : : : : : : : ヽ: : : :.:ヽ
              ,:/: : : /: : :.i: : : : :ハ: : : : : ヽ: :ハ: :.ヽ
             ,: : : : :.i: : :/i: : : : : : :ハ: : : : :.ハ: :ハ: : :ハ  フラ……
                i: :i: : : i: :./ ii i、: : : : : i、: :、: : : : : i: : i:ハ
.              |: :i: : : i: :i _斗i‐\: : :ト廴i_: : : : :i: : :i: |
                V i: : : チ´  '、   ヽ:.i  V ヽ: : /: :.:ハリ
             ト: : i: : i,ィチ示ミ      イ示ミx;: /:r,: :/
              i:.:ヽi: :.:! 弋zソ     弋zソ iイ:i iイ|
               | : : |: :.ハ        '     /: : |':.:.:|
                |: : :.| : : :iヽ    ,-,    , i: : : |: : :|
            |: : : |: : : |: :`: 、     , イ: :|: .:.:.|: :.:.|
               |: : : :|: : : |_:> i ` ‐ :i <:_|: :.:.:| : : |
            | : : 斗.:.:.:.|           |: :.:.:|x、_;|
              / '´  .|: :.:.:| ー- 、  , - ― !: : :.|  ハ
          /i     V: :.|           |: :.:/  ハ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               │ 《 朝比奈みくる 》
                                               ┼────────

  ……私はきっと、もうすぐ死んじゃう。

  だって、ほら、血が、どんどん、流れて、とても気持ちよくて、
 体、後ろのソイツに預けて、もう、目の前だって、真っ暗で……






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

821 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:12:46 ID:mnl/001w


    ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::     ドサッ
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               │ 《 朝比奈みくる 》
                                               ┼────────

  …………………………。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

822 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:13:07 ID:mnl/001w











  ■ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ □ □ ■












.

823 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:13:20 ID:mnl/001w

□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 06:54
□━━━━━━━━━━━□

  【 東京都七王子市 】


  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   チュン……
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        チュン……
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."           .  . ..


.

824 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:13:32 ID:mnl/001w


【 荻野家 】


     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |  
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |二二二l二二二l二二二l二二二l二二二l二
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二


.

825 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:13:52 ID:mnl/001w


【 ダイニング 】


              | |        |       q+p
              | | ―――‐, ――‐, ,===//====,‐,―――――
              | |-` ´ - /    .//   ´   //
              | |_´__`___/________/__ー_-_-_-_--'/_________________
              | |   .o|o   .||   o|o   |
              | |    |    ||   . |    .|
              | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |/二二二二二二二二二二二二二二/l
      __                                l |
     ./   /'l _________________l/
   //   //|| __
   | | ̄ ̄|| .|| /. |
   ヽ,|__|レ/ / /l|          | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
   /.     ./ / :l|       /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|
   | ̄ ̄ ̄ ̄|/::|。||      ./                         // l|
   |        ||:。|:: |     /                         // . l|
   |        |l :://    /  甘                      //  l|
   |        |l://    |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
   |____|l/     |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
                     ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||



.

826 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:14:09 ID:mnl/001w


      [萩野やる夫]

      , '´ ̄ ̄ ヽ
    / `ヽ     \        
   /  ,びヽ  ⌒`丶 i- 、
   l  廴:ノ  ,びヽ   | ⌒ヽー-rっ-、
   |   ,'   廴::ノ   |   Lブ├'~
    `(ヽ(_人_,,)    |   '__.ノ
     〉 ト、 し' ,.. - 、 _,.ノ  /‐'~
    / ノ-''"`/  r''/ー―'"
    `'''"   l ノ‐'
          `"



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「んっんー、良い眺めだお、蒼星石。

 裸エプロン、よく似合ってるお?」


  やる夫はそう言って、かわいらしい幼馴染をからかったお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

827 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:14:23 ID:mnl/001w


      [ 萩野やる夫の幼馴染 : 久坂蒼星石 ]

        〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
        ヽ::::.:/ , -'"´              \
         Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
         /.::::::::.:.:.:.:., ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        \.::::::::::,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ     
         \,:: イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::i|:::!:::::|
          /::::::::::::::.!:::::::::::::::::::/::::/:::::::::::: | 从::i}:|::::!    
             {:::::::::::::::::|:::::::::::::::/// ヽ、:::/}气ノ:::i};i}:|
             {i::::::::::::::::|:::::::::::::/,ィ'::丁i   V' {b::{:::イl l|     
            ∨:::::::::::::!::::::::イィip::::::ム      ゝ'ヽ:/リ
            \:::::::::ヽ:::::::乂戈マツ'      /!//
             ヽ:::::::::.\::::::> /!/   _ _  / i、|
              ムイ:::::::::`:::>      `´ /{ / `
                  〉ヽ)ヾ)从}ノー==ァ―イ::;、/
            __ ノ  .r⌒/ノ〈´ ̄  `ーV l/
               iノ  / /.  //ノ 〉       \
              人  i  i  // Y-'            \
           l  ) ',  ∨〈⌒      、___      \
           | ∨、〉 / /フ     ⌒/´ 弋     ヽ   |
           ヽヽ ) ∨/て{           ヽ、
            ∨i.`t_ノ〈ヌ, ヽ、         、   }〉〉\
             ヽ / ハ: { `        |.  :ノ /  \
                 〉} /  ∨ヽ       i‐ァ'//
                 レ {.、  ∨∧      |´//
              ミ/.|   .∨∧       !//
              |' i    `ヽ \   ノ/
              | ノ     `>  >'´ヘ!
             >'-=7ーx―'_.ィ ―レ'
            /  人_i´   \二二_ヲ
            八i´/::  |\   r'    ヽ
           /  ノ::   }  ゝ-'      i〉
          /  /::    ',  |        '!
       r'´ /   /   .|  |ヽ       .〈
     / ./.ノ   ∨   ! }{ノ{        ∧
    / ./ 〈/   /    / 人ノヽ       .∧
.    / ./.  ,'    i   . //  ヽノ\     ∧
   ヽ〈.   |    ', //     ヽ-'ヽy―!-、_〉
     レ'    ',   /∨          `ー}_人r'
         ヽ     \_          !
           \   ノ i `         }


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  すこし顔を赤らめながら、彼女……蒼星石が振り向く。

 「もう。僕にこんな恰好で支度をさせたかと思えば、そんなことを……。

 一体やる夫はどうしたいのさ。
 ご飯にしたいの? それとも……僕、なの?」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

828名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 18:14:24 ID:J4suvxlM
新作ktkr。ドキがムネムネ。

829 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:14:46 ID:mnl/001w


                                 __        ____
                                ヘ   \____/     /
                                 ヘ            /
                                      >    l ̄/       |
                                   /  /l ヽ/ /`ヽ  |_
                                      / ∠_ノ   /,rー'´   ヽ
                                 |         // /ヽ     /
                  _____          `ヽ__/ヽ/ | `ー´ /ヽ/
                 /      \        ____l ̄l_`ー ' __
                 /  \    / ヽ       |____  _|/ / / /   
              |     ゚ ヽ。。/ ゚  |       ____|  |_ ̄  ̄   
              | ` ̄ ̄(__人__) ̄´|       |____  ._|
                 \__ヽ  /_/              |  |
             ____ノ   .ヘ /l____        \ \   ̄´
           ,r'´ `ー―-、  Y   __,,=-`ヽ.        \ \
           /    ノ(      ´    、 ',          \ \
            l  l   ⌒             }  ',           ̄´
         ノ   {         l     ノ  .',         | ̄ ̄ ̄|
          ./   `    _,,-‐'"´ `゙''ー- ,,/    ',          ̄ ̄|  |
         /    ∧ー''"´         lヽ    ',          l二_|
  __rュ-、 ./    / ヘ              l ヘ   .',_/つ、-、
../ ,-‐')<./    /   ヘ            l  ヘ  ´  }-‐‐、ヘ ヘ
.ヽ  /`,、\   /     |    /    /l l   乂 /r‐、ヽ  /
  `ヽ_ l ノ) \ (     |  /|   /  |/|  /|/|´/`ー―‐'
    .` ̄\  \|ヽ∧/| /| |  /   / |./        /


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「もちろん蒼星石だお!」

  即答する。

  当然だお。

  蒼星石のような極上の美少女にあんな姿で誘われて、
 飯を先にする男がどこにいようか。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

830 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:15:03 ID:mnl/001w


    i⌒i⌒i
    |    |_____
   / λ/ ノ' ^ヽ_\
  /゚  / (≡)   (≡)\          ゃっほほーう!
 /  / ///(___人___)///\
 (  |     |/⌒ヽ|      |
  \ \     ` ⌒ ´    /
   \    ヽノ   `ー´⌒\
     \          /\ \、
      \       /   (     ̄)
        \     |   ( ̄ ̄ ̄ ̄)
          \   ヽ/ / ̄ ̄
            \__/


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  すぐに裸になって蒼星石に飛びつく。
 「いっただっきまーす!」

  目の前には、その真っ白な肌の……





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

831 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:15:34 ID:mnl/001w



  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //         ポカッ!
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ‖l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  いきなり目の前が真っ白になったお。

  ……頭を容赦なくどついたような衝撃とともに。








╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

832 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:15:46 ID:mnl/001w



                _____
                /ーニjj三ニ‐ u \
             ((○ )三 ( ○)) ::li|;ヾ
              l| :i((_人__))) ニ: :u:;:li}  ガバッ!
        __     ヽ:;:: |r┬-|i ::lii:::;u /
       i))))      \_| :! i!  ::::::;;./、  ───────- 、
        i ニη ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ二ノ ̄ ̄ ̄r⌒ヽ ( ̄ ̄( ̄)     )ヽ
        `ー´──────|  Y     |   |  ̄ ̄::: ̄.     /:/
  .            /     |       :|   | ::::::::::::.      / /
  .         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽニ=ー、/  /i::::::::      / /
        /  ̄  ̄   ─      ⌒ ̄ヽ        / /
       / r _ / _    r   _ ー 、 ̄ヽ  ./ /
       { {   {    ─    {      )   }/ /
      / ヽ、____________ノ   / ./
    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   / /
  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:/   / /
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:,,.:.:.:.:.:.:.:/   / /
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;:.:.:. ;.:.:.:.:.:.:.:.,,:.:.:.:.:.:.:/   / /


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  「のはぁ!?」

  慌てて上体を起こす。

  そこは、ベッドの上で……





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

833 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:15:56 ID:mnl/001w



【 荻野やる夫の部屋 】


               |     iニニニニニニニニニニニ;ーi
               |     |「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| |i     |  チュン……
               |     |i//   .|//    | ||:   |
               |     ||/    /.|     /ノ |,|..  釗   チュンチュン……
               |     ||____,|___,く,メ|」
               |     _/__                  |i\ 
         __    | ⊂⊃ ({::串:::})   ________||  \
        〈_〉   ..|_.|:: ..| |i ̄| ̄|_|||,!  /         \   \  |!
      ___ 」L ___,/ `ー'..||___|_:,|_|||,! /.         \   \||
     /__,,ィ'|‐┘/|       ̄ ̄ ̄ ̄ .iー - ― -‐ - - ‐-)――||、
     |__,レ゙ //|            ゙〜'ー-〜'゙ー〜''~ー' ――‐' \
   /____/,r_,.「i          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   |___||/(_ノ      /´"ヽ/          ':,
   ||  ,r'  ||  ⊥      (...,_,;; i'― ―――――‐i
   ||/  ..||                  |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~||


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  ……やる夫の部屋で……








╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

834 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:16:08 ID:mnl/001w



      |ニニニニニ\ \ニニニニニニニニニニニ\三三三三\
      |ニニニニニニ.\ \ニニニニニニニニニニニ>=───>
      |ニニニニニニニ \ \ ニニニニニニニニニニニニニニ/
    /i\ニニニニニニニ >  _____________/
   /  /:.:.::.>、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ//>、
.  イ  /:.:.:./:.:.:7 、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニイ{─三>    ニコッ
/ / ./:.:.::/:.:.:.イ:.ハ:.:.i>.._ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /
   ./:.:.:./:.:.:/ i:.ハ:.:|:.:.:.:.:.:>...._ニニニニニニニニニニニニニニニ./
   イ:.:.:./:.:.:/ .|.i |:.:!:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ヾ:.:.>....._ニニニニニニニニニニニ./
   ハ:.:.:i:.::.:.i__リ _.|_:|:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:i>:::.....__ニニニニニ/
   |リ:.: !:.:.:.:|     .|:.:ト:.:.:.:. :: | ヾ:._\:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:ハ── イ
    |:.:. レ:.:.:ハ  ‐ .':.:ハ:.:.:.:. | ´\:.:.:.:\:.:.|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.:/
   ハ:.:i!:.:|:.:.i ≧イミヘ:i ヾ: .: |   --\:.:.:.:\:.:.:.:.:.\:.:.::ハ:.:.:.:./
.   ハ:.i!:.:ト:.:.Vト {イ::::ハ  \.|  イ7フ=- _:.: \:.:.::.:.:\人:.:/
    Ⅵ:.:ハ:.:.:ヽ Vzリ     ヾ    イン:::::ヾァ:.:.:.\:.:.::.:.ゝ:.:{
     i!ト:.::.:ヾ:.:ト、 ` ´        i!廴..:::/ハ:..:.\:.ゝ人:.:.:.オ
     |∧:.:.:.::ハゝ    、       ヾ=- 'ノ:.イ:.ヽ:.:\:.:.:.:./i:|
    / .}:.:.:..:.:.:\   、         /彡:.:.:/ ̄/:.ハY リ
      ノi:.:.i:::::::入:ト     ̄     -イ/:.:./:.:.:/:./:.イ
.      /ハ: l::::::i:ハ| \         イ:.:.:/:.:::/:./{´`
       レi!::::.ハ    `ー ┬ ' ´ ./:.:.:イ:.:.:/:./ \
        |:/  ___ r''= |    ィi:/ |:.:/レ'   \ _ ハ_/}
        i!  {::::::;;;;;;;;;;;;:ミ、  Yr' '´_._i!_ハ{ハ      ノ //_i
          \::\  ヾミil、/ィ彡≦ァ:::/:|       }}::i廴::::::\
          ィ >:::\   }:::イ   /:::/       、入i::l_ノ:::::::::::\
         /:::}/ハ::::::> /:,、:i   |:::/       r' ̄ i::l 廴::::::::::::::::::\
        /.イ/つ/::::::し::::/ .|::\  |::{       i>、  i:l- /:::::::::::::::::::::::
       /:::::>/r''´ >、:::::ノ  .|:::ト:;;;;;/       { ヽ .|:|K、_,、::::::::::::::::::::
      /:::{フイ  /::::/ ノ::フ |:::| . ̄ノ        ッr、 .|:| _ ノ::::::::::::::::::::


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「おはよう、やる夫」

  ……裸エプロンではなく、いたって普通のユニセックス系の服を着た蒼星石が、
 やる夫を起こしに来てくれたところだったお。







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

835 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:16:28 ID:mnl/001w


                   _______ ____
                  /         (__ ゝ
                /           (___ヽ_
               /   ──     ──  (__ _ ヽ_
             /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
            /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
            |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
            |       (    i    )       |三三)
            \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
              \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
               〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「……おはようだお、蒼星石」

  返事を返しながら、ポリポリと頭をかく。

  ……さっきの裸エプロンは夢だったらしいお。


 (そりゃそうかお。よく考えれば、このオトコオンナが裸エプロンなんか
 するわけないお)




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

836 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:16:43 ID:mnl/001w


               ,,.. r--―‐‐::..、
             /: : : : : : : : : : : : :.ヽ.
               / : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ.
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
             /: ://イ:./ : : : : : : : : : : : : : : :',
         y./イナ‐トi!.:.l: .l:.:/: .//.,: : ',: : : : !
         イ: :{≧=-ミi!',: !: .!///-く. :i!: l: : : : }
         |.ト l ! {::しc} ヾ',://_ミニ=刈: :', : : /
         |!: :.\ゞ=''"     イ~しc》}ヾl: :./
         '.l: : !     ,:    ゞニ"'ノ: :.\'
         (ゝ: .ゝ   __       /イ:./{
.         ) 〉:.i!:.\ `-"    .X/: :/ {!
.         /´ /.}/    >-- ≦" //从-v-,
       /ニ! | .i!ゝ _x--r-i´   イ:/ノ./ー{'{
.      /::::) /ヒコ./イ ̄‐ミ\  ./〈 / て'ヘ´
      /:::::) .|| }〈´ /イ{.||::l ヾ.、 ノ /- .) ∧
     / ::::ト 十.{ゞ彡イ:! { .!!:l .l:ヽ ) /´ {   ∧
     { :::l { ..|!,{´,_//_} .|:l:l_ノ/{ /r {`::|  .∧
     \l { {_⊥〉/-} .|:iー´_/~/'' {´l:::|   ∧
       !,.`-x_r-i___,_{.{_ .|:|二_/r rゝ l:::l    :}
       \___|:::::!、i-'=--,_r,_>  !:::!  /
        l/ ヽ:::::::::::l |_:::::::::::     .r-L/
       /     ',:::::/,'}::::`''-x_r-―イ.|
.       /      :',:/ .!.|:::::/      :ハ ',`ト、
      /  \     l !イ         :ハ l::::::\
     /   \.\ 、.....,'.................._    l./',::::::::ハ
     /     ヘ \了 ̄ ̄ ̄ ̄    .l':::::',:::::::ハ
   ./      ::::`--x、_r-='      ,':::::::}:::::::::}
   /        :::::/ /`::::        ,'::::::::,':::::::/
.  /          :::::{ /::::         l:::::::/:::::/
 /        :::::::l .,'::::         |::::/::/
. {         :::::i ,':::::::        |ナ´
. .',:::::::.......    ::::::,' 7:::::::        |
 ヽ:::::::::::::::....... :::::::l ,':::::::         |
   ヽ:::::::::::::::::::::: ノ l:::::::::::.......    .......|
   .!`''::-x__x__r´ },::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   `i''-===- ''   i`''=____::::__::r-''
    .|:::::::::::::::/   !`''-==__/
    .|    /    |::::::::::::::::/


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  久坂蒼星石。

  近所に住んでいる、幼馴染の女の子。
 やる夫とは同い年で、進路もこれまでのところ、全部同じだお。

  ルックスは美形そのもの。
  ただし男手一つで育てられたせいか、口調も態度も――ついでに手の早さも――
 男っぽい上に、当人も女の子然とした服装も好まないときていて、
 美少女というよりむしろ美少年と形容すべき雰囲気の持ち主だお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

837 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:16:53 ID:mnl/001w


                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ふっ、んっ……」

  ぐぐっ、と背筋を大きく伸ばしてストレッチ。
 固まっていた体がほぐれてお目覚めばっちり。

  うん、良い朝だお。

 「ふー。よしよし。目が覚めたお。
 蒼星石、起こしに来てくれてサンキュだお」





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

838 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:17:07 ID:mnl/001w


         ..-‐.:.:. ̄.:.:.:.ミ.、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶、
      ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.\
.   /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:\.:.:.:.ヘ
.   ,′.:.:.ハ、.:ヽ.:.:.:.:ヾ:、.:、.:\.:.:.:.:`ニ=キ一'
   iハ.:i.:.:.い、\.:`ー-ミ:、ヾ、__ヘ.:.:.:ヽ.:.:.ヘヾ:、
   !.:i.:l!.:.:.i.:l.:.ヾ、ヾ、.:.:`匕´ハリ.:ヽ.:.:.ハ.:.:.l、ヾ:、
   |!l:ハ.:.:.:、ヽィニ丶゙ミ丶ィチ示ミハノⅥ:.ハ  ヽ
.   !ハ:i|.:.:.:ハ`:,イ示ミ    弋zツⅨ.:.:}!.:从:、
    il ヾミ、ヽ.:ゞ代zノ  、    .:::/八.:|i Ⅳ \、
   ヽ ゙弋:、.:ミ`ャ:::.  . _ ノ   イ从.:八!i    ヾ
        ヾ、ゞ゙ミー- 、.__ ..’{:、ミヘ{ リ />
          ヾハ,:`.:ミー-;イ≠=ュリ¨´孑}ヽ:、
      ィヽ/>イヾ´`ゞリ彡介ミ:、__}:}   ;辷'ヲヾ:.、   _     _
      ヽ孑ァゔ}  く:廴,/イ|ヾヾ¨´    ゞ才ぇ\`ーヾ、¨ ̄/ノ
        / (_ノ圦、 `ー’ i:l 辷ヾ:\    (ヾ少 ヾヽミ;}、i   Y
        !   i { r'    ヾ:ヽ圭ヾ:::ヘ    ゙}ツr‐-`ュ` !_.ノ
        }   l!`ノくツ     Ⅵヽ入ヾノ     ``≧ニュ  |
       /   ヽ 〉 乃    ヾ厂仆笊}   rュ_{ヲ`ーァ   |、
.      /     }、 ;〉、ぇ     辷{ヾぅぇ、,イ込乃彡ィ{  jl}
     /     r、/ i i |;/ i _,r=キ彡ーく气`ー'ぇノ  /  ヾ:、r'イ
.    /     ,斗 }! j/ 〃 // i`"¨´   ) ヾ /`ーヾ、  辷 /


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「どういたしまして。

  ……それより、目が覚めたところで一つ、
 僕の質問に答えてほしいんだけど、いいかな」


 「いいお、なんだお?」



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

839 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:17:21 ID:mnl/001w


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「……さっきは興味深い寝言を口にしていたね。

  僕が裸エプロンって、どういうことだい?」


  ……一つ訂正。

  今朝は、あんまり良い朝でもなさそうだお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

840 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:17:33 ID:mnl/001w













  ■ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ □ □ ■












.

841 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:17:51 ID:mnl/001w


□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 07:14
□━━━━━━━━━━━□


【 ダイニング 】


              | |        |       q+p
              | | ―――‐, ――‐, ,===//====,‐,―――――   トン、トン、トン……
              | |-` ´ - /    .//   ´   //
              | |_´__`___/________/__ー_-_-_-_--'/_________________
              | |   .o|o   .||   o|o   |
              | |    |    ||   . |    .|
              | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |/二二二二二二二二二二二二二二/l
      __                                l |
     ./   /'l _________________l/
   //   //|| __
   | | ̄ ̄|| .|| /. |
   ヽ,|__|レ/ / /l|          | ̄ ̄|       | ̄ ̄|
   /.     ./ / :l|       /' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|
   | ̄ ̄ ̄ ̄|/::|。||      ./                         // l|
   |        ||:。|:: |     /                         // . l|
   |        |l :://    /  甘                      //  l|
   |        |l://    |ニニ| ̄ ̄|ニニニニニ| ̄ ̄|ニニニ|/.
   |____|l/     |l   |    |/l|.      .|    |/l|   .||
                     ||  .||  ̄ ||       .||  ̄ ||     ||




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  とん、とん、とリズムよく、包丁がまな板に当たる
 音が台所から聞こえてくる。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

842 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:18:05 ID:mnl/001w


                      |:: |
                      |:: | _ __ _          
                         .´ : : : : : : : :`:丶、       
                    , ´. : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ    
                    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  
                 ,′./://1 .|::|l::::::::::.:.:.: : : : : : : : i  
                 i: :././/ハ:: :|::|ト、.::.、.:::ヽ::::::::::::.: : |  
                 |: :|: |:|: メL_|::L_ヽ.:.ヽ.::::l::::::::::.:.:.:.|   カチャカチャ
                |: :|: |:l テミヽ::ト、::::`ミミヽ.:l::::::::.:.:.:.:!  
                 ト、ト、V弋ソ N `〒テミ.:::::l::::::::/.::,′
                  /|:.小' ' ' 、  ヽ込ソ.:::::l:::::/.::/
                 l/|/:.:.ト、 、__  ' ' /.::::::l.:/.::/
                   |/.:::l:/\_ー' _, イ.::::: イ:::/′
                  l:/   __] ∠.::∠ _|:/
                   , .:´: : : :} 1     `ヽ
                     /: :,: : : : :.} 1      ト、
            , イ^ヽ__   /: :/. : : :, : } 1       iハ
            ) rrェェ,. イ: :/. : : : i :i :} 1       i{:ヽ
   __ ___ _  V 77: : : : :/. : : :: :l :l: :} 1       i{::::ヽ __ _ _
            V/⌒ヽ :/. : ::::::::::l:::l::::} L__ _  ___i{:::::.ヽ
   二二二ニココ   〈    V. : ::::::::::::l:::l::: :`ー'77ハ ^ー'::::::.:::.〉
             L_  _, 不ヽ::::::l:::l:::::::::::::ムム::i:::::::::::::/
    r'´              ̄   ヽ三`ー'´二` 二`7^ー '´
    ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄|ニニ二三三三ニ! ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄
   ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|ニニ二三三三ニ| ニニニニニニニニニニニ ニニ
                 i        |  ̄``ヽ ニ三ニl
   ニニニニニニコ     |        l.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::.:.l  iニニニニニニニニコ



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  朝ごはんを作ってくれているのは、蒼星石だお。

  いつもはそこまではしないのだけれど、やる夫が夜遅くまで仕事をした
 日の次の朝だけは、こうして彼女が作ってくれるお。

  とーちゃんとかーちゃんを早くになくした者同士、助け合えるところは
 助け合ってるんだお。


  ……それはもちろん純粋にありがたいわけだけれど……、それはそれとしても、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

843 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:18:16 ID:mnl/001w


            _.,,, -/\/\
            /:::::::::::\   /
           /:::::::::::::::::/   \  ジンジン
        l: : : : : : : :\/\/! 
        l: : : : : : : : : : : : : : : l
        ヽ: : : : : : : : : : : : : /
           \       /
            )     ( 
         /           \
       /              \
      /    ⌒     ⌒    \
    /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \
  /     (   ● l   l ●    )     \
  |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |
  |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |
  \         ー― ^ ー―       /
    \         ー一          /
    /                  \
   /                        ヽ
   |                      |
   |   i                  i   |
   |   |                  |   |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「あー。まだ頭がジンジンするお……」

  と、鼓動とともに痛みを伝えてくる頭のことを思い、蒼星石に抗議。

  正直に自白したのに、手心も加えずオシオキするのは酷いと思うお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

844 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:18:28 ID:mnl/001w


                  ________
           _xrェ三三三三三三三三三三三ェx 、
         /三三三三三三三三三三三三三三三ミ\
         |>x,,二二二二二二二二二二二二二二x<!
         ',三三三三三三三三三三三三三三三三三,'
.           ヾ三三三三三三三三三三三三三三三三ソ
       __,xr"}ト`"""≠==三三三三三三三=="""´{)>,
.        \`ミェx 、..,,                _,,,,..::ェイ/
          V三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
         i三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ/    \
.         }ト-==ミ三三三三三三三三三彡シ斗"´ ハ.\__ノ)
           { : : l : : |i.: : :| .l: : : : : : : :|.: : : ヘ: : : : : : : : : : : ハ ` ̄ ̄
          | : : |: :: l-l十l‐弋:-: : : : :|ヽ.:-弋ヽ,-―: : : : : : :.l
         l: : ハ: : ハ ヾ: ! ―-: : : : :.l ヾニニ_\: :.', :', : : : l   カチャカチャ
.           ',: : :', : :ヘ《て示≧ト:.\: :.! イ示云~》`:: : ',:.', : : :.!
.            ',: : :.ヾ .:', 弋:こソ  \\!  ゞ==″ 〉: : : ',:', : : i
          ',: :i: : \\""¨    ,   \ ~~  ,' ,|.: : :.ヾ', : :|
           ',: ',、: : :ヘ \     _,      /-i !: : : :}`,', : !
           ',: ',\: : ',ゝ、        . イ: : | |: : ./ .!:',: :l
            \:、\: ', :.`:l≧: ..,,..:≦| _ヾ: .:l l : :/  |: ',:!
             \r::ヾハ~`}    __ × -ハ://: /  .l :/ヘ
         l:x/>='''´   リ'' ̄` x,./      ///>-x,'/v.:x
          与||弓、       ./:/ゝ'トヽ.          .:/コ||.i与
.        / .与|:弓.        /:/./:!.|:ハ::!         /与||与ハ
       /   |x|| lニ     〈::\l::| |:| }:|         弓||与 ',
      l    与l 弓        \::イ十K:!        弓||与:  l
      /  :::与||弓         レ|:|-|:| ノ        弓/与  :l


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「スケベには良い薬でしょ」

  蒼星石はお盆に料理を並べながらにべもない返事をしてきたお。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

845 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:18:43 ID:mnl/001w


             r=-ーーーー‐‐---ー--ーーーーーー--==---=ー--ァ
             ‖    _ノ三ニ=-―'''三二ニ=-ー--v- 、__        }
            ノ     i,二二三三三三二二ニニ==--==ニ=、    ヽ,
            ij     /二二三三二二二二ニニニニ==---===j__     ソ
            ‖_   ソ三三三三ニニニニニ,,=-―‐- 、三三ニ=-,ヽ   ハ
        _, - ' ´   `" ' =,,,_`ー---ー---ァ"´::::::::::::::::::::::`"'ヾ        )
      ,, '´     _,、=-、   `"' 、-==-ァ":::::::r==、ハ__,.:.:.:.:.:.:.:'ヽ==--=-=-"´
    /   ,、_、/ / : : : `-v、   ヽ、 ‖:::::::‖  そヲヽーァ.:.: ハ
   ./   _i^: : : : : /      `ー、  ', .i.{:::::::〃 <くi !フ}__ノ.:.:  i     _
  ../  ,、ノ: : : : : : j    : : : : : : : 7 ハ .ヽ 、::ト、__ノ iVハ八.:.: _,,=-^~ ̄  `"' - 、
  ‖ ,,j: : : : : : : ,,ノ   . ::::::::::  ‖ ‖ .ヽヽーvn、__V、 ノ / ,;;;;;;'" ̄ ̄`"' - 、 ヽ、
  i  {   : : : : : i ヾ..  :::::::   / ‖ __ `'-=,,__  >__,,=ァ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘv:;:;:;`ハ ハ
  ∨ `}   : : : ::::::ゝ..       ソ /;;;;´::::::::`::ヽ、ー二ニ=イ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:O:;:;:;:;:;:;.', .ハ
  ..∨ ヾ,: : : : : ノ  ::::..      ノ /〈三三ニニコ;;;;;ヽ     .i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:@o。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ リ
    ヽ、 `,_: : : : : : :  ::::;;;,,,''"´_/;;;ノ,ニニ>、ヽ,,/i     ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Cハ:;:;:;:;:;:;:;リ‖
     ヽ,  `ー==-〜´_,, -' " ヾ;;;((_,-----、::::/‖      ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/./
       ` ー--==‐'"´      `ヽ、t____ノノ:::ノノ        ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..//
                       `ー-=-'"´           `ー-...,,,___,,,...=‐"´
                | ̄^i
              -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
              -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                !n___j


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「はい、お待たせ」

  テーブルに朝食が手際良く並べられていく。
 味噌汁に、昨日のカレーの残り、焙った干物におしんこ。

  普通の朝食としてはやや重いのだろうそれは、夜間に肉体労働をした
 次の日の朝にはちょうどいいボリュームだお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

846 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:18:59 ID:mnl/001w


               。
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^〜、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,               l  l
  ^⌒~^⌒^~⌒^               ヽ=ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「いただきますお!」

  頭の痛みも一時忘れて、存分にがっつく。


  蒼星石はもう自宅で食べて来たそうで、お茶だけすすっているお。

  どうせなのだから、蒼星石もこっちで食べれば良いと思うのだけれど、
 彼女いわく、

 『それだと兄さんがうるさいから』

 だそうだお。


  過保護な兄も良し悪しだお。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

847 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:19:26 ID:mnl/001w




           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|  ゴトゴトッ
      /  //                          |
      /  //                           |
    . /  //                            .|   バラァ……
    /  //  .                          |
    /  //                             .|
   ./  //                            . |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  ――と。

  棚の上に置いてあった巻物が一人でに動いて、広がったお。


  そうかと思うと、



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

848 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:19:41 ID:mnl/001w


               [ 巻物の中に描かれた絵 ]

:lli|tll――――――――――――――――――――――───―┐
||'゙l||〕l|─――――――――――――――――――――――┐..... |
|lIル゙゙ l|                                   |    |
|!'''l川|               / ̄\                |    |
||モコl|               |     |               |    |
|lll仝 ||               \_/                |    |
|| ユ ||               __|__                |    |
|!l{什|〕             /      \ ( ;;;;(           |    |
|圭)=||            /   _ノ ,、ヽ、_\) ;;;;)         |    |
||)l]ll1l|          /   ;;;(○)::::::(○/;;/          |    |
||yi71l|          |    :;:, (__人__) l;;,´|           |    |
|!エlr'||          \.  ∩  |++++━・/            |    |
||ェと卅        ,,.....イ ヽ .|| `ー‐´ /-、.           |    |
|!エlr'||        :   | 'f「| |^ト、__ ノ .| ヽ i           |    |
||ェと卅           | |:. ::  ! }__)\,|  i |           |    |
|l!]i广l|           >.ヽ  ,イハ  |   ||          |    |
||'〒.|||─――――――――――――――――――――――┘..... |
゙'ゞlllF'''―――――――――――――――――――――――――┘


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  巻物に描かれた絵がアニメーションのように動き、
 中指をおっ立てやがったお。

 「や、やっとほどけたぜ……。

 おい、なに女侍らせて飯食ってんだボケ! ここから出しやがれ糞が!」


  しかも口汚い言葉で要求までしてきたお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

849 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:19:55 ID:mnl/001w



         _ _ ,,,  _ __ ,,, __ ,,
.     r;';;'';;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::|
     _|,,,,,,,,,,,,,,,,,===============7/>
    <三三三三二二三三三三三/ `'´ / /\
      >七''´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   ' /  /
    ,': : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : '.,   ヽ/
    ,'.: : : : :,'.: : : : : 斗|-',:\: :-‐-::l: :ハ
   {`'; : : : |: : : /: /|:l lヾ ヾ,ヘ: :.、: l: : :|
   |: : :.l: : |: : :/: / |イ '' \ ゙、 ヽヾl: l: :l
   l: : :.l: : l: : 'ィ/|  ┃     | r: :l: :}
.   l: : :l: :.l: : :l: :.|  ┃     | l: :l: :l
    ∨:.l: :l: : :l: : ',         !:/:/
     Ⅵ: :l: : ト, :ト',    _   _,ノ/l/
     Ⅶ: l: :.l:',:|>-、 r‐、‐ Tl´:/|/
      厂'7.ヾ|,x、_,--、,-ヽ 'レ              ____
      / /.:.::::::.',x_}゙ー介´ x',             /_ノ  ヽ\
      ヽ/.:.::::::::::.',xゝ ' ` xi            / ( ●) (●)、
                            /::::::::⌒(__人__)⌒\
                            |      |r┬-|    |
                            \       `ー'´  /
                         ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
                          \ ヽ  /         ヽ /
                            \_,,ノ      |、_ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「あれ、昨日巻物に閉じ込めた悪霊じゃないか。まだ片づけてなかったの?」

 「昨日帰った後、どうにも眠たかったから、紐だけ縛って
 あそこに置いておいたんだお。
 それで十分だと思ったんだけど、意外とタフな奴だったらしいお」

  ホラーそのものの光景だから、普通ならビックリ仰天の出来事なんだけど、
 蒼星石もやる夫も冷静そのものに対応。

  自分たちはもうこの手の輩との腐れ縁が1年近くになるから、慣れっこなんだお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

850 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:20:07 ID:mnl/001w


                       [ 東欧の伝説、狼男 ]

                            /{/:::://::::〃:::://x≦二
                       __/ |/ /___:::::::::::::x≦´三≡‐
                      _}___ /!   /-― 7::::三ニ≡‐
                   <-=::::::::::::::::/::}-‐7  ∠:::::::::::::三ニ=‐
                      7`ヽ/:::/:::::/-‐7  x≦_:::::::二=‐
                      /7:::::::::::::::/::::≦_    >:::三ニ=‐
                       〈/rノレw∧//-‐<´  <  三ニ=‐
                     /   __   Z_:::::::>   >⌒ヽ
                        / /、⌒<  彡'⌒ヽ _` <::::三ニ=‐
                   ノ /ノr^¨f/ γγ.:.::::::::::::::::: ̄ `ヽ::::`ヽ
                   `、__/、{ゞ r{ / r'{.:.:.:::::::::::::::::`ヾ}\:::::::\
                        ´¨/:::|.:.:.::::::::::::::::::::::ヽ::::ヾ:::::::
                         /イ {::{.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::|:::::::ヽ::::
                 __         / .::乂.:.:.:.:.:::::::::::::::::|:::::::::::}::
               γ{⌒          { イ  ヽ:::::.:.:.:.:.:::::::::}:::::::://
              r'/^) `iヽ      j∧N   }.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::∨:///
          .   /〈-〈   (^\      从  ',.:.:.:.:::::::::::::::::∨///
            f|_ ゞ, `ヽ '、 ^ヽ      ヾ\ヽ.:.:.:.:.:::::::::::::::}///
            ∧ヽ \  `¨`  }、       \N、\.:.:.:::::::::::ミヽ/


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  悪霊、怪物、妖怪……伝説や昔話でお馴染の、常識の外側に棲む者たち。

  普通の人は、彼らを空想や勘違いの産物と信じていて、実際、
 ほとんどの場合はそれで正しいのだけれど、実のところ、たまーに
 本物がいるお。


  中にはひっそり生きている無害な者もいるそうだけど、基本的に、
 出会ったら災いを免れない、危険な連中だお。

  今巻物に閉じ込められてるアイツも、御多分に漏れず、
 企業に取りついては不良在庫を増やす、迷惑な祟りを起こしていたそうだお。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

851 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:20:37 ID:mnl/001w

      | , -‐ ── ──‐-、、. : :::::/    \ヽ/   ∠ム \\                 |,゙'l  l
    ,.'"´              ``ヽ/      ∠ ̄ ̄`ヽ  `ヽ  \\            ヽ   .l ゛  !
  /              . : : : : :: :\  /  ´  ̄``ヽ⌒ヽノ     \          ヽ`'-、.!   . !
 く       ,.- ───‐ - 、 . : : : : :: `y′      .: ::lヽ\\            l-、 .ヽ      l
  \  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ . : : : : ::/        /  \\\           ヽ \ ヽ     !
    `Y.:..:.:.:i:::|:|.:.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\ : : /        /  ___           \     ヽ ゙' |i     .!
    |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.:.、.:::::::::::\.::.:.|.:.:.:\l         / /     \          ゙'''ミ¬-.ヽ       l
    |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.::|.\::::::.:.:.:.\|.:.:.:.:.:.l       //     ' "\ ,\            `'-、 `'         !
    |.:.:|.:.:.|:::|:|.:.:.:.:.ト、.:.:><:_:_:ト、.:.:.:/      ./      ( ◯)ヾ'|             \ ミ;;、      .,!
     ト、:|.:.:.|:::l:ト、::::::|"´, ィ行テi.:.|.:.:.V       .: |   ij   "⌒(__人_)       nnn、    \、        !
    l:.∧.:.:l.:.ト、/\| ー弋辷ソ 7.:.:/     : : : :/ \         `i ヾ/      i i.‐=二二        .!
    l/ |.:.:l.:.',    ,      /.:.:/     :. :. :/ γ    ⌒` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ヽ-    ゙>         |
      |.:.:l.:/\  _,  ∠.:/,. イ    i: :.ん//      _ _______r イフ'   <゛           l
      |.:/,r==> _..,.イ,イ '´ ,:′  . j:./ /         /            ̄  _/_,,ッ       l
     l/_」  , ィ介ラ⌒V:./  ,r'     l/ : ゝ__/         /                ‐"´ . /        l
      rr='´``Yく´     ,rfソ〈  /   ,:′/: :,./         /              ィンー'フ     .l
      l j  〃/7    ,rfソ : :ヽ     ,′/: :( /       /   \          /       /  .,,   /
     ノノ  〃//   ,rfソ: : : : : .\,.. イソ: : /    / `\     \     //      / . //   !
    ノノ  〃//  ,rfソ. : : : : :_ノ: : /. : : :/    /    `ン    !     /       / ./ ./  、/
    l L _」   ,rfソ. : : : _ノ: : : :./. : : :/    /      /    /            ,ilr'"  / .,r',!/
    〕三フ氷三ニく. : : : _ノ: : : /. : /    /       !、____`)               / / iリ
    ノ三≧≦三ニ ー 'ミミミV. : : : :(!、____`)                             ,iシ'゙  .,l
                                                    ″  ,i゙


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  そこで、そっち系のトラブル解決を請け負う人間もあまり知られないながらも
 存在しているお。いわゆる退魔師だお。
  それが例えばやる夫や蒼星石のコンビだったりする、というわけだお。

  昨夜のお仕事も、実は悪霊退治だお。

  この仕事についた動機?
  やる夫は家業だったから当然に、蒼星石は異常なほどそっち系の才能に
 恵まれていたせいか偶然に、だお。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

852 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:20:51 ID:mnl/001w


               [ 巻物の中に閉じ込められた悪霊 ]

:lli|tll――――――――――――――――――――――───―┐
||'゙l||〕l|─――――――――――――――――――――――┐..... |
|lIル゙゙ l|                                   |    |
|!'''l川|               / ̄\                |    |
||モコl|               |     |               |    |
|lll仝 ||               \_/                |    |
|| ユ ||               __|__                |    |  ばたばた
|!l{什|〕             /      \ ( ;;;;(           |    |
|圭)=||            #   _ノ ,、ヽ、_\) ;;;;)         |    |
||)l]ll1l|          /   ;;;(○)::::::(○/;;/          |    |
||yi71l|          |    :;:, (__人__) l;;,´|           |    |
|!エlr'||          \.  ∩  |++++━・/            |    |
||ェと卅        ,,.....イ ヽ .|| `ー‐´ /-、.           |    |
|!エlr'||        :   | 'f「| |^ト、__ ノ .| ヽ i           |    |
||ェと卅           | |:. ::  ! }__)\,|  i |           |    |
|l!]i广l|           >.ヽ  ,イハ  |   ||          |    |
||'〒.|||─――――――――――――――――――――――┘..... |
゙'ゞlllF'''―――――――――――――――――――――――――┘


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「おい、聞いてるのか!?」

  ばたばたと巻物をはためかせ、悪霊が苛立った声で怒鳴りつけてくる。
 ……うるさいやつだお。


 「馬鹿言えお。やっつけた悪霊の抗議なんか聞いてるわけねーし
 聞くわけもねーお。

 蒼星石、悪いんだけど、巻物を巻きなおして、
 ヒモで固く縛り直してやってくれないかお」


 「りょーかい」


  蒼星石は立ちあがって巻物を手にすると、無造作にクルクルと
 巻き上げていく。


 「うおおっ!? よせ、俺がどれだけ苦労してひもをほどいたとぷげっ」


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

853 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:21:10 ID:mnl/001w





      
           ┌┬──────────┬─────┬┐
       ....┏━┥│        封印ノ術 .只       . │┝━┓  …………
       ....┗━┥│.....             . │ (株)法具屋│┝━┛
           └┴──────────┴─────┴┘






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  きゅ、と蒼星石が巻物を縛る。それでまた静かになったお。
 動くどころか音漏れ一つなし。見事な封印だお。

 (……退魔師の修行を始めて一年足らずだってのに、
 子どものころから修行していたやる夫にもう追いついてきてるお)

  才能というのはあるものだお。

  できることなら、蒼星石の半歩だけでも先を歩み続けられる
 男でありたいものだけど。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

854 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:21:22 ID:mnl/001w



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (⌒)  (⌒)  \
            |  . '" (__人__) "'    |
          \     `⌒´    ,/
         / ゝ         ィ'ヽ
        /                 \
       /   ィ             r  ヘ
       |   `|| ____ ._ |   |
       /⌒ヾ_\__/ |〜|r− ノ



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ん、ごちそうさまでしたお」

  出された食事を全部平らげて、蒼星石にお礼を言う。


 「お粗末さまでした。それでコレ、どうするの?」

  巻物をプラプラさせる蒼星石に、

 「またぞろ封印を解かれても面倒だし、後で倉に納めとくお」

 「わかった。じゃよろしくね」


  それで一件落着。


  これで、またしばらく平和に暮らせるはずだお。たぶん、きっと。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

855 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:21:33 ID:mnl/001w












  ■ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ □ □ ■












.

856 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:22:12 ID:mnl/001w




□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 08:24
□━━━━━━━━━━━□



  【 やる夫たちの通学路 】


 ;;):.:'. ;;:.:. ;(';:.:. ) ; ;;:.:.'` ;);:.:.:. ),.,.,,.,,.  
 ;;:'.`):. ; ;:.:. ;;:.:.:;;:,;:;;;:;; ;:;;;:';;;:; ;) ';:.:.'.:). ,.,,.,.,,..
 ;;:.:. ;;:.:)`).( ;;:.:;;;):;;;: ;';;:;;;;: );;;:;:;;;:;;; .);:.:.` ;;:,.:)                       .(:. ;;:.';:.
 ;;:.:. ';;:.:;:.):. `;;:'.:. ;;:.:. ;;:.';:. ;;:.):. ,,,';;:.;ヽ:. ;;:`.:. ;;:.:.)                  ;:(.:. ;;:.';:. ;:.:.  
 ':;;`;:;;;:;;:;;)';;:;;;. ;';:.):. ;;:.ヽ;`;:.:;. )''''                          .(:. ;;:.';:. ;:.:.
 :;;;:;;:;`);ヽ';;;: .) '''|| ' ''' '''                     , .,.., .,(;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.(';:.
 ;;:.:. ;;:.;;;;;;:. )゙,,, ,||. ,,., .,.., .,., .,.,               , .,.., ., (;:.:. ;;:.';:. ;:).:. ;;:.');:.   (;:.:. ;;:.
 i! ii!! i!i,. ;i;';;. ,,.;||;.;i;';.,,;;`;;;;`;;      ___  __  (;:.:. ;;:.'(;:. ;:.:. (;;:.';:;:.';(:. ;: ( ;:((.:. ;;:.';:. .:.
 i!i!i! i!i,.;;.;i;' . :;,||.;;.;,.;;. i;'; ,;;`;;`;;   |iiii|  |!!!!!!!!|(;:,;:;;;:';;;:;:,;(:;;;:;; ;:;;;:';;;: ;.;;.:;;`;(;,.;;.;;.:;;`;;,.;
  i!i!i!|/ ,.;;.;i;;.,; ;;;;||;;;,;;`;,.;;;;;;;i`.;;.;i;';.,,;;`;;;.゙ii|  |!!!!!!!!|.;;.;,.;;.;.;;.;:;;`;,.;;.;.;;.;,.;;.;ii|;.:;;`;;,.;;.;.;;.;,.ii|;;.;
  `i!i!i ,.;;.;i;';. :;;`;||;,.;;.;|i |i;';.,,;;`;;,i;';.,,;;`;; 「 ̄ ̄.;;.;,.;;.;.;:;;`;;.;,i|.;;|ニニニ|i;.;;.;,.;;.;.;;;;;;;;; ;;iii|;,:;
  |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;;|i;`;;|i`,.,;:;;|i`;;;;;;;;;;;`;;i`.;;.;,.;;.:;;`;;i|.;;.;,.;:;;;i|;;;;||;:::`;.;||i|;,.;;:;;`;.;.;:;;`;;.;,.;;.;.
  |!i!i,.,;:;;`;`;;i`,||.,;:;;`|i;`;;|i`,.,;:;;|i,;;;;--`      -- ;;;`;:;;;:;;:;':;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;:;`;:;;;:;;;;;:;`;:;;;:;
__,,,,,,,,,,-----;;;;:::::::)''''''''''''''"""""~~  /     ヽ        ~~~~"""'''''''''--------,,,,,,,,,,__
:::::::::::::::::::   ,, --''''''"       /        ヽ
  _, --'''""~           /           \


.

857 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:22:24 ID:mnl/001w


                         ____
                       /      \
                    /─    ─  \
                  / (●) (●)    \
                   |    (__人__)       |
                    \.   `⌒ ´      /
                / !::::         ヘ
                    ゝ_|::::       ヘ  ハ
                    |::::          \/
                     |::::        |
                      ヘ::::: /       i
            キュム キュム  \: |     /
                     ヘ\_/|
                         \_/


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  蒼星石と二人で学園への道を歩く。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

858 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:22:34 ID:mnl/001w


                . .-―……=- 、
           ..=ニ三三三三三三三ニ;}
         , : '三三三三三三三三三ツ:'ハ
       /三三三三三三三三ニィ=彡:'//|
      /三三三三三三ニ≠千'/////////!__
    ∠三三三二ニ=-匕////////////////|三入
    ヾ777 ̄ ////////////////////////,∨三i
.      ∨///////////////////////////三三!
        ∨/////////////////////_'イ三三ニ人
      /ヘ./////////////ム斗ィ彡千三三彡':.1.:.:ヽ
.    /∠三}////,厶斗匕"千三三三三ニ=イ.:.:.:.:.|.:.:.:.i
     `ヾ三三三三三三三三三ニ=ィ‐彡、 .:.ハ:.:.:.:.:Ni.:.:|
        `Y┬====≠≠ァ十ナスミ:、:\.:.:,斗-z.:.:.:.|:}トミ|
         |.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;从j:/_;ム ヾ、\:.く:_;ムャi:,'i:.:|ハヾ!
.        キ:{:.i.:.:.:.:、:.:.:.:.:,才":/__     磷;;))リ;.l.:.:!:|Ⅳ
        ヾ:.{:ヾ:.:.:ヾ:.:.:.ゞ;ィ禾ハ`    ゞ-"'Ⅵ:.イI|      てくてく
         ヾト、:\.:.;ィx:.:`代zソ    、   ,:.:.:.バ!
          ` ヾ:.入:辻、:ヽ      . _ , .イ:.:./  }
           ヾ{ヾ从イ:.ヾ:、      /iリ:./
              ` ` }`jヘヾ:、ミ≧ーr〈 彡7 /`ー:
              /   ヾ `ス,ィ卞≠ミーく、 ;ノ_
                 ,へ、   /:ハ仆ミ:、ゝ〉) ヽ´、_ゝ
                /   `ーァ':/  }:、:ヽヾ://   ∨ヽ、
       ___,_,/      ヾミー:::i Ⅵ:、 `    廴ノ`丶、
      {_  ゝァ-ァ‐ :、       `ヾ:| ヾ:ヾ:     j}ヽ: : : : : : )
       `7 ;イ r'-z,.ィr:t丶、.        ヾ:ヾ>  ,ム/: : : : : :/
          ト-'=イ:::::::::::}:::`ーイ_ミx._    ヾ>  / ゝ:\:./
        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:il:::::::::::::::`7 `丶、  __,/ 彡' : : :ヘ
       ,′: : : : : : :jl::::::::::::::::::`三ミx レ' ̄´_彡': : : : :_:ノ
        /: : : :..-‐- .:::::::: : : ::::::::::::::`ニ≠’三::::::: :ノ´


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  ときどき他愛もない世間話をしたり、だまって歩いたり。

  別にどうということもないのだろうけれど、しかしとても温かい、
 毎朝の貴重な時間だお。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

859 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:22:44 ID:mnl/001w


          \////≫:": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:≪/////////////
             〉ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: ≪////////
.            ': :{: : : : : : : : : : : /: : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.`:.≪///
            |: : : : : : : : : : : :.ィ: : : : : : :.:.トミ: :i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \/
            |: : : : : : i: : : : :,ハ: : : : : : : |  Ⅵ{: : : :.i: : : : : : : : : : : : : : : :|
            l: : : : : :┼-: :,/_ '.: : : : : : :|  l:i|\: :_l__:__ : : : : : : : : : |
            |:.}: : : : :.l : : /   ̄'.: : : : : :|  |:「 ̄\{: : : : : : : : : : : : : : :.|
            |:.!l: : : :_」}ィL.ニ二._ヘ: :. :.:.:.| _,」:lに二≧x: : ; : : : : : : : : : :.|
             j:八: : : i{:.;代ヘ::::r「  \: : :| /乍ヘ::::r-} `7:/: : : : : : : :, : : :'
            i{  \:ハハ ゞこツ     \{  ゞこzツ /X: : : : : : : :/:. :./
.             }   |: :.rt\        \    __彡1:.!: : : : : : ハ:.:./
               |: i:圦      ′       ̄  j: }: : : : : / }/
               |: i: :| ヽ       r_,           /:′: : :/  /
              Ⅵ:.:| |:丶.    `          イ:{:/ : :ィ:./
.                 }|: :l ヾ八::>       .. ´  |:ハ: : ;ハ{
                |: :|     Ⅵミv` ー ´      j从:./_  }
.         ,∧__ /{_ _ ..|: :|-‐=彡   〈        __ ..=ァ.:/  \
.          しヘ{{ 「    ヾ:{      ..イ≧xrく⌒´    /.:/     `ー- 、
        r一'}} r'       \ /::/}rt::::rヘ\    . :/         \
.         厂){{ フ      /::/ 〃 |:::|  '::ハ  厶'             _X´
        /:(__ }} `ヘ _(^し(^しv'  // .|:::|  l:::::|             /ヽフrt
.       /::::::r' {{/こ二二二 _ミ:.v:/  |:::|  }:::::|            `_フ/'
      /::/⌒V/´'/////////,`ゞ\  |:::Lノ:::::ノ             / ̄ // 厂
     r‐'    \'/////////////,ハ V⌒ヽ:彡'            _ー_う// し、
    r‐'   \   V/////////////:/   _ \             /  // (`ー′
    }  ヽ  ヽ  './////////////  /    '.         丶ク // に´:::::
    /  i   :.  }\ノ///////////,し'/  /,  }        /  //   }::::::
   {  八 ハ_ノ/////////////////  />'   )       ̄) //  厂::::::::


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ねぇ、やる夫。僕って才能、あるほうだよね? そっち系の仕事の」

  ふと蒼星石がそんなことを聞いてきたお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

860 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:22:56 ID:mnl/001w


                     ______
                /           \
              /              \
             /      ⌒     ⌒ \
           /     /  `ヽ    /´  `ヽ\
          /        (   ● l    l   ● |  ヽ
            |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |
            |        ´ ̄` (    i    ) ´ ̄`  |
          \          ー‐ ^ ー     /
           \           ー一       /
           /                      \
          /                    ヽ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ん? あるなしで言えば、正直あると思うお」

  それも、ずっと続けていけば、あるいは悪魔とだってガチで
 戦えるようになるんじゃないかってレベルで。


 「でも、それがどうかしたのかお?」



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

861 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:23:31 ID:mnl/001w


            ,.-─────-、
          /      .:.:.:.::::::::::::::|
         /     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::|
        ./     .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::」_
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l 
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/ 
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ 
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\
      ,イ .:.:.:::::::::)i 〈〈 __// f{ト、:/ |(:::::::::::.ヽ_
       / .:.::::;::::::::〔 |  `ーr<. f{ |:|  | 〕:::i:::::::.i:::::.\     _ノ 〉
  .   / .:.::::/ .::::::::)!   |;| f{ !:|  |{.:::::|::::::::::::::::::.:.>  ,ィj}   `_ーっ
    / .:.:.::/ .:.:::::::〔 !   |;| f{ |」  | 〕:::|::::::::::::;:ィ´レ'´ :i j} ー-っ'´
  . / .:.::::/ .:.:.::::::.::)!     f{ |  .|{.:::::|::::::/ ,′   .レj}不フ
   / .:.::::/ .:.:.::::::::::::いrェ‐ェェ-ノ〈 ⊥_jソ.:.::j:::/   {      Vハ7
   \:;:イ⌒弋:::::::;:;:;:;:;;<こんんふフ.:.:.::::,:ィ(   ヽ   。 。_V


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  形の良い眉をよせて、ふう、と蒼星石はため息をついた。


 「うん……。実はさ、最近、また兄さんが『退魔師の仕事なんか
 早く辞めるだろ』ってうるさくなって来たんだよね。

 ねえ、今度兄さんと会った時でいいから、僕には才能があるって
 やる夫からも言ってやってくれないかな?」



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

862 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:23:46 ID:mnl/001w


                    _____
                  /         \
                 /            \
               /   -一'     ゙ー-   \
                  /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
            /    (   ● l    l ●   )    \
            |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
            |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
             \       `ー ─'^ー 一'       /
              \        ー一        /
              /                 \
             /                     ヽ
              |                         |
             |    i                   i    |
                  |    i               i    |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「あー……、やらない夫がかお。わかったお。今度言っておくお」

  やる夫は蒼星石の過保護気味な実兄の、手ごわさを思いだしつつ、
 それでも請け負ったお。

  相手は強敵だけど、やる夫が今のように、さらに言えば、とーちゃんと
 かーちゃんがそうしていたように、蒼星石と二人でこの家業を続けたいのなら、
 彼の説得は避けて通れないお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

863 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:23:57 ID:mnl/001w


       [ 久坂蒼星石の実兄 : 久坂やらない夫 ]

                      / ̄ ̄\
                    /       \
                 |          :|    
                 |        .:|
                    |         .::|
                  |        ...::::|
                  ヽ_, - ''" ̄  ̄`ヽ 
                 ′‐   /      !
                   〉     ,′    ヽ ,
                /     i    ヽ /|
                  /V/,\ヽ |  \  ∨ |
                    /`ヾ/便//!    ヽ |  !
                 /  ∨///Ⅵi\ヽ  〈  ヽ
              {    Ⅶ利/|il     `ヽ! |
                  |    ∨///|ヽ      丶\
               |   ∨屋/\        ヽ \
                 |   ∨/////ヘ       \ 〈
                    |    `ヽi丶///\      } }
                  |     ヘ//////\    ∧ ヽ
                \     ///////ヾ ー Ⅳ ヾ !
                 \  ///////////  |  ヽ|
                  \/////////    !     |
                    )//////`ヽ丿       !
                      /\//,r':'´  \      /
                     /,    !           ,′
                  /,    |          ∨
                      /,                  ∨
                    /,     |         ∨
                  /,             ∨
                 /,     |        ∨


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  蒼星石の実兄、久坂やらない夫。

  母を幼いころに失くし、残る父も数年前に他界してからは、
 良心の代わりに蒼星石を育てて来た男だお。
  まだ学生だけど、その落ち着きぶりと能力はそこらの大人もかくや、だお。

  彼には仕事でやる夫も世話になっているお。

  蒼星石と違って退魔師としての才能は皆無に等しいんだけど、
 仕事の斡旋や紹介、消耗品の仕入れなどなど、現場以外の仕事を一手に
 引き受けてくれていて――もっとも、それはやる夫ではなく
 蒼星石のためなんだろうけど――しかもそれを全て平均以上にこなしてしまう、
 ちょっとしたスーパーマンなんだお。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

864 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:24:10 ID:mnl/001w


         /             ` 、       感謝するだろ  蒼星石と出会えた
       /                 ヽ
      ,'                   /`ヽ        これまでの  全てに!
       i               〈rう├−-ミ
       {                   }し{\   `丶、___/ニニニ
      j_       '`ー-- 、   V ヘ  \ 妹  \ニニニニニニニ
        {   ,_ノ    ィ´● )'       )ハ::::::.    \ニニニニニニ
      ヽ. (. ●)    'ー "    ト=く.  ::::::i 命   \ニニニニニニ
        ',  ̄´        、     ノ|`ヽ ヽ l:::::|       \ニニニニニ
         ∧   r   ',     }    ノ     !:::::|   ___ノ^ヽニニニニニニ
      /.::::\. '、_ノ=-- '′.-――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニ
     /.::::::::::::::::>、     / -―- 、⌒V::::::/.// j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾヘ   ムイ 、_(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニ二
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´ ー         ニ}      \>''"´
 ニニニニニニニニ/     ∨ /    ノ   (●)      }八
 ニニニニニニニ./        }ニ{     (●)     )      ノニヽ     ノ
 ニニニニニニニ/       }ニハ      (__ ノ ̄    /⌒ヽヽヽ ___彡
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`丶、     /⌒ヽ  ノ     ノ_____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
     ) 、    /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
 // ⌒ヽ  /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
  {       /    //     /         \__ノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  プライベートじゃ妹離れのできない駄目兄貴なんだけど。







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

865 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:24:30 ID:mnl/001w


          ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
         く        ,.-────-、、、/
          \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
             /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
          /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
          ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
           |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l
          |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
             ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ
                ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
                  l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
                    |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
                    |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ
                    l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ
                  (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V
                  ト.、   |:| |:リ.::: .:.:.:.:.:.:.::::::l::::::l::::::::.:.:.:.\
                   /i 〉、   /.::: .:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|::::::::::::::::.:.:.
                  /.::|/:::(_ノ.:::: .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|:::::::::::::::.:.:.:
                   んュ、::::::::/::/.:.:::::,.-─‐- 、::::::|:::::|:::::::::::::.:.:.:.:


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「悪いけどよろしく。

 心配してくれているのはありがたいし、
 この仕事に危険が付き物なのもわかってるけど、
 それでも辞めろとまで言うのは干渉しすぎだよねー」

  もう一度、蒼星石はため息をついた。


  と。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

866 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:24:46 ID:mnl/001w


  l 二 /   / 二二二二二二二二二二二_j__ l二!
  l二/   / 二二二二二> < _  \   ヽ ̄ヽ}
  lニ′/ 二二二二> ´_         \   V  ハ
  {' / 二二二> ´ヽ、    `  ー-     `丶   V  ハ
  / 二二二/    \    _  \   > _ ヽ、 Vi !
. /二二二/ {  \  ` ー __  >く  ヽ. \  _\ Vj
 { ニ二二ハ  \  ヽ     ̄7´三≧壬¬ト、 \ `Vl
 i 二二{  l   爪 、  ` <二 77rf'う:::i } _  l\ ヽーミ、
     i i    ト、_〉f> 、` <二′〈:t_シ'´  l   、 V l `
     l |  '.   l\孑㌣ ー  ̄ ̄  ̄     } !  \}\}
     l l 、 ヽ K'_ノ ハ             lイ  .ヽ ヽ ヽ
      、 \ 厂ヽヽ- '′ i           ハ  :!、  ト、 ヽ
      \  V、 ヽ       .. -     / !ハ l } l ヽ ',
          ヽヽ \          /  l厂l l l !  } !
            \` ー二 ─_--- ∠─- 、!、、V } .「  .j/
             _rv≠ ¬:.:.:.:.:.〉了f>、rf= 、ヽ、_ノ__
             (ノ.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:乂__ハ\Vハ、\>f千く ーッ、
             ,r 1:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.(_人  Vハ {:i:「ハハ \v〔:.ヾ
           { イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v:.:.:.:.:.:.:.f⌒{  ∨_シiハ__ハハ-' }ノ:.:..}
           厂!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:i、__j、_  ̄ l:::トr_小ハ ヽf〈ヽ
           ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:/:.:.l:.:.:.`Vi   l:::l vハ }、V V-'.
           /.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.!:.:.:.r' {、   !::l  V } }ヽヽヽj
           .:.:.:{_:.:r‐、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v:.:.:.:l:.:.:.ゝヘ 〕  L:!  v_、'、 ヽVfヽ
          i:.:.:.ヽj  i`  、:.:.:.:.:.:v:.:.:!:.:.:.:.:.〈 '、__  _ v_{fハ ` V^!_



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「……やる夫、あれ見てよ」

  急に緊張した面持ちで、歩道の先を指差したお。







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

867 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:24:58 ID:mnl/001w



             _⊂三ニニ⊃____ 
           , -'____ ,-'__    ''-,,
          /_,,''⌒'',,.  7/''⌒'',,_.i;|;i ̄"''ヽ,ヽ,
        / (・A・) ) .// ̄ _√) |;|;|    |ヽ,ヽ,
      [/__⊆⊇_ヽ__)_/[;;;]y_つ_|;|;|.__.|__ヽ, ''―-,,,
  _,,,.-' ̄' ̄' ̄' ̄/;,,.-―''''"_ |__警_=.|視_庁__=_|___|]
._/二ゝo=*=o/二ソ;;/⌒ヽ ;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;;/⌒ヽ;;;;;;;;;;;;〕
ヽロ=[ニ]=ロヽ....,ii:: 0 i| ;;;;;;_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;ii:: 0 i|;;;;;;;;;;ノ
   ̄ゞ;三ノ ̄ ̄ ̄ゞ___ノ ̄ ̄ ̄ゞ;三ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞ___ノ

やっぱりケンカですかねぇ
  ___      ___
  ヽ =@=ノ      ヽ=@= ノ  遺体もないしなー。
  ( ´A`)      (・A・ )
  (  ∨ つ    ⊂    )  でも、なんとなく雰囲気がヤバそうじゃね
  | |  |      | | |  これ。
  (__)_)      (_(_)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  蒼星石が指差した先には、警察官たちが数名、歩道に陣取っていたお。

  しかめ面でなにやら物々しいことを話していたお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

868 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:25:16 ID:mnl/001w


         ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ             ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ‖ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  野次馬根性を出して、さらにそちらに近付くと、血痕がアスファルトに
 へばりついているのが目に入ったお。

  しかめ面の原因はこれらしいお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

869 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:25:46 ID:mnl/001w


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ねえ、やる夫。あれ……ただの刃傷沙汰とは違うんじゃない?」
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  と蒼星石が、やる夫にだけ聞こえるよう小さな声で、言ったお。







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

870 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:25:56 ID:mnl/001w


          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「……多分そうだお」

  やる夫もコク、とうなずいて見せたお。

  事情を知らない人が聞けば中二病呼ばわりされそうだけど、
 もちろん事を大げさに言いたてたわけでも、ヒーローごっこを
 しているわけでもないお。


  明確な根拠があってのことだお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

871 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:26:13 ID:mnl/001w


,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk                             K               7
       !垈                            }代             ノ
     .為llll}                      為lll心
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  なにしろ――残された血痕からは、ただならぬ妖気がただよっていたんだお。








╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

.

872 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:26:42 ID:mnl/001w





◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆





                やる夫と蒼星石は吸血鬼と戦うようです



                   〜 Epi.1 事件との遭遇 〜


                            終






                                                Epi.2 につづく




◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆





.

873 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:27:47 ID:mnl/001w
というわけで1話投下終了です。


それと、このスレ内で納めるのは不可能だと確信しましたw


ころ合いを見て次スレをたてることにします。

874名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 18:29:38 ID:J4suvxlM
乙。悪魔の次は吸血鬼か。ラストは魔王かな?w

875名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 18:31:21 ID:4Bw.rsPw
>>1
次回も楽しみだわ

876名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 18:34:46 ID:Gq1qrtkI
乙!
これは>>1の新連載なのか?

877 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:38:22 ID:mnl/001w
ご感想ありがとうございます。

>>874 乙。悪魔の次は吸血鬼か。ラストは魔王かな?w
>>875 >>1乙 次回も楽しみだわ
>>876 乙! これは>>1の新連載なのか?


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『埋めネタを作ってみたらサイズオーバーした』
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    超スピードだとか催眠術だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


でも新連載というほどには長くならない……はずです。


.

878名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 18:40:34 ID:mNolw7YM
乙です

879名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 18:46:12 ID:J4suvxlM
埋めネタ作ったらサイズオーバー
→しょうがないので次スレ建てて投下
→埋まりきらなかったので埋めネタ作った
→以下ループ

となる悪寒。ぶっちゃけ管理人に過去ログ化依頼でもすればいいのにw

880 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 18:50:01 ID:mnl/001w
>>879 となる悪寒。ぶっちゃけ管理人に過去ログ化依頼でもすればいいのにw
忙しそうなので悪いかなー、と思って遠慮したのです――失敗しましたがw

まあしょうがないので次回に生かしますw

881名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 19:32:34 ID:yWgCdOdg
乙でした。
まだプロローグですが面白かったです。
「ここからどう話が広がるのか?」
今からワクワクしてますよ〜。

あ、舞台が七王子市ということは、スーパーラビットも存在する?

882名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 21:20:32 ID:ggKi6FKY
乙でした。
って>>881見るまで同じ舞台って気付かなかった!

883 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 21:38:00 ID:mnl/001w
>>881 あ、舞台が七王子市ということは、スーパーラビットも存在する?
たぶん出ません。そのはずですw


>>882 って>>881見るまで同じ舞台って気付かなかった!
年代は微妙に異なりますが、同じ七王子市ですね。
なので吸血鬼や退魔師がいるだけでなく、
神仏と悪魔の主戦場の一つで、その上に異世界から
ムキムキの変態ウサギがやってきたりもしていますw


.

884名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 21:40:28 ID:w6M6YZGs
つまりこれ新城さんと同じ世界観なのか?

885名無しのやる夫だお:2010/11/07(日) 21:44:41 ID:ggKi6FKY
>年代は微妙に異なりますが、同じ七王子市ですね。

このスレの独特な世界観が好きだった身としては嬉しいレス!
epi2も楽しみにしてます。

886 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/07(日) 21:46:04 ID:mnl/001w
>>884 つまりこれ新城さんと同じ世界観なのか?
実はそうです。といっても業界がかぶっているようで
微妙にすれ違っているのであんまりクロスする要素はないのですが、
悪魔とガチで戦える平賀才人がやる夫たちの業界では有名人、
といった程度のちょっとした繋がりはあります。

887名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 00:11:01 ID:zB2zyWok
これはこれは…
ぱっと見た感じ、普通に新シリーズで行けそうじゃない?
見ててwktkしたよ

888名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 11:28:41 ID:ed6Sl6nA

行けそうな手応えならこれで連載しちゃえばいいじゃん
見る側としちゃいっこうにかまわんのだぜ?

889名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 13:15:30 ID:B/Iy/kQw
新しい話が始まったと聞いて
wktkしながら正座して続きを待ってるよ!

890 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/08(月) 21:01:47 ID:HygR7myc
今のところ4話以上9話以下くらいの構成になりそうな感じです。
次のスレを消費しきることは、安価でも用いない限りないはず。


.

891名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 21:07:41 ID:zB2zyWok
よろしい、ならば安価だ

892 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/08(月) 21:32:26 ID:HygR7myc
>>891 よろしい、ならば安価だ
検討しますw


あと安価で思いだしましたが、蒼星石の新しいエロAA付きの
シチュリクは通りやすいです、とPRしますw


なにしろ前々回の長門の研究所編と、前回の新城直衛編で
蒼星石のめぼしいエロAAの多くを使用してしまったため、
今回のエロシーンは目新しさに欠けそうだという
割と切実な課題を抱えているのです(つД`)




* あ、でもSMくらいならともかく、
獣姦とかレベルのマニアプレイは事前にご相談ください(汗)
あんまりマニアすぎるプレイを挟むのはシナリオ上
困難が予想されます(汗)


.

893名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 21:48:24 ID:6RNU8eQQ
でも異種姦はオッケーよね?

894名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 21:50:48 ID:5Ts91GkA
ふたなりは?ふたなりはどうなの?

895名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 22:20:53 ID:XNOGapy2
たちにょ!たちにょ!

896名無しのやる夫だお:2010/11/08(月) 22:22:41 ID:6RNU8eQQ
>>895
自スレで続き描いてくださいw

897 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/09(火) 06:04:33 ID:6WL0sUSc
おはようございます。


>>893 でも異種姦はオッケーよね?
>>894 ふたなりは?ふたなりはどうなの?
>>895 たちにょ!たちにょ!
パス!w


.
.

898 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/09(火) 06:14:03 ID:6WL0sUSc
今気がつきました。

>>892でSMくらいと書きましたが、
それもいわゆるソフトSMです……
ムチやロウソクとかまではちょっと。

899名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 16:37:56 ID:AmZ0UgT6
>>897
まって、異種姦をパスするのは早計だと思うぞ!!
エルフと人間やら神々と人間でも異種姦は異種姦だ!!

900名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 16:46:51 ID:jhz9z/V.
>あんまりマニアすぎるプレイを挟むのはシナリオ上
>困難が予想されます(汗)

と言いながら人格改造やNTRに走りそうな予感がw

タガが外れての逆レイプはどーよ?

901名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 17:11:11 ID:MHJpDbJA
あれ、異種姦はパス?
吸血鬼に○される蒼とかの展開になるのかなとか考えてたんだが

902名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 17:18:40 ID:n4Ci3v1Q
触手プレイは当然OKですよね!?

903名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 18:06:52 ID:aTspg34A
露出はソフトなのだろうか・・・・・

できてもノーパンスカートぐらいか。

904名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 18:13:31 ID:jhz9z/V.
うん、やっぱ予感では無く妄想だな
談義の印象が強い強い

濡れて透ける服で彼女を連れまわすのはどうだろう……?

905 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/09(火) 19:23:27 ID:6WL0sUSc


かくもハードかつアブノーマルなレスが集まるとは!w



>>899 エルフと人間やら神々と人間でも異種姦は異種姦だ!!
異種姦って人間型も含まれますか。それであればAAには問題ないですね。
でも『新城28サンチ砲発射希望』とか言われても困りますのでやっぱりパスにw


>>900 タガが外れての逆レイプはどーよ?
シナリオや設定を破壊するものはちょっと。
収拾がつかなくなりますので。


>>902 触手プレイは当然OKですよね!?
なぜでしょうか?w


>>903 露出はソフトなのだろうか・・・・・
ソフトでしょうか??ww


>>904 濡れて透ける服で彼女を連れまわすのはどうだろう……?
その格好で外に出るには、
12月は少々寒すぎるかと思いますw



……ていうか、これらのレスって、もし「いけます」と回答があれば
専用AAをお作りになる気だったのでしょうか……?w



,

906名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 19:28:26 ID:NzCNXjec
どっちかってーと、異種姦の中に獣姦も含まれているって感じ?
ゴブリンとかオーガーみたいな人型モンスター姦も異種姦になるしなあ

まあ強烈なモノには蟲姦とか海棲生物姦とかあるしなー

907 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/09(火) 19:32:50 ID:6WL0sUSc
>>906 どっちかってーと、異種姦の中に獣姦も含まれているって感じ?
>> ゴブリンとかオーガーみたいな人型モンスター姦も異種姦になるしなあ
……OKとか言わなくて本当によかったです(;^ω^)

908名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 20:15:41 ID:KcYHGPYU
同じ世界観だから聞いておきたいと言うか
聞きそびれたというか
新城さんの元ネタの神様ってなんですか?

909名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 20:22:35 ID:FlH4Gqxk
「種族:人間」同士じゃないものは何でも異種姦じゃね

910名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 20:46:04 ID:qhTJky3g
所で相手が吸血鬼だから負けた場合吸血プレイは……あるんですよね?

911 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/09(火) 20:56:57 ID:6WL0sUSc


>>908 新城さんの元ネタの神様ってなんですか?
元ネタはある軍人です。普通に外敵と戦った人ですね。


>>910 所で相手が吸血鬼だから負けた場合吸血プレイは……あるんですよね?
今回もネタばれについてはだんまりを……

……吸血プレイ?w

.

912名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 21:05:59 ID:DOPkOXfw
バキュームプレイ まで読んだ

913名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 21:27:11 ID:QU7x21E6
血を吸った後歯で開けた小さい穴を無理やり押し広げて突っ込むんでしょ? 俺も期待してる

914名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 22:03:36 ID:HHfAcEUg
>>913
なにそれいたそう……

915名無しのやる夫だお:2010/11/09(火) 22:09:06 ID:nW.j1eBw
唾液注入されて体が熱いのビクンビクンとかそういうのだろJK

916名無しのやる夫だお:2010/11/10(水) 02:48:07 ID:q7eH8zUg
ヴァンパイアが下のお口から血を吸うとか
生理中の血とかゴクゴク飲みはじめたりしたら・・・


蒼ならそりゃご褒美だな

917名無しのやる夫だお:2010/11/10(水) 07:31:48 ID:xqXYIsxg
大河AAを蒼星石AAに改変できないかなー、
とやってみたけど、どうもシックリいかないなぁ。
職人レベルであればもっと上手くやれるのにorz
しかし美鶴さんのエロAAは圧巻でしたね〜。

918名無しのやる夫だお:2010/11/10(水) 18:30:59 ID:.CpZNxEE
>>911
ん?東郷平八郎?

919 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:11:02 ID:vZRP2DOY
>>918 >>911 ん?東郷平八郎?
一応モロの名前は伏せると言うことでw





ではそれはそれとしてEpi2投下開始します。

920 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:12:49 ID:vZRP2DOY





◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆





                やる夫と蒼星石は吸血鬼と戦うようです





◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆ ◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆




.

921 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:13:07 ID:vZRP2DOY









                   〜 Epi.2 隠された顔 〜









.

922 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:13:17 ID:vZRP2DOY



□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 12:11
□━━━━━━━━━━━□

  【 東京都七王子市 】


  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ブロロロロ……
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."           .  . ..


.

923 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:13:32 ID:vZRP2DOY


【 野場学園 】


           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   ________
               |  |  |           |  | |野場学園
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|_____



.

924 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:13:45 ID:vZRP2DOY



【 屋上 】


                   ITTTTTTTTTTTTTI  _|_    ___
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFF
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFF
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒
  _______________________'
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||:\
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::. ||\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'\||:. ||\
   .................................................................................................................................'\||!.:;||\
   .......................................................................................................................................'\||:.!.||\
   .............................................................................................................................................'\||!.:.||\
   ....................................................................................................................................................\||!.:||\
   ..........................................................................................................................................................\||!..:||\
   ............................................................................................................................................................... \||!.:||
   ....................................................................................................................................................................  \||



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  午前中の授業が終わってから、やる夫と蒼星石は
 学校の屋上に集合したお。

  今朝の、あの血痕のことを話し合うためだお。

  普段から人気のない屋上は、こういうことを話すには、もってこいの
 場所なんだお。

  やる夫たちが退魔師であることは秘密にしてあるから、他の人に話の内容を
 聞かれるのは困るんだお。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

925aa:2010/11/10(水) 20:13:53 ID:OBCofNRc
正直このテクニックは反則

これを使わずして女を虜にすることなど不可能

すごいです。衝撃的な内容です。。

http://www.cuty-hunny.com/aibon.html

926 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:13:58 ID:vZRP2DOY


                    __
                   //l::\  /////:::::::ヽ
                     /////{:;;;;;/////////::::::::\
                      {////ハ::::::{///////////:::::::::\
                 ,x.::{/////ハ::::ハ////////////:::::::::ヽ
              /.:.:.:.::',/////ハ::::ハ////////////:::::::::::::ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:.ハ/////ハ::::ハ////////////:::::::::::::ヽ
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨////∧::::::\///////////::::::::::::::ヽ
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨/////\::::::\//////////:::::::::::::::ヽ
             {.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨//////\::::::\//////////:::::::::::∧
             |.:.:.:.:.|.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ////////\::::::\//////////:::::::∧
            l.:.:.:.:.|、.:.`!:、.:.:.:.:i.:.:.:.:\////////\::::::\/////////::::::::}
.           八.:.ゝ! ゞミト、.:メ.:.:.!.:.:.:.:.:.:\////////\::::::\////:z=-''"¨
               '_:ノ イソ.:〉ヾ,,ヽハ.:.:.:.:.:/.:.:\////////\:::::::::/:::...
.            /:}   レ' /  X.:.:.:./.:.:.:.:.:.:`x////////:`ー‐ '''フ
.            /.:イ   ー     /.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:`ー=z__z=-"
          /:.イ〉  ""   /.:.:イ.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          ノイ /.:ハ       ノイ/.:.:.:.:.:.:.:/!.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          /.:.:八_       /.:.:.:.:.:.:.:/ |.:.:.:,'.:.:.:.:.:..:.:.:/
         ノ イ.:{::{i!}:. ̄.:{`} {.:.:.:.:.:.:./ .|从!:∧.:./{/´
.          /::::乂{i!}    ゝ/:.イ.:.:.:/  _x`.:ヽ、乂.ノ
        /:::::::::::{i!}  圭.ノイ./.:/ /     ¨{i!}
          / ::::::::::{i!}   |||`:ミノイ /      {i!}:ヽ
       /:::::::::::::{i!}    ||| X<>圭圭ミト、   {i!}:::::::ヽ
     /::::::::::::::{i!}    !iレ'i/ 醞、    )))  .{i!}:::::::::::::!
               ー"  \\  //  {i!}::::::::::::::::|
                         \圭/ {i!}::::::::::::::::::::|



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  あと、外見だけなら校内でもトップクラスの美少女である蒼星石と
 二人きりでランチ、という状況を見られると、もがれかねないから、
 という事情もあるお。







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

927 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:14:10 ID:vZRP2DOY


                      !     ___!.__
                  ,.ト-‐ 二 -― 'ー '/
                 {` ̄ ̄´      __,/
                 \,. -― ' 、´ ̄、ハ
                  / i ∧.!、ヽヽ、 i }
                   〈∧レ二ヽ ` マニ、} l
                   ゙Y .トゞ:;}   ゝ' i' ,′
                  | ト、   _'  ィ,、!
                  レヘ! >‐r- 'l、
                   ,rv- '´>< ` ̄Y^ヽ
                   ,{|  / ,∧ )}   /ソ ハ
                 _/ {|  `Y1}{!| ト′ .ハソ i .ハ
               iフ-i   {l   ! !}{lマi  .ハソ .| .ハ                    / ̄ ̄ ̄\
             r'´  .|  {|  |_|}{l l_〉  i.}  .|   ハ                    /  ─    ─\
           _ i  、 >、. {i、__ノ,八ー--' }、__」   ,〉             /   (●)  (●) \
           /   `ヽ⌒ヽ.└、二ト、/|`~~´ ハ 'ー‐ 〈               |     (__人__)    |
          ./      ト   \ | ヾ^ソ   / マ   ハ                \     ` ⌒´   /
         /     / ヽ  i.`ス `´     ハ ノ ,.  7                  /            |
        ./    /i`Y   ∧__ノi´ ヽ∧  /  `i゙i   ハ              (_ )          ||
       ,人、  / .| ゝ_ノ └'”ヘ_i|l }  レ′ ̄ `ヽ.   ハ                 l⌒ヽ        _ノ |
      /   `ヽ/  |  \    ヾ.ソ   /      '、  .ハ                 |  r `       )__)
     /ァ.、  /   `゙ヽ、     ,.-‐ '" ̄ヽ    }   ト、             .(_ノ  ̄  / /
  __,ノ`´ヾノ-./,.'⌒ニY´ ̄Y'"´           }   /_,..ィ'´                     ( _)
. i´  ` ̄´   }  /´/ァメ!  .ハ______ノ___ノ ヽ__ヽ
 `  ̄ ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  よいせ、と二人して排水溝近くのコンクリの壁に腰掛ける。

  やる夫はかまわず直接座ったけど、蒼星石はハンカチを先に引いていたお。

  たぶん服が汚れるのを嫌ったんだろうと思うお。
 普段男っぽく振舞う蒼星石だけど、そういうところは普通の女の子だお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

928 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:14:34 ID:vZRP2DOY


                 /三三三三.-――‐-ャ=、三三ニ`ヽニニ\
               , ′三ニ孑'"´: :,x': : : : : :./: : :ヾ`丶三三\ニニヽ
             /三ニ/´: : : /: : ;ィ ;ィ: ;イ.:/:.; : : : : : \三三\ニヘ
               /三イ".: : :.x∠ ;.:イ ,:イ/ /;イ: i!: : : : : : : :.ヾ三ニヘ三.!
            レ;":/: : : :∠孑彡≧く´  !.;ハ:{i : : : : : : : : : ∨三ニⅥ.}
                j/: ム=彡弍≠=ァュx..:_ \ |:{ }:ト:、: : : : : : : : :.i:∨三ニⅥ
           /: : {: : : :{:.{‘  ん'r;;`ヾ`   |:| |:| Ⅵ: : : :ヽ: : : !: :∨ニニiリ
            ,′: :i: : : :ハ:i 、弋_;彡'    !| i:! _ヾ: : : : ヘ: : :|: : :Ⅵ三}
             /:/: : :l: : :.{ !|  `       キ ヾ ̄卞:、: : :}: : |: : : }Iニニ!
            ,':,′: : ヾ: :.! 丶           , ゞ  =ミ弍:.\:!: :.l: : : }ニニリ
           ,';イ: : : : : ト、|   `         イ      ん';バ: : :!: :.i: : : ハ:ニ/
          ,':/|: : : j}:.:l ヾ:、      _ _      、弋じ;'刈: :i:.:/ : :イ: i:/
         j/ !: : :イ: :!: . `     廴ノ      `   イヘノ/: : :/: }Y
 _         |: : ∧:i}.: .                   /!′: /: /|:!
く >――ァ:、   |: ;イ;ヘ:ハ: .                   ∠: :イ: :イ: / リ
ノ≦、¨ス≦ノ   |:/ "|:’:/:. : .                .イ) /:.///:./
j}__{ ̄´   `丶、 j"`ヾ:く:. :. :. :. . .         . イ≦:イ:.Ⅸ /:イ
       ,. -ァナ¨三三:ヽ、:. :. : . ..-―ァ:.≦イ: : : : : : :./:/ /イ
  :.     /イ ¨´  ̄ ̄`ラ}うー-、/ レ1/ |: :/ |: /!: : : :イ:,′
   :.:.    i::::{    ,.-ァ彡ぇイヾー-ミヽ、  |:/ j:/ |: : : /|:{
   :.:.:..  ヾ::ヽ_..彡ィ;kイ|ヾ:、ヘ  `ヾ:ヽ " 〃 !: :./ !:!
    :.:.:.:.:.. >:、;:イ:/ ィフ | ヾ::::i    ヾ:x.    |: /  jノ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ねえ、やる夫。朝のあの血痕のことだけど、もしあれが、
 僕らの見立て通り、妖怪の仕業だとしたら……
 やっぱり僕らに依頼が来るかな?」

  と蒼星石が学食のおにぎりのラップを取りながら言ったお。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

929 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:14:47 ID:vZRP2DOY





       ____
     /⌒  ⌒\  ペリペリ
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒::::\
  |    '。|r┬-| ,,   |
  \γ⌒▽`ー'´_∬/
   ( ^ノ    (_ノDE)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  やる夫もハンバーガーの包み紙をはぎ取りながら答える。


 「たぶん。

 もしかしたら、もう警察からやらない夫に依頼が回っているかもしれないお」


  さすがの日本の警察も妖怪がらみの事件は管轄外だから、この手の出来事が
 起こると近くに住んでいる退魔師に案件を回すのが一般的だお。


  本来引き受けるべきとーちゃんとかーちゃんはもういないから、必然的に、
 お鉢が回るのはやる夫たちになる、というわけだお。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

930 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:14:59 ID:vZRP2DOY





          / ̄ ̄\      えーと…………
        /  _ノ   \     届けられる退魔具の検品が午前中までで、
     |  ( ●)( ●)     TOEI社の依頼の件の値段交渉が正午すぐ、と。
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l     あ、妖怪データバンクの情報料の引き落としが
      |         }     明日だから資金も移動させておかないといけないだろ。
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  ちなみに、やる夫たちへの依頼がやらない夫を通じて行われるのは、
 やる夫たちがこの手の仕事を全部やらない夫に任せているからだお。
 (丸投げしているとも言うお)


  やる夫も蒼星石も、得意なのは退魔師としての仕事 だ け なんだお。
 あんまりいいことじゃないんだろうけど。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

931 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:15:15 ID:vZRP2DOY



           ! ニ二三三三三三三三三ニ l
           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',
         /.:.:l.:.:.ノ`y /.:/.:.ハ.:.l \.:.:V `7.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /.:.:.:l.:.:ト、y'/.:/.:/~i/.:.:l  1.:/`7.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:',
        /.:.::::::l.:「`7 V.:/~~i.:.::/L_ノ/ /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:',
         〈.:.::::::::l.:.:y′/.:/~~ i:.:/ `ー'レイ.:.:./⌒ヽ!.:.:.:.:.:〉
          \.:.:「`ヽ /.:/ ^~7.:/  ノ j.:.:/   /.:.:.:.:/


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「やっぱり。それなら、どんな妖怪なのか事前につかんでおきたいね。

 兄さんに調べておいてもらおうよ。
 そうしたら、たぶん学校が終わるころには、ある程度当たりをつけておいてくれる
 だろうから、放課後には僕の家で説明を聞けると思うよ。

 今日の放課後、どうせヒマでしょ」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

932 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:15:29 ID:vZRP2DOY




       ____
     /⌒  ⌒\  ペリペリ
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒::::\
  |    '。|r┬-| ,,   |
  \γ⌒▽`ー'´_∬/
   ( ^ノ    (_ノDE)


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「今のとこ予定はないお。んじゃ、学校が終わったら、蒼星石の家に
 お邪魔させてもらうお」





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

933 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:15:39 ID:vZRP2DOY


               ____
       _,、-==三三三三三三!|
    _,、=三三三三三二=="二二!_
   ヾ三三二= ̄_,、ェ==三三三三!!
     ヾ _,、ェ==三三三三三三三三!
   .,、ィ三三三三三三斗孑"´ ̄ ̄: :ヽ
.   ヾ三三三斗孑": : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     ゞ孑": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
     /: : : : :.、: : : : : : : : : : : : : : i!: : : : : : :i!
    i!: : : ::ト、: \、:ム: : : : : : : : : :.i!: : : : : : :l
    j!: : ; :.l ー'丈_`、`ーl:、ヽ: : : : : :l!: : : : : :l!
    ´.l: : ヘ:ト, ,、ェョォァ. l: `ー`-: : :l:.l: : : :l:.:リ
.     i:.ト、:`:.ヽ' 乂ソ  ノ:./:l: : : : :ll:l: : : :l!/l!
.      ヽ! `!ヽノ ///. ´///!: : : //l: : : /l!
         ヽ、   ,  /  l: ://ヽ!:_: :l!
          \´  _,、_ レ'ィ '´ ̄ ̄ ̄ゝ_r‐'´`i
             `´イ-'`ー、          ヽゝ'ヽ
             /::::::::::::l_          `! ,イ
                i!::::::::::::::::`7          l `l:i!
             i!::::::::::::::::::ゝ、         l.(_:i!
            /::::::::l::::::::::::く.            l ノ::i!
            /::::::::::|:::::::::::::::`i         .l. `、::ヘ
           /::::::::::::l:::::::::::::::〈_r‐、 ,ハ_r‐、 .,ィ-イ::::::ヘ
            /:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l:::`´:::::::::::::´:\::::::::::::\
         __ィ´―-、_l::::::::::::::::::::,、ハ:::::::::::,ィ==三ト、_,、-‐'´
    ,、-―'´ ̄::::`f´   ゞ、::::::::;、ィ'´三!.ゞ‐''´三三三三ト,


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「うん。よろしく。兄さんには僕から携帯で頼んでおくね」

  こころなしか嬉しそうな声で、蒼星石は言ったお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

934 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:15:51 ID:vZRP2DOY


               | 三三三三三三三三三三三三三三三. /
               | 三三三三三三三三三三三三三三三 /
            __ |` ー-- 、..三三三三三三三三三三三'
         r__─ /       ` ー── - _ 三三三三三l
          |  `ー---... _                       |
          | 三三三三.... `= ー― -- ..、          ト._.\
         ' 三三三三三三三三三三 `ニニ=ー───---` .)
         ヽ___ 三三三三三三三三三三三三三三三三  /
           /::::` -..、_三__三三三三三三三三三三三三 /
         /:::::::::::/::/:::::::::人::: ̄\--- ..、___三三_三三._/
        ' :::::::::::::::/:__:/  |::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:::::::::: ̄ヽ
        '::::::::::: :,. '::::/:/ ` |::|:::::::ト , ----- 、 :::l ::::::::::::::::゙
          |::|:::::::ノ::_/, ' __  |::l::ヽ::ヽ \ ::::::::::::::: | ::::::::::::::::|
       丁! ̄::!::/イ,.ィ´ `ヾ|::ヽ:::ヾ::\_`_ヽ ::::::::| ::::::::|::::: |
        |ヘ:::::ヽ:::::::| ト ィ_、| ヽ| \!` 7:::::::`ヾ、::ノ ' ::::::|::::: |
        ハ:::N\::l ゝ_..ノ       ハ::_,ヘ| ハi /::::::::,. ::::,
        l::::::ヽ::::::::ヽ           ゝ __.ノ,.'::::::::::::./:::::/
        |:::∧:::::::::::;ヘ      '       /イ:::::::::::/::イ::|
.          レ'. │:::::::|::::ヽ.    ,- 、     フ:::::/::::::小/∨
           |:::::::.ハ/ヽl >._j /    イ:://::::イ/
           |::::/   /  ノ /フT   /,':::::_イレ
             V  _ ノ ー<'/ノ , 介 ̄ l::/´ \
          , -ーf  ー-ノ !-イ/l::!ヽ  レ    \
          |三r |  、__ ノノ //_j|:|ヾ:ヽ
       γ´ ゝrゝl  ノ|  /イ/{.|:|
       (j   入(^つ-rく> ´//`l{´|:|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「そうだ。話は変わるけど、今日からしばらく、英語の授業は
 教育実習生の先生が受け持つんだって。知ってた?」


 「いや、初耳だお。どんな先生なんだお?」


 「えーとね……海外の人っぽい名前の先生だったよ。
 なんて言ったかな。

 たしか……」



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

935 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:16:02 ID:vZRP2DOY


                            ____
                         ,, ´.  . . .: .::.:`::..、
                      _彡 . .. ..::. :.::.. .::..::.::.::::.::..
                     /. .:.:.::/. :.::/..::.:.:/:.:::.:::ハ
                   / :/.:/:::/.:.:::/. .::/:::/.::/:::/..:: ',
   .               ///.:/.::/く//: ://!:i:{:::/..::::.:.}
                {ハ{|:j{.:/y'泝メ/ァ=―j:ハV.:.:://
                    }|:Ⅳ/} `'l/′ -も笏ラ.::/.i:/
                  八い从 〈   `ニ彡'’ク/从
                       ″》、`ニー- /,爪//
                     'jノ》:ァ=≦=彡'从j{
                     _ _,〕.. .-=ニ:_:_:ハ
                  ,, -‐=彡≦芋芋ミ寸冖;
                  rく //,x〃.: : : : : : :州: : :‘,
   .           //,>'^X//i{: :_: : : : : : 州.: : : :\
               〈// /://l小 : :\ : : : 州: : : : : : ヽ
              `てぅ'’y /〉ハハ.:i: :\: : :〔沙x:_: : :/.:リ}
                ,イjv' /{{八ハ| : : : \:i//:`' ミく.:/》’
   .            厶≧'^: }}: .:刈 : : : : : |'′: : イ:>'》′
   .          ‘v/: : : :人'v_i.:]| : : : : : |.: :/彡〃
                 ‘《 : : : : :`:┬j| : : : : : | /.: :\:j|
                  /:\ : : : : :| :》: : : : : :lハ: : : : :|
   .              /: : : :‘'≪:_: : リ=‐: : : 《 |: : : : :|
                /: : : : : : : :`≫'-=ニ≧xj|.│ : : : |
   .           _/ : : : : :_,≫'´: : : : : : : : :冫.|: : : : :|
          /: ,,: :⌒ヽ\ : : : : : : > '′ |: : : : :|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ランぺルージ先生、だったかな」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

936 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:16:18 ID:vZRP2DOY











  ■ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ □ □ ■










.
.

937 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:16:28 ID:vZRP2DOY


□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 13:02
□━━━━━━━━━━━□



【 やる夫たちのクラス : 2年B組 】

___ _____     _____ _____     _____ _____
/    ||//    ||   ||//    ||//    ||   ||//    ||//    ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
..  /d|     / ||   ||    /d|     / ||   ||    /d|     / ||
 // ||   // ||   ||   // ||   // ||   ||   // ||   // ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/| _ _ _ _
___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
. ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
  . /l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
  l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
  _|||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
 ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.___/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
__||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
_  ||.         l||      ||.         l||      ||

.

938 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:16:40 ID:vZRP2DOY



           [教育実習生 : ルルーシュ ・ ランぺルージ]

                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }
          ',      |} 丶、   ト、ヽ            \|/   /    .イ
          ',      {ー‐‐一ァj ヽヽ           .′ /  / . {
          ',       l   /,イヘ. ヽヽ         .′   /  .′ !
          '.      l   //  ヽ `、`、     / .  /   .′ |
           l      l    /    ヽ  ', ',   // /    .′  .!
           |     {  .′     `、} }   ′/     .′  .|
           |      ヽ/       トイ   {/        /     .|
           |       !        | { jr‐┘      /     |
           |       }        { |」」く二 ‐ 、    /        |
              ',       /   _   -‐   ̄     ヽ、   .′       |
    __      ヽ    /-‐====──‐‐--      {__     |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ルルーシュ ・ ランペルージです。

 教育実習生としてこれから2週間、皆さんの英語の授業を担当させてもらうことに
 なります」


  午後一の授業で、蒼星石の言っていた教育実習生がやってきて、
 そう挨拶したお。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

939 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:16:51 ID:vZRP2DOY


                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ
    |                  | |    | |          }
    |                  | |    | |             ,'
    |  \     ┌===¨     ¨===斗      /
      〉   ヽ  | | | ,-、          /ヽ| |     イ,'
     {       ', | | | ヽ′         ` ´| l /  |
     ′      Y  | |                // /    !
.   /     ./  | |                 // ,′   |
.   /       '    | |              .// /    |
  ,'       /     | |            // .{{      |
. /     ∧   |!             | | |l     |
. /     / |    | |            | | |l     |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  その後に続いた自己紹介によると、なんでも


 ・ 子どものころに日本に帰化した元イギリス人

 ・ 現在は鏡都大学の教育学部に所属

 ・ 英語も喋れるけど、ずっと日本で育ってきたからむしろ日本語のほうが得意


  だそうだお。



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

940 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:17:01 ID:vZRP2DOY


                       [クラスメイトの女の子たち]

                ヒソヒソ                      ヒソヒソ
               ,ィ;ニ:ニ:ヽ、                        r‐- 、_
             /:/    `゙                 ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
             {::{__,、__       __,        ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
        ..-‐:.:.: ̄:.:.:.:.::/:::\:.: ̄:`:ー:-‐'´:.:/      , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<      /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
      /:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:::.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
      ,':.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /|::i:.:.:.:.:.:.:|ヽ::.、:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:\  ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      |:.:.:.i/:.:.:.:.::,':-‐:/ |:|.:.:.:.:.i::| ーl-|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.∧   /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
      |:.:.:,':.:.:.:.:.::|:.:.:./  !|::.:.:.::|:.l  |::|、:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.、:.:ハ  ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     |:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:/___ |:.:.:./|/_|/ ∨:.:.:.:|:.:.:.:.:.|\|  ′ 1: ハ:|バ'´``` ,    /// `;.:| :}: : .釗
     |:.:.|:.:|:.:.:.:||:/三三 |:/ 三三 /::∨::.:|∧:.:.:|      ∨  `ゝ} ///  _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
     |:.:.|:.:|:.:.:/|´            ・ハ:.:.:|:.:/  \:|          _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
     |:.:.|/|:.:/::| xxx      `  xxx |:.:.:.:|/                 汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
     |:.:.:.::|/::.:.|、     'ー'^ー'    ,..':.::|:|                   ::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
      |:.:.:.:.:|::..i::|::>::... __ __,..イ::i:.:.:.|:|             ,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
      |:.:.:.:.:.|:.:.|::|  \j  〈::.} ゛|::|:::.:.:|:|             / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
      |:.:.:.:./|.:.:|::|\  \  ./  |::|:::.:.:|:|            人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「うわー……、すごく格好良くない? まるでモデルさんみたい!」

 「同感。肌もうらやましくなるくらい白いねー」


  クラスの女の子たちが授業中ということも忘れて色めき立つ。
 男の自分ですら、あの教育実習生が超ド級の美男子だと理解できるくらいだから、
 女子に人気なのはわからないではないお。


 (……蒼星石もああいうタイプが好みなんだろうか?)

  気になってちらりと蒼星石のほうを見たお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

941 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:17:16 ID:vZRP2DOY


                  ________
           _xrェ三三三三三三三三三三三ェx 、
         /三三三三三三三三三三三三三三三ミ\
         |>x,,二二二二二二二二二二二二二二x<!
         ',三三三三三三三三三三三三三三三三三,'
.           ヾ三三三三三三三三三三三三三三三三ソ
       __,xr"}ト`"""≠==三三三三三三三=="""´{)>,
.        \`ミェx 、..,,                _,,,,..::ェイ/
          V三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
         i三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ/    \
.         }ト-==ミ三三三三三三三三三彡シ斗"´ ハ.\__ノ)
           { : : l : : |i.: : :| .l: : : : : : : :|.: : : ヘ: : : : : : : : : : : ハ ` ̄ ̄
          | : : |: :: l-l十l‐弋:-: : : : :|ヽ.:-弋ヽ,-―: : : : : : :.l
         l: : ハ: : ハ ヾ: ! ―-: : : : :.l ヾニニ_\: :.', :', : : : l
.           ',: : :', : :ヘ《て示≧ト:.\: :.! イ示云~》`:: : ',:.', : : :.!
.            ',: : :.ヾ .:', 弋:こソ  \\!  ゞ==″ 〉: : : ',:', : : i
          ',: :i: : \\      ,   \     ,' ,|.: : :.ヾ', : :|
           ',: ',、: : :ヘ \     _,      /-i !: : : :}`,', : !
           ',: ',\: : ',ゝ、        . イ: : | |: : ./ .!:',: :l
            \:、\: ', :.`:l≧: ..,,..:≦| _ヾ: .:l l : :/  |: ',:!
             \r::ヾハ~`}    __ × -ハ://: /  .l :/ヘ
         l:x/>='''´   リ'' ̄` x,./      ///>-x,'/v.:x
          与||弓、       ./:/ゝ'トヽ.          .:/コ||.i与
.        / .与|:弓.        /:/./:!.|:ハ::!         /与||与ハ
       /   |x|| lニ     〈::\l::| |:| }:|         弓||与 ',
      l    与l 弓        \::イ十K:!        弓||与:  l
      /  :::与||弓         レ|:|-|:| ノ        弓/与  :l
      /  :::::与|| 弓          |:|-|:|与        弓||与   :\
.    /  :::::::与.||弓        |::|-!:|弓       弓.||与   :::::\
    /  ::::::: 与 |!弓       |:::!-!::i与       弓/与::::   :::::::::\
  /  :::::::  与ヾひ=i__=.__=r}:リ:::|=ヽ::ゝ=x=x=x=x_rゝ||与::::   :::::::::::::::\
./   :::::::    ク几ノ=几=几=几ノ 与_几_x=x=x=x=x=与:::::::   ::::::::::::::: \
\  :::::::::::     ̄:::: ̄  ̄  ̄ゝ\/ノ ̄`´~´`´ ̄´`~´`::::    :::::::::::::: /


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  その表情は、『悪くはないけど、ちょっとねー』くらいに考えているときの
 それだったお。
  どうやらそれほどお気に召さなかったらしいお。

  ……少し安心だお。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

942 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:17:56 ID:vZRP2DOY


         [英語科目の担当教員 : 黒井ななこ]

                      l´`丶ミ ̄ ー-、
           ┌─--<¨´ノ ∧          `ヽ
           |   |ミヾY ''ヘヘ      `、   .ゝ、
           .j     |       | キ.l     :|ヽ  ミヽ __
           |     :|       | .キト、ヾ ___:| ソ ニ三{}气 `,
     .     |    .:|ー一-、  | l.| .ヤ´  :| }  / {}ミ    }
      .     |    :|       ソ  ヽ  :| j / .ハ    |
              | |   l|fミミ≧、       ソ. :| j / /  |   |
              | |   :ト .イ:::::::l     ミ三チ| ス-、/  .|   |
             |ヘ  :| { ゝー''         |/| ノ    |   |
           | i :|、 :',:::::::::     ィ  ::::::: l jー'  .  |   |
            ヾ.| l |>‐- .  ̄  ,,,; <| l.     .|   |
             リ .} ト、;;;;;;;;;;:ハ ̄ ̄l;;;;;;;;;;;:|'       |   |
               r爪リ ';;;;;;Z二二二ソ;;;;;;;;;|辷ヽ   |   |
            /    l Y     f-─一  スヽ.  |   |
          rイ  ::::Y   j     ./      / /.  |   |
        〃¨¨ r三ヽ _j__ .y'   /  j ./    |   |
          人-ーZニ-ー'''¨      `y──--、j .|.    |   |
       〈::::|        >-─一¨¨''ヽ    ヽl.    |   |
        ヾ:|__ >'' ¨´>-        ヽ   ハ.   |   |
            ソ /       Tー-----ソ  .ノ.   |   j
             / .ノ          i   \__/.     |   /
      .       /' ´        i        )     |  :/
            /             i       {    | .:j


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「あー、こらこら。みんな授業中やで。静かに静かに」

  と黒井先生が皆を落ち着かせようとするも、あまり効果がなかったお。


  仕方ないということか、

 「……でも、質問タイムくらいとろか。よし、今から5分だけ、ランペルージ先生に
 聞きたいことがあるんやったら聞き」

  と融通を利かせたお。


  とたん、女子生徒たちからわらわらと手が挙がる。

 「好みのタイプはどんな人ですかー?」
 「お昼休みに質問に行ってもいいですかー?」



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

943 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:18:14 ID:vZRP2DOY


         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `
       レレヘヽ ヽ- 、__   ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\
       ,. -―‐''´::::||:::::|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
     /l::::::::::::::::::::::::||:::::|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` : 、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  人当たりの良さそうな笑顔を浮かべながら、ランペルージ先生は丁寧に
 答えていったお。


 「好みのタイプは……活きの良い人かな。元気な人と言っても良いけど。

 お昼休みの質問はいつでもどうぞ」


  そう言った後、一瞬だけ、確かに蒼星石を一瞥したお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

944 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:18:43 ID:vZRP2DOY





       ::;:::;;;;::::;;::;;;|;;;;:::::::::::::/:::/:::/ /:/::::;;;;;;;;/:::/::::/ /::/::/i,ゞ斗弋::::;;;;;;;;;;;/:::/:::::::::/::/
       ;::::;;;;|::;;;::;;;.|;;;;::::::::::/:::/::/ |:/::::;;;;;;;//::/::/ /: /:::/-i'´`l ヾ\;;;;;;;/:::/::/::::/;;/:::
       ::::;;;;;|::;;::;;;;;|;;;;::::::;/+-、/_/ |:::;;;;;;/ |:/ノレ-'//´/  .|-_=-''´ヽ\;/::/::/::::;;;;;;/:::::
       ::::;;;;;|:;;;::;;;;;i;;;;:::;;/ |ハ/`''/ヘ i::;;;;/ , |'''i/ // ./-''-ナ´歹乃 ヾ/:::::::/::::;;/:::::::;;;;
       :::;;;;;;|:;;;;:;;;;;ヽ;;;;/,=/-il、_ /、 |:;;/  .i | // /斗匕ン廴ノノ ノ/::::;/:;;/::::::::;;;;;;
       :::;;;;;;|:;;;;:;;;;;;;;`、ヽヾ 弋_イ''-、_|/    .i ./ /  ー-―''''´´ ̄/::/;//:::::;;;;;;;/
       ::::;;;;;|::;;;:;;;;;;;;;;ヽ\ \廴ェ-''´ヽ      /         //;;//::;;:::;;;;;/ ,
       ;:::;;;;;;ト;;;;i;;;;;;:;;;;::;;;;ト、 ´     |            / / /:;;;;;;/  /::
       ヾ:;;;;;ハ;;;;|i;;;;::ヽ;;::::`、ヽ     |           / , '´  /;;;;;;;/ r-イ::;;;;;;






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  そのときの目を見て、やる夫は確信したお。

 (あ、この人は苦手だお)

  本当に瞬間の出来事だったから、他の人は見逃したようだけど、
 あまり良くない目だったお。
  なにを考えていたのか知らないけど、なにかしらの悪意が潜んでいても
 おかしくない、そんな目だったお。


  蒼星石が微妙な顔をしていたのは、やる夫より先にランペルージ先生の
 胡散臭さに気づいていたからかもしれないお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

945 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:18:55 ID:vZRP2DOY


               ,、   ,へ、
              / ヽ-/   \ ̄`゙丶、
            /   x ∧ヘ,       \
           /   l !;;∨斗, k  ヘ    ヽ ゙ ,
            /  ;  ‖    |ヘ:iヽ  k    ヘ. l
.           /  i ‐Tt-   | l | ヘ ̄iT-:.  li l
          j l .:|  ,ハ|.     | ‖ ヘ iヘ :::. l, ‖ |
            l/| |::|  ! __ .  | | _,,i⊥k,;:::. | .ト,j
.          |! .!.l::l .,ヘ.ト' ̄i     ト' ̄i./::::..li |::{
.           | .',.!::l |、.マ-ッ|     |ト=}j }:::::ハ,lシ
           ヾ:::} |ハ. ゞ''   ,    ゙ ''" .i'i;:::!ッ!|
            '!::N|゙i、 '゙゙   r-、   ゙゙ リi;∧
              ヘ!‖ >. _    _ x≦|::´:.. \
                 | ヽ;: : >ミT ´r‐''゙. |、:     >
              !  >//X!/人  |´ゝ、,,/
              x ´ "  |'´::>‐'゙ ∨    `ヽ,,
               /、      !;;;/          'l
               j ∨     /::::|      i       |
             j  /-一‐ /::::├‐一ー┤  /    .|
.   、ー- .,,_ . ,、_/. ,.!、~ ̄|.i:::::::::|_ -‐、. | /     .i
   ヘ;::::::::::::::::/ '^'^l .|,. -一゙'' ~´::::::::::::::ヽ、|./     |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「あー、うちからも一つ補足や。

 お昼休みの質問やけどな? ランペルージ先生はお昼はヒマじゃないかも
 しれんから、ほどほどにするんやで」

  と、あの目に気付かなかったのであろう黒井先生が、気楽な調子で釘を刺したお。


 「えー、どうしてですかー?」
  女子生徒たちから不満げな声があがったお。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

946 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:19:06 ID:vZRP2DOY


          /`ヽ、__,/´`ヽ-──-.、_
        /   i、:: .'::| :  、      `ヽ、
          /    /ヽ、, ;;| ト、::  ヽ:  ヽ、: \
       /    /|`゛`゛"| | |∨:: |:: :  ハ::  ハ
       //   /ヽ|    | | | ∨ |::. i.  |::    }
      l ,' :  |'  |`    | | ,|─|‐i-:.|:  |::   ,'|
       | i i  |__、     |/ |  | |、:.:|:  |::  /::|
       ! ! .:| ハ!マ弐ォ、     ,__| | ∨:、  |、 /:.:リ
     j || ::|i |:}、V:::;|    ィ弐ヰミ レ∨|ヽ| }::: /
     |/|! :|レ' j ゛-‐          |/   | |_,,ノ:∠_
       | :|  ヽ、  '        /| |'::ヾ:::__::::::|__ ___
       | :|     ヽ、lヽー(    ,.ィ,ィ'´| |\:::::::: ̄:::/´;;;/
       ヽ|       ノ ノー-‐ '"´/  jノ/ヽ:__::;;ノ::_;;/
            / ´ ̄_〕 / ,ィ'´ ̄ ̄ `ヽ、ヾ~`ヽ、
          /   二、〉 /,/ /       ハ::ヽ、::.∧
           j  r-‐r_/,ノ'" ./   i       ,}::  :: .ハ
        __l ̄二ニ=‐┐/ __/   :|      ,'.|::  !:: : |
        |゛ ̄"  : : :::::/  \    :|        |::  !:: : |
       |      : :::::::|  /    :|        |::  |:: : |


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「もちろん、私が一人占めして質問攻めにする気やからや。

 私かてフリーなんやで?」


  あはは、と生徒たちから笑い声が起こる。


  自虐ジョークなのか本気なのかは判断に迷うところだお。

  あるいは案外真面目な話かもしれないお。黒井先生は、本当は
 英語が苦手らしいから。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

947 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:19:20 ID:vZRP2DOY



___ _____     _____ _____     _____ _____
/    ||//    ||   ||//    ||//    ||   ||//    ||//    ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
..  /d|     / ||   ||    /d|     / ||   ||    /d|     / ||
 // ||   // ||   ||   // ||   // ||   ||   // ||   // ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/| _ _ _ _
___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
. ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
  . /l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
  l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
  _|||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
 ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.___/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
__||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
_  ||.         l||      ||.         l||      ||


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  その後、予定の質問タイムをかなり超過して、授業が始まったお。


  ちなみに授業自体はスムーズに進行したお。
  ぶっちゃけ黒井先生より教えるのが上手かったし、生徒たち(特に女子)も
 いつになくヤる気で話を聞いていたからだお。

  紫外線に当たるのが嫌だからとかで、直接日の当たらない場所の黒板ばかり
 使うものだから、ちょうど窓際の前の席にいるやる夫はすこし首が疲れたけど、
 まあたいした問題ではないお。





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



.

948 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:19:41 ID:vZRP2DOY











  ■ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ ■ □ □ ■ ■ □ □ ■











.

949 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:19:57 ID:vZRP2DOY


□━━━━━━━━━━━□
  2016年12月7日 17:29
□━━━━━━━━━━━□



【 蒼星石の自宅 】

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  ||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴||  ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬||__||
  ___________|   |││││││││││││││││|    |____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││|    |\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││|    |/\/\/\/\/\/\


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  放課後。やる夫は蒼星石と二人で彼女の自宅を訪れたお。

  町の中心地から少し外れた郊外の、時代を感じる和風の一軒家。そこが
 蒼星石の家だお。


 「来たのは久しぶりだけど、相変わらず大きな家だお」


  蒼星石の久坂家は、事業家だった父親が死去してからは没落してしまったけど、
 昔はこの辺りの地元の名士だったそうだお。この大きな家もその頃の
 名残りらしいお。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

950 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:20:34 ID:vZRP2DOY



                 |  ̄ ̄  ̄  ̄ `丶、
                 |             `丶、
              r‐- 、「  ̄ ̄  ̄ `丶、       〉
               |    \        `丶、 __/
               |     ` `丶、      __/  _
              | ,. .-‐ ──‐- 、 ̄ ̄  ̄   ̄ 〉
             ノ.:/.:/.:/.:.:i.:.:i.:l.:.:.:.:.:`丶、     /
             〃.:/.:/.:/.:.: l.:.:l.:l.:.:.:i.:.:ヽ.::ヽ`丶、_/
           〃: /:./.:/: /.:ハ.:l.:ト、.: |.:.:.:.:i.:.:.:i::.:. :|
           lハ:{.:..V´十7メ、N ヽ|._|.:.:|.:.: |.:.:.:.:|
            ∧.:i.:|,rテテヽヽ|  ´ヽ|`メ、./.:.:.:..:|
            i.:.:Ⅵ.i 弋。ツ    〒:.テメ:/: : : 〃
            |∧.:.:ハ     ,   ヒ ソノ: : : ::/|
         rイこ7 こV;: ヘ  、 _,    〃: : :/ リ
         /. : : `ヽ j{リ   \_ __ _,. イ〃l: :/ ノ
          /. : : : : : :) f } \_  _ ノ⌒ヽ: l/
       /. : : : : : : :) fj }ニニ=介=ニヽ  ノ \
        i: : : : : : : : :( fj } /:.イ ト、 `ヽヽ  )YY.\
        |: : : : : : : : :. Vj{//l:l j!ヽ ニニノ ノノfj. : : :i
       /:|: : : : : : : : : : .VXノl:l j! l:!   ノノfj: : : : :l
      /: :.|:/⌒): : : ( ̄ ヽ( l:l j! l.|   ノノfj: : : : : :|
    /: : : |′ (: : : : :)  ノ.:) l」j! .l:|  ノノfj: : : : : : :|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「うちがお金持ちだったころはよかったけどねー。今となっちゃ、広すぎる分
 掃除や修繕が大変で、正直負担だよ」


  蒼星石が肩をすくめる。謙遜ではなく、本当にそう思っているようだったお。


 「そうなのかお?」

 「うん。父さんがいたころは、お手伝いさんに頼んで掃除をしてもらっていたから、
 そうでもなかったんだけどね。

 でも、僕らにはそんなお金がないから、そうもいかないでしょ。全部自分たちで
 やらないといけないんだよ。

 まあ、ここだけの話、かなりの部分を兄さんに押しつけてるんだけどさ」


  なるほど。
  ……蒼星石の兄がなんでも屋属性を強めたのは、たぶん環境(と妹)のせいだお。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.
.

951 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:20:48 ID:vZRP2DOY



【 蒼星石の家の中 】


    |                | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼‐
    |                | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼‐
    |                | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼‐
    |                | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼‐
    |                | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼‐
    |                | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴‐
\  |                | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――‐
\\|                | l_________,| | l_________」 | l___
  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___________|___________|____
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「ただいまー」
 「おじゃましますおー」
  中に入って、二人で挨拶する。


 「おかえりだろー」

  と中から蒼星石の兄の返事が返ってきた。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

952 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:21:21 ID:vZRP2DOY


  \:::: :: : . . .      . . . .: : :::.  /
    \ : . . .   (⌒)i  . . . . :  /
     \              |
       \ _   o,   / .| |
          | |ヽ   _,/   .| |
    |`i.   .| | | ̄ ̄i.|      | |
    |::::|  |_|/ ̄ ̄ \    | |
    |::::|  |:::..... . . .  \  | |
    |o !  /         \| |
    |::::| /            ̄!
    |::::| /             \
    |:: /                 \
    |,/                  \
    /                    \
   ,/                     \


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────


 「蒼星石、やる夫、昼に頼まれてた件を調べてあるから、荷物を置いたら
 俺の部屋に来いよー」

  手が離せないのか、顔は見せず声だけが聞こえて来たお。


 「はーい」

  そう返事をして、蒼星石が先に荷物を置きに自分の部屋に戻って行ったお。


 「わかりましたおー」

  と答えつつ、やる夫は蒼星石が戻ってくるまでその場で待機。

  いや、やる夫はやらない夫が嫌いなわけではないし、
 嫌われているわけでもないと思うんだけど……



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

953 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:21:49 ID:vZRP2DOY




                  ./ ̄ ̄\       俺の大事な妹と二人きりで下校してきただと?
                 _ノ  ヽ,_ . \
                (●)(● ) # |     よしわかった。
                (__人__)     |     かかってくるだろ。蒼星石が欲しくば
                ヽ`⌒ ´  .   |     この俺を倒してみせるだろ。
                 {       .  i
         __       ヽ      ノ
      /   `- 、 __ ,, 、 ,,`>ー,-- ':;\:;;;;;;::; / ̄` = - 、::::::::
    /^/      '~     "' ' i ''"~::::::::::: ::::ヽ、_ ;;;:::::::::  ヽ,:::
   / ::::  ::::;;::          ;;:=''''' ::::::::: :::::::::: ::::::::::::: :::: i::
   .i ::::::::::::::::::::: ::::::::: ::::  ::::::::::::::i  :::::::::::::::::::::::::::::: :: :::::::::: i:
   / `i-、, ,,/   /  '" :::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,!--''''~`ヽ、
  /:::::::::::i \\ :::''" ::::::::::::::::::::::ハ、::::::::::::::::::::::::::::Y":::::::::ハ  :::::::::.
  ( ::::::::::ノ:::_ _i__ i__ __ __ _,, ,, 、、 - == - 、:::::::::::::::::::ノ:::::::::::ヽ.ヽ::::::::
  ヽ  / "     /   ::::::::::::::::::__,,,,、- - -="""""`ヽ、:::::::::::::::
  ) ノ:::::::::::: ::::::  :::::::::::::::::::::: __ノ~::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ヽ::::::::::::
  i:: ::::::::::::::::  ::::: ::::  :::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::: イ:::


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  あの蒼星石のシスコン兄貴は、妹が絡むとこんな感じになるから、
 蒼星石と一緒に下校してきた直後はあまり二人きりになりたくないんだお……。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

954 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:22:02 ID:vZRP2DOY


【 蒼星石の兄、やらない夫の部屋 】



_| | |______,|| |:|___________________________
 ̄| | |______,|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| | |───||l──‐|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|
  | | |      ||l.     || |:|  ┌‐‐l]‐┐
  | | |      ||l.     || |:|  | ::.。゚o.: | __
  | | |      ||l.     || |:|  │ ,;ゝ;:'│| 11.|
  | | |      ||l.     || |:|  └――┘|;;;;;;;;;;|
  | | |      ||l.     || |:|          |''''''''''|
  | | |      ||l    0|| |:|         ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|                                     _
  | | |O     ||l.     || |:|                                        |\_
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l   /,||_|;l__________________________|  |
  | | |      ||l //                                             \|_
  | | |      ||' /
  | | |    //
  | | |  //         __________________
  | | |//             /                            \
_| | |/           /                                \
/| | |               /                                    \
  |_l/           /                                  \
/            l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l
                | |l                                   l | |
                |_,,ソ                              !,|_,ン




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  蒼星石が戻るのを待って、やらない夫の部屋に入ると……








╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

955 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:22:19 ID:vZRP2DOY




         |
    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \.
   |    ( >)(<)
.   |  ::::::⌒(__人__)
   |     ` ⌒´ノ
.   |         }.    。
.   ヽ        }    /
    ヽ     ノ   ./
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  やらない夫が準備万端で待ちかまえていたお。

  妹に頼られたのが嬉しかった模様だお。


  ……もっとも、やる夫には、案の定

 『貴様とは決着をつけねばならないようだろ』

 的な視線が突き刺さったわけだけど、気にしない方向でいくお。






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

956 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:22:34 ID:vZRP2DOY


        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「兄さん、あれから何かわかった?」

  蒼星石が助け船を出してくれる。とたんにやらない夫はコロッと態度を変えたお。

 「おう、今から説明するだろ。今回の件は既に警察からも情報提供があったから
 かなり楽だっただろ」





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

957 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:22:47 ID:vZRP2DOY



               /7
                 //
             //    ≪ 警察から提供された情報のまとめ ≫
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/      ・ 被害者は朝比奈みくるという若いOL。
  l    (__人_,//l         側に落ちてた遺留品や血液鑑定の結果などから、
.  |    `⌒// ノ        この人の血痕だったことはほぼ確定。
   l       // ./
.   ヽ r-‐''7/)/        ・ 被害にあった時間帯は午前1時から4時くらいの間。
    / と'_{'´ヽ 
    /  _.、__〉 ト,        ・ 遺体は見つかっていないが、死んでいないからではなく、
    {  、__}  |.i          なんらかの方法で死体を処理されたからだとおもわれる。
    ヽ _,.フ  .|.|


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

  やらない夫は、あらかじめホワイトボードに書き込んでいた
 内容を指しつつ、話し始めたお。

 「結論から話すだろ。警察から提供された情報と――」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

958 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:22:58 ID:vZRP2DOY


        [(有)妖怪データバンクのオペレータさん]

        r'T"´`ヽ、            ,. -rァ
        r'7:./:.:.:.:.:.:.\        /.:.:.:.i:.!,」
       r'7:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.,,___   ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.! (
       「/:./:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-ヽ.,/:.:.:/:.:.:l:.「 !
      r'ン:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''"´ ̄::`ヽ`>'、:.:.:.:.:.:.!コ
      L!:.:.i.:.:.:.:.,.::'´::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::'"´`ヽ!」、   若い女性を好み、
      !ヘ:.:.:.:./::::::::;:':::::::/:::::::;':::::;:::::::!::::::::;::::::::::Y   深夜に徘徊していて、
      /ヽ!ヽ/:/::::::::/:::::_/___:/:::::/!:::::;'::::::;ハ:::::::::::',>   現場に零れおちたような血痕が残って、
     ,'::::/:.:;'::;':::::::::;':::::::/___/!_`7 |:::/|ー/-:!、::::i::::i    しかも死体が残らない、となると……
     /:::/:.:.:!_レ、;___L_/i´ !┘ i` レ' .レ'rァr'、!::::!::::|   一番可能性が高いのはアレかしらね
    ,':rイ:.:.:.:.:!;'::::|::::::| ヘ.  '、_,ノ      !' ! !7r'ヽ!
   .,:'::ヽヘ、___!:::rト、:;_;!.  `'ー      , `´ノi/!:.:.:',
  /::::::/`ー^ー';::`i`ーi '"'"     _    ,., レ^ヾコ
  ,':::::::;':::::::::::::::ハr!____,ト.、      '´┘     ,ハi
 .i::::::::i::::::::::::::,':::i`rー‐i':::::`i. 、.,     _,. イ_,ム!
  !::::/!:::::::::;:イ::::::::|:::::::|r'イ`ヽ、 `"T"´i:::::;|:::::::|
  V  ';:::::/:::!::::rく|:::::::| ヽ   >rィ'^ヽ、:::::!:::::;'
     V '、::レ'´ヽ';::::::ト、.,_____,.イムヽ  >:|:::/
       r7    ヽ;::!:.:.:.:.:.:.:./ / ハーヘハ、|/
      i´`' ー--‐='i':.:.:.:.:.:.:/ ,'  i ';.:.:.Y´i
     /` ー -- '|:.:.:.:.:.くヽ、.,___,,.ィヽ;.:!-'ァ、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「妖怪データバンクに照合をかけた結果として――」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

959 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:23:13 ID:vZRP2DOY


                  [ 吸血鬼 ]

                              __
                   /⌒ 、  /≠- 、 ヽ、
                 ,      !へ i          }_ノ ト
            ト |lk       (ヒノ)        f介イ \   
            l/V/∧     |il ∧       }ハW 、 .\
                l/////≧、  |il il∧      /,ハ∨   \
               | i l////ハ≧|il lN∧       /ノ  iミヘ \   \
             Vr9/////ハi|il lllM∧-、 _ ノ/i_ {ミミヘ \  \
                 ムイヤ≧=≦|il ll|||M∧iill|||iiiiiii≧くミミミミヘ、   ヽ
                 ソ///ハヾ|il ll|||li il∧||||||||||||||ik\ミミミミ、     、
              〈///≧ハヾ|il lll||li il|∧il|||||||||||||ik, ヾミミミ、 ヽ
            ,r≠王フ7ハ///ハ;|il ll|||li il|∧iil||||||||||||lliK ヾミミ、  \
            /彡>一フ///////|li, l||li il|Ⅳ川illl||||||||liiK,  ヾミミ  ミヾ
             i/  ノ///人////||lvi|||iil|iV/川illllllllllllilk   iミミ、 ミミヾ
          _//ハヾ////V/////||||i|||||||l//爪il刑lllllllillk  ミミミ、 ミミヾ
       ,ヘハwW/////  ///////||||i||||||||/瓜ill|||州lllllliillト ミミミミ、 ミミミ
     rk//彡〃ミミ/  _ノ///////||||l||||||Ⅳ ';ill||| ヾ!llllllllトミミミミミ、 ミミミ
  _r三三彡彡////   .l///////∧|||li||||||||l   ';iill||. Ⅵ!lll||ミミミミミ、 々ミミ、
 // ̄フノ彡ハ//l     ;ヘ/////∧i|||li |l||||||l   ';ill||  Ⅵ!ll|トミミミミミ、i| \ミミ、
./´  /彡イミ/く/〈    .,'iM//////i||||li |i|||||||l    ;il||  Ⅵ!ll\ミミミミミ i|  \ミ、
.  //  ノミl 〈ミ}   ;i,iN////∧i||||li li|||||||||l   ;il||   Ⅵll  \ミミミミi|    ヾ、


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「今回の件は、かなりの確率で、吸血鬼の仕業だと結論するだろ」






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

960 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:23:36 ID:vZRP2DOY
投下の途中ですが、次スレを立ててきます。

961名無しのやる夫だお:2010/11/10(水) 20:35:27 ID:gZpYORqM
これってGOODEND?

962 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:37:48 ID:vZRP2DOY
次スレを建てました。

このスレを使い切り次第、こちらに移動してください。


【エロ】やる夫と蒼星石は吸血鬼と戦うようです 2【中編】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1289388977/l50


.

963 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:38:08 ID:vZRP2DOY
では再開します。

964 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:38:18 ID:vZRP2DOY


        〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三>7  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i
       { ハノ´ 小 {_艠゚}      弋__ノ イ i  l l
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !
         i i   ハ\_     '   u   ハ i  li .′
         i l   l ヽ     '- ’     ィ .ハi //
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/川 / ′
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥` 、 l′
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´     `丶、   _
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、       __>'´j、!
           /) /  // ハ 「ヽ }     /fゝイ丁! ハ


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                               .  │《 萩野やる夫 》
                                               .  ┼───────

 「吸血鬼、かあ……。その推測が当たっていたなら、ずいぶん強力なのが
 来たことになるね」

  蒼星石がやや驚いた面持ちで言ったお。




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

965 ◆GI8xWOz4Ko:2010/11/10(水) 20:38:47 ID:vZRP2DOY


  _ ,,,,,, -- ''''''  ̄   _______   ___ ,,,,,,,,,,,, ____               . !,
 '"---- '''''''  ̄ ̄ ̄/` ''' ---- ,,,,,       ''''''' -- ,,,,,,, __--- ,,,,,, ___  . i,
       ,, - ''  ̄ ,,,,,,,,,,,,,,,_____________________    ''''' --- ,,,,,,,,, ____     `''i,_
         ̄ ̄ ̄_ ,,,, -- "                       '''''' ------`----┐
        _ ,, - "   ___________ ,,,,,,,,,,, --------- '''''''                  !,
          ̄ ̄ ̄ ̄_ ,,, -- ''"           __ ,,, -           _ ,, -  `''`-- ,,,,, _
          _ ,,, - ''         __ ,,,,,, ---- '"       _ ,,,,,, ---- '"       ,, - '"
          ̄ ̄ ̄ ̄,,,,, ---- ''''' "_ ,,, -- ''"  __ ,,,,,,,, --- ''"            _ ,,<_
           __ ,, - '"  __ ,,, -- '"____ ,,,,,,, -- '" _ ,, - ''" ̄  _ ,, - '" _ ,, -_ ,, ''"   ./
      _ ,, - "  __ ,, - ''" _ ,, - ''"     _ ,, - '"    _ ,, - '"  _ , -'"_ , イ       /
        ̄ ̄ ̄ ̄// /  _ ,, - '"_ / _ ,, -- '''' "  _,, - '' "_ , - '"  ./     /
           // / _ , -"_ ,, - '"_ , -" _ ,,,,, --''''''''"__ ,, - " .< \  !     /
          !/ ./_ イ /./_ ,, - '"_ イ ̄/ _ ,,,,, - i''"i  |llllll,/  .| i'     /
           // . ///_ ,, - ''" ,!./_/  !'i / /i"i llll/ | .i  _i /   イ
         「'''i/'' --!<__  ̄   _ , - "/  ,,;'">"/\.\``く. .」 .!i'" /    //
         /llllllllllllllllllll:::::`' - ,,∠,,, - i" / ,;'"//iΔ .ヽ .`  `  ,r'" i    i i
        ./llllllllllllllllllllllll:::::::::::::::://'''i__`V .//  .`'カ'i、 `   `i .i  ./   / !
       i"lllllllllllllllllllllllll::::::::::::::::レ':::::::::::ヽv'/     .`ッ'i  、  ,i  i    i .i'
       _」::::::::-------- ,,,,,::::::::::::::::::::::レ''`- ,, _   ト `ト,__i' - __,!  i   l .l