■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その23【募集中】
1名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 20:59:35 ID:oAP8EEIw

ここは、「自分のスレを評価して欲しい」、「依頼されたスレを評価したい」という方が集う場所です。

基本的には依頼された作品(過去に依頼・評価された作品でも可)を評価することにします。
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  評価を依頼したい方へ    ..┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●作品名とその作品のアドレスを書いて下さい。(必須)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (2スレ目、3スレ目…とお持ちの方は、現行スレだけでなく1スレ目も提示してください)

    ●評価内容を指定してください。お任せでもOKです。

      □評価方針   甘口・辛口・おまかせ
      □評価スタイル   AA付・文章のみ・おまかせ
      □AAの改変具体例   必要・不要・おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等
        ※この辺りを具体的に表示しておくと評価する側もやりやすいかも?


    ●自分の依頼が忘れられてそうな場合は、指摘してください。アピールがあれば早く評価されるかも?

    ●評価されるまで時間がかかることがあります(特に長編)。ゆっくりお待ち下さい。

    ●評価人は、主観的な評価をすることが多いです。意見の1つとして参考にしてください。

    ●一度評価してもらった作品を、再度評価依頼することもOKです。
      以前された評価への誘導があればなお良いかもしれません。

    ●評価依頼の際には、依頼するスレで使用する酉等を用いて自己証明してください。
      酉をお持ちでない方は、IDが変わらないうちに依頼すると皆ハッピーです。


   評価内容は、あくまで参考程度とお考えください。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~
   『評価は明日の投下の為の糧』
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  評価をしてくださる方へ   .....┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

    ●依頼対象をじっくり読んでから評価してください。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ●辛口依頼をされていない場合、辛口は遠慮ください。
                ※また辛口と悪口は違います。ご注意ください。
                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ●評価内容は客観性を担保できるように心掛けてください。

    ●評価内容は依頼した方の為になるものとなるよう心掛けてください。

    ●他の評価人が評価した内容を評価するのもOKです。

    ●評価を投下する前に、内容を確認して依頼した方がどう受け止められるか、
      チェックすることをお勧めします。
      文章では自分の意図は思った以上に他人には伝わらないことがあります。

    ●評価の仕方は基本的に自由です。気軽に評価していってね!!


   以上を心がけましょう。
                                                        ┃
                          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


また評価人評価はここではご遠慮ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

評価人随時募集中。1作品のみ評価とかOKなので気軽にどうぞ。



なお、次スレは>>980を踏んだ方が立ててください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆様のご協力をお願いします。

2名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:01:48 ID:oAP8EEIw

┏━━━━━━━━━━━┓
┃ 前スレ (その21)    .┃
┗━━━━━━━━━━━┛

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その22【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/


┏━━━━━━━┓
┃ 過去スレ    .┃
┗━━━━━━━┛

【金糸雀と】やる夫スレを評価するスレ【その他が】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235999157/

【依頼】やる夫スレを評価するスレ その2【お待ちしてます】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1236753483/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その3【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238030319/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その4【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242173154/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その5【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244051236/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その6【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その7【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その8【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248240682/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その9【募集中】
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その10【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250756053/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その11【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254940811/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その12【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その13【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その14【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その15【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264853909/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その16【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1266030149/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その17【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1267194320/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その18【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その19【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272452856/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その20【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その21【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/

3名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:10:27 ID:2OscZoLU
スレ立て乙
……未評価依頼貼っとくか?

4名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:11:41 ID:oAP8EEIw
速さが足りなくてすみません
現在どれが未評価か調査中です(汗)

5名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:11:54 ID:UtjhFi6Q
>>3やってくれるとありがたい。

6名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:12:07 ID:2OscZoLU
◇やらない子のペルソナ3ポータブル            :きめえ夫さん指名 6/30
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272452856/492ミス
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/898
  指名レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/492

◇【女神異聞録】やる夫は明日への夢を見るそうです【オリジナル】   再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/979

◇【クトゥルフ】やる夫が奇妙な事件に巻き込まれるようです4【かも】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/980

◇やらない夫は学生映画を作るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/25

◇やる夫の生活が劇的に変わるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/66

◇やる夫はカタツムリ観光客のようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/301

◇やる夫たちは橋を渡るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/436

◇やる夫は永遠の少女の魂を救いたいようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/439

◇やる夫とやらない夫のユービック
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/440

◇やる夫が青い絵を描くそうです                      :再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/446

◇【やる夫は魔女の騎士になるようです。】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/447

◇水銀燈は「J」のメモリを持つ「W」のようです           :シュバルツさん指名
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/483

◇やる夫は力を求めて旅をする様です
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/488

◇【DXオリジン】やらない夫達は“日常”を戦い守るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/490

◇【FF5】FINAL FANTASY V(ぶい) FINAL                  :再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/688

◇【DQⅡ】やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/719

◇【エルミナージュ2】やる夫が女神を迎えに行くようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/721

7名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:15:22 ID:2OscZoLU
多分これで全部
ミスあったら訂正よろしく

8名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:17:41 ID:EjtJ6tqk
ミスはない
>>1

9>>6さん、かたじけないです:2010/10/11(月) 21:18:40 ID:oAP8EEIw

○ 指名評価人制度

 依頼される方が評価人を指名したい場合は、指名評価人として登録される、
以下の方々の中からご指名ください。

 評価人は得意不得意がありますので、これを参考に指名すると良いでしょう。


○ 指名評価人


【野上 ネウロ】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/90

【星野仙一】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/92

【きめえ夫】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/489

【翠星夫】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/570

【シュバルツ・ブルーダー】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/641

【クーパ】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/721

【響鬼】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/919

10名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:22:12 ID:oAP8EEIw
(´・ω・)つ スレ作りの参考になるスレのご紹介

 評価を依頼する事で参考になることもありますが、こういったスレを参考にしても、
作品を作る上での糧になるでしょう。

┌─────────────────────────────┐
│やる夫スレの作り方                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1268728839/    .│
│                                           .│
│やる夫スレのはじめかた                            .│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255381884/    .│
│                                           .│
│【AA】(´д`)Edit【初心者歓迎】                       .│
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1232413120/         ..│
│                                           .│
│やる夫初心者スレ5                             ....│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1277551558/    .│
│                                           .│
│翠星夫で学ぶAA改変                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264249424/    .│
│                                           .│
│気軽に投下して練習したいなら                        │
│中篇、短編投下所34                             ..│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278187247/    .│
│                                           .│
│金糸雀とAA改変のお話して欲しいかしら                  .│
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1248869927.html     │
│                                           .│
│金糸雀とAAのお話して欲しいかしら                   ......│
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12766/storage/1256964717.html     │
│                                           .│
│みっちゃんにAAのお話して欲しいかしら                   .│
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1273356426/    .│
│                                           .│
│翠星夫で学ぶAA改変                              │
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264249424/    .│
└─────────────────────────────┘

11名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:22:41 ID:oAP8EEIw
テンプレ以上。

抜け等があったら指摘してください。

12名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:23:30 ID:u4WxgjXI
スレ立て乙

>>10
翠星夫で学ぶAA改変が2つあるね

13名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:29:49 ID:oAP8EEIw
>>12
ぐふぅっ、前スレで同じこと指摘されてるの見てた筈なのに…


次にスレ立てる事になる人、俺の二の舞、三の舞にならない事を祈ります

14名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:35:20 ID:ax7RgMXA
スレ立て乙です

15名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:35:22 ID:.WheHidA
スレ立て乙です!!

できるだけ早く未評価の作品が評価されるのといいな・・・

16名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 21:43:09 ID:WBOANJFU
スレ立てお疲れさまです

17名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:16:19 ID:nKDJkUco
【評価依頼】
評価人の皆様、はじめまして。
天上の意思の作者ですが評価依頼をしてみます。

話が長いため、評価しづらい面があるでしょうがよろしくお願いします。

現行スレ

できない夫が神ならぬ身にて天上の意思に辿り着く者になるそうです22
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286537622/l100


□評価方針    甘口のリップサービス

□評価スタイル  甘口のリップサービス


□その他要望・見てほしいポイント等

*   *   *     *
登場人物が多すぎる。
gdgdなどの指摘は欲しくありません。
*   *    *    *

18名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:19:04 ID:gnnxj2TM
スレ立て乙です

19名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:21:44 ID:EjtJ6tqk
>>17
酉付けろ


やっぱ付けなくていい

20名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:24:10 ID:af8zHV/Y
>>17
評価してくれるっていう人がいたからその人を待つと良いと思います

21名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:52:01 ID:y8nhSkFs
「◇やる夫の生活が劇的に変わるようです」

この作品評価しようと思ったけど、一ヵ月半くらい生存報告が無くて、
評価しても無駄になりそうだったからやめた。

22名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:54:24 ID:coNMOW2I
23時から投下させて頂いていいでしょうか?

23名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 22:55:13 ID:FIv0Vsug
いいんじゃあないか

24名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:00:04 ID:coNMOW2I

                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        はじめまして、山崎退です。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/         地味なりに頑張って評価させていただきます。
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′
 、::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.ヽ、.::.j'.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ′.::.::.::.::.::.::.::.::./






  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ          今回は
 /l/l:.|    |  |:l           【DXオリジン】やらない夫達は“日常”を戦い守るようです 様
 ´ノ`-i;|、   '  ,N          (依頼レス
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ          ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/490)
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\        こちらの評価になります
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|

25名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:00:36 ID:coNMOW2I



                         __ __
                        ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                      /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                    /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                   ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
              _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|      謎のウイルスによって変わってしまった世界と
             , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j       平穏な日常を守ろうとする主人公達…
              ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/
          ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/       といった感じの遊び方ができるゲーム、ダブルクロス
          ,;|           !    y  j ̄ ヽ   イ,::.::.{         それを遊んだ様子を本にしたものが原作です。
         /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ
         / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
           ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
         ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \

26名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:01:10 ID:coNMOW2I


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│                                                       .│
│         ①世界観を理解出来る情報が最低限提示されていたか             │
│                                                       .│
│         ②①と併せて、ストーリーの内容に充分な描写がなされていたか       ....│
│                                                       .│
│         ③シリアスとギャグの境目に問題はなかったか                 ......│
│                                                       .│
│         ④ゲーム用語や設定、欄外解説に関して必要・不必要などありましたか    .│
│                                                       .│
│         ⑤その他何か気付かれた点                             ..│
│                                                       .│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘


                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |   えーっと、多少順番が前後します   │
                    ゝ__________________乂_

                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |  未読の方はネタバレ注意です │
.                               ゝ________________乂_

27名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:01:45 ID:coNMOW2I


    ┌───────────────────────────┐
    │  ①世界観を理解出来る情報が最低限提示されていたか    │
    └───────────────────────────┘



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       俺は「ダブルクロス」も数回遊んだ程度ですけど
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       充分わかりやすかったんじゃないでしょうか。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./        わかりにくいと思われる部分には欄外解説や
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'         キャラクターからキャラクターへの説明、といった形など
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,       全体的に解説が丁寧で良いと思います。
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :





==================================================
※:欄外解説
  AAの下に、文章での説明がこのような形でありました。

  他のTRPG系スレでも見る解説方法ですが、リプレイのページの端にある
  欄外解説みたいな感じかと。

  解説を無理矢理ねじ込むよりスマートですね。
  俺はあったほうがいいんじゃないかと思います。

==================================================

28名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:02:21 ID:coNMOW2I


    ┌─────────────────────────────────┐
    │  ④ゲーム用語や設定、欄外解説に関して必要・不必要などありましたか    │
    └─────────────────────────────────┘


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┏━━/    /━━\    \━━┓┃
  ┃┃  /    /____\    \  ┃┃
  ┃┃/    /   , ‐-‐ .、  \    \┃┃
  ┃/    /   /:::::::::::::::::::::ヽ  \    \┃
  ┃    /   / ::.................  ..::l    \    ┃         少なくとも、不必要だったり冗長な部分は
  ┃  /     l::::::::::ハ::::::、:::::::::::l /´  \  ┃         なかったんじゃないでしょうか。
  ┃/ |    !l::::;ィ令、ヽ令、:::ノ// XX | \┃
  ┃┃ │      〉l、  _`  lソ'// XXX | ┃┃         読者の疑問・質問にも積極的に答えてらっしゃったし
  ┃┃ |     /::::〈\ ニ ,ィ ,ィ:l lXXXX | ┃┃         読んでて意味がわからなくなったりはしないでしょう。
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_/∧::::::\`´〈 l |:::〉,、___| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|          |::::/ /::ヽ。/`ヽ._'l/::`/::::::::::|__          ..|     特に問題はないかと。
|  ∠___|<゚ /::::::::::::::::>'´:::::::/:::::::::::::|: : : : : : : : :   : |
|/ NILO. |::::ヽ::::::::::r'´:::::::::::/:::::/\:::|: : : : : : : : :   : |
|―――――|::::::::`、::::::!::::::::::::/:::::ノ    |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::::l:::::::l::,、 /7::::/     |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::/::::」´ 、`<::::::!    |: : : : : : : : : : : : |
|          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|_____|                    |______|

29名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:02:53 ID:coNMOW2I


┌───────────────────────────────┐
│   ②①と併せて、ストーリーの内容に充分な描写がなされていたか     │
└───────────────────────────────┘


     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l
    ´ノ`-i;|、   '  ,N
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|



         /.::::::∧:::::::::::::::::::::∧:::::|
        〃.:::/ /::::∨::::::l,::::∨:::::::::|
       /|:::::::∨:::::ハ,::::::::l\_ 、,:::::::|  充分どころか
         | i:::::::::::l ll \::l_/,-、\|  お腹いっぱいですよ!?
        || |::::::li >-,、 ヾ´-=='' __|
         !| |::::::l ー=iii      `i
           |:::::', u ,.`___    U ヽ
           | | |,.   i--`i  u   /|`:ー,――
            | リ ヽ,  i_二j   / |;;-`ヽ、
             /) li丶,`  ∠-::':´:::::::::::::::ヽ、
            // リリ从`i´| ,、ヽ;:::::::::::::::::::://.
          / 二ヽ  /ll´.:::| | |:::.ヽヽ;::::o:::://.::
          /  --',  |l'll:::::::| | |:::::::.ヽヽ:::://.:::::

30名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:03:27 ID:coNMOW2I


                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ       戦闘シーンの合成なども頑張ってらしたみたいで
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i       そちらもカッコいいんですが
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       原作の魅力的なストーリーを再現することにも
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i       力を入れてらしたんじゃないでしょうか。
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'        AAで描写することによってより分かりやすくもなってます。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,      「写真」関連の演出も良かった!
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :



                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′     原作に沿いつつ、意外な配役や演出でアレンジ
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        多少色眼鏡も入っているかもしれませんが
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/       文句なしに面白いです!
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′

31名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:03:58 ID:coNMOW2I


┌───────────────────────┐
│   ③シリアスとギャグの境目に問題はなかったか     │
└───────────────────────┘



  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ           これは…なんというか…
 /l/l:.|    |  |:l             原作を知ってるか知ってないかで、結構差があるような気がします。
 ´ノ`-i;|、u  '  ,N
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ           大体、やる夫の中の人の暴走が原因で、ああいった展開になっている訳ですし。
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|


==================================================
※:やる夫の中の人
  やる夫の元々の配役を演じた人物。
  田中天(たなか・たかし)。 詳しくはwikipediaの本人の項目を。

  大雑把に言うと、非常にエキセントリックな人物。
  別のゲームでは、いきなりラスボスに取り込まれてみたりと一見やりたい放題。

==================================================

32名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:04:33 ID:coNMOW2I


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┏━━/    /━━\    \━━┓┃
  ┃┃  /    /____\    \  ┃┃
  ┃┃/    /   , ‐-‐ .、  \    \┃┃
  ┃/    /   /:::::::::::::::::::::ヽ  \    \┃
  ┃    /   / ::.................  ..::l    \    ┃
  ┃  /     l::::::::::ハ::::::、:::::::::::l /´  \  ┃         原作からしてそんな感じです、というのを
  ┃/ |    !l::::;ィ令、ヽ令、:::ノ// XX | \┃         再三注意書きに書いているわけですから
  ┃┃ │      〉l、  _`  lソ'// XXX | ┃┃
  ┃┃ |     /::::〈\ ニ ,ィ ,ィ:l lXXXX | ┃┃         問題ない…んじゃないでしょうか。
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_/∧::::::\`´〈 l |:::〉,、___| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|          |::::/ /::ヽ。/`ヽ._'l/::`/::::::::::|__          ..|
|  ∠___|<゚ /::::::::::::::::>'´:::::::/:::::::::::::|: : : : : : : : :   : |
|/ NILO. |::::ヽ::::::::::r'´:::::::::::/:::::/\:::|: : : : : : : : :   : |
|―――――|::::::::`、::::::!::::::::::::/:::::ノ    |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::::l:::::::l::,、 /7::::/     |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::/::::」´ 、`<::::::!    |: : : : : : : : : : : : |
|          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|_____|                    |______|



                         __ __
                        ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                      /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                    /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                   ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
              _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|
             , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j          問題ないとは思いますが…
              ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/          こういったのが苦手な方は苦手だろうな、
          ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/           とは思いますね。
          ,;|           !    y  j ̄ ヽ  uイ,::.::.{
         /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ
         / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
           ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
         ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \
.          /イ`ー 、       |    ハ: : |     /: : : :/      \
         ハ/ ` ┬'_________| /  ハ.: :lヽ r / : : : /.        \

33名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:05:08 ID:coNMOW2I


┌───────────────┐
│   ⑤その他何か気付かれた点 .   │
└───────────────┘


                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i        半分ぐらい感想になっちゃいますが…
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |        まず、原作では名無しのモブキャラの性格付け。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i         これが良かったですね。
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'         原作だと淡白な描写になってたりしますが
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,       AAを当ててキャラ付けすることで、地味なシーンも
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´        演出しやすかったんじゃないでしょうか。
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :



       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃        顔がジャーム化とか、“N”さんとか。
   <====|  ======}━━      “N”さんに至っては他スレに出張される程の人気ですしね。
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三   レレ

34名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:05:39 ID:coNMOW2I


     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l       AAのズレだとか、そういったことは序盤も序盤に多少ありましたが
    ´ノ`-i;|、   '  ,N       今はすっかり改善されてますし問題ありません。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、       スレを進めるごとにどんどん成長されてます。
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\      これからもまた上手くなって行かれるんじゃないでしょうか。
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|




                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.          以上で評価を終わらせて頂きます。
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′        それでは、最後となりましたが
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/           DXオリジン、一巻完結おめでとうございます。
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{           二巻以降も楽しみにしています。
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´          拙い評価ではありますが、作者様の助けとなれば
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______       幸いです。
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′
 、::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.ヽ、.::.j'.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ′.::.::.::.::.::.::.::.::./
  ーー ーー ‐―――\::.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::,′.′ .::.::.::.::.::.::.'!

35 ◆ttvc.gHyHU:2010/10/11(月) 23:05:52 ID:FpQF0T4k
【評価依頼】

ようやく物語全体の折り返し地点に辿り着けましたので、
評価を依頼したいと思います。

やる夫の魔王の道

その1
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1281270278.html

その9(現行)
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286708311/

      □評価方針       辛口
      □評価スタイル     おまかせ(AA使用レベルが低いのは自覚しております)
      □AAの改変具体例   おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等

      ●世界観が破綻していないか
      ●分かりやすいか
      ●一部のキャラクターがチートすぎないか(特にやる夫やでっていう)
      ●日常ほのぼのパートとシリアスパートで差がありすぎないか
      ●読んでみて、後半を見たいと思えるか

1話がとても長い(200〜300)上に10話以上投下済みですので、
読むのはとても大変かと思いますが、
よろしければ評価をお願い致します。

36名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:06:03 ID:coNMOW2I
以上です。失礼しました。

37名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:06:20 ID:FpQF0T4k
くあ、評価中に失礼しましたっ。

38名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:08:56 ID:coNMOW2I
>>37
いえ、大丈夫ですよ。気にしないで下さい。

39名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:11:43 ID:FpQF0T4k
評価乙でした。
しっかりと読まれている上に
原作の魅力が引き出せている作品なんだって充分に伝わってきました。

40名無しのやる夫だお:2010/10/11(月) 23:59:31 ID:2mjdOZ.Q
リップサービスのみの評価依頼って、気分よくなりたいだけかw

41名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 00:14:10 ID:XHpML9Kk
リップサービスという言い方じゃ分かりにくいけど、良い点のみを指摘してくれ、という依頼じゃないかな

42名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 08:54:58 ID:FUWbjgRo
登場人物が多すぎるとかgdgdとかの指摘はいらないとも書いてあるね。
前スレでモズクスさんがやるって言ってたからそれを待つといいんじゃないかな。

43名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 19:52:49 ID:B6opI8pM
モズクスの中身です。ちょっと忙しくてしばらく時間が取れそうにないのでどなたかがやってくださるとありがたいです。
ただその2点はざっと見て最初に気になったのところなので、自覚あるならいいのかなぁとか思いますが

44名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 20:02:57 ID:hC6SXKOk
まだ酉つけて依頼してないからそれまでよした方がいいような

45名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 20:55:33 ID:ZxUFb73Q
9時から14レスほど投下させていただきます。

46名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 20:59:51 ID:ZxUFb73Q

                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ          皆さんこんばんは、初音ミクです。
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ        
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ       今日も評価人をしてみようと思います。
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ     
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ    
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ   
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ  
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ 
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..
      /::::::::/::::::::/ .:〃   / ;  .:::::::::::/  l::::::::..  |   l::::::::::::::::::::::::.
      /::::::::;'::::::::///    /:::..!   ;r'〈    !ヽ:::::::., |   l::::::::::::::::::::::.

47名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:00:21 ID:ZxUFb73Q

                         __
               ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ
                 /^ト、/}〔/     `^ヽ }
             /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \
               /  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ 
            ′ ,ム_i|‖´フフ_`  | #キ‐! }ヽ
            . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}釗ハ } 、 
              .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }      今回評価するのはこちらの作品です。
                :.:i ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/    
            .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈       『やる夫はカタツムリ観光客のようです』
              .:.i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,    
.           ;   :.:!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′   
            .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : . ,   
.          }   .i  }ハ   〈 ` } { `ソ  { i.:.:::.:i . : . {   
.           i  ;.:!  ..:}ハ     } {¨}   | l:.:::.:i:i :..: .:i
         i  i.:!  ..:.i _y',⌒ヽ. }  {ム-‐J |::.:.:.i.i : .: i
         l  :.i  .:.:l `〈》《  〈   〉   } |:.::::.i:! .:.: :.:i
           /}   !   i!::|  ,ハ     . .     |  !:.:.:.:! :.:.:.:.:.:ト、

      依頼レス:
      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/301

      1スレ目:
      ttp://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yuzuru.2ch.net/news4vip/kako/1284/12841/1284113849.html

      2スレ目:(完結)
      ttp://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yuzuru.2ch.net/news4vip/kako/1284/12841/1284185850.html



        ., - , へ-‐ '''' ‐- ,へ_
       / //  i   .i   ヽ.\ ヽ
       ,! '/,'   / |   lヽ  , \' ゙i
      ,'  .| i  ./'"' !  |'"'ヽ l.  i .l
      ,'  l .| ,L   '; .l   '_,,!  .l |       実は私はシレンジャーでして、
     ./   i| .!/,,,..`> ヽ' <゙,, |  |i l     シレンシリーズは全てプレイしています。
    ./   .'!, .l ,, ,, i'' ー-, ,, ,, l ,/ |
    .,'     ヽ_ヽ,  ヽ_.ノ  ,z|/  l      シレン4は面白かったですし、
    i      .|;;;;;;;;;''r‐__|___    !       シレン5にも素直に期待しています。
   .|      /;;;;;;i /l  シレン3  `l /
   l     ./,,!''ツ .||__ PSP版 ._|/
   |     / '::;;;;;'‐/ ̄ ̄ ̄ ̄/.

48名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:00:45 ID:ZxUFb73Q

               _ ,.、
            _,. -┴ミハ              
      , -「|、, '´ .  -‐' ¨ヽ.             特に見て欲しいという要望点はこちらですね。
        l : :|:| : :/'´ : : : : ', : `ヽ..          
.      | : :|」.:〃 : : : : ,ハ: :|ヽ.: : :',.          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      | : : ',、|l : : : : / l:/ィf|: :l, :           ┃①このスレをみてElonaに興味がわくか?
.      | :| : :',ヾ: : : ,佗) ' `从ハ           ┃②純粋に読み物として面白いか?
.       川 :|:. ':.,ゝl/{゙{`、_‐'ノ、: : |         ./ .┃③その他改善点等
     /ノ丿:| ∨   ドー-ゞニ才 : |  ,. .:个 、 /   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.   /. :/.: 八:| 、 __|::::::::::::::::: ハ: |/.:::::::ヤニゞ    
   /. :/.: : / : :/'´〈::::::::::::::::::::/ニ_V.::::::::::::::::',  .;   
.  /. :/.: : / : :/   、:::::::::::::/ヽ :::ヽ::::::::::::::::: _.;
 /. :/.: : : : : /  ,. -,`ー‐'′:::)::::,!,、'´ ̄ ̄
 : : : :/.: : : /,. <´丶./.::::::::::::::/.:::/¨}_\



         ┼
          rへ             ┼
. ┼     /   〉 ̄ ̄ ∞ ─ .._     __
       /  r-、〉         >‐<: : : :ヽ
.       i  / ./:\       くr' _  ヽ: : : :',
       ,'  /.ノ: : :/\   _/: Y r、   i: : : l
.  ┼  / ./ /: : :./l: :/ ̄ ̄l: : : : : :ト-iヽ  l: : : l ┼
     /  ,' l: i: :r=l:/  r= 、l :.i: : : /:l: :l ',.  l: : : ',
.    /   '  l :.l/l.iノ,.   l:+:.ハ: l: : /::::l:./ i   l: : :.ヽ          今回も①と②は評価内容が重なるので
    /  ,'  l: :{  i __ ̄ l: :!: /:::ノ/   !   i: : : : \      まとめて答えさせていただきます。
    ,'   i   l: ∧ (: : : :/  l:/:/: :/    !  l: : : : : : ヽ 
   ,'    !___ l/: : ヽ...二...  l//:/      l   l: : : : : : : :\
.  i       ̄ ‐--'7::〉  /:::::7- 、  l    l: : : : : : : : :ヽ
   ` -  ..._      /:::〉-イ::::::://   ヽ、l     !: : : : : : : : : :\
       /: . .‐-、//::::::::|::/::::/          l: : : : : : : : : : : :ヽ
       /: : : : : : 〉:/-l::::::l/::::::::l  r‐- 、     /: : : : : : : : : : : : : ',
      ,': : : : : : /:::i: :.l:::::::::::::::::::ヽ   / ` -r-': : : : : : : : : : : : : : : i
.       i: : : : : :.〈:::::l: : l:::::::::::::::::::::::::::Y     !: : : : : : : : : : : : : : : :./
      l: : : : : : : ',::l: : :l:::::::::::::::::::::::::::i      l: : : : : : : : : : : : : ∧/
.     l: : : : : : : :.i:l: : :l:::::::::::::::::::::::::::l      l: : : : : : : : : : : : :/

49名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:01:07 ID:ZxUFb73Q

       ./: :./: : : : : : : : :/ l: : : : : : : : :ト、: : : : : : : : : : : : : : : : : :
      /: :./: : : : : : : : : : /  !: : : : : : : :.l ',: : : : : : : : : : : : : : : : :
    /: //: : : : : : : : :へ:./   ',: : : : : : : l.  ',: :./: : : : : : : : : : : :
   // li: : : : : : : : : : : /\   ',: : : : : : :l  X: : : : : : : : : : : : : : :
       !:l: : : : : : : : : :./   \  ',: : : : : :.レ'  \: : : : : : : : : : : :
      .l:.l: : : : : : : : : :! _.. - ._   ヽ: : : : :.l  ,、 -‐r-、: : : : : : : : : :
        ! :l: : : : : : : : :.l/ /-、:::ヽヽ  \: : :.l イ  )::: ', ヽ: : : : : : : : :
       .l: :l: : : : : : : : :l{ ト-'::::::::lヽ   ヽ: :.l. トr':::::: l  〉: : : : : : : :
       .l: :.l: : : : : : : : l.ヽ ', :::::::: l     \l. l :::::: / |: :\: : : : :      辛口をご希望とのことで、
       .l: : :l: : : : : : : :li  ヽ::::::/        ヽ-- '  l: : : :ヽ: : : :    どこまでご期待に添えるかわかりませんが
        ! : : l: : : : : : :.l:i                   l: : : : :/\:      頑張ってみます。
        l: : : : ',: : : : : l: .l        '         l: : : :/::::::/:
        .l: : : : :ヽ: : : :.l: : ヽ       __    U /l: : :/\:/: :
        l: : : : : : \: :lヽ: : lヽ    i゛/   )    イ l: :/l   l: :
.         l: : : : : : : : ヽ!: l\l >   ヽ      / lヽl/: :.l   l: :
       .l: : : : : : : : : : : ト\___r‐> . __ .  '゛    ! \-ゝ   l: :
         l: : : : : : : : : : : :l `─┬'" V|      /    ハ    l:
       l: : : : : : : : : : : :l_.. -‐l   li      /     lレへ  l
          l: : : : ,、 -‐ '"    l   〉   rヘ       l > |>
          l: : /        <l  / |   l  \        l. 〉 l )
          l /         ( l / ヽ─── >、    l〈 lヽ

50名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:01:26 ID:ZxUFb73Q

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃    ①このスレをみてElonaに興味がわくか?.        ┃
┃   ②純粋に読み物として面白いか?               ┃
┃                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        イ77ス __/: : : `ヽ==ー-、
    /7==zノ、 ィ´. : : : : : : : : : : : : : : ヽf7、 rヘヘヘ __z==、
    /.:::::::::::ヾ/. : : : :ハ: : : : :ハ: : : :∧: :∨ヽししし/.:::::::::ヽ
  /.:::::::::::::::/. : : : :/__V : : :| ‐-- 、 ∧: :∨ミ//.::::::::::::::::::::\
 /.::::::::::::::::::/. : : : ::ィ´  V:: ::|    ∨ }: :.:∨ /.::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./.:::::::::::::::::://: : : ::/ __  ヽjV x==z∨: : ::∨|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      YESかNOかで言えば、どちらもYESです。
|::::::::::::::::::::i /: : : ::{x==z  ,        〉: : : :〉、___:::::::::::::::::::::::::::.
{:::::::::::::::.....{ハ: : : ::ハ , , , ,    __  ' ' ' '∧: : :‖ `ヽ: ::Z===z:::::::::::::}    殺伐とした独特の世界観の中で
|:::::::::::::::::::::::..V: : : :{    マ   }   /ハ: : :/   イ:::::::::::::::::::::::::::::/     やる夫さんがどうやって生きていくのか、
ト、:::::::::::::::::::::::∨: : :ト=tz:::⊃ __ ノ   ムイj:./ __ムi::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ      とても楽しく読めました。
. 〉、::::::::::::::::://ヽjハ  `ヽ  __  __イ`ヽ./     | i::::::::::::::::::::::::/: : : ::
 {: : :`ヽ:::::://   ヽ/⌒ ><´   /      | i::::::::::::::::::/: : : : : :.:    もちろん、Elnoaというゲームにも
./. : : : : ::ヽ:{ {__   〈  /::乃    /     /`ー 、__/: : : : : : : : :     興味が沸きましたよ。
: : : : : : : : : /  `ヽ/ハ ム:::::{    /    __イ      ヽ: : : : : : : : : .:
: : : : : : : : /   ノ   /::::::〉 ト、__/{     ,′        、: : : : : : : .:
: : : : : : :.:/   ,′ /::::::/     ∨   /         \: : : : : :.:
: : : : : : :/    {  _/:::::/      ∨  /            ヽ: : : : :
: : : : : :/     Y/::√ }} `ヽ__   ∨/              、: : :
: : : : :/      /::/ ‖        /                \:

51名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:01:46 ID:ZxUFb73Q

      /.:.:///.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.//:.:.:.:.:.:..ヽ
     /:.://.:.:/:.:.:./:.:.:. /:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |:.:.:.\\.:|:.:.:/:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:l.:.:\\.:.::.:.:.:.:.:.:.: |
     !:.:.:.:.:.:.\|:.:.|:.:.:.:./!:. /l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.\|:.:.:.:.:.:.::.:.:.|
     |:.::.::.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:/ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
     |.:.:.:.:.::.:.:.|:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:/  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
    !:.::.:.:.:.::.:|:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^レ   |:.::.:..:.:.:.:.:.:',     ですが、気になった点もあります。
     |:.:.:.:.:.:.:. |ヽ| ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;     |:.:.::.:..:.:.:.:.:.:',
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:  \ヘ.    ′       /イ:.:.|/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:',    細かく指摘させていただきます。
     |:.:.:.:.::.::.::.:|  /|:.:\  ` `     / |:.:/      |::.:.:.:.:.:.:.::.:..:.:.:',   
     |:.:.:.::.:__| //|:.ノ\__ .. イ|,|/ _    |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:',
     |:. /    /〈. V_|\_>'′_ l   /    ̄ヽ |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.|
     |/    |    ̄ ̄!ニニ}  ̄ ̄  /      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    /     |      | |       /        │:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.|
   /       |      |  |      |  Y   01 │:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.|



        _,,..,     _,,.....,......,,_     ,,_
        / ./\ ,.-''´ _i _. ` ヽ.、 / ! l
       / ./ニ=/ -   -‐'‐-   _,,..!, =| .!ヽ
      /i:,::::ヽ'/ヽ,          、、 '; /:::;/ !
      .!/ ヽ:::::! .!//         ヽヽ' i'::::/  !
      ./  ヾ:| .// / , ,  .,   ., ,  ヽヽ|-'i   .|
      i   l .| !./ ./| i l  l   l.|.l i.ヽ  i :li|   .l
     l   .| l .i ./ Ll-|-! .|  -lr-|、,|:, .l | l   |     まず、お話の冒頭から専門用語が続出するのは
     .|   .l  .!l .l .!,イテミ':,.l   /イテミ l ! .i l |   .l       良くないと思います。
    .l   |  | l |`ゞ='` ヽ'゙ ´ゞ=' ,!',/!l | l    .|
    !   l  .l゙iヽ!,ヽ、   _'_   ,/;// .l |    .l      ゲーム用語なんだろうな、とは思いましたが、
    .!   |  .l | ヽ,.!..,.., - ..__.. .r ''´/./  .| .l    |    ゲーム未プレイの読者には理解できません。
   /   l   | .l  ヾ>-'- ,...,.-' .!、'゙    .l .|    l
   /    !  .l .|,. -i'"l.! ,, ./;~;!, ,, /;"iヽ.、  | l    .|    使用頻度を抑えるか、ナビゲーターのちゅるやさんに
  /    .!  ,!.,:'  |  ゙ヾ;/;i' ‐|ヾ;' ' |   ヽ !.|     .!    その都度説明させても良かったのではないでしょうか。
  /    /  / !   l    ..l.__,.l,   l    !  !     !
 /    /  / ,|   l   へヽ---',_ .|. 01|  |     .!

52名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:02:15 ID:ZxUFb73Q

        冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |    また、主人公のやる夫さんは「かたつむり」とのことで、
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|     作中で弱者として描写されますが、
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|     かたつむりってどういう種族なんでしょうか?
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|    具体的にどう弱いんですか?
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i     ほとんど説明がありませんでしたが、
  | |::::::| |:::| .r'⌒v/  /=〈 /7〉-‐'⌒/ .::::::::} ::::i      最初に教えて欲しかったです。
  | |::::::| |:::|/   ハ__,イ  ∧レ'/   01} .::::::::{ :::::i
  | |::::::| | /  }′  /¨7  V {    {  ::::::::} ::::::i
  | |::::::| |/ /   / /    i  i  }  ::::::{ :::::::i
  | |::::::| |__/   /  ′ r==z i }   |   ::::} :::::::i
  | |::::::| 〈___}   /  ′     Y二Y}   ::::{ :::::::i
  | |::::::| 〉::::i  /  .′     /:::::::::{    | ::::::{
  | |::::::| /::::::i  |  |     /::::::::::::|     ト、 ハ
  | |::::::|/:::::::i  |  |     /:::::::::::::.ハ   | ヽ ハ
  | |:::::/:::::::::i  |  |     /:::::::::::::/ /    |  } 八



       ,..,、    _      ,..、
      r./;/'--r、´   `''=-./;', 'r:..、
      |/     i'    ´  \ノ::::ヽ
      ./ ,r  ./ |  ./\_  ヽ:::::::|
     //  ,r'''''  ヽ:i'゙  ´  ` ,'..:l:;!:::::l
     / i  /i. _ ,,,, `   ― - i:::|ii::::::;|       あと、戦闘シーンもほとんど言葉さん頼りで、
    ,' .!.. /         ,, ,,ヽjii'::::::::l        やる夫さんは見ているだけでしたね。
    / .::::ヽ::! ''' "  -‐〈     ,/r'::::::::: |
   ,' .:::::::::::i;i\、      _,,..//゙i::::::::::: .', 
  ./ :::::::::::|   ,>.r-r.r'ツ'ヽ   .|:::::::::::. ヽ       「戦い方を工夫することで実力以上の敵を倒せる」
 .,':. :::::::::::l  r;'::::::>' ゙i''''i゙= !:::\, l::::::::::::::. .i     と言っているのですから、工夫して戦っている場面も
 .i::::.:::::::::::::|.x'-';:;:'/ ,,|,, | .!;:;;:r'> !::::::::::::::: l     見せて欲しかったです。
 .|::;i::::::::;;-ニ-''"´"ノ.....''l'' .,!. :ヽ.,  /::;:::::::::;/
 .l;/.!;:-':/::;;:ヽ, <;r-:/;ヽ/r-<;>'-;/:::::::/
 .!r'';/i';;;;;;;;:>"" ゙'i-_==!='-<ニ'ヽ /;;;;:/
  '-'ヾ.       ヽ:/    ゙' ‐'

53名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:02:43 ID:ZxUFb73Q

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃    ③その他改善点等                     ┃
┃                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                ハ   __rュ/ヽ.
          / `{ } /´: :`: : : : :`ヾ:、
        /: : : : {」´ // ;ィ: :}ト、 : :ヾ:、
        / : : : : /イ: :/://イ/ ヽ: : ト、',
         /: : : : : :レ l: :/イてl  fフj ト : l ソ     AA配置の基本ルールを守ったほうがいいと思います。
       /: : : : : : : ハ V{ |ゞ '   ゞ' } レ'!
     /: : : : : : : :,′ヾ: >"― '‐"く: : :|       空行の少なさは、もしかしたらVIPの制限対策なのかな、
    /: : : : : : : : /  ,∠. ___     くゝ、|       とも思いましたが、セリフ開始位置の縦揃えは
   / : : : : : : : : / /二=- 、   ∠. -、レ―v.、    できるはずです。
  /: : : : : : : : : :/ /{   \ハ` ̄_/::- ':::::::::::}:::}
 /: : : : : : : : : : / / l   丶 ヾ  ハ:::::::::::_/:::/
/ : : : : : : : : : : / / l、     ` ゝ'  ヽ:::ハ T 7´
: : : : : : : : : : : / / / ヽ   /イ     ¨/´ ハ
: : : : : : : : : : :/ , ' /   ヽ       ∧  /
: : : : : : : : : :.〃  /    /ヽ    / ̄ヽヘ
: : : : : : : : : /  /     ∧/\ ,/ >    ヽ}
: : : : : : : : /   /    / /  /||o トヘ       \



          ,ー、   __    ,ー、
        . / ヘ 〉, -´ー・ー 、 `ヽ/ ヘ 〉
         .〈〈./: : : : : : i : : : ヽ〈〈 ⌒ヽ
        i :/,: : : 人: : :ト、: : : : : :゛ : : :.i
        !〃: :/ .ヽ :!  ヽ: : : : i、: : : |
        |レ! / ●   リ ● ル: : !┐ : : |     そして、このスレの一番の問題なんですが…
        |: Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃::/ .」|: : : : }
        /⌒ヽヘ ヘ   ゝ._)   j,./⌒i !: : : : i
      \ //:::\>,、 __, イァ.i´⌒ヽ|: : : : :i
.        //::::::::::/ `V{__}V´==.|::::/ 7.|: : : : : |
       ゛‐-- ´   .ハ    |ー-/ ; : : : : ノ

54名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:03:02 ID:ZxUFb73Q

               //: : :/ : : : : :l、 : : : : : :__: : :| : : : l !: : :《 《: : : : : : :\
                 //: : :/: : /! : : l \: : /: : :l: | : : : :l:!: : : マヘ : : : : : : : '.,
.                〈/.: : :.|: : :l: ヽ: :.\_/\: :.:.l :|!: : : : l:!: : : :.マヘ:.: : : : :.:l: :i
                 l : : : |: : :l\、\: :、ィTヱァl: |l: : : : :l!__/ /マ》、: : : : l: :l
                l: :l: :.|: : :l<ヒリ  \: 、ゞー′'!!|.: : : :j!:ィヾ/ : /.: :ヽ: : : l: :l      _人__人__人__人__人__人__人__人__
                i ∧: ト、.: ! く 、  \    / |: : : /! ム,/ : /.: : : :.i: : : l: :l    __,ノ
               |′∨: :\              |: : /:.l:.イ: :.イ: : : : : :l: : : l: :l     ).  こ れ の ど こ が
                  ト、: : :l  >ー 、   ノ(   厶イ: :l: : / | : : : i : l: : : :l: :l    ソ.
                      V: :l l:、 ´ ̄ `  ⌒   / イl:.://  | : : : l : l: : : :l : l   ,)     ロ ー グ ラ イ ク
                    V:l l: :\             ハ∧、   |: : : !: :l: : : :l.: :l  ⌒ヽ
                   V:j : : : ヽ._ ..ィ     // l    | : : : l : l: : : :l.: :l    ノ.      な ん で す か ?
                        l: : : : : :|:.:.:.:|::!   __//__,,,i_   |: : /l: :l: : : :l: : l    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
                        l: : : : : :|:.:.:.:|::! ,∠///////∧   ∨:/:.,: :l: : : :l : : l
                   l: : : : : :|:.:.:.:|/////////〆ムヘ   Ⅵ/: :l: : : :l.: : : l
     ____           l: : : : : :.|:.:.:///////〆     `ヽ. /:/: : l: : : :l : : : :l
 / ̄___j、             l: : : : : : |/l////〆'          ∨/: : :l: : : :.l!: : : : :l
 l   _____j、         l : : : : /.: :.|//〆》         l′: :l: : : :.l i : : : : :l
. l   ___ l          l: : : : /:.:ゝイ|/〆i《             l: : :l: : : : l l : : : : :l
  l      ヽj        l: : : :/: /i:i:i:i:|/i:i:i:i》  !           l: : l: : : : l  l : : : : :',
  ヽ     イ )         l : : :/ :/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:《  l         l.: l: : : : l   !: : : : : :'、
  ヽ     !イ          l.: :.:/: /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:》   l          l: l: : : : l  l: : : : : : :ヽ
    ヽ    l 〉        l: : :/ :/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i《.   l           l !: : : : l   l: : : : : : : : \
     l     lム、     l : :/: /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:《、   l           li : : : :.l    l: : : : : : : : : :\
    _l    ∨ヘ     l : :l: : l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:》rx、 l        l: : : : :l     l: : : : : : : : : : : \
  /∧    ∨ヘ    l : : l : :Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘ、l        l: : : : l     l: : : : : : : : : : : : :\
  ∨/∧    ∨ヘ、  l : : :l : : V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il        l: : : : l    l: : : : : : : : : : : : : : \

55名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:03:32 ID:ZxUFb73Q

             /::7ヽ '": : : : : : : : : : : : : : : : : :` 、   r─‐┐
               /:://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ l::::/:::::l
               /::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`l::::rヘ:::l
           /::/: : :/: : : : : :.,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l/: : : :ヽ
            /:l/:./: : : : : : : / l: : : : : l: : : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : ヽ
            /: /: : : : : : : : :/  l: : : : : ト: : : : : : : : : : : : : :l l: : : : : : :',
.           /: :l: : : : : : : : : :/   l: : : : : l ヽ: : : : : : : : : : : :l: :l: : : : : : :',
         /: : :l: : : : : : : : :/ヽ   ',: : : : :l. \: : : : : : : : : :ト、 l: : : : : : :.',
.        /: : : :l: : : : : : : :/  \  ',: : : :.!/ \: : : : : : : :l:::〉l: : : : : : : :',
       /: : : : :l: : : : : : :/ r─- 、ヽ \: :l r──r┐: : : : : l/ l: : : : : : : :.',    私はこれを読んで、ローグライクとは
        /: : : : : :',: : : : : :.l l. l::::::::::〉   ヽl. ',::::::::::!/l: : : : : :.l  l: : : : : : : : :',     全く思えませんでした。
.     ,': : : : : : : ', : : : : :ハ  ヽ:::::/       ヽ::::ノ !: : : : :./   !: : : : : : : : :',
      ,': : : : : : : : :ト、: : :.l: l      '        l: : : : /    l: : : : : : : : : ',   これは普通のファンタジーRPGの
.     ;: : : : : : : : : l \: l: ヽ             イ: :/l/     l: : : : : : : : : :',   リプレイ作品です。
     i: : : : : : : : : :l   ヽハ:| >、   ─(    イ l: /       l: : : : : : : : : : ',
    l: : : : : : : : : : !     l::::/ ` r .. _,、 '゛ l.‐l/        l: : : : : : : : : : :
.    l: : : : : : : : : : l     `─ /:l      /: : :l          !: : : : : : : : : : :
    l: : : : : : : : : : :!        〈: : :.〉   /: : : : : l.        l: : : : : : : : : :
.   l: : : : : : : : : : :l        l: : /: :ヽイ: : : : : : : :/‐- .._      l: : : : : : : : : :
   l: : : : : : : : : : :.l _.. -‐ '"/: :l: /: 〉‐‐〈: : : : : : :./:/       、   l: : : : : : : : : :
.   l: : : : : : : : : : : l /     l: : :l/: : l   ハ: : : : : /: l       i  l: : : : : : : : : :



|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ、  _
::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/‖〉
:::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y‖/
:::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
: :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
:::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|
::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |     私自身、ローグライクゲームと言えば
:::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ‖;;;;;) !.!: : :、: |: :.|    シレンしか思い浮かばないのですが、
、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|    一度死んだら全てがパーになるとか、ダンジョン自動生成とか、
 >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|    そういった点がローグライクの特徴ですよね?
. <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/
 <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|
 <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|
. <ヾ="、ヽ`イ、::::|>   ||: : : :ll: : : :|
_|'::::::::::l´ ̄.〉''\!'ソ    | |: : : :|: : : : |
=|::::::::::::|.-〈:::::::゙''':t-―--| |: : : |: : : : :|
:::|:::::::::::|: : :|::::::::::::|´ ̄:::`! |: : : |: : : : |
::::|::::::::::|: : : !:::::::::::|:::::::::::| |: : : : : : : :|

56名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:03:53 ID:ZxUFb73Q

                     _,,. -‐=-ー、ヽー-..、
                  , -''    /    `    `'ー-、
              、=|:|:::l/    /         ヽ     ヽ、
            l、ll|:|/     /         ヽ  !     ヽ.
             〉::/      |       /      .l.  |、     ヽ
            ∧/     /i       |      |   !;ヾ     |
            |:/     ./ |      .ハ   l  .|  .|l\、   /
            |.|      / .|     |. ∨  |   |   |ll,: : :::ー/::/
              |    人、 !    .|  ∨  .|  .|   |::lー:/:/:::::
                |     ./___`ーl   __|_,,.... メ  |  |  .|::::|.〈//:::/
            |  !、: |´/,-ヾヽ   |-,.__ \ .!  .|   |=:!、゙!||-´!:::
            | | :!, | .|,!;;;;〉| \::、:|´7,´=ヽ,、、 |  :|;;;;;;;;>∨i:::/    申し訳ありませんが、この作品から
               |':  .ゝ ! `ー-'   ヽヾ |!;;;;;;;:l |〉\:| /-、。/::/:::‖:     そういった描写は全く読み取れませんでした。
            / .∧ :|ゝ、"" 、    ゞ、ニ'ノ'   ヾ/: ://-'/:::‖:
            /:/. |:ヽ |、   、___   """/,   / :/:/ /::::‖: :
           ,シ  | ヽ:|l.\、'、_ ヽ    /イ  ./--'''  |::::/: : ::
                  |  |:!゙==ロヽ、___ ̄,,,;;;;‐ ./ イ-、     |::|: : : ::
               |  |l      |>-'''' //, -':::|     |:/: : : :
               |  |     /'' __l-‐ .'''゙゙゙::::::::::::`、   /:|: : : : :
               | /    ./ヽ、∧::::::::::::::::::::::::::::::::::シ-、_|:::!: : : : :
               |./    ‖/ ̄..┐、::::::::::::::::::::::::::/>|、/:::: : : : : :

57名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:04:14 ID:ZxUFb73Q

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                    ┃
┃    ※※  総評  ※※                      ┃
┃                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     _  . ' ´ ̄ `  、
   , -、, -、            _|ll/ ,   ,.i  、_ \ __
   !   /   へ       /  /  /i  / .l   ',ー ///.、
   \/   .|   ',    /   .,'  ./ .|  ,'  |    li,-.///  ',
  ,.-‐- ..._   ',  l  /     |   | _ヽ. l -‐l    |:|///   l
  !      ー  ヽ/      l l ,イili:! !|   ヽ./ l::lヾ     |    ゲームの布教目的、ということでしたら
  ` -  ... _  !   \r、    // /:_!`´、  ー-/ //:ヽ/     l   成功していると思います。
       〉 -- 、    |::\ /// ヽ、 ―-, / /L://     /
     ,. .! _... - ,   l:::::::ヽ ̄:::'‐rr― 、-`-//  ./     /      私も時間が取れればやってみたいと思いました。
   ./  〈  __... ノ, /_ |::::::::::::::::::::::::|.!   l :::`X::ヽ /     /
  /    /:i   ..ノ´:::/:::::::::::::::::://i 、  /ヽ':レ!::::!\   /
.//    /::::`::::´::::::::/:::::::::::::::/  ヽ /::::::::::\ヽ:\l  ./
/     /:::::::::::::::::/:::::::::::::::/     !´::::::::::::::::::::iヽ \i /
/    i l:::::::::::/:::_:: -― '        l::::::::::::::::::::::l::::\ `ヽ、
     ー― /´            ヽ::::::::::::::::::::!::::::|`::‐-r



.|      l   |:      .::|   |:::. |   l     \   
.l      ヽ  l::      .::l    l::::. l _.. -i     ヽ  
|      lヽ\|::     .::::|_... --|:::. |    |  l:.  i  l  
       |、::\l:: |    .::::l     l::::/  z==-、!::. |ヽ | 
       l::ヽ::. |:. l  .:..::::| z=='' |::/ i.|:::::::|.| /::::. l  'l  
      .:|:、:丶:l:::.:| .::::::イ´::::::::|  l/   |゙-‐' l/:::::::: |          ですが、
      :::l::\:i゙l:::::l:::::i::/ 丶-―'  '      ' l:::::::: |.l          ローグライクゲームとしての面白さを伝えたい、
       .::|ヽ、::| ヽ::|:/|/、             !::::::::l        ということでしたら、失敗していると思います。
      .::::l   ヽ、 \:::::ヽ       , -ァ  /.|::::i:::|  
      :::::|    ` ヽ::::::\       ̄ ,イ l:/|:/  
     :::::::l       _`i :、ヽ`  ‐‐ --':::::l ノ '   
     .::::::;:|       ! !_ `    ト:、:::::::::::|      
    .::::::/:l      /   ` ー---、 |_::::::l     
   .:::::::/:::|     /       ,. - 、L!-、\:|    
   .:::::::/::::,'    r'`丶、    /  |ヽ| ヽ l:l    
  .::::::::/::::/   /´    ` ー ´    .l  li!. \|:|    
 .:::::::/:::::/  /  ̄ ヽ         |  |.l|ヽ lil:l    
. :::::::/:::::/  /              l  l l |ヽノ.ヽ!

58名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:04:31 ID:ZxUFb73Q

                 /个ヘ、_,. -−‐- 、/7ハ
               /´ ̄ ̄´: : : : : \: ///、_}
              //.;': : /: :、: : \: : : \〈 : :  ̄`ヽ、
                厶'/: //l:.l: : :l: : : : ヽ: : : :}ヽ: 丶 : : : \
            //:.l: :.|Tト|:.l: : |: : l : : |: : : :|: :ヽ: : \: : : :\
            /,:.':l:.l:.l: :.|N V\l\l、: : l: : : :j: :ノ \: : \: : : :\         単にやる夫作品として見れば
           /:,:.': : |:.l:.l: :.l゙=ミ   、___\l: l: :厂爪  \: :`、: : : : \         とても面白いお話でした。
.        /:./: :./Vヘ: : l'''    '' ̄ 川/トr{ l lヽ   `ヽ、\: : : : ヽ
      /:./: : /   /7フ\ ヾフ   ル'ノ扛レ二ニ=┐  \\: : : : \      新作をお待ちしてます。
    /: ; ': : /     /フ'/ァ _>ー┬ ノ´ //:;'::: ̄:::::::::::|    ヽ `、: : : : l
   /: : :/: : :/    /l {  ノ,/   ノ | /  〈/:〈.:::://::::::::|     l: : : : : : :|
.  /: : :/: : : :l  / _,.l - イ |  /  |/    l\:::{:::::l::::::::::|     |: : : : : : :!
  /: : :/l: : : : :| / // ̄ |ノ∠ ィ''⌒ト、   / / }:::::::l:::::::::::|     l l: : : : :i l
 ,′:/ |: : : : :l 〈_//::::::::::::::} {  /^ーイ \ /`く/|::::::::l:::::::::::l     l |: : : :.,':.l
 l: :l'  |: : : : :l  \_::::::::::::::::|ハ/: : /´       {:::ヽ:::::::::::::::::ヽ     | |: : :/lノ
 |: :|   ヽ: : : ヽ   \:::::::::::::::/: :./  __  ノ ト、::\::::::::::::::::〉     lノl: /
 ヽ.l    \lヽ〉    \:::/::_,:イ`ヽ      /  \::::::::::::::::/     V
            _, -‐'´ ̄´: : j二ニ´   /     \__/
          /: : : : : : : : : :/    __ノ{
         /: : : : : : : : : :/ 二´ -‐ ´ \

59名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:04:49 ID:ZxUFb73Q

                  _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
               , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
               l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
             冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
             /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
               /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
            {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ         …と、こんな感じでやってみましたが、
           ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ         辛口になってますかね?
           /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ       悪口や揚げ足取りになっていなければ
           ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ      いいのですが。
           / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ
           ,′::::::::::::::::! ,′,//´「:::`{!  、    }   l:::::::::::::::::::::ヽ
          ,!:::::::::::::::::::::{ / /.:/ /::.  .:[! ハ 01 l   !::::::::::::::::::::::ヽ   以上、初音ミクがお送りしました。
          ,!:::::::::;:::::::::::::l// .:::/  ,!rー┐:[! |   !   !::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!::::::::::::::::::::::r'、{:::::/  /::.  ̄ .::ヘ、」_ _」、  l::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,!::::::::::::::::::::::/`..〉/  /::.::.:.   ..::::/{. ̄ 田|   !::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,!:::::::::;'::::::::::/ .::::/   ,'::::.ヽ/ .::::/ l:..    {   l::::::::::::::::::::::::::..
      ,!:::::::::,::::::::::/ .:::/   ,′ ::::..:::::::::/  |::::.   |   l:::::::::::::::::::::::..

60名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:05:17 ID:ZxUFb73Q
以上です。
ミクが言ってる通り、ただの悪口等になっていなければいいのですが…。

61名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:16:35 ID:.y.Y2b0w
評価乙。
まぁ、Elonaは定義的にはローグライクではあるが不思議系とは結構違うからな。
そこんとこのニュアンスの差がミクさんとズレがあるのかも。

62名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:16:40 ID:1C4orjcc
評価乙

評価人評価的になってしまいますが、不安なようなので一言

評価内容自体はなるほどと思いました
特に「ファンタジーRPGになってる」というのはわかる気がします
ただ、ローグライクの定義は曖昧な部分もあるので、そこまで強く言うほどだったのかなと思います

「こ れ の ど こ が ロ ー グ ラ イ ク な ん で す か ?」
よりも
「普通のファンタジーRPGのリプレイになっていませんか……?」
ぐらいの方が表現としてより適切ではなかったでしょうか

また、ミクの表情も怒りよりも別の表情がよかったと思います
評価人も別に怒ってはいませんよね?

AAのキャラクターを生かすというのはやる夫スレでは重要なことですが、
評価をする上では時に曲げてしまったほうが誤解を招かないのではないでしょうか

63名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:16:54 ID:SjLug8s6
評価乙
俺の読んだ感じでは問題ないと思う

64名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:18:22 ID:LgB5YZUY
乙です
ぶっちゃけ死んでもリセットできるって時点でふつうのローグライクじゃないからなあ>elona
だからといって温いわけでは全くないんだけど

65 ◆i3L6rsNcAg:2010/10/12(火) 21:23:49 ID:7y4Z/wC.
評価ありがとうございました。
偶然にもリアルタイムで読むことがで、大喜びです。

情報の取捨選択は、VIPで単発投下ということもあり、一番悩んだ部分でした。
これでよし!と思って最終的な断を下したのですが、確かに指摘された点はうなずけること
ばかりだったので、次回に生かしていきたいと思います。

最後のローグライクについてですが、確かにElonaは、Nethackや不思議のダンジョンといった
正統派のローグ系とは違った方向性を持っているので、これらのようなゲームを期待すると
肩透かしをくらってしまうかもしれません。
従って、「紹介用」としては外しておくべきだったかもと指摘されて気がつきました。

なにはともあれ、ゲームには興味を持っていただけるとのことでしたので、安心しました。
ありがとうございました。

66名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:26:35 ID:taa7.j9c
公式で「ローグライク」って謳ってるからなぁ。

スレ読んでて、ローグライクと言うよりはTESとかFOみたいな
「自由にやれるぜヒャッハー!」的な魅力が伝わってきた。

67名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:28:06 ID:ZxUFb73Q
>>62
そうですね、もっと柔らかい言い方をするべきでした。
次から気をつけます。

>>65
リアルタイムでいらっしゃったとは驚きです。
拙い評価ですが、お役に立てば幸いです。

68名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 21:28:36 ID:ezmiZBKY
ローグライクってよりルナドン
というのが2chのElonaスレでも定説になってる
でもゲームの作者がローグライクと言ってるからなー

69名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:45:43 ID:I6bz27wo
少々お借りします。

70名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:46:19 ID:I6bz27wo

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',   お久しぶりです。高良みゆきです。
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !   今日はこちらのスレを評価させてもらいますね。
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V   【オリジナル】やる夫は因果の鎖を解き放つようです【SF】
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285587945/(現行)
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/727(依頼)
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

71名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:46:34 ID:I6bz27wo

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',    評価を書いているうちに他の方数名が評価されたようですね。
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !    そのため被っているところもあるかと思います。
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!    ご容赦ください。
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',

72名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:46:44 ID:I6bz27wo

 ・AAの配置、文章
 ・AA、背景描写
 ・一話毎のボリューム(?)
 ・登場人物の心情描写

               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| ::::::::::::     ヽ、
              /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |ヽ、 ::::::::::     ∧
           |:::::/::::::::ノ::::::/:::::::: ,j::::::::: | |∨ ::::::::i   :  ヘ
              |:::/::::/:::::::::/:::::: / |::::::   | | ∨ :::::|    ::  ヘ
          |://:::::::::::::/::: /| |::i:  :: | |  ∨ ::::|    |:  λ  評価ポイントは上記の四つですね。
          j/:::::::::::::,-/-─-/  | |  i: |-|─-|-、 ::|    |:   ハ  それでは一つずつ見ていきましょう。
          /::/::::::::::: /:/ __/_.  | j  j |._!__  V  ::|    |:   |
            |:::|:::::::::::: ハ ,ィfチテオ、 j/ /|:|オテミォ、∨ ::|    |:   |
         |:::|:::::::::: |:ハ んィ::ハ j_,,ノ リんィ::ハ `ハ j:    |:: ,/リ
         |/|::ヽ、::: |::ハ `~-‐"  }={  `~‐-" ,ハ,/   ,ィ j;/
          |::::/:iヽ、{:i`:j、 ___,ノ ´ 丶____ ,ノ{::::}  / jノ
          |:/::::|:::  | ::ヽ、    ー-‐    ノ:::::::j,ノ  |
          / : ::|::   |:::i|:::`>‐-〟 ,-‐<´:i|::::::::|/:λ
           / :::::::|::::  |::,イ´ .\,ィj   {、,/r'´ヽ/j ::::: ハ
         /"::::::::;|:::   |´ `ヽ、  ̄ ̄ ̄  (´ ̄~_,〉 ::: ヘ
        / :::::::::/´/|::  |    ゛  ~~"´ /(_ ̄  〉 :::: ヘ
      / ::::::::::::/ ./ |:   |         /ノ ,ゝ、 ̄ ノヽ、::  ヘ

73名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:46:57 ID:I6bz27wo

              ,. -−─‐- 、
             /          \
         _,.-‐厂 ̄         l  ヽ
          〈   }    l  |   l  |  ∧     ・AAの配置、文章
            }ノ | {   !  !   |  l|   l |  
        / l l l八.  ト、人  }  }|   l |     やや文章が過剰な傾向にあるように見受けられました。
.       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |     また、モノローグ部分でAAが詰まっている印象を受けました。
       { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |     前者は>>125-129、後者は>>37-50あたりですね。
.       Ⅵ N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |     
         ∨ヽノ ヘ、 -‐  .イ    トl | l
           |  > 、 イ |   川人/
           ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\
         /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、
       /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  }
      ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │
      i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧

74名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:47:25 ID:I6bz27wo

      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i     前者はもう少し文章に対してAAを増やすことで、
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|      後者はAA−モノローグ間の空白を開くことで対処できると思います。
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i      特に前者は説明がわかりやすくなるというメリットがありますから……
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!.      やってみても損はないと思います。
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:.
      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i     前者はもう少し文章に対してAAを増やすことで、
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|      後者はAA−モノローグ間の空白を開くことで対処できると思います。
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i      特に前者は説明がわかりやすくなるというメリットがありますから……
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!.      やってみても損はないと思います。
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:.

75名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:47:47 ID:I6bz27wo

             /´`‐--、/'´\___
            ,j/  ,  ,|       ゛`ヽ、
          //  / /|   i|ヽ、 \ヽ、 ハ
           / /  ::/ /\,|  リ 、/、 { `ヽ}     ・AA、背景描写
         j | :::::| | 、_ ヽ、| 、_ `iヽ、 》
         |/| ::i::| :ハ {} H  {} )| i∨|     素晴らしいです。多くのレス中に背景描写を採用することによって、
             | ::|iヽ|:}`‐-‐' `‐-‐' | j:: λ     誰が、どこで、どんな状況で話しているのか。
           ヽ、{ | :i:j、  {_ ̄`}  ,ノ ノ:::: ヘ    それが非常にわかりやすくなっています。
               j 八::、>ニ二<:/ / rjTT〉    これは私も参考にしたいですね。
            / ::/~ヘヽ |-‐/ / ,ノ _{二二}_
             / ::/ 、 {ヽjヽ//∨} | ||  || |
          .__/ ::/  j `,> <´ | ̄|| ̄~|| ̄|
     _ r=〈《《==t、__{ .__|  λ  〉:}  ||  ||  |
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__} / | / |゛ ||  ||  |
     |-[]‐-r--ュ-‐[]┤:|∨__∨___|__||__||_|
     |      ̄´    :| :|Τ| | | | λ
     |________,|_j :| | | :| | ヘ

76名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:48:02 ID:I6bz27wo

               r-‐‐= : "´: : ̄ ̄ ̄: :` : .、
         /`ー─==ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         { : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \        ただ、より効果的に使うのなら……
         j/. : : : : : /: ハ : : : : : : : : : |: : : : : : \: : : : .\      1レス中に2つ以上の使用(>>221>>257)は
         /. : : : : : : : : | | :l: : : : : : : :|⌒ヽ : : : .\: : : : ヽ     やや過剰かと思います。
        〃: : : : : : : : , ィ |: j : : : : : |: ∧: : ト、 : : : : : :\: : : :Y    背景にはキャラクターを注視させるという効果もありますから、
       〃 : : : / : : : /: :| j:∧: : : : : |/ _二._ |\: : : : :ヽ`=‐ !    あまり使うと認識するので疲れてしまいます。
      〃 : : : :Y: : : : : |: :|x= \: : : { "「 三㍉、: :ヽ : : : }: : :|
     Y : : : : : j|: : : : : ト〃三::',  \__ゝ{ノ三:::ハ}: : :トミ: : 八: :|
      {: : : : : :从 {: : : :Vヘノ三::} ヽ-(  ヽ三ノ l : : |ノ.∨: : \{
       、: : : :f{ ヘl\: : `、\ニノ  ノ  \     イ: : :|! : : : :j : : \
      ヽ: : :|     `ト、_ゝ   /  r ヘ   ̄´从 : |l: : : jノ. : : : : ヽ
        \{     |l 八  ̄    `ー'  ,.ィ'リノ : |l_,.∠.._ : : : : : :}\
                |i: : :`アT==ァ‐‐=≦Ti7/. : /三三三ヽ: / ノ. : :)
                |l: : : { :j|: : : 」__i:i  i:i/イ: : ,{ィァ=‐ミ、三ニ}ィ゙ }:/
                | : : : : :!ト-/  `x-r=,>'´: :/: : : |: ヽジ   ′
                } : : : : :リ {  '"二「/. : : : : : : : : j: : :|\

77名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:48:27 ID:I6bz27wo

           j´:ヽ、_ /´\___
             ノ    / ,       `ヽ、
         /   / ,|  |::: 、   ヽ、 ヘ、    ・一話毎のボリューム(?)
        ノ   / / ,/|  |:|:|::ヘ  ヘ  \i }
       / ,ィ / ⌒/ |  | |:|⌒i  \::: ヽj    SFというジャンルになれているためかもしれませんが……
        / / 7 / / / 、_ ヽ、{ ヽ|、_ヽ、  〉:::ハ    やや少ないかなーと思いました。
     / / / / ,/|/} ┃ H  ┃ i∨ ,/`ヘ:::〉   とはいえ、内容的には十分ですし、私の好みの範疇だとは思います。
     ヽ| | .| |::ヽj、_,ノ ヽ_,ノ|:::∨::: 〈 リ    また>>74で多少長くなると思いますし……
        ヽ|ヽ|::i::::、"  __  " |::::|ノ:::::: \
          |::|::|:::`>ー--‐<´|:: |::::i::::::: \
          jノ::{`ヽヽ|-‐-/  ノ ノ、:::|::::::::::  \

78名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:48:39 ID:I6bz27wo

                 ,.ィ´`ヽ、.,ノ´`ヽ、__
                 /,, ,   /   ;:.     ̄`ヽ、
              ,.ィ'´ /   ノ   /:::;      、 `ヽ、
             /  .:/  ⌒/   /::;ノ| ^ヽ  λ   ヘ
            /   ::/  /〈    |:リ´ { ト、    ヘ.j  ハ    ・登場人物の心情描写
              |  ,/ ::〈  / 、_ V´{ |'  ヽ| ∨ :.  ヘ   }
           j/∨::::::::ヽハ. f`i  ヽ.{   f`i  ∨ ::. i ヘ リ    カッコでくくっているもの、地の分で表しているもの、
             |::::::λ:::::} |_j  H   |_j  ,,|∨ :: ト、 \    枠でくくっているもの。
               V:::{ iヽ:j、__,ノ ヽ.____,ノ | i`ヽノ `T`    心情描写は大きくこの三つがありました。
               ヽ:{,| :::l、   、      ,ノ| | ::'´i:|  |
                | .::.i:`:ー:--┬‐r:τ´::::| | :: .|:|  {
                人`::ヽ;:|::::,ィj  !、::!:::::::;|ノ   |:i  |
               /  :`ヽ `ヽ、ヾ、__`,/~ヽj   ノ人 ハ
             / :::::::::::::{\  \ `ヽ/   .ノ  /´ ):ハ ∧
              / ::::,j::::::::::〈   ~`ヽ〉 介  ///  ,〉::::ヘ ハ

79名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:48:53 ID:I6bz27wo

          ____
        ,ィ´     ̄ ̄゛‐-ィ'´`l,ヘ、
        /  .λ / ,/        i |:.λ
      /   (_,j/ / ノ   /   ,ノ |:: ∧
     j      / //   ,/   ,イ::: |::: ハ
     |     j / ::    j ,.-‐'"|::: l::::. λ
     | :j     |〈  ,ィ'   / __  }::: j:::: ,ハ:〉   地の文は世界観説明に近いものでしたが……
      | |    |:(∨{ ,..イ__,ィチミ、ノ:;ノ:;/j/ リ    枠囲い、カッコ括りの違いがわかりません。
.     | |  ,ノ |:::ハ::ヽ.{:.:| "( ´{;:ノ´        カッコ括りでも長いものもありましたし……
    jノ /i  {/  {:::.`ヽ:!  `ー'〉          どちらかに統一する、もしくは用途でわける等が必要だと思います。
   //ノi | ::: }`‐-ヽ、 ヽ(_,ゝ_,イ_ _      
  / / / :リ::::ノ    `‐-、`〈,〈〈〈j,{ュ        ただ、何らかの意図があってそれを私が見抜けてないかもしれません。
. / / 〈  :: `ヽ、,イ⌒ヽ、 }  }   ,}        そうであったなら、申し訳ありません。
〈 〈  ヽ ::::   }    ヽj  j" ̄ ̄゛}
 \ ヽ、  :::  |      〈,ノ 三三三{
   `‐-〉    |       ⌒ヽ、  ゛〉
    /     ノヽ、       ゛ヽ ,/

80名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:49:04 ID:I6bz27wo

             ,ィ´    /   /  ,.| :   |、    ヽ、  `ヽ、
           /    .:i   /  / | i   | ∨ : : . \:  ,ハ-‐-、
          / ,ィ´  / ::|  : :i ,/  | | :. i |  V :i:: : : ヘ:/: :;ハ:ヽ::ハ
            / ;〃   // ::|  ::: |,-{‐‐-| :|i ::: | | ,-‐|‐-、:: : : ヘ::〃}:、:: }
         j,/ {  ,イ/ :::|  :: | |   | :|| ::: |.|   | :i::: : : .  ハ::.:リ:::ヽ |
           ∨ :{ |  :::|   /| リ __、j;ノ'V:::::||   | :|、::: : :.  |::/::: : ,リ    全体として、やや不慣れな印象を受けましたが、
            ヽ| {  :::|   ∧|/,ィチ弐ゞ ∨::リ ,.__ヽ.|∨:: : i  }':::::: : ,':|    見やすく、わかり易くという意図も感じられます。
              ∨::::{、 :|::ハ〈 {ノィ::;|゛ 、_ヽ:| 'チ弐ミ、∨:: :|: /::::: / |    慣れはあとからついてきますし、
                `ヽ|`ヽ|::::ハ、`-‐" ,ノ , ヽ.    ,ノ∨::l;/ : / ,'  ;|     何よりストーリーは非常に先が気になります。
                | : :|::::i:::j、`‐-‐'´ ___`ー-‐'´ /::};人:: ,'::/   リ     今後もがんばってくださいね。
                | : :|::::|:::| ヽ、    V_,ノ    ,.ィ'::::::{  ∨:,'  /i
                { .:|::::|:::|   ` ー-r--r‐ '"´ |j:::: :|   {::,'  ,': |     以上、高良みゆきでした。
                ∨ :ゝ:|:.:|r'´ ̄ ̄::j  .{: ̄゛`;|: :: |  |"  /:.: |
                  ヽ、 ヽ:| `ヽ、{.;ノ  ゝ 〉  | : :. |ヽ、 |  ,': : |
                  ,ノ\、 `ヽ、 \-、 ,-/  | :.: |  〉| ./:: : ,|

81名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 22:49:35 ID:I6bz27wo
以上です。>>74は投下ミスです。申し訳ありません。

82名無しのやる夫だお:2010/10/12(火) 23:23:26 ID:Y4Yo8Ldk
乙。大人気だなSFのスレ

83名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:31:29 ID:FyI0pXjA
あいている様なので22レスで評価させていただきます

84名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:31:43 ID:FyI0pXjA
                                                -――- 、
                                               , ‐'´         \
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/740    /            、 ヽ
                                            |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
>>17で依頼された                         \        .ljハ トkハ  从斗j │ ハ
                                    \          l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
                                     \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
                                       ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
できない夫が神ならぬ身にて天上の意思に辿り着く者になるそうです22 ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286537622/   /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
                                          ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛      |   .:.:::::::::::l  __ヾ\    ≧:::::::::'、ヽ {
                                         l_ .:.:::::::::/ >v'  l \::ヾ  ̄::::::::::::::::', }>
について                                      ヽ.:::::::::V  |  ! l∧::::::::::::::::::::::::::::Vリ
                                            i::::::::::::`ドー rL.」 厶::::::::::::::::::::::::::::!
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが             l::::::::::::::j ̄ 7:::::├‐ ト、::::::::::::::::::::::::!
                                              \::::::/  :/::::::::::!   !:::`、:::::::::::::::::::!
評価させていただくわ                                 `/  :/ー‐‐┤  「¨¨ ヽ::::::::::/
                                              ,′ :/      !   !   レ' ´
                                              ┴‐┴━━━ゝ-┴





           .' /   /  / \/  /   /       !        、 ヽ
            | l ― く   /   i \/  /ヽ      ,′ ,       i  l    ※
            レ'′     V  /| ∧ X    ',.    /  /    ,′ i  }
           | γ,⌒..ヽ│ / ≧レ、 V  `   }    /  /  __ /    ! ,′   物語のネタバレが多く入るので
           │ | i f i | l│ハ! /::::::::ミヾ    /  _..斗 7 ¨  /    , /
          〉 ゝ.゙ _'ノ ノ│V ゝ:::::::::/   ∠__. イ__..j// ,. イ    イ/      未読の方は注意してね
  ,. ' ⌒ ゝγ ⌒ヽゝ - イ   ', lハ:.:.:__/       7:` ミ,/イ /  / /
γ   , '⌒     |    ハ   ヽー‐ '        ハ..::::/ 〃,/ ..イ
'   .ノ    Y   ヽ  │ )   }:::::         /、.:.:._/ /'イ´  /
  ,'´     │    |  ヽ/    ノ         `− '′ //   /
{ |  l.    |    │   `ー < ..   /|     :::::::  //   ハ
  ゝ  ゝ  ゝ   ノ   i     ヽ> 二 .._____ ...ィ/!   {   \
  ゝ `ー`─ >…'三/`丁ゝ.  __  人  / |::三/ l   { ゝ   ゝ   `ー- 、

85名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:31:58 ID:FyI0pXjA

               ,  ---- 、
          _ -‐ "        ` ヽ、
        /        /        ヾ\
.       / /  /    ! /    \    ヽ}
      //       / /  V   \   ヽ ヽ  \      □評価方針    甘口のリップサービス
       | /   斗-|、!   ヽ  ヽ        ',
       Ⅵ   イ/   V\    ィ ⌒iト、 }   !   i     □評価スタイル  甘口のリップサービス
        ハ  /孑えト、  ヽ ! | ハ |ヽ   !   |
         \从{ トrメ}  _}ノレレ'  レ' |   |   |
          /} 弋少    z=≠弌 |   |   | ミ☆  という事なので、物語の『良い点』を挙げるわね
         / }    ,        /   ,'   |
       /  八    、__,    /    .イ  八
      /   / .>、∩`   ,∠..   / ノ   . \      読者が面白いと思うポイントなんかが
.     /     / __,| |、_ ,/::::::::::::`:<./'    \ \
    〈.    〈_/  ノ |イ::::::::::::::::::::::::/ i      \ \  わかって貰えると嬉しいわ
     ` ー――‐ 「アi¨  i }::::::::::::::::::/   !          \
           i     i |:::::::::::::::(    人        }、   )








            ,. -- 、__
          /^⌒     \             まずはこの物語のあらすじを説明するわね
         ' 〃        ヽ
        i } i i |  l i }  li           華やかなVIP高校に憧れる、冴えない学生:できない夫
         / /T从ト、 jィ_ノ  リ     . /7
       / // Yヒツ^Vヒツ}/ィ     // ゚* .
.       /   厶} |、 、_ ' ィ'/人    //7  +:.    彼がVIP高校という、『特別な人達』が集まる学校へ
      { ' /::{∨ | ヽ7斥//::\ )  /}气}  .:*
.      ) !:://::(☆)//:::::::∧ハ } `ノ , ゚      編入試験を受ける所から物語は始まるわ
.     /  Y /::::>x7:{ 乂/::::V / `7
.   /    ∧ ヽ.__:::爪::::)  )::://  /
   i /  人_)   )」」Y. .イ:::く    /        ひょんな事から彼は恐るべき事実を知ることになる
.  乂  (    /   | ゝく:::::\.ィ′
  ト、_) /.:: ̄/|    ゝ-く^ヽ::::::i ヽ        なんとVIP高校は、来るべき大破壊に備え『宇宙人』が
  ヽ.__/.::/.ィ__|     i     ∧::::| しi
  _/::厶く:::::::::`ヽ./`ヽ./:::::>=彡'        集めた人類の播種船『ノアの箱舟』に乗せるべき候補者達だった!
  >:'"`ヽ  \::::::::ヘ::::::::::{:::::/   \
./.:::::::::::: ̄``:ー―----ヘ`V::{ 、   /:: ̄\
.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧ ∨ \{.:::::::::::::::\    そんなできない夫を取り巻く、個性的な友人、魅力的な女性
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}__}   \::::::::::::::::::ヽ   彼等が織り成す『ハートフル?・ラブ・ドラマ』な物語よ

86名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:32:14 ID:FyI0pXjA


        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \               まずはこの物語の『良い点』を大まかに挙げてみるわね
   /  /  /        i ヽ   ヽ
  |  /   /   / /     |  i    }
  | |   |   / /     /|  _L   |              それは主に2つに分けられるわ
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ               第一に ・ 魅力的なキャラクター
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ 
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ    第二に ・ 予想できないストーリー展開
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ      これね!
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |      では第一の『良い点』 ・魅力的なキャラクターについて
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/     ∨__/   \
::::::\ \  \::::::::::::::::/::::::∧:/ /     |       \   細かく見ていきましょう
:::::::::∧  \.  \:::::/::::::::/| (  (     /:::\       ヽ
::::::::::::ノ    \.  \:::::::::イ| |  \ \   \::::/ \       |




 『 良い所 1 :  魅力的 な キャラクター ! 』




              /: : : /: : : :/: : : : :|: : /{: : : : : : : :.l: : : : : : : '.
            ′: : :{: : : :.|: :入 /{: : { |: : : : : :!:|: |: : : : : : : :}         さて…… 具体的にどのような点が魅力的か?
          |: : : : :|: : : :.N: rチ≧ュx_,|: :ト : : :}ノ≦: : ハ: }: :/
          |: : : : :|: : : : |イ ト、__,小Vノ|: : : ィテヾ}: /: }/レ          と聞かれると、以下のことからそれがわかるわ
          |: : : : :|: : : :.:|  V:zソ   ノ/ Kイ レ'};ノ
         ノ : : : /!: : : : :!  xxx     、 ゞ’ !l:.|
        /: : : :./: |: : : : :|          xxx 从{             ・他のスレで見かけないキャラクターの活躍
       /: : : : :./: : :!: : : : :ヽ       r ァ   人: |
      /: : : : : :./: : :.∧: : : : : \       イ : : V:、             ・性格が個性的
    / : : : : : : /: : : /:.∧: : : : :.∧> - イ:l : |: : : :ヽ:ヽ
  /: : : : : : : :/{:_:_,ィ三三}: : : : : :∧>、ムハ|┴ミx: : : : :\\          ・小気味の良いセリフ回し
. /: : : : : : : :/イ三三≧ミ7: : : : : : : }/〉女 }三マム: : : : : :ハ: :ヽ
 {: : : : : : :.:/三三三三三}: : : : : : : トくイ ヘノ三三}: : : : : : :|: : :ハ
 ヽ; : : : : /三三三三三7: : : : : : :/三ミx‐/三イ歹ハ: : : : : :}: : : :.}       と言ったところね
   }: : : :{≦三三ミ≧iⅣ: : : : : : /三三マ三7少三i}}: : : : /|: : : /
   ): : ;イ三三三三三/: : : : : : :/i三三三≦三三i7: : : : {/: :イ
 /: ;_タ三三三三三7: : : : : : :/三三三フ介≦三/: : : : : ∨:.∧
./: /三三三三三三{: : : : : :.:/三三≦彡イ|ミx≪{: : : : : : : V: : ヽ

87名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:32:27 ID:FyI0pXjA

                <´ ̄ ̄  ‐-
            /         `i  ¨> 、      ・他のスレで見かけないキャラクターの活躍
           /         :i   !  ヽ ヽ
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',
          /    /  :/   i  /  i  ',  i i      さてこれについては主人公が『できない夫』
          /    ,' ー-/、  /j:  |  ∧ |  l: l
         ,'     i  /ン`゙ー V | 7''ーl‐l'"  l l      という点からもわかるんじゃないかしら?
         /      | ./示≧ミ/ ヽ,!/,,.ムr i  /l l
       /      .|/ ヾニシ     frシ/ / /: リ
        /     ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /:ハ       さらに序盤からの主な友人は
       ,'      \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       |      } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',  \    『偽オプーナ』 『藍染』 『ナージャ』
      乂    ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、_   ヽ
        )   f;.;.;;: : :/トヽヽ,.-' イ V::.(   (:.:.::.:.:.:.:`ヘ    )  なんていう出てきただけで おっ?っと
       /   i:.:.:.:.V`ヽ、`´,イ 'ヘ/::.:.:ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.:>`-、/
       / ,'  j:.:.,ィ': : : : : :∧) . /:/ /:.:',   ', r'"    \  反応しちゃう未知の面々なの
      / /  /V  `ヽ=-i / /: { / /  )  )Y       \
     ,'     //i      } (.l {: : i ,' /.:./  /l l .ゝ、      |
    l     iシ.:.:j    ,.イ ヽiヽ:.:.:.:.:.:.:(    (:.:.:.:\`/ー'" ̄  j





             __
       _, '"´      `丶、       この人達がやる夫スレではどんな個性を持って
      /            \      どんな風に活躍するのか
     / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
     l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ    それを考えるだけでワクワクしちゃうわね
     l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
     | l Vf゙?i圷/ jl ノィアト、ヘ// /
     j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ     さて ・個性的な性格の具体例もかねて
    ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
   / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
  //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ     彼らの大まかなキャラクター紹介をしてみましょう
/ / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }

88名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:32:42 ID:FyI0pXjA


┌────────────────────────────────────────┐
│           / ̄ ̄\                                           │
│          /  「   へ\                                        │
│          |  ( ー)(●) |                                         │
│.          |      |    |                                          │
│          |    ___´__   |     ふははははははは!!!最高にハイって感じだ!!   │
│.          |    `ー'´  }                                          │
│.          ヽ       }                                        │
│           _ ゝ     ノ                                           │
│         /        `ヽ                                       │
│        /  /  ̄\      \                                       │
│      /   /    `ー‐´ ̄`>ヽ                                     │
│      |ゝ、  \∩ノ^)ミ:::::::::(´__\__________,ヘ,,t,,t、                   │
│      | []\_,,__ノ ミ三三三三三三ゞヽゝ三三三三三三三≒≒≒|〕                 │
│      |    廾  廾 ::::::::::::::(´ ̄ ̄ ̄\___ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ソ''r''r''                   │
│       ', ゚。゚。゚    ,─、___,>                                       │
│        \___/                                            │
└────────────────────────────────────────┘


 【 主人公:できない夫 】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 地元で評判の悪い不動高校に通う、極普通の生徒…… と本人は思っているけど

 多彩な技術を持っていたり、すごい家族がいたり案外普通じゃないわね。

 惚れっぽくてすぐに女の子に告白するけど、趣味に合わない子への態度はおざなり。

 普段は常識的な物の考え方をするけど、それに騙されちゃ駄目。

 危険に陥ると、良識・法律・義理全てを無視して外道行為に走る恐ろしい人なの。

 物語序盤ではそうでもないけど、話が進むにつれその本性が露になるわ。

 でも周りも酷い人が多く、残虐な事件に巻き込まれたりしちゃって

 同情できなくもないわね。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

89名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:32:55 ID:FyI0pXjA

┌───────────────────────────────────────────────┐
│   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、                                           │
│  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、                                          │
│  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',                                         │
│   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!                                        │
│   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i                                        │
│    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i-                                        │
│  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !                                        │
│.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',                                         │
│゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙  (巴ちゃんが桜田に悪感情を抱いている噂を流して         │
│      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、  桜田をいたぶってやろうと思ってる事、バレてるみたいね)   │
│    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'                                         │
│    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :                                       │
│、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐                                         │
│i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                                       │
└───────────────────────────────────────────────┘

 【ナージャ・アップルフィールド】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 できない夫の友人3人衆の中で好一点。 戦隊物で言えばピンクのポジションね

 かわいい顔とは裏腹に外道な性格をしているわ。楽しみで人をいたぶったり

 自分の目的のためには殺しも厭わない『デスガール』。

 たまに作戦が失敗しちゃってもめげない健気なところもあるわ。

 彼女がこんな性格になったのには理由があるんだけど…… それはここでは省略するわね。

 『引く・媚びる・省みず』って感じかしら

 ダンスのうまくてちょっと口が悪いおしゃまな女の子よ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

90名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:33:06 ID:FyI0pXjA
┌─────────────────────────────────┐
│                 _, --‐ー 、                           │
│               r="       `ー 、                       │
│              <       、    |                        │
│              ヽ       .|    .l                        │
│               |    _  ! _   l                       │
│               |  `ー-ー !. ='' .|                         │
│               l      :|   .|                       │
│                !     |  ./                       │
│                ! ヽ    !   ./                         │
│                ! |\   .|  ./       あまり強い言葉を使うな    │
│               |  \::\__|__.イ                         │
│             _/   \::::|:::::::l        弱く見えるぞ           │
│         -‐''´    .、   \!/ l                          │
│      , -'          \  . ',   ヽ 、_                        │
│    /             ヽ   ヽ .|   ヽ                       │
│   ,'               ヽ   |  !     ヽ                   │
│   ,'                 ',  .| |       !                     │
│   !                  ! .l !     /                   │
└─────────────────────────────────┘


 【藍染惣右介】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 いつも偉そうな口調で喋っている変な人。特技は完全催眠。

 なんだかすごい才能をもっているけど、それを扇動だとかイジメだとか

 そんなことにしか使わないお茶目な男よ。

 漫画のBLEACHの登場人物ということなんだけど。

 喋り方は漫画にそっくりで再現度はかなり高いわ

 いつも何か企んでいるけど、結局何をしたいかはよくわからないわね。

 たぶんただの性格の悪いイタズラっ子よ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

91名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:33:17 ID:FyI0pXjA
┌────────────────────────────────────┐
│                                                      │
│        /0 ̄\                                          │
│         |:::::::::::::::::|                                         │
│        \___/                                         │
│          ___                                          │
│       /  、 \                                         │
│     / ノ'"::::\_ \                                      │
│     |   ・ .. ・   |   俺はオプーナ様の下につく事にした!              │
│     |   `-='    |                                        │
│      / } ___/ヽ   できない夫、“正義”ってのはもの凄く気持ちがいいぞ   │
│    (/、 〈 て __ヽ__\  悪いヤツをぶっ倒せるんだからな!              │
│   ハ  Y` そ::::::::::::::::!__ヽ                                     │
│ ̄ ヽ{ ヽ_ゾノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                          │
└────────────────────────────────────┘


 【偽オプーナ】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 本物なのに偽扱いをされる悲しい人ね。見ているうちに本当にこちらが偽者に思えてきたわ。

 性格はバイオレンスな登場人物が多い中で比較的穏やか。

 辛辣なツッコミが冴え渡る、会話のアクセントのような役割を果たしているの。

 先に紹介したナージャやできない夫との会話は、この物語の見所といってもいいわね

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







          /                ヽ
           / /7  /      、     ',    彼等4人合わせて『不動高校四天王』
        / // r  ,! |:   l:、  \:  i  l
        ,' // l / l !l  l::ヽ、  ヽ l  l    なんて呼ばれているわね。
        l //  l l::ーVィヽノ/::`ー\ U \l  l
         |//  l、z≠==ミ∨::::: z≠=x、l l  : l
       // :   |く /`ヽ   ::::  / `ヽ /l l : l   さてこのメインキャラクター達をみてどう思う?
       //  .  ',  ゝ‐ '   ;:  ` ̄ lil! l !   l
      //|  :. l u             ,'リ .:   ',  そう、まともな人がいないの
      // |  i  : ト、   ャ─ -_‐ッ゙  /イ ;    !
    ,.、// j  l ; l l少 、   ̄    /l /   :   l  端的に言うと『外道』ばかりね
 r-‐' /7、 /  / j / } l `l ー - ‐ ´! l ,'  /     l
 l と'_{ (/ノ /ハ '、{ /:'rィ´ \    ,.イ`k、l ,' i   l
/  _.、__〉 ',//ハ ヽ弋ヽ   `兀´   / | ト、l  i  !
{  、__}:::厶ィ‐'´ l  }ヾヘ\ 〆⊥\ / l l l  ト、_l
l、  _,.フ;:/  ヽ / ノー、 ヽ Y´☆`Y イ  ヽ ! j   {  ヽ

92名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:33:31 ID:FyI0pXjA

              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´   でもね、それは悪いことじゃないの
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !    むしろ強烈な個性は『カリスマ』と言っていいほどに
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /     昇華されているわ
       |    |    | ィf?lテトミー ヽ /rえV /|/
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |        彼等以外にも外道は多いけど
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\       皆どこか抜けていて、憎めなくてキャラクター達よ
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \  たまに本当にイラつくキャラクターもいるけれど
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     Ⅳ.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.     それはそれで物語には必要よね







                  , ---- 、___
              ,. ‐(  ' ¨ ̄    `ヽ、
             /     ' ¨         \      性格の悪い人達が多いけれど
                /  /              ヽ
           ,'  /                 \   その人達の絡み合いが
           |  i   /      ヽ        ヽ  ,
           |  |  '   !   ! |  |   |  '  |   絶妙な空気を醸し出し、他では味わえない
             ,'  | ⊥ 」_ /|   |ハ !, ィ T  | | |
          /  /!  |! 从 `ト、N   |イ zx!/!    リ
         /  ,' |  V才テぅト ∨ /仗 リ 〉 /ムイ    『物語自体の個性』を作り出しているわ
         /    / ∧  ', v:少   |/ ゞツ 厶イノ
       /      / ハ  i         、   / 八
     /   /  ん-:┤ !>、  ` :. ‐  ,. イ  '  \
     ,'   ,'  /|::::::!:::|  | 〈 > r<:::::/  厶    ヽ
     |   !  /::::::|::::::∨  |  >vく  /::/  /:::::\!  ノ   そしてそれに繋がる話
     乂   i:::::八::/  八 /_∧_ヽ/:::/  /:::::::::::∧(
       )  |::::::/  /::::::〈 ></::::/  ,:::::::::/::::::. \  ・小気味の良いセリフ回し
     / ,' |/  /\:::::::::`ー/:::::::::{  {:::/::::::::::::::', )
    /  , '  {   , ':::::::::::::>:::::_{::_:::::',  乂:::::: ̄::::::::∨   についてみてみましょう
  /  /  ∧ (:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::ヽ  \:::::__:::::::::>

93名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:33:44 ID:FyI0pXjA

            | l ― く   /   i \/  /ヽ      ,′ ,       i  l
            レ'′     V  /| ∧ X    ',.    /  /    ,′ i  }   それが具体的にわかるのが
           | γ,⌒..ヽ│ / ≧レ、 V  `   }    /  /  __ /    ! ,′
           │ | i f i | l│ハ! /::::::::ミヾ    /  _..斗 7 ¨  /    , /
          〉 ゝ.゙ _'ノ ノ│V ゝ:::::::::/   ∠__. イ__..j// ,. イ    イ/     『偽オプーナ』と『できない夫』
  ,. ' ⌒ ゝγ ⌒ヽゝ - イ   ', lハ:.:.:__/       7:` ミ,/イ /  / /
γ   , '⌒     |    ハ   ヽー‐ '        ハ..::::/ 〃,/ ..イ
'   .ノ    Y   ヽ  │ )   }:::::         /、.:.:._/ /'イ´  /         この2人のかけあいね
  ,'´     │    |  ヽ/    ノ         `− '′ //   /
{ |  l.    |    │   `ー < ..   /|     :::::::  //   ハ
  ゝ  ゝ  ゝ   ノ   i     ヽ> 二 .._____ ...ィ/!   {   \
  ゝ `ー`─ >…'三/`丁ゝ.  __  人  / |::三/ l   { ゝ   ゝ   `ー- 、







┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 物語に出てくる『超人』という概念を説明している状況で……

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                     {´ , - 、〉
                                    ゝルr―ュソ.._
                                   /´ __', ヽ \
                                  ,.イ -'´    `ヽ   ハ
                                 //´ l\ l、\  \ .:ハ
                                 l/  l| ヽ|‐\|\  ∨:',
                                 | |/ト|    l ,斗ャヽ 卜:l
                                 | lム.士    frハ} l l |:l
                                 l |K frハ     ゞ '   Nノ::l
                                 l トヘゞ ' ヽ     ∧| / l
                                 l l  ヽ、  っ   /.:::l/: l
         あのー、超人ってなんなんですか?   l|   `  ―rf´/ :/|::. l
                                  \     /∠≦三l::. l
         そういうのなるための条件とかって          l/´     l::. l
         あったりするんですか?                 /        l:: l
                                r‐ 、〈ヽ    |       l:: l
                               /   ` l   /    /  l: li
                               { ___  \ /    /   l:/ |
                               `ヽ〕  l   V \____|   /lノ〕
                                    l   ト、____| l  /.ノ|
                                    l  /   /   l  /| |
                                    \    /    l / lー'
                                      \_/、_l__ ノ

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          . ___
       /     \
     /   / \\
 /^/^/^|    u ・ .. ・ .|/^/^/^l
 l   l^l     ⊂⊃  (ヽ   /     あんまり深く考えない方がいいよ。
 ヽ   /\____//   /      バカになるから

94名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:33:55 ID:FyI0pXjA
    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |        | |
   |     __´___ノ
   |   ,.<))/´二⊃ 超人になる方法は一つではないが……一般的に人間の弱さを克服する事だな。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃  そこに“善悪”の概念は存在しないが、超人になった後 その性向により、主に4つに区分されるみたいだ。
   ヽ、l    ´ヽ〉 
''"::l:::::::/    __人〉   主に、VIP高校生だと正義 不動高生だと残虐超人。精神性が悪魔性を帯びてくると悪魔超人。
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-_  でも例外があって、存在のあり様が“悪魔”であっても悪魔超人になるみたいだ。
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!   完璧超人は超人の中でも、あらゆる感情を廃して、人の身でありながら神に近い存在で
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|  頭脳・肉体・精神力、どれを取っても完璧で、何よりも崇高な精神を持っているとされてる。




        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / /  \ \
     |   ・ .. ・   |
     |   ⊂⊃    |      ほら、知れば知る程、バカになるだろ?
    /\____/ヽ

─────────────────────────────────────────────────────




        / /.:    / .:./ .:./..:/     `、      \
         ,′ :.:    i .:.j{.:.:.:.ハ.:.{..:jノ    ヽ:\    \ ヽ
.        i  |.:.:     |.:-八.:.‐{七j´:{.:.:..  `ト、!.:.:.:j    } |
.        |  |.:.:     | /ァz≧=.kハ.:ヽ:.:  .:j.:.j\ハ.:.: .:.:/:.':j
.        |  |.:.:     l'彳 {iヘ j|ヾ ∨}.:.: .:.,仟≦k |j:.:.:.://∨      素晴らしいわ!
       j !:|.:.:   │` r'::チリ    j.:./ {iヘイハ}从/イ
       ,′l ハ.:.:.    |  V_少       r' リ  /.:.:.「 |
.      / :/.:ハ.:.:.   l  :::::::::       、 ヾ''  ,'.:.: │:!         長々と喋ったすぐ後に一言で切り捨てられる
.    /.:.:./ .:.:.:.ヽ :   !           :::::::::: i.:.:  |八
.   /.:.:.:.:/.:.:__,r-ヘ .:..  ',      「   マ     イ.:.:  |:. ヽ        この快感
 /.:.:.:.:.: // ::::::::::: i.:.:.:. ヽ丶、   ゝ /   イ.:.:!.:.:  {. :.:. `ー-  _
.'.:.:.:.:.:..:.: / ::::::::::::::::::::|.:.:.:.:.: \ > ‐-/⌒\│.:.:.:.:.:. ヽ__:.:.:.:.:    `ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::j.:.:.:.:.:..  \ ̄/ /⌒ \ .:.:.:.:.:  \`ヽ:.:.:.:.:.   i
.:.:.:.:.:./\:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:   ∨  ′ /⌒_ヽ_ :.:.: :.   \}:.:.:.:.:.:  j  これ以外にも面白い会話は多いの
:.:.:.:.く::::  ̄\::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.    l|      / __ノ.:.:.:.:.:..    ヽ:.:.:.   /
:.:.:.:.:/::::::::::::::::\: / .:.:.:.:.:.:.:.     l|       / ヽ:.:.:.:.:.:.:.    }:.:.:/   これこそ、この物語の真骨頂と言っていいわ
:.:.:ノ:::::::::::::::::::::: 7:.:.:.:.:.:.:.:      ハ       {⌒(  } :.:.:.:.:.:.:   ∧.:( _
.:/:::::::::::::::::::::: /:.:.:.:.:.:     /:厶      Y  /:.:.:.:.:.:.:.:.: /::∧:.:.:.:.:.:.`ヽ
/:::::::::::::::::::::::(:.:.:.:.:.:      /:::::::::::ヘ.       |  /:.:.:.:.:.:.:.:.: /::::::::::\:.:.:.:.:.:.:)

95名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:34:10 ID:FyI0pXjA
                   ,. -‐-- 、
              ,. -‐ '´        `ヽ
            /                ヽ、
          /    /  /     ヽ    \
          /    /   /    !     ヽ    ',    さらにもう一つ紹介するわ
          i    !   /     !     !     !
          |    i _.斗r‐    ヽr‐- 、 !  !   ',
          | !   ィ´ヽ.|ヽ |\   |\| `ト、 |   !   これは全体を通して『一番』と言っていいほど
          V   | ,斗≠ミ  ヽ  / ,斗=、!  ! |  !
          /\|ヽ|ヽ {いrf}   |/ 必_,ィ} ヽ/  | 八   キレのある会話だったわね
        /   ∧ ハ Vニ ソ     Vこソ /  /   ヽ
       / ,  / ハ. ハ ::::    '    ::::: /  /     \
.      / / /.r‐介rヘ 人    Y  ァ   /  厶_/{>  ヽ ヽ
      { i/ _|/ヽト.:∨ > 、    ィ   /:._厶ヘ.勺   !  )
      ヽ.{ ヽヽ|   }:.:∧   ヽ  ` ´ /   /イ   }./   /  /
        \  |   ヽトヘ   ',   /   ./V    八  /  /
        ノ )∧    V}.   i  /   〈____ /     /
      / / ∧     ム   ! /   {     ノ/   /  (
     / /    !  ,. r个ヘ.  |.〈__/   /.人  {   ` 、 _



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 できない夫が誤解から、部下に警官を射殺させてしまった場面から……

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      / ̄ ̄\
     /      \
     |    -‐'  へ l
     | u(● )(● )|
     |      | u |
     | U  ___´__  }
     ヽ  /___ヽ .!   いや……これは違う。“誤解”だ。
      ヽ       ノ    
      /     く
      /       ヽ



        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / /  \ \
     |   ・ .. ・   |
     |   ⊂⊃    |   何が“誤解”なんだ?
    /\____/ヽ

96名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:34:20 ID:FyI0pXjA

    / ̄ ̄\
  /   -‐'  \
  |    ( 一)(●)
  |    l|l|  | |
   |     __´___ノ
   |   ,.<))/´二⊃    あの場ではああするしか無かっただけなんだ。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     俺はそんなに酷いヤツじゃないんだよ。
   ヽ、l    ´ヽ〉      “誤解”しないでくれ……頼む。
''"::l:::::::/    __人〉                                     ,r‐ 、
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_                           z'Zr─〜''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、                           ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!                              /  彡、 ノノ:::
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|                            / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
                                          _/ フ::::      Y ヽ:::
                                        (⌒こ))≧:::        jfう》:::
                                          ̄::::::::::        (_ノ::::::
        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          . ___
       /     \
     /   / \\
 /^/^/^|    u ・ .. ・ .|/^/^/^l
 l   l^l     ⊂⊃  (ヽ   /   お前が一番、自分の事を“誤解”しているよ
 ヽ   /\____//   /

─────────────────────────────────────

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   -‐'  \
    (⊃   ( ●)(●)
     | U.  |l|  | |
      |     __´___ノ    
       |     `ー'´ } \    本当なんだ。みんな、宇宙人の道具がいけないんだよ。
     /ヽ        }.  \   変な事ばっかり起こるし……。
   /   ヽ、.,____ノ      )  俺だって“幸せになる権利”がある。
  /        .   | _/   仕方が無かったんだ。あの場でああしなきゃ俺の人生が終わっていたんだ。



        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / /  \ \
     |   ・ .. ・   |
     |   ⊂⊃    |   お前が殺した警察官には“幸せになる権利”はないんですね。
    /\____/ヽ   分かります。

─────────────────────────────────────

97名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:34:30 ID:FyI0pXjA
─────────────────────────────────────

      / ̄ ̄\
     /      \
     |    -‐'  へ l
     | u(● )(● )|
     |   l|l| | u |
     | U  ___´__  }   
     ヽ  /___ヽ .!   そういう事を言っているんじゃないだろ。
      ヽ       ノ    どうして日本語が伝わらないんだよ。
      /     く
      /       ヽ



        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
      .l^l^ln   \
     ヽ   L  ヽ \
     | ゝ  ノ.. <  |
     /  / ⌒    |    それはこっちの台詞だ。馬鹿やろう
    /   /___/ヽ

─────────────────────────────────────

      / ̄ ̄\
    /   -‐'  \
    |    ( ●)(●)
   . |  U  l|l|   |  l
     |      ___´__ノ
   .l^l^ln u      }    俺は悪くない。ただ“不幸”なだけなんだ。
   .ヽ   L       }     次から次へと変な事が起きるし……。
     ゝ  ノ    ノ     なんで俺ばっかりこんな目にあわなきゃいけないんだよ。
   /   /     \
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



           /0 ̄\
            |:::::::::::::::::|
           \___/
             ___
          /    \
         /       \
         | |ll! ノ  ヽ_  |
         | li|!  ・ .. ・  |
    /  ⌒\___⌒__/     ・・・・・・(ダメだ。こいつ)
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;

─────────────────────────────────────

98名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:34:41 ID:FyI0pXjA
─────────────────────────────────────

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / /  \ \
     |   ・ .. ・   |
     |   ⊂⊃    |   お前の頭ン中が本気で心配になってきた。
    /\____/ヽ



      / ̄ ̄\
    /   -‐'  \
    |    ( ー)(ー)
.     |      │ │
     | U   ___´___ノ
      ,|        }   (安心しろ。偽オプーナ。俺もだよ…)
    / ヽ       }  
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |     .|

─────────────────────────────────────


             __
       _, '"´      `丶、
      /            \     言葉少なげでありながら
     / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
     l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
     l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/   悲惨なシーンをテンポの良い会話で
     | l Vf゙?i圷/ jl ノィアト、ヘ// /    コミカルに表現してるわ
     j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ
    ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
   / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ     『人物の会話』については
  //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
/ / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ   類稀なるセンスを感じるので
  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }  ドンドン魅せていって欲しいわね!

99名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:34:53 ID:FyI0pXjA

『良い点2: 予想できない ストーリー展開! 』


       /         \             この物語は元々できない夫が
      /  /   ヽ  \ ! ヽ ',
.     /  | / !  ヽ   !  ! !            『ノアの箱舟』に乗せるべき人を探す話だったんだけど
     ハ !  !>、! _, ィf广 ト  ! ヽ
     从 |r武 |/ ffチリ!  !  \          宇宙人の存在そのものに疑問を持ち
       /.!:::::    :::: /  / \  ` ー 、
.      /!人  ,_    /  /\__ \    \     各個人が宇宙人がもたらした道具を使い
     / |  !>‐― {  〈:::::::::::::}  \ヽ  )
     〈 !  〉:::::|r‐く.|   \::::::/   ヽ! /     果ては紛争のような惨状を呈してゆくの
     ∨  /::::::::!女/:\   \:}     ! {
     /  /::::::::::::∨::::::::::〉    }|   \.   \
.    /  /|::::::::::::::∧::::/   /::ヽ   \   `ー-、  ストーリーが二転三転して先が読めない展開に
   〈    |::::::::::::/i i∨    /::::::::::::\   )      ) なっているわ
    )   ∨:::::/|ヘ! !|    ! |::::::::::::::::::}  /     /
   /    |/ |:::〉 | !    >::::::::::::}  !     ./
. <._     |   |::| ∨|    \::::::::∧ !    〈





          / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        / / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : ::\
      / /. : : : : : : / : : /: : : : : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :ヽ: : : l
     {/ {: :.|.:|: : : |: : :/: :l: : : : : : : : !::l: :|l: : : : : i: : : : :l: : : :l    この事について作者は『先を考えていないから』
          |: :.|.:|: : :⊥.:ム:!: : : : :ー十1‐|l‐- 、: :}: : : : :l: : : :l
        \|.:|: : :1ヽ| ヽ|\. : : : : ::l: l l:!:::ハ: :}: : : : l: : : :l    と言っていたけど
         `ト\1,.テ弍ヽ  \: : :/l/-_リ:仁_.l/l : : : :.:l: : : :l
             |: : :| {{ し。1   )ノ そ〒テ弐ミヽ: : : : :!: : : l    私にはキャラクター達が『自由に動いた結果』だと
             | : ! ヽ廴ソ       辷 ソノノ V . : : :.!: : : :!
           /:| : :!          ´ ̄⊂つ/ . : : : :ハ: : : :ヽ   思えるのよね
          /: .:| : : :l     ′      ,r┐/. : : : : :.ハ: : : : :.\
         /. : :.:| : : : \          / l ∩: : : : : /: : :ヽ: : : : : :\  このキャラならこの場面でこんな判断をするだろう
       /. : : : :| : : : : : lヽ、   `   ∩ l!l: : : : /L....: : : \: : : :
      ( . : : : /\: : : : V::::〉ゝ --‐ < l / / 〉.::::/.:::::::::::`ヽ: : :\: :   このキャラならこうするだろう
      ヽ:::::/.:::::::.\: : : V:::l L ,.ィ´//    /.:.::/.:.::::::::::::::::::L__: : : :
        V.:::::::::::::::::): : : V /⌒V /    /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::): : :   と言った、『キャラクター』重視の物語だから
       /l:.::::::::::::::/ . : : : V☆ //    /.:.::./.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::(: : : :
      /: :l.::::::::::::/ . : : : : /VV./    /.:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.): : :   作者ですら予想できない展開がでてくるの
     /: : ::l.:::::::::/. : : : : :./l /.:L.-─┴ イ.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::/: : : :
    /. : : :.:l.::::::/ . : : : : :/::l /.:〈       L.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::/: : : : :   それもまたこのスレの魅力ね
   /. : : : ::::l.:::/ . : : : : : (.:::l/.::::ハ      〈.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::/: : : : : :

100名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:35:05 ID:FyI0pXjA


            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \      つまるところこのスレは
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',    『設定』『状況』『人物背景』
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/    を与えられた即興劇を作者自らが
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |      各キャラになりきって行っている……
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |      と考えたらいいわね
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \
/r' ─- 、/.:.:.    /  ∨_ノ´\l/ \:.:.:.:.:   ヽ
.:.:.l    /.:.:     / \  \ /ヽ/ /  ヽ:.:.:.:.:.:.:  〉
/   /.:.:     / \ \  ヽソ /    }:.:.:.:.:  /







                <´ ̄ ̄  ‐-
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',       で・も
          /    /  :/   i  /  i  ',  i i
          /    ,' ー-/、  /j:  |  ∧ |  l: l       そうなると作者さんが気にしていたように
         ,'     i  /ン`゙ー V | 7''ーl‐l'"  l l
         /      | ./示≧ミ/ ヽ,!/,,.ムr i  /l l        『gdgdなお話』だとか『目的がわからないお話』
       /      .|/ ヾニシ     frシ/ / /: リ
        /     ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /:ハ        に見えてしまい、読者が混乱してしまう
       ,'      \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       |      } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',  \     可能性を孕んでいるわね
      乂    ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、_   ヽ
        )   f;.;.;;: : :/トヽヽ,.-' イ V::.(   (:.:.::.:.:.:.:`ヘ    )
       /   i:.:.:.:.V`ヽ、`´,イ 'ヘ/::.:.:ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.:>`-、/
       / ,'  j:.:.,ィ': : : : : :∧) . /:/ /:.:',   ', r'"    \
      / /  /V  `ヽ=-i / /: { / /  )  )Y       \
     ,'     //i      } (.l {: : i ,' /.:./  /l l .ゝ、      |
    l     iシ.:.:j    ,.イ ヽiヽ:.:.:.:.:.:.:(    (:.:.:.:\`/ー'" ̄  j
    l     {.:.:.:.:i    /, _/ i」 ヽ.:.:.:/ゝ___`¨フ.:./      /

101名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:35:15 ID:FyI0pXjA

            ,. -- 、__
          /^⌒     \             もしも作者さんがそう言われて
         ' 〃        ヽ
        i } i i |  l i }  li           嫌だなと思った時の魔法の言葉をあげる
         / /T从ト、 jィ_ノ  リ     . /7
       / // Yヒツ^Vヒツ}/ィ     // ゚* .
.       /   厶} |、 、_ ' ィ'/人    //7  +:.    それは
      { ' /::{∨ | ヽ7斥//::\ )  /}气}  .:*
.      ) !:://::(☆)//:::::::∧ハ } `ノ , ゚                     ・ ・ ・
.     /  Y /::::>x7:{ 乂/::::V / `7        『この物語はできない夫が生きることを見せる話』
.   /    ∧ ヽ.__:::爪::::)  )::://  /
   i /  人_)   )」」Y. .イ:::く    /         だと読者に伝えてあげるの
.  乂  (    /   | ゝく:::::\.ィ′
  ト、_) /.:: ̄/|    ゝ-く^ヽ::::::i ヽ
  ヽ.__/.::/.ィ__|     i     ∧::::| しi
  _/::厶く:::::::::`ヽ./`ヽ./:::::>=彡'
  >:'"`ヽ  \::::::::ヘ::::::::::{:::::/   \
./.:::::::::::: ̄``:ー―----ヘ`V::{ 、   /:: ̄\
.!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧ ∨ \{.:::::::::::::::\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ}__}   \::::::::::::::::::ヽ





                 , ---- 、___
             ,. ‐(  ' ¨ ̄    `ヽ、
            /     ' ¨         \                この物語がなりきり型の即興劇だと考えると
           /  /              ヽ
          ,'  /                 \
          |  i   /      ヽ        ヽ  ,             見るべきポイントは『できない夫の行動』
          |  |  '   !   ! |  |   |  '  |
            ,'  | ⊥ 」_ /|   |ハ !, ィ T  | | |          /7  『まわりの反応』これに尽きるのよ
         /  /!  |! 从 `ト、N   |イ zx!/!    リ           //
        /  ,' |  V才テぅト ∨ /仗 リ 〉 /ムイ         // *,
        /    / ∧  ', v:少   |/ ゞツ 厶イノ           //   ;*    それを楽しみながら
      /      / ハ  i         、   / 八            //     ; *
    /   /  ん-:┤ !>、  ` :. ‐  ,. イ  '  \        //}      _!_  できない夫が周りに翻弄され
    ,'   ,'  /|::::::!:::|  | 〈 > r<:::::/  厶    ヽ       /Y//7、     ;: !
    |   !  /::::::|::::::∨  |  >vく  /::/  /:::::\!  ノ    / ,ム/// 〉   ;*     また時に自ら事件を起こし、その渦中で
    乂   i:::::八::/  八 /_∧_ヽ/:::/  /:::::::::::∧(     !  ノ`7ィノ   ;。
      )  |::::::/  /::::::〈 ></::::/  ,:::::::::/::::::. \    ノ   /  ;: '       どのように生き残っていくか
    / ,' |/  /\:::::::::`ー/:::::::::{  {:::/::::::::::::::', ) / \_,/}  ,:        読者にはそれを見守ってもらうの
   /  , '  {   , ':::::::::::::>:::::_{::_:::::',  乂:::::: ̄::::::::∨ / ヽ __/
 /  /  ∧ (:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::ヽ  \:::::__:::::::::>/    /
/   ,    |::::\ ` ー―‐く:::/! | 、:::::::::::::)   )::::::::://    /
|  /     |::::::::::\     )|」 |」 ', :::/   /:::::/ /    /

102名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:35:25 ID:FyI0pXjA
        / /.:    / .:./ .:./..:/     `、      \
         ,′ :.:    i .:.j{.:.:.:.ハ.:.{..:jノ    ヽ:\    \ ヽ
.        i  |.:.:     |.:-八.:.‐{七j´:{.:.:..  `ト、!.:.:.:j    } |
.        |  |.:.:     | /ァz≧=.kハ.:ヽ:.:  .:j.:.j\ハ.:.: .:.:/:.':j
.        |  |.:.:     l'彳 {iヘ j|ヾ ∨}.:.: .:.,仟≦k |j:.:.:.://∨    そうなったときこの物語の目的は
       j !:|.:.:   │` r'::チリ    j.:./ {iヘイハ}从/イ
       ,′l ハ.:.:.    |  V_少       r' リ  /.:.:.「 |       『できない夫が生き残り続ける事』
.      / :/.:ハ.:.:.   l  :::::::::       、 ヾ''  ,'.:.: │:!
.    /.:.:./ .:.:.:.ヽ :   !           :::::::::: i.:.:  |八      目的は常に脅かされながら、達成され続ける
.   /.:.:.:.:/.:.:__,r-ヘ .:..  ',      「   マ     イ.:.:  |:. ヽ
 /.:.:.:.:.: // ::::::::::: i.:.:.:. ヽ丶、   ゝ /   イ.:.:!.:.:  {. :.:. `ー-  _
.'.:.:.:.:.:..:.: / ::::::::::::::::::::|.:.:.:.:.: \ > ‐-/⌒\│.:.:.:.:.:. ヽ__:.:.:.:.:    `ヽ   『終わり』なんてなくていいのよ!
.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::j.:.:.:.:.:..  \ ̄/ /⌒ \ .:.:.:.:.:  \`ヽ:.:.:.:.:.   i
.:.:.:.:.:./\:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:   ∨  ′ /⌒_ヽ_ :.:.: :.   \}:.:.:.:.:.:  j
:.:.:.:.く::::  ̄\::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.    l|      / __ノ.:.:.:.:.:..    ヽ:.:.:.   /   
:.:.:.:.:/::::::::::::::::\: / .:.:.:.:.:.:.:.     l|       / ヽ:.:.:.:.:.:.:.    }:.:.:/
:.:.:ノ:::::::::::::::::::::: 7:.:.:.:.:.:.:.:      ハ       {⌒(  } :.:.:.:.:.:.:   ∧.:( _
.:/:::::::::::::::::::::: /:.:.:.:.:.:     /:厶      Y  /:.:.:.:.:.:.:.:.: /::∧:.:.:.:.:.:.`ヽ
/:::::::::::::::::::::::(:.:.:.:.:.:      /:::::::::::ヘ.       |  /:.:.:.:.:.:.:.:.: /::::::::::\:.:.:.:.:.:.:)






             / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
         / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : \
        / . : : /: :/ : : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ      けれど作者さんが終わらせたくなった時……
         /:/: :.イ : イ: : : : :l/: : : :i: :}:}: : : : : : :i: : : : : :: !
       l:.:l: : : l : : l : l{ : : : : : :.|: :|: |: : : : 1:}:|: : : |: : :.!     悲しいけどそれは当然必要なことよね
       {: |: : l:l : :.」_:{:ト、: : : : : l : l :l ハ:"´1:l: l: : :.:l.: : :!
       ヽ{: : l:l、: : |ヽ|\ト、: : : :l: ::レ'リ lノ l/: l : :.:.l: : : :.l
        ヽ从:\| ___ ヽ): :ノレ'_ __ __ l/. : : :l: : :.:.:|      そしたら伝家の宝刀『隕石をぶち落とす』
          `ト、! 弋。シ' ´ u 弋。シ'   !: : :.:l: : :.:.:|
             l: :.1 u            u  ./: : : : l: : : : :ヽ     これでOKよ
            /:l: :.:}                 /. : :: : :l: : : : : : :\
         /:.!: :.ヽ    _r─ - _   /: :. : : : /.:::`ヽ: : : : : \
       /: :.!: : : :.ゝ、 __ ̄ ̄_,. イ: : : : : :/.:::::::::ハ.:.:.: : : : :
      /: : : : !: : : : :V.:.:.:.:.:.:.:|\∧ /: : : : :./.:.:::::::/.::::l.:.:.: : : : :
     (. : : : : : : l : : : :!:::::::::::::|´ ̄`7 : : : : :/.:.:.:./.:::::::ト、.:.: : : :
        ヽ: : : : : l : : : :!:::::::::::::|〈☆7.: : : : :./.:.::::::::::::::::::::L ).: : : :
       ): : : :/. : : : : : }:::::::::::::::::::7′: : : :/.:.::::::::::::::::::::ノ:::〉.:.: : :
        /: : : /. : : : : : /:::::::::::::::::::/. :: : : : /.:.::::::::::::::::::::::::::〈.:.:.:.: : :
        /. : : /: : : : : : /.::::::::::::::::::/: : : : : : :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::): : : :(

103名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:35:35 ID:FyI0pXjA
    / / /   / / /| !     \  \  \  ヽ
   /.// ./    / / /  V       \ \  ヽ  ヽ、',    そしたら新たな状況が設定され
   |/ /  /   /\/! /   \ヽ    ヽ ヽ,.ィ \ N !
   | |  /!   | i / |<|     V\. ハ |,.ィ|、\. ∨ | |    その中で『キャラ』がどう動くのか
    | / |  /W| レ心、      ∨,|ィ_∠、\.>リ | |
    レ  \/  i| く 爪 `ト、, ィ ヾ イ爪 .}| ヽ | |   | ヽ    きっと綺麗な最後の輝きをみせてくれるはずよ!
_ _/    ,|   |  辷ーリ      {.ト ーリ イ/レ'   !  \
      //   ハ.  ' ¨ ´   、   ´ ¨ `  //    八   \
.    / /     ムヘ     、._ __ _ ,     ム!    /  \   \  どうなるかはやってみるまで
  /  /    i| `ヽ.    {´    |    /./   /    \
./   ./     i|  / \   、   /  , イ∨    !.      \   きっと作者さんでも予想がつかないわ
     /       i| ̄>vく`i 、 ー ' イヽ.//    | \      \
.    /      i|:::::::::/  ` ーx `xー<¨ ∨     |__\
   /       |:::::::::\  / ∨ ヽ  /|     ∨::::\\






           .' /   /  / \/  /   /       !        、 ヽ
            | l ― く   /   i \/  /ヽ      ,′ ,       i  l
            レ'′     V  /| ∧ X    ',.    /  /    ,′ i  }    ここまでの言い方だと
           | γ,⌒..ヽ│ / ≧レ、 V  `   }    /  /  __ /    ! ,′
           │ | i f i | l│ハ! /::::::::ミヾ    /  _..斗 7 ¨  /    , /     作者さんが何も考えていないようだけど
          〉 ゝ.゙ _'ノ ノ│V ゝ:::::::::/   ∠__. イ__..j// ,. イ    イ/
  ,. ' ⌒ ゝγ ⌒ヽゝ - イ   ', lハ:.:.:__/       7:` ミ,/イ /  / /
γ   , '⌒     |    ハ   ヽー‐ '        ハ..::::/ 〃,/ ..イ          複線だってちゃんと張られていて
'   .ノ    Y   ヽ  │ )   }:::::         /、.:.:._/ /'イ´  /
  ,'´     │    |  ヽ/    ノ         `− '′ //   /           回収してみせたりもする
{ |  l.    |    │   `ー < ..   /|     :::::::  //   ハ           『ストーリーの整合』も行われているので
  ゝ  ゝ  ゝ   ノ   i     ヽ> 二 .._____ ...ィ/!   {   \
  ゝ `ー`─ >…'三/`丁ゝ.  __  人  / |::三/ l   { ゝ   ゝ   `ー- 、     安心できるわね

104名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:35:45 ID:FyI0pXjA

『総評』


                   ,. -‐-- 、
              ,. -‐ '´        `ヽ
            /                ヽ、
          /    /  /     ヽ    \
          /    /   /    !     ヽ    ',     この物語は『できない夫観察』のお話ね
          i    !   /     !     !     !
          |    i _.斗r‐    ヽr‐- 、 !  !   ',
          | !   ィ´ヽ.|ヽ |\   |\| `ト、 |   !     作者さんは深くキャラになりきって
          V   | ,斗≠ミ  ヽ  / ,斗=、!  ! |  !
          /\|ヽ|ヽ {いrf}   |/ 必_,ィ} ヽ/  | 八     キャラクターの織り成す人間模様を
        /   ∧ ハ Vニ ソ     Vこソ /  /   ヽ
       / ,  / ハ. ハ ::::    '    ::::: /  /     \  見せてくれたらそれでいいわ
.      / / /.r‐介rヘ 人    Y  ァ   /  厶_/{>  ヽ ヽ
      { i/ _|/ヽト.:∨ > 、    ィ   /:._厶ヘ.勺   !  )
      ヽ.{ ヽヽ|   }:.:∧   ヽ  ` ´ /   /イ   }./   /  /  この物語の一番良い所は『キャラ』!
        \  |   ヽトヘ   ',   /   ./V    八  /  /
        ノ )∧    V}.   i  /   〈____ /     /    『キャラクター』の魅せ方なのよ!
      / / ∧     ム   ! /   {     ノ/   /  (
     / /    !  ,. r个ヘ.  |.〈__/   /.人  {   ` 、 _
.   / /     /∨「:.:.!:.:!:.:. 〉/ヽ:.:/   /个f:..:.:〉  ヽ      `ヽ





-ー ''´   ̄ ̄ ̄  ー- 、

                 \     読者の楽しみ方は『どうやってできない夫が死ぬか』
                \     \   を待ち望んでみたり
     ..:.l:   `、.      ヽ   ヽヘ
  :.:.i :.:.:l:..   \:.  ヽ  \:.:.....',:ハ  単純に時々の会話を楽しんでみたり
 .:ハ:.{:. :.:.:.!{:.:..  ヽ丶/:l:.:. :.:.ハ:.:. | l|
`:/、!_|ヽ:.. |:.ヽ:.:.:...、_}イヽ:.:|:.:.:. :.:.l:.}:.: j リ  キャラの行動を予想をしてみたり
:.:{ j:.厂ヽ:トヘハ:.:.:.:.辻≠テミ-:.:.:从:./
 ァ行テ气F`  ノ:/ チ乏/ //.:l/´    『シム』系のゲームをやるように
   r'乏:_j       ̄  イ:.:{:.{
.  ´        、      {:.:ヽ`      色んな方向から楽しみ方を探してみるといいわね
:ヽ               八:. \
:.:.:.\         ' `   /:.:.:.:.:.:.: ヽ

105名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:35:55 ID:FyI0pXjA
        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ
  |  /   /   / /     |  i    }                  〆
  | |   |   / /     /|  _L   |                 〆
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ               〆
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ                〆   私は偽オプーナの会話や
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ                 〆
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆      藍染さんの傲慢さをもっと見たいから
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {        できるだけ長く続けて欲しいな
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__          それじゃ、楽しみにしてるわね!
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/     ∨__/   \
::::::\ \  \::::::::::::::::/::::::∧:/ /     |       \
:::::::::∧  \.  \:::::/::::::::/| (  (     /:::\       ヽ
::::::::::::ノ    \.  \:::::::::イ| |  \ \   \::::/ \       |





おわり

106名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:36:21 ID:FyI0pXjA
これで終わりです

ありがとうございました

107 ◆aM4CCpEC5k:2010/10/13(水) 00:49:45 ID:OGYWmom2

異説聖杯譚 やる夫が名無しの聖杯に挑むようです 

現行
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285979729/
1スレ目
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1281372903.html
まとめ
ttp://copymatome.blog108.fc2.com/blog-category-87.html



■評価方針   辛口にならない程度の甘さで(((゜ロ゜;)))ガクブル
■評価スタイル   AA付。
■AAの改変具体例   おまかせ。

■その他要望・見てほしいポイント等

・やる夫パート、やらない夫パートの二つの視点の移動がわかりづらくないか。
・話のテンポが悪くないか、また冗長になっていないか。
・説明シーンでわかりづらい部分はなかったか。 また、あれば特にどこだったか。
・AAに何ら工夫が無いが、戦闘シーンに迫力があったか。

・地の文を多用するスタイルだが、読みづらくないか。 また、情報量が多すぎないか。
・伏線や過去の出来事を匂わす描写が弱くなかったか(※主にやる夫と“あいつ”の因縁)
・原作を読んでいない場合、話についてこれたか───ついてこれるか?


━━━━(↓※ここから原作プレイ済みの型月ファンの方へ)━━━━━━━━

・Fateなどの“型月作品っぽさ”を作中で出せていたか。
・セリフや展開、原作のオマージュ(※主にやらない夫パート)がくどくなかったか。




第十五話にしてようやく物語の序盤が終了したので、区切りのいいところでこちらにやってきました。
初の長編ということもあり、色々とお見苦しい点もあるかとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

108名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:52:06 ID:SyNc.4LE
視点も基本できない夫固定ですし、できない夫観察物語というのは言い得て妙ですね。
評価お疲れ様でした。

109 ◆aM4CCpEC5k:2010/10/13(水) 00:52:22 ID:OGYWmom2
>>107
すみません、評価依頼です。 書き忘れましたorz
お手数おかけしますが、是非よろしくお願いいたします。

110名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 01:00:32 ID:muwz1q8o
評価乙です。辛口を希望される作者さんが多い中、なかなか斬新な評価だったと思います

111名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 01:02:56 ID:yrJ43g8.
乙でした
依頼人さんは幸せ者ですね

112名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 01:04:39 ID:fmESvLl6
評価乙でした
よく読み取れたなと感心いたします

113名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 02:05:34 ID:VV8TWEMU
         ____
       /      \
     /    _ノ  ヽ、_ \ヽ
    / /  o゚⌒    ⌒゚o \\
  /  ./     (__人__)     |  \   感動しました。 貴方は素晴らしい人です。
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )  私は今まで人生の貴重な時間を奪っていったネットを憎んでいました



         ____
      /  ノ   ヽ、_ ヽ
     /u ( >)}liil{(<)\\
   / / ::::⌒(__人__)⌒::::\\
  ./  ./  u          |  \
 (__ノ\              /(_ ノ  ですが今、貴方の評価に出会えた事でその憎しみも癒されます
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /     ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

114名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 02:12:55 ID:VV8TWEMU
        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \      というか、ルイズさん、結婚してくださいお。
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒) 素晴らしすぎる。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   感動しました。自分のつくっていた作品が何なのか?ようやく分かりました。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /    つまりジャンプで言えば、ジョジョの次に面白いという事ですよね
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

115名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 02:13:39 ID:FyI0pXjA
そこまで喜んでもらえたなら、私もやった甲斐がありました
これからも頑張ってください!

116名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 02:17:08 ID:FyI0pXjA
う〜んジャンプでの順番は最近全ては読んでいないのでわからないですw
続きは折角ご自身の雑談所があるので、そちらで!

117名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 02:26:26 ID:VV8TWEMU
         ____
      /  ノ   ヽ、_ ヽ
     /u ( >)}liil{(<)\\
   / / ::::⌒(__人__)⌒::::\\
  ./  ./  u          |  \
 (__ノ\              /(_ ノ   すいませんでした。評価スレの皆さん、ご迷惑をおかけしました。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         本当にすいませんでした。
    /     ,⊆ニ_ヽ、  | 
   /    / r─--⊃、  |        そしてありがとう。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



迷惑をかけた点

① 最初の評価がただの感想だった

② 即興で評価をして、次に投下する人の時間を奪った

③ 他にもルールがあり、それに抵触する行動を幾度か繰り返した。

118名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 02:59:17 ID:bZuuJCM6
少し、出遅れてしまった
天上スレの評価を書き溜めたのですが、まだ評価してもよろしいでしょうか?

119名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:00:15 ID:hcUXkeCg
依頼人が依頼を取り下げない以上、評価はOKだと思うぜ

120名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:06:59 ID:bZuuJCM6

              _,-ヘ、
             √   ヽ
            /     i |
            /   、、  | |
          〈 _~`` 」 |        >>119それでは、少し気まずいですが投下させていただきます
          /彡三三ミl、 |
        /~__, -─ 、_キ \」
      ∠ '"~ヽ () () _,-~"'_>         皆さん、はじめまして
        ̄ ̄(~-、_√  _/
         /'"~ ゜X° ̄`ヽ         ファイナルファンタジーⅨのキャラクター、ビビといいます
        ノ i  ゜l|°  i  )
       / /   /'|     | ヽ、,、       今回は依頼のありました、
      ,へ'   /  /ー|     |, -' )(.)
    〃  `ヽ'  /L9|    ("   (.)|    「できない夫が神ならぬ身にて天上の意思に辿り着く者になるそうです」
    `,ー-、_/   // ヽ |   〈_, -─-、)    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286537622/l100
    〈 .(∪レ-''~/  | .!_   レ'////
    ``'  ヽi !, ─、! | ̄ ! レレ-'      を、がんばって評価させていただきます
        └-', i ! ヽ |  | ζ
          〈 -ニ 《 i  ! ζ
        i'⌒~"'' ,-i'⌒~"'' 」'
        ー--- '~ ー─--'~

121名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:07:31 ID:bZuuJCM6

       _ ,.─-ヘ,__
       i´      \
     |  !        ゙i
    |   !, キ    ゙i
    |   |´キ      ン
    |  (=三三三三彡)         さて、早速ですが、基本中の基本である
    i  (=三三三三彡)
    i /        キ ヽ        ① AAの間隔は三行以上空けること
    /_========、\ .       ② 一人のキャラの台詞が四〜五行以上に渡る場合、AAを分割して喋らせること
   ∠イ __|:::::::::():::::()::: i___ \ゝ
      _ヽ ̄`ヽ、:::,/ ̄´ ノ         以上の二点についてですが、この内①は守れています、とても見易いです
    ,r'´゙r   ゚Χ゚     `〉        ですが②についてはたまに守れていない時があります
    /   !    ゚∧゚ ,__  i \
  /    i    | i     ゙i   ト,_
 ∧     /   |= = i     ir'`( )\
、) \  /     |!,9=‐i!    |  `′ l
i    」    ||``'''''''`゙||   t___/
《 ̄ ̄iッ == "   T  ゙ミ==" i  》





  ,ィ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'く;\  `、;;;;;;;;;;`-、
  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i `、 ヽ、.;;;;;;;;;;`-、
 ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`、  `、;;;;;;;;;;;;;;`
  ! :::::::::::::::::::::::::::::::::,、、:::::,--,:::::::::::\`、  '-、;;;;;;;;;  見易さを向上するには、この台詞を分割するという配慮がとても重要です
 `', ::::::::::::::::::::::::::::::,' /::::/  /:::::::::::::: \\_ \;;;;
  ヘ,  ::::::::::::::::::::::::!_,,':::::::i,__,/::::::::::::::::::::::::\\_`   また、これによりキャラクターの台詞に抑揚をつけられる、という効果もありますね
   ゙:、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\゙
    `-、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐   場面毎の臨場感を特に出したい、というのであれば注意して描くといいです
     `゙':、;´ ::::::::::::::::::::::::,r=-=====──
       〔 :::::::_,,r=冖'゛
        \、 `ヽ,弋
        /\、 ヽ,ヽ,     __,. -'彡'−、_
      _,,イr‐¢ニ=====;;¢;;-‐'" _,r'"  /\
      |  `':、\  ソ夂‖    "    /

122名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:08:08 ID:bZuuJCM6

    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !         また、AAの改変、背景とキャラクターの合成もしっかりしています
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,        上記の②さえ気をつければ、やる夫スレを描く基本はほぼ抑えていると言っていいでしょう
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |




       _ ,.─-ヘ,__
       i´      \
     |  !        ゙i
    |   !, キ    ゙i
    |   |´キ      ン
    |  (=三三三三彡)
    i  (=三三三三彡)        それでは、ストーリーについての評価に移りたいと思います
    i /        キ ヽ
    /_========、\       ですが、その前にこの作品のあらすじを確認しておきましょう
   ∠イ __|:::::::::():::::()::: i___ \ゝ
      _ヽ ̄`ヽ、:::,/ ̄´ ノ
    ,r'´゙r   ゚Χ゚     `〉
    /   !    ゚∧゚ ,__  i \
  /    i    | i     ゙i   ト,_
 ∧     /   |= = i     ir'`( )\
、) \  /     |!,9=‐i!    |  `′ l
i    」    ||``'''''''`゙||   t___/
《 ̄ ̄iッ == "   T  ゙ミ==" i  》

123名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:08:54 ID:bZuuJCM6

.......:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
..:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _ :::::::::::::: _ ::::::::::
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / | ::::::: /  `, ::::::: 主人公、できない夫は何の変哲もない普通の高校生
..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  / :::: /    l ::::::
...:.:::::::::::::::::::::::::::::::: /  / :::::: l    / :::::::: ある日、そんな彼の元に自らを宇宙人と称する怪しい二人組みが訪れた
......:.::::::::::::::::::::::::::::: L ' :::::::::: ヽ___/:::::::::::
  ......:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 彼らの名はミストとインデックス。訝しむできない夫に、彼らは突然こんなことを伝える
   ........:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.\  .........._r‐ ''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  \  ../r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_; -             「もうすぐ、地球が滅びる」
    \,| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:-_,"- "~ :
     | l:::::::::::::::::::::::::::::_,;:- '- " ::::::::::::::::
     ヽ<:::::::::::::::r ="' :::::::::::::::::::::::::::::::::::: 信用できないできない夫に、彼らは宇宙人である証拠に宇宙船を見せ、更にこう言った
      \、::::::::::ヽ, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        \、::::::::ヽ, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        / \ ::::::ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::_,  「貴方は天上の意思に選ばれた。一人でも多くの人間をノアの箱舟に乗せてほしい」
      /,,,_-__,\ :::ヽ___ ,,... - 、"  
     / '-t--t、====ゥ─"ゥ;;;;''' 
    /    ヽ ヽ /:::/ / / ー '"   かくして、できない夫は選民のため奔走することになるのだが――
  /      \ V::ノ///      









    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,       ――と、このような感じです。わくわくするような導入ですね
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /      この「できない夫による選民」という大きな幹を軸に、
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、        主人公、できない夫の人間性が急速に崩壊していくに至る様子、
    /      ∞  \       そしてその周りの人間たちによる、醜く、残酷な争いが描かれていきます
   /  `i     XX   |

124名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:09:39 ID:bZuuJCM6

  ,ィ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'く;\  `、;;;;;;;;;;`-、
  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i `、 ヽ、.;;;;;;;;;;`-、
 ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`、  `、;;;;;;;;;;;;;;`
  ! :::::::::::::::::::::::::::::::::,、、:::::,--,:::::::::::\`、  '-、;;;;;;;;;   目を見張る点は、やはり主人公、できない夫の異常性から展開される
 `', ::::::::::::::::::::::::::::::,' /::::/  /:::::::::::::: \\_ \;;;;
  ヘ,  ::::::::::::::::::::::::!_,,':::::::i,__,/::::::::::::::::::::::::\\_`    因果応報ともいうべき凄惨なサスペンスですね
   ゙:、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\゙
    `-、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐    蟻地獄のように、もがけばもがくほど奈落へと沈んでいく主人公
     `゙':、;´ ::::::::::::::::::::::::,r=-=====──
       〔 :::::::_,,r=冖'゛                彼は果たして生き残ることができるのか、はたまた地獄のような苦しみを味わうのか
        \、 `ヽ,弋
        /\、 ヽ,ヽ,     __,. -'彡'−、_    読者が目を離せない、娯楽作品として完成されたシナリオだと思います
      _,,イr‐¢ニ=====;;¢;;-‐'" _,r'"  /\
      |  `':、\  ソ夂‖    "    /




      / ̄ ̄ ̄ ̄`1、
    /       ゝ- i
   ,|_        _i-   i
   i_         i-  i
  ,i_        i-  !        ところで、あらすじではできない夫は普通の高校生とありますね
  {        _i-  i
  !         i-  |       実際、物語の最初は至って普通の高校生でした
 〈三三三三三三〉-   i
  /         !、   i      しかし、即興投下であるが故か、物語が進むにつれ、普通ではない設定がどんどん増えていきます
/ ,--' ̄`-- 、   \   i
i /i::()::::::():::::::\   \ j     「六騎聖」「不動高校四天王」「MK5」といった校内組織がその最もたる例でしょうか
  ト=- 、,-──-='i\____ノ
  `,i V     /、 
  /  ∞       \
  /  XX      i´ ヽ,

125名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:10:06 ID:bZuuJCM6


                        _,----ヘ、
                       √     ヽ
                      /        i
                     /    _   r  ヽ
                    /     i   i    |
                   /    、.._キ..__ |   |
   く ̄ヽ、           ヽ、____i_  }  .|    もちろん、それはけして悪いことではありません
 く ̄ヽ,ヽ \ /`ヽ       《;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;,.`丶}  i|
  `'‐、`` _   /     _/___ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;》  |    際限なく膨らむ新展開でマンネリ化を防止すると共に、
 匸 ̄  入   }   /´ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ   ! ̄`ヽ |
  `フ ,    ノー、‖   冫::::::::::::::::::\ヽ キ   \ |    他のスレには見られない素晴らしい個性となっています
  く_,,-ヘ、∠___ノ  i、   i:::::,-,::::::::,-,:::::::\ヽキ    \
     ‖         i   i::::!_,i:::::::!_,i:::::::::::::\ヽ     ヽ、
      \  Ω  ノ  ∧:::::::::::::::::::::::::::::::∧ ̄\ヽ    ゝ




    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !       ですが、その新展開の膨大さに比例して、設定に矛盾が生じているのも事実です
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,
. i  /  ,__丿   ヽ__、ヽ,     少しネタバレとなりますが、以下のシーンをご覧ください
. i /  /:::::::()::::::()::i\ ,/
. ∠ivy/i'=-──-、,-='フ(V )
  (  ),\      i/ /、 iT ラ
  / ̄ ラ/     ∞  ヽ|.__i
 /   /         XX  y  !

126名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:10:27 ID:bZuuJCM6

36 名前: ◆M6glSvSke.[] 投稿日:2010/05/15(土) 18:38:14 ID:kC/5vceA [31/79]

      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ●)(●)
   . |         |  l
     |      ___´__ノ   (俺も やる夫さん、やらない夫さん、ローゼン姉妹、SOS団、らき☆すた組 
   .l^l^ln        }    伊藤誠さん、ルルーシュさん、夜神月さん アカギさん 軽音部の皆さん
   .ヽ   L       }    できる夫、でっていう、ダディ、オプーナ達がいる・・・VIP高校に行きたい) 
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     \
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


      / ̄ ̄\
    /    「  \
    |    ( ー)(ー)
   . |         |  l
     |      ___´__ノ  (恐らく・・やらない子もやる実も南鮮石も・・できない子もいずれ
   .l^l^ln        }   VIP高校に入るだろうし・・・)
   .ヽ   L       }
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     \    ソンナ気ガスル
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

127名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:11:04 ID:bZuuJCM6


    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !        これは物語が始まったばかりの頃のできない夫が、
.  i  -〈三三三三三三〉        これから転校する予定のVIP高校に思いを馳せるシーンです
  i   -,!         ヽ,
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,      ここにダディという名前がありますね
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /      他のVIP高校の生徒と一緒に挙げているということは、当然、彼もVIP高校の生徒のはずなのですが
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |




                          _
                      ,、-'"~~!!''ー.、_
                    ,/ン!!!;'< ::゙i、:::::::::~'-,
              ,,、===、 // / ゙i ::::|:::::::::::::::i       残念なことに、このシーンのずっとずっと後に
             i゙レ-―'、,>ー- 、,_..:::::::| :::i::::::::::::::::゙i''i,''~^''‐-、
             'ノ    ゙i;;,,,.  .::\:::ノ ::i゙:::::::::::::::;'| ゙i、ー ''''''i 彼はVIP高校の生徒じゃない立場として、できない夫と出会うことになります
            .,イ   、、  |;;;;;;;:::::::::i::/:::::i::::::::::::::::イ!  <'~ ̄~
      ,、、-‐''''=i゙] ;.i  ヾ ヾ :|;;;;;;;;;::::::i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!‐'~
  ,、-ー,''゙~ ‐ヘ  iii| i :;,|'゙     'i;;;;;;;;;;;;::::ヽ::;;:::-ヾ゙''''''ヾ
,/゙;:      :\ iiiい i:i,:: 、  :: i==ー'、;;:::::::::::::::| ::::::::ト、,ヘ
!、;:: :::    ::::ヾ :ヾいi:i、:::::\ ::;i゙‐―ー'゙ヽ;:::::::::/ ::::::::::i  ,、〉
 'ー、,,,::::::::::::::::,;::::;,、-゙ー‐−、;;;;;\.i,      ~""レ-‐''''~''~
     ̄ ̄ ゙̄""       ~゙'ーゝ

128名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:13:01 ID:bZuuJCM6

    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !       この矛盾は、幸いにも作中で大した誤差を生み出すことはありませんでしたが、
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,      他にも序盤と現在とで多々、食い違う点が零れ始めてきています
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /     即興ということで整合性を計るのは大変でしょうが、そこに気を配ることが出来れば
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、       行き当たりばったりという感じを少しでも減らすことができるので、ぜひ気をつけてみてください
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |





  ,ィ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'く;\  `、;;;;;;;;;;`-、
  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i `、 ヽ、.;;;;;;;;;;`-、
 ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`、  `、;;;;;;;;;;;;;;`
  ! :::::::::::::::::::::::::::::::::,、、:::::,--,:::::::::::\`、  '-、;;;;;;;;;
 `', ::::::::::::::::::::::::::::::,' /::::/  /:::::::::::::: \\_ \;;;;   ストーリーについて、そこ以外には特に言及すべき点は見当たりませんでした
  ヘ,  ::::::::::::::::::::::::!_,,':::::::i,__,/::::::::::::::::::::::::\\_`
   ゙:、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\゙    一見して脈絡のない、唐突な展開も、言い換えれば怒涛の展開
    `-、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐
     `゙':、;´ ::::::::::::::::::::::::,r=-=====──      そんなところもこの作品の持ち味だとぼくは思います
       〔 :::::::_,,r=冖'゛
        \、 `ヽ,弋                  オリジナル作品にとって肝となる個性は、間違いなく満点でしょう
        /\、 ヽ,ヽ,     __,. -'彡'−、_
      _,,イr‐¢ニ=====;;¢;;-‐'" _,r'"  /\
      |  `':、\  ソ夂‖    "    /

129名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:15:01 ID:bZuuJCM6

       _ ,.─-ヘ,__
       i´      \
     |  !        ゙i
    |   !, キ    ゙i
    |   |´キ      ン
    |  (=三三三三彡)
    i  (=三三三三彡)
    i /        キ ヽ
    /_========、\ 
   ∠イ __|:::::::::():::::()::: i___ \ゝ      さて、今度はそのストーリーを彩るキャラクターについて評価しましょう
      _ヽ ̄`ヽ、:::,/ ̄´ ノ
    ,r'´゙r   ゚Χ゚     `〉
    /   !    ゚∧゚ ,__  i \
  /    i    | i     ゙i   ト,_
 ∧     /   |= = i     ir'`( )\
、) \  /     |!,9=‐i!    |  `′ l
i    」    ||``'''''''`゙||   t___/
《 ̄ ̄iッ == "   T  ゙ミ==" i  》




    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i     作者様は、知らないキャラクターを投入するにあたって
  i  -i_        }
  |  -i         !.     原作準拠の性格を心がけるためにwikiを読んで勉強していらっしゃるそうですが
.  i  -〈三三三三三三〉 
  i   -,!         ヽ,    それでもキャラの性格が原作から離れることが少々多いように感じました
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |

130名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:15:34 ID:bZuuJCM6


  ,ィ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙'く;\  `、;;;;;;;;;;`-、
  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i `、 ヽ、.;;;;;;;;;;`-、
 ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`、  `、;;;;;;;;;;;;;;`
  ! :::::::::::::::::::::::::::::::::,、、:::::,--,:::::::::::\`、  '-、;;;;;;;;;
 `', ::::::::::::::::::::::::::::::,' /::::/  /:::::::::::::: \\_ \;;;;
  ヘ,  ::::::::::::::::::::::::!_,,':::::::i,__,/::::::::::::::::::::::::\\_`    原作準拠を大事にしたいというのであれば
   ゙:、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\゙
    `-、  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐    そのキャラが登場するアニメや漫画の内、たった一話でも構わないので見てみましょう
     `゙':、;´ ::::::::::::::::::::::::,r=-=====──
       〔 :::::::_,,r=冖'゛                「百聞は一見にしかず」
        \、 `ヽ,弋
        /\、 ヽ,ヽ,     __,. -'彡'−、_    実際にキャラを観察してみることで、よりそのキャラの性格を知ることができるはずです
      _,,イr‐¢ニ=====;;¢;;-‐'" _,r'"  /\
      |  `':、\  ソ夂‖    "    /



                     __
                    /   \丶
                  /      \\                   もしも意図的に性格を崩してあるのなら気にしなくても構いません
                 /          \、ゝ
  く ̄ヽ、          彡≡≡≡≡≡≡≡≡ミ          r' ̄ン    この物語の特徴の一つは「キャラ崩壊」でもありますので
く ̄ヽ,ヽ \ /`ヽ     _=====二二二二=====_     ,r'`゙i / ,r',,r' ̄ン
 `'‐、`` _   /   /                \ヽ   i    `´  ,.‐'   この特徴をこれからも目玉として押していきたいのなら
匸 ̄  入   }   /      ::::::::::::::::::::::::::::       \ヽ {    入   ̄ ̄)
 `フ ,    ノー、‖      :::::,−、::::::,−、::::      广´!、      <´´  どんどん崩壊させて痛烈なインパクトを読者に与えてあげましょう
 く_,,-ヘ、∠___ノ  i、     ::::::|   |::::::|  |::::::::     i   ヘ、__ン、 ,.ヘ_,,_ノ
    ‖         i     i:::::::` -´::::::`- ´:::::::::i    i          /
     \  Ω  ノ / ̄∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ̄\ (,  Ω  /

131名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:16:10 ID:bZuuJCM6

    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i
  i  -i_        }
  |  -i         !       個人的には、ナージャのキャラ崩壊はなかなか良い雰囲気を醸し出してると思います
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,      キャラ崩壊に至るまでの理由があるからでしょうか、
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /     ただの悪党と言い切れない絶妙な立ち位置になっていますね
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |





.......:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
..:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: _ :::::::::::::: _ ::::::::::    ですが、くれぐれもやりすぎにはご注意ください
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / | ::::::: /  `, ::::::: 
..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  / :::: /    l ::::::    どうやら、他のスレからゲストとして同じ設定のキャラを登場させているようですが
...:.:::::::::::::::::::::::::::::::: /  / :::::: l    / ::::::::
......:.::::::::::::::::::::::::::::: L ' :::::::::: ヽ___/:::::::::::     クロスオーバーでは相手側を踏み台にすることは失礼な行為にあたります
  ......:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
   ........:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    内容が内容ですので、どうかそのようなことにならないよう細心の注意を払ってください
.\  .........._r‐ ''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  \  ../r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_; - 
    \,| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:-_,"- "~ :
     | l:::::::::::::::::::::::::::::_,;:- '- " ::::::::::::::::
     ヽ<:::::::::::::::r ="' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      \、::::::::::ヽ, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        \、::::::::ヽ, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        / \ ::::::ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::_,
      /,,,_-__,\ :::ヽ___ ,,... - 、"  
     / '-t--t、====ゥ─"ゥ;;;;''' 
    /    ヽ ヽ /:::/ / / ー '"  
  /      \ V::ノ///

132名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:16:37 ID:bZuuJCM6


    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i        ルールを守るという義務を果たして初めて、自由という権利を得ることができます
  i  -i_        }
  |  -i         !        そのことをどうか忘れず、
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,       健全に、キャラを面白おかしく、時にはおぞましく崩壊させ、
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /     この作品を心から楽しむ読者を大いに沸かせてあげましょう
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |




                        _,----ヘ、
                       √     ヽ
                      /        i
                     /    _   r  ヽ   それと、原作基準を気にしなくてもいい2ch発祥のキャラについて、
                    /     i   i    |
                   /    、.._キ..__ |   |   問題点はほとんどありません
   く ̄ヽ、           ヽ、____i_  }  .|
 く ̄ヽ,ヽ \ /`ヽ       《;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;,.`丶}  i|    今までに類を見ない、新鮮な個性のキャラとして上手に動かしていると思います
  `'‐、`` _   /     _/___ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;》  |
 匸 ̄  入   }   /´ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ   ! ̄`ヽ |   特にドクオややらないのか夫には、感情移入しやすい直線的な魅力がありますね
  `フ ,    ノー、‖   冫::::::::::::::::::\ヽ キ   \ |
  く_,,-ヘ、∠___ノ  i、   i:::::,-,::::::::,-,:::::::\ヽキ    \  
     ‖         i   i::::!_,i:::::::!_,i:::::::::::::\ヽ     ヽ、
      \  Ω  ノ  ∧:::::::::::::::::::::::::::::::∧ ̄\ヽ    ゝ

133名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:17:04 ID:bZuuJCM6

       _ ,.─-ヘ,__
       i´      \
     |  !        ゙i
    |   !, キ    ゙i
    |   |´キ      ン
    |  (=三三三三彡)       以上でキャラクターについての評価を終わります
    i  (=三三三三彡)
    i /        キ ヽ      それでは、最後に総評とさせていただきます
    /_========、\
   ∠イ __|:::::::::():::::()::: i___ \ゝ
      _ヽ ̄`ヽ、:::,/ ̄´ ノ
    ,r'´゙r   ゚Χ゚     `〉
    /   !    ゚∧゚ ,__  i \
  /    i    | i     ゙i   ト,_
 ∧     /   |= = i     ir'`( )\
、) \  /     |!,9=‐i!    |  `′ l
i    」    ||``'''''''`゙||   t___/
《 ̄ ̄iッ == "   T  ゙ミ==" i  》







    「 ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
    i -ゝ      \
    i   -i_     _|
   /  -i         _i
   !  -i          _i        即興投下なので、細かい部分まで至らないのは仕方のないことでしょう
  i  -i_        }
  |  -i         !        ですが、そこをカバーするほどの強烈な個性があります
.  i  -〈三三三三三三〉
  i   -,!         ヽ,       我が道をひたすら突き進む、その創作スタイルを上手に制御すれば
. i  /  , -- ‐´ ̄ヽ-、ヽ,
. i /  /:::::::()::::::()::i\ /     上記の気になった点はすぐにでも改善していけると思います
. ∠___/i´'=-──-、,-='フ
      ,\     i/ /、
    /      ∞  \
   /  `i     XX   |

134名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:17:41 ID:bZuuJCM6


                     __
                    /   \丶
                  /      \\                   読者層が極めて限定される作品ではありますが、
                 /          \、ゝ
  く ̄ヽ、          彡≡≡≡≡≡≡≡≡ミ          r' ̄ン    その限定された読者層を満足させる面白さは間違いなくあります
く ̄ヽ,ヽ \ /`ヽ     _=====二二二二=====_     ,r'`゙i / ,r',,r' ̄ン
 `'‐、`` _   /   /                \ヽ   i    `´  ,.‐'   万人向けを無理に狙わず、
匸 ̄  入   }   /      ::::::::::::::::::::::::::::       \ヽ {    入   ̄ ̄)
 `フ ,    ノー、‖      :::::,−、::::::,−、::::      广´!、      <´´  これからも個性を引き伸ばすストーリー展開を心がけましょう
 く_,,-ヘ、∠___ノ  i、     ::::::|   |::::::|  |::::::::     i   ヘ、__ン、 ,.ヘ_,,_ノ
    ‖         i     i:::::::` -´::::::`- ´:::::::::i    i          /     今からラブコメに方向修正は、流石に無理があるでしょうしね
     \  Ω  ノ / ̄∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ̄\ (,  Ω  /





              _,-ヘ、
             √   ヽ
            /     i |
            /   、、  | |
          〈 _~`` 」 |
          /彡三三ミl、 |         以上で、評価の全てを終了とさせていただきます
        /~__, -─ 、_キ \」
      ∠ '"~ヽ () () _,-~"'_>        最低限、気をつけたほうがいいかな、という点を主に挙げましたが、いかがでしたでしょうか?
        ̄ ̄(~-、_√  _/
         /'"~ ゜X° ̄`ヽ          この評価が作者様の創作の参考となれば幸いです
        ノ i  ゜l|°  i  )
       / /   /'|     | ヽ、,、
      ,へ'   /  /ー|     |, -' )(.)
    〃  `ヽ'  /L9|    ("   (.)|     それでは、皆さん良い夜を。おやすみなさい
    `,ー-、_/   // ヽ |   〈_, -─-、)
    〈 .(∪レ-''~/  | .!_   レ'////
    ``'  ヽi !, ─、! | ̄ ! レレ-'
        └-', i ! ヽ |  | ζ
          〈 -ニ 《 i  ! ζ
        i'⌒~"'' ,-i'⌒~"'' 」'
        ー--- '~ ー─--'~

135名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:21:15 ID:zHRZhnpQ
普通ならすごく良い評価乙なんだけど…
依頼人の依頼を鑑みると…
…荒らされなければいいけど

136名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:22:39 ID:hcUXkeCg
評価乙

137名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:32:16 ID:VV8TWEMU
        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   えーっと・・・>>129 どれですか?
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/      どのキャラですか?具体的に教えて下さい。    
 |    l  |     ノ  /  )  /      
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

138名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:37:19 ID:VV8TWEMU
        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \       えーっと・・・・・・>>128  序盤と現在とで食い違う点って>>127以外で
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   どこですか?
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

139名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:41:14 ID:VV8TWEMU
         ____
      /  ノ   ヽ、_ ヽ
     /u ( >)}liil{(<)\\
   / / ::::⌒(__人__)⌒::::\\
  ./  ./  u          |  \
 (__ノ\              /(_ ノ   これがジャンプ漫画なら、ダディのところはコミックスで修正されて
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        消されてる筈だお。
    /     ,⊆ニ_ヽ、  |       ゆでだからで済ませてくれお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. 釗      っていうかインデックスがもともとは北海道県民であるという伏線が出てきてたし
                         ダディももともとVIP高校の名物教師なんだお。顔は知られてないから、できない夫は
                         気づかなかっただけだお。アカギさんと同じで名前だけ知ってたんだお

140名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:42:58 ID:D7ImTPGM
そういうのは自スレでやってください

141名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:43:17 ID:VV8TWEMU

        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  全然、矛盾してませんお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   むしろ、これから語られる“伏線”なんだお。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /    
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

142名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:46:51 ID:3qTwHCJ.
ちょっとは自分で考えたらどうです

143名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:49:12 ID:3qTwHCJ.
それからAA付けて喋られるとふざけているように見えますよ

144名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:51:49 ID:QJ0wMo.c
書いてたらヤバイ時間に。
明日起きるのしんどいですが、14レス程投下します。

145名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:52:32 ID:VV8TWEMU
         ____
      / ⌒  ⌒  ヽ
     /u ( >)  (<)\\
   / / ::::⌒(__人__)⌒::::\\
  ./  ./  u          |  \
 (__ノ\              /(_ ノ >>129の感じましたとか、全然具体的じゃないし、このスレは読書感想文じゃないんですよ。
      >         <       これなら、私がやった、因果の鎖スレの感想と同じじゃないですか。  
     ( |        / )
      `|       /'
         |      /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

146名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:57:12 ID:QJ0wMo.c
えーと、大丈夫かな?
投下します。



                        __,, r=ェェ、
                        ヾ彡≦彡ヽ
                          |三三≦'i          私は学ぶためにこのスレを評価する。
¨¨¨.,二ニェェ、、,,,,,_                  ,'ミ三ミri彡i         そして私はその探求によって得た物を
            ゙̄¨'''''==ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i         礼として作者に還元したいと思う。
              ._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
          , ;r ','r ''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
     _,, ::r'' ´,r''¨´            入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
 __r'' ´_/´                 .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
  ̄ ̄                    /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
                   ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!
                    \    ヾ.`i    l\l l .|
                      \Z_   >i    l !。 .∨
                        .\   .!   .i  /:|
                         `ト、     /  ゚ V|
                          〉`''ー-,ィ   。 V|i
                   _,,,,,,,、、、、、、i  ,,,r .|   , V|i
      __,,,,、、、、r--ー=''''¨¨´ _,,、、r-ー       .〉  i::i, .Ⅵヘ
,,、、r-‐''¨´         _,,r '' ´    <r^'´`¨¨フ  /´ヽ!::::∨:::i .ヘ,
  _         _,,r ''´      ,,r '´ `¨¨¨´  /::::::::::::::::::::::: | ./
     ≧_             /        /:::::::::::::::::::::::::::::::|.!
    /           /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|





             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」
             !ゝ-ニ_-┤        お初にお目にかかる。
           トゞ≧ゝヲ,|         本日はこのスレッドを評価させて頂きたいと思い、筆を取った次第である。
           トII-==-II| _   _, -   私の身に余る作品であるが、精々背伸びをして評価させて貰おう。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/440
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |  ┌─────────────────────────────┐
                             │『やる夫とやらない夫のユービック』                     ....│
                             │http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281186081/    .│
                             └─────────────────────────────┘

147名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:58:12 ID:QJ0wMo.c


┌──────┐
│はじめに  .....│
└──────┘


                 _ _
              _r厂 仁二 ̄\
              r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
             〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
           // / / ;:′ /  _rニ二二L_
            || | { / / _/        \
            | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ
           トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′      フィリップ・K・ディックのSF作品『ユービック』
           〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n      このスレッドはこれを原作とした作品だ。
             ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |      私は原作は未読だが大変楽しく読ませて貰った。
            / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
              / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
           /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
            //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
            〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
            {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
            l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
            | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1





             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」             ディックに関して調べてみたら
             !ゝ-ニ_-┤            映画『マイノリティ・リポート』の原作や、
           トゞ≧ゝヲ,|             『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』といった
           トII-==-II| _   _, - =´~   有名なSF作家らしい。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i        ユービックの発表は1969年。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i        SFなだけあって設定が複雑で、
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ      一般的でない設定が多い。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ      それを如何に消化するかが、この原作をやる夫化する上での鍵であるな。
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

148名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 03:59:23 ID:QJ0wMo.c


┌──────┐
│あらすじ    .│
└──────┘


               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    2092年、未来のニューヨーク。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl                  エスパー
           ln     __     `丶、 |    その世界では数多くの超能力者が誕生し、生活していた。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    読心や予知、念動力など様々な科学技術を超える能力を持つ超能力者は
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|    浮気調査などの個人的な事、裁判所などの司法、売買取引などの経済。
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |    ありとあらゆる分野で恐れられ、利用されている。
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、





  入_              L. _ ヽ   厶 ´  ̄`ヽハ
   /ヽ            ├‐= ´ ̄|  | , ‐ニ ̄   ヽ!     そんな未来の社会に必要とされる者達。
  /   \       |    _」   r' _ -<二ニ_」        サイキック                    アンチサイキック
 /    /ヘ、      | _/´  !  レ' _ニ_卞Fr-、|     それが超能力を【inert(不活性の)】にしてしまう反超能力を持つ
     //  \      「 _     l  } _,fr゚彡Z二`ー<    イナーシャル
 \  〃      入     l   _ニ-┤ [>匕trriエエ7ァY|!   不活性者だ。
   `く       /  \ ├テ´   ヘ レII ト<rェェュ」jト、
    ヽ    /    \j /    ∧」>‐ ニ-‐ T  ̄\
     \ 〃      ノ '    / 弌      ┼    \─- 、 _
       く      /    /   入       十      \    ` >
   7¬─- ト、 _ ,/_   ノ     /  ヽ___⊥  -‐ _二)  /
  /      /   //      /    弋ァ─‐ァ¬ 二厶-ゝ=,ニ __‐─‐ァ
 /     /  ∠/       ィ       /^Tー= 7 ̄  /    /  ヽ  ̄_>‐-、
 ァ‐-┬ ' /         // |       〃 l|l   ,′  〃    | _ 斗‐ ´ / ,  |
    |  〃      /  /  !     {! 川 l   |   {i| _,. - ´ |     //   ヽ
     j} /    /   /  j}     ,イ!   l  |  _ ィ ´:.:.:.:.:.:.:..:.:|    〃 _ ゝ
 ヽ  /     〃     /   /     / |!    Lノ<_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..!   ∧    `ー \




                        __,, r=ェェ、
                        ヾ彡≦彡ヽ
                          |三三≦'i
¨¨¨.,二ニェェ、、,,,,,_                  ,'ミ三ミri彡i      その不活性者を派遣する企業の社長、やらない夫。
            ゙̄¨'''''==ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i      その部下である観測技師のやる夫。
              ._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ    彼らはとある依頼をきっかけに、
          , ;r ','r ''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ    世界が退行するという異常現象に直面することになる…
     _,, ::r'' ´,r''¨´            入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
 __r'' ´_/´                 .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
  ̄ ̄                    /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
                   ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

149名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:00:14 ID:QJ0wMo.c


┌───────────────┐
│①SF的用語の説明は充分か   ....│
└───────────────┘


               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|      エスパー   イナーシャル ハーフライフ
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    超能力者、不活性者、半生命、etc.
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl     独自用語の説明に腐心されていることが良く分かる!
           ln     __     `丶、 |     特に半生命の部分が私は気に入っている。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    非現実さと薄ら寒さを実に良く表現している。
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、




            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
         r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
        〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
.        || | { / / _/        \       だがね。同時に私は思うのだ。
       | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      『“理解”はできる。だが“実感”できない』と
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n
        ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
.      / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
..      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
.    〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
.    {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
.    l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
      | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1

150名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:01:12 ID:QJ0wMo.c



            l/           \  ゝl
          l´ー―--- ,,,,       ヽ  l
         !    ,,, -、ー-`= 、     ヽl
           l  ,ィftヲ|l\  ヾ >、    l      なぜそう思ったのか?
          iィ彳ミ=゚='´ーゝー-ゝム/ヲゝ  l     それは私が2092年のニューヨークを
        レ'´   ̄ ̄`ー-- 、  `ヾ`ヽ  l     上手く想像できなかったことが原因だ。
.         l ll ll,,---―― -- 、 ` 、  `へ,,l
.       l‐ll<ll  ト-[]二l ̄/7ゝ`ヽ `''ll、 l
       l. ll llヾ、 LL」、~7フ<_/`ィ `ヽll ll、l
       j !! ll  `ー 、`~`-' /´ - ´ ll`ll、l
       /,,         `ー、≦ー'''´ ll ll´ゝl
      /  ` ー 、        ゝ       l
.- ,,,, ノ ,,,--― ― ―===ー―---,,,   l
  r´~    /                 `ヽ_ 〉
 /    =/=                  i丶
/     ./                    { 丶




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」            例として不活性者に限定して話そうか。
             !ゝ-ニ_-┤           ・超能力は合法なのか?非合法なのか?
           トゞ≧ゝヲ,|            ・超能力者とはそれほど脅威なのか?
           トII-==-II| _   _, - =´~   ・上記の結果、どのくらい不活性者は必要とされているのか?
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニ
        //   キ   ! ヽ,         これらが私には分かりにくかったな。
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




    \       " - ..,, _             // _,, - |
`丶 、_\     ─        ̄" ─-  ..,,_ _ ,._ ニ二 、_; !
  ヘ:: 又ァー-_、.. _         _ ,.、 -ゝ7 /  // イ´  |
  ヘ:ヽ |〃 ⌒ヽ ,ヽゞ ̄、"  ̄ ̄     K / /  //// /|    2010年の日本に住む我々の持つ定規の目盛は
   Λ: ヘ弋 ● ノ ノノ冫 ヽ          ヽ ミ┬┬ヘ´レ   |    2092年のニューヨークを測るにはあまりに粗い。
 、  ヘ:::`::ミ 三 彡'ニ´ゝ,  \         \; ; ; ; ; /    |    SFに不慣れであればあるほどそれは顕著だろう。
  \  \ ヾ=::: :::: ::::::,彡 >  \丶、      , >´    __   |    超能力者に限って言えば、
    ミヽ、ゝ:: ̄::::: :::-一´::^l    \ヘ、、 / ' / /  l |/ .|    脅威の具体例など示して貰えれば、
   Π  `ミニ- 、- _/:::\    , /         _  | /  |    より理解の助けになったと思う。
 \Π Π  丶、  ̄"' ─- ──  ̄           H ||   /|
.  ヽ! ! Π 三  `ヘ                   ! ! !!  ノ |
.   | |  ! !l 、       ̄ ` '─- ,,_ ___, -="| |. H / |
    ! !  ! !┴、`| 、               _ -イ/::::::| |. |_| /  !
    廿. ! !:::::::`ゝ l  l ─┬ ┬−- 7  ̄ /_ -'::::::::/H  !   !
      | |:::::::/. `─ ──┴−─── 、:::::::::::::::/ |_| /  /
\     廿 ̄`ヽ   ヘ            ,/:::::::::::::/   ´/  /
  \     \ |` - _\        /::::::::::ノ/   /  /  /
   `丶 丶 丶   l  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄/ ̄ /   /  /  /

151名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:01:46 ID:QJ0wMo.c


┌─────────────────┐
│②ナレーション、地の分は適当か。  ......│
└─────────────────┘


                 _ _
              _r厂 仁二 ̄\
              r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
             〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
           // / / ;:′ /  _rニ二二L_
            || | { / / _/        \       これはこれ以上減らせ無いだろう…
            | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      創作とは別種の作業となってしまう。
           トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     私は字を読むのが苦でない人種だから気にならないが、
           〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     まぁ、人によっては敬遠されるだろうな…
             ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     勿体ない事だ…
            / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
              / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _         _/⌒
           /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄ ̄ ̄  ̄{こ}_>
            //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \  ̄ ̄  ̄ ̄
            〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
            {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
            l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
            | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1
         /   /|       ドミ_ー─ 二 r‐ "  ヽ !  ヽ    |
          /  / |       l\  ̄/   |     ヽ|   i     |
      ∠  /    |         l  ` く     |        !    |   |
    _/廴ノ/      |           l     \ |       |    |    !
  /   /         |        l     \|      |    |   /

152名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:02:27 ID:QJ0wMo.c


┌──────────────────────┐
│③AAによる表現で、分かりにくいところはないか   │
└──────────────────────┘


    \       " - ..,, _             // _,, - |
`丶 、_\     ─        ̄" ─-  ..,,_ _ ,._ ニ二 、_; !
  ヘ:: 又ァー-_、.. _         _ ,.、 -ゝ7 /  // イ´  |
  ヘ:ヽ |〃 ⌒ヽ ,ヽゞ ̄、"  ̄ ̄     K / /  //// /|    無い!
   Λ: ヘ弋 ● ノ ノノ冫 ヽ          ヽ ミ┬┬ヘ´レ   |
 、  ヘ:::`::ミ 三 彡'ニ´ゝ,  \         \; ; ; ; ; /    |    というか参考にしたいくらいだ!
  \  \ ヾ=::: :::: ::::::,彡 >  \丶、      , >´    __   |    ありがとう!
    ミヽ、ゝ:: ̄::::: :::-一´::^l    \ヘ、、 / ' / /  l |/ .|
   Π  `ミニ- 、- _/:::\    , /         _  | /  |
 \Π Π  丶、  ̄"' ─- ──  ̄           H ||   /|
.  ヽ! ! Π 三  `ヘ                   ! ! !!  ノ |
.   | |  ! !l 、       ̄ ` '─- ,,_ ___, -="| |. H / |
    ! !  ! !┴、`| 、               _ -イ/::::::| |. |_| /  !
    廿. ! !:::::::`ゝ l  l ─┬ ┬−- 7  ̄ /_ -'::::::::/H  !   !
      | |:::::::/. `─ ──┴−─── 、:::::::::::::::/ |_| /  /
\     廿 ̄`ヽ   ヘ            ,/:::::::::::::/   ´/  /
  \     \ |` - _\        /::::::::::ノ/   /  /  /
   `丶 丶 丶   l  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄/ ̄ /   /  /  /





               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|     スプレー缶にオプーナが描かれている辺りが
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|     憎い演出だな。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
           ln     __     `丶、 |     やる夫の居る場所や行動も
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |     背景や小物で表現されていて実に分かりやすかった。
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

153名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:03:06 ID:QJ0wMo.c


┌────────────────────────┐
│④「悪い夢」のような、原作の雰囲気は感じられるか  ......│
└────────────────────────┘



               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|    異変開始後の展開はハラハラと読ませて貰ったよ。
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    不気味さ、不条理さと言った物が
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    キャラクターを通してひしひしと感じられる。
           ln     __     `丶、 |
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」            ストーリーに関してまったく問題無い。
             !ゝ-ニ_-┤           よくもまぁ、難解そうな原作を上手く纏めた物だと感心することしきりだ。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, - =´~
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i        ただ、原作が11人だからと言って、
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i        大部分の不活性者が空気だったな…
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ      おそらくは中編程度に纏めるのが目標であったためである思うが、
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ      ならばいっそのこと大胆に人数を減らすのも手であったと思うよ。
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

154名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:03:37 ID:QJ0wMo.c


┌─────┐
│その他   │
└─────┘


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」             話の作り方、AAの改変、演出のセンス。
             !ゝ-ニ_-┤            やる夫スレに必要な物を貴方は沢山持っている。
           トゞ≧ゝヲ,|          -
           トII-==-II| _   _, - =´~
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニニニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |
. 丿 \  ヽ   !      |  /.  /   !
  1   ヽ  ヽ  |  ○   |  /.  /   ゝ
  !     》   ヽ |      .|. /   /   丨
 !   / !    !|       |/  /    .!
|   /  !     |  ○   !.  ハ    .|
    ` 、 .|   |     |   |. |    |
 、    `y ハ   |、 ∧  /ヽ ハヽ,|   |
  ヽ 、 /    |∨= ∨l l l 丶   !    !
     `>  ,_   /ll l l l l l l l l l |:\|    ト 、
   ,レ-" -´ /l l l l l l l l l l l l !: : y   ト 、` - 、
   ペ/ /l l l l l l l l l l l l l l ノ: : |    |: :\   `丶






                        __,, r=ェェ、
                        ヾ彡≦彡ヽ
                          |三三≦'i        だが一つだけ。
¨¨¨.,二ニェェ、、,,,,,_                  ,'ミ三ミri彡i        ただ一つだけ足りない物があるとすれば。
            ゙̄¨'''''==ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i       そう、それは…
              ._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
          , ;r ','r ''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
     _,, ::r'' ´,r''¨´            入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
 __r'' ´_/´                 .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
  ̄ ̄                    /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
                   ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!
                    \    ヾ.`i    l\l l .|
                      \Z_   >i    l !。 .∨
                        .\   .!   .i  /:|
                         `ト、     /  ゚ V|
                          〉`''ー-,ィ   。 V|i
                   _,,,,,,,、、、、、、i  ,,,r .|   , V|i
      __,,,,、、、、r--ー=''''¨¨´ _,,、、r-ー       .〉  i::i, .Ⅵヘ
,,、、r-‐''¨´         _,,r '' ´    <r^'´`¨¨フ  /´ヽ!::::∨:::i .ヘ,
  _         _,,r ''´      ,,r '´ `¨¨¨´  /::::::::::::::::::::::: | ./
     ≧_             /        /:::::::::::::::::::::::::::::::|.!
    /           /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

155名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:04:07 ID:QJ0wMo.c




            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l    “余裕”だと私は思う。
            l    “遊び”と言い換えても良い。
            ヽ、___  ____________
                   ∨
                                    ∠ニ -─-ミ
                                 /         `ヽ、/
                 く{  =x              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
               _, ィ               厶二 _    `ヽ、ヽ |
              ノ シ               l   _,二ニミ≧z_   \|
        l ̄下ミレ'  〈                 l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|
        |  | |  ト、 }                l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
        |  | | ノ ハノ                  ln     __     `丶、 |
        L ⊥ l{  jソ /l             l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
        rト-ミニン辿ユュ/ーl              l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
         | l    \l   lト、_ |           /二二二二ニ≧z≦二  リ |
         ヽT冖ト<  |  |            厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
          〈   j   }\ |  |         r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
         { ̄丁ミト、_〉、__,|         /   ニ7ニ              ト、
.           l>‐- 、_ノ\  |         /   __/                 ∨ヽ
         ハ  }  }`マ__ノ         /    7二                 /   \
ニニ==─--,イlハ≧==ニTア      _, - 7     /                   /    \
.       /| | ヽ、__   |ー―- /   /    /   _   -‐  _,二二ア        `ヽ
     /|  | ト、    ̄j   /    _厶 -‐  _,二ニ弌-‐ ア ̄     /
   /  |  |  Vミー--イ /      └r七ア ̄ |      >'´      /   _, -──- 、
 /   l  l   ∨/  |∠==-、   / l /   |   ,  ´         /  <
        l  l  丶   |      〉  / l/     |  /           /    `丶、
.         >彡ヘ ヽ  |__/  /  /      j/            /        `丶、
      くく  >> \j       /  /    /           /            `
        \∠入 /      /   l   /            /

156名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:04:47 ID:QJ0wMo.c


            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
         r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
        〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
.        || | { / / _/        \        仮に私が描くとすれば、こういう場面を入れる。
       | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ       『やる夫が部屋でニュースを見る。
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′      ニュースでは超能力者の規制法が議会で話されている』
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n      『売店でアンドロイドに接客される』
        ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |      『空を見上げると人工衛星の光が見える』
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「      『旅行会社による月面旅行のパンフレット』
.      / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
..      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
.    〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
.    {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
.    l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
      | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」           こういった一見無関係な1レス未満の出来事。
             !ゝ-ニ_-┤           こと現実世界が舞台でない作品に関してはこういった演出が
           トゞ≧ゝヲ,|           作品世界の空気を補強する物だと私は思う。
           トII-==-II| _   _, - =
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|    作品世界のリアリティが増せば、
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    2092年から1939年へ退行したという説得力が増す。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    読者は書かれた事だけを受け取るだけではなく、
           ln     __     `丶、 |    作品を想像する余地が生まれるのだ。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

157名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:05:17 ID:QJ0wMo.c


           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i        とまぁ、こんな感じで
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i        「必要な物を必要なだけ」ではなく
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ      「遊びを持たせては如何か?」という私の提案であった。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
         r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
        〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
.        || | { / / _/        \        だが、あくまでこれは私の自論だ。
       | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ       正当性の欠片も無い。
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′      ご利用は計画的に。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n 
        ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |      まぁ、映画を見てると良くあることだから、
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「      そう的を外しては居ないだろう。
.      / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
..      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
.    〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
.    {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
.    l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
      | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1

158名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:05:48 ID:QJ0wMo.c

┌────┐
│総括    │
└────┘




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i        この作品は難解だ。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i        読むのに気合が多少必要だし、頭を使う。
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ      それでも非常に面白い!
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ      中編程度の長さであるから、
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i    休日にでもまとめて見ることをお勧めする。
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´             あと、
          i^−--.」             まとめサイトで読んで、気づいたのだが。
             !ゝ-ニ_-┤             私は貴方の前作も大好きだった。
           トゞ≧ゝヲ,|          -    ヒロイン短編の貴方の作品も心踊った。
           トII-==-II| _   _, - =´~    ならば無自覚であったが、私は貴方のファンなのだろうな。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニニニ   今後の貴方の活躍を心より祈っているよ。
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |
. 丿 \  ヽ   !      |  /.  /   !
  1   ヽ  ヽ  |  ○   |  /.  /   ゝ

159名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:06:24 ID:QJ0wMo.c


          ト<   >────v             _,. ‐ァ
       />、 ヽーく三三工了厂 ̄      ,. <  Y´
      / /    >、 \             ∠  _ \/           以上で私の評価を終わらせて頂く。
       | V  /   >、     ⊂三⊇     /     -ミ{            至らぬことがあれば申し訳ない。
       ヽ \{  /  -ヘ、            /^ヽ __     |            さらばだ。
       >ー\ {  // ̄`ヽV二ニー  「 l| 、_    ̄|
/ ̄ ̄ _ 二ー- 、\.l |    |l─…  /レ-|  -  ̄二コ
    / _..   -─ヘ ヽヽ _/    />}∠l` ー─ =ニハ                 署名 シュバルツ・ヴァルト
⌒`V /   _, ニミ\         / 'ヽ二 |二ニ=, 一ァ Zヘー--、_
   l/ _ /´       \ヽ       |l   └-fitヘ\冖勹 /ヘ     ̄`7
  ノ / 7          !|      ヽ      ト彡>‐' ̄}]/ ∧  r-   {     _, -
  r' 7 ハ          !|       ` ̄ ̄ ト--r 7ア / ∠ ┴‐ヘ -一'^ヽ>‐´ _, -
. 〈  ゝ' 〉           / /          | ` -イ_ ‐'  _, -ゝ  フ´ _, -'
/^ヽ   { \        / /             }ブ ̄   r一'       /  /
   Vフ^ヽ } ____//        ___ ∠>一' ̄         l  /
  く  /^V  ─‐           /⌒ヽー'                 l   |
   ∨   、                }                   /  /
    、   ヽ          r/                   /  /
|      、     \       /′                    /  /
l    l ヽ     >‐一'  ̄                    rヘ-イ
;!    l  ヽ    ノ´              /             /  /
l|     l  ヽ               _/               /  /
∧     、  \       _,. -一ヘ                 /  /
  \     \  ヽー< ̄      ヽ           /  /

160名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:22:26 ID:zZRxZsX6
評価乙

161名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:35:55 ID:VV8TWEMU
評価乙です。
>>129
原作キャラと天上スレのキャラの性格の乖離が見られるのは具体的にどのキャラでしょうか?
どこらへんが違うのかを教えてもらえるでしょうか。
もちろん、天上スレで定着したキャラを軌道修正しようなどとは考えておらず、純粋な好奇心の上での
疑問です。

162名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:55:27 ID:QqpuXffU
天上を評価しようと思ったが糞すぎて10レスで切っちゃったじゃねえか

163名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:57:55 ID:VV8TWEMU
>>152
私も同じ立場なら無理ですね。
長編ってだけで読む気無くしますよ。
因果の鎖は300レス未満だから、みんな評価しやすかったでしょうね。

164名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 04:58:26 ID:VV8TWEMU
>>162でした。すいません。

165名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 05:00:23 ID:IHa7qxbk
>>163
延々と言い訳するなよ、みっともない
「自分は話だけでは何も人に伝える事は出来ません」って言ってるようなものだし、長編でも評価されるのあるでしょう?

166名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 05:09:10 ID:KCXukLb.
ID:VV8TWEMU
NG推奨 それだけですっきり

167名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 05:39:07 ID:g9S6RYHg
お前ら朝から喧嘩するなよ……みっともない

168名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 05:42:52 ID:g9S6RYHg
おっと失礼

シュバルツさん評価乙です

169名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 05:53:15 ID:iKWaz6Lc
いぬ夫使ってる人は最初酉付けてたでしょ?
今後も付けておいてくれよ、頼む。

170名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 06:43:08 ID:wyyNFqRE
シュバルツ様、評価乙です

171名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 07:49:19 ID:MCa588dU
誰もいないのでしたら12レスお借りいたします。

172名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 07:53:56 ID:MCa588dU
               _____
            , '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:. :ヽ.
.       ,.:'. .: . .:.:.:.:.:.:.: . : .:.:.: :.:.:.:.:.:.
      /./. .:.:. .:.:.:.:.:.:.: :. .:.:.:.:. :.:. :.:.:.:.:',
       |イ:. .:.:.:.:.:i:.:.:{:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:}
      l:.:./.:.:.斗-A:.:.:.:.:/l厶-Aj:.:.:!.:.:.:|
      |:/|::.:.:.|」f汽ミ、:./〃こ刋i:.:.:ト、:.:!     始めましてキラ・ヤマトです。
.      _rfL |:.:.:.:{ _辷」 ′ ヒ少'}.:.:.} }ハ!
    / LV l∧∧    '_    /:i:.:リ'′     今回こちらのスレを僭越ながら評価させていただきます。
.    {  厶    ` .  V_ノ  .イ从リ       依頼レス
    V^` }     , -‐≧==≦ユ._         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/25
    { __」   / |:_厂゙丁`¨¨^!:.:.:.>、
      V.:.:.7^V^ |   | __ |// }
     \{    」   {└‐┘} {__j
       `ー '´ {_  _ノ r一:ハ  {         ┌──────────────────────────────┐
.          r≦{二}三三<  i  ',       │やらない夫は学生映画を作るようです                     │
          /.:/   }  {:.:.:ヘ L__,ハ      │http://s.s2ch.net/test/-/jbbs.livedoor.jp+otaku/12973/1286099723/  │
           /.:/  !  V.:.:ハ.{:.:.:.:.:.:、       └──────────────────────────────┘
        {__{   /|   V.:.:.} \_:/\_
            |``V L__} イ   V⌒¨´    以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。
           |  `ヽ} l    i
          |     | l   l
.            |     | |    |
.            {_    } {   _j
            }二二{  マ´ ∧
         _/.:.:.:.:.:.:.}   V⌒ヘ
       rく__:.:.:.:,r一'′  }:.:.:.:.ハ
        ` ̄ ̄´      弋三タ

173名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 07:55:16 ID:MCa588dU



          _ -'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        やらない夫とその周りの友人たちが大学で映画を作りながら
        , -':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      恋愛をしたり絆を深め合ったりするオリジナル作品。
      /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ     
       イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    特に評価して欲しいポイントは
      /:::ィ:::/::::::::::::::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::l       ┌───────────────────────────┐
     /:://:イ::::::l:::::::::::::ムi:イ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::l.      │・「このスレの魅力と呼べるものはあるか。」               │
     // ///:::::::|:::::/::/ リ1::::::::/:::::::::::イ::/|::::/:::::::::::::::::::::|      │・「映画作り以外のパートが冗長になってしまっていないか。」     │
     /' 〃,':::::::::i:::i::/テ≡ミ|::::::ィ:::::::/=|/=|::イ:::i:::::::::::/:::::|     │・「登場人物が多いが把握できるレベルか?」              │
     / ハ::::ィ::ヘ!' 辷イj |:::/ |:/ rテ≠メ、}::::!:::::::::/:::::ハ      └───────────────────────────┘
       |::::/ |{{ | ``ー'-'|/  ′  辷'´ j !イ::::::::/、::/     また
       |::/ リゞl    .::: ;    `ーニ´‐'/:::::イ/ヽ}         ┌─────────────────────┐
       |/   !ハ     i           /:::/'_, ノ.        │・それ以外のご指摘もいただけると嬉しいです。   │
       ′    ヽ   t=- .._     //イニイ{        └─────────────────────┘
              >、 `‐-‐'´     /' イ/i' `        ですね、
             /  ヽ `~  _, ‐ '´ /  ヘ             依頼主さんのお力になれるような評価になるようにがんばらせていただきます。
         __ --7     {、二´--‐=‐'´      ヘ           なるべく客観的になるように努めますが
   __ - ¨ ̄.:.:.:.:/     lヽ--‐フ'´       / ヽ、       一個人の主観が入ってしまう部分もあると思われます。

174名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 07:56:19 ID:MCa588dU



           /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `  、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :. : ヽ.. \ヽ、         それでは早速評価に移らせていただきます
        /:::::::::::::::::::::::::::::: : . : : :::i::i::i::::\:.:.ヽ `       
       , :::: :: :: :::::::: :: : ::i:.:i ::::.:: :l::lリム::::::\::\        甘口か辛口かは自由だということで
       l. : . :. :: ::: . .: ::/!:ハ:i::::::::jリキj::i::::::、ヾヽヽ       僕なりの裁量でやらせていただきます。
       {::.:.::.::!.:::::::i:::|!:/≠7イ:::::/ 代ハイ:::|::::ト\ `\
        V::::::|::i:::::l::Ⅳ≠テ、l::/  亠' 7:::l::!:l  `          ┌────────────────────┐
        ヽ:::川::::l:::!{{ _V_シ l′ V  j/ハ::!           │「このスレの魅力と呼べるものはあるか。」     │
         V、{ヘ::ト从  ̄    _'_ /-ッ、|l.            └────────────────────┘
          リ \l:!、_,、     <ノ /j/  ヽ
            ヽ从ト::`ト -  __ノ'′   >― .、     魅力としてまずキャラクターの使いかたが上手いと思います。
                V`!ヽ- >'     /:::::::::::::::::\
              _/  l /       ,':::::::::::::::::::::::::ヽ   理由として版権キャラクターがうまくあなたの作品の中に溶け込んでいる
            //  /       ,:::::::::::::::::::::::::::::::ハ  ということが挙げられると思われます。
          _/::::/ ,くr―、     ,l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _ - 三 - Vハ/くヽ>、:::::::ヽ    l::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::/  
   〈‐ ' ´     Vハ,イ、\ヘ__:::::ヽ   !:::ハ V::_ -― 二 -   
     V       Vハー二,r≧ヘ:::ヽ  l:::::::::jヘ_, -‐ ´::::::::::::  
     〉、       Vハ:.:.:{/へ:.:.ヽ::::\!、:::::fハ !::::::::::::::/::::

175名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 07:57:17 ID:MCa588dU


   ┌──────────────────────────────────┐
   │・夜神月                                              │
   │国家公務員を目指しながら、学生映画に打ち込み                    │
   │一部、二部ではまだ未熟なやらない夫たちの導き手を努める。             │
   │                                                  │
   │・黒沼 爽子                                           │
   │風早 翔太(君に届けのキャラクター)と付き合いながらも映画部を影から支え、    │
   │またやる夫の片思いの相手として物語に厚みを持たせている。            │
   │                                                  │
   │・新八                                                │
   │物語の突っ込み役。                                       │
   │                                                  │
   │・ラオウ                                               │
   │つかさの恋人相手でありながら時に武道家としての顔も覗かせる。            │
   └──────────────────────────────────┘


            _
    _, -‐: : : : ̄ : :-≦.._      
  /. : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、 
 /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、-\ 
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ 
 : : : : : : 、: 、: : : : : :!: : : : : : : : : : \
 : : 、: : : : ト、ヽ、: : : |Aト、 : i : : 、─一
 : : : \ト、L..\l\: | ,x=ミ、j : ト-\
 : : : : _」'´ ,x=ミ  ` ″   l : l  ,┐  ほとんどのキャラクターを分析したかったのですがこの辺で、
 : 、: : : {、〃      __    }: :L,_/ ー┐
 : :{\ : : \   { ̄ `}   /'"´ {   三} このようにキャラクターの個性をつかみながら設定がしっかりしているので
 ヽト、_ヽ: :ト-ヽ、ヽ__ノ / /}__」 ̄´   会話も破綻することがほとんどなく魅力的なものになっていると思いますよ。
.   \ト圭≧ァ=≠ ¬′ー‐┐
.      /、       {_  三}
     {   ー─┬r一┘ ̄ ̄
       〉    ||
     /      | {

176名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 07:58:48 ID:MCa588dU


              ,  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、
                /. .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.ヽ
.             /.:.:.:. .:. .:.: .:.: :.: : :.:.:.:.: :.: . :. :.:',
             /.:.:.:.: .:.: i: .:/. :/. : :.:.:/.:/i:.:.:.:.:.:.:.:i      他にも映画などの知識を解説していただけるのは
         /イ.:.:.:.:.:.:.::l:./i:.:/|:. .:.::/::厶lィ:./:.:.:.:!    大変魅力的だと思いますよ。
          l:./.:.:.:.::::トl土ミ}:.:.::/|/云F|イ:.:::::::|     次は
           l/l.:i:.l、.:::!´{r‐:fl:::/ ´{r‐:}^ソ:::::i:::}.     ┌──────────────────────────┐
            l∧:::ヽ| ` ̄ |/ }    ̄´/::/:::!/     │「映画作り以外のパートが冗長になってしまっていないか。」    │
             |ハ:ヘ    _  _   /-イ:/.´      └──────────────────────────┘
              ヽV>、 `三´  イl:/l/
               / 、}>‐、_ ´{ア\      ですね、これについては少々辛口な評価になります。
           _   -‐ァ'   / r─`ー'、   >、____
         , ´: : : /   ∠Lノ┌ ニ ヽ  { : : : : : : `丶、
.       /: : : : /-─ '´└‐、`<} rヘ   \}: : : : : : : : : : \
      〈 : : : : : : : : : : : {\_: /\ソ 、   |、: rヘ : : : : :_:_:、:>、
       ヽ: : : /ヽ : :{\:_>Fく : : : : ヽ、\ |\\\/_L.二厶、
     rr‐ヘ:_/ /〈: :`>ヘ´ヘrヘ : : : : : `¨ト、 | : : :\Fr<´ : : : : : : i





       ,.-''"´ ̄ ` ''‐ 、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ'、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
      l::::::::::::::::ト;トト;ト、:ト、::ト、l
      ゙!:::r!::::::ヽゞ'  、l:lリ `
      ';l:ヾ;:::::::::'、  イ:ll      感想に近くなってしまいますがちょっと冗長かな、と感じています。
       >lヽlヾヾー 'ユゝ                        ~~~~~~~~~~~~~~~~~
       ス  j  」   '、
    _,.-''´r'' /、 「     `''‐..,,_
   f´    ヽ l  !    r、   `!
  くニ{}    ヾ! /    ェ''    ,;ヽ
  ヽrロ、_  Y´     ロ   、;'ヽ
    ! ゙l−-ニlー ――- 、l   l`´
   ,'  !ニニ 7ニ ニ ニ_ l   !

177名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:00:25 ID:MCa588dU


             ,.. -──-- .._
         , .::´:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        /NY.::::::::::::::::::::::::::::::::::::Nヘ
       /イ.::W:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::l N
      '´ /.::/:::MN:::::ИM:::::M∧::ヘY::l
       j:::;イ:::::::::i:::i::::i:lM::::;::MN::::::::::i:l
       |:/ l:::ヽ:::ム从M:::::从ム:/:::/::::ト!         なぜなら序盤ではやらない夫たちが映画を作る話が多かったのに
       l'  l::l:::ヽlゞ-'` ∨ ゞ-'7:/:::;イ          映画制作以外の話が増えてきたからだと思います。
        _..レ7从ト、   i   彳:;イ:`ヽ
     _.. -'´: : :llリ ヽト . 冖 ,. イ イ:/ lト、: :`ヽ.      当初の話の核は打ち込めるものが見つからない大学生のやらない夫が
   r': : : _r‐'^llレ'^ヘ `T´ / くヽ ll `ヽ: : `丶   思い人のナナリーに自分の作った映画を見せたい。(SCENE1 四月物語)
   lヽ: r'¨^_ z=‐''     ヽ ll /    ``ヾ、 `ヽ: /}    
   ヽヽヘ <l       >'        l>/: ノ/    なのだと僕は思っていました。
    トヘヘ `` `=- 、 /       _,,z='´ /:く ,ィ    
   〈ヘ ヽヘ     >'  _,, z= ''´-z  ,イ: :!辷!    ですが、
   /¨^/:ゞ、   /z=-''^´    l _zヨ /: : l`ヾ!   
   l  j: : lヽ  lく        ` /∧: : }  l   
    l  l: : ハ ヽ  }}        /: / ∨: :l  l

178名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:01:39 ID:MCa588dU








        ___.... ---ゝ``ヽ、  ヽ、
         ̄>::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ ヾヽ
      , ‐ '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ
   -‐=ニァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i      やらない夫がナナリーやルルーシュと一緒に
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|      映画を作ってしまったので(SCENE21 アカルイミライなど)
  /ク:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::/::::::::::::::::|:::::::::j
   /:::::/:::::::::::i:::::::|:ハ:::::イ::::::::::::::/::::ィ:::ハ:::::|::::::::::|      次の話の核が見えてこなく
  /:::;イ:::::::|:::::|:::::/'=|:/=|:::::::::::イ:::/=レ'=j:::|::::::::::i       勢いが落ちてしまったように感じてしまったのだと思います。
  // |::::::::|:::::∨γ≡、 |:::::::::/ レ'ィ≡、/イ::::::::∧      次の目的は妥当ミーティアかなと思っていたのですが……
 /'´   |:::::::ハ::::ヽ _{ィ::) !イ:::/   (イ::)_,/:::::::::jノ
      |::ハ:! |:::::ハ   ̄´ |/:::  ` ̄ /イ:::::::/、        今はそのための新部員集めといったとこでしょうか。
      !'_,リ-|::::ィハ      ' ::::.   u   jィ/リ} `ヽ、
_,.-‐ ¨ ´   ヾ:| 〉ヽ、   _..._     , '/:.:.:.:.|    `ヽ、   個人的にはやらない夫とやる夫が次にどんな映画を作るのかが気になります。
ハ        /:.:.:.:.:.:`>、 `ニ`  / /:.:.:.:.:.:|      ``
:.:ヽ         {:r‐、:.:.:.{ } `ヽ- "   j:/`l:.:.:.:|          /
:.:.:ヽ      |:|/ヽ:.:\        |_  l:.:.:|         /:.:.
:.:.:.:.:ヽ i    lj    ゝ- `--、   ノ/   l:.:|         /:.:.:.

179名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:02:54 ID:MCa588dU





 .    / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . ::. :.::ヽ
    /:: .::::: : :: : :::::::::::::::: :::::::::::::::::::. . :::. :.:::.::::::ヽ
    /::.: ::::.: .: : : :. :::::::::::::::. :: :. ::::::::::. :.:::::::::::::、::ヾ',
    l::::: :::::: ::: ::.:.:::::::l;:::::;:::::. : :: ::l;::lト;:.:::::::::::::::::';:::',`   やらない夫がナナリーと映画を作り終わったあとに
    l::::::l:::::::::::::::、:::::::lヽ::ヽ:::::::::::::ll::!‐l:;イ::::::::::::::l:::::',   物語がやらない夫から離れて他のキャラクターに向いたことが違和感の原因だと思います
    l::::::l::::::::::::::、ヽ::::lニミ、lヽ:::::::::l,f!うlT!::::/:::l::::ト;::::',    
    ';::(l|:::::::::::::::トlヘ!ソリ   ヽ::::::l ''"´ l:;イ::::::l::::l ヽ::!  少女漫画などでもそのような話の流れはあるので
    ';::ヾ!:::::::::::::ヽ´ ̄    `;、|   ´l:::::::l;:::l  ヾ  作者さんが表現したいことがあるのでしたらこのままでもいいと思われます。
     ';::::::';:::::::::::::;:'、   u   ,    /:::;l::ハ:!      
     ヾ;:::;:::l:::::::::',``    _...,,,  ∠:::/ リ ′    ですがやらない夫の行動目的をもっとはっきりさせるのと、
       `ヾl゙ヽ::::::', 、  ´ "   ィrゝ'´`!       書くキャラクターは絞ったほうが
        丶  ヽ:::', `丶、  / !l   i'        物語が締まるのではないのでしょうか、というのが評価ですね。
         ヽ  `ゞ     ̄   !′  !
       _,. -−>  !     ___」    `'' .,_    あくまで一個人の意見だと思ってください。
  _,. -''"´   <´  |     !          `''−..,,_
 ´         \ ,!    /               `''−

180名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:03:58 ID:MCa588dU


               ___
             _ _ >=─: : .  、
         _ -  ´.     : : : : : : : : : : : `丶、
     _ . :´: :_:_:_:_:_: : -─: : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
    ´ ̄ ̄ . : :´ .  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . : : :\
     . . :´: : . : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . : : : : ヽ
    / ィ: : : : : :   . : . : : : . : : : : : : : : : . : . : : : : : : : '.
  /´/: : : : : :/ . : : . : . . : :  : : : : : : : : . : : : : : : : : '.
.    / : : : : : / . : : :  . : : /: / . :  . : : . : : : : : . : : : : : : : l.        ┌────────────────────┐
   /. : : : :/: . : : : :i . : : : / /: . : . : : : . : : : i: i : : : : : : : : : l      │「登場人物が多いが把握できるレベルか?」    │
.  /. : :, ィ: / : : : : : : l: : : : /:l l: : : : . : : ,: //: ハ l : : : : : : : : : l        └────────────────────┘
 /: :/ / /: : : : : : : :|: : : //|: l: : : : : : /://: /=|:l: : : : : : : : :l: l
.//  , :/|: : : : |: : : :l! : /7'¨|:l!: : : : : //|/|ィ≠示: : : : : |、: 八!  
'′  |/ .l: : : : l: : : : | /≠fミリ!: : : :.///〃_ノ:::ハ7:/ : : : l }: l      これは今のところ問題ないと思われます。
      l: : : : |: i: : : |ハ_ノ::ハ`l: : /'   _辻Zシ7: : : :ハ|/: l      キャラクターの使い方の上手さもあって楽しく読んでいますよ。
      |: : : l:l: :ト、: : 爪_Zシ |: /        /イ: : /j_|!/}|
      |: : :ハ:|: : :\:'、    '′ i       /'/: ://: / ノ      
      |: :/ .|:l: : : :|-\      、       /: ィ|ハ'      
      |:/  リl: : :i:ト、:\    、____ ノ  //j^!: 〉 }       
      |!   ヘ: ハ!_ム|、:丶、    一   // //l        
    _  --──リ:>/\:|く、ト 、    /∠ _ ィ´ : : |     
   /:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r /. : : : : : } `¨¨¨ ̄r '´/: :, : : : : :j 、
   f:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\: : : : : j      | 「: : / |: : : :/:.:.:`丶、_

181名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:05:11 ID:MCa588dU



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::|
:::i:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\::::::::|ヾ、:::ト、::::::::::::::::::|:::::::::::j
:::|::::::::::|:::::::::ト::::::::::::::::::::::ヘ=ヾ、::{=ヾ!=',::::::::::::::::|::::|:::;イ
::::|:::::::::ヘ:::::::|=',:::::::::::::::::::::ヘ _,.`_,,,__ }::::::::::::;イ:::∧{
:::::|:::::::::::ヘヾ! _,ヾト、:::::::::::::::ヘ ='"¨ ̄´ j;イ::::::/ |:/ ノ|
::::::|::::\::::ヘ ,z=≡=ヽ、ト、:::::ヘ        |:::::/-'!'ノ:ハ
::::::::!::::::::ヽ、ヘ     ! :::` ``ヽ       |::;/|゙~i:::::::{ `    ですが新入部員が多いのが少々気になっています。
:::::::;イ::::::::::::ヘ``   、           |://  ゞァヘ
:::::/ |::::::;イ:::::iヽ、  _``.. _,,.. -‐''    |/', ‐ ´.: .: .ヘ     やはり書かれる(掘り下げる)キャラクターは絞られたほうがいいのでは、
::/  |:::/ |::::::!  >´  ̄`¨T¨ヽ   /'¨´: .: .: .: .: .:ヘ    というのが前述した評価とかぶりますね。
'   |:/  ∨ /  __, -‐、 }__,ノ /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ,ヘ、
   !'      { '´    `ヽ'‐'"i |.: .: .: .: .: .: .: .: //.:.
   _... --‐.:'¨〈  -‐ ' ̄´`、,ハ  ヽヽ.: .: .: .: .: //‐- 、
-‐´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j  -----、 У〉.__ヽヽ.: ._,-ニ´‐'´

182名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:06:37 ID:MCa588dU

                    _ ィ´
              ,  ,.:':::/ _______
              /{/::/' ´:.:.:.:.:.:.`` <_`ヽ、
             l:.!'.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.  、丶、
             j: .:.:  .:.:. .:  ::.:.:.:. :、:.:.:\ヽ
               /.  .:.:.:.:.:.:/:.:.:. .:.:::|  . :.:.:.:\:.:'、
             /.:/:.:./:.:/:./:.i:.:.:.:.::|::!:. :.|:. :.:.:.:.::::ト、ヽ
           l:./:.:.:.:|:.:ハ:.ム:.l:.:.:.::::|::!:.:.:.!:.:|:.:.:.:.:.:::'.\、     ┌─────────────────────┐
           |':.:.:.:.:.:ト:!z!j`|:|:.:.:.:.:.!|l:.:.:ハ::.!:::.:.:.:.ヽ:'. \    │・それ以外のご指摘もいただけると嬉しいです。   │
           イ:.:.|:.:.:l''辷:j`l:ト、:.:::!リに:|7:|::.:.:.:i:.:ト:::'.       └─────────────────────┘
             |:.:.:ト、:ヽ  ̄ ヽヘ:::| _辷リ7イ/:.:.::|::|ハ::l      ひとつだけ
             |ト、::ヽヽ!   i :.ヽ!   ̄´イ::::l!::::ト、! ハ!
            从「!ト\ー-::._   /´|::.:lリ:::| j!        主要キャラクターがみんな良い人なのが気になります。
           r─'\! ヽ `^ _ -イ`ヽ:ハ::l !ハ:|
           「    |  `¨´   |   V |/  `         特に気になったのが
          _,j    j    __ _ノ,、  ',            ラオウがDioを懲らしめるシーン(SCENE21 ハルフウェイ)
   _ --─ ' ´/二二 <∨   / く \ トー-  _      
  / \: :「 ̄7'´ ̄`丶\! \_/   \/ |! `¨¨ ―,: >、   http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1278421170/585-590
  ,′  \V/::::::::::::::::::::`7 /        `≠ 、_ /: :/ |    Dioとでっていうがアイコンタクトで
  !  ._,.:::≧'::::::::::::::::::::::://        ___.... ゝ二7: ; j    意思の疎通を謀ったのはわかるのですが……
  | /, --{::::::::::::::::::::::::::|r──── ._二 - 二´  /: / |
  V/- V.:::::::::_ - イ/´ ̄ ̄ ̄ ̄´ 「二二.-┤  v7  j
   { /  ∧/: : : : : ハV        |-__ 二!  /: :{ ,/イ
   |   ,. : : : : : : : / }}             /: : | ∨!




        _ -───`` ̄`` -
       ─ '´ ̄ ̄,>:::::::::::::::: : : : : :`  、
        ,  ´::::::::::::::::::::: : :    : : : : : ::`丶
       /::ィ:::::::::::::::::::::: : :   : : : : : : : : : :`.
      //, ´::::::::::::::;: : ; : : :  : : : : : : : : : : : : :`、
       ./:::::::::::::::::/:::/::: :/: : : : : : : : : : : : : : : :丶
      /:イ:::::::::::/!:∠!:::/: : : : : : : : : : : :   : : : : :.i
      ,'/ /::::::::::::!/' リ|:/: : ; : : :   : :; :   : : : : : :|
      ' ./:::,.. -'  .レ /:::/:: : :    : :へ: : : : : :: : : :!
      /::::ヽ     /' /:::: :   : : / }}: : : : : : :: /      知り合いなら何でそもそもあんなことをしたのかわからず。
      //|,.へ_..   /::;::::. . . . : : :/ ノ::: : : : : : /
          !´   ///::: : /|: ィ/イ::::::: : : : : ハ
          {、   ' ,': :/_.. |/-!.ヘ::::::: : :ハ: /
           ヾ厂 7 {/ ´::::::::::::::::/ヽ:: :/ V         少々ご都合主義を感じてしまいました。
             ∧i::::::::::::::::::/   V
            /  }}:::::::::::/、    |`i 、
      _ -‐ ´// , イ!:}:::::, ' /  \   .| |: : ` - _
  ,  '´: : : ,. .イ/r  」 ヽ:/  ` 、 `> | |`\: : : ` ヽ

183名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:07:35 ID:MCa588dU






   l::::::::::::::::::::::i::::::/!::/ !/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   !:::::::;::::::::::::::l::::/,l/`,'':'ー!::::::::::::::::;'!:/::::::::::::ヽ;::::i
   |::::::,:|:::::::::::;::l:/ィr:‐ヾ;ミ;` l:::::::::::/ー'、::::/:::/:::i'、::i
   l:;::/',!;::::::::::ヽi ー-゙:!,.゙ i:/::::::;',';=ミ、,|:/!:::/::::::| '、|
    !'!'、(;i::::::::::::i、i, ハハヽ /,':;'i、!:ヽ! }l'::|::/:::::;::::| 'l
    iイヽ,i::::::;::::| ヾ    '´.:::ヽ `"/:::l/:::::::ハ:::!
     |::::lヽ:::i、::::l     _    ,':/l:::::::/ |:l
      |ヽ!、ヽ|    (__ノ  ノ:/ |:/!:/  /
    i´ ̄`゙ー゙-'-'-> 、.、   ,.ィ'´ :! l,' l/    おそらく物語を起承転結で終わらせるためだと思いますが
   ,l          r'|゛l´             
   /_           / .| l\            少々違和感が残りました。
   ,.-'`` ー- 、 _    |  !   l
  l     ゙` 丶ヾ=:'、_ 'ー- 、 ',.-ゝ'r ⌒⌒ヽ_


.

184名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:08:53 ID:MCa588dU

 ::::: :::::::: ::: ::::::::::: :::: ::: :: ::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 :: :::::::: :: ::::::::  :::::   ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::ヽ
   ::::::::: :: :::  ... :::::: . :::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ;:ヽ
  :::::::::: ::: .::...:::: ::::: : :: :::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ:i
 : :::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::.:::::::::::;:::lヽ;:::::::::::l:::::::::::::l:::::::::::i,ヽ l
 ::::::::::::;!::;i::::::::::::;ィ::;:::::::::::::::::/|:l='' ヘ::::::::::|:::::::::::::l;::::::::::l, ':|
 :::::::::::ハ::!|::::::///|::::::::::::::/ク;;!;=ニ、!:::::::!:;::::::::::::i、:::::::::|
 ::::::::::!ニl!'l::::/''''ナー!::::::::::ノ〃' l;;;;:ソヘ::::::l::ト、::::::::| ヽ;:;::::!
 ::::::::|;:=イハ/'`i.ヽ. i:::::::; '   ー'"´  }:::;::::l l:::::::::!  'l',l::!
 :::::::::|, ゝ;;;;::ィ'' /:::/ ;      i:::l l::! `!:::::|   僕からの評価は以上になります。
 、:::::::i´ ̄´   //   ヽ     ハ:! !l  !::::!
 :ヽヽ::!     '"    ::::/    / !  '  l::::l   全体的に少々辛口な評価になってしまいましたが
 `ヾ、、゙            _,:. ィ  /!       |:/   スレが始まってからずっと追いかけているスレです。
 ヽi、r'ヽ、      `"´-‐'  /  l      '    いつも更新を楽しみにしています。
   ,i '、 ` ‐ 、_      /   |        
 -‐''|  /〉,.r┐"´`゙.  ‐‐'"     ト 、_      やっぱり何かに打ち込む若い人を見るのは心が澄みますね。
   |  !l .| .| l           /'  `ヽ 、

185名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:09:30 ID:MCa588dU



             _,,.. -――――- 、
            "´;:フ .::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              ,.-'´. .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::::\
.           /:::::: . . .. ..::: :  . ..::::: .: : . ...::::::::ヽ
       _∠-‐ァ:..::: .:: .::::::::::: . .:: .::::::::::.::::..::.:::::::::::::::::',
         ,.:';ィ:::::::::::::::/::;:::::.::::::::::::;イ::::::;:::::::::::::::::::::;:!
           /; '/:::::::::::::::ハ/lハ::::::::::ノ7;ィ/lイ::::::::::::::::::l'
        '´ ,':::::;l:::::::::::l〒う ヽ/ ',.ィ=ミ|:::::::::::::::::;l
           l::::/.|:::::;:;:{-ゞ┘    _{r':::jj::::::::::/::/リ   、
           |:/ |::::lリ.l`   ' :::::::    ̄7イ:::::/7′    ヽ
          '′. |:::l `'、   r- - ,    イ::::/イ    ,.r;;‐ミ_
            ∨   \ `ニ ´   _,.=l:;::リ ヽヽ ,ィ lミ、_ノ~   やらない夫とナナリーの恋の行方は?
                 `r、__,,. ‐''´   '|リ  ',',〃 {__,イ    やる夫の成長は?
                 _} || o    ノ`、_   ∨7  r''´    澪の片思いは?
          __,,.. -‐''´ ̄  ヽ||__,,..-‐'´    `丶7;-:r'  _    新八は幸せになるのか?
         r'´         jj           '' `ヾ,//1    ミーティアのデスティニープランとは!?
        .|            〃           /`} / {.,1-、  
.          { |        〃           ノ /.ノ /j| }  気になることがいっぱいのスレです。
         ヽ{         〃             {    //7 j  
          |`、         ll    ____ /. {  ,  / {/   この評価が少しでも作者様のためになることを祈って筆を置かせていただきます。
        ノ  !      {{          { ∧ /    /{
          l  |.       ||           /ト|    //    以上、キラ・ヤマトでした!
       |  j        ||          {(| ヽ   /| !
         |  |       jj              | ヽヽノノ.|
.        |  |      〃           |   `''´ . |
        l  .{      jj           j       |
       ノ   } \    〃          l         |

186名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 08:11:55 ID:MCa588dU
以上です、スレ汚しすみません。

187名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 09:10:43 ID:KtUq/LK.
評価乙でした。

188名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 10:19:51 ID:VoRvjT76
キラもマイクル・ゼーバッハも評価乙乙

189名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 11:34:25 ID:rVBM97Mk


190名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 13:48:29 ID:9fpIjZTg
評価乙
だがキラ、お前がそのスレの評価をするのかwww

191名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 14:25:12 ID:m9I05O9U
評価乙!

192名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 14:56:38 ID:m9I05O9U
現在の残りはこれでいいのかな?

◇やらない子のペルソナ3ポータブル            :きめえ夫さん指名 6/30
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272452856/492ミス
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/898
  指名レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/492

◇【女神異聞録】やる夫は明日への夢を見るそうです【オリジナル】   再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/979

◇【クトゥルフ】やる夫が奇妙な事件に巻き込まれるようです4【かも】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/980

◇やる夫の生活が劇的に変わるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/66

◇やる夫たちは橋を渡るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/436

◇やる夫は永遠の少女の魂を救いたいようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/439

◇やる夫が青い絵を描くそうです                      :再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/446

◇【やる夫は魔女の騎士になるようです。】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/447

◇水銀燈は「J」のメモリを持つ「W」のようです           :シュバルツさん指名
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/483

◇やる夫は力を求めて旅をする様です
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/488

◇【FF5】FINAL FANTASY V(ぶい) FINAL                  :再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/688

◇【DQⅡ】やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/719

◇【エルミナージュ2】やる夫が女神を迎えに行くようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/721

193名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 15:14:04 ID:240mn8ug
>>192
>>35>>107が抜けてるな

194名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 17:11:27 ID:zZRxZsX6
>>192+>>193で全部だと思う

195名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 17:11:47 ID:zZRxZsX6
あ、キラ・ヤマトさん乙でした

196名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 17:59:55 ID:fmESvLl6
>>192
水銀燈は「J」の〜 がアドレス違うような

◇水銀燈は「J」のメモリを持つ「W」のようです           :シュバルツさん指名
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/484

で正しいはず

197名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 18:05:41 ID:zZRxZsX6
>>196
ゴメン、このスレの最初に俺が持ってきたときにミスってたらしい
前スレの484が正しかった

198名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 20:08:45 ID:ifs0ni9Y
もちろん、既評価のも評価していいんだよね?

199名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 20:12:46 ID:qPomFYhI
たくさんされてますよ。
人によって評価の考え方が違うので
それはそれで参考になるかと。

矛盾した評価の場合どれを取るのかは作者さん次第ですが。

200名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 20:14:03 ID:fT/AcLLU
おけい

201 ◆fJcUcm9oIY:2010/10/13(水) 21:59:16 ID:IZlD4YAE
やる夫は黄昏の時代を生きたようです

その1
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1282743460/

その3(現行スレ、次スレ誘導に失敗したので張っておきます)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286635191/


□評価方針            おまかせ
□評価スタイル        .おまかせ
□AAの改変具体例    おまかせ
□その他要望・見てほしいポイント等
 ・「ベアルファレス」というPSのARPGが原作です
 ・評価の最初に原作を「プレイしている」「していない」を表記して欲しいです
 ・途中で飽きて止めた場合はどの辺りで読むのを止めたか教えて欲しいです(←文章のみでOK)

 初のやる夫スレを始めてみたら、当初の予定より長編になりそうで心が折れそうです
 少ないながらも読んでくれている人達が居るので、取り入れられる所は改善して
 続きも楽しんで貰いたいので、忌憚のない意見が欲しいです

 自分の作品は客観的に見れてないので、評価よろしくお願いします

202 ◆UBIK/dtv.6:2010/10/13(水) 22:32:01 ID:Sy4hEtoo
>>159
シュバルツ・ヴァルトさん、とても丁寧に評価していただき、本当にありがとうございました

2092年のニューヨークの描き方について、不活性者の人数について、『遊び』について……
どれも自分ではなかなか気が付けなかったり、足りなかった点で、大変参考になりました
特に、『遊び』の部分のアイディアの数々には、「そうすれば良かった!」と反省しきりです

作品の世界づくり、雰囲気づくり。今後書くもので、頂いたアドバイスを生かせるように頑張ろうと思います
ありがとうございました!

203名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 22:57:26 ID:twaeCS9M
評価が被ってしまいましたが、投下させて頂きます
11スレほどお借りいたします

204名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 22:58:03 ID:twaeCS9M

| k:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:! l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, '"´  `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
lk l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'   _n_   ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l !: .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:   ´{_j}`  :;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_   _,
l l  l 、,、_;::::::::::::::::::::::::::::::::゙:、  _|!_   ,゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___,> Y´'ー-、
: .!  !ゞ爻之;::::::::;;;:::::::::::::::::::゙::. .,.,|!,., .: "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_>z二_ ___`ー≧__
! :l  l「" l^゛`/_ヽ、::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::::::::::::::::::t::::::::::::::::::::::ヽく vノ::::j,ィ:::::::::::V>┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
j !: !l  l@ | ロ ロ ロ l::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::∨:::j:::::::::∧::::ゞ>ヽ`く:::::Y /,::::Y::ッ:/        ヽ `Y′之>
:l ! l.l  l了 |_H_l」 」∠ー 、::::::::::::|!:::::::べ〈::/イ:::::::ハハ:::::::::::⌒`ヾ、V/ /:::: . ./  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
!l ! ! ! | |' ´ 三二 ニ`ヽ、`‐ 、 |!:::::YハYレj::::::::|叮|:::::::::::::::::::::::::〉Lノ∠ニー l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
j ! l: .{ ヽ∠ア ニ ニ エ ニ `‐ 、ハ -ム__ ヾ〈  ̄ ̄∧ n韭__,ノr 匕_n. |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   ……
:l l ヽ,:ゝヘ、_二 二 エ 二 エ 二 |_!ー-、_  ̄` ー- 、/ /     {レ/'´  /\  ヽ`|   ヽ    「)'/|/
,:ゝ'' ∠,." −┴-┬−−-┬ − ‐−=ニ ュ、__    ̄`¨ ''¬=∠/    /   \|.ヽ、_  ―  _,.ィT/
    < ─┬zュ─ ┬ −┴─ ┬−┴∠_二_¬ -、_     ̄`¨ ー-ニ⊥L l 7Eニ::ィ1│
  _,.r-‐''`-┬ − ┬‐ ┴ − ┬−┴-=ニ=r‐┴ -'¬z_    ̄¨''─- 、_     └l´::::/ヽト
                                                  |::::|´  ̄`i
    初めまして、できない子です                           |::::|     |j
    本日は以下のスレを評価させてただきます                   |:::::|    \
                                                 /lrェリ l   ヽ \


┌─────────────────────────────────────┐
│  ◇やる夫とやらない夫のユービック                                │
│    依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/440   │
└─────────────────────────────────────┘

205名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 22:58:40 ID:twaeCS9M

__________________
||                         :::|
||                         :::|
||           /ヘ            _:::|
||            // ヘ        _,> Yー-、
||         //  ヘ         _> ` r‐  ≧_
||           //    ヘ      >          <
||       _//     ヘ    ./ >        >       評価ポイントは以下の4点
||      / `ヽ、     ヘ  /,ィ  ヽ /     } ノ
||      >、   `ヽ、   ヘ. |ハ| |<ヘY入ノ リノ /レ'        依頼は原作を半分消化した時点のものですので、
||      / , `ヽ、  `ヽ、 ヘ .ヽノノ/ j.:./|/|           既に解決した問題もあるかも知れません
||     ./ /    `ヽ、  `゙'ヘ.   l/ノリハソ _|             ご容赦下さい
||    / /ヘ,-‐''""`〈 `ヽ、  ` /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
||    .i メ  ヘ;;;;;.... _,ヘ     `./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:∧        なお、ディック作品は電気羊と短編、その他
||    | l    〉´゙゙"" ヘヽ、.  /.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:ヽ        数冊を既読ですが、ユービックは未読です
||              rァ、_/.:.:.:.:.:〉´ ̄ ̄ ̄ヾ.:.:.:.:.}         表紙が怪しかったもので・・・
||_________ V//.:.:.:.:.:ハ{      {ゝ-'
               弋>、__/  {/     ヽ
                         /     l   ',
                     /      l  |


            【評価ポイント】
           ┌───────────────────────────┐
           │    ①SF的用語(不活性者・半生命など)の説明は十分か    .│
           │    ②ナレーション・地の文の分量は適当か                │
           │    ③AAによる表現で、分かりにくいところはないか         │
           │    ④「悪い夢」のような、原作の雰囲気は感じられるか       │
           └───────────────────────────┘

206名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:00:08 ID:twaeCS9M

      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<          では、まず①のSFタームからですが、
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |          物語上のキーとなる”不活性者”と”半生命”などは
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′          作中で丁重に描写があり、分かりやすかったと思いますが、
     `|    ヽ   「)'/|/             半生人は描写が色々ブレてるところがちょっと気になりました
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│              リョーコさんやヤランシター氏、カナの説明と、実際の半生人の世界から
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |               受ける印象が食い違ってるように感じます
   _(,,) あいまいな眠り (,,)_            原作通りなら仕方がないですが・・・
  /  | の中で、      |  \
/    | 夢見るのは…  ..|   \
      |_________|



                                   __
                                ,.:'´ .: :.:.:.`ヽ
       ,_   _                    !.:.:,´`ヽ.: : .:}
     、-ー'`Y <,___                    ',.:j  .::::ヽ.:{
  __≦ー`___ _二z<_                 ヽ  .: . : j!ヽ
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<                  ) .: .: . :j!  ヽ ___
 <之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i       あとタームではないのですが、ガジェットに若干戸惑うところがあります
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l      コインスロットの付いた家具や、何か古臭さそうなテレビ電話とかですね
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    1969年の作品だし、この辺は仕方ないと思いすが・・・
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ          いっそ原作通り作中年代を1992年としてしまった方が良かったように思います
      │「ィ::∩ ノ ⊃        超能力者の出現で文明が歪に進歩した世界とか説明すれば、まあ
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i                     `ーy'´      ,'´`.:.',
      \:::/-‐::::::/                      ,' .: : .: .`ヽ. :. ノ   .:',

207名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:00:45 ID:twaeCS9M

::::::::::'''''''''''';;;;;;;,,,,,,, ::::::::::      ::::::::       :::  ,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
::::::::::::::,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;;'''''';;;;,,,,        ''';;    ::::: ;;;,,     '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''::::::::::::
::::::::::::::,,,;;;;'''    '';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,    ,,l|l,    ::::::: '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,:
,,,,;;;;;;'''''''        ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;  ,il!;;,li!  :::::::  ,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
::::::::::::::::::           :::''''''''';;;;;;;;,,,,il!; ;li!  :::::              ::::::'     ''';
::::::::::::::::::''';;;,,,,,       :::::::::::::::::: ,,,,,il!;; ;;li!,,,,,         :::::::::::::::::::::::::::::::,,,:::::::::::::
        ''';;, ,,,,  :::::::,,,;;-=ニ二三;;;  ;;;三二ニ=-::;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;'''''':::::::::::::::
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''';,,,,,,;;;'''''   ''''';;;;""il!;; ;;!li''''        '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
       ::::::::::::___,> Y´'ー-、  il!; ;il!    ::::::::::::,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
   :::::::::::::::::::::::_>z二_ ___`ー≧__l!;;il!      ;'       ';,    '''';;;;;''::::::
::::::::::,;,,    ,,,,,>┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <!|!
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;''/        ヽ `Y′之>         ちなみに、1992年のままで良かったと思った理由は
.         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<            もう一つあります
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ              ・・・これは評価とは関わらないため後述いたします
   ;;;;;;;;;;;;;|ハ |:::::::::::::::::<::::u/ / ,/レ′   /`:、
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ  ヽ    「)'/|/ゞ__/:::::::::::i、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__rヽ、_  ―r, _,.ィT/:::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

208名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:01:22 ID:twaeCS9M

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i                   次は、②ナレーション・地の文の分量は適当か
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|                 中盤までは必要にして充分だったと思います
     ゙i|゙i'(1    ,    |                    ただ、最後の方でナレーションというか回想だけで流された
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ                         シーンがちょっと勿体ない気はしました
      │「ィ::ニE7 l
      /      |\
     (   く"| __|__\__________ri
    r‐\  ヽノ _|||||________._|}=====fll||爪||||||l|」コ―┘
       \_ 三〉))ー' ̄         `ー'ミ ̄~ ̄
        'ー---‐'''~`ー'



      ,r':.:⌒:.:r,..     ..、ッ´`゛::.:.:.          : :.            ..:.: .:
      }     )   ..:         !、,,......        ......:.:.:.:...__.....: ´... ,.,r'
   :.:ー:.:´    (,(   .::   ..:.:..       `γ     .:   ̄゛´゛ー ´
           ′:.:ーッ....,ッ´  `゛ :.:..     .:
       ,.ッ⌒(,.,.    {         __:.:.    ::..
    ..:    `゛ :.:..ー´  , '   '    !,ハ \ ゙、
   ´           ,'        ', ! !  ヽ.'、         死体すら描写されなかった仲間達の死亡もそうですが、
              , '         ',    i ヽ-‐,      特にハルヒの最後が勿体なかったと思います
.            /         ,ノ   k'ヽ,,ノ'´       アレはアッサリしすぎたと思います
.          /          ,' ゙,   L!
          /           {  ',            この辺は原作にはないかも知れませんが、
         ,.'              ',  i                彼女はヤルオを本当に愛していたとも受け取れました
        ,.'                ヽ. '、             その愛憎はもっと深くネタにできたと思うんです
.      , '                 ',  ヽ
      /     ,,     ,!. ,ハ,    , i.'、  ',.          末路を描写するだけでも、もっとカタルシスを
      "‐-‐‐-'´!,,     ハ,/  ',.  ,'i  ! ゙、. ',             得られたのではないかなーと思いました
           └‐--'´ ,' ',   ;_,/ `''''´ ヽ. .',.
.                 ̄ ',. i       ヽ ゙、
.                   ', !       i ゙、
                   } ',       ',.、_ヽ,
-‐‐ ‐ ‐- 、、 、, _ _.       ノ-:::i,,、、 -‐‐-- -‐ヽ ヽ,,、、、、、、
              ̄ ̄ ̄ '、,, ノ          ''"

209名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:02:39 ID:twaeCS9M
            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))      ③AAによる表現で、分かりにくいところはないか
    (( ,ヘ, |(○) (○) / / ,/ /
      '、 `|'''' r-‐‐┐''''.「)'/|/ /         ほぼありませんでした
         \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \



               _   _,
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>
            /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
         |ハ |(●) (●) / / ,/レ′     なんですが、あえて言い掛かりレベルの注文を付けるのでしたら、
          `|   ヽ    「)'/|/         場面転換が多かった話なので、時間経過用、場所移動用など、
       r、     r、_  ―  _,.ィT/          区切りのAAを使い分けた方が良かったかもと思います
      ヽヾ 三 |:l1l 7Eニ::ィ1│
.       \>ヽ、|` }/ヽ::::`l┘              あと場面転換の連続は見難いです
        ヘ:::::ノ::`'ソ´ ̄ `|::::|            区切りも背景インサートも基本、移動や時間経過を”省略”する演出です
         /´::::::/j|     |::::|              省略の連続は避けた方が良かったと思います
         \::://    |:::::|           もしフェードを意図したのでしたら、1レス内に収めた方がいいかもです
          / /   l lrェリ\

210名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:03:16 ID:twaeCS9M

            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>             後は、AAの表現とは言えないかもですが・・・ジョン・ミラーは
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<            1カットだけでも子供のAAを使った方が良かったと思いました
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /            作中でも散々子供で伏線が貼られておりましたしね
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /             (最初のモラトリアムでの乗っ取り事件、終盤でのヤルオの
       \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/                   子供の悪戯云々・・・)
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /               本当に細かいことで申し訳ないです
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       < ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
;:';::.:.. ゛'';:::::,::::;,;/    ヽ  \:::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
゛''':.、. . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
. .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :';:;,. . . ,..
       : . : : . . . . . . `゛''''゛゛´.゛゛:'::';.,.,. .

211名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:03:53 ID:twaeCS9M

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |       最後、④「悪い夢」のような、原作の雰囲気は感じられるか
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|.xx ヽ  xxx 「)'/|/          感じられました、特に中盤!
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│               月面〜シャアが死ぬ辺りまでは何が何だか分からなくて、
       'イ/ヽ::::`l┘            読んでいて凄い緊張しました
        i´ ̄ `|::::|                 特にトイレのヤランシター氏のメッセージはまさに悪夢です
       j|     |::::|                自分が同じ状況下でアレを眼にしたらと思うと・・・むー
      /    |:::::|
      / /   l lrェリ\
    \/     |    /
      ` ーrーr┼‐r'´
        |::::| |::::|
        |::::| |::::|
        ,ヘrリ トー}
        `ー'  `ー'



                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>
      .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<        その反面、後半は余り悪夢的な感じませんでした
            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |           逆に主人公の活躍によって悪夢から解放される思いでした
            |ハハ(●) (●_) / / ,/レ′          ディック作品にあるまじき感覚ですね
              `|  ヽ     「)'/|/
              ヽ、_ ワ _,.ィT/             ラストは自己喪失が好きなディック的ご愛敬でしょうか
.                ,〈 |:| l  lハ                 一々考察するのも野暮だとは思うのですが、
               /  l /  { !                アレは半生人側から生者の霊子への相互浸食なのかな?
              ,〈,,,_//  /  l                 そしてユービックが何処にでもあるなら、現実にも・・・
             (__ {==( `ヽノ ,ノ{
      / ` - .,  /    }ー7/~ヾ:::::l  ,、、
     /     ` - .,    i:://:::::::::i::::::l/ヽ ヽ,     r‐、
    /        /\  //_::::::::::リ/、/ヽ  ヽ    {  ⌒)
 / ` - .,     /   \ /  !` t ヽ.ノ   ヽノ     /^〜'′
 ` - ..,   ` -.,  /    //  .lー i
  〃 。` - .., ` 、   //、、,,,ノ  !
   ヽ_ ノ  〃` / 二ニ/   ヽイ|           ┣┣┣┣┣┣┣┣
               `ー -- ┘

212名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:04:30 ID:twaeCS9M

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... . . . .  .
,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:.  __i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,_ ゙ l,,__i,,,___i,,,,__i,,____i,,,,_
__i,,,,__i,,__.:.:.:.:__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___i,,__.:.:.:.:.__i,,,,_____i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,__i,,__
__i,,___i,,;;;`,___i__,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,__/__i,___,.、t ''T丁丁T¬、_i,,,,__i,,__冫i,,,,__i,,__
::_i,,__,_i,,,,__,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、i,,___i,,___,_i,,,___i,____,.ヘ >'"|´ '| ̄|'`ヾく.`>、,,,,_ ゙i,,,___l,,___i
i,,___i,,____i,_/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘ__i,,__.:.:.:.:.:. __i,,,,_____/ヽ_〉'|_|_|_|_|__ヾ. ヘi,,,,_:._i,,,___,,i,,__
_i,_____i__' ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ,,,,__i,,___,_i,,,,___i,_'ニ;/ |  |  |  |  |  | Y'ニ__i,,,,__i,,,___,
i,,,,__i,,__, 、,_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,___,i,,__人 _::;i,,,,__i|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,,__i,,____i,,,,_:.
__,i,,__.:.:.:.__i,,__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,i,___,,_i_ _i__|-‐|_|  |  |  |  |  |[|‐-|_,,i,,__.:.:.__i,,,___
,,,__i,,____i,,,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|i,,_____i,,___,_i,,,___i,|-‐|:‡ |_|_|_|_|_|_|‐-|_i,,;;;`,__i,,,,__i,,_
,_i,,,__,,i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|__i,,____i,,,,__i,,___|-‐| ̄|  |  |  |  |  | |‐-|,,__i,,___,_i,_/_
___i_,,__i,___|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|i,,,,_ ゙ l,,___,i,,;;;`___i_|-‐|_|_|_|_|_|_|_|‐-|__i___,,i___i,_

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i      これで評価はオシマイなのですが、最後に評価と関係なく
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l      個人的にちょっと思ったことがあります
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |            作中開始時間が2092年ということは、1939年は153年前ですよね
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ           ・・・ヤランシター氏は何歳なんでしょうか?
      │「ィ::ニE7 l              奥さんのリョーコさんは何歳でモラトリアムに入ったのでしょうか?
      └l´::::/ヽト
        |::::|´  ̄`i
        |::::|     |j
        |:::::|    \

213名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:05:07 ID:twaeCS9M

      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y(ヽ三/) ))   \三/) ))
  >{  ,'  |( i))),.  ,.l  ,   ゙i )))        何でこんなことを聞くのかといいますとー
 | !、{  |' |::::|寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙.|::::|●) (●)| ハ|         原作未読なので何とも言えないのですが、時間退行現象の正体は、
    ゙i|゙i' |::::|   ,    |::/          リョーコさんがジョンの2092年世界を相互浸食して、自分の作った
    ゙iTィ|::::| ―   _ノ/             1939年世界に置き換えたことが原因かなーと思ったものですから・・・
     │|::::|::ニE7,:::::/           (リョーコさん側は無意識かも知れませんが)
     └K:::゙,r'\ト:::/
       l::::,´  ̄`Y
       i:/     |



            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
       _>z二_ ___`ー≧__
       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <            ・原作では1992年が舞台で、1939年は53年前
      /        ヽ `Y′之>           ・リョーコさんはデ・モイン出身ぽい&生きていた時代はずっと昔
      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ /}        .    ・ジョン自身すら時間退行が起こった理由を知らない
     l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }./ /    __       ・半生人の一部は、実は距離や設備に関係なく相互浸食可能
     |ハ |(◎)三(◎)::/ / ,./ /  . / .ノ       ・オマケで、1939年のデ・モインでは女を買えない
   (^ヽ{ ヽ|   ヽ    「)'/|/ 厶- ´ /
 ( ̄ ヽ ヽ iヽ、_ □  _,.ィT/     /          根拠はこんな感じです
.(二 ヽ i i |,r‐i 7Eニ::r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)        で、これが1992年でも良かったと思った理由です
  ヽ   /  ノ'イ/ヽ:ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   i   {   イ:::: i´ ̄ `l::::::::::::::::/ \ \         ・・・すいません、いち評価人の戯れ言と流して下さいw
   ヽ. `ー '/::::::|     |' ̄ ̄    ヽノ
      `ー '  ̄

214名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:05:43 ID:twaeCS9M

                           _ _
  ...i !.! |i|i!|i|i!三三三三三三三!|i|i!  /ヽ、| || |ヾ
|  !  |i|i! ! _三三三三三三三三三|i/// / |_||_|
" ||ii|三三三三三三三三三三三// / /   /゛゙'‐
l||||三三三三三三三三三三三 </  / , \,, ー-、       簡単で申し訳ないですが、以上で評価を終わります
||||三三三三三三三三三三三三三三/ / \\   ー-、
.三三三三三三三三三三三三三三 / /    \>  ヾ     全体として、話もAAも凄く高い水準のスレだと思います
三三三三三三三三三三三三三三/_/   !  i  l  | ̄      応援しておりますので、これからも頑張って下さい!
三三三三; il 三三三三三三三三;;/   .  /   ゙ .!  ヽ
三三三三|.!三三三三三三三三 i|  /  ...゙    i
三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ           ,. -─'´ ̄` ‐-、
三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i           /        ヽ `ヽ、
二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      .       /  ,  l、 、 , 、 |  リ j
二二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./         l ,ィ {7Tハ T寸寸 | ノ ハ
二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"           |ハ |(◎)三(◎):::/ /   ヽ -、
 二二二 二二 二       _,,, ._..-'"     ゙.r           ノ `|::::::r‐‐‐v、::::「)'ノ  ハ  ', 、
             ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,           イ  , ヽ、_  ililiili|__,.イ;: ノ   ヽ ー 、
                           ゛          ハ  ノ,..ノ:::l 7Eニ::ィ:::::::::::/ノ..、∩ )    ヾ
‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._        ノ_ ,、r‐":::::、: 'イ '   ヽ::::::::イ'::::::::::| |-,/)    }
              、    . _,  .              r-r;''´:::::::::::::::`、::/      `、:;;;..-.,,_ 丿}ノ /ノ)   ノヽ
  _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー (,_{::::_::;;::--''-‐ /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃   \
      `    .‐―ー                 _,,,...  ノ    ,'    /        ノ′   `'=>'''"´   (    \

215名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:06:19 ID:twaeCS9M
以上です
お目汚し失礼いたしました

216名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:20:28 ID:ojlhG/vQ
できない子さん 乙です。

217名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:25:18 ID:jAW2s2Jg
丁寧な評価乙です

218名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:47:13 ID:2azL24D6
13レスほどお邪魔します

219名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:47:46 ID:2azL24D6


  |..:|....::..::     /     /|.:|...ト、...:....゙、::......::.:|
  |::|::::::::::::::::::::.:/..........::/   ゙、ヾ、 \::::::゙、::::::::::|
.  |:|:::::::::::::::::::/:::::::::::/    ゙、 ゙、 \::::゙、::::::|
  |:::!:::::::::::::::/::::::::::/          ,. --\゙、::/
  |::::!::::::::::::/―‐/-- 、__     / ___ !;:/
  |:|::冫-、/::::::::/=-r:::::iヾ    /'´5::::}〉|     皆さんこんばんは
  |::|:{ ヘ/::::::::/丶 ー"          ̄  !
. |::|:::゙、 |:::::::/            ,      /     実はけいおんにも出演していた(中の人が)
 |:::|:::::::〉::::/_                 /      鶴賀学園麻雀部主将・津山睦月だ
. |::/|::i:::|:::/i::::\       ,  -    /
/:/ |:::|::|:/::|::::::::::\        /        今日はこのスレを評価しよう
:/ |:::|::|/:::ハ:::::::├!_` ー _ , イノ|、_        >>107
|   |:::|::|::::| ゙、:ノ/ `ー-、 ,, -‐ ´  ゙、\      異説聖杯譚 やる夫が名無しの聖杯に挑むようです 
   |:::|:|:::::|/:.:〈     /ー‐\    |:.:.:\_   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285979729/
_,..-‐.:´.:/:.:.:.:.:∧  /|  / \   |:.:.:.:.:.:.|:.:`:.ー-..、_
:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|  V   〉-〈   \/:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-、








           _         原作はおなじみのTYPE-MOON作品『Fate/stay night』
      .  /`〃   ヽ      時間軸は原作終了後
       j  !. /./((ヾ))
      . ル!リ!(!/´゚ ‐゚ノ      新たな舞台「七篠市」で起こった第六次聖杯戦争に
          /j〈i介〉、      七篠市の「土地の管理者」「魔術使い」やる夫と
      .   (_く/_j_j|〉_)     偶然巻き込まれた一般人 やらない夫という
           ヒ!ヒ!       二人の主人公が挑む

220名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:48:10 ID:2azL24D6

・やる夫パート、やらない夫パートの二つの視点の移動がわかりづらくないか。
・話のテンポが悪くないか、また冗長になっていないか。
・説明シーンでわかりづらい部分はなかったか。 また、あれば特にどこだったか。
・AAに何ら工夫が無いが、戦闘シーンに迫力があったか。

・地の文を多用するスタイルだが、読みづらくないか。 また、情報量が多すぎないか。
・伏線や過去の出来事を匂わす描写が弱くなかったか(※主にやる夫と“あいつ”の因縁)
・原作を読んでいない場合、話についてこれたか───ついてこれるか?


━━━━(↓※ここから原作プレイ済みの型月ファンの方へ)━━━━━━━━

・Fateなどの“型月作品っぽさ”を作中で出せていたか。
・セリフや展開、原作のオマージュ(※主にやらない夫パート)がくどくなかったか。




                                           ,......-‐‐-...、 __
                                         /:::丿::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
                                             /::::/{::::::::;:::::::.::::::::::ヽ,
                                        /::;''  ljへ、:ヽ;:::::::::::::::l:l
                                         /::/‐-、  r‐‐`‐ヽ:::::::::j::l
                                            ,':/.弋フ`  弋フ> l;-、::ノ:::l
                   評価ポイントはこちら          ;'/ l   ,      '´/':::::::l
                                          ;/  !  _ __    ィ-/ |::::::::l
                                           ..ヽ_   , .ィ !/ . |::::::::l
                               ノ¨´   )ゝ リ  /`Tヽ,-‐  ! i j::::::::l `丶、
          ,.  ´ ̄  ̄  ─-  _       イ/\       {ハ  \:..\/!  :! i ヘ      ;!
         ∠__ _,.. -‐─-   _ ̄  ‐- ._/.:.::.:.\     、lヘ   ヽ: ./  :! i      i|
              ̄ ̄  ─--   __ ̄  ‐- _ ̄ ‐丶 .._   j!ハ__   V   :! i    ',  :リ
                          ̄ ̄ 丁T:. ‐- ニ ‐- ニ _‐-L,、 ̄7、   :! i   ヽ :/ハ
                             {.:リ: :.. 、丶\ ̄T' ァァ-:ノ / ' }.  '! i  ', :.:i:.!::.:ヘ._,r‐- .._
                             j/: :.::.::.:..丶 ._ヘ.:.:! //iーr‐-′ リ::.:/ | :!   、.:i:|::.:.. ', ヽ  :..:\
                             {::.:. :.::.::.::.::.::.:..`丶V∠ノ`   /:../..:.:! :!   、リ.:.:: :.、 ',  :.':. ヽ
                            /:',::.:. :.::.::.::._;:.: -‐ ´/    /!.:/:.:/ヽ ',   {: ::.:. :.:..' :!  .:!.:. \
                     ,. ..:´ ̄:.`:イ.::.: :.`ー一 ´    /    ,.イ ィ'//..:.::.:ハ ヽ   :!:..:.:. : .:i:. i  :;'.:    }
                    〈::.::.::.::.:.:.. . !::.:..ヽ::.:..:.. . .    {.   /.:;′リ'. . : ..:.:':.:ヘ i   |::.::.: :.:,'.:.:! /     /
                     ト、::.::.::.:.:..:. . 、:.: . 、::.::.:.:..:. ..:..:ハ. /.::.::/:! /|::.:..:.::{}\‐┐ `、 :!::.:.:. /..:,′′ . .:/
                     !:.::,::.:.::.::.::.:.:.. 丶:. 丶::.::.::.:..:..::.::.ヽ'.::.::/ ,'|' /.::.:;.:'.::.\_} | i 丶ト、:,.'.:.:/.  . ..:.::/

221名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:48:40 ID:2azL24D6

・やる夫パート、やらない夫パートの二つの視点の移動がわかりづらくないか。
・話のテンポが悪くないか、また冗長になっていないか。



                ,......-‐‐-...、 __
              /:::丿::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
  ,、   ,、        /::::/{::::::::;:::::::.::::::::::ヽ,
  | | ././        /::;''  ljへ、:ヽ;:::::::::::::::l:l
  | | /./       /::/‐-、  r‐‐`‐ヽ:::::::::j::l
,ィ.l`iィ i       ,':/.弋フ`  弋フ> l;-、::ノ:::l
l_f} ヽ .l         ;'/ l   ,      '´/':::::::l
| {   l.        ;/  !  _ __    ィ-/ |::::::::l     このスレは聖杯戦争や魔術の存在・・・いわば作品世界の裏を
ヽゝ  |        ,..--..ヽ_   , .ィ !/ . |::::::::l     「知っている」やる夫と「知らない」やらない夫という
 |   .|       ハ:ヾ: :/: :/`Tヽ,-‐ /:ヽ. j::::::::l     ダブル主人公の視点から描いている
 |  .|      イ: :、: : l: :/: : :!イ>、/: : /: :>、j
 l   |    i'´:=-: :_:_l: ::>.´ レ:l ./: ::_/: : : : :l: :`.、    二人は親友という設定だがまだ互いが参加者であることを知らず、
 |   |__,ィ='´: : : : : : :./: : :ヽ:.:|:::レ:.:>_:_: : : : :..|: : : :ヽ   これまで直接の絡みがほとんどなかった
 l   .!:ヽ: : : : :ヽ:-:_:.l: : : : ::ヽ!//: : : : : : : : l:、: : : : ヽ
 |   ヽ、:_: : :ヾ:、r'´ .!: : : : : :/: : : : : : : : : : : :ゝ、: : :l: : ヽ
 |    .ス: : : :ノ   '、 : : : : |: : : : : : : : : : :: :j'ヽ:、:.:j: :}: : :ヽ
 '、___,. ィ'=-''´¨    }: : .:.:.d: : : : : : : : : : : /  `Y:ノ: : :=-:ヽ
               }: : : :.:.l : : : : : : : : : :イ   ,-‐- 、: : 、_::ノ
             /: : : :.:.| : : : : : : : :/: :!   //., , .ヽ}:.}ノ
              /: : : : : :| : : : : : : ノ: :.:l ⊂l | l! l_/'ィ/




               ______/: : : : :\
           ,. ´: : : : : : : : : : :` .__: : : ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \`ヽ: :.‘,
.      /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\}: :.:.‘,
      /: : : : : :/i:.:!:.:ト、: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :‘,
.     /: : : :.:/  {:.:ト、{ \___: : :ヽ: : : : : : :‘,: : ,
     }: : :./⌒  `\丶<.\   |: : : : : :. :.|:. :.∧
    /: : イ ___     ___、  |: : : : : : : |: : : :
    /.:.:./ ! / //      /   } |\|__: : : :. :.,′: : :/   とはいえ、両方にきちんと見せ場を作ってきりのいい所で
    i: :./ ノ ! {l!{      { l!  / .|  ト、.',: : : /: : : : :{    区切ってあるからわかりにくさは感じない
   l: :| ./,, ゝ-'′    .ゝ-‐'  ノ  .}  } : /: : : : :.:.|
   l: :!人           ¨´''''  .i/: イ: : : :.:.:. :.|    話のテンポについても投下間隔の早さと合わせて
    V   >   ` ‐ '       ,_¨´./ !: :.∧: : : |   むしろ好印象だ
            ` ー─‐‐ェ─ ノヽ<¨¨´  .|: /  ヽ: :!
                _<⌒Y´¨7\ノ ` ┐ j/    V    展開を追うのに苦労することはないだろう
           /`ー=ニニ二二¨}   ヽ
          rヘ!       rく  Yヽ   }

222名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:49:33 ID:2azL24D6

・説明シーンでわかりづらい部分はなかったか。 また、あれば特にどこだったか。
・AAに何ら工夫が無いが、戦闘シーンに迫力があったか。



       ,.へ、   ,..-::‐::‐::-:..、
     //::::::`/:::::::::::::::::::::::::::`::::....、
    /:::|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
.    |::::|:::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/|::゙、::ヾ:、
   |::::|:::::|::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/  ハ::::::::::i ヽ
    |::::|:::::|::::::::::::::::::ミ゛/ ::::::/     ゙、:::::::| |
.   |::::|:|::::|::::::::::::::ミ゛/:::::/ー-   -‐、::;ノ ノ  確かに戦闘シーンは既存のエフェクトを貼ってるくらいだが
   |:::/::|::::|:::{⌒ヾ /:::::::k'コ;;;iフ`  ィ;;iフ '     元々が文章を読ませるノベルゲームで紙芝居程度
.  |::/::::|:::::|ヾ、  /:::/        /
  |:/::::/|:::::| ヽ;イ:/       ゝ /      厨二臭い(褒め言葉)魔術だの宝具だのが飛び交う戦いを
  /::::::::|::|::::::|  /:/       − /       アニメや映画ならともかく
. /ハ:::::::|;:;|::::::| /;/   ` 、_/         変に凝ってAAで描写しようとしても演出過剰で目がチカチカするだけ
. || |ハ::::| |::::::Y`ー-、   /_
 | || |:::| ヾ::/`ー-、:.:.`ー-、ト、           型月らしく文字のハッタリで読ませればいいことだし、
  || |:::|  /__:.:..:.`ー-、 >i\__         あなたにはそれが出来ていると思う
   ゙、ヾ、./:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:..|:.:\ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.└-、:.:.\

223名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:50:02 ID:2azL24D6

・地の文を多用するスタイルだが、読みづらくないか。 また、情報量が多すぎないか。
・伏線や過去の出来事を匂わす描写が弱くなかったか(※主にやる夫と“あいつ”の因縁)
・原作を読んでいない場合、話についてこれたか───ついてこれるか?



  |..:|....::..::     /     /|.:|...ト、...:....゙、::......::.:|
  |::|::::::::::::::::::::.:/..........::/   ゙、ヾ、 \::::::゙、::::::::::|
.  |:|:::::::::::::::::::/:::::::::::/    ゙、 ゙、 \::::゙、::::::|
  |:::!:::::::::::::::/::::::::::/          ,. --\゙、::/
  |::::!::::::::::::/―‐/-- 、__     / ___ !;:/    地の文の多用・・・についてはわたしは気にならないかな
  |:|::冫-、/::::::::/=-r:::::iヾ    /'´5::::}〉|      人それぞれの好みだが型月自体「そういうもの」だろう
  |::|:{ ヘ/::::::::/丶 ー"          ̄  !
. |::|:::゙、 |:::::::/            ,      /      やる夫と“あいつ”についても今以上の描写が必要だったとは思わない
 |:::|:::::::〉::::/_                 /
. |::/|::i:::|:::/i::::\       ,  -    /        やる夫の父親・オプーナを死に至らしめた男
/:/ |:::|::|:/::|::::::::::\        /         引き込みとしてはこれだけでも十分じゃないかな
:/ |:::|::|/:::ハ:::::::├!_` ー _ , イノ|、_
|   |:::|::|::::| ゙、:ノ/ `ー-、 ,, -‐ ´  ゙、\
   |:::|:|:::::|/:.:〈     /ー‐\    |:.:.:\_
_,..-‐.:´.:/:.:.:.:.:∧  /|  / \   |:.:.:.:.:.:.|:.:`:.ー-..、_
:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|  V   〉-〈   \/:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-、





       /::::/:::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.\
        /::::/ :::::::::::../:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /:::::i:::::::...:::/::::://:::::!::::..:i゙、     設定関連については予習なしの完全新規で読むのは無理だ
     /:::::::l:::::::/:.::/   !:i:、::ヽ::::| !l     だって型月だし。
     /::::::: kヘ/::::/ー-、 ヾ_,\:!:/ リ
.    /:::::::::::| >:/ "むヾ   ィラi/'"       そもそも設定だけを借りたというようなものではなく
   /i::::::::::::|/∧       ,  /        原作キャラが直接出てくるスレを新規が開かないだろう
  ノ_i:::::!:;::イ〈   、 r‐-、  /         作者氏とスレ読者のやり取りを見ても「初心者お断り」臭ぷんぷんだ
\       |  i   \二..<_          自覚しているとは思うが
  \   |  i   /| | |   `ヽ

224名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:50:33 ID:2azL24D6

:::::::::::: ::\::::::::::::::::::\
::::::::::::::|ヘ| \:::::::::::::::\
::::::::::/:/| |   \::::::::::::\
::::::/// ソ     \::::::::::\
/丿    ___  |:::\:::::::\
       - ___ ヽ|:::ヽ \:::::\
      //::ん\|::/ | | \::::\
       ヽ:::丿 ノ|/  ソ   \:::ヽ
            |ノ     ....\\      さて 評価ポイントについては以上だ
     丶     U |     《 》 \ヽ     あなたのスレについて技術や構成的な面で
            /     ヾ丶    \    わたしからあれこれ言うような問題は見いだせなかった
          /    ___  。
   丶⊃   /     / //ヘ          だが問題はもっと別なところにあるのではないだろうか
:::ヽ   _/| \    /_//( ヽヽ        むしろなぜ評価ポイントにそれが入ってないのか不思議なのだが
ソ:::::::::::::::::/|_ソ\  \\:::ヽ \\      自覚症状がないのだろうか?
ノ ::::::::::/  へ ヽ --- ( \\ ヽ ヽ
::| ∠__  /  ヽ:::::\::::::::ヽ  ヘ\   ゝ
::ヽ   /∨\  |::::::::::ヽ:::::::::\  ヽ|   ヽ
:::::\ /ヽ:::::)\|:::::::::::::\:::::::::ヽ \  \




.        Eヨ[]][]]z、        __ィ、[]]Eヨ
.       ,r[]]Eヨr').>'.)      `、(ヽEヨ[]]、
.      / .´   .'´/         \ `´ ̄`ヽ
      /  ./ ̄ ̄    ,......-‐‐-...、 __  ̄ ̄ヽ   ヽ
    /   /       /:::丿::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ   ヽ  ヽ
   ./   /       /::::/{::::::::;:::::::.::::::::::ヽ,    ヽ.  ヽ
   /   ./       /::;''  ljへ、:ヽ;:::::::::::::::l:l    ヽ   ヽ
  ./    /       /::/‐-、  r‐‐`‐ヽ:::::::::j::l     ヽ.   ヽ
 /   〈、__    ,':/.弋フ`  弋フ> l;-、::ノ:::l    _ ヽ   .ヽ
 '、    j: `:`i,  ;'/ l   ,      '´/':::::::l   /: :´:{    }
  \  /: :.}: :ィ:ヘ.;/  !  _ __    ィ-/ |::::::::l_,ィく:`: : :ゝ、 _/   このスレの問題は
    Y_: ; :ノ: : : : :j':´:':' ヽ_   , .ィ !/ ,ィ'ク´く: : : : ヘ: ´`ヽ':/   主人公の一人というか一組
    フ¨: : : : :l: : : : : ::/ /`Tヽ,-‐ /: :.j:_: : :/ : :j: : : `ー:/¨      やる夫&キャスター(水銀燈)組にある
     `´`゙<: :L:、.: : .l: :/: : :!イ>、/: : /: : : /: : ノ: :>.'´
        `'=-、.:_:_l: ::>.´ レ:l ./: ::_/: : :レ : ://¨           はっきり言ってここまで彼らのキャラクター付けは失敗していて、
           ヾ/:. :.:ヽ:.:|:::レ:.:>_:_: : : : :/:/             作者氏が求めている反応を読者から得られていない・・・
              l: : : : ::ヽ!//: : : : : : : :Y             それがわたしの率直な感想だ
           .!: : : : : :/: : : : : : : : : : : :}
               '、 : : : : |: : : : : : : : : : :: :j'             プロレスでいえば北尾光司だな これはわかりにくいか?
                }: : .:.:.d: : : : : : : : : : : /
              }: : : :.:.l : : : : : : : : : :イ
            /: : : :.:.| : : : : : : : :/: :!

225名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:51:00 ID:2azL24D6

       /::::/:::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.\
        /::::/ :::::::::::../:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /:::::i:::::::...:::/::::://:::::!::::..:i゙、
     /:::::::l:::::::/:.::/   !:i:、::ヽ::::| !l
     /::::::: kヘ/::::/ー-、 ヾ_,\:!:/ リ   巻き込まれ型主人公(原作へのオマージュ)であるやらない夫に対して
.    /:::::::::::| >:/ "むヾ   ィラi/'"    やる夫は「知っている」側の人間 
   /i::::::::::::|/∧       ,  /
  ノ_i:::::!:;::イ〈   、 r‐-、  /       作中事件の真相に近い部分をやる夫視点で描くという試み
\       |  i   \二..<_        それ自体は成功しているといえる
  \   |  i   /| | |   `ヽ




                ,......-‐‐-...、 __
              /:::丿::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
            /::::/{::::::::;:::::::.::::::::::ヽ,
            /::;''  ljへ、:ヽ;:::::::::::::::l:l
           /::/‐-、  r‐‐`‐ヽ:::::::::j::l
           ,':/.弋フ`  弋フ> l;-、::ノ:::l
           ;'/ l   ,      '´/':::::::l
          ;/  !  _ __    ィ-/ |::::::::l      そして作者氏はやる夫を「味方には優しいが敵には容赦しない」
              ..ヽ_   , .ィ !/ . |::::::::lー、_    ダークヒーローのように描こうとし・・・
         /    / /`Tヽ,-‐    j::::::::l   l
        /  Y L  |,) ー'↑  ,> ィ   |    繰り返すようだがそれに失敗しているんだ
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ
 ヽ  iリ   \       ア´  ) ヽ   へ-i,

226名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:51:32 ID:2azL24D6

       ,.へ、   ,..-::‐::‐::-:..、
     //::::::`/:::::::::::::::::::::::::::`::::....、
    /:::|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
.    |::::|:::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/|::゙、::ヾ:、
   |::::|:::::|::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/  ハ::::::::::i ヽ
    |::::|:::::|::::::::::::::::::ミ゛/ ::::::/     ゙、:::::::| |
.   |::::|:|::::|::::::::::::::ミ゛/:::::/ー-   -‐、::;ノ ノ
   |:::/::|::::|:::{⌒ヾ /:::::::k'コ;;;iフ`  ィ;;iフ '
.  |::/::::|:::::|ヾ、  /:::/        /    古今東西ダークヒーローというのは背負ってるものがなくちゃいけない
  |:/::::/|:::::| ヽ;イ:/       ゝ /
  /::::::::|::|::::::|  /:/       〜 /      両親や妻子を理不尽に殺されたバットマンしかりパニッシャーしかり・・・
. /ハ:::::::|;:;|::::::| /;/   ` 、_/        容赦のない力を振るうにはそれなりの理由が要るものだ
. || |ハ::::| |::::::Y`ー-、   /_
 | || |:::| ヾ::/`ー-、:.:.`ー-、ト、
  || |:::|  /__:.:..:.`ー-、 >i\__
   ゙、ヾ、./:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:..|:.:\ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.└-、:.:.\




  |..:|....::..::     /     /|.:|...ト、...:....゙、::......::.:|
  |::|::::::::::::::::::::.:/..........::/   ゙、ヾ、 \::::::゙、::::::::::|
.  |:|:::::::::::::::::::/:::::::::::/    ゙、 ゙、 \::::゙、::::::|
  |:::!:::::::::::::::/::::::::::/          ,. --\゙、::/
  |::::!::::::::::::/―‐/-- 、__     / ___ !;:/
  |:|::冫-、/::::::::/=-r:::::iヾ    /'´5::::}〉|    しかるにこのスレのやる夫は「土地の管理者」として
  |::|:{ ヘ/::::::::/丶 ー"          ̄  !    舞台となる街を守ること             
. |::|:::゙、 |:::::::/            ,      /     目的のために人の命さえなんとも思わない魔術師への嫌悪・・・
 |:::|:::::::〉::::/_                 /     そういったものが設定されている が、作中に反映されていない
. |::/|::i:::|:::/i::::\       ,  -    /
/:/ |:::|::|:/::|::::::::::\        /       書かれていることと描かれていることがズレていて
:/ |:::|::|/:::ハ:::::::├!_` ー _ , イノ|、_       キャラそのものが薄っぺらいんだ
|   |:::|::|::::| ゙、:ノ/ `ー-、 ,, -‐ ´  ゙、\     生きていないと言ってもいい
   |:::|:|:::::|/:.:〈     /ー‐\    |:.:.:\_
_,..-‐.:´.:/:.:.:.:.:∧  /|  / \   |:.:.:.:.:.:.|:.:`:.ー-..、_
:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|  V   〉-〈   \/:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-、

227名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:51:57 ID:2azL24D6

:::::::::::: ::\::::::::::::::::::\
::::::::::::::|ヘ| \:::::::::::::::\
::::::::::/:/| |   \::::::::::::\
::::::/// ソ     \::::::::::\
/丿    ___  |:::\:::::::\
       - ___ ヽ|:::ヽ \:::::\
      //::ん\|::/ | | \::::\
       ヽ:::丿 ノ|/  ソ   \:::ヽ     やる夫は口では「街を守る」「魔術師が嫌い」と言う
            |ノ     ....\\    じゃあなぜ街をそんなに守りたいのかというエピソードがないんだ
     丶       |     《 》 \ヽ
            /     ヾ丶    \  死んだ父親から受け継いだ守護すべき街だ
          /    ___  。      やらない夫という親友(設定上の)もいる
   丶⊃   /     / //ヘ
:::ヽ   _/| \    /_//( ヽヽ      でも、何も無い
ソ:::::::::::::::::/|_ソ\  \\:::ヽ \\     例えば学校生活の描写はごく表層的 最新のやらない夫パートでやらない夫が
ノ ::::::::::/  へ ヽ --- ( \\ ヽ ヽ   「親友」やる夫の危機に熱くなってるのが不思議に見えてしまうほどに
::| ∠__  /  ヽ:::::\::::::::ヽ  ヘ\   ゝ
::ヽ   /∨\  |::::::::::ヽ:::::::::\  ヽ|   ヽ
:::::\ /ヽ:::::)\|:::::::::::::\:::::::::ヽ \  \







        ,..-:::‐へ、
      /::;ィ:::::::::::`ヽ     他の参加者やサーヴァントたちのキャラはそれなりに立っている
     /:...:/- |ハ、ヽ::::::::i
     i::::r!o   oヽ;、:|     それぞれの目的をもって聖杯戦争に挑む彼ら・・・
     W;(   ,.、  _,.-':リ    人間になりたいと叫ぶアサシンの姿は殺戮の怪物でありながら
       `r┴ョ'ヽ::::::|     感情移入させるほどだ
     .   /)-イ-=ノレ'
       レ'ヽ√       それにひきかえ何故こんなにやる夫は薄っぺらいのだろう?

228名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:52:37 ID:2azL24D6


  |..:|....::..::     /     /|.:|...ト、...:....゙、::......::.:|
  |::|::::::::::::::::::::.:/..........::/   ゙、ヾ、 \::::::゙、::::::::::|
.  |:|:::::::::::::::::::/:::::::::::/    ゙、 ゙、 \::::゙、::::::|
  |:::!:::::::::::::::/::::::::::/          ,. --\゙、::/
  |::::!::::::::::::/―‐/-- 、__     / ___ !;:/
  |:|::冫-、/::::::::/=-r:::::iヾ    /'´5::::}〉|
  |::|:{ ヘ/::::::::/丶 ー"          ̄  !    善悪や強弱ではない
. |::|:::゙、 |:::::::/            ,      /    何かのために必死な姿こそわたしは格好良いんだと思うよ
 |:::|:::::::〉::::/_                 /
. |::/|::i:::|:::/i::::\       ,  -    /      それぞれ必死な敵役たちの前に薄っぺらいやる夫が立つ
/:/ |:::|::|:/::|::::::::::\        /       あまつさえ上から目線の説教をかます・・・
:/ |:::|::|/:::ハ:::::::├!_` ー _ , イノ|、_       これはわたしは「格好悪い」と思えてならない
|   |:::|::|::::| ゙、:ノ/ `ー-、 ,, -‐ ´  ゙、\
   |:::|:|:::::|/:.:〈     /ー‐\    |:.:.:\_   これまでとりたてて苦戦も苦労もないし これで読者の共感は得難いだろう
_,..-‐.:´.:/:.:.:.:.:∧  /|  / \   |:.:.:.:.:.:.|:.:`:.ー-..、_
:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|  V   〉-〈   \/:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-、







                     前にアサシンのマスター・リーネの登場後に雑談スレで
            _        作者様自ら「いかにリーネが身勝手な悪人でやる夫が正しいか」を
      .  /`〃   ヽ      力説していたね
        j  !. /./((ヾ))
      . ル!リ!(!/´゚ ‐゚ノ      これなどは作者様の描写の量や読者サイドの理解力の問題じゃない
          /j〈i介〉、     正しいか間違ってるかなんてどうでもいいんだよ
      .   (_く/_j_j|〉_)
           ヒ!ヒ!       スカした顔の正しいやる夫より必死に自分の置かれた状況と闘う
                     間違ったリーネを読者は支持する

                     感覚そのものがズレてるんだ

229名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:53:17 ID:2azL24D6

.        Eヨ[]][]]z、        __ィ、[]]Eヨ
.       ,r[]]Eヨr').>'.)      `、(ヽEヨ[]]、
.      / .´   .'´/         \ `´ ̄`ヽ
      /  ./ ̄ ̄    ,......-‐‐-...、 __  ̄ ̄ヽ   ヽ
    /   /       /:::丿::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ   ヽ  ヽ
   ./   /       /::::/{::::::::;:::::::.::::::::::ヽ,    ヽ.  ヽ
   /   ./       /::;''  ljへ、:ヽ;:::::::::::::::l:l    ヽ   ヽ
  ./    /       /::/‐-、  r‐‐`‐ヽ:::::::::j::l     ヽ.   ヽ
 /   〈、__    ,':/.弋フ`  弋フ> l;-、::ノ:::l    _ ヽ   .ヽ
 '、    j: `:`i,  ;'/ l   ,      '´/':::::::l   /: :´:{    }
  \  /: :.}: :ィ:ヘ.;/  !  _ __    ィ-/ |::::::::l_,ィく:`: : :ゝ、 _/
    Y_: ; :ノ: : : : :j':´:':' ヽ_   , .ィ !/ ,ィ'ク´く: : : : ヘ: ´`ヽ':/ キャスターは・・・多くは語らない
    フ¨: : : : :l: : : : : ::/ /`Tヽ,-‐ /: :.j:_: : :/ : :j: : : `ー:/¨   語れるほどの内容がないから
     `´`゙<: :L:、.: : .l: :/: : :!イ>、/: : /: : : /: : ノ: :>.'´     勝手にやる夫に惚れて強くて何でも言うこと聞いてくれるだけの女
        `'=-、.:_:_l: ::>.´ レ:l ./: ::_/: : :レ : ://¨         安いエロゲでもお目にかかれないある意味貴重なキャラだ
           ヾ/:. :.:ヽ:.:|:::レ:.:>_:_: : : : :/:/
              l: : : : ::ヽ!//: : : : : : : :Y       『Fate』でやる夫に近い立ち位置のキャラ(「魔術使い」は明らかなオマージュ)
           .!: : : : : :/: : : : : : : : : : : :}       衛宮切嗣は立派なダークヒーローで
               '、 : : : : |: : : : : : : : : : :: :j'       秩序と騎士道を重んじるサーヴァントとの葛藤とかいろいろあるのに・・・
                }: : .:.:.d: : : : : : : : : : : /
              }: : : :.:.l : : : : : : : : : :イ        どうしてこうなった・・・
            /: : : :.:.| : : : : : : : :/: :!




  |..:|....::..::     /     /|.:|...ト、...:....゙、::......::.:|
  |::|::::::::::::::::::::.:/..........::/   ゙、ヾ、 \::::::゙、::::::::::|
.  |:|:::::::::::::::::::/:::::::::::/    ゙、 ゙、 \::::゙、::::::|
  |:::!:::::::::::::::/::::::::::/          ,. --\゙、::/
  |::::!::::::::::::/―‐/-- 、__     / ___ !;:/
  |:|::冫-、/::::::::/=-r:::::iヾ    /'´5::::}〉|
  |::|:{ ヘ/::::::::/丶 ー"          ̄  !   他の登場人物からもちょくちょく「やる夫は凄い」
. |::|:::゙、 |:::::::/            ,      /    「大した奴だ」「やはり天才か・・・」的な持ち上げセリフが出てきてるが
 |:::|:::::::〉::::/_                 /
. |::/|::i:::|:::/i::::\       ,  -    /     現状の中身がないやる夫に文字だけで飾られても辛いよ
/:/ |:::|::|:/::|::::::::::\        /       寒々しい こちらは文字だけで済ませちゃいけない部分だ
:/ |:::|::|/:::ハ:::::::├!_` ー _ , イノ|、_
|   |:::|::|::::| ゙、:ノ/ `ー-、 ,, -‐ ´  ゙、\
   |:::|:|:::::|/:.:〈     /ー‐\    |:.:.:\_
_,..-‐.:´.:/:.:.:.:.:∧  /|  / \   |:.:.:.:.:.:.|:.:`:.ー-..、_
:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|  V   〉-〈   \/:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー-、

230名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:53:53 ID:2azL24D6


               ______/: : : : :\
           ,. ´: : : : : : : : : : :` .__: : : ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \`ヽ: :.‘,
.       /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\}: :.:.‘,
      /: : : : : :/i:.:!:.:ト、: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :‘,
.     /: : : :.:/  {:.:ト、{ \___: : :ヽ: : : : : : :‘,: : ,
    }: : :./⌒  `\丶<.\   |: : : : : :. :.|:. :.∧
    /: : イ ___     ___、  |: : : : : : : |: : : :    ただもちろん「必死になるなんて格好悪い!」って価値観も否定はしない
.   /.:.:./ ! / //      /   } |\|__: : : :. :.,′: : :/
   i: :./ ノ ! {l!{      { l!  / .|  ト、.',: : : /: : : : :{    同じアクション映画でも血まみれで戦うスタローンより
   l: :| ./,, ゝ-'′    .ゝ-‐'  ノ  .}  } : /: : : : :.:.|    作中一度もピンチにならないセガールのほうが安心して見れるからね
   l: :!人           ¨´''''  .i/: イ: : : :.:.:. :.|    セガールの演じるコックだから無敵 そんな説得力の出し方もある
   V   >   ` ‐ '       ,_¨´./ !: :.∧: : : |   
         ` ー─‐‐ェ─ ノヽ<¨¨´  .|: /  ヽ: :!     いっそやる夫最強路線に突っ走るのもアリだ
          _<⌒Y´¨7\ノ ` ┐ j/    V     そういう方面の需要は確実にあるよ
            /`ー=ニニ二二¨}   ヽ
          rヘ!       rく  Yヽ   }

231名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:54:17 ID:2azL24D6

                ,......-‐‐-...、 __
              /:::丿::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
  ,、   ,、        /::::/{::::::::;:::::::.::::::::::ヽ,
  | | ././        /::;''  ljへ、:ヽ;:::::::::::::::l:l
  | | /./       /::/‐-、  r‐‐`‐ヽ:::::::::j::l
,ィ.l`iィ i       ,':/.弋フ`  弋フ> l;-、::ノ:::l
l_f} ヽ .l         ;'/ l   ,      '´/':::::::l
| {   l.        ;/  !  _ __    ィ-/ |::::::::l      まとめだ
ヽゝ  |        ,..--..ヽ_   , .ィ !/ . |::::::::l
 |   .|       ハ:ヾ: :/: :/`Tヽ,-‐ /:ヽ. j::::::::l      ・技術面などは文句ない
 |  .|      イ: :、: : l: :/: : :!イ>、/: : /: :>、j       ・やる夫のキャラが死んでいる。路線のテコ入れが必要
 l   |    i'´:=-: :_:_l: ::>.´ レ:l ./: ::_/: : : : :l: :`.、     ・感覚のズレを自覚すべき
 |   |__,ィ='´: : : : : : :./: : :ヽ:.:|:::レ:.:>_:_: : : : :..|: : : :ヽ    ・キャスターのエロは誰得
 l   .!:ヽ: : : : :ヽ:-:_:.l: : : : ::ヽ!//: : : : : : : : l:、: : : : ヽ
 |   ヽ、:_: : :ヾ:、r'´ .!: : : : : :/: : : : : : : : : : : :ゝ、: : :l: : ヽ
 |    .ス: : : :ノ   '、 : : : : |: : : : : : : : : : :: :j'ヽ:、:.:j: :}: : :ヽ
 '、___,. ィ'=-''´¨    }: : .:.:.d: : : : : : : : : : : /  `Y:ノ: : :=-:ヽ
               }: : : :.:.l : : : : : : : : : :イ   ,-‐- 、: : 、_::ノ
             /: : : :.:.| : : : : : : : :/: :!   //., , .ヽ}:.}ノ
              /: : : : : :| : : : : : : ノ: :.:l ⊂l | l! l_/'ィ/







            _
      .  /`〃   ヽ
        j  !. /./((ヾ))
      . ル!リ!(!/´゚ ‐゚ノ     わたしからの評価は以上だ
          /j〈i介〉、
      .   (_く/_j_j|〉_)    今後の活躍に期待しています
           ヒ!ヒ!

232名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:58:23 ID:IHa7qxbk
乙でした
喉に刺さった小骨が取れたような評価でした

233名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:59:02 ID:.XVn8uBg
いつもどおり唐竹を割るような評価乙です

234名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:59:08 ID:B79WcXlw
熱のこもった評価乙です。

235名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 23:59:37 ID:yrJ43g8.
乙でした
分析して評価するって凄いや
私だと多分罵倒しかできない

236名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:06:02 ID:mWkZxIeE
評価乙です。
北尾光司は非常にわかりやすくてわかりにくいと思いますwww

237名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:10:46 ID:R9JG7ERs
乙でした。
他に誰もいないようでしたら、五分後に投下させていただきます。

238名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:11:43 ID:PcJkdjx2
乙でした
もやもやしていた霧が晴れたような気がします
サンダーストーム北尾が出てくるとは思わなかったw

239名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:15:38 ID:R9JG7ERs
では、投下させていただきます

240名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:16:36 ID:R9JG7ERs

       ____
     /__.))ノヽ
     .|ミ.l _  ._ i.)
    (^';;<_A_〕
    .しi   r、_) |           .なっがい修羅場を抜けて帰ってきたで。
      |  `ニニ' /             こんばんは。わしや。
    .∠  `ー―i´__
  /  ̄ ヽ\― 、‐ヽ\ `ヽ     今回は以下のスレを育成させてもらうで。
  |      |  ` ┴ '  ヽ  ',    ┏─────────────────────────────────┓
  |ヽ   .rく    =  .lへ〈
  ',、     .|___,ノ__,ノ 弓 ',                【やる夫は魔女の騎士になるようです。】
  .ヾ 、   .ノ ̄` く ̄ ̄ ̄` |
   .ヽ\      , へ、   .ノ     現行スレ:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283953969/
    \`ー― ´   .| `ー.┘.     依頼レス:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/447
      〉.ー-、  ' |
     /___ヽ  .∧       ┗─────────────────────────────────┛
     .| 〉― 、 ̄ ̄∧
     ∨    .\_ノ .ヽ
    ./      |    .',
    |      /     |



             ____
            /__.))ノヽ
           .|ミ.l _  ._ i.)
          (^'ミ/.´・ .〈・ リ         原作は無しのオリジナル。
           .しi   r、_) |          まるで絵本そのもののようなファンタジーな世界観が特徴の
            |  `ニニ' /          王道ファンタジー物やな。粗筋は、気になるっちゅう方は
            ノ  `ー―i.          依頼レスのほうを参照しておくんなはれ。ほないこか。
        __, -;;〈  ` -、__ l´             /          /´
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;-'´;l;;;;;;;;;;;;|;;;;l;;;,/;;;;;;;;;;;;;`-;、ll;|
│ センイチ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;/;;;;;;;;;;|;;_;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,:-'
├───‐─┴────────────────────────

└─────────────────────────────‐

241名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:17:06 ID:R9JG7ERs

 ①地の文は見づらくないか。また見づらい場合の改善案はあるか。

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l ,  .、 i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  .しi   r、_) |       結論から言うと、正直読んでいて辛い思た箇所がある。
    | ⊂ニ⊃/        全部が全部ってわけやないんやが……
    ノ `ー.n:n    nn .   地の文あってこその作品やさかい、少しのミス、と言うか、
      nf|||     | | |^!n そういう部分がどうしても悪目立ちしてしまうんや。
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ  ヽ  :イ



   ____
   // __.))ノヽ
  //ミl _  ._ i.)
  ◎》/.´・ .〈・ リ         いくつか例をとって育ててみよか。
  .しi   r、_) |_     ちょいとネタばれも含んでるさかい、未読の人は注意やで。
    |  `ニニ' / /
   ノ `ー―i Θ

242名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:18:14 ID:R9JG7ERs

本編1スレ目>>893



    //               ハ   ヽ ヽ  \    .>'ト、   ヘ
   〃/ /   ,   /         ',     ハ  ヽ  ヽ  / l ',  l. ハ
   / / /  / /  /        i i   ',   ハ   ヽ/  .l  ',  l ハ
    / /  / ,'   ,'  l   l    .l l    i.  ハ   〉   !  ',  !  ',
.   / /  / .,'   .i   !    !    .ll ll   _ .l   ,!  ,イ   l  ', l  i
  ヽ/  /   !   l  .l   l    l.ll l/__...」-イレ ' .l    l   ', !   !
   ,'  ,'   .l   .!   .!    !   ,lイ -,,ィチヾ`>l  l    l l   ', !   !
  L.._ i   l    l  l   l _ニ´┘´べ.ノ_::ノぅl l  l    l l !   ', l  l
    ¨l   l    l  l  /,!´      ゞ= '' .ll  l    l .l ト、  ', l  l
      ̄``l     l  .l //,ィチュ、         l   l    l/`ヽヽ. ', l   l
        L.... _  l / ll {ヽ'、ツr〉  ,    ぅ !  l    l ./  ̄ ̄`ヽ、
           ll`i'   .ll `丶、~´   `  ー´´   ! .l    l /        ヽ
           ll l l  ll   lヽ、      __ ノ! l    l/    ──────────────────────
           ll l l  ll   l .  ̄ ,二ニ,´-zイ_ l l    l             しかし梨花は王になりたい。
           ll l l  ll   lヽ / i  /::<´  {l l    !              否、ならなければならない。
           ll l l  ll   lィV  .l i:::::l ヽ /.l !   l          何故ならば、やる夫が忠誠を誓ったのは
                                       「王となる梨花」であり、「魔女の梨花」ではないからだ。
                                        王になれないことはやる夫を手放すことに等しい。
                                        それは梨花にとって、身が裂かれる程に耐え難い。
                                              梨花は唇を強く噛み締めた。
                                       ──────────────────────

243名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:18:48 ID:R9JG7ERs

                  ____
                /__.))ノヽ
                .|ミ.l _  ._ i.)
               (^'ミ/.´・ .〈・ リ
               .しi   r、_) |            問題点としては極々シンプル。
           ,--ーー  |  `ニニ' / ー-、_          長い。
          /   /i/ `'`ー―i´ | `ー、_
         /    /  llヽ/ ̄/  |    l
        /  Y L  |,) ∧ノ↑  ,> ィ  |
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ



                                             _,,-ー----.、
                                            <"      "l
                                            '; ,、、__ソ^`7, i、
    あんさんの作品の最大の特徴は、                    ';'_ _  _  リ
    まるで上質のファンタジーを『読んで』               ,--ーート−〉. −`  rー-、_
    いるような気にさせられる地の文や。              /    ハ (_,ヽ uノ | `ー、_
                                       /    /  l `ニニ´/  |    l
    わしもやる夫界隈に居座って長いけど、          /  Y L  |ヽ‐一↑  ,> ィ   |
    あんさんみたいな書き手に出会ったのは、       /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
    おそらく初めてや。                    /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
                                  /      / |  |  |gca| |  / /|    )
だから、これは初めて故の戸惑いかも知らんが……  /     / /  | .|aAi| | / //    l
                                 レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
                                fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
                                / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ
                               ヽ  iリ   \       ア´  ) ヽ   へ-i,
                                 ヽミ;l\   \    ,-'"`ーー- '→/r-ーー
                                   \l \

244名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:19:23 ID:R9JG7ERs

.                ───
.              /    》》ノ ヽ
              |ヾ, ! ̄ ̄``  ト
              !ヾ. | ,. -   - |<
             f⌒ヾ/   ・  ( ・ リ          論議が多い所やけども、やる夫スレっちゅーんは
             ゝ         ヽ |         『各種SS』、『マンガ』、『アニメ』、そういったもんの複合の、
             'ーイ   '^ヽ,,ノ l             その延長やとわしはおもっとる。
.               |    `'二ソ ./            あんさんの作品は、その中でも
               ノ  、__ィ            『SS』的な側面に特化した作品と言えるやろな。
              」-ゝr―‐==;十i      _,r--――、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦__ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '",〈 !



                                             -――- 、
                                         , ‐'´         \
                                        /            、 ヽ
                                        |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
   しかし、あんさん自身それに頼りがちな     \          .ljハ';.'. _  _  リ │ ハ
   面があるんとちゃうか?               \          l∧.l ・〉. ・`  r  ! ヽ \
                                  \ __  __ リ ハ(_,ヽ  ノ" ト、  ヽ ヽ
   得意に偏りすぎてる。濃密な地の文は          {心下ヽ /"   ヽ`ニニ´/{   Vl   } }
   それはそれで美味しい。あんさんの魅力や。       ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
                                      7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
   けどな、たまに偏りすぎだと思う箇所があったりする。    /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
   それが前述のシーンやな。                    ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ
                                      |   .:.:::::::::::l  __ヾ\    ≧:::::::::'、ヽ {
                                      l_ .:.:::::::::/ >v'  l \::ヾ  ̄::::::::::::::::', }>
                                        ヽ.:::::::::V  |  ! l∧::::::::::::::::::::::::::::Vリ
                                         i::::::::::::`ドー rL.」 厶::::::::::::::::::::::::::::!
                                         l::::::::::::::j ̄ 7:::::├‐ ト、::::::::::::::::::::::::!
                                         \::::::/  :/::::::::::!   !:::`、:::::::::::::::::::!
                                           `/  :/ー‐‐┤  「¨¨ ヽ::::::::::/
                                           ,′ :/      !   !   レ' ´
                                          ┴‐┴━━━ゝ-┴

245名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:20:10 ID:R9JG7ERs

  \  /
    X
  / ∩      ____
/ ( ⊂)    /__.))ノヽ
     | |.    |ミ.l _  ._ i.)
    トニィ'| .(^'ミ/.´・ .〈・ リ
    |    |  .しi   r、_) |            『長い』とわしは言うた。普通に読むにはなんら問題ない文章や。
    \   ヽ  |  `ニニ' /          けどな、これはやる夫スレや。
     \  ヽ ノ `ー―i´           やる夫スレ的にはこの量は『長い』。目が滑る。何故か?
        ン ゝー''''/>ー、_
       / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ



                   /
         ,,, - ''''' ̄ ̄ ''' //,
        /     ._ . / //.,ヽ、
       /     '' ̄  /、l /,-´iiヽ ヽ
      / /     /     .// ゙i,
      l/      /      / /、  l
    ./^/      /      /ノ l ヽ l
 ,,,、 { / /.l    / /   _  ._  .. .l .ト l
 ミ)ハヽl/(_ l   / /  .´・ .〈・    l l l/        やる夫スレ的に標準の話し方はこうやな。
  ´,,,,-‐`ー l i  /l./    r、_)   l l `ヽ        通常、人物AAや風景、背景AAの横にこうして文章が書かれる。
,,, - ''    i l l/、l/   ...`ニニ'   ./l/   ~!,
        i `、 ヽ,,      ,,/ヽ      l      そして、この書き方は長文を話させるには適さない書き方や。
        ヽ  ヽ  `ー- ─''',/;ヽ \   ./
        ,l`i、  丶-−''' ̄; ; ;  `、  ゝ /
-、       `、ヽ (・)l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ミ-‐' /
  `ヽ、       ヽ\l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;.l ヽ/
    ヽ       \; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,l  l/

246名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:20:50 ID:R9JG7ERs

                          ,-v-
          ____            / _ノ_ノ:^)
        /__.))ノヽ            / _ノ_ノ_ノ /)
       .|ミ.l _  ._ i.)         / ノ ノノ//
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ      __    /  ______ ノ
       .しi   r、_) |    ("  `ー" 、    ノ       それは、やる夫スレが『マンガの延長でもあるから』や。
         |  `ニニ' /    ``ー-、   ゙   ノ        一般的なマンガでは、登場人物の台詞というのは
        ノ `ー―i´    /( `ー''y-'"           ほんの数行で片付けられるくらいに短い。
       <⌒i。___。!⌒>、 /  \/ノ.            エピローグ的に語られる説明に関しても、それほどは長くない。
       /  ^ヽ、´,,)~i_ ̄_____/           その延長線上であるやる夫スレにおいてもそれは同様や。
       〉    へ, |:| ̄                    .長い文が好まれない、というよりは長い文が適さない、っちゅうんが
       /   /  / |:::|                       ええやろな。
      i  /  / /::::/                   ほらな?見づらいやろ?



         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)
      (^'ミ/.´・ .〈・ リ
      .しi   r、_) |        改善策としてわしが提示したいんは、『やる夫スレとしての意識』や。
        |  `ニニ' /       これがやる夫スレであるということを、もう少し意識する。
       ノ `ー―i´        これだけでもだいぶ違うはずやで。
    , -‐ (_).    ヽ         具体的には……
     l_j_j_j と)     ヽ
    /   /        |
    〈  ノ  JAPAN ノ

247名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:21:59 ID:R9JG7ERs

──────────────────────
        しかし梨花は王になりたい。
         否、ならなければならない。
──────────────────────

   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /    . .: . . : .   . . : .\
      /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
     /  .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
  |      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \   :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\         ──────────────────────
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\           何故ならば、やる夫が忠誠を誓ったのは
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.     「王となる梨花」であり、「魔女の梨花」ではないからだ。
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i    ──────────────────────
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|



                                         ──────────────────────
    //               ハ   ヽ ヽ  \    .>'ト、      王になれないことはやる夫を手放すことに等しい。
   〃/ /   ,   /         ',     ハ  ヽ  ヽ  / l       それは梨花にとって、身が裂かれる程に耐え難い。
   / / /  / /  /        i i   ',   ハ   ヽ/  .l      ──────────────────────
    / /  / ,'   ,'  l   l    .l l    i.  ハ   〉   !           .n
.   / /  / .,'   .i   !    !    .ll ll   _ .l   ,!  ,イ   l  ', l  i    ⊆ ⊇
  ヽ/  /   !   l  .l   l    l.ll l/__...」-イレ ' .l    l   ', !   !   . ̄U ̄
   ,'  ,'   .l   .!   .!    !   ,lイ -,,ィチヾ`>l  l    l l   ', !   !       [][] n
  L.._ i   l    l  l   l _ニ´┘´べ.ノ_::ノぅl l  l    l l !   ', l  l        .ノノ
    ¨l   l    l  l  /,!´      ゞ= '' .ll  l    l .l ト、  ', l  l          ○
      ̄``l     l  .l //,ィチュ、         l   l    l/`ヽヽ. ', l   l           ○
        L.... _  l / ll {ヽ'、ツr〉  ,    ぅ !  l    l ./  ̄ ̄`ヽ、             ○
           ll`i'   .ll `丶、~´   `  ー´´   ! .l    l /        ヽ
           ll l l  ll   lヽ、u     __ ノ! l    l/
           ll l l  ll   l .  ̄ ,二ニ,´-zイ_ l l    l
           ll l l  ll   lヽ / i  /::<´  {l l    !  ──────────────────────
           ll l l  ll   lィV  .l i:::::l ヽ /.l !   l         梨花は唇を強く噛み締めた。
                                    ──────────────────────

248名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:22:30 ID:R9JG7ERs

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´−〈−リ      ..……やってみてわかったが、むちゃくちゃ難しいんやな、これ。
  .しi u  r、_) |       一応試験的に、地の文をいくつかに分けて、
    |  `ニニ' /          それとなく情景がわかるAAつけてみたんやけど……
   /  ∩ノ ⊃
  ( \/ _ノ|         それともうひとつ。さっき適さない、と言ったが、
   \“/_/        それが演出の一環である場合は別にええ。その辺見極め。



         ___
.       /__))ノヽ
       | l  _  _ i.)
.       (ミl ´・ 〈 ・ リ
       し   (__) .|      まあ、あくまで一例や。
   ビシッ   | `ニニ' ./        わしの言いたいことの雰囲気だけでも掴めてもろたらええ。
   / ̄\.ノ `ー―イ
  ,r┤    ト、__/`       .ほな、次行くで。
 l,  \_/ ヽ|  |  |  | `ヽ
 |,  、____( ̄)|  |  |  | | |
 ヽ, 、__)`JAPAN | |} | |
  ヽ、__)_.|  |  |  |  |l__|__|
     .|  |  |  |  |  ||  /
     .|  |  |  |  |  ||_ノ
     .|__|_|_|_|_||

249名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:23:10 ID:R9JG7ERs

 ②会話の端々、小道具、地の文から世界観をなんとなく想像することはできたか。

                  ____
                /__.))ノヽ
                .|ミ.l _  ._ i.)
               (^'ミ/.´・ .〈・ リ
               .しi   r、_) |          雰囲気を作るうえでのAA選び、および改変と言う意味でなら
           ,--ーー  |  `ニニ' / ー-、_        非常によく出来とる。そういう意味では合格や。合格なんやが……
          /   /i/ `'`ー―i´ | `ー、_    ..悪い。一つだけええか?
         /    /  llヽ/ ̄/  |    l
        /  Y L  |,) ∧ノ↑  ,> ィ  |
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ

250名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:23:46 ID:R9JG7ERs

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本編1スレ目>>110
   ───────────────────────
     青年が魔女の家に迷い込んでから5日が経った。
        青年はまだ魔女の家に滞在している。
   ───────────────────────


"   "  ;   ,  :   " ''−- 、 _     ; ;;  :
  ,       、  "   ''  '   " ''−- 、;;_   ,ィ',ィ'  " ,,
    "'  ;;.     "  ,,  ..  "゙ " "''   " '''−. - 、_ ''
 "'     .;:..;,   "  '   、  ;   "  '  ;;'':;  ィ l  "''−-
  "' "  ;':. ..;、 ''  "  '' 、 " ; ;''、   _,,,. .,;: . :;''" ノ "  ;;
:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "  .
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   "
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   |
                   |
                  ‖
                  ‖
                  ‖
                    ||
            ,;ー-、   ||
.       ,;‐'i-iーv" l  l|   ||
      |l__∀__l|ll/_ー_|   |.|
      〔l_='l l=',レ´・」・'!、,  |;|      これが魔女の住んどった家や。
   ト、   ト!l_l_l」∧ ー./i { /_¨ヽ       ほんで……
  _l,-`ー'|、ゞ__ノ ,'`ー' k 、ヽ_{`ソ
  ∨ 二、 !r'´, '´`、`^ 、,-`<゚ ノ¨';ー- 、
. <! l C l {__  ' }、  〉  )`ー'、 ` 、ヽ、
  ヽ ̄ノ,「_:.:.`ヽ' ̄ ̄} ̄ `}´ ゝ、__'丿
   |__,f´、'  `ヽ/`  ̄´ ` ̄`l ̄´`
    / ‐-、_ノヘ, ' ‐_l_,-  |
    ( '、  `rー、;_ ` __,k、  |
     \ ー‐ノ:::ノ。゚)´ ;三アニ]
     」、 ̄ 7`¨「:.:. ̄`;/::.:|
    ,(_)ノヽ/ノノ/.:.:.:::';ン.:.:.:.:|
    /ー'、,/ ///.:.:.:.:.: l::.:.:.:.:/
   | ̄`ヽl/ /7 .:.:.:.: /.:.:.:.:/
   l   /l l /l .:.:.:.:./.:.:.:.:/
   ヽ / |,/〈|.:.:.:.:./.:.:.:/

251名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:24:30 ID:R9JG7ERs

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本編1スレ目>>14
       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||:     o     ||    | |
     | |      ||           ||    | |        ───────────────────────
     | |      ||           ||    | |                    “コンコン”
     | |      ||           ||    | |         そんな魔女の家に来訪者を告げるノックの音が響く。
     | |      ||           ||    |_|        ───────────────────────
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   |
                   |
                  ‖
                  ‖
                  ‖
                    ||
            ,;ー-、   ||
.       ,;‐'i-iーv" l  l|   ||
      |l__∀__l|ll/_ー_|   |.|
      〔l_='l l=',|´・」・' !、,  |;|      これがその家の玄関やな。
   ト、   ト!l_l_l」∧ ー./i { /_¨ヽ
  _l,-`ー'|、ゞ__ノ ,'`ー' k 、ヽ_{`ソ
  ∨ 二、 !r'´, '´`、`^ 、,-`<゚ ノ¨';ー- 、
. <! l C l {__  ' }、  〉  )`ー'、 ` 、ヽ、
  ヽ ̄ノ,「_:.:.`ヽ' ̄ ̄} ̄ `}´ ゝ、__'丿
   |__,f´、'  `ヽ/`  ̄´ ` ̄`l ̄´`
    / ‐-、_ノヘ, ' ‐_l_,-  |
    ( '、  `rー、;_ ` __,k、  |
     \ ー‐ノ:::ノ。゚)´ ;三アニ]
     」、 ̄ 7`¨「:.:. ̄`;/::.:|
    ,(_)ノヽ/ノノ/.:.:.:::';ン.:.:.:.:|
    /ー'、,/ ///.:.:.:.:.: l::.:.:.:.:/
   | ̄`ヽl/ /7 .:.:.:.: /.:.:.:.:/
   l   /l l /l .:.:.:.:./.:.:.:.:/
   ヽ / |,/〈|.:.:.:.:./.:.:.:/

252名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:25:06 ID:R9JG7ERs

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  .しi   r、_) |       ……
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i



    ____
   /__.))ノヽ
   |. l _   ._ i|
  (^'/´・>〈・` |)..      ツッコミ待ちか?これツッコんでええんか?
  .しi  (_)  ソ.       いや、あまりにも自然すぎて伏線かな?とも
    | `ニニ' /          .思たんやが……もっと別のAAなかったんか?
   ノ `ー― ヽ

253名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:26:05 ID:R9JG7ERs

   ,ノ.7゙ ̄ ̄\
  /.,-┴‐-く/⌒.',
  |/     /  .|
.   {''"、""'' ヽ./ヽ        まあ、全体から見れば大した事ない違和感なんやけどな。
  /゙゚ソ _゙゚´   l」 .i /        こういうちっこいところから気をつけてくれると、もう少し読みやすくなる、とは思う。
  | 〈_,.-'ヽ ,  'ノ.}
  |(r==¬.)  |ァ'゙
  .\ ̄´ __/.|
    .`| ̄  /\



         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)
      (^';;<_A_〕
      .しi   r、_) |        まあ、ここを除けば全体的には違和感はほぼ無いと言ってええ。
        |  `ニニ' /       ほな、次行くで。
      .∠  `ー―i´__
    /  ̄ ヽ\― 、‐ヽ\ `ヽ
    |      |  ` ┴ '  ヽ  ',
    |ヽ   .rく    =  .lへ〈
    ',、     .|___,ノ__,ノ 弓 ',
    .ヾ 、   .ノ ̄` く ̄ ̄ ̄` |
     .ヽ\      , へ、   .ノ
      \`ー― ´   .| `ー.┘
        〉.ー-、  ' |
       /___ヽ  .∧
       .| 〉― 、 ̄ ̄∧
       ∨    .\_ノ .ヽ
      ./      |    .',
      |      /     |

254名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:26:24 ID:R9JG7ERs

 ③拙作の戦闘シーンなどのAA表現について良し悪し。

           ____
         /__.))ノヽ
   .      |ミ.l _  ._ i.)
        (^'ミ/.´・ .〈・ リ       表現のレベルとしては申し分ない。
        .しi   r、_) |         やる夫ややらない夫のチート具合を
          |  `ニニ' /        あんさんの思ってるとおりに感じられる位の完成度はある。
   _____    ノ `ー―i´
   |  :::|   /\__/\_
   |  :::|/ ̄        \
 _|____|_   裁判長:::::::::::::|
 |      |    :::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



  \  /
    X
  / ∩      ____
/ ( ⊂)    /__.))ノヽ
     | |.    |ミ.l _  ._ i.)
    トニィ'| .(^'ミ/.´・ .〈・ リ
    |    |  .しi   r、_) |         個人的に提案したいのは、この辺りに妙に時間をかけすぎて
    \   ヽ  |  `ニニ' /       ストーリーに影響を与えてしまうんであれば、
     \  ヽ ノ `ー―i´        もう少し簡素にしてもええと思う。
        ン ゝー''''/>ー、_
       / イ( /  /   \    手ぇかけられるんなら、それが一番やが……
       /  | Y  |  / 入  \ .まあ、この分ならこれから戦闘シーンが増えても
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l . 大丈夫やとは思うがな。
       j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ

255名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:26:59 ID:R9JG7ERs

 ④#1〜#4で一区切りの起承転結です。シーンの転換が急で違和感は無いか。

     , - 、-、
   ノ⌒ヽ_.))ノミ
  彡ミノノ_  ._ iミ     .読んでいて特に違和感はなかったで。
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  ノしミ:  r、_) |        ……導入部故、違和感を探せるほど
  彡| :: `ニニ' /      情報が無かった、と言うんが正しいか。
   ´ノ `ー―i´



    |┃       ____
    |┃ ≡   ./__.))ノヽ
    |┃      |ミ.l _  ._ i.)
    |┃三   (^'ミ/.´・ .〈・ リ        多少のありきたり感はあるが、
    |┃      しi   r、_) |      読者の興味を引くには申し分ない出だしやったと思う。
    |┃ ≡     |  `ニニ' /(⌒)    良くも悪くもこれからしだい、ってこっちゃ。
____.|ミ\__ __ノ `ー―i´ノ  Y`Y´`Yヽ
    |┃=___    (´ ̄   .i__人_人_ノ ビシッ
    |┃ ≡   )    ` ̄ヽ      /

256名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:27:35 ID:R9JG7ERs

 ⑤その他、私の精進すべき所。


                  ____
                /__.))ノヽ
                .|ミ.l _  ._ i.)
               (^'ミ/.´・ .〈・ リ
               .しi   r、_) |         言いたいことの大半は、①の時点で言い切った。
           ,--ーー  |  `ニニ' / ー-、_       後は……今までの話と若干矛盾しとるようやけど、
          /   /i/ `'`ー―i´ | `ー、_   ..あんさんのスタイルを崩さへん事。
         /    /  llヽ/ ̄/  |    l  ...これに尽きるな。
        /  Y L  |,) ∧ノ↑  ,> ィ  |
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ



      ____
    /__.))ノヽ
    .|ミ.l _ノ 、_i.)
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ
   .しi   r、_) |       『直すべき』という意味でなら、もう一つ。
     |  (ニニ' /          『キャラクターの描写を地の文に頼りすぎない事』
    ノ `ー―i´          .ちょいと例を挙げると……
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、   ー / ー  〉
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ

257名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:28:01 ID:R9JG7ERs

本編1スレ目>>662

          rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
          | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
          | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :: : \
          |/ : : : ,' : : : : : |\: : : : : : : : : : : : ヽ: : :: : : : : : : : :ヽ
.          /: : : : : : !: : /: : : |  \´:  ̄`ヽ、: : : :丶 : │ : : : : : : ',
       /: : : : : : : :..|⌒ト : : │   \: : : : : \: : : : \:|: : : : : : : |
      /: : : : : :./:/: :.:|: :∧: : : l    __.\: ヽ : : : : : : : : \:.:.: : : : :.|
.     /: : : / : : : V: : : :レ'-ヘ: : :.',    ィ灯テ外ミ: : : : : : : : : : \: : : : l     私ですか?
    /: :./!: : : : : |: : : :小Y心\:.ヽ   {iー'::::::jヾ: : : : : : ::\ : :ヽー :l     分かりました。
    |/ │: : : :/|:.: :.:.{ハ Vi::ハ \|    Vヘ::::イ:}ハ: \: : : : }\: ',: :l
         |: : : :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ   ゝ辷ン ∧: :}ヽ /|: : ヽ} :|
        ヽ: : l  ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' / / ∨ ∨:.l: : : : : |
            \{   \リ:.:`弋   。 ` ー一 ' / '´: : :∠,:│: : : :│
                /: : :.:/フ>  __   イ: : : : : :/..:.: 八 : : : │
           /:./^}/ / { { : : ∠: : :/  ̄ ̄\ ̄ \: :ヽ : : |
     _,, -='´_/ ´ 二)   ヽ: : /: :./       \//∧: : \|
     ´ `>: :/(7      、`)   /: : : /           ∨/∧: : : l\
      / : : ///\  xヘ \ /.: : : ; イ          V//,|: ──────────────────────
       ヽ:////// >く )Yー’{/|: /V                 進み出たのは穏和そうな風貌をした女性だ。
                                    腰まで届く長い髪は軽い癖がありウェーブがかかっている。
                                    その身体は女性らしい丸みを帯びていて非常に魅力的で
                                         道を歩けば誰もが目で追うような美貌だった。
                                      そしてそれに加えて立ち振る舞いと口調には品があり
                                           適正な教育を受けていることが伺える。
                                      ──────────────────────


.       /ニYニヽ
      / (0)(0)ヽ
     /  ̄`´ ̄ \
    | ,-)    (-、.|
    | l ____ l |
    \  ` ⌒´  /
   ,、-='l \_,ン g< \     ──────────────────────
 / \ └〆\ i=i|\' \      彼女を連れてきたのはでっていうのようだ。
丿   i  \ \=i| /  i|        みゆきが前に出るのに合わせて
                            自らも進み出る。
                  ──────────────────────

258名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:28:31 ID:R9JG7ERs

      ____
    /__.))ノヽ
    .|ミ.l _ノ 、_i.)
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ
   .しi   r、_) |              わかるか?
     |  (ニニ' /                 読者側が『想像したい事』、『想像しなければいけない所』
   /ノ `ー―i                 『その人間に対して持つイメージ』、はたまた『雰囲気』まで、
 /     ヽ.  ノ/ヽ   ノ7_,,, 、      ちょっと悪い言い方をすれば、この文で『強制』してしまっとるんや。
/ (⌒"⌒ソ⌒ヽ`、  ( ィ⌒ -'"",う
  ~''(_)(_)(_)(_)ソ   ノ  ,イ^
 ヽ/`、_, ィ/    /  /
 /  /     \_ノ
    /J A P A N
\_ノ



                                     _____
     さらに、この地の文は第三者視点          /  ___)
     いわゆる『神の視点』でかかれとる。        .|三三.l  __ |
     つまり、何を書こうと読者に              .|三(^''  ´・〈
  『一般的にはそう見えるのだろう』と誤解されかねない、ヾ し   ヘ_)
     そんな文章や。                      |  ヽ `ニ|
     そういう文体を使うんやったら、注意せんといけん。ノ    `ー´

259名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:29:05 ID:R9JG7ERs

                  ____
                /__.))ノヽ
                .|ミ.l _  ._ i.)
               (^'ミ/.´・ .〈・ リ
               .しi   r、_) |           全部が全部直せとは言わん。
           ,--ーー  |  `ニニ' / ー-、_         ただ、描写を地の文に頼りすぎたらいけん。
          /   /i/ `'`ー―i´ | `ー、_     ..もうすこしキャラクターが動くのに任せてみぃや。
         /    /  llヽ/ ̄/  |    l       表現の幅が広がるかもしれんで。
        /  Y L  |,) ∧ノ↑  ,> ィ  |
      /    |ヽ  |,バ  |  7 /  |
     /     .イ| |  |rA,| /  / /   |
    /      / |  |  |gca| |  / /|    )
   /     / /  | .|aAi| | / //    l
   レー-、_ / ̄`__-、__,l Aec.| | / /(     |
  fク´"''ノ_V    `\ノノavkj ̄レ ノ ノ     ノ
  / ,、 i  \      \_,ニコ∠、,≦    ,イ



         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)
      (^';;<_A_〕
      .しi   r、_) |            全体的に辛口になってしもたが、『次へ次へ』となる作品であるし、
        |  `ニニ' /           何より、この独特な雰囲気が癖になる良作やと思う。
      .∠  `ー―i´__          .これからは一読者として楽しませてもらうで。ほなな!
    /  ̄ ヽ\― 、‐ヽ\ `ヽ
    |      |  ` ┴ '  ヽ  ',
    |ヽ   .rく    =  .lへ〈
    ',、     .|___,ノ__,ノ 弓 ',
    .ヾ 、   .ノ ̄` く ̄ ̄ ̄` |
     .ヽ\      , へ、   .ノ
      \`ー― ´   .| `ー.┘
        〉.ー-、  ' |
       /___ヽ  .∧
       .| 〉― 、 ̄ ̄∧
       ∨    .\_ノ .ヽ
      ./      |    .',
      |      /     |

260名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:29:31 ID:R9JG7ERs
評価の方、これにて終了です。ありがとうございました。

261 ◆aM4CCpEC5k:2010/10/14(木) 00:30:35 ID:GRUgxFh.

>>219-231
津山睦月様、迅速な評価有難う御座いました。


後半ご指摘いただいた点については今後の話で補完できるかと思い、今回は割愛させて頂きました。

とはいえ、仰るとおり、ここまでの話でやる夫のキャラクターに関する描写が不足していた点は否めないので、
今後はその内面や生い立ち、過去の出来事について早い段階で描きたいと思います。



有難う御座いました。

262名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:31:06 ID:e2SyfGY.
1001さん評価乙でした

263名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:37:49 ID:VHG0TNUU
1001さん乙
やる夫スレとしての参考例、すごい見やすくなってる
ドアには俺も吹いたww

264名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:39:51 ID:9SYJ9Erg

ドアの流れは自然すぎてこういうもんなんだと思ってたわw

265名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 00:54:28 ID:2vAIN6gs
乙。ない、あるいは見つからなかったのは仕方ないと思うがなぁ

266 ◆ja6Rq/0cd6:2010/10/14(木) 01:02:58 ID:sJ1cck6U
>>240-260

センイチ様、丁寧な評価をありがとうございました。
直すべき所、良い所を具体的に示して頂けたことが本当に有難いです。

┌─────────┐
│地の文について  .....│
└─────────┘
本当に仰る通り、見辛いですよね…
自分でもそう思っていて、読者の方の努力に甘えている現状でした。
改変例をありがとうございます。
今までは横幅とか統一していたのですが、
少し工夫してみます。

┌────┐
│ドア   ..│
└────┘
あちゃーって感じです。
やっぱり、手を抜いた所って目立ちますよね…
当時良いドアのAAが見つからなくて、
「まぁ、ドアってことが分かって貰えれば良いか…」
と諦めた所です。
いやはや、面目ないです。

┌────┐
│戦闘    │
└────┘
正直、一番不安な所だったのですが問題無さそうで良かったです。
このまま頑張ってみます。


多くの点を褒めて頂き、気になった所も指摘して頂いた。
それにかなり甘く評価して頂けて幸いでした。
評価スレに依頼して良かったです。
貴重なご意見をありがとうございました。

長文失礼致しました。

267VX ◆gtsNAsWZrA:2010/10/14(木) 01:53:02 ID:QcbFyJLY
キラ・ヤマトさん、評価ありがとうございます。

キャラが魅力的だと言っていただけて正直胸を撫で下ろしました。
特に爽子は誰得覚悟でキャスティングした(やる夫スレでは)マイナーキャラでしたし。

作品の核がぶれてきているという評価は重く受け止めさせていただきます。
最初は一つの大学の小さなサークルの映画作りのお話だったところに
SEED社大学を始めとする他大学のキャラや団体の登場、
創作活動の悩み、キャラの恋愛模様など物語を構成する要素が増えてきたために
自分自身上手く処理できているのか疑問を感じていました。


DIOの暴走の件については私の筆力不足としか言いようがないですね。
もっと読者の皆様にすんなり受け止めてもらえる書き方があったと
感じております。


当初はもっと短く書き終わる予定だったのですが
キャラが思いのほか動いてくれたこともあり
自分の思い出話や映画制作に関するエピソードや葛藤を盛り込みたくなって
かなりの長編スレになってしまいました。
それでも「楽しみにしている」と読んでくださっていることに
感謝しております。

作品の尺的に折り返しは越えていますので今回の評価を
参考にしつつ崩れかけている部分を修正し
最終的に読者の皆様に満足していただけるスレを
作り上げたいと思います。

評価ありがとうございました!

268名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:04:57 ID:5HqinqsA
評価スレを少々お借りします。

269名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:05:13 ID:5HqinqsA

                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ      初めまして、花京院です。
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ     今回、評価させていただくに当たり失礼の無いよう
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l    やらせて頂くつもりです。
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /     僕が評価させていただくのはこちら。
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、       ◇【エルミナージュ2】やる夫が女神を迎えに行くようです
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_        依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/721
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、

270名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:05:26 ID:5HqinqsA

┌──────────────────────────────────┐
│     □評価方針   辛口                               ...│
│     □評価スタイル   AA付                            .....│
│     □AAの改変具体例   必要                          ....│
│     □その他要望・見てほしいポイント等                      ...│
│                                                  │
│                                                  │
│      ・AAや文章が見づらくないか?                         .│
│      ・ストーリーやシステムの説明などが未プレイでもわかりやすいか?    │
│      ・主要キャラの背景描写が少なすぎないか?逆に多過ぎないか?     │
│      ・各女性キャラとのフラグなどの描写が少なすぎるのではないか?     .│
│      ・お話の進行速度は遅すぎないか?                     ....│
│                                                  │
│     自分で把握している改善すべき問題点として                 ....│
│      ・主人公である、やる夫が空気気味                      ..│
│      ・AAの改変技術の向上                             ...│
└──────────────────────────────────┘


     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ
   j〃/ //ィーヘkrく=))    このようにありますので、辛口、とはいかないまでも
   //〃イ州|  ,_リj_レ7     忌憚のない意見を述べさせていただきます。
  ////イrftテ〉 ftテシl{
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ     では、一つ一つ、ご説明させていただきながら
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb     見ていくといたしましょう。
  川  l iト、` ̄´/ リ °
  川  f」キf=='='=1
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: :
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :

271名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:05:47 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ   当スレッド原作の「エルミナージュⅡ」・・・
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)    「ウィザードリィ」の流れを組む、正統派の
   /// /ム州、 ,_リム/ソ    ダンジョン探索RPGです。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、    いわゆる、Wizを知っている人であればすんなり馴染めるでしょう。
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。   僕自身、このスレを拝見させていただいたあとに原作を買って
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚    大分楽しませていただきました。
      _|i___ヽ---'___リ__
      |ri||:::r三i::::::::::::::|     非常にカッチリとしていて、なおかつWizの理不尽さも引き継いだ
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__ いいゲームだったと思います。
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::


   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
  . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
  . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l    さて、このゲームのお話のあらましはこうです。
  . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
  /,l ^iヽヽ /"====_=_== ノ/ィァ/      ヽ  l ノ }  大地の女神と、「八つの神具」によって守られてきた世界・・・
 ///.l レ ト ∨    ' ̄、ツヽ   !.<.i       'ー、/f   その世界の人間である女王が女神の夢を見ます。
/// /∧ヽ-、     /   |! i   i l .l      r'´ ノ  ハ
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ  ̄==‐_-ノ_  it‐'´ \ いわく、
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l      { ノノ`ー /  「聖礎コントラキオに太古の邪霊が現れ、世界を侵食する」
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/       T-‐ ':::::::/
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i    _ -‐''":::::::::::/  / それを食い止めるために、女王はお触れを出します。
-‐、    / \  `丶、\\   /_.. -‐ ¨:::::::::,..、 __ /、 /   「八つの神具をすべて集め、コントラキオに女神の名を刻み
  \  /   }     ヽ l ¨¨:::::::::::::::::::::::::/   ヽ\  /  邪霊の復活を食い止めよ」、と。
    \\  /     /  ̄、¨'''‐- ..,,__,,.ノ     `ヽヽ'、

272名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:06:06 ID:5HqinqsA

   ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
  . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、   そのお触れを見て集まってきた「冒険者」の一人。
  . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l
  . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ  召喚士やる夫くんがこのお話の主人公です。
  /,l ^iヽヽ\/"====_=_==--‐''¨|      ヽ  l ノ } 
 ///.l レ ト \l ¨¨:: ̄ ̄:::::::::::::/¨ヽノ       'ー、/f
/// /∧ヽ-、  ̄¨'''‐- ..,,__,,.ノ .i l .l        ノ  ハ  では、さっそく依頼された評価の項目を見ていくとしましょう。
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ        it‐'´   まずは
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l             
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/          ・AAと文章が見にくくないか?
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i
-‐、    / \  `丶、\\   /           ・ストーリーやシステムの説明などが未プレイでもわかりやすいか? 
  \  /   }     ヽ l ¨¨
    \\  /     /  ̄、

273名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:06:18 ID:5HqinqsA

            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡   ここはほぼ満点をつけても良いと思います。
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ
             l:.iヽ__  ノli: : l      というのも、作者さんは非常に丁寧に世界観を
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ      説明していてくれています。
           /::/::ロ:::::::::ノ::l
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!      非常に良い、と思った点は
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、     まず、物語の中で簡単に職業などを説明してくれます。
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/

┌───────────────────────────────────────────┐
│                       _____                                .│
│        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \      やる夫は                   ..│
│       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ      ニューソクデ・やる夫だお       ......│
│      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ      なりたてほやほやの召喚士だお    │
│     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ                          .....│
│     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |    よろしく                   .│
│    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |                          ....│
│   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /                          .....│
│  ./     入   .}‐〈   } __\              /                            │
│  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、                            ..│
│  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\                          ....│
│   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ                         ..│
│====================================           .│
│.||  召喚士(サモナー)                                   .  ||          .│
│.||  7つある中級職業の1つ、モンスターと契約し使役する事ができる        . ||          .│
│.||  召喚魔法のエキスパートであるが、それ意外の魔法は習得できない      . .||         .....│
│‖   レベルが上がるごとに契約しておけるモンスターの数が増える        . ‖          │
│‖   なお本編ではモンスター召喚の設定をゲームとは変更してます         ‖           │
│‖                あらかじめご了承ください                  .‖          │
│====================================           .│
└───────────────────────────────────────────┘

274名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:06:31 ID:5HqinqsA

┌────────────────────────────────────────────────┐
│                                 ,.へ                                     ....│
│  ___                             ム  i  話題が出たので、次は「召喚士」ね             .....│
│ 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈   AAは本編同様やる夫さんよ                .....│
│ ト ノ                           iニ(()                                     .│
│ i  {              ____           |  ヽ  魔物と契約し、使役することができる唯一の職業よ   ....│
│ i  i           /__,  , ‐-\           i   }                                     .│
│ |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ  基本的な能力はほかの魔法職と大差ないわね       │
│ ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!   低いHPに防具はローブ系まで                .│
│ i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!    武器もあまり装備できないけれど              │
│. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/      ムチ系の武器は全て装備が可能なので      .....│
│   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /         後衛から攻撃することができるわ          .│
│       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "                                         .│
│        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"                                           .│
│     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ                                     ..│
│     | 答 |         召喚士         │|                                     ..│
│     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ                                    ......│
└────────────────────────────────────────────────┘

    、〜`⌒`三`Y,ィ,ィ
  r≦ニ、 _ミ. _, 彡ノノィ
 j´r= ヾ/,ハY,ヘ.'く三  |
./, r'⌒i {リ ;;   }j人ミ :|     そして、一話ごとに必ず「解説編」ということで
{'' (  ゞlミャ ''テ:五'Tnミ|     やらない子さんが各ゲーム用語について詳しく説明してくれるわけです。
 )リ   ノl ,リ ` ヽ リソ {
(i〈.   °l‘ニ..__,. ' ハヾヽ     攻略本を読んでいるような楽しさもあって、ここは非常に
 !〈_     ! 7''  / ゚,j.i!}__    好感のもてる場所だと感心しました。
  `リ _,r‐'{゙ー-≦,-r''´ヒリ'   ̄.:
 _,∠_:.:.-‐ ` -‘ニ’_h/::.:. . . . .:  解説コーナーも楽しい、この丁寧さのおかげで僕は参ってしまって
/   . .\:.:.__ : :.:.:.:.:.`ヽ::::::.:.:.:.:.:.:  ゲームを買ってしまったわけです。心憎い気配りですね。
:::::::::::.:.:.:.:.:ヽ:.:.: ̄:.二ニ{-‐:::.:.:.:.:.:
::::::::::::::.:.:.:.:.:i::::::::::::.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:::::::

275名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:06:42 ID:5HqinqsA


     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ   この「気配り」というのは、僕は非常に大事だと考えています。
   j〃/ //ィーヘkrく=))
   //〃イ州|  ,_リj_レ7    「さらりと読めて、物語を理解するのに必要最低の知識」
  ////イrftテ〉 ftテシl{     を作中で書いた後に、のちの解説コーナーで出てきた単語のみを
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ     もう少しだけ詳しく・・・
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb
  川  l iト、` ̄´/ リ °    ネタバレにならない程度に、小出しにしてより物語を深く理解してもらう・・・
  川  f」キf=='='=1
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____  これは参考にするべきでしょう。
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: :  解説としては「ベスト」だと言っていい手法です。
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :

276名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:06:58 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、  
      ////,/三ミlリンスノンノ    さて、次ですが
.    レ//'//レミvソ,r/ンン   ・お話の進行速度は遅すぎないか?  
.    /// /////`⌒tii'´|ス)
   /// /ム州、 ,_リム/ソ     ここはどうでしょうね。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!      僕はちょうどいいんじゃないか、と思っています。
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。    イベントの取捨選択で面白いものだけを・・・
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚    メイン進行の合間合間に、ちょっとしたオマケクエスト。
      _|i___ヽ---'___リ__
      |ri||:::r三i::::::::::::::|      この二つの進行に、それぞれ微妙に関連性を持たせているので
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__  よくゲームをやりこんで、物語をかみ砕いているのだな、と
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/::::: わかります。


    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ
   |/////r三∨//rノ
  //////||i`"iヽーr))    少々、ネタばらしになってしまうかもですが
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/    やる夫が「王」と魔物に認識される・・・
////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|
|リ//f{ {l゙|     |   |リ     このあたりに、一般クエストを絡めてお話を進めているのは
|リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。    非常に面白い伏線だと思います。
|川|  `l |ヽ -==フ,/|||`°
|川   !| \___/ |リ     全体を通して物語をかみ砕いて、独自のアレンジを加える・・・
川   f=r=====l     原作をプレイした人であればより楽しめるスレ作り、いいですね。
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´

277名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:07:21 ID:5HqinqsA

                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ   さて、次は少々辛口になります。
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)  
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′ ・各女性キャラとのフラグなどの描写が少なすぎるのではないか? 
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l  ここは非常に難しいところですが、
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |  「各女性キャラ」の「各」とは一体誰のことでしょうか?
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′  やる夫に好意をもった女性?
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、        パーティにはミク、召喚獣にはライダーがいますが・・・
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、    申し訳ない、「フラグ」はミクには一切感じません。
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、



            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ   と、いうよりはっきりと申しあげましょう
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ    貴方の、主役たちには「個性」がありません。
             l:.iヽ__  ノli: : l     そのせいで、強烈に自分からアピールをしてくるライダーさんが
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ     非常に魅力的に映ってしまうのです。
           /::/::ロ:::::::::ノ::l
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!     もっと言いましょう、私はこのスレの中でも好きなのは
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、    だらしの無い、金にがめつい工房の麻呂、
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ    不毛な戦いを繰り広げるカイジ(ベネエフ)とアルク、
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)   試練を押し付けてくる迷惑千万な仙一、
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ    夫にデレデレなミントさん、蒼筆頭の魔界の住民たち・・・
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/     すべて、『脇役』です。

278名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:07:44 ID:5HqinqsA


    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ
   |/////r三∨//rノ   主要人物の中でキャラクターが「立っている」と思えるのは
  //////||i`"iヽーr))    召喚獣であるでっていうのみです。彼は何かの伏線も持っているようですしね。
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/
////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|    あと、奥歯に物の詰まったような言い方をするのもなんなのではっきり言いますが
|リ//f{ {l゙|     |   |リ    登場人物のダディ、彼は「チェルノブイリ」から非常に濃い影響を受けていると
|リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。   思われるのですが、いかがでしょうか?
|川|  `l |ヽ -==⇒,/|||`°
|川   !| \___/ |リ    誤解の無いよう、僕が言いたいのは、良い悪いではなく
川   f=r=====l     「キャラクターの立ち位置」についての話です。
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__ 
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´

279名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:08:03 ID:5HqinqsA


                 __
                ,'三三三ミミ>--、,,、_
                .|:::::|\::i::::\\:::::::::::ミ::::ヾヽ),
              、_ノ::::::\:\:ミ、ニミ,,ィ彡ミ:::::::Y:リノ|  先に述べたように、
               .ノ:::::::::∠_::::ミ::::::://フ::/_::ノ::ノ::::ノ  「自分から強烈にアピールしてくるライダーさん」
                  ,r彡-く二二>、三三ノ |::| |/|:h::/   このように端的に『性格=個性』を説明できるキャラというのは
               /ノ二/ニト::::r'r===、、,_ノリ / |/ |:|   面白いと思っています。
               |キ彡:|{ (〉'ヲ ヽニョァヽYノ,,|ノ==',jノ  
             ,,ノ三彡ト、ヨ      ̄''l´ {ニッラ/   そういう意味では、
           //:::::::/::/'|| |      ,,、_} i /    貴方の主役たちには個性が無いせいで
           j:::リ:/::゚:::::://|| .|      ヾノ /    「○○な・・・」というような紹介が非常にしにくいのです。
         ,ノ,イ::|/:::::_r-、 ゚ ヽ   三三= ,イ
         ̄ .川::::/:::::`ヾヽ、_:\    .` ,イ||      例にダディを挙げますが、彼の立ち位置はわかります。
        ___r─/::::::::::::::`::ヾミヽ`ー-、_/ || ||     ・面倒見のいい、世話焼きの中年
      ,-‐'´,,-ァ─三ニヽ、:::::::::::::::`ヾヽ、Y  ||♭      
    ,,/彳 ̄::::::::::::::::\\ \::::::::::::/7/>::7 .O      ただ待ってください。
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\ '\:::::::://:::/         作者さん、あなたは彼の『性格』を端的に表現できますか?
  /:::::::::::::::::::::::::r'フミ、 /「|:\ヾ、 \::::::::/_
 /::::::::::::::::::::::::::|,-┐|'ィ ァ.|.|::::::ヽ \ |:::r、ヘ\       と、いうよりやる夫、やらない夫、ミク。
. |:::::::::::::::::::::::::::::〉ニ'ノ   |.|__::::::ヘ | |::∪::ト、 |       彼らの性格を「一言でいうと・・・」というのができるでしょうか?
/:::::::::::::::::::::::::/イ/     |.|__|:::::::| ト、.|:::::::ヘヽ|



            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ   ここは辛口にならざるを得ません。
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡   私が貴方のスレの主要人物から感じることは
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ    「全員が事務的」
             l:.iヽ__  ノli: : l
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ     と思う要素が非常に強いのです。
           /::/::ロ:::::::::ノ::l 
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!     それというのも、キャラクター全員がそれぞれ、
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、    相手から一歩引いたような・・・ それこそ、死線をともに
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ    潜り抜けてきている仲間だというのに、妙によそよそしい。
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ   そのせいで、端的に性格を表しているだけの脇役のキャラクターが
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/    非常に魅力的に映ってしまうのです。
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/

280名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:08:22 ID:5HqinqsA


     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ   何が事務的に見せるのか?
   j〃/ //ィーヘkrく=))
   //〃イ州|  ,_リj_レ7    それは「会話」です。
  ////イrftテ〉 ftテシl{
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ     必要最低限なことだけを話し、会話のキャッチボールが
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb    ほとんど「ストライク」のみで構成されています。
  川  l iト、` ̄´/ リ °
  川  f」キf=='='=1    自分に置き換えてみてはいかがでしょう?
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____ 友人と、他愛のない無駄話、ボケ、突っ込み、冗談を言って笑わせる、
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: : いたずらをする、そういった「ボール玉」を投げる余裕、遊びがあるはずです。
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :



       シ`''``'"ヽ 
        イ::{:{''"}}゙ir}
       ''ハ::::}l`゚´|5"    そういった「無駄」がまるで無いように見受けられるので
       :ソi::{=/|ハ     「事務的」という印象を僕は受けました。
     , i {lハl‐'__| 
      |i  |三廿三|__    今一度言います、もし、ミクに「フラグ」を立てた、というのであれば
    i/三\ニ三三oニ5、  それは感じ取るのが非常に難しいものになっています。
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\
    |彡=、  }三三三ニoニヘ   一例挙げますと、多少ライダーにやきもちを焼いて、ミクが意地悪をしたりする、
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、 そういう「可愛げ」があってもいいのではないでしょうか?
    {ニ== シハ三三三/ /:三ノ=\
    ヾ三ミ= シミ、=,r/ ノ:三厶=三} そうすることで、ミクの性格に「やきもち焼き」を付加できます。
                       あくまで、「一例」として申しあげておきます。

281名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:08:54 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、   今一度、基本に立ち返ってみてはいかがでしょうか?
      ////,/三ミlリンスノンノ   お話を作るうえで最も重要なキャラクター・・・
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)   その人物の性格を「端的に」表した紹介文のようなものを
   /// /ム州、 ,_リム/ソ   自分で作ってみて、それに沿うようキャラクターを動かす・・・
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、   脇役たちのように、チョイ役だから印象づけるために
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。  いきなりワッと個性を出すわけではなく、我々読者が少しずつ
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚  そのキャラクターの性格に「ああこんな一面もあったのか」と思えるような
      _|i___ヽ---'___リ__    そういった「累積」が良いと思います。
      |ri||:::r三i::::::::::::::|
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__ もっと、他愛ない会話を挟んでみることを一案として挙げておきます。
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::

282名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:09:10 ID:5HqinqsA


         /  /  / _,.-‐、`'ヽ ヽ リ _,........_   リヽ|/ノ  /彡
       ,ノ  /   / //`>\_ヽ リ 彡--、     ー-ラ  彡
      r彡,.-''´    Y / / r‐'ヽミリ,,.-‐'ヽ ト、ヽ二三ミヽ リ 彡
     // /    ノ | ||   `'""´ 〉 /  、ヽ ̄  ヽ'三彡   ご自身で感じておられるように
     |  /    ,/ |ヘ,、 !|       | ||  ミミ三 /´!川リ    ・やる夫が空気
     |リ |    ( _,..-| | _!、     | / ヽミ_> /ri |川リ
     \ヽ    ヽ: : :,.|| ヽr‐;、') _,.---ヽ!_>'´| //lノノミ川    これでは、少々物語にのめりこみにくいのです。
       ヽ!    |/ : |    ̄,.i r-,<r''';,..-'゙  レr',./ヽ川ヽ
        |  / / : : /|  || | |   ̄    ,、.i゙i゙ヽヽリ ヽヽ   読んでいる最中には、脇役が特に目立っており
       |  //: : :◎: : |   !l__!.../         / ,ヘl : \ミ、ヽ ヽ  主役たちに個性が無いのは意図的なものだと
       |   /: : : : : : : : | _ ゙'ー''´      ノ:'´ : >'"'i :\ヽ  ヽ, 思っていました。
    ,.-'フ|   |: : : : : : : : : :| ゞ_'==-、,_  /: : : : : :ゞ‐': : : :\ミ、 ヽ
   ノ: //∧ヽ |: : : : : : : : :| |  「`'''ー  /: : : : : : : :/: : : : : : : : \-ゝ 脇役を輝かせるために、主役を抑える、というのも
  /: /:/ |: :ヽヽヽ : : : : : : : | !_   ,.-''´: :,:-'´ |: : :/: : : : : : : : : : : : `ヽ、 決して悪くありません、むしろ、魅力的ですらあります。
 |: : : |/: : |: : : \ミ_、_: : : : : ヽ: : : ̄: : : : |r'´  |: /: : : : : : : : : : : : : : : : :  世界を作っているのは「脇役」ですからね。


     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ
   j〃/ //ィーヘkrく=))   ただ、今回の依頼に当たり
   //〃イ州|  ,_リj_レ7    脇役を目立たせるために意図的にそうしていたわけではない、と
  ////イrftテ〉 ftテシl{    理解したため、一助になればと思い評価をさせて頂きました。
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb    さて、では次は
  川  l iト、` ̄´/ リ °   ・主要キャラの背景描写が少なすぎないか?逆に多過ぎないか?
  川  f」キf=='='=1
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____ ここは少し、質問の意図が分かりかねます。
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: :
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :

283名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:09:40 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ    やる夫、これは主役ですし、当然出生の謎については
.    レ//'//レミvソ,r/ンン    多く語られており理解に齟齬はないでしょう。
.    /// /////`⌒tii'´|ス)
   /// /ム州、 ,_リム/ソ     やらない夫は分かりません。ダディもイマイチです。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!     でっていうは伏線があるので、語られるのは後になるでしょう。
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。    ミクは、寺院で育った、以外の「背景」がありましたか?
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚
      _|i___ヽ---'___リ__
      |ri||:::r三i::::::::::::::|
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::


     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ   「ガンドラの街」のエピソード・・・
   j〃/ //ィーヘkrく=))    ここは正直、非常に面白いところなので、ぜひ読んでほしいため黙っておきますが
   //〃イ州|  ,_リj_レ7
  ////イrftテ〉 ftテシl{     魔傀儡(錬金術師が魔力を込めて作る人形)であるミクは
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ     どういう目的で作られ、やる夫たちのいた町の寺院にいたのか?
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb
  川  l iト、` ̄´/ リ °   ・・・・失礼ですが、作られた目的といい、いた場所といい、
  川  f」キf=='='=1    特に何か深く考えるような「背景」は見えません。
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: : 「人手が足りないから、寺院がお手伝い人形=ミクを一人雇った」
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :  これがミクの背景のように思えるのですが。

284名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:09:57 ID:5HqinqsA


      f/// // / //,r`ヾ∨/,,.r''´/,r="ノ
     ノ// // / /// / /ヾ''""ヾ'、'r''''''r=''))
      ノ// // / /l l l l l       l.lll   レソ/
.    ////〃 / / l l l l |     リリ   |//   忌憚のない意見を述べる、と言いましたので
   //// / / ノ―-ヽトトl、   v-"---ッリノ    はっきり言いますが、特に、背景は必要ないのでは?
.  //// / /,ィl | F〒tテ‐〉  f:r〒tテッ l゙l |
  l 川 / / f{ {l゙|  ´´ ̄''"   {゙`' ̄゛` |,リ    必要である、と現時点で思えるのはもはやでっていうを
  |川 〃/ハヽヾ|         l:}     l'ト|、    残すのみとなっています。
  |.ll l / / ヾi`゙l       ヾ_フ    l l゙ト\
  |ll l l /   'il l',    _______  /'|.l | ヽo   やる夫、ライダーには(済)マークがついていても
  |l l l l    l.l.lヽ.  ''ニニニニ'' / |.l.l  ゙o   おかしくはないでしょう。
  |l l l |     | |  \      /  |リ
  | l l ll       l.|   ヽ____/   リ       つまり、ミクであれば「寺院を飛び出したお手伝い人形」
  l l l,リ     f==r,===========l     やらない夫であれば「友達についてきた戦士」
  //./      |r┐ll: : : r―‐┐ : : : : : : : : |
 /.ノ        || .| ||: : : |    |: : : : : : : : : :|_     その程度の、なんの変哲もない、「普通の人」で
                               問題はないでしょう、ということです。

285名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:10:25 ID:5HqinqsA


                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ   さて、最後になりますが
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)  ・AA技術の向上
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ    「向上」が必要である、と考えてらっしゃるのは
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ   どの部分の事でしょうか?
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |  戦闘?街中?移動?
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′  では、まず戦闘から見ていきましょうか。
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、



       シ`''``'"ヽ 
        イ::{:{''"}}゙ir}    RPGにはほぼ付き物の、「レベル上げ」
       ''ハ::::}l`゚´|5"
       :ソi::{=/|ハ     これを、作者の方は「サイレント戦闘」と言う事で
     , i {lハl‐'__|      時々無音でポコスカやってるシーンを入れています。
      |i  |三廿三|__ 
    i/三\ニ三三oニ5、   これは非常にいい考えだと思います。
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\
    |彡=、  }三三三ニoニヘ 
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、
    {ニ== シハ三三三/ /:三ノ=\

286名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:10:35 ID:5HqinqsA


    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ   なるほど戦闘もせずにいきなり強くなるのはおかしい。
   |/////r三∨//rノ   そういうわけで、「地域ごと」に特色のある雑魚的を出して
  //////||i`"iヽーr))    「地域色」出し、その後に気合を入れたボス戦・・・
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/
////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|    AAの技術的に見ても、闘技場での戦いなどは面白かった。
|リ//f{ {l゙|     |   |リ    ファイアジャイアントの加入の話などもいいですね。
|リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。
|川|  `l |ヽ -==フ,/|||`°   もし、改変技術の事をおっしゃっているのであれば
|川   !| \___/ |リ     現時点で十分かと思います。
川   f=r=====l
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|     ド派手にやりたい、というのであれば、戦闘で特に定評のある
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__作者さん、一例挙げましょう、できる夫のサモンナイト2の作品を
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´参考にしてはいかがでしょうか? ただし、真似をするには
                  相当の修練が必要となるでしょうが・・・

287名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:10:48 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ   次は町中。
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)    もう少し、背景と人物を「同じ」空間に置くことを
   /// /ム州、 ,_リム/ソ    お勧めします。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、    一例挙げてみましょう。
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚
      _|i___ヽ---'___リ__
      |ri||:::r三i::::::::::::::|
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::

288名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:10:59 ID:5HqinqsA

┌─────────────┐
│ルーベンブルグ魔法学院   ..│
└─────────────┘


                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

289名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:11:10 ID:5HqinqsA

二二二二二二二二二二二二二工.工二二二二二二二二二二二二二二
       ___               |:|           ___
─ーーー(    )─,. -‐ァ¬T 二丁:丁二 T¬x‐- 、─(    )────
________|` ̄´|/\<.   |   {゙云゙}   .|   >/ \|` ̄´|____
    r≦三三≧z  \> ┴¬'トー イ¬┴ </  r≦三三≧z
──ー'V丁而i丁V> '´ > ‐=¬辷,少¬=‐ < `' <V丁而i丁V───
      L |川川| _|_> '´二二二二三二二二二:`' <_L |川川| _|
 ̄ ̄| 〈_r===== t_〉二二三三>ー----<三三二二〈_r===== t_〉 | ̄ ̄
    | |ミ|    |ミ|二二三ア        `ヾ三二二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ7               V三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミi                 i三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|    |ミ| |
__| |ミ{伝王}ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ{伝王}ミ| |__
    4∧∧ :|ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|: ∧∧キ
    ||,,゚Д゚) |ミ|二三ミl_________|三二ミ|ミ| (゚Д゚,,||
ーー‐ O  |)ミ|ノ{二三..       ____ V三二|
__ ||   |_|_,.|> '´______/ ―  -\      はぁ・・・・
   ,  し´J  ソ┘   .  . /  (●)  (●)   
_/_____/_____/     (__人__) \     こりゃまた立派な施設だお・・・
/       /        |       ` ⌒´   |      ヽ      \
              .  \           /
              .   ノ         \
               /´            ヽ

290名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:11:26 ID:5HqinqsA

              :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         _,. -'''" ̄"''- ._: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       ,.-'"_;;- ''⌒''ー- ;;__"'-、: : : : : : : : : : : : : : :
     /:/      : : : : ヽ::::ヽ.: : : : : : : : : : : : :
    /:/    _,,,,_ : : : : : : : \::ヽ: : : : : : : : : : : :
   ./:::/   ,,.‐'"   `' -、 : : : : : :ヽ::ヽ: : : : : : : : : :
  /:::/   / ', "⌒ ヽ、 \`、: : : : : ::',:::',: : : : : : : : : :
  i::::i  .// /::/⌒ヽ:::ヽ.: ヽ:',: : : : : :!::::!: : : : : : : : :
__ l::::l  ,i:i ,'//:::::::::::::::ヽヾ', l::l .: : : : l::::l: : : : : : : : :
- ニ}::::}ニ==};=レ:::::::::::::::::::::',',::i l::レ、,-, / l::::l, 'ヽ: : : /
  `''   i  |::::::::::::::::::::::r=-lYYi i :i  l::::;'  i : :i
   i   i  |:::::::::::::::::::i l  :|.!_||,,_| :|  |::i   | ,'
   i   i  |:::::::::::::::::::i |  :|.| || |=::|_|:i   i i
   i   i  |:::::::::::::::::::i |  :|.| || | :|  |:|ニニニ l i_   
   i   i  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i |,,__,|.ト.,|.. | :|  |:|:    | |_
   i   i / .. ..        . ',:::ヽ.| :|  |:|     | |
   i     /..  ./ ̄ ̄\ .. ',::::::ヽ.:|_ |:|     | |
   i   /   /  ノ ヽ、\   ,:::::::ヽ_ |:|     | |
   i  ./   |   (●)(●)|..  ',::
   i /   . |   (_人_)│  ',
   i./    |     ` ⌒´  | ..     廊下だけでもこの広さだぜ
  ./ ..    |           |      みろよ、反対側が見えねえや。
  /    .  ヽ      /    
. / ..   .. ..  ヽ     /    ..  
          .>    <
          |     |


                  / ̄ ̄\
             rヽ  / ノ  \ \    そうだ良いこと思いついた。
             i !  |  (へ)(へ) |   
          r;r‐r/ |.  .|  (__人__)  |    あっちまでかけっこしないか?
         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
          l` ( ``/ .  |        }
          ヽ   l  .  ヽ       }
           |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

291名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:11:45 ID:5HqinqsA

|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ、  _
::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/‖〉
:::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y‖/
:::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
: :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
:::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|   やめてください!
::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |
:::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ‖;;;;;) !.!: : :、: |: :.|   恥ずかしい思いするのは私なんですよ!
、ー,!: :,、| u .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|   あと学校の中では静かにしてなきゃだめです!
 >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|
. <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/    子供ですか!!
 <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|
 <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|
. <ヾ="、ヽ`イ、::::|>   ||: : : :ll: : : :|
_|'::::::::::l´ ̄.〉''\!'ソ    | |: : : :|: : : : |

292名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:12:03 ID:5HqinqsA


    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ
   |/////r三∨//rノ    ご覧のとおり、大したことはしていません。
  //////||i`"iヽーr))
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/     「外観」→「中」と、人物を背景と合成して
////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|     その中で、「どういう場所にいるか」「どれくらい広いか」を
|リ//f{ {l゙|     |   |リ     端的に述べさせています。
|リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。
|川|  `l |ヽ -==⇒,/|||`°   そして、「他愛のない会話」を挟んで
|川   !| \___/ |リ      キャラクターの個性を引き出せるような「遊び」を入れてみました。
川   f=r=====l
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|      背景は、場所を移動した後に、2、3コマ入れておくと
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__ 「今○○にいる」というのが強く印象付けられて良いでしょう。
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´

293名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:12:31 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ   最後、「移動」です。
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)    これは、失敗した、と言わざるを得ませんね。
   /// /ム州、 ,_リム/ソ    「地図」は用意しておくべきでした。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、    土地勘、距離感が掴めません。
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚   オートトレーサーのでもいいので、地図を作るべきでしたね。
      _|i___ヽ---'___リ__     もし、必要であれば僕に言ってください。画像を用意していただければ
      |ri||:::r三i::::::::::::::|     依頼スレ、あるいは本スレででも、お作りしますのでいつでもどうぞ。
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::

294名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:12:42 ID:5HqinqsA


                 __
                ,'三三三ミミ>--、,,、_
                .|:::::|\::i::::\\:::::::::::ミ::::ヾヽ),
              、_ノ::::::\:\:ミ、ニミ,,ィ彡ミ:::::::Y:リノ|
               .ノ:::::::::∠_::::ミ::::::://フ::/_::ノ::ノ::::ノ
                  ,r彡-く二二>、三三ノ |::| |/|:h::/
               /ノ二/ニト::::r'r===、、,_ノリ / |/ |:|  さて、つたないながらも
               |キ彡:|{ (〉'ヲ ヽニョァヽYノ,,|ノ==',jノ  僕が言える忌憚のない意見はこのくらいです。
             ,,ノ三彡ト、ヨ      ̄''l´ {ニッラ/
           //:::::::/::/'|| |      ,,、_} i /    作者様の一助になれば、と思いますが
           j:::リ:/::゚:::::://|| .|      ヾノ /     あくまで「一意見」なのでこれに引っ張られずに、
         ,ノ,イ::|/:::::_r-、 ゚ ヽ   三三フ ,イ      何かしら同意できるおありでしたら、参考にして頂ければ幸いです。
         ̄ .川::::/:::::`ヾヽ、_:\    .` ,イ||
        ___r─/::::::::::::::`::ヾミヽ`ー-、_/ || ||      なお、色々と述べはしましたが、こちらのスレ、
      ,-‐'´,,-ァ─三ニヽ、:::::::::::::::`ヾヽ、Y  ||♭      Wiz好きにも、そうでない方にも非常にお勧めです。
    ,,/彳 ̄::::::::::::::::\\ \::::::::::::/7/>::7 .O
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\ '\:::::::://:::/          攻略本などについている、出来のいい小説を読んでいるような、
  /:::::::::::::::::::::::::r'フミ、 /「|:\ヾ、 \::::::::/_          そんなぐいぐい読ませる力を持っています。
 /::::::::::::::::::::::::::|,-┐|'ィ ァ.|.|::::::ヽ \ |:::r、ヘ\
. |:::::::::::::::::::::::::::::〉ニ'ノ   |.|__::::::ヘ | |::∪::ト、 |        僕の評価をみて、少しでも興味がもてましたら、ぜひ、ご一読を。
/:::::::::::::::::::::::::/イ/     |.|__|:::::::| ト、.|:::::::ヘヽ|

295名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 03:12:54 ID:5HqinqsA
以上になります。

296名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 04:52:04 ID:sJmMYef.
評価乙。しばらく評価が無いと思ったら評価ラッシュが来たな

297名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 04:55:13 ID:en6qt5VA
カキョーイン評価乙です。
地図は、ゲームやってるとダンジョン選択時なんかに一応表示されてはいるんだけど、
基本的にはあまり見ないからなぁ。移動に時間がかかるわけでもないし。
プレイヤーほど省略しても問題ないって気になるのかも。
ただ、やる夫スレで移動に時間がかかる、海を渡るといった表現がある場合は、
地図があるのとないのとでは状況把握のしやすさに雲泥の差があるよね。

298花粉症 ◆cbkujpH7is:2010/10/14(木) 06:08:33 ID:RTyF6em6
花京院さんありがとうございました

メインキャラの薄さは常々感じていたのですが
脇役のが魅力的と評価していただいたのは驚きました
正直な所脇役達は自分でもちょっとやりすぎたかな?とか思っていましたから・・・


初めてのスレでしたので、あまり濃くなりすぎないようにと注意したのが逆に駄目だったようですね
メインキャラを立たせる、各種フラグの進行などの場面描写の際に
自分の中でのこれ以上は危ないってラインを2段階ぐらい
引き上げればいい感じの濃さになるって感じですかね


・ダディについてはそのとうりです、「チェルノブイリ」のクールなダディがとても強く印象に残っていまして
 自分の中でのダディはあれで固まってしまってたりします
 なので、丸々そのままになっているようですね・・・

・場面描写に関しては参考にさしていただきます
 背景との融合は正直その発想自体がなかったので目から鱗でした

・キャラの性格的な部分はおっしゃるとおりです・・・
 始める時に何も計画していなかったのが響いてますね・・・
 今一度自分の中でのキャラクター達の性格的な特徴をまとめなおして
 物語に組み込んでいきたいと思います

・地図についてのお申し出ありがとうございました
 ですがこれも勉強なので自前でなんとかしてみます
 というか、評価を拝見してからすぐにオートトレースを併用して作成しましたw

最後に、はっきりと問題点の指摘をしていただきありがとうございました
これぐらいかな?と探り探りやっていた部分が指摘していただくことで
いい部分も悪い部分もはっきりできました。
これらの問題点を今後のお話において改善できるようにがんばりたいと思います
評価ありがとうございました!

299名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:52:41 ID:5HqinqsA
再びお借りします。
同じく、>>298さまへの評価となります。

300名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:53:00 ID:5HqinqsA

    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ
   |/////r三∨//rノ
  //////||i`"iヽーr))
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/
////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|      作者さんからお返事を頂けたので
|リ//f{ {l゙|     |   |リ      もう、一言二言。
|リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。
|川|  `l |ヽ -==- ,/|||`°     やや一方的な評価になってしまった部分があるので
|川   !| \___/ |リ       そこのところについて、もう少し、お借りいたします。
川   f=r=====l
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´

301名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:53:14 ID:5HqinqsA


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ
.    レ//'//レミvソ,r/ンン    ・ダディについては・・・
.    /// /////`⌒tii'´|ス)
   /// /ム州、 ,_リム/ソ     「丸々そのまま」、と言うのは少々難しいですね。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!     チェルノブイリは、主役が一人です。
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。    ですから、殊更に個性が際立っていたのです。
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚
      _|i___ヽ---'___リ__      貴方のスレは、メインで4人、準メインで2人(でっていう、ライダー)
      |ri||:::r三i::::::::::::::|      これから、仲間も1〜2人増えるのではないでしょうか?
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/::::: 誰、とは予想の範疇なので口をつぐみますが。


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ   さて、6人いるキャラを一人ずつ丁寧に書こうとすれば
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡  かなり、容量が膨れてしまうでしょう。
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ
             l:.iヽ__  ノli: : l    その前に、僕も言いましたが
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ     「脇役が魅力的なスレなのだと思っていた」
           /::/::ロ:::::::::ノ::l
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!     これは、言ってしまえば原作通り、と言う事ですよね。
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、    Wizが好きな方なら、主人公が「きみたち」としか呼ばれないのは
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ    良くご存じでしょう。
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ   さて、ここで問題です。
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/

302名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:54:03 ID:5HqinqsA


          _,,__r--l、_,,、__
         .,r=─、ヽ|:::::::|::::::リ-、   作者さんは「やる夫のキャラが薄い」という悩みをお持ちだ。
        (:::::::::エ_,,,|/ノ、::::::::::リ    事実、脇役と比べれば少々薄いかもしれません。
        ノ::::/|_| /|ノ|:::::::j
        }:::::| .゙lfェ.|゙E主ヲイフ:|    しかし、主役<脇役の配分が「原作通り」であり
        ):::j  | ./_   |イ::|    そこが好きだ、という方も貴方のスレにはいらっしゃるかもしれません。
        Y::|  i 三=' /||:::|
         ヽ|  ト--イ__,Y┐    僕自身も、活き活きとした脇役が好きです。
            |:::::::┌┐|「|ト、__ 前に申しあげたとおり、意図的にそうしている、とも思っていました。
           ,/ヽ_L_」::::::::::::::::::::::::`ヽ
    __,,< ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'、 悩ましいところですが、ここは僕ではなく、作者さんが悩むところでしょう。
   //:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::(C)::::::::::::::::::::::::::| 矛盾したことを申しあげて申し訳ありませんが、
  //::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 「このままでいい」とすら思うのです。
  |:::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


    、〜`⌒`三`Y,ィ,ィ
  r≦ニ、 _ミ. _, 彡ノノィ     僕の挙げた一例は「主役を引き立たせる」ものです。
 j´r= ヾ/,ハY,ヘ.'く三  |     しかし、それで脇役たちの影が薄くなってしまうのも勿体ない。
./, r'⌒i {リ ;;   }j人ミ :|
{'' (  ゞlミャ ''テ:五'Tnミ|     これも僕自身の考えとして見ていただきたいのですが、
 )リ   ノl ,リ ` ヽ リソ {     せっかくですからキャラ同士をもっと絡ませてみましょう。
(i〈.   °l‘ニ..__   ハヾヽ
 !〈_     ! 7''  / ゚,j.i!}__    僕なりに例をいくつか作成させていただきました。
  `リ _,r‐'{゙ー-≦,-r''´ヒリ'   ̄.:
 _,∠_:.:.-‐ ` -‘ニ’_h/::.:. . . . .:

303名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:54:40 ID:5HqinqsA


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡    作者さんのスレッドを見ていると、
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ      1コマに、1キャラ、1セリフ。
             l:.iヽ__  ノli: : l
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ       特に、大型の人物AAなどを使った場合
           /::/::ロ:::::::::ノ::l       余白があることが多いかと思います。
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、      一例あげてみましょう。
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ      最新スレッドの、こちら。
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283340130/779
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/

304名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:54:52 ID:5HqinqsA


   ____________________
  /
 .|  事がすんだら、たっぷりと情報量はいただくぜ!?
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄У ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   / ̄ ̄\  まぁ ガメツイお方
    /\___/ヽ                     /  ヽ_  .\
   /''''''   '''''':::::::\                   (●)(● )   |            ____
.  |(●),   、(●)、.:|                     (__人__)      |           /      \
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|                     l` ⌒´    |      /─    ─  \
.  |   ´トェェェイ`  .::::::|               .     {         |       / (●)  (●)   \
   \  |,r-r-|  .::::/                    {       /      |     (__人__)     |
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)            ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(            / |/\/ l ^ヽ     /7             l─、
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、          | |      |  |    |l           | |

305名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:55:11 ID:5HqinqsA



                              『やる』  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             | でもホラ、なんだかんだでダディさんがめついけど  |
             / ̄ ̄\        | やる夫たちの装備とかの事考えて、お金を・・・    |
           /      \      廴______________________ ノ
           |         |    ヒソヒソ
          . |           | 
            |        |        ___       『やら』 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                |         }       /      \     |  そうだな、ガメついけど感謝しないと。   |
            ヽ        }     /         \    廴__________________ ノ
           __∠ヽ     ノ ,_   /              \     ボソボソ
         《〈〈ゝ´      \ `ヽ|                |
    /\___/ヽ  /      |、 ヽ  \           /
  /::::::::      \!       l ー‐ヽ             ⌒ヽ
  |:::::::::」L         |      l     i               、 ヽ
  |:::::::::7「         |
  |::::::::::::        |
  \:,..-''ニニニニニニニ.V      ・・・聞こえてるからな?そこのハナタレども。
,,....--'''':::..     ..    ゙-、.
:::::  ::.      i     ヽ i
:::::  |::::      |:::.     i |
:::::  |:::::.     .(:::::     :||

306名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:55:39 ID:5HqinqsA


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡   1レスに3キャラを詰め込んでみました。
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ     そして、フキダシで誰がしゃべっているかを、わかりやすく。
             l:.iヽ__  ノli: : l
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ
           /::/::ロ:::::::::ノ::l      次に、この部分だったら・・・
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283340130/782
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ

307名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:55:54 ID:5HqinqsA

  ,′ . .....:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. |:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|     本当にありがとう
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|      君たちも目的を達成できることを祈っておくよ
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ     
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|                                / ̄ ̄\
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N                               /ノ  ヽ、_  \
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′                             . (●)(● )   |
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′           あのヘタレの弱虫ちゃんが  . (人__)      |
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/                立派になったもんだなぁ      |⌒´      |
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/                                .  |        /
            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/                                 .  ヽ      /
      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_                                   ヽ     /
  r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ                                 .>    <

308名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:56:31 ID:5HqinqsA


              /⌒`ヽ、,. -‐ ヘ、
              /   __ミ、、 _,.     __(^fr
         // /  `Y / ∠⌒ヽ (,_ンヾ^)   あ!ミクちゃん、ミクちゃん
          // / /  /fミiY/彡ミi`ぃ | (r jし)    
.        |' / /  / ::::::`''::::"":::| l ! | !∧,|     あたしのお古だけど〜
       | / /::::::::::::::::::::::::::::| ||| | ‖       餞別にこれあげるね
        |/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::|‖| l  l|     
       / ,.イ::::: ̄`ヽ::::::::::::'´ ̄`| ||| l!       |\     /\     / |   //  /
      / /リ/| ::-=-、:::::::::,.ィ== ゝN |V      _| 『蒼』\/   \/\/ |∧/ ///
.      |/|// ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   い      \                     /
       l V/ ∧:::::::::::、_,`、_,, ::::::::::/,'小、N      ∠  も もうヘタレじゃないもん!  >
      ドミ三彡ヽ::::::::ゝ__ ノ:::::::, ' X._l ヽ i      /_                 _ \
      ///  ,イ  ||\:::::::::::::, イl 〃ノ 从乂      ̄ / /∨| /W\ 『やら』 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     /,'/ //  リ::::::::`::´:::::: | | || ,ノ〃刈       //   |/     \| あ!もう涙目になってる!   |
.     ル'//厶-‐"::::::::::::::::::::::::::`ー匕彡ノ ,ノ                      | やーいやーい!泣き虫〜〜! >
      {彡´:::::::::::ー―‐-、_::::r'´ ̄::::::::::::::ヽ'                     廴_____________ノ

309名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:56:41 ID:5HqinqsA


                                                  r'=======ヽ
                                                _|l| __  ___ |::|
                              .            {、   ,  ´:.:.:.:|l|:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:. ̄ ヽ
                                          >`'´:.:.:.:.:.:.:.ミ|l|:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                              .          /ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:|l|>、彡ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                      /´ /:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:lヽ、:.゛=====ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.\:..ヽ
         わっ!ありがとうございます            《 .r'/:.:.:.:..{:.:.:.:.:.:´{⌒ヽ:.:.:.:.:ヽ::::〃´\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ
                                      V {:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.', , ≧:.:.:.:.:.V::::::::::::::>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
            けどいいんですか?            , -‐-、{:.:.:.:.:.:.lヘ:.:.:.:.:.l〃斥心ア:.:l:::::::::::::/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-` 、
                                   r'/ `ヽ:.V:.:.:.:.l  ヽ:.:.:.i 弋zソ i:.:.l_,_ノ    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                   f':::::::::::::::ハ个、:.:.圷心ヽj     i:.:.l=-'/       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          / ̄ ̄ ̄ヽ                 /::::::::::::::::::::V八ヽ:.弋ソ ,     i:.:/:.:く        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         /::::  |||||   ヽ                /::::::::::::::::::::::::リ:人:.:.:ゝ   - '  イノf´⌒         V:.:.:.:.:.:.:.:
       /:::   __ノ::::::ゞ;;:) ←ミクに叱られた    /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.ヽ:.:.:.l≧ =-r イ_ -'´ヽ_          V:.:.:.:.:.:.:.
      /    ( ;:;:;:;ノ:::::<−>                /:::::::::::::::::::::/l:.:.:_:.:.:_>'‐-rゥ'´><     イ、          ヽ:.:.:.:.:.:
     /;:;:;:;;;:;  (_ _人 __)              /::::::::::::::::::::ノ` ̄ヾ、    }ソ./云ヽ  /イj ` ヽ         ,:.:.:.:.:
   .///ヾ     .`┃ノ                    {:::::::::::::::::::´:::::::::::::}:|   rソイ__/ Vソ  l:{    }        .}:.:.:.:.

310名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:57:07 ID:5HqinqsA


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡   余っている余白・・・
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ
             l:.iヽ__  ノli: : l     そこに、吹き出しだけなどを使って
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ      セリフを入れてみたりしてみる。
           /::/::ロ:::::::::ノ::l
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!      これだけでも、かなり、「絡み」の量を
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、     レス数を増やすことなく、増やせるのではないでしょうか?
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)    余白とバイト数が余っているようでしたら、こういう事もできますよ。
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/     あくまで、一例をして挙げてみました。
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/

311名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:57:43 ID:5HqinqsA


    、〜`⌒`三`Y,ィ,ィ
  r≦ニ、 _ミ. _, 彡ノノィ
 j´r= ヾ/,ハY,ヘ.'く三  |    「個性」を出したいとのことですが、
./, r'⌒i {リ ;;   }j人ミ :|    それが急だと、先に述べましたように「このままでいい」と
{'' (  ゞlミャ ''テ:五'Tnミ|    思っていた読者さんたちが、戸惑ってしまうかもしれません。
 )リ   ノl ,リ ` ヽ リソ {
(i〈.   °l‘ニ..__,. ' ハヾヽ    そこのさじ加減は作者さんの裁量にお任せします。
 !〈_     ! 7''  / ゚,j.i!}__   当然ですが、僕もただの「読者の一意見」にすぎません。
  `リ _,r‐'{゙ー-≦,-r''´ヒリ'   ̄.:
 _,∠_:.:.-‐ ` -‘ニ’_h/::.:. . . . .:  意地悪を言いますが、僕は「そのまま」でも貴方の読者のままでいますよ?
/   . .\:.:.__ : :.:.:.:.:.`ヽ::::::.:.:.:.:.:.:  どうです、こういわれると悩むでしょう。
:::::::::::.:.:.:.:.:ヽ:.:.: ̄:.二ニ{-‐:::.:.:.:.:.:


        ,r/ヽ-ヘrf´ト、,.‐、-、_
    l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
   rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
   Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
   ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__    あと、行動の速さに驚きました。
   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
  . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、   もう、地図を作られていたんですね。
  . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l  拝見させていただきましたが、それで十分です。
  . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
  /,l ^iヽヽ /"====_=_== ノ/ィァ/      ヽ  l ノ }
 ///.l レ ト ∨    ' ̄、ツヽ   !.<.i       'ー、/f   ただ、ここがまたやや面倒くさいかとは思いますが
/// /∧ヽ-、     /   |! i   i l .l      r'´ ノ  ハ   毎回地図全部をポン、と張って、移動経路を
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ  ̄==‐_-ノ_  it‐'´ \ 書くのも面倒でしょう。
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l      { ノノ`ー /
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/       T-‐ ':::::::/
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i    _ -‐''":::::::::::/  /
-‐、    / \  `丶、\\   /_.. -‐ ¨:::::::::,..、 __ /、 /
  \  /   }     ヽ l ¨¨:::::::::::::::::::::::::/   ヽ\  /
    \\  /     /  ̄、¨'''‐- ..,,__,,.ノ     `ヽヽ'、
     \ ¨     /  /  \

312名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:58:11 ID:5HqinqsA


┌─────────────────────────────────────────────┐
│       \             ヽ    \                          ヽ            │
│         ゝ             ヽ      \                        │          ..│
│         \             │        ̄`丶_       / ̄\       │          .│
│          \            ヽ             \_   /     \  ⑯  │         ....│
│           \         ②  ノ      ノ⌒`‐-、   ``丶\ _    \    丿           .│
│            \_      _ノ      \    ⌒\   /    丶    \_/            .│
│               \_/ ̄         ヽ  ③←──── ⑥   )                   .│
│            .へ 、                \    /   │    /       _/⌒\       │
│           │ `ヽ、                丶  /     \_/       _/      \     │
│           │  `丶                 ⌒             _/          丿   ..│
│           │ ⑬ ヽ       ⑮                    _/            丿     .│
│                                                                  │
│             ⑥ ロイペス洞窟──────→③ サイマール                        .│
└─────────────────────────────────────────────┘

    、〜`⌒`三`Y,ィ,ィ
  r≦ニ、 _ミ. _, 彡ノノィ     スレッドの最初、あるいは物語の最初にだけ、フルサイズの地図を張る。
 j´r= ヾ/,ハY,ヘ.'く三  |     物語の最中であれば、こんな感じで、部分的にで大丈夫だと思います。
./, r'⌒i {リ ;;   }j人ミ :|
{'' (  ゞlミャ ''テ:五'Tnミ|     これなら容量にも優しいですしね。
 )リ   ノl ,リ ` ヽ リソ {
(i〈.   °l‘ニ..__,. ' ハヾヽ
 !〈_     ! 7''  / ゚,j.i!}__
  `リ _,r‐'{゙ー-≦,-r''´ヒリ'   ̄.:
 _,∠_:.:.-‐ ` -‘ニ’_h/::.:. . . . .:
/   . .\:.:.__ : :.:.:.:.:.`ヽ::::::.:.:.:.:.:.:

313名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 07:58:56 ID:5HqinqsA

                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′     これで、自分の評価は終わりになります。
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ     長々と二度にわたりこの場をお借りさせていただき
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l     ありがとうございました。
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /     向上心のある方のスレ、というのは
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′    読んでいるだけでぐいぐい伝わってきます。
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、           特に、最新のゾーズとの戦闘は文句の付けどころのない
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_         非常に「熱い」ものでした。
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、 



       シ`''``'"ヽ 
        イ::{:{''"}}゙ir}'
       ''ハ::::}l`゚´|5"      これからもぜひ、楽しみに読ませていただきます。
       :ソi::{=/|ハレ      作者さんには、ますますの成長を陰ながら応援させて頂きます。
     , i {lハl‐'__| ゚
      |i  |三廿三|__       以上、ありがとうございました。
    i/三\ニ三三oニ5
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\
    |彡=、  }三三三ニoニヘ 
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、l|
    {ニ== シハ三三三/ /:三ノ=\
    ヾ三ミ= シミ、=,r/ ノ:三厶=三}

314名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 09:42:54 ID:3LPGrt1U
読んでで物凄く参考になる評価乙乙!
これはわが身を振り返ってためになるな

315名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 10:39:34 ID:xBe4V6Bo
>>267
キラの中の人です
映画制作に真剣に取り組むキャラクター達が作者さんのスレの一番の魅力だと私は思います。
完結まで読み続けるのでがんばってください。

316名無しのやる夫だお:2010/10/14(木) 12:22:52 ID:V0kcGXxA
評価乙。色々とためになる意見だわぁ

317 ◆UBIK/dtv.6:2010/10/14(木) 21:28:47 ID:60p0tTNw
>>214


できない子さん、丁寧な評価をいただき、ありがとうございました
説明不足・説明不能な箇所がいくつもあり、お恥ずかしいかぎりです


まず、ご指摘の通り、作中年代を1992年→2092年に変えています
色々悩んだ部分ですが、「『未来』である作中の時代が、既に読者にとって20年近く昔である」
という矛盾が、上手く解消できない壁に感じたからです

結果、「(読者にとって)80年後の未来なのに古臭いSF的ガジェット」になってしまってるのは、反省しきりです
ここらへんは上手く弄ることで、古臭さを消せたかもしれませんし、いっそ原作ママの方が、
違和感が少なかったかもしれません

ご指摘のハルヒ、ジョンについては、話を進めるうちに自分の中で設定がブレてしまったかな、と思います
ちゅるやさんがジョンの「子供」の部分にあたったのですが、分かりにくかったですね


最後に、、年代についてですが

>自分の作った1939年世界に置き換えた

リョーコが、自分の知っていた1939年の世界を創った……ということは、原作でもなさそうです
というのも、20歳で冷凍槽に入ったリョーコが、1939年に暮らしていたと考えにくいからです
(仮に、1939年のとき10歳だったとしても、1949年に冷凍槽に入ったことになってしまうので、あまりに冷凍槽の発明が早い)

なので、時間退行自体は、リョーコとは無関係です
(なぜ1939年で安定するのか、そもそもなぜ退行するのか……については、お恥ずかしながら原作を読んでもよくつかめませんでした)

ラストは、やらない夫がいる世界が実は冷凍槽の中だった、という無限入れ子構造の暗示――
と自分は原作を解釈しました
(なので、最後にやらない夫の入っている冷凍槽のAAでも出せばよかったなぁと悔やまれます)
たぶん、原作では、主人公の奮闘→悪夢からの解放→実はそれも悪夢の中、という構成で、主人公を活躍させているように思います


ご指摘に対し、上手い返答になっていない部分多々あると思いますが、御容赦ください
評価してくださって、本当にありがとうございました!

318 ◆nXmzvSiB3.:2010/10/14(木) 22:29:27 ID:faclvM0c

>>24-34
遅くなりまして申し訳ありません、山崎退さん、評価ありがとうございました。

>>「写真」
写真はオリジンシリーズを通して出てくるアイテムですので、自分なりに頑張りました。
もう少しAA改変の技術があれば小型化したかったのですが、あれで精一杯でした。

>>配役
配役の選考基準については駄洒落で決めたり回避キャラだから採用したりとバラバラでした。
原作キャラとAAキャラの融合を目指したのですが、それらしく表現出来ていたのであれば嬉しいです。

>>シリアスとギャグの境目
原作既読の方はそれなりに脳内補完をしてくれると思うのですが、未読の方がどう思われたのか
これは今も非常に気になっています。
おっしゃる通り、メタフィクションネタと同じく苦手な人はいるのだろうと思いますが
リプレイの面白さのひとつなので、もう少し上手な表現方法を見出したいところです。

>>モブキャラの個性
ゲームマスターがプレイヤーに情報を渡す、そんなやり取りがストーリー形式だと描けなかったので
ああいう手段を取りました。
“N”については、読者の方のノリの良さが原因だと思いますw

>>1巻終わり、2巻
2巻に関してはなかなか手をつけられていないのですが、11月中には開始出来ればと思っています。

評価してくださってありがとうございました、そして2巻も楽しみにしてくださると幸いです。

319花粉症 ◆cbkujpH7is:2010/10/15(金) 01:58:21 ID:dX4i6rj.
花京院さん
具体的なAAの活用法ありがとうございました

隙間の埋め方などは今後そのまま使わせていただく事になるかと思いますです
複数人を一コマにまとめる際の台詞関連はモヤっとは頭にあったんですが
うまく形にできなくて難儀していたところでした
たしかにフキダシを使用した方法なら、見づらくなりづらいですね

いろいろと試行錯誤してみます
ありがとうございました

320 ◆od6gQxvkj2:2010/10/15(金) 13:02:46 ID:p1XXChg2
<評価依頼>
スレの皆様、評価人の皆様、はじめまして。
私のスレの評価を頂きたく、参りました。

やる夫はグランプリを目指すようです
現行スレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281358638/
一スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1275278140/

□評価方針 おまかせ
□評価スタイル AA付きでお願いします
□AAの改変具体例 出来ればお願いしたいです
□その他要望・見てほしいポイント等
 ●私がAA改変、やる夫スレともにズブの素人の為、
  どうすれば「(AA的に、やる夫スレ的に)見れる」スレになるか
  改変の際の凡ミスがあります<揃え線の未消去等>
  そこは私も自覚していますので、なるべくならそれ以外で。
 ●競輪を舞台としたスレなので、
  競輪ビギナー、未経験者に分かり辛くないか、改善策など
 ●私観ではやや展開が通り一遍になっている気がするが、どう受け取れるか。
 ●いわゆる「スポ根系」っぽい感じを出したく書いているが、
  読み手の方々に伝わっているか。

評価人様にもお目汚しとなってしまいそうなスレですが、
宜しければご評価頂ければと存じます。

321名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:47:19 ID:JI2zs8Gk
五分後あたりに15レスほど使わせていただきます。

322名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:51:53 ID:JI2zs8Gk


                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        こんにちは、山崎退です。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/         地味なりに頑張って評価させていただきます。
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′
 、::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.ヽ、.::.j'.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ′.::.::.::.::.::.::.::.::./






  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ          今回は
 /l/l:.|    |  |:l           やる夫はグランプリを目指すようです 様
 ´ノ`-i;|、   '  ,N          (依頼レス→>>320
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、          こちらの評価になります。
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\        未読の方はネタバレ注意です。
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|

323名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:52:27 ID:JI2zs8Gk



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       体を壊してしまった母のために大学進学を諦め、
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       就職を目指していた高校生・やる夫。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./        ひょんなことから出会ったプロ競輪選手・阿部に見初められ
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          やる夫も競輪選手を目指す…といったストーリーです。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :

324名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:52:56 ID:JI2zs8Gk


┌────────────────────────────────────┐
│                                                      │
│ ●私がAA改変、やる夫スレともにズブの素人の為、                      │
│  どうすれば「(AA的に、やる夫スレ的に)見れる」スレになるか              │
│  改変の際の凡ミスがあります<揃え線の未消去等>                   │
│  そこは私も自覚していますので、なるべくならそれ以外で。                │
│                                                      │
│ ●競輪を舞台としたスレなので、                                   │
│  競輪ビギナー、未経験者に分かり辛くないか、改善策など                    │
│                                                      │
│ ●私観ではやや展開が通り一遍になっている気がするが、どう受け取れるか。      .|
│                                                      │
│ ●いわゆる「スポ根系」っぽい感じを出したく書いているが、                    │
│  読み手の方々に伝わっているか。                                │
│                                                      │
└────────────────────────────────────┘



                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′       さて、今回の評価ポイントはこちら。
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/          上から順番に見ていきますね。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′

325名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:53:27 ID:JI2zs8Gk

>どうすれば「(AA的に、やる夫スレ的に)見れる」スレになるか



     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l       えーと…
    ´ノ`-i;|、   '  ,N       まず、基本はこんな感じですかね。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|


┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│  ・AAの前に改行を入れる                           │
│                                                │
│  ・AAとAAの間は三行前後空ける                       │
│                                                │
│  ・800dot前後でAAが輪切りになって見える人もいるので         .│
│   横幅が広くなりすぎないようにする                         │
│                                                │
│  ・長い台詞は途中で改行を入れる、一つのAAに台詞6行が限度   .│
│                                                │
│  ・同じAAを連続して使いすぎない                       │
│                                                │
└──────────────────────────────┘

326名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:53:56 ID:JI2zs8Gk
     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l      まず、最初に改行しないと名前欄やIDとAAがくっついて非常に読みづらく、
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ      特にやる夫やなんかの ̄(オーバーライン)を使うAAはその傾向が顕著です。
    /l/l:.|  -ー | -'|:l        AAとAAの間の空行は好みもありますが、大体三行前後だと読みやすくなります。
    ´ノ`-i;|、   '  ,N        大型AA同士、小型AA同士の場合は空行を調整するといいんじゃないでしょうか。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ        同じAAを何度も連続して使うとマンネリ感が出る、と言うかなんというか…スクロールしてもスクロールしても同じAAは少し飽きますね。
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       上記の注意を全てぶっちぎるとこんな感じになって読みにくいです。
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|        説明文だとこうなりやすいですが、さすがに読みにくいですね。

327名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:54:29 ID:JI2zs8Gk

                         __ __
                        ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                      /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                    /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                   ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
              _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|      まず、最初に改行しないと
             , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j       名前欄やIDとAAがくっついて非常に読みづらく、
              ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/
          ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/       特にやる夫やなんかの ̄(オーバーライン)を使うAAは
          ,;|           !    y  j ̄ ヽ   イ,::.::.{         その傾向が顕著です。
         /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ
         / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
           ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
         ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       AAとAAの間の空行は好みもありますが、
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       大体三行前後だと読みやすくなります。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./       大型AA同士、小型AA同士の場合は
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'         行を調整するといいんじゃないでしょうか。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :



         /.::::::∧:::::::::::::::::::::∧:::::|
        〃.:::/ /::::∨::::::l,::::∨:::::::::|   同じAAを何度も連続して使うと
       /|:::::::∨:::::ハ,::::::::l\_ 、,:::::::|   マンネリ感が出る、と言うかなんというか…
         | i:::::::::::l ll \::l_/,-、\|   
        || |::::::li >-,、 ヾ´-=='' __|   スクロールしてもスクロールしても同じAAは
         !| |::::::l ー=iii      `i   .少し飽きますね。
           |:::::', u ,.`___    U ヽ
           | | |,.   i--`i  u   /|`:ー,――
            | リ ヽ,  i_二j   / |;;-`ヽ、
             /) li丶,`  ∠-::':´:::::::::::::::ヽ、
            // リリ从`i´| ,、ヽ;:::::::::::::::::::://.
          / 二ヽ  /ll´.:::| | |:::.ヽヽ;::::o:::://.::
          /  --',  |l'll:::::::| | |:::::::.ヽヽ:::://.:::::

328名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:55:01 ID:JI2zs8Gk


       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃       これは極端な例ですが……文章自体は同じでも、
   <====|  ======}━━     どちらが読みやすいかと言われたら後者ですね。
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三   レレ



                  __
               /:::::::::::::::::::`ヽ、
                / ............................... ヽ
              /::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /:::::::::::ハ:::::::ト、::ヽ:::::::::::::::l
            !'l::::::::/\゙、::::l >、:ヾ:::::::::::l
           |:::::;イ、-ti‐ヽl ti‐-゙ヽ:i´゙レ'ニ=‐       注意するべきはやはり最初の改行です。
           |/l:l l ,,,`´, ヽ `´,,, !:| ノ、二ニヽ、
             ! lノ」  ,、_,-‐、  ,ィ! ハ ヽ`ヽ、     最近は改行されているレスも見受けられますが、
           / />、ー-―-' // / .l  l        されていないレスのほうが多いみたいです。
            /   / / lヽ、__, ' /  /  | | /
       /     l l  l ゙、   /   /  | l       ちょっとしたことですが、見栄えが変わりますし
        /    !| |   l  ヽ /   /    ! l        心がけてみるといいんじゃないでしょうか。
      /       !| |   l   V   /     、l
    ,-‐'   \  | |   ヽ./   /     /, ニ
    〉      \! |    /   /   //
   l/ ̄`ヽ    ゝ!     /   /  //

329名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:55:35 ID:JI2zs8Gk





      ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
       )
    ‐=、´  あと、フキダシを使ってみるのはどうでしょう!?
      )
      , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ


                              ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
                             <                             >
                            <    フキダシのAAは意外と沢山あるので .    >
                            <    台詞にもナレーションにも使えます!     >
                             <                             >
                              Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY


        \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
         )                  >
        <  フキダシだけで演出!  >
         <                 (
         /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^            ∧
                               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               l  なんてのも、面白いかもしれません
                               ヽ、_______________

330名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:56:09 ID:JI2zs8Gk


     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l       それから、これは好みの問題ですが…
    ´ノ`-i;|、   '  ,N       小さめのAA一つだけのレスが続くなら、合成してしまっても
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ       いいんじゃないでしょうか?
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・1スレ目  >>16-18を合成



           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ       えっと、あっと、
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ      その……
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o



                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     |    言い出しづらいことなら言わなくていいさ
                     |    あまり人のことを詮索するのも好きじゃないしな
                      \
    〃                 i,      ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<       ちょうど俺たちも練習から帰ってきたところだ
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|      車を出してやるから家まで乗ってくといい
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ|      またそこら辺で倒れられたらかなわないしな
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

331名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:56:43 ID:JI2zs8Gk


       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃      一レスは4096バイト以内なら改行は多くても大丈夫ですし
   <====|  ======}━━    上の合成でも3000バイト以内に収まっています。
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三   レレ



                        __ __
                       ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                  ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
             _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|      何でもかんでも纏めちまえ! とは言いませんが
            , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j       ある程度は纏めてしまった方が、かえって見やすい…
             ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/       なんてこともありますね。
         ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/
         ,;|           !    y  j ̄ ヽ   イ,::.::.{        詰め込みすぎは読みづらいですが、
        /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ       スカスカだと話が進んでないように見えることもあります。
        / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
          ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
        ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \

332名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:57:16 ID:JI2zs8Gk


  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ
 /l/l:.|    |  |:l       基本的にはそんな感じですが
 ´ノ`-i;|、u  '  ,N        「他の人の演出を盗む」のも大事ですね。
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.



─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─

             /...::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::.........  ::ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::::::::::::::::::::.....:',
           '::::::::::::::::::/::/;::<  ,'::::l::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::i
          i:::::::::::::::::/::〃=ミ/ヘ/:::/:::/ V::::::::::::::::l         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
          |:::::::|:::::::;:::/^‘ー- v:::イ∠____j:::::::::::::::::|         |    例えば、カットインだとか   │
          l:::::/!:l::::Ⅳ    /´/ィ ´, `Y::/:::::::::::::;       ゝ______________ノ
          ヽ:{ ヘ!::::!         { ミー lイ::/::::::ル′

─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─



                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′       他の人のスレを見て、いい演出は参考にしたり
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/          そういう方向の努力って大事だと思いますよ。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′

333名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:57:47 ID:JI2zs8Gk

>競輪ビギナー、未経験者に分かり辛くないか、改善策など


                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       序盤はやる夫も初心者ですし、
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       阿部さんややらない夫たちが解説してくれたおかげで
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i         まったく意味が分からない、ということはありませんでした。
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          知らなくても意味合いがなんとなくわかりますし、
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,      わかりづらいということはないと思いますが…
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :



==================================================
※:欄外解説

  気になられるようでしたら、ちょっと分かり辛そうな単語を
  こういった形で解説されてはどうでしょう?

  他のスレの方も使われている方法ですし、パク…参考にしてもいいんじゃないでしょうか。
  使いすぎると余計読みにくいかもしれませんので、そこは注意してください。

==================================================

334名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:58:20 ID:JI2zs8Gk


                        __ __
                       ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                  ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
             _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|      隊列の右上のやつ…進行図ですね。
            , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j       読者の方のアイデアとのことですが、あるとないとでは
             ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/      結構差があります。
         ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/
         ,;|           !    y  j ̄ ヽ   イ,::.::.{        そういったアイデアをすぐ取り込める柔軟さは
        /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ       貴重なものだと思いますよ。
        / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
          ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
        ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \



  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ
 /l/l:.|    |  |:l          次に進みますね。
 ´ノ`-i;|、   '  ,N
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|

335名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:58:51 ID:JI2zs8Gk

>私観ではやや展開が通り一遍になっている気がするが、どう受け取れるか。


                  __
               /:::::::::::::::::::`ヽ、
                / ............................... ヽ
              /::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /:::::::::::ハ:::::::ト、::ヽ:::::::::::::::l
            !'l::::::::/\゙、::::l >、:ヾ:::::::::::l
           |:::::;イ、-ti‐ヽl ti‐-゙ヽ:i´゙レ'ニ=‐     通り一遍というか、良くも悪くも「わかりやすい」ですね。
           |/l:l l ,,,`´, ヽ `´,,, !:| ノ、二ニヽ、   王道な展開で安心して読めます。
             ! lノ」  ,、_,-‐、  ,ィ! ハ ヽ`ヽ、
           / />、ー-―-' // / .l  l
            /   / / lヽ、__, ' /  /  | | /
       /     l l  l ゙、   /   /  | l
        /    !| |   l  ヽ /   /    ! l
      /       !| |   l   V   /     、l
    ,-‐'   \  | |   ヽ./   /     /, ニ
    〉      \! |    /   /   //
   l/ ̄`ヽ    ゝ!     /   /  //



     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l        とはいえ、ちゃんと「おお!」と思うような展開もありますから
    ´ノ`-i;|、   '  ,N        特に心配せず、作者様が思うように作られれば大丈夫ですよ。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、        少なくとも、どんどん読み進めたくなるお話です。
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\      続きが気になりますね。
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|




>いわゆる「スポ根系」っぽい感じを出したく書いているが、読み手の方々に伝わっているか。


                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       そこは問題なく、むしろばっちりです!
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i         特に、サブキャラですがダディやドクオもいい感じですね。
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          登場人物の熱さはまさしくスポ根系です。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,       イイ男はもちろん、女性も芯が強いキャラが多い。
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :

336名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 15:59:21 ID:JI2zs8Gk


                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.        競輪を取り上げる、というのは新鮮で
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|       俺も見に行きたくなるぐらい魅力的に思えました。
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′       今から続きを楽しみにしています。
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{          以上で評価を終わらせて頂きます。
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,        拙い評価ですが、作者様のお力になれれば幸いです。
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′

337名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 16:00:48 ID:/pfrILIM
乙です

338名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 16:02:41 ID:JI2zs8Gk
以上です。失礼しました。

339名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 16:05:56 ID:j4KKlQIc
評価乙です。

340名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 16:06:52 ID:thuOXGWs
評価早w
乙です、丁寧でスレを読んでみたくなる評価でした。

341名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 20:03:28 ID:69yHqIIU


342名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 20:11:27 ID:hdOJwSLY
評価乙でした

343名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:14:16 ID:or9yNWaY
8レスかります。

344名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:16:13 ID:or9yNWaY

      ___
   ゝ/____\
   / | / . − 、 −、!       やぁ、今日は野比のび太が評価するよ。
   l __|─|  ^|^   |
   (   __` ー ヘー っ       お題は、このスレさ。
     ヽ \ ̄ ̄ ̄/ノ mn
      > 、二二/─(ヽ l    「やる夫はカタツムリ観光客のようです」
    / \/\|──`ー ′
    (  !      |   ,− 、    依頼レス:
     ヽ|ー──j   | |  |    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/301
      ヽ  / ̄ | ̄ | |─!
       / ̄/ ̄ ̄ ̄`ー ′   1スレ目:
   ,-/ヽ/            ttp://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yuzuru.2ch.net/news4vip/kako/1284/12841/1284113849.html
   ヽ二二)
                    2スレ目:(完結)
                    ttp://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yuzuru.2ch.net/news4vip/kako/1284/12841/1284185850.html

345名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:17:04 ID:or9yNWaY

     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l         ボクは、このスレを読んで
 /   | /    l    l
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ    Elonaを始めたよ!
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ      まだまだ序盤だけど、
    \  \−、-、_/ノ  _   _       とりあえず、ボクに対しての布教は、
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、    成功かもね。
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、



       ,  ──  、
   ゝ/_____\
   ./  | / , ─ 、 ─ 、l
   |  | l   .|.  l     ただ、はじめた理由は、
   Y⌒ ̄l     |   l     面白そうってんじゃなくて、
   ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l     
     ヽ、     3  ノ      よく分かんないから、
       >─∩─、 ´       やってみたほうが早いやって
      /l// レヽ ヽ       思ったからなんだ。
      l l  ヽ _ ノヽ |
      | |   \__ ノ

346名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:18:05 ID:or9yNWaY

       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ     前にミクさんも言ってたけどさ、
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ     カタツムリってのが、
     | _| _|   ・|・  |__    どのくらい弱い存在かってのが、
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ   よく分からなかった。
  !  `-、          |  !
  \   ヽ、   ──┘ ノ /  身近にいるのが、ペットだけじゃね。
    \   \二二へ二ヽ/   冒険始めたばかりの他種族が、
     \ |        |     プチをゴミのように蹴散らすシーンが、
       |        |     見れたなら別だけど。



         , ─── 、
          /_____ ヽ〟
        l ⌒ヽ ⌒ヽヽ | ヽ        もしくは、最初の種族選択で出る、
        |  ・|・   |─|   |        簡易パラメータでも出したらよかったんじゃないかな?
       (/ ーc ー ′ r‐、ノ        
       l  (__        _ノ         失礼かもしれないけど、ボクはあれを見たとき、
         ヽ  (._,    /          「カタツムリで始めるなんて、マジキチ」って思ったよ
  ⊂二ヽ、  `_ ,── イ__    ∩
    | ( ! ̄ ̄ |/ \/  ヽ─/ 二⊃   やっぱり、比較対象が欲しいよね。
    `─┴──|     \ ___i_(ノ
            |        |
             (____l
           |      j

347名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:18:49 ID:or9yNWaY

           , -──- 、
       ゝ/ ______\
        /   | / − 、 − ヽ!    あと、ミクさんがダンジョン自動生成について、
.        |   |  /     |   |    コメントしてるけど、
       ヽ   |─|    ‘|‘   |
        /⌒` ` ー   ヘ ー l    これ、存在してるよね?
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//    そうじゃないダンジョンもあるし、
   ( )'   ノ   /` ──く      そもそも、戦闘の苦手なカタツムリじゃ
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ     ダンジョン探索には向かないかもしれないけど、
      \._|_ノ      |_|     そこは戦い方の工夫と一緒に紹介してよ。
           |         | |



      , ─── 、
   ゝ/ ______\
    /  |   ノ − 、 −ヽl
    l   |  /   .|∠  |       そして、こういう紹介系は、ある程度の
   Y⌒ ̄l    |    l       攻略のお手本的な要素が欲しい。
   ヽ_   ` ー‐  ヘー ヽ
      ヽ  /⌒ヽ__つ       「始めました。難しいので、即ぶん投げました。」
      >、ヽ(二)_ /
    /   \/ \|\        これで、君は満足なのかい?
   /\/     |/\       そんなこと、ないだろ?
    |   l         |ヽ  ヽ
  (   )_____| (   )
   ー ^l        | `ー.´

348名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:19:27 ID:or9yNWaY

                   0
                 //  ヽヽ
          ___                それに加えて、食料問題の詳しい解決策もあると、
       /   /-、    0     0    よかったんだけどね。
      /   /(    ヽ _
     /  /⌒ヽ− ノ´ )      0    このゲーム、始めは飢えとの戦いと、
   ゝl /|   l ヽ ヘ / 0          拾ったアイテムの鑑定が主な作業だね。
    l \ \   ノ  /  _      0
     l  \/`ー ´ /ヽ/ /    ,-、、    ボクも、始めは苦労したさ。
     \ _(  \ ̄ //  (ヽ/ //)   今は、飢え死には、だいぶ減ったよ。
        `┬ 、二´/   (   _ ⊃
        / \ /\|\  /  /
        |  \  ⊂二二⊃ ′
        ヽ / \ |     |   



      , ─── 、
     /_______ ヽ〟ヾ
   (( |/ ─ 、 ─ 、\ |  ヽ
     |    |    l   |   |       ある程度なれて、依頼なんか、
      |   / |ヽ   !─r-、ノ       ホイホイこなせるようになると、
   (^ヽー ヘ ` ー ´ノ|  6 !        全然ちがうんだろうけどね。
    `ー 、⌒`ー─ ´ |  _ノ ノノ
       \⊂二   ノ /\        人生と一緒。
      、────´/ /\       能力低いと、自由度が高くても、
        ̄ ̄ ̄/「/\/ /^ヽ      自由に出来ることは少ないよ。
            i |    |  |

349名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:20:08 ID:or9yNWaY

       , ──-  、
    ゝ/______\
    /  |  / , − 、 − 、l      読み物としては、面白かったよ。
     l   |  /     l     l      やる夫の味を引き出すのに、
     l  |─|   ^|^   |      カタツムリを選んだのは正解だと思うな。
      Y⌒  ` ─  ヘー ヽ
     ヽ_   |`───┘ノ
  ∩    ヽ、_ヽ__//    ∩
 ┘`ー┬─´\/\/ー┬─´ └-、
 _ __|_ ノ     |_|___三
        |        |



      , ── 、
   ゝ/______ヽ
    | | / −、 −、|
    |__|─|   ・|・  |   ただ、カタツムリのAAが少ないね。
    (   ` − o− |
      \   ___っ ノ   ちょっと、一例だけど・・・
      /ヽ、__─、- ´
     /^\/\/ヽ
     |  |     | |

350名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:20:38 ID:or9yNWaY

          -───-
       /          \ ____
      /  / ̄ ヽ    /      \
     /    / /~.ヽ\ /  _ノ  ヽ、_  \
    .│  │ |  〆  / o゚((●)) ((●))゚o \
      |    | .\ヽ_ |     (__人__)    |
     \    \___\     ` ⌒´     /
   / ̄ー--―--------´       /
  ノ_______________/



                     ____
          -───-   /      \
       /         ヽ/   ⌒   ┌┐
      /  / ̄ ヽ  /   ( ⌒) [ ○(^ヽ
     /    / /~.ヽ  l      ⌒(__人__)⌒ ゝ\
    .│  │ |  〆  \     ` ⌒´ ___)
      |    | .\ヽ_ ノ  │       /
     \    \___/ /       /
   / ̄ー--―--------´     /
  ノ_____________/



       ____
    ゝ/____ヽ
   / | , ─ w−、!    ・・・まぁ、そんなドヤ顔で、
   | __|-|   +|+  |    出せるようなAAじゃないけどさ。
    ( u `ー  oー |
   /ヽ、/^\__/ ノ    何が言いたいかって言うと、
   l、(uu ー,─ 、´     カタツムリであることをもっと主張して欲しいし、
    l \ __/┬ ′    観光客であることを示すAAももっと欲しいってことなんだ。

351名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:21:13 ID:or9yNWaY

         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |    全体的な評価としては、
     /    |  /   ヽ /   ヽl    もう少し、じっくり連載してほしかったと思うよ。
    l   |  l      |     l
    |    |─|      / | ヽ    lヽ   さくさく進むのもいいけど、
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ   自由度が高いってのは、遊びも多いってこと。
  /   | )  /⌒ヽ         l
  l   ヽ__   \ ノ        つ    最後にちゅるやさんが言ってたような要素を
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´     もっと、取り入れてもよかったんじゃないかな。
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ
       |         |  |
       |         | ̄l



       ___
    ゝ/____\
     | | / − 、−、|
     |__|─|  ^|^  |     それじゃ、ボクはElonaの世界に戻るよ。
     (   `− o− !
  __∩  ヽ、 \ ̄/ノ ∩__  こういうフリーゲームの紹介系は、
 ∈  | ̄ ̄ ▽▽ ̄ ̄|  ∋  もっと増えて欲しいな。
   ̄ ̄ ̄|      | ̄ ̄ ̄
__    |___ |
───  i     |
   -、___>─┬ く´ヽ
  /   |   /  |─|_
  | __/ ̄ ̄    (__ )

352名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:21:40 ID:or9yNWaY
以上でございます。

353名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:29:50 ID:/Ia1a0p6
乙でした

354名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:36:46 ID:bfNqeL8c
乙でした

355名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:38:46 ID:1AjEqGu2
評価乙でした

>>Elonaを始めたよ!
布教系のスレにとってある意味ここが一番の評価かもしれませんね

356名無しのやる夫だお:2010/10/15(金) 23:56:49 ID:C8ftqziA
うむ

357名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 00:48:31 ID:CLbRXEuU
>>703
一周目は建築王&ファイナルベロシティ要因でも、
難易度上がれば上がるほど兄貴は強くなるので損はないよ。
最高難易度でレベルガッチガチに上げたソルラスカの拳は、
ラスボスのエト・カ・リファだろうと一撃で粉砕する。

358名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 00:49:48 ID:CLbRXEuU
まだあわてる時間じゃ(ry
誤爆すいませんorz

359 ◆XrXin1oFz6:2010/10/16(土) 00:55:24 ID:CLbRXEuU
もう完結したんで、細部を直して改めて評価依頼を出させていただきます


●作品名
【女神異聞録】やる夫は明日への夢を見るそうです【オリジナル】

一スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253336174/

現行 【女神異聞録】やる夫は明日への夢を見るそうです∞【オリジナル】(実質5スレ目)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283084153/

●出来ればどのような方針が良いか
      □評価方針   お任せします、できれば辛口でお願いします。
      □評価スタイル   おまかせします
      □AAの改変具体例  おまかせします、できればあると嬉しいです


  □その他要望・見てほしいポイント等(7,8、最終話に関して)
①伏線がきちんと生きて、起伏のある話に出来ているか。
 落とした後、きちんと落とした分以上に持ちあげることができているか。
 正直、きちんと盛り上げ場所を盛り上げきれているか。

②改善したい、できていてほしい点ができているか
・セリフ等見づらい、わかりづらい点はなかったか
・展開が速かったり、テンポが悪くなってないか
・AAなどの配置や改変、演出でまずいところはないか


前回頂いた評価
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/89-102



欠点を洗い出して次回作のスキルアップに繋げたいので、辛口でかまいませんので詳細な評価をお願いします

360 ◆dUt9YLYZOs:2010/10/16(土) 01:45:51 ID:qGeNxlIU

評価を依頼させていただきます。

    作品名  鋼の巨人やらない夫
    1スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261393257/
    現行スレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286532443/

      □評価方針           甘口寄りを希望しますが、辛口でも構いません。
      □評価スタイル      おまかせ
      □AAの改変具体例    おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等

        評価は二十一話以降を中心にお願いします(11スレ目>>445から)。
        見てもらいたいポイントは、

       1:一話一話にどうもギクシャクした感じがあり、メリハリの悪さがあるように感じられる。
            この点を評価人様からも感じるか、また、どのような改善策があるか。

       2:画面は派手に映っているか、分かりやすいか。
            また、AAの技術を今のままとし、現状で内容に合ったものを作れているか、作れていけるか。

          3:このスレで一番おもしろい点は何だと思うか?
         私自身、おもしろいと思って作っているのですが、ではこのスレの売りはなんだ? と悩んでいます。
         なければそれで構わないのですが、あるとすれば何か?
         お気づきになりましたら、ご指摘ください。

        他にも気になった点があったら、お願いします。

       以前いただいた評価は
       「その13」の763-770と785-790
       「その19」83-100と213-222
       以上4つです。

       よろしくお願いします。

361 ◆od6gQxvkj2:2010/10/16(土) 02:46:46 ID:VVj4itMA
>>322-336
山崎退様、早速のご評価を有難うございます!

AA改変の技術、また見せ方、大変参考になりました!
と共に、自分の未熟さも痛感致しました……。
少しの気遣いで見栄えは変わるものですね。
AA配置の方法についても大変勉強になりました。
如何せん僕が頭が堅い方なので、柔軟な改変技術は身に付けなければ……。

ストーリーに関してのご評価については、
こちらが恐縮してしまうほどの評価を頂き、身に余る思いです……。
意図しているスポ根系のストーリー、展開の面についても、
概ね上手く見て頂けている様で、安心しました。

やる夫スレが初めての為、全てか手探りでやっておりますが、
他のスレ様の良い所は吸収し、
自分なりのオリジナリティを出していきたいと思っております!

最後にもう一度、ご評価賜り有難うございました!

362名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 04:31:03 ID:h0eHJPGs
>>359
エライのが評価依頼に上がったなぁ。
こいつの評価には俺も興味があるが……、感動できる作品であることだけは確かだな。

363名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:17:04 ID:lNB1HRP6
7レス借ります。

364名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:18:14 ID:lNB1HRP6

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \    やあ、どうも。
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ    のび太くんはゲームしてるから、
   / /   `ー ●ー    ヽ   今度は僕が評価するよ。
   l |   三   |  三  |   評価させてもらうのは、これ!
   | l \     |    / l
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_   やる夫は黄昏の時代を生きたようです
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /   依頼レス
                    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/201

                    現行スレ
                     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286635191/

365名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:18:42 ID:lNB1HRP6

        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \    まず、僕は原作は未プレイなんだけど、
   // `−● − ′  \   ヽ   すごく面白そうなゲームだね。
   |  三  |   三    ヽ  ヽ
   | (____|____   |   |   地下に広がる巨大遺跡、
   |  \.        /   |   |   謎の古代文明、大勢の冒険者たち、
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /   
   _ ヽ   `───-′  / / _    ワクワクするキーワードがいっぱいさ。
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /



          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\    ムスカ先生の講義も、とてもよかったよ。
      /  /  `ー ● -   ヽ
      | / , 二   |   二、ヽ   いい語り部は、世界観を読者に理解させるのに、
      | | | ─    |   ─ ||   ストレスを感じさせないよね。
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ

366名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:19:05 ID:lNB1HRP6

          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ     戦闘シーンも中々だね!
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
     l /  .二    |    二  ヽ l   何の役にも立ちそうになかった道具を、
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |   目一杯活用して危機を乗り越えるやる夫は、
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l   見ていて、とてもカッコイイ。
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |



          ____
       /     − 、 −、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ    あと感心したのは、
     / /    `− ●- ′  |
     | |    二二  | 二二. |   パーティーの編成だね。
     | | |\ -─  | ─___)
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_    普通、固定になりがちだけど、
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)   この作品では、各キャラをしっかり描写して、
    \   ━━━━6━━  /    編成の変化が、活きるようになってる。
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |      ちょっと、僕には真似できないかな。
      |   ` ─── ′ |

367名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:19:39 ID:lNB1HRP6

        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ   ところで、二つ目の評価ポイントなんだけどね・・・
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
   l    /  ──   |   ─  |
   |  /   ──   |   ─  |
   |  l    ──   |   ─   l
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
    ヽ ヽ   (_____ノ /
      >━━━━━ O━━─( _ )
     /   /       ヽ  /



        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ     本当は、松岡修造ばりに、
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ     お説教したいところだけど・・・
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l    まぁ、やめとくよ。
    l  |        |   ) /    初作品で、不安なのはわかるから。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

368名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:20:09 ID:lNB1HRP6

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ    ただ、これだけは言っとくよ。
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _  終わりが見えないんじゃなくて、
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__) 最初の見積もりが甘かっただけ。
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /   とりあえず、現時点で原作の何分の一まで、
 /    /    ヽフ  ヽ  l/   進行しているのか、投下量とペースから考えて、
( _)  |  ____ | |    連載が終わるのがいつ頃か、もう一度計算してみて。
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ    まぁ、僕も偉そうなこと言えないんだけどね。
  /   / U ` −●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |    僕もスレを持ってるんだけど、連載はじめてから、
  |  |   ─   |__ ─  !    完結まで、三か月ぐらいかかるって分ったんだ。
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |

369名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:20:40 ID:lNB1HRP6

      ____
    /    - 、 - 、\
   /  , -|  ・|・ |- ヽ       あと、AAについてだけど、
  i /   ` - ●-′  i. _⊆⊇_  時々、セリフの位置が高いことがあるね。
.  | |    三  | 三  | |   .|
  ! | \.___|__ノ / |   .|  一行か二行のセリフに多いんだけど、
  \ヽ   \___/ / ◯─-┘  概ね、目の高さに合わせるといいよ。
    ━━━━o━━ /
   |   /    ヽ |



       ____
  .   /   /⌒ヽ⌒ヽ 、
    /   , -|/ ・|< |、\    それと、これは次回で活かしてほしいんだけど、
   /   /   `ー ●ー ′ ヽ    第一話の冒頭は、よくないね。
   l  /   三.  |  三  |
   |   l  /⌒\_|_/^l l   妹が、「おにーちゃんも働きすぎ」って、
   l  | l , ─ 、− 、     l /    心配してくれた日、やる夫は何をしていた?
    ヽ l ヽ ___)__ / /
     〉━━━O━━━´⌒ヽ   全力でオナニーじゃないか。
    /  /      ヽ   l   l   ギャグとシリアスが未分化すぎるよ。

370名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:21:36 ID:lNB1HRP6

                                      ____
                                 .  // ⌒ ⌒ヽ  `\
あと、このスレをこれから見ようとする方へ        //|/’ |,\|ヽ    ヽ っ
                             (( _/ ヽ ー● ー ´  \  ヽ っ
お願い!第一話の下ネタで引かないで!      ヽ  二  /   三     ヽ   l
あのドギツイのは、あれで終わりだから!        `ー⌒ー⌒ヽ、__/⌒ヽ  |   |
                                       )      |  l /⌒ヽ
                               /⌒ヽ __(二二二)__ノ / >、_ ノ
                              (( ヽ _ ノ`━━O━━━━/   / ノノ
                            .     \/ /     \     /



       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ      最後、ちょっと辛口になっちゃったけど、
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ      君の作品は、これからも楽しみにしているよ。
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |     体には気をつけてね。
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l      無理しない程度に頑張って。
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
   VV  {   )  ̄      / /       それじゃ、またね。
    ヽ/ `ー'_____,//
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \

371名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:22:19 ID:lNB1HRP6
以上でございます。

372名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:25:19 ID:zn77qxNQ


373名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 08:27:22 ID:GcLP/MIs
乙でした!

374名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:24:53 ID:qIyuei3U
ちょっと先の評価した人と被っている部分がありますが投下します

375名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:25:46 ID:qIyuei3U
        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \
   // `−● − ′  \   ヽ    こんにちは、僕ドラえもんです
   |  三  |   三    ヽ  ヽ
   | (____|____   |   |
   |  \.        /   |   |   今回評価するのは>>360の「鋼の巨人やらない夫」です
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /    このスレは開始当初から追っているスレなので
   _ ヽ   `───-′  / / _    自分なりに評価してみたいと思います
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /





       ____
    /       \
   /    ノ -、 -ヽ ヽ
   /   , -|/‘|< |-、 |   ただ、どうも辛口になってしまったのでそこのところは勘弁してください
  ○/   ` - ●-′ |
.  | |  三   | 三 /   あと、作者さんの要望どおり二十一話以降を中心に評価していきますね
  |  |  /⌒\_|/^/
  |  |━━━(t)━━、
  |   /__ ヽ |_|
.  i   l ヽ___/ノ j_)
  ヽ  ` ── ′/
   ⊂二⊃⊂二⊃







             ___
          r ,ニ-、. ,r―-、` ー 、
         r ´ /    i     i   ヽ、
         /  ,. !  '`j、0   ノー 、    i    作者さんからの聞きたい事はこれだね
       l r'ー-ニー(__.ノ` ニ-―'' ヽ  .!
        !/ r三ニ  l  _三三_   i   !   1:話のメリハリ
        !l. `-r―‐ '''´ ̄_..........._ !   l  i   
    ,r―、 l!  ヽ  ,r'´     /  l  i
.   !   ,トヽ.   ヽ !   _,/   / /    2:画面は十分か?
    `ヽ'´  ヽ     ` ''''´     / ,r'     
     ヽ   ⊂ニニrニヽニニニニ⊃、
      ヽ   /   ヽ!ノ    ヽ     ヽ     3:このスレの売り
         ヽl┌――――‐┐ !   ,.ヽ._   
         ! l         ,! l. `Y    !  
          lヽヽ _     _/ /   `!-- '
         l ヽ、 二二  -'     !`)     じゃあ、順番に答えていくよ
         j____.ヽ          .l´
        (´     r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          ̄ ̄ ̄ `ー-----― ''´

376名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:26:27 ID:qIyuei3U


1:話のメリハリ


        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ   いきなり辛口かもしれないけど、確かに冗長な感じがするね
   l   /   二   |  二  |   特に最新話は1回の戦闘にほぼ1スレ分使っている
   |  l     ─   |  ─  l   
    l  |        |   ) /    これには理由があるんだ
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ




          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl   一番の問題は「ロボとキャラが多い」って事なんだ
   i    /      ̄ ̄   | ── |   しかも作者さんはそれら全てに見せ場を作っている
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ  捨てキャラ&ロボを作りたくないんだろうけれど、
   |.    |           __|___ノ  そのせいでメリハリが無くなっているんだ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ




          ____
         /−、 −、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ
     // `ー●ー ′ \   ヽ   よくロボットアニメとかで複数出ているけどメリハリがあるのは
     l  三  |   三     ヽ   l   「動画で短時間で処理できるから」なんだ
    (___|___    |   l
     ヽ l    __ `ヽ  !   /   でも、やる夫スレは一回一回静止画を投下していかなくちゃいけない
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /   それも数十秒単位でね
   ( __)ー━━O━━━━━く    この違いは結構大きいと思う
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )





        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
   l    /  ──  |  ──  ヽ  作者さんは「2:画面は十分か?」というのを心配しているけど
   |  /    ──  |  ──  |  それよりも重要なのはテンポだと思う
   l  |    ──  |  ー─  l
    l   |        |        /  初期のやらない夫と怪ロボットの1対1ならいいけれど
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /   今の複数同士の戦いでエフェクトとかを凝っていては
     >━━━━━O━━━く    戦闘シーンが冗長になっちゃうんだ
    /    /      ヽ  ヽ

377名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:27:07 ID:qIyuei3U


      _____
    /   − 、−、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` −●- ′ ヽi.   元々、やる夫スレはテキストと立ち絵のついたADVみたいなものだから
  |  /  二   |  二   |   戦闘シーンを演出するのが難しいんだ
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /    特にAAという制約上複雑な描写はできないと思っていい
   \ ヽ     _)   /
    l━━6━━━━┥    戦闘シーンで巨大ロボットを1コマで同時に描写するってのは不可能に近い
    | /    \   |





        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ   作者さんがやろうとしている「ロボット軍団の戦闘」っては
   l    /  ──   |   ─  |   やる夫スレで行う事が凄く難しいって事をまず理解してほしい
   |  /   ──   |   ─  |
   |  l    ──   |   ─   l   現状のままロボットの巨大感を出しつつメリハリを出すには
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /   僕には「一度に出すロボットの数を減らす」くらいしか無いと思うよ
    ヽ ヽ   (_____ノ /    
      >━━━━━ O━━─( _ )
     /   /       ヽ  /





        _____
     / - 、 − 、     \
    //|/・|・ \|- 、    \    それに加えて読んでいて気になったのがイデオン以降の急激な戦力のインフレなんだ
   /   `-● − ′  \    ヽ
   j 二二 | 二二   ヽ    i   敵も味方も一気に戦力が急増しているんだけど
  (_── | ──    |   |   あまりに短期間にパワーアップしすぎていないかい?
   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   !   _!_
   _ヽ ヽ    −、−、 !  !  (  )  露骨過ぎてテレビによくあるわかりやすいテコ入れに見えちゃうんだよ
  (__ )\\_(___/ /   / ̄/
   \   ━━━6━━━━/  /



           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ      短期間に一気にロボットが投入されたため、
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ    「仲間が徐々に増えている」というワクワク感を感じる前に
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l     次のロボットが出ていてカタルシスを感じられない
 .     |  l   ─   |   ─    l  | 
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !   新兵器ってのはここぞという時に出すから演出上効果的なんだ
   l    l     , ─┴─ 、      l /   それはフォトンフィストをやらない夫につけた作者さんもわかっていると思う
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/  
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く  
     \    /   ヽフ   \   ヽ



           _ ____
         ,,-´     _ _` ヽ、
       /      / /|\\ \
      /    ,,,−|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.
     /   /    ヽ _ | _./   \ヽ
     |   /         ●        ||   まるで作者さんのアイデアを否定するようで悪いんだけど
    |    |    /     |  ヽ    |   大量のキャラとロボがテンポを悪くしてメリハリを無くす原因になっているんだ
    |   |   / /    |    \  |  
     |  |    /  /   |   \  /
    / \ |       /    |  \   /    気持ちはわかるけれど、描写する箇所は制限した方が良いと思う
   /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /     
   |     ヽ━━━━━┯イ ´      
.   |   i\  \   (T) ノ ノ
   |  |  _\  \ _ / /
    |  | \ \(  )/|

378名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:28:20 ID:qIyuei3U
2:画面は十分か?


          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |−、 ヽ
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
     l /  .二    |    二  ヽ l    これに関しては全く問題無いよ!
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l    戦闘シーンの派手さとかはかなりのものだね!
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ   改変されたAAとかは素直に格好良いと思えるのばかりさ!!
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ   改変のセンスはかなりあるよ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |




         _____
     /,´- 、 − 、    \
    /,-|./・|・\ |− 、   ヽ
    |  ` -● −′  \  i   もっとも上に書いたように多用しすぎると冗長になっちゃうからね
    |  ─ |  ─     i  |
    |  二  |  二     |  !   何事も分量の適切さが大事だよ
    ヽ  / ̄ ̄ ̄ \   |  /
.     \ヽ____)  / /
     ○ ━━6━◯━━ヽ
      \|/ _____\   ヽ






3:このスレの売り

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ
    // `ー●ー ´   \   ヽ   やっぱり、このスレの売りは「やる夫とやらない夫」だね
   /^ 三 /  三     ヽ    l
   ヽ.__ /     __  l    |  少年とロボットの友情と正義と悪との戦い
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l   まさに王道と言った作品でスレの更新が楽しみなんだよ
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l




          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ      けれど、その王道路線ってのは初期の話なんだ
.   /    /       ̄ ●   ヽl     今はちょっとその路線から外れている気がする
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !    話のスケールが広がりすぎて、ちょっと戸惑いがちなんだ
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ    そのせいか、やる夫とやらない夫の影がかなり薄いんだよ……
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /      焦点がボケてきていると言ってもいい
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ

379名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:28:39 ID:qIyuei3U


            __
            ( ((__)) )
         , ──┴── 、
.     /   / ⌒ヽ ⌒ヽ  \      主役が薄い話ってのはどうしても中身が薄く感じるんだ
     /   , ┤ /・|・\ ├ 、  ヽ 
    /  /  ` ー ● ー ′ \ ヽ   群像劇というのもあるけれど、それは目的が異なるキャラ同士のぶつかり合い
   / /  ──  |  ──   ヽ l   だからこそ映えるものだと思う
   l /  ──   |   ──   | l
   l l   ──   |   ──   l l   現状だと、やる夫とやらない夫が主役じゃなくて戦力の一部程度に見えるんだ





――--、..,
:::::::,-‐、,‐、ヽ.
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、
/. ` ' ● ' ニ 、   話のスケールアップもそうだ
ニ __l___ノ
/ ̄ _  | i    イデオンと言う存在があまりに強力で唐突過ぎて
|( ̄`'  )/ / ,..  それまでの設定と合わせてちぐはぐな印象を感じる
`ー---―' / '(__ )
====( i)==::::/   いきなり10の70乗とか出されても・・・・・・
:/     ヽ:::i



      ,  ───  、
    /          \  っ
   / ヽ            ヽ っ
   l’\|─‐ U 、         ヽ    あれからもう一度スレを読見直したんだけど、
   l  ノ     \         l    僕が見落としているのかそういう複線らしきものは見当たらなかった
  ●´ ──      ヽ         |
  ノ  ──      ヽ      l    だから、どうしてもイデオン以後は今までと別な作品っぽく見えたりする
. (   ──        l    /    そのせいで、やる夫とやらない夫がはまっていないように見えるんだ
  ` ー、── 、     |     /
     ` ー,-、━━━━━━ヽ
        .ヽフ `ヽ

380名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:29:17 ID:qIyuei3U


       ____
    /       \
   /    ノ -、 -ヽ ヽ
   /   , -|/‘|< |-、 |   話のスケールを広げたくなるのはわかるよ
  ○/   ` - ●-′ |
.  | |  三   | 三 /   でも、そうする前にはある程度下地が必要なんだ
  |  |  /⌒\_|/^/    できるならルルーシュ辺りがもう少し核心に近い事を言ったりしていれば
  |  |━━━(t)━━、     もう少しすんなり言ったかもしれないね・・・・・・
  |   /__ ヽ |_|
.  i   l ヽ___/ノ j_)
  ヽ  ` ── ′/
   ⊂二⊃⊂二⊃



           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ    やはり、一番大事なのはスレの原点を見つめることだと思うよ
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |   中身を派手にする事に囚われず、主人公がどんな存在かを
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !   もう一度見直してみる事をおすすめします
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,−、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ


           _ ____
         ,,-´     _ _` ヽ、
       /      / /|\\ \
      /    ,,,−|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.
     /   /    ヽ _ | _./   \ヽ   自分なりに気になった事を書いて行ったら
     |   /         ●        ||   かなり辛口になってしまってごめんなさい
    |    |    /     |  ヽ    |
    |   |   / /    |    \  |
     |  |    /  /   |   \  /   好きなスレではあるんですが、どうしても気になる事ばかりだったので…
    / \ |       /    |  \   /    こんな評価ですがお役に立てたら幸いです
   /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ / 
   |     ヽ━━━━━┯イ ´
.   |   i\  \   (T) ノ ノ        それでは評価を終わります
   |  |  _\  \ _ / /
    |  | \ \(  )/|

381名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:30:18 ID:qIyuei3U
以上です

主観的な部分も多かったかもしれず、失礼しました

382名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:34:50 ID:cmeY0Fk6
評価乙
俺もまったく同じこと思ってた

383名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:36:40 ID:HOePqX6.
評価乙

384名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 10:39:46 ID:JT7hybjM
乙です
正直、ドラえもん氏とほぼ同じことを感じてました

385364:2010/10/16(土) 10:59:15 ID:lNB1HRP6
あれ、ドラえもんって
もう使っている人いたの?
こりゃ失礼しました。

386名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:01:16 ID:qIyuei3U
>>385
いえ、今回が初めての評価です
こちらこそ失礼しました

387名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:08:16 ID:lNB1HRP6
>>386
そうでしたか、気にしないでください。
これだけの評価、前々から準備なさっていたのでしょう。
どうせ、アバターは共用ですから。

388名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:19:41 ID:FL4AUCPM
同じドラさんが一気に2本評価と思ったら、別ドラさんだったのかw
どちらも乙です!

389 ◆dUt9YLYZOs:2010/10/16(土) 11:40:09 ID:qGeNxlIU

>>375-381
ドラえもんさん、評価ありがとうございました。

やはりキャラの多さが諸々の原因になっていましたか……てか気づけよ俺……。
殆ど本当にテコ入れだったのですが、結果冗長さが前面に出てしまっていたみたいですね。
正直自分でも今の段階で処理するのはかなり労力使うので、現在作成中の話ではメンバーを分けて書いています。
分散させて書けば、とりあえずは乗り切れるかな……?
今後の最大の課題として、熟考していきます。

やる夫とやらない夫は存在感がなくなってますね、確かに。
今後は出さない回も考えていたのですが、やっぱり全部に関わらせて少しずつ描写した方がいいのでしょうね……。
しばらくはキャラクター一人一人をジックリ描写していこうと思うので、この辺の課題も消化していきます。

イデオンのあたりは個人的に問題ないと思っていたのですが、無理矢理感がありましたか。
頭の中で設定できてた分を、作中に反映できていなかったみたいです……猛省。

見直して悩んでいた分、頭の中でいくつか整理がつきました。
改めまして、御礼申し上げます。
ありがとうございました。

390名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:45:25 ID:xsPr8NsU
出遅れましたが、10レスほど場をお借りします。

391名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:45:56 ID:xsPr8NsU


                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        こんにちは、山崎退です。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/         地味なりに頑張って評価させていただきます。
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′
 、::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.ヽ、.::.j'.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ′.::.::.::.::.::.::.::.::./






  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ          今回は
 /l/l:.|    |  |:l           鋼の巨人やらない夫 様
 ´ノ`-i;|、   '  ,N          (依頼レス→>>360
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、          こちらの評価になります。
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\        未読の方はネタバレ注意です。
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|

392名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:46:28 ID:xsPr8NsU



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       その名の通り、巨大ロボット「鋼の巨人・やらない夫」と
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       その相棒の少年、やる夫。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./        陰謀を企む無限帝国の怪ロボットを倒して
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          地球の平和を守れ! という、王道ロボットものです。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :

393名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:46:58 ID:xsPr8NsU


┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│ 1:一話一話にどうもギクシャクした感じがあり、メリハリの悪さがあるように感じられる。                   │
│    この点を評価人様からも感じるか、また、どのような改善策があるか。                       │
│                                                                    │
│ 2:画面は派手に映っているか、分かりやすいか。                                     │
│    また、AAの技術を今のままとし、現状で内容に合ったものを作れているか、作れていけるか。        │
│                                                                    │
│ 3:このスレで一番おもしろい点は何だと思うか?                                      │
│    私自身、おもしろいと思って作っているのですが、ではこのスレの売りはなんだ? と悩んでいます。       |
│    なければそれで構わないのですが、あるとすれば何か?                               │
│    お気づきになりましたら、ご指摘ください。                                            │
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘


                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |    他の評価人の方々の評価と      │
                    |    内容は被ってしまいますが       │
                    ゝ__________________乂_

                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |   出来るだけ違う切り口で    │
                                |   評価していこうと思います     │
.                               ゝ________________乂_

394名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:47:28 ID:xsPr8NsU


>一話一話にどうもギクシャクした感じがあり、メリハリの悪さがあるように感じられる。




     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l        なんというか…
    ´ノ`-i;|、   '  ,N       「全部乗せ」って感じの印象があります。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|



                        __ __
                       ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                  ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
             _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|      こんな展開にしたい、あんな演出をしたい
            , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j       それを全部やろうとして、やりすぎた…
             ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/       そんな感じでしょうか。
         ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/
         ,;|           !    y  j ̄ ヽ  u イ,::.::.{        決して面白くないわけではないんですが。
        /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ
        / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
          ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
        ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \

395名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:47:56 ID:xsPr8NsU



       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃      「一つの話に見せ場が多すぎる」んですね。
   <====|  ======}━━    ここだ! ここが見せ場だ! って、とっておきの部分が
      ( ヽノ           いくつもいくつもあるとおなかいっぱいになってしまいます。
      ノ>ノ
  三   レレ



                  __
               /:::::::::::::::::::`ヽ、
                / ............................... ヽ
              /::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /:::::::::::ハ:::::::ト、::ヽ:::::::::::::::l
            !'l::::::::/\゙、::::l >、:ヾ:::::::::::l
           |:::::;イ、-ti‐ヽl ti‐-゙ヽ:i´゙レ'ニ=‐      お話自体は面白いし、続きも楽しみなんです。
           |/l:l l ,,,`´, ヽ `´,,, !:| ノ、二ニヽ、    ですが、大事な部分以外はあっさり目の演出にして
             ! lノ」  ,、_,-‐、  ,ィ! ハ ヽ`ヽ、   少し削るぐらいでもいいんじゃないでしょうか。
           / />、ー-―-' // / .l  l
            /   / / lヽ、__, ' /  /  | | /
       /     l l  l ゙、   /   /  | l
        /    !| |   l  ヽ /   /    ! l
      /       !| |   l   V   /     、l
    ,-‐'   \  | |   ヽ./   /     /, ニ
    〉      \! |    /   /   //
   l/ ̄`ヽ    ゝ!     /   /  //

396名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:48:29 ID:xsPr8NsU


>画面は派手に映っているか、分かりやすいか。



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       このあたりはもう文句なしですね。
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       必殺技のバンクもかなり凝ってらっしゃいます。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./        状況はちゃんとわかりますし、画面は派手ですから
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          これ以上いじると、かえって見づらくなるかもしれません。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :



>また、AAの技術を今のままとし、現状で内容に合ったものを作れているか、作れていけるか。



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┏━━/    /━━\    \━━┓┃
  ┃┃  /    /____\    \  ┃┃
  ┃┃/    /   , ‐-‐ .、  \    \┃┃
  ┃/    /   /:::::::::::::::::::::ヽ  \    \┃
  ┃    /   / ::.................  ..::l    \    ┃         十分です。 上でも言ったとおり、
  ┃  /     l::::::::::ハ::::::、:::::::::::l /´  \  ┃         これ以上何か凝ろうと思うと見づらくなるかと思います。
  ┃/ |    !l::::;ィ令、ヽ令、:::ノ// XX | \┃
  ┃┃ │      〉l、  _`  lソ'// XXX | ┃┃         AA合成のズレも少ないですし、このまま頑張ってください。
  ┃┃ |     /::::〈\ ニ ,ィ ,ィ:l lXXXX | ┃┃
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_/∧::::::\`´〈 l |:::〉,、___| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|          |::::/ /::ヽ。/`ヽ._'l/::`/::::::::::|__          ..|      AA改変はいくらでも凝れますが、ある程度のところで
|  ∠___|<゚ /::::::::::::::::>'´:::::::/:::::::::::::|: : : : : : : : :   : |      キリをつけないとひどいことになるのでお気をつけて。
|/ NILO. |::::ヽ::::::::::r'´:::::::::::/:::::/\:::|: : : : : : : : :   : |
|―――――|::::::::`、::::::!::::::::::::/:::::ノ    |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::::l:::::::l::,、 /7::::/     |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::/::::」´ 、`<::::::!    |: : : : : : : : : : : : |
|          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|_____|                    |______|

397名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:48:57 ID:xsPr8NsU

>このスレで一番おもしろい点は何だと思うか?





                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.        「やる夫とやらない夫の友情、成長」でしょうか。
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′       常識を学んでいくロボット やらない夫と
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        戦いの中で少しずつ強さを身につけるやる夫。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{         王道でよくある…と言ってしまうこともできますが
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_        やはり燃えるいいストーリーです。
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′

398名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:49:28 ID:xsPr8NsU


                        __ __
                       ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                  ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
             _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|      それから、YY日本支部などの「やる夫の周りの大人達」
            , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j       だとか、どのキャラクターも魅力的です。
             ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/
         ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/       キャラクターがよく動いている…って言うのも変ですが
         ,;|           !    y  j ̄ ヽ   イ,::.::.{         主人公の近くにいて欲しい、そんなキャラが多い。
        /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ       ヒロインだって健気ですし。
        / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
          ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
        ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \



  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ
 /l/l:.|    |  |:l        …面白い部分を文章にするのは難しいですね。
 ´ノ`-i;|、u  '  ,N        どうもうまく伝わっているか不安になりますが、そんな感じです。
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.

399名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:49:57 ID:xsPr8NsU


       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃       何が面白いかは非常に主観的で
   <====|  ======}━━     申し訳ないですが…
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三   レレ



                  __
               /:::::::::::::::::::`ヽ、
                / ............................... ヽ
              /::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /:::::::::::ハ:::::::ト、::ヽ:::::::::::::::l
            !'l::::::::/\゙、::::l >、:ヾ:::::::::::l
           |:::::;イ、-ti‐ヽl ti‐-゙ヽ:i´゙レ'ニ=‐       ともかく、「俺はそう感じた」だけですので
           |/l:l l ,,,`´, ヽ `´,,, !:| ノ、二ニヽ、     参考程度に留めておいて下さい。
             ! lノ」  ,、_,-‐、  ,ィ! ハ ヽ`ヽ、
           / />、ー-―-' // / .l  l
            /   / / lヽ、__, ' /  /  | | /
       /     l l  l ゙、   /   /  | l
        /    !| |   l  ヽ /   /    ! l
      /       !| |   l   V   /     、l
    ,-‐'   \  | |   ヽ./   /     /, ニ
    〉      \! |    /   /   //
   l/ ̄`ヽ    ゝ!     /   /  //

400名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:50:22 ID:xsPr8NsU


                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|       途中、迷走するような部分もありましたが…
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        今、作者様が楽しんで作ってらっしゃるなら何よりです。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{          以上で評価を終わらせて頂きます。
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,        遅い上、拙い評価ですが
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´         作者様のお力になれれば幸いです。
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′

401名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 11:50:49 ID:xsPr8NsU
以上です、失礼しました。

402名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 12:03:04 ID:oVq1cJ0E
評価乙です

403名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 13:44:20 ID:aBbjhLr2
>>389
キャラの多さが問題になってるのなら、
キャラ一人一人をジックリ描写する前に、
描写すべきキャラと描写しないで済ませるキャラの分別をした方が良いと思います

404 ◆dUt9YLYZOs:2010/10/16(土) 14:10:13 ID:qGeNxlIU
>>390-401
山崎さん、評価ありがとうございます。

要するには欲張りすぎ、でしたか。
やることをもっと絞ったほうがいいみたいですね……。

AAに関しては現状で充分のようなので、あとは分量と凝り具合に気をつけます。

売りはやはりやる夫とやらない夫でいいようですね……。
今後うまくやらせていただきます。

改めまして、評価ありがとうございました。
今、凄く楽しいです。


>>403
分別をした上でもやはり多いですし、これ以上削ればただ無意味なだけになってしまいます。
うまく言えないのですが、そうなっているのは私自身のやった結果でありますし、
このままうまくいくまでやりたいという気持ちがありますので。
一回ごとの整理を利かせて、しばらくはやっていきたいです。
すみません……拙い文ですが、どうかご理解ください。

405 ◆fJcUcm9oIY:2010/10/16(土) 14:39:41 ID:J03HpLfk
>>364-370
評価、ありがとうございます

ムスカ先生の講義が冗長かなと危惧してたんですが、
未プレイの人向けに、あの世界観を話しに織り込むのは難しいと思ったので
丸々1話使って一気に説明してしまいました(原作、テキスト量多くてあれでも削ったんですけど)

>>274みたいに定期的に解説編を織り込みながらも手だったかなと反省中


それと、序盤の話の持って行き方を安易にやっちゃったので
そこが一番の猛反省ポイントなのは自覚していますorz

話の長さは「やる夫が突撃行軍歌(ry」ぐらいになればと思ってたんですけど
軽く倍以上行きそうなのでどうしたものかと…
余計な中ボス戦闘等を削る(1コマで終らせたり)方向でテンポ上げて進める予定です

一番の反省点は、まずは短編か中篇スレでも書いてから
長編に挑めばよかったかなと反省中です

……気晴らしに短編でも書くか


人間関係に重点をおいて進めて行こうと思ってるので
その辺を高評価貰えてるのは救いですかね、ありがとうございました!

406名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:05:58 ID:jsDi7oXQ
他に投下の方が居ないようでしたら、5分後に評価投下しますね。

407名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:10:58 ID:jsDi7oXQ


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \
   /                  ヽ   こんにちは。
    l::::                  ::::|
    |:::::    (●)     (●)  :::::|   例によって評価させて貰う大ちゃんだよ。
    |::::::::    \___/   :::::::|   今回もよろしくね。
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ







       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \              さて、今回評価させてもらうスレは
   /                  ヽ   / ̄ ̄ ̄\ミ
    l:::::::::.                  | /   ●    \ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/439
    |::::::::::   (●)     (●)   | \        / 『やる夫は永遠の少女の魂を救いたいようです』
   |:::::::::::::::::   \___/     |   \/ ̄\/    
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    \ /     だよ!

408名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:11:35 ID:jsDi7oXQ


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     このスレは「真・女神転生1」の死霊少女「アリス(ばらしー)」と
    /   ::::::::::::::::::::::::::::::: \   その保護者二人の大悪魔のエピソードに焦点を当てたスレだね!
   /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ
    l;;;;;;;;;;   ::::::::\;;;;;;;/:::::::    |  ふっふっふっ・・・実は大ちゃんは生粋のメガテンマニアなのだ!
    |;;;;;;;;;;   (●) ::::::::: (●)   |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;; :::::\___/::::::   |  どのくらいかっていうと、「ネビロス」と聞いて核シェルターのボスを連想したり、
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,  \/     ノ  「ダンタリオン」って名前に深いトラウマが在ったりするぐらいだよ!






  ○   ○   ○   ○   ○
  | ヽ  / ヽ  / ヽ  / ヽ. ../ |
  |                   |
  |                   |   といことで、作者さんの気になる評価ポイントおいでませ!
  =============
    l:::::::::.                  |
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::   \_llllllll_/     .|
    ヽ::::::::::::::::   \/     ノ

409名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:12:14 ID:jsDi7oXQ


┌                                                                    ┐
  ※特に見て欲しい所は、戦闘シーンです
  
  1スレ目の910-922と
  2スレ目の109-118の2か所しかないですが
  
  戦闘の流れを上手く表現できているか自信がありません
  見ていて、違和感はないでしょうか?
  
  それから、
  
  ・各レスが見やすいか? (AAの配置、セリフの配置等)
  
  ・場面転換をきちんと伝えられているか? (結構、あっさり目だと思います・・・あと、表現の使い回しが多い)
  
  ・表現が汚すぎないか? (相手を罵倒するシーンなど。表現が過激すぎるかもしれません
                   感じ方は人に因るかもしれませんが・・・)
  
  ・感情表現に違和感はないか?
  
  ・伏線立て過ぎて、意味不明になってないか?

└                                                                   ┘




      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  (●)     (●) \
   /     \___/      ヽ   今回も一杯あるねぇ。
    l:::::::::.     \/         |
    |::::::::::                   |   じゃ、上から見ていこうか。
   |::::::::::::::::              |
    ヽ:::::::::::::::::::.            ノ

410名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:12:39 ID:jsDi7oXQ


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ┌                                    ┐
    /             \      戦闘の流れを上手く表現できているか自信がありません
   /                  ヽ     見ていて、違和感はないでしょうか?
    l:::::::::.                  |  └                                    ┘
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |   どれどれ・・・1スレ目の910-922と2スレ目の109-118と・・・
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \   全然問題ないよ!
   /                  ヽ
    l:::::::::.                 |  ネビロス(やる夫)が本体?を出して敵を圧倒する様子は、
    |::::::::::    ⌒     ⌒     |  戦闘を通じて、その大悪魔ぶりの一端を伝えてきてるし、
   |:::::::::::::::::   \___/    |  それを表現するエフェクトなんかの使い方もとっても上手いし。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
                       最近の初やる夫の作者さんは、みんなレベルが高くて大ちゃんビックリだね。

411名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:13:17 ID:jsDi7oXQ


        ______     じゃ、お次は、
      /     〇⊂⊃\
    /             \  ┌                                  ┐
   /                 ヽ  ・各レスが見やすいか? (AAの配置、セリフの配置等)
    l:::::::::               | └                                   ┘
    |::::::::::   (●)    (●)  o|
   |:::::::::::::::::   \___/    .0|  を見てみようか。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ







    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /             \  ・・・正直、セリフ配置にすこ〜しだけ見づらい箇所が有るかな?
 /                 ヽ
 l:::::::::   /      \   | でも、作者さんのスレに限れば、あのちょっと見づらいくらいのセリフ配置が
 |::::::::::   (●)    (●)   | スレの(良い意味で)緩いというか独特の空気を作る一助になってる気もするんだよねぇ。
 |:::::::::::::::::   \___/    |
 ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ だから、無理に揃えて見やすくする必要もないと思うよ。
                    見易さも大事だけど、物語の雰囲気作りも同じくらい大事だからね。

412名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:13:40 ID:jsDi7oXQ


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ┌                                        ┐
    /             \     ・場面転換をきちんと伝えられているか?
   /                  ヽ    (結構、あっさり目だと思います・・・あと、表現の使い回しが多い)
    l:::::::::.                  |  └                                        ┘
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |    お次のポイントはこれだね。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ







       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \
   /                  ヽ  場面転換の構成自体は、メリハリがついてて大変グッドだよ
    l::::                  ::::|
    |:::::    (●)     (●)  :::::|  でも、絵的にはちょっぴり解り難い場面も有るね。
    |::::::::    \___/   :::::::|   そういう時には、下記のエフェクト!
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ

413名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:13:59 ID:jsDi7oXQ


【例】

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃






     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /             \    これを場面と場面の間に挟むと、
  /                  ヽ   それだけで視覚的にグンと解りやすくなるよ。
  l                   .::::::::|
  |   (●)     (●)   :::::::::::::|   エフェクトには何種類かあるから、
  |     \___/   ::::::::::::::::::::|   「地形的な場面転換」「同じ場所で時間だけが経過した場合の転換」等など
  ヽ     \/  .::::::::::::::::::::::ノ   状況によって使うモノを決めておけば、
                       一目見た時の場面がより解りやすくなるんじゃないかな。

414名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:14:21 ID:jsDi7oXQ


   /:::::::::::::::::::   /\      ヽ で、お次は
   |:::::::::::::::::  / ̄ ̄\     | ┌                                        ┐
    l:::::::::::   (●)    (●)   |  ・表現が汚すぎないか?
   |:::::::::               |  (相手を罵倒するシーンなど。表現が過激すぎるかもしれません
   ヽ               /   感じ方は人に因るかもしれませんが・・・)
     \            ./   └                                        ┘
      \______/    だね。






              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     汚すぎるなんてトンでもない!
          /              \
         /              ヽ  ああいう多少過激な表現が、アリスとの蜜月の部分にメリハリを付ける
   / ̄\ l      \,, ,,/      |  要素にもなってると思うから、大ちゃん的には良い塩梅の匙加減だと思うよ!
  ,┤    ト |    (●)     (●)   |
 |  \_/  ヽ     \___/     |  アリス以外には基本黒いのも、
 |   __( ̄ |    \/     ノ   このスレのネビロスとベリアルの魅力の一端だしね。
 ヽ___) ノ

415名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:14:49 ID:jsDi7oXQ


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ┌                    ┐
     /             \   ・感情表現に違和感はないか?
   /                  ヽ └                   ┘
    l::::                  ::::|
    |:::::    (●)     (●)  :::::|  まったく問題ないよ。
    |::::::::    \___/   :::::::|  ネビロスのアリスに対する感情も、それを持つ経緯が丁寧に描かれてるし、
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ  他のキャラたちも、その立ち位置に応じた感情がよく発露されてるように感じるしね。







        ______     ┌                            ┐
      /     〇⊂⊃\     ・伏線立て過ぎて、意味不明になってないか?
    /             \   └                            ┘
   /                 ヽ  
    l:::::::::               |  そうだねぇ・・・大ちゃん的には、「Visionary」の二人の会話が、
    |::::::::::   (●)    (●)  o|   ソウルハッカーズプレイ済みじゃないと若干混乱の元になるかも?
   |:::::::::::::::::   \___/    .0|  って感じたぐらいかな?それでも、意味不明とかじゃないから全然大丈夫だけど。
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ   あとは、メガテンシリーズ制覇してる大ちゃんから見た限りでは、
                        意味不明と感じるほどの違和感は無かったかな。

416名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:15:20 ID:jsDi7oXQ


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \  ┌              ┐
   /                  ヽ    他の気になった点
    l::::                  ::::|  └              ┘
    |:::::    (⌒)     (⌒)  :::::|
    |::::::::    \___/   :::::::|   そろそろメインストーリーを一段階勧める時期かも・・・と思ったら、
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ    ちゃんと最新回の方で進んでるね。
                        作者さんは、物語のメリハリも解ってるみたいだし、
                        ボクから他に指摘する事は無いかな?






     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                というコトで、大ちゃん的な総評は、
  /             \              「ネビロスとアリスまじプリチー。
 /                  ヽ   / ̄ ̄ ̄\ミ   思うがまま話を進めて読者を悶えさせてください」だよ!
 l:::::::::.                  | /   ●    \
 |::::::::::   (●)     (●)   | \        /  物語的には、いよいよ原作でアリスとネビロスベリアルの蜜月を壊す
 |:::::::::::::::::   \___/     |   \/ ̄\/    最悪の破壊者「ザ・ヒーロー」の登場が予期される山場だからね。
 ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    \ /      まだまだ作者さんのスレから目が離せないぜ!

417名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:16:03 ID:jsDi7oXQ


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                  |   以上、 続きを楽しみにしてる大ちゃんでした。
    |::::::::::   (>)     (<)   |
   |:::::::::::::::::   \___/     |  少しでも、作者さんの参考になれば幸いだよ!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

418名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:16:44 ID:jsDi7oXQ
以上で投下終了になります。
今回も、お目汚し失礼致しました。

419名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 17:24:57 ID:xtP3xn82


420 ◆EuIEJpojhY:2010/10/16(土) 18:21:28 ID:n9rZsqGU
リアル事情のせいで予定がくるってきたのとスランプ気味なので評価を依頼させていただきます。

    作品名  やる夫は0Gドッグのようです
    1スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1274196164.html
    現行スレhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285745850/

      □評価方針           甘口希望ですが指摘したい点は遠慮なく辛口で突っ込んでください
      □評価スタイル      おまかせ
      □AAの改変具体例    おまかせ
      □見て欲しいポイント&自分で気になったところ
         1 自分で読みなおしてみて一部キャラの個性がわかりづらい
         2 戦闘シーンは見やすいか(同じAAを多用してしまう節がある…)
         3 前回も評価していただいたのですがその後改善されているように見えるか。進歩は見られるか
                (21スレ目http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1278241037.html>>288->>297)
         4 わかりやすい表現ができているか
         5 印象に残ったシーンやキャラクターを教えてください


                               よろしくお願いします

421 ◆/jFzr2bOYM:2010/10/16(土) 18:24:01 ID:GcLP/MIs

大ちゃん様、評価ありがとうございました。

・戦闘シーンについて

特に不安な項目でしたので、安心しました。
ありがとうございます

・各レスが見やすいか?

ちょっと見づらいけど、雰囲気がかえって出ている・・・?
自分ではイマイチ、わからないんですが
悪い状態ではないという事ですね。

これから作る話では、
その雰囲気を壊さない範囲で、
見やすさにも気を使ってみようかと思います

・場面転換

成程・・・
例に出して下さったエフェクト等を使っていけば
もっと画面転換がわかりやすくなりそうです。

ありがとうございます

・表現が汚すぎないか?

丁度いい加減とのことで、安心しました。

・伏線立て過ぎて、意味不明になってないか?

Visionaryのあの話は、
置いてきぼりにする位のつもりで書いたから・・・

それ以外で分りにくいというのがないと聞いて安心しました。



貴重なご意見、ありがとうございました。

独りよがりになって
ついていけない人も結構いるんじゃないかと不安でしたが
客観的に見て頂いて安心しましたw

今後も面白くなるよう続けていきますので
よろしくお願いします。

422名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 18:39:01 ID:jsDi7oXQ

>>421

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    解り難い表現でごめんね。
     /             \
   /  U               ヽ  評価作成中に、一回作者さんのセリフ位置を整えてみたんだけど、
    l::::                  ::::|  なんとなくスレの雰囲気が堅くなっちゃった印象が出ちゃったんだよね。
    |:::::    (●)     (●)  :::::|  だから、あのセリフ位置もボクの主観じゃ見ずらいとは思うんだけど、
    |::::::::    \___/   :::::::|  同時にスレの良いを作ってる要素にもなってるのかなぁ〜と思いました。
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ
                       ま、ボクの戯言だから、あんまり気にしないでね。

423 ◆/jFzr2bOYM:2010/10/16(土) 19:03:30 ID:Wozy95bM
>>422
なるほど…
何だかでも改良の余地はありそうな感じですね
ありがとうございました

424名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:50:50 ID:lNB1HRP6
10レスお借りします。

425名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:52:16 ID:lNB1HRP6
あ、すいません。
6レスです。

426名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:52:54 ID:lNB1HRP6

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \    やぁ、こんばんわ
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ   今朝は、>>364で評価させてもらった
   l |   三   |  三  |   ドラえもんです。
   | l \     |    / l
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_   今回、評価させていただくのは、これ!
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /   「やる夫は0Gドッグのようです」

                    依頼レス
                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/420

                    現行スレ
                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285745850/

427名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:53:20 ID:lNB1HRP6

        _____
      //⌒ ⌒ヽ  `\
     / / ・/・  / 、    ヽ    このゲームも原作は未プレイなんだけど、
    // `ー●ー ´   \   ヽ  やっぱり、宇宙と艦隊戦は男の浪漫だね。
   /^ 三 /  三     ヽ    l
   ヽ.__ /     __  l    |  ぶつかり合う、巨艦と巨艦。
    | ヽ ̄ ̄ ̄ ̄   /  |   l  その砲火を潜り抜け迫る、突撃艇。
    ヽ \/  ̄`ヽ/  /   /
     ヽ  ヽ、__/    /  /   ララァじゃなくても、わかってくれるよね?
      >━━,-、━━━━┥
      /  / ヽフ /⌒ヽ ̄  l



          __
        (((_=_)))
           ||
        , ─ 釤── 、
     /   / ⌒ヽ⌒ヽ\     それじゃ、評価に入るけど、
    /   , -|   ・|・  |ヽヽ
   /   /   ` ー ●ー′ ヽl    個性については、具体的にどのキャラか
   l  /   二    | 二  |   書いて欲しかったんだけど、
   |   l    ─   | ─  -、
   l   |         |    __ ノ   僕が思うに、モブキャラが必要なんじゃないかな。
   ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━━━━O━━〈
    /    / ___ ヽ  ヽ
   /    |  ヽ    ノ | l◯

428名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:53:42 ID:lNB1HRP6

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\      原作はあるようだけど、
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ     役割の小さいキャラには、
 l  /   ー ●ー    ヽ    引き立て役に回ってもらおうよ。
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)  そういう時に便利なのが、
 ヽヽ ( ______ / / /   モナー系だよね。
  >━━━━,-、━━イ /    キャラクターに引っ張られないから。
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



        _____
      /.− 、 −、    \
    / |  ・|・  | -、  \    次に戦闘シーンだけどね。
   // `−● − ′  \   ヽ
   |  三  |   三    ヽ  ヽ   ▲マークなんかを使って、
   | (____|____   |   |   艦隊全体の状況を分り易く見せてるのは、
   |  \.        /   |   |   とてもいいね!
   ヽ  \/ ̄ ̄ ̄ヽ/   / /
   _ ヽ   `───-′  / / _   これなら損害が一目でわかるよ。
  (  )ヽ━━( t )━━━ /(  )
   \  /      \   /

429名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:54:16 ID:lNB1HRP6

        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ    同じAAを使っちゃうってのは、
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ   仕方ないと思うな。
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l   宇宙戦艦のAAなんて、
    l  |        |   ) /   そんなに数ないし、自作も大変だ。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く     だから、背景で魅せるといいよ。
     / / ヽフ    \.   ヽ



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ     星屑の背景で、止まってる所
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、    効果線で、突撃している所
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /    艦+背景のAAでも、艦隊戦を演出する事は、
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /     可能なはずさ。
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)

430名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:54:42 ID:lNB1HRP6

          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \     言いにくいんだけど、
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ    SFに、星屑とメカニカルな背景は、
.   /    /       ̄ ●   ヽl    必須だと思うんだ。
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !   君の作品は、人物にせよ艦にせよ、
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ   背景まっしろが多くみられるよ。
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /      大変だろうけど、頑張ってみて。
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ



          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\     僕のお気に入りのシーンは、
      /  /  `ー ● -   ヽ    銭形とルパンだね。
      | / , 二   |   二、ヽ
      | | | ─    |   ─ ||    背負った悲哀・・・宿命のライバル・・・
      ヽヽ .\    |    //    そういったものを感じたよ。
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ

431名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:55:10 ID:lNB1HRP6

       ,. -――‐- ._
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
    /    !  o l_!o   !   ヽ    全体的には、前にやらない夫さんに
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ   評価された時より、よくなってると思うよ。
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |   ちょっと辛口になっちゃったかもしれないけど、
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l   僕はSFが大好きなんだ。
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
   VV  {   )  ̄      / /    これからも、頑張ってね。
    ヽ/ `ー'_____,//     それじゃ、またね。
    /    /--/⌒ヽ----┘、
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \

432名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 22:55:43 ID:lNB1HRP6
以上でございます。

433名無しのやる夫だお:2010/10/16(土) 23:28:23 ID:GcLP/MIs
評価乙です

434名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:01:03 ID:7pFWdOrM
評価乙でした。十レス程お借りします。

435名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:01:35 ID:7pFWdOrM


                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/        こんばんは、山崎退です。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/         地味なりに頑張って評価させていただきます。
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′
 、::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.ヽ、.::.j'.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ′.::.::.::.::.::.::.::.::./






  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ          今回は
 /l/l:.|    |  |:l           やる夫は0Gドッグのようです 様
 ´ノ`-i;|、   '  ,N          (依頼レス→>>420
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、          こちらの評価になります。
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\        未読の方はネタバレ注意です。
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|

436名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:02:00 ID:7pFWdOrM



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       NDSのゲーム、「無限航路」を原作としたスレですね。
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./        SFRPGで、少年編と青年編の二部構成になっているとか。
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          俺は原作未プレイですので、そちらの視点からどう見えたかを
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,       評価させてもらおうと思います。
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :

437名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:02:36 ID:7pFWdOrM


┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│   1 自分で読みなおしてみて一部キャラの個性がわかりづらい                              │
│   2 戦闘シーンは見やすいか(同じAAを多用してしまう節がある…)                            │
│   3 前回も評価していただいたのですがその後改善されているように見えるか。進歩は見られるか        |
│          (21スレ目http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1278241037.html>>288->>297)     │
│   4 わかりやすい表現ができているか                                          │
│   5 印象に残ったシーンやキャラクターを教えてください                               │
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘



                        __ __
                       ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                  ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
             _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|     今回の評価ポイントはこちら。
            , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j     多少順番は前後しますね。
             ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/
         ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/      甘めの評価を…とのことですが、
         ,;|           !    y  j ̄ ヽ  u イ,::.::.{       ある程度は辛めに突っ込ませていただきます。
        /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ
        / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
          ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
        ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \

438名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:03:08 ID:7pFWdOrM

> 4 わかりやすい表現ができているか


┌──────────────────────────────┐
│                                                │
│  ・AAの前に改行を入れる                           │
│                                                │
│  ・AAとAAの間は三行前後空ける                       │
│                                                │
│  ・800dot前後でAAが輪切りになって見える人もいるので         .│
│   横幅が広くなりすぎないようにする                         │
│                                                │
│  ・長い台詞は途中で改行を入れる、一つのAAに台詞6行が限度   .│
│                                                │
│  ・同じAAを連続して使いすぎない                       │
│                                                │
└──────────────────────────────┘



     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ   とりあえず、AAの前の改行が全くないので結構読みづらいです。
    /l/l:.|  -ー | -'|:l
    ´ノ`-i;|、   '  ,N    あと、文とAAの間も空行を入れた方が見やすくなるかと。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ     線で区切るのも手ですね。
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|

439名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:03:39 ID:7pFWdOrM

【例:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285745850/102 改変例】


,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ                                                Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/ ────だがその時の私にそれを問う勇気はなかった────          ||圭]      ||圭
                                                  ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk
       !垈        ────大切な人が…変節しているのを確認することが怖かった────
     .為llll}
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

440名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:04:07 ID:7pFWdOrM

【例:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285745850/112 改変例】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     そして私はこのマゼラン銀河で真紅と出会い、
     その後多くの人と出会い…別れ…守りたいモノもできた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


              .   /    ′        i|  i! ヽ   ∠/ト、ヾ:    \
              .  ,′    i          il  ハ  i      |:| キリヽ    \
               ,イ      |   i    i   i!  i  l≡=彡1 }イ ヘ、   ヽ
               i ! i ト、  l   l    l  ,イ  |  |=≦ ´ ]」 | |   リ ヽ    ヘ
               l ト !小ヾ i!  |  __L_ハl   l  l       ,ィ| |イ〃  ‘,   ;
               i |ヾ 圦 \ハ匕爪イハノ八  ハィヘfミ辷彡 "! !'/     }    i!
               ヾ リハ廴ヾハノjイニィ  ′il  |;リ   / 八丶    |    |
              .   \  `ヾ`リ ,ィ彡'   i ハ   レ' 才 ,.イ〃ヾ \   |    |
                     ノ    xwx .l ,' i   ! ヾ   /    \ ヽ. |    |
                      ヽ.       l i  l   |  ハキミ、      ヽ |    |
                       i`ヽ〜 i l  |   |      入.       〉|    |
                       | i iヽ._l l_,ノ!   !         ヽ     / ,|    |
                       | l | | 7厂∠   ,′         `: 、./ /i|    |
                       | l | |〈{_' ´_l  / !     /ィ     \. !     |
                       .ゞi | | ヾ レ' ノ   ,. ァ'/ /       ヽ|.    |
                       >ノソ  _Ⅸ ζ   '´    !         ヘ   八
                     r=彡≦=ニ彡<て       rl          , l.    \
                      /  \  /  ,.     7´` フ、─ 、....._ /  l\
                      /,仆 >'   /     { /´,.ノ__   `ヽ、 }
                      / l /    i    .  r' / ノ    `ヽ、   ト、
                      ./ /     {     ,、/レ /ヽ、      `ヽ、 \
                        , .     ',   / li レ' ノ‐- ニ=      \/
                      . ヽ   __ ,. ソ´   i! =ニ ヽ、    ヽ、     ヽ
                         ヽ /        ト、    ヽ      ヽ、r'
                       ヽソ/         !_}            _,. -l

441名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:04:32 ID:7pFWdOrM


       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃       改変例がしょぼくて申し訳ないです。
   <====|  ======}━━     お話が面白いだけに、少しの読みづらさが積み重なって
      ( ヽノ            気になってしまいますね。
      ノ>ノ
  三   レレ



>2 戦闘シーンは見やすいか(同じAAを多用してしまう節がある…)



                  __
               /:::::::::::::::::::`ヽ、
                / ............................... ヽ
              /::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          /:::::::::::ハ:::::::ト、::ヽ:::::::::::::::l          戦艦のAAが多いほうではないのはわかってますし
            !'l::::::::/\゙、::::l >、:ヾ:::::::::::l          ある程度は仕方ないと割り切って、カットインだとか
           |:::::;イ、-ti‐ヽl ti‐-゙ヽ:i´゙レ'ニ=‐       そういう演出でごまかしてしまってもいいんじゃないでしょうか。
           |/l:l l ,,,`´, ヽ `´,,, !:| ノ、二ニヽ、
             ! lノ」  ,、_,-‐、  ,ィ! ハ ヽ`ヽ、
           / />、ー-―-' // / .l  l       ドラえもんさんもおっしゃる通り、艦隊全体の状況やなんかは
            /   / / lヽ、__, ' /  /  | | /      分かりやすくていいですね。
       /     l l  l ゙、   /   /  | l
        /    !| |   l  ヽ /   /    ! l        ぱっと見てどういう状況かわかるのは嬉しいです。
      /       !| |   l   V   /     、l
    ,-‐'   \  | |   ヽ./   /     /, ニ
    〉      \! |    /   /   //
   l/ ̄`ヽ    ゝ!     /   /  //

442名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:05:07 ID:7pFWdOrM


> 3 前回も評価していただいたのですがその後改善されているように見えるか。進歩は見られるか


                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |       以前の評価からは、間違いなく進歩してらっしゃいます。
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |       しかしまだまだ伸びしろはあるんじゃないでしょうか?
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./        他のスレで、良さそうな演出を参考にしながら
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'          色々AA改変などをやってみてはどうでしょう。
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,
             ヘ, ー ─‐'    ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :




> 1 自分で読みなおしてみて一部キャラの個性がわかりづらい



                        __ __
                       ..:.'´.::.::.::.::.::.::.:`ヽ、
                     /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:、
                   /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.、
                  ,′::.::.::.::|::.::.:.、::.::.::.::.::.::.::.::N
             _    l::.::.::.::.::イl:.::.::.lヽ、.::.::.::WV.::|
            , '´__  __ ヽ. '.::.::.::.:込.,V.::l≦.ミ:.::.::.|::.::.:.:j     えーっと…
             ,′┴ _ ┴  '. ヘ::l::.::| ̄ /ヽl ̄` レ.::.:l:.::.::/     できれば、誰が具体的に薄いと思ったのか
         ├‐‐‐―‐‐―┤ ヽ:.:ト 〈 .       |:/.::.:/      書いて頂けるとありがたかったですね。
         ,;|           !    y  j ̄ ヽ  u イ,::.::.{
        /(リj         | \   ヽ、r‐‐ノ ,  j.::.::.:ゝ
        / ゝー'、        r'⌒; \ 从ヽ´_ イ 丿イート、
          ゝ-‐'         | ̄y' ´ 〉: :|      ノ: : :.j ヽ
        ((_リノ        |     ハ.: l       /.: : :./  \



  /.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
 /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:.ハ:.i.:.l
 |.:.:.ノ:.:.lノ-ー V-レ、ノ      原作つきで、キャラが薄いと感じたということは
 /l/l:.|    |  |:l       「必要ではあるけど、見せ場はあんまりない」
 ´ノ`-i;|、u  '  ,N       キャラということでしょうか。
  レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
  ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
/.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
.:.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.

443名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:05:29 ID:7pFWdOrM


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃┏━━/    /━━\    \━━┓┃
  ┃┃  /    /____\    \  ┃┃
  ┃┃/    /   , ‐-‐ .、  \    \┃┃
  ┃/    /   /:::::::::::::::::::::ヽ  \    \┃
  ┃    /   / ::.................  ..::l    \    ┃         下手にオリジナル展開に走ると、原作の良さを
  ┃  /     l::::::::::ハ::::::、:::::::::::l /´  \  ┃         台無しにしかねませんし……
  ┃/ |    !l::::;ィ令、ヽ令、:::ノ// XX | \┃
  ┃┃ │      〉l、  _`  lソ'// XXX | ┃┃         たとえば、ちょっとした「そいつが言いそうなセリフ」を、
  ┃┃ |     /::::〈\ ニ ,ィ ,ィ:l lXXXX | ┃┃         こっそり混ぜ込んでみるとか
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_/∧::::::\`´〈 l |:::〉,、___| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|          |::::/ /::ヽ。/`ヽ._'l/::`/::::::::::|__          ..|      ドラえもんさんの言うように、個性らしい個性が
|  ∠___|<゚ /::::::::::::::::>'´:::::::/:::::::::::::|: : : : : : : : :   : |      ほぼないキャラクターを配役してしまうのも手だと思います。
|/ NILO. |::::ヽ::::::::::r'´:::::::::::/:::::/\:::|: : : : : : : : :   : |
|―――――|::::::::`、::::::!::::::::::::/:::::ノ    |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::::l:::::::l::,、 /7::::/     |: : : : : : : : :   : |
|          |::::::::::/::::」´ 、`<::::::!    |: : : : : : : : : : : : |
|          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|          |━━━━━━━━━━|: : : : : : : : : : : : |
|_____|                    |______|

444名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:05:58 ID:7pFWdOrM

> 5 印象に残ったシーンやキャラクターを教えてください



                _,.. : :-‐- .._
            , イ: : : : : : : : : : : : : :.>、
            /: : : : : : :., イ: : : : :.ヘ,: : : : \
          // : : : : /: : : : : : : : : :V: : : : ∧
       ,' : : : : : : /: : :|: : : :V: : : : : :',: : : : :.ハ
         {: : : : : : イ: : : :ト、: : : :'v: : : : :.∨ : : : :i        2スレ目、>>839-841の演出は良かったですね!
        !: : : : : :ハ,: : :.爪: : : :V : : : : | : : : : |
         i: : : :`i<,_∨: |/Vハ: : } : : : : | : : : : |
.       乂 : : jィ‐tテト: :| ィ‐tテァハ: : : :∧: : : : i       銭形とルパンの対決、次話への引きとして見ても
         ハ: :|` ¨ 7Ⅵ  `¨ ¨ |: : ,イテミ: : :./         カッコいい演出だと思いますよ。
.          j从  〈       リイ 「) ): :,'
          j∧  ` '       ' !:リrく: :八_,
             ヘ, ー ─‐'   u ,xリ,〔__: :ミ=<´
                 ヘ  ̄´  ,.イ>'゙´: : }ミ=<´
                 ハゝz<>'゙´: : __\彡´
            ,イ了´ ̄: : :.>'゙´    : :\
           《ハ ,{{: : :.>'゙´: : : : : : : : : : :
                》'゙´{{/: : : : : : : : : : : : : : : :

445名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:06:23 ID:7pFWdOrM


     /:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ィi.:,、ヽ
    /イ.:.:.:.:i|:/__,|l.:_ハ:.i.:.l
    |.:.:.ノ:.:.lノ-.V-.レ、ノ
    /l/l:.|  -ー | -'|:l       ぐだぐだと言いましたが、お話自体は面白いです。
    ´ノ`-i;|、   '  ,N      原作買ってみようかな、という気にさせるのは凄い。
     レ,rへ、.、 ̄ , ''ゝ
     ,゛ヽ::.:.::`∧〔|゙ー、
   /.::.:.: ヽ/´::/.:.::.::.:.\
   ::.:.:.:.:..:.:.{「 ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   :: :..:.:.:..:.||.:.:.:..:..:.:.:.:.:.:.:..:.|



                       .,..-‐―-  .
                   /.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  ,,n.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.WNvヽ.
                /ノノ/.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.
                / // /:.ト、:.:.刈込、:.:.:.:.:刈:.:.:.:.:.:|
           __ _, ′ -‐η:.:.|弋、N'´¨-'ヽ:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.;′     あとはもう少しだけ、見やすさに気を使ってみても
           /〃/   ノ  / N! ´/      |:.l:.:/l}.:.:.:/      いいんじゃないでしょうか。
     .   / 〃 、    /  i! `´ __     j/!/ノ.:.:/
       ノ´.::.::.{{   r ┬ '     ヘ ´        'イ.:.:.:.{       以上で評価を終わらせて頂きます。
      /l {::.::.::.::.ヾ〃::/      ヽ、   _.: __ /.:.:.:.弋_,      拙い評価ですが、作者様のお力になれれば幸いです。
     ノ::l {.::.::.::.::.::.::.::;′    r――干  ./ハ ̄.:¨ナ´
    .:′:.ヽヽ::_::.::.:/__..,==∧V::::::|  〃::::ii.:.:.:.:〈______
   .:′::.::.::.:`:―.:'ヽ´. : : :/ .: :〃∧Vr'  〃.::::::ii:.::.::.'::.::.ー―‐'⌒_>.、
  /.:.::.:..::.::.::.::/::.、、::.:\:.,′.::〃r=====''.:.::.::.:i レ´::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.:`:.
 ノ.::.::.::.::.::.::.:/j::.::.丶丶.:.イ.:. /.::.::.:lj::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:!:::.::.:: /.::.::.::.::.::.::.::}
 .::.::.::.::.::.::.::.::ノ.::.::.::.::ヽ. .:!:/.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|/.::.;′ .::.::.::.::.::.::.′
 、::.::.::.::.:::.::.::.::.::.::.::.ヽ、.::.j'.::.::.::.::.lj.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.. ′.::.::.::.::.::.::.::.::./

446名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:06:47 ID:7pFWdOrM
以上です。失礼しました。

447名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:25:08 ID:p/kDmt4o
投下します

448名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:25:55 ID:p/kDmt4o


                  _
               |;|
               _r-||-
              /  .||  \             .
          /   .||    ヽ          
         _/ _  | _,,,,_ |          
         |Y. |,. ヽ | (  ) |-i             やあ、私は燃える男・ウルトラマンゾフィーだ
      _  .||  '-" | 'ー' |/              今回評価してみた作品はこちら
      /  ̄'-ヽ    |    /             
     /' ヽヽ|-'ヽ r====-i /              やる夫は黄昏の時代を生きたようです
.    /  <ー   ヽ_ヽ|_|.ノ/              
   /   /   丿;;;; ̄ ̄;;;ヽ、_           依頼レス
  /'    / ̄"''"o ̄ ̄'ヽ;;r ̄  0"ー-      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/201
 ./\___/;;;; ヽ;;|  O   |;;|   O |   \    
. /    /  |;;||;;|  O  (_)  O  |;;|;;;ヽヽ   現行スレ
 |    /;;;;;;;;;;;;;||;;ヽ  O  /-ヽ O  |;;;|;;;;;ヽ.ヽ   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286635191/
 ヽ__/_,,,ヽ;;;;;;;;ヽ  ヽ--"/ヽヽ;;;;;;;ノ |;;;;;;;ヾヽ  
       \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/∧;;;;;;;;;;;;;ヽ





     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  __   ||  `l_         私はこのゲームはプレイ済みなんだ
     ::||ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| |        もっとも、PSPのアーカイブスで知り1回クリアしただけだけどね
     ::|.|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/
     ::|.ヾ/.::.    |  ./         一応ゲームを知っている者として評価させてもらおう
     ::| __';:::::┌===┐./_        あと少しばかりネタバレみたいな部分があるから未読者は注意してくれ
     ::|.ゞ 〉ヾ ヾ二ソ./   ゝ
     ::|ノヽ|::::::::`---´:ト ノヽ___
     ::|://。ヽ::::::::::::::::ノ 。ヽヽ:::::::::/フ
     ::|/ヽ 。ヾ::::::/  。 ノヽヽ;;;;;;;;;;;ヽ
     ::|:::::::| 。 |:::|  。 /:::::::ヽヽ;;;;;;;;;(
     ::|::::::::| 。 (●) 。 |:::::::::::|ヽヽ;;;;;;;;;ヽ

449名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:26:57 ID:p/kDmt4o

                __
             / ̄ |
            / /  ̄ `ヽ、
.           / /     :::ヽ           まず、このスレは丁寧に作られているスレだ
         __/l /,,, -‐-、 ::::__i
         (__ノl !、  __.ノ l::r=:i           このゲームはパーティーを組めるメインキャラが多いんだが
         i i!   ̄  .:l_l_j,'           作者殿はキャラを丁寧に描写し活き活きと動かしている
         i!_i______    :::::l
         `、-=-,  .:::::/            オリジナルキャラも混ぜているが
          ヾ三ソ ___./::i             目立ちすぎず空気過ぎず良い塩梅だ
            .i ̄::::::::::.::::i__
          __ノ:::::::::::::::::__ノ 。`‐--...____    
     ,..-‐‐=、´ 。`ヽ::::/ 。 ,.::'´:::::ヾ  `、
    , ゚ .‖::::::::ヽ 。 ●)  。 i::::::::::::::::ヾ   `。
   。 〃::::Y:::::::l 。 /::ヽ 。 !::::::::::::::l:::::ヾ   ヽ
  / 〃::::/l:::::::::`‐‐´::::::::::`─':::::::::::::/ l:::::::ヾ   。
  /_〃:::::/ !y、:::::::::::::::::::;:、:::::::::::::::::::::ノ :/lヽ::::ヾ __l




      ..;i""ヽ、            
      / ̄゛ヽヽ,           
     ..ii_、  ..ヽi         ...,/   仲間キャラとやる夫の関係の書き方もなかなかだ
     .i.i;!i (⌒ヽ|ヽ      ,,_/;;゛    初期から好意的な人物は多いがそれだけじゃない所がいい
     ヾ!ィ  "".,|″    ,/;;;/,,/
   ..,___..ヾゝ、 .Eヲ   _,/;;;;;;;!!,,/    徐々に好意的になる描写はこういう話の醍醐味でもあるしな
  ..,/。.!;;〃ゝ;;ー-1,一イ,,ソ ̄..,,/   
  /.。_!,/ii 。ヽ;;;;;イ...。ヾ!ヽ_/       そして仲間によって語られるシビアな世界観を
  ! ̄  ̄゛ー―一一''======,        エグくないように語っていて読みやすいな
  ヽ、_/_ ̄ヾ_/__,ニ⊃ ̄″    
    ..!ヾ\ヾ; ̄;;;;; ̄;;;/.
    ..ヽ.ヾ\ ̄...Y ̄‖!




     __
   / __|\
  //  ハ;;;;;'、
 l'    l::::::::i:::::l;    ただ、少しだけ気になったのが大河だな
,ヘ    l::::::::::l::::::li_   なんというか、暴走しすぎていて感情移入しづらいところがあった
i .ノ|.[] i |:::::::::;;|:::::|l」
゙i' `ー`|:::::::;;;;|::::ノ;   それと掘り下げていないホロと古泉も掘り下げられていないから、どうとも言えない
ヽ  ノ;;;;;;;;;;l:::/ノ    ここらは今後に期待するとしよう
ニコ ヽゝ。イ;;;;;;;;;;ヾヽ_`_

450名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:27:34 ID:p/kDmt4o


     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ            AAに関しては十分改変も出来ていていい
     ::|-〈  __   ||  `l_           自分でAAを作るなどAAに関する実力もある
     ::||ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| |
     ::|.|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/          ただ、投下する時やたら細かく区切って投下している印象があるな
     ::|.ヾ/.::.    |  ./           1コマだけで投下とかはしない方が良いと思う
     ::|  ';:::::┌===┐./       /i
     ::|___」ヾ ヾ二ソ./      __/ ..i
     ::|    ゝ::::`---´:i ̄ ̄ ̄.i    i
     ::|     i ̄ ̄i      ...i   ..i
     ::|     .i=====i       .i  ....i、
     ::|    i=====.i      .i  ;..i 。
     ::|    i三三三.i      .i../::::::〉
     ::|___// ̄ ̄ヽヽ__.../|、  ::::〈




              |;|
            _r-||-
             /  ||  \
          /   ||   ヽ
        /) _  | _,,,,_ |         さて、ゲームを原作にした場合はそのゲームの再現度もポイントになる
       ///) ヽ | (  ) |-i
  /  /,.=゙''"/ '-" | 'ー' |/         私が見る限り、このスレはゲームの設定やシステムを上手く描写しているな
 /   i f ,.r='"-‐'つ |    /
  / /   _,.-‐' r====-i /          特にフリップパネルの扱いはゲームでも攻略の鍵となるので、
 /  i   ,二ニ⊃ヽ_ヽ|_|.ノ/           スレ内の扱いを見ると良い感じにゲームを思い出す
   /   /   丿;;;; ̄ ̄;;;ヽ、_
  /'    / ̄"''"o ̄ ̄'ヽ;;r ̄  0"ー-
 ./\___/;;;; ヽ;;|  O   |;;|   O |  \    ダンジョン内にあった時間の流れが変動する設定を
. /    /  |;;||;;|  O  (_)  O  |;;|;;;ヽヽ   アレンジしつつも活かしたエピソードは良かったよ
 |    /;;;;;;;;;;;;;||;;ヽ  O  /-ヽ O  |;;;|;;;;;ヽ.ヽ
 ヽ__/_,,,ヽ;;;;;;;;ヽ  ヽ--"/ヽヽ;;;;;;;ノ |;;;;;;;ヾヽ  
       \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/∧;;;;;;;;;;;;;ヽ

451名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:28:25 ID:p/kDmt4o


                      /)')'))
                     /.///'}
    .;i""ヽ、            ノ ノー,r')  何より良かったと思うのはティガレックスの登場だ
   ,.' ̄ ̄`.、、         ./ヽ _ノ
  ii_、    ..ヽ.i        /,,,;;' /    劇中でやる夫達がモンハンを遊んでいる直後に
  i.i;!i `j (⌒ヽ|ヽ    _ ,.ィ'´;;;;; /     ティガレックスが現れると言うシーンがある
  lヾ!ィ   "".,|" __,-'" ,,;;;;;' /
  ヾゝ、___,._,;‐'"~´゛ ,,,;;  /
   >'" ;;;;;;;;;;'''''''''''',,,,;;;;; /          一見ギャグのように見えるが、私はここで唸らされたな
 /;;''"" O;;;,,,   ;;; /
/;;;;;;  O,,;;;;;;''';;;;;;;;,;;;;''.,.'´
l;;;; O ;;;;;;;  _,.,-''~、`、、
l;;;;;;;;;;;;'' ,. -イ;;O´;;;;;; оヽ
l ;;;; /  ;;;;;;;O ;;;; о;;;;i、
ヽ ;;;; ヽ   '';;;;;(●),;; ノ `、
 ヽ ;;;;      '';;;;;;''' / ;;;;,`- 、.,,
  ヽ;;;;         /__;;;;;;;;;;;;,,,, ヽ、
  :::::ヽ;;;;     ;;;; l ト、___   ;;;'''''''l





                   |.|
                , -.´|.|` - 、
                , ' ⌒ 、 .||  ,⌒丶
              l___..ノ || 丶._ ,l 、     このゲームの魔物は神話などの魔物が出てきていると言う設定のほかに
             ./       |         l  
            r┤    x-─‐-、    「`i    今からたった50年前に子供向けに寓話の中で生み出された
            凵    .〈ゝ─‐.く.〉   |__|    原作者の明らかな怪物に酷似した魔物も数種類いると言う設定も存在する
                |┤     マ l l /    L」
             `ヘ     〉  ̄ 〈    /      ティガレックスの登場はこの設定をうまく利用していると感じたよ
              ヘ.  /    マ  /       
               `r --====-- イ
                  |: : : : : : : : : : |
                    /: : : : : : : : : : ∧
        ,,, ----o──く: : : : : : : : : : : : : >─ーo----..、
     /l:i:.`ー 、  o.   `ー 、: : : : : , ー'  o   , ‐''´: |\
   .o   l:l: : : : :.ヽ   o.     l: : : : l   o    /: : : : : l   .o
  o   j:l: : i: : : :.ヽ   o.   |: : : :|   o    /: : : : : i l   .o
  o    j:|: :.l: : : : : :.l   o.   r ⌒ヽ  o   .j: : : : : : l: l    .o
 、   j:l: :.:|: : : : : : |   o.  弋___.ノ  o   .|: : : : : : |:.ハ    ,,






     ::|     从
     ::|     从从
     ::|    从从从
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  __   ||  `l_       逆にネックだった部分を上げるとムスカの設定語りはちょっと長かったのと
     ::||ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| |      翠星石の飛天御剣流設定だな
     ::|.|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/
     ::|.ヾ/.::.    |  ./
     ::|  ';:::::┌===┐./        特に後者は今の所ギャグなのかどうなのかもわからず
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./         唯一設定が上手く活きていないように感じる。同じ技しか使わないしな。
     ::| 。 ゝ::::::::`---´:ト。
     ::|:ヽ 。ヽ:::::::::::::::::ノ 。 `|:⌒`。
     ::|:::ヽ 。ヾ::::::/  。  ノ:::i   `。 まあ、この部分は重箱の隅をつつくようなものだし大した問題じゃないだろう
     ::|:::::::| 。 |:::|  。 /:::::::|ヾ:::::::::)
     ::|::::::::| 。 (●) 。 .|:::::::::|、  ::::〈

452名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:29:09 ID:p/kDmt4o


             ../ヽ
            ..イヽ .ト、
           ./   |.| ヽ.
          /     |.|  ヽ
         -〈  __   ||  `l_   あと、作者殿は投下ペースについて悩んでいたが問題ないと思う
         |ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| |  見た限り、遅いペースとは言えない速度で進んでいるし
         |:::|| `--イ |ゝ-イ:|/  
         .ヾ/.::.    |  ./    下手にペースを変えようと思うと一気に崩れる可能性もあるからこのままでいい
           ';:::::┌===┐./
          _〉ヾ ヾ二ソ./
 r、     r、  。 ゝ::::::::`---´:ト。
 ヽヾ 三 |:l1:ヽ 。ヽ:::::::::::::::::ノ 。 `|:⌒`。
  \>ヽ/ |` }:::ヽ 。ヾ::::::/  。  ノ:::i   `。
   ヘ lノ `'ソ:::::::| 。 |:::|  。 /:::::::|ヾ:::::::::)
    /´  /::::::::::| . 。 (●) 。 |:::::::::::|、  ::::〈
    \. ィ:::::::::::::| . 。 .|:::| 。 |:::::::::::::|、  :::::|








             人
            _从从
           从从从从             
          从从从从从从          このスレはゲーム未プレイでもプレイ済みでも楽しめるスレだ
         _/ _  | _,,,,_ |           尖った所は無いがファンタジー好きなら十分楽しめるスレだろう
         |Y. |,. ヽ | (  ) |-i          
      _  .||  '-" | 'ー' |/            あと、最後に言わせて貰うならば今後訪れるであろう「あのイベント」は
      /  ̄'-ヽ    |    /             絶対に手を抜いたり安易にごまかさない方がいい
     /' ヽヽ|-'ヽ r====-i /              
.    /  <ー   ヽ_ヽ|_|.ノ/               書くのはきついかもしれないが、あれは本当に山場だからな
   /   /   丿;;;; ̄ ̄;;;ヽ、_           躊躇わずにやる夫を描写してほしい
  /'    / ̄"''"o ̄ ̄'ヽ;;r ̄  0"ー-     
 ./\___/;;;; ヽ;;|  O   |;;|   O |   \    
. /    /  |;;||;;|  O  (_)  O  |;;|;;;ヽヽ    それでは私の評価はこれまでだ!
 |    /;;;;;;;;;;;;;||;;ヽ  O  /-ヽ O  |;;;|;;;;;ヽ.ヽ   それではさらば!!
 ヽ__/_,,,ヽ;;;;;;;;ヽ  ヽ--"/ヽヽ;;;;;;;ノ |;;;;;;;ヾヽ  
       \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/∧;;;;;;;;;;;;;ヽ

453名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 00:29:30 ID:p/kDmt4o
以上です、失礼いたしました

454名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:17:37 ID:tEJt.eLU
評価乙でした

455名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 01:19:25 ID:Ti3P4Z9M
乙でした。
評価ラッシュ続いたけど、未評価ってどのくらいたまってる?

456 ◆i3L6rsNcAg:2010/10/17(日) 02:03:48 ID:BgVnc35U
>>344
評価ありがとうございました。

やはり、紹介用のスレとしては情報不足なのが根本的な問題のようですね。
次回に何か紹介する際には気をつけてみます。

457 ◆EuIEJpojhY:2010/10/17(日) 02:06:54 ID:GqOHLjqc
ドラえもん様、山崎退様依頼後すぐのスピード評価ありがとうございました。

キャラについてはおおむねお二人の認識であっていますね。
何分このゲームの原作に合わせないと!という意識がキャラの増加を招いたのかもしれません。
戦闘シーンについても新鮮な指摘で感謝しています。これから書き溜めに修正を加えていく所存です。
ドラえもん様のこだわりや、退様の「原作をやってみたい」というコメントに当方感激しています。


蛇足ですが実はルパンと銭形の対決は完全にオリジナルです。
原作だとルパンはやる夫と合流して以降空気化、銭形は本編18話の会戦で戦死?(直接的描写がない)しています。


あと先日ゲームショップにて原作ゲーム「無限航路」が1140円でワゴンに鎮座していました。
よろしければ手に取っていただき、これからも私のスレにのぞきに来てください!待ってます。

458名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:07:46 ID:hfpSKAOU
評価スレをお借りします。

459名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:08:00 ID:hfpSKAOU

                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)      こんばんは。
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′      こちらにお邪魔させていただくのは2度目になります、
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ       花京院です。
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l      本日は、こちらのスレッドの一助になればと思い
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |      筆を取らせていただきました。
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′ やる夫はグランプリを目指すようです
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ   現行スレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281358638/
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、       一スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1275278140/
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、

460名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:08:13 ID:hfpSKAOU

┌────────────────────────────────────────┐
│      □評価方針 おまかせ                                     .....│
│      □評価スタイル AA付きでお願いします                             │
│      □AAの改変具体例 出来ればお願いしたいです                      ..│
│      □その他要望・見てほしいポイント等                              │
│       ●私がAA改変、やる夫スレともにズブの素人の為、                  ......│
│        どうすれば「(AA的に、やる夫スレ的に)見れる」スレになるか             .│
│        改変の際の凡ミスがあります<揃え線の未消去等>                  .│
│        そこは私も自覚していますので、なるべくならそれ以外で。               .│
│       ●競輪を舞台としたスレなので、                               ..│
│        競輪ビギナー、未経験者に分かり辛くないか、改善策など                │
│       ●私観ではやや展開が通り一遍になっている気がするが、どう受け取れるか。     │
│       ●いわゆる「スポ根系」っぽい感じを出したく書いているが、                │
│        読み手の方々に伝わっているか。                            ......│
└────────────────────────────────────────┘

     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ
   j〃/ //ィーヘkrく=))
   //〃イ州|  ,_リj_レ7     上記が評価してほしいポイントとなります。
  ////イrftテ〉 ftテシl{      では、まずあらすじの紹介と行きましょう。
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb
  川  l iト、` ̄´/ リ °
  川  f」キf=='='=1
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: :
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :

461名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:08:29 ID:hfpSKAOU


        ,r/ヽ-ヘrf´ト、,.‐、-、_
    l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
   rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
   Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
   ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /      物語は、高校を出たばかりのやる夫が主人公。
  . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
  . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l     その高校も、お世辞にもいいところとは言えず
  . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ    就職も厳しく、母親と二人暮らしでその母親も
  /,l ^iヽヽ /"====_=_== ノ/ィァ/      ヽ  l ノ }   肝臓を壊してしまい家計が苦しい。
 ///.l レ ト ∨    ' ̄、ツヽ   !.<.i       'ー、/f
/// /∧ヽ-、     /   |! i   i l .l      r'´ ノ  ハ    母親に楽をさせてあげたい。
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ  ̄==‐_-ノ_  it‐'´ \  なんとかして稼ぎ口にありつけないか。
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l      { ノノ`ー /   その時、偶然出会った阿部さんに「競輪をやってみないか」
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/       T-‐ ':::::::/    と誘われるところから始まります。
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i    _ -‐''":::::::::::/  /
-‐、    / \  `丶、\\   /_.. -‐ ¨:::::::::,..、 __ /、 /
  \  /   }     ヽ l ¨¨:::::::::::::::::::::::::/   ヽ\  /
    \\  /     /  ̄、¨'''‐- ..,,__,,.ノ     `ヽヽ'、
     \ ¨     /  /  \

462名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:09:13 ID:hfpSKAOU


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡   「はじめの一歩」などもそうですが、
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ     主人公には「下地」があります。
             l:.iヽ__  ノli: : l
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ      幕ノ内一歩には「釣り船屋」で鍛えた下半身、腕力。
           /::/::ロ:::::::::ノ::l      このスレのやる夫には、毎日30㎞の道のりを往復で
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!      3年間ずっと通学して、それ自体が訓練であったやる夫。
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ     スポ根ものでは定番の設定と言えるでしょう。
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)    その「下地=素質」を阿部さんに見抜かれたやる夫が
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ     競輪の世界へ足を踏み入れていく・・・
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/      ここからがこのスレッドのスタートです。

463名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:09:30 ID:hfpSKAOU


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)    ちなみに、僕は競輪に関しての知識はほぼありません。
   /// /ム州、 ,_リム/ソ
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!     知っている選手と言えば、競輪界で一番有名であろう
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、    ttp://image.blog.livedoor.jp/satoshiiiiii3104/imgs/9/4/946059c4.jpg
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。    中野浩一選手くらいです。
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚
      _|i___ヽ---'___リ__      というわけで、まったくの素人がこのスレを読んでいる、と
      |ri||:::r三i::::::::::::::|      思ってください。
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::

464名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:09:44 ID:hfpSKAOU

                 __
                ,'三三三ミミ>--、,,、_
                .|:::::|\::i::::\\:::::::::::ミ::::ヾヽ),
              、_ノ::::::\:\:ミ、ニミ,,ィ彡ミ:::::::Y:リノ|
               .ノ:::::::::∠_::::ミ::::::://フ::/_::ノ::ノ::::ノ
                  ,r彡-く二二>、三三ノ |::| |/|:h::/    評価方針はおまかせとありますので
               /ノ二/ニト::::r'r===、、,_ノリ / |/ |:|     意味の取り違いなどの無いよう、率直に申し上げていきます。
               |キ彡:|{ (〉'ヲ ヽニョァヽYノ,,|ノ==',jノ
             ,,ノ三彡ト、ヨ      ̄''l´ {ニッラ/      では早速。
           //:::::::/::/'|| |      ,,、_} i /
           j:::リ:/::゚:::::://|| .|      ヾノ /     ●どうすれば「(AA的に、やる夫スレ的に)見れる」スレになるか
         ,ノ,イ::|/:::::_r-、 ゚ ヽ   三三≧ ,イ
         ̄ .川::::/:::::`ヾヽ、_:\    .` ,イ||        ここがまず難しいところです。
        ___r─/::::::::::::::`::ヾミヽ`ー-、_/ || ||
      ,-‐'´,,-ァ─三ニヽ、:::::::::::::::`ヾヽ、Y  ||♭        はっきり言いますと、AAによる描写が
    ,,/彳 ̄::::::::::::::::\\ \::::::::::::/7/>::7 .O         かなり不足しています。
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\ '\:::::::://:::/
  /:::::::::::::::::::::::::r'フミ、 /「|:\ヾ、 \::::::::/_            一例あげましょう。このシーンです。
 /::::::::::::::::::::::::::|,-┐|'ィ ァ.|.|::::::ヽ \ |:::r、ヘ\   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1275278140/81-83
. |:::::::::::::::::::::::::::::〉ニ'ノ   |.|__::::::ヘ | |::∪::ト、 |


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ
             l:.iヽ__  ノli: : l      以下、僕なりに改変してみました。
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ
           /::/::ロ:::::::::ノ::l
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/

465名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:09:58 ID:hfpSKAOU


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |    やらない夫、道下さん
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    よろしくだお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



          ____
       /ー  ─\
      / (●) (●) \
    /   .(__人__)   \    っていうか、なんで……
    |     `⌒´      |
     \           _/
      ノ        . 厂

466名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:10:11 ID:hfpSKAOU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
                {{,,,,ヾ、  ´"'¨せ ∨Cヽ:::!      | l l
                 {ヘ´f;j}    ´¨  るノ:::!      |    〜〜〜〜〜
                 ヾ',  i  _      しヘ:::l       ヽ_ノ
                  ',  `" __   /  ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
         |,      ` ⌒´ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

467名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:11:10 ID:hfpSKAOU


         _____
       /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\
    /    (__人__)   \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /
      >        <       三人してやる夫の全裸を凝視してるんだおおおおおおお!
     γ´          ,ヽ
     / /、:::..  、       |
   / ノ .):::..       | /
  l∪ノ /   ,      //
  UJ' i   |     |´
      ヽ_,ヽ__,  |
        ヽ..:::\   ヽ
        ノ::: ノ  ,ノ
       (___(_.._ヽ

468名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:11:21 ID:hfpSKAOU

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ   (・・・脂肪ごしにでもわかる、あの力強い大腿筋・・・)
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /''゙~~゙''-i ヽ `i (ニニYノ-ー''~ ̄~'''ヽ
         /   `ー- \,,Y'゙'''''ー'''''7  -ー ヽ   `ヽ、
       // / ト、 ヽ /:::::::::V::::::::i    /^i  \ \
       /  /  i゙ ヽョ、_/:::::::::ー:::::::ヽ、,,、='゙  ゙i    i \
       i /i  ノ   ~~''ー-ー'^''ー-='~ ̄    ゙ヽ,__、   .\
      ./ / /~                     `-、  \
     ,/ /                          \ ヽ、
    ,-' -.)         ...........................................        `) ノ 'ヽ、
   / / = ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(___ハ \
::::::::::`tt,ノ''゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ(_i-''゙::::::

469名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:11:31 ID:hfpSKAOU

        ヽ  ヽ ゙' i :`i, ::::::::  ノ
         ゙ヽ、,,_  ! :::i ::::::: /
            `i, ゙ :::: ::: イ
             ヽ、  ::: ::: |
               ヽ ::::: :: l
                ゙i, :::::::. i
                ,,)==-  ヽ
               ,:r '"    `゙ ヽ
           _/ノ´        ゙i,
         rfン('`'  )   ,ノ=、::   ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
                {{,,,,ヾ、  ´"'¨せ ∨Cヽ:::!   (足首が細く見えるんじゃない・・・
                 {ヘ´f;j}    ´¨  るノ:::!    ふくらはぎが太すぎるんだ・・・)
                 ヾ',  i  _      しヘ:::l
                  ',  `" __   /  ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

470名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:11:42 ID:hfpSKAOU

       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\    ? ?  ??
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    悔しいが
  |     ` ⌒´ノ    嫉妬するほど太いだろ……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

471名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:12:07 ID:hfpSKAOU


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ   僕であれば、このようにしてみます。
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ    貴方のスレには絵、つまり「AA」が足りません。
             l:.iヽ__  ノli: : l     描写が不足していると思います。
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ
           /::/::ロ:::::::::ノ::l      ここは僕がどうのこうの言うよりも、
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!     先にあげた「はじめの一歩」などのいわゆるスポ根ものを見て
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、    「強い」「すごい」と描写するときに、どんな画面割をしているか。
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)    そちらを参考にするのが一番良いと思います。
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/     文字だけで、「嫉妬するほど太い」と言われても
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/     いまいち想像しにくいのです。

472名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:12:20 ID:hfpSKAOU


       ,ノ  /   / //`>\_ヽ リ 彡--、     ー-ラ  彡
      r彡,.-''´    Y / / r‐'ヽミリ,,.-‐'ヽ ト、ヽ二三ミヽ リ 彡
     // /    ノ | ||   `'""´ 〉 /  、ヽ ̄  ヽ'三彡  漫画などの「画面作り」を参考にしましょう。
     |  /    ,/ |ヘ,、 !|       | ||  ミミ三 /´!川リ
     |リ |    ( _,..-| | _!、     | / ヽミ_> /ri |川リ    ここでいえば、やる夫の足の筋肉のAAがあれば
     \ヽ    ヽ: : :,.|| ヽr‐;、') _,.---ヽ!_>'´| //lノノミ川    ぐっと説得力が増すでしょう。
       ヽ!    |/ : |    ̄,.i r-,<r''';,..-'゙  レr',./ヽ川ヽ
        |  / / : : /|  || | |   ̄    ,、.i゙i゙ヽヽリ ヽヽ  僕は、そういったAAを探すのに「刃牙」をお勧めします。
       |  //: : :◎: : |   !l__!.../         / ,ヘl : \ミ、ヽ ヽ
       |   /: : : : : : : : | _ ゙'ー''´      ノ:'´ : >'"'i :\ヽ  ヽ, では次。
    ,.-'フ|   |: : : : : : : : : :| ゞ_'==-、,_  /: : : : : :ゞ‐': : : :\ミ、 ヽ これも引き続きAA、画面作りの話題になります。
   ノ: //∧ヽ |: : : : : : : : :| |  「`'''ー  /: : : : : : : :/: : : : : : : : \-ゝ
  /: /:/ |: :ヽヽヽ : : : : : : : | !_   ,.-''´: :,:-'´ |: : :/: : : : : : : : : ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1275278140/132
 |: : : |/: : |: : : \ミ_、_: : : : : ヽ: : : ̄: : : : |r'´  |: /: : : : : : : : : : : : : : : : : `'ー-

473名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:12:36 ID:hfpSKAOU


__/ ̄ ̄/|_______/ ̄ ̄ ̄/|_______| ̄ ̄ ̄|_____
_| ̄ ̄ ̄|/_______| ̄ ̄ ̄| /_______| ̄ ̄ ̄|_____
  | ̄ ̄ ̄|               | ̄ ̄ ̄|             | ̄ ̄ ̄|
_|___|________|___|_________,|___|_____

         ∧ヘ
        (Д゚,, )
         ) ) ヽ           ∧ヘ
       ∠(,/ヤ 丿          (Д゚,, )   ≡ == << = - << -
      .〃~/ヽ (〈`γ"~ヽ        ) ) ヽ   三 ≡ = ― - - -  -
       ゞ___ノ  ヽ)ゝ__χ      ∠(,/ヤ 丿   ≡ << =  = ― << ―
                ∧ヘ    .〃~/ヽ (〈`γ"~ヽ
               (Д゚,, )   ゞ___ノ  ヽ)ゝ__χ
                ) ) ヽ
              ∠(,/ヤ 丿
             .〃~/ヽ (〈`γ"~ヽ
              ゞ___ノ  ヽ)ゝ__χ

           ┌───────────────────────────────────┐
           │  _∩                                              │
           │ / 〉〉〉                                               >
           │ {  ⊂〉     ____                                      .│
           │  |   |    /⌒  ⌒ \      あっ、グラウンドに選手たちが出てきたお!  .....│
           │  |   |  /(●)  (● ) \     もうレースが始まるのかお?            │
           │  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \                                  │
           │  ヽ   |     |,┬‐ |       |                                ...│
           │   \.\   `ー ´     /                                ....│
           │     \       __ ヽ                                 │
           │      ヽ      (____/                                  │
           └───────────────────────────────────┘

474名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:13:20 ID:hfpSKAOU


134 名前: ◆od6gQxvkj2[] 投稿日:2010/06/01(火) 11:25:08 ID:u5Vp6X/Y [16/100]

  これはスタートしてからしばらく経った時の
  選手の並びの一例だ
  9人の選手が3つのラインに分かれているから「3分戦」とよぶ

      ←  ●○○ ●○○ ●○○

  ●の選手を「先行」といい、○の選手を「追い込み」という
  このラインは練習地、例えば関東、南関東、北日本、近畿など
  地域別に組まれることが多いだろ


      ////,/三ミlリンスノンノ
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)
   /// /ム州、 ,_リム/ソ
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!     作者さんは、このようにほぼ文字だけで
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、     説明していますが・・・
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚
      _|i___ヽ---'___リ__
      |ri||:::r三i::::::::::::::|
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__

475名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:13:37 ID:hfpSKAOU

         ┌───────────────────────────────┐
         │      これはスタートしてからしばらく経った時の               │
         │      選手の並びの一例だ                           .│
         │      9人の選手が3つのラインに分かれているから「3分戦」とよぶ   .│
         └───────────────────────────────┘

    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄     l l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄
     |                            |       l l────l l────l l────l l──
     |                            |  ___________l l____l l____l l____l l__
     |                            | /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
     | 只                         | /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
 ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄レ ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────────
'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::: : : : ::... : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .''"  '  ``
 ←進行方向
         。    。    。          。    。    。       。    。    。
         o孕o  o孕o  o孕o      o孕o  o孕o  o孕o     o孕o  o孕o  o孕o
__________________________________________
'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::: : : : ::... : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .''"  '  ``
: : : : : : : : : : : ::::::::...... : : : : : : :::::... : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::.... : : : : . . . . . . . . . . . . . . . . . '. . . . .゙. . . . . .

476名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:13:49 ID:hfpSKAOU


      ┌────────────────────────────────┐
      │      ●の選手を「先行」といい、○の選手を「追い込み」という      ..│
      │      このラインは練習地、例えば関東、南関東、北日本、近畿など    .│
      │      地域別に組まれることが多いだろ                     .│
      └────────────────────────────────┘

         ●   ○   ○       ●   ○    ○       ●   ○    ○

         。    。    。          。    。    。       。    。    。
         o孕o  o孕o  o孕o      o孕o  o孕o  o孕o     o孕o  o孕o  o孕o

477名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:14:01 ID:hfpSKAOU


       シ`''``'"ヽ
        イ::{:{''"}}゙ir}
       ''ハ::::}l`゚´|5"    「競技場」の雰囲気を、もっと出しましょう。
       :ソi::{=/|ハ
     , i {lハl‐'__|      さらに、枠を使うことで1レス内に
      |i  |三廿三|__    「競技場の風景」 「それを見たキャラの反応」
    i/三\ニ三三oニ5、  二つを同時に行うことができます。
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\
    |彡=、  }三三三ニoニヘ    特に、やる夫が一言しか言わないシーンなどは
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、 背景を書き込む「チャンス」だと思いましょう。
    {ニ== シハ三三三/ /:三ノ=\
    ヾ三ミ= シミ、=,r/ ノ:三厶=三}

478名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:14:20 ID:hfpSKAOU

      隊列

           ⑧…
            ⑥
            …⑤…④⑦③
              ②①


                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)     実際、レース中にこのように
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′     レースの模様を表現していますが、これではかなり厳しいでしょう。
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ     何度でも言います。
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l    「画面作り」をしましょう。
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /    このシーンだけでも、かなり練りこめると思います。
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′    たとえば・・・
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、

479名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:14:39 ID:hfpSKAOU

              隊列

                    ⑤⑥⑧④⑦③==
                       ②①
                        ∧
                   ┌─── ..──────────────────────────┐
                   │   ∩___∩                                   │
                   │   | ノ   1  ヽ                                ...│
                   │  /  ●   ● |    ふふふ……                      │
                   │  | u.  ( _●_)  ミ    この隊列は単なる奇襲にあらずクマー!  ......│
                   │ 彡、   |∪|  、`\                              ..│
                   │/ __  ヽノ /´>  )                             .....│
                   │(___)   / (_/    弟たちよ、行け!                  │
                   │ |       /                                  ....│
                   │ |  /\ \                                    │
                   │ | /    )  )                                   .│
                   └──────────────────────────────┘

480名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:14:50 ID:hfpSKAOU


                 隊列             ┌───────────────────
                                  │   ∩___∩
                      ⑧…        │   | ノ   3  ヽ
                       ⑥…       │  /  ●   ● |   兄者、
                      …⑤…④⑦③ <   |    ( _●_)  ミ  次は俺が行くクマー!
                         ②①     │ 彡、   |∪|  、`\
                         ∧       │/ __  ヽノ /´>  )
                ┌─────  ─────────────────
                │   ∩___∩
                │   | ノ\  2  ヽ
                │  /  ●   ● |    兄者!引き感謝するクマー!
                │  |    ( _●_)  ミ
                │ 彡、   |∪|  、`\
                │/ __  ヽノ /´>  )
                └───────────────────────



                       ____
                      /     \      あれは、二段、いや……
                     /        \
                   /  \    /  \
                   |    (●)   (●)   |
                   \      ´   u /
                   /     ⌒     \

481名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:15:02 ID:hfpSKAOU



                    _人人人人人人人人人人人人人_
                    >       三段駆け!!!  <
                     ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^ ̄

                         __        __        __
                        〈〈〈〈 ヽ      〈〈〈〈 ヽ      〈〈〈〈 ヽ
                        〈⊃  }      〈⊃  }      〈⊃  }
                 ∩___∩  |   |___∩  |   |___∩  |   |
                 | ノ   3  ヽ !   !.   2  ヽ !   !.   1  ヽ !   !
                /  ●   ● |  / ●   ● |  / ●   ● |  ./
                |   . ( _●_)  ミ/    ( _●_)  ミ/ . ( _●_)  ミ/
               彡、   |∪|  /彡、   |∪|  /彡、   |∪|  /
              / __  ヽノ / / __ .ヽノ / / __ .ヽノ /
              (___)   /  (___)   /  (___)   /

482名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:15:16 ID:hfpSKAOU


    r=三三ミヽ)ヽ「ヽ
   r//彡三ミヾリ////ノ
   |/////r三∨//rノ
  //////||i`"iヽーr))    文字だけで説明するよりも、このように
 /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/    AAも織り交ぜて見せたほうが良いと思います。
////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|
|リ//f{ {l゙|     |   |リ     そして、今後「必ず」必要になってくると思いますので
|リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。    自転車に乗っているAA、あるいはそう見えるAAを
|川|  `l |ヽ -==⇒,/|||`°   できるだけたくさん用意する、あるいは自分で作ってみる必要が
|川   !| \___/ |リ      あると思います。
川   f=r=====l
/ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|
_,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__
: : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´

483名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:15:27 ID:hfpSKAOU

              ,____
                 {ll冊ノ  ㍉
                  ● ●)ヘ__」
               (人__) ノ
             /\ / ヽ
             ○―○  丿
              /ー//=
            γ /\\\γヽ
            || /| =\l l|ニ)l|
            ゝノ    ` ' ゝノ


       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ   お手本、というほどではありませんが一つ簡単な物を作ってみました。
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)    やる夫のミニAAと、「AA 自転車」で調べると
   /// /ム州、 ,_リム/ソ     いくつか出てくるAAを組み合わせて、何種類かの自転車AAを
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!     作ってみることをお勧めします。
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。    文章だけで「スポ根」の熱さを再現するのは
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚    少々荷が重いと思うのです。
      _|i___ヽ---'___リ__
      |ri||:::r三i::::::::::::::|     さらに、「顔のアップのみ」で「自転車でレースしている」
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__ と言い張るのはさすがに厳しすぎます。
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::

484名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:15:39 ID:hfpSKAOU

                       /
                 ,. 、       /   /
               ,.〃´ヾ.、  /  /
             / |l     ',  / /
        ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.
       'r '´          ',.r '´ !|  \
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
        ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
        | |
         .| |
          | |                決定!
        | |                1着5番、2着2番、3着4番!
           | |
         | |
            | |
          | |
           .| |

     ,r==ミ、=r、 ,、
    //,三ミヾ川ノリッ
   f' ///,ィ三ミリ/∠ノっ
   j〃/ //ィーヘkrく=))
   //〃イ州|  ,_リj_レ7      あと、こういうシーン。
  ////イrftテ〉 ftテシl{
  川/f{」!  ̄~ 」}´ !lリ
  川/ヾ.l、  ,__゙=_、,ilトb
  川  l iト、` ̄´/ リ °
  川  f」キf=='='=1
 /シ'  」| |!: 「 ̄|: : : : |、____
─‐ '"´ヽ」!:└‐ '_:_: :-‐: :/: :
: : : : : : : :p: : ̄: : : : : : :/. : : :

485名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:16:03 ID:hfpSKAOU


    く`ヽ ___| ̄|__    r‐―― ̄└‐――┐  | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|
     ヽ冫L__  _ |  | ┌─────┐ |   |   ノ|   ノ
    く`ヽ,__| |_| |_  !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘  |  | |  |
     ∨|__  ___|  r‐、 ̄| | ̄ ̄     |   ノ |  ノ
     /`〉  /  \       │ | |   ̄ ̄|     └─┘ └─┘
    / /  / /\ `- 、_  丿 \| | ̄ ̄     ┌─┐ ┌─┐
   く / >´ /   `- 、_/ / ノ\  `ー―--┐  |  | |  |
    `  `´           `ー ´   ヽ-───┘  └─┘ └─┘
                       /
                 ,. 、       /   /   |\     /\     / |   //  /
               ,.〃´ヾ.、  /  /    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
             / |l     ',  / /     \                     /
        ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',         ∠      1着5番!!       >
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.        /_                 _ \
       'r '´          ',.r '´ !|  \      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \     //   |/     \/     \|
        ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ                       、__人_从_人__/し、_人_入
        | |                                  、_)
         .| |                                 _)  2着2番、3着4番!
          | |                                 `)
        | |             r=三三ミヽ)ヽ「ヽ                 '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
           | |         r//彡三ミヾリ////ノ
         | |         |/////r三∨//rノ
            | |        //////||i`"iヽーr))
          | |       /////ノ-ヽトl、 ノリ-ッ|/
           .| |      ////,ィ'l| f:モtテ; f:モtテ|l|    派手に行きましょう。
                |リ//f{ {l゙|     |   |リ
                |リ /ハヾ,!,   ヾフ  |lト。    枠があるだけで、ずいぶんと違って見えるでしょう?
                |川|  `l |ヽ -=ニア,/|||`°
                |川   !| \___/ |リ
                川   f=r=====l
                /ノ   |「| || :「 ̄|: : : :|
                _,..-‐‐||」 || :|_」: : : :|-、__
                : : : : : : :ヽO: :_,.-‐_,.-‐‐'': : /´

486名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:16:18 ID:hfpSKAOU

    . !, //// (r、、i , ン、/  ヽヾ  ≡三.c,,ノ|.
     ) | |/ 》 )/イ´''''‐-i |iノ iiノ ヾ、ヾ= <<
    .く ! |  |` .|イ{    i!/ノノイ ミミ=---ミζ
    ,、! 彡r,ソ  ト、ri ,, リノソ ト、ミ ミミ≡γ.    そして、これはかなり大事なことだと思っています。
  . , ア .t‐'    tテ}゙ '`===-、⊥,,.t三≡彡    「一発キャラ以外は、表情パターンの多いキャラを使用する」
  //τ''       | 7  ヾr゚‐´´ ̄  i!/´ri.|、| .
  .|!ii|'´       |<..  ´       ' ))!ノ、|     これを強く、推奨します。
.. ヾi.!   _ ''r, |          ,, t-‐´ヾ|i
.   `` ,、r-<ヽ, ト、 _     /σ゙'λ!i |    今後、「このキャラを使いたい」というのが出てくるかもしれません。
...     i! >, テ=|. .|` ̄      /  / ヽiκ    しかし、そういったこだわりよりも、表情の多いキャラの方が
     } ノゝ'`´ . |    ,、、-‐'''´,、-''    yヘ,    確実に動かしやすいです。
.     ヽ、  .!´-、ミ-t'''i´,,、、-''´_     //υi
.        \    ! . } {  !i'´´i!   /    \  ルルーシュなどを起用した点は正解ですね。キャラも立っていて
                               非常に良かったと思いました。

487名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:16:37 ID:hfpSKAOU


      l l/// /////,r = ミヾ ノノ/ /,r"'"")
      f/// // / //,r`ヾ∨/,,.r''´/,r="ノ
     ノ// // / /// / /ヾ''""ヾ'、'r''''''r=''))
      ノ// // / /l l l l l       l.lll   レソ/    さて、一旦総括しましょう。
.    ////〃 / / l l l l |     リリ   |//
   //// / / ノ―-ヽトトl、   v-"---ッリノ     ・キャラクターのいる場所、雰囲気を明確にするために
.  //// / /,ィl | F〒tテ‐〉  f:r〒tテッ l゙l |      背景AA、モブのAAを多用して「画面作り」を意識する。
  l 川 / / f{ {l゙|  ´´ ̄''"   {゙`' ̄゛` |,リ
  |川 〃/ハヽヾ|         l:}     l'ト|、     ・「キャラクターの身体的特徴」 これは密に描写して
  |.ll l / / ヾi`゙l       ヾ_フ    l l゙ト\     「強そう」「凄そう」といった感想を、必ずAAと文章を混ぜて
  |ll l l /   'il l',    _______  /'|.l | ヽo     描写する
  |l l l l    l.l.lヽ.  ''ニニニニ'' / |.l.l  ゙o
  |l l l |     | |  \      /  |リ       ・今後、必要になってくるであろうAAをあらかじめ
  | l l ll       l.|   ヽ____/   リ        複数個用意しておく。
  l l l,リ     f==r,===========l
  //./      |r┐ll: : : r―‐┐ : : : : : : : : |      ・大事なので二度言いますが、「画面作り」を極力意識する。
 /.ノ        || .| ||: : : |    |: : : : : : : : : :|_      漫画を参考にしましょう。ここは一番大事だと僕は思っています。
       _.. -‐|l._| ||: : : |  __|: : : : : : : : : :|: :":'':ー---_-=
-―-‐:'':": : : : ::ヽ、 ||: : : : ̄: : :_:.: :-‐: : :_:.: :-‐:'':": : ,r'": : :

488名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:16:54 ID:hfpSKAOU


                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)    しかし、その近場のシーンにもキラリと光るものがあります。
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1275278140/135
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l  このシーンでやる夫が「風圧を受けている」という
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |  イメージを端的に示すために、風雨にさらされている
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /  AAを使用していますね?
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ    これはいいです。
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、        見ただけで、風が強くて進みにくい!と言う事が
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_       端的に表せています。
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、 こんな感じの「遊びAA」を入れていくのはいいでしょうね。

489名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:17:04 ID:hfpSKAOU


              ,=ヾ>'⌒ヾ`ヾヾ))、 |
             ラ7´:::::::::;m::i}:::):::}:::ヽ),
             7ノ:〃:/:::i|||!:リ:;r=:、::リ::::}     ・・・さて。ここからが本当に大変なところです。
                "{:::{::{::::{''''''"""{{゙})゙彡:リ
             ィハ、:`:::::::ヽヾ __リ_リ__}='ノ     「未経験者に分かりづらくないか」
            (:レ}ハ:::::::::}}ヅkぜラ゙|リ〈
              レ^{::::::{{ l l `ヽ レ'))      冒頭で述べましたように、僕は未経験者です。
              乂ヽ:::::l}〈ッ   ゙ lシ、
             / 川 i::::::l=== ,イlハ|ヽ      はっきり言いましょう、非常に分かりづらいです。
            ゚゙ /川 ハ:::::l゙~~~~ / |lハ
           ゚゙´ {イlノ| ヾ::|-ー- / , リ ゙゚
        i      ヾjィ| :::` =ヅ_ノ_|
        |        | ̄三三三三三゙i
      i  ,  i i  |  j: :三三l ゙̄l三三|
      |   |i,r‐'='='≦三三三|_,l三三ヾ

490名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:17:21 ID:hfpSKAOU

       ,r===-、__r-、 ,、
     //r三ミミヾリハノッ、
      ////,/三ミlリンスノンノ   「分かりづらい」と感じる理由・・・
.    レ//'//レミvソ,r/ンン
.    /// /////`⌒tii'´|ス)    まず、AAの点で色々指摘した際に言った通り
   /// /ム州、 ,_リム/ソ    「描写が足りない」のが一点目。
.  ////ィリ Ff笠} f笠ッfリ!
  |リリ/ハヾ!    i}  ,iト、     次に、文章を詰め込みすぎている。
  /// ^ヾi、  __`´__ /||トヾ。
 /ノ    li|\,'===='/ |リ `゚    そして、いわゆるおふざけ、ギャグでしょうか。
      _|i___ヽ---'___リ__     これが「説明の合間に入る」 これが一番よくありません。
      |ri||:::r三i::::::::::::::|
    _, . -!!|||:::|_,|:::::::::::::ト、__ 一番気になったのが、阿部さんをはじめとしたホモネタです。
  ̄:::::::::::::`o':::,r-;;;;';;ニ;;;-';'::::::/:::::


       シ`''``'"ヽ
        イ::{:{''"}}゙ir}    説明、ホモネタ、説明、ホモネタ。
       ''ハ::::}l`゚´|5"
       :ソi::{=/|ハ     説明を一通り終えた後の息抜きとして、ネタを挟んだほうがいいでしょう。
     , i {lハl‐'__|      僕のような初心者は、まず読んで理解しなくてはスレが読めないのです。
      |i  |三廿三|__
    i/三\ニ三三oニ5、   しかし、その説明が随所で寸断されてしまっています。
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\  これが、まず理解を阻害している、と感じました。
    |彡=、  }三三三ニoニヘ
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、
    {ニ== シハ三三三/ /:三ノ=\
    ヾ三ミ= シミ、=,r/ ノ:三厶=三}

491名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:17:54 ID:hfpSKAOU


         ____
       /   u \       そうだお……クマーたちはロード出身……
      /  \    /\      自力型が三人揃っての三段駆け……!
    /  し (○)  (○) \    先行型が先行型を引く事で、先行が番手を引き出し、
     | ∪    (__人__)  J |    番手が三番手を引き出す抜け目ない戦術!
    \  u   `⌒´   /



      隊列

           ⑧…
            ⑥…
           …⑤…④⑦③
              ②①

492名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:18:08 ID:hfpSKAOU


    /_ ‐- 、 ヽ  、ミ  レ- 、
  〈  ヽ \ j /ヽ∨∠_    ヽ
.   ヽ`ー三う ,ィ, ハ 'ニ, i |ヽ. i l    ・・・自力型、先行駆け、引き、先行型、番手、番手を引き出し
.     ト、ニ∠イ_:ヽ{ ::'''_:ノル'  i { 〉    捲り、足が切れる、ロード出身・・・
     レ' : =;;三`テツy;ッzj' イ; } :}.{
    l  j'  ::: : |「 ソ   ,ンノ ,〉    ここは全く、理解ができませんでした。
   ノ  {'   、_;;j' /__ (. ( r'     専門用語?スラング?のオンパレードです。
  ,.イー=ゝ、 fF==ァ′〜 )_ノ      
  {、 ,.ヘ\{  ̄「/三ニ=('       個別の意味は、まあ理解できなくはないです、作中で
  ヘミ \_> ` ー'rう'´ ー-、       少し、説明されていましたから。
    ヽ\=-‐''´ `ー-         ただ、これが絡み合うと、どういう動きなのかが、想像できません。

493名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:19:07 ID:hfpSKAOU

            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ    そうでなくとも、ここもはっきり言いましょう。
             l:.iヽ__  ノli: : l
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ      「専門用語の圧倒的な説明不足」
           /::/::ロ:::::::::ノ::l      僕が貴方のスレに感じたことは、まずこれです。
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、     申し訳ありませんが、「未経験者に理解する」
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ     これは相当に難しいかと思われます。
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ     いわゆる、競輪用語については
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/     ※印を活用して、しつこく、しつこく、何度でも
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/      レスの右下に注釈として入れておくことを提案します。

494名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:19:36 ID:hfpSKAOU


       シ`''``'"ヽ
        イ::{:{''"}}゙ir}
       ''ハ::::}l`゚´|5"    僕個人としては、一回の投下で使った「競輪用語」についての
       :ソi::{=/|ハ     説明の必要性を感じます。
     , i {lハl‐'__|
      |i  |三廿三|__    まず、※などで物語中にさっと説明。
    i/三\ニ三三oニ5、  番外編などを設けて、毎投下ごとに新しい用語の少し詳しい解説を・・・
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\
    |彡=、  }三三三ニoニヘ    ここを丁寧にやれば、ぐっと競輪に対する読者の理解度が上がると思います。
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、

495名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:19:53 ID:hfpSKAOU


       シ`''``'"ヽ
        イ::{:{''"}}゙ir}
       ''ハ::::}l`゚´|5"    僕個人としては、一回の投下で使った「競輪用語」についての
       :ソi::{=/|ハ     説明の必要性を感じます。
     , i {lハl‐'__|
      |i  |三廿三|__    まず、※などで物語中にさっと説明。
    i/三\ニ三三oニ5、  番外編などを設けて、毎投下ごとに新しい用語の少し詳しい解説を・・・
    l.彡⌒ヽヽ三三三三\
    |彡=、  }三三三ニoニヘ    ここを丁寧にやれば、ぐっと競輪に対する読者の理解度が上がると思います。
    V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、



    、〜`⌒`三`Y,ィ,ィ
  r≦ニ、 _ミ. _, 彡ノノィ   さて、最後に
 j´r= ヾ/,ハY,ヘ.'く三  |   「通り一辺倒になっていないか?」というストーリーについてですが
./, r'⌒i {リ ;;   }j人ミ :|   ここは、まだまだ始まったばかり、一辺倒にはなっていない。
{'' (  ゞlミャ ''テ:五'Tnミ|
 )リ   ノl ,リ ` ヽ リソ {   そう感じました。
(i〈.   °l‘ニ..__   ハヾヽ
 !〈_     ! 7''  / ゚,j.i!}__    僕はやる夫、ダディ、でっていうの関係が好きですね。
  `リ _,r‐'{゙ー-≦,-r''´ヒリ'   ̄.:  それぞれに、背負っているものが違います、立場も違います。
 _,∠_:.:.-‐ ` -‘ニ’_h/::.:. . . . .:
/   . .\:.:.__ : :.:.:.:.:.`ヽ::::::.:.:.:.:.:.:  しかし、同じバンク※で走る仲間であり、ライバルです。
:::::::::::.:.:.:.:.:ヽ:.:.: ̄:.二ニ{-‐:::.:.:.:.:.:
::::::::::::::.:.:.:.:.:i::::::::::::.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:::::::                              ※競輪選手が走る場所のこと

496名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:20:33 ID:hfpSKAOU
失敬。同じものを二回張ってしまいました。



              ,=ヾ>'⌒ヾ`ヾヾ))、 |
             ラ7´:::::::::;m::i}:::):::}:::ヽ),
             7ノ:〃:/:::i|||!:リ:;r=:、::リ::::}    この三人に、特に「スポ根」を感じました。
                "{:::{::{::::{''''''"""{{゙})゙彡:リ
             ィハ、:`:::::::ヽヾ __リ_リ__}='ノ    ただ、色々言いましたように初心者の僕にはかなり
            (:レ}ハ:::::::::}}ヅkぜラ゙|リ〈     読むのが難しいスレです。
              レ^{::::::{{ l l `ヽ レ'))
              乂ヽ:::::l}〈ッ   ゙ lシ、    僕が述べたのは、あくまで一読者としての意見ですが
             / 川 i::::::l=== ,イlハ|ヽ    「こうしてはどうか」、というものは随所で感じました。
            ゚゙ /川 ハ:::::l゙~~~~ / |lハ
           ゚゙´ {イlノ| ヾ::|-ー- / , リ ゙゚        f∩
        i      ヾjィ| :::` =ヅ_ノ_|    i         l_`|
        |        | ̄三三三三三゙i   |      | `|
      i  ,  i i  |  j: :三三l ゙̄l三三|  i      ,r| `|l、
      |   |i,r‐'='='≦三三三|_,l三三ヾ、.!j__ i__|i  {=j  |l ト、
     i| /三三三ヽ`=ニ三三三三三(´゙)三て_)`ヽ、lノ   ``ヾ、

497名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:21:17 ID:hfpSKAOU


            ,.-、 、、,、、、 , __
            i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
             l: :f‐'-r 、彡: :三彡   本評価で、もし、同意していただける点がおありで、
          . i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ    なおかつ作者さまが「こうしてみた」という点を
             l:.iヽ__  ノli: : l     あと何話か試してみたのちに、評価スレで僕を呼びつけてくだされば
            ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ      微力ながら、再び評価という形でお手伝いさせていただければ幸いです。
           /::/::ロ:::::::::ノ::l
            /:/::`:ー=‐"::ヽ!      僕でお役に立てることがありましたら、いつでもおっしゃってください。
          ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、
          r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ     また、読者の方との会話から「こうしてはどうか」という点も
 _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)    汲み上げてみることも、お勧めいたします。
 ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ
  ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/     もちろん、同意できる点のみを、作者さまが取り入れれば良いと
  ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/      僕のこの評価も含め、考えています。



    、〜`⌒`三`Y,ィ,ィ
  r≦ニ、 _ミ. _, 彡ノノィ
 j´r= ヾ/,ハY,ヘ.'く三  |     長々と評価スレをお借りさせていただき、ありがとうございました。
./, r'⌒i {リ ;;   }j人ミ :|
{'' (  ゞlミャ ''テ:五'Tnミ|     以上で、私の評価を終了させていただきます。
 )リ   ノl ,リ ` ヽ リソ {
(i〈.   °l‘ニ..__,. ' ハヾヽ
 !〈_     ! 7''  / ゚,j.i!}__
  `リ _,r‐'{゙ー-≦,-r''´ヒリ'   ̄.:
 _,∠_:.:.-‐ ` -‘ニ’_h/::.:. . . . .:
/   . .\:.:.__ : :.:.:.:.:.`ヽ::::::.:.:.:.:.:.:
:::::::::::.:.:.:.:.:ヽ:.:.: ̄:.二ニ{-‐:::.:.:.:.:.:
::::::::::::::.:.:.:.:.:i::::::::::::.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:::::::

498名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:27:44 ID:F.aMpWBM
評価乙でした。表現方法とかかなり参考にさせていただきました

499名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:37:40 ID:xcC75h3Y
乙です。自分もいずれスポーツものを書こうと思ってるんで、表現方法に関してとても参考になりました。

500名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 02:59:00 ID:3RCQ97/g
乙です。
これはすごく参考になる

501名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:03:37 ID:j9VWFpzI
非常に丁寧な評価乙でした
画面があると、全然違うと言う事がよくわかります

502名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:24:03 ID:ouCYR3is
25レスほどお借りします

503名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:24:18 ID:ouCYR3is

         | /            |
         |  ̄ ̄ ̄7        |
        ノ     /        |
        l    /        _,,、‐'l
        j‐-、、__j______,,,,,、-‐''__,、、‐'!.
          ソ‐ァ、、__l______,,,,,、rTl´:!::l!i:::::.!
          .,'.:i:l!‐-、    ,.‐‐-l、l:i!::l!!i:::::.i      初めまして
       .i!::i!:k''‐,、    ,‐テ‐i、l:l:::i!キ::::::.i      今回評価をさせていただく藤原佐為と申します
       ll:::!::|`‐`' i   ー`‐'l´!i:::i!。j::::::.i
       !l::i:::l!  ノ        ! il::::iく::::::::.i    評価させていただくのはこちらです
          i!::!::li:、 ┌‐┐    l ,i!:::!::l::::::::.i
          ll::i!:::!yト.|┃||   ,.ィ!' !::i:::i::::::::.i     「やる夫たちは橋を渡るようです」
          !i::!i:::i ( .|┃||-‐''´/l. !:!:::i::::::::.i      依頼レス:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/436
          i八::!、`|┃||‐``'-‐'l"i:j::::i::::::::.i
      r''´l! ヾi,`|┃||‐---‐‐'ソ'ヾj`ヽ:.j     現在はヒロイン板のほうで続きを書かれているようですね
      〉、ヽ i `` |┃||     ´ i   ,〈.゛
     rく、゙、  |  |┃||      | , ', ゝュ
      j  `'゙'、 l /``!「´       l ,'゙'´  i
    ノ !、_,,ィf'´   \.       l   ,   |

504名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:24:34 ID:ouCYR3is

      |                |
      |                  |
      |                 |
       |                  |
       |ー―----------――――┤
       |!li!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l| ̄|:::::::::::::::::::|
      .|i!i!i|__      ___|__ |:::::::::::::::::::|     評価項目はこちらですね
      |i!li!| ,,,_,`   ´ ,,.!_,,,`|:::::::::::::::::::|
      |!il!|~、断'    '゙~断'ゞ|lγ^::::::::::|       内容に若干のネタバレを含みますのでご注意ください
      !|!li|    }       |::::|rフ::::::::::|
      !|li!| 〃 〈    〃 |!l!|ノ!li!i!!li!!|
       !|li!|ヽ、  `r-、     |!li| |i!lii!i!li!!il|
     |iii|!l|i!iiヽ、 llTl゙  / |!l| |!!li!lilli!lii!!!|
     |i!iii|!|/`、` || || / /!!|√ヽ!!!、i!llilii!ii|
    /「 ̄!!| `ヽ\ || || // !|  /   ̄ ̄ヽ、i!|
   / √{{.!| ̄ ̄ ̄||.|| ̄ ̄ ̄!|/      / ̄i\、
  /ヽ |  ̄|~ ̄ ̄ ̄|||| ̄ ̄ ̄ !        /  !  \
    i/ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、   !       |   /   `ヽ、
  /     !       /,ヽ、 !       | /      \
              //  |           | /        ヽ

┌───────────────────────────────────┐
│□評価方針          おまかせ                                 │
│□評価スタイル        おまかせ                            │
│□AAの改変具体例       おまかせ                            │
│□その他要望・見てほしいポイント等                                │
│                                                    │
│①未読の方にちゃんとストーリーや、世界観は伝わっているか?                 │
│                                                    │
│②説明会話など多すぎてだれないか?                             │
│                                                    │
│③番外編ではオリジナルでおふざけ要素を多くした(つもり)なのですが           │
│  本編でもオリジナル要素を増やすべきか?                        │
│                                                    │
│④場面転換や同時進行の多い部分は、キチンと伝わっているか?              │
│                                                    │
│⑤AAの使い方について                                          │
│  特に戦闘シーンで、もっとこうした方がいいというのがあるなら、ご教授ください   |
└───────────────────────────────────┘

505名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:24:50 ID:ouCYR3is

①未読の方にちゃんとストーリーや、世界観は伝わっているか?

              |::::::::::::::::::::::::::::\    |
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ |
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
                |_______;;;;!--|
             |______;;;;;;;;;;、‐r:|
               /:::::::::;l:l::::::::::|      _l:::|
               /:::::::::/l::l:::::::::| ̄`    ´ |:::|
           /:::::::::/::l::|::::::::::ヒ:イヽ   イ}`l:::|
           /:::::::::/h'll:l::::::::::|'='-    ゙'´l:::::|     特に問題はありません
           /:::::::::,l.ヒ。!|l|:::::::::|      ' ,!:::::|
.          /::::::::/::`''t'|| |::::::::|   ー‐' ,イ'l:::::|     私は原作を未読ですが
         /::::::::/:::::::/ | |::::::::|、     ,.:l:::| l:::::|       特につっかえることなく読み進めることができました
         /::::::::/::::::/ `'‐l,,|:::::::|:::7::::- '::::l|::|. |::::|
          /::::::::/:::r''''''''''---l::::::トくト、::::::::/l:::| |:::|      序盤に端役程度で登場した人物(カイジ、ムスカなど)が
.        /::::::::/r'" ̄''' -- 、l:::::|''--仁‐'、l:::|  l::|       実は物語上重要な伏線であったりと
      /::::::::/:j/,___、 ゙l`l l::::|-'-'、r'゙y‐一i |:|      やる夫スレ化する利点を十分に生かしていていいと思いますよ
      /::::::::/://_  ヽl |  l::|   `「`ー一l ||
     /::::::://'/ー‐ `ヽ/ └‐‐‐‐.、  |    l |
     ,':::::::/〃'   - 、 /l     -',  |    l
    ,':::::::/l/    _,,、ァ' |      イ  |      l
    ,':::::::,':| l / _,ィ7    |     l'  |     l
    l:::::::i::::l|/ 「 l l      |    ノ  l     l
    |:::::::l:::/ /| l l     |--::T´|   ,!      l
    |:::::::|/,/ |,! |    l  l:::: | |  ,!      l
.    l:::/   /l j   | l:  l  |: /       l
    l'´   / ,/ l  |  l |  |::/        l
    /    // ,ィ |   |   l |  |/         l
   /    / l  | l:|   |   |:| |           l

506名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:25:03 ID:ouCYR3is

         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        |.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     ├──┴──────┤
     ├‐┬──────┬‐┤
       |:::::::|___.      __|:::::||
     |:::::::::|二__ '     '二二|::|、::|
      |:::::::::| TU.>  彳 UT|:::| l::|      ただ、初めて登場する人物に関しては
      |:::::::|::|  ̄       ̄ |:::|ノ::|       名前と簡単な紹介文を添えておくといいかもしれませんね
      |:::::::|::|    〈     |::|::::::|
      |:::::::|::ト     _ _,    |::|::::::::|      もっとも単発での登場であったり
      |:::::::|::| \      /|::|::::::::::|       訳あって正体を伏せておきたい場合はこの限りではありません
      |:::::::|::| へ丶__ , '  |::|. \::|     (先述したカイジなど)
     <.:::::::|::ト \    / |::|   / ̄|__
   <  \:::|::| \ \ /  |::| _/  /   へ
  / \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /   /  \

507名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:25:19 ID:ouCYR3is
ほんの一例

  |┃            ____
  |┃ 三       /      \
  |┃        /         \       おい!
  |┃ .      /   (●) (●)  \
  |┃ 三    |   (トェェェェェェェェイ)   |
  |┃       \  \ェェェェェ/   /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ



               ,.. -―‐- 、
               / ,. -――- 、\
            //       \ ヽ
             |′       /`ヽ、 \!
               , ‐''´ ̄ ̄ ̄`|: : : :  ̄ ̄ ` '' ‐- 、  /`>
         , ‐'"/: : : : : : : : : !: : : : :|、 : i: : : : : : : : \`'´, -‐、
        ,. ‐´'"/ : : : : /: : : : | |: : : : | !: :|: : : : : : : : : : ヽ ヾ'"´
           /: : : : : //: : : :_:/:||:|: : : : | .!: lヘ: : : : : :ヽ: : : :ヽ lニコ
        / : : : : ://: : : :´ `/、:|: : : : | l_|__ヽ__: : : :|:ヽ: : : ハ
         /: : : : :,//: : : : : /:/ !:| ! : : | l :!  ',: `ヽ: l: :|: : : : l       やっほーキル夫
       |: : : / l l: : : : : /!:|--| | l : : | l/   ヽ : : : |: :l : : : :|
       | : :/  /:|: : : : :/!´| ̄|`l |: : :| Tテミヽ'、 : : l: :| : : : :!       待ってたよん
 r‐、 i´'! |: /   !:/!: : : /:,| ト、_|  ヽ; :|  |_  `∧: : |: l: : : :/
 { 、ヽ! | l/   |:| ! : :/:/:! . トり   ヽ|  r'、_,r'/ ∧: :l l: : :/
 l ヽ'i  l,  , ‐; |:! | : :|/: {  ̄         ` ‐-' /: :〉:l/: : :l
. { _ゝ  ... `´/  | l : :|: : ヽ'"'"  、__,、_,"'"'・ /: : !_ゝ |: :|
. ',   :::::  /    /:ヽ|: :::::::> 、 l    }  ,./: : :/::::::ヽ',:lヽ.         ┏──────────────┓
 ヽ、  i  l' ̄∧ /: :l: | ,. --┬‐` 丶--‐'<|∨: : / :::::::::|ヾ|: :\       │ こなた                     │
   ヽ    ':、/  ! l : :| / |:| |:| |::::::::/___   /:/: : /:::::::::::::|: :|: : : :ヽ      │                      │
   /':,. ‐'"/ /∧|: : i' /!| |:| |:::::::l  `ヽ,./:::!: : /\ ::::::::|: :|:::::: : :       │       人工島唯一のラジオDJ │
  l、/ / / / ヽ :| /:::|| |:| |:::::::|     ,:':::::| : /´, ‐\::::|: :|:::::: : :      ┗──────────────┛
  ヽ/,. '" /l   〉:| !::: !| |:| |::::::|   /::/l: :/'" _,. -、ヽ|: :|:::::::::::
    ヽ__,. '´  | ! /: l |::::::ヽ ;| |:::::! /:::::/::::/ ///     /: /:::::::::::
    〈      l/: :l !:::\ヽ| |::::| /:::/:::://::::::l     /: /ヽ:::::::::
      !ヽ   /: : :| |:::::::::::ヽ !::|//::::/':::::::::::/    /: /   \:::

508名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:25:24 ID:fkEP80VE
>>455
評価かぶりが多いので意外と、残ってる。
どれもハードルは高め。

◇やる夫の魔王の道
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/35

◇やらない子のペルソナ3ポータブル            :きめえ夫さん指名 6/30
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272452856/492ミス
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/898
  指名レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276784545/492

◇【女神異聞録】やる夫は明日への夢を見るそうです【オリジナル】   再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/979
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/359

◇【クトゥルフ】やる夫が奇妙な事件に巻き込まれるようです4【かも】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/980

◇やる夫の生活が劇的に変わるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/66

◇やる夫たちは橋を渡るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/436

◇やる夫が青い絵を描くそうです                      :再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/446

◇水銀燈は「J」のメモリを持つ「W」のようです           :シュバルツさん指名
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/484

◇やる夫は力を求めて旅をする様です
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/488

◇【FF5】FINAL FANTASY V(ぶい) FINAL                  :再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/688

◇【DQⅡ】やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/719

509名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:25:39 ID:ouCYR3is

②説明会話など多すぎてだれないか?

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ⌒     ⌒リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|      これも特に問題はありません
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|        登場人物たちの会話の中にうまく混ざっていると思います
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|      少なくとも読んでいてだれることはなかったです
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|

510名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:25:49 ID:ouCYR3is

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|     むしろもう少しレス数を割いてもいいような
            ヾ:|l ●   ●  |!:::|ノ::|     そう思わせる部分もありました
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|      この辺りは読む人それぞれでしょうか
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|

511名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:26:04 ID:ouCYR3is

③番外編ではオリジナルでおふざけ要素を多くした(つもり)なのですが
  本編でもオリジナル要素を増やすべきか?

      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l       それで物語がより面白くなると考えるのであれば
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!       作者様の自由にされていいと思います
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',        展開や人物の役割などの改変は
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、     やる夫スレの醍醐味と言ってもいいものですから
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、
    「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

512名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:26:17 ID:fkEP80VE
申し訳ありません。
リロードしておりませんでした。

513名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:26:20 ID:ouCYR3is

      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
       !::::::::::::::::"、_  _,:"::::::::::\
.        i::::::::::::::::::::::::::::::::_,.-‐ー─ヽ
        i::::::::::::::::_,.-‐'゙_,.-‐‐゙,.\\、
        i:::::::::::::_,.-"゙  、  ッf丁ゝ\\、
        ! !! i! i!!i!ニミヾ゙ ::.   ´  \\\
.        i i!i i!! i! !`"´  , 、   i! i\\\、         あえて一言申し上げるとすれば……
        i! i!!i仆i! ,.、 ,.、  ,..-、  !i! i!! i!\\\、
       .i! i!ii/‐/゙|___|"_,l,_|_____゙、 /i! i!i i! i!ii\ \ヽ、
.       i!i:,‐'" ヽ彡ニニ;;;;;ニニツ=" /i!i i!i i i!i i!  \  \        |\     /\       / |   //  /
       !i!,| ゙ 、i彡 //-<-、._,.ノ、_i! i! !i! i i!i   \  \     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
.      /.i" ヽ、"'''ヾ" :::,.---' ____,,,,,,|....=--‐‐‐i i!、   \      \                     /
     // |、.  ヾ、 ヽ-"l|~~(フ)__,,,.....----、---=‐-...,,_  \     ∠    いいぞ、もっとやれ!    >
    //l  ト、ヽ. ヾ、 ヽ:::::|ヾ、:::i  丶  、 ヽ      ゙゙'''‐、     /_                 _ \
  / lシ、、 .|:::::ヽ、ヽヽ.ヽ:::| ヾ:::!      丶ヽ 、_  ヽ.、 |     ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
. /   〉ヽ 、 ヽ  ゙'''| ゙":::|  ヾ           i"" ヾ | ヽ     //   |/     \/     \|
..| !   / ヽ   ヽ  .|:::::;:::::|   ヽ          !   i,|  ヽ
 |  /  ヽ  . ヽ .ノ:::::;:::::::|.    i.          i   l  ヽ                           ですね
./  /   ヽ   y";::::;:::;;:::/    ;;,         i    |  : ヽ
/i  ヾ   i    ヽ;;::::::::;;;//    ;;;,         i   ; i  :  ヽ
| i、     i     ヾ:::::::| |    ;;;;;,         !   ; ! :  ヽ
ヽ 丶    !      ヽ::|  |    ;;;;;;         丶  ;  ! .:   ヽ

514名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:26:39 ID:ouCYR3is
>>512
気にしていませんので大丈夫です

④場面転換や同時進行の多い部分は、キチンと伝わっているか?

     ,i---、
.    /|;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;i
    | |;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.    |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
    |_了;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
.   /j_ ̄ _λ::::::::::::.l
   |::|l` ´ い|::トv::::.i       これは難しいところです
   !|(  __ u|::|r':゙;;:::.i
   |::::>−=jノ〉ュ:::゙;;::.i    この物語は話の中心人物が多いこともあり
   // ̄ ̄]~| ̄\l::.i    視点移動がかなり頻繁に行われています
  |/     |   `!j;リ
 /    〃 |、    ゙i     「いつ」「どこで」「誰が」「何をする」といった情報は問題なく分かるのですが……
 \   〃人 、  __,!
.  ( `iーロ-' `ーロj′ )
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

515名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:26:59 ID:ouCYR3is







                     △          ▼








              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|   つ
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|    つ
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ノ    `ヽリ|::l:::|::::i|     場面転換の手段がほぼ上記のAAのみなのは気になります
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|     何か意味はあるのでしょうしそれも個性と言えなくはないです
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!       ただ、あっさりしすぎていて初めて読んだ時私は
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|       「え、これで場面変わったの?」と疑問に思いました
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|

516名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:27:15 ID:ouCYR3is

    r1ヽ
   l j:::::l
   j ヱ::::l
   jl´∀`ll!        場面移動の際には下のような効果を使うと
  rlF 〒 リヽ     分かりやすくていいですね
 / |_j_| ヽ
 ヽ/|  l  |ヽ/      他にもあるので場合に合わせて使い分けてみてください
 _(、|_l_|、,)_



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



─────────────────────────────────────

                        ・
                        ・
                        ・

─────────────────────────────────────



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------

517名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:27:31 ID:ouCYR3is

⑤AAの使い方について
  特に戦闘シーンで、もっとこうした方がいいというのがあるなら、ご教授ください


       |     ヽ.   |
        |   ..,,__ヽ, .|
        |     ,.- '   |
      ,r|,,__  \ |/  _|
      ,ト.、,,_``'ー‐l--‐''"_」
     ,' ,| i. |_`''ー‐‐‐''_,l´| ',.           アクションシーンにおける
     / /|i.l .|t゙iぇ ' ァtテ1 |! l         AA選択・配置などの構成・演出力は十分だと思います
.    /, ヾ| i! | ̄  ,i   ̄| i|、.|
   ./  :| l! |  r=;、  ,イ! |i |           特にやる夫とやらない夫の決闘などは読んでいて非常に燃えました!
  _,ム、--ァミl! |ヽ ヾ=シ ィト、! |  |
l二--、_〉 }, |ヽ.`'‐'´/'゙ |〈ト、,_|
ヽ´,.r/rラ'゙l ^ヾ,ニニニニ三7/」.l `ー、
',゙///. ヽ. ヽ__,r ゙l.__ ,/  l,   `ー、
i///、ヽ、 ン゙ .ヽ,ノ  ',  ̄~ブ  l   /
!i| { _,ゝ‐'´ ゙、     -‐''´     |  /ゾ!
  |. |   /      ',      | // ト、
.  ! |  /       }      { /'"  | l.
.  |   /.|          l       ',   l ',
. | / |         |        ',    |. ',
  | ./ |         |       ',   |.  ',
  |/  .|        |       ',  l.   ',
  |   |        |          ',  |   ヽ
  |   |        l          ',  |   ヽ

518名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:27:50 ID:ouCYR3is

        |                 |
       |               |
      |                 |
      |                |
      |                  |
      |                 |
       |                  |
       |ー―----------――――┤
       |!li!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l| ̄|:::::::::::::::::::|
      .|i!i!i|__      ___|__ |:::::::::::::::::::|
      |i!li!| ,,,_,`   ´ ,,.!_,,,`|:::::::::::::::::::|
      |!il!|~、断'    '゙~断'ゞ|lγ^:::::::::|         ただ、これは特にプロローグから
      !|!li|    }       |::::|rフ::::::::::|        第一話、二話ぐらいにかけてなのですが……
      !|li!| 〃 〈    〃 |!l!|ノ!li!i!!li!!|          なんというか、少々読みづらかったです
       !|li!|ヽ、  `r-、     |!li| |i!lii!i!li!!il|
     |iii|!l|i!iiヽ、 llTl゙  / |!l| |!!li!lilli!lii!!!|
     |i!iii|!|/`、` || || / /!!|√ヽ!!!、i!llilii!ii|
    /「 ̄!!| `ヽ\ || || // !|  /   ̄ ̄ヽ、i!|
   / √{{.!| ̄ ̄ ̄||.|| ̄ ̄ ̄!|/      / ̄i\、
  /ヽ |  ̄|~ ̄ ̄ ̄|||| ̄ ̄ ̄ !        /  !  \
    i/ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、   !       |   /   `ヽ、
  /     !       /,ヽ、 !       | /      \
              //  |           | /        ヽ

519名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:28:04 ID:ouCYR3is

                     ,r'´ ̄ヽ
                    ,i:::::::::::::::i
                    l:::::::::::::::::l
                      l::::::::::::::::::l
                    l::::::::::::::::::::l
                   ,l:、_,.-::::::::::|
                   |::`ー::::::::::::::|
                   l::::::::::::::::::::::|
                  //`'''''"l::::::::::l
                  i:::|` ''ri'l::i-,::::|        原因として考えられることは
                 /:::i、' _  ii i-:::::::i
                ./:::::: ヽ_,,,./i:::::::::i           ・セリフの位置
                /',.-'''/ i、/'i:/ヽ::::i、
               ,-'  i ヽ..,,./_ノ/ i ` `'i      ・1レスのAAの量
              / i  _,.-‐''´    i ,/〈
            i'''´  ,i  i         i/ i.       ・囲みやAA合成時の修正ドット、ズレ
           _,-' ヽ 、i  i        // /`'i
          /-、   i i   i       i/_ソ i i      などでしょうか
         ,i  `' , /   ,i  ,    ノ _,...ノ' '|
        ,.-' ヾ   /  _,.i' 丿  _,-' /  _:::::i
      ,r':: _,,,,_` i、i::: ,r' _,r'  ,r'_,,,,.-'''ー-- :〉
     ,i´_,-,-ー-、,...i,.r'´_,.-´   /   _,.-‐''' _  i
     ,ir''::::::'ー一} i´i,.-''   _,,,../_, ,. ''' _,.-‐'''" ヽ i
   ,r/   / i i, `iー--、〈           :::::::y
  ,.r´ / :/:: |:::i,:::::i    ヽ、          i、 /
 ,r´ ,/:  /::: .i:::::i,::i      、         :::i /、

520名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:28:18 ID:ouCYR3is

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ⌒     ⌒リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|    セリフの位置は一般的に
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|    目の高さから口元ぐらいが見やすいと言われています
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|     私は口元寄りのほうが見やすいかな、と思いますが……
       从 l||l |::::|二二二二{从 l||l. ::|
        ( ⌒ ) |::::|   /    ( ⌒ ) :::|

521名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:28:33 ID:ouCYR3is

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|    目元よりも高い位置で、2行程度のセリフが割と多いですね
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|    私にはなんだかバランスが悪いように見えます……私だけ?
            ヾ:|l ●   ●  |!:::|ノ::|
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|

522名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:28:49 ID:ouCYR3is

                     ;:::::::::::::::::::::::::::::::::、
                   ; :::::::::::::::::::::::::::::::::、
                 ; ::::::::::::;;−'':´::::`:、
                     ; .:;;−'´;:::,::,:::::,::::; ::、
                     ;',_';::::;,;:::;..::,::,::::::,:::; ::、
                     ; '";::;:,';:;:;. ',::,:::,', ' ::、
                     '、  ;:; ; ;::,;:. ',::,:::,   , :、          セリフの行頭が揃っていたり
                     `'、;' .;,.;:::; : ';:, ':;:., ', :、         バラバラだったりするのも気になります
                       ';'‐':;:,';::; : ::.';:, ':;:,. ', :.、
                  ;'、'´':;::,:;.::.: ::.','、 ':; ', :.、        意図的にずらすのであれば話は別ですが
                     ,.'´,` 、':;:::;::;: ::.','、 ':, ', :.、        あまり前後にブレていると見づらいですね
               ,. '...,.'_ _ _`';:::;:;:, ,  ', ':,   ::、
                 ゙;'´,  ; ``';::;:;::,.; , ',. ':,   :、     (´д`)Editをお使いであれば
                ,:,´   ;  ; ';:::;::; ; ; , ', .::, ,  :.、     ←or→+Alt機能である程度調整が可能です
               ,' ':,    ;  ', ;';:::;:::,.; ; ;.:, ,:::.,', ;::::.、
              ,' .;:,    ; ,' ; ';:::::::; ; ; ; ;. ', ':.,', ;::::.、
              ,'  ;. '::,    ,' ; ;';::::;:; ;,.; .;.':, ':,'::,.; ';::::、
                  ,'  ;  '::.、 ,'  ;.; ;';:;::;; ;:;.; ;';::, ':;';::.;. ;::::.、
                 ,'  .;   `゙;:.、 ; ; ; ;:;::,; ;:;.; ;';:::, ';.';::, .:.::::,
                ,'  ;     `、`' ‐ -;';::::::, ;';';';:';:::,.';.';::,:::.: ::,
            ;  ;    ,',' `' ;、; ',';:, ';:,'::,':;';::;:;:,:; ;::,:::;:;:::,

523名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:29:04 ID:ouCYR3is

      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!       それとセリフの改行はもう少し少なくて大丈夫です
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',       あまり長くない文章を細かく区切ると
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、     行数が増えて逆に読みづらい場合もありますから
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
     ヽ `>‐j::八:/|  , ‐'"//   _, - \ヾ、:l:::::l:::::::::ヽ.
     r゙く,_,ノ'r‐'" |l/  / _, - '  _, - '`''− ̄´"7l:::'、
    「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

524名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:29:20 ID:ouCYR3is

           」              ヽ    イ
          ム、ヽ、            \ / l
          /: : ヽ、ゝ、            ノ  .!
         ./: :ノ: : : :`ー 二_ - _       /  l
        ,:':/: : : : : /:l: : l : i:ーr, 二_ ー- ム.  」
        /: : : : : :ノY': : :l!: ナナぇ 、_ ` ー-┐-┤
      /: : : : : : :/rテl: : : i!:; :メゞ;;テベミヽ  ,ィヒ: :l
    ./;: : : : : : : :.k 。 !: : : :i!:/   ̄     ィツノ: : :ヽ      また、作者様は短くまとめようとするあまりか
   〃/: : : : : : : : :,'::>.-|: : : :メ、       l   ハ: : :ヘ        少々1レスに詰め込みすぎる傾向が見られます
   / /: : : : : : : : : :l:::j. .!: : : ;  ヽ      ノ /: :}: : ハ
_/ /: :_:_:_: : : : : : :|::/、 l: : : :l   \. 、_ _  ノ: : :l: :/ i!       ②のところでも少し触れましたがもう少し余裕を持って
  | ̄ i!  `ー― 、/ ヾ,|: : : ト、   ヽ ` ´ /: : : ノ:/  ノ      「間」を取って見てもいいかもしれませんね
  |  .i!       / `丶, |: : : i. ヽ   \´: : : : :〃:| /
  |   .i!      /    `丶; :ト、 冫ー ´\ヽ、;_: : : ノ/
  |  i!     /      /\ .ソ | \ _ヽ \`ー.メ、
  |   i!    /     /   \┴ 一 ' ´{.  ヽ  .{
  |  .i!.     /    /       ヽ、_, -′  }.  l
  |. .i!.   /   /        , ヘ   ノ   ′ ハ
  |  i!.   /  /        , ′  ヘ、     / l
  | .i!.  / /       ,  ′     \    l!  i!

525名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:29:35 ID:ouCYR3is
ちょっとした改変例:

::..:..:..:..:..:..:..:..://:|   ヽ::ト、::::ヽ:..:..:..:..:..:::ヽ
::..:..:..:..:..:..:..:.//l::!   |:! ヽ:::ヽ;::::..:..:..:..:..:ヽ
::::::::..:..:..:..::/:/ |:!    l:!  ヽ::! ヽ:::..:..:..:..:..:',
::::::::::::::::::/|::l ||     !  ヽ:! !:::::l|::::::::::::!
::::::::::::::::::| |:|ー||ニニヽ !   ヾL.|::::||::::::::::::|
::::::::::::::::|L|/==≡=、 、  ∠二|:::j|::::::::::::|
::::::::::::::::| | イ_ノ::::} ` |└‐'rイ_ノ:トヾ|::::::::::/      あの……キル夫さんは何で銃を持たないんですか?
::::::::::::::l:ト、ヽl;;;;;;;ノニ--' ⌒| Ll;;;;ノ__/::::://
::::::::::::::リ  ̄ ̄ ̄     「 ̄ ̄/::::r'´         キル夫さんぐらい西区画に貢献していると
:::::::::::::::|            -'   ,'::/             組織の人たちも許可するんじゃ
:::::::::::::::ヽ     ヽニニニニフ   /:/
ヽ、::::::::::::::\    ` ー-- '′ /:/
  `ーヾトト! ヽ、       /:/
     |    `゙''‐--‐'´ヾ/
     / ̄`V      /
. /  `<      |\

526名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:29:49 ID:ouCYR3is

       ____
     /     \
   /         \
  / (●) (●)    \        …………
  | (トェェェェェェェェイ)    |
  \ \ェェェェェ/    /



  ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::ソソ/::/::/ノヘ ヾ!ヽ:::::::::::`ヽ                                  ,...::::::_..__....:::!
 /!::(   ) ━ (    )、::::::::::::::::`、                               /廴.---' `‐、__`>、、
  iノ  ̄ ´ `   ̄  ̄ `!::::::::::::::::::ゝ                              | /ニニ・二 .二・ヽ`!:|
  !´   ,へ、       ヽソ::::::::::::::ノ      ( ( 地雷踏みやがった! ) )      ,⊥!       _  ` l::|
 /    ¨         ソ:::::::::::::i                             /ト、!   ,'r=´H   !´`!
 i  ______  、      丿::冖:::::/                             〈 L<|   !´;;;;::;;:::|   !┐|
 ! /::::::::::::::::::::\___、    6 ノ::ソ                              \_!   |, ‐'⌒う   /ニノ
 \:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒´´/::::::ソ                                  ヽ、、ヽ-‐'´    /|
  │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::_ノ                                    ト、   `'  /|
  │::::::::::::::::::::::::::::::::::::│:::ノ                                     ヽ ` − '´   |_
  │:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ                                        ┌ヽ  、   / ヽ`ヽ

527名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:30:03 ID:ouCYR3is

              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l ノ    `ヽリ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ●    ● 从::::|、:i|    セリフの改行を減らして、たしぎさんだけ抜きだす形で分けてみました
            ヾ:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ::|    それだけですがどうでしょう?
       /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j::/⌒i:!
      \ /  |::::l>,、 __, イァ/  /::|   「こいつ空気読めてねえ!」感が増したんじゃないでしょうか
.        /  /|::::|二二二二{ヘ、__∧::|
       /  .< |::::|   /    ヾ__彡':::|




              |    /::::::::::::::::::::::|
          | /::::::::::::::::::::::::::::|
             |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          |  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            |--!;;;;;______|
             |:r‐、;;;;;______|
           /::::l       .リ|::l:::|::::i|
.         l::::|l ノ    `ヽ从::::|、:i|
            ヾ:|l ●   ●  |!:::|ノ::|   ……なんでこの場面を選んだんでしょうかね、私
.            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j:::::|:::::!
.            |::::l/⌒l __, イァl:::::|:::::|
.            |/ ̄ ̄|二二{/ ̄ヽ:::|
.            ||   .|/   /ヒ 彡ヘ:|

528名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:30:22 ID:ouCYR3is

         | /            |
         |  ̄ ̄ ̄7        |
        ノ     /        |
        l    /        _,,、‐'l
        j‐-、、__j______,,,,,、-‐''__,、、‐'!.
          ソ‐ァ、、__l______,,,,,、rTl´:!::l!i:::::.!.
          .,'.:i:l!‐-、    ,.‐‐-l、l:i!::l!!i:::::.i
       .i!::i!:k''‐,、    ,‐テ‐i、l:l:::i!キ::::::.i
       ll:::!::|`‐`' i   ー`‐'l´!i:::i!。j::::::.i    あとは……修正ドットが放置されているのが気になります
       !l::i:::l!  ノ        ! il::::iく::::::::.i    これも(´д`)Editの←or→+Altと右揃え機能で簡単に直せます
          i!::!::li:、 ┌‐┐    l ,i!:::!::l::::::::.i
          ll::i!:::!yト.|┃||   ,.ィ!' !::i:::i::::::::.i    AAの合成、改変の見栄えを良くするものですので
          !i::!i:::i ( .|┃||-‐''´/l. !:!:::i::::::::.i      この機会に覚えられてはいかがでしょうか?
          i八::!、`|┃||‐``'-‐'l"i:j::::i::::::::.i
      r''´l! ヾi,`|┃||‐---‐‐'ソ'ヾj`ヽ:.j
      〉、ヽ i `` |┃||     ´ i   ,〈.゛
     rく、゙、  |  |┃||      | , ', ゝュ
      j  `'゙'、 l /``!「´       l ,'゙'´  i
    ノ !、_,,ィf'´   \.       l   ,   |

529名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:30:43 ID:ouCYR3is

              |::::::::::::::::::::::::::::\    |
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::\ |
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |
                |_______;;;;!--|
             |______;;;;;;;;;;、‐r:|
               /:::::::::;l:l::::::::::|      _l:::|
               /:::::::::/l::l:::::::::| ̄`    ´ |:::|
           /:::::::::/::l::|::::::::::ヒ:イヽ   イ}`l:::|
           /:::::::::/h'll:l::::::::::|'='-    ゙'´l:::::|
           /:::::::::,l.ヒ。!|l|:::::::::|      ' ,!:::::|       いろいろと申しましたが私はこのスレが好きです
.          /::::::::/::`''t'|| |::::::::|   ー‐' ,イ'l:::::|
         /::::::::/:::::::/ | |::::::::|、     ,.:l:::| l:::::|     続きを心待ちにしておりますのでどうか頑張ってください!
         /::::::::/::::::/ `'‐l,,|:::::::|:::7::::- '::::l|::|. |::::|
          /::::::::/:::r''''''''''---l::::::トくト、::::::::/l:::| |:::|     それでは私からは以上となります
.        /::::::::/r'" ̄''' -- 、l:::::|''--仁‐'、l:::|  l::|
      /::::::::/:j/,___、 ゙l`l l::::|-'-'、r'゙y‐一i |:|
      /::::::::/://_  ヽl |  l::|   `「`ー一l ||
     /::::::://'/ー‐ `ヽ/ └‐‐‐‐.、  |    l |
     ,':::::::/〃'   - 、 /l     -',  |    l
    ,':::::::/l/    _,,、ァ' |      イ  |      l
    ,':::::::,':| l / _,ィ7    |     l'  |     l
    l:::::::i::::l|/ 「 l l      |    ノ  l     l
    |:::::::l:::/ /| l l     |--::T´|   ,!      l
    |:::::::|/,/ |,! |    l  l:::: | |  ,!      l
.    l:::/   /l j   | l:  l  |: /       l
    l'´   / ,/ l  |  l |  |::/        l
    /    // ,ィ |   |   l |  |/         l
   /    / l  | l:|   |   |:| |           l
   ,'    ,/ |  `':|   |  |l l |              l
  ,'     ' l   r'|  |  ,! l|            l

530名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 03:32:15 ID:ouCYR3is
以上です
少しでも作者様の参考になれば幸い……

531名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 04:04:58 ID:zimLkPhQ
>>508の実評価一覧にある「やる夫は力を求めて旅をする様です」は
聖剣伝説3のスレですよ

532名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 05:07:57 ID:6.cbpyAQ
評価乙です

533名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:37:27 ID:oQ2n9Ke.
評価乙

誰かと時間被って無さそうなら投下します

534名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:38:39 ID:oQ2n9Ke.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      こんにちは、やらない夫です。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      さて今回の依頼は
.  ヽ        }        ⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270048498/898
   ヽ     ノ       から 『 やらない子のペルソナ3ポータブル 』 です。
   /    く__,-ュ__
   |    ___ 三)
    |    |       ̄




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      ゲームが原作で、オリジナル要素がやや多いそうです。
   |      (__人__)
.   |        ノ      私はペルソナシリーズはまったくやったことがないので、
    |      ∩ ノ ⊃       ダディーア ◆a2hE9PKn4g さんの作品の何処がオリジナル部分かは分かりません。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │      ただしペルソナシリーズ原作のスレは幾つか見たことはあるので、
  \  “ /___|  |      作品の雰囲気は多少わかる立場だったことを予め申し上げておきます。
.    \/ ___ /

535名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:39:00 ID:oQ2n9Ke.

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)      この作品は過去にも評価希望を出されており、
.     |     (__人__)       今回は再評価依頼となります。
      |     ` ⌒´ノ
      |         }       前回の成歩堂龍一さんの評価はこちらです。
   _./:l ヽ        }       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/322-339
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |        今回は 『 前回の評価を見ている 』 事を前提として話させて頂きます。
            (__人__)      | ../}      未読の方は必要に応じて上記リンクから確認をお願いします。
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

536名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:39:23 ID:oQ2n9Ke.


┌────────────────────────────────────┐
│  評価は辛口でお願いします                                   │
│                                                      │
│  評価してもらいたい点                                         │
│  1 ストーリーに抑揚があるか?(盛り上がりなど)                          │
│  2 AAの使い方に関して(ここは変えたほうがいいなど)                      │
│  3 その他直すべき点                                          │
│                                                      │
│  上記内容でお願いします                                     │
│  2話前半から2話後半の間で、他スレ作品をかなり読んでいたので             │
│  作品としては2話後半(2スレ目)を見ていただきたいです、よろしくおねがいします     |
└────────────────────────────────────┘


      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l    依頼文のまとめです。
    l             l
    .l           l    作者さんの希望にもありますように、2話後半をメインに話します。
    ヽ          l
     ヽ         l    なお話す順番はこの表に沿って進めます。
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l

537名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:39:43 ID:oQ2n9Ke.


                ┌───────────────────────┐
                │  1 ストーリーに抑揚があるか?(盛り上がりなど)      |
                └───────────────────────┘

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)    評価範囲である2話後半では女帝戦が盛り上げたい場面だったのでしょうか?
   . |     (__人__)     残念ながらイマイチ盛り上がってないと思います。
      |     ` ⌒´ノ
.     |         }     『 危機感の欠如 』 が理由の一つに挙げられると思います。
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ      このボスに勝てる?負けたらどうなる?と言った危機感を感じないため
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\     まぁ勝つんだろうな、としか思わない戦闘シーンでした。
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|

538名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:40:18 ID:oQ2n9Ke.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      女帝の強さがもう少し上手く伝わっていたら、と感じました。
   |      (__人__)      『 属性が変わる 』 、と言う面白い設定を活かせていなかったと思います。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃      属性によるダメージの違いなどがどうも伝わりきっていないようです。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)        女帝戦前にこの作品における 『 属性 』 の説明を上手く出来ていたら、
. |     (__人__)        この女帝戦を読んだ時の印象が大分違ったと思います。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l       後日番外編で投下していた情報を
.  ヽ      |   ノ        女帝戦前に読者に伝えられていたら、とも思いました。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

539名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:40:39 ID:oQ2n9Ke.

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)      また味方の個性の描き分けもまだまだ弱いです。
     . |     (__人__)       2話後半迄では分析役の二人くらいしか特徴を感じませんでした。
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))




             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |     主役のやらない子は色んな能力が使える、
          . |   (__人__)  |      カズマは物理属性の攻撃がメイン、
            |   ` ⌒´  |     ではそれはこの作品の戦闘ではどういう違いとなって表れるのか?
          .  |         }
          .  ヽ        }      両者の特徴は 『設定はある』 と示されていますが
               ,、ヽ     ノ-、     設定を物語に活かせていないと思いました。
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

540名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:41:12 ID:oQ2n9Ke.

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●      上記2点を合わせて言うと、敵も味方も戦力がハッキリしない。
.         |      (__人__)      それ故に勝つか負けるか予想のしようがない。
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }       予想のしようがない≠予想がつかないです。
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;         勝敗の予想がつかないのは面白い要素になりますが、
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、     この作品は判断材料が少なすぎて置いてきぼりにされた気分でした。
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     それと、負けるとどうなるんでしょうか?
. | u.   (__人__)      負けた場合を想像させる伏線も欲しいところです。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      今のところ怪我して大変、みたいな様子すら無いですし、
.  ヽ        }       ちょっと疲れる程度の描写では深刻さが伝わらないと思います。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、      これでは戦闘時に危機感を覚えるのは難しいでしょう。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

541名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:41:31 ID:oQ2n9Ke.


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|     ところでやらない子はペルソナという能力を身につけたばかりですよね?
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     ならば初心者の彼女がその能力について学ぶ過程を描き、
       / ミ)      /     レベルを上げる中で属性等について学んでいく、
      ./ ノゝ     /      と言う描写で設定を説明することも出来たのではないでしょうか?
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ           キャラクターの成長は物語の大きな魅力の一つになります。
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ    そして成長することでペルソナ世界について理解を深めていく描写は、
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄      読者に対して自然に設定を伝える方法に使えるわけです。
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |        設定を上手く説明、表現出来ていない現状では
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫       こういう話の進め方もアリかと思います。
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

542名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:42:05 ID:oQ2n9Ke.


     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ         戦闘シーン以外の会話も抑揚に欠けている、と感じます。
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫      ココまでの会話はAAに設定、世界観の説明文を貼りつけただけに近いです。
    |     `⌒´ノ ∬       誰がしゃべっても同じような、味気ない会話が多かったです。
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)        『 冗長で単純な会話 』 、ですね。
____/      イー┘ |      性格や考え方の違いをもう少し出せるといいと思いました。
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    ですが2話目は1話目に比べると改善してきていると思います。
          |     (__人__)     キャラクターが掴めてきたのかもしれませんね。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }     まだ改善の余地はあると思いますが、
       / ヽ       }      この点は今後に期待は持てそうかな、と感じました。
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

543名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:43:02 ID:oQ2n9Ke.


          ┌─────────────────────────┐
          │  2 AAの使い方に関して(ここは変えたほうがいいなど)   │
          └─────────────────────────┘

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      成歩堂さんに指摘されたレスの1行目を空ける、は
   |      (__人__)      本編では改善されてるようで、見やすくなってきています。
.   |        ノ
    |     ∩ ノ)━     しかし辛口になりますが、何故そう言われたのか、
  /    / _ノ´      理由の部分を本当に理解しているとは思えませんでした。
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)   例えばこのシーンです。
    |  (―)(―)/;;/    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272101448/152
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l     AA、呪文、呪文の説明文、と3つも続いて読みづらいです。
    | .l _ニソ    }      これではAAに文章が埋もれて見逃してしまう可能性もあるでしょう。
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__      ここも1行ずつ空けるだけでも少しはマシになります。
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

544名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:43:19 ID:oQ2n9Ke.


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    言われたことをそのまま実行するだけではなく、
     . |:::::::::::     |     理由を踏まえて応用、或いはあえて実行しない、など
       |::::::::::::::    |    臨機応変に応対出来ると良いと思います。
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }          :::::::ノ
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ:
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




                        ┌────────────┐
   / ̄ ̄\                   │  3 その他直すべき点      │
 /    _ノ \            └────────────┘
 |::::::     (● ) )
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ            それでは最後の論点です。
.  |::::::::::::::    }             少々厳しい意見になります。
.  ヽ::::::::::::::    }
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ:
   /:::::::::::: く         ,ふ´
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

545名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:43:34 ID:oQ2n9Ke.


                              ::::...r‐ ' ノ.
                              ::_ ) (_
                              ⊂ニニ⊃)
                         ..... ......: ::::`二⊃ノ.
                         ..... ......: :::: ((  ̄
                 / ̄ ̄\  ..... ......: ::::::  ;;.
               / _ノ    .\       _,,
               | ( ●) (●) |.      l;l
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,       多分今のあなたは人の評価を気にする前に
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶      自分独りでどこまで出来るか試した方がいいです。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|

546名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:44:01 ID:oQ2n9Ke.

                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,〜'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,〜'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃      批評、批判に耳を傾けるのはOKです。
             |       (__人_) /〉
           /∧     ,.<))/´二//⊃       ですがあなたはやる夫スレの経験値が足りず、
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`       ここで言われたことを上手く消化、吸収出来ていないようです。
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|      自分で試行錯誤し、面白いスレと比較することで
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|      自分なりの改善案も浮かんでくると思います。
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|




      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/        更に言うと、ある程度数を作ってようやく分かることがあります。
    |  (__人__)l;;,´|         それまではあまり人の意見に右往左往し過ぎない方が良いのでは?
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }            1話1話の出来にうろたえずに、この作品を最後まで完結させる事が
     /ヽ、_ノ    /          今の作者さんにとってはベストだと思います。
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

547名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:44:21 ID:oQ2n9Ke.


                                  |
                                   l
                           /          l         _人_
                         /     i     i         `Y     /\/\
              ー――ー一 "        丶ー一'              /  / \. \
              , ____ y       ,__ 〈                 |   l    l  |
                 /,儷鑾  Y       .,儷鑾 Y    _j|_         \. |   /   |
             { 建夛  /       i建夛 /      ̄|! ̄           \ X.   /
                .ヽ_    ン         ヽ_  ン                     \/
               ⌒           ⌒ k 、
                  /"        j    "y' i {_
                 iゝ        /     i_∠イY
       ===========⇒\___________∧________ノイ|_,√{
               ''    ̄ ̄ ̄ "  ̄ ̄ !`r'\ {ノ   前述した私の意見と違って聞こえるかも知れません。
                  ヾ  ,,_,,    ,,,_ ノゝ_!ノ_,v'`    ですがどちらも本音です。
  \                   __    イ ー――-
    \    ,  -ー-  , /   \   /            私ならこうする、と言う意見はありますが、
      \ /   /     ヽ    \./            『 やらない子のペルソナ3ポータブル 』 はあなたの作品です。
       /   i!         !     \,
       / ヽ .{i       | i     |           苦労も喜びも自分で探りながら作るのが
       /   丶{!、     / ̄ ̄ i   |           今のあなたには良いのではないでしょうか?
      (     丶、 _/    }|   |
       ゝ    ,, _____  /| ⌒il
      /       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ、__ノ  __j!__
      (                  }'       ̄|! ̄
      ヽ     ,,____    /i
      ノ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ/
      (                  }

548名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:44:42 ID:oQ2n9Ke.


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ⌒)(⌒  ) ;;;;)     あまり人にどう思われてるか気にせず、
   |      (__人__) /;;/     自分のやりたいように最後までやってみてください。
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'        長編を完結させるのは独特の喜びがありますから。
  /    / _ノ´          そこまで辿りつければ自然にレベルアップしてると思いますよ。
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \               作成時間の確保もなかなか難しいかもしれませんが、
   |    ( ⌒)(⌒)              そこは無理せず自分で楽しめる範囲でやればいいかと。
.   |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ      (:::::ソ:     人に言われて無理して作っても楽しくないでしょうから。
.   |         }      ,ふ´        もう少し気楽に楽しんでいけばいいんじゃないですかね?
.   ヽ        }      ノ::ノ
    ヽ     ノ  /つ━~~'´
    /     \ / /

549名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:44:55 ID:oQ2n9Ke.


                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|     以上で私の評価を終ります。
                     |        .:|     最後までお付き合い頂きありがとうございます。
                   |         .::|
                      |        ...::::|        この評価がダディーア ◆a2hE9PKn4gさんの
                      ヽ   .......:::::/       お役に立つことを願って終りの挨拶とさせて頂きます。
                    ヽ.......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、                 _, -‐
             .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i           _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',    _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
              i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/   ,〜'_, -‐  ̄`ー-----― '
             !::::::::::::::::〉 '::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!〜'_ッ'-
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
              !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ
             i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ` ー-イ
             | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',

550名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:45:33 ID:oQ2n9Ke.
以上です。

それと忙しくなってきたものですから今回で評価人辞めます。
今までありがとうございました。

551名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:54:18 ID:WV3TSnEM
評価乙です
長い間評価人お疲れ様でした

552名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 11:59:43 ID:wVqlE15U
評価乙です

553名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:11:13 ID:L1U9XRjQ
おつ

554名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:39:27 ID:fkEP80VE
7れす借ります。

555名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:40:03 ID:fkEP80VE

      ___
   ゝ/____\
   / | / . − 、 −、!       やぁ、今日は野比のび太が評価するよ。
   l __|─|  ^|^   |
   (   __` ー ヘー っ       お題は、このスレさ。
     ヽ \ ̄ ̄ ̄/ノ mn
      > 、二二/─(ヽ l    「やる夫の生活が劇的に変わるようです」
    / \/\|──`ー ′
    (  !      |   ,− 、    依頼レス:
     ヽ|ー──j   | |  |    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/66
      ヽ  / ̄ | ̄ | |─!
       / ̄/ ̄ ̄ ̄`ー ′   現行スレ
   ,-/ヽ/            ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1281543868/
   ヽ二二)

556名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:40:36 ID:fkEP80VE

      , ── 、
   ゝ/______ヽ
    | | / −、 −、|   辛口評価を望んでいるようだから、
    |__|─|   ・|・  |   ドラえもんには下がってもらったよ。
    (   ` − o− |
      \   ___っ ノ   あいつは甘いからね。
      /ヽ、__─、- ´
     /^\/\/ヽ
     |  |     | |




          ,,───- 、,
        /_______ ヽ、    まず、会話のテンポなんだけど、
        |/─、 ─、\ |  |    特に悪くはないんだよ。
        |   >|・)  |─ |  ./    内容から考えるとね。
        |、_ i、 _ !  '⌒i
         |  ^      _'ノ    ただ、物語として見ると、
        \└──-  ノ      山場みたいなものが薄いから、
          `┬−−イ__      「だから、どうした」みたいな気分になる。
         / | ̄∧ ̄ // ヽ
         | |  ̄   ̄ |  |

557名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:41:06 ID:fkEP80VE

       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ     伝えたいことっていわれても、
     | _| _|   ・|・  |__    ぶっちゃけ、わかんないや。
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ
  !  `-、          |  !  何を伝えたいの?
  \   ヽ、   ──┘ ノ /  ハーレムっていいよねって事?
    \   \二二へ二ヽ/
     \ |        |
       |        |



         , ─── 、
          /_____ ヽ〟       さっき言った山場が薄いってのと
        l ⌒ヽ ⌒ヽヽ | ヽ        関係してるんだけど、
        |  ・|・   |─|   |       基本、日常系だよね?
       (/ ーc ー ′ r‐、ノ
       l  (__        _ノ        ある程度、アクが強くないと
         ヽ  (._,    /         メッセージを伝えるのには不利だよ。
  ⊂二ヽ、  `_ ,── イ__    ∩
    | ( ! ̄ ̄ |/ \/  ヽ─/ 二⊃
    `─┴──|     \ ___i_(ノ
            |        |
             (____l
           |      j

558名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:41:41 ID:fkEP80VE

           , -──- 、
       ゝ/ ______\
        /   | / − 、 − ヽ!     まぁ、ハーレム日常系として見れば、
.        |   |  /     |   |     普通に見れる作品なんじゃないかな。
       ヽ   |─|    ‘|‘   |
        /⌒` ` ー   ヘ ー l     ただ、ハーレム物って、そういうものじゃないと思う。
   ( \  ヽ_   /⌒ー──つ
    (ヽ ヽ/ ) \ ヽ __//
   ( )'   ノ   /` ──く
    ` ー、  ` ┬´ \/ \/ヽ
      \._|_ノ      |_|
           |         | |



      , ─── 、
   ゝ/ ______\
    /  |   ノ − 、 −ヽl
    l   |  /   .|∠  |     ハーレムってのは、あくまで舞台に過ぎないんだよ。
   Y⌒ ̄l    |    l
   ヽ_   ` ー‐  ヘー ヽ    女の子に囲まれて、ドタバタコメディ。
      ヽ  /⌒ヽ__つ
      >、ヽ(二)_ /      女の子たちと共に、苦難を乗り越えるシリアス物。
    /   \/ \|\
   /\/     |/\     あくまで、上に乗っかるものが重要なんだよ。
    |   l         |ヽ  ヽ
  (   )_____| (   )
   ー ^l        | `ー.´

559名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:42:53 ID:fkEP80VE

         ____
       /´       `\レ
     /_______  ヽ     ぶっちゃけた話、君の作品は、
      |ノ─ 、 ─ \  |  ヽ
       |   v|・     l_|    !    ドタバタにしては、おとなしい。
     ,|     |    | Ul´⌒Y
      l/`ー ヘ ` ─  ′  ( |     シリアスにしては、あまりに進展なさ過ぎ。
     l__            _ ノ- 、
     (_/⌒ヽ_/⌒ //    l   これだってのが無いんだよね。
       ` ─┬─┬ /ヽ/    /|
          |___| `  /\ / |



        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |    ドタバタコメディだってんなら、
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl    ドカッと笑わせてほしい。
   l    |  l     lj | lj    l
   ヽ  |_|        |     |    シリアスするなら、
   /⌒`  ヽ       l     ノ、   もっと、敵対組織を活発に動かして、
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l   物語を展開させてほしい。
   ヽ__   /⌒\____つ ノ
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、

560名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:43:25 ID:fkEP80VE

          ___
      ゝ/____\    まぁ、ドタバタが足りないってのは、
     / | / ─ 、− 、!    結局、女の子が大人しいってことなんだよね。
     !___|─|   ‘|<  |
     (    ` − o −|    なんだかんだいっても、
      入    へ  ノ    やる夫に抱きついて、プニプニしてるだけじゃない?
     /ヽ-、` ┬┬ ィ´     
     | (/`v二)|          ライバルが何人もいるのに、出し抜こうって
     ヽ_入 _ ノ        気合も不十分だから、トラブルも起こさないし。
     |───┤
     |____|[
      |  |  |
       |__||__|
     __|__||__|_
    (__ ノヽ__)



       ___
     /_____ ヽ〟
     |− 、−、ヽ |  |    ぶっちゃけ面白いかって聞かれたら、
    | ー|・  |─|x/
    |−c −′ |. )    僕は「ふつう」って答えるね。
     ヽ└─  ノ
      / ▽▽ヽ、     小ネタは、ちょこちょこ挟んでるから、
     i  |    |,,,\    笑えないわけじゃないし、
      |_|    |_)/    シリアス部分も、全く進展してないわけじゃない。
      (__) ──|
      |_r____|      でも、どちらも強くない。
     /  / |  |
    /\/  |─|_
   (__) (__ノ

561名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:43:58 ID:fkEP80VE

            ___
          γ x ___ \
          l ./, - 、, - 、⊂ ヽ  こういうのが、
          | | |  +||<  | {_,  |
          (6 ` -´っ-、´| /  「口で言うのは簡単」って類の
          人 # /二二lノ/    話だってのは分るよ。
       / |    ̄7 ̄
      _ .|  |  |  / ̄ ̄ヽ    でも、読者のためにも
     (  _ |_|   | ̄l_|___|     頑張ってみてほしいな。
     `-\ヽ / ̄|  ̄  |___|_
        ~///U     |__ )



        , ──  、
      ∠_____ \
     __.l −、 ─ 、ヽ|  丶
    /⊂|  /|ヽ   |-l-、 |_    それじゃ、この辺で失礼するよ。
    ヽ / ーヘ  ー     l/⊃ヽ
     l   ー─ 、   /ヽ__ ノ  君の作品が、これからどんな風に
      ヽ、_ ヽ__ノ__/  /    変化していくのか。
       ヽl/\/  /
         |       |       楽しみに見させてもらうよ。
      __l、       |
     /   ヽ  ̄ ̄ ̄l
     ヽ、/⌒ー┬´⌒!
     /   _|__.ノ
     ヽ __ノ

562名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:44:18 ID:fkEP80VE
以上でございます。

563名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:46:40 ID:oQ2n9Ke.
評価乙

564名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 13:47:20 ID:wVqlE15U
評価乙です

565 ◆yx6vDLPfTw:2010/10/17(日) 14:52:06 ID:dbLfc0p.
>>503-529
藤原佐為様、評価ありがとうございました。

・名前と簡単な紹介
確かに合ったほうが解りやすいですね
ただ現在第二部の半分くらいまで来て、いきなり入れていくのも変だと思うので
これに関しては、第二部の終了後から出てくるキャラに関して付けていこうと思います。

・場面転換の記号
原作でも似たような記号が使われていたので
その再現のつもりだったのですが、ワンパターンでちょっと困ってました。
今更変えていいのかなーと悩んでいたのですが、この機会に色々取り入れてみようと思います。

・セリフに関して
セリフに関しても色々指摘して頂いてありがとうございます。
評価依頼を出した時は、戦闘について不安があったのですが
後々考えたら、会話についてもっと聞いとけば良かったと思っていたので……

        ____
      /     \
    /         \
   /   (◯) (◯)  \      ・セリフの高さを口元に
   |   (トェェェェェェェェイ)   |     ・セリフの行頭を揃える
   \  \ェェェェェ/   /.     ・セリフの改行は少なく( 横のラインは800ギリギリまで行っても大丈夫ですかね? )

・会話の間
最初はレス数をなるべく抑えようと意識していたためだと思います。
投下にも慣れてきたので、レス数の増加はある程度気にせずやってみようと思います。

・修正ドットの放置
ズレを直すのは結構真面目にコツコツやってましたが
それでドットが目立っては本末転倒でした
なるべく無くすようにしてみます

・アクションシーンについて
> 特にやる夫とやらない夫の決闘などは読んでいて非常に燃えました!
この一言で自分もテンションあがりました!
ありがとうございます!

566ダディーア ◆a2hE9PKn4g:2010/10/17(日) 15:24:14 ID:1eUR5XCA
やらない夫さんありがとうございます
今回の評価を踏まえて、書き溜め頑張っていきたいと思います。

自分のリアルを言い訳に作品を疎かにする部分があったかなと思います・・・。
まだまだやる夫スレを作っていくのは難しいですが、頑張ります。

567ベアル ◆fJcUcm9oIY:2010/10/17(日) 16:38:10 ID:oKfCxbE2
>>448-452
評価ありがとうございます。

大河は、一応ラストに思惑があって多少ウザくしていますが…
「太陽の宝玉」イベの前に、もう1エピぐらい入れないと、エンディングが弱くなりそうなので
少なくとも感情移入出来るぐらいには持って行きたいです(多分当分ウザイ)

ティガ回はPSP自体がある事に突っ込みくるかと、ちょっと戦々恐々だったのですが
その辺は本スレでも無かったので一安心って所です(世界の技術レベルとか、金銭的な事とかで)
出現の原因はゾフィー氏の察しの通りですね、あの設定を利用しています

ムスカ先生の講義の件は>>405の反省の通りです
まぁ、未プレイの人には良かったのかもしれないですけど
万人向けにするなら、解説編を定期的に設定してやった方がストレスも少なかったのかなと

翠は…単にシャルンが「道場の娘」ってのを「飛天御剣流」に当て嵌めただけなので
それほどギャグのつもりも無かったのですが、そう見えてしまうんですね
今更変えられないので、このまま行く事にします
技が少ないのは「まだ序盤」という事と「AAの都合上」です
AA同じで技がグレードアップしても違和感ないですかね?
(大型の一番派手なAAは後半にとっておきたいので)

もう少しだけエピ挟んだら「太陽の宝玉」イベントに突入する予定です
ゾフィー氏の助言ももっともだと思うので、その辺は力を入れてやろうと思います

しかし、今も(+2話後の書き溜)鬱話しだしな…一気に不幸話のオンパレードになりそうだorz

568名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 17:03:12 ID:p/kDmt4o
>>567
ちょっと追加で一言

大河に関しては現状と言う事ですし、今後よくなるだろうと思っていますしこのままいっても大丈夫です

>AA同じで技がグレードアップしても違和感ないですかね?
問題ないと思いますよ、ちょっと名前変えただけでも違うと思うし

あとさきほど思い出したのですがスレタイの頭に【ベアルファレス】をつけてはいかがでしょうか?
実は貴方のスレがベアルファレスである事を気づいたのが評価スレを見てからなのです

おそらく、貴方のスレがベアルファレスである事を気づかないでいる人も多いのでは無いでしょうか?
そういう人の為に「このスレはベアルファレスを題材にしています」とアピールしていく事も大事だと思います

それでは余計な事を書いてすいません

569ベアル ◆fJcUcm9oIY:2010/10/17(日) 17:22:44 ID:oKfCxbE2
>>568
そうですね、次スレで【ベアルファレス】を付けるようにしてみます

どうせベアルをプレイしている人は少ないだろうから
付けない方がいいかなと思ってましたが、意外と居るみたいですし

570名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 19:41:08 ID:xdFWYHA2
ベアルファレスっていうのしらないけど、「プレイしている人は少ないだろう」からって省くのって
ベアルファレスをけなしていると同じではないだろうか。
確かに自分はしらないんだけど。

571名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 19:45:26 ID:6.cbpyAQ
貶す貶さないは置いておくとして、ゲーム系のスレの場合、知ってるタイトルが目に入ると
やっぱりチェックしてみようって気にはなるし、入れておいた方が読者には親切かも。
スレの数が膨大な現状、そういった所を目立つようにしないと見落とす事も多いし。

572名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 19:48:36 ID:KxxVERIc
言い方はアレだけどお客様に宣伝するためにキャッチコピーとして入れるのはアリ
見てもらう人がいないとやる気でなくなるしね。このゲーム知らないからスルーという人もいるだろうけどさ

いろんな場所で宣伝乙はアレだけどスレタイぐらいは集客意識してもいいよね。

573名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 19:55:40 ID:P8vsfRBM
人それぞれだろうなあ。
俺個人としてはスレタイに原作の作品の名前が入ってると敬遠するかな……それが知ってる作品であっても

一話読み終わって『実は○○原作なんです』って形だったら、すんなり受け入れられるんだよな
いや、別に二次創作が嫌いってんじゃないんだけどね。

574ベアル ◆fJcUcm9oIY:2010/10/17(日) 19:56:03 ID:oKfCxbE2
>このゲーム知らないからスルーという人も

自分がそのタイプ、あまり知らないゲーム系スレは見ないんですよね
なのでスレタイから外して始めたんですが、次スレから入れるようにしてみます

ちなみに売り上げ調べたら「約1万本」…
10年のそこそこゲーム業界は栄えてた時期に発売されてたのにorz

575名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 19:58:33 ID:j9VWFpzI
あんたの名前依頼スレでもよく見るんだけど、どうして黙ってられないのかね?

576名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:00:54 ID:ro8Unobo
>>575
どーでもええわ

577名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:07:27 ID:H77z2v9Q
プレイしてなくてタイトルだけ知ってるゲームでも気になるときは読んだりするな
ゲームやるのは時間ないけどやる夫スレで雰囲気知りたい時とか
そういう人のためにも原作タイトルは入れてくれるとありがたいね

578名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:07:38 ID:buB6nt12
公共のスレなので身の上話はなるべくやめましょう

579名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:09:05 ID:SIAP.MGI
決め付けるのはあれだけど、知ってるタイトルだから見る、って人のが多そうよね

580名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:10:06 ID:H77z2v9Q
>>573
自分は完全に逆だわ
>>1に原作が書いてなかったらなんかイライラして読めない
オリジナルならオリジナルって>>1に書いておいて欲しいしね

581名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:10:25 ID:YRow6Z8k
ゲームや小説原作のスレで、既出ネタが被らないように検索かけたんだけど
タイトルに載ってなくてひっかからなかったことならあるな

で、結局偶然先駆者がしかも現行で居ることがわかって、制作中止したっていう

582名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 20:19:20 ID:mrmYRmFk
屋上へ行こう
今日は綺麗な星がきっと見れるよ

583名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:43:16 ID:VjrAM2mc
20レスお借りします。

584名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:43:59 ID:VjrAM2mc


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;    しばし場を借りるぞ。
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""     この世紀末覇者拳王が、
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--      この依頼のスレを評価してくれよう!
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~     なお、中の人は評価人として初である事を
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、     まず言っておくとしよう。
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i           ,,,、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|      ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;; リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::



依頼レス
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1286798375/359


一スレ目
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253336174/

現行 【女神異聞録】やる夫は明日への夢を見るそうです∞【オリジナル】(実質5スレ目)
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1283084153/

585名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:44:33 ID:VjrAM2mc


       ヾ
        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ     まず大前提として、俺はペルソナシリーズは1・2罪をクリア済み。
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ     2罰と3は途中でやめ、4は話の大枠を聞きかじっている程度だ。
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ
       | | Z ´ ν     Z  | | ν         とてもペルソナファンともメガテニストとも呼べまいが、
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ      最低限必要な知識はある程度の者の評価と思ってもらいたい。
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
       |ミ    ミ    /    ミ

586名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:45:16 ID:VjrAM2mc


 {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ
ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
 ` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ     まずは、最終話まで書ききった事、遅ればせながら
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ-−':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ      マハ乙ダインと言わせてもらおう!!
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |       正確な所は覚えておらぬが、俺はうぬのスレを
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ       ヘラクレス登場のあたりまではリアタイで読んでいた。
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡     うぬの執筆ペースを責めるわけではないが、
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::          それ以降、暫く読んでおらなんだ。
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::      そしてこの度、最初から改めて一気読みした…
          li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l''
            ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::  ,'::::::::::::::,/

587名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:45:48 ID:VjrAM2mc


      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー     ハッキリ言おう!!
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''       )                  >
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、      <  超!! 感動した!!  >
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,    <                 (
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii
                 t ' 、:::::t   、, t::::::::::::::::`'';;;;ii{{::::::::::::~'' ー- 、   ヽ、、,,
                 t  ~' ii    ~i'''"`::::::::::::,,,;;リ:::::::::::::::::::::::::::、,,,,~''    "
                  ヽ  ::tiii  ヽ<::::::::::::::::::`''y::::::::::::::::::::::::::::::\
                   ヽ :::iiiii   ~'、:::::::::ヽ;;;;ii:::、::::::::::::::::::::'-、""ヽ
                    ヽ;;jヽiiii   ~'tttttミi{{ ;;;;:::::::::::::::::、、,,~' 、
.                     i  ヽ{{{{{ii{{{ ;;;;;ii||}}}ii}、 ;;~''-、ii"      ''''iii;;;;"
                      t  ;;; ~''' ーiiiiii ー'"ヽiii  ;;  `  ヽ,,,
                      t  ;;;;;;;;",,,,,,,,,ヽ,ii  ヽ{{i ~'、    ",,,,,,::::::::::;iiiii"

588名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:46:23 ID:VjrAM2mc


ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}   ┏                                             ┓
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与      ①伏線がきちんと生きて、起伏のある話に出来ているか。
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)       落とした後、きちんと落とした分以上に持ちあげることができているか。
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ       正直、きちんと盛り上げ場所を盛り上げきれているか。
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ    ┗                                             ┛
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,      この評価ポイントについては、満点と言うより他にない!
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、      ヘラクレスの登場シーンは、最高に燃えた!
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'     パンドラの登場シーンなど、この拳王、不覚にも落涙してしまったわ!!
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ     ヒエロスグリュペインからエンディングへ繋がる一連の流れなど、
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"     とてもこの心の揺さぶられようを筆舌には尽くせぬ!
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::          己の弱さと向き合うという、永劫続く戦い…
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:     ペルソナシリーズ特有のテーマも、原作以上に昇華していると言ってよい!
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::"








              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、     …強いて言うならば、その感動に辿り着くまでの
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;     溜めの期間が少々長い感はある。
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |       伏線を張るのはよいが、ネガティブな表現の伏線を
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、      回収するまでが長いのだ。
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~      それゆえ、序盤では損をしている印象すらある。

589名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:46:56 ID:VjrAM2mc


           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>          この、溜めの長さというのが曲者であろうな。
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_         序盤は「やらない夫がやる夫をいくら何でも蹴りすぎ」や
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /         「一人だけペルソナなしの縛りプレイとかひでえ」といった
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、        読者たちの言葉があったのも事実。
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ         当時リアタイで読んでいた俺も、そう思っていたものよ。
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、      ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,           )
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_     ‐=、´   だが、これを安易に誤魔化してはならぬ!!
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-      )
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/       , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ

590名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:47:34 ID:VjrAM2mc


                           ',::::::ヘ _ 」::::L _/:::::}.  ,'::::l
                        , ゝ::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:: >' 、/ :::;'
                    ∠:::::iレ:::.:...     ..:.:.::ヽ/
                        /   .:.::゙::::.:.:.:.:..    .:.:.::::::ヘ
                   /.........:.:::ll:::.:.:.:.:.....:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:::::ヘ
                    / __ /~ゝ、::::_____ .:.:.:.:.:.::::∧
                      {::∨//.会目会 Y///∨-、.:.:.:::::;::::ゝ、            …最終スレの>>936を見てな。
                   ,イ:::::∨/∧,目ゝ,////∨ゝく::::::::/::::〆..`‐- _
              ..,ィチ:} l (_jゝ=ニi目/ム== (_ )( _ソ:::::::/:::..     > 、
.             .. < ::::::::::::| tー ( ( Y⌒) ) )ソ -‐=‐」::::::/:::::::.......       ヽ    うぬが並みの書き手ではない事は、
           /   :::::::::::::::{ rー==ミ'ー彡ィ-三二 ̄ヽ.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.....    ヽ
          /................::::::::::::::ム.ヘ弋竺ァゞY ヒ"゙tァテミ ,-ヘ:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...   ∧  うぬのスレの合いの手や乙の数、
       / ::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽヘ::: .:.:.| ゙'´ }:.:.:. ̄  { ,込:.ヘ::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.....   |
.       i :::::::::::: _ 三 ={ !{`王ヘ::: .:.:.| ....ヽ:.:..  人|i王}::ゝ丶ー ‐-- _ ::::.:..    |  そしてこの拳王の胸に響いた感動が
 .      { ::::::::::∠ __ ゝj`王::∧ :.: ゝ:.レ′ 丶   l王!::::_::::::.:.:.:.:.ヽ ‐-) :.:   ∨
  _ -‐≠込  :::人    _  レi`王::::∧ 'r ‐‐-- 、  :.:.∧}王|:人` ‐ ..._ >'´    /   雄弁に語っている。
ィチ /´   > ..  `‐ _〆//lヘ_〉ー'::::::ト, :.:. ̄.:.:.:     | ゙  }:.:... `< ___ ..イ
 ) 弋         ̄  ∨ ゝ__ ノ`':.:.l i  :::    ∠ゝ _.ノ:.:.:.:.>´       ,ト - 、
く _  ゝ ___   -〆 . . : : : : . :.:.:.} ゝ __ /.:.:.:.:..  >' ´        /: : :  ヽ、
  )  r ‐-、    >'´ : : : : : : : : ::::〈  :.:` ;:.:.:.:.:.:. > ´               ,イ: : : >チ´






ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)      より面白い、よい作品を書きたいと言う気持ちと、
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ      次なる作品へのプレッシャーの狭間で、うぬは己と戦っているのであろう。
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))      評価というよりも、応援になってしまうが…
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、      たとえ溜めが長くとも、伏線が明かされた時に来るバッサリ感!
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'     言葉に表しようもない感動、あるいは絶望!
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ    それがうぬの武器である事を見失ってはならぬ!!
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /       万にひとつもそれを忘れてしまえば、うぬの作品は、うぬ自身が忌避する
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::       周囲の目を気にした当たり障りのない作品になってしまいかねん!!
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:

591名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:48:10 ID:VjrAM2mc


       ヾ
        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ      …とはいえ、溜めの期間について、
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν      演出による改善の余地があった事は事実であろう。
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ      スレ内でも指摘されていた事ではあるが、
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ       一例として「やらない夫がいくら何でも蹴りすぎ」については
       | | Z ´ ν     Z  | | ν        蹴り方を変える、ときどきやる夫に回避や反撃をさせるなどで
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν       単調な印象を打ち消し…
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
       |ミ    ミ    /    ミ





            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ     ……いや、みなまで語る方が野暮であったな。
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ      うぬのAA技術の向上は目を見張るものがあった。
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ       このレベルの演出のダメ出しなど、うぬにとっては
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ       とうに乗り越えて来た話であろう?
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

592名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:48:46 ID:VjrAM2mc


             ,‐  ̄ ヾ、       ィ彡 ̄ `i         | | | レ// /
             ミ´    ミ、     l|l゙      l|        | | |__|_/
             ', li!   ミ    l|i      }       <´    {/ `ヽ
                 ミ, |l!|llil!ll! ,ミ   l|   /// ィ       /             ヽ
              ミ l|l!|!l|lチ´ミ   ,l| ,ィ///レ/      /              ∧
              ミ ll    i|,,ィ彡l / `ー',;;/      / /ニ‐--、 r==、      ',.  よって評価ポイント①については!
        _ -──イl l|} _,ィチレ' ;' ムミ彡イ/   _/ r'、_ニニニ }' r甲rヽ rー‐、-、|
     ., <´  彡二''ヾヘ  ̄ ´ l|  /    ,イj-‐  ̄  ヘ ヽ_人_フ二ヾ、 {} ー/=ニニ く|
   /   __彡ケ´ ̄ ヽヾ二,ィチ  ヾー--‐''ン        ヘ / ̄ }ー--=土=--‐r'_ソ_ノノヽ 
  /  ,,=≡ ̄  ミミ、ソノ  ̄ __ 从__=≠±≡        } (「::=‐-,,,(_(__)ノノ∠__く^‐//  ヽ人_从人__从_从人__从人_人
. /  ニ      ミミ__ノミ", ≦≠三三ニ三二=三       ,心:::::辷o''ツ:::k_'''o''ラ::::}_    <     問題なし!!    >
/   ヾ、     ソ三≦≠三三三三≦'´    三 ̄ フ - {l !j  .. ̄:::::::::|`::: ̄:::::/ ^}   <                   >
     >‐--三==三二_: : : :,≦ニ      ニ三_===≧   :::イ...::| ::::.  /イ ノ   < 溜めの長さは、うぬの作風! >
     ;ミ く三三二三三≧: : : :イ三二    ィ´   ニ'´   ≡= r= ヽイ-、  /(/ |ヽ=  < うぬの信じる道を行け!! >
    ;ミ  彡三三三二≠´: : : :ゞ三二   ミ    ニ_      ミ ゝ 二ニア  /|^' |ケ',    Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y
    彡   ミ三三二'´   ノ ィミ、 ̄`   ヾ≡= 三_   ,ィチ .:::::::::  , ' ゝ_ノ/ }ヽ
  ,ィチ .,;:;:;:; 彡ヾチ´ヾミ;:;:;:;''´,少'=‐`゙`ミミミミ≠=≡≡三二≡ ヘ_ ::::::: _∠//レ '  ∧   と言うに留めさせてもらおう!
 /    ';; /   ゝ;:;:  .,.,ィヂ´        人   _ _ヽ __ __二二 -‐ ''"    / |
 ゞ___,, /       `ー' ´         /   ̄ ヘ、                 /

593名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:49:18 ID:VjrAM2mc


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ      続いて、これらであるな。
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r' ┏                                ┓
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ   ②改善したい、できていてほしい点ができているか
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ  ・セリフ等見づらい、わかりづらい点はなかったか
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i   ・展開が速かったり、テンポが悪くなってないか
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|   ・AAなどの配置や改変、演出でまずいところはないか
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i ┗                                 ┛
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::       …状況がわからぬ、という点は見受けられぬ。
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::           うぬはこれ以上の向上を目指し、何を望む…
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"         天をも掴む男にでもなるつもりか?
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

594名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:49:59 ID:VjrAM2mc



              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、                話のテンポについても、おおよそ問題ない。
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ                日常的なかけ合い…
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈                特に、古い特撮や格ゲーネタが混じったシーンは
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、     さっくりと小気味よく進み…
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;    キャラクターの心の深部に触れる場面や、
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;     恐怖、狂気の演出は、大型AAや空行を使って
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""     じっくりと進めている。
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--    基本に忠実かつ丁寧な進め方と言えよう。
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;






.
                 | ̄ト目iiiiii ̄\
              ,,,、、、、,∩_/;;;目iii\   /
             ii、、,,,、、      ./  ::::/
                 i|;≧≦|i .   /   ::/      …が、本来そうであるがゆえに、
             |:|:.д/ ̄イ  ::::;;;/       2スレ目の>>486->>505のゲーム語りだけがどうにも浮いてしまう。
           / \V | ∠__/
       / ̄  ̄ ̄ ̄V ̄    ;;;;;|
      /   人    人    ノ/         うぬの思い入れのあるゲームだったのであろうか?
      (   人__/_ ̄ ̄;;;;/
     /  ):/\__/:::::\_/|          サムライスピリッツ(初代)あたりで知識の止まっている俺としては
    (;:::;;;;;;;):/  \:::::::::::人::::::::::::/          このシーンだけは不覚にも読み飛ばしてしまった…
    (々 ̄/   /:::::::::::::人:::::::/|
      ̄ ̄  /; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;;|
         /   ::::::;|   :::::::)          まあ、スレが全体として非常に良質な物語であり、
       /   ::::::;;;/|:::  ;;:;;;:|           このシーンの語りは本筋に関係ない事が明らかに見て取れたゆえ、
      /     / ..(;;;;;::  く|          この程度のお遊びはあっても問題なかろう、とは思う。
      \     \  |:::::::   )
       \鬱::::  ヽ  );;;;;   ヽ
         \::::   ヽ (鬱鬱鬱)
           )::: ;;;;\ );;;;;;;;  /
           /;;;;;;;/  (;;;;;;;  |
          (_/    /::::::: \
                 ..|:::::::::: ...|
                 ..\__/

595名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:50:42 ID:VjrAM2mc


ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与    あとは重箱の隅をつつくとすれば、『説明の枠』であろう!
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ     うぬはペルソナの魔法や技、アイテムなどの解説を
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ      しっかりと丁寧に、しかし明瞭簡潔に入れている。
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))     これ自体は非常に良い。
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、     【← だが説明枠のほとんどがコレなのはどうか!! →】
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /     いくつかの改変例を示してみるとしよう。まずは3スレ目の>>41だ。
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:   うぬが自発的に、既に気づいている点とも重複するやもしれぬがな。
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::"

596名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:51:16 ID:VjrAM2mc


     ヽヽヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
      ))))                             (
   ‐=‐=‐=、´これぞ本家! 刹那五月雨撃ちってやつだ!! =-
      ))))                             ("
      '77 '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ- .,_\  \\
              _,,___´/| /i゙             ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
          _,,___  ´/| /〇:!':()         ,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:               : 丿  \ \.
      _,,___  ´/| /i゙〇:!':(((ii)/           ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,.          ,_ ゛''=;- .,_\  \\
    _,-'´/| /i゙ 〇:!':()((ii)/,||             _ ;                  ″:::i ;       ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
  /-;;(〇:!':() ((ii)/ ,||   ミ||、           \................_ _             :^::!. /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:
 / (__ノ((ii)/ ,||    ミ||、 |ミ!!.|           ゚ O`゙i,   _ _            :^::!.  ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,.
,i゙ (__ノ\,||   ミ||、  |ミ!!.| ヽi゙)-'''´~ ̄ ̄~`'''ー-o  __-_             : :: ::i  o...........○__ ;                  ″:::i ;、
i゙~゙'ヽ__)|ミ||、   |ミ!!.|  ヽi゙)- ̄ ̄~`'''ー-、-ー'''´ ̄  ̄ ̄__三          ッ  ,r'  ...................\................_ _             :^::!.
   .,!ヽ)|ミ!!.|  ヽi゙)-''' ̄ ̄~,,,,,,--ー'''´ ̄ー-,,,,,,__    /-;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ    \ \.        _ _            :^::!.
 ̄l´---ヽi゙)-'''  ̄ ̄~ ,,,,,,--゙"'''ー-,,,,,,__----ー'''´ ,_ッ_- ゛`゛'-''i| ::  /| / .     ,_\  \\     _             : :: ::i
,:'´~ ̄ ̄ ̄ ̄~ ,,,,,,--ー゙"'''ー------ー'''´ ''´      ̄ ̄フメへッ─゛''=;- ., :: , ' ─ )     ゛`゛'-' \゙i              ッ  ,r'
:::::::::::____,,,,,,,--ー゙"'''ー-,----|ヽ| '''´         ゙i       /`゛√,  ,r'`w-''´゙i  _-__-____    J゙i:  .,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
-ー'''´ ̄~゙"'''ー-,-----|ヽ| ´ |  i,           ̄ ̄ ̄ ッo ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,. `゛'-''i| ::  /| / .
`''''''ー--------|ヽ|  |  i,  ≡i          ...........〉.......o...........○__ ;                 ″:::i ; ─゛''=;- ., :: , ' ─ )
ロロロ/ ≡|ヽ|   |  i,   ≡i             ..../...............................\................_ _             :^::!.
ロロ/   |  i,   ≡i                  、i'´゙ ○      ゚ O`゙i,   _ _            :^::!.
ロ/ ≡,i  ≡i                          ,  _ ッ o  __-_             : :: ::i
                            ッ ̄ ̄\,_、,r'´ ̄ ̄ ̄__三          ッ  ,r'
                               ̄/         /-;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
                                            ゛`゛'-''i| ::  /| / .



┌──────────────────────────┐
│【刹那五月雨撃ち】                            │
│ 無数の矢の雨をふらせ相手を蹂躙する。            │
│ 読み間違え「切なさ乱れ打ち」でペルソナシリーズでも有名  .│
└──────────────────────────┘

597名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:51:54 ID:VjrAM2mc


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ              罫線を使った説明枠で、絵としてのAAと説明を切り離し
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、   三行ほど間を開けてみた。
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;   ついでに、説明文とセリフの位置が近かったので、
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |    セリフを上方に移動させ…
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、   分身しているバルタンの攻撃であるからして、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~   吹き出しを何重かに重ねてみた。
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,、-'",,~'=ー- 、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ  "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ  いくらか、見栄え良くなったのではなかろうか。
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t      ""~´、- 、

598名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:52:24 ID:VjrAM2mc


               ::::::::::::    ::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :  ::::::::::◎::::::::::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    【我は『ストレガ』が一人、タカヤのペルソナだったもの……】
               :::::::::::::::::::::::::::::::::◎::::::::::
                 :::::◎:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   【生きる意味を全て失い、享楽のまま死を望む男の影……】
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ' ´ニt-_  ‥  , _メ 、_      【ニュクスの息子たちの一人……】
               '´   _ィl ー┴-'ヽ
              _, -':::/lレ'二ヽl:: !`. ‐‐-__
             ,-‐'´..::::::::/::| | .!| l .!::.|::::/:::::::: ',     【……もっとも、私は模して作られた泡沫の夢だがな】
         /|::::::::::::/:::::| ! !| ! l::: |::::::,-::::ヽ:: !
         | ', ::::::::::/ ::: | | ||. .l:,r:l,::'´/::::::.:ノー‐‐
         |  ::::::::::ヽ  | l || ./,r/::_,-‐'"   /
          ┌ン : ::::::::::`〉 l.! ll !:::/     ,-‐'"      【夢の向こうに行きたいと言うのなら……】
         l´::::::::::λ::::::::!、:l. lレ !    __, イ
        ./::::::::::::/ !:::::::::.>'´   ̄ ̄   |    【我ら、過去の事実を模した夢の残骸を超えて行くがいい……!】
        !::::::::::::/  | /        丶 ヽ、
       / ::::::::::/  丿 !   --‐      ヽ,|    l


          ┏───────────┓
          │Ⅹ:Wheel of Fortune...   │
          │     .【運命】ヒュプノス │
          ┗───────────┛

599名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:52:57 ID:VjrAM2mc


                    、j.Vl, ,、
                    r'〈/^〈  ,
                  \]ヽ_>y‐<ブ            これは3スレ目の>>777だ。
                   ゙ト┐‐`rrl
ト、 __、」_)v"/ .ノ!          l! `- ,l.从            説明枠もセリフも【← これ →】で囲われていたのが
l ゞ     レ"人 ,i       ,、 ,ィヽ‐'"f jヽ-'"--'L_      少々気になったので改変してみた。
ヽ爻   , 」 / ,レイ-   j、_ィV''_'>イ( i イノ゙/    ,.r-`::、
..ト‐爻爻‐-、`Y /  ゙ヽ,.r-┬'"  \ヽ,r‐‐'"    /,   \
/  !    〉Yヾ、  彡  l      i       ,ト ≦__.,!  もっとも、キャラの横にある文章がセリフ、
、  l  ,.r YY(  ヾ ヽ l      .l       ,Y''"  `, .l  そうでない物は地の文など、セリフ以外だとみなされるのが
):、 ノ  /" /l l   Y、ノ  Y ,rー‐-H -―‐r--</ヽ  ヽ,!  やる夫スレでの暗黙の了解であるゆえ、些細な事だがな。
ヽl_ /  / ,!rヽi'" .i'  ゙ヽ、ト、     l       l   ,!  .l
/,.--、`:.、.ノ/   l  ノイ /.l  )>ーV>ー--   l、__ ,.   .,!
'   ヽ、 '(       Y ヽ'"l  r'" ゙ Y  i /     ,!

600名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:53:52 ID:VjrAM2mc


           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>         揚げ足取りのような些細な指摘である事は謝罪しよう。
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>        だが、逆に言えば、それぐらいしか言う事はない!
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_        うぬは戦闘シーンがうまく描けないと漏らしておったが、
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /         もとよりAAは絵のように自由には使えぬ以上、
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、       その性質はマンガと言うより、紙芝居に近いと俺は思う。
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ        ゆえに、アクション的な演出は非常に難しい。
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/





            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ     正直、うぬの場合などは…
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ      戦闘の駆け引きそのものよりも、戦闘に至るまでの過程や
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ       戦いに挑む者たちの心情で充分盛り上がっているゆえ
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ      さしたる問題とも思えぬぞ。
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

601名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:54:29 ID:VjrAM2mc


 {  ``、`       / / /////__/ . ),   《,、、
∧   、ヾ、ヽ、ヽ,  / ,//'''':::::::::,'  `彡 '´__彡彡" ソヽ
ヽ、 ミミヾ、ヽ、 ,, ノレ''''ノ''/:::::::::::::;;   '-ニ、,/     彡}
 ` ミ、、,ヾヽヽ'`'´: :/ : : l `;::::::  :::::..   ミニ : : : :   /、
`、ヽヾ`;;;;;;; ': : . .. : : : ,'/ ..::::  ::::: ::::;;;,  ミ--       ミ__
、 ミ| ';;;;;  ` .:::. :::/,,,'':::,';;;;,,,, ,, ;;;,,;;;;;;;;;..... ヾ、、、     --ヽ    よって評価ポイント②については!
、、、.|  ;;;;,, ;;; ;;;;;, ', ;;:::,、,`l!',',,,,,,',,__'',,'',,::::::.. Y___     、ミ
゙} ミミ , ;;;;;;;,, ;;;; l、ノ:::;ヾ ヽ/ /ヘソノ-−':::::::::..... ゙、、___ jヽ、ヽミ
 ト、ヾ| ;;;、、'゙ヽヽ;;;! 彡彡;; ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄``::::::::::::::::  ト- / ヽヽ彡     _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_
 ヽ | >,-、ソ,-;;; :::::::::::::::::::::     ..::::::::::  .| /´`´ .|ト     __,ノ
  ミ, ヽ彡'-';'''; ; ;' ::::::::::::::::...     ..:::::::::::::::/' |/:::丿 ...::;l |      ) 進行のテンポや、AAによる状況描写は充分!
   `、l!   :::::ヽ :::::.......-っ    ::::::::::::::::::/   ,;;' -- '/ヽ    ソ
    ヾl!   :: ヽヽ '´:::::/     `ヽ:::::::´   lヽ__ / ミ     ,)   しかし、枠の使用方法に注意せよ!!
     ヽ|! ........... ヽ::::, '       :::::::::::.   |:::::::: }}/ ,    ⌒ヽ
      ',  :::   ,`-_'_______    :::::: ::::::.  ,'::::::::::.. 彡,, /     ノ.
       l!  ::  /´´   ....`` ::::::::: ::::: l!:::::::::..  `>彡    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          l! :..  ,;'´´::::::::::::::::::.....:::::/ ::::''' .l!:::::::::::::::  ..::::
         l! :: ヾ'   ヽ:::::::::::::/    /::::::::::::::        …最終話を見る限り、大丈夫そうではあるがな。
         l!   .:::::::::..        , - ´:::::i::::::   /::::
          li   ::::::::::::::::.   , - ':::::::::::::::::i::::::  ヽ:::::::
          li  :::_,,::::::::_::::, -';;;;;;;;;/:::::::::::::i:::::::...  ´ヽ
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::: ''' }::::::::::::: ,..l''
            ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::  ,'::::::::::::::,/

602名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:55:02 ID:VjrAM2mc


      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii              )                  >
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、      <      総括!!      >
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""    <                 (
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r   注意すべきは枠やセリフなど
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ    文章部分の配置のみ!!
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、           ~~~~~
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,    溜めの長さは作風と見た!
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}    これを変える必要は無い!
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、      自信を持ち、恐れず進め!!
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii
                 t ' 、:::::t   、, t::::::::::::::::`'';;;;ii{{::::::::::::~'' ー- 、   ヽ、、,,
                 t  ~' ii    ~i'''"`::::::::::::,,,;;リ:::::::::::::::::::::::::::、,,,,~''    "

603名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:55:32 ID:VjrAM2mc


          _
           〈`Jjj9,   ,,,、、、、、,_
         `l  l'   ii、、,,,、、、、j
          l、 `l   i|::L'ァ-、|ji|           先ほども述べたが、評価と言うより応援になってすまぬ。
           l  ト、  il、-  ノ|リ
           ヽ   ト-''トーr' ヽ           だが、うぬのスレを見た率直な意見と感想がこれだ。
            `、ヽ    ̄` ' ̄`⌒ヽ
             `、l`、_ミ,、 ミ__,,,, 、 `、
              'l     ;    Y ヽ )     うぬのスレを最後まで読めた事に一片の悔いなし!!
               ヽ、彡 i ミ  人  ; {
                l ミ土ニ   { L   }
                ト-rェーェ─イ  )  ノ
                {ノノーヾ--ヽ「」  }      俺もまた天へ…トキの元へ帰ろう…!!
                l,イ ヽ_ノ T``l、`'〜´
                l |  l、  }  |
                .| {  ト、 |  .|

604名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:56:32 ID:VjrAM2mc
以上です。
キャラがキャラなんで上から目線口調ですみませんが、そこは仕様ということで…

作者様、完結、遅ればせながら本当におめでとうございます。乙でした。

605名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 22:59:50 ID:654YIT2E
拳王様評価乙でございます

606名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:02:06 ID:lwC71oLQ
評価乙

いつかサウザーで甘口評価する人とか出てこないかなぁ〜

607名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:13:49 ID:Ti3P4Z9M
評価乙です。

ここって短編の評価って大丈夫ですかね?
投下からちょっと間が空いてる上に酉つけていないんですが……

608名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:32:06 ID:0n3J7rR2
>    ●評価依頼の際には、依頼するスレで使用する酉等を用いて自己証明してください。
>      酉をお持ちでない方は、IDが変わらないうちに依頼すると皆ハッピーです。

というルールを曲げてしまうと、まずい前例になんないかな?

609名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:33:44 ID:L1U9XRjQ
評価乙

>>607
酉無しは不味い。一瞬、酉付けてテストスレあたりに再投下すればいいんじゃね?
と思ったんだが、本人証明にならんorz
今回はそれでよくても次回以降誰かに悪用されんとも限らないので
短編スレに新作を酉付きで投下して、それに評価依頼出すのが一番いいと思う

610名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:34:59 ID:L1U9XRjQ
609訂正
短編スレ→短編、中編スレなり自スレ
落ち着け俺

611名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:35:14 ID:Ti3P4Z9M
>>608
>>609
ですね……質問に答えていただき、ありがとうございます。

612 ◆XrXin1oFz6:2010/10/17(日) 23:36:54 ID:X3BYZgig
拳王様、評価ありがとうございます。
枠の使い方などについては確かに自分も気にしていて、
実はつい先日名無し雑談で枠の使い方を覚え練習しているところです。
まとめサイトのほうをのぞいても、説明の枠が変わっていたので、
見難いかなと気になっていたのですが、直すべきだったんですね。

ネタに関しての引っ張りすぎや、無駄な語りが多く、
それがキャラの掘り下げに繋がってない部分がところどころ出ているのも、
拳王様だけでなく、知り合いなどからも指摘され現在ネタと掘り下げのバランスを考えています。

AA反復に関しては……後半は意識していたのですが、見直すとやはり序盤の蹴りは単調ですね。
これに関しても、意識しないと重なる部分があるので調整していきたいと思っています。

613名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:37:57 ID:SIAP.MGI
ラオウ様乙でした

>短編
正直どう悪用するんだって気はするんだけど……。そんな目くじら立てるようなことかな?

614名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:39:52 ID:Ym.9LfP6
目くじらを立ててるんじゃなくて単純に騙り防止じゃない?
誰がするんだとも思うけど誰もしないとも限らないし、だからこその本人証明の酉晒しがあるんだと思う

615名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:50:19 ID:UDcaZYF.
気にしすぎだろ
かなり前だが短編の依頼が普通にあったぞ

616名無しのやる夫だお:2010/10/17(日) 23:59:17 ID:xGgMDcwo
まあ、無頓着で荒れる原因になるよりはましだし

617名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 00:08:57 ID:pYysH3hY
>>611
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1280606406/
こちらのテストスレにもし短編のURLはっていただければ
評価スレとは関係ないということでお付き合いできますが、いかがでしょう

618名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 01:30:36 ID:fUz0Rg8E
24時間ほどチェックを忘れていたら、評価が大量投下されていたでござるの巻。
評価人諸氏におかれましてはお疲れ様でした。

619名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 02:05:36 ID:z6rrJi4s
評価が大量投下されていたでござる。
とりあえずは、皆様お疲れ様。

評価から遠ざかっている身としては、他の評価人の方々の頑張りが、眩しいぜ。

620名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:30:33 ID:eFXrTBME
短編の評価依頼なら前にも2,3回くらいあった記憶がある
そのときも酉付き云々の話になって、別に良いんじゃない?ってことで依頼という流れだったと思うが

621名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:35:04 ID:DWhCrB.A
19レス程お借りします。

622名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:35:47 ID:DWhCrB.A


                        __,, r=ェェ、
                        ヾ彡≦彡ヽ
                          |三三≦'i          私は学ぶためにこのスレを評価する。
¨¨¨.,二ニェェ、、,,,,,_                  ,'ミ三ミri彡i         そして私はその探求によって得た物を
            ゙̄¨'''''==ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i         礼として作者に還元したいと思う。
              ._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
          , ;r ','r ''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
     _,, ::r'' ´,r''¨´            入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
 __r'' ´_/´                 .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
  ̄ ̄                    /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
                   ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!
                    \    ヾ.`i    l\l l .|
                      \Z_   >i    l !。 .∨
                        .\   .!   .i  /:|
                         `ト、     /  ゚ V|
                          〉`''ー-,ィ   。 V|i
                   _,,,,,,,、、、、、、i  ,,,r .|   , V|i
      __,,,,、、、、r--ー=''''¨¨´ _,,、、r-ー       .〉  i::i, .Ⅵヘ
,,、、r-‐''¨´         _,,r '' ´    <r^'´`¨¨フ  /´ヽ!::::∨:::i .ヘ,
  _         _,,r ''´      ,,r '´ `¨¨¨´  /::::::::::::::::::::::: | ./
     ≧_             /        /:::::::::::::::::::::::::::::::|.!
    /           /        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」
             !ゝ-ニ_-┤
           トゞ≧ゝヲ,|         本日はこのスレッドを評価させて頂きたいと思い、筆を取った次第である。
           トII-==-II| _   _, -   ファンタジーの人気スレッド。前回と同様に荷は重いが頑張らせて頂こう
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |
                  ┌────────────────────────────────┐
                  │『やる夫の魔王の道』                                ......│
                  │【依頼】>>35                                       .│
                  │【現行】http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287323912/    .│
                  └────────────────────────────────┘

623名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:36:38 ID:DWhCrB.A


┌──────┐
│はじめに  .....│
└──────┘

               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   この作品は剣と魔法のオリジナルファンタジーだ。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    それもできるだけリアルなハードファンタジーに近づけようという
           ln     __     `丶、 |    努力をしていることが伺える。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、



             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        そして中でも『内政』『日常』『食事事情』が特徴的な作品だな。
             !ゝ-ニ_-┤        ファンタジー世界でやる夫が料理人というのも異色で面白い。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i     しかし辛口評価をご希望か…
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i     恐らくは読者の期待に最大限応えようという生真面目な作者なのであろうな。
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ   少しでも心の安寧を与えられるよう、微力を尽くそう。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

624名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:37:26 ID:DWhCrB.A


┌──────┐
│あらすじ    .│
└──────┘

               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    やる夫は人間の商人だ。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl     商品が独自に開発した『イチゴ飴』である事を除けば極々平凡な男。
           ln     __     `丶、 |    彼は聖ラズウール王国の城下町で飴を売って暮らしている。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i         しかし彼は自警団長の騎士に徹底的に嫌われていた。
                ,'ミ三ミri彡i         そしてある日、とうとう彼はその騎士のせいで、
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i         王国で商売ができなくなってしまう…
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

625名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:38:08 ID:DWhCrB.A


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        そして出会ったのが他国の軍人である、やらない夫と翠星石だ。
             !ゝ-ニ_-┤        彼らと仲良くなったやる夫は、彼らの国に移住することを決める。
           トゞ≧ゝヲ,|        だが、そんな彼らには一つだけ問題があった…
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ 
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |












  入_              L. _ ヽ   厶 ´  ̄`ヽハ
   /ヽ            ├‐= ´ ̄|  | , ‐ニ ̄   ヽ!
  /   \       |    _」   r' _ -<二ニ_」
 /    /ヘ、      | _/´  !  レ' _ニ_卞Fr-、|        彼 ら は 『魔 王 軍』 だ っ た の で す。
     //  \      「 _     l  } _,fr゚彡Z二`ー<
 \  〃      入     l   _ニ-┤ [>匕trriエエ7ァY|!
   `く       /  \ ├テ´   ヘ レII ト<rェェュ」jト、
    ヽ    /    \j /    ∧」>‐ ニ-‐ T  ̄\
     \ 〃      ノ '    / 弌      ┼    \─- 、 _
       く      /    /   入       十      \    ` >
   7¬─- ト、 _ ,/_   ノ     /  ヽ___⊥  -‐ _二)  /
  /      /   //      /    弋ァ─‐ァ¬ 二厶-ゝ=,ニ __‐─‐ァ
 /     /  ∠/       ィ       /^Tー= 7 ̄  /    /  ヽ  ̄_>‐-、
 ァ‐-┬ ' /         // |       〃 l|l   ,′  〃    | _ 斗‐ ´ / ,  |
    |  〃      /  /  !     {! 川 l   |   {i| _,. - ´ |     //   ヽ
     j} /    /   /  j}     ,イ!   l  |  _ ィ ´:.:.:.:.:.:.:..:.:|    〃 _ ゝ
 ヽ  /     〃     /   /     / |!    Lノ<_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..!   ∧    `ー \

626名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:38:42 ID:DWhCrB.A


┌────────────────────┐
│●世界観が破綻していないか。         ....│
│●一部のキャラクターがチート過ぎないか。   │
└────────────────────┘


            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
         r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
        〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_         これからの話に
.        || | { / / _/        \       関わり合いがあるため一部統合させて頂いた。
       | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     言い辛いが…
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n      YESかNOかで聞かれればYESだな。
        ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
.      / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
..      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
.    〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
.    {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ



             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」
             !ゝ-ニ_-┤           なにが破綻しているか。
           トゞ≧ゝヲ,|            それは各国のパワーバランスと物語の矛盾だ。
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |

627名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:39:16 ID:DWhCrB.A

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j       !?
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )     そんな、戦争では、
    |  U  |i|||||||i|     /  /  /  /      魔王軍は攻め込まれても一歩も引けをとらなかったと聞いてますお
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー?- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)


      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ー)(ー)     ……つまり防戦一方だったってことだろ
   . |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ    魔王軍全軍の力をもってしても攻め込むことはできなかった。
   .  |         }     ただ領土を護るのに精一杯だった
   .  ヽ        }
      ヽ     ノ      そんな国が解体したらどうなる?
      /    く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        これは第一話のシーンの一部だ。
             !ゝ-ニ_-┤        戦力的には魔王軍は人間に負けはしないが勝てない程度の戦力しかない、
           トゞ≧ゝヲ,|        そう明言している。
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |

628名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:39:52 ID:DWhCrB.A

             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」             次に実際のパワーバランスを見てみよう。
             !ゝ-ニ_-┤             ここで指標になるのは『伊藤誠』だ。
           トゞ≧ゝヲ,|             彼は人間の国側で唯一強さが明言されている。
           トII-==-II| _   _, - =
           ハヘ=≡≡彳、二二ニニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、           ┌─────────────────────┐
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ          │■人間側                         .│
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |           │伊藤誠:                          │
. 丿 \  ヽ   !      |  /.  /   !            │・聖ラズワール王国で5本の指に入る実力者。    │
  1   ヽ  ヽ  |  ○   |  /.  /   ゝ           .│・剣聖の称号を持っている。              .│
  !     》   ヽ |      .|. /   /   丨            │・騎士で自警団長                   ...│
 !   / !    !|       |/  /    .!             └─────────────────────┘
|   /  !     |  ○   !.  ハ    .|
    ` 、 .|   |     |   |. |    |
 、    `y ハ   |、 ∧  /ヽ ハヽ,|   |
  ヽ 、 /    |∨= ∨l l l 丶   !    !




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i          このように誠は人間側で屈指の実力者であると伺える。
            ,'ミ三ミri彡i          次に魔王軍側を見てみよう。
    ,          ,'ミハェci ヒ彡i
    >×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
         .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
        .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
      /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!        ┌──────────────────────────┐
       \    ヾ.`i    l\l l .|          │■魔王軍隊長クラス                          │
         \Z_   >i    l !。 .∨          │水銀燈:2000のゴブリンを5分間詠唱の魔法で一網打尽。    .│
           .\   .!   .i  /:|            │新城  :ファンタジー最強種                    ....│
            `ト、     /  ゚ V|            │阿部  :新城と互角                         ...│
             〉`''ー-,ィ   。 V|          │Dr.   :古代の将軍                        ......│
      _,,,,,,,、、、、、、i  ,,,r .|   , V|i           │魔王L :新城、阿部、Dr.が束になっても敵わない。      ......│
   ''¨¨´ _,,、、r-ー       .〉  i::i, .Ⅵヘ       │でって :Lよりも素早い                        .│
    r '' ´    <r^'´`¨¨フ  /´ヽ!::::∨:::i .ヘ       │■魔王軍部下クラス                          │
       ,,r '´ `¨¨¨´  /::::::::::::::::::::::: | .      │翠星石:武闘大会で誠を圧倒。                   │
       /        /:::::::::::::::::::::::::::::::|        └──────────────────────────┘

629名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:40:37 ID:DWhCrB.A

           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i      把握できる限りに強さ順で並べてしまえばこうなる。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i       間違っていたらすまん。
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ      人間側の指標が少ないが、
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i   作中では明らかに魔族や魔物のスペックに人間は勝てそうに無い。
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

┌─────────────────────────────────┐
│魔王L>>>新城>阿部>Dr.>水銀燈>>でって>翠星石>誠>やらない夫>やる夫    .│
└─────────────────────────────────┘





            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′    でっていう以上にとっては、おそらく誠なぞ雑兵と大差ないであろう。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     しかも水銀燈は対軍の魔法が使えてしまうのだ。
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |    他にも魔王軍は1400対7000の戦争を被害無く圧勝している。
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ

630名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:41:28 ID:DWhCrB.A


           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     魔王軍側だけがパワーインフレしているのだ。
                ,'ミ三ミri彡i      その気になれば簡単に世界征服できてしまいそうなのだよ。
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ    正直、最新話のバッタでさえ、つらら単独でなんとかなりそうな気さえする。
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ   結果として起承転結の『転』が弱くなってしまっているのだ。
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        対策としては彼らの力の制限を明確にして、そのエピソードを入れることだな。
             !ゝ-ニ_-┤        水銀燈の一回制限は良い発想だが、台詞で出ただけであるから理由として弱い。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -  もしくは人間側の強者を描写することだ。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ  魔王軍は数でどうにかなる相手ではないだろうと思えてしまう。
        //   キ   ! ヽ,     人間側に圧倒的な強者が必要であると私は思う。
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     後はそこまで詳しく見てないが、突けば出てくるのであろうな。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     まぁ、ファンタジーを書く以上、避け難いものだろう。
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ

631名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:42:12 ID:DWhCrB.A

┌──────────┐
│●分かりやすいか    │
└──────────┘

               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   展開の話で合っているかな?
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    キャラクターが生き生きとしているおかげで感情移入がしやすい。
           ln     __     `丶、 |    話の作り方としては問題ない。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)



            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      ただ、やはり全てを『言葉』だけで表現しているからな…
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′      私も得意なほうではないから具体例は示せないが、
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     オートトレーサーでもなんでも使って
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     少しづつでも演出面を強化するのが良いと思う。
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「     背景、小物、クローズアップ、ここら辺が手を出しやすいか。
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
      l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
      | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1

632名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:42:40 ID:DWhCrB.A


┌────────────────────┐
│●やる夫やでっていうはチート過ぎないか    │
└────────────────────┘


            l/           \  ゝl
          l´ー―--- ,,,,       ヽ  l
         !    ,,, -、ー-`= 、     ヽl
           l  ,ィftヲ|l\  ヾ >、    l
          iィ彳ミ=゚='´ーゝー-ゝム/ヲゝ  l
        レ'´   ̄ ̄`ー-- 、  `ヾ`ヽ  l
.         l ll ll,,---―― -- 、 ` 、  `へ,,l     隊長陣に比べたら可愛い物だろう。
.       l‐ll<ll  ト-[]二l ̄/7ゝ`ヽ `''ll、 l     中世ファンタジーだと食事事情は切実だろうしな。
       l. ll llヾ、 LL」、~7フ<_/`ィ `ヽll ll、l     さほどチートだとは思わんよ。
       j !! ll  `ー 、`~`-' /´ - ´ ll`ll、l
       /,,         `ー、≦ー'''´ ll ll´ゝl
      /  ` ー 、        ゝ       l
.- ,,,, ノ ,,,--― ― ―===ー―---,,,   l
  r´~    /                 `ヽ_ 〉




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i       ただ、自炊歴20年のおかげで名コックというのは些か…
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ      やる夫が剣を学ぶ動機付けも弱すぎるし…
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ     チートかそうでないかが気になるなら、
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i   もっと根幹部分の理由付けをしっかりすれば気にならなくなると思う。
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

633名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:43:00 ID:DWhCrB.A

┌────────────────────────┐
│●日常パートとシリアスパートで差がありすぎないか    .│
└────────────────────────┘

            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     ん…
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     シリアスパートでのやる夫が空気過ぎて、
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     同じスレッドで2種類の作品を読んでる気分にはなるな。
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
      l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /
      | l/ /     lミ三         _レ' く ̄ | ヽ ∠ -─1




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|    だが、ここら辺が貴方の作品のテーマなのだろうな。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl     料理しか取り柄の無いやる夫がどう物語に介入するのか?
           ln     __     `丶、 |     タイトルの『やる夫の魔王の道』の意味とは?
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |    貴方がどう料理するのか楽しみにしているよ。
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、

634名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:43:47 ID:DWhCrB.A

┌────────────────────┐
│●読んでみて後半を読みたいと思えるか。    │
└────────────────────┘


    \       " - ..,, _             // _,, - |
`丶 、_\     ─        ̄" ─-  ..,,_ _ ,._ ニ二 、_; !
  ヘ:: 又ァー-_、.. _         _ ,.、 -ゝ7 /  // イ´  |
  ヘ:ヽ |〃 ⌒ヽ ,ヽゞ ̄、"  ̄ ̄     K / /  //// /|
   Λ: ヘ弋 ● ノ ノノ冫 ヽ          ヽ ミ┬┬ヘ´レ   |
 、  ヘ:::`::ミ 三 彡'ニ´ゝ,  \         \; ; ; ; ; /    |    思うともさ!
  \  \ ヾ=::: :::: ::::::,彡 >  \丶、      , >´    __   |
    ミヽ、ゝ:: ̄::::: :::-一´::^l    \ヘ、、 / ' / /  l |/ .|    破綻について散々辛口で喋らせて貰ったが、
   Π  `ミニ- 、- _/:::\    , /         _  | /  |    極端な話これらは貴方の作品の楽しさには
 \Π Π  丶、  ̄"' ─- ──  ̄           H ||   /|   なんら影響しない。
.  ヽ! ! Π 三  `ヘ                   ! ! !!  ノ |
.   | |  ! !l 、       ̄ ` '─- ,,_ ___, -="| |. H / |   なぜならば、貴方の作品の魅力は別の所にあるからだ!
    ! !  ! !┴、`| 、               _ -イ/::::::| |. |_| /  !
    廿. ! !:::::::`ゝ l  l ─┬ ┬−- 7  ̄ /_ -'::::::::/H  !   !
      | |:::::::/. `─ ──┴−─── 、:::::::::::::::/ |_| /  /
\     廿 ̄`ヽ   ヘ            ,/:::::::::::::/   ´/  /
  \     \ |` - _\        /::::::::::ノ/   /  /  /
   `丶 丶 丶   l  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄/ ̄ /   /  /  /




            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ      極端な話、DQスレやFFスレを読んでいて、
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     世界観が気になるかね?
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n                      ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     素人の書くファンタジーなどそういうものだ。
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「     そう思わせてしまえば勝ちなのだよ。
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \

635名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:44:22 ID:DWhCrB.A

┌─────────┐
│このスレの魅力   ..│
└─────────┘


             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        評価ポイントが不公平だったのでね、
             !ゝ-ニ_-┤        勝手に付け足させて頂くよ。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   まず私が良いと思ったのはなんと言っても生き生きと動くキャラクター達だ。
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    登場人物は多いというのに、
           ln     __     `丶、 |    一人一人のエピソードのおかげで個性が実に良く分かる。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、



  入_              L. _ ヽ   厶 ´  ̄`ヽハ
   /ヽ            ├‐= ´ ̄|  | , ‐ニ ̄   ヽ!
  /   \       |    _」   r' _ -<二ニ_」      特にでっていうが良い。
 /    /ヘ、      | _/´  !  レ' _ニ_卞Fr-、|      書いてるほうも楽しそうだ。
     //  \      「 _     l  } _,fr゚彡Z二`ー<!      自由な彼がシリアスでも日常でも上手く話をかき混ぜている。
 \  〃      入     l   _ニ-┤ [>匕trriエエ7ァY|
   `く       /  \ ├テ´   ヘ レII ト<rェェュ」jト、
    ヽ    /    \j /    ∧」>‐ ニ-‐ T  ̄\
     \ 〃      ノ '    / 弌      ┼    \─- 、 _
       く      /    /   入       十      \    ` >
   7¬─- ト、 _ ,/_   ノ     /  ヽ___⊥  -‐ _二)  /
  /      /   //      /    弋ァ─‐ァ¬ 二厶-ゝ=,ニ __‐─‐ァ
 /     /  ∠/       ィ       /^Tー= 7 ̄  /    /  ヽ  ̄_>‐-、
 ァ‐-┬ ' /         // |       〃 l|l   ,′  〃    | _ 斗‐ ´ / ,  |
    |  〃      /  /  !     {! 川 l   |   {i| _,. - ´ |     //   ヽ
     j} /    /   /  j}     ,イ!   l  |  _ ィ ´:.:.:.:.:.:.:..:.:|    〃 _ ゝ
 ヽ  /     〃     /   /     / |!    Lノ<_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..!   ∧    `ー \

636名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:44:51 ID:DWhCrB.A

           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i
                ,'ミ三ミri彡i     あと凄いのが筆の速さだな…
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i     10スレッド目は3日で埋まって、9スレッド目は5日で埋まっている。
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ   なんだその速さは、羨ましい…
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!





            l/           \  ゝl
          l´ー―--- ,,,,       ヽ  l
         !    ,,, -、ー-`= 、     ヽl
           l  ,ィftヲ|l\  ヾ >、    l
          iィ彳ミ=゚='´ーゝー-ゝム/ヲゝ  l     早い間隔で高いクオリティの作品を投下できる。
        レ'´   ̄ ̄`ー-- 、  `ヾ`ヽ  l     素晴らしい才能だ。
.         l ll ll,,---―― -- 、 ` 、  `へ,,l     読んでいる身としてはそれだけで嬉しい物だよ。
.       l‐ll<ll  ト-[]二l ̄/7ゝ`ヽ `''ll、 l
       l. ll llヾ、 LL」、~7フ<_/`ィ `ヽll ll、l
       j !! ll  `ー 、`~`-' /´ - ´ ll`ll、l
       /,,         `ー、≦ー'''´ ll ll´ゝl
      /  ` ー 、        ゝ       l
.- ,,,, ノ ,,,--― ― ―===ー―---,,,   l
  r´~    /                 `ヽ_ 〉

637名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:45:42 ID:DWhCrB.A


               ∠ニ -─-ミ
            /         `ヽ、/
              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
.             厶二 _    `ヽ、ヽ |
            l   _,二ニミ≧z_   \|
          l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|   後はそうだな…
.            l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl    『読者の提案を受け入れる大らかさ』も読者には嬉しいだろうな。
           ln     __     `丶、 |    『ファンタジーでイチゴ飴を売る』そういったセンスも独特で面白い。
         l ||<lT 丁 卞ニ、  n |     なにより『読んでて腹が減る』素晴らしいじゃないか。
.          l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
          /二二二二ニ≧z≦二  リ |
          厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
.      r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
.       /   ニ7ニ              ト、




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        とまぁ、こんな感じで
             !ゝ-ニ_-┤        貴方の作品、貴方という書き手は魅力に溢れている。
           トゞ≧ゝヲ,|
           トII-==-II| _   _, -
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |




           __,, r=ェェ、
           ヾ彡≦彡ヽ
             |三三≦'i     もしかしたら貴方は、
                ,'ミ三ミri彡i     リアルなファンタジーを書かなければという幻想に
=ェ、,,          ,'ミハェci ヒ彡i     追われ過ぎてはいないかね?
._,,>×<こ==r|`ヽl .∨ レ'/ムヽ
.''¨´    .`゙¨''7 ト、_ |   '.´,ィ ヘ
          入  ∨i,r=-<´_ハ ヾ¨i
          .//∨<´,r=>ニ|r'.i i| r-メ
        /´`iヽ.、∨∨   .l'H:、!i .`ヽ、
      ヘ、o_j  ヽ <ヘ    l.| '!.l  .!

638名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:46:05 ID:DWhCrB.A


          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          l   気楽に、楽しく書きたまえよ!
          l   少なくともここに居る一人の読者は、君を肯定しているのだから。
          ヽ、___  ______________________
                 ∨

                                    ∠ニ -─-ミ
                                 /         `ヽ、/
                 く{  =x              / ̄二ニ ‐=ミー-、   l
               _, ィ               厶二 _    `ヽ、ヽ |
              ノ シ               l   _,二ニミ≧z_   \|
        l ̄下ミレ'  〈                 l ィヒ 。ラ| \ Vr-气>、|
        |  | |  ト、 }                l厶=ニ二 ̄ ̄`ヽー乍ミl
        |  | | ノ ハノ                  ln     __     `丶、 |
        L ⊥ l{  jソ /l             l ||<lT 丁 卞ニ、  n |
        rト-ミニン辿ユュ/ーl              l l  `ヽ┴ミ⊥>'´>|ト、|
         | l    \l   lト、_ |           /二二二二ニ≧z≦二  リ |
         ヽT冖ト<  |  |            厶>‐  二二二二二 ‐-ミ|
          〈   j   }\ |  |         r≦-  7  ̄         ̄≧ミ)
         { ̄丁ミト、_〉、__,|         /   ニ7ニ              ト、
.           l>‐- 、_ノ\  |         /   __/                 ∨ヽ
         ハ  }  }`マ__ノ         /    7二                 /   \
ニニ==─--,イlハ≧==ニTア      _, - 7     /                   /    \
.       /| | ヽ、__   |ー―- /   /    /   _   -‐  _,二二ア        `ヽ
     /|  | ト、    ̄j   /    _厶 -‐  _,二ニ弌-‐ ア ̄     /
   /  |  |  Vミー--イ /      └r七ア ̄ |      >'´      /   _, -──- 、
 /   l  l   ∨/  |∠==-、   / l /   |   ,  ´         /  <
        l  l  丶   |      〉  / l/     |  /           /    `丶、
.         >彡ヘ ヽ  |__/  /  /      j/            /        `丶、
      くく  >> \j       /  /    /           /            `
        \∠入 /      /   l   /            /

639名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:46:36 ID:DWhCrB.A

┌────┐
│総括    │
└────┘

            _ _
         _r厂 仁二 ̄\
        r'  rン ,r' ̄ ̄ ¬
       〃 // /  / ̄ ̄`ヽ
      // / / ;:′ /  _rニ二二L_
      || | { / / _/        \
      | | Ⅳ > ∠ -‐' ̄ ̄_二≧ミrヘ
      トrjV 「/      _,.<  ` く/厶ノY′     最後に忠告させて貰うならば無理をし過ぎないことだ。
      〈〈}iV |    ,ィif・j}l} ト、ヽ、 \ ,上n     スレッドの進み方からして、
       ` ∨ ∧ ∠ _ドrニ彡'//\_>‐'´  |     1000レス目の要望を聞くのにも限界があるだろう?
       / /  Yr─≧ニ二 ̄___ ___r7「
        / /     L._nn__ __ r‐ 工 ┘ {l1ヘ _
      /./    /^い !l!l ∠ ┴'´     _,レ〉  \_ ̄
      //     }〔「込l」l」___ __,. - ' /,ハヽ  \
      〃    /  ヾ` . `¬-- ...._二イ// } }   \
      {ハ    /   ド、ヽ___  _,.-彡'  //ぃ    `ーァ
      l! i   /|    lミー─-- ̄-一'¨キ // | ヽ   /




             _, -' 7'
              , ヘ丶イ
            /^'- _]´
          i^−--.」        魅力の一つに投下間隔を挙げたが、
             !ゝ-ニ_-┤        例えそれが無くとも良い作品であると思うよ。
           トゞ≧ゝヲ,|        読者とは基本的に暖かい者だ。
           トII-==-II| _   _, -  自分のペースで頑張ってくれたまえ。
           ハヘ=≡≡彳、二二ニ
        //   キ   ! ヽ,
    _c = ヲ 丨〒===〒 | ヽ`ニc- 、
  ┌´─ /  ! ∨,ハ∨ | _ヽ   ̄ ヽ
  |   ´`_フ. |  \ ,/  |`' - 、    |

640名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:47:07 ID:DWhCrB.A

          ト<   >────v             _,. ‐ァ
       />、 ヽーく三三工了厂 ̄      ,. <  Y´
      / /    >、 \             ∠  _ \/           では、以上で評価を終わらせて頂く。
       | V  /   >、     ⊂三⊇     /     -ミ{            至らぬことや見当違いがあれば申し訳ない。
       ヽ \{  /  -ヘ、            /^ヽ __     |            さらばだ。
       >ー\ {  // ̄`ヽV二ニー  「 l| 、_    ̄|
/ ̄ ̄ _ 二ー- 、\.l |    |l─…  /レ-|  -  ̄二コ
    / _..   -─ヘ ヽヽ _/    />}∠l` ー─ =ニハ                 署名 シュバルツ・ヴァルト
⌒`V /   _, ニミ\         / 'ヽ二 |二ニ=, 一ァ Zヘー--、_
   l/ _ /´       \ヽ       |l   └-fitヘ\冖勹 /ヘ     ̄`7
  ノ / 7          !|      ヽ      ト彡>‐' ̄}]/ ∧  r-   {     _, -
  r' 7 ハ          !|       ` ̄ ̄ ト--r 7ア / ∠ ┴‐ヘ -一'^ヽ>‐´ _, -
. 〈  ゝ' 〉           / /          | ` -イ_ ‐'  _, -ゝ  フ´ _, -'
/^ヽ   { \        / /             }ブ ̄   r一'       /  /
   Vフ^ヽ } ____//        ___ ∠>一' ̄         l  /
  く  /^V  ─‐           /⌒ヽー'                 l   |
   ∨   、                }                   /  /
    、   ヽ          r/                   /  /
|      、     \       /′                    /  /
l    l ヽ     >‐一'  ̄                    rヘ-イ
;!    l  ヽ    ノ´              /             /  /
l|     l  ヽ               _/               /  /
∧     、  \       _,. -一ヘ                 /  /
  \     \  ヽー< ̄      ヽ           /  /

641名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 04:53:28 ID:hsD/fY0Q
おおこんな時間に乙です

642名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 06:44:33 ID:pk5/wUeQ
評価乙です

643名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 11:14:16 ID:IL/wASGc
評価乙です
すっごい気になるけどパワーバランス気になるタイプなんだよなぁ・・・

644名無しのやる夫だお:2010/10/18(月) 16:38:07 ID:9VfTWwT2
『ファンタジーでイチゴ飴を売る』ってある意味ファンタジーだよね乙

645 ◆RLvkJbHwgY:2010/10/18(月) 20:07:21 ID:Onlo70tc
【評価依頼】

評価依頼を出していいものか、少し悩みましたが、
自分に何か足りないものがあるような気がしたので、評価を依頼したいと思います。

尚、評価していただきたいものは、【R18】で【短編】です。
特に【R18】なので、ご注意ください。

【R18】やる夫と触手のある生活
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1286012948/149-250

    □評価方針       おまかせ
    □評価スタイル.     おまかせ
    □AAの改変具体例  おまかせ

    □その他要望・見てほしいポイント等

 ○回想と現実が交差する形式ですが、そのため文字が多すぎて、 見にくいレベルになっていないか。
 ○伝奇物を意識して作りましたが、伝奇物のような雰囲気は出せていたか。
 ○情報をやや曖昧模糊とした形で提示しているが、やりすぎてしまって、
   読んでいててんでわからない、といった形になってしまっていないか。
 ○下世話な上に、個人個人の感覚の差に深く関わってしまいますが、
   読んでいて、エロスは感じられたか?
 ○その他、気になった点などご指摘頂けるとありがたいです。

短編で【R18】という、評価していただく作品としてはやや特殊かもしれませんが、
どうぞよろしくお願い致します。

646 ◆ttvc.gHyHU:2010/10/18(月) 20:17:21 ID:kuYoxuhM
魔王の道作者でございます。
まずは、長い話であるにも関わらず
こんなにも早く評価頂いたことについてお礼を申し上げます。
また作品について、とても好意的に読んでくださったのだと感じております。
ネタバレに繋がる部分への言い換え等、細かい部分にも配慮をありがとうございます。

−ご指摘頂いた点について
●パワーバランス
 おっしゃる通りでございます。
 あれだけの力がありながら、何故過去の戦争で何故魔王側が侵略しなかった・できなかったか。
 今後あのキャラクター達に対抗できるだけの脅威が現れるのか。
 それを矛盾無く且つ早い段階で描ききれるかが課題だと感じました。

●表現
 全てを会話のみで表現している点はどうにかしないと、と考えております
 ご提案いただいた、小物や背景・クローズアップ等、
 視覚で感じられる描写を取り入れる工夫をしていきたいと思っております。

●やる夫が名コック
 自炊暦が長いだけで全ての方々が名コックになるわけではありませんものね。
 確かに理由付けが足りないと思います。
 こういう表現・説明不足による「何故」が出来る限り少なくなるよう精進して参ります。

●シリアスパートのやる夫が空気
 今後の展開で世界の動きとやる夫が巧く交錯するよう、
 しっかりと自分の選んだテーマに対して表現したいと思っております。

依頼しました一つ一つに対し、丁寧な評価をありがとうございました。
またその評価の前にしっかりと褒めてくださる等、
辛口の依頼を出した者としましては、お心遣いに恐縮する思いです。

−魅力の解説と統括についてのお礼
●キャラクター達
 おっしゃられている通り、でっていうは描いていてとても楽しいキャラクターです。
 私自身が楽しく描いているのが直接作品に表れているのでしょうね。
 自分で言うのも厚顔なことではありますが、
 キャラクター達がそれぞれの理念を持って動いていることが、
 恐らくは魔王の道の一番の売りなのではないかと最近思っております。
 お褒め頂きとても嬉しいです。

 投下速度に関しては、勢いで作ってしまっているところがあります。
 誤字・脱字・誤用も多いですし、先程頂きました視覚描写も合わせて、
 もう少ししっかりと作りこまないと、と考えております。

 1000様のご要望に関してもおっしゃる通り、限界に近付いております。

 自作を読んでくださっている読者様を信じて、
 ご恩に報いられるように無理なく納得のいくものを描く。ですね。

「これでもかっ」と言うくらいの、魅力についてのご説明に深謝いたします。


反省点や改善点も見つかり、励みにもなり
シュバルツ・バルト様に評価頂きまして本当に良かったと思います。
重ね重ねありがとうございました。

シュバルツ・バルト様、全ての評価人様方に幸あらんことを願っています。

とんでもなく長い文を失礼致しました。

647 ◆RLvkJbHwgY:2010/10/18(月) 20:17:46 ID:Onlo70tc
すいません。
スレッドタイトルの方を書き忘れていました。
短編なので、作品名と違い、うっかりしていました。

【短編】やる夫系R18ストーリースレPart8【長編エロ隔離】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1286012948/

タイトルは『やる夫と触手のある生活』
作品部分のトリップは、テンプレートトリップなので現在のトリップとは違いますが、
冒頭の注意書きと、作品終了後の書き込みのトリップは今使っているトリップと同じものです。

作品該当部分は、>>149-250で、>>645に表記されているURLの通りです。

648 ◆ttvc.gHyHU:2010/10/18(月) 20:29:52 ID:kuYoxuhM
>>647
割り込み失礼しました……。
またやってしまったです。

649パピヨン ◆TrVcDxIAkM:2010/10/18(月) 20:30:20 ID:gQLhAxac
スレが完結したため、評価をお願いします。
特に年齢制限は設けていませんが、ショッキングなシーンもあるので【R-18級】の注意書付きです。

やらない子羊たちの沈黙(完結済)
(1スレ目)ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1276944686/(プロローグ〜第5話途中)
(2スレ目)ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1279969429/(第5話途中〜第8話)
(3スレ目)ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284885490/(第9話〜完結)

      □評価方針   おまかせ
      □評価スタイル   おまかせ
      □AAの改変具体例   おまかせ
      □その他要望・見てほしいポイント等

①依頼主にとってこれが完成品なので、思ったこと、気づいたことをご自由に評価してください。
②個人的に力を入れたのがAAを用いた演出なので、そこを見てくださると嬉しいです。
③評価人様が「原作を知っている/知らない」「現行で読んだ/評価のために読んだ」かも書いてください。
  原作を知っている場合は、改変箇所についての意見もお聴きしたいと思います。

なお、以前も評価をいただきました。(依頼したのが第5話の後、評価をいただいたのが第8話の後)
(依頼レス)ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1278241037/982
(評価レス)ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1280974858/279
この時点で既に後半に突入していたので、あまり間をおかないでの評価依頼となりますが、
評価のほどよろしくお願いします。

650 ◆RLvkJbHwgY:2010/10/18(月) 20:37:28 ID:Onlo70tc
>>648
いえいえ、こちらが本来1レスでおさめるところでミスをしてしまったので。
むしろ、評価人への返信レスが書かれるまでこちらが待つべきでした。
こちらこそすいません。

651 ◆3V3NI8LmSA:2010/10/18(月) 22:31:32 ID:p9lDcIqA
<評価依頼>
はじめまして。
1スレ目でストーリー全体の三分の一が終わったので、評価を依頼させてください。


【OBLIVION】やる夫がシロディールの影に生きるようです【盗賊】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1284855421/


□評価方針 おまかせ
□評価スタイル おまかせ
□AAの改変具体例 おまかせ

□その他要望・見てほしいポイント等

●軽いノリを心掛けているが、どう見えるか。
●登場人物達が何をやっているか分かるか。
 (原作ゲーム未プレイ者でも何をやっているか伝わるか)
●このスレの長所と短所があれば。
●やる夫がどういうキャラに見えるか。
●その他何でも。

よろしくお願いします。

652名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:19:15 ID:K/41qcP.
投下します

653名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:19:35 ID:K/41qcP.
          / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ    ,,,
         /  ( ●)(●) |  /⌒_)
           |    (__人__) } ノ  ノ      どうもこんにちは。
     __. }、.    ` ⌒´ 、`   /
   (⌒               |_,,,ノ         今日も元気でご飯が美味い。
    ""''''''ヽ_         |
         |           |             不思議生物能登でございます。
         |         |
         i      ̄\ ./          今回も評価をさせていただきます。
         \_     |/
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

654名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:19:59 ID:K/41qcP.

          / ̄ ̄ ̄\
         /  ⌒  ⌒  ヽ
         /  ( ●)(●)  |        はてさて今回評価させていただく作品は
         |   (__人__)  }
        /、   ` ⌒´    ヽ       こちらの作品
       /            |
         |           | /
        ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |
         |  ├──┤ |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


>>645 名前: ◆RLvkJbHwgY[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 20:07:21 ID:Onlo70tc [1/3]
【評価依頼】

評価依頼を出していいものか、少し悩みましたが、
自分に何か足りないものがあるような気がしたので、評価を依頼したいと思います。

尚、評価していただきたいものは、【R18】で【短編】です。
特に【R18】なので、ご注意ください。

【R18】やる夫と触手のある生活
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1286012948/149-250

    □評価方針       おまかせ
    □評価スタイル.     おまかせ
    □AAの改変具体例  おまかせ

    □その他要望・見てほしいポイント等

 ○回想と現実が交差する形式ですが、そのため文字が多すぎて、 見にくいレベルになっていないか。
 ○伝奇物を意識して作りましたが、伝奇物のような雰囲気は出せていたか。
 ○情報をやや曖昧模糊とした形で提示しているが、やりすぎてしまって、
   読んでいててんでわからない、といった形になってしまっていないか。
 ○下世話な上に、個人個人の感覚の差に深く関わってしまいますが、
   読んでいて、エロスは感じられたか?
 ○その他、気になった点などご指摘頂けるとありがたいです。

短編で【R18】という、評価していただく作品としてはやや特殊かもしれませんが、
どうぞよろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

655名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:20:37 ID:K/41qcP.

        / ̄ ̄ ̄\
         /   ⌒  ⌒ ヽ
      /  ( ●)(●) |          
        |    (__人__) }            内容は18禁オリジナル。
        }、.    `⌒´ ノ
      ヾ≧ , __ ,  イ            貧乏貴族のやる夫は放浪の末、
     (´`)  l {ニ0ニ}、  |_____         紆余曲折を経て、「あいつ」と呼ばれる触手のバケモノと
      /l, l└ タl」/|´ Windows `l       合体したやる夫は、とある騎士と魔法使いに出会う。
   ヽ/ l l__ ./  |___Vista___|        
   ,/  L__[]っ /        /         こんなとこでしょうか?





          / ̄ ̄ ̄\
         /   ,:' /,';;;}:  ヽ    ,,,
         /_, 。ィ' li:.、ヒァ'  |  /⌒_)
           |⌒';,゙i, ri:.:i .::' メ、} ノ  ノ    評価に入る前に今回も辛口です。それもとびっきりです。
     __. }、.   ,:' /,';;;}:.ヾ:`   /
   (⌒               |_,,,ノ      誹謗中傷になっていないことは自負していますので、
    ""''''''ヽ_         |
         |           |         それでもよろしければ、どうぞ一見してください。
         |         |
         i      ̄\ ./         あと今回は、長文オンパレードです。
         \_     |/          ちょっと読みにくいかもしれませんがお許しください。
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''

656名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:21:30 ID:K/41qcP.

          /⌒\
         / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |/::            \
         /:::       ⌒  ⌒ _)        【評価ポイント1:文字の量について】
        /|::.  '',,   ( ー)(ー),|
        | |:::.     ,,  (__人__),イ         文字が非常に多いですね。ここまでくると
        \|:::::.        ` ⌒´ ' ノ         もう見にくいとか言う範疇を超えています。
        /:::::..            \
        /|::::::::..            \        というか、あなたの作品はやる夫スレというより
        ( .|    /  ノ ̄ ̄ ̄)  ノ  \      小説を読んでいるかのようでした。
       ヽ.|◯  |   ノ ̄ ̄ ̄)  /\ ○\
       /.|  o .|  ノ ̄ ̄ ̄) /  \ o゚ \




              ____
              // i i ヽヽ
           / /  ハ    i ',
            / V八/ ! ハ / ', ',      
          八/ ⌒  ⌒ i i      貴方のスレはAAは挿絵レベルになってしまっていますね。
         /l / ( ●)(● ) ! i
            !/人  (__人__) 人 i     つまり、セリフの部分をちょっと変えればAA無しでも
        // ヽヽ ` ⌒´ <   ',     貴方の作品を読めてしまうんです。AAはただのおまけに成り下がっています
        /  八 ヽ',//    ',  
        ! i       lo     | /     ただ小説文にAAを入れただけ。それが貴方のスレです。
        ヽ_| =  lo = |丿
            !________人________!
         / /  i  i ', ヽ
          /__/______|____|___',____',
           !====ハ====!
          (__)(__)

657名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:22:00 ID:K/41qcP.

     ,、‐ " ̄~ `丶、  _
     /   /ハヽ   ヽ〈〈〈〈ヽ
   /   // ヽ\   〈⊃  }
    |  /     `  `、i |   |
   |   | ( ●)(●  i |  |    そもそもやる夫スレの利点はAAなんですよ。
   | i ,|:::: (__人__) :::|   !   
   ノ .| |\   ・  ,ノ| .|  /     AAがあるお陰で、読者は必要以上に文章を読むことも無くなるし、
   | ヽ|/ヾ ̄下~/ |ノ/      文章では表せない空気だって容易に現せることが出来るんです。
   ノル/`ー||_,ィ,,`\/      
    /   ノ    ☆ |        AAこそがやる夫スレ最大の利点であり魅力なんですよ?
    >、 /_    ☆|        これを活かさずしてやる夫スレは作ることが出来ないのです。
   (___)     |






          / ̄ ̄ ̄\
         /, ' ⌒  ⌒ヽ         これが評価ポイントの【曖昧模糊な部分で話がわかりにくくなっていないか?】
r'´ ̄ ̄ ̄ ̄`/  (__)(_) |        に繋がります。たしかに文章だけではわかりにくい部分はありました。
r' 、' ,    "" | ",  (__人__) }         っていうか、全体を通してほとんどわかりませんでした。
     ",   ゙i     ` ⌒´ },_____
,、_  ~ ""      ────、      ヽ
r' ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄i  "` ゙゙´,_    )───"´
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

658名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:23:11 ID:K/41qcP.

           / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
         /  ( ●)(●) |
         |    (__人__) }       正直に言いましょう。
         }、.   ` ⌒´ /
        / Θ丁|::::::::|@|        貴方の文章力では、曖昧な抽象的表現を用いての
        / V 困 |::::::::|{l}|       物語の空気の描写はほぼできていません
       / オ   |::::::::|0,|
       ヽ, \ 〃 |=ロ=| ,〉       と、いうよりほとんどの人には無理です。
        \/\/ミ||=||         そんな表現で物語を書けるのは本業だけです。素人にはとても無理です。
         | :   |  |    
           |. :   |.  |           その本業の方達だって、それで日々悪戦苦闘しているんですよ?
            | :  |  |        
          | :  |l  |        
  .        |___||__|
          / |¥ヘ \ヘ
          ー−-┴─┘





      / ̄ ̄ ̄\
     /   ⌒  ⌒ ヽ              しかし、我々にはそれを容易に解決する術があります。
     /  ( ●)(● )|            そうです。AAです。
      |    (__人__) }            
      }、.   ` ⌒´  |               AAという「媒体」は、読者の抱くイメージを流動化させ、
     リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/          たった一つの「絵」で混沌とした空気、矛盾した感情、多面性のある表現を
    (|        /  / と)           おどろくほど、簡単に表現できるポテンシャルを秘めているのです
    と|       /  /  /       
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    百輭は一見にしかず。作品においてAAはまさにこの言葉を地で行くのです。
  |          NEWS 7140 .|

659名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:23:38 ID:K/41qcP.

          ./ ̄ ̄ ̄\.    ∇ _
          /  ⌒  ⌒ ヽ ,_|| _| | .,
         ./  ( ●)(●) |  / ̄√ ̄    まずはAAを増やしてみましょう。
         |    (__人__) } ノ  ノ 
        /.    ` ⌒´ 、`   /        そうして表現の一部をAAに任せることで
        / /        |_,,,ノ           結果的に文章は少なくなりますし、文章では出来ない表現だって容易です。
       〈 〈        |
        ξ )          |           もしも、今のやる夫の独白文を削りたくないのであれば
         i      ̄\ ./             せめて、文章を切りの良いところで分割して間にAAを挿入してみましょう
         \_     |/            そうすることで、読者も一回に読む文章を少なくすることが出来ます。 
          _ノ \___)          
         (    _/
          |_ノ




            / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
            /  (●)(●) |          私はAAについて、何回も重要な要素だと言っております。
            |   (__人__)  }
        /     ∩ノ ⊃ \       読者がスレを開いた時に、作品で一番目に入る情報はAAだし、
        (  \ / _ノ |  |       その見易さで、作品を見る見ないを決めてしまう人だっているのです。
.        \ “  /__|  |       何よりAAには文章には絶対に出来ない表現が出来るんです。
          |\ /___ /        
          |          |       だからこそ、必ず私は最初はAAの評価から入るんです。
          |          |       
          |    ∧    |        とにかく、貴方はもう少しAAの力を頼るべきです。
          |   | |    |        AA表現の汎用性、優秀さをもう一度良く考えてみてください。
           |   | |   |
          (____) (____)

660名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:24:45 ID:K/41qcP.

           ______
           |::::::       |
           |::::::       |
           |::::::       |
           |::::::       |
           |__________________|
       __|_______|___      【評価ポイント3:伝奇らしい空気にはなっているか】
         /  ( ●)(●) |       
         |    (__人__) }           これはかなり難しいですね。
        /、.    ` ⌒´  ヽ
       /            |         たしかに「あいつ」の存在は、超日常的であり、
         |           | /         それと融合した触手のやる夫もまた奇想的な存在です。
        ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |           この存在がある限り、「伝奇」というジャンルに入るかもしれません。
         |  ├──┤ |




            / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
            /  (●)(●) |
            |   (__人__)  }          「伝奇」の解釈には色々とありますが、(神話や伝説に絡んだ話)
        /     ∩ノ ⊃ \         根幹は、「我々の考えを超越している存在」がいるのがほとんどです。
        (  \ / _ノ |  |
.        \ “  /__|  |         我々があれこれ考えようとも、その「存在」はいとも簡単に
          |\ /___ /          それを叩き潰してしまうため、苦悩とか葛藤とかそういうちっぽけな
          |          |          悩みを抱く意味が無い、超越したイレギュラーな存在なのです
          |          |
          |    ∧    |




         /::::::::::::::::::\へ
        冂::::::::::::::::::::::::::::::ヽΤ」
      Σ厂:::::Nノレレ-V::):ノ:::|          ところが、貴方のスレは基本的にやる夫の一人語りという形で
       |:::::::/   ( ●)(●)i::::|/⌒_)      話が進みます。あたかも作者の貴方自身が体験した出来事を
        |::::::|    (__人__) }:::ノ  ノ       やる夫を使って話しているかのようです。
       |:::::::}、.   ` ⌒´  `  /        
    (⌒ ̄ ̄      丶   ヽ,,ノ::|         これはどちらかというと「オートフィクション」というジャンルに入る
    ""'''i''.. _  ヽ   人  丿:::::::|        手法ですよね。
      |:::::: |     ̄   ̄ |::::::::::::|        
      Nvレ|         |∧NV        「オートフィクション」ってのは、簡単に言うと嘘っぱちの世界に自分を投影して
         i      ̄\ ./            さも実際に体験したかのように話す小説のジャンルのひとつです。
         \_     |/            例えば「少年の日の思い出」なんかはオートフィクションだと思います
          _ノ \___)            あとはヤンおばさんで有名な「故郷」もそうかも
         (    _/
          |_ノ''

661名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:25:31 ID:K/41qcP.

           / ̄ ̄ ̄\
          /   ⌒  ⌒ ヽ    ,,,
          ==/  ( ●)(●) |==/⌒_)===========<>
         |    (__人__) } ノ  ノ
     __. }、.    ` ⌒´ 、`   /   この「オートフィクション」というジャンルの「嘘っぱちの世界」とは
   (⌒               |_,,,ノ    超日常的な世界ではなく、ごくありふれた現実の世界であることが多いのです。
    ""''''''ヽ_         |
         |           |      そうして、現実に近い虚構の世界で嘘っぱちの経験を語ることによって、
         |         |      相反した心にさいなまれる思春期特有の葛藤とかを表現する手法なんです。
         i      ̄\ ./
         \_     |/       まぁとにかく、その内容は呆れるくらい現実に即しているのがほとんどなのです。
          _ノ \___)
         (    _/
          |_ノ''






            ____
           /\ヾ訢\
          ./ ,.ッニ三三、 ヽ
         / . シ/:::::::::::::ヾ | ./⌒)      ここで貴方のスレを見てみると、
         | -‐i::::::::::::::::ソ .|..ノミつ       序盤のやる夫はかなり人間臭い悩みを持って、放浪するわけです。
      ._. }""''''ヽ..,,三シ'"イヾ/´       これだけ見ると完全に「オートフィクション」なのです。
    .(⌒イ i i   ̄ヽヽ  ' ̄E.シ
    ""''''''ヽシ ニニニニ| iニニニニ|´           ところが、次第に葛藤の内容が現実では一生さいなまれることの無い
         |ーーー| iーー- |        非日常の存在との葛藤となっていき、
         |.ニニニニ| iニニニニ|        
         i  .ミ、ニニ ̄\ ./         魔法使いなどの存在、自身の触手を用いての騎士への陵辱もあいまって、
         \____ミニニニ|/         どんどんやる夫は現実から離れた状況で葛藤していくことになります
          _ノ`ミ\__)
         ( `ミシ
          |_ノ

662名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:26:08 ID:K/41qcP.
       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /  ─   ─ ヽ
     /  ( ●) (●) .|           まぁ簡単に言うとですね、
     |    (__人__)  .}
r―n|l\      ` ⌒´   ⌒ ヽ        貴方の作品は、
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ       「伝奇」という非現実を舞台に、
.     \        |      |       「オートフィクション」を用いて現実の葛藤描こうとしている
.       \ _  __ | ._   |         荒業をやってしまっているんです。
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|      
\      // /<  __) l -,|__) >      つまり互いに相容れない二つのジャンルで作品を描こうとしてしまって
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>      どっちつかずの状態になってしまっています。
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )





       / ̄ ̄ ̄\
      /   ⌒  ⌒ ヽ           しかも、タチが悪いことにあなたは更に相容れない存在である
     /  ( ●)(●) |           「エロ」を描いてしまっているんです。しかも唐突に。
     |    (__人__) }           
    /`'ー‐---‐---一'´\         評価ポイントである【4:エロスを感じたか?】といわれれば
   /           ::::i  ヽ        私はNOと答えます。いくらなんでも脈絡なさすぎです。
  |   |         :::;;l  |
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        とにかく 、貴方が書きたかったのは「エロ」なんですか?
  |\`、: i'、                   「やる夫の葛藤」なんですか?それとも「異形の伝奇」なんですか?
  .\\`_',..-i
   .\|_,..-┘

663名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:26:35 ID:K/41qcP.
          / ̄ ̄ ̄\
         /  ⌒  ⌒  ヽ
         /  ( ●)(●)  |         わかりましたか?貴方の作品は
         |   (__人__)  }       「バランスが取れてない、しかも詰め込みすぎ」なんです。
        /、   ` ⌒´    ヽ
       /            |       おかげで「貴方が一体何がしたいのか」を読者は全然読み取ることが出来ず、
         |           | /      どの層からも、貴方のスレから離れてしまっているのです。
        ヽ_|  ┌──┐ |丿
         |  ├──┤ |       私が冒頭であらすじを「紆余曲折」と言ったのは
         |  ├──┤ |       この作品を一言で表せる言葉が見つからなかったからです。




          / ̄ ̄ ̄\
         /    ̄   ̄ ヽ
         /   ( ー)(ー) |      これは、この作品が短編であることも一因かもしれませんが、
         |    (__人__) }      もし、同じ形式で長編を書いても結局同じことが言えます。
        /、.    ` ⌒´  ヽ
       /            |       とにかく、書きたいジャンルをひとつに絞ってください。
         |           | /     そして、「エロ」「伝奇」「葛藤」は相容れない存在であるということも
        ヽ_|  ┌──┐ |丿      理解してください。
         |  ├──┤ |
         |  ├──┤ |

664名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:26:58 ID:K/41qcP.
   l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l
   | lニニニニニニニニニニニニl || ガラッ .__________    .l |
   | l            l ||    /::::::::::::::::::\   | |     総評としまして、
   | l            l ||   /::, ---‐‐-- 、:::ヽ .l |
   | l            l ||  .i::::l (●)(●) i:::::i. l |     貴方はやりたいことを詰め込みすぎて
   | l            ⊂〕  ト:::ヽ(__人__) /:/! l |     物語の根幹がブレブレだと感じます。
   | l            l ||ヽ、/ ` ー={ニ}= '   ヽl |
   | l            l ||       ハ    i  i|      ただでさえ限られたレスしかない短編なのに
   | l            l ||ヽi          l   !|      これではパンク寸前です。
   | l            l || |          ___  l 〈 l
   | lニニニニニニニニニニニニl || |      /  ヽ!(二) l     下手にあれこれ手を付けずに、メインテーマをしっかり据えて、
    l二二二二二二二二二 !     _/      |二二l     他のやりたいことは出来る限り抑え、
                 /   / ヽ    |        あっさりやるべきだとおもいます。
                ヽ  丶    〉   !_
                 ヽ   〉   ヽ____)
                (__ )




          ; / ̄ ̄\ ;
         ; /.  ノ |||| 、_ヽ ;
        ; /  ( ●)(●) ;      もしもこの作品をしっかり描写しようとすると、
       ;  |. \ (__人__)} ;      普通に3,5話は必要です。
       ; /、.  |  ` ⌒´ ヽ ;
      ; /ヾ  、       | ;     どの道、この作品は短編に向いていません。
      ; |          | / ;
      ; ヽ_|  ┌──┐|丿 ;      もう一度言いますが、短編はタダでさえ短いのですから
       ;  |Ξ├──┤| ;         メインのテーマをどっしり据えて、寄り道はしないことが絶対条件です。
       ;  |Ξ├──┤| ;

665名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:27:24 ID:K/41qcP.

            ____
           /\ヾ訢\
          ./ ,.ッニ三三、 ヽ
         / . シ/:::::::::::::ヾ | ./⌒)
         | -‐i::::::::::::::::ソ .|..ノミつ     今回はかなり厳しめの評価でしたが
      ._. }""''''ヽ..,,三シ'"イヾ/´     いかがでしたでしょうか。作者様の納得できる回答はありましたか?
    .(⌒イ i i   ̄ヽヽ  ' ̄E.シ        
    ""''''''ヽシ ニニニニ| iニニニニ|´        作者様のの気分を害された文章があったかもしれません
         |ーーー| iーー- |            その場合は大変申し訳ありません。先に謝罪させていただきます。
         |.ニニニニ| iニニニニ|
         i  .ミ、ニニ ̄\ ./         私の稚拙な評価が、貴方の創作活動の助けとなることを
         \____ミニニニ|/          祈りつつ、締めの言葉とさせていただきます。
          _ノ`ミ\__)
         ( `ミシ
          |_ノ

666名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:27:50 ID:K/41qcP.
評価終了です。ご静聴ありがとうございました

667名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:28:13 ID:rfze17wQ
評価乙

668名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:34:24 ID:mAUeOUN.
評価乙です

669名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:35:27 ID:ijdGe/Ic
評価乙なのです

670名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:38:41 ID:j9ZN.ZpU
評価乙
テーマを絞って詰め込みすぎないってのは大事ですな
あれもこれもとやりたい気持ちはわかるんですが

671名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:42:58 ID:c2N6nY.I
評価乙

個人的には、ああいう「地の文 + AA」というスタイル好きなんだが
時折拒絶反応でたり、読み飛ばす人もいるみたいだな
やる夫スレを「マンガ的」にとらえるか、「ラノベ的」にとらえるかの差かな?

672名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:57:44 ID:gAW.dkyw
27レス分投下致します。

673名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 00:59:28 ID:gAW.dkyw


;;       /:::::::::::::::::''"  ノ::::::::   リ
;;      /:::::::::::::::::::''"   ノ::::::::::   リ    ,,,,,,,,、、、、、,,,,,、,,,,,、、
;;    /::::::::::::::::::''"    /:::::::::    リ,、-'''""ミミリヽ从从从从~''ーi、
;;   /::::::::::::::::::''"    ,r":::::::::::   i、r~从从~'::、ソ::)::)リリ从从ツツレし,,
;; /::::::::::::::::::''"     /:::::::::::    ヽ"~' 、ミヽヽii))ツ((レ;;((从从)ツツツレレ        我が名は世紀末覇者拳王、ラオウ!
;/::::::::::::::::::::''"::    ,"::::: : : :    t iiヽ、、(ヽ( (从ツ)リリ从彡彡彡彡:}"
;;::::::::::::::::::::::/::::     ;::::::::::: : : :   tミ~'' ミ''ーミミ'ーミ从ツ彡-ー彡彡彡彡:{;       俺に後退は無い!
;;:::::::::::::::::: /::::     ',:::::::::::::: : :   {ミミ三;;;} } 从从::::::::::::从从:::'" }彡彡:{       あるのは前進勝利のみ!
;;::::::::::::::: ;':::::::::     ヽ::::::::::::::   j ミミ ;;;j }ヽ:::::::::从::从::::::::''",,,, }三彡:{
;;:::::::::::  i::::::::::      ヽ::::::::::: :   〉ミミ;;i ;;ミ、ii_ミ;;、}}"ir;;__;;;彡、tミ彡ツ       今宵の評価対象はこれだ!!
;;:::::::::  |::::::::::::       '、:::::::::::: : >、 ミ{ 、~''ー'ー'≧"j {~"='-'ー''~" |}ミ彡j
;;::::    i:::::::::::::       ',::::::::::::: |i'ヽ }t  ~;;;;;;;;;;;;;ミi ,彡;;;;;;;""  i}:/:j |
;;::::    t:::::::::::::      _,,,,,,,,,,,;;;;;t、';t };ヽ;;;;'";;;;;r-;(,,)ー、; '''''' ノリ,'リiリ、,,、-ー ''ニ=ー 、
;;:::    '、::::::::::::    r''"ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|゙;'ーt;|;;;;', ''r''、´:::;;、 '"、   イ:リソ"/リ;;;;、- '" ::::::::::  i
;;:::     ヽ:::::::::::::   | :::  ~' 、;;;;;;;;; t}'ー-i :   ,;z;;;';;;;;、    ノ i'ー''彡'"    :::::::::::  リ          ,、- ''
;;:::     ヽ::::::::::::::::::::i ::::    ~'' 、;;;'| i;;;;;| ::::: ''~;;ーー;`''    リ;;;/     ::::::::::::: /  ,,,、 -ーーz-ー''"
;;:::::      ヽ:::::::::::::::::t :::      `ヽ、/;;;\ 、;;;;;;;;;;;'''''ヽ::   //      :::::::::::::,、- ''":::;;;;;、 '"´::  :::: ,, 、
;;:::::::      ヽ'''"´ ::::ヽ::         ヽ;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::   //         ,、 '"::;;::;;;::;;、 '":::  :::  ,、 '":::::
;;:::::: : : : :     ヽ,,、 '":::::'、::        ヽ;;;;;;;;;~' 、;;;;;;;;;,,、 '"/        ,、      ::;;r" ::: ;;;:::;;;;r'"::::: ::::
;;:::::::::: : : : : :    ヽ;:::,r'~~ヽ、::       ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ/     ::::::::::: ((:::  ;;;;;;;;;;;;;;t゚:::   ;;;;;;t,。
;;::::::::::::: : : : : : : :   ヽ,   )ヽ、::::    :::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::::::.........:::::::::::::::::::/ヽ,。:::  ::::;;;;;ヽ:::   ;;;`' 、 。


【やる夫は力を求めて旅をする様です】
その1 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285092323/

その2 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1285713352/

その3 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1287306946/

674名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:00:08 ID:gAW.dkyw


            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν         聖剣3か!
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ       よくぞ古き良き名作を持ってきたものよ!
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ        俺は3はひととおりプレイはしている…のだが、
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.         何せプレイしたのは10年以上前!
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ           ゆえに良作との記憶こそあるものの、
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ         内容は曖昧にしか覚えておらぬ。
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_      その前提だと考えて読んでくれい。
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

675名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:00:42 ID:gAW.dkyw


                    、j.Vl, ,、
                    r'〈/^〈  ,
                  \]ヽ_>y‐<ブ         評価依頼内容を確認させてもらおう。
                   ゙ト┐‐`rrl
ト、 __、」_)v"/ .ノ!          l! `- ,l.从         ┏                                       ┓
l ゞ     レ"人 ,i       ,、 ,ィヽ‐'"f jヽ-'"--'L_      □評価方針        おまかせ
ヽ爻   , 」 / ,レイ-   j、_ィV''_'>イ( i イノ゙/    ,.r-`::、   □評価スタイル      おまかせ
..ト‐爻爻‐-、`Y /  ゙ヽ,.r-┬'"  \ヽ,r‐‐'"    /,   \. □AAの改変具体例     おまかせ
/  !    〉Yヾ、  彡  l      i       ,ト ≦__.,! □その他要望・見てほしいポイント等
、  l  ,.r YY(  ヾ ヽ l      .l       ,Y''"  `, .l ①正直読んでて面白いか
):、 ノ  /" /l l   Y、ノ  Y ,rー‐-H -―‐r--</ヽ  ヽ,! ②話が分かりやすいか・文章は読みやすいか
ヽl_ /  / ,!rヽi'" .i'  ゙ヽ、ト、     l       l   ,!  .l  ③展開が遅くないか
/,.--、`:.、.ノ/   l  ノイ /.l  )>ーV>ー--   l、__ ,.   .,!  ④長編は初めてなので、気になったことは指摘してください
'   ヽ、 '(       Y ヽ'"l  r'" ゙ Y  i /     ,! ┗                                    ┛








              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈                「長編は初めて」で「おまかせ」か。
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;    未知なる領域に足を踏み入れんとするがゆえにこそ、
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;    どのような評価でも受け入れる、
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""    謙虚な向上心の現れと見た。
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、    良かろう! ならば評価してくれよう!
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"     我が全霊の拳をもって!!
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~
:::::::::::::::::::::::::;;;;~'''''' ー'ー--'----'' ---' ''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

676名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:01:25 ID:gAW.dkyw


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ        ┏                ┓
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ          ①正直読んでて面白いか
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'       ┗                ┛
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i      つまらぬという事はない。
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i      だが、聖剣3である必然性を今ひとつ感じぬ!
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'"
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...     キャラクターの向いているベクトルと、
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::           ストーリーの向いているベクトルに
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"         すれ違いが発生しているように、俺は感じた。
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

677名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:01:39 ID:JYRtMPHk
評価乙
確かに文章の多さと展開の脈絡の無さは目に付いたけど
オリジナルでここまで作品を作れるのはなかなかじゃないか?
この作者さんはそこまで伝奇の要素にはこだわってるようには感じなかったな。個人的にはだけど。

俺は普通に息子が元気になったんだが。

678名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:01:59 ID:gAW.dkyw


       ヾ
        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν       と言うのもだな。
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ     うぬのスレのやる夫、デュランらしさがあんまり無かろう。
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν     他のメインキャラにしてもだいたいやる夫スレのテンプレ通りだ。
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ      ぶっちゃけると、うぬのスレの一番面白かった部分は、
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ      メインキャラ同士の恋愛関係の絡み、
       | | Z ´ ν     Z  | | ν       ほんのりエロス気味のハプニング、そういった辺りだ。
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ         そして、それらのシーンにおけるメインキャラたちは、
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ       聖剣3という題材の主人公としての要素がほぼ介在していない。
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
       |ミ    ミ    /    ミ










           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>         忌憚なく言ってしまえば!
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_           コメディ系のスレのノリで掛け合いやってるやる夫たちが、
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /        シリアスシーンでだけ聖剣3の台本を読んでいる感じなのだ!
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/

679名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:02:37 ID:gAW.dkyw


ミ)⌒tt ,i;;" {{:〈リ〈;;"从从//"iシ彡;}
シ'/(,t、;;i、ii'、、从ヽijj、リ,,レii,、、jj,,,|シ彡;}
;;j iミ、ミ''''',,=、ーミ'';ノri-z'''z,、'''';彡}彡与      少々厳しい事を言うようだが、評価ポイント①については、
〈 :::::::~" ̄ ̄フ彡;;i〉" ̄ ̄´'"リ:/i|)       うぬがどういった方向性の面白さを追求したいかを考えるのが
、', :::::   ::::::( ,リリ:i :::::::::::''  リ/)リリ         まず先ではなかろうか!!
,〉', ::::::::.....::::::::r'ニ:::ノ>ヽ、'"  /イ=/ノ
'ー't ::::::::::::::":::`~:::"'´    /:: ,'イリ          題材として選んだぐらいなのだ、うぬは聖剣3が好きなのであろう!?
;:;;;;', ":::''"::::: ,,、''ェ::' 、   ;;;; ,' i,))       ならば!! 例えば!!
;:;;;;;;', ii   ''" ''""" `'   ;; ,'ノ|i,,,,,
;:;:;;;;;;', ヽ::  ,、 ''"::::`'   i::/:: ||  ~''        お姫様ゆえの世間知らずでトラブルを起こすアンジェラ銀ちゃんとか、
;:;:;:;;;;;~' 、  :::::::::::::::::   /;;;  |~' 、         ちゃんと大人として見られたくて背伸びをする合法ロリなのはさん9歳とか、
;:;:;:;:;;;;;;;;;;~' 、 :::::''"'':::" /;;;;:::::  |;;;;;;;~'      故郷を夢に見て眠りながら涙を流すリースフェイトそんとか、
、、;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'ー――'";;;;":::::  i;;;;;;;;;ノ      超・萌ゑると思わぬか!?
  ~'' ー、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''":::::" :: |;;;、'"
   :;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;''":::::::" ::: /
~''- 、:;:;:;:;" :;:;:;:、:;:;:;" ::::::::" /:::
,,,,,,,,,, ~'' - 、:::::" ::::::::: ::::::: ,/:::/ /:
 ̄ ̄~~'''''''ー~''ー    ー'" ::/ /:::"




                    、j.Vl, ,、
                    r'〈/^〈  ,
                  \]ヽ_>y‐<ブ
                   ゙ト┐‐`rrl            ……まあこれはひとつの例に過ぎぬ。
ト、 __、」_)v"/ .ノ!          l! `- ,l.从
l ゞ     レ"人 ,i       ,、 ,ィヽ‐'"f jヽ-'"--'L_      俺の言いたい事は、「聖剣3らしさ」と「やる夫らしさ」が
ヽ爻   , 」 / ,レイ-   j、_ィV''_'>イ( i イノ゙/    ,.r-`::、   融け合っておらぬという事だ。
..ト‐爻爻‐-、`Y /  ゙ヽ,.r-┬'"  \ヽ,r‐‐'"    /,   \
/  !    〉Yヾ、  彡  l      i       ,ト ≦__.,!  双方を活かすための、ほどよいさじ加減を探るがよい。
、  l  ,.r YY(  ヾ ヽ l      .l       ,Y''"  `, .l
):、 ノ  /" /l l   Y、ノ  Y ,rー‐-H -―‐r--</ヽ  ヽ,!  評価ポイント①については、とりあえず今のところは
ヽl_ /  / ,!rヽi'" .i'  ゙ヽ、ト、     l       l   ,!  .l  「そこそこ面白いけど、これ聖剣3である必要性ある?」
/,.--、`:.、.ノ/   l  ノイ /.l  )>ーV>ー--   l、__ ,.   .,!  と言っておこう。
'   ヽ、 '(       Y ヽ'"l  r'" ゙ Y  i /     ,!

680名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:03:13 ID:gAW.dkyw


              ノ|t/ノー''从,,
           从''"::::::::::::::::::::::::::::ツ、               ┏                            ┓
          、i:::::;;;ミ从从从从彡:::::}、               ②話が分かりやすいか・文章は読みやすいか
、          ミ:::::彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"フ:::7}            ┗                            ┛
:`'、         t;;;;;r'''''''''''ヽ;r''''''""ヽ;;;;;;;リ
:::::::ヽ       了;;;} ミ ミi从从,,j|,j jク;;;;:〈
;:;;::::::ヽ      る;;;;t、_,,,ii,,,ヽ;;r__ii,,彡};;;;:::j           ,,、   ストーリーは、ぼんやりとは原作を覚えている身ゆえ
;:;:;:;:;::::::'、     ';ァ;|ヽ〉i:``´´'ij'``´"´:|/'i::)        ,、-'"::::;;   評価せぬ事としておこう……許せ!
;:;:;:;:;:;:::::::~' 、,  ろ;;tti;i ', ,, ィ、 i},,, '::::;ノノノ;彡    ,,,,、='- 、;;;;;;;;;;;;
,、- ''"~~~~;;';;;ヽ、ア;リ`':ti"リ: ,,、,,_:::::::::,'"::::t;;)ー '"~;;;;;;;;;;;;;;;;::::~'' 、;
_:::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;~''/ :: :',": '"ーー `  i:::: ::::t彡;;;;;;;;::::::::::::; -ーr'i""   だが、読みやすさについては言わずばなるまい。
  ~'' 、::::::::::::::::::;;;;;i  :: ::::'' 、( rッ /::::: ,、 ';;;;::::::::::::::::/  / |
 キ  ',_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~' 、 :::::::`''ーー " ::;r'";;;;:::::::;;;;;;;;;;ノ――'ー-'--.   文章というよりも選出の話になるがな。
""""""r 、'、rーー 、;;;;;;;;~' 、  :::彡:::;r'";;;;;;;;;;r''~:::/''~ノ r'''''''' ー、
⊂⊃  `ヽi > :f~i|、;;;;;;;;;;;;ヽ:::::":::;r";;;;;;;;;;;、-''''iリ、ー'"   `''''''''''"
====ー-'"、  Li  i'~'''''ir'''''''''ir'''''''''i"~ j,,,,,,j;;;;`'''" ̄ ̄ ̄;;~~~

681名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:03:45 ID:gAW.dkyw


.      i  :::::::::::::   ;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;'''"  ;;;;|||,
      t;; ::::::::::::::   :::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;::::     iij}}}        ,,、 、,,,、j ,  、
       t;;; :::::::::: :  ::::::::::  {;;;;:::::::::::::      ;;;;|     ,,r'(v" '"  '"" "''"'j-
       t;;;;  :::::  ::::::::::  ii、::::::::::       iiリー、,   i、t vii
        t;;;;;;  :::  :::::::::: iiii::::::::::        ii}  ヽ, ( 从 ,,!!ヽiii,,,,,、z、
        t;;;;     ::::::::::: iii:::::::::::::       ijj  tt从ソ  リiハii ,,r,、-,,,"''''',,""  うぬのスレに足りぬもの、それは…
        ::|::;;;; :::::::::::::::::::::::::::iit:::::::::::::::     iii   ミ,/ i" i::リ}},,;;;;'-、ー'''"ラー
       :::::;i;;;;;;;  ::::::::::::::::::::::::iit::::::::::::: :::::   ,iii|   、,i j't-,i、iyiiYー|;;/7 辷ー
.       ヽ::;;;;;      :::::::::::::::iit:::::::::::::: :::::::  }}   :: |,リ ~'´'-)≧;r'旡-、,z,,之
       ヽ:::;;;;      :::: :: :::::::::t::::::::;;;;;;;:::::::iii  彡 ::リ;;| :::::r'",, ,r;;;"`'''" `'ii
       ヽヽ ;;    ::::::::::::::: ;;;;;:::::t::::::::;;;;;;::::::   彡彡i''| ::::'、;;;、);;      ツ,/r   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        ヽヽ  :::::::::::::::::::::::: t;;;;、,;;i:::::::;;;;;;::::::::  ,,,イ''''" | |~'=ニ、,   ::""リ "ニ    )                  >
         ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;i} ''' 、;;}}} }i、  ;;;;;;;;iiii| i ~''''''''〉  ''""j'-、、、   <    "魅せ"だ!!     >
          :::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ii;;;リ    "' """ "フ;;;;;;i '、ェ、 ,,ノ    ,ソ彡 ,,    <                 (
           ;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ii;;;i,         ii}}};;;i ~''-、"   ,,、- '";;;;彡}}}    /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
             ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ii t     ,    iiリ;;~'' 、;;,、- ''":::'" iii}"  iiiii
              ;;;;;;;;;;;;::::::::::r"';;;      |    iii iiヽiii;;;;;;;::''",,,、'" ,、''
                ::::::::::::::i   ;; ’   |  、   } ''}}|  ,,rノ  ,,"iij}、     見栄え、と言い換えてもよい!
                |~::''::、;;|   ;;  ヽ  iヽ、,,j、  ''iii、、 ,、-'"ー、,''"  ''jj,,,,,,,,,,
                i:::::::::::::|      ヽ''|:::::::::::ヽ" "'''iii{{ii、、,,,  ~~~~''''''''"""   うぬのスレの具体例を挙げるぞ!
.                it:::::::::::i    ~' 、y:::::::::::::::::::ヽ、iiii''" 、       ii
                 t ' 、:::::t   、, t::::::::::::::::`'';;;;ii{{::::::::::::~'' ー- 、   ヽ、、,,   まずは2スレ目の>>683だ!!
                 t  ~' ii    ~i'''"`::::::::::::,,,;;リ:::::::::::::::::::::::::::、,,,,~''    "

682名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:04:21 ID:gAW.dkyw


====================引用ここから====================


:::::::::::::_______________:::::
:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::: | |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
:::::::::::::|::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::| | :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::!:::::::::::::::::::::!:::::! !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::: < バタン
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::!::::| !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
:::::::::::::|::::|______|:::::| |:::::|______|:::::|::::
:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::: :| |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


─┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴─┬┴┬┴┬
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┬┴┬┴┬┴
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴┴─┴─┴─
─┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴─┬┴┬┴┬
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┬┴┬┴┬┴   ガシャン
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴┴─┴─┴─
─┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴─┬┴┬┴┬
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┬┴┬┴┬┴
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴┴─┴─┴─
─┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴─┬┴┬┴┬
┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┬┴┬┴┬┴
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴┴─┴─┴─
  ↑
*ドアの前にシャッターの様に壁が落ちてきたと認識
 して下さい



====================引用ここまで====================



           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /         うむ!
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>         ドアの前にシャッターっぽく壁が落ちて来た!
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>        そう脳内で読み換える事はできる!
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /       だが!!
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、      これでは状況を理解させる事はできても、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ       読者を「魅せる」事…
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `  このシーンであれば、
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、  「おいィ! パーティが分断されちまったぞ!
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,      そんな編成で大丈夫か?」
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_   と、ハラハラとした臨場感を煽る事ができぬのだ!!
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/   この拳王が改変してみた例を示そう!!

683名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:04:58 ID:gAW.dkyw


====================改変例ここから====================


                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|      ちょ、ちょっとぉ!もう待ちなさいよぉ
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ     ほら、皆行くわよぉ・・・・
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  − イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;






:::::::::::::_______________:::::
:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::: | |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
:::::::::::::|::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::| | :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::       ,/     ,イ ,イ
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     /〈    ////
:::::::::::::|::::!:::::::::::::::::::::!:::::! !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::     / /  /| レ レ
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::    / /   l |   , ―― 、_  ., イ ,イ ,イ
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::    / /   l |  '――'''''' // .//// , イ
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::   / /    l l      //   レ レ //
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::   //    Y     //     //
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::  /           /'"     /'"
:::::::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::!::::| !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
:::::::::::::|::::|______|:::::| |:::::|______|:::::|::::
:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::: :| |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄j      そ
             ⌒y^⌒v"
               | | ヽ
              \ ヽ




 x-ァ'_/: :/: : : : // -‐/ :‐/|、: :ハ : :|: : }: :\: : : ヽ : : l
  / ノ | : l: : : : /イ: : :/斗=ミト: / -}‐ 、|: /: : : : ヽ: : : l\|
  ,'    | : |:: : : : : |:/〃 f:゚j /  ァ=ミ|/: : : : : : :',: : :|
  |   /: ハ: : : ヾ:|  ヾ  ¨      f゚j } / : : : : ハ : j      えっ!?
  |  ,イ: : : _:`ト\: :\    ....      ¨ リ:/ : イ: :∧l: /
  |/ ∨:./⌒|: : :| ̄人 ヽヽ      ../イ< j:イ : ∨       ドアが…勝手に?
     ヾ{{ .|: : :| (0::)        │ │  | : : l
      \ム: :小         __    八: |  | : : |
         ヘ: :.ヽ \       `´ /l: : : |  | : : |
          \: \   、. __/ │: :│ / : :,′
     r-=ニニ.土\:_ヽ_/____    /: : :/ /: : /
     ヽ __  ̄`ー──- ニ二≦:/ / :/
   / ̄    ¨二._       ∠、  '´

684名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:05:35 ID:gAW.dkyw


               /イ                   \::::::.ヽ
              /:/          l          \::::lL __
              〈l:′l    |  ‖ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉
 ガチャ          |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
     ガチャッ  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
          く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |釗リ.ハ\ヽ\ 、          あ、開かない!
            ̄/|:|仁∧l|ィテ癶メ  ヽ  トうイj |l | ノイ   \ニィヘ\
  ___       〈〈_/イイハ乂 弋_少     、_ヾ='' 川 /、\  \|:| \>イ三三ニ、   何なのよぉ!?
    ̄三三三≧ュ. ̄ |:| |:|/∧ \  ̄ "   i     u / / l \ >‐一< /三三三三≧、
、______〕三三三三三≧|:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\三三三三三三
三}三三三三三三三三レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\三三三三三三{ ̄
イ三三三三三三三三/.:::::::::::::::::::| l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|三三三三三三ト、
三三三三三三三三シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::∧三三三三三/⌒
三三三三三三三/..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{ ヾ三三三三ゝ、
 ̄¨`ー三三三三| :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ  ド三三三三三|
      ̄≧三アヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(   | ヽ ̄ ̄ヾ三三!
          ノ..::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l   |:|   ヾ〉   八   、::::::::::::::::::::::::::::::::〕 〈 (_
         〈 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  |  ´         \ ヽ\::::::::::::::::::::::::{  丿 丿




                ,./  ̄ `'‐-、
            ,. ‐'" ̄      ,. i ゙ヽ,.
           / , -‐-、    /,. ノ‐./`ヽ
        ,.-‐'´ . ,' ノ三ヽヾ、〃  ´/_,,.人  ,ノ
        /     | (○ ○),}|/   | ./ニ ̄ /      二人とも、どいてろ!
     /      ヽ (人) / .i    ,ノ‐ヒニ,' ,/
      !i       ノ  ゙,―"ヘヾi  //   ̄ ヽ
.     { i   -= 、  \彡ミ三:::::/:::Y  ヾ/i      何のカラクリか知らんが、ブチ壊してやるだろ!
      ! 、     \─`;ミ〃::::::ノ::::/ i  ! !
    ,.-‐〉 -‐-     ヾ:::::::r=ィ⌒ヽ:{  i  ! !
   /´/ヽ-..,,_ -‐''⌒`ヽ、;;;ヘ,. i ,}_ヽ i.  〃
 //    ヽ 、      ,.-‐''" //  ∨ {
. (レ  ,./ \\ .,,  /  ,. -' /   /  ヽ
  ヽ_.:.   \\\.,,   -‐'´ ,/   {    \_
   `‐---‐'´\_  、 ̄   /     ` ヽ、____)
           `'──‐''´

685名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:06:09 ID:gAW.dkyw


                . -―-  .
              ,. '´      `''ー-  、
           ,.-‐'´              ヽ、
         ,.:´     Y             ヽ、               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
           /         i                \               )                  >
.         .′       |           ∨        .              <    ぬぅりゃっ!!     >
        ,.イ          !          '、        ヽ            <                 (
.      .′   '.      '.          '.   /        !            /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
     i       ヘ     ヘ          '. f        }
     |      ヽ     ヽ            ∨        /`
.      .′        ヽ     \        j       . ′
     {   \     ヽ     \      ノ     /
.     '.    \      ヽ     ` ー‐ァ'´       /
     ヽ     ヽ       丶     /      .:,.イ          _     __
        \    丶      ` ー‐ァ'´       /          ┌ ┐ ┌ ┐|┌ ┬┐ ┌-
         \     丶     ,.イ    ,.. -‐ ´            │ │ |  | └ ┴┘__| ̄l__‐┐         __
           ` ‐-   .,_,.>‐''´ `ー一'                / /  l  ヽ_   ̄ |__  __|     _┐   |   ||
                                     !l | ̄ __/  ヽ\__   | |   ‐┘ └―i l ̄| |_l _. | |
                                        ̄         ̄    └┐ ┌‐┘  ̄  / /  .|_|
                                                       | |_l        / ///
                                                                ̄     | ̄|
                                                                       ̄ ┘








.

686名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:06:41 ID:gAW.dkyw


:::::::::::::_______________:::::
:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::: | |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
:::::::::::::|::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::| | :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::!:::::::::::::::::::::!:::::! !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|::::|:::::::::::::::::::::|:::::| |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
:::::::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::!::::| !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
:::::::::::::|::::|______|:::::| |:::::|______|:::::|::::
:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::: :| |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}       …ビクともしねえってどういう事だよ。
      _       ヽ`⌒ ´  u  .| / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   何か魔法みたいな物でもかかってんのか?
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

                                        \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                                         )                  >
                                        < ガッハッハッハッハ!!   ニ=-
                                         <                 (
                                         /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^


   /: !      l  ヽi  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : :. \ ` ヾ
  ./ : : :.」      lノ/ : : : : .ハ : /i : /. : : ). : : : : ::   : :ヽ
 / : : :/ i      i/  /l  ソー'z,__i/ 丶 ./ i i : : : : : : 丶: i
 l : : :i   !      > /;;;l //o;"ヾ~'  !/ l .! !  : : : ヽ ::.i
 .! : :!   !    ノ ー-,;;;.i.!"l  . /   ヘ,._!ノ:::. l i . : : : i i i
 .! :,.!     入     ,," l;;ヘ 弋ソ    7゚'ヘl:::::. ! l : : : : i i .i     今度は何!?
  ! !l   /      ,,;"  l    v-、  .l;;;,ソ'!::::ノ  l : : : :/ i/
 . ! !   i     ,,"   i  /    ヽ. `' 'l イノ! i '! : : :./  , ・-ーe.┐
      ヽ    ii   / ! i⌒ r-,   >  ,! ! ソ / : : :/ ー-==:::::::::..l-ー¬,
        ヽ   ii  /   i.,    l  / ./! .!   /.ソ/'/∠_:::::::;; i:::::::::: l;'';;;;")
        lヽ,_!!_/  <ヾ、,   l .// ,"ノソヽ.,, -ー "   "ll::::ii:::::::::: l :::::: i
       _i     /ヽへ,..ソ/'  《            ll::.ii :::::: ハ-┘
      /     <;;:::::::.. i 丿  ”,,             !!::ii--ー
     ヾヽ      >;::::::::;"i_,....-┐  》 .,_,.==-ー ¬ "  ̄
      ヽヽ     ゝ::::::::/i;;;::::::::i ,/

====================改変例ここまで====================

687名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:07:23 ID:gAW.dkyw


       ヾ
        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν     …以降、>>686に続くという感じだ。
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν    突然パーティが分断された危機感を、扉の閉まるエフェクトと
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ     効果音で演出し…
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ      …まあ、壁が降りて来るというのを描くのが難しそうだったので
       | | Z ´ ν     Z  | | ν       何かの理由で扉が開かない、壊せないという形に変えてみた。
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ        加えて、開けようと努力はしたんですよ的な描写を入れる事で
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ      いよいよ覚悟を決めて、背後の強敵と戦うしかないのだという
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ         シリアス感を出した形だ。
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
       |ミ    ミ    /    ミ





            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ   …念のため言っておくが、これは絶対に正しい方法ではないぞ?
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν                       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ    シリアス感を出すための手法のひとつに過ぎぬ。
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.    見る限り、うぬの作風はコメディ寄りであるようだからな。
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/      俺はそちらの方面には疎いゆえ助言できぬ。
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ     ただ、緊迫感を出すにせよ、台無し感を出して笑わせるにせよ、
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_   こういう細やかさは必要だという事だ。
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \

688名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:07:58 ID:gAW.dkyw


                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ        さらに言うなら、文章の使い方にも
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ        もう少し細やかさが欲しいところだ。
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ         うぬのスレは聖剣3を題材としておる。
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i         その原作のストーリーラインを踏襲する上で、
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|         長い文章を使って語る事を避けられん場面は
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i         多々あろう。
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",,
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡      そこに、もう少しばかり気を配るべきだ!!
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::            俺が最も気になったシーンを改変してみよう。
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::              1スレ目の>>991から、2スレ目の>>4までだ!
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

689名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:08:45 ID:gAW.dkyw


====================改変例ここから====================
┌─────────┐
│   城内、玉座の間  │
└─────────┘

        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : : : :|/|            |/|: : : : : :|     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     |     |/|: : : :  |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼     |/|: : : :  |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
        | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                          〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                          〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                      __________
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|−|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\
 \          \ . /  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' .:|   |:_,,,... -‐'''"~         \

690名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:09:17 ID:gAW.dkyw


               ,....-:::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::-..、
                ,ィ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            |:::::::_\::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;:--、::::::}
            |::::::|   \〃ーヽ、 :::_:::::_.:::-ヽヽ´   |::::::|
            |::::::| l  { ト、   〃 ^^ }!  } |!   l l::::::|
            |::::::| }     丶、 {    | / j   l l::::::|
          /ヽ::::ノ '        \  / /     `\::| _
            !∧ V ー―-、      \     , ィー― ヽレ', ヽ
         |  ヽ | ミ、丶ャー、ュ、__ _> <>イ三三三ニヽ | / }!
            ! _} 〉 彡ヘ ` __ノ' < ⌒ ` {三三三三三} (  |    ……
            ヾ、 (       ´   |   | ヾ=三三三ニソ  〉ノ/
           丶 }   、      } |   | l    ̄ ̄ヾx、 {//
              \   ヽ     | |   | |      / ヾl /
                |   }     / ノ   ヽ 、     {   |´
                |      ,--`=ヽ __∠='--、      !
             ノ|    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\   |
          /<lヽ ヾ/ ´⌒ ー――一 ' ⌒`ヽ〉ノ  ,イ`ヽ.
           |  ヽゝ、\ `    -―――-、    Y //ソ  |
          ノ     >ヽ、_     ー     __/<    |
           /         >‐ 、   r=<         |
         _∧  /\ / ̄| / ∧ } ̄ ̄||⌒! |        ノヽ__
   ∠⌒\ ∨  \/ /   | / / | | ̄ ̄|l  | |       /} /  \



          /
         /         ,イ /| |', ',\    ヽ、
         /        /:::|/: :'、 | ヽ ', ヽ、\
        /イ     /|r- 、:::l|:: ヽ l ヽ ', ヽ\、
         |イ /  /|  トえ::ア|ト、_ヽヽ  ' ,_, -;-__\
          l/ イ/::      ̄ヽ-、'´ '、` ヘ`ー'- '::::ト
          ヾヽヽ!:                :::::lノl     流石の英雄王と言えど…
           ト、`l!::               ..:::ハ| 
          r--- /ヽ.          |:.  ...::::::::/ l      我が魔力による拘束魔術にかかっては、
        _l ``ー-ゝ、_  ,_ ` '´:,,.::::::::::::/        指先ひとつ動かせないようですね…
       /` ー 、_    ``ー--,-、 ̄::::::::: /
 , -‐‐‐‐  ̄ ̄ ` ー---、_-、_ /fv- | ||:::::::; イnゝ
               `ヽ \、ノ /| |- '´ヘ| ||,;|
   ------- 、_        ヽ、\、ハ N ハ/ハ|::|\
           `ヽ、    ', ヽ  \',ヽ//::::ll:::', ヽ
                        ヽ|:::::::::Vヽ \

691名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:09:54 ID:gAW.dkyw


 \丶       \\/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii\ ///`    |:;:;|  (   ):;:;:;:;:;:;:;:
  ゙i ゙゙゙゙ヘ     \/llllllllllllllllllllllllllllll゙l        |:;:;| (ヽ、 /:;:;:;:;:;:;:;:;:
   ゙iエユ〉′−  lllllllllllllllllllllllllllllllllll        ∨ ) ) , ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;
   /  .ノ 、   llllllllllllllllllllllllllllllll/\         ヽ丿ノ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;    1つ…聞かせろ…
   〈  /      \!!!!!!!!!!!!!!!/ \\`      ノ //:;:;:;:;:;:;:;/     何故アルテナは今になって
   l  ./       ゙゙゙゙゙゙--´""    `\\     ノノ´ `ヽ _ ノ      このフォルセナに侵攻してきた?
   丶 /                  、ノ\ニニニノ   `     :
    ゙i/   i   ヘ、          (       |       ,/     何故だ?
     '、  ノ _ /`          ゙l      |      ,r:::::::::
     ` ‐ ― .. _           \         l    ,/::::::::::::
       ゙i川ミミミミミミミミミヨユ -  `〕       /   ,/:::::::::::::::::
        ゙i丶              /      /  /:::::::::::::::::::::::::




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l::::lヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l::::l `、::::::::::::::::::::::::::`,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::/   l::::l  ゙,::::::::::::::::::::::::::::゙、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::/   l:::l   l::l`:::::::ト:::::::.:lヽ::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  l::::/l::::/    l::l  , l:l´、:::::l`、:::::::l ゙、::、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  l::/ /::/     l:l / ,,l:l7ヽ::::l ヽ:::::l `;,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/   /:/ l::/      ll//..:ll  l:::゙、 ヽ::l   ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::/   // //       l弋::::,''l   l:::::'、  ヽ   ヽ
:::::::::::::::::::::::::/::::::/_l::/____/_//_/       ~    l:::::l',
::::::::::::::::::://::::/ __Lニニニー―/、               lヽ:l '',
::::::/:::::::/ /:::/-ニ_:::::_Z/                    l ヽ ヽ      何かと思えばその様な事か…
:::/:::::::/ /.:/     ̄                      l
:/.:::./  /./                       `、    l          まあいい。冥土の土産に教えてあげましょう。
..:::/  //                         ゙、   l
::/〈  /                          ヽ  /
:::::..ヽ..,,,,、_____                   / /  
ニニニ、__、::::゙、___ヽ:.:.:.ヽ......、                /
ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-,__    __,,.. -‐ーユ   /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐‐ー一  ̄    /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ノ_______
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  ー´:::::::::::::::::::::::::::::::..`

692名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:10:30 ID:gAW.dkyw


      '' '''´;;;;;-=ニ_
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<´
   /,,;: ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;nミ/ レ 7
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lヽ;;;;;;;;;;;;;\ヽ! | /
  !/;;;;;;;;;;/|/」 |」ィヘ\、ヾ!   {
   lィ;/|/-!'"   ̄ lノ /  /        我がアルテナ王国は、各地のマナストーンを解放するため
   lハ     、  ,l /   /         これから各国に侵攻を開始する。
   `/ト、  、. -‐ ,ィ_ {   L,,_
    /;;`''`ー-r‐':::::::l-''"´:::::::',       …ですが、英雄王率いるフォルセナは、
   ,、ヾ::::ロ/|Y|:|::::::::,ヘ::::::n:::::::',-、      その際、必ず邪魔になるでしょう。
,- 彡-'´::::``::::::Y ‐'":::::l:::::」 ヽ/ヘ::!
 ::::| |::::::::::::::::::::/:::::`ヽ.、_:ゞr-':`::::::::\    侵略者を退ける、正義の味方を気取って…ね。
::::://::::::::::::::::: /:::::::::::::::O/,,」::::::::::::::::::::
:::://r h::::::::::/::::::::::::::::::/T!::',::::::::::::::::::
:://=y=コ:/::::::::::::::::::/:::::||::::ヽ::::::::::::::
://:://|:::::/::::::::::::::::::/::::::::||:::::::\::::::::::
/;//::|l::/::::::::::::::::::/:::::::::::||::::::::::::::ト-‐
!//::::::|/::::::::::::::::::/:::::::::::::::||:::::::::::::::l
シ;;::::::::ト、 ::::::::/:::::::::::::::::||::::::::::::::::l





               _..-ェrtlllッ=l=4ョョ__
            _..ullXj广`ヘ ヽ   "i:;:;:;:;:ョ 、
          ,r'フ’丿.. \ / l     i::;:;:;:;:;l'、
         ''’〃‐''广´  `,ャョtttョョェ、゙l:;:;:;:;:;:;:;:l、
           j−--... 、/(llllllllllllllllll)'、i::;:;:;:;:;:;:;ll'、
           l 'ニエエ./. | ゙llllllllllllllllヽ  ":;:;:;:;:;ll'      …だから、先に潰しに来たとでも言うのか…
           | ̄  /─\`゙゙゙゙゙""" \  lム"ヽ
          │   /!!!!!!!ワ      ィ'"t_|l゙T'、|               ・ ・
          :jll Y   ..,,,,,,,, 、,,,,,,,   ′ ゙'〈| }lソ丿     それは本当に、あのアルテナの…
          ゙l |  jiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil∟  、   {_:;:;|      理の女王の意思なのか…?
           ゙l、 _ jl广´`   `゙`ー ヽ   !:;:;:;l
            ゙lt 1'´  n==ltぃ   / ノ  ''l:;:;|
             ゙l ゛ ''┘   `丶      丿 '、
             '゙l'、 _,,_.._..___    __〃   ゙!
             l /::::::::::::::::::::::::\]}Iiltlillllニ_..uuuj
             j``゙゙−−""""""::::::::::::::::::::::::::::::L'
            _ョ:::::::::://|.|l //゙l゙l   ::::::::::::::::::::::::::::::l
            l┌┐//::::|.l:://::゙l゙l,-----ーーーーt:::ロロロ--_____
            |└┘//::::ヽ∨/::::゙l゙l  : ::::::::/: :::::::ヽ:::::::::::::::::::丶、

693名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:11:02 ID:gAW.dkyw


         /
         /         ,イ /| |', ',\    ヽ、
         /        /:::|/: :'、 | ヽ ', ヽ、\
        /イ     /|r- 、:::l|:: ヽ l ヽ ', ヽ\、
         |イ /  /|  トえ::ア|ト、_ヽヽ  ' ,_, -;-__\     さあね。
          l/ イ/::      ̄ヽ-、'´ '、` ヘ`ー'- '::::ト
          ヾヽヽ!:                :::::lノl
           ト、`l!::               ..:::ハ|     …さて、おしゃべりの時間はここまでだ。
          r--- /ヽ.          |:.  ...::::::::/ l     その命、頂きましょう。
        _l ``ー-ゝ、_  ,_ ` '´:,,.::::::::::::/
       /` ー 、_    ``ー--,-、 ̄::::::::: /       エクスプロ――
 , -‐‐‐‐  ̄ ̄ ` ー---、_-、_ /fv- | ||:::::::; イnゝ
               `ヽ \、ノ /| |- '´ヘ| ||,;|
   ------- 、_        ヽ、\、ハ N ハ/ハ|::|\
           `ヽ、    ', ヽ  \',ヽ//::::ll:::', ヽ
                        ヽ|:::::::::Vヽ \
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄_  /し'/
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ,r'⌒''"´  j /  /
     i、                                             /     ,く(   {
              \                ヽ,    ,バ,         .       /  ,,   ,イ l|  /
               ヽ                `'-  ‐゛ ..l,              / // / l l|  _」
        _______ゝ           _、         ヽ   rヘ‐‐ .     / / / / l  lレ′
              ̄'''''ー ,,_           ,i'´   . ´゙'''.ー      l,   {ゝトr┐h    "′/  ヽ レ、ゝィ.__.. -‐z
                  ___>     │         `''‐、. r- ‐‐-ゝr-'、_ハ-、_    / ハ ヽ、 /     _ /
          -ニ二 ̄ ̄        !            .|       ̄ { rヘゝ、  / /  ヽ  { l  ,r''7゙// ,'
               `''-、.        .l             >ー‐‐ ‐--ゝ、 ゞニl! l /   ヽ-' {/ / ∠ノ
               `'-,       l,         , -'´    ┘_ノn;;`ゞrュ レ′       / /,r‐r 、
                    `┐      ゙'、     r‐ヘヘ  _,. - r;r'「;;;;;;;;;;;;||;;;;;;ハヽ         l / l / ノ
   \人_人,_从人_人_人,_从,人/     ゙'、     に! ゝrヘヽー, };||;;;_;;;;_;;||;;;;/  〉Vク!       レ | ル/´}
     )    甘いわ!!    ( `''-、    .ヽ    ヾ「ソ(、_`−/「 「T:_:_ 「! X 〉 V´         " / /
   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ  _,ゝ    \    ヽ\   `/`/ T「l==rト 、._ ', ',          / /
                      ゙゙'ニr     .ヽ    ヽ\ ,、イ::l::ー!|:::::::l:::l|``‐ 、ヽ ',          i /
                 _,,.. -‐''"゛        \  , ' >\|::::l:::::::V::::::::l::::l`丶、  ', ',`ヽ、       レ′
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―

    / /イ:::::::::/::/l::ハ \. ヽ、\:::ヽ、::::::::::::::::::::ト
    l / |:l::::::/l:/ |  ',  ヽ,  ,\ニヽ、ヽ:<ヘ::::::l
     ! |ハ:::/ たヵ|、  'r 、 イ ゞ‐'-' ヽ! (丶'}:::l!     ――なっ!?
       | l::ハ `  ヽ    ``      rク/:;リ
        |  ',               l-イ:/

694名無しのやる夫だお:2010/10/19(火) 01:11:33 ID:gAW.dkyw


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::/. /:::::::::::/: : : /::/: ::::::ヽ::l   r;´::::::::::::::
:::::::::::::::::::/:::::::::::::://:::::::::::/::::::/ /::::::::::/: : : : /:/: : : ::::ヽl   ミ::::::::::::::::
::::::::::::::://:::::::::::/ /::::::::::/':::::ヘ/:::::::::/: : : : : //`i:.: : .::::',l    .{:::::::::::::::
::::::::::::::ヘ/::::::::/: :/::::::://::::/: :/:::::::ヘ、 : : : ://: : :l:r----{    ヽ:::::/
::::イ:::/ /::::::/`'''/::::∠/:::/ニ.7::::::/-`=゙'、、,_//: : : ll に二}___i」」.,}::/
:::l l::ヘ,/:::::/: : : /:::::ヘ/::/  /::::::/、','i'ッ─-:オ;:;-、:l }---,----i.i.i.i.i'l
/ .l/: :l:::::/l: : /::/: ./:/,  /::::;〈 -'7'i'ヽ ノ/ \::l l  ./   |.|.|.|.|l         私の拘束魔術を破った…!?
l l: : :l::/ヽl: /:/: : //:、ヽ/:::/ `'─--'''´./  __〉'l  /    |.|.|.|.|ヽ
',: : : :{l/: r-l ./'  ./': : `'/::ヘ,_,,,,,............--/''''''´:::::l l /     !.|.|.| .ヽ
::ヽヽ !: : {: : l/  / :: : ://: : : : : : : : : ...::/::::::::::::::l l /       !.|  .}
::;:;:ヽヽ、: :ヽ l  / :: : /': : : : : : :..:::::::::::::::::::::::::::::l l/         ,/
;:;:;:;:;:\ `-、、l    :: : : : : : : : : :゙:.:::::::::::::::::::::::::::{/   r''j::.、    // :
;:;:;:;:;:;:;:;:' ,  ヾl    :: : : : : : : : : : :゙:.:::::::::::::::::::::::l   {_'゙´ソ   {/ : :
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`-、._}    :: : : : : : : : : : : : ゙:.:::::::::::::::::l    `´   / : : :





      r'"_〈_=‐‐ニヘ
      l〈  \fニi''ヽ||i
      `゙\  `f ̄`'キ|               _,,,======,_
        __\ トiノ ̄ヽヽ、           ,x'":::::::::::::::::::::::`'‐x
       /   ゙`'ト‐/ ̄ヾ',フ`i         r"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':l
       (   r''" `゙=r'‐//         |::::::__::::::::::::::::::::::::::::::_::::l
      r''"i '' i  r‐ /f_ノ\         |:::f `゙>;::::::::::::::;;x''" i::|
      |: :ヽ,` ` ,_{ レ"\.  \      r,l:ノ  i"r"x"'''ヘ'ヽ  ヾl‐、       貴様が情報を漏らしてくれるよう
     / : : :`'ー==‐"´`'‐'" \.  \  _,,,=‐i ゙l| :: _ / f" \ニ}_ ''lr ト‐=      魔法にかかったフリをしておったまでよ!
     |: : : : : : : : : : : :/     \  \_,,="i ミ| 弋゙o=ュ_≡>"::::::)彡"f''‐
     /'、'、: : :