■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【R-18】 やる夫は長門の研究所で研究員をやるようです 2
1 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:27:26 ID:ID1UCvk.
前スレは

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1270821199/l50

です。

2名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:28:08 ID:DV7NLJLg
スレ建て乙

3名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:30:08 ID:nJv1EBUc
スレ立て乙ですー。

4名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:30:57 ID:8xcva1aY
スレ立て乙

5名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:48:13 ID:jHbZ3qqI
日本の女性は美しいなう!
http://tiny.cc/xyzx6

6 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:48:17 ID:ID1UCvk.

<    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
    |ヽ\ヽ ///  ;    /// :./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
.    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l
翠星石
「はいですぅ」

7名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:48:36 ID:mEeKg4ew
スレ立て乙
この展開にワクワクしてきたぞ

8名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:48:51 ID:SERRZbWw
つーても、そこも記憶を弄られたから……とか考えるとキリが無いけどな!

9 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:48:57 ID:ID1UCvk.


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
     |            /'       /        ∧      ',               |
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            | 
     \          人        ヽ   ´    `  '             /  
       \           ( し.)                                 /   
        \       `¨                           /   
美筆やる夫
「……おかしなもんだお」

10 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:49:19 ID:ID1UCvk.


      /    ,,x―x――xx―x      \
     /  / ̄    ミ米イ    ヽ _,      \
   ,イ  x‐”米イ  .    水ミ     ,ノr ヽ_    \
   \ ノ  7フ x‐―イ >─ へ __ 水  ヽ   /
    /   r”´ /::.::.::./::..::. ..::i::.ヾ::.::.:\    ヾ /
.   /7 r”´::.::./::.  / .::  .:::.:.|::.::.:ヽ::.::.: ヽ 7/k |
   レイ:. ..:.:.i::.:...:,イ:.:..:/  ..::..:: ト::.::.:.::',::.  ヾ ”  .}
  //::.  ..::..:l::.::/乂: /..::.イ..::.:i: | .ヾ::.::.ヽ::..  V  k'
. / i::.  ..::. : |: /::/メ/://..:::/|/―― 、::.:}ー.:. i  ヽ
   |:.  ..:::....:|/_/ム- /:..// ,___, \!::.i ..::|7米 ト、
   {:. ト:..:::.. :.V//zミ,,/    衍ハ;:::l;:ア.|::.l::.. |   .ヽ::`:....._
   i::.:ハ::. .:. .:.K《イ.l:..:ハ      乂:=:ソ 从:!::./    }ヾ::...:`:..ー
   ヽ:{ ヽ:..:..ヾゞ弋=ン       ” ̄ イ7:/!/ヘ    ヽ::.`::.ー:-
   {.\ \::\ゞ ”"    ,       /ノハ ヽ 7K= \::.`ヾ::.
.   },il ヽ{:ヽ _::≧、    -ー.ァ    /i::.l::.',::.:ヾ:\”   `ー 、::.
   {7米ノ/::.イ::/>...._   ` ´  イト、_|::.|::.:ヽ::.:',::.::`ー.、    ヽ
.   /  イ::/::/:r=vノ>  _ イ.  |,,; .ヽト,::. ..::. :..ヽ::.::.:\ーー 、
..  /  ノ://::/:rZ/ r==、 V    У   \ヾ::.::.:\::.:::.::.:ヽ
../7{ノr″.イ::./Zノ .||>ミメ、V ,,/__    ` ー 、_::.::.::.::.::.:.
  /://:/rZ/  .||__ ヾに}=イ ̄ ̄}}   rZz⌒入::.::.::.::.:..\
 /:.〃 ./イ rZソ   >=={に}ミ、    //  rZzソ/////ヽ::.:ヽ::.::.::..
イ::.{{ ///rZソ  / /  i{{ } \辷ニ_/ rZzソ////////ハ::..::',::.::.:::
_..ィ//// rZソ  /,イ   /}} }  \\_{/ソ//////////ハ::..::.::.:.::
//////rZz/   }ミ、  /{ii} }    ー tハ\八/////////K::.\::.::.
美筆やる夫
「翠星石はさっきから何も変わらないのに」

11 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:49:32 ID:ID1UCvk.

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      -──-             -──- \
           /                              \
          /          /       ヽ         /´       ヽ \
        /        ,'  ィ===y、  ',       ,'  ィ===yとつ、', \
       /         (;;;;;;;;;;))      }         {        ヾj }   \
     /         /''、         ,/  / / / /  '、         人      \
     |         {{    / / / /  ,/      |     \.  / /(  .)     |
     |           ヽ  / / / / ,/      ∧      ', / / /`¨´       .|
     |            人       .{        /  ヽ       }              |
     |           (  ,)     .ヽ___,、/    \___ノ              |
     \          `¨´,人       |   ij            |             /
       \        人(  ,)     |,ィ'~も ̄`゙、´ ̄ ゙̄ヽ|            /  
        \     (  )`¨´     ヾ_      ヽ     ,ノ          /    
         /.     `¨´             `‐---------‐"           \    
        /        i                               \  
美筆やる夫
「さっきよりもずっと、やる夫は翠星石が愛おしくてたまらない」

12名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:49:36 ID:sbNK5l9M
今となっては、それすら嘘か真か・・・

13 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:49:51 ID:ID1UCvk.




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



.

14 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:50:06 ID:ID1UCvk.

               ゙、      〃:::::         i//::::ハ::::::::::::::::::i:::
               入       ′′′       / /:::::/:::::::::::::::::::|::::
   i            ,,ィノ<         :::: :    /:::::/:::::::::::::::::::/::::
   i!            /i/  \             /:::::/:::::/::::::::::::/:::::   ちゅ……
    i          /⌒' y'⌒゙i           /::::::/::::::/::::::::::::/::::/i
             ん、,,ノ,__,,,r''          /:::::::/::::::/::::::::::::/:::://
               ノ  。 `i          //:::::/:::::/::::::::::::/::::::/:::
               i     |         //::::::/::::::/::::::/:::/:::::i!::::::
    ハ            i  °  ゙、       //::::://::::/::::::/:::::/::::i::::ii::
     ゙、!        , '     |゙ヽ......,.,.,.,,,///://::://::::/::::://::::i::::リ::
     、  ___,,,/      レWノ'レi/、//::/:://:/:::/::/:::ハ:i |::
        ~川リ i i゙、           "  ∨ノ / i/::///:/ .|:i i:::
        !i i|ヾ ゙、゙、゙、              /i  ,ニニ--..,,/ |! !ノ::
        i |!iヾ、ヽヽヽ              ,,!r''~      `~゙'''''ヽ、
翠星石
「ん……」

15 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:50:17 ID:ID1UCvk.

                        ゝ   /
                    `゙'''' ー,     /
                             l.      /
                        l     / 
      ////////////      l              ////////////      ぺろっ……
        .//////////       l              //////////
                        /                          U
      U                /l       .__
                     / l    | ` ヽ、          U
                     l´``丶、___ l.     ヽ
                         l    ____, ; -― -i
                       l_____, 〈      /
                           l   `、`゙ート、___/ っ                 し'
          U         (_ノ , ´    ヽ、.U    ヽ
                         /          ヽ     U           _,-‐''"
                         l.            ` ., _ _ ____... --''''´ ̄し'
  , -" ̄ ̄`゙ ''''ー- ....,,,, _____,:′                          o
 l                  U                      ゜。     。
 |          。         。                    ○
         o       (_.)
翠星石
「んむっ……」

16名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:50:19 ID:l1bXLHIY
記憶改造とか……

17 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:50:29 ID:ID1UCvk.


                      _,.  -――- .._
                     r''´_,. -=ミ、__    `ヽ
               /´ ̄_ .Y-  `ヾ、    ヘ
               /:'´  ̄::::::::`ヽ、  >ト \   ハ
              /:::::;:::'::::::::::::::::::::::::`ヾ、   }、  ヽ
           /:::::;::':::::::_,..イ´l:ト、::::::::';::::\ -Kヘl   \
             /::::::,:r''"´    リ ヘ:::::::';:::::::ヘ   |    ヾ
          !:::::/._ヽ、_,    /   l::::::::i:::::::::|   !   /
          l:::;' ヾl     、   !:::::::;:::::::::|   /.  ,.イ
           ヽ|```       __ ヽ、 リ:::::;':::::: / ./ヽ/::::ヽ
              ヾ、 ′   ´ `ヾヽ./::;:':::: //、:::::::::::::::::::::l
              ヽ r 、_  ``./イ:::/'"´:::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ
              \`´  _にヘ_r‐<_:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヘ
.                /`に/´ ̄: : : :´ヽ7::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::ハ
             / r/´: : : : : : : : : : :トゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :l
              / Y/: : : : : : : : : : : : : : l 7:::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|
              / (/ : : : : : : : : : : : : : : ノKlヾ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|
           /  / : : : : : : : : : : : : : : ./ソlヾ::::` :::::::::::::::i:::::::::::::::::::|
翠星石
「ふふっ。初めてキスしちゃったですね。
ドキドキするもんですぅ。
ま、もっとムードのある場所であればもっと良かったですが」

18 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:50:54 ID:ID1UCvk.


               _____
              /        \
            /           \
           /, --、    .,.-- 、   \
         / ., ーヽ   ,'. ー-、       \
        /   ( ー l    l ー )       \
        |     `ー ノ    ヽ ー '            |
        |   '⌒(____人____)⌒`        |
        \      `ー--‐´           /
          \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
           \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
           ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ
          /:/\::::::/〈/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∠
美筆やる夫
「贅沢は言えんお。
……ほら、横になってリラックスするお」

19 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:51:10 ID:ID1UCvk.


             , -'"´~(ヾ`""''' ‐- ..,_
          , -'"-‐ '''""ヽ `' ー- 、._   ´~"''‐- 、
         / ., -'"      ヾヽ  ヽ      /
       / / , '"    iヽ   ヽ`、  .!    /
        / ,. '      l l i   ヽ i米l   /
         ,.'   ./  ,ィ / /i .ト、   i   l  .,r′
       ,イ    ,'  / l /ー++ェヽ   .l  l ./.l
      / .l   .i z+‐レ′ .l/_,,ュt_  .l 米l.! .l
        l    l l._,,_   '´k;;;(j ′,.イ   l  l
        .l  i  ト´f;;;(j`    `´zイ /lヽ!/ l  l
        〉  l ト、.ゞ`´  ,  "" .,ィ'´r'l 小 l  ヽ
        `i .l  i` .、  っ ., -' l 〉l    l   ヽ
        .ノ l ノ .l__,,..`ニ=.t "   '-ーlヽ .l /ト.、   ヽ
        く  .l r'´  _  ´   _,,..  l -  -.l ヽ    ヽ
       r'´ / /     `        l / .l ヽl  i     `ヽ、
      ,/ヽ.イ+ー‐-、i          l    l   ,'    ノ  i >
    , '    !-'    `ー 、.  ,     .l / | i .l ./  , -'" ノ /
   r'    i ト'´_,     丶、,'    _ .l  / l / , -'" ., -'" 〉ヽ
   l  i  `、 ヾ_rー--┬ 、  .ヽ、-'" /l   .l i ,,.-‐''"   ノ  ヽ
  r十  ヽ    |   l__,,,>、   `丶、.ノ`ー ./ .i      /
翠星石
「うん。……でも、横にはなるですが、
リラックスしろなんて無茶言うもんじゃねーです。
やる夫が優しくしてくれればいーですよ」

20名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:51:21 ID:DV7NLJLg
記憶に数行情報入れただけだったりしたら・・・・

21 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:51:30 ID:ID1UCvk.
               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \
美筆やる夫
「へいへい。
じゃ、翠星石の大事なところを触るお?」




     \  !                      |   \     ',     /
      \|    /      /        ヽ   !     ヽ     ',   /
        |    !      {       !   ヽ /      !   r―‐、 /
       /  ヽ       ヽ_     ミ     ト、      \ ヽ  V
       /    |     f-、!     i ヽ       ',!       ヽ、 ̄ ラ
      !   / !     |   !     |⌒ヽ      ',         フ´          ちゅく……
      |   ||    ! ヽ |     |   ',     ',        /
      |   ヽ!    !   |     |   ',     !       !
      ヽ   |    |   |     |   ハ     ト、     !
       ヽ__|    |   |     |   !:::ト   ,  ハ
         ヽ !    |   !     !    ヽ!`ー'   !:i
         ` !    ',   !     ',    !',     !:|    !
           ヽ    ',   ヽヾ    ',    ハ    !::|    |
            ヽー‐ |   ヽ    ヽ   !:::Y  ̄ヽ:リ    !
             !   y'     v――、 !   ヽヽ、_ソ/   /
            `ー‐'      ヽ   ソ ヽ、  `ヽ-(   /
                      `´      ⌒ヽラーく
                               =,.*:、'
                                  ネ
                                  !
                                   ',
                                   ヽ
                                   /ヽ
                                  /   \
                                /        \
翠星石
「ひゃんっ!?」

22 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:51:51 ID:ID1UCvk.
         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
美筆やる夫
「翠星石、そんなにきつく足を閉じられたら手を動かせないお。
翠星石の太腿がすべすべなのはよくわかったから、
足を開いてほしいお」




              ____
           ゞ       ヽ
        , ィ´    ,.、     >、
       /        \     \
      /     //   l ', 、   ハ
     /    //  /  l  |  \  ヽ!
     /   / /.: :  :/  / l |:.:.  ',   V
     j/ / /.:. : : / / / l |\:.:  ',   ',
    /   l:.-−―/ // イナ ― --l    !
    |l _ 斗匕三x' ´ / / x三:心j:.:  j
     |:!:. :.:.liヽ ハノ:!    /  ハノ:i ノイ.:. /! l
    l|小、:.:.:.ヽ. ゞ='    /    ゞ=' /.:.: イ } l
     l|:::::ヽ、:.:.:.\///    '   /// /ィ´:::::::::::: l
    l|::: ::: ::\下T、   cっ   /i:.:::::::::::::::::. ',
    ‖::: ::: ::: ::: ::: :::>:..、    , ィ:::::::.:l:::.:::::::::::.:.  ,
   /'::: ::: ::: ::: :::::::.:.::::::l::::|   : :|::::l::::::::.:i:::.:::::::::.:.:  ',
 ./::: ::: ::: ::: ::: :::: .:::.__/     ̄\_::::::::: .:.:.:..  ',
./::: ::: ::: ::: ::::,.、- '" ,,_       _____,, `゙' ‐-- 、.:.:.:..ヽ
|::: ::: ::: ::,、 '"´     ```゙゙'  '"´          `'、:::ヽ
. ヽ::: :::,.'                           ',:::::ヽ
.  ヽ,'    .、     _,,......,______        /:   ',:::: |
翠星石
「ご、ごめんなさいですぅ。
電気が走ったみたいになってビックリしたです」

23名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:52:05 ID:EWAe03iE
嘘だっ

24 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:52:18 ID:ID1UCvk.
          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
美筆やる夫
「やる夫に身を任せると思ってほしいお。
そう……、そのまま足を開いておくんだお。
気持ちよかったら我慢せず声も出していいお」




              ..-‐≠¬ ―‐- 、:丶
             /              ヾ::ヽ
             /''´    _ . -‐r…ェ‐- }:ノ
          /'´  _,.。r:斥xX爻x爻Xx爻x会ュ。.
            .ィ劣爻xX爻x爻丞z爻xX爻X沁、
          /£xX爻丞≫''¨ :::i::::ヾ:`守爻x爻㍉、    
         .イィ劣爻ア´ /:::::::::::::l::::::::'.:: `守X爻x垈、   
        / 炸爻㌢::::/::::::::::::::::::′::::::i::::::::Ⅵx爻x戔:\  
      /  %爻x/::::,::':::::::::::::::::::::/::::::::::イ::::::::::`''冬x爻ュ. ヽ 
       ̄ ̄¨冰7:: ,:'::::::::::::/ :::/}:::::::::.' |: ト.:::::::::::::Ⅵ爻「 ̄ 
          .仞.':::/:::::::: /:::::/ ':::::: / !::j '.:::::::::::::逑冽   
          /:{Y{::/::::::/ ::::/ /::::::.イ升l:/ '.::::::::::::逑if1   
        /r个ぇ!<-‐ィfテ㍉ /:::/ 灯示ミx i::::::i:::::}爻}:i   
       斥采x苡i:::::∧ 込zソ  ̄ ノ 込り j::::::j:::/x彳:| .   
      r匆x爻仍 |::: {::ヘ ///   ’   /// .:':::::/レ'x刋::::!   
   r≦劣x爻㌢´小.::ト、::>   rー‐┐  ∠:イ:::烙x爻} ::|   
,.。ィ劣x爻x才´;イ:::八ヘ|:::ヾ:ヽ  ゝ ノ   イ:::::_:{爻x刋::: '.  
采爻x爻;.イ:::::::/ l:/:::::::::::::::::ヾ!> .、 __  < ヘj:/: 逑x爻}:::: '   
翠星石
「はいですぅ」

25 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:52:49 ID:ID1UCvk.

             v !     /              //
            /      ヽ       i     / /  ヾ、
           /      _j      i!!ヽ ヽ     |/      /
          /      / !      r―、     /!       /
               /  /     /  |     | !/´ ヽ /
              /  V      /   |     | ヽ    /       にゅ……
              /   /      /    |      !  ヽー!         ぬる……
            /    !     /     !     |  !
            /     !     !     !     ト  ヽ
           !     |     !     ノ     ヾ、  !
            !     |     |     ! ハ   ヽ_j!!ヽ  !
           ノ     !     !    ノ/::/!  し´ソ:|   !
         //     |     ハ ヽ '  ,':::!!:| ____ リ::!
                !f  ̄`i ! レ' ⌒!:::::!|::!   y:/
                ヽ   レ  ! ! |::ノ!::::ゝ_ノ/  / /
                 `ヽ'´   !  ! !:ノィ::ノ´:_/  / /
                      !r、ヽ !じイ/ /` /  !
                       ヽヽ`ー/´  /   し'
                        \ し   し'´
                        、ヾ!v,,
                        ;:>i≦
                         ''''''ヾ r
                       / _ヽ ヽ!
                     ノ(/   ヽ !(

26 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:53:00 ID:ID1UCvk.

′    ./                  :    |     'イ  |.i ヽ .l、.l,゙ッ                         !    `
     !                      /  ,,l┤  !  |゙''-, ヽ!  ´゛                         l
    │                     /  /   iゝ .!  !  .ヽ .l                             亅
    /                         l │ ,,!/|  .l  .lゝ   ! .!     .'                     │
¬- .. イ                      |..、.|  !.l..i'!  !  l゙´.l  .l i┤                         │
    !                       ヽ!|  l, l ! ! ∩ .!  /!ミ !  クチュクチュ          、           l
    !                         l . l.l..ミイ..7.r/  /                  ':         │
    l                        : ″ .゙!.l;;ミ,."‐./    i .i                           !
    .!                        - ′ `|´ '" l-..  '..    ."                     /
    │                           _!  . / :    ゙                          /      .,.
     . l                         : .:i :ヽ 〃  '.′      .″                   /     ./
      ゙l,                            ,il.!! │゙,,.゙ ./  .                         ,i__,  /
      .\    .!.,              ‐    " `.、.'ヽ    .,,                         /    ´
        .ヽ    .゛               ′    ;:   ! !     . 1                         /
            \                         :..、 .|.!  .i.! .|..!    .                 ,./
          ..\_              `           ゙.  l│  ;                       ,./
             `'‐、,、                   `...!.、iニ..コ、、                        /
                   `''ー ..,,、          、.../ ゛ − .`<__                  ,,, -'"
                    `゙'''''''''''''''''''''''''''^゙、...゙ :   、: :  `'''ー-....,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.. --ー'"
翠星石
「ん……あっ。あ、はぁんっ……」

27 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:53:14 ID:ID1UCvk.

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
美筆やる夫
(だいぶ濡れて来たお。もう大丈夫かお?)
「翠星石。もう入れてもいいかお?」




            , -―',二二ニ、‐-、
         , -‐'´ ,ィ'´ , -――-、`'ー、ヽ、
       /   / /: :: : : : : : : : `ヽ、\\
      /   ./ /: : :./: : /: : : : : : : :\ヽ`ヽ
      \  / /: : : :./: : : /: : : : /: /: : : :ヽ',  ヽ
         /`l  l: : : :./`ー/、: :./: /l: l: : l: :l l /
.       /: :.l  l: : : :l,ィセョュ、//:/‐レ'l: : l: :.! l/
      /: :..:l  .ト、: : ',辷リ ' /´,ィ示、l: /:l:/* ',
.     /: : :./ */: : ヽ;ヽ_ ,,,,   , ゞイ /://、  ヘ
     /: : :./  /:/: :/:..:ヽ,  c  '''' /´/: :ヽヽ  l
.  /: : / ./:/: _/: :.r十`ー_‐_'_´_: : : : : :ヽヽ ヽ__
. /: : / /: ,ィ' ̄ゝヽ`r==示=ュゝヽ`ヽ: : : : ヽー-、* `ー-、
´: : / /: :./::::::::::::〈 `i《. 〃[![!ゞ、》 ゝ`ー`ー-'ー-、_: : \   ヽ
: : / */: : : /:::::::::::::::ノ ノ ゞ彳 [! ゝjヾ、   ̄`¨´`'ー、 ヽ: : :\   ヽ
: /  /: : :./:::::::::::::::::ゝ ゝ    ij 〉ゝ ヾッ     _,ィ'´,ィ'´: : : : : \  〉
/  /: : :./::::::::::::::::::::::ノ 〉   ij ゝ, j、ゝ   _ノ _ノ´::::\: : : : : : _ ̄\
翠星石
「え? あ、はい。……いいですよ」

28 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:53:27 ID:ID1UCvk.

          ヽ             /
           i             !
           '             !
                        !
            |      i        |
            !     人     !
            ',     y ,ヽ    !             ぬっ……
            ',    ノcヾj    /
            ヽ  / ノヽヽ  /
             入r,.'⌒⌒ソ,.ノ
 \            冫,,,   ヾ
   \          (     ,イ         ,. '´
 \   `ー--------'´ ト`ニニ彡|`ヽ-------- '´   /
   \          |     |          /
     \        |     |         /
       \       |     |       /
        \     |ヾ   レ|      /
          \    |ミ   y'|   /
            \,. -|ミ   ! ト、 /
              \,イミ     K´
             /       ヽ
            /         ヽ
美筆やる夫
「翠星石、入れるお……」

29 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:53:39 ID:ID1UCvk.
                           r ―――――-- 、
                        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
                      //__, ィ―――、――、   \ヽ、
                    ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
                     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
                     /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
                    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
                    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
                   .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!   ぬぬっ……
                    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!   みちっ
                    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
                    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|
  J       \      !/   /,' / 八 ""  _  ""   / | i-゙、  :.  :iヽ
              ヽ.    | ノ,' //⌒ \   、.)   /  i :.:.:_、    :i、ヽ
  ,.イ         ヽ、  l/,:' ノ/     r{、>、__... ィ"´,クi :!´ ヽ:.  、 :.i.ヾ:、
'´~`ー-、.         ヽ.ノ__..∠=-─一;/ .:.`'`_...二ニ='~´ i. ゙!   ヾ、 :.゙:.:.、ヾ:.}
     ``ヽ、.     ヽソ.:     / .:.:./´ .:c:::.   、 ヾミ:、 u  `ヽ: ゙、リ リ
          `` ー-─-゙--、 ,.イ" .:.:,:'          ! 、`ヾヽ、   ヾ:.゙、
                  ̄`¨`ー、.:.:i            i  ヽ `ヾ:、  ゙i:、゙、
             、      ̄`¨゙ヽ!゙、          ,!   ハ  }:ヽ  !:ヾ:゙、
  ̄_フT''''   ー─-- 、:`       ` 、;| ゙:、 、   J /   /:.:i ヽリ)i  /,: Kミ:、
  .:.:.:.:.:i.         \     ヽ.:;;〉:、゙:、` ー-‐"´   /:.:,_iノ"'yノ ノ〃 .:! ヽリ
   " ィi.           `ヽ、.____.:;;:{  ヽ         / ((´ ̄川メ、ノノ.:ノ  ヽ:、
 " . "/ i.                  ツ   、      〃´"'ゝ、 ノ彡=='" `ヽ .〉ミ:、
   〃   i.                ゙        /"   ,. (:.:((       ,.:≦ミ、リ
  ,イ'、______ i.               u        . /     ,.-'"´  ヾミミヽ. -<三ミ:、彡
  |:j `````゙iハ.                       : /    /    ,: -‐ ''")))  `ヾ)))
   .}     !i                 ._ 〃´    !/      /  ー=''" r'"三彡'
   j  .,.,:;:;:シ‡:;                   ,イ`ヾ    | i ,  / `ヽ    〃(´
    、"~ ̄ ‡ :;               /:l  リ    ':l !/ r' :!  ヽ   ゞ、ゝ
     \ー- 、.._,.:        :    ,.イ : l /    `ヽ、∨/ :     ヽ
 ヽ,    \    `ヽ.._    J_,,...イ :/  : ゞ、.__   _」 V       ヽ
 ` :..、    \       ̄ ̄     /  :.  :!   ̄´,!  /____:.   /
     `:...   \              /   :.  i   /  ´   ゙〜'´
翠星石
「あぐっ……!」

30 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:54:07 ID:ID1UCvk.

              し ̄ ̄ ̄ ̄ ' ‐ 、  
            /"⌒          \  
           /   ;          、  \ 
         /  ,,、 ∪           )(_   ヽ 
        /    `\、ノ       ⌒ `    ヽ
        l     ( ● )"  (、_ニ-‐ ̄"´  ,    i    
       |    "⌒゙      ( ● )  _ノ(    |   
        \    (__人   )"⌒゙`  ⌒ヽ   l    
           ,>、   ヽ  `"ソ′  ;       /     
        /   \   )r‐r‐/    ∪  /´⌒`゙ヽ
      /      ヽ `ー-'′     '       i
     /          `゙ー-- 〝             l
   /    、   ``ー- 、, -一 "   、       |
  /      ,                   /"      |
 /      /r       j、        /       l
美筆やる夫
(血? ……初めてだったのかお)
「翠星石、大丈夫かお? 痛くないかお?」




 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|     はー、はー
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|  
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |
翠星石
「い、い、痛いで……痛く、ないです。
やる夫は気にしなくても、いーですよ。
どんとこい、です」

31 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:54:28 ID:ID1UCvk.


                   _______ ____
                  /         (__ ゝ
                /           (___ヽ_
               /   ──     ──  (__ _ ヽ_
             /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
            /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
            |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
            |       (    i    )       |三三)
            \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
              \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
               〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|
美筆やる夫
「ったくお前は……。
こんなときまで強がらなくていいお。
なるべくゆっくり動くけど、辛かったらすぐ言えお?」

.

32 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:54:46 ID:ID1UCvk.

 /       / ||  || |||  || |     /   ヽ   |||| |||  ||  | |  (
       イ    ||  || |||  || |    /     ヽ   ||| |||  ||  | |  ヽ       ',
      /     ||  ||  ||  |    /   |    \   ||  ||  | |   ',        !      ず……
 ヽ   /      !  !  !  !    ,. -、__j__/_,. - 、  !   !  ! !   ヽ      !       
  `ー‐'                , -'"! !  ',   !  | ヽ\ _            ヽ     |        ず……
                  , -'"  ノ人  ',  !  ノ      ̄"'''-         }     |
                 , -'"     、 ヽ  !  ! /   !        "'''- .   /     レ
           _,,.-‐''"         ヽ  †`ー‡-‐''  /             "'-|     ,'
          イ              \ †`ー' /                !ヽ    !
  ||    , -'" |                ヽ† /                  ,' \   !
  ||  |/    ',                 ヽ/                    /     ̄
  || |/|     ヽ                    !                   /    i
  |/ |       \                     !                   /   ii ||
   \         \                   人            _,.  ii i   i|| ||
    \         ヽ           /  \    ___,,..      || |  || |||
翠星石
「あ、あうっ……はあっ、んあっ」

33 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:55:09 ID:ID1UCvk.
                 ヽ
                  |
                _,.⊥_-─‐- 、
              ,. イ7    ` x ‐- 、 `丶、
              / -──-、 ´ヾ   `ヽ、 `ヽ、
            /´       ゝ`、 、  、, ヽ   \
            , /  ,        l   ゝ、 ´` ハ     \
.         //  /   ,.ィ/    !   、 {    ハ    \
     、   / / // / ィ/ 从.   |   | {    }       >
__  、  ヽ、.__'_ イ__ '-=チ' / ,人.ハ   |   ! | {  ※ }  r‐ ' ´
  `ヽ`ヽ、 l イ //、_- '´// / |` ト、 l l l ! {     }ノ|‐┐   ぎゅ……
    ヽ ヽ |/ | lイx、 __,. '  '  ト 、リ l` ト ! .| | |     !γ .ノ
‐- ニ_ 、ヽ ハ  l/.l    ,    z、_ ` | ハリ /ノ| l|   / ,ゝ' ノ
     ` 丶、l‐┘{    '     `^'F-Fイ/ ノリ   /,.(, イノ
      、 `ヽ.ヘ  ゝ、 _     ` ´ ノ イ/   /ゞ=ニチ
   ;  へ ',  l `ヽ. {f'´ ヽ     ´ ,. ケ/   /     |
   l     _;  l ; / `ヾ、-ノ   _,. ' , イ〃  /    |
    l __r f`l ヘ レ、'     `ヽニ´,. -‐'  //   |、    |
  \ ! ′    Y .l        , - ヽ、 ,ヘ. イ   | \  ヘ
  ,. -',       }    /    / ,ヘ. |   |    `ヽ、ヘ
 '  / ヽ     _.f__    /    / / ヘ|   |   ,. -‐ _二、`!
  / l  ,)‐ ' ´, ヘ |  /    / /   ヘ   |, ' ,. -' ´   l |
    l |  〈 〈 ◇ 〉!     / /    ヘ  / /        リ
翠星石
「やる夫…………!」

34 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:55:23 ID:ID1UCvk.

          ___       
       / \  /\      ずっ
.     / (> )(<) \  
    /   ⌒(__人__)⌒ \     ずっ
    |  u    |r┬-|    |  
     \     `ー'´   / 
美筆やる夫
「おおっ……。翠星石、だすおっ!! おーっ」

35 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:55:34 ID:ID1UCvk.

              /       !. // :.C:.           ヽ     ` 
            /      !  ∨ ! '''"                  i
         _,..-イ        |   /             :.:C:.      i
    _,.. -‐'"´  / 、j       ij | j              ''"  /y  , '
  ' "´      /         !j ├'´              ,.イ /  /
         /            !            `  ̄  /  /
          /            !        !        /   /         どぴゅっ!
         /       ヽ     ,'      !     !   /   /           どくっ、どくっ……
 ヽ     /        !     /     /      !j r'ヽ , ´ '
  ヽ    /         !j    / /)           ,'     l
   ',  ,'             / //            !     !
    ',  !  U         / //            !|:    !
     ', ',           / .// ,..、    /)     / |    |
     ヽヽ        _ィ し',.(ノ::/  ,./ィ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ‐-- _
       \\  r--ミー、テ,. -^ (:し'/ /                 `  、
        \ヽ____ ///  )  )`ー――っ                 ヽ
         ヽ/ //   /し /' ´                           \
          ヽ      ィ/!j                            \
           \    ,.イ /´                       ,. -‐    ヽ
             \ / ヽ_j                  _,. -‐´ ̄        |
              ` ー--ヽ、           ,. -― '´ ̄/             ノ
                    ` メ、------‐‐ '´       /           /
                         ヽ         /              /
翠星石
「あっ……。
はあ……。
……やる夫の、あったかいです……」

36 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:55:50 ID:ID1UCvk.

              _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
             / ̄* ̄⌒ … 、       \
         / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
           | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
            ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
         /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
.        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
        ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ
       l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
       |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /
       |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   /
        .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'
           ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
             }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|
         {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
          ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|
          .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|
         イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
       |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l
       |{ * } `ヽ、 __r‐┘  /l      丿   {:.:.:.:.:l
       l::}   { /,ニく  __ .ィ´ _〉    {  *  }:.:.:.:.:.l
翠星石
「やる夫……しばらく、そのまま抱いていてほしいです……」

37 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:56:12 ID:ID1UCvk.




                         _____
                        /        \
                      /           \
                     /, --、    .,.-- 、   \
                   / ., ーヽ   ,'. ー-、       \
                  /   ( ー l    l ー )       \
                  |     `ー ノ    ヽ ー '            |
                  |   '⌒(____人____)⌒`        |
                  \      `ー--‐´           /
                    \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
                     \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
                     ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ
美筆やる夫
「……こうかお?」



.

38名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:56:25 ID:/WFNpLks
このデータを前提としたオナホか……


売れるな

39 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:56:38 ID:ID1UCvk.

            __,.--_-_- .__
          _∠/ _v__`¨´ _vv_ヽ.__ ¨' -._
         ,ィ´r_  イハ`_,、__ ハハ   _`ヽ.  ¨ ‐--ォ
       ,ィ´ ´ハ ,ノ ̄ ̄´    ̄ ̄ヽ、フヘ' ヽ.__    |
.      /ヘア´ ̄|.:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.\.:.:.:.:.`ー、 _、\  |
     ノi,ィ´:/.:.:.:.:.| .:.:/!:|ヽ.:',.:.:\.:.:ヽ..:.:.:.:.:.: ヽ.ハ¨ `ー'‐- 、   ___
.    |_/:!.:.:!.:.:.:.:.:ハ.:/ノ.:| .:',∧:ヽ.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ:`¨Tヽ._=Y= _二_Yィ ン
.    / !:!|.:.:|.:.:.:.:.:|::|'/.:.;ハ.:.:ハ:|\:\:_:.ヽ.:.:.:. i.:.',:.:',.:.:\ ̄¨ ‐._ ̄
   イV|:|:!',.:l.:.:.|.:.:|::,'.:./ !.:.l |:!-‐<_`ヽ`.:',.:.:. |.: |、.:i、_.:ヽ、.:.:.:.:.: ̄¨
.   |'ヘ |:|:!:ヽ',.:.|ヽ|ノ-,''¨|ノ l:!  _ ヽ|、.:.|.:.:/.:.:|::',:|、.:.: ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:
.  /  ,!:l:ヽ.:.ヽ.i/:|/  _」'  リ  _, -z' Y.:∧.:.:!ヽ!| \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.  ,'v_ 代:',、:ヽ.:.ヽ.:.:i!  _,ノ      ̄´   ,':,イ/ハ.:|:::::i|\.:.:.¨ヽ.__
  {,ホ | ',ヘヽ \:ヽト=''´      zxx /'´,'ノ:::|/ ̄¨ ‐-.__.:.:.:.ヽ. ̄
  ヽ ノ  ヽ', {\`ヽ\_zxx  `__ ,.    人\__:::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄
  トvヽ   \ヽ.\:`ヾ. ̄        /| :::\_`¨:::::‐-._____
  ヾ` |     `ュ、`.:、`マ'ェァ、‐-‐''´  jヽ___`>、‐-._____
   `¨!`ー- 、/.::.::`ーY`ァ-}`'‐‐x― '´ ト、,、,、:::::::::\_
     ヽ、___ヽ-=、_,、f'/_ファ=ァソト=,ゝ、__} /イー--、:::::::::::`¨ ‐-.__
翠星石
「うん。
……やる夫、大好きですよ。
脳を加工されたからか、元々なのかは、
もうわからないけど……
この気持ちはきっと、本物だと思うです」

40 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:56:59 ID:ID1UCvk.



              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \
         ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.
     {    ヽノ'               i.                 i.
     i    i.    i             }            }
      {    {.   ノ\_        ノ            ノ
     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
美筆やる夫
「……ああ、本物だお。間違いないお。
だって、やる夫と翠星石がそう信じるんだから……」

41 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:57:28 ID:ID1UCvk.
【財団法人 人間研究所 研究室】


                      ___       ___
  ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____┏━━━━┳┳┳┓
  ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::        /`ー----'\::::: : :┃┃┃┃::::::::::
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;.XXXXXXXXXXXXX , ---[[ |l二ニニ二l| ]]---┸┸┸┸----
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXXX/ __二二二二二二________
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXX./ ____|000OOO000|ニ_[Mark IIcs]__
        | :|;:| :|;:| :|;.           [|::|l_______|________|_____________________
        | :|;:| :|;:| :|;.            |||.O゚ 。|||。    。 ::::|||O . 。 。゚o゚  ゚
  / 二二二二二./!    _____. |||.゚○。|||。 ゚ .  ゚...::::|||。O\. 。 \゚ 0 :。
  |┌───┐= :|:::|  /    /i  |::||゚o゚ ゚.||| ||  ::::|||  。 ゚ \ . 。 o
  |│√`wー、_!   |:::|  || ̄ ̄ ̄||::::::|::.|||゚ \ ||| || :。:||| 。 ゚ 。O \。  .゚
  ||      |  |:::|_||___||::::::|::.|||゚0 :。.|||   |。: :::||| ゚o゚ . 。゚o゚ ゚ 0 :。
  |└───┘  |::;|□□||__||::::::|:::|||。゚O .|||゚ 。 。 . .:::::|||0 :。. . 。 ゚o゚ 。 ゚
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ./∴¨ ∞/!/|::::::|:::||l.||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||  ||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|| ゚ :。
  | []       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | (ニニ:[|::|[|| | || ||| ||| || | || ||| |||二二
  |_____| |_____ |(((ニニニ`!:|| | || ||| ||| || | || ||| |||__
      _                      || | || ||| ||| || | || ||| |||
     //|                   || | || ||| ||| || |_..|_|_.|_|_|_..|..||
   //  |__            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/i~~~~~~i。。////∞ /l ;~i。
  //  /:::/|          〆〜〜〜〜-,,/ l     l二二二二l/||::..
  | |  /::://i|::..       /  ;;   ,,;; ; ;ノ ||::..    || ::::::::::::::||:::
  |_|/:::// ̄          /     ;;;   __ノ./!||::::.
 | ̄ ̄ ̄|/:::         /   """""././:::
 |_| ̄|_||:::          /____ /./:::
                 ||____||/:::
                 ||        ||:::

42 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:57:40 ID:ID1UCvk.
【監視モニタ】
┌───────────────────────────┐
│              _. -―――- 、.__       ▲1ch LIVE  │
│            /          `ヽ、            .....│
│           /         ___    \          ......│
│         /      ,-‐ ゙´ ̄        \          .│
│         ./,__      ,-―- 、        \        ...│
│       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.       ..│
│       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \      .│
│      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.    ....│
│      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.    │
│     {    ヽノ'               i.                 i.    .│
│     i    i.    i             }            }   ...│
│      {    {.   ノ\_        ノ            ノ     │
│     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ      │
│       \                        /       │
│        \                     _. -‐ ´        .│
│             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、      .│
│           i /    ̄ ̄      ./        \      .│
│          / /                           ヽ  ......│
└───────────────────────────┘

43 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:57:56 ID:ID1UCvk.

                 ,/´  ̄´`  \ 、_ _
              , - ´: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : `ヽ、
           , /: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::`、
       /: : : /: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
     /: : : ::/: : :: ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::: :`、
    /: :/: ::::/: :::: : :::::/:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::::::: :`、
   ///: :::/: :::::: ::::::/::::::::|::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::、:::|::::::::::::::::|:::::::::: : : |
  / ´ /: :::/: ::::::: ::::::::i:::::::: ノ:::::::::::::::|:::;::::::ヽ::::::::::::::::`l;;;|::::::::::::::|::::::::::: : : |
 /  /: : /: ::::::: : :::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::iヽ:::::ヾ:::::\::::::`il:::::::::::::::::::::::::::: : :|
´   |: : :|: :::::::::: ::::::::::::::::::|  l|:::::::::::::::::|::|\:::::\:::::\::::|::::::::::::::::::::::::::: : :|
   |: : /l: ::::::::: ::::::::::ハ::ノ十-i::::::::::::::::::: トー\:::`_\:::::::|:::::::::::::::l::::::/:::: ::`、
   |:/ |: ::::::::::: ::::::::| :: :  ヽ:::、::::::::::| rー\ヽ ヾ::l:::::::::::::::|:::::|::::: :::il: `、
   |;  |: : ::::l:::: ::::::::|r===三 \ \:::::i ,====`‐、):::::::::::::::/:::ハ:: :ト:: r-`
   |l  ヾ :::::|::::::::::::::|イ ::゚。:::|    \:i´"f:::゚;;;;;::リア/::::::::::::/:::/  |/ |l:|
      ヽ: : :::::::|::::::::| 弋_ノ      `  ヒ_ニソ ノ:::::::::::::// ) | | |l
       `、ハ:::|::::::::ヾ     ,          /:::::::::::::::/ / i
        i l:i il::::::::ト     ´          /イ:::::::::/ ノ:::::::::|
          ` |:::::::`、     _ _       / i|:::::::/::::::::::ハ:/
           |:ト::::::ヽ             イ:::::/|::::://
            ilヽ::::::::|\        /  /::/ |::/
            |l `、::::|  `ヽ、 _, - ´   //ノ=レ´ ̄i
            ` ヽ:|      i:ト     / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
                      iハ    ´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                      /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                     ´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
長門有希
「……ふむ。
やはり恋愛感情があるほうが望ましいらしい」

44名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:58:04 ID:SERRZbWw
ウザいい顔してやがる・・・・・

45 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:58:32 ID:ID1UCvk.
【長門のコンソールのセカンドモニタ】
┌─────────────────────────────────┐
│                                 ▲2ch Virtual        │
│                                                │
│          /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、               │
│           ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、              .│
│           /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、      ...│
│          / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ     .....│
│           /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/     ......│
│        //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/      .....│
│            | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/       ....│
│            | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′        .│
│            | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |           │
│            |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|        .....│
│            |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}         ..│
│                 ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ       ......│
│             /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ       .│
│       ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\       │
│    , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\     │
│   /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/  |=====|    \   .....│
│    /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/    .| ̄ ̄ ̄ ̄´|         .│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘
柊かがみ
「見せつけてくれるもんですよねー。
……でも、意外でしたよ?
所長にしてはずいぶんお優しい処置で。
私はてっきり、翠星石の脳だけになった姿や
人格崩壊起こした姿をやる夫に見せて、
のたうちまわらせるものだとばかり思ってました」

46 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:58:55 ID:ID1UCvk.
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:. /:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ
長門有希
「…………。
かがみ、一点訂正。
私は何よりも研究を優先しているだけ。
私の行動理念は悪意ではない」

47名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:59:00 ID:nJv1EBUc
確かになあ

48 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:59:21 ID:ID1UCvk.
【長門のコンソールのセカンドモニタ】
┌─────────────────────────────────┐
│                                 ▲2ch Virtual        │
│                 \、  __/ヽ、 __                       ...│
│             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_                  .│
│         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_              .│
│       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_           .│
│             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}          │
│              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈        ......│
│           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j         ..│
│            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~         ..│
│             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|          .│
│             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|          .│
│             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|          .│
│            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j         .....│
│               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄          ..│
│             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|           ......│
│             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|           ......│
│             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|           ......│
│             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|           ......│
│             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|             .│
│             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|           ......│
│             |::|: : : :|:   | 〃 /:   |: :|: ::| ./ {:::::|::|           ......│
└─────────────────────────────────┘
柊かがみ
「はあ、さいですか」

49 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:59:41 ID:ID1UCvk.
【長門のコンソールのセカンドモニタ】
┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│                                 ▲2ch Virtual        │
│                                                │
│            / / /                     \                .│
│         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \             ..│
│.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ             │
│    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l            │
│   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l            │
│   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、            ....│
│    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉             │
│       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/            .....│
│        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /             ....│
│        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//               │
│        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/                   │
│        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l                  ......│
│.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |                   .│
│      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |                   .│
│      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |                    .│
│.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |                    .│
└─────────────────────────────────┘
柊かがみ
「……でも所長。
善意でもないですよね」

50名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 16:59:55 ID:N24U1gqc
>>16
改造とまで行かなくても、本来人間の脳には
後付でかつての感情を変える機能がある。

51 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 16:59:55 ID:ID1UCvk.

           _ ---─── - . _
        / ̄             丶.
       ;                  ` .
      イ                     \.
    /           .             ヽ
    .           /              \.
   /           /        i    .  .ヽ  .ヽ
  /    i       /    .  /ソ  !   | .ヽ  ゝ.
  |     .     !  |  / /´/  ノ |  .|   ヘ  |
 ノ|     !    |  | /./ =. /  / /  / |  i .!  !
  |     |    丶 |ノ ´    /  .イ  / /__|   | |  |
  ヾ|   丶.    ソイ==__ / / //    |  / /| /
   ハ   i ヾ    |;;;;;ъ0ミ    /      | // ||
    \ ヽ rヽ    |∂;;;;;;/      -==ミ |//   |
     .|   《( |   |ゞ-- ´     / .;;;;δア//
     \  |ゝ |   |         ;;;;;;ο /  /
       ヾ  丶|   |       ,  - /  /
        从  ヽ  |     __     /  イ
         ル\|丶 |        /|   |
           ソ ハ |ゝ .. .. r ´ ソ | |
         /\  ヽ|  |       |/
長門有希
「……」

52 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 17:00:23 ID:ID1UCvk.
                   __ __
                   ..ィ.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                 ,..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ:.:.:.:ヽ、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
.           ,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.          /:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:i.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.!:.:.: ハ.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:ハ
.       /:.:.:.: i:.:.:.:.l:.:|!:.:.l ヽ:.:ヽ:.\:.:.:ヽ;.:.ト、:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.:.:ハ
.      //: /:. |:.:.:.:.l:.l !_.:!-‐ ヽ.:.:\:ヾー、- 、ヽ:.l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ト、
      /イ/:.:.:.!:.: ,:イ´∨    \! ヾ! \!\`ヾ!.:.:.:.:l:.:.:.:.:j`ヽ
       |:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.|ィニニミ、       ,.ィニニミ、!.:.:.:.:i、:.:.:/
       |:.|:.:.:/ヘ\!ヾ{:゚::;;::ヾ    〃 {::゚:;;::::} l.:.:.:./ }:/
        ヾ!ヘ:ヘ,,:イへ ヽc::::リ         ゝc:::ソ l.:.:./イ/
        ヽ ヽヘ!:.:.ヘ ` ̄    i    ` ̄ ,':.:/.;イ′
            |:.:.ハ.                /.:/:/
            |:.:|:.:|:.ヽ、   `  ´   ,イ:./|/
            |:.从!∨W> 、    .イソ'// !
            |/        ,j ` ´  lメ.′
            ′    /::ノ    /∨:\
         __... 、.- ─:::´:::ク    ....   ∨::::`:ー:..、
          |::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>,
.          /∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ
長門有希
「それは訂正しない」

53 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 17:01:24 ID:ID1UCvk.

┌─────────────────────────────────────────┐
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│            やる夫は長門の研究所で研究員をやるようです                   .│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                        Fin                                ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
└─────────────────────────────────────────┘

54名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:02:04 ID:wP828zxA
乙でした

55名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:02:23 ID:sbNK5l9M
>>50
思い込みや記憶改変は人間の基本機能だね
いま恋するように変えられたら、それに釣られて過去の記憶も変化する可能性が高い

56名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:02:31 ID:N24U1gqc
乙でした。
救いのあるようで救いのないお話で読み応えがありました。

57名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:02:53 ID:nJv1EBUc
終わった……乙でした
ここで止まるのが、心臓にも悪くなくていいかもw

58名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:03:11 ID:V3LLHJio
乙!
ラストに少しは救いがあってよかった

59名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:03:14 ID:5yevPGbI

きっつい内容だけど最後まで読んでしまった
救いがあるような無いようなラストとてもよかったです

60名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:03:18 ID:jU.vxq9A
俺がやりたかったことを全部やってくれた!
ありがとう、心からありがとう!
お疲れ様でした!

61名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:03:26 ID:DV7NLJLg


62名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:04:08 ID:/WFNpLks
某所用語のロミオやジュリエットな方々は、後付記憶改竄で恋愛感情を捏造するから
ある意味長門のしてる事は、現実の脳でも起きてるといえるな。

63名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:04:20 ID:mEeKg4ew

よければルート分岐で>>45の展開もお願いしたいものだ

64名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:04:53 ID:SERRZbWw
乙ですわ

要するに あれ……
オナニーよりセックスのほうが気持ちいいよ! て話?

65名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:05:39 ID:sbNK5l9M

結局何も解決していない・・・
新たな犠牲者が増えただけか

66名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:05:57 ID:BH4CB0kk
乙!

「幸せと思えるんだから幸せ」という結論に達せたのは、やる夫にとって良かったのか悪かったのか

67名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:06:19 ID:/WFNpLks
>>63
それすると長門の行動理念に歪みが出ないか?

「貴重な研究所員の作業効率に問題が出る」行為だぞ

68名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:06:53 ID:nJv1EBUc
一方、朝倉さんは蒼星石のお尻を犯す作業に余念がなかった

69名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:07:00 ID:KWBVksxM
乙。

最後まで素晴らしく面白かった。

この長門は疑いようも無くノヴァ教授の弟子だな……

70名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:07:24 ID:1FQXrM6Y

とりあえず、個人的な感情や欲求を持ち込まないと言う点で
長門は科学者の鑑であると言える
科学は価値を扱わないものであるし、またそうあるべき

ただ、悪意や我欲が“無いからこそ”彼女は邪悪であるとも思える

>>52見てて思ったけどさ
悪魔が笑ったら、きっと、あんな顔してんだぜ?

71名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:07:24 ID:SERRZbWw
>>67
研究所員よりそこで得られるデータのほうが貴重だと長門が判断したら実行するとは思う
そう判断したら、ね

72名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:07:27 ID:xjYF4Q5s
男の娘たちを解体しちゃったのはもったいないと思った自分はすでに末期www

73名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:08:22 ID:LJ7AkCWE
乙!!!

74名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:08:47 ID:mP5gKub6
乙でした。
変わった作風で毎回楽しませて貰いました。
吐き気がするような、しっくりしない、すっきりしない読後感が最高でした。

75名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:08:49 ID:jW07W2Lc
乙 やる翠好きだが鬱展開も見たくはあった

76名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:10:37 ID:v9FzSS4M
乙。記憶の改竄とかまで考えてた俺は最悪かもしれん

77名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:14:51 ID:4pOfiPik
お疲れさまでした
・・・個人的には長門が脳改造の道に足を踏み入れたキッカケみたいな
EPISODE0的な話や、長門達の末路が気になるのですが、それについては
書く予定は有りますか?・・・そういえばこのスレでやらない夫を見てないような気が・・・

78名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:16:56 ID:/WFNpLks
なんとなく幸せの人を思い出したが、そんな事も無かったんだぜ。

79名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:17:13 ID:Nm5w6jec


しかしおっかねー社会だなあ。犯罪者とか莫大な借金を負ったとかで公民権剥奪されて
人身売買の対象に、ならまだしも、普通に生活していても目をつけられたらそれで終りって。

80名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:17:44 ID:l1bXLHIY
乙。
……まあ、ハッピーエンド? かな?
本人が幸せならそれはやはりハッピーエンドと呼ぶべきなんだろう、きっと。

81名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:19:04 ID:/WFNpLks
>>79
現在と大して変わらない気がするのは気のせいか?
より極端になっただけで

82名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:19:18 ID:6J5SLF4g
乙乙

83名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:39:03 ID:wlQTvqRc
>>79
蒼は微妙だが、翠は底辺階級だからなぁ。

84名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:46:07 ID:j7qd6pBs
乙でした
なんというか、想像したよりはるかに良いオチで安心したw
正直かがみの言ってたのの斜め上くらいのEDを予想してたからビビりながら見てたよ

85名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 17:46:20 ID:DbC2ozWU
何故か京極堂の「幸せになるのは簡単だ、人間をやめればいい」という台詞を思い出させるエンディングだったな

86名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 18:21:09 ID:0lask2E.

いやー楽しかったよいい作品をありがとう

ところで残り900近くどうするの?

87名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 18:26:22 ID:nJv1EBUc
そりゃ過去ログ送り申請すればいいんじゃないの

88名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 18:26:30 ID:1cWRLqDU


嫌な話だったけど
面白かった

89 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 18:41:02 ID:ID1UCvk.
皆さまご感想ありがとうございます。

個別のレスは後ほどとして、このスレの残りをどうするかの件だけ。

埋めがてら
『やる夫が長門の研究所で論理学を学ぶようです』
でもやろうかと今のところ考えてます。

90名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 18:47:12 ID:jW07W2Lc
それは期待

アナザーエピソードも見たいです

91名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 18:59:48 ID:GAvPTg.c
乙。
面白かった。この世界観でまた別の話も見てみたいなあ

92名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 19:07:42 ID:v6JVsUlw
普通の出版物じゃなかなか見られない感じで面白かった
綺麗事が罷り通らないのがいいね

93subseven20 ◆z0MWdctOjE:2010/04/18(日) 19:25:46 ID:E6kq/0A2
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝鬱鬱鬱鬱鬱欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝鬱欝欝鬱欝欝欝鬱鬱鬱欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝鬱鬱欝欝欝鬱欝欝欝鬱鬱鬱鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝鬱欝欝鬱欝鬱欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝鬱欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝
欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝欝

欝欝欝欝【(読めません)】
2001年9月の連休頃に現れ始めたコリンズ、空襲、デボすずめ、珍走便乗、に次ぐ荒らし。
注意深くみると真ん中に「死」と言う文字が浮き出てくる。










これはどう?

94subseven20 ◆z0MWdctOjE:2010/04/18(日) 19:27:06 ID:E6kq/0A2
どうですか?

これで埋めるのは

95名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 19:33:33 ID:S7w5ZWDU
かなり意味が分からない

96名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 19:38:41 ID:iQN0ObXA
ただの荒らしだな。
管理人に報告して対処してもらうべき

97名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 19:42:01 ID:vrOxsyLY
NGID余裕でした

98 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 20:11:42 ID:ID1UCvk.
>>7 つーても、そこも記憶を弄られたから……とか考えるとキリが無いけどな!
>>12 今となっては、それすら嘘か真か・・・
本人たちには証明しようもないのですが、これは本当です。
以前の話で「やる夫と話すのが楽しい」と言ったり休みにデートしてたりするのが
伏線ですね。


>>60 お疲れ様でした!
ありがとうございます。1話限りの短編で軽く済ませるつもりがなんか続いちゃいましたねw
酷い世界観の話でしたが、それなりに楽しんで頂けたようでなによりでした。




>>66 「幸せと思えるんだから幸せ」という結論に達せたのは、
>>やる夫にとって良かったのか悪かったのか
すっきりしない話ですが、究極のところではそうだと信じるしかないのも事実なのかな
と思います。


>>68  一方、朝倉さんは蒼星石のお尻を犯す作業に余念がなかった
蒼星石もたいがい悲惨な役回りでしたね。


>>72 男の娘たちを解体しちゃったのはもったいないと思った自分はすでに末期www
彼らに注目して下さる方が一人でもいてよかったです。
ふつーにスル―されてましたからねw
脳が3つ並んだくらいじゃもう屁でもないんでしょうか。


>>75 乙 やる翠好きだが鬱展開も見たくはあった
あいにく自分の胃が鬱展開に耐えられそうにありませんでしたw 脳内保管願いますw
いや、これでも愛と信頼の物語が好きなんですよ本当に……。


>>79 しかしおっかねー社会だなあ。犯罪者とか莫大な借金を負ったとかで公民権剥奪されて
数は少ないという設定ですが、短期間に蒼翠の二人をやってしまったので
日常茶飯事のようなイメージが出てしまっていますね。ちょい失敗です。


>>84 なんというか、想像したよりはるかに良いオチで安心したw
現代の価値観で考えれば翠星石もやる夫もそうとう悲惨な社会的地位なんですが、
それでもマシと思ってもらえるあたりがあの研究所の過酷さをよく表してますねw




その他、いくつか労いのレスを頂戴しているのですが、個別にお礼を申し上げるのも
冗長かと思えますので、失礼ながらまとめてお礼を申し上げます。
このようなお話にお付き合い下さりありがとうございました。
m(_ _)m

99名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:22:23 ID:IuKLi29k


100名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:28:00 ID:8cgjJY1Y

一話のラスト以降、股間は全く反応しなかったけどすげー面白かった。
埋めネタも期待してます。

101名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:34:19 ID:kqEzOtRI
引き際が見事

乙を超えた表現さえあれば・・・
乙’

102名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:37:25 ID:0IUMxYKA
おつでした!

103 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 20:47:23 ID:ID1UCvk.
【埋めがてらのおまけ】
>>77 長門が脳改造の道に足を踏み入れたキッカケみたいなEPISODE0的な話
こんなのです。


【とある名門大学におけるやりとり】

                             __
                       _r─=ニニ ̄`¬、__
                   __     r仁二ニ ¬、 `丶、 ト、_
                '⌒ハ(´ _/`¨^ヽ  `ヽ、 、 、\ l└t、
           -=ニ ヽ r'人)'⌒'<⌒ヽ `ー、 ! 、  } ハ ゙l 、 ,八
               > 〉{し'⌒ミヽ ト、 ヽ _乂ー'^¨¨ヽ、i} |l i} }}
               〃 〈 〈 (⌒ヽノ ィヽ \ 广´   ::   ´ヾル1 l 〃
                {辷卞-`ー‐く^Y ハ ト\f″   :::        `"^^i   
               '´ ̄廴r==ミ、|{ (_j Lハ l   ;:::             '    
             /⌒ト-'_/´ ̄ハ ヽ'   H、 ヽ、   ::j}     / 
                   _>┬ンミノヽ  / へィ^>;、 y' ノ /:' ! 
              f´   l l     ' ! i ニ{ {ー'ノ }K__,ィ斗孑;′ 
              ,  '´|     l l    |   ハ」___`二フ' 7¨7辷ソ/ 
         /   |   l ゙.   ∧ {  ‐r_‐  r_ゝ'__∧_/
.       /      l    ! 、 ′ \  ト卞;、_ヽ-'/´
     /       '     l  ヽ     ヽ ヽ` ┴'‐'フ′  
.    /     ::::::::::::... ,     l  \.ィ'了ヽ、 `  ̄/ 
   '        ::::::::..  ,     l  /く /l  l`  ̄ヽ  
 /            :::::::.  l    l/::;;j|′l   l    ハ  
./           :::::::.   l    l::::::::|  l   !     l   
             :::::  |    l:::::::|   l      l
 ─− -   _     ::i  l      l::::::l  |      l
 ̄ `       Y   l |  |      l::::::l  |     l
ディスティ・ノヴァ教授
「長門君、私の講義の課題として出された
君のレポートは大変興味深いものでした。
卒業後は私の研究所に来ませんか?
ちょうど私の後継者となるべき若者を探していたのですよ」

104 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 20:47:36 ID:ID1UCvk.

                   __ __
                   ..ィ.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                 ,..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ:.:.:.:ヽ、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
.           ,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.          /:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:i.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.!:.:.: ハ.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:ハ
.       /:.:.:.: i:.:.:.:.l:.:|!:.:.l ヽ:.:ヽ:.\:.:.:ヽ;.:.ト、:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.:.:ハ
.      //: /:. |:.:.:.:.l:.l !_.:!-‐ ヽ.:.:\:ヾー、- 、ヽ:.l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ト、
      /イ/:.:.:.!:.: ,:イ´∨    \! ヾ! \!\`ヾ!.:.:.:.:l:.:.:.:.:j`ヽ
       |:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.|ィニニミ、       ,.ィニニミ、!.:.:.:.:i、:.:.:/
       |:.|:.:.:/ヘ\!ヾ{:゚::;;::ヾ    〃 {::゚:;;::::} l.:.:.:./ }:/
        ヾ!ヘ:ヘ,,:イへ ヽc::::リ         ゝc:::ソ l.:.:./イ/
        ヽ ヽヘ!:.:.ヘ ` ̄    i    ` ̄ ,':.:/.;イ′
            |:.:.ハ.                /.:/:/
            |:.:|:.:|:.ヽ、   `  ´   ,イ:./|/
            |:.从!∨W> 、    .イソ'// !
            |/        ,j ` ´  lメ.′
            ′    /::ノ    /∨:\
         __... 、.- ─:::´:::ク    ....   ∨::::`:ー:..、
          |::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>,
.          /∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ
学生:長門有希
「光栄です。是非よろしくお願いいたします」

105 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/18(日) 20:49:03 ID:ID1UCvk.
EPISODE0 おわり。





あと長門の末路ですがあの後も研究者として活躍を続けます。
大学の講師にも招かれたりしてます。何気に名士です。

106名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:49:43 ID:3IujZAoI
えらいあっさりw

107名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:50:35 ID:wlQTvqRc
まぁ現実はそんなもんだ

108名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:51:49 ID:nJv1EBUc
長門はまあ巧くやっていけそうだ
やる夫と翠については……考えない方がいいんだろうな

109名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:55:16 ID:v9FzSS4M
一応は大事な研究材料をそうそう粗略に扱うこともないだろうとは思いたいけど

110名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:55:35 ID:xKqVcf4I
長門込みで研究所がめちゃくちゃになってるのを
教授がモニタ越しに見てにやにやしてるって
落ちを予想してたんだが見事に外れたな

111名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 20:55:49 ID:0lask2E.
やる夫が第二の長門に・・・

112名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 21:02:41 ID:mEeKg4ew
長門はやる夫を後継者候補と考えてるのかな?

113名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 21:17:53 ID:zqbVMYG6
>>112
ただの研究員もしくはサンプルでしょう。
後継者候補?ないない。

114名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 21:19:06 ID:qhPcvnbU
今までの助手はやる夫ほどもたなかったんじゃないかな
だからそれなりに貴重な存在とか

115名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 21:56:24 ID:/mJnaLso
まあ、守秘義務については脳改造で完璧みたいだし、年老いて体が動かなくなるまでは
ずっと研究員として生活するんじゃないかな
動けなくなったら容赦なく脳だけにされる気はするけど
翠もやる夫保守のためにいずれ研究員として活用するんじゃないかな
ただ、子孫は残させてくれないだろうなあ…
子供の脳研究としては有用だから子作りさせるって線もあるかもしれないけど、やっぱ
やる夫保守するためには子供使うのは不可能だし

116名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 22:03:06 ID:daOBGsCs
脳の働き……というか脳の全てを理解し、思考も感情も好きなように操作できるなら、
やる夫に何もさせないでも、何をしたら脳がどうなるのかなんて全てわかってるって事じゃないのか。
なぜわざわざやる夫で実験するんだろうか?

117名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 22:05:03 ID:uyyKHvMo
実は翠星石好きだった云々は長門の操作で既に脳は摘出されていた
とかそんな最悪の読後感を期待してたけど、全然そんなことはなかったぜ!

>>1

118名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 22:37:50 ID:Nv17VgW.
脳の認識とその外側の真理とに、それは嘘なのか本当なのかと迷い続け
最終的には「俺が良いと思ったから嘘だろうが幻だろうが良いんじゃコラァ!」
と開き直りながらも相応の幸せを手に入れる
なんとなく神林長平ちっくな世界と自意識との関わりがまさに脳に来る話でした、乙!
こういう系のSFなやる夫スレって結構貴重な気がしますね

119名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 23:27:26 ID:tSxZZDgE
>>116
重力が(地球上での見かけ上は)物を下に向かって引っ張る力だということはわかるし、
その加速度が毎秒9.8メートルだということもわかっているし、
それを応用して水車や錘時計のような機械も作れる。
だけど「なぜ質量のあるところに重力が発生するのか」はわからない。
そんな感じだと思う。

120名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 23:30:24 ID:IY8fT2bE
うーん、オチが弱いなあ
結局長門はオナホ作った以外に何がしたかったのかさっぱり
尻すぼみと言わざるを得ない

121名無しのやる夫だお:2010/04/18(日) 23:46:20 ID:/mJnaLso
>>120
結局、実際は色々やってる脳研究の資金調達として「もっとも質の高いオナホ」を開発するエピソードが
クローズアップされてるのがこの話なんじゃないかと思った
でも、物語当初なら人格も無いし概念的に「オナホ」と言えたけど、最後は人格を残し恋愛感情を与えて
感度を増すっていう結論になってきてるから、オナホというより「完璧な肉奴隷」になってきてて「オナホ」
からは逸脱しちゃった感じだけども
まあ人工的に作られたからオナホなんだという結論付けもできるけどね

122名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 00:34:29 ID:AmqsAF4k
オナホとなるように洗脳、あるいは改造を行った場合その結果によって出来た物はオナホで良いんじゃないだろうか。
例えば「片栗粉X」は片栗粉に熱湯を注いで作る。
これは調理とも取れるけど完成品を食べ物と考えたりする奴はいないだろう。

なんか自分でもよくわからなくなってきた。

123名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 00:37:06 ID:EPIpnCRQ
弟の作った片栗粉Xが夕食に出されて大変なことになった

124名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 00:47:42 ID:pfcEWox2
「高度に発達したオナホは生身の女性と見分けがつかない」
という話だと思った

125名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 01:18:36 ID:QCkOkf3o
>124
俺は逆に、「高度に制限された女性はオナホと区別がつかない」という話かと

126名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 01:23:35 ID:Xohsti2s
何そのアーサー・C・クラークw

127名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 01:29:16 ID:1G6BDMZE
でも、人間がベースで人体の加工を脳にしか施してないって事は、オナホ翠は妊娠するって事だよね?
性欲の処理に差支えが出てしまうという点でそれは欠陥なのではないだろうか?
それとも通常のオナホにもメンテナンスがいるという点では同じといえるのだろうか

128名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 11:42:49 ID:Goy3W24.
>>112
やる夫が第二の長門とか
唐沢なをきの「ホスピタル」思い出すわ

129名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 19:39:15 ID:Hedd3Nc2
これで実際は翠の子の脳は摘出済だったりしたら嫌だな。
心がない体には情が湧かないって主張してたのが、脳入りだって嘘つかれたらば本気で愛を囁いてるぜーとか

130名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 19:41:47 ID:z06zCtlE
真実如何がどうなんて、それこそ既に脳を弄られてるやる夫には確かめようが無いからなぁ
信じるって大切

131名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 20:06:27 ID:viNAk2V.
ところでぶっちゃけ、自分や自分の知人が巻き込まれないのなら長門のような存在は肯定する?
オナホ以外のことに興味が向いてくれるのならあの知能はどれだけ人類全体に有益だろうって意味で…

132名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 20:17:06 ID:3JnFWfUo
長門のやってることは本当に多数の益になるのかどうかわからんが…
本人の姿勢は、人類の発展のためってより単に真理の追求のためって感じだし

133名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 21:02:45 ID:7qKtHZ5A
やる夫って脳みそ弄られたよな?
じゃあこれってオナホにバイブ突っ込んでる事にならね?

134名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 22:36:35 ID:cD/VPmXk
その発想は無かった

135名無しのやる夫だお:2010/04/20(火) 00:31:19 ID:U0jWG1rU
次の研究課題ができたな

136名無しのやる夫だお:2010/04/20(火) 01:14:42 ID:USPrzHPI
自由とか尊厳とか人権ってなんだろうなって考えるのはスレ違いかね。

137名無しのやる夫だお:2010/04/20(火) 07:30:13 ID:5xGlxm5E
スレ違いかどうかはともかく不毛な議論になると思うよ

138名無しのやる夫だお:2010/04/20(火) 07:35:15 ID:9w6kyqss
答え出ないしね

139名無しのやる夫だお:2010/04/24(土) 07:04:56 ID:ezwAJxc.
大風呂敷畳めなかったか
まあ乙

140 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 14:37:49 ID:KOMqvzRI
新シリーズ『【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです』

本日から開始します。投下はしばらく後。

141名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 14:40:26 ID:rzSYQ.s6
このスレでやるの?とにかく期待

142 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 14:48:12 ID:KOMqvzRI
残りレスの数がいっぱい残ってるしもったいないかなとw

143名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 14:51:43 ID:wNDQM2Vc
期待

144名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 14:52:02 ID:87cdb2G2
エロシーンはありますか?

145名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 14:55:32 ID:z9mYwEO6
エロエロってお前はエロエロ伯爵か!www

146名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 15:48:27 ID:0K/PsL8E
おっ、wktk

147 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:11:08 ID:KOMqvzRI
……いや、エロないですよ?(汗)
次は純然たる学ぶ系ですし(汗)

論理記号にエロティシズムを感じる
訓練されたフェチストにとっては
別なのかもしれませんけど……。

148名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 16:13:12 ID:AJbnzqJw
君の家には芝刈り機があるか→(中略)→つまり君は童貞だな?ってやつか

149 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:20:16 ID:KOMqvzRI
誤謬はあんまりやる気ないですが、ちょっとは触れるかも。

じゃAAあてる作業も終わったんで始めますね。

150 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:20:35 ID:KOMqvzRI
┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│                                                                │
│             【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです                   ......│
│                                                                │
│                                                                │
│             第1回 イントロダクション 〜 論理学マジおすすめ 〜                ....│
│                                                                │
│                                                                │
└────────────────────────────────────────────┘

151 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:21:01 ID:KOMqvzRI
2052年2月2日

【財団法人 人間研究所】

                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
     :::::::::::::::::::::: : . .      :     |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::::: : : : :   ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::::: : : : :   ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.;  :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
  |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
  |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.;  ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄

152 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:21:18 ID:KOMqvzRI


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ
人間研究所研究員 : 美筆やる夫
「ああ、今日も【ピー】を【バキュンバキュン】する仕事がはじまるお……」

153 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:21:40 ID:KOMqvzRI


【研究室?】
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

154 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:21:57 ID:KOMqvzRI

━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |
美筆やる夫
「……ってあれ。なんか職場が教室みたいになってるお。所長、これは何事ですかお?」




| |
| |                   _,. -―- .、
| |                  /: : :::::: : : : : : : :.`丶
| |                / ::::::::::::: : : : : : : : : : : : \
| l               /:::::::::::::::; :' :/: : : : : : : : : : :'
| |.           ー‐ァ:::::::::::::::/:/:::::/; ' : : :/: : i: : ',
| |           i:::::::::::::::/:/:::::::/:::/::::///::::,'::!:!:',
| |           |'|::::::::::/:/:::::::/:_///:::,'/:::.!:!::l
| |              !:::;::::r/::::// ァ=ミ/ヾ::/,rト ノ |i}
| |            ハ;}::://:::/.| {:::リ/ ' ,イソ/'!/ノ
| |                 ハN:|i::::::::i| `¨   ‘,〃::/,/
| l                 _八!|:::::i|     - ィ}}/ ′
| |           _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::/ノ
| └――――――/ー- 、: \ ':!ヽ\j/―――――――――――
..=============// ̄`丶\\\-―‐|lヽ========================
          |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、
           {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i
_______.( !    \.ハ::ヽ::i:.:. :|.|:l__i_ ___________
','////////////∧ .! , -‐'´ ̄`iヽヽ:iλi|.!==i、//////////__/////////
',','////////////∧.>':.,x====ヽヽヽ !|! !イフ//////,','/ヽ三`丶、./ヽ,
,','/////////////∧Y/ / ̄ マ’ ヽヽ! ヽ i//////,'/ /  `丶_{_/
,'///////////////,' ゝ--!    ヽ、 ハ::)ヽ/\//,',/ /    /////
','///////////////∧∧_ム     `丶、:::〉  ヽ< ./    ///////
',','///////////////∧∧_;_ゝ、      ` ‐-=λ'     /¨´i'´//////
,',',',///////////////∧∧:.:.:.:.:.:.`i.丶...、__     ` ー=‐'  / //////

人間研究所所長 : 長門有希
「突然だが今日から貴方に論理的な考え方を学ばせるべく
論理学の講義を行うことにした。
この部屋が様変わりした理由は講義のために改装したから」

155 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:22:15 ID:KOMqvzRI



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /
美筆やる夫
「また唐突な……」


.

156 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:22:26 ID:KOMqvzRI
         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |     とててて……
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤
         ヽ'_ `T ┬'T´ l ,〉
          ` 'ー┴r'フ´
補佐役の女の子:朝倉涼子
「例によって所長の思いつきって奴です。理由は深く考えちゃだめですよー」




         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /
美筆やる夫
「おや、可愛らしい女の子だお。君は誰かお?」

157 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:22:39 ID:KOMqvzRI
    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川
朝倉涼子
「私ですか? 
今回の解説の補佐に呼ばれた朝倉涼子って言います。
よろしくー」




           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/
    |        \
    |        |
美筆やる夫
「え? あー、よろしくだお」
(朝倉さんってこんなちっちゃかったっけ?)

158 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:22:55 ID:KOMqvzRI

     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{
.  | |          |   |) l .|
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |
 l└‐イ         |/ ./ |   | |
 |   |   ___,ト、/ |  |   | |
 |   |´ ̄     r'〔   |  |   | |
朝倉涼子
「ここはパラレル世界です。
深く考えてはいけないんですよー」




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /
美筆やる夫
「おkですお。
ただ内心のセリフに応答するのはご遠慮願いますお。
あとメタ発言も」

159 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:23:14 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 論理的な考え方ってなに? ◇◆◇◆◇◆


.

160 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:23:36 ID:KOMqvzRI


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
長門有希
「まず初めに、最終目標である『論理的な考え方』とは何かを説明する。
人によって色々な定義があるのだが、今回はこのように定義している」


┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│・一般に妥当とみなせる推論過程を用いて考える能力   ...│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘


.

161 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:23:58 ID:KOMqvzRI


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ
美筆やる夫
「えーと? すいません、推論ってなんですかお?」




 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|
朝倉涼子
「推論とは既知の事象から未知の事象を導き出すことを言います」



┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│〜 推論の例 〜                                                         .│
│                                                                    │
│                                                                    │
│・木から離れたリンゴを見て、そのリンゴが地面に落下するであろうと予測する                     │
│                                                                    │
│・今日は29日なので、確認していないけども、たぶん近所の肉屋さんで安売りをしているだろうと推測する   ..│
│                                                                    │
│・発売直後のIT製品には初期不良が多いという統計データから、無用のトラブルを避けるためには         │
│ 発売後やや経過した製品を購入するほうが適切だろうと判断する                           │
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘

162 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:24:16 ID:KOMqvzRI

                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/  
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:./
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ
長門有希
「また、ここでいう『妥当とみなせる推論過程』とは」

┌────────────────────┐
│                            ....│
│1)根拠に確かさが十分備わっている       .│
│2)結論を導き出す過程に筋が通っている     │
│                            ....│
└────────────────────┘

長門有希
「上記二つを満たす推論を指している」

163 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:24:33 ID:KOMqvzRI
       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |
朝倉涼子
「よってその逆、次のような推論はここでは妥当とみなしません」


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│〜 根拠に確かさが十分備わっていない推論: 〜                         ...│
│                                                       .│
│・サンタクロースがいれば嬉しいので、サンタクロースは実在するに違いないと推測する    │
│(*個人的な願望そのものが根拠となっている)                          ..│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

164 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:24:51 ID:KOMqvzRI



     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/
美筆やる夫
「あー、なんか一昔前に流行ったサイレントマジョリティを思い出しますお。
あれは確信犯だったのかもしんないけど」



.

165 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:25:15 ID:KOMqvzRI

       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |
朝倉涼子
「それからこんなのも駄目」



┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│〜 結論を導き出す過程で筋が通っていない推論 〜                    │
│                                                    │
│                                                    │
│・この機械は稼働率100%の完全稼働で1日に3千個の製品を製造する。       │
│ つまり1000%超絶稼働を達成すれば1日3万個の製品を作れるのである。     │
│                                                    │
│(*稼働率が100%を超えることはない、という制約条件を無視している)     ......│
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

166 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:25:46 ID:KOMqvzRI

                 r ┐ __
            t__)    Y  └' rっ
   r 、  /}     _,トー〜-'^〜┴-z (_)
   | __⌒__ f    _ノ  `   u  J  '《_
   { tュ tュ }   _/  へ、  j}   ∠、,,. 〈   」\_  /|_
  ┴r ¨¨ ┴'^ア 〉u ャ‐tッ‐介 'vぐ_..ィ  Y  \ r┘ kュ rュ
   _(⌒'Y⌒)__」 〉  ` ー=」   {=ミ rー  |      └z゙ xァ
   └^\^┘  j⊇    ¨≧z イf´   ノ   L._    {^' {j'^}
      _..、 ,.癶ヾ、 └{ (^''=…''"フ  ,ィ〃  \ r┴‐┴┴
     /  ( / \:::≧x、/  //ー=彡/ ゞ  }  ̄[iトフ ̄
   /     Y     V//リ    }斗ァ7// イ   _/   j厂
  /    ゞ彡  ‐ァセ^(ャ)、 /////// リ  __)  〃
  _∠/‐┘ )   ´    ¨\>、////厶シ'    } /
    /´⌒ヾ从_ッ   r 、( ノ}  >''"⌒      /{
  /    } j \ ( ` `/⊆   ==二   r''
美筆やる夫
「これは一見筋が通って……ないお。これは無理だお。
1000%超絶稼働ってなんだお」



          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |
朝倉涼子
「なお例が極端ですが、これはわかりやすいようにと思って
あえてそうしているからです。

このような極端な例しかないなどとは
お考えにならないようお願いしますねー」

167 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:26:09 ID:KOMqvzRI




  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i )__  ( i)))
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |              |
     \             /
美筆やる夫
「『論理的な考え方』ってのがだいたいわかってきましたお。

事実から正しい道筋を辿って正解に辿りつくって感じですかお。

でも、なんでその為に論理学がいるんですかお?」




                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _
             ,':.:.:.:.:ヽ .Y´,........---..ミ二y::´::::::::::::::;'
                 ,':.:.:.:.:.:.:.〉Y::::::::::::::::::::::;':::::::;'::::::::::::r 、'
                /:.:.:.:.:.:.:.l:.;'-、::::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::/  7
            /:.:.:.:.:.:/Y 〈::::::::::::::::::;'::::::;'::::::::::::ヽ.._ノ!
              l:.:.r:.:.:.:.:.:.:.l  f:::::::::::::::::;'::::::;':::::::::::::::::;':.:.:.!
長門有希
「その問いに答えるため、あえて質問に質問を返す。

貴方が今言った『正しい道筋を辿る』にはどうすればよい?

あるいは先の定義における『筋が通っている』とはどういうことなのか、
でもいいが」

168 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:26:26 ID:KOMqvzRI


        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \
美筆やる夫
「え? えーと……」



.

169 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:26:42 ID:KOMqvzRI

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /
美筆やる夫
「……わかりませんお。どうすればいいんですかお?」




                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |
   `´イ,./     └─ヽ/  ノ  |      ヘ .|
朝倉涼子
「それを考えるのがまさに論理学なんです」

170 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:26:55 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 論理学ってなによ ◇◆◇◆◇◆


.

171 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:27:09 ID:KOMqvzRI


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
長門有希
「論理学は物事の関係の把握、推論、論証を研究する学問。
言わば『考える力』の基礎となるもの。

そのため文章術、説得術、哲学といった近しい分野はもちろんのこと、
法学等、他の多くの分野などを修めるための土台ともなる。

高度な頭脳労働――調査・研究・マネジメント等――を
行うためには必須の教養と言っていいだろう」

172 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:27:39 ID:KOMqvzRI


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川
朝倉涼子
>>1の持っている書籍『論理学』(野矢茂樹著)では、

『広い意味では私たちの言語使用一般を相手にするとも言えますが、
せまい意味ではわれわれの推論実践を問題にする学問領域』

――と解説されていますね。

特に次のような問題に悩んでいる方には有用と思います」

┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│・イメージをうまく整理できずにもどかしい思いをすることが多い    .│
│ (物事の関係を把握するのに失敗している)                │
│                                           .│
│・自分の説明はなにかがおかしい気がして首をひねることが多い   .│
│ (説明する過程で起こった論理矛盾を認識できていない)       │
│                                           .│
│・どんなに説明してもアイディアを理解してもらえないことが多い   .....│
│ (論旨が散漫になっている)                         .│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘




          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ
朝倉涼子
「『論理学を学べばこの手の問題は全て解決します!』

……とまでは言えないのですが、少なくとも解決するための
土台にはなるでしょう。

学んでおいて損は無いと思いますよ」

173 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:27:57 ID:KOMqvzRI


  /:::i::::::::::::/:::::::::,i:::::::/i:::::: /|::::::::::::::::::|、::::::::.\::::::::l:::::::::::::i:::;:::::.ヽ.
 .i::::j゙::::::::;イ :::::::::l|::::/ l:::::l  l;:::i;::::::::::::l.\::.ヽ;::\:::l:::::::::::::|::li:::::::::.ヽ.
 l::/|:::::::/:i:::::::::::|.|:::i  l ::| ヽ::lヽ、:::::::l  \:.ヽ;::.ヽl::::::::::::l::|:l:::::::::::ト\
 |:! |::::::l;:;:|::::::::::;H::!ー- _l;;|   ヽ!、ヽ__;;}-‐'''ヽ~゙\::|:::::::::::|::|:::l:::::i::::|
 |! l:::::|l;:;:l::::::::::| l;|  、.|!`   ヾ ´ >! ,;z==ュ、 `l:::::::::;l:::l:::::l::∧::l
   ヽ;:l l;:l、::::::::l     ヽ       /゙K)::iii::::! j !::::::::;l:::l^i::|:| レ゙
    ヽ ヽ|i、::::l:|             b:::lll::::l  ,!:::::::;!:: l ∧|l
          l::ヘN, ゞ=r'''"゙       ヾ:;;;;;;ノ ,!::::::/::::;レ゙ .|!
        l;:::::::lヽ      、         /::::::/::::/
        l;::::::|::ト、.   r 、 _ _       ,イ:::;イ::::/  
         .!::::l::|. ゙' 、 .|  !      ,.::':/::;/ .|::/
           ヾ;:|:|.   ゙l  !   ,,..: '" /:;イ  j/
          ヽ!  _,,ィ!  ,!゙''' ", -=、 /'゙ .ト.、_
           ,,r'''::::/  .,!.  /  /   l:::::::゙'''::.、
長門有希
「なお始める前に3点注意」

┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│1)1は一応この系統の学科の出身だが、かなりの部分が独学。              ....│
│  内容の正確性に気をつけているのはもちろんだが、ミスがないとは限らない。    .....│
│  もし突っ込みどころをみつけたら御教示を賜りたい。                   .....│
│                                                     ...│
│2)論理学はとても広範かつ奥の深い学問。このスレでやれることは一部。        ....│
│  そのため本格的に学びたいなら論理学の本を読むことをお勧めする。         ..│
│                                                     ...│
│3)今回は『仕事・学習・日常生活の役に立つ論理学』というテーマで話を進めようと   ....│
│  >>1は考えている。                                        ..│
│  そのため、論理学の範疇に入らない関連テーマも扱ったり、                .│
│  論理学なら普通やるであろうテーマを扱わなかったりする、かもしれない。       ..│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

174 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:28:21 ID:KOMqvzRI


     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{
.  | |          |   |) l .|
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |
 l└‐イ         |/ ./ |   | |
 |   |   ___,ト、/ |  |   | |
 |   |´ ̄     r'〔   |  |   | |
朝倉涼子
「それから1点お願いです。
学校の論理学の課題を代わりにやってほしくて質問する場合は、
その旨をスレの中に必ず明記して下さい。

スル―しますので」

175 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:28:40 ID:KOMqvzRI


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
美筆やる夫
「了解ですお。
でも所長、論理学を学ぶと具体的に何がいいのかもっと詳しく教えてくださいお。 

朝倉さんが軽く説明してくれていたけど、よくわかりませんでしたお。
ゴールははっきりしたいですお」




            _,..:-:‐:─::─::─::--..、__
         ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ー::‐:-‐:ァ
         /: : : : /: : : : : : :: : : : : : : |:: : : :\: : :<´
       /: : : : : : |:: : : : : : :|: : : : : : : |: : :|:: : :ヘ: : : ヘ
        / : : : : : : :|: : :.:|:: :/'|: : : : : :: :|ヘ:.:|ハ:: : ハ: : : ∧
      j : : : ::|: : : :|:‐:-|、/__ |:: : : :∧:|_,|-}‐ヤ: : :|: : : : :ヘ
      |: : : : ::|: : : :|::/_j/_`|:: : :/ _´__j;/_ V:: : : : :|\::| //
      j: : : : : |: : : :|'〒弐〒j::;/ 〒弐〒ア∨:: : : :|  `   ‐┼‐
     '´|: : : : ;|: : : :|l |f‐':::l:| '"    |f‐':::l:| l ハ:ヽ:i:: :|    r‐┼、ヽ
       |: : : r' |: : : :|、|l::t::j;j     |l::t:::j;j,' {:: : : ト、:|    ヽ-'  〉
       レヘ:.:ヽ_|:.: : :| `ー-‐'    ' `ー-‐' l: : : :| `    ‐┼‐
        \:.:|: : : | : : : ..        .. : : : }:.: :/      r‐┼、ヽ
             `レヘ: :ト、._____rュ____,,ノi: :/      ヽ-'  〉
           __,ヽ::|'´ ヽ'  メ、`ヽ、:∧::::::|:/         ヽ
         /:^:、\\  \ニニ〉 } }ヽ`ヘj/      \\
長門有希
「む」

176 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:28:55 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 論理学を学ぶメリットは? ◇◆◇◆◇◆


.

177 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:29:09 ID:KOMqvzRI

                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
長門有希
「論理学を学ぶことで次のようなメリットを期待できる」

┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│・推論する力が向上するので、裏側にある法則を導出する能力や        ..│
│ 先を読む能力が高まる                                 │
│                                                │
│・物事のつながりを把握する力が向上するので、個々の現象の          │
│ 関連性を正確に把握する能力が高まる。これは問題解決が          ...│
│ 容易になったり、他者の欺瞞に騙されにくくなったりする効果をもたらす。  .....│
│                                                │
│・論証する力が向上するので、レジュメ・レポート・企画書等を           .│
│ 作成する能力が高まる。                               ....│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

178 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:29:29 ID:KOMqvzRI


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
長門有希
「また、論理学は他の分野の土台となるタイプの学問でもある。
そのためそれ単体でも使えるが、別の分野の学習・応用に好ましい影響を与えると期待できる」




                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|
長門有希
「ただ、定量目標の設定は難しい。
先にあげた効果は>>1の経験上あると言えるのだが、
どれも数値を用いた効果測定がし辛い」

179 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:29:45 ID:KOMqvzRI



    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´
              `¨¨¨¨`゙''"
朝倉涼子
「目標は定性目標として設定し、
上記の効果が上がっていると実感できたなら
それで良しとするしかないのかな、と思います」

180 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:29:58 ID:KOMqvzRI

      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l ′
      /   / l    ′/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | ′
   // / / !  l / リ l /___    ′   ´   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `
_     /´ l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ
        ′ l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,´ }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l ′\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ´ {`>'-――‐ ¬ 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐'´_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ´      /´  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-'´`´  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i´    V _, -‐亠、´ / ̄`‐-|         l l l    l
     rr'   ヽ  ヽ   ´  _, イ ´ / ̄丶 」         l l l    l
    ハ  '、 ヽ、_冫  _ イ´  l_/       |         / / /      l     \
    /ハ、_ハー‐'ニ‐--‐'´ /     l        |        / / /      l       ヽ
長門有希
「では、それぞれの効果について掘り下げて説明していきたい」

181 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:30:11 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 推論する力が向上するって? ◇◆◇◆◇◆


.

182 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:30:28 ID:KOMqvzRI

                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
長門有希
「推論する力が向上するとは、具体的には推論のパターンを知り、
それを正確に使えるようになること、を意味している」

183 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:30:49 ID:KOMqvzRI



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ
美筆やる夫
「パターン? 推論にパターンなんかあるんですかお? 
あんなの千差万別だから学べるもんじゃねーと思ってましたお」



.

184 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:31:12 ID:KOMqvzRI
.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
長門有希
「たしかに個々の推論の内容は様々だが、つきつめれば
たいてい同じパターンを使っている。例えば」

┌────────┐
│          ......│
│・A ならば B    .│
│          ......│
│・B ならば C  ....│
│          ......│
│故に        ...│
│          ......│
│・A ならば C  ....│
│          ......│
└────────┘

長門有希
「このような三段論法はよく用いられているのを見かける。
あえて意識をしていなくても、普段からこのパターンを使って
推論している人も多いのではないだろうか」



┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│〜 日常生活で行われる推論の例 〜                 .....│
│                                         .│
│                                         .│
│・近所の肉屋は毎月29日に割引販売を行っている           │
│                                         .│
│・今日は29日である                            .│
│                                         .│
│・故におそらく今日近所の肉屋は割引販売を行っているだろう   ..│
│                                         .│
└────────────────────────────┘

185 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:31:50 ID:KOMqvzRI
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
美筆やる夫
「あー、ありそうですお」




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ
美筆やる夫
「……ってあれ? でも待って下さいお。

誰でも最初から知っていることなら、
わざわざ学ぶ必要はないのでは?」

186 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:32:10 ID:KOMqvzRI



             <えーと……なんとなくこの推論でいいような気がするんだけど
           ∧,,∧  ∧,,∧
      ∧,,∧ (´・ω・) (・ω・`). ∧,,∧
     ( ´・ω).(O┬O) (O┬O) (ω・` ) <いいのかな? よくわかんねーわ
     ( O┬O ∧,,∧. ∧,,∧)┬O )
      ◎-J┴◎(  ´・) (・`  )┴し-◎
           ( .__ l) (l __ )<自信ないなあ。間違ってたらやだしやめとかない?
              `uロu'. `uロu'

朝倉涼子
「そうでもありませんよー。

きちんと学んでいれば推論の各パターンをより正確に使えるようになります。

この点、無意識的に使っていると、理解が曖昧なまま推論を行いがちなので、
誤った推論の仕方をして時に事実と異なる結論を出すことがあります。
>>1の経験則ですけどね」

187 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:32:28 ID:KOMqvzRI
    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
美筆やる夫
「誤った推論って……そんなことがあるんですかお?」




         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
長門有希
「ある。例えば『裏を真と思いこむ』『自分が知らないものは存在しないものと見なす』
推論パターンはよく使われているが、これは間違いの元となりやすい」

┌──────────────────┐
│                           .│
│〜 『裏を真と思いこむ』例 〜         .│
│                           .│
│                           .│
│・成功者は皆努力している          .│
│                           .│
│・Aさんは成功していない          .....│
│                           .│
│・Aさんは怠慢であるに違いない       │
│                           .│
└──────────────────┘

188 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:32:48 ID:KOMqvzRI

          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |
朝倉涼子
「解説しますね。

仮に『成功者は皆努力している』が正しいとしても、
論理的には『努力している人が成功者になる』が
真とは必ずしも言えません。
(『逆と裏は必ずしも真ならず』。
現実にも『努力はしたけど成功は出来なかった人』はいますよね)

よってAさんが成功していないことをもって、Aさんが
怠慢であると断定するのは危険です。

もちろん本当に怠慢な可能性もありますけどね」

189 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:33:14 ID:KOMqvzRI



┌──────────────────────────┐
│                                     ...│
│〜 『自分が知らないものは存在しないものと見なす』例 〜    │
│                                     ...│
│                                     ...│
│・ある人が重要な仕事を行っているのを知らず、        ...│
│仕事を行っていないものと見なしてしまう             ..│
│                                     ...│
└──────────────────────────┘




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川
朝倉涼子
「これは解説しなくていいですよね。そのままの意味です。

余談ながら目立ちにくいタイプの仕事をする人が低評価に悩むことがあるのは、
これが原因の一つみたいですよ」

190 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:33:33 ID:KOMqvzRI

                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ
長門有希
「推論の特性をよく理解しないまま行っていると
このような落とし穴に嵌りやすく、
嵌った後もどこで間違ったのかなかなか気付けないので抜けにくい。

この点、明確に特性を学んでいれば
正確に活用して正しい結論にたどりつきやすくなり、
うっかり失敗した場合も修正しやすい」

191 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:33:46 ID:KOMqvzRI




                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |
   `´イ,./     └─ヽ/  ノ  |      ヘ .|
朝倉涼子
「また、もし使ったことのない推論のパターンがあったなら、
新しい考え方を手に入れられると思いますよー」

192 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:34:00 ID:KOMqvzRI


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
美筆やる夫
「要は『推論ってわかってるつもりでも理解が
けっこう適当だからちゃんと学んどけ』ってことですね
わかりますお。

推論が上手くなると何がいいんですかお?」




      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l ′
      /   / l    ′/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | ′
   // / / !  l / リ l /___    ′   ´   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `
_     /´ l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ
        ′ l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,´ }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l ′\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ´ {`>'-――‐ ¬ 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐'´_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ´      /´  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-'´`´  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i´    V _, -‐亠、´ / ̄`‐-|         l l l    l
     rr'   ヽ  ヽ   ´  _, イ ´ / ̄丶 」         l l l    l
    ハ  '、 ヽ、_冫  _ イ´  l_/       |         / / /      l     \
    /ハ、_ハー‐'ニ‐--‐'´ /     l        |        / / /      l       ヽ
   // 厂  `ー-− ´ l     l       l       / / /       l!      ヽ
長門有希
「既知の事象から未知の事象を導き出す力が向上する。
具体的には次のような能力が向上するだろう」

┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│・過去と現在の出来事から将来起こるであろうことを予測する能力(未来の予測)   ...│
│(応用で「今自分がある行動を起こすと何が起こるか」                    │
│「ある現象を起こしたいために今すべきことはなにか」を推測することもできる)     .│
│                                                   .....│
│・現在おこっている、あるいは過去に起こったことから、                   .│
│ その裏側にある理由を導き出す能力(法則や関係の導出)                 │
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

193 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:34:14 ID:KOMqvzRI



      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /
美筆やる夫
「おー、なかなか便利そうですお。
今やる夫は出来ている気がしないけど、
学べばやる夫にもできるようになりますかお?」




                   __ __
                   ..ィ.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                 ,..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ:.:.:.:ヽ、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
.           ,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.          /:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:i.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.!:.:.: ハ.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:ハ
.       /:.:.:.: i:.:.:.:.l:.:|!:.:.l ヽ:.:ヽ:.\:.:.:ヽ;.:.ト、:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.:.:ハ
.      //: /:. |:.:.:.:.l:.l !_.:!-‐ ヽ.:.:\:ヾー、- 、ヽ:.l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ト、
      /イ/:.:.:.!:.: ,:イ´∨    \! ヾ! \!\`ヾ!.:.:.:.:l:.:.:.:.:j`ヽ
       |:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.|ィニニミ、       ,.ィニニミ、!.:.:.:.:i、:.:.:/
       |:.|:.:.:/ヘ\!ヾ{:゚::;;::ヾ    〃 {::゚:;;::::} l.:.:.:./ }:/
        ヾ!ヘ:ヘ,,:イへ ヽc::::リ         ゝc:::ソ l.:.:./イ/
        ヽ ヽヘ!:.:.ヘ ` ̄    i    ` ̄ ,':.:/.;イ′
            |:.:.ハ.                /.:/:/
            |:.:|:.:|:.ヽ、   `  ´   ,イ:./|/
            |:.从!∨W> 、    .イソ'// !
            |/        ,j ` ´  lメ.′
            ′    /::ノ    /∨:\
         __... 、.- ─:::´:::ク    ....   ∨::::`:ー:..、
          |::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>,
.          /∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ
長門有希
「きっと大丈夫。
人の脳には推論を行う機能が元々備わっている。
やる夫は饅頭っぽいがそれでも人間なので出来るに違いない」

194 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:34:30 ID:KOMqvzRI


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
美筆やる夫
「やる気が出ますお。

……饅頭っぽいは余計だけど」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |U  | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川
朝倉涼子
(私はむしろバイブっぽいと思うけど、黙っとこう)

195 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:34:48 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 物事の関係を把握する力が向上するって? ◇◆◇◆◇◆


.

196 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:35:08 ID:KOMqvzRI



      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l ′
      /   / l    ′/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | ′
   // / / !  l / リ l /___    ′   ´   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `
_     /´ l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ
        ′ l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,´ }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l ′\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ´ {`>'-――‐ ¬ 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐'´_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ´      /´  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-'´`´  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i´    V _, -‐亠、´ / ̄`‐-|         l l l    l
長門有希
「一口に物事の関係と言っても、その内容は一つではなく、複数ある」


┌────────────────┐
│                       .│
│〜 よく使う物事の関係 〜      ......│
│                       .│
│・原因 と 結果(手段 と 目的)   .│
│                       .│
│・全体 と 部分            ......│
│                       .│
│・抽象的概念 と 実体         .│
│                       .│
│・無関係                   .│
│                       .│
└────────────────┘

197 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:35:27 ID:KOMqvzRI


      ,.、-- 、
  __r-'、' 、` 、 `ヽ
  ,l '  lヽl' ヘ、_,,、、、 ヽ
 l´ l ヘ   ヾ _,.ト、,ハ,ヽ
 |  〉'´ヽ    r'_:)ト',゙lヽ.\
 l ', ','Y')'ヽ  , ゙ ー' ヽ', ヽ\
  Y、ヽ<゙ zタ   。   ノ 、丶 ` `‐_-_‐ニ
  ヾ,Y ヽ    _, ィ')‐ヽ. ',-、_ 、    ̄7
    ',lヘ `'T'''ス_`__ノ \',ー''"  `、:、./
    ll ', ヽ'、 , <, ┼┐ヽ     ヽ
    ll ヽ>-、,l ム l ┘ ヽ , ' ´
    リ  (>-' ',     ,.<ヽ>
    |   l   l_,..,-r‐'ヽ >< ヽ
    |     ',_,..L..'-r‐''´  `´
      ̄ ̄     ヽj
朝倉涼子
「ここではよく使うものを挙げていますが、
細かいものも含めればまだまだあります」




            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
長門有希
「これも先ほどと同じで、意識して認識できているか
否かが理解度の差として現れる。

それぞれがどのような関係なのかを学んでおくべき」

198 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:35:44 ID:KOMqvzRI



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
美筆やる夫
「なるほど。でも所長、ひとつ質問ですお。
今挙がってるものは後でやるだろうからそれでいいとして、
それ以外のものはどうするんですかお?」




ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  ヾ.|i.|:::::::i, ////   、  //// /::::
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:
長門有希
「手が回らないので省略する。
自ら調査して情報を得、得た情報から推測してほしい。
問題が軽くなるよう、よく使うものは挙げたつもりだが」

199名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 16:35:59 ID:5lfTvaLI
たまに努力の方向性がおかしいこともあるな

200 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:36:06 ID:KOMqvzRI



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /
美筆やる夫
「うっわ放り投げた」




                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|
長門有希
「物事の関係は社会的なもの(例:上司と部下など)や手続き的なもの
(例:発行手続と許可証など)など細かいものも含めれば
無数といっていいほど存在する。

全部やるのは無理」

201 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:36:50 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 論証する力が向上するって? ◇◆◇◆◇◆


.

202 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:37:12 ID:KOMqvzRI



           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く
長門有希
「『論証』という単語自体があまり使われない用語なので、まず論証の意味から先に説明する」



┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│〜 論証とは? 〜                                       .│
│前提となる命題と、そこから導出された結論となる命題を含む、命題の集まり  ....│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

203 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:37:29 ID:KOMqvzRI


      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \
朝倉涼子
「出来る限り正確であれと思ってこう書きましたが、なんだかわかりにくいですね……。

簡単に言えば、、『根拠と、その根拠を使って出した結論が含まれている文章』です。
やや語弊がありますけど」

204 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:37:55 ID:KOMqvzRI


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|
朝倉涼子
「それから、『論証する力』とは、妥当性が高い結論を含む論証
を用意する能力、といったところです。
それはつまり、信頼性の高い前提を用意し、また、
正しい推論の方法を用いる能力でもあります。

論文・レポートや企画書を書く際には特に求められる能力ですね」

205 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:38:15 ID:KOMqvzRI


          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
美筆やる夫
「あ、ピンときたお。

要するに、良い論証のためには正しい推論が必要だから、
正しい推論の方法を身につけろってことだお」




        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
長門有希
「そうなる」

206 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:38:38 ID:KOMqvzRI



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/
長門有希
「ただし一点注意。

正しい推論の方法を知ることは、良い論文(企画書でもレポートでも記事でもいいが)
を書くための必要条件ではあるが十分条件ではない。

実際の論文は推論が正しいこと以外にも、
根拠の確かさ・テーマの有用性といった別の要因も求められる。

論理的に正しいだけでは不足」

207 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:38:55 ID:KOMqvzRI


( /´:::::::::::_;:::;--┬┬--::、:;_:::::::::゙ゝ┐ノ |
 | _,.ィ",ィ=-.|  | "「゙゙Tト | | `゙l'‐-、|   |
 Y | ヘ Lニ、   リ ,ィ=ミ,、 | |  | ミ 〔   |
  | | _l7ro小   ら゚ハ仆 |  .|´ ̄}  .ト、
  .}-} ヘ マ:、.リ    ヤ'、ソノ'/  トr┬| _|:::::ヽ
  .| .| .|. `゙´ `   `´ /    リ .| |`´:::::::::|
  | |  ト、_   -‐'  _,/    / | | |:::::::::::::ノ
  | |   | `゙Tヘニ"/  /  | |├ー'"
  | |   ハ ./ィ´/  ,..ィ'ヘ | ∧ ||
  | ハ  |〉'7 /  /   ハ .|  ∧||
朝倉涼子
「蛇足を加えますが、今の長門さんのセリフから

『論理学をやってもいい論文を書けるとは限らないってこと? 
それならいい論文を書くのに論理学は必ずしも要らないよね』

と推論した人は、アウトですよー。もう一回考えてみてください」




       ___
      /     \
    /      U\
    /::::::           ヽ
    |:::::          i
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)
美筆やる夫
「……」
(↑昔「勉強ができてもいい人生を送れるとは限らない」
よって「いい人生を送るのに勉強は必要ない」
と似たような推論をやらかしたことのある人)

208 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:39:20 ID:KOMqvzRI

      ,.、-- 、
  __r-'、' 、` 、 `ヽ
  ,l '  lヽl' ヘ、_,,、、、 ヽ
 l´ l ヘ   ヾ _,.ト、,ハ,ヽ
 |  〉'´ヽ    r'_:)ト',゙lヽ.\
 l ', ','Y')'ヽ  , ゙ ー' ヽ', ヽ\
  Y、ヽ<゙ zタ   。   ノ 、丶 ` `‐_-_‐ニ
  ヾ,Y ヽ    _, ィ')‐ヽ. ',-、_ 、    ̄7
    ',lヘ `'T'''ス_`__ノ \',ー''"  `、:、./
    ll ', ヽ'、 , <, ┼┐ヽ     ヽ
    ll ヽ>-、,l ム l ┘ ヽ , ' ´
    リ  (>-' ',     ,.<ヽ>
    |   l   l_,..,-r‐'ヽ >< ヽ
    |     ',_,..L..'-r‐''´  `´
      ̄ ̄     ヽj
朝倉涼子
「それから、正しい推論の方法を知っていてもミスはしますので油断は禁物です。
弘法も筆の誤り、ですね。

論証に関してはプロ集団であるはずのとある新聞が、
以前このような主旨の記事を載せちゃったこともあるそうですよ」


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│・異なる価値観を認めるべき。私たちは異なる価値観を認めない人を認めない。   ....│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

209 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:39:44 ID:KOMqvzRI


                  //               ヽヽ
                    | |                 | |
                   | |                 | |
                  |_| f「l            「| | |
                 {三}」 L,,          」 L{三}
              ___   У    `ヽ       /⌒゚¨゚⌒ヽ x===、
            / ̄ヽ∠ィ∨∨∨V     l/l/\l\ト仆、_n ム
            レク) /二二二二二}     ,'二二二ニニム_ `V
            ゝ/二二二二二二}      lニ>' ´ ̄ ̄ ̄`ヽく
                //二!   /\二二}    l二l        ∧ハ \
          /7/Yfテ l  / `ヽ\二l     lニl  /⌒Vl /fテハニ ヽ
         /二レ'  じ゚ ∨ `fテ l ムニ|    |ニ|  |Yfテ V じ゚ ヘ!ニニム
        /二二八      じ゚/ / 二|     |ニl  | じ゚      丿 二二ム
         /二二二 >、^____/ / 二|    lニヘ 之__, ^ <二二二二ム
      /二二二二二二二二 ノイ 二二|     lニニトイ二二二二二二二二二 ム
        {二二二二二二二二二二二二| ; ;   l二二二二二二二二二二二二}
        {二二二二二二二二二二二ニ/ '    'V二二二二二二二二二二二 }
      {二二二二二二二二二二二/ ,' '   ',V二二二二二二二二二二ニ'
       V二二二二二二二二二二'  ,' ,'    ,\二二二二二二二二二ニ'
       `マニニニニニニニニ / //       ヽ \ 三三三三三三三У
          ` <二二二二>' _ /         \ ` =ニ二三三三>'

長門有希
「解説する。

『異なる価値観を認めない』のもそれはそれで価値観なのだから、
これを認めないのは異なる価値観を認めないことになる。

これでは『異なる価値観を認めるべき』という前の文と論理矛盾を起こしてしまう」




      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \
朝倉涼子
「そういうことですね。
これがもし『価値観Aを認めるべき。私たちは価値観Aを認めない人を認めない』
であれば論理矛盾を起こさなかったのですが」

210 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:40:09 ID:KOMqvzRI



◆◇◆◇◆◇ 次回予告とティーブレイク ◇◆◇◆◇◆


.

211 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:40:29 ID:KOMqvzRI
           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
長門有希
「以上でイントロダクション終了。
いったん休憩しよう。
翠星石、おやつを出してほしい」




                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
翠星石
「かしこまりましたですぅ。今日のおやつはプリンですよ。
モデルは金糸雀さんです」

212 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:40:59 ID:KOMqvzRI



【今日のおやつ : 脳みそ型プリン(前所長の残したレシピに基づいて作成)】
           ,.,,,rー'⌒'''〜v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
        ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,
      ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
     ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、
    r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ '\r!..,,,..) ..),,) ,)
    r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ  
    ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿 
   .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i 
   (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}
    l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿  
    `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
      .`ヾ;_,,;;r-〜'''_"\/ "_`''''〜-; ; ;---r'"彡"


.

213 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:41:21 ID:KOMqvzRI



          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |
朝倉涼子
「おいちい! 翠星石さんお料理上手ー」




     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
美筆やる夫
(……このプリン、味はいいんだけど
異様にリアルなのがなんか嫌だお……。
なにも血管まで描くことねーと思うお……)

214 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:41:43 ID:KOMqvzRI



                   _____
                . :  ´. :. :. :. :. :. :. :`:   .、
             . : ´. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : . : ヽ.__
.          . ::´. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :`ヽ.
     _. イ. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : :ヽ. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ
  ー≠ -‐ァ. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : :ヘ. :. :. :. :. :. :. :. :. : ':.
     /. :. :. : . : . : /. :. :. :. : . : . : . : . : ハ. :. :. :. :. :. :. : . : :ハ
    .イ. : .::/. :. :. :. :/. :. :. :. :::i. :. :. :ヽ. :. :: : '.: . :.′. :. :. :\: .: '.
.   /. : . ::.′ . : : ィ/}:i. :. :. : :|. :i. :. ::ハ. : . : : ; :/ . : ヽ: j. :. :ヽ. :'.
.   :′:/l{. : . ::/ー! 小. : . : :|. :{ヽ . : } . : . : }:′. : :ハ′: 、 . : :'.
.   {/  i : ! :. :{. ::| {リ.∨. :. :ト:.:| 丶. :ト、. :. :.′ . :. :.:.::'.: :. : \::∧
.         {:: |:: :小ィテ云ミV .:.:.| ヾ -‐ヽ! 丶. :. :. :. :.':、: .;. :. : . : }ミハ
         '.::ト :.:.ト、! {:: 刋 ':、::!  ィfテ云ミx 冰. :. ::′':.:.:|. :. :: : ′`ヽ
       ヘl '. .:!: :代zソ  ヽ{  {::し:沁 .′. :. ::f´ハ: }. : :/::′
         ヽ{. :{wx      弋辷ソ レ;. :. :. :|´ Ⅳ. .:/ヘ{
           :':::八    '      xwx j. : :/::{‐''´∧:::′
.          {/∨::>  )- 。;      イ.: :厶 |∧/ ヘ{
      乂    ∨ |`  > __   < .': :/ ヘ{
  もぐ  ー    ヽ{   .イ  }    厶イ斧ー- ._
    もぐ     _,. -‐<   !´       ー-}    >ー- .
           {.       {< ̄>ー- 、j       .イ!
             .'ヽ.      |.        :'      /:::::ヽ
         /.:::∧      |      .′      ./::::.r::∧
           / .::::::∧     |       .′     / /::::::::ヘ
.        .'.: ::::::::{ハ       !      /       /:/:ィ'´:::::::∧
        ; :::::::::::::'.::::ヽ     :{     ./    才´:::/{::::::::::::::::::ハ
長門有希
「さて次回になにをするかだが、論理学の基本となる命題論理と、
その理解に必要な専門用語や記号について解説したいと考えている」

215 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:42:10 ID:KOMqvzRI


                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |
   `´イ,./     └─ヽ/  ノ  |      ヘ .|
朝倉涼子
「なお全体では下記のようになる予定です」


┌──────────────┐
│                   .....│
│・イントロダクション         │
│                   .....│
│・命題論理             ...│
│                   .....│
│・述語論理             ...│
│                   .....│
│・物事の関係           .....│
│                   .....│
│・推論                 .│
│                   .....│
│・論証                 .│
│                   .....│
│・文章作成や会話への応用  ......│
│                   .....│
│・論理学と統計学の関連      │
│                   .....│
└──────────────┘

216 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:42:35 ID:KOMqvzRI



       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |
朝倉涼子
「……言っておいてなんですけど、
なんかすっごく範囲が広いですね。

あくまで予定だから変更はあるにしても、膨大すぎるような……」




                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/  
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:./
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ
長門有希
「その分浅くやるのでトータルの分量は抑えられるはず。
なんとかなるだろう。1スレで収まることはなさそうだが」

217 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:42:58 ID:KOMqvzRI


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /
美筆やる夫
「ってか自分はエタらないかが心配ですお」




 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|
朝倉涼子
「そこは大丈夫でしょう、たぶん。

>>1の論理学のお勉強ノートをやる夫スレ化してるだけだから
負担がそんなに大きいわけじゃないし、
『独学ならではの見落としに突っ込んでもらえればラッキーだなー』
なんて下心満載の動機もあります」

218 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:43:30 ID:KOMqvzRI



                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|
長門有希
「そういうこと。
もっとも、テーマがテーマだけに突っ込みを入れてもらえるほど
人が集まるのかどうかという問題はあるが」

219 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 16:44:01 ID:KOMqvzRI



┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│                                                                │
│             【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです                   ......│
│                                                                │
│                                                                │
│             第1回 イントロダクション 〜 論理学マジおすすめ 〜                ....│
│                                                                │
│                          おわり                                  │
└────────────────────────────────────────────┘


.

220名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 16:46:11 ID:5lfTvaLI

話が難しいから人来るかどうか怪しいのは否定しきれんわな

221名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 16:48:27 ID:5NLcZ53U
乙でした!
論理学の授業は宿題が頭パーン! ってなるくらい難しかったなあ。
授業自体は「なるほどなるほど」の連続だったのに。
…つまりは身についていないということですねわかりますorz

222名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 16:50:16 ID:a92sWIWU
乙ー

最後の最後でプリンが脳みそなのでノヴァをすぐに連想しちゃったぜ

223名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 16:59:01 ID:DGvUVrhE
乙。おやつの趣味は師匠譲りかw

224名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 17:17:55 ID:9FNi2kok

「うるさい黙れ」のAAを貼りたくなった俺はきっと短気

225 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 17:18:31 ID:KOMqvzRI

>>220 話が難しいから人来るかどうか怪しいのは否定しきれんわな
そうなんですよ(汗)
なるべくわかりやすく、実用本位で進めるつもりですが、テーマがテーマだけに
それでもどれだけ人が来てくれるやら、ですね。
前回みたくエロで釣るわけにもいかないしw

便利なんですけどね、論理学。



>>221 論理学の授業は宿題が頭パーン! ってなるくらい難しかったなあ。
論理記号をいじくりまわしてると今なにやってるのかわからなくなってくることが
ありますねw
抽象度の高い問題って理解がけっこう大変というイメージがあります。


>>222 最後の最後でプリンが脳みそなのでノヴァをすぐに連想しちゃったぜ
彼が残したレシピですw


>>223 乙。おやつの趣味は師匠譲りかw
原作ではまだプリン型でしたが、今回は脳味噌まんまですw

しかしどうして「モデルは金糸雀さんです」という翠星石の
おかしすぎるセリフに誰も突っ込んでくれないのでしょうねw

226名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 17:20:53 ID:OuBMwBMw
脳の形も個体差がでるのかな

227名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 17:40:31 ID:rzSYQ.s6

今、野矢茂樹の論理トレーニング101題やってる俺にはうってつけのスレです

228名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 18:47:07 ID:zaUVXnaA


>しかしどうして「モデルは金糸雀さんです」という翠星石の
>おかしすぎるセリフに誰も突っ込んでくれないのでしょうねw
多分「この場」において「おかしい」と判断する要素が薄いから
「ここならそれくらいやるだろうね。翠ってばお茶目さん」くらいで済ませても「おかしくない」から
故に、「どうして」という言葉に返す言葉は「あんたのせいだwww」としかw

229 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/25(日) 18:48:03 ID:KOMqvzRI


>>226 脳の形も個体差がでるのかな
個体差はありそうですけど形よりは中身なのかなという気もw


>>227 今、野矢茂樹の論理トレーニング101題やってる俺にはうってつけのスレです
おお、いらっしゃいませ。
自分が参考にしているのは野矢茂樹さんの『論理学』ですが、
あの人の本はわかりやすくていいですよね。

このスレがなにかの参考になれば幸いです。ご指摘もお待ちしておりますw

230名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 18:57:08 ID:WZC/uzhs
化学部だけどイミフ

231名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 19:17:10 ID:pIx8QzW.
元法学部だが中々に面白い。
論理学は入門編みたいなのだけ一般教養でやったんだよね(それ以上のステップは無かった。多分人気がなかった物と思われ)。
課題を解いていて、プログラムのソースを書くのに似てるなーと思ったのを覚えてる。

232名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 21:08:29 ID:b8llSLS.
>>211
すごく…順応しすぎです…
教授、このプリンで「ヴィクトリープリン! おいちい!」とかやっとったんかいwww

しかし、ノヴァ教授はあれだけアクが強いのにAA少ないですな
原作はそんなにマイナーでもないはずだけど

233名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 22:09:17 ID:cm21/Mao
倫理って聞いて今一番思い出すのが自分の国の首相だった あぁ・・・

234名無しのやる夫だお:2010/04/25(日) 23:35:38 ID:AN8F0w7Y
>>233
倫理ってスレのどこかに出てきた?

1さん乙です。なんか変わったスタイルですね。
論理学の初歩みたいなものは公務員試験の教養でやったけど、
結構面白かった。できればもう少し学んでみたいので、このスレが
その取っ掛かりになってくれるのではと期待してます。

235名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 01:47:14 ID:rN.ce3y2
論理学の基本原理
・同一の原理・・・・・・A=A:犬は犬である(概念の一義性)、B=B:犬は動物である(比較的同一)
・矛盾の原理・・・・・・AはAであると同時にAでない:同一対象の肯定と否定は同時にすることができない(否定判断の基礎)
・排中の原理・・・・・・AはAであるorAはBである:いずれかの肯定、ないしは否定によって中間のものを排除する(思考の明確性、選言判断の基礎)
・充足理由の原理・・・・・・思考を根拠と帰結との関係においてとらえ、そこに一貫性がなければならない。

形式論理学の三要素
・概念
 ●多くの事象を観察し、個々の事柄の類似、ないし区別によって確立する。(比較)
 ●対象を、構成要素に従って一致する部分、しない部分に分割する。(分析)
 ●分析された構成要素を結びつける。(統合)
 ●対象に共通する一般的(本質的)性質を取り出し、特殊的(偶有的)性質を捨てる。(抽象)
 ●抽象された共通の諸性質が一つに統合され、それが普遍性・客観性を獲得すると概念が形成される。(概括)
 ●概念を言語的に表現する。(命名)
・判断
 ●疑問文、命令文、感嘆文を排斥し、主語・述語・連語によって表現された形式で表される。(命題)
 ●無条件か条件付か(関係)、全てか一部か(量)、肯定か否定か(質)によって分類される。
・推理
 ●既知の判断(前提)を根拠として新たな判断(結論)を導き出す思考形式。

疲れたし、誤謬論まで触れるの面倒だからここまで。

236名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 02:16:20 ID:B0DqAxcc
とても重要な事を聞くのだけど


もうエロは期待できないの?

237 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/26(月) 08:02:38 ID:tOe3PS3U
うお、なんかクオリティ高いレスついてるw
よく考えてからレスしたいのでさしあたって簡単なところだけ

>>236 もうエロは期待できないの?
ないですが、まあせっかくなのでドゾ。



                    _,. -‐‐- 、
     ,.-==…- 、        '´      \ 、 __ _
   ,.ィイ       ``ヽ、 ,/          ヽ     ̄``
  .〃 ;            j〈               l
  り; ,′       ,r<ミシ j            ト、
  }1;,'   ``ー-y'´   ',::::j           ′  >….::;;
  ,′;;',      ,入    V''7   z-、、ノ,,, \ /′,r'"  .::;'´
  i; ;;~`ヽ       i   ,.イ ,;;;;   ( 一) (一)'' /    .;;'
  l; ;;   ',      i、_ノ i ;;;;;;、   ,::;' ,  7"´1 U  .:;;'
  .V/     ` ,  .::′ `ヾi ';;;;;;;;;、,(____人__)  1   .:;;'
  i1      ,..イ     `ヽヾ;;;;;;;;;;;:`ー'シ′  1ィイ彡;;;;.
   i1    ミミy′        `ヾ;;:;;;;;r'゙     j毟彡;;;/
    i1  `ミミy'′  U               jミミミヲ´
   .i1  .:;ィ毟;:.         i ;.        ,′`y′
    i1:::::. '゙゙゙'`1:::::::.   u   ! ;;.  U    ,′ ,′
    .l.::::::::.   1::::::.;;。;;       ! ;;.     ;;。;;i  ,.′
    ',:::::::.   厂`ヾ     ノ ;;:.     ,'1  j
     ',::::::.  j    ゝ---‐'´  `ミ;;、 ____ノ 1  j
     i::::::.  j  ̄`ヽ,,_            ,'  /
     ',:::::::. j ̄``ヽ ;;.. _ _ _;;'゙ ,, 、、、,,,ハ彡′
      ',::::::::..::ニニヽ ,′     j     ; ,X′
      ヾ;;;;:.ミミヽ 、,′   _ノj     ; ノ }
       ヾ;;:ミミヽ.:::'""""゙´  ,'`''ー……'´.::;}
        〉トト、  .::.     .;;.  u   .::::::',
        ,';;′',;;、      ,r孑     ,:′::::!
         i;;;  ;;;;、           ,:′ .::,′
         l;;;;;、    u        ,′ ,r'1
       ハ:´``ヽ             / 1、
       ハ´``ヽ    ヾミミミy彡  /  1 ヽ

238名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 08:05:10 ID:co0d8vR6
さすがにちょっとひどすぎると思うw
つうか微妙に危ない毛が見えてるしwww

239 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/26(月) 08:09:23 ID:tOe3PS3U
意表を突くのが大好きなんです自分w

でも自分でやっといてなんですけどホンットむさいですね……
自爆したかもorz

240名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 12:24:51 ID:jXHEJapg
乙でした
学生時代、古典論理学を受講した記憶がうっすらと蘇ってきました。
いろいろ命題を設けては、逆、裏、対偶を求めるのに熱中してたなあw

241名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 15:43:00 ID:muazKW7s
よし!さっぱり分からないwww

便利そうだが…、面倒だよねぇ。理屈っぽくて。

242名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 16:48:09 ID:iT1/WtH2


自分もこの分野を学んだ身だけど、論理学を学ぶことで発生するデメリット
(あるいは学んだ人間が陥りやすい落とし穴)については解説したりしない?

243 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/26(月) 22:36:17 ID:tOe3PS3U
>>228 「ここならそれくらいやるだろうね。翠ってばお茶目さん」くらいで済ませても「おかしくない」から
かっ飛んだ世界観ですよね思えばw


>>231 課題を解いていて、プログラムのソースを書くのに似てるなーと思ったのを覚えてる。
実際に論理学の考え方をプログラミングでも使いますよ。
論理演算子はまともに選言・連言とかぶりますし(これは第2回でやります)、
オブジェクト指向で使う特化・汎化の考え方は論理学でいうところの含意と関係します
(これは第2回と第3回でやります)。


>>232 しかし、ノヴァ教授はあれだけアクが強いのにAA少ないですな
そうなんですよねー。良いキャラなんですが、やっぱり萌え要素が足りてないから駄目なんでしょうか。


>>234 できればもう少し学んでみたいので、このスレがその取っ掛かりになってくれるのではと期待してます。
おお、ご期待とスレの方向性がピッタリです。まさにそういうスレになるべく連載を開始しております。
もっとも、うまく方向性と整合性を保ちながら実体レベルまで落としこめるかという問題もあるわけですがw


>>235 論理学の基本原理
まとめお疲れさまです。ありがたく連載の参考にさせていただきます。

というか1行に含まれている知識の広くて深いことw
1レスにやろうとしていたことのかなりの分野が含まれてましたwww

ただやはりというべきか、自分が勉強した内容と微妙に差異もありました。
学者さんによって内容(と用語w)が微妙に異なるのが論理学の難儀なところですねorz


>>240 いろいろ命題を設けては、逆、裏、対偶を求めるのに熱中してたなあw
含意は奥が深いので考え抜けますよねw
第2回でやりますので是非お楽しみに。


>>241 便利そうだが…、面倒だよねぇ。理屈っぽくて。
便利さをとるか余暇をとるかですねw


>>242 自分もこの分野を学んだ身だけど、論理学を学ぶことで発生するデメリット
>>(あるいは学んだ人間が陥りやすい落とし穴)については解説したりしない?
えっと? 客観的世界の話になりやすい形式論理学に意識が偏りすぎることで
相手(と自分)の主観的世界への配慮を忘れがちになるんじゃないかって危惧ですか?
(もっとも、それは相手の意見を圧殺したいという願望が先にあって、
論理学は道具として使われるってだけなので、論理学が直接原因とは言い難く、
よってどうも的を射ていない気もしますが)
それとも誤謬・詭弁? 実用性を忘れて枝葉に拘りすぎる件でしょうか?

デメリット(あるいは落とし穴)だと抽象的で範囲が少々広いので、
もうちょい具体的な内容に落とし込んで下さると助かります。

もしご質問の内容が、主に人間の主観的世界を相手にするという前提で
考えるべき学問、つまり説得術とか交渉術、政治学、心理学といった
分野にも触れるか否かという話なのであれば、もしかしたらやるかも、
と現状ではお答えできるのですが。

244242:2010/04/27(火) 00:10:14 ID:eGWld8Fs
失礼、漠然としすぎてましたね。
論理学を学びたての人間がついやってしまいがちな(若気の至り的な)行動のまとめですね。
つまり「論理学の運用上の注意」のことです。薬で言うところの「用法・用量を守ってお使いください」みたいな。
まあ、大体>>1氏が>>243で挙げられているようなことですね。

論理学を現実をさばいていく武器とするなら、

・武器を使うことが楽しくて、所構わず武器を振り回して周りが見えなくなったり
・武器の性能を過信して、世界のすべてをさばける気分に浸ったり
・相手も自分と同じように武器を手にしていると思って、斬りかかってみたり
・面子や状況を考えずに相手を斬りつけて、ひんしゅくを買ったり
・綺麗にさばくことにこだわりすぎて、他のことがおろそかになったり

そんな感じの行動です。
論理学自体はかなり便利な武器ではあるけれど、メリットばかりに気を取られていると足をすくわれるよー
ってなことを書いた方がいいんじゃないかな〜…と思った次第です。
元々やるつもりだったら、ごめんなさい。

245 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 00:36:12 ID:PHcH89ao
>>244 論理学を現実をさばいていく武器とするなら、
剣術習ったら辻斬りしたくなる、みたいなw
早いレスどうもです。

そういうのは考えてなかったんですが、
どうしましょうね。

まあ後から思い出すだけで顔から火を噴きそうになる黒歴史を抱えるのも
オトナになるための通過儀礼じゃまいかと
思う自分もいるわけなんですが(笑)、
使える論理学、というのが今回のテーマなので、
実際に使う際に気をつけるべきこと、みたいな
内容で触れてもいいかもですね。

246名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 01:42:21 ID:GlDJan1o
>>235
2行目ですでに誤字が。
×B=B:犬は動物である
○A=B:犬は動物である

だよね。文脈からすると。

247 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:39:58 ID:PHcH89ao
>>246 A=B:犬は動物である だよね。文脈からすると。
おや? 自分は同語反復みたいなものかと思ってましたが、
言われてみればその可能性もありますね。

どうなんでしょう?>>235

248 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:40:40 ID:PHcH89ao
ま、それはそれとして朝っぱらからはじめます。

249 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:40:55 ID:PHcH89ao
┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│     【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです          .│
│                                            ....│
│                                            ....│
│       第2回 論理学の基本 〜 命題論理(1) 〜          .....│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘

250 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:41:13 ID:PHcH89ao

          /                             \
.        / /    /   /         \         丶
.      / /  /  /   , /  .i        丶    ヽ    ヽ
      //.:   / ::/  .:::/ .:|  .::l  、   .::.  :ヽ   ::..:',    .ハ
.     〃/.::/ .:/ .::,' .::::/ .::!  :::{   ::\ .::ヽ::.  ::l   :::::::l: :. .  ハ
      l.::,' : .:l :::::l ::::::l ::::{  ::::ヽ ::::::::\:::::ヽ::.. ..::l  :::::::::l::: :: :::. :l.:l
        |:/! :.:::| ::::ハ : ::∧::::八. .:::::i\..::::::l \::::\::::l  :::::::::l::::::::::: ! |
        |{│.:.::::| ::::::ハ ::l ヽl  ', :::::|  ヽ::::l  _\{-ヽ|  :::::::::|:::::::::::: i::l
       ! ! :. ;小、.:::::{ 代ート、 ヽ ..::l   >七´__,ィ=-、.」  :::::::::j::::::::;::: l:,'
        ', :::: l:: \::ムx≠于=ミ、\ヽ x=≠旡丁 `ドレ!  ::::::::;イヽ ::i:::::リ
          ヽ:::::lヽ::::\<ヾハ{.::::ヽヽ _ {    V、::::::.}├|  :::::∧ l:::,' .::/
         \l ∨::{!ハ  Vzイ} {!⌒ヘ}    r'zィリ / l .:::/ } ,ノ/l:::/
           `  ',:::ゝム   ー' /   ヽ、   ̄ノ' | ::/ フ´::/ ル′
              ヽ::::`ヘー ‐ '´ '      ̄      |.::/´;::〃/
              ヽ::::{\      ャ‐、         jl:/::/:/ ″
               \:ヘ ヽ 、    ¨        //イ::/V
                 \!  ヽ>,、     , イ 〃:|::ト、
                     ヽj父rー<: : : : : : : {::l) ヽ、
                    /...::::::| : : :    : : 'y'     \
                   / .::::::/ノ      : : /        \
                  / .:::::::::::{′    : : : : :/           \

長門有希
「では講義を再開しよう」

251 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:41:25 ID:PHcH89ao

【水銀燈ピンナップ 1】
┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│              _ 二二二 _ `  、                            │
│          / ...::.::.::{薔}〉::.::.::.::.:..丶 \                          │
│         //..::.::  -――-  ::.::.:..\ \                        ..│
│         /.::.::.::/         \::.::...\ ヽ                      ....│
│        /.::.:/              \::.::.::ヘ '                        .│
│       /.::./      |         l   |  ヽ::.::.:l i                     ......│
│       |.::/   |  | | l    | |  | l |   ト::.::| イ                      │
│       |/l  | ‖ | || | || | l l| | |l | ハr‐く |                     ....│
│       | |  |_」L _| |‖ | |! | |イl 厂||_| .'  |::.::.ハ                     .....│
│       | |  |ノ_ヽ_l_`ハ l l jノ斗≠Tド/   |::./.::}                       .│
│       _rく|_||リバ扞 ㍉ヽ     ヾ辷ソ / / |/.::/|                     ....│
│    イ:ノ rく::{_| ヽ、 ゞ= '        ̄ / /  〈::/ |                     ....│
│   / ::iハ \ヽト ヾミ /// 丶  /// 彡イ   / l  l                     ....│
│  l :i l ::ヘ  ヽ:: :: {` \    ー‐'    イ/  /l l |                       │
│  |::i | ::ハ . >-ヽ釗 l> 、 __   ´  ;′ , | ||イ‐ 、                     .│
│  |i :ト! :| ::ハ   ,' //             |! ;:::/ノイ  │                   .│
│  |ハ| .Y| ::| |  | /イ   ` ー-、  , ─ | ! ;:/      │                   .│
│  l!ヘ | | ::!:|  l |::|            |  :|       ,'                   ....│
│   ヽヽ|7::フ/   レ7::|            i|  :|       ,'                     .│
│     | ::7/   | )::|、   ヽ/     i|  :ト    i                    ...│
│     ノ:://   | (|::((.    ./       !| :||      |                     .│
│    ソ:ノi′   iヘ_)):))    i        !| ;:|.|     |                     .│
│   ,rン'|:|    lヘ: :/              | ;: |     !                     .│
│     リ.    ,'人     人       |;:i;:i       i'                      .│
│     |    ノ/ |` ー - '  ` ー   ' |;:i;{    .i                    ......│
│     i    / 丿                  |;:|    │                      .│
│     i   ,/ /               |;|     │                    .....│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

長門有希
「まずは論理学の基本、命題論理から行う」

252 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:42:04 ID:PHcH89ao
【水銀燈ピンナップ 2】
┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│          /          イf它メミー-   < _  く ̄\               ....│
│         ィ⌒´/ ̄廴   / {い辷彡ク―- 、 \\  _〕 \ヽ               │
│        f´l |  /  / ハ/ / >=≠=ー-   \ \ヽ __厂ヽ \              ..│
│       | //   / ///   ′    ヽ ` 、\ヽ (_  ∠二ニ、          ......│
│      /⌒7⌒ー┬ァ   / / /  l   |   l     \  l l / - ― r'             .│
│    /| //  /厶  l /  / l l|   l| |l  | |l   l ト、| 〃.::.::.::.:て |             .│
│     ヽ|′  ノ  /ヽィl   ′| l|   l| |l  | |ト、  | l | l〈″ ::.::.::. 〈|            .│
│      lノ     ´ ̄ 川  l| |||」|   l|`T 7 ハT | l | | | ::.::.::.::.::.::| |              │
│      ⊥∠ ̄`ー-<⌒ 川  |l kヘ 八   | |/,,斗=ミk j | ! | ::.::.::.::.::. | |             │
│    \::.::.:-‐''´ ̄ ヽノ川  |l_|孑テミ\ | l〃 弋ヅ゙} ' 从 |::.::.::.::.::.::.| |\          ......│
│      ヽ ::.::.::.::.::.::.::..\ノ|  lヘド _ゞソ       ̄ / /|_j::.::.::.::.::.::.| |\ ヽー- 、       │
│       ヽ ::.::.::.::.::.::.::.: >ヘ l 八 /// 、    /// /l |´::.::.::.::ー―{  、  ̄ ヽヽ     .│
│          \::.::.::.:: /..:::..\{  ヽ     __,、   イ l| |\::.:..\::.「::.弋_ \ \ }ノ    .....│
│           〉、::.:〃.::.::.::.::|〔_ト   ト   ` ̄  /┼ノ |::.::.ヽ::.::.ヽ|::.::.: ノヽ l\ ヽ      .│
│         / ハ礀 ::.::.::.:: j  |  |├]>  <__/l/  ; ::.::.::.::.::.::.::.: /   '.| ヽ ゛、   .....│
│.        / / l | | ::.::.: //..::|  |ノ└―イロト、  /  ∧::.::.::.::.::.::.::.: { | l |、  }|    .│
│       / / ハ」 ::.:://..::.::. ' 〃   〃 || || ヽV  ′ヽ ::.::.::.::.::.::. 〉 l || \ ノノ      │
│      / / / 弋_::.::.::.::.::.::.::l  ||   {L ノ| |Lノノ  /  .:..\::.::.::.//j:i、   ノ人  ヽ       │
│      ´ / /   / `7⌒ヽ/ | ノ|ー- _ ̄   ̄イ ;′.:´   \:.ヽ{i:i:i:i:ト--<ハ  }      .│
│.     /  イ \ー ‐=彡i:i:i:i:iノ .:|{ l    `ヽ   |l {          ヽ::..\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、      │
│    / / 乂  >i:i:i:i/i:i/:i:i/ .::.::い        :. 八 ゝ         l::.::.::.:. i:i:i:i:i:i:i:ハi:i:ハ    .....│
│   { {   イ:i:i:i:i:i:i/:i:i':i:i:/ .::.::.::|\ \_ノ)  :.            |::.::.::.::l:i:i:i:i:i:i:{:i:}i:i:i:ト、     .│
│      /:i:i:i:/:i/:i:i:i:i:i/.::.::.::.::.|   ` ー '´   :           j ::.::.::.:|i:i:i:fヾi:i〉トi:i:i:i:i〉    │
│        {i:i:i/i:i:i/:i:i:i|:i:i:| ::.::.::.::. l                    / .::.::.::.:|:i:i|i:}:i:l:i:i||:i:i:|/   .....│
│        ヽ/i:i:i/:i:|i:i:|i:i:l{::.::.::.::.::.:..、            、      , .::.::.::.::.:∧i:||i:i:i|:i:ハi:i|    ....│
└─────────────────────────────────────┘

長門有希
「命題論理は比較的簡単でありながら応用がしやすい。

これを正確におさえておくだけでも読解力・思考力はかなり違ってくる。

……まあ簡単と言っても、比較的、でしかないのだが、そこは
気合いで乗り切ってほしい」

253 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:42:24 ID:PHcH89ao



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ないすおっぱい
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「了解ですお。
ところで所長、今唐突に出て来たピンナップはなんの意味があるのですかお? 
関連ぜんぜんないと思うのですけども」

254 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:42:44 ID:PHcH89ao

           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´   おっぱいなど飾り
      ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「真面目な話が続くのでちょっとくらいはキャッチーなこともやろうと思った。

前作でキツい内容を最後まで読んでもらうためにエロを多めに織り込んだのと同じ」

255 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:43:07 ID:PHcH89ao


      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「さすが所長、身も蓋もないネタばらしですね。

ま、ともかく始めましょう」

256 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:43:27 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 1.命題論理ってなに? ◇◆◇◆◇◆


.

257 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:43:47 ID:PHcH89ao


∨: : /' : : : : : !.: : :/        }.:       i         i : : : .    !            ヽ     |    i  ∧
.ハ:/ /.: : : : :.: |.: .:/        /:.:       ト,         |,: : : . : : : .|          ハ    |   l   ∧
  . /.: : :.: : : .:{: :/       .∧:.:      i ∨ : :.     |∨ : : : : : |: : : : : : : .   : .   i     |   |   ',
  ∨: : : : : : : : V        / .∧:.     | ∨: : .:: . .   |∨: : : : :.l、: : : : : : : . : :   ト   |   l    ∧
   ,: : : : !: : : : ′      /: : :.∧:.     |   '、: : :. : .:.   |   、: : : : !ヽ: : : : : : :.:. :.:.  |ヘ    |    l    ∧
   ∨: :|: :. :′     ./ !: : :.i '、.   |   丶: : : : : . l   \: : |  \ : : : : : : : :  | ヘ   |    l    ∧
   ∨: :! : : ,'       f ∧: :| \   |    \ : .: : :.l     \!   _ ≧ ___: : :. :.|  ',  リ    |     :ト、ヘ
     V j: : /      j:/ ∨ |   \ |      \: : :.l     -‐      \ : : ̄ : |   ', /     l     ! `丶
      ゝ≠'      |′  ヽj ,.。rz====ミx       ヽ: :!       z=====ミ气.:.:. : :l  ノ′   l   i |
                 i    .イ ん::::::::::::::::ハ汽       \       r磷芹云示圷ミx: :i|         l|  リ |
                 {    《  {:: O:::::::::::::ノ} . -―‐- 、     〃んo:::::::::::::ハ } 》 :リ         リ   ′ !
                ヘ     '::::::::::::::::::.ィ´       }        {ト:::::::::::::::::ノ} ノ从/       .イ  イ  :′
              ヘ、     ∨う::::/       /        Vう::::::::::://   j     .:  // / ! /
   /             ハ':,     ヾン         /           ヾ辷rzン′   ′  .:. :   ン / } /
 /             }∧   ァ´       /                  ′  .: : :   ′ ' ノ'′
               乂_厶イ        /     ,              .′ .: : :.:   ′,′
                          /                         /  .: .: : :i: . / /
        /                .イ        rっ             .イ . : : : : : リ :/ /
       '                  /                     .イ/: : .: .: : : イ.:/ /
      /                    />                   < : /: : .: : :/ }/ /
      :′               /: : ト、 >           < ミ .イ /. : .: :/′ / i /
      !                 .イヽ: :|.イ l    >ー---z<    i   \/ : : .イ / :/  }

長門有希
「命題論理は命題と言われる文を用いた表現や推論を考える分野。

自分で文章を書く場合はもちろんのこと、他人の書いた文章を解釈する場合にも基礎となる」

258 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:44:00 ID:PHcH89ao



          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ
朝倉涼子
「論理学の基礎とすら言える分野で、知っておくととても便利です。
これを知っていればたぶん文章力・思考力アップ請け合い!」

259 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:44:25 ID:PHcH89ao


      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l ′
      /   / l    ′/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | ′
   // / / !  l / リ l /___    ′   ´   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `
_     /´ l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ
        ′ l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,´ }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l ′\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ´ {`>'-――‐ ¬ 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐'´_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ´      /´  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-'´`´  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i´    V _, -‐亠、´ / ̄`‐-|         l l l    l
     rr'   ヽ  ヽ   ´  _, イ ´ / ̄丶 」         l l l    l
    ハ  '、 ヽ、_冫  _ イ´  l_/       |         / / /      l     \
    /ハ、_ハー‐'ニ‐--‐'´ /     l        |        / / /      l       ヽ
   // 厂  `ー-− ´ l     l       l       / / /       l!      ヽ
   ///             〉      !        l      / / /     / !―--  _

長門有希
「が、本題に入る前に、まずは今回使う予定の用語の解説から行う。

世にある学問の例に漏れず、論理学にも多くの専門用語が存在する。

聞きなれない用語が多いとは思うが、用語の意味がわからないのでは
説明を受けるどころではないので、全部覚えてほしい」

260 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:45:29 ID:PHcH89ao



                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「なお覚えるコツは集中すること・反復して行うこと・好奇心を持つこと、
そしてなにより根性」

261 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:45:50 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 2.命題論理で使う用語 ◇◆◇◆◇◆


.

262 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:46:05 ID:PHcH89ao


2.1 命題、真、偽

.

263名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 06:46:06 ID:69it9xUA
こんな時間に・・・
会社行ってからまとめてみますわ

264 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:46:21 ID:PHcH89ao

 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|
朝倉涼子
「まず基本中の基本、今後シコシコ取り扱うことになる
『命題』の説明から始めますねー」

265 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:46:36 ID:PHcH89ao



∧_∧
( ´・ω・)  『俺はショボーン』これだけでも命題になるんよ
( つ旦O
と_)_)



長門有希
「命題とは、主張を明確に述べており、かつ、その真偽を判定することのできる文のこと。
『○○という命題に対して〜』などという言い回しを聞いたことがあると思う」

266 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:46:55 ID:PHcH89ao


┌───────────────┐
│                     ...│
│〜 例 〜                ..│
│                     ...│
│・シロは犬だ              .│
│                     ...│
│・本日は日曜日だ           │
│                     ...│
└───────────────┘

.

267 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:47:08 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「よって主張が明確でなかったり真偽を判定できなかったりする文――
たとえば感嘆文・命令文・疑問文など――は命題ではない」

268 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:47:25 ID:PHcH89ao


┌────────────────────┐
│                            ....│
│〜 例 〜                       ...│
│・うわあ、凄い(感嘆文)                │
│・あっちいけ!(命令文)              ..│
│・シロは犬なのかな?(疑問文)           .│
│                            ....│
└────────────────────┘

.

269 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:47:39 ID:PHcH89ao

       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |

朝倉涼子
「ただし、これはあくまで基本です。

現実には命題の形をとらない命題もザラにあります。

例えば、円滑な人間関係を保つために婉曲な言い回しを用いるようなケースですね」

270 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:47:55 ID:PHcH89ao


┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│〜 例 〜                                           .│
│                                                │
│・「お話はもっともです。ただ別の考え方もできるのではないでしょうか?」    .│
│(「貴方の説は間違いである」を婉曲に述べている)                 .│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

.

271 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:48:22 ID:PHcH89ao

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /
美筆やる夫
「あー。たしかにこういう言い方もしますお。

でもこういうのってどうすればいいんでしょうね。

もしかしたら字面通りの意味かもしれないわけで」

272 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:48:42 ID:PHcH89ao


                      ___
                  , . . .´. . . . .`.v−―- ..、
                 /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヽ、
                 /./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
           ヽ_..イ. ./. . /. . /. . . . . . . . . .ヽ . . . \ . \
            /. ././. . /. . . ./. . . . . i. . . . . . .ヽ. . . . .', . . \
              /. . ././. . /. . . ./. .l. . . . .|. . . . . . . ヾ. . . . .',. .',. .ヽ
          /. . ././. . /./. . .j. . .|. . . . .|. . . . . . . . .',. . . . .',. .',ヽ._\
            j . ./ ..|. . .|. |. . . |. . .|. . . . .|, .ヽ . . . . . .', . . . ..l. . l
            | ./. /.|. . .|. |. . . |. . .|. . . . .|ヽ. . \. . . ..l. . . . .|. . |
            'イ. ./. |. . .|-|−-l- 、|\.. . |  \z‐ヽ−|. . . .:.| . ハ
            |. .l!. .|. . .|. |._ | . / ヽヽ. | '´ \. . ヽ!. . .:.:.|. .| |
            |. .|l. .|. . .|.く.イ.干≧ミ  ヽl  ィ≦干下>. . . j. / j
           Ⅵハ..|. . .|   代ュ ::}.l 、   ,r .代ュ ::}.lイ. . . イ./
             ハ ..小イ 弋辷ソ  }_{.   辷匕リ }. //.レ
             , イハj. ハ、     リ⌒ヽ.     rォ/ ̄ ̄ ヽ
           /: :.| ;;;|∧ >==''′-  `==イ| |! こつん |
         _/: : : : | ;;;;  V  l > .. _ .. <  |._.| ト、ー―‐へ
       / 〃: : : ヽ: :l .;;;;    |ー 、     , -rf 1 j ヽ.V;; /: /}
      /: : : :_ : : ヽハ. ;;;;    |ー‐、    z‐| !     }//://
     //: : : ―--:: ニュ:ハ. ;;;;.   |二ヽ.\/z二ト、   /}〃: :/へ
   /: : : : : : : : 二>'  V:\ ;;;.  |  \二/ ∧ :  ̄: : : :V-く: : :/
   ヽ : : : : : : :二:く     V: :\ ;; ヽ      /  }、: : : : /: : :/:イ
     \ : : : : : : : :.\,r.、 V: : : ヽi、 \ rA / ,,;; く: : ̄ : : : : /: : |
      \二ニ : : : : : : :トvヘヽ: : : ト-≧ゝ ィ≦- /: :ヽ : : : : : /: : : }

長門有希
「その場の状況・修辞技法の一般的解釈・相手との関係・
相手の立場やその表現の癖などから
裏にある命題を推測することになる。

……もっとも、相手が過度に『奥ゆかしい』物言いをしている場合、
推測は困難を極めるのだが」

273 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:48:59 ID:PHcH89ao


    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´
              `¨¨¨¨`゙''"

朝倉涼子
「といって、この作業を放棄していつも字面だけ追っていると
『空気が読めない人』のレッテルを張られかねませんからねー。

正確に推測するのは難しいのですが、がんばるのみですね」

274 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:49:23 ID:PHcH89ao


 『人間の所有しうる最大の財産は善き人格である』と思うがどうよ?
                         ⊂ニニ⊃
        ____               ____
      /    \            /     \  
    |\/   ノ' ヾ \/|         / へ      \ 立場上その命題を『偽』とは言えんお。『真』としとくお。
   |/  ≪①> <①>\|       /  (ー)       \
   |      (__人__)   |   ε= |(__人__)           |
   /     ∩ノ ⊃  /      \ ⌒ ´         /
.   (  \ / _ノ |  |    γ⌒/         ⌒\⌒⌒ヽ
   .\ “  /__|  |;   (_ノノ|         |  |_しし_)
   .  \ /___ /       :::::;; ::::::: ::::: :::::;:::::;; ::::::: ::
       ::::::;; ::::::: ::::: :::          ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;
         ::;;; :::::::::::::::::         :::::;;; ::::::::::::::: :::;
              ::::::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
               / ─    ─ \
              /  <○>  <○>  \
              |    (__人__)    |
              \     `⌒J´   /
              /              \




長門有希
「それから、ある命題が正しい場合その命題は真であるといい、
正しくない場合は偽であるという」

275 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:49:48 ID:PHcH89ao


     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

美筆やる夫
「さっきの例の『シロは犬だ』で言うと、シロが実際に犬だったら『真』、
そうでなく例えば猫だったりしたら『偽』、というわけですかお?」

276 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:50:06 ID:PHcH89ao

                ___
              ゛ |::" ゛:::| "          |_ o
               " |::::.. ...::| ゛          |___
            _,.-‐'":: ̄ ̄ ̄゛:`ー-.、_
          /´:: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、     `ヽ /
        ,ノ: : : /:.:/: : : : : : : : : : : : : :ヽ、:.: :ヘ      /
      ∠;; : : :/:.:/: : : :/: :.;|: : : :λ:: : : :ヘ:: :.:ハ
          j: : :.:l: ::j:: : :;ー|-:/|: : : ::| |:ト、:: : :|: :|: :|     ‐┼ o
       |: ::|: :|:.::|: : /__|:/_、ヽ、::リ_|j__ ∨:;|: :l:i::|     / | ヽ
         j,ィ:.:|:.:|:.:j:.:/〒弐オ  ∨オ弐テ∨j;/::ト、|
       '´|(´|::|/:∨ !ト'::ィ:;|    ト'::ィ:;|!|: : : :j        |
        |:.:`|:: :: :|  `ー"     `ー" l:: : :/          |
        ∨:.:|::.: :|、: : :       : : :,ノ:: :/
         ∨:;ハ、::|::>..、__‐ __,,..イ:|:.:/        `ヽ /
         ∨:::ヽ:|'´__,.r‐'}  {`ーュ、_レ|:/          /
           /:::∨   |'ニニ}   /::ヽ、
             /:.:.:::,'.:∨  |   |   /::i:.:.:ハ
             /:.:.:.:.:{:.:.:∨ |  |  /:.:.|:.::.:.:}
          j:.:.:.:__;|.:.:.:.|ヽ、| .| ,/ |::.{:.:.:.:.:|

長門有希
「その通り。

場合によっては、真を1やT、偽を0やFという記号で表したりもするが、
意味は同じ」

277 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:50:25 ID:PHcH89ao


2.2 単純命題と複合命題

.

278 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:50:40 ID:PHcH89ao



∧_∧
( ´・ω・) 『俺はショボーン』
( つ旦O
と_)_)



長門有希
「さて命題には真偽の判定が一つだけで済むもの(これは単純命題という)だけでなく」

279 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:50:57 ID:PHcH89ao



∧_∧
( ´・ω・) 『俺はショボーンでこいつはチャーハン』
( つ旦O
と_)_)

  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) 上の命題は二つ命題が入ってるけど、これは一つの命題として考えるんよ
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J



長門有希
「真偽を判定すべき命題を二つ以上含むものもある。これを複合命題という」

280 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:51:10 ID:PHcH89ao



          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「ちなみに複合命題に含まれる命題を要素命題または要素といいます」

281 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:51:24 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│〜 例 〜                                                         .│
│                                                              ..│
│・俺はショボーンでこいつはチャーハン。                                       │
│(これで一つの複合命題。なお要素命題は「俺はショボーンだ」と「こいつはチャーハンだ」の二つ)   ....│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

.

282 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:51:48 ID:PHcH89ao


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
長門有希
「この複合命題は論証の項目にまで繋がるとても重要な概念。

今は用語の説明だけで終わらせるが、後ほど詳しく解説する」

283 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:52:03 ID:PHcH89ao


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「っていうか、論証って複合命題になりますからね。

たいてい要素命題を3つ以上含みますけど」

284 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:52:19 ID:PHcH89ao


2.3 論理記号

.

285 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:52:32 ID:PHcH89ao


/.:.:.:.:.:.::.:: : : : : : :: : ::ヽ、
:.:.:.:/:.::./.:.:./:.:.:.:.:.:.::.:. ;: ::.ヽ     ∧
::: ::|.:.:.:i|:.:./ |:.:li、:.:.∧:.:.:.::ヽ.                         ⇔
: :: !.:.:. ||/--l/ |ノ--l:.: .:.lヾ、
: ::(|:.:.:.:| ‐‐   ‐-│::.:/               ∨
Ⅵヘ.:.:.:l   _ _   /.:.ノ
   \ヽ、 _ , イ!::/                          ¬
  / ヽ{  ト、ヽ l:′          →
 ∧\  マ三ソ| \   
./: : \\ ヾ-〃 _ !______
l; : : : : \\」リ/        /
i: : : :::\::\i../   FMV  /

長門有希
「算数で『=』の記号を用いるように、論理学にも専用の記号が存在する。これが論理記号」

286 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:52:49 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│                                         .    │
│〜 例 〜                                        │
│                                          ......│
│・ ∧ …… 日本語でいうところの「かつ」。連言を表す。            │
│                                          ......│
│・ ∨ ……  〃 「または」。選言を表す。                .    │
│                                          ......│
│・ → ……  〃 「ならば」。含意を表す。              .....    │
│                                          ......│
│・ ⇔ …… 同値を表す。                          .    │
│                                          ......│
│・ ¬ …… 否定を表す。                          .    │
│                                         .    │
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

.

287 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:53:09 ID:PHcH89ao


¬Q→¬PってP→Qの対偶じゃん? だから……
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ 
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) これは(P∧Q)∨Rという構成だから解釈は……
| U (  ´・) (;` u) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'    (やべえ意味わかんねえ)




朝倉涼子
「初見の人にはヒエログリフと大差なさそうな(意味不明という意味で)
これらの記号ですが、論理学の世界では『当然知ってるよね』と言わんばかりの
勢いで容赦なく用いられます。

知らないとまるでついていけませんので覚えてください。気合いで」

288 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:53:35 ID:PHcH89ao


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

美筆やる夫
「覚えるのはいいけど……よく意味がわからないのに
記号だけ覚えても意味なくないですかお?」

289 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:53:49 ID:PHcH89ao

           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「もちろんその通り。

後ほど詳しくやるので、今は論理学は専用の記号を
使うということだけわかってもらえればよい」

290 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:54:00 ID:PHcH89ao


     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{
.  | |          |   |) l .|
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |
 l└‐イ         |/ ./ |   | |

朝倉涼子
(今は、といってもすぐ出てきますけどね)

291 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:54:11 ID:PHcH89ao


  /:::i::::::::::::/:::::::::,i:::::::/i:::::: /|::::::::::::::::::|、::::::::.\::::::::l:::::::::::::i:::;:::::.ヽ.
 .i::::j゙::::::::;イ :::::::::l|::::/ l:::::l  l;:::i;::::::::::::l.\::.ヽ;::\:::l:::::::::::::|::li:::::::::.ヽ.
 l::/|:::::::/:i:::::::::::|.|:::i  l ::| ヽ::lヽ、:::::::l  \:.ヽ;::.ヽl::::::::::::l::|:l:::::::::::ト\
 |:! |::::::l;:;:|::::::::::;H::!ー- _l;;|   ヽ!、ヽ__;;}-‐'''ヽ~゙\::|:::::::::::|::|:::l:::::i::::|
 |! l:::::|l;:;:l::::::::::| l;|  、.|!`   ヾ ´ >! ,;z==ュ、 `l:::::::::;l:::l:::::l::∧::l
   ヽ;:l l;:l、::::::::l     ヽ       /゙K)::iii::::! j !::::::::;l:::l^i::|:| レ゙
    ヽ ヽ|i、::::l:|             b:::lll::::l  ,!:::::::;!:: l ∧|l
          l::ヘN, ゞ=r'''"゙       ヾ:;;;;;;ノ ,!::::::/::::;レ゙ .|!
        l;:::::::lヽ      、         /::::::/::::/
        l;::::::|::ト、.   r 、 _ _       ,イ:::;イ::::/ 
         .!::::l::|. ゙' 、 .|  !      ,.::':/::;/ .|::/
           ヾ;:|:|.   ゙l  !   ,,..: '" /:;イ  j/
          ヽ!  _,,ィ!  ,!゙''' ", -=、 /'゙ .ト.、_
           ,,r'''::::/  .,!.  /  /   l:::::::゙'''::.、

長門有希
「今回使う用語はこんなもの。

では用語のまとめを貼って次の話題に入ろう」

292 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:54:39 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│〜 用語のまとめ 〜                                               .│
│                                                           .│
│・命題    …… 主張を明確に述べており、かつ、その真偽を判定することのできる文。     .│
│                                                           .│
│・真     …… 命題を正しいとする判定                               .....│
│                                                           .│
│・偽     …… 命題を誤りとする判定                                  .│
│                                                           .│
│・単純命題  …… 真偽判定が一つだけの命題                            ..│
│                                                           .│
│・複合命題  …… 複数の真偽判定を含んでいる命題                       ......│
│                                                           .│
│・要素命題  …… 複合命題に含まれている命題                           ..│
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

.

293 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:55:06 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 3.命題の真偽判定 ◇◆◇◆◇◆


.

294 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:55:20 ID:PHcH89ao

.         /: : : : : : : : : :      ー- 、`丶、
        , ': : : : : : : :- 、    . . `丶、`丶、`丶ヽ
     /: : : : : :    . : ヽ: : :`ヽ、: : ヽ.: : \. \
     , ' : : : :   ヽ、:、: : : : :ヽ`丶、\: : :ヽ.\`、
   /::: : : : {  ',: : {ヽ、ヽ、::::::. :\-ヽ=、: : :.';. }.\
   ;.:.:.: : :  ヽ: : ヽヘ -\` ー- 、} _}_ {ヽ: :}/、
   {:.:.:. :   : : l\/\      イテ"ワ; :}/:.: : ヽ、
.   !: :  . : : : :.V ヽx==ミ     マ_:j V:::...: : \ヽ
   '   : :: : : : :ヽ 《 マんハ,    丶    ;\::::::: : ヽ
.   ヽ:\:.:.:.:.:.:.. : \ ゝ '’    ,、    八 ヽ`丶、|
     }.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.: : :`丶、_    '    ′  ヽ   ヽ
.      !ト、 :.:::::{丶、:.:_:_: : : :\      ,.'
.     '| ヽ{\`ー‐‐ <`丶: :ヽ -‐ ヽ./ ̄ ̄:~` / ̄二ニ=、
.            ヽ|`丶、|\  `ヽ   /:. :. :. :. :. //:. :/;';';';';';';';`丶、
                 _ヽ     ,':. :. :. :::. :.,':,' :. /;';';';';';';';';';';';';';';'丶、
                    /.::/} /_; :. :. :. :. :.:j:j: :. ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
                 l :.;/ ̄ ̄ ____. :. :.:::i::i :. i;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';\
              j:. | / ̄ Y ̄ ̄`¬-x_. :l;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
               /:. f  ̄ ̄:}:. :. :. :. :. j::j :`ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\_

長門有希
「さて命題論理では、命題をどうやって真偽判定するかを考えることになる」

295 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:55:40 ID:PHcH89ao



∧_∧
( ´・ω・) 『俺はショボーン』。本当にショボーンだから、真なんよ。
( つ旦O
と_)_)



長門有希
「もし与えられた命題が単純命題であるなら、その真偽判定はとてもシンプル。

その命題が正しければ真、間違っていれば偽でよい」

296 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:56:02 ID:PHcH89ao



∧_∧
( ´・ω・) 『俺はショボーンでこいつはモナー』。実際には、俺はショボーンでこいつはチャーハンなんだが、
( つ旦O  この複合命題は真とすべきか偽とすべきか? 
と_)_)


  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) 命題は真か偽かのどちらか! 
 /   o━ヽニニフ))   しかも二つまとめて一つの命題だから、半分真で半分偽、なんて回答はできないよ! 
 しー-J



長門有希
「しかし、複合命題の真偽判定はかなり複雑になる。互いの要素命題の関係が重要になってくるからだ」

297 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:56:16 ID:PHcH89ao


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「……ん? 
ていうか、これって真偽をはっきりできるんですかお? 

含まれる命題が全部正しいなら真(あるいは全部おかしいなら偽)かな、
とは想像付きますけど、
一部偽だったり一部真だったりしたら判断つけかねますお」

298 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:56:33 ID:PHcH89ao

        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「そう、問題はそこ。

だが心配はいらない。

論理学にはこの複合命題をどう解釈するのか、
を考える枠組みがすでに出来上がっている。
私たちはそれをそのまま学びとるだけでよい」

299 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:56:49 ID:PHcH89ao

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「この複合命題の真偽判定の考え方には4つのパターンがあります。
連言、選言、含意、同値です。それぞれ見ていきましょう」

300 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:57:04 ID:PHcH89ao


3.1 連言(論理記号:∧。日本語では『かつ』)

.

301 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:57:39 ID:PHcH89ao




∧_∧
( ´・ω・) 『俺はショボーンで、かつ、こいつはチャーハン』。両方正しいから真なんよ。
( つ旦O 
と_)_)


  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) 連言の場合、含まれる命題が一つでも偽だったら全部偽になるよ!
 /   o━ヽニニフ))  
 しー-J



朝倉涼子
「連言は含まれる要素の全てが真となる場合のみ、その複合命題を真と判定するパターンです」
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

302 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:58:32 ID:PHcH89ao

         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤

朝倉涼子
「○○ かつ ×× という言い方をします。

論理記号は∧で、『命題 P ∧ 命題 Q』といった書き方をします。

では例文を見てみましょー」

303 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:58:52 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│〜 例 〜                                                    │
│                                                         .│
│・命題とは、主張を明確に述べており、かつ、その真偽を判定することのできる文のこと。  .....│
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘

.

304 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:59:09 ID:PHcH89ao


                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |

朝倉涼子
「命題の項目でさきほど使った説明文ですね。

『主張を明確に述べていること』と『真偽を判定できること』の両方を満たした文だけが命題と言える、
という意味になります。

よって仮に『主張を明確に述べて』いても、『真偽を判定できない』文は駄目です」

305 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:59:33 ID:PHcH89ao

        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

美筆やる夫
「これって、どこかで聞いたような……ああ、要するにAND条件だお。

情報処理のプログラミングの授業で習ったことあるお」

306 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:59:46 ID:PHcH89ao



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そう、あれ。

プログラミングの経験がある人や、
検索エンジンの使い方に詳しい人は聞いたことがあるはず」

307 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 06:59:57 ID:PHcH89ao



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/

美筆やる夫
「ふーん。論理学って案外身近にあるもんですお」

308 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:00:13 ID:PHcH89ao


3.2 選言(論理記号:∨。日本語では『または』)

.

309 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:00:45 ID:PHcH89ao



∧_∧
( ´・ω・) 『チャーハンは上手に炒飯を作り上げるか、または、落っことす』
( つ旦O この命題の場合、チャーハンが作り上げるか落っことすかすれば真になるんよ。
と_)_)


  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) 選言の場合、含まれる命題が一つでも真だったら全部真になるよ!
 /   o━ヽニニフ))  もちろん全部真でもOK。チャーハン作った後で落っことしても真になるよ!
 しー-J



朝倉涼子
「選言は含まれる要素のいずれかが真となる場合に、その複合命題を真と判定するパターンです」
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

310 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:01:02 ID:PHcH89ao



         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤

朝倉涼子
「○○ または ×× という言い方をします。論理記号は∨です」

311 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:01:15 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│〜 例 〜                                                       ...│
│                                                            ....│
│・グロテスクな表現の苦手な方、または、18歳未満の方は、閲覧なさらぬようお願いいたします。  ....│
│                                                            ....│
└──────────────────────────────────────────┘

.

312 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:01:30 ID:PHcH89ao


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「この例はエログロ話の前置きですね。

いずれかが真になったときに全体で真と判定しますので、
この場合グロOKでも18歳未満なら駄目、
18歳以上でもグロNGな人は駄目。

もちろん18歳未満かつグロNGな人も駄目です」

313 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:01:42 ID:PHcH89ao


     ____
   /⌒  ⌒\  
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

美筆やる夫
「OR条件ですねわかりますお」

314 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:01:55 ID:PHcH89ao

                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そう。明確に理解できている人には簡単な概念だが、
そうでない人は案外細かいミスをしたりする。

試してみよう。やる夫、ひとつ問題を解いてみて」

315 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:02:17 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│〜 問題 〜                                                ..│
│                                                       .│
│ あるクレジットカードのプラチナ会員の条件は、                          │
│                                                       .│
│1)滞納がないこと。                                           .│
│                                                       .│
│2)入会後3年が経過していること。                                 ....│
│                                                       .│
│3)年3万円の年会費を払っていること。または年間利用額が50万円以上であること。    │
│                                                       .│
│                                                       .│
│ である。やらない夫はこのカードに有料会員として入会してから今日で3年になり、    ....│
│滞納はしていないものの年間利用額は10万円程度である。                   │
│                                                       .│
│彼はプラチナ会員になれるだろうか?                               .....│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

316 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:02:36 ID:PHcH89ao


      _____   
    / ―   \  
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「えーと? プラチナ会員になれるかどうかの条件は」



┌────────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                          ......│
│・入会後3年経過している ∧ 滞納がない ∧ (年3万円の年会費を払っている ∨ 年間利用額が50万円以上である)   │
│                                                                          ......│
└────────────────────────────────────────────────────┘

317 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:02:52 ID:PHcH89ao


           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

美筆やる夫
「だから……なれるお。

3)の条件は選言だから片方を満たしていればOKだお。

利用額が仮に0円でも問題ねーお」

318 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:03:07 ID:PHcH89ao


                ___
              ゛ |::" ゛:::| "          |_ o
               " |::::.. ...::| ゛          |___
            _,.-‐'":: ̄ ̄ ̄゛:`ー-.、_
          /´:: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、     `ヽ /
        ,ノ: : : /:.:/: : : : : : : : : : : : : :ヽ、:.: :ヘ      /
      ∠;; : : :/:.:/: : : :/: :.;|: : : :λ:: : : :ヘ:: :.:ハ
          j: : :.:l: ::j:: : :;ー|-:/|: : : ::| |:ト、:: : :|: :|: :|     ‐┼ o
       |: ::|: :|:.::|: : /__|:/_、ヽ、::リ_|j__ ∨:;|: :l:i::|     / | ヽ
         j,ィ:.:|:.:|:.:j:.:/〒弐オ  ∨オ弐テ∨j;/::ト、|
       '´|(´|::|/:∨ !ト'::ィ:;|    ト'::ィ:;|!|: : : :j        |
        |:.:`|:: :: :|  `ー"     `ー" l:: : :/          |
        ∨:.:|::.: :|、: : :       : : :,ノ:: :/
         ∨:;ハ、::|::>..、__‐ __,,..イ:|:.:/        `ヽ /
         ∨:::ヽ:|'´__,.r‐'}  {`ーュ、_レ|:/          /
           /:::∨   |'ニニ}   /::ヽ、
             /:.:.:::,'.:∨  |   |   /::i:.:.:ハ
             /:.:.:.:.:{:.:.:∨ |  |  /:.:.|:.::.:.:}
          j:.:.:.:__;|.:.:.:.|ヽ、| .| ,/ |::.{:.:.:.:.:|

長門有希
「正解。

でもこういう条件のときに
『年間利用額に引っかかるから無理なんじゃないの?』
と考えてしまう人も案外いる」

319 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:03:26 ID:PHcH89ao


3.3 含意(論理記号:→または⇒。意味が近い日本語は『ならば』)

.

320 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:04:10 ID:PHcH89ao



もし俺(命題P)が真なら、こいつ(命題Q)も必ず真。 これが含意の基本な

                          ⊂ニニ⊃
                   ____      ____
                 / P  \  / Q    \
              |\/ノ'  ヾ    `/─    ─   \   それだけで終わらないから面倒なんだけど
              |/<①>  <①. /  (○)  (○ )   \
              |  (__人__)   |     (__人__)      |
          ,-、  \、` ^^^^ ´  \    ` ⌒´      ,/_
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,⌒⌒ヽ
        /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .トしし_)
           _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
           >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
        __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
                    l                   i   ヽl




長門有希
「ある命題が真であるならば、必ず別の命題も真となるとき真。

そうでなく、ある命題が真でありながら別の命題が偽となるなら偽。

と考えるのが基本となるパターン。

これは複合命題の4パターンでもっとも使いやすく、重要で、
そして難しいもの。気合を入れて臨んでほしい」

321 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:04:50 ID:PHcH89ao



 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「含意では、先にやった二つ(連言・選言)と違い、各要素命題の
順番がとても重要になります。

そのためそれぞれを区別する用語があり、
○○ならばの部分の命題を前件、
その後に続く命題の部分を後件といいます。

前件をP、後件をQと表わして『P→Q』の形で表現することも多いですね」

322 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:05:03 ID:PHcH89ao


┌────────────┐
│                  │
│○○ならば××である   ...│
│~~~~    ~~~~       .....│
│前件   後件       ......│
│                  │
└────────────┘

.

323 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:05:17 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────┐
│                                  │
│〜 例 〜                             .│
│                                  │
│・お前が銃を手放すのならば、人質は解放する。     .│
│                                  │
└───────────────────────┘

.

324 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:05:28 ID:PHcH89ao


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「? これ難しいですかお? 

例文を見る限り、当たり前のことしか言ってないような。

まあ、これまでと違って前件・後件という新しい概念がでてはきましたが」

325 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:05:47 ID:PHcH89ao



                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

長門有希
「前件が真の場合はわかりやすいのだが、問題は前件が偽となる場合。

論理学ではこれも真となる。

ここが普段使わない概念なので、理解が難しい」

326 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:06:01 ID:PHcH89ao



    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´

朝倉涼子
「わかりづらい概念なので、例を用いながら
2×2(前件が真・偽の2パターン、後件が真・偽の2パターン)の
全4パターンを順に全部説明しますね」

327 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:06:20 ID:PHcH89ao


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

長門有希
「使う例は先ほどあげたこちら」



┌───────────────────────┐
│                                  │
│〜 例 〜                             .│
│                                  │
│・お前が銃を手放すのならば、人質は解放する。     .│
│                                  │
└───────────────────────┘

328 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:06:37 ID:PHcH89ao



俺が悪役で
                          ⊂ニニ⊃
        ____                ____
      /    \             /     \
    |\/    ノ' ヾ\ /|        / ⌒      \  自分がヒーロー役だお
   |/     ≪①> \|        /  (○)       \ 見た目通りってことね
   |         (__人__)|       |(__人__)           |
    \、      ` ^^^/       \ ⌒ ´         /
.   /⌒ヾ  `ー‐" " ヽ   γ⌒⌒/         ⌒\⌒⌒ヽ
   ::::::;; ::::::: ::::: : ::::::; ;    (_ノノ|         |  |_しし_)
           :::::: :::::::        :::::;; ::::::::;; ::::::: ::::: :::::;;
             :::::::::         :::::;;; :::::::::: :::;



長門有希
「あえて説明するほどのことではないが、物語で、
人質を取っている悪役が、ヒーローにたいしてよく言うセリフ」

329 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:06:53 ID:PHcH89ao


(鄯)前件が真、後件も真の場合は、真

.

330 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:07:09 ID:PHcH89ao



     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{
.  | |          |   |) l .|
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |
 l└‐イ         |/ ./ |   | |
 |   |   ___,ト、/ |  |   | |

朝倉涼子
「ではとりかかりましょう」

331 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:07:24 ID:PHcH89ao



                         ⊂ニニ⊃
        ____               ____
      /    \            /     \    しゃーねえ。ほれ、銃は手放すお
    |\/   ノ' ヾ \/|         / へ      \
   |/  ≪①> <①>\|       /  (ー)       \
   |      (__人__)   |   ε= |(__人__)           |
   /     ∩ノ ⊃  /      \ ⌒ ´         /
.   (  \ / _ノ |  |    γ⌒/         ⌒\⌒⌒ヽ
   .\ “  /__|  |;   (_ノノ|         |  |_しし_)
   .  \ /___ /       :::::;; ::::::: ::::: :::::;:::::;; ::::::: ::
       ::::::;; :::::::じゃ俺も人質を解放するぜ。約束だ。



朝倉涼子
「前件が真で後件も真の場合、
つまりヒーローが銃を手放したときに本当に悪役が人質を解放するなら、
この複合命題は真です」

332 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:07:37 ID:PHcH89ao



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「うん。約束は守ってるお。
文句なく真と言えるお」

333 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:08:21 ID:PHcH89ao


(鄱)前件が真、後件が偽の場合は、偽

.

334 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:08:33 ID:PHcH89ao


馬鹿め、引っかかったな!
                ____
               /     ⊂ニニ⊃  
           |\/  ノ' ヾ  \/|    
           |/  ≪①> / ̄ ̄ ̄\    ウソついたお!?
           |      (__/( ○) (○)\   
            \、   /  ⌒(n_人__)⌒ \
              /⌒ヾ     (  ヨ    |   
             /    `ー─−  厂   /
             | r-、、 _   __,,/,     \⌒⌒ヽ
              | (_ノノ/   ̄   i;;三三ラ´ | しし_)
              |    |   |    ・i;j:   |  |



朝倉涼子
「次に、前件が真で、後件が偽、つまりヒーローが銃を手放したにも関わらず、
悪役が人質は解放しなかったなら、この複合命題は偽です」

335 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:08:47 ID:PHcH89ao


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

美筆やる夫
「思いっきり騙してるお。偽だお」

336 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:09:02 ID:PHcH89ao


(鄴)前件が偽、後件が真の場合は、真

.

337 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:09:19 ID:PHcH89ao


./ |   |. |    ヤ.|     |/   |   |
|  .| .ヽ. | |    Ⅵ   / |    .|   |
|  |  ヽl |     ヘ,イ、ー.、-、 _  .|l  ./
|  .|,..../ ハト   "/|,_ノ_::::ハ ヾ゙T l、/ ヽ
`'7 ̄ヘ{ |"r、ハ     .|:::f. .ハ:::::l リ.|
./   ベ ヤl:ハ:l    ヤ弋_ノ o:l  |
|    |ヘ. マz'リ     ゝ=ニ::::ソ   ∨
|    ヘ l `´  ,..-‐-、      ∨
\   ヘl.   l´     ヽ     ,ィ゙ヽ
  \  、-ゝ、.__ \     ),、--'"-、| \
   <´ ̄   | ̄|、 ̄ ̄´ノ >  .ヽ  \
   `l >-、  .|  |   ̄ <´      ヘ
    ∨ > |   ̄ 。 ̄  >     ヘ
     <   |   ゚γ'ヽ゚ ,>'"    ヘ

朝倉涼子
「問題はここからです。気合い入れてかかってください」

338 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:09:38 ID:PHcH89ao


                          ⊂ニニ⊃
        ____                ____      銃を手放せるわけねーお!
      /    \             /     \
    |\/U   ノ' ヾ\ /|        / ⌒      \    
   |/     ≪①> \|        /  (○)       \  
   |         (__人__)|       |(__人__)           | 
    \、      ` ^^^/       \ ⌒ ´         /
.   /⌒ヾ  `ー‐" " ヽ   γ⌒⌒/         ⌒\⌒⌒ヽ
   ::::::;; ::::::: ::::: : ::::::; ;    (_ノノ|         |  |_しし_)
          しゃーねーな。でも人質は解放するわ。
          銃を手放さなかったときに人質殺すとは言ってないし。嘘じゃないだろ。



朝倉涼子
「前件が偽なのに、後件は真の場合。

つまりヒーローが銃を手放さなかったにも関わらず、
悪役は人質を解放した場合も、
この複合命題は真です」

339 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:09:54 ID:PHcH89ao


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |

美筆やる夫
「えーと? どういうことだお?」

340 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:10:11 ID:PHcH89ao


   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |
  / `|_|      |l ハ |_| |
/  | |_     _|r' "´ レ'
   ノ ヾT'''''''ヾ |

朝倉涼子
「悪役はヒーローが銃を手放さなかった場合のことは何も言ってませんよね? 

意味のない約束になってしまっていますが、先の約束は守られてはいるんです」

341 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:10:27 ID:PHcH89ao


          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く

美筆やる夫
「あー……。

はいはい。たしかに手放さなかったときに人質は解放しないとは言ってねーお。

状況を考えれば人質は解放しなさそうなもんだけど、すくなくとも嘘ではないお」

342 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:10:44 ID:PHcH89ao


(鄽)前件が偽、後件が偽の場合は、真

.

343 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:10:58 ID:PHcH89ao


                        ⊂ニニ⊃    銃を手放せるわけねーお!
        ____             ____
      /ι   \          /      \
    |\/   ノ' ヾ \/|       /─    ─  \
   |/  ≪①> <①>\|    / (●)  (●) U \
   |      (__人__)  U|   |J  (__人__)      ι|
   /  し  ∩ノ ⊃  /    \   ⊂ ヽ∩ u   <
.   (  \ / _ノ |  |      |  |  '、_ \ /  )
   .\ “  /__|  |;      ⌒^ ヾ _\  “  /
   .  \ /___ /   (,,"⌒ ''..ヾ)__\_/
         じゃ俺も人質は解放しねーぞ



朝倉涼子
「最後に、前件が偽で、後件も偽の場合。
つまりヒーローは銃を手放さなかったし、悪役は人質は解放しない場合も、
この複合命題は真です」

344 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:11:23 ID:PHcH89ao


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「……これもさっきと同じかお。

ヒーローが銃を手放さなかったんだから、
悪役だって人質を解放しなくても約束は破ってねーお」

.

345 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:11:36 ID:PHcH89ao


           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「以上が含意の全4パターン。

まとめると、判定のルールは『前件が偽、または、後件が真のときに真と判定する』となる」

346 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:11:59 ID:PHcH89ao

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「前件が真の場合はわかりやすいんだけど、
後件が偽の場合ってなんか屁理屈くさいですお……」

347 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:12:39 ID:PHcH89ao



             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /‖::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

長門有希
「そう、日常用語の『ならば』の感覚とズレるので、
屁理屈くさく感じる。
>>1もそうだったが、多くの人がここで困るらしい。

だが論理学では正しい解釈。
常用語の『ならば』と論理学の『ならば』は別物。

釈然としないなら、論理学ではそう判定する、と覚えておくのも一つの手。
というか>>1はそうしている」

348 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:12:52 ID:PHcH89ao


       ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.-ヘ、  />
     /   /    ,  , `  ヾヽ`'´ / /\
    /     /    / /  ,' ', ∧l  ` ヘ ' /  /
    /   /     ,' l l l゙‐-‐'| l    ', ヽ/
   ,'     ,'    , l ,斗ト,|   ト-、l , ハ
   {`ーー '|    l | ハ ハ|   リ |. l |  l|
   ト- 、_ |l    l | | '-' '   '└r','  ハ
   ,l、ヽ `ハ  ___,|r´ ┃    ┃r‐l‐'''´
  ,' `ヽ、γ| ̄ | |  ┃    ┃l |
  ,'  ,'  /ヽ.|  ', .|         ', |
 ,'  ,'  /  ハ.  ', |     _  _,ノ |
. ,'  ,' /  ,' ',   |`ニ、r‐、‐ T´  |
.,'  ,' /   レヾ,   |',=ニ|  /ス|    |
,'  ,' /  / ` '、  ',.', | // ハ   |
  l /   ,'   ',`ヽ、ト', レ'/.  |    |

朝倉涼子
「といっても、『前件が偽・後件が真』のパターンは
論理学的なお遊びではないんですよ。

実際の社会においてもこの含意の解釈を悪用して
落とし穴をしかけてくるえげつない契約があったりします」

349 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:13:08 ID:PHcH89ao


┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│〜 えげつない契約の例 〜                              ......│
│                                                │
│・当社が美筆町に直営店を出したならば、当社は御社に違約金を支払う。   ..│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

.

350 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:13:21 ID:PHcH89ao

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「市場を荒らさないと約束するための契約かお。

『当社が美筆町に直営店を出した』が前件、
『違約金を支払う』が後件だお。

これ、えげつないかお?」

351 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:13:54 ID:PHcH89ao

                   __ __
                   ..ィ.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                 ,..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ:.:.:.:ヽ、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
.           ,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.          /:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:i.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.!:.:.: ハ.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:ハ
.       /:.:.:.: i:.:.:.:.l:.:|!:.:.l ヽ:.:ヽ:.\:.:.:ヽ;.:.ト、:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.:.:ハ
.      //: /:. |:.:.:.:.l:.l !_.:!-‐ ヽ.:.:\:ヾー、- 、ヽ:.l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ト、
      /イ/:.:.:.!:.: ,:イ´∨    \! ヾ! \!\`ヾ!.:.:.:.:l:.:.:.:.:j`ヽ
       |:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.|ィニニミ、       ,.ィニニミ、!.:.:.:.:i、:.:.:/
       |:.|:.:.:/ヘ\!ヾ{:゚::;;::ヾ    〃 {::゚:;;::::} l.:.:.:./ }:/
        ヾ!ヘ:ヘ,,:イへ ヽc::::リ         ゝc:::ソ l.:.:./イ/
        ヽ ヽヘ!:.:.ヘ ` ̄    i    ` ̄ ,':.:/.;イ′
            |:.:.ハ.                /.:/:/
            |:.:|:.:|:.ヽ、   `  ´   ,イ:./|/
            |:.从!∨W> 、    .イソ'// !
            |/        ,j ` ´  lメ.′
            ′    /::ノ    /∨:\
         __... 、.- ─:::´:::ク    ....   ∨::::`:ー:..、
          |::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>,
.          /∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ

長門有希
「えげつない。

この複合、命題を真であらしめるためには、なにも違約金を支払わずとも、
直営店を出さなければよいわけなので、代理店を出せる。

つまりこの条項だと違約金を免れながらさらに
代理店を通じて市場を食い荒らすことが可能」

352 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:14:07 ID:PHcH89ao



         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

美筆やる夫
「はいい!?」

353 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:14:25 ID:PHcH89ao


        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

美筆やる夫
「そんなんアリかお!? 騙し討ちもいいとこだお!」

354 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:14:38 ID:PHcH89ao


               _   ____
            ,. :´:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.`ゝ.、
           ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ.
         ,.': : : : : : : : : : : :',: : : : : : : :ヽ
         ,':.:.;':.:.:.:.:.;'.:.:.;'.:.:i.:.:.l.:.i.:.|i:.:.:.:.:.:.::',
         ,':.:.:i:.:.:.:.:/.:.:/i:.:イ:i:.:.ハ.l.:.:i:.:.i:.:i:.:.i:.',
        /イ:.:.:!:.:.:..l/ i/i/l:.:/ レノリリリ:!:iハ!
         i/!:.:!:.:.:.i ●  !/ ● リ:l:.!:ハ!
          レ∨|:i:..!          i/i/
           ヘレi:.l、    ー'ー'   /iノ!/ __     _
            /ヽヾ> 、___ <イ:::リ 二__)  三   )
            ,'´ ``}\ヾ∨///       _    ̄
           {::::::γ"ヽく;;∀>{    _  二  )
           `ー-,〉ー′/∧ヽ::> 三_)   ̄
             く:ヽ、_ノ=::::::ヾヘ>
            /´ ノ``ー-ーヘ"´ヽ  /ヾ /ヾ /ヾ /ヾ
             {:;;;;ソ      }:;;;;;i
            `ー'′     `ー''′

長門有希
「アリ。

主旨を考えれば不適切な行為だが、
少なくとも条項は守られている」

355 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:14:52 ID:PHcH89ao


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ 

美筆やる夫
「おっかねーお……。皆が皆論理学をやってるわけでもないだろうに、
他の人がこういう罠にはまらないのは不思議だお……」

356 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:15:09 ID:PHcH89ao


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「いえ、やっぱり嵌るそうですよ。

所謂『契約の不備で痛い目を見る』ってやつです。

だからこそ契約の際には面倒でも高くついても法務の人や
弁護士さんに契約書を精査してもらうべきなわけで」

357 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:15:20 ID:PHcH89ao



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /

長門有希
「話がそれかけているのでそこまで。

話を戻すが、含意には先に挙げた例文のような条件式と、
もうひとつ、包含の関係がある。これもかなり重要な考え方」

358 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:15:33 ID:PHcH89ao


┌────────────────────┐
│                            ....│
│〜 例 〜                       ...│
│                            ....│
│・犬は哺乳類だ                    .│
│(論理記号では 犬 → 哺乳類 と表わす)   ....│
│                            ....│
└────────────────────┘

.

359 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:15:46 ID:PHcH89ao


                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:./
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「含意に含まれる条件式と包含の考え方は、それぞれ
次回やる物事の関係の『原因と結果』あるいは『手段と目的』、
『抽象的概念と実体』あるいは『全体と部分』に対応している」

360 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:16:06 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│〜 含意と、関連する物事の関係 〜                               .│
│                                                   .....│
│・条件式と、それを使う際の物事の関係 …… 『原因と結果』、『手段と目的』     ...│
│                                                   .....│
│・包含と、それを使う際の物事の関係 …… 『抽象的概念と実体』、『全体と部分』    │
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

.

361 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:16:25 ID:PHcH89ao

                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「物事の関係の考察は厳密に言えば命題論理の範囲からは外れるのだが、
これをやらなかったら実用性が落ちる。よってやる」

362 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:16:40 ID:PHcH89ao


3.4 同値(論理記号:⇔、または≡。意味が近い日本語は、含意と同じで『ならば』)

.

363 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:16:55 ID:PHcH89ao


                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |

長門有希
「次に行こう。さきほどの含意とも関わるのだが、
前件→後件が真であり、かつ、逆に後件→前件も真となるパターンを同値と呼んでいる」

364 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:17:07 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                           .│
│〜 例 〜                                                                      │
│                                                                           .│
│『やらない夫が18歳以上ならばAVの閲覧を許可される』⇔『AVの閲覧を許可されるならばやらない夫は18歳以上だ』    .│
│                                                                           .│
└───────────────────────────────────────────────────┘

.

365 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:17:17 ID:PHcH89ao

       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「前件をP、後件をQとして論理記号で表すと、(P→Q)∧(Q→P)です。

どんな場合に真偽判定がなされるか、ここから導出できますよ。

やる夫さん、やってみてください」

366 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:17:36 ID:PHcH89ao



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「え? えっと……まずP→Qがこうで」




                  (P→Q)
Pが真でQも真のとき       真
Pが真でQが偽のとき .     偽
Pが偽でQが真のとき .     真
Pが偽でQも偽のとき       真

367 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:17:51 ID:PHcH89ao


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「次にQ→Pはこうなって」



                 (Q→P)
Pが真でQも真のとき       真
Pが真でQが偽のとき      真
Pが偽でQが真のとき      偽
Pが偽でQも偽のとき       真

368 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:18:03 ID:PHcH89ao


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

美筆やる夫
「連言だから(前件→後件)と(後件→前件)が同じ値を取ればいいんだお。
ということは……」



                 (P→Q)   (Q→P)      (P→Q)∧(Q→P)
Pが真でQも真のとき       真      真            真
Pが真でQが偽のとき      偽      真            偽
Pが偽でQが真のとき      真      偽            偽
Pが偽でQも偽のとき       真      真            真

369 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:18:13 ID:PHcH89ao


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \ 
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「……両方真または両方偽の場合に真だお」

370 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:18:28 ID:PHcH89ao


                ___
              ゛ |::" ゛:::| "          |_ o
               " |::::.. ...::| ゛          |___
            _,.-‐'":: ̄ ̄ ̄゛:`ー-.、_
          /´:: : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、     `ヽ /
        ,ノ: : : /:.:/: : : : : : : : : : : : : :ヽ、:.: :ヘ      /
      ∠;; : : :/:.:/: : : :/: :.;|: : : :λ:: : : :ヘ:: :.:ハ
          j: : :.:l: ::j:: : :;ー|-:/|: : : ::| |:ト、:: : :|: :|: :|     ‐┼ o
       |: ::|: :|:.::|: : /__|:/_、ヽ、::リ_|j__ ∨:;|: :l:i::|     / | ヽ
         j,ィ:.:|:.:|:.:j:.:/〒弐オ  ∨オ弐テ∨j;/::ト、|
       '´|(´|::|/:∨ !ト'::ィ:;|    ト'::ィ:;|!|: : : :j        |
        |:.:`|:: :: :|  `ー"     `ー" l:: : :/          |
        ∨:.:|::.: :|、: : :       : : :,ノ:: :/
         ∨:;ハ、::|::>..、__‐ __,,..イ:|:.:/        `ヽ /
         ∨:::ヽ:|'´__,.r‐'}  {`ーュ、_レ|:/          /
           /:::∨   |'ニニ}   /::ヽ、
             /:.:.:::,'.:∨  |   |   /::i:.:.:ハ
             /:.:.:.:.:{:.:.:∨ |  |  /:.:.|:.::.:.:}
          j:.:.:.:__;|.:.:.:.|ヽ、| .| ,/ |::.{:.:.:.:.:|

長門有希
「正解。定義からなんとなく想像がついたかもしれないが、そうなる」

371 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:18:48 ID:PHcH89ao


                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:./
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「なお今やる夫が使った真偽の判定表は真理値表という。実際にはもっとシンプルに」

372 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:19:03 ID:PHcH89ao



┌─────────────────────┐
│                              ..│
│〜 真理値表 〜                      │
│                              ..│
│命題 P    命題 Q   (P→Q)∧(Q→P)   ...│
│真        真         真          .│
│真        偽         偽          .│
│偽        真         偽          .│
│偽        偽         真          .│
│                              ..│
└─────────────────────┘

.
長門有希
「このような書かれ方をする。

真を1やT、偽を0やFで表わして書くこともあるが、
意味は変わらない。

書き方を知っておくと迷った時に便利」

373 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:19:33 ID:PHcH89ao




     ____    
   /      \ 
  /  \   ,_\. 
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「なるほど。

しかしこれ、いちいち計算していたら面倒ですお……」

374 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:19:45 ID:PHcH89ao



 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
>>1もそうなんですが、単純な関係のものは
真理値表ごと覚えちゃってるみたいですね。
同値のときはこうで含意のときはこうで、みたいに」

375 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:20:02 ID:PHcH89ao


                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |

長門有希
「ちなみに連言と選言の真理値表はそれぞれ次のようになる」

376 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:20:25 ID:PHcH89ao



連言(AND条件)

命題 P    命題 Q     P ∧ Q
真         真       真
真         偽       偽
偽         真       偽
偽         偽       偽



選言(OR条件)

命題 P     命題 Q     P ∨ Q
真         真        真
真         偽        真
偽         真        真
偽         偽        偽

377 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:20:49 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 4.否定 ◇◆◇◆◇◆


.

378 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:21:03 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「次に『否定』という概念をやる。
 否定は「〜ではない」と言われる物で、真偽の反転を意味している。論理記号は¬で表わす。

379 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:21:18 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────┐
│                                  │
│〜 例 〜                             .│
│                                  │
│・ポチは犬ではない(これは『¬ポチは犬』と同じ)    │
│                                  │
└───────────────────────┘

.

380 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:21:30 ID:PHcH89ao


               __,.-‐'" ̄ ̄`ー-.、_
             ,.-‐'´           `ヽ、
           /                   \
           /               ヽ、 〉ハ
         {                   ヘ/  |
         j                λ  ヘ. |
          〈____________(,j_____,〉,j
           `|:.:|.:i.|:.:|.:|ー|:‐|-v'  |:;ィ:-:‐:、:|:.:.|:.:.l::|
          |:_;L::|:_|;;|;;」;;;」   L;|;;」;;;|;;,|:.:.|:.:.|::|
         |::|:|:」_;|〒弐オ     〒弐テ |:_:」:_」::|
         |:ハ|:.:ハ ト'::ィ;リ    ト'::ィ;リ, |:.:.:.:.:|i::{
          |;|:..|:.:.:} `ー'   '  `ー'  |::|.:.:.|:|::|
           |:|:.::|.:.:.j、 xxx   r‐-、  xxx,|::|.:.:.|:.:|:|
           ||:.:.:.|:.:.||::>┬r┴-┴r┬<:|::|:.::|::.:|:|
          |i:.:.::|:.:|:|:;/:/'} ヽ__",/ |ヽ::L:|:..:|:::.:|:|
          ||:.:.:.:. ̄::::/ :|  ё   | ∧:.: ̄::.:.:.|:|
           ||:.:.:.:.:.:.:.:/ :j       ,| ∧::.:.:i:.:.:.:|:|

朝倉涼子
「命題論理は真か偽のいずれかのみで判定するため、
¬偽とは真であり、¬真とは偽を意味します」

381 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:21:52 ID:PHcH89ao


         l⌒l      l⌒ l       | ヽ
     l\    l  l      |   |      |  l
    l ヽ.  l  l       l  .l     .l  l
    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ

長門有希
「よってもし命題Pが真であるなら、¬Pは必ず偽となる。」

382 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:22:30 ID:PHcH89ao




真じゃなきゃ必ず偽
                             ⊂ニニ⊃
          ____                ____
        /ノ'偽 ヾ \             /― 真 ―\
     |\/《①>  <①》 \/|         /(○)  (○) \  偽じゃなきゃ必ず真
     |/   (__人__)    \|        /   (__人__)    \
      |      ` ^^^´     |      |    ` ⌒´      |
      \           /          \           /  中間なんてねーお
        /          \     γ⌒⌒/          \⌒⌒ヽ
       |   ・    ・   ).     (_ノノ|   ・    ・    )しし_)
.     |  |         /  /         .|  |         /  /
       |   |       /  / |          |   |       /  / |
       |  |      /  /  |           |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |        (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ       (___ノ-'-('___)_ノ



長門有希
「ここは地味に重要。

命題論理においては、真ではないなら必ず偽であるし、
偽でないなら必ず真」

383 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:22:44 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「ここに疎漏は発生しない。

命題は必ず真偽の判定が出来るためだ。

……真偽の判定が出来ないものは命題と見なさないのだから当然だが」

384 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:22:57 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 5.含意についての追加説明:逆、裏、対偶 ◇◆◇◆◇◆


.

385 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:23:16 ID:PHcH89ao

  /:::i::::::::::::/:::::::::,i:::::::/i:::::: /|::::::::::::::::::|、::::::::.\::::::::l:::::::::::::i:::;:::::.ヽ.
 .i::::j゙::::::::;イ :::::::::l|::::/ l:::::l  l;:::i;::::::::::::l.\::.ヽ;::\:::l:::::::::::::|::li:::::::::.ヽ.
 l::/|:::::::/:i:::::::::::|.|:::i  l ::| ヽ::lヽ、:::::::l  \:.ヽ;::.ヽl::::::::::::l::|:l:::::::::::ト\
 |:! |::::::l;:;:|::::::::::;H::!ー- _l;;|   ヽ!、ヽ__;;}-‐'''ヽ~゙\::|:::::::::::|::|:::l:::::i::::|
 |! l:::::|l;:;:l::::::::::| l;|  、.|!`   ヾ ´ >! ,;z==ュ、 `l:::::::::;l:::l:::::l::∧::l
   ヽ;:l l;:l、::::::::l     ヽ       /゙K)::iii::::! j !::::::::;l:::l^i::|:| レ゙
    ヽ ヽ|i、::::l:|             b:::lll::::l  ,!:::::::;!:: l ∧|l
          l::ヘN, ゞ=r'''"゙       ヾ:;;;;;;ノ ,!::::::/::::;レ゙ .|!
        l;:::::::lヽ      、         /::::::/::::/
        l;::::::|::ト、.   r 、 _ _       ,イ:::;イ::::/  
         .!::::l::|. ゙' 、 .|  !      ,.::':/::;/ .|::/
           ヾ;:|:|.   ゙l  !   ,,..: '" /:;イ  j/
          ヽ!  _,,ィ!  ,!゙''' ", -=、 /'゙ .ト.、_
           ,,r'''::::/  .,!.  /  /   l:::::::゙'''::.、

長門有希
「さて先ほどやった含意についてさらに詳しく考えていこう。
含意は推移律(三段論法)に用いることもあってとてもよく使う。よく知っておくべき」

386 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:23:34 ID:PHcH89ao

 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「例文は次の物を使います。
日常用語と論理学の『ならば』の用法の差を気にせずにすむよう、
あえて論理記号『→』を使いますね」

387 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:23:48 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│〜 例文 〜                                            ......│
│                                                   .....│
│・やる夫は100円硬貨を持っている → やる夫は50円のアイスを買うお金がある   ..│
│     P                    Q                          │
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

.

388 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:24:00 ID:PHcH89ao


5.1 逆

.

389 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:24:15 ID:PHcH89ao


                     .. - ─……‐-. .、
               ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
              /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
             , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
              |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
              |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
              { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
               l: l: : l "" ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
               l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                l: : l/ ヽ `   ""〃: ∠ノl/
                  \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
              , r‐‐ァ‐ァ'´‐-、 ,r‐-- ゝ-ュ.、_
              ,.'´   / /            / /  ̄¨'ヽ、
              |  i/  ゝ、       _ _/  i       ',
             i.. /`' ト、,_ `'ゝ-‐'_¨´,、--、 i   i.   i
                i /  / /  `¨'''¨´   / / ヽ ',.   ノ.   |
                 |.  i../        i i.   '、.',. /     |
                 |.  | |          i i     ヽイ     |
                |.  i i         i. i      ハ     |
                  ',  i i        i. i    / |.     |

長門有希
「まず、ある複合命題Aの要素命題Pと要素命題Qの関係が
P→Qで表わせるとき、前件と後件を入れ替えた
Q→P を複合命題Aの『逆』という。」

390 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:24:29 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│やる夫は50円のアイスを買うお金がある → やる夫は100円硬貨を持っている    .│
│     Q                    P                          │
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

.

391 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:24:41 ID:PHcH89ao



                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/  
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:./
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「推論風に言うと、『やる夫は50円のアイスを買うお金があったのだから、
100円硬貨を持っていたのだろう』といったところか」

392 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 07:24:56 ID:PHcH89ao



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「おや? 

これ、確かに持っているかもしれないけど、
絶対そうとは言えなくないですかお? 

1000円札で買ったのかもしれませんお」

393名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 07:56:49 ID:5M2Sn/Uk
寝落ちた?

394 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 08:28:21 ID:PHcH89ao
途中で切っちゃってすいません。
なんか掲示板が落ちちゃってたらしく、書き込みができなくなってました。
続きは今日の夜にでも。

395名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 10:24:13 ID:SX1ztPTo
乙でしたー。
>前件が偽で後件が真、この場合は真
当時も詰まったところでした。
だから、そういうルールなんだとまず覚えて、例文をたくさん作って無理矢理頭に叩き込んだなあw

396名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 13:56:00 ID:dEybi/VU
またひとつかしこくなったぜ!

397名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 15:16:14 ID:Hj96yVzU
乙でしたー。続きも期待。
ところで、論理記号については、毎回冒頭で一覧だけでも出してはいかがでしょうか。
他の用語と違って、字面から思い出すことができるものでもありませんし。
もちろん今回みたいに中断があった場合は別ですけど。

398名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 15:47:10 ID:CwIi8DAc
>>396
小俣さん、乙w

399名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 16:16:10 ID:.g13Q/TI
乙でしたー
論理記号って読み方あるの?
>>287の「¬Q→¬PってP→Qの対偶じゃん?」ってセリフを言葉にする時は
「QでないならばPではないってPならばQの対偶じゃん?」って感じでいいのかな?

400名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 16:49:56 ID:SeBjsEKw

数Aで似たようなのやったな、いい得点源だった
でも大して問題出されないんだよな、やっぱ簡単すぎて問題として役に立たないからかな?

401名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 19:07:37 ID:GWoYOUyk


402 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:12:39 ID:PHcH89ao
では再開します

403 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:12:54 ID:PHcH89ao


                  //               ヽヽ
                    | |                 | |
                   | |                 | |
                  |_| f「l            「| | |
                 {三}」 L,,          」 L{三}
              ___   У    `ヽ       /⌒゚¨゚⌒ヽ x===、
            / ̄ヽ∠ィ∨∨∨V     l/l/\l\ト仆、_n ム
            レク) /二二二二二}     ,'二二二ニニム_ `V
            ゝ/二二二二二二}      lニ>' ´ ̄ ̄ ̄`ヽく
                //二!   /\二二}    l二l        ∧ハ \
          /7/Yfテ l  / `ヽ\二l     lニl  /⌒Vl /fテハニ ヽ
         /二レ'  じ゚ ∨ `fテ l ムニ|    |ニ|  |Yfテ V じ゚ ヘ!ニニム
        /二二八      じ゚/ / 二|     |ニl  | じ゚      丿 二二ム
         /二二二 >、^____/ / 二|    lニヘ 之__, ^ <二二二二ム
      /二二二二二二二二 ノイ 二二|     lニニトイ二二二二二二二二二 ム
        {二二二二二二二二二二二二| ; ;   l二二二二二二二二二二二二}
        {二二二二二二二二二二二ニ/ '    'V二二二二二二二二二二二 }
      {二二二二二二二二二二二/ ,' '   ',V二二二二二二二二二二ニ'
       V二二二二二二二二二二'  ,' ,'    ,\二二二二二二二二二ニ'
       `マニニニニニニニニ / //       ヽ \ 三三三三三三三У
          ` <二二二二>' _ /         \ ` =ニ二三三三>'

長門有希
「そう。貴方の言う通り、たまたま成り立つこともあるが、
必ず成り立つと考えるのは間違い」

404 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:13:37 ID:PHcH89ao


5.2 裏

.

405 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:13:52 ID:PHcH89ao


                     .. - ─……‐-. .、
               ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
              /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
             , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
              |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
              |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
              { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
               l: l: : l "" ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
               l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                l: : l/ ヽ `   ""〃: ∠ノl/
                  \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
              , r‐‐ァ‐ァ'´‐-、 ,r‐-- ゝ-ュ.、_
              ,.'´   / /            / /  ̄¨'ヽ、
              |  i/  ゝ、       _ _/  i       ',
             i.. /`' ト、,_ `'ゝ-‐'_¨´,、--、 i   i.   i
                i /  / /  `¨'''¨´   / / ヽ ',.   ノ.   |
                 |.  i../        i i.   '、.',. /     |
                 |.  | |          i i     ヽイ     |
                |.  i i         i. i      ハ     |
                  ',  i i        i. i    / |.     |

長門有希
「次、前件と後件の両方に否定をかけた ¬P→¬Q を複合命題Aの『裏』という。」

406 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:14:16 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│・やる夫は100円硬貨を持っていない  → やる夫は50円のアイスを買うお金がない   ....│
│     ¬P                            ¬Q                  │
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

.

407 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:14:33 ID:PHcH89ao


              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐− }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }
.        ∧   /}Y^Y´ L.ノ
      /  \厶ノ/  !  }
  ( (  〈\     /  h /
      ヽ..工_ー''′ ̄ }}/

長門有希
「推論風に言うと、『やる夫は100円硬貨を持っていないのだから、
やる夫は50円のアイスを買えないに違いない』といったところ」

408 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:14:55 ID:PHcH89ao



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「これも必ずしも成り立たないような……。千円札をもっていたらそれまでですお」

409 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:15:33 ID:PHcH89ao



                  //               ヽヽ
                    | |                 | |
                   | |                 | |
                  |_| f「l            「| | |
                 {三}」 L,,          」 L{三}
              ___   У    `ヽ       /⌒゚¨゚⌒ヽ x===、
            / ̄ヽ∠ィ∨∨∨V     l/l/\l\ト仆、_n ム
            レク) /二二二二二}     ,'二二二ニニム_ `V
            ゝ/二二二二二二}      lニ>' ´ ̄ ̄ ̄`ヽく
                //二!   /\二二}    l二l        ∧ハ \
          /7/Yfテ l  / `ヽ\二l     lニl  /⌒Vl /fテハニ ヽ
         /二レ'  じ゚ ∨ `fテ l ムニ|    |ニ|  |Yfテ V じ゚ ヘ!ニニム
        /二二八      じ゚/ / 二|     |ニl  | じ゚      丿 二二ム
         /二二二 >、^____/ / 二|    lニヘ 之__, ^ <二二二二ム
      /二二二二二二二二 ノイ 二二|     lニニトイ二二二二二二二二二 ム
        {二二二二二二二二二二二二| ; ;   l二二二二二二二二二二二二}
        {二二二二二二二二二二二ニ/ '    'V二二二二二二二二二二二 }
      {二二二二二二二二二二二/ ,' '   ',V二二二二二二二二二二ニ'
       V二二二二二二二二二二'  ,' ,'    ,\二二二二二二二二二ニ'
       `マニニニニニニニニ / //       ヽ \ 三三三三三三三У
          ` <二二二二>' _ /         \ ` =ニ二三三三>'

長門有希
「そう。そのように、逆と裏は正しくないことがありえる。

『逆と裏は必ずしも真ならず』と言われるのがまさにこれ」

410 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:15:56 ID:PHcH89ao



    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´

朝倉涼子
「ところが人は逆と裏を真だとつい考えてしまう癖があります。

パッと見ではわかりづらいこともあるので、うっかり見落としてしまって推論に失敗し、
反証による突っ込みを受けることがありますね」

411 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:16:14 ID:PHcH89ao


5.3 対偶

.

412 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:16:35 ID:PHcH89ao


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―

長門有希
「最後に、裏かつ逆の ¬Q→¬P を複合命題Aの『対偶』という。」

413 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:16:56 ID:PHcH89ao


┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│・やる夫は50円のアイスを買うお金がない → やる夫は100円硬貨を持っていない  ......│
│     ¬Q                    ¬P                        │
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

.

414 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:17:15 ID:PHcH89ao

          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',

長門有希
「推論風に言うと、『やる夫は50円のアイスを買うお金がなかったのだから、
100円硬貨を持っていなかったのだろう』といったところ」

415 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:17:59 ID:PHcH89ao



     ____       ヽ v /
   /─  ─\     -(m)-
  /( ●)  (●)\.       ≡
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「えーと……あ、これは正しいお。

50円のアイスを買うお金がないなら、100円硬貨を持っていないのは確実だお。

逆や裏のように、1000円札を持っている可能性も無いお」

416 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:18:16 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そう、対偶は必ず成り立つ。
そのため対偶だけは推論にも安心して使うことができる。

もっともこれは危険な点でもあり、もし反証によって対偶が
否定された場合、全自動でもとの命題も否定されることになるのだが」

417 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:18:35 ID:PHcH89ao


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「ただし逆と裏が必ずしも真と言えないのは含意のときであって、
同値であるなら間違いなく正しいんですよ。

逆が正しいのは同値の定義から確実。

そして裏は逆の対偶なのでこれも正しいんです」

418 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:19:13 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 6.必ず同値となる関係と言い換え ◇◆◇◆◇◆


.

419 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:20:19 ID:PHcH89ao


                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |

長門有希
「さてここまで連言、選言、含意、同値、否定を解説したわけだが、
実はいくつかの組み合わせはどのような命題を当てはめても必ず同値の関係になる。

この関係は言い換えに利用することが出来る(あまり実用的でないものもあるが)」

420 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:20:39 ID:PHcH89ao


6.1 ド・モルガンの法則

.

421 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:21:01 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「たとえば、ある複合命題を¬(P∨Q)で表わしたとすると」

422 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:21:15 ID:PHcH89ao



┌────────────┐
│                  │
│¬(P∨Q)⇔¬P∧¬Q    │
│                  │
└────────────┘


長門有希
「この関係が成り立つ」

423 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:21:35 ID:PHcH89ao


     ____   
   /─  ─\  
  /( ●)  (●)\.  
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「どれ? 真理値表で確認してみるお。

まず¬(P∨Q)は選言の結果を否定で反転させるわけだから……こうだお」


P  Q  ¬(P∨Q)
真 真    偽
真 偽    偽
偽 真    偽
偽 偽    真

424 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:21:50 ID:PHcH89ao

     ____   
   /─  ─\  
  /( ●)  (●)\.  
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「次に¬P∧¬Qは条件の真偽を
反転しながら考えればいいわけだから
……こうだお」


P  Q  ¬P  ¬Q  ¬P∧¬Q
真 真   偽   偽     偽
真 偽   偽   真     偽
偽 真   真   偽     偽
偽 偽   真   真     真

425 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:22:13 ID:PHcH89ao


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'

美筆やる夫
「あ、本当だお。同じになるお」

.

426 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:22:30 ID:PHcH89ao

                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |

朝倉涼子
「試しに日本語にしてみましょうか。

閲覧不可を決定する複合命題に含まれている命題Pを『18歳未満の方』、命題Qを『グロテスクな表現が苦手な方』とし、
¬Pは『18歳以上の方』¬Qは『グロテスクな表現が苦手でない方』として考えてみますね」

427 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:22:50 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│〜 例 〜                                                       ...│
│                                                            ....│
│・選言で表現¬(P∨Q) : 18歳未満の方、または、グロテスクな表現が苦手な方は閲覧不可    │
│                                                            ....│
│・連言で表現¬P∧¬Q : 18歳以上でかつグロテスクな表現が苦手でない方のみ閲覧可      .│
│                                                            ....│
└──────────────────────────────────────────┘

.

428 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:23:25 ID:PHcH89ao

        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「例文を読んで、意味がいっしょになることを確認してほしい」

429 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:23:49 ID:PHcH89ao


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /

美筆やる夫
「あ、本当だお。同じことになるお。こりゃ面白いお」

.

430 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:24:14 ID:PHcH89ao


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「ちなみにこの関係(¬(P∨Q) ⇔ ¬P∧¬Q)には名前がついていて、
ド・モルガンの法則と呼ばれています。

また、このド・モルガンの法則のように、
どのような命題を当てはめても同値となる関係を同値定理と呼んだりしますね」

431 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:24:35 ID:PHcH89ao


6.2 二重否定律

.

432 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:24:50 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「こんなものもある。二重否定律と言われるもの」

433 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:25:06 ID:PHcH89ao


┌───────┐
│           .│
│P ⇔ ¬¬P  ....│
│           .│
└───────┘



美筆やる夫
「……なんですかお、これは。

あったり前じゃないですかお」

434 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:25:26 ID:PHcH89ao


                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「その通り、当たり前。でも割とよくある日本語」

435 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:25:45 ID:PHcH89ao


┌───────────────────┐
│                          ......│
│〜 二重否定律による言い換えの例 〜     .│
│                          ......│
│・ボクは18歳未満ではありません       .│
│                          ......│
│・ボクは18歳以上です               │
│                          ......│
└───────────────────┘

.

436 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:26:06 ID:PHcH89ao


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /

美筆やる夫
「ああ、確かによく見ますお」

437 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:27:03 ID:PHcH89ao



  ,     __  、     、
 〈 ,-‐'"´ ̄     ̄`゙ヽ、     ヽ
  Y  _,....====.、..__   バ-=r‐ 〉
  kr'T「トl、,_|  |リ_,.斗 |`,'. ',、ヾ ノ
  | | lγ''ヾ  γ''ヽ._| l  | `l' .l
  ゙Trl 弋..ノ  弋__ノ├゙、_ノニ} l
   | リ ""      ""|   リ´|ト'`ヽ
   | ゝ.、,、 --{    |   | |l   l
   |  ∧スフ¬¬'''ス,| l |l |l、__,.ノ
   | l |  `l|/´ヽ./ | | |l  |
   | |.|  '´ ,..、  l  .| リ_lイ|  |
    ̄l`゙l  ゝ'   |  '´|  l|  |

朝倉涼子
「ですが、実際の文章作成では、二重否定文は肯定文よりも理解しづらくなる傾向があります。

そのためこの二重否定律は必要なときだけ使うようにしたほうが良いでしょうね」

438 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:27:32 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                                                   .....│
│〜 二重否定律使い過ぎの例 〜                                                ...│
│                                                                   .....│
│・特に問題のある歩き方をしていなかったやらない夫が自動車事故を避けられなかった。                │
│もう若くない人が時に行う安全でない運転に注意しないのはいいことではない。                    ....│
│                                                                   .....│
│                                                                   .....│
│                                                                   .....│
│〜 二重否定文を肯定文に言い換えると 〜                                         .....│
│                                                                   .....│
│・ごく普通に歩道を歩いていたやらない夫が自動車事故にあった。高齢者が時に行う危険運転には要注意。    │
│                                                                   .....│
└───────────────────────────────────────────────┘

.

439 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:28:30 ID:PHcH89ao



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

美筆やる夫
「あ、本当だお。二重否定つかまくった文は意味がわかりにくいですお。
でもけっこう二重否定をよく使う人がいますお?」

440 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:31:11 ID:PHcH89ao


                                __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
            /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
            ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ
              |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :|
           |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|
           ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `
             ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|
               `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|
               / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、__
              \,/::::::ゝ、::::::::::::::::\///:::::::::´:::::::;}フ
              _,ノ::::::::::ノ:`ヽ::::::::::::::::\::::::::;/_:;/
              <´:::::::::::::/:::::::/ \::::::::::/`ー=っ

長門有希
「これは>>1の私見だが、二重否定は反証による突っ込みを比較的受けにくいため、
防衛的な表現を好む人が多用しがちな気がする。

……もっとも、内容が反証を誘うようなものだと二重否定文だろうと
容赦なく突っ込まれるものだが」

441 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:31:39 ID:PHcH89ao


6.3 対偶律

.

442 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:32:19 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「次に行こう。さきほどやったばかりの対偶律」

443 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:32:37 ID:PHcH89ao


┌────────────────┐
│                       .│
│対偶律 (P→Q) ⇔ (¬Q→¬P)   ....│
│                       .│
└────────────────┘

.

444 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:33:07 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│〜 例 〜                                                  │
│                                                       .│
│命題は必ず真偽の判定が出来る。 ⇔ 真偽の判定が出来ないものは命題ではない    │
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

.

445 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:33:24 ID:PHcH89ao


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

美筆やる夫
「おや、さっき使った説明文ですお」

446 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:33:40 ID:PHcH89ao



: : : : : : : : : : : :|: : ::|: : : :;|:.:. : : : : :/:: : : : : : : : : :ハ
: : : : : : : : : : :.:|ヽ: :|: : ::/|:: : : : : :/ヽ/: : :.: : : : : :|
: : : : : : : : : : : |:.: :\;:/ |: :: : : :/∠∨:.: : :|: : : ト、:|
: : : : : : : : : : ::|: :/'|::/\,|: :|: : /ィチヤ∧::.: :|: : : | `
: : :: ::|: : : : : : |:/zテ弐チ |:/|: :/'|f::j:} ハ::',:: :|:: : :j
: : :i::_|:: : : : : :|' {f´:::j:|  j:;/ V:;リ ハ:.: : :|: : :/
: : :{´ |: : : : : :| 、弋z::リ  ´   、 " {:: : : :l::/
: : :ヽ、|: : : : : |    ̄           }:: : :/´
: : : : :.:|: : : : ::|            ,.イ: : :/
\:.:|、:.∨: : : :|‐r- __ヘ_ ,.-‐<::::::|:: :/
  {`  ヽ、:.: :| \ゝ-‐'ノ    \:|::/

長門有希
「そう。論理記号を使って表記するとこうなる」

447 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:34:05 ID:PHcH89ao


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│〜 例 〜                                                  │
│                                                       .│
│・(命題である → 真偽の判定が出来る) ⇔ (真偽の判定が出来ない → 命題ではない)  .....│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

.

448 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:34:19 ID:PHcH89ao


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

美筆やる夫
「へー。こういう言い換えは知ってると便利ですお」

449 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:34:35 ID:PHcH89ao


6.4 移出律

.

450 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:34:52 ID:PHcH89ao


                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「それから移出律。ちょっとややこしい」

451 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:35:23 ID:PHcH89ao


┌────────────────┐
│                       .│
│移出律:(A∧B)→C⇔A→(B→C)    │
│                       .│
└────────────────┘

.

452 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:36:02 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│〜 例 〜                                       ...│
│                                            ....│
│・やらない夫が『18歳以上かつグロOK』ならば、閲覧していい人だ。    .│
│                                            ....│
│・やらない夫が18歳以上ならば、『グロOKに限るが閲覧していい人』だ。  │
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘

.

453 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:36:19 ID:PHcH89ao


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「一気に条件を狭めるか、順に条件を狭めていくかの違いはあっても
結果は一緒ってことです」

454 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:36:39 ID:PHcH89ao


       ____
     /^  ⌒  \
    (●)  (● )   \
   /⌒(__人_)⌒::::::  \
   |   |-┬r|       |
   \  `'ー`        /

美筆やる夫
「プログラミングでいうと、AND演算子を使って条件文を1行で書いても、
条件文を入れ子にして書いても、結果は同じ、というところかお」

455 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:37:07 ID:PHcH89ao


6.5 実質条件法律

.

456 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:37:25 ID:PHcH89ao


.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ

長門有希
「最後に移出律。これはかなりわかりづらい」

457 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:38:16 ID:PHcH89ao

誤字を訂正orz

.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ

長門有希
「最後に実質条件法律。これはかなりわかりづらい」

458 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:38:42 ID:PHcH89ao



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「ちなみに真理値表はこうなる」

P ¬P  Q   ¬P∨Q  P→Q 
真 偽 真     真    真
真 偽 偽     偽    偽
偽 真 真     真    真
偽 真 偽     真    真

.

459 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:39:11 ID:PHcH89ao


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「例の日常言語と論理学の差が影響し、ややおかしな日本語になるのですが、
これはこう言い換えられます」

460 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:39:34 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│〜 例 〜                                                      │
│                                                           .│
│・『当社が美筆町に直営店を出したならば、当社は御社に違約金を支払う』こととする       .│
│                                                           .│
│・『当社は美筆町に直営店を出さない』か、または『当社は御社に違約金を支払う』こととする    │
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

.

461 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:40:36 ID:PHcH89ao


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「あー……まあ確かにこうなるかお……。

違約金を支払うんだったら直営店も出せるお。

上の約束は下の表現の仕方もできるお。なんか日本語としては変だし
関係性がよくわからなくなってるけど」

.

462 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:41:26 ID:PHcH89ao


                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |

長門有希
「まだまだあるのだがキリがないのでこの辺で止める。
最後に代表的な同値定理を列挙して今回の締めにする」

463 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:41:51 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│〜 代表的な同値定理(P、Q、Rはすべて命題) 〜                           .│
│                                                         .│
│鄯)ド・モルガンの法則 …… ¬(P∧Q)⇔(¬P∨¬Q) , ¬(P∨)⇔(¬P∧¬Q)      │
│                                                         .│
│鄱)二重否定律 …… P⇔¬¬P                                     .│
│                                                         .│
│鄴)対偶律 …… (P→Q) ⇔ (¬Q→¬P)                                │
│                                                         .│
│鄽)分配律 …… P∧(Q∨R)⇔(P∧Q)∨(P∧R) , P∨(Q∧R)⇔(P∨Q)∧(P∨R)    .│
│                                                         .│
│酈)交換律 …… (P∧Q)⇔(Q∧P) , (P∨Q)⇔(Q∨P)                       │
│                                                         .│
│酛)結合律 …… (P∧Q)∧R⇔P∧(Q∧R) , (P∨Q)∨R⇔P∨(Q∨R)             ..│
│                                                         .│
│醃)移出律 …… ((A∧B)→C)⇔(A→(B→C))                             .│
│                                                         .│
│醞)実質条件法律 …… (P→Q)⇔(¬P∨Q)                              │
│                                                         .│
│醬)同文反復律 …… P⇔(P∧P) , P⇔(P∨P)                           │
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘

.

464 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:42:06 ID:PHcH89ao



◆◇◆◇◆◇ 7.次回予告とティーブレイク ◇◆◇◆◇◆


.

465 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:42:32 ID:PHcH89ao


                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、   ふいー
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

長門有希
「だいぶ長くなった。命題論理の話題はまだまだ続くのだが、いったん休憩をいれよう」

466 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:42:58 ID:PHcH89ao


                   _ ......... __
               ,.ィ"/,. ィ'":.:.:.:\:.:`丶、
             / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
            / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
          /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
         く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
           ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
             /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}
            /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!
           /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }          ,、
          /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }           //
         /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }        //
        /:.:.:.:.:.:.::.:.{ {l: : : : : :.:.!{,〃゙Yニ - _ュく{.   }       //
.      , ':.:.:.:/:.:.:.:{ /:|:.: : : : : :ヾ,ヽ='ィ、ニ. r.イYヽ   }      _..rY、
    , ':.:.:./:.:.:.:.,イ/:.:.|:.:.',: : /: : : \/ !  / /{:ハ.  }.   /,_ィ_〉 〉
.  , ':.:.:/:.:.:.:.:./ /:.:.:.:!:.:.:.∨: :_:_: : / l   ' .,'イ: : :!  }. ,イ    'ー- ._
 , ':.:./:.:.:.:.:.:./ ./:.:.:.:.:.!:.:.:/: :/r =7     ,'.フ: :ヽl   }Y フ '´ ̄`二- '-'
,.':.:/:.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:/ハ:/:.:.:.イ7/〈:、     !'.):.:. : : `ヽ/'、ヽ二-フ´
/:.:.:.:.:.:.:., '  /:.:./:./:./:.:.:.:/://:.:.:ヽ:\   |ヘ:r,.-.、、/  ゙ーァ'´
:.:.:.:.:.:.:./  ./://:.\:.:.:.:/:.V:.:.:.:. : :〉:/  l:.\ニ/Yl   /
:.:.:.:.:.:.:.{  /:':/_.. -‐'::::`7:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/   /:.:.:.::|': :.ヽヽ/ヽ、

翠星石
「紅茶をいれてきたですよー。

淹れ方は真紅さん直伝ですぅ」

467 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:43:59 ID:PHcH89ao



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . u
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

美筆やる夫
「サンキュだお翠星石。

しかしかなり長かったわりに、命題の真偽判定と
同値定理による言い換えだけで終わりましたお……。

推論のすの字も出ませんでしたお。

ルールブック読むだけで終わってプレイできなかったTRPGって感じですお」

468 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:44:44 ID:PHcH89ao



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

長門有希
「それは仕方ない。ゲームを遊ぶにはルールの理解が必要になるように、
推論を行うには今日やった命題の真偽判定の理解が必須」

469 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:45:24 ID:PHcH89ao



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「なお今回やったことのうち、選言・連言・同値ももちろん使うんですが、
とくに含意は頻繁に使いますよ。

推移律(三段論法)に使いますからね」

470 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:46:35 ID:PHcH89ao


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「ところで、余談ながら、今回行ったような言語を抽象化して
パターン化した内容を研究する内容は、
論理学の中でも形式論理学と呼ばれる分野にあたる。

一方で、具体的な論証について検討するのは
非形式論理学と呼ばれる分野となる」

471 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:47:38 ID:PHcH89ao


┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│◆形式論理学                                                     ...│
│                                                              ..│
│言語の用い方のパターンの研究。                                           │
│抽象化された概念を用いて考える。その概念を記号で表現するので、論理記号が乱れ飛ぶ。       │
│                                                              ..│
│こんな感じで考えていく:((A→B)∧(B→C))→(A→C)                                │
│                                                              ..│
│                                                              ..│
│                                                              ..│
│◆非形式論理学                                                   .....│
│具体的な論証の研究。日常言語を用いて考える。                                 │
│                                                              ..│
│こんな感じで考えていく:人はいずれ必ず死ぬ。自分も人だ。よって、自分もいずれは死ぬだろう。    │
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

.

472 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:48:00 ID:PHcH89ao



  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i )__  ( i)))
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |              |
     \             /

美筆やる夫
「どっちが重要なんですかお?」


.

473 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:48:34 ID:PHcH89ao


  /: : : : : : |: : : : : : : :/: :l: : : | |ヽ: : : : : : : : : : : |ヽ: : : : |: : : : : : : : : : : |: :|
  /: :/|: : : : :|: : : : : : /\: :l: : | | ヽ: : : : : : : :|: : l ヽ: :/|ヽ : : : : : : : : : |/
 /: :/ | : : : : l: : : : : :|  \l: :| |   ヽ: : : : : : |ヽ | /: : | ヽ: : : : : : : : : |
 | /  |: : : : : |: : : : : :|    \: :|  ヽ: : : : : :|  /  ヽ |  ヽ: : : : : : : |
    |: : : : : :l: : : : : l━━━━━  \: : : : |━━━━━━ヽ: : : : : |
    |: : : : : : ヽ: : : l | |二つ;:;:;:;:;:|   \  | | |二つ;:;:;:;:;:;:;:| ヽ: : : |
     l: : : : : : : ヽ: :| | |:.:.:P;:;:;:;l.:.:|      \| | |:.:.:.P;:;:;:;;l:.:.:| .l: :ヽ |
     l: : : : : : : : :ヽ| | |:.:.:l;:;:;:;:;|.:.:l         | |:.:.:.l;:;:;:;:;;|:.:.:! l: : : l
     ヽ:|ヽ : :l: : : :'. '.'. :.:ヽ;:;:ノo.:|        '.' :.:.ヽ;:;:ノo:.:,' l: : : l
      リ \|: : : : l.  ヾ、   ノ        ヾ、    ,ノ .l: : : :l
       l   l: : : : l ///` ¨´               ` /// l: : : :l
         乂  ヽ: : {                          l: : : :l
          ̄ ヽ: ヽ                         l: : : : 乂
            ヽ: :`:::.....___   ,-‐    _.......:::,'l: : : : :/  ̄ ̄
             ヽ: : : : | ヽl イ ̄ ̄ア ̄ ̄ ̄/   \,': : : :./
              ヽ: : | ,イ;:;:|  ├-、   /      ,': : :./
               ヽ |/ |;:;:;:|   l:.:.:.:ヽ /.   /,': :/,r\

長門有希
「両者は補完的な関係なのでどちらも重要。

論理のパターンは具体的な論証に応用するためのものであり、
具体的な論証はパターンへの理解を深めたりパターン自体を
導出したりする元となるもの。

片方だけでは中途半端。

>>1は『どうせ実際に使うためには両方要るんだし、分ける意味あんまなくね?』と考えていて、
普段両者を含めた意味で論理学とだけ呼んでいる。

もっとも『この姿勢は他の人の混乱を招くかな』と気がついて
後から解説をこうして加えたわけだが」

474 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:49:49 ID:PHcH89ao



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「それから次回だが、『抽象と実体』をはじめとする
物事の関係について解説したい。

どれもなんとはなしに知られている概念ではあるのだが、意識して
使いこなせている人は案外少ないと思う」

475 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:50:09 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│                                  ▲2ch Virtual           .│
│                                                   .....│
│                                                    .....│
│            /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、                .....│
│             ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、               ..│
│             /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、          .│
│            / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ         .│
│             /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/         │
│          //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/          .│
│              | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/           │
│              | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′         ....│
│               | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |            .│
│               |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|            .│
│               |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}             │
│                    ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ           │
│                /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ        ....│
│         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\        .│
│      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\      ...│
│     /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/  |=====|    \\     .│
│      /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/    .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\    .│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

助手:柊かがみ
「ってことは私の出番か。アップはじめときますね」

476 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 20:50:28 ID:PHcH89ao


┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│                                                                │
│             【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです                   ......│
│                                                                │
│                                                                │
│             第2回 論理学の基本 〜 命題論理(1) 〜                       ....│
│                                                                │
│                          おわり                                  │
└────────────────────────────────────────────┘

.

477名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 20:53:39 ID:GWoYOUyk


478名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 20:53:55 ID:SeBjsEKw

数Ⅲに比べりゃすごく理解しやすかった

479名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 20:56:58 ID:eGWld8Fs


480名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 21:18:14 ID:do/UpURo
おつ!

481 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/27(火) 21:37:30 ID:PHcH89ao


>>395 だから、そういうルールなんだとまず覚えて、例文をたくさん作って無理矢理頭に叩き込んだなあw
そうなりますよねw 前件が偽になるパターンは日本語に直す作業が苦しいです。特に包含の関係。


>>397 ところで、論理記号については、毎回冒頭で一覧だけでも出してはいかがでしょうか。
あ、いいかも。そのアイディア、ありがたく頂きます。


>>399 >>287の「¬Q→¬PってP→Qの対偶じゃん?」ってセリフを言葉にする時は
>>「QでないならばPではないってPならばQの対偶じゃん?」って感じでいいのかな?
いいと思います。
ただ自分は同値の読み方が実はよくわかってなくて、○○は××と同値、なんて読み方にしちゃってます;


>>400 でも大して問題出されないんだよな、やっぱ簡単すぎて問題として役に立たないからかな?
想像ですが、指導要領の比重の置かれ方が理由ではないかと。あと受験によく出るかどうかw


>>478 数Ⅲに比べりゃすごく理解しやすかった
どもw

482名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 22:35:52 ID:f7MbdL92
数Ⅱ間でしか習わずに高校大学を通り抜けてしまった俺には嬉しいスレだ

483名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 23:04:32 ID:DUTq9pQI
AND回路or回路NOT回路とかやってた俺惨状

484名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 23:17:26 ID:gNRQbT0I
今更ながら本編終了、乙でヤンス

鬼ですか貴方わw まぁ前向きに考えればやる夫と翠星石はこれ以上脅かされること無い立場になったという事で幸せなんでしょうな
願わくば、これからは幸せなままででいられますように 人(゚- ゚ )

485名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 23:24:39 ID:1JCgmTv.
乙でした!
選言やら連言やらを見て、
昔習ったバイチ図をふと思い出した。

486名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 23:28:50 ID:ERc3lpLU
AND、OR、NOTみたいなもんか。
…学生時代論理回路で頭がパンクしそうになったの思い出した

487名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 23:56:13 ID:uQV.7elw
>>478
同意しとく

488名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 23:58:18 ID:uQV.7elw
>>484
やる夫と翠星石から十分データを取ったと判断したら長門は使い捨てるほうに傾くと思うんだ

>>455
これの関係性(P→Q)⇔(¬P∨Q)書き忘れてない?

489 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 06:04:36 ID:yg7EH6hU
>>482 数Ⅱ間でしか習わずに高校大学を通り抜けてしまった俺には嬉しいスレだ
高校・大学で習わなかったこと(もしくはサボったことw)が
後になって求められると辛いですよね。
求められる時ってたいてい応用問題になってるしw


>>483 AND回路or回路NOT回路とかやってた俺惨状
いらっしゃいませ


>>484 願わくば、これからは幸せなままででいられますように 人(゚- ゚ )
少なくとも論理学編ではあの二人はそこそこの待遇ではありますねw


>>486 AND、OR、NOTみたいなもんか。
ほぼかぶりますw


>>488 これの関係性(P→Q)⇔(¬P∨Q)書き忘れてない?
あいたっ。本当ですね。追加しときます。

490 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 06:05:39 ID:yg7EH6hU
【関係性の記述が漏れていたので追加】
>>457 のあとにこれを追加してください


┌──────────┐
│              ..│
│実質条件法律     ...│
│              ..│
│(P→Q)⇔(¬P∨Q)  ....│
│              ..│
└──────────┘

.

491名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 06:10:42 ID:57F1gAOo
論理回路は分かるが数Ⅲは苦手だなぁ

492名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 12:13:07 ID:tXLFjlrA
今回は面白かった。
なんというか、国語的な意味でw

抽象化するために数式を用いるのだろうけど、
どうもそういうのに、拒否反応を示してしまう。

493名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 15:28:26 ID:fiwkpM3w
ユートピアって携帯ゲーでvipperが暴れまわってる件www
http://utpa.jp/?guid=on&cv=29911

メルアド不要
最初は丸太斬ってLv上げ
Lv20で自分の国がつくれる
他の国と戦争して国のLv上がるとショップにいい装備が入る

現在vipperがDQNに押されてる感じ
おまえら参戦しろwww

494 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:14:19 ID:yg7EH6hU
もうしばらくしてから開始します

495名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 22:15:44 ID:pBkeUiks
はーい。

496名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 22:16:59 ID:c9HvaO2E
ちゃーん

497 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:17:47 ID:yg7EH6hU

┏───────────────────────────────────┓
│                                                    │
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです           ..│
│                                                    │
│                                                    │
│                  第3回 命題論理(2)                    .│
│                                                    │
│      〜 含意が表現する物事の関係(1):『抽象的概念と実体』 〜        │
│                                                    │
┗───────────────────────────────────┛

498 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:18:36 ID:yg7EH6hU


  ┌────────────────────────────────┐
  │                                              ..│
  │〜 論理記号の意味 〜                          . . .      │
  │                                              ..│
  │                                              ..│
  │・ ∧ …… 連言。「かつ」。AND条件                         .│
  │                                              ..│
  │・ ∨ …… 選言。「または」。OR条件                        .│
  │                                              ....│
  │・ → ……  含意 「ならば」。条件あるいは包含。                │
  │                                              ..│
  │・ ⇔ …… 同値。必要十分条件。                        .....│
  │                                          .    .│
  │・ ¬ …… 否定。「ではない」。                           .│
  │                                              ..│
  └────────────────────────────────┘

499 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:18:51 ID:yg7EH6hU
【長門の研究所:研究室】
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
               ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...|  ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

500 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:19:04 ID:yg7EH6hU

                     .. - ─……‐-. .、
               ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
              /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
             , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
              |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
              |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
              { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
               l: l: : l "" ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
               l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                l: : l/ ヽ `   ""〃: ∠ノl/
                  \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
              , r‐‐ァ‐ァ'´‐-、 ,r‐-- ゝ-ュ.、_
              ,.'´   / /            / /  ̄¨'ヽ、
              |  i/  ゝ、       _ _/  i       ',
             i.. /`' ト、,_ `'ゝ-‐'_¨´,、--、 i   i.   i
                i /  / /  `¨'''¨´   / / ヽ ',.   ノ.   |
                 |.  i../        i i.   '、.',. /     |
                 |.  | |          i i     ヽイ     |
                |.  i i         i. i      ハ     |
                  ',  i i        i. i    / |.     |
              ',. i i.         i. i    /  i     |

長門有希
「では再開しよう。

今回からしばらく、含意が表現する物事の関係について細かく考えていきたい」

501 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:19:22 ID:yg7EH6hU


             ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵      
       .∵∴∵∴∵∴∵∴∵
         ∴∵∴∵∴∵∴∵
        ∴∵∴∵∴∵∴∵∵
      ∴∵∴∵∴抽象的概念∴∵∵∴∵
      ∴∴∵∴∵∴∵∵∴∵
   ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∴∴∵∴∵∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
    ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
      ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
       ∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴∵       ∴∵∴∵


長門有希
「今回の題は『抽象的概念と実体』。

誰もがわかっているようで、実は案外あいまいな抽象的概念について学んでもらう」

502 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:19:47 ID:yg7EH6hU


          / ̄\
         |     |  
          \_/
           |
       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「今回の説明は仮想空間で行います。

ベッドの上で楽になって、このボンボンを頭につけてください」

503 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:20:14 ID:yg7EH6hU


          / ̄\
         |     |  
          \_/
          _|__  
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /

美筆やる夫
「ボンボンにはあまりいい思い出がないけど……
拒否権ねーし大人しくつけるお」

504 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:20:39 ID:yg7EH6hU



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「私は仮想空間の管理業務があるので参加できない。

かがみに講師役を任せているので彼女から講義を受けてほしい。

二人とも用意はいい?」

505 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:21:02 ID:yg7EH6hU



        / ̄\
       |     |  
        \_/
         |
       _,. _-_‐_‐-、
    ,.-<' ` 、  \ ヽ
   r'l  ' r、、 ヽ ヽ ヽ'_´ヘ
  /  l |`‐ヘ', ハ__ヽ ヘ ∧
. /  l l ヘ  サ´‐'´',´`<、、 \
/l  ', ',,ィヘ   ィ彡 ∨'ヽ' `ヽ ヽ、   _,、
| l ヽヽ∧ z彡      ∨ `ヽ、  `ニ`ニ´∠
 ` `゙`T ハ    _ ,.ィ','ヽ  Y´`' ‐-、    /
     } , ト‐‐ッ'´`ノl  ヽ'   `ヾ、ヽ,/
    /, ',l, / l  | /  ヽ     >
    l、l、_/トv'´ハ  `'´   ,.>、 /
     l / ´   ヘ    / ∨
     レ    l   {,.,.-r‐'〈_X |
      |,.--、ハヽ‐'゙'''l-7'´  `'
                ∨


      / ̄\
     |     |  
      \_/
       _|__
     /ノ  ヽ_\
   /( ー)  (ー)\
  /   (__人__)   \
  |     ー-u'     |
  \              /
 / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒/^)
//######/ /

二人とも
「いつでもどうぞー」

506 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:21:57 ID:yg7EH6hU


                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |
     /´ ̄゛`ー‐-、____,ノ l,イ:::|  ∨//,|:::|     ∧

長門有希
「ではポチッとな」

507 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:22:30 ID:yg7EH6hU



              !  ,./ ''゙゙゙゙'''ー、      ◯            。              ◯  __      ,'
              !  /       `、 '"⌒''、,        。                     ,r'"   ゙"   !
           / .│       │    .!   。          _..-….' -、.   ◯     /        ,!
          /  - ヽ       /   .,./             /       .\      .l        l          ほわわわわ……
'-、         _/゛     ヽ、   . / : ''=ニ´              l゙   .__   .l,  。   `'-.__ ‐'  '!
。 `゙ ̄ ̄ ̄"        `゙゙゙゙´           。     ◯  !  ./   .`''、 ,!              !
           。             。             ヽ .|      . !/               '!
 。                                               。    _          `、
        。            ◯                 。             /.'、___,..r       ヽ
 ̄`'''-、           ,, --.                           ,,ィ―ー、     \,,,,./         \
     ヽ       ◯  /    `'、                    ◯  〃     l                    ヽ、
     |          l゙      }                     .l     ,/.    。    ◯      / ''''   `-、
     l          ヽ     ./  ◯                   `;;  -'"                 ヽ,_,.   `゙゙''ー
   ./ .        ◯.`'―-ー'"                                lヽ,
――'" , ‐                  。              。          i、  ./  !   。   _,,,
               。                          ◯      ヘ ̄゛  /       /  }
                     。                 /⌒'i          `"'"゛        `'ー''′
               , ‐'ー、                    .`ーイ
      ◯    ◯  'ヘ,ミ,  │                            、_
          ,i     .} l .'"                            .,i'"   `\
  。       |.l    / /                            l广' l      .!
             ゙'ミ―ー'' /                         -''|“゛ ゙゙. .ヽ、  ./     。   ◯          __
       ◯       ̄゛                          l゙ .l    、  . ̄´                  ,r'"   ゙"
ーー ,,、                           ◯      ヽ `'ー-グ         。   _..-….' -、.     /
    .`'-,          ◯                        ` ̄'''″            /       .\  .l
      .ヽ                      。                          l゙   .__    .l  `'-.__ ‐'
        l .                               .,,-'''" ̄ ゙̄'''-、、."   ◯ . !  ./   .`''、 ,!
        .|    。                         ./         \      ヽ .|      . !/

508 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:22:48 ID:yg7EH6hU

【仮想空間】

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,-−'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'−-.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,        ...    | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ '''~ ''""'~'~"'~'''.~."''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|              .  | :|;|
          | :|"'              | :|'"
           "'"'     `''"     '"''"'"
                             ::'' ;,
     ::'' ;,                 ::'' ;,
                                   ::'' ;,
              ::'' ;,

509 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:23:00 ID:yg7EH6hU


              /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
               ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
                 /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
             / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
              /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
             //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
                 | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
                 | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
                 | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
                 |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
                 |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
    /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/   |=====|    \\
    /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/     .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

助手:柊かがみ
「はい、2名様ごあんなーい」

510 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:23:29 ID:yg7EH6hU


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

美筆やる夫
「うわ、なんだここ!? 

とつぜんワープしたお!?」

.

511 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:24:07 ID:yg7EH6hU



              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: 釗.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |
                |::: ∧:::: lヘヽ │   /  /:::::::::::: / / l::| ::::::: |
                |: / ∧:::.ヽヽ\.l /  /::::::::::/     | | ::::::: |

柊かがみ
「予め説明受けてるんだからそんなに驚かないの。

ここは参加者の主観的世界の一部を観察できるようにした仮想空間よ。

ワープしたってのも言いすぎ。

感覚を制御下に置かれたから別世界に飛んだと錯覚してるだけよ」

512 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:25:17 ID:yg7EH6hU


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./
美筆やる夫
「あれ? かがみ、体が……」

513 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:25:36 ID:yg7EH6hU


            / / /                     \
         /Y^Y^ヽ/  /    /  .イヽ        \ \
.       /: : : ∨: : /  /     / / / !  !  ! !   \ ヽ
    /: : : : :::/: : :.l  /     / イ / |  |  | l  ',   l`ヽ.l
   /: : : : : :: /: : : :{  l、_  / / ! /  |  |  ,.l -ト  l   |   l
   \: : : : : : i: : : : :|  { `メ、 l/ l/  l  l//l |  !   ト、
    \: : : :.|: : : : :|  | / / `ニナー〃 ー'l / !/l  l   l: :〉
       \/l___.r|  l え¨斤〒     f 斤fア从 ∧   |/
        |  l  l{ ヘ l/ 辷ラノ      辷ノノ /}l /: :〉 /
        |  l  lト、_V          ,    、、 {/l /'´//
        |  l  l   ̄lヽ、   f^ー--ァ    ノ l/
        l  l   ',    |   >  辻_ノ_,.  イ  l
.        /   ト、  ヽ、 |/: :.|   T:.ヽ |   l   |
      /   /  \  \|: : :.<   Lュ: 弋.  l   |
      /   /   | >、  \: : \___ ヽ: : lヽ.l   |
.     /   l   /⌒ヽヽ  ヽ: : : \  ̄| : l: :l|   |

柊かがみ
「ここなら『私自身が信じている自分本来の姿』を取れるのよ。
ここは主観的世界を観察できるようにした仮想空間だからね。

よくわからないなら、今は『イメージがそのまま物や事になる世界』、
と思ってくれたらいいわ」

514 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:25:55 ID:yg7EH6hU


                    ___                   ___
                 //⌒ヾ.、   ,ヘ_____    //⌒ヾ.、
                   //   , >`´ |: : `ヽ: : : : : : `ヽ、.//    ゞ,
                     // /,: : :. :.:. :.|: : : : : : :.:. :. ̄`ヽ《〈/`ヽ,//
                〈《//:. :.: : : : :.ト、:. :. :.: :. :.:.:. :.\: \ヽ: : : く
                //: : : : : : : : i:.| \: : : :\: : :. :.\:.:\i: : : ヽ
                  //: : : : : :i:.: : :.∧{   \___\:. : : :.\: :\: : : ',
              /'i : : : : : : | : r十、i!    '´`ヽ、`'.\:.: : : :\i`ヽ: : i    ぱっ
               |: : : : :| : |: : : l          . ィ=≠ァト、: : : : \j:. :.|
               |:.:.ト、:∧ハ: : {气テ、    f'´V爪__/∧jiFト、 : : }: : |
               |:.:.| ヘト、ヽハ: ハ、 Vi'}    ヽ 辷ッ/ {::(i_l::|_ノ\j:.:.:.|
               |:.:.|  ヾ、: jハiハ`‐´ ,    ̄;;;;; 〉-イ¨:/: : : :|:.:|
               |:.:.|   `i\ヾ人'''   _    . イ  /::,イ:. :. ::.:|:.:|
                   Ⅵ     l: : : :》vっ≧‐ ┐'´_ノ}, /: / |: : : :.:.|::.|
                          |: : : i|ヽ, -‐/ ハ ̄   i/: / .i:.: :. :. |:.:|
                          |:.|: :.i|/  ./,イ__入  .〃 /`ヽ.!:.:. :. :.|.:.|
       ____             |:.|: :.ll /ij/´/  \,イ' :/   ',.: : : : |:..|
     ,. ´:::::::::::::::`ヽ           |:.|: /''´ /: :/___ /.:./   01 l: : : : |:.:|
    /7i、:::::::::::::::::::::::::\       |:.i/{  /: : :/ `ー´ i : :i     |: :. :.:.|.:.|
     i::{」 V´:::::::::::::::::::::::::\     〉':7-/:.:.:./     |.:.:.| il     |:. :.:. :|:.:|
     |::::| ト》、::::::::::::::::::::::::::::',    /::::/ /: : :/ `ー-''’{: : |ノレ'⌒ロ,ト:.: :.:.il.:.|
     |::::| |i::::}:::::::::::::::::::::::: :: ト、 /::::/ /: : :/       |:il:.| |::::: :¨:::::|: : :.|l: |
    ヽ.| |::::il::::::::::::::::/ ::::: | ::Yヽ/ /: :.:./       /lハ:.| | :::::::::::: |.: : :|l :|
       | l___|_ , <:::::::::::::::::::::/ /:. :.:/    _, イ | || | :::::::::::: | : : l }:.l
       | | ̄´     \___/ ./.:.:.:./     _人   | | :::::::::::: ト、: :| l/
       |: :|         ,_/   ,〈_:.:.:/          `\  | :::::::::::: | }:.|

柊かがみ
「だからこうして突然服装を変えたりすることも」

515 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:26:20 ID:yg7EH6hU

                         _
                  _ ......┤ヽミ_ー:.:.:.: ̄:.:.:.:.:ー....
          ー‐−=ニ二:.:.:.´:.:.:!:.:.:i:.:.:.`:.:.:.、:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.ヽ,-.、._
                 /,:,:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:/⌒、j:::\
             ./:,イ/:.:. ,:.:.:.:.:.', : ',:.:.:.、:.:.:.: 、:.:,ヽ:ヽ:/::::::::::',:::::::::\
            /,ィ'/:/:.:.:/:.:.:.:.:'ハ:.:.',:.、: 丶:.:.:.:\:.:.ヽヽ:::::::::::i,:::::::/
              〃 /:/:.:.:.:':.:.:.:.イ:! . ',:.::',::ヽ:.ヽ:ヽ.:.:ヽ:.:ヽヽ:::::::::!ゞ:',
           '' /:.:!:.:.:.:.!:.:.:.,'.l:l   ヾ::.ヾ匕=ー−..、:.:. ',ハ:::::::}:':.:.:,   ぱっ
           ! l:.:.ll:.:.:.:.l:.:.:.l, l:l-、  ヾ:. ヾ.. `\ヾ:.:.:.:.l_:.!ヾ:':.':.:.:,
             l:.:l l:.:.:.:.!イi ll    ヾ.   \__  ヽ:. l ヽ::::,:.':',:.:
               l:l l:.:.: l:.:.{  !     ヽ,イ=ミヽ }!:l }!::,:.:':.:',:',
             ll .!:.:.:.!:ハィ=ミ、    \    ,' !/}:,: ,':',:.:',:',
        , ⌒丶  .! l:ヽ:.',:. ハ.    ,    ::::::::::. /フ,':.,'::, ,':.',:',:.:',:',
       /    .'    i:.i.:ヾ!:.:∧::::::  、   ァ   , ' i',.':.,':, ,'.',:.:.',:',:.:',',
      ,     '   !:.!.:.i.:.!:.!i:.ゝ.   ゝ '   / ,.',.':.,.':.:,'  ',',: ',:',:.:':',
      ,'      l   !:.!.:.:!:.:.:,',:',:.:',:.! >  _ イ  ,.',:':.,:':.:,:' ̄! .',',:.:.',',:.:.:',
     .i  = = .!  !:.!.:.:!:.:イ .',:.':,:',:', _..-ァ} .,.,.',:':.:,:':.,:'::::::: ! .',',:.:.':',:.:.:',
     . !   ω  !  .!:.!:.:.!:.,:.l  ゝ:.'/::::,.‐'´/,.',.':.:.,':.,:',..:-‐::ヽ .',:',:.,:.:',:.:.',
     . !     .,'  .!:.!.:.:!./!:l  . /':::::,.' イ :,;',:':.:.:,':,:'::::::::::::::::::',  ',:',:':,:.':,:.:',
     . ! ,..-、  /  .!:.!:.:!:.,' l:.!  //::::::/イ:::::,;'':,':.:.:.:,:'::::::::::::::::::::::::',  ', ',:.':,:.':, '.,
      V,',','∧/  !:.!:..!:.! .l:l . 〃:::/:::::::,:,''::,':.:.:.:,'::::::::::::::::::::::::::::::!  ',: ',.,:':,:.':,:',
      ',',',','.'   .!:.!:.:!:.!  !:!,'才::::::::,:::':,',':::,':.:. ,:'i:::::::::::::::::::::::::::::::::!  ',:.:','.,:',:.:',:',
       ',,ra   i:.i:.!:.!  /::::::::::/:::::,''::::,:.:. ,'::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ',: ', ',:',:.:.:',
     .,-,',{ 、   l:.!:.!:l /:::::::,::::':::::::::::,::::::,'::::, '::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  __ ',:', '.,',:.:.',
     .冫、_ヽ、ヽ l:.!:.!:l  ',:::::,::'::::::::::::::::::,::::::,:::,'::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 乞:}. ',',  .,:',:.:',
     冫、二ヾ .弋ー、!」__ Y::::::::::::::::::::::::,::::::,::,:::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l 圭} ,:;  ',:',:.:,
     ゝ二ヾ ゝ  .!::::::::::::::`{ヽ...._::::::::::::::::,::::::,,:::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', 以 ,,   . ',:;:.:.,
     ,','ー 、 ___  !::::::::::::::::{圭圭圭圭圭圭ll,圭 llli:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V  ,,   . ,;:.:.:,

柊かがみ
「この通り余裕ってわけね」

516 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:26:37 ID:yg7EH6hU


             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ

美筆やる夫
「すっ……、すげーお! 

とうとうモニタの向こう側へやる夫はやってきたお!

いくつになっても心は中二のままでいた甲斐があったお!」

517 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:26:54 ID:yg7EH6hU


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「それもどうかと思いますが

やる夫さんらしい感想ではありますね」

518 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:27:08 ID:yg7EH6hU


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|  
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「現実には貴方たちは先ほどと変わらず研究所の中にいて、
ベッドの上で横になってるわけだけどね」

519名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 22:27:26 ID:UX3GDv5E
かがみが命を捨てたら長門殺る事もできるのに
それに対する措置を取ってないのが長門の「主観的世界」か

520 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:27:36 ID:yg7EH6hU



【現実世界】
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
               ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...|  ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

521 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:27:59 ID:yg7EH6hU

      / ̄\
     |     |  
      \_/
       _|__
     /ノ  ヽ_\
   /( ー)  (ー)\
  /   (__人__)   \
  |     ー-u'     |
  \              /
 / ⌒⌒⌒⌒⌒⌒/^)
//######/ /

美筆やる夫
「Zzz……」

522 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:28:12 ID:yg7EH6hU

                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
                      /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
       ,.、               | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
       / /\      __       ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
       / /  \   (‐ェ'`)  _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.      / /    \    ̄   f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
    / /      ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |
    / /        /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
    ヽ′     /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
     \.    /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
       \  /           l.l   |  |   {/       |
         \/         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         ヽ二二二二ニコl、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

長門有希
「…………」

523 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:28:27 ID:yg7EH6hU


【コンソールのモニタ】
┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│ <とうとうモニタの向こう側へやる夫はやってきたお!
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                        -  - 、                   ...│
│                         / (≡ ≡)ヽ                  ....│
│                      R *(_人_)*Я                   │
│       .                弋_     _丿                  .│
│       .                |       |                     │
│                         し    J                     │
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘

524 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:28:47 ID:yg7EH6hU

【仮想空間】

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,-−'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'−-.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,        ...    | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ '''~ ''""'~'~"'~'''.~."''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|              .  | :|;|
          | :|"'              | :|'"
           "'"'     `''"     '"''"'"
                             ::'' ;,
     ::'' ;,                 ::'' ;,
                                   ::'' ;,
              ::'' ;,

525 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:29:07 ID:yg7EH6hU

                         _,ィ
                _,.-‐ "´ ̄  | ̄`ヾ=─-、
              /´       ,/i ト、   `ヽ 、ヾ
           __    / ,ノ/   ,/ ,/ .|,| ヽ    ヽヽ
          <´ ヽ,/´ ̄i=/ ___,/ ,/  ||   ヽ.ヽ.  ヽヽ
          ヽ、 i i、   |//   /`ソ   ノ   -‐弋 ',    トヽ
         /ー'| ヽー'/  、-‐-r、     , -‐ァ |ヽ   | i!
        く_   |  `,ゝ ∧:::::`゙|`    'i::ri´',. | ヽ |
            ``iーレ'´ | jヘ ',:::::::|      |:::l |)|   |', |
              |  |  | / ヾ ` ̄       ー' ,ノ ,|   | |!
              |  |  |'ー-‐ヽ、   ー  _, ' ,//  |
              |  |  | |   /\ー、‐<ノ,//l   |
              |  |  | |.  /   \ l ,/i、/ .|  i. |
          |   |  |. | /‐┬- __ゝ/ノ ヽ. |  l. |
             |,i  ,|  l. |,/  |<´    ヽヽ.  iノ| | |
          | l ,' |  | |  _,l ヽ       |  | l |l
         ノ | ,'  ',.  |,. '´ L _ヽ __ ,ノ-‐'ゝ |. |
           |/   .',. |   //  | ', ヽ \ヽ、_ | |
                  ヽ |  /.,'  |   ',  ヽ_,>-,ゝ|
                    `,ー--|__,-‐'ー,'´ __ノ"
                       ,'   / ,'   ,'"´
                 ,'  ,/ i  .,'
                 ,'、_/  |__,'
                 ,'   /  |   |
                  ,'   /    l  |
                    `ー'     ー'

柊かがみ
「さてやる夫。

講義の具体的な内容に入る前に確認するけど、
自分たちの知っている世界は、実は世界そのものではなくて、
脳内で製作した投影だってのは知ってるわよね」

526 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:29:40 ID:yg7EH6hU




                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
                ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙ ''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、 ''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,         ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"           .:.:.:. ゙‐、
       ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
      ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                   :`、
      ,"  .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                       ゙、
    ,"   ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                        ゙、
    /        ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                  "'‐‐‐"                              :

美筆やる夫
「昔聞いたことあるお。

人間は世界そのものを認識しているわけではなくて、
五感を通じて得た情報を元に

『世界ってこんな感じ。たぶん。いや絶対』

と想像しているだけにすぎないんだお」

527 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:30:16 ID:yg7EH6hU


               r‐- 、_
        ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
       ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
      , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .釗
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l
        〈\_二__/|>ゾ<从  | :l     {: l  |
          } ` ̄  /: : : : : : `、 ヽ:! |       {: l. |

柊かがみ
「そう、それそれ」

528 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:30:39 ID:yg7EH6hU



       ∧_∧   < この大学には合コンやる文化がないモナ。つまらなくね?
      (´∀` )
   
  ∧_∧
 (iii   )   <そうだねー。(一度も呼ばれてないのか(´;ω;`)ブワッ)




柊かがみ
「私たち人間にとっては、究極のところ
自分が『ある』と認知しているものが『世界にあるもの』なのね。

なので現実の世界には『ない』ものを『ある』と思いこんだり、
逆に『ある』ものを『ない』と思いこんだりするというわけ」

529 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:31:17 ID:yg7EH6hU

        ,   / `ー---─一''"~´ ̄`ヾヽ
      i  i| ilレ           ミミミミ''"`─- 、
    , .,i! i !/i  i         ミミミミヾ   ミヾ ゙ヽ
    .i  ,!i l.| ' i  ゞ       彡ミミミヾ   ミヾヾ  `ヽ   聞こえた!
  ,  i!、k ヽ、 ヽ          彡ミミ   ミヾヾ    ゙
  li l ヾ、    ヾ        _,,==  ミヘベ        
  , |i、ヽ  ヽ、     ヽ             ヾ ゙        いま恐怖の大王が
  !ヾ ヽー- _ ー- ,,__         〃ヾ            
  ヾヽヾ ‐- ,,___             /ソツ、ヾゞ、ヾヾ         叫んだのを俺はたしかに聞いた!
   ` 、`ー- 、...,,─--  __,,     彡ソソ ヾゞゞミミ
  ヽ.、 `ー --- .,,─--  __,, 彡ソソノ,;  ,,-弋ミミミミ
    \ ゙ー‐- 、..,,,____,,. --彡彡彡'"'",ィ'-====、ヽミミミ
      ``,.-、-─r,=====、:;;,,::;;::f" ,.'i´ o`i 冫ヽ ]-'´ ∧∧    「びっくりするほどユートピア」って!!
         ゙iヾ ニill 〈 (.O)ーi` ̄´i  _`_-_'....'  li ゙_/   ヽ
        ゙i   ill::::::::;ー-‐γ'i'::l,⌒ヾ`)::::::::::;;''  〃u \
        ゙i  :ill::::::::;;  ソ::::;i,、,  ヾ:::::::;''' _,,ノ'  ,r-|
         ゙i、  ゙`‐=='"..::::::;i,, .,,,  ゙゙'''''"~´    l_|
          ヾ.イ        '''"..-一、   u   .lヽ
            ヽ     :;;l ̄´ _,,,...,.ヽ     ,イ_〉
             ゙i. u   ;;iェ'´ i'  ヾト!    ./:! \
              ゙!.    :;;Fi、   ,,.ツ   ./;:;:  ゙i
             ./゙i ヽ   ゙;ヽニ二ニ-'´  ./ :;:;  / ヘ
            / i  ヽ    :..,,-‐' /::;'  ;:; /  /∨\/

柊かがみ
「もちろん五感を通して確認するから、酷く現実離れしたものを
信じてしまうことはそこまで多くはないんだけど……
それでも、錯覚や幻聴の形でたまに本来ないものを見たり、
実際には鳴っていない音を聞いたりもするから、過信は禁物かもね」

530 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:31:53 ID:yg7EH6hU

  ♪          ♪
♪   ♪     ♪      ♪

  /  /  ,M.  l  、 ヽ、
. / /  |  |.|''‐'|  |  |   l、.|      ♪
 | | l 'ナ大|  |ナフ大|  |ミ|ヽ          ♪
 | | .| |-,..、'  '‐,..、/|  |ニ| |   ♪
. ゙l十|  ゝ'.    ゝ' .|   l|lーK
  || / xxx     xxx.|  l|' |ヘ     ♪
  ||.ト 、  ----l   |  l|  |.ヘ
  ||  | ≧lーr=_==r'''l|  l|   | ヘ
  ||  |.| /. ゙ーー' .'|  リ  | ヘ
  ゙´´ヽ |  (⌒)  / / |   | ヘ

朝倉涼子
「その他、音楽が頭の中で再生しっぱなしになったりもしますよね。

同じ曲をずっとリピートして聞いていたときとか特に」

531 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:32:12 ID:yg7EH6hU

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

美筆やる夫
「あー、あるある」

.

532 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:32:49 ID:yg7EH6hU

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: 釗.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |

柊かがみ
「この手の現象って、たいてい無意識が勝手にやってくれちゃってるわけだけど、
ある程度なら自分の意思でも行えるのよ。

ここが今回の前置きのポイントね」

533 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:33:04 ID:yg7EH6hU


          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ

朝倉涼子
「今やってみましょうか。適当に頭の中で曲を流しますね」

534 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:33:21 ID:yg7EH6hU



【どこからともなく流れて来た音楽】


 まっもるも攻むるもくっろがっねの〜♪ 浮べる城ぞた〜のみ〜なる〜♪


.

535 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:33:43 ID:yg7EH6hU


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /

美筆やる夫
「おおっ? 音楽が聞こえて来たお!」

536 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:34:05 ID:yg7EH6hU


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

美筆やる夫
「ってあれ? 朝倉さんの脳内で流れる曲が何故やる夫にも聞こえて……。

……あ、参加者の主観的世界の一部を観察できるってこういう意味かお?」

537 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:34:24 ID:yg7EH6hU

                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|

柊かがみ
「そういうこと。

全部観察できるようにすると大混乱になるから、
強く意識の表層でイメージしたものだけが出るようになってるんだけどね」

538 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:34:44 ID:yg7EH6hU


            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /


柊かがみ
「ってわけで、舞台装置の説明は以上。今回の講義に入りましょうか」

539 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:35:01 ID:yg7EH6hU



◆◇◆◇◆◇ 1.抽象的概念と実体の考え方  ◇◆◇◆◇◆


.

540 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:35:26 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「ねえやる夫。

今回のテーマの一つである、『抽象的概念』って、
そもそもなにか知ってる?」

541 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:35:40 ID:yg7EH6hU


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

美筆やる夫
「抽象的概念? 

イメージ的な……性質とか、そういうものじゃないのかお? 

『コーヒー』とか『ジュース』なんて用語とか……そういうのだお。

……なんか上手く言えないけど」

542 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:36:09 ID:yg7EH6hU


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ

柊かがみ
「意外と答えられないでしょ。わかってる気がしてるけど、いざ説明を求められたら
答えられないのよね。

辞書の『世界の中からある特性だけを引き離した思考の対象』って説明も、
わかったようなわからないようなって感じよね。

『実体や概念そのものを頭の中で統合して類型化したイメージ』
と私なら説明するけど…………
これもわかるようなわかんないような、と言う感じでしょうね」

543 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:36:59 ID:yg7EH6hU



                           _,ノ:7
               _,.-‐─-ィ'ト-‐─-‐':.:<´
             ,ィ'´: : : : : : : : |: : : : :: : : : : ` ̄:`‐-、
            / : /: : : : : :j:: : |ト、: : :i: . . . . . . . .ヘ ̄`
          /:ヽ、r',: :/: :/: : : /|:: : | | }: :|: : : : : : :: : : ハ
       /::rー-|: :/: : :|::;-‐'´|:: .:j |  |: :|`‐-: : : i:: : : :ハ
       /:::j:::::∧/::|: : |::/  |: :/ |   |::j ∨: : : |:: : : |::|
        /::::|::::/::/::/|: ::j/ __j:/ |   |/___ ∨: : :|:: : : |:j
        \:|::〈::::|:/::|: :/ヤ〒行`     オテヤハ:: ;小、:: :j/
         |::::::\_(|;/ `、ヒィzj      {んソ,λ/::i::| ∨
          |:::: ::|:: :| `ーヘ   ̄       、  ̄ j::::::::i::|
       |:: : : |: ::|    ヽ、    、‐-,   ,イ:i::::::|::|
       |:: : : |: ::|       ` ー-_ァ`ニ-‐"´ |::|:::: |::|
       |: : : :|: ::|       ,r'~ ,ィj  {、`ヽ、|:::|: : |::|
       |: : : :|: : |   r' ̄  `ヽ、 }  |: :|: : |::|
       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
  <ノノノアー<    `゛   ,/    / i `ヽ、|: :j:/:、    /   ̄`‐'´
    `~`´   |`ー-、      /〉、  /  j \ |;ノ: : :| \_,/
         |: |: :|::|ヽ_,,/ / ゛  j__,.ノ  \ _〉: :|

柊かがみ
「ま、けっきょくのところ、抽象的概念はそれのみで理解するのは難しいわ。

先に実体について考えましょう」

544 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:37:21 ID:yg7EH6hU


1.1 実体とはなにか

.

545 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:37:34 ID:yg7EH6hU



          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「ではやる夫、実体ってなにかしら?」

546 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:37:49 ID:yg7EH6hU


      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ 
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

美筆やる夫
「それは簡単だお。

実在するものだお。

つまり、目の前にあるコップ入りのコーヒーとかジュースとかの、
実際に世界にある物だお」

547 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:38:10 ID:yg7EH6hU


               r‐- 、_
        ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
       ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
      , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .釗
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l

柊かがみ
「そんなところね。

厳密に表現するなら、『今、ここに、あると認識できる物』

と言うほうが正確だろうけど」

548 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:38:33 ID:yg7EH6hU


       、 _
       \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
    /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
  ∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
     .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
     l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
     K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
       l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
.       ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ      \
.        ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ   \.    \
         l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_  \      \
        |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l   \.    \
       /  ,    !ヘ〉、ヽ:! .,':/// /. \// /   ヽ    \      \
        /  ,'    ノ///}_ヘ!.!/´// ,' _ `l、/       }     \     \
        ,'   ,   /k  ' ' トV/'//  l    i、`ヽ、    /      \ \   \
.      !   l  イヽ、ヽ、△ヽイ/!  !     \   ̄ ̄         \ \、 \
      l    !  ハヽ、 ー 、_j ..::l' |  !\    ヽ               \ ヽ\ ヽ

柊かがみ
「――――たとえば、『今、ここ』にある、このコーヒーのようにね」

549 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:38:48 ID:yg7EH6hU


【どこからともなくでてきたコーヒー】

                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´

550 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:39:11 ID:yg7EH6hU


          ____
       /ー  ─\
      / (●) (●) \
    /   .(__人__)   \
    |     `⌒´      |
     \           _/

美筆やる夫
「お? かがみ、その手に持ってるコーヒーはどこから出したお?」

.

551 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:39:25 ID:yg7EH6hU


              \  r:、_
             -‐ : : ̄{ : : : : \_
        _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
        〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
        ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ
.          |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく
            / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.           |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」
           |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |
           |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
           |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
           |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
           | : ∧ : |  / /  | //   }
           l :/  : :|  / /  |V/  /

柊かがみ
「脳内からよ。さっき音楽を涼子ちゃんが流したのと同じ。

主観的世界では、その主観の持ち主があると認識すれば
実在するって言ったでしょ?」

552 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:39:43 ID:yg7EH6hU


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

美筆やる夫
「でも、なんとなくいい匂いまでしてくるお?」

553 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:40:13 ID:yg7EH6hU


                _,,  -‐‐-x,ヘ__
             , -‐:::::::::::::::::::::::/i::k::::::::::::`丶、
            //´::::::::::::::::/:/i  l;:iヽ;::::::::::::::::::\j^\__
          //::::::::::/::::::/:/ i!  ゙k! ヘ;:::::::::::::::::::::j!: : }: : ::}
         / ,/::::::::: :/:::::x‐t-/ l!   ヘi  x一t-、::ヾ{: : :j!::::ソ
          /:::::/y゙:::::::::/ i/   |   ヽ ヘ;::ト、:::::::::`x个<
            i:::;イ:::::i!:::::::::zェェx,,      ,,xェェty::::::::/: : i::::\
            |/ |::::;i!::::::::ヘ k,,x:::`|    Yリ: :i! j!リ;:/: i: :::k:;;/
             |:;:::i:::::rxi ゙マk_rj      ik_, y ,ム-、~了゙: i
             |:::::|/i!  ',. ゙-‐゙     `ー゙ /.  ノ::j!:::::::|
             |:;:::i!:::ゝ- t ゙゙゙゙゙゙   ___  ゙゙゙゙゙ノ-z''゙::::j!:::::::: |
             |:!::::::::::k::::::::゙'i x、,, ゙ー゙ _.ィ'゙ /:::::::::jk::::::::::|
             |;!::::::::::| >''゙ ̄ ̄ミ二二,,ブ''‐/;;':::::::/i|::::::::i::|
             |j::::::::k:|     __j!_   /〃::::y! i!゙;:::::::i!|
             |;::::::::|ヘ! /     j!'    /〃:::::/ l ヘk::::: i!|
          ,/j!| :::::|  ;/     .j!    //j!:::::/ :| ヾ::::::|ヘ
          /   | | ::::|,/i!         /' j!:::/  |  ヘ::::゙、\

柊かがみ
「嗅覚情報も再現してるからね。

涼子ちゃんがさっき聴覚を通して得た記憶を再現して
音楽を流したのと同じ要領で、
今度は視覚・触覚・嗅覚を通して得た
コーヒーの記憶を再現したの。

より具体的に言うと、今朝所内で私が飲んだ、
翠星石ちゃんが淹れてくれた
ブルーマウンテンコーヒーそのものの記憶が元になってるわ」

554 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:40:31 ID:yg7EH6hU

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「そんなこともできるのかお……」

555 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:40:45 ID:yg7EH6hU

              __,l`r-::‐::‐::-::-:.、_
          ,-‐=ニ":: : :: :.:;i: :: :: :::(.j:::`ヽ、___
        ,ィ´~,ィ´::,:: : :: :: ::;|: : :|、:: : :: :: :: ::ヽ、`ヽ
        >‐メ:::/:.:: :: : :;,ィ´ヽ:: :|ヽ:: ::u: ::i: : :ゝ`ヽ〉
        \,,|:;/:: ;/:: ::;/ ||  ヽ;:| `ヽ:: :: :i:;∧:;〉,,/
         '゙7: :;/::: :;フ~`||、  ヽ|  ,斗π:i:: ::|::|
          ||: :;i : ;ハァォリz    zテヤ7:λ:;l::|
.         |:|/:|:.;/::(}、ヒz:リ / / / ヒz:リ {)::V: :{
.         |:: ::|/:: :: :ヽ         ノ:: :: :: .:|
         j:.: ::|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:|
         |:: :.::| お断りしますi.i      |::.:|
         |: :: ::| ヽ( ゚ω゚ )  i.i      |:: :|
         |: :::,f.| (゚ω゚ )/ ∩ノフ'7     |:. ::|
         |: ::.:j | i  i ,ィ´  ´ィフ   ,ィ' ヘ::.:|
         |: ::;ノ .|_ ノ´ヽ、  _,,ア___〈 孑 ,〉::|
         |::/  ,f´    `ゝ´    j´`ー'λ:|

柊かがみ
「再体験とか追体験って言われてる現象に近いわ。

ずいぶん驚いてるけど、貴方もできるわよ?」

556 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:15 ID:yg7EH6hU

        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

美筆やる夫
「本当かお?」

557 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:27 ID:yg7EH6hU

       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「余裕ですよー。私もできます。

私はジュースの方が好きだからジュース出しておきますけど、ほら」

558 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:44 ID:yg7EH6hU


【どこからともなく出て来たジュース】
                   ||
               __||___
           |______||___|
           |  。.||  |
           |  .。||  |
           | 。  。 |
           | ° 。 |
           | °。  |
           |,‐‐‐‐,|
             ̄ ̄ ̄

559 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:41:57 ID:yg7EH6hU


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /
美筆やる夫
「む。じゃあやってみるお」

560 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:42:22 ID:yg7EH6hU


【コーヒー?】
              _.. ; -―――――――- :_
            ,'´ ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,, `、
             |、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!γ二`、
            | ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..,;' k'"  ヾ.i
            l   ` ―-------― '::"  |    l |
            'l.                 l    //
             !.                ,'   //
             'l.              ..::人__ノ/
              '!.           ...::::,'^ー-‐"
               ヽ         ,,,,;;;;;;;"
                ゛'''−-------−''´

561 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:42:37 ID:yg7EH6hU

           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/
    |        \
    |        |

美筆やる夫
「出たけど……なんか見た目だけだお。
しかもリアリティにかけるというかなんというか」

562 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:42:56 ID:yg7EH6hU

               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

柊かがみ
「なんとなくイメージを浮かべるようにすると難しいわよ。
それじゃ抽象的概念の想起になっちゃうからね。

そうじゃなくて、朝飲んだコーヒーをできるかぎり
鮮明に再現するようにして頂戴」

563 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:43:10 ID:yg7EH6hU


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「いい? 朝飲んだコーヒーを細かく鮮明に思い出すの。

カップの色、形、中のやや泡立った黒い液体の光景。

カップの取っ手から伝わるコーヒーの重み。

湯気を立てるコーヒーの温かかさ。

漂う香り。

細かく思い出すの。

細かく、細かく……出来る限り細かく思い出すの。

『飲んだコーヒー』なんて大ざっぱなものではなくね」

564 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:43:40 ID:yg7EH6hU


              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \
         ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.
     {    ヽノ'               i.                 i.
     i    i.    i             }            }
      {    {.   ノ\_        ノ            ノ
     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.
        i /                  i.
        i/                      i.

美筆やる夫
「……」

565 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:43:54 ID:yg7EH6hU


【どこからともなくでてきたコーヒー】
                       (
                     `.
                     、 `ヽ.  `ヽ
                     ノ    ,!  ノ
                   ,r   '´ _   '  _,
                  !     r'´   r‐'
                  , , -─==i==i=‐- .._
                //   ,_.......i............___ ヽヽ
                トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
                 l `` ー====-―´´ / ‐- 、
                |              ゝ!─、 l
                  !              ノ、_j j
                ',             ゝ_ノノ
                 ゝ、          /
                  ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´

566 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:06 ID:yg7EH6hU

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

美筆やる夫
「おっ、出来……」

567 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:22 ID:yg7EH6hU

          ト、
         ,ィ:::rヾ
         '⌒)::!、 ヽ、   ふっ
      ノ〉   し'⌒)ノ
   (⌒ (_,ィ
    ):::::::::r'´r:イ
    '^):;イノ ムイ
    ム (
     ヽ `二 =‐'´

568 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:33 ID:yg7EH6hU

      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /
美筆やる夫
「あれ、消えたお……」

569 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:44:48 ID:yg7EH6hU


         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤
         ヽ'_ `T ┬'T´ l ,〉
          ` 'ー┴r'フ´

朝倉涼子
「やる夫さん、集中力なさすぎー」

570 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:45:26 ID:yg7EH6hU


                    ト、
                    ヾ:\
                     ___\: `ー─|`ー-  _
              ,  '´:: : : : : -: : : : : : : :│: : : : : : : `丶
             ∠ -―/ :.:.:.:.:.:./.:/.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
                / :::::::::::::::/:::::/ !::::::ハ::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:ヘ
               ,.' ::::::::::::::::::/⌒メ、_| ::/ ヾ::\_:::::::| :::::::∨}7ヽ
                 /::::::,:ィ :::/:::::|:: /   |:/   '; l´\`::::!:::::::::::',j'/∧、
             /::::〃/:::::| :::ャzt=z-、l'      リ _,斗rzァ::::::::::::∨/∧\
               ////,| :::::|:::/{! ト..ノ外    彳 ノ外∨::::::::::::::∨, ∧ 〉
            ´ 〈//,| :::::l:∧' |!ヘイj|       |!ヘイj| ∧ :::::ト、::::l//,' ∨
                   `ー|:::::∧ハ ゝヒ.少      ゝ以ソ ハ:::├ヘ├─ ┘
                |!::∧ ゝ_}       '       レム:::j::::ル
                l∨::ヽ/人      -      人/::∨:::,'|
                |::|:::::::::::::|:::> 、_ ,__ __, < |,:':::::::::::/::|
                |::|:::::::::::::|::/ r[ \|__l/ ̄] /:::::::::: / :::|
                |::|:::::::::::::|:レ'' `ヽ、___, -‐'´ /::::::::::::/:::::::|
                |::|:::::::::::::|:|  \___, -‐'´/ ::::::::: / ::::::::|
                |::|:::::::::::::|:|            / ::::::::: /゙ヽ:::::::|

柊かがみ
「想起した情報を保持するためには
集中し続ける必要があるわよ」

571 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:45:41 ID:yg7EH6hU


         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

美筆やる夫
「なかなか難しいお……」

572名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 22:45:43 ID:c9HvaO2E
ここまで電気信号で再現できんなら
オナホ要らないんじゃw

573 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:46:15 ID:yg7EH6hU


         、____,、__
       ,.一'′: : : : :|: :. ̄`ヽ
      /:,ィ/:.:.:./: : : :|: : : : : : : \
    /イ7/: : : :./: /l: :,イ:.;ハ: : : :ヽ: :.Y^マ 、
    //:/: : :/:_/_|_/ |:.| ヒ__: : :.:i: :|  | 〉
.   〈_,/;イ: : l:|´/ l/ Vl ´\:` : :|: :|  !/
     l/ |:.:.:.|:|えテミ    fテ斤トl、|:ハ!__」
      |:.:.イ } ftッノ     ftッノ |/Ⅵ: |
      |:.:.:トハ xx.  ,    xx ,ハノ:.:|:.:|
      |:.:.:|: :|>-、._ 、   , </: : /: :|
      |:.:.:ト、|/  ,ィ-ぅ</: :/: : /ヽ:.:|
      |:.:∧/  /「丁¨7: :/: : /   i:.|
       l:./ /   i Ⅵ__/ィ'/: :./   .| |
       爪/   | f'¨艾¨Y:./    | |

柊かがみ
「今度所長に集中力強化トレーニングをやってもらった方がいいかもね。

ま、でも今ので実体のイメージはついたろうし、今はおきましょ。

話を抽象的概念に戻すわよ」

574 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:46:38 ID:yg7EH6hU


1.2 抽象的概念とはなにか

.

575 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:46:53 ID:yg7EH6hU


                         ノ|
             _____/〉-‐:´::/
         __,.-‐":: :: :: :: :: :;/:: : :: :: ::`ヽ、
       ,ィ´,:: :: :: :: ::/: :: :: ;イ、:::、:: .: :: :: :: ::\
     __,/::_:/::; ::/:: ::/:: :/|:::/| ∨:|:: :: ::.、::.:ヽ、::`ヽ
    /;;;;マ;;/:.:/:::i: :: :⌒://:/ |  |::|;⌒:: ::.i:: :: ::ヽ、::\
  /;;;;;;;,|;;;;|::/|: ::|:: :/:/__'" | _|/_ヽ、: :; :|:: : :: :: :ト‐-`
  ヽ、_;;/{_;;|;/;;| ::|:: ;ヤチテォ゛   'ィァヤ:7∨::|: :: ::i: ::|
    j:::∧;: ::{ |:.:|/ 、込:z:;i     ヒ::z;j, ハ:;リ::: :;/:::/
    |:: ::∧:弋|;/,   `-‐'   、 `‐" 〈_):|: :/|:;/
     j:: :: :∧:: :ヘλ         ._   丿::::|;/ '´
    |: :: :: ハ:: : :∧`> 、 __   |:| ,.ィ´::i:: ::|
     |:: :: :::iλ:: : ∧__,.-‐j.  Τ|:|、_.|:: ::i.: ::|
     {:: :: :i:| ヽ;: :: :`ヽヾ==="|:| `ヽ;:!:: ::}
     |:: :: :i:|  ,f´`}:: ::ハ     |.|  :i, ヘ;: ::|
     j:: :: :i:| 丿  |:: : :}    ,ィ´~ヘ |:  〉:.:j
    |:: :: :i:〈´,,,,  |::i:.:|  丿  λ|__,<}: :|
    |:: :: ::i|{><}_,,{::|:.:| /  ,ノ´`'i:: ヘ:: |

柊かがみ
「さっき出したような『今ここにある』と認識できる実体を
頭の中で統合すると抽象的概念になるんだけど……
これだけじゃわかりにくいわね。

実際に涼子ちゃんにやってみてもらいましょうか」

576 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:13 ID:yg7EH6hU


              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「涼子ちゃん、コーヒーの実体を5つくらい出してくれない?」

577 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:26 ID:yg7EH6hU


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「ジュースじゃ駄目ですか? コーヒーは好きじゃないです」

578 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:39 ID:yg7EH6hU



          /: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ---、
     /::了弋___: : : :/: : : : : : : : : : :.〉: : : : : `ヽ.__ヽ___,
  /::::/ 7::::::::{: :`>': : : : : : : /: : : : :/ト、: : : : : : ヽ---rイ´
  {:::::::: | /::::::::::::∨ /: : : : : : /: : : : :/:.:| !: : : : : : : : \:::ヽl
  ヽ::::: |.!:::::::::::: /: :{: : : : : //: : : : ,イ: :/ |:ト、 : : : i: : : : ヽ::::〉
    \|l::::::::::::/: :,イ: : : : ィ7ー-、 / |: / |:.! ,X: : :}: : : : : :.V
     /l、::::: / / |: : : :/ イ: : /  !/  l:.|´ ∨ |: : :i、.: : !
.    l: :l ̄ |/r‐、l: : :.//|/      |/__ ,ィ.: :|: : :|ヽ: : :!
    l : :!: : :.:.{ ヽ.|:.:.:/ヤ乍牙气     斤ァ/ハ:|: : :l  \|
.   | : :!: : :.! ト、_.l/  {:辷.ソ       辷/{: :∧!: :/
.    | : :l: : :.l≦ミヽ ヽ ,,¨ ̄     ,.    }/:.:!:.∨|
   l : : ! : /    \\\ .____(^ーァ____,. イヽ:.!: :.:.:|
    | : : l:.:,'     ,.ヘ_と}_}_}_]≧、  `ヽー┴‐-、:|
    | : : l:.|    '"´       ヽヽヽヽ- 、      }!

柊かがみ
「良いわよ、ジュースでも。コーヒーに拘る意味ないし」

579 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:47:52 ID:yg7EH6hU

                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |

朝倉涼子
「了解です。じゃあ、えい」

580 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:48:13 ID:yg7EH6hU

        ||                                          
    __||___            ||            ||             ||                ||
   |______||___|       __||___       __||___        __||___           __||___
   |  。.||  |      |______||___|       |______||___|      |______||___|         |______||___|
   |  .。||  |      |  。.||  |       |  。.||  |      |  。.||  |        |  。.||  |
   | 。  。 |      |  .。||  |       |  .。||  |      |  .。||  |        |  .。||  |
   | ° 。 |      | 。  。 |       | 。  。 |      | 。  。 |        | 。  。 |
   | °。  |      | ° 。 |       | ° 。 |      | ° 。 |        | ° 。 |
   |,‐‐‐‐,|      | °。  |       | °。  |      | °。  |        | °。  |
     ̄ ̄ ̄      |,‐‐‐‐,|       |,‐‐‐‐,|      |,‐‐‐‐,|         |,‐‐‐‐,|
                ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄


美筆やる夫
「うわ、5つもいっぺんに出て来たお!? 

やる夫は1つ出すのがやっとだったのに」

581 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:48:31 ID:yg7EH6hU


        /  U         、     ヽ
γヽ⌒)   /              \  、_  ヽ
(   ´>  | _,.--‐r―ーr-- 、_  U   〉ヾ  \
(_,ノヽ'_,.ィ<´ |、 l |   ',. 、  , `ヽ,、   \ヽ,/
     ̄フ  | .メ、|_   _,斗匕. _ >、ヘ\   .ヽl
.    ∠、  レ' ´    `´ `´ | ,`'  |\  ゙,〉
      ヽ、〈 ====    ===| ,'   .|´ヽヽノ
         |`ハ xxx     xxx l'    | ノ´_ ヽ、
        | ' l           l    |´   `゙'''`---------―_ッ
        レ' ゝ、   -┤  __,|    |         ̄ ̄ヾ ̄、
       |   ∧`7Tニ''' " ´,ィ|    |               _ヽ
       |   | `l ', ヘニニ´/イ    |                ∧
       |   |   ', `l ゚ ゚ ゚./ |.    ,'\   `ヽ、       ,r'"
       |l  _,l  ', ヘ  / .|   ,リ-,r'      ヽ、    ノ
       ゞ'´    l  l /  / ̄ ノ∧ \       ハ\ヽ'

朝倉涼子
「いえ、一つ一つ出して保持して、の繰り返しですよー。

早いからいっぺんに出したように見えたかもしれないけど」

582 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:48:55 ID:yg7EH6hU


          U''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .|U`lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ

朝倉涼子
「なお、左から、昨日飲んだオレンジジュース、コーラ、サイダー、
今日飲んだリンゴジュースと葡萄ジュースです。

AAいっしょだって? 大事なのは中身です」

583 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:49:29 ID:yg7EH6hU


        ||                                          
    __||___            ||            ||             ||                ||
   |______||___|       __||___       __||___        __||___           __||___
   |  。.||  |      |______||___|       |______||___|      |______||___|         |______||___|
   |  .。||  |      |  。.||  |       |  。.||  |      |  。.||  |        |  。.||  |
   | 。  。 |      |  .。||  |       |  .。||  |      |  .。||  |        |  .。||  |
   | ° 。 |      | 。  。 |       | 。  。 |      | 。  。 |        | 。  。 |
   | °。  |      | ° 。 |       | ° 。 |      | ° 。 |        | ° 。 |
   |,‐‐‐‐,|      | °。  |       | °。  |      | °。  |        | °。  |
     ̄ ̄ ̄      |,‐‐‐‐,|       |,‐‐‐‐,|      |,‐‐‐‐,|         |,‐‐‐‐,|
                ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄



柊かがみ
「復習になるけど、この一つ一つが実体って奴ね。

現実の世界に実際に存在した、涼子ちゃんが飲んだジュース」

584 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:49:44 ID:yg7EH6hU

              ,. -:―――――--、___
            ,. :'´: ,. -― : : : : : : : : : : : : : : : : : }___
       /: : :/: : :,. : : : : : : : : : :./ : : : : : /: : : : : : : `ヽ、
 _ _ /__/.: :.:/: : : : : : : : : /: :. :. :.: : :/: : : : : :-:、_: :\
´:::::::`|:::::}´:::/: : :/: : : : : ,. -―ァ'‐-,ィ : : : : ,イ: : : : : : : : :\  ̄
:::::::::::::じ'::/:.: : ,.': : : : : :/: : :/ : //: : :./ ハ: : : : : : : : : :ヽ
:::::::::::/:::/: : : : /: : : : : : : :.,:-/: :./ /: :/  / |: :__: : : : : : : : :ヽ
:::::/|: /: ;.イ:/: : : : : : :/ /:/  //   /  卜:.|:`ヽ: : : : : : ハ
7|: : |//: :l/ : : : : :/  /'´   ノ′   /   | : :|:.:.: |:.: : : : /: : i
': |: : {´ : __/ : : : / ,ヘ、ー―      /   |:.:.,ハ: : :! : |:. :.|: : : l
: :|: : : ̄: /: : :/   ゞミ主主多         |:./ |: : : : |: : :| : : :|
:.|: .:. : ,' : ,イ  :::::::::::::::.          __\ j/   |.: : : :| : : !∧: |
: :.| : : : :|: /(_   :::::::::::::::         ㏍  `ー  ,|.: : :.:! : : |′V
: : | : : : |/、           __     ゞミ主主!/:|: : :/ : : ,ハ
: :. l : : : :|: :ト-ヘ、      /::::::`¬ァ     :::::::: /: :|: :/: : :./::::}
: .: .l: : : : |: :|   \     {:::::::::::::/      ::::: ハ : | / : : / ̄
:.:.: ハ : : : |: :|  /::`ト、   `ー一'       ノイ: :j/|: : /
: ,':∧:.: : l: :レ'´:::::::: |;ノ   > 、 _____,. イ:/|: : : :| :/
:./,.'  〉、:.ヽ:!:::::::::::::::|   |::::::::}     / : : : l// : : : :|/
,'/ ,<:::::\: :\::::::::: |   ヽ}:::::\   /: : : : // : : : :/
:| /   \:::::ヽ : ヽ::::::「 ̄ ̄∨:::::::::::\/: : : : // : : : :/

柊かがみ
「じゃ涼子ちゃん、こんどはこの5つを互いに近付けていって、重ねて頂戴」

585 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:49:58 ID:yg7EH6hU


./ |   |. |    ヤ.|     |/   |   |
|  .| .ヽ. | | U  Ⅵ   / |    .|   |
|  |  ヽl |     ヘ,イ、ー.、-、 U  .|l  ./
|  .|,..../ ハト   "/|,_ノ_::::ハ ヾ゙T l、/ ヽ
`'7 ̄ヘ{ |"r、ハ     .|:::f. .ハ:::::l リ.|
./   ベ ヤl:ハ:l    ヤ弋_ノ o:l  |
|    |ヘ. マz'リ     ゝ=ニ::::ソ   ∨
|    ヘ l `´  ,..-‐-、      ∨
\   ヘl.   l´     ヽ     ,ィ゙ヽ
  \  、-ゝ、.__ \     ),、--'"-、| \
   <´ ̄   | ̄|、 ̄ ̄´ノ >  .ヽ  \
   `l >-、  .|  |   ̄ <´      ヘ
    ∨ > |   ̄ 。 ̄  >     ヘ
     <   |   ゚γ'ヽ゚ ,>'"    ヘ

朝倉涼子
「了解です」

586 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:13 ID:yg7EH6hU


【一つにまとまっていく】

    →                        ←

        ||                                       
    __||___      ||     ||       ||        ||
   |______||___| __||___ __||___ __||___   __||___
   |  。.||  ||______||___| |______||___| |______||___| |______||___|
   |  .。||  ||  。.||  | |  。.||   |  。.||  | |  。.||  |
   | 。  。 ||  .。||  | |  .。||   |  .。||  | |  .。||  |
   | ° 。 || 。  。 | | 。  。 | | 。  。  | 。  。 |
   | °。  || ° 。 | | ° 。 | | ° 。 | | ° 。 |
   |,‐‐‐‐,|| °。  | | °。  | | °。  | | °。  |
     ̄ ̄ ̄ |,‐‐‐‐,| |,‐‐‐‐,| |,‐‐‐‐,| |,‐‐‐‐,|
          ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄

587 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:26 ID:yg7EH6hU

【一つにまとまった】

                   | |
               ______
           |______ ___|
           |  。 |  |
           |   .。   |
          |  。  。 |
          |  ° 。  |
           | °。  |
           |,‐‐‐‐|
             ̄ ̄ ̄

588 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:39 ID:yg7EH6hU

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

美筆やる夫
「お? 重なったと思ったら、まじりあって一つになったお。

どことなくあいまいで省略されてるけど」

589 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:50:55 ID:yg7EH6hU


                   | |
               ______
           |______ ___|
           |  。 |  |
           |   .。   |
          |  。  。 |
          |  ° 。  |
           | °。  |
           |,‐‐‐‐|
             ̄ ̄ ̄



柊かがみ
「この一つになったものが抽象的概念よ。
この場合、『ジュース』という概念ね。

どことなく省略されてるのは捨象って言われる現象ね。
抽象化するときに印象の薄い属性や共通しない属性は
消えちゃうのよ」

590 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:51:23 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「各実体に共通、あるいは特に印象深い属性
(甘い・冷たい・美味しい・液体・奇麗)ほど
濃く反映されるわ。

ただしこの『ジュース』という概念は、
現実世界に存在する全てのジュースの情報を
統合したものではなく、
涼子ちゃんが思い出せるジュースの情報を
統合したものである点に注意してね」

591 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:51:36 ID:yg7EH6hU

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「ふむ。主観的世界と客観的世界の差がここにもでるわけかお」

592 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:51:52 ID:yg7EH6hU

            _   _  - ―― - 、_
          _⌒>`'´: : : : : : : : : : : : : : :`>- 、
           〈ー、/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : /:.:.:.:.:∧ _
         ∨:/ : : : : : : : : : : : : : : : :\: !:.:.:.:./<´:.:.:.:.`7
         /:/ : : : : : : : : : /\: :ヽ: :!ト、: ヾ;.:.:.:.{:.:.:}.:.:.:.:./
           /〃 ; : :/: : : :,ィ:/   ヽ: :トリ ヽ__' ,:.:.:∨.:.:.イ
.        /イ: :/: :/: : : :/ l !    斗!<´ \\:.:.\:.:.:\
        /! /!: /!: :ー/- iL_      リ   _ 斗ト,:`: r‐<ー≦
         〈_| l_l: :! !1 /__       ,.ィf{´::::。|リヾ-、!:.:.:〉__∧
.          レ'ヘ: l : ! {fキ≠=ミ      ∨:::::リ rヘ l`Y: : :l: : \
             `! ∧`、∨::::゚リ         ̄  、'_ノノ::/: : /: : : : \
            /!: : ヘ∧  ̄       __  ' ' '/  ̄l__/: :,.イ : : : : : : ヽ
              //l: : : : : ,ゝ' ' '  < ノ  /!,、/ ,.ィ≦-'、: : : : : : : :'.,   , -、
          // !: : : : :|! : > ‐ ---r ' //: : /./    ` ー-_..__ '/  ノ
            //   !: : : :∧: :l: : | /アl__/ ,./: :〃/      , ´, - /  /
         〃   l: : : / __L.!.ィ´,、/´>、_,//: ://! !      /  / /    .{
        /   /: : /´  /.:./イ⌒>'/.:.:.:.!: :/ l | ト、   ./  / '´      l
         /  /: :/ i/:.:.:7/`V /.:.:.:.:.:.:.l: :l:.:.ヾ!:l \ {  .|!   /`Y´∨ヽ
.        /   /: :/ ./.:.:.:.:.:.!':::::::l/:.:.:.:.:.:.:.:.!: !:.:.:.:.リー-イ丶!  i!  ノ ノ  |  }\
 r 、  i´Y    ! /  /:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:./   \ ゝ __ '   / /._ \
 ヽ \j |/7 /リ   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_/:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ̄| !`T´`:´ : }\ ヽ
   ',   _>'´      l:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.‐-.:.:.:.:.:.:.:.:./           リ  l : : : : /  丶_ノ
   ノ .//      ,イ.:.:.:.:.:.:.:.O.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./              / : : /

柊かがみ
「そういうこと」

593 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:52:07 ID:yg7EH6hU

       ,、  ,.‐、 _,.-‐ 、_  :
     r‐-'  `'   `   ヽ`ヽ :
   : /     ,  l    l  ハ  ヽ :
.  : /  l  lヽ-' |    l   ',   ハ :
 : /   |  l |   | |  _,|  l ト- 、 l
 :,'    l、 リ   斗ヒ´__|___l |、  `'} :
 └┐__ r' _`二   =r==r'| └r' ` ミヽ| :
.    : |`', " ̄     l  | |   |`l   l :
     | l |ll  r‐¬ ゝ‐' |   レヘ   l、
     |. l u   |   |   |   | | ',  |l :
     |  `ヽ,、,_-‐_ニ_,. -オ.  | |  ',  |.l :
     |   | | | /〈 ´ ノ ,|  ,|. |  ',  l ヘ :
     |   r'' |/ l ` ´ /└'´ l |   ',  l ヘ :
    └' ´ | l  |   /    l |   ',   ヘ

朝倉涼子
「あのー……。

すいません。ずっと集中し続けるのが辛いんですけど。

説明終わったなら消していいですか?」

594 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:52:34 ID:yg7EH6hU


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ
   /  /   iシ j    ,.イ /i /: :〃! /   j    \`/┴'" ̄  j
  /  /   {      / |,': :|,': :〃/   /     /      / \
 /  /    ヽ    /  《 ヽ: : イ    イ    / i     / ',
/  /      ヽ_イ/   > <     ヽ <¨´  ̄    /  i
  /         ,'  | /::::i~i:::::::ヽ     iヽi_     /   }

柊かがみ
「あ、ごめん。もういいわよ。ありがと」

595 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:52:44 ID:yg7EH6hU

        /    /   /   /ヽ、、 ,_,.-|   |        ハ ヽ
       /   /   /   l/   `´  |l  |   l     ', .ハ
 __     /   ,'    /  /kソ   ヽ, ,リ   |   |      | ',
. | ` ヽ、,-l'    |   ナヒテT´     ゙メ、、 リ    |     L.┤
 ',    >`‐.、┐'ー¬´ ,.-=-、      ' ヽ`ナ|    |     l | ノ
 λ   /   ヽ`┐_ | {'   ハ    γ‐=ミ、` ーr'リ     リ ノ゙l
./  ヽ'      >'  l 弋   ,リ    {{     ハ  レ` ヽ、  ハl彡人
{ ' ´      /   /  `'ー‐'"    弋    ,リ /    l `イ/  ヽ`≧-
 ヽ、     /   /     , -ーー-、 ゙'┐  f/    ,ト< ` ヽ \_
   `ヽ   /    ヘ      /       ヽ.ヽ /       / ト 、      `
     \ l     l>、    l        l/      /  ノ  ` ヽ 、
      ゙| |   l,'  `'ー、ヘ_      /, - 、-‐ヽ_/、イ  ヽ     `ヽ
       | |   |   ヘ  ヽ`'=‐-,.-//    ヽハ `ヽ ヽ   ヽ
         | |  |     ヘ  ヽ  , //l     `l  ヽ  l ヽ ヽ
       | |  ト、    ',       |/ ',     ノ      |  ヽ ヽ
        `ヽ、 ハ \     /  イ  ∧   ノ      |-'´`゙-、ヽ,....,_

朝倉涼子
「ふいーっ……」

596 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:53:00 ID:yg7EH6hU

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「お疲れ様だお。

しかし抽象的概念ってのはなかなか面白いもんだお。

まさに主観的世界でのみ存在できる代物だお」

597 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:53:30 ID:yg7EH6hU

          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「面白いだけでなく、実用性バリバリよ。

重要な推論規則である推移律(三段論法)には
含意の考え方の理解が必要で、

その含意の考え方の理解のためには、
この『抽象的概念と実体』の関係の理解が必要になるからね」

598 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:54:14 ID:yg7EH6hU

              \ー- 、__ ヘ-――‐-
                  __>─: : : :│: : : : : : : : : : : `丶
              '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:ヽ __
          /.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:./⌒く 7 \
         /::::/ :::::::::::/ :::::::/:::ハ:::ヽ、::\:::::::::::::::::::ヾ///∧///\
         / -‐/::::/:::::::::/:::⌒/|::/  ' : | \⌒ヽ::::::::::::::::::∨ '/∧////
          /::::/:::::::::,'::::::::/ l/   ヽ|  \::ハ:::::::::::::::::::∨/ '∧//
            / :::,' ::::::::::|:::::ャ=ァz、      ,z=弌〒} :::::::! :::|////|/
         l::::/|:::::::::::::|:::/{ f_)ハ      イ、_)ハ∨ :::::::|:::::|////|
         |:∧|:::::::::::::l∧ |トし::|      |トしイ::| ヘ:::::::∧ :jー┬r'
         '   l:::::::::∧::ハ. Vヒリ       ゝ辷.リ  '.::::ハ ∨:::::l::|
           ' ::::/!∧:::::}     ,       ''   ィ∨ー':::::::::,' :|
            ∨│小::人     r ,    //:/ ::::::::::::/ :::|
              | ::|:::V::::> , . _   ィ⌒V:/::::::::::::::/:::::::|
              | ::|:::::::::::|:::::レ「 `┴‐‐<_」/ ::::::::::::/ ::::::::|
              | ::|:::::::::::|/ `'ー―一'´  /:::::::::::: /|:::::::::::|
              | ::|:::::::::::|   \____,. -‐´/ ::::::::::::∧|:::::::::::|
              | ::|:::::::::::l            / :::::::::/  ヽ :::::::|

柊かがみ
「さっきの『ジュース』という概念と
涼子ちゃんが昨日飲んだコーラの関係はこう表わせるわ」

599 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:54:36 ID:yg7EH6hU


┌────────────────┐
│                       .│
│昨日飲んだコーラ → ジュース     │
│                       .│
└────────────────┘

.

600 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:01 ID:yg7EH6hU

          _
         ヽ\  _, ── 、_
         r、 >  ̄ | `   _  \  _
       / ̄       |        Vヽ_/:::::|
.      //〉´   / ∧ |、 |   ',:::::)_ノ
      /  / / \ /  | !ヽ/  ト、!ノ:ヽ:::〉
       | イ / |/   ヽ| ´| l  |_ヘ/iイ
       |/ | / ● _  ●ヘ  ├Ⅵ | ト、
         |'.|   ( l l )   |  |` )| |:::::>
         | ト、     ̄   _|  !-イ||/
        ノ |三\____/三|∨卞ヘ V\
          / __人_≧ァ┬ィニ二壬少´ ノ ヽ__\
       {'´      ´ `    `´ <_/   `

柊かがみ
「ね。含意でしょ」

601 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:13 ID:yg7EH6hU

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /

美筆やる夫
「あー、たしかに含意だお。たしか包含って名前がついてたかお」

602 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:35 ID:yg7EH6hU

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「補足しますが、推移律(三段論法)はこう表わされます。
命題論理の推論の項目で詳しくやると思います」

603 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:55:51 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│〜 推移律 〜                                  │
│                                           .│
│                                           .│
│・((A→B)∧(B→C)) → (A→C)                     .│
│                                           .│
│・(AならばB、かつ、BならばCである) ならば、AならばCである   ....│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

.

604 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:06 ID:yg7EH6hU


1.3 抽象的概念からさらに抽象的概念を導き出す

.

605 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:20 ID:yg7EH6hU


               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

柊かがみ
「この抽象的概念は、実体だけでなく、実は抽象的概念自体からも
導出することもできるわ」

606 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:35 ID:yg7EH6hU


                 __,イ|__ ... .ィ
             , :<´ : : : |: : : : :ー<..
           /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
        __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
       f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
       ∨  ,イ: : { ;:/  j/     V ! : : ∨
         ヽ、{∧:.:レマ7テミ     fテ「ア:|.:ト、:ハ
        |:ヽ}ヘ/ { {トし|    |しハ'Ⅳ:|:「ヽ}
        |: :l`ー、 ゙辷ノ   .  辷ノ{ム/:{
        |: :|: : :|:ト、''''   _  '''' ノ´|: :|
        |: :|: : :|:|:.「>r -r- <| : : |: :|
        |: :', :/i_>―-、Y⌒Y´ ̄ ̄`ヽ
        |: : Y´/  ,.-、 |l: :.《      }
        |: : { {  {  )\: :ヽ、__ノ了¨ヽ
        |: : :〉 \辷'′ ヘ: : : ̄ ̄:_ノヽ |
        |: : {__,イ   ,.‐ァ、  ̄ ̄「 辷.ノ /
        |: : | l l |  〈 f'うァ  ,ィァ、 /`ー‐'´
        |: :少‐r‐ヘ  `ー'′  ftッノ {
        /:.:/|  |>(     )  ノヽ

柊かがみ
「たとえば『犬』っていうのは抽象的概念でしょ。

『猫』『イルカ』『ゾウ』なんてのもそう。

で、こういうのが合わさると、『動物』とか
『哺乳類』なんて概念になるわね」

607 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:56:55 ID:yg7EH6hU

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /

美筆やる夫
「あー、なるほど」

608 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:57:34 ID:yg7EH6hU


                  i7
                  , -‐i!‐-、
                i::::..゙ー'  i
               '、::::::..... /
                 `'‐-‐′



柊かがみ
「そのため、実は物でなくても抽象化ができるわ。

たとえば『リンゴが上から下に落ちる』
『猿も上から下に落ちる』
『ボールも上から下に落ちる』といった事象なら、
『落下』。
もしかしたら『重力』なんてものにもなるかもね」

609 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:57:51 ID:yg7EH6hU


          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /

美筆やる夫
「へえ。帰納法の考え方に近いお」

610 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:58:05 ID:yg7EH6hU

                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

柊かがみ
「そうね。帰納法との共通点は多いわ。

疎漏が問題になるとこまで同じ」

611 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:58:21 ID:yg7EH6hU


1.3 上位概念、下位概念

.

612 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:59:11 ID:yg7EH6hU


 / /: .    / / . : /:|: : :/:::::::::/:.. . ..,' . ,'.:. .:. .:. .:. .:. 、.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:|
./. :/: .   . :/: : i: : : :/´:l : /:::::::::,':.:.:.:.:.; . .;.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:.l
ヽ:/: :/. : : /: : :.|: : :/::::::|:./::::::::::;:.:.:.:.:.:; . .;.:._._:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .,:. .:. .:. .:. .:!
:::/:.;イ. : : /: : :/|: :./::::::::j/:::: :: : i:.:.:.:.:.:; . .;.:. .:. `.:..:. .:. .:. '.:. .:. .、 .:. .:. .:. ,'
:/:/::!. : :/ : :./:::|:./::::::::::::: :: :  !:.:.:.:.:.:; . .;.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. `.:. .:. ./
.:/::::!: : : : : /!::::j/:::::::: :: :    、!:.:.:.:.:.:', . :,.:. .:_ ;. .:. .:. .:. .:. ;. .:. .:. .:. ./
':::::::|: : : : :/:.|:: :: :: :: :        \::::::::'. . ':,::::::::::::::::,:'::::::.:. ;.:. .:. .:., '
::::::::|: : : :/:.:.ヽ                ヽ:::::::' ,. ' ;::::::::::::::::::::::: .:. .:../
:::/| : :./-‐-、\               ' ´  ̄ ̄ ` ヽ::::::::::::::,  '
´:: ;イ: / ‐-、 `               ::::...  }-‐ 7´
ヽ/:.|/:!     }                        /
:/\:.:∧                          ,'
:: :: :|ヽ:.:.ヽ __ イヽ::.. . .               !
:: :: :|  ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.|::                 _.. '
:: :: :|    ` ー- /           _,.. -‐ ´

柊かがみ
「導出された抽象的概念を上位概念、
元となった概念を下位概念と呼ぶわ。

いちいち導出された概念って呼ぶの面倒だし、
今後はこの用語を使うわね」

613 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:59:29 ID:yg7EH6hU


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「ただしこの二つは相対的な関係を表わすにすぎません。
たとえばさっき抽象化した『ジュース』を上位概念とすると、
下位概念は5つの想起した実体のジュースになります。

ただしあくまで相対的な関係なので、
これが『飲みもの』と『ジュース』なら、
『飲みもの』が上位概念、『ジュース』が下位概念になりますよ。

実体は最も下位になる概念と言えますね」

614 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 22:59:47 ID:yg7EH6hU


三≧: 、        /     /     l\             /         /:}
三三三ヽ     , ィ7¨ヽ  /   l  l l  \        / 俺こそ上 /:/}
三三三ニ}     /   /l   l   l l           /         /://
三三三シ    /   /  |   ,'    l l          /         /://
三三〆    / /    ,'   /    /l l    ____'___    /://
三/    ,.//ー―  /  /   / l/     /         /:l三三}//
イ    //テ≡≡≡ / /.:l   /  l   / いいや  /:/}三三}/
|  // {!  |::}|イ.:::/|  /      /俺が上   /://}
| /         lハf/ l/  j /       /         /:///
_レ’   し    }じ'  {    , /      /         /:///
          ゞ′ `フ /′     {三三三三三}///
\         , ,     /            {三三三三三}//
:. \            /          {三三三三三}/

柊かがみ
「また、ある程度上位に位置する概念(ただしどの程度かは人によるわ)を
『抽象度が高い』概念と言うこともあるわね」

615 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:00:28 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│〜 たとえばこうなる 〜                         ..│
│                                       .│
│上位概念   『液体』という概念                    .│
│                                       .│
│↑        『飲み物』という概念                   .│
│                                       .│
│↓        『ジュース』という概念                  │
│                                       .│
│下位概念   実体のジュース(を、五感を通して得た情報)   ..│
│                                       .│
│                                       .│
│(*上に行くほど抽象度が高い)                     │
│                                       .│
└───────────────────────────┘

.

616 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:00:43 ID:yg7EH6hU

       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /

美筆やる夫
「あ。

そうか、実体も突き詰めれば概念と言えてしまうのかお。

五感の情報を統合して脳が『今そこにあるもの』と
認知しているだけなんだし」

617 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:01:28 ID:yg7EH6hU




        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|

朝倉涼子
「そうなりますね」

618 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:02:03 ID:yg7EH6hU


                  _,,、、-‐‐‐‐- 、.,_
                _、-'' `          ´''‐ ,_
            _、‐`                  ´'‐,_
          、 `                     ^ _
           、`                         ´ ,
        ,`                            ´_
          ,`                               ',                  ジュース
.       ,′                                 '.    具体化                  ||
       ;                                 :     →                __||___
        !             液体               i                  |______||___|
        !                               i                  |  。.||  |
       ,                                ;       ←          |  .。||  |
.        '.                              ,′    抽象化         | 。  。 |
         ´,                               ,'                   | ° 。 |
        ´_                                _`                   | °。  |
         ^、                         、`                    |,‐‐‐‐,|
            ' _                       _ `                       ̄ ̄ ̄
             ´-._                      、‐`
                ´‐、,_                 _,、‐'`
                ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`


柊かがみ
「それから、下位概念から上位概念を導出する作業のことを『抽象化』、
逆に上位概念から下位概念を導出することを『具体化』と言うわ。

具体化は、分野は限られるけど、『ブレークダウン』とか
『落とし込む』なんて言い方をされることもあるわね」

(*ただし、具体化だけがブレークダウンではない)

619 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:02:26 ID:yg7EH6hU


1.4 上位概念・下位概念の特徴

.

620 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:02:47 ID:yg7EH6hU



              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「抽象化を進めるほど
(これは『上位概念になればなるほど』、または
『抽象度が高くなるほど』と言い換えても意味は同じね)、
次のような特徴が出てくるわ」

621 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:03:03 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│・捨象が強化されるために概念が曖昧化する                  .│
│                                            ....│
│・また元となる下位概念が増大するために含まれる意味が増加する    .│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘

.

622 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:03:23 ID:yg7EH6hU

               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |

柊かがみ
「どんどんおおざっぱになっていく、と言ってもいいわね」

623 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:03:42 ID:yg7EH6hU


     /          `ヽ、
    /           丶  `ヽ、
    /           `丶_|ヽ、  >
  ,..⊥r─‐r‐‐r─--、、    \_ k'-、
/  / '≧|  | ,≦ヽl `丶、,_  `フ  `ヽ
ヽ_,、L,..-ヘリ   ヽヘ--、゙ ___ YLニ=' {゙ー'"´
  ゝ, '| ┃     ┃ ´ | `├.、'" `゙¬ー--、、
   / l ┃     ┃  l   | .ノ、        `ヽ、
  ,' .リ xx     xxx /   「´  `ー------  、._ 、ヽ
  ,'   ゝ、    _   _ /   ハ      、      `ヽrミ
  リ、 | ヽ`7l^′´/〃   /,.-、     \ `ヽ、   /
  ´ ヽ_|  `|ヘ lニ'/└-r、イノ____〉_    、ヾ、ヽヽ/
         | lγ /,  ノ| 丶. |  __,.-' `' ` '゙
     _z== (7_'、ィ'" ´イ'  ヾ、 /"´
    l( ̄、`ヽ、ヘ’  __    ヘl'-┐
.   lヽ、ヽ 、._ヽ }}     ノニ´-‐-'
   |  `゙'¬-,/T冖7'''"´
   ヽ、    / ,l /

朝倉涼子
「逆に具体化を進めるほど(つまり、下位概念になればなるほど、抽象度が低くなるほど)
概念が実体に近付いていくので具体的になり、
また含まれる概念が狭く細かくなっていきます」

624 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:04:15 ID:yg7EH6hU

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |       |++++| 」_ キラッ |
  \     `ー''´ l   /

美筆やる夫
「へえ。

上位概念を使っていると、様々なことを一気に語れるので便利そうだお」

625 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:05:30 ID:yg7EH6hU


              /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
               ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
                 /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
             / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
              /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
             //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
                 | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
                 | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
                 | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
                 |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
                 |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
    /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/   |=====|    \\
    /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/     .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

柊かがみ
「形式論理学(前回やった、言語を抽象化した記号で表す論理学)がまさにそれよ。

たとえば推移律を用いたあらゆる推論を、日本語だろうが英語だろうが関係なく、
一行で語りつくせちゃうわけだから、その範囲は素晴らしく広範と言っていいんじゃないかしら」

626 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:05:47 ID:yg7EH6hU

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

美筆やる夫
「そう言えばそうだお」

627 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:06:12 ID:yg7EH6hU


        /    /   /   /ヽ、、 ,_,.-|   |        ハ ヽ
       /   /   /   l/   `´  |l  |   l     ', .ハ
 __     /   ,'    /  /kソ   ヽ, ,リ   |   |      | ',
. | ` ヽ、,-l'    |   ナヒテT´     ゙メ、、 リ    |     L.┤
 ',    >`‐.、┐'ー¬´ ,.-=-、      ' ヽ`ナ|    |     l | ノ
 λ   /   ヽ`┐_ | {'   ハ    γ‐=ミ、` ーr'リ     リ ノ゙l
./  ヽ'      >'  l 弋   ,リ    {{     ハ  レ` ヽ、  ハl彡人
{ ' ´      /   /  `'ー‐'"    弋    ,リ /    l `イ/  ヽ`≧-
 ヽ、     /   /     , -ーー-、 ゙'┐  f/    ,ト< ` ヽ \_
   `ヽ   /    ヘ      /       ヽ.ヽ /       / ト 、      `
     \ l     l>、    l        l/      /  ノ  ` ヽ 、
      ゙| |   l,'  `'ー、ヘ_      /, - 、-‐ヽ_/、イ  ヽ     `ヽ
       | |   |   ヘ  ヽ`'=‐-,.-//    ヽハ `ヽ ヽ   ヽ
         | |  |     ヘ  ヽ  , //l     `l  ヽ  l ヽ ヽ
       | |  ト、    ',       |/ ',     ノ      |  ヽ ヽ
        `ヽ、 ハ \     /  イ  ∧   ノ      |-'´`゙-、ヽ,....,_

朝倉涼子
「ただし上位概念になればなるほど、
概念があいまいになってしまって意味を理解しづらくなる、
というデメリットもあります。

形式論理学がわかりづらいとよく言われる理由の一つは
抽象度の高さにあるでしょうね」

628 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:07:07 ID:yg7EH6hU

           ` ー== ――/` ―― .、
           ,.: ¨´: : : : : /:.|: : : : : : : : : :` 、
         /: : : : : : :': : :/: /` : : : : \: : : : : .:\
        //: : : : : /: : .:i|:./.| '.: : : : : :ヘ: : : : : : : ヽ
      /イ: : : : : : :/: : :.:/|:' |  '.: : i : : : ∨: : :\: : :〉=y‐..、
     '’//: : : : : :斗-:.:'/ |  |  ':. :ト: ̄`卞、: : : ヽ:.:!:::ヽ:::::::7
     〈:::::': : : : l ´: :|: : /.     |   Ⅵ ヽ: : レ :` : : :∨::::::::`、′
      Y: :/: : :l: : : |:.斗ぇzx  |   リ zェ≧廴_: : : : :V::::::::::::〉
.      |:./{:.: : |: : :弋 __ノⅥ`     イ__ノⅥ¨ツ`: : |: :|:::::::/
.      |ハ | : : |:.: :|  VK:::イ       !ん:::j〃〉:.: .:Ⅳ:::::/
        `|: : ハ:. :ヘ  込zソ       込zソ  ∧:.:/:レi`ハ
         Ⅳ: |:. :|__       '       / ,∨: |:.|i: :|
         |: : .:ヽ:.|:∧ :::     -    ::: /.7´: : : /: |l: :|
         |:. :.__|:.: l_ >-  _   _  -<_/: : : : /: : |!: |
         |: { r` ,.-! |:.:.:.:.:.|   ̄  |:.:.:./: : : :,:イ: : : |: :'
         y´ヽ Y ∧、V:.:.:.ヘヽ _ ' /:.:./: : : :/} |: : : :∨
        〈 、` /  j ト、 \:.:.:.、  /:.:.ィ: : /  .|/: : : : .:l
         >‐′イ/ k {\ \:ヽ //,イ:.:/ / V:.l: : :l.:|
         广ニニ7  ハ ヽ >ミ、Y/ 1:/|/    Ⅵ: : :| |

柊かがみ
「なので概念を表現する際には適切な抽象度を選択することが必要になるわね。

抽象度の低すぎる概念を使って表現すると冗長になるし、といって、
抽象度の高すぎる概念を使って表現すると意図を掴めなくなるわ」

629 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:07:28 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────────────┐
│                                                                  │
│〜 抽象度の高低と出来あがる文章の関係の例 〜                                 ......│
│                                                                  │
│                                                                  │
│抽象度                                                            ....│
│                                                                  │
│高すぎ    ・今朝は寒いから事故に気をつけてね                                 .....│
│                                                                  │
│適切     ・今朝は道路が凍るほど寒いから、足を滑らせないよう慎重に歩いたほうがいいよ。      ....│
│                                                                  │
│低すぎ    ・今日は霜柱が下りていたんだ。吐く息も白かった。水たまりも凍っていた。            .│
│         昔こんな日に足を滑らせてねえ、尻もちをついてすごく痛かったんだ。               .│
│          自転車に乗っていてこけそうになったこともあったかな。                      │
│          なるべくゆっくり歩いたらすべらないんだけどさ。ついつい急いじゃって転ぶんだよね。     .│
│                                                                  │
└─────────────────────────────────────────────┘

.

630 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:07:54 ID:yg7EH6hU


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

美筆やる夫
「抽象度が高すぎる説明は具体的になに言いたいんだかわからんお。

といって抽象度低すぎの説明は冗長すぎて主旨がわかりづらいお」

631 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:08:23 ID:yg7EH6hU


  / /  /       /   /   ヘ    ヘ
. / /   l       l   l l`゙ ''"´ |    |
/ イ   |       |  | |      |l   |
| /|   |       l|   | |     | |   ハ
|/ |    |  l    大ト、L,斗'__ヽ、,,LL,,,,,斗|
l  |____|  l    | |  「リ三三三 ノノ´  ノ |
    | ヽ--'r──'  ̄` 三三三三  ̄ ̄ └
    |     | ========三三三三=======
    l|    |       三三三三三
   l |    |       三三三三三
   | |.   /        三三三
   | |   l   U
    | |   \        ,..-‐''ヽ
    | |    |` ' - 、 _   弋____,ノ    __,..,/
    | |    |   /  ` ニ=ー=ニ´  /

朝倉涼子
「割とこういう説明の仕方をされることもありますけどね。

少なくとも業務報告で抽象度が高すぎる、
あるいは低すぎる言い方をしたら怒られるでしょうね」

632 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:08:37 ID:yg7EH6hU


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

美筆やる夫
「あー。

そういや昔、起こったことをそのまま伝える
抽象度低すぎな説明をして、
『報告に来るなら要旨をまとめてから来い!』なんて怒られたことあるお」

633 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:09:05 ID:yg7EH6hU


         `ー、- 、 、
           ,. >‐.: : :`: :「`:''': :-. 、       。
       , -'". : : : : : : : /:,.|: : : : : : : :\  ○
      /-ァ' ,  . /. . // l.:!、: . : . : :.ヽヽ       o
         /. ./: : : 厶、_//   !l `v--:、: :.ヘ:.Y´ ̄`ヽ
      /. :./: : : /: : / !′  l.l ∨: ヘ: : : :.i:.!`ヽ   |
.       ,':.; イ: : : ,': :./_|   !|  _V__i : : l.:l:|  ゙ ,!
      i:/ |:i.: : i: :ヌ`゙゙ト    ィ''Tヾ刀: : |、|   Y
       {' r:|ハ: :.l∧Υリ |     Υリ | ヘ}、:.|ノ}    ノ
       ヽ|∧.:|'^l ヾ-'' //// ヾン  ',ヘ:|: |、_,/|
           |: :ヘト人    r-┐     ,_,ノ'.:! |: : i:|    /〉
        l: :/: :.l:,r≧;,,,、` '′ _,. イ|!: : : :,! |: : :l|   /ノ)
          l:./: : ,!'//ニ''-‐`=</_  l//: : :i|: |: : :.l!  ,ノ /
.        l/: :/,,''/      ∨ユ、〃: :_/」-!-、;l、ベ、 ,レ^!
       /: :.//      _ _,. . -=' "´      ゙i ヽヽ∨/
        /: :,/イ     '' '"´               ヽ ゙!.゙!.|′
.       /: :/::::::l                    L!-''
     /: /:::::::::::l     >,、、_        ...:::_,ノ
     /: : :7'r:.、::,!  ,. :''" / Vヾ!>,、___,,. . r:'':"|:|
     /: : :/:.|: : /        ゙ヽ、j |/'ム|: : l   !: : :|:|

柊かがみ
「あー、まあ、ありがちよね。

ただ、抽象度が低いほうがきめ細やかな情報を伝えられるのも確かなのよ。

なので詳しく情報を伝えたいなら、
それこそ一部を実体レベルまで抽象度を低くして説明する必要もでてくるわ」

634 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:09:25 ID:yg7EH6hU

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「ん? でもそれだと要旨がわかりづらくなるお?

 どうするんだお?」

635 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:09:45 ID:yg7EH6hU


                       _
               __r 7-<´
                 /     イ、   \       /ノ
           ,.--f--ァ , -// | ゝト ヽト _,、, イ っ)
             {:::::ハ:::/  /ィ/   ィ,ヤ、 ∨  i || Y`´
           ∨l 7イ / _,  ヒソ|ハトヘ  _Y ´
            / 〉, ∨, 二´  , ノ´   /
             / / ヽニァ─、`ヶイ| / /
         /  { <_/    \ヽ !ノ \
         !   | /   _,〈リV jハ  \
          / |  |ヽ   イ、 / }、! \  \
.          / /|  l  \/彡〉ー彳ノj  \ ヽ\
        |/ |  |    `>イソ ̄ |/!    \ |\\
        |   \ \ // i i   ! i L__      l }  \!
              \ Y_/__|  ! |=Y     リ   |
             7ー三|=|ミK´ \
             /  / リ ̄   〉 /
               /_/        /ー/
               / /      / /
           / /        ノ、/
          ハ-イ       ヽ_夂
          ー‐'          ー'

柊かがみ
「簡単よ。

先に抽象度の高い概念を使って説明し、
そこからに具体的な内容へと下ろしていくの。

それなら要旨(これが抽象度の高い概念ね)もわかるし
細かい内容も伝わるでしょ?」

636 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:10:04 ID:yg7EH6hU


┌──────────────────────┐
│                                │
│〜 例 〜                           .│
│                                │
│今朝は寒いから事故に気をつけてね。         .│
│                                │
│凍った道路で足を滑らせるかもしれないから、    .│
│ゆっくり歩くようにしたほうがいいよ。           .│
│                                │
└──────────────────────┘

.

637 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:10:57 ID:yg7EH6hU

                             ___
                       , -‐. :': : : : : : : :` 丶、
                      f : : `丶'. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶、: : :.l lヽ
               /: |: : : |: : : : : : : : : : : : : :>  ̄ ヽ‐「 ̄`丶、
                  く: :/ |: : :∧、_: :ヽ: : : : : :、 く      ,_」     \
                マ: : |: : :|: :|ヽ`ヽヽ: : : : :.\\   /: :|丶、  /
                 |: :λ: :|: : | ヽ: : :ヽ: : : : : :.ヽ \/: : |: :| | :\ /
                    |: :.ハ: :ト: :〉三气 :ヽ: : : : : : :| :ト: :ヽ: |: :.|:| :|: `l
              .| :∧ :ヽ|:.ヽ ",_) 7: :ヽ: : : : : :| :| :|\/: : |j: :|: : |
                   | / ',: : : : :} }|  \|l: : : : : |:/: | ./: : : |: : |: : |
              レ   ',: : : :j {.リ   `| |\: : |^l: レ: : : : :|:/ |: : |
                     Vヘ ノ `     リ  ゝ、j く/: : : : :/|: :|: : |
                       ヽ、 -ァ   _| 「 ノク: : : : /| |: :|: : |
                      ` `r-‐.イ_/   ノ: : :_/ | |: :|: : |
                          _  | 「 ̄ \ // ̄ ヽ い.: : : :|
                        ┌'‐、ヽ-j/     `く     丶い: : : |
                      7 丶 |' ‐-     /       'ぃ: : : |
                       'イ,、r    `丶、/        }: : :.弋
                         V       /         |ヽ: : :\

柊かがみ
「また、表現するときだけではなく、物事を理解したとする認識も、
実際に必要とされる抽象度とあっているかは要チェックよ」

638 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:11:35 ID:yg7EH6hU


           ヽ、
           ,.j`ヽ.-;‐::‐:-:-.、.__
      -‐=ニ": : : ;|:`:ヽ; : : : : : :.:`:ヽ、
       ,ィ´: : : : ;ィ|: : ::、: : :ヽ、:: : : : : :ヽ、
      /;/:,ィ: :.;/||:.: : :;ハ;: :: ::ヽ、;: : : : : :ハ
      /.;/: ::/: :;斗、|∨: .:| ヽ、;__:: ::i: :: ::ヽ;: :}
    /|/|: :;/: :/ |リ ! ∨:.:|  ヽ;.:`: :i: :.:ト;:|::λ、
    ヽ、|;ク: :,イ マテz  ∨:.| __ ∨; ::|、: :| リ:,fヽヽ、
       |;/: ::} 込リ  ヽ| 行テヤ∨、:;/: :{, __〉 _〉
       i: : :{    ,    込;リ ,,_ソ∨:;: .;{_,メ_,r'´
       |: : :iヽ、  ー‐   ,/ |: : :;ハ; : : :|
       |: : :|  `>ォ-‐π´、_  j: ::/  j;: : :|
       j: : :|,.ィ´  |ー、 ,.-/ `/: :/.、  }: : :|
       λ::ィミミヽ、. |ー-/  ,/: :/彡ミ:、 j: : :|
       j: :j:;| /{ `㍉|/,ィ彡"メ::/j" `ヽ} ト、: :|
       |: :i:| i `ー=ャ≦´__,/: :/./   j |:λ:|
       |::|:.:|λ  /´jiヾ  /: :/,/   ,/ |::| i:|
        j:.:|:.:| λ/  ||  ,ィ: ://'"´  /  |::| |:|
       |:.:|:.:|  ヽ、 |:|  リメノ    /   |::| |:|
   r'´~ヽ、|:ji:|::{   V、 \ /  ノ  /j    |::| |:|
   `ヽ、  |:|l:|レ'    }  ,/,ノ´  / ハ   |::| |:|

柊かがみ
「まず、理解している概念の抽象度が高すぎると、
実際に用いる際に肝心なことが抜け落ちていたりするわ」

639 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:11:58 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                       .│
│〜 勘違いの例 〜                                                            .│
│                                                                       .│
│                                                                       .│
│前提1・抽象度の高い概念:「犬は骨を食べることができる」                                   ..│
│前提2・フライドチキンの食べ残しの骨も、骨ではある                                       .│
│前提3・うちの愛犬のチョビは犬である                                                 .│
│                                                                       .│
│        ↓                                                             ...│
│                                                                       .│
│結論・フライドチキンの食べ残しの骨をチョビにあげても大丈夫である。                            ..│
│                                                                       .│
│*実際には間違っている。フライドチキンに使われる鶏の骨は噛み砕いた時に破片が鋭利な形状を取りやすく、     │
│けがの元となるため、与えないようにすべきものである。                                      │
│                                                                       .│
└─────────────────────────────────────────────────┘

.

640 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:12:11 ID:yg7EH6hU

::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                          ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                 _,.-‐──-.、_     :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                /,'   、_.,'  \     :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::                / /‐   /__. |_ ,' `ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::            ,ィ{ 〉‐..... < , 'ヽ_〉   ∧  ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::             / Y::{:::::;/,:|_/: /| :i ,/:| ,|   ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::         r'´ ̄ ̄ ̄//{ |γ∨ | /|/i:::|/   :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::          /|___,,// ̄ハヽ、  |/,' |:/     :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::         // , ' //     ∧}ゝ-'´  '"     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::      // , ' //    ,. ':/ ∧               :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::    ./'"´ , '  〈/〈    / ,∧  ∧              ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::   /   , '    ∨  /  /| ∨ ∧             ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  ..lー-,、, '__        /ヽ.>/:::|: : :∨ ∧: : : : : : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.. |::/:::/::i:::\___,/   /==t   ∨_;ヘ        `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '  {´`Y´`下 ̄Y  \   ,/  ̄    `==='´         ,:::::::
::::::::::::::::',  〈_人_,,/_ノ-┴--‐'" ̄                   ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

柊かがみ
「といって、理解している概念の抽象度が低すぎると応用が利かなさすぎるわ」

641 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:12:30 ID:yg7EH6hU


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│〜 理解してる概念の抽象度低すぎの例 〜                      .....│
│                                                  │
│                                                  │
│・『コーヒーミルク』はスジャータの製品のことだと理解している。           ..│
│                                                  │
│            ↓                                    │
│                                                  │
│・『コーヒーミルク』を買ってくるよう頼まれる                      ......│
│                                                  │
│            ↓                                    │
│                                                  │
│・店には『コーヒーミルク』はあるがスジャータの製品はなかった           ..│
│                                                  │
│            ↓                                    │
│                                                  │
│・けっきょく『コーヒーミルク』を買わずに、「売っていませんでした」と報告する    .│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

.

642 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:12:57 ID:yg7EH6hU

        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|

朝倉涼子
「なお、理解している概念の抽象度が高すぎる場合は検証、
低すぎる場合は帰納による抽象化を行えば改善できます。

てっとり早く書籍等で追体験するのも良い手ですが、その場合
伝聞であると言う点には注意したほうがいいですね」

643 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:13:14 ID:yg7EH6hU


1.5 抽象的概念と実体の考え方の活用

.

644 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:13:29 ID:yg7EH6hU


鄯)類推

.

645 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:13:46 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ

柊かがみ
「さて、抽象的概念には、その概念に含まれるのであれば
おそらく持つであろう属性(『ジュース』なら、『甘い』とか)
があるわ。これを利用して」

646 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:02 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│〜 抽象的概念を利用した推論の例 〜                                       │
│                                                              ..│
│・ジュースは甘い                                                     │
│                                                              ..│
│・今手に取っている新発売のジュースはまだ飲んだことがないが、とにかくジュースではあるらしい     .│
│                                                              ..│
│・おそらくこの新発売のジュースは甘いだろう                                  ......│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

.

647 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:18 ID:yg7EH6hU


       、 _
       \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
    /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
  ∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
     .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
     l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
     K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
       l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
.       ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ      \
.        ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ   \.    \
         l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_  \      \
        |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l   \.    \
       /  ,    !ヘ〉、ヽ:! .,':/// /. \// /   ヽ    \      \

柊かがみ
「ってな具合で推移律(三段論法)で推論するのに使えるわね。

類推って言われるみたいだけど」

648 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:38 ID:yg7EH6hU


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'

美筆やる夫
「ほほう、なるほどだお。たしかに普段やってるお」

649 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:14:52 ID:yg7EH6hU


                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

美筆やる夫
「……あれ? これ、穴がないかお。

たとえばさっきのジュースの概念だと、朝倉さんが飲んだことの
あるジュースしか含まないお。

ってことは、もし朝倉さんが酸っぱいジュース(レモネードとか)
しか飲んだことがなかったとしたら、
朝倉さんにとってのジュースは『酸っぱい飲み物』になるお。

属性の勘違いによる推論ミスがありえねーかお?」

650 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:15:18 ID:yg7EH6hU


┌───────────────────────┐
│                                  │
│〜 抽象的概念を利用した推論の失敗の例 〜     ..│
│                                  │
│・ジュースは酸っぱい                     .│
│                                  │
│・コーラはまだ飲んだことがないが、ジュースである    │
│                                  │
│・おそらくコーラも酸っぱいだろう              │
│                                  │
│                                  │
│(*間違った前提から間違った結論をだしている)   ..│
│                                  │
└───────────────────────┘

.

651 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:15:52 ID:yg7EH6hU


                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

柊かがみ
「その通り。失敗がありえるわよ。それ以外に、上位概念の属性と相反する
属性を持ってる下位概念を類推した場合も失敗するわね。

残念ながら、類推は間違いなく事実を手に入れられる、
なんて便利なものではないわ」

652 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:16:08 ID:yg7EH6hU


      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |

朝倉涼子
「それが帰納法の問題や統計学といった話に繋がっていくわけですが……
話題を広げすぎると収集つかなくなりますから今回は説明しません。

予定には入っていますので、後の回を乞うご期待ということでお願いします」

653 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:16:34 ID:yg7EH6hU


           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|
           | :j \. |丶イ: : :/  l|
               レ' l  L_/:. :/...  ||
              |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|
               |: | | | ゝイ :/ |  :| |
              |:.| j | | | |:/  |  :| |
               |:.| 「 .Lハハ|'  l  :l |

柊かがみ
「でも完璧ではににせよ、類推ってとても使える手法だからね? 

『証明せずとも、ある程度見当をつけられる』ってのは物凄く有利なことよ。

証明のためのコストをかけずに、ある程度正解に近い(であろう)
答えを得られるんだから」

654 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:17:02 ID:yg7EH6hU
訂正orz

           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|
           | :j \. |丶イ: : :/  l|
               レ' l  L_/:. :/...  ||
              |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|
               |: | | | ゝイ :/ |  :| |
              |:.| j | | | |:/  |  :| |
               |:.| 「 .Lハハ|'  l  :l |

柊かがみ
「でも完璧ではないにせよ、類推ってとても使える手法だからね? 

『証明せずとも、ある程度見当をつけられる』ってのは物凄く有利なことよ。

証明のためのコストをかけずに、ある程度正解に近い(であろう)
答えを得られるんだから」

655 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:17:18 ID:yg7EH6hU


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /
美筆やる夫
「あてすっぽうで判断するよりは、類推である程度
目安をつけて判断するほうがマシってことかお?」

.

656 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:19:57 ID:yg7EH6hU




                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|

柊かがみ
「そそ。

証明手段はない。

でも答えは出さないといけない。

そういう時は、類推によって少しでも正解に
近付く努力をしたほうがいいでしょ。

客観的世界って容赦ないから、妄信や願望を基準に
考えない方が身のためよ。
私らがどれだけ信じてようと願ってようと、それが外れていたら
一切情けをかけずに現実を見せつけに来てくれるわ。
しかも私たちは、自分の身に起こったことはすべて
自分が背負わなければならない」

657 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:20:33 ID:yg7EH6hU


     _,,...,_
  /_~,,..::: ~"'ヽ
 (,,"ヾ  ii /^',) My name is "only tengu"
    :i    i"
    |(,,゚Д゚)
    |(ノ  |)
    |    |
    ヽ _ノ
     U"U


柊かがみ
「なんか変な話に行っちゃったわね。話を戻すわ。

たとえば山に行って正体不明のキノコを採集したとするじゃない? 

このキノコを食べるかどうか考えた時、次の二つの理屈が浮かんだとしたら、どうする?」

658 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:20:59 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│〜 究極の(?)選択 〜                                       ...│
│                                                     ...│
│食べるための理屈  : 食べてみないとわからない! お腹がすいてるし食べる。   .....│
│                                                     ...│
│食べないための理屈 : 前に食中毒で死にそうになった毒キノコとよく似てるから、    .│
│                たぶん同じ種類な気がする。                   .....│
│                お腹がすいてるけどやめとく。                   ...│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

.

659 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:22:25 ID:yg7EH6hU

                           . へ
            /⌒`v-─ ¨ ̄ ̄ ̄  ‐-v'     \
      _____|_ .>ヘ            |      }  . -‐┐
      ` ─ァ     \           釗    {. /   |
         /        l. \  \      !    V
.        / / |  ||\.\  \  , /    ヘ「}-1  |
       / l |  |! l   \ \-─く  \___ノ「ヽ.   /
.      / /| ハ.  ‐|-‐!'   \|\__\__ | |  l |__/
          / :! | |   || V__    =キ¨厂丁メ、 |、 l  | !
        l /  | ! |   リく丁`}.     ∨、__..| |∧ | }   l |
        /  ヘ | .   |} 弋ソ     `ー ' ' j/// .′!
           ヽ |\ハ、 """      """/` 7´/ / |
            |  |` t-  ≦` ´ |__. / / /   |
             |    !、  \. イノ  // / /|.  |
             |    | > ´ ∠、 //   /、|    |
             |.   ,!´   /  / /イ   /____\ |
             l  イj_   / / _  |  / . -‐ 丁  !
             |/ /  \.{/ /  }´|. /´      l   |
             / /   ヘ/7´1   / j/      l.  |
            ヘ〈    _.ゝ{`    }  /         〉 !

柊かがみ
「なお『食べてみないとわからない』派の言う通り、
その採れたキノコが毒キノコか食用キノコかは、
食べてみて初めて判明するわ」

660 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:22:42 ID:yg7EH6hU

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「……やる夫ならやめとくお。

わざわざ毒キノコっぽいキノコを食べるなんてリスキーすぎだお」

661 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:22:53 ID:yg7EH6hU

           __
       / ̄.:.:.:.:、,,,、.: ̄.:.:‐、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ.:.:.:.:.:.:>
     /.:.:/.:.:/''∨''   ''ヽ.:.:.:.:ゝ
     i.:.:_.:.:.:.:l ●   ●ヽ、.:l
    ノ;:;:∪ !         ヽl
   ノ;:;:;:;:/.:.:L __     __ ノl
   /;:;:;:;:/.:.:.:/   / ̄ >.:.:.:.:.:.:.:.:l
  /;:;:;:;:;:/.:.:/ 、  '  / l.:.:.:.:.:.:.:l
 ヽ;:;:;:;:;:l.:.:/   \/ l l.:.:.:.:.:.:.:l
  ∨  フ\     入ノ 、.:.:ノ
     く.:/.:.:/`┬┌´ l
     / >.:.:、/_l.:.:.:ノ
     ( ノ   l /

朝倉涼子
「食べてみたら美味しいかもしれないし、捨てるのももったいないですよ? 

食べたら死ぬかもしれませんけど」

662 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:23:05 ID:yg7EH6hU


      / ̄ ̄ ̄\
    / -―、  ―-\
   / ィてフ> i iィてフ> \ 
   |    (__人__)    | 
   \      ^     /
   /             \

美筆やる夫
「そんなもん試したくねーお」

663 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:26:59 ID:yg7EH6hU


                           _,ノ:7
               _,.-‐─-ィ'ト-‐─-‐':.:<´
             ,ィ'´: : : : : : : : |: : : : :: : : : : ` ̄:`‐-、
            / : /: : : : : :j:: : |ト、: : :i: . . . . . . . .ヘ ̄`
          /:ヽ、r',: :/: :/: : : /|:: : | | }: :|: : : : : : :: : : ハ
       /::rー-|: :/: : :|::;-‐'´|:: .:j |  |: :|`‐-: : : i:: : : :ハ
       /:::j:::::∧/::|: : |::/  |: :/ |   |::j ∨: : : |:: : : |::|
        /::::|::::/::/::/|: ::j/ __j:/ |   |/___ ∨: : :|:: : : |:j
        \:|::〈::::|:/::|: :/ヤ〒行`     オテヤハ:: ;小、:: :j/
         |::::::\_(|;/ `、ヒィzj      {んソ,λ/::i::| ∨
          |:::: ::|:: :| `ーヘ   ̄       、  ̄ j::::::::i::|
       |:: : : |: ::|    ヽ、    、‐-,   ,イ:i::::::|::|
       |:: : : |: ::|       ` ー-_ァ`ニ-‐"´ |::|:::: |::|
       |: : : :|: ::|       ,r'~ ,ィj  {、`ヽ、|:::|: : |::|
       |: : : :|: : |   r' ̄  `ヽ、 }  |: :|: : |::|
       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
  <ノノノアー<    `゛   ,/    / i `ヽ、|: :j:/:、    /   ̄`‐'´
    `~`´   |`ー-、      /〉、  /  j \ |;ノ: : :| \_,/
         |: |: :|::|ヽ_,,/ / ゛  j__,.ノ  \ _〉: :|
        |: |: :|::|     〈__________|:.: :|
        レ'|: :|::|     / .j  |  |  |  i {:: : :j
           |: |リ    / /  |  |  |  | λ: :/

柊かがみ
「ま、そうよね。まさにそこなのよ。

検証できるならば、真偽ははっきりつく。

でも検証には多かれ少なかれコストがかかり、それが
検証によって得られる真実の価値に見合わないことも多い。

検証不可能なこともある。

いつでもどこでも『とりあえず試してみる』なんてことはできないわ」

664名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 23:28:37 ID:UX3GDv5E
ふぐとか「とりあえず試してみる」で正解にたどり着いた食品ってのもままあるが
自分が試す側になるのはごめんこうむるわなw

665 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:29:09 ID:yg7EH6hU


                                   _
                             __   ノ:;|
                    __,〟-::─:-、/:::/-‐"::∠_
                  ,ィ´:: :: :: :: :: :: :: :: ::/::: :: :: :: :: ::`ヽ、
              _r-t/:.::/: : :./ :: :: :: :/::::: ヽ、::. :: :: :: :: :\
            ,r'";;;ノ;λ;/: : ::/:: ::, :: :: :/|ヽ;: :: ::ハ: : : : :ヽ、_:: :\
           /;;;;;;;/;;;;;;γ:: : :/:: ::/|::. ::/ | ∨:: :.:|:: :: : : : :\\::|
          ヽ、;;;;;/;;;;;;;/:: :: ::/:: :/  |: ::/   |  ∨:: :|:: :: :: :: :: ::ヘ `
            `/;;;;;;;;/:: :: :::j:: :/ \.|::/   |   Χ::j::: :: :: :: :: ::.∧
              \;;;;|:: :;/::::|:/  __、|/ヽ  ! /__|;/^V:: :::i:: :: ; :∧
             |:::i:j:.:/|:: ::|;;ヤテァォヾ     ,ァチ:マ7 ハ:: :: :|:: :::ト、::ヘ
             j:: i:|/::|:: :j' ヒz7:;リ       ヒz:;7リ, ハ::|:: : |:: :/ ヽ::|
               |:: :|:: :::|:::;イ `-‐~    、  `‐-~' λ:::|: :/::./    `
                |:: ::|: :::|/V、            〈ソ::.:|/:|::/
               |:: :::|:: ::`:l‐':ヽ、    '⌒     ノ:: :: メ:::´::|
                |:: :.::|:: ::.::|: ::| `>‐-ァ-‐tπ爪::/:: ::/:: :: ::.:|
                 |:: ::.::|:: :: :|: ::|ィ´ " ,.f:〉::: {:ァ /::/:: :/、::_;γ´`}     __
  _ _,r--──-‐" ̄ ̄"|:: ::.:|:::|     |   / j:/::.::ソ '´ /  / `ヽ/ ノ
 ̄"  ̄            |:: ::.:|::|\   |-‐-/ ./:.: ::/   /  /  / /
           :::::\   |:: :: :;リ\\ |  /  ノ:::/   /´  `~´ ,イ_〉____
、           _::;;_ヽ、. |:: :: :| \\ヽ| .///:::/ ___,,ノ       ___,,ノ
__ヽ__,、,-‐─ー-‐´ |::i:: ::::|ヽ|:: : :|  \ヽ|///:/´(,__,, `       {
              |::.|:: ::::| j |:: ::|:ヽ、. ヽ_/ j::jノ λ {{{`ー-‐⌒ヽ,__`ヽ、
            |::.|:: :::| | .|:: :|   `>  <|::|   ヽヾミ≧三三彡'"`‐‐'

柊かがみ
「だから類推を使うわけ。
もちろん100%正解になる保証は無いけど、
根拠がまったくない状態で判断するよりはよほどマシよ」

666 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:29:37 ID:yg7EH6hU


鄱)具体化(ブレークダウン)

.

667 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:30:18 ID:yg7EH6hU


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「さて、さっきの類推はある下位概念が持つであろう属性を
上位概念から推論していったわけだけど」

668 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:30:40 ID:yg7EH6hU


             /: : :/: : : : : : ::/: : : : : :;|:: :|:: : : : : : : 、:: : : :`ヽ、
           /: : ;ィ´: : : : : : : :.;': : : : i/'´|:: :ト、:: : : : :. . .ヽ... . . . .ヘ
          ノ;/〃. . ./ . . . . :|. . . :/|   |: :| ∨: : : :i.. . . \:: : : :ハ_
          '"  / . . ./. . : : -‐|‐:- / |   |:.:|  |-‐‐-:|:: : : : :.ヘ:: : : :}::`ヽ、
             /: : ::/: : : : : ::/'| :i/  |   |: |  ||: : ::|:: :i: : : : ヘ:: : :|:.: : :}
           j: : : :l': : : : : :/ | :l   |   l:.|  | |: : : l:: :|: : : : : ハ:: :|: : : :|
           | : : ::|: : : : ::/._| :|_、  |  j/   l |: : /、:.:l: : : :.、:. :|:.:|: : : :|
           |: : ::::|: : : :;ハマ弐テォ、       ,__|::/_ ∨: : : : :ト、:|:リ::.: : :|
               |: :::::::|: : :/`| ! V:t::j:|        ミ三彡 /、:\: : :|::.:/::i:.: : :|
             |: :::/'|: :/:ゝj ` `-‐"          /_ノ:::: :\:|:/:: :|:.: : :|
            |:::/ |:/: : ::::ヽ、      '     / /::::::: : : : /:: : :|: : : |
          /三三ニニ=‐-、__,.-‐=ニニ三三;lィ´ /:::::: : : : :/|:: : : |: : : |
          |   ` ̄ ̄`ーr-r‐'" ̄ ̄´    |.ト-:/:::::: : : / |: : : :|: : : |
              |           | !        |  /:::: : :/ ̄゛`ー-ュ:|_:: : |
           |        | :        |,,ノ:::: :/ ,r-‐─.==ニ ̄ ̄
           ,ノ|        | : /´)     |:::: :/   / r-;‐--.、
        /  |       /´) :| / ./ / ).   |:/    { :/    \

柊かがみ
「それ以外に、下位概念そのものを属性と上位概念との関連から組み立てる、
具体化なんて作業もあるわ」

669 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:31:05 ID:yg7EH6hU


             ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵      
       .∵∴∵∴∵∴∵∴∵
         ∴∵∴∵∴∵∴∵
        ∴∵∴∵∴∵∴∵∵
      ∴∵∴∵∴抽象的な上位概念∴∵∵∴∵
      ∴∴∵∴∵∴∵∵∴∵
   ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∴∴∵∴∵∵∴
  ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
    ∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵
      ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
       ∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴∵       ∴∵∴∵


          ↓

          ━┓
          ┏┛
        .  ・
      なにかの下位概念

670 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:31:18 ID:yg7EH6hU

柊かがみ
「実体が判然としない状況で、概念だけがさきにある、なんて状況で求められる作業ね」

671 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:31:39 ID:yg7EH6hU


     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「……どんな状況だお?」

672 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:32:46 ID:yg7EH6hU


                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ
   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ
 /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',
    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ
   /  /   iシ j    ,.イ /i /: :〃! /   j    \`/┴'" ̄  j
  /  /   {      / |,': :|,': :〃/   /     /      / \
 /  /    ヽ    /  《 ヽ: : イ    イ    / i     / ',

柊かがみ
「んー、私は所長と次に何をやるかを話してるときに
よくそういうのにぶつかるんだけど……
そうねえ。

『今までにやったことないビビッとくること』を
やろうと決まった、なんてのはどう? 

これ、経験から具体的になにをすればいいのか決めるのはきついでしょ。
今までにやったことがない以上、当然に経験もないからね」

673 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:33:50 ID:yg7EH6hU



     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (●)  (●)  \
  |    (__人__) ノ( |
  \    ` ⌒´  ⌒/
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

美筆やる夫
「むっちゃ困るお。どないせいと、と言う感じだお」

674 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:35:23 ID:yg7EH6hU


【大まかな概念しかあってない例】
   / ̄ ̄\/´ ̄ ̄ ̄` ‐ 、
  / / ̄>           \    
 / /  / /  / │ l        ヽ
│/  / /  /  礀 l 丶  〆    l
∪  凵 ││l  」へ」vヘノ \l  │
     │∨´ ヽ/    ( ゚ ) │ ││ セイバーです
     │ │(゚ ) │     │ ││ 
     │ │    ヽ     │ ││
     ││\   ι二つ  │ ││
      │││\      イ | ││
      │ 丿  「`―ー´ │| l ハ
      ∟」´ /卜、_  丿レ´\ ヽ



柊かがみ
「これまでに得た情報やそこから帰納して気付いた法則、
さらに法則から演繹した仮説を組み合わせることになるわ。

もっとも、それで生まれるのはあくまで想像上の産物と言っても
過言じゃない精度の低い(であろう)概念だから、
現実とすり合わせる作業が必要になるけどね。

大まかな概念しかあってない実体ってけっこう悲惨よ」

675 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:35:55 ID:yg7EH6hU


            ._,,,、-:------、,,,、
         ,,/″:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'''-、
       ,/   ,,;;;;;;;.,,r´'"゚“゙“゙'''' ,_;;;;\
      ,r″;;;;;, ⌒::::::::::┐:::::::::::::::::::: \::::::゙':、
     ,/  ;.;;,./゙;;., |;;;;;;,;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;`、
    / ,,::,,,/ ;,,lll゙`    `'W'li,,,,::::::::::::::::::::ミ;;;::::::、
   /,,:::::::::::||  lll゙        |;;;;;;;;;;;;;::::::::::|::::::::: ヽ
   ,l゙,:::::::::::::lll  ll      ━━l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :::::::::::::|
  .l゙,i;;;;;;;;;;;;;l゙l;;;;;;|━      /   l:::::::::.゙l::::::::::::::::|
 ,.、"゙゙゙゙'゙゙゙゙llll, _      ∠    |;::::::::::::|;;::::.,,;;;;;;|
 '、 \、 |::::l   ̄>      ¨ ̄   l;;:::::::::::::;||:::::::::::,,- 、
  \  ` |::::「 /´ __,,---ー¬   |.::::::::::;;;;|::::::/  i
   \ .|;:::l     l::::::::::::::::::::::::|    |;;;::;;;::::::l/   /
     `|;:::l,     l::::::::::::::::::::::|    │;::::::::::|   ,,/:::::|
     . l゙,:::::\_   │:::::::::::::::::ノ _、-‐゙}:::::::::::l'\/:::::::::::゙l、
     ,!,::::::::::::|  ̄'‐`r‐ーー‐'フア  |:::;;;;;;;;|  /i:::::::;;;;::::::゙l
     l;:::::::::::::l    /`'マ/='/゙‐'゜   l´::::;;;ノ  /:::::::::::::,;::::::::゙l、
    .|;:::::::;;;;;;!  /           ¨¨'   ノ:::::::::::::::::::,;;::::::::ヽ

朝倉涼子
「でも新しいことを始めるときって多分こういう過程をたどると思います。

メタ発言になりますが、この『【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです』も
こんな感じで決めたんですよー」

676 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:36:28 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│例:このスレの内容が決まるまで                       │
│                                           .│
│抽象度                                     ...│
│高     ・考え抜こうとしている人の役に立つ何か          ....│
│                                           .│
│      ・思考のヒントになる何か                     │
│                                           .│
│      ・論理学とその周辺分野                    .....│
│                                           .│
│低     ・『【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです』    .│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

.

677 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:36:42 ID:yg7EH6hU


                   ヽ、
                 __\ヽr 、
                /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
              /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
                /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
                  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
                  /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
               /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
                 / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
                  `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
                    |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
               |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|
                    lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
               |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
                |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|
                  |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
              /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

柊かがみ
「このブレークダウンの手法はもっと突っ込んで考えたいけど、
まだ説明してない概念を使うから現段階で解説するのは適切ではないわ。

宿題ってことにしときましょう」

678 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:37:03 ID:yg7EH6hU



◆◇◆◇◆◇ 抽象的概念と実体の目標設定への応用 ◇◆◇◆◇◆


.

679 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:37:37 ID:yg7EH6hU

                 )\ __/\_ j、
             -‐ ¨ ̄ ̄  {    (0)、
          ∠.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:入:.\.:.:.:.:.:.:.:\ _
           f フ:::::::::::::/⌒ト、/  ヽ::'⌒:::::::::::::::ヾ__ \
          く//::::/:::://_|:/   \l_ \:::ヽ::::::∨\/
           ∨:::/::::::レマ7たト    イたi「ア\l: |∨ /
           /<|:::: ハ 弋rソ/////弋rソ 厶 :::|、_,イ
            7:::: |::/(_:}! ///, -‐一ヘ/// _人/::::::::|
           |::::: l´:::::八  {      }  /:::::j:|::::::::::|
           |::::|三三三三ニ==v=ニ三三三三| ::::|
           |::: | (\('д`)∀`*)|| / ̄\     | ::::|
           |:::::|ロ兄ゝ_j_。イ /ヽ ||l/    \  |::::::|
           | ::::|糸専l〒リ.//^)斗っ-、   / _,| :::::|
           |:::::::|  /と ノ人   '/   てこ ヽ:: |
           |:::::∧/ ̄ ̄  .\ /ノ___∠r(  イ::: |
           |:::ノ≦========='´==========≦jヽ::!
           |:::{ |三三三三三三三三三三三三| }|
           l::/ |三三三三三三三三三三三三lノ::!
           |:| |三三三三三三三三三三三三|:::::|

柊かがみ
「さて、私たちが実際に客観的世界に対して影響を及ぼすためには、
当然に、実行したいことの抽象度が
実体のレベルまで下がっていなければならないわ。

これはいい?」

680 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:38:22 ID:yg7EH6hU



                 |iiiiiii'!iiiiiilliillliiiillll'"l'",,,,,,,...............,_'''--.,iiiiiiiiiiii'.,
                `-,_-,,,iiilllllllllllllllllllllll''"------ `''''-,iiiiiiiiiiiヽ,`.,
              _,..r''" ̄iiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`-,.,
          --''".,,r''ll'''''"iiiiiiiiiii'"`llll,,''''''ll,,,,iiii"""""""`''--.,iiiiiiiiiiiiiiiii`,
            /,.r'",,..lll"riiiiiiiiiiiiiiiiii'''ヽ iiiiiii`i--...,__iiiiiiiiiiiiiiiiiiii-.,iiiiiiヽ.,i`!
            -"/iii,lll''"f"iiill|iiilll|iiil,iiiiiiiiiiiiii`'''-.,,_iiii`'''''''---....,_`iiiii|ii|`,|
             |,lll/l/iiiilllll|iiillll|liiilヽ,iiiii\\_ヽ.,,,--.....i,,,,,iiiiiiiii`'iiii|li| `i
            |/"i"/liillllll/iilll/|lliii'l|.,i,,,,iiii\ヽ -,`.,-,,,,,,iiilllllll,,,iiiiiiiiii||||   フィクションの世界になら概念そのものに
               |/|lllllll/]llll/ |lli.,,,`i '.,,,,,,,iiii',ii| `-,L,>llllliiilllllllllliiiiii|/    干渉するキャラもいるがな
               |' Llll/'''-/-..,,|'.,'-,`, `-,_iiv-'''二L,,,,,,,y',|lll,.r''-.,/
                 `.,|, --|t--,._'!, `-, '" ヽ|''"-ゝ--'"` ||l| r'''' |
                  `'i, `''"'''" `                |!j''" !
                    '.,                       /"ノ_ノ
                     ヽ      ,.i               _'",.-'
                      \     ヽ       _,.      "|フ
                       `ヽ_   ''''''''''''''''''"     /  !
                          `'-.,          ,.-" /  |
                             'i-.,_  _,,..-'"   /  |
                           ,,,...|_`''"_,,....---'''''''''''''"'--,
                          f`''''------'''" ̄ ̄::::::::::::::::::::|
                        ,.....|;;;;;;;;;;|;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f`,_
                    _,,.-'";;;;`-;;;;;;;;|;;;;;;;::::::::::;;::::::----''":::::::::::::::::`''''''''--.,,_
      ,,.....................----''"::::::::::::::::;;;;;r''"`l;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''--..,__
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-..'";''''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''''--..,,,
    ,i::::::::::|:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"`i,


美筆やる夫
「ええと? 抽象概念に手を加えることはできないってことかお?

……あ、そりゃそうか。

抽象的な概念はあくまで主観的世界の中だけの代物なんだから、
それ自体に干渉することはできないお。

もし『ジュース』なんて概念そのものに干渉出来たらそりゃもう神だお」

681 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:38:56 ID:yg7EH6hU

              ,,.-,=-xy_,,xtx:_/ノ_,..___
            _,>=-‐ _二ニ,、j/r'  =ニ_
    o     ,,xjZ゙i ≠ ̄: : : : : : ゙: : : : : : : : : : ~:.x一、
   ____   j  /: : : : : : : : : : :l; ; : : : : : : : :ヾ、: :\>
   !    二ソ彡゙' ∧ : : : :/: : : : /}::!k: :x : : : : : : :ハ ヘl!
_Ox‐}   >ー-// い : :/: :_,: / l::! 、_: :!ヘ: ヘ: : : :ハ l
   !r=フ´  ○: ::{   ノ`T ̄/  !   lΤ i.、::i;: : : ::}   『幸せなお嫁さんになる!』
>  >-!_    /: : : :: ̄ / {/    /   }ノ  i::i: lヘ::::: }
!/ ヾ /~^''y: : : /i: /了て丁T    f Ti了i!:!::: }::ヘ::::!  ……でも『幸せなお嫁さん』って
.    y _ {:/:::i! |/ i  {fi:;;ir}    i!イi!} iハ::|::::::V   具体的にどうなればいいのかしら。
    ~T \|:::::;∧r^ヾ   ゞ-‐'    丶 ゙ .{ヘ::ソ:: : : i
.    /: : : : : :/  ゝ._ 、  ///, -─s ///ノ |: : : : : :l
   /: : : ::::::/      ヾ ._  {,__ ソ . イ   |: : : : : :|
  /: : : : : :/      __.~Tー-z‐ ''     |: : : : : :|
/: : : : : ::::/     /´   `,,xyZ仆Ytzy、 .   |: : : : : :|
: : : : : : ::::/      ,/_  , /'}ン0X;シ0K※ミ  .i!: : : : .
: : : : ::::/     y~〜x/ {, ヘ※シ9ミWゞ*) . /: : : /
: : : :/_____./   /. ヘ、ゝWノゝ※゙シ.ヽ,=- '゙ //
: / i゙     /   /  / ~゙'゙∧゙~\ヘ !   ./: : {
´    !;   ___i - ─一''´\,.イ i!ヘ_.>:\_,/ : : : ノ
   /,..:'''::/ .|     _,.xイ/::::::|、  ヾ : : : :. :.:.:.;/:
   > ̄  : ゝ-一:T   /::::::::i! 'l   `ー-一''
  /  /   : : i     /:::::::::{ ハ  /

柊かがみ
「形而上の世界への干渉になっちゃうからね。

そんなわけで、抽象的な目標はそのままでは
達成することができないの。

でも、目標って割と抽象的じゃない?」

682 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:39:19 ID:yg7EH6hU


         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

美筆やる夫
「あー、たしかに。

SMARTの原則に従ってなるべく具体的に設定しはするけど、
それでも目標って実体レベルまで具体化されてはないお」

683 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:39:48 ID:yg7EH6hU


       \  iー´─ -: : : : : : : : : : : : : : : : : `: ‐.、
         \、l: : : : : : : -、: :、_: : : : : :.; : : : : : : : : :`
          , r ": : : : :、: : : : `ヽ二:_:‐:/、_: : : : :, --‐.'
     .ィ ´: : : : : : ; : /、`` ‐ 、: : \了 ̄`` >ゝ_ ,
   /: :, ィ: : : :.l: :.l/   \   ``.‐/ヽ   ./.x7ヽ .',
  //´  /: : : : :.',: :',     \  ./   ./磷:::::/
       ./: :.;.:.|: :.: '、:.'、      `   ./,仍:::::ソ/〃
      /: :./:..:l: : : : l'.、'.,   ,       .´`'''/ 〃
    . /: : :l: : : : : : :..', \.,/
    . ,': :..:.:|: : : :V.:,、斗 '"    /,,
   ..l: : :./|: : : : V: : ∧   /xf_'ノヽ   .`
    |: :./ .|: : : : :.V: : ∧./,xf"::::::::ソ/    '、._
   ..l.:/  ',: : ト: :..:V\:.l⌒i_`'''´/ 〃      .`
   ..l/   ', : l.ヘ: : : :/ .ノ、    〃
        ヘ:.l .ヘ/ /ヽ: ,ヽ、            ,
          {´ヽ/ ._/ -、: ゝ ー、 、       .,、- 'ヽ
        i ./    、  ゙i: : ヽ、_ , > 、、 - ."´: :\
         .l        ヽ\: :\:.:\: : : : : : : :/~`ヽ
        .|      ` .、!、: : ヽ:\:\\: :.:,、r':.:.:.:.:.
        .l      ゝ / \: : : : : :,、<二:.:.:.:.:.:.:.:

柊かがみ
「でしょ。

だから抽象度を低くする作業、つまりブレークダウンが
必要になるの。

抽象的な目標は、実体レベルまでブレークダウンすることで
はじめて達成が可能になるわ」

684 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:40:24 ID:yg7EH6hU



                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       | 
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

美筆やる夫
「ああ……、なるほど、だお。

長年の疑問が氷解したお。

目標を立てても何から手をつければいいのかわからない時があって、
あれはなんでだろうと不思議に思っていたんだけど、
要するに実体レベルまで抽象度を下げられてないんだお」

685 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:40:53 ID:yg7EH6hU

              、_____
                \: : : : : : ̄: ̄:`:ー::─:-/:ヽ:─::-::-:.、_
                 >:-:‐:':´: : : : : : : : : :|: : :: : : : : : : : : `ヽ、
               /. ..;ィ. . . . . . . . . . . ..;/|: ::i:: : : : : : : :、:: : : :\
              /: ::/;: : : : : : : : : : :// |: ::|:: . . . . . . . .\::. . .∧
               /: :/:;イ: : : : : : :-‐:;'::/ /  |: :|、: : : : : ::|:: : : :ヘ:: : :..ハ
             j://:/: : : : : : : :.:/::/ |  |::|∨::ー-、:|i: : : : :ハ:: :i:: }
            '´ //: : : : : : : :;ィ': ::/   |  |: :| ∨: : : ::||: : : : : :|: :|:: :|_
                  /: : : : : :.:/_|: :/_  | |::| ∨: : ::| |: : ::|:: :|:: ̄:::/::::〉
              |: : : : ::;ィマ弐テォ、゛  |  ヽ::|,_\: ::| |: : ::|、::|::::::::/::::/
                |: : ::/::∧l |_,ノ::|       ,ィチマ弐ア ,|: : :|:|: |:::::/::::/
               |:/: ::::::::ハ、 |:::::::j      " |_,ノ::::./,'/:|: : :|:|/::_:j:_:/:|
              |: |: : :::::人j ゛-‐         |::::::::/, /::::|: :/::::::::/::::::::|
                  |:.|: : ::/::::i:::、"     '__   ` ‐-'",/\:|/_::_:_;イ::._:」
                 |:|: : ;':::::::|::i:::ヽ、  (::... `)   ",.ィ;/  /: : :::/:::::: : : |::|
               |!: : :::::::::|:::|::::::::;>‐`=r"-r<´/`.、/: : :::人:::::: : : l八
     _           |:_:_:::::::::|:::;ハ:::/,ィ─r'´ヽ _,.∠_,.-‐',ィ' ̄ ̄ `ヽ、:::、: : :\
    }三二ニ=r‐r:==ニ二三三{:::∨ ∨    |  ,ィ'´:::;ィ: : ::/´         ∧:::\: : :\
    |     | |:i         |::/ /` :  l/::::://: :::/         ハ、:::::\: : :.\
    |     | |:|          |/ 〈.  `〉 /::::/ /: :::くノ            } \:::::ヽ: : :∧
    |     | |:|       ,| _,ノ゛ :/ /:/   /: :::/          〉  \::::: : : :.∧
  /´`).     | |:|     /´\   ::/  '"    /: :::/ ,r─‐-.、      /: /    ∨:::. : : ∧
  〈 ̄`ヽ    | |:|     7´⌒ ヽ ::l       〈:::/∨      \/〉 /:: /       ∨:::: : : ∧

柊かがみ
「それも理由の一つね(考えうるのはそれだけじゃないんだけど)」

686 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:41:33 ID:yg7EH6hU


   \    \   ,;'"´::`ヽ,
  \   \ \   |::::::::::::::::::|
   \    \    ゝ::::::r'--'--.、__
  \  \  \ ミヽゝ|        `l
 \   \    ミ  ヽ `}  ヽ、__, |
  \    三ニ'_  ヽ {         \
     \__________)   ミ |     -ーー-、ヽ
 \  イ      `ヽ、 ./´  .|゙ヽ-/L.l'ヘ、___,ト、
  ,..-ー'_______     /  「  __v-'-V- 、,___L__|
  l  _______  `   |   / / \  /  |
´'"´ ̄,..ィ",. ------;゙-‐''" /   ○   ○  | ̄`ヽ、
   ´‐'´   \ <   ,__r'    _       |'-、   >
      \  \  `ー'|  .\_  `ヽ   _ィ' / ヽ'"
    \  \      \   `T'''ー‐T´ ノ/
         \ \ ,-、 |   V'"二'  r'_
        \   ,ヘ、 ヾ     ゙ー'  / `ヽ-、
           r‐'  ヽ   ヽ   r'   r-; |
            \     \    .l    |  {
              \ ヽ  ヽ   |   |   ノ
               `ヽ\  L____,|ヽ--'---'
                   `´ ヘ  |  |
                      ヘ_|ヘ_|

朝倉涼子
「では『日曜日はせっかくの休みだし楽しみたい』と目標を設定したとして、
どのようにブレークダウンしていくのかを考えてみますね」

687 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:41:50 ID:yg7EH6hU


┌─────────────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                                    │
│〜 ブレークダウンの例 〜                                                                  ....│
│                                                                                    │
│                                                                                    │
│抽象度                                                                              ..│
│                                                                                    │
│高    ・日曜日は楽しみたい                                                                 .│
│                                                                                    │
│     ・美味しいものを食べる・友人たちと遊ぶ・まったり休む                                              │
│                                                                                    │
│低   ・友人たちと河原へ日帰りキャンプに行って、川釣りとバーベキューをする。8時9時くらいに帰ってゆっくり過ごす時間を確保。   │
│                                                                                    │
└─────────────────────────────────────────────────────────┘

.

688 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:43:37 ID:yg7EH6hU


     -=三/    ,.-‐'"´         ミヾ、
    -=ニ三          __,...--r──--┤
    `ニ三  /    ,..ィ "´/ ,   lヽ __   ハ
      三/   ,.-'"/ / // |   l/'´, 、`-,、lヘ
      彡 γ´/ 、l__-'  (/ ∨,/ ./ / ノ } ト-、
       ,ニ| └r、_| ゙̄'''''''  ´ / ∠_ノ_/  l ヽ
     / l´|   二ニニ==ッ   ー──ォ-チ∨ |`ヽヘ
    / /l└-r‐'   //   __,..ヘ ///xx.l  |  `ヘ
  / /  l,.-‐ヘ  //  「 ̄   ////  ノ.,..、  ,、ノ
./  /-‐ ´  /'ヘ xxx    l    / / レ'/ ,.ィ' ノ  `ヾ、
  /´    /  ,.、',     ∨  / /_,//'",..-<     ヽ
フ    /  /  ゝ、___,..ゝ././[,. | レ'´  .l      ヽ
´Y  /、  //  /    ノ   .レl_二ノ´ .}    ト、-‐‐'_'フ‐"
__ト、/  `´ /  /    {    |  。 ゚ ゚ ノ  ,.....,ノ-‐'"
  \    /---、l     }    }  `´_"=‐'"ー-'
    \/    |    ー-=ニヽ‐'"

朝倉涼子
「あくまで一例ですが、このようになります。

もちろん、『日曜日は楽しみたい』が目標(目的というべきかも)なので、
キャンプだけが唯一の選択肢である必要性はまったくなく、
テニスをやるもよし、映画館に行くのもよし、
マンガ喫茶に行くのもよし、一人でエロゲやって過ごすもよしです」

689 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:43:59 ID:yg7EH6hU

                         _,ィ
                _,.-‐ "´ ̄  | ̄`ヾ=─-、
              /´       ,/i ト、   `ヽ 、ヾ
           __    / ,ノ/   ,/ ,/ .|,| ヽ    ヽヽ
          <´ ヽ,/´ ̄i=/ ___,/ ,/  ||   ヽ.ヽ.  ヽヽ
          ヽ、 i i、   |//   /`ソ   ノ   -‐弋 ',    トヽ
         /ー'| ヽー'/  、-‐-r、     , -‐ァ |ヽ   | i!
        く_   |  `,ゝ ∧:::::`゙|`    'i::ri´',. | ヽ |
            ``iーレ'´ | jヘ ',:::::::|      |:::l |)|   |', |
              |  |  | / ヾ ` ̄       ー' ,ノ ,|   | |!
              |  |  |'ー-‐ヽ、   ー  _, ' ,//  |
              |  |  | |   /\ー、‐<ノ,//l   |
              |  |  | |.  /   \ l ,/i、/ .|  i. |
          |   |  |. | /‐┬- __ゝ/ノ ヽ. |  l. |
             |,i  ,|  l. |,/  |<´    ヽヽ.  iノ| | |
          | l ,' |  | |  _,l ヽ       |  | l |l
         ノ | ,'  ',.  |,. '´ L _ヽ __ ,ノ-‐'ゝ |. |
           |/   .',. |   //  | ', ヽ \ヽ、_ | |
                  ヽ |  /.,'  |   ',  ヽ_,>-,ゝ|
                    `,ー--|__,-‐'ー,'´ __ノ"
                       ,'   / ,'   ,'"´
                 ,'  ,/ i  .,'
                 ,'、_/  |__,'
                 ,'   /  |   |
                  ,'   /    l  |
                    `ー'     ー'

柊かがみ
「目標の細分化とも言われる作業ね。

抽象度が下がっていくにつれて、一つ一つの概念が細かく
なっていくから、イメージ通りの名前よね」

690 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:45:33 ID:yg7EH6hU



      _ ,. -‐フ^ヽ--/ `ヽ、_  _
    ,.イ   ̄´    ヽ' ,、  ` `´ .ヽ
   //     ,  ,'ヽ,/_ ', l     ヘ
  / /       ,'   | `´  l l   ',  ',
. / l ,'  ,'  __l__ リ    | |_,   ',  ',
,'- | |  ,'   ハ `゙'ト    ,ィ''´L.....__',  ',
  | l_l _, r-,.-‐‐-.、    ,,-‐‐‐、 |`  r-'
  |   ´ l弋   _,ノ   ヽ、......ノ ',‐''´',
ニァ|    |   ̄´            ',  ',
  l |    |      「 ̄ ̄l     ',  l
  ,lヽ    | U     |    |    ,ノ  l
  l l    .l_    |   _|  _,..ィ'     l
  | ',    ',`>‐、-- ̄r‐ヾ´  ',.    l
  |  ',    ',   ヽ'´ `|  \  ',    l

朝倉涼子
「さて、ここまで話を進めておいてなんですが、
実は『抽象的概念と実体』の考え方だけでは
ブレークダウンの全てをフォローできません。

もうひとつ『全体と部分』の考え方が必要になるからです」

691 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:45:53 ID:yg7EH6hU



         __,,.. .-‐ '--、,
      -‐=ニ´:/:.:、:.:ヽ:.:.:.:.:.:.};;}ヽ
.        /:.:i: : :ヽ:: :ヽ: :丿;;;)::)
       レj_:::::へ、:..:|::.:.::!: ̄:: : :|
          i|:ハ:.:l⌒ヽ:.{: : :i: : ト : : |
.           i(・ ) ヽ.;:^)ヽ{: : l::|
            ヽ __,"" ,ノ:/:. 人:j::|
            `---,/:.:/-"  |: :|
                /-イ`iヽ   |: :|
             て)_くi ヽ  .|: :|
             |_|ヽ_|:ヽ__\:|: :|
              /." ̄  ゝ-' ヾ'
             ゝ-、_へr-"
                 `_ソ

柊かがみ
「というわけで、次やるのはそれなんだけど……

だいぶ長くなったので一回休憩しましょ」

692 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:46:10 ID:yg7EH6hU



◆◇◆◇◆◇ ティーブレイクと次回予告 ◇◆◇◆◇◆


.

693 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:46:22 ID:yg7EH6hU

                  ,.-‐_'''",ニ、ー,.-、,...、
                 / / ` ´      .、 ヽ
                 /  / ,. /  l ∧∧, ハ  ハ
              /   |  |. |  | |  .| | | |  |
              }--ー|  斗ヒ'T.l  テニト' / リ
              ト、.__ ト、__|`` ̄    `/r-'" _
        ,..-ィヽ、  |`ヽ、,|  |.====  .===| | / /l_,.-.、___
 __,..-‐'"   |  `゙7  λ|  |        | |'"¬'"´       ̄`゙'¬,ォ
ト、._       〈    |  | ゙|  |   弋'ッ  .ノ |            / |
ヘ   `゙''-.、_.,ィ'ー-゙、   /  ./ ヘ,..-'゙'',ニ''_、ス¨「´  |   _   __,.../  /
 |     /  ,ィ'" | ./   /  / /L.l  ヽ-'ー''"'"´ ̄  7´       ./
 ヘ    ∨/ L___| ̄ ̄ ̄/. /´ ̄ |  _,|         /       ,〈
   >、   \ヽ、_    ,ノ_,ノ     ¨´         /      / ,〉
  〈 ヽ、   `゙''ー`="'"´                 /    ̄ ̄ / ヘ
   〕                          _,. 〈      /   |
  /  `                   ---- ニ´   〉          |
  l                           `   |        ,/
  `゙''ー-=、_____                    |     ,..-'"

朝倉涼子
「ふいー」

694 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:46:51 ID:yg7EH6hU



               /\
          '"  ̄ ̄ {    ̄ ̄`丶、
         //: : : : : : : j: : : : : : : : : : : :\
     /' 7: : : : : / : : ∧: l: : : : \: :\-=ヘ_
       /: : : /: /: : :/: ハ:ヽ : : : : l: : : ∨:7(_厂\
        /: :/ /.: :|: :⌒:/  ヽ {\⌒:| : : : ∨ │  〉
     /: ;イ:│.:.:.| :/∨    ヾ \j: : :ヽ:ハ.  |l  /
     Ⅳ│ |.: : :!fて汽    イう汽ス: : : l: |  |:∨
         V:! : :ハ! V:rリ    {ト:::rリ ヘ : | :ト、ノ! :!
        ヘl :.:{小. ゞ''  ,   ''ヾ'  ^∨N : ,'.:│
        ∧ : j:人xx  rっ  xxxヘー/: : :/: : |
        |: ∨:|: : :`ーr-zr  ァ<. //: : :/: : : |
        |: : : :|\:_;斗' >‐く  〃: : : :/l : : : |
        |: : : :l /-―|o/ O∧o/: : : : :∧|.: : :│
        |: : : :|' {   `|   | 7: : : : :/ │: : :.|
        |: : : :| V ̄| | O | /: : : /   !: : : :|
        ヽ: : :| {____,| |   |,' : /    │: : :.|

柊かがみ
「涼子ちゃんお疲れ様。集中が必要になる作業を受け持ってくれてありがとうね」

695 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:47:15 ID:yg7EH6hU


       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「どういたしましてー」

696 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:47:27 ID:yg7EH6hU

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

美筆やる夫
「そういえば、子ども(?)の朝倉さんが5つもジュースを出せたのに、
やる夫は中途半端なコーヒーを1つしか出せなかったのを
思い出したお……。残念だお。やっぱり才能かお?」

697 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:47:43 ID:yg7EH6hU


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「集中するための訓練をしてないからでしょ。

瞑想と呼吸法を所長に教えてもらえば? 集中力がつくわよあれ。

……聞いてますよね所長。どうですか?」

698 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:02 ID:yg7EH6hU




           SOUND ONLY         






長門有希
「かまわないが、命題論理が終わってから。

一度に様々な分野に手を出すと混同しかねない」

699 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:21 ID:yg7EH6hU



          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

美筆やる夫
「そのときはお願いしますお」

700 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:33 ID:yg7EH6hU


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「頑張って下さい。5つくらいはなんとかなると思いますよー」

701 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:46 ID:yg7EH6hU


┏───────────────────────────────────┓
│                                                    │
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです           ..│
│                                                    │
│                                                    │
│                  第3回 命題論理(2)                    .│
│                                                    │
│      〜 含意が表現する物事の関係(1):『抽象的概念と実体』 〜        │
│                                                    │
│                                                    │
│                      お わ り                        │
┗───────────────────────────────────┛

702 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/28(水) 23:48:57 ID:yg7EH6hU


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│参考書籍や参考サイト:                         ...│
│                                         .│
│                                         .│
│・野矢茂樹 『論理学』                          .....│
│・John Nolt/Dennis Rohatyn 『現代論理学(Ⅰ)』            .│
│・苫米地 英人 『心の操縦術』                      ..│
│・茂木健一郎 『脳を活かす仕事術』                    │
│・地橋秀雄 『ブッダの瞑想法』                       .│
│・Google神                                   │
│・Wikipedia                                  ..│
│                                         .│
│*たぶん追加されます                           │
│                                         .│
└────────────────────────────┘

703名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 23:51:51 ID:c9HvaO2E


704名無しのやる夫だお:2010/04/28(水) 23:55:30 ID:ZFJk73ek
乙でヤンス

あ、頭が痛い…
あと何回かじっくり読んでみますw

705名無しのやる夫だお:2010/04/29(木) 00:03:56 ID:oa.17gvQ
乙でした!

抽象的概念の説明を聞いてたら、
唯名論と実念論の議論のベースってここなんだな、
ということを今更ながら把握しました。

706 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/29(木) 01:07:07 ID:DC2tu13I
>>572 ここまで電気信号で再現できんなら オナホ要らないんじゃw
五感を通して実際の世界を認知する際に一度情報が削られて、
さらに記憶から再現するときにも情報が削られちゃうので、
現実と同レベルの鮮明さはたぶん再現できないですw

もっとも、コーヒーを飲みたいけど淹れるのは面倒くさい、なんて時に、
コーヒーを想起するだけで済ませることはあります、自分w
あくまで代替手段にすぎませんがwwww


>>664 ふぐとか「とりあえず試してみる」で正解にたどり着いた食品ってのもままあるが
コストとリスクを他人に移転できるなら――それは人としてどうよという話はあるにせよ――
なにも考えずに試してもいいのかもしれませんが、そうそう移転ってさせてくれないですからねw


>>704あ、頭が痛い… あと何回かじっくり読んでみますw
ファイトですw


>>705 唯名論と実念論の議論のベースってここなんだな、 ということを今更ながら把握しました。
へえ、そんな議論もあったんですね。実は初めて聞きましたw
自分、哲学の周辺分野(論理学とか)にはかなり手を出しているくせに哲学そのものは余り手を出してない
人間だったりします(汗

707名無しのやる夫だお:2010/04/29(木) 01:22:12 ID:PpA4aNEc
苫米地 英人

やっぱりこの人が出てくるよね

708 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/29(木) 08:32:02 ID:DC2tu13I

>>707 苫米地 英人 やっぱりこの人が出てくるよね
ときどき不思議理論を展開しますが、
この人の抽象化の説明はとても参考になりますw

709名無しのやる夫だお:2010/04/29(木) 16:46:51 ID:DJwEmxNM
>>681でなんか悲しくなったのは俺だけなんだろうか

710名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 01:23:23 ID:k1hdoqbs
>>706
何気に凄いことやってないか

711 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 12:49:29 ID:A4Yz2rNo
>>709 >>681でなんか悲しくなったのは俺だけなんだろうか
かがみの笑えない自虐ジョークです。


>>710 何気に凄いことやってないか
コーヒーの件ですか? 苫米地 英人 『心の操縦術』を読んで
訓練したらたぶん出来ると思います。





あと今夜第4回 『全体と部分の関係』をアップします。

クリティカル・シンキングのMECEなんかとも関連するお話になる予定。

乞うご期待。
















……見てくれる人いるよね……。

712名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 12:52:42 ID:/Ys9wdGw
ここに一人おりますぞっ!

713名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 13:00:13 ID:xFXQI3Pc
時間による

714名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 13:13:17 ID:VlNdjgqs
この仮想空間内で涼子が無色透明の見た目ただの水なジュース(味はオレンジ)を出す。
それを説明無しにやる夫に飲ませれば、やる夫は「これは水」と認識して味も水になるのかな?

715名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 13:56:27 ID:HA6jfpZk
MECEは気になってたので期待

716名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 14:24:52 ID:Cpw4FGTI
飲み予定だから、明日まとめて見るぜ

717 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:34:43 ID:A4Yz2rNo
>>712 ここに一人おりますぞっ!
>>713 時間による
>>715 MECEは気になってたので期待
>>716 飲み予定だから、明日まとめて見るぜ
ありがとうございます(つД`) これほどレスを返してもらえるとは。


>>714 この仮想空間内で涼子が無色透明の見た目ただの水なジュース(味はオレンジ)を出す。
>>それを説明無しにやる夫に飲ませれば、やる夫は「これは水」と認識して味も水になるのかな?
味はオレンジになるでしょうね。
つまるところ共有させるシステムがどっちの主観を優先させるかですが、他者の主観の観察という
目的を考えれば、この場合朝倉涼子の主観が優先されるべきでしょうから。




では開始します。

718 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:35:12 ID:A4Yz2rNo


┏────────────────────────────────────┓
│                                                   .....│
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです             │
│                                                   .....│
│        〜 筋の通った論証、物事の関係、文章術、会話術 〜           . ..│
│                                                   .....│
┗────────────────────────────────────┛



          , " ̄ ̄ 丶、                   ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
         /        \                / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ          ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
   r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´         lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/           ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
        7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ            |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
      く/ /V>  __  イ∧ヽ/   -  - 、     ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
        \{ { l::lVミVl::l / ∨  / (≡ ≡)ヽ    〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
          Y\ヾ ∀ シ/ r'´   (ヽ (_人_)/^)   ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
            |   ≧f}≦  |     ヽ     /    / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
          `ァー∨=∨‐く     |      |    / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ


.

719 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:35:35 ID:A4Yz2rNo





               ◆第4回  命題論理(3)


      〜 含意が表現する物事の関係(2):『全体と部分の関係』 〜




.

720 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:35:47 ID:A4Yz2rNo




    ───────────────────────────────
    
        〜 論理記号の意味 〜
    
    
        ・ ∧ …… 連言。「かつ」。AND条件
        │
        ・ ∨ …… 選言。「または」。OR条件
    
        ・ → ……  含意 「ならば」。条件あるいは包含。
    
        ・ ⇔ …… 同値。必要十分条件。
    
        ・ ¬ …… 否定。「ではない」。
    
    ───────────────────────────────



.

721 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:36:00 ID:A4Yz2rNo


【仮想空間】

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,-−'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'−-.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,        ...    | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ '''~ ''""'~'~"'~'''.~."''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|              .  | :|;|
          | :|"'              | :|'"
           "'"'     `''"     '"''"'"
                             ::'' ;,
     ::'' ;,                 ::'' ;,
                                   ::'' ;,
              ::'' ;,

722 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:36:18 ID:A4Yz2rNo


                                 _       _ _,
                            __ /::;ヽ._ ,..-‐:'´: : /
                  ,...-‐: : : ̄..: : : : : : : ::/: : : : : : :.‐-:<
              -‐、,.イ: : : :/.. : : ::/: : :/:: :/: : : :、: : : : : : : :.`丶
            /.::/ヘ_〉:-:‐::,' . . . . . ,'. . ./:: :/`ヽ:: : l:: : : : : : : :.、:....ヽ
           / .::/ :: \: :/.. :,': : ::/:: : /:/   |....|、.. . . . . . . . ヽ. . \__
.            〈   :/    ∨: :/: : ;ィ⌒:/'´     |:..:| \:: : : : : :、:: :.、:: : ヽ./
           \_/      /: ::/: : :/ |: :/        |: :| ⌒:ヽ:::i : : :l:: :..l:::. : :ハ
.             ,'::|_____/: ::/:: ::/ __|:/、       |:.:l  |: : ::|::: :.:|:: : |\: : :|
            l: : : : ::i::::/: ::,'::.:マ弐云ミ、゛      ,j/_ |: : ::|:: : :|:: : |/\:|
            |: :i: : ::|::,': ::/::: :/| ,'_)::::ハ`      ,ィ云マニア::|:: : :|:: : |   `
            |: :|:: : :l::|::/|:.: :/、l |:::i:::::i:|      ´,'_)::::ハ /:..::|:: : :|::: .:|
           |: :|:: : :|:|/::l: :/:l ゛弋:ゞィリ      |:::i:::::i:| ' |: :i|:: : :|::. ::|
            |: ::l:: : ::Y |:/`゛    -‐       、:ゞィ:リ,' .|:.:||::: :∧::..:|
             |: :::|: :: ::ゝ、_,、         ,      ‐-  |/,|: :/::::ヽ.:|
              |:..:人: : : :\:::::::::、     丶 _,      ,'‐-.'´|:/:::::::: :|`
.            |: : :::::\: : :.:ヽ:::::ハヽ、          ,.イ:::,':: : ::,'::::::::: :.|
.             |: : ::::::::i::\:: : ::\:|    、..._   __ ...:<::::i::/:: : :/:i::::::::: : |
           |: : ::::::::|::::::::\:: : ::ヽ.  __〉、 ̄ /、__,ィ〉::/:: : :/:::|::::::::::: :|
            |: : ::::::::|:::::::::::::;>-‐'´l ̄l:l 〉   // .〉Y:: : ::,'─-.、::::::: :|
             |: : ::::::::|:::::::/     |` |:|     _,//-/ |::.: : |     ハ:::: :|
              |: : ::::::::|::::/´  i  ,'  |.、_|:|ヽ  ´// ,/  ,':: : :,'     l::::.:|
.            |: : : ::::::|:/   | ./  |   ̄ ̄ ̄ ̄/ /::: : /     |:::::.|
          |: : : : :::::{    :|,'   ヽ ̄ ̄ ̄ / i:/:: : :/       ,'::::::.|

柊かがみ
「じゃ、再開しましょうか」

723 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:36:29 ID:A4Yz2rNo


              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「今回も前回に引き続き物事の関係を考えていくわ。

今回やるのは『全体と部分』の関係よ」

724 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:36:44 ID:A4Yz2rNo

 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「クリティカル・シンキングとも関係する考え方です。
実用性は高いですよー」

725 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:36:57 ID:A4Yz2rNo

                    ト、
                    ヾ:\
                     ___\: `ー─|`ー-  _
              ,  '´:: : : : : -: : : : : : : :│: : : : : : : `丶
             ∠ -―/ :.:.:.:.:.:./.:/.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
                / :::::::::::::::/:::::/ !::::::ハ::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:ヘ
               ,.' ::::::::::::::::::/⌒メ、_| ::/ ヾ::\_:::::::| :::::::∨}7ヽ
                 /::::::,:ィ :::/:::::|:: /   |:/   '; l´\`::::!:::::::::::',j'/∧、
             /::::〃/:::::| :::ャzt=z-、l'      リ _,斗rzァ::::::::::::∨/∧\
               ////,| :::::|:::/{! ト..ノ外    彳 ノ外∨::::::::::::::∨, ∧ 〉
            ´ 〈//,| :::::l:∧' |!ヘイj|       |!ヘイj| ∧ :::::ト、::::l//,' ∨
                   `ー|:::::∧ハ ゝヒ.少      ゝ以ソ ハ:::├ヘ├─ ┘
                |!::∧ ゝ_}       '       レム:::j::::ル
                l∨::ヽ/人      -      人/::∨:::,'|
                |::|:::::::::::::|:::> 、_ ,__ __, < |,:':::::::::::/::|
                |::|:::::::::::::|::/ r[ \|__l/ ̄] /:::::::::: / :::|
                |::|:::::::::::::|:レ'' `ヽ、___, -‐'´ /::::::::::::/:::::::|
                |::|:::::::::::::|:|  \___, -‐'´/ ::::::::: / ::::::::|
                |::|:::::::::::::|:|            / ::::::::: /゙ヽ:::::::|

柊かがみ
「そのかわり、前回の『抽象的概念と実体』ほどではないけど、
今回もそれなりにヘビーな内容になるわ。

気合い入れてね」

726 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:37:13 ID:A4Yz2rNo


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

美筆やる夫
「どんとこい、だお」

727 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:37:24 ID:A4Yz2rNo



◆◇◆◇◆◇ 1.同位概念 ◇◆◇◆◇◆


.

728 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:37:41 ID:A4Yz2rNo

          _
         ヽ\  _, ── 、_
         r、 >  ̄ | `   _  \  _
       / ̄       |        Vヽ_/:::::|
.      //〉´   / ∧ |、 |   ',:::::)_ノ
      /  / / \ /  | !ヽ/  ト、!ノ:ヽ:::〉
       | イ / |/   ヽ| ´| l  |_ヘ/iイ
       |/ | / ● _  ●ヘ  ├Ⅵ | ト、
         |'.|   ( l l )   |  |` )| |:::::>
         | ト、     ̄   _|  !-イ||/
        ノ |三\____/三|∨卞ヘ V\
          / __人_≧ァ┬ィニ二壬少´ ノ ヽ__\
       {'´      ´ `    `´ <_/   `

柊かがみ
「でも本題に入る前に、まず必要となる概念の説明からね。

ねえやる夫。

前回上位概念、下位概念をやったわけだけど、内容は覚えてる?」

729 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:37:54 ID:A4Yz2rNo

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

美筆やる夫
「相対的に抽象度が高い概念が上位概念、低い概念が下位概念だお」

730 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:38:07 ID:A4Yz2rNo

              \  r:、_
             -‐ : : ̄{ : : : : \_
        _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
        〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
        ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ
.          |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく
            / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.           |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」
           |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |
           |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
           |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
           |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
           | : ∧ : |  / /  | //   }
           l :/  : :|  / /  |V/  /
           |│ ヽ:|⌒{⌒}⌒八`\ 人

柊かがみ
「正解。でね、前回は触れなかったけど、実はもう一つ、
同位概念ってのもあるのよ。

用語から想像つくだろうけど、抽象度が同程度の概念ね」

731名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 20:38:12 ID:xFXQI3Pc
お、難しい話始まった

732 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:38:18 ID:A4Yz2rNo

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'

美筆やる夫
「へえ。たとえばどんなのだお?」

733 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:38:34 ID:A4Yz2rNo

         l⌒l     /⌒!
         |  |     /  / /⌒l
         |  |   /  /  /  /
         |  |  /   /  /  /
         |  |  /   /  /  /  / )
         j   ∨  l  /  /   / /
 ( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  | / /
  \   \_/       `ヽ、   /
   ヽ      \         /
    `、     ヽ       /
      ヽ     |      /
       ヽ、__        /
      /   ̄        /
     /   /    ┬‐'"
    ,′       /
    /        /


柊かがみ
「そうねー。

たとえば、『手の各パーツ』という概念には、
下位概念として親指・人差し指・中指・薬指・小指・平・甲が
含まれるわけだけど」

734 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:38:53 ID:A4Yz2rNo


┌────────────────────────┐
│                                    │
│上位概念:手の各パーツ                     │
│                                    │
│下位概念:親指・人差し指・中指・薬指・小指・平・甲    │
│                                    │
└────────────────────────┘

.

735 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:39:10 ID:A4Yz2rNo

              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「下位概念に含まれてる『平』と『甲』って概念に上下はないでしょ」

736 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:39:29 ID:A4Yz2rNo

     ____     
   /─  ─\  
  /( ●)  (●)\.  
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「たしかにそうだお。似たような抽象度だお」

.

737 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:39:41 ID:A4Yz2rNo

                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|
                   /イ  /       | | |:: : :|

柊かがみ
「これが同位概念って奴ね」

738 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:39:56 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│〜 同位概念 〜                            ......│
│                                       .│
│同じ上位概念を持っていて、かつ、同程度の抽象度を持つ    │
│概念同士の関係を表わす                       ..│
│                                       .│
└───────────────────────────┘

.

739 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:41:08 ID:A4Yz2rNo

     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{
.  | |          |   |) l .|
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |
 l└‐イ         |/ ./ |   | |
 |   |   ___,ト、/ |  |   | |
 |   |´ ̄     r'〔   |  |   | |

朝倉涼子
「前回やった『抽象的概念と実体』の考え方では
必ず上位概念から下位概念に細分化していったのに対し、

『全体と部分』の考え方では、同位概念同士で
細分化していくことになります」

740 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:41:25 ID:A4Yz2rNo

=================================================

*ポイント

概念同士の関係には、『上位概念と下位概念』のほか、
『同意概念同士』がある。

=================================================

741 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:41:39 ID:A4Yz2rNo



◆◇◆◇◆◇ 2.『全体と部分』の関係の基本 ◇◆◇◆◇◆


.

742 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:41:52 ID:A4Yz2rNo


             ̄`>: :`Y´: : : : : : : : : : : : : : : : : :` : .、
         , . : : ´ ̄: : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.       , : ´. . . . : : : : : : : : : : ; : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     /. . . . . . . . . . : : / : : : /: : : !: : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    /. ./ フ. . /. . . . ./. . . . /: : :./!: : : : : : : \: : : : : : :ヘ: : : : : : :.
   /. ./ /: : :/: : : : :/: : : : /: : :./小: : : : : : : : :\: : : : : :.l: : : ,ィ今‐-::.、
.  /./  /: : : :./: : : : :メ、: : :./ : : /  ! \: : : : : : : :ハ: : : : : l: : :ト ::::\:::::::\
 //   /: : : :.イ: : : : :/ : :\/: : :./  |  \: : : : :/ l: : : : : :l: /:::::::\く:::::::::ハ
.    /: : : :/::|: : : : ;': : : : /\:/        \/: : :.l: : : : : :V::::::::::::::ヘヽ::::::::::|
    ′: :./:::::|: : : : l: : :.扠≧ミ       / \: : :.l : : : : : l:::::::::::::::::::',|::::::::::|
     |: : :∧:::::|: : : : |: : ∧ {ノ沁   、 __/ィ代壬茅:.l: :/  ̄`ヽ::::::::::::l|::::::::::|
    l: :/  \|: : : : |: ∧ {:::;;仍     〃{ノ::::;;忻\/     /:::::::::::∧:::::::::|
    l /  _|: : : : |/:.∧ V;;炒       {{:::::;;;洲 /     /::::::::::::::::∧-‐'′
     l/  f   V : : l: / l:l >'´         弋zr:炒' /     /:::::::::::::::::::::∧
       |   V : :|/: :圦    '      `¨´  {     />ー─ァr‐┬ '′
       | \ V: :|: : :! : `i ト  '⌒         ィ|     ,′ : : /l | : :|
       ',  ヽ∨:! : :|: :|:.l |   >r-- ァ-‐ 7: ハ    {: : : :.イ:.l | : :|
        ',.    ∨:.: :|: :|:.| |   _ム∠ -‐く: : : : }     「 ̄ `Vl | : :|
        〉   ∨: :|: :|人. \/〈:.:.:.:{.   \: :/ ̄ ̄`ヽ   V:| : :|
          {`ー--‐∨ l: :|  ト、    >-兮 、   Y       ヘ  V : :|
         ヽ ___,∨: :| / \ /.:.:.:.:! l:\   \,r--‐   |   } : :|
          \    ∨:|ノ    /:.:..:.:.:| l : : }    l        |   | : :|

柊かがみ
「では同位概念の話を踏まえつつ、
本題の『全体と部分』の関係の説明に移りましょう」

743 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:42:06 ID:A4Yz2rNo


         l⌒l     /⌒!
         |  |     /  / /⌒l  指
         |  |   /  /  /  /
         |  |  /   /  /  /
         |  |  /   /  /  /  / )
         j   ∨  l  /  /   / /
 ( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  | / /
  \   \_/       `ヽ、   /
   ヽ      \         /
    `、     ヽ 手     /
      ヽ     |      /
       ヽ、__        /
      /   ̄        /
     /   /    ┬‐'"
    ,′       /
    /        /


柊かがみ
「ねえやる夫。

『指』は『手』の一部だから、含まれてる、とは言えるわよね」

744 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:42:19 ID:A4Yz2rNo

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「ん? ……まあそうなるかお。

手の一部、という意味で含まれているお。

論理記号で表すとこうなるかお」

745 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:42:38 ID:A4Yz2rNo


┌───────┐
│           .│
│指 → 手   ...│
│           .│
└───────┘

.

746 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:42:49 ID:A4Yz2rNo

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「そうですね。

日本語にすると、『指は手の一部である』、といったところでしょうか」

747 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:43:02 ID:A4Yz2rNo

                         ノ|
             _____/〉-‐:´::/
         __,.-‐":: :: :: :: :: :;/:: : :: :: ::`ヽ、
       ,ィ´,:: :: :: :: ::/: :: :: ;イ、:::、:: .: :: :: :: ::\
     __,/::_:/::; ::/:: ::/:: :/|:::/| ∨:|:: :: ::.、::.:ヽ、::`ヽ
    /;;;;マ;;/:.:/:::i: :: :⌒://:/ |  |::|;⌒:: ::.i:: :: ::ヽ、::\
  /;;;;;;;,|;;;;|::/|: ::|:: :/:/__'" | _|/_ヽ、: :; :|:: : :: :: :ト‐-`
  ヽ、_;;/{_;;|;/;;| ::|:: ;ヤチテォ゛   'ィァヤ:7∨::|: :: ::i: ::|
    j:::∧;: ::{ |:.:|/ 、込:z:;i     ヒ::z;j, ハ:;リ::: :;/:::/
    |:: ::∧:弋|;/,   `-‐'   、 `‐" 〈_):|: :/|:;/
     j:: :: :∧:: :ヘλ         ._   丿::::|;/ '´
    |: :: :: ハ:: : :∧`> 、 __   |:| ,.ィ´::i:: ::|
     |:: :: :::iλ:: : ∧__,.-‐j.  Τ|:|、_.|:: ::i.: ::|
     {:: :: :i:| ヽ;: :: :`ヽヾ==="|:| `ヽ;:!:: ::}
     |:: :: :i:|  ,f´`}:: ::ハ     |.|  :i, ヘ;: ::|
     j:: :: :i:| 丿  |:: : :}    ,ィ´~ヘ |:  〉:.:j
    |:: :: :i:〈´,,,,  |::i:.:|  丿  λ|__,<}: :|
    |:: :: ::i|{><}_,,{::|:.:| /  ,ノ´`'i:: ヘ:: |

柊かがみ
「推論に使うとしたら、こんな感じかしらね」

748 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:43:23 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────┐
│                          ......│
│〜 例 〜                     .....│
│                          ......│
│                          ......│
│・指は手の一部である。             .│
│                          ......│
│・彼は事故によって右手を失ったそうだ   ....│
│                          ......│
│・彼は右の指も失っているに違いない    ....│
│                          ......│
└───────────────────┘

.

749 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:43:48 ID:A4Yz2rNo
              \  r:、_
             -‐ : : ̄{ : : : : \_
        _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
        〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
        ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ
.          |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく
            / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.           |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」
           |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |
           |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
           |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
           |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
           | : ∧ : |  / /  | //   }
           l :/  : :|  / /  |V/  /
           |│ ヽ:|⌒{⌒}⌒八`\ 人

柊かがみ
「ではそれを踏まえやる夫に質問。

指 → 手

の関係になるのはいいとして、『手』と『指』なら、
抽象度は『手』のほうが高いかしら?」

750 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:44:03 ID:A4Yz2rNo

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「え? そりゃ『指』を含んでるんだから『手』のほうが……

…………

……あれ?」

751 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:44:15 ID:A4Yz2rNo


                 r ┐ __
            t__)    Y  └' rっ
   r 、  /}     _,トー〜-'^〜┴-z (_)
   | __⌒__ f    _ノ  `   u  J  '《_
   { tュ tュ }   _/  へ、  j}   ∠、,,. 〈   」\_  /|_
  ┴r ¨¨ ┴'^ア 〉u ャ‐tッ‐介 'vぐ_..ィ  Y  \ r┘ kュ rュ
   _(⌒'Y⌒)__」 〉  ` ー=」   {=ミ rー  |      └z゙ xァ
   └^\^┘  j⊇    ¨≧z イf´   ノ   L._    {^' {j'^}
      _..、 ,.癶ヾ、 └{ (^''=…''"フ  ,ィ〃  \ r┴‐┴┴
     /  ( / \:::≧x、/  //ー=彡/ ゞ  }  ̄[iトフ ̄
   /     Y     V//リ    }斗ァ7// イ   _/   j厂
  /    ゞ彡  ‐ァセ^(ャ)、 /////// リ  __)  〃
  _∠/‐┘ )   ´    ¨\>、////厶シ'    } /
    /´⌒ヾ从_ッ   r 、( ノ}  >''"⌒      /{
  /    } j \ ( ` `/⊆   ==二   r''

美筆やる夫
「おかしいお。

指を抽象化しても手になるわけじゃないし……。

親指・人差し指・中指・薬指・小指・平・甲を
全部抽象化しても『手』という概念にはならねーお」

752 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:44:36 ID:A4Yz2rNo

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: 釗.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |
                |::: ∧:::: lヘヽ │   /  /:::::::::::: / / l::| ::::::: |
                |: / ∧:::.ヽヽ\.l /  /::::::::::/     | | ::::::: |

柊かがみ
「そう。この二つ、抽象度が同じ程度なのよね。

人体のパーツ、という上位概念を持つ同位概念、といった
とこかしら」

753 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:44:48 ID:A4Yz2rNo

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「でも含意の関係ではあるお。

どういうことなんだお?」

754 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:45:05 ID:A4Yz2rNo

            /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
             ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
             /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
            / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
             /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
          //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
              | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
              | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
              | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
              |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
              |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                   ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
     /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/  |=====|    \\
      /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/    .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

柊かがみ
「それを説明するのが『全体と部分』という関係なの」

755 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:45:17 ID:A4Yz2rNo

========================================================

*ポイント

『○○は××を含む』包含関係には、『抽象的概念と実体』だけ
でなく、『全体と部分』の考え方が必要になる

========================================================

.

756 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:45:33 ID:A4Yz2rNo


2.1 『全体と部分』の考え方

.

757 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:45:46 ID:A4Yz2rNo

              、_____
                \: : : : : : ̄: ̄:`:ー::─:-/:ヽ:─::-::-:.、_
                 >:-:‐:':´: : : : : : : : : :|: : :: : : : : : : : : `ヽ、
               /. ..;ィ. . . . . . . . . . . ..;/|: ::i:: : : : : : : :、:: : : :\
              /: ::/;: : : : : : : : : : :// |: ::|:: . . . . . . . .\::. . .∧
               /: :/:;イ: : : : : : :-‐:;'::/ /  |: :|、: : : : : ::|:: : : :ヘ:: : :..ハ
             j://:/: : : : : : : :.:/::/ |  |::|∨::ー-、:|i: : : : :ハ:: :i:: }
            '´ //: : : : : : : :;ィ': ::/   |  |: :| ∨: : : ::||: : : : : :|: :|:: :|_
                  /: : : : : :.:/_|: :/_  | |::| ∨: : ::| |: : ::|:: :|:: ̄:::/::::〉
              |: : : : ::;ィマ弐テォ、゛  |  ヽ::|,_\: ::| |: : ::|、::|::::::::/::::/
                |: : ::/::∧l |_,ノ::|       ,ィチマ弐ア ,|: : :|:|: |:::::/::::/
               |:/: ::::::::ハ、 |:::::::j      " |_,ノ::::./,'/:|: : :|:|/::_:j:_:/:|
              |: |: : :::::人j ゛-‐         |::::::::/, /::::|: :/::::::::/::::::::|
                  |:.|: : ::/::::i:::、"     '__   ` ‐-'",/\:|/_::_:_;イ::._:」
                 |:|: : ;':::::::|::i:::ヽ、  (::... `)   ",.ィ;/  /: : :::/:::::: : : |::|
               |!: : :::::::::|:::|::::::::;>‐`=r"-r<´/`.、/: : :::人:::::: : : l八
     _           |:_:_:::::::::|:::;ハ:::/,ィ─r'´ヽ _,.∠_,.-‐',ィ' ̄ ̄ `ヽ、:::、: : :\
    }三二ニ=r‐r:==ニ二三三{:::∨ ∨    |  ,ィ'´:::;ィ: : ::/´         ∧:::\: : :\
    |     | |:i         |::/ /` :  l/::::://: :::/         ハ、:::::\: : :.\
    |     | |:|          |/ 〈.  `〉 /::::/ /: :::くノ            } \:::::ヽ: : :∧
    |     | |:|       ,| _,ノ゛ :/ /:/   /: :::/          〉  \::::: : : :.∧
  /´`).     | |:|     /´\   ::/  '"    /: :::/ ,r─‐-.、      /: /    ∨:::. : : ∧
  〈 ̄`ヽ    | |:|     7´⌒ ヽ ::l       〈:::/∨      \/〉 /:: /       ∨:::: : : ∧

柊かがみ
「では『全体と部分』の考え方について説明していくわね」

758 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:45:59 ID:A4Yz2rNo


               、___\、_,,.-:‐/:ヽ:-::‐-.、_
               `>-‐:´: ;: : ::|:: : : : : : : : :`ヽ、
               /:.;ィ´: :/: : : :|i: : :i:: : : : : : : :ハr=::、__
             //:: : : .:/: : : : :/||: :.:|:: : : : :ヽ、: :ハ:ノ:ヽ:}:\
             '" /: ::;': :/: :/,': :/ | |: ::|: : : :: : : :ヘ:::/:::::::.;〉::::;〉
               /: :/: :/: ;/-‐/ | ∨:|ヽ:ー-:: : : :ハヽ:/:|:/
             j:.:/|: ::j: :/__|:/_、 | ヽ:|,__∨: ::::ト、::|:: : |: :|
             |:/ |:.:::|:;ハチ弐ャ、   ォ弍マァ::::/、:`:|::: :|: :|
             ´ |:::::i':::ハ、Vzリ   {ィzリ,' ∨ノ:::.: : ;ノ:: :|
                |:/|: ::::::l、"   '     _゛r'jjjュ:|:: : :/:i:::.:|
               ´ |: :i::::| ,>:.、`.-r'´ ,r‐'",ノ: ;/|:::|::::.:|
                   |: :|:::{´ |   r┴--‐{ /:.:/´}:!:::|::: :|
                 |: :|/ヽ、 ヽ./| o   ,{./:;/'  |:::::|::: :|
                  |::./"  ヽ、 }ー-‐''´゛〉,'   、{:::::|::: :|
                  |:/ ,.-r‐-、_{、    ゛ヽ、;  |:i:::|::: :|

柊かがみ
「前回やった具体化は、概念の抽象度を下げて分けたわけだけど」

759 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:46:14 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│〜 具体化の例 〜                                            ......│
│                                                         .│
│なんか甘い飲み物   ――具体化―→  コーラ ・ お汁粉 ・ ココア ・ リンゴジュース等   ..│
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘

.

760 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:46:30 ID:A4Yz2rNo


                _,,  -‐‐-x,ヘ__
             , -‐:::::::::::::::::::::::/i::k::::::::::::`丶、
            //´::::::::::::::::/:/i  l;:iヽ;::::::::::::::::::\j^\__
          //::::::::::/::::::/:/ i!  ゙k! ヘ;:::::::::::::::::::::j!: : }: : ::}
         / ,/::::::::: :/:::::x‐t-/ l!   ヘi  x一t-、::ヾ{: : :j!::::ソ
          /:::::/y゙:::::::::/ i/   |   ヽ ヘ;::ト、:::::::::`x个<
            i:::;イ:::::i!:::::::::zェェx,,      ,,xェェty::::::::/: : i::::\
            |/ |::::;i!::::::::ヘ k,,x:::`|    Yリ: :i! j!リ;:/: i: :::k:;;/
             |:;:::i:::::rxi ゙マk_rj      ik_, y ,ム-、~了゙: i
             |:::::|/i!  ',. ゙-‐゙     `ー゙ /.  ノ::j!:::::::|
             |:;:::i!:::ゝ- t ゙゙゙゙゙゙   ___  ゙゙゙゙゙ノ-z''゙::::j!:::::::: |
             |:!::::::::::k::::::::゙'i x、,, ゙ー゙ _.ィ'゙ /:::::::::jk::::::::::|
             |;!::::::::::| >''゙ ̄ ̄ミ二二,,ブ''‐/;;':::::::/i|::::::::i::|
             |j::::::::k:|     __j!_   /〃::::y! i!゙;:::::::i!|
             |;::::::::|ヘ! /     j!'    /〃:::::/ l ヘk::::: i!|
          ,/j!| :::::|  ;/     .j!    //j!:::::/ :| ヾ::::::|ヘ
          /   | | ::::|,/i!         /' j!:::/  |  ヘ::::゙、\
       ,r' >k  |:::::|.  |      ..........:::::::i :/    |    ';::::i  ヽ
       i゙    ヾ∨.| : |.  !     ゝ 丶:::::::::|:/i     |   i!:::|

柊かがみ
「それ以外に抽象度を同じ程度に保ちつつ(つまり同位概念から同位概念へ)
細かく分けることもできるの」

761 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:46:42 ID:A4Yz2rNo

                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |

朝倉涼子
「たとえば『手』なら『親指』・『人差し指』・『中指』・『薬指』・
『小指』・『平』・『甲』、といった具合ですね」

762 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:46:56 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│〜 分割の例 〜                                              ....│
│                                                         .│
│ (全体)                            (部分)                   │
│  手   ――分割―→  親指 ・ 人差し指 ・ 中指 ・ 薬指 ・ 小指 ・ 平 ・ 甲    .│
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘

.

763 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:47:08 ID:A4Yz2rNo

          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「このような作業を目標設定の世界では『分割』と呼んでいます。

他に適当な用語もみつかりませんし、このスレでは目標設定の場合に
限らず、この用語をそのまま使いますね。

なお『分割』の逆は『連結』と称します」

764 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:47:23 ID:A4Yz2rNo

                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

やる夫
「おk。

ところでさっきの分割の話なんだけど、
あれがアリなら、爪や皮膚にも分けられないかお?」

765 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:47:54 ID:A4Yz2rNo

       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「できますよー。

別の切り口で考える、というやつです。

ある全体を分割する手法は複数あることが多いですね」

766 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:50:34 ID:A4Yz2rNo

              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: 釗.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |
                |::: ∧:::: lヘヽ │   /  /:::::::::::: / / l::| ::::::: |
                |: / ∧:::.ヽヽ\.l /  /::::::::::/     | | ::::::: |

柊かがみ
「そうね。

でも、どう分割しても、分ける前の概念が『全体』、分けた後の複数の概念が
『部分』に当たるわ。

この分ける前の概念と分けた後の概念の関係が『全体と部分』の関係よ」

767 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:51:09 ID:A4Yz2rNo


           , ィ//___
        /^"": : :!: : : :``丶、

.       ,-ァ’::/:.:/:l: :∧: !、:i:: : ヾ- ゝ
.       Y:.:.::./: :/:ィ::/ i:_;、:.:!: : l: :}

      {:::/{.:/: /l/   l/⌒}|: :.|: :|
.        `.|∧!/( ・ ) ( ・ )〉: ト、l

        |l:-'ト、   、--,  .ノl": |
.         |: : | .> _`__ ,イ |:: .|
.        |: : | イ: ::ト--イ:..ト、|:. :|

          |: :_|/ \,:て):く ヽ_:|
        (_|_/__|::介:::|__ヽ__|_)

         /  ."  ̄ \"

          ゝ-、_へソr-く"
           i、_ソ  `、ソ

柊かがみ
「なお下記は『手』を別の切り口で分割したものよ」

768 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:51:26 ID:A4Yz2rNo

┌──────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                         .│
│〜 別の切り口で分割した例 〜                                                       │
│                                                                         .│
│(全体)                            (部分)                                    │
│  手  ――分割―→  手の爪 ・ 手の皮膚 ・ 手の血管 ・ 手の筋肉 ・ 手の腱 ・ 手の血液 ・ 手の骨)  ....│
│                                                                         .│
└──────────────────────────────────────────────────┘

.

769 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:51:48 ID:A4Yz2rNo

     ____   
   /─  ─\    
  /( ●)  (●)\.    
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「おk。

切り口を変えられる限りいくらでも可、ってことかお」

770 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:52:08 ID:A4Yz2rNo

           ____,i ー- ――-- 、
    -==ニ二_,. -      |          ` ヽ
         /        !   ::..     \  /`:...イ` 、
         / /    /  ハ  ∧:..    i:. \::::::::::V::::::::::::\
      / ,.-/     /  /  V  ! ',\::..  l_j   ヽ:::::::ハ:::::::::::::::::\
   /,. ´ /   /  |:  /   ', ', ヽ \::..    ヽ ヽ::::::',::::::::::::::/
  /  //   i   :| /     ヽ:', ヽ_ ,.\-‐   ト  !::::::',:::::/
    /:::/  i  | ‐/‐V- .,     ヽ'´ ヽ_,,.-X::.   i::ヽ':::::::i/
    `゙,'   l  | :/  ―-       '"_rオ示斤   :l::::/ ̄li
     i:.  ハ | :∧<f代テミ     ,イ/::::i } リ ヽ::.  |/.::  l',
     { /|::::i l i :ハ k i:::: }      ト y‐ j   ri  }.::  |:i
     |:/ `∧ |! :| i 辷 ン      ヽ廴ン  / l |::.:  ! l
     !   i ハ  |ヽl           """    _,| |:.::.  ,' |
        j  ヽ :|:./! '""            イ ̄:/|!::.:: /.::. l
        l  ::.::.ヽ// 、   ―-―‐  ィ´ /::/.::.:: /.::.::.  !
        |  ::.::./ /    `゙  ‐-‐ ´ l  //   /:|::.::.  l
        |  ::.::.ヽ ゝ"´}  _ _/     ヽ/    ,.ハ::l::.::.:  |
        |  ::.::::{ '"´ }´‖       /   ,.<   i:l::.::.:  }
        |  :.::.:il / ヽ }‖      /   ,..<  \ l|::.::.:  |
        |   .::.{ ヽ  へ }‖     /  /リリ    il::.::   !
        l   ::.i 入  |l‐--=  -‐/  /≦i、/     |::.   /

柊かがみ
「そういうこと。

もっとも、実用性の低い分け方をしても考える時間が無駄になるから、
目的に添った切り口を使うべきだけどね」

771 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:52:31 ID:A4Yz2rNo

┌───────────────────┐
│                          ......│
│                          ......│
│手                           .│
│                          ......│
│         l⌒l     /⌒!          │
│         |  |     /  / /⌒l  指   .│
│         |  |   /  /  /  /       .│
│         |  |  /   /  /  /       .│
│         |  |  /   /  /  /  / )    .│
│         j   ∨  l  /  /   / /    .│
│ ( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  | / /    ..│
│  \   \_/       `ヽ、   /      .│
│   ヽ      \         /        │
│    `、     ヽ 平     /        ..│
│      ヽ     |      /         │
│       ヽ、__        /         ...│
│      /   ̄        /            │
│     /   /    ┬‐'"             │
│    ,′       /               .│
│    /        /               .│
│                          ......│
└───────────────────┘

柊かがみ
「たとえば、先に挙げた手を指やら平やらに分割するのは
外見上の分け方よ。

外見からどのパーツを指すのかを考えるのに向くわね」

772 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:52:44 ID:A4Yz2rNo


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「一方、手を爪やら皮膚やらに分割するほうは、機能上の分け方です。

各パーツの機能(どのような役割があるのか、損傷が発生したら
何が起こるのか等)を考えるのに向きますね」

773 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:53:06 ID:A4Yz2rNo

        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

美筆やる夫
「なるほどだお」

774 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:53:27 ID:A4Yz2rNo


==============================================

*ポイント

同位概念同士を細かくわける(分割)こともできる。
ただし、分割の切り口はたいてい複数ある。

==============================================

.

775 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:53:41 ID:A4Yz2rNo


2.2 どの切り口で分割するか

.

776 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:53:57 ID:A4Yz2rNo

          _>-――-、_
       __〃 / ̄ ̄ ̄\ミ:\
      / //─    ─  / / / ト、
      |/ (●)  (●) |:.!{ !∪〉}
      |    (__人__)  ∧丶=ノ /
      \   ⊂ ヽ∩  个==く
        |  |  '、_ \ /  )
        |  |__\  “  /
        \ ___\_/

美筆やる夫
「この分け方に、どんな時でも有効な黄金パターンみたいな
ものはないのかお?

その都度その都度どう分けるかを考えるのは骨が折れるお」

777 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:54:12 ID:A4Yz2rNo

                 \、  __/ヽ、 __
             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_
         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_
       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_
             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}
              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈
           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j
            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~
             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|
             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|
             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|
            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j
               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄
             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|
             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|
             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|
             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|
             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|
             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|
             |::|: : : :|:   | 〃 /:   |: :|: ::| ./ {:::::|::|

柊かがみ
「あいにくだけど、『それ一つでどんなケースにも対応できるような切り口』
なんて便利なものはないわ。少なくとも>>1は知らない。

さっきも言ったけど、切り口ってその時々の目的に合わせるからね」

778 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:54:24 ID:A4Yz2rNo

                 _____,ヘ.______
         ‐-==ニ二:":: : : ::/:: :: :: :: :: : ::`::‐:-.、_
          ,ィ´:: :.:,ィ:: :: :: :;λ:: ::.:|:: ::ヽ、:: :::ヽ、:: :`ヽ__
         //7:::/.: :: : : : :/ V:: :.:|、:: :: ::ヽ:::、::ヽ;: :::t~;;;\
         '゙ /:.:/:: :ィ:: :: ::/  V: ::|ヽ:: :: :: :|:::i:: ::ヽ;::;ソ\;;;;\
.          /::,メ.: :/:: ::;-:十、 V: :| 斗‐-、:レ'|:: :: ::Y;;;;;;;;;;;>;;;;;;〉
    〈`ヽ   /ィ 7:::/:: :.:/i:.::|   V::|  V: :|::|:: :: :;.:|;;;;;;,イ;;;;/
     \ \    |;/|:: ::/ ヽ;| __,  ヽ:| ___ Vヽ;|:: ::/::.|/l:|/
      ヽ,イ`ヽy´,)|:.:;ハ ミz≠'     ≠Z彡|::;∧:.:|: ::l::|
      ,r' "ニ ,j / V:i:λ     ' __     |;/ }V:: ::j::|
      { ヘ ソ  }  |:i:::j    f´. `、    '゙_,ソ:: ::.:メ:.:|
      ヽ, "  ,,ノ  |:i::::ヽ   ∨_.ノ  ,/  メ:: .::/:: :|
      丿  /   |::i:: ::i::i` ‐-〟-‐τ´   /:: ::/:: :.::|
.     /   /    |::i::. :|::|  ,ィ'j   !`マヽ、/:: :.:/:: : :: :|
     /   /〜、__|::i:: : :|:|,ィ´ |    /  /:: .::/`ヽ;: :: :|
.    /   /     ~|:: : :|:|   |-‐‐-./  /:: .::/   ハ::.:|

柊かがみ
「同じ概念にたいしてなら有効な切り口(フレームワークと言われるもの)や、
抽象化した分類でよければあるけど……」

779 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:54:40 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│〜 切り口のフレームワークの例 〜                             ..│
│                                                    │
│・ マーケティングをProduct,Promotion,Price,Placeの4つに分割して考える。    ......│
│                                                    │
│・ リスクマネジメントを回避、低減、移転、保有の4つに分割して考える       ......│
│                                                    │
│・ 顧客層をC層、T層、M1層、M2層、M3層、F1層、F2層、F3層に分割して考える    │
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

.

780 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:54:56 ID:A4Yz2rNo


┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│〜 抽象化した切り口とその例 〜                                                │
│                                                                    │
│・空間的   : 3段の本棚 ――分割―→ 上段・中段・下段                            .....│
│                                                                    │
│・時間的   : 年間 ――分割―→ 春期・夏期・秋期・冬期                            ......│
│                                                                    │
│・機能的   : 業務 ――分割―→ 購買・販売・経理・総務                            ......│
│                                                                    │
│・因果関係的 : ある自動車事故の原因 ――分割―→ 危険運転・車の整備不良・歩行者の飛び出し    │
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘

.

781 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:55:12 ID:A4Yz2rNo

            ,.ィ´: : : ;ァ. . . : : : : : : ::ヽ、: : : : : : : : : : :. . . . . .ヽ、: : : : :;メ;;フ;;;;;;`ヽ
          /"´ ̄/. . . . . . . . :;|: : :/|ヘ : : : : : . . . . . . . . . . ,..ヽ、:/;;;;;;;ヘ::\;;;;
               /. ./. ::/: : : :;ィ|: :;/ | ∨: : ; : : : : : : |:::: : :∧: ::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;\: :
              /. . .:/: :::::/: : : :/ |:.:| |  ∨::|\: : : : ::|:::::::(__;):: :ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉:
           /: : ::/: :::::/::ヽ、:/   |::| |   ∨:|  \/::ト、:::::::: : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;/:: :
            /: : :/: : :::/: : : :/\  |:| |   ∨  / \:| ∨::::::: .: : : :|;;;;;;;/:: : : :
          j: : :/: : :::::j: : :.:/___\|j  !     /_____ ∨::: : :;ヘ::.|;/::: : : : : :
           |: :/|: : :::::::|: : ::ァ=ァ==ォ、ヽ ヽヽ,/ャァ==ォ==ァ   ∨::/、;;レ'::::::: : : : : : :
         |/ |: ::::::/|: :;八弋z;ク ,       弋:z;ク ノ   リV´`}:::::::::: : : : : :/::
            |: ::/{ |:::ハ  ー‐ '         `ー-‐ ´     .イ ,ノ::::: : : : : : :/:::::
           |:.::{::ヽV_,}            l | |l i!   ,r-‐'´:::::: : : : : : :/::::::::
           ヽ:|: ::::::::::l、                  / |::|:::::: : : : : : : :/:::::::::::
             |: : ::::::::::ヽ、  r-‐──‐-、   イ   |:j::::: : : : : : : :/:::::::::::::
             |: : :::::::::::::::::`>V_____,,}<´ /     リ::::: : : : : : :/::::::::::::::::
                |: : : :::::::::::/   |` ̄~´ ‐-─/    j:::: : : : : : :/:::::::::::::::::::
             |: : : :::::::/     |      /    ,ノ:: : : : : : :/ヽ、::::::::::::::
                |: : : :::/\\   |     /    /ノ: : : : : :.:/ィ´ハ:::::::::::::

柊かがみ
「これらにしたってヒントになりえるってだけよ。

この通りにやったから最善なんて言えるものじゃないわ。

よくテレビで見るF1層とかM1層とかの分け方にしたって、相当大ざっぱだから
あの基準だけで企画書作ったら相手に突っ込まれまくること請け合いよ。

あくまでその時々の目的に応じた切り口を見つけ出すことがゴールよ」

782 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:55:43 ID:A4Yz2rNo

    _ ,..-_'"´ ̄ ̄`゙ヽ、
  r-/ `‐" `ヽ  _ =-_>、
  /     l  ヽ l /´ , ヘ〉
 /  l l   l   l l  / ,イヽ
 l  l ゙ハ | _,|l  ハ| レ' / ヘ.ヽ
 ヽ lヘ レイ_l L/レ l`レ'ヘ   ヘ. \
  `゙`ヘ ィ彡、|  レ{ ヾ、  ヽ  \
.     ヽ ゝ ' |  l.|.ヘ ヘ \  ヽヘ ヽ
      l  ,.. _|  l.|/ヽヘ   ヽ  、 ヽヘ
        ̄「 | ,リ   `ヽ、  、  ヽ.ヽト、
       └' レ'/  ,.、  ヽ、ヘ   lヘ ヘ
         //  / ,〉    ヽ,ヘ  | r'´
         // /  l、____,.イ´ヘハ  _|'
        'ー'="    ゙ー'-=ニニニヾ´

朝倉涼子
「あと、これらは>>1がざっと思いついたものを列挙しただけですので、
まだまだあると思います……」

783 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:56:00 ID:A4Yz2rNo

             ___
           ∠∠_ゝ_\
          //     \|( ;;;;(
        /{_{   _ノ  ヽ__\) ;;;;)
        |,へ\(●)  (●/;;/
        ||∩|ノ) (__人__) l;;,´|
        / (  ノ  〜━・ /\
        ( γ /       ゝ  >
       丿\  /       |`゙゙´

美筆やる夫
「けっきょくは面倒でもその都度考えろってことかお。

難儀なもんだお」

784 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:56:14 ID:A4Yz2rNo

     /          `ヽ、
    /           丶  `ヽ、
    /           `丶_|ヽ、  >
  ,..⊥r─‐r‐‐r─--、、    \_ k'-、
/  / '≧|  | ,≦ヽl `丶、,_  `フ  `ヽ
ヽ_,、L,..-ヘリ   ヽヘ--、゙ ___ YLニ=' {゙ー'"´
  ゝ, '| ┃     ┃ ´ | `├.、'" `゙¬ー--、、
   / l ┃     ┃  l   | .ノ、        `ヽ、
  ,' .リ xx     xxx /   「´  `ー------  、._ 、ヽ
  ,'   ゝ、    _   _ /   ハ      、      `ヽrミ
  リ、 | ヽ`7l^′´/〃   /,.-、     \ `ヽ、   /
  ´ ヽ_|  `|ヘ lニ'/└-r、イノ____〉_    、ヾ、ヽヽ/
         | lγ /,  ノ| 丶. |  __,.-' `' ` '゙
     _z== (7_'、ィ'" ´イ'  ヾ、 /"´
    l( ̄、`ヽ、ヘ’  __    ヘl'-┐
.   lヽ、ヽ 、._ヽ }}     ノニ´-‐-'
   |  `゙'¬-,/T冖7'''"´
   ヽ、    / ,l /
     `゙ ー '′ `'′

朝倉涼子
「そうですね。でも、だからこそ頭脳労働者は高給を貰える、とも言えますよ。

もし汎用的かつ有用な切り口を新たに編み出すことに成功すれば、
それだけでちょっとした額の財産になることもあります」

785 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:56:28 ID:A4Yz2rNo


================================================

*ポイント

分割するための切り口はケースバイケース。
分割する目的にあわせるべし。

================================================

.

786 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:56:40 ID:A4Yz2rNo


2.3 全体と部分の関係は相対的

.

787 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:56:51 ID:A4Yz2rNo


               ,. - ':":´: ̄:`: : : :.|: : : : : : : :`:`: . 、
          ,. '   ,. ‐'": : : : : : ,.'.:::!: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           , '゛,. -ァ'゛     . ./.:::,.'゙!: :!: : : :.V: : : : : : ヽ: \
         / '´ /  /: : :,:': : :./.:::/  !:.|`、: : : Vヘ.. .   `、:.ヽ
    ,-、      /. : :./: : : :/ '⌒7ト、'   !:.!  v‐'':゙!゙゙、:`: : : : .∨Y7;ヽ;,、
    、 ヽ   /: : :,イ: : :.::/: : :,.' .!:/ `  ヾ!  `、: : Vヘ: : : : .::. V,!;;;;;;;ヾ;;丶、
     `、 ヽ. /: :./.l: : : :::i: : :/  |:l       ゙!  `、: :iV:i, : : : ::::. i!;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;\
      `、 V.:./ l: : .:::::l: :./   |!         ヽ: !ヽ!: : : :::::. |;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;〉
       ゙i/ヽ. ,/゙゙i:イ::!: ハ  ,_,ィ彡       ミ=ュ、、、ィ!: : : j:::: !;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;/
.      / ¬、ヽ! .|l l::!/::ヘ ヾ=‐''"       ``''''''''"|: : ∧:::.!;;;;;;;;;.イ;;;;;/
      / ,..、 ヽ .|、 ! !l':::::λ ' '     __ ,,.、   ' '   |: /,._V:j;;;;/:l:|;/
.    /   ヽ |_/  |  }:::::/:l       i     |     レ'ζ゙ }:l'"::::::l::|
.    !  ┐ ,レ゛   ! !|::/:::::、     ヽ、 _,ノ     ,、_, ィ:リ:::::: :l:::|
     ヽ  `′   ,ノ. l:i|/: ::::::`;:...、           ,. '′ //::::::::: : l::::|
       `;.      /  l;;!l: : :::::::l::::l ` 丶 ,._ _,, <!    〃::::::: : : l::::::!
.      /    i   !::!!: : :::::::!::l  ,/´l    {`,`ヽ、_/::::: : : : :!::::::j
.      /    j    !::i!: : .:::: :!:l'''" /‐'゛    ソ   ,/::: : : : : /::::::::|
     /     i''ー-┴'|: : : ::: :l:!  /- ― - .、 /   ,/:: : : : : :/'^ヘ;:|
.    /      i       l: : : ::: :l|   |      /    /: : : : : :.// / `、
    /       i       l: : : : : l!.  |      /    /: : : : : :// /   `、

柊かがみ
「それから、全体と部分の関係は、あくまで相対的なものだから注意ね。

『手』を全体とすれば『親指』が部分だけど、
『人体』を全体とすれば『手』は部分になるわよ」

788 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:57:07 ID:A4Yz2rNo


┌────────────────────┐
│                            ....│
│(全体)    (部分)               .....│
│ 手       親指(他にもあるが省略)    .│
│人体       手(他にもあるが省略)     .│
│                            ....│
└────────────────────┘

.

789 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:58:55 ID:A4Yz2rNo


         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|

朝倉涼子
「論理記号で表すとこういう関係になりますね」

790 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:59:17 ID:A4Yz2rNo


┌──────┐
│         .│
│手→人体    │
│         .│
│親指→手    │
│         .│
└──────┘

.

791 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:59:30 ID:A4Yz2rNo


===================================================

*ポイント

全体と部分の関係は相対的なので、
対象とする概念を変えると部分だったものが全体になったり
全体だったものが部分になったりする。

===================================================

.

792 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 20:59:41 ID:A4Yz2rNo


2.4 抽象化か? 連結か?

.

793 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:00:01 ID:A4Yz2rNo

            /: : : : : : /: : : ://:.:/ / |: : : : : :.!: : : : : : \
           /: :/: : : : :./: :'⌒メ、_|:_ノ ,′│:.: : : :.:|.:. : :/|: :∨`>、_
         ∠://: : : : : ,': : : :/  j/   ヽ|ー- : :│l: / i|: : |  ト、 \
                ,': : : : : : | : : /   ハ     ∨\: :`ト:|(. .八: |  |: :ヽ
            |: : : : .: :.:|: : ,'ャ行テ=ミ     、_ _ ヽ∧|: : : : ヽ!  |: : |  〉
            |: : : /|: : l: : |  マ辷ソ      行テ=ッ-、|: : :.,': : !  |: : |_/
            {; イ: :{: : :ヽ:j     ////ゞ辷ソ イ|: : /: : :|_|:.: :|
                  |:.:∧: : : リ                  |: /: : : :|: / : : |
                  |:/:.∧: 八      f>―-、       j/|:/ヽ|:/i: : : |
                  |: :/: :ヽ{:个: 、  `ーu┘     、_ノ' : : :/: i: : : |
                  | ;': : : :.:l:/: : :|> ,、____....., 、-=勹: :/: : : :/: : |:. : :|
                  |;': : : : :.レ ‐┴/∧   ノ ト、_// : : : /i : : |:. : :|
             l: : : : : /   /  {___/  │/ : : : : : /:.:i : : |:. : :|
             |: : : : /   /  {_/    j/ : : : : : ∧:.:l : : |:. : :|

柊かがみ
「それから補足なんだけど、抽象的概念と連結した概念って
同じ語を使うことがあるから、ときどき混同してしまうわ。

注意が必要よ」

794 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:00:15 ID:A4Yz2rNo

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「? どういう状況だお?」

795 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:00:31 ID:A4Yz2rNo

      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「たとえば『アメリカ人』という概念ですね。

アメリカ国籍を持っている人たちを抽象化したイメージで
あることもあり、

また、アメリカ国籍を持っている人たち全てを指すこともあります」

796 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:01:12 ID:A4Yz2rNo


┌──────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                         .│
│・抽象化した概念としての『アメリカ人』 …… 知っているアメリカ人たち(おそらくは政治家やハリウッドスターなどの    .│
│                            著名人や知り合い)の情報を統合したイメージ                  │
│                                                                         .│
│・連結した概念としての『アメリカ人』 …… アメリカ国籍を持っている人すべて                          │
│                                                                         .│
└──────────────────────────────────────────────────┘

.

797 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:01:22 ID:A4Yz2rNo

                 _____,ヘ.______
         ‐-==ニ二:":: : : ::/:: :: :: :: :: : ::`::‐:-.、_
          ,ィ´:: :.:,ィ:: :: :: :;λ:: ::.:|:: ::ヽ、:: :::ヽ、:: :`ヽ__
         //7:::/.: :: : : : :/ V:: :.:|、:: :: ::ヽ:::、::ヽ;: :::t~;;;\
         '゙ /:.:/:: :ィ:: :: ::/  V: ::|ヽ:: :: :: :|:::i:: ::ヽ;::;ソ\;;;;\
.          /::,メ.: :/:: ::;-:十、 V: :| 斗‐-、:レ'|:: :: ::Y;;;;;;;;;;;>;;;;;;〉
    〈`ヽ   /ィ 7:::/:: :.:/i:.::|   V::|  V: :|::|:: :: :;.:|;;;;;;,イ;;;;/
     \ \    |;/|:: ::/ ヽ;| __,  ヽ:| ___ Vヽ;|:: ::/::.|/l:|/
      ヽ,イ`ヽy´,)|:.:;ハ ミz≠'     ≠Z彡|::;∧:.:|: ::l::|
      ,r' "ニ ,j / V:i:λ     ' __     |;/ }V:: ::j::|
      { ヘ ソ  }  |:i:::j    f´. `、    '゙_,ソ:: ::.:メ:.:|
      ヽ, "  ,,ノ  |:i::::ヽ   ∨_.ノ  ,/  メ:: .::/:: :|
      丿  /   |::i:: ::i::i` ‐-〟-‐τ´   /:: ::/:: :.::|
.     /   /    |::i::. :|::|  ,ィ'j   !`マヽ、/:: :.:/:: : :: :|
     /   /〜、__|::i:: : :|:|,ィ´ |    /  /:: .::/`ヽ;: :: :|
.    /   /     ~|:: : :|:|   |-‐‐-./  /:: .::/   ハ::.:|

柊かがみ
「ややこしいんだけど、この差はきっちりつけないと混乱の元よ」

798 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:02:07 ID:A4Yz2rNo


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│〜 あえて混乱させたおかしな例 〜                            .│
│                                                  │
│アメリカ人はステーキが好きだ。(抽象的概念としての『アメリカ人』)          │
│                                                  │
│今度池田はアメリカ人になった。(アメリカ国籍を持つ人としての『アメリカ人』)    │
│                                                  │
│池田はステーキが好きになっただろう。                         .....│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

.

799 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:02:28 ID:A4Yz2rNo


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「うわー、無茶苦茶だお」

800 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:02:42 ID:A4Yz2rNo

      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「でもやっちゃうんですよ、これがまた。

これくらい単純な論証なら大丈夫でしょうけど、
ある程度複雑な論証になるとけっこう見落としがちです」

801 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:03:00 ID:A4Yz2rNo


===============================================

*ポイント
抽象化した概念と、連結した概念(『全体』)で同じ
語を使うことがある。
混乱の元になりやすいので要注意。

===============================================

.

802 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:03:13 ID:A4Yz2rNo



◆◇◆◇◆◇ 3.部分の総和は全体になる ◇◆◇◆◇◆


.

803 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:03:30 ID:A4Yz2rNo

┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│                                   .....│
│【全体】                 【部分】         ......│
│∧_∧                 ∧_∧ (耳部)      .│
│( ´・ω・)                               ....│
│( つ旦O    ――分割―→    ( ´・ω・)  (顔部)    ...│
│と_)_)                                │
│                      ( つ旦O (胴部)    ...│
│                                   .....│
│                      と_)_)  (足部)     .│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

柊かがみ
「さてさて。ある『全体』と、それを分割した『部分』があるとき」

804 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:03:45 ID:A4Yz2rNo


┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│                                           .│
│ 【部分】                  【全体】               │
│ ∧_∧ (耳部)             ∧_∧             ....│
│            ――連結―→   ( ´・ω・)               .│
│ ( ´・ω・)  (顔部)            ( つ旦O             .....│
│                       と_)_)              ...│
│ ( つ旦O (胴部)                              ....│
│                                           .│
│ と_)_)  (足部)                               │
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

柊かがみ
「『部分』の総和は必ず全体となるわ。これとても重要。条件付だけどね」

805 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:03:58 ID:A4Yz2rNo

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「おk。まあそうじゃないと分割なんて
怖くて気楽にできねーお。

でも、条件ってなんだお?」

806 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:04:11 ID:A4Yz2rNo


       、 _
       \_ー、 _f ヽ, ‐───- 、
      _ ─`  l          、  `r< ̄:::/
    /         , 〉. 、       \__j:::::::\_|_
  ∠ -─ フ´   l ./|ヽ_ヘ\__\ 、\:::::::::::::::::\
     r'/ /  || ! ヘl  \_`ヽ \ヽ、::::::::::::/
     〉 /  -7l.! l  ヽ   \ ヽ ヽ、ヽ:::::::::人
     .' ,'  !  i l       __,rz ヽ} ヽl `::/  \
     l /:l  |  |  _,,z     ==" rへヘー!´ヽ, ‐,  \
     K__|  ヽ ハ彡"    _     __,イ` rヘ / /.    \
       l  /入!、!     く 冫   / ! !  l i' /っ、      \
.       ∨/ / .>、 _____ /l´ヽ、j/  f  { `l ヽ      \
.        ,' / / !  | /:::;j_ /:::::::/  A そ_,ヘ   \.    \
         l / /  |  イ:::::|´ `!:::::::/  //::ヽ/ ハ、_  \      \
        |/  ,   |,ハ:ヽ::::|  ,'::::::/  //:;;//'/ノ l   \.    \
       /  ,    !ヘ〉、ヽ:! .,':/// /. \// /   ヽ    \      \
        /  ,'    ノ///}_ヘ!.!/´// ,' _ `l、/       }     \     \
        ,'   ,   /k  ' ' トV/'//  l    i、`ヽ、    /      \ \   \
.      !   l  イヽ、ヽ、△ヽイ/!  !     \   ̄ ̄         \ \、 \

柊かがみ
「分割・連結後も『全体』の概念が同じであること、かつ、漏れ・ダブりがないことよ」

807 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:04:28 ID:A4Yz2rNo


┌────────────────────────┐
│                                    │
│〜 『部分』の総和が全体と等しくなるための条件 〜   ...│
│                                    │
│                                    │
│1)分割・連結後も『全体』の概念が同じであること    ....│
│                                    │
│2)漏れ・ダブりがないこと(MECE)              .│
│                                    │
└────────────────────────┘

.

808 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:04:40 ID:A4Yz2rNo


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「……どういうことだお?」

809 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:04:56 ID:A4Yz2rNo


           ,. . - ―― -  、 _/´\_
            ̄ ̄`>'"´ ̄    |     `  、
            . ´     /   , /||         ` 、
        / /     /   / /´|八            ヽ
        / //  ,   / _ / /  |  ト、       ヽ ∨
      / / /  / /  /`/! | | V´ ̄\ | V⌒´}‐‐ 、
.     //  /  /  .l   /l /| 〈  |  ヽ、   ヽ |  ∨:::〈 ‐┐::\
    /'゛   /  /   | /´|,′|   V |    ヽ、   |   |:: :: :'. | : : : 〉
        /  i   f行弐ト、      V!,xrャぅァ以_ |   | :: :: ::Ⅵ.:: ::/
        i  ハ|   〉 l/トr':::ハ     ヽ ん,ノ::ハ 》 l /,⌒Y : :: j_/
        | /´ |  '∧ {:ト ノリ        {レ{  jリハ レ'/  / :: __j}
          j/   |  l { ハ. ヾ-‐'        弋_以ク   〉/  /レ'´: /
        ´  八 |人リ ''    ´       ,,`¨  //  ∧{|: ,′
.            ∧| |:八       r;        ,ィ//  /:./:./:.: i
              ヽ|:l :. `/7 、        ,. イ―(, ̄`Y:.:/:.: : l
              |:l :.:.// :.:.八`マ ¨´,. 斗┴く  ヽ. !イ:.:.:. : l
              |:l:.:// :.:.// ̄}'´ /(`ヽ    |:.:.:.:.:. l
              __,r'⌒i// ://     /`'ーヽ     /:.:.:.:.:. /l
            rく __`) // :.:i´//\// : :/:.:{    /:.:.:.:.:.:.,':|
        厶,_,)、_,ノ / :.;}//  / ,/.:/: :.:.八     {┐:.:.:.:.i :|

柊かがみ
「ちょっとわかりづらいかな? 順に説明するわね」

810 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:05:10 ID:A4Yz2rNo


3.1 条件1 : 分割・連結後も『全体』の概念が同じであること

.

811 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:05:24 ID:A4Yz2rNo


                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Ⅵ::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |

柊かがみ
「まず、分割・連結後も『全体』の概念が同じであること。

これは絶対よ。

分割後あるいは連結後に対象とする概念が変質しちゃったら、
それはもう『全体と部分』とは別の議論になっちゃうからね」

812 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:05:37 ID:A4Yz2rNo


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「概念が変質?」

813 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:05:49 ID:A4Yz2rNo


            /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
             ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
             /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
            / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
             /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
          //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
              | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
              | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
              | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
              |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
              |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                   ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
     /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/  |=====|    \\
      /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/    .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

柊かがみ
「次の例文を見て。

上が分割後も連結後も『全体』が同じものの例。下が『全体』が変質しちゃってるものの例ね」

814 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:06:11 ID:A4Yz2rNo


┌─────────────────────────────────────────┐
│                                                          ......│
│○分割後も連結後も『全体』が同じ例                                     .│
│                                                          ......│
│全社の売上目標は、西日本支店の売上目標と東日本支店の売上目標に分けられる。       . ..│
│                                                          ......│
│                                                          ......│
│×『全体』が変質しているものの例                                        │
│                                                          ......│
│生きた人間をバラバラにすると、死体になる。                                 .│
│                                                          ......│
└─────────────────────────────────────────┘

.

815 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:06:27 ID:A4Yz2rNo


         _>ー-  -―∧ー- _
      , <´ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :` - 、
    /  _/     : : : : :|: : :.: : : : : : : : : :\
   /:_: <:〃    /: : : /: : .:|: ∧:.:.: : : : : : : : : : ヽ
  /イ:;:;:;://: : : : : :.:/: : : :イ: : / |:;|iハ:.:.:.:. : : : : ヽ:.:.:.:>>- _
 '  ヘ//: : : : : :;:;/: : : / |: :/  |:;|l  i:.:.:.:.: : : : : :l: : i:;:;:;:;l:;:;:;: ̄\
  /:;:/: : /: : :.:/!: :__/_|:/   |:| l  i_l: : : : : : l: :l:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;/
 <:;:;:;:/:. :/: : :.:.:i:.l: ´/  |,'`   |! l '´\l`゙: : : i : l: :l:;:;:;:;:;i:;:;:;:;/
  \i: :/|: : : : :l:.:|: /   |!.    |  !   ヽ!: : :| : l: |:;:;:;:;:;:!:/
    |:/-|: : : : |/不示テミ、   ! ィ=≠=z\|: :ハ |:;:;:;:;:;:;|
    |i  |:. : : :|l-||! V{::::::|      ヘノ:::::::} ア'|i: i:;:;l:|t―f-´
    !  li: : : :f.{ !| i ゝイj      |iゞ-イソ ' |!'|゙i、:|!:l: : |
     |:.ヽ: : |:丶i ゞ-''"      ヾ''-"  う'´|j:.:.:.! : |
     |:.:.:.:ハ:|:.:.|/! '"'    '     '"'  ィ‐ナ":.:.:/:. : |
     |:.:.:.:.:|i|:.:.:! > 、   、    _ <___/:.:.:.:./|: : : |
     |:.:.:.:.:|!: : :∨' ̄ `> 、   ィ7:;:;:;:;:;//:.:.:.:/|:|:.:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:.ト、: :/    _ィ--`}‐-/:;:;:;:;:ィf/:.:.: / ヘi:.:.:.:|
     |:.:.:.:.:|/ヽ/    /:;:`iー" /:;:;:;:;:;:/: : : :/   }:.:.:|
     |:.:.:.:.:! ∨   /:i:;:;:;:;l  /:;:;:;:;:;:;/: : : :/    l:.:.:|
     |:.:/ /    l: }ヽ:;:;:;l /:;:;:;//: : : :/     l:.:.:|
     {: {  /    lヽ \:∨:;/ /: : :/      }:.:.|
     |: :ヽ /     l i´ ̄`‐´ ゙̄/: :;/        }:|

柊かがみ
「上の例は連結しても分割しても売上目標のままよ。これならOK。

ところが下の例は生きた人間から死体に変わっちゃってるでしょ。こういうのが駄目」

816 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:06:48 ID:A4Yz2rNo


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「なるほど、そういうことかお。

確かに後者は再び連結してもいっしょにはならねーお」

817 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:07:05 ID:A4Yz2rNo



                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Ⅵ::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |

柊かがみ
「もう一つ行きましょうか。オッケーな例ね」

818名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 21:07:13 ID:bd1tDopM
総和じゃない場合、チンコが足りねえええ、とかになるんですね

819名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 21:07:20 ID:RtHJY7qo
みてるぜw

820 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:07:23 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│〜 例 〜                                                    │
│                                                         .│
│商品開発プロセスを、企画・設計・生産・提供に分割して主任担当者を決めることとした。    │
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘

.

821 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:07:43 ID:A4Yz2rNo


              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: 釗.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |
                |::: ∧:::: lヘヽ │   /  /:::::::::::: / / l::| ::::::: |
                |: / ∧:::.ヽヽ\.l /  /::::::::::/     | | ::::::: |

柊かがみ
「この場合も商品開発プロセスという全体の概念はまったく変わってない点に注目してね。

名称は企画・設計・生産・提供となってるけど、この4つは合わせれば
結局商品開発プロセスになるわ」

822 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:08:03 ID:A4Yz2rNo


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「どっちもすっげー当たり前だお。

ていうか、これ、わざわざ断らないといけないのかお?」

823 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:08:24 ID:A4Yz2rNo


                           . へ
            /⌒`v-─ ¨ ̄ ̄ ̄  ‐-v'     \
      _____|_ .>ヘ            |      }  . -‐┐
      ` ─ァ     \           釗    {. /   |
         /        l. \  \      !    V
.        / / |  ||\.\  \  , /    ヘ「}-1  |
       / l |  |! l   \ \-─く  \___ノ「ヽ.   /
.      / /| ハ.  ‐|-‐!'   \|\__\__ | |  l |__/
          / :! | |   || V__    =キ¨厂丁メ、 |、 l  | !
        l /  | ! |   リく丁`}.     ∨、__..| |∧ | }   l |
        /  ヘ | .   |} 弋ソ     `ー ' ' j/// .′!
           ヽ |\ハ、 """      """/` 7´/ / |
            |  |` t-  ≦` ´ |__. / / /   |
             |    !、  \. イノ  // / /|.  |
             |    | > ´ ∠、 //   /、|    |
             |.   ,!´   /  / /イ   /____\ |
             l  イj_   / / _  |  / . -‐ 丁  !
             |/ /  \.{/ /  }´|. /´      l   |
             / /   ヘ/7´1   / j/      l.  |
            ヘ〈    _.ゝ{`    }  /         〉 !

柊かがみ
「本来は断らなくてもいいのかもしれないけどねー。

断っておかないと勘違いされがちなのよ。

たとえばこういう反証をされたりするわね」

824 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:08:41 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│〜 勘違いした反証の例 〜                                               .│
│                                                              ..│
│生きた人間を切り刻んで分解し、繋ぎ直しても生き返らない。よって部分の総和は全体ではない。     .│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

.

825 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:09:00 ID:A4Yz2rNo


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「あれ? なんとなくあってるような気もするお?」

826 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:09:15 ID:A4Yz2rNo

               ___   /ヽ、
        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\
       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./
        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨
         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|
        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |
          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |
          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │

柊かがみ
「駄目駄目。

さっきの例と同じで恐縮だけど、『生きた人間』を
『死体』に変質させちゃってるでしょ。

『全体と部分』はあくまで概念の分割の話なの。
元々の全体の概念を変質させちゃだめ」

827 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:09:49 ID:A4Yz2rNo


    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´

朝倉涼子
「同じ『分割』という用語を使ってはいますが、この例は物理的な分割で、
『原因と結果』の関係にあたります。

概念の分割とはまったく別物です。

混同しないように注意が必要ですよー」

828 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:10:33 ID:A4Yz2rNo

            /: : : : : : /: : : ://:.:/ / |: : : : : :.!: : : : : : \
           /: :/: : : : :./: :'⌒メ、_|:_ノ ,′│:.: : : :.:|.:. : :/|: :∨`>、_
         ∠://: : : : : ,': : : :/  j/   ヽ|ー- : :│l: / i|: : |  ト、 \
                ,': : : : : : | : : /   ハ     ∨\: :`ト:|(. .八: |  |: :ヽ
            |: : : : .: :.:|: : ,'ャ行テ=ミ     、_ _ ヽ∧|: : : : ヽ!  |: : |  〉
            |: : : /|: : l: : |  マ辷ソ      行テ=ッ-、|: : :.,': : !  |: : |_/
            {; イ: :{: : :ヽ:j     ////ゞ辷ソ イ|: : /: : :|_|:.: :|
                  |:.:∧: : : リ                  |: /: : : :|: / : : |
                  |:/:.∧: 八      f>―-、       j/|:/ヽ|:/i: : : |
                  |: :/: :ヽ{:个: 、  `ーu┘     、_ノ' : : :/: i: : : |
                  | ;': : : :.:l:/: : :|> ,、____....., 、-=勹: :/: : : :/: : |:. : :|
                  |;': : : : :.レ ‐┴/∧   ノ ト、_// : : : /i : : |:. : :|
             l: : : : : /   /  {___/  │/ : : : : : /:.:i : : |:. : :|
             |: : : : /   /  {_/    j/ : : : : : ∧:.:l : : |:. : :|

柊かがみ
「ていうかね?

分割前と後で概念が別物になっちゃったら、基準が変わるんだから
そもそも総和を求めること自体がおかしいでしょうが。

もし別物の概念を同一の基準で計算していいなら、

『豆1Kgと米1リットルを足しても2Kmにはならない。よって1+1は2ではない』なんて

論証だってアリになっちゃうわよ」

829 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:11:05 ID:A4Yz2rNo


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「小学校の授業で『計算するときは単位を揃えましょう』と教わったけど、
それと似たようなものかお?」

.

830 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:11:33 ID:A4Yz2rNo

                 \、  __/ヽ、 __
             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_
         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_
       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_
             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}
              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈
           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j
            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~
             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|
             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|
             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|
            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j
               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄
             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|
             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|
             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|
             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|
             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|
             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|
             |::|: : : :|:   | 〃 /:   |: :|: ::| ./ {:::::|::|

柊かがみ
「そういうこと。計算するときには基準を統一する。これ原則」

831 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:12:01 ID:A4Yz2rNo

                    ト、
                    ヾ:\
                     ___\: `ー─|`ー-  _
              ,  '´:: : : : : -: : : : : : : :│: : : : : : : `丶
             ∠ -―/ :.:.:.:.:.:./.:/.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ヽ
                / :::::::::::::::/:::::/ !::::::ハ::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:ヘ
               ,.' ::::::::::::::::::/⌒メ、_| ::/ ヾ::\_:::::::| :::::::∨}7ヽ
                 /::::::,:ィ :::/:::::|:: /   |:/   '; l´\`::::!:::::::::::',j'/∧、
             /::::〃/:::::| :::ャzt=z-、l'      リ _,斗rzァ::::::::::::∨/∧\
               ////,| :::::|:::/{! ト..ノ外    彳 ノ外∨::::::::::::::∨, ∧ 〉
            ´ 〈//,| :::::l:∧' |!ヘイj|       |!ヘイj| ∧ :::::ト、::::l//,' ∨
                   `ー|:::::∧ハ ゝヒ.少      ゝ以ソ ハ:::├ヘ├─ ┘
                |!::∧ ゝ_}       '       レム:::j::::ル
                l∨::ヽ/人      -      人/::∨:::,'|
                |::|:::::::::::::|:::> 、_ ,__ __, < |,:':::::::::::/::|
                |::|:::::::::::::|::/ r[ \|__l/ ̄] /:::::::::: / :::|
                |::|:::::::::::::|:レ'' `ヽ、___, -‐'´ /::::::::::::/:::::::|
                |::|:::::::::::::|:|  \___, -‐'´/ ::::::::: / ::::::::|
                |::|:::::::::::::|:|            / ::::::::: /゙ヽ:::::::|

柊かがみ
「ついでにシナジー効果も挙げときましょうか。

部分の総和は全体ではない、という主張によく使われるわ」

832 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:12:48 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│〜 シナジー効果の論証の例 〜                              ......│
│                                                    │
│製造業のA社(売上1,000億円)と小売業のB社(売上1,000億円)を        ....│
│合併させたC社の売り上げは、2,000億円よりもずっと大きくなる。           .│
│                                                    │
│かのアリストテレスが言ったように、『全体とは、部分の総和以上』なのである。   ...│
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

.

833 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:13:03 ID:A4Yz2rNo


 / /: .    / / . : /:|: : :/:::::::::/:.. . ..,' . ,'.:. .:. .:. .:. .:. 、.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:|
./. :/: .   . :/: : i: : : :/´:l : /:::::::::,':.:.:.:.:.; . .;.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:.l
ヽ:/: :/. : : /: : :.|: : :/::::::|:./::::::::::;:.:.:.:.:.:; . .;.:._._:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .,:. .:. .:. .:. .:!
:::/:.;イ. : : /: : :/|: :./::::::::j/:::: :: : i:.:.:.:.:.:; . .;.:. .:. `.:..:. .:. .:. '.:. .:. .、 .:. .:. .:. ,'
:/:/::!. : :/ : :./:::|:./::::::::::::: :: :  !:.:.:.:.:.:; . .;.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. `.:. .:. ./
.:/::::!: : : : : /!::::j/:::::::: :: :    、!:.:.:.:.:.:', . :,.:. .:_ ;. .:. .:. .:. .:. ;. .:. .:. .:. ./
':::::::|: : : : :/:.|:: :: :: :: :        \::::::::'. . ':,::::::::::::::::,:'::::::.:. ;.:. .:. .:., '
::::::::|: : : :/:.:.ヽ                ヽ:::::::' ,. ' ;::::::::::::::::::::::: .:. .:../
:::/| : :./-‐-、\               ' ´  ̄ ̄ ` ヽ::::::::::::::,  '
´:: ;イ: / ‐-、 `               ::::...  }-‐ 7´
ヽ/:.|/:!     }                        /
:/\:.:∧                          ,'
:: :: :|ヽ:.:.ヽ __ イヽ::.. . .               !
:: :: :|  ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.|::                 _.. '
:: :: :|    ` ー- /           _,.. -‐ ´

柊かがみ
「さっきと一緒。これも『全体と部分』の考え方じゃないわ。

合併させてC社になったら社名から業務から社員構成から全部変わるでしょ。

これの本質は『原因と結果』よ」

834 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:13:15 ID:A4Yz2rNo


       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |

朝倉涼子
「もしこれが仮に『A社とB社の売上合計』という概念があって、
それをA社の売上とB社の売上に分割して検討するなら
『全体と部分』の関係になりますけどね」

835 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:13:56 ID:A4Yz2rNo


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「おkだお。

……なんか間違ってる割に妙な説得力を感じるけど」

836 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:14:07 ID:A4Yz2rNo


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「それはたぶん詭弁術のひとつ、
『権威に訴える論証』を使っているからでしょうね。

『かのアリストテレスが〜』以降の部分です」

837 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:14:27 ID:A4Yz2rNo


:::::ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i : : : : : : : : : . ` 、
:::::::::∨: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :|: : : : : : : . .     ヽ
:::::::::::ヘ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : ;!: : : : : . . .   ヽ   \
::::::::::::::}  . . :/: .:.:/: : : : : :./: : :/、: : :ヘ: : : : : ヽ: : :ヘ:.:.:. : ヘ
::::::::::::/: : : : :/: .:.:/: : : : : : /: : /  ∨: :.i: : : : : : i: : : ∧、:.:.:.:ヘ
::::::/: : : : :./.:.:.:/: : : : : : :/: :./   ∨:.l: : : : : : l: : : :.∧\:.:. !
イ.:.:. : : : : /.:.:.:X : : : : ; イ: :/     i: :|ヽ: : : : : !: : : : :ハ. \!
.:|.:.:. : : : :/:.:.:;〃:\:/ ./: /      |: |/∨: : :.| : :.i: : :ハ
/!:.:. : : : i:.:.// : : /\//      ,イ:j  .!: : : :!: : :!:. : : i
.:.|.:. : : : |.://: :/   /\ ノ   / |/   !: : : l:. : i: : : : |
'´l:. : : : |/テ≠==xミ、      z==== |: : :.;!.:.:∧: : : l
. !:. : : :!:/ ()               ()      /|: : /.:.:/ i: : :,'
  l: : : :|  ---――       ー--  / !:./.:.;イ   !: /
ヽ._',: : :|                     i_ノl/!:./:.|  |/
:.:. :.ヘ: :j、   / `ヽ __ `       }:.:|.:.:|/:.:.j
:.:.:. : :ヽ!:ヘ>、{ `ー-  __   ̄7   _,.. イ:.:.l:.:.:.:.:.:.:!
\:.:.:. : : :.∨:::`r 、_____,.ノ-‐'| |:|`i、!:.:.:|:.:..:.:.:.:|
\:\:.:. : : ∨::::ヘ   / |:::::::::::::::! !::! !::|、:.:!:.:.:.:.:.:.|
\\:\:.:. : ∨:::∧'´ ̄ ̄!::::::::::::::| |::| |::| ∨:.:.:.:.:.:.|

柊かがみ
「一見それっぽく聞こえるけど、実際には論証の妥当性に
まるで寄与してないわよ」

838 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:14:39 ID:A4Yz2rNo


=========================================================

*ポイント

部分の総和が合計になる条件その1。
分割・連結後も『全体』の概念が同じであること。

=========================================================

.

839 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:14:57 ID:A4Yz2rNo


3.2  条件2 : 漏れ・ダブりがないこと(MECE)

.

840 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:15:11 ID:A4Yz2rNo

               、_    ,、           __
               \::`ヽ‐-|:::ヽ.-.─-..、_  /:::::}
            _,..-‐'´: : : : : : ::|: : : : : : : : : :`Y::::r‐、:|、
          /: : : : : : : : : :/: : :|: : : |、:、_:: : : : :\::::`::\
           ̄二>: : : : : ,ィ´:/|\:.:| \: : i:: : : : : :\::::::/
           |::/: :/: :/: : : j|;/ | ヽ:| ___,\ト、: : : :|\:|:/:::\
           /: :/|: : |: : :;/ __,    ミ三彡 `ヽ、:|::/\::_:: ヘ
           |:/::::|: : |: ::ハ 彡'´  ,       _ン: :j ∩/ノ: :∧
           ´  ̄ヽ、|、,|:::ハ    -‐ ァ     ,ィ´:/: :|〈 γ, ,〉: : :ヘ
                |: :: :λ   ゝ__,ノ   / j:/:: :/、ゝ`,ィ'_:: : : :∧
                |: : /:i:|`>‐-┬ τ'_`ヽ/: : ://` ‐-‐λ: : : : ヘ
                 |: /::ノ:jィ'   λ-‐-|  /: : :/ 〈ミ三三彡}、: : : : :`ー-====-‐"
                 j/: : :/`/7フ7、ヘ.  | /: : :/  ヽ     ,〉`ヽ、_: : : : ::_;二ニニ
               ノ: : ::/.r〈   ,ノ、 ヘ | /: : :/ ,,__\  _,,/     ̄ ̄
               /: : : :,ィノ`‐--‐'彡〉 `/::/:/  /   ̄ ~ ̄
          __,ノ´: : : // `‐-─ ´ / /::/:/   〉
       _,.-‐'": : : :,-‐'´  〉     / ,ノ:/|::|`ヽ、 \
     /: :;/: : : /    丶、____ノ /"|:/ |::ト、_,>  〉
   /::/´j: : :/      // /;ノ__ノ┬‐-、jリ    /ヽ、_/}}__
   /:/  /:/         /'"/: :/ / :|  | `r-‐、'´゛\_ ゛ ̄//
  /'´  /'´        / /::::/ / :/  ハ.  \ \   ゛ ̄"/フ

柊かがみ
「では次、部分の総和が合計になる条件その2、行きましょう。

条件その2は、漏れ・ダブりがないことよ」

841 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:15:32 ID:A4Yz2rNo

┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│〜 漏れてるとこうなる 〜                                   ...│
│                                                    │
│∧_∧                                              ..│
│( ´・ω・)  本来こうなるんよ                                 .....│
│( つ旦O                                               .│
│と_)_)                                              ..│
│                                                    │
│                                                    │
│ 【部分】                  【全体】                        .│
│ ∧_∧ (耳部)             ∧_∧                      ...│
│            ――連結―→           顔が足りてないんよ        .│
│                        ( つ旦O                       .│
│                       と_)_)                       ..│
│ ( つ旦O (胴部)                                       ...│
│                                                    │
│ と_)_)  (足部)                                        .│
│                                                    │
│                                                    │
│*顔部が欠けているので、連結してもショボーン全部にならない。          ......│
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

柊かがみ
「まず、当然ながら、全体を構成する部分がかけていたら、
連結しても全体にはならないわ。

これは説明要らないわよね」

842 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:15:52 ID:A4Yz2rNo


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「当たり前だから説明はいらねーお。

部品が足りないプラモは完成しないもんだお」

843 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:16:04 ID:A4Yz2rNo


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「それより、ダブりってなんだお?」

844 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:16:26 ID:A4Yz2rNo

┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│〜 ダブるとこうなる 〜                                   │
│                                                │
│                                                │
│ 【部分】                  【全体】                    .│
│ ∧_∧ (耳部)             ∧_∧    なんか余っとるんよ     .│
│            ――連結―→   ( ´・ω・)                    │
│  ( ´・ω・)  (顔部)           ( つ旦O                     .│
│                       と_)_)    と_)_) ←余り       .│
│ ( つ旦O (胴部)                  と_)_)  ←余り        │
│                                                │
│ と_)_)  (足部1)                                   .│
│ と_)_)  (足部2)                                   .│
│ と_)_)  (足部3)                                   .│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

柊かがみ
「そのままの意味よ。さっきとは逆に、部分が余っちゃうわけね」

845 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:16:53 ID:A4Yz2rNo

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /
美筆やる夫
「なるほど。

でも分割したら普通ダブらねーもんじゃないのかお?」

846 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:17:05 ID:A4Yz2rNo


            ,.ィ´: : : ;ァ. . . : : : : : : ::ヽ、: : : : : : : : : : :. . . . . .ヽ、: : : : :;メ;;フ;;;;;;`ヽ
          /"´ ̄/. . . . . . . . :;|: : :/|ヘ : : : : : . . . . . . . . . . ,..ヽ、:/;;;;;;;ヘ::\;;;;
               /. ./. ::/: : : :;ィ|: :;/ | ∨: : ; : : : : : : |:::: : :∧: ::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;\: :
              /. . .:/: :::::/: : : :/ |:.:| |  ∨::|\: : : : ::|:::::::(__;):: :ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉:
           /: : ::/: :::::/::ヽ、:/   |::| |   ∨:|  \/::ト、:::::::: : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;/:: :
            /: : :/: : :::/: : : :/\  |:| |   ∨  / \:| ∨::::::: .: : : :|;;;;;;;/:: : : :
          j: : :/: : :::::j: : :.:/___\|j  !     /_____ ∨::: : :;ヘ::.|;/::: : : : : :
           |: :/|: : :::::::|: : ::ァ=ァ==ォ、ヽ ヽヽ,/ャァ==ォ==ァ   ∨::/、;;レ'::::::: : : : : : :
         |/ |: ::::::/|: :;八弋z;ク ,       弋:z;ク ノ   リV´`}:::::::::: : : : : :/::
            |: ::/{ |:::ハ  ー‐ '         `ー-‐ ´     .イ ,ノ::::: : : : : : :/:::::
           |:.::{::ヽV_,}            l | |l i!   ,r-‐'´:::::: : : : : : :/::::::::
           ヽ:|: ::::::::::l、                  / |::|:::::: : : : : : : :/:::::::::::
             |: : ::::::::::ヽ、  r-‐──‐-、   イ   |:j::::: : : : : : : :/:::::::::::::
             |: : :::::::::::::::::`>V_____,,}<´ /     リ::::: : : : : : :/::::::::::::::::
                |: : : :::::::::::/   |` ̄~´ ‐-─/    j:::: : : : : : :/:::::::::::::::::::
             |: : : :::::::/     |      /    ,ノ:: : : : : : :/ヽ、::::::::::::::
                |: : : :::/\\   |     /    /ノ: : : : : :.:/ィ´ハ:::::::::::::

柊かがみ
「正確に分割できていればね。でも分割する概念の選択を誤ったら別なの。

そりゃもうあっけなくダブるわよ」

847 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:17:20 ID:A4Yz2rNo

          _______
      .、ー''.゛゛       ̄゛ ''.‐-、,、-‐'''''l  _,,ノ
   ,、‐゛    ,、-.、.,-、 _____________     .l''''ン´
._ノ   _,、‐゛;;;;;;;;`;;;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.  j .l.|.  ゛''‐、,
;;;/  ,、‐゛;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ'''''''''l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  / j|.|  ヘ .、_.''.、
ソ.   '.,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j゛    .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ト、 / j.!l ヽ へ.`ヽ、' ,
     '.,;;;;;;;;;;;;;;/    .i ト、;;;;;;;;;;;;;;;j メj .j .!l  '.,.  ヘ  `'
      ',;;;;;;;;;/j    .| l:/\;;;;;;;;/ /j V リ   ', ,、 ハ
      '.,;;;;/ j     | l' , \/ /.メ、',./.|    ',:i`、ハ
       `ソ .j     .| ./ ハ、  /.  `' |    ',| '、i
       /  j.     | .|././ ) ./   ┃ .l j',   |.  '!
ト ',   ノ  .j     | レ.|{  { /.     l j. ヽ  |
j.ヽ ',.     .j     .|.  |', V.  ー― ',/.  ヽ |
  ヽ.'     j      |  バ' ノ   _  '.,.   ', j
   ヽ     j      |.  ハ.    ,'  j  .,'   !'
.    l.ト   j      ト、.  ヘ   ,'.  j ./
    リ ゛''.lj      | ヘ.  ヘ.  ,'.  i‐゛
   リ  ,‐j.      |ハ ヘ   ヘ''.ー−
.   リ゛゛''-、j      |,'`'-`''''''''''`- 、
  /    ノ      j.        `、
  /    /      /          l

柊かがみ
「よくあるのは分割するときにうっかり範囲をかぶらせちゃうケースね」

848 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:17:34 ID:A4Yz2rNo


┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│〜 失敗例 〜                                            ......│
│                                                     ...│
│ある化粧品会社では自社の主要顧客層を次のように分割して分析することとした。   ....│
│                                                     ...│
│・家事手伝い(*ここでは未婚の未就労女性を意味する)                    │
│・主婦                                                   .│
│・OL                                                   .│
│・その他                                                ...│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

.

849 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:17:47 ID:A4Yz2rNo


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「? これ失敗してるのかお?」

850 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:18:04 ID:A4Yz2rNo

       . . : : :....         ,、
      . .::ヽ、:‐:─:‐=;:==‐/:.::`:ー:-:‐::‐-:.、_
      . : : .:::: ̄>'´: : : : ::l: : : :: : : : : : : : : :`ヽ、_r::‐ュ、
      . : : : ::/ . . . . :/: :.:| : : : :ト、: : : . . . ...\:;/::::;r:、::\
      . : .:::::/: ::;ィ': : : ::|: ::/|∨ : :| \: :\... . . ヘ::::::|:.:}::::::;〉
     . : : : ::/:;//:.:/: :_|_/__| V: : :| 、_\:__::、:: : ハ::」:.:|:/
    . : : : .::'"::::/: :/: ::/|/__、! ∨::| ,____∨::.. :i: :|:: i::|'
     . : : : .:::://|: :/:ハマ弐、  ヽ:|チ弐マ7∨:: :ト、:|:.:|::|
      : : : : .::'"::::|:;/::::ハ、V::;j    |ィ::;リ ,' ∨:.:|)::: :|::|
       . : : .:::::::::|,'::::i:,ハ" ̄  '    ̄゛" ,.rヽ:|:::: ;ノ::|
    . . : : : : : : .:::::|::::::|;':::ヽ、  r_ァ    / |:;/::: :/:::.:|
     : : : : : : .:::::::|::.:λ::: :.:{ ` ー-,r‐:r_'"  |:':: :/|::i:: :|
       . : : : .:::::|:::: :|ヽ、::.:ヘ-‐'´|  `} `ー-j: :/. |::|::: :|
      . : : : : : .:::::|:: : :| /`ヽ:.:\ |-‐、|  /::;ハ |::|::.:.:|
        . : : : .:::::::|:: : :| {"\.ヽ:::ヘ.|   |  /:://,ハ.|::|::: :|
    . : : : : : : :.:::::::|:::.:i:| |  i\.〉::}| | ,j::/// }|::!::: :|

柊かがみ
「よーく見て。

家事手伝いとOLは決してかぶらない(なお、かぶらない関係を排他的というわ)
概念だからいいとして、OLと主婦はそのままだとまずいわ」

851 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:18:20 ID:A4Yz2rNo


        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|

朝倉涼子
「OLでかつ主婦やってる人がどっちにも含まれちゃいますね。

主婦じゃなくて専業主婦と指定していたなら大丈夫だったんですけど」

852 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:18:36 ID:A4Yz2rNo


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「……ああ、はいはい。なるほどだお」

853 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:18:50 ID:A4Yz2rNo

           ヽ、
           ,.j`ヽ.-;‐::‐:-:-.、.__
      -‐=ニ": : : ;|:`:ヽ; : : : : : :.:`:ヽ、
       ,ィ´: : : : ;ィ|: : ::、: : :ヽ、:: : : : : :ヽ、
      /;/:,ィ: :.;/||:.: : :;ハ;: :: ::ヽ、;: : : : : :ハ
      /.;/: ::/: :;斗、|∨: .:| ヽ、;__:: ::i: :: ::ヽ;: :}
    /|/|: :;/: :/ |リ ! ∨:.:|  ヽ;.:`: :i: :.:ト;:|::λ、
    ヽ、|;ク: :,イ マテz  ∨:.| __ ∨; ::|、: :| リ:,fヽヽ、
       |;/: ::} 込リ  ヽ| 行テヤ∨、:;/: :{, __〉 _〉
       i: : :{    ,    込;リ ,,_ソ∨:;: .;{_,メ_,r'´
       |: : :iヽ、  ー‐   ,/ |: : :;ハ; : : :|
       |: : :|  `>ォ-‐π´、_  j: ::/  j;: : :|
       j: : :|,.ィ´  |ー、 ,.-/ `/: :/.、  }: : :|
       λ::ィミミヽ、. |ー-/  ,/: :/彡ミ:、 j: : :|
       j: :j:;| /{ `㍉|/,ィ彡"メ::/j" `ヽ} ト、: :|
       |: :i:| i `ー=ャ≦´__,/: :/./   j |:λ:|
       |::|:.:|λ  /´jiヾ  /: :/,/   ,/ |::| i:|
        j:.:|:.:| λ/  ||  ,ィ: ://'"´  /  |::| |:|
       |:.:|:.:|  ヽ、 |:|  リメノ    /   |::| |:|
   r'´~ヽ、|:ji:|::{   V、 \ /  ノ  /j    |::| |:|
   `ヽ、  |:|l:|レ'    }  ,/,ノ´  / ハ   |::| |:|
      ) |リ|.:| }    〉/"   ,/___,λ   |::l |:|

柊かがみ
「これがダブりの典型的なパターン。

後は見た目だけ違う、同じ意味の概念を使って

ダブらせちゃうこともたまにあるわね」

854 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:19:09 ID:A4Yz2rNo


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│〜 見た目だけ違う、同じ意味の概念を使ってしまった例 〜  ......│
│                                       .│
│・家事手伝い …… 100万人                    ..│
│・未就労かつ未婚の女性 …… 100万人             .│
│                                       .│
└───────────────────────────┘

.

855 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:19:37 ID:A4Yz2rNo

            Yノ     __
            |´ノ ,. ‐'"´    `゙'''‐.、
            l´ノ'", _       ,  _`ヽ_
            {ノl'''¬--=ニ二 ̄ / /. `´ `´ヽ
     ,.-'"´ ̄`゙''"<ソ、゙'ヽ、 -、  ̄/ /       ハハ
   ,イ,イ ̄/ ̄`7ヽ、 ヾヘ  _>、 `ヽ| /  ,      | .|
  / /   /   |   ヘ l |ヽl´  `>-| |  / 、 l  l  | |
 /  /  /    |   | | トソ |_/,┤ ゙、_/_ ヽ'  l  ハノ
└、-rー-r-=、__|_  | .| ノ、)|、  ( .|   .kュ、,´〉-'ー‐'
   |   /ー-- /  7-'、_Y'l  l `ー' ,>|  ハ(/ /
   |  ハ ,、 /  ハ ̄  |   / .|   | _ |
   | / ヾヽ./ /ー'`/¬`'r‐'「  .|  .ト‐'"
   ゝ'      し'   └‐r-r'  |   |  |
               `´ └r‐rヘ   |
                   `'  ヽ |
                      ヽ'

朝倉涼子
「分割のミスは影響が大きいですよ。

ダブりに気付かず集計をかけると、
全部で10万人しかいないはずの顧客が、
各部分を集計したら13万人に増えたりします。

逆に漏れがあると全部で10万人の顧客が
8万人くらいしかいなかったりします。

両方やらかしてると……もうワケがわからなくなりますね」

856 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:20:01 ID:A4Yz2rNo


::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                          ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                 _,.-‐──-.、_     :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                /,'   、_.,'  \     :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::                / /‐   /__. |_ ,' `ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::            ,ィ{ 〉‐..... < , 'ヽ_〉   ∧  ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::             / Y::{:::::;/,:|_/: /| :i ,/:| ,|   ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::         r'´ ̄ ̄ ̄//{ |γ∨ | /|/i:::|/   :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::          /|___,,// ̄ハヽ、  |/,' |:/     :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::         // , ' //     ∧}ゝ-'´  '"     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::      // , ' //    ,. ':/ ∧               :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::    ./'"´ , '  〈/〈    / ,∧  ∧              ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::   /   , '    ∨  /  /| ∨ ∧             ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  ..lー-,、, '__        /ヽ.>/:::|: : :∨ ∧: : : : : : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.. |::/:::/::i:::\___,/   /==t   ∨_;ヘ        `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '  {´`Y´`下 ̄Y  \   ,/  ̄    `==='´         ,:::::::
::::::::::::::::',  〈_人_,,/_ノ-┴--‐'" ̄                   ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

柊かがみ
「こういう失敗は判断ミスへとストレートに繋がっていくわ。

痛いわよ。……マジで」

857 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:20:19 ID:A4Yz2rNo


./ |   |. |    ヤ.|     |/   |   |
|  .| .ヽ. | |    Ⅵ   / |    .|   |
|  |  ヽl |     ヘ,イ、ー.、-、 _  .|l  ./
|  .|,..../ ハト   "/|,_ノ_::::ハ ヾ゙T l、/ ヽ
`'7 ̄ヘ{ |"r、ハ     .|:::f. .ハ:::::l リ.|
./   ベ ヤl:ハ:l    ヤ弋_ノ o:l  |
|    |ヘ. マz'リ     ゝ=ニ::::ソ   ∨
|    ヘ l `´  ,..-‐-、      ∨
\   ヘl.   l´     ヽ     ,ィ゙ヽ
  \  、-ゝ、.__ \     ),、--'"-、| \
   <´ ̄   | ̄|、 ̄ ̄´ノ >  .ヽ  \
   `l >-、  .|  |   ̄ <´      ヘ
    ∨ > |   ̄ 。 ̄  >     ヘ
     <   |   ゚γ'ヽ゚ ,>'"    ヘ

朝倉涼子
「そのため、概念を分割する際は、漏れ、ダブりがないように
注意して行わないといけません。

実務では重要性と分析コストとの兼ね合いになりますが、

そうは言っても重要性の低さを理由にした省略と、
ただの感違いは別物です」

858 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:20:48 ID:A4Yz2rNo


              \  ___
               _>‐  `ー‐「 `ー―――‐-
                '" : : : : : : : : /|: : : : : : : : : : : : : : 丶、
            /.:.:.:.:.:  '".:.:.:.:.:.: 釗.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:ヽ
            /:; -ァ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨___V⌒\
        // /:/:::::::::::::: /:: /:::/  l:::::: \:::::::::::::::::::::::::::∨ン′!  jヽ
           l/:::::/::::::: /::_/_:/   l:::::| ::: \_:::::::::::::::::::',:  K_/  ',
              /::::〃:::::::,'::: / !:l     ',:: lヽ´:::::\`:::::::::::::::: l  |::::|  l
.            ,':::::::{{:::::::: |:::/ |:{     ヽl \|_  \ ::::::::::: |  |::::|  |
          !:::::::/!::::::::jレ えテトミ     ィ斗テ〒ア ::::::::::|  |::::|  |
           |:::::/│::::::Ⅳヾ r'::::::「       r'::::::: j バ ::::::: |_/ ::,|_,/
           |:::/_厶:::::::|ハ Vヘ j      !ヘイ/  ヘ :::: |:::::::::/:|
              V  ヾヘ::::|ヽハ ゞ ''      ` ー''   レ'Ⅳ^|):: /:: |
                l ヽ|::::: { .:.:.   '     ::.:.:. ,、 _ イ:::: /::::::|
                |:::|:::::: 个    ヽ)     イ/::::::::::':::: /::::::: |
                |:::l::::::::::|::リ  >t-r   セヽ 〃:::::::::::::::/:::::::::::|
                |::::l:::::::::|/ _/ /-}   V  /:::::::::::::: /::l::::::::: |
                |:::::l::::::::l'´    |-―=:-/  /:::::::::::::: /| ::l ::::::: |
                |::::::l::::::::|ヘ.   |   :/  /::::::::::::: /ヽl:::| ::::::: |
                |::: ∧:::: lヘヽ │   /  /:::::::::::: / / l::| ::::::: |
                |: / ∧:::.ヽヽ\.l /  /::::::::::/     | | ::::::: |

柊かがみ
「このことはクリティカル・シンキングでも重要視されてるわね。

漏れ・ダブりがない状態(つまり分割した部分の総和が全体となる状態)を指す
『MECE』なんて用語もあるわよ。もっとも、こちらは細分化すべてを含めて考えるみたいだから、
分割だけでなく具体化の場合にも適用されるようだけど」

859 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:21:15 ID:A4Yz2rNo


┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│〜 MECE 〜                                                         │
│                                                                │
│Mutually Exclusive(互いに排他的で) and(かつ) Collectively Exhaustive(集めると全体となる)の略。  ....│
│読み方はミーシー、またはミッシー。                                         .....│
│                                                                │
└────────────────────────────────────────────┘

.

860 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:21:29 ID:A4Yz2rNo


            /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
             ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
             /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
            / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
             /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
          //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
              | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
              | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
              | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
              |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
              |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                   ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
     /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/  |=====|    \\
      /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/    .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

柊かがみ
「『全体と部分』の考え方の基本は以上ね」

861 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:21:40 ID:A4Yz2rNo


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「おk。解説ありがとうだお」

862 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:22:00 ID:A4Yz2rNo


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「ところで、さっきから気になっていたんだけど、
これ、UMLの集約関係にそっくりだお。

もしかして、これが元になってる考え方だったのかお?」

863 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:22:15 ID:A4Yz2rNo


     ..:.:´:.:´:.:.:./:.!:.',:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ`:.:、:.:.:.ヽ
   /__/:.:./:.:.:.':.:.ハ:.:',:.:. i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.,-<::ゞ`::::ー..
 / ´ ./:.:.:/:i:.:.:.:.!:.:! .!:.:.l、:.:',:.:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:〈:::::::ヾ::::::::::::::::`::...、
    . /:.:.: ':.:l:.:.:.:.l:,:l  ',:.:l ゝ:=-、_:.:.:.:',:.:.:.:',::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::}
    l:.:.:.:イ:.:l:.:.:イ:.l  .',:.! ヽ:'.,ヽ:.:`:ーl:.:.:.:.l:::::::::::::',:::::::::::::::::/
    l:.:./ l:.:l:.:.:.:ハ:!   .ヾ  \_,,xzぇァl:.:.:.:.l:::::::::::::::l:::::::::::::/
    l:/  l:.ハ:.:.ヾ≧.、  ヽ,ィf::::::ひ7:.:l,:.:.:.i‐.::::::::::!:::::::::/
    !'  .l:lゞ:. l:.:V心      !ゝイ,ハ:l ',:.:i }_...:::::夲、〆
       !' ヾト:、ゞ"      ゞー''  .}' ソ ノ:.:.:.:.:.:,':.:.l ',
            }.从:::: '、 ,   ::::::::: ,夂匕/:.:.:.:.:./:.:. l:.:',
           .个:..._   _ ..イ_/:.:.:,:':.:.:.:. ,イ:.:.:.:.l:.:.i
           i:.:.:.:.:.:i:`Tス   V:.:.:/:.:.:.:./!:!:.:.:.:.:l:. !
            !:.:.:.:.:.:!r'´:/} ./': ,.:':.:.:.:.<  l:.:!:.:.:.:.l:.:l
           ,.:.:.:.:.:ィ'::::/ ̄ソ´:/:,:.':,.::'´,.:-ヾ: l:.:!:.:.:.:.l:.:l
            /:.:.:.:.:/i::::l  /:::::/:/:,.:':/    }l:.:.!:.:.:.:l:.:l

柊かがみ
「あー。私はUMLの成り立ちはよく知らないけど、概念は同じっぽいわよね」

864 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:22:31 ID:A4Yz2rNo


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「ついでにいうと、抽象的概念と実体の関係は、どうもUMLの汎化関係みたいですよね」

865 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:22:50 ID:A4Yz2rNo


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「ああ、確かに。

学問ってあちこちで繋がってるもんだお」

866 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:23:02 ID:A4Yz2rNo


===============================================

*ポイント

部分の総和が合計になる条件その2。
漏れ、ダブりがないこと(MECE)。

===============================================

.

867 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:23:17 ID:A4Yz2rNo



◆◇◆◇◆◇ 4.『全体と部分』の考え方を使った細分化の例 ◇◆◇◆◇◆


.

868 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:23:29 ID:A4Yz2rNo


              /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
               ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
                 /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
             / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
              /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/
             //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
                 | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
                 | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
                 | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
                 |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
                 |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
    /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/   |=====|    \\
    /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/     .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\

柊かがみ
「では基本は以上ということで、実際にこの考え方を目標達成の手法に応用してみましょう」

869 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:23:46 ID:A4Yz2rNo


           , ィ//___
        /^"": : :!: : : :``丶、

.       ,-ァ’::/:.:/:l: :∧: !、:i:: : ヾ- ゝ
.       Y:.:.::./: :/:ィ::/ i:_;、:.:!: : l: :}

      {:::/{.:/: /l/   l/⌒}|: :.|: :|
.        `.|∧!/( ・ ) ( ・ )〉: ト、l

        |l:-'ト、   、--,  .ノl": |
.         |: : | .> _`__ ,イ |:: .|
.        |: : | イ: ::ト--イ:..ト、|:. :|

          |: :_|/ \,:て):く ヽ_:|
        (_|_/__|::介:::|__ヽ__|_)

         /  ."  ̄ \"

          ゝ-、_へソr-く"
           i、_ソ  `、ソ

柊かがみ
「前回ちょっと触れたけど、『全体と部分』の考え方を目標の細分化に用いるのは
とてもスタンダードな方法よ」

870 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:24:08 ID:A4Yz2rNo


       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「特に立てた目標の規模が大きい場合はそうですね。

そのままでは実行不能な規模の目標を、
実行可能になるよう分割するのは
賢明なやり方だと思います」

871 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:24:24 ID:A4Yz2rNo


┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│                                                                │
│    俺ら一家の収入は年間800万欲しいなあ                                   .│
│         ∧,,∧  ∧,,∧                                                .│
│      ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  そうよね。じゃあなたが500万円、私が250万円、          ..│
│     ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   子どもたちが50万円稼ぐのを目標にしない?          ......│
│     | U (  ´・) (・`  ) と ノ    それならなんとかなると思うわ。                   ..│
│      u-u (l    ) (   ノu-u                                          ......│
│          `u-u'. `u-u'                                              ....│
│   いいけど、俺らは学校があるからひと月で50万円は無理。月々4万円強づつ稼ぐことにするわ。  ....│
│                                                                │
│                                                                │
└────────────────────────────────────────────┘

柊かがみ
「どんなに大きな目標も、細かくしてしまえば一つ一つは実行可能な規模になるからね」

872 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:24:37 ID:A4Yz2rNo


                                ll
                           |:|
                            | |
                            | |
               .. : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : :: : : : . . . . . . : : : : : : . . . . . . . : : : : : . . . . . .: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : : : :.: : : : : :. :.: |::. | : : : :
: : : : : : : : : :                        |;;; |                    : : : : : : : : : : : . . . .
                           |;;;; i i |
                           /;;;; i i∧
       : : : : : :   : : : :    : : : : :   /;;;;;;i i i∧  i:::::::  ̄i:::: ̄|
                          |;;;;;;; v i  | :::::::n  i::::  | : : : : :::::::: : : : :   . . : : : : : : : : :
 : : : : : : : :                     |;;;;;;;V / |::||:ll:::::::............... : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . .
      /||;||;ll‐-、__               /;;;;;;;;V ,,,  | ::||;||;||;ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...........................:::::::..........
    ../|;||;||;|| ;;;;;;;;;;`‐-、____,-‐: _ _: : |;;;;;;;;;;||;;i   | ::;;;;;;;;m_,-‐ ̄ ̄ ̄ ̄┏┓     ::::::::::::::::::::::::::::
  /__;;;;;;;;|;;;;;;;;A;;;;;;;;;;;; |.|nnn______:::::::::::::::: |;;;;;;;;;;||;;|   | :::____|_|_A :───!..┃┃___
  //::|∧.|;;;;;;;|: |;;;;;;;/\___::: : ┏┓|;;;;;;;;;;||;;|   | ..:|   | | |: : : : : : : : : : : : : : . . . . .`‐-、____
  |:::::::|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| : : : |    | _; ┃┃|;;;;;;;;;;||;;|_,-‐、i ..|   | | |mm : : : : _ : : : : : : : : : I ̄ ̄I : : : : :`‐
  |:::::::| | ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;__|;;;;;   /;;;;;;|;;|;;;;| ::: |_i    .| | |  |\ /|| |_ ̄`‐-───、____
  |:::::::|;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄|三三三| = = = . _|;;;;;;;;|;;;| ̄:::: | i ̄ ̄| | n...|  |:::||  |          __
;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;; ;;;; ;;; ̄:::|;;;;;;;;;;;;;;| = = =!.|;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:::::: | |  | | |/ i ∧!::/ !    /三三l⌒l l \_
;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;; ;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:::::: | |/| ̄  ̄  !;;;;;| |   | /i/|M _|   ! !   |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; lllllll |;;;/へ=ニ//AA..: | | |lllllli ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;| ̄| /zzzi |:::::| i^^^|  _|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  | |;;;;;;;|:::::::::|^^^^^| |;/;;;;;;;;;;;;;;;;//Ⅱ|.: | | |lllllll I_/:.:.:.:.:.:.l\|::| | | /:::::|/  i¨l
;;;;;;;;;;|三|;;;____且;;;; ;;;;; ;;;mmmm|    .|../;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Z.ii.ii.iiゝ i ̄\∧|;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.,/|
;;;;;/\_,----i_;;;;;;;;;|::::::/ニニニi!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ll.ll.ll.ll| |::::┌┬┐:::::./;;;;',',|
|    |    \;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;|;;;;|    .i!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ll.ll.ll.ll| |::::│││m|;;;;;;;;

朝倉涼子
「ですが、一つ一つは大したことない規模のものでも、連結したら巨大なものになります。

小さなことでもたゆまず積み重ねていけば驚くほどの成果に繋がるわけですね」

873 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:25:06 ID:A4Yz2rNo


┌──────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                         .│
│            _____                                                       ......│
│      r'ff77"/////〃〃∠=:、     「60回払いだけど月々1,980円で済む安いデジカメだから買った」だと……?   .│
│.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l                                                      │
│.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!      馬鹿が……!                                       .│
│    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l                                                      │
│.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、      60回払いだぞ……!?                                │
│    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \                                                    │
│.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._  合計すれば結局118,800円……おおかた12万円……               │
│ _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l                                                 ..│
│     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |     十分すぎるほど高い買い物……っ!                       .│
│      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |                                                 .│
│       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |     こんな程度の計算もできないから…………                  .│
│   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |                                                ....│
│  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |     いつまでたっても搾取される側なんだ…………!!            ...│
│.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|                                                  │
│  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<                                                 .│
│                                                                         .│
└──────────────────────────────────────────────────┘

朝倉涼子
「ただし、これは悪い意味でもあてはまりますから注意。

分割払いは典型例です。

一つ一つはなんてことない額でも、合計したらかなりの額になりがちです」

874 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:26:30 ID:A4Yz2rNo


           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : :、:: : : :、
          ,:: : : : : : : : : ::/: : : : ,': : : : :;|: : :|: : : : : : : : : :.ヽ:: : :\:::: :ヽ
         ′. . . . . . ../. . . . . ./. . .../ | : :|:: : : : : : : .i: : : : :、:: : :ヽ::: :ハ
        /. . . . . . ../. . . . . . ../. ../|   |.....|.. . . . . . ....|. . . . . .\::/ ̄ ̄|/ヽ
          /: : : : : ::/: : : : : : : :;イ: :/'  |   |: ::|:: : : : : : : ::|:: : : : : : : ヽ   |:  |
.         |: : : : :;.イ:/: : : : : :.,'::/_|:_:l、  |   |: ::|\: : : : : :::|::: : : : : : : :.ハ   l:  |
       |: : ://;/: : : : : ::/::/ |: :|\ |   |: .:l  -─‐-:::|::: : : : : ::|:、:.:|:  /::   |
.         |:/ /'´|: : : : : :/:::マ弐ヽ:|z.、 |   |: :|  ヽ:: : ::::ト、::: : : : ::|:|: :|__/ヽ_/
              |: : : : :;/::/::|'|'´f_ノ::ハ` |  |: :|    \: :| ∨::: : : :|:|: :| |:: \
              |l: : : : l|/:|:::|.| |::t:::j:| |  ヽ:|  ,___ヽ:| |::∨:: : :|:ヽ:| |:. /  _ /|
              |:ヽ: : :|:::|:ハ:| 、弋::z:リ      ,/´   ゛  |:/|: : : :|:____lイ    \    >
             |: i:\:|:::|ゝ.| ゛-‐               ,'.r'´ l|: : :/:::::|::: :|: |     //\|
            |::|: : : ::::|:::::::、///  ,     ///i /ー-r'::|:/:: : ::|::: :l: |    ´
            |::|: : : ::::|: : :i::ヽ、   、_ _ノ     /   |:: : : : : : ::|::: :|: |_ 〃/
            |::|: : : ::::|: : :|::::::::>:.  __     ,.イ、    |::i: : ::__: :::|::::/  )
            |::|: : : ::::|\:|:::::;'::::::|,r─'"| ̄  〈:: ̄ノ`ーl::|::::'´ /: ::::/"  /
.               |::|: : : ::::|-‐'´ ̄l ̄ /'´ :j   厂 ̄   |::|::{  |::..::/   /|
                |:l: : : : ::|、   :|  ,/__    /        |::|::|  ヽ:/   /:人
               ||:: : : :.::|:::`ヽ ::`ー{  `   /        |::|::ゝ  " /`ヽ:::\
             |: : : : :::|/"  \  ヽ.__ ,/"       /|::|:::|  .::/´ /ヽ、::\
            |: : : : :::|   .:/`ー-r-r──-、_.  /  |::|::::ヽ. :八 / ,/ 〉:: : :\

柊かがみ
「といっても、実際に目標を細分化する際には、たいてい分割と具体化の二つの手法を
組み合わせることになるわ。

片方だけしか使わないってのはあんまり見ないわね」

875 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:26:59 ID:A4Yz2rNo


       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「では例として、体調維持を目的に、ダイエットをすることにした場合の
目標の細分化(具体化と分割)をやってみますね」

876 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:27:15 ID:A4Yz2rNo


┌──────────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                              ..│
│〜 例 〜                                                                         .│
│                                                                              ..│
│目的:体調維持                                                                    ....│
│                                                                              ..│
│目標:半年で12Kg減量                                                                .│
│                                                                              ..│
│ 分割:1ヶ月に2Kgづつ減量                                                            ...│
│                                                                              ..│
│   具体化 : 毎月食事管理と運動を行う                                                    ....│
│                                                                              ..│
│     さらに具体化 : 食事管理{カロリー計算、ローカロリー食品の活用、食事記録、グラフ作成}、運動{サイクリング6Km}   ....│
│                                                                              ..│
│       具体化した内容の一部をさらに分割 : サイクリング6Km{自転車通勤にして、会社への行き3Km、帰り3Km}     ..│
│                                                                              ..│
└──────────────────────────────────────────────────────┘

.

877 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:27:48 ID:A4Yz2rNo


               __,.-‐'" ̄ ̄`ー-.、_
             ,.-‐'´           `ヽ、
           /                   \
           /               ヽ、 〉ハ
         {                   ヘ/  |
         j                λ  ヘ. |
          〈____________(,j_____,〉,j
           `|:.:|.:i.|:.:|.:|ー|:‐|-v'  |:;ィ:-:‐:、:|:.:.|:.:.l::|
          |:_;L::|:_|;;|;;」;;;」   L;|;;」;;;|;;,|:.:.|:.:.|::|
         |::|:|:」_;|〒弐オ     〒弐テ |:_:」:_」::|
         |:ハ|:.:ハ ト'::ィ;リ    ト'::ィ;リ, |:.:.:.:.:|i::{
          |;|:..|:.:.:} `ー'   '  `ー'  |::|.:.:.|:|::|
           |:|:.::|.:.:.j、 xxx   r‐-、  xxx,|::|.:.:.|:.:|:|
           ||:.:.:.|:.:.||::>┬r┴-┴r┬<:|::|:.::|::.:|:|
          |i:.:.::|:.:|:|:;/:/'} ヽ__",/ |ヽ::L:|:..:|:::.:|:|
          ||:.:.:.:. ̄::::/ :|  ё   | ∧:.: ̄::.:.:.|:|
           ||:.:.:.:.:.:.:.:/ :j       ,| ∧::.:.:i:.:.:.:|:|

朝倉涼子
「こんな感じで続いていきます。

キリがないので止めますが、イメージは掴んで頂けたのではないかと思います」

878 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:28:03 ID:A4Yz2rNo


            ,. . . - :−:-. . .,,_
          , -:'':´: : : : : : : : : : : : : : :`:丶.、,.-:'':´:`:、
     ,. :': : : : :_: :-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.}`:`:'':'';.''-"'′
    /: :_:,,:zニ,,,、: : : : : : : ;': ; : : : : : : : : : : : : : : : : !:''<
   /,-;;;~;;;∠;;;;;;;;;;;`;;;;,,、: :.;':./: . . /  : : :  ,' i   !   ` 、
 /;;;;;;;;;/: : l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;l:/: : : /: : : : : : :/ /. l.. . . |. . V: :.ヽ
;';;;;;;;;;;;;;;;i: :,!: :!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,': : .::j: :: : : : : :/:/: :,!:::: : :|::. : V: : :`、
;;;;;;;;;;;;;;;;l: : !: : V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l|: : .:::!.:: : : : :_;/-: : ,i:::::: : l:::::. : i`ヾ: : :.
;、;;;;;;;;;;;;!: : |: : : V;;;;;;;;;;;;;;;/::::|: : .:::l.::: : : : :〃 |:./ |:::::. :j::::::::. :j   \:',
;;!\;;;;;j: : :.l: : : :ヾ;;;;;;;;/'::,:::!: :.::::l:::: : : :,/  ,!/ .!:::: :j:::::::::: :.l     ヾ、
;;|::::::ヾj: : :::!: : : : :`:イ:::':,:::::::!: :::;イ:::. :_:/_ /′ !::: /:::}::::::: :|
`'!::::::::|: : ::::!: : : : : : :.!::; - 、::!: :,' |:::: :オ¬:┬ヽ .l:: /:::,' V::: :l
|V::::|: : :::::l:: : : : : : :〉 ‐ヽ `!:,′l::::/┌'゙:::j    l /:::/  V:::j
.j: : ヾ:!: l ::::::l:: :: : : : :{    |l   !:/ ヾ、⊥   ,'/:::/    !:,!
.!: : .:::j: :| :::::::i;:. ::. : : :`:、,,_,  |!   !'///  /'"V    リ
j: : :.:::|: :| ::::::::ヘ::::::.. : : : : ゙!、            /       , --、
: : : ::::!: :! :::::::::::}、::::::.. : : : : `:.、     (゙ゝ  /     / ,. -‐'′
.: : .::::|: :| ::::::::::::|-ヾ:::::::... : : : : \- -- ‐ ''"     / -ー、.)
: : : :::|: :j ::::::::::::|ニニ丶、;;:r ‐ '''"¨¨ ヽ           /  ┌-' )
.: : .::::!: :! ::::::::::::!,, -ァ'" /       `、        i    ,<_ノ

柊かがみ
「なお、これらの細分化した内容は基本的に連言(かつ、AND)の関係となるわ。

つまり、 全 部 達成してようやく真。

一部できて一部できなかった、じゃ偽。
相互に補える関係にあるものも中にはあるけど、例外ね」

879 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:28:15 ID:A4Yz2rNo


              ,..-‐'"´ ̄ ̄ ̄`゙''‐.、
               /    ,、   _    `ヽ、
             /   γ'"´ `''''''´ ヽ ,.イ´゙ヽヘ_,..、
          /   /         `´    `ヽ \
         r〈  /     /       ,、 ,、   、   ヽ
         ノ ヽ/    /   ,   /ヾl/.,_l    l    ハ
        ∧  l  l     /  / `  ´|  l   l     }
     _,.-イ ∨ |l |    |  |  /     .|  |   l l  l ハ
   r"    , ヘ rv、|  ト|-ェzz=ヒ'"'  レヾ、,_ハ__ l l  l /
  /     / ,.. {/ .`l、___| |__| |___|     ノ_/ リ__ノl_ノ_,.ノ'"
  /      ' ,-'7    ,' ,F=r===     ===== ,'  |_,.-‐T'¨フ      __
  |/l    / /   .| (  ノ           l  |. |   ,-'´ 、    / /_
 _,.{ ゙l  / ___/    l  `¨´  ,..--.、        l  l k‐'"  )  )   〈    /
 ___( ヘ イ   ゝ、.   |     /      |      ,ノ     ヾ゙'¬‐.、' ,r-ッ_ ∨  >
    ̄´ ̄`¬'ー`'ー-`-==‐ゝ--===='.--‐‐'">--ーー'¬''"´<__、‐'"   ̄

朝倉涼子
「だから目標達成って難しいんですよねー……」

880 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:28:37 ID:A4Yz2rNo

                     _,
         _,..-:‐:‐/:ヽ‐:─‐-.-:'´::/
       ,.イ´: : : : : : : : :|:: : : : : : ::<、
  r:‐::-ィ´: : : : : : : : :;ィ: : :|:::. : :、:: : : : : :`ヽ、
  V::::::::|: ::/: : : ;: : :/ |::.: :|ヽ、:: :i::、:: : :\:: .:\
   〉:::::::|:/: : : :/:: :/  |:.: :l  ∨:|::ヘ::: : : :\::.: :\
  /:::::::;/:/: : :/|:.:/-‐' |:.:/ `ー|-:l、::ハ:::.: : :: :ハー--`
  /::::_:_'フ': : :/_j;/___、 j;/  ,__j:;/ヽ::.:|:::. : :i:: :|
   ̄|: ::::|:.: :/::| マ弐オ゛´  'チ弐7ハ:;!:::.: : :ト、:|
   |: :::|: :/ヘ:| 、V:::;j      |ィ::;リ,'ハ::∨::.: :l `
   |:i:::|:/ゝ__, " ̄     `  ̄" {:::i:::∨::/
    |:| :::::::|:::|`ヽ、    {_,フ   ,.ィ:::::|::: :∨|
    |:| : :::::|:::|   ` ー-;r -r‐_'´ |::::|::: : i:.:|
    |:| : :::::|:::| ,.-‐'´{゛\_/ }`ー-.、:!:::: :|:.:| ('Y" ̄´ヽ,
   |:| : :.:::|:::|,/  ,.. \,ィ:ヘ,/  、 ハ:::: :|:.:|  〉' ,r‐‐'´
   |:l: : :::::|::::j   i:    }::"}   ',: ヘ::::|:::|/"ヽ<
   |.:|: : ::::|:::{,  |:、:... ..|:::::|:... ..,ノ:、  \;/   /

柊かがみ
「それから、実際の目標設定では、
分割した際に概念が変質し得ることにも注意してね」

881 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:29:10 ID:A4Yz2rNo


/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「今の例で言うと、『半年で12Kg減量』と『6Kmのサイクリング』を分割したときです。

一か月で12Kg減らすのと2Kgづつ半年にわたって減らすのとでは、
減る数字こそ同じですが、リバウンドの起こりやすさは異なるでしょう。

また、一気に6Km走るのと、3Kmづつ走るのとでは、
消費カロリーや体への負担がおそらく変わります」

882 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:29:45 ID:A4Yz2rNo

             /: : :/: : : : : : ::/: : : : : :;|:: :|:: : : : : : : 、:: : : :`ヽ、
           /: : ;ィ´: : : : : : : :.;': : : : i/'´|:: :ト、:: : : : :. . .ヽ... . . . .ヘ
          ノ;/〃. . ./ . . . . :|. . . :/|   |: :| ∨: : : :i.. . . \:: : : :ハ_
          '"  / . . ./. . : : -‐|‐:- / |   |:.:|  |-‐‐-:|:: : : : :.ヘ:: : : :}::`ヽ、
             /: : ::/: : : : : ::/'| :i/  |   |: |  ||: : ::|:: :i: : : : ヘ:: : :|:.: : :}
           j: : : :l': : : : : :/ | :l   |   l:.|  | |: : : l:: :|: : : : : ハ:: :|: : : :|
           | : : ::|: : : : ::/._| :|_、  |  j/   l |: : /、:.:l: : : :.、:. :|:.:|: : : :|
           |: : ::::|: : : :;ハマ弐テォ、       ,__|::/_ ∨: : : : :ト、:|:リ::.: : :|
               |: :::::::|: : :/`| ! V:t::j:|        ミ三彡 /、:\: : :|::.:/::i:.: : :|
             |: :::/'|: :/:ゝj ` `-‐"          /_ノ:::: :\:|:/:: :|:.: : :|
            |:::/ |:/: : ::::ヽ、      '     / /::::::: : : : /:: : :|: : : |
          /三三ニニ=‐-、__,.-‐=ニニ三三;lィ´ /:::::: : : : :/|:: : : |: : : |
          |   ` ̄ ̄`ーr-r‐'" ̄ ̄´    |.ト-:/:::::: : : / |: : : :|: : : |
              |           | !        |  /:::: : :/ ̄゛`ー-ュ:|_:: : |
           |        | :        |,,ノ:::: :/ ,r-‐─.==ニ ̄ ̄
           ,ノ|        | : /´)     |:::: :/   / r-;‐--.、
        /  |       /´) :| / ./ / ).   |:/    { :/    \

柊かがみ
「だからそのあたりも勘案する必要があるのよね。

なお余談ながら、
『部分の総和は必ずしも全部ではない』とする主張は、
本来これを意味するんでしょうね。

『分割ないし連結によって概念が変質する可能性がある』が
本当の命題なんじゃないかしら」

883 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:31:11 ID:A4Yz2rNo


      _____   
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「ふーむ。でも実際に説明するときには、そんな言い方はしねーお。

たしかにそっちの説明のほうが正確なんだろうけど、あまりに抽象的すぎて
理解を得られそうにないし」

884 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:31:56 ID:A4Yz2rNo

       \  iー´─ -: : : : : : : : : : : : : : : : : `: ‐.、
         \、l: : : : : : : -、: :、_: : : : : :.; : : : : : : : : :`
          , r ": : : : :、: : : : `ヽ二:_:‐:/、_: : : : :, --‐.'
     .ィ ´: : : : : : ; : /、`` ‐ 、: : \了 ̄`` >ゝ_ ,
   /: :, ィ: : : :.l: :.l/   \   ``.‐/ヽ   ./.x7ヽ .',
  //´  /: : : : :.',: :',     \  ./   ./磷:::::/
       ./: :.;.:.|: :.: '、:.'、      `   ./,仍:::::ソ/〃
      /: :./:..:l: : : : l'.、'.,   ,       .´`'''/ 〃
    . /: : :l: : : : : : :..', \.,/
    . ,': :..:.:|: : : :V.:,、斗 '"    /,,
   ..l: : :./|: : : : V: : ∧   /xf_'ノヽ   .`
    |: :./ .|: : : : :.V: : ∧./,xf"::::::::ソ/    '、._
   ..l.:/  ',: : ト: :..:V\:.l⌒i_`'''´/ 〃      .`
   ..l/   ', : l.ヘ: : : :/ .ノ、    〃
        ヘ:.l .ヘ/ /ヽ: ,ヽ、            ,
          {´ヽ/ ._/ -、: ゝ ー、 、       .,、- 'ヽ
        i ./    、  ゙i: : ヽ、_ , > 、、 - ."´: :\
         .l        ヽ\: :\:.:\: : : : : : : :/~`ヽ
        .|      ` .、!、: : ヽ:\:\\: :.:,、r':.:.:.:.:.
        .l      ゝ / \: : : : : :,、<二:.:.:.:.:.:.:.:

柊かがみ
「ま、そうよね。
交渉や説得って必ずしも知識を共有している人たちとだけ行える
ものではないし、そのこと自体は仕方ないことと私も思うわ」

885 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:34:02 ID:A4Yz2rNo

     /: : : : : ,イ.  /  / : : : : : : /: : / i: : : {i: : : : : : : : : : : : ヽ: : : ヽ
    ,イ: : : , -./: : : /: : : :,': : : : : : : /: : /  i: : : iV: : : :i: : i       ヽヽ.∧
   ,イ:, ‐'´//: : : : /: : : :,': : : : : : :, /: :/   i: : : i V: : : i: :ハ: : : : . .  ヽ////ヽ、
  /    }/: : : : :.,: : : : ,': : : : : _/--一   .i: : :.i 、V_: : i: :ハ: : : : : : : :ハ//////ヽ、
      /: : : : : ,': : : : i: :‐''' ̄/ .,': /      i: : i  .V`ー-.t,,_ : : : i : : ハ///ト、///}
      ,': : : : : ホ: : : : :i: : : ___i:/      i: :.{  V: :i .Vハ: `ヽ:.i: : :i:ハ//:}ハ///
       i: : : : イ/i : : : : i : : Ⅴ─-メトミ      .Ⅵ  _...ゝ:i .Ⅵ: : : : i: : :i ハ//i:ハ//
     .i: : :/ ヾ i: : : : ハ: : :/{ 卜-イ::::{.       Vi 彡ニ乍モ卜.、 : : ,': : :i}:ハ/,':.ハ'
      .i: :/  .`i: : : ,': V /  {:::.::::::::::}      |. トーイ::::ハ フ/: : :,':V: :i_Vi/i: :.i
      .l:/     Ⅶ: ,: { Vハ  V: : :⊂         .i:: : :::: :::/ i : : ,':/V:.i: :Vi,': : i
      '       .V: i: ハ   }.  `゙ ̄´          辷: : :マ   i: : ,'_ヽ:i:.,': : :,' : : i
            }:.i: : :`ー.{        '       `''''"   i: :,'  }i;': : :/: : : :i
           ,'i: : : : : : :〉、                   ,.i:/_...ン: : : /: : : : :i
             i:.i: : : : : : :i: :i> .   `  '      . .</: : : : : : : /: : : : : :i
              i:.i: : : : : : :i: ,'    `_t  _ .  t-<´  /: : : : : : : /i: : : : : : i
              i:.i: : : : : : :i: '   /:._ .j    .i/l:.:.:ヽ,イ: : : : : : : : /:i: : : : : : :.i
           i : i: : : : : : :V,.<:.:./_. -- ._  ,イ:.:.:.:,ィ: : : : : : : //: i: : : : : : : i

柊かがみ
「ただ、自分が『部分の総和は全部にはならない』なんて
素で考えちゃってるならそれは問題よ。

おそらく間違いのもとになるし、
勘違いや失敗の言い訳にも使ってしまうでしょうからね」

886 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:34:29 ID:A4Yz2rNo



◆◇◆◇◆◇ ティーブレイクと次回予告 ◇◆◇◆◇◆


.

887 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:34:41 ID:A4Yz2rNo


                          刀、           , ヘ
                  /´ ̄`ヽ /: : : \_____/: : : : ヽ、
              ,. -‐┴─‐- <^ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
               /: : : : : : : : : : : : : :`.ヽl____: : : : : : : : : : : : : : : : : : /
     ,. -──「`: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :\ `ヽ ̄ ̄ ̄ フ: : : : :/
    /: :.,.-ァ: : : |: : : : : : : : :    :\: : : : :: : : :ヽ  \   /: : : :/
    ̄ ̄/: : : : ヽ: : : . . . . . . . . . . .、 \=--: : : :.i  / /: : : : :/
     /: :     ∧: \: : : : : : : : : : ヽ: :\: : : 〃}/  /: : : : :/         、
.    /: : /  . : : :! ヽ: : l\_\/: : : : :\: ヽ彡: : |  /: : : : :/            |\
   /: : ィ: : : : :.i: : |   \!___/ ヽ:: : : : : : :\|:.:.:.:/:!  ,': : : : /              |: : \
   / / !: : : : :.ト‐|-    ヽ    \: : : : : l::::__:' :/  i: : : : :{              |: : : :.ヽ
   l/   |: : :!: : .l: :|            \: : : l´r. Y   {: : : : :丶_______.ノ: : : : : :}
      l: : :l: : :ト、|         、___,ィ ヽ: :| ゝ ノ    '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
      |: : :ト、: |: :ヽ ___,彡     ´ ̄´   ヽl-‐'     \: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ
        !: :从ヽ!ヽ.ハ=≠' , ///// ///u /           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      V  ヽ|    }///  r‐'⌒ヽ  イ〉、
              ヽ、______ー‐‐' ィ´ /:/:7rt‐---、      
                  ィ幵ノ ./:/:./:.! !: : : : :!`ヽ    
              r‐'T¨「 |: | !:.∨:/:./: :| |: : : : .l: : : :\   
               /: : .|: :| !:.!ィ¨¨ヾ、:.:/ !: : : : l: : : : : :.\

柊かがみ
「ってわけで『全体と部分』終了! いったん休憩しましょ」

888 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:34:54 ID:A4Yz2rNo


           ____
         /       \
        / U     ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \

美筆やる夫
「長かったお……。

前回の『抽象的概念と実体』もそうだったけど、
含意の補足なんてレベルじゃねーお」

889 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:35:09 ID:A4Yz2rNo


           ____,i ー- ――-- 、
    -==ニ二_,. -      |          ` ヽ
         /        !   ::..     \  /`:...イ` 、
         / /    /  ハ  ∧:..    i:. \::::::::::V::::::::::::\
      / ,.-/     /  /  V  ! ',\::..  l_j   ヽ:::::::ハ:::::::::::::::::\
   /,. ´ /   /  |:  /   ', ', ヽ \::..    ヽ ヽ::::::',::::::::::::::/
  /  //   i   :| /     ヽ:', ヽ_ ,.\-‐   ト  !::::::',:::::/
    /:::/  i  | ‐/‐V- .,     ヽ'´ ヽ_,,.-X::.   i::ヽ':::::::i/
    `゙,'   l  | :/  ―-       '"_rオ示斤   :l::::/ ̄li
     i:.  ハ | :∧<f代テミ     ,イ/::::i } リ ヽ::.  |/.::  l',
     { /|::::i l i :ハ k i:::: }      ト y‐ j   ri  }.::  |:i
     |:/ `∧ |! :| i 辷 ン      ヽ廴ン  / l |::.:  ! l
     !   i ハ  |ヽl           """    _,| |:.::.  ,' |
        j  ヽ :|:./! '""            イ ̄:/|!::.:: /.::. l
        l  ::.::.ヽ// 、   ―-―‐  ィ´ /::/.::.:: /.::.::.  !
        |  ::.::./ /    `゙  ‐-‐ ´ l  //   /:|::.::.  l
        |  ::.::.ヽ ゝ"´}  _ _/     ヽ/    ,.ハ::l::.::.:  |
        |  ::.::::{ '"´ }´‖       /   ,.<   i:l::.::.:  }
        |  :.::.:il / ヽ }‖      /   ,..<  \ l|::.::.:  |
        |   .::.{ ヽ  へ }‖     /  /リリ    il::.::   !
        l   ::.i 入  |l‐--=  -‐/  /≦i、/     |::.   /

柊かがみ
「物事の関係の把握(構造の把握なんて言い方もする)って
論理的思考の基礎だからねー。

浅く流してもそれなりのボリュームになっちゃうのよね」

890 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:35:36 ID:A4Yz2rNo

      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |

朝倉涼子
「いったいこのスレは何人の人が見てくれていることやら、
とちょっと思います……。

内容もコアですし……。

カウンタついてないからPVの計測ができないのが
また不気味です」

891 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:35:52 ID:A4Yz2rNo


                      __,,.. .--‐‐‐ r - ....,,,_,,,,,,......  --ァ
               /', ,. -'''"        |     ___,,...-‐''"
                   /:::::::レ'           |       "' 、
              /::::/               |          \-‐''"i
        r-‐ー‐-r"'''/  /             ハ            \::::|
        ',:::::::::::::_,.ゞ;;|  / /       /i   /  ',    i          ヽ\"'''-..
        '.,:::::::::::::::/:|  / /       / .|_,,,../   ',   ハ     ,   ', ヽ:::::::::::)
            ゝ、:::::::|::| / /   -‐‐'7"´|  /     ', ヽ、ハ     ヽ   ';ヽ、ヽ/
        /::ヽ;_;::|::| / /      /  | /      ',  |"'''i、;_    |ヽ   ';:::::>ヽ
       /::::::::::::::::|::::|' |     /  .,,|_/      ', |   | i "''  | i,   ';{ `'
       "'- 、:::::::::::|::::| ,|   ≡≡ミzュレ`'      ',_|..  ', |    | |ヽ   i::ヽ
          `"''i"::::i´|   }' b x X ヾ       ,,zzzュ≦|    | |::::',  |:::::ヽ
           /::::::::| |   ,イ` i弋 ソ ;i      彳d X ~7冫   | |::::::', |:::::::::>
          L:::;;;_ゝ|   ム|  込,;,;炒       |: i,X 歹//',    |i, |_;;;::::ゝ|‐''"
             |  |  ム,,|         ,    込ニソ/  |   リ, | |   `
             |  | /  i'',  ////  rー‐--、   `"'  /;|  | リ |
             |  レ  | ゝ.      |    |  ////  /ー|  |   |
            |   , -‐‐-'、` 、,_ i     /      ノ   | | i   |
            | γ/ 二⊃イヒニヽ ヾ, ー '  _,.  ''" |   , | | |   |
            | i  /     \ ヽヾー'''"|二"''- .ノ    | リ  |   |
          /', |  | ≡ω≡. |   |   /     "'' 、 ハ  |   |
          /   ', |  |       |   |...,,,,_/     _,..-'< |  |   |
         ノ    |   ', V  V ノ   |   / _,..-'''"_,..-'彡, |     |
       /       ',   ヽ V V/     | ,仁",,,..-'''",..-''" ', |     |
        /     r''"i   `i  ̄| !    |,ム,,.. .-‐'''"        ',|     |
       ヽ     ', /     ,イヽ    ヽ...,,,  "'''- 、      |     |
       ヽ,_,,,...,,__冫      ,イ | `、    \ `    /         |     |

柊かがみ
「しょうがないわ。選択したテーマが少数層向けだから、見てくれる人の
絶対数が少ないのは必然よ。

たとえ少人数でもいてくれればいいじゃない。
見てくれる人の数だけが情報の価値じゃないもの。
きっと誰かの役に立っていると信じてゴーゴーよ」

892 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:36:23 ID:A4Yz2rNo


                _,,  -‐‐-x,ヘ__
             , -‐:::::::::::::::::::::::/i::k::::::::::::`丶、
            //´::::::::::::::::/:/i  l;:iヽ;::::::::::::::::::\j^\__
          //::::::::::/::::::/:/ i!  ゙k! ヘ;:::::::::::::::::::::j!: : }: : ::}
         / ,/::::::::: :/:::::x‐t-/ l!   ヘi  x一t-、::ヾ{: : :j!::::ソ
          /:::::/y゙:::::::::/ i/   |   ヽ ヘ;::ト、:::::::::`x个<
            i:::;イ:::::i!:::::::::zェェx,,      ,,xェェty::::::::/: : i::::\
            |/ |::::;i!::::::::ヘ k,,x:::`|    Yリ: :i! j!リ;:/: i: :::k:;;/
             |:;:::i:::::rxi ゙マk_rj      ik_, y ,ム-、~了゙: i
             |:::::|/i!  ',. ゙-‐゙     `ー゙ /.  ノ::j!:::::::|
             |:;:::i!:::ゝ- t ゙゙゙゙゙゙   ___  ゙゙゙゙゙ノ-z''゙::::j!:::::::: |
             |:!::::::::::k::::::::゙'i x、,, ゙ー゙ _.ィ'゙ /:::::::::jk::::::::::|
             |;!::::::::::| >''゙ ̄ ̄ミ二二,,ブ''‐/;;':::::::/i|::::::::i::|
             |j::::::::k:|     __j!_   /〃::::y! i!゙;:::::::i!|
             |;::::::::|ヘ! /     j!'    /〃:::::/ l ヘk::::: i!|
          ,/j!| :::::|  ;/     .j!    //j!:::::/ :| ヾ::::::|ヘ
          /   | | ::::|,/i!         /' j!:::/  |  ヘ::::゙、\
       ,r' >k  |:::::|.  |      ..........:::::::i :/    |    ';::::i  ヽ
       i゙    ヾ∨.| : |.  !     ゝ 丶:::::::::|:/i     |   i!:::|
        \    ヾ!::::|.  |            |j |    :|    ヘ |
        \   ヘ;:|ヽ.!           i!| } /  i!    リ

柊かがみ
「さて次回だけど、『原因と結果』および『手段と目的』をやるわ。

いわゆる因果律ね。

比較的軽い内容だから、多分ちゃちゃっと終わると思うわ。
……比較的ね」

893名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 21:37:22 ID:bd1tDopM
勉強系の話って、だからどうしたの?で基礎でやめる人多いから困るよね

894 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:37:53 ID:A4Yz2rNo



┏───────────────────────────────────┓
│                                                    │
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです           ..│
│                                                    │
│                                                    │
│                  第4回 命題論理(3)                    .│
│                                                    │
│      〜 含意が表現する物事の関係(2):『全体と部分の関係』 〜        │
│                                                     │
│                                                    │
│                      お わ り                        │
┗───────────────────────────────────┛


.

895 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 21:38:19 ID:A4Yz2rNo


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│参考書籍や参考サイト:                          .│
│                                         .│
│                                         .│
│・野矢茂樹 『論理学』                          .....│
│・John Nolt/Dennis Rohatyn 『現代論理学(Ⅰ)』            .│
│・苫米地 英人 『心の操縦術』                      ..│
│・茂木健一郎 『脳を活かす仕事術』                    │
│・地橋秀雄 『ブッダの瞑想法』                       .│
│・ロジカルシンキング情報館                       .. │
│ http://logical.tokusen-info.com/mece.html              .│
│・@IT アーキテクチャ                           .. │
│  http://www.atmarkit.co.jp/im/carc/index.html           .. │
│・Google神                                   │
│・Wikipedia                                  ..│
│                                         .│
│*たぶん追加されます                           │
│                                         .│
└────────────────────────────┘

.

896名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 21:38:21 ID:7TvjEsnM
気になった物は知っておいて損はないの精神で見てるな俺は
活かせるかってと確実にそうではないんだが

897名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 21:39:11 ID:7TvjEsnM
おっと終わってたか。お疲れ様でした
毎度わかりやすい例文を書いてくれるから助かる…と言うかそれがないと確実についていけない

898名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 21:45:45 ID:xFXQI3Pc


899名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:01:00 ID:KxHbU.Zk
勉強になるので感謝してる
乙です

900名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:02:00 ID:773mGBLA
おつー
こういう小難しい雰囲気の話好きだから期待してます

今やってる話の例文はちゃんと読めば分かるから
良かったら一度、難しい例文見せてもらいたい
論理学でどんな問題を解こうとしてるのか気になる

901名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:10:01 ID:SmMX/l5A
ちゃんと見てますよ

論理学って応用範囲広そうだな

902名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:13:21 ID:RtHJY7qo

見てるぜ〜

903名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:21:09 ID:RX2eOTmE
大丈夫、頭の体操が大好きな俺みたいな奴が見てたりするから問題ない
現実世界に応用するのは不可能って確信してるけど、知っとくだけ知っといて損は無いよな、実生活で使うのは無理だけど

904名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:23:11 ID:HA6jfpZk
ちゃんと見てるぜ。
わかりやすいから面白い

905名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 22:26:36 ID:xaRxoSEg
これはむしろ現実世界の基礎となるべきものな気が。応用ではなく。

乙でした!

906 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 22:39:12 ID:A4Yz2rNo
>>731 お、難しい話始まった
簡単なほうですよ、これでもw
やる夫板の中ではえらい浮いてますがwww


>>819 みてるぜw
どもw


>>893 勉強系の話って、だからどうしたの?で基礎でやめる人多いから困るよね
寂しく感じるのは確かですが、それも一つの選択ですからね。
個人的には、必要とする人たちが少しでもいてくれて、その人たちの役に立てば十分かな、
と思ってます。

来るもの拒まず去る者追わずの精神ですw

学びたい人のお手伝いなら全然おkだけど、サボりたい人の
面倒見るのはタルいから嫌、とも言いますwwww


>>896 気になった物は知っておいて損はないの精神で見てるな俺は
>> 活かせるかってと確実にそうではないんだが
そう卑下せずとも。論理的思考って日常生活の中でも便利に使えますから
立場に寄らず活用の場はあると思いますよ。


>>897 毎度わかりやすい例文を書いてくれるから助かる…
>>と言うかそれがないと確実についていけない
例文って大事ですよね。
自分、参考書はまず例文みてから説明見ることも多いですw
それだけに例文作成はけっこう気を使いますw

っていうか抽象的な語彙使った説明だけで理解するのは
少なくとも自分には無理ですwww考えられる範囲広すぎwwwwww


>>899 勉強になるので感謝してる 乙です
少しでもお役に立っていればなによりです。

907名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 23:21:18 ID:k1hdoqbs
大丈夫、見てるよ

908名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 23:21:40 ID:51jAxvpk
乙です!情報系で論理学は教養でかじった程度だけど勉強になるなぁ

909名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 23:24:36 ID:oCFzH03M
乙でした。

少しだけプログラムかじってるから、それに置き換えるとわかりやすいな。

910 ◆GI8xWOz4Ko:2010/04/30(金) 23:31:23 ID:A4Yz2rNo

>>900 良かったら一度、難しい例文見せてもらいたい
多少長い例文もこの先出る予定ですので、乞うご期待ということでw

ただ、それにしたって各論の組み合わせにすぎませんので、
期待に添えるほどの難解さを持ちえるかどうかはわかりません。

もし待ちきれない、とにかく難しい文章が読みたい、
ということであれば、こんなのどうでしょう。

http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/jpapers/Essence50W010518.html


>>論理学でどんな問題を解こうとしてるのか気になる
今回のテーマはそんな大それたものではなく、
筋道たてて論証するためにはどうすればいいか、
また、論証をどのように活用するべきか、
というとても卑近な代物ですw

もし質問の主旨が

「で、結局なにやりたいの」

ということであれば、今回から副題に表示している

『筋の通った論証、物事の関係、文章術、会話術』

ってことになりますね。
もっとも、文章術・会話術は軽くやる程度でしょうがw


>>901 論理学って応用範囲広そうだな
言語表現一般に関わる学問ですから、極端な話
言語を用いる分野なら全て関係しますw


>>902 見てるぜ〜
>>904 ちゃんと見てるぜ。 わかりやすいから面白い
>>903 大丈夫、頭の体操が大好きな俺みたいな奴が見てたりするから問題ない
>>907 大丈夫、見てるよ
>>908 乙です!情報系で論理学は教養でかじった程度だけど勉強になるなぁ
どもですw なんか思っていたより見てくださる人が多いようで安心しますw
見てくれる人がいないのであれば、公開する意味がありませんからね;


>>905 これはむしろ現実世界の基礎となるべきものな気が。応用ではなく。
そうですね。前回と今回は基本的に誰もがなんとなく日常的にやってる作業を
解説し直してるってだけです。ほとんどは日常生活で使う知識だと思います。

抽象的な用語を多用して説明しているのでわかりにくい、ということはあるかもしれませんが(汗)


>>909 少しだけプログラムかじってるから、それに置き換えるとわかりやすいな。
論理学とプログラミングは共通点がけっこうありますよね。

911名無しのやる夫だお:2010/04/30(金) 23:39:58 ID:773mGBLA
>>910
ゴメンなさい、ぼくがまちがってました

一瞬でオーバーヒートしましたわw

912名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 00:03:46 ID:Ar/LoLBA
別に難しくはないな
専門用語は何一つわかんねーし、かったるいから聞いてもいない
おまけにプログラムとかもやったことないが俺が人を言い負かすときの思考パターンにそっくりなんだよな

913名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 11:06:22 ID:0CZIFF2A
論理学の万能っぷりは異常。手を変え品を変え何度でも役に立つから困る。
国語なら、文章読解をするのにも、わかり易い説明をするのにも論理学が役に立つし、
情報なら、オブジェクト指向、論理型、関数型のプログラミング言語は論理学が基礎になってる。
数学も、形式論理学、記号論理学、離散数学、圏論、などの数学的抽象概念はまさに論理学ありきって感じだ。

914名無しのやる夫だお:2010/05/01(土) 20:39:51 ID:QRYc8N/M
普段から当然のようにしてるから改めて考える機会を与えてくれた>>1に感謝してるw
>>913の言うように応用が利くから中学生くらいから学習すべきだと思うんだがな…

915 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 08:00:56 ID:WZgklOoU
>>913 論理学の万能っぷりは異常。手を変え品を変え何度でも役に立つから困る。
考え方そのものを研究する学問だけに応用範囲は激広ですよねw


>>914 913の言うように応用が利くから中学生くらいから学習すべきだと思うんだがな…
自分もそう思います。
国語の授業で論理学やろうぜ、と提案している人もいらっしゃるようなのですけどねーorz

916 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 08:02:55 ID:WZgklOoU
あと本日夜に 

◆第5回  命題論理(4)

〜 含意が表現する物事の関係(3):『原因と結果の関係など』 〜

をやります。

917 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:53:25 ID:WZgklOoU
ちょい早いけど投下開始します。

918 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:53:48 ID:WZgklOoU


┏────────────────────────────────────┓
│                                                   .....│
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです             │
│                                                    .....│
│        〜 筋の通った論証、物事の関係、文章術、会話術 〜           . ..│
│                                                   .....│
┗────────────────────────────────────┛



          , " ̄ ̄ 丶、                   ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
         /        \                / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ          ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
   r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´         lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ̄\ イ j :|f磷ト  f磷ハ/ノリ/           ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
        7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ            |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
      く/ /V>  __  イ∧ヽ/   -  - 、     ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
        \{ { l::lVミVl::l / ∨  / (≡ ≡)ヽ    〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
          Y\ヾ ∀ シ/ r'´   (ヽ (_人_)/^)   ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
            |   ≧f}≦  |     ヽ     /    / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
          `ァー∨=∨‐く     |      |    / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ

.

919 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:54:12 ID:WZgklOoU





               ◆第5回  命題論理(4)


      〜 含意が表現する物事の関係(3):『原因と結果の関係など』 〜




.

920 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:54:28 ID:WZgklOoU


    ───────────────────────────────
    
        〜 論理記号の意味 〜
    
    
        ・ ∧ …… 連言。「かつ」。AND条件
        │
        ・ ∨ …… 選言。「または」。OR条件
    
        ・ → ……  含意 「ならば」。条件あるいは包含。
    
        ・ ⇔ …… 同値。必要十分条件。
    
        ・ ¬ …… 否定。「ではない」。
    
    ───────────────────────────────


.

921 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:54:39 ID:WZgklOoU



【仮想空間】

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : _,,-−'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛'−-.,,,_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : /..,,:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:...,.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         ̄ | ̄|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄
          | ;|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | ;|;|
          | :|:|                   | :|;|
          | :|:|                   | :|;|
             .| :|:|    ,,        ...    | :|;|
"'~ ''""'~"'~ ''""'~| :|:|"'~ '''~ ''""'~'~"'~'''.~."''~''~| :|;|"'~ ''""'~"'~ ''""'~'~"'~ ''""'~~"'~ ''""
          | :|:|              .  | :|;|
          | :|"'              | :|'"
           "'"'     `''"     '"''"'"
                             ::'' ;,
     ::'' ;,                 ::'' ;,
                                   ::'' ;,
              ::'' ;,

922 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:54:53 ID:WZgklOoU



                                 _       _ _,
                            __ /::;ヽ._ ,..-‐:'´: : /
                  ,...-‐: : : ̄..: : : : : : : ::/: : : : : : :.‐-:<
              -‐、,.イ: : : :/.. : : ::/: : :/:: :/: : : :、: : : : : : : :.`丶
            /.::/ヘ_〉:-:‐::,' . . . . . ,'. . ./:: :/`ヽ:: : l:: : : : : : : :.、:....ヽ
           / .::/ :: \: :/.. :,': : ::/:: : /:/   |....|、.. . . . . . . . ヽ. . \__
.            〈   :/    ∨: :/: : ;ィ⌒:/'´     |:..:| \:: : : : : :、:: :.、:: : ヽ./
           \_/      /: ::/: : :/ |: :/        |: :| ⌒:ヽ:::i : : :l:: :..l:::. : :ハ
.             ,'::|_____/: ::/:: ::/ __|:/、       |:.:l  |: : ::|::: :.:|:: : |\: : :|
            l: : : : ::i::::/: ::,'::.:マ弐云ミ、゛      ,j/_ |: : ::|:: : :|:: : |/\:|
            |: :i: : ::|::,': ::/::: :/| ,'_)::::ハ`      ,ィ云マニア::|:: : :|:: : |   `
            |: :|:: : :l::|::/|:.: :/、l |:::i:::::i:|      ´,'_)::::ハ /:..::|:: : :|::: .:|
           |: :|:: : :|:|/::l: :/:l ゛弋:ゞィリ      |:::i:::::i:| ' |: :i|:: : :|::. ::|
            |: ::l:: : ::Y |:/`゛    -‐       、:ゞィ:リ,' .|:.:||::: :∧::..:|
             |: :::|: :: ::ゝ、_,、         ,      ‐-  |/,|: :/::::ヽ.:|
              |:..:人: : : :\:::::::::、     丶 _,      ,'‐-.'´|:/:::::::: :|`
.            |: : :::::\: : :.:ヽ:::::ハヽ、          ,.イ:::,':: : ::,'::::::::: :.|
.             |: : ::::::::i::\:: : ::\:|    、..._   __ ...:<::::i::/:: : :/:i::::::::: : |
           |: : ::::::::|::::::::\:: : ::ヽ.  __〉、 ̄ /、__,ィ〉::/:: : :/:::|::::::::::: :|
            |: : ::::::::|:::::::::::::;>-‐'´l ̄l:l 〉   // .〉Y:: : ::,'─-.、::::::: :|
             |: : ::::::::|:::::::/     |` |:|     _,//-/ |::.: : |     ハ:::: :|
              |: : ::::::::|::::/´  i  ,'  |.、_|:|ヽ  ´// ,/  ,':: : :,'     l::::.:|
.            |: : : ::::::|:/   | ./  |   ̄ ̄ ̄ ̄/ /::: : /     |:::::.|
          |: : : : :::::{    :|,'   ヽ ̄ ̄ ̄ / i:/:: : :/       ,'::::::.|

柊かがみ
「じゃ、再開しましょうか」

923 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:55:08 ID:WZgklOoU

              ,
           , ィ//____
       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ
   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \
   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ
   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}
    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|
     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l
    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|
    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|
    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|
    |: :.}: :| /l ></ ト、 |: :l.:|
     |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|
    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|
    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|

柊かがみ
「今回やるのは物事の関係編、『原因と結果』および『手段と目的』よ。
ついでに『無関係』もやっちゃうわ。関連する話題だからね」

924 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:55:18 ID:WZgklOoU


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「どれもごく普通に使っている概念なのですが、
使いこなすのはなにげに大変です。

気合いを入れてかかってください」

925 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:55:31 ID:WZgklOoU



◆◇◆◇◆◇ 1.『原因と結果』 ◇◆◇◆◇◆


.

926 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:55:51 ID:WZgklOoU


              \  r:、_
             -‐ : : ̄{ : : : : \_
        _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
        〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
        ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ
.          |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく
            / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.           |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」
           |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |
           |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
           |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
           |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
           | : ∧ : |  / /  | //   }
           l :/  : :|  / /  |V/  /
           |│ ヽ:|⌒{⌒}⌒八`\ 人

柊かがみ
「ではまず、『原因と結果』の関係とはなにか、から説明するわね」

927 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:56:03 ID:WZgklOoU

           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|
           | :j \. |丶イ: : :/  l|
               レ' l  L_/:. :/...  ||
              |ヽ__| |-/,|: : /┬‐〒|
               |: | | | ゝイ :/ |  :| |
              |:.| j | | | |:/  |  :| |
               |:.| 「 .Lハハ|'  l  :l |

柊かがみ
「……ていっても説明するまでもないほど簡単だけどね。

ある物事が別の物事を引き起こしているとき、
引き起こした物事を『原因』、引き起こされた物事を『結果』と呼ぶわ」

928名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 16:56:19 ID:O00m3NLA
お、難しい話始まってる

929 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:56:21 ID:WZgklOoU


┌────────────────────────────────────────────────┐
│                                                                     ...│
│〜 例 〜                                                                ..│
│                                                                     ...│
│・ ニンジンの種を植えればニンジンが育つ。(原因:ニンジンの種を植える 結果:ニンジンが育つ)         ......│
│                                                                     ...│
│・ 相手を怒らせることをすれば相手は怒る。(原因:相手を怒らせることをする 結果:相手は怒る)         ......│
│                                                                     ...│
│・ 成功する原因が完全に揃っていれば成功する。(原因:成功する原因が完全に揃っている 結果:成功する)    .│
│                                                                     ...│
└────────────────────────────────────────────────┘

.

930 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:56:32 ID:WZgklOoU


┌────────────────────────┐
│                                    │
│〜 論理記号表記Ver 〜                     .│
│                                    │
│・ ニンジンの種を植える → ニンジンが育つ        │
│                                    │
│・ 相手を怒らせることをする → 相手は怒る        │
│                                    │
│・ 成功する原因が完全に揃っている → 成功する    │
│                                    │
└────────────────────────┘

.

931 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:56:42 ID:WZgklOoU


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

美筆やる夫
「すっごい当たり前だお……」

932 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:56:53 ID:WZgklOoU


                           _,ノ:7
               _,.-‐─-ィ'ト-‐─-‐':.:<´
             ,ィ'´: : : : : : : : |: : : : :: : : : : ` ̄:`‐-、
            / : /: : : : : :j:: : |ト、: : :i: . . . . . . . .ヘ ̄`
          /:ヽ、r',: :/: :/: : : /|:: : | | }: :|: : : : : : :: : : ハ
       /::rー-|: :/: : :|::;-‐'´|:: .:j |  |: :|`‐-: : : i:: : : :ハ
       /:::j:::::∧/::|: : |::/  |: :/ |   |::j ∨: : : |:: : : |::|
        /::::|::::/::/::/|: ::j/ __j:/ |   |/___ ∨: : :|:: : : |:j
        \:|::〈::::|:/::|: :/ヤ〒行`     オテヤハ:: ;小、:: :j/
         |::::::\_(|;/ `、ヒィzj      {んソ,λ/::i::| ∨
          |:::: ::|:: :| `ーヘ   ̄       、  ̄ j::::::::i::|
       |:: : : |: ::|    ヽ、    、‐-,   ,イ:i::::::|::|
       |:: : : |: ::|       ` ー-_ァ`ニ-‐"´ |::|:::: |::|
       |: : : :|: ::|       ,r'~ ,ィj  {、`ヽ、|:::|: : |::|
       |: : : :|: : |   r' ̄  `ヽ、 }  |: :|: : |::|
       |: : : :!: : |   j´`ヽ、. \\|ー‐j   ,|: :|: ::}::|
       |: : : : : : | ノ    {`ヽ、\| /  /|: :|: :|:λ  ,ノ^ァ‐、__ノ´)
  ⊂ニ´ ̄ Y^ヽ: : : |/"    ヽ、. \|./ /,/|: :|: |`ヽr'"   { {{´ <_
   ノ γノ 丿 `ヽy       `ー-,"、ー'´ :|: ::|::j  〈    ゝy、~゛ 、、`>
  <ノノノアー<    `゛   ,/    / i `ヽ、|: :j:/:、    /   ̄`‐'´
    `~`´   |`ー-、      /〉、  /  j \ |;ノ: : :| \_,/
         |: |: :|::|ヽ_,,/ / ゛  j__,.ノ  \ _〉: :|
        |: |: :|::|     〈__________|:.: :|
        レ'|: :|::|     / .j  |  |  |  i {:: : :j

柊かがみ
「でもこの『原因と結果』って、深く考えていくと
けっこう厄介なのよ。実は」

933 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:57:06 ID:WZgklOoU


1.1 『原因と結果』の根拠

.

934 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:57:19 ID:WZgklOoU


               、_    ,、           __
               \::`ヽ‐-|:::ヽ.-.─-..、_  /:::::}
            _,..-‐'´: : : : : : ::|: : : : : : : : : :`Y::::r‐、:|、
          /: : : : : : : : : :/: : :|: : : |、:、_:: : : : :\::::`::\
           ̄二>: : : : : ,ィ´:/|\:.:| \: : i:: : : : : :\::::::/
           |::/: :/: :/: : : j|;/ | ヽ:| ___,\ト、: : : :|\:|:/:::\
           /: :/|: : |: : :;/ __,    ミ三彡 `ヽ、:|::/\::_:: ヘ
           |:/::::|: : |: ::ハ 彡'´  ,       _ン: :j ∩/ノ: :∧
           ´  ̄ヽ、|、,|:::ハ    -‐ ァ     ,ィ´:/: :|〈 γ, ,〉: : :ヘ
                |: :: :λ   ゝ__,ノ   / j:/:: :/、ゝ`,ィ'_:: : : :∧
                |: : /:i:|`>‐-┬ τ'_`ヽ/: : ://` ‐-‐λ: : : : ヘ
                 |: /::ノ:jィ'   λ-‐-|  /: : :/ 〈ミ三三彡}、: : : : :`ー-====-‐"
                 j/: : :/`/7フ7、ヘ.  | /: : :/  ヽ     ,〉`ヽ、_: : : : ::_;二ニニ
               ノ: : ::/.r〈   ,ノ、 ヘ | /: : :/ ,,__\  _,,/     ̄ ̄
               /: : : :,ィノ`‐--‐'彡〉 `/::/:/  /   ̄ ~ ̄
          __,ノ´: : : // `‐-─ ´ / /::/:/   〉
       _,.-‐'": : : :,-‐'´  〉     / ,ノ:/|::|`ヽ、 \
     /: :;/: : : /    丶、____ノ /"|:/ |::ト、_,>  〉
   /::/´j: : :/      // /;ノ__ノ┬‐-、jリ    /ヽ、_/}}__
   /:/  /:/         /'"/: :/ / :|  | `r-‐、'´゛\_ ゛ ̄//
  /'´  /'´        / /::::/ / :/  ハ.  \ \   ゛ ̄"/フ

柊かがみ
「『あらゆる原因は結果を引き起こす』かつ
『あらゆる結果は原因を持つ』(因果律)。

それは間違いない。でも……」

935 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:57:30 ID:WZgklOoU


                   _______
             _/:ヽ-‐':´: :: : : : : : : : ::`ヽ、
        -‐=ニ´: ::/:.:、: : : : : : ::、: : : : : : : : : : :ヘ、
          /: ::;イ:|: ::λ: : :i: : : :|:: ::/;;;`};;};`;ヽ::ハ
        /: ://: :j : :| ヘ‐、:|: : : :|::/;;;;;;;;;;/: : ~:|;;;〉:j
         l/ / ::::|: : :| ∨::|、: : :|::ヽ、;;;/: :: : : :|: ::リ
           j: ::::ヽ:: :| ___ヽ{ヘ: : :ト: : :|: : :::: : : :|::/
            |/ヘ:::',ヽ{ ャ;チヤ ヽ;: ::|ヘ: :|: : : : : : :|'
           ヽ::〉  |j:;ソ,  V::.{´ヽ{: : ::|:: : :|i
            〈   ゛    ∨_ノ: : :/:::|::: : |:|
               \-'      /: : ::/:::::j::: : :|::|
               ` ‐-‐ァャ/: : ::/::::;人:::: :|:.:|
                   /:::/: : :ノ,ィ´ ヽヘ:: |: :|
                     r'-/: ::;f´r===、  |::|: :|
                 i 〈: :;ノ〉´ ̄゛\ヽ |::!: :|
                  / /V /     | i |:: : :|
                   /イ  /       | | |:: : :|
       <.\__/.>   j } 〈        | | |:: : :|

柊かがみ
「どうして間違いないと言えるんだと思う?」

936 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:57:41 ID:WZgklOoU


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「え? 当たり前だから……じゃ駄目かお?」

937 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:57:56 ID:WZgklOoU


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「残念ながら、それは駄目ですよー。

『当たり前だから、間違いない』では

循環論証(前提が結論の根拠となり、結論が前提の根拠となる)です。

結論の正しさの説明にはなりません」

938 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:58:09 ID:WZgklOoU


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

美筆やる夫
「む……たしかにその通りだお。

どうして間違いないと言えるんだお?」

939 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:58:30 ID:WZgklOoU

                       _
               __r 7-<´
                 /     イ、   \       /ノ
           ,.--f--ァ , -// | ゝト ヽト _,、, イ っ)
             {:::::ハ:::/  /ィ/   ィ,ヤ、 ∨  i || Y`´
           ∨l 7イ / _,  ヒソ|ハトヘ  _Y ´
            / 〉, ∨, 二´  , ノ´   /
             / / ヽニァ─、`ヶイ| / /
         /  { <_/    \ヽ !ノ \
         !   | /   _,〈リV jハ  \
          / |  |ヽ   イ、 / }、! \  \
.          / /|  l  \/彡〉ー彳ノj  \ ヽ\
        |/ |  |    `>イソ ̄ |/!    \ |\\
        |   \ \ // i i   ! i L__      l }  \!
              \ Y_/__|  ! |=Y     リ   |
             7ー三|=|ミK´ \
             /  / リ ̄   〉 /
               /_/        /ー/
               / /      / /
           / /        ノ、/
          ハ-イ       ヽ_夂
          ー‐'          ー'

柊かがみ
「ではお答えしましょう。

間違いないと断言できるくらいに

帰納的確率が極めて強い(≒100%間違いない)からよ」

940 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:58:43 ID:WZgklOoU


       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「これまで私たちやご先祖様たちが経験してきた事象には
明らかに『原因と結果』の関係がありました。

だからおそらくあるのだろう、と推測しているってことです」

941 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 16:58:59 ID:WZgklOoU


━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

美筆やる夫
「帰納的確率ってなんだお? 

初めて聞いたけど」

942 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:03:47 ID:WfOT80l2


                   __,..-‐:─:─::─::─:-.、_
            /:ー:-、,.-:‐'": : : : : : : : : : : : : : : : :: : `ヽ、
           _|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::、: : : :::i:: : : : : \
         ,.イ´::|:.i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : ::|::: : : : : : ∧
         /::/: ::|::|i: : : : : : : i: : : : : : ;ノi: : ::_:_:!:_: :! ::_:_:_::: : : ハ
      /:;ィ;' . . : ::|::||: : : : ::/:|: : : : ::(_,ノ: : :|::::::::`Y::::::::::|:::: : : : :}
      /'´/. . . . ..:|..||. . ../. . .||. . . . . .ヽ..\|::::::::::::|::::::::::|::::. : : : :|
        |: : : : : :::|::|∨: : : : : ::|∨: ::i: : : :\::ゝ::::::::|::::::::::|::::: : : : :|
       |: : : : ::::;|;/:::i\: : : :.:| ∨: :|、: : : : :ヘ:::-:‐'::-:‐:<、:::: : : : |
       ∨: : :::/|::|::::|  \: :.:| ∨:|:::\: : : :|:::::::::|::::::::::|:|::::: : : :|
        ∨:.:::/ |人::j    \:|  ∨ヽ|::::\: :|::::::::j:_::_::_:|:|::::: : :リ
          \:|    ノ     `    |;/ヽ:∨: ̄:/:.:/:: ::i:|::::::;/:|
            `  〈           τ_,,ノ:::: : ::/: :/:: : ::|:|:;ィ':::i:|
               ヽ、 r' ̄ ̄`l  ,r'´::: : : ::/: :;/:: : : :|:|'|:i::::|:|
                `ー`=ニ二´_,/:/::: : ::;/;/|::i:: : : :!| |:|:::|:|
                     /:/:: : : :/;:ィ´ ̄|::|:: : : ::| |!::::|:|
                       ,ノ:/: : : ::/'-‐─‐:|::|:: : : :| |:::::::!|
                    /'´{:: : : :/     ゛|:|:: : : :| |::::::::.|

柊かがみ
「あ、ごめん。まだ説明受けてないのよね。

さしあたって今は『確からしさ』だと思っていて。

詳しくは推論の章の『帰納法』の項でやる予定だから
それまで待って頂戴」

943 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:04:08 ID:WfOT80l2


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「おk。まあ『確からしさ』でだいたいわかるお。おおかた

『証明はできてないけどこれくらいの確率で正しいと言っていい』

みたいな概念だお?」

944 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:04:31 ID:WfOT80l2

          _
         ヽ\  _, ── 、_
         r、 >  ̄ | `   _  \  _
       / ̄       |        Vヽ_/:::::|
.      //〉´   / ∧ |、 |   ',:::::)_ノ
      /  / / \ /  | !ヽ/  ト、!ノ:ヽ:::〉
       | イ / |/   ヽ| ´| l  |_ヘ/iイ
       |/ | / ● _  ●ヘ  ├Ⅵ | ト、
         |'.|   ( l l )   |  |` )| |:::::>
         | ト、     ̄   _|  !-イ||/
        ノ |三\____/三|∨卞ヘ V\
          / __人_≧ァ┬ィニ二壬少´ ノ ヽ__\
       {'´      ´ `    `´ <_/  

柊かがみ
「そうそう」

945 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:04:59 ID:WfOT80l2


===================================================

*ポイント

『原因と結果』の関係(因果律)の『確からしさ』は
間違いないと断言できるほど高い。

===================================================

.

946 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:05:15 ID:WfOT80l2


1.2 もしも因果律がなかったら

.

947 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:05:30 ID:WfOT80l2

                 \、  __/ヽ、 __
             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_
         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_
       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_
             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}
              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈
           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j
            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~
             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|
             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|
             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|
            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j
               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄
             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|
             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|
             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|
             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|
             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|
             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|
             |::|: : : :|:   | 〃 /:   |: :|: ::| ./ {:::::|::|

柊かがみ
「残念ながら、この因果律はあくまで根拠が帰納法に基づくから、
重箱の隅をつつく余地があるのよ」

948 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:05:54 ID:WfOT80l2


    _ ,..-_'"´ ̄ ̄`゙ヽ、
  r-/ `‐" `ヽ  _ =-_>、
  /     l  ヽ l /´ , ヘ〉
 /  l l   l   l l  / ,イヽ
 l  l ゙ハ | _,|l  ハ| レ' / ヘ.ヽ
 ヽ lヘ レイ_l L/レ l`レ'ヘ   ヘ. \
  `゙`ヘ ィ彡、|  レ{ ヾ、  ヽ  \
.     ヽ ゝ ' |  l.|.ヘ ヘ \  ヽヘ ヽ
      l  ,.. _|  l.|/ヽヘ   ヽ  、 ヽヘ
        ̄「 | ,リ   `ヽ、  、  ヽ.ヽト、
       └' レ'/  ,.、  ヽ、ヘ   lヘ ヘ
         //  / ,〉    ヽ,ヘ  | r'´
         // /  l、____,.イ´ヘハ  _|'
        'ー'="    ゙ー'-=ニニニヾ´

朝倉涼子
「帰納法によって導出した法則が共通して抱える問題です。

『もしも宇宙のどこか、あるいは未来に反証となる
事象が起こる可能性はゼロではない』

とする命題を偽だと判定できないんです。

……可能性がほぼゼロでも」

949 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:06:23 ID:WfOT80l2


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「はあ? なんで偽だと判定できないんだお。

そんなもん起こるわけが……」

950 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:06:41 ID:WfOT80l2

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「あ、そうか。

完全に証明されてるわけじゃないから、
絶対ないとまでは言いきれないのか」

951 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:07:03 ID:WfOT80l2


  / /  /       /   /   ヘ    ヘ
. / /   l       l   l l`゙ ''"´ |    |
/ イ   |       |  | |      |l   |
| /|   |       l|   | |     | |   ハ
|/ |    |  l    大ト、L,斗'__ヽ、,,LL,,,,,斗|
l  |____|  l    | |  「リ三三三 ノノ´  ノ |
    | ヽ--'r──'  ̄` 三三三三  ̄ ̄ └
    |     | ========三三三三=======
    l|    |       三三三三三
   l |    |       三三三三三
   | |.   /        三三三
   | |   l   U
    | |   \        ,..-‐''ヽ
    | |    |` ' - 、 _   弋____,ノ    __,..,/
    | |    |   /  ` ニ=ー=ニ´  /

朝倉涼子
「そうなんです。

だもんで、因果律はない、なんて極論する人までいます」

952 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:07:21 ID:WfOT80l2


            ,.ィ´: : : ;ァ. . . : : : : : : ::ヽ、: : : : : : : : : : :. . . . . .ヽ、: : : : :;メ;;フ;;;;;;`ヽ
          /"´ ̄/. . . . . . . . :;|: : :/|ヘ : : : : : . . . . . . . . . . ,..ヽ、:/;;;;;;;ヘ::\;;;;
               /. ./. ::/: : : :;ィ|: :;/ | ∨: : ; : : : : : : |:::: : :∧: ::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;\: :
              /. . .:/: :::::/: : : :/ |:.:| |  ∨::|\: : : : ::|:::::::(__;):: :ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉:
           /: : ::/: :::::/::ヽ、:/   |::| |   ∨:|  \/::ト、:::::::: : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;/:: :
            /: : :/: : :::/: : : :/\  |:| |   ∨  / \:| ∨::::::: .: : : :|;;;;;;;/:: : : :
          j: : :/: : :::::j: : :.:/___\|j  !     /_____ ∨::: : :;ヘ::.|;/::: : : : : :
           |: :/|: : :::::::|: : ::ァ=ァ==ォ、ヽ ヽヽ,/ャァ==ォ==ァ   ∨::/、;;レ'::::::: : : : : : :
         |/ |: ::::::/|: :;八弋z;ク ,       弋:z;ク ノ   リV´`}:::::::::: : : : : :/::
            |: ::/{ |:::ハ  ー‐ '         `ー-‐ ´     .イ ,ノ::::: : : : : : :/:::::
           |:.::{::ヽV_,}            l | |l i!   ,r-‐'´:::::: : : : : : :/::::::::
           ヽ:|: ::::::::::l、                  / |::|:::::: : : : : : : :/:::::::::::
             |: : ::::::::::ヽ、  r-‐──‐-、   イ   |:j::::: : : : : : : :/:::::::::::::
             |: : :::::::::::::::::`>V_____,,}<´ /     リ::::: : : : : : :/::::::::::::::::
                |: : : :::::::::::/   |` ̄~´ ‐-─/    j:::: : : : : : :/:::::::::::::::::::
             |: : : :::::::/     |      /    ,ノ:: : : : : : :/ヽ、::::::::::::::
                |: : : :::/\\   |     /    /ノ: : : : : :.:/ィ´ハ:::::::::::::

柊かがみ
「冗談じゃないけどね。

もし仮に因果律が存在しないのであれば、次の瞬間何が起こっていても
不思議がないことになるわ」

953 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:07:42 ID:WfOT80l2


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│〜 仮に因果律がないとしたらこれらの事象があってもいい 〜                .│
│                                                   .....│
│                                                   .....│
│・ニンジンの種をまいたのに大根が育つ                            .│
│                                                   .....│
│・朝起きた時人間ではなく巨大な虫になっており、その次の瞬間植物になっている    │
│                                                   .....│
│・1時10分01秒の1秒後が12時00分00秒である                      .│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

.

954 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:08:15 ID:WfOT80l2


            /: : : : : : /: : : ://:.:/ / |: : : : : :.!: : : : : : \
           /: :/: : : : :./: :'⌒メ、_|:_ノ ,′│:.: : : :.:|.:. : :/|: :∨`>、_
         ∠://: : : : : ,': : : :/  j/   ヽ|ー- : :│l: / i|: : |  ト、 \
                ,': : : : : : | : : /   ハ     ∨\: :`ト:|(. .八: |  |: :ヽ
            |: : : : .: :.:|: : ,'ャ行テ=ミ     、_ _ ヽ∧|: : : : ヽ!  |: : |  〉
            |: : : /|: : l: : |  マ辷ソ      行テ=ッ-、|: : :.,': : !  |: : |_/
            {; イ: :{: : :ヽ:j     ////ゞ辷ソ イ|: : /: : :|_|:.: :|
                  |:.:∧: : : リ                  |: /: : : :|: / : : |
                  |:/:.∧: 八      f>―-、       j/|:/ヽ|:/i: : : |
                  |: :/: :ヽ{:个: 、  `ーu┘     、_ノ' : : :/: i: : : |
                  | ;': : : :.:l:/: : :|> ,、____....., 、-=勹: :/: : : :/: : |:. : :|
                  |;': : : : :.レ ‐┴/∧   ノ ト、_// : : : /i : : |:. : :|
             l: : : : : /   /  {___/  │/ : : : : : /:.:i : : |:. : :|
             |: : : : /   /  {_/    j/ : : : : : ∧:.:l : : |:. : :|

柊かがみ
「ねえやる夫、私たちの生きている世界はそういう世界だった? 

人生経験的に考えて」(これも帰納法ね)

955 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:08:31 ID:WfOT80l2


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

美筆やる夫
「まさか。馬鹿馬鹿しいお。

カオスもいいとこだお」

956 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:08:46 ID:WfOT80l2


              、_____
                \: : : : : : ̄: ̄:`:ー::─:-/:ヽ:─::-::-:.、_
                 >:-:‐:':´: : : : : : : : : :|: : :: : : : : : : : : `ヽ、
               /. ..;ィ. . . . . . . . . . . ..;/|: ::i:: : : : : : : :、:: : : :\
              /: ::/;: : : : : : : : : : :// |: ::|:: . . . . . . . .\::. . .∧
               /: :/:;イ: : : : : : :-‐:;'::/ /  |: :|、: : : : : ::|:: : : :ヘ:: : :..ハ
             j://:/: : : : : : : :.:/::/ |  |::|∨::ー-、:|i: : : : :ハ:: :i:: }
            '´ //: : : : : : : :;ィ': ::/   |  |: :| ∨: : : ::||: : : : : :|: :|:: :|_
                  /: : : : : :.:/_|: :/_  | |::| ∨: : ::| |: : ::|:: :|:: ̄:::/::::〉
              |: : : : ::;ィマ弐テォ、゛  |  ヽ::|,_\: ::| |: : ::|、::|::::::::/::::/
                |: : ::/::∧l |_,ノ::|       ,ィチマ弐ア ,|: : :|:|: |:::::/::::/
               |:/: ::::::::ハ、 |:::::::j      " |_,ノ::::./,'/:|: : :|:|/::_:j:_:/:|
              |: |: : :::::人j ゛-‐         |::::::::/, /::::|: :/::::::::/::::::::|
                  |:.|: : ::/::::i:::、"     '__   ` ‐-'",/\:|/_::_:_;イ::._:」
                 |:|: : ;':::::::|::i:::ヽ、  (::... `)   ",.ィ;/  /: : :::/:::::: : : |::|
               |!: : :::::::::|:::|::::::::;>‐`=r"-r<´/`.、/: : :::人:::::: : : l八
     _           |:_:_:::::::::|:::;ハ:::/,ィ─r'´ヽ _,.∠_,.-‐',ィ' ̄ ̄ `ヽ、:::、: : :\
    }三二ニ=r‐r:==ニ二三三{:::∨ ∨    |  ,ィ'´:::;ィ: : ::/´         ∧:::\: : :\
    |     | |:i         |::/ /` :  l/::::://: :::/         ハ、:::::\: : :.\
    |     | |:|          |/ 〈.  `〉 /::::/ /: :::くノ            } \:::::ヽ: : :∧
    |     | |:|       ,| _,ノ゛ :/ /:/   /: :::/          〉  \::::: : : :.∧
  /´`).     | |:|     /´\   ::/  '"    /: :::/ ,r─‐-.、      /: /    ∨:::. : : ∧
  〈 ̄`ヽ    | |:|     7´⌒ ヽ ::l       〈:::/∨      \/〉 /:: /       ∨:::: : : ∧

柊かがみ
「でしょ。

たしかに存在の完全証明はできないけど(ただし非存在の完全証明もできない)、
これほどの『確からしさ』がある以上、
現状では因果律は存在するという前提で
考えておけばいいと思うわ」

957 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:09:31 ID:WfOT80l2

        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|

朝倉涼子
「少なくとも、因果律を否定して、求める結果と原因とすべき現在の行動を
合致させないのはやめたほうがいいでしょうね。

ニンジンを収穫するために大根の種をまくのは愚行です」

958 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:09:52 ID:WfOT80l2


===================================================

*ポイント

因果律を存在しないとする向きもあるが、
少なくとも現状では不適切。

===================================================

.

959 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:10:09 ID:WfOT80l2


1.3 原因と結果の相対的な関係

.

960 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:10:30 ID:WfOT80l2


               ,. - ':":´: ̄:`: : : :.|: : : : : : : :`:`: . 、
          ,. '   ,. ‐'": : : : : : ,.'.:::!: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           , '゛,. -ァ'゛     . ./.:::,.'゙!: :!: : : :.V: : : : : : ヽ: \
         / '´ /  /: : :,:': : :./.:::/  !:.|`、: : : Vヘ.. .   `、:.ヽ
    ,-、      /. : :./: : : :/ '⌒7ト、'   !:.!  v‐'':゙!゙゙、:`: : : : .∨Y7;ヽ;,、
    、 ヽ   /: : :,イ: : :.::/: : :,.' .!:/ `  ヾ!  `、: : Vヘ: : : : .::. V,!;;;;;;;ヾ;;丶、
     `、 ヽ. /: :./.l: : : :::i: : :/  |:l       ゙!  `、: :iV:i, : : : ::::. i!;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;\
      `、 V.:./ l: : .:::::l: :./   |!         ヽ: !ヽ!: : : :::::. |;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;〉
       ゙i/ヽ. ,/゙゙i:イ::!: ハ  ,_,ィ彡       ミ=ュ、、、ィ!: : : j:::: !;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;/
.      / ¬、ヽ! .|l l::!/::ヘ ヾ=‐''"       ``''''''''"|: : ∧:::.!;;;;;;;;;.イ;;;;;/
      / ,..、 ヽ .|、 ! !l':::::λ ' '     __ ,,.、   ' '   |: /,._V:j;;;;/:l:|;/
.    /   ヽ |_/  |  }:::::/:l       i     |     レ'ζ゙ }:l'"::::::l::|
.    !  ┐ ,レ゛   ! !|::/:::::、     ヽ、 _,ノ     ,、_, ィ:リ:::::: :l:::|
     ヽ  `′   ,ノ. l:i|/: ::::::`;:...、           ,. '′ //::::::::: : l::::|
       `;.      /  l;;!l: : :::::::l::::l ` 丶 ,._ _,, <!    〃::::::: : : l::::::!
.      /    i   !::!!: : :::::::!::l  ,/´l    {`,`ヽ、_/::::: : : : :!::::::j
.      /    j    !::i!: : .:::: :!:l'''" /‐'゛    ソ   ,/::: : : : : /::::::::|
     /     i''ー-┴'|: : : ::: :l:!  /- ― - .、 /   ,/:: : : : : :/'^ヘ;:|
.    /      i       l: : : ::: :l|   |      /    /: : : : : :.// / `、
    /       i       l: : : : : l!.  |      /    /: : : : : :// /   `、

柊かがみ
「この『原因と結果』の関係だけど、これも『抽象と実体』や
『上位概念と下位概念』と同じく、相対的な関係よ」

961 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:11:18 ID:WfOT80l2


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「つまり、ある結果となる事象は、他の事象の原因ともなります」

962 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:11:35 ID:WfOT80l2


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│〜 例 〜                                     .....│
│                                          ......│
│                                          ......│
│  (原因) ―――→ (結果)                        ....│
│                                          ......│
│ニンジンの種をまく  ニンジンが育つ   ニンジンの種が採れる    │
│                                          ......│
│              (原因) ―――→   (結果)          ....│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

.

963 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:11:51 ID:WfOT80l2


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「うん、そりゃそうだお」

964 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:12:39 ID:WfOT80l2

                 _____,ヘ.______
         ‐-==ニ二:":: : : ::/:: :: :: :: :: : ::`::‐:-.、_
          ,ィ´:: :.:,ィ:: :: :: :;λ:: ::.:|:: ::ヽ、:: :::ヽ、:: :`ヽ__
         //7:::/.: :: : : : :/ V:: :.:|、:: :: ::ヽ:::、::ヽ;: :::t~;;;\
         '゙ /:.:/:: :ィ:: :: ::/  V: ::|ヽ:: :: :: :|:::i:: ::ヽ;::;ソ\;;;;\
.          /::,メ.: :/:: ::;-:十、 V: :| 斗‐-、:レ'|:: :: ::Y;;;;;;;;;;;>;;;;;;〉
    〈`ヽ   /ィ 7:::/:: :.:/i:.::|   V::|  V: :|::|:: :: :;.:|;;;;;;,イ;;;;/
     \ \    |;/|:: ::/ ヽ;| __,  ヽ:| ___ Vヽ;|:: ::/::.|/l:|/
      ヽ,イ`ヽy´,)|:.:;ハ ミz≠'     ≠Z彡|::;∧:.:|: ::l::|
      ,r' "ニ ,j / V:i:λ     ' __     |;/ }V:: ::j::|
      { ヘ ソ  }  |:i:::j    f´. `、    '゙_,ソ:: ::.:メ:.:|
      ヽ, "  ,,ノ  |:i::::ヽ   ∨_.ノ  ,/  メ:: .::/:: :|
      丿  /   |::i:: ::i::i` ‐-〟-‐τ´   /:: ::/:: :.::|
.     /   /    |::i::. :|::|  ,ィ'j   !`マヽ、/:: :.:/:: : :: :|
     /   /〜、__|::i:: : :|:|,ィ´ |    /  /:: .::/`ヽ;: :: :|
.    /   /     ~|:: : :|:|   |-‐‐-./  /:: .::/   ハ::.:|

柊かがみ
「でも重要な意味を持つのよ、これ。

原因と結果の関係は連鎖する、ということでもあるからね」

965 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:12:58 ID:WfOT80l2


┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│〜 原因と結果の関係は連鎖する 〜              .│
│                                   .....│
│                                   .....│
│1)ある結果は、必ず別の結果の原因となる           │
│                                   .....│
│2)ある原因は、必ず別の結果を引き起こす           │
│                                   .....│
│3)よって原因と結果は連鎖する                ......│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

.

966 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:13:45 ID:WfOT80l2


       ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.-ヘ、  />
     /   /    ,  , `  ヾヽ`'´ / /\
    /     /    / /  ,' ', ∧l  ` ヘ ' /  /
    /   /     ,' l l l゙‐-‐'| l    ', ヽ/
   ,'     ,'    , l ,斗ト,|   ト-、l , ハ
   {`ーー '|    l | ハ ハ|   リ |. l |  l|
   ト- 、_ |l    l | | '-' '   '└r','  ハ
   ,l、ヽ `ハ  ___,|r´ ┃    ┃r‐l‐'''´
  ,' `ヽ、γ| ̄ | |  ┃    ┃l |
  ,'  ,'  /ヽ.|  ', .|         ', |
 ,'  ,'  /  ハ.  ', |     _  _,ノ |
. ,'  ,' /  ,' ',   |`ニ、r‐、‐ T´  |
.,'  ,' /   レヾ,   |',=ニ|  /ス|    |
,'  ,' /  / ` '、  ',.', | // ハ   |
  l /   ,'   ',`ヽ、ト', レ'/.  |    |

朝倉涼子
「そのため、ある小さな原因がある別の原因をもたらし、

またそれが別の原因をもたらし、と続いて、

しまいには想定外の自体へと発展することも考えられます」

967 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:14:05 ID:WfOT80l2


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│〜 例 〜                                                      │
│                                                           .│
│                                                           .│
│1)やらない夫が作業中にうっかり床にハサミを落とす                           │
│                                                           .│
│2)できない夫がそのハサミを踏んで転んでけがをする                          │
│                                                           .│
│3)できない夫が転んでけがをしたのでできる夫が急きょ呼び出しを食う              .....│
│                                                           .│
│4)できる夫が呼びだされたのでデート中に放ったらかされた金糸雀が不機嫌になる       ...│
│                                                           .│
│5)金糸雀が機嫌直しに卵焼きをやけ食いしたので桜田家の冷蔵庫から全ての卵が消える  ......│
│                                                           .│
│つまりこの場合、やらない夫が作業中にうっかり床にハサミを落としたことが            ..│
│桜田家の冷蔵庫から全ての卵が消える原因の一つとなった。                      .│
│(*原因の全てではない点に注意)                                    ....│
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

.

968 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:14:25 ID:WfOT80l2

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「『風が吹けばおけ屋が儲かる』の逸話に似てるお」

969 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:14:39 ID:WfOT80l2


          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´

柊かがみ
「原因と結果が連鎖して思いもよらぬ結果に繋がることもある、と言う点では同じね」

970 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:14:54 ID:WfOT80l2



     /          `ヽ、
    /           丶  `ヽ、
    /           `丶_|ヽ、  >
  ,..⊥r─‐r‐‐r─--、、    \_ k'-、
/  / '≧|  | ,≦ヽl `丶、,_  `フ  `ヽ
ヽ_,、L,..-ヘリ   ヽヘ--、゙ ___ YLニ=' {゙ー'"´
  ゝ, '| ┃     ┃ ´ | `├.、'" `゙¬ー--、、
   / l ┃     ┃  l   | .ノ、        `ヽ、
  ,' .リ xx     xxx /   「´  `ー------  、._ 、ヽ
  ,'   ゝ、    _   _ /   ハ      、      `ヽrミ
  リ、 | ヽ`7l^′´/〃   /,.-、     \ `ヽ、   /
  ´ ヽ_|  `|ヘ lニ'/└-r、イノ____〉_    、ヾ、ヽヽ/
         | lγ /,  ノ| 丶. |  __,.-' `' ` '゙
     _z== (7_'、ィ'" ´イ'  ヾ、 /"´
    l( ̄、`ヽ、ヘ’  __    ヘl'-┐
.   lヽ、ヽ 、._ヽ }}     ノニ´-‐-'
   |  `゙'¬-,/T冖7'''"´
   ヽ、    / ,l /

朝倉涼子
「結果はたいてい複数の原因同士が複雑に絡み合って起こりますので、
実際にはこんなに単純な因果関係ではないでしょうけどね」

971 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:15:15 ID:WfOT80l2


===================================================

*ポイント

原因と結果も相対的な関係。
ただし原因は結果を発生させるため、この関係は
連続する。

===================================================

.

972 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:15:29 ID:WfOT80l2



◆◇◆◇◆◇ 2.斉一性原理 ◇◆◇◆◇◆


.

973 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:15:50 ID:WfOT80l2

                          __        ___,
                __,.:-‐:─:‐:‐/:.:|:-:‐:‐==ニ:´:: : ::/
            /´: : : : : : : : : : :;: :|:: :、: : : : : : : :`<_
               /. . .../.. . . .,'. . . /l: :|\::ヽ、. . . . ..:、:_:_:\
            ,r‐'-、:::/': : : : ::/:: : :/ |: :|  |\::、::: : : : :.\ ̄`
        / ̄∨   |:/: : : : : ::l:: :、/  |: |  |  |;:|、::: : : :.、: :\
       \ ;|   ,/::;': : : : :/|: :/\ |::|  |/|::|∨::: : :.∧ ̄`
          j/:}-‐ /::/: : : : :/_j:;/_.、 ` |::|  |,.__j/__∨::: : : ハ
       / :|  /'7: : : : :/'マテ弐ォ、 j/  ,ィ弐マア,∧:::. : : :|
       \_j__|:|: : : ::/::| l |:::Ч     |:::Ч !ハ::i:\:: : :|
        |::::|: :::∨: ::|ヘ:| ゛、Vzリ       Vzリ,''ハ:::|:i:: :\:|
        |: ::|: : :::\:|、_`   ̄        ̄ lノ:::|:|:: : :i:|
        |: :::ゝ、: : : : :::lヽ、""  、__、__,  ",.ィ'::::;ノl:|:: : :|:|
        |: : :|:| \: : ::∧__,>‐;r -r::‐ュ<ノ:::/ |:|:: : :|:|
        |: : :|:|  ∨: ::∧ \'´   ` |   `ヽ、 ||:: : :|:|
        |: : ::||   /∨: ::∧  \─‐‐|    //\|!:: : :|:|

柊かがみ
「繰り返しになるけど、『あらゆる原因は結果を引き起こす』かつ
『あらゆる結果は原因を持つ』。

これはいいわよね」

974 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:16:06 ID:WfOT80l2

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「おk」

975 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:16:26 ID:WfOT80l2

.         , --'−‐- ...,,__
.        /{;;{::.:.:.:.:./:.:.:.ヽ:::::ニ=‐-
.     (:(;;;;ヽ : :/: : :/: : :i::.:::\
       |:. : : ̄!::.::.|:.:.:,へ:: ::::.i、|
      | : : イ : :i: :}.:./⌒l;.::ハ:|
       |.::l :}::/(^:;../ ( ・)i
       |::i、人:ヽヽ、""、__ ノ
        |: :l  `-ヽ:.ヽ,---'
        |: :|   /i"ト-ヽ
        |: :|  /  i>_(_)ヽ
        |: :|/___/|__/|_|
.       ヾ' /`ー"  ̄ ̄ \
.          `ー,へ_r-、__く_
          {_/"   `-"

柊かがみ
「ではここで問題なんだけど、
完全に同じ原因から起こる結果は、
同じになるかしら。

それとも、その都度変わるかしら」

976 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:16:55 ID:WfOT80l2

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「……ん? 

なにかしら結果が起こるのはいいとして、
その起こる結果は同じものになるのかどうか、
ってことかお」

977 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:17:22 ID:WfOT80l2

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「同じになるお。斉一性原理って奴だお」

978 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:17:44 ID:WfOT80l2

               r‐- 、_
        ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
       ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
      , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
    /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
   ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
   ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
      /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
     ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
     ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .釗
       ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
             _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
          f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
         _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
        ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
           / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
        人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
        〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l

柊かがみ
「あら、知ってるのね。ご名答」

979 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:18:03 ID:WfOT80l2


┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│〜 斉一性原理というルール 〜                               ....│
│                                                    │
│事象の発生には一定の法則があり、同じ状況下においては同じ現象が起こる。  ....│
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

.

980 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:18:21 ID:WfOT80l2


2.1 斉一性原理と帰納法との関係

.

981 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:18:41 ID:WfOT80l2


               ,. - ':":´: ̄:`: : : :.|: : : : : : : :`:`: . 、
          ,. '   ,. ‐'": : : : : : ,.'.:::!: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           , '゛,. -ァ'゛     . ./.:::,.'゙!: :!: : : :.V: : : : : : ヽ: \
         / '´ /  /: : :,:': : :./.:::/  !:.|`、: : : Vヘ.. .   `、:.ヽ
    ,-、      /. : :./: : : :/ '⌒7ト、'   !:.!  v‐'':゙!゙゙、:`: : : : .∨Y7;ヽ;,、
    、 ヽ   /: : :,イ: : :.::/: : :,.' .!:/ `  ヾ!  `、: : Vヘ: : : : .::. V,!;;;;;;;ヾ;;丶、
     `、 ヽ. /: :./.l: : : :::i: : :/  |:l       ゙!  `、: :iV:i, : : : ::::. i!;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;\
      `、 V.:./ l: : .:::::l: :./   |!         ヽ: !ヽ!: : : :::::. |;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;〉
       ゙i/ヽ. ,/゙゙i:イ::!: ハ  ,_,ィ彡       ミ=ュ、、、ィ!: : : j:::: !;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;/
.      / ¬、ヽ! .|l l::!/::ヘ ヾ=‐''"       ``''''''''"|: : ∧:::.!;;;;;;;;;.イ;;;;;/
      / ,..、 ヽ .|、 ! !l':::::λ ' '     __ ,,.、   ' '   |: /,._V:j;;;;/:l:|;/
.    /   ヽ |_/  |  }:::::/:l       i     |     レ'ζ゙ }:l'"::::::l::|
.    !  ┐ ,レ゛   ! !|::/:::::、     ヽ、 _,ノ     ,、_, ィ:リ:::::: :l:::|
     ヽ  `′   ,ノ. l:i|/: ::::::`;:...、           ,. '′ //::::::::: : l::::|
       `;.      /  l;;!l: : :::::::l::::l ` 丶 ,._ _,, <!    〃::::::: : : l::::::!
.      /    i   !::!!: : :::::::!::l  ,/´l    {`,`ヽ、_/::::: : : : :!::::::j
.      /    j    !::i!: : .:::: :!:l'''" /‐'゛    ソ   ,/::: : : : : /::::::::|
     /     i''ー-┴'|: : : ::: :l:!  /- ― - .、 /   ,/:: : : : : :/'^ヘ;:|
.    /      i       l: : : ::: :l|   |      /    /: : : : : :.// / `、
    /       i       l: : : : : l!.  |      /    /: : : : : :// /   `、

柊かがみ
「私たちの生きている世界では、
同一の条件下においては同一の現象が発生するわ。

やる夫の言った通り、斉一性原理ってやつね」

982 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:22:44 ID:WfOT80l2
レス数が980を超えていたので次レスに移ります。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1272788384/

このスレは投下が終わってから埋める予定です。


もしよろしければこのスレの埋めにご協力をお願いいたします>All

983名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:24:58 ID:yyu8lIe.
埋めるぜー

984名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:28:08 ID:O00m3NLA
いまから埋めていいのか
投下後に埋めだせばいいのか

どっちだろ?

埋め

985 ◆GI8xWOz4Ko:2010/05/02(日) 17:29:24 ID:WfOT80l2
自分は投下後のつもりでしたが、今からでも全然おkです。すいません。

埋め。

986名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:30:10 ID:O00m3NLA
では埋め出そう

987名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:30:36 ID:O00m3NLA
┗┛┃   ( `Д) │  / \〇ノゝl<1000取り合戦、
━━┛-□( ヽ┐Uキコ| /三√ ゚Д゚)/  \_____
,)  ◎ ◎−ミ┘人人人人 /| ゚U゚|\    \オーー
────── ≪ 予 合 千 ≫〃 ̄ ̄ ̄ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
+ 激しく1000 ≪ 感 戦 獲 ≫\ ノノノ)ヘ)、!〉
. ∠ ̄\∩ >>l(≪ ! の .り ≫(0_)! (┃┃〈リ マルチが
  |/゚U゚|丿  /が∨∨∨∨\ .Vレリ、" lフ/ 1000ゲット
〜(`二⊃   /真∧∧1000)ゲ\_(_ ̄_____
  ( ヽ/  /⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡(;;\<(`△´)ゲット100(

988名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:30:47 ID:O00m3NLA
                 
     ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,/ 支\ < 1000取り合戦いくアル!! アイヤ− !!゙  ,,、,、,,,
   (  `ハ´)   \_________________  ,,、,、,,,
    ( ~__))__~)    ,,、,、,,,     |ヽ+   ,,、,、,,,               ,,、,、,,,
,,、,、,,,| .Y(___))))∧  ノ.,、,、,,...   | |     \ アイヤ− !! カネカネ キンコ !! /
    (__)<`Д´丶>⌒つ....  .  | / ∧∧  ∧∧       ∧∧  __o__
          アイゴー      ‖/支 \/支 \∧_∧/支 \\__/
                ┏  ⊂(`ハ´  )`ハ´ ) `∀´ >`ハ´  )(`ハ´ )8
                ┃ ∧∧ γ~三ヽ  ∧∧  ∧∧  ∧∧    §
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,..  ┃/支 \二二二l /支 \/支 \/支 \ ∧_∧
      ,,、,、,,,       ⊂(`ハ´  )`ハ´ )`ハ´  )`ハ´ )`ハ´  )@∀@)
            ,,、,、,,,                            ━━(m)━┓

989名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:30:51 ID:yyu8lIe.
埋めちまおう

990名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:30:58 ID:O00m3NLA
        まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

991名無しのやる夫だお:2010/05/02(日) 17:31:10 ID:O00m3NLA
       まもなくここは 乂1000クマ獲り合戦場乂 となります。
                .  /,|
     ___  __  __,... ‖|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ))。I/:: :: \ |I。(   ‖|  <  クマども!
     \ \::_::_:: / /.. .. ‖|    \  1000取り合戦いくクマ―!!
     ,/::\_((⌒) /ヽ   ‖|     \____________
   /,\=ニニ二二ニ=/,ヽ++-
   \ / ●   ● ヽ/つ⌒)
   ///   ( _●_)  ミI /|x|
  /三//__  |∪| __ ` ,/  `゙
 /ニ// ,|。|_ ヽノ _|。|_ノ\
  ( ̄ ̄)  ̄ ̄ ̄  〕\//
    ̄Tニ===∞===ニ!,〆`"
   {I|三三|⌒I|三三〕
    |。。/   (| 。 。)
    ∪     ( ̄\.    \  クマ――――――――――ッ??  /
           \_)..     \                      /
  ∩     ∩     ∩