■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫がフランス革命を生き抜きます第7幕〜フリメール〜
1 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 18:15:45 ID:qFfD5ztY

                  ___ --- ‐‐‐ --- ___
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             く:::::,、,'i /{/ヽ'{/`三´`}/´}/Wト.i::::::/      今は派遣議員をしているバラスさまだ
             ム{ i|.W=ρ≦≧}={≦≧d==ト }:::::>
              {/{ i| Ξ ー-‐ィ,、_,、ー‐‐'.Ξレ' }/\      このスレは激動のフランス革命を
            /'ム`ヘ Ξ   /) ,=、    Ξ/:::ゝ::::::\     生き抜くことになったやる夫の物語を
           /::::::::::::::::ヽΞ . //)_ llllゝ   Ξ/:::::::::::::::::::::i    投下している、いわゆるやる夫スレだ。
         _/::::::::::::::::::::::::::ヽΞ{.i.ノ/=".  Ξ/:::::::::::::::::::::::::|
           i:::::::::::::::::::::::::::::::::::丶=|{.}.‐-‐'_ , .'::::::::::::::::::::::::::::::|    閲覧における>>1との約束は次のとおりだ。
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{.{ }.|二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.  i ̄{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ・ネタバレは厳禁だ。
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'\丿  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ・話題は自由だが、場を乱す意味不明の
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    レスは通報だぞ。
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   じゃ、投下までしばらくダベってろ。
         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1268395646/

まとめサイト
泳ぐやる夫シアター様
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/

ヌーそく様
http://gnusoku.blog41.fc2.com/

2名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 18:21:01 ID:PNUniEFw
スレたておつ

3名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 18:56:49 ID:XP3h1mWQ
スレ立て乙です

4 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:39:12 ID:qFfD5ztY

では、これより投下を開始します。

投下間隔は約1分。

終了予定は21時30分頃

途中、遅れる場合もありますので、その時はご了承を。

5 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:40:38 ID:qFfD5ztY

やる夫がフランス革命を生き抜きます
第17話「革命の成果」-軍事編その3-「内乱の果て」


長きにわたる攻防の末、トゥーロンは陥落した。
イギリスの手からフランスの元へと戻ったこの都市で
ヤルオが目にしたものは……

6 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:41:27 ID:qFfD5ztY

――1793年12月19日、午前8時
トゥーロン市内

                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'



          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\     トゥーロンをフランスの元へと取り戻したお!
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
    |      `-=ニ=-      |    ヤルオたちの努力の結果だお!
    \      `ー'´     / +


早朝、フランス軍はトゥーロン市内へと入城した。

7 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:42:08 ID:qFfD5ztY

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    だけど……
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |           何だか……
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

8 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:43:04 ID:qFfD5ztY

       |ミミ:::l   r‐‐ァ    r‐‐ゥ   _」  三|
        |ミミゝ'   . ̄       ̄   {,,,、 三|
      i´lミ: !   _,,.-_-       .-_、   :i 三|
      |:|ミ::ノ  .,,ィ'  `ュ    ィ"  ヽ,   | :ニ/i`l
      .!ヽ:l   . `'''''"´~ / ::. 弋''-‐.'`   |. ノi !;ノ
       i 'ゞl:::.      ./ ::   .゙‐-    i::l,,i /  ……終わりじゃ。
         l ..|:i:::.     ;〃 ::  i,       | |';.ノ
        ~ゞ::::::::...  ''〈〟 _〟}::  .......  |├'              麻呂たちは終わりじゃ……
         |:::::::::::::..    ) (    .::::::::. ノ:ノ
          !::::::::::::::...._,,...____   ..:::.:::.  ノ/_
         `ヽ,::::::::::..{〉ヘ,__,゙iq     /!1l
             l::::::::::.八`-''フ~i    / ;;r' .i ヽ
          /|ヽ:::::: i :^‐‐' .ノ   / /  /  `!_
          .,ィ'フ .i ;;'、:: ゙ー-‐′  / .ノ ./    -〒ヽ



     |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;_l:;_;:_:;:_:;_:;:_;:_;:|
     |______|_____|  。
 。   ||i: :: :lへ、_|l:|:| :|: |:l:ハ: l: ::: {V} 。    死にとうない!
   。 | i:: ::|  __, レハ  、__ ハ:l:: :: M
  。  l i: ::i.。゜| | __  | |゜。Vl:: ::M  。   死にとうない!
     li: ::|  | | (__) | |  /: : :OO
      l:: :|: U      U/: :/: :: | |       妾はこんなところで死にとうない!
      l∧Vハ`,ー---イハ:/: :ハ ノノ
      / ̄\\   // ̄\
     /     \//     \

9 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:44:07 ID:qFfD5ztY

         ____
        /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \     街のみんなの様子がおかしいお……
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

10 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:45:13 ID:qFfD5ztY

  (     ノ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 (    (  )     /                ヽ、
  (     )    ノ              \
    )    )  く    , --_三‐--‐-ー酈ノヽ \  ようやく、トゥーロンに入れたな。
   (    (    ゙ヽ云ハ{ -==-}f={ -==-}=}/}/ /
   `⌒(  )    {Yi三 ー‐‐イ ̄ヽ 一 '  if)N   さて、これからどうしてくれようか……
     (  (   厶ヘ!三  三 {´    、三   レ\   なあ、フレロン?
     (   ⌒) ム|ニ  三  - - ' 三   |  ̄
     `⌒(  ⌒、ム∧ニ  /コココココヽ   厶ヘ
        ⌒⌒丶、 .ヽ  〆.コココココ./   ∧ヘ
                `丶〆、 ー--一   イ
             , -‐'"|   ` ー ---‐‐ '´ |`丶、
          , -‐''´/   |    ソ叭      |    |`ヽ、__
     , -‐''´   /     |    〈/^ハ〉     i     i   `ヽ、
   -‐''´      /      |    ル' |l    |.     |     `ヽ、
           └─ー--/    ,! |    ト-、__ゝ
                  バラス



     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |    もちろん、反革命派の処罰だろう!
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    なあ、バラス!
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
ルイ=マリ=スタニスラ・フレロン(1754年 - 1802年)
ロベスピエールとデムーランの学友でもあった革命家。
裕福な家に生まれ、ルイ・ル・グラン学院時代は放蕩的に過ごしていたため、
貧乏なロベスピエールや真面目なデムーランとはさほど交友があったとはいえなかった。
学校を卒業した後は文士として生計を立てようとするが、革命が勃発すると、これに参加し、
『人民の雄弁家』という新聞を発行するなどして名声を高め、やがて、学友というツテから
デムーランと関係を結び、ダントン派の国民公会議員となった。
この時は派遣議員としてマルセイユ・トゥーロンに派遣されていた。

11 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:46:23 ID:qFfD5ztY

     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !     反革命容疑者を処刑して財産を没収だ!
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V     そうでなくても、命と引き換えに
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |       賄賂を要求してやるぜ!
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´



                  l               l
  あ. か  く .よ. 8     ノ                   !、       よ み  2  ♪
  礀 .ぞ .れ .け 千.  /   _, -ー<¬=-ー-、   \_,     礀   ` 千  1
  げ. .く  礀 い ス .く    f{{⊂@⊃}f={⊂@⊃ム∧__ノ.    │ の. ス  万
.  る. も  た. 礀 礀 ゙ヽf云ハ|ニー‐‐イ「 、ー一彡  |f}      │  `. 礀  ス
  礀 .み  ら に ♪  .{{Y| 三   '^ニニ ヽ,  三   レ      │ .が .く  礀
  │ .の            .厶ヘ! 三   /厂 ヽ  三  ト、     |   ` れ. と
  ♪ .が           ム∧ 三  {.〈 __ 〉} 三  厶ヘ      ♪. す た
     し           rf戈ニ   ヽニニ ノ  ニ. ∧八_          ` ら
     て               / /厂|ト、_ ー--一 __,. 彳 ヾ、¨\
              /  〃  |    ̄ ̄ ̄    |   》   \
              /    《   |     _     |  ぐ   ∧
                /l       `> |    f升云、  │  ノ  Ⅳハ」
            ∧ハ  {@} \|    {瓩刋リ   | /   |ハ入
              〈厶Yヘ[{momo}]│   ≧=≦    レ′[{nina}] 小、

バラスとフレロンは、すでにマルセイユで報復として多くの処刑を繰り返しており、
そこでも賄賂や横領で私腹を肥やしていた。

12 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:47:10 ID:qFfD5ztY

              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!   ふん……!
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l   くだらん!
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ   おい、ヤルオ!
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄     ブオナパルテが負傷したらしいな、見に行くぞ!
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
            ゝ-‐<>ニニ_ノ
            デュゴミエ

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |    わ、わかったお……!
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/

13 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:48:14 ID:qFfD5ztY

――トゥーロン市内、フランス軍陣地

....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ
________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――

14 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:49:25 ID:qFfD5ztY

.         /     ヽ    /:,| .<,l: l: : : : |.  |: :_:_:_:/l_: : : : : : : :|\ : : : : : / ほ  .先ヽ−、: :|
        /       |    |/ | ./.l: |: : : : :l /|: : : :/ .| : : : : : : :┼−← 、 | ら、    |  .\
      |  で 戦 |  / .|/ |: | : : :斗'  l : : /  l : : : : : : : |   ヽ: ` :| 見  生 |、 l  .〉
      |  き 闘 |  〈  /  l: |: : : : |  .,'_:_/__ .|:ト、: : : : : :|/    ∨:| て   : / .ヽ Y/
  _  |  る 参  l   l ∨  /l: |: : : :リ ィ/:¨/二゙ヾ|:| ∨: : : : |ニ== 、∨:ヽ ?  ∧.|∨\
 / ほヽ |  よ 加 |  | 〈└‐' l/|: : : :| 《/ :〃:o゙Y`.|:| ∨: : : :|〃¨二ヾ∨: `ー┬': :ハ L 〉  \
 | ら | ヽ  :   /  .|:/ \  .{ .l: : : :| /: /、ゞ= '' ,,.|:|  ∨: : : l 〃o:゙Yヾ:》 : : : |、 : : | /l   /
. \_/  ヽ._ /   l:l  ll`ーゝ| : : :l/: / ヾ≒='"、|:|  | : : : |、. ゞ= '' ,〃:/: :|}: : :|   |_/
       _     l ̄l_ノ|  ||: : | /         |:|  l : : : l ゙'''='  l:/: : : |,ハ : :L_l: |
.        / で ヽ  ./.|   |:l__j: :l : :ilハ.      、 |:| ' 、 l: : : :|       ./|: : : :| : |: : :| :i : :|
        | き | ./ \|   ./ ̄ヽ : ハ :リ:∧ J .  l>‐|:|―‐.l - .イ  u  /ー|: : i: l : :|: : :|: |:_: |
  _   | る | l /¨Y  | 脚 |: :|: Y: ハ .\   ヽ .|:|  . l: : :ソ    /   l : l: | ̄|: : :|:/ ハ
/   \ ヽ よ ノ /| .l .ノ|i  ヽ_/ : :li :|/: :| |.\   |:|‐==‐l: : :|  イ /`ヽ |: :l: | /¨Y:/ i' .l、
l   戦  l    ̄ ..<´ ノ  l l  /¨Y|: : : :|l∧: :ハ |、 i . 、|:|.    l: : l   .| l 治 | | :l: | / イ/ | | \
|   闘  |     /: ∨  ∧ V  ノ l : : :l l :∧: :ヘ\     |:|¨ ´  l: :l / | | っ| | :|: |'  /:|  l. l}  }
|       |   ./: : :{   〈 ∨ . .ハ ノY¨Y l: | .ヘ: ハ .ヽ、  |:|  / l: |.  / .l た | ,ィ´ リ  l;':|   j ,ノ ./
|   参  | . /: /: ∧   ∨|  {: : / .'}リ /¨Yハ : :i    |:| _,  l: | /   ヽ_ノ/: : ;イ   l: :| ./ / /
|   加  | : : /: :/ :ハ   l: !、 Yi'  /://  'j|: l : :l.    |:|/   |: |/.     l : : | |、 ノ: :|イ:| ,イ
|      | : :/: : l: : :|:ハ |: i:|` |:|  l v′ .l l: l: : l―--.|:|- 、__|: |      | : : | |  |: :| l :|/|: |
\_ / . /: : : |: : :li: :`.|: l:|、 |:|  |:{、_ ,/:| l: l : :|二二|:|ー---l: :|      | : : l‖  |: :| イ |: |
/: :/  / : : : :l : : |l i : |: l:|.\|:|  |: i:|  |:lヽ: l: : | .  |:|`ー―|: :l   .   /l : : |‖_|: :l l:l\|:
                           ブオナパルテ

15 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:50:15 ID:qFfD5ztY

`=、.  i イ i    ハ ト、 i  i      / /   /| |-、     ト、
\ 〈_  iハハ   / | ムト、ト、_ ト、    //7/ィ_ム| |. ハ   トリ \
  \. 〉   人 ヘ |  卞丈ラミ \|i /孑七ラフ´/ :| /   i    \
.   \|_  /ラィイ ヘ|  ミ   ̄ ´  !/ ヽ  ̄  /ィ |ノ  iハノ  ./   \   なにを……イって…いるの。
    \i/   ヘ∨'i  トミ           /ィ/ |  ハ / /       }
     \Y   \/  :|\     、 ,.    /イ  iハノ //        ,'  切断…シないと…駄メ。
.      \`-、  |  |  \   _ - - 、  ./ |: i   /
        \〈   !  |、   ゝ、   ̄ ´,.イi|  ./| i|  /.:_ -  ̄      ,'    壊疽……シテ
.         \、  i ハ| \   'iハiー-,イ i/  / :|:| / ´
           \. |! ヽ \`ヽヘ   / //  .|! /  :/     /  i: I    死にたく…ナイでしょ?
           \、.  i\  \、`  //    |.:/     //:   i:i
            \i_. i \  `二ニ/    ,./__ -―´ /    '|
.             \ 〉\  \ _ / Y⌒ヽ ,./:.:.:./      ヘ   i }
               \i  \   ./´ :ゝ_.ノ,./!:.:.:/   /    ヘ  i/
                \-、 ヽ ./´    ,./ i/        .∧/
                 \ 〉 i/´.   ,./ ./-  ̄ ̄ ̄`ヽ. イ:.:.i|
                  \、.`Y⌒ヽ,./ /.          ∨:.:.:.:〉

16名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 19:51:06 ID:6ELTInoE
ヤンデレ化するなよwww

17 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:51:11 ID:qFfD5ztY

             /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
            /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::/_,:  i\:::::..::. _l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/,,.‐‐T i 丶: ! \::.::. Tー|-、.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ=ミk  \ヽ  \´;ィ≠=く リ :  |\\ .:\!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!   そ、そんな!?
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'O  |::::  l_ノ::.|: |: l: |
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`し                 .,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ  ::::::::          ::::::: /:::: /::  /::: l: l: |  足を切断したら軍人を
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\    ゙ー--ー    .,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ  やめないといけないのよ!!!
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、      イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
          { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
          l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
            !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
             |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /

18 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:52:08 ID:qFfD5ztY

           /         イ      ト
          イ        /ノィ/ノイ   `ヽ
         彡   i  i ! i|ハ/ 'z云ぇ/     ト`    ./j|、  切断・・・!
         イ  :ハ  i;ハ|iハ     /イ :ト;   ハ   / /
         ノイ ヘ,| ミ`   `_    / iノ  く  ./i{//    コマ・・・ギれ・・・!
          ノノィ |: え  `二´  イ /  人 ,/ / /
           /イ:|  ゝ      イイ ハ ハ/-i{.j/  /      明日のおニク・・・大ヤス売りヨ・・・!
            ハ| i| :|i`_ー-_イiLト;|i!,.-rf//     .i
          / ̄`li ハォ|i'7/7/ /f ,..ィ,.ィj/      !
        /   ./ヘi|、    /r ´ i//         ',
      r ´   / /   ,./ /´イ:i/          `=ニン
     / ィ' v´  { 'ー /‐v‐//
    {ゝ´:| .:/   _`ー./(ノ{/イ/               /
   / ヽ .:i:/   // /-、 //               / j|{
,.< ヽ.:.:.:.:∨  .//  ト:イ//              ィ ´  ィ:`
-―-、ヽ.:.:.{r- _Y ,. < イ/              /,j.{_,ィ ノ
´ ̄ `ヽY i.>< /i/             イ i _ r:/ ` ´
-´ ̄>‐<:.:._:r´/             / jノ:>' `
´ ̄二>‐  ̄ォイ/            /j}:{./:Y
:| (´ _ -‐イ/            イ!j ,.イ`i:/
´ ̄i ̄ i´/           ,.ィ´ .ィ:r-Y
  i|//           /ij|:!ィ/  ヘ、



                     __ノ:/.:! : : ::://`ヽ!: : !   \: : : ! l/ `ヽ:::::::::l: :
                     : : ::::/.:∧ __/! u  l\!__ノ  、ヽ_l/! _   j/!:::/. :
                     : :::::/l//ヽ: :::! r―- 、/   ヾ/ j/ _.. -― 、  l/. : :
                     //. : : : .::l: :∧  ̄ `ヾ `     〃¬¨ ̄`′/∧ : :
                     . /. : : : .::/l::/.::lヽ        ′         // く!::!::
                     /. : : : .::/.:j/.:::::!      ∠二ヽ`ヽ       ′_ノl:::!::
                     . : : : .::/.:::::::::::/! 三 ≧    ',,-’    i ! ー_!::!::
                     : : : .:゚/!::。゚:::三 ≧         ゚'ゝ! ;  !l厂 //l::
                     ヽ.:::/ l/-== 三         ≦。 }j /!ト、〃.::!::
                      ヽ! / 。 l-=≦          ,ァ  ィ´/ !!/ヽ /.::
                     ゚ ・ ゚。  三<         、,J   ━━┓┃┃
                          ≦ ッ         ッV´≧     ┃   ━━━━━━━━
                       ・ 。 ゚ 。 ミ´     、、 ハト・。ヽ ゚。   ┃                   ┃┃┃
                                                                ┛

19 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:53:05 ID:qFfD5ztY

              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ    ええい!
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l   やめんか、このヤブ医者!
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l   もっと腕の良い医者に見せるから、
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ   こいつの処置は後回しにしろ!
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
            ゝ-‐<>ニニ_ノ



                ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             _<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>         r‐
           /,-‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヽ、       _.r‐┴
           //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:::.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:!     /O| ○
             l:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;.:.:.:.:::ィ:::::.:::.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} リ  ./  / ̄ ̄
           _).:.:.:.:.:.:.:::::::::::://l.:.:.:.:::|.l:|i::l、::::li::::.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}   /  /
          ーイ.:.:.:.:.:.:.:.::::::::|.l l::.:.::::i:ト弍Ll_ヽl.l: ト;:::::.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:レi O/
            ノ).:.:.:.:.::::::::::::::l ll:::::::::トl\弋_'癶弋ヾト::l:.:.:.:/:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/Ol>'
          (.:::::.:.:.::::::::::::::::::V::::::::ハl: ` ̄´: : : .:.:|:.}カ::::/::/::.:.:/.;ィ.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
---―‐' ̄二>_二二>、__::::::::::|:::::::::ト:        lノ:l:://ィ:://;ィ::.:.:::.::.:.:.:./ /
: : : : :/  ./ ̄ ,  i   i  \::::|::::::::::li        ノ /ィ//:::::::::::::::ryYO/
: : :/   / 、  ',   ',.  L_i  `i|::::::::::|'、        ' :      _ノノィ::rイ/Oレ'
: :/    i┴―ヽ  |  |  |__|  | ̄`|\\   ー=-_、_    //::::;レ ./
: | : : : : :|___}  l  l  l .ノ  .ノ  .|  |. \  `:-‐:´    //i-lO/   チッ・・・・・・!
.:.ヽ: : : : : :\ヽ=-┴-ノ  ノ{ r /__|__,ノ/l  \_  _,. ィ7´::://ノlレ'
.:.:.:.:.\__: : \ ̄ ̄フ三ニ>‐チ-‐ヘ::::::::l> <_ ノ}  j.厂リ }!/::::r'´ ./      残ネン・・・・・・
___/  ̄`'ー‐-'´///      \::::}/ヽ ,ミ-',-ノニr-レ'Y(i/
: : : : : i : : : : : : : : : :/: : ( ヽ、     ヽ:| ./ノ /ノ ) ̄>'.O/
: : : : : |: : : : : : : : .:.:{: : : : ヽ: :`'‐-、   `|  ' '    / ./
: : : : : |: : : : : : : .:.:.:.\: : : : \   `'-、.}   /VO/

20 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:54:12 ID:qFfD5ztY

       ____
     /      \
   / ─    ─ \   (あれは本当に医者かお・・・)
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |  ブオナパルテ少佐、大丈夫かお?
  \     ` ⌒´     /




          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |   さすがに太腿をザックリだかんね……
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N   動けはしないけど、別に今すぐ死ぬとか
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|   そういった感じじゃないわ……
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |   ヤブ医者のせいで精神的に死にかけたけど。
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||

21 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:55:10 ID:qFfD5ztY

           . - ――- .
           ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶.
          /.:.:.:.:.:.:.:,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ、
       /.:.;ニ=-ァ":1!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:辷I   だが、今は動けなくて正解かもな……
      ムメx/ / 'イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l
      j、/ ,. '"/ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ,  あの二人の派遣議員は、
      ’ヾニ´_,メ, l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ   面白くないことに兵士を使いそうだからな。
       ヽ     X|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l"
        丶.   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          `ー=キ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.斗'
            く¨`7¨ニフ、i´
              / ∧’イ三ミヽ!



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶   どういうことだお、デュゴミエ将軍?
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l   何か、酷いことが起きるのかお?
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

22 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:56:06 ID:qFfD5ztY

              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!   トゥーロンは王党派とジロンド派が
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l  結びついて革命政府に立てついたんだ。
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l  その結果がどうなるか……マルセイユや
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ  リヨンを見ればわかるだろう?
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
            ゝ-‐<>ニニ_ノ




       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\  そ、そんな……!
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く

23 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:57:06 ID:qFfD5ztY

                            ____
                   r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
                 / \  \. / ( ○)}liil{(○)
                _/ / ヽ   /     (__人__) \ 駄目だお!
               〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
                    /  .\     i⌒ェェ|   /  ヤルオは革命の名誉を守るんだお!
                   ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
               .__   r  /     |/ー、\   \
              ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                .i /  //  ./
                .ヽ、_./ ./  /
                    ./ /
                  .ノ.^/
                  |_/




         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ   ――!?
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|  ヤルオ、どこへ行くの!
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|  私の見舞いを放り出して!
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
      ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l

24 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:58:10 ID:qFfD5ztY

――トゥーロン市内、革命裁判所


               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
               ┃                ┃     ∧∧__
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||
 ヽ_⊃⊃/    /      ._____        \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /      //|:::::::::::::::|\\       \    \ _ノ
     .| ̄ ̄ ̄~|        ‖.| .|:::::::::::::::|. | ||        | ̄ ̄ ̄~|┃
                   ‖.|/     \| ||

25名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 19:58:25 ID:LjNBhC96
ここで切り落とされてれば歴史が大分変わったろうな・・・

26 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 19:59:06 ID:qFfD5ztY

                  ___ --- ‐‐‐ --- ___
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             く:::::,、,'i /{/ヽ'{/`三´`}/´}/Wト.i::::::/      みなさん、みなさん……
             ム{ i|.W=ρ≦≧}={≦≧d==ト }:::::>
              {/{ i| Ξ ー-‐ィ,、_,、ー‐‐'.Ξレ' }/\      ここにいる葛どもは、
            /'ム`ヘ Ξ   /) ,=、    Ξ/:::ゝ::::::\     無謀にも我々革命政府に反旗を翻し、
           /::::::::::::::::ヽΞ . //)_ llllゝ   Ξ/:::::::::::::::::::::i    惨めに敗れ去った敗残兵です……
         _/::::::::::::::::::::::::::ヽΞ{.i.ノ/=".  Ξ/:::::::::::::::::::::::::|
           i:::::::::::::::::::::::::::::::::::丶=|{.}.‐-‐'_ , .'::::::::::::::::::::::::::::::|    そこで私は彼らの処刑に賛成します。
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{.{ }.|二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ.  i ̄{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ところで敗残兵を区切ると
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'\丿  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ハイ!賛成って聞こえるな。
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ο::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

27 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:00:07 ID:qFfD5ztY

     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|   賄賂をもらった連中は省いた。
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : :|     こいつらはほとんど無一文な連中か、
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_ レ{: :.|ヽ:|     賄賂を払えない資産持ちの連中だ。
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((
      \_!         '     ! ( ( ヽ) ホワ〜ッ
        ヽ    'ー―--    / ヽノζ       _
      ___,r| \         / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ゝ'゙___ `i
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´   |          |Y__  !
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、. ',       /コ__  ト、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-'' ヽ、__/  !、___   l i ヾ



:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //     だから、処刑しても問題なし!
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<      じゃんじゃん裁いてくれ!
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|        弁論なんていらないからさ。
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´             サックリとね♪
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

28名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:00:56 ID:sAC0Wko.
内乱後に国が弱体化するパターンの典型だな、このままだと。

29 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:01:10 ID:qFfD5ztY

            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||;:;ヽ,ヽ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            l;:;:;:___jl|_ヽ,ヽ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l       そんなっ・・・!
           ,イ::7´ ,r=ぅ   r- 、ヽ,ヽ,`i丶、;:;:l      バカなっ・・・! バカなっ・・・!
          /::::シ  "´ u   ` ~´ ヽ,ヽ,ミ:::`'i!      なんで弁明なしっ・・・・・・!
          )::/ ,. -− 、   , -− 、  ヽ,\:::::},
          l:::l.:.,ィ'。`> y'.:  ィ'。`'ァ、:.:.. \.\l       なんでこんな・・・・・・
、_          }::l:.:.` ̄,.:'´ .: :u`ミ ̄ .:.:.:.:.:. l:::\ \    あってはならないことがっ・・・・・!
、_`'-、_      l::l   , ' ,r'  ヽ、u   :.:.:. }:::/^\ \
 `' -、,`' -、   N! u   /゙'^'- '^'゙ヽ      l::fク //.\ .\   どうして・・・ 弁明なし・・・・・・
     `'ァ、\  l l!   /  ,..,_,..、 丶 |j~  .l:lぅ,ノノ   \ .\  なんで・・・ こんな裁判で・・・
       \ \.しi  i   ,イエエエ>、 ヽ    ,l:ゝ- '    \ \   こんな・・・・・・・・・
        \.\ヽ. l l l{、:.:.:.:ノ:.:.:l) l   イ::ノ       \ \
          \.\ ! l ヽゝェェェァツ  }   ,/:::ヽ         \ \こんな理不尽なことが
           \.\.  `ー-‐ '" ノ ,ィ'{^~゙゙´          \. \麻呂の身ばかりにっ・・・・・・!
            人. \ u      ,ィ" Y lト、            \ \
           _/:.:.:ヽ\ \--‐ '"´    / ハ             \ \
         _,,‐〈:.:.:.:.:.\ \ \   |j〜/ /:.:.\、,,__          \. \
   ,r‐-‐ ''"^ヽ 丶、:.:.:.:.:\ \ \u   //:.:.:.:.:ヽ } lー-- 、、      ',  ',
,, - '"      丶、 `` ー- ゝ ヽ\ \∠∠.:-ュ:.:.:_,:ノ /    ` 丶、    ヽ ヽ




     |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;_l:;_;:_:;:_:;_:;:_;:_;:|
     |______|_____|  。
 。   ||i: :: :lへ、_|l:|:| :|: |:l:ハ: l: ::: {V} 。
   。 | i:: ::|  __, レハ  、__ ハ:l:: :: M     父上!
  。  l i: ::i.。゜| | __  | |゜。Vl:: ::M  。
     li: ::|  | | (__) | |  /: : :OO     誰か、誰か父上を助けてくれぬか!
      l:: :|: U      U/: :/: :: | |
      l∧Vハ`,ー---イハ:/: :ハ ノノ
      / ̄\\   // ̄\
     /     \//     \

30 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:02:30 ID:qFfD5ztY

          ____
         /ヽ、  _ノ\    r ⌒j
       /( ●)  (●)\  /   /
      /    (__人__)   \/   /   /  )     やめるお!
   _rーn|      ⌒´     /  /  /  /
  i j j j j\              /   '` ´  /        不必要な処刑を行ってはダメだお!
  {   'つr´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  入  人     > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)   そんなのはヤルオがやめさせるお!
   \_/\     -、      }        (  ̄¨´
         \     ヽ._       __  \
           >     `   --‐'´ `゙' 、_.)

31 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:03:08 ID:qFfD5ztY

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |    なんだ、この味噌饅頭は?
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    再利用して食中毒をおこしそうだから
      \_!      _ '     !       T○Sに通報して、炎上させようぜ!
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、



     ____
     /、_, ,丶_\
   / (● )  (● )' yyフ7、     ふん! 何とでも言うがいいお!
 /     (__人__)  ////./i_i_iヽ   ヤルオは今までのヤルオじゃないお!
 |         ` ⌒´  /   /_ィ´ ノ
 \         /   / i    |   覚悟完了の精神とともに軍隊で鍛え上げた
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´   /- |   |   力が新たに備わったんだお!
 |   _____/   i____/
 \                |       これでも喰らうお!
   \            |
     \              |

32 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:04:06 ID:qFfD5ztY

   /   ヽ  ヽ   ,. ´   }              /             \
.  〈 '.    ヽ.  ヽ/   , -‐!               /  !     f     i   .f   ヽ
    ヽ ヽ    ` ー/   / . -―-  .          i  |    !    |  | .}  i
    \ `>ー'´廴,/,. '´      `''ー-  、     |   {     '.     |  {. /  .}
      ` ‐-  、 ,.-‐'´              ヽ、  '.  '.   ヘ    !   У  /
         ,.:´     Y             ヽ、\ ヘ  _ヽ_,. -`ー‐'´ /
           /         i                \ ` ‐‐<.,__,.廴_, -‐<´.
.         .′       |           ∨        .\            ヤルサス流星拳!
        ,.イ          !          '、        ヽ             ___
.      .′   '.      '.          '.   /        !              /     \
     i       ヘ     ヘ          '. f        }.          ./   \ , , / \
     |      ヽ     ヽ            ∨        /`` ‐ - 、 _  /   (●) (●)  \
.      .′        ヽ     \        j       . ′       `ヽ     (__人__)     |
     {   \     ヽ     \      ノ     /           ヽ     |r┬-|    ,/
.     '.    \      ヽ     ` ー‐ァ'´       / _             ヘ     `ー'´  r'.二ヽ、
     ヽ     ヽ       丶     /      .:,.イ´    ̄ ゙‐- 、                 i^Y゙ r─ ゝ、
        \    丶      ` ー‐ァ'´       /         ヽ               ヽ._H゙ f゙ニ、|
     . -― \     丶     ,.イ    ,.. -‐ ´           \             \`7ー┘!
   /      ` ‐-   .,_,.>‐''´ `ー一'                  ヽ               「:ト  イ
.   /    ヽ        i         . -―-  .
.  f   '.    \       }      ,..-‐'´      \
 .イ '、 ヘ     f`Y    .′   /  '.    !     \
 ! { ヽ  ヽ.  `¨i   /    /    ヘ    |   i    ヽ
 ヽヽ \  ` ーァ'´_,./   .′ ヽ   ヽ   '.ー-}     〉
  ` ー- `ー一'  ̄      f 、  ヽ.  ヽ.  ヽ /    /

※説明しよう! ヤルサス流星拳とは、一秒間に五発の拳を相手に繰り出すヤルオの必殺技だ。

33 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:05:07 ID:qFfD5ztY

|l!1!|!l              |!l|!l!
|l!1!|!l  ぐあっ――!     |!l|!l!
|l!1!|!l   /^`、.         !|!l|!l!
|l!1!|!l   ( ,,.---]_        !|!l|!l!
|l!1!|!l     l   〈ヾ。.     !|!l|!l!
|l!1!|!l   /-^]r  ^ ヽ..  1!|!l|!l!
|l!1!|!l     l /^ヽ 7   !1!|!l|!l!
|l!1!|!l     lr゜   "  .|l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1! __           |l!1!|!l|!l!
|l!1! \ \  ./\   l ̄l l ̄l!|!l|!l!
|l!1!|!l\ \/  /   l_l l_l|!l|!l!
|l!1!|!l.  .ヽ   /       |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  /  /       | |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l  〈   ' ̄ ̄/  i| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |  ̄ ̄ ̄ ̄_ l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |      / / l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!      / / . l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!     ./  ヽー、 /ヽ .!l|!l!
|l!1!|!l |!     / /`ー、 ヽ / .!l|!l!
|l!1!|!l |!   / /    \,/1!|!l|!l
|l!1!|!l |!i    ̄    i.|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|.i    l|.i  .l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|.|    l|l|   il:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|l|
















メシャ グギッ

34 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:06:14 ID:qFfD5ztY

             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ 、      車田ぶっ飛び!?
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、._:::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::__,ノ`ヽ'ソ```ヽ'´⌒、、 .}.::/::::::::::::::ゝ     てめえ……派遣議員に
              /:::::::::::::::__,、/、、 三三 {{ _-‐―ッ .}} }/Ⅴ::.ヽ:::::`ヽ    手を出して無事に済むと
           /:::::::::::::,‐'r―-、}}r===tヾ `'=='" .‖   }/,::::ヽ::::>    思っているのか?
          /:::::::::::::イ{{`'==''"‖三三三. ゙===ィ三    }/ .) 二=-
         \:::::::::::V.|ミヾ==ィ ム_三_ゝ  ヘ   三     ム::::>
           \:::::::{ |ミ  三   三三_/\___    ム∨
          }/N.`∧ .三   __/十ナ├──┘  ./  二=-
                { / ∧ 三    ヽナナ ____|       /\  、ゝ
             l| 'ソ\.三     ̄ ̄           /:::::::.\/ヽゝ、
                  彡小、三   ー=-‐'       イ:::::::::::::/  |  ``ヽ、___
                  { / \                ノ:::::::::::::/  │       ``ヽ、
               _,─' ̄ `,ーーー ----‐‐‐ ' ´:::::::::::::::/   │
          __,─' ̄´     /:::::::::,ノ ̄ヽ、::::::::::::::::::::::::::/     |
        \          /:::::::::::::ヽ   ソ::::::::::::::::::::::::/     |
         __\    /::::::::::::::::::::::/⌒l::::::::::::::::::::::::::/      |
       /     i  /:::::::::::::::::::::::/ ル' |l::::::::::::::::::::::/        |
     /         i/:::::::::::::::::::::::::::ノ   .|::::::::::::::::::::::: ̄`──、__|



          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \             マルソーとの約束だお!
     /   (●)  (●)   \
     |      (__人__)      |       /)/)/)  損得でヤルオは動かない!
     \     ⌒´     /     「////
    γ⌒           ⌒ ̄ ̄' ̄´  (___  ヤルオを動かすのは……
     i  j            ___、__,ノ--ー'
     ヽ、 l           /′           ――魂の叫びだお!
   /つゝ、,,!             }

35 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:07:10 ID:qFfD5ztY

         _,. -:‐;-. .._ ____ _,._
         /.::/:.:;ハ:::::::.::.:.:.::.:::::::ノ7
          !. :;. :.:! j`  ̄`f´ ̄ゝ./:!
          !:::;::.:::| ´   i |.i   {:::.j
           !.:;'.:::::|     ┴   j::::.!  お取り込み中のところ申し訳ありません。
        j:;':.:::.::|‐=rッ‐-、_,.rッァ「::::|
        /;'::.:::::.:!  _,. -‐'i丶_ ノ.::::|  私も彼の意見に賛成です。
        '^!:::.::::::.:|`´    _'   j/.::::;'|  捕虜に関しては寛大な処置を。
          |:;ノ::::::.:!ヘ   ´ `/.::::/リ
          _」、:::::.::::!\` - ァく レ'j;/    私は……故郷で見た凄惨な虐殺を望みません。
       / \ゞ``゙`: : `: 〈`ヽ\
        /'´ ̄`  ‐- .:_ : . :\ト、 \
.       /         `丶.: :ヽ:V´:i
     /             、  \: i:ヽ.:!
    ,'            ',    ヽ.: :リ
     i   . -───- ._ i  !  ヽ:.|
     | /.: : . : . : . : . : . : .`v′   ヾ!
     |': : : : _,. -───‐--、}     :|
    !: : /     丶     j!    /|
          スーシェ

※リヨンから転属され、攻略直前にイギリス軍を撃退し、オハラ将軍を捕虜にするなど功績を上げていた。

36 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:08:10 ID:qFfD5ztY

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V  くそ……お前ら……
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|   派遣議員さまに立てつく気か……
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !       よ〜し、こうなったら――
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、

37 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:09:05 ID:qFfD5ztY

    /
   /
  ./
/                   ,、     , 、_ ,____,,-‐'´`‐-、,,,-‐、ヽ
           ,、,-‐i.   / { _,, 、-‐'´ 巛| 爪‐-‐弋ヅ´ツ. }==ソ=ヽ
\    ∧{  ,={. i=b  { /. {/  d===b災 `'==≡彡 丿ミ   ' "
 //,ゝ /. |{ / {/ 丶  {/  `  丿  ‖ 丶≡≡ --‐   ミ ,,‖i !l  ふん。いいだろう……
 ' // i /| {/  `   ` ─── ''´   ‖   三三      ‖/
   ' / i i | `                 ‖iii'`ヽ、, 三三     ‖|! |l|  『無意味』な処刑は
   /   i { |                |‖W 从        ‖il|!|   取り止めてやる。
  //}八V|             ヾミミ     从        ‖il ii|
-‐ ´//、  ヽ|                ヾミミミミ从          !il!l|/
  //  ヽ ミ/ヽ                           i| .../
 .//     ミ/:::::ゝ        ヽ==≡≡=≡≡==ツ      i.i. /
. //    ミ/:::::::::ヽ、         ######£#♯#♯      l /
//     ミ/::::::::::::::::ヽ         ヾミミミミミ             /



.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|   ちょ――!?
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /       バラス、お前……マジか?
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、

38 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:10:07 ID:qFfD5ztY

             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ 、     だが、俺も子供の使いじゃねえ……
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、._:::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::__,ノ`ヽ'ソ```ヽ'´⌒、、 .}.::/::::::::::::::ゝ    反革命容疑が明らかな連中は、
              /:::::::::::::::__,、/、、 三三 {{ _-‐―ッ .}} }/Ⅴ::.ヽ:::::`ヽ   派遣議員として処罰をする!
           /:::::::::::::,‐'r―-、}}r===tヾ `'=='" .‖   }/,::::ヽ::::>
          /:::::::::::::イ{{`'==''"‖三三三. ゙===ィ三    }/ .) 二=- そうしないと逆に俺の首が落ちるからな。
         \:::::::::::V.|ミヾ==ィ ム_三_ゝ  ヘ   三     ム::::>   それでいいな?
           \:::::::{ |ミ  三   三三_/\___    ム∨
          }/N.`∧ .三   __/十ナ├──┘  ./  二=-
                { / ∧ 三    ヽナナ ____|       /\  、ゝ
             l| 'ソ\.三     ̄ ̄           /:::::::.\/ヽゝ、
                  彡小、三   ー=-‐'       イ:::::::::::::/  |  ``ヽ、___
                  { / \                ノ:::::::::::::/  │       ``ヽ、
               _,─' ̄ `,ーーー ----‐‐‐ ' ´:::::::::::::::/   │
          __,─' ̄´     /:::::::::,ノ ̄ヽ、::::::::::::::::::::::::::/     |
        \          /:::::::::::::ヽ   ソ::::::::::::::::::::::::/     |
         __\    /::::::::::::::::::::::/⌒l::::::::::::::::::::::::::/      |
       /     i  /:::::::::::::::::::::::/ ル' |l::::::::::::::::::::::/        |
     /         i/:::::::::::::::::::::::::::ノ   .|::::::::::::::::::::::: ̄`──、__|



              , ‐ト、―- 、
      , -――∠-‐ゝ.\ : :ト-、_
     ゝ‐- /!| !   ヽ/l: ト、: ハ:\
     l \/, ⊥    |l V \l
     N : レ_、 _ ィ丕テl: ヘ. ∧ l   そうですね……
     l l: 〈rrtタV  ̄ ̄ l: : :∨ :丶l
     l/: : l r‐/  ̄ ̄\j: : : : : : : :l   必要な処罰を行うことには反対しません。
     l:i: : ヘl ` ___  l: l : : : l: : :l   出来る限り人道的な配慮をお願いします!
     l:l: : :l:ヘ  ゞ-┘  ! l: : : l:l: : :ヽ
     l:l: : l: : \      l l: : l l:l: :l: l l
     l:l: : l:l: : lハ> --- イ:l: : l:l:l : !: トl
     l:l; : l:l: : l:.ハ   _ノィl: l:州:从:ノy‐-、_
     リヘ リヽ/:.iノ! // j:/':.:.l':.:.:ソ/      ̄ ‥‐- 、_
       ゙lニl:.:.:l/:.:.:.:.:.:l':.:.:.:.:.:.://              \
    _ - ´//j:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//          /
  -‐ ´   { { l':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /         /

39名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:10:41 ID:6ELTInoE
反革命の基準って何だったんだろ?

40 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:11:13 ID:qFfD5ztY

  (     ノ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 (    (  )     /                ヽ、
  (     )    ノ              \
    )    )  く    , --_三‐--‐-ー酈ノヽ \
   (    (    ゙ヽ云ハ{ -==-}f={ -==-}=}/}/ /   確か……ヤルオだったな?
   `⌒(  )    {Yi三 ー‐‐イ ̄ヽ 一 '  if)N
     (  (   厶ヘ!三  三 {´    、三   レ\   お前はどうだ?
     (   ⌒) ム|ニ  三  - - ' 三   |  ̄
     `⌒(  ⌒、ム∧ニ  /コココココヽ   厶ヘ    わかってくれたか?
        ⌒⌒丶、 .ヽ  〆.コココココ./   ∧ヘ
                `丶〆、 ー--一   イ
             , -‐'"|   ` ー ---‐‐ '´ |`丶、
          , -‐''´/   |    ソ叭      |    |`ヽ、__
     , -‐''´   /     |    〈/^ハ〉     i     i   `ヽ、
   -‐''´      /      |    ル' |l    |.     |     `ヽ、
           └─ー--/    ,! |    ト-、__ゝ



                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \   おおう……!
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |  なんでヤルオの名前を知っているお?
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )    あんたとは面識は――
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

41 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:12:11 ID:qFfD5ztY

         l               l
.           ノ                   !、
  .      /   _, -ー=-、_,-=-ー-、   \_,
       く    f{{. == .}==={ == .ム∧__ノ
        ゙ヽf云ハ|ニー‐‐イ   ー‐一" }/|f}       なに言ってんだ、16日の作戦決行は、
       厶ヘ!       釻釻        ト、       お前がやる気を見せたんじゃねえか。
          ム∧.    .i=====i    厶ヘ
            rf戈    .l=====l     ∧八_     こう見えても昔から俺は『人を見る目がある』って
        ./ /厂|ト、_. ー--一 __, . 彳 ヾ、¨\    言われているんで、お前のことはちゃんと覚えている。
      /  〃  |    ̄ ̄ ̄    |   》   \
    ./    《   |      .ソ叭    |  ぐ   ∧
   /l       `> |     .〈/ハ〉   │  ノ  Ⅳハ」
  .∧ハ  {@} \|     ル' |l    | /   |ハ入
  .厶Yヘ[{momo}]│    .,! |    レ′[{nina}] 小、




       ____
    //   \\    (なんだか……ちょっと信頼できる人かもしれないお)
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \  わかったお。バラス議員の言葉を信じるお。
 |     'ー三-'     |  無意味な処刑はしないんだおね?
 \              /

42 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:13:07 ID:qFfD5ztY

    /
   /
  ./
/                   ,、     , 、_ ,____,,-‐'´`‐-、,,,-‐、ヽ
           ,、,-‐i.   / { _,, 、-‐'´ 巛| 爪‐-‐弋ヅ´ツ. }==ソ=ヽ
\    ∧{  ,={. i=b  { /. {/  d===b災 `'==≡彡 丿ミ   ' "
 //,ゝ /. |{ / {/ 丶  {/  `  丿  ‖ 丶≡≡ --‐   ミ ,,‖i !l   男と男の約束だ!
 ' // i /| {/  `   ` ─── ''´   ‖   三三      ‖/
   ' / i i | `                 ‖iii'`ヽ、, 三三     ‖|! |l|   『無意味』な処刑はやめる!
   /   i { |                |‖W 从        ‖il|!|
  //}八V|             ヾミミ     从        ‖il ii|   そこの王党派は無罪放免だ!
-‐ ´//、  ヽ|                ヾミミミミ从          !il!l|/
  //  ヽ ミ/ヽ                           i| .../   娘に会わせてやれ!
 .//     ミ/:::::ゝ        ヽ==≡≡=≡≡==ツ      i.i. /
. //    ミ/:::::::::ヽ、         ######£#♯#♯      l /
//     ミ/::::::::::::::::ヽ         ヾミミミミミ             /

43名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:13:21 ID:6ELTInoE
否定できないと言えば、否定できないなwww<人を見る目がある

44 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:14:12 ID:qFfD5ztY

                         〈::::::::::::::::::::`丶、/_:_:_:_:_:_:::::::::::::::::::::::::::
                         /ミ了`ー- 、::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄:::::`::::―‐
                          lミミ   (三シ`‐---  ___:::::::::::::::::
                           lミシ  ,.        ヾ三)    }三三三
                        fi7  . "  `、 :     _ _    ヾ三ミ三
                        | !  ' 、==z、ヽ|:  , '"  丶   `}ミミミ   娘よ!
                        |i|  ` `二彡/    、ー==、、:   |ミミミ
                        lリ      _/     `二ニ``   |ミミ/   助かったでおじゃるよ!
                ,. ''´ ̄ ̄ ̄`ヾ!:、    f´'′  :^ヽ        ,.lミ/
              /         l ` :r '´`^'、__,.-、ノヽ、    ,. " }シ
             /      _,. -‐ '゙´ヽ { 、-- 、:.:__   ヽ...  '   /}\
         ___/ _,. -‐ ''"´     /,ハ ヾ`ヾエエェェェ>-     , 'ノ   ハ、
     _,. - '"´  //'´        ,. -, {{(  ヽ `丶`二ニ´      /´   | |
 ,. '´     / /          i //ヽヽ、 ,ヘ          , '´     //
'´      /  /           、ヾ、 \\| ヽ、       ,. -,:'´     //
       /  /          /ヽ、``ー`、_`丶>---_彡'"´     //
       /  /         /   ` ‐- 、` ‐--`ニ==----――'´/



   |:;:;:;:;:;:;:;:;;:;::i;:;:;::;:;;:;:;:;:;|
 . |;:;:_:;:_:;:_;;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
  |_____|____|
  /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
 j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
 |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }   父上!
 レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ
 |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|   ヤルオ、ありがとう!
 lN:. |: :.|o゚`,,,   '  `,,゚oil.:|: |
  |:.:|:. :|ヽ、  □   .イ:j:l |: |  そなたのおかげでおじゃるよ!
  Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
   ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ

45名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:14:18 ID:NLLNJSOc
ヤルオ お前自分で ヤルオ と名乗ったばかりじゃねえか

46 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:15:10 ID:qFfD5ztY

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \      よかった、よかったお!
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´  ヤルオも革命の名誉を守ることが出来たお!
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

47 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:16:14 ID:qFfD5ztY

                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
(単純な野郎だぜ……            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
ほとんどの反革命的な人間は       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八:::::::::::::::ミ
                         ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/}::/ヽ:::::/ |::::::::::::彡
没収財産を持っているんだから、 く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::-'ソ^ヾ´}/  }/  }:::::}6.}:::::::::::ミ
                           \::::::::::::::::::::::::::{::/ソヽ{::/`{/ヽ、_,.-‐'三三 __,,,....-ァY=}/N ./:::::::::::ミ
結局はギロチン送りなんだよ……) .厶:::::::::::{∧.Y{/==ォ‐{/‐‐.ァ}三三三〈 `゙'ー--‐'丿   Ξレ:::::::::ミミヽ、
                          ソ八/{( |三   〈`゙'ー-‐''丿σ 三∂`゙'ー--‐‐''     三|:::::::ミ    ヽ、
  /⌒〉                          /ヽ|三   ゙'ー--‐''    .三              三|:::::::ミ        \
  /   }                    / 彡 |三         <_三_>           三|∧}/ ヽ
 /  ノ  /⌒〉                /  彡ム.∧三      _ノ   三  ヘ          三/::::|    \
丿  {_/   /               /    ∨ヽ∧三   く ー=ニニ二二二ニニ-''"冫  Ξ/::::::|     \
{   ./  / /⌒i           /           }/∧Ξ        三三         Ξ/:::::::::|      \
i  /  .{  /  i          /          ‖. ヽΞ         三          Ξメ::::::::::::|        \
.| /   |___,,. -‐‐ 、       /            ‖   `' - ,,,  ー--------一   ,,, ン::::::::::::::::|
..く   /  __ ノ      ┌'` 、         ‖      |:::::::::~""''' ‐------‐ ''' ":::::::::::::::::::::::::::|
 {_/  ノ          /   ` 、.        ‖       |::::::::::::::::::::::ノ ̄ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└─────
 |   /__-‐‐ 、    /`゙''ー-、,_        ‖     |::::::::::::::::::::::ヽ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
./i/""´´__ ノ   /                 ‖       |::::::::::::::::::::::::::`ル' |l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

48 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:17:12 ID:qFfD5ztY

                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'

トゥーロンの住民はジロンド派の資産家が多く、その一部は賄賂を送って何とか処刑を免れることはできたが、
逮捕された王党派は同地で処刑されるか、パリの革命裁判所に送られた。
その犠牲者は600〜1,000人と言われている。

49 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:18:08 ID:qFfD5ztY

                  ___
              ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
          _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
             j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',  リュシルさん!
            |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
         、__Ⅳ::::/:::i:::::メ__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|   この剣に誓い、勝利を君に捧げる!
.         フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
          ´ ̄]八!/i」:i  ̄ !/ Ⅳ   小ハl                 /     ./      ./
               j、八i  ´  j〉   爪i                    /     ./      ./
               jヽ、  t_ア .ィ                   /     ./      ./
            ___//| ヽ __// |\           /     ./      ./
     ,...-',,⌒ゞミ、:::/:::::|〈    / .|:::::\゙''ー-::、_    /     ./      ./
    /::/.:::::::::::::..ヽ :::::::/∧ / ̄\ |::::::::::\:::::::::::`ヽ,/     ./      ./
    /:::::::::::::::::::..`ー-、:::::|/\丱// .∨|\:::::::::::/\/       /     ./
.   |::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ|  |_/   .|:::::::`:<::\.  \   /       /
    |:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヽ、 .|;;|    |::::::::_ノ⌒ ーヽ.   \/       /
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヽ.、  ,r‐'゙      \   \    ./
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ      \.  \/
.     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \    ヽ.  \
     ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \   ノ,.\/
      ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽイ./::::I
       ヽ、:::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|:::丿


フレロンは、このような手紙を友人の妻に送るなど、バラスとともに処刑数を競っている節があり、
凄惨な虐殺はないにしても、トゥーロンでも反革命派に対する報復が行われたのは確かである。

50 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:19:35 ID:qFfD5ztY

こうして後味の悪さが残るものの、トゥーロンの戦いはフランスの勝利で終わった。
この勝利は単なる一つの勝利であったが、この戦いが後のフランスに
大きな影響を与えることになるとは、この時、誰も予想だにすることも出来なかった。


デュゴミエの報告書
____________________________________________
              ___
           ,,-‐'":::::::::::::::::`゙ヽ、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.         /:::::::::::::::::::::::(・・)::::::::::::::::::ヽ
        /:lヽ―-..、___"_  .___,ヘ
      /::/l  i\        ̄キ>'"l:::!   並外れた軍事手腕と底知れぬ知性、
       /::::ハ、ヽ_.,ゝ、,ノ !、,,..<´ ノ .ハ:::l  そして……有り余るほどの勇気。
.     /:::::ヘ  ヽ、_,,./   \ . ̄ / /::::l
.     l::::::::::ヽ         ` ̄´キ /:::::::l   どんな言葉を並びたてても
      \:::::::::\     _     /::::::::ノ  ブオナパルテの真価を表現することが出来ない!
       `ヽ―'`ヽ <ニ_ニ-=-‐' 、::::/
            /,,/ ,,-〈_  ,〉    ̄
            i'ヽ-'" ̄`゙Y l
            ゝ-‐<>ニニ_ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
デュゴミエはブオナパルテの昇進を推薦する報告書を公安委員会に送った。

なお、彼はこの戦いの後にピレネー方面軍へと転属され、
スペイン軍との戦いのさなか、砲撃の直撃を受けて戦死してしまう。

51 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:20:04 ID:qFfD5ztY

オーギュスタン・ロベスピエールの兄への手紙
____________________________________________
     ハ ∨ 、  `    \   `丶   ハ ハヽ
.     /∧ V{`ト=ニ二        \   ∨ トミ.
     ' '  \ヽ        ̄二ニ==ミヽ  } | `ヽ
.     !∧  V `ト .    `ヽ.____ __二ヽ   ト、
    i iハ  V  \`ヽ    \ィ::「`ヽjリ .:`ヽ } ヽ     スーシェ、ヴィクトール、マルモン、ヤルオ……
.     ! iハ 、     \  、____ゞ′ 〃.::::::::ハハ }
.     i i 八 \    ヽ \  ヽ/.:::::::::::::::::ノ.::::Vハ   ここに名を上げた愛国者に続いて、
     ∧ハ  \ ヽ 二ニ=‐<⌒.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   私は市民ブオナパルトの名を挙げたいと思います。
      八 ヽ   \ V{:::厂`V7.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ヽ }ト、 \ゞ ノ〈 '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   この将軍は砲兵の司令官で、
       V人 ヽ  \´  ヽ:::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::   卓抜な才能を持っております。
.        イ\ハ jヽ丁`ヽ     __:::::::::::::::::::/::::::::
       丿  ヽ八八人     く__/`ヽ:::::::, ':::::::::::::::   ――トゥーロン攻略は、
           }ハハヽ\    ___ く:::::/ : :::::::::::::   ブオナパルテが一晩でやってくれました。
          ノ ノ j >'"´    .:::丿 ∨  : : :::::::::
                    |    .:-‐=< __」   : : ::::::
                 /⌒ヽ .:{  /     ::|     : ::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オーギュスタン・ロベスピエールも兄に『抜群の功労者』として賞賛した。

52 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:21:06 ID:qFfD5ztY

バラスの思惑
____________________________________________
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ 、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、._:::::::::::::::::/
             /::::::::::::::::::::::__,ノ`ヽ'ソ```ヽ'´⌒、、 .}.::/::::::::::::::ゝ    あいつの才能は覚えておいた方が
              /:::::::::::::::__,、/、、 三三 {{ _-‐―ッ .}} }/Ⅴ::.ヽ:::::`ヽ   いいかもしれねえな……
           /:::::::::::::,‐'r―-、}}r===tヾ `'=='" .‖   }/,::::ヽ::::>
          /:::::::::::::イ{{`'==''"‖三三三. ゙===ィ三    }/ .) 二=-  いざというとき、役に立つだろうし、
         \:::::::::::V.|ミヾ==ィ ム_三_ゝ  ヘ   三     ム::::>   保険は大いに越したことはない……
           \:::::::{ |ミ  三   三三_/\___    ム∨
          }/N.`∧ .三   __/十ナ├──┘  ./  二=-
                { / ∧ 三    ヽナナ ____|       /\  、ゝ
             l| 'ソ\.三     ̄ ̄           /:::::::.\/ヽゝ、
                  彡小、三   ー=-‐'       イ:::::::::::::/  |  ``ヽ、___
                  { / \                ノ:::::::::::::/  │       ``ヽ、
               _,─' ̄ `,ーーー ----‐‐‐ ' ´:::::::::::::::/   │
          __,─' ̄´     /:::::::::,ノ ̄ヽ、::::::::::::::::::::::::::/     |
        \          /:::::::::::::ヽ   ソ::::::::::::::::::::::::/     |
         __\    /::::::::::::::::::::::/⌒l::::::::::::::::::::::::::/      |
       /     i  /:::::::::::::::::::::::/ ル' |l::::::::::::::::::::::/        |
     /         i/:::::::::::::::::::::::::::ノ   .|::::::::::::::::::::::: ̄`──、__|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

53 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:22:09 ID:qFfD5ztY

                          , -‐'´ ̄`ヽー―−- 、
                        / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                     / : : : : ::_____ : : : : : ヽ: : : : : : : : :ヽ
                 /:/: : :/      `ヽ、 : : :ヽ : : : : : : : : ヽ
                // : : :/, -‐――- 、 _   ヽ : : ヽ:::::::::::ヽ:::::::ヽ  フッ……
                  /:/:,'::,、/ゝ : : : : : :\ : : ::`ヽ、 l: : : :i/ ̄ ̄`ヽ::',
              /-,r '´/ /:! : :t: : : : ::\ : : :ヽ`Y : : : fコ_, ---、 |::::l  自分の才能が恐ろしいわ……
              f´/ / , -イ: :|、 :ヽ : : : : : ヽ : ::ヽ::! : : : :i `ヽ、__∠=、j
          ,. '´ ´, ' ./ ./ト; lヽ : :ヽ、 : : : ::ヽ : : :Y : : : :|、   ヽ : : ::`ヽ、
.          ,. '´      ,./  , i ::`ト_! ! ヽ : ヽヽ : _, -ヽ: : !: : : : : トヽ∧´! : : : : :ヽヽ、
      ,. '´         /::ヽ ::l ヽ',  ヾ_ヽ´\; : ::iヽl : : : : : l´,ヽ、 ヽ : : : :i、::ヽ ヽ.
    /           ,イ : : : :'l、  、   ー、 _`ー` } : : : : : lノ, ソ::ヽ、ヽ_:_::ハ:::ハ /
   /             /i : ト : : : ヘミ≠'     -≠=≡: : : : : r/! : :l :  ̄ヽヽ!;! '´
 , ヘ      __ .イ:{ ::l : :! ヽ : : :l    '       / : : : : ::i : : } : :! : : : : }ヽ ヽ
∧_   `ヽ、 /    l:ハ:::i : :ヽ ヽ : ::ヽ、  -=ー'    ,' : : : : ::,へ : :!::/ : : : ::/ |,/
::::::`ヽ、  `ミ.、、    |' .',::{、 __ヽ_ヽ:_ クヽ、       _ ,' : : :r, /   >:_ -、―、-、 ´
、ヽ、:::::::::`ヽ、__ノ      ',X、 \:::\ ヽ   `T ー ´,' : : :/ |'`i /'´    i::::::i ヽ
.ヽ、 `ー-、__/    / ヾ ヽ.  \::\     ヽ   ! : ::;'    !        |:::::|   lヽ

自らの才能を実力で証明したブオナパルテは、一挙に三階級特進で少将(旅団長)へと昇進した。
また、バラスら派遣議員たちとの機知を得たことで、中央政府にも、その名を知られることになり、
やがてそれが彼の新たな道を開くことになるのだが、それはまた先の話である……

54 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:23:05 ID:qFfD5ztY

一方、その頃、西部フランス戦線では――



                         .l、  _、-/../'''"""'''''‐‐--、、、,___
     ,,、-'"""""''--、、,_        __,,,、l:ヽ'",_/.::,'、、...,,,,,__        "''ヽ、_   _、、、,_
  /''''" ./::::::::: ::::::::::::ヽ''、'‐‐、,,_ ,-" _、ゝ:'-、_l::::l   _、-'""'       ::::::: ヽ、r:::::::::::::i、
  ,':::::' ./'ヽ--、_:::, ::::::::::::::::::';;ゝ- ゝ--'":::::...:..::::::::::,' .,-"_r‐-、_  :::    ::   :::::'、::ヽ,::::::::::::"''、
  l::: , '      .ヽi_ ::::::::::;、-',,:::::::::::::::::.....::::.....:::::::::::l/,,、- "''.  ...ヽ、_ :::..  ,  ::;:::::::::ヽ:::'、:::::::::::::::
 //        '、_ _/" _、-"".............:::::::::::::::::::::::::..:::::   :::::::... ヽ、,:: ::::::... ' ;::::::::ヽ::ヽ:::::::::;;
_/'           "''‐;-'......::::::     ::::::::::::::::: ..::::    ... :::::... :ヽ、 :::::::::::.. ' 、::::.ヽ:::'i-/
             .,/:::: .....:::: ...:::::::::::: .......:::::::::::::::::::::::....  ..  ::..::::::.. ::::ヽ,::::::::::.. ',:::::.ヽ:l_""
             /::...:,:::::::.. ...:::::::::::: ,;;;;;;、-、;::::;:::::::: ::::::::::::::... :::.. :: ::: :. ::::::'、 ::::::.. :::::: l ヽ、
            .,ll//..:::://....:::::: ../    '     "、 、 、::::: :::::..::: ::.. :.. ::::ヽ::::::.......':::::.:'_
           /" .l:::::/./:: ..::: ..:/''、, U        ヽ. ヽ',::::.. ::::::::.. ::: :. :::::::'i:::::::: :',:::::::'、
          ./   .l::/ l::: ..::::::::,l -;;ゝi、_      U  l  ヽ',: ::: :::::::.. ::::::::. :::::', ::::::.. :',:::::::::l
          /    l:l l::.::::::::/ l r''"")lli;   . __,,,,,,,,,、、l-;;;;;;l;:::; ::::::::::: ::::::::::: ::::::'、 ...::::..ヽ::::,!
         .'    .'i .'、::;:/  l. l .l"ll!i;    '""""。ゞlミiii、,.'、:; ;:::::::: ::::::::::: :::::::::::', ::::::: l::..
 みんな頑張れ!     .'  .'l .l _-',' '、_' ‐"       '" .i:::iiill:'lli; l::; :::::::,::::::::::,:::::::::::::::ヽ_/
                  / .i   ."          ,i,_""_/ .l::l.l::::/,':::::::; ;::::r‐'''ヽ::::::::',_
 もう少しで――       /  l   _,、        -、.,,;;、'  .l:,'l:::/ ,:::::::, :::::/"、" ,':::::::::
 イギリス軍のいる  _、"    /,  .::i               .l l" /:::::;;::::::/i、 ヽ,'::/ヽヽlヽ
 海岸に着くぞ!  ,-'     ./ ',  ヽ.ヽ          U /./ /,:::, :::::::,';;ゝ-.,.''、l  'l l
          ,-'    _,、/   '、  ,_              /:::,-' ,':::,'__,,,、 "  "  .l l
          .,-'  __、-"      ヽ, "''-,,,,,____,,        ./,-' ,-',-'        ._! i
         ,/,-r'''',フ"         .ヽ              .'"_//"      _,、-''  l
         ! ',; l::/            .ヽ          _,,、,-''  '     _,、-''"  _,、-
         ヽ,; '、'             .ヽ,_     _,、-‐'"、_      _、-''"   _,、-'"
          ! .l                "''''l'',"":::::::::::::'、 "、  _,,、-'   _、-''"
                 アンリ=ド・ラ・ロシュジャクラン

ショレの敗戦の後、イギリス海軍が援軍を派遣するとの情報を得たカトリック王党軍は、
デルベから司令官を引き継いだロシュジャクランが否定的であったものの、
最後の希望に賭けるために故郷を離れてロワール河を渡り、北へと軍を進めた。
だが、軍隊は共和国の報復を恐れた流民も含めて5万人(兵力としてはその半分)の
規模となっており、苦痛に満ちた進軍となった。

55 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:24:06 ID:qFfD5ztY

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/○グランヴィル
` 、;:;:;:;:;:_,,..-‐rvゝv'´(_,,,,,ゝ
  i;:;:;:;:./        ○サン・マロ湾
  ゝv'´


←至ブルターニュ半島
             ◎レンヌ
                       (
                       ◎ラヴァル       .}
                        {        ル・マン{◎
                        }        ,/ヽノ
                        `ヘ    /⌒~´
                        ,ノ  γ´
⌒{                      λ ∠
√                       `◎アンジェ
.)、_ ○サン・ナゼール    _,-‐-、_,-‐-、_,∠--、_
;:;:;:;:;: ̄ヘ,⌒ゝ-、_   γ´    ロアール河    λ
;:;:;:;:;:;:;:<      ◎⊂´               `ゝ、
;:;:;:;:,っ;:;:;:`ヽ,   ナント  `ヽ、         ソミュール○
;:;:;:;:`));:;:;:,/´          `ゝ、 ○ショレ
;:;:;:;:;:;:;:;:(              ~ヽ
;:;:_;:;:;:;:λ               `ヘ
;:;:`ー`;:;:;:;:`ヘ、
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:λ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.{  [ヴ ァ ン デ 県]
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ゝ、
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヘ、_       ○フォントネ・ル・コント
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゚ヘ∧
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/´
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:λ◎ラ・ロシェル

各地の港は革命政府に占領されていたため、サン・マロ湾からイギリスの艦船に乗り込む予定であったが……

56 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:25:40 ID:qFfD5ztY

――1793年11月上旬

.,;: _...                    .,.,;:;:;:,.,.,_                ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
                 .....,,,,,;:;'''"'''"               ....,,_,,,...;:;::''""''''"
          ,.,;:;:;:;:;'''""""""              ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
       .,;:,.'""                  ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_   _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,...    ...
   .....   "''''''""""""''''';:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
     .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                           ::;
':.,  …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        .......
、、、、、.,;:'''"""                               ""'''''"''''':::::;;;,,..;;::....................__,
__________ _ _ _  _   _    _        _    _   _  _ _ _ __________
 ... .. .::: :..:.:.::.:: :: ...:..:::::.. . .:: .::: . ....:: ::...:::.. ..:::.......         ... ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. .::::::::....... .......:::::.. . .. . .. .::::: :: :. ,..,,..., ::::: :... . .:::: ..
. .. ..     . .. ..     . .. ..    .: ....  ... :. .: . :.: . : .: ....  .. .. . ...     ;';;';;;`;:`;;,、... :. .:.: :. .  : .: ...
... .. .. . .:.:.:. . .:.  :: .: ...    ... .. . . . . .     .: ....    .. . .: .... .. .. . . :. : i; ;;;;;;;; ;;;;;;i . .: ..  ... .. .
:::::..........:::::::::::::.............  ......::::::::::::.....   jO   ...::::::::::::::....... ............  (O   :::::...  ヾ;; ;; ;;;;;;ノ ...:::::.............:::::::::::::::
:                         {i }              {N           ||'
''''''''''"'''''""''"'''""''"'''''""''"'''''""''"'''''| l""''"'''''"''"'''''"""''"'''''""'|!|"'''''""''""''"''''""||''"'''''""''"'''''""'''''""''"'''
                       :::               :::          ::
                         :::                :::           ::
                          :::               :::           ::
                          ::::                  ::::            ::

57 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:26:25 ID:qFfD5ztY

: : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.:. ./彡ミ゛ヽ;)‐、. .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .  ./ :::/;;: ヽ ヽ::i:. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ..(_,ノ ̄ ̄.ヽ_ノ ̄
    待っても待っても・・・    船が来ない・・・


海岸にはイギリス海軍船影はどこにも見当たらなかった……

58 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:27:05 ID:qFfD5ztY


                         .l、  _、-/../'''"""'''''‐‐--、、、,___
     ,,、-'"""""''--、、,_        __,,,、l:ヽ'",_/.::,'、、...,,,,,__        "''ヽ、_   _、、、,_
  /''''" ./::::::::: ::::::::::::ヽ''、'‐‐、,,_ ,-" _、ゝ:'-、_l::::l   _、-'""'       ::::::: ヽ、r:::::::::::::i、
  ,':::::' ./'ヽ--、_:::, ::::::::::::::::::';;ゝ- ゝ--'":::::...:..::::::::::,' .,-"_r‐-、_  :::    ::   :::::'、::ヽ,::::::::::::"''、
  l::: , '      .ヽi_ ::::::::::;、-',,:::::::::::::::::.....::::.....:::::::::::l/,,、- "''.  ...ヽ、_ :::..  ,  ::;:::::::::ヽ:::'、:::::::::::::::
 //        '、_ _/" _、-"".............:::::::::::::::::::::::::..:::::   :::::::... ヽ、,:: ::::::... ' ;::::::::ヽ::ヽ:::::::::;;
_/'           "''‐;-'......::::::     ::::::::::::::::: ..::::    ... :::::... :ヽ、 :::::::::::.. ' 、::::.ヽ:::'i-/
             .,/:::: .....:::: ...:::::::::::: .......:::::::::::::::::::::::....  ..  ::..::::::.. ::::ヽ,::::::::::.. ',:::::.ヽ:l_""
             /::...:,:::::::.. ...:::::::::::: ,;;;;;;、-、;::::;:::::::: ::::::::::::::... :::.. :: ::: :. ::::::'、 ::::::.. :::::: l ヽ、
            .,ll//..:::://....:::::: ../    '     "、 、 、::::: :::::..::: ::.. :.. ::::ヽ::::::.......':::::.:'_
           /" .l:::::/./:: ..::: ..:/''、, U        ヽ. ヽ',::::.. ::::::::.. ::: :. :::::::'i:::::::: :',:::::::'、
          ./   .l::/ l::: ..::::::::,l -;;ゝi、_      U  l  ヽ',: ::: :::::::.. ::::::::. :::::', ::::::.. :',:::::::::l
          /    l:l l::.::::::::/ l r''"")lli;   . __,,,,,,,,,、、l-;;;;;;l;:::; ::::::::::: ::::::::::: ::::::'、 ...::::..ヽ::::,!
         .'    .'i .'、::;:/  l. l .l"ll!i;    '""""。ゞlミiii、,.'、:; ;:::::::: ::::::::::: :::::::::::', ::::::: l::..
 気落ちするな!       .'  .'l .l _-',' '、_' ‐"       '" .i:::iiill:'lli; l::; :::::::,::::::::::,:::::::::::::::ヽ_/
                  / .i   ."          ,i,_""_/ .l::l.l::::/,':::::::; ;::::r‐'''ヽ::::::::',_
 港を占領すれば、    /  l   _,、        -、.,,;;、'  .l:,'l:::/ ,:::::::, :::::/"、" ,':::::::::
 イギリス軍は     _、"    /,  .::i               .l l" /:::::;;::::::/i、 ヽ,'::/ヽヽlヽ
 来てくれる!    ,-'     ./ ',  ヽ.ヽ          U /./ /,:::, :::::::,';;ゝ-.,.''、l  'l l
          ,-'    _,、/   '、  ,_              /:::,-' ,':::,'__,,,、 "  "  .l l
          .,-'  __、-"      ヽ, "''-,,,,,____,,        ./,-' ,-',-'        ._! i
         ,/,-r'''',フ"         .ヽ              .'"_//"      _,、-''  l
         ! ',; l::/            .ヽ          _,,、,-''  '     _,、-''"  _,、-
         ヽ,; '、'             .ヽ,_     _,、-‐'"、_      _、-''"   _,、-'


カトリック王党軍はさらに北へと進み、11月14日にグランヴィルの港を攻撃したが、
疲労困ぱいの軍隊は5,000人ほどの守備部隊の激しい抵抗にあって攻略に失敗した。

なお、イギリス軍がブルターニュの海岸に姿を表すのはそれから2週間後の12月2日であった……

59名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:27:38 ID:RZw7kFn6
見捨てられたか

60 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:28:03 ID:qFfD5ztY

オラたちは……     もう疲れただよ……
   ∧_∧        ||   ∧ ∧   :::::::::::
   ( ´Д`)      i    (・д・)∧ ∧:::::::::もう、戦争は……
  /::: Y i     ,-C- 、( y  (゚Д゚ ) ::::::::
 /:::: >   |    /____ヽ (___、|_y∩∩ ::::
 |::::: "   ゝ   ヽ__ノ   (__(Д` ) ::たくさんだ……
 \:::::__  )//    // っ⊂L∧ ∧
                   ∧ ∧ (  ;;;;;;) 家に帰りたい……

目的地も定まらず、行き先を失ったカトリック王党軍――もはや軍隊の形を呈してはおらず、流民同然の
ボロボロの集団となっていた――は故郷へ戻ることを決定し、ロワール河を渡って南下しようとしたが――

61 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:29:00 ID:qFfD5ztY

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/○グランヴィル
` 、;:;:;:;:;:_,,..-‐rvゝv'´(_,,,,,ゝ
  i;:;:;:;:./        ○サン・マロ湾
  ゝv'´


←至ブルターニュ半島
             ◎レンヌ
                       (
                       ●ラヴァル       .}
                        {        ル・マン{● 12月12日、共和国軍の強襲を受ける。
                        }        ,/ヽノ
                        `ヘ    /⌒~´
                        ,ノ  γ´
⌒{                      λ ∠
√                       `●アンジェ 12月3日、アンジェで攻撃を受けて渡河に失敗。
.)、_     ●サヴネー   _,-‐-、_,-‐-、_,∠--、_
;:;:;:;:;: ̄ヘ,⌒ゝ-、_   γ´    ロアール河    λ
;:;:;:;:;:;:;:<      ◎⊂´               `ゝ、
;:;:;:;:,っ;:;:;:`ヽ,   ナント  `ヽ、         ソミュール○
;:;:;:;:`));:;:;:,/´          `ゝ、 ○ショレ
;:;:;:;:;:;:;:;:(              ~ヽ
;:;:_;:;:;:;:λ               `ヘ
;:;:`ー`;:;:;:;:`ヘ、
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:λ
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.{  [ヴ ァ ン デ 県]
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ゝ、
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヘ、_       ○フォントネ・ル・コント
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゚ヘ∧
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/´
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:λ◎ラ・ロシェル

彼らは12月3日にロワール河の渡河に失敗した後、補給に入ったル・マンで壊滅的な打撃を受けることになる。

62 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:30:05 ID:qFfD5ztY

――1793年12月13日
――ル・マン


         /⌒|___/⌒ヽ
      ○。 |  .|   ヽ /。/     うわあああああああああ!!!
        <|  .|   |ノ/ /  ・
   。・    | 丶    ヽ./     助けて!助けて!助けて!助けて!
         ヽ     ヽ
          \     \    オラたちは家に帰って畑を耕すだよ!!!
            \     \
             /    丿\
            /   /\  \
           /  /   \  .\
          /  /      \  ヽ
丿⌒ ̄ ̄ ̄⌒   /  ノ⌒ ̄ ̄ ̄   丿
|_つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |_つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

63名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:31:07 ID:NxhuNj2I
信長の野望の一揆軍の敗北せりふの様だ

64 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:31:15 ID:qFfD5ztY

         / ニYニヽ
 r、r.rヽ  / (0)(―)ヽ    フンフン成る程・・・
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|  畑を耕したいっていうwwwwのか
|_,|_,|_,|_,|. (^ i ヽ__ ノ .l |
| )   ヽノ |  ` ⌒´  /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /

         / ニYニヽ
 r、r.rヽ  / (0)(0) ヽ    知るか、そんなことっていうwwww
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、 |  公会の命令はヴァンデへの報復っていうwwww
|_,|_,|_,|_,|. (^ iヽ__ ノ l |
| )   ヽノ |  `ー'´   /  お前らは皆殺しだっていうwwwww
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /

65 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:32:06 ID:qFfD5ztY

        ヽヽ:ヽ彡      .     /ニYニヽ
         ヽヾ:;ヽ             /(。)(. ゚)ヽ    でえええええええっていうwwww
\        彡ヽヾ::ヽ彡      /::::⌒`´⌒::::\
\\彡      彡ヽヾ::ヽ彡     .| ,-)トェェェェイ(-、|  弾がもったいないから斬り殺すっていうwwww
  \\       彡ヽヾ::ヽ      .| l   |-┬-|  l |
  彡\\彡       ヽヾ::ヽ     \   `ー-'´υ/
   彡\\彡    彡ヽヾ::ヽ彡  /:ヽ-__〈`l7´::::::ヽ ///
     彡\\彡    彡ヽヾ:ヽ ノ::::::::::::  V::/:::::::::::〉//彡
      彡\\彡 ブ  彡ヽヾ く;;;;;;;|:    /;;;;;;;;;;;;;;ゝ/
        彡\\彡ン      / ::/:::::  ./::::::::://  //
`丶、.彡        \\       / :::/    ./:::::::::/::l //彡
`丶、`丶、 彡   ∠二フ   /:::::/{   /:::::::::/::::! /
 彡`丶、`丶彡  ヽ,'~つニ〉ヾ::::::::/ ヽ /:::::::::/::::::::j _,. - ' ´
    彡`丶、`丶彡 ゙へノ7  ヽノ  /::::::::::/ー--¬_,- ' ´
       彡`丶、`丶、彡くヲ``` ̄___ノヘ</^ヾフ=/{
           彡 _,. -ヾソ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
           r ' ´:::::::::::::`ー‐'\\,,,,,,,,,,,,,,,,,:::::::::::::::``丶
              l:::::::::::::::r -- ' ´ \\   ``'ー、::::::::::::::l7
           /::::::::::::::l       \\     l::::::::::::〈
           〈::::::::::::::/         `´     l:::::::::::::〉






           ∧_∧  た、助け――ぐあっ!
 ( ヽ       (; ´Д`)       ノ )
  \ \     _/  /_ ___/ /
   \  ̄\ \      / /    /
       ̄ ̄| \ \   / / | ̄ ̄
          |  \ \/ /  |
          |____\ /____|
        ___    _
        |    / /\\|
          |   / /  \____
       (  / /____  )
        / /       / /
        / /      __//
      //       ( /
    //         )/
 __//          し′
 ( /
 ) /
 し′

66 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:33:05 ID:qFfD5ztY

                          _
                      ∧_∧  _〉@`ー┐
                  ( ;::::::::::)   ( ::::::::::: )
          ∧_∧   (っ  c)   (っ ::::: c)∧∧
            (  ::::::::)  <(⌒X⌒从   <(⌒X⌒)(::::::::: )
         (   つ:::      //从ヘヘ      {::::: c 〉
            <__ゝ_)     @ミ ミヘミイ`へ   <(_(_ヽ_>

        ヘ,,ノヾ  m  λ λn,,n ,、,、   λ λ n,,n ,、,、
    (::::::) (;: iД゚) ::::) (,,ノдヽ):::::) ::::)  (,, @дi) :::::) ::::)
    /::::i  / つ つ :::ム i;;;::U U :::) :::::) / J *J :::::) ::::)
    uu  (;;: 〈     ノ ハ ヽ:::::: ::::u::: し'''`J::::::,,:::::::::;;::;;::.....
,,, .....     U~U     (,,__) (,,__). ........ ... .... ... ...


マルソー率いる2万5千の共和国軍による2日間に渡った攻撃によりカトリック王党軍は壊滅した。
満足な武器もない農民兵は逃げ惑い、ほとんどの兵は共和国軍兵士に屠殺されていき、
生き残った2万5千人のうち半数以上が戦死し、生き延びた者もやがて捕らえられることになる。

67名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:33:42 ID:6ELTInoE
それなら撲殺の方がやるほうからしたら楽だろ

68 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:34:00 ID:qFfD5ztY

            \          \ \ \        |  |  ヽ.l
           l   ヽ.         ヽ ヽヽ/\.    |   |  |   ||
  |        | ヽ   | \ \       トl、 トl===ミ、   |   ト.  |   ||
  |        | A  |、_>、 \    ||从.|',.‐rュ. 从| .| // \ヽ. ノ'
  |        l / _\ 、\―\l\  || ノリ{ └ハ  , | ハl/   `゙\
  ゝ        /l/彡 二.、ヽミ\  ヽ V || ノ弋6)ツ /l/ / ||
   ∧     ,'〃 〃└iヘ \     | /|/   ___/ /.イ . トヽ    なんて……ことだ……
.   ∧   |l|  弋6)ツ     ,    ノ' /{\ ミ、    /' || | lヽ
    ∧   ゝ`    ̄ / /      ' ヽ !      ,;|l lヽ|∧
/ . ィ ∧   、\三 ̄ ̄        _  iノ       ハ | { ├┐
丁∧/‐ヘ ヘ 、  ヽ-\              ′      ∧ `l ヽ.ヽ |
//  \ `゙ヽヽ\ \           _  -,    , ' |    | | \
|   ヽl\ \ 、\- ` ‐        (__,ノ     /  |    | | |ヽ
|      \lヽ\l>  ゙ ;,           ‐ '    イ    |    | | |  丶
/    ヽ   ` `、\  > .._          .イ |    ,  '  | | l   ∧
     |      ヽ.       `     ___/ ヽl    / /  ,  , /   ∧
                   マルソー

ル・マンでの一方的な攻撃により、多くの農民が殺害された。
そして、それを完全に止められなかったマルソーは深く悩むことになる。

69 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:35:09 ID:qFfD5ztY

       /  /  : : :V ⌒ヽ : :     、: : .     \: : :\:   \
.      /: : : ;':  : l:/ミ:い: . `、ヽ: : .   `、: :      \ : 、\  、\__,}
      ': !: !: !: : : !|三ミyハ: : . :、 :、: : .  、: : . .  . : . ヽ: \!  \_丿
     i: :|: |: |: l : l:!彡'゙   v : : l 、:\丶、 : ヽ、: . : . : .ヽ: :ヽ、`ーッ'  \
     |: :|: |: |: |: : :い    V : | 丶 二 ≧、:\: : : : . : :i : i、`T´ : .  ゙,   マルソー……
     l: ハ!:ヽ! : : : :ヽ   !: !   ノィぅ汀入: :ヽ: : : : : !、 !ノ丿 :| | ノ   残念だが、悩んでいる暇はない。
     l/ 〉 : : | : : l: :トミ:、__」 !: :|ー=彡'^)斗'゙  ヽ: l、: : :∨ `!,.゙   : !: :!: /   上から奴らの追撃を命じられた。
    r { ノ{: : : :| : : | ムィぅ弐キ:!         } jハ: :!// ,.イ : . : :!: :!/
      ゞ_j : : :ハ: : 、ド斗‐'^ ヽ 、      ー=彡' ノ丿 !´い : :l: /: 〈
       '、 : {、: \: \_    l丶       ー  ´  | | 、! : :!ハ i : ゙,    ――行くぞ!
          ヽ:ヽ`ー-ミ、:T´    !  \_        /|ノ. : :,': :iハ: {  }、
         丶ニ=- }、丶     \ ‐    __       、_/ //  :V∧:`ー ソ
           {、__ノ: : :l:\    ,__, , ニ=‐'    ∠  ̄l: : :/  : :Vハ:イ
           `¨¨{: : /!: : :丶、 `¨´_,, -    ,    /l: :ハ:  : ! :}  V
               V/ `-、: : :_>、      /  //_!/  〉 : : V   」 -‐…‥¬
                 ゙{ {  }∠/r\__   ´ /] [ 丿 〃: : :/ /
                ゞニ:{、 `く 三三入r=≪/j  v   / : : :/ ゙
                      クレベール

70名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:35:34 ID:NxhuNj2I
一方的な大量の殺害ばかりでよく国が持ったもんだ
アジアと比較すると無鳥の島蝙蝠になるが欧州だと人口大国なだけあるな

71 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:35:59 ID:qFfD5ztY

                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄


そして、それから10日後の12月23日、マルソーとクレベール率いる共和国軍の
攻撃を受けたカトリック王党軍の敗残兵はロワール河口のサヴネーで全滅した。

72 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:37:03 ID:qFfD5ztY

    /   ´7         ´-´~ヽ,      i‐、 )
―‐´   , -´             !      ノ  ´    ;
     !__、-、           /     /--‐―‐ヽ、''
        _二っ       く´_,,    ,/,,,,,;''''"''';,,,,,; i、
      i`´  _  _       ノ ,,- ‐;´,,,      ,,; ヽ,
    /´-、 i´ `‐` ~`´~~~~~´  |     "';,,,     "; ヽ,
    ~`´  `´          _,,ノ       ;,,,;';  ;'';  `‐-、
            i--、   /´           "';,,,;,,,',;    )
             `i "‐-´       パリ        "''''''''/
     ,-―‐~~ヽ,,,--!          ◎              /
     つ                             i
     `‐`‐i_ ○ナント                     |_,,,,-、,,,,,,
          ヽ,////////                    ;''''"    (
           )/★ヴァンデ地方            ,;"    ,,-‐´
           \////                   ,;"
             )                   ;''"';,,
             |                     ';",
             |                     ,,,;'
             |                     "';    ,,,
             !                      ;,,,  ,i´ ~`‐ -,
―、,,_    ,,     ノ                       ,-"‐´      `i
   ` ―´ ` ‐--,,ノ,              ,,/`―‐、   /´
            ";,,,           |´     ` ‐‐´
              "''';,,,,,,,,,;''';,,,,,,   {
                     "'''''"'}

こうして、カトリックの弾圧と30万人動員令に端を発するヴァンデの反乱は事実上終結し、
生き延びた者たちもやがて降伏をして共和国軍へと投降し捕虜となった。
これ以降、反革命派の活動は、イギリスと手を結んだ王党派の軍が上陸したブルターニュ地方の
ギブロンが中心となり、その活動もゲリラ戦を中心とした散発的なものとなる。

73 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:38:04 ID:qFfD5ztY

――1793年12月末
――ナント


                                 ("⌒゙~⌒゙⌒)
   ("⌒~⌒゙⌒)                          ゙ー'ー'ーー"
    ゙ー"ーー''"
                 ("⌒゙~⌒゙⌒)
                   ゙ー'ー'ーー"
.
''"~~"''ヽ,,_
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,             _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. :.: . :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
;.;.;.!#!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| 田|[],!!、ヽ___l、|_田l,:..:......:.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_
._l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l_
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
.  |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
._|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この頃になると崩壊したカトリック王党軍の間から投降者が出始めていた。
捕らえられた捕虜たちは収容先であるナントに送られたが、そのために食糧は不足し、
牢獄の中でもチフスが発生したことで、ナント市民は恐怖に駆られていた。

74 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:39:05 ID:qFfD5ztY

人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
)                          (
) チフスwwwwwwチフスwwwwチフスwwwwwチフスっていうwwwwwwwwwww
)            ,rrr、            (
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y| |.l ト⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y/つ)))
           ⊂ ヽ | __ ☆   __  _/ 巛
    /ニYニヽ  ,`ー   \ | |l / \  __つ
    /(゚ )(゚ )ヽ  /|| ,  \.|||/  、 \   ☆
  /::::⌒`´⌒::::\ /  __从,  ー、_从__  \ / |||
  | ,-)___(-、|,/ /  /   | 、  |  ヽ   |l   パァーン!
  | l   |-┬-|  l |ノ/ )  `| | | |ノゝ☆ t| | |l \    パァーン!
  \   `ー'´   /゙─ー`// `U ' // | //`U' // l
     ̄ ̄ ̄ ./   /   W W∴. |      /
       /    ☆   ____人___ノ
                  ヾ      ≦ 三



                      |
   ,.、    ,イ`ト,          |______
  ,イi l`ト,  イ ! l .lヽ  ,'\           /
,イl .l l l ヽ,イ!. l .! .!  \i   ヽ         /
ー、! .l l | l !,ィ-'!‐l ''''' ' ヽ, ',       /
  ヽ,  | jイi ' .l !      \',     /
   ヽ, | /!            ',   /_     わかってるよ!
     Y     ,. - .,     .'!,/  ヽ
      !    <  ( ,)  >    i ,.イ  ',    そう簡単に対処できねえから、
    ,i,    i | l トーi 1 l |     !イ !   }    保安委員会に支持を仰いだよ!
    ,ハ,      l ! ! .! ! ' '     /  /   ,'
   , '  ヽ、           / ,.ノ   /     ――だけど無視されたんで、
,..イrェェェェiヽ、      ,. イ/'"   /      勝手に処罰してやるよ!
  | ̄ ̄ ̄'|   ` ''' '' ´ ,イ_   ,,./
  |     .!     , '    ̄
  hェェェェェェ!   ,  '


こうして元来性格が臆病であったカリエは、反抗的なナント市民の圧力(パリへ赴いた市長が
ジロンド派寄りであったために逮捕されていた)から逃れるためにも迅速な判断を迫られていた。
そして彼が考えついたのは――

75 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:40:08 ID:qFfD5ztY

――ナント市内、ロワール河

                                         ,ィェ、
                      ,,-、-ー-、-''''ヽ'ヽ'`ーー';ー;ー--;;、,ィ薈ト,;;^ヽ
┌┐ iii __     ____    i ̄ ̄i i,,ゞ:;ゞ:;ヾ :::ソゞ:;ヾ ゞ:;ヾ :::ソ:::ソゞ:;ヾ :::ソヾヽ
┘ |王王王王l,、lニ|  |ニl三三三三王王lヾ :::ソゞ:;ヾヾ :::ソゞ:;ヾ ゞ:;ヾ ゞ:;ヾヾ:::ソ、                      _,..-'''"
ニニニー ;-、王王l;;;ヽ:;ヾi, -;;,;,.十王王王王|___i_____ヾヾ :::ソヾヾ ::iiii:i;i;i;;;ソヾヾ iii:i::iソiヾ,,.. .-- 、,,.. ,,...... ,...,.. ,.. ,..,.. ..,_,..-'''":::ゞ:;ヾ ゞ:;ヾ
,.;;:。ヾ;,.;;,.;;ヾ。;:;;ヾ (,.;;:。;ヾ:;;ヾ::、ヾ;::ヾ、ヾ;、゙、,.ヽ(;;:)。;):;;)、`;:ヾ;ii:ii;iヾ;;;;:i:i:iソゞ i:iiii;i;ヾ_______________________________ノ__:::ソ::ゞ:;ヾ ゞ::ソ__:::ソ
Y'';i::::::::;Y'';i;;;'';i;;Y'';i;;;::::::Y'';i;;::;Y'';i;Y'';i;;Y'';i;;;Y'';i;;;Y''=ァ i;;;=='', --- 、..iiiiiiiiii;;iiiiiiiii;;iiiiii;;iiiiiiii;;ヽi   ̄! ̄! ̄! ̄! ! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄! ̄ ̄!
;|;;;;::::::----‐‐‐‐‐ '''''''''''"'"'"'""~____,,.. .....--‐‐'''":::::::::::::__,;,;,,;;,,;;,;,,;,;;;,;,,;,;,;‐ '';'';';""ニ ̄  :.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:
____,,.. .....----‐‐‐ ''''''''"""""~ ̄    :':':':' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:':':':':':':':':':':':':':':':':':'::.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ : : : : : : : :.:.:.:.:._:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:
::.:._:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : _: : : : : : : : : :_ : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:. : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : :_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:

76 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:41:12 ID:qFfD5ztY

           /\
      ___/::::::::ヽ-‐ー‐- 、._,ィ
      ';::::::::::::::::::::::::;、;:へ、ヘ:::::::::フ
       ';:::::::::::∠レ´、  , -‐ 、';:::::',  よし!
       ';:::::::/    ヽ/    ヽr‐-、
       /'"7 <●> l <●> l  I 準備は出来たな。始めろ!
       ',  ヽ、 ___ノ ヽ、 __ノ  ノ _
        `‐-'´ヽ   Eヨ  _,-´-=ニ´  `ヽ
             >ー-‐''´   _ `‐、  `、
      r-┐    ノ ,、      ',  ) ノ   ',
     「 ̄└ー--‐'´ ノ ヽ       〉'´ /    ヽ
     `‐-‐- 、.__,ノ   ',-‐ー''"´7_,、'´      `‐、._
                l|      |
                人__    ,入
               /   `i__「  ヽ
              i  ,-'"´  ``‐、 `‐、._
     .............................._」 i´.........................`‐ 、  ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ _,、-´::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-'´
             "´



        /ニYニヽ    わかってるっていうwwww
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ――3!
 /∠_| ,-)___(-,|___
( ___、  |-┬-|    ,_  )
    |    `ー'´   /´ //
    |            /   ( i)))
                ヽ)

77 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:42:09 ID:qFfD5ztY

                      ./        〈              〈                |
                     /          L             L           |
                 /           |             |             |
                  /               ゙.                ゙┘ー-- .、、,,__>
              /             ゙l、           ゙l、    | |
              `゙゙"'''ー―-- .、、..,,__>'''ー―-- .、、..,,_>   .| |
                           | |             | |        | |      / ̄>
  __                     | |             | |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  _/
  \ `ー、_                 | |             | |  /|ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ| _フ
:     [匚 二_ ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二XXXXXXXXXXX |_/
     \. \_\__     |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili| ̄ ̄ ̄ ̄|
       \_ .\ \   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|┌====/
          \三三:============================================┘  /
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,\_______________________/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
     ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,    ,,,,,,,    ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,, ,,,,,,, ,,,,,,,   ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,
  ,,,,,,,    ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,, ,,,,,,, ,,,,,,,   ,,,,,,,     ,,,,,,,     ,,,,,,,  ,,,,,,, ,,,,,,,  ,,,,,,,
  ,,,,,,,  ,,,,,,,   ,,,,,,,    ,,,,,,,      ,,,,,,,    ,,,,,,,     ,,,,,,,    ,,,,,,,     ,,,,,,,

ナントに望むロワール河には、大きな船が浮かべられていた。



          / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))   ――2!
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |
         |  | |  |  |

78 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:43:02 ID:qFfD5ztY

――船内。


どこに連れていかれるのかな・・・?         南部かな・・・?
    ∧_∧                       ∧_∧
    ( ´Д`)     ∧_∧              ( ´Д`)     ∧_∧
   /    \    (´Д` )            /    \    (´Д` ) 新大陸かもしれないぞ。
__| |     | |_   /    ヽ、       .__| |    .| |_   /    ヽ、
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |        ||\  ̄ ̄ ̄ ̄    /|    | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./        .||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||. . (    )     ~\_____ノ|  ∧_∧. ||. .(    )     ~\_____ノ|    ∧_∧
.  _/   ヽ          \|   (´Д` ).  _/   ヽ          \|    (´Д` ) どっちにしろ、
.  |     ヽ          \ /    ヽ.   |     ヽ          \  /     ヽ、故郷には・・・
.  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |   |    |ヽ、二⌒)        / .|    | |
.  .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./ .  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__../ ./
   ヽ、___(    )      ~\_____ノ|  ∧_∧ ___(    )      ~\_____ノ|   ∧_∧
.         _/   ヽ          \| (´Д` ).    _/   ヽ          \|   (´Д` )
.         |     ヽ          \ /    ヽ、   |     ヽ          \ /    ヽ、
.         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | | .   |    |ヽ、二⌒)       / .|    | |
.         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./ .   .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
.         ヽ、____ \\       ~\_____ノ| .   ヽ、____ \\      ~\_____ノ|

船の中にはカトリック王党軍に参加した捕虜や聖職者たちが押し込められていた。

79 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:44:07 ID:qFfD5ztY

            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
     /ニYニヽ  |   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ !   !
   /::::⌒`´⌒::::\  /
  | ,-)___(-、|/    ――1!
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
  / __     |
  (___)   ./


                      ./        〈              〈                |
                     /          L             L           |
                 /           |             |             |
                  /               ゙.                ゙┘ー-- .、、,,__>
              /             ゙l、           ゙l、    | |
              `゙゙"'''ー―-- .、、..,,__>'''ー―-- .、、..,,_>   .| |
                           | |             | |        | |      / ̄>
  __                     | |             | |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  _/
  \ `ー、_                 | |             | |  /|ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ| _フ
:     [匚 二_ ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二XXXXXXXXXXX |_/
     \. \_\__     |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili|   |i!lil!!ili| ̄ ̄ ̄ ̄|
       \_ .\ \   |i∧∧    .|i∧∧    .|i∧∧    .|i∧∧    .|i∧∧======/
          \三三:==(__)∩==(__)∩==(__)∩==(__)∩==(__)∩ /
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,\_\___/_\___/_\___/_\___/_\___//,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
     ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,    ,,,,,,,    ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,, ,,,,,,, ,,,,,,,   ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,,
  ,,,,,,,    ,,,,,,,  ,,,,,,,  ,,,,,,, ,,,,,,, ,,,,,,,   ,,,,,,,     ,,,,,,,     ,,,,,,,  ,,,,,,, ,,,,,,,  ,,,,,,,
  ,,,,,,,  ,,,,,,,   ,,,,,,,    ,,,,,,,      ,,,,,,,    ,,,,,,,     ,,,,,,,    ,,,,,,,     ,,,,,,,

――命令を受けた小舟が船に近づいていき、船の舷に細工をする。

80 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:45:06 ID:qFfD5ztY

        ,-、 ,-、
        | | | |
    _,..-‐,`‐' ` '     / ̄ ̄` >   ,.‐‐,   ,. ‐ヽ /\
,-‐' '"´  ,/           i‐''"` /    |   |   ヽ  |  `‐、 `、
ヽ、,.‐''/ /       ,. ‐ ‐.、  (   |    |  i    |  | ,-- .、`"
   / |     | , --、 )  \ ``'‐、 `、  ヽi  / / L -.、 `、
   |  \      i"`ノ __  ヽ‐"    ヽ_ノ  ヽ'    ,ノ ノ
   ヽ   `'‐‐フ   ''" ,‐´  _,.\ ,i´ ̄\        |" ,.‐"
    ``'‐--''´     /,. ‐''"  ヽ|/,‐"``'‐`:、      `"
              |     │    ●│
              |      │      │
              | ●    │     │
             │,.‐''"´ ̄ ̄``'‐.、   ,i
             ノ   ,-、   ,.‐, \/
    i´`、      /   ││   ," |   ヽ      , 、
    |  i,      │   ││   |  |   │    ノ )
     i、 L、_    /   ノ ,i   `-´    │   ノ  ノ、
   ,i´ i,-  )  Λ   (_ ノ        Λ  / つ/  )
  (  /´ヽ /   / |\           Λ ヽ (   ``)
   ``、   `、 │ |│`'‐.、 ____,.,‐''´| | │  >  i''
     `:、  ヽ │ | |  |_ノ、ノ  i_ ノ-;´ノ │ /  /
      ヽ  ヽ │ | ゙i ̄ /  ̄\  / / / /  /
       ゙i   ゙i \`、゙i/     `v´ / ノ /  /
        ゙i   ゙i   ゙ヽ ゙i、       / /"´ ノ  /
         ゙i   ゙i  ヽ \__/| /  /  /
          ゙i     `、   ヽ.ノ ノ    /
           `     ``'--‐''"    ‐''"

81 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:46:06 ID:qFfD5ztY

     ._  ._
   _//_//_[][]
   /_ ._ ._/
    .// / /
    l/ /./       /ニニニニ/
      //   .lニニ ̄ニニヽ
      ~        ) ) ノノ
            /ノ<ニ_ノ
           </

           )
|―ー ―――ー彡″ っ
|≡ン 二三 ― ′っ ゚
|=′ニニ三ーーヾっ 。
|三二=―ー 三 っ ゚
|――ー―――ミ; っ ゚
          )



|_∧∧_∧ ∧_∧
 |. Д`);´Д`)(;´Д`) た、大変だ!
 | ∧_∧  /⌒   ヽ∧_∧
 |(;´Д`) /| ∧_∧ .(;´Д`) 舷側の窓から!
 |⌒ ∧_∧(;´Д` ) ∧_∧
 |) (;´Д` ) ∧_∧(;´Д` )
 | /⌒   ヽ (;´Д` )    ヽ ――水が!
 | /| |   | |/⌒   ヽ   | |
 |ノ \\ /|/| |   | |\./| |
 |   \\ ノ \\./| |\\ | |
 |/⌒\し'/   .\\ | |ヽ し'(ノ
 |     >/ /⌒\し'(ノ  > )
 |   / /    > ) / /
 |  / / つ    / / (_つ
 |  し'     (_つ   |

破壊された舷から川の水が勢い良く流れ込み、瞬く間に船内は浸水し始めた。

82 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:47:04 ID:qFfD5ztY

                     , ―、 ,─ 、
                    / ─ Y ─ ヽ
                      / γ ’ Υ ’ ヽ ヽ     見るっていうwwwwww
                  /  ヽ  ,人,  ノ   ヽ
                     /::::::::: ´ ̄`´ ̄` :::::::: \  船がまるでゴミのようだっていうwwww
               /    、         ,   \
              |   ―} _______{─   |
              |  ′ '  |  ___  | ` ヽ |
              |  |      | ̄ |  ̄|    |  |
                  \      ヽ ___ ノ    /
                   \                 /
                  /             l⌒l   /   ̄)
                 /               |  | __/  / ̄\
             /           /       /   |
              {    \       /   ____ / |    |
            ヽ      ヽ、_,/     /      |    |
                  \          / ____,|    |
                   \       /             /
                    ヽ、 ___ ,/    ________/

83 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:48:05 ID:qFfD5ztY

          ざ っ  ぱ  ー  ん
゚ ゚ 。     ゚ ゚ 。         。       ゚ ゚ 。
          c ,,, ,  。   ゚   ,,,,_   。
         c/´c" ミ゙ヾ'〜'〜 γ´'"  ミヾっ
       c///,:'⌒ヾヾ vヾ'  ////,:'⌒ヾっヾっ
     c"c,, c" ゚ 。 )、 〜''^' ,i//   `ヘっっ
       c   ゚     |i|!) ソ !li,'i,(       ゚
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!    。 ゚ ギャアアアアアアア!!!
     ・  。    ;、 ノil|! .,:;. jil;:v'll!ヽ     ・    ゚
〜'〜'〜'〜'〜'〜'人人,,,人〜'〜'人,,人,ンヽ、。〜'〜'〜'〜'〜'〜'

こうして捕虜となった兵士や反革命容疑者として捕まった聖職者たちはロワール河の底へと
船もろとも沈められた。その数は少なくとも2,000人とも言われている。
そして、この処刑法は『ナントの溺死刑』として悪名がとどろき恐れられた。

84名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:48:54 ID:6ELTInoE
でかい河だな、日本だと湖でない限り絶対無理だ

85 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:49:05 ID:qFfD5ztY

     ,' \ ,、-‐ー‐- 、レ
     ,'::::::::::::::::::::::::::::: `‐、
  ヽ-‐'´:::::::::::::::::::;へ/ヽ  `、
   ';::::::::;ヘ/ヽ/V| | | | | |ヽ  ',
   ヽ;:/,-‐ー 、 /´ ̄ヽ レ⌒',
     ,' _   l ー-  i    l     命令を無視するわけにもいかないし、
     `、.__ ,ノヽ、 _ノ ,、__ ノ      突き上げ食らっていたから仕方ないじゃないか……
      `‐、._ = _,、-''´ ヽ
           ̄ l:::::::::::  `、
             l::::::i::::    ',
            l::::::l____.i
               l:::::l:::::::    l
           l:::::!-‐-、  ノ
           'y´:::  レ'´i
           /::::: _,、-'ヽ.  ',
           i:::: 「    `‐、._ヽ
         /  〈  ................ヽ」
......:::::::::::::::::::::::'´--‐ー'´::::::::::::::

カリエは他にも銃撃による処刑を行うなどして3,000人余りの人々を処刑したとされる。
この処刑数は、他の派遣議員の中でもリヨンのフーシェと並んで多いものであり、同時にその
残虐さを持って、『溺死刑執行者(ロワイヤード)』としてテロリスト議員の筆頭の扱いを受けることになる。


だが――ヴァンデの悲劇はまだ、終わってはいなかった。

86名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:49:26 ID:NxhuNj2I
金持ちというだけで財産をとられ、金持ちだという理由で命が助かり……
そしてこれか

87 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:50:11 ID:qFfD5ztY

――1793年12月30日

エベール派の介入により指揮官が一時空位となっていたフランス共和国西方軍司令官に一人の男が着任する。


                         __
                      _,.-'' " =ー─-,,._
                    /  _,.=─-    ヽ、
                  ,/ ,〃,,_ _,.  ''" ''' :::::..... ::ヽ,_
               _=-ゝ r〃//=- 、    :::::::::::::::::::::::"!、,
              ≦    ';';ゞi!     !   ... ..::::::::::::::::::::::;;;;ゝ
             フ     / ,.     ゝ、 :::::,..::::::::::::::::::::::::ヾ、
             l|     ,/ ,.: ''   ,    ヽ、 ':::::ヽ、:::::、::::::::::::(,.
             ,l    i| ,,____ヽ.  |!  ` ̄`'';;;ヾヽ::::::::::::!、,.
            ,N|  ! !| 〔;;.-'''",.-,,",,ヽ_;、l!__  ., l!;'::::::::::::::::='"
            '1  ,;へ, ''!、ヽ 、;;;;';';';';;:ン'"|'ミ;;::''`ヽ、 ' |;;;;:::::;;;;::::i'"
            ,."1/ ヘノ i'     ̄ ,.- ` li ヽ;;;;;';';';ミ!l';';';;;;;':':';"
            ヾ,,| l、j` |!  、,,..  /'-、'' |,;.  `'-┬'´;;;:::::::;'"
             ';,!ヾ,,,,,':'   i! ,i'    r" ''i  ,,. l':':':;';" ̄
             ´ヽ_,;'-i!  l| '.      _;  l' ,ノ';::j"
              _,ノ l|  !|  =─ -、i''  l! ノ:::;;'"
         _,,..─';;;/  ゝ     -=.,,_,..  ,ノ /´"'    ヴァンデは破壊しなければならない……!
       ,. -'":::::::::;';';';l!   , `ヽ、      ,  ''/
   _,.-'"::::::::::::::::::;';';';'|   ;.   `ヽ、   |!_/´|、       よって、私が編成した特殊部隊を投入する……
_,.-'":::::::::::::::::::::::::::::::';';'"!`ヽ、 ';,    ";;;‐-''"/ /;;;;ヽ、
 `'- 、::::::::::::::::::::::::::::';'; l   ヽ、;,   .,;''  / ,/ノ;;;;;;;;;;ヽ
     ̄` - 、:::::::::::::::ヽ     ヽ 、,,___,.-''"/:|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
         `ヽ、::::::::::ヽ       ::::::::::::::::ノ |!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           ヽ:::::::::::ヽ      :::::::::::::'':::l!::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             ヽ、::::::::::ヽ、   :::::::::::::::::::::::::|!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               ヽ、:::::::::::ヽ 、:: ::::::::::::::::::::i!;;;;;;;;;;;,-''  ̄ `
                 ` -、:::::::::::`:::::─:::-:'";;-''''
                     ̄ ` ─''" ̄
        ルイ=マリ・テュロー(1756年 - 1816年)
フランス北部セーヌ=インフェリウール県のエヴルー出身の軍人。
北部ライン戦線、東部モーゼル戦線、南部ピレネー戦線など各地を転戦していた。

88 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:51:07 ID:qFfD5ztY

――1794年初頭、ヴァンデ地方

パパパパ・・・
パパパパ・・・
パパパパ・・・
パパパパ・・・



    ∧_∧
   (; ´Д`)  な、なんだ・・・
   _, i -イ、
 (⌒`    ⌒ヽ  この音楽は・・・
  ヽ  ~~⌒γ⌒)
   ヽー―'^ー-'


http://www.youtube.com/watch?v=gDyhXwEPJ10&feature=related

89 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:52:05 ID:qFfD5ztY


                   /  ヽ、_     /   .! .|         , -‐'  ,.- 'シ‐' , -┐
                />     `‐─‐'      |  |-、       ,/   _,/∠, -''´   !
                   /               ! │  ``丶、  ./    l|   .!       |
      ;⌒ )⌒ );  /             ,.-、  /  ノ   ./  ヽ´    ,l!   .!       |
      ;⌒ )⌒ ); /               `~ /  /    /    \  ./.!   |       .|
            />          ,/  /--、_  ./      ヽ //`--ー┘.      |
              /‐-、     _,、  /  /     -/、         // /  / !     .|
   ;⌒ )⌒ );  ,`丶、`''- 、, `-`>'´  /      /  \     /./ /  / │     !
           /   `丶、 `''゛  , ‐'      /      \  /./ / /   .|  . /:::::;;⌒ )⌒ );
          /ヽ_       `ー 、‐'      /        /`‐./ .ニ、‐'    |  ,/::::::;;;;;;;;;:::::
          !   `丶、           , ‐'          /  /  .! │   , 〃´:::::;;;;⌒ )⌒ );
         !      `丶、      , ‐'              ノ ./   |___!., -'´::;;;;;;;:::::;;;
         /         `'ゝ、  /            ! /   ,/:::::;;;::;::;:;:;;;::...... ;⌒ )⌒ );;⌒ )⌒ );
        ゝ、,            〕              」 | _,/::::::;;;;;;::;;;;;;..::..
   ;⌒ )⌒ ); `丶、         !          _,,.-''´ `''‐'´:::;;;;:::;;;;;;;;;; ;⌒ )⌒ );
              `'- 、      |       , -‐'´:::;;;;;;:::::;;;;;;;;......
                 `丶、  !   _, -‐´;;;;;;;;;::::;;;:;;;;;;;;:::..;⌒ )⌒ );;⌒ )⌒ );
                    `ー─''´::;;;;;::;;;;;;;;;;;;..........

90 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:53:05 ID:qFfD5ztY

            /  | o            /  | o    /  | o  /  | o ─    /  | o          |
            /  .|  -── .    /  .|     /  .|   /  .| ──┐  /  .|  -── . |
           /     l         ツ.  /     l ツ.  /     l  /     l    _/.  /     l          ・



         _ ィ"/__/_ヽ||  __  |
      〃;;;;;;;l:l/__◎)o_ヽ、lレ/ ̄  =  住民を確認した、これより戦闘を開始する
      (;;;;;;;;;;|:〔|_(+》_ニ|l /\   \
     / ,--、 // ロー── // \\ ./ 〃──── ll ──── ll ──────ヾ────
   _O) ̄)|=| | ̄_┬──┐'   //
 0ニ`ー二二|=| 〆 /^ロ__l二〕  /T             __ 〃i⌒lヽ,//         \
  └┴┘ヽ_ノ-UUU|_/─┬┘ー'__/             〔::|〔iニ◎oニl〕     ,..-――- 、ヽヽ
    ∨《〔⊇|O ⊂ニニ⊃\|  __,,,,,-‐‐‐-,,,,,__        l_(.lOli =__゚___|:⌒.) ,ィ":::: ヽ   ノ`ヾi)
      \_〕/ ̄ |/ ̄| ̄ ,,,-‐i''i        i~i‐-,,,   | ‖,.l`'ー--- 、_    r"::::  ,,.ィ''""ミヽ、 _ヾ_
       /   〔 ̄l| /   | |        | |   \  | ̄|i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,-‐i"トー--''" /!;(○r:;:l : : ト, |
      /|___/   /    | |   _____   | |    \ | ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i,、 `'`ー-、....,r',,_;《+)_:,,.-‐'" |ト;|
      /┌┐   ,;  .__,,,,,‐‐〃⌒ヾ   ̄''''‐‐、,,,,__   ;,| |l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;lヽ    : : : : : : : : :    l:|:::i
     =キ´^ヽーl ´i . ̄    (( (,〜'))、_,,--、     ̄''''i ` l  ヽ_.,,,_ ノ`i;|::ヽ             l::|-
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| .l  、====ヾ、__,,ソo((,,;;;;))====、   l.  | ,-くヽ,-'^ゝ |:::::::ヽ             l:::|
  ___;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:  |   ̄ ̄ ̄ ,;-i-、,;゙~=''^ ̄ ̄   |:  |ヾ;::ヽヽ _;;l |:::::::::;i------―――――|r''
〃О`,,-‐‐‐‐-、  `‐ i─,,,,,    (-○-)      ,,,,,─'i"´  ,,-‐‐‐‐-'、℃ヾ::i  r,=======il  !、|!

91名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:53:59 ID:NxhuNj2I
敵兵じゃなくて住民を相手にするのを戦闘と言ってよいものか

92 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:54:11 ID:qFfD5ztY

                      _____
                    /レ、レッドショルダー
                    / じ、地獄部隊だー!
                  ∠  地獄部隊が来たぞ!
            ∧_∧    \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (u ´Д`)  ,-っ      | やばい!殺される!
          /⌒ヽ/   / _)       \
          /   \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   ∧ ∧
         /   ∧_二つ        ‐=≡   (u ´Д`) ハァハァ 逃げろ〜!
         /   /           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./     ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)

93 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:55:08 ID:qFfD5ztY

                             ,  ,
                _           / /
                ,     ̄  、     〃〃
             /| |     //\   ,=テ、
            / ||_ _ / /   ヽ /川// │
    _      ,-,ー ((())ヽ _`―- 、/^ヽ/  =    逃がすか! 撃ち殺せ!
   / ,??ー- 、 |[: === テ- '(( ))== l : .())    \
   ハ///;:;:;:;:;:;:;:ヽ、――(O))⌒――― '_ー ―     〃──── ll ──── ll ────ヾ
  ー';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|c| ̄ヽ――――――' \)。   \
 /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| .|__ \lニコ       \。     |
 |o⌒o;:;:;:;:;:;:;:;:;: /c/Eヨ| |  / 二二ニニ―――、。 。 /
 ヽ⌒|\\_// |Eヨ| | / /   // ̄ ̄ l | | _(
    | /^ 二_ノ   ===' / /,へ\二____二\  /
    /    ./|| ト___// へ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 /⌒ヽ\ .|=U=| |    || _ //⊂ニニニニニ⊃|  |
 |   | |/ |》‖《|_|    |   /           |  |
 ヽ//⌒|-廿-'||コ     |  / ⊂ニニニニニニ⊃/―ヽ
  |`-   /[ll゚TT゚ll]\___`―`――――――― '\( ))|
  ヽ |  |/ニニヽ|/(O)  ̄ ̄ ̄\| \_\ ̄ | //  |
  \\ /   -、ヽ  | ||c      c|  /, ―/ c|//  |
    \ | || | | .|||  | ||         |  // /   .|/ |[]| |
     /| || | | |||  | || ___ .| .// /    |__/_
     | || | |  ||| | ||c|   .| |c|//_ /     |/^lヽ| |
     .| || .| |  ||| | ||_.|ニニニニ|_/_/ヽc___c/|-/ || |
     | ||  | .|  |||  ノ     /  ノ     / -__/-'

94 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:56:06 ID:qFfD5ztY

      /|          |\        __  l'''l     ,_  /l
    /:::| |ヽ |ヽ  __|:::::|_,,、-―''7  | ∟,,|::|_ √/|::/ |:||:::L /:|
   /..:::::::| |:::| .|:::|  ):::::::::::::::_,,、-―''´   |::――-;::/ /,,::::::::/. |/7/ 〈:::::::|
 ;''´.:::::::::::::| |:::| .|::|  二二l:::::|___    ヽl  /.:/ `´`7/   i/  .\:::l
 |::::::::/|:::::| .|:/ |/ /.::::::::::::::::::::::::::./―''7   ∠-''   //          .∨  _、-''7
 |:::/ |:::::|       ̄ ̄`|::::|   ニニコ::!―i      /´          __、-'''゙´:::,、-゙
 |/  .|:::::::i          |::::|   |,,;;;,、-''''゙゙´             l ̄ ゙゙̄´:::::::,、-゙´
    |::::::::::::|          |::/                     |:::::::::::,,、-''´
   |::::::| |::::::|                             .|,,、-''´
   |::::::::| |::::::::|
  |:::::::::|  |:::::::::|
  |::::::::::|  |/´
 |:::::::::::|
 \:::::::|
.   \;|


                                   _..-'ッ    ''"
                                   _..-'"゙,/´
                              _/゛.,..‐″
      _,,,..y         _.. -''''゙,゙`-     ,/_..-'"
  _,.. -'''゙゙ /       ._,, ‐'″._..-'"      ..r←'´
‘゛ .,..-'"     .,..-'"゛ ._..-'"゛
. ‐'"     ._..-'゙_,,..-‐'"
       .l゙‐''"゛
                      ,..イ!″
                   _..-' /
              _..-'^ /
              ,..-'" .,/゛
        ._..-'″ _/゛
     ._..-'″ .,/゛
  ,..-'″  . /
-'″  .,..‐"
   ,/゛
.,/゛

95名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:56:09 ID:6ELTInoE
住民が抵抗するなら一応戦闘だろうな
投降したのを相手にしたら虐殺だけど

96 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:57:03 ID:qFfD5ztY

                 , - - 、                          , - - 、
               <(    `、  ドカッ!!             <(    `、   ドカッ!!!
                      /⌒   ̄\                  /⌒   ̄\
                 / .イ    l |                  / .イ    l |
                     / ./ |   ;; | |  ;;′             / ./ |     | |
          ----==≡/ ./≡|  ● | .|∵≡≡  ━━━━━━/ ./━|  ━┿┿━━━=三三>
               / ./   |   ・| |;:::,,,               / ./  |    | |
             ⊂、J   /      |!_つ              ⊂、J  /      |!__つ
                 γ     |                    γ     |
                    |   r   |                       |   r   |
                  |   |  |                    |   |  |
                      |   |   |                        |   |   |
                     /  / |  |                      /  / |  |
                     /  / |  |                    /  / |  |
                 /  /  |  |                  /  /   |  |
             /⌒ /  / /                  /⌒ /  / /
            / _/    し´               / _/     し´

97 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:58:07 ID:qFfD5ztY

                _|_     /         ─   |
                _|_   /|   -── .  │ |
                  |   ユ.   |          __/  ・

         ,/⌒j.     | ./               ,/⌒j.     | ./
.        ,ィ-、;/' ,.-‐-,.、|/       .        ,ィ-、;/' ,.-‐-,.、|/
        / ;/ィr',.-‐-、,,ィ。_jf'⌒`ヘ           / ;/ィr',.-‐-、,,ィ。_jf'⌒`ヘ
       「/ ;∧i{ト'O8=__ノヘヾ、_,ン´         「/ ;∧i{ト'O8=__ノヘヾ、_,ン´
      ir⌒y ∧  ̄ ̄ _,:'|i',',___l、         ir⌒y ∧  ̄ ̄ _,:'|i',',___l、
      ,ィ-、;ス∨ヘi〉======〈:;; i:◎h|        ,ィ-、;ス∨ヘi〉======〈:;; i:◎h|
     / ;/ヨj  `lヘ、二二_/i-' L!!j''        / ;/ヨj  `lヘ、二二_/i-' L!!j''
    ./ ;/´~  /i久/ ̄∧/ヘ 6ク]       ./ ;/´~  /i久/ ̄∧/ヘ 6ク]
   ,:'⌒Y    /ヾ.`;ーヘ__/:`ー'  ~       ,:'⌒Y    /ヾ.`;ーヘ__/:`ー'  ~
.  /  `/    >^>ノ  ii-i:_.ノ      .  /  `/    >^>ノ  ii-i:_.ノ
  /.... /   _,.-'ニ≧ュヘ  〈⌒ン、        /.... /   _,.-'ニ≧ュヘ  〈⌒ン、
 ((_,);/   (__〉《  ヽ.  l廿lヽ_>     ((_,);/   (__〉《  ヽ.  l廿lヽ_>
       _,>ニL,,/,   .〈二〉リrヘ 彡         _,>ニL,,/,   .〈二〉リrヘ 彡
      /__|_(o゚o)'   j二二!>l」) 彡       /__|_(o゚o)'   j二二!>l」) 彡

98名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:58:20 ID:sAC0Wko.
内乱に国際法は適用されにくい。というか当時の戦時国際法ってどうなってんだ?

99 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 20:59:09 ID:qFfD5ztY

.             /      /  \       / \ .    |
           /      /     ヽl ̄ ̄l/   ヽ    |
          /      /      _---=二=    |    |
          ゝ    /   ,,,/二""        ̄"ヽ.|   .|
           \_  ;;;|  二"..              ヽ  ノ
             \|/ ̄~7:::::ヽ、,,,_____          / /
              ,N|  ! !| 〔;;.-'''   "'==ヽ----l/
              '1  ,;へ, ''!、ヽ 、;;;;';';';';;:ン'|'ミ;;::''`ヽ、 |
              ,."1/ ヘノ i'     ̄ ,.- `li ヽ;;;;;';';';ミ!   道で出会った生き物は人間であろうと
              ヾ,,| l、j` |!  、,,..  /'-、'' |,;.  `.'-┬'   牛、馬、そして犬や猫であっても全て殺せ!
               ';,!ヾ,,,,,':'   i! ,i'    r" ''i  ,, l
               ´ヽ_,;'-i!  l| '.      _;  l' ,ノ    村は全て奪い尽くした後は焼き払い、
                 _,ノ l|  !|  =─ -、i''  l! ノ    井戸には水も飲めぬように死体を投げ入れろ!
                /  ゝ      -=.,,_,..  ,ノ /
              /~ヽ   `ヽ、     , ' '/      そして、焼け跡や畑には塩をまくのを忘れるな。
              /  ヽ     `ヽ、   |!_/ |       ヴァンデの地は灰燼に帰するのだ!
             /    `゙-、,,   ,"‐‐-''"  |
            _,,/        `ヽ―-,,,,,   /ヽ
.         ''''゙゙"  ゝ-_.           ~""v゙゙".|
               ""''            |  l
.                            ハ.  l

100 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:00:07 ID:qFfD5ztY

                    |||
            ___  |||
         _ 〆/__/_ヽ||  __     │
      〃゚⌒l:l/__◎)o_\lレ/ ̄ \,┐ =    了解しました! いくぞ、ぶっ壊せ!
      (___|:〔|_ ○)__|l /\    |┘  \
     / ,--、 // ロー── // \\ /     〃──── ll ──── ll ────ヾ
   _O) ̄)|=| | ̄_┬──┐'   //
 0ニ`ー二二|=| 〆 /^ロ__l二〕  /T
  └┴┘ヽ_ノ-UUU|_/─┬┘ー'__/
    ∨《〔⊇|O ⊂ニニ⊃\|┌┴┐
      \_〕/ ̄ |/ ̄| ̄ ̄|/|l l|__l |
       /   〔 ̄l| 目 | |l  |
      /|___/|__/ |___| |l__|
      /┌┐/  / |  l ┌┐|
     =キ´^ヽー_/  |_| 〃^ヽ
     人日ノ ̄\   (/人 日ノ|
    〔 | | | |  |   |  | | | | 〔
    〔/ | | | 彡)   (ミ ノ/ | | l」
    └T□Tー <、   人_T□T、
    / 〔__〕ー\l   /o\l//〔_〕
    /__|_(o゚o)  / o_o)_/_ゝコ

101 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:01:10 ID:qFfD5ztY

      /|          |\        __  l'''l     ,_  /l
    /:::| |ヽ |ヽ  __|:::::|_,,、-―''7  | ∟,,|::|_ √/|::/ |:||:::L /:|
   /..:::::::| |:::| .|:::|  ):::::::::::::::_,,、-―''´   |::――-;::/ /,,::::::::/. |/7/ 〈:::::::|
 ;''´.:::::::::::::| |:::| .|::|  二二l:::::|___    ヽl  /.:/ `´`7/   i/  .\:::l
 |::::::::/|:::::| .|:/ |/ /.::::::::::::::::::::::::::./―''7   ∠-''   //          .∨  _、-''7
 |:::/ |:::::|       ̄ ̄`|::::|   ニニコ::!―i      /´          __、-'''゙´:::,、-゙
 |/  .|:::::::i          |::::|   |,,;;;,、-''''゙゙´             l ̄ ゙゙̄´:::::::,、-゙´
    |::::::::::::|          |::/                     |:::::::::::,,、-''´
   |::::::| |::::::|                             .|,,、-''´
   |::::::::| |::::::::|
  |:::::::::|  |:::::::::|
  |::::::::::|  |/´
 |:::::::::::|
 \:::::::|
.   \;|





 ┃ ┃┃               ┃ ┃┃
 ┣━   ━╋━    ┃ ┃  ┣━   ━╋━  ┃
 ┃     /┃        ┃  ┃     /┃      ┃
               ━━┛              ━━┛

            、    、 ’、  ′     ’      ;
             .. ’        ’、   ′ ’   .
                、′・  ’、.・”;  ”  ’、
            ,;′   ’、  (゚д゚) (′‘ ・. ’、′”;
           ’、  ・ .(; (´;^`⌒)∴⌒`.・ ”   ;
            .、  ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;(゚д゚)'人  神様!
               、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、
                ((゚д゚) ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・
           ‘:;゜+° ′、:::::. ::: ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ
               `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ ソ ...::ノ

102名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:01:52 ID:6ELTInoE
戦時国際法は戦争してる当事国間でやるやつだからな
この当時常識としての国際法事態まだなさそう

103 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:02:04 ID:qFfD5ztY

                     ., 、
                  | !                        r‐ー',!
                  | !                    r‐ー1  l゙  .l゙
                    i-'" .,〉,, ―-,               ,l゙  ,i´ l゙  l゙
                   ゙‐'゙| レ゙,./ '''、 l              │ ,"  l゙ │
                    . l /    ゙l |           _,,,, |  ,l゙  .|,,,,,ノ
                   ./., |    ,!.|       _,,,―'''",,,,,l゙ .L,,,ノ  .,r'"゙゙l
                   .././| !    / l゙  ,,,―''''"゙,,,,-‐''"`  .r'"^゙l  ヽ-'゜
                   .ヘl゙ | !   / ./   │| _,,,-''''"     ヽ-'゜
                  | !  .|,/   ‘^

                                                _ 人
                       ,'                      人)ヾ; 从
  └-、_                  (:'    . .      (:. ,:.     . .  _ノ  _人  (,_
      └-、             ',  ))   . .     .:从,)ノ':.:,    . . _从 (⌒    ゙ /⌒
      ::::i      ____ }  /(        ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    . _ ゝ     .    火
      ::::|     γ    ,' ノし': :ヽ     ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,      .     .,;,.,    `ヘ/
      ::::|   r ―|    ((,イ: :  :: :V) ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.      .,.,;   ;,,.,    (  _
      ,,;;;;|_ i   :|    、ゝ: :   : :(ノ}  (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):. 从;:  .;       ;,   ∨(
     /  \ ̄=―-_   ヽ: :: :  : :: :/ ~,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,  ,;        ;,   从
   /     \     \  ゝ;:; :;从;ノ | :.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´:.:          :;,   ノ_イ
 /        \     \ |   ゝ、  | :::| r―i-i     _人ノ,   ;:           ;;   /
(           ヽ     へ_へシニタクナイヽ、|r  ̄ ̄γ‐-、__ ヽ   ;        .,ノl火)   'ヘ,
  |         |      (´Д` ;)    ::i ̄ ̄ヽ‐-!、   ~‐、            ∧ ∧  タスケテー
  |   ∧ ∧    |  r - 、 ⊂  ⊂ )   ::|    | :::|     ::|-r-=__         |( ゚Д゚)ノ|::    |
  |  (,,>A<)  キャー! | :::| Y  人,    ::|    | :::| ⊥_⊥ |   :::i     /  (  つ つ:::.    |
  |〜(__ ノ   | |  | :::|(_) J ........::::|    | ⊂(;∀; )つ三三三三   |:::. ミll  リ  |:::::.....   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ し し ̄ ̄

104 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:03:01 ID:qFfD5ztY

                _几__[[]                          _几__[[]
 _几__[[]         └l r┐|            _几__[[]          └l r┐|
└l r┐|           Ll .Ll. _几__[[]      └l r┐|            Ll .Ll. _几__[[]
  Ll .Ll. _几__[[]         └l r┐|        Ll .Ll. _几__[[]          └l r┐|
     └l r┐|           Ll .Ll _几__[[]      └l r┐|            Ll .Ll _几__[[]
      Ll .Ll _几__[[]         └l r┐|        Ll .Ll _几__[[]          └l r┐|
         └l r┐|           Ll .Ll           └l r┐|            Ll .Ll
           Ll .Ll                          Ll .Ll

        .、        .、         .、        .、        .、         .、
        _ .|/二ヽ__    _ .|/二ヽ__    _ .|/二ヽ__   _ .|/二ヽ__    _ .|/二ヽ__    _ .|/二ヽ__
      /゛ |||   |.! .,7 /゛ |||   |.! .,7 /゛ |||   |.! .,7/゛ |||   |.! .,7 /゛ |||   |.! .,7 /゛ |||   |.! .,7
      .|ニ|ミ|_ii ii_:|.|ヽ/ |ニ|ミ|_ii ii_:|.|ヽ/ |ニ|ミ|_ii ii_:|.|ヽ/ |ニ|ミ|_ii ii_:|.|ヽ/ |ニ|ミ|_ii ii_:|.|ヽ/ |ニ|ミ|_ii ii_:|.|ヽ/
      .! 、〃゙'|厂│、-´ ! 、〃゙'|厂.!、-´ │〃゙'|厂.!、-´ ! 、〃゙'|厂│、-´ ! 、〃゙'|厂.!、-│! 、〃゙'|厂.!、-´
       .Vト┬v-! , -'ニ‐-、┬v-斗   .! , -'ニ‐-、  .Vト┬v-斗! , -'ニ‐-、v-斗   ! , -'ニ‐-、
      .../|ヽ_  ,ゞ-------、 .____。= _  ,ゞ-------、 .____。=_  ,ゞ-------、 .____。_  ,ゞ-------、 .____。=
.       ゞ'´  l.! ! .!, ---、:| .! | ゞ'´  l.! !. !, ---、:| .! | .ゞ'´  .l.!. ! !, ---、:|  ゞ'´  l.!. ! .!, ---、:| ! |;:;:;:;:ヽ
      ..|   .|| .|└──┘ | | |   .|| .|└──┘ | | |   .|| .|└──┘ ||   .|| .|└──┘ | | 、, -‐´
       ,ー-‐',| | .!三! !三| :| .! ' ,ー-‐',| | .!三! !三| :| .! 'ハ,ー-‐',| | .!三! !三| :| ,ー-‐',| | .!三! !三| :| .! 'ハ ヽ
       l|ッ./l、 | .!三| !三! :|゛ / l|ッ./l、 | .!三| !三! :|゛ / l|ッ./l、 | .! l三| !三! :|゛ l|ッ./ l | .!三| !三! :|゛ /\' /
       |_ l /|└───┘ .ニ'|_ l /|└───┘ .ニ'|_ l /|└───┘ .|_ l /|└───┘ .ニ'/
        `ー./,!   []    .!ヽ  `ー./,!   []    .!ヽ   `ー./,!   []    .!ヽ `ー./,!   []    .!ヽ
         /゙〃       .|.! ヽ  /゙〃       .|.! ヽ   /゙〃       .|.! ヽ /゙〃       .|.! ヽ
         ‐'´|ニ|丁 ̄「 ̄´.!- '  ‐'´|ニ|丁 ̄「 ̄´.!- '   ‐'´|ニ|丁 ̄「 ̄´.!- ' ‐'´|ニ|丁 ̄「 ̄´.!- '
          /二ニミi  .!_二_ヽ    /二ニミi  .!_二_ヽ    /二ニミi  .!_二_ヽ   /二ニミi  .!_二_ヽ
          / !   | .!,r、-‐-、 ヽ   / !   | .!,r、-‐-、 ヽ   / !   | .!,r、-‐-、 ヽ / !   | .!,r、-‐-、 ヽ
          !_/---r!/| .|   .! !   !_/---r!/| .|   .! !   !_/---r!/| .|   .! ! !_/---r!/| .|   .! !
          |、   /_ヽゝ-- <    |、   /_ヽゝ-- <    |、   /_ヽゝ-- <  |、   /_ヽゝ-- <
         .!八___ノ ニ___-/ ゝ、 .!八___ノ ニ___-/ ゝ、 .!八___ノ ニ___-/ ゝ.!八___ノ ニ___-/ ゝ、
         ヽ '|三||L | , _. - 、亅 ヽ '|三||L | , _. - 、亅  ヽ '|三||L | , _. - 、亅ヽ '|三||L | , _. - 、亅
               ヽ,[三三]/        ヽ,[三三]/        ヽ,[三三]/       ヽ,[三三]/

105名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:03:41 ID:NxhuNj2I
>牛、馬、そして犬や猫であっても全て殺せ!
この台詞を言った人物を二人知っている
チンギス・ハーンの親族とフレイザードだ

106 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:04:24 ID:qFfD5ztY

         (:::(      |/|ヽ       (:::::)
           )::)       /:: ゝ      )::ノ
          (:(     _]血[      (:(
     /ヽ_ ))     」∧::/;;:;;L   ))
     |:::::::::::;;;ヾ    ∠Π::;;;;;::;;:;;:::ヘヘヘヘ、
     ヾ、/┌;;ヾヘ、 ,,/|lilili||lil||「|}{}{|:::;;;;;::::::」
  _/\  /;;;;;;:::::;;;|::;;;V:|「| /::::::::\\::::;;:::/:/
 <::::;;::: \\:;;;;::::;:|::::;;;;:|「/:::: >;;\|::::|「:;;:/::::ヾ、
,,,....\;;;;;;,,/.;'';:::::; ┌ヘ、.....,,,:______.''゙゙,'::::,,
 ::,,;:,,; ,:.............:: ヽ::: ヽ .,,..|○○○○跡地|:;,,,,,,;....;
:..,,,..:;:..,,: .,......,;,.,,. /,;;, / .,,.. ̄ ̄ ̄|::| ̄ ̄:::::,,..::::::
.,,.;;::::.., ::,,;;...,.......,,;;.,,.;, .....:.,:;:, ,'.:,,:,:::::::.'''''':::::::::,. ...::'.:,,:,::::::

年が明けた1月からヴァンデ地方で共和国軍の凄惨な報復が始まった。
テロリストの派遣議員らは地域住民の虐殺を命じ、司令官テュローは『地獄部隊』と命名した鎮圧部隊を編成し、
ヴァンデの村々を襲撃させて、目に付いた住人を女子供関係なく、動物でさえ手当たり次第に殺していった。

107名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:04:30 ID:6ELTInoE
国内なんだから塩まくなよ
農地にするのって大変なんだぞ

108 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:05:38 ID:qFfD5ztY

       /  /  : : :V ⌒ヽ : :     、: : .     \: : :\:   \
.      /: : : ;':  : l:/ミ:い: . `、ヽ: : .   `、: :      \ : 、\  、\__,}
      ': !: !: !: : : !|三ミyハ: : . :、 :、: : .  、: : . .  . : . ヽ: \!  \_丿
     i: :|: |: |: l : l:!彡'゙   v : : l 、:\丶、 : ヽ、: . : . : .ヽ: :ヽ、`ーッ'  \
     |: :|: |: |: |: : :い    V : | 丶 二 ≧、:\: : : : . : :i : i、`T´ : .  ゙,
     l: ハ!:ヽ! : : : :ヽ   !: !   ノィぅ汀入: :ヽ: : : : : !、 !ノ丿 :| | ノ
     l/ 〉 : : | : : l: :トミ:、__」 !: :|ー=彡'^)斗'゙  ヽ: l、: : :∨ `!,.゙   : !: :!: /   こりゃあ、ひでえ……
    r { ノ{: : : :| : : | ムィぅ弐キ:!         } jハ: :!// ,.イ : . : :!: :!/
      ゞ_j : : :ハ: : 、ド斗‐'^ ヽ 、      ー=彡' ノ丿 !´い : :l: /: 〈     一方的な殺戮じゃねえか……
       '、 : {、: \: \_    l丶       ー  ´  | | 、! : :!ハ i : ゙,
          ヽ:ヽ`ー-ミ、:T´    !  \_        /|ノ. : :,': :iハ: {  }、
         丶ニ=- }、丶     \ ‐    __       、_/ //  :V∧:`ー ソ
           {、__ノ: : :l:\    ,__, , ニ=‐'    ∠  ̄l: : :/  : :Vハ:イ
           `¨¨{: : /!: : :丶、 `¨´_,, -    ,    /l: :ハ:  : ! :}  V
               V/ `-、: : :_>、      /  //_!/  〉 : : V   」 -‐…‥¬
                 ゙{ {  }∠/r\__   ´ /] [ 丿 〃: : :/ /
                ゞニ:{、 `く 三三入r=≪/j  v   / : : :/ ゙

109 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:06:48 ID:qFfD5ztY

・―‐―― _ オフッ!
    、;,∧∧ ; 、!lノ从,     ギャアアアアア!!
   ._、;(゙ε;'(;:)')三;"∴ ―‐―― _  ノ从,  ・―‐―― _
 ―  ´;"ヾ;づ/`≡ ≡"i´ ´  ∩ ∧ ∧;"∴>
    ・〜ヽ、_;⊃つ     ⊂ ⌒(!|i;Д<)っ;, ‐――_――
         ・―‐―― _  ∪‐――_――
・―‐―― _  ――_――_ヒュン!




          バババババババババッッ!!!

  ウアアアアアア!!
      ∩  ∵';:, ・―‐―― _-ヒュン―‐――    ――
    ∠(。c ⌒ヽ     ∧λ::!l ノ,    ――_―――_―
     ∨`しし'      (‐p;゚:;):: て':,―‐―
・―‐―― _-ヒュン―‐―ζ;;;ノ〜: <'::   ・――チュン!
                ';;,::,'・';,、
     ・―‐―― _       ::と(,,0 ,,(;:)と⌒`⊃――_―
                  アウウウウウ…

110 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:07:37 ID:qFfD5ztY

       |  |::        \  \: : : : : : :/ _, イ              \ .,'   ∧
       |  K          \  ::\/:: _,xイ                 l .,'   / |
       |  | \         :\ /_-‐´              __-''"∧l ,'  /∧ |
       |  |  ::|\__         .Y            _x- イ ∧   V   | |l.l .|
       |  └─┼─|丶- 、     .|         __ - ´:::::::/:::::〉-:┼──'’  L|l |l.|
       .{     .|l  li    \    .|      _イ::::::::::::::/:::::::l  ll     .l  .|l.ll |  革命だ・・・
       V    .l|  li    \__|___/::/: : : : : : :イ:::::::::: |  ll     l  V .|
        V    |l  li     i|\ー---‐' イ.::::,':: : : : / //|:::::: |  ll     l ./  l
        V_  |l  li      i|  \ ::_/::::l ::/ .,': :/  /j .:::::::: l  ll    __. Vl  /
     _,;──l\ ``、|l /ヽ.    i|   \:::::::::l/ ,'/     /:::::::::ト、__ll  _- ''"  .| / ̄`ー─┬
    /     ヘ \  ',  ヘ     il   ::::::l\::::l       ./y;;;/ / ̄ _,ィ.'||  イ      |
──┤     ヘ.  \ ',. ヘ    il  ::::::| _丶ゝ    彡‐' / /  /  || V         |
   .|       .\.  \.  ヘ   il  _     _    / / _ イ  /  V.          |
   .|.         \_ .|\  ヘ   il 〈ー ̄ ̄ ̄ー} .__,/  / r‐'′ /__;;--‐′        |
.   ├──────  \ \| ∧  il.  ̄ニ ̄ ̄ ̄ ∧|  /  | __,イ / /           |
.   |             |\ ヽ∧__.il  __ _._ / l/   /´ /  ./.            |
.   |             | ∧ l ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./l.|/  /  /   /             |




               / /: : : : : : : : : : : :\
             / ̄/ ̄: : : 、: : : : : : : 、: : \
            / ̄r┴、_: : : : :ヽ: : : : : : :\: : \
          /: /`{: : : :\:\: :ヽ|: :V: : : : : : \: : ヽ
           / : /: : :、|: :ヽ: : : : : ヽ__l: : :V: |: : : : :ヽ: : 、l
.         /: : ': : : : :トム: lム: : l: ∧ V: : Ⅵ: : : : : : ヽ: ヽ
        l : : |: : : : l:トヘム ヽ ヽ: :ヽ V : `|: : : : l: : : V∧
        |: |: |: : : : l:|  vム  \:\: :ヽ: : |: : : : |: : l: :V∧
        /:/ / : : : |:リ  {: l    >、二 \__、: :V: :\ヽ    な、何だって?
         /: l: :! : : |: |人  Vム〈r≦テ乏ア 丁丁 ̄:人: V  ̄了´
     ー'‐彳: l: |: :|: l代会、Vム   ̄   /: / : : /ク厂`: : :/
         |l: :l: |: :|: | ̄  ヽVム     /‐ァ : /_ン : : : : イ
         lヘ|l、 ト: \  ノ 丶ヽ   、_/‐ ´ | V: : : //
         `トl `ヽ: ≧‐ ヽ  、`\        、_ノ: : : : :{  、
             | | : \ ` ___       , >z__: :\ノ}
             |∧: : : \´ ― `    // // ∧l: ヽ≦_
             l' ≧zィ: :ヽ     / / // / _ハ: / Ⅵ
              rf⌒i  | |: : `r―‐彡¬7 // /  ノ'_  ´ ̄ ̄ ̄ ̄\


http://www.nicovideo.jp/watch/sm3627217

111 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:08:28 ID:qFfD5ztY

  /./               ..:  l l:::ヽ  ヽ,         `'z、  ヽ
  / ....:::/       /   / / /i l l Y ヽ  ',          ヽ、  ヽ
::::_...-i::::::l     //  /////::li i l l  ヽ  ',           ヽ::.. ヽ
  /::::::::i- __-'::"::::/ ./:://:::::::::;;::::l/:::',ll l l  ヽ lヽ、 ,      、  ヽ:::\\
-':::::::::::::::l:::::::::::::::::: ::::::::::::;::::::::::/l:::: ハ::::,l   l  l:l  l l::', l',     ヽ,:、 ヽ-::::::'-__'-.._
::::::::::::::::::l:::::::::::::::: ::::::::///::/  l:::::lヽ:::v::i /l /:l.l l:l:::::i l:', ,  l   ヽ::、 ヽ `゙"
....::::::::::::::l:::::::::::::::: :::/ _/_/__ヽヽ、i::::l ヽ:::::: :::: ::: :: l:: ハ::::::: l:l l  ,  ヽ::'、 ',
. )::::::::::::::l:::::::::::::::::/  'i"´l/O::`li-'‐=::l  ヽ::::::::::::::::./l:/ l:::::::l l::l l l:l l:  ',:::丶ヽ
:::::::::::::::::::l::::::::::::::::l     il l::ノ/ ヽ'i:l    l::::::::::::::/=/‐''l:::::::i/:l l:l::l i:',  i:::::ヽヽ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::lヽ   ヽ..._`‐"   ノ   /:::::::::/o'::'i‐-i/:::::::://:::::l l:::.',  l '-::ヽヽ
::_.-i::::::::::::y:::::::: :i ヽ       ̄      彡 ..-'´ l iノ l/i:::::::://:::::::l l:::::i .l  ヽ .._'-.._
'  .l:⌒::l/i:::/i::/ ヽ             i    '-'" ,/::::::::::::::::::::/  ハ::::l l
  '' ./i/::-':/_               /    ` 彡::::::::::::::::::::/. / l:::::l ,'
  / ノ::::::::::::l l              /      /:::::::::::::::::::::/ /  l:::::l/
 /   `il i/:::::i          _.-==z...._      /'´/:::::::::::::/ /   l::::/
-l   l / l .l::lヽヽ       /-‐‐ .._ `/   / /::::::/::::/./   l:::/
.l   l .l l l/  ヽ      l    V     /:::// l::/     //    俺が革命だ!!!
.l   l l  i /     \     `'‐- ..ノ    /ハ:::/   i::l    /
.l   V  ヽ、     \    ''‐   _..-' /::ノ Vl   ヽ - '"´
.l    l   ヽ      \    _..-//l-'',   '/.._   `
.l    l    l    _   `'-‐'´_ ..-  ./    / i  ヽ
.l 、 ヽ',   l  /   ` ゙ '' "´ _..- '´   // l /  l
.l ヽ   `'- ..v_'     __ ......./    //  /   ヽ ....._



               / /: : : : : : : : : : : :\
             / ̄/ ̄: : : 、: : : : : : : 、: : \
            / ̄r┴、_: : : : :ヽ: : : : : : :\: : \
          /: /`{: : : :\:\: :ヽ|: :V: : : : : : \: : ヽ
           / : /: : :、|: :ヽ: : : : : ヽ__l: : :V: |: : : : :ヽ: : 、l
.         /: : ': : : : :トム: lム: : l: ∧ V: : Ⅵ: : : : : : ヽ: ヽ
        l : : |: : : : l:トヘム ヽ ヽ: :ヽ V : `|: : : : l: : : V∧      ――!?
        |: |: |: : : : l:|  vム  \:\: :ヽ: : |: : : : |: : l: :V∧
        /:/ / : : : |:リ  {: l    >、二 \__、: :V: :\ヽ    何言ってんだ!
         /: l: :! : : |: |人  Vム〈r≦テ乏ア 丁丁 ̄:人: V  ̄了´
     ー'‐彳: l: |: :|: l代会、Vム   ̄   /: / : : /ク厂`: : :/
         |l: :l: |: :|: | ̄  ヽVム     /‐ァ : /_ン : : : : イ
         lヘ|l、 ト: \  ノ 丶ヽ   、_/‐ ´ | V: : : //
         `トl `ヽ: ≧‐ ヽ  、`\        、_ノ: : : : :{  、
             | | : \ ` ___       , >z__: :\ノ}
             |∧: : : \´ ― `    // // ∧l: ヽ≦_
             l' ≧zィ: :ヽ     / / // / _ハ: / Ⅵ
              rf⌒i  | |: : `r―‐彡¬7 // /  ノ'_  ´ ̄ ̄ ̄ ̄\

112 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:09:08 ID:qFfD5ztY

                          ´ ̄ ̄` 、  丶、 \
                 \、___  -‐    ̄ ̄`\  \ l丶
                  ` ーz‐               ∨ }
                  ,  ´  ___                └‐- 、
         、     _   ´   /      、             ‐-、\
         `ー=ニ二..........,  // /    l \          、  ヾヽ
                //´7   ,     l |、 l> 、  ヽ     へl  ヽ
               /   / / ′  ! /_lィリ___ ヽ             ゙、
       .         /    ' /   / /  l/イ」'__¬㍉ |  /           ヽ
            /  ィ / l ハ  ! /|/ ノli〃f(j ) iィ|/| |    ト、丶   ヽ、`ニ=-
         _/-≠彡' /  l'  '. l ヘl゙´ ノ'  `´_/ノ 〃 lイ、  /〉 ヽl\ 、 、_≧=‐
               l /  、 、Az|、{、  、  '゙´   ノ  lハ / { ノ'l/ 丶 i`ヽ
               lハ   !\∨ヤi_冫    ̄       _  !l '´_/  ,ヘl
               {| /|  ハ`´く ,          ミ l' 「||   l ノ
       .        // ! ∧ V    __       冫   ノノァ   l |
              ノ´  ノ´ j ノ!  tく r―z \       ,  // l ヘl
                /  /´ヽi、  \゙ f  _}      /  l/l|| {  , ヘ
                     |\   ヽヒ彡'        / 、|小l/   Z_
                         ヽ、  -‐           j/   /´ >‐┐
   うああああああああああああっ!    \   _ . ィ     / /  _  -‐ ´    \
                            `¨¨´ム     / , ´/     \_   \
                             / ハ     / /    ____ ―   〉
                             ゝ  Yr孑 ¨¨‘”´  ,  ´
                           「 ̄{  丿!'_ -‐ _ -‐ ´
                           |   ヽ { ´   f
                           \_ 」  ,r┘
                              /  /

共和国軍による一方的な虐殺を見たマルソーはそれを止めようと奔走し、
地獄部隊などの虐殺を是非とする兵士たちから女子供を助け出すために各地を転々とした。

113 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:10:04 ID:qFfD5ztY

そのような中で――

                        /二二Yニヽ
                       / (゜ )(゜ )ヽ
                     / ::::⌒`´⌒:::: \   可愛い子がいたっていうwwww
                     | ,-)       (-|
                    ,┤i〈 、_____, 〉 /   おい、お前!
                   /  ! ヽ\+┼┼+/ /
                 __/   ヽ   `ー‐‐'´ /    でっていうの嫁になるっていうwwww
              , -‐''" i    \       人
           , -''~     |    \`ー----‐'´! iヽ';
            /  , ノ `   l::::l   li /ニく /⌒ヽ  \.i
        , └ '´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ノ__  ',  ,イ:
      /     \ (⌒⌒)       ,  └ '´ /   i/
    /            ヽ / ー '       /  /,.イ
   ∠ __                    /  / /
          ̄ ̄ ̄プ ー r── -------/-‐'´ /



                  , -/ ___
                    / / ,. ´ ,  ´ ̄``
             ___{ V 〃  ̄ ̄` ‐ 、_
          , ´__` ,        __ `ヽ、
         /ア´/  V{r         `  、\____ノ
.         / , '     、   _       、   ヽ-‐ '´
        //〃    |    \  \ 、  \   ヽ
         //'/     / | l       \  ヽヽ  丶  ハ
.        l ! '  /   / ,'! |         ヽ  ヽヽ   V   ,
.        | l  /  / / ! l, 、    \ ヽ  Ⅵ  V   i
.        | l  !  」v' い゙、ヽ、    ヽ|  l !_  l  |
.        | rl  !  l|「` ‐ヽ ヽヽヽ、   l、ト、ヽl1   | l 、
.     __ ヽ!| ,l i 〈lナT芥元ミ=キ‐ヘ  jrl≦、「!  | |\\
    /   `ヽj| ハl  |、弋ヒ.ツ `\\ ヽィl永ツj} ||, !、!   ̄`
  _ノ     ゙lヘ 、j  l `¨¨¨       ハ l斗彳/!イ{ / iノ
  >、  \  l ヽl、 l           { ノ'   lイ /| l/ /
 |     \   }ヽ !        、 ノ   小/ .|/     い、嫌よ!
  ヽ    \ l、  / ヽ! 、   ,.-‐¬7   ィ | |‐ノ、
   `、     ヽl /    l \ ゝ_ノ < | /i/ __j     気持ち悪い!
.     `、    ヾ        、__ イ    ノ' //, ┴- 、
.     `、    ',       ∧、  v   //     ハ
      \   ノ   、   / `ー‐1|_         }
        ヽ {    ヽ  {  /   j ! 丿       t‐'
         `‘ー―-  、 ` '   ノ´ `ヽ       〉

114 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:11:05 ID:qFfD5ztY

                     /ニYニヽ
                    /( ゚ )( ゚ )ヽ    なんだと、この王党派がっていう!
                   /::::⌒`´⌒:::: \ 嫁になるのが嫌なら一緒に寝るっていうwwww
                  | ,-)___(-、|
                  | l   |-┬-|  l | ヽ  ̄ ̄`ヽ
                  /⌒ヽ  `ー'´   /`!   ヽ: : : :...:` 、
         ____ ミ ミ ミ /  、     、 \  !   ', .:: : :. . . .' ,
       /     -─´⌒ヽ_/      ゙     |    ',   . . : : .. . ' ,
      /     ( _i _i_ト、__)l           |     l       ..: :: \
    /       l||l 从/  / ヽ  ,____    ` ,     ',: : : : : : :..    \
   <、___,,,,ノヾ -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄  ',    ',    : : : : :...  |
  /            ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥___ \,    '.,       : : .... !
 <                                    ゝ――――――‐ ノ
   ̄¨¨`ー-──-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-──‐'''''''""" ̄



           { V /        - 、:\   \:
          ,. ┘ 〈 、    、    \: \   `、
        //  , ` ニニ==‐一: : .\: ヽ   ヽ
.        /´ ' / /,:  、: 、: : ヽ: \: . . : : .ヽ: ',  : : :l
       /. /. : : :l l: . : .ヽヽ:\ :\≫x  、: :ヽi  : : :l
.       ' 〃:/: : :l |ヽ: : : .\ー=弐x==ミ 、ヽ、l  : : :!
       l:/ ! l: : : :トl‐-い、: : :ヽ イ〃i f t_,゙》 `l : : : !
       l′! |、: :!l x=ミ、`ヽ: :゙,   弋rリ   ' : : :|   もっと嫌よ!
.          l: !ヽ: l 《 { f'i  ヽi   -一''゙ /:/ . : :/!
        ヽi ヽぃ` _)ツ     .::::::::::::::.ノ, ゙. : : :゙!   誰か助けて!
         ヽ  ゙i:\::::: 丿       /´/:/ : lノl
            l: :!  ヽ '        /, : : : : |r'|
                !八    ,.-―- 、 ///: : :/!!
                l : l\  Y    〉,. :゙: ´: : : : : :∨
                l: /: : :\ `¨,.¨"´ : : : : : : : : : :|
            j/ : : : :|\/_ -‐…¬…‐<: : :

115 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:12:05 ID:qFfD5ztY

              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : :\
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\-、_: : \
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : :ヽ: : : : ヽ: :、: :ヽ  ヽ、 \
             , ': : : : : : : : : | : : : : : : : : : : / : ;| :|: : ヽ: : : :丶 ヽ: ∧    ‐ \
        __/: /: : : : : : : :|: : /: : : : / /:/:/ V |: |: : : \: : : \l: l:∧     `ヽ
     ヽー `ニ=‐:´: : : : : : _ : : | : l : : : : レ: :ィ l/\Ⅵ: !:|:| : V : >: __ 丶、 i
      丶、: : : : :‐=ニ/: : ィ:| l | : : /ィ: :/ f=ミヽト、l |:|: : |: /: : / : ┬ `=-
        ≧=―: : :´: : : :ィ:_|:ヘ|: : |: : l|: :|  、 fィふミヾ|: : |/: /: :l : |: : l
          ` ¬¬ =:彡く |: :l: : :l: :ハ: |   `弋(  /: :ィケ7: /: /: / : : ',
            ヽ l、: :´: :\ V:l: : :|: l ヽl      //{リツ /: /l / \ : '、
              `l ヽ : : : : >Ⅵ: : ト l          ノ´  ヾ:ノ/ ノ'    \ \
                 V: :l N `lヽ |           _  >        ` ‐ヽ
                    |:l: l/    `l       ,.、__  ,r f´
               __,|ル'               ̄__`ンヽ:l   貴様!
              |‐┴-、_  l     、      /l | `
              |     ``丶、   > _   /l |/    その子を解放しろ!
              /        ヽ / ̄/` Ti l'′
          _,,.. ‐l         l l   {  `l       俺が保護をする!
__,,.. -‐  ¨´   K 、        | ノ    }-、
              l ヽ` ‐-、_    j′  ∧ ` ー- 、__



      /フY ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\) ヽo゚ ゚ o
   /⌒`´⌒  \
  | -)___(-、 |   また、邪魔されたっていうwwwww
  |    `⌒´  l |
   \       /

116 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:13:12 ID:qFfD5ztY

                 , /
               /// ̄ 二ニ= .、
              ___{ {'  -=―  _ `\
          ,/ ァ  ` レ‐    − _ 丶
         /´//   /    \  、  ヽ、 \
.         /  / .イ     r        \ ヽ ヽ ヽ、ヽ
        /  /´ / /  !       ヽ V V∧Ⅵ
.       | /  / 〃  || l       ヽ V V|リ
.       レ  /| |   ||、 ヽヽ.      | ハ Ⅵ
.       l  /l/| |   |Ⅵ__>、l、斗‐   | | l ト\
        V// ムA  | lハl __z弐ヽ.   l/, !l| `` ‐
        Ⅵ/{ l ヘ  | | ィ了7テ  ∨ / / /〃
.    / ̄ ̄入ヘ  ヘ Ⅵ  ┴┘   Ⅵ/Ⅵ /
    /    | l 「テ人__∨トヽ       , `> `l
   ,{     j└Lリ    Ⅵ     __ ,,.∠     あ、ありがとう・・・
  八     \| \  `l> ..     ‐∠  \
  ∨ヘ\   \`__ヽ     />┬< //ノ   あなたのお名前は・・・
  l Ⅵl  \    、 〈    /   \// く
  ゝニ八_ ´ ̄ ̄  ` 二ヽ.ム   二二  ̄``丶、
    く   ̄ 二ニ ´       \__       〉
     `¨¨¨´               ` ー-   /



             ー==ニ. ヽ
      、        , -―-ヽ: : ヽ, =‐、
      ぃ    ,. : :´: : : : : : :、`:..: ': :"⌒丶、      、  フランソワ=セブラン・マルソーだ!
       ゝ`¨¨´:..:..:,.:-―: : : : : : : : : : : ―-、:\___,ィノ} ),
        `=ァ"´: : : ;r: : : : : : : : : : :、: : : : :.ー‐―一 ´ノ 君のことは部下に任せるが、
        , : :´: :/: : /{: : :、: : : : :` 、:ヽ、ー-、:..:..:..:..:..∠、 あまり目立つ真似はするなよ!
       /:..:..:// 〃: '、\\: \: : \:\:、_:..:..:..;ノ:..:.ニ=、   ___
      /:..:..://: : :八: 、 \:\\_、:..:..丶丶:.二:.._≦、 _, .:.:´:.:/:.:.:.:.\r‐v'⌒Y⌒
  `¨¨^ー‐ ァ: / :../: :': :..\\:..:..__:..:..:.`ー-:..、:..;.ィ7⌒. ´:.:.:.:.;.:┼―、/.::/ .:  .:
.        ': 〃:..:|:..:..:..:..l: :.ヽ:丶、:..:ハ:.! ニ=‐:..:.lr}二´:.:.:.:.:.:/  ! .:/ .:::/  .:::::::
       |:/{:..:..|:..:..:..:..|、:..:..、 ̄!`ト l:|ィ必^ヽ: :..|/:.:.:.:.:.:.:./   .:: .:: .::: . .::::::::/
       |{ !:..::.|:..l:..:..:.|__>、:.\ぃレ'j'^'=ン  j∧|―〜^´     .:: .: .:: .::::::::/
       ぃ ‘:..:.|:..:.、:..:.ミ弋弐‐\    一''´ 个:..: : :. ::.  .:  .: .: .::::::/ .: .::/
       ` }:.ハ:..:.\:..:` ニ }        ///| :: :: ::     .: .: .:::::/ .:: .::;r'´
        _ノ'′ _>、:..、ー‐ミ、ヽ、'___   // l: :|:::: . .:  .:/ .:::/ .:::: .:::::{: :
         _/:.:.:._>ヽ:::::::::> .‘ー  ∠< j/:::__   .:/ .::::::´  .::::- ィ::.. :
           {:.:.:.:.「\   :::::::::、  >‐く  `ヽ.::/: , ヽ::´.:::   .:::‐  //:::::: :
         }:.:.:.:.:\    ::::::::−‐::::、:::\ /: :∠=┴y―  _ -‐ ´: /::: : :
          └┐___>_..::::::::::::::. ::::::: \::; ´: :r': : :,.: : 〈-‐ ´ : : :  /:: : : :
          f´::.-――-::::、:::::::、:.::::: .::  ソ: : : : : ゙´: :,r' ヽ==ニ: : : /: ; -―‐
.        _ノ  =====-:::::::>=v‐f: : : : : : :´:r'゙: :∠、: : : :-‐ ´:/::.::.::.::.:
.      r'´  -――‐_=―y‐y′厂!:!: : : : : : : : ∠  ``======= 、__

117 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:14:04 ID:qFfD5ztY

                 , /
               /// ̄ 二ニ= .、
              ___{ {'  -=―  _ `\
          ,/ ァ  ` レ‐    − _ 丶
         /´//   /    \  、  ヽ、 \
.         /  / .イ     r        \ ヽ ヽ ヽ、ヽ
        /  /´ / /  !       ヽ V V∧Ⅵ
.       | /  / 〃  || l       ヽ V V|リ
.       レ  /| |   ||、 ヽヽ.      | ハ Ⅵ
.       l  /l/| |   |Ⅵ__>、l、斗‐   | | l ト\
        V// ムA  | lハl __z弐ヽ.   l/, !l| `` ‐
        Ⅵ/{ l ヘ  | | ィ了7テ  ∨ / / /〃
.    / ̄ ̄入ヘ  ヘ Ⅵ  ┴┘   Ⅵ/Ⅵ /
    /    | l 「テ人__∨トヽ       , `> `l
   ,{     j└Lリ    Ⅵ     __ ,,.∠     マルソー・・・
  八     \| \  `l> ..     ‐∠  \
  ∨ヘ\   \`__ヽ     />┬< //ノ
  l Ⅵl  \    、 〈    /   \// く
  ゝニ八_ ´ ̄ ̄  ` 二ヽ.ム   二二  ̄``丶、
    く   ̄ 二ニ ´       \__       〉
     `¨¨¨´               ` ー-   /
アンジェリーク=マルガリーテ・ド=ムリエル(1775年 - 1794年)
ヴァンデ地方の王党派の娘。

と、彼女のように少なからず救われた者もいたが、その行為は狂気と混乱の中では無力であった。

118名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:14:33 ID:NxhuNj2I
救われたのに没年がせつない……

119 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:15:00 ID:qFfD5ztY

                //         \ 、         `  、       丶、
               /ィ          j    丶   ..__ __    __\ _,     \
               /´ /. :          {       ` _  ‐--  二 -‐¬´    \  ヽ
                  /. : ,         ハ 、      ヽ 、            ,        .
              /. : /  . /  .,  /  '.   、     ヽ \ 、       i      ヽ i
                 , . :/ . : ' . : /. : 厶 -‐ヘ . ヽ     、___、\_  \釗      い{
              j: : {: : :釗: : :| : /_  ____ ヽ\ ヽ、ヽ ヽ __\ヽ 、_  ヽ.   i l !
              |: 八: : : :i: : : :}j厶斗-z‐x=ミ ヽ\ \:丶: .`y ‐;云トミx:_ハ:  | |l釗
              !:! 〉. : :i: : : :!ル', jr'{ ぃ{   `    ヽ: :V´jr'! 川 }八j : !l: : :|: 八|
                  ! { /: ヘ: : 、: : !{八、{迅_jc!        , :| {近rリ /  ': :〃 /j/
                   V: : :小: : \い ヾー ^¨´        | }/ `¨¨^゙´  /: :イ: !:i ´
               j/: :{ |:ヽ: : ヽ                 {           //: !八{
                 /: : : : `|: : :\: :\           ,          ´ i: /  !`
               {: : : : : : } : : : : ヽ、: ミ=-         ' {         .′   i
               ヽ: : : : : | : : : : : 厶`\     __     __     /i    i
          }.     }: : : :/} : : : : {: : ヽ、     ` 二二 '´    ,   i    l    貴族ですから
          ヽ`ー--‐' : :/:ハ : : : |i: : !\     ー‥      く_   !:   !
              ` ー-‐, : :/    : : :八: : !  `  .._         イ: : : : \j: :    ヘ
               /: : {       : : : ヽj      `    __/ {: : : : : : :}/    ハ
              {: : : : :ヽ   :    : : : } ̄¨   ‐- 、__      ! : : : : /: :      }
               ヽ : : : : \: : .   . : :,  ̄¨   ‐- 、_  ̄}丁¨下 ..__:{:_: : : .   ,′

彼女はマルソーの部下に連れられてラヴァルで匿われたが、やがて見つかってしまい、
貴族であることを隠さなかったために有罪とされ、断頭台の露と消えた。

120 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:16:06 ID:qFfD5ztY

                 , /
               /// ̄ 二ニ= .、
              ___{ {'  -=―  _ `\
          ,/ ァ  ` レ‐    − _ 丶
         /´//   /    \  、  ヽ、 \
.         /  / .イ     r        \ ヽ ヽ ヽ、ヽ
        /  /´ / /  !       ヽ V V∧Ⅵ
.       | /  / 〃  || l       ヽ V V|リ
.       レ  /| |   ||、 ヽヽ.      | ハ Ⅵ
.       l  /l/| |   |Ⅵ__>、l、斗‐   | | l ト\
        V// ムA  | lハl __z弐ヽ.   l/, !l| `` ‐
        Ⅵ/{ l ヘ  | | ィ了7テ  ∨ / / /〃
.    / ̄ ̄入ヘ  ヘ Ⅵ  ┴┘   Ⅵ/Ⅵ /
    /    | l 「テ人__∨トヽ       , `> `l
   ,{     j└Lリ    Ⅵ     __ ,,.∠      これをマルソーさんに・・・
  八     \| \  `l> ..     ‐∠  \
  ∨ヘ\   \`__ヽ     />┬< //ノ
  l Ⅵl  \    、 〈    /   \// く
  ゝニ八_ ´ ̄ ̄  ` 二ヽ.ム   二二  ̄``丶、
    く   ̄ 二ニ ´       \__       〉
     `¨¨¨´               ` ー-   /

彼女は死の間際、自分の形見としてマルソーに時計を送った。

121名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:16:43 ID:P/l3ETj2
デュマ息子の作品に登場するのか

122 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:17:07 ID:qFfD5ztY

       |  |::        \  \: : : : : : :/ _, イ              \ .,'   ∧
       |  K          \  ::\/:: _,xイ                 l .,'   / | 何てことだ……
       |  | \         :\ /_-‐´              __-''"∧l ,'  /∧ |
       |  |  ::|\__         .Y            _x- イ ∧   V   | |l.l .| すまない、ヤルオ……
       |  └─┼─|丶- 、     .|         __ - ´:::::::/:::::〉-:┼──'’  L|l |l.|
       .{     .|l  li    \    .|      _イ::::::::::::::/:::::::l  ll     .l  .|l.ll | 俺は……
       V    .l|  li    \__|___/::/: : : : : : :イ:::::::::: |  ll     l  V .|
        V    |l  li     i|\ー---‐' イ.::::,':: : : : / //|:::::: |  ll     l ./  l  革命になれない……!
        V_  |l  li      i|  \ ::_/::::l ::/ .,': :/  /j .:::::::: l  ll    __. Vl  /
     _,;──l\ ``、|l /ヽ.    i|   \:::::::::l/ ,'/     /:::::::::ト、__ll  _- ''"  .| / ̄`ー─┬
    /     ヘ \  ',  ヘ     il   ::::::l\::::l       ./y;;;/ / ̄ _,ィ.'||  イ      |
──┤     ヘ.  \ ',. ヘ    il  ::::::| _丶ゝ    彡‐' / /  /  || V         |
   .|       .\.  \.  ヘ   il  _     _    / / _ イ  /  V.          |
   .|.         \_ .|\  ヘ   il 〈ー ̄ ̄ ̄ー} .__,/  / r‐'′ /__;;--‐′        |
.   ├──────  \ \| ∧  il.  ̄ニ ̄ ̄ ̄ ∧|  /  | __,イ / /           |
.   |             |\ ヽ∧__.il  __ _._ / l/   /´ /  ./.            |
.   |             | ∧ l ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./l.|/  /  /   /             |

この時計を受け取ったマルソーは涙を流し、やがて虐殺に耐えられなくなったことで
遠方への配置転換を申し出て、オーストリアと戦う東部戦線へと向かうことになる。

123 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:18:10 ID:qFfD5ztY

なお、彼はいつも胸元に細密画を鎖でぶら下げていたが、そこには一人の女性の姿が描かれていた。


             ///:.::.:.:.:.:.;.:.:.::.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:. ヽ:.ヽ
          /:〃:/:.:.:./:.:/:./:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.: :. : ';: l
           ///:./:.:.:./::./:./:.l:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:ヽ::.:.:.\:ヽ:.: : : V!
.          l//:.:,:.:.:.:.'::.:,:.:.ハ:.:!:.l:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.ヽ:.';:.:.:.:.:ゞ=-
.          { l:.:.:l:.:.:.:l::.:.l:.:' l:|:.:l、:.::.:.:.:.ヽ:.:.:.:.l:.l:.、::.:.:.ハ:l、::、:.:.:\___,
          l:.:.:l:.:.:.:|::.:.|:|  い:.:、ヽ::.::.:.:l:.:.:.:l:!ト 、ヽ:.!:.リ ヽ:.ヽ‐一 ´
          l:.:.il:.:.:.:|:.:.:|:|´ ̄「ヽ:l`\::.:.:.:.:.:l:!l ̄ヽリ:.: : :ハ:. l
          l:.:l'l:.:.::.|:.:l:トl下ラ心ミヽ ヽ::.:l:.:リラ〒マ:/: :/V}/
           'l:.l l:.:.::.l:.:.、、 、込z(     V:/込zレノ/: :/ ノ/
.         _ム!ヘ:.:.::l:.:.:ド        }  /´    /イ:. :,ケヤ゙´ ̄ ̄>- 、
.        /:.:.:.:.:.:.:.:、:.::l、:.ト、       〈 ,         l:. /:.:ノ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: \
      f:.:,:-―==、::l:.、l:.:\    、_ _   /l:./!:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〉
      ヽ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ぃ:ト:ヽ:/ l丶、  ―    '´_/j/ l!:.:.:/:.:.:.:.:.:.;.:.==≦_
      / ̄ ̄ ̄`丶:ヽ:.:.:{ | lー丶 __ ィ´ ̄ {/| l!:./:.:.:.:.:.:./_:.:.:.:.:.:.: :`ヽ
      /:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.\ヽ!、い、______j丿/j/:.:.:.:.:/´:.:.:.:.:.::..:.:.:.:.:.: /
.     〈::.:.:´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ) ー‐┼┼┼―一 ´/l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,.'
     \::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶    ! ||    /__)ィ:.:.:.:.:.:.:_____/
       /\__::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}、__j__」__j__/ / {:.:.:.:rく:.l / / `ヽ
     l 丶  ヽニニ、:.:.‐-、_/、   | ||     /!/ゝ:/{ ノソ' //     |
     |  l  / {  \:.:.:.}    ̄f´ヽヘ  ̄ ̄ /   ヽ!__/ /  /   |
     |  ゝ /  \  iヽノ    / ̄`ヽヽ\   !    /| ヽ. /  /  /


それはアンジェリーク――であれば悲恋として語り継がれるのだが、事実は違う。

124 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:18:57 ID:qFfD5ztY

そこに描かれていたのは、彼の婚約者の姿――


























                 _
              l ̄ lヘ`ヽ           ,r,ヽ、
              l   .,l. ヘ \    、 lヽ/l‐/ i  l _      ,、-=`ヽ、
       //``,   ,-,l / l_/\  \  _ \ / / i  l`/ 〉l _  , =-、_`ヽ-‐'/
      / / ``ll / /`l  l\  \`ヾ〉、ニll\ヘ /-ヽ ヘ /_l_,∠´  _,-.,-/  /
    ,- ' ./   l,‐-、//l |  l ,-ヽ  \ | `l l\ヽー‐'=ニ-´/>、, ィ  ./  /
   /´  /   l O l l`ー、  .l /|    /、ムヘl`ーヽ-='´//‐''ヾ   l_ / /
.  /  / ,、_  l   l/`ヽ /ー、/   ヽ、   /  |ヾ、l ,、  /l |、/`l   `´//
  i  / /  ` .l`ー´l  //、 /_,-、 ‐´ l`ヾ  lヽ ` l l´l,-´l`/  l   ///
. i  /  l、   .l−-l / /`ヽ´  ヽl l/´| ̄`l l lヽ__l´`l/ / `l .//|/、
  ', ヽ    ̄ l_  lニヽl l l l  ///´/  |   l´   、   l` | l//l ,lヽヾ 、
  ヽ ヽ   l  l lミノノノ  /ソ /、__/ l`ヽ、  lヘ   l _,ノ ,、`l‐-l‐/ヽ\\
   l  l  l`l´`.l l`l__/ー-‐'  |./  /`ー、`ー-、〉',`ー‐ヘ ,-'´_,l/`ー‐'、ヽ/ヘ ヘ
.    l  l  .l .l //ー'   / ヽ   ヽ、/ ゝ、 ヘ``ー=-'‐, ``ー' ´   \ \\/`ヘ
    ヽ_l,- 'l .l l l   /   ./  /´| `ヽ、.`ヽ>´/ ̄l/_       `ヽ、\ヽ/ヽ
          l.l l l  /    /,、./ ∧   ヘ / / /l |' ヘ         ヽ´ _,-'´ヘ
          ll l`ー'´/ ̄/ l、 `ー、,、_`ヽ/´ `lー-<ー‐'l、 ヘ           l lム l
        l l-、 ./ /   l\  l  `/``l、 l_  l  lヘ ´           ヾー'
         l l l /     l l l   ` /  | l   ̄l ̄ ̄ ̄l
       アガテ=ルプレートル・ド・シャトージロン
レンヌの貴族の娘。

125名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:18:58 ID:XP3h1mWQ
違うんかいw

126 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:20:04 ID:qFfD5ztY

              _  _
          __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
          rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
       rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:..:ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
       {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
         {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
        ||:.:ヽ::{'´ ヽ.:.:.l/ `ヽソリ::イ.:../:.::|
        》、:.:..ミ ○ ∨  ○  彳|.:.:|: :|    ちょ――!?
        |:.::ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /:.:.:|.::.:.!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i.|.::.:.|   フランソワ・・・!
       \ /  |:::l>,、 __, イァ/   /:|.::.:.|
       ./  /|:::| l  Y.r'   {ヘ、__∧|.::.:.|
       `ヽ< |::::|\ l l l /ヾ  彡' 〉.::.|
          アガテさん本人

127 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:21:06 ID:qFfD5ztY

――ヴァンデ地方共和国軍司令部

~`゙゙''--、.__,,,  ,,,,__.、--─--、__
~`y、___ ___ ̄______...,,-‐‐''~   ~` -、....__        _    _______
     ̄  ̄   ̄~^‐-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,__....--‐‐'~   /|\
,,;;;;,,,,;;;;,;;;;,;;,,,,;;;,,,;;;;;;.,,,,,,,,,,..;;;;;;;;;;;;;;;..,,;;;;,,, ,,;;;;;::;;;:::,;:::::::::;;;;,,, /  |.  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(;,.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 田 |   \
::::::::::::::::::.     :::::::::::::::::::::::(;;; ノ.,::::::::::::::::::::::::::::/      |     \
::::::::::::.     ::::::::::::.:,,,:::::::::(;从从ソ:::::::::::::::::::::::/|      |      l.\
"""~~ 从炎从 "'''゙~'''''¶/  |      |      |.  \¶ ̄
                /ノホ爻爻ハゞ  ~~~"   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                   _,..-−――‐-、
                  ..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:..
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.、
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
              l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,i:.:.:ハ:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:. l  くそ……!
              l:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:./.l:.:.i  :.:.:.:.:.ハ:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:l  ここは何て地獄だ……
             l:.:.:.:.:.:.:. l:. / l:.:l   i:.:.:/ |:.:.r 、 :.:i:.:.:: !
                 l:.i^i:.:.:.:ハ/_  ヽ!   l:./   !( ヽ \l:.:.:.'   軍務に戻ったと思ったら、
                l:l l:.:.:.i ' _  ̄ ´ !:^ー‐'´\ \` 、   こんなことをやらせられるなんて……
              !ハ ヽ:.l  `ー‐'     `‐-‐' \ \ \
                 ゝ j:.:l        i: r‐― - 、ヽ.   ヽ   ああ、これでブリュヌさんが
                  _/ヽ: l         !.: ` ー,-、 ``    、  パリに戻ったら大変だ……
            ....:.:´:/:.:.:.i`!、       '.:     '.、‐:\       ヽ
          .....:.:´:.:.:.:.:/:.:.:.: l ヾ 、  r‐--っ /!:.:.:ヽ:.:`ヽ       ',
      ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:. l  \ヽ、. ̄ /  l::.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ     i
  ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.l    〉‐、ー_.´〈  l:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:!     !-、
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:/l.   ∧:::::::::::::ハ. l\:.:.:.:.:/:.:.:/`ー―‐´:.:.:',
                    ベルティエ

軍隊を辞めさせられていたベルティエであったが、その能力を惜しまれ、
無給を条件に軍務復帰を許されてヴァンデの軍参謀長となっていた。

128名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:21:17 ID:LjNBhC96
随分と抽象的な絵画ですね

129 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:22:13 ID:qFfD5ztY

  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l   不服を見せるクレベールやマルソーは
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/     異動を検討されているらしい……
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/        ロンサンみたいな素人が司令官になる
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/         馬鹿げた戦なんてもう、十分だ……。
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/             早く恐怖政治なんて終わっちまえ……!
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\

130 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:23:12 ID:qFfD5ztY

    /   ´7         ´-´~ヽ,      i‐、 )
―‐´   , -´             !      ノ  ´    ;
     !__、-、           /     /--‐―‐ヽ、''
        _二っ       く´_,,    ,/,,,,,;''''"''';,,,,,; i、
      i`´  _  _       ノ ,,- ‐;´,,,      ,,; ヽ,
    /´-、 i´ `‐` ~`´~~~~~´  |     "';,,,     "; ヽ,
    ~`´  `´          _,,ノ       ;,,,;';  ;'';  `‐-、
            i--、   /´           "';,,,;,,,',;    )
             `i "‐-´                "''''''''/
     ,-―‐~~ヽ,,,--!                       /
     つ                             i
     `‐`‐i_                          |_,,,,-、,,,,,,
          ヽ,,,                       ;''''"    (
           )                      ,;"    ,,-‐´
           \,_                    ,;"
             )                   ;''"';,,
             |                     ';",
             |                     ,,,;'
             |                     "';    ,,,
             !                      ;,,,  ,i´ ~`‐ -,
―、,,_    ,,     ノ                       ,-"‐´      `i
   ` ―´ ` ‐--,,ノ,              ,,/`―‐、   /´
            ";,,,           |´     ` ‐‐´
              "''';,,,,,,,,,;''';,,,,,,   {
                     "'''''"'}


こうして地方の内乱はほとんどが終息に向かっていった。
東部戦線でもフランス軍の攻勢が始まっており、戦争による
祖国の危機も回避されていくに従って、フランス国民の目は
再び国内の政治へと向けられることになる。

革命をこれ以上進めるか否か。
国民公会の――いや、公安委員会の方針がどうなっていくののだろうか……


第17話「革命の成果」-軍事編その3-「内乱の果て」終わり

第18話「左右の天秤」-前編-に続く

131 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:23:52 ID:qFfD5ztY

本日の出演
ヤルオ・カネクレーヨ…………やる夫(2ちゃんねる)

ブオナパルテ…………涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)
デュゴミエ…………ギロロ(ケロロ軍曹)
スーシェ…………ハクオロ(うたわれるもの)

オーギュスタン・ロベスピエール…………ニア(Death Note)

バラス…………ヒラコーさん(以下略)
フレロン…………伊藤誠(schooldays)
カリエ…………坪内地丹(かってに改造)

テュロー…………ヨラン・ペールゼン(装甲騎兵ボトムズ)

クレベール…………ロックオン・ストラトス(ガンダム00)
マルソー…………刹那・F・セイエイ(ガンダム00)
ベルティエ…………キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)

医者…………ソーヤー(Black Lagoon)
共和国兵…………でっていう(2ちゃんねる)
地獄部隊…………スコープドック(装甲騎兵ボトムズ)
ロシュジャクラン…………幻想水滸伝1st(主人公)
アンジェリーク…………フェルト・グレイス(ガンダム00)
アガテ…………ガンダム・エクシア(ガンダム00)         》、:.:..ミ ○ ∨  ○ U彳|.:.:|: :|    ちょ――!?

132 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:25:05 ID:qFfD5ztY

――次回予告


                ____
           _──´:l:::::::::::::::::::::`──
な 早       イ:;:::у|:::::l:::|:::::|:::::\::::::::::\:::::ヽ:::こ 駄
        .γ::i::::/:::l::::::|:::|::::::|:::::::::ヽ::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::\
ん く    ./i:;レ::/::::|::l|:::::|:::::::::::|l:::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::い:::目
      /:i:::::!:::::l::::::l::::l|::::::|::::::::::|::ヽ:::::::::ll::::::::::|l::::::::|::::::::::
と   .,/::/:::/!::::::l:::::|:::|::|::::::|::::::::::|:::ヽ:::::::|:|:::::::::|:l:::つ:::だ::
    ./::;l::::;!:::ll::::::l:::::|:::|:::|::::::ゝ::::::::|:::::l:::::::|::|::::::::|::l:::|:::::::::::
か  ,l゙:::i::::;:|::::::|::::::l:::::|:::|:::|:::::::::\::::ヽ:::|::::::|::|:::::::::|:ら::::::::
    l:::::|:::l|::::.|:::::|::::ゝ:::||:|::::ヒ:::::::|l:::\ヽ:::|:::::|::|::::::::|::・:|:::::::
し  .|::::l::::|:l:::::l::::::|::::::|\l:|::::ヽ::::::|::ヽ:::\::|:::::|::|::::::::・:|:::::::::
   .|:::l:::|::::|::::::l:::::|l::::::|::::l::ゝ:::ゝ::::ll:::\:::::へ:::l|::|:::::・::|:::::::::
な  |::::ヒ::l::::::|:::l|:::llリ|::::|::::|:::\:::\:ヾ:::::\::::|:|::::|:::|::|::l::::::::
   |::::||:::l:::::::|:::l::ハl::ll:::ゝ:::|::ヽ::::ヘ\:::::へ:::::|l:::::||:|::|:|:::::|:::
い  |:::|l:::::l:::::::l:::l|iリ!ミヽ;:;ヘゞヽ|::::込ttミ-ヽミ::ゝ::||:::||:::::|::::
    l:::|l:::::ヘ::リ::ll.::::い::ゞ::::::::\l"イて ) ゞ:ill火:::|:::l|::|/l:::
と   ヽ:|::リ;::kl;;'l!;,`''''"´::::::::::::::::::::::::`''''''"^゙::::::::::|:::|:::|:ノ |::::
・    ヽ:|:l:ヮミヽ::::::::::::::::::::::::::            ::::l::|::::|::|ノ:::|:
・     ヽ|リト:l:::υ::::::::::::::::::::           ::リ:lノ:::|::/:::|::
・      ヽゝ::::::::::::::::::\:::::::__          :几:;l::|:|:::|:::|
        Vl:::::::::::::::::::::::::::´        ∪ ./:||/l/::|::|
            l:ゝ::::::::::::::;;;;;::::.:...           /ii|llll|从:|:l
          l:|ヽ:::::::::ヾ゙-ニニニ≧       ./llllllllll|:.|::|lll
          l|:llヽ:::::::::::ヽ---      /lllllllllllllll|:l|llll
        /:::::|:||ミ:ヽ:::::::       ./llllllll;;;;;;;llll ||llllll
       /:::::::::|:::|lllミ|:::\:::::    ィlllllllllll;;;;;;;;;llll  llllll
     /:::::::::::::: lllllミ/:::::::: ̄ チllllllllll;;;;;;;;;;;;llllll   ll

ロベスピエールにもたらされる許されざる腐敗――!

133 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:26:05 ID:qFfD5ztY

  寛容を説いて何が悪い!
  今の政治はローマ皇帝の恐怖政治と同じだ!!
         --ー-- ..,,
      ゞ‐'´      `ヽ、
     /           __     /// ,| | イ l: l |
     ,! /  人   \ 〈〈〈〈 丶    //// | | |/l:. | |
    (    /  \\\\ ⊃  }    /| |/,∠乂/: |ミ| |
   〈    ( 、 ェェ  ェェ! [ 二 ]    /|/(_;:;:;ノ、 ェェ゙i/:;l
   Y   フ    ,.ゝ |( |  |     /{Ⅳl_l   」:::/ミイ ・.∴
    ヽ 丿  / ̄ 7 /ゝ!   !    ゝト,勹 / ̄ 7 / ,.,  うぁ!
     ゝ  =-─┘/ /  / ,.,・ ,.,・┴=-─┘/ノ
     _ | ̄ ̄l^T^l/\/  , ’, ∴・.∴ /、//|  ̄ ̄丶
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴ /   // |//  〉
   /   // |/   /         /    // | /  /



'; - '/: : : :/: : : : :.:.l: : \:.:/:.:.:.:.ヘ:/:.:.:.:_ -\/: :l\:.:.:.: : : : : l:\: : : \
  /: : : : :./: : :.` 、, 'l: : :.:.;\ ̄¨` - - ''¨  /ヽ:.: :l ,, >、''.: : : :l: : ヽヽ: :
../: : : : .:./: : :.:./ `l丶/、 \      /  ,, ゝ:l''   `,、:.:.: : :l: : : ヽヽ:
/: : :.:.:.:.:.l: : :.:/ ト、 ヽ/  `丶、\| l |./,, ''  _ ,V --y-┴、、: : l: : : : i     くそ!
: : .:.:.:,/:.:l: : /: :.l ヽ        `/ ヘ.''   // /     L、: :l:.:.: : : l
:.:.://:.: :l: :l: :.:.:l  丶、     /   \  /         l V:.:.:.:.: : :ト、  ふざけんな!
/ i:.:.:.: ヽ|.:.:/      ̄ ̄ ´      `┤   ┛┗     !  l:.:.、:.:.: :l: :
   l:.:.: : : :.:/                l    ┓┏      l:.:l:ヽ:. :l: :
   l:.:.:.: :.:.:.ヘ                ヽ          /:.:.l:..ヽ:.l: :   てめーらみたいな頭でっかちに
   l:.:.:.:.:.:/´\   __ ... 、-−―−−,−,-ヽ     _..、-:':.: :.:.:.l:.:.:.V: :   おじさんの邪魔をされてたまるか!
    l:,  '  ̄ ` ゝエ..i_...-`-―――‐'--'--l     ト、:ヘ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: :/
   /    、  l´ > 、    ー' 丶   ,, -.l     l  i:.:i:.:.:.:/:.:.:.:.: : /
  /   、  ヽ lヽ´   /`ーi-====::'l/ l     l ヽ:.l:.:./:.:.:.:.:. :イ
 i   、  ヽ 〉' ノ   ./   l:::::::::::::::::::/   l     l , -ヽ/:.:.:.:、:.:. l
 l   ヽ  /- '   /    `ー ― '   .l     .l '   ヽ:.:.:lヽ:.: ヽ

活発化する左右の攻撃――

134 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:27:10 ID:qFfD5ztY

               やあ、諸君       ゝ <_, ´       /|!.|
                                 \ 一   , ィ  __,」}`
               久しぶりだね……      \__, イ, ‐ ´  l!
                                   i!/         、
                                   |{         、
                                      !!      ,..   ` フ ー--  ...__
                                   ノj  _,..  ´     ,イ        ヽ
                              _,.. ‐ ´/ > 、      / |   /     `、
                           r ' ´ /  /`     \   ./  .|  /          `、

――そこへ姿を現す最凶の男。

135 ◆5u6jcKSVew:2010/05/01(土) 21:28:10 ID:qFfD5ztY

                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´



打ち落とされたギロチンの向かう先は……


次回、やる夫がフランス革命を生き抜きます
第18話「左右の天秤」-前編-

ご期待ください。

136名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:31:38 ID:NxhuNj2I
乙でした。
これが創作スレなら主人公のやる夫に外道呼ばわりされて殲滅されるところだろうけど
完全には殲滅されず完全に否定もされない歴史が大好きです。
色々な人間、生き方、やり方が混ざって浮世が出来ていると思えて。

貴族だと言って死ぬのが、貴族としての生き方だったのでしょうね。

>>112の是非とする、は是とするの誤字かな。

137名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:33:29 ID:JMA/Px1g
乙でした

138名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:35:28 ID:XP3h1mWQ
乙でした!

139名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 21:41:34 ID:Uh6m8LiQ


終わりがあるのだけが唯一の救いか?

140<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

141<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

142名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 23:47:25 ID:bo/8TzyY
お疲れ〜
そろそろ終わりが見えてきた・・・
と言うか何を今の状況から目指すべきなのか、解らなくなってきた感じですね

143名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 00:41:34 ID:tDY8VjgY


フランス革命とナポレオンの活躍は一通り知ってたけど
恐怖政治の時代は全然知らなかったから・・・ショック

144<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

145名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 12:18:13 ID:3lEHxhbs
>>117>>121

http://www.asahi-net.or.jp/~uq9h-mzgc/blanche.html

デュマ・ペールの小説の影響力は、近年の日本にまで及んでいるようですな。

146名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 13:18:41 ID:f8niAKMw
乙でした!
マリナ・イスマイール(´・ω・)カワイソス
まあ、新シャアでは、刹那の嫁はエクシアかダブルオーって言われてるしなあw

147名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 15:32:13 ID:scMgZnMQ
乙。
凄まじく血なまぐさい時代だったんだなぁ……。
革命の苦しみをほとんどすっとばして、その成果である人権だとかを享受している人間からするとすげー複雑。

148<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

149<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

150名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 11:19:48 ID:iSi3EX3M
日本ではデモさえ盛り上がらんね

フランスではデモは多いけど
身近な問題で学生や各職種の人たちがやってる

151名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 12:01:01 ID:J.Haod8M
社会の仕組が違うし

そういうのに憧れているのならそれこそ自分が先駆けになってやればいい。
ここで愚痴っているだけじゃ何百年たっても何も変わらん。
自分が行動する気がないのなら無駄な書き込み。

152名無しのやる夫だお:2010/05/03(月) 12:08:10 ID:ASMHThNc
大道廃れて仁義有り、知恵出でて大偽有り。
六親和せずして孝慈有り、国家昏乱して忠臣有り。

人死に無くて社会が回るならその方がいいでしょ。
そうだ、選挙に行こう。

153名無しのやる夫だお:2010/05/04(火) 00:24:09 ID:wfk4SAx2
前スレがまだ残っているようだけど、何かに使うんですか?

154名無しのやる夫だお:2010/05/04(火) 08:33:16 ID:P2hAer72
>>149
ここのシリーズ読んでても
手放しで推奨できるもんじゃないしね

ブログ開いて、みんなのしらないところで起きてるけしからん事を
知らせていくとかしかない

155名無しのやる夫だお:2010/05/04(火) 12:08:58 ID:CKqqhxS6
綺麗事だけですっきり世直しができるんなら誰も苦労はしないわなぁ…

156 ◆5u6jcKSVew:2010/05/04(火) 21:53:59 ID:rFpgR2RA

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>39
 iミ}ミ{━ ━ミ! 明確な基準はなく、心象が基準です。
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  >>59
  `i,J( 了´   いや、もう少しで到着したんですが、やはり連携が取れてなかったので……
    }_ノノ
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>86
 iミ}ミ{━ ━ミ! 金がないということはどの時代でも割を食う……
 iミ}ミ{  ー ミ! 悲しいけど、これが現実ですね……
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >>国際法
    }_ノノ   当時はまだ国王や貴族の間で行われていた暗黙のルールの上で行われていましたからね。
    ヒ}ノ    それまでは場を乱すのは貴族でもない傭兵であり、平民は決まりごとの外に置かれることが
          多い時代でありました……

157 ◆5u6jcKSVew:2010/05/04(火) 21:54:23 ID:rFpgR2RA

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>136
 iミ}ミ{━ ━ミ! 既に決められている歴史の中で個人を描くのはマジで難しい。
 iミ}ミ{  ー ミ! 今回の話も、玉虫色ではありますが、乗り切ったと感じています。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >>141
    }_ノノ   手持ちの資料では元はアルトワ伯の部下となっており、、
    ヒ}ノ    追放されていないことから上位の貴族ではないようですし、平民の軍人かもしれませんね。




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>142-143
 iミ}ミ{━ ━ミ! 今回までは内政と軍事編として革命の闇の部分が多く当たる話でした。
 iミ}ミ{  ー ミ! まだ、暗い話は続きますが、それとともに一貫した祖国防衛というテーマも続きます。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >>144
    }_ノノ   ま、それでもカリエが剛毅であればまだ救いはあったのですがね……
    ヒ}ノ   個人ではなんともいたし難いのが人間というものです。

158 ◆5u6jcKSVew:2010/05/04(火) 21:54:41 ID:rFpgR2RA

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>146
 iミ}ミ{━ ━ミ! 00の最後の手前で、関係者がみんな想い人の名前を読んでいるのに
 iミ}ミ{  ー ミ! 刹那だけ『ガンダム……』は笑わせていただきました。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >>革命の成果
    }_ノノ   血生臭い歴史の上に我々の権利があるわけですが、
    ヒ}ノ    それを認識して〜云々というのは平時において実感しにくいものです。




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  憂国の士として「僕の考えた日本の危機」をネットやリアルで叫んでも
 iミ}ミ{= =ミ! 見向きもされないわけです。だって、日本じゃ政治リテラシーは低い……
 iミ}ミ{U ー ミ! いや、まあ……日本だけじゃないところもありますね、リテラシーは。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >>1は取り敢えず選挙は欠かしたことはありません。
    }_ノノ   最近は白紙投票ばかりですが……
    ヒ}ノ

159名無しのやる夫だお:2010/05/05(水) 15:42:05 ID:NF0HvmJA
所詮、政治なんて「ぼくが考えた理想の○○」を無理矢理現実にあてはめようとするような連中しか興味もたないしな。
そういう手合いに限って、ちょっと自分に気に食わないことがあるとすぐこれは売国だ、とか極端に走るし。

160名無しのやる夫だお:2010/05/05(水) 17:39:47 ID:fQCewOLs
利害が絡めばまた違うでしょ

161<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

162<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

163<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

164名無しのやる夫だお:2010/05/06(木) 04:21:25 ID:BthRWSy2
>>158
白紙投票は現行政権(自民、民主どちらでも)に対しての白紙委任状に等しいのでは?
投票出来る人間が居ないなら、あとはご本人が立候補するしか無いかと。
自分の考えに近い立候補者は居ない、でも政治家を応援する気も育てる気も無い、
かといって立候補できるほどの力も無い、じゃいつまで経っても堂々巡りでしょう。

165名無しのやる夫だお:2010/05/06(木) 12:57:46 ID:/qd8jDFY
政治家が政策を考え、役人が実施するには数年、時に十数年かかる。
それを感情的に批判するのは数分で済むからなw
満足な政治なんて無理じゃね。

166<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

167 ◆5u6jcKSVew:2010/05/06(木) 22:19:47 ID:A5f5oevg

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>164
 iミ}ミ{━ ━ミ! 比例区ではきちんと記入して投票していますよ。
 iミ}ミ{  ー ミ! 前回は『自民党』でその前は『白紙』でその前が『自民党』だったかな?
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  白紙で投票した時は小泉郵政選挙で、自分は一応は小泉氏を評価していますが、
    }_ノノ   その圧倒的な流れを加速させるのはちょっと……だったのであえて『白紙』でした。
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  『白票』だからといって白紙委任状とは>>1は考えておりません。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 知り合いのおじいさんはわざわざ投票に行って
 iミ}ミ{  ー ミ! 「日本に政治家無し!」って書くぐらいの人でしたからね。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  ただ、日本の政治の問題として『比例区』の議員に若手を上位に
    }_ノノ   載せないというものがありますね。(前回の与謝野馨氏は特に)
    ヒ}ノ

168 ◆5u6jcKSVew:2010/05/06(木) 22:20:07 ID:A5f5oevg

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  マスコミは比例区の議員をなんだか政治素人と揶揄して
 iミ}ミ{━ ━ミ! テレビなどで面白おかしく扱うので、すぐに評判が落ちちゃう。
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  異論はあるかと思われますが、片山さつきや佐藤ゆかりは
  `i,J( 了´   育てば良くなる感じがしていたので、前回の落選は残念でした。
    }_ノノ
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  あ、ちなみに>>1は民主党が嫌いなわけではないですよ。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 政権交代は必要だと思う人間ですから。
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  ただ、今の民主党政権は長続きしないと思っています。
  `i,J( 了´   予想では1年人気が持てば良くて、それから半年後には
    }_ノノ    人気は落ちているんだろうな〜と予測していた人間なので。
    ヒ}ノ

169 ◆5u6jcKSVew:2010/05/06(木) 22:20:20 ID:A5f5oevg
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  民主党はとにかく人材不足。
 iミ}ミ{= =ミ! 福島みずほ氏がまともに見えるほど上に人材がいない。
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  昔は岡田克也が駄目なように見ていましたが、
  `i,J( 了´   まあ、まだ無難かなぁ……と思えるくらいに。
    }_ノノ    前原誠司氏が頑張らないと、どうもねぇ……
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  現総理はもとから期待していません! キリッ
 iミ}ミ{@ @ミ! 
 iミ}ミ{U ー ミ! ……っていうのも、あれはマニュフェストが悪いのですから、
 }ミ{足_〒)ヽ  誰が総理大臣になっても人気が落ちるのは目にみえているんですから。
  `i,J( 了´
    }_ノノ    ただ、今話題の普天間基地問題に関してはアウト。
    ヒ}ノ    あれは、自分の家にタバコを捨てて、さらにロウソクを倒してそこに油をまくようなもの。

170 ◆5u6jcKSVew:2010/05/06(木) 22:20:33 ID:A5f5oevg

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  普天間基地問題は、総理大臣の首をかけるような一件じゃないですよね?
 iミ}ミ{= =ミ! どうしてポンポンと自分で自分のハードルを高くしていくのか、
 iミ}ミ{U ー ミ! ニュースを見ていて不思議に思う次第です。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   ま、政治の話はこの程度で。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

171 ◆5u6jcKSVew:2010/05/06(木) 22:39:10 ID:A5f5oevg

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>162
 iミ}ミ{━ ━ミ! おおむねそんな感じ。
 iミ}ミ{  ー ミ! アンラージュとエベール派は『=』でもいいかな。
 }ミ{足_〒)ヽ  大きな主張の違いはないので。
  `i,J( 了´
    }_ノノ    >>163
    ヒ}ノ     だってカリエは戦場ですぐ逃げだす人だったしぃ……

172名無しのやる夫だお:2010/05/06(木) 23:00:47 ID:MnBsmmNg
月末には口蹄疫の件と合わせて総辞職とかじゃね、なんて

173名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 04:36:03 ID:JuZuYTxA
>>167
> 『白票』だからといって白紙委任状とは>>1は考えておりません。

つまり、現状制度では見る側によってどうとでも解釈できる曖昧な票としてしか
白票が機能していないという証左でしょう。
投票する人間の身勝手な意味や願いを持たせても無意味なのは変わりませんし、
それで政治がよくなるわけでもないです。
嫌だろうときちんと選んで投票しなければ政治に文句を言う資格はないと自分は思ってます。

日本に限った話ではないのでしょうが、政治家にスーパーマンみたいなのを
望みすぎてる人が多すぎなんじゃないですかね?
政治も政治家選びも妥協の産物、現状で妥協できないなら自分好みの政治家を育てるか
自分が立候補するしかありません。
不平不満を唱えていれば誰かが解決してくれるだろう、的な考え方は無責任としか思えません。

思わずエキサイトしてしまいましたorz 長文失礼しました。

174名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 08:40:36 ID:BLipqk6A
>>168

自民党も影薄いですけど、まだ人材はいるのでしょうか?

175だん:2010/05/07(金) 09:49:59 ID:SYJVxwjs
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=23835523&guid=ON

176名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 10:30:45 ID:eJKrTEGw
>>156
>金がないということはどの時代でも割を食う……
しかし、逆に持てるものから取り上げていいという風潮、実行も怖いですね
金がないからやられるのも駄目ですが、どちらも一体で裏返しという感じ

177名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 11:23:02 ID:C2N8YXGs
現実政治論議はどーせ結論出ないし一部の熱くなってる人以外興味ないし
なによりまるで面白くないただのオナニーにしかならないので触れない方がいいよ、とちょっと忠告。

178名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 12:36:25 ID:7zMDjvC2
民主政治においては、国民の民度以上の政治家は得られない。
これ鉄則だからねぇ。

179名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 13:12:15 ID:f/cPtIvQ
政治家の育成方法も問題だよ。

ミンスは将来有望な新人議員(笑)をフラワーロック隊にしてしまったからな。
未来を潰すという意味でミンス党政権最大の罪だと思う。

>174
まだいるが、このまま野党生活を続けると壊死するよ。

180名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 20:55:47 ID:QyfC8OJM
>>177 同感 いくら現代の民主主義につながっていく話がスレのメインテーマだとしても、
他人の政治思想は聞きたくないなあ

おれたちは>>1の物語を見たいんであって、>>1の政治観を聞きたいわけじゃない

181名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 21:02:18 ID:MPIQZwvM
ルーピーズが沸いてきたのか

182名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 22:38:53 ID:I9zgUBuA
面白くないから政治論議しないとか 茹で蛙状態の奴いるね
ここまで読んで
おれたちは>>1の物語を見たいんであって、>>1の政治観を聞きたいわけじゃない
て言葉しか出てこないなんて

183名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 22:41:29 ID:QyfC8OJM
>>182 政治談議するなとは言ってないよ 
ただ、今の政治について語り合う必要があるのかと思っただけだよ
気に障ったなら申し訳なかったけど、反対意見にすぐつっかかるのはどうなの?
こっちも大人気なかったけどさ

184名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 23:23:07 ID:ltQ1uHhI
いや、おれ『たち』とか言われてもなあ・・・
>>1の物語しか見たくないというのならまとめサイトさん使わせてもらうとかで
自分で対処するしかないんじゃね?

185名無しのやる夫だお:2010/05/07(金) 23:25:12 ID:57N.RgGY
>>183
で、民主党に幾らで雇われたの?

186<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

187<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

188<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

189名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 01:14:05 ID:327kAETo
いや、さすがにどーでもいーわw

190<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

191名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 02:54:17 ID:RZLBpQ5s
また例の奴か?

192名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 10:45:03 ID:UxtJ6DIg
>>191
檻の動物には餌を与えないで下さい。

193<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

194名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 12:52:53 ID:jWrvJjdU
今の政治の批判は程々にしてほしいってのは同意かな
時事ネタ軽く話す程度ならいいけど

195<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

196名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 12:59:20 ID:jWrvJjdU
一応言っておくけど、君には言ってないです

197<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

198名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 14:59:42 ID:Xu606U.2
多少の脱線ならともかく、自分の支持しない政党への文句書き込みたいだけなら政治板池w

199名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 15:02:58 ID:sYQTaxd6
ネットが普及し出した頃は、政治と宗教とプロ野球の話はしないというのが暗黙の了解
みたいなところがあったんだがねえ。

200名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 15:21:05 ID:e0yhpv/U
ネットが普及し出した頃(苦笑)

201 ◆5u6jcKSVew:2010/05/08(土) 20:05:28 ID:tjt.o2b.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  フューラーさんのところでも似たような流れでしたね。
 iミ}ミ{━ ━ミ! まあ、基本的にはどんな話題でもOKですが、>>194さんが
 iミ}ミ{  ー ミ! 指摘してくださった言葉が、このスレの閲覧者の皆さんの
 }ミ{足_〒)ヽ  多くの意見のようなので、結論の出ない場合は打ち切りということで。
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ちなみに>>1はこういった堂々巡りの展開の場合や、
 iミ}ミ{= =ミ! 注意を受けた某氏と思われる方がつらつらとレスしている場合は、
 iミ}ミ{U ー ミ! 時折アニメやマンガの話題を振ったりしてますが、どうも話の食いつきが悪いようで……
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  例えば>>33もとあるマンガネタです。
    }_ノノ   柳田ぁぁぁ!!!
    ヒ}ノ

202 ◆5u6jcKSVew:2010/05/08(土) 20:05:43 ID:tjt.o2b.
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>199
 iミ}ミ{━ ━ミ! 職場で政治の話題をすると、共産党の人に怨みを持たれるようになり、
 iミ}ミ{  ー ミ! 宗教の話をすると創価学会の人に目を付けられ、
 }ミ{足_〒)ヽ  野球の話をすると阪神タイガースのファンにどやされる。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   わかります!
    ヒ}ノ

203 ◆5u6jcKSVew:2010/05/08(土) 20:28:31 ID:tjt.o2b.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  フューラーさんの話をしたところでついでにインプットの話。
 iミ}ミ{━ ━ミ!
 iミ}ミ{  ー ミ! 自分の興味があることだけをするな、とか
 }ミ{足_〒)ヽ  楽なことばかりするな、というのはある意味での事実ですね。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   特にこのやる夫スレを作成するに当たっては実感することも多い。
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  マンガを読むなというのは、絵がわかりやすいために活字を読むのが面倒臭くなる。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 例えるならば、フランス書院の綺羅光の小説を読んで『堪忍してぇ……』に興奮していたのが、
 iミ}ミ{  ー ミ! AVばかり見ていると、活字には興奮しにくくなり、小説で抜こうとすると
 }ミ{足_〒)ヽ  もはや挿絵のある二次元ドリームノベルズでないと抜けなくなってしまうのです。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   つまりは、他人の映像作品は、才能がある人でない限りは自分のイマジネーションを衰退させる。
    ヒ}ノ

204 ◆5u6jcKSVew:2010/05/08(土) 20:39:15 ID:tjt.o2b.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>1もマンガを多く読んでいますが、それでも頭の中で活字を映像化するのは困難です。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 軍事編の陣形や戦闘経過なんて、活字を読んでAA化するまでに、まずは頭の中で
 iミ}ミ{U ー ミ! それを理解しなければならないのに、それがなかなか簡単にいかないのです。
 }ミ{足_〒)ヽ  ショレの戦いが人物AA中心なのも、資料の少なさとともに、自分の中で経過を理解できなかったからです。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   とにかく>>1には映像化能力は全くといって枯渇している。
    ヒ}ノ





    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  まあ、それでも>>1は昔はニコニコ動画に半自作の作品をあげたこともあるんですよ。
 iミ}ミ{= =ミ! 一つはストーリー系。
 iミ}ミ{U ー ミ! もう一つは……まあ、歴史系?
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  それも引用や元ネタっぽいものがあり、どうもその辺から自分の中の
    }_ノノ   映像化能力の乏しさを実感するにいたったわけなんです。
    ヒ}ノ

205 ◆5u6jcKSVew:2010/05/08(土) 20:39:41 ID:tjt.o2b.
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  終りにもう一つ。
 iミ}ミ{━ ━ミ! オタとしての道を極めるには、早いうちに結婚はできない。
 iミ}ミ{  ー ミ! 実家にいることの楽さや余暇の豊富さは独立すると一気に激減する。
 }ミ{足_〒)ヽ  資料も図書館で借りることしか出来なくなったし、まとめる時間もなくなった。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   これを両立出来る人が、この業界を引っ張っていけるんだなぁ……って思う次第。
    ヒ}ノ

206名無しのやる夫だお:2010/05/08(土) 22:47:23 ID:AyoEWOaY
個人的には
一人暮らしをするようになって
オタ的趣味の時間は増えましたね…
実家にいる時は「家族」との関係に時間を取られてw

207<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

208<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

209<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

210<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

211<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

212<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

213 ◆5u6jcKSVew:2010/05/09(日) 19:39:54 ID:KNsb69jo
 <     / / \  ゝ辷   / / / /   、 ヽ  \
   `ーァ' > / / `ー‐'¨¨フ  /i i∧ ト、ヽ\  r一
  ー=彡イ /イi /    ー=彡イ ハ j ハ ∨ミヘ } \ヽ
       / ,{ レ          // l/  ミ ∨ i} ヽ   \
     / / ト、            ノ   ミハ ト、  く⌒¨
   ∠ _/ ハ ≧ュ:、       ,.k≦´   Y !_ ∨ _ヽ
     厶イハ ィ弌_ラ   ー=ィ弌辷ラァ   | jハ  \
        ノイ   / 1  ゝ _       ト、く刈ヽ⌒
         l       |              ! y/r―‐`
         八    /| ィ           r‐彳\
       /  ヘ   〈 j>         厶イハ  ヽ、
 ___/ /   ∧ ' ‐- 、       / / ト }   ハ
´   /イ    / ∧ ー        /  /  jハ    i ト、
¨フ"/   ,/ /  ゝ __   .イ.:   / /  '    | |_ ` ー- .,
/./   ,/   /   /  ハ.:.:.:.    /./  /.:i   | |_)     ヽ
`丶  /   ./   /   {  ーァ   /    / .:.|   | |==


    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  AA増えないかなぁ……
 iミ}ミ{= =ミ! 増えたら東欧系の将軍で使いたい。
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  しかし、アニメの方は簡略された部分が目立ち始めているね。
  `i,J( 了´   ダルファー&ソノダくんがおもろコンビになっていない。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

214名無しのやる夫だお:2010/05/10(月) 13:34:06 ID:bqBsnu3g
昔から歴史学のような実用性に難のある学問の世界は、
暇と金に恵まれた人間に託された最高のお大尽遊びですから

215<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

216<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

217<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

218名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 06:26:05 ID:L3Yp6Zf.
言うに事欠いて荒らし扱いとは……
流石にそろそろ規制すべきでは?

219名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 07:11:26 ID:hIIcGdGw
自分自身のこととか、歴史人物のこととかネタに絡められても、全く笑えないんだけど。
>ここを見てAA荒らしした奴出て来い、フーキエに任せるぞw
みたいにさ。なんか気持ち悪い。
自分と周囲の温度差がわかってないのかな?

220名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 10:56:01 ID:McJs4e7Y
自分も規制に賛成。
流石に余所のスレのことまで持ち込まれたら放っておけない。

221<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

222名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 15:43:13 ID:McJs4e7Y
別スレで状況証拠だけで不特定の読者を荒らし扱いしてる時点で明確な荒らしだと思うね。

>>作者氏

作者権限による規制を希望します。

223名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 15:52:20 ID:/0SPNfME
さ、規制しようか

224 ◆5u6jcKSVew:2010/05/11(火) 21:34:05 ID:SVy6YAV6

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  そもそも自己主張の強い人は特徴を残したりするもの。
 iミ}ミ{━ ━ミ! このスレの当該人物を>>1は某所の○○さんと断定しましたが、
 iミ}ミ{U ー ミ! あえて言いいましょう。報告のあったスレの最後にコメントした人物。
 }ミ{足_〒)ヽ  その人と○○さんは同一人物でしょう。
  `i,J( 了´
    }_ノノ    では、なぜそういたったか?
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ    ①>>ラファイエットAAのセリフといいクローツといい
  ノ,}ミ{~`7ソ {  当該人物はアニメに疎い人物。AAの元ネタの名前もいわないのはあまりにも不自然。
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! あの二人はああいったスレでは常連なのに、まるで、このスレを見た〜とと言うのはこじつけであり、
 iミ}ミ{  ー ミ! わざとらしさが感じられます。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   ②>>訊いてみよっと
    }_ノノ    >>166にあるセリフと同じ。『訊』の字をわざわざ使うのは、これまた不自然。
    ヒ}ノ    別の人物の可能性も考えましたが、『〜みよっと』と使っているのはこの二人だけですし。

225 ◆5u6jcKSVew:2010/05/11(火) 21:35:15 ID:SVy6YAV6
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  そもそも、あのスレを見て、どこが似ているのかサッパリ……
 iミ}ミ{@ @ミ! アニメの一部だけ取り出して『パクリだ!』と叫ぶに等しい。
 iミ}ミ{U ー ミ! 自分の世界観だけで判断して騒ぐのは何ともかんとも……
 }ミ{足_〒)ヽ  
  `i,J( 了´   規制はしたくはないのですが、スレの内容にほとんど触れず、
    }_ノノ    出来事に対する質問ばかりする態度。
    ヒ}ノ    また、>>1の話題振りに対して自分本位の返答はスレの雰囲気を乱しています。




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  とりあえず執行猶予。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{U ー ミ! 当該人物は>>1が使用したAAの元ネタの人物(アニメ)を語れるくらいになるまで
 }ミ{足_〒)ヽ  長文レス及び自分語りは自主規制していただきたい。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   最近は素っ気ない態度で対応していましたが、今後は>>1が判断する限りはレス返しはしません。
    ヒ}ノ    特徴はすぐにわかりますからね。そうしないと堂々巡り。(>>1の返答にさらに長文返しなんで)

226 ◆5u6jcKSVew:2010/05/11(火) 21:40:16 ID:SVy6YAV6

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  他の読者様にはご迷惑をおかけしております。
 iミ}ミ{━ ━ミ! なるべくなら気軽に書き込める雰囲気にしたいのですが、
 iミ}ミ{  ー ミ! >>1の実力不足でこのような状態になっていることをお詫びします。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  避難所を作るにも、そこまで大層なものじゃないので、当面はこのままで。
    }_ノノ
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  なお、次回は15・16日を予定しておりましたが、
 iミ}ミ{= =ミ! 気力が上がらなかったり、職場で大変嫌なことがあったりしたので、
 iミ}ミ{U ー ミ! 締め切りを過ぎてしまうかもしれません。新人じゃないのに五月病……
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  嫁と子供が救いだよ。性格のキツイ女は、性格のキツイ男以上に精神にくる……
    }_ノノ
    ヒ}ノ

227名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 22:10:34 ID:UV/HGl6U
了解 お仕事頑張ってください
家や家族が癒しになってるのっていいよね…

ところで前スレが微妙に残っているんですがこれ何か使う予定とか?

228<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

229名無しのやる夫だお:2010/05/11(火) 22:47:41 ID:0rw4p3Gw
>>228 いい加減にしろよ 何回おんなじ騒ぎ起こせば気が済むんだ
毎回毎回しおらしく謝ったかとと思えばけろっと忘れて長々と書き込みやがる

230<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

231<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

232名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 01:26:24 ID:HzgAtY3g
IDでモロバレ
もう執行猶予とか言っても無駄でしょ
規制発動お願いします

233173:2010/05/12(水) 04:05:41 ID:GS/0fqBQ
なんか俺の恥ずかしい書き込みがきっかけで
変な人を活発化させてしまってたみたいで申し訳ない・・・。
そんなつもりで書き込んだじゃなかったんだが
しばらく自粛してROMしてます。

234名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 07:09:52 ID:C5hjeHto
>>229
こいつの謝罪は鳴き声みたいなもんだから仕方ないよw
気にしないのが一番。
気が付かずに長文書き込みを続けるようなら、流石に>>1も考えるでしょ。

235名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 07:11:26 ID:d9TRiYA.
歴史系ってどうしても変な人沸くんだよなあ・・・

236名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 10:12:30 ID:Vfzgjl4Q
何をやりたかったかがサッパリ分らないのだが・・・

237名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 19:06:37 ID:qvz35XvA
荒らしが「何をやりたいのか」を理解出来るほうが不味いだろうて

238名無しのやる夫だお:2010/05/12(水) 20:23:14 ID:2LLXMD.g
この話題はここまでで。またヘンなのが湧いてもスルーでいこう。

239<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

240名無しのやる夫だお:2010/05/14(金) 22:46:07 ID:0ILbzMA.
>>213
アニメから入った人たちにスカルズが叩かれているのが悲しい……
チーム崩壊して凋落しても見捨てなかったサポは忠誠心ハンパなくなる代わりに
にわか出戻りサポからするとDQNに見えちゃうものなのかな

241名無しのやる夫だお:2010/05/15(土) 06:51:37 ID:uFKCjAew
予告ないから、来週に延期かな

242 ◆5u6jcKSVew:2010/05/15(土) 19:34:10 ID:oN2W3ZbM

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>241
 iミ}ミ{━ ━ミ! ただいま鋭意製作中。予定では明日の19:30以降に投下します。
 iミ}ミ{  ー ミ! 舞台は再びパリ……乞うご期待!
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >240
    }_ノノ   弱小でアレだけ熱いサポというのも珍しい。弱小じゃないけど、
    ヒ}ノ    レイソルやベガルタっぽい感じですかね。
          ただ、スカルズのメンバー……30代間近だと思われるのに、
          あの2000年代前半っぽい格好はイメージを悪くするような(汗

243 ◆5u6jcKSVew:2010/05/15(土) 19:36:36 ID:oN2W3ZbM

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  執行猶予は継続中。
 iミ}ミ{= =ミ! ですが、まあ……うん。
 iミ}ミ{U ー ミ! そろそろ色々と考えるかもね。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   見ていて痛々しい……
    }_ノノ
    ヒ}ノ

244名無しのやる夫だお:2010/05/15(土) 20:18:18 ID:wnx56dK6
なんだかよくわからんですが頑張ってください

245<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

246名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 09:19:44 ID:LVcFYI2c
これはひどい…

247<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

248 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:38:57 ID:kr9kSW6M
では、これより投下を開始します。

投下間隔は約1分。

終了予定は21時30分頃

途中、遅れる場合もありますので、その時はご了承を。

249 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:40:12 ID:kr9kSW6M

第18話「左右の天秤」-前編-

さて、物語の舞台は再びパリへと戻る――

250 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:41:06 ID:kr9kSW6M

――1793年10月中旬。
この頃、パリはエベール派による非キリスト教化運動が盛んになり始めていた時期であった。


            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



___,、..、
::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::|/lハハ|   ヴァディエさん、ヴァディエさん……
::::::::::(  ̄|」
::::::::::/  〉    大変な情報が……
::::::::/ /
::::::/ ̄
::::/ ̄ \
::/  /\
/ /   |      ノノノノ
―′    〈     ソ  丿
ファーブル・デグランティーヌ

251 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:42:03 ID:kr9kSW6M

                _,:-=====‐-、
                 /''二 ̄   ) ゙ヽ
               ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ  なんです。
              r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l
             /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'  儲け話ですか?
             ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'
              ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i
               `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
                `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、
                  ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、
                ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
              ,-'"/ ,ィ゙i |  ,' `‐<"   ,'      .|
                i'| .<,:' .|.,' | ,'   ,:'    i       |
               ヴァディエ(1736年 - 1828年)
革命前は司法官。
国民公会議員となり、保安委員の代表の一人となる。

252 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:43:08 ID:kr9kSW6M

    // '´  '" レ'´!
   / /..:./.>、. ;ィ /: /|´|¬
  /rメ/.://メ‐`l/|/`''''1./.:.:  それも良いですが、そんなんじゃないんです!
 /:i 〈V  {    ノ-r≦|/|:./
/.:.:ヽY  `‐--‐' ',   〉/!  実は、エベール派の過激分子の中に外国人のスパイがいるんです!
.:.:::/:ハ  , '⌒''‐-、_`ー┬'′
.:./:/::/ヽ/      } ノ     しかも、奴らは政商として革命政府にも入り込むだけじゃなく、
-‐'"⌒ヽ`ーァ- 、_ _/'"      革命転覆の陰謀を企てているのです!
       `く.:/.::/
        \/



                   ,.イイ
                 /二 ゙゙̄ヽ、
                ,.へ ー-、  )ヽ
               __l___!__,.r===ァ'<ミミ   な、なんですってー!?
              |   jハ、___ノ ヽミ}
              `┬プ ゚ー、    ノ/))
                i ヾ===、  }  rノ ,._'フフ
           ,. ‐--、_ ゙、} /γ} }  ィj,.-''"ノノ
     ,.r-=ニ二二ニ=ー---L`==',.-‐''" -'',-'
   ,.-''"              ̄! |  _-'_ノ--っー--、-、
  r'                | |_ノ  ,r‐''"~、   `i `!
  |            O O  { し`ー´  j  ヽ    | ヽ
  \               _Y" |:::::| ノ-、∠     |  \
   `ー‐---‐‐、───'''""ヾ  |  |:::::| j   /   |     \

ダントンの参謀でもあるデグランティーヌによって外国人陰謀事件が公安・保安両委員会にもたらされた。
この情報は、非キリスト教化運動を行っていたエベール派の支援者であるパリに在住していた
外国人亡命者――クローツ、プローリ、ペルゴー、ペレイラなどに対する警戒感を増させた。

253 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:44:08 ID:kr9kSW6M

          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ   (しかし、そんな大層な事件が本当にあるのだろうか……)
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ

しかし、事件を担当した保安委員会が調査を進めると、別の容疑が浮かび上がってきた。

254 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:45:06 ID:kr9kSW6M

――1793年11月14日、早朝。

        _  , - 、
        /  `′   \
      /    r'ヘ.    ヽ
     l   ,.イ.j_ニl ト、.__  l   す、すいません……ロベスピエールさん。
.     l   /ニレ-┘ハl`ー-ニノ   僕はバーツ男爵と一緒にインド会社の清算で不正をしました……
    | r,=i 「て~。TニT。゙う |
     |.|に|.lヽ ニ/u  !ニノ!       ⊆ニヽ,
.   │`ァlノ r',ニ‘=〜='ニ、 l      ,、`Z二ヽ、
_,. -‐''1 / :ヽ.‘ー‐''ニニ''ー'/、_     l. )ノ、‘ァ`!
  ,, レ′  :ヽ. ' ' ' ' ' /、,,   ̄`ヽ. l. `ヽ r' l
''"´         ̄ ̄/ ̄   ゙゙     i ヽ ' .ノ
. ,-、, ‐'つ           _     l  l i   |
/.//''_つ ー-、 ,. -‐ '' ´       │.ノ '  :|
l/ ' ∠‐つ   i        /    V    :|
,' , ´ -‐'う   i        /     /    |
 '  ノ ̄    ,'       r;;ハ    ,'     :|
 ‐'´------‐'' ` ー-----イ  \  i    .ノ
フランソワ・シャボー(1759年 - 1794年)
革命前はカプチン派の修道士。
革命が勃発するとそれを指示して宣誓聖職者となり、
その後、聖職者を辞めて立法議会を通じての国民公会議員となった。

255 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:46:09 ID:kr9kSW6M

   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll     なん……だと?
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l
            ロベスピエール

外国人の陰謀事件を捜していた保安委員会の捜査により、新たに『インド会社事件』が浮かび上がった。
この事件は8月24日に株式会社が禁止されたことに伴う、植民地の貿易会社であるインド会社の清算の際、
デグランティーヌやシャボーらが公文書を偽造して50万リーブルを不正に受け取っていた汚職事件であった。
そして、追及を恐れたシャボーは、ロベスピエールのもとを訪れ、その事実があったことを自供した。

256 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:47:10 ID:kr9kSW6M

     __.. -―─ 、__
    /`       三ミー ヘ、_
  ゝ' ;; ,, , ,,     ミミ  , il ゙Z,
  _〉,..    ////, ,彡ffッィ彡从j彡
  〉,ィiiif , ,, 'ノ川jノ川; :.`フ公)了
 \.:.:.:i=珍/二''=く、 !ノ一ヾ゙;.;.;)
  く:.:.:.:lムjイ  rfモテ〉゙} ijィtケ 1イ'´
   〕:.:.|,Y!:!、   ニ '、 ; |`ニ イj'  逆に考えるんだ
   {:.:.:j {: :} `U  、_{__}  /ノ
    〉イ 、゙!U  ,ィ__三ー、 j′  バレなければ問題ない
  ,{ \ ミ \  ゝ' ェェ' `' /
-‐' \ \ ヽ\  彡 イ-、   と考えるんだ
     \ \.ヽゝ‐‐‐升 ト、 ヽ、__
      \  ヽ- 、.// j!:.}    ` ー 、
       ヽ\ 厶_r__ハ/!:.{
          ´ / ! ヽ
    ジャン=ピエール・ド・バーツ

この事件にはシャボーらのほかバーツ男爵、シャボーの妻の兄である
フレイ兄弟など外国人が絡んでおり、デグランティーヌの『外国人陰謀事件』は、
仲間割れによる汚職事件の発覚を恐れた『でっちあげ』であることが有力となった。

257 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:48:04 ID:kr9kSW6M

     __.. -―─ 、__
    /`       三ミー ヘ、_
  ゝ' ;; ,, , ,,     ミミ  , il ゙Z,
  _〉,..    ////, ,彡ffッィ彡从j彡
  〉,ィiiif , ,, 'ノ川jノ川; :.`フ公)了
 \.:.:.:i=珍/二''=く、 !ノ一ヾ゙;.;.;)
  く:.:.:.:lムjイ  rfモテ〉゙} ijィtケ 1イ'´
   〕:.:.|,Y!:!、   ニ '、 ; |`ニ イj'  逆に考えるんだ
   {:.:.:j {: :} `U  、_{__}  /ノ
    〉イ 、゙!U  ,ィ__三ー、 j′  正直に話せば問題ない
  ,{ \ ミ \  ゝ' ェェ' `' /
-‐' \ \ ヽ\  彡 イ-、   と考えるんだ
     \ \.ヽゝ‐‐‐升 ト、 ヽ、__
      \  ヽ- 、.// j!:.}    ` ー 、
       ヽ\ 厶_r__ハ/!:.{
          ´ / ! ヽ

シャボーの自供により、追及されたバーツ男爵は、モンターニュ派議員を不正に関わらせただけではなく、
エベール派を買収してモンターニュ派を攻撃し、共和国の分裂と崩壊を画策していると語った。

258 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:49:16 ID:kr9kSW6M

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  恐怖政治下で正直に話したら死にますがな……
 iミ}ミ{━ ━ミ!
 iミ}ミ{U ー ミ! 偽証とも言われますが、この人は隠れ王党派なので、
 }ミ{足_〒)ヽ  事実をありのまま話したとも考えられますね。
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

259 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:50:13 ID:kr9kSW6M

                ____
           _──´:l:::::::::::::::::::::`──
な 早       イ:;:::у|:::::l:::|:::::|:::::\::::::::::\:::::ヽ:::こ 駄
        .γ::i::::/:::l::::::|:::|::::::|:::::::::ヽ::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::\
ん く    ./i:;レ::/::::|::l|:::::|:::::::::::|l:::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::い:::目
      /:i:::::!:::::l::::::l::::l|::::::|::::::::::|::ヽ:::::::::ll::::::::::|l::::::::|::::::::::
と   .,/::/:::/!::::::l:::::|:::|::|::::::|::::::::::|:::ヽ:::::::|:|:::::::::|:l:::つ:::だ::
    ./::;l::::;!:::ll::::::l:::::|:::|:::|::::::ゝ::::::::|:::::l:::::::|::|::::::::|::l:::|:::::::::::
か  ,l゙:::i::::;:|::::::|::::::l:::::|:::|:::|:::::::::\::::ヽ:::|::::::|::|:::::::::|:ら::::::::
    l:::::|:::l|::::.|:::::|::::ゝ:::||:|::::ヒ:::::::|l:::\ヽ:::|:::::|::|::::::::|::・:|:::::::
し  .|::::l::::|:l:::::l::::::|::::::|\l:|::::ヽ::::::|::ヽ:::\::|:::::|::|::::::::・:|:::::::::
   .|:::l:::|::::|::::::l:::::|l::::::|::::l::ゝ:::ゝ::::ll:::\:::::へ:::l|::|:::::・::|:::::::::
な  |::::ヒ::l::::::|:::l|:::llリ|::::|::::|:::\:::\:ヾ:::::\::::|:|::::|:::|::|::l::::::::
   |::::||:::l:::::::|:::l::ハl::ll:::ゝ:::|::ヽ::::ヘ\:::::へ:::::|l:::::||:|::|:|:::::|:::
い  |:::|l:::::l:::::::l:::l|iリ!ミヽ;:;ヘゞヽ|::::込ttミ-ヽミ::ゝ::||:::||:::::|::::
    l:::|l:::::ヘ::リ::ll.::::い::ゞ::::::::\l"イて ) ゞ:ill火:::|:::l|::|/l:::
と   ヽ:|::リ;::kl;;'l!;,`''''"´::::::::::::::::::::::::`''''''"^゙::::::::::|:::|:::|:ノ |::::
・    ヽ:|:l:ヮミヽ::::::::::::::::::::::::::            ::::l::|::::|::|ノ:::|:
・     ヽ|リト:l:::υ::::::::::::::::::::           ::リ:lノ:::|::/:::|::
・      ヽゝ::::::::::::::::::\:::::::__          :几:;l::|:|:::|:::|
        Vl:::::::::::::::::::::::::::´        ∪ ./:||/l/::|::|
            l:ゝ::::::::::::::;;;;;::::.:...           /ii|llll|从:|:l
          l:|ヽ:::::::::ヾ゙-ニニニ≧       ./llllllllll|:.|::|lll
          l|:llヽ:::::::::::ヽ---      /lllllllllllllll|:l|llll
        /:::::|:||ミ:ヽ:::::::       ./llllllll;;;;;;;llll ||llllll
       /:::::::::|:::|lllミ|:::\:::::    ィlllllllllll;;;;;;;;;llll  llllll
     /:::::::::::::: lllllミ/:::::::: ̄ チllllllllll;;;;;;;;;;;;llllll   ll

この事件の詳細はダントン派と対立していたエベール派に利するものであり、
非キリスト教化運動に対抗するためダントン派の協力が必要であったロベスピエールは、
この件に怒りを覚えながらも同派の信用失墜を恐れ、保安委員会のアマールの報告に反対の立場を取った。

260 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:51:06 ID:kr9kSW6M

                 ,、- '' ゙ ̄,ヽ、_
                /  ,、-''`゙ヽ  `ヽ  ああ、そうですか……
              /   !゙     |   `.
               ├--''゙    /    I ふっふっふっふ……
             , .,L _;.;;;;、  ヽ ゙ヽ、./´`!i
          ,、-';;、-''゙!,.、ヽ-- '゙`_,/'゙!G.ノ! 覚えておきますよ。
         /,;-'゙ ,,-';゙!--゙i-i'"  ̄ ',  Yi,
        /   "./ヽ,   ! ゙;;_,,ノ    ! ゙ヽ,
       /    ./    ̄;T!  ,/   ノ.  丿i ┬-─ '',゙ニ'- 、
       /   ,,/      ゙''ニ゙-   / i/ / i   /    `i
     .,_,i _,;;'゙      ,、-''゙ヽ、_/,、-''`  /  i  /      i
     i  ̄_,.フ     /i   / ! i´ )、  ,/   !  i       i
     ! ̄ ̄    !     / !  / ,i !'i゙ './!-、,/ /        !
     i  ○   i     ! !   `y゙i .i !.  /  ゙> ノ          /
      !       !、-ヽ;゙↓  / i !  ! ./   /./          /

この件により、ロベスピエールはエベール派の影響の強い保安委員から恨みを買うことになる。

261 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:52:05 ID:kr9kSW6M

――1793年11月20日

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l  おいおい!
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /  久しぶりに帰ってみたら酷いことになっているじゃないか。
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   俺の仲間に対しては議員特権を発動するぜ。
    r /'  l   ヽ         l   /
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'    さっさと拘束を解きな!
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、
         ダントン


この日、アルシより帰京したダントンは、保安委員によって拘束されたシャボらの放免を要求。
6日後には公会で『最高存在』を認め、『礼拝の自由』を宣言するなど、ロベスピエールと協力して
エベール派による非キリスト教化運動の沈静化に当った。

262 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:53:04 ID:kr9kSW6M

――1793年12月12日

                   ________
                      | ジャコバン・クラブ|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧
                   <⌒>
                     /⌒\
      _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ  11月にはプロリー、ペレイラなどの外国人政商を
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ   クラブから除名したが、政商だけでは陰謀は防げない!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽ.  `r'- 、   .|::ト`、 それ以上に問題なのは、妄言で市民を惑わすクローツだ!
                ヾヽヘ.   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ  この自称『世界共和国の市民』の正体は、
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj   年収10万リーヴル(実際は1万2千)のプロイセン男爵だ!
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、 奴は、いつも革命のこちら側か向こう側にいる!
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

263 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:54:38 ID:kr9kSW6M

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐ _ _ _ _ _  |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__            ・ ・
.
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ______ゝ、  ____l         レ二ヽ、 、__∠´__|/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;   ̄ ̄|::::::::::::::lニニ〈:::::::::::|      ri|::::::::::|ニニ|:::::::::::::|~.!==、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i  u  `ー―′  .\ー‐′     !{`ー‐!  l`ー‐‐′|::::::::::〉ニ|:::::::::::::|ニニ//ニ !
    _/:::::::!            r,,. \       ゙! u└--┘  u.゙ !ー7  |`ー--′  | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、  u  ,___ /´       !、 ⊂ニ⊃    /!  `ー´    u   ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ     ;;;;;; /  ざわ・・・    ヽ  ;;;;;;   / ヽ  ⊂ニ⊃     /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、    '''/             ヽ.___,./  //ヽ、 ;;;;;;         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´      ざわ・・・  //イ;;:::::    //〃 \   __, ‐'  / / \
  ヽ \     \   /               /  /i:::::.   //      ̄ i::::: / /

264 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:55:16 ID:kr9kSW6M

          / N、Nヾヽ       ,;彡巛   ゙i  _\ー-゙
 │ 好    /"´/ ミミミ=丶、   ,..,彡"ツ ヾヽ  l   \   (  人
 │ き     ∠-'' ー-=二r冫=ヾ,,,,r='"ヾ`ト、_j   _,, =゙   ) .類
 │ だ      7__  .iヘi ;-゙゚'- イ゙゙iヽ-゙゚'-' i !rヽ   ̄/  (   .代
 │ か     -=='´  .i(i゙===' i , ゙==='' .')゙/  /     ) .弁
 │ .ら     /     l、i  ) r''"´ ̄ヽ ) .!,.'  /ィ    (   と
 │  あ     \_      i ( i;;;;;;;;;;;;;;;;;;i(  ,ィ  '"/     )  .か
 │  あ    \ー-゙ヽ    ト、) lr'⌒'⌒ノj )ィ' i.._ /,.-‐"7  !  ぁ
 !  ぁ    ヾ゙`      r| ;;,゙ヾ.====''./,;' i ヘ   /-'/
           \    /,j ;;,. `ー''" ,;'  ,!' ヽ_   /,イ /^l  ,
         ゙、゙`ヾ_\-y'" 、i  ;;,.  :.  .,;' /   ヾー,-、' i /  | / |/
       、へ ゙、,-'"/__  ゙、  ;;:.   .,;'./_,.. 、   \   i/ー-|./ '
  ,イ.,ィ ∧i\ ゙、ヾヘ '" ̄  /'  ゙、- ,,_   / ゝ ,;`ー─-、ヽ '   ' ゙`ー
//'´ レ ゙ヘ \゙      'ー-、゙、 ` 7 /´
                   クローツ
こうしてクローツはジャコバン・クラブを除名された。

265 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:56:05 ID:kr9kSW6M

                       ィ /〃i、∨∧〃ヾ} l| ミヽ
                       〃/' ,''l.レ/ヘ\ヽV//ィトl} |、
                       i ,''l| ,! |.|4凭kV''/∠|l y'λl   計
                 .    l.'l |イl',lN   ̄´イ|l戌l/,イl| |
                 .     ll.l !)!|ヘ.     '"‐'  イ〃|!   .画
                 ,,, _   |l.|!| |`  ‘ー ‐=、j:) 从「リ
                 ヽ`' ヽ┴'┴'┐   ,ニ>  //' ′    通
                  ,、 l ',   /'|\   '、_ .ィl/
                   l  ! l ,.イ l::「``´:::;;''/,|′       .り
                   __、 | l| トヽ.> ヽ .:.::::;;″/----−、
               __ .  /l ヽ                    /^ヽ.__
             / ヽ_ノ! !   トヘ                  /   ! ヽ. _
       .     !    ヽヽ  !  ヽ             ∧  ∧ _Y ヽ_
       .   __∧    .l ヽ_ノ丶 _!\.        ___,イノ  T´  l  i      ̄ノ
       . / ,_ノヽ、_.,ノ_.| -―|ゝ、__ヽ      ´、__ ノ__,ノ|-‐. `半 ー‐-<|_
       /__ノ´  ヽ、_|ノ_.|>ー.|´  |      |         |    | `‐-、.. |  ノ
        |        .|   .| .   |   .|      |         |    |     .| ´
        |        .|   .| .   |   .|      |         |    |       ノ
        |        .|   .| .   |   .|      |         |    |    /

10月〜1月の穀物が最も不足する端境期を乗り越えるにはエベール派の影響の強い
食糧徴発の実働委員である革命委員会の協力が必要であったため、ロベスピエールは
強くなりすぎた左派を徹底的に攻撃することはなく、怪しげな外国人を排除させることで
右派のダントンとの間で左右のバランスを取ろうと考えていた。

266 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:57:05 ID:kr9kSW6M

      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'      見ろ、セーヌ川は血で流れている!
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ     流された血でいっぱいだ!
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',  さあ、お前はペンを取ってこう書くんだ。
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i  もっと『寛容』でなくてはならない、とな!
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ

しかし、ダントンは「私は人の血をむやみに流さないことを要求する」という主張を掲げ、急進派によって
逮捕された投獄者の恩赦を要求し、エベール派及び恐怖政治を行う革命政府への戦いを挑んだ。

267 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:58:06 ID:kr9kSW6M

  わかった!
  そんな急進、修正してやる!!
         --ー-- ..,,
      ゞ‐'´      `ヽ、            , -―‐-、_
     /           __       ,/      `ヽ、
     ,! /  人   \ 〈〈〈〈 丶   __/V / , iヽ/i ,  、ヽ
    (    /  \\\\ ⊃  }   / .iミl .l ,ハl__  l/l/i l .|
   〈    ( 、 ェェ  ェェ! [ 二 ]   | !ミ| レ(_;:;:;ノ、 ェェ゙il .ハ/
   Y   フ    ,.ゝ |( |  |.    | トi、{l_l    」. }/・.∴
    ヽ 丿  / ̄ 7 /ゝ!   !    | | ヘ|勹 / ̄ 7 /レ ,.,  うぁ!
     ゝ  =-─┘/ /  / ,.,・ ,.,・┴=-─┘/ノ
     _ | ̄ ̄l^T^l/\/  , ’, ∴・.∴ /`, `━' `ヽ、
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴  〈ヘ/     )、〉
   /   // |/   /           | |〉  _ム. |
     デムーラン              エベール

そしてダントンの意向を受けたカミーユ・デムーランは『ヴィユ・コルドリエ』という新聞を刊行して
エベール派を攻撃。これによりヴァンサン、ロンサンなどのエベール派の活動家が逮捕された。

268 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 19:59:07 ID:kr9kSW6M

  寛容を説いて何が悪い!
  今の政治はローマ皇帝の恐怖政治と同じだ!!
         --ー-- ..,,
      ゞ‐'´      `ヽ、
     /           __     /// ,| | イ l: l |
     ,! /  人   \ 〈〈〈〈 丶    //// | | |/l:. | |
    (    /  \\\\ ⊃  }    /| |/,∠乂/: |ミ| |
   〈    ( 、 ェェ  ェェ! [ 二 ]    /|/(_;:;:;ノ、 ェェ゙i/:;l
   Y   フ    ,.ゝ |( |  |     /{Ⅳl_l   」:::/ミイ ・.∴
    ヽ 丿  / ̄ 7 /ゝ!   !    ゝト,勹 / ̄ 7 / ,.,  うぁ!
     ゝ  =-─┘/ /  / ,.,・ ,.,・┴=-─┘/ノ
     _ | ̄ ̄l^T^l/\/  , ’, ∴・.∴ /、//|  ̄ ̄丶
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴ /   // |//  〉
   /   // |/   /         /    // | /  /

また、革命裁判所が反革命容疑者を次々と処刑することに対して革命政府をも攻撃。
その要請を受けてか、処刑の数を減らす目的で「故意でない者や、取るに足らない者」を
断頭台から救うための特赦委員会の設立をロベスピエールは提案した。

269 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:00:05 ID:kr9kSW6M

'; - '/: : : :/: : : : :.:.l: : \:.:/:.:.:.:.ヘ:/:.:.:.:_ -\/: :l\:.:.:.: : : : : l:\: : : \
  /: : : : :./: : :.` 、, 'l: : :.:.;\ ̄¨` - - ''¨  /ヽ:.: :l ,, >、''.: : : :l: : ヽヽ: :
../: : : : .:./: : :.:./ `l丶/、 \      /  ,, ゝ:l''   `,、:.:.: : :l: : : ヽヽ:
/: : :.:.:.:.:.l: : :.:/ ト、 ヽ/  `丶、\| l |./,, ''  _ ,V --y-┴、、: : l: : : : i     くそ!
: : .:.:.:,/:.:l: : /: :.l ヽ        `/ ヘ.''   // /     L、: :l:.:.: : : l
:.:.://:.: :l: :l: :.:.:l  丶、     /   \  /         l V:.:.:.:.: : :ト、  ふざけんな!
/ i:.:.:.: ヽ|.:.:/      ̄ ̄ ´      `┤   ┛┗     !  l:.:.、:.:.: :l: :
   l:.:.: : : :.:/                l    ┓┏      l:.:l:ヽ:. :l: :
   l:.:.:.: :.:.:.ヘ                ヽ          /:.:.l:..ヽ:.l: :   てめーらみたいな頭でっかちに
   l:.:.:.:.:.:/´\   __ ... 、-−―−−,−,-ヽ     _..、-:':.: :.:.:.l:.:.:.V: :   おじさんの邪魔をされてたまるか!
    l:,  '  ̄ ` ゝエ..i_...-`-―――‐'--'--l     ト、:ヘ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: :/
   /    、  l´ > 、    ー' 丶   ,, -.l     l  i:.:i:.:.:.:/:.:.:.:.: : /
  /   、  ヽ lヽ´   /`ーi-====::'l/ l     l ヽ:.l:.:./:.:.:.:.:. :イ
 i   、  ヽ 〉' ノ   ./   l:::::::::::::::::::/   l     l , -ヽ/:.:.:.:、:.:. l
 l   ヽ  /- '   /    `ー ― '   .l     .l '   ヽ:.:.:lヽ:.: ヽ

270 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:01:08 ID:kr9kSW6M

        / ,r' .,' i.i: ゙i. ゙i\:      \゙ii ゙i    ドi  、               /`
              ´下、       ヽ /  //   |:/ i/     ./:/ / l  :| ! l.i ヘ
                \v、         /イ   /i/:/   :/ :/:/  :/  l  | | :i:.l  i
                  ` 、`ー _       /  / ///  // :/:/  i  i  l :| :|i |  l
                    ` -マ`     /  / / i/  .i/  :i-i‐= 7 ̄/ヽ i :i  :i :i  |
                 ー 、_        / / / :/,イ | i| :i :|´ ̄  ̄ ` -∨/  //  l I
 そうだね。                     / //  .;// |i:i|i :i:| ハi ィ' て_)`ヽ、ヽ ` v/_,./ :/
                         / イ//  :ハ,i 'ヘ|.i:.i|.i |   `ト、:::::ソ `    =`ヽ∧/ 出番よ、兄様。
 姉さま……                /  //   .:/ ヽ く:iハ:.i: i|     `´     .ィ=ミ、 `.ヘ´
            `  _       / i:イ /    //  :ハ、_ ヘ',            、トイハ /
             ./  - _ イ // |/    .://  /  .i:i|  ヘ    ヘ、      〈 ` く '/´/
          \ :/   /ィ /|イ./  /     :/  /  /ハ      ` v 、   ´  /イ /
           r` 入、///  /´  /    /   /  i:.i  ゝ       ` 、ン    ,.イ | /
           /ヌく l:\      /    /   /   ki   :\      ヽ    / i |/
           /:i:ト;:ヘ,l:.:.\  _ -、   /   /  ,. イ Vヘ  .:\      ,. イ   :i /
          /::i::|i|::iヘ:::.:.:.\/.:.:.:.:.:.\ /   :/.:/´  ト、  ∨i   ` .r.-‐ ´  :i   :i/
          /:.:i::.| |::.i:ヘ:::.::.:.:.\、.:.:.:.:.:.:\、 r‐ ´    ト、:\  `´V.i  //ハ:.:.:i  :i   /   r 、
          /:.:.i|:.:|: |:.:.i:.ヘ::::.:.:.:.:\\.:.:.:.::::::|       | \::\   ∨,.イ \! :i  /  r、ゝ
        ビヨー=ヴァレンヌ                 コロー=デルボワ

エベール派の逮捕を知ったコロー=デルボワはリヨンから帰京し、エベール派を弁護してダントン派を弾劾した。
そしてビヨー=ヴァレンヌとともに保安委員会に働きかけ、ダントン派のドローネーの家を捜索させた。

271 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:02:05 ID:kr9kSW6M

      /ー- __....!
    /│       >‐- 、
  <   ヽー----- '"  /
   `ー- ....____....ィI      ドローネーを追っていて
    {^:| く.( ・」 l・ ノ|/
    l.h| r' "^. l.^" 〉I      とんでもないものを見つけてしまった〜
__,.─/ヽ| |   `ー'  |l\─,
  /   | |∠ニ三i三i>lゞ \ ~^ヽ どうしよう?
 \   ~V        〉   > 〈
  _>  ヽ.........へ- '  /  |

そして、インド会社事件に関係していたドローネーの自宅から、
ファーブルの署名入りインド会社の偽造公文書が発見された。

272 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:03:12 ID:kr9kSW6M

      :/ i/     ./:/ / l  :| ! l.i ヘ
..   /i/:/   :/ :/:/  :/  l  | | :i:.l  i
..   / ///  // :/:/  i  i  l :| :|i |  l
  / / i/  .i/  :i-i‐= 7 ̄/ヽ i :i  :i :i  |
 / :/,イ | i| :i :|´ ̄  ̄ ` -∨/  //  l i
  .;// |i:i|i :i:| ハi ィ' て_)`ヽ、ヽ ` v/_,./ :/
  :ハ,i 'ヘ|.i:.i|.i |   `ト、:::::ソ `    =`ヽ∧/
 .:/ ヽ く:iハ:.i: i|     `´     .ィ=ミ、 `.ヘ´   特赦委員会なんて甘いものを作って、
..//  :ハ、_ ヘ',            、トイハ /    革命の推進を緩めるつもり?
//  /  .i:i|  ヘ    ヘ、      〈 ` く '/´/
/  /  /ハ      ` v 、   ´  /イ /
  /  i:.i  ゝ       ` 、ン    ,.イ | /    腐敗した議員に温情を与えていたら、
    ki   :\      ヽ    / i |/     パリ市民は再び立ち上がるでしょうね……
.  ,. イ Vヘ  .:\      ,. イ   :i /
..´  ト、  ∨i   ` .r.-‐ ´  :i   :i/
.   ト、:\  `´V.i  //ハ:.:.:i  :i   /



   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll     く…………
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|      わ、わかった……。
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l

こうして、提案したばかりの特赦委員会の設立は撤回された。

273 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:04:04 ID:kr9kSW6M

ロベスピールの左派に対する態度の軟化に対し、デムーランは12月24日の新聞に
恐怖政治と革命政府への批判記事を掲載した。

  お前たちが反革命容疑者と呼んでいる
  パリ市民20万人に対する『反革命容疑』の見直しと、
  『寛容委員会』の創設を要求する!!!
         --ー-- ..,,
      ゞ‐'´      `ヽ、
     /           __     /// ,| | イ l: l |
     ,! /  人   \ 〈〈〈〈 丶    //// | | |/l:. | |
    (    /  \\\\ ⊃  }    /| |/,∠乂/: |ミ| |
   〈    ( 、 ェェ  ェェ! [ 二 ]    /|/(_;:;:;ノ、 ェェ゙i/:;l
   Y   フ    ,.ゝ |( |  |     /{Ⅳl_l   」:::/ミイ ・.∴
    ヽ 丿  / ̄ 7 /ゝ!   !    ゝト,勹 / ̄ 7 / ,.,  うぁ!
     ゝ  =-─┘/ /  / ,.,・ ,.,・┴=-─┘/ノ
     _ | ̄ ̄l^T^l/\/  , ’, ∴・.∴ /、//|  ̄ ̄丶
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴ /   // |//  〉
   /   // |/   /         /    // | /  /

274 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:05:19 ID:kr9kSW6M

――1793年12月25日

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

こうして、左右からの攻撃に晒された公安委員会は、その立場を明確にするため、
12月25日にロベスピエールが『革命政府の諸原則』について演説を行った。


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ    勝利と平和とを勝ち得た後の自由の時代なら
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ   個人の自由を守ることが大切だ。
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',   しかし、革命的自由を押しつぶそうとする内外の
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、  敵と戦っている今は、闘争の責任を取る権力そのものが、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',   これを攻撃する全ての徒党に対して守らねばならない!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

275 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:06:19 ID:kr9kSW6M

       /::::i::::::::::!::::::::::::\::::::ヽ、::::ヽ::ヽ、:::\:::::::::ヽ.
      /:::l:::::::l::::::::::ト、:::::::::::::ヽ、:::::::iヽ::::::!:::::i::::、:::ヽ、::::::i
      /:::::ト、::::ヽ:::::::ヾヽ:::::::::::::::ヽ::::l:::ヽ::::l:::::!:::::i::::::ヽ:::::::l、   革命政府は、『弱気』と『無鉄砲』……
      i::l:::::l:::ヽ:::::\:::::::ヾヽ:::::::::::::::!::i::::::::!:::i::::l::::::l::::::::ヽ:::::l!
     l::::l:::::ト、:::\::::::ヽ、:::\ヽ、:::::::i::!:::、::::l::::!:::i::::::|、::::::::!::::ト、  『温和主義』と『急進』……
     !::::l:::::i:::ヽ:::::ヽ、::::\ヽ::\`ヽl:i、::::ヽ::!:::i:::l::::::l::!::::::::i::::l`ヽ
     l:::::i:ト、ヽ:::\::::、\::::::ヽ、::::ヽ::li、:ヽ::::i:l:::l::::ト、::!::l、::::::l::::I   その二つの暗礁の間を航行しなければならない。
      !:::::l::i::ヽ:ヽ、:\:::、:ヽ、:::ヽ::丶、::\ヽi:l:::i:::il::iヽ:l:::!:::::l::::l
    /!::::i:::l:::::\:ヽ、:ヽ:ヽ:::\::::::ト、:,.‐'"_,.ィ、!l::l:::l:i::l:::!i:::ト、::i::::l  『性的無能』と『純潔』とが違うように、
   ノ!l:::::l:::::!::::::卜、:ヽ:::\:ヽ::::ヾ::く_,.r'少'ヽi!i:l::i::l::i:::il::::i:::!::l:::I   モ テ ゙レ
     !::::i:::::l:::::::::i-‐ヽ::ヾ、ヽ、ヽ:::!゙ヽ´    li !:l::i::l:::l!::::l::::i::l::l  『穏健派』と『温和』とは別のものである。
       i::::l::::ヽ:::::ヽ辷エメ、\ ヾ`ヾ、 ゙ヽ   !l::i:::l::::ハ::::i::::l:::i::!
      l::ハ:::::、:ヽ:\        ヽ   u  i::!l:::::/r'!::::l:::i::l::i
      リ i:::::\ヽ、ゝ               !l i::::!l |:::li:::l::i::l
      ノ  !::::::lヾ.ヽ U   、  -       i  !:リ リノ!ハ:::l::i
          l:i::::! i\    `       U   iノ  ソ i! j-┴-‐‐‐‐--、
           l!i::l  !:::|ヽ、   -‐'二 ̄    ,/-‐'´ ̄          `!
           !l   i::i  !\、        ,.イ               l_
             l!  iハ! iノ  ヽ、     ,.ィ | iヘ        _,.-‐‐''´ ̄  ̄=‐‐‐-- 、_
                   `>┬‐''   l i  !      /             ,.-‐'`ヽ、
              r‐‐‐''´ ̄  ヘ    | !  l    / /    /      _,.-'"     `i
                 lr‐、       !    l   ヽ、 / /    /     /          l

276 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:07:04 ID:kr9kSW6M

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|   また、『水ぶくれ』と『健康』とが似て非なるように、
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||    アンラージュ
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!  『過激派』と『情熱』とは似て非なるものである。
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|  U         〈       革命政府は『温和』と『情熱』とを
      }:!: |::|:::l::| \    U       ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/        兼ね揃えねばならないが、
      |:∧l\:{    \       /              モ テ ゙レ  アンラージュ
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ          これを『穏健派』と『過激派』に
     /           ,′
.  /\.____     人_              引きずり込もうとする二つの徒党が存在するのだ……
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、

277 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:08:04 ID:kr9kSW6M

          ____  _,.-==−- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ    そう!
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!    革命政府は二つの徒党から攻撃されている。
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !    共和国が自由と平和とを達成するまでは、
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'     政府を攻撃する全ての分派に対して
  ::::::!:::|::l::i: '    !'   U            V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´       自らを守らなければならない!
   :::::|| |!. 、  U             r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄           そして、人民の意見の代表者――
     :!.      ヽ         ` −,
            、        ,‐'            ――すなわち人民自身である革命政府!
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′             その人民に対する刑罰は――唯一『死』である……!
          \.  ヽ

278 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:09:03 ID:kr9kSW6M

 ざわざわ・・・       水ぶくれ・・・?      ざわざわ・・・       健康・・・?

       ざわざわ・・・     何言っているの・・・?   ざわざわ・・・     曖昧だな・・・

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )



      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i
      t≦_ノゝ、  おいおい……  ,,....,,,,__ 左右の…… ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i, どちらも否定かよ……
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''  U ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、U ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'" U゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

279 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:10:05 ID:kr9kSW6M

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   何を都合のいいことを言っているんだか……
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  お前の言うその『革命の諸原則』の厳しさは、
         ヽ、 i       l          l ノ ノ  人民を震え上がらせて愛国派から離反させるんだ。
          丶-       `         l_ ノ
            i   r 、_____ヽ   i      ここらで恐怖政治をやめさせないといけねえんだよ。
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ
        ィ       ` ┐r '          >、
    , ・ ´ ` 、     /~ `'ヽ       /  丶、
, ・ ¨        、   /|    |ヽ、     /     ` ー-



'; - '/: : : :/: : : : :.:.l: : \:.:/:.:.:.:.ヘ:/:.:.:.:_ -\/: :l\:.:.:.: : : : : l:\: : : \
  /: : : : :./: : :.` 、, 'l: : :.:.;\ ̄¨` - - ''¨  /ヽ:.: :l ,, >、''.: : : :l: : ヽヽ: :
../: : : : .:./: : :.:./ `l丶/、 \      /  ,, ゝ:l''   `,、:.:.: : :l: : : ヽヽ:
/: : :.:.:.:.:.l: : :.:/ ト、 ヽ/  `丶、\| l |./,, ''  _ ,V --y-┴、、: : l: : : : i     この裏切り者!
: : .:.:.:,/:.:l: : /: :.l ヽ        `/ ヘ.''   // /     L、: :l:.:.: : : l
:.:.://:.: :l: :l: :.:.:l  丶、     /   \  /         l V:.:.:.:.: : :ト、
/ i:.:.:.: ヽ|.:.:/      ̄ ̄ ´      `┤   ┛┗     !  l:.:.、:.:.: :l: :   人民は困窮しているのに、
   l:.:.: : : :.:/                l    ┓┏      l:.:l:ヽ:. :l: :   腐敗した連中どもを
   l:.:.:.: :.:.:.ヘ                ヽ          /:.:.l:..ヽ:.l: :   攻撃しねえのは背信だ!
   l:.:.:.:.:.:/´\   __ ... 、-−―−−,−,-ヽ     _..、-:':.: :.:.:.l:.:.:.V: :
    l:,  '  ̄ ` ゝエ..i_...-`-―――‐'--'--l     ト、:ヘ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: :/
   /    、  l´ > 、    ー' 丶   ,, -.l     l  i:.:i:.:.:.:/:.:.:.:.: : /    恐怖政治を推し進めろ!
  /   、  ヽ lヽ´   /`ーi-====::'l/ l     l ヽ:.l:.:./:.:.:.:.:. :イ
 i   、  ヽ 〉' ノ   ./   l:::::::::::::::::::/   l     l , -ヽ/:.:.:.:、:.:. l
 l   ヽ  /- '   /    `ー ― '   .l     .l '   ヽ:.:.:lヽ:.: ヽ


左右どちらに偏ることも否定し、中道の姿勢を表明したことで一定のバランスに乗ることになった
公安委員会に対し、左右どちらの勢力も自らの主張を強めていくことになる。

280 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:11:08 ID:kr9kSW6M

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  正直、この演説をしている時のロベスピエールは
 iミ}ミ{= =ミ! 余裕があったとは思えないんですよね……
 iミ}ミ{U ー ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ   対比させる演説も何だかこじつけくさくて。
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ロベスピエール=最強の男という見方が
 iミ}ミ{━ ━ミ!  馴染めないというのが>>1の感想です。
 iミ}ミ{U ー ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  ま、心の片隅にでも置いといてください。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

281 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:12:17 ID:kr9kSW6M

この姿勢を批判し、ダントンの意向を受けたデムーランはエベール派とともに政府攻撃を強めた。

  無政府は独裁者を生む!
  この独裁者をこそ、僕は恐れるのだ!
         --ー-- ..,,
      ゞ‐'´      `ヽ、
     /           __     /// ,| | イ l: l |
     ,! /  人   \ 〈〈〈〈 丶    //// | | |/l:. | |
    (    /  \\\\ ⊃  }    /| |/,∠乂/: |ミ| |
   〈    ( 、 ェェ  ェェ! [ 二 ]    /|/(_;:;:;ノ、 ェェ゙i/:;l
   Y   フ    ,.ゝ |( |  |     /{Ⅳl_l   」:::/ミイ ・.∴
    ヽ 丿  / ̄ 7 /ゝ!   !    ゝト,勹 / ̄ 7 / ,.,  うぁ!
     ゝ  =-─┘/ /  / ,.,・ ,.,・┴=-─┘/ノ
     _ | ̄ ̄l^T^l/\/  , ’, ∴・.∴ /、//|  ̄ ̄丶
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴ /   // |//  〉
   /   // |/   /         /    // | /  /



                  ペール・デュシェーヌ
  エベールは軍に60万部の『デュシェーヌ親父』を納入して
  60万リーヴルもの公金をかすめ取っている!
         --ー-- ..,,
      ゞ‐'´      `ヽ、            , -―‐-、_
     /           __       ,/      `ヽ、
     ,! /  人   \ 〈〈〈〈 丶   __/V / , iヽ/i ,  、ヽ
    (    /  \\\\ ⊃  }   / .iミl .l ,ハl__  l/l/i l .|
   〈    ( 、 ェェ  ェェ! [ 二 ]   | !ミ| レ(_;:;:;ノ、 ェェ゙il .ハ/
   Y   フ    ,.ゝ |( |  |.    | トi、{l_l    」. }/・.∴
    ヽ 丿  / ̄ 7 /ゝ!   !    | | ヘ|勹 / ̄ 7 /レ ,.,  うぁ!
     ゝ  =-─┘/ /  / ,.,・ ,.,・┴=-─┘/ノ
     _ | ̄ ̄l^T^l/\/  , ’, ∴・.∴ /`, `━' `ヽ、
   /、//|  ̄ ̄ 丶/  、・∵.’,∴  〈ヘ/     )、〉
   /   // |/   /           | |〉  _ム. |

282名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 20:12:27 ID:.j0BUPOQ
いいかげん、エベール一派を切れないものだろうか。

283 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:13:09 ID:kr9kSW6M

これを受けて左派も年明けには反撃を開始。

        | /  //      ..:./    :、.:.:.:..
        |/   .//  / .:.:.:/ .:.:/    /::Y'ヽ.:.:
        /  / /  /  .:.:.:/ .:.:.:.:.|   /` ゞ-ー'|.:.:.
       / / /  /  .:.:.:./ .:.:.:.;イ  /       |.:.:.:|.:.:.      食糧危機だ!
      l,/  / :/| ..:.:.:.:l .:.:/゙ト、/          !.:.:.:!.:.:.
     /    | .:/  | .:.:.:.:.:| .:.イ三ミメ、\        |.:./|.:.:. /.:.    パリの穀倉が空っぽなのは、
   /      |/   |l.:.:.:.:.:.|.:/   |/`ヽ ゝノ /_,,.土'ー|ー-/.:.:    腐敗した議員どもが買占め人と
   {       |l   /|.:.:.:.:.:.|/ヽ、 ヾソ      イ´ `ヽ!、/.:.:     手を組んで不正な利益を
   |           / \.:.:.:.|  ` ー-ー=    _ (:)   |/ヾ:.   /  得ているのが原因だ!
   |        / ,.、 \.:ヽ     __′__ヽ  \__/// /
   ヽ       / / |   〉-ゝ  f-' ̄  ヽヽ, /.:.:.:.:.:.__/   /
     \    /"´  | /  \  | /´  ̄`ヽ, |/-─' ア.:|.:.:.  /
      \      //    |:ゝ、ヽ    ノノ  /ヽ、_|.:.: /
        \     /  /    |:\\`'──' _ァ':´/  /::::|.:.. /
         \    ノ     ヽ:::`' ='二´/:/  |::::/.:.:/

公安委員会左派のコロー=デルボワの保護を受けたエベールが食糧危機を扇動してダントン派を攻撃し――



        _,ヘェュェ=、、 - _
       /く7/ i \\   ヽム
      / `//i :i  i: \>ヽ:  ヘヘ
     /  :i-イ :| |:i  li _i ';  i ', 〉  デムーランの舌は私たちにとって毒よ。
.    i  :|i |-‐ト i|_ -i´ _` i: i:|/
    .ハ  iハ 斗く    'てハヽ| /:|    それに、デグランティーヌの罪も確実になったようだから、
    i ',  i.ハz:ノ     `ー´ /イハ |   そろそろ態度をはっきりさせないといけないわ……
   :i :i Yハゝ  ̄   `    i ノ |
   :| i .ゝ .ヘ    ー _´  ./´i  |
   | i  i `ーゝ、     .イ:i i   |

――公安委員内部でもダントン派への攻撃を求める声が上がった。

284 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:14:09 ID:kr9kSW6M

                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
  味     {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  方     | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  は     .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  い      | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  な     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  い      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  の     /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  か     |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !!    l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /


食糧問題とコローやビヨーなどの影響力もあり、ロベスピエール及び公安委員会は
エベール派に大きく譲歩せざるを得なくなり、ヴァンサン、ロンサンが釈放されただけではなく、
1月10日にはデムーランをジャコバン・クラブから除名させ、1月12日には保安委員会による
インド会社事件の容疑者を公金横領の罪で逮捕することを承認する。

285 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:15:07 ID:kr9kSW6M

                __,._,.---------,,,,__
              ,イ'___,,,,ノ ̄ ̄ ̄ヽ、`ヽ、  ど
             /j ::::: //へ:::::::::::::: |
           /_\川//__,,==ヽ、::::::く、    う
          |<@Y:‖〆//´@ >-=:::::ヽ,
         〆´ ̄:ノノ:::::: ` ̄// ̄::::::::|  か
        |:::::::( ̄:ヽ)::::::( ̄ ::ヽ、 ̄ ̄\
      ヽ  ゝVVY⌒YVVVゝ ̄\ イ ̄ヾ_:ノ  わ
       ゝヽ゛人人人人人ノ ̄| | ヾ ̄ゝ〆==
     ‐=〆´::|_:|_|_|_|_:|_:/人ヽ ヾ‐://:::::::: た
      ‐ ゝ,,:∟:∟:∟:∟:∟イヽゝ ̄::::::::::)::::::
      ///^ヾ´ヾゝ゛ゝ゛ゝ゛ヾヽ、ヾ:::::::::::::::  し
     ´ ^|::::〃〃〃川‖‖‖ ‖ ヽ::::゛ヽ::::゛:
     / ̄\,〃、〃,-≡-/ ̄ ̄:::::::::ヽ、::::::::::  に
     | ::: /= ::Y= :::/=::::::::::ヽ:::::)イ::::
     | ::::| ::::|_::::」_、 ::::::::::|〆::||:::|  勝
     | ::::| ::::<、 :::::::\ ̄ ̄\/ | ::::::: |、  |
   ,,,r''‖ゝ:-人 _:: |ヾ|\__ノ || ::::::ヽ:| : ::: |:: ヽ |
 /:::::::‖| 釻>---人::、:::::':::ノ ::::::::: :::):::::::| :::::|::::::
///::::::::‖/  ̄ノ  /::ヽー::く :::: ::::::::::/ ::::| ::::::\:::::|::::::
::::::::::::::::‖|::: ::   人    \_ノ:::/::::人::::::::::::::::::::|::::::
/  ::::::‖|   ::::::::人    ::::::::::::::ヽ:ー/--===--::: |-:::
::::::::::::::::‖::\::::-ノ´  ヽ、  :::::::::::: / :::::::::::::::::::::::|::::::
::::::::::::::::‖::: )ー、⌒´ヽー  ̄:::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::
::::::::::::::::‖:::: |  | ∩ |  ::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::

1月16日、左派にも攻撃を加えるが、それはエベール派ではなく、対立していた過激派に対してであった。
逮捕されていたジャック・ルーに対する裁判を革命裁判所で行うため、その身柄はコンシェルジェリへ
移送されることが決定されたが、これを知らされたジャック・ルーは絶望し、2月4日、隠し持っていた短刀で
自らの左胸を突いて自殺を図るが死にきれず、獄中の病室で一週間生き延びた後の2月10日、同室の
重病人の手により肺を刺してもらって自殺を果たした。
この措置がやがて最終局面で大きな影響を及ぼすとは、この時、誰も予想だにしなかった。

286 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:16:08 ID:kr9kSW6M

――1794年2月25日

       ヽ:::_:::::::::::::::::!.i/i:. :.:. ...:::::::t::  i:::::::::::
            ¨ '' ‐-li:l:ii:::.:..:;;: - 、::ヽ,ii:::::;::__:
:ヽ              i::ll:li:i:./;;. -- :\ji::i´
ニニヽ          ヽlli:l::i;r´ ;-=ニラ :ヾ:i:i::i       /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,"''""'ヽ、     、i:lレiク!:. ;;.  , :.:.,.,..ヽii:ii:lil ,    <  ちくしょう…
:.  ヽ ::.\      ,i:ll::i:.ヘ '"'  ーノ;、;:ヽil:l:l:Vi,     \________
ヽ ,r / ..::...ヽ    ,i:l:l\礼|:lo,ァヽ、ャoラi|li/::レ
,r/::/::/ |:::::i :l   ヽ:!ヽ:ヽi下i,:イiヽi::レ/:::i/i:i::ァ
ゝ,/ ,f :/:,r i、i     \ヽ:\i::::iヽヽ::i::/:ィ:///
  ` ーヽ、_/ノ     ヾュ_:ヽi::iヽi:Viレ:,::::/´
                 '''‐ニ≧::人ゝ=-‐


友のデムーランによる中傷、エベール派による攻撃、公会議員の腐敗の発覚と不追など
年末から年始にかけて次々と噴出する諸問題に悩まされたロベスピエールは遂に病に倒れ、
以後、3月13日までロベスピエールは病気療養のためにデュプレの家にひきこもってしまう。



      _/                  _,,,--
    ,,/,,,-ー'''''''''''''''''‐             /
  ,/` '"  ー'''''''''''''''''''''―--,,,_     /
: --,,_.,,---―---、 , ,_::::::::::::¬i、, `'   ,″
::::::::::::~'-.:::-―-_- 、_ミ,,'¬-r、_`'ヽ、 l゙ _
`゙゙'-、::::::::`'-r‐:'::;;/;;.\ `    `' ,,"'Vr'"  ゙'-,
..-:、:::''-:::、:`ヽ::::!!;;          `' ,゙ヽ、、, . _゙
::::::::゙'-,,::::::`'-、\:........゛`::. ..::, ," .   `ぐ-,,
::::::::、:::゙'ミ,ヽ,,,:::::'i、\::::ヽ:::::::::|,: .:::    ..:::゙、\
:::::::::::'-、::::`''ー、 ゙ `' ヽ:::::::::::::||::::::.:....:..:.:::::::::ト
、::::::::::::::::\:,:::{!゙:::::::::::::::::::::::::゙'::::::::::::::::::::::::/:::\
.ヽ:::::::::ミ''ー-、,,〒=-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./:::  ヽ ,,
::::ヽ、::::\::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/:::"   ゙゙゙
::::::::::'、::::::`'i、::::::`''、、:::::::::::::::::::::::::::::::/
.、ヽ::::`'、::::::::\::::::::::`'- 、 ::::::::::_/;;;    ,
.ヽ::`'、、`'-::、::`::i、:::::::::::::::`:::`゙,,;ニニ二ニ"'"
:::::\::::`'ー::::::`'-、,\::::::::::::::::::::::゙'''ッ、,,,,,,,,--"
`i、:::`i、:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::,,,ニ-、 、,_ ヽ、

なお、同じ頃、クートンも病気となっていたことから、この時期に二人が
今後の方針について相談をしていたともされるが、さだかではない。

287 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:17:05 ID:kr9kSW6M

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



       , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
    /           \
.   /               ヽ
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l  ロベスピエールが左派への譲歩を演説で表明し、
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N  2月21日には私が新しい『最高価格法』を提案しましたが、
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ   経済状況の悪化は政情不安を助長しています。
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|
.    l. ヽl| u'     冫   :ル'   ここで、公安委員会としての断固たる方針を表明しなければ、
    ヽ ト.、  'ー----   /″   左右両派からの攻撃によって我々は革命の舞台から引きずりおろされ
   /ヽ|. \  ー  ,:く     ギロチンへかけられるか、国外へ追放されるかを迫られるでしょう……
―''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-、
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::
       バレール

288 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:18:07 ID:kr9kSW6M

              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ  確かに、これはよくない傾向だね……
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |  僕も民衆運動には同情的だけど、
           V V \ ヽ \ u      マt7./   ,′ 今、ここで公安委員会が潰れるのは
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /  得策じゃないことは理解しているよ。
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ ' u /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',

289 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:19:06 ID:kr9kSW6M

            / ̄ ̄\
          /   _ノ:::::::\
          |    ( ●)(●)  お話中のところすいません。
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   議会の提案について話があると、
              |  U      }   戦争指導から帰ってきた――
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
           ヤラナイオ


                              _, ‐ ´ ̄ ̄`  、
                            , ´      ― 、.  \
                            /r  、  、      ` 、  ヽ
                          /  { !  ヽ  ヽ \     、  、
                         / l !l ト、   .ト、 .ト、  !    \_\
                      ー 'ソ/  !l !`、\ 、 |_, >r_ニ、ト ! `i 、<、_ミ
                        {イl  {l!`  ヽ .>リ,xィiチ} `リ V   !'ヘ´ .! `
                        川 l 、Yニ_ュ、  '  ゞ’'´   } ,リミ } .!
                        ハゝヽ代リ 〉       / 〃ン/ /
                          ` `弋 /       ノ ´ r:r' !
                             、 ヽ ´ _,     '゙ リ! l
               やあ、諸君       ゝ <_, ´       /|!.|
                                 \ 一   , ィ  __,」}`
               久しぶりだね……      \__, イ, ‐ ´  l!
                                   i!/         、
                                   |{         、
                                      !!      ,..   ` フ ー--  ...__
                                   ノj  _,..  ´     ,イ        ヽ
                              _,.. ‐ ´/ > 、      / |   /     `、
                           r ' ´ /  /`     \   ./  .|  /          `、

290 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:20:09 ID:kr9kSW6M

                                         /  `′      ヽ
                                        /             ヾ
                                        lイィ  イ/`'ヽ        .l
                                         l /-l|、  ゞ-Νw、    l
                    だ、誰だ?                `l=。=、 ,,,=。= | |へ  l
                                           l -_ノ u - '  | | | N
                    私たちに君のような          .l ヽ   u   |.|ー ′l
                                           ', ー--‐    リ   /
                    知り合いなど……               ヽ '''''   ,、 ' l /
                                            ヽ,..、ィ;;;;;'''  l´
                                             _lー|;;;    .l~ヽ
                                          -−''´ l-.|   /ノソヽ



       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ   悲しいな、ベルトラン……
       〆、_ l  、    、_    ' /
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/       僕だよ、サン=ジュストだよ。
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´         君が『氷の心、炎の才気』と評価した。
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´
              ` ‐- 、
                _ >,
     サン=ジュスト(覚醒)

291 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:21:11 ID:kr9kSW6M

     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /   僕はね、戦場で気付いたのだよ。
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '        イノベイター
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /     自らの変革者としての才能にね……
      `|               }               厶イ
        l          ,{              /  `
      ∧         〈 l            /         それと同時に革命を成すべきは僕の考えが
       { ヘ          `}  ´           イ          最も正しいという事実にもね……!
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_
     { V        >、       イ   ! /}   ̄   ─-
     j /      / { >--‐ ´  }     !//

292 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:22:06 ID:kr9kSW6M

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ  2月5日……
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|     ロベスピエールが訴えた演説――
       / / ハ          、㌣ハ/リ
       〆、_ l  、    、_    ' /        『徳なき恐怖は罪悪であり、恐怖なき徳は無力である!』
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´           革命時における政府の基礎となるこの考えを具現化する
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´
              ` ‐- 、             法律を明日、僕が議会で提案するよ……
                _ >,

293 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:23:04 ID:kr9kSW6M

――1794年2月26日


            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ     税金のかからない一本のスキ……
       〆、_ l  、    、_    ' /
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/         一枚の畑……一軒のワラ家……
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´             そして卑劣な泥棒根性を持たない一軒の家族……
              ` ‐- 、
                _ >,          ここにこそ真の幸福がある……!
           , -‐ ' ̄ |  /
          <、      | /
       /   ヾ ‐-、_ |'_
      /      `ヽ、  ` }
  \   {         `ヽ 、L

294 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:24:09 ID:kr9kSW6M

   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//    もし、人が不幸な人々を新しい秩序に
.         |   /                /  / //  .イ〃    反対して立ち上がらせることが出来るなら、
              く                / // / .!イ     私は自由が打ち立てられたとは認めない!
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !
          \   __            /  /!   リ     もし、人が各自に土地を持てるように
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !      なっていないのなら、不幸な人間が
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ      いなくなったと私は認めない!
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .

295 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:25:04 ID:kr9kSW6M

        | /  //      ..:./    :、.:.:.:..
        |/   .//  / .:.:.:/ .:.:/    /::Y'ヽ.:.:
        /  / /  /  .:.:.:/ .:.:.:.:.|   /` ゞ-ー'|.:.:.
       / / /  /  .:.:.:./ .:.:.:.;イ  /       |.:.:.:|.:.:.      だったら、どうやってそれを解決するんだ!
      l,/  / :/| ..:.:.:.:l .:.:/゙ト、/          !.:.:.:!.:.:.
     /    | .:/  | .:.:.:.:.:| .:.イ三ミメ、\        |.:./|.:.:. /.:.    てめえらのやっていることは、
   /      |/   |l.:.:.:.:.:.|.:/   |/`ヽ ゝノ /_,,.土'ー|ー-/.:.:     人民じゃなく、ブルジョワや貴族どもを
   {       |l   /|.:.:.:.:.:.|/ヽ、 ヾソ      イ´ `ヽ!、/.:.:      喜ばせているだけじゃないか!
   |           / \.:.:.:.|  ` ー-ー=    _ (:)   |/ヾ:.   /
   |        / ,.、 \.:ヽ     __′__ヽ  \__/// /    パンを寄こせ!
   ヽ       / / |   〉-ゝ  f-' ̄  ヽヽ, /.:.:.:.:.:.__/   /
     \    /"´  | /  \  | /´  ̄`ヽ, |/-─' ア.:|.:.:.  /    パンを!
      \      //    |:ゝ、ヽ    ノノ  /ヽ、_|.:.: /
        \     /  /    |:\\`'──' _ァ':´/  /::::|.:.. /
         \    ノ     ヽ:::`' ='二´/:/  |::::/.:.:/



 ざわざわ・・・       そうだ・・・!      ざわざわ・・・       パンを・・・!

       ざわざわ・・・         パンを・・・!   ざわざわ・・・     パンを・・・!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

296 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:26:11 ID:kr9kSW6M

     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '   (エベールの馬鹿は食糧問題以上の
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /     ことはわからないようだな……)
      `|               }               厶イ
        l          ,{              /  `     簡単なことだ。
      ∧         〈 l            /
       { ヘ          `}  ´           イ         反革命の財産を没収して国有化し、
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }         それを貧民に無償で分配すればいい……
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_
     { V        >、       イ   ! /}   ̄   ─-
     j /      / { >--‐ ´  }     !//




            ,. -―――- 、
          / /ヽ  /ヽ  ヽ
        / //,.ヘ V ヽ.  \ '.
       //  //// ハ /l ト、ヽ ヽ ト、
      / ///// | | 「`´ !| ! !|i !
      | | | | | 」‐=-、いーレ'≦、7`ハ | |i
      レ| | | | .|Y fじト  ' {iじリハ/|| !|  な……なにぃ!?
       ! |、NN  ゞ”、  `ー'‐' | / レ'リ
       ヽト、|从〝 r--‐、〝u !/ /
         /ヽト、ヽ `ー‐'  イ/レ'
       _// / / 〉__j> <-1'jリ
    // / ./ / / ゝ:::::::::::::::/`ー、_
  `ー‐ '  ///./   `二´ /:::://   ヽ

297 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:27:14 ID:kr9kSW6M

                     /: : : : : : : : : :/ : : : / /: : : : : :/: : : : : : : : : : \
                  /: : :/: : : : : : / : : /イ: : :/ : :/: :  : : : : : : : : : : \
                    /: // : : : : / /: : :/´ | /l : !|: :  ヽ : : : : : . : . : .丶、
                 //:〃: : : : :/:〃: :厶_  |/ |: :l: {: : :   ',: : . : : : : .   丶、
              /´/:/: : :/ :/ / |: 厶_ `丶.{  V|八: : :    l: : : : : :  :   \ 、` ‐-、_
                 //: _/ l: : |: :l:/  }'⌒卞辷_ 丶  `  `、: :  |、ヽ: : : ヽ  \   、` ̄ ̄
              /イ: /_j: l: : l : |l  `   |{n`トミ 、\   、: : . }ヘ: l: : : : : `、   ヽ ヽ
               /:/:// ]:|:|ハ :|!    ヘ、!Vし'yヘ\ ヽ   ヽ : / | |: : : : ヽ l :   ぃ l
           /:イ:,′ /|/l: :! !:l       `¬≪_, ` ヽ    }/   |∧:ヽ: : :! | l  | ヽ|
             /´|:!:{ V {!|:| `{                  ,  ,__j_ ヽ|: : :|| }ハ |
              |:小 l  い: :!                  / 斗r≪_`ヽ.!: : :| l |l!′
             |:l:|:∧ヽノ V|                    {、  !{ {_t癶ヽl: : // 〃 }'
             |ハ!: : 廴_, `{                      ノ  ヾニ厶 ン': イ |: :!{
                  |: | : : ∧                '^  /     ∠ イ }:八|
                  |/| : :/ l       、r'_       ´       / |/ ノ'  `
                   l: :/  !        ヾ ̄`  ミ 、        / 丿  パリには約八千人の囚人がいる。
              /:〃    、        \   `トン       , '     地方では、その10倍だ……!
              ´//    丶       、_ `ー '^´    /
            ト<厶_     ヽ        ` ー       ´        この囚人の財産を持ってすれば、
                ノ     `丶、     \            .  ´          貧民へ補助金をまかなうことは可能!
          /ヘ、      >-─ ミ 、       ,  ´
            _丿    丶、  /      {\ー-‐ァ'´               国有財産を貧乏人に分配すること
       / { ヽ      ∨        l  `ヘ厶_               によって、貧困を絶滅せねばならない!
 ̄ ̄` ¬く   ヽ. \   /          |  |  }ヽ\
       丶   \ ヽ /            !  /  | l  ヽ
           \     /          l ,  |!  `、
           丶  /            |/   | :   l
               `7               {     } l   |

こうしてサン=ジュストにより『ヴァントーズ八日の法令』が提案され、全会一致で可決された。
この法律はこれまで推進してきた土地改革政策の究極の到達点であり、貧農に土地を与えることによって、
彼らを生産者にし、『圧政も搾取もない』ユートピア的な平等世界を作りだそうというものであった。

298 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:28:09 ID:kr9kSW6M

   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//
.         |   /                /  / //  .イ〃
              く                / // / .!イ    (これで人民の支持は、いずれ僕たちのものだ。
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !
          \   __            /  /!   リ    この法律の真の目的はサン=キュロットとの
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !     結びつきを強化することにある……。
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ    しかし、富裕者も貧困者もあってはならないが、
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、   同時に財産の分割を認めるわけにはいかない!)
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .

後年、マルクスが『巨大なる錯覚』と評したように、このいわゆる『風月(ヴァントーズ)法』は、
まさにユートピア幻想であり、実現が困難であることは明らかであった。
しかし、サン=ジュストはそれを理解した上で、現実の政治問題への対応策としてこれを提案したのだった。

299 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:29:08 ID:kr9kSW6M

なお、彼の理想は次の通りである。


                __, -―‐- 、
                 /          \
              , '     l       \    法律以外のものに依存することなく、
.             /   / /|        `.='
            /   / /l ∧ \ \  \ ヽ.ヽ  市民社会における相互の従属関係を伴うこともなく、
              | |{V {'  ヽl、l\lヽl  \|}
           ノィ l ゝl-==、   ヽ_ -=V 「 ̄ト、  全てのフランス人に土地などの生活必需品を
          -≦A ト「リ汀`    ´リ汀`V, N
            ゝ`\`¨´  /  `¨´イA(    獲得する手段を与えるとともに、
              `ゝ      ,    /′゙`
               \   ,. .、  /       いかなる者も300アルパン(約150ヘクタール)以上の
                   l\ ´ /|
                 __lー`ニ´―|__       土地を自分で耕作経営してはならないのだ……!
                  / /j     ∧ \_
        _ -―  ´ ∧  , ⌒ヽ  ∧ ヽ  ‐-、_
     ,  ´     /  { ` ゝ ∠. ´ } ∧    `  、

独立自営の小生産者といった中小産階級中心の社会を確立するという、ロベスピエール派の社会理念であった。

300 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:30:10 ID:kr9kSW6M

      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i
      t≦_ノゝ、 理想的だが…… ,,....,,,,__ 実際……  ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i, やばい法律なんじゃ……
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''  U ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、U ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'" U゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、資格として土地財産を持っていた議員は、全会一致で可決させたものの内心の不安を感じていた。

301 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:31:07 ID:kr9kSW6M

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  
 iミ}ミ{━ ━ミ! 独立小生産……
 iミ}ミ{  ー ミ! 社会資本が発展する段階でこの動き……
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   さて、これがどうなるのか……?
    }_ノノ
    ヒ}ノ

302 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:32:05 ID:kr9kSW6M

――1794年2月末
――パリ市庁舎

        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.         /: : :/ /: : : : : : :/: : : : l: : :.:/:.:.:.;、:.: : . .  : :ヽ
        /: : :/ /: /: : : : :l: : : :/l: : :./ヽ:'_:.:i:.: : :. : ヽ. ハ
.        i: : : i: i: :/: : : : : : ll: : :/ l: :.i   `l:.: : i:. : :,ヽ: :ハ
        l: : : l: :.:/: : : : : :l: Ll:.:./-‐l':.l'.ノ <  l:. :イ:.: :/: :ヽ: ハ
.       l: : : l:.l:イ: : : : : : :l:l/V:ひ`V  ,ミ.メ、/.l:.: :/: :.; :ト、: i
       l: : : ハ:':l: :.: : :ハ: : l` l。:::::::ノ    /:::ひソ:. /: :/:. :l ヘ l
.       l: : : : :ハl: :.:.: : : \ヘ `〜 '    k'::::ノ/X: :/イ:.: :i  !l
      /: : : : : :.ハ:.:l:.:. : : : l\、 , - 、.  ` `〜ソ: //.l:.:./  '
      /: : : : : : :.:ハ:.i、.:.:. : :l   'ー/ハ`)  ∠/:./ l:./     くやしー!
     /: : : : ; - 、:ハlヘ:.:.:. :l;>, ' ´/ | l' ,. : '´: : :/  l/
     /: : :./    ヽヘ:.; '   '   l l|:.:.:. : /         ロベスピエールが倒れたから
    /: : :/    , -‐=< /       l:.:. /           攻勢かけようと思ってたのに、
    /: : :/    /  , - 'ヽ  /    l  l< l ` ヽ        サン=ジュストに水をかけられたよ!
.   /: : :./   ./  '  , - ヘ, '   i  l ,-<` ー、 i
  /: : : / , .......ヽ  /  /`i   .l, -< \ \  l.l
  /: : : /':.´;.:.:.:.:.:.:\   '  /-、_,...ヘ ヽ  ヽ ` l.l

303 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:33:06 ID:kr9kSW6M

     ,,,,,,.........、、、、
   ,,(::(:ヾヾ//ノ;;ノ;;;::ヽ,,
   l ;/   ̄ ̄ ̄  ヾヾ、
  l ;l  = 三 =   .|;;;i  ですが、我々の独自の調査によりますと、
  l / ,--―'、 >ー--、 ヽl  パリ市民は22日の肉の一般販売の停止や
  i^| -<・> | | <・>-  b |.  パンの不足に不満を抱いています。
  ||    ̄ | |  ̄   |/
   |   /(oo)ヽ   |    (⌒)
   ヽ ヽ____ノ  /     ノ~ レーr┐
 __ ヽ  ニ  /i、__ノ_  | | ト、
 ::::::::::/::::|ヾー--/ |:::::(_   `八人_レ
 ::::::::/::::::|/〈_〉\ |:::::::|::::::`ー‐---‐
      ロンサン



               __,r-―....ー‐-、
             /:::::〈ヽ::::::::::::::l7:::::ヽ
            _/:::::::::::::::ヽ〉:::::::::/〉::rァ:ヘ
           ./<二>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:
           {::::-:::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::三::/   ¨ ̄ ̄¨ Z:::::::::::::}
          }::::彡::7   __    /::::::::::::::ノ
          {::::::::<  〃ー-、::ー'::r'ニ7::::::::{    このままでは我々の基板である
          ヾ:::::::::{  r=rfテレ'^{:´^…彡::}   貧困層の支持を奪われる可能性があります。
             ¨レV        l:\" /:::j
            ヽ  _    ,_;;r^::∨:::::{    ダントン及び『甘言の徒』であるロベスピエールら
         ,-"⌒`Y´  `}  /  ,、):::::::::::/    公安委員会に対して先にズバッ! と攻撃しましょう!
.      /⌒¨       〉ー :'|::::: {,ィー≠_::::::::/
     〈:::   l.  l   |:::::::::::l>'ー'´ ̄ ノ_:ノ
      }::.. |::::::l   |:::::::::::::::::::::::::::::/
      |:::::: ヽ::::\  l:::::::::::_. -― '´
      ヴァンサン(1767年 - 1794年)
革命前は代訴人の書記。
1792年に陸軍省の局長。ついで任官を担当する書記官長となり、
軍内部のエベール派の影響力の拡大に貢献した。

304 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:34:46 ID:kr9kSW6M

                           /⌒ヽ                 , 、
                   , --、-―‐<     ヽ                 /    ヽ
  よ〜し!            . /    ̄⌒ヽ \.   ヽ             /      j
                 / /  / ァヘ   ヽ V  ヽ           /        /
  こうなったら蜂起だ!  レ{  {、{ | j,ィ}  ', j !   ヽ          /       /
                  V{ ハtト '^f;;ア!  }ハl  __ゝ一 ''´こア′     _/
  やられる前にこっちから   ヽヘ八 v‐、 jリ jく_,,-‐了´ / ̄        ,.-<
                     ヽi.`ー'7くル/〃/   {/   ヽl_, イ   ヽ
  やってやるぜ!      /^}ぅ   厂f7//〈〈/  , イ       }/     }
                 Vツ    Y::{ lQ ヽヽヽ-{       〃r――-, イ

食糧問題を扇動していたエベールは、軍需工場のストを利用して政府に対する蜂起を計画。
目指すは国民公会の転覆と、エベール、ヴァンサン、ロンサンによる三頭政治であった。

305 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:35:15 ID:kr9kSW6M

――1794年3月2日

     ,,,,,,.........、、、、
   ,,(::(:ヾヾ//ノ;;ノ;;;::ヽ,,
   l ;/   ̄ ̄ ̄  ヾヾ、
  l ;l  = 三 =   .|;;;i
  l / ,--―'、 >ー--、 ヽl   エベール派は蜂起を行う準備があります!
  i^| -<・> | | <・>-  b |.
  ||    ̄ | |  ̄   |/
   |   /(oo)ヽ   |    (⌒)
   ヽ ヽ____ノ  /     ノ~ レーr┐
 __ ヽ  ニ  /i、__ノ_  | | ト、
 ::::::::::/::::|ヾー--/ |:::::(_   `八人_レ
 ::::::::/::::::|/〈_〉\ |:::::::|::::::`ー‐---‐

ロンサンはコルドリエ・クラブで蜂起を公言した。

306 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:36:17 ID:kr9kSW6M

――1794年3月4日

               __,r-―....ー‐-、
             /:::::〈ヽ::::::::::::::l7:::::ヽ
            _/:::::::::::::::ヽ〉:::::::::/〉::rァ:ヘ
           ./<二>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:
           {::::-:::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::三::/   ¨ ̄ ̄¨ Z:::::::::::::}
          }::::彡::7   __    /::::::::::::::ノ
          {::::::::<  〃ー-、::ー'::r'ニ7::::::::{   ブリッソーの陰謀よりもはるかに恐るべき陰謀が
          ヾ:::::::::{  r=rfテレ'^{:´^…彡::}   腐敗した分派どもによって計画されています!
             ¨レV        l:\" /:::j
            ヽ  _    ,_;;r^::∨:::::{    私は彼らを告発して断頭台へ送ることを
         ,-"⌒`Y´  `}  /  ,、):::::::::::/   ズバッ! と要求します!
.      /⌒¨       〉ー :'|::::: {,ィー≠_::::::::/
     〈:::   l.  l   |:::::::::::l>'ー'´ ̄ ノ_:ノ
      }::.. |::::::l   |:::::::::::::::::::::::::::::/
      |:::::: ヽ::::\  l:::::::::::_. -― '´



     ,,,,,,.........、、、、
   ,,(::(:ヾヾ//ノ;;ノ;;;::ヽ,,
   l ;/   ̄ ̄ ̄  ヾヾ、   わかりました。
  l ;l  = 三 =   .|;;;i   では、単一にして不可分の共和国を乱す分派どもの
  l / ,--―'、 >ー--、 ヽl   破壊によって、人民がその神聖な諸権利を回復するまで
  i^| -<・> | | <・>-  b |   人権宣言を喪章で覆いましょう!
  ||    ̄ | |  ̄   |/
   |   /(oo)ヽ   |    (⌒)
   ヽ ヽ____ノ  /     ノ~ レーr┐
 __ ヽ  ニ  /i、__ノ_  | | ト、
 ::::::::::/::::|ヾー--/ |:::::(_   `八人_レ
 ::::::::/::::::|/〈_〉\ |:::::::|::::::`ー‐---‐

左派の巣窟となっていたコルドリエ・クラブはロンサンの宣言を承認するだけではなく、
分派――ダントン派への攻撃を決議した。

307 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:37:13 ID:kr9kSW6M

                   i\
                    l::::::\
                l::::::::::::ゝ-‐‐''''''''‐‐-、_
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'‐、. r;
          r-------'::::::::::::::;ィ::;r、:::::::r、:::::::r、::::::゙´L__
           \::::::::::::::::::;/レ' レ' ヽ;;/ \/ ';::::::::::r‐'゙    じゃ、ロンサンと共同で
            \::::::::::/_,,----、     ,,----、';::::::::I     『神聖なる蜂起』を宣言するよ。
             ,‐'゙''、/´       ゙、 /     ゙'、:::;;;i_
      r''‐,  ,,..,, f r'、i        i,'       ゙',,-i ゙r'''''i ,ィ´゙',
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  ii i l   ━━━  ll  ━━━  l l (__ノl ゝ、,イ .,r‐、
    i、  i, i  Li 'i''゙ '、 ゝi        ,ハ        // / l ゙U゙ ィ_/i. /
    f‐'゙ `    l )) ヽ_,,'、-、____,,-t-‘-’t、_.  _,,/_,,/ l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_  \,    '、____,ノ ` ̄ノ:;ニr--、_ ノ      ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   ))) _,>i‐-、______,,,.-ィ<、 レ.(_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄  /:::::::::ゝ`'''i::::i'´:;ノ:::::::::゙'‐,   ヽ,    ノ    / `"
  ((  ゝ、_ィゝ--,ィ´   r'゙::::::::::::::::::`゙''l::::l'´:::::::::::::::::::::ヽ,(( `ゝi''´゙'ーt-´ ノノ
                    カリエ

そしてこの非合法な蜂起に対し、そのテロリスト行為への追求をエベール派の
圧力によって免れていたカリエは、その見返りとして2月23日に同派への協力を行って蜂起に一定の正当性を与えた。

308 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:38:07 ID:kr9kSW6M

. /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/:::i:.:/:::::ヽ: : : : : /: : : : : : : 、
/: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : /::::::V:::::::::::!: : : : /:\.: : : : : |
: : : : : : : : : :!: : : : :ハ: : : : |::::::::::::::::::::::l: : : :/!: : : \: : : : |
: : : : : : : : :!ハ-ー 、|_|: : : : |::::::::::::::::,. -!´: / :l : : : : |: : : : |
: : : : : : : : :| \,: :'!=ヾー- | ー‐≦-‐/:/:::/!: : : : :|: : ハ l\    よっしゃー!
: : : : : : : : :! ,ハ,\|" ` ト,: |:::::::,/    ´ヾy': : : : : :/: : :l | |X 〉
: : : : :\: : : . 《  (:) \l:::::::   (:) /》: : : :/: : :/: | |弋    これで公安委員会なんてぶっ潰して、
\: : : : :\_ \ _,,ノ:::::::::::::::、_  ´~,. /: : : :/|: :/ レ′ ヽ  おじさんたちの天下だぜ!
  \: : : : :\: :|´ `~´'" ,    `゙` ̄,/: : : : :/レ′: :|:| ̄ ̄
   |`ー ー─ 弋 〃, ィ=- ‐=ォァ、∠ .十: : :/ :::|: : : :!:|
   |: : \: : : |: ::ヽ、 ヽ{廴_, ィゾ,.   |: : :/:::::::|: : : :!:|
   |: : : : \: |: : : : \ `` ─''    イ |: :/ ::::::::|: : : :!:|
   |: : : : : : `: :l : : : : :|> ┬::zァ升!| : :|:/  :::::::|: : : :!:|    -‐-、, -‐-、 -‐、
   |: : : : : : : : :i : : : :/ ,  ,  ,   X::l  :::::::::| , -‐-  /    ヽ  ヽ ヽ-‐、
   |: : : : : : : : :i: ::/  /  l  l  l \  :::::::::|/    V    弋   \  \ ヽ  }
   |: : :.,-― ´ ̄             ` ー−{     |    \   \  \ ヽ 〉

309 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:39:05 ID:kr9kSW6M

しかし――

      おいおい・・・       いきなり蜂起とな・・・
       ∧_∧    ∧_∧  ∧_∧   ∧_∧
      ( ´_ゝ`)   (´<_ ` ) ( ´_∧`)_∧(´<_`∧)_∧  食糧問題中に・・・
      /    ヽ ∧_/∧  ∧_∧( ´_ゝ`)  ( ´_ゝ`)
      (  |    |( ´_ゝ`)/( ´_ゝ`)   \∧_∧ \
  ∧_∧ヽ⊃   .| ∧_∧ U   ∧_∧ ..(´<_`  ) | | 悪化させる行動は・・・
 (´<_`  ) |    (´<_` ).| Y ( ´_ゝ`) ./  ⌒i . ∧_∧
 /∧_∧ヽ| .∧_/∧     .| .| /   \|     | |(´<_`  )
 ( ´_ゝ`)   ( ´_ゝ`) ∧_∧ /   / ̄ ̄ ̄ ̄/| |/    \
 /    ヽ  /    ヽ( ´_ゝ`)(__ニつ/  FMV  /..| |____|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \/____/ (u ⊃
                 セクション指導者

310 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:40:06 ID:kr9kSW6M

【審議中】
  腹減った・・・
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ストは法律で禁止されてるし・・・
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ 仕事がなくなったら大変だよ・・・
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'



【結果発表】
パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [拒否]  [拒否]  [拒否]  [拒否]   [拒否]  [拒否]
  ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  ‖,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u

311名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 20:40:31 ID:uvVMOkDA
当たり前と言えば当たり前の反応・・・

312 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:41:12 ID:kr9kSW6M

.  /: : ,ィ: : : : : :.i: : : : .:./ /: /`l: : :l:.:i:.:.:l:l:.i: : : : : : : : : :ハ
 /: : //: : : : : .:l: : : .:./--/:/  l: : :l ヽーl:ト l: : : : : : : : : :.ハ
. i: : / i: .:.:. : : : l:.__..-ム=i:/、``.l‐-l‐' 、l:l l: : :. : : : : : : :.ハ
. l: / l: .:.i:.: : : :.l:.: :`/ rl ト、`ミ. l: :l  ヽl、_l: : .:. : : : : : : :.:.:i
 ll  l.::.:.l.:.:. : :.:l:.:.:.i `==ー l: :l ニ、l:ト、l`丶: : : : : : .:.:.:.:!
  !  l:.:.i i:.:.:. :.:ヽ:.:l.   ll    l: / ヾ\ヽl : :.:.` .: : : : :.:.:.:l
    i:.l ヽ:.:.:.:.:.:.ト:.i   ll  __ 'l/    llー',,l`/:、: .:.: : : .:.:.:.:.l  そんな……
     i| .ト:.:.:.:.:.l ヽl  ll /'‐‐ミi    ll  /イ ̄ .:.:.: : : :.:.:.:.:l
       l:ヽ:.:.:.ト、i} ll '、  ノ   .ll /イ,l:.:.: .:.:.: : :.:.:.:.:.:.l         馬鹿な……
       l :.:i:.:.:/ヽリ l  ` ´     ll// l:.:.:.:.:.: .:.:./:.:.:.:.l
       l: :.:l:./:.:/i\l    ,, ィ '':ll:.` ̄l:.:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:.:/
.      l : :./ イ-l  l`ー ''   /、:.:l:.:.:.:.:.:l:.:.:i:.:.:.:/ l:.:.:./
      l: :/ il l       l } ,ヽ:.:.:.:.:.:l:.:li:.:.:/ l:.:./
      / '   il ノ       l/ /l. \:.:.:.li:.ll:.:.l  l:./
    / l    ll        /// l  /\:ll:.lヽl l:/

セクションへの工作が不十分であったことと、経済状況の更なる
悪化を恐れたブルジョワを含むパリ市民はこれに応じようとしなかった。

313 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:42:17 ID:kr9kSW6M

――1794年3月7日

              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ  こんな状況だ……
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |  蜂起の計画は中止して
           V V \ ヽ \ u      マt7./   ,′ 公安委員会の指導に従ってもらえないかい?
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ ' u /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',




     , -'~ ̄ ̄ ̄~`ー、
     /      ゚ ○ ヽ
    |  = 三 =  oヾ、
   l|.  ,-―'、 >ー--、 l;;l、
   i^| -<○> | | <○>-  b|   エベール派は権力の監視者です!
   .||    ̄ | |  ̄    .|/
    .|    /(oo) ヽ   |    不当な圧力には屈しません!
     | _(⌒)___ノ  /
   /,-r┤~.l ニ  `, /
  (rf .| | ヽ -― '
  .lヽλ_八_ ,, ̄)
   `ー┬‐-ー' ̄

314名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 20:42:46 ID:cwMLSedU
そもそも、魅音が何をしたいのかがよくわからん
金持ちや反革命勢力を皆殺しにした先になにがあるっていうんだ?

315 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:43:07 ID:kr9kSW6M

        _,ヘェュェ=、、 - _
       /く7/ i \\   ヽム
      / `//i :i  i: \>ヽ:  ヘヘ
     /  :i-イ :| |:i  li _i ';  i ', 〉
.    i  :|i |-‐ト i|_ -i´ _` i: i:|/
    .ハ  iハ 斗く    'てハヽ| /:|   だけど、このままじゃ
    i ',  i.ハz:ノ     `ー´ /イハ |   私たちでも庇いきれないわ……
   :i :i Yハゝ  ̄   `  u i ノ |
   :| i .ゝ .ヘ u   ー _´  ./´i  |   最悪の事態にならないうちに……
   | i  i `ーゝ、     .イ:i i   |



           / : : ,, イ: : : : : : : l: : : /     l: : //__ヽ、: : : :i: : :
           /.:.:/  /: : : : : : : :ハ: : :i      l/;/ ´ `、ヾ、: l: :
.          //   /: : : : : : : : :{ ヽ-l 、 __ ノヾ`i:/l/  (::)  i: l/: i: :
          /    i: : : : : : : : :、 i ゝi==ミ  //      l: : /: : :
  うるせー!      l: : : .:.,:. : : : ヽ:、/{` (:)   l/   `ー===''i, イ/: :
  こっちは決死の   l:. : .:./i:.: ヽ: : :ヽi ` __ ノ ' __!.... _      l/: : :
  覚悟なんだよ!   l:.: : :/ l.:. :ヽ: : : \  、 ''´-―‐-:ヽ、  /: : .:.:.__
      __     l:.:.:.:i  i:.:.:.:.:.\: :、:\ ヽ'´:::::::::, --''ヽ': :, - '' 7:.:
   ,, ''::::..   ` 、  l:.:.:.l   l:.:.:.:.:.:.:.`:.、-、ゝ ヽ::r'/´  /;ィ´   /:.:.:
 /:...::::::::: ::..    ` ー.l:.:.l_r―‐、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  、.〈 {   ' .ノ  /-,:.:.:.:
 `丶、::::::::::::    .:   ヽl `ー, iト:.:.:.:ト,、:.:.:.:.\ \ 、ー_彡'  /  iー 、
    丶、:::  .:::::::::::.__    i ll、ヽ:.l(`ヽ、:.:.:.:`丶  ̄  ,, ''    l
      ヽr' ー -- ...二‐_.l ll `´` /` /`丶:.:.:.l `ー '' 、      ヽ./
               ll   リ、_./ /   ヽ:l    /ヽ      /
               l `ー‐'' ノ  /       ,, ''/ .ハ     /

この事態にコローとビヨーによる説得も行われたが、エベールとロンサンはこれを拒否をした。

316 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:44:09 ID:kr9kSW6M

――1794年3月12日、深夜。


       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ  エベールどもは軍需工場の
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ   爆破を計画しようとしているらしい……
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ      このまま奴らを放置しておくには
       〆、_ l  、    、_    ' /        危険な状態と言わざるをえない……。
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´             共和国の分裂を回避するためにも、
              ` ‐- 、             毅然たる処置を取るのだ!
                _ >,



     //    //   / ∧/ ||  |    | ト─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗---イ ||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l   うう……
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、         ごつー'  //ヽ} 〉 l  l l  そうね……
  \/ /  \ \ ∨ ⊂ニう'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l ここにいたっては仕方がないわ……
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧          __       / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ       /´   `ヽ     ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \    \
::::::::::::::::::::/          ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,   \
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _ \
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ::::::: ̄:::::

エベール派に同情的であったコローとビヨーも、公安委員会の統一を重んじ見放さざるをえなかった。

317 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:45:06 ID:kr9kSW6M

――1794年3月13日

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



                                             _, ‐ ´ ̄ ̄`  、
                                           , ´      ― 、.  \
                                          /r  、  、      ` 、  ヽ
                                         /  { !  ヽ  ヽ \     、  、
                                       / l !l ト、   .ト、 .ト、  !    \_\
                                     ー 'ソ/  !l !`、\ 、 |_, >r_ニ、ト ! `i 、<、_ミ
                                       {イl  {l!`  ヽ .>リ,xィiチ} `リ V   !'ヘ´ .! `
               コミテ・ド・プープル               川 l 、Yニ_ュ、  '  ゞ’'´   } ,リミ } .!
 今日、僕はこの場にて『人民委員会』の設立を提案する。    ハゝヽ代リ 〉       / 〃ン/ /
                                         ` `弋 /       ノ ´ r:r' !
 この人民委員会は拘留されている容疑者を丹念に区別し、       、 ヽ ´ _,     '゙ リ! l
                                            ゝ <_, ´       /|!.|
 無実の者は釈放し――                              \ 一   , ィ  __,」}`
                                               \__, イ, ‐ ´  l!
 『過ちを犯した者』は監禁しておき――                          i!/         、
                                                  |{         、
 『公然たる犯罪人』は断頭台に送る役目を担う!                    !!      ,..   ` フ ー-
                                                 ノj  _,..  ´     ,イ
                                             _,.. ‐ ´/ > 、      / |
                                          r ' ´ /  /`     \   ./  .|  /

318 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:46:12 ID:kr9kSW6M

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|     具体的な業務は新しい犯罪者が発見されれば
       / / ハ          、㌣ハ/リ      それに逮捕状を発し、証人への尋問を行い、
       〆、_ l  、    、_    ' /        罪状に関する法律上の証拠を取りまとめる。
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´             その後、革命裁判所に告訴されるべき
              ` ‐- 、             被告リストを作成し、最後の判断を公安委員会がくだす。
                _ >,
           , -‐ ' ̄ |  /

319 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:47:08 ID:kr9kSW6M

        /{ /     l|  ヽ! !    l |  !|  !| l   /   ! ! ∧
     / / 酛_   {     、   !{   !|  リ ,.|  ′  l l/ j/
.     ゙ /  .ヘ「 ̄` == 、__   ヽ  ぃ  リ  ,/ム /  | ノ/ 丿
   { l /     l__   `¨ ===\ヽ-   〃仏八{   |{
  | !Ⅳ     ー==fラ行〒=ミ、ヽ ` \  { 泛ノノ ! ハ{
 ! lハ!      \ 弋:::{jシ          '    ! /j/  `
ぃ ゙、 ゙、        ``==-‐''゙´         '、   lィ丿
ヾ 、 ヽ 丶                         \  |
{ ヽ \\ ヽ                       冫′
.\ \ ゙ヾ -\                  ,.   //   この『公然たる犯罪』によって
  丶 `_ー- 、                     / ,    処刑された者の所有財産が、
 |   l l`ー-ヽ                  ,ソ /     先のヴァントーズ法の適用となる!
l八! ハ{   、 \         ←---‐''゙´  /
l  い { `    ヽ \              -‐ '´/




      ,r=ヽ、 公然たる犯罪! r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)  わかったけど!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  恣意的な運用はなしだぜ!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

この法令は勝手な解釈や国有財産の獲得者を不安がらせるような恐れがあったため、
その運用には厳格な注意が必要であり、3月20日には貧困者に関する事務所を創設し、
各地方自治体との連絡を統一することになった。

320 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:48:10 ID:kr9kSW6M

     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '   さて、これで人間は誰にも従属せずに
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /    生きることが出来るようになるだろうが、
      `|               }               厶イ     ここで僕はこの法律の規定どおり、
        l          ,{              /  `
      ∧         〈 l            /        蜂起を扇動する『公然たる犯罪人』
       { ヘ          `}  ´           イ
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }         についての告発をしようと思う。
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_
     { V        >、       イ   ! /}   ̄   ─-
     j /      / { >--‐ ´  }     !//

321 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:49:09 ID:kr9kSW6M

   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//
.         |   /                /  / //  .イ〃
              く                / // / .!イ    パリ市及び陸軍省に蔓延る犯罪者どもは、
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !    一人前100エキュの食事をして、
          \   __            /  /!   リ    人民の生活を食い物にしている!
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ     そして、その首領である自称愛国者は、
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ    一枚の新聞で年収3万リーヴルも儲けているのだ!
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .



 ざわざわ・・・     な、なんだって・・・!     ざわざわ・・・     俺たちは貧しいのに・・・!

       ざわざわ・・・    デュシェーヌ親父は・・・!   ざわざわ・・・     贅沢三昧・・・!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

※調べましたが、エキュが何リーヴルか不明でしたので、原文のままで上げさせていただきます。

322 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:50:14 ID:kr9kSW6M

                     /: : : : : : : : : :/ : : : / /: : : : : :/: : : : : : : : : : \
                  /: : :/: : : : : : / : : /イ: : :/ : :/: :  : : : : : : : : : : \
                    /: // : : : : / /: : :/´ | /l : !|: :  ヽ : : : : : . : . : .丶、
                 //:〃: : : : :/:〃: :厶_  |/ |: :l: {: : :   ',: : . : : : : .   丶、
              /´/:/: : :/ :/ / |: 厶_ `丶.{  V|八: : :    l: : : : : :  :   \ 、` ‐-、_
                 //: _/ l: : |: :l:/  }'⌒卞辷_ 丶  `  `、: :  |、ヽ: : : ヽ  \   、` ̄ ̄
              /イ: /_j: l: : l : |l  `   |{n`トミ 、\   、: : . }ヘ: l: : : : : `、   ヽ ヽ
               /:/:// ]:|:|ハ :|!    ヘ、!Vし'yヘ\ ヽ   ヽ : / | |: : : : ヽ l :   ぃ l
           /:イ:,′ /|/l: :! !:l       `¬≪_, ` ヽ    }/   |∧:ヽ: : :! | l  | ヽ|
             /´|:!:{ V {!|:| `{                  ,  ,__j_ ヽ|: : :|| }ハ |
              |:小 l  い: :!                  / 斗r≪_`ヽ.!: : :| l |l!′
             |:l:|:∧ヽノ V|                    {、  !{ {_t癶ヽl: : // 〃 }'
             |ハ!: : 廴_, `{                      ノ  ヾニ厶 ン': イ |: :!{
                  |: | : : ∧                '^  /     ∠ イ }:八|
                  |/| : :/ l       、r'_       ´       / |/ ノ'  `
                   l: :/  !        ヾ ̄`  ミ 、        / 丿
              /:〃    、        \   `トン       , '
              ´//    丶       、_ `ー '^´    /
            ト<厶_     ヽ        ` ー       ´  ヽ人_从人__从_从人__从人_人__从人__从人ノ
                ノ     `丶、     \            .  ´   <                         >
          /ヘ、      >-─ ミ 、       ,  ´    <  悪徳に対して――               >
            _丿    丶、  /      {\ー-‐ァ'´       <               ――戦うのだ!  >
       / { ヽ      ∨        l  `ヘ厶_        <                         >
 ̄ ̄` ¬く   ヽ. \   /          |  |  }ヽ\        Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒YWY⌒WY⌒⌒Y⌒WY
       丶   \ ヽ /            !  /  | l  ヽ
           \     /          l ,  |!  `、
           丶  /            |/   | :   l
               `7               {     } l   |

323 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:51:04 ID:kr9kSW6M

――1794年3月13日深夜。
――パリ市庁舎

        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      >   /ごノ     >   /ごノ      >   /ごノ     >   /ごノ   ダダダッ!
  __,∠     /    __,∠     /      __,∠     /      __,∠     /      ダダダッ!!
 〈、    / 彡   〈、    / 彡   〈、    / 彡   〈、    / 彡    ダダダッ!!!
  \、__ノ  彡     \、__ノ  彡     \、__ノ  彡     \、__ノ  彡      ダダダッ!!!!

324 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:52:09 ID:kr9kSW6M

  / /i   : : : : : :i: : l   l: : : ハ::: : ::;: : : : : : : :ヽ::::l::: : : : : l
  // l: : : : : : : :l: : ト、: :l   l: : / ';:::::::::ハ:: : : : : : : :i:::l::: : : : : l
 〃 l: : : : : : : : '; : :l i :l u  l: ナニl ̄/`l::::: : : :::::: : lノ:: : : : : l
 / l: : : : : : : : : ヽ:キ三:| _   |/ ,r"|フ`o l::i:::: :::::::::: : l:::: : : : : l
   l: : : : : : : : : :ヾ<./''ハ9      lノ、;;ツレ::::::::::::::::: : l:::: : : : : l   ――な、なんだ!?
   l: : ハ::: :: ::\::::ヽ`弋。j     -`=/:::/::::::::/l l::::: : : : : :l
    '; l i:: ::::::::::::\ヽ`:::´ ,    :::::::://l:::::::::::/:::::l::::: : : : : l  外が騒がしいよ!
    ';l ヽ::::lヽ::::::::`ミ` u   ー‐   〃 イ::::::://:::::::::::: : : : : :l
     l  ヽ:l. ヽ、:::::::l` - 、     , / l:::::::://::::::::::::: : : : : :l
        ヽ  !:::::::l   ` ー ヽ   l:::::〃`ヽ::::::::::: : : : : l
            l:::::l     / ̄)   l::::/   ヽ::::::: : : : : :|

325 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:53:07 ID:kr9kSW6M

   \      \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,,--┐  | /  _,,,...---
      || ̄ /lー|、-/l \┌'' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、    |ィ-ァ | | 「 ̄  |
      ||  /,'  | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|  //  | | |    |
      || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /     //.|   | | |    |
―--,,,,,__.||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |        //  |   | | |    |
___ ||| /| | 'l |     | | |        /'''~____,,,...|  .| | |_,,,,,--|--''''
====┐ |||/ | | ||     | | |    ,,,,,,,―'''''''''''´    |  | | |     |
   ||  ||/ | | '! _,,,,,,,,,---''''''''''''´ ̄   ―――――|  | | |     |
   ||  || __,,,,-i''''´    _,,,,,,,,----''''''''''''´ ̄ ̄ ̄ ̄\|  | | |     |
――||―||ξ  ,Lィ-'''''´ ̄ | | |               | ―|ー| |-,,,,,__  |_,,,,
   ||  ||  ̄"´       | | |               |  | | |--''''' ̄|'''''--
   ||  ||  | |       | | |               |  | | |‐-,,,,____|
   ||  ロ(()==|       | | |             \|  | | |     |`''--
   ||  ||  | |     / | | |               |\ | | |     |
   ||  ||  | |/  /   | | |             \|  |\ |,,,,...--- |----
   ||  ||  |/  /    | | |               |\ |  \  ___|,,,,,,,,,,
====┘ ||/| |//    |__|__|,,,,,,,........-----―――''''''''''' ̄' ̄ ̄ ̄
_,,,,,,,,,,,,,,--―''''''''''  ̄ ̄ ̄



         / \     /\
         /  .\.,.,..,,,/  ヽ
        /           丶    悪徳と戦え!
        :'     ____      ヽ
       :'  >  | .|  <  ・ i  犯罪者デュシェーヌ親父!
       i      / |      I
        ':     /ー┤     ’ |   貴様を逮捕するゴラァ!
        `:、            ノ

326 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:54:03 ID:kr9kSW6M

  ..へ  ト、   、   i、  i   ヽ: : : . \: : : : : : : : : : : : : : :
  i::::::::ヽi::ハ   ト、  |_ヽ |   : ヽ : : \ \: : : : : : : : : : : : :
  i::::::::::::ムハ.  | V |_ヽ|__: ハ\ ̄ ヽ ヽ、 -――-、: :
  |::;r'"´   V  |〃メ | ̄`゙|ヽ厂: . |  \ ヽi \     \
  'l' U     V |i!〃リtgッ |   : :l: |,    \ `  ヽ
  i     , 、l_|ノ'     ̄ l ノィ:|: !}、    ハ    ヽ‐ 、     た、逮捕――!?
\ニ、三ミ一'ノ`l |   -==イ彡': : | リ \   i   ー- 、i
〃\'、__ `   | l       / / : : 爪:i   ヽ  |      `¨   お、おじさんが何をしたって言うんだ!
{   fgツ  ,ィ i/ ヽ .へ/, 'l . : / | ヽ 、 i |  |
\   _/  / ,r‐'彡'^/メ | : :' ハ   `ヽ|_/> 、        しょ、証拠を見せろ、証拠を!
、_   ̄     「_/  ノ ヾl :l ∧      \   \
 、\ U    i!{ {     }ハ :|' /        ヽ   .\
  \ > .    ゝニニニ彡' /リ/           ハ /  |

327 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:55:29 ID:kr9kSW6M

        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\
    /  ヽ______/  /
   く               /
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(            エベ〜ル、公然たる犯罪者である貴様には
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |            共和国転覆の陰謀のほか、許されざる罪があるぞ!
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く      貴様は善良なパリ市民から卑劣にもシャツを盗んだ!
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ     その訴えが保安委員会にもあがっているし、
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |     被害者も目撃者もちゃんといるから観念するんだな!
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |

328 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:56:24 ID:kr9kSW6M

      /                 l.l    /    l  .l l      l l    ./ l
.     /   /             .l l    /    l  .l l     | l .l.l    /  l    l
    /   /              .l l   l     l  l レ  / | ゝl.メj    /   l    .l
.    l   /    .l          l l   l_,===キ=ll"l  /´,,,,\.l l .l゙゙'==メ、,,,,  l   l
.   l   イ.i    l          l ._レ―ナ  ___l l l十     l.lーl  ./  ~゙゙=l、,,, .l.l
   l   /l .l    .l         .-ナ~ .l--l-ニニ―--ナ l.l l     .ll .lナ /,,,--、_  .l ''''ナ
   /  / l .l     l          .l  レナ彡''' ̄ ̄~'''lミl l l     l  l彡/'''~ ゙̄'''ヾミl  l l
  /  / l {    l.l          .レ彡.l l   ,,,,、   l l .l.l       .l ./   __   .lヾメ、l
  l  / .l l    .l l        /レ  リ  .イ.ll }   リl ll       l /   /iiヽ  l .l.ヽl   シャツの……
.  l  /  l l   . l .l     i   \〈      ゝ."   ノ l       .レ   .ゝノ   リ .l
  l ./   l l    .l .l      ',   `l          ノ         ヽ          l   窃盗……
. l /   l ',   .l l      .',    lヽ       ,/ 彡       =ミ_ヽ、        l
 l l    .l l',   l  l      .',   l ミミ゙ー-―"               `‐----- " l
 l .l    l l l   .l  .',      ヽ   l                l           -‐´l
 l/    .l l .l   l  ',      ヽ  l                             l
 l     l l l  l   ',      lヽ  .l                            l
 l     l l  l  .l   ',      l.ヽ  lヽ          .r-==―-、          l
 |     .l l  l .l    .l      l .ヽ l ヽ       く`" ̄ ̄ `┘) ,       /
      l l  .l l    .l      l ', .l  ヽ                     / .l  ./
      l l   l l     l     .l  ', l   l`ヽ                 ,,/  l  /
      l l   .l .l     .l      l  ', l   l  .`l`ヽ          _,,,,-'"~    l  /
      l .l   l. l     l      l  l l  .l   l  ` ヽ、   _,,,-‐" l      l  /l
      l l    l l      l      l  l .l  l   .l     ''''''~     l      l /

エベールの逮捕容疑は共和国転覆の陰謀と、貧困時代に市民からシャツなどを盗んだ窃盗罪であった。
こうして13日の深夜から〜14日の早朝にかけて、エベールのほか、指導者であるヴァンサン、
ロンサン、モモロらは「市民を腐敗させる計画」を持っているという理由で逮捕された。

329 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:57:07 ID:kr9kSW6M

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|  思想を超えておまえは一体何度――
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ   我々の前に立ちはだかってくるというのだ!!
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \   ロベスピエール!!!
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

エベール派と連座し、外国人の陰謀の容疑でクローツら亡命外国人も逮捕された。


だが、この左派へ振り下ろされた刃は、すぐさまその矛先を右派にも振り下ろされることになる。

330 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:58:17 ID:kr9kSW6M

――1794年3月16日

                   ________
                      | ジャコバン・クラブ|
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ∧
                   <⌒>
                     /⌒\
      _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ



                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ   我々の敵は、商工業を破壊することによって
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    卑劣にも人民を飢えさせようと狙ったのだ!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽ.  `r'- 、   .|::ト`、
                ヾヽヘ.   |';二::!  入',   もはや、不必要な経済統制体制は不要だ!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj    今後、我々は商品流通の正常化に努め、
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、    経済状態を元に戻さなければならないのだ!
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

エベール派の過剰な経済統制を緩和させブルジョワの支持を取り付ける一方――

331 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 20:59:08 ID:kr9kSW6M

       /::::i::::::::::!::::::::::::\::::::ヽ、::::ヽ::ヽ、:::\:::::::::ヽ.
      /:::l:::::::l::::::::::ト、:::::::::::::ヽ、:::::::iヽ::::::!:::::i::::、:::ヽ、::::::i
      /:::::ト、::::ヽ:::::::ヾヽ:::::::::::::::ヽ::::l:::ヽ::::l:::::!:::::i::::::ヽ:::::::l、
      i::l:::::l:::ヽ:::::\:::::::ヾヽ:::::::::::::::!::i::::::::!:::i::::l::::::l::::::::ヽ:::::l!
     l::::l:::::ト、:::\::::::ヽ、:::\ヽ、:::::::i::!:::、::::l::::!:::i::::::|、::::::::!::::ト、
     !::::l:::::i:::ヽ:::::ヽ、::::\ヽ::\`ヽl:i、::::ヽ::!:::i:::l::::::l::!::::::::i::::l`ヽ
     l:::::i:ト、ヽ:::\::::、\::::::ヽ、::::ヽ::li、:ヽ::::i:l:::l::::ト、::!::l、::::::l::::I   そして……次なる危機……
      !:::::l::i::ヽ:ヽ、:\:::、:ヽ、:::ヽ::丶、::\ヽi:l:::i:::il::iヽ:l:::!:::::l::::l
    /!::::i:::l:::::\:ヽ、:ヽ:ヽ:::\::::::ト、:,.‐'"_,.ィ、!l::l:::l:i::l:::!i:::ト、::i::::l   そう……。
   ノ!l:::::l:::::!::::::卜、:ヽ:::\:ヽ::::ヾ::く_,.r'少'ヽi!i:l::i::l::i:::il::::i:::!::l:::I
     !::::i:::::l:::::::::i-‐ヽ::ヾ、ヽ、ヽ:::!゙ヽ´    li !:l::i::l:::l!::::l::::i::l::l   最大の危機は……
       i::::l::::ヽ:::::ヽ辷エメ、\ ヾ`ヾ、 ゙ヽ   !l::i:::l::::ハ::::i::::l:::i::!
      l::ハ:::::、:ヽ:\        ヽ   u  i::!l:::::/r'!::::l:::i::l::I  愛国者を陰謀者に近づけさせることだろう……
      リ i:::::\ヽ、ゝ               !l i::::!l |:::li:::l::i::l
      ノ  !::::::lヾ.ヽ U   、  -       i  !:リ リノ!ハ:::l::i
          l:i::::! i\    `       U   iノ  ソ i! j-┴-‐‐‐‐--、
           l!i::l  !:::|ヽ、   -‐'二 ̄    ,/-‐'´ ̄          `!
           !l   i::i  !\、        ,.イ               l_
             l!  iハ! iノ  ヽ、     ,.ィ | iヘ        _,.-‐‐''´ ̄  ̄=‐‐‐-- 、_
                   `>┬‐''   l i  !      /             ,.-‐'`ヽ、
              r‐‐‐''´ ̄  ヘ    | !  l    / /    /      _,.-'"     `i
                 lr‐、       !    l   ヽ、 / /    /     /          l




ざわ・・・      愛国者・・・?             ざわ・・・      陰謀者・・・?
      ざわ・・・         もしかしたら・・・        ざわ・・・      ダントンさん・・・

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧   ∧,,∧   ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■ (■ω■)(■ω■)(■ω■)■ω■)■ω■)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■ (■ω■)(■ω■) ■ω■)■ω■)(■ω■)
 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(■ω■ (■ω■)(■ω■) ■ω■)■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■)(■ω■ )

ざわ・・・      良い人だよ・・・     ざわ・・・          でも・・・
     ざわ・・・        その取り巻きは・・・     ざわ・・・    腐敗しているよな・・・

――腐敗したダントン派議員への攻撃を示唆した。

332 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:00:12 ID:kr9kSW6M

――1794年3月17日

        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\
    /  ヽ______/  /
   く               /
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |            エロー・ド・セシェル!
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く      貴様は亡命貴族の助命をし、外国人と手を組んで、
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /     王党派の陰謀に加担した罪で逮捕する!
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |



              _,,.-;;;;;;;;;;-、_
           ___,.|;!!!'、`'-、!!!!!!!!\
              i ,ヾヾ!;!!!!!!!'、ヽヾ!!!!!<''ヽ
           i i||ヾ!;!!!!!!!!!! ,、 ゙ヽ.!!!゙ヽ.____, ....-、,.-、_ _ _ , ...... _ __
           .| i|||i    __ | ! ! i ,.ヽi、::ヽ::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 なに――!?   | 从.L...ヽ<・ )i i /6.ノ.! i、::::\:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::i
            |! ヽヾ┤ `´i |/ `´`i !、::::::::>::::::::::!:::::::::::::::::::::::::/!::::::::::::::::::::::::::i
 逮捕だと!?    /゙└ ' __......、 //!./ !ー<.;;;:::::::::::!:::::::::::::::::::::゙:::i::::::::::::::::::::::::::|
           _/:::::::::`ヾニ ̄/´ i iノ  !i:::::::::::゙゙',:::::ヽ::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::!
          ,-::::i::::::::::::::::::i::`- ''´i i i i`i  !|!::::::::::::i::::::::`、::::::::::::::::;;::!::::::::::::::::::::::::i
        /:::::::::!:::::::::::::::::::`!:゙|i  i ! .i `ヽ !||!::::::::::!:::::::::::`-,-'! ̄ i::::::::::::::::::::::::::|
        /:::::::::::|::::::::::::::::::/:::i|||i    i `、`,|||!:::::::::|:::::::::::/:::::|   !::::::::::::::::::::::::::i
       /::::::::::::::i:::::::::::::::::゙、::::i|||    i ,.、_i !i|||!::::::::!:::::::::::::::::::::!   |::::::::::::::::::::::::::i
       /::::::::::::::::`,:::::::::::::::::i::::::|||,i´`、_,!  '-゙.!||!:::::::!::::::::::::::::::::i   !:::::::::::::;;;;;;、-┘
      丿::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::゙,:::|||'-´〜、 ,、´;'-'||i::::::|::::::::::::::::::::::!  `T, ̄ , .-┘
     / --、__:::::. . - 、_::::::::::::!:::!||、,-、_ i !゙|||||||||i::::::!::::::::::::::::::::::゙、  / ̄   !
    ./:::::::::::::::::::゙/____,!-、:::゙.,::i||||||||||||||||||||||||||!::::i::::::::::::::::::::::::゙、 !      i
   /::::::::::::::::::::::: !( ___,.i .!::::::゙.,:!||||||||||||||O||||||||!:::!::::::::::::::::::::::::::ヽ! i  i  ! .! i
   |:::::::::::::::::::::::: i)     ,i_/ \::::::i:i|||||||||||||||||||||||||!;;! - ─ ' ' ' '  `  ̄  ̄
   ヽ:::::::::::::::::::::::i ヽ = '-´- ' ` ´  ̄   ̄ ̄

王党派の女性をかくまっているとされていた公安委員でもあるエローが
同容疑をかけられていたダントン派の議員のシモンとともに逮捕された。

333 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:01:07 ID:kr9kSW6M

――1794年3月18日

        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\
    /  ヽ______/  /
   く               /
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |            インド会社事件の犯罪者ども!
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く      貴様らを公金横領の罪で逮捕する!
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |



     //;;;;;;、;;,、;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;; ;;ヽ
    /"ソ;;;;i;;;:!゛'ヾ''';;:l''ト'''';;;;'`i;;;;;i'''' ''l;;;;;;;ヽ
   /;;,イ.,,,,ノ,,.!   ヽ .!、.iヽ、__!、...i、,,,;,!;;,:::;;;I
   /;;/1;;;/ハ;;iヽ、.  ヾ;!ヽiへ ;;;iヾ;;トヾ;;ト;!;;;;;;!
   !;/ i;:;イi"!;li  o'ー`'リ~”o  VヽV'n`' ハ;;;;;;;I    私が逮捕!?
   ` |;/レ nノヽ=-、  , - =≦-く、/` ノ;i;;;;;;;l,
    ~ ' .! i  ̄ ト-i      l 、 r "!,;;;;i.;;;;;;;i、
       ヽヽ   ノ ヽ、___ノ!Jハ1;;;`、;;;!,;;;;"i
        ``ハ"、 、_-_-っ  /ノ"i`;;;;‘;;;;;!;;;;;;l
         l;;;;;;;;;ゝ=---ー "/;i;;;ソ--、i_::;;i;;;;;!,
         ,-ー;;;;;|`i;;;T〜i~i;;';;!;;;ソ;;;;;;;;;,,,,,,ヾ,,,,,,i

18日、インド会社清算の不正に関わったファーブル、シャボなどの議員と外国人政商が逮捕された。
逮捕は事後承認となったが、インド会社事件の汚職の疑いと説明され、議会もこれを認めた。

334 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:02:05 ID:kr9kSW6M

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ    ふ、不当な弾圧です……!
                .|:::::/      u  |::::|
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|     我々、庶民に対する権力の行使です!
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. L
                 ゝ.ヘ u        /ィ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !
           |   |     _>  .|.    .|   <_      /  !

なお、その朝にはエベール派残党としてショーメットも逮捕される。
これは明らかに一方への弾圧を回避する目論見を隠す意図が込められていた。

335 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:03:21 ID:kr9kSW6M

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  インド会社事件関係者の逮捕に関しては、
 iミ}ミ{━ ━ミ!  〜日逮捕されるという記述が多いため、
 iミ}ミ{U ー ミ!   これ以前の逮捕は牢獄には入れられておらず、
 }ミ{足_〒)ヽ    一時逮捕か、取調べという意味と解釈しました。
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

336 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:04:21 ID:kr9kSW6M

――1794年3月21日
コンシェルジュリー革命裁判所


               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
               ┃                ┃     ∧∧__
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||
 ヽ_⊃⊃/    /      ._____        \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /      //|:::::::::::::::|\\       \    \ _ノ
     .| ̄ ̄ ̄~|        ‖.| .|:::::::::::::::|. | ||        | ̄ ̄ ̄~|┃
                   ‖.|/     \| ||

3月21日にエベール派は裁判にかけられ、民衆運動への弾圧と言う印象を回避するため、
プロリー、ペレイラ、クローツら外国人亡命者と共同で審理にかけられた。

エベールに対する罪はシャツの窃盗の他、ダントンへの中傷……
……そして残酷にも告げられたでっちあげの罪を宣告される。

337名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:05:31 ID:hhj2CzH.
もうメチャクチャになってきたな…
内部分裂もいいところだ

338 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:06:23 ID:kr9kSW6M

:::::::/::::::/:::::::/:/:::∧:::}
::::/:::/-‐\/::::/ //:く
/:::://弋_。ュi\∧ ィ。フ l    エベール!
::::/::i i  / /:::ヽ  ゙ |
/:::/i i ,  (。  。)  |   ロンサン!!
:::::{ i /   `~´    |
::::::i  l r´`‐‐--‐‐´ヽ|   ヴァンサン!!!
:::::::i  l/ レ‐‐"´`゙゙‐‐、}:|
::::::::i  i::::::;---、_,--、:::::|   モモロらは王党派である!!!!
::::::::::i  irュ{      }rュ|
:::::::::::}  i.ュヽ     / ソ.l   王党派に奉仕するために
::::::::::l i 丶ヽヽ---' // ノ
:::::::::l i i ヽ、 ̄ ̄ ノ ヽ   彼らは民衆を扇動したのだ!!!!!
::::::丿 i ヽ  ニニニ  / |
:::::{  i、i`ヽ、__,.ノ:::::ノ
:::::::i   \  ,;;;;;;;;;;:::'/〈
 フーキエ・タンヴィル



  ./  /    .|    |: : : : :.|   : ハ     : : : :ハ_-|= "   |    ト  | :.| : :
 /  /     .|  |  |: : : : :| :  : /: | |   -= ":/: :| ハ :    /    :ム | :| : : :
../  :イ     .|  :|  .|: : : : :| :  : /: .|ハ   : / : /  :|_L| :   /  :   |: | |/ : : :
/- イ. . . . . . . . .|. . . |  |: : : |リ  :/ :  |ハ   :/ : レ ":|/ :| :  /  |:  √|: | : : : :
--/.|--- ー ゛ |  : | | | :  : ハ :/ :  || :|  レイ-_.==|==ヒ 、_/   |:  | :ハ | : : : :
 / |     :  |  : | |ヽ:  :| |: | :.  /-|  ̄キイ/    .| \ァ:   .|:  /ノ | | : : : :
./ |     : :  .|  : | :|ヽ.  : |_レ ./ |  / /ィ"  r= 、 | : /|: :  .|::  | イ | : :/:   王党派……!
.| .|  |   : :|  |  : :| ハヽ - ニ|ニ /  | イ /|": :  ヾ=.ハ| /:| : :   |:  |イ| / : :/|:
.| .|  :|  : :| :  ヽ  : :ハイ:ヽ_ニ=|=ミ_ ./ ハ/ |  : .  ゛~"/ レ :  :  |:: ./ :.|/  : /|:    ド左翼のあたしが……
.|  | : |  : : | :  ヽ : : :ハ:Vハ  ヽ ゛/ : | .| . : ir.--/=フ:/ : : : .|: / :./  : /|:
.、 | : |  : : ハ :  ヽ : : :.ハ:||  rニヽ "   | ヽ   i ー" .| | :  : : | / :/   / :|:     王党派……!
   .| :ハ : : ハ : :  ヽ : | :\: . ヾ-'  _, ,,      i    | | : : : : |/ :./   イ_/: :
   | : ハ : : | ヽ :  : ヽ : | \\ト-ー"ノ      i    | | : : : : :N : /  : / |/: : :
   ヽ :| ヽ : :| ヽ : : : : \ヽ|: :ト:      : 丶 、−っ   |リ : : : : / : /  :/_.イ: : :
    .ヽヽ ヽ :.|  ヽ : : : : : : \| | :\: : : : : : : : : :  ̄ ヽ、 | | : : : /_..ィ : / : :|: : :
    .ヽヽ ヽヽ  ヽ : : : : : : : | | : : :\: : : : : : : : : : : : : : ルイ : : / : :/ :/ : : :|: : :
     ヽヽ ヽヽ  ヽ : : : : : : |リ : : : : | ゛'''''''  ――― <_:| : :/ : :|  / : : : :|: : :
      ヽ、  \  ハ : : : : : :|  : : : ム- "  : : : : : \ : : : :: | :ト : ::| / : : : : :|: : :
       \   / .| : : : : :|  /      : : : : : ヽ : : : :|/ : ̄:| /- - - イ : : :

あらゆる階層から恨みを買っていたエベール派には反論の機会をほとんど与えられず、
3月24日、外国人陰謀事件の首謀者の名目で連座した18人とともに死刑を宣告された。

339 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:07:08 ID:kr9kSW6M

――1794年3月24日、午後3時。


                  /  .::::/    |   :::::ト\    :::|                  ::::::\
                 /  ::::/     |   :::::|  ヽ    ::::|:::        ::      :   :::::::::
                 /  :::::/     |   :::|   ヽ   :::|:::::::       :::      :::   ::::::::
                /  :::::/|     :::|   ::::|   ヽ   :::| \::      ::::       ::::  ::::::::
                |  ::::/ |     :::::|   :::|、   、 :::::|  \::  :   ::::       :::::: :::::::
                | :::/ |     ::::::、  ::::ハ    | ::::|_....-- \  ::   ::::::      ::::l:::: ::::::
                | :::/ |    :::::::::ヘ  ::::|:ヽ _ __..| ::::/     ヽ :::  ::::::::      ::::::l::::::::::
                | ::/   |     ::::::::l ヽ : :::| ハヽ  |:::/      ヽ ::::   :::::::::      :::::l::::::::::
                | ::|   |   :  :::::::::, ヽ ::::l.::::::::::.. ソ_/    __.=::::|  ::::l:::::     ::::::::l::::::::
                | :|   |   :: ::::::::ハ  ト.:::::l:::::::::>、\  /=つ  |:::|::::/l:::::     :::::::::l::::::::
                ヽ|    ヽ  :: :::::::ハ  :::..:ヽ::/ ̄\  /::::/  o  l:l|::/ |::::     ::::::::::l|:::::::
                 ト   ヽ  ::::::::::::l 」_./ヘ:ゝ 」  \ >/し   l/|::/  |:::     :::::::::::l l::::/
                     丶  :::::::::::l /   ヽ  ハ  lヽ、     / //    |:::    :::::::::::| l:::/
                      \ :::::::::/  ヘ  lヽ  l ヽ |' )      /     |:::   :::::::::::l ソ
                       \ ::::/ _へ  l丶 | ヽu_/      '        |:::   ::::::::::/ '
  死ぬほど辛いのは、          \ /     >' ヽ._l / /        /^ヽ     |:::  ::::::::::/
                          y      /    __⌒. ..ヽ__ノ、/      |:::  ::::::::::∧___..--
  共和国が滅んでしまうことだよ!     | ヽ____.....ノヽ__.../ヽ::::::::::::::::::::::| ヽ_       |::: ::::::::∠彳l
                          |       /    ヽ::::::::::::::::::::|   ヽ     |:::::::::::::<| | |
                          |      |      ヽ:::::::::::::::::|     \__/|:::::::::/ ̄| |.:::|
                         |      |       ヽ::::::::::::|         |:::::::/  .:::l |::::l-
                         |      |       ヽ:::::::::|          |::::イ  ::/ | |::::::::

処刑場へと連れていかれる馬車の中、エベールはそう嘆き、ロンサンが「違う、共和国は不滅だ!」と叫んだ。
――立派だった! 政治を食い物にしていただけではない気骨があった! 後は潔く死ぬだけだった……!

340名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:08:01 ID:cwMLSedU
でも一番怖いのは、「こういうやつらを罰するためなら、こういう手段を止むを得ないよね」
って周りが思っちゃうことだと思う

341 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:08:08 ID:kr9kSW6M

――革命広場。


                _
              //.|
             //./|
           //./| |
          //./ /|. |
        //./|/::/| |
        □/ / // | |.
        | |/.;;;;//.  | ||.
        | | ;;;;;;//   | |||
        | |.;;;//    | |.||
        | |//..    | | ||.
        | |/.     | |. ||
 ______.| |___//| ||________
        | |   // .|. ̄        . /.|
..        | |  //   .|          //|
        | |//(  )/        // ..|
        | |/   . /     .   //   |
        | |    /         //   /.
        | |  /         //   /
        | |/         //   /.
        ~~         //   /
.                //   /
.               //   /



       / /   .::  .:λ .:Y゙ヽ|:. .::.  、,, \
       / /  . .:::,|: .::/: l:.::|   |:::.:/:::  ヽヽ |
      / /  :::.::::liト=チ-‐l::l. ,/::/l::::: .::. ヽヽ|
      l  l .::: ::::<l|≡6ミ.V /フ'ート:::.:::::. .:l:: l
      l  l :::::.::::::::::|'|;;;;;i|    イ≡6>'i、ノ::::: ::|   パリ市民のみんな……
     l  .l :/l::::::ヘ:::l゙ニ'゙゛     l;;;;;i'ノ:::::::::.:: |
     |  | /::l::::::::|以_,) ヘ _  ゙''゙y'゙::,、ィ::::::/    デュシェーヌおじさんは
     |  :|l::::ヘ:::::::ト、: ` |_____]   /゙''/::;;::::::/    立派に死ぬよ……
.     |  :.l:::::.ヘ:|:::|:::゙ャ、,    ィ'゙:::::::/ l/
      |  ::::::::::::.゙ヾ|;iii|iiiili;;<,゙,,,/::::/
.      !  :::::::::::::::ヘl||||||||||!'" l::/ヽ
       ヘ, :::::::::::::dll||||||l!゙   |/   )

342 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:11:06 ID:kr9kSW6M

    /      ┏ ))))                        ┃ ■■
   /      / ┃キ ┃                  | ヽヽ  ┃\
  /    / /┃ タ ┃          i 、、  | ヽヽ  |\    ┃  \
 / /  \ \┃┃ ┃__∧  ド ド  |ヽ   |\    |     ┃
/ /     \ ┃┃ ┃゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
/ /      ヽ┃┃ ┃  ⌒\
/         ┃┃ ┃/ /
          /┗ (((┛ / <キタ━━━━━━
         /  / ̄ \     キタ━━━━━━ !!!!!
―      /  ん、  \ \
――    (__ (   >  )
   ⌒ヽ   ’ ・`し' / /
     人, ’ ’, ( ̄ /
   Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
            \_つ


       / /   .::  .:λ .:Y゙ヽ|:. .::.  、,, \
       / /  . .:::,|: .::/: l:.::|   |:::.:/:::  ヽヽ |
      / /  :::.::::liト=チ-‐l::l. ,/::/l::::: .::. ヽヽ|
      l  l .::: ::::<l|≡6ミ.V /フ'ート:::.:::::. .:l:: l
      l  l :::::.::::::::::|'|;;;;;i|    イ≡6>'i、ノ::::: ::|  え――?
     l  .l :/l::::::ヘ:::l゙ニ'゙゛     l;;;;;i'ノ:::::::::.:: |
     |  | /::l::::::::|以_,) ヘ _  ゙''゙y'゙::,、ィ::::::/
     |  :|l::::ヘ:::::::ト、: ` |_____]  u /゙''/::;;::::::/
.     |  :.l:::::.ヘ:|:::|:::゙ャ、,    ィ'゙:::::::/ l/
      |  ::::::::::::.゙ヾ|;iii|iiiili;;<,゙,,,/::::/
.      !  :::::::::::::::ヘl||||||||||!'" l::/ヽ
       ヘ, :::::::::::::dll||||||l!゙   |/   )

343 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:11:29 ID:kr9kSW6M

         |:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|
          |_____________,l_|
        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::|
        /_,, --―――‐t―――----┴-{
        /三ミミ三三三三三     r―、  rミ、
       ,'三ミミ三三三三三彡'   ` ̄   ヾ'I   見るでおじゃる!
      ,'三ミミ三三三三シ´  _,. - 、 :   _ l、
      ,'ミミ.r==、三三三ミ  .:.:.:.:ィ'ら"i、.:. :,らッ'  デュシェーヌ親父が処刑されるでおじゃる!
      l三{/ノ入 \三三ミ  .:.:.:.:.``=゙^ .:  'iー{
      ',三!l fラ人 ヾ三ミ            ', ゙',  プゲラwwwww
      ヾ:tヽんぅ  ',三シ         ,r __  ) !
       丶丶二,ノ l三'゙    /  ,. `´ 'ーイ,'       ,r‐- 、
        ヾミ   ',三 ,'  ,:'´ト、    _,,__,/      ,、<_ー 、   ',_
         l三   `'" /   ト、二二,ーアノ/      |   `´ ィ  ヽ、
        ,l^`'    .:.:.:.:l ,' ,. h、:.:゙':.:.lf´,' /       ヽ、_ ノ:.:    `' 、
       /7   .:' ,::' .:.:.:.:; :;  :, ヾゞzェソ ;/        / .|:.:.:.:.:.:.:       |
       ∧',  ,'   ,. - 、   丶 、_`'一' /.         /  | :.:.:   /    l l
   __/:::ヽヽ、  .::.::.::.::丶、     ゙゙゙゙ /       /   |     {    |  ヽ
  rf   (::::::::\\   .::.::.::.::.::`'.: ,-、--―くr-、      ヽ    /   ヽ  `} 〉j
-‐(丶、_ `丶、::::,ゝ \____/ /:::::::::::ノ ノー-- 、  "lヽ/    /:. ̄´ /ノ
                                  l/ ,   、イ:.:.::./  /
                                  人 | ンヽ二ニ´-─ ''

344 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:12:06 ID:kr9kSW6M

               ,..-──- 、
               /. : : : : : : : : : : :\
             /.: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',   おいおい!
            {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}
            {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   せっかく高い金払って特等席を買ったんだから、
.             { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!    さっさと処刑を始めようぜ!
             ヾ: : : i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
              .ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
              __ィrlニ` ー一'´二 |二=、
            〃ヽ、_=--,-|_ :::::::: !:::|  ! ヽヽ
            / |::| .|::,i":::::::``)l/|| .|:::::: !|
            ヽ_|__L,-| lア丁 ̄了`ー=ニ' |'/
             "「/  _ ヽ_/  _ \|
                 |'  ./  ヽ    /  !  |
                 |  !   .i   l゙   |  l
             |  |   |  |   |  !
              |  !   !  |   .|  l
            ,-イ__!ニコ |___|lニニ|__|、
      _,---‐''"~   ~卜Г   ||    | 厂 ヽ
    /             l, .l    .| .|    .| .|   .\
    !     l      ! .l,    !|    ! ,|     \
    `〃‐‐=、_j-----_、 ! .|,-===| .|'===_j.|       \
     .ヾ" _, ┤     <二二二二二二._二-、       >
      .ヾ ._ィ-ヽ      ! |      .| | | |\ _,-‐''了ヽ、
       ヽ, -' ヽ     | |       .| | | |. \ィ'´ / _ヽ       ィ=-‐- 、
         V'" ヽ    .! L______| |/:::|   \/ /ヽ     //;;;;;;;;;;;;;;;!
         ∨" ヽ、  .| l----------┤ |/ |    ヽ/ / ヽ    | !;;;;;;;;;;;;;;;;!
          乂 ヽ::l,  .| !        | | .| |      ヽ./  ヽ  ノ:/;;;;;;;;;;;;;;;,'
        _ノ !Xゝ:::::ヽ ! .l         .| | .| |       Y".,i'"'''‐"::/;;;;;;;;;;;;;;/
  ,イ'⌒`"'''‐:::::::| !:::::::::::::l| .l         .| | | |       \/:::::::::::,i';;;;;;;;;/
  卜---==-----|=ー''"´_Lノ         .|__| |__|         ヽ、:::: /;;;;;;;;,'
  └‐ー―‐―‐‐──''´                          `イ;;;;;;/
                                          ̄

345 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:13:09 ID:kr9kSW6M

   ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   /.::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ./.::: |  仏     .ブリオッシュ     名 |
 /.::  |  国                      物  |
 "||"'''|_______________|
  .||  ..||                   ||
  .||  ..||                   ||
  .||  ..||          ∧_∧         || イラハイイラハイ
  .||~  _||_____,  ( ´∀`)       .||
  .||  | .||.__.__.__| ( ilつl )      ||  パンが食べられなけりゃブリオッシュだよ〜
  .||  | .||       | .|. | Eヨ  |4スー| ||
  .||/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  .||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  .||  | ⌒ヽ    ブリオッシュ        |
  .||  |・  ・ ) ∧__∧  ∧_∧    ∧___∧ |
  .||  | ◎ ,ノ ( ´∀` )(・∀・ )∧∧. ´ー` )|
  .||  |   \ノ○∧∧  ○-(_)(*゚ー゚)ハ.ハ  |
  .||  |ノリルレレ⌒(,,゚Д゚)つ 〜(   ( .(*゚ロ゚) |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

エベール派の処刑は圧迫されていた王党派や監視されていた
民衆の注目の的となり、一種のお祭りとなっていた。
見物の席にはかなりの値がつき、金持ちがその席を競って買い求め、
処刑場の周りには見物人相手の市場が立って物売りさえ出ていた。

346名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:14:20 ID:hdJmSYQM
確かセクロスしながら見物してる人もいたって聞いた様な。

347 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:14:20 ID:kr9kSW6M

                   : : : : : : l: : : :/: : :l l: l / _二ニ\:ヘ: :ヽ_: : : : : : : : \ヽヽ';ヘ、: : :ヽ、\
                   : : : : :ト:l: : :,'i: : : :! lィ//   ヽヽllヽ: \``ヽ、、: : : ヽ:ヾ、: ', ``ヽ、ヽ:`丶、
 ふざけんなよ!         : ; : : :l: :! : ;' l: :_イ リ 'l ○   ィノ トヽ \:\リ l `ヽ、 ハ: : :', i: : : : : `ヾ、: : `丶、
                   /: :/: :Yl: : i !: : l      z彡' ハヽ `ーヽ.ノ\: ヽ、ハ、: :i l: : : : : : : : \: : : : `ー
 あたしは、あたしは――    : :/ : : : ll: :l ハ: :!     ='     ヽ\  lヘヽ、ヽ: iヽ:', `l !、ー- 、: : __, --z―‐
                   :,': : : : : :ト、l./ ,ゝ!、           ヽ `   '; ヽ: ', !: :',!: :!l: :\ /,  ' ´
 デュシェーヌおじさんだぞ! :!: : : : : : !ヽ! ll ` ヽ 丶 /Z>、ヽ  ヽ.   \: '; l: : : l: : ll: : : ソ/, - ‐ ''''' ‐ -
                   l: : : : !: :ハ. lヽl ○  lト,  {イ / / ′   ヽ/ ., -‐\!l、: : l: : ll: : / '
 市民のために働いたよ!   l : : : l: : : ヽ、 ヽ、 ノ/   Y_ノ=====ミ、/.X ヽ  .llヽ丶__zll-/´
                   :!: : : l: : : : :ヾー-、{ {´ , '´ { {       /ヾi. \\ l_....f.._  ll'
 何で……どうして……     :'; : : l: : i: : : : ヾ、: >'、   { {  _ .. -< /l:l、 .\ ハ   ヽ´l
                   :∧ : l、 ヘ : : : : /: : :ヽ`ー ‐U'': : : :l: : : ヘ〃' , ,イ ト、ヽ,, -‐ '''ヾ、 ̄ ¨ - 、
 ……こんなことに。       ;'ハヘ: i:ヽ:ヘ:、:/ : : : : : :ヽ: : l: : : : : : :ハ : : y/  r‐ヽl, ィ\    ヽ     `ヽ、
                   lト:ヘヽ:', :ヽ:X`ー- 、: : : : : Vl: : : : : : ,' \〃l ̄{. /l i  `ヽ、   ヽ      ヽ、
                   l:lヽヘ:ヾx ': ヾ、  l lヽ : : ト ',l r‐ ''二二ニ.〃 i  /  l ',    `` ー-ヽ、

348 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:15:11 ID:kr9kSW6M

          / /       `        `ヽ、 _
         / /                ´~ ̄   ヽ
       ,ヮ||〉              ,           ヽ.
     / /||/  /    |    /   /  /|       ヽ,  ヽ
     ヽ / 〉 /     |   イ  / ̄`ー l        ヾ、 ヘ
      Ll { ./       |  / |  /     |  /      ヘ∨ヘ
      /  レ| /    ハ / ヘ /      l  /   /    ヘ∨ l
    /l   .| / ∨ _|>彡=ミ<~ ’ (、_/ /|  /     | ∨|
   〈 /   | l  ∨ ゙|´Nー'´::)`   ラミ< .| /      l ∨
    〉  / r||   ヽ .| (二ニっ    ヘノ:::::ノミ、    /  /
   /  / /~ヽ   ,r-==、ン,...、   `ヽつ /´  / イ  /   革命を愛する市民のみんな!
   /  / ./   | /  / `ー、__`゙ ーァ ( `=-、/  イ/ /
  ./  / {   .l〈  ´     ヽ_`ー'__r ´~ ヽ, ヽ、///      おじさんを――デュシェーヌおじさんを
 /  /  |   ヘ〉、       )~/     ヽ,  } 「       こんなところで殺させないで!!!
/  /   |     ー、     / (        .r´l
  /    |     / `  イ ⌒Y⌒ヽ_    r- ' ハ
. /     |    /     ハ __ノ ー' |     |  / |

349 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:16:06 ID:kr9kSW6M

 殺せ・・・!       殺せ・・・!      殺せ・・・!       殺せ・・・!

       殺せ・・・!         殺せ・・・!   殺せ・・・!     殺せ・・・!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )


 殺せ・・・!       殺せ・・・!      殺せ・・・!       殺せ・・・!

       殺せ・・・!         殺せ・・・!   殺せ・・・!     殺せ・・・!




         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ|
         |丶、 ;;; __;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,: ィ";;_|
         ト、;;;;;;;;;;;;;;;` ` '' ー -- ‐ '' ";;;;;;;;;,:ィ;:;!
        /:::::::`' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '::::::::::::|
       /:::::;:;:;::;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"  :::::::::::::::::|
      /::::::::::::::::::::::::::::: く三)   (三シ  :::::::::::::::::::|
       /::::::::::::::::::::::::::::::トチ|==、:::::::::::レ==ュ|::::::::::::::::::::|   さあ どうした?
     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::「;;;;;;;;;;;;;}|_ト、::::|;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::|   まだ馬車から降りただけだぞ 首を入れてこい!!
     /:::::::::::::::::::::::::::::::N.;;;;;;;;;;ノ l::|ヽ:::ト;;;;;;;;;;ノ::::|:::::::::::::,ヘ:|  足を踏み出せ!! 断頭台の前に立たせろ!!
    イ::::::::::::::: ノ|::::::::::::::|  ̄  ,r'、、  ヽ ̄イ|:::|:::ト、:| |::| |::::| 信仰を告白して立ち上がれ!!
    |:::::::::::::::イ |::::::::|::::ト   ,/゙ー、  ,r'ヽ | |::||::| |::| |::| |::::| 髪を 切って階段を昇らせろ!
    |:::::::::::/   |:::::/ |:::|  ,ノ    `'"  ト、|| || レ |::| jノ さあ処刑はこれからだ!!
   .|::::::::::|    |::::| |::::ゝ ′,, ィrェェzュ、,_ 〉リ ||    |::|   お楽しみはこれからだ!!
   ノ::::ノ -‐  ∨/|:::|  ヘヾ'zェェェッ',シ' //ヽ  jノ    ハリー!ハリー!ハリー!
   ̄レ' ´      jノ 丶、 ` ー--‐ '"'´,/ノ:.:.:ヽ     harry! harry! harry!
            /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、
          ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,}、
     ,. -ァ=く(:.:.:.l  l      //:.:.:.:.:.:., - '"  ,/ ヽ、
  , - '"´ / ,/`>'t、_」___,ィ'゙,ィ,.: -‐ '" ,. -‐ '"    \
/    ヽ-(  / 不 f   }li,     ,. -‐ '"          \

350名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:16:54 ID:cwMLSedU
あんだけ過激なことばかり叫んでおいて市民に好かれてると本気で思ってたのか?

351 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:17:03 ID:kr9kSW6M

: : : : : : : : : : : : : :ヽ        /i /イヽ: : : : :l::ヽ   l/: : : : : i: : : : : : : : ハ
ヘ: : : : : : : : : : : : :/: :\       l!|. l:::::::\: : l::::::i   .i: : : : ∧ : : : : : : : : :i
: :、` - ... _: : ,, : '' : : : : : ヽ、      ヽ::::::::\l' l::ノ〜、 l: : : /l: ヘ: : : : : : : : :i
: : ヽ  ,, '' ‐- =ニ二ニ: :ヽ       ヽ:::;〃〜'' ,,〜' l: : / l: : l: : : : : : : : l
: : : : X     ,,-ニ、--= 、: : \     (_~,, - '' ´   l: :/l / : : :l: : : /: : : :l
: : /: :ヽ  / /(_ `,ゝ、 `丶、:ゝ、          __ l:/ l': : : :/: : イ: : : : I   そ、そんな……!
:./: : : : : :X , ィ´:::::::::¨::::::::ヽ_ - ´   i        /  ヽ  l: : : i: :/ i: : : : l
/ : : : : /l : l:ヾ:::::::::::::, - '' ¨   /   、    _ ./    .i .l: : : l /  l : : : l
ヽ、: : : : l : l: : :`: 、::i      /       //'/l    l. /: : : /   ヽ: : :l
: : : ` 、-:l : l: : : : :` l  _ .. -i.´       // ./ l     i ヽ: :l     ヽ: :{
: : : : : :ヽl¨ >ー--,i     i.     /ィ'´__/  ヽ    .l   ヽl      \l
: : : : : : :': 丶、  '、_l _ ... - '' ¨ ̄`i   ̄     .i    i         ,, - ''
: : : : : : : : :_:`:_ー/¨         ノ、       ,!    i     , へ''
: : : : : : : : : : ー:- l     ,, ィ '' ´  `ヽ- 、 __ -''      ヽ  /:.:.:.:.:.:.:\
: : : : : : : : : : : : : : :l ,, --- '' ¨  ̄`i               ヽ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

352 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:18:09 ID:kr9kSW6M

            /::::::::::::::::==::::_::::::::::::::::\
       / `\く::::::::::::::::::::::::`}√ ̄`ヾ\
       /:::::::::::::::┛┗--- 、 _:::::/:::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::|┓┏_   ` -──- 、::::::::〉   さあ……!
     /イヘ、:::::::::// ,才ミ_-ィ   、_,... ゝ /::/
         >-、|  `└ ' ′  r r7卞 ヘ}/       こっちへ来るんだ……!!
        { ^ヽ|        |  `´ ′,′
          \            _l、     ハ           _
          ト!       ヾ´   //     _,. -─;;:, ̄ ノ
           / ヘ     ‐-ニュ / ̄ ̄ ̄` <_;;:;:;:;:;:;:;:;:,_/
      _,.-¬〈  ヽ     ¨7 ̄\;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,` ー-=ニ_
-‐ ^Y´::::::::::|ヽ   \_,.-く´;;:;:;:;:;:;:ヽr─-、;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,ノ
::::::::::/::::::::::::::::|  \ /;;:;:;:;:;:\;;:;:;:;:;:;:;:,\;:;:;:`ァー ─‐‐ '
:::::::::i:::::::::::::::::::!     ,′;;:;:;:;:;:;:,ト、;;:;:;:;:;:;:;:,\ /     /: : ,ィ: : : : : :.i: : : : .:./ /: /`l: : :l:.:i:.:.:l:l:.i: : : : : : : : : :ハ
:::::::::|:::::::::::::::::」___/;,;:;:,Y;;:;:;:;:;:|;;:;:,ヽ、 __ )     /: : //: : : : : .:l: : : .:./--/:/  l: : :l ヽーl:ト l: : : : : : : : : :.ハ
:::::::::|:::/ ̄/∠7;;:;:;:;:;:,ハ;;:;:;:,|;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,    i: : / i: .:.:. : : : l:.__..-ム=i:/、``.l‐-l‐' 、l:l l: : :. : : : : : : :.ハ
:::::::::レ':::::///√;;:;:;:;:;:;:;:;:,ヽ - ';;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:    l: / l: .:.i:.: : : :.l:.: :`/ rl ト、`ミ. l: :l  ヽl、_l: : .:. : : : : : : :.:.:i
       シャルル=アンリ=サンソン       ll  l.::.:.l.:.:. : :.:l:.:.:.i `==ー l: :l ニ、l:ト、l`丶: : : : : : .:.:.:.:!
                                !  l:.:.i i:.:.:. :.:ヽ:.:l.   ll    l: / ヾ\ヽl : :.:.` .: : : : :.:.:.:l
                                  i:.l ヽ:.:.:.:.:.:.ト:.i   ll  __ 'l/    llー',,l`/:、: .:.: : : .:.:.:.:.l
                                   i| .ト:.:.:.:.:.l ヽl  ll /'‐‐ミi    ll  /イ ̄ .:.:.: : : :.:.:.:.:l
.                           いやだー!   l:ヽ:.:.:.ト、i} ll '、  ノ   .ll /イ,l:.:.: .:.:.: : :.:.:.:.:.:.l
                                     l :.:i:.:.:/ヽリ l  ` ´     ll// l:.:.:.:.:.: .:.:./:.:.:.:.l
                                     l: :.:l:./:.:/i\l    ,, ィ '':ll:.` ̄l:.:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:.:/
                              .      l : :./ イ-l  l`ー ''   /、:.:l:.:.:.:.:.:l:.:.:i:.:.:.:/ l:.:.:./
                                    l: :/ il l       l } ,ヽ:.:.:.:.:.:l:.:li:.:.:/ l:.:./
                                    / '   il ノ       l/ /l. \:.:.:.li:.ll:.:.l  l:./
                                  / l    ll        /// l  /\:ll:.lヽl l:/

クローツ、ロンサンら仲間たちが次々と処刑される中、最後に残されていたエベールはガタガタと震えていた。
そして自分の番が来た際には処刑から逃れようと暴れてしまったために、サンソンらはエベールを
全員で取り押さえ、それでも抵抗する彼の頭を力づくで何とか断頭台に押し込むことが出来た。

353 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:19:06 ID:kr9kSW6M

           i: : : : : : : : : : : : : /i: : : : :l  l: :i
あたしは……   ヽ: : : : :`:ヽ: : : : /: |: : 、: :l` ': /          _.... -_、
            ヽ: : : : : : ヽ, - ¨ニ_-、: , : :〃        ,ノ -_っミ,'
             \: : :\//_  ' 。` l/ l ノ     __/ヽ´ ,-‐'' `'      ……デュシェーヌおじさん!
              ヘ`ー:ヽ:i { ・ , _ー 'ヽ /   __/:./  i'/
  デュシェーヌ……   \:ヽ:ヘ ー' ( ヽ /'  , .. -ヽ{:.:.:{  /,i
                (`ヾ 、ミー- ..ー'≠ッ、ム 、 ,)ヘ、iー'´
              r‐-.\\ー¨ >- '¨、' `ー 、ヽir-:.':.>       ……おじさんなんだ!
               `,> ,  `, 二フ   )    ノ`ヽ;:'..、
市民のため……    'ー ィ '  (/ヽ、     _ }¨/´  `ヽ
               ,' /ヽ- 'ー'¨¨ ー、  r '  }、__,,   ノ
               `        rヽr' 。・・/ ヽ...- ''  __..... ---―― '''' ¨¨ `ヽ.    革命のため……
                       / ノ'ー,-'''¨ー= '`ー '' ¨               ` 、
       ……あたしは        { 〈  /                 ,, -〜 、     丶、
                       Y  〈      }       ,, -‐ ''     ヽ、      丶、
                        l!  ヽ-.    Vー― ''' ¨           ` 、  ……頑張ってきた!
                        ` ´ ̄`|     i                   ` ¨ ー 、    ` ー ,=
 あたしの死は……                i.     l                       ヽ、   /::::::
                             i     i                        丶、/:::::::::/
                             i    l        革命の死……!        ` 、_ノ
                              i    .l
                               ヽ   I                    そして……
                              ヽ   ヘ















                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~                う、嘘、……や、やめッ
            レ''"´

354 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:20:05 ID:kr9kSW6M

        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!

355 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:21:05 ID:kr9kSW6M

 ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'   _,,,,._                、-r
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/  .,','" ̄',〈... _,,,_   _,,,_   _,,,,,| |
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;:;:;/;:;/   { {   ,___ ,'r⌒!゙! ,'r⌒!゙! ,.'r⌒| l
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|   .ゝヽ、 ~]| ,i i  i l i l  i i .i i  .i .i
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|    `ー-‐'"  ゞ_,.'ノ ゞ_,.'ノ ゞ__,.',、'ュ
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /          r--,      、-r
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'       ‐'"ひi,;'´  ,ィ;;ァ'           ~`l |  _,,,_   | |,,,,,_
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ーシ'   |、ニ'             | | ,'r⌒!゙! ..| |⌒','i
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ             | | i i  i l  .| i  .i |
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'               l l  ゞ_,.'ノ.. .L、-_,'ノ
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |            (~'-'ノ
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'        __   `~~
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i          〈  ヽ
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ           |   }
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ            !>'⌒ヽ、
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´           /ヽ、 ,  )
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_         /:::::::::Τ  ̄ `l
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、      /:::::::::::┼‐- -ノ

356名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:21:29 ID:gZO5MHbM
>>350
励ましの言葉いただいた と脳内解釈してるそ(r

357 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:22:16 ID:kr9kSW6M

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   共和国万歳!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/



. . . . .    ┏┓┏┓                    ┏┳┓            ┏━┓  ┏┓┏┓
  ┏┓ ┏┓..┃┃┃┃ ┏━┓   ┏┓ . .┏┓  ┏┓┗┻┛    . . .  .  .  ┏┛┏┛  ┃┃┃┃
.  ┃┃  ┃┃ ┗┛┗┛ ┗┓┗┓ ┃┃ ┏┛┗━┛┗┓            ┏┛  ┃   ┃┃┃┃
  ┃┃  ┃┃       . . ┗━┛ ┃┃ ┗┓┏━┓┏┛ ┏━━━━┓ .┏┛┏┓┃   ┃┃┃┃
 ┃┃    ┃┃            ┏┛┃   ┗┛  ┃┃ .  .┗━━━━┛ .┗━┛┃┃   ┃┃┃┃
..┃┃     ┃┃       ┏━━┛┏┛   ┏━━┛┃            .    ┃┃   ┣┫┣┫
┗┛      ┗┛      ┗━━━┛ .  ┗━━━┛                  ┗┛   ┗┛┗┛

 ,rn             .n!inn            .n!inn             .n!inn             .n!in
r「l l i.n  .,. -──-、   .ni l l hi.n  .,. -──-、   .ni l l hi.n  .,. -──-、   .ni l l hi.n  .,. -──-、   .ni l l h
| 、. !j/. : : : : : : : : :\ .i !.:  | !j/. : : : : : : : : :\ .i !.:  || !j/. : : : : : : : : :\ .i !.:  || !j/. : : : : : : : : :\ .i !.:  |
ゝ  f. : : : : : : : : : : : : :ヽ.ゝ ".ノ f. : : : : : : : : : : : : :ヽ.ゝ ".ノ f. : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ".ノ f. : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ".ノ
|===┤ : : : :,-…-…-ミ: ::',|==┤┤ : : : :,-…-…-ミ: ::',|==┤┤ : : : :,-…-…-ミ: ::',|==┤┤ : : : :,-…-…-ミ: ::',|==┤
|─-┤ : : : :i '⌒'  '⌒'i: : :}─┤┤ : : : :i '⌒'  '⌒'i: : }─┤┤ : : : :i '⌒'  '⌒'i: : :}─┤┤ : : : :i '⌒'  '⌒'i: : :}─┤
|─-┤ : : : :| ェェ  ェェ |: : }─/-┤ : : : :| ェェ  ェェ |: : }─/-┤ : : : :| ェェ  ェェ |: : }─/-┤ :: : : :| ェェ  ェェ |: : }─/
|─-┤ : : : :|   ,.   |:::;ト-/─┤ : : : :|   ,.   |:::;ト-/─┤ : : : |   ,.   |:: :ト-/─┤ : : :: |   ,.   |:: :ト-/
.ヽ─ヽ : : : :i r‐-ニ-┐|::ノ/ヽ─ヽ : : : :i r‐-ニ-┐|::ノ/ ヽ─ヽ : : : i r‐-ニ-┐|::ノ/ヽ─ヽ : : : i r‐-ニ-┐|::ノ/
 ヽ─' ゞイ! ヽ 二゙ノイゞ/   ヽ─' ゞ,イ! ヽ二゙ノイゞ/  ヽ─' ゞイ! ヽ 二゙ノイゞ/  ヽ─' ゞイ! ヽ 二゙ノイゞ/
  |─    `ーー一' ´ /   |─     `ーー一' ´ /    |─    `ーー一' ´ /     |─    `ーー一' ´ /

358 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:23:21 ID:kr9kSW6M

          ,, '': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` 、  \          ノ
         ,, '': : : : : : : : : : : : : :, :、: : : : : : : : : : :ヽ、- 7      _,, - '
      /: : : :,: : : : : : : : : : : :/: ハ: : : :!: : : : ハ: : :ヽ/      /
       /: :, ィ': : : : : : : : : : : : :l ´  '; : :/>、: : : :ハ: : :/      ハ
      .// /: : : : : : :、: : :、: : : l   l; イ´ X: :l : l: :,'      /: :ハ
    〃  /: : : : /: : : :'; : : ト、 : ',   l/ / Vヽ:l: ,      /: : : ハ
       ,': : : : / : : : : lヽ_L二ヽゝ     ̄ ̄ /: ,     /: : : : : ',
        l: : : :/: : : : : : !¨ヽl/   ,, ''´ \::::::/ : ;      ./: : : : : : :i
       l: : :/l : : ヽ: : :l. /  , ィ: : : : : : : :', / ィ:,'    / : : : : : : : !
       ヽ: :! !: : : : \:ヘ::::::: l/ : : : : : : : : l ´/: '    ./ : : : : : : : : l
        ヽi '; : : : : : :i` ヽ   !: : : : : : : : : ! ,': :,'    /: : : : : : : : : : !
          ヽ: : : l : :ヽ     ヽ : : : : : : / ': /l    ハ: : : : : : : : : : :ハ
           \: :ト、: : ヽ、   ヽ    l /´!   ハ: : : : : : : : : : : ハ
             \!ヽ: : : ! ` ー --┐ -イ, l   ト. ヽ: : : : : : : : : : :ハ
                 ヽ: :l  , - て彡 ´( ノ   l l  ヽ: : : : : : : : : : :
                     ペール・デュシェーヌ
1794年3月24日、午後5時15分。『デュシェーヌ親父』ことジャック=ルネ・エベール処刑。
その最期を見届けるために30万人のパリ市民が処刑場につめかけ、ギロチンが落とされた瞬間には
『共和国万歳!』の声とともに自由の赤帽子がいっせいに宙を舞った。
食糧問題でパリ市政を操り、陸軍省を牛耳っていた男の最期は熱狂的に受け入れられたのだった。

359 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:24:15 ID:kr9kSW6M

               / : : : : : : : : : : : : /`ヽ ハ: : : : !: : : : : : : : : : : :ヽ
                 /: : : : : : : : : : :! : : |    | : : /: : : : : : : :\ : : : :'.
             / : : : : : : |: : : :∧: : |     |: : ハ : : : : : : ハ \ : : !
             |: : : : : : : :v―ト、ヽ._l    |:_ム |-: : /: : : :ハ  ヽ.:|
.                .': : : : : : : : ト: : l   ハ:l    孑/   l: : /: : : : : : :!  り
              l : : : : : : : : |7 :{ニミ     斗ニ弋:/: : : : : : : :|
              l: : : !: : | : : l ヽ           7´ : : : : : :!: : |    パリのみんな!
             '..: : |: :∧: : ヘつ ┌――‐┐⊂/ : : /: : :∧: :|
                ∨∧ : : ヽ: : '   l   ヽ. | ∠ . ィ : : : : .' }.:/    食糧だよ!
                 }/ ト.: : : :\ド  '.    V    .': : : : /  |/
               ハ: : : : : :\   ヽ_ ノ  ,イ : : /:/
    r======= ┐      ! :ヽト、 : : | >、 _ . ィ   !: :〃/         r======ァ、_
    | ___   lr、   r‐┴‐ 、:.\: | / ー――V|   l:ノイ/, ― 、      rミ|     `ヽl
.  / _ .ノ-,  | }. ´        ̄ ̄`L ____ | ̄ ̄| ̄l    \.     ! |   ⊂二¨ヘ
  〈 / , ― つ  ! /                      |  |__  '.     | |   r― ┴、'.
.  〈 / .∠二   |'                      |〃::!::::o:|  |    Y    ⊂二 ヽ/
  ヘ r'  /   .!       /              ヽ::::|::::::::|  l、.    |     .と二∨
    \ ´___ノ      ヽ/                  ヽl:::::::::!    ヽ   L ___ / /
      ヽ   ヽ {      .'                      ∨フ}     '.  /    , '
       !     !       l                   l l       ∨     ,'
.     |     '..      |                   l l       _/    .,'
       l     ヘ      !::...     ......:::::::::::::::::.......   .....::l |    //      /

だが、強引ではあったが、統制経済による食糧供給に影響力のあったエベールによって
パリ市民が飢えをしのぐことが出来たことは否定できない事実である。
そしてパリ市民は、1年も経たずにエベールの行ってきたことが、
ある意味では正当であったということを実感することになる。

360 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:25:06 ID:kr9kSW6M

――同時刻。パリ市内ダントン邸。


....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ
________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――




      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '        この手紙を彼の元へ……
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ    ああ、あんたのことは信用している。
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',    確実に彼の手に渡ることを期待するよ……
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. I
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ

361 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:26:07 ID:kr9kSW6M

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l  ……先に落ちたのは、エベールの首。
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤ 今度は恐らく俺の首だろう……
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
    r /'  l   ヽ         l   /   ロベスピエール……いや、公安委員会!
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     俺は逃げも隠れもしないぜ!!
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、


第18話「左右の天秤」-前編- 終わり
第18話「左右の天秤」-後編- 〜ダントンの死〜 に続く

362名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:26:51 ID:uvVMOkDA
自分が信じた事を本気でやってたから、ある面で成果は確実にあったのか

363 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:27:17 ID:kr9kSW6M

本日の出演
ヤラナイオ・ウッゼーナ…………やらない夫(2ちゃんねる)


国民衛兵…………ギコ猫(2ちゃんねる)
パリ市民A…………汚物は消毒(北斗の拳)
パリ市民の皆さん(盛り上げ役)…………斉藤またんき(2ちゃんねる)

ロベスピエール…………ライト(Death Note)
クートン…………L(Death Note)
フーキエ・タンヴィル…………三上(Death Note)

サン=ジュスト(覚醒)…………リボンズ(00ガンダム)

ダントン…………大石蔵人(ひぐらし)
デムーラン…………カミーユ(Zガンダム)
デグランティーヌ…………水原暦(あずまんが)
シャボー…………石田光司(カイジ)

バーツ男爵…………ジョージ・ジョースター(ジョジョ1部)

バレール…………井川ひろゆき(天)
エロー・ド・セシェル…………御剣怜侍(逆転裁判)

ビヨー=ヴァレンヌ…………ヘンゼル(Black Lagoom)
コロー=デルボワ…………グレーテル(Black Lagoom)

エベール…………園崎魅音・詩音(ひぐらし)
ショーメット…………古館(報道S)
ロンサン…………小倉(特ダネ)
ヴァンサン…………みのもんた(朝ズバッ!)

クローツ…………キバヤシ(MMR)

カリエ…………坪内地丹(かってに改造)


ヴァディエ…………亜内武文(逆転裁判)
保安委員…………銭形幸一(ルパン3世)

ジャック・ルー…………ジャック・ハンマー(バキ)

シャルル=アンリ・サンソン…………ロジャー(ビッグオー)

議員の皆さん…………4コマ外国人(2ちゃんねる)
ジャコバン・クラブ会員…………黒服(カイジ)
セクション指導者…………流石兄弟(2ちゃんねる)
王党派市民…………麻呂(2ちゃんねる)
ブルジョワ市民…………ドナルド(2ちゃんねる)

364 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:27:52 ID:kr9kSW6M

――次回予告


     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´  ダントン……。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ    マラーは既に死に、エベールも死んだ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /       あの頃の僕たちを良く知る人物も、
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ        もはや、君とデムーランくらいなものだ……
     /           ,
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、



            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   そうだな……。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  他にも何人かいたような気もするが、
         ヽ、 i       l          l ノ ノ   まあ、お互いに気心を知ることが
          丶-       `         l_ ノ    出来る奴はそんなもんくらいだ……。
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ

――――友情。

365 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:28:07 ID:kr9kSW6M

    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /  ダントンとデムーランら腐敗議員を逮捕しろ!
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \

――――怨讐。

366 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:28:34 ID:kr9kSW6M

  切     |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
          {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    盟   ダ
  る     |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
           | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |     友   ン
  こ       |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
        .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    だ    ト
  と     lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
           | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´     !!   ン
  な      l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
           |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \.      は
  ど     |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
           !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
  出      〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
         /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
  来      |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
          |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
  る       .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
           l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
  か       |   | l   / ,>  / //        /
           L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
  !! ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /

――――苦悩。

367<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

368 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:29:06 ID:kr9kSW6M

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   ダントン、35歳だ。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  明日の住まいは無い。
         ヽ、 i       l          l ノ ノ
          丶-       `         l_ ノ
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ

――――誇り。

369 ◆5u6jcKSVew:2010/05/16(日) 21:29:36 ID:kr9kSW6M

               /    | 丶、 /. :/l: : / : /: :/ . : /      \}//   j{  〕
          _/     .|    \j / | : l : /: :/ /: /_  -─ ¬'´     八 {_
.          ∠7      : l ≫-_云lムヘ!: :! /! : Vレ'´_  _   釗 .    /  \
       / /     . : :l ン'´     ` ヘ!ム廴/'_≫-‐=ニミヽ !: :  釗: .  `
      ,  '´l :     . : : | . :.:.:.:.:.:.:.:.: : .  j    . : .:.:.:.:. : . `V. : : :  i : : .
.     //: : :l :l   : : : : l|          { 、            |: : : : : l : : :
     j': : : : |:!  . : : : : ハ             `               l: : : : . : : !: : : :
     {: : : : : l:| : : : :i: l、い         ∠二ニ丶         l: : : : . : :釗: : : :
.     '. : : : l l| : : : : : !: !へヘ       /      ` ヘ         ハ: : : : : : : |: : : : :
.      ヽ: : : |:ハ : : : : : :|: レ'^厶     '        l       /'^! : : : : : :!: : : : .   ジョルジーー!!!
       \_jムヘ: l : : :|:l// 'ヘ     l, -─‐- 、 }     く`¬: : : : : : . '、: : : :
         `!にム| : : : l: :! /   ハ\  ヽ      ン    イ  \l: : : : : : l 丶: :/
         >ヘ| : : : :!: !'   { !l  \ ` ̄二¨´ , -‐、} j     !:|: : : : : ぃ : ∨
.        /   `ヘ : : l: :!     ! lヘ    、    /, ⌒ヽく    ノイ : : i: : トヘ : }
       , '      \ ヽ:ヽ_  、 い    `て_∠_ 、_  `丶、_  l : : :! :釗 }: ヘ
.       /        , ¬'⌒゙く_厶  ヽヽ丶     /    ̄`¨ ¬‐- `ヽl: : :j| : ' ノ'
      '        レ'´  /  `ン⌒ヽ\\ , ┴-、_         |: :〃:/
     {      /   /    /   }ヘ ヽ`{     ` 丶、_     ノ://:/


次回、やる夫がフランス革命を生き抜きます
第18話「左右の天秤」-後編- 〜ダントンの死〜

ご期待ください。

370名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:33:02 ID:cwMLSedU
乙です

371名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:36:12 ID:hdJmSYQM
乙。

も〜しっちゃかめっちゃかですな。

372名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:36:14 ID:uvVMOkDA
お疲れ〜
もう残ってる有力議員の方が少ない気がしてきた

373名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:40:22 ID:KWmWNqeo
乙でした
ここらへんになると、もう出てくるだけで退場フラグだな

374名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 21:41:06 ID:QAJxXa9c
乙〜

ところで主人公って誰だっけ?

375<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

376<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

377名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 22:07:27 ID:v.HFegy6
>>375
他の罪状は確たる証拠のないもの(王党派接触はほぼ確実にでっち上げだろうし)ばかりなんで
確実に裏が取れてるシャツ窃盗をねじ込んだものと思われる。

378<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

379名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 22:44:29 ID:xy1nZJuA
乙でした

380名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 22:48:15 ID:gcDqPKhc
>>1
乙だったぜ
作者さんもナベツネ信者つまり虚カスにならないかい?

381<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

382名無しのやる夫だお:2010/05/17(月) 04:42:24 ID:F4iJFORg
乙です。

上手く行かない現実を誰かの所為にして攻撃するというのは、
古今東西どこでも見られることだけど悲しいな。

待てる、耐えられるというのが政治家の資質というのもよくわかる。

383名無しのやる夫だお:2010/05/17(月) 09:12:56 ID:M9SZH/a6
乙でした。
ところで、昨日のID:gcDqPKhcって例の奴だよね?
執行猶予中にコレはもうダメでしょ

384 ◆5u6jcKSVew:2010/05/17(月) 21:48:15 ID:/YAOHgOg

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  レス返しの前に業務連絡。
 iミ}ミ{= =ミ! 本日、色々と問題を起こしていた当該人物である
 iミ}ミ{U ー ミ! 豚松・ジーモン・◆4FfyOtW0fiF5・◆.5DV4fMpf6につきましては
 }ミ{足_〒)ヽ  アク禁とさせていただきました。
  `i,J( 了´   何ていうのでしょうか。上記のキーワードでググって調べると、
    }_ノノ    トリップが同じであったりと、自己主張を自重できない人のようですね。
    ヒ}ノ    っていうか二重人格?



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  まあ、ここに至っては仕方ありません。
 iミ}ミ{/ \ミ! 長文禁止としましたが>>1の宣言にある意味不明のレスは
 iミ}ミ{U ー ミ! 継続中なのに、それを繰り返すわけですからね……
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  ここまで来ると自業自得ということで勘弁してください。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

385 ◆5u6jcKSVew:2010/05/17(月) 21:50:56 ID:/YAOHgOg
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  さて、気を取り直して今回の〜獅子の時代〜捕捉。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{  ー ミ! >>306にあるロンサンのセリフ
 }ミ{足_〒)ヽ  >>人権宣言を喪章で覆いましょう!
  `i,J( 了´
    }_ノノ   〜獅子の時代〜4巻のエベールの蜂起の際に彼の隣にある謎の物体
    ヒ}ノ   http://nagamochi.info/src/up13117.jpg




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  おお!
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! これを表していたのか!
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  調べることの大事さを実感した1コマでした。
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

386 ◆5u6jcKSVew:2010/05/17(月) 21:51:19 ID:/YAOHgOg

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>371-373
 iミ}ミ{━ ━ミ! エベールたちは政府買の人物ですからね。
 iミ}ミ{  ー ミ! 食糧問題で逆に足を引っ張るのであれば、
 }ミ{足_〒)ヽ  サクっと切り捨てられる運命だったわけですね。
  `i,J( 了´   しかも、不必要に革命の急進を煽るわけですから、
    }_ノノ    煙たがられるわ、恨まれるわなんで……
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>374
 iミ}ミ{━ ━ミ! ヤ、ヤルオ……
 iミ}ミ{U ー ミ! 前回までは活躍してたからいいじゃないですかっ!
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  >>377
    }_ノノ   元々エベールは裕福な家でしたのに、青年期に一気に極貧生活ですから、
    ヒ}ノ   金持ちに怨みはあったし、悪いこともいっぱいしたでしょうね。

387名無しのやる夫だお:2010/05/17(月) 21:55:15 ID:NfzYYHp6
>>1さん、管理人の羊羹氏に一文お礼した方がイイと思いますよ。

388 ◆5u6jcKSVew:2010/05/17(月) 22:01:25 ID:/YAOHgOg
>>387
ただいま報告してきました。

389名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2:2010/05/17(月) 23:42:49 ID:RhYGkqbQ
>>385
改めて乙です。
以前こちらに挨拶に来ていただきましたので、今度はこちらから参上しました。
このスレで扱っているのは国家規模の革命(叛乱)で、ウチのスレで扱っているのは
一隻の船の中というミニマムな叛乱ですが、関わる人間の根っこはそう変わらない気がしています。

これからも末長く書き続けられるようお祈りしております。

390名無しのやる夫だお:2010/05/18(火) 00:30:46 ID:azJZPsO.
お疲れ様です。
色々大変だなぁ。

391 ◆5u6jcKSVew:2010/05/20(木) 22:22:11 ID:Sa.Vk6o6
>>389
こちらこそお世話様です。
初めは尊厳から始めた行動が、多くの人間の雑多な思惑により加速するのは常のこと。
ただ単純に一人の人間が悪いと断罪するのが難しいのが歴史ではないでしょうか。

ここのところ忙しくてなかなか話題振りも出来ません。
これまではまあ、色んな意味でレスがついたりしていましたが、
次回は結構長めの話になるので、放置が長くなると思います。
日曜にちょっと何か出来たらなぁ……と思う次第です。

392名無しのやる夫だお:2010/05/21(金) 17:42:44 ID:YBY6d2IE
今更ですが乙でした。
今回は、気になったところに補足が出て来て助かった。
エベールのやり方には同時代に生きていたとしても賛同できなかったでしょ
うが、棺おけを覆ってからその人の真価が分かるとは、蓋し名言。

>>214
しかし、学問というのは文理を問わず「金になるのか」「役に立つのか」を考
えないで研究のために研究していた方が大成する気がする。
院まで行ったらどの分野でも「何時研究職に就けるんだ」という正論が周囲
から来襲するので、お金を出している方も出されている方も大変。

393 ◆5u6jcKSVew:2010/05/22(土) 11:32:19 ID:qOFuPcgQ

ゴメンナサイ。レスしようと思って漏れてました。

>>346

            ,.., ,...,__
        ,...::-‐''"/     ``ー、          r――――――――――――――――――――――
    、_,;ー'"    /         `"'-,       | 処刑場前の館に住んでいる
 `ー=,  /  /              ヽ    |  某伯爵に招かれてみたが、あの野郎……
   ,/      f       \       `l、   | 2階の窓から処刑の様子を見ながら
   l/'i / /´rヾMFヾ \  ヽ  、      .1   .| セックスしてやがったのには、さすがの俺も引いたな
   ! | l l ヾ(:::::   ヽ〉ヽ)ヽ `l  ミ ー  .、 |   └y ,;――――――――――――――――――――
    | {レヽ〈:::~``'' ´  ソ |! l }   ミ. ミ    ト   //
    レヽ,;:::''''`':;|;il~,. -‐'  ル)ノl / ミ ノr^,ヾ !   /
     ゝ l;ュ=≡{., (;;,(ニ===、-.l! li /ソ ;;)|./
      `!;ェ‐・オ ""'''< `・ーz'ー'~ |/ フ;;i |!
        |:'""`')'  ^ヽ;` ̄,. -‐'^  i|;;;;ノ/\ー-、-.,_
        !;:.. .:;i|   ;,  ~、´    ,/ |,..ノ;  \ ゝ ヽ``)、.,_
       ``ヽ(__,,,,...)  \_,,..-'   |;;;     |〉   トli ヽ 
         |::::::::J..,,_ ^ヽ,  : 1, ;!;:     /l、    ) |
         ヽ::r,―--一' . , il/:::  ::  / !    ;  /
         .//'i`ー-'´; ' ;. ',/;;;:::::  .:::::∧  }    ヽイ
      /  /  L.;_';_._,`.ノ;;;;;;:::::::...::::::::::/ ヽl     ´{
     /   |/::::::::::/;;;;/;;|;;;;;:::::::::::::::::::::::(  〉{     〈
    /    /:::''''''''/;;;/ :::::|::::::::::::::::::::::::::ト  / 〉     |
     |   /     |;;〈   ::|::::::::::::::::::::::::::::\/  /      {
        マルキ・ド・サド(1740年 - 1814年)

394 ◆5u6jcKSVew:2010/05/22(土) 11:46:29 ID:qOFuPcgQ

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>392
 iミ}ミ{━ ━ミ! 1冊の本ではわからないところが、2冊目で理解出来るようになり、
 iミ}ミ{  ー ミ! 3冊目に入ると1冊目とのつながりが見えてきた時の感動はたまらないですね。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   自分の場合は図書館で借りた本をまとめる作業をしていますので、
    }_ノノ    お金はかかりませんが、期限という時間との戦いになっております。
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ちなみにフューラーさんのところの女帝ネタで
 iミ}ミ{━ ━ミ! キエフのオリガとハルカリナッソスのアルテミシアを推薦したのは自分。
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  一応、ザビビの歴史板の生き残りなので、こういった話題は好きなんですよ。
  `i,J( 了´   あえて出さなかったマッサゲダイの女王トミュリスが結局スルーだったのは、ちょっと残念でしたね……。
    }_ノノ   
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  現代の女性政治家で押すとなると>>1
 iミ}ミ{@ @ミ! サラ・ペイリンを推薦しますね。
 iミ}ミ{U ー ミ! 猟銃で自足だぜ。ヒャッハー!

395名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 18:03:01 ID:fvHxTlW6
>>394
先の選挙で勝ってればねえ<ペイリン
他の共和党候補と違って、凄まじく禍根の残る負け方をしてしまいましたし、返り咲きも難しいかと

396名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 19:23:13 ID:Tgb1t.kU
ペイリンは田舎の白人層にはうけても、他の層にはねえ

397名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 19:30:58 ID:rVw0hoK.
>>396
いい加減sageるのを覚えろよ 最低限のマナーだろ
それともわざとやってるのか?

398名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 22:20:00 ID:0D2cYWyE
スレ主がレス返しでもageてるからsageるのは逆におかしいかも
スレ主の判断待ちで

399 ◆5u6jcKSVew:2010/05/25(火) 20:11:33 ID:HMY4x34Q

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>sage
 iミ}ミ{━ ━ミ! 基本的には気にしていません。
 iミ}ミ{  ー ミ! ageて変な人がくる可能性よりもある種独特な
 }ミ{足_〒)ヽ  価値観を持った歴オタの方が突発的にくる可能性の方が高いですし。
  `i,J( 了´   >>1は「ああ……こういうスレがあるんだ」と見てもらえることを期待してageてます。
    }_ノノ    ですので『age』・『sage』はみなさんの自由な判断に任せます。
    ヒ}ノ

400 ◆5u6jcKSVew:2010/05/25(火) 20:22:55 ID:HMY4x34Q

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  しかし、何なんだろうね、日本代表。
 iミ}ミ{= =ミ! >>1はオシムが倒れた際に、後任『岡田武史』は問題ない判断だと
 iミ}ミ{U ー ミ! 思っていますから、監督が彼であることは最低限否定はしません。
 }ミ{足_〒)ヽ  ですが『岡田武史』を監督とした場合、この人の目標は『予選突破』であって、
  `i,J( 了´  ワールドカップで『勝利』するというのは期待が持てないのも事実。
    }_ノノ
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  ワールドカップで勝利を収めたいのであれば、予選突破で監督を変えるべきだった。
 iミ}ミ{@ @ミ! だが、協会は変えなかった。この時点で、サッカー協会が『オシム』を監督に選んだ
 iミ}ミ{U ー ミ! ことが失敗であったと>>1は判断しましたので、今の惨状はその結果だと思います。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  南アフリカのとんでもない気候……アジア系や南米系には有利。
    }_ノノ   対して時差は欧州系に有利。
    ヒ}ノ    >>1の予想では決勝ブラジルVSドイツorイタリアと考えています。

401名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 20:27:27 ID:jLKi7MA.
>>400
「鍬くらいしか装備してない農民」じゃ
いくらハルレオンが率いても

それなりにまともな将軍が率いた鉄砲・砲ありの軍には勝てませんぜ…

そもそも「勝ち負け」を語るレベルの実力差じゃないし

402名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 20:40:14 ID:Lu6DACNE
サッカーについてはFIFAなんていう最悪の興行主にいつまでカモられ続けるのか
という点から反省すべきだと思いますがねえ

403 ◆5u6jcKSVew:2010/05/25(火) 22:41:22 ID:HMY4x34Q

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  愚痴を言えば、岡崎の1トップはありえない。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 森本との2トップの方がまだ可能性はある。
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  あと昨日の大久保のポジションにいるべきは香川。
  `i,J( 了´   中盤の底には衰えたが明神が入っているべき。
    }_ノノ    日本人って、本当に守備の文化がない……
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  それと、昨日の時点ではっきりしたのは、
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! 中村と本田を同時に起用させるのは難しいということ。
 iミ}ミ{  ー ミ! こねる中村は流れを遅らせてしまうし、
 }ミ{足_〒)ヽ  動きの少ない本田はボールを運べない。
  `i,J( 了´
    }_ノノ    それでも同時に使うのであれば、二人は離すべき。
    ヒ}ノ    昨日は右サイドで大久保が頑張っていたよ。精度低いけど

404名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 22:42:19 ID:56M.ZOyU
この翌年パリ市民は飢餓に苦しむ
例年にない寒波によるセーヌ川凍結も要因だが政府の無為無策も要因

405名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 22:46:01 ID:56M.ZOyU
スレ主さん
>>359に書いてあることだけど書き過ぎ、ネタバレかな?

406名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 22:48:07 ID:56M.ZOyU
スレ主さん
>>359に書いてあることだけど>>404は書き過ぎ、ネタバレかな?

サッカー日本代表ねー。あれはしょーがないというか…

407名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 22:51:24 ID:56M.ZOyU
多重スマソ

408名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 23:18:59 ID:56M.ZOyU
ペイリン!? ああいう人は州知事には悪くはないが大統領には× 
パット・ブキャナンかロン・ポールがいい

アメリカを平和にするのは彼らのような孤立主義者だから 故に当選せんが

409名無しのやる夫だお:2010/05/25(火) 23:45:51 ID:242oVHGY
規制解けたのか?

410名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 00:37:31 ID:DWXGAL.g
>>409 備後!

ブキャナンやポールはまず指名されんし、ハッカビーじゃペイリンに
毛が3本生えた程度だし、マケインやジュリアーニはリベラル過ぎるし、
ルーガーじゃつまらんし、ロムニーはモルモンだし、誰か良いのいないかな
共和党大統領候補

411名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 06:49:31 ID:tD0qPauU
ああ、つかの間の平和だったなぁ。

412名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 08:56:44 ID:7xiPMSyY
・アクセス制限ですが、軽いものの場合まずはピンポイント規制で様子を見ています
(この規制は長くても24時間でときます)
再発、悪質なものの場合、広域規制しています。
この規制は一週間一月でとけてたりします。さらに再発、もしくは酷く悪質なものの場合、
広域無期限規制と致します。
なお、ピンポイント規制の出来る場合は、予告なく規制、あるいは解除致します
解除されたばあい自重してください

懲りなければ広域無制限規制されるだけだ。

413名無しのやる夫だお:2010/05/26(水) 12:06:14 ID:NC1vrIQo
>>401

そういえば、拳銃が旅行中の貴婦人の所持品になったのが、大革命より少し前のモーツァルトの時代。

でも、レミゼラブルの舞台になった復古王政から七月王政の時代には、宿屋の主人のところにも猟銃があった

414名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 19:07:15 ID:vD3.v.T6
>>393
マルキ・ド・サドの配役この人かwなんか納得したww

415名無しのやる夫だお:2010/05/27(木) 20:47:29 ID:miD2GD36
>◆5u6jcKSVew様

倉多江美の「静粛に、天才只今勉強中!」という長編マンガをご存知でしょうか?
フランス革命からナポレオン時代までを乾いたタッチで描いた少女漫画(?)の隠れた傑作です。
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~murumbo/murumbo/seisyuku.htm
ttp://www.kt.rim.or.jp/~vulcan/saintjust/comic.htm#tensai

残念ながら絶版で入手困難な作品ですが、機会があればぜひご覧下さい。

416名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 01:38:46 ID:DnyvW7VA
モーツァルトと言えば映画『アマデウス』、映画『アマデウス』と
言えばサリエリ。
あの映画が日曜洋画劇場で放送された年(劇場公開の翌年)に
サントリー美術館に『モーツァルトとサリエリ展』を観に行ったが、

そこで買った本によるとナポレオンのウィーン包囲は凄い脅威だった
そうで、サリエリも「神よ、皇帝とウィーンを護りたまえ」みたいな
作品を書いていたそうな。結局、陥落したけど。

417名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 01:40:44 ID:DnyvW7VA
マーリー・エイブラハムにはフーキエ・タンヴィルの役を演じて欲しい。

418名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 02:02:29 ID:DnyvW7VA
『薔薇の名前』での極悪な異端審問官の役もピッタリだったし、
是非エイブラハムにフーキエ役を演じて欲しい。

>>412
了解。

419 ◆5u6jcKSVew:2010/05/28(金) 23:15:32 ID:tcmPFBo.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  頑張ったけど、土日無理!
 iミ}ミ{= =ミ! 平日夜に投下するか、来週の土日に投下するか、
 iミ}ミ{U ー ミ! みなさんの意見を聞きます。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  あ、あとね、もう一つ聞きたい。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

420 ◆5u6jcKSVew:2010/05/28(金) 23:16:32 ID:tcmPFBo.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  『SEX!』
 iミ}ミ{ ̄  ̄ミ!   と
 iミ}ミ{  -  ミ! 『処刑!』
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  どっちが好き?
    }_ノノ   ※次回のネタ
    ヒ}ノ

421 ◆5u6jcKSVew:2010/05/28(金) 23:18:28 ID:tcmPFBo.
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  コメ返し。
 iミ}ミ{━ ━ミ! >>415
 iミ}ミ{U ー ミ! 存在は知っておりますが、入手不可能。
 }ミ{足_〒)ヽ  よって読んだことがありません。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   >>414
    ヒ}ノ    残念ながら、サドは出てきません。申し訳ない。

422名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 23:19:11 ID:HHGH9n1A
処刑です

423名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 23:38:23 ID:EwK.r0CQ
処刑!処刑!

424名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 23:42:12 ID:giEY3/Fo
SEX!

425名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 23:46:56 ID:.DsW751s
深夜遅くまでいかないのなら、平日夜でもいいかな

もちろん処刑ですよ!

426名無しのやる夫だお:2010/05/28(金) 23:47:53 ID:mRSfJf7A
処刑!

427名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 00:06:48 ID:sRKIUO6s
フランス人なら・・・処刑!

428名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 00:32:58 ID:o7.hACUc
SEX!

429名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 02:26:01 ID:hfm.uhTU
SEX,処刑、&ロケンロール!

430名無しのやる夫だお:2010/05/29(土) 03:34:43 ID:iq30MnOE
両方やるなら死刑を先に
どっちか片方しかやらないんならsex

431名無しのやる夫だお:2010/05/30(日) 19:00:32 ID:SK0g8T6A
ダントンの死は結構長いのですか?
平日でもOKですよ。

432名無しのやる夫だお:2010/05/31(月) 00:04:25 ID:2.ahMPac
SEX!

433 ◆5u6jcKSVew:2010/05/31(月) 22:07:46 ID:KNqVojA6

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  アンケートは処刑が多いのでネタは処刑にします。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{  ー ミ! なお、投下の方は水曜日を予定しております。
 }ミ{足_〒)ヽ  何とか、10時までには終わらせたいな……
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

434名無しのやる夫だお:2010/05/31(月) 22:47:07 ID:2vU.UUlw
了解です
楽しみだけど、ちょっと怖い……

435名無しのやる夫だお:2010/06/01(火) 01:21:20 ID:esv2W/6Q
>>433
こんばんは。
私(ジーモン豚松)には訊いていないでしょうから書きませんでしたが、
そりゃ処刑話でしょ、いくらフランス人が好きものでもw

それはそうと、『ダントンの死』愉しみにしております。

436名無しのやる夫だお:2010/06/01(火) 18:39:39 ID:Kgj07p9M
アレな人が羊羹氏の逆鱗に触れて広域規制されてて吹いたw

437名無しのやる夫だお:2010/06/01(火) 23:13:51 ID:ira/iPZA
羊羹さんは2ch系統の板管理人としてはトップクラスであると証明されましたな
めでたし

438 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:03:53 ID:TAWf4guY

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  19:30頃に投下予定です。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{  ー ミ! >>436-437
 }ミ{足_〒)ヽ  何だろうと思って見に行ったら、
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ { ...            ━━┓┃┃
 iミ}ミ{( ) ( )ミ!... ..           ┃   ━━━━━━━━
 iミ}ミ{(__人__)ミ!              ┃               ┃┃┃
 }ミ{足 ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
  `i,J (。≧       三 ==-
      -ァ,        ≧=- 。
      イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
      ≦`Vヾ       ヾ ≧
      。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

439名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 19:04:50 ID:rH3YzQKw
何があったんだろう…

規制?

440 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:06:14 ID:TAWf4guY

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  羊羹さんに、挨拶まではいいよね……
 iミ}ミ{= =ミ! まあ、ありがたいといえばありがたいですが。
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  しかし、本当に薮蛇でしたな……
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

441名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 19:19:58 ID:R0/VKEBY
>>393
すげえ亀だけど
処刑を見ながらSEXって、死に対面して生の本能が目覚めそうなんで燃えそう

いや、道徳的にも酷い行為なんだけどね

442 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:27:50 ID:TAWf4guY
では、これより投下を開始します。

投下間隔は約1分。

終了予定は22時頃

途中、遅れる場合もありますので、その時はご了承を。

443 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:29:28 ID:TAWf4guY

第18話「左右の天秤」-後編- 〜ダントンの死〜



         ___
       /      \
      /  ─   ─ \          ヤルオの出番があまりにもないんで、
    /    (●) (●) \         >>1があらすじをやらせてくれるって言ってくれたお。ありがとうだお。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  『暴走したパン要求魔のエベールは、
    (⌒      / 18話 ./     /   帰ってきたイケメンのサン=ジュストの
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)    強権によって断頭台の露と消えたお……
    |  \   y(つ__./,__⊆)    左派が消えた今、公安委員会の敵はもはや右派だけだお……』
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_          パリに舞台が移って以来、つまりヤルオの出番は犠牲になったのだお・・・
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ        古くから続く因縁・・・。その犠牲にお。
     と_______ノ_ノ

444 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:30:29 ID:TAWf4guY

――1794年3月中旬


            /l  ,,,;;-―''"::: ̄ ̄ ̄::::::::`ヽ、
              l::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二`ヽ、
          ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L、
       /::::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::_::::::::::::_::ソ'ノイ:::::::::::::::`ヽ=、
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/  ___\  ∠:ノィ:::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::l    ` _/::\\  ィ" ヘ::::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::::/ ┐):::::::::::::::::`ァ   ヽ、 `<_l! ` ´   \::::::::::l:::\:l
 、_ ノ: ::::::::::: :| r.〈::::::::::::::::/      ` 、       ∠、 |::::::::::|::::、:::|
  \´::::::::::::::::::::l ヽ \::___チ             `〈_:ノl!ノ::::::::ノ:::::|:::|
   Y::::::::::::::::::::\_  `ー          __  、 ノ .|:::::::::::::::|::| ||
    |:::::::::::::::::::::::: ̄フ´         /::ー-、_ヽ ´  |::::::::_ノイ /  ファ、ファーブルやシャボーらが
    \::::::::::::::::::::::::チ´          /::::::::::::::::|;;;/   |::::/      議員でもあるにもかかわらず
   ,,r-、`、:::::::::::::::::ノ            l!_::::::: :::: :レ'    /::::L_,      不当に逮捕されてしまった!
  /;;;;;;;;;;`ー、< ̄ ̄  l \         `ー-、:ノ   /::::::チ
_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フー、   |  \      ー    /::::、::/        じ、事後承認のかたちで
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   \」_   `ヽ、       /::::::::::チ         議員特権を侵害する横暴を
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /      `ヽ、_   .〉`ー― '"'" ̄ ̄           許すわけにはいかない!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ        // `ヽ.」
;;;;;;;;;;;_;;;;;;/         //   /`ヽ、
-―'"   \\      .//   /  / l__
.          \\    .//   /  / /;;;;;;;;;\
         \\ //   /  / /;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          デムーラン

1794年3月18日にインド会社事件に関わったダントン派の逮捕に対し、
デムーランは『ヴィユ・コルドリエ』にて公安・保安両委員会を激しく攻撃した。

445名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 19:31:07 ID:UP3N15cU
この場合、出番がないのはいいことなのでは?
最近、出番=死亡フラグの気配だし

446 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:31:12 ID:TAWf4guY

     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!   いい加減にするんだ、デムーラン……!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !    これ以上、両委員会への攻撃を続けては、
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/    僕でもかばいきれない……。
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'   U            V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、  U             r ´         これは君だけの問題じゃないんだ……。
     ::ll {.   \          , ´  ̄
     :!.      ヽ         ` −,            リュシルのことも考えるんだ……!
            、        ,‐'
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ
       ロベスピエール

447 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:32:07 ID:TAWf4guY

                                 /                   ヽ
                                /   /                ヽ
  ざ、残念だけど、                   /   /                   ゝ
                               .i / /l ヽ                  i
  そのリュシルだって                 | | / ヽヾ、ヽ,,__、,,,,_     ヽ     l
                               丶ヽ l、_ \  _..,,--'~^ ̄ソ    i     .|
  僕のことを応援してくれている!          \`ゝラ;;::、   /てゥヽ  イ   |     i
                                 \i,'、しi    `--´  i   iヽ    ヽ
  ロ、ロベスピエール……                  .l  /       .__ノ´ ,ノ  i    ノ'
                                  _ノ'l `、 -     `ゝ,,_,,ノ .丿   .ノ
  と、友達とは、過ちを見過ごすものじゃない!    \,i、 _,,__       /ノ  _..ノ
                                   ヤ\  - `      ´`彳-´
  過ちを指摘し、正すのが友達なんだ!           `ヾヽ           i
                                       ヽ、__..,,-||´~ ̄ ̄ ̄ ̄`-.,
                                     <´~   ,ゝ-||         l


 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .       (……過ち。
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..      そうか、デムーラン……
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...      君は、腐敗議員やペテン師どもに対する
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"       僕たちのやり方が間違っていると言うのか……)
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! …
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

幾度となく、デムーランの拙速な批判を諭してきたロベスピエールであったが、
デムーランはその説得に耳を貸すこともなかった。

448 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:33:07 ID:TAWf4guY

――1794年3月下旬。
――ダントン邸。


....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ
________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――


     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´  ダントン……。
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ    マラーは既に死に、エベールも死んだ。
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /       あの頃の僕たちを良く知る人物も、
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ        もはや、君とデムーランくらいなものだ……
     /           ,
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、

449 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:34:22 ID:TAWf4guY

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   そうだな……。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  他にも何人かいたような気もするが、
         ヽ、 i       l          l ノ ノ   まあ、お互いに気心を知ることが
          丶-       `         l_ ノ    出来る奴はそんなもんくらいだ……。
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ
                ダントン


                                            /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                            /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                           /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                           !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|I
                                            i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
                   これまでも僕は、君にパリを離れて     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                              ト、::! u         j |::/lj:::!リ
                   故郷に隠遁しろと忠告をしてきた。         ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                                                 リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                   それでもなお、君はパリを離れないのか?   rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                                    / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

450 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:35:07 ID:TAWf4guY

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
    r /'  l   ヽ         l   /   お前の他にもそんなことを勧める奴がいるが、
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'    俺は何もせずにケツまいて逃げるなんて
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     無様なマネをするつもりはさらさらないぜ。
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、

451名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 19:35:56 ID:Tk.jDEnE
お、始まってた。

>>445
まあね・・・。
この時期の出番はあまりにハイリスク過ぎるw

452 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:36:09 ID:TAWf4guY

           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|   今度はこっちから忠告するぜ。
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ i   ビヨーやコローはとんまで間抜けだから
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|   心配ないが、サン=ジュストの陰険野郎とは
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ   さっさと手を切った方がいい。
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/     お前らの仲間だったエローが逮捕されたのも、
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、    仲の悪かった奴の意向が働いたんだろう?
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ











━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ i
     >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|
     |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ  アレはそのうち、お前の手に負えない怪物になる……!
     ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/
     ヽ ヽ,i `、  `         |       |/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









.

453 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:37:10 ID:TAWf4guY

       /::::i::::::::::!::::::::::::\::::::ヽ、::::ヽ::ヽ、:::\:::::::::ヽ.
      /:::l:::::::l::::::::::ト、:::::::::::::ヽ、:::::::iヽ::::::!:::::i::::、:::ヽ、::::::i
      /:::::ト、::::ヽ:::::::ヾヽ:::::::::::::::ヽ::::l:::ヽ::::l:::::!:::::i::::::ヽ:::::::l、
      i::l:::::l:::ヽ:::::\:::::::ヾヽ:::::::::::::::!::i::::::::!:::i::::l::::::l::::::::ヽ:::::l!
     l::::l:::::ト、:::\::::::ヽ、:::\ヽ、:::::::i::!:::、::::l::::!:::i::::::|、::::::::!::::ト、   忠告はありがたいが、
     !::::l:::::i:::ヽ:::::ヽ、::::\ヽ::\`ヽl:i、::::ヽ::!:::i:::l::::::l::!::::::::i::::l`ヽ  彼は僕の大事な同志であり友だ。
     l:::::i:ト、ヽ:::\::::、\::::::ヽ、::::ヽ::li、:ヽ::::i:l:::l::::ト、::!::l、::::::l::::i
      !:::::l::i::ヽ:ヽ、:\:::、:ヽ、:::ヽ::丶、::\ヽi:l:::i:::il::iヽ:l:::!:::::l::::l    革命に対して裏切ったりもしていなければ、
    /!::::i:::l:::::\:ヽ、:ヽ:ヽ:::\::::::ト、:,.‐'"_,.ィ、!l::l:::l:i::l:::!i:::ト、::i::::l   腐敗すらしていない彼を切り離すことなど――
   ノ!l:::::l:::::!::::::卜、:ヽ:::\:ヽ::::ヾ::く_,.r'少'ヽi!i:l::i::l::i:::il::::i:::!::l:::I
     !::::i:::::l:::::::::i-‐ヽ::ヾ、ヽ、ヽ:::!゙ヽ´    li !:l::i::l:::l!::::l::::i::l::l   ――僕には出来ない!
       i::::l::::ヽ:::::ヽ辷エメ、\ ヾ`ヾ、 ゙ヽ   !l::i:::l::::ハ::::i::::l:::i::!
      l::ハ:::::、:ヽ:\        ヽ     i::!l:::::/r'!::::l:::i::l::i
      リ i:::::\ヽ、ゝ               !l i::::!l |:::li:::l::i::l
      ノ  !::::::lヾ.ヽ    、  -       i  !:リ リノ!ハ:::l::i
          l:i::::! i\    `           iノ  ソ i! j-┴-‐‐‐‐--、
           l!i::l  !:::|ヽ、   -‐'二 ̄    ,/-‐'´ ̄          `!
           !l   i::i  !\、        ,.イ               l_
             l!  iハ! iノ  ヽ、     ,.ィ | iヘ        _,.-‐‐''´ ̄  ̄=‐‐‐-- 、_
                   `>┬‐''   l i  !      /             ,.-‐'`ヽ、
              r‐‐‐''´ ̄  ヘ    | !  l    / /    /      _,.-'"     `i

454 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:38:12 ID:TAWf4guY

      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }      そうか……
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '       それは残念だな……。
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',   ところで、ロベスピエール……
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !  俺の最初のかみさんが
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!  亡くなった時のことを覚えているか?
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ



      l:::::::::|:::il::::::::|:::l!::::::/:::::::::ハ:::i:::::::i:::::/:l:::::::/:::::::::i::l::::::|:::l
      |:::::::::l:::l:|::::::!|::l:|:::/:::::::::/ !:l::::::l:::://l:::::/ハ::::ト:::l::i::l::!::::|
      l::::::::::l::!::l::::|:i::l::|/::::::::/‐‐‐l:ト:::l:::/'::/::://‐‐!:l::|:l::|:::リ::::l  あ、ああ……。
      |::::::::::|:l::::l::i::|::l:::::::/,.-‐-、リ l/:/::イ::/:/,.-‐ミj.|:l:!::l:::l'::::i
      i:::::::::::li:::::|:!::l::i::ノ く´(トr':)丶/://://(r':) 〉!l::::l::|::::l!  『僕は、君のことを死ぬまで愛する』
     l::::::::::::!:::::li::::|:l::|  ゝ--‐′i/ /'´  `ー-‐' |::::::i::l:::|l
       !l::::::::::::::::l:::::li:::l           i      l::::::|::i::/!  という手紙を送ったアレか。
     リ|::::::::::::::::::::::!::l           l、    ノ!::::l:::iリ
   /´ハ::::::::::::::::::::::::|         _ ノ     !:::/:/i
-‐'´:::/  !:l::::::::::::::::ト、!           ´     /::/!/`ヽ‐、
::::::/     リl::::::::::::::::! \      ,. --- 、    ,イ:::/l/}:::::::::::::`::‐‐-、
:::::{       l::::::::::::::il  \    ` ̄ ̄´  ,.イノ!::/ ノ l::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::l       !ハ::ト、::|    \     ̄   / l/|/    |::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::!          リ ヽ!  i   ヽ、   ,.ィ'       l::::::::::::::::::::::::::::::::!

455 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:39:10 ID:TAWf4guY

        /        ヽ、  '   _ .. _    ハ
        /  _ ... -=、- .., - ヘ- '' '‐¨ ヽ、 丶、. '.
       i   _,,-ニ.    / ィ l\ヽ     、ー` ヽ丶 I     ロベスピエール……
       l    /    // l l  ヽヽ    _\  ヽ l
       l //_     l/ヽヽ l 〃ヘ,ィ -_''Z..__ヾ、i  l     お前は、俺の大事な友達だ!
       V ' /  、‐- ...ゝ、 _ ヽ  /-''__    i l ' ヘ
        V  'i _Z -‐‐_ニ ‐`  ´ '¨{:::::リ¨> =l l/  '.    俺は、何もせずに友達を見捨てたりはしない!
        ヽ,、!、  /弋:::リ `    ` ヽ  ̄    l/ 〉 !
         トヽ'. " ` '''´ '´  l      ̄    l / /
         .l ヾ    ̄     l          .l   /     お前が今も俺のことを愛しているのなら、
          ヽ ヘ        l  ,,        lー '      俺のことを見捨てたりはしないよな!?
           ヽ_'、       `    __ ヽ,   イ
             ヽ   r _.. .. -‐‐ '' ¨   ' / l 、
              ヽ      -‐ '''   ,ノ  ,! ヽ`丶、
              /iー 、        ノ  /  ヘ   ` ー
             / .、  `丶.... -− '' ,, ''     〉
           /    \    ,, - ''        /.i



/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'   U            V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´       も、もちろんだ!
   :::::|| |!. 、  U             r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄           ダントン……君もまた僕の大事な同志であり友だ!
     :!.      ヽ         ` −,
            、        ,‐'            僕は……今でも、君のことを愛している!
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ

456 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:40:13 ID:TAWf4guY

   ,'     ´/,         l  / l /\ ヽ
   i   , ' //       、:::::::ヽ l::::::::::l l:::::::\\
   l  ////         `ヽ::::::!|::::::::::l |::::::::::::\
   l  /  〃      、     \::::::::::::ヽ:::::::/´   そうか……。
   |   , /   >` '''''''' `丶、    \:::::::::::/
   l / i  /-ー'' ̄`丶、  丶ゝ、  \/   , /   それを聞いて安心した。
   , l   l          ` ー---ニ=-ノ   /ニ-
 / , 、ヽ l     __二二ニ-ー、  ヽ _/::::::::::    これからも二人で協力していけば、
 | /::::>、` `i ー- <,  7´-ゝl,, -     \:::::::::::::::::::
 l i / ヽ丶l  ´  `  ゝ''' ´   /::    ヽ:::::::::::::::    必ずや革命は成し遂げられるさ……
  l  /  l !|    \    , -::::       i:::::::::::::::
  l  /  :::) .l                   l:::::::::::::
  \ ヽ、i  |                    |::::::::::::
   \ ヽヽ l                   l:::::::::::::
     ヽ、` l                   |:::::::::::::
      `ー丶                  l:::::::::::::
          \                |:::::::::::::











━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   , l   l          ` ー---ニ=-ノ   /ニ-
 / , 、ヽ l     __二二ニ-ー、  ヽ _/::::::::::
 | /::::>、` `i ー- <,  7´-ゝl,, -     \:::::::::::::::::::  そうだな……
 l i / ヽ丶l  ´  `  ゝ''' ´   /::    ヽ:::::::::::::::
  l  /  l !|    \    , -::::       i:::::::::::::::            …………ロベスピエール!
  l  /  :::) .l                   l:::::::::::::
  \ ヽ、i  |                    |::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









.

457 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:41:11 ID:TAWf4guY

 l i/ / l  ト、 i l |  i l |、 ヽ、\ \ ヽ、 ゙、ヾ、\ \   ヽ、
  | / / i、  l|、ヽ l i l  |! | lヽ、 ヽ \ ヽ、 \ ヽ.゙、\\ \   ゙
  `!./ /ヽ.  !ヾ、 l゙、ヾ、 !、i .ト、 ヽ、 \ ヽ、 ゙、  \ヽ.ヾ.\\ ゙ヽ、
  |ソ / i ヽ、l /::: `ヾ、゙、 l ヽ ! \ ヽ、\ \ ヽ.、 ヽヽ.ゝ、\ヽ丶.ヽ、
  l /l  !  l /::::   \ヽ! ヾ、 \、.\ ヽ、 \ヽ. 、ヾ、\`‐-、ヽ、`
  i' | /i  l/:::      \゙、 ヽ    ヽ、ヽ.\ ` 、  ヽ ゙‐-、    \
    l' l  /::           `、       \ ヽ.゙ヽ、 ヽ ゙i  i `i゙ヾ、ヽ
      ヽ、_                 ゙ヾ、_ ゙、  i ! !  !ヽ、\
         `ト、 ー-、                ` 、  l| l  i  |  ヽ、
           !                     i  i !  | l  ゙
           l                         | ! i   ト. i
 ……ああ。   ヽ ー-、_                      l /| l|  l iヽ.
      ,.. --‐‐‐ ヽ、`‐-、               ,リ ! | ! l ! ゙、
    _,.-‐'´     |`゙‐、___,.゙>、                 | ! l l l  ヽ、
,.-‐'"         |`ー-                 i/ | ! !
            l                       ,./レ'
                l                  ,.-‐'"´
             i               __,. - ‐'"
            丶.______,.ィ --- ‐‐‐'"

458 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:42:39 ID:TAWf4guY

――1794年3月30日


            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

この夜、公安・保安両委員会合同の会議が行われた。

459名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 19:42:57 ID:Tk.jDEnE
この場合の愛は友情? それとも・・・

460 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:43:12 ID:TAWf4guY

       , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
    /           \
.   /               ヽ
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N   さて、エベールの残存勢力はいまだに軍や議員の中に巣くっています。
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|     それらを一掃するためにも、陸軍大臣や派遣議員から
.    l. ヽl|  '     冫   :ル'     大幅な権限を取り上げるべきかと考えますが……
    ヽ ト.、  'ー----   /″     ……みなさんの意見はどうでしょう?
   /ヽ|. \  ー  ,:く
-‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::
      バレール



                                          _,:-=====‐-、
                                          /''二 ̄   ) ゙ヽ
                                         ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ
                                              r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l
 異議なしですね。                              /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'
                                       ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'
 ただ、戦争指導は軍人であるカルノー、                ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i
 プリュール・コート=ドールに全権を委ね、                `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
 国内統制でランデが補助するのが妥当かと思います。         `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、
                                            ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、
                                           ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
                                         ,-'"/ ,ィ゙i |  ,' `‐<"   ,'      .|
                                        i'| .<,:' .|.,' | ,'   ,:'    i       |
                                              ヴァディエ

461 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:44:11 ID:TAWf4guY

       、─- 、  __
    ,_ -─-ヽ   '´   ,∠.._
    ,> " " " ゙  、、 <`
  ∠_ " "  "  ヾ  、、ヾ
   / ″, ,ィ /ヘ i、 ヾ ヾ !
.  /イ ,ィ ./l/‐K   >!ヘ|\ ゙ |     (よし……!
    |/ レ|==a= . =a== |n. l
.     | l  ̄ ´|.:   ̄  :|fリ,'      サン=ジュストみたいな
      `ヘ   、l.レ    :|"ハ      素人に毛が生えた程度の野郎なんかに
.      /ヽ.  ̄ ̄ ̄ /|/  :!_     フランスの命運を託すわけにはいかないからな)
      _/   l\  ̄ / ./   |-¨二
.-‐ _''二/    l:::::`‐:'´  /    |
¨´   l    ,ヽ:::::   /,へ   |
      |   /o |_   _,/   \ |
.    |./   |_.二../      `
         r_'.ニニ'' \
.        とニニ''_.   ヽ
       /  ,. -、 \   \
      /   / | o\)`ァ、  \:‐┐
    /  _.ノ   |     | ヽ.   \!
.  /   /   │    |  ヽ.   \
          カルノー

462 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:45:08 ID:TAWf4guY

   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//
.         |   /                /  / //  .イ〃   ……ふん!
              く                / // / .!イ
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !    では、その国内統制や
          \   __            /  /!   リ    派遣議員の業務を一部引き継ぐ、
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !    公安委員会指揮下の治安組織の
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ    創設を僕は提案するよ。
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .
                  サン=ジュスト



          ,.rrr'' ̄ ̄、゙゙ヽ、
           /~ニ  u  >llllllヽ
         j_ ヘ ヽu <llllllllllllllヽ   (それは……こちらの管轄じゃないのか?)
        /、__,.=ニニ===、lllllllllll}
       ,.-‐フ''f   j!  ノ,.イ))lllj
       |_(,.。`ー''"  " ノノlll<
        { i__ 、  r'  〉}ヽr- 、_
        ヽrー- ヽ) _ン 、/ ゙| |   ` ヽ 、
         t __,. -''<  /  |  |      ,.`ー 、
         ,.-'' `TTtヾ、/  |  |     /    ヽ
        f    | ヽt;;:`>、!   〉    {      ヽ、
         | l    | ヽ`!:::l l`ー<     |       i、
        l ヽ    > ヽ !::ヽ!   |    |        ヽ

463 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:46:17 ID:TAWf4guY

    ,'/ /| 小、/  |、 ヽ \`丶、  ヽ  | | |!
    .{ ! /ハ.!  / |  { \ \ \  `ヽ ll ノ| リi{
    ヽ{ |ヽヽ ||   ヽヽ ゝ ヽ ヽ丶 ヽ  | | }
   ー-久 |\{{ ヽ ヽ \\ ヽ | | | ! || | /   (保安委員会と公安委員会の敵対は、
    ノ{ r┐ |ト、l、 ヽ.- ゝ r:テフ} } }  ノ l/ /    ここにきて更に熱を増してきていますね……)
      / /ハ ト'ゝ`ヽ\.  ̄´ ノノノ_ イ/ // {
    .//´}ヽヘヽ   }        /ノイ ト ゝ
r‐-、f⌒!{ {ヽゝヽ   ヽ ‐       / | || ||ゝ
. l  l.  l |  ``\  {ニ=‐   , '  |リ ^
!r }. |  |. | ,. -─`ヽ、   /     !`丶、
ヽ{ _|{_.ノ  |       { `ー'´       !   ヽ
. └/   /─ 、   /|       / ヽ|
    オーギュスタン・ロベスピエール

464 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:47:12 ID:TAWf4guY

 /:l:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:l:\
/ :l:|:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \
:l:|:|:|:|:|:l: : : :l : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|:|:|:l:∧     だ ち
:l:|:|:|:|:|': : : ;l:l : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:∧:|:|:|:|:l:|     か ょ
:l:|:|:|:|:l : : ;l:|:|:l : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:l/‐-Ⅵ:|:|:|:|    ら っ
:l:|:|:|:|:l: : ;l:|:|:|:|:l : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:/ , f「 Ⅵ|:|:|:|      っ と
:l:|:|:|:|:l: :;l:|:|:|:|:|:|:l : :l:|:|:|:|:|:|:|:/ │||  l:∧|:|    て 年
:l:|:|:|:|:| ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l :|:|:|:l:|:|:|:|′ ヽ′ ノ│|:l      : 上
:l:|:|:|:|:|;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l::|:〃Ⅵ:|:|        V     :
ヾl|:|:|:|:|:|:|:|:l( 〈⌒∨   Ⅵ      ,. 冫      :
 Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:l\_             /
≦l:|:|:|:|:|:l:∧ ∧/∧          __ ノ
 ̄ // ̄ | ′   丶      ∠7 /
       ノ        \     /
     /     │    > 、_ノ
   | ̄\     │  /
   /> 、 \___〈
 ∠二  ̄ヽ ___ |
/ ̄ 〃 ̄ ̄\     ̄\
  //        \       \
       ダヴィッド




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)
          |     (__人__)    (その上、アマールさんやヴァディエさんは、
             |     ` ⌒´ノ     国内統制の関係上、エベール派とは
              |         }     それなりに懇意だったからな……)
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
           ヤラナイオ

465 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:48:17 ID:TAWf4guY

       , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
    /           \
.   /               ヽ
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N   では、今後の方針を決める
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ    大事な二つの議案が認められました。
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|
.    l. ヽl|  '     冫   :ル'    今日はこれ以上の議案はありませんし、
    ヽ ト.、  'ー----   /″    これにてかいさ――
   /ヽ|. \  ー  ,:く
.-‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::

466 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:49:13 ID:TAWf4guY

              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  |
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |
           V V \ ヽ \ u      マt7./   ,′ ちょっと待った!
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ ' u /  /   今日は大事な話があるよ!!
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',
       ビヨー=ヴァレンヌ


                                                /  `′      ヽ
                                               /             ヾ
                                               lイィ  イ/`'ヽ        .l
                                                l /-l|、  ゞ-Νw、    l
                                                `l=。=、 ,,,=。= | |へ  l
                                                  l -_ノ u - '  | | | N
                                な、なんです……?     .l ヽ   u   |.|ー ′l
                                                  ', ー--‐    リ   /
                                そんな大声を上げて。     ヽ '''''   ,、 ' l /
                                                   ヽ,..、ィ;;;;;'''  l´
                                                    _lー|;;;    .l~ヽ
                                                 -−''´ l-.|   /ノソヽ

467 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:50:13 ID:TAWf4guY

    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /  ダントンとデムーランら腐敗議員を逮捕しろ!
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '       ダントンは陰謀を企んでいる!
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \         奴は死ななければならない!
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \

468 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:51:07 ID:TAWf4guY

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ   ――何だって!
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',    き、君は第一級の愛国者を
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、  皆殺しにするつもりなのか!?
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

469 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:52:06 ID:TAWf4guY

     //    //   / ∧/ ||  |    | ト─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗---イ ||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l      そうよ、ロベスピエール。
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l      私たち二人はダントン一味の
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l      逮捕を要求するわ。
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、         ごつー'  //ヽ} 〉 l  l l
  \/ /  \ \ ∨ ⊂ニう'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l     公安・保安両委員会を守るため、
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l    私たちを攻撃していた両派のうち、
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',   エベール派を斬ってしまったのよ。
::::::::::::::::::::\>、__\\∧          __       / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ       /´   `ヽ     ,. ′    ヽ | |  ',    片方だけを許しておけないわ……!
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \
::::::::::::::::::::/          ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ:::::::



/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'   U            V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´     だ、だが……
   :::::|| |!. 、  U             r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄         ダントンの人気はエベールとは比べ物にならない。
     :!.      ヽ         ` −,
            、        ,‐'          彼らを逮捕してしまったら、僕たちは……
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ

470 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:53:07 ID:TAWf4guY

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|     いや、それは言い訳に過ぎないよ、ロベスピエール。
       / / ハ          、㌣ハ/リ
       〆、_ l  、    、_    ' /        ダントンどもは革命を汚し続けてきた。
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/         彼らには報いが必要だ。血の報いが。
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´             僕も奴らの逮捕に賛成する。
              ` ‐- 、



                                            /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                            /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
                                           /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                           !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|I
                                            i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
                                             ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                              ト、::! u         j |::/lj:::!リ
                                ……!?           ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
                                                リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                (サ、サン=――)    rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                              / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   ……!?
             |     ` ⌒´ノ
              |  U      }   (――ジュストくん!)
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

471 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:55:06 ID:TAWf4guY

      /                  \
     l               ∧         l、
.     |           /l / . |. ト、i、.   ヽ、!
    │        /| /.| /  .|.| .l.,|_l.,ヘ   l.
     |   __  /|/゙|/`|/、u  | /l l Wヽ|
     |  ./‐ヽ | ==== __  ,''===== |    確かに……
..    |  || ~)| |  ` ‐-゚‐' ''' /:.‐゚-‐'´ |
    │ || 6|.| u      `‐-;    l     このまま左派だけを処断しておきながら、
.      |  ヽゝレ            / v l     右派を残していては彼らが増長し、
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /      両委員会に対して激しい攻撃を加えるのは必然です。
  _/==|  /   ::\    __    /
'´ l====| /      ::::\   ̄ v  /       皆さんの意見はどうでしょう?
::::::|====|/        ::::\   /_
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::
::::::|====|.      \   /  |===|:::::::::::::::::

コローとともに公安委員会左派としてエベール派の粛清を
やむなく認めたビヨーの発言を無視することは出来なかった。
このため、両委員会の大多数の意見はダントン派逮捕で一致する。

472名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 19:55:55 ID:Tk.jDEnE
ついにその時が・・・

473 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:56:09 ID:TAWf4guY

こうして参加18人の委員が円形の連判署名に名前を署名する中、


    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /   ダントンは排除だ!
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \

かつてのコルドリエ・クラブで友人であったビヨー=ヴァレンヌがいの一番に記入した。

474 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:57:11 ID:TAWf4guY


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)
          | U   (__人__)   署名をしたくはないけれど……
             |     ` ⌒´ノ
              |  U      }   ここにいたっては、もう……
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ    ……手遅れだ。常識的に考えて。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_


会議に参加した16人まで署名が終わるが、最後まで抵抗する人物が二人――

475 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:58:09 ID:TAWf4guY

  切     |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
          {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    盟   ダ
  る     |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
           | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |     友   ン
  こ       |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
        .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    だ    ト
  と     lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
           | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´     !!   ン
  な      l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
           |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \.      は
  ど     |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
           !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
  出      〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
         /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
  来      |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
          |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
  る       .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
           l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
  か       |   | l   / ,>  / //        /
           L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
  !! ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /

説得を続けていたロベスピエールと――



        __」ヽ./|/レ1イィ-z_
     ,>            <、
.     ,> ,vヘ/V∨Vv'Vvヘィ, <、
.     7 、く、‐-、     , -‐,.ゝ, ゝ
.     l ト!\.\.ij`ー-‐' /./ム.l     ふざけるなっ……!
    | {___\_`j|  |!´_/___} |
    r'コ.|T::==。=;;ニ;;=。==::T|.lニヽ
    !にl.! l:::::`ニ´:::j| |、::`ニ´::::ノ !|コ !    俺は市民の援護を行うためにここにいるっ……!
   ゞニ|:ij`,二フ´ | | `ニ二´  |ニン
   / ハ / ._ ‘‐∪‐’ _ ヽ ハ ヽ.   決して……愛国者を殺すためじゃないっ……!!
.-‐''7  | i {__二ニニ二__} / :|   i`ー-
  ,'  |  l     ---    ./  |   :!
.  i.   ト、 i_ ! ! ! ! ! ! /  ,.|   |
 │   | \ 三三三三三 / |    |
. |    |   \ 三三三 /  |    |
 |    |    \  ./    |    |
          ランデ

――密かにダントンに情報を与え、その逃亡を勧めていたロベール・ランデであった。

476 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 19:59:12 ID:TAWf4guY

    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /  なぜ、そこまで彼を擁護するんだい!?
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '      エベールに王党派なんて罪を被せておいて、
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ          今さらダントンだけを見逃すわけにはいかないだろう!
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \



..   /i/:/   :/ :/:/  :/  l  | | :i:.l  i
..   / ///  // :/:/  i  i  l :| :|i |  l
  / / i/  .i/  :i-i‐= 7 ̄/ヽ i :i  :i :i  |
 / :/,イ | i| :i :|´ ̄  ̄ ` -∨/  //  l i
  .;// |i:i|i :i:| ハi ィ' て_)`ヽ、ヽ ` v/_,./ :/
  :ハ,i 'ヘ|.i:.i|.i |   `ト、:::::ソ `    =`ヽ∧/
 .:/ ヽ く:iハ:.i: i|     `´     .ィ=ミ、 `.ヘ´
..//  :ハ、_ ヘ',            、トイハ /
//  /  .i:i|  ヘ    ヘ、      〈 ` く '/´/  そうよ!
/  /  /ハ      ` v 、   ´  /イ /
  /  i:.i  ゝ       ` 、ン    ,.イ | /    ダントン一味は、あなたが最も嫌う腐敗議員の集まりよ!
    ki   :\      ヽ    / i |/
.  ,. イ Vヘ  .:\      ,. イ   :i /     清廉の士が、これを処断しなくて、何を処断すると言うの!?
..´  ト、  ∨i   ` .r.-‐ ´  :i   :i/
.   ト、:\  `´V.i  //ハ:.:.:i  :i   /   r 、
.   | \::\   ∨,.イ \! :i  /  r、ゝ

477 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:00:21 ID:TAWf4guY

.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|  U         〈    (わかっている……
      }:!: |::|:::l::| \    U       ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/     革命の最中にダントンが王党派やペテン師どもと
      |:∧l\:{    \       /       行っていた数々の裏取り引きや、金銭にまつわる醜聞……
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′           それらが革命に対する背信でなくて、なんだと言うんだ……!)
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、

執拗な説得に負け、ロベスピエールは署名を行い、
下部の方に小さく自分の名前を記入した。

478 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:01:27 ID:TAWf4guY

       /::::i::::::::::!::::::::::::\::::::ヽ、::::ヽ::ヽ、:::\:::::::::ヽ.
      /:::l:::::::l::::::::::ト、:::::::::::::ヽ、:::::::iヽ::::::!:::::i::::、:::ヽ、::::::i
      /:::::ト、::::ヽ:::::::ヾヽ:::::::::::::::ヽ::::l:::ヽ::::l:::::!:::::i::::::ヽ:::::::l、
      i::l:::::l:::ヽ:::::\:::::::ヾヽ:::::::::::::::!::i::::::::!:::i::::l::::::l::::::::ヽ:::::l!    サン=ジュスト……
     l::::l:::::ト、:::\::::::ヽ、:::\ヽ、:::::::i::!:::、::::l::::!:::i::::::|、::::::::!::::ト、
     !::::l:::::i:::ヽ:::::ヽ、::::\ヽ::\`ヽl:i、::::ヽ::!:::i:::l::::::l::!::::::::i::::l`ヽ  君に手渡したいものがある。
     l:::::i:ト、ヽ:::\::::、\::::::ヽ、::::ヽ::li、:ヽ::::i:l:::l::::ト、::!::l、::::::l::::i
      !:::::l::i::ヽ:ヽ、:\:::、:ヽ、:::ヽ::丶、::\ヽi:l:::i:::il::iヽ:l:::!:::::l::::l   ダントンの不正に対する資料をまとめたノートだ。
    /!::::i:::l:::::\:ヽ、:ヽ:ヽ:::\::::::ト、:,.‐'"_,.ィ、!l::l:::l:i::l:::!i:::ト、::i::::l
   ノ!l:::::l:::::!::::::卜、:ヽ:::\:ヽ::::ヾ::く_,.r'少'ヽi!i:l::i::l::i:::il::::i:::!::l:::i
     !::::i:::::l:::::::::i-‐ヽ::ヾ、ヽ、ヽ:::!゙ヽ´    li !:l::i::l:::l!::::l::::i::l::l   それで彼に対する起訴状を作ってくれ……。
       i::::l::::ヽ:::::ヽ辷エメ、\ ヾ`ヾ、 ゙ヽ   !l::i:::l::::ハ::::i::::l:::i::!
      l::ハ:::::、:ヽ:\        ヽ     i::!l:::::/r'!::::l:::i::l::i
      リ i:::::\ヽ、ゝ               !l i::::!l |:::li:::l::i::l
      ノ  !::::::lヾ.ヽ    、  -       i  !:リ リノ!ハ:::l::i
          l:i::::! i\    `           iノ  ソ i! j-┴-‐‐‐‐--、
           l!i::l  !:::|ヽ、   -‐'二 ̄    ,/-‐'´ ̄          `!
           !l   i::i  !\、        ,.イ               l_
             l!  iハ! iノ  ヽ、     ,.ィ | iヘ        _,.-‐‐''´ ̄  ̄=‐‐‐-- 、_
                   `>┬‐''   l i  !      /             ,.-‐'`ヽ、
              r‐‐‐''´ ̄  ヘ    | !  l    / /    /      _,.-'"     `i

479 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:02:10 ID:TAWf4guY

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ      わかった。
       〆、_ l  、    、_    ' /        やはりあなたは、既に覚悟をしていたようだね。
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´             では、最後に残ったのはランデ……君だけだ。
              ` ‐- 、             もう……諦めた方がいいのではないのかな?
                _ >,
           , -‐ ' ̄ |  /




   -────ヽ/|_
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::<
  |::::::::::::::::::::::::::::::∧| ̄
 .|:::::::::::::::::::::::::::::|\|
 |:::::::::::::::::::::::::r'|:|=|ll|
 |::::::::::::::::::::::::|j.|:| .∨|   ちっ……!!
 .|:::::::::::::::::::::::∪:| ..|」
  |:::::::::::::::::::::::/|/-ゝ
  |:::::::::::::::::/  | |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ |

最後にはランデも仕方なく署名をした。

480 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:03:13 ID:TAWf4guY

      /                  \
     l               ∧         l、
.     |           /l / . |. ト、i、.   ヽ、!
    │        /| /.| /  .|.| .l.,|_l.,ヘ   l.   よろしい……
     |   __  /|/゙|/`|/、u  | /l l Wヽ|
     |  ./‐ヽ | ==== __  ,''===== |    これでダントンら腐敗議員への逮捕が決定しましたっ……!
..    |  || ~)| |  ` ‐-゚‐' ''' /:.‐゚-‐'´ |
    │ || 6|.| u      `‐-;    l     ただ、公会議員に対する対策として議員だけではなく、
.      |  ヽゝレ            / v l     元同志で王党派の陰謀に組したエローや、
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /     インド会社事件に関わった外国人政商とともに
  _/==|  /   ::\    __    /      裁判にかけるようにしましょうっ……!
'´ l====| /      ::::\   ̄ v  /
::::::|====|/        ::::\   /_
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::
::::::|====|.      \   /  |===|:::::::::::::::::




   -────ヽ/|_
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::<
  |::::::::::::::::::::::::::::::∧| ̄
 .|:::::::::::::::::::::::::::::|\|
 |:::::::::::::::::::::::::r'|:|=|ll|   ……じゃ、俺は仕事があるんでな。
 |::::::::::::::::::::::::|j.|:| .∨|
 .|:::::::::::::::::::::::∪:| ..|」  先に帰らせてもらうぜ。
  |:::::::::::::::::::::::/|/-ゝ
  |:::::::::::::::::/  | |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ |

481 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:04:07 ID:TAWf4guY

――1794年3月31日、早朝。
――ダントン邸

....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ
________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――


        __」ヽ./|/レ1イィ-z_
     ,>            <、
.     ,> ,vヘ/V∨Vv'Vvヘィ, <、
.     7 、く、‐-、     , -‐,.ゝ, ゝ     ダントンッ……!
.     l ト!\.\.ij`ー-‐' /./ム.l
    | {___\_`j|  |!´_/___} |      昨夜、お前らに対する逮捕が
    r'コ.|T::==。=;;ニ;;=。==::T|.lニヽ     公安・保安両委員会で決議された。
    !にl.! l:::::`ニ´:::j| |、::`ニ´::::ノ !|コ !
   ゞニ|:ij`,二フ´ | | `ニ二´  |ニン
   / ハ / ._ ‘‐∪‐’ _ ヽ ハ ヽ.    まだ間に合うっ……!
.-‐''7  | i {__二ニニ二__} / :|   i`ー-
  ,'  |  l     ---    ./  |   :!    逃げろ……遠くまで……逃げるんだっ……!
.  i.   ト、 i_ ! ! ! ! ! ! /  ,.|   |
 │   | \ 三三三三三 / |    |
. |    |   \ 三三三 /  |    |
 |    |    \  ./    |    |

482 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:05:17 ID:TAWf4guY

      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'      ランデよ……
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '       我が祖国を靴底に隠せると思うか?
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',   お前の申し出はありがたいが、
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i  もう、どっちだっていいんだ……。
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!  それに、死刑を行うよりも死刑にされる方がマシだ。
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ



   -────ヽ/|_
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::<
  |::::::::::::::::::::::::::::::∧| ̄
 .|:::::::::::::::::::::::::::::|\|
 |:::::::::::::::::::::::::r'|:|=|ll|
 |::::::::::::::::::::::::|j.|:| .∨|   ダン……トンッ……!!
 .|:::::::::::::::::::::::∪:| ..|」
  |:::::::::::::::::::::::/|/-ゝ
  |:::::::::::::::::/  | |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ |

483 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:06:20 ID:TAWf4guY

――1794年3月31日、深夜。


              , r:'':´ ̄``'''ー=.、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__
            / ::::::::::;:-=ニ_;;;::::::::::::::::::::\`ヽ、
           / ::::::::::r'゙ 口 ゙lY;::::、::::::::::::::::::\;;`'ー=、._   デムーラン!
             /::::::::::::ミ゙!..マウス.,|Y=;_:`ヽ;:::::::::::::::::::\;__:::::)
          l :::::::::::::::゙入三,ノノ'::::::::`'ー`=、::::::::::::::::::_;/   ジャーナリストとして不謹慎な記事を書き、
             \:::::::/´;:r゙'''_二二_`'ー-:、:__::`'ー--,ァ<゙     国民公会に対する陰謀を扇動した罪で逮捕する!
            \r';゙-:'':´::::::::::::::``'ー-:、_工);r-i'/^゙!
             /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ン’l^)/
            /:::::::_;;=-‐''iニェ:;-:、__;;;;::ノ_:::;'::::;f'/!
            ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、`''ー-‐'´ :::;'::::::ト:' l,
               ';、  .i'  )r'::::::    :::::::::::l::: ト:、._
               |゙':  ゙,ニ;;ェ、    ::::::::::ノ::  |:::::゙、`ァ'''ー.、._
                  ゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::::/:::::: /:::::::::\!、(二)::
               ,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;/:::::::::::/::::::::::::::::::\`ー=:
             ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、   ..::://:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;>::::::
    _,,..、-‐;'二゙=彡'´::::::/:  :::`ー-‐'''´::::/:::::::::::/ ::::::::::::::::;;::-'''´::::::::::
   ,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::::::::::::l::   :::';::::::::::::::/:::::::/:\::;;::-'''´:::::::::::::::::::::::
 /':::::::::::::::::::::::::::\:::::/|-.、,__ ::';:::::::::/ :;/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::



    ,.‐'´           `‐、
   /                ヽ
.  /                  ゙、
. ,!    ,./   ,             i
 .!   {((ト{. lヽ、.__      l
 l.  ゝ,..=‐ゝ`ー 、,=;-cf !       }   そんな!?
  !.  !、,.rcjヽ  ゝ-~゙,,. }      .!
.  ヽ、 i -‐',         ,J       |   カミーユが――!!
   ,ゝi.  ` __   ミ、       |
   ゞ !、  `‐_    ヽ、._      |
    `ゝ. `‐、     ,.  _,ゝ     .!
    ヽ、   `T"´___,]     ノ
    _,.二ゝ_} ̄_,.て)l {_ _,. ‐'´
.  /{{‐-' ̄ ̄ ー--‐''´|! ゙'=r‐-、
  / |!,           |!     ̄{f"、
/  /             |!      |l  i
.   〈、            |!lニニニニ!、|'  !
 ,/ヽ.ー-------‐' ‐ 、|!_   ヽ{   |

484名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:06:47 ID:boo5iu.E
やらない夫は公安委員だったのか

485 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:07:09 ID:TAWf4guY

                                               __,,--''´ ̄ ̄`--、ノ)
                                            ,.-''´           \
                                          /                `.、
                                         /                   ヽ
                                        /   /                ヽ
                                       /   /                   ゝ
                                       .i / /l ヽ                  i
                                       | | / ヽヾ、ヽ,,__、,,,,_     ヽ     l
   ……わかった。                           丶ヽ l、_ \  _..,,--'~^ ̄ソ    i     .|
                                       \`ゝラ;;::、   /てゥヽ  イ   |     i
   リュシル……。                               \i,'、しi    `--´  i   iヽ    ヽ
                                          .l  /       .__ノ´ ,ノ  i    ノ'
   たぶん、ダントンもいるだろうから大丈夫だ。             _ノ'l `、 -     `ゝ,,_,,ノ .丿   .ノ
                                         \,i、 _,,__       /ノ  _..ノ
   彼がいれば助かるよ。                           ヤ\  - `      ´`彳-´
                                           `ヾヽ           i
   でも、もし……僕が帰ってこなかったら、息子のことを頼む。        ヽ、__..,,-||´~ ̄ ̄ ̄ ̄`-.,
                                            <´~   ,ゝ-||         l
                                             ヽ   ヽ ||         l

486 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:10:31 ID:TAWf4guY

              , r:'':´ ̄``'''ー=.、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__
            / ::::::::::;:-=ニ_;;;::::::::::::::::::::\`ヽ、
           / ::::::::::r'゙ 口 ゙lY;::::、::::::::::::::::::\;;`'ー=、._   ラクロワ!
             /::::::::::::ミ゙!..マウス.,|Y=;_:`ヽ;:::::::::::::::::::\;__:::::)
          l :::::::::::::::゙入三,ノノ'::::::::`'ー`=、::::::::::::::::::_;/   貴様はダントンとともにベルギーへ派遣された際、
             \:::::::/´;:r゙'''_二二_`'ー-:、:__::`'ー--,ァ<゙       デュムーリエと共謀した疑いがかけられているぞ!
            \r';゙-:'':´::::::::::::::``'ー-:、_工);r-i'/^゙!
             /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ン’l^)/
            /:::::::_;;=-‐''iニェ:;-:、__;;;;::ノ_:::;'::::;f'/!
            ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、`''ー-‐'´ :::;'::::::ト:' l,
               ';、  .i'  )r'::::::    :::::::::::l::: ト:、._
               |゙':  ゙,ニ;;ェ、    ::::::::::ノ::  |:::::゙、`ァ'''ー.、._
                  ゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::::/:::::: /:::::::::\!、(二)::
               ,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;/:::::::::::/::::::::::::::::::\`ー=:
             ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、   ..::://:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;>::::::
    _,,..、-‐;'二゙=彡'´::::::/:  :::`ー-‐'''´::::/:::::::::::/ ::::::::::::::::;;::-'''´::::::::::
   ,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::::::::::::l::   :::';::::::::::::::/:::::::/:\::;;::-'''´:::::::::::::::::::::::
 /':::::::::::::::::::::::::::\:::::/|-.、,__ ::';:::::::::/ :;/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::



::::::::::::::::/、_l_/   L/ l::::::::::/ }::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::/   l:/¨ー='サ¨ i::::::::/ l::::::::::::::::::::::::::l
l:::::::::/ -==レ=ミ、/  l::::/ヘ. l::::::::::::::::::::;:::::l
.l::::::i'           //  `l::/:::::::::::::::ハ::::l
ヘ::::l u         〃   =ミ、レ/:::::::::::::/ i:::l
. ヽ:l.   U        l   ヾ/::::::;ィ:::::/ l/
  ヽi            l   ./::://:::/
     i⌒丶、    /  // l::::/
ヽ    `' 、,  ` ・ 、 _    /'   l::/  おいおい……
 ヽ       ` ー '   /   レ
  \         , '´         今さらそんなことを蒸し返すのかよ……
    `       /
┐     > - '
   ラクロワ

こうして、深夜のうちに先のインド会社事件に関与した者以外の、
ダントン派の有力議員たちは次々と逮捕されていった。

487 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:11:11 ID:TAWf4guY

――1794年4月1日、早朝。


       ( ̄`''‐-、__,,,.-ーー、
        `i;;;;;;;;;;;;::: : : . . /
 --、___ノ;;;;;;;; ::: : : . ヽ,
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''‐−一一一'ハ
 \;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,______,,,.ヽ、     し、市民ダントン議員……
   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::: : : . .    `''ー、
    ヽ 、;;;;;;;;;;;;::: : : . .        >  貴様の仲間たちが逮捕された容疑について、
      `i'ー、;;;::.____,,,. −―''''"    それら全てに関与し、共和国転覆を図った
      |;;;;;|,j `i、_,,,.-r' {lll/ |       反革命の大陰謀の首領として貴様を逮捕する……!
r一一ー ┤;;;;;`''| |’_ _ノ |lll|イ/
|;;;;;;::: : : . |;;;;;;; 〔_ 'i::: : : . . |lllレ/
|;;;;;;::: : : . l;;;;;;;;;;;::: : : . .  |lll;;/`''ー-、_
|;;;;;;::: . .\;;;;;;;::: : : . .  |lll;i       7
|;;;;;;;;;;;;;::: :\¨ニ.''ー、_ ,|lll|       / へ
 |;;;;;;;;;;;::: : : . \;;"  `' 〉ソ\、    //  `i
 |;;;;;;;;;;;::: : : . .  ヽ、,__/一六          |
 |;;;;;;;;;;;::: : : . .   \\ / ヽ,         |
 |;;;;;;;;;;;::: : : . .     \八_r'、,        |
 |__,,,,,,,,,,.......    \ \|  ヽ、      |

488 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:12:20 ID:TAWf4guY

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   そうかい……。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  思ったよりも早かったじゃねえか。
         ヽ、 i       l          l ノ ノ
          丶-       `         l_ ノ    じゃ、ルイズ。
            i   r 、_____ヽ   il      ちょっくら言ってくるぜ。
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ





               /    | 丶、 /. :/l: : / : /: :/ . : /      \}//   j{  〕
          _/     .|    \j / | : l : /: :/ /: /_  -─ ¬'´     八 {_
.          ∠7      : l ≫-_云lムヘ!: :! /! : Vレ'´_  _   釗 .    /  \
       / /     . : :l ン'´     ` ヘ!ム廴/'_≫-‐=ニミヽ !: :  釗: .  `
      ,  '´l :     . : : | . :.:.:.:.:.:.:.:.: : .  j    . : .:.:.:.:. : . `V. : : :  i : : .
.     //: : :l :l   : : : : l|          { 、            |: : : : : l : : :
     j': : : : |:!  . : : : : ハ             `               l: : : : . : : !: : : :
     {: : : : : l:| : : : :i: l、い         ∠二ニ丶         l: : : : . : :釗: : : :
.     '. : : : l l| : : : : : !: !へヘ       /      ` ヘ         ハ: : : : : : : |: : : : :
.      ヽ: : : |:ハ : : : : : :|: レ'^厶     '        l       /'^! : : : : : :!: : : : .   ジョルジーー!!!
       \_jムヘ: l : : :|:l// 'ヘ     l, -─‐- 、 }     く`¬: : : : : : . '、: : : :
         `!にム| : : : l: :! /   ハ\  ヽ      ン    イ  \l: : : : : : l 丶: :/
         >ヘ| : : : :!: !'   { !l  \ ` ̄二¨´ , -‐、} j     !:|: : : : : ぃ : ∨
.        /   `ヘ : : l: :!     ! lヘ    、    /, ⌒ヽく    ノイ : : i: : トヘ : }
       , '      \ ヽ:ヽ_  、 い    `て_∠_ 、_  `丶、_  l : : :! :釗 }: ヘ
.       /        , ¬'⌒゙く_厶  ヽヽ丶     /    ̄`¨ ¬‐- `ヽl: : :j| : ' ノ'
      '        レ'´  /  `ン⌒ヽ\\ , ┴-、_         |: :〃:/
     {      /   /    /   }ヘ ヽ`{     ` 丶、_     ノ://:/
                       ルイズ

489 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:13:09 ID:TAWf4guY

――1794年4月1日。
――午前8時。


            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ




      ,r=ヽ、 ダントン逮捕!? r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ノ(t;;;;;;;;;;)   おいおい!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・= ⌒ )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙  tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´ ノ( ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、⌒ヾミく::::::l  議員特権はどうした!!!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;
               議員の皆さん

突然の逮捕に4月1日の国民公会ではダントン派残党議員から非難の声が上がり、
その中でルジャンドルが逮捕者の陳述を聴取することを要求した。

490 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:14:07 ID:TAWf4guY

   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//    なぜ、ダントンにだけ特権を与えるのか!?
.         |   /                /  / //  .イ〃
              く                / // / .!イ     ダントンとシャボーと何の違いがあるのか?
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !
          \   __            /  /!   リ     同じ議員ではないか!
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ      罪ある者だけが震えているのだ!
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、     罪なき者は国家の監視を恐れることはないのだ!
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .

491 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:15:09 ID:TAWf4guY

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ
       〆、_ l  、    、_    ' /
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/     ……罪人は数少なくない。
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´         ……陰謀者を弁護する者がいる。
              ` ‐- 、
                _ >,       ……なぜ弁護するのか。
           , -‐ ' ̄ |  /
          <、      | /        それは自分が陰謀者だからだ!!!
       /   ヾ ‐-、_ |'_
      /      `ヽ、  ` }
  \   {         `ヽ 、L


            /⌒゙ ‐''"⌒ヽ、
           /::;,,...:::..,,.;;::...,,,..;;:::ヽ
           (:::::::/!::::;ノ !:::::::::::::::::}       その通りです!
           {:::ノム<  >∠、:::::::/
            r i:l  O ) O .l:|,Y        公安委員会は、刷新の一大計画に取り組んでいます!
           ヒl:|u ̄ ヽ v ̄v||シ
            .(ヽ(⌒二⌒) /l          その結果は、共和国から背徳と偏見、
             wヽ、__, イw'   __     迷信と無神論を一挙に放逐することでしょう!
         _,,,... / |   | T"" ̄__,,,iヽ
    , -‐'''ニニ --―/ i|\./|  l"" ̄   i \
   /  /       / l:| ハ i|  l      l  ヽ
  /  /       /  !:ト/(Vl:|  |    _( ̄ ̄⌒) 、
 ノ 、 i       /  .|::|  i l::|  l   ./ ( ̄ ̄  ) \
 i 、 ヽ|       > |:::! l  |::| <   し( ̄ ̄  )  ヽ

492 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:16:15 ID:TAWf4guY

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)
          | U   (__人__)   ヤルオ……
             |     ` ⌒´ノ
              |  U      }   すまない……
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ    ダントンさんやデムーランは、もう……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

大公安委員会の二人の反論に、追及を恐れた議員たちは沈黙した。

493 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:17:36 ID:TAWf4guY

――1794年4月2日。
――コンシェルジュリー付属革命裁判所。


               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
               ┃                ┃     ∧∧__
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||
 ヽ_⊃⊃/    /      ._____        \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /      //|:::::::::::::::|\\       \    \ _ノ
     .| ̄ ̄ ̄~|        //.| .|:::::::::::::::|. | ||        | ̄ ̄ ̄~|┃
                   //.|/     \| ||


        l 彡'/     l/ ` `l /´ l.l    ヾミ-`l
        l  /  =ニ`ー\、l/  /'二´=、 ヽ /   俺が革命裁判所を設けさせたのは、
        / `iヘ '¨´   ̄ `ー`  ''' ¨´   ̄¨` //'`I   ちょうど同じ季節だったな……。
        l l >、liニ ー===−     −==− =l//` l
       ヽ、!〈`.l  `ー '¨    |  `ー - '  l 〉 !ノ    俺はこの罪の許しを神と人間に乞いたい。
         \ミ i         |l       / ' /     あれは、九月虐殺の再発を防ぐためだったが、
          〉- ト     ,    jl       ./ <      決して人類に災厄をもたらすためではなかった……
         rl l l  r '´     ´    `ヽ ./l ト、
     ,  - ' /  ヽヽ. ! ー――――― ' !// !、` ー 、
 ,  ' ¨    .l   \l丶、  ''''''''''''''   ,イ /  ヽ     ¨ ` − 、
         li     \ ヽ、     ///    /l
         l ヽ     `丶 ー―−', ・´     //       ___ ,,,,,

午前11時に裁判は開始された。
被告人は個人ではなくダントン派全体としてかけられた。
ダントン、デムーラン、ファーブル、フィリッポー、エロー、
シャボー、バジール、ラクロワ、ドローネー、エスパニャックが被告となり、
公金の横領と外国人との通謀としてドイツ人のフレイ兄弟、スペイン人のグズマン、
デンマーク人のディデリクセンが被告として加えられた。

494 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:18:20 ID:TAWf4guY

:::::::/::::::/:::::::/:/:::∧:::}
::::/:::/-‐\/::::/ //:く
/:::://弋_。ュi\∧ ィ。フ l
::::/::i i  / /:::ヽ  ゙ |   では、これより、
/:::/i i ,  (。  。)  |   裁判の審議を始める!
:::::{ i /   `~´    |
::::::i  l r´`‐‐--‐‐´ヽ|   被告人!
:::::::i  l/ レ‐‐"´`゙゙‐‐、}:|
::::::::i  i::::::;---、_,--、:::::|   自身の名を言いたまえ。
::::::::::i  irュ{      }rュ|
:::::::::::}  i.ュヽ     / ソ.l
::::::::::l i 丶ヽヽ---' // ノ
:::::::::l i i ヽ、 ̄ ̄ ノ ヽ
::::::丿 i ヽ  ニニニ  / |
:::::{  i、i`ヽ、__,.ノ:::::ノ
:::::::i   \  ,;;;;;;;;;;:::'/〈
 フーキエ・タンヴィル

495 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:19:08 ID:TAWf4guY

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   ダントン、35歳だ。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  明日の住まいは無い。
         ヽ、 i       l          l ノ ノ
          丶-       `         l_ ノ
            i   r 、_____ヽ   il      だが、名は歴史のパンテオンにとどめられよう。
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ



     , '            ,、      ヽ
    /             ハヘ i      ヽ
   !            /ノヽ ヽィ、      ',
  l         ィニ'.,´_  ヽ ヽヽ ヽ   ',
.  {        /'1' ,.-r:cテ=ー ヽ_ーヽ   }
  ',          !   ー`=    r'1;Pj`リ  l
   }         {  ''      ヽ ー f'  /
  i         、ヽ_      r_ィ'  i´ /    ぼ、僕はカミーユ・デムーラン、33歳。
  1     ri   ヽf    ー---    !ノ
   ヽ     ヽ、_,,. ノ      -     / ゝ     サン=キュロットたるイエスと同年だ!
    ヽ、   `フ'´ ヽ _      / l´
     ` ー-,-'-―‐、 ヽ ` ー , _ ィ , ‐'
    rー '´     |l_`_-__!ェ '_´,, -、

なお、フーキエ=タンヴィルは、デムーランの縁戚であった。

496 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:20:09 ID:TAWf4guY

  7::::::::::::::7:::::::::::::::/:::::::::/  //   i::::::::::::::::::::::',
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l     で、では……尋問を行う。
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、    まず始めはインド会社清算にともなう
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l     公金横領事件について……
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l
        ̄i::::::::: ̄`゙ヽ、    ィ ̄:::::::::::::::::::::::l

裁判は証拠のあったインド会社事件から始まったが――

497 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:21:20 ID:TAWf4guY

    |.:.:/.:.:.:|::::::.:.:.:./:::::::::::::::::::/:::::::::::|::::::| \:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
    |.:.:.:.:::::::|.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::/::::/::::::j:::::| __,,_ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    |.:.|..::::::.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::/::::/::::::/j:::j‐゛_,ィ-‐-\i::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\
   /.:.:|.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::://::://:// ,,|::j,/(o:) '´ |:::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::ヽ ヽ     続いて、王党派の
  // |::||.:.:.:::::::::/::::::/:::///‐-//  // ``     |.:.::::::::::::::::::::|::::::::::::::\      陰謀に組したエローと
/   |:| ||...:::i:::/::::/::<'"(o)`/   i/        |::|.:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ      フィリッポーについての
    ||  |.:.:.:|::::::::/::|        |        |:| |:::::::::::::::::::::|::::::|:::::::\ \    告発を取り行う。
     |  |.:.::|:::::::|::::::|        |        || |::::::::::::::::::::::|::::::|:ヽ:::::ヽ、 `
     |  |::::|:::::::::|:::::ヽ      、  ,,      j ||::::::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::\
      |:::| |.:::||::|:::::::ヽ               |,|::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::|::::::::::::ヽ
      |:| |.::| |::::::::::::\    ,-‐‐'''^ ̄~    //:::::::::::::::::|::::::::λ::::||::::::::::::::::::ヽ
      j  |:|::::::|.::ヽ::::::::::::::ヽ    '' ""     ///|:::::::j::::::::::|::|::|:::ヽ::ヽ:::::::::::::::::|
        ||:::::::::|..::::::ヽ::::::::::::::|ヽ        / / |:::::/..:/::::::::|:|::|::::::丶\::::::::::::::::|
      /.:..:.:.:::::::|..::::::|:::|:::::|::::::::| ヽ,    ./  .//|::|//\:::::ヽ:::ト::::::::::::::ヽ::::::::::::::|
     /.:.:.:::.:.:.::::::::|::::::|:::|::::::::|::::|ヽ  `""´   / / |:::/ /::\:::ヽ:::::::::::::\ヽ:::::::::::::|

498 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:22:14 ID:TAWf4guY

                                      _,. --ー- 、
                                   __r'"ヘヘlllllllllllllヽ、
                                   ヾミ,.,r-、、ミミllllr.、lllll|  では、私が王党派の陰謀に
                                    ハ t、、,.,t!rヽllll6)lll|   組したという証拠を
  ___,.-----、ー───------ ...__           `ヾj  '~ リリjヽ|   ここに示してもらいたい!
(⌒    _,.--‐   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ` ー- 、.._,.. -ー- 、..ゞェニニ)/__L
 ` ー-ァ''"/ / r'⌒) ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;::;;;/`ー -''ミff  ゝー-〜
     \\\_/   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;; 〈::;;;;;|\ミ〜んし〜'フ
       ̄ `((つ,r'"|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;;>;゙!lllll\し〜ん〜'フ-、
 、_ノ(人从,.ィ   ̄\ j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;/::::::;;;|lllllllll゙! んんy〜';;;;;;::|
  )     (     ヽ_,. --─一''"  ̄ ゙ ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;ヽ::::::;;;;;|lllllllllレ '\/lll|;;;;\;;;!
 ). あ 異  (,                     ` ー-、;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;ヽ:::;;;;;;;|lllllllllllllll|lllllll|;;;;;;;/;|
 ) り .議 (.                         ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:;;;;;;;;;|llllllllllllll|ollll|;;;/;;;;||
 )      (                              |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;|llllllllllllll|lllllll|;j;;;;;;||
  ⌒Y^W⌒`                            |ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;|lllllllllllll|ollll|;|;;;;;;;||
┌────┐                           j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;|llllllllllll|llllll|;|;;;;;;;;||
│  エロー |
├────┴────────────────────────────────

└─────────────────────────────────────

499 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:23:10 ID:TAWf4guY

              __
           ,,ィ"´::::::::::::``丶、
          /::'";ィ7rリ::ト、::::::::::ヽ
        /:::,ィイァf/::l{:::リル、::::::::::゙!
        /:::,ィツノ,ィ/:::::lレ,ノハilヾ::::::::|
       ,イ// /,jfムl!::ィ'iル7l_llトj:::::::::::|
      ,ィケ::,ルイ`ナ゚'リtTヘィリ。i川:l:::: : |   ……二人は、王党派の疑いのある人物を匿っていた。
     ,' {l;;lイl'i.:.{':.:.i',, ::::::;广l:::lリl::::::::|
     { ,ノ}メハヽr__.:....'::'":.:.:.:l:.,!/::::::: |   それが証拠だ。
     /,ィリ::lト. ヽ二二ニャ'.:.l:.{:ヾ:::::: |
   ,,.ィ"´/{l::l|lヽ  `'ー.:.:.:.:.:.:,.イ}ゞf::::: |
__ゞ、.:.:.:./.:ゞ洲j丶、__,,. ィ":/l:::::li,:::::|
.:.:.:.:.:.:\.:.:.:./リンjl、 :::::::::::::/:::,ィ{l!::::::::: : |
:::::::::::::::::\::::ソ川,ヽ、 ::/::,イNj:::::::::: : |
::::::::::::::::::::::ゝ、::::::ヽ,入rく::_,..,r<ヽ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::_,, ::-=ョ! l l l ヽヾヨ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::r'三三彡't:. i, ゙':. ':: } ,} |:::::::::::::



                 i"',‐、:| i':、ヽ''‐:.、
                 |.| ヽ'!_!___',ヽヽ .ヽ
                   |.i i',,_  _,ヽ', |  ',    誰が王党派で、
                l/'i |tr:i "i;ェj|l .!,、 ゝ  その王党派はどこへいる?
                  `| ! _  ノ',!,ィ,.ノi´
                    '、---、 '/r':'riノ
                   ヽ  _,.-'  |
                    i二r-‐''"_,i`i:、
       _,,r---、      _,./ | i.',-‐ニ,:'. ',`ー--:、_
   r‐=''''"__,.-' " ,`=:、_,._;‐''",.:'/ .| |. ', ,:'   ゝ r'"  `:、
   `‐‐ニニr' ,.:'  ",ニ-`:.、`:く_i‐:、 !r''| ',:'`'-='" }"      ヽ
    (´_,,,,,'、_i  r'" -   ',ヽ `'‐゙_l ニ/  ,:' _r"       |
        ヽ-!  r'、   | |.    `''‐'、_/_/         |
          `‐r'i´'ニェ:'ノ        `:'-,         ,ノ
           | l,-‐`'"                  ,:''/
            | | `‐i-,、__               /,,/
             | |  ', |  `i‐- _          ./" /
              | .|   'i  .|O  `i'r- _      /  ,:'
┌‐────┐ |  |   |  |   |,'  `''ー-‐'"   i
│  エロー .|  |  |    .|  |   |          ,'
├───‐─┴────────────────────────―‐

└─────────────────────────────――

500 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:24:18 ID:TAWf4guY

:::::::/::::::/:::::::/:/:::∧:::}
::::/:::/-‐\/::::/ //:く
/:::://弋_。ュi\∧ ィ。フ l
::::/::i i  / /:::ヽ  ゙ |
/:::/i i ,  (。  。)  |
:::::{ i /   `~´    |
::::::i  l r´`‐‐--‐‐´ヽ|   その疑いだ!
:::::::i  l/ レ‐‐"´`゙゙‐‐、}:|
::::::::i  i::::::;---、_,--、:::::|   疑いが証拠だ!
::::::::::i  irュ{      }rュ|
:::::::::::}  i.ュヽ     / ソ.l
::::::::::l i 丶ヽヽ---' // ノ
:::::::::l i i ヽ、 ̄ ̄ ノ ヽ
::::::丿 i ヽ  ニニニ  / |
:::::{  i、i`ヽ、__,.ノ:::::ノ
:::::::i   \  ,;;;;;;;;;;:::'/〈

エローとフィリッポーの罪状には証拠もなかった。

501名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:25:12 ID:Tk.jDEnE
> 疑いが証拠だ!

え?

502 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:25:20 ID:TAWf4guY

――1794年4月3日。

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   おいおい!
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  俺に対する質問はないのかよ?
         ヽ、 i       l          l ノ ノ
          丶-       `         l_ ノ
            i   r 、_____ヽ   il      何でも受け答えるぜ!
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ

2日目を迎えた裁判であったが、明らかにダントンは避けられていた。
しかし、結局はそれを避けることは出来ず、ようやくダントンの
審議が行われると、そこから一気にダントンの反撃が始まった。

503 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:26:15 ID:TAWf4guY

           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|   ――俺が!
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、   ――デムーランが!!
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ i
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|   フィリッポーが今――!!!
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/    このようなかたちで告発されることになったのは、
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、    自分たちの方が告発しようとしていたからだ!!
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ

504 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:27:10 ID:TAWf4guY

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l  何を告発しようとしていたのか!
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !   それは公安・保安両委員会の暴政に対する告発であり、
    r /'  l   ヽ         l   /    その告発を受理する特別委員会の設置を、
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'     我々は国民公会に要求したのだ!
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、

505 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:28:09 ID:TAWf4guY

 \                    /             / // / ハ l_.. -         < _  ___
   \  丶       i.   |      /     ./       / |/  l / l/ヾ、  ,,          ー=ニ_   ¨ '' ‐- ...
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /     l/ ノ__., ィX/'ニ== 、       ミ 、`丶 、
      \  ヽ    i  |     /   /     /        { ヽ、__ 彡´__           ヾ、   `ヽ、, -‐‐ 、
   \                                    ヽ_   / ''¨ ヾ、                ゝ   ィ/ ,∠._
                                -‐       .ゝ`   fj   》  =ニ二          |  l´   , ヘ、
  ー        俺は要求する!                       /´                    !   !  /   ̄
 __                              --    /     ミ `ー '  ,              !   !  ヽ´  ヽ
   二       俺たちの証人として         = 二   /      ヽ、  '              /l  l   /  /
   ̄                               ̄ , '                        / L - '  l _/ ,ィ
    -‐      16人の公会議員の          ‐-   ヽ、    ヽ              /      '´  ./
                                      ` 、    ′`ー- 、         ' i         /
    /      法廷への召喚を!!                    }     _.... -ヽヽ、          l      ┌ ''
                               ヽ    \      `ー-ェニ --‐ーヽ.ヽ                  !
    /                    丶     \           ヽ:.:.:.:, -‐ ', l              l
   /   /    /      |   i,      丶     \          _V_    j ! l            l
 /    /    /       |    i,      丶     \        l´    ̄ ̄   l              ノ  .

506 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:29:11 ID:TAWf4guY

     ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
     ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃  ////////
 \   ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃   /////
\\\    ┏┛┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃   //////
\\\  ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫ ///////
\\\  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛ ///////
\\\\                                           ////////
\\\  ∧ ∧      ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧   //////
\\  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ///////
\  ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧  ////
 ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ  ヽ(・∀ ・)ノ ////
(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ ))(( ノ(  )ヽ )) ///
   <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     <  >     //



                      ┏━━━┓                               ┏┓┏┓
                      ┃┏━┓┃                               ┃┃┃┃
                      ┗┛  ┃┃┏━━━━━━━━━━━━━┓┏┳┓┏┓  ┃┃┃┃
                  ,-‐-、     ┏┛ ┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┗┻┛┃┃  ┃┃┃┃
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    ┏┛┏┛                         .┏┛┃  ┣┫┣┫
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、  ┗━┛                          .┗━┛  ┗┛┗┛
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

507 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:30:13 ID:TAWf4guY

 ダントン!!       ダントン!!      ダントン!!       ダントン!!

       ダントン!!         ダントン!!   ダントン!!     ダントン!!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )


 ダントン!!       ダントン!!      ダントン!!       ダントン!!

       ダントン!!         ダントン!!   ダントン!!     ダントン!!


ダントンの自己弁護の雄弁は聴衆の同情を獲得した。
保安委員会を前にして裁判の聴衆からは拍手喝采が巻き起こる。

508 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:31:09 ID:TAWf4guY

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\     (こ、このままでは場の雰囲気に
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ     圧倒された陪審員が無罪の判断を
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐<u I     下すことも考えられますね……。)
                    | u '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___   わ、わかりました!
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´   タンヴィル検事も議員召喚について
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ   同意をしてますし、国民公会に通告しましょう!
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────
   アルマン=マルティヤル=ジョゼフ・エルマン(1759年 - 1795年)
ロベスピエールと同郷のアラス出身。
革命前は検事で、1790年以後裁判官を歴任し、
王政廃止後は革命裁判所の裁判長となっていた。


こうして4月3日の夜、裁判は休廷を宣言した。

509 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:32:18 ID:TAWf4guY

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {
 iミ}ミ{━ ━ミ! 革命裁判所長の名前はエルマンもしくはヘルマン
 iミ}ミ{  ー ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ  情報が不足していたために公表を差し控えていましたが、
  `i,J( 了´  とりあえず名前を出しておくことにしました。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

510 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:33:13 ID:TAWf4guY

――同時刻。
――コンシェルジュリー監獄。

                    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                   /::::::::::::::::::::::::ヾヽ
                  .i:::::::://///::::::::::::::::::|     私は捕まりましたが、ここで明るいニュースを!
                 .|::::::/ ::////⌒⌒ i.:::::ノ
                .|:::::/         |::::|    廊下を挟んでの法廷ではダントンが
                 |::/.  .ヘ    ヘ.  |::|      見事な活躍を見せています!
                 .⊥|.-(=・).-.(・=)-.|⊥
                l .!:;  ⌒´.し.`⌒  ::|. l     いったい、どこまで快進撃を見せてくれますかね?
                 ゝ.ヘ         /ィ
               __,. -‐ヘ  <ニ二ニ>  /─- __
          _ -‐ ''"   / !\  ̄ /!\     ゙̄ー- 、
         ハ       /.  |ヽ  ̄ ̄ /|  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! . ̄ ̄  !    .>      / !

牢獄内では蜂起の計画さえ噂されるようになり、情報を得ていたショーメットが、
その計画を仲間内に広めようとしていたが、具体性もなかったために大きな動きはなかった。

511 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:34:06 ID:TAWf4guY

――同時刻。
――リュクサンブール監獄。


    ,.‐'´           `‐、
   /                ヽ
.  /                  ゙、
. ,!    ,./   ,             i
 .!   {((ト{. lヽ、.__      l
 l.  ゝ,..=‐ゝ`ー 、,=;-cf !       }
  !.  !、,.rcjヽ  ゝ-~゙,,. }      .!   九月虐殺をまたやるという噂です!
.  ヽ、 i -‐',         ,J       |
   ,ゝi.  ` __   ミ、       |  ……せめてものことに、生命を守ることは、
   ゞ !、  `‐_    ヽ、._      |  心ある男性のつとめではないでしょうか!
    `ゝ. `‐、     ,.  _,ゝ     .!
    ヽ、   `T"´___,]     ノ
    _,.二ゝ_} ̄_,.て)l {_ _,. ‐'´
.  /{{‐-' ̄ ̄ ー--‐''´|! ゙'=r‐-、
  / |!,           |!     ̄{f"、
/  /             |!      |l  i
.   〈、            |!lニニニニ!、|'  !
 ,/ヽ.ー-------‐' ‐ 、|!_   ヽ{   |

夫のデムーランを救おうと、この日まで二人の結婚立会人であったロベスピエールや
夫の学友であるフレロンなどに訴えたリュシルであったが、二人とも動こうともしなかった。
八方手を尽くしていた彼女は、この日、リュクサンブールに捕らえられていたディロン将軍にも訴え、
リュシルが民衆を扇動するという条件付きで蜂起を行うという約束を取り付けることに成功した。

512 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:35:06 ID:TAWf4guY

――1794年4月4日、午前8時。


            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

早朝、フーキエ・タンヴィルがの手紙が国民公会へと届けられた。



              _
             /::::/
           /´!_/}
          /:::7. i゙:'|     開廷が宣言されてからずっと、
          /:::/  !:::l     恐るべき嵐がとどろき……
          {:::::l  l:::_!_    血迷った被告らは……
           ヽ:::\ィf´l:!::゙i
            ヽ:::::゙:从l!リ
          /::::::::::::::/     すいません。あいつら削除できません!
          l::::::::::::/
          |:::::::::::|
          }:::::::::::l      神よ、我々はどうすれば良いのか、
           ト ̄ ̄|      その道を教えてください!
            ,r'`   ン
          , '   //
       /  ,イ _i___ __ _
        ,' .,r'-┴'''''T:"^ャ_l´:',
       l ___...... -―┘^}:」 !:ノ

513 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:36:07 ID:TAWf4guY

              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |  なっ――!?
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |
           V V \ ヽ \ u      マt7./   ,
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ ' u /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',

この手紙に公安委員会は動揺した。
事実、陪審員の意見も二つに別れ、法律家のノーランは
「彼らの要求する証人を拒否することは不可能である」
と発言し、4、5人の陪審員も無言で同調していた。

514 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:37:52 ID:TAWf4guY

              _  ' ´  ̄ ̄ ̄ > 、
               /             \
          /   !   |  |  !  |  ヘ   ヽ
         /     .!   |  | 斗  l     ' ',   ハ
 .        /  |  |  | .´| ヽ  ヘ.   | l   ハ
 .         |   |  |  | .Yf アぅミ Y   | l   l ハ
 .         |   |  ∧  V弋fタ  ヽ|  / V  | |    どうするの?
 .         |  l.∧ ヽ ヽ |   `   l}ィ坏 '  /  |
           V V \ ヽ \ u      マt7./   ,′  このままダントンが生き残ったら、
           V V  \\ ヾ  r 、_ ´  イ   /     僕たちの身は破滅だよ!
          ヽ ヽ   { ヾ   ゝ‐ ' u /  /
         , -―- ≧ _\ ヽ .       ィ   /
      //: : : : : :.-―― ヾ> ‐ < / /
      /: : : : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ .ィ }イ'´
     /: : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : ',



        _,ヘェュェ=、、 - _
       /く7/ i \\   ヽム
      / `//i :i  i: \>ヽ:  ヘヘ
     /  :i-イ :| |:i  li _i ';  i ', 〉
.    i  :|i |-‐ト i|_ -i´ _` i: i:|/   ロベスピエールはどうしたの!?
    .ハ  iハ 斗く    'てハヽ| /:|
    i ',  i.ハz:ノ     `ー´ /イハ |   こんな大事な時に公安委員会はおろか
   :i :i Yハゝ  ̄   `  u i ノ |   公会にも出席していないってどういうこと!
   :| i .ゝ .ヘ u   ー _´  ./´i  |
   | i  i `ーゝ、     .イ:i i   |

その公会では、登院する者もまばらであったが、
ロベスピエールもまた、デュプレの家に引きこもっていた。

515名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:38:04 ID:boo5iu.E
反撃くらって動揺するなら最初からやるなよ
というか、反撃くらいは予想しておけよ

516 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:38:38 ID:TAWf4guY

   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//
.         |   /                /  / //  .イ〃
              く                / // / .!イ     (無能どもが……!)
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !
          \   __            /  /!   リ     被告人たちは完全に反抗的である!
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ      彼らをこのまま許しても良いのだろうか!?
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .

517名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:38:52 ID:rH3YzQKw
>>515
こういう類の方々は、「上手くいく場合」しか想定してない

518 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:39:06 ID:TAWf4guY

      rfニ、ヽ
      l。 。 F9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"  ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
裁判を取り仕切るサン=ジュストの発言に対し、
議員からは賛同の声は上がらず、無言の抗議が示された。

519 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:40:16 ID:TAWf4guY

                 _   -──-  _
               ´           `丶、
              /                  . : : :` ー;=‐
         ,               、ヽ: . : : . : : <
           /              l: :|: : . : : : : : 、 ヽ
        l        . :/ . :|: :|: :!: l、: : : : ヽ `、
        l  /    ./ : :/ . : :/: ハ/ ∧:|ハ: :l: : : : ぃ{
        | :/     ./|: 〃 : // }/ ノ'  V: : : : |
        j// , : :/ }/ }: /} /  , -‐ ニ二厶 l |:l {
         /イ:! | : :|二ニ厶{≪  j  イf_::T^}://:ト|^\   そうか……。
         | Vl: : |灯f:::T`    {   ヾ=' ´!゙V
        ノイム: . ヽ ヾ='-     |      l !|      君たちはそういう腹づもりか。
         ノヘ >‐ミ=-       !      ムイ
           `ト-ヘ                /: !´      ならば、あえて言おう!
                Vヘ: \    ー-‐_ ' ´  /l /
                 ヽトミ  .     ,  !{        諸君と罪人との間を隔てている
                   ム `> -‐く_ ノヘ       この距離をしっかり見届けることだ!
                  } `7   /  い  !|
                      〕、|  l   l V ム‐- 、_
                _厶_]  |   ヽ `\     ̄   ‐-  、_
            _,. -‐ ´   |  !    丶  丶            `丶、

520 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:41:13 ID:TAWf4guY

        /{ /     l|  ヽ! !    l |  !|  !| l   /   ! ! ∧
     / / 酛_   {     、   !{   !|  リ ,.|  ′  l l/ j/
.     ゙ /  .ヘ「 ̄` == 、__   ヽ  ぃ  リ  ,/ム /  | ノ/ 丿
   { l /     l__   `¨ ===\ヽ-   〃仏八{   |{
  | !Ⅳ     ー==fラ行〒=ミ、ヽ ` \  { 泛ノノ ! ハ{
 ! lハ!      \ 弋:::{jシ          '    ! /j/  `
ぃ ゙、 ゙、        ``==-‐''゙´         '、   lィ丿
ヾ 、 ヽ 丶                         \  |
{ ヽ \\ ヽ                       冫′
.\ \ ゙ヾ -\                  ,.   //   これより一歩でも前に出る者は、
  丶 `_ー- 、                     / ,   罪人と同じ扱いにされるであろう!
 |   l l`ー-ヽ                  ,ソ /
l八! ハ{   、 \         ←---‐''゙´  /
l  い { `    ヽ \              -‐ '´/



      rfニ、ヽ ――――!?
      l。 。 F9i          ――――!?
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ ――――!?
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''  U ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、U ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'" U゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

521 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:42:06 ID:TAWf4guY

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   サ、サン=ジュストくん……!
             |     ` ⌒´ノ
              |  U      }   それは、脅迫だ!
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ    そこまでしてダントンさんを処刑したいのか――!?
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

522名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:42:59 ID:pgS3JPxQ
どうみても独裁政治です。

523 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:43:09 ID:TAWf4guY

     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /    僕は提案しよう!
      `|               }               厶イ
        l          ,{              /  `     神聖なる法廷にて
      ∧         〈 l            /        反抗ないし侮辱の行為に出る被告は
       { ヘ          `}  ´           イ         何人であれ弁論を禁止されなければならない!
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_
     { V        >、       イ   ! /}   ̄   ─-
     j /      / { >--‐ ´  }     !//

この提案はただちに投票にかけられ、その最中、フィリッポーの妻が
涙ながらに陳情に来ていたが「特権的例外は許されない!」との言葉と、
平等の名において退場させられ、結局、この特別法案は賛成多数で可決された。

524 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:44:15 ID:TAWf4guY

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ  よろしい。
       〆、_ l  、    、_    ' /
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/      では、ここでもう一つ、今朝方、新たに明らかになった
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´        恐るべき陰謀について公表しようと思う。
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´
              ` ‐- 、         被告人デムーランの妻リュシル・デムーラン……。
                _ >,       彼女は昨日、リュクサンブールに投獄されている
           , -‐ ' ̄ |  /        ディロン将軍に対して蜂起の計画を吹き込んだのだ!
          <、      | /
       /   ヾ ‐-、_ |'_
      /      `ヽ、  ` }
  \   {         `ヽ 、L




            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | U   (__人__)   な、なんだって――!?
             |     ` ⌒´ノ
              |  U      }   リュシルさんが……
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ    そんな……
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

525 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:45:20 ID:TAWf4guY

        /{ /     l|  ヽ! !    l |  !|  !| l   /   ! ! ∧
     / / 酛_   {     、   !{   !|  リ ,.|  ′  l l/ j/
.     ゙ /  .ヘ「 ̄` == 、__   ヽ  ぃ  リ  ,/ム /  | ノ/ 丿
   { l /     l__   `¨ ===\ヽ-   〃仏八{   |{
  | !Ⅳ     ー==fラ行〒=ミ、ヽ ` \  { 泛ノノ ! ハ{
 ! lハ!      \ 弋:::{jシ          '    ! /j/  `
ぃ ゙、 ゙、        ``==-‐''゙´         '、   lィ丿    その計画は牢獄の外でリュシルが民衆を
ヾ 、 ヽ 丶                         \  |      扇動し、囚人たちが呼応するというもの。
{ ヽ \\ ヽ                       冫′
.\ \ ゙ヾ -\                  ,.   //       しかし、ディロンより計画を打ち明けられた
  丶 `_ー- 、                     / ,        ラフロットという男が自首してきたことことで
 |   l l`ー-ヽ                  ,ソ /        事前に発覚したのだ……。
l八! ハ{   、 \         ←---‐''゙´  /
l  い { `    ヽ \              -‐ '´/












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  | !Ⅳ     ー==fラ行〒=ミ、ヽ ` \  { 泛ノノ ! ハ{
 ! lハ!      \ 弋:::{jシ          '    ! /j/  ` このような恐るべき陰謀を許してもよいのか!?
ぃ ゙、 ゙、        ``==-‐''゙´         '、   lィ丿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







.

526 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:46:19 ID:TAWf4guY

――1794年4月4日、午後1時。
――コンシェルジュリー付属革命裁判所。


               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ .
               ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃
               ┃                ┃     ∧∧__
 __∧∧.       ___┃_                  __┃___  (゚Д゚,,)||
 ||(=゚ω゚)    /    /|             |\     \(|X| U/ノ~ゝヾ
 ||○|X||ヽ... /    /  |             |  \    \  (’ヮ’ン||
 ヽ_⊃⊃/    /      ._____        \    \ ノ|○V.||
   ┃_/    /      //|:::::::::::::::|\\       \    \ _ノ
     .| ̄ ̄ ̄~|        //.| .|:::::::::::::::|. | ||        | ̄ ̄ ̄~|┃
                   //.|/     \| ||



     //|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:lハ
    //l|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ
    //:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l:ハ
   ///|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:ハ
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|/|:|:|/|:|:|:|:l/Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:|:l
   |l:l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|∧:| |:l/ |:|:|:/   Ⅵ:|:|:|:|:|:|:l
   |l:l:|:|:|:|:|:|:/|:|:l/_\|/  .|:|/    Ⅵ|:|:|:|:|:|
  ノリ:l:|:|:|:|:|:|/ |:|/ ,-、ヽl\_, |/     ノ|:|:|:|:|:|
 > イ⌒|:|:|:|  l/ じ! ノ〉 乂 ー ,ニ二、 |:|:|:|:|:|
 ̄ノ八ヽ∨|:| │ ` 彡′  l   iJ  〉,l:|:|:|:リ
  ̄\\ V:|          il|  ` ー彡//|:|/    さあ、捕まえたぞ。
    \\」         , 」    / l/l/      奴らはもう逃げられない!
 /   ヽ ',                  / l/
/      Vl     ∠二ニハ 〉    イ l'
       l l 、  イ厂⌒∨l  /〃 l'
        l│ \ ハ   |ノ / //  /
        | |、  ヽ丶-イ /  //  /
        | | ヽヽ /`二 ´ </ /
        | |  ∨ / /´ //
       / /  |/ /  /

公会に助けを求めている間、裁判は時間稼ぎの審議が行われていた。
そして、そこへ保安委員会の四人――アマール、ダヴィッド、
ヴーラン、ヤラナイオが特別法令を携えてやって来た。

527 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:47:06 ID:TAWf4guY

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   保安委員会が何か持って来たようだな……。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |  見ろよ、デムーラン!
         ヽ、 i       l          l ノ ノ
          丶-       `         l_ ノ    この卑劣な人殺したちの顔を!
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――−'    /l      こいつらは死の国まで
             l \     ̄¨    , - ' l      俺たちの後を追ってくるだろうよ!
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ




            / ̄ ̄\
          /   _ノ:::::::\
          |    ( ー)(ー)
          | U   (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   うう…………
              |  U      }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

528 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:48:15 ID:TAWf4guY

::::::|           \/:/:l::::ヽ:ヽ
\:|             /:r'::/::::l:::::ヽ::'、__ノ
::::::l          '´l::/:::Oノリ:oリ:::::l__      ただいま届いた重要な決定事項について報告する!
::::::|        ヽ、ノ:::::::ハ、___,ソ::::八::/ー
::::::|         /:::::::::丶`┴'ノ::::::::∠ --、    市民サン=ジュストが提案した法令により、
::::::|、     ,r―'::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::I    被告の発言は法廷を侮辱するものと認識された。
\ ::└- ‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::..... 、:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
\ ヽ:::::::::ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  また、ラフロット氏の証言を根拠に、
、::::|   ̄    ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  彼らを救出しようという牢獄内の陰謀があることから、
:\         丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   被告らを討論外に置いて発言を禁止することが
: : :|          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'  妥当であることをここに宣言する!
: : :|         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
: : :|       ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f'´
: : :|       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::| _
: : :|     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,......--‐‐'''"" /

こうして、この日の午後からの裁判の審議は、被告人たちの発言が奪われることになり、
証拠も不十分で皆無に等しい嫌疑の報告のみが続けられることになった。

529 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:49:12 ID:TAWf4guY

だが、その日の夕方には結審するものと見られたが、法を重んじる陪審員たちは躊躇をしていた。


【審議中】
     ( 'A` ) ( 'A` )
. (   'A)  U) (つと ノ('A` )
.| U (   'A) ('A`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

530 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:50:08 ID:TAWf4guY

     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /
      `|               }               厶イ     君たち、これは裁判ではない。
        l          ,{              /  `     政治なのだよ……。
      ∧         〈 l            /
       { ヘ          `}  ´           イ         故に君たちはもはや陪審員ではない。
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }         政治家なのだ……。
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_
     { V        >、       イ   ! /}   ̄   ─-
     j /      / { >--‐ ´  }     !//

531 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:51:10 ID:TAWf4guY

       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ   ダントンとロベスピエール……
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|     両雄は並び立たない。
       / / ハ          、㌣ハ/リ
       〆、_ l  、    、_    ' /        どうしても片一方が滅びなければならないのだ……。
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´           それとも君たちは、ロベスピエールを殺したいのかい?
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´



   |       : |  | ト、   \  \   \ \ `ヽ`ヽ \    `>
   i      : |  | i \     、    、   ト、  V i  !  \ヽミー''⌒ヽ
  ノノ   ! | i  乂.  \   :!、   ハ  |  `¬ニ=‐   、   トミz
   i |   Vヘ!       ヽ.  ! ヽ ノ!ム  !ヘ.  |   \  \ ノ
.   Ⅵ   Ⅵミメ       >イ_ム _}二ヽ| |   |   jヘヽ \
     ヽ/ i `¬ミヾ    ´ フムニ=七ぃーリ j   j   i !ノ } /¬'⌒
      } ノ>、ヽ Vソ:.     〃   V_ソ〃 / 〃  ノノ、.//
    ノイノ |`ヽ ̄ j        ー‐=-' /// // ムノ//
.         |   /                /  / //  .イ〃
              く                / // / .!イ     それにこれを見たまえ。
           、   ヽ 、              /.イイ´i |   ! !                     Death Note
          \   __            /  /!   リ     ロベスピエールが記した『告発ノート』だ。
           ヽ `  `丶.        /  .〃| | i !
              、  ̄       /  /   ノ、 iハjリ      呼んでみるかい?
                、       . イ   /''´    ∨,ヘ
                    >= ニ> `ヽ!. -‐'´   __/: : : : :、
              /   ,  /、二二...___/: : : : : : : : ,
             /   〃 /        /: :/: : : : : : : :
            /  / /   ム -‐‐- /: :/: : : : : : : : : : .
そこにはミラボー、オルレアン公、宮廷、ジロンド派、
デュムーリエなどとの関係。そして金銭的な醜聞が一つ一つ数え上げられ、

532 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:53:08 ID:TAWf4guY

____________________________________________
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈       いかなる道徳的観念とも縁のなかった男が、
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ       どうして自由の擁護者たりえるだろうか?
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /          ダントン革命家でありながら、その一方で
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ           ペテン師どもを用いることを是非としていた……。
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




____________________________________________
       /::::i::::::::::!::::::::::::\::::::ヽ、::::ヽ::ヽ、:::\:::::::::ヽ.
      /:::l:::::::l::::::::::ト、:::::::::::::ヽ、:::::::iヽ::::::!:::::i::::、:::ヽ、::::::i
      /:::::ト、::::ヽ:::::::ヾヽ:::::::::::::::ヽ::::l:::ヽ::::l:::::!:::::i::::::ヽ:::::::l、
      i::l:::::l:::ヽ:::::\:::::::ヾヽ:::::::::::::::!::i::::::::!:::i::::l::::::l::::::::ヽ:::::l!     彼は悪徳に対して寛容を
     l::::l:::::ト、:::\::::::ヽ、:::\ヽ、:::::::i::!:::、::::l::::!:::i::::::|、::::::::!::::ト、
     !::::l:::::i:::ヽ:::::ヽ、::::\ヽ::\`ヽl:i、::::ヽ::!:::i:::l::::::l::!::::::::i::::l`ヽ  公言していたが、これによって、
     l:::::i:ト、ヽ:::\::::、\::::::ヽ、::::ヽ::li、:ヽ::::i:l:::l::::ト、::!::l、::::::l::::i
      !:::::l::i::ヽ:ヽ、:\:::、:ヽ、:::ヽ::丶、::\ヽi:l:::i:::il::iヽ:l:::!:::::l::::l   世界中のありとあらゆる
    /!::::i:::l:::::\:ヽ、:ヽ:ヽ:::\::::::ト、:,.‐'"_,.ィ、!l::l:::l:i::l:::!i:::ト、::i::::l
   ノ!l:::::l:::::!::::::卜、:ヽ:::\:ヽ::::ヾ::く_,.r'少'ヽi!i:l::i::l::i:::il::::i:::!::l:::I   腐敗した人間どもを、
     !::::i:::::l:::::::::i-‐ヽ::ヾ、ヽ、ヽ:::!゙ヽ´    li !:l::i::l:::l!::::l::::i::l::l
       i::::l::::ヽ:::::ヽ辷エメ、\ ヾ`ヾ、 ゙ヽ   !l::i:::l::::ハ::::i::::l:::i::!  味方として手に入れていたのだ……!
      l::ハ:::::、:ヽ:\        ヽ     i::!l:::::/r'!::::l:::i::l::i
      リ i:::::\ヽ、ゝ               !l i::::!l |:::li:::l::i::l
      ノ  !::::::lヾ.ヽ    、  -       i  !:リ リノ!ハ:::l::i
          l:i::::! i\    `           iノ  ソ i! j-┴-‐‐‐‐--、
           l!i::l  !:::|ヽ、   -‐'二 ̄    ,/-‐'´ ̄          `!
           !l   i::i  !\、        ,.イ               l_
             l!  iハ! iノ  ヽ、     ,.ィ | iヘ        _,.-‐‐''´ ̄  ̄=‐‐‐-- 、_
                   `>┬‐''   l i  !      /             ,.-‐'`ヽ、
              r‐‐‐''´ ̄  ヘ    | !  l    / /    /      _,.-'"     `i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と締めくくられていた。

533名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:53:18 ID:nzqUjtwQ
裁判の存在意義ないじゃん…

534 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:54:33 ID:TAWf4guY

                         . - ―‐ - 、
                        /          \
                     ー=彡  ,イ           ヘ
  それにこのノートには、      /  / /从 ヾ 、\ 、     i
                     ;'イ {jイ'   ヽ ト.!\lヽl  | |
  ダントンの許されざる      /ィゝl ノ  ,ソ `ヽ ノV 人 :、
                     j人トゝ●    ●  jノ`)/``
  発言が書かれているよ       ゝ⊃ 、_,、_, ⊂⊃'イツ
                   /⌒ヽ__丶   ゝ._)  //⌒i
                   \ /  / l>,、 __, イァ/  /

535 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:55:46 ID:TAWf4guY

――○月×日。
ダントンに馬鹿にされる。

__________________________________________
                               !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
                               j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
                               l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                                !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                                ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                                   !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
                                   ヾト、:!               j!/ j|:::リ
         ダントン。                     ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
                                      }ト.、   r ===ァ      /' !:://
         政治には美徳やっぱり美徳が必要だな!    リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
                                   rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                                   / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



 /   /l  ,, -=-−=--- 、 _    ヽ
/__、 //i 、ヘ         ミ、`_丶、ハ
i / l/ i iヾ.、 ,,/'_ニミ   ゝ 、 `   i
l / !  ll-=ヽ≡,=、-.._   ヽ`、ミ 、 .l    何言ってんだ。
/-_=_三    ー'=='- '"-=  ミ r ニヽ l
ヾ ィ' (ノ/   `ー-    - '   i、l´、  リ    俺が毎晩ベッドの上で
 l'' /{             lN _,, )    妻を相手に繰り広げている美徳ほど、
 l   L       、    /  '  イ     しっかりしたものはないさ!
 、    `     _ ... `ゝ    i- '´ l
  ヽ , -−   ̄        i   l
   \ ー--―'       ,,ノ   l
    ヽ         ,, '     i
     丶     ,, -  __ .. -‐ '' ¨ヘ
      `、― 二 - ‐ ¨        ヽ
      ,-- ヘ             ,, ゝ、
      イ: : : : '、          , '    ` 、
     / l: : : : :/ヽ       ,, '         ` 、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

536 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:56:46 ID:TAWf4guY

            / ̄ ̄\
          /      \
          |   /  \ i
          |     /\  }   ――――!?
             |  / ̄ ̄\ l
              ヽ        }
              〉、     ,イ
             _ノ      ト、_

537 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:57:08 ID:TAWf4guY

                                                 ,    ̄   、
                                                     /     、  \
                      知っているだろう!              ´,  / / /  ヽ   ヽ
                                               !/ , ゙ /{/{ { |l !  ',
                      ダントンの妻は16歳だ!          ノ' { A{-{、 ぃ ム从 ぃ
                                             イ/ヘノ小f_r㍉ ゙}/ィ_r㍉ 、ド
                      君たちは妬ましくはないのか!?    "ヘいトト`¨   { ゞ'イ/八
                                                ヘ圦    _ }   フ"
                      あんな不男が若妻と毎晩SEX!          ヽ〉、 t_ァ ,〈
                                                _r'^リ ヽ __ イヾ、
                      をしていることを!                _r'^  iノ     {  ヽ、
                                           _/    ム    r‐ヽ   ヘ、_



    |                   \
    |  ('A`)           ギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        アンアン/

このノートによって陪審員の良心は満たされた。

538名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:57:26 ID:Tk.jDEnE
もはやリンチじゃないだけマシって程度だな・・・

539名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:57:34 ID:pgS3JPxQ
それ単なる冗談じゃ・・・。

540 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:58:11 ID:TAWf4guY

――1794年4月5日、午前8時。
――コンシェルジュリー付属革命裁判所。


      / ̄\
    .r ┤    ト、         (´`)  ∩
    |.  \_/  ヽ       (´ヽ )i⌒i,|
    |   __( ̄  |       `ヽ !、∪ノ`.|
    |    __)_ノ           ) ノ
    ヽ___) ノ            (_ノ⌒ ̄  (⌒)
      i⌒ヽ                     ノ ~.レ-r┐       セ レ ラ
      |    〉                    ノ__ | .| ト、     リア充どもは死ぬべきだ!
    / ̄ヽ ノ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ̄   `-Lλ_レ′
   |  ノ_/、/⌒i   |    /    \ ヽ ー‐---‐ /´)
  / ̄ヽノ i /   i.   | ノ(    /\.   |      i´ヽ/ ノ
  |   i   |⌒iノ/   | ⌒  /  ̄ヽ  |     / ノノー―‐┐
  `ー ´;ヾ `~'  i   \           /  ―イ ´ノ  ーーイ
   `ヽ ⌒ヽ/  ヽ   /         \           (、 ̄´
    〈 ___ノ i     /                 ̄`ー―-(_ノ/⌒ーー 、
      ヽ       /                         i (⌒  ,ヽ
      `ー /^‐━,                        ヽ_( ̄ ̄  ,)
        /ノ―、='、       / ̄`ヽ´ ̄ヽ_       i (_ ̄_   ノ
       /´ /  / ̄`i、     /     /      )     (____ノ
      ノ  丿   l   | `i   〈     ヽ   ,ノ⌒
      |   〈 l   〈 〉  |   / ヽ_ , _  |
      ゝ         ,/  ノ  i  i!  〉 〉
       ヽ、      ノ  (_ノ|, 、||  ヽ⌒ヽ
                      |  | |  ⌒ヽノ
                     ヽ_ノ \_ノ

陪審員たちが法廷に出てくると、その代表であるトランシャールは
腕を振り回し、異様な身振りを示しながら叫んだ。

541名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 20:58:44 ID:rH3YzQKw
陪審員「もげろ」

そういう事か

542 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 20:59:22 ID:TAWf4guY

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ     なるほど。わかりました!
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐<u I
                    | u '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |     陪審員が確信に達したが故に、
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___    弁論はここで打ち切ります!
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────

543 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:00:08 ID:TAWf4guY

                         / // / ハ l_.. -         < _  ___
                          |/  l / l/ヾ、  ,,          ー=ニ_   ¨ '' ‐- ...     `ヽ、
                             l/ ノ__., ィX/'ニ== 、       ミ 、`丶 、      `ヽ、
                             { ヽ、__ 彡´__           ヾ、   `ヽ、, -‐‐ 、 ヽ、
                             ヽ_   / ''¨ ヾ、                ゝ   ィ/ ,∠._ ヽ.
                             .ゝ`   fj   》  =ニ二          |  l´   , ヘ、   ',
  打ち切るだって!?             /´                    !   !  /   ̄   ',
                             /     ミ `ー '  ,              !   !  ヽ´  ヽ  /
  どうしてだ!                      /      ヽ、  '              /l  l   /  / , '
                          , '                        / L - '  l _/ ,ィ
  まだ始まっていないじゃないか!    ヽ、    ヽ              /      '´  ./ ',
                              ` 、    ′`ー- 、         ' i         /   ',
  書類を全然読んでいないし、           }     _.... -ヽヽ、          l      ┌ ''    ',
                            `ー-ェニ --‐ーヽ.ヽ                  !      ミ、
  証人の言うことも聞いていない!              ヽ:.:.:.:, -‐ ', l              l    /
                                 _V_    j ! l            l   /
                                  l´    ̄ ̄   l              ノ  ./

544名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:00:20 ID:2xFNsFD.
なんかもう滅茶苦茶だな

545名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:00:32 ID:rH3YzQKw
人民裁判・魔女裁判やね

546 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:01:22 ID:TAWf4guY

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:::::::::::::::::::::::::::::::   ,...ヾ ;;\::           ::l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー-..::::ミミミ、ヾ   (_);;) ヾ;;ヽ、           :i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;://
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;=-゙-`::::::ミミ\ ゙゚''´ i::ヽ;;i  ::         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;l /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::    :::::::.ミ::.'ヽ.........::::::::.、'_ノ         l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i /
;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノ:::::::::::.             :::.`   , 二;ニ= 、   ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ  /
;;;;;;ー-'',:::::::::::::::              :::  ' ,rェ ヽ`  ヽ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;// /
;;;;;;;;;;;;/"::::::::::                i ヽ゚ ン i` /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ / /
ー' ̄:::::::::::::::::             ___゙゙゙゙ヽ ー  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:// / /
:::/:::::::::::::::::::::      ___  ヽ、ー ヽ ノミ; ::. /;:;:;:;:;:;ー" ̄ / / / /
/::::::::::::::::::::::::    /:::::::::::::\ \ ヽ/ ̄   : /;:;:;:;:/"/ / / / / /
:::::::::::::::;;:::::::::::.   l ̄\:::::::::::::\ )     /;:;:;:;:;:l´/ / /  |\/\/ヽ∧
::::::::::::::::::;;;:::::::.   ヽ  ヽ:::::::::::::::'/      /;:;:;:;:;:丿/ / _/
::::::::::::::::::::;;;;:::::     \  |::::::::/      /;:;:.:_,- " / /\
:::::::::::::::::::::;;;;;;:::    、.  \_l;;;/      / ̄/ / /  ./ 修  そ  ふ
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;../ ̄ ー、.,.      // /  / /<    正  ん  ざ
::::::::::::::::::::::::::::;;/      ゙''ー 、_./.  / / / / /    し   な  け
'ヽ::::::::::::::::/゙            `ー--- 、 / / / |     て   大  る
  \__/     ......--、            ヽ / //     や   人  な
   /  .....:::::ミ::::::::.::... \__           ) / /_    る       よ
  /  ....:::::::::::::ミ:::::::::::::::::........゙ー-、__   ___ / /  ̄/    !       !
/  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......."<__// /  <
  ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::...  ヽ / // /

デムーランは興奮し、前日の夜に書いておいた、サン=ジュストを中傷する
反論文をクシャクシャに丸めて、裁判員たちに向かって投げつけた。



:::::::/::::::/:::::::/:/:::∧:::}
::::/:::/-‐\/::::/ //:く
/:::://弋_。ュi\∧ ィ。フ l
::::/::i i  / /:::ヽ  ゙ |
/:::/i i ,  (。  。)  |
:::::{ i /   `~´    |   見ましたか、みなさん!
::::::i  l r´`‐‐--‐‐´ヽ|
:::::::i  l/ レ‐‐"´`゙゙‐‐、}:|   このこの暴力的な態度を!
::::::::i  i::::::;---、_,--、:::::|
::::::::::i  irュ{      }rュ|  やはり、法廷を守るため
:::::::::::}  i.ュヽ     / ソ.l   狂人どもの発言は
::::::::::l i 丶ヽヽ---' // ノ   禁止されねばなりません!
:::::::::l i i ヽ、 ̄ ̄ ノ ヽ
::::::丿 i ヽ  ニニニ  / |
:::::{  i、i`ヽ、__,.ノ:::::ノ
:::::::i   \  ,;;;;;;;;;;:::'/〈

こうしてダントンたちは陪審員の判断に反論の機会も与えられないまま――

547 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:02:15 ID:TAWf4guY


                    _.. -'''"゙゙゙^'''ー、          ,,, ‐''''ー 、. ,..、  r'"゙'、
          ,,,_、 _,,..-‐'″   _,, - 、 `'、  (゙゙''"     .i、,,,,) .l .`-",   |
         .!、、     .,, -''i .`'、, /'''ミ'ー┘  `'┐ 'l, ̄l  . l  |  .l゙|   |
          .i''ニフ‐ .,i 、\.l   l .ゝ ヽ      l  .凵   l、 |   .| |   |
           .!   / l  .l′  .l-"  .l   r‐ー'′     \,!   .| |   |
          /   ヽ丿  .iリ       . |   `ー 、  .i''l   |゙'''''゙!  | |  .|
         /  ,     /l   .广゙゙゙l. ゙″    .|  .l .,!  .|  |  | |  .|
         ヽ,_./ .゙<   ./ .|   |   .l ヽ    |  ,! l   |  |  | |   |
            /   . /   |,  .ヽ..,,,,ノ  |    |  / |   |  |  | .!  .|
          /    ./   \,      |   /  ./  .|   | .:=t;;三''''゙  /
          `'ー‐''´       `''――‐'゛   ゙‐'''"    ゝ /     ヽ-‐'

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐<u I
                    | u '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |     本法廷は結審しました!
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────


――エルマンによって死刑が宣告された。

548 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:03:12 ID:TAWf4guY

       /:::::::::::::::::::::::::::i::::::::::;i::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::::l
      i:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::/l:::::::::::::::::::::::l ヽ:::::::::::::::::::::::::::::l
      l:::l::::::::::::::::::::::::l::::::::/ l:::::::::::::::::::::::l ヽ:::::::::::::::::::::::::::l  ふ、ふざけるな!
      l::∧:::::::::::::::::::::l:_::::l  l::::::::::::::i:::::::l  ヽ__::::::::::::::::::::::l
      l/ .l:::::::::::::::::l::ll:::¨l=-、l_lヽ::::::ト:::_l-=ニl_:::::::::::::::::::::/   この人殺しどもが!!
      l  .l:::::::::::::::::l::l<弋__ツl:l.`ヽ:::li¨弋_シヽ>/:::::::::::::/
          l:::ヽ:::::::ヽ:l l¨    l  lヽl l:ナ ` ''  y:::::::::/i:l 、   地獄へ堕ちろ!!!
       ,  ' ヘ::lヽ::、::ヽ l      l l '    /:::::::::/l::l  丶 、
   , - '    .ヘl. ヽト\ヘ     〈       //l/l/ l     `丶、
 , '        リ  l l /ヽ  、_____   〃l リ /  .l     , -、 `_丶
'          .l    ヘ \ ヽー   -) / lイ    l  _,,ノ - / /- }
  − - 、     l     ヘ  \  ̄ ̄ ̄/   l    i'`∨  , -'-'´ ノ/`i
      `丶、 .l      .l    `ー== '     l  _ ノ ./  ./;/  .// /_
        ヽl      .l    /`'''\   /l  /  /  ム/  //  /´ }
         l -      l  /l   /\ / l  i /   -  〈/  /l  l

ダントンの仲間たちは怒りと絶望の言葉を発しながら退場し――

549 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:04:09 ID:TAWf4guY

                               ,.. -─‐''''' ‐`ヽノ
                               ,.‐'´            ~`ヽ
                      .      /                ヽ、
                      .    /                 i.
                          /   {( ト 、              .}
                         .!  .ノ八ヾ=、三ー 、_         !
                         l  /‐- 、     ,..-─ヾj l j   (
                          {.   i ‐r:qヽ   ‐f┬o;-ヽjノノ    ゝ
                         ヽ.  l.`‐-'/}   ー-‐__`ー'、.     {
                          \. l.  ヒ._     `゙ 6 }     l
             フフフ……。       j, !.   `___     _ン   ノ
                           ヽ、_ ヽ、  -    |l ̄` ー-r'´
                      .     |l ゙̄ー-丶、__,,. ‐'_,|l    _ ノ
                            |l_   .f,「  ̄  7ヽ ̄  ̄`.二/^
                           \  _,7 .| `ー--‐'//   / ̄
                            \ヽ. |     /   /
















                                     ,.. -─‐''''' ‐`ヽノ
                                     ,.‐'´            ~`ヽ
                            .      /                ヽ、
                            .    /                 i.
                                /   {( ト 、              .}
                               .!  .ノ八ヾ=、三ー 、_         !
   処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!   l  /‐- 、     ,..-─ヾj l j   (
                                {.   i ‐r:qヽ   ‐f┬o;-ヽjノノ    ゝ
   処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!   ヽ.  l.`‐-'/}   ー-‐__`ー'、.     {
                                \. l.  ヒ._     `゙ 6 }     l
   処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!     j, !.   `___     _ン   ノ
                                 ヽ、_ ヽ、  -    |l ̄` ー-r'´
                            .     |l ゙̄ー-丶、__,,. ‐'_,|l    _ ノ
                                  |l_   .f,「  ̄  7ヽ ̄  ̄`.二/
                                 \  _,7 .| `ー--‐'//   / ̄
                                  \ヽ. |     /   /

550名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:04:16 ID:UP3N15cU
これが裁判?裁判に失礼だ

551 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:05:07 ID:TAWf4guY

  7::::::::::::::7:::::::::::::::/:::::::::/  //   i::::::::::::::::::::::',
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l
  i:j::::::::|i                U  / ,'::::::::::::::::::::',
  j,'::,:::::l', U              '  /i::::::::::::::::::::、    ――――!?
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
  " l:::::i::',              U  / ,::::::::::::::::::ii
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l
        ̄i::::::::: ̄`゙ヽ、    ィ ̄:::::::::::::::::::::::l

552 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:06:12 ID:TAWf4guY

                                                   ,.. -─‐''''' ‐`ヽノ
処刑!処刑!みんな処刑し続けろ!                               ,.‐'´            ~`ヽ
激しく!もっと激しく!                                   /                ヽ、
刃と首筋をこすりあって!尿と糞を混ぜあって!                  /                 i.
頭と頭がぶつけ合うまで処刑し続けろ!                       /   {( ト 、              .}
いづれはパリ中の市民も参加させてやる!善人顔した議員達もだ!     .!  .ノ八ヾ=、三ー 、_         !
パリ中の女達の頭という頭すべてを叩き落してやる!                l  /‐- 、     ,..-─ヾj l j   (
公安委員も議員も皆、家畜の様に屠殺させて、                   {.   i ‐r:qヽ   ‐f┬o;-ヽjノノ    ゝ
可愛い市民達の頭を断頭台にぶちこむのさ!                  ヽ.  l.`‐-'/}   ー-‐__`ー'、.     {
パリの次はこの国、全てを巻き込んでやる!                     \. l.  ヒ._     `゙ 6 }     l
ただすれ違っただけの見ず知らずの奴ら同士を、いきなり処刑させてやる! j, !.   `___     _ン   ノ
例えそれが親子であろうと!兄弟であろうと!                     ヽ、_ ヽ、  -    |l ̄` ー-r'´
女同士であろうと!男同士だろうと!                         |l ゙̄ー-丶、__,,. ‐'_,|l    _ ノ
子供だろうと!老人だろうと!赤ん坊だろうと!                    |l_   .f,「  ̄  7ヽ ̄  ̄`.二/
全員残らず、首を挿入させて、生首まみれさせてやる!             \  _,7 .| `ー--‐'//   / ̄
                                                    \ヽ. |     /   /

553名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:07:07 ID:pgS3JPxQ
なんという呪い言葉か。

554 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:07:15 ID:TAWf4guY

      ,  -- ── -- 、、         
     /           ヽ        
   /            ヾ \      
   /             ヾ    ヽ   処刑!処刑!処刑!
   |      人 lヽ   i       |  どいつもこいつも処刑させてやる!
  |    ノヽ ヽ \  ヽ  i     |  刃や縄がすりきれて、血まみれになっても刃を落とし続けさせてやる!
  |   ノ/_,--ニ'、_   _`ニニ-、ソ.   |  血と汗とよだれにまみれながら、喉が渇けばそれをすすらせ、
  ヽ  ( <`ー'ン   ´、`ー'´> i ノ、 l  腹が減ったら互いの肉を噛み千切らせる!
   )  l   ̄  /l    ̄ ν ノ/   そして永遠続けさせてやる!処刑を!
   ノ   フ、   ヽ、,     ノノ (   処刑だ!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!
   ゝ   .ノ   ---    ゝ   〃  処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!
   \    ヽ.,  〝   λ、    ノ  処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!処刑!
    ヽ、厂 |-  ―  -|l ⌒l シ

555 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:08:15 ID:TAWf4guY

  7::::::::::::::7:::::::::::::::/:::::::::/  //   i::::::::::::::::::::::',
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l
  i:j::::::::|i                U  / ,'::::::::::::::::::::',
  j,'::,:::::l', U              '  /i::::::::::::::::::::、    大変だ!
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
  " l:::::i::',              U  / ,::::::::::::::::::ii     デムーランが毒電波を発信させたぞ!
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:I     退廷させろ!
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l
        ̄i::::::::: ̄`゙ヽ、    ィ ̄:::::::::::::::::::::::l




                                     /
                                    /   _,. - ''"´ ̄ ̄ ` 丶 、
                               .      /  , '´ ii          r `ヽ
                                   ,' /'    ヽ,..ィ‐rrーiri-、-!、    \
                                   l'〃ヽ _ , _ニ_ノ' .l' u  ヽ _ヽ_ヽ、   ヽ
                                  / l' ,> 'l〃,ニ,‐`!    ‐'ヺ,.ニ、`ヽヽ‐' ヽ
                                 / l /ィ':::::l ,i.ic;ソ丿     r, ='c;;ツ_ヽヘヽ_, -l    /ヽ
   な、何をするんだ――!?             ,'  Y'ハ::::://r'  lー_.、.   lj   ,r',.イー'::r'ー- }   /
                                !   l _ヽi j.!   ヽ ‐'      i l, i'ヽ::/   ./   /
   離せよ〜!!!                   !   j'´ ,! !i  r―__'ニー 、   l r1::::;ゝ‐-./   /
                                ',   j‐'´ l l!  l`"   `ヽ!   'J ー/  ./   /
   僕はここにいるんだ〜!!!            ', ./, - '´ ̄ ` ー 、-_''' ー/      j - ./    ヘ
                                 V´        `ヾー'   ,_r'_r'´ ,. -'   /,.、ヽ
                                 |            ヽ--'--‐ ''"       / li' リ l!
   処刑処刑処刑処刑処刑処刑処刑……!     |   _                   /_ ` ' /
                                 ーく´   `` ー 、              ノ  `ヾ、
                                   ヽ 、、、   ` ー ''"  ̄ ̄ ̄ ` ー '、      \
                                    ヽ        ヽ l       〃 `丶、    ヽ
                                   , -,‐`−r ―ー rrー--  ..,_  ノ     `ヽ   ヽ
                                  /  /   /    .〃      ` 'ー,.、     ノ )

――デムーランは両手で自分の座っていた長椅子にしがみついて傍聴者の哀れを誘った。

556名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:08:18 ID:pgS3JPxQ
クラウザーさんより凄い。

557 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:09:12 ID:TAWf4guY

           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |   おお、馬鹿者どもよ!
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ I  俺が刑場へ赴くとき彼らは叫ぶだろう――
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ        ヴィヴ レピュブリック
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/         共和国万歳!!
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、                       ――とな!
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ

その中でダントンは平然とかまえ、そう叫んだ後――

558 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:10:10 ID:TAWf4guY

                                             ___
                                          ,.、'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`. . .、
    こうして、何もかもが恐ろしい混乱の中に転がり込むのだ。  /:.:.:.:、:.:ヽ/:.__:.:.:.:.:.:ヽ
                                         |:〃⌒ヾy∠←―-、:.:.:!
    ……もし、クートンに俺の脚を遺してやり、               |/ ( 〃´ リ   ミ.:.:!
    俺のキンタマをロベスピエールに遺していければ          i!_z=-、` ! _,. -=z、 f':.:.:.!
    フランスもいくらかましになるだろうにな……              { 〉 '⌒゙´ ´-==、 ゙ j:.r.く
                                            !   、      `ヾ' ノ
                                            '.  ヾー-ニ_,.ィ   /r'
                                          ゝ `こ ̄´ / |
                                 ,. -───‐ァ7:ヽ`ー-一' ´/7r-、_
                                /:::::::::::::::::::::::/ ./:::::::><::::::::::::::::/ |::::::::::::::`ヽ
                                /::::::::::::::::::://|::::,.イ  入:::::::::::::/| |:::::::::::::::::::
                                 /:::::::::::::::::://::::://7´:::::ヽ:::/:::| |::r::::::::::::::

――と、付け加えた。

559 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:11:07 ID:TAWf4guY

              , r:'':´ ̄``'''ー=.、
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__
            / ::::::::::;:-=ニ_;;;::::::::::::::::::::\`ヽ、
           / ::::::::::r'゙ 口 ゙lY;::::、::::::::::::::::::\;;`'ー=、._   さあ!
             /::::::::::::ミ゙!..マウス.,|Y=;_:`ヽ;:::::::::::::::::::\;__:::::)
          l :::::::::::::::゙入三,ノノ'::::::::`'ー`=、::::::::::::::::::_;/   さっさと退廷するんだ!
             \:::::::/´;:r゙'''_二二_`'ー-:、:__::`'ー--,ァ<゙
            \r';゙-:'':´::::::::::::::``'ー-:、_工);r-i'/^゙!
             /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ン’l^)/
            /:::::::_;;=-‐''iニェ:;-:、__;;;;::ノ_:::;'::::;f'/!
            ゙'ー''゙l,`ー''´~|_.::;:、`''ー-‐'´ :::;'::::::ト:' l,
               ';、  .i'  )r'::::::    :::::::::::l::: ト:、._
               |゙':  ゙,ニ;;ェ、    ::::::::::ノ::  |:::::゙、`ァ'''ー.、._
                  ゙、 ゙`l'ー‐',`ー''’ :::::/:::::: /:::::::::\!、(二)::
               ,.rlヽ .:`~´ ::::::::::;;/:::::::::::/::::::::::::::::::\`ー=:
             ,.=x''',!ァ'゙:::/l :゙、   ..::://:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;>::::::
    _,,..、-‐;'二゙=彡'´::::::/:  :::`ー-‐'''´::::/:::::::::::/ ::::::::::::::::;;::-'''´::::::::::
   ,./‐''''゙ ̄::::::<;´::::::::::::::l::   :::';::::::::::::::/:::::::/:\::;;::-'''´:::::::::::::::::::::::
 /':::::::::::::::::::::::::::\:::::/|-.、,__ ::';:::::::::/ :;/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::



      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }      触るな、この下衆が!
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '       人は俺の体に触れることは出来ない。
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ          アーク
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ  ……俺は聖櫃だ!
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ

560 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:12:15 ID:TAWf4guY

        l 彡'/     l/ ` `l /´ l.l    ヾミ-`l
        l  /  =ニ`ー\、l/  /'二´=、 ヽ /   首切り人になるよりか、首を切られるほうがましだ。
        / `iヘ '¨´   ̄ `ー`  ''' ¨´   ̄¨` //'`I
        l l >、liニ ー===−     −==− =l//` l   死んだってかまうもんか。俺は革命を十分に享楽した。
       ヽ、!〈`.l  `ー '¨    |  `ー - '  l 〉 !ノ
         \ミ i         |l       / ' /    金はたんまり使った。たらふく飲み食いした。
          〉- ト     ,    jl       ./ <
         rl l l  r '´     ´    `ヽ ./l ト、    女を抱いた。さあ、眠りにいこう……!
     ,  - ' /  ヽヽ. ! ー――――― ' !// !、` ー 、
 ,  ' ¨    .l   \l丶、  ''''''''''''''   ,イ /  ヽ     ¨ ` − 、
         li     \ ヽ、     ///    /l
         l ヽ     `丶 ー―−', ・´     //       ___ ,,,,,

ダントンは皮肉交じりにそう呟き、そして引っ立てようとする役人の手を拒んで自らの足で退廷していった。

561 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:14:30 ID:TAWf4guY

                                ,. -‐ ''"  ̄ ̄ '丶 、
                                /             \
                            /                  \
                           /                     ヽ
                          /                      i
                        /                       |
                        ,'     ,                   |
                        !     { i                     |
                         |   i { l ヽヽiヽ_|、{ト、  、          |
                        l   ーニ_ 、 ゝ' 、-‐―ヽ‐〉、         l
                         ヽ  ヽ ‐t_;テ、  "ヾ_;テ ‐ |          l
                   .     \  ',   ノ         j           |
                          ヽ ',  丶     ヽ-'           l
            カミーユ……!      ノ ヽ   ー ‐     ヽ-        |
                          ヽ、  \  ゙    ,..'ヽ ̄        |
                             r`ー  ` r┬ '" _/ヽ-=‐ ′    j
                           \   _,}`ー‐ "   (´    ノ /
                          __,.. -ヽ‐ '~r|      //`ー‐'" ~ ー-
                         /i        |.{     / ./
                       /  |      | ` ー‐ '  /



          __,,--''''' ̄~~`''''-、   、
       ,.-''´           `\ハ
       /       ,. -―-、  -‐-- ヽ、
    /       ,. -           ヽ
   /〃/ /   / 〃〃  l l ヽゝ     ゝ
  /  //             ヽ      丶
 /    / |                   i    8月10日にも、その他の時にも……
. l  /  ハ | ヽト、                 }
| /  /   、ヽ \   _ヽ_           i
| |  fヽ   `ー ,二ニ'‐  ヽ i         l    ぼ、僕は……君のところに帰ってきた……!
 ヽヽ, |゙.>=、     7Tj;;ヽ  ノノ       __   {
  \`l ヾツl     ー` ´   |    ├ }   ゙ゝ
    ヽl  ̄ l             ノ  /  /、/   ノ   き、君は何を思い煩うことがあるんだい。
    ノ|  〈  _         <_/ // /  ノ    ……僕はダントンと一緒なんだ……
   ヾ  l  `           ̄ r、./ /
    ヽ、ヽ  -―‐-          /く_ノ
     \ヽ  `        /   |
       ~'''ヽ     rr―‐' ――‐┴
       ,.--`ー- ┬´||
       ヾ,    「'ー.||

落ち着きを取り戻したデムーランは、そう言ってリュシルを安心させて退廷した。

562 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:15:11 ID:TAWf4guY

――1794年4月5日、午後4時。


i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !


 ざわ・・・       ダントン・・・!      ざわ・・・       8月10日の男が・・・!

       ざわ・・・         処刑される・・・!   ざわ・・・         まさか・・・!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

素晴らしい陽春の日。群衆が詰め掛ける雑踏の中、馬車に揺られてダントンたちは処刑場に向かう。
ダントン派の人々が群衆の中に混じっており、絶望的な目で彼らの姿を見ていた。

563 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:16:10 ID:TAWf4guY

                         _,、r'´::::::::::::::::::,,i!M〃''''ミ:::::::::::::::::::::::::ヽ
                      _ ,、r=テ:::::;::::::::::M〃'     .ミ::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        /,:::::::/:::::::::::|     ,r'´   ミ:::::::;r-、::::::::::ヽ
                      _.,r/:::::/:;:::::::;::::|   /_,,,,_     ミ/ /ヘ\:::::::::}
                       // !::!::::i!i!::::レ.'彡'Ο 7      i ,〉  }::::::/
                      .///|:从:i_!」,::|   -ー''       〉、 /:::::/
                       ./'  iハハ|'0j .i!.  `¨         レ/:::::::l
                          ! ! .!´7              r<::::::::l
                            .! ヽ `   _,,,_        i .ヽ:::::l
                             !  _,,、r,,´r ''¨ ヽ         ヽ、i
   彼らを――                    '、  Kゝ ,r'¨´, i           L _
                              ヽ  ヽri- ',´- '    /      Уヽ::`ヽ、
   ――ダントンを殺してはいけない!       \ `´      ,イ:     , '´ /:::::::::::::i`::ヽ 、_
                                 \     /:::   , '´   /::::::::::::::::|:::::::::::::::` ヽ 、
                                   ヽ、 , rヘ::::::  , '´    /:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::
                                      r'!.r i´       /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                                      .i.'i_,、rl      / :::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                                    /i {:::::::::l     /::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::

564名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:16:53 ID:Tk.jDEnE
声優ネタかwwww
雫の毒電波をこう改変してきたとは

565 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:17:10 ID:TAWf4guY

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !  (あれは……ブリュヌ……!
    r /'  l   ヽ         l   /   あの野郎……あんなに必死に走りまわりやがって……)
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、

566 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:18:27 ID:TAWf4guY

   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.
     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!
.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/   彼らを俺が救い出すか――!
        ヾ に!        };.       ムわ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′   それとも俺が滅びるか――!
           ー',       _____       んソ
           ヽ   ´     `    :/´
          __|\   `"     /         二つに一つだ!!
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
ギヨーム=マリ=アン・ブリュヌ(1763年 - 1815年)
フランス中部クレーズ県出身。
弁護士の息子としてパリで法律を学び、その後ジャーナリストとなる。
革命勃発後はジャコバン派に共感し、ダントンと交友を結んだ。
そのツテから1793年、民間人ながら軍の上級指揮官となり、ヴァンデ鎮圧軍の作戦に参加した。

567 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:19:20 ID:TAWf4guY

            /l  ,,,;;-―''"::: ̄ ̄ ̄::::::::`ヽ、
              l::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二`ヽ、
          ノ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L、
       /::::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::_::::::::::::_::ソ'ノイ:::::::::::::::`ヽ=、
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/  ___\  ∠:ノィ:::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::l    ` _/::\\  ィ" ヘ::::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::::/ ┐):::::::::::::::::`ァ   ヽ、 `<_l! ` ´   \::::::::::l:::\:l
 、_ ノ: ::::::::::: :| r.〈::::::::::::::::/      ` 、       ∠、 |::::::::::|::::、:::|
  \´::::::::::::::::::::l ヽ \::___チ             `〈_:ノl!ノ::::::::ノ:::::|:::|
   Y::::::::::::::::::::\_  `ー          __  、 ノ .|:::::::::::::::|::| ||
    |:::::::::::::::::::::::: ̄フ´         /::ー-、_ヽ ´  |::::::::_ノイ / じ、人民よ! 哀れな人民よ!
    \::::::::::::::::::::::::チ´          /::::::::::::::::|;;;/   |::::/
   ,,r-、`、:::::::::::::::::ノ            l!_::::::: :::: :レ'    /::::L_,     お、お前たちは騙されているのだ!
  /;;;;;;;;;;`ー、< ̄ ̄  l \         `ー-、:ノ   /::::::チ
_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フー、   |  \      ー    /::::、::/         お前の友が殺されようとしている!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   \」_   `ヽ、       /::::::::::チ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /      `ヽ、_   .〉`ー― '"'" ̄ ̄           バ、バスティーユに行けと呼びかけたのは誰だ?
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ        // `ヽ.」
;;;;;;;;;;;_;;;;;;/         //   /`ヽ、                     誰がお前に三色の帽章を与えたのだ?
-―'"   \\      .//   /  / l__
.          \\    .//   /  / /;;;;;;;;;\             私はカミーユ・デムーランだぞ!
         \\ //   /  / /;;;;;;;;;;;;;;;;;\

デムーランは民衆が動いてくれることを信じていたが、誰一人動こうとしなかった。

568 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:20:25 ID:TAWf4guY

――ピック地区サン=トレノ街、デュプレ家。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_, i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|_|;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|デ|  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐〜   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . | ュ|    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ // ┌┐l|  :メ|プ|;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ //   │l|     |レ| ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     //     l|     | ̄| ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ//Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ //   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ //   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'
__,,.. -‐''  ...,,     :.:. :. .   :..,,/,,  ゙゙´'`゙゙゙゙゙'''' ,, ゙゙゙゙゙´´''''' wli liwl  ゙゙´''`゙゙´'''`vjjjyyv゙ ,,

この日、ロベスピエールの下宿先である家は、戸も窓も閉ざされていた。

569 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:21:20 ID:TAWf4guY

         ,.. -─‐''''' ‐`ヽノ
         ,.‐'´            ~`ヽ
.      /                ヽ、
.    /                 i.
    /   {( ト 、              .}
   .!  .ノ八ヾ=、三ー 、_         !
   l  /‐- 、     ,..-─ヾj l j   (
    {.   i ‐r:qヽ   ‐f┬o;-ヽjノノ    ゝ
   ヽ.  l.`‐-'/}   ー-‐__`ー'、.     {
    \. l.  ヒ._     `゙ 6 }     l
     j, !.   `___     _ン   ノ   ……こ、この家は姿を消すだろう。
     ヽ、_ ヽ、  -    |l ̄` ー-r'´
.     |l ゙̄ー-丶、__,,. ‐'_,|l    _ ノ
      |l_   .f,「  ̄  7ヽ ̄  ̄`.二/^
     \  _,7 .| `ー--‐'//   / ̄
      \ヽ. |     /   /



                         / // / ハ l_.. -         < _  ___
                          |/  l / l/ヾ、  ,,          ー=ニ_   ¨ '' ‐- ...     `ヽ、
                             l/ ノ__., ィX/'ニ== 、       ミ 、`丶 、      `ヽ、
                             { ヽ、__ 彡´__           ヾ、   `ヽ、, -‐‐ 、 ヽ、
                             ヽ_   / ''¨ ヾ、                ゝ   ィ/ ,∠._ ヽ.
                             .ゝ`   fj   》  =ニ二          |  l´   , ヘ、   ',
                               /´                    !   !  /   ̄   ',
                         .       /     ミ `ー '  ,              !   !  ヽ´  ヽ  /
                          /      ヽ、  '              /l  l   /  / , '
   ロベスピエール!               , '                        / L - '  l _/ ,ィ
                         ヽ、    ヽ              /      '´  ./ ',
   お前も俺の後に続くんだ!        ` 、    ′`ー- 、         ' i         /   ',
                            }     _.... -ヽヽ、          l      ┌ ''    ',
                            `ー-ェニ --‐ーヽ.ヽ                  !      ミ、
                                ヽ:.:.:.:, -‐ ', l              l    /
                                 _V_    j ! l            l   /
                                  l´    ̄ ̄   l              ノ  ./

570 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:22:11 ID:TAWf4guY

          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ 〜/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/


ロベスピエール派の民衆が勝利の叫びを上げる中、ロベスピエール自身は
目を閉じ耳をふさいで、この行列が過ぎるまで我慢していたという。

571 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:23:15 ID:TAWf4guY

そして馬車が処刑場に向かう中――


 /:l:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:l:\
/ :l:|:|:|:|:l : : : : : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l: \
:l:|:|:|:|:|:l: : : :l : : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l:|:|:|:l:∧
:l:|:|:|:|:|': : : ;l:l : : : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:∧:|:|:|:|:l:|
:l:|:|:|:|:l : : ;l:|:|:l : : : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:l/‐-Ⅵ:|:|:|:|
:l:|:|:|:|:l: : ;l:|:|:|:|:l : : : ;l:|:|:|:|:|:|:|:/ , f「 Ⅵ|:|:|:|
:l:|:|:|:|:l: :;l:|:|:|:|:|:|:l : :l:|:|:|:|:|:|:|:/ │||  l:∧|:|
:l:|:|:|:|:| ;l:|:|:|:|:|:|:|:|:l :|:|:|:l:|:|:|:|′ ヽ′ ノ│|:l
:l:|:|:|:|:|;l:|:|:|:|:|:|:|:|:|:l::|:〃Ⅵ:|:|        V
ヾl|:|:|:|:|:|:|:|:l( 〈⌒∨   Ⅵ      ,. 冫
 Ⅵ:|:|:|:|:|:|:|:l\_             /
≦l:|:|:|:|:|:l:∧ ∧/∧          __ ノ   スケッチ……
 ̄ // ̄ | ′   丶      ∠7 /
       ノ        \     /     スケッチ……
     /     │    > 、_ノ
   | ̄\     │  /
   /> 、 \___〈
 ∠二  ̄ヽ ___ |
/ ̄ 〃 ̄ ̄\     ̄\
  //        \       \

とあるカフェのテラスでダヴィッドはこの行列をスケッチしていた。

572 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:24:12 ID:TAWf4guY

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /  ――――!?
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
    r /'  l   ヽ         l   /              ――――下司め!
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、

これを眼にしたダントンは彼をののしった。

573 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:25:19 ID:TAWf4guY

                ,.-'⌒'⌒ィ-、
            (⌒:::::::::::::::::::::::::::⌒)
          _(´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`)
        r'´:::::::::::::::彡   人::::::::::::メ::::`)
       /´::::::::::::彡      ゞ‐-メ 入:::`)
      _/::::::::::::彡  /    -‐‐-   ハ:::`)
    (´:::::::::::::::::::彡  -‐‐  -‐‐、, 三r-‐‐ ハ::::`)
    r'´::::::::::::::::::::彡  -‐'"~~""''艸毳丱;;;;;;;;;;;|::::::`)
  (´::::::::::::::::::::::彡  ヾミー‐‐㎜ァ  |:豸オォャ|::::::::`)
  r'´::::::::::::::::::::::彡    `゙'ー-‐''    Y'rミュォヲ|::::::::::`)
 .{:::::::::::::::::::::::::::彡彡         r...::::::::::〉    彳:::::::::::`)
. (´::::::::::::::::::::::::Y人彡     〃  ゙゙゙゙::::... 彡彳::::::::::::::)
 (:::::::::::::::::::::::::`ー-|ミ  彡ィ''''ー''''ー---ッ 彡彳:::::::::)
  (::::::::::::::::::::::::::::::彳ミ   `゙ー―ーー―彡彡彳彡彡
  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ミ:::::::::| ミミ           )::::::::::::::/
       彡:::::::|   `'ー‐‐--------‐‐'''"|彡
       彡゙゙゙゙゙゙|   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|彡
       _,,..-‐ヘ\   ミ  ::::::::::::::::::::::::::/`゙''ー-、,_
     厂       \  ミ  ::::::::::::::::::/    /:::´~"''‐
  ._,,.-‐''\   .___   \ ミ  ::::::::::/.____/:::::::::::::::::::::
/.     \/:::::::::\  \ミ   / /:::::
            ::::::::::   \/
                ○  }

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8b/Danton-Wille.jpg/300px-Danton-Wille.jpg

574 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:26:14 ID:TAWf4guY

    / : : / : : : /: :./
    ,': : :, : : : : /: : :I        カ
   i: : :/: : : :∨: :.イ|     ダ   ッ
   |: :,': :イ: :/ヽ:/ }:|    ン   コ
   |: !: 川: :i: :/\|:',    ト   イ
   !::|: :|: |: :|:/、 ,,|::∧.   ン.  イ
   |:ハ: !: |ハ:{`‐-‐レ  \       ぜ
   |:{ヘ:|: |∧!    i  \    _, イ
   !j ヾ:.!:|         )ノ ̄ /〃ハ
      ):|ヽ    r- 、    /: :ト.、
     ∠ヘ:N::.\  ⌒   イ: :|ヽ{⌒
        )ノ| ` 、_ ,  {ヽ{
        ィ「∨      _Ⅳ7
      //   ̄∧    ∧  〈 ` ‐

575 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:27:13 ID:TAWf4guY

――1794年4月5日、午後5時。
――グレーヴ広場。


             ∠二二二二二二二二二二二二二二二二二二.二.二ヽ
             |../   .,' |  O   (fi二二!     .| ',   ヘ O !Oミ彡ヾi,
.___           |.'    ,' i._____l.l_____| ',     ヘ ! ̄ ̄ ̄'!i,
__/i           /    .,'  !i圭圭圭圭圭圭圭圭㌢.li .',    .ヘ|      .ヾi,    ___
i:i:i:i  i         /    ,'.... il圭圭圭圭圭圭㌢   . _,,,:li  ',    ..ヘ     .ヾi,   .i\__
i:i:i:i  i       /      ,'. ...il圭圭圭㌢   _,, :rー''¨´  .i  ',    . .ヘ    .ヾi,   i  i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i. ...i      /      .,'......i㌢  _,, :rー''¨´         .i  .',    . ヘ     ヾi,....i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i. ...i       ./      ,' . irー''¨´              .i   ',     ..ヘ    ヾi,..i  i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i......i     . /      .,' .....i                  ..i  ',       ヘ .  ヾi!.....i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i......i    ./      ..,'   i                    i ....',        ヘ    i ..i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i   ./      .,'  i                      i  .',       . ヘ   i  i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i  .i ./      ,' ....i                     .i   ',        ヘ  i ..i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i./      .,'   .i                       .i .   ',      . ヘ.i......i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i. ....i\     .,'   .i                         .i   .',      ./i  .i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i   i / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '.,i..... i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i   i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三.i   i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i /|   .,'  .i                            i   ',.... ..  i':, !.... .i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i  i' i   . ,'..... i                           .i    .',  ...i . i  i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i . i  ,'   i___________________i   .',   .i....i ....i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i.. ..i .! .,'   i          _,,,,,,,,,,_              i    ', . .i....i... ...i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i. . . i .!..,' .. i       ,r ''ニ一''''''''''''ーニ''ヽ,           i     .',. i i  . i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i. . . i .i,'..... .i─────{'´          `ヽ}.─.─────‐i     ',i i   .i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i .,'.....  i         ヽ、          .ノ            i     ..',. !..  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:i:i:i  .i,'   i          `'' ー---一 ''´              .i    ',i.   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i .,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ':,.....i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i.,/                                            ':, i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三 三 三.三i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


夕日を浴び、ダントンたちを威圧するするかのような黒々とした大きな影を伸ばす断頭台が目の前にあった。

576 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:28:12 ID:TAWf4guY

                 ,.. --t'7.ノ ヽ'i i :.ヽ、ヽ、
                     |'l^'‐ミ_リ∠-ゝ'l : ::.i ヽ 丶
                     リ ,-''´   ヽ!l i | i: `!ミ`l
                 |i' |, __ ;,..ィ=ニ!i i :.i|! /.、 |
                 !,.i |ンt.)   ´~^!| //.ノニ)'  では、私がまず先に。
                 リ、 'l. ノ     !//)ノ:ンi'
                 |'.ヽゝ.`,..'... - |/'ノ ,|ヽ !
                   'l'ゝ.     ' ,./ `|
                     .ヽ___,....<__,.....-'_l:、
                   _,..-/ )ニ/ / .l i Yニ|. ヽ-、_
               __,.- '´./ .ノ!/ .| ___.i. ヽ,|, 丶 `‐.、.._
            _,..ィ‐'´   /  .i' y,‐、〈´| | ,-t||!  ヽ    `'‐.、.._
          /' /     <._  ,.j|||〉 `´ ' `T '||l!、 _,.>      :  ヽ
           /  |     _>´ ||||7'i .l'i'、 f L.r,、| ヽ、       |!  i

そんな中、元大公安委員の一員であったエローが一番最初に馬車から降りた。

577 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:29:08 ID:TAWf4guY

          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ I  馬鹿が!
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ  俺たちの首がかごの中で接吻するのを、
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/   お前らはどうにも出来ないだろうが!!
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ

578 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:30:12 ID:TAWf4guY

                        _,,,,,,_
                     ,.:-'"´-‐'""'''‐:、
                   、-´――-::、,_--::、,_`:、    ありがとう、ダントン。
               r'',',_''''';\ヽヽ ,'、 ',`,''ニ‐-、`、
               ヽ.';::`'‐,-'',ヽ ヽ',.', | .|;..ニ,=、 |`   僕の最後の時間を君との友情に……
                '、::::::::',: ',.|ヽヽ',', .| |'r'', ゙iヽ|
                    '、:::,、'、, ,|ィ=i',ヽl| l|,' 'i_) ,!、.l
                    ヽ.','、| !' ̄ l |.||.l'  'r':、-|    そして……
                    'ー,   |,' l'   |  `'l、
                     ゙'i-‐-   ∠,,,,,..-'|`,:、
                    _,,..-,'!,__,,,..ィ'"i  | .',-',゙l.ヽ`'-、
               __,,,.:-''"  ./  |.|./  l ___|:: ヽ l|. ヽ. `'‐:、
             ,.:-‐''"     ./  |::|l,.-、'ィ::::,'::r‐','l:|  ヽ   `'‐:、
            /""""''     .く  _|:::/ ::'i'__::`‐'::: ',:|  ヽ     `i‐-、
         i゙      ヽ  _,,..>' .|:,'‐:i ::l´i::| i´゙i::,、'|`‐<_       l  ヽ


















                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´

エロー・ド・セシェル処刑。
貴族でありながら第三身分の権利のために弁護を行い、
その美貌を王妃マリー=アントワネットから評価された男。
最後まで、彼女から賜ったハンカチを手放すことはなかった。

579 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:31:11 ID:TAWf4guY

     , '            ,、      ヽ
    /             ハヘ i      ヽ
   !            /ノヽ ヽィ、      ',
  l         ィニ'.,´_  ヽ ヽヽ ヽ   ',
.  {        /'1' ,.-r:cテ=ー ヽ_ーヽ   }
  ',          !   ー`=    r'1;Pj`リ  l
   }         {  ''      ヽ ー f'  /
  i         、ヽ_      r_ィ'  i´ /
  1     ri   ヽf    ー---    !ノ  じ、自由の最初の使徒に与えられるにふさわしい報酬だ……!
   ヽ     ヽ、_,,. ノ      -     / ゝ
    ヽ、   `フ'´ ヽ _      / l´
     ` ー-,-'-―‐、 ヽ ` ー , _ ィ , ‐'
    rー '´     |l_`_-__!ェ '_´,, -、
     ヽ         |l     l      |
     ゝ-、 __   l.l      l     リ

580名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:31:26 ID:IBC92rmo
この場面でDCSの人の擬音かw

581 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:32:10 ID:TAWf4guY

                                     /                   ヽ
                                    /   /                ヽ
                                   /   /                   ゝ
                                   .i / /l ヽ                  i
                                   | | / ヽヾ、ヽ,,__、,,,,_     ヽ     l
                                  丶ヽ l、_ \  _..,,--'~^ ̄ソ    i     .|
                                   \`ゝラ;;::、   /てゥヽ  イ   |     i
                                     \i,'、しi    `--´  i   iヽ    ヽ
                                      .l  /       .__ノ´ ,ノ  i    ノ'
                                     _ノ'l `、 -     `ゝ,,_,,ノ .丿   .ノ
                                     \,i、 _,,__       /ノ  _..ノ
……サンソン、すまないがコレを妻の母に届けてくれ。        ヤ\  - `      ´`彳-´
                                       `ヾヽ           i
                                          ヽ、__..,,-||´~ ̄ ̄ ̄ ̄`-.,
                                        <´~   ,ゝ-||         l
                                         ヽ   ヽ ||         l

デムーランは巻き毛の一房をむしりとってサンソンに手渡した。















                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´

カミーユ・デムーラン処刑。
バスティーユ襲撃を導いた吃音の男。
全ての友情を讃え、全ての裏切りをなじり、時にはその舌禍が非難されもしたが、
全ての人民を愛し、そして愛されたその寛容の筆は、断頭台によって叩き折られた。

582 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:33:10 ID:TAWf4guY

そして――仲間たちの処刑を見送り、最後の一人としてダントンの番が来た。

           /       ヽ i     ||     ヽ
          /          ヾi    〃,,,     ヽ
          /           /`_   ヘ''''''――、 彡ヽ
         i      ,,,,-―` ̄i ./ i |.ヘヽ    \   .|
         |  ,,ー'''' ツ     |./  i. | ヽ i  ,,,   ヽ  .|
         ! ´ /,´     -〃  .! |  i.|/     ヽ |
         i /彡´      | \ | ― !  ,, ,,,,   ヽソ、
         ヽ / /i   ,,,,,,,\,,,      ,i//''''''  》ィ i
          >-、 |    ニニ\ミゞ_,,,,   ゾ弋ジ>=|イi .|
          |ヽ ヽ | ー <弋_ツ`,,,    i 、'''''''''''   リ メ
          ! |` ヽ|  ̄  ''''  /    |   ̄    |´/
          ヽ ヽ,i `、  `         |       |/
           ヽ ヾ ヽ           j      ト、
             ヽ-i        ´ ` ´      ノ |
            / .|i    ,,         _ `i /| ト-、
           r/  iヽ  く  -ー――'''''''   ノ / `i  \
          ,ノヽ  \ヽ、,,      ''''''   ノ´ /   .|   `ヽ、
      ,, - ´   ヘ    \ `ー、       ノ /   .|      ` ヘ`'''''ヘー-
 _,,―'''''      ヘ     \  `ー---ー'''’/     |       ヘ  ヘ
  /  /        ヘ       \      /      |        ヘ  ヘ

誰もが、ダントンが死ぬとは思ってもいなかった。
幾度となくフランスを救ってきた救国の英雄として『8月10日の男』
と呼ばれた彼が断頭台の露と消えるなどと――夢であってほしかった。

583 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:34:15 ID:TAWf4guY

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   すまねえな、サンソン。
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I
         { i l       l          |/  |
         ヽ、 i       l          l ノ ノ   お前を失業させるつもりがヘマ打って、
          丶-       `         l_ ノ    俺が首を切られることになっちまった。
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――−'    /l
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ



                  _ ィ.: ̄ ̄:`:. ‐-..、
                 r∠ -──- r==‐`ヽ_
             /::::::::::::::::::::::::::::::l |::::::::::::::::::「
              イ::::::::::::t‐┐r-=、 _」r‐ ニ7::/
                ´'へ::::::::f ムL_ , ィ`L_=、 V
                    `r、「 ィtン    r`` '´ l }
                   ヽ l      |     レ
                    `|      _ァ'    l
                   ハ、   ,_ ュ  l|    ダントンさん……
                     | ヽ    ー   ハ
                  ,ヘ _ ヽ ___ j  ト、
            _ - イ    ̄ ,==、‐´  ヽ‐ 、_
         ィ::::´:::::/   |    ,イ___\   |    T 丶、
            l::::::::::::l    l   / ヽ=-‐ァ' ヽ   l     |::::::::::::「`
             シャルル=アンリ=サンソン

サンソンは死刑廃止を何度となく訴えていた。

584 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:35:11 ID:TAWf4guY

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /  最後の願いだ。
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
    r /'  l   ヽ         l   /   俺の首を人民に見せるのを忘れるなよ。
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     それだけの値打ちはあるからな……!
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、

そう言って足を仲間の血に浸しながらダントンは階段を上り、断頭台の上に立った。

585 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:36:15 ID:TAWf4guY

      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'      (ああ……
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '       これでお終いか……
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',   長いようで短かったなぁ……
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !  でもまあ、お前ら、俺の人生……
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!   最高だったぜ……!)
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ



        /        ヽ、  '   _ .. _    ハ
        /  _ ... -=、- .., - ヘ- '' '‐¨ ヽ、 丶、. '.
       i   _,,-ニ.    / ィ l\ヽ     、ー` ヽ丶 I
       l    /    // l l  ヽヽ    _\  ヽ l
       l //_     l/ヽヽ l 〃ヘ,ィ -_''Z..__ヾ、i  l
       V ' /  、‐- ...ゝ、 _ ヽ  /-''__    i l ' ヘ
        V  'i _Z -‐‐_ニ ‐`  ´ '¨{:::::リ¨> =l l/  '.   (俺の意志は……
        ヽ,、!、  /弋:::リ `    ` ヽ  ̄    l/ 〉 !
         トヽ'. " ` '''´ '´  l      ̄    l / /
         .l ヾ    ̄     l          .l   /     きっと彼が継いでくれる……!
          ヽ ヘ        l  ,,        lー '
           ヽ_'、       `    __ ヽ,   イ
             ヽ   r _.. .. -‐‐ '' ¨   ' / l 、       悔いはない……!)
              ヽ      -‐ '''   ,ノ  ,! ヽ`丶、
              /iー 、        ノ  /  ヘ   ` ー
             / .、  `丶.... -− '' ,, ''     〉
           /    \    ,, - ''        /.i

586 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:37:11 ID:TAWf4guY

その頃、イタリア方面軍陣地――

~`゙゙''--、.__,,,  ,,,,__.、--─--、__
~`y、___ ___ ̄______...,,-‐‐''~   ~` -、....__        _    _______
     ̄  ̄   ̄~^‐-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,__....--‐‐'~   /|\
,,;;;;,,,,;;;;,;;;;,;;,,,,;;;,,,;;;;;;.,,,,,,,,,,..;;;;;;;;;;;;;;;..,,;;;;,,, ,,;;;;;::;;;:::,;:::::::::;;;;,,, /  |.  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(;,.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 田 |   \
::::::::::::::::::.     :::::::::::::::::::::::(;;; ノ.,::::::::::::::::::::::::::::/      |     \
::::::::::::.     ::::::::::::.:,,,:::::::::(;从从ソ:::::::::::::::::::::::/|      |      l.\
"""~~ 从炎从 "'''゙~'''''¶/  |      |      |.  \¶ ̄
                /ノホ爻爻ハゞ  ~~~"   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          _,. 一…ー- ._
       ,.r ´   __   \
      /    / '´___`丶、. ヽ
.     /  ,. /  '´     `丶ヘ  ヘ
    /  ,./ f / ,ィ' |        ! | |
.    ' <,/|  | l| / | l|    |  |  | N
    | /7 |  | 」 / | l|\  |、 |_ | |'|
    | | | l|  | ハト、_ヽ!  \l. x1| | / |   出来損ないフォカッチャ!
    | L|(|  | |'亡'ナ`    千t十! ル | |
    | l.| Ll|  N      、  ̄ |'|1 !  あんたにお客さんよ!
    | l.l  ヽ !\    ,.-、   .イ / イ/
    ヽハ、| \ゝ|` 、   ̄_. ´/ へ'._′
    /{ | N、 !  l!   `¨´| レ′|.|.ト、
      |.| | ヽ|  l|>──<l     |.|.||
         ブオナパルテ



                                           ____
                                          /      \
           (さすがはイタリア系……斬新な仇名だお)    / ─    ─ \
                                       / -=・=-   -=・=- \
            誰だお?                       |      (__人__)  U  |
            ヤルオに客なんて……                 \     ` ⌒´     /

587 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:38:39 ID:TAWf4guY

         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::\ 三. /\    ヤルオくん……
    /:::::::::: <●>::::::<●> \
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   久しぶりだね……
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/
    ノ::::::::::u          \



                                                ___
                       オプーナ先生!              /      \
                                            /⌒   ⌒   \
                       会いたかったけど、        /(> ) (< )   ヽ
                       いきなりどうしたんだお?     | ⌒(__人__)⌒      |
                                           \   `⌒ ´     /
                                              /             \

588 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:39:32 ID:TAWf4guY

          ___
       /::::::::  u\   積もる話は後にして、
      /::::::\ 三. /\  コレを呼んでくれたまえ!
    /:::::::: <●>::::<●> \       / ̄\
    |::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   ηノ─┤   │
    \:::::   `⌒⌒´  ,/  ノ, .∃  \_/
    /::::::u          \./ /´



                                       / ̄ ̄ ̄\
  ええっと、なんだお……                      /       .\
                                         /   ─ヽ  .─   \
                      親愛なるヤルオくんへ……  |   (●)  (●)   .|
                                    \.   (__人__)    /
  おお、ダントンさんからの手紙だお……              ( ヽ  ___ ././
                                     .\ \|  .,レ゛/
                                       .\旨 爻ン

589 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:40:26 ID:TAWf4guY

____________________________________________
        /        ヽ、  '   _ .. _    ハ
        /  _ ... -=、- .., - ヘ- '' '‐¨ ヽ、 丶、. '.
       i   _,,-ニ.    / ィ l\ヽ     、ー` ヽ丶 I     この手紙を受け取る頃……
       l    /    // l l  ヽヽ    _\  ヽ l
       l //_     l/ヽヽ l 〃ヘ,ィ -_''Z..__ヾ、i  l     パリでは俺の首が落ちているか、
       V ' /  、‐- ...ゝ、 _ ヽ  /-''__    i l ' ヘ
        V  'i _Z -‐‐_ニ ‐`  ´ '¨{:::::リ¨> =l l/  '.    ロベスピエールの魂が救われているか
        ヽ,、!、  /弋:::リ `    ` ヽ  ̄    l/ 〉 !
         トヽ'. " ` '''´ '´  l      ̄    l / /    そのどちらか――いや、正直に話そう……。
         .l ヾ    ̄     l          .l   /
          ヽ ヘ        l  ,,        lー '      恐らくは、俺の首は落ち、公安委員会による
           ヽ_'、       `    __ ヽ,   イ
             ヽ   r _.. .. -‐‐ '' ¨   ' / l 、       恐怖政治の更なる悪化が始まるはずだ。
              ヽ      -‐ '''   ,ノ  ,! ヽ`丶、
              /iー 、        ノ  /  ヘ   ` ー
             / .、  `丶.... -− '' ,, ''     〉
           /    \    ,, - ''        /.i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

590 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:41:10 ID:TAWf4guY

____________________________________________
     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l  俺の急進に対する『妥協』と
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /  敵対者に対する『寛容』の精神を引き継げるのは、
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
    r /'  l   ヽ         l   /   ヤルオくん……君しかない!
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     どうか、君なりのやり方で、ロベス……
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ       ……いや、フランスを救って欲しい!
  l      \      ̄ ハ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

591 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:42:06 ID:TAWf4guY

____________________________________________
      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }       死人の戯言と軽く見てもらってもいい……
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '        手段はどうであろうと構わない!
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',   パリに戻って自分が感じたことに正直に行動してほしい!
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !  これをコルドリエ・クラブ最後の生き残りである君に頼む……
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!
        / / ___ ... - ''      ', l',                        市民ジョルジ・ダントンより
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

592名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:42:11 ID:Tk.jDEnE
こう繋げるか

593 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:43:21 ID:TAWf4guY

                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i     ダン……トン……さん……!
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ

594 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:44:32 ID:TAWf4guY

――再び、グレーヴ広場。

        /        ヽ、  '   _ .. _    ハ
        /  _ ... -=、- .., - ヘ- '' '‐¨ ヽ、 丶、. '.
       i   _,,-ニ.    / ィ l\ヽ     、ー` ヽ丶 I
       l    /    // l l  ヽヽ    _\  ヽ l
       l //_     l/ヽヽ l 〃ヘ,ィ -_''Z..__ヾ、i  l
       V ' /  、‐- ...ゝ、 _ ヽ  /-''__    i l ' ヘ
        V  'i _Z -‐‐_ニ ‐`  ´ '¨{:::::リ¨> =l l/  '.   (ああ……
        ヽ,、!、  /弋:::リ `    ` ヽ  ̄    l/ 〉 !
         トヽ'. " ` '''´ '´  l      ̄    l / /
         .l ヾ    ̄     l          .l   /     思い起こすことは……
          ヽ ヘ        l  ,,        lー '
           ヽ_'、       `    __ ヽ,   イ
             ヽ   r _.. .. -‐‐ '' ¨   ' / l 、       何も……)
              ヽ      -‐ '''   ,ノ  ,! ヽ`丶、
              /iー 、        ノ  /  ヘ   ` ー
             / .、  `丶.... -− '' ,, ''     〉
           /    \    ,, - ''        /.i

595名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:45:18 ID:XBCsXXPc
やばい、うるっときちまった

596 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:45:21 ID:TAWf4guY

____________________________________________
           /                                |
            ,'                               l
         |.|      l  i         l   l :.:  l       l
           |.l      l  /l         |   .ハ:.: :.:..l      |
        |.|      |/:.ハ,   |      |   | \:. :.:l.       l
        ||      |:.:.:/  ',  |     .|  .|  _,,_'-,:.|_='"   |
        .||   = ..._ |:ノ__,...,_ヽ:.:.:.:l   .l  .|  |.|'"´  `゙'l´     |
        l.l     `|'"´   `゙ヽ:.:.:l:.:.:.:.:| .|  lレ  __.....|_..=''   |.l
         |.|   ._  | _ .........._ヽ:.:.l:.:.:.:.l l //_イ:::O|´゙''l:´     | l
       | |    `'=l ヽl"´| ::O|゙''ヽ_',_l_ノ-'/ " | ::::. |  | |   |. ',
        .l .l |    |  ヽ ヽ、_.ノ         ヽ_.ノ ./ | |  | l  ',    ジョルジーーーー♪
       l l :.l    :l',  ゝ--一           ´ ̄   l |.  l l:.  ',
      .| | :.|    :.|-ヽ                  /l l  l .|:.   ',
      l  |:.:|    :.|:.:.`l、         l       /:| l  :.| |,:.:.  ',
      ,'  :|::||:::   :.:|:.:.:| ヽ、    ー----一     /l:.:| l  :.|:|:.:.:.:.  ',
      ,'  :.:.l:.|l:.:.   :.:l:.:.l:.:.:.|ヽ、           /:.|:.:| .l: :.:.|.l:.:.:.:.:.:  ',
     ,'  :.:.:.l:.l:l:.:l  :.:.:l:.l:.:.:_l -'/l' - 、     _. イヽ,`‐-l:.l:. :.:.:l:.l:.:.:.:.:.:.   ',
    ,'  :.:.:.:ハ:l:.l:.l:.  l:.:.l.-'" / |   ' 、__... '  l  l  l:l:.: :.:/ll.:_:.:.:.:.:.:.:.  ',
    /  :.:.:./:_.ll-'l:l:.:. :l.l:.:l   l              l ,':,'l:.:.:./ ll   ̄`'' ‐ .、 ',
   ,'  :.-'´  ヽ ヽ:.:.:.lヽ:l   ヽ             l //l:.:./ ノ       ヽ, ',
   /  ./     ヽ ヽ;:.:.l ヽ、   ヽ           ///,':./          ヽ ',
  ,'  ./          ヽ;:',  \  |           V /:/            l ',
  /  .l          ヽ;ヽ   /  \     /   ',.//               | ',
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

597 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:47:13 ID:TAWf4guY

                         / // / ハ l_.. -         < _  ___
                          |/  l / l/ヾ、  ,,          ー=ニ_   ¨ '' ‐- ...     `ヽ、
                             l/ ノ__., ィX/'ニ== 、       ミ 、`丶 、      `ヽ、
                             { ヽ、__ 彡´__           ヾ、   `ヽ、, -‐‐ 、 ヽ、
                             ヽ_   / ''¨ ヾ、                ゝ   ィ/ ,∠._ ヽ.
                             .ゝ`   fj   》  =ニ二          |  l´   , ヘ、   ',
                             /´                    !   !  /   ̄   ',
                    .       /     ミ `ー '  ,              !   !  ヽ´  ヽ  /
                          /      ヽ、  '        u     /l  l   /  / , '
         ――――!?         , '                        / L - '  l _/ ,ィ
                         ヽ、    ヽ              /      '´  ./ ',
                          ` 、    ′`ー- 、         ' i         /   ',
                            }     _.... -ヽヽ、          l      ┌ ''    ',
                            `ー-ェニ --‐ーヽ.ヽ                  !      ミ、
                                ヽ:.:.:.:, -‐ ', l              l    /
                                 _V_    j ! l            l   /
                                  l´    ̄ ̄   l              ノ  ./

群衆を見回していたダントンの顔が歪む。

598 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:48:13 ID:TAWf4guY

      /_i /∠       ヽ
    ,イ,ク ll´ ̄'―z _ -‐‐- 、 ハ
   / 〉{ ,ゝ‐    >-‐‐=ミ、 }
    ドy ,_zィ'=- `ミ ̄>、 ゛,'      (馬鹿野郎……!
     〉ゝ `マ''ーェァ、 = l .l,イ`} '
     l 7   ヽ ー ´  ノィl 〉,イ、l、`ヽ     こ、こんな時に人の頭の中にいきなり現れやがって……
     ', L.._     '  ノ  vヽ、 ヽ    空気を読めよ、こんちきしょうが……!)
     ', '- .. .._ヽ、   !   / ハ、ヽ. ',
      `i  ー   ′,, -,イ /   〉ヽヽ. i
       `ーァ-、 '' ´_ - '''    /  ハ ', !
       /〈 r‐ '' ¨      /   ハ '.!
        / / ___ ... - ''      ', l',
    /ゝ'´ ̄  ,, -――- 、      i lヘ
   / ,'   ,ィ,´ィ´  ̄ ̄ ``ヽヽ    l l ヘ

599 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:49:18 ID:TAWf4guY

        l 彡'/     l/ ` `l /´ l.l    ヾミ-`l
        l  /  =ニ`ー\、l/  /'二´=、 ヽ /  俺だって、もっと生きたい!
        / `iヘ '¨´   ̄ `ー`  ''' ¨´   ̄¨` //'`I
        l l >、liニ ー===−     −==− =l//` l  革命が落ち着いたら田舎に帰って
       ヽ、!〈`.l  `、;ー '¨     |  `ー -、;' .l 〉 !ノ   日中は額に汗かきながら農業をやって!
         \ミ i  {{       |l     }! ./ ' /
          〉- ト  ij   ,    jl     |{ / <    夕方には家族と一緒に上手い飯を食って!
         rl l l  r '´     ´    `ヽij./l ト、   夜にはお前を抱きたい!)
     ,  - ' /  ヽヽ. ! ー――――― ' !// !、` ー 、
 ,  ' ¨    .l   \l丶、  ''''''''''''''   ,イ /  ヽ     ¨ ` − 、
         li     \ ヽ、     ///    /l
         l ヽ     `丶 ー―−', ・´     //       ___ ,,,,,





 ざわ・・・       見ろ・・・!      ざわ・・・       ダントンが・・・!

       ざわ・・・         泣いて・・・!   ざわ・・・         泣いている・・・!

 ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧   ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)`・ω・´)`・ω・´)
 ∧,,∧ )( ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧)  ∧_∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)
 ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧ ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
(`・ω・ (`・ω・´)(`・ω・´) ・ω・´)`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´ )

600 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:51:13 ID:TAWf4guY

            /   _ , , ,、__    \
           /―-= '  //l ハヘ `ー==   ヽ
           //;'´    i/ l.l ヽヘ   `ヽ、  ヽ
          i' /     !  l   ヽ     \  l
          l '/ ---、ヽ、 ヽ /   , __  ヾミ l   (――っへ。
          l l -''¨`ヽ_ \,  i_/ , -−- i  .l
         .r=ゞ=<て;ヽ`      ' 7¨ヽ\_,, i` /   最後の最後で格好の
         i ' `i}  ヽ 二ノ i   \¨`´ 彡  l /,、`I   悪いところを見せちまったな……)
         { i l       l          |/  |
         ヽ、 i       l          l ノ ノ
          丶-       `         l_ ノ    さあ、ダントンよ!
            i   r 、_____ヽ   il
            ヽ    `ー――−'    /l       弱気を起こすな!!
             l \     ̄¨    , - ' l
             l  ヽ、____ ノ    ト、
           / ヽ           , ・´  l
          /   ヽ 、     , ・´    ヽ
だが、すぐに気を取り直して自分を叱りつけたダントンは、その首を素直にギロチンに差し入れた。

601 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:52:17 ID:TAWf4guY

     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
    '.  l { l l l  ヲ <ワ`''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、ワ¨> /
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
    r /'  l   ヽ         l   /   あばよ……
   ノ i   、     , - '   -‐--'  .'
, ィ´  ヘ   i\   ' -―‐-- - }/     ロベスピエール……!
  l    ヽ  '.  \    ''' ‐-  /
  .l     \ '.   丶、  __ノ
  l      \      ̄ ハ、



















                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´


午後5時15分、ジョルジュ・ダントン処刑。
不正、横領をたびたび指摘されながらも、敵味方双方の血が流れることを
避けようとした腐敗にして寛容の士はここにその首を落とされた。

602 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:53:23 ID:TAWf4guY

  `¨ − 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
     ,'        -=ニ'' ー- ミ 、  ハ ハ
    ,  /     ∠´.._     ヽ>- '、 '.
    .i / / /  ,, - ''      /,イ i ヽリ
    l /, ニヽ / 彡   、   、/ l /  Y
    l/ // '. Y /  -==、ヽi、  ヽ / ,-  l
    '.  l { l l l  ヲ < `''ヾ 、ノ //=┤
    V ハ 〈  l/    ー- =''ー  ノ、 > /
     '. ト、i  ヽ.          i ` ' !
        l   ヽ         l   /
         、     , - '   -‐--'  .'
         \   ' -―‐-- - }/
          \    ''' ‐-  /
             丶、  __ノ
               ̄


サンソンはダントンの言葉どおりに首を高く掲げて群衆に示した。

603 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:54:25 ID:TAWf4guY

      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _)   きょ、きょ共和国万歳!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/




                         _,、r'´::::::::::::::::::,,i!M〃''''ミ:::::::::::::::::::::::::ヽ
                      _ ,、r=テ:::::;::::::::::M〃'     .ミ::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        /,:::::::/:::::::::::|     ,r'´   ミ:::::::;r-、::::::::::ヽ
                      _.,r/:::::/:;:::::::;::::|   /_,,,,_     ミ/ /ヘ\:::::::::}
                       // !::!::::i!i!::::レ.'彡'Ο 7      i ,〉  }::::::/
                      .///|:从:i_!」,::|   -ー''       〉、 /:::::/
                       ./'  iハハ|'0j .i!.  `¨         レ/:::::::l
                          ! ! .!´7              r<::::::::l
                            .! ヽ `   _,,,_        i .ヽ:::::l
                             !  _,,、r,,´r ''¨ ヽ         ヽ、i
   違う!                       '、  Kゝ ,r'¨´, i           L _
                              ヽ  ヽri- ',´- '    /      Уヽ::`ヽ、
   彼らはフランスの首を切ったんだ!       \ `´      ,イ:     , '´ /:::::::::::::i`::ヽ 、_
                                 \     /:::   , '´   /::::::::::::::::|:::::::::::::::` ヽ 、
                                   ヽ、 , rヘ::::::  , '´    /:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::
                                      r'!.r i´       /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                                      .i.'i_,、rl      / :::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
                                    /i {:::::::::l     /::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::

604 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:55:46 ID:TAWf4guY
                     _________
                       | テュイルリー@国民公会 |
                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ∧
                    <⌒>
                 /⌒\
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

この日、国民公会は恐ろしいまでの沈黙によって支配され、公安委員会のクートンと
保安委員会のヴァディエの発言が短い審議時間の穴を埋めた。そして演説の最後に――

605 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:56:26 ID:TAWf4guY

                   ,.イイ
                 /二 ゙゙̄ヽ、
                ,.へ ー-、  )ヽ
               __l___!__,.r===ァ'<ミミ   もし独裁者が現れるならば!
              |   jハ、___ノ ヽミ}
              `┬プ ゚ー、    ノ/))
                i ヾ===、  }  rノ ,._'フフ
           ,. ‐--、_ ゙、} /γ} }  ィj,.-''"ノノ
     ,.r-=ニ二二ニ=ー---L`==',.-‐''" -'',-'
   ,.-''"              ̄! |  _-'_ノ--っー--、-、
  r'                | |_ノ  ,r‐''"~、   `i `!
  |            O O  { し`ー´  j  ヽ    | ヽ
  \               _Y" |:::::| ノ-、∠     |  \
   `ー‐---‐‐、───'''""ヾ  |  |:::::| j   /   |     \

                   _,,. - ;/
              _, −' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\  この手でその首を絞め殺します!
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、

と発言をし――

606名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 21:56:34 ID:fLIDO8IQ
革命じゃなくて血の粛清だな…

607 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:57:15 ID:TAWf4guY

      ,r=ヽ、 独裁者は!    r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;) 刺し殺される!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・= u )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ u tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  であろう!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、 u  〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

議員たちもこれに続いた。

そしてこの日の夜のジャコバン・クラブではダントンが全パリの虐殺計画を企てたと言う誹謗中傷が叫ばれた。

608 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:58:21 ID:TAWf4guY

そして――ダントンの死を締めくくったのは、翌日の朝、クートンが国民公会で発言した言葉であった。

             /:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::、::::::、::ヽ、::ヽ\
         //N/l:l、:::::::::::、::ト、:::::::::::|l:::トl\〉 W\ヽ
.        ///l | l:l└ヘl\v l`¬v::|l:::V  へ Vヽ、:l
.          /イ/::レl ハ l\トト、l| トl\ V l::::∨l::_;r1::::::::ヽ
         ゚ {l|::::::l'::A`l::::::::|ヽN::::::::ヽv:::::::::://, 1::::::::::::l
         l゙|::|::::l:|{i::::::::N〃\::::l::::l|::::::::,' ' ' rヘ::::::ト。L
.          l/l::::トト∧、:l| i、 {;;)ヽ|::::'l::::::::| | | | l::::::l ゚i   『永遠』に捧げる祭典についての
          ゚ l::::lン  lヘl| `三彡/!::::::::::::;j|| | ';:::::|    報告書を準備しましょう……!
.          ヽ:|ヽ、.     //ィ::::::::/ | | 、 、 Vトl\
           l'l::ハ t. 、__, ///::!::::::{ _j ヽヽヽ V` /\
.              |' lヘ ニ¨´ / 从|::l::/ / 、     ∨  ̄ \
           |  ト _ .</。 ノ/ソ ∧ ∨    〉    丶
                l、 |    |、 ヽ{/ .イ ハ  \   /     ∧
               | \|    ∧ヽ {    , }   ` /  _  ――ヘ

この言葉の意味は、一ヶ月後に判明する。

第18話「左右の天秤」-後編- 終わり
第19話「最高存在の祭典」 に続く

609 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 21:59:39 ID:TAWf4guY

本日の出演
ヤルオ・カネクレーヨ…………やる夫(2ちゃんねる)
ヤラナイオ・ウッゼーナ…………やらない夫(2ちゃんねる)
ワゴン・オプーナ…………オプーナ(2ちゃんねる)


国民衛兵…………ギコ猫(2ちゃんねる)
パリ市民A…………汚物は消毒(北斗の拳)
パリ市民の皆さん(盛り上げ役)…………斉藤またんき(2ちゃんねる)

ロベスピエール…………ライト(Death Note)
クートン…………L(Death Note)
オーギュスタン・ロベスピエール…………ニア(Death Note)
ダヴィッド…………真城最高(バクマン)
エルマン…………裁判長(逆転裁判)
フーキエ・タンヴィル…………三上(Death Note)


サン=ジュスト(覚醒)…………リボンズ(00ガンダム)

ダントン…………大石蔵人(ひぐらし)
デムーラン…………カミーユ(Zガンダム)
ラクロワ…………赤坂衛(ひぐらし)

エロー・ド・セシェル…………御剣怜侍(逆転裁判)

ギヨーム=マリ=アン・ブリュヌ…………ロック(Black Lagoom)

バレール…………井川ひろゆき(天)
カルノー…………赤木シゲル(アカギ)
ロベール・ランデ…………遠藤(カイジ)
ビヨー=ヴァレンヌ…………ヘンゼル(Black Lagoom)
コロー=デルボワ…………グレーテル(Black Lagoom)

ヴァディエ…………亜内武文(逆転裁判)
保安委員A…………銭形幸一(ルパン3世)
保安委員B…………マウス(バキ)

ショーメット…………古館(報道S)

シャルル=アンリ・サンソン…………ロジャー(ビッグオー)

議員の皆さん…………4コマ外国人(2ちゃんねる)
陪審員…………ドクオ(2ちゃんねる)
リュシル・デムーラン…………ファ・ユイリィ(Zガンダム)
ルイズ・ジェリ…………ルイズ(00ガンダム)
ブオナパルテ…………涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)

610 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 22:00:21 ID:TAWf4guY

――次回予告

:::::::::::::::::::::::::i::::/
::::::::::::::::::::::::i::::|
:::::::::::::::::::::::i:::::|
――――〈::::::!
:::::::::::::::::::::::|::::::!
:T¨ ̄ ̄ ̄ハ::::ハ_                ______
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::ア`ー―――-- 、     /        \
::::::::::::::::::::::::::::::::/            ` ' <             \
:::::::::::、::::::::::::::::/                `メ、ノ            \
:::::::::::::\::::::/           ,. -―    .ヒ             \
:::::::::::::::::::/       _ , ィ ´        {-              |
:::::::::::::/ __,  -‐ ¨ ̄ , '  ヽ、      ,.ィ^ヽ              .|
:_,/ ̄!       /     ヽ    ,.人 `             /
     /    ,  '        }, ‐ '^(              /
 /「⌒ヘ--‐ '´     _ -‐ '´    /              \
{:|::::::!:::::::::}    ,. - ' ´
L|:::::|::::::::/  /
 7:::!::::::厶イ
../::/:::::∧f´
/!:::|::::::{ア


――ガッ!

611 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 22:01:24 ID:TAWf4guY

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',                    ヴェルチュ
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!  だが、そのために政治における『徳』を忘れてはならない!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|I
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l   腐敗した人間が蔓延っているのならば、今は独裁という
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ   強権は捨てるわけにはいかないんだ……!
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::I     そう! だから、必要なんだ――
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i

ロベスピエールの決意――!

612 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 22:02:27 ID:TAWf4guY

  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:   傲慢不遜な殉教精神……
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::  それが貴様の悪いところだ、ロベスピエール……!
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::



     / ./ /      , '                ハ
    i  //    , - / ,イ  l             ハ
    l //  / / / //  i      |        i
     i〃 ニZ / - '  //   /     : :l        l
     Vイフ/' ´`丶 i,イ  /     . : : i        l   このままでは私の首が落ちる!
     /〉 `   -ミヽ`トl.l  /     . : : :i        l
    / r '´    、じ,、.l llヽ /    . : : : :/        l    どうにかしないと……!
   /  l      ヾ ,ゝ、l./  :  . : : : :/        i
  /   lヽ、       l ソ  . :  . : : : : イ         !    私は家族のためにも
 / / : :l  `   u   / . : : : . : : : : :/l        /    生き残らなければならない……!
 ' イ : : :l       / . : : : . : : : : :/: l       l/
.,' /l : : : :丶 、    / . : : : : : : : : :/: : :l     :l  l
.l / l : : : : : :/: :7 >/ . : : : : : : : : : /: : : :l:     l  l
l / .l : : : : : /: :/〃/ . : : : : :/: : :/.: : : : :i:     l:  l
l/  l: : : : :./: /〃/ . : : : : :/: :.∠ヘ: : : : : l: .  l  :ト;  l
l   l: : : :〃/ 〃/: : : : :/: ∠.......ヘ.: : : : l: . l   l l:  l
l   l: :.//ノ /,=i: : : :/: /-−-ニヘ.: : : :l: . .l   :l l:  l


――しかし、議員に広がる反感!

613 ◆5u6jcKSVew:2010/06/02(水) 22:03:13 ID:TAWf4guY






        !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ-'"´_`ヽ、::.. ゙、::::l ゙ヽ、゙ヽ、ヽ,.-'"´_`丶、_::::::::::l:::::|::::l:|::::i:::::l !
       l |::::::::::::::::::::::::::::::ノ< ( (::::::) )::::::.. ヽ、゙、 `..:::::゙ゝ {'(:::) ) ゙>''ヽ、|::::i|:::||::::|!::::| |
        | i:::::::::::::::::::::::::::l' / ゙ヽ、`‐-'"ノ::::::  ..::::ヽ:ヽ ..:::::::ヽ. ヽ-‐" _ノt  `l:::::l|:::l|::::|l:::::| l




それは市民にまで――!



次回、やる夫がフランス革命を生き抜きます
第19話「最高存在の祭典」

ご期待ください。

614名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 22:05:32 ID:Tk.jDEnE

誰も彼も血に酔いすぎてますなあ・・・。

615名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 22:06:05 ID:fLIDO8IQ
乙でした
どんどん登場人物が減ってくなぁ…
最初は革命の為に力を合わせてたのに

616名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 22:07:01 ID:vY/ny0Ns
乙です
内ゲバすなあ

617名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 22:09:44 ID:2xFNsFD.
乙でした
なんかもはや権力闘争の装いだなあ

618名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 22:18:09 ID:XBCsXXPc
乙でした

619名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 22:34:42 ID:/uZLST/I
乙でしたー
次回は式典か……また違った意味で荒れそうだぜ……

620名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 23:05:59 ID:bZMJIc8I
乙です〜
「あれもまずい」、「これもまずいから」って考えの行動はろくでもないことが多い・・・

621名無しのやる夫だお:2010/06/02(水) 23:11:24 ID:Z1H/Pv4Q
乙。

なんというか、狂気が渦巻いているとしか思えない。

622 ◆5u6jcKSVew:2010/06/03(木) 22:21:54 ID:YblXlaxc

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  毎度のことながら1日遅れのレス返し。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 昨日は本当に10時までかかって疲れた……
 iミ}ミ{  ー ミ! でも、どんどん長くなりそうか予感。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   今回の〜獅子の時代〜捕捉
    }_ノノ    裁判の中でブリューヌ将軍が連絡を取っているとのセリフ
    ヒ}ノ     後に『ブリュヌ』で出てくるあの人の名前がチョロっと出てますね。
           ミシュレ本には駆けずり回っていたとの記述があったので、
           それと絡めて登場させました。

623 ◆5u6jcKSVew:2010/06/03(木) 22:30:58 ID:YblXlaxc

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>カミーユ
 iミ}ミ{━ ━ミ! いや〜……アレはやるかどうか迷ったんですよね。
 iミ}ミ{U ー ミ! ニコニコやようつべにある『カミーユ精神崩壊』MADを
 }ミ{足_〒)ヽ  見たんで、ネタとしてやらないと!
  `i,J( 了´  って思った限り。18禁ネタはちょっとヒクかな?
    }_ノノ
    ヒ}ノ




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>615
 iミ}ミ{━ ━ミ! 基本的に革命家の人たちって結構自分本位ですからね。
 iミ}ミ{  ー ミ! エベール=パン
 }ミ{足_〒)ヽ  ダントン=金と安定
  `i,J( 了´   ロベスピエール=理想国家
    }_ノノ    サン=ジュスト=ユートピア的理想国家
    ヒ}ノ

624 ◆5u6jcKSVew:2010/06/03(木) 22:33:07 ID:YblXlaxc

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>619
 iミ}ミ{━ ━ミ! 次回のために、祭典はAAを自作しています。
 iミ}ミ{  ー ミ! 長い間コツコツとコツコツと……
 }ミ{足_〒)ヽ  アントワネットのAAは出来としては微妙だけど、
  `i,J( 了´   今回のダントンAAはいかがでしたでしょうか?
    }_ノノ    ダヴィッドのスケッチのAAはあと一つ……!
    ヒ}ノ

625名無しのやる夫だお:2010/06/04(金) 00:51:56 ID:uKRb8zkc
ロベスピエールとサン=ジュストがそれぞれ目指してる理想国家とユートピア的理想国家って別物なの?

626名無しのやる夫だお:2010/06/04(金) 04:39:37 ID:sxo8zSd2
当たり前ではあるが理想の国家像は個人により変わり、すりあわせが行われなければ
対立するしか無いってことかな。

627 ◆5u6jcKSVew:2010/06/05(土) 23:08:59 ID:y9nVX.Ms

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  忙しくて書き込み出来なくてすみません。
 iミ}ミ{━ ━ミ! 最近は筆のノリも悪いし……
 iミ}ミ{U ー ミ! ちょっとスランプ気味です。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   >>625
    }_ノノ    詳しい描写は本編ではしませんが、
    ヒ}ノ    基本的にサン=ジュストの目指す理想の一つとして、
          古代スパルタを目指していたと言えばわかりやすいかな。

628名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 23:27:11 ID:TXFQb/Z6
古代スパルタが理想って・・・
俺じゃ生きていけない国だわ

629名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 00:16:47 ID:3aUeN1B2
>古代スパルタが理想
サン=ジュスト何故そうなるwww

630名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 00:53:01 ID:A123HG02
>>627
>古代スパルタを目指していた
一種の原始共産主義?

631名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 01:21:44 ID:obRR.LpM
アッー!?

632名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 01:28:04 ID:nWd0fQms
ダントンのAAは自作でしたか。
GOOD JOB!

633名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 02:55:28 ID:hcCcpwbw
>>631
それはスパルタやっつけたテーベ。
つーかスパルタは同性愛禁止してて、それもあって他のギリシア都市から「野蛮」って
言われていたような。

634名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 13:18:15 ID:zsyp1wIw
古代スパルタってイメージとしては
リアル修羅の国なんだが

635名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 14:49:31 ID:j92Z7rBY
どっちかというと男塾じゃね?

636名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 16:19:54 ID:ynvvCiek
>>460-478

ロベスピエールが後年独裁者のイメージを植え付けられた理由がよくわかりません。
単なる公安委員会のメンバーで議長ですらない

637名無しのやる夫だお:2010/06/06(日) 16:35:22 ID:ndU3F2rk
これからの活動によって…じゃないかなぁ。

638 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 20:40:39 ID:ImcD6luw

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  夏風邪でダウンしてました。
 iミ}ミ{@ @ミ! 今も喉が痛い痛い……
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  ちょっと盛り上がっているので、
  `i,J( 了´   サン=ジュストの理想国家の『断片』を
    }_ノノ    ほとんどテキスト丸写しではありますが、
    ヒ}ノ    短編で9時から投下します。

639 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:00:49 ID:ImcD6luw
では、投下したします。

やる夫で学ぶサン=ジュストの理想国家〜男子の一生〜


   ___  +
  / ⌒ ⌒\  +
/ ( ●) (●)\
| 0゚ ⌒(_人_)⌒ |
\_0゚ ヽ_ノ  _/ +  ピカピカの新生児だお
  (0゚ ∪ ∪ +
  と__)_)   +

並行世界のヤルオは、サン=ジュストの理想国家に生を受けた……

640 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:02:10 ID:ImcD6luw

 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;              || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | ______
              |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | |        :|
              |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | |  2ch高校  .|
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |

この理想国家では、教育は全て国が責任を持ち、家庭教育はほぼ不要とされていた。

641 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:03:10 ID:ImcD6luw


そして――

          . -─‐- 、
      /        \   イエイ!
     / ̄       ̄   ヽ.  今日で5歳になったお!
      / >    <     ハ,4L_
     :  (_ , 、 _)      ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'


ヤルオ5歳の誕生日を迎えた。

642 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:04:18 ID:ImcD6luw

   r'.二ヽ、
  i^Y゙ r─ ゝ、
  ヽ._H゙ f゙ニ、|
    \`7ー┘!
     「:ト  イ  コンコン……
.     |    |
     l    l
    .l      |

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\    誰だお?
 |:::::::::::::::||●) (●) \
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |  ヤルオはこれから誕生日ケーキを食べるんだお……
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

643 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:05:06 ID:ImcD6luw

                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
             |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,−=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      5歳の誕生日・・・・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.                      ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|                       1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl                   _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/                 /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|                   /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|                  /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|                  /≡:::/≡≡≡≡≡≡
                     政府の役人のみなさん

644 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:06:04 ID:ImcD6luw
       ____
     /      \
   / ─    ─ \    な、なんだお……?
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |  いきなり人の家に来て、何のマネだお?
  \     ` ⌒´     /

645 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:07:06 ID:ImcD6luw

   |:::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::/ .|:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \:::::::::/   |:/
   |:::::::::::::::::::::/.      `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,      ,,..-''"i
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!  共和国では5歳以上の子供は国家のものとされる。
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |   今日から君は仲間たちと共に共同宿舎で生活するのだ!
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |
. /::::::|:::::::/ :::ヽ.    ⊂ニニニニニ⊃ |,,,, __
/::::::::|:::::/  ::::ヽ       ━    |::::::::::"''
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::




      _____
    / ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○ )\    ちょ――!?
 /    (__人__)    \
 |   ヽ |!!il|!|!l| /    |  助けてママン!
 \    |ェェェェ|    /
  {三三三三三三三三}
  {三三三三三三三三}
  {三三三三三三三三}
  ゞ三三三三三三三〃
   \   r    /
     ヽ  i  /
      〈___人___〉

法律により子供は5歳までは母の手許に置かれるが、それ以後は国家のものとされた。

646名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:07:07 ID:KnX9uXMs
超管理社会で家族不要政体か

647 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:08:11 ID:ImcD6luw

5〜10歳までは地区の学校で

         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \  全然終わらないお……
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

読み書きと――

648 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:09:03 ID:ImcD6luw


               ___(⌒ヽ
               /ノ   ヽ、_⊂_ ヽ   あぶあぶ!
       (⌒ヽ∩/( ○)}lil{(○) |(⌒ヽ  溺れる溺れるお!
        ヽ  ノ| :::  (__人__)   ::| ⊂ `、
         \ \    )i!!il|l|   / /> ) ))
      o   (( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / / 。
       。   \ \ /          /  ゚
〜〜〜〜〜〜〜从り゚Wv"゛“W”"v“"W〜〜〜〜〜〜〜

サン=ジュストが得意であった水泳が教えられる。

649名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:09:38 ID:5JvDSsM6
どこのポル・ポトだ

650 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:10:08 ID:ImcD6luw
そして10〜16歳までは、スパルタを理想とする軍事国家の根底を築くため――

                   / \
                    く/ ) \
                / /:::::::::::\
         / ̄ ̄ ̄\/ \__;::-、ノ\
       / ─    ─ \   \   /
      /  (●)  (●)  \   ヽ/    国の基本らしいお……
      | u  (__人__)    |
      \    ` ⌒´ ノ⌒⌒ヾ  フキ
    ./ / ` ー─γ     )) フキ
  /´ ̄ヾ        ヽ     ((
 ァ、ヽ`ン            )     ヽ
' /-'´           (

農耕――

651名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:10:33 ID:qviCYAe6
>>648
>サン=ジュストが得意であった水泳が教えられる。
なんでwww
サン=ジュスト、水泳が評価されなくて僻んでたんだろうか…

652 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:11:31 ID:ImcD6luw

                     ,. -'"´`¨ー 、
                   /        ヽ、
                ,,.-'"          ,,.-`ヽ、
               /        、__,,.-='、':'"   ヽ、
               i へ___,    " ゙.゙、;;;;::',ノ     ヽ   体が資本だお!
.、、            ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"      ヽ
゙ゝヽ、           / . ゙ー-''"       ヽ        i
 ヘ '、         /    i   人     ノ        l
  ,' 卜        ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ       /
.丿 卜        i      `、  _y──‐ l       /"`
/  /   ___   ',       i_/  / _ '     /  _..こ
./    / _ -<. ゙\ヽ、       ̄ ̄       /      ,,-‐.. 、
/   /" <   ゙ゝ  ゙ゞヽ、_              /      _-'''′  ヽ、
  _..へ/  ゙ゝ   ゝ _..〉..ゝ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/     /       '、
 イ /`ゝ   \、_ 」 ̄`t 、;:.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ̄' ̄ア"7' |        T
  ゝ'、   ゙ゝ   `Iン?'`ゝ/1;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/. ̄ ̄'/'' 、/  ヘ       │
、 ヽ ゙ヽ、   Y ..ハ_ 'ン[   !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:./ ノ----rゝ、 ,,'´   」        !
ヽ  ゝ `⊂:〃  |y< `x'、 !′;:;:;:;:;:;:;:;:jニ_____'、  /   /ゝ       丿
ハヘ、 f' 、____ _r' /1  ゙ー│ │;:;:;:;:;:;:;: /′ / "/   / │,'     ノ
`ぐ'-エ__ こ ン'"_│   || l'、;:;:;:;:;:;:;:ヽ'-、〈..../   _/ ../1      /1
  `''ー----‐''''" ゝ、  | ノ 1;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ │  _..-‐ ,,..‐''´ _ |'...__  _,,..‐│
   卜      _y( `ヽイノ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`゙l--┴‐''´  _,,/'''´`ー 、 ` ̄´|
   ヘ__ __,,..r‐´ 丶 l   ぇ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..|い‐=コ こ/  ノTl      \

軍事――

653 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:12:10 ID:ImcD6luw

              ___
            /     \
.        ,r-.y-´、u   / \ \
. デッテイウw ,i'''''Y-- ,゙l (●)  (●)\  先生……
   ,r''':::::::::゙ 、刈 r;.j゙i.   (__人__)  |  これは本当に馬かお?
  ,i':::::~':'~':::::::::`- "''':::i.   |r┬-/ ' |
.  l:::::::::::::::::::::::::::;.........::::゙ヾ  ` ⌒´ /
.  i::::::::::::::::::::::::::{.   ::::::::} ̄ ̄ ̄ ̄/  ̄`7ー;、
  ゙l、:::::::::::::::::;:::'  ,.::':::,-'' | .|  || {⌒Yィ 、 ソ
.   ゙-、---'   ;:::ぃ''゙;ァ ノ .L__j,-Lノ  `^ー′
     ` ̄''''i  ゙;::゙l,;;;'-.ヽ    `‐'/
        l..  ;:::゙-、;;;;l,__.>ー −7  ,.,.、
        l   ゙;::::::::::__,∠     /-'''"::::j'
        ,l   ;,::l::〈、   \`Y l:::::::::::;'.
.       ,;''::a. r'::::x;,.:::\、__ノ7ノ::::::::/

乗馬――

654 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:13:14 ID:ImcD6luw

般  羯  多  呪  多  得  想  掛  所  亦  無  耳  不  是  無  蘊  観  仏
若  諦  呪  能  是  阿  究  礙  得  無  意  鼻  増  舎  色  皆  自  説
心  羯  即  除  大  耨  竟  ___    味 .舌  不  利  童  空  在  摩
経  諦  説  一  神.. 多. 涅 /⌒  ⌒\  界  身  減  子  貞  度  菩  訶
    ..    呪  切  呪.. 羅  /(ー)  (ー)\ 無  意  是  是  是  一  薩  般
    波  曰  苦  是.. 三./::::::⌒(__人__)⌒:::::.\   無  故  諸  空  切  行  若
    羅      真.. 大  藐|     |r┬-|     |   色  空  法  腹  苦  深  波
    羯      実  明. .三\      `ー'´     /..  聲  中  空  即  厄  般  羅
    提      不  呪  rー'""l,  'l,     / .| ||/`>、 .  無  相  是  舎  若  蜜
            虚  是  /    |   'l,    /  .|./》/ ∧.  職  不  色  利  波  多
    波      故  無 /  , | ヽ   ヽ,、/.@ / 《l,l / ヽ  無  生  受  子  羅  心
    羅      説  上 /  、,ヽ|/ ヾ。ツ`' 「ゞ / /《ヾ  /゙ヽ 収  不  想  色  蜜  経
    僧      般   ./  ///l`゙'゙ー-'"  / // ノ// //`l. 入  滅  行  不  多  打
    羯      若  ,|.  /// |  |___,,,ノ≡≡ツノ//_,,-‐'"".l,   不  識  異  時  尾
    諦      波  | /// /|    /二=‐'"´´/ /`゙゙'ー-、,_.l    垢  亦  空  照
            羅  |/// / |   /|三="´  / //"´´゙'ー、|    不  復  空  見
    菩      蜜  ///ノ   ノ ノ ノ‐-二‐'"´ ノ/r=、,_ー-、_|.     浄  如

外国語を習う。

655 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:14:30 ID:ImcD6luw

17歳で学校を卒業した後は、一定の職業の徒弟に入り、

       ____
.     /      \
.   /         \
.  /     ─    ─ \
.  |     .(ー)  (ー)  |  このカボチャは食べられるのかお……?
  \     (__人__)  ,/
.   / |   レ兮y′/ l
  〈  く   ∨ l/ ,イ |
   \_,.>、    /,L..」_
. 0ニニニ)而}ニニニニニ),リリニニ)
.   L| |__,..-‐'"⌒`y'" ̄`ー-、__
    l | |.ニ/    ` 、 .__ ,;::ィ'′ , ´ヽ
 ,  l \イ      ..:..(.,|ili|、);;:... ´‐ - 、ヽ
 :, ____l_! ., '" ̄ /`~´ヽ      ヽ
  |\゙; ;;'/     /      ヽ      .::}
  |\\ト、::....  l        i   ......::::::}
  |、 \八;;;;;:::::::l::..........::..........l...::::::::::::::::ノ
  0ト、\\ゝ,,::::::ゝ:::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::/、
    \\\| I二二I二二I二二I二二]|
      \\| 二I二二I二二I二二I二 |
       \LI二二I二二I二二I二二]]
        0]]            0]]

農業――

656 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:15:13 ID:ImcD6luw

          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (● ) (● )ヽ  //   店の前を掃除だお……
     |        (__人__) l〃ヾ.    早く、仕事を教えて欲しいお……
     \        `⌒´ /'んソl
       〃⌒ヽ   '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i
       |       //  |
      \     、//   ,!
        |    //  /
        |  〆ソリ  ,/ サッ サッ サッ サッ‥
         /ノ//ソハ 丿
   . :. 〆彡/ノリiゝ/ . ` ,. ..
  . .. :´,;、;彡リン〆ノソ ..´..;' . ; ; : .

手工業――

657 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:16:11 ID:ImcD6luw

              ヘ
              ヽヽ
       / ̄ ̄ ̄ \  | |
    r===‐-‐==、ヽ| |
   (ニ{     _A_     }ニー)  これなら溺れないお!
   | ゙ー==(_人_)ー=="|≡ |
    \.   `⌒´ ノシニニ ソ
   /         |≡|

船舶の見習いとなる。

658 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:17:11 ID:ImcD6luw

その間、贅沢は許されず、

                 ; __
                ; /  \ ;(擬音で誤魔化すお……)
               ;/ ノ |||| 、_\
             ; / (●) (●) \ ;  ,'´ ̄ ̄`',
           ,、,  | \ (__人__) /  | ;  !,! ハ ハ !
         ; ,-'⌒`ー-'´ヾ; |r┬-| |  / .  !l フ ム l
         ヽ、_,,,、-、/ミ,j `ー'´ー-イ-、 ; ∠  ハ ッ j
             ^〜、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__      ; /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽ ; ` ̄ ̄
 )   ハ   7     /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ;
 )   フ    て  ; /  /   !。 l  l ;
 7   ッ    (__ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,-=-, ∠ヾゞゝヽ ,-≡-,l  l-=二=-,
  ^⌒~^⌒^~⌒^└==┘   ̄ ̄ ̄ ヽ==ノヽ=ノ\__/

粗衣粗食を厳命され、

659 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:18:09 ID:ImcD6luw

                            ."⌒ヽ.
                            ヽ  ,'
                             ゙、;´     シュピー……フゴー……痛いお……
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_(_`Y´ ):::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  `⌒´ \::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /;;:´~    \   、´`ヽ::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   、__/   `   `⌒ ̄ ̄`  >::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´:::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::X/::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ             ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |             ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,´  `      ´   `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      .,_──‐-、      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::′    /:::::::::::::::::::::::::::::::、     ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ′   ヽ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,´    ヽ    ,-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ゝ- ´`'"ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l、` ̄      ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l        `j ラ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、_  ,_  _.,~ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ- ‐ ^─´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`  ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

寝場所はムシロの上とされた。

660 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:19:04 ID:ImcD6luw

        /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /.:::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       '.:::::::::/::::::::::::/:::::::|:::::::::::::::::::::}:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::i
     l::::::::/::::::::::::/」:::::::{::::::::::::::::::/ ハ:::::::∧::::::::::::::::::::l::::::::::|
      i::::::/::::::l:::::i´八::::∧:::::::::::::/-‐|::::/. ハ::::::::::'::::::ト.、:::}_
      i:::::::::::::::l:::::|   ∨ ∨::::::/  |::/  ヽ }:::::/:::::::!:::::::/:::::ヽ
     ∧::{:::::::八:::|ァ==ミ  ::::::/   j/    ハ!/:::::::::|///::::::::::::.
.    /::∧ト、:::::::|Kl rし.::ハ   ∨  xァテミメ.ノ::|::::::::::::|//ハ::::::::::::::
   /::/:::::i:::::ヽ::ゝ V:::::゚ノ        rし.:::::}ヽ刈:::::::::从::/∧:::::::::::::.
.  /::/::::::::|:::::::::ト  ,,,          ヽ:::゚ソ  ノイイ:::::/   ',:::::::::::::.
  i::::::::::::从::::::::j       '    ,,,     /::::::::::::/    l::::::::::::::l
  |:::::::::::/ハ::::人                  /::::::::::::/     l::::::::::::::l
  |::::::::::'  ',:::::::::`ト .    、          .イ::::::::::::/      l::::::::::::::l
  |:::::::::!   V:::::::::l斗へ、          .イヘ|::::::::::/        l::::::::::::::l
  |:::::::::i  /}:::::::八: : : :/ヽ. __   <    ノ:::::::/\        !::::::::::::::l
  |::::::::::V: : ∧::/: : : : :/  }       /イ:::/: : : :\    j:::::::::::::::!
  ',::::::::/: : //∧: : : : :,′        /: :ノイ: : : : : : :\  ,:::::::::::::::∧
   ∨/: :.://∧∧: : : i`ヽ       / : : : : : : : : : : : /〉 /::::::::::::::/ }

661 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:20:08 ID:ImcD6luw


               , -‐ァ −- 、
           /:::::::::,′::::::::::::::丶
         /::::_::::::::i::::::::::−- 、::::ヽ
       /´:i::´::::::::::::!::::::::::::::::::::::::/^ヽ
         l::::::|:::::::::::::::::::::::_::∧:::::::::|::::::::i
         |::::::l::::::::::::::::l´:::::::し':::::::::l:i:::::::l  何だか悪寒が……
        /:::::ハ::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ハ!:::::::!
        ,′:,′ ヽ:::::::::::!::::::::::::::/r '!:::::::!
      i:::::::i   i:\_.⊥ _,/ ノ!::|:::::::|
       !:::::::!   レィ'===='r ′レ!:::::::!
     l::::::::l   _,ノ-―――-ヽ.   |:::::::|
      !::::::::! ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`. !:::::::|
    |::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i::::::::|
     |::::::::||:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::::|
      |::::::::||:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:::::::::l
      |::::::::|!:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::::::::::li














 |___
 |   \
 |  \ \   あずにゃんかわいいお……
 | ( ●) \
 |人__) /// | ペロペロしたいお……
 |⌒´    /
(⌒ー─' )

662 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:21:18 ID:ImcD6luw

       /~''''--,,,,
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
      /   /~ '-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     / /,-,: : : ''-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~''''--,,,,
     ///ヘヽ: : : : '-;;;;;;;;;;,,,-''ヽ;;;;;;;;;/
    /;; ヽ  ̄'\ヽ: : : : : : : : : :ヽ/
   /,-i;; >''-,,,  ヽヽ: : : : : : : : :,ヽ
  / / ノ /   '''-,,ヽヽy: : : :_,,,-'''~ヘ)
  / / // i  ;;;;;;;;;;;;;;;''''-,,_ r;;,,-'''~,  /
 / i // ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/ ;;;;~~~''''-,,
/;;;;;;;;;,イ \ '-;;;;;;;;;;-/~~''/, ;;;;;;;;;;;;;;;;;/
;;;;;;;/;i  /    ,,-''  人;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
/ ;;;i      ヽ    ヽ ~'''''イ
   ;;;i /~~''''-,,,  { _,,-ノ ,-- /     貴様っ・・・・・・!
  ;;;;i (二'''--,,,~''''-,,,  / /
  ;;;i:   ~~'''''っ,,''''-,,,-, ,/       ストーカー行為は犯罪だっ・・・・・・!
  ;;;i:    ''''-,,, ''''-,ノ /
  ;;;i     'ミ     /;ヽ、       恋愛以外認められていないっ・・・・・・!
   ;;;''''-,,,       /;;;;;;;;;ヽ、
   ;;;;;;;;  フ';;;;-  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ヽ ___,,,,,-'' /;;;;;;;;;;;;~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
/ヽ    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ、

663 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:22:13 ID:ImcD6luw

        ____
       /      \
     /  ─    ─\
    ./    (●)  (●) \    あずにゃんとはこれから恋人になるんだお……
    |       (__人__)    |、
r―n|l\      ` ⌒´   ,/ ヽ  これはきっと何か間違いなんだお……
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ
.     \        |      |
.       \ _  __ | ._   |
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )

結婚は恋愛のみを重視され、親が決めることは忌み嫌われた。

664 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:23:07 ID:ImcD6luw

        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)  まあ、落ち着け……
. \    |     (__人__)  そのうち気持ちが通じるって……
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }
      .\_,ゝ     ノ  . ____
      /, r、    く  /      \
     ./ 〈  \    i / _ノ  ヽ、_  .\    何であずにゃんと結婚出来ないお!
    . ヽ、 .ヽ   \ i.o゚((●)) ((●))゚o  \
       .て_)   \|   (__人__)'      |  ヤルオはこんなに愛しているんだお!
             \   `⌒´       /
               〉        、 〈
             _ノ 入    /  / |
            (⌒_ノ  \  / /  /
              ̄     \(.__) _/`)
                     \ /―i'.|

665 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:24:10 ID:ImcD6luw

          / ̄ ̄\
        .ノ  \,_.  .\    ヤルオっ……!
       (ー)(ー )    |    二人の友情は永遠だ!
     / ̄(__人__) //// |
   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |  クスッ
  /   ゚⌒  {    .  /
  | ///  (__人\    .カ
  \     ` ⌒´ン     .ノノ ギューッ ヤラナイオ!
   /  ̄   ./  . .. し}      持つべきものは友達だお!
     .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i

その男女間の恋愛よりも、共和国では、男性間の友情がはるかに重視され――

666 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:25:17 ID:ImcD6luw

        / ̄ ̄\   ヤルオだろ……
      /  ヽ_  .\ 常識的に考えて……
      ( ●)( ●)  |     ____
      (__人__)      |    /      \
      l` ⌒´    | / ─    ─  \   ヤラナイオだお!
     . {          | /  (●)  ( ●)  \
       {       / |    (__人__)     |
  ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/__
 / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ   ヽ,
/  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
   _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
   >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
__,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
            l                   i   ヽl

法律では『友情を信じない者。友なき者は追放される』として、
全ての男性は自分の友人の名を公表しなければならなかった。

667 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:26:04 ID:ImcD6luw

                                    _
                                    \ヽ, ,、
                                      `''|/ノ
                                       .|
                                   _    |
                                   \`ヽ、|
                                    \, V
                                       `L,,_
      ,、                                    |ヽ、)
     ヽYノ                                |
   r''ヽ、.|                                ノ
   `ー-ヽ|ヮ                              /
     .`|                               |
       |                                 |
   / ̄ ̄\                              |
 /   _ノ  \                          _|___
 |    /゚ヽ/゚ヽ                         /      \
 |     (__人__)                        /ノ  \    \
  |     |'|`⌒´ノ                     / /゚\  /゚\    \
.  |.    U    }                    |   (__人__)        |
.  ヽ        }                      \  .` ⌒´|'|      /
   ヽ     ノ                       ノ     .U     \
   /    く
                                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ

――そして死ねば同じ墓に入ることとされた。

668名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:26:18 ID:kjA9zSCA
そうか俺たちは追放されるのか
現在日本でよかった

669 ◆5u6jcKSVew:2010/06/08(火) 21:29:11 ID:ImcD6luw

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  以上です。
 iミ}ミ{━ ━ミ! まあ、今さらスパルタにするなんて無理ですから、
 iミ}ミ{  ー ミ! この構想はサン=ジュストの『ぼくがかんがえた理想国家』
 }ミ{足_〒)ヽ  の域を越えていませんね。っていうか、厨二病の黒歴史……
  `i,J( 了´
    }_ノノ   >>651
    ヒ}ノ   アレですよ。野球をしていた父親が子供に野球をやらせたいというアレ。

670名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:33:10 ID:ine5XEwo
>>654
サン=ジュストはフランスに仏教を普及させようとする
工作員だったんだよー!

671名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:35:03 ID:qviCYAe6
乙でした!

>>669
>アレですよ。野球をしていた父親が子供に野球をやらせたいというアレ。

やっぱそうなのかwwwww
意外と人間臭いんだなぁ。

672名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:36:30 ID:pWtbX10M
乙でありんす
なにこのマジキチ国家w絶対住みたくねえよww

673名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 21:42:07 ID:tumGvlHY
乙でした
なんか厨二というよりジャイアンレベルのよーなw

674名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 22:19:13 ID:kAZ2N/lw
乙です
『ぼくがかんがえた理想国家』のために多くの人をギロチン送りとかひどすぎだなサン=ジュスト

675名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 22:24:30 ID:5EbXUWJ6
プラトンもにたようなこといってやらかしてたような

676名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 22:40:37 ID:l4CZ0r6Y
乙です
革命が起こるような社会状況じゃなかったら
間違いなく権力の中枢には居ないだろうな

677名無しのやる夫だお:2010/06/08(火) 23:01:42 ID:dr4hV9TA

ダメだ・・・速く何とかしないと?w

678名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 01:59:41 ID:aHMEH3Jg
ナチスドイツもまんま似た様な事やってたな。

679名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 07:15:54 ID:CbO3HtRg
こういう設定の創作しようとしたことあるわw

680名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 08:50:42 ID:14miTg0M
なんかこういう設定のSF映画見たような…遺伝子操作された兵士よりも歴戦の人間兵士の
方が強かったというオチの、何だっけ?

681名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 12:42:35 ID:1Ues/m4E

駄目人間が考えた駄目理想国家像そのもので吹いたw
仏帰りのポトも同じような社会を築こうとしてたけど、これの影響とかあったのかな?

682名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 12:52:22 ID:rkBTICHk
ロベスピエールの理想国家が何だったか気になる

683名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 18:05:30 ID:tAdxbhWM
現代でもまともな社会人経験の無い革命家の理想国家像って
だいたいこんなもんだから、あまり笑える話じゃないぞ

684名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 18:14:35 ID:iq9YOFLc
過去にも未来にも社会構造的に革命なんて起きようの無い日本に生まれた事を感謝すべきかな

685名無しのやる夫だお:2010/06/09(水) 19:42:38 ID:4fK6vt06
理想が極端だから落としどころとか譲歩とか一切妥協しない決断が出来るじゃないかな

686名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 12:43:26 ID:XSU/TkDM
サン=ジュストは3000年くらい生まれる時代と場所を間違えているような希ガス。
古代ギリシアか春秋の支那ならいい政治家になれたんだろうけど・・・

687名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 18:11:12 ID:UPoZsEBQ
どうかな古代ギリシャだと一部の国を除いて思想が慣行に合わないから追放か暗殺で終わりそうだし
春秋の支那の王たちは何らかの利益を家臣に求めるから雇ってもらえるかも分からないし

688 ◆5u6jcKSVew:2010/06/10(木) 22:23:56 ID:JgG9sq5Y

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  サン=ジュストの理想はそのほとんどが
 iミ}ミ{━ ━ミ! 実現困難もしくは不可能なものであって、
 iミ}ミ{  ー ミ! 実際は>>298で語ったように、『100』を提示して
 }ミ{足_〒)ヽ  『80』という実を取るのがサン=ジュストのやり方です。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   この人の古代ギリシャ好きは自然法の中で人間の理想時代を
    ヒ}ノ    求めた結果なんですんで真に受けない方が良いです。

689 ◆5u6jcKSVew:2010/06/10(木) 22:26:11 ID:JgG9sq5Y

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  あと、この人の理想国家論を考える時、
 iミ}ミ{= =ミ! やっぱり生い立ちを語らなきゃダメかな……
 iミ}ミ{U ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  やる夫で学ぶフランス革命の指導者を
  `i,J( 了´   短編で幾つかやろう。
    }_ノノ
    ヒ}ノ

690名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:31:35 ID:PqDM2it6
ああ、駆け引きの一環だったんですね。
なんかイメージ通りだったんで、真面目に信じてたのかとw

691名無しのやる夫だお:2010/06/10(木) 22:59:23 ID:g.jGa3Sc
乙。

なんか共産主義に通じるものがあるな。

692名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 01:39:52 ID:/f6jEInw
でもサン=ジュストって、ロベスピエールとクートン以外に友達いなさそうだよね。
ロベスピエールとかが死んだら誰を友達の名前に挙げるつもりだったんだろう。

693名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 11:55:28 ID:4YZkOgBE
友達いないから友達が大事だってことさらに強調したんじゃね?
フランス人がやたら「連帯」を口にしたがるのは
連帯がないからっていうし

694名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 12:06:11 ID:lZ1vUFzE
>>692
奥さんとか?

695名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 13:52:00 ID:ZNKXOFTQ
サン=ジュストも前例主義者だったとは

696名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 18:37:44 ID:ThoSTtJw
まったく前例のないものを主張しても、相手にされない時代だったのでは?

697 ◆5u6jcKSVew:2010/06/12(土) 22:06:48 ID:nmYsdOhw

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  サン=ジュストの一番の友人といえば
 iミ}ミ{━ ━ミ! やはりバレールとル・バですね。
 iミ}ミ{  ー ミ! バレールはギリシャ文化の愛好家ということで
 }ミ{足_〒)ヽ  とにかく親密な間柄でした。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   ル・バは予定では義兄になるハズでした。
    ヒ}ノ

698 ◆5u6jcKSVew:2010/06/12(土) 22:18:30 ID:nmYsdOhw

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  まず革命は王政を打破することから始まり、
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! 共和国の理想は人間が隷属していなかった時代――
 iミ}ミ{  ー ミ! つまりは、古代ギリシャこそ目指す理想となったわけです。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´  で、その下地にあるのが自然法という考えで、人間は当初、
    }_ノノ   野蛮な自然状態にあるが、そこから離れていくことで野蛮から
    ヒ}ノ    解放されて社会制度を作り上げていく。




    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  しかし、社会制度が発達していくと今度は
 iミ}ミ{ ̄  ̄ミ! その社会制度に隷属されていくため、
 iミ}ミ{  -  ミ! 人間は逆に本来の姿を失ってしまう。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   ここでいう社会制度というのは、ヨーロッパを支配していた
    }_ノノ    王政でありキリスト教であるため、革命家が目指したのは、
    ヒ}ノ    その二つに隷属されていなかった時代――となるのです。

699名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 22:21:46 ID:7qSxFlAU
古代ギリシャって奴隷いなかったっけ?
奴隷は人に非ず的な考えなの?

700 ◆5u6jcKSVew:2010/06/12(土) 22:44:51 ID:nmYsdOhw

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  まあ、そこまで考えていたか知りませんが、
 iミ}ミ{= =ミ! 自然法において、古代ギリシャ人は『野蛮』でもなく、
 iミ}ミ{U ー ミ! 『社会制度』に束縛されてもいない理想であるので、
 }ミ{足_〒)ヽ  当時のギリシャ人が考えたバルバロイ(野蛮人)
  `i,J( 了´  と奴隷は、同意義であると解釈されたのではないでしょうか?
    }_ノノ   ……って言うか、結構、見落としていますよね、歴史の中の
    ヒ}ノ   負の部分って、いろんな場所で。

701名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 22:48:59 ID:7qSxFlAU
なるほど
本編も面白いけどこういった小話も面白いですよ

702名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 23:11:51 ID:KIDzbpqY
>>699
つ黒人奴隷

703名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 23:18:47 ID:lZ1vUFzE
ある意味懐古主義だったんだな、フランス革命って

704名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 23:19:03 ID:sqTotjx.
>>700
>結構、見落としていますよね
自分の理想や主張に都合のいい前例を過去の歴史に求めているだけですからねえ

705名無しのやる夫だお:2010/06/12(土) 23:28:58 ID:4woihmCI
まあ古代ギリシャであそこまで哲学から始まる学術が発達したのは
市民が労務を奴隷任せにして余計な事に時間を費やせる余裕が出来たから
と言う一面も否定はできないよね

706 ◆5u6jcKSVew:2010/06/14(月) 21:18:18 ID:FrZjUMI.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  堅い話だけも何なので、ブブゼラー――五月蝿い!
 iミ}ミ{━ ━ミ! 
 iミ}ミ{  ー ミ! まさか、オーストラリアがああなるなんて、夢にも思わなかったのです。
 }ミ{足_〒)ヽ  しかし、今回のワールドカップは序盤だけだけど、堅実なやり方が勝利の近道かも。
  `i,J( 了´
    }_ノノ   アルゼンチン対ナイジェリアは我慢しながら見てたけど、グダグダな内容。
    ヒ}ノ    まあ、アルゼンチンが所詮にピークを持っていくわけもないので、あれくらいが妥当かも。



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  で、本日遂に日本の初戦ですが、どうなることやら。
 iミ}ミ{= =ミ! 内田を前で使ってもいいと思うのですよ。
 iミ}ミ{U ー ミ! 少なくとも、サイドバックで使うのが怖いのなら。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   >>1の優勝予想はブラジル。面白みのなく手堅いブラジルは上に行くと思います。
    }_ノノ    フランス?  ああ……魚眼レンズ監督には期待していませんので。
    ヒ}ノ

707 ◆5u6jcKSVew:2010/06/15(火) 01:13:19 ID:5zkB5yv.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  勝った!
 iミ}ミ{> <ミ! これで土日の投下は決定!
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  番外編も考える!
  `i,J( 了´
    }_ノノ
    ヒ}ノ

708名無しのやる夫だお:2010/06/15(火) 02:17:52 ID:fXgVX6k.
チャンスに決めて何とか守りきった
ある意味理想的な勝利かも

709名無しのやる夫だお:2010/06/15(火) 08:45:20 ID:Qsj8gVa2
岡田監督で勝つのは珍しい

710 ◆5u6jcKSVew:2010/06/17(木) 20:50:10 ID:r7rW6l7.

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  カメルーン戦は、やる夫フットボールのスケゴーさんの分析が面白い。
 iミ}ミ{━ ━ミ! データを見ても、右に偏っているのが顕著ですね。
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  これをフランス革命風に戦術分析すると、ワッチーニっぽい感じかな?
  `i,J( 了´   一極集中作戦は奇策に近いんで、連発は難しいよね……
    }_ノノ
    ヒ}ノ


    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  次回の投下は日曜日にしようと思います。
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! 土曜日はオランダ戦もありますしね。
 iミ}ミ{  ー ミ! 
 }ミ{足_〒)ヽ  で、現在3つの番外編を模索中。
  `i,J( 了´   やる夫で学ぶ革命家の半生としてダントン、サン=ジュストを計画。
    }_ノノ    そして前にリクエストのあったラヴォアジェ先生絡みで監獄の話題をやろうかと思います。
    ヒ}ノ

711名無しのやる夫だお:2010/06/17(木) 20:58:14 ID:ZsADDNCk
サド侯爵の出番ですか?>監獄

712 ◆5u6jcKSVew:2010/06/19(土) 22:38:59 ID:j.cdiWsM
    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  うん。
 iミ}ミ{= =ミ! >>1が期待していたのは0-0か1-1の引き分けだったけど、
 iミ}ミ{U ー ミ! 得失点差を考えると悪い中でもまずまずの結果。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   >>1は試合を見ていて、前半残り10分で得点出来なかったら
    }_ノノ    難しいと思っていたので、後半は0点で抑えられれば上出来だった。
    ヒ}ノ     それが出来ないのが、強豪国との戦いですね。



    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  中村は松井に代わって出てくると思っていましたが、活躍する場面は
 iミ}ミ{@ @ミ! 限られているのはわかっていましたし、そこでも仕事が出来なかった。
 iミ}ミ{U ー ミ! しかも、再三言われている球離れの悪さ……。次回はないだろう。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   あと、相手が疲れているわけでもないのに岡崎と玉田というスピードと
    }_ノノ    裏への抜け出しで勝負するタイプのFWを入れたのも悪い。
    ヒ}ノ    森本を使う気がないのなら、すぐにでもトゥーリオを上げるべき。

713 ◆5u6jcKSVew:2010/06/19(土) 22:41:05 ID:j.cdiWsM

    __
  , r、 vァ 
  ノ,}ミ{~`7ソ {  >>711
 iミ}ミ{= =ミ! サドは出ないかも。
 iミ}ミ{U ー ミ! 元ネタを参考にして書くので、淡々と進めるつもりです。
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   明日の投下はいつも通り7時半頃に投下しますが、
    }_ノノ    最近、夏の暑さで赤さんがグズるんで、色々と大変かも……
    ヒ}ノ

714名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 00:01:53 ID:f4HNYRWw
サドは下手したら主人公食っちゃいそうだしなw

715 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:20:07 ID:TxPJGFao

では、19時30分に投下します。
終了予定は22時くらい。今回もちと長い……

716 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:30:52 ID:TxPJGFao
では、これより投下を開始します。

投下間隔は約1分。

終了予定は22時頃

途中、遅れる場合もありますので、その時はご了承を。

717 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:32:13 ID:TxPJGFao
第19話「最高存在の祭典」


         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \         前回のあらすじだお。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  『冷酷無比な公安委員会は嫉妬して、
    (⌒      / 19話 ./     /   市民の人気のあるダントンさんを
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)    処刑してしまったお……
    |  \   y(つ__./,__⊆)    そして、さらに何か企んでいるお……』
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_          ダントンさんは手癖は悪かったけど、良い人だったお
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ        雨が降る日に猫に傘を差してやってたお……嘘だお。
     と_______ノ_ノ

718 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:33:15 ID:TxPJGFao

――1794年4月13日、グレーヴ広場。



    ,.‐'´           `‐、
   /                ヽ
.  /                  ゙、
. ,!    ,./   ,             i
 .!   {((ト{. lヽ、.__      l
 l.  ゝ,..=‐ゝ`ー 、,=;-cf !       }   私は幸せよ!
  !.  !、,.rcjヽ  ゝ-~゙,,. }      .!
.  ヽ、 i -‐',         ,J       |   もうずぐ夫のカミーユに会えるのだから!
   ,ゝi.  ` __   ミ、       |
   ゞ !、  `‐_    ヽ、._      |
    `ゝ. `‐、     ,.  _,ゝ     .!
    ヽ、   `T"´___,]     ノ
    _,.二ゝ_} ̄_,.て)l {_ _,. ‐'´
.  /{{‐-' ̄ ̄ ー--‐''´|! ゙'=r‐-、
  / |!,           |!     ̄{f"、
/  /             |!      |l  i
.   〈、            |!lニニニニ!、|'  !
 ,/ヽ.ー-------‐' ‐ 、|!_   ヽ{   |
    リュシル・デムーラン



                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´


この日、リュクサンブール監獄陰謀事件の被告が処刑された。
陰謀の首謀者としてリョシルとエベール夫人、そして実行犯としてリュクサンブールの牢獄に収容されていた
ダントン派のほか王党派やジロンド派の人々――面識すらない――だけではなく、別に離れた所にある
コンシェルジュリー牢獄に収容されていたエベール派のゴベルとショーメットまでもが一緒に処刑された。
ただ一人の男の証言だけで具体的な証拠すら一切ないこの事件の顛末は、王党派と外国人の陰謀という
それまでのダントン派とエベール派に対する擬装容疑と同じくして、両派への最後の始末となった。

719 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:34:05 ID:TxPJGFao

――1794年5月上旬。
――イタリア方面軍陣地。

~`゙゙''--、.__,,,  ,,,,__.、--─--、__
~`y、___ ___ ̄______...,,-‐‐''~   ~` -、....__        _    _______
     ̄  ̄   ̄~^‐-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,__....--‐‐'~   /|\
,,;;;;,,,,;;;;,;;;;,;;,,,,;;;,,,;;;;;;.,,,,,,,,,,..;;;;;;;;;;;;;;;..,,;;;;,,, ,,;;;;;::;;;:::,;:::::::::;;;;,,, /  |.  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(;,.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 田 |   \
::::::::::::::::::.     :::::::::::::::::::::::(;;; ノ.,::::::::::::::::::::::::::::/      |     \
::::::::::::.     ::::::::::::.:,,,:::::::::(;从从ソ:::::::::::::::::::::::/|      |      l.\
"""~~ 从炎从 "'''゙~'''''¶/  |      |      |.  \¶ ̄
                /ノホ爻爻ハゞ  ~~~"   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               ____
             /      \
           / ─    ─ \   ブオナパルテ将軍……
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  すまないけど、パリに帰りたいお……
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

720 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:35:11 ID:TxPJGFao

:::::::::::::::::::::::::i::::/
::::::::::::::::::::::::i::::|
:::::::::::::::::::::::i:::::|
――――〈::::::!
:::::::::::::::::::::::|::::::!
:T¨ ̄ ̄ ̄ハ::::ハ_                ______
 ヽ::::::::::::::::::::::::::::ア`ー―――-- 、     /        \
::::::::::::::::::::::::::::::::/            ` ' <             \
:::::::::::、::::::::::::::::/                `メ、ノ            \
:::::::::::::\::::::/           ,. -―    .ヒ             \
:::::::::::::::::::/       _ , ィ ´        {-              |
:::::::::::::/ __,  -‐ ¨ ̄ , '  ヽ、      ,.ィ^ヽ              .|
:_,/ ̄!       /     ヽ    ,.人 `             /
     /    ,  '        }, ‐ '^(              /
 /「⌒ヘ--‐ '´     _ -‐ '´    /              \
{:|::::::!:::::::::}    ,. - ' ´
L|:::::|::::::::/  /
 7:::!::::::厶イ
../::/:::::∧f´
/!:::|::::::{ア

721 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:36:06 ID:TxPJGFao

           ,-‐ 7:::::レ::::::::::::::::::::::::::ヽ、ヽ、\:::::\
          l´,r‐'/::::::::::::::::::j|i:::::::::::::::\ \j:::::::::\::::ヽ
          レ//::::::::::::::::/ i|li::::ト、:::::::::::ヘ::::::::::::::::::K}、:ヽ
        /,く イ:::::::::::/ト/ i||ヘ::::i\:::::::::::i::i:::::::::::::i ト、ヽ::}
       〈/j:::/V」:::::::/ ij\ i|ハ:::::i \::斗l:::::::::::::i i i >、
           /r'´ `ヽ::::i rイミッヾ  \::i /ヽ iト、::::::l  i_〉| |   何をふざけたこと言っているの!
        /:i     ヽi {oじリ`    ゝィf必ァ、i::::::::l/::::::| |
         {:{      i ゝ='      ゞoじソ) i:::::::i)! |::::L!   戦闘がひと段落着いたとはいえ、
         i:i      i    ___'__   `='´ !:::::i::::l l:::::::|   イタリアを通してオーストリアが
       ,---ヘ     ト、  /` ̄´ ヽ   / i:::::/:::└┘::::l    こっちに圧力をかけているの!
      /:::::::::::::::ゝ   ノ \ ヽ___ノ  / ./:::/__::::::::::i|:::::!
    ,ノ:::::::::::::::\ 、_./ ヽ  `丶 _ -‐'´ l// | |i::::::/i::::I    休んでいる暇はないわ!
   f´:::::ヽ、::::::::::::\/  ヘ     ||    ノ| 。| 。l 。|ヽ/ i::j
   丿:::::`ヽ,::::::::::::::::ヽ    \    ||     `i´`´`´  ト、リ
  /::::ヽ:::::::::::i:::::::::::::::ヘ     ゝ__||     i  / ::  .i:::}
  i:::::::::ヽ:::::::::ヽ::::    i        ̄ ̄ ̄) i  i :: .:{::/ i
  ヽ:::::::ヽ::::::: \    }   ______ /  i  i::::::::::/(^ l
    ゝ:::::::ゝ   \  ノ、__,ノ    ||     ヘ  i:: /  `) i
           ナブリオーネ・ブオナパルテ

ブオナパルテは2月にイタリア方面軍砲兵司令官として戦果を上げ、その名声を高めていた。

722名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 19:36:22 ID:epePIPvI
まぁ、帰ってもしゃあないしな

723 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:37:03 ID:TxPJGFao

                 ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
                }:.::.|i:.:.|:.:.:.:.|i≦廴リi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:升i:.:.!i:.:.ハj    辻≧:/:./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ    ちょっと待ってよ、ナブリオ兄さん。
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l     __  ′  /:.l: |
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、   ヽ ノ   /:.:.|i.:|
            /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|     この間、兄さんは、ロベスピエール兄弟から
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|     アンリオの代わりとなるパリ市の国民衛兵
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|     司令官就任を要請されたって言ってたじゃない。
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
        /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ
       リシュアン・ボナパルト(1775年 - 1840年)
ブオナパルテの弟。コルシカ名ルチアーノ・ブオナパルテ
政治狂いとして知られ、コルシカのジャコバンクラブでパオリの告発をしようとするなど
祖国コルシカよりもフランス共和国を熱心に支持する共和主義者として振舞い、
他の兄弟よりも優れた才能を見せていた。

724 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:38:19 ID:TxPJGFao

             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /  兄さんも言ってたけど、
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/   せっかくイタリア方面軍の司令官になったのに、
          // │ ヽ! |    rーy   / 〃     政治的に危険なパリに行くのは時期尚早よね?
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !    でも、彼を使ってパリの状況を確認させてくるのも
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ    一つの手だと、私は思うの……。
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|



           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!  なるほど……
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :   確かにそれはいい考えね。
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
         ! 、 : l /イ!::∧ ヽ       /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /    愛国心に熱い兵がいなくなるのは
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /     ちょっと痛いけど……
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |

725 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:39:44 ID:TxPJGFao

           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ  __: l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! ´\ ̄`:ト、:/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ       ≧ !::/l :/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!  わかったわ!
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /    まだ、オーストリア軍の動向が
         ! 、 : l /イ!::∧ 丶 ー       /. : : : /くノ ノ /:/ : : :/     不透明だし、6月以降なら、
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /      帰省を許可しましょう!
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |



            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :    ありがとうだお……
         /  -==、   '==-  ..:::::|
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :  出来れば今度からは口より先に
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/     足を出さないで欲しいお……
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\

726 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:40:29 ID:TxPJGFao

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \       (公安委員会……
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ     ロベスピエール……
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶   サン=ジュスト……
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ   ……ダントンさんの、
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../    そしてリュシルたんの仇を取るお……!)
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

727 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:41:40 ID:TxPJGFao

――1794年5月上旬。
――デュプレ家。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_, i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|_|;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|デ|  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐〜   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . | ュ|    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ // ┌┐l|  :メ|プ|;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ //   │l|     |レ| ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     //     l|     | ̄| ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ//Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ //   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ //   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'
__,,.. -‐''  ...,,     :.:. :. .   :..,,/,,  ゙゙´'`゙゙゙゙゙'''' ,, ゙゙゙゙゙´´''''' wli liwl  ゙゙´''`゙゙´'''`vjjjyyv゙ ,,

728 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:42:03 ID:TxPJGFao

     !:::::::i::::l::::::::l:::|i::::::::::/:::::::i::::|::::::::l::::::/!:::::::/l:::::::::i:::::l::::!
      l:::::::::|:::il::::::::|:::l!::::::/:::::::::ハ:::i:::::::i:::::/:l:::::::/:::::::::i::l::::::|:::l
      |:::::::::l:::l:|::::::!|::l:|:::/:::::::::/ !:l::::::l:::://l:::::/ハ::::ト:::l::i::l::!::::|  友人たちを処刑し……その妻をも手にかけた。
      l::::::::::l::!::l::::|:i::l::|/::::::::/‐‐‐l:ト:::l:::/'::/::://‐‐!:l::|:l::|:::リ::::l
      |::::::::::|:l::::l::i::|::l:::::::/,.-‐-、リ l/:/::イ::/:/,.-‐ミj.|:l:!::l:::l'::::I  もう、僕の周りにはヤラナイオ……
      i:::::::::::li:::::|:!::l::i::ノ く´(トr':)丶/://://(r':) 〉!l::::l::|::::l!
     l::::::::::::!:::::li::::|:l::|  ゝ--‐′i/ /'´  `ー-‐' |::::::i::l:::|l   クートン……ル・バ……
       !l::::::::::::::::l:::::li:::l           i      l::::::|::i::/!
     リ|::::::::::::::::::::::!::l           l、    ノ!::::l:::iリ   そしてサン=ジュストしかいない……
   /´ハ::::::::::::::::::::::::|         _ ノ     !:::/:/i
-‐'´:::/  !:l::::::::::::::::ト、!           ´     /::/!/`ヽ‐、
::::::/     リl::::::::::::::::! \      ,. --- 、    ,イ:::/l/}:::::::::::::`::‐‐-、
:::::{       l::::::::::::::il  \    ` ̄ ̄´  ,.イノ!::/ ノ l::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::l       !ハ::ト、::|    \     ̄   / l/|/    |::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::!          リ ヽ!  i   ヽ、   ,.ィ'       l::::::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::ヽ、_           ヽ     ` ̄ /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::l

729 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:43:10 ID:TxPJGFao

      / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
     /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、
    / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :   だが、サン=ジュスト……
    /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
   ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i    彼はもはや、僕の手を完全に離れた……
   .l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.
    リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;   ダントンやリュシルの件への過剰な
   .1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..   処断だけではなく、一般警察局においても
   l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;  僕との考えの相異が目立つようになってきた……
    リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
     |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
    / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
    i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
    !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
      ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
.       ヾ、                         ///  :|      .:::
        l ヽ                       /        _/:::::
         !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::

730 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:44:07 ID:TxPJGFao

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

ビュロー・ド・ポリス・ジェネラル
 一 般 警 察 局
ダントン排除を決めた3月30日の会議で設置が決定された公安委員会の管轄する治安組織。
4月16日に革命裁判所の所長エルマンを局長として発足し、サン=ジュストが指揮を取ることになった。



 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .   僕は、癒着を行う不正な公務員の
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..  監視に留めるつもりだったが、
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..  サン=ジュストはその権限を拡大させ、
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...  各地方の取り締まりという従来の派遣議員と
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"   保安委員会の権限を侵害する
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .  中央集権的な治安組織を創り上げた……。
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! …
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

731 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:45:12 ID:TxPJGFao

       /::::i::::::::::!::::::::::::\::::::ヽ、::::ヽ::ヽ、:::\:::::::::ヽ.
      /:::l:::::::l::::::::::ト、:::::::::::::ヽ、:::::::iヽ::::::!:::::i::::、:::ヽ、::::::i
      /:::::ト、::::ヽ:::::::ヾヽ:::::::::::::::ヽ::::l:::ヽ::::l:::::!:::::i::::::ヽ:::::::l、
      i::l:::::l:::ヽ:::::\:::::::ヾヽ:::::::::::::::!::i::::::::!:::i::::l::::::l::::::::ヽ:::::l!     サン=ジュストのやり方はあまりにも苛烈で
     l::::l:::::ト、:::\::::::ヽ、:::\ヽ、:::::::i::!:::、::::l::::!:::i::::::|、::::::::!::::ト、   理想に走りすぎるだけではなく、僕の最も嫌う
     !::::l:::::i:::ヽ:::::ヽ、::::\ヽ::\`ヽl:i、::::ヽ::!:::i:::l::::::l::!::::::::i::::l`ヽ  軍隊による政治問題の解決を念頭にしている
     l:::::i:ト、ヽ:::\::::、\::::::ヽ、::::ヽ::li、:ヽ::::i:l:::l::::ト、::!::l、::::::l::::i    ような兆候が見受けられる……。
      !:::::l::i::ヽ:ヽ、:\:::、:ヽ、:::ヽ::丶、::\ヽi:l:::i:::il::iヽ:l:::!:::::l::::l
    /!::::i:::l:::::\:ヽ、:ヽ:ヽ:::\::::::ト、:,.‐'"_,.ィ、!l::l:::l:i::l:::!i:::ト、::i::::l
   ノ!l:::::l:::::!::::::卜、:ヽ:::\:ヽ::::ヾ::く_,.r'少'ヽi!i:l::i::l::i:::il::::i:::!::l:::I    もはや、左右両派を切り捨てた僕らには、
     !::::i:::::l:::::::::i-‐ヽ::ヾ、ヽ、ヽ:::!゙ヽ´    li !:l::i::l:::l!::::l::::i::l::l    彼らの支持基盤を取り込むしか手はないのに、
       i::::l::::ヽ:::::ヽ辷エメ、\ ヾ`ヾ、 ゙ヽ   !l::i:::l::::ハ::::i::::l:::i::!  彼の純潔性は、それを頑なに拒絶する!
      l::ハ:::::、:ヽ:\        ヽ     i::!l:::::/r'!::::l:::i::l::I
      リ i:::::\ヽ、ゝ               !l i::::!l |:::li:::l::i::l
      ノ  !::::::lヾ.ヽ    、  -       i  !:リ リノ!ハ:::l::I
          l:i::::! i\    `           iノ  ソ i! j-┴-‐‐‐‐--、
           l!i::l  !:::|ヽ、   -‐'二 ̄    ,/-‐'´ ̄          `!
           !l   i::i  !\、        ,.イ               l_
             l!  iハ! iノ  ヽ、     ,.ィ | iヘ        _,.-‐‐''´ ̄  ̄=‐‐‐-- 、_
                   `>┬‐''   l i  !      /             ,.-‐'`ヽ、
              r‐‐‐''´ ̄  ヘ    | !  l    / /    /      _,.-'"     `i

732 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:46:09 ID:TxPJGFao

____________________________________________
     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /    何を甘いことを言っているんだい?
      `|               }               厶イ
        l          ,{              /  `     新旧両世界の間には断じて和平はありえない。
      ∧         〈 l            /
       { ヘ          `}  ´           イ         革命を途中でやめる者は、結局、
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }         自らの墓穴を掘っているのだよ……
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_
     { V        >、       イ   ! /}   ̄   ─-
     j /      / { >--‐ ´  }     !//
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

733 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:47:22 ID:TxPJGFao

                ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::
               ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::
             ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ:::::
              li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l !i:::::::r^
                i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   ……いや、サン=ジュストの言い分も一理ある。
                !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!lヾ、::l
              ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽI   そう。もはや後戻りは出来ないのだ……!
               ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
              _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::I  血に濡れた手と足で聖者の真似など出来ようか?
.ー- 、、、、、、、、、 -‐ー'''''''/:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
         '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  ここで革命をやめてしまえば、次に落ちる首は
          __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  `-.、 間違いなく僕ら――革命そのものなのだから!
   `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
  i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
  .l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉




          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',                    ヴェルチュ
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!  だが、そのために政治における『徳』を忘れてはならない!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|I
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l   腐敗した人間が蔓延っているのならば、今は独裁という
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ   強権は捨てるわけにはいかないんだ……!
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::I     そう! だから、必要なんだ――
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i

734 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:48:09 ID:TxPJGFao

 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
 三            エートル・シュプレーム                         三
 三           最 高 存 在 に 捧 げ る 祭 典 が ! !           三
 三                                               三
 /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ

   ::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
   :::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
   i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::
   ::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::
    ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::
      |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::
      |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::
       i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::
       |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::
        !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
             i、    ヾ、_     ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''     ,イヾ    /
             ヽ     ゙i `゙‐-、.._________,,...-‐''"/      /
              ヽ.    ゙ト‐-、...______,,...-‐,ィ'"    /
                \   ヾ、ー‐------------‐‐ィ'      /
                 \   `゙`‐‐───‐‐‐''"´     /
                  \    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       /
                    \   ''''''''''''''''      /

735 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:49:05 ID:TxPJGFao

――1794年5月7日。

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

この日、4月18日以後、3週間も国民公会を欠席していたロベスピエールが演説を行った。
彼はこの間に自らの宗教的倫理観の表明とも言える考えをまとめていたのだった。




          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!  自然は我々に、人間は自由のために生まれた、と告げる。
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|I   経験は我々に、人間が奴隷化されているのを示す。
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ   人間の諸権利はその心に書きつけられており、
              ヾ、          リイ:|リ      歴史は人間の屈辱の物語である……。
              リヽ  _ `´ _  /イ:::I
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i

そして、その演説の冒頭はルソーの引用から始まる。

736 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:50:04 ID:TxPJGFao

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶             テルール
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ     政治による『恐怖』が叫ばれる中、
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ                       ヴェルチェ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    それよりももっと大事なものである『徳』が
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽ.  `r'- 、   .|::ト`、   悲しいことにも蔑ろにされている!
                ヾヽヘ.   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj      よって私はここに宗教とモラルと共和国の
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、      原理との関係についての宣言を行うものである!
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

737名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 19:50:42 ID:yzi7wP0E
なんか頭の中で理屈を捏ね回しているだけで、具体的な政策手段みたいなものが見えてこないなー
しゃべってる内容は抽象的な精神論ばっかりだし

738 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:51:10 ID:TxPJGFao

           イ::::/:/:/:::/"フ:/:::::::ヽ
          /|::/::/:/:/:/:::/:/::::::::ソ::λ
         //:/:/::/:λ:/:/:::λ/:::://:/::丿:|
        ζレ::|::/:/:|:/::::///::///::/:/:/:::|
        |:|::/:::/::|:|::|:/::/∠z_ ///,///:::::|
        |::|/:|:::|/:‖:|:/://"-d_`y/ // ┤:|::|
       |::|::|:/:|:::|/|:| |/    _/" /|c-y|:/::|
       ||:::|:イ/:/::/|  || |          〉~^|/:|:|   宣言第一条!
       ||:::{ ||:y::/|   |        /  /  ノ|/:|   フランス人は、最高存在の
       ||:::| | |:/|:|              ′  |//.   存在と霊魂の不滅を認める!
        |:::λ__|:/ | |       ~`ー---w ,,,_,   //.
        |/::| レヽ |         、___ _,    //    宣言第二条!
        ||:::| i ヘ           ~~    /      最高存在の礼拝は、人間としての
        | |::|    \             /      義務を履行することである!
         |::|      \          /. 
          |:|        へ,,      /
          ノ|   |        ゙~^-┬^
         ∧_   |          ト、
        /::|   ̄~~^―-,,,  ,,s-― ^^~ '|\
      /::::|       /__∨\     |::\
    /:::::::|      /::::::λ    |:::::|-__

739名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 19:52:06 ID:2eDPAwDI
最高存在って…
カルト宗教っぽいなぁ

740 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:52:31 ID:TxPJGFao

    __
   /ノ ヽ\    エートル・シュプレーム   ディヴィニティ
 /.(○)(○)\  『最 高 存 在』――『 神 』とは同じ意味で、
 |. u. (__人__) |
. |        |  これは自然の中の存在であり、
  |        |   キリスト教的な神の存在を包括するモノ……
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ   徳を訴えるには、やっぱり宗教的なモラルが最も都合がいい。
   |     |
    |    .   |    (だけど・・・)
   ヤラナイオ


   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:::ー::- /
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー‐-/   そうです。
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::::::/
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'    そして、文明が発達して以来、
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l    様々な物理的な変化は行われましたが、
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」     道徳的な変化は封建制によって隷属の
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`I    鎖によって押し留められてきました。
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!   それが革命によって半分は日に照らされたものの、
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l   残り半分は封建制という暗黒が覆っているのです。
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /      ` ' ー- 、
                クートン

クートンは、公安委員会では数少ないロベスピエールの賛同者であった。

741 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:53:08 ID:TxPJGFao

                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、  フランス――革命のフランスは
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、 世界の他の部分を
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ', 二千年先んじている!
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ  しかり、我々のこの魅力ある国土。
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }  この自然の寵児は、自由と
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ  幸福の王国たるべく造られた!
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧  その誇り高く感情豊かな人民は
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨ 栄光と善良とのために生まれた!
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }
   {  /    /                   {  {            `V
    、_/     /                     l   ',               / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′
     {    /       /              l  {               }  }
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ

742 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:54:12 ID:TxPJGFao

 ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
三                                                 三
三    私は――ロベスピエールはフランス人であり、汝の代表である!   三
三                                                 三
三           私の全存在の犠牲を受けて欲しい!              三
三                                                 三
三           汝の中に生きるものは幸福である!           三
三                                                 三
三      汝の幸福のために死を得るものは三重にも幸福である!     三
三                                                 三
/| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ

     i1                       ,..-‐‐-、.         ヽー‐‐'´  ヽ
     l !                    /イリ i lヾ.ヽ、        ヽ     ヽ.
     /l l                   /ソ/ノ/jソノ ヽiヽ!         ヽ     ヽ
   _r'ヽ!゙l                   !l/iァ  フ /,.イri li l          ヽ     ヽ
  ,ィヽヽソ l                  !ハl r‐、  ´ ,ィノ:/ノ           〉     ヽ.
  ヽ.'´  l                    ヽー'  ノ ノハ/l!  ,.r‐-、_,、__,,..--‐' i\      j
   ヽ_,,.='ヽ                    `エニ´-‐ィ'`ヽ‐イ ソ/ /      N ヽ   /
    〈    ヽ             _____,,.-‐ィ'!´/ヽ/  /  / /        _,.-‐'"
    ヽ    ヽ           /i     //:/ /  /i   //  _,,.--‐‐‐''"´
      ヽ    ヽ        _,ィ' /   ,.イ':::::/ /  /  l  i/   /
        ヽ  ニ=ヽ、,ヘ--‐‐イ´〃 /   /::::::::/  i /    ヽ  /
       ヽ //   / / /  /::::::::/   !      ヽ./
        ヽ.       ____/   /__//    l       i
         `゙--‐‐'゙´   /  /    /    ヽ      ソ   __,,.--、
                 /   /   ノ 、     \     {-<_     ヽ、
           _,.-r┬‐,イ  /i   i  -ヽ、      !、 、    ヽ.      ` ゙̄ー‐--、
ヘ       /        / !  -l‐=ニ二≡ヽ、   〉  ヽ     `ー==‐‐、       >



  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:   宗教的モラルと道徳を訴えておきながら、
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::   自らの正当性と、それに対しての
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::   敬意を示せと言うのか……!
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :   傲慢不遜な殉教精神……
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::  それが貴様の悪いところだ、ロベスピエール……!
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::
           カンボン

743 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:55:11 ID:TxPJGFao

そしてロベスピエールは無神論者であるエベール派やテロリスト・腐敗議員、
そして反革命派をひとまとめにして告発する。

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ     誰が神の不存在を民衆に説けと命じたのか!?
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ    盲目的な人の運命を司り、犯罪も徳もその力によって
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',   気まぐれに打ち砕かれるような議論を人々に教えて、
                ';:';ヾトヽ.  `r'- 、   .|::ト`、  それが人民に一体何の役に立つのか!?
                ヾヽヘ.   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ   霊魂虚無の観念の方が、霊魂不滅の観念よりも、
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj    一層清く高貴な感情を鼓吹するとでもいうのか!?
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
        |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',  たとえ神の存在と霊魂の不滅が夢にすぎぬものであるとしても、
         ';:';ヾトヽ.  `r'- 、   .|::ト`、
         ヾヽヘ.   |';二::!  入',   その夢は人間精神の作り出した諸観念のうち最も美しいものなのだ!
          `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







.

744名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 19:56:02 ID:/MCCE2iw
>革命のフランスは世界の他の部分を二千年先んじている!
資本主義は崖っぷちうんぬんていうアグネドート思い出した

745 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:56:09 ID:TxPJGFao

  l  .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.: /l:.:.:.:.:.:.',:.l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:l:.:
  l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/::l:.:.:.:.:.:.:.l:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.
  l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./::::l:.:.:.:.:.:.:.l:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.
  l .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:./::::::::l:.:.:.:.:.:.l:il:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.
  l .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l':.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::/:.:/::::::::::::::':.:.:.:.:.:l:l.l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:,.'`l:  不味いわ……
  l .l:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l:.:/:.:.:.:.:.::,:.:.'´::::::://::::::::::::::::::::::':.:.:.:.l:l l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l, '´.l:
  l .l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l/:.:.:.:/:::::::::::::::/'   :::::::::::::::::::::':.:.:ll .l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l-、,',l:   ロベスピエールは私のことを許さない。
  l .l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:, ' ::::::::::: .,       :::::::::::::::':.ll .l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l.ll.,'.,'l:
  l l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.,:': : : : :./           .ll l:.:l:.:.:.:.:.:.:.l.,ll',':.:l:    あの男が最も嫌うのは、
  l l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l,''.,: : : : ./            ll l:.:.l:.:.:.:.:.:.:l''ll:.:.:.l:   私みたいな変節漢……
  .l l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.l.:'.,: : : ヽ            ll l:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.ll:.:.:l:.
   l,-l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l:.l:.l: ' ,: : ` ― --       .ll l:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:ll:.:.l:.
,-‐'´l: :l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:l:.l: : :.' ,: : :           ,ll l:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.ll:.:l:.:   あの日だって……
: : : : :l: l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.l:l:l: : : l. .' ,: : :      , ..': :.ll .l:.:.:l:.:.:.:.:.:l,:.:.:.ll:.:l:.:
: : : : : l: l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l:ll: : : :l. . . .' ,: :   , ..': : : : : : :ll .l:.:.l:.:.:.:.:.:l.',:.:.:ll:.l:.:
                  フーシェ


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------

746 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:57:09 ID:TxPJGFao

――1794年4月中旬。
――デュプレ家。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_, i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|_|;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|デ|  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐〜   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . | ュ|    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ // ┌┐l|  :メ|プ|;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ //   │l|     |レ| ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     //     l|     | ̄| ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ//Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ //   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ //   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'
__,,.. -‐''  ...,,     :.:. :. .   :..,,/,,  ゙゙´'`゙゙゙゙゙'''' ,, ゙゙゙゙゙´´''''' wli liwl  ゙゙´''`゙゙´'''`vjjjyyv゙ ,,

リヨンで反革命派に対して行った凄惨な処置によって召還されたフーシェは、
国民公会で行った人道的見地という弁明だけでは心もとないと考え、
アラス時代の旧友のよしみという情に訴えるため、報告の日の夜にロベスピエールの家を訪れた。

747 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:58:06 ID:TxPJGFao

         __ _
     / // ̄.|| ̄ ̄¨'''ミ . |.| | |       /  |  || |   |
    / //      ||     ミ |.| | |    /  |  ||  |   |
    f //     /||⌒と',   //  | .|    /   |  ||  |   |    ごめんなさい!
    |  |     {::||し`¨}  //  |./|   /   |  /||  |   |
   /   `ヽ、  `|ト-ー'´  ||   || |  /    | /ェ||ヽ .|   |    私はコローに流されただけなの!
   | ヾミ  とつ-||-ーニニ:||    ! | /    /レ'  ||ヾヽ | /.|
  | |         ||   ⌒||ヾ     | /    / ,、-、|| ヾヽレ' .|
  /||           ||    ||    〃  ヾ、く { し||}  ヾ|   |   決して、自分の楽しみだけでリヨンの
 f. ||         i!    リ       |  i \゙ー-||   ゝ  |   市民を処刑したわけじゃないわ!
 | ||                    :;;ノ     ∨/⌒)/    |
 | ||          /´ / ̄ ̄\          //∪゙      |
 | ||       /  //-ー - _  ̄ ̄\     //        |   マックス、あなたならわかるでしょ!
 | リ        |  ヾ、__   \  .|    〃         |
 \               \__/               |    私は臆病なんだから!
   \            ヾ     /              |

748 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 19:59:07 ID:TxPJGFao

                            /    / /     /  /  ',   ヽ l l         l   ハ
                            ,'    / /   // ./    ', ヽ、ヽ!.!       l  ハ
                           ,' l   / /  / / / ー -- ...ヽ___ヽ、l l          l    !
                           !.l.   l./  ,ム- ! /   =ニ__-_ヽ  ̄l`ト       .l   l
                        .   l l    !'// .ニミl ./     '´トイ::::ハヽ、ll.l        !   L
                          l l    l  /ィひ::ト}l'      ゝ`='ノ ' `lトl        l    !
 覚えているでしょ。               l l   .l l ./〈弋`=ソ    :::::::::::::::::::::   ll l        l    l
 三部会の選挙でお金を使い果たした   .l|  l. Vヘ ::::::::::: /    ::::::::::::::::::::  ll l        l    l
 貧乏なあなたに、パリまでの路銀を     .l|  l ', l ::::::::::: ヽ               ll ll          l
 貸してあげたのは私!             .l|  l  l l       ___     /l ll         l
                           l .l   l  l  ',     ヤ´: : : :/    ,' l l.l       ,'
 ロザティの会で微妙な反応だった       l l   l  l   lヽ、      ̄     ,' l l l       ,'
 あなたの下手くそなシャンソンや       .l l   l  l  .l l ヽ、         ! .l l.1      /
 恋愛詩をお世辞で褒めたのも私よ!    .l l   l  l  l l ', \      _ .. イ´ ! ! !     ,イ
                            ! .l   l  l ll l ',  `ー、'' ¨    ! . l l .l    / .l l
                           l l   l  l .l l ! ヽ    ',     l  l l !     ハ. l l



          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!  下手くそは余計だよ、フーシェ……
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  君は神学校出身ながら無闇にカトリックを迫害し、
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    国王助命派ながら直前で死刑を表明し、
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    急進派に組しながら、今もそれを捨てて
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //       仲間を売るという変わり身の早さ……
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/        軽蔑に値するよ、その生き方には……
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //

749名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 19:59:35 ID:yzi7wP0E
臆病なやつほど、自分が傷つかずに一方的に他者をなぶれる機会は逃さないと思う

750 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:00:04 ID:TxPJGFao

::|::::ハ::|:::::i::::|::::|`゙ヾ=、_゙l::::lヽ:\ \::\::::::゙、::::::ヽ:::::|ヽ、::::::ヽ::::;:\:::::::::::::::::::::::::::
:::|:::|:::ト:i:::::l:::|ヾ、ー‐-r二l:::ヽ_\\::::\::\::\::::::ヾ、:l__,,..-\'ニ三 ̄ヽ、:::::::::::::::::
i:::|:::ト::|ヽ::::i:::i::::|ヾ、 弋__ゝ、ヽ`゙‐\:::::\:::\ヽ::::::i'='',二ニ'フ ̄ノ`゙`アi゙:::::::::::::::::::
::i::|:::|ハ! ヽ::l::|:i:::|ヾ、ヽ、_____\ヽ>;;;;;;;\:::\::::\:::::<´ `¨ー'"__,,.ノ;;;;;|:::::::::::::::::::  それに、僕は妹のことを
 ゙l::::ト::i:::::ト、::i::|:::|     ‐‐‐\\ ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、::\::ヽ`゙‐‐‐'" ,,;;;  |::::::::::::::::::  忘れてはいない……
   |:::ト:::::::l \:i:::l              !;;;;;;, `゙`‐-ゝ         |:::::/|::::!::::
   |::|ヾ:::::i  \:l、             |;;;;;;;;,             l::::/ |:::|i::::   どうして君は、突然、
    i:| ヽ、:i   \、            |;;;;;;;;;,             |::/ |::l |:::  妹との婚約を破棄したのかな?
    |!  ヽ:l.    ゙             |;;;;;;;;;;;;;,,,,,          |/   |:! |:::
     !   ヽ!           ,,,,,ヘ、;;;;;;;;;;r‐';;;;;'''           ,イリ レ'i
          i、    ヾ、_     ''';;;;;;;;;;;;;;;''''''''     ,イヾ    /      そして、どうして今の君は
          ヽ     ゙i `゙‐-、.._________,,...-‐''"/      /        醜女ながらも資産家の
           ヽ.    ゙ト‐-、...______,,...-‐,ィ'"    /        娘を妻にしているのかな?
             \   ヾ、ー‐------------‐‐ィ'      /
              \   `゙`‐‐───‐‐‐''"´     /
               \    ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       /
                 \   ''''''''''''''''      /

751 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:01:13 ID:TxPJGFao

            _、_____
        _,.- '"    ` < ̄´"' 、
.         / /  / :.    ヽ− - 、ヽ
        / /. / /|:::     〈 ̄```ヽ
     / / /.::/ ,/  l::i::     ,___ ,, ',
.     / / /.::/ /!   ll|:::.     三ニ‐'"彡
    /:// /!::/:.:/::l   l|'、:::..   :i__,三=''ノ|!i
   /::i i::!l j/lト、!l:|    ヽヽ:::::.. ::::lーニニ‐'' j}!
    l::::! !::/!⌒! | |!   '´ ̄_`ヽ:::::::::j=<二ノイ|
   !::: !::f f'マミ;、     チミ;、i:::::/iミ、=、ニ//!j
   ヽ:i::::!  i、'ソ       L_刈 !:/! j'゙r1 }ン/!l!
    i:!::::i ` ̄           j/// j// /ノj!
    l:ト、::,     、        ノ   _/ /://|
      l| ヽ:、  、_ ___,        /::/ /::/,':/!
     リ  ヾ:.、  Y  ソ    / !/  i::/ ':/ |  お兄ちゃん大好き!
       /ハliヽ、`ニ´  ,.ィ" __,{ i j// /:/:!
        〃 l| ! } >‐_,.−''" ̄ _,j、v,ィ´/.:/jノ
       /'rー="'"´    _,,   `ヾ、ノ/'
       ヽ  _,.- '"_,.ィ7´ /      \
       /  ,.ィ´〉´ j/          !
       ヽ,_/ /! l //          i
       /  /|' /            l
       ノ   l__j/ ____    `ヽl
      /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´~"''−、, '、
.     /          | !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l)ノ
               10代
マリー=マルグリット=シャルロット・ロベスピエール(1760年 - 1834年)
ロベスピエールの妹。
幼い頃は兄と大変仲が良く、三部会の選挙にも懸命に協力をした。

752 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:02:07 ID:TxPJGFao

                        _,,..
                    ,..''"´; ; ; ; ; ; ; ; ≧ー- 、
                        /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,`ヽ
                 /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヘ
                    /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ハ
                  f; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ハ
                     {; ;; ;/l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,ハ
                |; ; f`ヽヾ;、ヾ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;|
                    |; ; l f'tェ ヽ-‐; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,;,|
               |; ;,l `¨    rt;;ェ、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,|
               |; ;l        ¨´ ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
               |; ;l  ( 、       /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
               |; ハ  、       /ノ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,|
               マ; ハ  ` ¨    /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
                マ; ハ          i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
                 マ; ゝ_ _,,..''~´{; ; ; ; ; / 弋; ; ; ; l l
                   マ; ; ; ;ヘ_,..'7; ; ;/     ヽ; ; ノ
                   }; ; ; r≦´f; /        ヾヽ
                   l; ; ; レ  f/    γ 7   , -,  ハ
                   |; r┘  f    / / レ' ,ィ'   l
                   /l; ト、       / /レ' ,イ   , -, }
                  / }; l Y  {  / // /  / ノ  |
                  / /リハ V l /  ゙´ / / /゙7  |
                    /     | 乂/     ゙´ , ´ ,イ  .|
                 γ'/ , っ l  、          ,イ    |
              , ノ /  ゝ' -.l      ,    /       |
              ´^f  /7   l    /    ./      ノ
              { l ,/ f    ト       /         /
                         20代

二人がアラスにいた頃、フーシェとシャルロットは一時期、婚約までいった仲であったが、
ロベスピエールの仕事のごたごたの影響を受けてフーシェがなし崩し的に婚約を破棄した過去があった。

753名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:02:27 ID:ErVGQFEI
>>747
えっ

754 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:03:04 ID:TxPJGFao

そして、この頃になるとシャルロットも厳格な兄から離れており、元婚約者のフーシェの懇願にも――

       ///,i i i  l   /、ヽ  ヽ 、 i!l ;li ヾヽ i
      // / / ./ | i |!  i、 /\\\ | i ! il! ;lll  i! i n
     .// / / ! /i ゚/i、 i;;//、,-=ヾヾ\i i!  i  !i! ii | |i!
     i/ / i | ! /__!、/./ヽヽ/~;;ゞ__ヾ__ミト|  |  i |i;;| | i;;  下 ふ
    i! /i |_|_ ,iiト_ :::iノヽ i、、;'ヘ~ミ宝ツウi’ / / il| i! i リ
    |,! .! ::< |~!宝)゙;:::\|ヽi!;;\;;ヾ=='-'" .!/| /  |l;;l |iソヽ  衆  ざ
    || | i | i`--';;" ::::::\:::::::::`゙゙:::::::""::;i //  ||;il  |ト
    .| | i| iヽi  /,;;..          / / i! .||:; | |  |  が  け
     | | | |    ` ゙"          / / i/ // .i ,| i!
     .| | | !                /  / // / / /!      る
     i|、ヽ.ヘ     '´ ゙゙̄`'-     / ./i // / / / i
      |'i |、ヘ      ̄         // / /  //       な
      !ヾi ヽ|ヽ             _-/ //// // /
       レ.ヽ | | \       _,,.-''´ // // / / i /
        ヽi、 |  \_ _,,.-''´    /'/ / // ;/ /
          ∨ / |  ̄| i!        ///;i |;/イ
        _人|/  i::_ i_i,,|     _.// /' //i リ/
        人/ 人 ̄ ̄ ̄i|     |ヽ/'~//-/-i/;/リ
               30代

――と、けんもほろろに拒絶した。

755 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:04:12 ID:TxPJGFao

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃


     / ./ /      , '                ハ
    i  //    , - / ,イ  l             ハ
    l //  / / / //  i      |        i
     i〃 ニZ / - '  //   /     : :l        l
     Vイフ/' ´`丶 i,イ  /     . : : i        l   このままでは私の首が落ちる!
     /〉 `   -ミヽ`トl.l  /     . : : :i        l
    / r '´    、じ,、.l llヽ /    . : : : :/        l    どうにかしないと……!
   /  l      ヾ ,ゝ、l./  :  . : : : :/        i
  /   lヽ、       l ソ  . :  . : : : : イ         !    私は家族のためにも
 / / : :l  `   u   / . : : : . : : : : :/l        /    生き残らなければならない……!
 ' イ : : :l       / . : : : . : : : : :/: l       l/
.,' /l : : : :丶 、    / . : : : : : : : : :/: : :l     :l  l      あの男に敵対的な議員たちを抱きこんで、
.l / l : : : : : :/: :7 >/ . : : : : : : : : : /: : : :l:     l  l     反ロベスピエール戦線を作り上げなければ……!
l / .l : : : : : /: :/〃/ . : : : : :/: : :/.: : : : :i:     l:  l
l/  l: : : : :./: /〃/ . : : : : :/: :.∠ヘ: : : : : l: .  l  :ト;  l
l   l: : : :〃/ 〃/: : : : :/: ∠.......ヘ.: : : : l: . l   l l:  l
l   l: :.//ノ /,=i: : : :/: /-−-ニヘ.: : : :l: . .l   :l l:  l

756 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:05:07 ID:TxPJGFao

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!  最高存在の真の聖職者は、自然である。
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l    その聖堂は、宇宙である。
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ     その礼拝は、徳である。
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\            そしてその祝祭は、普遍的友愛の
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    麗しき絆を結ぶために、また感じやすく
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',  清い心をもって最高存在に敬意を
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   表するために、その加護のもとに
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /i  r=≠\::::::::::::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::: |   集まった偉大なる人民の歓喜である!
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   ト〈 !ミ,ハ ::::::::::::::::::::::::::: ,' . .:::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{=ァ  ハi じ' }::::::::::::::::::::::::: / . .: .::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V-‐=仆七爪 / :::::::::::::::::::::: / . .: .:.:::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 八イ//::::::::::::::::::::::::: ,' . .: .:.:.::::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´ :::::::::::::::::::::::::::. i . .: .: .::::-‐=≠}
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐- 、:::::::::::::::::::r‐r‐「`ト、 :::::::::.. | . .: .: .:.:::::::::::. ,ハ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヽ、 ` ー‐=≠'7 | | | !:::::::::.. | . .: .:.:.:.:::::::::::::::. !
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ / ,/ ,/ ,/ /::::::::::.. | . .: .: .:.:.:::::::::::::. |

757名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:05:39 ID:f4HNYRWw
それにしても軍人の影も形も見えんな

758名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:06:01 ID:2eDPAwDI
友愛か…失敗フラグ立ったな

759 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:06:08 ID:TxPJGFao

      ,r=ヽ、 よし、わかった!  r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;) その考えは理解した!
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・= u )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ u tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  だが、カトリックにおもねるなよ!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、 u  〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

国民公会議員は反カトリックではあったが、多くはルソーやヴォルテール的な
理神論者であったから、最高存在の確認に対しては反対はなかった。
ただし、カトリック的とも取れる霊魂不滅の肯定には、聖職者との和解の
意図があると受け取られ、これに関しては懸念が表明された。

760 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:07:07 ID:TxPJGFao

          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l   そんな心配は無用だ……
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |   実際、今、僕らが推し進めているのは
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    キリスト教に代わる新しい国家宗教だ!
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    全ての人々を集結させて道徳上・政治上の
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     大きな刺激を与えることで教化する。
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/        聖職者どもよ、貴様らが復権することはない!
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //

こうしてロベスピエールとクートンを中心とした「最高存在の祭典」が
6月8日にテュイルリー宮殿の庭園で行われることが決定した

761 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:08:06 ID:TxPJGFao

            / ̄ ̄\
          /   _\  /
          |    ( ●)(●)
          | U   (__人__)    お疲れ様です!
             |     ` ⌒´ノ
              |         }     遂に、ロベスピエールさんの理想である
              ヽ        }      最高存在の祭典が行われるのですね!
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_



/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'   その通りだ、ヤラナイオ……
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´     だが、問題は山積だ。
   :::::|| |!. 、                r ´       僕のことを気に入らない連中も多くいる。
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ          それでも僕は、革命の理想を推進するためにも
            、        /           決して、後退りをするつもりはない!
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄


だが、この日を境として、ロベスピエールの敵は増大の一歩をたどることになる……

762 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:09:08 ID:TxPJGFao

/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'   U            V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´     やめるんだ!
   :::::|| |!. 、  U             r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄         彼女を処刑する理由は何一つない!
     :!.      ヽ         ` −,
            、        ,‐'          彼女は潔白だ!
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ



    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′(お前にばかり良い格好させられるか!)
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /  ダメだね!
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/    王族どもはみんなギロチン送りだ!
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \
         ビヨー=ヴァレンヌ

763名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:09:22 ID:2eDPAwDI
あれだけ殺してもまだ敵になるような奴がいるのか…

764 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:10:51 ID:TxPJGFao

――1794年5月10日


       , -──− 、
     /   _      \
      /    /_\ |\ ヽ
    j    / .−、_ V - 、ヽ|
    /  __/ | |' | / | |' | |   今、会いに行きます!
   /  i r    ̄   _  ̄ |
   /  `- 、    _   !   お兄さま!
  /     ヽ、_   _./i
  |     ___j┴-- ̄-、._ノ
   |  /ヽ `───┘ \
   !./  |__ j^─、.__l ヽ
.    |   |  l^   ノ  |  |
      エリザベート




                  ,,ィ''";7 /7/:7       ┌┐    __/;;;7,,:ィ         ,r';';;ア
               ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/  r‐;;;''';;";ア /;;/    /;;;;;;rァ;;/r;ニア /;ニア,/;;;;/
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/  /;:- ‐ 'ニ,' /;;/     7;;;;//;;/,r'';゙ソ __,, :ィ''";;;;;シ
            /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄   r;;''";;´;/ノ;;/     /;;;ノ/ツ 'ー'  /;;;;;;;;;;; -''"
                 /;;;;;;;/       '' "´,:ィ";;;/     "´      'ー ''''"
                /;;;;;;;;i'        <"´;;;;;/
            r‐;;'';"´;;;;;;;;f′         \/
            |;;;;;;;;: r ''"^~
            レ''"´


ルイ16世の妹エリザベートの処刑。
ロベスピエールが裁判自体を避けようとする中、彼女には国王の脱走を
手助けした罪、王族・貴族の国外亡命に資金援助した罪で告発された。
信心深く自愛に満ちていたエリザベートは、領地で採れた収穫物を
自分が口にするより先に貧しい者に分け与えるなどしており、その領民や
裁判を傍聴した聴衆からは彼女の助命を願う声が多く集まったのだが、
わずか1日の裁判で死刑が宣告された。

765名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:11:20 ID:epePIPvI
あれだけ殺せば敵じゃない人も敵になるんじゃないか?

766 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:11:32 ID:TxPJGFao

    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /  パリ・コミューンからエベール派の
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /   影響力を削ごうとしているようだけど、
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/    簡単に王族どもに譲歩させないよ!
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \         エベールの意志は僕らが受け継ぐ!
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \

ビヨー=ヴァレンヌはロベスピエールの成功に嫉妬しており、
4月7日には「暴君は排除されるべきだ」との言葉を浴びせていた。

767名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:12:00 ID:2eDPAwDI
>>764

>信心深く自愛に満ちていたエリザベートは、領地で採れた収穫物を

慈愛に満ちていた、ではないかと

768 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:12:09 ID:TxPJGFao

――1794年5月11日


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ   国民福祉法を制定し、早急に
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',  社会保障制度を整えなければならない!
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ  ,:rニテ三ミゝ、
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ ,r"彡彡三ミミ`ヽ、
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,  ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,  よし、わかった――おい!?
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ:,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   / ,, 、   '"fっ)ノ::l
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /       `i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : //'´ミ)ゝ^) 〃      i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ ト、つノ,ノ fノ       ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  i _,,.:イ  /      ,r''";;;;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /    ,ヽ  ゙:、 /\、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ ヽ  \  `ヽ〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ヽ   ヽ ,/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

ロベスピエールの提案により社会的弱者を救うための国民福祉法の制定されたが、
これによりブルジョワ層を中心に反公安委員会、反ロベスピエールの姿勢が強まった。

769 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:13:18 ID:TxPJGFao

      /                  \
     l               ∧         l、
.     |           /l / . |. ト、i、.   ヽ、!
    │        /| /.| /  .|.| .l.,|_l.,ヘ   l.
     |   __  /|/゙|/`|/、u  | /l l Wヽ|
     |  ./‐ヽ | ==== __  ,''===== |    まずいですね……
..    |  || ~)| |  ` ‐-゚‐' ''' /:.‐゚-‐'´ |
    │ || 6|.| u      `‐-;    l     ブルジョワの協力を得られなければ
.      |  ヽゝレ            / v l     国の経済は破綻してしまいます……
.   /|   /':\   ⊂ニニニ⊃   /
  _/==|  /   ::\    __    /      農業偏重のサン=ジュストがいないうちに、
'´ l====| /      ::::\   ̄ v  /       彼らに譲歩する政策を打ち出して協力を仰ぎましょう!
::::::|====|/        ::::\   /_
::::::|====|\        :::::\/=l::::`..‐、
::::::|====|  \        :::::::|===l:::::::::::::`..、
::::::|====|   \       /|===|::::::::::::::::::
::::::|====|.      \   /  |===|:::::::::::::::::
          バレール



 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..   く……
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ …   だが、それもやむをえないか……
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...   停滞する経済を活性化させるためにも統制を緩めて、
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .   経済の自由化を促進し、商業資本を育成しよう!
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

生活必需品の価格高騰に対しては監視の目を緩めなかったものの、
市民の恐怖の象徴であった食糧徴発・監視部隊であった革命軍は解散された。
こうして公安委員会は大都市や港都市の大商人が設置した商業会議所に協力を要請し、
価格統制政策から、大商人の資力を活用した自由主義的な政策に転換を模索した。


>>767
誤字ですね。指摘ありがとうございます。

770 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:14:10 ID:TxPJGFao

          ,.ゞ ̄ `ヽ,. -‐;z..__
           /         ′ <
          /              \
        i         , ノ'ヘ    l
.        l       ,.ィ /|./ u│ハi、 |
       |      /‐l/、'   ,レ-'‐W
.      | r=、 r' ====`   ,'===/
.        | {にl |  `゚ー '  /゚-‐7   (一時期よりは緩和されてきたとはいえ、
.     /| ヾ=lノ ij     u  ̄//     内外情勢はまだ先行き不透明……
    _/‐|  / ヽ.   ⊂ァー--〈、
 ¨  ̄ l=|/    \  l ',二二}j    今の権力独裁の手を緩めては共和国の破滅っ……!
 : : : : |=|ヽ.       \|,'  ;‐─{、
 : : : :.|=|  \     ,_l ,'   lニン : `丶 どんな手を使っても現状を維持しなければならないっ……!)
  : : : |=|、   \ _//,ヽ.___ノイ: : : : :
  : : : |=|::\  ,.イoト〈/./ /.//: : : : : :



      / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
     /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、
    / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :   (革命独裁は取替えのきかない政治体制だ!
    /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
   ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i    権力の放棄=革命の諸成果の喪失……
   .l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.    政治・経済的統制――そして人権の束縛によって
    リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;    手にしてきたモノは、そこから解放されると
   .1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..    たちまちのうちに消えうせてしまう……!)
   l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;
    リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
     |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
    / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
    i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
    !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
      ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
.       ヾ、                         ///  :|      .:::
        l ヽ                       /        _/:::::
         !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::


革命独裁の維持のために恐怖政治を推し進めてきた公安委員会は、自らの理想に
譲歩するなど、いかなる代価を払ってでも、民衆のつなぎ止めをしなければならなかった。

しかし――

771名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:14:36 ID:f4HNYRWw
社会保障と軍事費はつぎ込めばつぎ込むほどさらに財源が必要なブラックホールなのに、そんな金あったのか?

772 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:15:05 ID:TxPJGFao

――パリ市内。

....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ
________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――



            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/ u   ヽハ  、 ヽ  働いても……
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_,リ| l │ i|
         レ!小l(ー) (ー) 从 |、i|   働いても……
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽu  ゝ._)   j /     給料が上がらないお……
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
             ヤルミ


     _人人人人人人人人人人人人人人人人_
    ''> ゆっくり、サービス残業していってね! <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
    彡//:::::::::::::::::::iヾミ 、       彡/::::::::::::::::::iヾミ 、
    /:::::::::::::::::::: :::::::::::::::ヽ       /:::::::::: :::::::::::::::ヽ
  γ::::::::: ::人::::人人 ::::::::ヽ    γ::::::人:::人人:::::::::ヽ
  (::::::::::/  \ , , /\::ヾ   (:::/⌒   ⌒  \::::::ヽ
   \:/   (㊥)  (㊥) \:ノ (:/ (㊥) (㊥)   \::::::)
     |       (__人__)   |  |    (__人__)     |:::::)
      \      ` ⌒ ´  ,/   \   ` ⌒´    _/:::ノノ
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                ヤルーナ

パリ市民は給料の最高価格の値上げを要求していたが、
政府は最高価格制全体の崩壊を恐れてその要求を退けていた。

773 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:16:15 ID:TxPJGFao
.
     ,. -‐―――‐-、
    γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ   パンの値上がりは抑えられているけど、
  (:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)  最近、他の日用品価格が上昇しているわ。
  \:/  o゚⌒   ⌒゚o  \ノ
   |     (__人__)'    |   闇市の監視も緩められているし、政府は何をやっているの?
   \     `⌒´     /
.


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|   この前までは監視の厳しさに息がつまっていたけど、
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i|   生活苦がいつまでも解消されないんだったら、
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    こんな変化は何の意味もないよ〜……
             ヽ、  ⌒´   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

こうして戦時下での経済統制の部分的な緩和は逆に労働者の不満を買い、
政府の支持は最高に達した半年前に比べて次第に陰りが見え始めていた。

では、その政府に対してこれまでも何度となく民意を示してきたセクションはというと――

774 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:16:38 ID:TxPJGFao

――セクション総会。


         /⌒\.
         (    )         だいぶ様変わりしたな
         |    |                   ∧_∧
         |    |             ∧_∧  (´<_` ;.) 随分逮捕されたからな
         |    |    ∧_∧   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
         (.;・∀・)    (.;´Д`)   /   \     | |
          /     \  /     \ /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |   ∧∧
        | l    l | | l     l |(__ニつ/  FMV  / .| .|  (゚ー゚;)  ∧∧
        ヽ|.\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/____/ (u ⊃´  /⌒(゚Д゚;)
    ∧_∧. ||\\                         \ /     (~冫
   (.;・∀・)⌒ ̄ \! 二 二二二二 二二二 二二二二二二二二 l-l l    | lヽ
⊂二丶  ノ ノ___ || |__ ∧ ∧                || | \ヽ  ノヽ,,ノ
 ⊂ニ二二 ノ     .|| |/⌒(;゚∀゚)へ    (‐_‐)       || |ー─` ,,)l⌒Y⌒!
               ( ー○=ヘゝ ) .  (∩∩)             ⌒Y⌒
                                      (・∀・;)

エベール派粛清後、彼らと関係の深かった指導者は公安委員会を非難したり、
逆にエベール派を擁護したために『反革命』の烙印を押されて多くの逮捕者を出していた。

          ____
        /     \
      / ―   ― \   公安委員会は賃金の最高価格の値上げには反対だそうです。
     /   (○)  (○)  \
    |      __´___     |  仕方ないですね。諦めましょう。無駄なことをしてもお腹が空くだけです。
    \      `ー'´    /

こうして、かつては王政に対して蜂起を計画するほどに熱意のあったセクション総会では
活発な議論は消え失せ、政府の決定を授受諾々するほどに活気を失っていた。

775 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:17:06 ID:TxPJGFao

そして協力を取り付けようとしたブルジョワ層も――

      .,..-──- 、
     r '´. : : : : : : : : : :ヽ
    /.: : : : : : : : : : : : : :: ヽ
    ,!::: : : : : ,-…-…-ミ:: : :',
   {:: : : : : :i  ,;ノ;´:`ゞ、i: : :.:}  こっちに譲歩しても、最高価格制は維持しているわけだし、
   {:: : : : : :|  ェェ;;;;;;;ェェ|: : : }   いつまた矛先がこっちに向けられるかわかったもんじゃないぜ。
    { : : : : ::|    ,.、 .| : : :;!∫
    ヾ: :: : :i   r‐-ニ┐| : riii=   8月10日直前の、ブルジョワ寄りだったジロンド派政権時代の
     ゞイ!   ヽ 二゙ノ イ「 ノ   状況に針を戻さないといけねえなぁ……
    ⌒ー ̄ ̄´ r⌒ !  〉
    (         (` ー'



      ,..-──- 、
      /. : : : : : : : : : : :\
    /.: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
   {:: : : : :i -'  ゙ー i: : : : :}   そうそう。
   {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   クーポン券の発行にはもう飽きた。
   .{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;!    物はやっぱり自由に売らないとね。
    ヾ: : : i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
     .ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
     __ィrlニ` ー一'´二 |二=、   ブルジョワの意見を聞いてくれる議員に味方しないと!
   〃ヽ、_=--,-|_ :::::::: !:::|  ! ヽヽ
   / |::| .|::,i":::::::``)l/|| .|:::::: !|
   ヽ_|__L,-| lア丁 ̄了`ー=ニ' |'/


小市民や小農民に支持を求めるきらいのあるモンターニュ派を倦厭し、社会政策の充実よりも、
現実的な利益誘導を目指そうとするブルジョワ議員に期待するようになっていた。

776 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:18:05 ID:TxPJGFao

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ


こうした不穏な空気が市内に蔓延しつつある中、『最高存在の祭典』を推し進めようとする
ロベスピエールは公安委員会の代表的な存在と認識されるようになっていた。
無論、内情を見ればロベスピエールだけが特別な存在ではなく、むしろバレールがその中心であり、
軍事ではカルノーがその舵取りを取っていたのだが、その存在感からロベスピエールは民衆の目に
公安委員会及び革命政府を支配する独裁者として見られるようにまでなっていた。

――そして、その最高存在の祭典が迫る中、それを象徴するかのような事件が起きる。

777 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:19:03 ID:TxPJGFao

――1794年5月23日、午前1時
――パリ市内某アパート

....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ
________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――



       /// ,イト、ノ  \ \ \
      / ./ / // l  |   ヾ\\ \
     /// /  | l  |  |    |:ト、\\ \
     l l | |__,斗─┴ー|/ / //、 \\\ \
      L!<ト、 `z=≠' / /从〉 }ヽ  ヽ \ヽ ヽ   今日も一日、公安委員会の
        ヲ     //  厶ハ ',   ', ', \   仕事は疲れたわ……
        \ __ ,      /  | |  l   | | | ',
          ヽ-──-く/´二l l  |   | | |  l   明日もまたバリバリ頑張らないと!
         /.:.:.:.:.::::::::::::::: ̄`// ,.|   | | |   l
   _ / ̄`ヾ=ー-::、::::::::::::::::// /:|   | | |
   '..:.`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ l /  |   | | |
   :::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ! {   l|   | | |
   ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |   l|   | | |
         コロー=デルボワ

778名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:20:05 ID:f4HNYRWw
お前らは頑張らなくていいわw

779 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:20:13 ID:TxPJGFao

       __ .,-u--、.
       / |`ー/ ヽゝ
     / _¨`ヽヾ /ヽ、
     ! .´ ヾll | | |  l
      |.ゝ ノ /|/ .L/|`ヽ_
     ヽ ー ´/ f l ゞfi-, = 、
     _|   | ! |」__ /   ト
    /  .ゝ___ノ_ノ/__ | ゝ___ ,ィ
   ./  /  |  ||、l_| !゙¨~/
  /  /ヽ.  !   |! ヽ!  |ゝ 〉
 |  l  \|  |!__ノ, - 、 /
 | /}ヽ..  L_|_/   ノ'
 / / {  \      / i.
 |  ヽ |   ヽ-ー  ̄  ノ

780 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:21:17 ID:TxPJGFao

                   _,,...._
            r‐''ir'',.-,  )           __       /``' ァ
       _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'            /   /        /  /
       l  lr',.´-ァ  i,,ー '        _,,,... 、.  /  ./       /  ./
.      l  l   ,.-'  r''  _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ ' /  /'"! /\ /_/
      l  l /,.r'i ./   !-‐ ''"         /   /l `'  ,. ' r‐‐r
.     l  l( '-'゙ノ                 '-- '´  '-‐'   '‐-'
     !,. - `'' ´



   .// /:/   //:::|:.:.  :.:. :.:.:';斗:.:´:.:.:_V:.:.:.:i:i: |i
 / /  ハ::`ー-':ハ:.:i:.:';:.:.:.:.:ヘ:. :.:.:v´∨二:.:∨:.:i:.:||
/  .i  :| ` ー ´i:.:.`-':.:./:.:.:.';:./::::::Yirくヽヽ∨:ハ
  :i   i   i:.  ';:.:.: /:.:.';:.:./::::::::::.:.:.`:い;;ハ`|ぐ
  |   .:i:.  ::i:.:. .::X:.:.:.:.:/二:::::::.:.:.:.:.:.:.:.ゞ、ソ ' ::':,    え……!
  i |  :.:.i  :.ヘ:. ./:.:.:.:v./==ミ`:.:.:.:.:.:.: ` ー 、:. :.ヽ
 :i:|:i   :.:.i  :.:∨:.:.//;イヽ:.:ヽヽ :.:.:.: :.:    ハ:.. .:. ',
 i :| ', ',  :.:.i  : :.:.∨:.:イ:i い:;;ソ:.:|/:.:.:. : :.     :.::. i
 i :|. ヘ  ';:. :.:. .:. :.:.:ゝ:ハ:L_ `ーz/.: :.:.:. :.   ,.ィ  .: |
  |  ヘ ',.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.: :.:.:: :.: : :.:.:.    ' ´  ::.:i´ ̄ `ヽ
  |   \、 ゝ:.:.:ゝ:.:.:.:.:::`:-:._ :.: .:: .. ::  :.:.:..     :i '' r:; '' \
  |   i| \、\:.:.:`.::.、ー―-:.: : :::. :..  :.    :ノ ,.';.:,  ,.. ヽ
  | :; i| i :.:.ハー-`  ̄:.:.::  :. :.:.  :.:. ::    ,. ´r;:.:.:.:;:.:.:.; '` ヽ
  !  :i:| :i :.:.:.:.:`ー----::.-:::--::::::-:..-:::―、<    `  `ー '' ;:.,  ヘ
  |  i | :i :.:.:.:.: :.:.:.:.:.:. ,ハ:.:ヘ  :::::::.  ::  i:| \     `;:.:.、    :i ̄ -
  i:|  i | i :.:.:.: .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.`´V:.:.`:.:V v:|:|:.:.:.. `  、  ..  :..   i::.    ヽ

781 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:22:12 ID:TxPJGFao

┏━━━━━━━━━━━┓
┗━━┓┏━━┓┏━━━┛
    ┏┛┗━┓┃┃
    ┃┏━┓┃┃┗━━━┓    ┏┓          ┏┓┏┓
  ┏┛┗━┛┃┃┏━━━┛  ┏┛┗━━━┓  ┃┃┃┃
  ┃┏━━┓┃┃┃          ┗┓┏━━┓┃  ┃┃┃┃
  ┗┛  ┏┛┃┃┃          ┏┛┃┏━┛┃  ┃┃┃┃
      ┏┛┏┛┃┃    ┏┓  ┗┓┃┃┏┓┗┓┗┛┗┛
  ┏━┛┏┛  ┃┗━━┛┃    ┃┃┃┗┛┏┛┏┓┏┓
  ┗━━┛    ┗━━━━┛    ┗┛┗━━┛  ┗┛┗┛

                    ノし、_
                   /;;;;;::==ー-、、
    .             /'"´       `iヽ、
  ‐―:/    .,.       /       j    /;;;;;;ヽ
    ./   / /      /、 ,,.-''___     、ノ;;;;;;;;;;;;;',
   / /   ./   ,.へ f'・>  /_゚_ノ;;:'    ミ;;;;.=、;;;;;l      |\
   /    /  /   l゙( - >`"''"   / 〉/f'ヽヾ;|\   |\|   \
        / /     !f====、ヽ ヽ '   ´ 冫 ノ;;!   \ |
       /      .lヽTニTニi=、_',      _/;;;;l
       ィw,,,,,ィN 、,,.-l }>ー‐/´ l l    | ヾ;;;〈ィ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨ニニニイ  ! /  _ノ   l;;;;;;;;ミ、        ______
     /= 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l`ー‐ U   ノ ,,. -'" /  /;;;;;;;;;;;;;;;;ミィ、    /r;;;;;;r ;;;;;;;
   // ,r− ニヾ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   _,.r'::::::      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミィ,,,,,/;;,,,,,, /;/;0;;;;
  / / /      `ヾ;;;;;;;;;;`"´;;;;;''"_     ,,ノ;;;;;r‐‐-- 、;;;;;;;;;;;;r−' !;;;;;;; !;;{;0;;;;;;
  !// /       ̄``ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''''''''";;;;;;;;ノ      `''< }} ’└==ゞ;;;;;;;;;;;
  !l  ,'   /    ̄ `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ     、  〃 `ヽ、;;;、 _,,/;;;;;;;;;
  ll   !   /       / ̄ ""'''';r==/       ヾ;;-、_    〉l/;;/__/ ./
  ヽ  |   /             /==ノ    ヽ、    ヾ;//〉、_/;;;;;;;;;//
   ヾ | //    / ,' ヽ    /==l´   、   \  〃 ヾ;;;,,〈;;;;;;// ̄
   ヽ ヽ,'    /  !  |lヽ  /== l     \   \    .{ ̄ ::/ ̄
    ! ヽ    '、       l== |      \ 〃 ヽ. ..::::〉、ノ
     ! ヽ        '、   !;;;;;;;;;;;;;l ヽ、     ,,ヽ. ..:::::〉‐'
     ヽ;::ヽ :::..      ヽヽ ヽ;;;;;;;;;;',ヾ〈 ̄ヽ、〃 .:ヽ;;ノ
      ヽ=ヾ;:::::::::..........__ヽヽ ヽ;;;;:::::ヽニ ー‐シ`ヽ;;;;;ノ
        ヽ `"""""´   `''''''´      ̄
            アンリ・アドミラ(? − 1794年)
元宝くじ課職員。現在失業中。

782名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:22:54 ID:2eDPAwDI
宝くじ課なんてあったのか…

783 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:23:03 ID:TxPJGFao

                   _,,...._
            r‐''ir'',.-,  )           __       /``' ァ
       _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'            /   /        /  /
       l  lr',.´-ァ  i,,ー '        _,,,... 、.  /  ./       /  ./
.      l  l   ,.-'  r''  _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ ' /  /'"! /\ /_/
      l  l /,.r'i ./   !-‐ ''"         /   /l `'  ,. ' r‐‐r
.     l  l( '-'゙ノ                 '-- '´  '-‐'   '‐-'
     !,. - `'' ´




     //    //   / ∧/ ||  |    | ト─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗---イ ||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l  ――な、なんなの!?
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、         ごつー'  //ヽ} 〉 l  l l た、助けてー!!!
  \/ /  \ \ ∨ ⊂ニう'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧          __       / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ       /´   `ヽ     ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \    \
::::::::::::::::::::/          ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,   \
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _ \
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ::::::: ̄:::::

784名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:23:29 ID:epePIPvI
一瞬やる夫が殺ったかと思った

785 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:24:03 ID:TxPJGFao

――1794年5月23日、午前8時。

            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ




/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'   U            V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´     コローが暗殺されかけたって!?
   :::::|| |!. 、  U             r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄         は、犯人の目的はなんだ!?
     :!.      ヽ         ` −,
            、        ,‐'
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ

786 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:25:05 ID:TxPJGFao

    /   /   / / /   ,′ ′′′  |   '         ハ
  / / /  ,'  '  l┛┗   ハ ! |    |   |  | |    ハ
  ,'  '  '   |   l  |┓┏_l_ .斗 l    l  !  | | | ', ハ
. |  |  |   l |   |  ! ̄ l  !   ! ハ   , ヽ/   / l |  }  |
. |  |  |   l |   |  ! zr ニ 癶 {/  ∨   / \/  ,' / /   !
. |  |  |   l |  ! 〃 {   rリ ヾ    l,' /千 < V ′/ / ,'
ヽ ', ',  ',  '∧  |     `_'イ     ムイ rfhハ Y / / /  ′
: : :.', '   '  ', ト、{                   ハ _ッ |  / /  /
: : :. ',  ' , ' , , ゝヽ              !  `   イ//  /  君のせいだよ、ロベスピエール!
: : : :..\ ' , ' , \       、 _           イ∠ィ イ /
: : : : : :. \ ヽ ヽ ヽ          _ ― '   彡  イ/    犯人は君の暗殺に失敗したんで、
: : : : : : : : _>\ ヽ_ヘ            ∠ イ  '       姉様が身代わりになったんだよ!
: : : : : : : :l : : : : :.!`ヽ c           ィ
: : : : : : : :| : : : : :ト   \     _ .. <:   \
: : : : : : : :| : : : : :| \   _7 T: : : :    ',: :   \
: : : : : : : :| : : : : :|    Y´   |: : : :     }: : :   \

革命後に困窮し――宝くじ課をやめさせられたのは革命前――自らの境遇の不満を逆恨みしたアドミラは、
22日の日中、手元にわずかに残った家財を売り払ってピストルを購入し、革命の象徴的存在であった
ロベスピエールを暗殺すべく、下宿先のデュプレ家を訪れたが、彼が不在であったために目的を達せられなかった。
金を使い果たし、明日から生きる糧のなくなったアドミラは、同じアパートの階下に住んでいたコロー=デルボワに
標的を変えて射殺しようとするが、込められていた二発の弾丸を見事にはずして逮捕された。

787 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:26:02 ID:TxPJGFao

   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll     (暗殺……!
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|      人民の味方であった僕の暗殺だと……?
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl       馬鹿な……。な、何かの間違いだ……!)
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l

ロベスピエールは不安に駆られるが、表面上は気にせずに、
この日も議会終了後、夜遅くまで公安委員会の執務に精を出した。

が、その日の夜、再び事件が起きる――

788 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:27:05 ID:TxPJGFao

――1794年5月23日、午後9時。
――デュプレ家。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_, i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|_|;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|デ|  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐〜   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . | ュ|    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ // ┌┐l|  :メ|プ|;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ //   │l|     |レ| ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     //     l|     | ̄| ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ//Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ //   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ //   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'
__,,.. -‐''  ...,,     :.:. :. .   :..,,/,,  ゙゙´'`゙゙゙゙゙'''' ,, ゙゙゙゙゙´´''''' wli liwl  ゙゙´''`゙゙´'''`vjjjyyv゙ ,,

789 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:28:10 ID:TxPJGFao

                ,. -‐ー 一ー -.. 、
                , :'´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             , '  .:::::::::::::::::::. :::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::...: .::  :: :.:.:::.. :.  :::::::::::::::::゙:,
            /::::::: .::::....:::::: ..:. ::::.. ..:::.. :::::::::::::::',
              /::::::::..:::::::::::::::::. ::::.. :::... :. ::::::::::::::::::::::',
             ,':::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::. :::::... :: :::::::::::::::::::',
          i: ::::::::::::::::::;:::::;i1::::::::::::::::::::::::... :::::::::::::::::::',
            l.: :.:::::::::::::/:::;ハ|::::::::::::::::::::、::::::::..:::::::::::::::::',
         il::.::、:::::::::/::/   'i:::l、:::::ト、:::、ヽ:::::::::::::::::. ::::::,
            l|:::::{ヘ:::::::!:ムニ,‐-いヽ::{>;ゞ弌、:::::::::::::. :::::',     すみません……
         il:::::::'、l:::::::ト、廴バ ヾ'、ヽV 廴ソ,メヘ:::::::::.. ::::::',
           !|:|:::::::::::::、ぃ  ̄    `     ̄   ゙|::..::::::::::::::::!    ロベスピエールさんに会いたいのですが……
         |」::::::::::::::',ゞヽ            ,':::::::::::::::::::::!\
      , '":l:!::::::::::::::::'、     、 ,.     /::::::::::: :::::::::::i  ヽ
     /    !|:!:::::::::::::::ヽ    __ ___   , 'i:::::::::::::::. :::::::::i   \
   /     |!:|::::::::::::::::l i\    ー    /}. |:::::::::::::::: ::::::: :!    ヽ
  <.._     |!:|:::::::::::::::l| ヽ. ヽ、    / ,ノ |::::::::::::::::: :::::::.::!   /
  __,,. ニ=‐- 、|!:|:::::::::::::::|!  `ヽ`_ー_'"-''".  !:::::::::::::::::: ::::::::::| ∠_
'"´         !:|:::::::::::::::!:ヽ           ,ノ::: ::::::::::::::::::::::::::|/   ``丶、
            セシル・ルノー(? − 1794年)
シテ島の紙屋の娘。



                  ,,..-─-- 、
               ,. '7/| | `ヽ ヽ `ヽ
           ,. '⌒イ / | |l   ヽ ヽ\ \⌒ヽ、
           / / / /  | l| l ト    ヽヽ   ∨\\
        /  / /  | i| | ! \    l  l  l∨ ∧ ヽ
         /  / | li l   !  l ヽ ヽ\  l  l l  li∨ l l  ',
         l|  / |li| l| l .ハ、,トゝ-ゝヽ__ >__.l l  l | | |   ',
        |  / |i | | | /rセヽ` `     riZヽ ヽ|iト  || | |  |
        | |  |l | | 〈 L:ノ       ' L:ノ 〉 .|l|  || | |  |
       .| |   レ li|               |l| ハi| l|  l |   ロベスピエールさんなら
      | |  | | | l|       ′       ||l/ l| |  |i|l   まだ仕事中だよ。
      | |   l |i| |l      __         |l|  ||l /  |/||
      | |  ヽi| |ヽ    (_)      /i| |  li||  / |i|  それに彼に会いたいのなら
      | l|    l| |ヽ\    -     / l| | /|l|  / | |   議会に行けばいいじゃない。
      |  li   | l|ミ ヽ.i 、     ,. ' | /| l|  li |// |i|
       l  lト、  il、 il∧ .|、__` ‐− '__|/ / / /ル'  //
       il  乂\ ヽヽj `.l、__ ̄__,,,...l//// /  //
       ヽ、/\_ ,,..、/        / l-‐、__ / / /
    ,. '´ ̄ ̄| ̄::::::::::i!{           /  〉i!::::::` ̄`i──- 、
   /        |::::::::::::::::i!`:..、      ,./ i!::::::::::::::::::|      ` 、
   /        |:::::::::::::::::i!::::::::` ── '"::::::::i!::::::::::::::::::::|         ',
             エレオノール・デュプレ

790 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:29:07 ID:TxPJGFao

     ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
    三                                                  三
    三 何故です!                                          三
    三                                                  三
    三 彼は公務員だから、自宅を訪ねた全ての人に会う義務があるのです! 三
    三                                                三
     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ


        i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/7゙/ー‐-ヽ:::::ト、ヽ、:::::ヽー、ヾ、._::::::::::::::::::::|::::i::::l::|:::::::::|i
        !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ-'"´_`ヽ、::.. ゙、::::l ゙ヽ、゙ヽ、ヽ,.-'"´_`丶、_::::::::::l:::::|::::l:|::::i:::::l !
       l |::::::::::::::::::::::::::::::ノ< ( (::::::) )::::::.. ヽ、゙、 `..:::::゙ゝ {'(:::) ) ゙>''ヽ、|::::i|:::||::::|!::::| |
        | i:::::::::::::::::::::::::::l' / ゙ヽ、`‐-'"ノ::::::  ..::::ヽ:ヽ ..:::::::ヽ. ヽ-‐" _ノt  `l:::::l|:::l|::::|l:::::| l
        ! |:::::::::::::::::::::::::::|ノ ..:::::::`゙¨"´:::::::::::::::::::::::::::::゙v  :::::::...`゙ ̄"´``...   l:::::l|::::|::::|i:::::::i !
      l !:::::::::::::::::::::::::::i    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::       |:::::l|::::|::::l|:::i::::l |
      ! |:::::::::::::::::::::::::::::|     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                i:::::ll::::i:::::l|::::|::::| i
      | !:::::::::::::::::::::::::::::i          :::::::::::::::::              l:::::i|::::l:::::i:::://::l l
      l |:::::::::::::::::::::::::::::`l           :::::::::::::.               /:::::::!::::|:::::|l::::i|::::iノ
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::i            ‐、 -           /:::::::::|::::l:::::::l::::||:::::|
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、              ....           /::::::::::li:::::|::::::il::::l::::::|
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         .-二二‐、        /:::::::::::::l|:::::i:::::::|::::i|:::::|
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、       ‐──‐         ,イ:::::::l:::::::i:::://:::::l:::::|:::::|

791 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:30:04 ID:TxPJGFao

            __________
       , ´_ .   __  `  、
      ./ r /  /  ヘ  `丶─ [::|⌒ヽ
     / // / i / l / /i ヽ丶 ヽ // lヽ |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ∨/ / i  | i l / | | | |  ヘ/ | i |  |   <
    / ∨/ / l i | i l l |  ∧ i l l | | | |  |   |    通
    ト // /ノi l  | ! l |  | i | i | l i | | |   |
    |/ /ノl i│! l  | ! l |  | | l i i | | | |   |
    l i| l i l  l l | l l |⌒| | i l l | | | |   |    報
   │i. | トゝ ト、ヽ ト、 | i _', i | l l  | | |  |   |
   │i'|l( {゚::\ヽ ` `/ {゚;;:::::| | i l ⌒ | |  |   \_______
   │| l, 丶-´      丶- | l  i :: 丿 | | |
   |iλ ''''     ''''    l i: l:::╋ i | | | |
   _', ヘ   `___,    l | |::┃ヽ | | | |
   Λ:::ヽii \ ´丶l l /    | | |   丶 \⊥
  /  |::| ヽ.i l ゝ   ̄   /;i/| |: :      /:/ `ヽ
 y   |::|  |ii/  丶─ ´::::::::/ l ノ       /:/    ヽ
 ,   |::| . l/     \    /       /:/     ',      ______
. ,    |::|  |      :::l          /:/       ',    /   ,──┴───┐
  ,    |::|                 /:/        ',  /   丿 _\ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,     |::ヽ    , ────────┐         '/    ̄. \__)
  ',    |::::\/      ヘ二 ̄ ̄ ̄´ ',        /     \__)
   ',    /:::::/        ヽ  \ヽ,:::::::::::::::::::',      /    卜──┘
   ,   /::::/         - 、`ゝ   : : .::::::::',    /     |
   λ  {:;/   : --.、   _、 ヽ_, ''  : : :::::::::::::',   /       |
   ヘ  i    :::::| : ``'''" ```  : :   ::::::::::::::::',  |       │
    ヽ /       l: `';;;;;;;;;;;;,,,,,、   :  : .゙:::::;;;;;::::::', i       |
    ヽ      l:::::::::::::::::::::::;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,:::::::::::::::::Ν     .  |
     \    ノ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |       ノ


あまりにも不審な彼女はすぐに保安委員会へ連れて行かれた。

792 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:31:08 ID:TxPJGFao

                 ,、- '' ゙ ̄,ヽ、_
                /  ,、-''`゙ヽ  `ヽ    ふっふっふっふ……
              /   !゙     |   `.
               ├--''゙    /    I   あなたはデュプレ家に来る途中、
             , .,L _;.;;;;、  ヽ ゙ヽ、./´`!i   カフェに下着を入れた籠を預けましたね。
          ,、-';;、-''゙!,.、ヽ-- '゙`_,/'゙!G.ノ!
         /,;-'゙ ,,-';゙!--゙i-i'"  ̄ ',  Yi,    その中から二本のナイフが見つかりましたよ。
        /   "./ヽ,   ! ゙;;_,,ノ    ! ゙ヽ,
       /    ./    ̄;T!  ,/   ノ.  丿i ┬-─ '',゙ニ'- 、
       /   ,,/      ゙''ニ゙-   / i/ / i   /    `i
     .,_,i _,;;'゙      ,、-''゙ヽ、_/,、-''`  /  i  /      i
     i  ̄_,.フ     /i   / ! i´ )、  ,/   !  i       i
     ! ̄ ̄    !     / !  / ,i !'i゙ './!-、,/ /        !
     i  ○   i     ! !   `y゙i .i !.  /  ゙> ノ          /
      !       !、-ヽ;゙↓  / i !  ! ./   /./          /
                 ヴァディエ


              __ __
            ,r)'´      `{ノ 、
          / /      \ \
         ///   l | l  l   ヽ  ヽ
        ///   /  | l//| l、   !  ノ}
      // /  /    l// | | l    l ´ l
      // /   l // //|   | l l    l  l
     / ! l   l //lノ//l  ∧ ト、| / ソ}  l
     }∧{   l/Aム {/ハ/-一ヽ! / ´「 l |  ……私がロベスピエールの家へ行ったのは、
     //ト、  lKTyラヘ,/ fてフ「}/l   |  | |  ただただ暴君がどのような顔をしているのか
    /'⌒| /\{  ̄ /     ̄ / |  |  l |  見るためだったのに残念です……。
    ∧  l/ / ヽ             jl  l  l l
    / ヽ //  ∧   ` ´    //  /  j/
   !  〃l  / /\ ヽ ⊃ // }/ /|   ですが、私が必ず連れて行かれる場所のことを考えて、
   ヽ/ /  / /  / \ ̄// / ̄ ´ /   下着を用意しておいて良かったわ……
   / / / /  / / } ̄´ /   _/{
、__/  ∠ ィ) 〃 / r'‐'" ̄_,,-''" く_L _
 ヽ-ノ,rく  / // /  )  ∠_/⌒}   /  `{ノ
  /´  )' // /  / l       ノ'´ ̄/ ̄  \
     / ∧.//\/ /   _, / / /「    。 ヽ
     / / ∧\/ ̄   / /   /  } ヽ   ゚   l
     ! ハ /  )//{_/__ (  / /   \     |
     |ハ }丁「/   「 ̄   `\ (      )    /

793 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:32:04 ID:TxPJGFao

                 ,、- '' ゙ ̄,ヽ、_
                /  ,、-''`゙ヽ  `ヽ
              /   !゙     |   `.
               ├--''゙    /    I   ほほう……
             , .,L _;.;;;;、  ヽ ゙ヽ、./´`!i
          ,、-';;、-''゙!,.、ヽ-- '゙`_,/'゙!G.ノ!   で、それはどの場所のことを
         /,;-'゙ ,,-';゙!--゙i-i'"  ̄ ',  Yi,    あなたは話しているのかね?
        /   "./ヽ,   ! ゙;;_,,ノ    ! ゙ヽ,
       /    ./    ̄;T!  ,/   ノ.  丿i ┬-─ '',゙ニ'- 、
       /   ,,/      ゙''ニ゙-   / i/ / i   /    `i
     .,_,i _,;;'゙      ,、-''゙ヽ、_/,、-''`  /  i  /      i
     i  ̄_,.フ     /i   / ! i´ )、  ,/   !  i       i
     ! ̄ ̄    !     / !  / ,i !'i゙ './!-、,/ /        !
     i  ○   i     ! !   `y゙i .i !.  /  ゙> ノ          /
      !       !、-ヽ;゙↓  / i !  ! ./   /./          /






     ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
    三                                                   三
    三         そこからギロチンへ行くための牢獄のことです!        三
    三                                                   三
     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ヽ


        i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/7゙/ー‐-ヽ:::::ト、ヽ、:::::ヽー、ヾ、._::::::::::::::::::::|::::i::::l::|:::::::::|i
        !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ-'"´_`ヽ、::.. ゙、::::l ゙ヽ、゙ヽ、ヽ,.-'"´_`丶、_::::::::::l:::::|::::l:|::::i:::::l !
       l |::::::::::::::::::::::::::::::ノ< ( (::::::) )::::::.. ヽ、゙、 `..:::::゙ゝ {'(:::) ) ゙>''ヽ、|::::i|:::||::::|!::::| |
        | i:::::::::::::::::::::::::::l' / ゙ヽ、`‐-'"ノ::::::  ..::::ヽ:ヽ ..:::::::ヽ. ヽ-‐" _ノt  `l:::::l|:::l|::::|l:::::| l
        ! |:::::::::::::::::::::::::::|ノ ..:::::::`゙¨"´:::::::::::::::::::::::::::::゙v  :::::::...`゙ ̄"´``...   l:::::l|::::|::::|i:::::::i !
      l !:::::::::::::::::::::::::::i    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::       |:::::l|::::|::::l|:::i::::l |
      ! |:::::::::::::::::::::::::::::|     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                i:::::ll::::i:::::l|::::|::::| i
      | !:::::::::::::::::::::::::::::i          :::::::::::::::::              l:::::i|::::l:::::i:::://::l l
      l |:::::::::::::::::::::::::::::`l           :::::::::::::.               /:::::::!::::|:::::|l::::i|::::iノ
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::i            ‐、 -           /:::::::::|::::l:::::::l::::||:::::|
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、              ....           /::::::::::li:::::|::::::il::::l::::::|
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         .-二二‐、        /:::::::::::::l|:::::i:::::::|::::i|:::::|
       !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、       ‐──‐         ,イ:::::::l:::::::i:::://:::::l:::::|:::::|

794 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:33:14 ID:TxPJGFao

【補足解説・説明】

    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  単なる一失業者と平凡な町娘によって
 iミ}ミ{━ ━ミ!  ほぼ同時に起こった暗殺計画。
 iミ}ミ{  ー ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   偶然か、それとも背後に陰謀があるのか?
    }_ノノ
    ヒ}ノ



    __
  , r、 vァ
  ノ,}ミ{~`7ソ {  この時点では不明でありますが、
 iミ}ミ{◎ ◎ミ! その稚拙さから偶発的と思われます。
 iミ}ミ{  ー ミ!
 }ミ{足_〒)ヽ
  `i,J( 了´   しかし、コローと同じアパート……
    }_ノノ   命中利が低いとはいえ、二発とも外れ……臭いっちゃあ臭い。
    ヒ}ノ

795 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:34:08 ID:TxPJGFao

 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .   これは陰謀だ……!
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...  僕のことを抹殺――もしくは追い落としを
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"  図ろうとする奴らが仕向けた陰謀!
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

ロベスピエールが陰謀を信じたのも無理はなかった。
ジャコバン・クラブではルジャンドルがロベスピエールの命を守るために、
その身辺の警備を担当する護衛をつけることを提案するが、
自分を独裁者に仕立て上げる意図が感じられたために拒絶をした。
――何故ならば、ルジャンドルはダントン派であったからだ。

796 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:35:04 ID:TxPJGFao

この事態に、ロベスピエールは北部戦線に派遣されている
サン=ジュストにパリへ戻ってくるようにという手紙を送った。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
               // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
              /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
               /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',  私はこれまでになかったほど、
                l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           } 人間の邪悪から
                |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′ 独立しているのを感じる……!
                   |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ
      _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }
    /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ   私の魂はこれまでになかったほど、
.    /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }   裏切り者の暴露に向けられている。
   ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧
.  /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨
 {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.   新たな敵と――!
  〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }
  {  /    /                   {  {            `V
  、_/     /                     l   ',               / /   これまで以上に恐るべき分派の
    、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′   再生に対処しなければならない!
   {    /       /              l  {               }  }
    ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

797 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:36:14 ID:TxPJGFao

――1794年5月27日


       /        ノ         `ヽ、
      イ // /   ,イ /{ /| {  l   ヽヽミ=-
      リ1// /イ  / { / 、 |/ |.l|  }    ト、
       l  r ヽ{i !/ ィrミ、`ヽ、リ ヘ /!/ | l∧| リ
.       } ハ  | /  弌少㍉   }ハィノ // ,リ
       リ!  > ヘ{     ̄    仗ァ、イハ|
       / / ハ          、㌣ハ/リ
       〆、_ l  、    、_    ' /     やはり、取るべき道は恐怖政治の
    _ィf::::::::::::::ヽ、 ヽ、   `ニ‐,/      強化しかないことをわかってくれたようだね。
 ,ィ´'  ` >、::::::::::::\ ,へ  ,. '´
/ /      ̄ ` ‐-=ミ/_  `´          だが、パリへ戻ってみたら、なんだいこの空気の一変は。
              ` ‐- 、
                _ >,       そこらかしこに君に対する悪意が蔓延しているよ……
           , -‐ ' ̄ |  /

パリへ帰郷したサン=ジュストは、すぐにロベスピエールのもとへと駆けつけた。

798 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:37:05 ID:TxPJGFao

 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: …  全ては陰謀だ……!
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..  僕に対する陰謀……
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ … だが、勘違いしないでくれ。
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"  僕は命惜しさに君を呼び戻したわけじゃない。
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .  ただ、徳と神に殉ずるためだけだ。
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .  自由の守護者たちは、自らの延命を信じたものなどいない!
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //



     ||{   |  lハ /  |ハ    } ヽ  l、   ヽ {   |
      !lハ l   |/    |   ′ !  !ヘ    } ぃ   l
      |_廴ム.{   {       l  /  |  '  l    ハト\V    ,
       | {_  ̄ ‐- 、_       ! /    ! /   |   /  }  }'     /
       !厶`二ニ弌__ `丶、_ ノ'   _」厶 -} , '^¬|  /   /}
  l ヘ : !ヘ、!{く_jT¨¨ヽミ  ヘ    ´≫云ニ厶辷_/ /   ハ/
  V l、|  `ヾ¨´ ─-    l     _j〔ニツ  _厶.イ  / /  その通りだよ……!
   } ハ{            l        ̄ ̄´  / イ , '
   |/ヘ、              |           /´ , ´ /    墓は、僕にとって天命の救いと考えている。
      `|               }               厶イ
        l          ,{              /  `     故に革命の歩みを途中でやめることは
      ∧         〈 l            /        命乞いにほかならない、とも考えている。
       { ヘ          `}  ´           イ
      〉 くヘ    `ー--   ____,    <  }
      }ハ ヽ、>、      _       /{ / イ         君の確固たる足場を命懸けで確保し、
  ̄ ̄ ̄/|  /  \       ̄     /⌒V  }\_        革命を成就させなければならない!
     { V        >、       イ   ! /}   ̄
     j /      / { >--‐ ´  }     !//

799 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:38:04 ID:TxPJGFao

――1794年6月3日
――パリ市庁舎

        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

800 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:39:05 ID:TxPJGFao

  '' , , , ' , 'ノ、   , ' , ''  ' , 、' 、 ',}
 '  , ' ' Y⌒¨`'¬^冖‐一'⌒ヘ' 、 , ' 〉
 , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
  ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7
 ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ
 ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.釗  パリ市長……
 ーヽ H           i   li/ /
 ニニ⊃____    {     亅 //    良い就職先だ。
  − ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´
       \   }    -‐ 礀
    ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
  r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________
  レ' l   7 )  〉      /  ',
  /  l (_/  / `丶‐‐/    ',
レスコー・フルリオ(1761年 - 1794年)
ベルギーのブリュッセル生まれの革命家。
元は建築家で、ブリュッセルでの革命に失敗してフランスへ亡命していた。


            ∧ ∧ ∧ ∧ ∧
        /ヽ∧/::::::":::::::::::::::::::::::::::丶/ヽ
      ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::/ ̄ ̄ ̄^丶ル''^" ̄ ̄ ̄  丶:::::
    /:::::|                  |:::::
   |:::::〈 ≡≦≡=、    =≧≡=  /:::::
   _|:::/  ,, -- 、 `   " ,, -- 、   \::
  /、ヽ|   ・..__ ) l     ・  _),
  .', !ヽ |`、   ''''"l       ̄ '"    ノ   出来る男ですから……
  '. 〈 |      ./
  丶  |     〈 __   __丶   、
   ヽ |   ヘ    `―"     ,へ
    ヽ|   └―――――――┘
     丶  ヾ ─‐^ー――^ー‐/
      `、  `、、      _/     /
       丶  丶`二二二二/     /
        丶   、___ ,     ,/ /
-----―─イ ,\           / /
::::::::::::/::::::::::::| ヽ` 、____ ,,/ /
:::::::::/::::::::::::::::|  ヽ、        /
:::::::/::::::::::::::::::|    ヽ     /
      ペイヤン (1766年 - 1794年)
元貴族の砲兵士官。
対外戦争終了後に辞職し、ジャーナリストとなった後にドローム県の行政官となっていた。
ロベスピエールの友人としてパリ・コミューンの助役となる。

801名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:39:14 ID:yzi7wP0E
なんか、やる夫がぜんぜん姿を見せないのが不気味だ
もうパリに帰ってるはずなのに……

802名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 20:39:50 ID:kFNGbWyc
理想に殉じるために部下呼び戻すとか。
なんというか…、映画の「ヒトラー最後の十二日間」みたいな感じですね。

803 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:40:06 ID:TxPJGFao

   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|         ┌┬┐
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !      ├┼┤
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |         └┴┘
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |       / |_ヽヽ
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||        |   ヽ
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|          ∨
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//         、 マ
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/          ┐用
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!            '^ー‐
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /                 |   |
  '             ヽ- ,.. ノ                 レ  |
  \     `ー------- '/ ヽ                     /
.    \            /    ヽ
      \       /      |                   /7
      /ヽ、   ノ         |                     //
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l                 o
    / ヽ   |     |        |

エベール派粛清後、ついにパリ・コミューンの組織は一層された。
エベール派は排除され、交代でロベスピエール派が就任し、市行政を掌握することに成功する。

804 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:41:24 ID:TxPJGFao

                     /: : : : : : : : : :/ : : : / /: : : : : :/: : : : : : : : : : \
                  /: : :/: : : : : : / : : /イ: : :/ : :/: :  : : : : : : : : : : \
                    /: // : : : : / /: : :/´ | /l : !|: :  ヽ : : : : : . : . : .丶、
                 //:〃: : : : :/:〃: :厶_  |/ |: :l: {: : :   ',: : . : : : : .   丶、
              /´/:/: : :/ :/ / |: 厶_ `丶.{  V|八: : :    l: : : : : :  :   \ 、` ‐-、_
                 //: _/ l: : |: :l:/  }'⌒卞辷_ 丶  `  `、: :  |、ヽ: : : ヽ  \   、` ̄ ̄
              /イ: /_j: l: : l : |l  `   |{n`トミ 、\   、: : . }ヘ: l: : : : : `、   ヽ ヽ
               /:/:// ]:|:|ハ :|!    ヘ、!Vし'yヘ\ ヽ   ヽ : / | |: : : : ヽ l :   ぃ l
           /:イ:,′ /|/l: :! !:l       `¬≪_, ` ヽ    }/   |∧:ヽ: : :! | l  | ヽ|
             /´|:!:{ V {!|:| `{                  ,  ,__j_ ヽ|: : :|| }ハ |
              |:小 l  い: :!                  / 斗r≪_`ヽ.!: : :| l |l!′
             |:l:|:∧ヽノ V|                    {、  !{ {_t癶ヽl: : // 〃 }'
             |ハ!: : 廴_, `{                      ノ  ヾニ厶 ン': イ |: :!{
                  |: | : : ∧                '^  /     ∠ イ }:八|
                  |/| : :/ l       、r'_       ´       / |/ ノ'  `
                   l: :/  !        ヾ ̄`  ミ 、        / 丿
              /:〃    、        \   `トン       , '
              ´//    丶       、_ `ー '^´    /
            ト<厶_     ヽ        ` ー       ´  ヽ人_从人__从_从人__从人_人__从人__从人ノ
                ノ     `丶、     \            .  ´   <                         >
          /ヘ、      >-─ ミ 、       ,  ´    <       反革命は追放だ!          >
            _丿    丶、  /      {\ー-‐ァ'´        <                         >
       / { ヽ      ∨        l  `ヘ厶_          Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒YWY⌒WY⌒⌒Y⌒WY
 ̄ ̄` ¬く   ヽ. \   /          |  |  }ヽ\
       丶   \ ヽ /            !  /  | l  ヽ
           \     /          l ,  |!  `、
           丶  /            |/   | :   l
               `7               {     } l   |



                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
 む、無実だ!               |i^|「::::::ノ=l:::::ィ   / ̄ ̄ ̄ ̄
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l   | 静粛に……!
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!   < この男は今 政治クラブで
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- |  神聖な革命を頭から捨て 消した
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|:::::::::::: | 最初に言ったはずだ
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |:::::::::::: | そういう行為は一切認めていないと・・・・・・!
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|::::::::::::   繰り返す! 革命の破棄は
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ::::::::::::   無条件で牢獄行きだっ・・・・!
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、:::
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ

また、各セクションの人民クラブは市やジャコバン・クラブの圧力を受けて解散あるいは閉鎖された。

805 ◆5u6jcKSVew:2010/06/20(日) 20:42:15 ID:TxPJGFao

――1794年6月4日


            *     _________*
 ┼                    | テュイルリー@国民公会 |
         *          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ *
                  ∧*
           *     <⌒> ┼
 *       ┼       /⌒\       *
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|    ┼
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ





           イ::::/:/:/:::/"フ:/:::::::ヽ
          /|::/::/:/:/:/:::/:/::::::::ソ::λ
         //:/:/::/:λ:/:/:::λ/:::://:/::丿:|
        ζレ::|::/:/:|:/::::///::///::/:/:/:::|
        |:|::/:::/::|:|::|:/::/∠z_ ///,///:::::|
        |::|/:|:::|/:‖:|:/://"-d_`y/ // ┤:|::|
       |::|::|:/:|:::|/|:| |/    _/" /|c-y|:/::|
       ||:::|:イ/:/::/|  || |          〉~^|/:|:|
       ||:::{ ||:y::/|   |