■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【ニート生活】やる夫が独裁君主になるようです2【四十五年】
1 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/07(金) 19:41:32 ID:lVKre5hM

,ィニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
||┌──────────────────────────────.┐.||
||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
||..|爻イ只二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二只ト爻| .||
||..|爻イ.|            /    ・ ・                          |ト爻| .||
||..|爻イ.|           ノ─┬─-                  /⌒\   |ト爻| .||
||..|爻イ.|             │        /⌒\      ./      \ |ト爻| .||
||..|爻イ.|             │   -┬-       \_/         ) |ト爻| .||
||..|爻イ.|   │  ・ ・    ノ     -┴-                      / |ト爻| .||
||..|爻イ.| -─┼─-                  ,,-、/'、,-、._,        /    |ト爻| .||
||..|爻イ.|   │                ___|::::::::::::::::::::::::" ,l..、    (     |ト爻| .||
||..|爻イ.| / │ \            __l::::::::::::::::;;.__,:_::::::::::::::::::',    \.   |ト爻| .||
||..|爻イ.|    │             !:::::::,..-,,゙_......,,,,,,゙ \:::::::ィ"      )   |ト爻| .||
||..|爻イ.|                   ',-ッ' />'i、 /<'、`''tミr'く      (_ |ト爻| .||
||..|爻イ.|               , ‐''''ー、   ., 〃 !-''イ゙⌒゙iー' ☆  |、.l        |ト爻| .||
||..|爻イ.|          /_.   !  l.,..|☆  'ーt'''"      /       __,, |ト爻| .||
||..|爻イ.|      ,/'"゙ ̄''',, } ,.r"  ,l゙__    ..-.'''''"゙´´゙゙''''、 l  _..../     |ト爻| .||
||..|爻イ.|   /  .'-、. `'、 リ`゙゙゛    |.',__,..-'"     .,..-.、 ヽ .|',:;:;:;:;:;\   |ト爻| .||
||..|爻イ.|  /   `"'、 ゙l l │      ! ',     .,―-.../   . ! ,' .! l:;:;:;:;:;:;:;:\ |ト爻| .||
||..|爻イ.|  l./ `、  ', .,,'''''゙',        ヽ ヽ  .(      ,.. '".ノ/l !:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;|ト爻| .||
||..|爻イ.|  i| ',, ‐ヽ/.!._../     _,,-'"\.\_``'''"゙´,,  ;;/ l_,,.ヽ:;:;:;:;:;:;;:;:;|ト爻| .||
||..|爻イ.| /"゛    _,.../       / .l:;:;:;:;:;:;:;:;|゙''''ー`-`-`''''"_..-'''フ   ヽ、__......|ト爻| .||
||..|爻イ.| l.    ´  .!    /  :;:;:;:;:;:;:;:;:;|../i--―ー     /     l リ'-、|ト爻| .||
||..|爻イ.| l        ゝ-''''"   . l:;:;:;:;:;:,..‐ゞ  ヽ、     . /       l ',::::::|ト爻| .||
||..|爻イ.| |                 i:;:;:;/ /      ヽ、_ ./        l /:::::|ト爻| .||
||..|爻イ.| ',                ,レ‐゛ ,,ii".!        †        / /:::::::|ト爻| .||
||..|爻イ.|  !           / _,,.-'/^l ',               / /:::::::::::|ト爻| .||
||..|爻イ.|  ヽ         ゙''"} . /:::::::ヽ.ゝ、            / /:::::::::::::::|ト爻| .||
||..|爻イ.|   `'ー..______,,,,..、 -‐l!/::::::::::::::`''-、\.._      / ./:::::::::::::::::::::|ト爻| .||
||..|爻イ.|                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::`'‐、,゙゙''ー .../ ./:::::::::::::::::::::::::::|ト爻| .||
||..|爻イ.|                                           |ト爻| .||
||..|爻イ廿二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二廿ト爻| .||
||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
||└──────────────────────────────.┘.||
ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ

2 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/07(金) 19:42:11 ID:lVKre5hM
このスレは、清朝の独裁君主・雍正帝を主人公にしています
このスレは、ヌーそく様でまとめていただいています

基本的に宮崎市定氏の『雍正帝―中国の独裁君主』
からパクっていますが、所々他の本からもパクっています

3 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/07(金) 19:43:11 ID:lVKre5hM
明日か明後日に本編投下予定です
よろしくお願いします

4名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 19:43:50 ID:fBMEU7SQ
スレたて乙

5名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 19:45:34 ID:MPIQZwvM
乙です!

6名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 19:58:33 ID:5E05z1OQ
乙です。いつもわかりやすく学べて、楽しみです。

7名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 20:25:31 ID:RG66kNg6
乙。前スレの埋めネタも面白かった。意外なところでフューラーと接点があったとは。

8名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 20:26:27 ID:CIwnPfQw
スレ立て&埋め乙です。
市定センセすげえw

9名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 20:26:56 ID:bwPgqoD6
乙です
>>1さんの書く話は毎回読みやすくて本当好きだわ

10名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 20:32:57 ID:ENt5NRFg
スレ建て乙です

前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264759311/

11名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 13:59:21 ID:5.MpoUVA
乙です。
フューラー雑談スレで向こうの作者さんがコメントしてましたよ。

12名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 23:40:52 ID:jWrvJjdU
>>11
悪気はないんだろうが、他スレ、しかも避難所の話をわざわざ出すのはどうかと

13名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 01:36:02 ID:1UVQ6Hco
>>11
頼むから他所のスレでそういう態度取らないでおくれ。
荒れるからそちらのスレが日頃どうこうと言いたくはないんだが、少しでも自覚持ってくれたらうれしい。

14名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 02:42:15 ID:E5xARf.k
初めてあのスレ見たが、何あの偉そうな態度…
地なのか知らんがふんぞり返って講釈垂れる態度が気持ち悪い
マジで他スレに干渉しないでほしい

15名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 03:24:03 ID:.7G9gHZk
なにがそこまで某スレへのヘイトを育てたのかは分からないが、
そこまで妄念を渦めかせるほうが…まあいいや。

独歩吟、ちぃ覚えた。
絶版になってるっぽいのが残念、こんど古本やでサーチしてみよう。

16名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 03:51:25 ID:GVtJqSsg
作者が
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264759311/954
と言っていて、
明らかにあちらのスレから配役を借りていても、
むこうの作者がコメントしてたと書き込むだけでダメなのか。
別に批判されてもいないし、むこうが何か要求してきた訳でもないのに。

17名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 07:50:56 ID:wy78d132
「初めてあのスレ見た」んじゃないんだろうな

18名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 09:37:24 ID:E5xARf.k
>>17
存在は知っていたが見たのは今回が初めてだ。
勢いで言い過ぎたのは本当に申し訳ない。
しかし、わざわざここで報告するようなことではないと思う。

19名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 10:19:45 ID:wy78d132
つまり、前スレの埋めネタが向こうのスレのAAを使用したりと
明らかなクロスオーバーネタってことをわからずに>>14を書いたのか

こういうのがいなけりゃな

20名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 10:27:26 ID:E5xARf.k
>>19
作者個人を非難するような発言は不味かったから謝った
しかし題材が共通するだけでこれはクロスオーバーでも何でもないし、
向こうのことをわざわざ報告するようなことは普通じゃないと思うんだが

21名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 10:31:52 ID:wy78d132
>>20
>>16

22名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 10:35:09 ID:E5xARf.k
>>21
他のスレにもやってるなら俺ごときの意見では止まりませんよね
もう反応しないからそちらの流儀に任せます

>>他の人たちへ
雰囲気悪くして申し訳なかったです

23名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 13:15:24 ID:.7G9gHZk
独歩吟が近所の図書館にあるっていうので喜び勇んで出かけたのだが、
貸し出し中になってたorz

しかし、蔵書検索が家で出来るって、
実に便利な世の中になったことだ。

24名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 19:34:57 ID:ZYz6lxO.
>>22
死ねばいいのに

25 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:00:00 ID:DhAaOXTI
前スレの埋めネタについて
フューラースレの作者様が、

『あの女性はエーファじゃないと思う
彼女は表立ってやる夫と一緒に居るのを避けてたから
年代と「昔なじみのカフェ」という点を考えると、可能性があるのはむしろ
(ユニティ翠星石)』

と書いておられました
さすが、知識の絶対量が違うなと感服します

それでは続きです

26 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:00:21 ID:DhAaOXTI


               ┌─────────────┐
               │やる夫の父・康熙帝は・・・  ....│
               └─────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

27 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:00:40 ID:DhAaOXTI


                     ┌───────────────┐
                     │寛容で 度量が広い皇帝として     .│
           ,-=;,     └───────────────┘
          {__7!             / ̄\
          〔_ラレ        ,、_,-‐y|     |
           `y"l       rヲレへシ'"\_/
           iト-ヘ、      (_;フイ   |        r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル || /  ̄  ̄ \      し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||! \::::::::::/  \.  人_フ
             V  ヽ,    |  |.|<●>::::::<●>  \/ /
              ヽ   ヽ,  ト = }{i| (__人__) ///  | /
               `i 、,  ヽ, - ルハ ` ⌒´    _/シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7 ̄ン〈_ __/
                V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<rn ゞミヽ
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄
      ┌─────────────────────┐
      │実に評判が良く、                   ....│
      │                              ..│
      │輿論(よろん)から 絶大な支持を受けていた。   │
      └─────────────────────┘

28 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:01:02 ID:DhAaOXTI



          ┌──────┐
          │しかし・・・    │
          └──────┘

              ┌─────────────────┐
              │世の中の評判などというものは       │
              │                         .│
              │実際は あてにならないものである。   .│
              └─────────────────┘

    ∧_∧         ∧_∧            ∧_∧          ∧_∧
    ミ■Å■,,彡       ( @∀@ )         (´m` )         (・ー・* )
  ._φ 読⊂)      _φ 朝⊂)      *~●.φ 毎⊂)      ._φ 産⊂)
/旦/三/ /|    /旦/三/ /|    /旦/三/ /|     /旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
| 鍋常談話 |/    | 毎日捏造 |/      | 侮日新聞 |/    | 憂国幻想 |/


              ┌────────────────┐
              │輿論(よろん)は結局、        ......│
              │                       .│
              │有力者出身の知識人階級が作る  ....│
              │                       .│
              │輿論にすぎないのだ            │
              └────────────────┘

29 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:01:24 ID:DhAaOXTI


                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,           ┌─────────┐
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ       │喰うや喰わずの  .....│
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|       │            ....│
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ.      │貧乏人には・・・    .│
                .|:::::/         |::::|     └─────────┘
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l   .| ○○は××ではないでしょうか!?
                 ゝ.ヘ         /ィ  _ノ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     |    |    /     i  .∧
       / \  |     ヽ    i    i   /      | / ハ
       ハ   ヽ |     ヽ    !    !   /      |    /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | .  |  /       |   // \
     /     \ |      .ヽ  i   i /         | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

30 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:01:43 ID:DhAaOXTI


                  ,......._             ┌────────┐
                  /    ̄``ー-、          │輿論をつくる    │
               ,l´           ヽ        │          ......│
                  / ,r---、.....r‐'´``ヽ、 !、     │チカラなど    .....│
              l  /   ___       !   !.    └────────┘
              l  l  ー‐‐   _,,,,,,,..   ミ  l
                  l ,! '"''''''ヽ ! ´r____ 、  l ,/`i
                ヽ!. '‐tr‐,!  ' `´` ,  l!ヽ !  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              `!  ー'´,   、  , '  lr'/   .| ○○はすごく健康に良いんですよ、お嬢さん!
               ヽ   ,!-.....-,!ヽ、   l'´  _ノ
                    !   _______,...._    ./    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ヽ '´ ー‐‐'  `ー ' ,!、
                     `!、 、___,. ,.. _,ィ´ .ヽ、            ┌──────────┐
           __,.....-‐‐'/´ !ヽ、___,..-'´ /     !` ー、..._         │はじめから         │
        ,.-‐'"´   /   ! r'___l  /       l    ` ー-、_.     │              ..│
       / !     く     l,.!、__/!/       .,!       , `ヽ、  │ありはしないのだ。  ....│
       /  l     /    l/  l/     r‐'´       r'´     i . └──────────┘
       ,!   !    i´        !  /      \     ,r'´       !
     l    !   l      l /      ヽ /    ,r'          l
    ,r'     l    ヽ     l./      /     /         l
.   /´    ヽ!    ヽ   ,/       /     /         ,!

31 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:02:02 ID:DhAaOXTI


    ┌────────────────────────┐
    │もちろん、知識人たちは                     │
    │                                    │
    │自分たちは公正・中立であると主張するだろうが・・・   ..│
    └────────────────────────┘

         ∧_∧゙    ∧_∧ ゙    ∧_∧ ゙   ∧_∧ ゙
        (@∀@..)  ミ■Å■,,彡  (´m` )   (・ー・* )
       (⊂、  ⊃゙ (⊂、   ⊃゙ (⊂、    ⊃゙ (⊂、   ⊃゙
       ((⊂,,,_,, )  ((⊂,,,_,, )    ((⊂,,,_,, )  ((⊂,,,_,, )
           (_/,      (_/,        (_/,       (_/,

         ┌─────────────────────┐
         │はたして どこまで信じて良いものだろうか?   ..│
         └─────────────────────┘

32 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:02:27 ID:DhAaOXTI


      ┌───────────────────┐
      │実に評判の良い 康熙帝の治世でさえも     .│
      └───────────────────┘

                                      ,.へ
       ___              / ̄\           ム  i
      「 ヒ_i〉           .|    |           ゝ 〈
      ト ノ            \_/           iニ(()
      i  {              __|____           |  ヽ
      i  i           /::__,:::, ‐-::\           i   }
      |   i         /<●>::::< ● > \       {、   |
      ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
      i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
     . ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
        \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
          / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
          | 答 |    中国史上 最高の名君     │|
          \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ





                              ┌──────────┐
_::.;;;|_;:.._|__:._|____|_.| i ..|         │実際には        ...│
;::_|___|√__:.:|:..__|__,;;'~    |   〉..       │              ..│
__|:::.__|__;:._|__;::|'___ i  '~ヽ/ ̄`::..     │重大な社会問題が  ....│
::._|__|_|;:;:::|_|__:|___,;'    |    ::..     │              ..│
__|_::._.,|__::..|∧,,,,,∧〃   ,,/  :....      │広がりつつ       ...│
_|__|;;;;;;;;;;;;;;;;|__彡o-o・,,ミ〃 i | :. ...       │              ..│
;._::.,|___|__と「;;<w[と).|i  .|     :...     │あったのだ       ...│
 ̄ ̄|_|___|__/;;y;;;;;;ゞ\   |  ::...:.     └──────────┘
ted!..|;;.__;;;|_::._|〆ノ `J\r' ̄|    ::.:
o`》:::|_|;;;::::._:|__|\ \| ̄㌧  | :.
ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ ㌧ : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄    ..: :.. .::. :. .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目 λλ     ;;. |  :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_( 'ー`)y-~ : .  |   ∧∧
∩∩    ̄ ̄'''' |〜|ノ( ヘヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩゙*,)
;;;'д),, ;;     |__,,|   。  ゛   ,,\(_ソと)
 っっミ    ::.                ( , ノ ::.
;;,_)旦         l⌒i⌒l       .レ`J.、
,,,,,,,,,,,ミ     @    ⌒'⌒          \

33 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:02:50 ID:DhAaOXTI


                   ...................................
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        :::::::::::::::                        :::::::::::::::
      :::::::::::::::     ふかぜい                   :::::::::::::::
     :::::::::::::::    『 付 加 税 』 の 問 題 で あ る 。      :::::::::::::::
      :::::::::::::::                            :::::::::::::::
        :::::::::::::::                        :::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ...................................

34 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:03:12 ID:DhAaOXTI


             __ __  _      ┌────────┐
            /ソ  /   / !ヽ       │付加税とは、    .│
            ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|     └────────┘
            || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |
            \.___\__\__ ノ _        ┌───────────┐
          /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.      │米や麦など           .│
          ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.      │                │
          || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.     │穀物による税の場合     │
          \.___\__\__ ノ \__ ノ_    └───────────┘
        /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ
        ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |
        || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |
        \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ





      _,,,              ┌─────────────┐
     _/::o・ァ スズメー         │保管や移動をしていると    .│
   ∈ミ;;;ノ,ノ                │                    │
     ヽヽ                   │どうしても                  │
  / ̄\  ,/ ̄\           │                       ...│
  |    |  .|    |.          │雀や鼠に 食われてしまい     │
  \ /__\ /.           │                       ...│
   /         ヽ.           │目減りしてしまう             │
   |   ●   ● |            └─────────────┘
   |   三( _●_)三 ネズミー
  人、   |∪Ш 、`\
 / __  ヽノ /´>  )        ┌───────────────────┐
 (___)   / (_/.          │そのため、あらかじめ               │
  |       /                │                                │
  |  /\ \.               │目減り分として『雀鼠耗』という名の         .│
  | /    )  )              │                                │
  ∪    (  \.            │付加税を取ったのだった。                │
        \_)            └───────────────────┘

          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
            ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳───┐
            ┃    租  税                 .┃雀鼠耗│
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻───┘
          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

35 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:03:38 ID:DhAaOXTI


         ┌────────────┐
         │時代が降るにつれて・・・   .│
         └────────────┘
             __       _       /\
           /へ:;;;;;>    〔 ┐〕      l ┘>
            ||    /ヽ   `‐'  ┌ 、     ̄
            ||   <└ /       /└ >
            ||     ̄        `ー'
            ||  ,r===、
            || ((゚仝゚=))
            || (o♀oノ)
         / ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
        ノ――――‐j―l、  r‐、――――、
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





              r―-、__r―-、           ┌──────────────┐
           |―‐z__,r:、__).        │租税は、穀物だけでなく      │
              |  |   /  /___r-、    │                      │
           >―-、__ノr―‐┴'′.   │銀でも 支払うようになるが・・・  .│
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ      └──────────────┘
.      /           \    `〇
     |              ヽ           ┌───────────┐
     |     [ 銀 ]        |          │これは銀貨ではなく     .│
     ヽ             /          │                │
      \_______/               │重さで 取引をする。     │
                                └───────────┘

36 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:04:02 ID:DhAaOXTI


         ト、 |l\
        |ヽ| |i `| |:! ヽト、
       |ヽ!ヾヽ:|:!  |:!: |i Vl         ┌──────────────┐
       ド' \ヽ :j:|   |:! !|i i|,         │そのため                  │
      「ヾ.\ ヾ/⌒\}リべi i!|          │                   .....│
      | \ヾ' /    、_,, ヽi|           │運ぶたびに、溶かして      ....│
        |二二〈 ――-、  ,. -l|         │                   .....│
        |==r=iヨ ==。= /=。=|.         │型に入れて成型するので・・・    │
      |=::{{_H  `二´ ヽ二|           └──────────────┘
   〔_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕
    ( ̄ ̄ ̄ ̄ι ̄ ̄ ̄ ̄    .:.:.:.:.)
     (      ι      .:.:.:..:.:.:. )  グツ
     (______.:::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.)    グツ
      \___ _____/
    ____〔 从从从从从从 〕___
    |            【○】      |
    |____________________|





              ┌───────────────────┐
              │当時の技術では、どうしても          ...│
              │                          ......│
              │もとの量から1〜3%ぐらい目減りするし、   │
              │                          ......│
              │それだけ手間賃もかかる           .....│
              └───────────────────┘

          |||,/_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _\//   ||
         ||.|i,〉                                   〈`ヽ.,||
         || |l.´ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ̄|\ノ_) ))
          ||./;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';''\ノ
.         l/;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´¨`;\
.         /;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';;'´ ̄ ̄`';\
      ./,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.,ヽ
     !. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌i======i┐ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└!======!┘ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     !:〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜:!
     ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

37 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:04:23 ID:DhAaOXTI


                       \\        /f゙ヘt、`-、_
      ヽ、;;;、\               \〉     /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
        ` ー ゝ                     \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       __,.   ---───‐‐‐┐             `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       \´、`゙`ゞヾミ''ゞ~^`ji:|                `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
         `-- ─ー‐‐─‐--=!                     `゙''-、ゞrt.;.ォ//
     _                                       ゙、/
      /{        ┌──────────────┐
    / 代         │だからやっぱり、その分を      .│                   ,
   《ミ 、 ハ.        │                   .....│                 /|
    ヽ:i; }.       │あらかじめ 付加税として     ..│               , ‐'゙ /
      ソ         │                   .....│           _,.. ‐´fじ''´
              │徴収したのであった。      .....│           ノ_,. -''´
              └──────────────┘          ´


                ┌──────────────┐
                │これを『火耗(かこう)』という   ..│
                └──────────────┘
          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
            ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳───┐
            ┃    祖  税                 .┃ 火耗 │
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻───┘
          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

38 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:05:03 ID:DhAaOXTI


        ____       ┌─────────────┐
      /   −、− 、\       │・・・などと                  │
    /   , -|  ‘|‘  |- ヽ     │                    │
    /  /  `−●-′  i..    .│もっともらしく説明したが、  .....│
    | /   二  | 二.   |    └─────────────┘
    | |    ─  | ─   !
    ヽヽ   / ̄ ̄\ /         ┌────────┐
     l━━━━6━━              │こんな理由は    │
      |  \/ ___ヽ |          │                │
     ! 、  ヽ   ノノ j            │もちろん         .│
    o-|   ヽ◯⌒ヽ ○ヽ           └────────┘
      ヽ、__|   |__ ノ





           _,,,,.........,,,,_
         ,,,;;;'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;γニヽ;;;;;;;, --、;;;;;;',    ┌──────────────┐
    ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,. '´ ̄ l;;◎ノ ̄ |;◎人;;;;;|.    │税を取り立てるための口実、    │
   ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;/     `¨´    ` ´   V.     │                         .│
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;'                  ,.ィ′   .│はっきり言って            │
    !;;;;;;;;;;;;;;;;;|       _     ´ |       │                      │
    !;;;;;;;;;;;;;;; |     /´_;;_;;`ヽ、   !      .│屁理屈である。          ....│
    |;;;;;;;;;;;;;;;;l    `<<;;;トl;;「lー,-> .|     └──────────────┘
   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;|     ヽ;;;`ー''´ ./   .′
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;'、       `ー-- '′   |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ            |
   |;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;ノ     ,. -―- 、   |
   |;;;;;;;;;;;/_ヽ.   /____ ',  /
   .!;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄Tー、! ヽ    / |. |
   L___,.....⊥__ソ`   ̄ ̄

39 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:05:29 ID:DhAaOXTI


               /二二ニノ  
                //´..   ┌─────────────────┐
                 //      │実際のところ、                    ...│
        ,r/77くニニノ   __.  │                             .│
        /{r==、ノ    /_r_,<>、│地方官たちは 目減り分を            │
      く/<} o {>  r、__{ `ハ¨ /} │                            .│
       く/ o ゝ_r}ィ=ニ=-く │はるかに超える額の付加税を         │
.      くレ´ ̄´ ーr ⌒ ,  ヽヽ│                           │
       { {_ ___、  /    ヽ │ビシビシ取り立てて いたのだった      .│
          ヽ__,,.rュ―ァ-イ⌒    └─────────────────┘
           {_L/^二二二ニ{         ハ   
            }/ / ,  _ノ  }}        //
            | /j _}_r-=ニ廴___.   /厶___ くユユ
             ヾ,/, -r ´-=ニニヽ   \// ̄ ̄ ̄´
.               Y',',',',{ ニ=- ―ヽ―‐/厶____
           _rゝ',',',V//´   ー=ゝ∠-――― ´
            /´   ミ\',',V/´    -=ニ',   ___      /!
        r┴- 、_ イ.三>、/´  ー=ニ{    `二二    /|
       /´ ̄`ヽ ヽ} }} >´  ヽ , ―-、ヽ  ` ̄ ̄  //
       〉´ ̄ ゚ }ー厂´       Y /´ ̄>{   ___// /}
       〉-―‐゚/¨7        人V_/´_゚ゝ、` ̄ ̄ ̄_//
        (  _゚イ=/    _/{/ ___ ゝ、__゚ゝ、    ̄ ̄7/
      厂  。}}_/   /Zノ /彡彡^ ヽ} Z___゚ゝ、   ∠/ <77/7
      {__/7   /Y/,  {彡{{   ミ} /\_゚}}、       ∠/
.     /ー―'ニ{   ノ} {{ } 弋 、_Lィ /V\ ヽ―-
  r― ´    }ミ}  (二ニrmt≧-=‐'   ` ―-

40名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:05:44 ID:DnOby19E
まあ実際、誠一族みたいなのをのさばらせてもいたしね >康熙帝

41 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:05:56 ID:DhAaOXTI


           ┌───────────────────┐
           │明の時代になると                ...│
           │                          ......│
           │付加税は 表向き禁止されたのだが・・・     │
           └───────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
            ┏━━━━━━━━━━━━┓
              明(みん、1368年 - 1644年)
            ┗━━━━━━━━━━━━┛

42 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:06:27 ID:DhAaOXTI


                         ┌────────────┐
 _________    ル      │それでも、               │
/  _______  ヽ   ル    │                  │
| /   /       `ヽ | | |   ル.   │地方官たちは 平然と    ..│
| |///         | | | |      │                  │
| |//           ._]  [_        │付加税を取り立てては   ...│
| |/         |___|.        └────────────┘
| |           | 火耗 | −、      
| |           | ̄ ̄ ̄|   i、     
| |.                ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ \
| |                     .\




      ____                      ┌───────────────────┐
      __  ヽ    _____         │自分たちの給料や                .│
         ヽ |  /´  - 、 - 、 `\      │                                │
      // |  | / , -|  .|.  |- 、  ヽ   ..│地方政府の 運営費に使うのだった。       │
      /  |  //   ー● ー ′ ヽ  ヽ   └───────────────────┘
          |  /   二  |   二    |  i   
          |. | \ ─  |   ─ /  |  !     ┌─────────────┐
          ミ.] ̄[ ヽ、_|__/  ! ] ̄[.     │なぜ、こんな事が許されて    .│
           | 耗 |            / | 耗 |.    │                    │
           |__| ━━━6━━━く|__|.    │いるのかというと・・・     ......│
          | (_)  /____ヽ  (_ )   └─────────────┘
          | |ヽ、.| l ヽ    ノ |     ノ

43 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:06:53 ID:DhAaOXTI


     ┌───────────────────┐            _..---..、
     │  とにかく中国はムチャクチャ広いので   .│            '〉ゝ、  ゝ、
     └───────────────────┘            ./  ゙''''\ ヽ
                ..-/ '、                         ___,,丿    {  `'''''''' 、  ..rr
             /`ー-′  `ヽ                       /       _-'      冖''’ イ
          ォ―┘       │                      '―-''' 、   <          │
          │          '廴                       _..-‐‐′ ....ノ''、__     /''''′
       ___,,../           `゙ー、                    ..-┘     ゙、   \rt_._ ┘
  r'' ゙̄‐'"´                 ヘ、              厂"        ` ヘ、_、   `/
  ‐ァ                      /ー- -........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
  ィ′                  _ノ'⌒  (    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト                  j′    −7             _ '北京◎ ヽr'´ ∨
   ゙‐ 、            Y ̄´  ̄ヽ,,/--、 "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│    │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  |    ノ‐/   " _r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、      ゙┐  丶 / >
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈    _ゝ、_/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ   │  _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、       │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

44 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:07:16 ID:DhAaOXTI


              ┌───────────────┐
              │とても中央政府では、         .│
              │                     ...│
              │地方をコントロールできないし     │
              └───────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

          ┌───────────────────┐
          │国庫から地方費を出すという考えもない  ......│
          └───────────────────┘

45 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:07:38 ID:DhAaOXTI


                        ┌───────────────┐
        ( ,ゞ ─┴"─"、) _.        │だから、地方官が           │
      、ゞ"            \=.     │                        │
     ヾ/   ________ヾ     │付加税を取ることを           │
   `゙/   |    ヽ、_(_)ノ   |`    │                     ...│
    ヾl    |  /´⌒ ヽ/ ⌒ ヽl     │「黙認」するから、その金で       .│
    =|     |  |      |・     |.     │                     ...│
    ーY⌒ヽl─l      ・l、    l、    │地方政治は 適当にやっておけ    .│
     | )     `ー─‐,/ヘ、ー‐〈 ノ   │                     ...│
     ヽ_         "    `   l    │というわけである                │
        >、     ,−───、ヽノ      └───────────────┘
      , ヘ `(_∠ 、───-、ソ
     / \ \/\ノヽ
    l   ヽ     | l    そのかわり、給料は
    |   |.     | |       ほとんど出さないからな!
      【明の皇帝】





                           ┌─────────────┐
       , ───  、         │よく言えば地方分権      ...│
     /   / ⌒ ⌒ヽ\.        │                    │
    /    , ┤  ・|・  |-、ヽ        │悪く言えば丸投げである     .│
.   /  /  `ー ●ー′  ヽ __  └─────────────┘
   l  /    三   |  三  | | 付 |
   | l  \       |    / l | 加 |
   ヽヽ  ヽ`ー─┴─´/  /. | 税 |
    ヽヽ  \ _____ / / (__ ). |
      >━━━━ ,-、━´  ̄  ノ ̄
     /   /   ヽフ ヽ |─ ´

46名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:07:49 ID:HZcitAc.
本当、政府というものは庶民から金をむしり取る事に関しては熱心だよなぁ

47 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:08:04 ID:DhAaOXTI


      ┌──────────────────────┐
      │付加税の税率は、地方ごとにバラバラで         .│
      │                                │
      │やる夫が即位したころだと、                    │
      │                                │
      │低い所で5%、多い所で70〜80%ぐらいである    │
      └──────────────────────┘
        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """
          ┌──────────────────────┐
          │だいたい中央から遠くなるほど付加税が高い。   ...│
          └──────────────────────┘

48 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:08:26 ID:DhAaOXTI


    ┌──────────────────────┐
    │これは僻地ほど                      ...│
    │                                │
    │隠し田・隠し畑が多く、税収が少ないので      .....│
    │                                │
    │その分、あらかじめ付加税を高くするのである    .│
    └──────────────────────┘
                          _,,,,,,、ー''゙"゙゙ー、,,,,ーー、,'""'゙ー、,,,_._,,,,,,、
            : _,,,,,,,,,,,,,,,,,--ー''゙゙゚''''゙゙゙ ゙゙゙゙̄'ー、,,,、 ;:...:,:.:、   `゙゙゙'''
''''''゙''゙““““゚゙゙''''''''''''''゙゙`       ,-'  ;:...:,:.:.、         ⌒゙゙'〜ヽ,,,,,、 ;:...:,:.:.、
           ;:...:,:.:.、    ,r'         ;:...:,:.:.、          ゙゙'ヽ,,,
.'"""'''''"""''""'''ー、、、,,,,,,,,,,,,_.__,,,....,,,,,,......,,,...,,,,,,.,,,.,,.,,.__.,,,.,,.,.,.,,.,.,.,,.,.,.,,,,,,.,,.,,.,.,.,,.,,.,.,,.,.,.,.,
: _,,,,,_    .          .,,,,,,~ ̄"、,,,,,,         `"`,,,,,,,,,、  ;:;:
.゜  `゙゙ー、 ,,,,,_   ″  '゙'ー---,,,,,,,,,、 .:龠:   龠            ,, ::::;:;::;:;:;:;
      `゙゙゙゚゙''ー-、,,,,,,,,__:        ll龠    ゙゙''龠,,ー----------------
                `゙゙゙"゙"゚゙"゙゙゙'''''"'''ー-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
  ''"'"~'''                           ""''''''ー-、、、,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.
          '"'"~'"'"~'"'"~
                      "'''''"""''"

49 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:08:48 ID:DhAaOXTI


                   ┌─────────────┐
                   │そして、徴収した付加税は   │
                   │                    │
                   │全部 地方官の          .│
                   │                    │
                   │私的財産として扱われる    │
                   └─────────────┘
        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\        ┌───────────────────────┐
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ.     │大事なことなので 二度言うが、               .│
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ.    │                                  │
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐.    │全部が地方官の私的財産、ポケットマネーである   ...│
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_   └───────────────────────┘
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\             _____
    ヽ  X        ̄ ̄   /     .          /壱 //万:/|
     /、二二二二二二二二 く                |≡≡|__|≡≡|彡|____
    /      /  ( 〒)\ ヽ       / ̄//.|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|
    !  /  /         }   !        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

50 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:09:11 ID:DhAaOXTI


         ┌───────────────┐
         │そして、この金の中から        │
         │                     ...│
         │地方政府の運営費や         .│
         │                     ...│
         │スタッフの給料を 出すのである    │
         └───────────────┘
                  , ───  、
                //⌒ ⌒ヽ   \
               /  |  ヘ|・   |− 、  ヽ
              //  ー● ー ´   \  ヽ___
              l  三  |   三    ヽ .|   |
              .(____|____   l__.|   |
              .ヽ\   , ── 、 ノ  (__ |__|
                ヽ ヽ、/___/  /  /
                 >━━,-、━━━′ /
                ∠. /  ヽフ   \   l
               (__ | l ┌──┐  l   |
                 l ヽ `ー─ ´ ノ   l
                 ヽ   ̄ ̄ ̄    /
                 ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄ ̄)

51 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:09:34 ID:DhAaOXTI


     ┌──────────────────────┐
     │つまり、地方政府というものは               │
     │                                │
     │地方官のポケットマネーで運営されているのだ    │
     └──────────────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌───────┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

52 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:09:57 ID:DhAaOXTI


                 ┌────────────────┐
                 │こんなやり方では             .│
                 │                       .│
                 │不正が起きないほうがおかしい。     │
                 └────────────────┘

      ┌───────────────────┐
      │明朝では、年々 付加税が高くなり        .│
      │                                │
      │民衆を大いに苦しめていった。           .│            _ 人
      └───────────────────┘         人)ヾ; 从
  └-、_                  (:'    . .      (:. ,:.     . .  _ノ  _人  (,_
      └-、             ',  ))   . .     .:从,)ノ':.:,    . . _从 (⌒    ゙ /⌒
      ::::i      ____ }  /(        ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    . _ ゝ     .    火
      ::::|     γ    ,' ノし': :ヽ     ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,      .     .,;,.,    `ヘ/
      ::::|   r ―|    ((,イ: :  :: :V) ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.      .,.,;   ;,,.,    (  _
      ,,;;;;|_ i   :|    、ゝ: :   : :(ノ}  (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):. 从;:  .;       ;,   ∨(
     /  \ ̄=―-_   ヽ: :: :  : :: :/ ~,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,  ,;        ;,   从
   /     \     \  ゝ;:; :;从;ノ | :.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´:.:          :;,   ノ_イ
 /        \     \ |   ゝ、  | :::| r―i-i     _人ノ,   ;:           ;;   /
(           ヽ     へ_へシニタクナイヽ、|r  ̄ ̄γ‐-、__ ヽ   ;        .,ノl火)   'ヘ,
  |         |      (´Д` ;)    ::i ̄ ̄ヽ‐-!、   ~‐、            ∧ ∧  タスケテー
  |   ∧ ∧    |  r - 、 ⊂  ⊂ )   ::|    | :::|     ::|-r-=__         |( ゚Д゚)ノ|::    |
  |  (,,>A<)  キャー! | :::| Y  人,    ::|    | :::| ⊥_⊥ |   :::i     /  (  つ つ:::.    |
  |〜(__ ノ   | |  | :::|(_) J ........::::|    | ⊂(;∀; )つ三三三三   |:::. ミll  リ  |:::::.....   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ し し ̄ ̄

53 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:10:24 ID:DhAaOXTI


            ┌────────────┐
            │ところが             │
            │                  │
            │満洲人が戦争に勝って    │
            └────────────┘
                             (_(_(_, ヽ
                           , ─── 、  (⊃_ ノヽ
          ┃ ┃┃          /WWW \ \   l     l
          ┣━     | |    l \ll/    ヽ/^ヽノ    |
          ┃       | |    (| (。) ∠      ノ      !
              ┃┃ | |   / (二) / ⌒ヽ  | |    /
           ━╋┓    /|  l _    /\ \|  l l    く
        \\ ┃┃ |\/ |/| (__/ \ ヽ ノ //    \
          \\   _|   _└  ヽー`ー`─ ´ /´
         ☆    \   (ヽ  \  |  ̄ ̄ ̄   / ⌒ヽ
          /⌒ヽ ∠   \\/ヽ l      ̄ ̄|   二|
        /   /\  |/ヽ/\ ヽ_ノ ヽ、_    ヽ_,_ノ
        l_/\/\  /\/  ̄    \  ̄ ̄ ̄





               ┌─────────────┐
               │中国の支配者になると・・・   │
               └─────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
            ┏━━━━━━━━━━━━┓
              清(しん、1636年 - 1912年)
            ┗━━━━━━━━━━━━┛

54 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:10:49 ID:DhAaOXTI


                        ┌────────────┐
           ( ⌒ ⌒ )       │正義感あふれる野蛮人    .│
           (     )      │                  │
           (、 ,   ,)        │満洲人は、               │
             || |‘.         │                  │
         / ̄ ̄ ̄ ̄\.      │付加税を完全禁止し      │
         l ∨∨∨∨∨ l     └────────────┘
         |   \()/   |
         (| ((・) (<) |)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    ⊂⊃   |    / なんだよ「ふかぜい」って!
        | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <
      / |. l + + + + ノ |\  \ いみわかんねーよ!!
     /   \_____/  \  \___________
   /   _              \
  // ̄ ̄(_)               |
  |ししl_l  (            |    |
  |(_⊂、__)            |    |
  \____/                 |    |





                                 ┌─────────────┐
                     \                │1パーセントたりとも      ...│
             し ぜ さ   \                 │                    │
              け ん か      |             │取ることは まかりならん、     │
              い い ら     ._-───-、       │                    │
.           だ ん う  ./:::::::ト、i\/\::::\.    │違反者は死刑にすると    ....│
          か    も   {ヾ/>v、/:::::::::\r‐     │                    │
              ら    ..の. .〉  { 0}::::|//::::::::::::     │宣言したのであった        │
              な     は . ゝ   ,=}==、:::::::::::::::::     └─────────────┘
           。      ./  `ーァ‐':::::::::::/|::
                      |  r‐  }::::::;:<\ j:::
.          \_r──、  /\ゝ-< ̄\__>:::::       ┌─────────┐
           │ ─i⌒ヽ    \   ( ̄::::::::::/:      │それは        ...│
           │ ─|_ハ    /  ̄ニ二 ̄:::::::::       │            ....│
           │ ─、i   .}   / |     {::::::::::::::       │いいのだが・・・     │
              \ ー'   /\/  |     ヽ:::::::::::        └─────────┘
             ヽ-<      |      ヽ:::::::

55 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:11:15 ID:DhAaOXTI


                                    ┌──────────────┐
            //_                    │ところが、清朝は          │
              ,", ‐=、:7,=ニー-- ,,_.        │                         .│
   マジで!?   /〃 o l,〃o. l.l: : : : : :`ヽ、    │明朝の政治システムを         .│
               /::,.-l.゙-゙ムl ゙ー゙-"'''ー、: : : : ::ヽ   │                      │
           l>ゞ、,,ヽ〈;;;;;ノ==二二  ` 、: : : :   │そのまま引き継いだので・・・    .│
,,-"|   ∧  〈 ̄ 二二 ` ./ 二-二"、   ヽ: : :    └──────────────┘
.  ! ./  ヽ、ヽ、__,,__  /__ , ―'─  `ヽ、  !: :
   レ'       ∨   `y'"  , -、 r― 、  !  l: :       ┌─────────────┐
                |  /   l l   ヽ  l  l: :        │官僚の給料が              │
              ,.l、,,!,   り,,,,,,, ノ ./ /: :        │                    │
           rー 、_l_  `ー' ̄   `l_/ /: : :.       │バカ安いままだったのだ。    .│
            \   ̄ ` ー----‐‐'  /: : : :        └─────────────┘





                    ┌─────────────┐
                    │そのため漢人官僚、       │
       ___.          │                    │
      /  _   _ ヽ.       │特に地方官は おおいに      │
     /  ,-(〃)bヾ)、l    │                    │
     | /三 U  |~ 三 | _    │薄給に苦しんだのである    │
      |(__.)―-、_|_つ_)   └─────────────┘
    /  /`ー--―-´ /   内乱が続くよりは
    |  // ̄( t ) ̄/        まだましか〜
    |   | ヽ二二/⌒l
   (__> -―(_ノ

56 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:11:49 ID:DhAaOXTI


               ┌─────────────────────┐
               │だだ、やっぱりバカ安の給料では           │
               │                              ..│
               │やっていけないので                  ..│
               │                              ..│
≡||≡≡||≡≡||     │細々と税金の ちょろまかしを続けたのだった    │
≡||≡≡||≡≡||   _└─────────────────────┘
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| /- 、− 、   \
二二l  o o o ||/-|/・| ・\|- 、   ヽ
──────┤ `-● − ′ ヽ  ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 三  |  三    |  |      ___
          (____|__    |  !    /      \
        ( _\      ̄  /  /   /          i
.         \┝(t)┯━━━━l    |           ノ
               | _.ノ         |    ヽ       /l)
            ○_         |    �堯 押�_/ノ
            !_ノ        -●i      j┴-┴、
            ヽ____l__/    /´  ̄ ̄ ^ヽ   ※地方政府の運営費は
            (______)___).    i_|     i_|     租税の約2割を
           [______]    | |     | |      地方に残して使用していた
...           | | |... | | | | | |.      | |───| |

57 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:12:08 ID:DhAaOXTI


               / ̄\
                 |    |         ┌───────────┐
               \_/.          │それが            .│
                 |.            │                │
             /  ̄  ̄ \.       │一変するのは          .│
            /  ::\:::/::  \       │                │
          /  .<●>::::::<●>  \     │康熙帝の時代である  .....│
          |    (__人__)     |   └───────────┘
           \   ` ⌒´ 〃´ ̄ヽ
            〃 ̄ V }{ヽ/    _>
    ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
    l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
    |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
    j_    l≡l         !_         \
    { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
    ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }

58 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:12:28 ID:DhAaOXTI


   ┌─────────────────────────┐        _..---..、
   │康熙帝は19歳のとき、南方で半独立国を誇る三藩・・・    .│        '〉ゝ、  ゝ、
   └─────────────────────────┘       ./  ゙''''\ ヽ
                ..-/ '、                         ___,,丿    {  `'''''''' 、  ..rr
             /`ー-′  `ヽ                       /       _-'      冖''’ イ
          ォ―┘       │                      '―-''' 、   <          │
          │          '廴                       _..-‐‐′ ....ノ''、__     /''''′
       ___,,../           `゙ー、                    ..-┘     ゙、   \rt_._ ┘
  r'' ゙̄‐'"´                 ヘ、              厂"        ` ヘ、_、   `/
  ‐ァ                      /ー- -........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
  ィ′                  _ノ'⌒  (    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト                  j′    −7             _ '北京◎ ヽr'´ ∨
   ゙‐ 、            Y ̄´  ̄ヽ,,/--、 "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│    │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  |    ノ‐/   " _r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、      ゙┐  丶 / >
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈    _ゝ、_/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/【耿精忠】
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ 福建省 _,,、
                       l__ 【呉三桂】 ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、 雲南省 │       l 【尚之信】├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐   /広東省―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

59 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:13:26 ID:DhAaOXTI


              ∵:: .   ∵:.  : i^i_i^i_,‐、.     ┌─────────────┐
    ∵∴∵         : . .. :∵..::::/U::∪:`U..       │雲南の【呉三桂】         ...│
    ∵∴∵∴: : . . / ̄\   ::(つ´    ヽ.     │                    │
. : ∴∵   ....... :  .:|  . =-―‐‐ /0      ',-,,,._  │広東の【尚之信】         ...│
.. : :     ....:: :: . :::::::\_,,;-‐=ニ二_{o       :}_二. │                    │
∵     ::..::   .:::::::  | ~'''‐-  ヽ ~~"'''―-----   │福建の【耿精忠】         ...│
      ∵::  :::∵/ ̄ ̄ ̄\.   |ヽ、___,.,/  ∴ │                    │
    ∴∵::.  ::/ ::\:::::::/:::: \ /   ::/   ∵   │の討伐を決定するのだが・・・ .│
    ∵∴:: .::::   <●>;::::::<●>  \...:∴::        └─────────────┘
  ∵:..:.: /⌒ヽ::l⌒`i (__人__)    |∵::
  :/⌒ヽ|  |;; ;|  | ` ⌒´    /∴::
 (  ヽ;;ヽ__ノ;;; ヽ__ノ ! ̄ ̄ ̄ ̄
 >‐' /´.:.:.:.::::::::::::ヽ`ト、 .:∴::  . ∴∵∴
( : :/0   .:.:.:.::::::::::::', :    .. ...::∴
∵ |o    .:.:.:.:::::::::::::}: :: ..... ::∵

60名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:13:59 ID:iQMK9um2
江戸時代の日本の武士も必要経費は自分持ちが多かったらしいが、領収書システムとかがないからなのかね

61 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:14:04 ID:DhAaOXTI


                    ┌─────────────┐
      / ̄\        │討伐は              ..│
     |     |      │                    │
       \_/       │思いがけず、苦戦が続き    .│
         |         └─────────────┘
     / ̄ ̄ ̄\
   /    ::\:::/:\.   くそーっ
  /   <>>::::::<<>\   簡単にダブルミリオンのはずが・・・
  |      (__人__)  .| ≡_)_
  \ =_) ≡_)/=_) ≡_)
   _ =_) ≡_)_ =_) ≡_)
   ≡_) =_)  ≡_) =_)
   |        ノ
   /  ___  (
  (_ノ     ゝ_)





                           ┌───────────┐
                           │ついには           │
       /\___/ヽ       │                │
      /:::::::       \       │国庫がカラになって     .│
      |:::.   ''''''   ''''''  |.      │                │
     |::::.,(●),   、(●)|     │しまったのである      .│
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |     .└───────────┘
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /           .|
     /   `一`ニニ´-,ー´               |      ┌───────┐
     /  | |    / |             |      │そこで     .....│
    /   | |  / | |                  |      │           .│
    /   l | /  | |                  |      │仕方なく・・・   │
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|      └───────┘
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      ①        \
    `ー、、___/`"''−‐"    ⑩  ⑤         \
                                    \

62 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:14:37 ID:DhAaOXTI


               / ̄\       ┌──────┐
                 |    |.      │売官や・・・   .│
               \_/       └──────┘
              __|___
            / :::\::::::/\
           / < ●>:::::<●>\ お前に 官僚になる権利を
         /     (__人__) u  \        売ってやろう!
          |  u.    ` ⌒´    |
           \,,     :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           /⌒ヽ(^う  官僚権利書   (,,)
            `ァー─イ             .|
           /     |_____________|
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ

63 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:15:01 ID:DhAaOXTI


           ┌──────────────────┐
           │官僚たちの給料を 無理やり寄付させ     .│
           │                              │
           │地方政府の運営費までも             │
           │                              │
           │国庫に入れさせて                   │
           └──────────────────┘
           , ────  、
         /     /⌒ヽ ⌒ヽ\  っ           /f゙ヘt、`-、_
        /    , ─|/ (・|・)\|、 ヽ  っ       /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
       /   /   ヽ、_ノ、_ノ ヽl          \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       l    /  /\ 二  ● 二  l⌒ヽ         `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       |   / /    \─  | ─/ヽ_ノ           `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
      ☆|   /⌒ヽ     \_|__/ /                `゙''-、ゞrt.;.ォ//
    ★   l/ヽ _ノ         /  /             ,            ゙、/
       /  / \_(二二)___〈 /              /|
      /  /━━━O━,─<             , ‐'゙ /
      l  / ___  /   l          _,.. ‐´fじ''´
      |  | ヽ   ノ />、_.ノ           ノ_,. -''´
      ヽ  ヽ /⌒ヽ //             ´
        ヽ、_|    |./
         `.ー ′               ┌─────────────┐
                          │なんとか戦費を かき集め・・・ .│
                          └─────────────┘

64 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:15:26 ID:DhAaOXTI


   / ̄\             ┌──────────┐
  |     |                 │やっとのことで     ...│
   \_/             │              ..│
      \              │三藩の鎮圧に       │
    /  ̄ ̄ ̄ \          │              ..│
   /   ::/:::\::\         │成功したのだった   ...│
  /   < ●>::::::<●>.       └──────────┘
  /     ` (__人__)  |
  {      |r┬-/ ' |
   \    ` ⌒´ /    ',,''ヽ、
/⌒)⌒)⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ \ ,,-''"    \
| / / /..      ,-'"         \
| :::::::::::(⌒)       /\           \ ドォーン
|     ノ __  //\\   三藩     \ ガガアガーン
ヽ    / /|[]::::::|/ \/\\         /
 | /| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //
  |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/
_..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/⌒ヽ、
 llll|  |:::「「「「 / \/\  /\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
 llll|  |:::LLL./(⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y     .....⌒)

65 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:15:46 ID:DhAaOXTI


                              ┌────────────────┐
        ____                    │だが、                    ..│
     ,. '"::::::::::, - ,;::::::,ニ、'‐-::、             │                       .│
   ,.;'"::::::::::::::::/‐- 、l/   ';:::::::::\          │ただでさえ バカ安い給料の        .│
  /::::::::::::,;::::::/  .( ・)| |--- .|:::::::::::::\        │                       .│
/:::::::::::::::/:|-'へ、/⌒,.!、`ヽ ./ ̄\:::::::::l       │ほとんど全部を 寄付させるという   .│
:::::::::::/ し'    ' ‐-イ::::::::)‐'"    \:::|.       │                       .│
:::::::::/    ̄  ̄ ' -  '‐r''" ' ̄ ̄ ̄  ',:!      │ムチャクチャなやり方は        ...│
:::::::/  ∧ー――-   .|   ――∧-  l|.       └────────────────┘
:::::::|  し'     _    |   ー- し'_  l|
:::::::l  ―― '´  ,r ┬个┬-、     ./
::::::::l    -‐='"┴┴┴┴ ┴=:、   /         ┌─────────────┐
::::::::' 、                 ̄ /   ,      │多くの漢人官僚たちを・・・   .│
\::::::\___________/  / .|      └─────────────┘
  >------------r―-:、------ゝ、  し'
/::::::::::::::::::;;-‐'"´ ̄ト‐┬‐l ̄\:::::::::::\
::::::::::::::::::::/      ヽ -‐'   `:,:::::::::::l

66 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:16:18 ID:DhAaOXTI


                        ┌────────────┐
                        │大喜びさせたのだった     │
      ____          └────────────┘
   /   − 、− 、 \
.  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ バンザ〜イ!
 / _/   `−●−′ \ヽ
 |(_ 三   |  三 _) |          ____
 | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |       /   − 、− 、 \
 ヽヽヽ   (^U^)   ///   .  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ やったぞ!
  \ヽヽ(二二二)ノ ヘ     / _/   `−●−′ \ヽ
    ━━, ─、━/○^     |(_ 三   |  三 _) |         ____
    ,┴ 、二○= / ノ      | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |       /   − 、− 、 \
   |   |ヽ_ ノ  /      ヽヽヽ   (^U^)   ///         / , -|   ^|^  |- 、 ヽ GJ!
    ` ─´ ─、_ /        \ヽヽ(二二二)ノ ヘ      / _/   `−●−′ \ヽ
         ( __ ノ           ━━, ─、━/○^       |(_ 三   |  三 _) |
                      ,┴ 、二○= / ノ       | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |
                     |   |ヽ_ ノ  /        ヽヽヽ   (^U^)   ///
                      ` ─´ ─、_ /         \ヽヽ(二二二)ノ ヘ
                           ( __ ノ            ━━, ─、━/○^
                                         ,┴ 、二○= / ノ
    ┌──────────┐                    |   |ヽ_ ノ  /
    │なぜかといえば・・・   │                    ` ─´ ─、_ /
    └──────────┘                         ( __ ノ




     .   _______________________________
       |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
       |┃                                              ┃|
       |┃       『 付 加 税 』 を 復 活 で き た か ら で あ る 。       ┃|
       |┃                                              ┃|
       |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
.        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

67 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:16:42 ID:DhAaOXTI


                       ┌───────────┐
                       │実際には          .│
       ( ⌒ ⌒ )          │                │
       (     )         │付加税は厳禁された  .....│
       (、 ,   ,)           │                │
         || |‘               │ままなのだが・・・      .│
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         └───────────┘
      /   ,∨∨∨∨∨
    /  /   \()/ |
    |  /.    ((・) (・)|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (6      ⊂⊃ |    / おいコラ
     |     __l_,.|  <
     |    /    / /    \  付加税取るな! 死刑にするぞ
   /|     ̄ ̄ ̄/\       \___________

68 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:17:09 ID:DhAaOXTI


                         ┌───────────┐
                         │漢人官僚たちから      │
                         │                │
                         │こう反論されると・・・   ...│
                         └───────────┘

                   ───  、        _,ノ でもさぁ
           /::::::::::::::::/フヽ _\    _)    給料なしで、どうやって生活するの?
         /:::::::::::: ─|/ G| {∠::::',      )
  〃⌒ヽ.   /:::::::::/_\ヽ__ノ⌒ヽノ-ヽ   ⌒)   地方費なしで、
  {     }   l::::::::/  ──   ヽ__彡∠ |   ⌒)    どうやって 運営するの?
   ヽー彡::ヽ |:::::::|  / ̄ ̄\_| ─ ノ!    ⌒)
     \:::::::\::::!. |/⌒⌒ヽ    ̄T´/⌒ヽ   ⌒)-、  付加税取るしか無いでしょ!?
        ヽ:::::::::::::.  \___}__,ノへ_ノ      '⌒Y
        \:::::::::::ミ==========≦:::::/





                           ┌──────────┐
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       │返す言葉が無い。   ..│
      /   ,∨∨∨∨∨       └──────────┘
    /  /  /   \ |
    |  /  ,<・> < ・>.|
     (6. ι "" ⊂⊃""|
     |.       _l_,|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |       /__//  < いや、まぁ・・・ そうよなぁ・・・
   /|         /\   \____________

69 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:17:35 ID:DhAaOXTI


         ┌──────────────┐
         │なかには                    .│      ( ⌒ ⌒ )
         │                   .....│        | | |
         │付加税 絶対反対を主張し     │     ヽ   _____
         │                   .....│   \   / \/ ヽ   `\
         │清廉潔白をウリにする      ...│ _   / |  .|.  |− 、   ヽ
         │                   .....│    //`ー ●ー ′   \   ヽ
         │漢人官僚もいたのだが・・・     .│    __l  三 |  三     ヽ   l
         └──────────────┘  .\______|__/ ̄`ヽ  l  |
                                       .   l          |   | /⌒ヽ
                     絶対反対!           |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ
                           官僚は公僕だぞ!!  、ー┴─────┘ /   / ノノ
                                         >━━O━━━━/  /
                                      /⌒ヽ  /    \     |
                                        【付加税反対派の官僚】





       _,,,...-――-,,.._     (  き  バ
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   ( み  カ
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i  (  は  か
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i  (
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }  ノノヽ人__丿
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /      ┌───────────┐
     ヾ >、_____,,,ィ..       │そんな奇特な御仁は    │
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i      │                │
    【圧倒的多数の官僚】      │ごくごく少数である     │
                      └───────────┘

70 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:17:58 ID:DhAaOXTI


    ┌─────────────────────────┐
    │高い教育費を払い、十数年間 努力を続けて            .│
    │                                   .....│
    │やっとの思いで科挙に合格し、官僚になったのである。  .....│
    └─────────────────────────┘

                          ┌───────────────────┐
                          │それがなんで、薄給にあえぐ貧乏生活を   .│
───  ____  ────      │                          ......│
──  /    \,,/ \────.      │せねばならぬのか?               │
_  /  / −|  ・|・ | ヽ __.         └───────────────────┘
─ |  /    ヽ ●-´ヽ| ──
.  | | ___ 三  | 三 |      ───  ____  ────
_ i | \| ̄| ̄| ̄|/ /  __ ──  /    \,,/ \────
─ ヽ |   `─-─′ //○ ─  _  /  / −|  ・|・ | ヽ __
─ /━━━( t)━━i /___ ─ |  /    ヽ ●-´ヽ| ──    ───  ____  ────
 ○   /     ヽ ノ/────   | | ___ 三  | 三 |         ──  /    \,,/ \────
       ̄ ̄ ̄           _ i | \| ̄| ̄| ̄|/ /  __  _  /  / −|  ・|・ | ヽ __
                     ─ ヽ |   `─-─′ //○ ─   ─ |  /    ヽ ●-´ヽ| ──
                     ─ /━━━( t)━━i /___  .  | | ___ 三  | 三 |
                      ○   /     ヽ ノ/────  _ i | \| ̄| ̄| ̄|/ /  __
                            ̄ ̄ ̄              ─ ヽ |   `─-─′ //○ ─
     ┌──────────────────┐          ─ /━━━( t)━━i /___
     │漢人官僚たちは                .│           ○   /     ヽ ノ/────
     │                           .│                 ̄ ̄ ̄
     │付加税復活のため                   │
     │                           .│
     │猛烈な政治運動を はじめたのである    .│
     └──────────────────┘

71 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:18:26 ID:DhAaOXTI


                      ┌─────────┐
       ./ ̄::\      │そのため        │
       |   : : : ::|        │            ....│
        \_:;;;;/      │三藩鎮圧の後も    .│
        |.         └─────────┘
     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\..        ┌───────────────┐
 / ∪   . . : : : : : : \        │給料・地方費を国庫に寄付し    .│
 |         . : : : : : : : :|        │                     ...│
 \_    . : :〃 : : : :,/         │かわりに付加税を取る       ....│
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      │                     ...│
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\     │状態が続き・・・            ..│
                     └───────────────┘





                           ┌─────────────────┐
          / ̄\..           │学問好きとはいえ               │
          |     |.           │                         .│
     /≡)  \_/ /ミ ヽ      │中国的教養が少ない             │
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \    │                         .│
  / /   /::\::::::/::\  \ \..  │康熙帝では                ......│
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> ).  │                         .│
  \  / u  (__人__).    \'./   │漢人官僚の 圧力に耐え切れず・・・    │
    ヽ|      `⌒´  u   |/. .   └─────────────────┘
      \             /

72 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:19:04 ID:DhAaOXTI


                        ┌──────────┐
                        │ついには         ..│
         / ̄\         │              ..│
        |     |..       │付加税の「黙認」を  ....│
         \_/         │              ..│
           |           │明言したのだった   ...│
       / ̄ ̄ ̄ \      └──────────┘
      /  u   ノ  .\    うーむ
    /      u <●>:::::::\     少しぐらいの付加税は
    |         (__人__)|        大目に見ることにするぞ
     \ /⌒)⌒)⌒)` ⌒//⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /   清廉潔白な官僚より、
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/     仕事ができる官僚のほうが 役に立つしな・・・
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

73 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:19:29 ID:DhAaOXTI


                               ┌─────────────┐
      ____                 │漢人官僚の大勝利である     │
   /   − 、− 、 \ さすが陛下!    └─────────────┘
.  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ   度量が広い!
 / _/   `−●−′ \ヽ
 |(_ 三   |  三 _) |          ____
 | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |       /   − 、− 、 \ よっ!
 ヽヽヽ   (^U^)   ///   .  / , -|   ^|^  |- 、 ヽ  名君!!
  \ヽヽ(二二二)ノ ヘ     / _/   `−●−′ \ヽ
    ━━, ─、━/○^     |(_ 三   |  三 _) |         ____
    ,┴ 、二○= / ノ      | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |       /   − 、− 、 \
   |   |ヽ_ ノ  /      ヽヽヽ   (^U^)   ///         / , -|   ^|^  |- 、 ヽ GJ!
    ` ─´ ─、_ /        \ヽヽ(二二二)ノ ヘ      / _/   `−●−′ \ヽ
         ( __ ノ           ━━, ─、━/○^       |(_ 三   |  三 _) |
                      ,┴ 、二○= / ノ       | | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | |
                     |   |ヽ_ ノ  /        ヽヽヽ   (^U^)   ///
                      ` ─´ ─、_ /         \ヽヽ(二二二)ノ ヘ
                           ( __ ノ            ━━, ─、━/○^
       ┌──────────┐                ,┴ 、二○= / ノ
       │この政策転換によって │                 |   |ヽ_ ノ  /
       │            .  .│                ` ─´ ─、_ /
       │康熙帝は・・・      ..│                     ( __ ノ
       └──────────┘

74 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:19:55 ID:DhAaOXTI


                  ┌──────────────┐
                  │寛容で 度量が広い皇帝との  ....│
                  │                      │
                  │評判を確立し             .│
           ,-=;,  └──────────────┘
          {__7!             / ̄\
          〔_ラレ        ,、_,-‐y|     |
           `y"l       rヲレへシ'"\_/
           iト-ヘ、      (_;フイ   |        r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル || /  ̄  ̄ \      し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||!  ノ::::::::::\  \.  人_フ
             V  ヽ,    |  |.|<○>::::::<○>  \/ /  (・・・・・全然うれしくない)
              ヽ   ヽ,  ト = }{i| (__人__)     | /
               `i 、,  ヽ, - ルハ ` ⌒´    _/シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7 ̄ン〈_ __/
                V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<rn ゞミヽ
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄
         ┌────────────────────┐
         │漢人官僚の 絶大な支持を受けたのである    │
         └────────────────────┘

75 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:20:19 ID:DhAaOXTI


                            ┌───────────────┐
                            │もちろん、清の時代でも        │
                            │                     ...│
        , --───-  、         │付加税は                │
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\.       │                     ...│
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ    │地方官のポケットマネーである  .....│
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ   └───────────────┘
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_ 建前では、付加税は
    |  / \./     |  ー-./ !     無いことになってるからね!
    、 ' l. /\_   | _/ /\             _____
    ヽ  X        ̄ ̄   /     .          /壱 //万:/|
     /、二二二二二二二二 く                |≡≡|__|≡≡|彡|____
    /      /  ( 〒)\ ヽ       / ̄//.|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|
    !  /  /         }   !        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

76 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:20:40 ID:DhAaOXTI


                        ┌────────────┐
     ☆  _____.          │ただし、                 │
    ☆ /, = 、 −、 `\.       │                  │
     ./-/ +/◎ ノ、=「l=ヽ     │欲張って 取りすぎると   ....│
     /  `=●ー ´  ヽ`  ヽ    │                  │
     l =「|=゙ | 〜〜   l   |     │さすがに処罰を喰らう      │
     | 〜^ | 〜~^  |   l    └────────────┘
     ヽ /⌒ー⌒ー⌒ヽl   ノ
      >━━o━━━━イ
     / / ___  |.   |  ←通常の3倍の付加税を取って
   /⌒ヽl ヽ.__ノ ノ  | _ |       処罰を喰らったアホ
   ヽ_ | ` ー─ /⌒ヽ(_)
      ´ ̄ ̄ ̄`|   |/
            `ー ´

77 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:21:01 ID:DhAaOXTI


                         ┌─────────────────┐
                         │付加税は【知県・知州】が徴収して     .│
                         │                         .│
      ,. -――‐- ._         │上官たちに上納する。           .│
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ      └─────────────────┘
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ       ______
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',     / / ̄ヽ ̄ヽ\
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |    / _|  / |ヽ |_\      ,.:―――‐‐.、
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l  /  /  `ー ● -   ヽ     /  , - 、, - 、 ヽ
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /  | / , 二   |   二、ヽ   / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ     ,..------...,,      __
  VV  {   )  ̄      / /   | | | ─    |   ─ ||  l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   /-i''。i'。`i---、`i   /,.(=b=)i
   ヽ/ `ー'_____,//    ヽヽ .\    |    //  .l l - `ー┴―' ‐ l.,!   |._``'♀''´∠ | .|  |(__) ⊥ぅD
   /    /--/⌒ヽ----┘、     .\ヽ `'ー─┴─‐''" /    \ヽ'       `./   ,!.、'_ |  _`,.  | |  f /t三了'
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \    (二二二(〒)二二)      ヽ===(テ)=="l       ゝ,二二...__...ノノ   と)ー‐○
       【総督・巡撫】         【布政使・按察使】        【道員(道台)】       【知府】    【知県・知州】

                         ┌────────────────────┐
                         │もちろん、上に行くほど収入が多くなり・・・    │
                         └────────────────────┘

78 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:21:22 ID:DhAaOXTI


                        ┌──────────────┐
                        │例えば、河南巡撫の年俸は   ..│
                        │                   .....│
                        │銀150両であるが        ....│
                        └──────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ     ┌───────────┐
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||.     │実際には、         .│
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||.     │                │
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ   │銀20万両の収入が   ...│
         弋ェェt┼┬┌─  河南省  ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ.  │                │
             il_,└───────┘ ,  i!       │あったという       ......│
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l       └───────────┘
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄ < 1000倍以上!
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

79 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:21:47 ID:DhAaOXTI


                ┌─────────────────┐
                │こうした莫大な利権に          ......│
                │                         .│
                │官僚たちが堕落しないわけが無い    │
                └─────────────────┘
  ______       ______       ______        ______
 /∵∴∵∴∵∴\    /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\
 |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|     |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|   |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|      |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|
 |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|
 |∵| (\_/)|∵∴|    |∵| (\_/)|∵∴|   |∵| (\_/)|∵∴|      |∵| (\_/)|∵∴|
 \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/   \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/
 /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\

  ______       ______       ______        ______
 /∵∴∵∴∵∴\    /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\
 |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|     |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|   |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|      |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|
 |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|
 |∵| (\_/)|∵∴|    |∵| (\_/)|∵∴|   |∵| (\_/)|∵∴|      |∵| (\_/)|∵∴|
 \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/   \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/
 /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\

80 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:22:13 ID:DhAaOXTI


       ┌──────────────┐
       │彼らは                .│
       │                   .....│
       │政治グループを作って      ...│
       │                   .....│
       │利権獲得のため団結する     ...│
       └──────────────┘

       ________________
     /∵∴∵∴ ∴∵∴ ∴∵∴ ∴∵∴ ∴∵∴\
    /∵∴/∴∵\/∴∵/∴∵/∴∵ /∴∵\\
   /∵∴●∴∴.●∴∴.●∴∴.●∴∴.●∴∴.●  |
   |∵∵∵/ ●\/ ●\/ ●\/ ●\/ ●\∵|  tanasinn
   |∵∵ /三 | 三三 |  三 | 三三 |  三 | 三| |
   |∵∵ |\_|_ \_|_\_|_\_|_\_|_/| |
    \∵ | \__ノ .|\__ノ .|\__ノ .\__ノ .\__ノ .|/
   / \|___ ___ ___ ___ ___/\
  │ ∴∵━━○━━━○━━○━━○━━○━∴│
  │∵∴/ _______________\: |
   | :/∵|  \_/\_/\_/\_/\_/  ||_|
   ○ |∴ \______________________/ |_)
     |∵∴∵Λ∵∵Λ∵ ∵Λ∵ ∵Λ∵ ∵Λ∵∴/
    ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄) ( ̄ ̄)( ̄ ̄) ( ̄ ̄) ( ̄ ̄)

81 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:22:34 ID:DhAaOXTI


       ┌──────────────────────┐
       │そして、当然のように 国家の利益よりも        │
       │                                │
       │政治グループの利益を 優先させるようになる。     .│
       └──────────────────────┘
                                             __         .__
     _____                             /♯\      /♯゙、
    /∵∴∵∴∵\                          |♯ ,. -――‐- ._ ♯|
   /∵∴∵∴∵∴∵丶                           レ'´ _,,-‐――‐-、,_`ヽ
  /∵∵(・)∴∴.(・)∴:|                             / ,∵∴∵∴∵∴∵゙ヽ ヽ
  |∵∵:/ ○\∵∵:|                       ..  / /∴∵∴∵∴∵∴∵ ヽ ヘ
  |∵∴/三 | 三|:∵:|_−−〇   tanasinn           ,' /∴∵(・)∴∴.(・)∴∵∴゙, ',
  |∵∴| __|__ |∵∴∵;- ̄                       ! l∴∵∴/ ○\∴∵∴∵l |
   \∵|  === .|∵∴∴\                       l l. ∴∵/三 | 三|∴∵∴∵ l
    \\__/∵∴∵∴|                      .  ', .,.∵∴| __|__ |∴∵∴/ /
     ━(〒)━\∵∴∵∴|  ●                    V ∵∴|  === .|∴∵∴/ /  tanasinn
     |     ___|∵∴∵∴|/        _____      \ヽ∵ \__/∴∵//
     |    /」∵∵∴∵∴|.        /壱 //万:/|     ,└‐‐---/⌒ヽ----┘、
     \| ̄\∵∴∵∴∵/        |≡≡|__|≡≡|彡|__/  /   ヒΤフ  ヽ  \
    /∵\_|─、∵∴:/   ./ ̄//.|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|
   | ̄\/      ̄ ̄    |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
   \_|               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

82名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:22:34 ID:HZcitAc.
何というピンはねに次ぐピンはね

83 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:23:05 ID:DhAaOXTI


            ┌───────────────────┐
            │付加税により 吸い上げられた金は・・・    .│
            └───────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

84 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:23:31 ID:DhAaOXTI


                 ┌────────────────┐
                 │中央政府の官僚たちや         │
     ___      │                          │
    / vvvvvvvヽ    │満洲人の有力者・皇族にも届けられ  │
   | |   ノ  ヽ|.    └────────────────┘
   |__|    ^__^ ヽ                      ______
   (d     ⊂⊃ ヽ           \       ∠/ ・/・ /_  \
   !       l   !            \     /  `-●−′ \  \ ──────
   (\ ___ 3_./    /^.l           (_三 /  三 __ ヽ  i ─────
  / ` ────'ヽ__ /)ヽ |     ──  | ̄| |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |  |  !  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /          ヽ   |  ノ           | (ヽ\          / / / _____
  | |   |/\/\/\|-─┘´             ̄ ^\\_(二二二/ / /  ─────
  | |   |.        |             /        ━━6━━━━ヽ、
                        /         | /__ \   __(_)
                                 / ̄ヽ _ ノ )  |−、 _____
                              (( |   | ── ′  |  i ──────
                                 ヽ _ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_ノ

85 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:23:51 ID:DhAaOXTI


                             ┌─────────┐
                  ___.        │賄賂政治が        │
___            /  vvvvvvヽ     │                  │
  - 、-、\ /       |_| /  ミ_∠ |       │当たり前になる。  ...│
-| ・|<|-ヽ        (     ⊂⊃ ヽ    └─────────┘
 ` -●-  | ─      /(  ヽ   l ノ !
\三 | 三_>      /\\  \_//
   ̄ ̄// \    ./   \` ── 、´
(二二)//       |    /\ ̄ ̄|\ _┌┐   ____
━o━ ○      |  \/  \_ |/)、└┘ ) /____/|
__  ヽ/  ))    |   \     _ノ ̄ ̄ |__|__|/
/ /         ヽ_    ̄ ̄ ノ     /  /l ̄ ̄
- ´         (^\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    | ̄ ̄|
            ` ┴──── ′ / ̄ ̄/
                         ̄ ̄ ̄

86 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:24:14 ID:DhAaOXTI


                      ┌───────────────────┐
                      │実は、                        .│
                      │                                │
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ.         │康熙帝の時代に起きた              │
  .〈● ノ\   /\ ●〉        │                                │
   ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ        │皇太子の座をめぐる 皇子たちの争いも・・・ │
   )    Y    (            └───────────────────┘
  ./γ⌒     ⌒ヽ\             /0 ̄\
 /  |         |  ヽ            |:::::::::::::::::|
 |   ヽ__人__ノ   |            \___/
 \     `ー'´     /             ____
 /     ∩ノ ⊃  /                 /    \
 (  \ / _ノ |  |                / ⌒  ⌒ \
 .\ “  /__|  |               |   ・ .. ・   |                ____
   .\ /___ /             |    `ー'   |                /⌒  ⌒\
  【大阿哥 きめぇ夫】           /\____/ヽ            /( ●)  (●)\
                            /__/__   __ヽ__\           /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                      ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ        |     |r┬-|     |
                        【二阿哥 オプーナ夫】          \      `ー'´     /
                                                【四阿哥 やる夫】

87 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:24:36 ID:DhAaOXTI


                      ┌─────────────────┐
                      │こうした                   ....│
     _____             │                         .│
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ           │政治の堕落による             ..│
   |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|          │                         .│
   |::::::::/ ⌒  ⌒ |         │利権獲得運動の一環であったのだ  ......│
   |:::::::〉 ( ●) (●)|         └─────────────────┘
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |             _Ω___
    \    `ー'´ /            /|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.           |_.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_|___
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i         /   ⌒ww⌒  \
   |  \/゙(__)\,|  i |        /   ( ◎)  (◎)   \              ____
   >   ヽ. ハ  |   ||      / ∵∴⌒Y__人__Y⌒∵∴  l             /     \
   【八阿哥 いく夫】         |      }r┬-{       |         / ⌒   ⌒ \
                       \      `ー'´      /         /   (●)  (●)  \
                          【九阿哥 do夫】               |      __´___    . |
                                                  \      `ー'´     /
                                               【十四阿哥 できる夫】

88 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:24:56 ID:DhAaOXTI


                  /0 ̄\
             |:::::::::::::::::|
                  \___/            ┌───────────────┐
               ____                 │真っ先に               .....│
              /    \.             │                     ...│
        __ / \  / \__         │漢人官僚に 取り込まれたのが    .│
       /:/    |   ー .. ー  |   ヽヽ    │                     ...│
        | |    |    ' ̄`    |      i :!.     │皇太子・二阿哥であり・・・       │
    __| |   /\____/\   :||__.   └───────────────┘
   / __ _/ ` ー― --v--―一´ \     丶
   | r - 、┤ V ||└‐┬┬‐┘|| V ├/ ̄::Y:|
   | (   )|  | ||:  ||   :|| |  ||  ):|
   | ヽニソ:/⌒ j ||:  ||   :|| | ⌒ヽ`ニニン |
   \ __,/   /!,,||:  ||   :||,,.|ヽ  ヽ  /
     { ミ∪ / :i》==┤├==《| ヽ∪彡r
    _!⊃ソ_,/  l|| |:   ||  | ||:|   ヽ⊆ソ
    |      ||,/´ ̄`∨`Y´∨´ ̄`ヽ√ ̄ ̄ 7
    |..___|/    ノ_} 人 {:.ヘ    |    /
   |      |   .:|└─ ─┘|:   | ̄ ̄ ̄|
    \___|   | ====|:   |__,/
      |  ├===┤┌‐┬ ┐├===┤   |
      ヽ   }    {: └‐┴ ┘ :}    {   /
         \ヘ三三ヘニニニニニニニ/三三//

89 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:25:20 ID:DhAaOXTI


                _____
              /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
           |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|        ┌───────────┐
           |::::/ ⌒  ⌒  |:::|         │二阿哥の失脚後は      │
           |:::〉 (●) (●) 〈:::|        │                │
          (@ ⌒(__人__)⌒ @)        │八阿哥 いく夫が        .│
           |   |r┬-|   |.        │                │
           \  `ー'´  /        │漢人官僚の中で      │
            >'1ミ二彡^ヽ、.        │                │
           /  个 ー イ 彡ヽ.       │一番人気となる      ..│
          /  i  ト/ミy@┬ ヘ      └───────────┘
          /| ̄|ヘ / ,h  /| ̄ |
          7|> '  /n `タ._k  |
          ゝ _ /彡イ `〜 、...,,_}         ┌──────────┐
        __ >彡 '_ゞ_ゝニゝ、_         │皮肉な            │
       < ミ三三彡彡へ r‐ァニ三彡ハ.        │              ..│
       〉ーニ二三彡彡1 l キニ三二−ヲ        │見方をすれば・・・     │
        f⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒ハ.       └──────────┘
     f⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒ 〉
      ゝ⌒X⌒ヽ〜‐-<⌒⌒ メ⌒Y  / ヘ  ←仏のいく夫と呼ばれている
     ( \ \     〉-‐rく   ,.-く   ノ
      `丶 _ へ  ハ    ) /  //

90 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:25:46 ID:DhAaOXTI


                       ┌───────────────┐
                       │八阿哥は それだけ          │
                       │                     ...│
         , --───-  、.      │彼らにとって 都合のいい存在   ...│
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\     │                     ...│
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ.  │だったのだろう            ...│
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ. └───────────────┘
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_  いく夫様こそ、
    |  / \./     |  ー-./ !     皇帝にしたい皇子ナンバー1だね!
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

91 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:26:06 ID:DhAaOXTI


          ┌────────────────────┐
          │当然ながら、こうした政治が            .│
          │                            ....│
          │国家や社会全体にとって 良いわけがない   ...│
          └────────────────────┘

      ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'           `u-u'  `u-u'            `u-u'  `u-u'

      ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'           `u-u'  `u-u'            `u-u'  `u-u'

92 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:26:30 ID:DhAaOXTI


     ┌─────────────────┐
     │何より問題なのは             ...│
     │                         .│
     │付加税が 地方官のフリーハンドに     │
     │                         .│
     │任されている事である            │
     └─────────────────┘
ミミ    _____   彡彡彡彡彡彡
ミミミ  /  / \|/ ヽ \   彡彡彡彡彡
   /  /|  0|∠ |ヽ ヽ、    彡
ミミ. |   |\ `−○-´ /| |  すべては僕の
ミ  |  /|  |\ 三|三/| | |      手のひらの中!
ミ  |  | |_|__|\_|/|  |__| |  _
   | | |  | | ̄ | ̄| ̄| / /  (___ノ
ミ __ ヽヽ\_/ ̄\___// / /
ミ(___)−===(T)==   / 丿丿
 ヽ__   /     ヽ | /


       ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

          例えば、ある県で 租税1万両、付加税3千両と
          決めたのに
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳─────┐
         ┃    租  税              ┃ 付加税   │
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻─────┘

           実際の税収が1万1千両しかない場合
           どうするかというと
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃    租  税                  ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

93 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:26:58 ID:DhAaOXTI


                   ┌────────────────┐
                   │地方官は、真っ先に           │
                   │                          │
      ____.        │自分の取り分、3千両の付加税を    │
     /∵∴∵∴\.     │                          │
    /∵∴/∴∵\\.     │ふところに入れるのである          │
   /∵∴<・>∴∴.<・>|    └────────────────┘
   |∵∵∵/ ●\∵|
   |∵∵ /三 | 三| |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |∵∵ |\_|_/| | <  コトシハ フサク ゼイシュウ フソク
    \∵ | \__ノ .|/  \____________
   / \|___/\
  │ ∴∵━━○━∴│

         ┌─────┳━━━━━━━━━━━┓   ┏━━━┓
         │ 付加税   ┃    租  税         .┃   ┃ 不足 ┃
         └─────┻━━━━━━━━━━━┛   ┗━━━┛

94 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:27:25 ID:DhAaOXTI


                     ┌───────────┐
                     │おかげで           │
       /\___/ヽ       │                │
      /:::::::       \.    │全国的に税収不足と  .....│
     |:::.   ''''''   ''''''  |    │                │
     |::::.,(●),   、(●)|     │なったのだった。     ...│
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |     .└───────────┘
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /           .|
     /   `一`ニニ´-,ー´               |
     /  | |    / |             |
    /   | |  / | |                  |
    /   l | /  | |                  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      ①        \
    `ー、、___/`"''−‐"    ⑩  ⑤         \
                                    \

95 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:27:48 ID:DhAaOXTI


           ┌───────────────┐
           │また、取り決めが無いので      .│
           │                     ...│
           │徴収は不公平なものとなり・・・   ..│
           └───────────────┘
        ,,,,,..─--.,,,、
      /         \  ねぇ〜
     /            \  付加税は 払わなくてもいいでしょ?
     /   丿ノ__ _丿)_ ___|
     |    | / __     __ヽ|     ̄ ̄
  _|    | =/  |   =./ | |    ___
 (::::::| _  |  | ⌒|    |⌒| |     __
  ヽ::::( |  |   ̄   ゝ ̄ |        |
  /:::::/|  |、   ┌─,  ノ |        |
  \:/ └.┘\.,_  ̄_../-┘     ̄ ̄
     、-─「└-` ̄|─--_-、                       (⌒⌒)
      ,(  `─---′  )ヽ丿             , ────  、  \/
      | (         ) |′          /    , − 、 ⌒ヽ \
      │ |       /  /           /   , ┤ +|+ 「`\ヽ
      '、 \    / /           /  /   ヽ__ ノ●‐´/ ヽヽ
       \ \__/ / \          /  /   ─    |   ─  `l
      /`-(., __ ノ    \         l  l    ─    |   ─  ̄ノ
     /            \         l  | |     /    |    , -イ
     (_/⌒\.__./⌒\.,__.__.ノ          ヽ ヽヽ、_ , ‐┬ 、__l_ /  /
     (    /|    /            〉⌒`\ |  |  |       /
      `---′ `---′             >、 _ ノ`ヽ、__ ノ━━━イ
                              ヽ _ ノ>、           |
                                l   |    ̄ ̄ ̄ ̄ `l |
                               `┬イ ヽ. ̄ ̄ ̄ フ ノ l
                                 | ヽ、` ー─ ´_/ /
                               _l     ̄/「 ̄   /
                              (   ̄ ̄ )(  ̄ ̄ )
                                ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄

96 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:28:19 ID:DhAaOXTI


              ┌───────────────┐
              │特に官界にコネの有る家は    ....│
              │                     ...│
              │付加税を免除されるようになる   .│
              └───────────────┘
       | |                                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\     | |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   | あら、『生員』の私も
\\   | |  | 私は『挙人』だから                    |  払ってないわよ!
       | |  |  付加税払ってないわ!        .___  ヽ_  ______
       | |  \                     /⌒     `\  ∨
\     | / ⌒  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄      ( ( (\       ヽ           .
\  / ⌒ヽ,' ──`- 、                      l ヘヽヽ       ヽ
ヽ /   / /´ ̄ ̄`\                | |) |  l- 、    |
  l  /   / / へ   ヘヽ             ┌      ( l    ノ ヽ| |ヽ
\ |  l  l  | (|   |(| l                ー┐     く   `ヽ\| |\
\ ヽ_|  |   ー   o ´ |               < _    Y \ヘノ  | |\
/⌒. l  l    __)  l    __________ ∠二二 l   /⌒ヽ ⌒ヽ
  / ヽ  ヽ   ヽ_ノ   ノ _─/                /     |─/   /  /─
/ /  `,━━━O━イ´( _)             ⊂ ̄ヽ┴┘  |  | /   /  /|
 /    l    \ ___ ヽl/ (二)        (二)  ヽ_l.__ ノ  /   /  /
        |   ヽ(__)_ノ/ (|  |      |  |)   / /ヽ___ /   /
       ヽ  ` ー/  ( `ー´ )    ( `ー´ ) / /       /   /
.    /   ` ー/      ̄ ̄       ̄ ̄ / /_l____./

97 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:28:41 ID:DhAaOXTI


                ┌─────────────────────┐
                │税金を払わなくて良いとなれば            │
                │                              ..│
                │付加税どころか、                    │
                │                              ..│
                │租税そのものまで 払わなくなる者も出てくる     .│
                └─────────────────────┘

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| 岩 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 本 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 荘 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||.  ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""

98 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:29:01 ID:DhAaOXTI


       ,  ───  、
      ./   /⌒ ⌒ヽ\   あのさ〜
    /     , ┤ .|∠ |、 ヽ    何度も言ってるんだけど、
   /  /   `ー ●ー′ヽヽ
   l   /    三   |  三  l   君たち、もう何年も
   |  |  /⌒\_|____) !     租税滞納してるじゃん!
   _l   l l   ___    ノ /
  ( _ )、ヽ ` <___)__/ /      少しでもいいから払ってよ!!
   \ ヽ━━━━,-、━━、
    l   /    ヽフ ヽ l_ヽ
    |   | ┌───┐l | __)
    l   ヽ ヽ __.ノ ノ !
    ヽ    ` ー── ´  |  ←【○○県の知県】
    (  ̄ ̄ ̄ )(  ̄ ̄ ̄ )






         彡彡 ' 二 ニニ 、, ニニ 二` ミミミミ
          彡,'´z===≡)  i f≡==zミミミミ  これはこれは、
         .|川=- _━-、.:,'}.:..,'´ , -━、_= lミミl|
         |l川´, '´', '二: | :| ::=≡ミヾ ||川 |   知県様、お戯れを
        .|l|frヽ、..::: , :>.:}:.{:..、::..  :. ../ヽ川
          川ヽ_l :ヽ:::r_‐ゝ(._.) ┘-、:::Y::(l ノ川
        .川|川:|l::.:} 〈- トェェェェェイ.ソ { ::l川川
       .彡彡彡'´ヽ、::rゝfT_┬_イソ、:: >ィ|\ミミ、
      .彡' >'´   ! | |`ヽ( ,'´ | 「ヽ >'´ /|  | ヽ┬ 、
, - ' ´/  l     | |ヽ ..;`ー -‐ '´  ,'/ l  |    l   `丶、
      l   l     l ヽ ::::... ヽ ::::. ソ  /│  l    〉
     |  |      \\:: ヽ l:::: ::ノ..:://  /   /

99 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:29:24 ID:DhAaOXTI


       ト、__ノ      ヽミミミ!
 ニ7    ゝ-‐''"´     `ミ!L
 ミ:ヽ   ,.:.:rr'"´ ̄`ヽ   斗ハヽ   我らは、道台様はもとより
 ::::ミ〉  〈::,.イ  (:・:)   }}::.   レ' 个!
 .彡′  `ミミヽ、   __,r彡   j! ノノ      中央の大官様にも 厚い信頼を頂いてござる。
 :;′i  ', ゙:`ヾニニニ゙´     j!.:://
 :;  l  ,!  :;        ,.イ.://
 ::', l  !  !     ,.ィイj!ノノ,′
 :::} ;  ;        ,';;: レ' ノ     その我らを 脱税扱いするおつもりか?
 ::( ,,_  ,, )     ,;;′ :レ′
   `"´       ′ l
    u           ノ
 ,.ィニニニヽ,,_       ,.イ
  `ニニニニ´     ,r'.::' j!
 .:.:´~~~~`.::::  ,.イ.:.::  j!
        / ,'.:::.  jト、
 、___ ,,,,,,,,, イ.:.:; ,′.:.  i1ト、
 .:;:;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:.:; ,′.:.:.  ii1 ヽ
 .:.:.:;:;:;:;;;;;;:.:..:. ,′.:.:.  ii1  ヽ
 ..:.::.::;;;;;;:.:.:.:. ,′.:.:.   ii1    \

100 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:29:51 ID:DhAaOXTI


                  ,r;;;;;;;;,
             ,r<"´  ̄ ̄ ``丶、
           ,彡′          `ヽ
           ,彡′     ̄`ヽ  __ ,,,,  ヽ   溜まっている租税は
        , ィ彡′  '''⌒ヽミ、,,        ゙,
       /ハV′  _,r==xミヽぐ  ミx==ュ、   i    必ずお支払い申す。
        〈 いミ′    ´ ̄    Y.::__ _    ハ
       ij ,;;′      ,.ィ .. .:. ..::' ´ ̄``.:.:.:.:lミ!
       ij シ   ,r    '⌒ヾ:;:;;;;;;:;L     jミ!
       V    {{ 、__ _ _  `゙゙"´`ヽ    ,.イノ    ただ、もう少しだけ待つよう
         ∧         ``ー- 、__ i} ,r'.::::′
        / '、       `ニニニ''ー   リ j.:;;′        お願いしているのでござる。
    _ _/   `ヽ       ⌒ヽ    ,;;′
  /´     ̄二ニ ヽヽ__          ,r′                 ↑
_/        -- …… === 、、 ,.. イ            (前回も、前々回もこの答え)
  '''"´  ̄            `丶、ぐ;;;;;、
          . . . .. : : : : : : : :: . . .. `丶;;;;;;、
      . . . . . .: : : :: : : .: :: : : :. :. :: .: .: .:. :. :. ヽ,,_
              ."´  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄`ユ_      ※こうやって引き伸ばしている間に
            . :. :. :.: .: .: .: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .: .: .:. ユ、_       徳政令が出て租税がチャラになる
      .: .: .: .: .:. :. :. :. :. :.: .: ''"´       ̄ ̄ ̄二二ニ
   . .: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .: .: '"´    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

101 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:30:23 ID:DhAaOXTI


                              ┌───────────┐
          , -────- 、.         │地元の有力者に       │
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ      │                │
    /     , -| / (|)\ | \.      │こう突っぱねられると   .│
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ    .│                │
.   /    /       ̄ ●   ヽl    .│知県といえども        │
   i    /      ̄ ̄   | ── |    .│                │
   |.   l      ̄ ̄   | ── !   .│対応が難しい。       .│
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ   └───────────┘
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ





                   ┌──────────────┐
                   │騒ぎになれば           ....│
       ____.        │                   .....│
    /       \    │返って自分のほうが         .│
   /    ノ -、 -ヽ ヽ   │                   .....│
   /   , -|/‘|< |-、 |    │弾劾されるかもしれないのだ   │
  ○/   ` - ●-′ |.   └──────────────┘
.  | |  三   | 三 /
  |  |  /⌒\_|/^/     ┌──────────────┐
  |  |━━━(t)━━、      │そんなことで            ...│
  |   /__ ヽ |_|      │                   .....│
.  i   l ヽ___/ノ j_)      │せっかく手に入れたポストを   ..│
  ヽ  ` ── ′/.        │                   .....│
   ⊂二⊃⊂二⊃.        │失いたくない             .│
                    └──────────────┘

102 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:30:54 ID:DhAaOXTI


     ┌────────────────┐
     │結局は有力者の脱税は見逃し・・・  ..│
     └────────────────┘

           <ヽ/⌒ヽ )) ニ ュ     ___
          ((  / 増 /        ウ / -、−、  \
          (⌒)/ヽ\  \\  / -| + |+ |- 、  ヽ
       ☆    ̄    \(()==o. |   `-●-′ ヽ  |
      \ヽ l / /        || !ヽ 三 | 三 / | !
         人   ガッ       o=o\__|_ / / /
        <   > ガッ      \\ ||━━o━━━ヽ
      ∩∧-Λ∩           /o==o__\ 、 ヽ
      | ( `Д´)/          ○-| \ヽ_ノ ノ  |○
       |    |              i   ,二 、´   i
      (__、──⊃           ⊂二⊃  ⊂二⊃

           ┌────────────────┐
           │減った分は、一般庶民への増税で   │
           │                       .│
           │賄うことになる。                  │
           └────────────────┘

103 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:31:13 ID:DhAaOXTI


             ┌──────────────────┐
             │おかげで                   ......│
             │                           .│
             │社会の格差は ますます広がっていく     .│
             └──────────────────┘
         ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
        /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
        i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
        〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
        (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
        三三     三三     三三     三三     三三     三三
       三三     三三     三三     三三     三三     三三
       三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三
    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三

104 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:31:33 ID:DhAaOXTI


   ┌─────────────────────┐
   │康熙帝も、                        │
   │                              ..│
   │何とか歯止めをかけようと 努力しているので     .│
   └─────────────────────┘
                            / ̄\
                         ィ  |    |
     /ヽ    、              //.   \_/
     |  `ヽ、 ヽ\     /i   / /      |
     ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈   / ̄ ̄ ̄\
      i                 /. /  ::\:::/::  \  お前ら
     N                 |. / u <●>::::::<●>  \  いいかげんにしろよ!
    _ノ    ,. -┐ _    ...:::::::::::|-|    (__人__)  U |
  _)    ノ:: ノ ノ::. ソ .:::::::.: ...  ヽへ_   ` ⌒´__/
  \      !... / ,'.  / .:::    ::::::. (.  \`、     / /  ヽ
   __)     i::: ヽノ::: /  / )  :::.. :: 〉\ ヽヽ.‐-‐/ //  _ス
  ヽ     〈..::. ...  `''くo>′  ::::.  〈`ヽ、ヽヽヽ、_/ /,. <´  \
   ヽ    ヽ:: :::   :::. 'ー'⌒) ::::::  > `ヽ、. {_}/ //ヽ/ i
    i     ヽ.::: .. .:::: ..:::..::/  ::::  (  :::.  ` / l!  く/ / l |
     `ヽ、_l! | \:::.:.:::::.:::: /      /   :::..  / ハ     /   l
        L ヽ `ヽ、_/ |     ヽ-ァ    :. / / iヽ  //_/〈
       |!l )  `ー─一'′l!      i     i  i | ヽ \.{ =-‐ l }
        l!  ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′ ::::::::.. レ⌒L__r‐、ゝ    ヽ
           ┌──────────────────┐
           │まだ、社会全体がガタガタになるほど    .│
           │                           .│
           │酷くはないが・・・                 .│
           └──────────────────┘

105 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:31:53 ID:DhAaOXTI


           ┌───────────────┐
           │政治の堕落は 一向に止まらず   │
           │                        │
           │国力はズルズルと落ちていく    ..│
           └───────────────┘

       6万\γ⌒ヽ
           \γ⌒ヽ       ∧∧∩ うっひょうーっ反転だい!
             \γ⌒ヽ     (゚Д゚)ノ
              \γ⌒ヽ   (U  )
                \γ⌒ヽγ⌒ヽγ⌒ヽ
                 \γ⌒ヽ/\γ⌒ヽ
                   \/     \γ⌒ヽ
                4万割れ      \γ⌒ヽ
                             \,,_⊂゙⌒゙、∩  あれーっ
                               \⊂(。Д。)  どこが底なんだよーっ
                                \ 〇〇
                                   |
                           3万割れ |

106 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:32:13 ID:DhAaOXTI


        ┌───────────────────┐
        │こうした事態は、                ......│
        │                          ......│
        │【四阿哥 やる夫】だけでなく・・・          │
        └───────────────────┘

┌─────────────────────────────────┐
│   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i                   │
│ ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿                 ...│
│'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/                    │
│' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ                        ....│
│/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  (官僚たちは勝手にグループを作って     .│
│/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| '     やりたい放題・・・)            .│
│ /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /                           │
│/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/   (財政も、実際は万年赤字だお!)    │
│/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:                        ...│
│     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|                             │
└─────────────────────────────────┘

107 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:32:32 ID:DhAaOXTI


         ____               ┌─────────────┐
        / 、, ヽ           │清朝に強い忠誠心を持つ  .....│
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、        │                    │
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、      │満洲人や漢軍八旗の     ...│
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ     │                    │
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \    │中にも                │
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |.    └─────────────┘
  \___/T'|'    | ''' |     |  /
     | l゚|     |┿|     |/    我ら満洲人が
     | |l|     |┿|     |┤      何も知らんと思って
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/     好き勝手やりおって!
      | |,|          |
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v





      \ヽ-lヽ―- 、         ┌─────────┐
    ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧        │強い危機感を   ......│
  /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ        │            ....│
  //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ.      │持つ者が      .....│
    |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \     │            ....│
   .| / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/.   │居たのであるが    │
    VヘV:|  __  〉/ノ | :|.      └─────────┘
     ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
      |: : /`7   } /: : /:. :|  なんで付加税が 野放しなの?
      |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|      ありえないわ!
      | :j \. |丶イ: : :/  l|
.       レ' l  L_/:. :/...  ||
.      |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|.     ┌─────────┐
.       |: | | | ゝイ :/ |  :| |      │残念なことに・・・  ....│
.      |:.| j | | | |:/  |  :| |      └─────────┘
.        :.| 「 .Lハハ|'  l  :l

108 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:33:14 ID:DhAaOXTI


                     / ̄\         ┌───────────┐
                   |   :::::|       │皇太子問題で        │
                    \_/          │                │
                     |             │強いダメージを受け、   │
                /  ̄ ̄ ̄ \        │                │
                /        ::::\.     │老齢となってしまった  .....│
               |          :::::::|    │                │
                    \.....:::::::::    ::::, /    │康熙帝には        ...│
                      ゝ..-'´ ´ ̄: : : `ヽ    └───────────┘
               _..>ヽ:::     :::::::::ヘ
              ,r''  ::::      :::::::::ヘ       ┌───────────────┐
             ,_/     ::        ::::::ヽ     │漢人官僚を 向こうに回して      │
           ,ィ7'   / ̄`Yヘ.:::     ::::::ハ     │                     ...│
             7'´ ̄ヽ--ァ'⌒ヽヽ       :::::|.   │税制改革を 行うだけの気力は   .│
           /      ヾ  ヽj:      :::::}    └───────────────┘
          /   ヽ、   \: : : ゝ     :::|
            /    /  ヽ: : : : : :ヽ: :ノ_、       l     ┌───────────────┐
        /    /   l\: : : : : /: : : :      ィ′    │もう残って いなかったのである。  .│
          /    /    ハ ヽ: : : : : : : : : : : : : : !      └───────────────┘
       /    7    /   ∧: : : : : : : : : : : : : l _
     __r'    /     /   V   ヽ     :... -…'´
   r '      /   ,ィヘ-''´^'´ ̄ ̄ ̄´

109 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/09(日) 20:33:56 ID:DhAaOXTI
本日は以上です
ありがとうございました

次回は一週間後を予定しています

110名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:36:04 ID:1UVQ6Hco
乙です!
税制がこんなに分かりやすいなんて素晴らしい!
次回も楽しみにしてます!

111名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:38:08 ID:DnOby19E
乙です うーん、言っちゃ悪いが前回の一見といい、オプーナがすっごく間抜けに見えるなあw

112名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:39:41 ID:GVtJqSsg
乙!
>>1はtanasinn好きですな。

113名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:42:56 ID:Onz.HOdU
乙です
中華の皇帝は、代々こんな難問抱えてんだ
満州族が勤勉とはいえそれでも即位したいつーのは、凡人の俺にはよくわからんなぁ

114名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:45:31 ID:m/LIG16k
乙でした
非常に分かりやすかったです
やっぱ中国広すぎだよなあw

115名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 20:46:41 ID:ZBcJFZOw
お疲れ様でした。
かつてないわかりやすい中国史。次回も楽しみにしてます。

116名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 21:01:11 ID:noU7njlQ
>>60
何かと批判される近代官僚制が完成するまで、官職は私財という側面が世界的に強かった。
中央政府が弱すぎて、行政の末端まで面倒が見れなかったから、有力者しかできなかった。

117名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 21:14:33 ID:e.QIZytg

すごく勉強になったよ、やっぱ昔も今も
官僚の腐敗は止まないね。

118名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 21:21:03 ID:fk1PP4oM


いつもながら本当に判りやすい!
しかし政府の財政と支配者個人の資産が不可分だったのは近代までどこも変らないんですね。
……まあ現代にいたるも分かれていない国とかあったりもしますがw

119名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 22:37:27 ID:ikFMNOic
乙です
こんな税制なってたのね
さて、やる夫はこの制度にどうするのかな?今から楽しみだぜ

120名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 22:43:56 ID:Ua.PHtQM
追いついた
乙でした!
しかし中国の政治史って、歴史として見てるこっちまで気が重くなるなw

121名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 22:55:32 ID:pX5rwSIM

解かりやすいナw

122名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 23:00:06 ID:v5ZR71lU
乙でした

>>117
どっちかいうと、現代の官僚制がまだまだ問題あるにせよ
いかに進歩した、問題をなるべく減らした体制であるかわかる話だと思うよ

123名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 23:19:32 ID:RoD5jsjw
よく官僚の給料は高すぎるって言う意見もあるけど、
汚職を防ぐためでもあるんだよな・・・。

天下りも出世競争脱落組みのキャリアがやけにならないようにって側面もあるみたいだし。
でかい権力を扱わせる以上、報酬という餌がないといけないわけか。

124名無しのやる夫だお:2010/05/09(日) 23:38:42 ID:4k6dQGwE
ただし
報酬のさじ加減を間違えるとtanasinn化するんだよな…

125名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 00:17:44 ID:hFxq6IWw


126名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 01:17:48 ID:N2xQ55UE
乙です。
こう言った徴税システムの私物化は中国に限らないそうですね。
「現代の」ロシアでもこう言った問題を抱えているとか。

127名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 13:36:43 ID:bqBsnu3g
帝政ロシアの地方行政もすさまじくいい加減なものだったようだね。
ゴーゴリの『検察官』とかに詳しい

128名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 14:52:26 ID:4lRMAmPI
>>123
>よく官僚の給料は高すぎるって言う意見もあるけど
高いどころか、同じ学歴の民間社員の平均よりもだいぶ低いらしい>官僚
天下りして「渡り」をしないと生涯賃金が同じにならないとか。

まあそのぶん身分保障をされているから一概に不憫だとは言えんけど。

129名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 15:42:26 ID:tybJyg2U
バブルの頃、公務員より民間の給料が高かったときは散々公務員をバカにしていたが、
公務員の給料を上げようもしくは民間の給料を抑えようというような論は全くなかった。
バブルが弾けて逆転すると、「公務員の給料は高い!」という声しか聞こえなくなった。

130名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 15:46:03 ID:1v/yUmIc
>>129
当たり前だ
自分がリスクを負って商売する民間人と
身分保障と引き替えにサラリーをもらう官僚を同列に扱ってどうする

もっともバブル期に公務員がバカにされるなんてことは一切なかったがな
今よりさらに学歴格差が大きく官僚の社会的地位が高かった時代だから

131名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 19:36:09 ID:D3yxvYxY
おつでしたー!

132名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:01:11 ID:Bi.Tt5sw
>>128
官僚になれるような人間を安月給で連日深夜までこき使えってのは論外な話
そいつらが外資に行ってれば20代で一千万超えるんだぜ
能力に見合った報酬を与えなきゃどっかで歪みが出るにきまってるじゃん

という話をしても都合のいい平等論が国民様からは出るんだろうなあ

133名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:04:32 ID:yQflRoZ.
>>132
それなら正統な報酬として要求するのがすじだろう
それが嫌なら公務員にならずに外資でもどこへでも行けばすむこと
こそこそと税金を巻き上げていくから批判されるんだろうに

134名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:07:23 ID:zXhoHEJk
どっちも喧嘩腰で話すのはやめようや
見てるこっちまで気分悪くなる

135名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:09:50 ID:ze9ervkE
公務員=仕事の割りに高月給 のイメージって、キャリアとノンキャリがごっちゃになってしまってる気がする。

136名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:23:51 ID:3Frvw9sM
そもそも他の職業についていればもっと高級取りだった
という仮定で天下りを正当化するのに飛躍がある

137名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:38:30 ID:Bi.Tt5sw
>>135
俺は官僚に限って話してるんだけどね

>>136
一流大学行って国一行ったような人間だったら
選択肢は多数持ってるもんだよ
全員とは言わんがね

138名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:42:35 ID:748zF9oI
>>133
個人では、外資でもどこにでも行けばいいけど、国家としてはそうもいかないから、それなりの給与を設定するのでは?

>>135
あと、地方の役場とかと中央が混同されたり

139名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:44:42 ID:Bi.Tt5sw
別に天下りを無条件に肯定するわけじゃないけどね
能力ある人間にやっかむだけで相応の待遇与えないのはおかしいよ、マジで
馬鹿な政治家の面倒見させられ、マスコミにはいいようにネタにされ、
毎日午前様で働かされるってのに待遇も低いってんじゃプライドぐらいしか利点はないだろうね
実際どんどん不人気になってるらしいし

>>138
進路選択時に多数選択肢持ってるような人間を
ろくなメリットなしに呼び込むのは限界あると思うよ
ステータスだけで釣るのも限界があると思うな

140名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:48:50 ID:3Frvw9sM
>>139
本当にそうなるなら公務員のなり手がなくなるはずだがな
実際にはそうはならない
どんなに景気がよくてもだ
それが答え

141名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:50:16 ID:Bi.Tt5sw
>>140
キャリアとその他公務員の違いすら何もわかってない奴とは話にならんよ

142名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:51:36 ID:MbeGaQFg
>>141
なら話を止めるといいよ

143名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 20:54:44 ID:scEzYuWU
乙でした

>>138
それはあるよな。
自分の場合も公務員として具体的なイメージが浮かぶのは地方の中でも業務の軽いような職種ばっかりだし。
国家公務員で生で会ったことがあるのは今まで2人しかいないが、同じ公務員でも受ける印象は全然違ったわ。

144名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 21:00:27 ID:Y6KlOM1o
地方でも市民課って忙しいのにカワイソス

145名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 21:07:40 ID:scEzYuWU
>>144
あ、スマン。一応、実際に見たことはないが地方でも忙しい部署はどこにでもあるのはわかってるつもり。

146名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 23:29:41 ID:KKKq0x6A
乙です。
雍正帝は宮崎市定の本で知ったのですが、あまりのネタ君主ぶりに
お腹が一杯になった記憶があります。

今のハイテク時代が漸く追い付いたとも言える、やる夫陛下の活躍を楽しみにしています。

147名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 10:04:40 ID:lXBmKZEI
天下りと渡りの違いくらいは認識してから話そうぜ

148 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/16(日) 17:51:19 ID:zK1jKVDo


   ┌──────┐
   │>>1です     │
   └──────┘

┌────────────────────────┐
│大変申し訳ないのですが                   ...│
│                                    │
│続きの製作が完成せず、今日の投下はありません    .│
└────────────────────────┘
                        
         ,-‐-、_,-‐─、‐、__        ┌─────────────────┐
       !⌒´  /⌒i ○ \::`ヽ.    │やっぱり週1で作るのは無理でした   ..│
      ,ゝ、   !  i      >:::}    │                         .│
        i r'`\_ `-´  ○  >:::}     │来週には投下できると思います      .│
        | {    \_     >::::}     └─────────────────┘
       | _L、_      \  <::::::|      
       /   ゝ‐-、  /  ,  ̄`i                   __
     {   /  / ̄  _ `´/!‐-、__                ,-_,-‐───´ヾ、
     i   !   /   ,-‐´ ⌒     `‐-、_,-、_      i/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       \_,-‐^‐´ ̄     \          i´ ̄`‐、  >/\ ̄||⌒i::::::::::::)
   _,-‐´ ̄   \        }          } :. :. :. 丶ノ :. :. :. \||_,‐─´
,-‐´         |       ノ             ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. i
     ____|___,--─´          /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. !
    ノ      \                   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ,-´  ←ヘロヘロになってる1
    ノ        \             /:. :. :. :. :. :.__,-‐´      

                            ┌────────┐
                            │ごめんなさい   ...│
                            └────────┘

149名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 18:02:34 ID:q7sN7fGA

無理すんなよ〜

150名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 18:49:48 ID:fdolh0wo
乙。気にすることないよ〜。待つのも楽しみの内でさ

151名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 18:57:35 ID:2a7kgVrc
すごく楽しみなスレなのでゆっくり待ってます。

152名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 18:57:58 ID:02hxdo8U
乙ー

お気になさらずー

153名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 19:00:12 ID:4Zw9MNIY
乙です、ご無理はなさらぬように。

154名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:56:25 ID:W7APbja.
乙です。

それにしてもジャイアン好きだねw

155名無しのやる夫だお:2010/05/17(月) 00:14:52 ID:fpAiiB8I
あら残念。

でも、無理しちゃダメだ。このクオリティなら時間がかかるのもうなずけるし。

ところで、>>1は過去作ってないんだっけ?

156名無しのやる夫だお:2010/05/18(火) 14:10:28 ID:hxUQL1.k
歴史スレなんて月一投下が珍しくないから大丈夫だぜー

157名無しのやる夫だお:2010/05/20(木) 21:15:41 ID:IAO7ZDbE
来週か…

158名無しのやる夫だお:2010/05/22(土) 21:07:48 ID:KjD0jsvo
雍正帝の官僚対策で「逆に考えるんだ」の某英国人が出てくると予測するのは私だけでしょうか。

159名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 22:44:23 ID:Zs0OsLZE
他にいい年で即位した王や皇帝はというと……オスマントルコのセリム2世なんかもそうだな。
父親(スレイマン1世)が世界史レベルでの英雄、偉人で、本来の後継者は叛乱を起こして処刑され、それ以外の皇子達が後継者争いで暗闘を繰り広げて潰しあった末に消去法で選ばれた……って、
あれ? 結構やる夫と被る部分が多くね?
もっともこっちはやる夫と同じくニート生活が長かったとはいえ、その間ひたすら酒と女に溺れる享楽の日々を送っていて、それは即位した後も変わらなかった訳だけど。

160 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:19:43 ID:FMfN8pzc
皆様、あたたかいお言葉ありがとうございます。
本当に感謝です

>>155
過去作はありません
これが初やる夫スレです

それでは続きです

161 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:20:20 ID:FMfN8pzc

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃   満洲族は 数こそ少ないものの、最強の戦闘民族である!     .┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                       -─-
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   ./∧/〈  ∩ 〉\∧∧       ┌─────────┐
                  // ..::::::::::ゝ,乂ノ::::::::::::.. }        │・・・はずだった。  ....│
                    /⌒Y :::::::::::i⌒i:::::://:::::::::  |-、     └─────────┘
                   { (ノ :::::::::::゙┴'::::::::::< ̄::.. K) }
                 7       ( ̄ ̄ ̄)    ヽノ
               ,イ   (      ̄| ̄      ) }
 ̄`7' ‐- . ,__  ,.r-‐フ'´,;|    |\      |    _/| | ;,          ,.. -
  /  ./  /´/ ,, r" ,,,..!ヘ.   \| ̄Tー┬一T  |/ | i;,` ;,,___k二,`、‐二'"
. /  /  / .r゙  r"''"~y´  \   ` ┴、__|_,┴'´   / 、.i    ´` ヾ .l  l
/  /  / .!  l        ;; \           /  ヾ     l  !  l
  r'  r' ;.l  l      ;;;;  i `ー─-、_, -─'      _ ,,..   ! .!   l
 ,.r'  r' r .!  .l`';:―---===......,,,,=:,       /  ,,,,,--‐‐'"    .j ,j!   ,l
. ,.!   !  ! _,l  .ヾ           `ヾヽ.   /,;;'"~         y' j ,l   l
. .l   _,. -',,-;ヾ, ` ‐- ., _,. -'"ミ`ヽ、,;;;;;  ゝ-ノ         _ - '" ,/ヽ、   ,!
_,. -''",-''";;::'",;;;;` -_,,....,' , -‐.ミ  , ヘ.,----------‐‐‐‐‐‐‐'"~ _,;-'" ヽ、 ヽ、
-'"~´,. '" ,,;;;;;;;;;;;;/. r' ,." =ミ;, ,`r‐-"、,.i---;  r--------‐‐‐'"~ ,,,;;;;;;;;;;;;;ヽ `
 ,. '" ,,,;;;;;;;;;;;;;/'"/.|,r"     r"=ミ;, !,.-‐y  ,!;;'"  ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
'"  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;r'"´.}.|/     ,;´ ,;  r"   i-、 ! ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;,r;{'"´,} //;,    ,;;  ,;´   ,/  ,l ,! ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
\  ;;;;;;r'";;{'"´,}./ i  ;,            .l. !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
\.\,;;/l,,;;;;/;{,,'",}´ヾ_ "`y           ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   /r;;;;;;//;;{,,'"ゝ、 l!   `-'" /,;'"~     ,.! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / r'";;;;/./;;;;;;ヾ, ヾ   /    / ,. - '" .L___;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

162 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:20:47 ID:FMfN8pzc


               ┌────────────────┐
               │北方の厳しい環境で鍛えられ・・・   .│
               └────────────────┘
                 ,rt、     ,-‐、             | ,rt、      ヾミ           |二|
           ハハ彡 /ト'ヾヽ   l=j, (,、        i`i`彡0fト'ヾヽ          ヽミ彡/       |二|
 ゞゝ──ゝ  /、 ゝX  彡ゝoノ ハハ/ソ/⌒ゝ       / ゝ 彡ゝoノ         /|  iヽ       |二|
        ( ' Y''''ノ\  彡 /、 ゝx彡ヾ > )、__ノ彡ミ= | 、ノ  彡くミヽノミ=       o,|   ||ol.      |二|
         `‐' ̄\ ヽノ  ( ' Y''ノ 彡く/彡'  \   `‐' ヽ____/ゞ | ヽ   へ  /〈|`‐' |〉      |二|
''''''''""""" ̄ ̄ ̄   〉____,/ | `‐'ヽ ヽノ |// |   |      |川リ ー'  |  ,;' ) / c|、____, |っ へ   |二|
"""" ̄ ̄     /\|リjilji   丶ゝヽ〉____,/ゝヽー'   /      | y ノヽ | / (ヽ   | 川リl |  ,;' ).   |二|
-‐ _,,. .-‐   ヽソゝゝ     `''' 川リ|  `''' ,'ヽ 丿  /\// //  ヾ|      ヽ |ー| / / (ヽ / |二|
 -‐ _,,. .-‐  ,-‐'''" ゝ  ノ-ー'7ゝ ゝ  ゝ' ヽ ヽ   ヽソゝ/ //   /ゝ      ノ ゝノ ゞ   /ヾ, ヽ'
 _,,.    -=━━| -ー / 彡   /  / / . .. ヽ 〉  ノソヽ/ゝ     .  .   /ゝ /ゝ  /⌒、ヾ
    -‐'''""-‐'''ヽヽヽ/ / .:-‐' / // /   .  // / ゝ /ゝ   //            ||()|(\ヾ
    ,,,-‐'''""  _,..:-//,..:-‐'"// //_,..:'_,..:'  /ゝ/  < <       /       /    || |(丶|
-‐'''"",,,,,       /ゝ    /ゝ  // _,..:'  /      ゝ`    /      /     / ||()|(丶|
-‐'''""_,..:-‐'"_,..:-‐'"          /ゝ      /       / / /   // / // /  \|(丶|
_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:-‐'"_,..:''   _,..:'  /   /  //  / /    /  /  / /    \\|
    _,..:-‐'"      _,..:''   _,..:'         /             /       /      \





                        ┌─────────────┐
                        │たくましい肉体と         │
                        │                    │
                        │強い闘争心を持っていた   ...│
          / ̄ ̄ ̄ ̄\     .│                    │
          l ∨∨∨∨∨ l    │ハズだった。               │
          |   \()/   |    └─────────────┘
     __  (| ((・) (<) |) ___ _)
  / ̄| |.   |    ⊂⊃   |   .| _| ̄ ぜったいに許さねえぞ!
/     | |   | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |   |ノ
\\  | |.  | .l + + + + ノ |   <    ギッタギタに
  \\ | |   \_____/ 〃 |  )
   .\ノ^,ニ‐-ァ              /  | ^ヽ   ぶっとばしてやる!
   // ,/⌒i、_\\_____//  .|  | ⌒)
   {   i   |  iヽ`ー-----― '   .|  |    ̄ヽヘ/

163 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:21:22 ID:FMfN8pzc


         ┌──────────────────────┐
         │ところが、そんな満洲人や                 .│
         │                                │
         │半分満洲人みたいな 漢軍八旗の漢旗人たちも  .....│
         └──────────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ





     ┌───────────────┐
     │世界一豊かな中国を征服し・・・    │
     └───────────────┘
               ┌──────────────────┐
               │特権階級として 贅沢をしているうちに  ......│
               └──────────────────┘

     ,:r:'";;w弌                    ,:r:'";;w弌
.     i::r", 、.f..',、              .     i::r", 、.f..',、
     i:i .゙ .’t)  ゙i     .,.ィァ_           i:i .゙ .’t)  ゙i     .,.ィァ_
     '、,: '、"~/ ノ= 、,_  ,:r ' ;= ュ         '、,: '、"~/ ノ= 、,_  ,:r ' ;= ュ
   ,r''"r:::;,- `" "  , .ソ" '..-r-- '        ,r''"r:::;,- `" "  , .ソ" '..-r-- '
  ,i'   父、,_     ':,   .,i'         ,i'   父、,_     ':,   .,i'
.. {  '''^i. ^ニi}'-- ''''^" '丁__,,r'        .. {  '''^i. ^ニi}'-- ''''^" '丁__,,r'
  ',...  'i,_.''r'= :----- '^i            ',...  'i,_.''r'= :----- '^i
  ゙:┬-''"        :i            ゙:┬-''"        :i
.   i、_ .          i          .   i、_ .          i
.   i:::::`=---------=''"i          .   i:::::`=---------=''"i
   ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i             ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.  i:::::::::::::::::::;r、:::::::::::::::::::i          .  i:::::::::::::::::::;r、:::::::::::::::::::i
.  i:::::::::::::::::,' .',::::::::::::::::,'           .  i:::::::::::::::::,' .',::::::::::::::::,'
  ,ィ'-----┤ ,ト-=:::::::'、            ,ィ'-----┤ ,ト-=:::::::'、
  `':------'  ゙ ---  .-'           `':------'  ゙ ---  .-'

          ┌──────────────────┐
          │すっかり闘争心を失ってしまうのである。 ...│
          └──────────────────┘

164 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:21:46 ID:FMfN8pzc


                    ┌────────┐
      / ̄\        │おかげで     ....│
     |     |      │          ......│
       \_/       │三藩の乱では  ....│
         |         └────────┘
     / ̄ ̄ ̄\
   /    ::\:::/:\.   くそーっ
  /   <>>::::::<<>\   簡単にトリプルミリオンのはずが・・・
  |      (__人__)  .| ≡_)_
  \ =_) ≡_)/=_) ≡_)
   _ =_) ≡_)_ =_) ≡_)
   ≡_) =_)  ≡_) =_)
   |        ノ
   /  ___  (
  (_ノ     ゝ_)





    ┌─────────────────────────┐
    │かつては最強部隊だった 満洲八旗や漢軍八旗が・・・     │
    └─────────────────────────┘

         , -―――-、             , -―――-、             , -―――-、
        /∨∨∨ \ |            /∨∨∨ \ |            /∨∨∨ \ |
  /  ̄\ |(ー)(ー)  |_|     /  ̄\ |(ー)(ー)  |_|     /  ̄\ |(ー)(ー)  |_|
  |     >⊂⊃     6)     |     >⊂⊃     6)     |     >⊂⊃     6)
  \_/ (  |      |      \_/ (  |      |      \_/ (  |      |
        ⊂-― 、    ノ           ⊂-― 、    ノ           ⊂-― 、    ノ
        /   ̄ ̄ ̄ ̄ \  .        /   ̄ ̄ ̄ ̄ \  .        /   ̄ ̄ ̄ ̄ \
      / |      /   )ヽ        / |      /   )ヽ        / |      /   )ヽ
  , ―,-´` , ―ヽ ̄    /  |   , ―,-´` , ―ヽ ̄    /  |   , ―,-´` , ―ヽ ̄    /  |
. 〃 _ノ   〃_| _ /    |  . 〃 _ノ   〃_| _ /    |  . 〃 _ノ   〃_| _ /    |
     ̄ ̄ >          |      ̄ ̄ >          |       ̄ ̄ >          |

             ┌─────────────────────────┐
             │あまりの弱さに、まったく使い物に ならなかったという。  .....│
             └─────────────────────────┘

165 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:22:09 ID:FMfN8pzc


                    ┌──────────────────┐
                    │そのため、戦いは               .│
                    │                           .│
                    │『緑営(りょくえい)』という           .│
                    │                           .│
                    │中国人部隊が中心となったのだった    .│
                    └──────────────────┘
                      J\_,,.. -‐' ̄し--‐'フ
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ←緑色の旗
                  /:::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::/
              /し-、;;;;'^‐-;,_/ ̄
                /
       ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
     (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
     (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
      ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
    (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
    ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
   (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃
    ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧     ∧∧ ∧
   (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨    (`ハ´)∨
  (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃   (|    ┃

166 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:22:38 ID:FMfN8pzc


            ┌────────────┐
            │そして まずいことに、    ..│
            │                  │
            │三藩の乱の苦戦は・・・     .│
            └────────────┘

                         ┌────────────────────┐
                         │被征服者たる中国人に、               │
         ,-‐-、_,-‐─、‐、__        │                            ....│
       !⌒´  /⌒i ○ \::`ヽ.    │もう満洲人の武力は たいしたことがないと     .│
      ,ゝ、   !  i      >:::}    │                            ....│
        i r'`\_ `-´  ○  >:::}     │バレてしまったのである。                │
        | {    \_     >::::}     └────────────────────┘
       | _L、_      \  <::::::|
       /   ゝ‐-、  /  ,  ̄`i                _,___
     {   /  / ̄  _ `´/!‐-、__                ,-_,-‐───´ヾ、
     i   !   /   ,-‐´ ⌒     `‐-、_,-、_      i/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       \_,-‐^‐´ ̄     \          i´ ̄`‐、  >/\ ̄||⌒i::::::::::::)
   _,-‐´ ̄   \        }          } :. :. :. 丶ノ :. :. :. \||_,‐─´
,-‐´         |       ノ             ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. i
     ____|___,--─´          /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. !
    ノ      \                   /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ,-´
    ノ        \             /:. :. :. :. :. :.__,-‐´

167 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:23:08 ID:FMfN8pzc


                               ┌─────────────┐
                               │それでも                  │
           _          _____        │                    │
         |r‐'      ∧/ヽ__, `ヽ、    │征服者であるから        │
         ||      (/  ー' 、__ー┐:.     │                    │
       (⌒ン      i⌒  ( ̄`ヽ    |__j.    │満洲人や漢旗人たちは   ......│
    (⌒i        ハ __ _〕ー'′   6)   │                    │
  r‐―┤ \      {  ヽ    ̄ ̄ ̄l  {    │政府の重要なポジションに    │
 「ニニl !   }       \  \, -r― 、/ |     │                    │
 ゝ二l___ハ         「\_ { /  r'__/}.    │つくのだが・・・          .│
       l    `ー… ¨ ̄ゝ、_\__ノ__,.へ、  └─────────────┘
      ヽ       /         __    /
         \      /  ∧   /{{     {





                                           ┌──────────────┐
                 _,,,,,--―――--,,,,_           │周りに居る 同僚や部下たちは . . │
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ.         │                      │
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\       │みんな科挙に合格した        .│
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ       │                      │
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ     │スーパーエリートの           │
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨   │                      │
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l.   .│中国人ばかりである          .│
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|     └──────────────┘
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l  ←少なくとも十数年間
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l       必死に勉強し続けてきた
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}

168 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:23:37 ID:FMfN8pzc


                        ┌───────────┐
       ,  -──- 、            │一緒に仕事すると    ....│
    /  , -‐、  , ‐ 、 ヽ.         │                │
   /   /,-‐''´∨~~`ヽ ヽ        │圧倒的な教養の差を   .│
  /   _,.l   ・ ,! ・   /‐、 ヽ      │                │
  l   / ニ、`ー‐‐'◯ー‐' 二ヽ |.       │見せ付けられて・・・     .│
  l  l-─     l     ‐、-l!      └───────────┘
  l l  ヾ''ー‐ 、__ |_ _,,...ィ'´ l
  ヽヽ   ヽ       )/  /   あの・・・もしかして・・・
   ヽヽ   `''ー── '   /
    ヽ______, -‐''''⌒ヽ   「バランスシート」って
   /  ̄、フー─‐@─‐ヽ(  )ノ     ご存じなかったんですか?
   |    ヽヽ~ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ヽ
   ヽ   (  )    |    ヽ
    |`ー┬'l ̄ヽ___|___ヽ
    |  ヽ、`ー---- '´/ |





              ┌─────────────────┐
              │根がマジメな満洲人は          ....│
 , ---- 、     │                         .│
 | /^^^^^i     .│すっかり自信を失い 卑屈になった。  ....│
 C ゚ o゚ ヽ    └─────────────────┘
 |   зノ
 ト ---イ   ばらんすしーと?
            何それ 食えるの?

169 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:23:59 ID:FMfN8pzc


               ___
             /, l___l\  < チキショー
            //レ|‐┼┼‐ト\\    『官打ち』かよ!
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
       /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
       i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     ┌─────────────┐
     _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     │ようするに           ......│
    __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     │                    │
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     │親のコネで超一流企業に   ..│
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     │                    │
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     │入ったけれど             │
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|     └─────────────┘
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|       ┌──────────────┐
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|       │レベルが違いすぎて       ....│
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|       │                   .....│
┼| | |レ| | 爻爻爻爻爻爻  ┼‐ト、ト、ト、ト、|       │まわりから浮きまくっている    │
┼| | |レ| |レ 爻爻爻爻爻; ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|       │                   .....│
┼| | |レ| |レ| 爻爻爻爻シ ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|       │Fラン大出身者            .│
┼| | |レ| |レ|レ ヾ爻爻メ ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|       │                   .....│
┼| | |レ| |レ|レ' レ YfY ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|       │みたいなものである       .....│
                                  └──────────────┘

170 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:24:26 ID:FMfN8pzc


                   ┌─────────────┐
                   │こうなると清朝も、        │
       ./ ̄::\         │                    │
       |   : : : ::|           │以前のように            │
        \_:;;;;/         │                    │
        |.             │武力にモノをいわせた      │
     /  ̄ ̄ ̄\       .│                    │
   /;    . . : : : :\       │強引な政治はできない。     .│
 / ∪   . . : : : : : : \.    └─────────────┘
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\





    ┌────────────────┐
    │当然ながら康熙帝も、           │
    │                       .│
    │なるべく中国人に気を使いながら   .│
    │                       .│
    │政治を行うようになる           │
    └────────────────┘

    +      +   / ̄\  +     +   +
         +     |    |    +
  m n _∩    +  \_/  +  +   ∩_ n m
 ⊂二⌒ __)  +   +__|____        ( _⌒二⊃
    \ \      /:::\:::/:::\      / /
      \ \  /<● >::::::<● >\  / /  武断統治から
       \ \.|   (__人__)  .::::| / /        文治統治へ!
         \  \  |r┬-| .:::::::/ /
          \.    `ー'´     ./
            \ ・    ・ /

171 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:24:54 ID:FMfN8pzc


                         ┌────────────┐
       / ̄\            │ところが、残念なことに     .│
       |     |         │                  │
       \_/            │康熙帝は          ......│
      /:::::::::::|          │                  │
     /:::::::::::::::\           │どちらかというと        .│
    /^~^~^~^~^~^~^入、      .│                  │
    ゝ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ        │西洋文化が好きなので    │
    /   ::\:::/::::\       └────────────┘
  /   <●>::::::<●> \
  |     ノノ人ヽゞ   ,|        ┌───────────┐
  \    `ヽ⌒ノ´  /          │中国文化に        ...│
     ̄(⌒ゞ`ー'´ バ               │                │
  / ̄"ヽ:::: ~~⌒γ⌒)           │ものすごく           │
 |    ソ ヽー―'^ー-'            │                │
 |      〉:::::○:::::|             │詳しいわけではない。    │
 \    /二二二二\         └───────────┘
   \__|:::::::::::人:::::::│
     │:::::/  \::│
    _ノ;;;;/    ,ノ;;;;〈  ←良く言えば、かなりの国際人
    (;;;;;〈      ヽ.__;;;;\    学問好きだが、すべての知識が広くて浅い
     ヽ._>      \__)

172名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:25:01 ID:uS0ekQEs
来てた!
そして時事ネタw

173 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:25:18 ID:FMfN8pzc


             ┌───────────────────────┐
             │だから、漢人官僚に                     .│
             │                                  │
             │中国的な教養やら学問やらを 持ち出されると・・・    .│
             └───────────────────────┘
                                              _____
                                             /^ヽ⌒ヽ   `\
                                            / |  ‘|‘  |− 、    ヽ
             中国は、人徳によって統治するものです。    //`-●ー ′   \   ヽ
                                           j 三 |  三     ヽ   i
             地方官にあれこれ命令するのは、        (____|_         |   |
                                 よろしくありません。   \     \     !   _!_
                                    .       _( ̄ ̄ ̄ ̄      /  ( __ )
                                    .     (__)ヽ━━6━━━━/  /
                                           \ | /    \     /

         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \    う〜む、やむを得まい。
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\    (・・・ヌケヌケとまぁ言うものだ)
    |         (__人__)|
     \ /⌒)⌒)⌒)` ⌒//⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/        ┌──────────┐
 |    l  |     ノ  /  )  /.          │うまいこと          .│
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /.           │                    │
  ヽ __     /   /   /            │反論ができない。    │
                                └──────────┘

174 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:25:55 ID:FMfN8pzc


        , --───-  、        ┌──────────────┐
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\         │その結果、漢人官僚は        │
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ.      │                      │
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ.     │地方官になると 好き勝手に   │
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐.     │                      │
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_    │付加税を 取りはじめ・・・     ..│
    |  / \./    |  ー-./ !     └──────────────┘
    、 ' l. /\_   | _/ /\             _____
    ヽ  X        ̄ ̄   /     .          /壱 //万:/|
     /、二二二二二二二二 く                |≡≡|__|≡≡|彡|____
    /      /  ( 〒)\ ヽ       / ̄//.|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|
    !  /  /         }   !        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/





                         ┌────────────┐
                         │康熙帝を おおいに       │
          / ̄\         │                  │
          |     |.         │悩ませたのだった。     ..│
     /≡)  \_/ /ミ ヽ    └────────────┘
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \  中国統治って
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )    本当に難しいぞよ!
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /

175 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:26:21 ID:FMfN8pzc


        ┌────────────────────────┐
        │それでも康熙帝は                             .│
        │                                    │
        │【張英】や【李光地】といった清廉な漢人官僚と共に、     │
        └────────────────────────┘

       z````````"´"´"´ゝ                      /;";~ ̄ ̄~;゙; .、
      / ,r'''"""""""""''、 ',                     /( .; !; ; 、 ! ! ;\
.      l /  ミ ≡ 彡   ', l                   ./#= ; i ! ; 、゙ヽニニ- } ; i
      l l  ` ‐ -- ‐ '´  l l                  /,,.、 -===、゙''‐--‐' ; .i
.      | 〈  ̄二ヽ ゚ .,fl!二 ̄ 〉 |                  〃r、  -―-、   ===、i  ,
     r‐l|. そ_・ラ  そ・_ラ .|l‐、                 〃Li ミ -==、 i   /"‐-、 〉  '
     |E||. ミ≡( ll! )≡彡 ||ヨ|                 // '-'  ゙=‐-,,.ノ//(==、./   ニ
     / ゞ''‐≡≡( l!.゙ )≡≡‐''ァヽ              /! ゙-/// ////{ ノ// .)゙゙~"/   、
    / __| l'ヾョョョョョヨヨョョョョョヲ1'|__ ヽ         ''''"" ̄7 ..! //ノ〃ノ/ト、ヾ,,.ノ"!i i ii/
--‐ '' "||::::l. l 〜J __   。 l |::::||" '' ‐--     -‐ ''"7:::::::!  ! 彡,,ノ/゙ヾミ三=ァ!!.i.i/
:::::::::::::::||:::::l ゝ_ ゚  ̄ ̄  _ノ .l::::::||::::::::::::::::     .. ...:::/:::::::::!ヽ ゙'''''ヾ,ノ/ ==  | ! !/、
::::::::::::::||::::::|l 鄴  ̄ ̄ ̄ ̄ 鄴 l|::::::||::::::::::::::::    ::::::::/::::::::::! .ヽ    ヾノ/ i i.i _ヽノヽ ゙' .、,
::::::::::::::||:::::::|lヽ鄴 鄴 iii 鄴 鄴 /l|:::::::||::::::::::::::::    ::::::/:::::::::::!  .ヽ     >''"i^::::::::::::...゙ヽ、゙ 、,
::::::::::::::||:::::::|l|. \ 鄴 鄴 鄴/ |l|:::::::||::::::::::::::::    ::::/::::::::::::|ヽ  ヽ  , '" ,/|:::::::::::::::::::::......゙' /ヽ
          【張英】                         【李光地】

                     ┌────────────────┐
                     │政治の改善に努めてきたが・・・     .│
                     └────────────────┘

176 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:26:49 ID:FMfN8pzc


                     / ̄\         ┌────────────┐
                   |   :::::|       │残念ながら、           .│
                    \_/          │                  │
                     |             │晩年は 政治に疲れて     .│
                /  ̄ ̄ ̄ \        │                  │
                /        ::::\.     │別荘に引きこもる ことが .   │
               |          :::::::|    │                  │
                    \.....:::::::::    ::::, /    │多くなっていった          .│
                      ゝ..-'´ ´ ̄: : : `ヽ    └────────────┘
               _..>ヽ:::     :::::::::ヘ
              ,r''  ::::      :::::::::ヘ
             ,_/     ::        ::::::ヽ
           ,ィ7'   / ̄`Yヘ.:::     ::::::ハ
             7'´ ̄ヽ--ァ'⌒ヽヽ       :::::|.
           /      ヾ  ヽj:      :::::}
          /   ヽ、   \: : : ゝ     :::|
            /    /  ヽ: : : : : :ヽ: :ノ_、       l
        /    /   l\: : : : : /: : : :      ィ′
          /    /    ハ ヽ: : : : : : : : : : : : : : !
       /    7    /   ∧: : : : : : : : : : : : : l _
     __r'    /     /   V   ヽ     :... -…'´
   r '      /   ,ィヘ-''´^'´ ̄ ̄ ̄´

177 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:27:24 ID:FMfN8pzc


         ┌────────────────┐
         │だが、悪いことばかりではない。    │
         └────────────────┘

                  ┌────────────────┐
                  │政治の堕落を生んだものの・・・    .│
                  └────────────────┘
  ______       ______       ______        ______
 /∵∴∵∴∵∴\    /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\
 |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|     |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|   |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|      |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|
 |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|
 |∵| (\_/)|∵∴|    |∵| (\_/)|∵∴|   |∵| (\_/)|∵∴|      |∵| (\_/)|∵∴|
 \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/   \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/
 /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\

178 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:27:46 ID:FMfN8pzc


         ┌─────────────────┐
         │漢人官僚に妥協したことで       ......│
         │                         .│
         │康熙帝の治世は、             ..│
         │                         .│
         │長く安定したものになったのだった     │
         └─────────────────┘

 :       |      |::| |:|\,,l| l{イエiエiエiエiエiエiト、}/!  |  |   | |:::::::l| ||::::::||   /
  =======l======|::| |:|  l| |{|ttttttttttttttttttt|}|三|  └─┴─┘|:::::::l| ||::::::|| /: .: .
        |      |::| |:|  l| |}|k====i====i====ll|{|三|           |:::::::l| ||::::::レ': .: .: .: .
 :      |      |::| |:|  l| |{|:<ニiニ><ニニ><ニニ>l|}|ェレ'ェェェェェェェェェェェェェ|:::::::l| ||/ : .: .: ., -'"
 :\     |      |::| |:|  l| |}|_|二Lll二l_l二ll二ニl|{|U/三===========:|:::::::lレ' : .: . , -'":: . : ..
 :   >  |     |::| |:|  l| |{| l絲||::::::::::::::::::::||絲l|}|/三/i r─────レ' : .: ., -'": .: .: ., -'
  /:::ト  |     |::| |:|  l| |}| |絲||り通華中||絲l|{|三/:::! |   ||   /: .: ., -'": .: ., -'": .: .: .
    ヽ |:======|::| |:|i、 l| |{| |二|| ::::::::::::::::: ||二l|}|ニ/ii|::! |   ||  / , -'" : ., -'": .: .: ._,,.-‐'
  : : ::..))     |::| |:|iiiヽl| ニニニニ二二二二二ニニニコiiii|::!├──‐/: . : ., -'": .: ._,,.-‐''": : : :
 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|國|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|料|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |理|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|秫ォ|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

                      ┌───────────┐
                      │そして、その間に・・・    │
                      └───────────┘

179 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:28:07 ID:FMfN8pzc


               ┌─────────────────────┐
               │満洲人や漢旗人たちは                   │
               │                              ..│
               │立派な中国的知識人に成長していたのである    │
               └─────────────────────┘
      _____               _____               _____
     r' ,v^v^v^v^v^il             r' ,v^v^v^v^v^il              r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.            l / jニニコ iニニ!.             l / jニニコ iニニ!.
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi           i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi           i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi
    ヽr      >   V           ヽr      >   V           ヽr      >   V
     l   !ー―‐r  l             l   !ー―‐r  l                l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       __,.r-‐人   `ー―'  ノ_
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i    ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i    ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
ヾV /              ! /.入  ヾV /              ! /.入 ヾV /              ! /.入

180 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:28:27 ID:FMfN8pzc


               ┌─────────────────┐
        _     │もちろん、                 ......│
      /O \    │                         .│
       | .°  |   .│康熙帝の皇子たちも例外ではない     │
      \_,/    └─────────────────┘
        |          ◯
     / ̄ ̄ ̄ \      ,-┴-、.               ┌───────────┐
   /   ::\:::/::::\    r(   n     ◯.         │中でも、新帝となった   .│
 /   <●>::::::<●> \   >   ,/ .   ,-┴-、     │                │
 |   ///(__人__)/// |  しー、_)    r(   n)      │四阿哥 やる夫は・・・  .....│
  \、   ` ⌒´   ,/          `/  <_     └───────────┘
   /   .    . ,\           し -一┘◯
   しイ        ト、ノ               ,-┴-、
    |       /                .( ´・ω)
     \  Y ,/           ◯     /  っっ
      `ー' ̄            ,-┴-、  └ー-、ぅ
              ◯     .r、´・ω・))
             ,-┴-、    >  _/´
     ◯.n__n    (´・ω・`)   .し-一┘
    ,-┴-、 ノ    c'   っ
  c('・ω・`)っ    (_,'ー、_)

181 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:28:50 ID:FMfN8pzc


                               ┌──────────────┐
               ___          │45年のニート生活の間に      .│
            /\  /\         │                      │
           / (●)  ( ● )\         │たっぷりと中国文化を         .│
         /:.   (__人__,)   ヽ       │                      │
         /::::...          |        │身に着け・・・               .│
         |::::::::::....        /       └──────────────┘
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\        ┌────────────────┐
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、       │その教養は               ....│
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ.,       │                       .│
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ.     │科挙に合格した            ......│
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉          │                       .│
          Y/   ゞヽ ,ノ      >           │漢人官僚に負けないほどである    │
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐.       └────────────────┘
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"" ̄
           【雍正帝 やる夫】

182 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:29:19 ID:FMfN8pzc


             ┌─────────────────────┐
             │だから、漢人官僚に                       .│
             │                                    │
             │中国的な教養やら学問やらを 持ち出されても    │
             └─────────────────────┘
                                              _____
                                             /^ヽ⌒ヽ   `\
                                            / |  ‘|‘  |− 、    ヽ
               中国は、人徳によって統治するものです。  //`-●ー ′   \   ヽ
                                           j 三 |  三     ヽ   i
                細かいことはお気になさらず         (____|_         |   |
                       臣下にまかせるべきです      \     \     !   _!_
                                    .       _( ̄ ̄ ̄ ̄      /  ( __ )
                                    .     (__)ヽ━━6━━━━/  /
                                           \ | /    \     /

183 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:29:44 ID:FMfN8pzc


          ___
         /     \    それは間違ってるお
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \   『書経』の皐陶謨には
      |       (__人__)   |    「天子は一日二日で万の問題を解決せねばならない」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \       と書いてあるお!
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /





         ___
       /     \
      /   \ , , /\    それに『中庸』にも
    /    (●)  (●) \    「帝舜は質問することを好んだ」と書いてあるお。
     |       (__人__)   |         お前の言うことは 間違いだお!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ       ┌────────────┐
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃      │ちゃんと             │
     |            `l ̄         │                  │
.      |           |             │中国の古典を引用して     .│
                         │                  │
                         │反論できるのだ         │
                         └────────────┘

184名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:30:06 ID:cuPexBtQ
>>1はどんだけジャイアン好きなんだよwww

185 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:30:27 ID:FMfN8pzc


          ┌───────────────────┐
          │満洲人の中国支配から80年がたち・・・     .│
          └───────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

   ┌────────────────────────────┐
   │北方の野蛮人であった満洲人が、                    │
   │                                         .│
   │中国人エリートに対し、教養で勝負できるようになったのである  ....│
   └────────────────────────────┘

186 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:30:46 ID:FMfN8pzc


                       ,.ィ´三三三三≧ト、
                     /三三三三三三三ミヾ     ┌────────────┐
         ,ィヽ         /三三,/´    `丶ミ三ベ     │時代は 大きく           .│
.         / /            /三三/          ` ヘ   │                  │
        / /        __/三┌''                ハ.   │変化して来ていたのだ。    │
.       / /        //ハ三/   ェエ≧ト   j     l   .└────────────┘
      / /     ,ィヽ  | / !      ゞツヽ / /≦エト リ
    ,ィ≦´ ̄ ̄ ` V  /   l〈__ j.          ,.'  l ムツ  ,'
    |  ̄ ̄ ̄ `V  /    ヽ‐'        / l  l    ,'
    |  ̄ ̄ ̄Vリ Y   _ リ          `ー 、__,、)  /
    | ´ l ̄ハ l  /_,x</l        /__,,....、__ l ./
____j  .j   'ー' ン::::::::::::j .ヘ      / |‐'‐‐- -''リ/ ,.'
:::::::::::::リ      /:::::::::::::::|  .ヘ     l  ヽュェェェン /    CHANGE!!
::::::/!     ./ :::::::::::::::::::|   ヘ   ヽ ヽ  ー‐‐"/
/:::::|    ,ィ':::::::::::::::::::::::::∧   ヽ  \    ン'
::::::::::lヽ__/ l::V:::::::::::::::::::::::::∧  /\  >ー "|、
::::::::::l   /:::lハ::::::::::::::::ヽ::::::::l-‐'    ハ  _/___|ハ
::::::::::`ー'---.':/:::::::::::::::::::::l::::::l      l /  l /:::::\

187 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:31:05 ID:FMfN8pzc


                  ┌───────────────────────┐
                  │だからこそ、長い康熙帝の時代が終わり          │
i    /     / |  \|/ │                                  │
|       /   \/   .│雍正元年、本格的に やる夫の治世が始まると・・・    .│
   /   / ,へ      _-└───────────────────────┘
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ             ┌─────────────────┐
    t     Υ  \     \       丶      │世の中が がらっと             ..│
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、    │                         .│
.|     \   l   l  \        \  l   l      │変わったように思われたのだった。   ..│
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /     └─────────────────┘
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

188 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:31:27 ID:FMfN8pzc


         ┌───────────────┐
         │そして、この変化が         ....│
         │                     ...│
         │地方政治にも 現れてくるのである .│
         └───────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌───────┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

189 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:31:49 ID:FMfN8pzc


         ________        ┌─────────────┐
         〈<三三三三三三三>〉      │雍正元年初頭、          .│
          ||   ___   .||      │                    │
          ||  /       \  ||      │やる夫が             .│
          ||/ \ , , / .\||.       │                     │
        /   (●)  (●)  \     │地方官に対し、付加税の    .│
        |     (__人__)     |.     │                    │
        \    `⌒ ´     イ     │改革を命じると・・・         .│
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ.       └─────────────┘
       〈   ,┌、-、!.~〈       i
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |

190 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:32:10 ID:FMfN8pzc


                            ┌────────────┐
                            │今まで漢人官僚に      .│
                            │                  │
         ____              │気後れしていた        │
        / 、, ヽ          │                  │
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、       │満洲人・漢旗人たちが     │
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、     └────────────┘
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \                   _
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |          __r 7-<´
  \___/T'|'    | ''' |     |  /         /     イ、   \       /ノ
     | l゚|     |┿|     |/       ,.--f--ァ , -// | ゝト ヽト _,、, イ っ)
     | |l|     |┿|     |┤       {:::::ハ:::/  /ィ/   ィ,ヤ、 ∨  i || Y`´
    | |'|     |┿|     |┤       ∨l 7イ / _,  ヒソ|ハトヘ  _Y ´
     |,__|゙|__,l人l_______|/       / 〉, ∨, 二´  , ノ´   /
      | |,|          |        / / ヽニァ─、`ヶイ| / /
     `|'|          /       /  { <_/    \ヽ !ノ \
      l|、____λ__/        !   | /   _,〈リV jハ  \
      !  v    v          / |  |ヽ   イ、 / }、! \  \
                       / /|  l  \/彡〉ー彳ノj  \ ヽ\
                       |/ |  |    `>イソ ̄ |/!    \ |\\
   ┌─────────┐    |   \ \ // i i   ! i L__      l }  \!
   │すぐさま         .│       \ Y_/__|  ! |=Y     リ   |
   │            ....│         7ー三|=|ミK´ \
   │改革に        ...│         /  / リ ̄   〉 /
   │            ....│        /_/        /ー/
   │動き出したのだ  ......│       / /      / /
   └─────────┘       / /        ノ、/
                         ハ-イ       ヽ_夂
                         ー‐'          ー'

191 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:32:36 ID:FMfN8pzc


            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、.          ┌─────────────┐
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _     │まず先陣を切ったのは    ....│
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7   │                    │
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./    │湖広総督【楊宗仁】である  .....│
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ.    .└─────────────┘
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \     ←漢軍八旗出身
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \      科挙には合格はしていない
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /
. / _〈  l     _/:/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             /: :/
 ¨´  \_>一 ´/: / !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       【湖広総督 楊宗仁(ようそうじん)】  湖広総督は湖北省と湖南省を担当

192 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:32:57 ID:FMfN8pzc


┌─────────────────────────────────┐
│      \ヽ-lヽ―- 、         ┌─────────────┐    .│
│    ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧        │ベテランの地方官として    ..│    .│
│  /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ        │                    │    .│
│  //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ.      │以前から            .....│    .│
│    |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \     │                    │    .│
│   .| / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/.   │付加税の問題に        ...│    .│
│    VヘV:|  __  〉/ノ | :|.      │                    │    .│
│     ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|.      │心を痛めていたところ・・・   ..│    .│
│      |: : /`7   } /: : /:. :|     └─────────────┘    .│
│      |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|                             ...│
│      | :j \. |丶イ: : :/  l|  なんで付加税が 野放しなの?        .....│
│.       レ' l  L_/:. :/...  ||   ありえないわ!                ....│
│.      |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|.                            ....│
│.       |: | | | ゝイ :/ |  :| |                             ..│
│.      |:.| j | | | |:/  |  :| |                             ..│
│.        :.| 「 .Lハハ|'  l  :l                              .│
└─────────────────────────────────┘

193 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:33:18 ID:FMfN8pzc


       ┌────────────┐
       │願ったりかなったり、     │
       │                  │
       │新帝・やる夫からの     ..│
       │                  │
       │命令が下ったのである    .│
       └────────────┘

                 ┌────────────────┐
                 │【楊宗仁】は喜んで             │
                 │                       .│
                 │以前からあたためていた改革案を  ..│
                 │                       .│
       ,r-、          │次々と実行するのだった          │
       /'ニユλ、___.   └────────────────┘
       〈 、}'´ ,〉 、: : : :`;:=:=‐-.、/ヽ:‐::-.、_   __
       _,ゝ ,.イ、 ,>'´;: : : : : : : : |: : : : : : : :`ヽ、|::::::::;/
        {`ー-‐' {∠:;ィ´: ::/: : :;/::/|: :: : : i:: : : :ハ::ヘ::~ユ、__
      ,j    ;{/: : ::/:.: ;//:/ |::|:: : _|__:: : : : ヘ::ハ::{:::::::\
      〈ゞ‐-‐':/: :;': ::/: : : ̄`/'´   |:|`ヽ::|ヽ::: : : : :ハ::}: ヘ:;;;/
      ∨   j: :/: ::/: ::j:.:/ ___、   |:j  ,_`__∨::: :i.: :|:j::: :λ
       ∨  |/|: :::j: : ::|:/チ弐z、  ´ ィチ弍z V::: :ト、:|'::: :i::∧
        〉   V:::|: :/:ハ      ,       ,'∨:.:|)ヘ: : :|:: ::ハ、
        ∨.   ヽ:|;/ゝλ"   r─-、  ",/_,ノヽ:|  ∨::!::: : :|:ヽ、
         ∨    ;{: : ::i:::ヽ、  V__,ノ  ,/       ∨::::: : :|: :∧
        `ヽ、:: : `ヽ、::::;;ノ`>:r- r;<ー-.、_      j^,ヘ._::: :|:: : :}
            \: :  ゛∨   {'   `}    /ヽ  〈´ゝ {`〉:.:|:: : :|
            `ヽ、:,' `ヽ、 ヽ‐‐/  /   } /`ヽ._,ィ:;)::: |::.: :l
              /    {.\丶/ /} i   |,/`ヽ、__,,/:: : j:.: :j
              /  i  `> `ー'´_,/  |::. '"     /|:::: ::/: :/
               /  _,ノ  〈 ::.ト:: `〉  |:::   / ,ノ:;/::.:/
               〈,,r'´:j`ヽ、 ヽ、| | /   |、__,,/   /:'":;/: /
             `ヽノ ̄l゛〉   ´    :: |     /: ::〃: /
              /  / `iー-:r─r'^:r┘   ./: ://: :/

194 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:33:42 ID:FMfN8pzc


       ┌──────────────────┐
       │この【楊宗仁】のすばやい反応に・・・     .│
       └──────────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||.
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||.
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌─  昌  武  ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

195 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:34:11 ID:FMfN8pzc


                         ┌────────────┐
_ノ\_ L               │もちろん、やる夫も      ....│
      (                  │                  │
  マ  r ̄ ̄ ̄ ̄\       │大喜びしたのであった   ....│
      /        \     └────────────┘
  ジ  {  `\    / ヽ
     〉 ,‐-‐、`    ._ _ \   命令出してから
  か / r:oヽ`    /.:oヾ丶\    まだ一ヶ月もたってねーお!
     { {o:::::::}     {:::::0 }  ヽ
  お  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /   i      でも、計画も行動も
 !? ヽ::⌒/     ,ヘ  `i    | r--ッ     ちゃんと理にかなってるお!
, -tヽ/´::::::ヘ__/  `、_ノ   / }  >
.      J    \  /    / /_ゝ       すげーお!!
            `-´    /
               <





                      ┌───────────────┐
         ___       │あまりに うれしかったのか     ...│
       / ⌒  ⌒\       .│                     ...│
      / (⌒)  (⌒)\.    │即座に【楊宗仁】に対し       ...│
    /   ///(__人__)///\   │                     ...│
     |   u.   `Y⌒y'´     |   │恩賞を与えることを決めている   .│
      \       ゙ー ′  ,/   └───────────────┘
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

196 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:34:49 ID:FMfN8pzc


               ┌───────────────────┐
               │なお、このときの親展状で             │
               │                          ......│
               │やる夫は【楊宗仁】に対して           │
               │                          ......│
               │“奴才”でなく“臣”と書くよう指示している    │
               └───────────────────┘
           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                      ⌒´   .|
      /  //   湖広総督 奴才 楊宗仁 叩首恭   |
      /  //           ↑                |
    . /  //              “臣”でかまわねーお    .|
    /  //  .                (やる夫)      |
    /  //                                |
   ./  //     ※“奴才”とは満洲人の自称で      |
  /  //         奴僕の意味                  |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \.._,ノ

197 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:35:15 ID:FMfN8pzc

実物のリンク
ttp://www.npm.gov.tw/exh98/yongzheng/pics/jp_img02e.html

198 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:35:43 ID:FMfN8pzc


           ┌──────────────────┐
           │これは、科挙に合格していないことで    │
           │                           .│
           │漢人官僚に対し                 │
           │                           .│
           │コンプレックスを持ち続けている・・・     .│
           └──────────────────┘
          ___
         /     \
       /   \ , , /\   満洲人や漢旗人だからって
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)    |   “奴才”と自称して
     \      ` ⌒ ´  ,/       遠慮してる 必要なんかねーお!
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /





               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ  もっと胸をはって堂々と
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ       してれば いいんだお!
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /    ┌─────────────┐
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、   ,..-‐|、      │満洲人・漢旗人の官僚を   ...│
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \     │                    │
                           │励ましているのだ       .....│
                           └─────────────┘

199 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:36:11 ID:FMfN8pzc


             ┌─────────────────┐
             │まさしく、時代は変わったのだった。   .│
             └─────────────────┘

                  /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
                  ,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴 お心遣い、ありがとうございます・・・
              f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
  ┏┓  ┏━━┓..  ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨         ┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃    ヽ、{∧オレ貧≧/ / /≦乏ダ:| ト、:ハ_         ┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━|:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | Ⅳ |:「ヽ}━━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃    |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{             ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━|: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|}━━━━━━┛┗━┛
  ┃┃      ┃┃      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|.             ┏━┓
  ┗┛      ┗┛      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|.             ┗━┛

200 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:36:34 ID:FMfN8pzc


                          ┌─────────────────┐
                          │やる夫のバックアップを受けた      .│
                          │                            │
                          │【楊宗仁】は5月になると          │
          ,..-──v'⌒ヽ        │                         .│
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ    │付加税についての 具体策を上奏する   │
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<    └─────────────────┘
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |   湖広の状況は
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|    はっきりいって良くありません
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ     官僚や地方政府のスタッフは
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|              付加税の他にも
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/        何かにつけて、民衆から金を巻き上げ
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./                 民心は荒れています
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

201 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:36:58 ID:FMfN8pzc


            ___   /ヽ、
     ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
       /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
      // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
.     /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\   でも、それも当然のことです
    / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
     /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
      |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|    ここ10年以上、地方官の給料は
     | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿       すべて国庫に寄付していて
     |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |            1両も払われていません
       |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
       | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
       | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |     これでは民衆から巻き上げなければ
..  r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/     / |   |             やっていけません!
   ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
 と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
   `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
     |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

202 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:37:23 ID:FMfN8pzc


                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__    だから、これからは
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、    付加税を10%だけ取ることを許して
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|   省内はすべて
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|     そのお金でやりくりさせます!
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Ⅵ::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|    それ以外の付加税やタカリは
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |         厳しく禁止します!!
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│.
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |

203名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:37:41 ID:uS0ekQEs
>>197
おお、赤ペン先生w
陛下スゴイ字綺麗ですよね

204 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:37:47 ID:FMfN8pzc


                                    ┌────────────┐
      <ヽ/⌒ヽ )) ニ ュ     ___.       │つまり、今まで「知県」に   │
   ((  /   /      ウ / -、−、  \    │                  │
     (⌒)/ヽ\  \\  / -| + |+ |- 、  ヽ.    │好きなように任せていた    │
  ☆    ̄    \(()==o. |   `-●-′ ヽ  |    │                  │
 \ヽ l / /        || !ヽ 三 | 三 / | !    │付加税の取立てを       .│
    人   ガッ       o=o\__|_ / / /    └────────────┘
   <   > ガッ      \\ ||━━o━━━ヽ
 ∩∧-Λ∩           /o==o__\ 、 ヽ
 | ( `Д´)/          ○-| \ヽ_ノ ノ  |○
  |    |              i   ,二 、´   i
 (__、──⊃           ⊂二⊃  ⊂二⊃





            ┌────────────────┐
            │省のトップである「総督・巡撫」が    .│
            │                          │
  ,'´ ̄ ̄`',    │制限をかけようと いうのである     .│
  !  総  l.   └────────────────┘
  !  督  l
 l   命  l.      , ────  、
∠   令  l    /     /⌒ヽ⌒ヽ、
 \. ! ./    /    , ─|  ・|・  |、ヽ
\   ̄ ̄    /    /    `ー ●ー′ヽ    ※7%が知県・知府の取り分
  \       l   /       ─  | ─  |
\  `─− 、 |   l    /⌒ヽ二  | 二 _|      残る3%を省に上納させる
  \   l | | l━l  |  /ヽ_ ノ___|___)ヽ
    ヽ.┗┿━┿━/  //       /ヽ_ノ
      ̄    |     /━━/ ⌒ヽ/⌒ヽ/
   / l ヽ  |    | ┌/|    |    |
    ☆    l     ヽ/  ヽ、__ ノヽ.__ノ
       (( ヽ            /   /
           ヽ           / ノノ
            ` ──┬─‐ ´
                    ●

205 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:38:17 ID:FMfN8pzc


           ┌─────────────────────┐
           │この【楊宗仁】の計画に、                 │
           │                              ..│
           │やる夫は「まったく是なり 一つも瑕疵なし」と     .│
           │                              ..│
           │最大級の賛辞を送ったのだった。              │
           └─────────────────────┘
                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  さすが【楊宗仁】!
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |  まったくそのとおりだお!
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |       完璧だお!!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

206 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:38:44 ID:FMfN8pzc


    ┌──────────────────────────┐
    │こうして、湖北省・湖南省を皮切りに                 .│
    │                                     ...│
    │はやくも雍正元年から、各地で付加税改革が始まっていく    .│_..-‐‐′ ....ノ''、
    └──────────────────────────┘     ゙、   \rt_._
  r'' ゙̄‐'"´                 ヘ、              厂"        ` ヘ、_、   `/
  ‐ァ                      /ー- -........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
  ィ′                  _ノ'⌒  (    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト                  j′    −7             _ '北京◎ ヽr'´ ∨
   ゙‐ 、            Y ̄´  ̄ヽ,,/--、 "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│ 山 │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  | 西 ノ‐/   " r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉  '、 ! 省亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、 湖北省 ゙┐  丶 / >
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈    _ゝ、_/
                         }  `'、 ./       '、 湖南省 │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ   │  _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、       │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

207 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:39:14 ID:FMfN8pzc


                           ┌──────────────────┐
                           │雍正元年11月には                   │
                           │                           .│
                           │山西巡撫の【諾岷(ヌオミン)】が         │
              /  ̄ ⌒  丶.    │                           .│
    _ -        /         \.   │さらに進んだ 付加税改革を実行する。  ...│
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\     丶  └──────────────────┘
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト〜 ー _
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌〜^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶〜
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):〜─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し〜⌒〜、/:: r |;;;: \ ;:: |:| 〜  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )  【満洲人 諾岷(ヌオミン)】 諾敏とも書く

208 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:39:39 ID:FMfN8pzc


                                 ┌───────────────┐
                                 │山西省の地方官たちの       ..│
                                 │                     ...│
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー│あまりのメチャクチャぶりに    .....│
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |│                     ...│
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |│あきれ返った【ヌオミン】は・・・   ...│
               弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l└───────────────┘
         弋ェェt┼┬┌─  原  太  ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||             ←飢饉が起きても
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l                無かったことにする
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i     毎年のように
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄     租税不足
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄   そのくせ付加税は
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l       30〜40%取る
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

209 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:40:03 ID:FMfN8pzc


    ┌────────────────────┐
    │取り立てた付加税を                ...│
    │                            ....│
    │地方官のポケットマネーにすることを許さず   │
    └────────────────────┘

           , ────  、
         /     /⌒ヽ ⌒ヽ\  っ           /f゙ヘt、`-、_
        /    , ─|/ (・|・)\|、 ヽ  っ       /f~´  i゙;;'、';;t、`'‐ 、
       /   /   ヽ、_ノ、_ノ ヽl          \(z、   ``ツr;;';;ゞz;;`'‐ 、
       l    /  /\ 二  ● 二  l⌒ヽ         `'‐、ゞ、_ '´ `゙゙ ゞネ'゙‐ヾミー 、_
       |   / /    \─  | ─/ヽ_ノ           `゙'-、ゞ 、     _,ノ;//
      ☆|   /⌒ヽ     \_|__/ /                `゙''-、ゞrt.;.ォ//
    ★   l/ヽ _ノ         /  /             ,            ゙、/
       /  / \_(二二)___〈 /              /|
      /  /━━━O━,─<             , ‐'゙ /
      l  / ___  /   l          _,.. ‐´fじ''´
      |  | ヽ   ノ />、_.ノ    ┌──────────────────────┐
      ヽ  ヽ /⌒ヽ //      │付加税は全部、                      .│
        ヽ、_|    |./.        │                                │
         `.ー ′         │いったんは省の布政使庫に入れさせ、         .│
                          │                                │
                          │そこから運営費を 割り当てることにしたのである   .│
                          └──────────────────────┘

210 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:40:34 ID:FMfN8pzc


                       ┌──────────────┐
         ____               │ようするに             ....│
        / 、, ヽ           │                   .....│
     ,, -┬ | ^  ^ |┬,-、        │付加税を公金扱いして        .│
   / ,-、,-(:|lこHこl|;)ー--、      │                   .....│
    |/|,゙,l| ,,┴ー.vー┴、   ヽ     │完全に省のコントロール下に    │
  /  __|、|/'v'T'~^~Tヽl\   \    │                   .....│
  |   {_Ξ}   ヽ,,,,,,/    \|   |.    │置いたのだった          ...│
  \___/T'|'    | ''' |     |  /     └──────────────┘
     | l゚|     |┿|     |/
     | |l|     |┿|     |┤  付加税は20%に減らすんじゃ
    | |'|     |┿|     |┤
     |,__|゙|__,l人l_______|/   租税不足の穴埋めが終われば
      | |,|          |      さらに13%に下げるぞい
     `|'|          /
      l|、____λ__/
      !  v    v

211 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:41:02 ID:FMfN8pzc


                    ┌─────────────────┐
       ___.          │ただし                      │
      /  _   _ ヽ.       │                         .│
     /  ,-(〃)bヾ)、l    │バカ安い給料のままでは        ......│
     | /三 U  |~ 三 | _    │                         .│
      |(__.)―-、_|_つ_)   │地方官たちが生活できないので・・・   .│
    /  /`ー--―-´ /      └─────────────────┘
    |  // ̄( t ) ̄/
    |   | ヽ二二/⌒l
   (__> -―(_ノ





                                ┌───────────────┐
              r―-、__r―-、           │収めさせた付加税の中から    ....│
           |―‐z__,r:、__).        │                        │
              |  |   /  /___r-、    │給料の数十〜数百倍の金を    ..│
           >―-、__ノr―‐┴'′   .│                     ...│
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ      │『養廉銀(ようれんぎん)』として  .....│
.      /           \   `〇    │                     ...│
     |              ヽ.        │支給したのである             .│
     |    養廉銀      |       └───────────────┘
     ヽ             /
      \_______/





                     ┌───────────────┐
                     │この給与制度が             │
       , ───  、         │                     ...│
     /   / ⌒ ⌒ヽ\     │いわゆる『養廉銀制度』である  ......│
    /    , ┤/ ・|・\|-、ヽ.    └───────────────┘
.   /  /  `ー ●ー′  ヽ __
   l  /    三   |  三  | | 養 |  (でも、今までは給料の1000倍以上の
   | l  \       |    / l | 廉 |      付加税を取ってたから
   ヽヽ  ヽ`ー─┴─´/  /. | 銀 |        200倍もらっても大幅ダウン)
    ヽヽ  \ _____ / / (__ ). |
      >━━━━ ,-、━´  ̄  ノ ̄
     /   /   ヽフ ヽ |─ ´

212 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:41:35 ID:FMfN8pzc


        ┌─────────────────┐
        │この【ヌオミン】の改革もまた         .│
        │                         .│
        │やる夫を おおいに喜ばせたのだった  .│
        └─────────────────┘
            _____
          / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
         /        ∪     \      ||  ||
       / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
      /  (   ● l    l ●   )  \
    /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
    |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |  このほうが解り易くていいお
    |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
     \          |/⌒i⌒、|         /   つーか、何で今まで
      \       !、__,!    U  /       誰も そうしなかったのかお?
      /       、____,,      \
     /                        ヽ
      |  、                 ,   |





                  ,ヘ     ┌───────────────┐
      ____      / /      │調子に乗った やる夫は        │
     /\  /\   / /      .│                     ...│
   /( ⌒)  (⌒)\/  /        │全国的にこの『養廉銀制度』を    │
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /.       │                     ...│
  |     |r┬-|       |.         │広めようと考えて・・・        .....│
  \     ` ー'´     /         └───────────────┘
  /          \
 /             \    喜べ!
/  /\           ヽ     給料の100倍以上の手当てを
 /   \          ノ           くれてやるお!
U      ヽ        ノ

213 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:42:04 ID:FMfN8pzc


         ┌────────────────────┐
         │雍正2年、中央政府に検討させたのだった  .....│
         └────────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

214 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:42:26 ID:FMfN8pzc


                      r
                    \    _                    ┌─────────┐
                         _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __        │もちろんこれは     │
    マジで!?         .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、     │            ....│
                   /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、   .│漢人官僚の     ...│
               __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、 .│            ....│
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : : │大反発を招き・・・  ..│
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー     \: : : : : └─────────┘
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
                `

215 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:42:51 ID:FMfN8pzc


                 _,,,,,--―――--,,,,_
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ.         ┌─────────┐
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\       │彼らは         │
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ       │            ....│
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ     │一致団結して      │
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨   │            ....│
        ,';;;;;;;/      ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l    │阻止しようとする  ....│
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|     └─────────┘
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l   せっかく手に入れた利権だぞ!
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l       冗談じゃない!
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}

216 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:43:30 ID:FMfN8pzc


┌───────────────────────────────┐
│この反対運動において                               .│
│                                            ....│
│やる夫に もっとも激しく反対した漢人官僚は                   │
│                                            ....│
│皮肉にも名地方官との呼び声も高い【沈近思(ちんきんし)】であった     .│
└───────────────────────────────┘

                     ) やる夫陛下、
       _ ,, -ー=- 、    ヽ   異議あり!!
       ゝ、ニ 二 _ ミミV,    )
       マ二 ニ、 r' ..,,_ ヽソ,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
       `ヽ、 { a`'   tij` _!                  /  __  `` ー- 、
         |ノゝi     ,_〈                , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
         /   t   -‐ ,'"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
        /!   `>、 _/_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /
   【沈近思(ちんきんし)】

217名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:43:53 ID:OGpNUdj6
>>197
実物あるのかすげぇ!

218 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:43:57 ID:FMfN8pzc


            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (      付加税は、陛下が
            `'||、_ ;       _ _)
            'レ' ゙、.   -―-|        関係されるべきではないのです。
               人. ` 、   /
            _,/(  `' 、 _゙T
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     なぜなら、そうすると
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!    陛下ご自身が「付加税を認めた」
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i    「公認した」ことになってしまいます。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!

219 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:44:26 ID:FMfN8pzc


        _.. -‐ ' "     ヽ ̄ノ^7__    付加税を「公認」してしまうと
    `ー ''"--―――-r⌒``~`゙゙`''ヘ/
     `ー--――ー--->  〜-、_, ',     最初のうちこそ 民衆の負担が軽くなるでしょうが・・・
      `ー-- .._ へ/   くてi` 〈
       `ー-_   | ^i        , ノ                    _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
          ヽr''ヘ、_     ,.-=ァ/                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          /   !、   {__//    __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
          ノ       、   ̄ /-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳─────┐
         ┃    租  税              ┃ 付加税   │
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻─────┘
                      ↓ ↓ ↓ 付加税の公認化
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━┓
         ┃    租  税              ┃付加税┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┛

220 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:44:52 ID:FMfN8pzc


              ,. -‐7        将来、必ずや地方官たちは
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /        「付加税の上に付加税を重ねて」 取り立てるので
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_         かえって民衆の負担が重くなります!
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',          だからこそ歴代の皇帝は
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,         付加税を「黙認」はしても
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、     けっして「公認」しなかったのです!
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !   あくまでも地方官の「独断」に
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !      まかせるべきなのです!
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳─────┐
         ┃    租  税              ┃ 付加税   │
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻─────┘
                      ↓ ↓ ↓ 付加税の公認化
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━┓
         ┃    租  税              ┃付加税┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┛
                      ↓ ↓ ↓ でも将来は
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━┳──────┐
         ┃    租  税              ┃付加税┃   付加税   │
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━┻──────┘

221 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:45:44 ID:FMfN8pzc


                            ┌───────────────┐
                            │こう言われて              │
          ______            │                     ...│
        /         \       │やる夫も自分が表に立つのは   ..│
       /            \.     .│                     ...│
     /      ,   、,,.-='、'、 \    │マズイと気づき・・・         ......│
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \    └───────────────┘
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |   あー
  |                       |     そういうワケだったのかお・・・
  \                     /
    \                  /

222 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:46:11 ID:FMfN8pzc


                                      ┌─────────────────┐
                                      │結局、やる夫は                .│
                                      │                         .│
                                      │漢人官僚との対立を避け、       .....│
                     ___           │                         .│
                _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,       │彼らの言い分を認めたのであった。    .│
             ,..-'"゛                `'‐    └─────────────────┘
           /        _ -ー¬-、        \
      /         /       `'‐        ヽ,      わかったお。
     /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ
   ./            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ     付加税のことは
 ./              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!      全部、地方官に任せるお。
. ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ
│                   -ー¬'        ゙弋___ 〉
. |                   l\  、            `'-、 "ヽ    やる夫から
 ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |      養廉銀制度の無理強いもしないお
  ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !
.   \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
     /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |  (なるべくやつらに口実を与えないほうが
───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !               むしろいいんだお・・・)
             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./
             `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                               ... r''ヽ..,,、
                        ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                        `ヘ

223 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:46:40 ID:FMfN8pzc


                           ┌───────────────────┐
                           │だが                        ...│
     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \.          │                          ......│
    /: : :             \       │やる夫は別に                    .│
  /: : : :             \     │                          ......│
/: : : : : :                 \.    │付加税改革をあきらめたわけではない    .│
: : : : : : : :.._        _      \  └───────────────────┘
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |   別に問題ねーお
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \

224 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:47:02 ID:FMfN8pzc


┌────────────────────────────────┐
│      ,. -――‐- ._                                 .│
│    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ                              .│
│   /    !  o l_!o   !   ヽ      やる夫が直接指示しなくても     .│
│.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ                             │
│ ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',     税制改革は、             ....│
│ ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |                           .│
│ l l ‐弋´   |   `~フー ! l     【楊宗仁】や【ヌオミン】のような     │
│. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /                          ......│
│  VV  {   )  ̄      / /      総督・巡撫にやらせれば       ..│
│   ヽ/ `ー'_____,//                             │
│   /    /--/⌒ヽ----┘、       いいだけなのだ。           ..│
│   l     /  ヒΤフ  ヽ  \                             .│
│       【総督・巡撫】                               ....│
└────────────────────────────────┘

225 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:47:24 ID:FMfN8pzc


         ┌─────────────────────────┐
         │そして、やる夫のもとには 絶大な忠誠心を持ち         │
         │                                   .....│
         │なおかつ立派な教養人に成長した臣下が居るのだった    .│
         └─────────────────────────┘
      _____               _____               _____
     r' ,v^v^v^v^v^il             r' ,v^v^v^v^v^il              r' ,v^v^v^v^v^il
     l / jニニコ iニニ!.            l / jニニコ iニニ!.             l / jニニコ iニニ!.
    i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi           i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi           i~^'  fエ:エi  fエエ)Fi
    ヽr      >   V           ヽr      >   V           ヽr      >   V
     l   !ー―‐r  l             l   !ー―‐r  l                l   !ー―‐r  l
 __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       __,.r-‐人   `ー―'  ノ_       __,.r-‐人   `ー―'  ノ_
ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i    ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i    ノ   ! !  ゙ー‐-- ̄--‐'"ハ ~^i
 ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \    ヽ ! ヽ、_     _.ノ  i  \
ヾV /              ! /.入  ヾV /              ! /.入 ヾV /              ! /.入

226 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:47:48 ID:FMfN8pzc


                       ___ _ いー人材はいねーかおー
                    . /  >‐-、\
                  . /~ヾ, j|  。 } \            ┌──────────┐
                   /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,       │やる夫は この中から  .│
                  ./ ヾ≦'(_人__)      .\         │              ..│
                丿 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ.ヽ..   │特に優秀な人材を  .....│
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ   │              ..│
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., .│抜擢して・・・      ....│
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., └──────────┘
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

227 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:48:17 ID:FMfN8pzc



           ┌───────────────┐
           │地方官として派遣したのだった   .│
           └───────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌───────┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

            ┌─────────────────┐
            │この中でも 抜群の成績を挙げて、    │
            │                         .│
            │後に やる夫の三大模範と呼ばれた・・・ ..│
            └─────────────────┘

228名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:48:38 ID:EBK3088U
>>222
悪い顔だなw
皇国の新城ぽい

229 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:48:42 ID:FMfN8pzc


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !     ┌─────────────┐
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |    │田文鏡(でんぶんきょう)    .│
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |    └─────────────┘
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ
   【河南・山東総督 田文鏡(でんぶんきょう)】

230 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:49:05 ID:FMfN8pzc


          /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
       /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
      / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
      ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
      /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У       ┌────────┐
      ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|        │李衛(りえい)   ..│
     ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ        └────────┘
     !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
     |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
     |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
     |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
      ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
       \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
     , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    /   |_,. -‐  ̄`ヽ rァr--`‐──'‐‐-r ,   `¬ー 、
    /___.,ィ´    ヽ、._ ヽ          ./ /′      「ヽ
ァ‐/ /         \_ノ!         l /         |  ',
 /   {        `ヽ、 .}!ヽ!       /V           !  ',、
 !   ヽ       \ Y |  ` r====r'´          /    !\
          【浙江総督 李衛(りえい)】

231 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:49:26 ID:FMfN8pzc


  |:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|   '. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.ヽ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧\:.:.:.',
  |:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ′   l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ∨.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ \:.'.
  |:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ/ /    |:.:.:.:.:.:.:./:.:.|   y'.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.∧   ヘ.
  |:.:.:.:./.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \,′   !:.:.:.:.:.:/|:.:./,/ '.:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |:.:.:/.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./   /` ‐-‐'|:.:.:./ |ァ'´    |:.:| :.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|    ┌──────────┐
  |:.:.i.:.:./.:.:.: '.:.:.:.:.:.:.:/   ,/       |:.:.:/   ′    }.:.| :.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|    │鄂爾泰(オルタイ)  ......│
  |:.:.|:./.: rヘ|:.:.:.:.:.:/:.| 三三三三三  |:./   三三三 ハ|:.:.:.:.|:.:.:.| :.:.:.:|    └──────────┘
  |:.:.l〃.:{  |:.:.:.:./.:.:.|             l.'         .i.:.:.i.:.:.:∧ :.:|ヽ :.:|
  |:.:./.:.:.:.\|:.:.:/.:.:.:.:|                '       |:.:.||:.:/  :.:.| '.:.:l
  |:./.:.:.:.:.:.:. !:./.:.:.:.:.:.'、            ,.ー--、    }.:.:|レ′ ∨  V      ┌────────────┐
  |/.:.:.:.:.:.:.:.:V '´  ̄`ヽ.、            ´`¨¨{. |_.  '.:.:.:.|.               │などの              │
 /.:.:.:.:.:.:.:./         ヘ `    . __. -r1 |:.:.:.:.:.:.:.:.|             │                  │
 :.:.:.:.:.:.:, '         '. \    | _.   -┴ー──┴┐           │献身的な活躍もあって     │
 :.:.:.:.:./           |  \  r' |   -──────i'.             │                  │
    【雲南・広西・貴州総督 鄂爾泰(オルタイ)】                │地方政治の改革は     ...│
                                               │                  │
                                               │順調に進んでいった      .│
                                               └────────────┘

232 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:49:54 ID:FMfN8pzc


                            ┌──────────────┐
                            │なかには、忠誠心あふれ杉の  .│
                   n       │                   .....│
  ∧∧∧∧∧∧∧∧.    l^l.| | /)     │困ったちゃんも居た         │
  |  ___ ____|    | U レ'//)  └──────────────┘
  |  |    `´    |   ノ    /
  | /   \   / | rニ     |  ハイハイッ
(∂|_/    〔 ^〕  〔 ^〕 |  ヽ    /    やる夫陛下!
 ヽ|     "|  〉" メ.|  ./ `   /
   |  u   ___  | /  /    オレは金なんて要らないっス
   \    /__/ /¨  /
  /⌒ヽ             /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ  ←蒙古八旗出身
 | ヽ〆          |      湖南巡撫【布蘭泰】





  ∧∧∧∧∧∧∧∧ ∩_
  |  ___ ____ 〈〈〈 ヽ
  |  |    `´    〈⊃  }   税収不足の穴埋めは
  | /   \   /   |   |
(∂|_/   〔 ^〕  〔 ^〕  !   !    オレの屋敷と土地を 担保に入れて
 ヽ|     "|  〉" メ  |   l        金借ります! 平気ッス!
   |  u   ___   |  /
   \    /__/  //
  / __        /
  (___)      /

233 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:50:31 ID:FMfN8pzc


         ┌────────────────┐
         │これには やる夫もあきれ返った  .....│
         └────────────────┘
         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





         ____
       /      \  あはは、大笑いだお! やりすぎだお!
      /  ─    ─\
    /    ⌒  ⌒  \  「過ぎたるはなお、及ばざるが如し」
    |       ,ノ(、_, )ヽ    |    とは、正に この事だお。
     \      トェェェイ   /
      /   _ ヽニソ,  く

234 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:51:09 ID:FMfN8pzc


         ____
       /⌒  ー、\   お前の気持ちはわかるけど・・・
     /( ●)  (●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  はっきりいって
    |     |r┬-/ '    |    全然誉められねーお!
    \      `ー'´     /





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))     お前は視野が狭すぎるお
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    いーから養廉銀を受け取るお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|      |.     ┌────────────────┐
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/.    │やる夫は、官僚が自腹を切って     .│
    | | | |  __ヽ、    /      │                       .│
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |         │政治を行うのは大嫌いなのだ    .....│
    `ー---‐一' ̄             └────────────────┘





          ____
        /_ノ  ヽ\       官僚に寄付させたり
      / ( ●) (●)、     自腹切らせたりしても、どーせその分は
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |     民衆から搾り取るようになるから 意味がねーんだお!
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  \ ヽ  /         ヽ /        明らかに諸を 官に取れば、
   \_,,ノ      |、_ノ           官は亦 必ず暗に これを民に取るのみ (やる夫)
                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       ┌──────────────────────────┐
       │こうして、不正の口実となるものを止めさせていくのである    .│
       └──────────────────────────┘

235名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:51:37 ID:cuPexBtQ
>>197
リンク先が台湾の博物館というあたりに、いろいろなものを感じるな。

236 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:52:00 ID:FMfN8pzc


                           ┌───────────┐
          , -────- 、         │こうなると           .│
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ         │                │
    /     , -| / (|)\ | \      │漢人官僚のほうでも   ...│
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ.       │                │
.   /    /       ̄ ●   ヽl.    .│対応が難しい        .│
   i    /      ̄ ̄   | ── |    └───────────┘
   |.   l      ̄ ̄   | ── !      .
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ





                        ┌──────────┐
      ,  ───  、            │反対運動を        │
    /          \  っ     │              ..│
   / ヽ            ヽ っ    │しようにも       ......│
   l’\|─‐ U 、         ヽ     │              ..│
   l  ノ     \         l.      │付け入るスキが      │
  ●´ ──      ヽ         |      │              ..│
  ノ  ──      ヽ      l.      │見つからないのである....│
. (   ──        l    /.     └──────────┘
  ` ー、── 、     |     /
     ` ー,-、━━━━━━ヽ
        .ヽフ `ヽ

237 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:52:30 ID:FMfN8pzc


                            ┌────────────────┐
                            │それに何といっても、相手は       .│
  / || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :; . │                       .│
  | |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   │同母弟だろうが、功臣だろうが    ...│
  | |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :.│                       .│
  | |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :; .│容赦なく弾圧する 独裁君主なのだ .....│
  /..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ; └────────────────┘
  | || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  :゙゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
  | || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;/ ̄ ̄ ̄\ ;:: .:  " :゙;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
  | || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :/ ─    ─ \: :゙ ": : ;:゙ :゙ ;.| :: ;: :;: ;": :; ; ;
  | || |レ|レ||_|| || || |;; :  /  <○>  <○>  \: :゙ ": : :゙; :|:: :;:  :: ;:;:  :
  | |レ|レ||_|| || || || | ;;:  |   ヽ __´___ ノ   | ; ;; ; :.,| : :;: ;": ::;:  :: ;
  レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ \_  `  ̄´  _/ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;:;:  :
  レ||_|| || || || ||      .../        |  .         \: :;: ; ;; ":
  |_|| || || || ||        (_)| ・   ・ ||              \: :;:: :;  ;
                 l⌒ヽΞ   Ξ/| |
               .....| |\_(;;U;;;)_ ̄))
               .(_)      //
                     ....( _)

238 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:52:51 ID:FMfN8pzc


                               ┌────────────┐
                               │漢人官僚のほとんどは   ..│
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \         │                  │
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ.      │不正に手を染めており   ...│
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : 'ミ=-::::, -‐│                  │
   /: : /: : : 斗--、 :|: ,ィ≦__,.. -‐'''´ / /     r .│スネに傷持つ身である   ...│
   |: : |: : : : :〃|彡 γ--'´ ̄    / //i  |     _└────────────┘
   |: : |: : : : -''゙,ニミ' )        ,'   l l |  |   ⌒(.
  < : 」_: : / 〈ト/゙◎i        l   | | l  |       ┌────────────┐
  <:: |. 小{ 、ゞ ノ } !       l    | 丶 丶.       │下手に嫌われて       ....│
   厶ヘ ハ   r  |             丶 丶'.     │                  │
      \_!  、ゞ }               \'.     │財産没収でもされたら   ....│
        ヽ    _ミY           ,. -'´  ∠ミーニ .│                  │
      ___,r| \   )     ノ  /   r;┬':.       │それこそ元も子もない     .│
    /:/::::| \  ヽ ` __ _/ ̄>-'⌒ー‐'´        └────────────┘
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  < オレ、こんな役ばっかかよ・・・
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::

239 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:53:15 ID:FMfN8pzc


                             ┌───────────┐
           _ ____               │結局は、         ......│
         ,,-´     _ _` ヽ、        │                │
       /      / /|\\ \      │しぶしぶながらも     ...│
      /    ,,,−|/ /|ヽ ` |- 、 ヽ.      │                │
     /   /    ヽ _ | _./   \ヽ.     │受け入れて・・・         │
     |   /         ●        ||    └───────────┘
    |    |    /     |  ヽ    |
    |   |   / /    |    \   |    とほほ・・・
     |  |    /  /   |   \  /      しばらくは おとなしくするか
    / \ |       /    |  \   /
   /   \ヽ  / ̄\_|__/ヽ /
   |     ヽ━━━━━┯イ ´
.   |   i\  \   (T) ノ ノ
   |  |  _\  \ _ / /
    |  | \ \(  )/|





               ┌───────────────────┐
               │不正は、昔のように                .│
               │                          ......│
≡||≡≡||≡≡||     │コソコソと目立たぬよう続けたのだった    .│
≡||≡≡||≡≡||   _└───────────────────┘
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| /- 、− 、   \
二二l  o o o ||/-|/・| ・\|- 、   ヽ
──────┤ `-● − ′ ヽ  ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 三  |  三    |  |      ___
          (____|__    |  !    /      \
        ( _\      ̄  /  /   /          i
.         \┝(t)┯━━━━l    |           ノ
               | _.ノ         |    ヽ       /l)
            ○_         |    �堯 押�_/ノ
            !_ノ        -●i      j┴-┴、
            ヽ____l__/    /´  ̄ ̄ ^ヽ
            (______)___).    i_|     i_|
           [______]    | |     | |
...           | | |... | | | | | |.      | |───| |

240 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:53:51 ID:FMfN8pzc


    ┌─────────────────────────┐
    │こうして、康熙帝の時代と違い                   .│
    │                                   .....│
    │満洲人・漢旗人の地方官が主導権を握って活躍し・・・     │
    └─────────────────────────┘

              \_            〉     ,. \_/l_,i__,r'         Y   , ヽ/ く   ヽ_/  、_〉
             /     ヽ   Y   //   /   /             7ヽ'7ヽ、}   く、     ,.ゝ
            く__ イ__/  _l   _l ̄`´ ≠-、 /   /  | ヽ   //   /  /      l___├r__l'
               | .i__  r┘       \. /  ヽ } / /   /  /         /  /
    ,. ─-、       ィ:ト┘ 〉‐' __/ /l ∧__  ヽ、__ヽ、 '"≧┴ミ.、  /  /       /  /
  ((          //:.7  / ´l // l/  V`  ∨`ヽ l"  / ハ   ヽ  / -─‐'´ヽ‐'V  /
    >-─‐-‐'´l-┴‐‐ァ‐ /l /_l/__ /   ,.l斗 l l    ! ,.ィ /lハト、  ∨  /∧ |   ヽ/
  /: : : : :/: : : : :.l: : :  ̄`ヽ/ィ| 代勿    仞}∧ ト、| !  l/ l/、  l∧ ノ 、V ィT/ | ト  〈
/: :/: : /: :/l: : :.ト、: : : ヽ、__∨l/ 弋ツ  ___ ー' lVl/l  l  lィ〒  fバl | |ヽ /ィャ l fxミ i ヽ',
: :/: : :.-l-/ /:./: l ‐ト: : : :\`ヾゝ、  (__ノ ノl/ .|ィ (|  トヒソ   ヒノ/ ̄`> 《ヒソ  代ノl〉l∧}
///: : :イ/ 'イ: :/  ト、: : :.ト、l \ \lー-r-ァ'l´ | |  l r、い ヽ  (^l ̄'   `ヽヽ-ィ_ァ ノl´ ,ヘ      _,.rへ
//: :. /lム=ァ l: / r=r,∧: :|∧!  /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄〉   \   くゝァ<L/´ ‐ァ  ̄`7─「 !  ヽ
: : |: :/: :lドノ:l |/  トrl {:.| 〉:| |   /  _ ___ ___ _______r'´    /    ヽ二>   y/   ヽ<  ,.  ヽ 〈ヽ
: : l:イ^l: | 辷ノ _,__, ー'・l:l/l/ l  { "  }\\☆', l      l ,.-ァY   ヽ/    ヽ∠/  、_/    、_// l,./ /
: : : :ゝl: |、   (__ノ ィ: :| .| |  l   /`ヽミ }v∧|      |  /¨|__r、__     ト、/‐‐〉      ! ,ノ<___∧__,_{‐'
:/: : : ∧∨:T ーrァ7 |: :| .| |   ヽrイ-く ̄`´ ̄`フ、    l゙ー': : : : :l___.!   _ト.: : : :::`ヽ、ト-|___Y
: : : : :l:.:〉´ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄|  `ヽ    `ヽ `>  ヽ: : : : : : :.├'一'´! ヽ: : : : : : l
: : : : :l: {   _ ___ ____ ___r‐┴‐‐'    、_/V    〉: : : : : : :|   / ノ: : : : : :〈 \
: : : : :l: |  " ト、|  ☆ |/ | |   }     /    l  ヽ  /: : : : : : : :{   / /: : : : : : : : !  ヽ
: :.!: : :!: !   /\\__∧| |   ヽ=-ァ'  /   ‐' i_l'´  /: : : : : :i: : : l / /: : : : ::........: :l l ) )
: :.!: : :!: ト-': : : : ヽ、 __./} | |   /< <   / ノ   /: : :.!: : : :.l...:: :|. /: : :.!: : : ::::!: :.| //
: :.!: : :!: :\: : : : : : : : : : | | |.  /: : : /`ーヽイ-.イ     /: : : :!: : : : l::::..:|、 {: : :/!: : : : : !: :l/
: :.!: : :!: : : :ヽ: : : : : : : : :|| | /: : : /: : : : : :.!: : l    l: : : :/l: : : : :|:::: :|`ヽ ̄「`¨ ¬┼┘

                      ┌───────────────┐
                      │養廉銀制度は わずか数年で   ....│
                      │                     ...│
                      │全国的に広まったのである      │
                      └───────────────┘

241 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:54:18 ID:FMfN8pzc


     ヽ       j   .す
  大.   ゙,      l.    ご
  き    !      ',     く
  い    ',        ',    :
  で    ト-、,,_    l
  す    !   `ヽ、 ヽ、    _
   ;    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ       ┌────────────┐
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/.       │そして              .│
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙.      │                  │
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7.        │この税制改革の成果は    .│
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙           │                  │
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,.'           │ものすごく          .....│
  〃〃"      !   |           │                  │
              !  l .          │大きなものとなった       │
 !       (....、 ,ノ  .!          └────────────┘
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´

242名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:54:24 ID:SiecV7zE
役人にきっちり給料出せば不正は避けられる…
なんだが、なんでどこの国も薄給なんだろうな。


>>235
台湾になきゃ今頃、文革で灰だぜ。

243 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:54:43 ID:FMfN8pzc


       ┌───────────────────────────┐
       │まずは、国の税収が大幅黒字となって                    │
       │                                       .│
       │今までの赤字を埋め合わせても お釣りが来るほどになった    │
       └───────────────────────────┘
              ______                        ______
             /壱 / /万:/|                      /壱 / /万:/|
        ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____          ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____
      /壱// |≡≡| ̄:|≡≡|/壱//万 :/|          /壱// |≡≡| ̄:|≡≡|/壱//万 :/|
      |≡≡| |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| :::|≡≡|彡|         |≡≡| |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| :::|≡≡|彡|
      |≡≡| ::|≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| ::|≡≡|彡|       |≡≡| ::|≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| ::|≡≡|彡|
      |≡≡|:: |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| |≡≡|彡|         .|≡≡|:: |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| |≡≡|彡|
      |≡≡| |≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| |≡≡|/          |≡≡| |≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| |≡≡|/

           ______                        ______
          /壱 / /万:/|                      /壱 / /万:/|
     ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____          ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____
   /壱// |≡≡| ̄:|≡≡|/壱//万 :/|          /壱// |≡≡| ̄:|≡≡|/壱//万 :/|
   |≡≡| |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| :::|≡≡|彡|         |≡≡| |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| :::|≡≡|彡|
   |≡≡| ::|≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| ::|≡≡|彡|       |≡≡| ::|≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| ::|≡≡|彡|
   |≡≡|:: |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| |≡≡|彡|         .|≡≡|:: |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| |≡≡|彡|
   |≡≡| |≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| |≡≡|/          |≡≡| |≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| |≡≡|/

                 ┌─────────────────────┐
                 │戸部(財務省)の倉庫には             ......│
                 │                              ..│
                 │最大で銀6000万両もの余剰があったという  ......│
                 └─────────────────────┘

244 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:55:14 ID:FMfN8pzc


┌────────────────────────────────┐
│民衆は、付加税が大幅に減った上に 公平になったので大助かりである  ......│
└────────────────────────────────┘
        ゚・ *:  : *・           ゚・ *:  : *・            ゚・ *:  : *・
    *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜  *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜   *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
 * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:*。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧   ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
 (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
 | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ  | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u   u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
: *・    `u-u' `u-u'  ゚・ *:  : *・  `u-u' `u-u'   ゚・ *:  : *・  `u-u' `u-u' ゚・ *:  : *・
:  .。. .。.:       *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜  *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜   *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
。.: *・ ゜゚  ・  * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *
.∧,,∧   .:*. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:*。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
´・ω・`)∧∧  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧   ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
(∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
(´・ω・`) と ノ  | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ  | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
(    ノ u-u   u-u (l    ) (    ノ u-u   u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
 `u-u'           `u-u' `u-u'           `u-u' `u-u'            `u-u' `u-u'

             ┌─────────────────────────┐
             │また、国庫が充実したことで、                   │
             │                                   .....│
             │租税そのものまで減税になった地方もあったのだった    │
             └─────────────────────────┘

245 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:55:43 ID:FMfN8pzc


     ┌────────────┐
     │その分 割を食ったのは  ....│
     │                  │
     │漢人官僚や           .│
     └────────────┘
  __,冖__ ,、  __冖__   / //              ┌───────────────┐
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /――--、..,.       │地方の有力者たちであるから     │
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / :::::::,-‐、,‐、ヽ.     └───────────────┘
  __,冖__ ,、   ,へ      ,ィ:::::_|o | ゚|-i、
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_// . ` ' ● ' ニ 、        ヘl 、_ l r'. / /_,--ァ |レ  ,-,   や
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     / ニ __人__ノ        .引 = ,、 く  /ゅ .ノ i !! 二彡ヾ   っ
   n     「 |      / / ̄ _  | i         .|`i`ゅ、ヽ\ ト=イヾ /ハ二ア、 .|  て
   ll     || .,ヘ   /  |( ̄`'  )/ / ,..        ヽ_`Y ヽヽ tァーt  ノ__∠ /   く
. n. n. n  ヽ二ノ__  {  `ー'´`'ー゙' / '(__ )      .i  t ^ l | /フ 、 ヽlト-イ ( ̄`i   れ
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ====( i)==::::/        !  `ト、U イ、 ' > !!ヽ、 `'ー'   た
  o  o  o     (,・_,゙>  /  :/     ヽ:::i         `ヽ、  `f'''壬ェEE打ト、  、 ∧   喃
                                     `i  ハ_!-――‐く}`´〉リ <、`i
                                     rノイ´  `!_!_ヘ_r,!イ_'´ノ >





                               ┌───────────┐
        ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、     │彼らの間で          .│
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    │                │
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::    │やる夫の不人気は    ..│
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::     │                │
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::      │決定的なものとなる。  ....│
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::      └───────────┘
   |Y     l|         ヽ
   |ノ〆    l|       ー-  |
  /| /      l|       ー-  |      先帝陛下と違い
   l / r   」{,        ヽ  |
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /            何という酷薄で狭量な皇帝か・・・
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ

246 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:56:12 ID:FMfN8pzc


    ┌───────────────────────────┐
    │ようするに、輿論を作っている有力者の知識人たちから・・・  ......│
    └───────────────────────────┘

    ∧_∧         ∧_∧            ∧_∧          ∧_∧
    ミ■Å■,,彡       ( @∀@ )         (´m` )         (・ー・* )
  ._φ 読⊂)      _φ 朝⊂)      *~●.φ 毎⊂)      ._φ 産⊂)
/旦/三/ /|    /旦/三/ /|    /旦/三/ /|     /旦/三/ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
| 鍋常談話 |/    | 毎日捏造 |/      | 侮日新聞 |/    | 憂国幻想 |/





          ┌─────────────────┐
          │のきなみ嫌われてしまったのである  .....│
          └─────────────────┘

      ((⌒⌒))       ((⌒⌒))       ((⌒⌒))        ((⌒⌒))
     ドーl|l l|l ン !!     ドーl|l l|l ン !!     ドーl|l l|l ン !!      ドーl|l l|l ン !!
     ∧_∧ φ      ∧_∧ φ      ∧_∧ φ      ∧_∧ φ
    ∩#■Å■,彡    .∩(#@Д@)')     ∩( #´m`)')     .∩(#・ー・*)')
     ヽ  読 ノ       ヽ  朝 ノ       ヽ  毎 ノ       ヽ  産 ノ
     し―-J        し―-J        し―-J        し―-J
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   | 鍋常談話 |     | 侮日新聞 |    | 毎日捏造 |    | 憂国幻想 |

247名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:56:24 ID:EBK3088U
なんというか、政治が上手く行く話って気持ちいいよね

248 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:57:14 ID:FMfN8pzc


                         ┌──────────────┐
        _____.          │おそらく彼らは、          ..│
        /  / \|/ ヽ \        │                   .....│
      /  /|  0|∠ |ヽ ヽ、      │後になって やる夫のことを     .│
      . |   |\ `−○-´ /| |     │                   .....│
      |  /|  |\ 三|三/| | |    │ボロカスに非難しまくるだろう    │
     |  | |_|__|\_|/|  |__| |.    └──────────────┘
       | | |  | | ̄ | ̄| ̄| / /
       ヽヽ\_/ ̄\___//   やる夫帝って、ひどい皇帝だった!
      / ━━( t)━━`\        冷酷な暴君だった!!
    _/((┃))______i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                                      ┌─────────────┐
                                      │そのためもあろう、        │
             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \          │                    │
            /: : :             \          │雍正10年            ..│
           /: : : :            \        │                    │
        /: : : : : :               \      │やる夫は漢人官僚たちの  .....│
       / : : : : : : : .._         _    \     │                    │
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l    │先手を打って・・・       ......│
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |.   └─────────────┘
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_  そんなことは
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)     お見通しだお!
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、

249 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:57:50 ID:FMfN8pzc


                              ┌────────────────┐
                              │自分の手元にある            │
       __________         │                       .│
    r´ ´\                \         │膨大な数の地方官との親展状を  ......│
    (    \                \       │                       .│
     \     \                  .\     │整理して 百十二冊にまとめ・・・   .....│
      \     \                  \    .└────────────────┘
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

250 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:58:12 ID:FMfN8pzc


                 ┌────────────────┐
                 │『朱砒論旨(しゅひゆし)』と名づけ   │
                 │                       .│
                 │出版したのであった           .│
                 └────────────────┘
           *  ______
    / ̄|  +   /        ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . | 過去ログ集 ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ             . |
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |  雍正朱砒論旨   :     百十二冊     |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |                :                   |
             |

251名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 23:58:23 ID:EBK3088U
ホント隙がねえw

252 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:58:37 ID:FMfN8pzc


                    ┌──────────────────┐
                    │これにより                   ...│
                    │                           .│
                    │当時 官僚たちが、              ...│
                    │                           .│
                    │いかに こっぴどく叱られていたか・・・    │
       ____      └──────────────────┘
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   この大ボラ吹きめ!
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /
                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   迂闊不通の至り。 第三十六冊 楼ゲン
                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   庸愚の極み 欺誑瞻徇 昏愚無識の督撫だお!
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /              ━━━━━━━━━━
                              第二十八冊 宜兆熊
                             ━━━━━━━━━━




       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  独りよがりで 恩知らずの 石頭め!
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /
              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                本を忘れ 恩に背く 剛愎自用の輩。 第三十三冊 伊拉斉
              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

253 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:59:06 ID:FMfN8pzc


                     ┌────────────────────┐
       __          │当時、いかに                     │
   /  ̄    ̄ \.        │                            ....│
.  ./          ヽ     │やる夫の前に ぐうの音も出なかったか・・・   │
 /              |      └────────────────────┘
 |     , -===- 、i         ☆  _____
  |   /         ヽ       ☆ /, = 、 −、 `\
  ヽ /          | |        ./-/ +/◎ ノ、=「l=ヽ
    |_|           |_|       /  `=●ー ´  ヽ`  ヽ
    (.__.)        |_)       l =「|=゙ | 〜〜   l   |
     │     -● |        | 〜^ | 〜~^  |   l
     |     |   |         ヽ /⌒ー⌒ー⌒ヽl   ノ
    ⊂二二⊃⊂二⊃          >━━o━━━━イ       /⌒ヽ、○ヽ、 /` ̄ ̄ ̄ ゙\
                      / / ___  |.   |       ヽ、_/   ̄ ̄┃         ヽ
                     /⌒ヽl ヽ.__ノ ノ  | _ |        !  ●   ┃           i
                     ヽ_ | ` ー─ /⌒ヽ(_)       ノ         ┃          |
                        ´ ̄ ̄ ̄`|   |/         , −、      ┃           ! コ
                              `ー ´          |   |        ┃          / テ
                                        ヽ、_ノ___ ○_ノヽ、      _/ ヽン

254 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/23(日) 23:59:31 ID:FMfN8pzc


                     ┌───────────────────┐
                     │そして、やる夫が                 .│
                     │                                │
                     │いかに熱心に政治を行っていたのか・・・   .│
           /⌒ソ/⌒ヽ、└───────────────────┘
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  // 【地方官】民衆が、減税のお礼に       |
      /  //    石碑を建てたり、感謝のイベントを   |
    . /  //      行いたいと申し出ております      |
    /  //  .                              |
    /  //     【やる夫】そんな名誉は いらねーお      |
   ./  //        むしろそれを口実にして        . |
  /  //          馬鹿どもが 民衆から        |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、   金を巻き上げてないか気をつけるお   |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ
        ┌──────────────┐
        │後の世に             ......│
        │                   .....│
        │知らしめようとしたのである    │
        └──────────────┘

255 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:00:01 ID:d3aipDq.


       ┌──────────────────────┐
       │もっとも、出版された親展状は ごく一部であり     │
       └──────────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

256 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:00:23 ID:d3aipDq.


    ┌────────────────────┐
    │宮殿内には、それ以外にも           ......│
    │                            ....│
    │まだまだ山のような数が 残っていたという     │
    └────────────────────┘
―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
========、/| .|| |___________| || |\,================
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || || || || || || || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|| || |, |]三三三三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============

257 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:00:54 ID:d3aipDq.


       ┌─────────────────┐
       │なにしろ、第二次大戦後の        ..│
       │                         .│
       │国共内戦に負けた 中国国民党が     .│
       └─────────────────┘

   "从从从へ从;"          ,,,.・'''''"l *x;|
  "从从从へ从;         ;;,,,,,  λ ;: |
Σ从YYへ|⌒((   )   /,,'''・,,_,,,   ノ |メ,  |
 YYY从从(へM  +):  |    ト|; : :|   |∧,,∧
   | ''((7YYYl从(     |___|; : :|   |; `ハ´)
   |     *人ノ                  |   |ii⊃r'iニi=ヮ
   |                     |   |゙u-u'
""""""""""""""""""""""""""""""""""""∧,,∧""""
                    ∧,,∧,,∬,・c(=ハ= )⌒⊃
_  ‐ _  - \从/   。_ (`ハ´ ;);, BRRRRR!!
  - -_ − < @)二)∋):=ロ]]l⊂i〉;,   ,∧,,∧
;_i_____:i____:i__:;_i_:;, "'・\     [i゙u-u';,   lT([)`ハ´)
_:i____:i___;_i__, i____i__;;_i'_;i           |;i 〈i⊃r'iニi=ヮ





                           ┌─────────────┐
                           │他の故宮のお宝と一緒に    ..│
                 -l-     └─────────────┘
                   ||n  ___
                   [ (~ ヽ=@=/_
                      | \ ( `ハ´)つ
              q     l工工工工工l,
                |>  llllllll| ロロロロ| ロロエi._  ___
  i〜i       〓  _|_EI|lニl| ::::::::::::l::::::::::::::|@_ヽ.=@=/_    /
  '〜|____  匚l-i| |王ノ`ー┴─ー┬┬┬┴┬|(`ハ´) __匚}_____
≡  |┴┴┴┴┴┴┴=====''''''''''''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//7//      /
   ゝ                            ///// ミミ ヾ、,/

           ┌─────────────────┐
           │やる夫の残した親展状も        ......│
           │                         .│
           │台湾に持って行こうとしたのだが・・・    │
           └─────────────────┘

258名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:01:03 ID:kBToiwos
>>254
CiVっぽい(wwwww

259名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:01:16 ID:Po67GgOA
百十二冊でごく一部なのか…

260 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:01:21 ID:d3aipDq.


             γ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__.
             (;;,);;)ll .l;;;;;;[>−∩_]仆;;;;;;;;;;;l l).)        ┌─────────────┐
              ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ           │あまりに数が多すぎて     ..│
          γ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__..      │                    │
          (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>−∩_]仆;;;;;;;;;;;l l)).     │全部は積みきれず、       │
           ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ        │                    │
        γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__    │残してしまった程である。   ...│
        (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>−∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))  └─────────────┘
        ゞ二ソノ;ゞ二ソノ ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
     γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
     (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>−∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
      ゞ二ソノ;ゞ二ソノ ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
   γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
   (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .l;;;;;;[>−∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
    ゞ二ソノ;ゞ二ソノ ゞ二ソノ ;ゞ二ソノ ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ
 γ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽγ二ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヽ.__
 (;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l(;;,);;)ll .(;;,);;)ll .l;;;;;;[>−∩_]仆;;;;;;;;;;;l l))
  ゞ二ソノ;ゞ二ソノ ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ ;ゞ二ソノ;ゞ二ソノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;ノノ

261 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:01:51 ID:d3aipDq.


            ┌────────────┐
            │だが、残念なことに・・・  ......│
            └────────────┘

                        ┌──────────────┐
                        │こうした努力にもかかわらず   .│
        ____         │                         .│
        /     \       │後世、やる夫の評判は       │
     /   ⌒  ⌒ \     └──────────────┘
   /    (●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |  清朝の        .|
| | /   ,              \n||  | |   絶頂期は・・・  |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_
         カチ カチ

262 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:02:17 ID:d3aipDq.


                      ┌──────────┐
                      │やっぱり           │
        ____.          │                 .│
        /     \.        │悪いのであった。   ....│
     /:::::::─三三─\        └──────────┘
   /::::::::: ( ○)三(○)\
    |   、" ゙)(__人__)ル ゚。 ゚     ___________
   \      ゝ'゚      ≦ 三 ゚ | |              |
__/     。≧       三 = | |              |
| | /    ,   -ァ,       ≧=  .| | 康熙・乾隆時代! |
| | /   /    .イレ,、       >  | |              |
| | | ⌒ ーnnn ,≦`Vヾ  ヾ ≧   |_|___________|
 ̄ \__、("二)。゚ /。・イハ 、\、l二二l二二 _|_|__|_

263 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:02:40 ID:d3aipDq.


         ┌──────────────────────┐
         │やる夫が大きく 評価されるようになったのは・・・  ....│
         └──────────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

   ┌────────────────────────────┐
   │その死後 250年以上たった、20世紀末になってからである    .│
   └────────────────────────────┘

264 ◆X5UaPQqEtg:2010/05/24(月) 00:03:21 ID:d3aipDq.
本日は以上です
ありがとうございました

次回は2週間後を予定しております

265名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:04:00 ID:gkBTn9pA
乙でした!

266名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:04:53 ID:YAkdSZiw
乙、ルービーや汚沢にも見習わせたいな
おや、誰か来た様だ・・・

267名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:05:43 ID:Wn3xOLrA
乙でした!

20世紀末になってから、再評価されるような何かが見つかったんだろうか?
ともあれ、次回も楽しみにしてます。

268名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:06:01 ID:0gQ2bZPM
わ、わかりやすやすwwwwww
スゲー!頭を使わないのに知識が頭に入ってくるってすごく楽しいですね!
でも全ての教科書や本がこんなんだったら、それに甘えてしまいそうだw

269名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:08:05 ID:k5dYHd0.
乙!
やる夫みたいなトップが欲しいよ

270名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:08:20 ID:Y.h6uhw6
乙でした!
歴史と政治のバランスいい解説がとてもツボに入りまくりです
次も楽しみに待ってます〜

271名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:09:19 ID:Po67GgOA
乙でした
ここのやる夫はできる奴なのになぁ…

272名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:17:57 ID:pEkykuCI
おつー

273名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:42:35 ID:LZe.7ybw
乙!

>>250
> 朱砒論旨(しゅひゆし)
諭旨じゃね?

274名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:51:43 ID:8e/bMcdI


日本の江戸将軍とか、ローマの皇帝とか、暴君暗君と呼ばれてきた君主が
近現代の研究によって評価が改められるの見ると、どこも変わらないんだなあ。

275名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:52:06 ID:Js7yiOOw
おつ
すさまじく有能な権力者ですね。

けど政治というのは1権力者の手腕に
頼るものだということもわかってしまう・・。
会社にしても国にしても運営するって難しいことだな・・。

276名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:52:21 ID:2jMw/C1Q
乙です
政治主導するには、トップが官僚と筋の通った論戦ができるだけの知識とやる気がないと無理だ、というのが良く分かるな。

277名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 01:13:58 ID:b96qKiTQ
乙です
相変わらずすいすい頭に入ってくる

278名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 01:19:50 ID:7ykSxSNM

相変わらずのわかりやすさw
しかし、何だって学校で習う歴史ってのは、あんなにわかり難くて、難しいだけなのかなあ。
歴史にしても英語にしても、趣味でやってる人に教わった方が、分かり易くておもしろいんだよなあ。

279名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 01:45:38 ID:WGPu9OFI
すごい有能でバランス感覚あふれた君主なんだけど、大ナタが振るえるのは絶対権力を持っててなおかつ教養人だからなんですね。

はっきり言って環境が違う全時代の全部のトップに同じレベルを求めるのは酷かと

280名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 01:48:00 ID:6ktSooR.
おつでしたー!

281名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 02:06:32 ID:v8j3Y2zw
>>278
>しかし、何だって学校で習う歴史ってのは、あんなにわかり難くて、難しいだけなのかなあ。
>歴史にしても英語にしても、趣味でやってる人に教わった方が、分かり易くておもしろいんだよなあ
勉強=苦行と思っているかどうかの差だと思う。
教えてる本人も苦行だと思ってるんだから分り易くおもしろくなんてできるわけない
ただ、趣味でやってる人は良くも悪くも知識や思想が偏りがちなので(それがいいともいえるが)
良し悪し。

282名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 02:51:42 ID:wAX8quX2
>日本の江戸将軍とか、ローマの皇帝とか、暴君暗君と呼ばれてきた君主が
>近現代の研究によって評価が改められるの見ると、どこも変わらないんだなあ。

ローマ帝国2代皇帝ティベリウスや、日本では徳川綱吉(臣下なら田沼意次
荻原重秀)とかがそうですね。

283名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 07:45:20 ID:PsTLj9po
>>278
単純に量が多く教える時間が限られてるから。
なので、年号・名前・結果のみ丸暗記させられる事になる。

284名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 11:06:02 ID:BVP02jkc
>>278
さすがに、投下主でも世界史の教科書全部投下しようとしたら、
お前の言う分かりにくい歴史に近づいていくと思うぞ

285名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 21:04:44 ID:myS8QDRw
>252
鎌倉スレの頼朝を彷彿とさせる話だねw

286名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 21:20:47 ID:gb.YBoUs
乙でございました。
故宮博物院所蔵かあ。台湾に行きたくなったよ。

287名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 21:32:23 ID:Jveg8e1M
しっかしすげぇ>>1

過去作ないの?読みたいんだけど

288名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 01:59:25 ID:KAa4OQaA
>>160で初作品って言ってるよ

あと面白いのは元になっている宮崎市定氏の著作が良作だから。
だが元がどんなに良くても、再構築している>>1の腕が良くないとこんなに読みやすくはならない
気が早いけどこれが終わったら>>1には別作品も作って欲しいなw

289名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 10:35:55 ID:M5DW8zVw
こんなに名君だった雍正帝がクソミソにされた原因であろう呂四娘(笑)と南派少林拳(笑)だのの話を書いた奴らは士大夫出身だったんだろうな。

290名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 18:18:29 ID:Bo7jtbh2
しかし、こうして見れば見るほど雍正帝本人以外に使いこなせたかどうか怪しいもんだな
この政治システム
彼一代で十分なほどに成果上げてるけどさ

291名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 19:07:27 ID:vq.ou.Os
有能で勤勉で健康なだけじゃなくて、政務が何よりも大好きでなければいけないからな
アウグストゥスあたりなら使いこなせそうだが

292名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 19:26:17 ID:.8OOQNBY
ただ、なんだかんだいって雍正帝を名君だと無条件で称えられるのは、オレらが後世の無関係な人間だからでもある。
実際の治世時に生きていたら、とてもそんな風には思えていなかったろうな。

293名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 19:27:22 ID:PS2eCN6M
庶民としたら税金下がったわけだから、名君と呼ぶんじゃないかな?

294名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 19:33:08 ID:7KBYN2cw
日本でも、マトモな首相が>>246みたいな連中に叩かれて
ゴミのような首相が持ち上げられて
それを大多数の民衆が信じてる例もあるしな

295名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 19:47:55 ID:woZabdKg
後者の場合は大抵すぐに鍍金が剥がれて民衆もマスコミも叩きに傾くけどね

296名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 21:21:50 ID:.8OOQNBY
>>293
こういうと何だが、税金が下がるってのは嬉しいけど、時間が経てばそれが「常態」になってしまい、感謝の念も薄れていくもんなんですよ。
逆に法律を厳しくしたとかなると、恐怖のイメージは一度定着するとやはりそれが「常態」になってしまうんですね。
さらに、あからさまに腐敗した「民衆の敵」を弾圧するのは拍手喝采ですが、専制君主というものは、独裁権力を確立するためには
「罪は犯していないけど力を持っているので邪魔」という存在も同じく弾圧する。雍正帝も、兄妹を色々と迫害しましたよね?
もちろん雍正帝からしたら国家の為という正統な理由があって、無関係な後世の人間もその目的は理解できますが、当時の人間からしたら
「罪もない人が冤罪で迫害を受けている」と受け取るしか出来ないわけで。

ローマのティベリウスやドミティアヌス、あとハドリアヌスも、後世からはその業績を称えられたけど、治世当時は民衆からも評判は悪かった。

297名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 21:54:29 ID:vq.ou.Os
ティベリウスの批評は主に首都とその周辺だけのような気もするが。
属州総督には有能な人間を送り込んでるし、公共事業も地方ではそれほど削減してないし。

298名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 22:02:37 ID:JObmS6DE
>>293
古代中国の名君が街に出て、庶民の声を聞いてみたら
ジジイが、「俺は毎日楽しく暮らしてる。皇帝なんか関係ないね」って
歌ってた…みたいな話があった。
今も昔も、善政を善政と認識できないのが通常の庶民クオリティだと思う。

299名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 00:54:27 ID:51FMIkV.
富国強兵…じゃなかった鼓腹撃壌やな

300名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 01:13:38 ID:NVyjMTHI
>>298
どうだろう
結構その辺の嗅覚は庶民とか大衆とか言われている人たちって
抜け目ないとも思うけどね
庶民・大衆のひとりがこういうのもなんだけどさ

301名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 01:33:51 ID:BSZ6GxoQ
>>301
うーん、そのへんは
庶民とは、実はよくわかってるものだ、と主張したいときは
わかってないようなこといってて実はしっかりしてるのよという人を庶民として出すし
庶民とはバカなものと主張したいときは
その逆になるし・・・な話のような気がする
結局庶民なんて実体のないものだからね

302名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 03:37:20 ID:jwSo/f8w
>>297
いや、確かにそうなんだけどゲルマン人の大移動後に残った当時の
資料が、当時ティベリウスと政治的・思想的に対立していた元老院層
(パトリキ)のものばかりだったので、欧州の啓蒙主義時代以降に、
新たな資料が発掘されるまでは、同じユリウス=クラウディウス朝の
ネロやカリグラほどではないが、かなりの暗君・暴君とされていた。
実際、その啓蒙主義の時代の前後に生きたギボンですらティベリウス
への評価は結構辛い。

303名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 07:02:34 ID:l/1U7Oq2
そこらへんのプロパガンダで>>254は使われなかったのかな?

304名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 09:18:04 ID:tjBrNsmI
論語の一節に「民は賢にして愚、愚にして賢」という言葉があってな。
大意としては「民は賢しらぶって見当外れな政道批判をする愚かな存在である、
だが同時に民を愚かと侮り欺く為政者の心底を見透かす賢さを持っている」と。

つまり、庶民は政治の難しい理屈はわからなくても自分の利益になる政治を見抜く知性は持っている、と。

305名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 12:39:36 ID:gnAAo.H6
問題は、庶民にとって利益のある(と思っている)政治が、
・そもそも実現できるのか?実行できるのか?
・さらに言えば、本当に利益があるのか?
という点を考慮しているのかってことじゃね。

「合成の誤謬」なんて経済だけの問題じゃないしね。

306名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 11:54:38 ID:VjkT9cGk
中国で言えば、朝廷なんかより、地元の役人や地主の搾取の方が深刻
皇帝がどうかなんて、庶民には無関係だったのでは?

307名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 17:44:41 ID:/ub3fsfM
その「地元の役人の搾取」を締め付けたから
民衆の生活が良くなって、「評判」を司るそういう連中によって、評判は悪くなってるんじゃね?

308名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 11:57:45 ID:/Gaiu7X6
問題はだ、この朱砒論旨を読めて、尚且つちゃんと理解出来る層が当時の中国にどれだけいたかって事ではないだろうか。
内容は言うなれば知識人同士の書簡の往来、添削な訳で、やる夫の政治の恩恵を一番受けた当時の一般庶民にも判りやすい本かと言われたら……多分違うんじゃないかな?
脛に傷のある連中は臭い物に蓋をする方向に持って行くだろうし、広く読まれた本では無かったんじゃないだろうか。

309名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 20:12:48 ID:tHVpPWPQ
そりゃ基本的には知識人階級への宣伝ですから。
なぜなら、当時の世論というのはその知識人階級が作るものだから。

310名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 20:22:44 ID:/Gaiu7X6
>そりゃ基本的には知識人階級への宣伝ですから。

そうだよねえ……まあ中にはあれを読んで志を奮い立たせる様なのも居たんだろうが、
肝心のその知識人階級がなあ……
地方の有力者が何故一族を挙げてまで科挙の合格に血道を上げたのを考えれば、まあその辺りは諦めるしかないか。

311名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 20:23:54 ID:MmdN6teE
昔の司法試験も大概ハイリクスクハイリターンだったが
科挙とは比較にならないねえ

312名無しのやる夫だお:2010/05/30(日) 19:31:28 ID:yu8SiFMI
乙様。

改めて思うに、士大夫官僚にドラえもんのAAを充てたのは
叩きになり過ぎず、陰惨になり過ぎずでカコイイですね。

313名無しのやる夫だお:2010/05/31(月) 00:35:40 ID:GZdSaDkY
>>311
新司法試験もハイリスクなのは変わらんような。
ローリターン化しつつあるがw

314名無しのやる夫だお:2010/05/31(月) 15:56:59 ID:Hrrr1kpQ
現在が、中国の一般大衆にとって,経済面でも文化面でも真のチャンスの時機なんだろうな。

それまでは、官と書吏と地主の一族のみ識字層

315<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

316名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 02:37:57 ID:1v8RtoRE
チンチン

317名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 19:16:05 ID:4BZMMXSE
そろそろかな?

318 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:55:52 ID:ewlMtHuM
>>273
ご指摘ありがとうございます

たしかに朱砒論旨ではなく
朱砒諭旨でした
つつしんで訂正いたします
×朱砒論旨
○朱砒諭旨

それでは続きです

319 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:56:22 ID:ewlMtHuM


              ┌─────────────┐
              │明朝・清朝においては・・・  .....│
              └─────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

320 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:56:44 ID:ewlMtHuM


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\        ┌─────────────────┐
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ.     │地方官というものは            ...│
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ.    │                         .│
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐.    │実入りが多く、オイシイ役職であった    │
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_   └─────────────────┘
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\             _____
    ヽ  X        ̄ ̄   /     .          /壱 //万:/|
     /、二二二二二二二二 く                |≡≡|__|≡≡|彡|____
    /      /  ( 〒)\ ヽ       / ̄//.|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|
    !  /  /         }   !        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
                               |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/

321 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:57:10 ID:ewlMtHuM


                         ┌────────────┐
                         │地方官にも             .│
                         │                  │
      ,. -――‐- ._         │上下いろいろあるが・・・   │
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ      └────────────┘
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ       ______
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',     / / ̄ヽ ̄ヽ\
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |    / _|  / |ヽ |_\      ,.:―――‐‐.、
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l  /  /  `ー ● -   ヽ     /  , - 、, - 、 ヽ
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /  | / , 二   |   二、ヽ   / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ     ,..------...,,      __
  VV  {   )  ̄      / /   | | | ─    |   ─ ||  l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   /-i''。i'。`i---、`i   /,.(=b=)i
   ヽ/ `ー'_____,//    ヽヽ .\    |    //  .l l - `ー┴―' ‐ l.,!   |._``'♀''´∠ | .|  |(__) ⊥ぅD
   /    /--/⌒ヽ----┘、     .\ヽ `'ー─┴─‐''" /    \ヽ'       `./   ,!.、'_ |  _`,.  | |  f /t三了'
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \    (二二二(〒)二二)      ヽ===(テ)=="l       ゝ,二二...__...ノノ   と)ー‐○
       【総督・巡撫】         【布政使・按察使】        【道員(道台)】       【知府】    【知県・知州】

322 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:57:32 ID:ewlMtHuM


  __        __         ┌────────────────┐
/,.(=b=)i      /,.(=b=)i       │このうち、一番下で            .│
|(__) ⊥ぅD     |(__) ⊥ぅD        │                       .│
f /t三了'´     f /t三了'´      │実際に民衆を 支配しているのは   ..│
と)ー‐○      と)ー‐○       │                       .│
【知県】       【知州】        │【知県】【知州】である         ......│
                           └────────────────┘





                               ┌─────────────────┐
       , ───  、                   │一番下といっても、             .│
     //⌒ ⌒ヽ   \                │                         .│
    /  |  ヘ|・   |− 、  ヽ_____  __         │【知県】【知州】は              ..│
   //  ー● ー ´   \ ;|行 |/司7 、.   .│                         .│
   l  三  |   三    ヽ|政 /法 //徴>   │行政・警察・裁判・税の徴収など      │
   .(____|____   |  /  /税/   │                         .│
   .ヽ\   , ── 、 ノ  (⌒', /        │多くの権限を持つ総合職であり・・・    .│
     ヽ ヽ、/___/  /  /.           └─────────────────┘
      >━━,-、━━━′ /
     ∠. /  ヽフ   \   l
    (__ | l ┌──┐  l   |
      l ヽ `ー─ ´ ノ   l
      ヽ   ̄ ̄ ̄    /
      ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄ ̄)

323 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:58:00 ID:ewlMtHuM


     ┌─────────────┐
     │90%以上の民衆にとって   .│
     └─────────────┘

                   ┌────────────────┐
                   │国とか政府とは             ...│
                   │                       .│
                   │この【知州】【知県】のことである    .│
                   └────────────────┘

      ┌─────────────────────┐
      │日本で言えば、お奉行様みたいな存在である    .│
      └─────────────────────┘

                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /:',:',:',:',;',;',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',|此度の訴えを吟味いたそう。
   ,イ,:',:',:',:',;',;',:',:',:',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i'|両者とも申したいことがあれば申せ。
   牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟 \
 イ         [,,,,]王王王王王王王王王王 |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::.         | |i,___________||___________,i| |        ..::::
  ::::::.........      | ||コココココココココココココココココココココココ|| |      ........:.:::::
  .天天天天天天| ||\|| _________________________  ||/|| |天天天天天天
    |幵幵||   | ||  || ::i|≪≪≪|l≫≫≫||≪≪≪|i≫≫≫|i! ||  || |   ||幵幵|
    |幵幵||   | ||  || ::l|≫≫≫||≪≪  |l  ≪≪|l≪≪≪|l! ||  || |   ||幵幵|
      ̄ ̄~   | ||  || ::i|≪≪≪|i≫. ∩_∩ ≫≫||≫≫≫|i! ||  || |   ~ ̄ ̄
           | ||  || ::l|≪≪≪|l≪. _(´ー`)_ .≪|i≪≪≪|l! ||  || |
  :工工工工工工| ||工|| ;;l|≦≦≦||≧ ヽ.oVo,/っ= |≧≧≧|l! ||工|| |工工工工工工
  ──────:| ||-‐'''         (_(_(_(_ゝ          '''‐-|| |―――───
   _,,,,,....--‐ '''`.L..ij                             iL..i.`''' ‐--....,,,,,_
  rェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ,rヵヵヵ、ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェi
   ̄|__,!==========|_|==============7ニニニヾ:=============|_|==========i.,__| ̄
                  ∧_∧ /ニニニニヽ  ∧_∧          ,..,、
   ,∧_∧    _..,,、    (   ・)          (`  ;,)      、,.、
 ::: X ヘ ハヽ . . . .        (   つ           と   )               ∧ ∧
 :::: |゚ノ ^∀) ::::::::::::.:...:...............(⌒( ̄__)           (__ ̄)⌒)           (Д゚ ,,)
               ___________/|_________
                  /
             | 知県様…実は(ry

324 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:58:25 ID:ewlMtHuM


  ┌──────────────────┐
  │もっとも 雍正2年において            │
  │                           .│    ノ  / /  ̄|   `ヽ
  │全国で州の数が216、県の数が1211    .│  ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
  │                           .│  (_  ,‐-っ,      く   `|
  │合計で1427 しかないので・・・        ..│  /`‐´ /´      )  /
  └──────────────────┘/    /        レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´    く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐〜´~            \
       `ヽ,  ´‐‐―`                            `>
        `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
          |,       _/~                       ノ´
           |,    ,,ノ~                      ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~     【全国で1427】          ノ
                                     ノ
                                   ノ´
                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´
        ┌──────────────────┐
        │科挙合格者といえども             .│
        │                           .│
        │一番下の知県でさえ                ..│
        │                           .│
        │よりどりみどり 赴任できる訳ではない     .│
        └──────────────────┘

325 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:58:55 ID:ewlMtHuM


  ┌──────────────────────┐
  │特に清朝においては、                   │
  │                                │
  │官僚に満洲人や漢旗人、売官者などもいるので  ....│
  └──────────────────────┘

          ┌────────────────────────┐
          │成績優秀な合格者でなければ、順番待ち状態である    .│
          └────────────────────────┘
         _               _               _               _
    , -、  /:::\         , -、  /:::\        , -、  /:::\         , -、  /:::\
   /:::::::ゝ┴---'、       /:::::::ゝ┴---'、       /:::::::ゝ┴---'、       /:::::::ゝ┴---'、
.  |::::/  ,,-─--\    .  |::::/  ,,-─--\   .  |::::/  ,,-─--\    .  |::::/  ,,-─--\
   |;/   // ,,,   ,,,ヽ      |;/   // ,,,   ,,,ヽ     |;/   // ,,,   ,,,ヽ      |;/   // ,,,   ,,,ヽ
    |  |  (_0  _(.0.|      |  |  (_0  _(.0.|     |  |  (_0  _(.0.|      |  |  (_0  _(.0.|
   |  |      o  |      |  |      o  |       |  |      o  |      |  |      o  |
    ヽ、'、    ・ ノ       ヽ、'、    ・ ノ       ヽ、'、    ・ ノ       ヽ、'、    ・ ノ
     ┝━┯━o;         ┝━┯━o;        ┝━┯━o;         ┝━┯━o;
     / \i __ i|.|        / \i __ i|.|        / \i __ i|.|        / \i __ i|.|
  ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯     ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯    ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯     ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯
    ('ゝ    )____)       ('ゝ    )____)       ('ゝ    )____)       ('ゝ    )____)
      ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄
                  【候補知府・候補知県のみなさん】

326 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:59:13 ID:ewlMtHuM


                          ┌───────────────┐
  :::|_:.__::|__|\ \| ̄     : :. │どうしようもない           .....│
__|_|__|\ \| ̄   .:    ..│                     ...│
_|__:;;;|\ \| ̄      .:  .::  │グダグダの県ならともかく・・・    .│
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目        .  ;;.└───────────────┘
'    \| ̄  ;;./ ヽ_(´∀`)y-~ : . |   ∧∧
       ̄ ̄'''' |〜|ノ( ヽヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩‐,,)
          |__,,|  ´ 。  ゛   ,\(_ソと)   ←余派根巣部瑠区県
./´二ヽ      ∧wノl::.          .( ,(xノ ::.
(.,,`ー)      (Дキ.,)    ;;:: ..,_   レノ_ゝ、
/,`ー'~つ     と'[](_,ノ              \
(´ ̄ヽ)`ヽ    (___,,)~   .∧,∧  :::; ∧_∧ヽ
´" ̄ ´"`  .,、         (,‐Д‐)   (∀^メ,,) \    _
                  (つ]]]`)   とl33;;;;`)   ヽ ..|\ヽ
  ;:"               (`つし'   (;;;;;`)(';;;;);;:.´ ::; ヽl  .\\
                   [][]]]             ;|   l´.ヽ
           ::;        [[[][]             |   |  |
                   ∧_∧  ;;:.,         ヽ  .l .l
 ;;:"                (;   ,)     ::;;;;;  ..,"´  \_|_|
                ∧_∧   )       (⌒ ̄ヽ    ヽ
                (;x∀・,)_〔〕)   ∧_∧(A^*リl     .\
                (`つ] 'つ / ヽ   (∀`,, と  l     .,,:, \
       ;;;'゙       :::|  l |  l〜.|  [と´ l⌒l)  )〜  ;;;;;,´  ...\
                L_)_,,) |_,|   ( ̄(_.)),,'J     ":;    ヾ

327 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:59:32 ID:ewlMtHuM


          ┌─────────────────┐
          │統治しやすく、見入りも多い地方は    .│
          │                         .│
"  ̄ '''' '-....ァ- ...│それだけ競争も激しいのだ       .....│ "―''''""゙゙ ̄''ー'、 ,, 、"、-'"
 " '' 、 / ''  └─────────────────┘'' "" ' " ' "〟ヾ   "゙ " ;
 " '''  "" "  ゙ "゙ "゙ " " '' "" ' '' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙'' "  "゙ "'' " ,,  、
'' " _r、 "_  ゙'' "  "゙ ;_; ' 、 " _ '' "'' "  " '' "  "゙ '' "  "゙ '' " " '' 〟,, ; ;"゙"
/"''ー、―;;'"、"、 _ァ―、;;";;、 "'''、,,、―~;;"'';;,ァ―、;'''"'"'';; --、_,―;;"'''-、'";;;、ィ ニ ; ̄`ァ―、;;"'';;、-ニ
 ,―、" ̄ヾ";;"、、-< ̄`,―_ ̄;;"''、、`-ニ_;;";;、― l;;";"";;,、  ;;"、 l―‐i  l ̄ ̄l ̄F―_,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l

328 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/06(日) 23:59:57 ID:ewlMtHuM


                                    ┌──────────────┐
                                    │そして               ......│
              _,:'" : : : : : : : : : : : : :: : : :: :゙'::、        │                   .....│
                ,:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、.     │独裁君主制において        .│
               ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙:     │                   .....│
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i.      │人事権を持っているのは     .│
            i: : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : |      │                   .....│
             l: : : : : : ,-´^´´ ̄´´´`` ̄``-、; : : : :|      │ただ一人、皇帝のみである    │
            i: : : : :r´              ヾ: : :i      └──────────────┘
            |:、: : r                   ヽ、゙i : l
          /ヾ::/ソ  ‐‐--、 ,  ,  ,_ノ^\ヽ l::l"゙ヽ      ┌───────────────────┐
          '、 (ヾ,,   r‐‐--、_`il,i゙__-‐‐==、  |lヽ l        │中央政府の大臣だろうが           .....│
            ヽ、`| \(゜  c/;;i=i    c )゙/|l'ノ/      │                          ......│
                ヽ|  弋_/⌒⌒). ヾ____ノ´ /l.,/         │地方官のトップたる総督・巡撫だろうが    .│
          __,∠| 、 ./ / / )       / 入─、、,,_     │                          ......│
       _,.-´'"  |.r- |./゙ ,/ /  /_!/`   / .l /./    ~\  │人物を弾劾・推薦できるだけで           .│
  _,、-‐´'"     |.| / /  /   /    /ヽ / / ./.       `:,│                          ......│
‐'"          |.| ノ / .ノ  /  ̄ ̄` .ノ / / /        │人事権は無いのである            ......│
.            ノ/ ノ  /  / ./ ./  / _/         └───────────────────┘
           /    /  /./ / _/ /
          ノ   ,    `゙  /―''' /   ←【明の皇帝】
          |             ノ ̄ ̄

329 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:00:21 ID:lVmH4ozg


                       ┌──────────────┐
                       │・・・とはいっても         ......│
       __            │                   .....│
   /´     ⌒ヽ       │たった一人の皇帝が        .│
  /   / )ノ)ノ)ノ        │                   .....│
  /   //へ   へ |.       │全部決められるはずもない     │
  l  _|  | ^|   |^ | l、    /└──────────────┘
  Y   ー   ゝー V`ヽ  l ⌒ヽ\|     ヽ
   >-、  /⌒ー,┘ ノヽ、ノ  |ヘ   |─|/^ヽ   l      ┌──────────┐
  /  ノ.>`ー二‐< _  _.c 、__ ノ u  _ノ   /      │そんなことしてたら  .....│
  'ー ´ l l/ \/  ノ 〈,-、`「ヽ__ ノ   ヽ_/         │              ..│
      | l  /  / l./ /┬'─ | l |_     / >、       │後宮で遊ぶ時間も  .....│
   U l ヽ、/  / / / /    `ー'  ̄ヽ7´/  \      │              ..│
     ヽ/___///∨    _    __'/   /   >、   │なくなってしまう    .....│
.       /  ノ /⌒ノ    / ⊂⌒ |    /  /  !  └──────────┘
       luuノイ   /     /   /_ノ  ̄ ̄ 〉ー´   ノ
       |  l  ヽ    /___/       / `┬─´ー─⌒ヽ
       l _ヽ ノ ヽ-、             l   /ヽ、_|__|  |
       |  | \_.ノ l          |ー‐!      l   l
      , ─'、___l、  |   |         , ─ '、___l、      `ー ′
     ヽ、 __.ノ  ヽ__ノ       ヽ、 __ ノ

330 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:00:50 ID:lVmH4ozg


                             ┌───────────┐
       ,  -──- 、           │それに           ...│
    /  , -‐、  , ‐ 、 ヽ           │                │
   /   /,-‐''´∨~~`ヽ ヽ       │自分で決めると      ..│
  /   _,.l   ・ ,! ・   /‐、 ヽ      │                │
  l   / ニ、`ー‐‐'◯ー‐' 二ヽ |     │任命責任も発生する    │
  l  l-─     l     ‐、-l!       └───────────┘
  l l  ヾ''ー‐ 、__ |_ _,,...ィ'´ l
  ヽヽ   ヽ       )/  /   こういう人事案でいかがでしょうか?
   ヽヽ   `''ー── '   /
    ヽ______, -‐''''⌒ヽ        ┌───────────┐
   /  ̄、フー─‐@─‐ヽ(  )ノ       │だから、結局は     ......│
   |    ヽヽ~ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ヽ.         │                │
   ヽ   (  )    |    ヽ.         │中央政府の吏部で    ..│
    |`ー┬'l ̄ヽ___|___ヽ.     │                │
    |  ヽ、`ー---- '´/ |.           │決めた人事案を・・・     │
                          └───────────┘
   ※吏部は六部の一つで人事を司る





             ┌────────────────┐
             │皇帝は、ただ承認するだけとなる   .│
             └────────────────┘
      ____                  /\
    /   −、-、\         , -─、  / \  \  < よきに はからえ。
   /  , -|  ・| ・|ヽ、     / /( _\ \  m/  ,- 、
   |  /  `−●-′ |.     | /( l\ノoヽ `/__ノ    |  |
.  | |    三  | 三 >.     | \/\ノ /| l / / / ̄| ̄__ノ
   | | / ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄○    /\(^   (~m)\/ / ./⌒ヽ
   ヽ | ヽ__<二二>/_/ /    |   ` ` ─ i^─|   /\/ |─|
 /⌒`━━━(t)━ ′/     ヽ___/\ノ  /   ∨|  |__
 ○┐  /___ヽ | /    (⌒)(⌒)(⌒)   ` ┴─−' (.__)
  o|  ヽヽ__ノノ |      \二二二/| ̄|  【明の皇帝】
   |   ┌─、   |              ̄
   ⊂二⊃   ⊂二⊃

331 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:01:51 ID:lVmH4ozg


                                           ┌───────────────┐
                 _,,,,,--―――--,,,,_           │こうなると                │
.             ,r-‐'´r-―-、;;;;;;r-―-、;;;``ヘ.         │                     ...│
            ,〆;;;;;;;;;/``ゝ、  ∨ _,,-''´ヽ;;;;;;;;;;\       │人事は                  │
           /;;;;;;;;;;;;;;l    `''-l-''´     l;;;;;;;;;;;;;;ヽ       │                     ...│
         /;;;;;;;;;;;;;;;_,,,l     ・ ∧ ・    |_;;;;;;;;;;;;ヽ     │政治グループを率いる       ....│
         /;;;;;;;;r-'´  ヽ、   ,ノ-ヽ、__,ノ   `ヽ;;;;;;;;∨   │                     ...│
        ,';;;;;;;/       ` ̄´(;;;;o)        ヽ;;;;;;;l.   .│政治ボスたちの影響が強くなる   │
        l;;;;;/  ̄ ̄ ̄     /::::::::ヽ    ̄ ̄ ̄  l;;;;;;|     └───────────────┘
        |;;;;l ―――     (:::::::::::::::)   ―――  |;;;;|
        l;;;;|    ,,,-    ` ̄ ̄´   ー--,,,,__  |;;;l
  ,r-―-、   i;;;l -‐'''´   ,r'´ ̄`ゝ―'''´ ̄ ̄`ヽ     l;;;l.       ┌───────────────┐
 /    ヽ  ',;;;l    /;;;;;;_,r-―――--、;;;;;;;;;;ヘ    i;;;l       │というか、                 │
 l     /`ゝ、;;l    {;;;;;r'´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;|   /;;/          │                     ...│
 ヽ  /:::::::::::::::ヾ   ヽ;;;l::::::::::,r-――-,,,_ l;;;;;;;;ノ  /;;/.         │どこかの政治グループにでも    .│
   ゝ::::::::::::::::::::::::::ヾ:   `ー'''´       `ー''´  //           │                     ...│
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ム-―――――――――――ァ-、           │所属していない限り          │
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l::::\    ,-‐'´`ヽ、    ,〆:::l:::::ヽ.         │                     ...│
    ヘ::::::::::::::::::::::::::::ゝ--ァ\<´  〉-〈   \/r-、/::::::::::::ヽ.         │いつまでたっても           ..│
      \:::::::::::::::::i:::::::::<:::::::::`ゝ、 |   | ,〆:::::::>:::::ヽ:::::::::::::}         │                     ...│
                                          │ポストはまわってこない       ...│
                                          └───────────────┘

332 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:02:17 ID:lVmH4ozg


           ┌──────────────────────────┐
           │人事は 実質的に 彼らの間の談合で すべて決められ・・・     │
           └──────────────────────────┘

     (\   _____ ○○の知県には、ぜひウチの銅鑼美を!
       /´   // ヽ⌒ヽヽ  /                    _____    /
      /    , -|  (・|∠ |-ヽ  _          \    / ⌒ ⌒ヽ   `\
     /   /   ` ー ●ー′ |_     じゃあ△△県は・・・ / | >|< | ─ 、   ヽ
      l   /   二二  | 二   /               // `ー●ー ′ U \   ヽ
.      |   l /⌒\─  | ー /          ─    i⌒  二  |  二      ヽ  ヽ
     |   | /      ̄ ̄ ̄/ ̄                ヽ、  ─  |  ─ /⌒ヽ  |  |
      |  | |         /                     ̄l ̄ ̄ ̄ ̄    |  l  l
  /⌒ヽ  | | /⌒ヽ⌒ヽ  |               /  /⌒ヽ | (⌒\/⌒) ノ /  /  \
  ヽ_ノ\ ヽ` ー────┴ フ               ヽ__.ノ、┴───── ´  /  /
  //\  `━━━━6━━ ´─/⌒ヽ              \ `━━,-、━━━━━く
  /⌒ヽ ̄   /      ヽ  ヽ_ノ               ヽ|  / ヽフ     \    ヽ
  ヽ__ノ ┐  / ┌───┐| | ̄ //





      ┌────────────────┐            , ───  、
      │政治ボスは、獲得した役職を      .│          //⌒ ⌒ヽ   \
      │                       .│         /  |  ヘ|・   |− 、  ヽ .
      │子分たちに 分け与えるからである  │        //  ー● ー ´   \  ヽ___
      └────────────────┘        l  三  |   三    ヽ .| 辞 |
          , − 、                             .(____|____   l__.| 令 |
      /⌒\ /___ヽ_                               .ヽ\   , ── 、 ノ  (__ |__|
    l   /´ ______\                         ヽ ヽ、/___/  /  /
    |  /  /  ⌒  ⌒ ヽ                         >━━,-、━━━′ /
     V   /  /⌒    ⌒ ヽ                       ∠. /  ヽフ   \   l
     l  l    | ⌒|   |⌒   l                      (__ | l ┌──┐  l   |
   .  |  l    ー    oー   |                        l ヽ `ー─ ´ ノ   l
     l  |            )   l                        ヽ   ̄ ̄ ̄    /
     ヽ ヽ      `ー´   /                         ( ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄ ̄)
       >━━━━,-、━ く                          【親分・師匠】
      /    /  ヽフ ヽ ヽ【子分・弟子】

333 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:02:41 ID:lVmH4ozg


         ┌──────────────┐
         │このため、官僚たちは        │
         │                         .│
         │大金を使って交際に励み       .│
         │                         .│
         │義理を欠かさず、恩をうって   ..│
         └──────────────┘
                           _ ノノ
         ノノノ             _ノoノ
     |‖   ミ        ‖     ̄  ̄
         ヾ ___    │      _ //  ‖
     ⑩   /1000 / ⑩      ./8/
   | |       ̄ ̄ ̄     ⑩  /。/    |‖ ⑩
    ⑤ /##\  /##         _____        ①
       (####)_(###)        /  / \|/ ヽ \   ⑤
      / ____ヽ       /  /|  0|∠ |ヽ ヽ、    ___
      |  / ⌒  ⌒`ヽ|     |   |\ `−○-´ /| |    \ 5000 \
      | | イ゚j`  イ゚j` ||    |  /|  |\ 三|三/| | |        ̄ ̄ ̄
      | |  ̄ 。 っ ||    |  | |_|__|\_|/|  |__| |  _   ⑤
    ○、\ ヽ_ ⊂ ̄ノ ノノ       | | |  | | ̄ | ̄| ̄| / /  (___ノ
    \ \=====)   __ ヽヽ\_/ ̄\___// / /
      \_  /  ㊦ \ )   (___)−===(T)==   / 丿丿
       | | ___ | |    ヽ__   /     ヽ | /

334 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:03:04 ID:lVmH4ozg


                         ┌───────────────┐
                         │官界での                 .│
   *    ,- 、/^ヽ,⌒)-、          │                     ...│
        (__)、(ヽノヽ_( ソ、)         │評判を上げ、コネを強め       │
      /     / ⌒ヽ ⌒ヽ\      │                     ...│
     /     , ─|   v|v   |-、ヽ      │自分の地位を高めるのである    .│
.    /   /   ` ー ●ー ′ ヽ     └───────────────┘
*  l   /   ──  |  ──  |   *
    |  l    ──  |  ──  |
    |  |    ──  |  ー─  )     *
    ヽ  | ⌒\ ___|____ /           ┌──────────┐
     ヽ |             /             │だから政治資金は   .│
      >oooooooooooooooo                │              ..│
  i^ヽ/  ||/   ㊦  \||   \/^ヽ        │いくらあっても       .│
  ヽ、|_ / ⌒\ _ / ⌒ \___|.__ノ           │              ..│
 *   _|              |_.    *       │足りないのだ      ..│
    |┌ーヽ _、、_ヽ_ヽ_ヽ_ノー |            └──────────┘
     ヽ_ヘ_|_∧_l_l_|_|l_ヘ/
        \ |      /
          ヽ|___/
     ____|ヽ/∠ |_ノ___
  / ̄||l  |l   ヽ二 ノ  |  |l | ̄ヽ
  ヽ、_____  l|l     ___ ノ
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

335 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:03:33 ID:lVmH4ozg


                                 ┌───────────────┐
                                 │実家が金持ちなら いいけれど   ..│
            ,.-─‐- 、._           │                     ...│
          /: : : : : : : : : :ヽ、           │金の無い者たちは             .│
          /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_.      │                     ...│
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ    │商人から借金をしてまで・・・     │
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒   └───────────────┘
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |                  r―-、__r―-、
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ                 |―‐z__,r:、__).
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}                |  |   /  /___r-、
      \ ヽ、____)   /        }                >―-、__ノr―‐┴'′
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′          ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、       /           \    `〇
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ     |              ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\  |     [ 銀 ]        |
                                     ヽ             /
                                    \_______/





            ┌────────────────────┐
            │政治ボスや仲間との交際を続け        ......│
            │                            ....│
            │自分の出番が回ってくるのを待つのである    │
            └────────────────────┘
         _               _               _                  _
    , -、  /:::\         , -、  /:::\        , -、  /:::\         , -、 /:::\
   /:::::::ゝ┴---'、       /:::::::ゝ┴---'、       /:::::::ゝ┴---'、       /:::::::ゝ┴---'、
.  |::::/  ,,-─--\    .  |::::/  ,,-─--\   .  |::::/  ,,-─--\    .  |::::/  ,,-─--\
   |;/   // ,,,   ,,,ヽ      |;/   // ,,,   ,,,ヽ     |;/   // ,,,   ,,,ヽ      |;/   // ,,,   ,,,ヽ
    |  |  (_0  _(.0.|      |  |  (_0  _(.0.|     |  |  (_0  _(.0.|      |  |  (_0  _(.0.|
   |  |      o  |      |  |      o  |       |  |      o  |      |  |      o  |
    ヽ、'、    ・ ノ       ヽ、'、    ・ ノ       ヽ、'、    ・ ノ       ヽ、'、    ・ ノ
     ┝━┯━o;         ┝━┯━o;        ┝━┯━o;         ┝━┯━o;
     / \i __ i|.|        / \i __ i|.|        / \i __ i|.|        / \i __ i|.|
  ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯     ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯    ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯     ◎-(  ヽ◯,;;_ノノ◯
    ('ゝ    )____)       ('ゝ    )____)       ('ゝ    )____)       ('ゝ    )____)
      ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄
          ※とはいえ進士であれば、よほどの無能でない限り
                       望めば一度くらい知県になれたろう

336 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:03:57 ID:lVmH4ozg


            ┌──────────────────┐
            │ところが、こうした官界の風習を       │
            │                           .│
            │まったく無視する迷惑な皇帝が現れた    .│
            └──────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ
                        ┌──────────┐
                        │いうまでもなく・・・     .│
                        └──────────┘

337 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:04:30 ID:lVmH4ozg


                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙      ┌─────────┐
              /  ⌒     ⌒ \      │やる夫である。    │
             /   (●)    (●)  .\     └─────────┘
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''

338 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:04:55 ID:lVmH4ozg


                                     ┌─────────────┐
                                     │やる夫は             .│
                /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\         │                    │
               /: : :             \.         │政治ボスの意向を        .│
              /: : : :            \.       │                    │
          /: : : : : :                 \.    │まったく無視して         │
           / : : : : : : :.._        _       .\    │                    │
        |:::: : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l  .│独自に人材を選び出し・・・    │
        |:: : : : : : ::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |  └─────────────┘
        |:: : :: : : : : : ´"''",       "''"´      l
           \ :.: : : : : : . . (    j    )       /
             \:::::ー=≡二`ー-‐'´`ー-‐'二ニニニ==ー
          /ヽ: : : : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄´.: : : : : イ:.:.:\:.:\
      /´ ̄/:.:.:.:./;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,.``ー- -‐'"´,,,,,,,;;;;;;;;;|:.:.:.:.:.:\:.:\_
    /:.:.:.:/´ ̄ヽ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.: /´ ̄`ヽ;.ゝ ̄`ヽ、
    /:.:.:.:.:.:.:.|i:!|i:!i:∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /:.:.:.:./:.:.:.:.\ヽヾ:.:.:.:.:.:.:ヘ
   }:.:.:.:.:.:.:.:!;l!;l!∨/´ ̄ ̄"""'''''ー―---、,,,__/:.:.:.:.:.:.:.:.:._ /:)):ノ.:.:.:.:.:.:.:.',
   ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ∨/                    ̄ ̄ ̄´ ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/                        /∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
 ノ三三二ニ:.:/ ̄`ヽ     やる夫メモ           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.... . . .
 {彡三三二/ ̄ ̄`く                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... . . . .
  )三三二/´ ̄ ̄\ー′                  /:.:.:.:.:.:.:.:........ . . . . . .

339 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:05:19 ID:lVmH4ozg


           ____
          /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\       rっ
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / ^゙''_つ
      |     |r┬-|     |   /゚。 / ̄
      .\      `ー'´     /''"´、   /    ┌────────────┐
     /u゚ `ー ----一-一''´u 。 ゚  /      │自ら人事を         ......│
   / 。 ゚。 r u゚  ゚。 u  ゚  イ_,,r-''"..     │                  │
   ( ゚。 `ヽ、_,r-っ 、   ・ /´            │取り仕切ったのである   ....│
   ヽ、 __,、_,ニつ `゙ ''''" i.             └────────────┘
       ノ  。 ゚ u  ゚ 。 u゚ ヽ
     _ト-───────-イ_
  /´  `ー-、__   __,r- '"u ゚ `ヽ
  (  ノ ゚ u 、_  | ̄´|   _,,  ヽ )
  ヽ、_____  ̄`t-r'´ ̄__゚_u__,ノ
          )_/ \_(

340 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:05:43 ID:lVmH4ozg


                        ┌─────────────┐
         ____        │そして 赴任させた後でも    │
       /      \       │                    │
     /  \  /  \     │逐一、親展状を送らせて    │
    /  (●)   (●)  \.    └─────────────┘
    |   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒   |
    \    `-=ニ=-    /
   /´     `ー'´    `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





              ___       ┌────────┐
        /  −、−、 \    │働き振りを    ....│
       /  , -| / 。|。ヽ |-、ヽ    │          ......│
      i /   `−●-′ `|.   │チェックする    .│
      | |   三 | 三.  !    └────────┘
      ヽヽ    -===-  丿
      / ━━( t)━━`\  めんどくさいなーもぅ
    _/((┃))______i |
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \キュッキュッ
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

341 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:06:12 ID:lVmH4ozg


                       ┌───────────┐
                       │また、それとは別に     .│
                       │                │
          < ̄\       │全国に密偵を放って  ......│
    ―=≡    |/゚U゚|       └───────────┘
         〜 ( ⊃y つ
 _ ―=≡  ( ヽ./               < ̄\
        ⊂ >  )          ―=≡    |/゚U゚|
    ―=≡    ∪               〜 ( ⊃y つ             < ̄\
          < ̄\      _ ―=≡  ( ヽ./        ―=≡    |/゚U゚|
    ―=≡    |/゚U゚|             ⊂ >  )              〜 ( ⊃y つ
         〜 ( ⊃y つ        ―=≡    ∪        _ ―=≡  ( ヽ./
 _ ―=≡  ( ヽ./                < ̄\            ⊂ >  )
        ⊂ >  )          ―=≡    |/゚U゚|        ―=≡    ∪
    ―=≡    ∪                〜 ( ⊃y つ
          < ̄\       _ ―=≡  ( ヽ./
    ―=≡    |/゚U゚|              ⊂ >  )
         〜 ( ⊃y つ        ―=≡    ∪    ┌────────────┐
 _ ―=≡  ( ヽ./                       │現場の様子を          │
        ⊂ >  )                        │                  │
    ―=≡    ∪                          │調べるのであるから・・・  ....│
                                          └────────────┘

342名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:06:29 ID:KFypoUps
あんの巨大官僚国家の人事をか…!
常人じゃねぇ…

343 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:06:32 ID:lVmH4ozg


               ┌──────────────┐
               │これは、地方官たちにとって  .....│
               │                   .....│
               │たいへんな試練である       .│
               └──────────────┘
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ
         弋ェェt┼┬┌───────┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

344 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:06:59 ID:lVmH4ozg


  ┌───────────┐
  │実際、最初のほうは   ...│
  │                │
  │調子良くても・・・       .│   ┌───────────┐
  └───────────┘   │だんだんと          │
.  ./          ヽ.            │                │
 /              |          │やる夫の信用を失い  .....│
 |     , -===- 、i.           └───────────┘
  |   /         ヽ       ☆ /, = 、 −、 `\.           ┌──────────┐
  ヽ /          | |        ./-/ +/◎ ノ、=「l=ヽ           │結局は クビになる     │
    |_|           |_|       /  `=●ー ´  ヽ`  ヽ       │                    │
    (.__.)        |_)       l =「|=゙ | 〜〜   l   |        │地方官は            │
     │     -● |        | 〜^ | 〜~^  |   l        .│                    │
     |     |   |         ヽ /⌒ー⌒ー⌒ヽl   ノ        │実に多かったのだ    │
    ⊂二二⊃⊂二⊃          >━━o━━━━イ       /└──────────┘
                      / / ___  |.   |       ヽ、_/   ̄ ̄┃         ヽ
                     /⌒ヽl ヽ.__ノ ノ  | _ |        !  ●   ┃           i
                     ヽ_ | ` ー─ /⌒ヽ(_)       ノ         ┃          |
                        ´ ̄ ̄ ̄`|   |/         , −、      ┃           ! コ
                              `ー ´          |   |        ┃          / テ
                                        ヽ、_ノ___ ○_ノヽ、      _/ ヽン

345 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:07:18 ID:lVmH4ozg


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /     ┌─────────────┐
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    │最後まで やる夫の恩寵が   │
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /      │                    │
  |     |r┬-|       |        │衰えなかった地方官は・・・    │
  \     ` ー'´     /.        └─────────────┘
  /          \
 /             \  ←はっきりいって猜疑心が強い
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ





          ┌─────────────────┐
          │総督御三家のほか、           ....│
          │                         .│
          │わずか数名しか いないのであった   ...│
          └─────────────────┘
          _
        ,ィ/´  ',                           (⌒
      、_/ /  ̄`ヽ}         .,'´r==ミ、          :'´ ̄::`ヽ
.      》fト、|,从_从))!         i 《 リノハ从)〉         i:::::/l/リヽハ
       ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||        从(l|`ヮ´ノリ         |:iイ・_,_,・.リ|
        || ({ミノ介ミl) ||         ⊂lj京iつ          |:l:l(つく!つ
     ≦ ノ,ノハヘ、 ≧         ぐ/_l〉          人:く/_|l〉人
     テ ` -tッァ-' テ          し'ノ            `'し'ノ"
       【田文鏡】          【李衛】           【顎爾泰】

             ┌────────────────────┐
             │そして、この三人とも                ..│
             │                            ....│
             │科挙出身者では ないところに特徴がある   ....│
             └────────────────────┘

346 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:07:49 ID:lVmH4ozg


                                   ┌───────────┐
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人.     │総督御三家の一人   .....│
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ   │                │
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !    │【田文鏡】は         .│
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |   │                │
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |   │漢軍八旗出身である  .....│
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |   └───────────┘
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |  ←もちろん科挙には
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |       合格していない
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ
         【田文鏡(でんぶんきょう)】

347 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:08:12 ID:lVmH4ozg


            ,..----r____        ┌──────────────┐
     _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人     │この【田文鏡】、官僚として    ..│
    {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}    │                   .....│
  ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ      │二十歳そこそこから        .│
(⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}.      │                   .....│
.7_|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ、     │地方官を歴任してきたが・・・    .│
  |  Y.:! lイl li   lト、/lレ | 从〈.       └──────────────┘
  |  :i {薔}川 イ    `ヽl小iv
  |  :| ゞ! l .i ●    ● li|.ノ            ┌───────────┐
  |  :| .i i ⊂⊃     ⊂li |          │何十年働いても     .....│
  |  :! .i i  ト _ ーー イ li |           │                │
  |  :! .i i>´:::::_l ̄(*/ ̄/ ̄/           │たいして出世できず    │
  |  :! .i i:::N/  ̄ )辞/令と)          └───────────┘
  |  :! .i i:::|_}--l-イ__/_/ノ

348 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:08:54 ID:lVmH4ozg


                 ┌────────────────┐
                 │やる夫が即位したときには      ....│
                 │                       .│
                 │中央政府で                 .│
                 │                       .│
                 │内閣侍読(知府と同じ従四品)を   ...│
                 │                       .│
                 │勤めていた60歳の老人である   ......│
                 └────────────────┘
     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´       ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::! : : : : ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,' : : r ' `¬
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト、   /!./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: :::::::i    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! | ┬─‐i\、/l/┬─'┬ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \l. l |::::::::::|  ′  l:::::::::::| ヽ  ,ハr'^,-ヘ'::::::::}::!|   .!:
.        |    ト、l / |::::::::::l     l:::::::::::| l  | .|/j〈ィ'>》_ノ"i:l !   |:
      |    l l|.l   `ー '      `ー‐'  l  ! .|:.ヾ ニフ   i::l |   |:
        |   / / l ',                  | l| |/      ヽ| |l    !
.      |  / / | ; 、      -      _ ,l l ! !        |.!   |
      l|  /,イ _...l l:.:.:`.:.ー‐ - ;‐=ィ.:.:´:.:.:.,' .,':| |          | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   | ←60歳の老人
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |





                ,,'"""~~''''~"-,,,,,
                ""'  ''~'""
         |                  ;: ゙::´ ""`,
   ___|___|___         " ""' '''''
__|_________|`i
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\        ┌───────────────┐
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:l        │ようするに               ..│
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|         │                     ...│
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|         │コネ入社で勤続40年の       .│
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|         │                     ...│
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|         │万年課長みたいなものである    │
                                └───────────────┘

349 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:09:24 ID:lVmH4ozg


  , -- -----、                ┌────────────┐
 (::::::::::::::::::::::::\-ー、___ , -、 ,-、     │雍正元年の始め、      .│
 \<:::::::::::::::::::::ヽ ヽ::::::::::iニニ].       │                  │
   /´~"''‐-、::::::::|  |:::::::::::::)"<     │このさえないジイさんが    │
  ヽ_!_|iリiヽ .`i:::::|  |:::::::::<| l |.    │                  │
   `!(・ )ヽij::t`i@f:::::/..| | |      │陝西省へ出張に行き   ......│
   ヽ __  |レ, , '"`、"   .| | |      └────────────┘
    `‐--. | l |-'     .| | |
     (,| <二}}      | | |
    .(_l_.:_:_:.,/:.::     .| | |
   /::.::.:::::.::.:.:.:.\   <二二}
  く_::.::.::.::.::.:..::...::.::.>   {二二>
    `ゝ-、_へr-'"
       `_ソ





                  ,----- -- 、
        r-、,- 、___,ー-/:::::::::::::::::::::::::.)
.         「ニニil:::::::::::/ /::::::::::::::::::::::ゝ/    ┌─────────┐
          ゞ"(:::::::::::::|  |:::::::::_,..-''"ヽ      │途中に山西省を    .│
        | l |ゝ:::::::.|  |:::::r" /iリi|_!_/       │            ....│
         | | | ヽ、::::f@rt:::ji /( ・)!'      │通ったところ     ..│
         | | | .. r、ゞ"ヽ.,レ|' 、__ ノ      └─────────┘
         | | |     `-| l |. --‐'
         | | |     /{二> k)
         | | |      |.:.|.:.:i.:ヽ__|
.        <二二}   /::.(__)::.:::.:ヽ
.       {二二> く_::.::.::.::.::.:..::...::.〉
               `,へ::_:_::rくヽ_
                   {_/"    `-

350 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:09:48 ID:lVmH4ozg


      ┌────────────────┐
      │そこで                    │
      │                       .│
      │とんでもない光景を見たのだった  .....│
      └────────────────┘
、´ , l::::::::::|ヽ::::|||`゛|‐ 、::::|||`、::::::::::::::::::::::::::::::/::,::::::::|::::::::::::::i|
||`´/|:::::::::| ヽ::|,|==-、::゛┼、l_::::::::,::::::::::::::::::/:::l::::::::|:::::::::::::::||
||||/::|::::::::| -r" / 0 , 、l`,:|t、 lT、:::::::::::::::::::/|:::l::::::,::|::::::::::::::, l-
/::/|::::::::|  l l (::)、l |`′  ||`,:::::::/:::::/ |::/::::/:::::::::::,-´
:/:/ |::::::::|  ヽ.ヾ、___,/       ′l:::/l::×、l:/:::::/::::::::, ′
'::/ .|::::::::|   >‐- 、       |/_|/_  /|:::/::::::::/   ・
:/ |:::::::::|                '/,‐rT //l:::::::,/    ・
ヘ |:::::::::|             、 lU /,| /:::/:::/l    ・
|||l |:::::::::|             ノ 、`‐' ' /:::/〆:/:|    ・
ー/:::::::||−、      ,-==-,  ` ‐ ハ '':::::×||      ・
||l:::::::::::|||||||l     /-、  /    /::|ヽ::_,.-┘     ・
||l::::::::::::||||||ヘ   (   `/    /:::::| ヽ:::::`T‐、    ・
|||i::::::::::::||||||l    ヽ /    ./ |:::::| ヽ:::::::ヽ`、
||||l:::::::::::||||||||ヘ   ー`    , ‐l´l .|:::::| 丶::::::::ヽlヽ
||||||l::::::::::|||||||||l     , -‐'´ -‐、:`、|:::::|  ヽ::::::::ヽl \
|||||||l::::::::::l||||||||`ー-‐'´||||||||||||||ヽ:::`::::ヘ  ヽ::::::::ヽl  ゝ、_
|||||||||:::::::::|_,-‐',l||l、\||||||||||||||||||ヽ:::::::::::l   ヽ:::l::::::|    ̄
 ̄`、 |:::::::::|  /||||||\ヽ|||||||||||||||||ヽ::::::::::|   \l:::::|

351 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:10:12 ID:lVmH4ozg


       ┌────────┐
       │飢饉である。   ...│
       └────────┘

          ┌───────────────────────┐
          │数年来の不作で、山西省は酷い飢饉になっており  .....│
          └───────────────────────┘
                               ,.,;:;::、、,,:.:,..
                               ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
                             ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
                               ''"''yi''""''yi''"
         ,.,., ,      ..,.  .,,.    .,.  .,,.    .,..ili  .,,,.il   .,.  .,,. ,,.,., ,      ..,.  .,,.
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"''"'"'"''""'"''"'"''""'"''"""''""'"''"'"''""'"''""
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',   :';:; ∧∧_:"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'' :',:'':'
  "'''.'''     "'"''"'と´(;;д。)"'''.''"'''"'"' "'':';:;..,"'.'''(∀;゚。;;)''  ⊂´と´(;;;゙д。)つ"'''.''' "'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',        '::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'' :',:'':'
  "'''.''(。ε;'(;:)')"'          ∧ ∧"' "'':';:;..,"'`',  "'''.'''   ::';:; ∧∧"'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:''( ゚∀ζ       '':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`'⊂(゙ε;'(;:)'))二つ',:'':'`::'::'' :',:'':'
  "'''.'''     "'"''"'"' " "'''.''' "'''⊂ ⌒(!|i;Д<)"'`',  "'''.'''  ξ/ / "'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'''"'"'
  "'''.'''     .::...:.:.. :: : : :∧,,,,,,:.: '"'''"'"' "'':';:;..,"'`',  "'''.'''     "'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,(;;;゙д。)二`つ  :'':';:;:;..,"  ∧ ∧:;..,"'`..,    "'`',:'':'`∧∧_:,:'':'
  "'''.'''     "'          '"'''"'"' "''("'σ<)"'''.'''   '.'''  "(τ;;;;;)" "'''.''' "'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:''  '':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:''"'`',:'':'`::'::'' :',:'':'

     ┌────────────────────────┐
     │食料を求めて難民が大量に発生していたのであった   .│
     └────────────────────────┘
   ハハ           ハハ           ハハ          ハハ
  (゚o゚*))~三 ハハ    (゚0゚*))~三  ハハ   (゚0゚*))~三   ハハ  (゚o゚*))~三
  ハハ     (゚0゚*))~三  ハハ    (゚o゚*))~三     ハハ (゚0゚*))~三 ハハ
 (゚0゚*))~三ハ        (゚o゚*))~三         ハハ (゚o゚*))~三   (゚0゚*))~三
   ハハ (゚o゚*))~三 ハハ          ハハ    (゚0゚*))~三    ハハ
  (゚0゚*))~三   (゚o゚*))~三      (゚0゚*))~三          (゚o゚*))~三

352 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:10:45 ID:lVmH4ozg


                     ┌───────────────┐
      ____       │ところが、山西省の地方官は     .│
     /∵∴∵∴\.       │                     ...│
    /∵/∴∵\∵\     │自分の評価が下がるがイヤで   ..│
   /∵<・>∴∴.<・>∵|.    │                     ...│
   |∵∵/ ●\∵∵|     │実態を隠していたのである        │
   |∵ /三 | 三|∵ |      └───────────────┘
   |∵ |\_|_/| ∵|
    \ | \__ノ  |/
     \___/   【山西巡撫 紱音】

353 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:11:12 ID:lVmH4ozg


 l|   l  l_|_|_|! L.  |! | l|  l/ ̄ ヽ |
  l!  l ̄|´l  l  |! |´  |! l l| /       ∨
l  ',  !l _ , === 、:l l |! l l| 」  何    V      ┌──────────┐
ヽ lヽ川ィ´, イ::::.ヽ ヽ! ',l|!.::l l|〈   故    }      │悲惨な様子を       .│
l 丶 ハ. l! { 〕:::::..|       |   :    /     │              ..│
:|   ハハ  弋こtソ          \     」      │見過ごせなかった  ......│
| /.::::ハ  `¨¨ ´         /     /.      │              ..│
| ,  .:: l ;;       ,     / そ あ {        │【田文鏡】は・・・    ....│
::! _/ ̄ ̄\          {.  ん あ 〉       └──────────┘
 / な ど こ ヽ    , -- 、 | な    |
 | の .う れ |     ヽ二ノ }   :   /
 }  : い. は ∟_      ノ'´`ヽ.__.//
l〈. ? う    |´\     r ―― ----
||    こ     |:.:.:.: >‐-- |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
!: \.  と    /:.:.: :.:.:.:/こヘY}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
-:― ヽ. ___/‐- 、:.:.:乂りソ」:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:.





            ┌─────────────────┐
            │急いで やる夫に報告したのだった     │
            └─────────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

354 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:11:37 ID:lVmH4ozg


      ┌───────────────┐
      │報告を受けて驚いたやる夫は    .│
      └───────────────┘
         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・





                              ┌────────────────┐
                              │さっそく【田文鏡】を            .│
                              │                       .│
         ____                    │特使として山西省に派遣し        .│
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j.        │                       .│
      /( ○)}liil{(○)\  /   /.         │難民救済にあたらせたのだった    │
     /    (__人__)   \/   /   /  )  └────────────────┘
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /     お前を山西省の
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴         布政使代理に任命するお
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´    急いで難民を救うんだお!
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

355 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:12:04 ID:lVmH4ozg


               _r<¬‐- 、__            ┌───────────┐
             rJ::.::.::>'´ ̄て::.::ヽ`Y⌒)       │こうして【田文鏡】は     .│
              }::.:; '′/   、└ヘ::.Vハ::.:7       │                │
            . 〔:::/ ,′| l  |  、ヽ:Vハ::.:}/Y^ヽ.    │抜擢されて         .│
             (」 l|l  、 | | >\rヘ::}_/_ノ.    │                │
              _| l| l ヽ_、ヽ l| /エ=ミ T小ヽ \.    │山西省に行き       ..│
               {∧ 、ヽrrーミヽl/ハ::.::.::l| |/ i  l.    └───────────┘
             `Yへ\ヘ::丿   ゙ー'´! }  |  |
              |l /|`ヽ、   rっ/7 /__ l  |
               / , / 「 ̄て)′/ /r勹く}  |   還暦過ぎてから
    .       {__} .   /_/ 厶-レ-=介 く_/L7  }  |      忙しくなったのだわ
          l1 ,. -/ {二ニラ/_/::.|_く/∧` ̄!   |
        rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、/   }l |  lハ
        Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、::!| |  |i   lヽヽ
          '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:)、j/ |  |i   | l |
        _,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´:/  .,ヘ. |j  / l |
      /   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_! !__、
     /   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、
    . i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY
    . !  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j
    . i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ ,,/      .r::´`: .::⌒ヽ., :. : .
   ( ( ゝヾヾ : : ソ          `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ"::⌒ヽ:: '',,:,.,:´ `: (  ..::) ,)丶

356 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:12:30 ID:lVmH4ozg


                         ┌──────────────┐
                         │若いころから             │
                         │                   .....│
           ヾー─ー─ー──ー──│地方官をやっていた経験で    │
            ||; |; |i |; |; |; |i  .│                      │
            ||i |; |; |; |i |; |;  .│適切な処置をほどこして・・・     .│
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐‐└──────────────┘
         弋ェェt┼┬┌─ 府 原 太 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'





        ┌──────────────────────┐
        │見事に、数十万人の難民の命を救ったのである   │
        └──────────────────────┘
        、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o, 、o,
       n('o')n  n('o')n  n('o')n   n('o')n n('o')n n('o')n n('o')n
      nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn
      l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l
     nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn
     l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l
   ∩∧∧∩∩∧∧∩ ∩∧∧∩∩∧∧∩   ∩∧∧∩∩∧∧∩
   ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ  ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ
  ∩∧∧∩∩∧∧∩ ∩∧∧∩∩∧∧∩   ∩∧∧∩∩∧∧∩
  ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ  ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ
   |   |   |   |    .|   |   |   |    .|   |   |   |
   |   )〜 . |   )〜   |   )〜 . |   )〜   |   )〜 . |   )〜
   し'`J    し'`J    し'`J   し'`J     し'`J   し'`J

357 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:13:00 ID:lVmH4ozg


                   n
                   l^l.| | /)     ┌──────────┐
                   | U レ'//)  │この活躍によって     │
      ___      ノ    /   .└──────────┘
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /    おー良くやったお
 |       `Y⌒y'´    |   /       誉めてとらすお!
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |





                    ┌───────────┐
                    │【田文鏡】は         .│
                    │                │
         ___     │やる夫の目にとまり   ....│
          /\:::::::::/\.  └───────────┘
        /:::<●>:::<●>:::\    いままで まったく評判に
      /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\       あがったこともないけど
      |     ` ー'´  u   |
      \  u   :::::     /      これは優秀な人材だお
      /    :::::::::::::::::::    \
    /                 \  〈〈〈 ヽ
                      (〈⊃  } }

358 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:13:22 ID:lVmH4ozg


                    *'``・* 。
                  ★     `*。
                      |       *    ┌──────────────┐
         ____      |       *    │山西省での仕事が終わると  ......│
       /⌒  ⌒\     |        +゚.    │                   .....│
     /( ●)  (●)\   |      ゚*.     │河南巡撫に              .│
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)     +゚      │                   .....│
    |     |r┬-|     | ノ   。*.゚       │大抜擢されたのだった。      .│
  __\      `ー'´     // 。*・ .゚          └──────────────┘
(⌒               |。*・ ゚
 ""''',。ヽ_       。*・ ゚
   +  │  。*・ ゚    | * 。                 ┌─────────┐
   `・+。。*・ ゚       |   `*。            │雍正2年8月の   ...│
      i      ̄\ ./    *             │            ....│
      \_     |/    *.               │ことである        │
       _ノ \___) ~ 。*゚              └─────────┘
      (    _/   ☆
       |_ノ''

359 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:13:45 ID:lVmH4ozg


                           _,.___         ┌──────────────┐
                      ,-‐イr'¨¨´~_}          │河南省は、首都・北京に近く  .....│
                    r='´r‐、ノ    しヘ.         │                   .....│
                   / _  j ,.        丿.      │民心も比較的安定していて    │
                   / 「 └'/      └ 、.        │                   .....│
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」.       │人口は500万を超える      .│
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ         │                   .....│
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ.       │大省である             ..│
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ.     └──────────────┘
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  /斗イ!ス、 i!メ、j l l !
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, / ,ィf羔ミ, ヾノ川!リヽj !   人生最後のご奉公として
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝ〈{ 辷tタ    f市k| / l           がんばるのだわ!
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |  xxx      ヾツリ′ノ
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i!         ′xx{ ,′        ┌───────────┐
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!      r‐ ォ   }iヾ:、         │河南巡撫は         .│
      ヽ! l|   l_j! lー-/ Ⅳ:、      ̄´   ノ ! 〉:〉        │                │
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´         │そのすべてを仕切る  ......│
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ           │                │
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ          │総責任者である      ...│
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈         └───────────┘
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }

360 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:14:12 ID:lVmH4ozg


                                                _..---..、
      ┌────────────────┐               '〉ゝ、  ゝ、
      │ぶっちゃけ、官僚にとっては       │               ./  ゙''''\ ヽ
      │                       .│            ___,,丿    {  `'''''''' 、  ..rr
      │誰もが あこがれる役職なのだ。    │           /       _-'      冖''’ イ
      └────────────────┘           '―-''' 、   <          │
          │          '廴                       _..-‐‐′ ....ノ''、__     /''''′
       ___,,../           `゙ー、                    ..-┘     ゙、   \rt_._ ┘
  r'' ゙̄‐'"´                 ヘ、              厂"        ` ヘ、_、   `/
  ‐ァ                      /ー- -........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
  ィ′                  _ノ'⌒  (    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト                  j′    −7             _ '北京◎ ヽr'´ ∨
   ゙‐ 、            Y ̄´  ̄ヽ,,/--、 "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│ 山 │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  |  西 ノ‐/山東省 _r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉 '、陝! 省亅河ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´西.レ─'´ 南 ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   省_>、  省 ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、      ゙┐  丶 / >
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │

361 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:14:38 ID:lVmH4ozg


         ┌────────────────────────┐
         │スーパーエリートでさえ あこがれる超重要ポストに     .│
         │                                    │
         │さえない万年課長が 大抜擢されたのであるから・・・    .│
         └────────────────────────┘

 /   , ,ィ ハ i、 、     !   /''⌒ヽ-─‐- 、     、ー'´         \ .イ   , ,ィ ハ i 、   |
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 |   ゝ ,、.___,  \  >       ,       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   \::     /      |
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::   _,. イ/ |     ,.へ、 /´\       |

    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

362 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:15:04 ID:lVmH4ozg


          ┌───────────────────────┐
          │【田文鏡】に対する 科挙出身者の反発は強かった    .│
          └───────────────────────┘
         _____                _____                _____
.    /     /⌒\/⌒ヽ       .    /     /⌒\/⌒ヽ      .     /     /⌒\/⌒ヽ
   /   , −|   ・|・  |、\           /   , −|   ・|・  |、\        /   , −|   ・|・  |、\
  /   /   ` ー ●ー ′ヽヽ         /   /   ` ー ●ー ′ヽヽ      /   /   ` ー ●ー ′ヽヽ
  /  /     二二 |  二  ̄ノ       /  /     二二 |  二  ̄ノ    /  /     二二 |  二  ̄ノ
  l  /  /⌒\ ── |  ─ /       l  /  /⌒\ ── |  ─ /    l  /  /⌒\ ── |  ─ /
  |  | /     ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄       |  | /     ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄      |  | /     ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄
  l  | |          / /⌒ヽ     l  | |          / /⌒ヽ    l  | |          / /⌒ヽ
  l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ      l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ     l | ヽ /⌒ヽ⌒ヽ  |/ヽ__ ノ
   ヽヽ  `ー───┴─7  /        ヽヽ  `ー───┴─7  /       ヽヽ  `ー───┴─7  /
    >━━━━━O━━ /         >━━━━━O━━ /         >━━━━━O━━ /

363 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:15:29 ID:lVmH4ozg


                                          ┌───────────┐
                                          │ところが           │
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.         │                │
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..         │赴任した【田文鏡】は  .....│
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..         │                │
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.       │そんな反発など      ..│
         弋ェェt┼┬┌─ 府 封 開 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ      │                │
             il_,└───────┘ ,  i!        │お構いなしに・・・       │
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l        └───────────┘
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

364 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:15:52 ID:lVmH4ozg


              ┌──────────────────┐
              │河南省の地方官やスタッフたちが        │
              │                           .│
              │習慣として行っていた不正行為を・・・     │
              └──────────────────┘
  ______       ______       ______        ______
 /∵∴∵∴∵∴\    /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\     /∵∴∵∴∵∴\
 |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|     |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|   |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|      |∵/゚ヽ /゚ヽ∴∵|
 |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|    |∴| 三●三 |∴∵|
 |∵| (\_/)|∵∴|    |∵| (\_/)|∵∴|   |∵| (\_/)|∵∴|      |∵| (\_/)|∵∴|
 \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/   \:| |'|\__/ |∴/    \:| |'|\__/ |∴/
 /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\    /  .Uー‐--‐―´\





        ┌──────────────────┐
        │積極的に ビシビシ取り締まるのである   │
        └──────────────────┘

            /|   _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
         /! |   {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
          ! ! |  ;  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
    -──|┼|─‐-└‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/  不正は
  /  -─┼|┼‐-、,,   L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l    許さないのだわ!
./ .// ̄ ! ! |`ヽ     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
  / .      ! ! |         !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
    r‐-、 |┴|        l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
    ト-イ /^Y´\           liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |
    |-‐!/o/´\o\         l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
    入 /o/   \o\        | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l
   _( /\/\    入o\     / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !   ※田文鏡の報告によると
  (  \__)/`ァ─‐' /\/     //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !      河南省では徴税の際
  (`ー-r'ヽ /   r‐'          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |       ハカリを7〜8%重くして
  `r‐‐'     _/        /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !         税を取っていた
    \    /\        ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |

365 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:16:22 ID:lVmH4ozg


               ┌───────────────────┐
               │こうした従来の習慣を無視したやり方は  ......│
               │                          ......│
               │当然ながら部下たちの反発を招き・・・     .│
               └───────────────────┘
      ( ⌒ ⌒ )                 ( ⌒ ⌒ )                 ( ⌒ ⌒ )
        | | |                    | | |                     | | |
     ヽ   _____            ヽ   _____           ヽ   _____
   \   / \/ ヽ   `\       \   / \/ ヽ   `\        \   / \/ ヽ   `\
 _   / |  .|.  |− 、   ヽ     _   / |  .|.  |− 、   ヽ      _   / |  .|.  |− 、   ヽ
    //`ー ●ー ′   \   ヽ       //`ー ●ー ′   \   ヽ      //`ー ●ー ′   \   ヽ
    __l  三 |  三     ヽ   l      __l  三 |  三     ヽ   l       __l  三 |  三     ヽ   l
  .\______|__/ ̄`ヽ  l  |    .\______|__/ ̄`ヽ  l  |    .\______|__/ ̄`ヽ  l  |
    .   l          |   | /⌒ヽ    .   l          |   | /⌒ヽ    .   l          |   | /⌒ヽ
       |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ       |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ       |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ
.     、ー┴─────┘ /   / .     、ー┴─────┘ /   /  .     、ー┴─────┘ /   /
      >━━O━━━━/  /          >━━O━━━━/  /           >━━O━━━━/  /
   /⌒ヽ  /    \     |      /⌒ヽ  /    \     |      /⌒ヽ  /    \     |

366 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:16:45 ID:lVmH4ozg


                        ┌───────────────┐
                        │特に科挙出身の               │
        ,....::::::::.. ...         │                     ...│
      ,..::::::::::::::::... ...        │知県や知州たちは           │
     ,.::::::::::::::::::::::... ..         │                     ...│
   ,.'::::::::::::::::::::::::::::::... ..        │協力して                ..│
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... ..     │                     ...│
  /,::::ヾ,:iヾ;:::ハ,;:::::::!;::::ヾ;::::::::::... .. │【田文鏡】を弾劾するのだが・・    │
  !!;;〃i::i' `i:::i、ヾ;:::::!;:::i, ヾ;:iヽ;:::i,'::└───────────────┘
. !! ;l| i:i,  'i:i、  ヾ;;i.ヾi  ヾi ヾiヾ;::::::::::::::::::::::::::
 .i; ;;|  ヾ、 ヾ、 ヾ!||;i;i;i;i;i;i;!!!!!!!ヾ ヾ;::::::;'´_ '';:::
  ! |l;i;i;i;l;l;l;l|ヾ     〃;杰i"ヽ.   i:::/ ,' i. ';::  科挙に合格もしていないのに
    ヽ,〃杰i|     .,_ヾシ__ ,    i/ ,''^'; ', ;::
     i ヾツ|   ,,,.  ,,,;;////""    ^i ! ;::      強権政治をおこなうなんて
      | ,//|///"            u   /  ,::::::
      !  i'         U       .,::::::::         なんて人なんだろう・・・・・・
     |  ヽ-='"            ,‐''';;;:::::
      !    _           u  /   '';
       !、  ヽ___`二ン        ;
.       !、   ,,, ,,,,,      ..  ;
         !、    ̄      ,.:
         ヽ        ,.::::    ←【河南省のとある知州】
           !、     _,.:::::::
            ー‐=Ξ::::::::
                i:::::

367 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:17:11 ID:lVmH4ozg


   ゛弋毛ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ毛
      ゙ミ八;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ォ久彡"       ┌────────┐
  `,;;,、_ 心;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ彳彡ソ""       │もちろん      ..│
  ヽ  弋叨冫、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r彡";;;;;;;;;;;;;          │          ......│
    ー 、__ノミ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ィ―=弋少 -=ァ        │やる夫は、     │
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;ヽ      ノ;;.       │          ......│
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;''´;;;;       │まったく逆に     .│
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.       └────────┘
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;/   ;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;ヽ___人___ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   てめーらの考えなんて
        ;;;;;ヽ_イ丁丁TTT丁ァ__ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;          お見通しだお!
        ;;;;;;;;;;;;;ー、廾廾廾ソ/;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ;;;;;;;;;;;;;;ー=====';;;;;;;;;;;;;;;''
           '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''
              '';;;;;;;;;;;'''





           ┌───────────────────┐
           │かえって                       │
           │                                │
           │科挙出身者たちの方を 弾圧するのである。 . │
           └───────────────────┘

  . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\        . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\        . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\
  / ,=\/ヽ       ヽ       / ,=\/ヽ       ヽ       / ,=\/ヽ       ヽ
 / || +li+  |− 、=「l= ヽ     / || +li+  |− 、=「l= ヽ     / || +li+  |− 、=「l= ヽ
 l/ヾー●ー ′  ヾ   |    l/ヾー●ー ′  ヾ   |     l/ヾー●ー ′  ヾ   |
 | =|_|= | 〜∽_  |   !    | =|_|= | 〜∽_  |   !     | =|_|= | 〜∽_  |   !
 ヽ ゙゙〜 | 〜⌒ヾ  |  /     ヽ ゙゙〜 | 〜⌒ヾ  |  /     ヽ ゙゙〜 | 〜⌒ヾ  |  /
  ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ      ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ      ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ
   | ` ━O━━━ ´          | ` ━O━━━ ´         | ` ━O━━━ ´

368 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:17:37 ID:lVmH4ozg


                             ┌───────────────┐
                             │また、付加税の改革についても    │
ーj: : : : :/   /  /  l::  ヽ   ヽ: : : : :r:'__     │                     ...│
「: : : : :/ l  i::  l   l|::  l l  l ヽ: : : :´} ̄ヽ..  ..│【田文鏡】は                 ...│
T]: : : :!: l  l   l   |:!  l| :!  | :::!: : :└iー┘   │                     ...│
|廴ャ: :l! ! l|_ :!  ‖!  l:: |  l ::|: : :r:イト、    │模範的に実行する             .│
l! |ー、:'、 、l  ド 、l|::l /l ,孑7´ l:|:rソ| | l |     └───────────────┘
l| | くノト、ヽ,イ⌒ヽ !l'〃 ィ⌒Yイノリ'´  ! l | lヽ    n
|':! |   !ハ 乂::::ソ    乂r'冖'冖'冖'冖'冖'冖'冖'|l!
||l    l:: l!:、    _     |                |l!
l !l|   / /´:.ヽ、      ,.| .だ が 不 正 は rj┴、
|:. |:!  l 〈:.:.:.:.:.:.:.t:.:ォ:.:.':.´:.|              rjー―,」
l 」|  / 」´l:.:.:.:.:.:.:.:ツ'!:.:.:.:.:.:.| 許 さ な い rjー‐ ,」
| l :| 厶_ ̄¨ヽ:.:.:/ハ:.:.:.:.:.:|               辷._,イ|
i|l /_≧x、_」:.:イ|  ト:.:.:.:|__________|イl|

369 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:18:10 ID:lVmH4ozg


                                  ┌─────────────┐
                      __         │というか              │
                  ,. ´   `ヽ.       │                    │
          / ̄`ヽ  /  , ‐ 、 , ‐'.       │そもそも養廉銀制度は・・・    │
       /, ⌒ヽ i |  `⌒  ⌒i        └─────────────┘
         { { 、__ノ ,ノ |^v=「  ̄`H´ ̄}
        い、 __ノ}:ーァ!  ヽ__ハ__,イ‐.、
       ,ゝ、  ,イ.:|{`┐ ,. -‐〜ー〈:.:. :.\        ┌────────────────┐
      /. .:.:.`i_}.: :ヽ`ーV : : :, へ.:.::',:.:. :. :.ヽ,       │山西省に居たころ            .│
     / . : .:.:./´ _}ヽ : `!7 : /.:.::::,ハ.::}.:.:',:.l.:. :.',        │                       .│
    / :, -‐ァ´|  _」丿: : !{/iヽ.:.::/: :l/.:.:.:l/.:. : :′.     │【田文鏡】が巡撫の【ヌオミン】に    │
.  / :/.:.:.:/ / 、 ―j.:. .: .:i―┼‐∨.:. .:. .:.:.:l:. : : : :i       │                       .│
  |: : .:.:.:.i | ,l ̄l:.:. .: .:|__|__|:. :. :. .:.:.:|:. : : : :|      │勧めたものであるらしい        ...│
  |: : .:.:.:.l  l/ |  |.:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|:. : : .:/.       └────────────────┘
.  \: .:.:.:\ \,.|  l.:. .: .:!__!__!:. :. :. .:.:.:!: : /
     `ー―→一'|  l:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|/  養廉銀制度を始めたとされる
         /: .:.:.:.|  |: .: :,'―┼―',:. :. : : : :',       【山西巡撫 諾岷(ヌオミン)】

370 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:18:38 ID:lVmH4ozg


                          ,--、_
                        /:::::::::::::::`ー、
                       /::::::::::::::::::::::::::〉.         ┌──────────┐
                      /::::::::::::::::::::::::::〈__      │河南省の租税は      │
                    /::::/ ノ::::::::::::::::::`::::'::`ヽ    │                    │
                   /:::::::::{´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    │銀300万両である。  .│
                 /::::::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    └──────────┘
                /::::::::::::::::::::::::::ヽー-、::::::::::::::::::::ノ
     ,, -、  , ヘ、_,,-‐ イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)、  ヽ:::::::::::::::!、
    /:::::::::`´:::::::/  /::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::/ヽ 丶 ヽ:::::::::::::l       ┌───────────┐
   {::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::/ー、-=<  `, ',   !:::::::::ノ      │【田文鏡】は、その13%、 . │
  /:::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::{  ',  ',  ; ',  l_ノ       │                │
  i::::::::::::::::::::::::l   l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 |.  ',  ;  ',  i           │40万両を付加税として  │
  l::::::::::::::::::::::l   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ li   ', ,イ  ;  l           │                   .│
  `ー、:::::::::::::!   !::::::::::::::::::::::::::ーx  li   ; ;  ;_,,ノ           │取りたて             │
    ,‐':::::::::::::::!   !:::::::::::::,/l`ーイl `ーl'l  トtj- ´            └───────────┘
    ヽ::::::::::::::::ヽ  !:::::::::::>-'ー斗与=ミ ` ´fiイ !
     ゝィ‐,:::::::::丶 ゝrイ  i  ヽ {斥ぅ   〉'l l     だいたいトップの巡撫が
     l N `ーrrイ'i.i´⌒ハ ', ハ    ヾ ン     ',',         蓄財に励んでるようでは
      !ノハ  l、ノ:::jヽ、 ( ヽ ', 丶       ,、_人ヽ
     /::::ハ /T´iヾニ≧ーゝヽ、ヽ、_   _ ´>、_`そヾ 、        部下にしめしが つかないのだわ!
.    /::::/  レ::/  l ,=" >介L≧´`ーt>ゝ、c、 丶 ((´ノ
   /::::/  /::::!  |   !. lノノ‐- ニ-ゝ<、ヽ、_ゞ、、>ー−、            ┌───────────┐
   ´ヽ'  レイ.   !   ノイ : : : : : : : : '、ヾ、!ノ‐´'  〃           │その40万両で       │
.        l   l.     l: : ': : : : : : : : :ヽ!l、_,-,‐、〃 `ヽ             │                │
        !   l    !: : :: : : : : : : : : : : : : y´' `丶  丶.          │すべての地方政治を  .....│
.       l   l    / : : ;: : : : :``ー-: :、_/     ヽ、 ヽ.       │                │
.       !   l   〈: : ,: : : : : : : ー‐-': :i !     ,, ´_ヾ, }  ',.       │賄ったのだった     ......│
       l   l    `、/l: : : : : : : : : : : j l    {ヾ、_`y'  ノ       └───────────┘
       l  /     !イ !_: : : : : :_,, -ヘノ    `ー、_ ノ
      l  /       ト、ヾ、 フ´: : : :/       `ー'
.      l  /, -ー- 、   l  /\_: : : : ノ
      i  /r-―-、 ヽ  トン   i`ー´/
      ! (     }  }      l   l
      ヽ ` `ー ´ ノ       ヾ- l
       ヽ、__,, ´         `´

371 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:19:09 ID:lVmH4ozg


          ┌──────────────────────┐
          │そして、【田文鏡】は 人材育成にも力を入れ・・・  .....│
          └──────────────────────┘
                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|  ダメな部下ばっかりなら
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|    自分で育てれば
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|        いいのだわ
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |i `代::.o.ノ゙ij===ij"弋::.o,ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l . |``ー‐./⌒⌒) `ー――´/ l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧ / / / )__     ./ . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! .r‐、/゙ ,/ /  /__ノ    .<   l . !    |::::. . |
          | . ::::::|    ,.' , | / /  /   / _   ./ヽ‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|| ノ / .ノ  /==/  ノ::::  ..y'k .!.    |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人:::ノ/ ノ  /  /({/ ./ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、   |::::::. |
.          | :::::::レ' , ' ./     /  /:/ /::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二.ノ   ,    `゙  /:lヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |

372 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:19:35 ID:lVmH4ozg


             ┌─────────────────────┐
             │部下をよく教育し、どしどし人材を育てていく。    .│
             └─────────────────────┘
      _          _         _         _          _         _
    ,',i><iヽ     ,',i><iヽ     ,',i><iヽ     ,',i><iヽ     ,',i><iヽ     ,',i><iヽ
    /((ノノリノ))    /((ノノリノ))     /((ノノリノ))     /((ノノリノ))    /((ノノリノ))     /((ノノリノ))
   ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))   ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))   ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))   ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))   ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))   ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))
    ⊂)夲!つ     ⊂)夲!つ      ⊂)夲!つ      ⊂)夲!つ     ⊂)夲!つ      ⊂)夲!つ
     (ム!,,jム)      (ム!,,jム)      (ム!,,jム)       (ム!,,jム)      (ム!,,jム)      (ム!,,jム)
     し'ノ        し'ノ         し'ノ         し'ノ        し'ノ         し'ノ

373名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:19:45 ID:KFypoUps
持つべきものは上司だの…

374 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:20:01 ID:lVmH4ozg


                         ┌────────────┐
                         │また不正な部下は         │
、ー.:.:|::: |:.::ノj ! ハ |  l!     j  |  l.    │                  │
、_ー 、|  | } {トTニ、トニ|T{ l /|  リ   }   │かたっぱしから弾劾し    .│
{:`:::::j'ニ、{:イ |ヽ{ィッ.}ヽヽN /_メ、/ ! /.   └────────────┘
!マ:::{j_ソ/:ノ !| `ー'    イィl.i},/ //
l ヾへ´::|  | l        〉 ー'/ィイ.´        ┌─────────────────┐
ヽ  \ヽ!  ト l    ,.= 、   ハ |          │数年間で                     .│
トヽ  `,|  l`l !、  ヽ.ノ ,.イ{ l .!          │                         .│
| ,. イ ̄l   !:ハ l丶-_-<  l l !        │弾劾して辞めさせた部下が22名       │
:'´.:.:.:l:::::::}   !:::ヘV<rj1:::::::\ ハ !          │                         .│
....:.:.イ}:::ノ丶、ヽ::::ソヽチ':::::: .:::::| |j>ヽ、       │逆に、推薦した部下は19名にのぼる   .│
:/::/:.:久__` '‐く:::::::ヽ:::_ イ!  トlヽー-- 、r- └─────────────────┘
:::::/:.:.:ヽ、:::__::>,ゝ:::: .::ヽ┴- L}:::}:.:.:... ヽ:.:.:〉‐´/
:::/.:.:.:ィ:ヽ- 二 _<\:: .::::/ `二>、Y::::... :.:...ーヽ イ_〉
/:/::/.:.:.:7::、-‐= イl:::ヽく:.:..`ヽ_<_:`i:::::::::..:..:..:::ノ- '
´‐ ´ ..:./::::::::7ーア::! l:: : ヽヽ:.ー-_,<.:ト-- ⌒ ー'

375 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:20:29 ID:lVmH4ozg


       ┌─────────────────────┐
       │やる夫も                          .│
       │                              ..│
       │【田文鏡】が育成した優秀な人材を         ..│
       │                              ..│
       │どしどし引き抜いて 要地に抜擢したのだった   ..│
       └─────────────────────┘
                        _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  さすが田文鏡(ry
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

376 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:20:54 ID:lVmH4ozg


       ┌───────────────┐
       │というか、引き抜きすぎて      ..│
       │                     ...│
       │【田文鏡】からクレームが来た   ...│
       └───────────────┘
    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l   そんなに なされては
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!       河南省が困るのだわ!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::

377 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:21:17 ID:lVmH4ozg


       ┌───────────────────┐
       │そのほか、【田文鏡】は            ......│
       │                          ......│
       │地主などの有力者や知識人に対しても     .│
       │                          ......│
       │大ナタをふるった                  .│
       └───────────────────┘
     シ:::、' ./   /        、  、    /:、:_:1::ト  \
     /:/ソ /  ′ ,'     i     l |  l,   /:/  .|:::| \.  ゙ ,  ,, -''
.    /:// /, ,'  ,'/      j ,イ   〃 ! | !i  ':::'   |:::|   !,, - ´
   /://ィl /l ! ' i l !   //,j  /,_ノナj,' l 、!:::|   ,!::;!-'' ´  _..:.-.:''
   ゙リ/ ! ,、 レl l i l ! /レ i /イ=j=、 '//!_ ,,, - ''' _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:.:.:
     V、 lメ、ヽj、ィf' ,=ゞト '  '"  辷ソ-,, ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     / /〉.l ,〉^i 弋_リ       ,, '' '_ . .-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    / //::ソ / |ヘ     、  ;''_,,..-:.''  :.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   / ,.レ ´ , ′′ \     ヽ l:i:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.  / /  / ネー:、_,.‐ァ` 、  |:l:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  \ヘ 、´ /:!l:::::::::::ン'::::/:,:::  !:|:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    ヾ、` /::::!l:::::/:::/:::::′::::_|;」:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
  ,- - ‐<´-i'' 丶\ ∠ー^i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
,, 'ー,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄-−´ l |:.:.:.:._:. - ''
l-=|,,-=ト-==|===|      |,,''' -
|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''
/  !  !      l

378 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:21:44 ID:lVmH4ozg


             ┌───────────────────────────┐
             │だいたい、脱税や不正などは貧乏人ができることではない    .│
             └───────────────────────────┘

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| 岩 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 本 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 荘 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||.  ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||  .||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
  """ ̄ ̄ ̄'''''''''''''''""""" ̄""" ̄ ̄''''''''''""""""""""""""""""""""""""" ̄ ̄'''''''''"""" ̄ ̄ ̄ ̄"""""""""

379 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:22:05 ID:lVmH4ozg


            ┌─────────────────────────┐
            │たいていは官僚と組んだ有力者がやらかすものなのだ  .....│
            └─────────────────────────┘
   )   _,, --' <~  `Y'  \- '"    ~` - ,__  ._ |,,l ト   `   `    ,  ,  ,l l        ) しl.
  (   /     `      `ヽ         /.  ̄\\__ ヽ  `  ヽ  l  l  l l l 1    /   /
    /        _,_               . . ./ . ...... 入〃弌 ヽ ` , `,`, l  l  l l l ノ   (   /
   /  ___ ,, , ノ ⌒i       丶.      i::::::/: : : ::::::ll:::{;;ll彳从\\ ヽ,_|_ | |  l  l レ/     i (
  l. /' ̄ ,_ , y, イ,廿 :::: `,:::    i::     i::/: : : :::::::ll:::ll .戈メ_ヽ弋卅爪ヾY_ノ ノ ノノ     ノ  l
  l {k f Tイ':: ~~i(_ ̄  :::  i:::   i:     i/: : ::::::: :.::ll:::ll,,.'Y i:::. `1災`巛`ミミ!幺__ィ/      (  /
  l (癶, ^辷-,,__ノ卩 _ :::  i:::   l::    i: : : : : : ::::ll::::ll,,:'il: y::ヽ込,_`ぇ卅r_'彡チハ.       . ) (ノ∫
  l :ik 廴,__  ̄_jノ f卩::  i:::    /::       : : : :::::l.l:::ll,,: ホ::ヾ_,:` ̄,豸`リ K才". l       l    し
  .l ::{{_j/  ̄/ /カ.:li :.: i::   /::     i    : :::l.l:::::l,,;;''九,ミ\丸'_(V_ノ/'" :::/ /:l      し i .
   l /   /⌒Y,イi_.li ::: '::   /::   / i    :::l.l.:.:.ト - ..ィ`爻卆ェ夊'" .::::/ /::li        ノ
  /    ∠二ニ二__jl  :: : ::i /:      .i     :l.l.:.:.ト -,;iι_,/:/ ̄.:::/  //::::::l       (
/    /:::::::: ̄/ ̄ : : :::::::::::y: ..::/    i     .:l.l::::ト- 7 r_/'::/ .:: / / ':"::::::::::7     o  )
   /l::::::::::::::/ : : ::::::::::::::::/..::..:'..::     l: : :  .l.l.:.:l,, っ r_/':/ ..::: //:::::::::::  ___: |,,,_     i'
  /l: : l:::::::::::/ : : ::::::::::::::/..::..:':..::     /: : : : ::: l.l:::ト 7 -/ / ..:/::: ____::::-  ̄...:::  |     l
   l: : :l::::::::/ : : :::::::::::::/..::..::..::.'.::..:::  /::::::::: : :::.l.l:::l ,,':///-   ̄  ....::::::     \    l
   ll: : : l::::/ : : ::::::::: :/..:::..::..'::..::.'.::..:: /:::::::::::::::::.l.l::::l///'":: ....::::::            \  ヽ
    ll: : : l/ : : : ::::___人_,, :::-−  −−::: : ::,,__ l.l //::::::::::::::: : : :       ... :::      \
    ll: : : : l: :: ./   ̄              `くィ:::::::::::::::::::::::: : :     :::::::: : :         `j  .
    ll: : : : l.i /                     Y ヽ::::::::::::::::: : : : :::::: :::::::           , 彳
    l: : : : ::l.l                . . . . : : : : l... ..  ヽ,::::::::::::::::: : : : , ___       , 彳' :: li, .
    l    l.l           ァ  : : : : : : : : :  /:::: : : :  ト ,_::::::::::::::::/'  ̄ `ヽ  ,/   `レィ__: `li .
    l,,_ ___ll        /:::/. .: :__ : : : : : : :  /::::::: : : : l:   :i-::::::::::ll       レ '  rク   斤( : :::li
   /::::i ̄        /::::/ ...:::(__):::: : ::: :: /::::::: : : : : l: : : l: \:::::ll     O   rイrク__ィ':: l  :/
   /:::://     /::::::/ : : :::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::: : : : : l: : : : l \\l          l lj ij し::: イl /
                    : : : : ::::::::::::/::::::: : : : :  l: : : : :l   \\.        ヽ,Y 毛i二_ノ
                                                    ̄

380 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:22:30 ID:lVmH4ozg


          ┌──────────────────┐
          │こうした不正に対し               .│
          │                           .│
          │【田文鏡】は断固とした態度で臨み・・・    .│
          └──────────────────┘
|\        |\                       __
〉二((二二二二二〉二((二二二二二二>         /r': : :└、   刀では近代兵器に
|/        |/                   / r┘: : : : : :乙      勝てないのだわ!
        |\              r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
   ii!二二二〉二((二二二二二二>  に/r' / / /」'  l  l \: 」         IIIIII
        |/              | 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY 二二二I二I三三二二二[
                            l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|     ┃│├─┘
        l二lニニニlニニニ=|=<|> l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'        ̄
                       / ,!  ヽヽ| l!  - , ノl|                ____
ニニニ========l=lニニニl          l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ  i! ̄ ̄( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (( (()
     ______________ri  /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~
    i!i!゚]l}=====fll||||||||||||ll|」コ――――┘/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′
____ ̄ ̄ ̄  ̄~ ̄ ^     / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}============.||=====|=
O O O / ̄/ ̄---------------------------r──r┐ _ く'-、ノ=============.||=====|=
っ っ っハ___ハ___──────────────---┴'r.」ヽノ` \ ============.||=====|=
 ̄ ̄ ̄ ̄         / / // ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\
               | ll !l |    iコi=ニ=iiコ、フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \
        riコ===iコツl=!=―-トi,、___       |[/    ヽ  / ヽ \、」┘ヽ \
―-、__________√|〕二二二〔|___〔|  ̄|〕ニニニニニニ[:::]ニニニニニニiiコlニニニ!ニニ!ニニニニiニi=ニ二|
 ( )  ̄~~゙|l_》=======同____,,]二二i三三i三三i三三iiニニ||ニi三ii()¨ ー‥_T´
,,.=-'''~~ ̄ ̄~〉 ̄((~) ‐'二 -- 、_ノ ´. : : : /  /  | ヽ  ヽ  ヽ: : . ` ーャ、: :`ヽー- 、
       i|  l| ̄ '´ー- 、_ |. : : _ -'´   . :/:  l: . ヽ  ヽ:   ヽ: : : : ./: : }: : :/―--'´
       l|,___,j   丶、   _」ヽ:´   . . : :/:   l: : .  ヽ  ヽ: .  }: : :./´`ヾ:.ノ` ー、

381 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:22:51 ID:lVmH4ozg


                                               ┌───────────────┐
            /f彡-_‐‐‐‐- .:.:彡ソハ  ,、、、、、,,,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::i   ',       │まったく容赦なしに          ..│
         /Vj   と二__つ.:.:′ .:.:ゞ‐‐‐‐- ̄``ヽ.:.:.:.:::ト、   ',.     │                     ...│
          Njf′  ''ニニ二~ン   ,'.:.:.:.:,r─- 、`ヽ `ヽ::::ト、ヽ !    │隠し田や隠し開墾地をあばき   ....│
           Nf′''~~´    ,. イ   ,'.:.:.:.:.`ニニヽ_ノ .:.ヽミミ.:.:.j! ', ', !    │                     ...│
          _,jリ′   ,r'"´  ソ     ト、.:.:.:.:.:.:.:`~~~`.:.:.:.:.:.:.:.:.j! ', ',!.     │脱税や租税滞納者を          │
       /ハj     . :.:.:.'´ .: .: .:. : j! .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;∧  V.      │                     ...│
       i }::i1   ,r'´., ィフ⌒ヽ .: .:. ノ .:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;∧ i  ト、.     │処罰していったのである。      .│
       i }::i1  ,'.:.:/;;;/  / ト、`ヽ  ',  ',.:.:.:. .:.:.:;;;;;;;;;;/ i i  ト、ヽ   └───────────────┘
      ノノノノ  ,' .:/;;;/  /   i;;;i.:.:.i  i  i!.:.: i.:.:.:;;;;;;;;/  l l  ! 丶
     ,.イ彡′ ,' .:/;;;ム_ _/   i;;;i.:.:.i  l  i!.:.: l.:.:.:.;;;;∧  l l ,′  ',
    / j / ,. ,r'"´     ̄``ヽi;;;i.:.:.i   l  i!.:.: ;.:.:.:;;∧ i  l l ∧    ',  いくぅ〜
   /  H     `''''''''ヽ.  ``ヽヾi.:.:.i   l  i!.:.: ;.:.:;,イ.:.i i  l l/ ',
  /   .: j i                  ノ  ノ.:. /::;,′.:::i i  l l  i
,.イ  .:.: j i  `ニニニニニニヽ     .:.:.:.:.:.:..:.:. .::::::::;;′.:::::i i  l l  j

382 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:23:18 ID:lVmH4ozg


   ┌─────────────────┐
   │こうした有力者たちの                │
   │                         .│
   │従来持っていた特権を           │
   │                         .│
   │まったく無視した当然の結果として    │
   └─────────────────┘

        ┌────────────────────┐
        │【田文鏡】は輿論の激烈な非難を受け・・・   ....│
        └────────────────────┘
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
        引っ込めーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    / 不人気は         .|
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、       出て行けーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i         氏ね、赤達磨!!
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

383 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:23:48 ID:lVmH4ozg


            ┌──────────────────────┐
            │何度も 何度も弾劾運動が起きたのであるが・・・   │
            └──────────────────────┘
        ____                  ____                 ____
     /´  / \ /ヽ\            /´  / \ /ヽ\           /´  / \ /ヽ\
    /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ          /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ         /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ
.   /  /   `ー ●ー´  ヽ     .   /  /   `ー ●ー´  ヽ    .   /  /   `ー ●ー´  ヽ
   l  / ●三.   |   三● |          l  / ●三.   |   三● |         l  / ●三.   |   三● |
.   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l     .   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l    .   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l
   l l  l          ノ ! _.       l l  l          ノ ! _.       l l  l          ノ ! _.
   ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)      ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)     ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)
     >━━━,-、━━━ ´ /ヾ       >━━━,-、━━━ ´ /ヾ      >━━━,-、━━━ ´ /ヾ
   /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ      /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ    /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ
  (__)  l         l (__)      (__)  l         l (__)     (__)  l         l (__)

384 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:24:11 ID:lVmH4ozg


                                             ┌──────────────┐
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__;:;:;:;:────ー;:;:、、 _;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      │彼らが非難すればするほど    .│
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,-                   \;:;:;:;:;:;:;:;:     │                   .....│
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、ー´           : :           ヾ;:;:;:;:;:;:;:    │かえってやる夫は         ..│
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/               : :           : : ヽ;:;:;:;:;:;:;:  │                   .....│
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/               , : : :                  ゝ;::;:;:;:;:;:;│【田文鏡】への信頼を増した    │
;:;:;:;:;:;:;:;:/      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;::;::;::;::;:;:;:;:;:;:;:ヾ____       ヾ;:;:;:;:└──────────────┘
;:;:;:;:;:;:;:/     ノ彡;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;::;::;::;::;::;:;:;:;:;:;:` ̄ ̄ ̄"ー 、,,     ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:川     ノ彡  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  : ノ≡二ゝ ヾ、   ヾ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:|,    ィ=イ彡´;    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‖ ‖彡三三ミ、lil      ヾ;:;:;:;:;:;:;: ┌─────────────┐
;:;:;:;:;:l'   ̄  ,-=ゝ、_ ゞi、::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ll  l/ソ 〟`゙川 lil      ヾ;:;:;:;:;:;: │すべての人事権を        .│
;:;:;:;:.l'  ‖ ソノ´三三ミ、 `ll :::::::::::::':::::::::::::::::: 'll、 'l;; ヽ〝 ,ノ;ソ  ll      ,,;;ヽ;:;:;;:;│                    │
.;:;:;:;:l,  ||  i::i ;;;/ 〟ヾ;ミ ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヾ、 ヾ三ニ;ソ' il'         iil;:;:;:;│握っている独裁君主が    ....│
.;:;:;:;:li,  ||  リ ;;;ヽ 〝 ノソ ll:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヾ, : : : : : : :  :        ::ii|;:;:;:│                    │
.;:;:;:;:l|  ヾi  ヾ三二ソ" ; ;゙      ii: :        :::::::'::'::'::::::::::         : |;:;:;:;│まったく動じないため・・・   ....│
;:;:;:;:リ   ::::::::::::::::::: : : : :: :       ll: :          ),:::::::::::::          : l;:;:;:;:└─────────────┘
;:;:;:;:ソ    :::::::::::: ll             ll: :       ;:;:;:ノ''             : :l;:;:;:;:;:
;:;:;:,リ      ::::::::ヽ、;:;:;:;:       lil  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ソ     _        : :l;:;:;:;:;:;:;:  だ・か・ら
;:;:;:;:|,       ゙、;`,:ヽ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ \,, -── ク´               ソ;:;:;:;:;:;:;:   てめーらの考えなんて
;:;:;:;:ヾ       ヾ::::::;; ;;ヾー、==二''''' ̄;: ̄ ̄mリ´:::::::     . .       :ノ;:;:;:;:;:;:;:        お見通しなんだお!
;:;:;:;:;:ヾ       ヽ:::::::;;ヽ;;ヾ ̄´;;;:,;:;:'';;:、;:;:;:;:,/,ワ:::::::::            . . : :/;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ,.      ヽ:::;; ヽ;;ヾl ;:,,_;:_;:,_/,ワ´:::::::             ; ;/;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ;;;      ヽ ::;;; ` ミ三三三彡"";; ;

385 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:24:34 ID:lVmH4ozg


       ┌────────────────────────┐
       │そのうち彼らもあきらめて、非難の声は小さくなった    │
       └────────────────────────┘

  . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\        . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\        . /  ̄ ̄ ̄ ̄ `\
  / ,=\/ヽ       ヽ       / ,=\/ヽ       ヽ       / ,=\/ヽ       ヽ
 / || +li+  |− 、=「l= ヽ     / || +li+  |− 、=「l= ヽ     / || +li+  |− 、=「l= ヽ
 l/ヾー●ー ′  ヾ   |    l/ヾー●ー ′  ヾ   |     l/ヾー●ー ′  ヾ   |
 | =|_|= | 〜∽_  |   !    | =|_|= | 〜∽_  |   !     | =|_|= | 〜∽_  |   !
 ヽ ゙゙〜 | 〜⌒ヾ  |  /     ヽ ゙゙〜 | 〜⌒ヾ  |  /     ヽ ゙゙〜 | 〜⌒ヾ  |  /
  ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ      ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ      ヽ / ̄ ̄\   l/ヽ
   | ` ━O━━━ ´          | ` ━O━━━ ´         | ` ━O━━━ ´

386 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:24:56 ID:lVmH4ozg


        ┌───────────────────┐
        │こうなると【田文鏡】は              ..│
        │                          ......│
        │どこからどう見ても やる夫の寵臣である    │
        └───────────────────┘
                        X     ______          X
                     /}  /. \     /,ヽ
                 ×   / / /    __\   /   ヽ、 . . ゜
                     _ノ_,ム′   ((:::::) ) (─‐ ) ヽ、        ,
               _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ     ;
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
            ×x .   ぃ     .ノ                 .|
       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛キラッ☆
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
    ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X

                        ┌─────────┐
                        │・・・しかしながら  .....│
                        └─────────┘

387 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:25:21 ID:lVmH4ozg


┌────────────────────────────────────────┐
│                           ┌──────────────────┐    .│
│                           │普通、独裁君主の寵臣になると      ....│    .│
│                           │                           .│    .│
│               ,..----r____     │ものすごくオイシイ仕事を与えられて    .│    .│
│        _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人.     │                           .│    .│
│       {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}.    │財産がドンドン増えるものなのだが・・・    │    .│
│      ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ.     └──────────────────┘    .│
│   (⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}                   _____               ...│
│    7_|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ                /壱 //万:/|                │
│    |  Y.:! lイl li \lト、/lレ/|从〈                 |≡≡|__|≡≡|彡|____        ....│
│    |  :i {薔}川 ●    ●l小iv.        / ̄//.|≡≡|__|≡≡|/壱//万:/|       .│
│    |  :| ゞ! ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|       .│
│.     !  :! .  ゝ、       ノi|          |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|       .│
│.     !  :!. ヽ:~::ヽx>、 __, イl |        |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|       .│
│.     |  :|  .( ⌒ )| ̄(*) ̄|( ⌒ )      |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/      ......│
└────────────────────────────────────────┘

388 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:25:45 ID:lVmH4ozg


                         ┌────────────────┐
                         │やる夫の寵臣になると          .│
                         │                       .│
               ,..----r____.      │ものすごい量の仕事を与えられて    │
       _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人.    │                       .│
      {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}.   │ストレスがドンドン増えるのだ      .│
     ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ.    └────────────────┘
   (⌒:{ .:::{. !::( ,  /ヽ   \ ;;: :}                    / ̄ ̄ ̄ /|
    7_|∧ :::| 「::ノ| ∨  i! / ! |ト;::ノ                 | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
    |  Y.:! lイl li ノ   レ `ヽ| 从〈             / ̄|=, 仕事 ,=|/ ̄~/|
    |  :i {薔}川 ◯   ◯ l小iv                | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|  |
    |  :| ゞ! l⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ            / ̄|=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=|/ ̄~/|
    |  :|i⌒ヽ j   (_.ノ  ノi|__/⌒).         | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|  |
     |  :! ヽ ヽx>、 __, イl |:::::ヽ/.      / ̄|=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=|/ ̄~/|
     |  :! ∧__,ヘ::| ̄(*) ̄|::l |:::::::ハ      | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|  |
     |  :! ヾ_:::ッ::l_,.イト、__l::l |:::::::ソ.      |=,, 仕事 =||=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=|/
                                ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄

389 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:26:09 ID:lVmH4ozg


      ┌───────────┐
      │そのころ           .│
      │                │
      │となりの山東省では    │
      └───────────┘

                  ┌─────────────────┐
                  │河南省と違い、どうにも         ......│
                  │                         .│
                  │地方政治改革が進まなかったため    .│
                  └─────────────────┘
                                       ノト     |
                                       彳ミ    ノiミ
                        __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                   _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''
          __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
___,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
   .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..
  .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,..:.. ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: .,.:,..:..  .,.  :,..:..   .
    .,.:   ,..:..    .,.:,..:.   ... , ..   ...   ,.:,.   .:..    .,.:,..:..    .,.:,.    .,.   :,..:..
.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:,
   .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,..        .,.:,      ..:..      .,.:,..:..

390 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:26:39 ID:lVmH4ozg


                 ┌──────────────────┐
                 │雍正6年、やる夫は               .│
                 │                           .│
                 │新しく河東総督などという役職をつくり   ..│
                 └──────────────────┘

           *  ______
    / ̄|  +   /        ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . |          ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ            . |
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |  河東総督       : 河南省と山東省担当 |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |                :                   |
             |                         ,| ────────‐ :. ────────‐ |

391 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:27:05 ID:lVmH4ozg


                                       ┌──────────────┐
                                       │河南省だけでなく           │
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.      │                   .....│
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..      │山東省の政治も           │
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..      │                   .....│
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.    │【田文鏡】に任せたのだった   ..│
         弋ェェt┼┬┌─ 府 南 済 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ   └──────────────┘
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

392名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:27:13 ID:7YsY44Qg
なりたくねぇなあw>やる夫の寵臣

393 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:27:33 ID:lVmH4ozg


 l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
   ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕.         ┌──────────────┐
  く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕.        │【田文鏡】は            ....│
 〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_        │                   .....│
 |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕      │やる夫の期待に見事に答え    │
 li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´      └──────────────┘
 |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!
   ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __
  /!| l l   \! l|  `¨  u   .イrソ/iツ行l 〃  / |       ┌─────────────┐
  ,'/ ! l|l  「¨| llト、 u  r ァ .¨´イ |l i |l |!   / /.       │山東省の政治もまた     .....│
 ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /         │                    │
 ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ       │面目を一新したのだった    │
./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!       └─────────────┘
! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
| li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´  さすがにちょっと
,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ     かなりハードなのだわ
   l| \ <ー- 、__:.:.:| /.:.:.:.:.:.:.\  \ \ ヽノ
  l l|    ̄工>_/-、j |, -、_, - ゝ _|__〉、  〉

394 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:28:05 ID:lVmH4ozg


                                ┌──────────────┐
           _____                 │なお、やる夫が          ....│
          /        \.             │                   .....│
        /           \         │ここまで深く【田文鏡】を     ....│
       /   ‐-、      ,.-‐   \.         │                   .....│
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \         │信任したのは、実は         .│
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \       │                   .....│
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |     │ある偶発的な原因があった   ...│
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |      └──────────────┘
.    \          ´ ̄ ̄`        /
      \                  /
       /                〈

395名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:28:20 ID:HfJN7MnA
ワーカホリックな上に厳しい上司に持つのは勘弁したいもんだ

396 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:28:27 ID:lVmH4ozg


            ____
         /       \       ┌───────────────┐
          /  ⌒   ⌒ \      .│やる夫は                 .│
        /    (─)  (─) \      │                     ...│
      |       (__人__)   .|     .│固く『天命』というものを信じた。    │
      \            /     └───────────────┘
       _rl`       /////
       /\\    ////゙l゙l         ┌──────────────┐
.     ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|  .        │良い政治を行えば          .│
.    /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |            │                   .....│
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./           │必ず天が報いてくれる筈だ、  ....│
.  /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、.         │                   .....│
  ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|          │というのである           ..│
  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、        └──────────────┘

397 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:29:01 ID:lVmH4ozg


                     ┌──────────┐
                     │それまで河南省は  .....│
       /\___/ヽ       │              ..│
      /:::::::       \.    │毎年洪水が起きて   .│
     |:::.   ''''''   ''''''  |    │              ..│
     |::::.,(一),   、(一)|     │不作が続き        │
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |.     └──────────┘
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´         ┌───────────┐
     /  | |    / |             │民衆も大変に      ......│
    /   | |  / | |            │                │
    /   l | /  | |            │苦しんでいたのだが   ...│
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ______ .└───────────┘
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                \
    `ー、、___/`"''−‐"       ⑩          \
                     ⑤ ⑤          \

398 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:29:26 ID:lVmH4ozg


                ,..----r____
           _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
         {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}     ┌─────────┐
        ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ      │【田文鏡】が     ...│
      (⌒:{ .:::{. !::( ,  /ヽ   \ ;;: :}.      │            ....│
        7_|∧ :::| 「::ノ| ∨  i! / ! |ト;::ノ        │赴任すると・・・    .│
       |  Y.:! lイl li \  レ / |从〈.        └─────────┘
       |  :i {薔}川 ●   ● l小iv
       |  :| ゞ! l⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       |  :|i⌒ヽ j   (_.ノ  ノi|__/⌒)
        |  :! ヽ ヽx>、 __, イl |:::::ヽ/
        |  :! ∧__,ヘ::| ̄(*) ̄|::l |:::::::ハ
       |  :! ヾ_:::ッ::l_,.イト、__l::l |:::::::ソ

399 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:29:52 ID:lVmH4ozg


                   ┌──────────────────┐
                   │今度は一転して天候が順調になって     .│
                   │                           .│
                   │豊作が続いたのである            .│
                   └──────────────────┘
 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″(::.´д`.)″″″' /″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″″″″
″″ .( )U( )″″″/″″″″″″″″' / ″″″″ ″″″″″″″/ ″″
''"''"'' |_#_i__i!i|"''"~~~''"' .∧_∧.   ∧∧ "''"''"''"''"''""''""''""'~~~"''"''"''""''"''~
.    (__)_).     .( ;´−`) ( ,,゚Д)               ∧∧
wji!w rw,'rilwji!w、 wWkil (    ) (   ) rw,'rilw'rrr、 wjWilw'r (゚-;;゚ ,) rw,'
''"''"''"''"~~~''"''"''"''"''"'' | | |   |  0 "''"""''"''〜"''"'''"''""'  | ; ;U ~''"''"
               (__)_).  し´                  |;; ;; |〜
                                        し~'J
'"''"''"'''〜'''''"''"'~~~"''"''"''""''"~~~''"''"''"''"''"~''"''"''~''"''"''''"''"''"''"''"''"''""''"''"'〜'"
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwl|ili、,、,,    ,, ,;;iijwiijiyw
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_::::::::::: 从从:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v

400 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:30:16 ID:lVmH4ozg


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
   o゚((●)) ((●))゚o   ,. -- 、         ホレ、見るがいいお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::: /    __,>─ 、
  |     |r┬-|    /          ヽ     政治ボスどもが
  |     | |  |   {            |__      いくら非難したって
  |     | |  |    }  \       ,丿 ヽ
  |     | |  |   /   、 `┬----‐1    }     【田文鏡】の政治は
  |     | |  |  /   `¬|      l   ノヽ      天意を得てるんだお!
  \      `ー'ォ /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ     ┌──────────────┐
             \     ヽ、\ __,ノ /     │と、やる夫は心の中で       │
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/.       │                   .....│
                    ̄               │会心の笑を洩らすのである     │
                                    └──────────────┘

401 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:30:39 ID:lVmH4ozg


   ┌─────────────┐
   │もっともこれは           .│
   │                    │
   │偶発的なばかりではない     │
   └─────────────┘

         ┌─────────────────────────┐
         │だいたい、この地方は雨が少ないので              .│
         │                                   .....│
         │洪水が出るくらい降るほうが、かえって豊作になるのだ    │
         └─────────────────────────┘
 :'/  /' / / ,:'/    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' /
_,,.--ー''''''"゙゙ ̄~゙"'ー-、/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,:,
..'"゙~゙'ー、、 : : : :  :  `'~゙"'ー-、/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /
  : : .: `゙ヽ.,_、:    : : : :     ゙゙̄"'''''―-、 :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'
: : : : : : : : : : `'i、 ,/  /' / / ,:'/,: '/ : : `、,、    ,.ィ''''"'"~''゙''ー- :'/  /' /
: : : : : : : : : : : `ヽ:     / / ,:'' / ' / /: : `゙''‐'"゛: : : : : : : :    :~゙"'ー-'i,  :
: .`" : : : : : : : : ゙、:゙lヽ、、: : : .: : : : : : : :    `''''',,,,,、 ,:'/,  :'/  / : :,,,,-‐'゛`゙''ー-
   .``'ヽ‐.i、 _、,,.:`゙"" ゙̄'--、..ー―---、、,__: : `゙''、   : : : : : 、、、,、::;.:".:;.:'"゙:.:゙,
 .,Y、: へ,、'``" :": : 、,`'`: : : : : : `゙^'--、、---"'゙‐'"   : : : : 丶     `': :~゙"'ー
、.ー'"′``゙ン 、丶、.,,; ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
"、 : 、`.、'、``" ゙:: : 、`'':,、、:,,,v,、: : ::.`-ー'''--,,、: : : : : : :    : : : :
.‐``'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',    ` `` `  '' ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'- `: :`゙^'--
  ''"""''''"    '''""   """/;;;;;;;ヽ'"""''   "'''''""   ''''""''"''''"   ""'''''"""''""
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/   (::::ヽ;;;l ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' 〈y;;;;;;ヽ/ ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
    :::....::::::........ . .::::::... .... ..:ん;;;;;;;;;〉..::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
     ''"""  ""''""'   ''"' し ヽ),゚""'''   ''""''"""'''''"""'   '""''"''''"""''  ''''"""''"
       ;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;; ゜   ;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;  ;;;;;  ;;;;;;;;;;     ;;; ;;;;;;;;;;
  :::  ;;;;;:         ;;;  ;;;;;    :::;; ;;;;;;:        ;;;;;;; ;;;;;      ;;;;;;

402 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:31:05 ID:lVmH4ozg


            ┌─────────────────────────┐
            │ところが、政治がうまくいかず 治水がおろそかになると  .....│
            │                                   .....│
            │洪水で作物は すべて台なしになる                     │
            └─────────────────────────┘
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ  ザッパーン
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。彡ミミ

403 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:31:25 ID:lVmH4ozg


                  ,..----r____
           _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人      ┌─────────────┐
         {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}      │【田文鏡】は          ......│
        ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ       │                    │
      (⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}.       │治水にも力を入れ       ...│
        7_|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ      │                    │
       |  Y.:! lイl li \lト、/lレ/|从〈       │洪水を防ぎ切ったので・・・  ....│
       |  :i {薔}川 ●    ●l小iv       └─────────────┘
       |  :| ゞ! ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
.         !  :! .  ゝ、       ノi|
.         !  :!. ヽ:~::ヽx>、 __, イl |
       |  :|  .( ⌒ )| ̄(*) ̄|( ⌒ )





                ┌─────────────────────┐
                │おかげで、まれにみる豊作が続いたのだった   .│
                └─────────────────────┘
     __ __  _               __ __  _              __ __  _
    /ソ  /   / !ヽ            /ソ  /   / !ヽ            /ソ  /   / !ヽ
    ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|            ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|           ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|
    || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |            || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |             || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |
    \.___\__\__ ノ _           \.___\__\__ ノ _          \.___\__\__ ノ _
  /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.        /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.       /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.
  ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.       ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.      ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.
  || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.       || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.       || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.
  \.___\__\__ ノ \__ ノ_      \.___\__\__ ノ \__ ノ_      \.___\__\__ ノ \__ ノ_
/ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ   /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ  /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ
||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |   ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |  ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |
|| i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |   || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |  .|| i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |
\.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ   \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ  \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ

404 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:31:51 ID:lVmH4ozg


               ┌──────────────┐
               │ところが、天候というものは     │
               │                   .....│
               │周期的に変わるものらしい     .│
               └──────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

405 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:32:13 ID:lVmH4ozg


  .,;:,.'""    ,.,..,.;:';';':':':.':.:.           ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,         _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,...
"''''''""""""''"'";:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
    .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    .,:;:.:;:';';';';';'''''''"""'''""""                    ::;
      ;:.,.,.,....__....,,__,...._┌──────────────┐:::;;;;;;,,,.....  ヾy    .......
,,,..,,.,.、、.,;:'''"""ヾイ    │雍正8年になると          │  .""'''''"'''" i:レ´..;,_..;;::..............__,
      、 丶 }:l,/ー´ ..│                   .....│      ´ ̄`i:| _/‐'
      ´ ̄\|;{  / , │河南省・山東省で        ......│    ー、  {:レ'
       _;>ー=}i|ー' ̄_ノ.│                   .....│...   ` ̄ヽ.}:|,.-' ̄
     、\   |!l='ー<_ │局部的な凶作が発生し・・・     .│         !:i|
      ̄`ー=|:;{  l  ,_..└──────────────┘       ´
        }i!;|/ ̄                       __
          |:;!il         .... ..             /ヽ _ /ヽ
     ^                               / ..:::'l ::.: .:.::\     ^    ..,,;:.,..
  ...,,..,;:..         r‐、            ∧∧      '"'"''"'  ̄ "''"''"
              `"""        (,,  .::)
                           〈 ̄.:::)
                           /ニ_::::ゝ
                          し J

    ┌───────────────────┐
    │一部で難民が湖北省に流れたのだった    .│
    └───────────────────┘
         ハハ           ハハ
        (゚o゚*))~三 ハハ    (゚0゚*))~三
        ハハ     (゚0゚*))~三  ハハ
       (゚0゚*))~三ハ        (゚o゚*))~三
         ハハ (゚o゚*))~三 ハハ
        (゚0゚*))~三   (゚o゚*))~三

406 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:32:39 ID:lVmH4ozg


     ┌─────────────────────┐
     │この報告を【田文鏡】が していなかったため     .│
     │                              ..│
     │またも非難の声があがった             ....│
     └─────────────────────┘

                   ───  、        _,ノ
           /::::::::::::::::/フヽ _\    _)  ほら、ご覧ください
         /:::::::::::: ─|/ G| {∠::::',      )
  〃⌒ヽ.   /:::::::::/_\ヽ__ノ⌒ヽノ-ヽ   ⌒)   やっぱり【田文鏡】は
  {     }   l::::::::/  ──   ヽ__彡∠ |   ⌒)
   ヽー彡::ヽ |:::::::|  / ̄ ̄\_| ─ ノ!    ⌒)    信用できないんですよ!!
     \:::::::\::::!. |/⌒⌒ヽ    ̄T´/⌒ヽ   ⌒)-、
        ヽ:::::::::::::.  \___}__,ノへ_ノ      '⌒Y
        \:::::::::::ミ==========≦:::::/

407 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:33:06 ID:lVmH4ozg


                      ┌───────────────┐
                      │もちろん この時も やる夫は      │
      _____     ━┓.   │                     ...│
    / ―   \    ┏┛.   │【田文鏡】をかばったけれど、     .│
  /ノ  ( ●)   \  ・     │                     ...│
. | ( ●)   ⌒)   |        │少しく疑いだした。          ...│
. |   (__ノ ̄    /        └───────────────┘
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\   あれ どうしたのかお?
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ




         ____
       /     \     まあ、考えてみれば
.    /       \         もう70歳近いんだお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    さすがに 前みたいな働きぶりは
.   /,'才.ミ). (__人__)  /        出来なくなったのかも しれないお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ       ┌─────────┐
                       │その通りだった   ...│
                       └─────────┘

408 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:33:37 ID:lVmH4ozg


  ┌───────────────┐
  │実際、このころから【田文鏡】は    │
  │                     ...│
  │健康が衰え               .│
  └───────────────┘
                  ┌───────────────┐
                  │本人もそれを自覚して       .....│
                  │                     ...│
                  │自ら辞職を願い出たのだった    │
                  └───────────────┘
 |::    |l::.       |:::     :  .:::i|      :l:::|    .:|::::::::::|、   __」 .
 |:::.    ||:::.     |:::.     :: .:::l |    .::l::::|    .:::| ::::::::' ヽ(´|| | |
 |:::::.   ||::::      |:::::.    .::: l:::l !    .:::l:::::|   .::::l::::::::/   ヽ|| | .|
..∧:::::.   |:|:::::.    |i::::::..  .::::::l:::l l   .:::::;::::::!  .:::::'::::::/    ノ|| | !
::.. ト、::.__|:|:_     | l:::::::.....::::::/:;:' l   .::__イ_j__ .:::::/:::::∧rー'T´:::|| l  | さすがに体力の
:::::. | l\N} \_丁T'┘ lヽ::::::::〃/ ナ了 ̄レ  /イ::ィィ´:::/ _) l:::::::| .| |  |     限界なのだわ
ト、:::| |   二二_   U  ヽ/      _ .二二   ´|: l:/∠フ   |:::::::| .| 廴_j
゙卞.| | ´千¨モ_メ ヽ         ´ィキ_テ于` |: l イ穀′   |::::::|__j  |
ソ'| |ヽ  ` _ 一 ´    u         ` ─ _ ´  .!: |゙宀'″   i|::::::::::  |   引退させて
  | |::|ハ                u       イ:|:: |      ||:::::::::  |      欲しいのだわ
  | |::|  、     u      {i       U   /  |:: |      |:l::::::::  |
  | |::|  \   u     - =-  u     /   .|:: |      |:::l::::::  |
  .i| |::|   匸.>        ー        <___]_  |:: |      |::::|:::::  |
  .l| |::|´ ̄: : : : : : :`   . ___ .   ´: : : : : : : : :`|:: |      |:::::|::::  |
  l:| l::|: : : : : : : : : : : :f'〃ニヾハ: : : : : : : : : : : : :|:: |       |:: |::::   |
 l :| l::|: : : : :_: : :-‐ :八,ゞゆソ人: :ー: : :_:_: : : : :|:: |       |:: |::::   |
´l ::| l::|: : : : : : : :.:/: : :ゝ=イ: : :丶: : : : : : : : : :|:: ト、     |:: |::::   |

409名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:33:41 ID:1Pj6bbjQ
このやる夫、処罰は鋭いが、「報い」があんまりないから、
長く仕えると磨り減るばかりだな。

410 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:34:04 ID:lVmH4ozg


                        ┌──────────────┐
          ____             │それでも やる夫は            .│
       / ノ  \\.          │                      │
      / (●)  (●)\      │慰撫し続けていたところ・・・   ...│
    / ∪  (__人__)  \       └──────────────┘
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  もう少し
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    もうちょっとだけ
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /     がんばって欲しいんだお・・・
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

411名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:34:06 ID:KFypoUps
70歳って、もう引退させてやれよ・・・
そこまで生きてて過労死はつらい・・・

412 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:34:34 ID:lVmH4ozg


           ┌──────────────────┐
, '⌒ヽ        │雍正10年、またも天候は一転して       │     r ⌒ヽ
     ).     │                           .│ r ⌒(     ⌒ヽ
           │こんどは 未曾有の大豊作となった!     │
        , -'"└──────────────────┘~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;,,,:,,;;,,:,,,,;;,,,:,,,:,;;,,:,,,;;,,,,:,,,;;,,:,,;;,,:,,;;
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''""
||||||||||||||||||||||||||||||-'", -'||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||,
||||||||||||||||||||||||-'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'",
||||||||||||||||||-'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
||||, -'", -'"|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, -'", -'"
      +          +        ____    +           +     +
                    +   /⌒  ⌒\ +      +
  ┏┓  ┏━━┓           //・\ ./・\\                   ┏━┓┏━┓
┏┛┗┓┃┏┓┃      +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\                  ┃  ┃┃  ┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏━━━━━ |. ┬    トェェェイ      |.━━━━━━━━┓┃  ┃┃  ┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃         \│   `ー'´    /               ┃┃  ┃┃  ┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━━__|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|___.━━━━━┛┗━┛┗━┛
  ┃┃      ┃┃      >                   <         ┏━┓┏━┓
  ┗┛      ┗┛       /   ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ ム ヒ   .| |  ...┗━┛┗━┛
                 Χ  ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ   | |
                ノ   __ノ   _ノ    \  / | ノ \ ノ L_い  o o

413 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:34:59 ID:lVmH4ozg


                                        ┌───────────┐
                                        │これを機会に       ...│
                     ______              │                │
                /           \         │やる夫も【田文鏡】の  .....│
              /              \        │                │
             /    ⌒     ⌒    \      │辞職を許し・・・      ....│
           /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \      └───────────┘
          /     (   ● l   l ●    )     \
            |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |  10年間、
            |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |    本当によくやってくれたお!
          \         ー― ^ ー―       /
           \         ー一          /
           /                  \
          /                        ヽ
           |                      |
           |   i                  i   |
           |   |                  |   |

414 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:35:21 ID:lVmH4ozg


                                             ┌─────────┐
 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::     │有終の美を      │
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:.    │            ....│
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <     │全くせしめたの    │
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:     │            ....│
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:    │だったが・・・      │
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !      └─────────┘
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::  光栄なのだわ
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::        陛下!
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  |
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',

415 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:35:42 ID:lVmH4ozg


           ,ィ.:.:⌒ヾ.:.\
           r'.:.:.:.;ァ''¨`L_.:.:}ヽ       ┌─────────┐
          ζ.:./ ハ i  ム.:|:::}「ヲ、.      │残念なことに     .│
          7.:{ i 小j.! ;ハ!5:!:::!.:.》ト     │            ....│
         介ァイ大从{i卅>!:リ:ソ/     │それから         .│
        //.イ ヾ、ー  ー1i}レ1i |.      │            ....│
        / ;ソ r=く三У´ミx. }:| !.       │まもなく病死した    .│
      /ヽ-=彡ヾ:::≧<≧彡¨7}.       └─────────┘
      ぅ.:.:才ァ彡y=イ7´.:.:く.:7:::ソ
    //廴〃.:rj:/.:.:r:く:.:.「 1彡ヾ'
   / /斗≦:._.才:、:ぅ `チ 〉K.:.ト、  先祖代々の大恩に
.  /r:‐{.:.:.:.:.:厶く:{ `ァ’  ハ{.:}亡´     報いることができたのだわ
  7.:.:.:.`.:.〈7 じ' _xfzfzfz、 〈ァx5
  .:/⌒(7>'xfz_斧   /7カハY´
  `ァ:イミ〉`ー _」'    / /彳’
   Vニァー辷t幺'ー'zソく.ノ;ニ〉
    /   厂¨7  厶z::リ
.   /  /,--く  /
 V⌒ヽ〃=ミx:}:′

416 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:36:10 ID:lVmH4ozg


                                         ┌──────────────┐
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ     │【田文鏡】が去った後の       .│
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||.     │                   .....│
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||.     │河南省の布政司庫には・・・    .│
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ   └──────────────┘
         弋ェェt┼┬┌─ 府 封 開 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!                 ┌────────────┐
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l                 │実に70万両もの銀が     .│
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||            │                  │
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l            │積まれていたという        │
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i └────────────┘
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

417 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:36:35 ID:lVmH4ozg


       ┌──────────────────────┐
       │これは、今までなら                     │
       │                                │
       │地方官たちで山分けしていた金であるから・・・     .│
       └──────────────────────┘

                    ┌──────────────────────┐
                    │官僚たちが【田文鏡】を憎んだのも当然であろう   .│
                    └──────────────────────┘
           ______                        ______
          /壱 / /万:/|                      /壱 / /万:/|
     ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____          ___|≡≡|  |≡≡|彡|_____
   /壱// |≡≡| ̄:|≡≡|/壱//万 :/|          /壱// |≡≡| ̄:|≡≡|/壱//万 :/|
   |≡≡| |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| :::|≡≡|彡|         |≡≡| |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| :::|≡≡|彡|
   |≡≡| ::|≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| ::|≡≡|彡|       |≡≡| ::|≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| ::|≡≡|彡|
   |≡≡|:: |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| |≡≡|彡|         .|≡≡|:: |≡|≡≡| ̄ |≡≡|≡≡| |≡≡|彡|
   |≡≡| |≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| |≡≡|/          |≡≡| |≡|≡≡| ̄::|≡≡|≡≡| |≡≡|/

418 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:36:59 ID:lVmH4ozg


         ┌───────────────────┐
         │雍正11年、やる夫はこの70万両のうち  .....│
         │                          ......│
         │40万両を使い、河南省で減税を行った   ...│
         └───────────────────┘
    !                                       l
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !  【田文鏡】は本当に
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !    優秀だったお。
    l         ノ          ゛    'i        }         i!
 ,..-'".l      ヽ,、   _./         ヽ_   ./         ,l〜 ..,,   みんな感謝するんだお
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            ヾ゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ

        ゚・ *:  : *・           ゚・ *:  : *・            ゚・ *:  : *・
    *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜  *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜   *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
 * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:*。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧   ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
 (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
 | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ  | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u   u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
: *・    `u-u' `u-u'  ゚・ *:  : *・  `u-u' `u-u'   ゚・ *:  : *・  `u-u' `u-u' ゚・ *:  : *・

419名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:37:03 ID:KFypoUps
過労死か、それとも大往生か?
本人は満足して逝けたのかも知れんね…

420 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:37:26 ID:lVmH4ozg


     _ -               ┌─────────┐
    , '"                 │また、特に     ......│
  /                      │            ....│
  ん | !''! !'''、ヾ "!、          │河南省の       .│
 //ル |.! | | 人 ヽ,,''!,,弋.         │            ....│
 〃;;;i '!!, 代 !i、\|ヽ!ヾ  !.       │地方官に命じて   ..│
 !! ;;;|.  'ヾ、゙ ゙.:;;;;iiiiiiii!!!!!!"" ヾ,.    └─────────┘
  !  !,;;ii||i;,  ゙ 〃;杰;"ヽ    "、
    "!?段;,    ._ヾシ-      !. /    ┌──────────┐
    ":;i|i;  ,,// ///"      !/      │祠をたてさせ        .│
     ;;/                         │              ..│
     /                         │【田文鏡】を祭らせて ....│
     ヾ;;;:-                   └──────────┘
      i、  _,, - _=-
       i、ヽ-'''            はい
        i、 -‐'' '      /     僕も同感です・・・
         i、       ,,-'
.     /    i、    _,.-i;;
    〃     ヽ--‐=|!!!;:   ←【後任の河東総督】
               !!;:
               !"

421名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:37:55 ID:cauabZ7Y
不人気さんマジ尊敬するわ

422 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:37:59 ID:lVmH4ozg


                                       ┌───────────┐
         (ゝ__________ノ)             │やる夫は         .....│
         ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))           │                │
         /A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ           │この忠臣の功に       .│
        :く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ          │                │
       く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ        │報いたのであった。     .│
      :ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ'.'        └───────────┘
     /`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;
  ;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ)
  乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ
    ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ'''     \`ヽ、|
    |"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | :         \, V
    |. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .           `L,,_
    |. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : ;           |ヽ、)       ,、
    |. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .           .|         ヽYノ
  C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ :        /        r''ヽ、.|
  |}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : :      /        `ー-ヽ|ヮ
:『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : :      . |            `|
: : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : :   |            |
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|      ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .       |          ヽ |
:爻rw从wfwvrw从jwwiiwjWvwjw爻wv,,,,,, ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|wkWwj,,wj ヽ,          }ノ
""Www爻wj""w"~"~~`"w~~""ww"f"~W"""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`"    ヽ         Y.
                                            _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
                                            {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
               【総督御三家 田文鏡】             ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
               ┌────────────┐      (⌒:{ .:::{. !::( ,  /ヽ   \ ;;: :}
               │  ┼ヽ  -|r‐、. レ |     .│     7_|∧ :::| 「::ノ| ∨  i! / ! |ト;::ノ
               │  d⌒) ./| _ノ  __ノ     │.        |  Y.:! lイl li /   レ \ |从〈
               └────────────┘.        |  :i {薔}川 ◯   ◯ l小iv
                                          |  :| ゞ! l⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
                                          |  :|i⌒ヽ j   (_.ノ  ノi|__/⌒)
                                          |  :! ヽ ヽx>、 __, イl |:::::ヽ/
                                          |  :! ∧__,ヘ::| ̄(*) ̄|::l |:::::::ハ
                                          |  :! ヾ_:::ッ::l_,.イト、__l::l |:::::::ソ

423 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/07(月) 00:39:26 ID:lVmH4ozg
本日は以上です
ありがとうございました

今回大型AAの使いすぎで反省してます
次回も2週間後を予定しています

424名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:39:37 ID:1Pj6bbjQ
年取って仕事をポンとはずしちゃうと、
緊張から開放されて、そのままぽっくりいっちゃう人多いんだよ……。
高度成長期の日立あたりの社員も、55定年→引退後2〜3年でぽっくり
逝かれる人多かったので、年金あんま払わなくて済んだとかいう与太話が。

425名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:40:54 ID:HfJN7MnA
乙でした
不人気さん激動の10年だな

426名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:42:50 ID:7YsY44Qg
乙!
真紅はこういう多くに好かれるわけではないが一途に努力するような役がよく似合いますよね

427名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:44:48 ID:wiLDrEeM
乙です
官僚統率に長けた皇帝とか中国では理想的ではないですか

428名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:44:57 ID:1Pj6bbjQ
乙でしたー。
しかし毎回毎回わかりやすくまとめてすごいわ。

429名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:47:13 ID:wRthRpRk
乙です。
次回と次々回は他の二人の総督の話かな?

430名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 00:49:34 ID:YWh36rZg


御三家ってそうかやる夫系御三家か、今じゃある意味懐かしいなw

>>409
やる夫自身が統治に対して「報い」を求めていなかったからね。

431名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 01:06:34 ID:CCqDCRMc
おつです!

432名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 01:09:38 ID:VhPBJUVQ


433名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 02:20:17 ID:cauabZ7Y
乙でした。
毎回わかりやすくて面白い!

434名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 13:46:08 ID:3xDYFDyE
乙でした
歴史スレの中でも硬派な部類なのに、トップクラスの読みやすさってのはホントすごいなあ

435名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 17:42:53 ID:55dwECKY
乙っしたー
いやホント、全然知らないジャンルなんだけど気軽に読めるなぁ

436名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 20:27:12 ID:lyktknCw
特別なことしてないんだが面白い乙
いや、基本説明文の羅列に近い感じなんだが、それにしてはなにかこう・・・AAのチョイスや
構成がいいかなにか俺にはよく分からないんだが面白い

437名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 20:31:34 ID:d3g.4wKk
面白いなあ
毎回毎回魔法のように引き込まれるぜ

438名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 20:47:31 ID:vycdR4zA
>というか、引き抜きすぎて【田文鏡】からクレームが来た

でも嬉々として弁解の文面を練るやる夫の姿が容易に目に浮かぶ……もちろん皇帝らしく、だけど。

439名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 21:56:29 ID:3Qdb0l0E
送ればせながら乙でございました。

>>426
某スレの石田三成役とかな。

440名無しのやる夫だお:2010/06/07(月) 22:25:37 ID:M3t8f/uQ
おつー
科挙出身者の生命力と嫉妬力を抑えるのはパネェ

441名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 03:21:39 ID:nioopoPc
科挙合格者は安くない金をつぎ込んで何年も何年も死に物狂いで勉強した人間だからね。
教養も野心もあって努力を惜しまない人間でなければ、到底辿り着けないような曲者揃いなんだろう。

442名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 06:24:20 ID:fRptOXAA
頭よさそうな子が生まれたら貧乏なのに一族皆で金出し合って
教育費受験費捻出するなんてよくあることだしな。
貧乏学生に将来を見越してパトロンがついたりとかね。
 
自分自身だけで合格したわけじゃあないから、
それらの人達の為にも見返りを手に入れらざるをえない。

443名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 07:49:20 ID:Z1ixp0SY
>>442
そう考えると、やる夫が徴用したのが科挙受けてない連中ばかりというのも因業だよなあ。
最初から恵まれた貴族だから汚職の必要がなくて清廉でいられるという……

444名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 12:08:33 ID:G1cSPNAs
この作者さんは既に忘れてる
ようなことを何度も説明してくれるからたすかる。

それにこういう君主が存在するには
忠実な部下もいなきゃ話にならんからな。

445名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 18:23:04 ID:Dkj0EnLI
>>443
この手の問題は永遠の課題みたいなもんだしね

日本でも世襲議員より叩き上げの方が汚職すること多いし

446名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 19:47:36 ID:nhw1vKSw
金持ちだからたたき上げだからと決め付けるのもアレだけどね
四代に渡って政治家になった大資産家が脱税とかやってるし

447名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 20:23:58 ID:3D3VpqTM


448名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 20:49:00 ID:ACf/zFxA
汚職と脱税はまた別だろ

449名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:15:43 ID:Mj9miMIo
どっちもやっちゃいけないことだという点は同じだよ。

450名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:16:20 ID:5JvDSsM6
汚職は消毒だー!

451名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 19:36:46 ID:pypA9RlQ
世襲、叩き上げ関係なく、結局はその人間の人格次第なのよね。

金儲けしたいなら政治じゃなくて他所でやって欲しいね。

452名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 20:45:22 ID:Kd/CNQsk
>>448
鳩の場合、政治献金という議員の特権を利用した手口だったから、
単なる脱税というよりは汚職に近くない?

453名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 01:33:22 ID:X7W/Rxl.
某所で話題に出てたんだけど
「清潔で優秀な独裁」って歴史上あったっけ

今やる夫スレでやってる雍正帝がなんとなく思い浮かんだけど

454名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 01:33:43 ID:X7W/Rxl.
誤爆しました 失礼しました

455名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 15:36:32 ID:yLW2CdnY
そういう工作っぽい発言別のスレでやんなよ……

456名無しのやる夫だお:2010/06/13(日) 20:03:26 ID:8NVM7Na.
工作?

457名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 19:21:37 ID:JLjsvXbY
まってるよー

458名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 22:31:07 ID:iVXpyhVQ
そういや昔、通っていた大学で一向に民生の安定しない地域に送り込まれた雍正帝時代の地方官(多分知県)についての本を読んだ事があったっけな……
確か東洋文庫だったっけ? その本棚には他にも康熙帝伝とか懲秘録とかまあ色々と。

459 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:32:34 ID:SFRphDzw
>>458
たぶん「鹿州公案」だと思います

それでは続きです

460 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:33:08 ID:SFRphDzw


          /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
       /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',        ┌───────────┐
      / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\        │総督御三家の二人目    │
      ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉.     │                │
      /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У.      │【李衛】は           .│
      ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|.       │                │
     ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ.       │実家が大金持ちで     .│
     !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '      `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\     │                │
     |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、      / .:.:./:| |.:l.:|l }      │捐納〈えんのう〉の    ....│
     |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /     │                │
     |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`.     │出身である。         .│
     ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|.        └───────────┘
      ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
       \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
     , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    /   |_,. -‐  ̄`ヽ rァr--`‐──'‐‐-r ,   `¬ー 、
    /___.,ィ´    ヽ、._ ヽ          ./ /′      「ヽ
ァ‐/ /         \_ノ!         l /         |  ',
 /   {        `ヽ、 .}!ヽ!       /V           !  ',、
 !   ヽ       \ Y |  ` r====r'´          /    !\
             【李衛(りえい)】

461 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:33:39 ID:SFRphDzw


                          ┌─────────────────┐
        / ̄\            │「捐納」とは、国に多額の金を払って   │
          |    |              │                         .│
        \_/            │官位を得ることで、                │
          |              │                         .│
       /  ̄  ̄ \              │ようするに売官である。         ......│
     /  \ /  \.           └─────────────────┘
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |         よくぞこれだけの金を寄付してくれた!
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/        褒美として官職につく権利をやる!
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄銀貨 ̄ ̄/|--'  /   金   /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄金    /|  ̄|__」/__ / 現生   ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 銅銭   /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

            ┌────────────────────┐
            │で、何でこんな制度が あるのかというと・・・    .│
            └────────────────────┘

462 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:34:01 ID:SFRphDzw


      ┌────────────────────┐
      │当時の清朝には                   │
      │                            ....│
      │国債を発行するという発想が無かったので  .....│
      └────────────────────┘


┌─────────────────────────────────┐
│|∩∩___________________________|∩∩│
│|∪∪  百 100 百 100 百 100 百 100 百 100 百 100 百..  |∪∪│
│      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    .|
│   AA 000001A     大 清 国 庫 債 券         ____       .│
│                                   /      \      .│
|                  ─┬─    ─┬─      / ─    ─ \   ...│
|   |∩∩            .┌┴┐  ┌─┼─┐   /   (●)  (●)  \  ..│
|   |∪∪ やる夫銀行.`├─┤  │││││   |      (__人__)    |  .|
|                  └─┘  │└┴┘│   \     `⌒´    ,/ . . . |
|                                /     ー‐    \  ..│
|    ________________AA 000001Z______    .|
||∩∩  百 100 百 100 百 100 百 100 百 100 百 100 百..  |∩∩│
||∪∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|∪∪|
└─────────────────────────────────┘
                  ↑
              国債という発想自体が無い

463 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:34:25 ID:SFRphDzw


                           ┌──────────┐
                           │戦争や災害などで    │
       /\___/ヽ       │                    │
      /:::::::       \       │緊急に             │
      |:::.   ''''''   ''''''  |.      │                    │
     |::::.,(●),   、(●)|     │金が必要になると・・・ ..│
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |     .└──────────┘
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /           .|
     /   `一`ニニ´-,ー´               |
     /  | |    / |             |
    /   | |  / | |                  |
    /   l | /  | |                  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      ①        \
    `ー、、___/`"''−‐"    ⑩  ⑤         \
                                    \





                         ┌───────────┐
                         │手っ取り早く        ..│
               / ̄\.       │                │
                 |    |      │金を集めるために      │
               \_/.       │                │
              __|___       │ついやってしまうのだ    .│
            / :::\::::::/\.    └───────────┘
           / < ●>:::::<●>\
         /     (__人__) u  \ お前に 官僚になる権利を
          |  u.    ` ⌒´    |          売ってやろう!
           \,,     :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
           /⌒ヽ(^う  ドントプを倒す  (,,)
            `ァー─イ    軍資金募集! |
           /     |_____________|
             /      /
          /      ⌒ヽ
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ

464 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:34:45 ID:SFRphDzw


┌─────────────────────────────────────┐
│             (ヽ,,.                                       .│
│        __,,,,,,,))))ヽ,i彡,                                   ...│
│       (・ │   ● 彡ミ      ____        【李衛】も康熙57年に      │
│        >イ|      彡|    /\    /\                         │
│         ̄| ̄ヽ_  彡彡ミ  /( ●)  (●) .\     【十四阿哥 できる夫】の    .│
│          |  /   彡ミ |     __´ _    |                       .│
│          ヽ∠__彡ミ.  \      ̄    /      青海遠征のための        │
│        彡彡彡彡彡\ミ    ソ     / )                        ....│
│        /    彡彡彡|____/   / ./          軍資金募集に応じて    ...│
│       /彡彡彡彡彡彡{!!!____//                             │
│       |        ___y      /            官僚の資格を       ......│
│   / \ ヽ      (      _ ノ                              .│
│ //\ \|       \ \ ̄ ̄\               手に入れたのである    │
│丶◆| ̄ ̄ ̄   ノ   と__ヽ    \                            ......│
│   | | ̄ ̄ ̄""\            .|                              .│
│   | |        ヽ           |ノ⌒ミ                         ...│
│   丶◆        \__|        | )))ミ                         ....│
│                 ヽ     / ((((                           │
│                 /    /ヽ    )))                         ...│
│                /   /\ \   ((                           │
│                \  \  \ \   )), 【撫遠大将軍 十四阿哥 できる夫】   .│
│                  \ \ //      現在牢獄に監禁中           ..│
│                  ////                              │
│                 // ■"                               .│
└─────────────────────────────────────┘

465 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:35:10 ID:SFRphDzw


   ┌───────────────┐
   │ただし、捐納出身者は        .│
   │                     ...│
   │官僚の中では最も卑しいとされ  ....│
   └───────────────┘

         ┌────────────────────┐
         │科挙出身者たちには                  │
         │                                  │
         │まったく相手にも されない日陰者である。   ....│
         └────────────────────┘
         し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  知 捐    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   捐 え
  府 納    L_ /                /        ヽ  納  |
  ま が    / '                '           i  !? マ
  で 許    /                 /           く    ジ
  だ さ    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  よ れ   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  ね る   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
   l の   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
    は  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /     -‐ / ̄/〉 〈 \ /!

466 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:35:31 ID:SFRphDzw


            ┌─────────────┐
            │それも当然で              │
            │                    │
            │捐納は、金儲けのための   ..│
            │                    │
            │一種の投資であったのだ     .│
            └─────────────┘

   モナー観光      カイ.|バーガーテナー   318|スタジオ2ちゃんねる  1534|アボーソ警備
    ギコ.モータース     1040|オマエモナランド    674|フェラーチョ運輸      3689|カサーリトイズ
    ヒッキー製鉄.     680|レモナ製菓     438|モネナラ出版        446|アヒャダス
   逝って良し食品  240|今井薬品.    537|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ぞぬ電鉄      2034|村雨水産.    841|| これはこれは どうもどうも。
    モナーシステム開発.   567|サ骨羽毛.    943||
   マララー乳業     129|モララーハウジング. 258 | \__   ____________
    アヒャ自工.       801|B豆腐店     3126|コリンズ V タープライズ  519|ネトーリ石鹸
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄|カタカタ∧_∧         ∧_∧      ∧ ∧.         |       ` ∧_∧
      |  (´∀` )           (  ´∀)     (゚Д゚,,)        |Monar's .− (´∀` )
    ―┴┐⊂ ⊂  )「|        ( O   つ    ⊂ Y-|,       |       ,  M S
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         (__(___)
                         ∧__________
                        /
                       | 捐納しにきたモナ

467 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:35:53 ID:SFRphDzw


                                 ┌────────────┐
                                 │彼らは、たいてい       │
            ,.-─‐- 、._           │                  │
          /: : : : : : : : : :ヽ、           │商人から多額の借金をして │
          /: : : : : :,.----‐―'⌒Z,_.      │                  │
        /: : : ,.-‐'´ 、   ,、 、 、、`ゝ    │資格を手に入れ          .│
        |: :/    、 |\∧iハ/Viハj⌒   └────────────┘
       ,.-'´     _/V,ィ'~,二) <二)
     ∠ィ /´ ̄`V^  |/__{。 ){。)_ |                  r―-、__r―-、
      r'´ l i⌒>  ,.-‐ __`r ⌒ヽヽ                 |―‐z__,r:、__).
      V!  | {ノ_    '⌒y''""゛⌒ー'-、}                |  |   /  /___r-、
      \ ヽ、____)   /        }                >―-、__ノr―‐┴'′
       _`ーr、 .|   L.-‐''''´ ̄`フ'i′          ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ
    ,r‐'´\ ̄ \`ー-、__       ノiTi ̄ヽ、       /           \    `〇
   /: : : : : :.\ \ `ー-、_______`二"´__,ノノ \ \ヽ     |              ヽ
  /\: : : : : : : : \ \      ̄`r'´  |: : : :\ ヽ\  |     [ 借金 ]     |
                                     ヽ             /
                                    \_______/
         /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
      ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
     / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |   |  |  | ヽ ヽ
     | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
  ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
   ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
    ヽ_        /             ヽ         _/
       ヽ::::::::::::::::  /   .∧         ∧.   ヽ::::::::::   /
        ヽ::::::::   |  /::::ヽ      / .ヽ   |:::::::::  /
         |::::::::   | /::::  `、     /   ヽ  |:::::::::  |    ・・・捐納するから
          |::::::::  γ:::::::::::   ̄ ̄ ̄     ∨::::::   |         金を貸してくれ。
          |::::::::  |:::::::::::::::::::::::::        |:::::::   |
       ,,-'' ̄ |:::::::  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::|:::::::  |  ̄\
      /  ::::::: |:::::::   |::::-=・=-::::::::::::::-=・=- ::|:::::::  |::::::::  ヽ
      | ::::::::::::::|:::::::   |:::::::::::\___/   ::::|:::::::  |:::::::::::  |
      | ::::::::::::::::|:::::::  |ヽ:::::::::::\/...........:/|:::::::  |:::::::::::::  |
      ヽ :::::::::::::::|:::::::  |lll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lll|:::::::  |:::::::::::   /
       ヽ :::::::::::::|:::::::  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::   |::::::::   /
        ヽ ::::::::::|::::::::  |;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;|:::::::  |:::::::  ,-'´
         `ヽ、::::ヽ::::::: ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;ヽ:::::: ヽ::::: ,-'´
           `ヽ、_,,ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::;;;;;丶、_,,-''´

468 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:36:16 ID:SFRphDzw


     ┌──────────────┐
     │役職につくと、借金を返し       .│
     │                      │
     │その上 利益を出すために     │
     └──────────────┘

            ┌───────────────────────┐
            │あらゆる手段を使って 民衆から搾り取るのである    │
            └───────────────────────┘

人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//
       _//_廴} \_  /     (_ィヘ/^}___}          ∧.::{   ミミ'弍二二二/ /
      r仁二) =-、〈\_Y      { イ∨ { ̄^\_       ーヘ>.  ミミミ|彡彡´ /_
    /二X^\ ヽ |    }        ー' } -r‐-イー\_r¬―=rっ   `ヽ、ミミミ}彡彡 /:::::\
   /ー=イ\\    }    |         / ー/   \=‐} ィー{ //ミ)     `ミミ{彡   /:::::::::..
 /  ,/   ` `rz彡、__ゝ-― ´ ̄て /-=/     }=‐つ〉 ー'ー'        \  {:::/^)

469 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:36:46 ID:SFRphDzw


                  ┌─────────────┐
                  │だから、捐納出身者は      .│
                  │                    │
                  │科挙出身者だけではなく   ....│
                  └─────────────┘

                        ───  、        _,ノ
                /::::::::::::::::/フヽ _\    _)  あんな人間のクズと
              /:::::::::::: ─|/ G| {∠::::',      )
       〃⌒ヽ.   /:::::::::/_\ヽ__ノ⌒ヽノ-ヽ   ⌒)   一緒にされちゃ
       {     }   l::::::::/  ──   ヽ__彡∠ |   ⌒)
        ヽー彡::ヽ |:::::::|  / ̄ ̄\_| ─ ノ!    ⌒)    たまらないよ!
          \:::::::\::::!. |/⌒⌒ヽ    ̄T´/⌒ヽ   ⌒)-、
             ヽ:::::::::::::.  \___}__,ノへ_ノ      '⌒Y
             \:::::::::::ミ==========≦:::::/





            ┌────────────────────┐
            │民衆からも大変に嫌われているのだが・・・     │
            └────────────────────┘
      ∧,,∧  .∧,,∧            ∧,,∧  .∧,,∧             ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧     ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ    | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ    | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u      u-u (l    ) (    ノ u-u     u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'             `u-u'  `u-u'             `u-u'  `u-u'





        ,rヘ      /  /-――‐-\、\
.       /゙i  i^ヽ  /  ∠ イ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽヽ.\        ┌─────────┐
.     /゙i i  i  i  /  / . : i  | :i 、: . \: i: 、 ヽ       │ごくごくたまに      │
.    / / i  i,  i / /i : :/!  !  、: ヽ: . ヽ: . |\ ハ.       │            ....│
.    / ,  .i!  i!  i' く/|:∠..! |ヽ iヽ ヽ: . |: : トヽ.〉ハ.      │【李衛】のような    .│
.     i i ::i!  ll |f水j :|  ヽ:ト、\! へiヽ/!: :∨|ハ .ハ.      │            ....│
.   l .::j ::i__ lj  ∨/} : i r≡ミ、    r=≡ミ! : ハ!V : ハ.      │変人も出てくる。    .│
   j ´      .:::ソ  i、: \   _'_    |: :ムノ: : : i, :i      └─────────┘
...  i   ー-´/ ̄ゝ |ヘ: :トヽ  V  ノ   /: /: : : : : ハ i
.   |      }:    .::ム: ヽi>  `¨´   /: /: : : : : / .i:i
.   l.           ::/ it- 、: : : i` -  i:´/: /: : ,i : : / .リ
   、      .....:/   \ 「|「|    .ソ∠: : :ハ: /
    `ー 、- ⌒¨¨´        |.|1|-、  __」|_ヽ\|-ヘ:{
       \:::::::::::::.....    ハ1 、、   //  } ハ  丶
        ` ー- 、_:::::.. / ハ 、、 //  j   | ,  i

470 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:37:23 ID:SFRphDzw


                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ   わたしは
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ   お金なんかに 興味ありません!
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、   そんなの実家に帰れば
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V      いくらでもあるもの!
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '

471 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:37:43 ID:SFRphDzw


                   , -―- 、 -― - 、
                   /  ,_ -―‐- _  \
              /  ,ィ/_ -――- _ヽ  ヽ
              / ,.-/ /´ /    \ \`ヘ ヽ. ',
               / rイ / 〃./::.{:.  l:.  ヽ:.ヽ:.ハ fヘハ    それより 政治よ!
            /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',
              /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ    わたしはスゴイ政治をして
             ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ
          i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i     歴史に名を残したいのよ!
          | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |
          | ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |
          ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l
              ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/
          / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
            / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
         〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
        / ヽ,、     /    i!   i!    / / /    j  ヽ
      r‐ '― / `~    ∧    i!   i!     / / /   /   }
      /   /.     ∧ ヽ    ! rtz !   ./ / /  /   /\

472 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:38:04 ID:SFRphDzw


                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         Q じゃあ、科挙試験を受ければ いいじゃないですか?
                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ,,..--..,,  ____
                     ,,-":.:.:.:.:.:.:.:`´:.:.:.:.`..、
                   ,,-":.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /:.:.:.:.:.:.:._____:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:`、    バッカね〜
                 /:.;r':.:,r'´    ¨-:.;,:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                /:./:.:./,,..-‐‐‐‐-..,,  ヽ:.:.:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:.`、   科挙試験の知識なんて、今の政治に
                   /:.:,!:,r7〈:i:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:`..、 !.:.:.:.!;r‐┴.、:.:.i
              ん',r'./ ,!l:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.:.:ヽl、:.:.:.ト、¨_   !:.:!     たいして役に たたないわよ!
             /.// ,,-''i:.i'!:.:.:.i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:!:.i:.:.:.i ヾヽ、,!:.:l
            / ,,/,r" ,r'i:.:! .i.:.:.i:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.!:.l:.:.:.:i ¨ヾ、:.:!
          /    ' /:i:.:ト!:!、ヾヾヽ,;:.-:i´ヽ:.:!:.!:.:.:..レi´`ーヽ`、     時間のムダ、ムダ!
       ,,r'´       ; ,!:.:l.:.l `  ヾヽ ヽ:.l  ヽ:!:!:.:.:i:.! i:.:.:.:.:`、 ヽ
      /        /!:.:.:!:.:i ヽ __,  `  、`___, i:.:!:.:.:.l.:`、ヽ:.:.:.:.ヽ !、
     ,r<      ,.イ:.:.:.:!.:.:.!:.:丶  ,        !':.:.:.:.l:.:.:.`i ヽ:.:.:.:レ'、:.!
    /.、 `ヽ、 / ̄ !:li:.:.:i:.!:.:.:!:.:.:.ヽ   、 __,     /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!i  !:.:.:l ヾ、
  ,,-/、:.:.`..、  ¨¨ヽ   !!i:.:.ヾ!__;,;,;,;_:.;r`ヽ、    イl:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.!;レlヽ、!
./   ヽ`ヽ、:.:`.‐---!  l!ヾ∠ ヽ`、`   `iー '’ /l:.:.:.:.:.レ′!:l !:.:l  !
′   ` 、 `ー---/  ,r'´` `、 ヽ`、    ヽ  / !:.:.:,イ  レ′!:.:l  l`、
       `ー‐--l  /     i   !:.:i    `、,,__ i:.:/、 !    l:.:.:!  ! `、
            !,r'′     i  !:.:l     ヾ´ レ'  `!    l:.:.:!  !  ;`、
             !        i  !:.:l     レ''¨ ¨ヽl     !:.:.!  !    i

473 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:38:35 ID:SFRphDzw


           /    //  /‐───- 、   \
          /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
           / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',    お金で官職に就けるなら
.          /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
        /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',    それに越したことはないわ。
         ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
        / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |
.      l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
.      | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|     試験につぎこむエネルギーを、
.      | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
.      | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |      そのまま 政治にぶつけてやるわ!
      j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
     ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ
    /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
.   // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'.         ┌──────────────┐
.   〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /            │こういう変人だったから・・・     .│
  〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ    .    └──────────────┘
  ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l
  l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
  l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l

474 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:38:59 ID:SFRphDzw


┌───────────────┐
│やる夫もニート時代から       .│
│                     ...│
│知っていたようであり             │
└───────────────┘
 |___
 | ⌒\   なかなか
 | ー=・ \    変わったのが居るお
 |人__)⌒:::\
 |ー'´    |
 |     /
(⌒ー─' )
 |___





                  ┌───────┐
                  │雍正元年・・・   .│
                  └───────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

475 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:39:28 ID:SFRphDzw


                                ┌───────────────┐
                     ,. ―‐- 、      │【李衛】を雲南省の         .....│
                  /´`       ヽ、    │                     ...│
                 ,'        、} ト.   │駅伝と塩の専売を担当する      .│
.    rr、                ,'    '   ,.イ゙V }.   │                     ...│
  ,イ川、             ,' .!  ,' .i  〈_,イ「l/    .│『駅塩道』に抜擢したのだった     │
  |  !」_          / ,'::! .!,': ::! .:.:| ハ〉|.     └───────────────┘
  l  //```ヽ、       l:i::!::! :::l:::l :::l ::::,`:!:i::|
  `ーl_{     ``丶、__ _从{::|:::::l::,':::::| ::::,':::'l::l::!                 ,.┐
     \_          `/ Λ!::/:ノ!::/!::ノ::/ノノノ                 /フ′
       `¨` ー- 、_   / /  ´ ´ ''´ '´7´/´ ̄`¨¨`¬……――''"´`>ーァ'´,イ__
             \! ∟..___    / /               / /  '´,.-┘
                 ∟...___   ̄´ /     ___ ___      {___j--‐'´
              |      ̄ ̄´ ´厂 ̄´        ̄`¨¨´
                /         ノ'´
                }___、      |          フ ヽヽ         /
            /     ``¬―v‐'         / J ヽ     ̄ ̄ ̄   Λ_丿
            /        ,.   |
          //        /     !         ┌─────────────┐
         //      ,'      '、         │【李衛】、この時36歳である。....│
        / /l         !        ヽ         └─────────────┘
        \,'|         !          >

476名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:39:46 ID:KDwMvzhY
その政治をやるために科挙受けた方が良いんじゃないのか?
その言い方だと受からない人の負け惜しみに聞こえるぞwww

477 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:39:58 ID:SFRphDzw


      ┌─────────────┐
      │『駅塩道』は                │              ..-┘     ゙、   \rt_._ ┘
      │                    │            厂"        ` ヘ、_、   `/
      │『道員』と同じランクなので   .│........、          _.‐′     __ _ ___..‐''´  \ /
      │                    │    `''ー--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
      │それなりに結構エライ     ...│               _ '北京◎ ヽr'´ ∨
      └─────────────┘ "''、- .- 、 ..、  _../  」   ┌ ┘
    ヽ....宀一' 、......,,..---..__ 冫           ^\   ノ ノ '、丿│    │   ,,> 、,--_
    _│           广'′           `'、 く_  │  |    ノ‐/   " _r‐"
   {゙′           ノ              丿    〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、  │
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、  マ
         \、               1          丿 '、      ゙┐  丶 / >
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- /  │
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈    _ゝ、_/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ   │  _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、 雲南省 │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

478 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:40:30 ID:SFRphDzw


.          n     |     バン!!
      fヽ  | l  _  |
     __\`┘ V´/. |
     `ー-、 て  {                        ┌─────────┐
     fニニ -、 -‐イ)ヽ.          , ‐--‐ 、       │【李衛】は       .│
         `rf彡く.: .\       /::/===ヽ\.     .│            ....│
、      :|l    \: : : :  \     夊l::/ト、ヘ\ルヘ心     │赴任すると・・・    .│
:.\      ||     \ : : : : . \   </l:fセユ` ´ヒユハ\>     └─────────┘
  \    ||        \ : : : :  \ |::::::|:l  r==ォ  |:l):::|
    \  ||     ミ  |: \: : : : . X_j_;ヘ:ゝ.`__´ィ´リ'::/!     _
      \||        |.  \.: : : : . \\\ート{_:;//:ノ   ,r'^/〈  頑張っていきまっしょーいっ!
              |     \: : : : . : \\ヾ>レぐ    >=、Y
              |      \: : :ヽ: : :\\ヘ _jヽ,   /   ヽ
              |       \: : : : ..: :\ヽ: H:7‐< : : :/
              |         ヽj: : : : : : :ゝ V/: :| : ヽ: :/
              |          |: : : __に{}こ}:k;__;/
              |          ゙ヾtf´-┴ /ムヽィ'
              |          r'´  , / l Xヽ
              |        /    / 〈_/  :Ll
              |       /      /       l
              |      /      ∧ :...    .::ヘ
              |    /      /::::::',    ..:::. \
              |   ヽ⌒7ヽ __ /::::: :::l__ -┬=≦>
              |    ヽ/     { :::: :/       |::::::Vl

479 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:40:57 ID:SFRphDzw


        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\    あ、どうも
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ   (・・・売官出身か、くだらないヤツだな)
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

480名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:41:04 ID:VP08M9BE
科挙使ってたら、30代で完了は無理かもなぁ

481 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:41:17 ID:SFRphDzw


    ///::/..'テ ̄ ̄ ̄:::`:::......、  \:::::::::/        \  l  ト
   //.._/::::/:::::::/ /::::::::::::::::::ヽ::::::::::::`ヽ、 ヽ:::/           フ  l  あんたたち
 彡/ヽ ̄/::::/`ヽ/ /::::::::l、::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::ヽ.V          / ,/′    不正やってたでしょ!?
-=テ= > l::::〈::::::/ ヽ、:::::::lヽ:::l::::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::〉         f_,./ヽー ´
/7八   l:::::::::::l _  ヽ::::l ヽ::ヽ:::_:::: +ヽ-‐‐::V
 /:::::7 / >、:::l´7ミヽヽ::::l  ,xへ、::::lヽヽ:::::: /       ┌─────────────┐
./:::::/// { l:::l l::::::ト ヽ:l   ヽ _ュL..__ V/           │さっそく               │
.l::/":::::l:::::::Y::::l う:::j  ヽ   '´7:::::::::::ァ′.         │                    │
レ"::ハ:;、:ハ:::::::l:lハ ` ´       ら::::::/ /           │部下10数名と武官数名の   .│
ヘ::::l リ V:_,/ l::l\   '     ` ー":/.            │                    │
 >、!‐ ¬, l  !::! `  _ ー--‐    /::;イ             │不正を摘発して          │
くY´ ヽ l l  l::l     7- .. -t ア::;:/           │                    │
_〈   ヽ l l  l::l     l`‐-、_.///                │弾劾したのだった。        .│
 l\  ヽ l l   ヾ   !  //´/              └─────────────┘
_/  \  ヽl l       l/'"‐-‐/
′   `ヽヽl l       ´l `‐--/                     /
l    /∧\ヾ     l`‐--/                      /
   /  / ', ヽヽ   !  /                      /





            _ _ __
        ,.  ´ , - 、, -、 `丶、     ━━┓┃┃
      /  , -{ o ll ゚ }‐- 、 ヽ      ┃   ━━━━━━━━
     /  /   `ー/⌒V   ヽ. }      ┃                ┃┃┃
     ,′/  ─‐   `T ´ 二  ∨                          ┛
     ! l  二二   |   ─   ′
    l |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚         ┌───────────────┐
.    l l    。≧       三 ==-         │【田文鏡】でさえ、弾劾したのは  ....│
     ヽ >─-ァ,        ≧=- 。       │                     ...│
     / ̄ ̄ ̄イレ,、       >三  。゚ ・ ゚  │数年間で22人であるから       .│
         ≦`Vヾ       ヾ ≧         │                     ...│
         。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・.    │いきなりムチャクチャである      .│
                                    └───────────────┘

482名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:41:37 ID:queyfGOg
>>476
科挙に受かるために試験勉強と高官とのお付き合いで結局大金を費やすのなら、
最初から金払って官職を授かって政治に預かった方が手っ取り早い、という考えもある。

483 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:41:45 ID:SFRphDzw


          ┌──────────────────────────┐
          │当然ながら、官界からものすごい非難を浴びるのだが・・・  ....│
          └──────────────────────────┘

      ( ⌒ ⌒ )                 ( ⌒ ⌒ )                 ( ⌒ ⌒ )
        | | |                    | | |                     | | |
     ヽ   _____            ヽ   _____           ヽ   _____
   \   / \/ ヽ   `\       \   / \/ ヽ   `\        \   / \/ ヽ   `\
 _   / |  .|.  |− 、   ヽ     _   / |  .|.  |− 、   ヽ      _   / |  .|.  |− 、   ヽ
    //`ー ●ー ′   \   ヽ       //`ー ●ー ′   \   ヽ      //`ー ●ー ′   \   ヽ
    __l  三 |  三     ヽ   l      __l  三 |  三     ヽ   l       __l  三 |  三     ヽ   l
  .\______|__/ ̄`ヽ  l  |    .\______|__/ ̄`ヽ  l  |    .\______|__/ ̄`ヽ  l  |
    .   l          |   | /⌒ヽ    .   l          |   | /⌒ヽ    .   l          |   | /⌒ヽ
       |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ       |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ       |   / ⌒ヽ⌒ヽ |   |ヽ_ノ
.     、ー┴─────┘ /   / .     、ー┴─────┘ /   /  .     、ー┴─────┘ /   /
      >━━O━━━━/  /          >━━O━━━━/  /           >━━O━━━━/  /
   /⌒ヽ  /    \     |      /⌒ヽ  /    \     |      /⌒ヽ  /    \     |

484 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:42:08 ID:SFRphDzw


                        ┌───────────────────┐
                        │そんな非難をよそに                │
                        │                          ......│
            ..-‐'゙´.´゙゙'''i_.    │【李衛】は仕事でも きっちり結果を出した  ....│
              /  ,,./ ./ ,i!―ソ、.   └───────────────────┘
          /   l_〃 |ンli..,,, .l,
          l  .〈!|i. l .l.セユ .ト'〉│                ,/"゙゙゙^'';;二つ
         ,!   ´|.! .! .,....、.l │             __,,,.. -‐'"゛  ...、,ヽ
          l .、  .| l .!| ヽ./ ./   ._..-ッ'"´~゙'/´      ._、 .';;;;、'v;;/
           ,,,...l|.l-シ" ,ノ!`|',゙゛...j./ ゙'''ア'" '"  .′ .!、  ._..-'"゛    ゙‐''"
        <´ , |_,,,,-゛ ._,} l″          ‐ ゙'-r'"
       /ドゝ ;;lシ';;,゙´   .|           _, ._/ ̄    隠し塩井は
       ,_./ l   /.il,゙,,,,、`'i. l      ,..‐″´゛           許さないからね!
     l | | 、.,,i l│ l / `/  !   ,..-'"
      lv../ .!.゙/ ! ! `-ア /  ! .,,,i'″
    /  / ! .、.| `゙^'''''′  ./
   .|、 ! ,! _, |   l、   .i'"
  .,i_゙' !  !゛ `゙!   l    !
  ./  .〃 .! .i  !          l

485 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:42:32 ID:SFRphDzw


        ┌──────────────────┐
        │雲南省の塩の専売は            ....│
        │                           .│
        │他の省と違って                ...│
        │                           .│
        │塩水の出る井戸「塩井」の管理である   ..│
        └──────────────────┘

            _,,,―ー''''''"゙゙|゙゙゙゙'''''''―-,,,_
             ,/`ヽ,,,,,----┴―--mニ` `'-、  ←高濃度の塩水が出る
          l、  (″          ゙,)--♭     これを乾燥させて塩にする
             lヽ,、.,,フ''―--┬---―''',i´ _,,-]
             |  `ケー--,,,,,,,,,|,,,,,,,,,,,,--‐ド^  |、
llllllllllllllllllllllllllllllllllll!,、 │     7      |  ,,l゙lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll″
             | 〔'ーし,_、   ,!    ._,,,{-r'" l゙
             凵   `|゙゙'''''''冖'''''''|゙゙゛  |  .|
             |`'!,,_   ゙l      .|    .し-i、
             |  |`゙''―ト、,,,,,,,,,,,,,,,,,|--r''''゙’  |     """"""""
             ヽ. ゙l     |      |   _,ト
           `''ヘ、,,,_   |      ,|,,,,-‐"         """"""
               ⌒゙'''"''''''''''''"゙゙゛
       """"""""""               """"""""

486 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:42:51 ID:SFRphDzw


             ┌───────────────┐
             │【李衛】は                │
             │                     ...│
             │デタラメだった制度を監督し     │
             │                     ...│
             │抜群の成績を上げたのだった  ......│
             └───────────────┘
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,-−'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'−-.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,―ー――-、、   | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ ''"l、,.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,;ll"''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|    |,,,,"l""゙'''"_l_゙,.|    | :|;|
    ∧∧    .| :|"'   |'ト二二ニ,|--トl   | :|'"
   / 中\   ∧_∧  `''―-∧,,∧    '"''"'"
  (  `ハ´)  ( ´∀`)    ミ,,゚Д゚彡          ::'' ;,
  ( ~__))__~)  (     )     ミ つ[塩]     ::'' ;,
  | | |   │ │ │   〜ミ   ミ                 ::'' ;,
  (__)_)  (__)_) ;,    (/`J

487 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:43:22 ID:SFRphDzw


                   n
                   l^l.| | /)     ┌──────────┐
                   | U レ'//)  │この活躍によって     │
      ___      ノ    /   .└──────────┘
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /    おー良くやったお
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /    まさか、たった1年で結果を出すとは
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /           思っても見なかったお
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |





                    *'``・* 。
                  ★     `*。
                      |       *    ┌───────────┐
         ____      |       *    │やる夫は雍正2年     │
       /⌒  ⌒\     |        +゚.    │                │
     /( ⌒)  (⌒)\   |      ゚*.     │【李衛】を雲南布政使に  .│
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)     +゚      │                │
    |     |r┬-|     | ノ   。*.゚       │昇進させる。           │
  __\      `ー'´     // 。*・ .゚          └───────────┘
(⌒               |。*・ ゚
 ""''',。ヽ_       。*・ ゚
   +  │  。*・ ゚    | * 。               ┌─────────────┐
   `・+。。*・ ゚       |   `*。                │そして                   │
      i      ̄\ ./    *                 │                    │
      \_     |/    *.             │塩の専売の職務も          .│
       _ノ \___) ~ 。*゚                  │                    │
      (    _/   ☆                 │そのまま兼任させたのだった.....│
       |_ノ''                           └─────────────┘

488名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:43:22 ID:KDwMvzhY
そんな井戸あるのか
更に掘ったら岩塩が出てきそうだな

489 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:45:03 ID:SFRphDzw


                                   ┌─────────────┐
                                   │布政使といえば        .....│
        /:::::::::;'::::::::::;'´ ,.-'7´:::::l::::ヽ:ヽヽヽ\.      │                    │
       /:::/:::::l::|::::::::::i' ,.:':::::/::::::::::::!::|:::';:::';:ヽヽ::ヽ.    │押しも押されぬ          .│
      '::::/:::::::|::|::::::::::|'::l:::::::l:::::::::::::j::::|::::l、::}::::l:::'t::::',    │                    │
.     ,::::;':::::::;:-rl::::::::::|:::|::::::j;::::::::::/|::;'|:::ハ:ハ::|:::::l::::::',    │キャリア職であるから・・・   ...│
.       |::::l:::::/  ハ::::::::::|:::|ーH-、::/ ,!/ |:;' ,l'-lイ:::::ト、::::l.  .└─────────────┘
     l::::|:::ヽ. ,イ |:::::::::::l::lヽ::| !::;:'` / / 伝:l !|::::;ハ.';::::l.
      l::::|::::::::l 1_ !:::::::::::1 ,:状六゙i`    '砂 ,!:;ハ::V:::::|    光栄にございます
.     l::::|:::::::;',':l |f,:::::::::::',ヽ.ヽ无_l    丶 'イ::::!:::|::::|        ますますがんばります!
     l:::::|:::::;','::l |l. ';:::::::::::',  `¨´  ,..... 、1  /:::::|:::|l::r ¬、
.    l:|::::|::::|/::| |ヽヘ:::::、:::::'、    l.   |  /::::::;!:::|」._ 厂二ヽ、
    lハ::::|::::::l::ヽ」:::::::ヽ::::\:::ヽへ、 ,.ヽ -' ,/::::::::;':::/   ヽ、l  ,.-ヽ、
.    || |:::::l::::::ヽ::::ヽ:::::::ヽ::::::::y′/`ヽ」__..ノハ::::::;'::::l ヽ、_.) ,'   l.
.     |l !::::';:::::::::ヽ::::ヽ::::::::ト、/ / _,.-'´ ヽ|::ト|:::::!_::∧ ´   ト{.__仁 |  ※捐納出身者が布政使になるのは
.    || l:::::';::;.-'´ ヽ::lヽ:::::|〈   ´  -一´T| ヽ:::|::',ヽ、',   l     /       ほとんどありえないこと
     1 ゝ'二¬-、 リ ';::;' ヽ      fツ  ヽト;::| l ヽ     /

490 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:45:25 ID:SFRphDzw


               ┌──────────────────┐
               │官界の非難はさらに増えるのだが・・・  .....│
               └──────────────────┘
        ____                  ____                 ____
     /´  / \ /ヽ\            /´  / \ /ヽ\           /´  / \ /ヽ\
    /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ          /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ         /   , ┤  ・|∠. |-、ヽ
.   /  /   `ー ●ー´  ヽ     .   /  /   `ー ●ー´  ヽ    .   /  /   `ー ●ー´  ヽ
   l  / ●三.   |   三● |          l  / ●三.   |   三● |         l  / ●三.   |   三● |
.   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l     .   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l    .   |  |  /^\___▲|▲_/ ヽ l
   l l  l          ノ ! _.       l l  l          ノ ! _.       l l  l          ノ ! _.
   ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)      ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)     ヽヽ `ー─━━━─´ /( _)
     >━━━,-、━━━ ´ /ヾ       >━━━,-、━━━ ´ /ヾ      >━━━,-、━━━ ´ /ヾ
   /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ      /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ    /  /  ヽフ   `ヽ  ヽ ノノ
  (__)  l         l (__)      (__)  l         l (__)     (__)  l         l (__)

491 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:45:45 ID:SFRphDzw


    ┌───────────────────┐
    │【李衛】はそういった非難を完全にスルー。  │
    └───────────────────┘

                 ┌──────────────────┐
                 │それどころか、さらに同僚や部下を弾劾し │
                 │                           .│
                 │ますます嫌われた                .│
                 └──────────────────┘
      Vハ  rヵ1/  〃..:.:/:.:|       \  .:.:.ヽ.  ヽン、 ̄ ゙`、
      Vハ/~7 ゙/  /:,' :.:.:l :.l :.:.:.:....     ヽ:.:. .:.:..ハ  ∨\___∧
.      /ヘ;;;∨ /  .:/:.:l :.:.:! .:{  :.ヽ:.:...    :ヽ:.:.:.:.:.!:l   ',  冫^ハ
     /ヽ厶;;;V  :.l.:.┼-、ハ :.:',  :.:.: .:.:.    .:|ヽ:.斗:!‐  .:|}ノk.:.. .:.
     ,′.:/∧;;|  :.:|.:.:.| :.:i`ヽ、:.:ヽ :.:.ヽ 、:.:..:.:/l. ',.:∧|  :.:|:l l ヽ ::| i  嫌われることなんて
     /.//:j∧!   :.:|! .:|\:{ __ ゙、ヽ !\ :.:.\ X:.:::.j__,V,、jl  :.:|ヘ li V| |     気にしてませんからw
    l |.:V:.〈 |:..|   :.:|!V,ィ尓干ミ、\{  `ー =ゝ >尓チ圷ヾ.: :.:| } | j:| |
    | |:.:.:.:i:N:..|:.:.:.:.:.l:.lヾ{ トイ.::::::i}`        " トイ.:::::i| jイ :..:i_ノl |:V l l
    | il:.:.:..!:.:.ハ:.:.:.:.!l.:.',. 弋_;;::zリ          弋_;;:zリ ! .:.:,'.:.::|_/:/_j/,,、_
    l l.ヽ:.:.,rヘ,,ム .:.:八:.:ヽ ゝー‐'          `ーf¨ヽj .:.:./:.:.ノ'fー'": : : : : ヘ
    ヾレ''": : :~∧.:.:.:.:.\:.\         j         ヽ 丶:./:.:./ヲ: : : : : : : : : }
     ,r'".: .: : : : : ::.ヽ:.:.:.:.:.:ヘ、 >  ーr-┬-r '    ,.イ∧ \/-{: : : : : : : : : : :{
    {: : : : : : : : : : : : \{\:ヽ iヽ、   ゝ __ノ    / /;_ム  \∨: : : : : : : : : }
     }: : : : : : : : : : : : :ヾVヘ\ヽ  >, 、 __,. ィ<  /{ ノ     \: : : : : : : ,r'ヘ
    7,、 : : : : : : : : : : : :Vヘ  \  | O    / 厂       ヽ: : : : ,r'  l
    / {: : : : : : : : : : : : : :.Vヘー、 `十───'´ァ'"~{         ヽ: :ツ    |

492 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:46:09 ID:SFRphDzw


                                     ┌───────────────────┐
                                     │それでも省のトップである            .│
                                     │                          ......│
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.         │雲南・貴州総督【高其倬(こうきたく)】は   ...│
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_..    │                          ......│
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、  .│【李衛】のことを評価してくれていたので    │
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|  │                          ......│
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|  │なんとかなっていた                │
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|  └───────────────────┘
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l    いや、李衛殿は口は悪いですが
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!     その行動力は
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l         なかなかのものですよ
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、
      【雲貴総督 高其倬】

493 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:46:38 ID:SFRphDzw


              ____
             , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
           /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
         , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.      ┌───────────────┐
         /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',      │この【高其倬】は、当時        │
        l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ       │                     ...│
        j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ.       │やる夫から絶大な評価を受け   ...│
        /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙処ニ:::::::| ヽ.    .│                        │
        ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l ヽ <ゞ' `ヽ、Y、:::l.        │【やらない男】に次ぐほどの      │
         ヘ::::|// .ム-,..,.j  ` ´    ノヘ:/.        │                     ...│
         ノイ.ヽ! ' ' ! ヽ     , ィ'|           │信頼を受けていた寵臣である    │
          |フ入     l    ー'ィ'ヘl          └───────────────┘
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ノ、 `
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }   ←漢軍八旗出身
     / ,..........    ',       l}_|./   j      18歳で科挙合格
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /         【李衛】より10歳年上
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /

494 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:47:02 ID:SFRphDzw


           ┌────────────┐
           │ここで話は 少し変わるが  .│
           │                  │
           │【李衛】が雲南省に居た  ....│
           │                  │
           │雍正元〜3年は        .│
           └────────────┘

                     ┌────────────┐
                     │やる夫にとって       .....│
                     │                  │
                     │試練の年が続いていた  .....│
                     └────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

495 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:47:23 ID:SFRphDzw


  .,;:,.'""    ,.,..,.;:';';':':':.':.:.           ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,         _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,...
"''''''""""""''"'";:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
    .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    .,:;:.:;:';';';';';'''''''"""'''""""                    ::;
     ;:,.,.,.,....__....,,__,...._......__.._._..,...._,,,.._....,,___.._....,,__,....,_,..,,_....,,__,,,..::::;;;;;;,,,.....  ヾy    .......
,,,..,,.,.、、.,;:'''"""ヾイ                             ""'''''"'''" i:レ´..;,_..;;::..............__,
     、 丶 }:l,/ー´    ┌──────────────┐    ´ ̄`i:| _/‐'
      ´ ̄\|;{  / ,   │中国各地は、           ....│   ー、  {:レ'
       _;>ー=}i|ー' ̄_ノ.  │                   .....│   ` ̄ヽ.}:|,.-' ̄
      、\   |!l='ー<_..  │毎年のように凶作が続き・・・  ....│        !:i|
      ̄`ー=|:;{  l  ,_  └──────────────┘       ´
        }i!;|/ ̄                       __
          |:;!il         .... ..             /ヽ _ /ヽ
     ^                               / ..:::'l ::.: .:.::\     ^    ..,,;:.,..
  ...,,..,;:..         r‐、            ∧∧      '"'"''"'  ̄ "''"''"
              `"""        (,,  .::)  また
                           〈 ̄.:::)   今年もか!
                           /ニ_::::ゝ
                          し J

496 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:47:44 ID:SFRphDzw


               ┌────────────────┐
               │あちこちで飢饉が起きていたのだ   ..│
               └────────────────┘
                               ,.,;:;::、、,,:.:,..
                               ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
                             ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
                               ''"''yi''""''yi''"
         ,.,., ,      ..,.  .,,.    .,.  .,,.    .,..ili  .,,,.il   .,.  .,,. ,,.,., ,      ..,.  .,,.
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"''"'"'"''""'"''"'"''""'"''"""''""'"''"'"''""'"''""
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',   :';:; ∧∧_:"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'' :',:'':'
  "'''.'''     "'"''"'と´(;;д。)"'''.''"'''"'"' "'':';:;..,"'.'''(∀;゚。;;)''  ⊂´と´(;;;゙д。)つ"'''.''' "'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',        '::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'' :',:'':'
  "'''.''(。ε;'(;:)')"'          ∧ ∧"' "'':';:;..,"'`',  "'''.'''   ::';:; ∧∧"'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:''( ゚∀ζ       '':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`'⊂(゙ε;'(;:)'))二つ',:'':'`::'::'' :',:'':'
  "'''.'''     "'"''"'"' " "'''.''' "'''⊂ ⌒(!|i;Д<)"'`',  "'''.'''  ξ/ / "'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'''"'"'
  "'''.'''     .::...:.:.. :: : : :∧,,,,,,:.: '"'''"'"' "'':';:;..,"'`',  "'''.'''     "'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,(;;;゙д。)二`つ  :'':';:;:;..,"  ∧ ∧:;..,"'`..,    "'`',:'':'`∧∧_:,:'':'
  "'''.'''     "'          '"'''"'"' "''("'σ<)"'''.'''   '.'''  "(τ;;;;;)" "'''.''' "'''.''"'''"'"'
   "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:''  '':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:''"'`',:'':'`::'::'' :',:'':'

497 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:48:38 ID:SFRphDzw


   ┌────────────────┐
   │そして世間では、やる夫に関する   .│
   │                       .│
   │悪いうわさが流れ始める       .....│
   └────────────────┘

            ┌─────────────────────┐
            │これらの凶作は                      │
            │                              ..│
            │やる夫がイカサマして皇帝になったせいで、    .│
            │                              ..│
            │その天罰だ、というのである。                 │
            └─────────────────────┘
      ザワザワ……
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧キモキモ……
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノトオナオナ……
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
ガヤガヤ……   u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u ドヨドヨ……
              `u-u'. `u-u'         .`u-u' `u-u'

498 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:49:03 ID:SFRphDzw


                       ┌──────────────┐
                       │民衆のためにも         ......│
                       │                   .....│
      メ ,, -──- 、._\         │悪いうわさを否定するためにも ...│
    メ/ u    ゚ 。 \\     │                   .....│
  / /    ノ  ヽ、   \\.     │一刻も早く              │
    ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |      │                   .....│
  \\    (__人__)   /く<    │何とかしなければならない。  ......│
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ    └──────────────┘

499 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:49:22 ID:SFRphDzw


       ┌────────────────┐
  ィ′    │当時、中国経済の中心地である   ...│--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト     │                       .│         _ '北京◎ ヽr'´ ∨
    ゙‐ 、 │江南の大都市でも、          ....│、 ..、  _../  」   ┌ ┘
      ヽ │                       .│.ノ   '、丿│.  │   ,,> 、,--_
    │ │深刻な食糧不足がおきていたが    .│ _  │  |    ノ‐/   " _r‐"
    {゙′ └────────────────┘   〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、江│
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、蘇 >
         \、               1          丿 '、      ゙┐  丶 /浙>
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- / 江│
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈    _ゝ、_/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ 福│  _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、建ノ´ /´丿
                        '、 雲南省 │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

500 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:49:48 ID:SFRphDzw


      ┌────────────────┐
      │そんなピンチの中で、              │
      │                       .│
      │福建・浙江総督 【満保】と         │
      │                       .│
      │福建巡撫 【黄国材】の二人は・・・    .│
      └────────────────┘
                                 ___
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                /   - 、 -、\
      /   ,∨∨∨∨∨            /   , -|  ・|・ |-ヽ
    /  /  /   \ | あれも       i  /   `- ●- ′ | これも
    |  /   ,(・) (・) |  やります    |  i   三 | 三  |  やります!
     (6      ⊂⊃ |           | |.   __|___.)
     |    ___l_,|               ヽヽ /      /
     |     \__/ /             ━━━━o━━
   /|         /\           /  /    \ |
     【満保(まんぽう)】           【黄国材(こうこくざい)】

                ┌───────────┐
                │いつも いつも        .│
                │                │
                │実に立派な政策を    ...│
                │                │
                │上奏していたので・・・  ....│
                └───────────┘

501 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:50:13 ID:SFRphDzw


                       ┌───────────┐
                       │やる夫も大いに喜び  ......│
                       └───────────┘
                        _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  さすが【満保】と【黄国材】(ry
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ





                      ┌─────────────┐
         ___       │二人に 何度も恩賞を与え    .│
       / ⌒  ⌒\       .│                    │
      / (⌒)  (⌒)\.    │要望も出来るだけ         │
    /   ///(__人__)///\   │                    │
     |   u.   `Y⌒y'´     |   │かなえてやったのだった。   .│
      \       ゙ー ′  ,/   └─────────────┘
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ   やる夫には、いい臣下がいて
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|       良かったお!
    | ヽ〆        |´ |

502 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:50:41 ID:SFRphDzw


              ┌───────┐
              │ところが・・・   │
              └───────┘

                    ┌────────────┐
                    │雍正3年になって       │
                    │                  │
                    │詳しく調べてみると・・・     │
                    └────────────┘
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.
         弋ェェt┼┬┌─ 府 州 福 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

503 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:51:03 ID:SFRphDzw


                ┌──────────┐
                │この二人、        │
                │              ..│
                │実は口ばっかりで    .│
                └──────────┘
                              ____
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\             /∵∴∵∴\
      l ∨∨∨∨∨∨ l            /∵/∴∵\∵\
      |∵/∴∵\∵∴| マニフェスト・・・   ./∵<・>∴∴.<・>∵| マニフェスト・・・
     (|∵<・>∴∵<・)∵|)            |∵∵/ ●\∵∵|
     |∵∴/ ●\∵∴|             |∵ /三 | 三|∵ |
     |∵∴/三 | 三|∵|             |∵ |\_|_/| ∵|
   / |∵∴l\_|_/| |\          \ | \__ノ  |/
  /   \_l  \__ノ_/  \           \___/
    【ビン浙総督 覚羅満保】          【福建巡撫 黄国材】
          ┌──────────────┐
          │実際には、何一つまともに     │
          │                      │
          │実行していなかったのだ。      .│
          └──────────────┘

504 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:51:33 ID:SFRphDzw


         ┌────────────────────────┐
         │おかげで、浙江省・福建省の状況は                  │
         │                                    │
         │何一つ改善せず、食糧不足が続いていたのである      │
         └────────────────────────┘

      ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'           `u-u'  `u-u'            `u-u'  `u-u'
                           【浙江省のみなさん】

               ∧,,∧  .∧,,∧           ∧,,∧  .∧,,∧
           ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧   ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
          (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
          | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ  | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
           u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
               `u-u'  `u-u'           `u-u'  `u-u'
                           【福建省のみなさん】





         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :  だ・・・ダマされたお
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜   やる夫はダマされてたんだお!
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

505 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:51:58 ID:SFRphDzw


                     ( 嫌 生 人 こ
                      ) だ .き .を れ        ┌──────────────┐
                     ( お て .疑 以        │このため                │
                      ) ! い .い 上        │                   .....│
                     (    く  .な          │やる夫は雍正3年の後半に  ......│
                      )   .の .が           │                   .....│
                     (   .は .ら         │大掛かりな人事移動を行い    .│
                      〜、_       _       └──────────────┘
                         `,〜〜〜´
                        ____
                      /      \
                    /  _ノ  ヽ、_  \
                   /  o゚⌒   ⌒゚o  \
                   |     (__人__)    |  ←いつも人を疑いながら生きている
                   \     ` ⌒´     /

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

506 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:52:19 ID:SFRphDzw


                               ┌─────────┐
             __ ,.-¬- 、._             │信頼する          .│
             / '´,  、   、 `ヽ、        │                  │
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ.         │【高其倬】を      │
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ       │               .│
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、     │福建・浙江総督に  .│
         '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|       └─────────┘
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !  
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _     【雲南・貴州総督】
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |         ↓
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ    【福建・浙江総督】
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

507 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:52:39 ID:SFRphDzw


                    ┌───────┐
                    │【李衛】を    ..│
.          n           │           .│
      fヽ  | l  _        │浙江巡撫に   │
     __\`┘ V´/          └───────┘
     `ー-、 て  {
     fニニ -、 -‐イ)ヽ.          , ‐--‐ 、
  ┏┓┏━━┓f彡く.:.\       /::/===ヽ\           ┏━┓
┏┛┗┫┏┓┃\: : : :  \     夊l::/ト、ヘ\ルヘ心.           ┃  ┃
┗┓┏┫┗┛┃┏\ : : : : . \━ </l:fセユ` ´ヒユハ\>━━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┫┏┓┃┃  \ : : : :  \ |::::::|:l  r==ォ  |:l):::|        ┃┃  ┃
┗┓┏┻┛┃┃┗━━\: : : : . X_j_;ヘ:ゝ.`__´ィ´リ'::/!.━━━━━┛┗━┛
  ┃┃    ┃┃      \.: : : : . \\\ート{_:;//:ノ    ,r'^/〈    ┏━┓
  ┗┛    ┗┛        \: : : : . : \\ヾ>レぐ     >=、Y.   ┗━┛
                      \: : :ヽ: : :\\ヘ _jヽ,  /   ヽ
                     \: : : : ..: :\ヽ: H:7‐< : : :/
                      【雲南布政使】
                         ↓
                      【浙江巡撫】

508 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:53:09 ID:SFRphDzw


                               ┌──────────┐
     /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.l:.:、:.:|:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.      │【毛文銓】を        │
.     //:.:.:.:./:.:./:/ |:.:.|:.、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.l|:.:.:.:ト!.    │              ..│
..    |:|!:.:.:.:.:!:.:.|:/  !:.:|:.:l:.:.:._l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.||:.:.:ノ|    │福建巡撫に任命し  .....│
..    |ハ:.:.:.:.:|:.:.|'| ̄ !:.:ト、\:.:.:.|l`ヽ|:.:.:|:.:/l:/     └──────────┘
..    l! ヽ:.:.:.l:.:.l:|  ヽl  ヽ=≠-、:.l|:.:.:|//彡/:|\
.       \:|:.:.|=-‐    トしrハ|:.:ノ|/! |´|:.:|:.:.:ヽ     ┌──────────┐
        i`:.l     ,     ー‐' ,':.:.:.:トノ:!:.:l:.:|:.|:.l!|      │この危機を        .│
        |:ノ:.\iヽ ー‐    /:.:.:.:/:|:.:.:.|:.:|:.:lソレ'     │              ..│
      //:.:.:.l「| ト、__,.. ィ/:.:.:.:斗-!:.:.:|:.:.:.:.ヽ         │乗り越えさせようと  .....│
      /:.:/:.:.:./l/ ノ,へ ! /:.:./   \l:.:.:.:.:.:.',.       │              ..│
    /:.:.:/:.:.:./|/ 'ー-ri /:.:.:.:/  ,    |ヽ:.:.:.:.:.:',     │したのだった       .│
  /:.:.:.:.ノ!:.:./ !  二j´ /:.:.:.:/ /       l:.:.\:.:.:.:.',.    └──────────┘
      【福建巡撫 毛文銓(もうぶんせん)】

509 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:53:31 ID:SFRphDzw


                          ┌─────────────────────┐
                          │なお、総督と巡撫は両方とも地方官のトップで   │
      ,. -――‐- ._          │                                    │
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ       │職務上は対等である                   │
   /    !  o l_!o   !   ヽ    └─────────────────────┘
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ       ______
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',     / / ̄ヽ ̄ヽ\
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |    / _|  / |ヽ |_\      ,.:―――‐‐.、
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l  /  /  `ー ● -   ヽ     /  , - 、, - 、 ヽ
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /  | / , 二   |   二、ヽ   / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ     ,..------...,,      __
  VV  {   )  ̄      / /   | | | ─    |   ─ ||  l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   /-i''。i'。`i---、`i   /,.(=b=)i
   ヽ/ `ー'_____,//    ヽヽ .\    |    //  .l l - `ー┴―' ‐ l.,!   |._``'♀''´∠ | .|  |(__) ⊥ぅD
   /    /--/⌒ヽ----┘、     .\ヽ `'ー─┴─‐''" /    \ヽ'       `./   ,!.、'_ |  _`,.  | |  f /t三了'
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \    (二二二(〒)二二)      ヽ===(テ)=="l       ゝ,二二...__...ノノ   と)ー‐○
       【総督・巡撫】         【布政使・按察使】        【道員(道台)】       【知府】    【知県・知州】

     ※総督はたいてい2〜3省を担当し
       巡撫は1省のみを担当する

510 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:53:57 ID:SFRphDzw


                                   ┌─────────────────┐
             __ ,.-¬- 、._           │これは                         │
             / '´,  、   、 `ヽ、.         │                            │
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ.       │総督と巡撫は 強い権限を持つので  .....│
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ     │                            │
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、   │独善を防ぐためである               │
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|      └─────────────────┘
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !       ┌───────────────┐
           l\l|    |    //ィ N          │したがって、重要なことは         .│
          | ハ ヽ  __   /ハ/         │                     ...│
          '′lハn\ `ニ´/! !           │「総督」と「巡撫」が          ..│
               ` - ´               │                     ...│
               【総督】                 │お互いに話し合って決定する    .│
                                └───────────────┘
                ‖
                ‖
                ‖
            [ 職務上は対等 ]
                ‖
                ‖
                ‖                      ┌───────────┐
                                        │つまりは          ...│
       >__.. -‐<_: : -‐ ´ :/. : : : : : `ヽ ヽ: :ヽ: ヽ.     │                │
.     / : : \__//. :>ー-.: :/ . .    /. : :/ ヽ !: : !: : !      │売官出身者が       .│
   ∠ __-‐/ : : : : /. : ̄/-\´_.. -‐/  イ :〃∨. : l : :l     │                │
.    /´ヽ / /. : :/ : : : /斤¨ヾヽ ー≦-‐ ´ //′/l : : l : :l     │あっというまに      .....│
  /   i l/{ : :/ : : : /  { 〈_∧ ∨     / /_/:/  ∧:/.      │                │
/     l   ∨. : : : /   ゞ く        -‐__´イ : /  ∧ }       │地方官のトップに     ..│
       l   /. : .イ:∧          ´斤ハ∨ :/ :/ /く.      │                │
      l  / / !/ lヽ    ヘ、 ′ く´_ソノ/∠__∧ ヽ.      │大出世したのだ        │
、     l  {/   l′ト、ヽ、 、_ノ>    ∠ ////  \/      └───────────┘
个ー ′  !  ヽ、    ト、   ヽ、_   -‐ ´/ / く./
 ヽ、   _l      ∧ \__ / //.:∠ イ /ヽ( Yヽ   来た来た来たーっ!!
   >/ _`つ    ∧ ヽ __/ // ̄ / /\   ヽ!(ヽ
 / /  (_,ヽ     /  ー‐/ /   / / 辞 > 浙ヽ(ヽ、
/ /   / ノヽ   /   /     ∠ _く\令 / 江 /ヽノ
、 !    /  ∧_/‐≦´-、――ァ ´ ̄ヽ ( ヽ / 巡 /⌒ヽ >    ※とはいえ、さすがに
.  ̄\   / ノ!∧\┬く`ー匕j       \  \撫/ 弋ー'ノ\      【高其倬】の方が格上だったと思う

511 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:54:17 ID:SFRphDzw


        ┌───────────────────┐
        │そして、【李衛】は                ....│
        │                          ......│
        │やる夫の期待に 見事に答えるのである  ......│
        └───────────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.
         弋ェェt┼┬┌─ 府 州 杭 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

512名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:54:29 ID:cJDls6U6
やる夫でもだまされるケースあんのね。

513 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:54:40 ID:SFRphDzw


                                  ┌──────────────┐
                   , - ─- 、_.             │浙江省に赴任した【李衛】は    │
             /        `丶.        │                   .....│
.          rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \        │さっそく商人を               │
        {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ     │                   .....│
        __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸.    │揚子江上流部に派遣して     │
      /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ     └──────────────┘
      レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|
        {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
        |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>   浙江省は国中の物資が集まる所よ。
         |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V        
         |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
         lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /        米不足なんてありえないわ!
          ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
       r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}         どうせ買い占めか何かで
       f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ            市場に出てないだけでしょ?
       |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
      r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
      |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
      |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
      |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '

514 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:55:05 ID:SFRphDzw


                                     ┌──────────────┐
              〆        ``へ, \       │多量の米を買い付けさせて   ...│
             _-"=-<イ / ̄=−ヾ  \     │                   .....│
           __/ 《〆 / / ̄ ̄ ̄>¬ゞ   ヾ     │運ばせ・・・             ...│
         / `ヽソ/ /| 《 /| / ヘ 斗  \}  }    └──────────────┘
      __=>{     ヘ |{/ {nNI |/{ /ヾヘ   } │》ゝ
     /  ソ{      }|| /r=じミヾ| ヾゞゞ ィ }} }ソ    他所から米が来ると解れば
  __==`ヾ         } { ゞミソ    ,ソ=ヾ| ィノ|ミ、          一気に値が崩れるわ
 ,{'    ゞ=_      ノ‘-=-,_ ̄     じソ/ソソノ|||
  |      ゝ=_    /  ソ  `\r--,‘  ̄/   ノ |    スピード重視でじゃんじゃん
,,/丶      \=-ン_=フ     )_ン  /   /  |           運ぶのよ!
   \      \  /     /_<'´    /   /
,ミ    `\      `/     /< ̄=、   ソ //ソ
,/      \    {へ  /ぐ`=>ッ´ソ ヘ  ソ

     __ __  _               __ __  _              __ __  _
    /ソ  /   / !ヽ            /ソ  /   / !ヽ            /ソ  /   / !ヽ
    ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|            ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|           ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|
    || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |            || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |             || i !ii .|| ii ! .i i||彡 ヾ |
    \.___\__\__ ノ _           \.___\__\__ ノ _          \.___\__\__ ノ _
  /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.        /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.       /ソ  /   / !ヽ / !ヽ.
  ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.       ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.      ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ |.
  || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.       || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.       || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ |.
  \.___\__\__ ノ \__ ノ_      \.___\__\__ ノ \__ ノ_      \.___\__\__ ノ \__ ノ_
/ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ   /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ  /ソ  /   / !ヽ / !ヽ / !ヽ
||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |   ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |  ||i !ii !! ||ii !ii i || ヾ。ソ|| ヾ。ソ || ヾ。ソ |
|| i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |   || i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |  .|| i !ii .|| ii ! .i i|彡 ヾ ||彡 ヾ ||彡 ヾ |
\.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ   \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ  \.___\__\__ ノ \__ ノ \__ ノ

515 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:55:32 ID:SFRphDzw


            ┌───────────────────┐
            │あっというまに危機を突破したのだった   ....│
            └───────────────────┘

        ゚・ *:  : *・           ゚・ *:  : *・            ゚・ *:  : *・
    *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜  *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜   *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
 * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:*。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧  ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧   ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
 (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`) (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
 | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ  | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u   u-u (l    ) (    ノ u-u    u-u (l    ) (    ノ u-u
: *・    `u-u' `u-u'  ゚・ *:  : *・  `u-u' `u-u'   ゚・ *:  : *・  `u-u' `u-u' ゚・ *:  : *・

516 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:55:53 ID:SFRphDzw


          ┌────────────────────┐
          │それどころか、【李衛】が赴任すると      ......│
          │                            ....│
          │今度は一転して 浙江省は豊作続きとなった! . │
          └────────────────────┘
 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″(::.´д`.)″″″' /″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″″″″
″″ .( )U( )″″″/″″″″″″″″' / ″″″″ ″″″″″″″/ ″″
''"''"'' |_#_i__i!i|"''"~~~''"' .∧_∧.   ∧∧ "''"''"''"''"''""''""''""'~~~"''"''"''""''"''~
.    (__)_).     .( ;´−`) ( ,,゚Д)               ∧∧
wji!w rw,'rilwji!w、 wWkil (    ) (   ) rw,'rilw'rrr、 wjWilw'r (゚-;;゚ ,) rw,'
''"''"''"''"~~~''"''"''"''"''"'' | | |   |  0 "''"""''"''〜"''"'''"''""'  | ; ;U ~''"''"
               (__)_).  し´                  |;; ;; |〜
                                        し~'J
'"''"''"'''〜'''''"''"'~~~"''"''"''""''"~~~''"''"''"''"''"~''"''"''~''"''"''''"''"''"''"''"''"''""''"''"'〜'"
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwl|ili、,、,,    ,, ,;;iijwiijiyw
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_::::::::::: 从从:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v

517 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:56:14 ID:SFRphDzw


   ┌───────────────┐
   │これが、ますます            │
   │                     ...│
   │やる夫の信任を固めたことは    │
   │                     ...│
   │言うまでもない。            │
   └───────────────┘
    +       ____    +
      +   /⌒  ⌒\ +
   キタ━━━//・\ ./・\\━━━━!!!!
    +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
        |  ┬   トェェェイ     |
      +  \│    `ー'´     /    +
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ / / ̄ /    /   | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \.   / | ノ \ ノ L_い o o

518 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:56:36 ID:SFRphDzw


              ┌──────────┐
              │ところが、同じころ   ..│
              │              ..│
              │福建省では・・・     .│
              └──────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.
         弋ェェt┼┬┌─ 府 州 福 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

519名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:56:53 ID:L6xffyvE
>>512
皇帝になった直後ぐらいだからなあ。

むしろ、だまされた経験を元に情報網を整備していったんではないかと。

520 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:57:00 ID:SFRphDzw


                        ┌────────────┐
                        │【巡撫 毛文銓】は      ...│
       / ̄ ̄`ヽ :.     │                  │
      /. i /ヘ\ヽ\:    │オロオロするばかりで    .│
     ;| ! |/__.xト、L,_ ト}:    └────────────┘
     ; |!ヘ cモリ  lモ!oV
     ;| !|.ト" rっ ツ|.|、:    な…
     ,',ノ 斗ャ fて`Y  トミヽ    なんなんですか?
    / {トミトv|'´ゝ } ノノ:l }:
  :/イ { ゝィVr-ヘト、 ! ハ       ┌──────────┐
.    | !|Y⌒'ミ{ヾ=' | /イ|         │何の対策も       ..│
     ヽ人   |!   /\ :.       │              ..│
       `'┬' トー'´  ヽ :.     │取ることができず   ....│
       :,/{、 || ,.|='´   } :      └──────────┘
      【福建巡撫 毛文銓】





       ┌───────────────────────┐
       │飢饉となって、各地で暴動が起こっていたのである   │
       └───────────────────────┘

     コメヨコセ!     J\_,,.. -‐' ̄し--‐'フ
              ./:::米::::::::::::::::::::::::::::(            ワー
             /::::::::::::よ:::::::::::::::::::::::>                  ネダンタカスギ!
   ワー      /:::::::::::::::::::こ::::::::::::/    ワー
           /:::::::::::.::::::::::::::せ:::::/               ワー
ワー       /し-、;;;;'^‐-;,_/ ̄    ワー                ナントカシル!
         /
 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧_∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧ ∧,,∧) ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)(`・ω・´)(`・ω・´)(・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
               _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
               >      __           <
                /  ─ / /  /  /  ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
              Χ  ─ /.    /  / /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
             ノ   __ノ     ノ  〆  / | ノ \ ノ L_い o o

521名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 23:57:30 ID:VQDKKFKk
みくるじゃ仕方ないw

522 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:57:35 ID:SFRphDzw


                    ┌─────────────┐
                    │そこで【高其倬】は       ...│
                    │                    │
                    │福建省に赴任する途中に  .....│
                    └─────────────┘
                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|  どうも福建省は大変なようですね?
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|   浙江省はうまくいっているようですから
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ     米をお借りしますよ。
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

523 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:58:04 ID:SFRphDzw


                      , - ─- 、_            ┌────────────┐
                /        `丶.          │浙江省に立ち寄って       .│
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \.       │                  │
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ..       │数万石の米を          │
            __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸.     │                  │
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ.    │福建省に送る         │
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|     │                  │
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、    │ことにしたのだった      │
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>    └────────────┘
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/   わかりました
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /      急いで福建省に送らせます!
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ.               __ __
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ           ,ィミ川彡三ヾ三\
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ            {三{※}三}三ll三 }
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ           _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }.       ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '      {三{※}三{三{※}三}三ll 三}
                                   __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__
                                  ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\        っ
                                 {三{※}三{/ ,二二、\{※}三}三ll三}    ∧__∧   っ
                                   ヽ彡川ミノ/ /\ | /ヘ ヽll.ミノ三レ勿/   (; ・3・)
                                I二二二二二| |―‐((_))―| |二二二二二二I二○==○
                                       ヘヽ/ | \,/ /         〈_ノ=レ'
                              ( (        \二二二/          (_vノ(_y)

524 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:58:29 ID:SFRphDzw


   ┌────────────────────────┐
   │ところが、【高其倬】が福建省に着いてみると        │
   │                                    │
   │実際の食糧事情は、そんなに悪くなかったのである    │
   └────────────────────────┘
                                 .... . .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./
                            ...::.'::....::':..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,/
\                       ....::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: // //
\\                     `~ー'--..、__,-..、_,   _  _    .//, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                             ~`" ゙''´ `''-,//,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::   .. :::::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::    . . :::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`:::::::                   .''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ

525 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:59:02 ID:SFRphDzw


                                       ┌───────────────┐
                r−<_::::::::::::::::::::丶、           │【毛文銓】が              ..│
             , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._       │                     ...│
           /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.     │あまりにオロオロしすぎで       │
          //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!      │                     ...│
        /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|.      │混乱していた だけだったのだ     │
       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、    └───────────────┘
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!    ・・・・・・まったく、なんなんですかね?
         !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
         ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ
              !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/          ┌─────────────┐
               !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/            │そして、なぜ【毛文銓】が     .│
             !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ               │                    │
                ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ               │そんなに慌てていたか       │
                  >┬―''"´   /  ヽ            │                    │
              _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_.         │調べてみると            │
         _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_   └─────────────┘
    _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_
  r'´              ! /ヽ、___/`\ /                `ヽ
  /                   !/  /;:;:;:|    ヾ                  ヽ
 /                  /:;:;:;:;:;!                       ヽ

526 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:59:32 ID:SFRphDzw


             ┌─────────────┐
             │本来、福建省にあるはずの  .│
             │                    │
             │大量の官有米が・・・         .│
             └─────────────┘
          __ __                     __ __
          ,ィミ川彡三ヾ三\                 ,ィミ川彡三ヾ三\
          {三{※}三}三ll三 }                {三{※}三}三ll三 }
        _ヽ彡川ミノ三レ勿/__              _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
      ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\           ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\
     {三{※}三{三{※}三}三ll 三}          {三{※}三{三{※}三}三ll 三}
    ._ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__        ._ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__
.  ,ィミ川彡三ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\     .,ィミ川彡三ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\
  {三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll 三}    {三{※}三{三{※}三{三{※}三}三ll 三}
  ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/     ヽ彡川ミノヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/

527 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/20(日) 23:59:55 ID:SFRphDzw


            ┌────────────────────┐
            │いつのまにか地方官やスタッフたちによって .   │
            │                            ....│
            │横流しされ・・・                      │
            └────────────────────┘
      ____             ____             ____
     /∵∴∵∴\          /∵∴∵∴\          /∵∴∵∴\
    /∵∴/∴∵\\        /∵∴/∴∵\\          /∵∴/∴∵\\ コメタカク
   /∵∴<・>∴∴.<・>|       /∵∴<・>∴∴.<・>|          /∵∴<・>∴∴.<・>|   ウレル
   |∵∵∵/ ●\∵|       |∵∵∵/ ●\∵|           |∵∵∵/ ●\∵|
   |∵∵ /三 | 三| |       |∵∵ /三 | 三| |        |∵∵ /三 | 三| |
   |∵∵ |\_|_/| |       |∵∵ |\_|_/| |        |∵∵ |\_|_/| |
    \∵ | \__ノ .|/       \∵ | \__ノ .|/        \∵ | \__ノ .|/
   / \|___/\       / \|___/\        / \|___/\
  │ ∴∵━━○━∴│     │ ∴∵━━○━∴│      │ ∴∵━━○━∴│





                           ┌───────────┐
                           │倉庫には          .│
       /\___/ヽ       │                │
      /:::::::       \       │名目だけの          │
      |:::.   ''''''   ''''''  |.      │                │
     |::::.,(●),   、(●)|     │わずかな売却金が    ..│
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |     .│                │
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /.    │あるだけだったのだ     │
     /   `一`ニニ´-,ー´        └───────────┘
     /  | |    / |             |
    /   | |  / | |                  |
    /   l | /  | |                  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      ①        \
    `ー、、___/`"''−‐"    ⑩  ⑤         \
                                    \

528 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:00:26 ID:6JWAJSzk


                                ┌───────────┐
                                │このため          ..│
            ____            │                │
         __,,/  _, ----`ヽ  :.       │官有米を売り出して    │
     :.  / _     ___   、\        │                │
       / /   i      \   \\ :.    .│価格調整を          │
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ.     │                │
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :.  │することが出来ず     .│
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}    └───────────┘
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
    :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  な…
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     なんなんですか?
      :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   ここ、どうなってるんですか?
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ     あたし
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\:.   どうしたらいいんですか?
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',    ┌────────────────┐
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',.     │そして、有力者が             .│
  { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}    │                       .│
  V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ    │このチャンスを利用して         │
    ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|        │                       .│
     ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :..      │買い占めを行い              │
      "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :       │                       .│
       :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ      │価格を吊り上げていたのである    .│
           / //: : :|;|: : : : : : i: : : __: : : : ',      └────────────────┘
       :.     / 、 {;{   |;|   . : i/. : : : : : :|
          / `Y;{. . . .|;|. : : : /i: : : : : : : : :l

529名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:00:34 ID:l91Z9M7o
いくらなんでも腐敗し過ぎだ・・・

530 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:00:57 ID:6JWAJSzk


     ┌────────────────────────┐
     │そんなわけで、浙江省から米が届くと伝わっただけで  ....│
     │                                    │
     │暴動は あっさり静まったのだが・・・                  │
     └────────────────────────┘

       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ コメトドクッテ
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ ジャアシンパイナイナ
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'





                ┌────────────┐
                │この後がいけなかった     │
                └────────────┘

      ∧,,∧  .∧,,∧            ∧,,∧  .∧,,∧             ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧    ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧     ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ    | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ    | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u      u-u (l    ) (    ノ u-u     u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'             `u-u'  `u-u'             `u-u'  `u-u'

531 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:01:26 ID:6JWAJSzk


           ┌─────────────────────┐
           │科挙出身の【高其倬】は つい私情に迫られて    .│
           └─────────────────────┘
           ____
      .  // ⌒ ⌒ヽ  `\
       //|/’ |,\|ヽ    ヽ 出来心だったんです
  (( _/ ヽ ー● ー ´  \  ヽ   ごめんなさいっっ
    ヽ  二  /   三     ヽ   l                 ____
      `ー⌒ー⌒ヽ、__/⌒ヽ  |   |           .  // ⌒ ⌒ヽ  `\
            )      |  l /⌒ヽ            //|/’ |,\|ヽ    ヽ このことがバレたら
    /⌒ヽ __(二二二)__ノ / >、_ ノ     (( _/ ヽ ー● ー ´  \  ヽ  僕たちの人生終わりです!
.  (( ヽ _ ノ`━━O━━━━/   / ノノ       ヽ  二  /   三     ヽ   l
 .     \/ /     \     /          `ー⌒ー⌒ヽ、__/⌒ヽ  |   |
                                      )      |  l /⌒ヽ
                              /⌒ヽ __(二二二)__ノ / >、_ ノ
                          .  (( ヽ _ ノ`━━O━━━━/   / ノノ
                           .     \/ /     \     /

532 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:01:47 ID:6JWAJSzk


         __ノ__                ┌─────────┐
   __   /. :i: . : `ヾ           │横流しした連中を   │
  {  、 `// : 从、: . ヽ代'''"´ ̄ ヘ.     │            ....│
   ゙,  ヽ、jリノイャtiヘrァ弋__ノ´ /      │かばって        .│
   '、   `、ル代 、__ 〉从 /  ,.′     │            ....│
     '、   `ヽヘ丶ニ厶‐"′ /       │やろうとしたのだ   │
     丶.、  ーヘ _ '′ r/.          └─────────┘
      ヽ  、 _  r ′  {
       `,     `      ',      しかたありませんね。
         ヽ    〉-  ー ゙、
           \   、     `- ._     特別に私がなんとか
              `ヽ   、ー'    ヽ       取り繕ってみせましょう。
             >  __,′  ゙,
            丿 `|禁則|     .i
            /    |事項|    :{
              /     ̄/゙|::.     |

533 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:02:11 ID:6JWAJSzk


                 , -‐―‐- 、, へ _       ┌─────────┐
               /      、   ヽ  `、       │科挙出身の     ...│
             , ┘   ,     仏      、      │            ....│
              /     /   /⌒!     、 \    │官僚にとって・・・  ....│
              _ノ   丿  ′ ´  釗 丿   '.   丶  └─────────┘
          /   , ゙   i / ´ ̄ソィ  厶 !  ! '        .:+
            / フ ,  / ,   , l / r=弌 ノ /_ i |   ぃ i  。.:*・ ゚
            ´ ̄} /,〈j /ノ!'  "    / ´ r=ti{釗  ! `i
             丿'´ 」厶          {  小ハ ,        ┌──────────────┐
          / ¬ ´ !     , -- 、  /, { i/           │仲間のピンチを          ...│
             } , ! \   弋 ̄ン .ィ /}ノ 丿        │                   .....│
               '⌒} i   丶  `´ ∠ノ' /            │救ってやろうとするのは.        │
               jハl       ーrチ  └――ュ_        │                   .....│
                 /  ,     //      ノ  へ.      │もう本能みたいなものである   .│
      , 、    _  ´   、   rく 〈      /  /  丶    └──────────────┘
    __'、ヽ-‐ ´, 、  ー---ヽ  ヽ`  〉   ′ ,     i
 r<   / ヽ \ { !       ー〈 V   /   /       !    ┌────────────────┐
 _>、` '  _ \ ヽ! '.         〉 「 ̄ ̄  /      |   │【高其倬】といえども           .│
! /!>  _  ̄    ヽ      /  〉 r 、 /    __    |   │                       .│
  >┴‐―┘       i       「   { ノ }_.厶- ´. ィ   ノ   │つい魔が差してしまったのだった   ..│
  `Tニニコ       ヽ       |   / '´   , <  , 、 〈.    └────────────────┘

534名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:03:10 ID:KF7LP9Ow
あー、なるほど。
それで、初期”だけ”やる夫の寵臣だったわけか。

535 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:03:25 ID:6JWAJSzk
ズレ直し修正

                 , -‐―‐- 、, へ _       ┌─────────┐
               /      、   ヽ  `、       │科挙出身の     ...│
             , ┘   ,     仏      、      │            ....│
              /     /   /⌒!     、 \    │官僚にとって・・・  ....│
.             _ノ   丿  ′ ´  釗 丿   '.   丶  └─────────┘
          /   , ゙   i / ´ ̄ソィ  厶 !  ! '        .:+
            / フ ,  / ,   , l / r=弌 ノ /_ i |   ぃ i  。.:*・ ゚
            ´ ̄} /,〈j /ノ!'  "    / ´ r=ti{釗  ! `i
             丿'´ 」厶          {  小ハ ,        ┌──────────────┐
          / ¬ ´ !     , -- 、  /, { i/           │仲間のピンチを          ...│
             } , ! \   弋 ̄ン .ィ /}ノ 丿        │                   .....│
               '⌒} i   丶  `´ ∠ノ' /            │救ってやろうとするのは.        │
               jハl       ーrチ  └――ュ_        │                   .....│
                 /  ,     //      ノ  へ.      │もう本能みたいなものである   .│
      , 、    _  ´   、   rく 〈      /  /  丶    └──────────────┘
    __'、ヽ-‐ ´, 、  ー---ヽ  ヽ`  〉   ′ ,     i
 r<   / ヽ \ { !       ー〈 V   /   /       !    ┌────────────────┐
 _>、` '  _ \ ヽ! '.         〉 「 ̄ ̄  /      |   │【高其倬】といえども           .│
! /!>  _  ̄    ヽ      /  〉 r 、 /    __    |   │                       .│
  >┴‐―┘       i       「   { ノ }_.厶- ´. ィ   ノ   │つい魔が差してしまったのだった   ..│
  `Tニニコ       ヽ       |   / '´   , <  , 、 〈.    └────────────────┘

536 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:03:53 ID:6JWAJSzk


                     ┌───────────────────┐
                     │おかげで、せっかく送られた米も       ....│
                     │                          ......│
____                 │倉庫に入ったっきり、市場には出回らず   ..│
  ""''''''─-<         └───────────────────┘
         \──->-─---、___________
           .ヘ  /       ヘ /   \
   r─--、    '!_,!    r─┐ l,:,!  r‐┐ .'!
   L..........j      |::|   └= ┘ l||  二、 . |─────┐:............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::
              |::|   _,,,...-┐ . ||  | :||,.-┘      /rレ:::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.
   _,,,...--‐‐r   .|::|   |  | l||  .||,..-‐''"     .   / ,.>:::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::
   | fl |ヾ、 ||    |::|   | ,」.-‐''"            / f:+".....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::
   | |:|:|=《. ||    |::|_,,..-‐''"               ./ v'... :::..:...........      ,-‐-、  ..:::::.:.::.::.:
   | |」:|__リ..|| _,,..-‐''"                   ,/__r*... ... :::..:.............:::::.:.::.::|:::::::r'.::::::: ... :::..:....
   | _,j.-‐''"                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,,..-‐''"                          ___________________
                              /l_,、..、*r、.〜`−、    ,.。 、v ._ rv _fー〜
                             / v~ `^... ... :::..:......⌒〜'~... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::
                            ,/r'^:::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..::

537 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:04:19 ID:6JWAJSzk


              ┌──────────────────┐
              │米の値段は、一向に下がらなかった。   .│
              └──────────────────┘
     コメヨコセ!     J\_,,.. -‐' ̄し--‐'フ
              ./:::米::::::::::::::::::::::::::::(            ワー
             /::::::::::::よ:::::::::::::::::::::::>                  ネダンタカスギ!
   ワー      /:::::::::::::::::::こ::::::::::::/    ワー
           /:::::::::::.::::::::::::::せ:::::/               ワー
ワー       /し-、;;;;'^‐-;,_/ ̄    ワー                ナントカシル!
         /
 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧_∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧ ∧,,∧) ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・)(`・ω・´)(`・ω・´)(・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)

538 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:04:39 ID:6JWAJSzk


              < ̄\  福建省は、こんな状態です!
        ―=≡    |/゚U゚|
             〜 ( ⊃y つ
     _ ―=≡  ( ヽ./     ┌──────────────┐
            ⊂ >  )      │これを知った やる夫は・・・     .│
        ―=≡    ∪        └──────────────┘
                      _____
                     /        \
                   / ヽ  、: : ,  /   \   ヲイヲイ!
                  /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
                /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ  【高其倬】ともあろう者が
                 |      /   !  ヽ        |   いったい何をやってるんだお!!
                 |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
                \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
                /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
               /       ー――‐ '       ヽ

539 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:05:04 ID:6JWAJSzk


          ┌────────────┐
          │別に査察官を派遣して    .│
          └────────────┘

          < ̄@>            < ̄@>           < ̄@>
    ⊂二二二( ^ω^)二⊃   ⊂二二二( ^ω^)二⊃   ⊂二二二( ^ω^)二⊃
        | 査 /                 | 察 /            | 官 /
        ( ヽノ   ブ-ン           ( ヽノ   ブ-ン        ( ヽノ     ブ-ン
        ノ>ノ               ノ>ノ               ノ>ノ
    三  レレ            三  レレ            三  レレ

                        ┌────────────┐
                        │厳しく不正を調べさせ・・・  .│
                        └────────────┘




                              ┌────────────┐
                              │その結果、           .│
              「 ̄ ̄了            │                  │
              l h「¬礀            │保有米88万石のうち     │
       / ̄ ̄\__,ト、Д/____    │                  │
     /   / ̄Yi. /  jテ、      f ̄ヨ  │53万石の横流しが       .│
    /   /∧ / /  /.i l iー――‐u' ̄ .   │                  │
   ./  / Д` / /  / / l l          │判明し                 .│
   i'  /   l ヽ../  レ'  l l.           └────────────┘
.  /  _/ \  !、 lヽ____」 l
.  !、/ \. \ \l      ト./
   ト、__\/ト、/ト、  y   l         ┌───────────┐
   l    ̄(  )y )  /l   i.          │50名以上が         .│
   l   l   Y''/ー'  / .l   l        │                │
   !、  l  l./   /  l   l        │弾劾されたのだった   ...│
   /  /  l/   ,/  i'    l        └───────────┘
  /_  ./l   l`ー‐〈   ト.__」
  L_``^yト._」、ー"   `ヽ_」
   `ー' `ヽ_」

540 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:05:28 ID:6JWAJSzk



                                        ┌────────────────┐
                                        │これは当然、               .│
                    ,. ::': :´:`: : .、            │                       .│
                _ . . ィ: : : _: : : : : : : :`: :-.、.        │【高其倬】が行うべきだったのに   ....│
              /´: : : : : : 〃: : \: : : : : : : : : :\       │                       .│
                /: : : : : : v/=、: : : : :`ヾ: : : : : : : : : :ヽ.    │別の査察官に摘発されたので    ....│
             /: : : :r=、: /ヽ: :ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : :i    │                       .│
              /: : : /: : : : : : : ヽ: :ト:、: : :ヽ: : : : : : : : : : |.    │大いに面目を失った            │
             {: : : : i: : : : : i: : l: : : : l::\: : ヾ: : : 、: : : : :',   └────────────────┘
             i: ノ: : l: : : : :ハ:::::|: : : : ト、: : : : : ';: : :.'; :i: : : ヽ
             レ: : :/: :i: : i .l::::|: : : : : ハ: : : : : :';: : : :ll: : i: : :ゝ
          彳: : i: : :ll: : l .|: :ト、: : : : :|ヾ: : : : :.'; : : i: : :l: :r'´  ・・・面目しだいも
           |: /l: : ::|: ::| ̄ヾ: ハ: : : : | ̄ヾ: : :';:';: : ト、:人リ        ございません
          r'´|: i |: : ::|: ィ=t-ァ';:i \: :;ナ=-tj-ァ: : ';: :| }:ハ:i
           /  |:∧l: : :从i┴''´ ヽ  .\:ヾ''┴ヘ: : : :::|ノl i  ̄ヽ
      , -''´   リ lイ: : :i::l     .i  \   ト、: : ハ::/ノ i  \ _
     人       i:ト、: :ミゝ      .|    `   .|ハ/ `/  l   / \
   /´  \      ヾ: ::ハ     `      /i    /  イi  /    \
  /  、    ヽ     ilヽi >、   - -   / .|  i /  /li ノ    / ヽ
 i   ヽ    ヽ\   ミ、 >  ヽ>、 `  < /  ,ハ/ ./  / /     ./   i
 |    ヽ   ヽ }、   Yil `ー、ハヽ  ̄  //   〃/  /〃     /     }
 |     \   ', ト、  i l  , - 、  ̄ ̄´   イ//  /´ /   /     /

541名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:05:36 ID:syGFjP1Q
6割って…

542 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:05:49 ID:6JWAJSzk


          ┌───────────────────┐
          │そして、これをきっかけに              │
          │                                │
          │やる夫は【高其倬】よりも                 │
          │                                │
          │むしろ【李衛】のほうを評価するようになり   .│
          └───────────────────┘
    :::::::::::::::::::    ____   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::   /     \   ::::::::::まったく・・・
  ::::::::::::::::   /   ) (   \  :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::  / ‐=・=- ‐=・=-  \  :::::::::これだから科挙出身者は
::::::::::::::::::::::  |  ┬ (__人__)     |  :::::::::::::::::::::::::     イヤなんだお
  ::::::::::::::::::  \│  ` ⌒´    /  :::::::::::::::::::::::::::
      _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ / ──┐ ──┐ll ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ /    /   /    | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   \   /\   / | ノ \ ノ L_い o o

543 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:06:11 ID:6JWAJSzk


                  ┌──────────┐
                  │2年後の、雍正5年  ...│
                  └──────────┘

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

544 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:06:33 ID:6JWAJSzk


                                      ┌────────────┐
            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、.          │やる夫は           ...│
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\.        │                  │
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ.      │【高其倬】を            │
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、.      │                  │
        }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ.     │福建総督にして         │
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ     │                  │
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|    │福建省だけを担当させ  ......│
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |   └────────────┘
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|  ・・・私の自業自得です
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ      致し方ありませんね
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{         【福建・浙江総督 】
          i  }   `ー イ       _./´ 入             ↓
                 ,ヘ     _./    / ヽ         【福建総督】
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.

545 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:06:55 ID:6JWAJSzk


                   ,..-z≦ィ二ニ:.- ..、
               /:,. ‐   ̄ ¨\:.:\-ヽ__            ┌──────────┐
               /:/ ,. ‐:T¨¨:.ミ.ーヽ:..:.ヽ-、 \        │その一方        ...│
 __rく>       //:/..イ:.:.:.:.:.l{:.:.:.:.:.:.:::::::i!ヽ:.ト、` く、        │              ..│
└ ¨Z/′     ,. ‐ァ'/..:}:.{:.:|:.ヽ:.:.:.:.lーヽ--:::::l!::.:.:ト.、_ユ/.          │【李衛】を浙江総督  ....│
 {て_ ィ     }_,/:.:..:.:.|l:.|:.:トノト、:.:.:ト、::.ト、::::`|:.:}:.|:ハ\、\       │              ..│
  _, ̄rz_   //{:|:.l:.:l:.{-匕{_、ヽ.\{ ` ー_≧,|:.::.:|:.小 ヽヽ.>     │兼・巡撫に任命し・・・   │
  〉´マ/ヽヽ く/入ハ:{:.:ト:ヽトf乍心  \ チ'⌒^}:.:.リ::::|::「「l:N       └──────────┘
. {.(>,、>ノノ   /:,イ 小ト{:.ト:ト` マzリ  、   :::: /:.:/:::::リ从{リ
  `¨ ,-ァ   //{//:.|:|:トト「V:ヽ ::::  r==┐ //://ル': >z、             ┌────────────┐
   / /-.  l:{ Vヽ|:|::|:|、} |:::::l>.. _` ー' ィ{:|ハト{:,ィ//`-r-、        │浙江省で           ...│
.  / /´{ し'〉ヽ.   从ト|! }|トn:ヽ\ ト丁 _zトト: :/://  ハ`ヽ`ー-i       │                  │
  `_t‐ュ二       | jバ |`ド: :.[`ー'´,.イ: :///         }|jj|イト-、     │自由に手腕を振るわせる ....│
.  └ ァ,∠          ! ヽ. ト、ヾ、「ヽ二 イ:/':/   _ z_‐.ノ-、l`.j  }   │                  │
  <イ.ト-′      /,}  } ハヽヾ:ヽ. _,、 |//    /{ `<くメ// , /.    │ことにしたのだった      │
    └'       /j、ー--‐'〉i \ヽVl}{j'/    / /ィ{  `¨´ `´ ノ    └────────────┘
     「 |     ノrヘ`=={ ヽ._≧ヽ{'__ .ノイ:{.{{ \ _._-ァ7´
    └       {    ̄r /   /ソ:小iヽー:´:/:|: :ヽ>'^ー'./    【浙江巡撫】
     ロ     |       /    /: /:./'|ハ:.∨: : : | : : :`丁 ̄         ↓
           ヽ __ ノ  /: { ヽ{!|:|: : 「:「 : : : レ' : : : :ト、      【浙江総督管巡撫事】
                _ /: : : :ヽ/l }:! : :ヽ{ : : :イ : : : : :l : ト、        (総督にして巡撫を兼ねる)

546 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/21(月) 00:08:06 ID:6JWAJSzk
本日は以上です
ありがとうございました

次回【李衛】の後半は
来週を予定しております

547名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:08:14 ID:hTqrEZWA
なんとういか、「そこまで腐敗すんなよ」ってラインが、
なんか常識と大きくズレてるんだよなあ

548名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:10:02 ID:FfaGTt8s
乙でした
にしても不正暴かれて抗議する時って、どんな抗議するんだろ
暴いたやつのでっち上げですとかやったら、自分の首絞めるだけだろうし

549名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:10:38 ID:KF7LP9Ow
おつかれさまでした。

しかし53万石の横流しって凄いなwww
日本とはスケールが違うwwwさすが中国www

550名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:10:38 ID:syGFjP1Q
乙にございました。
腐敗のレベルもスケールが大きいなぁ…
でいいのか・・・

551名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:11:01 ID:6Lfd8udQ


四分の三ちかくが横流しってw

552名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:18:28 ID:k/.OyEVs


553名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:24:33 ID:/OT.03bk
乙です

さすが中国
53万石の横流しってwww

554名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 00:58:21 ID:UoPzIhrs
このスレは、分りやすいのが仇になって? 現在日本の政官界への不満を
単純に引き入れるレスも多いけど、今回はむしろ日中の異質性をこそ実感
できたかも知れない。
日本や西欧の近代官僚システムは、近代国家の申し子であり担い手であり
母体でさえある。一方の科挙官僚は、近代化の阻害要因そのものだった。

日本や西欧の官僚は、科挙にインスパイアされたものに違いないんだが、
試験秀才という数値化しやすい実力主義で国家に直属する、縁故主義を排
した権能組織というアイディアこそ同じものの、決定的異質性がある。
それは現中共政権にも引き継がれた性格。以下は2ちゃん世界史からの引用だが

中国では、「公が徴税することと、公が金儲けすることの理論的区別が全く無い」ということで、
中国では、公的機関は、西欧型近代国家と異なり、政治理論的な制約なく、自由に金儲けをすることが出来る。
行政の強制行為の抑制に関する、法学的・政治学的議論もあり得ないので、
「行政サービスの押し売りにより、ガッツリおかねを儲けること」だって何だってできる。
経済学における「公共」の議論は、このような体制を批判する術を持たない。

ということらしい。

555名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 01:02:21 ID:KF7LP9Ow
要するに、伝統的に中国の政治権力はヤクザまがいの存在である、ということだね。

556名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 01:26:26 ID:yeala4II
おつ!

557名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 01:30:23 ID:Z99UlvIQ


558名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 02:02:07 ID:vDnWY7b6


559名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 08:18:05 ID:77Qi7W0c
雲南省の塩井って適当にほればブチ当たるようなもんだったんだよな
普通に生活用水用の井戸ほろうとしても塩水がでてききゃったり。
そりゃ隠し井戸で塩の密造密売する奴でてくるわ

560名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 09:23:00 ID:PFT4alDA
53万石ってすげぇな

江戸時代に日本で最大の石高があったのが加賀の100万石で、税収を約半分として50万石
あの巨大領地の年間税収に相当する巨大な額が横流しされていたとはな
農業技術の差を考えるとさらに変わるんだろうけど恐ろしい

561名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 10:39:03 ID:RRcf7Mxk
近代合理主義の洗礼を受けて発展した西欧と明治維新後の日本の近代官僚制が
科挙官僚制と同じなわけがない

562名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 13:49:44 ID:154iGCnY
>>476
今も昔も試験なんてのはパズルか暗号みたいなもの
学んでもそれ自体には何の意味もない

それよりそんな時間を有効に使って
実学の研究に勤しんだ方が良いのは自明

大事なのは「役職につく」より「役職で何をするか」
どうもこの辺が試験馬鹿には分かってない

563名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 15:15:01 ID:4mfaqRQc
科挙の合格の秘訣って
 ・字が綺麗(汚いと試験官に読んでもらえない)
 ・丸暗記能力
 ・答えが試験官の好み
だからな

とは言え縁故や売官もアレだし
大昔には優秀な人を推薦する制度もあったけど、それもコネ持ってる人を推薦してるだけだし
 
結局はトップがしっかりしてなきゃあダメなのは変わりないけどね
 
 
 
 
……トップに権力な無くなってどうしようもない事も歴史上じゃあよくあることだけど

564名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 16:34:39 ID:qij6EnGY
本当に成績だけで評価されてるならまだしも、
内実はコネだってのは散々言われてるしな、科挙出身者も。
学だけで行政能力が優秀かどうかは判断できないし、
学の裏付けすら無いから売官出身を
低く見るってのもわからなくは無いけどね

565名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 18:08:20 ID:tzEPnqDw
>>563
四書五経が書類の基本だから、丸暗記はしなければならないのは理解できるけど
それ以外の経済やなんかの実務系のことが 空白状態なのが理解できない。
儒教的には金銭のことは 政治ではないと言うことなのかな?

566名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 18:40:59 ID:OCkmcy2E
>>562
いや、さすがに売官はなぁ。ダメだろ。

現在の日本の公務員試験制度は
一定レベルの教養があるかどうかはチェックできる役割はある。
まともに文章も書けない、計算もできない者に仕事をまかせるわけにはいかないだろ。

民主制の国家なら売官なんぞせんでも政治に参加することは出来るわけで。
政治家になればいんだから。金があるなら特に。

日本の公務員の問題は一度採用したらまずクビにできないこと、かね。
他国見てたら、政権変わったら公務員も変わっても問題ないぐらいなのに。

567名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 18:44:48 ID:154iGCnY
農本主義なんだろ
あと徳治主義と

568名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 18:44:49 ID:RRcf7Mxk
>>566
政権変わって公務員クビにしてたら誰も公務員なんてやんないよ。
あと、民主制と官僚制は関係ないぞと

569名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 18:45:40 ID:RAR4wf6c
猟官制が日本で馴染むとは思えんがね…
縁故や選挙手伝わないと、まともに公務員になれなくなるぜ

570名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 18:51:21 ID:RRcf7Mxk
>>569
アメリカ以外に猟官制と民主主義併用してるとこあったっけ?

571名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:06:05 ID:OCkmcy2E
>>568
アメリカは普通にやってますが。
そもそもあそこ大統領制だしな。

「政治がしたいなら」と言う点では民主制は関係あるぞ。
国民が選挙制度を通して国政に参加出来るのだから。
立候補するなり、投票するなり、世論を説得して投票させるなり。
売官なんぞよりよっぽどマシ。

そもそも官僚を指揮するのが民主制における政治家の役割だからなぁ。

>>570
というか公務員をクビにできないってのがおかしいような。

572名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:10:24 ID:6Lfd8udQ
>>571
民主制における立法を司る政治家と、行政を司る官僚をごっちゃにしてないかい?
ぶっちゃけ行政官僚には民主制とか君主制とか関係ない。

573名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:16:38 ID:I53ytuRE
>>572
関係ない
は言い過ぎかと

574名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:16:44 ID:RRcf7Mxk
アメリカは選挙で功績のあった人物が行政の幹部ポストに入るわけだから、
売官にかなり近いことやってるんだが

575名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:19:52 ID:OCkmcy2E
>>572
> 行政を司る官僚

現在の民主制国家では
政治家が大臣となって行政を司るのですが。
官僚はただの公僕。

>>574
民意で選ばれた政治家が決めてるので
売官とは違うかと。
任用責任が生じるし、
なにかあったら罪に問えなくても次の選挙で負けるだけだし。

576名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:23:23 ID:vKtvWMOg
論争は該当する板でお願いします

577名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:25:03 ID:.qfp163E
スレチになってきたぞ

せめて中国の官僚とかの話にしようぜ

578名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 19:28:51 ID:154iGCnY
今の選挙は同じ場所で何度でも出られるというのが間違ってる
これが政治家と有力者との癒着を生んでいる

一度出馬した場所では二度と出られないようにさえすれば、
二世だ世襲だと騒がなくて済む

579名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:18:24 ID:syGFjP1Q
現代の話はふさわしいスレでやってくれ。
場違いの話を続けられるほどに、貴君らの主張が胡散臭く聞こえる。

580名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:20:20 ID:OCkmcy2E
>>572
> 民主制とか君主制とか関係ない。

あと、立憲君主制と民主制は併存出来るので注意。
君主制と民主制は対立する制度じゃないし。イギリスや日本とか。

君主制の反対が民主制ではない。
君主制ではない政体を言いたいなら「共和制」かね。

>>576
保守代わりていどならいいんじゃないかね。
どのくらいの頻度でスレが落ちるのかはしらないけど。

>>578
現在の選挙制度では
有力者(って何?)がどうこう言ったところで
大きく結果が変わるわけではないのだが。

それを言うなら供託金制度の方が
問題じゃないのか?

581名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:21:23 ID:OCkmcy2E
>>578
つーかマスコミの方が影響力でかいような。

>>579
関心がないなら、スルーしときなさいな。

582名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:22:16 ID:k/.OyEVs
この板は2週間やそこらじゃスレ落ちたりしないだろw

583名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 22:07:54 ID:154iGCnY
>>580
選挙では地元に利権を確約して票を貰う
これ汚職役人の選挙での常識な

だから馬鹿が何十年もずっと当選するとかいう現象が起こりうるんだよ
土方の連中に工事を確約するだけで票なんて相当差が出る

これらの癒着を潰すだけで、国庫は大いに潤う

584名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 22:13:46 ID:BNwwwcog
>>583
国庫は、一時的にはな。
国家経済全体からみればそうとも言えんけど。

585名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 22:35:51 ID:6Lfd8udQ
むしろ地方経済が停滞すると思う。
他の支出策を講じない限りは。

586名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 23:26:45 ID:ZCKS7vMo
だから小泉首相は、公共事業削減と同時に規制緩和をすれば新たな産業と需要を掘り起こせる、と主張したわけで。

587名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 23:52:51 ID:CHvE5ihA
コメの横流しって下の官僚はねえ・・
気持ちは分からなくもないけどね、人間だし。

けど最低限の仕事をやってもおらんだろうに
そういうことをやられては・・。

588名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 00:48:53 ID:JEHhQVDU
>>583
国政レベルの選挙で
利益誘導方の候補者なんて最近見ないような気がしますが。

そもそも選挙に勝ててないような。

589名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 00:53:30 ID:H5ekfs6U
汚職役人は選挙対策しないでも安泰なんですけど

590名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 00:55:57 ID:Vtkg/mLg
Oh……ショックだねそれは

591名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 00:58:53 ID:WX1Qe8.2
役人と政治家の区別も付かないやつが国政を語るとはw

592名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 02:00:56 ID:zrMBzGpY
>>466-468
>>566
こうしてみると、「投資して職権を買う」普通選挙って売官制と似てるんだなあ
金払う相手が政府じゃなくて選挙運動員や宣伝コンサルタントになってる分、多少はマシだけど

593名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 03:43:44 ID:9AkoDKZc
>>588
悪いけど腐るほどいる

594名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 03:47:28 ID:JEHhQVDU
>>593
いや、ソースも出さずにいわれても。

一応この前の衆議院選挙は
今、事業仕分けしてる政党が大勝したのだし。

595名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 03:57:51 ID:RlKOiH0s
スレチの話題は別の場所でやろうよ

596名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 05:32:28 ID:xGVUQI/U
政治厨はお帰りください

597名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 12:05:16 ID:VsEPDc8s
なんか科挙ばかりが諸悪の根源みたいに言われるとちょっとなぁ

科挙官僚っていうのはもともとは地方の有力者たちで、反乱予備軍
それが科挙にさえ受かれば甘い汁が吸えると思えばこそ
率先して体制側に立って働くわけで

伊達に1000年続いたわけではなく人間の欲望を肯定したシステムなわけよ
(どんな優れたシステムでも1000年も経てば疲労するというべきか)
やる夫や李衛みたいな「変人」に頼る政治は一代限りでシステムとはいえない

598名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 12:06:33 ID:VsEPDc8s
いや、>>1に言ってるわけじゃないよ
この辺は宮崎先生も「科挙」とかで言ってることだし

599名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 12:09:24 ID:WX1Qe8.2
そんなことより、>>1がジャイアンやドラえもんを好きすぎることについて語ろうぜ。

600名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 12:34:04 ID:9AkoDKZc
>>594
お前の大好きな民主党は
子供手当てという超公言したばら撒きで勝っただろw
仕分けとか、あんな子供騙しに騙されてアホかw

まあ普通ばら撒きは公言しない
すると皆に配る羽目になるから
地元の建設関係の有力者なんかには、
選挙の度に色んなところから電話がかかってくる

601名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 12:39:42 ID:iFvE.Ijw
そもそも中国で科挙が採用されて以降千年近く、日本や欧州の多くの国では何の臆面もなく貴族や軍閥の実力者、
あるいは商売人の実力者がそのまま官につく制度を続けて来ていたわけだしねぇ。
制度的発展の中心が中国から他地域に移っただけなのに、科挙そのものと近代官僚制を比べて欠点があると語られても困るわな。

602名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 19:26:40 ID:8Eg5The2
科挙って千年近く王朝変わっても同じような形式でやってたんだろうか?
欠点だって色々出るだろうに、改善策なかったんだろうか?
それとも誰も科挙に問題がないと思ったか、そこが疑問なのだが、どうなんでしょう?

603名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 19:42:43 ID:PIHtYnGE
政権どころか王朝がどう変わっても、結局実務レベルを
科挙で受かった奴が担当してたので
「世論」が変わり得ないんじゃね?

604名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 19:45:05 ID:H5ekfs6U
古代中華文明のくびきから抜けだせなかったんじゃない?
ローマ帝国が崩壊したり、オスマン帝国が崩壊したような
政治文明の崩壊という危機がなかったから、なあなあできちゃったんだと思う

605名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 20:41:54 ID:UJxUgDDA
>>602
生まれによってどこまで出世できるかが決まっている社会と
例えどんなに低い確率であっても試験さえ合格すれば出世できる社会。

制度としてどちらがより多様な人材を確保できるかという事だろう。
やる夫みたいに自分で多様な人材を抜擢できる人物鑑定眼がある皇帝ばかりじゃないんだから。

それに科挙の合格者は富裕層出身、とよく一口に言われるが
実際には出来の悪い実子に見切りをつけて、頭の良さげな庶民の子を
養子にしたり、婿にとって学費を支援するという事も行われていた。

一般大衆でも夢を見られる制度だからこそ長く続いたんじゃないかね。

606名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 20:52:52 ID:RvSZs/V.
つーか
科挙以前の制度とさらにそれ以前の制度を比べれば
科挙のがましかもねって思えるよ

607名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 21:12:16 ID:WX1Qe8.2
曲がりなりにも試験で人材を登用する制度だからな。
がっちり固めた身分制よりはマシに決まってる。

ただ、試験範囲が四書五経だけというあたりが中華文明の限界だったわけで。

608名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 21:24:03 ID:.esjNr4.
科挙の前は地元の有力者からの推薦とかだからなぁ

中国の場合、征服王朝は中国の制度が優れてるからというので結局統治制度を採用しちゃったりするんだよね。

フビライの前はイスラム教徒とかが経済官僚として使われてるし、その辺で変わるチャンスがあったかもしれないが
(フビライのときもアフマドがいるけど)

609名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 21:38:11 ID:JEHhQVDU
>>600
だれも「好き」なんて言ってないが

> 地元の建設関係の有力者なんかには

ソースもない話を言われてもねぇ。

そもそも地元の建設関係が言ったところで
投票者がどこに投票するかは自由なんだから意味ないでしょ。
北朝鮮じゃないんだから。

610名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 22:01:20 ID:WX1Qe8.2
利益誘導の本質をわかってなさすぎるwww

611名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 22:26:38 ID:9AkoDKZc
>>609
企業の利益になるチャンスを社員や社長が自ら潰すわけないだろ
アホか

612名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 22:31:52 ID:JEHhQVDU
>>610-611
最近の国政レベルで
建設業者相手に利益誘導する政治家なんているのかね。
ソースも出とらんし。

そもそも個人が投票所でどう投票するかなんて
わからんしねぇ。
社長にとってチャンスでも
従業員がどう動くかなんて誰にも制御できないし。

613名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 22:44:21 ID:WX1Qe8.2
もしかして、古くさい階級闘争史観の持ち主かな?w
社長と社員の利益は対立するものだ、とか思ってる?www

いやまあ、そういう面もないわけじゃないけどさ。
仕事が無くて困るのは社長だけじゃなくて社員も同じだってこと
よく考えような。

614名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 22:44:38 ID:0pjHXwa2
というか、そもそも日本の政治ネタ出してる奴って単なる民主ヘイトだから
相手するだけムダ。スルー汁

615名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 23:00:34 ID:JEHhQVDU
>>613
なんか「お前は〇〇だろ!」てレッテル張りが好きな人みたいだけど、
対立も何もなぁ。何を言っているんだか。
御用組合と言う言葉もあるぐらいなのに。

実際の投票行動なんて誰にもわからないしね。

そんな単純なら
民主党が衆議院選挙で大勝するわけもないしなぁ。

616名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 23:39:46 ID:jUoSPU.c
今日はよくレスが飛ぶ日だねぇ…

617名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 23:48:49 ID:p3K67Miw
>>615
投票先の強制はできんが、自分の利害に絡むことで敢えて損をする選択をする人間は少数派。
自分の務めてる会社が損をして業績が悪化すれば必然的に減給やリストラに怯えないといけなくなることを考えれば、
当選しそうな候補者の中で自社を一番儲けさせてくれそうな主張の人間に投票するのは当たり前。
無論相当数の浮動票のある現状では、利益誘導する手腕があるからといって当選できるとは限らんが。

618名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 12:26:42 ID:aJijC8g2
>>604
なんせローマで言えばフン族がそのままローマ文明引き継ぐみたいな妙な展開くりかえしてたからなぁw

619名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 17:56:18 ID:iKaT/jF.
中国は、正しい歴史を記載せずに新政権に阿った歴史に変換するから、
無限ループのごとき状態に陥ったんだろうな

何回同じ失敗繰り返してるんだよ、あの国

620名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 18:22:57 ID:poPmcF8w
>>619
「アジア的停滞」とか言っちゃうマルクス主義史観の人ですか?

621名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 18:34:19 ID:aJijC8g2
>>619
新政権に阿った歴史というのは、近代以前は割とどこでもそうだよ。
欧州のキリスト教に阿った歴史なんかは有名だし、
日本でも信長、秀吉の貶められっぷりといったら凄いだろう。
蘇我氏の名前なんかも動物の名前を付けられているのは貶められているという説がある。

同じ失敗に関しても、お花畑のアホの子をトップに据えようとする悪癖が直ってないことを、
先頃鳩山で露呈したばかりのうちの国が言える立場じゃないし。
平安頃からやらかしてるしね、国軍廃止とか。

>>620
まぁ、近代付近はむしろ欧州と日本がインテル入ってたつーかチートモード入ってただけだよなぁとは思う。
イスラーム圏の「停滞」は中国圏と必ずしも同じ理由じゃないしねぇ。
清もイスラーム圏もちゃんと発展してたし。

622名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 23:03:16 ID:poPmcF8w
政治厨はフューラーに帰れよ
あんな肥溜めの流儀をよそに持ちこむな

623名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 23:29:58 ID:mP1IAjDY
フューラースレとも別だろこの流れは
まあ語り足りないならそこにいけ、は同感

てか>>620での煽りを見る限り、>>622もどっかで語りたそうだな?

624名無しのやる夫だお:2010/06/23(水) 23:41:57 ID:hLZvVYcU
前スレと比べておかしな人が増えてきてる気はするけど、どちらにせよ3行以上で語ってるのは読まない。
でだ、書くほうもNG入れればいいだろーなんて言わないで、知識披露と自己主張はほどほどにされたし。

625名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 01:25:46 ID:4uuaFdpg
迷惑だからってよそ様のスレに押し付けようとすんな

626名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 10:27:49 ID:VqKGH7Yk
>>617
> 自分の務めてる会社が損をして業績が悪化すれば必然的に減給やリストラに怯えないといけなくなることを考えれば、
> 当選しそうな候補者の中で自社を一番儲けさせてくれそうな主張の人間に投票するのは当たり前。

そんな単純なものかねぇ。
わざわざ投票所に投票に行く者はそんな馬鹿ばかりではないと思うが。

衆議院選挙で民主党が大勝したのが好例だと思うがね。
建設業者なんか関係ないし。

627名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 10:41:05 ID:xGMFDjOM
先日話題に出てた紅楼夢読んでみた
まだ最初の方をちょろっとだけだけど
 
中国で高い地位財産があると大変だねー
親戚の親戚みたいなのも世話しなくちゃいけないし大家族制って凄いなとおもた
他家の付き合いもあるし
 
主人公の父親の周りにいる若い衆達が
親子が一緒にいる時主人公の事持ち上げて
その後「色々言ってあげたんだから何かチョーダイ」と主人公の身に付けてる物全部剥がしていったのにはワロタw
自分のところの若様だろうにw

628名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 12:07:16 ID:nIB8LyOw
>>626
もうお前が馬鹿な事はスレの皆が理解したから、いい加減黙れよ
「民主民主」と呪文を唱えたいのなら別の板でやれ

629名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 13:29:37 ID:avT2pMtw
参院選直前だから政治厨がウザイことこの上ない
だから嫌われるのだ

630名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 13:37:45 ID:QZluAlEk
ま、選挙運動したいなら選挙事務所でも行ってボランティアしてこいと
今ならクチもたくさんあるだろうしな

あと>>628みたいに他人を罵倒したいだけのやつも、そろそろ去ってくれ

631名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 13:46:44 ID:lDzmsyNI
>>1さんのモチベ下げかねないし、みんな色々と自重しようぜ

632名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 16:09:08 ID:nIB8LyOw
>>630
つ鏡

633名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 16:34:06 ID:QZluAlEk
>>632
じゃ >>632向けに鏡置いときますね
>>628 名前: 名無しのやる夫だお Mail: sage 投稿日: 2010/06/24(木) 12:07:16 ID: nIB8LyOw
>>もうお前が馬鹿な事はスレの皆が理解したから、いい加減黙れよ

こういう人格非難は、書いた人が気持ちいいだけで、周りから見ると不愉快なだけです。
むしろ、論破された人の逃げ口上にしか見えないという逆効果もあります
以後自重されたほうが、>>632様のためでもあるかと

634名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 16:35:39 ID:qV./da2w
どちらも読んでない俺からすればどちらも悪い
とりあえず黙れ

635名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 21:12:05 ID:naUiACBc
不愉快だから黙れ!ってのはちょっとワガママが過ぎるんじゃない?
>>1がやめてくれっていってるならともかく。
モチベーションが下がる云々も>>1自身が言ってるわけではなく、
発言者の想像に過ぎないんだし。

636名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 21:26:10 ID:kTBn5eYM
関係ない話題でスレが進むと、どこも荒れるからな。
関係のある話題でさえ作者が雑談OKと言ってないスレでは荒れることもあるし。
だから作者が特に方針を示しているわけではないスレでは、自重しておいた方が無難。

637名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 21:30:44 ID:naUiACBc
フューラーさんじゃないが、作者がはっきりといってくれるのが一番だよな。
それがないと不毛な言い争いのねたにしかならないし。

638名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 21:52:29 ID:NxIazwqc
とりあえず「20世紀以降の話は禁止」くらいにした方がいいんじゃないかと。あまりに不毛すぎる

639名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 22:07:30 ID:MCwFQyFI
まあ今はひとまずお互いに海よりも広い心を持ちましょうや
裁くのは>>1の専権事項だし

640名無しのやる夫だお:2010/06/24(木) 22:30:08 ID:ju4s8qKc
しかし皇帝なんて職業、真面目に務めれば務めるほど自分以外信じられない症候群が悪化してくんだろうけど、
やる夫の場合ちょいと一味違う印象があるね。
臣下から名臣や循吏が出て来てくれる事が至福、みたいな。

641名無しのやる夫だお:2010/06/25(金) 04:35:51 ID:A1kQlSD6
なんだかんだで「平和な時代」に生まれたってのが大きいと思う
余裕のない戦乱期に登極してたら明末の崇禎帝みたいに
疑心暗鬼に囚われて独裁スイッチ状態になったんじゃなかろうか

642名無しのやる夫だお:2010/06/25(金) 07:30:10 ID:qvX6aOiQ
以前投下で触れられてきたけど、左遷されたり迫害されても同族が反乱までは起こさないのも一因だろうな。

643名無しのやる夫だお:2010/06/25(金) 20:31:33 ID:Z78NCaAs
>明末の崇禎帝

歴代中華皇帝のどうしようもなく詰んでる人の例としてはおそらくは最高(?)の例なんではなかろうかと。
気の毒といえば本当に気の毒な人ではあるんだが、しかし袁崇煥だけは殺しちゃ駄目だろと。

644名無しのやる夫だお:2010/06/25(金) 20:42:02 ID:UghQzaOo
>>643
気の毒っちゃ気の毒なんだけど、ただ崇禎帝自身の責任失策も見逃せないのよね。
即位から滅亡まで十七年、親政もしているとあっては。

645名無しのやる夫だお:2010/06/25(金) 22:10:12 ID:Z78NCaAs
しかも何かっていうと凌遅刑だしな……

646名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 07:39:07 ID:NyBLsjaY
投下なかったな

647名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 17:44:51 ID:/UIqg9EY
皇帝に即位する以前はずうっとニートなのに、いきなりトップというのはどうなんだろ?

648名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 18:06:12 ID:Y4JRw69w
ローマの第4代皇帝クラウディウスが、皇帝になるとは誰も思わず軍事や政治のキャリアもなかった点で、やる夫と似たような経歴だな。
やる夫のように従来の権力層や知識層には不人気な皇帝だったけど、傾きかけた国を立て直してる。
官僚制ではやる夫とは異なり、整備と拡大路線を取ってたけど。

649名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 18:40:09 ID:Hgg1IevA
622みたいに脈絡無く他スレへの個人的なヘイトをまきちらす行為は>>1の口から明確に禁じてほしい
素で驚くわ

650名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 20:35:30 ID:huP0htkM
>>1に負担を強いるのもどうかと思うけどね
普通にスルーでいいじゃない

651名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 20:39:48 ID:AXQNLty2
>>1でいきなりジャイアンなことに気付いて藁田

652名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 21:04:43 ID:Hgg1IevA
このスレを荒らすのならスルーでいいけど
他スレにだからな
スルーを名目に変な温床になるのが怖い、同類に見られるのも怖い

653名無しのやる夫だお:2010/06/28(月) 22:26:57 ID:huP0htkM
>>651
むう、つまり我々がヒートアップすればするほど、リタイサルが盛り上がるってぇ寸法か。
こいつは一本取られたね。

654 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:16:36 ID:NFZfmAd6
続きです。

>>1は、雑談については
ご自由にどうぞ、と思っております。

655 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:17:03 ID:NFZfmAd6


             ┌────────────┐
             │捐納〈えんのう〉出身の  ......│
             │                  │
             │【李衛】は、         ......│
             └────────────┘

    ┌───────────────┐
    │雍正3年に 浙江省の           │
    │                        │
    │地方官のトップに大抜擢され     │
    └───────────────┘

             ┌────────────────┐
             │その2年後には              .│
             │                       .│
             │完全にフリーハンドを与えられた  ......│
             └────────────────┘
       >__.. -‐<_: : -‐ ´ :/. : : : : : `ヽ ヽ: :ヽ: ヽ
.     / : : \__//. :>ー-.: :/ . .    /. : :/ ヽ !: : !: : !
   ∠ __-‐/ : : : : /. : ̄/-\´_.. -‐/  イ :〃∨. : l : :l
.    /´ヽ / /. : :/ : : : /斤¨ヾヽ ー≦-‐ ´ //′/l : : l : :l ようするに、浙江省は
  /   i l/{ : :/ : : : /  { 〈_∧ ∨     / /_/:/  ∧:/   私が自由に切り盛りできるってワケね。
/     l   ∨. : : : /   ゞ く        -‐__´イ : /  ∧ }
       l   /. : .イ:∧          ´斤ハ∨ :/ :/ /く
      l  / / !/ lヽ    ヘ、 ′ く´_ソノ/∠__∧ ヽ
、     l  {/   l′ト、ヽ、 、_ノ>    ∠ ////  \/
个ー ′  !  ヽ、    ト、   ヽ、_   -‐ ´/ / く./
 ヽ、   _l      ∧ \__ / //.:∠ イ /ヽ( Yヽ
   >/ _`つ    ∧ ヽ __/ // ̄ / /\   ヽ!(ヽ
 / /  (_,ヽ     /  ー‐/ /   / / 辞 > 浙ヽ(ヽ、
/ /   / ノヽ   /   /     ∠ _く\令 / 江 /ヽノ  浙江総督(せっこう そうとく)
、 !    /  ∧_/‐≦´-、――ァ ´ ̄ヽ ( ヽ / 総 /⌒ヽ >    【李衛(りえい)】
.  ̄\   / ノ!∧\┬く`ー匕j       \  \督/ 弋ー'ノ\

656 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:17:29 ID:NFZfmAd6


       ┌────────────────┐
  ィ′    │辺境に近い雲南省と違って、        │--‐'' ̄ ̄    /--'" \   __  _ __/
   ト     │                       .│         _ '北京◎ ヽr'´ ∨
    ゙‐ 、 │浙江省や江蘇省は                │、 ..、  _../  」   ┌ ┘
      ヽ │                       .│.ノ   '、丿│.  │   ,,> 、,--_
    │ │中国の最先端地域であり・・・      .│ _  │  |    ノ‐/   " _r‐"
    {゙′ └────────────────┘   〉  '、 !   亅 ゝ、   _/
   ヘ 、           丶..、       _    (     〜^´  レ─'´   ⊥r‐"`ー、
     "--、           ^''''-.. 、  / ゝ.. _厂ー、 ..┘   _>、    ノ"  '、江│
       ゝ 、             ー‐"┐       `''''^''‐-...._ノ `ー--_''    '、蘇 >
         \、               1          丿 '、      ゙┐  丶 /浙>
          "゙'―-..-..,,、         ノ         /  ( ー-....、 _..亠ー- / 江│
                 `1____..v―-J''v「‐' 、   ..、 '' ー-''''、 〕     〈    _ゝ、_/
                         }  `'、 ./       '、     │  _/   }
                        _../   一ー ゙'1     j.. 、    │  ノ   │  _,,、
                       l__        ゙r-,,..一‐'''’ \ ---'''' ..ゝ、  ノ´ /´丿
                        '、 雲南省 │        l        ├┘  │丿
                         〈 、 y+ー―"`''┐    /  ...-―‐′     ∨
                          `''゙∪      ゙‐ー‐-ォ'ニ-―'
                                      _ }∟、
                                     │ __丿

657 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:17:54 ID:NFZfmAd6


         ┌─────────────────────┐
         │明の時代から中国経済・文化の中心地である    │
         └─────────────────────┘

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /                                                  \

658名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:18:02 ID:ehpqeZ66
おお

659 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:18:20 ID:NFZfmAd6


                       ┌──────────────────┐
                       │そして、これら江南の人間は          │
   \  /:\  /ヽ     /|.     │                           .│
 !,:::::::..\|:::::::::..\|:::::::..\_/:.:,!    │この経済・文化の高さをバックにして    .│
  !,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.!.    │                           .│
  !,:::::::_;;;;;;___;;;;___;;;;;;:::::|.      │プライドがムチャクチャ高く         ....│
   !,:::「 /._|乂X/ ヽ |::::|.      └──────────────────┘
   」:::| |  | ・ i f´./   | |::::j 、
  r⌒i  |   ̄| | /   /. |f┐|.     .┌─────────────┐
  | f´'i  ヽ___|,,⊥__ノ j´`'/..       │北京政府を              │
  ヽ/     `ー´   く/       │                    │
 ∠_________二}.        │田舎者とバカにしていて     │
   ` 、_      _,,,一'′         │                    │
       ̄ ̄ ̄ ̄                │素直に従おうとは しない。  ....│
                        └─────────────┘

660 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:18:56 ID:NFZfmAd6


                         ┌──────────────┐
     __________      │また、知識人が多いため     .│
     |              <.     │                   .....│
     |   _______ <..    │河南省などとは違って       │
     |  |   \   / |  ̄      .│                   .....│
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|        │やたらと訴訟沙汰が多く・・・   ..│
     | v   |  \ | / ||.       └──────────────┘
     (d   \_人_ノ |_
      |       つ   /   不当判決は
      \         /        困りますぞ、地方官殿!
        \_____\
         / ∨L∨\  ̄





                              ┌───────────────┐
           ___             │歴代の皇帝は                  │
          ./    \         │                     ...│
          .| ^   ^ |          │官僚の中でも選び抜いた      ..│
          | .>ノ(、_, )ヽ、.|        │                     ...│
         __! ! -=ニ=- ノ!__.      │エース中のエースを派遣する    .│
    /´ ̄ ̄ .|\`ニニ´/    `ヽ    │                     ...│
   {      .|__  ̄ ̄ヾ      }   │難治の地なのだ             │
   i;;',,,  r---イ     /|,、_,,  ,',;:',i   └───────────────┘
   .l;';',;,,  }  /;\     / ヽ / ,;,;;',;l
   .|;;',;,   } ./;;;,, \   / ;;;;;;ヽ ,,;;','i  余計な手間をかけさせおって。
   i;',,   / /;;,',';;  ノ--, ',',;;::',',゙i ,,';';i     あまり私を怒らせない方がいいぞ!
   i;,';  /./,',',';;" /   \ ',',',;;,'i ,;',i
  /  / i 、  /    ヽ ',;::'、|  \
 ヽヽヽヾ丿  〈       ヽ''  {////
  ```` ト,   i        | 、 i´´´
      |',',;;  }        ! ',',;;i  ←【歴代のエース官僚】
      |,','、 /        ヽ',',','|
      !;;', /          !,',;,;'|

661 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:19:20 ID:NFZfmAd6


                                   ┌───────────────┐
                                   │ところが【李衛】は           │
            ,. - ── - 、.           │                     ...│
        r'つ)∠───    ヽ.           │官僚の中で最も卑しいとされる   .│
       〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__r 、  \.         │                     ...│
      ,.イ      ,イ    \ヽ,\rv-,        │捐納(売官)の出身である      .│
     ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \Y <ノノ\        └───────────────┘
     {  .ト{\ヽ',  メ __\  } ⌒ヽ }へ
      ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、ノ   // >=
      ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\/ /    \
     /.  {   ゝ     /  レ//  } Y´      \.     ┌─────────────┐
     {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、_    \     │しかも                .│
     V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /≦__    }.   │                    │
       V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /   ̄ ̄ ̄  /.     │古典的教養に乏しいくせに   .│
        リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |     _/       │                    │
         /{{ |   |===|    || |   __/         │やたらと態度がデカい。    ..│
        /し|| |   |== /   // | /,.イ             └─────────────┘
       /  ヽヽ  l==|  / /    l
      /    イ\  \=|  ///    〃
     〈  ≧ー <   ミ  ヾ| //      ト
      \    \  \>∠、     /\
       \    \ <〆ハ ゝ  _/   \

662 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:19:44 ID:NFZfmAd6



          ┌─────────────┐
          │当然ながら、【李衛】は     .│
          │                       .│
          │浙江人に馬鹿にされ・・・     .│
          └─────────────┘
       ク    ク   || プ  / ク   ク  || プ  /
       ス  ク ス _  .| | │ //. ス ク ス _ | | │ //
       / ス   ─  | | ッ // /  ス   ─ | | ッ //
        / .        // /          //
           ∩___∩     ∩___∩
           | ノ⌒  ⌒ ヽ    | ノ⌒  ⌒ ヽ
          /  >  < |   /   =  =  |
          |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ
          ヽ     `Y⌒l_ノ  ヽ     `Y⌒l_ノ
          /ヽ  人_(  ヽ / ヽ 人_(  ヽ
         /    ̄  ̄ ヽ-イ /     ̄  ̄ヽ-イ





      ┌─────────────────┐
      │統治は難しいと思われたのだが・・・    .│
      └─────────────────┘

   おチンチンびろーん ∩___∩
   ∩___∩      | ノ  ○─○ヽ_∩__∩ あばばっあびゃばびゃばば
   | ノ      ヽ/⌒)  /  /3   3 |      ヽ
  /⌒) (゚)   (゚) | .|   |    ( _●_) |o⌒  ⌒o|
 / /   ( _●_)  ミ/∩―−、   |∪| /⌒(_●_)⌒ ミ
.(  ヽ  |∪|  / / (゚) 、_ `ヽ ヽノ |   |∪|  /
 \    ヽノ /  /  ( ●  (゚) |つ  ∩.  ヽノ∩
  /      /  | /(入__ノ   ミ   | ノ⌒  ⌒ヽ
 |   _つ  /    、 (_/    ノ  /  (。)(゚)|
 |  /UJ\ \   \___ ノ゙ ─ー|  (⌒_●⌒)ミ
 | /     )  )    \       _彡、/ |U  UU_/
 ∪     (  \     \     \   | |     ||
        \_) あびゃばばばだーん . .| |nn _nn||  ぐへへへへへへ
                          \___)

663 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:20:13 ID:NFZfmAd6


      ┌──────────────┐
      │ある事件を きっかけに・・・    .│
      └──────────────┘
         /:::///   ___ \:.ヽ ヽ\
        r==f/ / '´ ̄ l:..   \:``ヽ::V=≠┐
        └ァ'7: /::/〃l: l: :..  ヽ\ヾ! 弋f>、j
         /く l::: l:::::!::l: l{:: .!:.::: .   |.:: }: }::: V \\
      /,イ/〉|::: |::`!::トklヽ:{\::::.....j;イ!:リ:::: レスト、>
       V'//::ハ::.:l:: :!,ィテトミ\ \くィチfK|:::: |)ヽ`|
       Y{::::八::iヽ{ ヘz;;ノ    ´{z;;:ノイ:i:: |:: V!
          |:!::::::{:ヾ!ハ `´   ..  `´ /::!:.:..l:: j::|:|
          |:!::::::::ヽ::::.. 丶   ー_一   ィ:::,':.:./〃! リ
          ヽヽ:八::ヽ:::::... `ト __ ,ィチV:〃::/{:/ノ"
        丶ゝハ:::}ヽ=-、::ヽ、_′/乂:/lハ{″
           /二リ、 \ _ヾ:Y⌒「´/;:イ |l 〉
         〃‐ 、 \\/_ノ:/  |┐ ∧ |l
         |′   \`//;;;;f   /∧\ V/
         |/''    //;;;;;;;;!  ' / fヘ、Yー、
        rイ, '´   〈/;;;;;;;;; !   '   ト/_シ
        〈〃     /;;;;;;;;;;;;;;!      几ヽ〉





   ┌────────────────┐
   │浙江省の知識人や有力者たちは    .│
   │                       .│
   │とても【李衛】に逆らうことは     ......│
   │                       .│
   │出来なくなったのだった        ....│
   └────────────────┘
 ババ        バババ  ババババ
    バババ ∧_,∧  ババ ∧_∧ バババ
  ∧_∧バ( ´・ω・∧_∧ (・ω・` ) ∧_∧ テメー【李衛】さんを
 (´・ω・)=つ≡つ);;)ω(;;(⊂≡⊂=(・ω・`)      ディスってんのか?
 (っ ≡つ=つ  (っ  ⊂)  ⊂=⊂≡ ⊂)
 /   ) バ∧_∧| x |∧_∧ バ (   \
 ( / ̄∪バ (  ´・) ∪ ̄∪(・`  )ババ ∪ ̄\ )
  ババババ/    )  バババ (   \ ババババ
 バババ  `u-u'. バババ ババ `u-u'    ボッコボコにしてやんよ

664 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:20:39 ID:NFZfmAd6


              ┌──────────────┐
              │それは、雍正4〜5年に       │
              │                   .....│
              │立て続けに起こった        .│
              │                   .....│
              │筆禍事件によるものである   ....│
              └──────────────┘

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

665 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:20:59 ID:NFZfmAd6


       ┌─────────────┐
       │異民族の征服王朝である  .....│
       │                    │
       │清朝では・・・          ....│
       └─────────────┘
                ,..-,
               , ':/;;:/:::
                ,'::/;;:/:::
   、――,        ,'::/;;:/:::   _______,
  /:: :: :: ;ヽ      ,'::/;;:/:::   /:: :: :: :: :: :: :: :: ::/:)
  l;;;; ;; ; ;; :l::::.    l/;/:::.  /:: !:: :: ;:; :; :;:; :: :/:/::
  `ー―‐'::::     /::::::::.   /:: :; :: :: :: :: ;' :: ::/:/::
     :::::::::::     /::::::.   /:: :#:: :: :: ;: :: :: ::/:/::
           ′     /;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;/:/::.
                 '三三三三三三l:/:::::





   ┌─────────────┐
   │朝政誹謗や攘夷思想には   │
   │                    │
   │ことの他 敏感で        ....│
   └─────────────┘

          ┌───────────┐
          │厳しすぎるくらい       .│
          │                │
          │厳しく取り締まるのだ   .│
          └───────────┘
        ▲           ▲
       / ヽ             / ヽ
       /―-ヽ         /―-ヽ
      |  |        |  |   思想統制って
      |(゚Д゚)          |(゚Д゚)      ヤツだよ!
      |(ノ |つ       |(ノ |つ
      |  .|           |  .|
      |_工_|.         |_工_|
       (/ ∪         (/ ∪

666 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:21:35 ID:NFZfmAd6


┌────────────────┐
│ところが                  .│
│                       .│
│こういった筆禍事件を起こすのは    .│
│                       .│
│浙江人が多く・・・             │
└────────────────┘
   . 、___________
     、>              .|
     >________   .|
      ̄   .|./_   _\ |   |
         | /  ヽ/  ヽ |  |
   .      | | / | \  |  V⌒i
         |.\  人__ノ   6 |
        /  ○        /
   .    ε             厂
       \    _____/
         ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
          /./  ./op    i. \





     ┌───────────────┐
     │やる夫の時代に起きた          │
     │                           .│
     │事件もまた、そうであったのだ    .│
     └───────────────┘

            【浙江 筆禍事件 三人衆】

 ヽ\/_\//     ヽ\/_\//     ヽ\/_\//
  || ̄ w  ̄||       || ̄ w  ̄||       || ̄ w  ̄||
  (d (・)(・) b)      (d (・)(・) b)     (d (・)(・) b)
 / __^_ \     / __^_ \     / __^_ \
  ̄)___( ̄      ̄)___( ̄      ̄)___( ̄
   `――― ´        `――― ´        `――― ´
  【汪景祺】         【査嗣庭】         【呂留良】

667 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:22:07 ID:NFZfmAd6


                                                         ..、
    ┌───────────────┐                        / /
    │これは、教養とプライドが高く      │                         /  ./
    │                     ...│                       ,/゛   ./  ,/'i
    │反骨精神旺盛な           ...│                   ,, -'´    / /  ./
    │                     ...│                _,, -''"       ┴"   ..,'
    │浙江人ならではと言えるだろう   ..│          _,,,.. ー''"               /
    └───────────────┘_,,.. .-ー'''"゙´                   ノ゙_, -'l
                  _,,,......--―ー''''''^゙´                           ~゛  l
            ,.. ー'''゙゙゙´                                        /
             /゛                                           ,/
            /                                          ,,-'"
         /                                         /
        /           _, -―- ....,,__                         ,, ‐゛
        l          ,i'´         ゙゙̄ ^''''''―-..........,,,,,,___,,,,,,,.. -‐'"
        /          l /´`'''ー ,,,、                !
          !          !'ゝ ,,,_     `゙"'ー   ,.. -ー''''^゙゙゙__´ !
          !          /     ゙,゙^'''ー ,,....,-‐''   `ソ'゙ブ゙/ 'i ゙リ'、
        ヾ..―-,,..     l    ./   /  !  l    、 ゛  ! !゛ l゙ ./ │ そもそも我々に
         ,'  __ `''ー..、 !     ヽ、 \ー'ヾ    !、  ゝ...l,,ノ   !
         ! ゛ ,ミ'、   `´         ゛       `!、   ,i  ,'   『皇帝』などという存在は
         !  (.. .l                     \   .! ,,'
         ',   ゙''''゙                 ∠.. --./   | "      必要ないのだよ。
         ゝ..,,                   `^゙゙゙゙゙ ̄    /
            `゙''''' i\                         !
                / ! .\..         ー'''''^ ̄ ゙゙̄"   ,'
            ,i′  l゙   \           ''''     、
           ,'    \    `'-、                  !
         _.."}     \     `''ー..、         __,,/
     ..,.. -''゙゛  .l       .\..      ..゙ー―ー''''''r'"´ ..、
 ..,,,-‐'´       !         \           l゙    .\
´           !          \        !      l`゙''ー ,,,_

668 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:22:32 ID:NFZfmAd6


     ┌──────────────┐
     │当然ながら やる夫は激怒し    │
     └──────────────┘

                ┌────────────────┐
                │浙江人を大いに憎むことになる。  .....│
                └────────────────┘
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__;:;:;:;:────ー;:;:、、 _;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,-                   \;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、ー´           : :           ヾ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/               : :          : : ヽ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/               , : : :             ゝ;::;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:/      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;::;::;::;::;:;:;:;:;:;:;:ヾ____       ヾ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:/     ノ彡;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;::;::;::;::;::;::;:;:;:;:;:;:` ̄ ̄ ̄"ー 、,,     ヾ;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:川     ノ彡  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  : ノ≡二ゝ ヾ、  ヾ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:|,    ィ=イ彡´;    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‖ ‖彡三三ミ、lil     ヾ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:l'   ̄  ,-=ゝ、_ ゞi、::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ll  l/ソ 〟`゙川 lil      ヾ;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:.l'  ‖ ソノ´三三ミ、 `ll :::::::::::::':::::::::::::::::: 'll、 'l;; ヽ〝 ,ノ;ソ  ll      ,,;;ヽ;:;:;:;:;:
.;:;:;:;:l,  ||  i::i ;;;/ 〟ヾ;ミ ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヾ、 ヾ三ニ;ソ' il'         iil;:;:;:;:;:
.;:;:;:;:li,  ||  リ ;;;ヽ 〝 ノソ ll:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヾ, : : : : : : :  :        ::ii|;:;:;:;:;:
.;:;:;:;:l|  ヾi  ヾ三二ソ" ; ;゙      ii: :        :::::::'::'::'::::::::::         : |;:;:;:;:;:
;:;:;:;:リ   ::::::::::::::::::: : : : :: :       ll: :          ),:::::::::::::         : l;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:ソ    :::::::::::: ll             ll: :       ;:;:;:ノ''             : :l;:;:;:;:;:
;:;:;:,リ      ::::::::ヽ、;:;:;:;:       lil  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ソ     _        : :l;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:|,       ゙、;`,:ヽ、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ \,, -── ク´               ソ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:ヾ       ヾ::::::;; ;;ヾー、==二''''' ̄;: ̄ ̄mリ´:::::::     . .       :ノ;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:ヾ       ヽ:::::::;;ヽ;;ヾ ̄´;;;:,;:;:'';;:、;:;:;:;:,/,ワ:::::::::            . . : :/;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ,.      ヽ:::;; ヽ;;ヾl ;:,,_;:_;:,_/,ワ´:::::::             ; ;/;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ;;;      ヽ ::;;; ` ミ三三三彡"";; ;

669 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:23:03 ID:NFZfmAd6


          ____
        /      \   ふむ。面白い話だお
       /  ─    ─\
     / ノ(  ⌒  ⌒  \  浙江人は、我が清朝への
     |   ⌒   ,ノ(、_, )ヽ    |    忠誠心は無いのかお?
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く




          ____
        /―  ―\  つまり、我が清朝に
       /  ⌒   ⌒ \    仕える気は 無いということかお?
     / ノ(   ノ 、_! ヽ  \
     |   ⌒   トェェェイ     |
     \      ヽニソ    /





           ____    そういうことならかまわねーお。
         /     .\        浙江人は科挙をやめるお!
        / ─    ─ \
      /  ((;・.,;)   ((.,;・)  \     /⌒ヽ_ノ) ) )
      |   ⌒(___人___)⌒  │   ,' ;'⌒'ー''
    .   \    トェェェェェイ   /   │ :i    (⌒)
      /    \_ `ヽ.  \   ノ ,';'     ノ ~.レ-r┐、
     /        `\ \  `‐/ //ー一ノ__  | .| | |
    ./           \、_>'´ ノ'´;〈 ̄   `-Lλ_レレ
    |                `ー一''´ー─‐  ̄`ー‐---‐‐´

670 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:23:30 ID:NFZfmAd6


        次回は、郷試も会試も 受けさせてやらねーから
               そのつもりで居るがいーお!
        ____                ____                ____
      /⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\
    o゚((●)) ((●))゚o        o゚((●)) ((●))゚o       o゚((●)) ((●))゚o
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_).    |r┬-|     |
l_j_j_j と)   | |  |     / l_j_j_j と)    | |  |     / l_j_j_j と)    | |  |     /
      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ

       ┌────────────┐
       │頭にきた やる夫は・・・    .│
       └────────────┘

                 ┌────────────┐
                 │見せしめのため、       .│
                 │                  │
                 │浙江省での科挙試験を   .│
                 │                  │
                 │中止すると          ...│
                 │                  │
                 │申し渡したのだった    ......│
                 └────────────┘

671 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:24:11 ID:NFZfmAd6


             ┌───────────────┐
             │反骨精神旺盛な浙江人も・・・   ....│
             └───────────────┘

        l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
        l             >   ━━┓┃┃
        l  ________\        ┃   ━━━━━━━━
        l  l   \  / |   ̄        ┃               ┃┃┃
        l |  <・> < ・> |                                 ┛
        (6    "" >"" |
         | υゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚        ┌─────────────┐
          \  。≧       三 ==-       │このペナルティには         .│
           \-ァ,        ≧=- 。.       │                       .│
                イレ,、       >三  。゚ ・    │いっぺんに参ってしまった!   │
             ≦`Vヾ       ヾ ≧.        └─────────────┘
             。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

672 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:24:33 ID:NFZfmAd6


     ┌────────────────┐
     │いつもは清朝をバカにしていても   ..│
     │                       .│
     │官僚の地位は                 .│
     │                       .│
     │ぜひにも望むところである          .│
     └────────────────┘
         ____
         \    ───___
         <             ̄ ̄ ̄ ̄|
         > _________     |
          ̄ ̄ | /       \ |    |   ということは
             | /⌒ヽ  /⌒ヽ  |    |
             | | ‘ |  i ‘   |  |    |    次回は 合格者ゼロ!?
             | ヽ.__ノ  ヽ._ ノ  .レ⌒ヽ
            ノ   o          6 |
           /__   \      _ノ
               >        ノ
              <、___   イ
                  |───┤
                / |/ \ / \

673名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:24:38 ID:gK8rp6fk
ひでえw

674 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:25:00 ID:NFZfmAd6


       ┌─────────────┐
       │というか、             │
       │                    │
       │官界とのコネがなければ     │
       │                    │
       │すぐに没落して しまうのが   │
       │                    │
       │中国なのだ             │
       └─────────────┘
           _
          : >  ̄ ―― ---‐ __
           ; > ______.   | ;
            ;  ̄  | /_    _ \ |  |  ; ということは
             ;  .|.l´,,ヽ .i'゙,, `i |   | ;
              ,   jヽ__ノ ヽ___ノ レ‐、l  ;   浙江派閥は 壊滅!?
            ; /  ° 、      6 }  ;
             ;   ̄~> ヽ   ノ゙´ ;
             ;  <____イ  ;
               ;  /|/\/\ ;

675 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:25:21 ID:NFZfmAd6


      ┌──────────────┐
      │もちろん、              .│
      │                   .....│
      │勉強中の受験生にとっても   ....│
      │                   .....│
      │時間と教育費を           .│
      │                   .....│
      │大幅にロスすることになる     .│
      └──────────────┘
        /⌒\  /⌒丶
       / / ̄二二二\|
      /∧/ /⌒  ⌒\
      /// / >゙<  >゙< ヘ|  夜食にメロンパン
      /| | |O| |O|     食ってる場合じゃねーよ!
      /| | ー" 〇ー" |
      /∧ |  )―-、  /
      ///\\_∠二)ノ_/
      //  \―/`ー"丶
      /  \ (⌒)♯#(⌒)

676 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:25:47 ID:NFZfmAd6


          ┌───────────────────┐
          │結局、浙江省の知識人や有力者は・・・   ....│
          └───────────────────┘

                    ┌─────────────────┐
                    │大いに反省の意を表して        ......│
                    │                         .│
                    │【李衛】に とりなしを願ったのだった  .....│
                    └─────────────────┘
     -ーー ,,_                 -ーー ,,_                 -ーー ,,_
   r'"      `ヽ,__            r'"      `ヽ,__            r'"      `ヽ,__
   ヽ       ∩/ ̄ ̄ ヽつ      ヽ       ∩/ ̄ ̄ ヽつ       ヽ       ∩/ ̄ ̄ ヽつ
  ノ ̄ヽ  "ヽ/ "   ノ   ヽi      ノ ̄ヽ  "ヽ/ "   ノ   ヽi      ノ ̄ヽ  "ヽ/ "   ノ   ヽi
 |  \_)\ .\  lll ●   ●|\   |  \_)\ .\  lll ●   ●|\    |  \_)\ .\  lll ●   ●|\
 \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ  \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ  \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ
    ̄       \_つ-ー''''        ̄       \_つ-ー''''         ̄       \_つ-ー''''

          -ーー ,,_                 -ーー ,,_                 -ーー ,,_
        r'"      `ヽ,__            r'"      `ヽ,__            r'"      `ヽ,__
        ヽ       ∩/ ̄ ̄ ヽつ      ヽ       ∩/ ̄ ̄ ヽつ       ヽ       ∩/ ̄ ̄ ヽつ
       ノ ̄ヽ  "ヽ/ "   ノ   ヽi      ノ ̄ヽ  "ヽ/ "   ノ   ヽi      ノ ̄ヽ  "ヽ/ "   ノ   ヽi
      |  \_)\ .\  lll ●   ●|\   |  \_)\ .\  lll ●   ●|\    |  \_)\ .\  lll ●   ●|\
      \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ  \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ  \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ
         ̄       \_つ-ー''''        ̄       \_つ-ー''''         ̄       \_つ-ー''''
                            我ら一同、土下座してお願いしますクマー

677 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:26:23 ID:NFZfmAd6


           ,∠// ____   ヽ ヽ \
      ,r== <¨ / ,' , '/ ´ ィ    ` ¨ `ヽ ヽ ヽ
    /'´    V / ,' / /| │     ヽ  |  !  ',    だいたい、あんたたち
    |      ヽ. { { X   ! ハ ヽ    }  |   |ユ\      図にのって 態度デカすぎなのよ!
    |       ヘ| レ' `ヽレ、 \ ヽ_ ,ムvイ  l 」_/}
    V        Vィチ示   ' `'' ,r=zミx| i  ! |ヾハ     ちゃんと反省して
     ヽ       ! Vzソ      kチソ l !  ! |ヽ i|        おとなしくなさい!
     ヽ       |  ̄ , ― 、  ゞ‐' ,','  ,'_」 V
.     /ヽ     ∧   l    !    ,〃  ,' ,'  ,'
.   r'⌒      '  \ 弋  ノ   ノ/   / / /
.   |    ヽ      \ 二´ィ ´ ィハ , ' , ' /
  丿      <\ |   l    │ ノ∠ /| ,'
  (   、     ィ_.ノ    |    `¨~〉ノ`ー-V
  /    \   /´     l_   _ , ' ´    `ヽ  ←【本日のお前が言うな】
  \ `\ `ー{,    -―ヘ ~¨´          ヘ
    \  ` ー `ー ´     V             |

678 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:26:49 ID:NFZfmAd6


   ____________ノ|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<ノ|
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |;;;;;;;;;;;/三────;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |;;;;;;;;;;;|∠二二ゝ ヽ二二|       < 反省してます…だから、だから・・・
  |;;;;;;;;;;;|三く( ()   ( ()ノ|ヽ        \____________
  |/⌒ヽ|三     \   ソ
   |б三三   _ ̄  |
   ヽ三/三   ̄ ‐ ̄ /           /#\_/#\
    /ヽ\       /           | ### (#) ### |
    ゞ::  \_____/          /ヽ##ノ  \.#ノ、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       /          │  < ぜひとも・・・ぜひともお願いします・・・
                       |     -===-、|    \____________
                       │  /       ヽ
                        ヽ/        │|
                         |_|       .|_|
                         (.__)     -◎ |_)
                          |    |   |
                          ⊂二⊃⊂二⊃

679 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:27:08 ID:NFZfmAd6


                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i  わかったわ。
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l
             lく/〈/´!::l ゞ-'   弋冫j/l l〉 !   私のほうから
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!     何とかお願いしてみるわ
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄   /

680 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:27:38 ID:NFZfmAd6


               ┌───────────────────┐
               │他ならぬ【李衛】の願いであったので・・・   ..│
               └───────────────────┘

        /:::::::::;'::::::::::;'´ ,.-'7´:::::l::::ヽ:ヽヽヽ\
       /:::/:::::l::|::::::::::i' ,.:':::::/::::::::::::!::|:::';:::';:ヽヽ::ヽ.
      '::::/:::::::|::|::::::::::|'::l:::::::l:::::::::::::j::::|::::l、::}::::l:::'t::::',  彼らも反省して
.     ,::::;':::::::;:-rl::::::::::|:::|::::::j;::::::::::/|::;'|:::ハ:ハ::|:::::l::::::',   浙江省の気風も改まっております
.       |::::l:::::/  ハ::::::::::|:::|ーH-、::/ ,!/ |:;' ,l'-lイ:::::ト、::::l.
     l::::|:::ヽ. ,イ |:::::::::::l::lヽ::| !::;:'` / / 伝:l !|::::;ハ.';::::l.   陛下、ご容赦願えないでしょうか?
      l::::|::::::::l 1_ !:::::::::::1 ,:状六゙i`    '砂 ,!:;ハ::V:::::|
.     l::::|:::::::;',':l |f,:::::::::::',ヽ.ヽ无_l    丶 'イ::::!:::|::::|
     l:::::|:::::;','::l |l. ';:::::::::::',  `¨´  ,..... 、1  /:::::|:::|l::r ¬、
.    l:|::::|::::|/::| |ヽヘ:::::、:::::'、    l.   |  /::::::;!:::|」._ 厂二ヽ、
    lハ::::|::::::l::ヽ」:::::::ヽ::::\:::ヽへ、 ,.ヽ -' ,/::::::::;':::/   ヽ、l  ,.-ヽ、
.    || |:::::l::::::ヽ::::ヽ:::::::ヽ::::::::y′/`ヽ」__..ノハ::::::;'::::l ヽ、_.) ,'   l.
.     |l !::::';:::::::::ヽ::::ヽ::::::::ト、/ / _,.-'´ ヽ|::ト|:::::!_::∧ ´   ト{.__仁 |
.    || l:::::';::;.-'´ ヽ::lヽ:::::|〈   ´  -一´T| ヽ:::|::',ヽ、',   l     /
     1 ゝ'二¬-、 リ ';::;' ヽ      fツ  ヽト;::| l ヽ     /





       ┌──────────────────┐
       │やる夫も                    ...│
       │                              │
       │間もなく処分を取りやめたのだった    ....│
       └──────────────────┘
                _____
              / ノ ' ヽ_\
            / .( ●) ( ●)\   卿がそこまで言うのなら
           /  ::::::⌒(__人__)⌒ \      仕方がねーお
           |      |r┬-|    |
           \       `ー'´ __/    よろしい。
           /        (         特別に処分を取り消してやるお。
           |     \/⌒) /⌒)
           |    \   /|,,.__ノ
           |    ( \/
           /   /⌒\
          |        \
          \___ノ\  l
           ノ  ノ   ) ノ
           レ´ ^    レ´

681 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:28:01 ID:NFZfmAd6


       ┌────────────────────────┐
       │まさか、やる夫と【李衛】で                    .│
       │                                    │
       │あらかじめ打ち合わせていた訳ではあるまいが・・・     .│
       └────────────────────────┘
          /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
         /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
        /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
         /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
      /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ   ありがとうございます!
      〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
    / /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\
    ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!
     l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
     |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
     |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
     |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
     l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
     ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
        \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
          X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
       <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
       { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
       l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
         !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
          |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /

682 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:28:28 ID:NFZfmAd6


                  ┌────────────────┐
                  │ともあれ、【李衛】のとりなしで     ..│
                  │                       .│
                  │浙江人への処分は解除され・・・    │
                  └────────────────┘
     -ーー ,,_
   r'"      `ヽ,__  ありがとうございますクマー!
   \       ∩/ ̄ ̄ ヽつ
  ノ ̄\ /"ヽ/ "   ノ   ヽi          -ーー ,,_
 |  \_)\ .\    >  < |\      r'"      `ヽ,__   もう暴れませんクマー!
 \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ    \       ∩/ ̄ ̄ ヽつ
    ̄       \_つ           ノ ̄\ /"ヽ/ "   ノ   ヽi            -ーー ,,_
                        |  \_)\ .\    >  < |\     r'"      `ヽ,__
                        \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ    \       ∩/ ̄ ̄ ヽつ
                          ̄       \_つ          ノ ̄\ /"ヽ/ "   ノ   ヽi
                                              |  \_)\ .\    >  < |\
                                              \ ~ )     \ .\_  ( _●_)\_つ
                                                ̄       \_つ

683 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:28:52 ID:NFZfmAd6


     ┌──────────────────┐
     │雍正7年の郷試、8年の会試を      .....│
     │                           .│
     │無事に受験することが出来たのだった   │
     └──────────────────┘
  |         |  |      ________________________________________________
  |         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         ∧_∧
/|\/  / /  |/ /           (___)
/|    / /  /ヽ            /〔 浙江〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l            `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   ∧_∧     / /(_)
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    ∧_∧
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 浙江〕
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)

684 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:29:18 ID:NFZfmAd6


           ┌────────────────┐
           │そして、この雍正8年の科挙では    │
           │                       .│
           │多くの合格者を生み出し         │
           └────────────────┘

     ∧_∧         ∧_∧         ∧_∧         ∧_∧
     (`・ω・´)        (`・ω・´)        (`・ω・´)        (`・ω・´)
     ノ つ_φ___   ノ つ_φ___   ノ つ_φ___   ノ つ_φ___
   ̄ ̄\     \   ̄ ̄\     \   ̄ ̄\     \   ̄ ̄\     \


     ∧_∧         ∧_∧         ∧_∧         ∧_∧
     (`・ω・´)        (`・ω・´)        (`・ω・´)        (・ω・´)
     ノ つ_φ___   ノ つ_φ___   ノ つ_φ___   ノ つ_φ___
   ̄ ̄\     \   ̄ ̄\     \   ̄ ̄\     \   ̄ ̄\     \
                     (新しい進士のみなさん)

                          ┌───────────┐
                          │それだけではなく・・・    │
                          └───────────┘

685 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:29:44 ID:NFZfmAd6


☆          ∵∴∴☆※☆∴∵∴       ./ ┃┃┃
     \  ※∵☆☆★☆★☆★☆☆∵※       ┣━
        *∵☆★☆☆*☆*☆☆★☆∴*      ┃
      ※∴★☆☆*°°|°°*☆☆★∴※
     *.∴☆☆☆°°°°|°°°°☆☆☆∴ *    ヽ  ┃
    *∴☆★☆°\°☆☆★☆☆°/°☆★☆∴   .   ┃
   .. ※☆☆*°°★°°.※   .★ °°*☆☆※  *  ━┛
   ∴☆★☆°°☆   .※☆※  .☆ °°☆★☆∴        |
   ∴☆☆*°°☆ .※☆  .☆※..☆°°*☆☆∴     / ̄ ̄ ̄\
   ※☆★☆――★ .※☆   .☆※ . ★――☆★☆※  /       .\
                                    .|.        ゙|
   ┌─────────────┐               .|    .∧    |
   │トップ合格の「状元」        │               .|  ./川\  |
   │                    │.              \/┏┷┓\/
   │3番合格の「探花」までも・・・ ...│.                 。┃祝┃。
   └─────────────┘.              ゙ # ゚┃!┃; 。
                                       ; 。 ・┃状┃・ #
      __    __                              。 ;゙ #┃元┃# 。
     /##\__/##ヽ,                          ゙・# : ┃及┃。 ; 。
      |##/  -─--\                         .;:# ゙。゚┃第┃゚ 。 #
       ヽ/ /ノ ,,,   ,,,ヽ                     ; 。;; ゙.:。┗┯┛。 # : #
      | |  ((゚) _((゚)|                         。゙ ∧_∧│
      _ | |  ~~   o)~'| _ やったわー 状元!!       ゙ ( ゚д゚)│
    (_ )\|    (._ ̄/ /_ )                      : /  つΦ
      \ '===o=' /
       |   / ______ヽ|       ┌─────────────┐
     ◎-|  ヽヽ###ノノ|        │浙江人が占めたのだから  .....│
         |    ̄ ̄ |.         │                    │
         ⊂二⊃'⊂二⊃         │大変な栄誉である。        │
                           └─────────────┘

686 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:30:15 ID:NFZfmAd6


   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ      ┌────────────────┐
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ     │これもすべては               │
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ.    │                       .│
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │      │【李衛】様のおかげである、と・・・   ..│
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧      └────────────────┘
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl  |
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l.         ┌──────────────┐
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !        │浙江省の知識人や有力者は    │
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |       │                   .....│
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |       │こぞって感謝し          .....│
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|       └──────────────┘
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \

         _, -、_ ,- 、              _, -、_ ,- 、               _, -、_ ,- 、
     /  /: : : V: : :ヽ           /  /: : : V: : :ヽ            /  /: : : V: : :ヽ
    /\  | : : : : lj : : :|          /\  | : : : : lj : : :|           /\  | : : : : lj : : :|
   |   i  ヽ:_:ノヽ:_:ノ          |   i  ヽ:_:ノヽ:_:ノ               |   i  ヽ:_:ノヽ:_:ノ
   j   |        !             j   |        !             j   |        !
   |   |   __  ノ           |   |   __  ノ           |   |   __  ノ
    ヽ、 / ̄   ̄\          ヽ、 / ̄   ̄\           ヽ、 / ̄   ̄\
      /        ヽ             /        ヽ            /        ヽ
     _/        -@         _/        -@          _/        -@
   ( __ ) ´\      丿        ( __ ) ´\      丿          ( __ ) ´\      丿
       (_(⌒ヽ(⌒ヽ             (_(⌒ヽ(⌒ヽ                (_(⌒ヽ(⌒ヽ

687 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:30:37 ID:NFZfmAd6


                        ┌───────────┐
   ____________    │この大恩人に対して   ...│
 /               <    │                │
|                <    │不義理を行うなど    .....│
|      / ̄√ ̄ ̄Τ ̄ ̄   .│                │
|     /    /⌒\|     ..│到底できなくなり・・・     │
| |⌒\/     |  ヽ||       .└───────────┘
| | ∂       \_」|
| \            ∟__   私たちは【李衛】様に
|  /       ____/
 \/        \____        足を向けて眠れませんよ!
  |      ____/





            ┌─────────────────┐
            │浙江省は見事に治まったのだった    │
            └─────────────────┘
                        , -―- 、 -― - 、
                        /  ,_ -―‐- _  \
                   /  ,ィ/_ -――- _ヽ  ヽ
                  / ,.-/ /´ /    \ \`ヘ ヽ. ',
               / rイ / 〃./::.{:.  l:.  ヽ:.ヽ:.ハ fヘハ
                 /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',
  ┏┓┏━━┓     /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ.           ┏━┓
┏┛┗┫┏┓┃    ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ         ┃  ┃
┗┓┏┫┗┛┃┏━i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i━━━━┓┃  ┃
┏┛┗┫┏┓┃┃  | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |        ┃┃  ┃
┗┓┏┻┛┃┃┗━| ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |━━━━┛┗━┛
  ┃┃    ┃┃    ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l         ┏━┓
  ┗┛    ┗┛    ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/        ┗━┛
             / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
               / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
            〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
           / ヽ,、     /    i!   i!    / / /    j  ヽ
         r‐ '― / `~    ∧    i!   i!     / / /   /   }
         /   /.     ∧ ヽ    ! rtz !   ./ / /  /   /\

688 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:31:04 ID:NFZfmAd6


     ┌──────────────┐
     │ところで、【李衛】は雲南省で  ....│
     │                   .....│
     │塩の専売を担当して        │
     │                   .....│
     │大いに成績を挙げたので     │
     └──────────────┘

                  ┌─────────────┐
                  │浙江巡撫となっても      ....│
                  │                    │
                  │両浙塩政を兼任させられ    .│
                  │                    │
                  │塩の専売を任されていた   ...│
                  └─────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.
         弋ェェt┼┬┌─ 府 州 杭 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

689 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:31:32 ID:NFZfmAd6


                               ┌────────────┐
                               │塩の専売は国にとって   ...│
                       ,.‐、           │                  │
               {¨ヽ  j´ └-、_       │重要な収入源である     │
               j  ', {  _,. -v'´        └────────────┘
              r‐''"   ⌒ir‐''_⌒¨ヽ
               ヽ.     厂ヽ `′_ノ           ┌─────────────────┐
              `¨フ  _オー‐ ̄''"⌒ヽ.         │なにしろ、少なくとも              │
              __,.-‐'´  ノ {  ij {〃ノ  {__.      │                         .│
          L.  __,ィ´___,,.ゝ   ¨´  __   ヽ    │原価の30倍の値段で売るのである    .│
           `´ ヾ´   _,.-‐'"¨¨´ ̄   ̄`¨′    └─────────────────┘
               ` ー'´

┌──┬━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│原価│税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税
└──┴━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金税金┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                ↑
                             原価の30倍

690 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:32:10 ID:NFZfmAd6


            ┌─────────────────┐
            │ただし、やる夫が即位したころには  ......│
            │                         .│
            │政治腐敗によって・・・             ...│
            └─────────────────┘

   ∩___∩         ∩___∩         ∩___∩
   |:ノ/∴∵\ヽ        |:ノ/∴∵\ヽ        |:ノ/∴∵\ヽ
  /∵●∵∴● :|       /∵<・>∵<・> :|        /∵●∵∴● :|
  |∴∵三●三∵ ミ      |∴∵三●三∵ ミ        |∴∵三●三∵ ミ
 彡、: \_|_/、:\     彡、: \_|_/、:\     彡、: \_|_/、:\
/∴∵∴\__ノ :/´>∴)   /∴∵∴\__ノ :/´>∴)   /∴∵∴\__ノ :/´>∴)
(二二二)∴∵/ (_:/    (二二二)∴∵/ (_:/    (二二二)∴∵/ (_:/
 |∴∵∴∵/          |∴∵∴∵/          |∴∵∴∵/
 |∴/\∴\         |∴/\∴\         |∴/\∴\
 |:;/    )∴ )         |:;/    )∴ )         |:;/    )∴ )
 ∪    (:∴\        ∪    (:∴\        ∪    (:∴\
       \:_)             \:_)             \:_)


        ,, ,, ::--- 、
    ,,.''".::.:.:.:.:..:..:.:.:.ヽr=
    ./:: : :i: ::_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ        ┌──────────────┐
   |イ.:..:i|::/ |::::/lヾ、:.:.:.::,:ヘ.       │専売制度は               .│
   く|l:.:.l( ・)レ (・ )vレヘ         │                   .....│
   く|ヘ  、ェェェェェ,  |:/        │ほとんど崩壊寸前であった。    .│
      >、 .トェェェイ イ.           └──────────────┘
     ./|___ヽ____/___|\   ,p、
    /|:::::::|  {こ]  |:::::::|\/ヽ_) どうしようもないよね〜
   .|::|:::::::\ |;;;;|/:::::::::|::::::::::/
.   /:::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::| ̄ ̄
   ..(__)_____|_____|
     |_:::::::::::::|::::::::::::::::|  ←江蘇省での塩の専売担当【曹フ】
    ,-"" ̄ ̄|| ̄ ̄"゙ー、
      ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄

691 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:32:47 ID:NFZfmAd6


     ┌────────────────┐
     │バカ高い官塩は ほとんど売れず    │
     └────────────────┘

              ┌────────────────┐
              │闇塩が                    │
              │                       .│
              │半ば公然と出回っていたのだった    │
              └────────────────┘

   ∧∧/ ̄ ̄ヽ      ∧∧/ ̄ ̄ヽ       ∧∧/ ̄ ̄ヽ
  /中 \闇塩 i     /中 \闇塩 i      /中 \闇塩 i  官塩買うアホなんて
  (`ハ´ )    ノ     (`ハ´ )    ノ      (`ハ´ )    ノ      居ないアル。
  (つ とく__,;;ノ      (つ とく__,;;ノ       (つ とく__,;;ノ
   /⌒__)〜        /⌒__)〜         /⌒__)〜
   レ' ゝ(           レ' ゝ(           レ' ゝ(

692 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:33:16 ID:NFZfmAd6


                            _,`,ヽヽ, ' , ' '´ヾ   ``ヽ、ヾ、, 'ソ,゙==二',」
  ┌───────────┐    , ',´`,'ミ,','シ ,' ,',丶 ヽ     'i ヽゞ、丶
  │そのため【李衛】は    ..│   く、,' ,' }`、,' ,' ,',´ヾ、,  ,ヽ、  ,', ヽ,'>` ',
  │                │     ,',' 7, ',  l |  \ヾ、、ヽヽ`,ゝ、,  }` 、_; _
  │特別警察を組織して  ......│     ,',' ´,´ |  |  ',`,==ミ ``ヾ`イ゚:::::リレ|  ト. `丶 _ 、ゝ
  └───────────┘    ´// / | ト   ',ヾ゚::::i    ヾ=〃|  l ',  l |
                          `, | l  |ヽ  ゝ` ´ r`ー ヘ  /  / |  | |  塩を
  , 、          ' `i            ヽ'ヽ、ソ ヾ `ヽ、 ゝ、  / ,/  /  | l ,,|   大いに取り締まる
  ヽ  \、_  , ' ,'  i``ゝヽー―  、    ヽヘ ヾ  ヽ  `> 二 , ' !/  /| /,ソ    李衛の団よ!
   ヽ、    ̄ヽ/´` l´ヽ  ヽヽ    `ヽー-−ヾゝ, ´ `r l ト、!}` i i r」|i  / リ
     `/`ー  `'  /  |   l l       ヽヽ、\` ,'|´// l´`` lr´ ̄'``y「l` l l`ヽ
    ,/,丿,'゙ ; ´ フ'´ー-'/   | |         ヽ、  `゚'゚'`゚   ,',     l、,|、| l  ',_ _ , 、
  r' ´  / , ,_ _ノ\  /    | |    ,、      ヽ, '''r`' ゙'  ,','  ┌_ _┐ `/  /S \
  `─ー´i  |´l  ヽ、 ̄    //'ー- ' ``-´`ヽ、_ ,','´     ;;    ´  ` 〈'  / 0  人ゝ
      ,l/ ハ ヽ   `ー ―'´'´            ,',; ....:::::::::....  ;;. ......::::::::::::.... ,´ / L , '  ` ヽ、
      〈/ ヽ'                      ;;',::::::::::::::::::::,' ;;: ::::::::::::::::::::::::/ ヘ、 /       ヽ,
                              ,λ`、::::::::: ノ ;; ヽ:::::::::::::::ノ /  ` ' ヽ,'     /

693 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:33:39 ID:NFZfmAd6


       ┌─────────────────┐
       │要所要所に網を張り、              │
       │                         .│
       │次々に密売人を捕まえたのだった   ....│
       └─────────────────┘

          |  |;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;
          |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 r=======================================================
 |::::::::::           @              ::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::
 |::::::::::: 闇 塩 取 締 り  .浙 江 省 特 別 警 察  :::::::::::::||:::::::::::::::::::::::
 |;;;;;;;;;;__________________;;;;;;;;;;;;;;;||:::::::::::::::::::::::
   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄   _______
   ||        ||      ___   ___   ___       ||        (;;;;;;,,,(__(;,;;;;;;,,,
   ||        ||     _〉=@=...ノ _〉=@=...ノ  /=@=,,,)     ||    ┌./:::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ||        ||    (´∀`,,)  (・∀・,,),  (ο`,,ハ,       ||    _∠_______;;;
,. _||____||     (||‐V−|) (||‐V−,|) (||V,, ヽ     ||   /|[l8lb|_@__/_|ld8l]
   ||        ||      |=〃=|   |=〃=,|   |ー-| y       ||  |□::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::□:::
   ||        ||___(_(__〕 (_(_,〕   |.  ヽ,       ||__,|::::::::::::::|ぁ7743|:::::::::::::::::::::.

694 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:34:05 ID:NFZfmAd6


       ┌───────────────┐
       │しかしながら、捕まるのは・・・     .│
       └───────────────┘

                    ,ィ⊃  , -- 、
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     ち
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |
   省     ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      ょ
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /
   ま        \  l  トこ,!   {`-'}  Y        っ
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
   で    , 、      l     ヘ‐--‐ケ   }        と
        ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
   来     }  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
         |    −!   \` ー一'´丿 \
   い    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
        /\  /    \   /~ト、   /    l \





        ,/`  : : __,,,,,,,,,,,,,,_: : `'ヽ,、
      .,,i´_,,,,―'''"^:    : `゙゙゙''ー、,,\          ┌───────────┐
     ,,彡'" :  : :  :    :;   : : `''〈i、       │取るに足らない        .│
    ,〆` : : : :  :   :    :    :   :;: .゙ヽ       .│                │
   ,/`; :  :;: : : _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_  :   :;: : : ヽ       │末端の小物ばかりで    │
  /: : : : : _,,-‐'": : : : : : : : ::::::: `'''ー、,_:   ; .ヽ     └───────────┘
  │ : : :.,,/: _,,-'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^゙'-、、::`'、、:  .゙i
  .| : ,r'";:,,+ニ--、,、     _,-ー'''"゙`''-,\  |
  l゙.,/、/`、: : .;;;`''ー、,,,,,,/`;;;;;;:: ;;;;;;;;;;;:トi、ヽ .|
 .|";;;;:ili|゙l;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;`/゙゙゙゙゙ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙「″;ヽ |    ファッキンライト!
 .|;;;;: !.|゙l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/、 : :,゙l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐ ゙l : ;;;゙'|
 .|;;;: : : | `'-、;;;;_,,,、-"l゙   ゙l,゙'―--.-/  ‖: ;;;;|
 .|:;;: : ; |  `''"゛  : ,r: : ..'-,,゙l、         |゙l : │.       ┌────────────┐
  |;;;  |      ..l゙::,ii,: :,ii,,‘,!:     : : : .|゙゙l ィ゜        │組織の大物は         .│
  ゙l;;: : ;│: :      ゙-゙”'''"~.┘     : : : } ゙l  l.         │                  │
: .i,,i´: : ゙l゙l: : :    :  ,,―-―、、 :    : : │,l゙: : 'l,,,      │なかなか姿を現さない   ....│
'"゙!li,,  `彳:    : .-'゛: : : : : : :゙'' :    : : ナ'′: .,,ll         └────────────┘
: ,l,,:'゙ll,, : : ゙l    : `'" ̄ ̄ ̄~"     ,l゙:;:  ,,ll゙゙,
: ::゙!l,,.:゙lll,,, .\、     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙^      l゙ : ..,ill゙.,,i!°
: ,,_::'゙ll,,,_゚゙lll,,,,`'-,、           ,/ ,ill゙`,i!゙、
: ゙゙゙lll,,,,゙゙゙llli、゙゙゙lllll,,,,'゙l、: : : : : : : : : .,!_,/ ,,,lll゙゙,,lllll゙,il゙゜

695 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:34:39 ID:NFZfmAd6


             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \    あの程度の
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ただのザコには興味ありません。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     幹部クラス、中ボス、大ボス、ラスボスを発見したら
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |       すぐに私のところに知らせなさい。
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、      ┌────────────┐
                                │調査を続けたところ・・・  .....│
                                └────────────┘

696 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:35:10 ID:NFZfmAd6


┌───────────────────────────────────┐
│         ヽ、 _,,,,..............,,,,__                               .....│
│      _. -‐=、'} ヾ,       `' 、                               │
│    . ‐''´ ̄`' `'  l彡-      ヽ                             .│
│   '´フ´/  '"`ヽ }'⌒        ヽ    なんと、                   .│
│   ノ /   ,.‐''ソ /"ry⌒ヽ,  、     ',                           │
│   ´7 ノ / / ,.イ. | |::::::::::::::ヽ, li      |    最大組織の大親分は         ..│
│   ´7. | | ト-i、| |::::::::::::::__;ゝ}ミ、      |                          .│
│    レl | |ャーr,、ヽ|'vッ='-ry:| :レヽ   |     【沈氏】という女性であった!     .│
│     `'ト、.ト`'ー'^ .i::.、^'ー-‐'゙:::| :|'ア |   |                          │
│        | :::|    j::::. `   :::::| ::|_ノ:    |                        ......│
│.      | :::::l.   ヽ-    ::::::| :::|;:: : .   |                          │
│      | ;:::::|i:、  ''━ー'  .::イ|  :::|;:l : : .   |                        ....│
│     | ;:::::l「l^' 、._... -''´__,|  ::::|;:l : : :  |                        ...│
│      | : ;::::||:|::ヨ=、`'Y´,..=| li ;::::|;:l : : :  |                       ......│
│      ノ : li:::||ノヲ''=} :‖:}='| | ;::::|;:l : : ::. |                       ...│
│    【塩の密売人のラスボス 沈(しん)氏】                       .....│
└───────────────────────────────────┘

697 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:35:37 ID:NFZfmAd6


  ヽ.、           ,.:r―――、         ,ィ        ┌─────────────────┐
   \\_       / !   __  \      //       │この【沈氏】、                 .│
    \:.\___./   !  _ l !   \   _/ ./           │                         .│
      ヽ、_    "ヽ i! l ヽj し'゙l  :.. ̄  ノ.           │胆力が人並み優れ            ....│
       / ゙̄ー‐-、 i i!  \  ./  :: _,.-‐{_.           │                         .│
      / ..::     ゙ヽ._」.  ヽj'  _,.r'"   .\.          │武芸も達者で                 │
     /T...::::         :.、   .::        ト、       │                         .│
    ,イ !     __,.--‐r'"-―\/ '"゙ト‐-、_    l i       │数百人の部下を率いる女傑であり    │
   ,ハi .!   ,r'"ー‐‐、r‐‐ー―――--トー--ヽ.   l .ト,       └─────────────────┘
   i l l! / i"_,.-,ィtン;;二゙ヽ、  ,,r-;=;;'ヾ、  \ 」 !i
   ,i .l  Yトー! !.  j=行。t-、,....:::::iイ.;r'f。t''、_`1  :「.l l]_
  」,.-‐! .!l! ,} !  i`i"゙二"´゙   l!、゙ ̄ ̄`゙::::!、  l ,l ┌--゙i:、
  i r―」  l l! 」! :.. ,j  ::::    _. r:::"::..   ::::!_! l! ト--┘|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  l. 二:-!  !.「゙{  !爪       ´:f"''     :::!  l .l [二ニ! l!    /
  l! L_」  i l }. {. `    ;._,;r='ー;;;.、_    :::;! .,! l F---:ノ    |   選り取り見取り?
  \―へ  i_ト、} ヽ:::::....   `゙ー;==''"    .j--/ ノ .ハ__/  _ノ.
   `イ  !:  ー‐‐--、__  .,__::_,._/_/'"  / ,i!      ̄ヽ.
    ヽ ゙i        「ーi.l     j、 ゙T     i! /         \________
     \ヽ       l  l ー――' l!  l    / /
      ヽ `:r―‐-.、  !  l! 「 ̄ ̄l l!  l ,rー-ィ_/
       ゙ヽL __>j_」 i!   l! !--'" ̄ ̄i         ┌───────────────┐
          Y    ̄  `ーー‐tt十'r==='テi  ゙i            │浙江省の警察を           ...│
          l!          i i i: .l ト,.:_」  i         │                     ...│
          L________」」」_;二:--‐‐‐          │何度も打ち破ってきたのだった  ....│
                                        └───────────────┘

698 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:36:06 ID:NFZfmAd6


                                ┌───────────────┐
                                │しかも、困ったことに          │
          〃⌒⌒ヽノ                  │                     ...│
         /〈ノノ_、^_)))                │【沈氏】のアジトは          ....│
         / (| | ,_ノ`ノ|_               │                     ...│
     _______i,∇りヘ ソりソi______            │管轄外の江蘇省にあり       ...│
    /⌒ヽ ;/ ,イ (, ,Ψ, ,),r --、 ;;\          │                     ...│
   /;; ;; ;;ヽ!___/]つ-=/.r'⌒.i∧;; ;\        │【李衛】では手出しが出来ない    .│
   /;. ;;| :: ;;ヽ;; ;;\ ,r'  i-=Ti  ヽ;;__;\      └───────────────┘
  /,; ;;ノ;; ;; ;; ヽ ;; ;;\. ,r'i  ||;\ ,,_/,;; \
  ん;;ノ;; ;ヽ;; ;;,\;; ;; \ . i . ||;;; `';; ;;; ;; ;; > 所詮は お役所仕事さ、ねぇ〜
   ん〜、;; ;;;_不ノ~〜f、 ,ヽ〜'~~~~""
       ~~"^        ` -'

699 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:36:37 ID:NFZfmAd6


                  ┌─────────────┐
                  │そこで【李衛】は         .│
                  │                    │
                  │江蘇省の官史【金文宗】と   .│
                  │                    │
                  │秘密に連絡を取り合って    │
                  └─────────────┘
                           ______
                     ,. -''"´´「    `丶、          なめられて
                        / /´ ̄ ̄ ̄ \   \           たまるもんですか!
              /⌒ヽ. // //´  ̄ 、 ̄`ヽヽ\  ヽ.    / `ヽ
                |   ∨7′/ / ! ヽ  \::. ',ハ ∨⌒ヽ  /    }     協力しなさい。
               !    ∨ :,'.:/__/ヽ ヽ\  ヽ,.斗',  ',\ } !    ノ    _
     ,. -‐…ー- 、  '、   l .:.lΛ:/ \\ヽ `<」::;ハjl  ! !Λ,'   /,. ‐''"´   `丶、
  /          \ ヽ   { .:.::{ ,ィテ=ミ  ヾ  イ下ミト | l ノ  /          \
  {           ヽj    ',.::::',!{∨ヒj     近ノ;j ! l | |/   /             }
  ヽ、   ___      ヽ.   ヽ、:\`ー'' __'__ `¨´| l::|イ{,. -┴- 、   ,. ‐…ー‐--‐'′
   `¨¨´   Λ   , ‐''" ̄``¨ヾ:{ ̄`  V´  `}   ,':. j j/      \  }
.        { ' /         } \   \___ノ   ,/:: ,'::{.          `〈
        〉       _,. -‐''´ヽ:ヽ> 、_    ,. イ/:::///´ ̄ ̄`丶、     〉
.        {     -‐''´     ノ\\}  `¨´ 「///人       `   ノ
          /\            /Υ´`ツ_ __ _ヽ´: /:.Y´ \_       j\
       {   i\      ,.-‐'′ /.:.:.:/´ ,. --- 、 `∨:.:.:ヽ、   ̄     /}  }
.       /l   | {:{ヽ.  '´     /.:.:.://,. -―- 、\}:.:.:.:.:.:.{ヽ、     ノ// ,ノ\
.     /    \ヽ \_,,. ‐'7′.:.:{/       `ソ:.:.:.:.:.:.|\`ー‐…'´/      \

700 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:37:06 ID:NFZfmAd6


                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|  まったく貴官は
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!      強引なことですな
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |
          【金文宗(きんぶんそう)】

701 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:37:32 ID:NFZfmAd6


 ::::::::::::::/ |::::::::::::::::∧:::::::::::::∧::::::::::::::::::::::!::::::::::::|::|
 ',::::::::::;′|:ハ:::::::::/  '.:::::::::/ V:::::::::::::::::::|:::::|::::::|::|
  ∨::::l.  |! |::::::/   '.::::; ′ ∨::::::::::::::::|:::::l::::::Ⅳ
.  ∨:|   |:::/    }; '_..-'´ ∨:::::::::::/:::l::|::::::| ピキーン
   ∨    |/  _..-'´      ',:::::::::/:::::ハ|::::::|――w―√レvv―〜ヘ√レ―――w―〜v―
       ,.. '_______   ' ::::/::::/::::|::::/
        '´     ∪  `' |::/:::::/|::::l::::′
           ー‐---一'   |/::::/ }:∧:|
                   ,′:/ /リ `       .┌───────────────┐
                    ハ ,:::::/ /           │浙江省と江蘇省の          ..│
                 ∪/:::/  ′         │                     ...│
.   |              /V/             │密かな連携プレーによって・・・   ..│
   l|                厂7             └───────────────┘
.   !             /∧|
               /:/

702 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:37:59 ID:NFZfmAd6


              ┌────────────────┐
              │ついに【沈氏】が部下を解散して     │
              │                       .│
              │アジトに篭っていることを       .....│
              │                       .│
              │つきとめ・・・                 │
              └────────────────┘

        /    /  ⊂)  /    ,.-――--、 \ ──────────
       /    ∠.____/    /       \ ヽ ━━━━━━━━
     /     /       i    /   __    ヽ. ゙i.  ガイドビーコンなんて出すな!
     レ|     /        |    ノ< ̄  ゙ヽ    i i   捕まりたいのか?
     lン   /     ,.--ッ--、i.   ゙,ニハ     |    i | ________
     |     _,.:-;t'゙"「 /-,,, l l   `''ニハ    j'     i !  ━━━━━━━━
     |    /「  '!从./,r゙ブ ヽ\   く/~" ̄      〉/ ─────────
     \ .f'  |   ヾ;リ~"  U \ヽ  \    _,..-=ニヲ~\    _,.-‐:/ ──────
      ヽ!   .!    /  u   /' 入.   \/    /    ヽ_/  / ──────
           ゙、.  <_,_ ,;=:、`:. //  \./~    /     /   /
           \   ~'^ ),;j! /~   ./     /      ./    il
             ヽ   ゙'''V゙     /     /      /    ハ
              〉:、  /~   /      ./       /    / .ヽ
             /  >-i|    ∠:..----、_/  ,:クヽ  /     i
           __」__」   \__/ |  |   〔.i!  //〈ク.〉 i     i
          _j    ヽ____jヽl  l   ヾ、 ヽ:.ij.:/ ./!     i
       ,r―"        ヽ  ゙i  i    i\  ~^ / i     .i
     _/             \ i  }   ゙i ヽ.__/  !     |

703 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:38:27 ID:NFZfmAd6


              _, -‐--....、
           /..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              / .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /..:.:.:.:.::::/:::;i:::::,|:::::l:::::;::::::.ヽ
          l::::::l::::::/l::/ |::/{::/|::;/l::}:;::;::i
          l/i::l:::N`|メ、_|ム|/.,j/レ|::|::ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.|::|::レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l::!Y::::::::::::::.ヽ、        ───いたぞっ
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ      あそこだ!
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/                踏み込めっ!!
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐'゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\



                      ┌─────────────┐
                      │見事、               │
      \              │                    │
    :::::  \           │逮捕に成功したのだった     │
    \:::::  \         └─────────────┘
     \::::: _ヽ __   _
      ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_
       // /<  __) l -,|__) >  ・・・言わんこっちゃない!
       || | <  __)_ゝJ_)_>
    \ ||.| <  ___)_(_)_ >
      \| |  <____ノ_(_)_ )
       ヾヽニニ/ー--'/
        |_|_t_|_♀__|
          9   ∂
           6  ∂
           (9_∂

704 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:38:52 ID:NFZfmAd6


           ,、‐ ' '‐ 、_.          ┌───────────┐
        fゝ '゙    '.  `'ヽ.      │そして            .│
        /i      '.    ヽ      │                │
         !{、       ;    i.     │【沈氏】への取調べを  ....│
       l '、n  ;       ;  l      │                │
         ' } l:. i         ;  !    │進めてみると・・・     ...│
            i゙i :.i : .  :   i.  !     └───────────┘
           !i :i : . : . .  i . l
         i.i .i : : . : : : . . i: . !
.        i,' .i . : : : ; : : : : . .', :l
   r- 、_,..、-i' . i . : : :, ; : : : : :.',: l
  r''゙、 . . `'.ソ . i.: . : : : i ; : : : : : :, :l‐、
. l、 . . .' .- /  . i: . : : : : i ; : : : : : :i: .ト、ヽ
 l  . . . . ./  . :i: ; : : : : :i ; : : : : : : i :l . `l

705 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:39:16 ID:NFZfmAd6


                          ┌──────────────┐
                          │彼女の武勇伝はすさまじく、   ..│
        _         ,,r-‐ー‐ ‐ 、.│                   .....│
           ̄二゙''‐ 、 ⌒;/ -       │何度 政府軍を             │
      ,, -‐''" ̄ ̄ヾ;、ヾ V        │                   .....│
        __,,      ゙ヾヽ i γ       │辱めたか知れないのだった    .│
     ,,-‐''"          i .l;;;;ヽ       └──────────────┘
    " ̄ /          |;;;;;:::ヽ   ヽ          ゙、
     /         //:::  :::::\  ゙ 、         ミ
    /       /i  i /| |:::::   :: ::\,._ ゙ヽ、        i
   / / /    |:|  .| | | |::::     :   ゙丶、__ヾ __      i
.   | / /    | |:|  | |::ヽ.:::     ,;:-‐二二"\\ ヾ丶,,,   |
   | ::|| /:  |.   | |:l ::: | |::::::     '" /".(゚/_)/. ヽ ゙i⌒.i::::゙゙''i .i
   | :|.| |:  | ||  | .ii,, -‐''二 \    _" ̄      !  / .|:::::::| i
.   |:|. |.|  | ||   |/./(゚ ノ ;   ::::    ̄      i   、l::::::::| |
   \ i |ヾiヽ\、.i ‐'"- '' .'"   |:::::         ,,ノ / ,ノ:::::::::! !
      \、 ヽ- ヽ         |::::::::    、__,,,-" , / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |  i:::.ヽ       ::.ヽ.     ー ‐ ' " | あれも倒したねぇ
        /  i::::::::::.、        .__,,--‐.'      |
        /   |:: :::::::..ヽ    ー'"、 ‐''"      < これも沈めたねぇ
.       /   .|::::::::::::: >^、     ::::       / |
      /  /:./:::::::::/  iヽ、         .:"  :|  毒ガスばらまいてやったねぇ
    /  /.:/::::::::::::|    ゙i..::ヽ. 、    ,./::/ .:::|
   /  /::: /::::::::::::/  |\゙.i.   `' ‐‐''":::::::/  .::::|  コロニー落としたねぇ
 /  /:::: /:::::::::::/    .|  ヽi       ::::i    \_____________

706 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:39:39 ID:NFZfmAd6


                                             ┌─────────────┐
                   _,..:-:‐:────::‐-:、_          │これをそっくり公表すると     │
              _,,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\.         │                    │
            / ̄/: : : :.:/ニ二二二二二二|: : : : : :ヽ,-‐┐  │多くの官史の面目が       │
             ヽ,/: : : : : : i: : :.|V: ::|: : :|: : ;-‐|: : : :|:/  __,|.   │                    │
             /: : :i: : : ::||:\| V::|\:|/: : :| : : : |   <::}   │丸つぶれとなってしまう。    │
_________j: i: ::|: : :;/リ ヽ:{ヽ ∨ '´` \;/|: : : ::|\   `>   └─────────────┘
============ュ | |:/|: ::|:::/::} ,=====゛ ,  '=====|: : : ::|:.: :ヽ.,イ
            || | | |: :|:.:;{:::j       '        |: : : :|^ヽ:: : :|
            || | | ∨|/:`ノ                |: ::i::|_,,ノ:i::.:i:|   ウチ
ウデン♪    .|| | |.   |::::ヽ、    ゝ-'ー(    ,|: ::|::|:: : :|:/`{  浙江省だけならともかく、
.    | ̄|_   || | |    |:;γ'"´ゝ-'"ヽ--─‐‐'" |: ::j;/:;∧{'
   (ロ∀ロ)  .|| | |  _,/´ {       }ュ/ //j;/´~`ー--、     ヨソ
  ..o( O) ヾ ..|| | |r'´ ,r',^`ヘ.__,,ノ  //      ,_   }    江蘇省も絡んでるから
   < >   .|| | | __,/ヽ--'"} |"/   // ,-r,-─'i"~|`  |                やっかいね〜
            || | |  ヾニ二,,/ |/=='"/   /´   ,i  |  {
            || | |     ,イ > r-‐‐'´    〈       |__,,〉
            ||:__|__|`─‐'´ {/rュ\ー-、_____,,}     |===}

707 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:40:25 ID:NFZfmAd6


                                 ┌──────────────────┐
                                 │しかしながら                 ......│
           /. : : : :/. : : :/__`ヽヽ        │                           .│
.        /   __! /   /´     ! `ヽ ヽ      │棒打ち以上の刑に処するには         │
         ′∠∧! l : : :/ :/. : : :/ : : ∧: i.     │                           .│
.         l : : :// l l : : /|/l\_// : /! l : !       │やる夫の許可を得た上で             │
       l : :く∧/´!: .::!  T ‐ッ ///j/.:l l      │                           .│
       ! l .::. : ヽ、! .:::!  l__ノ  7ァ |.:::/.:l.       │公文書で公表しなければならないのだ。 ....│
.         l l:::::: .::::l::l:::::l       ー' Y/.:/.     └──────────────────┘
          ! l:::::::::::::l∧:::!        //j/
        Vヽ∧::::l ヽ! ヽ、__ /:/
       / ̄ ヽl\   〈 ∧:::/ j/                     ___
       {/`ヽ、    ヽ、 \∨                    / / ̄ ̄
       /    ∧      、⌒ヽ ̄ト、                   / // ̄
        l/    ∧     i ⌒V ! ヽ               / //  ※総督といえども
      ′/     ! ヽ    l  ̄ ! !/ ∧               / //     勝手に死刑にはできない
       ∨    l l/ \    !   ! !∨ !             / //
      l    ∨    ヽ   l  l l ! {               / //     棒打ち以上の刑は
   __l   _\     ヽ ! / / /  ヽ、   __       / //        すべて皇帝の裁可を
  / / ̄| /  / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ// __/ ̄ / ∧ _   / //            得なければならない
.  l  l  /     /       /´ ̄/´  ヽ`ヽつ! { ̄ーっ`ヽ / //

708 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:41:02 ID:NFZfmAd6


              ┌───────────────┐
              │そのため、【李衛】は親展状で    .│
              │                     ...│
              │やる夫に                .│
              │                     ...│
              │ことの次第を説明し・・・        .│
              └───────────────┘

                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

709 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:41:24 ID:NFZfmAd6


┌────────────────────────────────┐
│          ヽ、 _,,,,..............,,,,__                           │
│       _. -‐=、'} ヾ,       `' 、                        ..│
│     . ‐''´ ̄`' `'  l彡-      ヽ                      .....│
│    '´フ´/  '"`ヽ }'⌒        ヽ     この女賊を          .│
│    ノ /   ,.‐''ソ /"ry⌒ヽ,  、     ',                    ......│
│    ´7 ノ / / ,.イ. | |::::::::::::::ヽ, li      |     「杖斃(じょうへい)」に  ......│
│    ´7. | | ト-i、| |::::::::::::::__;ゝ}ミ、      |                      │
│     レl | |ャーr,、ヽ|'vッ='-ry:| :レヽ   |     処したのであった    ....│
│      `'ト、.ト`'ー'^ .i::.、^'ー-‐'゙:::| :|'ア |   |                   ......│
│         | :::|    j::::. `   :::::| ::|_ノ:    |                    .│
│ .      | :::::l.   ヽ-    ::::::| :::|;:: : .   |                   ....│
│       | ;:::::|i:、  ''━ー'  .::イ|  :::|;:l : : .   |                    .│
│      | ;:::::l「l^' 、._... -''´__,|  ::::|;:l : : :  |                    │
│       | : ;::::||:|::ヨ=、`'Y´,..=| li ;::::|;:l : : :  |                   .│
│       ノ : li:::||ノヲ''=} :‖:}='| | ;::::|;:l : : ::. |                   │
└────────────────────────────────┘

710 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:41:46 ID:NFZfmAd6


     ┌───────────────┐
     │「杖斃(じょうへい)」というのは  ......│
     │                     ...│
     │棒打ちの刑を執行する際に・・・    │
     └───────────────┘
           --┬-- 、
         / ,r=== z、 \                  ィ ⌒ ヽ
       ∠ // ! i ヽ | l、 ヽ              / {     }
       <ィ l ! ム  !ヽ,X | |」> !           /  弋   ノ
       | 〃!イテ!\l イチ} ! |ハ>|.         /      ,, ¨"
       ! ∨レ`´  . `´│!j !│       /     ,, '"
       | jヾ\  ^    ! | Nリ  , --、./    ,, '"
       レ!N ヽレ>- ィ ノノリ.ニ=-‐'∪/, ― "  あんたは棒打ち
        レリ^/   r',イ/ 〈 {     <と_ノ        100回の刑よ!
        /l|{ニミz//// ! ヾヽ.. -‐¨~
       / |||l  / // /  \ヾソ
     _/  |||| / // /   ヽ/
    〈  \|||l/ イ/    /
    /ヾ___八ll/      /
     ヽ   \{}!、      〉   ※棒打ちまでなら
     \  廾、>匚!二ニ}       地方官の独断で執行できる
       V ハ\  !   ヽ

711名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:41:51 ID:vf3nmqG6
この闇塩業者のAAって誰? ガンダムの敵?

712 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:42:24 ID:NFZfmAd6


                          -┬‐‐ - 、
┌───────────┐    / ,z== =ヽ 丶、
│思いっきり急所を      │   / / 、ヽ ヽ 、ヾ l≧!
│                │   / ,ィ {ヽヽ ヽ Xヽ! |ミ!
│ぶっ叩いて殺すという   │  .! ヾ ! ト‐- ヽl 心| l 从
│                │  | !<∧ ヘ必 _  l !Nリイ  ̄ヽ
│便利な方法である     │  .リレ|ヾヽ、`ー- イレ|  {zf三ミ、|
└───────────┘     Vヽィ ゝ\,, ==|  /   / 〉〉
                           { , ヘ\ ! /  /"´!
                            !  | ヘl ノ  /  |
                            ヽ __」_.{ i i i i }!)  ヽ
                        ,,  --―「! ! ! !l_j_jィ-'    |
                  ,, - '' "   ,,  ''´ゝ--〈 \|_ , -‐ ''ニヽ
              , - ' "    ,, - '"´       〈ニ{}、-'''¨゛|   \
   , 《‐'  ̄  丶、 "´     , - "´            <弁_>   !    ヽ
  ノ,y‐i` '"リ>、  ! , - '"                 ,'//| |   /     |
  !l ヘゝ '´  !,、| ´               -―…7∨ Ll  /       !
  l| 犯罪者 ' ノ                  \-‐/      /l       \
  `!  〈   _/、_                 ヽ/     ./ |        /
  ニ\ l __) / /〉`ニz-               ー t―‐ '┬-∟_  , -‐'´
' ´  ̄! `_--_'/ノ¨~`ヾ\`!                 |    !    !¨
    \_「!_/    〉〉〉`|                l   │    /
  ヽ    ||     / /// .|               !   !    /

713 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:43:05 ID:NFZfmAd6


      ┌────────────────┐
      │こうしたやり方は              .│
      │                       .│
      │現代の日本人から見ると、      ....│
      │                       .│
      │いかがなものかと思われるが・・・   .│
      └────────────────┘
               __               |    : : : : : /
               ,. :'"-─‐-、ヾー、           │   .: : : : :/
          //'¨´ ̄、 \〉 V ヽ           |   .: : : : :/
         /// /l ヽ  ヽ .l} ドマハ        |   . : : : /
        <ク,゙ 〈.:l | \  };.ィ:| |__X !          | , .: : :.:/
         ノ7{:\\ヽ\X,ィc、| }|ヘヘ>|        | 、゙.: : :./
        ,<」| トYトがヽ `ヒュリ1 |l)」 :i }        |. .: : :/
       ,'│ト、| ハ ゞ' ,    ̄ ゙! |:.:.| |!|      j ゙ .: : /
         { |.:|.:.:|:.人  く ノ  / .::j:.: | |リ       !ー-::7ア
       ヽ.j ト、{:.:.{{:>.、_,. イ .:.:/!:.:j|:. |      ム:::::.7´
         `リ _,レ弌‐千} //テ=くj:丿       ム.::::7
         _/´}〃 厂\/ /´-ァ 辷z=、    ム.:::7
     ,ィ=メ′ V:ll / / /ィニう /,.r=ハ/`'ム.:::7
      〈√\\/〃/ / /  ,.彳/ //{⌒{  r厶.::_7_\
    /-─-ヽ┴‐'─‐'´  _ノ ::|/〃/  \ }ーj} }:_:_ソ´   }
   /        _,,.. -‐ァ´/ :〈〃/ /´ ̄`rく__  ..ノ
   `ー‐--─¬''"l|  //:.. !人く        l|     丿





                       ,ヘ   ┌───────────┐
      ____      / /   │やる夫は            │
     /\  /\   / /.    │                │
   /( ⌒)  (⌒)\/  /      │【沈氏】を杖斃に     ....│
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /.     │                │
  |     |r┬-|       |.       │処することに        .│
  \     ` ー'´     /       │                │
  /          \          │一も二も無く賛成した  ....│
 /             \      └───────────┘
/  /\           ヽ
 /   \          ノ  大賛成だお!
U      ヽ        ノ

714 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:43:38 ID:NFZfmAd6


          ___
         /     \
       /   \ , , /\   法律は運用の妙を得て
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |   始めて効果があるんだお!
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /





         ___
       /     \  法律だけに頼れば
      /   \ , , /\   不公平になることもあるし
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  法律を超えて公平になる
      \      |r┬-|  ,/      場合もあるんだお
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i.    ┌──────────────┐
       ̄`ヽ        | l     │このあたりは             │
                          │                      │
                          │人治主義国家ならではである  ..│
                          └──────────────┘

715 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:44:04 ID:NFZfmAd6


           ┌───────────┐
           │やる夫は盗賊退治が  ....│
           │                │
           │大好物だったので     │
           └───────────┘

                    ┌────────────────┐
                    │このころには、【李衛】はすっかり    │
                    │                       .│
                    │やる夫の寵臣になり           │
                    └────────────────┘
                        X     ______          X
                     /}  /. \     /,ヽ
                 ×   / / /    __\   /   ヽ、 . . ゜
                     _ノ_,ム′   ((:::::) ) (─‐ ) ヽ、        ,
               _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ     ;
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
            ×x .   ぃ     .ノ                 .|
       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛キラッ☆
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
    ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X

716 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:44:37 ID:NFZfmAd6


    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |   ┌─────────────┐
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |   │その手腕に              │
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o    │                    │
    `――――――○――――――’         │惚れ込んだやる夫は・・・    │
゚ | ・  | .+o   ____* o。 |。|   *。 |       └─────────────┘
゚ |i    | +   /_ノ ' ヽ_\   | |!    |
o。!    |! ゚o /(≡)   (≡)\   | * ゚ |
  。*゚  l ・/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ |o  ゚。・    ┌────────────┐
 *o゚ |! |     |r┬-|     |  + *|      │浙江省だけではなく・・・  .....│
| ・    o \      `ー'´     / *゚・ +||..    └────────────┘
 |o   |・゚  >         |  *。*   |
* ゚  l|  /           |    | +|
 |l + ゚o  /           | *゚・ ||  ・ |o
 o○ |   | 丶    ヽ  /  | *o|  *。       DQN
・| + ゚ o /| /     | /   |  O *。|  どんどん盗賊を捕まえてくれお!
 O。 | ( ∪  / ̄\∪  ノ。* 。   |
 o+ |!* \  /     |  ノ   |  *o|
 |・   | ゚・  )ノ     \ | o○ |!

717 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:45:00 ID:NFZfmAd6


           ┌───────────────┐
           │さらに                   .│
           │                     ...│
           │となりの江蘇省の警察権まで     .│
           │                     ...│
           │【李衛】に任せたのだった       │
           └───────────────┘
                                                 / ̄ ̄ ̄ /|
                                              | ̄ ̄ ̄ ̄|  |
__ノ:/.:! : : ::://`ヽ!: : !   \: : : ! l/ `ヽ:::::::::l: :             / ̄|=, 仕事 ,=|/ ̄~/|
: : ::::/.:∧ __/! u  l\!__ノ  、ヽ_l/! _   j/!:::/. :              | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|  |
: :::::/l//ヽ: :::! r―- 、/   ヾ/ j/ _.. -― 、  l/. : :          / ̄|=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=|/ ̄~/|
//. : : : .::l: :∧  ̄ `ヾ `     〃¬¨ ̄`′/∧ : :         | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|  |
. /. : : : .::/l::/.::lヽ        ′         // く!::!::      / ̄|=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=|/ ̄~/|
/. : : : .::/.:j/.:::::!      ∠二ヽ`ヽ       ′_ノl:::!::      | ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|  |
. : : : .::/.:::::::::::/! 三 ≧    ',,-’    i ! ー_!::!::     |=,, 仕事 =||=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=||=, 仕事 ,=|/
: : : .:゚/!::。゚:::三 ≧         ゚'ゝ! ;  !l厂 //l::        ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄
ヽ.:::/ l/-== 三         ≦。 }j /!ト、〃.::!::
 ヽ! / 。 l-=≦          ,ァ  ィ´/ !!/ヽ /.::
゚ ・ ゚。  三<         、,J   ━━┓┃┃
     ≦ ッ         ッV´≧     ┃   ━━━━━━━━
  ・ 。 ゚ 。 ミ´     、、 ハト・。ヽ ゚。   ┃                   ┃┃┃
                                           ┛

718 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:45:33 ID:NFZfmAd6


            ┌─────────────┐
            │【李衛】は辞退したが・・・   ....│
            └─────────────┘

        ∧/|u.\  /  /   恐れながら陛下、
        /∧|  ̄/\ ̄ /∧|    これ以上職務が増えるのはちょっと・・・
        /∧\. \/ u.///





';,   ';,.                 ┌──────────┐
;,   ゙';.               │許されなかった。    .│
 ゙、   ゙';,     ___.     └──────────┘
  ゙'、  ,;'   /     \             ';
    ゙';, .;:'  /  -‐'" ゙'ー  \       r、 ∩ ';  だめだお
    ';...;゙ / (ー-ヾ  (-―) \     ゙'、'v'ニニッ    卿になら勤まるお
     ゙''''~|    ゙゙゙゙゙ /o oヾ゙゙゙゙    |    rニ>ノ l |        どしどし盗賊を捕まえるお!
      |      丿O ヽ_    |   r'r‐,⌒゙/
      \      `ニ´    /    ゙Y´  /       職務と言うなら、やる夫なんて
      /           \    /  /          天下の職務すべてを担当してるんだお!

719 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:46:01 ID:NFZfmAd6


     ,...‐.:ニ二'_`:..、
.    /::/,,.-‐ーゝ:v\
   /ィ:iイ´i:.:,ヾ、::`i:::∀::',   ・・・承知いたしました。
   /V:::i:ム,ハぃ斗、ハ:::ト〉:i      謹んでお受けいたします。
   !/|::::| zュ`  -=v':::|i::::|
   |ト;::::∧  _ ,u .i:::::|:::i.|
   .!ハ:::i::::> _/イ:/:::リ         ┌───────────┐
    り|:_:/"/´レヘノ        │こうして【李衛】は    ......│
    r/ /=ヌ   /" `,        │                │
   ,// ! /  ,イ,.ノ ,.|.         │江蘇省の盗賊退治も    .│
   /,.4、,.レ' ,./ノ´  /ノ.        │                │
 /メi´ `'ーァ'´   /´          │引き受けることに     ..│
.〈´  ' 、  fj    ,イ           │                │
 `ー-z.、,>、_ ,/┘         │なったのである      ...│
   /.//|:|_/_iト、_            └───────────┘
.  i i.| ̄ ・´  ・ ̄ ̄|

720 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:46:48 ID:NFZfmAd6


                                        ┌──────────┐
                                        │そして、【李衛】は    │
           ,rヘ      /  /-――‐-\、\           │              ..│
         /゙i  i^ヽ  /  ∠ イ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽヽ.\         │ここでも          .│
          /゙i i  i  i  /  / . : i  | :i 、: . \: i: 、 ヽ.        │              ..│
.       / / i  i,  i / /i : :/!  !  、: ヽ: . ヽ: . |\ ハ       │大きく成果を      ...│
.       / ,  .i!  i!  i' く/|:∠..! |ヽ iヽ ヽ: . |: : トヽ.〉ハ      │              ..│
.        i i ::i!  ll |f水j :|  ヽ:ト、\! へiヽ/!: :∨|ハ .ハ      │挙げるのだった。    │
.      l .::j ::i__ lj  ∨/} : i r≡ミ、    r=≡ミ! : ハ!V : ハ      └──────────┘
      j ´      .:::ソ  i、: \   _'_    |: :ムノ: : : i, :i
        i   ー-´/ ̄ゝ |ヘ: :トヽ  V  ノ   /: /: : : : : ハ i  ねえ、あなた元大盗賊だって本当?
.      |      }:    .::ム: ヽi>  `¨´   /: /: : : : : / .i:i
        l         ::/ it- 、: : : i` -  i:´/: /: : ,i : : / .リ    昔のことは 許してあげるし
      、      .....:/   \ 「|「|    .ソ∠: : :ハ: /            スモチもあげるから
       `ー 、- ⌒¨¨´        |.|1|-、  __」|_ヽ\|-ヘ:{
          \:::::::::::::.....    ハ1 、、   //  } ハ  丶        協力してくれない?
           ` ー- 、_:::::.. / ハ 、、 //  j   | ,  i





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  本当にょろ。
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    こう見えても・・・
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    西方の春家魏似亜では
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│         風の封家と呼ばれて
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    大いに恐れられてたっさ
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
         【元大盗賊 海大如】

721名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:46:50 ID:vf3nmqG6
江蘇省の長官がいい顔しないんじゃないか?

722 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:47:20 ID:NFZfmAd6


          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \       でも、もう引退して
       / /  ハ/     \ハヘ  人      堅気になったにょろ!
       |i │ l |リ\    /}_}ハ `Y´
       |i | 从 ●    ●l小N       改心したにょろ。
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       |  i ノ、      ノi|
       |  l  x>、 __, イl |
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒





          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \      出来ることなら
       / /  ハ/     \ハヘ   .____  いくらでも協力してあげるっさ!
       |i │ l |リ'´     `ヽ}_}ハ/_ /|
       |i | 从 ●    ● l小N| _ _ | .|
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ .|・,_,_,・ |/
       | i⌒ヽ j        ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´

723 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:48:23 ID:NFZfmAd6


                           ┌───────────┐
                           │【李衛】は              │
               ____             │                │
                 ' ´   ``.           │元大盗賊の親分から    .│
              / /" ゜\. \         │                │
          /./ハ/      ヽハ ヽ.      │いろいろとヒントを    ....│
           |/ リ'´     `ヽリ |.     │                │
             |.レ从●    ●从. |      │教えてもらい・・・     ....│
           |(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|)|.     └───────────┘
        /⌒ヽ| | ヘ    !_.ノ   ノ | |
      \ /:::::| l > .____. < .l | |  こういうケースでは
        ./:::::/| | ヾ:::|三|:::〃 | |ヽl     盗賊はこうするにょろ。
       `ヽ< | |  ヾ:::l:::l:::〃 .| |::::::>





                     ┌──────────┐
                     │それを           │
                     │              ..│
                     │大いに参考にして    .│
                     └──────────┘
         / : : : : : : / : : : : /           \: : :\
       / : : : : : : : / : : : : /'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\: : :\
      /: : :┌─‐-./ : : : : /: /. : /:/: : : : : :/: :!: : :|: :ハ.: : : :ヽ  なるほどね〜
    /: : : : :└‐≠7 : : : : : : /. : : /.: :,|: : : : /: : :| : : !.: : |: : :l: : :.
   /.:/ : : : : :<.  /: : : : : : :/ _.イ:/ |: : /|: : /!: _,ム-: |: : :|: : :|  盗賊ってのは
 /.://.: : :l二二>イ.: : : : : :/'| :/ 丁>、/  |/ ,.イ´/ }: ハ: :|: : :|   そうするんだー
  / /: :l : : ///: : : : : :/ |/ ,.ィ≠=ミ、      ,z云ヽ/|/: :|:./ : : !
.     ′.:|: :〈. /: /: : : : : : :|   〈f { fさ; 7`     |'じリ ,′: : '´: ト、.:|   ふんふん。
    l : : |: /:` :/: : : : : : : :|      ヒ辷/        ー' | : : : : : : ! |.:|
    |: : :∨ :/ i: : :|: : : : : :|_      ̄       !     八: : : : : :|||
    |: : : : :/ : |: : :|: : : : : :| ヽ、       ー−   . '.: : : : : :,.'/ , /
    |: : : :/|: :∧: :ハ : : : :八  ` 、           //: : : : :/:/ 〃
    |: :., ' !/´ Ⅸ、\: : : : \   `  ,. __, r ´/:/: : : :/: :/ /′
   ノイ  /'  ′\. ヽ、 __\   {.    |∠,/: : .イ: : :,〈
        ,′        |  |         |  丁´ {: :/ |
.      |          |  |         |  |   ∨  |

724 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:48:59 ID:NFZfmAd6


        ┌────────────┐
        │江蘇省でも               │
        │                  │
        │次々と盗賊を捕まえて    │
        └────────────┘

      ウエーン!  ____
     ∧_∧     ヽ=@=ノ
     (T∀T;)     (,, ´∀`) ナイテモダメ
     (  (つ(つ∝∝∝と    )
     ノ  r ヽ      人  ヽ
    (_,ハ_,)     (_ヽ_,)

         \‖/
          ∩
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| |#######||########| ↓>>@
  ||  ∧∧ || ∧∧ | |#######||########; 曲`)_〉=@=...ノ  とっとと乗り込め!
  |||.へ(゚Д゚ ).|| ゚Д゚,,). | |#######||########|つ つ (・∀・,,)
  || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄∪ ̄| | ̄ ̄ ̄ヽ| ̄ ̄ ̄ ̄| | |⊂||‐V−,|)
  lO|o―o|O゜|.======| |===江蘇刑務所===| ) ) |=〃=,
  |∈口∋ ̄_l__l⌒l_|____|___l⌒l__|\\ (_(_,〕
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'     `ー'

          ┌────────────────┐
          │治安を大きく改善させたのだった  .....│
          └────────────────┘

725名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:49:19 ID:UMCiegek
このやる夫に気に入られると、栄達どころか過労死の危険が高まるのかwwww

726 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:49:28 ID:NFZfmAd6


             ┌──────────────────┐
             │この話を【李衛】から聞いた やる夫は   ..│
             │                           .│
             │大いに悦にいって・・・              .│
             └──────────────────┘
                        _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ  そういう知恵の回る
      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ     卿でなければ、
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |   特別に隣の省の治安まで
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |          任せは しないお!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、         ┌─────────┐
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\       │と、褒め称えた。   │
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ      └─────────┘

727 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:49:56 ID:NFZfmAd6


        ┌───────────────────┐
        │といっても、【李衛】は何も           ....│
        │                          ......│
        │盗賊退治ばかり やっていた訳ではない     │
        └───────────────────┘

           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.
         弋ェェt┼┬┌─ 府 州 杭 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

728 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:50:25 ID:NFZfmAd6


           ,-‐ 7:::::レ::::::::::::::::::::::::::ヽ、ヽ、\:::::\
          l´,r‐'/::::::::::::::::::j|i:::::::::::::::\ \j:::::::::\::::ヽ
          レ//::::::::::::::::/ i|li::::ト、:::::::::::ヘ::::::::::::::::::K}、:ヽ       ┌───────────┐
        /,く イ:::::::::::/ト/ i||ヘ::::i\:::::::::::i::i:::::::::::::i ト、ヽ::}.    .│もともと            │
       〈/j:::/V」:::::::/ ij\ i|ハ:::::i \::斗l:::::::::::::i i i >、     │                │
           /r'´ `ヽ::::i rイミッヾ  \::i /ヽ iト、::::::l  i_〉| .|      │経済の中心地である  .....│
        /:i     ヽi {oじリ`    ゝィf必ァ、i::::::::l/::::::| |.      │                │
         {:{      i ゝ='      ゞoじソ) i:::::::i)! |::::L!      .│浙江省は           .│
         i:i      i    ___'__   `='´ !:::::i::::l l:::::::|       │                │
       ,---ヘ     ト、  /` ̄´ ヽ   / i:::::/:::└┘::::l     │訴訟沙汰が多い上に  ....│
      /:::::::::::::::ゝ   ノ \ ヽ___ノ  / ./:::/__::::::::::i|:::::!       └───────────┘
    ,ノ:::::::::::::::\ 、_./ ヽ  `丶 _ -‐'´ l// | |i::::::/i::::i
   f´:::::ヽ、::::::::::::\/  ヘ     ||    ノ| 。| 。l 。|ヽ/ i::j   あんまり お上の手を
   丿:::::`ヽ,::::::::::::::::ヽ    \    ||     `i´`´`´  ト、リ     煩わせるんじゃないわよ!
  /::::ヽ:::::::::::i:::::::::::::::ヘ     ゝ__||     i  / ::  .i:::}
  i:::::::::ヽ:::::::::ヽ::::    i        ̄ ̄ ̄) i  i :: .:{::/ i
  ヽ:::::::ヽ::::::: \    }   ______ /  i  i::::::::::/(^ l
    ゝ:::::::ゝ   \  ノ、__,ノ    ||     ヘ  i:: /  `) i

729 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:50:52 ID:NFZfmAd6


                  ___
               ,.- '´   ,.__.. . .二.ヽ、
             /   ,  /_,. -─-ヽヽ           ┌──────────────┐
            ,r'  ,.  l   / ,ィ'´   ,. l l         │【李衛】は                    │
      .     /ィ  ,イ.ニrY  l,| ./!   ノ1/!,| ! |.        │                      │
          // r_/ ノ | |レhュ、´'/' レィ' |          │治水事業・文化事業・       .│
          ' | / /く/ |  | ' {::. ::|`  f::}l リ _i      │                      │
           |  , ー'´ lヽ|  |  ー‐'  ,. ー1/ |[] |       │食料自給率アップのための    .│
           ヘ ハト jハ `l、N r──-、 .ノ  .|囲|       │                      │
           ヽ ゙ ヽリ_ゝ-ヘト.`ーr-=ニオノヽ「/<ニ.)      │開墾事業も手がけており       ..│
             /  l、  ヽ´l  l.|  l`7ヽ-ィ´     └──────────────┘
            /  __..,ヽ   l. | j.ト .」__   /
           !__/ /  \._ リノ|    ̄
      .     (w.)   { ___└ォト┘.!
          ‖‖  ,r´  7/7「`{         ┌──────────────┐
          ‖‖  ,/    ┘`′ |.         │おかげで              ...│
      / ̄/ ̄ ̄/ .Y 、    ヽ   ヽ.         │                   .....│
     /〓/   /  `ー、一…、ー-,-‐ ´       │目が回るような忙しさだった  ......│
    ./ ./   /     ヽ  .ヽ /.            └──────────────┘
    / ./   /       ∧-一Y
   ./ ./   /       / .ヽ  ヽ
  / ./   /       /、..../ヽ-''つ
  `Θ――Θ       `¨¨´  `¨´

730 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:51:25 ID:NFZfmAd6


                          ┌────────────────┐
       ,  ----‐ 二二ニ 丶 、      │そしてついには              │
      /     / _, ----ミァ、 \     │                       .│
    /   /  /‐'´        ヾコ     │過労のために 血を吐いたが・・・    .│
   / rー- /   l j  、ヽ  ヽ    ヽヽ\   └────────────────┘
  ,' ヾ /7 ,' l .ハ`トム、\  X.   |く  l
  ,'   /L|  | lレ    ヽ ` ' .ムヽ  } |ヽ!      ┌───────────┐
 .! ,  //| l  | | ---   ---}l !丿 }ヽ\       │それでも休まず         .│
 |│ // | l  | |     |   | | |/| | V       │                │
 |│ V | |  | | U        } .| | V!       │政務を続けたという。    .│
 | .l    Ll   ! |    ─┓ ./ .|│|ヽ !        └───────────┘
 | !   i !   ! ト 、.    /| | ! ハl ヾ
 | ハ  ! | .!  i .|ゝ   ̄/¨ , ┴ 、リ_     ・・・問題ありません
 レ'  |  l ! ハ ノリ >≠==- 、       r‐、
    |  /レ レ /     /\     | )
    レ' |  〃/|         \   / |_____
     │ || | |           , ' ´ _ノ
     /  .|| ! ヽ          /     --イ
     |  〃 |  ヽ              ‐‐イ

731 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:51:54 ID:NFZfmAd6


            ┌───────────┐
            │こうして            │
            │                │
            │【李衛】は7年間      .│
            │                │
            │難治の地・浙江省を   ...│
            │                │
            │立派に統治し・・・     ..│
            └───────────┘

                   ┌───────────────┐
                   │雍正10年、今度は         ....│
                   │                     ...│
                   │直隷総督に転任したのだった     │
                   └───────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

732 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:52:22 ID:NFZfmAd6


                                        ┌───────────┐
       >__.. -‐<_: : -‐ ´ :/. : : : : : `ヽ ヽ: :ヽ: ヽ.     │直隷総督は         .│
.     / : : \__//. :>ー-.: :/ . .    /. : :/ ヽ !: : !: : !.   │                │
   ∠ __-‐/ : : : : /. : ̄/-\´_.. -‐/  イ :〃∨. : l : :l     │首都北京が在る      ....│
.    /´ヽ / /. : :/ : : : /斤¨ヾヽ ー≦-‐ ´ //′/l : : l : :l     │                │
  /   i l/{ : :/ : : : /  { 〈_∧ ∨     / /_/:/  ∧:/    │河北省の総督であり   ..│
/     l   ∨. : : : /   ゞ く        -‐__´イ : /  ∧ }.     └───────────┘
       l   /. : .イ:∧          ´斤ハ∨ :/ :/ /く
      l  / / !/ lヽ    ヘ、 ′ く´_ソノ/∠__∧ ヽ.         ┌─────────┐
、     l  {/   l′ト、ヽ、 、_ノ>    ∠ ////  \/         │地方官としては   ...│
个ー ′  !  ヽ、    ト、   ヽ、_   -‐ ´/ / く./           │            ....│
 ヽ、   _l      ∧ \__ / //.:∠ イ /ヽ( Yヽ         │最高位にあたる  .....│
   >/ _`つ    ∧ ヽ __/ // ̄ / /\   ヽ!(ヽ          └─────────┘
 / /  (_,ヽ     /  ー‐/ /   / / 辞 > 直ヽ(ヽ、
/ /   / ノヽ   /   /     ∠ _く\令 / 隷 /ヽノ
、 !    /  ∧_/‐≦´-、――ァ ´ ̄ヽ ( ヽ / 総 /⌒ヽ >  ←【直隷(ちょくれい)総督・李衛】
.  ̄\   / ノ!∧\┬く`ー匕j       \  \督/ 弋ー'ノ\

733 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:52:55 ID:NFZfmAd6


                 , -―- 、 -― - 、
                 /  ,_ -―‐- _  \         ┌────────────┐
            /  ,ィ/_ -――- _ヽ  ヽ           │捐納出身者が         .│
            / ,.-/ /´ /    \ \`ヘ ヽ. ',        │                  │
             / rイ / 〃./::.{:.  l:.  ヽ:.ヽ:.ハ fヘハ.        │よくぞここまで        ....│
          /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',      │                  │
            /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ     │登りつめたものである     .│
           ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ      └────────────┘
        i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i
        | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |
        | ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |  ←刑部尚書(司法大臣)代理も兼ねる
        ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l
            ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/
        / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
          / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
       〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
      / ヽ,、     /    i!   i!    / / /    j  ヽ
    r‐ '― / `~    ∧    i!   i!     / / /   /   }
    /   /.     ∧ ヽ    ! rtz !   ./ / /  /   /\

734 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:53:26 ID:NFZfmAd6


             ┌───────────┐
             │そして、やっぱり        .│
             │                │
             │ここでも【李衛】は・・・    .│
             └───────────┘

                       ┌────────────┐
                       │いつものように次々と     │
                       │                  │
                       │盗賊をひっ捕らえて     ..│
                       │                  │
                       │治安を大きく改善させ    .│
                       └────────────┘
                  ̄ ̄ ̄ ̄-----________  \ | /  -- ̄
             ----------   ______-------    。 ←盗賊
            _______---------〆::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄
                     〈/::::::::::::::サ   / / |  \   イ
                      {::{:::::://:リ  /  ./  |    \ /
                  _ /》   l) /   /  |     /|
                  ぅ/ / ̄ ̄//    /    |    / .|
                   / /__/'     /     |│ /|
  _____      ,./ // // |     /   .─┼─ |
  (_____二二二)  ノ∠___|    / ┼┐─┼─
               ^^^'   ヽ, |  |    /.  ││ .│

735 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:54:17 ID:NFZfmAd6


 ┌────────────────┐          , -─-、__    【オルキ】殿を   (
 │また、不正な官僚は平気で弾劾する.....│        ,r'― 、 、    \    弾劾します! /
 └────────────────┘       /  ̄ ¨ ヽ ヘヾ>  ヽ          (
    、- 、 ___ ...                        <{i {ヽハ,ムヘ  VTヽ   ハ `v'⌒ヽ/⌒ヽ/
    ` ー--、_   `丶、                  ,'!ヾ}`ーモテ |   l )V   |
        L_<, -   ` ー- ...______          ! ! ヘ ,,==ァ !  i      !
       〈ニ レ'             ヽ ヽ ¨ヽー‐、   レ{   ヽ _ノ ノノハ     リ
         `ー‐ ' ¨ ´ ` ー 、      ノ ノ   \ \ーヘ N、 ` 7ル'ヽ _ヽハ八ノヽ、
                  ` ヽ/       \  \`  ∨ リ  \ __|\   >
                     ¨ ヽ             i `…‐ 、_\、 _ ∧イ
                       ` ー‐- 、        !   , -―― 、ヽ  ハ ヽ、
                            ` 、     !  ヽ-┬┬‐|i|   i!{ニi} >
                               丶  j    !  | i  |i|/ヾ. i!! | | \
                                 ヽ    | _[三]__|i|   i||_」」^ <
  ┌──────────────────┐     \  ´      i|   i|  !   ヽ
  │雍正11年には、自分より格上の・・・     .│       7     ,'   i|___ii │   〉
  └──────────────────┘      /     ,'    i|   i|  i , -、}
                                    /         i|  ,i|  ト  \
                                    ヽ       i|   i|  |. \  \

736 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:54:44 ID:NFZfmAd6


               , ---- 、              ┌───────────────┐
             /. _,__. `〟             │北京の治安と防衛を担当する    .│
            /./~    ヽ. )                │                     ...│
          _ -|. |_     ,/,/               │『歩軍統領』の重職にある       .│
      ,  ' ´. . . .ヽ.|. `‐´´´´. フ` ―- ,,,、           │                     ...│
    / ,. . . . . . . . `' /´∧. . . ∧ ヽ. . . ヽ. . `ヽ.       │【鄂爾奇】の不正を告発し        │
   ///. . . . . . . . / /_r, r. . . . ヽヽ. . . . ヽ. . . ヽ、.     │                     ...│
  // /. . . /. . . . . / /........................ヽ ハ. . . . . . . . . . ヽ   │弾劾するなど・・・              .│
   /. . . ィ. /. . . . | /...........................ヽ|ヽ. ヽ. . . . . 、. ヽ   .└───────────────┘
   |. . //. /. . . / /i/...............................ヽヽ. ヽ丶. . . \.|
   |. / /.イ. . . ィ /|/.:.:.:ヽ、..................,_  ヽ. ヽ. ヽ. . . ヽ、
   |/ |. /i. . . /|.|.|.|.:.:.:.:.:.:`-^`- ' ´.:.:.:.:.: !. |\.ヽ. . . ヽヽ   ←【鄂爾泰】の弟
     レ |. . . |.|.|.. |.:.:.:.:〇.:.:.:.:.:.:.:.:.:〇.:.:.:. !.|'´ヽヽ\. ヽヽ      科挙合格者でもある
       !. . |. |.|. .|\_.:.:.:_, ‐.:.:.:.:__,.:.:-'|. |  入',. ヽヽヽ`
      , ヘ. |. . . .. '、 ~~        ) L |.| /,,. . . ヽ
    //.\|, '/.>x     _, a、〃⌒'´`´ハ.ハ. . ヽ
    / ̄ ̄ /.//~`ヽ- _ー'゜_, ィ '´ハ. . .ハ.| ヽ. |
        /./'´ _ニ.:.:.:.:.:.:\ ̄ /  ヽ.| ヽ.. i  |  ヽ|
       ,/- ' ´   `ヽ、.:.:.:.:\ ヽヽ  ` ヽ.|     |
      /          `ヽ、.:.:ヽ|.:.:||i    |
            【鄂爾奇(オルキ)】

737 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:55:15 ID:NFZfmAd6


                                     ┌───────────┐
           ,.. -───‐- 、              │あいかわらず        .│
         ,/:.:.:.:.:.:_,,. -─- 、:.:.:.`ヽ、            │                │
        /:.:.:.:.:.:/ ___  \:.:.:、\_         │傍若無人に活躍する   .│
     r‐く、:/:.:.://´:|:.:.:.:、:.:.:.:`\|:.:.:.lく__{.        │                │
     く二ニ/:.:.:./:.:|:.:.:.:!:.:.:.:.ヽ:.:ヽ\:.l:.:.ヾ`くニヽ、.   │【李衛】であった。      │
  r─‐ァ'´ /:.:.:.:.|:_/!|:.:.l|:.:.:.:.l:.:|、:.:.|:.:l:.|:.:.:.:|l∠   lヽ   └───────────┘
  l/´!|>'|l:.:.:.:.l!:|`!|ヽ|ヽ:.:.:ト、!, く|l:.|:l:.:.:.:.ト、_`ヽ、Ll
.    / /|l:.:.:l:|,rf⌒ヽ! \l´ ィ⌒'ミ |:.:.i:.|:.:l|人  〉
   | ,イ:.:.l:.ハ、:ヽ仆、:::リ      ト、:::リ l:.:.|ノ:/)っ ∨
   ∨|ハ:.|:.:.:.:|Tr‐っ'    ,   ー' /:.:.//'´
     l! ヽrーュi ⌒!、 t-r‐!  ,.ノ:.//
       / 〈l|L__人`ヽ`ー'イ |lィー'´               【総督御三家 李衛】
       `ー-=‐'`ヾ\_弋_フ/く              ┌────────────┐
             「`ーく_乍_フ_ ト、_              │  ┼ヽ  -|r‐、. レ |     .│
            l /l |:| ヽゝ/ー、_)                │  d⌒) ./| _ノ  __ノ     │
             `ヘニLl ̄`                └────────────┘
                 \入
                ヽノ

738 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 00:56:02 ID:NFZfmAd6
本日は以上です
ありがとうございました

次回は2週間後を予定しております

739名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:56:22 ID:gK8rp6fk


740名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:57:20 ID:Z1/bpZs6
乙ー

で、その最後はやっぱり過労死だったんでしょうか?

741名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:57:53 ID:vf3nmqG6
乙でした。

次回で李衛編は終了?

742名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 00:58:37 ID:SO/uaz5s
おつでした!

743名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:01:35 ID:G2b0KNtA
乙です!!
相変わらずのテンポのよさで、なじみない時代にもついていけます

744 ◆X5UaPQqEtg:2010/06/29(火) 01:03:07 ID:NFZfmAd6
>>711
ガンダム0083の適役、シーマです

>>721
当然、いい顔しなかったようです。

>>740
過労死ではなく、黄疸で病死しました

それでは、また2週間後に。

745名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:08:28 ID:IgeK/M0c
乙です
いつもながら読みやすくて面白い!

有能な人間は寿命縮めるまで使い倒すやる夫もすごいが、
それに応える臣下もすごいな。

746名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:21:16 ID:PrfVpjR2

しかし逆に考えると、トップがここまでしっかりして、過労死ギリギリまで働かないと、人治国家は治まらないって事か…。
ニホンの徳川将軍なんて、ほとんどお飾り状態だったのを考えると、御国柄や国土の差を嫌でも痛感する。

747名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:35:54 ID:Z1/bpZs6
いや、日本の徳川将軍は一部除いてみんな政治に励んでいますよ

748名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:38:26 ID:G2b0KNtA
具体的にあげてくれればいいのだがどうせ思い込みであろう、スルーでよいよ
また投下までに議論で埋まるのは勘弁してほしいです

749名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:40:49 ID:UMCiegek
>>748
>654

750名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:41:43 ID:CyH59kxA
乙でした。

751名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 01:48:07 ID:JDekGT66
風間くんwwww

752名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 02:21:04 ID:Toytot8o

やる夫に気に入られたら長生きできんなw

>>746
徳川は地方のことは地方に任す、で軍事と外交以外の行政・司法・立法のかなりの部分で地方分権を徹底してたから。

753名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 11:27:22 ID:neOaoMf.
>746
全然違うな
政治はある程度の能力を持っている人間が、ある程度のことをやっていれば
慣習という名の留め金が、大体ある一定のところで治めてくれる。
が、それを重ねていくと必ず腐敗や衰退が始まる。
(トップが無能で遊んでばかりだといきなり滅んだりするが)

やる夫の場合は親が全盛期を築いていたにも関わらず、
それを維持だけでなく、親の悪かった点を改善し、さらにいい政治をしようと
努力しているからこんな状態になってるんだよ

754名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 14:32:35 ID:ytPm7y1g
主君から容赦なく使い潰された末に「この役立たず!やっぱ科挙出身者なんて(ry」とボロクソに罵られ
あげくその罵倒内容までしっかり後世に残されちゃうって
この時代の役人って大変だったんだなー(棒

755名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 15:03:55 ID:PVWTJc6I
>>753
トップを合法的に内乱なく選挙で変更できる
民主制はやっぱ効率いいよな。

我が国は立憲君主制で
権力のトップ(首相)と権威のトップ(君主)が分散してるからさらに安心。

756<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

757名無しのやる夫だお:2010/06/29(火) 22:41:26 ID:X8rg52m6
>>755
でも民主制だと改革が全然出来ない
出来る時は世論が恐ろしく偏っているので変な政治になりやすい

つまり安定期には良いが、変革期にはこれ程厄介な政治体制はない

758名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 01:20:17 ID:WyYC7mc2
>>753 ID:neOaoMf.
薀蓄たれたかったらチラシの裏にでもどうぞ

759名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 01:25:02 ID:gOnT20F.
深い話は歴史板でお願いしますね

760名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 01:29:58 ID:akt4yfnI
雑談okって>>1がいってるのに何いってるの?

761名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 02:21:28 ID:mEgSq6I2
雑談ってのはみんなでやるもんだ

762名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 08:02:11 ID:yaWYbGj6
つまり、自分が気に入らないからと特定の話題を排除しようとするのはいけないんですね。
わかります。

763名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 08:28:46 ID:6ucyZiGQ
なら誰か>>627にも反応して(´・ω・`)

764名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 09:01:33 ID:zoxNNpSw
>>757
> でも民主制だと改革が全然出来ない

むしろ逆で、民主制でない独裁的な政体だと問題点を放置しがちかと。

> 出来る時は世論が恐ろしく偏っているので変な政治になりやすい

平時は問題が顕在化しないけど、動乱期は変革の必要が大きくなるだけでは。

変な政治になるかどうかは外的要因もあるからねぇ。
マスコミの影響力もあるけど。

昔のドイツの例だとベルサイユ条約締結とか他列強国の動向とか。
自国だけが原因でないし。

最近の日本の例だと
中国が変動為替相場制にしないインチキ元安とか。
関税でもかけないとデフレを回避できない。

765名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 11:06:51 ID:SUQdNQGY
このままだと関税かけるよ
って方向で世界各国と協調できるように持っていけばいいのにね
また円高になってるのに放置するしかない政府と日銀じゃ無理だけど

766名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 11:53:06 ID:b7NFvVRg
で、それがこのスレに何の関係があるの?

767名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 12:16:03 ID:ER1zGxSA
>>764
お前みたいな絶対民主主義者が一番厄介なんだよ

768名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 19:25:44 ID:VYo4045I
基本民主で腐敗がたまったら独裁者が出て一掃というのが一番良い

769名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 20:26:33 ID:XEGSYx2s
>職務と言うなら、やる夫なんて天下の職務すべてを担当してるんだお!

こう言われたら、それ以上拒否も反論も出来ないわな……どうしようもなく事実なだけに。


>【鄂爾奇(オルキ)】
やる夫の寵臣として日々職務に精励した(やる夫に気にいられたばかりに過労死に至ったのであろう)兄の姿を見て色々と思う所があったんだろうか……

770名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 20:55:18 ID:Dc4EdpbU
民主制の最大の長所は駄目な統治者を合法的かつ穏便に交代させられることだな
「民主主義は最悪の制度である、しかし他のあらゆる制度よりもましな制度である」とはチャーチルだったかな?

やる夫の方針は結局やる夫のような奇特な君主の下で李衛のような奇特な官僚が腕をふるう
ことがすべての前提、という無茶な体制だから所詮長続きしない
しかも成功報酬がさらなる仕事増だから、やる夫にみこまれたら消耗するしかない

771名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 21:16:28 ID:QHjpPZrs
ママンの愛情に恵まれなかったのかい?

772名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 21:31:31 ID:n3/CNjRo
独裁ってのは完全にその個人の能力や性格に依存しちゃうもんな。

どっかのスレで、「独裁は1d100で、民主主義は10d10だ」みたいな例えを見たな。

773名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 21:33:13 ID:XENOWxM2
>>769
でも、やる夫は40歳過ぎるまでニートだったわけだし、
若い頃からずっと働いて疲れが溜まってる人と一緒にするのも
どうかって気はする。

774名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 21:39:54 ID:XENOWxM2
ひどい極論だけど、40歳から60歳までの20年間、毎日16時間働いた人と、
20歳から60歳までの40年間、毎日8時間働いた人の労働量は
トータルでは同じだよね。

仕事の質が違うとか、やる夫の置かれた環境的に考えて
若い頃は雌伏するしかなかったとか言われたらそれまでだけど。
もうちょっと臣下のことも考えてやれよ、という気はする。

775名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 21:43:29 ID:DBiTT8Jw
有能だからと言ってこき使いすぎると、他の人たちが経験積めなくなるから
後でそいつの穴が埋められなくなるしね

776名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 21:51:52 ID:xa2Ef.wM
統治が安定するかどうかは
民主主義か独裁政治かの問題より
官僚機構の成熟度、腐敗防止機能の差のほうがずっと大きい気がする

現代先進国の官僚機構ってそれぞれ問題あるけど
なんだかんだで過去から培われてきた失敗を糧にして改良が重ねられたものだけに
昔の官僚機構より相当マシなものになってるのだと思う

777名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 22:56:10 ID:Dc4EdpbU
官僚の腐敗の問題については歴代王朝でも認識されてて
対処するために御史台とか都察院といった監察機関が存在してるんだけど
やる夫はそちらの方は活用しなかったんだろうか

778名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 22:58:41 ID:XENOWxM2
たいがいの独裁者は自前の情報・諜報網を活用するからねえ。

779名無しのやる夫だお:2010/06/30(水) 23:04:29 ID:2.lZW33A
>>777
そちらに就任するのも科挙を通った士大夫、つまりお仲間。
明では錦衣衛とか東廠とかつくったら強すぎてとんでもないことになったし。

780名無しのやる夫だお:2010/07/01(木) 05:01:40 ID:q1AadmIU
マスコミを監視するBPOの役員がマスコミからの天下りで占められてる、のと同じ構図か。

781名無しのやる夫だお:2010/07/01(木) 21:08:42 ID:AQDrwhvI
とはいえ、その筋の人でないとインチキは見破れないってのもあるからなあ
インチキ超能力者を調べるのに、科学者よりも手品師が向いてるみたいなもんで

782名無しのやる夫だお:2010/07/02(金) 10:55:13 ID:49iKE5a2
問題は、仲間の罪を隠したりする事が美徳になっていた事だろ

783名無しのやる夫だお:2010/07/08(木) 13:20:30 ID:3xOQ2Lsw
まだかなまだかな〜
うp主の 投稿まだかな〜

784名無しのやる夫だお:2010/07/13(火) 12:34:31 ID:QFg8o6yk
やる夫は科挙官僚を目の敵にしてるけど、実はあんまり意味無いんだよな
地方の役所は科挙官僚は数人しかいなくて、実務は胥吏(現地採用のノンキャリア)が動かしてる
こいつらは「労役のため徴用された」という建前なので無給だから、収賄や搾取でもしなきゃ生活できない
官僚も胥吏とうまくやらなきゃ仕事にならないので自然癒着するようになる
これを何とかしないと根本的解決にはならない
北宋の王安石の改革の一つは「胥吏の有給化」だったけど改革が頓挫、北宋自体ものち潰れてしまったし

やる夫の養廉銀制度は胥吏も対象になってたのかな?

785名無しのやる夫だお:2010/07/29(木) 08:40:25 ID:1QiVlpNA
のんびりまってるん

7868月12日から短編祭だお!:2010/08/07(土) 22:21:33 ID:2DM12Bs2
ゆっくり待ってってね

7878月12日から短編祭だお!:2010/08/08(日) 12:31:27 ID:rBWt25Nk
そろそろ生存報告が欲しいな

788短編祭開催中だお!:2010/08/12(木) 12:59:51 ID:ccqflw3w
近所のブクオフでこんなの見つけた。
ttp://www.amazon.co.jp/DVD-BOX-%E9%9B%8D%E6%AD%A3%E7%8E%8B%E6%9C%9D-%E5%94%90%E5%9C%8B%E5%BC%B7/dp/B00013YU0M

あと1000円安ければ買ってたかもしれない。

789短編祭開催中だお!:2010/08/12(木) 13:01:25 ID:ccqflw3w
あ、上のはやる夫の中国ドラマのDVD-BOXね。

790短編祭開催中だお!:2010/08/13(金) 09:06:10 ID:TSG48Pxk
せっかく面白かったのに作者さん、ヘタっちゃったかなあ・・・
連載ものは、いちど書く手を止めると、構想があってもとりかかるのが
苦痛になっちゃうんだよね

791短編祭開催中だお!:2010/08/13(金) 09:11:26 ID:W9tmhvlg
歴史雑談所の書き込みから約1ヶ月か
そろそろこっちか歴雑にもう一度書き込んで欲しいな

792名無しのやる夫だお:2010/08/16(月) 15:36:07 ID:9S11oCLE
「雍正帝―中国の独裁君主」ではもうこれ以降大した見所なかったし、
このまま終了でしょ

793 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:21:40 ID:CLbJIi3g
だいぶ間が開いてしまいましたが、再開します
本日は、番外編のようなものです

794 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:22:12 ID:CLbJIi3g

   ┌──────────┐
   │中国の王朝は・・・  ......│
   └──────────┘                          /
                                             (,
      ┌───────────────┐              ,/´
      │自国を世界の中心と考える     .│     、--、  _    (´
      │                     ...│    ノ  / /  ̄|   `ヽ
      │天下国家なので            │  ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
      │                     ...│  (_  ,‐-っ,      く   `|
      │「対等の外国」という発想が無い   │  /`‐´ /´      )  /
      └───────────────┘/    /        レ´
            ,ッ-、__ノ~´       )   _,,ノ´    く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐〜´~            \
       `ヽ,  ´‐‐―`                            `>
        `ヽ,                        ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        |
          |,       _/~                       ノ´
           |,    ,,ノ~                      ノ
           ´| _  |                       |
            ~ `~                       ノ
                                     ノ
                                   ノ´
                               ,、_ - ‐´
                            _,, -´
                      / ̄( /´
                    _/    `´

795 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:22:30 ID:CLbJIi3g


              ┌──────────────┐
              │だから、中央政府に         .│
              │                   .....│
              │外交を担当する役所が無い    │
              └──────────────┘
                 ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~ ~ 紫 禁 城  ~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ

796 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:23:07 ID:CLbJIi3g


             ┌───────────┐
             │ただ、外国の朝貢を    .│
   ∧∧      │                │
  / 中\    ..│担当する           │
 (  `ハ´)    │                │
 ( ~__))__~)     │役所はあるが・・・       │
 /∧_〃_|      └───────────┘
 (__)_)      ※朝貢(ちょうこう)とは、
                諸外国が中国を慕って 贈り物を届けること



           ┌──────────────┐
           │朝貢は、外交とはいえない。   .│
   ∧∧    └──────────────┘
  / 中\                                 人
 (  `ハ´)        ∧_∧       ∧_∧       (___)
 ( ~__))__~)        (・∀・ )       <`∀´丶>     (´∀` )
 /∧_〃_|        ⊂   ⊂)      ⊂   ⊂)     ⊂   ⊂)
 (__)_)       (__..(__ ̄)      (__..(__ ̄)     (__..(__ ̄)
    ※朝貢は礼部が担当

797 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:23:28 ID:CLbJIi3g


      ┌──────────────────────┐
      │では、誰が 外交事務を処理するのかというと、   ...│
      └──────────────────────┘

                            ┌─────────────┐
       ,. -――‐- ._           │地方政府の総督や巡撫が    │
     ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ        │                    │
    /    !  o l_!o   !   ヽ     │担当するのである        │
..  /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ    └─────────────┘
  ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
  ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |.     .┌────────────┐
  l l ‐弋´   |   `~フー ! l.      │アヘン戦争で           │
.  ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /       │                  │
   VV  {   )  ̄      / /.       │イギリスに負けるまで    ..│
    ヽ/ `ー'_____,//          │                  │
    /    /--/⌒ヽ----┘、         │こんな状態が続くのだ。    .│
    l     /  ヒΤフ  ヽ  \       └────────────┘
        【総督・巡撫】

798 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:23:45 ID:CLbJIi3g


      ┌─────────────┐
      │清朝において、        ......│
      │                    │
      │日本を担当する地方官は  .....│
      │                    │
      │浙江総督であった         │
      └─────────────┘

                   ┌───────────────┐
                   │ただし、日清両国は国交が無く  ....│
                   │                     ...│
                   │民間貿易だけの 付き合いである   │
                   └───────────────┘
           ヾー─ー─ー──ー──ー──ー─ー,ィ.
            ||; |; |i |; |; |; |i |; |; |; |i | ||..
            ||i |; |; |; |i |; |; |; |i |; |; | ||..
           弋┼i‐‐l!‐i!‐‐i──i‐‐l─i‐ l‐ l‐il┼‐ フ.
         弋ェェt┼┬┌─ 府 州 杭 ─┐ ,‐i┼t'ェ,ィフ
             il_,└───────┘ ,  i!
             | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i | ̄ ̄|| | ̄ ̄|l
           || ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄| ̄ ̄| ̄||
           l| ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄! ̄ ̄|l
 | ̄ ̄|l | ̄ ̄|| || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|| | ̄ ̄|| | ̄ ̄|i
 ̄i ̄ ̄|゙ '' ̄i ̄ ̄|| ̄! ̄ ̄;/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ ̄| ̄ ̄|i ̄| ̄`~|i ̄ ̄| ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄i`~ ̄| ̄i| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄i ̄″| ̄ ̄|i ̄
 ̄| ̄;゙|i ̄ ̄l! ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄i ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄~`l
 ̄ ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i、 ;|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄| ̄`~|i ̄″| ̄
 ̄i ̄`~| ̄ヾl; ̄ ̄l| ̄| ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄| ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄i| ̄ ̄| ̄ ̄
`、 ̄| ̄ ̄i ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄! ̄|| ゙̄ ゙i ̄ ̄| ̄ヾi| ̄
″| ̄ ̄i| ̄!,,| ̄ ̄i| ̄! ̄ ; :|: : : : : : : : : : : : : : : i ̄| ̄ ̄|| ̄i ̄ ̄| ̄ ̄i ̄ ̄l
| ̄~~i ̄ ̄| ̄ i ; ̄|| ̄ ̄| ̄|: : : : : : : : : : : : : : : | ̄ ̄| ̄|| ̄゛| ̄ ̄|i ̄ ̄| ̄_
''- .._   ~""''' ‐- ...,,__             _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,___,,.-‐'

799 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:24:11 ID:CLbJIi3g


  ┌──────────────┐
  │そこで、時の浙江総督は・・・    .│
  └──────────────┘

          ┌───────────────┐
          │前の明朝のときのように         .│
          │                        │
          │日本から 倭寇が            │
          │                        │
          │襲って来ないないかどうか・・・   ...│
          └───────────────┘
             Λ
             | |
             | |
             ┃  ( __ _)
             ┃   r,(倭寇)
             ┃ . / (;`Д´)ヽ
    _, ,_ _, ,_     .┃.∠ /====ヽヾヽ
  :( ;゚パ);゚パ):   (ソ _ノ( ;;◎;;)∪    /(,倭)
  :(  `⊃⊂´ .):   ┃  /三ノヽ三ヽ  (::::」`Д´))
  :と_ _))(_ _つ:   .┃   ヽソ ヾソ   ( ⊃━⊃━《>
              ┃   '-'   ヽゝ   レ(_)





                   ┌──────────────┐
                   │調査して上奏したのだった   .....│
                   └──────────────┘
           /⌒ソ/⌒ヽ、
        . /  //    ..\      ._,
        /  //      .`ヽ,.._,ィ''´  `'ー- 、      /i
        /  //                  \,.   _..ノ .|
    .   /  //                     ⌒´   .|
      /  //                          |
      /  //     元ネタ 宮崎市定著           |
    . /  //                            .|
    /  //  .      中国政治論集より         |
    /  //                             .|
   ./  //            「探日本動静摺」           |
  /  //                               |
 ッ芝ヾシ⌒ヽ、                           |
 .ヾニジ    \      ._,.イ⌒ヽ               |
          `ヽ,.._,ィ''´      `'ー- 、        .  |
                         .\,.   _., 、  . .リ
                            ⌒´   \._,ノ

800 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:24:28 ID:CLbJIi3g


┌──────────────────────────────────────┐
│           ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,                                    ..│
│             {::::::::}三三三ミミミ`、、                               ......│
│            >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、                             ......│
│         /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、                              │
│        /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、    親展状の日付は                │
│        ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'                            .│
│          l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi        雍正6年(西暦1728)8月8日。      .│
│       {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi                                .│
│          kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i                                │
│.        レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'                              ......│
│       {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{       当時の日本は 徳川幕府             │
│        l         '''"::.   彡ミi                               ....│
│         ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{          8代将軍・徳川吉宗の治世である    .│
│        l    .......:::::::::  /   \_                             .│
│        `''ー- 、::::    /     /                              ...│
│         _,..-'ト、   /     /                               .....│
│       , -'" /  |l:   /    /                                ......│
│     /  //  i| l ,/    /  ()                               ...│
│    / () //   | l//     /                                    │
│    / / // ()  | /     /                                    ...│
└──────────────────────────────────────┘

801 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:25:01 ID:CLbJIi3g


             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',   浙江総督・兼巡撫 臣【李衛】
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     謹んで上奏いたします!
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、
     【浙江総督 李衛(りえい)】





               ノ      ゚.ノヽ  , /}
            ,,イ`"     、-'   `;_' '
   ,-、  _.._,,-'' ̄         (,(~ヽ'~
 )'~  レー'゙              i`'}
 ~つ                  | i'    海外諸国のなかで
 /               。/   !
/                /},-'' ,,ノ     浙江省に最も近いのは日本です。
i、        ,i' _,,...,-‐-、/    i
..ゝ        <,,-==、   ,,-,/
●)       {~''~>`v-''`ー゙`'~
浙江省     レ_ノ






         __/∠ィT丁 ̄ ̄トミ、ゝ、ヽ⊥__ヽ、
         ノ-ヲ/:.:/:.:.:ハ:.:.i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽヽi:.:.:F{⌒ ̄{
         ン ./:.:.i:.:.:.:!:.:.i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ:.!:.:.:l. \>′
          ,i个.、{:.:.:.!:.:i:.:!:.:.ト、:.:ト、:.:.:.:.:.:.!:.:.ノ:.i:.:.:.:l  >ゝ、  そこで、
        / ///:.!:.:.i:.:.:!{:ト_ト、!:l ヽ:.:.:.イ!」:/!:.:.:├斥、ハ!
       ̄V/:.くl:.:.:i:.:.レ彳Tヽ`ヽ  `xi斥 トl:.:.:.:レ:.:ヽヽ    注意して調べましたところ・・・
        }:.:.:.:.l:.:.:ヽ:ト、ゝン     ゝン ,l:.:.:.:.!:.:.:.:.V!
        l:.!:.:.:.':;:.:.:.:.\     ,     /:.:.:.:.:i:.:./:.ハ!
        l:ハ:.:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.ヽ  ー‐_−  /!:.:.:.:.:.,':./l/l/
        ヽ ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:`ヽ、___ ィ!`V/!:.:.:/:「 / ´
         ヽ \ハヾヽ、:.:.:.:.ヽ、__′メ/:.,.イLl ´
           /--i:{_  `⌒ヽ{r‐┐./イ i! l
             /__ ̄`\\/ ̄/ ├、_/!:.:.:!!Y

802名無しのやる夫だお:2010/08/21(土) 20:25:26 ID:lBuODgRk
やだ大好きなネタ

803 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:25:28 ID:CLbJIi3g


      ,o∞∞o、
      8 ,. -‐⊂⊃ 、
.      8 /       ヽ
     8│     中   !    最初、うわさでは
     8│   -、 r‐│
     8│  、_/  ヽ.│    日本は中国人を招聘し・・・
     8│   /  ̄`│|
     8 、  /    | '
    {ンく} 〕/‐- _ イ\
  __,∧_ノノ ヽ、  ,仆---、__
⌒ヽ.   W    \     / ⌒ヽ
   Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´ ̄ ̄`ヽ   `、
 `ヽ |          |      }    i
    ノ          |      |  丿|
   )、          人   / ̄ ̄``ン
  ヾヽ`ー─── ¬  ̄ ̄´





       この中国人から武術を習い、

       何事か企んでいると聞きましたが・・・
                     ,, .
               、、、、_r ´  `、
                ヽ/ ̄ ̄ヽ、  `、
               │ 中  │  '
               │ ヽ r‐ │_  '.
               │ /ーヽ│ ヽ  '、      _,__
            ,;‐、_,,.<ヽ|  |ノ`‐、く─ - 、.-ー''"´ `、
          , -'´ ̄`ー-、 ヽ| ̄‖`-、_,,,i ,:'     _,,..-‐ァ'
        '´       i' i' ` ̄   `、一 _,,.-/_,,  ./
               ヽi' i'     、、、 | ̄    ,:'ィ´
             i~     、```   |
             `|、、、、```     |
              `i     、、、``|
               |、、、、```   |
              /       ヽ
      .∧         .∧           .∧         .∧
      .|_:|         .|_:|           .|_:|         .|_:|
   ▲ ▲'||       ▲ ▲'||        ▲ ▲'||       ▲ ▲'||
  (゚Д゚ )||      (゚Д゚ )||       (゚Д゚ )||      (゚Д゚ )||
   {■■'○      {■■'○        {■■'○      {■■'○
   |■■|,||      |■■|,||        |■■|,||      |■■|,||
  ~|r'⌒J,||      ~|r'⌒J,||       ~|r'⌒J,||      ~|r'⌒J,||

804 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:25:49 ID:CLbJIi3g


                 __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、   証拠がないので
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ    上奏を
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ      見合わせておりました。
             , ィ ト{八::::/リj/V-、
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}
          , -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___
         {   >=入_、____人=<  ヽ
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   /
          \|   /      ',   | /.∧
            ヾ_ {       }   レ′/総',
            `ーゝ ____」L=‐'  /_督__',

805 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:26:09 ID:CLbJIi3g


                        -―――-
                  / : / / ̄ ̄`ヽ`ヽ、
                / : :_/. :/´「 ̄ ̄、`ヽ、 ヽ
                  /.:/ !: :/_/l: ! : : 、:ヽ : : :V ∧   さらに調べると
                i::〈_人!: :l∧\ヽ: : :i : i : _: ト、: i
.               l:://l/ !:::lf千 ミ、ヽ\!≦´V lく: :l   次のようなことが 分かりましたので
             lく/〈/´!::l ゞ-'   弋冫j/l l〉 !
             l ::!:::ヽ、!::l   、_′   /:∧!: :!    ご報告いたします!
                !::l:::::::::∧ト、   ー ′/:/.:/ ハj
.                Vヽ、:::::lヽ、丶、_ ィ/.::/.:/j/
    (\_       _>、:::!、|ヽ   ト、/イ/
     > _`ヽ__   /ヽ   ヽ! \  _ヽ ̄ ヽ_
  rf壬‐_´__ノ Vヽ / ∧       ヽ´__`ヽ   ト、ヽ
       〈\  ノ ト、!// 丶       、__`i   l  }
      /ヽ ̄  ノ ∨    、     l   !   !/ ヽ、
        {   ̄    l   / \    l   l  ∧    \
.      \      l\ //   \  !  ! / !/    ヽ
        ヽ ̄       /ヽ、    ヽ、!  l / /  ̄   /




                  ∧∧     蘇州の
                 / 商\
                (  `ハ´)    【海外貿易商の余】は
                ( ~__))__~)
                | | |      このように言っております
                (__)_)
                  【余】



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
                  ※以下、【余】の証言
                        ↓

806 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:26:33 ID:CLbJIi3g


                        ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         倭王というのは、

                         もとは中国人で
         |    |
         |    |             先祖代々その地位を継承してるアル
         |    |            ━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |    |                              |    |
         |__|__________________|__|
        /       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     丶
          /      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ヽ
       /      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ',
       ,'       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.        l
        l       :::::::::::::::::::::●:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::●:::::::::::::::::::       |
        l       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        |
       ',       :::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::::::::        ,'
      丶       ::::::::::::::::::::::::::::::::\   /::::::::::::::::::::::::::::::::      /
         ヽ       ::::::::::::::::::::::::::::::::::\/::::::::::::::::::::::::::::::::::       /
         `''‐- ,,_   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  _,, -‐''´
    ______/\\,,____________//ヽ______
   /|           \\                       //          |ヽ
   / |            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           | ヽ

807 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:26:55 ID:CLbJIi3g


     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      もし、土着の日本人が王位についても・・・
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ●
              ∧))∧
  ──────┤/(´∀` )_
 \\\      |  /:::|V/|:::|ヽ
           |  |::::|  |::::| \
           ヽ |:::|  .|:::::|.λ \
             |:::| ;;;;;|:::./ヘヽ \
           . |:::|.ロ .|:::ヾゝノν ノ
         .  /|_|  .|;__/、 ヾ\
         . /  . _.;;;;; .ゝ\.ヾ\
.         /   ::/  |;;;◎.:::::::::\ ヾ\
        /.◎..;;;/   \;;;;;;※:::::::\.ゝソ
        /;※: ::|     \;;;;;; ;;.∂::;|
       /__/ヽ      \____|)
         (___/        (_y__/

808 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:27:13 ID:CLbJIi3g



       ━━━━━━━━━━━━━━━
        長く地位を保つことは出来ないし
       ━━━━━━━━━━━━━━━
        /⌒\
        (    )
        |   |               ●
  ___|   |_/⌒\_/⌒\_∧ ))∧__
 |\   (  ゙Д゙ ) ( ゙д゙ ) (  ゙人゙ ) (  ゙×゙ )   \
 |\\   ''''''''''''''   '''''''''''''  ''''''''''''''   '''''''''''''     \
 || \[二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
 ||   ||                             ||
.     ||                             ||
.     ||                             ||





              ━━━━━━━━━━━━━━
               民衆にも天災が下るらしいアル
              ━━━━━━━━━━━━━━
          从
         /:人:丶
       人(::( ):::ヽ人    ゴオオオオオオ
      丿::::::丿  レ、::::::)从       人
     从(:::人::(    ):::::::::::人:ヽ从   /:人:丶
    丿:::::::ノ      (ノ):/ 丿:::::::ヽ人(::( ):::ヽ人
 人_:::(            (::人_/Yヽ::::::丿(:::::::::::::::\;".
ノ::;;; ;:::            ::::::丿(:::::::::::::::\;::::::丿(:::::::::::::::\;
  ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧    ∧∧
  ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)   ( iдi)
  / づづ  / づづ / づづ  / づづ  / づづ  / づづ  / づづ

809 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:27:47 ID:CLbJIi3g


        ━━━━━━━━━━━━━━━
         そこで臣下は、いくら強くても

         倭王に服従するカタチを取るアル
        ━━━━━━━━━━━━━━━

                   | .|  .|  .|   . | .| .|
                   | .|   ,ィ个i   .| .| .|
                   ____| .|  .|:. | .|  .| .| .|
              /   /|/\ |____|__|\|/\|
              /   /    (-∀・ )
             /   /    /    と)
             /   /   と/__(/__)┳┳
     / ̄,)   /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /__i    囗回回回囗回回回囗回回回囗回
   /ヽ ´ノ)
   /   `i、
 とと/_<___|





          ━━━━━━━━━━━━━━━
           だから、日本には革命が無いアル。
          ━━━━━━━━━━━━━━━

    + |    |                |
       |    |                | +
       |__|________| . |    |                |
 +    /               `:、|    |                |し
      /     jニニコ    iニニ!  i|    |                | て
      |      fエ:エi     fエエ)  |__|________|  (
      |    *             /              U :ヽ
   + ゙、         ー――    |  iiiii                u .::|
       ヽ              ノ|  iiiii                ::::|
       r ` ー-  ..,, __ ,,.. '  |                 ...:::::|
       | `─- _____,.ィ'´  ̄ `ヽ            .....:::::/
         ぽ ん っ      L | | | ,)-    ___ -─ ´┐
                ε=  ナーーレ        |          |

810 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:28:10 ID:CLbJIi3g


                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  でも、実際のところ
          ■■■
           ■■■■    権力は、すべて将軍が握っていて・・・
           ■■■■   ━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ■■■
     ∧    / /   ∧          ∧
      / ヽ  | |   / ヽ_       / .∧
    /   `、_ヽヽ__/   `、⌒ヾ⌒ヽ/  ∧
  /        /    (.....ノ(....ノ   / ヽ
 .l::::ノ(        |   ι      ι::(....ノノ
 |:::::⌒ -=・=-  / ̄ ̄ヽ      ::::::::::::::/`ヽ
 .|:::::::::::::::::  \_(___..ノ     :::::::::::::::::::(....ノノ
  ヽ:::::::::::::::::::  \/ヽ   ι ::::::::::::::::::::::::::ノ

811 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:28:28 ID:CLbJIi3g


            ━━━━━━━━━━━
             命令は将軍が行い・・・
            ━━━━━━━━━━━
      ┏━┓    ┏━┓
      ┃バ┃    ┃ふ┃  | よきにはからえ!
      ┃力┃    ┃.ぃ┃  |  よきにはからえ!!
      ┃殿┃    ┃∫┃  \___  ____
      ┃  ┃    ┃ば┃        |/
      ┃□┃    ┃∫┃      ●
      ┣━┛    ┣━┛       ))
      ┃   ∧  ∧_∧       ━ ━
      ┃   ∞ (´∀` )    (>∩´∀` )
     ∧_∧ ‖ ∧_∧ ∧_∧  <ヽy/  )    ∧_∧
 〃  (´∀` ) ‖(´∀` )(´∀` )  ノノ∞\\  (´∀` )
<》━⊂━⊂ )⊂     )(    )┯┯┯┯┯┯⊂    ) ))
     ( (  |    Y  人  Y  人┷┷┷┷┷┷━⊂/  人
      し(_)))) (_」 J (_」 J ))       (( (_」 J




                     ━━━━━━━━━━━━━━━
    |          |      |      国王は
    |          |      |
    |          |      |      逆に押さえ込まれている状態が
    |          |      |
    |          |      |      長く続いているアル。
    |_____|___|     ━━━━━━━━━━━━━━━
   /::::           ヽ
   |:::::.し        / |
    |::::::              ┌┤
   |::::::::...            ┴┤
    \:::::::....         /

812 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:28:52 ID:CLbJIi3g


              ●        ━━━━━━━━━━
             ∧))∧       将軍は当然、軍事も
            _(´∀` )_
           /|::::|V/|::::::|ヽ      担当しているアル
         /ゝ ___ |:ヘ::| \   ━━━━━━━━━━
        ./ /ヽ ヶソ |:ヽヽ.λ \
        |     ゝ~ ;;;;|::::ゝソヘヽ \
        ゝ__./ |:::|.ロ .|:::::ヾゝノν ノ
            /|__|  .|;__/、  ヾ\
         . /  . _.;;;;; .ゝ\. ヾ\
.         /   ::/  |;;;◎.:::::::::\.. ヾ\
        /.◎..;;;/   \;;;;;;※:::::::\. .ゝソ
        /;※: ::|     \;;;;;;;;.∂::;|
       /____|       \___|)
       (_y__)         (_y__/





         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          なので、大金を払って

          中国人を招いて弓術を習わせたり

          武器を中国から 密輸入させたりしてるアル。
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         ||              \     ミ彡彡彡
                        ||      ギリリ・・    |)/ ̄ \ ヽノノノノノ
                       ||              ノ  __  |  ソソソソ
                -=≡=====||────---------(`ー-、っ)≡ヽ |||||||
                    cー''ヽ _,,,,,,,,,,,,,,,,,,     ヽ<゛゛ヽ /ヽ..| ̄ ̄|
                    |0三||に=======ヽ"'''ーー'"゛`/ヽ  ヽ≡≡|
                    ー-ー ー--,,__(=)=======/ヽ  ヽ  ヽ  |ヽ
                     ||        "~"ー--,/ヽ ヽ  ヽ/○〈丿
                          ||             |ヽ ヽ  ヽ/ |===|
                      ||             | ヽ ヽ /二|・・・ |
                        ||         (\ , |二ヽ/二二| ̄ ̄
                         ||         ヾ ヽ、|二二 二 二|,
                          ||        にllヾ//、二二二}三)
                          ||      /    '/\\i、i、i、i、i、i、
                          ||    /    /二 \\ 二二ヽ
                             ||  /     /二二 \\二二ヽ
                           u/       /::::::::::::::/ヾ\\::::::::ヽ

813 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:29:16 ID:CLbJIi3g


                                                  |
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━                     |
      最初、福州の【王応如】という者が                       ∧∧ _|_
                                                 /中 \ゝ)
      実力は無いくせに、口がうまかったから               巛∧ ( `ハ´ )/
                                         / ・ ミ ノ /⌒ヽ
      年収、銀1万両をもらって                    〈_/\  X |    |  ノ
                                           (   |ヽ__ノ"Y
      陣立ての教練をしていたアルが・・・                / Y  ∪_ 丿
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━            \(/ /  // /
                                             /::/   //::/
                                            【王応如】
       ∧     ∧      ∧       ∧     ∧      ∧
       |i |      |i |      |i |       |i |      |i |      |i |
       州      州      州       州      州      州
        ||  _   ||  _     ||  _     ||  _   ||  _     ||  _
    .  ||/倭\ ||/倭\   ||/倭\   ||/倭\ ||/倭\   ||/倭\
      .||( ;゚Д゚) ||( .`Д´) . ||( .・Д・)   ||( `Д´) ||( .`Д´)  .||( .・Д・)
       ⊂   ) ⊂    ) ⊂     )  ⊂     ) ⊂    ) ⊂     ) ←日本兵の皆さん
       || ∪∪  || ∪∪   || ∪∪     || ∪∪   || ∪∪  .|| ∪∪





             ━━━━━━━━━
   ___        こいつは
  |\   \
  | | ̄ ̄''|      1年くらいで
  | | 王 |
  | | 応 |      ぽっくり逝ったアル
  | | 如 |     ━━━━━━━━━
.._| | 之 |
|\\i .墓 |\
\l二二二二二l

814 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:29:40 ID:CLbJIi3g


                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     この【王応如】は、別に、広東生まれで
       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、       定年退職した千人長の男を
    ノ彡リノ/   水 \
    |リ||リ/  ─   ─ \     倭人に推薦したアル
    (川/   (■) (■) \  ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /      | | |   ヽ
     /   _   | | |   ヽ
     丶     ̄| ̄|| ̄| ̄  ) ←元千人長
      丶____|_||_|_ ノ




              r―-、__r―-、
           |―‐z__,r:、__).       ━━━━━━━━━━━━━
              |  |   /  /___r-、    この男も、
           >―-、__ノr―‐┴'′.
       ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ      年収、銀数千両をもらって・・・
.      /           \    `〇   ━━━━━━━━━━━━━
     |              ヽ
     |     [ 銀 ]        |          ━━━━━━━━━━━━━
     ヽ             /            200艘以上の軍船を造り
      \_______/
                                 水軍を教練していたアル
                        |      ━━━━━━━━━━━━━                           |
                    ──┴──┐               ──┴──┐                ──┴──┐
     O          ∧_∧/        / O         ∧_∧/        /  O         ∧_∧/        /
 o             (´∀` )     o             (´∀` )      o             (´∀` )        |
  <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )      <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )        <⌒ヾ/| ̄ ̄ ̄' -_(    )        |
    )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   | )  | \       ̄ ̄`ー、 o 。   |
   从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\_从  < \ 丶    人/⌒ゞ ̄ ̄ ̄\_|__
  ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ  ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ 从 ノ   ノ  \ \ / /   ( /フ 从人

815名無しのやる夫だお:2010/08/21(土) 20:29:50 ID:aBIF./Fo
なんでこんな情報になるんだ

816 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:30:09 ID:CLbJIi3g


                       ━━━━━━━━━━━━━
             / )           他に、商人の
            ./ /
           / /            【鐘キン天】と【沈順昌】が
           / /∧
         ./ /商\     , -つ   日本から頼まれて・・・
         / / `ハ´)   ./__ノ   ━━━━━━━━━━━━━
        /    \ / /   ⊂_ヽ、    ∧∧
        .|    へ/ /      .\\ /商\
        |    レ'  /、二つ       \ ( `ハ´)
        |     /.          . >  ⌒ヽ
       /   /             /    へ \
       /  /               /    /   \\
      /  /               レ  ノ     ヽ_つ
     / ノ               /  /
   _/ /                /  /|
  ノ / 【鐘キン天】         ( ( 、
⊂ -'                    |  |、 \
                     .  | / \ ⌒l
                       | |   ) /
                      ノ  )   し' 【沈順昌】
                     (_/

817 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:30:38 ID:CLbJIi3g


                      ━━━━━━━━━━━━━━━━
                       【鐘キン天】は

       ,.f"ミミヾ、           杭州の【張燦若】を
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   弓 \       連れ去って、
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/   (\) (/) \    【張】は 日本人に弓術を教練したアル
    ||ト|     /_人_\   |    ━━━━━━━━━━━━━━━━
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /      | | |   ヽ
     /   _   | | |   ヽ      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     丶     ̄| ̄|| ̄| ̄  )       この人も数千両の年収をもらってたアル
      丶____|_||_|_ ノ      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      【張燦若】ちょうさんじゃく





                      ━━━━━━━━━━━━━━━━
       ,.f"ミミヾ、           【沈順昌】は
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   医 \       蘇州の獣医の【宋】を連れ出して
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/   (/) (\) \     馬の治療に当たらせたアル
    ||ト|     /_人_\   |   ━━━━━━━━━━━━━━━━
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /      | | |   ヽ
     /   _   | | |   ヽ
     丶     ̄| ̄|| ̄| ̄  )
      丶____|_||_|_ ノ
         【獣医の宋】

818 ◆X5UaPQqEtg:2010/08/21(土) 20:31:05 ID:CLbJIi3g


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    また、商人の【費賛侯】が

    紹興出身のクビになった「胥吏(しょり)」を

    推薦して・・・
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ⊂二 ̄⌒\  ∧∧        ノ)
     )\   ( / 商\       / \
   /__   ) `ハ´)    / /^\)
  //// /