■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫がプロ野球選手になるようです 12イニング
1 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/07(日) 23:55:57 ID:3LbO7FC.
−やる夫がプロ野球選手になるようです 12イニング−

1スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256648082/
2スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257769719/
3スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258878450/
4スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259328130/
5スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260108144/
6スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260701785/
7スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261322373/
8スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262098093/
9スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263051531/ 
10スレ目 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263564848/
前スレ  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264947709/

雑談所  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1263995777/
  
注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想(妄想)ストーリーです。
    話の都合上、旧制度(現制度に合わない)の記述が含まれたりすることもありますが、ご容赦下さい。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・このスレッドは、JaneDoe View αにより立てられております。
 
また、やる夫ブログ様で纏めて頂いておりますので、
下記URLでもご覧になれます。

http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-category-103.html

それでは、よろしくお願いいたします。

2名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:57:15 ID:f28LbdoY
>>1スレ立て乙bless you

3名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:57:21 ID:I02aY1PM
スレ立て乙

4名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:57:33 ID:9Tzq3xmA
スレ立て乙

5名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:57:41 ID:PGdxbLZw
>>1さん、乙です。アザーッス!ブレスユー!

最新版VIPスターズ選手一覧。(歳,背,投,球種)
監督:赤木シゲル(62,?)
先発:ベジータ(?,19,右)、グラハム(27,27,右,グラハムスペシャル,高速フォーク)、ジョセフ(42,?,左)、承太郎(31,18,右)、ルル(18,0,右)
中継:ダメ夫(?,?,?)、カス夫(?,?,?)、勝星消蔵(?,?,?)、油井一茶(?,?,左)
YYS:やる夫(18,15,右横,スライダー,シンカー,カーブ)、月(30,?,右,スライダー,フォーク,リカット)、新城(?,?,右)

順 守備     (歳,背,打,婚)
1 中 クーガー(35,1,右,独)   ※盗塁王3回
2 右 宗助   (22,7,右,もげろ)※投手入団後転向
3 左 カミナ  (32,5,左,既)  ※通産打率3割超
4 三 カズマ  (28,54,右,独)  ※打点王2回,オールスター常連
5 一 阿部   (31,69,右,ゲ)  ※長打率チームトップ
6 二 キョン  (26,96,右,独) ※一ニ三塁を経験済
7 遊 古泉   (26,3,左,バ)  ※新人王
8 捕 ロビン  (40近,2,右,離) ※ゴールデングラブ複数回,腰を故障して入院中

控捕 熊田(35,9,?)、L(30,?,右)、やらない夫(18,11,右)、代打 プロシュート(?,?,右?)
2軍 蒼星石(18,?,左,スライダー,カーブ,スローカーブ,フォーク)

他球団:(打順,打・投)
羽亜速パイレーツ:レイ(3,右)、伴(4,右)、フリーザ様(5,左)、カイジ(代打,左)、ドドリアさん
碇カイザース  :できる夫(投手,18歳,高速スライダー)、ジョン・バーツ(代打,左)、グラフ(代打,左)、サンジ(3,両)、モンキー・D・ルフィ(4,?)
ホーリーズ   :劉鳳(投手,,)、TT(三塁)

6 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/07(日) 23:57:44 ID:3LbO7FC.
それでは再開いたします。

よろしくお願いいたします。

7名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:57:54 ID:adGkrqk2
スレ立て乙!!

8 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/07(日) 23:58:09 ID:3LbO7FC.

やる夫は再び戸惑うが、
                                                     ____
                                                    /      \
                                                  /ノ    \   \
                                                 / (ー)  (ー) U \
                                             「……」     |    (__人__)      |
                                                 \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/


.        / ./フ 7  , -‐ x   l   i i i  ',
        / ,/ / / / / i i  j        |
         レ/ /  / 〆ー‐‐く. / /   i  |
         r/ ′ ′ '´ .ィ´厂l/! / }  / | }|
         !′     r__ 、j/` ̄厂ヽ! /j! j /}!
.       !       /  .}  ` ー‐''/〃 ハ ノ
       j     /   ノ        / /イ    「古泉と話してみろ」
      r‐‐'―- 、 /!    ___      / /
   厂 ̄ ̄`ヽ ゙> l\ ゞ二)  /jイヽ.
   ,′     X.  l  ヽ. ___ . イ  / .|  \
.  /        n /   !  /ー 、 r‐‐/ | ∨\
 /       n /   l /、c | |ー l`ヽ. |  .∨ \


                                                     ____
                                                   /― ― \
                                                  /(●)  (●) \
                                                /   (__人__)     \
                                  「古泉さんとですかお?」    |    ` ⌒´      |
                                                    \           /
                                                    /         \

9名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:58:18 ID:7Kqconf2
立て乙

10名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:58:19 ID:myGVeTSI
>>1
ブレスユー

11 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/07(日) 23:58:28 ID:3LbO7FC.

解決の道は、キョンが示してくれた。


  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/      「あいつは、まあイイヤツだ。
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/       俺には真似できないところのある奴だ」
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\



                 ___
               / : : : : : : :`¨ー-、
            ___/: : : : : : : : : : : : : : : ¨ー-、
          /: : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : :`¨ー、
         /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
        /: : : : : : : : : : : : :{: : : : : : ;イ : : : : : : : : : : :ヘ
       ./: : : : : : : : : : : : : :.',: : :ト、::/i: :/ヽ: : ト、: : : : :.ヘ
       i: : : : : : : : : : : : : : : ヘ:: :l !/ l/  ヽ::l i: :i: : |ヽ!
       l: : : : ヘ; : : : : : : : : : l-',:l──--、_,,!/ ヾ!l: :,' ヽ
       ノ: : : : : r、: : : : : : : : :l  ゞ-t‐jヾ   /'ー、l:i/
       !イ: : : :/ ヘ: ト; : : : ト; :l   ー¨-   〈ftヅ/|
          i: : : ,'  ',:l ',: : : l ',:l         ', ̄,'ハ!
        ',: : :ヽヽ-、!: ',: : :l '!          丶、l
        ',ト、: : :ヽ__,,i ヽ: :l          /j      「お前が悩んでいるのは、
          :i: : : : : :i ', ヽ!       _  _ ,イ       野球のことだけじゃ、ないだろ?」
          ',!i: : : : l ヽ、 ヽ    r'"   ∨∧;!
           ',::ト;::ト!  ヽ、    ` ̄二¨/
              レi ヾ!:             /
          __f´¨ー--、_     ー,--"
        /: j       `¨ー-,、  ,'ー--、_
       /: : : : `ヽ、        f´ ゝ._i    L_
     /::`ヽ、: : : : : : `ヽ、   i: i  `¨1i:  ,'  `ヽ




                                                    / ̄ ̄ ̄\
                                                 γ⌒)      (⌒ヽ
                                                 / _ノ ノ    \  \ `、
                        「野球・・・野球も、いろいろですお」   (  < (○)  (○)   |  )
                                                \ ヽ (__人__)   / /

12名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:58:45 ID:ruYkAR4I
立て乙

13名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:58:52 ID:IWy7LMvQ
>>1

14名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:59:00 ID:I02aY1PM
今度はやる夫が生贄になるのか?www

15名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:59:09 ID:vKC1g/ws
…もしや小泉にやる夫を売ったか!?

16名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:59:19 ID:kR9UiPQ6
嫌な予感が・・・

17名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:59:28 ID:sck018VE
>>1
乙っす

18名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:59:45 ID:bHIRRay6
流石にここでニャマリは無いと思いたいw

19 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/07(日) 23:59:46 ID:3LbO7FC.

冷えた態度はどこへやら、陽気にキョンは提案する。


                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!
           ∨ヘ i | でラ`   , r≡=、/::∧|
              !ヘ∨ゝ       .i     ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ
               レヘ   ______   /ノ      「だったら古泉と話してみるんだな。
              ∨\ ヽ __ / / ′       お前にとって実りがあるはずだぜ」
             /i{  \  ` /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',



                                                   / ̄ ̄ ̄ \
                                                 /       . \
                                                /  _ ノ   ヽ、_   \
                                               .|   (ー)  (ー) .  |
                                       「・・・・・・」      \    (__人__) .  /
                                                 /    `⌒´    ヽ
                                                ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

                     _._.,,.、.-.ー.-..、_
                 ゝ<´:::::::::::::::::::::::::::::`ー:.、
                /::::::::/::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               //::::::/::::/\!\_\::::i:::::::::::::::::\
                /´/:.:l::::レヘ! ヽ/__\::::l::::::::::::i:::::::::}
               !l:l::l::へ ヾ `´ニfソゝ ∨::::::::l:::!::::::::l
                 |:::レヘ f_))       レヘソヘ::!::::::!
                 レヘハ く        |/ )ソ!:::::::!
                   ! `        、//:::/リ
                   、  - - 、    ′|/:::/
                    ヽ    _ ´  ノ:::/        「なんだ納得いかないか?」
                         `ー、 ´     ∨_
                       _,∧  __,,、、<´ 〉、_
                    //∨) /∧    /::::::i:::ヽ._
                  _ ,,、-ー/ !/ヘヘ/ソ∧   /:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
             ,´:::::::::::::く::::::::/ヽ(⌒ソ´´ヽ/::::::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
              /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:::::\:::/::/:::/::::::::::::::::i


やる夫が塞ぎ込み、キョンは不服な顔をしたが、

20名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:00:01 ID:EpfbkLBU
ルルのときと同じか?

21名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:00:44 ID:sYPYSmeE
なんてことをw

22 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:01:29 ID:AmUv11aw

慌ててやる夫が否定する。
                                                          ____
                                                        /     \
                                               iニーヽ    /─  ─   \
                                              iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                                                ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
                          「違いますお。そんなのじゃなくって・・・」        ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                                     '、_ \       )
                                                       \ \ / /|
                                                        |\ ヽ /  |


やる夫が考えていた事は、別の事で、


                                                     ____
                                                    /      \
                                                  /ノ    \   \
                                                 / (ー)  (ー) U \
                              「あと、えと、どうして・・・」     |    (__人__)      |
                                                 \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/


それは、最近のやる夫がずっと考えていた事だった。


                                                           ___
                                                         /      \
                                                        /\  /   u. \
                    「どうして、皆さんそんなに、             / (○)  (○)    \
                      やる夫に構ってくれるんですかお?」        |   (__人__)    u.   |
                                                 \ u.` ⌒´      /

23名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:01:48 ID:XHOxsqF.
やる夫「掘られるのが怖いですお」

24名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:01:58 ID:sYPYSmeE
このスレのやる夫は違うと思うが
白饅頭のやる夫にそっちの人はマ ジ ヤ バ イ

25 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:01:59 ID:AmUv11aw

---------------------------------------------------------------------------------------------
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!                  ∩___∩
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!                  | ノ      ヽ
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ                  /  ●   ● | 
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ                   |    ( _●_)  ミ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/                   彡、   |∪|  |
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://             _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-ヽノ,、..ソ 、
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/            /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/            丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/            . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

                          ┌─────────┐
                          │あの人達も・・・    │
                          └─────────┘         _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
                                                ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
                                              _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
                                            /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
::::ト:、L.._|  |:::::::::::::::::::ノ /     ノ:::/  イ:::, -、::::::::::::::           r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::> 
::::l::::ト、T ート、_::::::::ィ´/〃 __,,..∠ ‐-、  V::/ハ !:::::::::::::           ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(
:::::!:::ト、 `弋ッー、::::i| ,'__,,.ィ´ーt‐。テ-、   }/厶 } }::::::::/           Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ
\::、l `ー--‐ァ:::::l{  - 、`ー--─ '´   ,' r j7 /:::/             `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l
!:::}ヘ:ゝ、   /´`ヽ、ヽ、__ ヽ       / j ノ ノ::〈                ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |
l::::! ∧       ノ ` ̄  ヘ        / ー ∠ -く`            ヽ ' /       〉   |           |
lV/   、    ヽ、              , 'ーィ´}、  ヘ、__            `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、
_/   ヽ   ト、_ー         /  / /    ヽ ` ̄          _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      \  {ヽ、 ` ̄`!     /  //      \         _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
---------------------------------------------------------------------------------------------

26名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:02:09 ID:Eby3Goxs
仲間だからだろ

27名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:02:12 ID:CEL6ap76
キョン「主人公だから」

28 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:02:20 ID:AmUv11aw

---------------------------------------------------------------------------------------------
       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,                     | /    \ j冫`ヽ        /
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ                     | |   ヽ / | 卜  |      /
      /``======_‐ラ(6,′                    ||  /\ ヾー'  | /     /
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′                    |  |/´     ∨/     ´' -,,,_
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ                      |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _                    |、_| / ,,         ヽ、
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._                  ) ` ´       〉     ヽ
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃                /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__                  `~'''‐'、   /;;     !   \
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄                     ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ
                      ┌─────────┐
                      │.この人達も・・・     │   {、___,.-―==. x: 、
          _,,、_,,.、、,,..,_,、.     └─────────┘    ヽ,. -‐      \ヽヽ-、
       ,_ー''"        ゙´`'ー_、                  ,r   /     , ⌒ ::. ソ、⌒ヽ
       ミヾ.ヾ゙ il!|| il|  j| 〃/ イ                 {゙ー ´     / /,::      \ `ヽ
       i ミ   rー;L!|| ||レーv〃 彡                  \/  i /ノ/:/   :ヽヽ: ゙;.、 、゙,
      }ミ リ八i{    ;; 7'ノ ヽ.ミl                  // / ゞ--f: :/ .:  .: .: :i:. ゙;: 、i:.゙. ': i
.       |、yー-⊥L jー_´∟-ーY;|                  / / ゝ-' ノ / /:l:./.:/ .:ノ.:l: ,|::.:.:,:.:`、: , ゙{ 、
      _lミi"r五ニ゙テi'Yr五三¨jミ!                 l /レ ≧:.:.ィ:./ バ:./: .::/ノ':.八_j:j:.:.: ヽi:.、`ソ
.     frヲ:}  -‐''ラ l_j. }`ー- }ドi                 ゞ{ :{、l:.:l:.:ト斥ミ、!{:.:.:〃ノィ=≦今v:l |:.いヽ..,
      !h};{ ッ彡   /小〉     |:l,リ                  丶! い:、{ 弋zリヘ:.:八"´弋zリ ノ:ルi:ト-- '′
.      `テj} i}! ,rf;巡巡去ミ:、 l:fく                    ソ个ミ= ̄  ` ‐     ̄彳'ノノ'
.      〈リji、l{ 'ル7'"-─‐‐ )}i |jミ}                     ゙¬、    i|       'ィ
    r;-‐ヾト.llvリ j{ _,,リハ、、,リレ'ル' ̄ヘ                     小.  ,__`_'_,  /从
   _」 ハ |li | `ミ、}l ;i!j } {li ,.イ |/ / l.L                    ´ _j \  ー‐  /!、′
   -U; ヽニL_ミ `ミ'ー- -‐彡 / /'/ニ|」                    .イl|  \   /  lハヽ
   ヽ-‐ ` Tヽ\ ミ    r´/∠                     _/:ノ ヽ   、 ̄   V  ヽ:\_
---------------------------------------------------------------------------------------------

29名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:02:30 ID:Uq5YpgHM
そらもういじりがいがありそうだからさ

30 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:02:34 ID:AmUv11aw

---------------------------------------------------------------------------------------------
          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\                            __
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー                       ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.                    /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::                    ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::                    |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                                            _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                                            !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
                             ┌───────┐     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠      │みんな・・・     │     ヾ、!      !;     ,レソ
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =,    └───────┘      `|      ^'='^     ム'′
.:.:.:.:.:.:.             |                                ,rト、  ー- ─-:  /|
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄                        _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ                      /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ                        ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス.                        ゙、      :::/::::::|::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '                      `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、
---------------------------------------------------------------------------------------------

31 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:02:48 ID:AmUv11aw
---------------------------------------------------------------------------------------------
┌───────┐
│みんな・・・     │
└───────┘

                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' ィ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
         / /ヽ    、              //|  ヽ_,コ |L_! ‖  !\
        /   |  `ヽ、 ヽ\     /i   / / 〉! y'´  __ノ .ハ  | ‖  !  ヽ
          /   ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
       { /(  i                 /ニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
      ,.‐'/ /  N                 |−-.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ、
     /     _ノ     / ̄_ _丿  ...:::::::::::|− 、レ''"´_   --!   ノ /       V ヽ
    /  /   _)   ,.ィ´   /  )_ :.: ...   ヽ 、j /  ___/  .ィ ∧ヽ、    }  」
  /   ノ!   \   ヽ{_,!   (,r   /   )_  ::::::. (._ノく__/         / /  ヽ ヽ.__ノ\ ヽ
  {ヽ/  、    __)   ノ} j  /   ノ  /  )::::.  〈..宀---ヘ._   _,ノT ヽ  ヽ`ヽ`ヽヘヽ人
   V/ヽ >-ヽ   ノy'|    /' /'  / }:::::  >r‐、\    ̄ //\ヽ._ ゝミ、ヽ}ト-ゝ \
  // _」L厶-ヽ '´ ! ∨ / / /ノ ' ノ::::  (/‐r‐ヽ ヽ       (   `ーニ>)/ム-┴┴‐- _、
 ,厶イ      `i    〉 ヽ ∠ -− ニ_/   /_r'   }_〉、ヽ._  _)   厶'´ ___  `ヽ
/ /         `ヽ、_  \ ヽニ=ィ´ ̄     ヽ-`ー‐イ  ヽ`T−--r‐′  / / ̄ | !  / `ヽ、 ヽ
!礀           |!l )        ̄l!      iヾ    )、  ノ>r'V    / /           ヽ }
!|               ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′..>、_/`Y^ー'⌒Y 〉     ∨            }/
---------------------------------------------------------------------------------------------

32名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:02:51 ID:ypagbh7M
ルルーシュは
親切に声を掛けてくれたキョンに言われた通りに
小泉と阿部さんに話しかけてしまったんだよなぁ

33名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:03:03 ID:.U8Q1Pls
みんなやる夫の事を気遣ってるもんな

34名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:03:15 ID:2blM6HZM
やる夫・・・

35名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:03:17 ID:Eby3Goxs
ロビンさん……

36名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:03:25 ID:iAi7g.dw
>>24
キョン(子)もヤバイだろう…

37名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:03:29 ID:BkfiXTvc
やる夫の中でロビンさんは別格か

38名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:04:14 ID:.kS.dxOc
やる夫の童貞さようなら・・・

39 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:04:37 ID:AmUv11aw


                \、.  j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'j、_人_,.ィ,__,ノi__,:'|          / ̄ ̄ ̄\
                  _) ̄                          `て      γ⌒)      (⌒ヽ
                 J なんでやる夫なんかに構うんですかお!{      / _ノ ノ    \  \ `、
                  )                         〔     (  < (○)  (○)   |  )
                   ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"⌒ヽr'~ ̄``v'"⌒ヽr'~ ̄``     \ ヽ (__人__)   / /


やる夫の、心の内からの叫び声だった。




やる夫の自分の性格に対する評価は、低い。
故に人と話すのを嫌うし、故に人から遠ざかるのを、好む。
----------------------------------------------------------
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     (喋っても・・・嫌われるだけだお)
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
----------------------------------------------------------





だけど、


こんなやる夫を――
---------------------------------------------------------
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /
---------------------------------------------------------





こんなやる夫を――
--------------------------------------------------------
                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }
-------------------------------------------------------


不思議とみんな、構ってくれるのだ―――

40名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:05:21 ID:Eby3Goxs
なんか目頭が熱くなってきたんだが…

41名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:05:40 ID:.U8Q1Pls
とことん他人のやさしさに慣れてないんだな

42 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:05:53 ID:AmUv11aw

キョンは、呆れたようにやる夫を見た。


                 ___
               / : : : : : : :`¨ー-、
            ___/: : : : : : : : : : : : : : : ¨ー-、
          /: : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : :`¨ー、
         /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
        /: : : : : : : : : : : : :{: : : : : : ;イ : : : : : : : : : : :ヘ
       ./: : : : : : : : : : : : : :.',: : :ト、::/i: :/ヽ: : ト、: : : : :.ヘ
       i: : : : : : : : : : : : : : : ヘ:: :l !/ l/  ヽ::l i: :i: : |ヽ!
       l: : : : ヘ; : : : : : : : : : l-',:l──--、_,,!/ ヾ!l: :,' ヽ
       ノ: : : : : r、: : : : : : : : :l  ゞ-t‐jヾ   /'ー、l:i/
       !イ: : : :/ ヘ: ト; : : : ト; :l   ー¨-   〈ftヅ/|
          i: : : ,'  ',:l ',: : : l ',:l         ', ̄,'ハ!
        ',: : :ヽヽ-、!: ',: : :l '!          丶、l     「はあ?当たり前だろ」
        ',ト、: : :ヽ__,,i ヽ: :l          /j
          :i: : : : : :i ', ヽ!       _  _ ,イ
          ',!i: : : : l ヽ、 ヽ    r'"   ∨∧;!
           ',::ト;::ト!  ヽ、    ` ̄二¨/
              レi ヾ!:             /
          __f´¨ー--、_     ー,--"
        /: j       `¨ー-,、  ,'ー--、_
       /: : : : `ヽ、        f´ ゝ._i    L_
     /::`ヽ、: : : : : : `ヽ、   i: i  `¨1i:  ,'  `ヽ


そんな事もわかっていなかったのかと、そう言いたげな顔をする。

                                                     ____
                                                    /      \
                                                  /⌒  ⌒    \
                                                 /( ・ ) ( ・ )    \
                                        「えー?」     |   (__          |
                                                 \   _l        /
                                                 /  ー        \

これにはやる夫もびっくりだ!

43名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:06:06 ID:ypagbh7M
頑張ってるから、ってみんな頑張ってるか

44名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:06:37 ID:i0McAoG6
あぁぁぁぁぁぁぁぁlマジでやる夫かっこいい
やる夫のチームメイトかっこいい

なんて言うの、こう一度胸の奥にしまいこんでいた決意を無理矢理思い返させて再び咀嚼させてくれる仲間って言うの大好物
マジ興奮する

45名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:06:47 ID:mDJVcBqA
チームで勝つためだろ、JK

46名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:06:52 ID:Uq5YpgHM
>これにはやる夫もびっくりだ!
ナレーションになぜかワロタ

47 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:07:00 ID:AmUv11aw

困ったように、眉を潜めるキョン。


          /      .: .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ、ヽ,
        / .: .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. : i:. :. :. :. :. :. :ヽヽ
       ,' .: ,: .:. :. :. :. ;. :. :./l:. :. /l:. ;. :. :. :. :. :. l
       l .i :.l.: :. :.,.i:.., 'l:. :./ l:. / l:..lヽ;.. ;、:. :. :l
       l :l:. :l :. :.l l/ l/  l/  l/  l:/ l:. :. :,,!
         レl:.r.i :. :. l.  ̄`'ー_ 、 ,   ,._ ' ´^ !:. :./
         !l.'´!:. : l  ''!ニブ      '!ニフ` !:.,i/
        ヽーl:. :l'                ,':./'
          レヽl: l u      i     l:./         「あのな、俺達は大人なんだ。
           〉N         '      ,i/
           /l l ヽ             , '            責任も、立場も持った、大人なんだ」
         ,.イ .:.:.! l  ヽ、 c. ニ っ ,イ.. ヽ、
    ,.. ' ´. l.:.:.:.:.l.  l   ヽ、 ´ /. !.:.:.l..`ヽ、
,.  '´ ...:.:.: .:!.:.:.:.:.:l  ヽ     ー './,'   !.:.:.:.!.:.:... `ヽ、
 ....:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:l   ヽ、      /   !.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.....`ヽ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:li    , 'ト 、_ ,. 'ヽ  l.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:..!!  /ヽ l O !! ' >':;ヽ !.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.!


腕組しながら、当然の事を言う。


              _._.,,.、.-.ー.-..、_
          ゝ<´:::::::::::::::::::::::::::::`ー:.、
         /::::::::/::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        //::::::/::::/\!\_\::::i:::::::::::::::::\
         /´/:.:l::::レヘ! ヽ/__\::::l::::::::::::i:::::::::}
        !l:l::l::へ ヾ `´ニfソゝ ∨::::::::l:::!::::::::l
          |:::レヘ f_))       レヘソヘ::!::::::!
          レヘハ く        |/ )ソ!:::::::!
            ! `        、//:::/リ
            、  - - 、    ′|/:::/       「ルーキーを導けなくて失敗させたら、
             ヽ    _ ´  ノ:::/         俺達の責任もあるんだぜ?
                  `ー、 ´     ∨_
                _,∧  __,,、、<´ 〉、_        これは俺達の仕事でもあるんだよ」
             //∨) /∧    /::::::i:::ヽ._
          _ ,,、-ー/ !/ヘヘ/ソ∧   /:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
      ,´:::::::::::::く::::::::/ヽ(⌒ソ´´ヽ/::::::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
       /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:::::\:::/::/:::/::::::::::::::::i
      ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
      /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::/
     /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /:::::::::::/;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>
.    <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/:::::::/,、;;,、;;:l!::l_/´::::::::::::::::ソ

48名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:07:31 ID:yP6HkTk6
かまってくれる人にやらない、蒼、ルルがいねぇ。
こいつらは仲間って事なのかな?

49名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:07:53 ID:6PdGYhW2
キョンかっけぇ……

50名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:07:58 ID:XN8mSH/c
人材育成も仕事のうち、か
確かに

51名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:08:11 ID:Eby3Goxs
仕事か…一々言い回しが渋いなキョンはwww

52名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:08:22 ID:SEs5lIrA
まさに大人の発言だなあ

53 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:08:30 ID:AmUv11aw

                                                     ___
                                                    /      \
                                                  /ノ  \   u. \ !?
                                                 / (●)  (●)    \
                                        「え?ええっ?」     |   (__人__)    u.   | 
                                                 \ u.` ⌒´       /
                                                 ノ            \
                                              /´               ヽ


                                                     ____
                                                   /ヽ  /\
                                                  /(●) (●)丶
                               「えええええええ!!!」    /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                                 l    |r┬-|     l
                                                 \   `ー'´   /


大げさに驚くやる夫を、キョンはどう扱っていいか持て余す。


                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|  「・・・何驚いてんだよ。
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ      当たり前の事だよ。
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/       別に俺達が偉いって訳じゃない」
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ


仕方が無いから1から説明してやった。

54名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:08:31 ID:BkfiXTvc
大人だったはずの高校の監督は・・・

55名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:08:39 ID:Bdm8adXo
そしていつか、やる夫もまた導く側に立ち、同じことを言うんだろうなぁ

56名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:09:02 ID:h53HOGvs
この台詞、俺が入社したての頃に教育係になってくれた先輩がかけてくれた言葉や!

57名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:09:21 ID:5TaapVig
外道だが筋を通す
このキョン、隙がなさ過ぎる

58名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:09:37 ID:ypagbh7M
当たり前の人間関係に触れて来れなかったからなぁやる夫

59 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:09:38 ID:AmUv11aw

そして、相好を崩す。

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!
           ∨ヘ i | でラ`    ,  f∃ソ /::∧|
              !ヘ∨ゝ       i      ∧ソ
            レヽi l.       j    ∧ノ        「それに、チームメイトだろ?」
               レヘ   ______  /ノ
              ∨\ ヽ __ / / ′
             /i{  \ ` /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i



         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:ヘ:.:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: :i:.:.:.i:.:ハ:.:.:.:.、:.ヽ
       /:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.;イ:. :/:∧:.:.ト、:.:!:.:.:. :',` 、
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.: :/:.:.:,イ:// イ:./ ∨! ヾi:.:.:. :i
        !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:/:. :/ !' /'  !/   リ   |:.:.i: :l
          :.:.:.:.:.:.:.: :!:.:.:.:.i: :/.- ――‐ - 、  , ― 、!: :|、:.!
        ',: :i.:.:.:.:.:._:.:.:.:|:/   __    /_  ハ:.:! ヾ
          i:.:!:.:.:.:./ ∨:.!' :!  ´ ヒ:::} `    i ヒ::}`/' }/
        !:ハ: : :{  (', : :ド、          :.   i  '
          ∨:.:.ヽヾ',:.:|           、  l      「普通のお仕事より、
          ヽト、:.:Y^ヘ!            ノ /       なんぼか仲良くしやすいと思うぜ?
             Ⅵ ヽ      r― ァ /
              ___|   >.    ー  /_        楽しいだろ?野球」
        ,. _´.:.:.:. : :!     >... __/ : `ヽ
         / : : `.: : :く          i、: : : :`:、:ハ  _
      / : : : : : : : : :丶       |  ー、 : ; : `:ミヽ`:、
   _/: __ : : : : : : : : :`: 、    丶   ヽ ; : : : :/: : : >― 、
  /: : : : : : : : : : `: : : 、.:.: : : : : \         ハ: : : /: :.; へ   ヽ


大人の仕事を教えてやって、その楽しさを教えてやった。

60 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:10:21 ID:AmUv11aw

それはやる夫の理屈に無かったもので。

                                                        ___
                                                      /      \
                                                     /\  /   u. \
                                              / (○)  (○)    \
                                 「・・・・・・あ・・・」     |   (__人__)    u.   |
                                              \ u.` ⌒´      /  


                 ___
               / : : : : : : :`¨ー-、
            ___/: : : : : : : : : : : : : : : ¨ー-、
          /: : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : :`¨ー、
         /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
        /: : : : : : : : : : : : :{: : : : : : ;イ : : : : : : : : : : :ヘ
       ./: : : : : : : : : : : : : :.',: : :ト、::/i: :/ヽ: : ト、: : : : :.ヘ
       i: : : : : : : : : : : : : : : ヘ:: :l !/ l/  ヽ::l i: :i: : |ヽ!
       l: : : : ヘ; : : : : : : : : : l-',:l──--、_,,!/ ヾ!l: :,' ヽ
       ノ: : : : : r、: : : : : : : : :l  ゞ-t‐jヾ   /'ー、l:i/
       !イ: : : :/ ヘ: ト; : : : ト; :l   ー¨-   〈ftヅ/|
          i: : : ,'  ',:l ',: : : l ',:l         ', ̄,'ハ!
        ',: : :ヽヽ-、!: ',: : :l '!          丶、l
        ',ト、: : :ヽ__,,i ヽ: :l          /j        「あ?」
          :i: : : : : :i ', ヽ!       _  _ ,イ
          ',!i: : : : l ヽ、 ヽ    r'"   ∨∧;!
           ',::ト;::ト!  ヽ、    ` ̄二¨/
              レi ヾ!:             /
          __f´¨ー--、_     ー,--"
        /: j       `¨ー-,、  ,'ー--、_
       /: : : : `ヽ、        f´ ゝ._i    L_


やる夫は素直に感動を覚える。

                                                   ____
                                         , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
                                      -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
                                      ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
                    「ありがとうございますお!」      //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
                                     ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
                                     /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                                     \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

61名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:10:29 ID:JZUyIOpo
か…漢だ

62名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:10:31 ID:ypagbh7M
おおおぉぉう

63名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:10:33 ID:2blM6HZM
仕事って言うか他のみんなはただ好き勝手やってるだけな気がするwww

64名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:10:48 ID:ayVq7RXA
「プロ」だな

65名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:10:53 ID:Eby3Goxs
>>楽しいだろ?野球
そーだよな、それが究極にて原点だよな

66名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:11:02 ID:BkfiXTvc
アカギが将来の監督候補と考えるだけあるな

67 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:11:03 ID:AmUv11aw

言う事言うと興味が失せた。そんなように、キョンが姿を翻す。


     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {      「あいよ。じゃあ俺は帰るぜ」
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....−:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


そんなキョンをやる夫が引き止め――

                                                        ___
                                                      /      \
                                                     /\  /   u. \
                                              / (○)  (○)    \
                     「スイマセン!1つだけいいですかお?」   |   (__人__)    u.   |
                                              \ u.` ⌒´      /  


         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/     「ん、なんだ?」
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.

68名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:11:19 ID:yP6HkTk6
キョン、外道だがかっけぇー!!!

69 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:11:25 ID:AmUv11aw

                                               _∩
                                              / 〉〉〉
                                              {  ⊂〉     ____
                                               |   |    /⌒  ⌒ \
                                               |   |  /(●)  (● ) \
                                               |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                      「キョンさんは何で卑怯なんですかお?」  ヽ   |     |,┬‐ |       |
                                                \.\   `ー ´     /
                                                  \       __ ヽ
                                                   ヽ      (____/



       /         ,     ',  、      \
      /      /   /     ',   ',  ヽ ヽ  ヽ         /ヽ /  ∨
      /  /   i.l   /  l   .|  .l  l   ',  ',.  ',      l\/  `
   ノ  / /  l.l   {  ィ   |  l   }   l  l   ',    _| 
ー=-イ / /   i ',  .∧ l !   !  ハ  ハ  ,'  !  l ヽ、_  \ 
    { i l l   l ト、 l l | ',  ハ / .l / l /  /  j ,ゝ´   >   余計なお世話だ
      l l l l  ハ | ヽ! ヾ ヽ./ |:/  |' _j/l  /  /./    ∠__   このスカタン!!!
     } .ハ ,l ヽ |ヘlニ;--,.._ ' ` 、',.-;‐;二__  l /  /./       / 
    ノ'" l.ヘ. ト、! '弋赱!~ ,     ' 'T心!_ イ   j l′      /_
          |rヘ lヽ    ´     `     l  / ノ          |  ,
       ヽヘ l        i           l  /'´          l/ ヽ   ,ヘ
        `l | ',、j      |         j /                \/ ヽ
         jハ. ヘ      ヽ!    u   /! /ヽ
          !ヘ ハ、   ,__,...、   /|/` ‐ヽ
           i!ヘl\ ゝ-‐ニ‐-' ,. イ从'
          , ィ' ヽ \    /  ノ ヽ、           ., --、   i´!⌒!l  r:,=i
         / /   `ヽ ヽ- '´  r'   ', ヽ          .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 ))
       /   l    /iーヘ   rニ' ヘ   l   ゙ヽ       .i´|.ー‐' |   |    |. !   l
     , -イ   l   /`ヽOヘ  / /-''ヘ.   l   ヽ‐、    |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
  _.. - ´ /    {  ,.ヘ、_>'^''< _..−ヘ.  l    ',  ` ‐、 i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
´     /   , -i!/ ヽ    ',    /    ヽ |\    ヽ    │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
    /  /  l   `   ゝ− /   _ -' `!   \   \  /|__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7

                                            ――余計なヒトコト言ってのけた。

70名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:11:25 ID:M1ft.lWk
この言葉をキョンに続けて言わせるのがこのスレの凄さだわ

71名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:11:54 ID:iAi7g.dw
>>他のみんなはただ好き勝手やってるだけな気がする
それでも仕事の意味は果たしてるんだから問題なかろう

72名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:11:59 ID:run1Mu/.
不覚にもキュンと来た。

73名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:12:00 ID:Eby3Goxs
ホント余計だわwwww

74名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:12:09 ID:t8yFC44M
さすがレギュラー
新入りにいつ追い落とされるかわからない
一軍半とは違う

75名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:12:14 ID:sYPYSmeE
>>65
トシ…サッカー好きか?

76 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:12:24 ID:AmUv11aw



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



【翌日】

試合が無い今日、球場で練習後の古泉を待ち構えた。
時刻は昼やや手前。今日は皆、軽い練習で切り上げている。

顔をあわせた古泉に経緯を説明すると、古泉はニコっと笑みを浮かべて片手を上げた。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N            「それで、私のところへ?」
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |        「ハイ」
  \      `ー'´     /



ただ、古泉はこめかみに手をやった。
古泉にも、キョンの意図が飲み込めなかったのだ。

              ____
             , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
           /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
         , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.
         /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',
        l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ.
        j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ
        /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙処ニ:::::::| ヽ.
        ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l ヽ <ゞ' `ヽ、Y、:::l
         ヘ::::|// .ム-,..,.j  ` ´    ノヘ:/       「困りましたね。
         ノイ.ヽ! ' ' ! ヽ     , ィ'|          キョン君は僕に何を話せというのでしょうか?
          |フ入     l    ー'ィ'ヘl
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ノ、 `          解りますか?やる夫君」
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)  U  |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ     「いや、やる夫にわかるはずないですお」
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

これにはやる夫が困る。

77名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:12:44 ID:Uq5YpgHM
そらまともにやってたら敵わないからじゃ

78名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:12:44 ID:Ta/V1bBE
こういうと子は成長しねーなーw

79 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:13:10 ID:AmUv11aw

肩をすくめて古泉が笑う。

                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l        「それはそれは」
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //



逆にやる夫は眉を潜めた。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /



普段から思う事だが、ニコニコ、にこにこ、ニコニコして、
なんだかつかみ所の無い人なのだ。

80名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:13:22 ID:okqdNnuc
>>75
久保さんっ・・・

81名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:13:33 ID:XuEyGjkc
さすがだwwwww

82名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:13:36 ID:BkfiXTvc
古泉はまだ不明な点が多いキャラだったな

83 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:13:58 ID:AmUv11aw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

古泉一樹は穏やかな物腰と、常に涼しげな笑みを浮かべた二枚目で、


              ,. : :´: :`: :-、
         _ /: : :/: : ヽ: : :`: -.、
       /: : : : : : : 、{: : : : : : \\: : : `.ー.、
      /: : : : : : : : : ハ: :.i: : : : : : `: ヽ: : : : : :\
    /: : : : : : : : : : /: :/:.l: :i: : : : : :: : ::\: : : : : :\
   ./: : : : : : : i: : :/: :./ー|: |: : : :ヽ: :ヽ: : : : : : : 、: : ヽ
    {: : : : : : |: :|: : : : ::{  ';: ヾ: : : : : : : i: : : \: :ヾ: : :',
   小: : :i: : :|: :|: : : : ::i__ヽ::ト、: : : : :::|: : : : :ヾ: : }: : :',
   ノ: : : :l: : :l: :l: : :l:':´|    ヾi \: : : : ハ: : : : : }: :ト、: : i
  /:i: :/∧::: l: :l: :人: |  −、 \ \: : :ト、-: : : ミ、;八: :l
. /イ: : : /i: : l: l: : :∧.|==、     ´ \:} ヾ: : ト: :ゞi V
   }: : :i V::l: l: : :i リ   ゛     ニミ、 /、: i: : : :|
    八: i  V: ::ゞ: |        |    `/: : i::l: : :::l
   ' ヾ: ヽ .i: : :∧i        |    /: : : l/ ヾ: |
     ゞ: :vi从i           /    /: : : 〃  ヽi
      }: : : iハ      、    ,    /: : /    .リ
       イi: : l  \       ̄    .イ: : /
    ,-、 |: ハ  i  \        ./  i: /
   /   \i   ',   ヽ _  ィ;/   レ'
   i     "\ ',      /Ki
−''´i、       \    /   ` 、
    \       .\  ∧ヽ、    `>、
ー 、   ` - 、      V  ` \      }
   `ー 、    \     \    \    |



バイである。

           _,, -‐‐‐-ー、,,_ ,,r 、
        ,,/             ト、
      /              | 丶、
     , ´  /             i   ` ゝ
    i   /             /   \
    i   /   / /   ノ    /   l  丶
   { l  ,i i /‐-/、 /i   ,-A-‐‐ i  l i
   | i  l  ||ソ  ハ メ / リ´/  丶  | ∧l
   l  ! |_ノヽ_ミ≠セエ l //イf升アi } リ i
   レ ハr! ̄ヽ,´ セ 夕 レ  ヒケュシ リ /iノ
    ノ,( ヾ ||            ハ/
     `トヾ  i           l l          「それのどこがいけないのでしょうか?」
      | \\ト 、,,   ▽  ,ィ´ |/
      `丶 ,_        ≦ー-- --−つ
         ヽl        r__,, --‐ ´
          i  ・    ・ 丶
          ',         ` ヾ‐-、
           ヽ            ヽ
            丶            }
             ヽ、          /
               ` 、■■■   /
                 ■■■  /
                 ■■■  /
                    i  ハ
                    l ∧_ i
                    ー´

84名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:14:15 ID:6PdGYhW2
レギュラーの中で唯一スポット当たってなかったからなぁ。
オアソビ以外ではw

85名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:14:27 ID:sYPYSmeE
くそっ、スクロールして不覚にもw

86名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:14:28 ID:ypagbh7M
小泉はバイな事しかわかってなかったな

87名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:14:45 ID:.U8Q1Pls
言い切ったよこの人www

88名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:14:53 ID:nd8KL9NE
>>82
わかってるのはガチホモということだけだからな……

89名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:14:57 ID:VB0ixae.
ちょwww

90 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:15:08 ID:AmUv11aw

六大学野球で活躍した選手で、在学時から評価は高かった。
そのプレイスタイルは、顔と物腰との落差が激しい。

古泉一樹は、人格に全くそぐわない野球をする選手だった。


     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l    「そうですかねぇ?私はそうは思わないのですが」
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、


大型ショートである古泉は、それほど守備は上手くない。
地肩が非常に強いため、派手な守備は時折見せる。


                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::://,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!       「今ボールが突然マッガーリましたよ!」
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄        エラーの言い訳をするな!>
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'


だが、安定感のあるショートとは、とても言えたものではない。

91名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:15:14 ID:Eby3Goxs
脱ぐなwwww

92名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:15:32 ID:d1S771xM
露出狂なところもあるな

93 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:15:45 ID:AmUv11aw

また、打撃も大味だ。
顔に似合わぬパワーヒッターで、ニコニコしながらどでかい花火を打ち上げる。


                                            _            __
                   ミ:、                      _/ /_         / /
           (ミアヽ、    ゞ \  ノ^ ̄フ-ァ             /_ _  /     _   / /
           ゝ- 、 へ、   \ \イ iリ"'ノノi.|l             / / / / LフLフ/ /  L/
               \ _>‐-、.._>、\_’ー’ノリ              / / / /   // ∠フ
                 `<、_ ,   \   ̄`)              ̄   ̄     ̄
            (彡\     } ・  ヽ   /
              \彡\    |   ・  / 
               \彡\ ,/       /
                \彡'メ     /      「これはいきましたかねえ」
                  \彡\、.  {
                  ( \彡■■
                   \ ■■■
                    |\■■/
                        } ヽ  ヽ
                    /    }   }
                  ,,."  /|   |
                 ノ  /  |.  l
               ,r‐">"´    ',  .!
              〈  ヽ        ',  ゙ー-、
               `ヽ_)       └──'



   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,  lj   ヽ  i/ , '  u  !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /         (汚ねぇ花火だ…)
    ``,ゝ-ゝ、_',u     r====ョ    /-/_/
     ´ ̄``ー,ヘ    `====''    /=''"´
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-  , '``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::

94名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:03 ID:Eby3Goxs
汚過ぎるわwwww

95名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:09 ID:Ta/V1bBE
古泉、ファンタジスタタイプか

96名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:10 ID:ypagbh7M
最悪www

97名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:11 ID:ATfPV0uI
名台詞w

98 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:16:20 ID:AmUv11aw

並に乗ったときはとことん打って、気分の乗らないときはとことん適当な打撃をする。
ここ2年はシーズン20本塁打をクリアしたが、打率の方はお世辞にもほめられたものではない。


゚o+ |!*。*  ゚ |o。 * 。o  , -‐―‐- 、, へ _ o+ |!*。*  ゚ |o。 |  *。 |o。
 *。 |o 。!  |!   o+ |!*  /      、   ヽ  `、   *。 |o。!    |!゚ | ・
  *   。* |o 。 !   , ┘   ,     仏      、  。 。 |!*。*  ゚ |   o。 |
 *  。○ 。| o。!  /     /   /⌒!     、 \  *。 |o。!   |!  *
*。 | o 。!  l! o+  _ノ   丿  ′ ´  釗 丿   '.   丶  *。 |o 。!  |!   o+ |!*
 *o ゚ |+ | ・゚ /   , ゙   i / ´ ̄ソィ  厶 !  ! '   *   。* |o 。 !
*。o+ | !*。*  / フ ,  / ,   , l / r=弌 ノ /_ i |   ぃ i  。.:*・ ゚    |
 |! o゚!* ゚| l   ´ ̄} /,〈j /ノ!'  "    / ´ r=ti{釗  ! `i  o ○ o+ |!*
 o ○ o+ |!* 丿'´ 」厶          {  小ハ ,  ○ ゚o+ |!*。*  ゚ |o。
 ゚ | ・ | +o / ¬ ´ !     , -- 、  /, { i/ .*。 。 |!*。*  ゚ |   o。 |
。 | ・   o  ゚l  ゚+  } , ! \   弋 ̄ン .ィ /}ノ 丿 * *  。○ |o 。  !   「今日はやりますよおおお!」
o ゚。・ ゚   ; *゚・ +゚  '⌒} i   丶  `´ ∠ノ' /  。 。 |!*。*  ゚ |   o。 *o。
!*。 *゚ |o。 *。 |o。!  |! jハl       ーrチ  └――ュ_Ο  *゚・ ゚ *  。○
。 |!*。*  ゚|   o。 | /  ,     //      ノ  へ *  。○  。 |o。!
Ο  *゚  , 、・ ゚; * _  ´   、   rく 〈      /  /  丶 |  |o  ゚。・ ゚
    __'、ヽ-‐ ´, 、  ー---ヽ  ヽ`  〉   ′ ,     i ○+・  o |*
 r<   / ヽ \ { !       ー〈 V   /   /       !   ゚| o *。 ・
 _>、` '  _ \ ヽ! '.         〉 「 ̄ ̄  /      | ゚・ ゚ *  。○
! /!>  _  ̄    ヽ      /  〉 r 、 /    __    |  o゚!* ゚||   |
  >┴‐―┘       i       「   { ノ }_.厶- ´. ィ   ノ  。*゚ 。 |o。!
  `Tニニコ       ヽ       |   / '´   , <  , 、 〈     |!゚  | ・



                r−<_::::::::::::::::::::丶、
             , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
           /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
        /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
         !::/ !:::::::!  へ  ヾ、  へ  ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
         ヾ!  !:::::::!             〉、!::::/ヽ|:::/リ
              !::::::!              !::::::::/‐,ソ:/
               !:::∧  (_人_)      !::::,.イ‐'/!/      「無理です。今日は勃ちません」
             !,/ ヽ         ,.!::/ ト、リ
                ヽ      , -'´!/ ,ハ
            ⊂二二二┬―''"二⊃
                   |    /
                   ( ヽノ
                   ノ>ノ
               三  レレ


ただその長打力から、将来の主砲として期待されている。

99名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:20 ID:NzDBEbvI
良くも悪くもさすがVIPスターズ!って感じの守備なんだろうなw

100名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:23 ID:.U8Q1Pls
全くだwww

101名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:16:44 ID:j.5ma/Oo
棒多くね?

102名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:17:00 ID:SEs5lIrA
たしかに元ネタの古泉のイメージでは、身体能力より技術で勝負しそうだしなあ>人格に全くそぐわない野球

103名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:17:10 ID:ajDzKeRw
まさかの加縫タイプ!

104 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:17:23 ID:AmUv11aw

今現在は7番を打つ。
安定感にトコトン欠いた選手のため、好き勝手な打撃ができる位置に置かれている。


           /⌒´ ̄ ̄`ヽ
  r―-- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  |     `Y:.:.l.:.:/.:.:.ハ:.l:.|:l.;.';.:.|.ト.ゝ--一  ー- 、
  |   \ ` |:.:.j:/:.:.;イー|:ト:|:トl:.l.:.|:|:|.         /
.  !     ヽー!://:.;イ:.:死リ ハ|'rテ||.ト|、__/    /
.   ',.     `、'/イ:ヘ|:.|    〉 ハト|  /      /
    '、  ヽ   V レリl:.!、 ー=‐/ヽリ_/  /   /
    `、     `Y| ` ` ー r'__/´′  ′ /
     `、       ヽ   ′/     / /         「好き勝手とは心外ですねぇ」
      ヽ \  ` ー     ′     ' /
.       \         ,     {
         i     ̄`  ′     !
           ',       ,       i
          ヽ       }        ハ.
            \     ′`      \
             \     、     ′ `ー- 、
                ヽ、   !           ヽ
                  \   ヽ             ',.
                     >、       /     |
                  ノ  、rー―-‐‐┐     |
                 /    .| 禁   則 !     |
                   /     |     |       !
                 /       |_事__項」      .l
                ./        /  |       |


繰り返すが古泉一樹は、人格に全くそぐわない野球をする。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !      「そんなことないと思うのですがねぇ」
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

105名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:17:27 ID:fpe6U0io
雑にした中島みたいな感じか

106名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:17:35 ID:3u/5sHsg
勃ちませんじゃねぇwwwwwwwwwww

107 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:18:07 ID:AmUv11aw

ニコニコと、笑みを絶やさず古泉が悩む。
大して考えてもなさそうに、思いつきを口にする。


                r−<_::::::::::::::::::::丶、
             , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
           /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
        /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
         !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
         ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ    「うーん、どうして良いかわかりませんね。
              !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/
               !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/       ・・・どうでしょう?
             !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ        とりあえず今日一日、私と行動を共にしませんか?」
                ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                  >┬―''"´   /  ヽ
              _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
         _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
    _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |     「それでお願いしますお」
 \      ` ⌒´   /


やる夫は不承不承頷いた。
キョンの気持ちはありがたかったが、やる夫にも古泉にも何がなんだかさっぱりわからないのだ。

無理も無いことと言えた。

108名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:11 ID:Ta/V1bBE
これを好き勝手と言わずして何と言うw

109名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:13 ID:VB0ixae.
フリーダムすぎるだろwwww

110名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:20 ID:iAi7g.dw
六大学出身の大型ショートで守備はそこそこ
ツボにはまれば長打も打てるが打率はそこそこ
某ヒヨコ谷さんですか

111名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:21 ID:Uq5YpgHM
現役なら鳥谷?それも違うか

112名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:23 ID:wrSmadGU
>105
中島というより若いころの田中幸雄みたいな感じじゃね?

113 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:18:42 ID:AmUv11aw

空にキョンがいるように、古泉が空を向く。


               f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
              _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
          /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
          }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
          /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
         /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : :! : | : | : : : : |
        /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
        // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
       /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
         |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
        ヽ|  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l        「それにしても嬉しいですね。
         ヘ,  !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |         まさかこんな事になるとは」
          ヘ, |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/゙: : ≧=-、
          __,r‐|ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{ l: : : : : : : : : :
         ,r'゙r'  i  }   `ー イ       _./´ 入: : : : : : : :
          f  {      ハ¨ヽ=、     /: : : : : : l: : : : : : : : : :
       _i.  }=-、_r‐-'、_Ⅵ  k    ∧: : : : : : :l: : : : : : : :
      r'ヾ=r1 j    》、__  `¨ヽ、\.  /: : \: : : ::ノ: : : :: :: :
      ゞ=7__ゞ=- r'"¨ー--`ヽ、  `¨ ×: : : : : :\'": : : : : : :
        }_,.=,'_,.ニニヽ、_  `ヾ≠   ヽ: : : : : : :ヽ; : :: :: :


指を組み、陶酔しきったような目に、やる夫は不安を覚えつつ、尋ねる。

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /    「?何が嬉しいんですかお?」
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ  「やる夫君に必要なものが僕にあるって、
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l     キョン君が言ったんですよね?
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/      キョン君が僕の何かしらを認めてくれているという
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/            事じゃないですか。これは嬉しい」
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\

114名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:45 ID:z8u/aH7E
オリックス後藤とかもそんな感じだな

115名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:18:46 ID:h53HOGvs
烏谷さんですね

116名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:19:13 ID:Eby3Goxs
やっぱ本命はキョンですかwwww

117名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:19:20 ID:ypagbh7M
>今日一日、私と行動を共にしませんか?
人気の無い所には行くなよ!

118 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:19:23 ID:AmUv11aw

やっぱり良くわからない人。やる夫は古泉をそう捉えた。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  「・・・そうですかお」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


ただ古泉、試合の流れは読まないが、空気を読む事は上手い。
そんなやる夫の印象を察し、さっと流れを変えていく。


                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::://,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/      「ああ、どうでもいい話でしたね。
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!         それじゃあ、とりあえずご飯に行きましょうか。
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ            実は私、お腹がもうぺこぺこでして」
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    「やる夫も、食って無いですお」
 \      ` ⌒´   /



             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N        「それはちょうどよかった。それでは行きましょうか」
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

119名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:19:46 ID:Uq5YpgHM
どうしてこんなにもキョンラヴなのか

120 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:20:00 ID:AmUv11aw



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



2人は球場を後にする。

◇◇◇◇◇◇◇◇| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|>┃        丶   |   | |
◇◇◇◇◇◇◇◇| 月極駐車場 |>┃          \ |   | |   :::::::::::::: |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
◇◇◇◇◇◇◇<.└─────┘ ┃             |   | | ::::[「())」]::|::::[「())」]::|::::[「())」]:::
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃              "^゛"\|________________
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃
━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      ,,,  ..              ゞゞヾ;ゞゞ
                                   ヾゞ;ゞヾ;ゞゞ ゞ
                                   ヾ;" "ヾ;" i   l ";;ヾ ;;"
                                     ゞヾゞ;ゞヾ; ヾ|i  i|/"/ヾ ;;;"
                                     .ゞヾゞ;ゞ" ヾ|ll l|/"
                                         ||\ヾゞヾ.,
                                        ゞ;ゞ \ ヾ
                                         ||\ヾゞヾ
                                        ヾゞヾ\:ヾゞヾ.,
                                         ||\ゞ;ゞ
                                         ",;;:;\
                                           ":;:;

121名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:20:06 ID:wrSmadGU
>114
失礼な。後藤は守備は上手いぞ。
ただしファインプレーをすると必ずその直後にスカタンをかますだけだ。

122名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:20:09 ID:iAi7g.dw
古泉のご飯ってまさかやる夫のじゃ…

123 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:20:46 ID:AmUv11aw

駐車場に辿り付いた時、横手から女の声がした。

球場の敷地内の駐車場だ。VIPスターズのファンが、駐車場で待ち構えていた。



女は、躊躇いがち、かつ興奮した様子で古泉にサインをねだる。


  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ /// r‐ァ//リ) )        「サ、サインもらえますか!?」
     ) ) )、   ̄ ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


          _l:.:.::.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヾ.、
           .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
        /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
          ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/       「これはこれは。勿論ですよ。
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/         ありがとうございます」
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ
              \.:! }  ヽ      イ    / Ⅵ
               \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
                     ヽ      . : ´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                     ___ i  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
               ___ ノ:.:.:.:/} /: : : : : : :  ´  ̄ ̄ ` メ._
             /:.,: : : :./:.:./ /: : : : : : /           `ヽ、
           _. 人:.ヽ: :.イ ´  /: : : : : : /                 ヽ

これを古泉、爽やかに受ける。

124名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:21:14 ID:CEL6ap76
前回の阿部さんに続き古泉ともフラグを立てるなんて・・・

125 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:21:15 ID:AmUv11aw

やる夫にきちんと断りをいれ、実に丁寧な対応をした。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !       「ちょっと待ってくださいねやる夫君」
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                 「ハイですお」
 |      (__人__)    
 \      ` ⌒´   /



ちなみに、やる夫はサインをねだられなかった。

126 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:21:54 ID:AmUv11aw


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



:    .    ;          .            .             |;;;;|          :
_____________________________|;;;;|  .
                                           \
_______________________________ヽ       :
_______________________________i
―ii―i|i―ii―i|―ii―i|i―ii―i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|
  ||  |||  ||  ||/||/|||  ||  ||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|          ;
  ||  |||  ||/||/||  |||  ||/||        | ̄ ̄ ̄||| ̄━━━━━━━━━━━━
  ||  |||/||/||  ||  |||/||/|| _____.  |    /|||       有名な食事所
  ||/|||/||  ||  ||/|||/||  || |l―――l| .|  //|||  ━━━━━━━━━━━━
/||/|||  ||  ||/||/|||  ||  || : || ::; : l|....|//  |||    ||;;;;|      |;;;;|    :    '
/||  |||  ||/||/||  |||  ||  || ;|| :: ;: l| |/    |||    ||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||  ||  || : ;|l―――l|...|___|||__||;;;;|      |;;;;|  '      .
 ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i|...|―――'!'――-!'、|      |ヽ|    :     ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
______________________________________


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |         「ゲーーップ。
  \ ヽ|r┬-| /   /          ・・・食いすぎたお」
  /   `ー'´      \



       . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
        |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
        .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
      |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
      ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
     '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i   「そうなんですよねー。
        `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i
       |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;'    あそこにいくと美味しすぎて、
       ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~     ついつい食べすぎてしまいます」
    , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/
    /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
   く、       `ヽ、 i   ̄  '"
   /. `ニ=- 、   二


食事を終えたやる夫と古泉が、他愛も無い話をする。
古泉は話も上手い。

人との会話が苦手なやる夫も、気兼ねなく話す事ができた。

127名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:22:00 ID:ypagbh7M
やる夫ソス

128名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:22:18 ID:Uq5YpgHM
キッチンwww

129 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:22:21 ID:AmUv11aw

そんな時、横手から黄色い声が上がる。
VIPスターズのお膝元、そういう場所で食事をした。女性のファンに見つかったのだ。

ファンは嬉しそうに駆け寄ってくると、古泉に握手をねだる。


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|
          レ /// 、_,、_, /// |ノ
             ヽ、       j /
            ヘ,、 __, イ            「古泉さんスイマセン!握手してもらえませんか!?」
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"



                . .- ‐ : ..、
         .    _, ´: : : : : : : : : :_:::::ー....
           /: : : : : : ::::::::: : ::/: : : : \::::::::ヽ..._
          /: : : : :/: : /::ヽ:::/: :\ : : : : ヽ:::::::__::_ー-
         /: : : : :/ ::/ : : : : :Y: :: : ::::\: : : : :ヽ::::ヽ
         /   / /   ::::,、_:::   :::::ヽ   :::::ヽ:::ヽ
        /,: : : : : |: :|: . . ::/ /  | .:. :::::::ヽ : :::::::k:::::l
     /´i: : : : : :|: :| : : :::|::/_ _  | :::: ::::::::::l: : : :::| .|::|
       i:::'l: : r ヽ|: : :::ォ/ __ _ ヽ|:|、:::::::|,:、::l: : :::::l リ
       i/ l ::::t卩|| : ::/| '、k。カ `|ヽ:::::|Z|::l : ::ト、|
         t|::::::\| : :/         t::j ::f:l:: ::::| .|
         |:::::::::::::|: :|.         >:/:::|、::::/
         /}::::::::::| |::|     _ _ _ . '::::/::::/ |::/        「勿論です。ありがとうございます」
        / レ|::/ `|\    ヽ--'::::/l::∧| レ
       /、 . ' \  :::::\   .:::, ' l/  |
     / ヽ     ` 、  .::.` -,'、、        , 、
   /     ヽ      A:::::::|/ ::}.::ヽ      / :::l
  /        \   /:::{o`::|__、l::::::}    , ' ..:::/    . - _´`,ー__、
/           ::::::\/ ::::| i::| /::::::::|  / __;;k'  --´‐‐ ... ̄....`::、:::`,
  , - ・・・ - 、          \`|| ::::::{ /       ..:::::::::::::_:: ‐  '  ̄
 /        `   .      `||   :l ./       ..:::::_:: -

これも古泉、華麗に受ける。

130名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:22:41 ID:Eby3Goxs
これやら○いキッチンじゃないよなwww

131名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:22:56 ID:wrSmadGU
>125-127
おいwwww
某野球案内スレと某キッチンかよwwww

132 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:23:12 ID:AmUv11aw

これを見て、次々と人が集まった。
たちどころに古泉が取り囲まれていく。


         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′         「写真とっても・・・いいですか?」
     `|'''' ヽ ''''  「)'/|/
グッ! ヽ、_ ▽  _,.ィT/ ニコッ
  n___l 7Eニ::ィ1│
 ミ__:::::::::::::::'イ/ヽ:::::`l┘
    ̄ ̄ ̄i´ ̄ `|:::::|



                 , -‐―‐- 、, へ _
               /      、   ヽ  `、
             , ┘   ,     仏      、
              /     /   /⌒!     、 \
           _ノ   丿  ′ ´  釗 丿   '.   丶
          /   , ゙   i / ´ ̄ソィ  厶 !  ! '        .:+
            / フ ,  / ,   , l / r=弌 ノ /_ i |   ぃ i  。.:*・ ゚
            ´ ̄} /,〈j /ノ!'  "    / ´ r=ti{釗  ! `i
             丿'´ 」厶          {  小ハ ,
          / ¬ ´ !     , -- 、  /, { i/
             } , ! \   弋 ̄ン .ィ /}ノ 丿       「ハイ。ありがとうございます。
               '⌒} i   丶  `´ ∠ノ' /           カッコよく撮ってくださいね」
               jハl       ーrチ  └――ュ_
                 /  ,     //      ノ  へ
      , 、    _  ´   、   rく 〈      /  /  丶
    __'、ヽ-‐ ´, 、  ー---ヽ  ヽ`  〉   ′ ,     i
 r<   / ヽ \ { !       ー〈 V   /   /       !
 _>、` '  _ \ ヽ! '.         〉 「 ̄ ̄  /      |
! /!>  _  ̄    ヽ      /  〉 r 、 /    __    |
  >┴‐―┘       i       「   { ノ }_.厶- ´. ィ   ノ
  `Tニニコ       ヽ       |   / '´   , <  , 、 〈


その全てを古泉、気軽に受けた。

133名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:23:23 ID:BkfiXTvc
古泉はONとOFFの切り替えが上手い選手ってことか?

134 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:23:27 ID:AmUv11aw

古泉の周りに、人の輪ができる。


                                                         ワイワイ>

                                                       キャイキャイ>






      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |      「・・・・・・」
 \      ` ⌒´   /


それをやる夫は、遠目で見ていた。

135名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:23:28 ID:ATfPV0uI
やっぱりそうなのかw

136 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:23:44 ID:AmUv11aw



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



【夕方】
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::    /::ヽ
                   I員TTTTTTTTTTTI  _|_    ______   |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田

137名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:24:02 ID:ypagbh7M
小泉人気者だなぁ

138 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:24:13 ID:AmUv11aw

解散ということで、最後に古泉が尋ねる。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !         「それで1日終わったわけですが、
           l\l|    |    //ィ N          やる夫君、なにか参考になりましたか?」
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


1日の収穫を尋ねたが、やる夫は下向き唸ってしまう。

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|                   「ウーン」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ   「まあそうですよねぇ・・・
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l      せめて今日試合があればよかったのですが」
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入
                 ,ヘ     _./    / ヽ
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.
             ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
         _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ、.


それを目にした古泉は、非常に残念そうな顔をしたが、

139 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:24:53 ID:AmUv11aw

パッと明るい顔を作り、やる夫にお礼を言う。


           .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
        /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
          ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!    「だけど、後輩と過ごせた事を嬉しく思いますよ。
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/        ありがとうございました」
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ
              \.:! }  ヽ      イ    / Ⅵ
               \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
                     ヽ      . : ´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                     ___ i  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
               ___ ノ:.:.:.:/} /: : : : : : :  ´  ̄ ̄ ` メ._
             /:.,: : : :./:.:./ /: : : : : : /           `ヽ、



そこでようやく疑問に気付く。
今日一日、古泉から受けていた違和感に気付く。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |          「ああ・・・それ、なんでなんですかお?」
 \      ` ⌒´   /



::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|       「? なんの事です?」
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、
 /     !     \     /       l      !        ̄ ` ヽ 、
./       l       \ /         !      !             ヽ


ただ、当の本人に思い当たりは無いようで、それが少し可笑しく感じる。

140名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:25:39 ID:Uq5YpgHM
イケメンレギュラーショートとそこそこの活躍のルーキーじゃ差は出るわ

141名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:25:55 ID:ajDzKeRw
そういえば古泉はかなり早い段階でやる夫に興味を持ってたよな。

142名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:26:00 ID:i0McAoG6
感謝の言葉のことか?

143名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:26:09 ID:mOjjE382
>>142
dana

144 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:26:16 ID:AmUv11aw

やる夫は、違和感を古泉に投げた。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \ 
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |            「・・・昼間のファンに対してもそうですけど、 
  \ ヽ|r┬-| /   /             古泉さんが“ありがとう”って言う基準が解りませんお」
  /   `ー'´      \



ただ、キョンの言っていた通り、おそらくこの人はいい人なんだろう。
今日一日からそう感じていて、自覚が無い行動なんだろうと、そう思う。



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \        「古泉さんがしてくれてるのに、なんで“ありがとう”なんですかお?
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \       お礼をいうのは、こっちなんじゃないですかお?」
 |     'ー三-'     |
 \              /



:.:.:.:/イ:.:/:.:.:l:.:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:/ :.l:.:.:l:.:.l:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.| ヽ:.:.l
:.:./ /:.:.i:.:i:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.:/:.:.ィ ̄メ   :.!:.:.l:.:.l:.:.:.:.:l:.:.:i:.:.:.: ! ヽ:.l
:.:.{ i:.:.:.!:!:.:.:.イ:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.l:.:/.l:.:/   \:l:.:.:l:.:i!:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.|   :|
:.:.:ヽヽ ノ!:.:./:.!:.:.:.:.:.:l:.:!:.:.:.:!:' l:/ ‐‐ト、 l‐、!:l:l:.:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.:.l    !
:.:.:.:冫 =l:.:.i:.:.l:.:.:.:.:.:l:/l:.:.:/  .l'  ヽムシヽ! i:il:.l:.:.:.:.ハ:.:.l、:.:.:.:l  /
:./:/ー:.:.:ll:.:.:!:.:.:.:.:i' l:.:l   l      l::l:.:!:.l:.:.:./ l:.:.' 、:.:.l
/l:'  il:.:l !:.:.!:.:.:.:!   !l    !      l:!:.:イ:!:.:/ l/   \!
 /    !l:l !:.:.l:.:.:l   !          ',://'.:.:' ./     丶__   「ああ・・・・・・なるほど」
 {./   !:. !:.:.!:.!             、/  '
 /     :.:.:、l:.:!:!         _ __, ‐‐  ´
./     :.:.:,.‐l:.!          _冫'
    .-‐ '   ll \       /:.:./
  /        !   `  _ ノ !:/



しかし古泉の方は、それでピンときた。
古泉の目に真剣さが浮かぶ。

145名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:26:52 ID:fpe6U0io
ファンがいないと成り立たない職業か…

146 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:27:02 ID:AmUv11aw

少し考えた後、古泉がゆっくり口を開く。


     l:. ',:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.、:.:.:.ヽ:.ヾ、:.:.:ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ̄
    |:.:.:',:.:.:ヾ 、:.:.:.:\>:.:\:.`:.:.ミ:、:.'r‐、:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト:!
    l:.i:.:.',、:.:.ヽ ヽ/:.\:.:、:.:ヾ:.:、:.:.ヽヽヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l }
     ':.,l:.:.:.',ヽ:.:.:V `.ィ 、ヽ、:.ヾ:.、:`i:.:.ミヽ} }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    ':/ l:.ヽ:.\ヽ:.:ヾfy  ヾ、ー、:.ヽ:l:.:.i >メ:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l
   '/  !:.:.lヽ:.:.ヽ:.:.iヽ     ヽ iヽ:.i:├ ':.:.l:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
  ノ'   :.:.:l  ヽ _:/         !:.:!':.:l  !:i:.:.:.:.l:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:!
      ヽ:!   ノ           !:.:.:.:!  l:!ヽ:.:.:!、:.:!、:.:i:.:.:.ヽ    「僕には尊敬する選手がいましてね」
        \   ` .┐, フ     !:.:.:!   !   \ \ヾヾ:.:.!`ヽ
                  t _     !:.:!    . . <  ∧ `ヽ _
                   ヽ  .ィ∧ . . ´/    _ .>._
                  ´ i:.i/ : /   才´    `ヽ
                    /l iヽ/   /    匕´  ヽ
               _..イ ζo:ハ   /   /        \


話の流れと噛み合わなかったが、
古泉の言葉は不思議とよく耳に入る。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |                       「どんな選手なんですかお?」
 \      ` ⌒´   /



     /:/:.:l:.:.:/:.:.:.:.l:.:.iミハ:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',:.:i:.:.:',:.:.:.:_ヽ _
     !/:.:.:.l:./l:.:.:.:.:l:.:l   、:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',、:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:.:.:.:.:',:l:.:.:. !:.:.:.i  ̄
    .':.:.:.:.:.,!':.:l:.:.:.:.!:.l    、:.:. 、:.:.:.:.:.:.:.:.! 、:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:. i:i!:.:.:. !:.:.:.l
    l:.:.:.:.:イ:.:.:.:.l:.:.:!:i     、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.! ヽ:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.l:.:l:.:.:.:.l.!:.:.l
    |:.:.:.:':.:l:.:.:.:.:l:.:. !‐- __  、:.:. \:.:.:.:.:! __ヽ-‐:l:.:.:.:.:.:.!:.:l:.:.:.:l i:.:.l
    |:.:.:':.:._l:.:.:.:.:.l:.:l  __ _ ` 、:.:. ヽ:.:.:.!´__ヽ:.:.l:.:.:.:.:.l:.i:.!:.:.:l .|:.:'
    |:.:':.:.' l:.:.:.:.: lイ 弋しリヾ   、.   :.ィ弋しリ メ:.li:.:.:.:l:.l:リ:.: l |:'
    |:ハ:{ヾ.l:.:.:.:. l    ̄     \  ',:i  ̄  ',:|:!:.:.:!:.':l:i:.:i . |'
    |'  l:ヽ .l:.:.:.:.l          i ヽ ':!       '!:l:.:.!:.' l:.l:.l  {   「どんな選手であるかは関係ありませんね。
        !:.:.:`:!:.:.:l!             |        .':.:l:.':ハ|:.:|!     僕が尊敬しているのは、その人の考えです」
       、:.:.:..!:.lハ         l          /:.:.:|':l   ヽ:!
        ヽ:.:..|!:.:.ヽ         !       /i:.:.:.i:.:!   ヽ
         ヽ:.l.、:.:.:.ト、    ―‐ ―‐     イ:,l:.:./l:.'
           :! ヽ:.:.:l \     ー−     イ:.:./.l:/ .|'
            酛|  丶      / |ハ:! '
            ハl     `  __   ´   !ハ
            /   l              l  ヽ


やる夫はついつい聞き返してしまう。

147名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:27:40 ID:Eby3Goxs
誰のことだろう?

148 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:27:42 ID:AmUv11aw

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|                         「考え?」
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


やる夫を釣り込んだ古泉は、そこでニッコリ笑顔を見せる。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !     「その人、インタビューでこんな事言っていたんですよ」
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


肩すくめ、両手を挙げ、軽やかにその言葉を伝えてくれた。


                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ    「“僕は贅沢者です。
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l      自分の周りの人間全てが、
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l      皆上手くいっていないと嫌なんです”」
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

149名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:27:57 ID:sYPYSmeE
>>145
あくまでシーズンって商業的には相撲やプロレスの巡業と変わらないからな

150名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:28:10 ID:run1Mu/.
なるほど、『プロ野球人』としての試合だけに終わらない姿勢か。

151 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:28:51 ID:AmUv11aw

そこで少し自身がなさそうに、やる夫の顔色を伺う。


       . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
        |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
        .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
      |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
      ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
     '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i
        `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i
       |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;'   「うろ覚えですが、確かこんな感じでしたね」
       ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~
    , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/
    /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
   く、       `ヽ、 i   ̄  '"
   /. `ニ=- 、   二


やる夫は俯き考え始め、

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |               「周りの人間が、皆・・・」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

152名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:29:07 ID:h53HOGvs
アリアトアーシタ

153 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:29:10 ID:AmUv11aw

2人の友達を頭に浮かべ、

┌──────────────────────────────────────────────┐
│           / ̄ ̄\                  ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/              │
│         /   _ノ  \                く        ,.-────-、、、/               .│
│         |    ( ●)(●                \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、              .│
│.         |      (__人__)                 `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\              │
│           |,      ` ⌒´ノ                /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|             .│
│          │         }                /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|             │
│           ヽ、      ソ                ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l           ......│
│          イ斗┴r┐` .;                  |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l           ......│
│    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、              |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ          ..│
│   /     \ ∨\  |,ベ._ / |                ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ          .│
│   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_               ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ      .│
│   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ               l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ    .....│
│   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,               |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_       │
│    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐              |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ   .│
│    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_                l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ  .....│
│     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\              (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V   .....│
└──────────────────────────────────────────────┘




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |           「解ります」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |         「それ、解りますお!」
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

何度も首を縦に振った。

154 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:29:37 ID:AmUv11aw

古泉が、珍しく早口になる。
少し興奮した様子で捲し立て、


                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::://,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/      「ですよね?そうなんですよ!
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/      自分だけじゃ、満足なんてできないですよ。
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ          隣に泣いている人がいたら、人間笑えないですよ!」
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'


再び、ニッコリと笑う。


              ,. : :´: :`: :-、
         _ /: : :/: : ヽ: : :`: -.、
       /: : : : : : : 、{: : : : : : \\: : : `.ー.、
      /: : : : : : : : : ハ: :.i: : : : : : `: ヽ: : : : : :\
    /: : : : : : : : : : /: :/:.l: :i: : : : : :: : ::\: : : : : :\
   ./: : : : : : : i: : :/: :./ー|: |: : : :ヽ: :ヽ: : : : : : : 、: : ヽ
    {: : : : : : |: :|: : : : ::{  ';: ヾ: : : : : : : i: : : \: :ヾ: : :',
   小: : :i: : :|: :|: : : : ::i__ヽ::ト、: : : : :::|: : : : :ヾ: : }: : :',
   ノ: : : :l: : :l: :l: : :l:':´|    ヾi \: : : : ハ: : : : : }: :ト、: : i
  /:i: :/∧::: l: :l: :人: |  −、 \ \: : :ト、-: : : ミ、;八: :l
. /イ: : : /i: : l: l: : :∧.|==、     ´ \:} ヾ: : ト: :ゞi V
   }: : :i V::l: l: : :i リ   ゛     ニミ、 /、: i: : : :|
    八: i  V: ::ゞ: |        |    `/: : i::l: : :::l
   ' ヾ: ヽ .i: : :∧i        |    /: : : l/ ヾ: |
     ゞ: :vi从i           /    /: : : 〃  ヽi      「自分の周りの人みんなが上手くいく。
      }: : : iハ      、    ,    /: : /    .リ
       イi: : l  \       ̄    .イ: : /             最高に贅沢な、最高の状態というのは
    ,-、 |: ハ  i  \        ./  i: /             そういうものなんでしょうね」
   /   \i   ',   ヽ _  ィ;/   レ'
   i     "\ ',      /Ki
−''´i、       \    /   ` 、
    \       .\  ∧ヽ、    `>、
ー 、   ` - 、      V  ` \      }

155名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:30:44 ID:M1ft.lWk
周りの人間の広さか

156 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:30:46 ID:AmUv11aw

しかしその後俯いた。
その表情は嘘偽りなく残念そう。

                    ,. ::': :´:`: : .、
                _ . . ィ: : : _: : : : : : : :`: :-.、
              /´: : : : : : 〃: : \: : : : : : : : : :\
                /: : : : : : v/=、: : : : :`ヾ: : : : : : : : : :ヽ
             /: : : :r=、: /ヽ: :ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : :i
              /: : : /: : : : : : : ヽ: :ト:、: : :ヽ: : : : : : : : : : |
             {: : : : i: : : : : i: : l: : : : l::\: : ヾ: : : 、: : : : :',
             i: ノ: : l: : : : :ハ:::::|: : : : ト、: : : : : ';: : :.'; :i: : : ヽ
             レ: : :/: :i: : i .l::::|: : : : : ハ: : : : : :';: : : :ll: : i: : :ゝ
          彳: : i: : :ll: : l .|: :ト、: : : : :|ヾ: : : : :.'; : : i: : :l: :r'´     「ですがなかなかそうはいきません。
           |: /l: : ::|: ::| ̄ヾ: ハ: : : : | ̄ヾ: : :';:';: : ト、:人リ       結果ってのは残酷ですから」
          r'´|: i |: : ::|: ィ=t-ァ';:i \: :;ナ=-tj-ァ: : ';: :| }:ハ:i
           /  |:∧l: : :从i┴''´ ヽ  .\:ヾ''┴ヘ: : : :::|ノl i  ̄ヽ
      , -''´   リ lイ: : :i::l     .i  \   ト、: : ハ::/ノ i  \ _
     人       i:ト、: :ミゝ      .|    `   .|ハ/ `/  l   / \
   /´  \      ヾ: ::ハ     `      /i    /  イi  /    \
  /  、    ヽ     ilヽi >、   - -   / .|  i /  /li ノ    / ヽ
 i   ヽ    ヽ\   ミ、 >  ヽ>、 `  < /  ,ハ/ ./  / /     ./   i
 |    ヽ   ヽ }、   Yil `ー、ハヽ  ̄  //   〃/  /〃     /     }
 |     \   ', ト、  i l  , - 、  ̄ ̄´   イ//  /´ /   /     /


ただ、瞬間芸のように笑顔に戻る。

    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ     「だからせめて、みんなが上手くいくように。
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l        結果が上手くいかなくても・・・
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/            気持ちだけでも上手くいくように。
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/              そう願いたいんです」
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/ ニコッ
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |       「願う・・・お祈りするんですかお?」
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


やる夫は古泉が、ファンに好かれた気持ちがわかった。
この人は、嘘偽りなくいい人だ。

157名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:30:54 ID:WbjrTGGs
やっと追い付いた

で、いつ掘られるの?

158名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:30:55 ID:Uq5YpgHM
小泉本当にいいやつだな

159 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:31:21 ID:AmUv11aw

古泉はやんわりと、やる夫の言葉を否定した。


                r−<_::::::::::::::::::::丶、
             , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
           /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
        /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
       /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
         /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
         !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
         !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
         ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ   「祈ったってあんまし伝わりませんよ?
              !::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/     人の気持ちが上向く事も無い。
               !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/
             !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ        できれば直接伝えられたほうがいい」
                ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ  
                  >┬―''"´   /  ヽ
              _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
         _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
    _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_


けれど古泉、指を組む。
自分自身で否定した、祈るようなポーズでこう言った。


              _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
          /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
          }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
          /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
         /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : :! : | : | : : : : |
        /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
        // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
       /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
         |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
        ヽ|  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l        「だから、みんなに感謝しちゃいましょう」
         ヘ,  !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          ヘ, |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/゙: : ≧=-、__.
          __,r‐|ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{ l: : : : : : : : : : : :
         ,r'゙r'  i  }   `ー イ       _./´ 入: : : : : : : : : : ::
          f  {      ハ¨ヽ=、     /: : : : : : l: : : : : : : : : : : :::
       _i.  }=-、_r‐-'、_Ⅵ  k    ∧: : : : : : :l: : : : : : : : : : =
      r'ヾ=r1 j    》、__  `¨ヽ、\.  /: : \: : : ::ノ: : : :: :: :: ::≠〃
      ゞ=7__ゞ=- r'"¨ー--`ヽ、  `¨ ×: : : : : :\'": : : : : : : : 〃〃¨
        }_,.=,'_,.ニニヽ、_  `ヾ≠   ヽ: : : : : : :ヽ; : :: :: :: i〃:: ::〃
       .///三辻、_ `¨ー-=、_      \:◎): ∨: : : : : : l: : 〃≠
       ///三∨、 r‐ニヽ_           \_:j/: : : :: :: :: l: 〃´:: ::

160名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:31:29 ID:sYPYSmeE
古泉選手、ヤバイなんて言ってサーセンでした!

161名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:31:32 ID:uRCPN16U
しかしゲームの空気は読まないw

162名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:32:10 ID:wrSmadGU
マジいい人だな小泉、性癖以外は。

163 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:32:16 ID:AmUv11aw

       . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
        |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
        .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
      |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
      ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
     '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i
        `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i      「感謝されると嬉しいですよね。
       |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;' 
       ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~       自分のやった行為が人を喜ばせる事ができたと、
    , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/            気持ちが上わ向きますよね」
    /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
   く、       `ヽ、 i   ̄  '"
   /. `ニ=- 、   二



::|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|      「相手の結果を手助けすることはとても難しいですが、
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|         相手の気持ちを助けるお手伝いに、
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|         少しはなるんじゃないでしょうか。
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i             みんなが、上手くいくように、ですね。
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_  
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、        それに、感謝って凄いんですよ!」
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、
 /     !     \     /       l      !        ̄ ` ヽ 、
./       l       \ /         !      !             ヽ、
      |    ,-‐‐'\        l      ',                | ヽ


古泉の声が跳ねる。
その興奮に、やる夫が少し驚いた。


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l        「凄い?ですかお?」
  \   `ー'´   /
  /         ヽ

164 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:32:41 ID:AmUv11aw

                 , -‐―‐- 、, へ _
               /      、   ヽ  `、
             , ┘   ,     仏      、
              /     /   /⌒!     、 \
           _ノ   丿  ′ ´  釗 丿   '.   丶
          /   , ゙   i / ´ ̄ソィ  厶 !  ! '        .:+
            / フ ,  / ,   , l / r=弌 ノ /_ i |   ぃ i  。.:*・ ゚
            ´ ̄} /,〈j /ノ!'  "    / ´ r=ti{釗  ! `i
             丿'´ 」厶          {  小ハ ,
          / ¬ ´ !     , -- 、  /, { i/
             } , ! \   弋 ̄ン .ィ /}ノ 丿
               '⌒} i   丶  `´ ∠ノ' /         「感謝は、伝わります。
               jハl       ーrチ  └――ュ_      それだけでなく、素晴らしい利点を持った行為です。
                 /  ,     //      ノ  へ
      , 、    _  ´   、   rく 〈      /  /  丶    この利点を持っている行為は、余り無い」
    __'、ヽ-‐ ´, 、  ー---ヽ  ヽ`  〉   ′ ,     i
 r<   / ヽ \ { !       ー〈 V   /   /       !
 _>、` '  _ \ ヽ! '.         〉 「 ̄ ̄  /      |
! /!>  _  ̄    ヽ      /  〉 r 、 /    __    |


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /        「行為?利点?」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


また、古泉悲しそうな顔になる。
行為のデメリットを粛々と説いた。

            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l   「行為って、どんなものでも大抵裏返しの面があります。
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/       時と場合を選ばないといけなかったり、
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{        やりすぎに注意しなきゃいけなかったり、意外と難しい」
          i  }   `ー イ       _./´ 入
                 ,ヘ     _./    / ヽ
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.
             ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
         _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ

165 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:33:02 ID:AmUv11aw

古泉の表情はコロコロ変わる。
悲しい話の時は悲しい顔。

              ____
             , '´::::::::::::::::::, ' - 、:: ̄ ̄二 - '´
           /_:::::::::::_:::::::::/::,_:::::::::`ヽ`゙ヽ
         , '´~:::::::::::::/`ヽ/:::::::ヽ:::::::::ヽ、::::ヽ.
         /::::::::::::::::::l:::::::::::!,ヘ::::、::::\   ヾヽ',
        l:::::::::::::::::::::l  | l'''''ヘ ヽ   ヽ::::::::ヽ ヽ.
        j::j     _l:::::::l!.|  ヽ_::ト、::ォ'´:::::トヘ
        /イ::::::::::::::ノ }:::::::ハ.!, ''´,_〉、! ゙処ニ:::::::| ヽ.
        ′リ:::::::::::/ .ハ:::::::l ヽ <ゞ' `ヽ、Y、:::l
         ヘ::::|// .ム-,..,.j  ` ´    ノヘ:/
         ノイ.ヽ! ' ' ! ヽ     , ィ'|       「喜怒哀楽っていいますよね。
          |フ入     l    ー'ィ'ヘl
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ノ、 `       喜びとか楽しみってやりすぎてもいいと思うんですが、
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ       これすらも面倒な事に、過ぎると不快に思う人がいる」
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′


辛い話の時は辛い顔。

                    ,. ::': :´:`: : .、
                _ . . ィ: : : _: : : : : : : :`: :-.、
              /´: : : : : : 〃: : \: : : : : : : : : :\
                /: : : : : : v/=、: : : : :`ヾ: : : : : : : : : :ヽ
             /: : : :r=、: /ヽ: :ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : :i
              /: : : /: : : : : : : ヽ: :ト:、: : :ヽ: : : : : : : : : : |
             {: : : : i: : : : : i: : l: : : : l::\: : ヾ: : : 、: : : : :',
             i: ノ: : l: : : : :ハ:::::|: : : : ト、: : : : : ';: : :.'; :i: : : ヽ
             レ: : :/: :i: : i .l::::|: : : : : ハ: : : : : :';: : : :ll: : i: : :ゝ       「褒め言葉だってそうです。
          彳: : i: : :ll: : l .|: :ト、: : : : :|ヾ: : : : :.'; : : i: : :l: :r'´
           |: /l: : ::|: ::| ̄ヾ: ハ: : : : | ̄ヾ: : :';:';: : ト、:人リ        褒め言葉を不快に思う人もいる。
          r'´|: i |: : ::|: ィ=t-ァ';:i \: :;ナ=-tj-ァ: : ';: :| }:ハ:i         おべっかだと蔑む人もいる。
           /  |:∧l: : :从i┴''´ ヽ  .\:ヾ''┴ヘ: : : :::|ノl i  ̄ヽ 
      , -''´   リ lイ: : :i::l     .i  \   ト、: : ハ::/ノ i  \ _    なんとも、人間のやる事は難しい」
     人       i:ト、: :ミゝ      .|    `   .|ハ/ `/  l   / \
   /´  \      ヾ: ::ハ     `      /i    /  イi  /    \
  /  、    ヽ     ilヽi >、   - -   / .|  i /  /li ノ    / ヽ
 i   ヽ    ヽ\   ミ、 >  ヽ>、 `  < /  ,ハ/ ./  / /     ./   i
 |    ヽ   ヽ }、   Yil `ー、ハヽ  ̄  //   〃/  /〃     /     }
 |     \   ', ト、  i l  , - 、  ̄ ̄´   イ//  /´ /   /     /

166名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:33:31 ID:ayVq7RXA
キョンの気持ちがわかるな
こういう奴には本当に勝てないと感じる

167名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:33:42 ID:Uq5YpgHM
>自分のやった行為が人を喜ばせる事ができた

悦ばせるだったら面白ry

168 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:33:47 ID:AmUv11aw

そして、明るい話は、明るい顔。

                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l    「でも、感謝は安くていい」
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //



とことん軽やかに、トコトンにこやかに、古泉は顔を戻して見せる。



     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ    「感謝しすぎて、人を怒らす事ってありますかね?
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l       感謝して不快にさす事ってありますかね?
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/        ですから・・・
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/             ありがとうって言葉だけは、軽くていいんですよ」
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\

169名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:34:00 ID:okqdNnuc
そこまで分かっててなぜ試合の空気は読めない・・・小泉っ!!

170 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:35:05 ID:AmUv11aw

最後に、もう一度笑って付け加える。


          _l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:、:.:.:.:.:.:.\:.:`:.:、:.:.:.:.:.:.:.\、
          _l:.:.::.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヾ.、
           .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
        /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
          ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!      「ガンガンやっちゃいましょう。
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ       わかりますか?」
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ
              \.:! }  ヽ      イ    / Ⅵ
               \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
                     ヽ      . : ´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                     ___ i  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
               ___ ノ:.:.:.:/} /: : : : : : :  ´  ̄ ̄ ` メ._
             /:.,: : : :./:.:./ /: : : : : : /           `ヽ、


やる夫も釣られてにこりと笑う。
古泉は、とても素直な人間だった。その素直に、影響された。


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     「わかります。わかりますお!」
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



やる夫の晴れやかな顔をみて、古泉は自分がやる夫に贈れる物を知る。






それを―――


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N        「じゃあ・・・」
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


すました顔して提案した。

171 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:35:35 ID:AmUv11aw

おそらく―――


やる夫が一番やらなくてはいけない事を。



                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l    「ロビンさんに・・・
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l     お礼を言いに行きませんか?」
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

172名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:35:39 ID:AoZqP9uM
初のリアル遭遇ktkr

173 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:36:05 ID:AmUv11aw



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



病院に着いたのは、夜に近い時間だった。

                               __________________
                                  |.    ╋ Royalty Escaline Hospital ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── −     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;
;';.;';':':.;;.;';i;'l;:;`i;.;iiゞ:;:;';;.';:;';';;;;;;;;;;;;;;l;; :l!; ;|  //=======l l , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , .

174名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:36:08 ID:NzDBEbvI
おお……ッ!

175 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:36:18 ID:AmUv11aw
病室を訪れる。

窓辺に、静かに佇む姿が見えた。


                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  | ________
// | |     l、ノl   |ト─‐─────'1        ,,-//l ‐、  r−、
   | |      l l l l  ,||:.          ...::l        / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|,、-‐ー‐─-─--ー-ト     .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l r'   ..::..   ..::::...   '、_____|        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`'':/`'ー------------一''ヘ    |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // / :/:: :                : ::ヘ     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // / :/ ィ                ,、::ヘ
l,   | | ,// / :/ ,、---───────‐---,、 ヘ
,l   | | // / :l_/',____________,イヘ_l:
, l  | // /  :::| _|___________|_ |:::
l l  // /   :/|__|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ|__|:::::
l ,l //'l/   :/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l l l_l,/'   :/
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/
    /

176名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:36:26 ID:3F5FFVxI
サラっといいこというなぁ

177名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:36:28 ID:i0McAoG6
古泉の言ってること口で言うのはすごく簡単なことだけど・・・
いざやれって言われてもなかなか簡単には出来ることじゃないと思うんだぜ・・・

178 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:36:41 ID:AmUv11aw

―――ロビンである。


        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /
  \ \     / /    /\ `|/           「ん・・・?」
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /
  ヽ    \/  ||     /
  ハ    |   ヽ   /



ロビンは2人に気付くと、鷹揚に微笑む。


       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│               「ああ、よく来たな」
    | |.      |    |│
    | └ヘ.     |    ハ.j
ゝ_/|/\|    |   |∧__
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |


暖かい、歓待だった。

179名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:36:41 ID:D5xAdY1k
確かに一番感謝を伝えなきゃいけない相手だな

180名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:37:11 ID:ypagbh7M
病室でもマスクか…

181 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:37:18 ID:AmUv11aw

にこやかに古泉が言う。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N            「なんだか顔を見たくなりましてね」
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


取ってつけたような理由だが、古泉が言うと不思議とそうは聞こえない。

逆に、やる夫の表情は、暗い。


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |                     「・・・」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



その顔を見て、やる夫には触れず、古泉に言葉を返すロビン。


        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|
     l|`T ̄~| | :::::|
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.                   「決戦前に随分暢気じゃないか」
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
    |ト、i   ) ..:::γ    /
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔



                   _ __
              ,. −'´::/::::`ヽ:::::`丶、
             /:::::::_::::::/::::::::::::::::::::::::::::\
           ,.'::::::::/::::ヽ:!:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\
          /::::::::/:::::::/::_::::::::::::::::::::',:::::::::\:::::::`::......_
         , ':::::::::/:::::::::::::ハ厶:::::!::::::::'.::::::::::::ヽ::::ヽ ̄
        ∠イ::::::/:::::::::|::::厂  ',::ト、::::::ト、::::::::::::',:::::ハ
          |::::/:::/:::::_L::l._   ';l ';::::l ヽ:::i::::::',:::::::.
          厶'-:';.r|::::::|∨ `丶 '  '斗-‐';┼:::::|::|:::|
             ̄|::::{ |::::::| 'Tツト     ';}ゥT'';|.::::::|∧:|
              l∧ヽ|::::::|  `¨´   i   ̄ ハ::::|  :|   「暢気な位が丁度いいんですよ。
            ヘ:',::N         }    |:::ハ: !      こういうのは」
            _,.イヽ!ヘ         ′   /l/ l;′
         _,..- ´  ! | ',\  ──‐  , 'ヽ、
    ,. '´      |. |  ヽ \    / |  `  ._
   /        | !   \ ` -イ .|. |     `ヽ.
  /           l.  |    \ /   | |      ヘ

182名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:37:38 ID:Eby3Goxs
ロビンさん久しぶり!会いたかったよ!!

183 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:37:59 ID:AmUv11aw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明日から、VIPスターズは最後の決戦に挑む。



今年は、やたらと雨の多い1年だった。

VIPスターズやカイザース等、ドーム型球場をホームとしない球団は、
雨で試合が中止になる事が多い。


\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬


プロ野球は年間で行う試合数が決まっている。
そのため試合が中止になると、行われるはずだった試合が繰り下がりで行われる。

184名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:38:01 ID:XHOxsqF.
微笑んでる・・・のか?

185名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:38:56 ID:WbjrTGGs
順延だらけって事は今相当キツイ日程だろうに…

186 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:39:03 ID:AmUv11aw

ただ、日本シリーズというリーグの優勝チーム同士が争う、チャンピオン決定戦がある。
そのため、繰り下がりの試合は、公式日程が終了した時点から、日本シリーズまでの間に組まれる事が多い。


これは大抵9月終りから、10月上旬にかけて行われる。




                             《9月》→《10月》
    {        .    }                              /ゝ
..    ',.    (,゚Д゚,)    i   _⊂ ̄ ̄ ̄⊃               /⌒/" 、⌒ヽ
    ヽ   ∪ ∪   /  ⊂___⊃ ̄                | ::::::::○::;;;::○::;| /ー- 、
     `ヽ、_    _ ○                           ヽ ,,:::、WWW;//==ヽ i
          ̄ ̄ ○ ○                           /,~'''-::(,,゚Д゚)./.   |/ Trick or Treat!
 ∧∧   ∧∧   ○ ○ ○                        / :::   ..::::つO
 (;;;;;;;;゚)  (;;;;;*゚) .| ̄ ̄ ̄ ̄|.   /彡ミ. /彡ミ            "''-;,,i    ::::,,/ ヽ
 /;;;;; |.i i /;;;;; |  ~| ̄ ̄ ̄|~   /彡ミ. /彡ミ                 "''---''''/"''~
.(;;;;;; /乂(;;;;;; /   .|__( ̄)__|   /    /                   ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄                   .';;;;;;;;;;;;;;;;;;;''

187名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:39:11 ID:okqdNnuc
>>184
目で見るんじゃない・・・心の目で見るんだっ・・・

ほら・・・あんなにもにこやかに微笑んでるジャマイカ・・・

188名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:39:16 ID:SEs5lIrA
そうすると、日程がかなり後ろの方にずれ込んでるのか

189名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:39:25 ID:uRCPN16U
カイザーズ、ドームじゃないんか。
天然芝のあそこか。

190 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:40:14 ID:AmUv11aw

今年は異常事態が起きた。

雨が兎に角多い1年で、日程が後ろに後ろにと延びていった。

更に雨に影響を受ける、野外球球団同士が優勝を争い、縺れた。
10月中旬に差し掛かった現在、まだ、優勝球団は決定していない。



         ◯                 _____
        //           ____/       \_________
        // |\_____/                    /
       // │                              /
       // │                              /
      //  │   200X CHAMPIONS            /
      //  /                            /
     //  /         .                   /
     //  /          ??????         │
    //  /                             /
    //  /                             /
   // /                             (
   //<                         _____>
  //  \__            ______/
  //       \________/
 //
.//
./


首位カイザース。2位VIPスターズ。
5.5ゲーム差が付いているが、双方まだ試合が6試合残っている。


プロ野球の公式戦日程で、他に試合を残している球団は、無い。
つまり―――

191名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:40:41 ID:0NtTC0uM
日本シリーズの裏で消化試合
なんてことも過去にはありました

192名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:11 ID:oaO9o482
直接対決6連戦で優勝が決まるのか……。

193 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:41:12 ID:AmUv11aw

残り試合は全て、カイザースとスターズの、直接対決である。




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /: : :            \                  /: : :             \
       /: : : :            \               /: : : :              \
     /: : : : : :              \            /: : : : : :                 \
    / : : : : : : : ..               \          : : : : : : : :.._        _      \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l          : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |          : : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l          : : : : : : ´"''",       "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /          : : : : : : . .      ゝ         /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /            \: : : : : : :.   、_,-‐'       /.
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\             /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \           : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
     : : : : . : : . : : .                \          : : : : . : : . : : .                   \



しかも、最終戦は1日に2試合開催――ダブルヘッダーで行われる。

194名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:16 ID:WbjrTGGs
5.5差で直接対決6試合って6連勝しかねぇじゃねぇかww

195名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:22 ID:0NtTC0uM
6連勝条件っすか

196名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:28 ID:Uq5YpgHM
直接対決6連勝は辛いな

197名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:32 ID:NoBa6MdI
なんというストッパー毒島

198名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:33 ID:uRCPN16U
近鉄ロッテを彷彿とさせる

199名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:35 ID:M1ft.lWk
6連勝かよwwww

200名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:37 ID:sYPYSmeE
絶対に負けられない戦いがそこにはある

201名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:45 ID:FXbeizvs
すごい日程だな!
ほとんどプレーオフだろw

202名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:46 ID:Ta/V1bBE
毒島の最後みたいな状況か

203名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:41:55 ID:CEL6ap76
10.19みたいな接戦になるのか

204名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:00 ID:NzDBEbvI
先発の数が足りないチームにこれはきつい……。

205名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:04 ID:deihaebM
引き分けもダメかこれ

206名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:07 ID:i0McAoG6
残り全勝すれば・・・!

207名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:08 ID:wrSmadGU
毒島「俺の出番が来たようだな」

208 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:42:21 ID:AmUv11aw

VIPスターズに非常に分が悪い。

6連勝。
残り試合全ての勝利。それが優勝の条件になる。



引き分けすら、許されない――


∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `ー =.=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::    /..::::::::::::::::::::::/ヽ   ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:丶  ,'l }
|l::::::   /    `__:::  ヽ  /.|′              (投手が・・・持つか?)
iヘ::::..   く  ̄ ̄     `ヽ/./^'
:|::ヽ:::..     ←‐==;;  ./
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ



                  `ヽト,
       `'ー-、..::::...:':、..、.     レ1  ______
   ^''ー-、    `'ー|`''ー-、;_`ヽ:.. -‐''",. -‐''"`
      `'''ー-、,_:::::{     `゙''ーr、 ̄\
     i   :::::::;;;>′_,.へ.     { \  `、
  r'⌒'|   ::i"´    ̄`''ーヽ、j レ'′ \ `、
  | i´ヽ|  ::|     `、 ゚̄`  (ソ     .\. `、
  ヽヽ^'l.  ::|       ̄     `i      \ ',
ー-<`フ''ヽ.  :|           l         ヽi       (身体が・・・きびしいぜ)
    ̄`''''ヽ、:;|         ー-′       l
          ̄`7    ,.. ‐''"j\
           /、      {:  ヽ
          / `>、     { /
            / /l   `''ー‐'/


現実をよく知る選手だけではない。ファンと言えども期待はできぬ。

そういう決戦に、VIPスターズは挑む。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

209名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:24 ID:SM0PYh7Q
スターズが1勝するたびにどんどん盛り上がるな、この状況は

210名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:27 ID:ypagbh7M
何だその日本シリーズ並みの日程の優勝争いはw

211名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:28 ID:3F5FFVxI
どんだけ無茶やねんw

212名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:36 ID:ayVq7RXA
コレはやる夫が日本一の投手になるフラグ!!

213名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:42:45 ID:xCI9P9Ts
・・・・クライマックスは?

214名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:43:02 ID:h53HOGvs
無茶だからこそ、だなぁ

215名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:43:10 ID:Uq5YpgHM
この世界だとCS無いんだっけ

216 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:43:12 ID:AmUv11aw

ベットの上で、朗らかにロビンが笑う。


       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│         「ハッハッハ。そうかもしれないな」
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│
    | └ヘ.     |    ハ.j
ゝ_/|/\|    |   |∧__
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |



だけど、やる夫の表情は、依然暗いものだった。


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |            「・・・」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



ロビンはあえて、やる夫の表情を勘違いする。


              ∧
             /|\
           V|l l| | |l |lV
      r‐‐、    |_|l_l|_|_|l_|l|{|  _    ,--:、
    /_.|__ レ イ||TニヽィニT| 〈_  / ̄ / __|_
   /r――┴  |.|レ|  ̄| ̄u/厂./ニ/へ.  //(\
  / 厂     }\へ_|_/ | _/   ̄ ̄}〈   ',
  {  「_/ ,__ノ ノ  ̄ ̄\__ノへ\    二}::::〉  }
  |   V    \   __/   | 厂>ヘ_}:::/   /       「どうした?緊張しているのか?」
  \  {      |/      //    ⌒ヽ イ
   |  ゝ     | ̄ \.    //        |
   |   \   厂\  ヽ.  //        /
   \         |  |//        /
.     |\       | /\ |       /


ロビンらしい配慮の仕方だった。

217名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:43:14 ID:.yOJRymU
こりゃ月と魔王様は6試合全部フル回転だろうな

218名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:43:19 ID:wrSmadGU
>213
設定上交流戦やCSのない時代の話です

219 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:43:41 ID:AmUv11aw

それを否定したやる夫は、ようやく言葉を出し始め、


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |           「いや・・・そうじゃないですお」
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |             「ロビンさんは・・・間に合いませんかお」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


ロビンの出場を気遣った。

220名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:44:05 ID:CEL6ap76
そこには六試合連続登板して「神様仏様やる夫様」とあがめられる白饅頭の姿が・・・

221 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:44:06 ID:AmUv11aw

これにはロビン、正直に答える。



      _ /  |  \_
     / /.  _  |  _  ヽ ヽ
    /  /. _ | | | | |.  \ヽ
    ∧/  | || | | | | | | | |∧
    ト、  | | | || | | | | | | |_| |
    | | __ |_| | |_l___ |
    |.ヽ|::::TニニX :::::::XニニT::| |
  .  | |\::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |             「・・・・・・ああ、間に合わん」
  .  | |   ̄ ̄│ ̄ ̄ ̄.| │
    | |へ|    |    |へ.|
___ト、      |     / \_____
|二二二| \    |    /|   |  |二二二
    /   \_.|_ /     /  |二二二
   |      /⌒|      /    ̄ ̄ ̄
   \    /   / .|⌒', /
     \_ /   /_ |  | _       /
   /⌒|  /   /  ノ  ノ{  \    /



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /                「・・・」
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

やる夫は再び、俯いてしまう。

222名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:44:07 ID:j.5ma/Oo
成長しとるなぁ・・・。

223名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:44:26 ID:C0stPmaM
リーグ優勝して、日本シリーズで戦える体残るの?>6連勝

224名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:44:30 ID:Eby3Goxs
そっか、結局間に合わなかったんだよな…

225名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:44:50 ID:SEs5lIrA
間に合わないか……。まあ、そうだろうなあ

226 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:45:02 ID:AmUv11aw

その俯いた顔に言葉を掛ける。
明るく、力強く言葉を掛ける。


        ∧
      /|\⌒`ヽ
     v||.| |||\〃ヽ
     |!‐,‐、,┐| ..::::|
     l|`T ̄~| | :::::|
     'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
     /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.              「応援には行くつもりだ。
    /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ             試合には出れんが、球場でお前らを応援するさ」
    |ト、i   ) ..:::γ    /
     t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
  (⌒oゞ _\   .:.\ノ
    Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
    ` (○0ニニニニ;〔


ロビンが、やる夫を励ました。



だがロビンにも、野球選手としての未練がある。
その未練が、ポツリと口から出た。



        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /
  \ \     / /    /\ `|/          「・・・日本シリーズなら、間に合うかもしれんのだが」
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /
  ヽ    \/  ||     /
  ハ    |   ヽ   /


           ____
         /      \
        / ─    ─ \  て
      /   (○)  (○)  \ (
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


やる夫は、その言葉を聴き――

227 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:45:24 ID:AmUv11aw

自分がやるべき事を、


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |           「行きますお!」
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l


           ∧
           | |   へ.
          .‐┴ /    \
       /   /// // ///..|
      / ハ/ /// // / // ハ
      |  〉____/ // / ハ て
     /  / / U ト‐‐┘ `┬:、__V1  (
___./  .| | ―――― 、_ `‐‐ | /
   /   | |      /  `‐‐/
  /    | レ^|.    /    //
  {___!_.ヘ」   /   ,_//\_
 /    ハ     /   /ハ|   |\


          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |        「・・・絶対に、ロビンさんを日本シリーズに連れて行きますお」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


できるお礼を思いついた。

228名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:45:24 ID:Uq5YpgHM
>>223
6連勝できなかったら日本シリーズに出場すらできない

229名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:45:30 ID:h53HOGvs
ウォーズマン先生をもってしても無理だったか……。

230名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:45:31 ID:Eby3Goxs
これは勝つしかない!

231名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:45:37 ID:D5xAdY1k
これは絶対に負けられんぞ!!

232名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:45:40 ID:WbjrTGGs
3.5差なら5勝1敗けでまだマシだけど5.5差は辛いな
怪我人いすぎるスターズにはキツイね

233名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:45:40 ID:run1Mu/.
体力馬鹿のやる夫が全試合登板できるか、が鍵か?

234 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:45:58 ID:AmUv11aw

ロビンは声を出すのに苦労した。


       ∧
       ││  /|\
     ―亠亠./_. | _.ヽ
  /    /_. | | | | |._ \
 /    ./  | | | | | | || | _|
./   くV  | | | | | | | | || || |V7
    |ヘ  |_| |_| |_| | |_||_||_| /
    | |―┬―:、 ‐┴,‐:┬i│
    | |  `:―┘  └‐' |│        「・・・そうか」
    | | ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ |│
    | |.      |    |│
    | └ヘ.     |    ハ.j
ゝ_/|/\|    |   |∧__
    |   \    |   ∧ \  \
    ∧   \ __| / | 〉  |


                  _____
                /         \
               /            \
             /     \,      ,/     \
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
          /    (   ● l    l ●   )    \
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |      「もう一度・・・
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |       ロビンさんとバッテリーを組ませてください!」
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |
           ヽ   ノ              i   |
           i´ ̄ ̄`i                 l   |


若い男の素直な言葉に、何よりの答礼に、

235名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:46:14 ID:WbjrTGGs
シリーズにはやっぱ間に合うのかw
行くしかないなw

236名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:46:29 ID:J.YqB5p6
たかが5.5ゲーム差、形の上だって勝ちます!!

237名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:46:43 ID:ypagbh7M
ロビン「やる夫ちゃん、ロビンを日本シリーズに連れてって!」

238 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:46:44 ID:AmUv11aw

思わず、涙が出そうになったのだ。


        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /
  \ \     / /    /\ `|/           「・・・あぁ」
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /
  ヽ    \/  ||     /
  ハ    |   ヽ   /




ゆっくりと、言葉を噛み締め、拳を握る。


                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' / ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |     「これは本腰いれて
         / /  ,.-ヘ   |ヽ. __〉ヽ〈  、  ヽ∨{|  ヽ_,コ |L_! ‖  !\    リハビリをする必要がありそうだ」
        /     /⌒!  | ヽ !ヘ∨⊥ --ゝ、 〉! y'´  __ノ .ハ  | ‖  !  ヽ
          /          ハ .|  └‐' ヘ ∟----、 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
       { /(    /ノ| .!    ___ゝ--`ニニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
      ,.‐'/ / ヽ--一 / | |  ___ヽ__´"''−-.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ、
     /      Vニ=ニ / ̄_ _丿ヽ  ̄´"''− 、レ''"´_   --!   ノ /       V ヽ
    /  /       }く  ,.ィ´   /  )_ ヽ−−-- 、j /  ___/  .ィ ∧ヽ、    }  」
  /   ノ!     /  ヽ{_,!   (,r   /   )_ ー―- 、_ノく__/         / /  ヽ ヽ.__ノ\ ヽ
  {ヽ/  、     /  ノ} j  /   ノ  /  )_,. -宀---ヘ._   _,ノT ヽ  ヽ`ヽ`ヽヘヽ人
   V/ヽ >-<ニ二,_ノy'|    /' /'  / }   /r‐、\    ̄ //\ヽ._ ゝミ、ヽ}ト-ゝ \
  // _」L厶-┴…''´ ! ∨ / / /ノ ' ノ  //‐r‐ヽ ヽ       (   `ーニ>)/ム-┴┴‐- _、
 ,厶イ           〉 ヽ ∠ -− ニ_/ _/r'´   }_〉、ヽ._  _)      厶'´ ___  `ヽ
/ /            / \ ヽニ=ィ´ ̄_,.-< /`ー‐イ  ヽ`T−--r‐′    / / ̄ | !  / `ヽ、 ヽ
!礀                ̄Zニ´-‐'´ /⌒ヾ    )、  ノ>r'V      / /           ヽ }


何よりも心が燃える言葉を貰った。

239名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:46:52 ID:deihaebM
ニヤニヤしちまうわwwww

240名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:46:53 ID:NzDBEbvI
やる夫成長したなぁ……。

241名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:47:03 ID:Eby3Goxs
ロビン『私を日本シリーズへ連れてって♪』

242 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:47:15 ID:AmUv11aw

病室を後にする。

                                |:::::|  /|
                                |:::::|   |/
                                |:::::|             /
             _______           |:::::|          /:::
          ||          .||             |:::::|          ./:::
          ||______ ||             |:::::|       ./:::
        ___ /           ./.||_______|:::::|       /:::
      /           ./ /||             |:::::|       ./:::
      /         / /                |:::::l      /:::
   || ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||/ /                |:::::|    /:::
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||./                |:::::l   ./:::
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                     |:::::l   /:::
                                |:::::| /:::
                                |___l,/:::
                                 / /
                              / /
                                 / /


やる夫は、結局お礼の言葉は述べなかった。

だけど古泉は、やる夫がそれ以上のお礼をしたと考えている。

243名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:47:21 ID:GLwpk67U
>>241
やめろwwwwww

244名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:47:23 ID:BkfiXTvc
これはロビンさんの佐世保さん化フラグ

245名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:47:28 ID:Uq5YpgHM
男ならやるしかねえな!

246 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:47:38 ID:AmUv11aw

やる夫は一つ気付いた事があった。
夕方の古泉のように、その発見を誰かに知らせたく、口を開く。


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |              「・・・古泉さん」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


       . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
        |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
        .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
      |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
      ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
     '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i
        `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i     「はい、なんでしょう?」
       |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;'
       ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~
    , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/
    /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
   く、       `ヽ、 i   ̄  '"
   /. `ニ=- 、   二


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                   「安くてもいい行為、
 |      (__人__)    |                   もう一つあるかもしれませんお」
 \      ` ⌒´   /


古泉は、興味津々に聞き返す。

     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ    「・・・・・・教えてもらいたいですね。
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/        それは何でしょう?」
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、


この若い後輩が、何を得たのかが知りたかった。

247名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:48:14 ID:0AwIzJYA
こんな熱いお見舞いがあるなんてな…

248名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:48:16 ID:0NtTC0uM
嘘とかそんなんか?

249 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:48:26 ID:AmUv11aw

さも自信がなさそうに、額に手をやり俯くが――


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \             「深く考えた訳じゃないですから、
  | / .イ '(ー) (ー) u|             間違っているかもしれませんけど・・・」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ





       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\              「尊敬、ですお」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


表情が、その言葉に自信を持っている事を感じさせる。



          _l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:、:.:.:.:.:.:.\:.:`:.:、:.:.:.:.:.:.:.\、
          _l:.:.::.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヾ.、
           .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
        /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
          ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:! 
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ      「ああ・・・・・・
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/        それはとても素晴らしい考えですね」
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ
              \.:! }  ヽ      イ    / Ⅵ
               \    ヽ  <      _ .-‐ヽー. -. .、_
                     ヽ      . : ´: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                     ___ i  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
               ___ ノ:.:.:.:/} /: : : : : : :  ´  ̄ ̄ ` メ._
             /:.,: : : :./:.:./ /: : : : : : /           `ヽ、
           _. 人:.ヽ: :.イ ´  /: : : : : : /                 ヽ


古泉は、今日一番の笑みを見せた。

250名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:48:30 ID:xCI9P9Ts
>>218
ありがとうございます

251名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:48:57 ID:XHOxsqF.
やる夫も成長したな・・

252名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:49:12 ID:0NtTC0uM
成長したねえ

253 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:49:21 ID:AmUv11aw



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



時間は夜になっていた。

  ☆      。                    ・
     ゚           ゚     ☆      ・        ゚
゚          ☆      。         /    ☆       ゚
  。           ゚            /          。
☆       ゚               /    ゚
            。           /    ゚            ☆
  ゚    ☆                 /        。     ゚
                    ☆                   /
_                                         |
  \                                       |
    |                                     |
    |      /\                            /
    |   __|   |                    / ̄\  /
    |    |      |/\                   |    |  |
    |/\|         |r'´`ヽ     /  ̄ \  |    |/
               ||   |、    〔      〕 |
                   \   〕     〔 /
                     l  〔     .〕 |


古泉と別れ、1軍寮に向かう。

254 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:49:37 ID:AmUv11aw

1軍に上がって以降、いろんな人に触れてきた。

皆が皆、尊敬のできる大人達だった。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::    :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::     \.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......

255 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:49:51 ID:AmUv11aw

自分は、あんな風になれるのだろうか。



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


そう思った後、


           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ー)  (ー)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


あんな風になりたい。そう思った。

256 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:50:16 ID:AmUv11aw

1軍寮が見えてきた。

やらない夫の部屋を訪れようと思う。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自分が気付いた事を、あいつに無性に伝えたかった。

257名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:50:23 ID:BkfiXTvc
後輩が出来たやる夫も見てみたいぜ

258名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:50:25 ID:D5xAdY1k
尊敬に値する人達が多すぎるんだよこのチーム

259名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:51:42 ID:H/6Uv61w
言い方は悪いが、何にも知らないロボットに
みんなで色々と教えて、それによってロボットに感情が芽生える。
そんな風に見える。

260 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:51:57 ID:AmUv11aw

そんなやる夫の背に向けて、聞き覚えのある声が飛んでくる。


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ          「やーる夫♪」
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

蒼星石だった。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |                   「・・・ああ」
 \      ` ⌒´   /



             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/           「えー、ちょっと反応薄くない?」
         }:l::.|:ゝ       /:/:,′
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
          rt<   /ニ7弌ー、
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|


驚かすつもりの言葉に無反応だったやる夫に、
蒼星石が抗議する。

1軍寮に蒼星石が現れた、それはつまり、蒼星石の1軍入りを意味する。
もっと驚いてくれてもよさそうだった。

261名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:51:59 ID:run1Mu/.
あれ、古泉は一軍寮じゃないのか?

262名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:52:00 ID:dUic4tvc
ほんとやる夫はいい球団に入ったな

263名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:52:27 ID:D5xAdY1k
おお!!ついに3人そろった!!

264名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:52:28 ID:Eby3Goxs
お、蒼も1軍入りか

265名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:52:31 ID:EjTtna.g
ktkr

266名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:52:40 ID:WbjrTGGs
ああ、やっぱ投手上げたのか
そら6連戦は投手いなきゃ話にならんもんな

267名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:52:41 ID:0NtTC0uM
テコ入れか

268 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:52:42 ID:AmUv11aw

だけど、やる夫は半分これを予想していた。

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \              「油井さんが怪我した上に、
  /(●)三(●))   .\             赤木監督に呼び出されてお前の事聞かれたお。
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /              ありえるとは思ってたお」
  /   `ー'´      \

                                       ※油井・・・油井一茶:唯一の左の中継ぎ投手


阿部と監督室で遭遇したあの時に、
アカギに蒼星石について聞かれていた。ある程度、想像の範囲内だったのだ。


蒼星石はそれでも不満げな顔をするが、


              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/      「それにしてもさー・・・ボクが1軍入りだよ?
         ヽト、::::ヘ         /::/:/       ほら、なんかもっと・・・」
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |              「まあ・・・」
 \      ` ⌒´   /



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ー)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\              「おめでとう。だお」
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

269名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:53:23 ID:Eby3Goxs
素直じゃないやつめwww

270 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:53:39 ID:AmUv11aw

その言葉に、蒼星石は息を呑み、


      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/      「―――――!」
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧



''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ           「ありがとう」
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |


小さく頬を染める。

271名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:53:48 ID:BkfiXTvc
油井さん・・・
ここまで1人でよく頑張ったよな

272名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:53:52 ID:Uq5YpgHM
さあ役者は揃った、後は戦うだけだ

273名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:53:53 ID:sYPYSmeE
おやおやおや

274名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:54:07 ID:3F5FFVxI
唯一の左中継ぎ投手ってw
本当に投手層が絶望的なんだなw

275名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:54:15 ID:.yOJRymU
しかし1軍初めて上がったばっかの投手を
こんな大舞台にぶっつけ本番とか大丈夫なのか・・・

276 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:54:24 ID:AmUv11aw

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |         「でも予想が外れたお」
 \      ` ⌒´   /


蒼星石は、1軍に来た喜びを、なにより今噛み締めていた。
ようやく、やる夫のチームメイトになれたと思ったから。

自分の望みが叶ったと、そう思った―――



             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃      「予想?」
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \           「監督に聞かれたけど・・・
  /(●)三(●))   .\          別の人が来ると思ってたお。
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /           まさか蒼星石はねーだろって思ってたお」
  /   `ー'´      \



        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !        ━━┓┃┃
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l              ┃   ━━━━━━━━
        ヽ lト、     <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
         l ト从 ー┐ r‐ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
         ヽ| Vィ´ {X}。≧         三 ==-
            /: i_lil__-ァ,          ≧=- 。
          i: : :l:::::ヒj::l」 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
           /ーイ::::::i::::l|   ≦`Vヾ        ヾ ≧
          /  //ヽハ/li   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

そんなの一瞬だったけど。

277名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:54:40 ID:DsF3aEPw
去年のカープは中継ぎに左がひとりもいなかったことを思い出すw

278名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:54:43 ID:M1ft.lWk
さらっとながしたけど、その離脱ってでかくないかwww

279 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:54:58 ID:AmUv11aw

剣呑な顔をして、やる夫を罵る蒼星石。


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ        「ボクはこれからやる夫の事を、
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!        心の中で“感動キラー”と呼ぶ事にするよ」
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム



      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |            「“やらない夫キラー”のお前に言われたくねーお!」
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


すぐ頭に血が上り、陰惨な顔をするやる夫。

280名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:54:58 ID:ypagbh7M
蒼は一軍初登板がこの六連戦か…

281名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:55:02 ID:2blM6HZM
ちょw
やる夫w

282名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:55:13 ID:9qwUVMhM
左不足ってレベルじゃねぇ

283名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:55:13 ID:D5xAdY1k
どこまでも本音なやる夫www

284名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:55:23 ID:XHOxsqF.
そこは成長しないのなww

285 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:55:24 ID:AmUv11aw

やや怒った顔のまま、やる夫が言い訳を述べ始める。

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |             「やる夫がそう思うのも、しょうがねぇお?」
  \     ` ⌒´   ⌒/


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\             「左の中継ぎの補充は必要だったけど・・・
  |   (__人__)      |              決戦前だお?ルーキーって!」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \              「・・・それに、お前は2軍の左投手の中で、
 |      (__人__)    |              1番いい成績を残している訳じゃないお」
 \      ` ⌒´   /


蒼星石が、そこで笑う。


           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ        「ああ、成績チェックしてくれてたんだ」
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',

286名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:04 ID:i0McAoG6
いよいよ蒼星石の悩殺☆セクシー投法が炸裂するのかwww

287 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:56:09 ID:AmUv11aw

しかしやる夫は考え込む。
見逃せないポイントだと、そう思う。だってそれは――


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |              「・・・」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \




蒼星石は聡い。すぐやる夫が何を考えたか理解した。
そして簡単に、軽く、“言ってはいけない言葉”を口にする。

         !          .:.:.:::::::/
        _⊥  -‐    ── ‐-  ̄``ヽ
        〈    , - ── ──- 、、    /
       ヽ,.'´   .:.:::::;::::::.::::、.:::::::::.:.:.:.`く
       /:!    .:.:::;:::/::ハ.::ハ:l::::::..:.!:::::::.ヽ
        /.:.l   .:.:::ノ/:/  l::| |:ト、::.::::!.:::::ハ:!
      ′.:l  ,.ィ::レ'´ ̄`ヽ リ >く/.::::/l ′
        i:::l:::', .:::l:::|,.ィテテヽ   ,.ィハV:.:::/:/
      i:::l:::::',..:::l:::|ヽ辷ソ_   fリノ!::/:/     「そうだよ。客寄せパンダだよ」
      l::ハ.:.ト、:l:::|. ' ' ' '   ` ' 'ノ1"´
        VVハ::::ト、     ー‐ '/.:::!
           「 ';:::|_ ``ーr ‐く::::::::::|
        ノ  ';::lニに7ニヽ ∩ハ::!
      _ノ  〃.:.:.::::::.:.`ヽヽl |__
   r '¨´     f(.:.::::::::::::::::::.:.V  `L
   ハ、     f(.:.::::::::::::::::::.:.:に7ニ7ニヽ
  ノ::い     f(.:.:.::::/ .: :.  ``ヽ  。i{
 /.::::人_L_ __」ソ.:.:::/  .:: i::   .:::.\。i{




これにはやる夫が愕然とする。


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \            「え?おま、えぇっ!!!?」
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


やる夫だって理解していた、絶対の禁句であるはずの言葉だったから。

288名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:18 ID:run1Mu/.
やっぱり、実力ではなく、駒不足での招聘か。

289名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:27 ID:NoBa6MdI
>>275
土壇場で初物出すと結構戸惑うもんだぜ相手は
まあその分失敗した時は周りの反応が怖いが

290名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:33 ID:Uq5YpgHM
ま、まさかパンチラ投法を完成させたのかっ

291名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:33 ID:WbjrTGGs
一番じゃないのに呼ばれるって事は…

悩殺ゆっさゆっさ投法クルー?

292名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:34 ID:WrRKpkSg
パンチラ投げに全てを賭けるのかアカギ

293名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:52 ID:rZboyuPQ
>>238
ここ見て、スラムダンクのメガネ君の
「泣かすなよ……問題児のクセに」
って台詞を思い出した

294名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:56:53 ID:ypagbh7M
成績チェックをしっかりやってるやる夫
素直じゃないなぁ

295 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:57:00 ID:AmUv11aw

平然とした顔で蒼星石が述べる。


      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./        「ダブルヘッダー含みの6連戦。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′        6連勝しなきゃ優勝は無い。
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /             そんな状況は、オーナーは兎も角・・・・・
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/           スポンサーからしたら期待薄みたいでさ」
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l


絶対の禁句をスラスラ述べる。


       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、      「でも、ここまで盛り上がったお客を逃したくない。
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !      初戦を落として全部終わった時のための、
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /       客寄せパンダ。それがボクだ」
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄

296名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:57:53 ID:BkfiXTvc
じゃあ勝ち続けてる間は登板ないってことじゃね

297 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:58:01 ID:AmUv11aw

やる夫は困り果てた顔をするが、


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |       「・・・」
     \  u   `⌒´   /


蒼星石の表情は、清清しく、無理も無い。


             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|     「まあ2軍の左で2番手だから・・・1人分の贔屓かな。
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′      アカギ監督は優しいね。
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|        僕を呼び出して、わざわざそう教えてくれたよ」
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /U (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |                 「それ、優しいかお?」
 \      ` ⌒´   /


           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|     「優しいよ。
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./      少なくとも、ボクにはそうだ。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/       そんなの、隠されるより言って貰ったほうがずっと楽だ」
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、

298名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:58:04 ID:fpe6U0io
>>277
一応青木がいなかったか?
2人いて区別付かないけど

299名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:58:19 ID:CEL6ap76
ダブルヘッダーだったのかw
ブライアントフラグだな

300名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:58:26 ID:sYPYSmeE
アカギは流石すぎるな

301 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:58:31 ID:AmUv11aw

やる夫は、驚きを抑えれぬまま、問うた。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |            「それで・・・いいのかお」
    \  u   `⌒´   /



             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ          「いいよ」
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


蒼星石は、ニヤリと口元ひん曲げる。

302名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:58:36 ID:H/6Uv61w
客寄せパンダと…挑発かな?赤木さんは命ぎりぎりのを平気でやる人だし…

303名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:58:55 ID:3F5FFVxI
ルーキーが二番手かよw
本当に選手層うっすいなw

304名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:59:12 ID:D5xAdY1k
お、蒼い子も精神的に成長したか?

305名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:59:22 ID:MafsuebE
アカギはよくわかってるな

306名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:59:26 ID:ypagbh7M
赤木は効果的な言葉を放つなあ

307 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 00:59:35 ID:AmUv11aw

                       , - '──‐ - 、  . .:.:.:.::::::::::::\
                      /          `丶、 .:.::::::::::::/
                      \ _ __ _. . .:.:.. :.:.:.:.:::.`ヽ、.:/
                      /,イ:.:::::.::::.:::.:`:`丶、.:.:.::::::::::.:.\
                         /.:/::j::/.:.:::::、.::::.::::::.:.:::.`ヽ .:.:.::::::::::\
                     /.:::l::::i::ト、;;:、::::`ヽ;i:::::j!:::.::i;:;;\.:.::::::/
                      l/l:;|.:/N  ,ィ≦二l!::/.::::!::|;:;:;;:;;:y'´
                     `ト、:fリ  {カj 7 |:/:::::::|:::!;:;:;:;:,′
                           ソ  ´ ̄  リi::::::::!;;,!;:;;:/
                         ト、 __      |:::::::j/;;イ
                        l/'、     |::::,イ;:;;/
                           |:;ゝrァ┐ !/ l;/
                          |/^l/ィュ-─‐- 、\       「マウンドで認めさせてやればいい。
                         , ィフ.:.:.:.::::::::::::::::.:ヽト、      ボクの投球で認めさせてやればいい。
                     , ィ ´.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.〉j|
                _, <二ニフ´ ̄`ヽ.:.:.::::::::::::.::::::::::.::::ヽト、     蒼星石は女だけど、1軍で通用するピッチャー。
    _  _,r‐ュ--─<二ゝ、_ _      \.:.::::::::.:.:::::::::.:.:::i:|/
  , イ 仄,r'´   `ヽト、      \  ``ヽ  _ jL.:.::::::::::.:.::::.:.::|:|      そう認めさせてやればいい」
  しJl///, ヘ _ ノ ヽ        j!    , イ_イj!;:;:;;;;;;;:;:``77ヽ::」
 / Y ⌒Y^ヽ ト、 ``j〉 |   。  °L _/ヽj'^ヽ|;:;:;;;;;;;;;;;;;;//ス/
 ! ハj! ハ i  i ! !  fコ L。_, ィソ´ ̄    ,ス<7;;;;;;;:;:;:;;:;;;;;厂
 | !.:|l| .:| | | | |人j〉_ソノ ̄        /><7;:;::;;;;;:;;;;:;:;;j
 | |::|||.::::j | | | |             /><7;:, ィ7三三jト、


そういう蒼星石は凛々しかった。綺麗に見えた。

ただ、すぐにニヤリと、凶悪な笑みを浮かべてくれたのだが。


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ     「パンダって意外と、凶暴なんだってね」
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)U \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ            「そうか・・・お」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

やる夫は、静かに決意を受け止めた。

308名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:59:37 ID:Uq5YpgHM
パンダだろうが何だろうが結果さえ出せれば問題ない

309名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 00:59:47 ID:XN8mSH/c
まあ、パンダも愛くるしく見えてアレ熊だからね

310名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:00:13 ID:ajDzKeRw
鳳ボンバー!

311名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:00:14 ID:3F5FFVxI
蒼星石が一番成長したのかもなw

312名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:00:29 ID:BkfiXTvc
巨人の中心打者だったパンダもいたしな

313名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:00:33 ID:LQD34rAI
パンダはまさに大熊猫だからな。

314 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:00:34 ID:AmUv11aw

蒼星石が、その表情にケチをつける。


              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/      「ちっともボクが抑えられると思っていない顔だね」
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\



見当違いなケチだったが、やる夫はそれに答える事にした。
この決意に口出ししたくなかったのだ。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|         「んー・・・カイザース相手に投げると、
.   /,'才.ミ). (__人__)  /          やる夫はいつもボコボコにされてるお」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



    .r-、 _00           /::::'┴'r'
    .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
    .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
    . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
    、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
    . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
            _____
          ┌<二三三三三≧
          ∨三三三三三三7
         ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
.       r==ニ二ニ三三三三三二≧
       `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
        /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ
        |::. i::.::.: l   ノ_ ヽ,,  ト、ハ         「知ってる。
        !::.:|:.:.从 ≦゚≧ミ:≦゚≧トN          カイザース戦の防御率、酷いよね」
.          |:.(|:.⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/
          '、:ヽ:. :.!   |r┬|  j:|ソ
           ヽ ヽ:|>、 `ニニイ!//
.            ( ⌒ ){i <,!トゝ `l( ⌒ )


ただ、蒼星石はあくまで蒼星石。

315名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:00:49 ID:oHVjTo8A
ところでやらない夫は…

316名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:02 ID:Eby3Goxs
勝てば官軍だもんな

317 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:01:09 ID:AmUv11aw

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;               「おい・・・」
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;



   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |     「ハハハハ!
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|      打たれるにしても、やる夫よりはマシなんじゃないかな?
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/       なんたってやる夫は、
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/        カイザース戦の防御率が、
               r-V _    |__             計算できなくなっちゃった事がある訳で」
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_


つけたケチを、穴空く程抉り込んだ。

318名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:15 ID:XHOxsqF.
いざとなればパンチラ投法もあるしね!

319名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:19 ID:fpe6U0io
アカギは発奮材料にわざと言ったな

320名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:23 ID:h53HOGvs
パンダの目の周りの黒縁を取ったら……ヒィーッ!

321名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:29 ID:BkfiXTvc
>>315
やらない夫キラーの登場で出番を奪われました

322名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:49 ID:Uq5YpgHM
>>315
秘密兵器は最期までとっとくものだろ!常識的に考えてっ!

323名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:01:53 ID:Bnn74ml.
インフィニティww

324 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:02:19 ID:AmUv11aw

----------------------------------------------------------------------------------------------

.        / /   l.l  l.l l      l  l  l     、
        / |   |.|   | l |       |  |  |   |∧
      l   !   l| !  .|│ l        ト,  !  |  ./ / |
       l   ヽ   | !ヽ. ヽ 、ヽ、 l   / |. | / ./ /l |
       |     \ {ヽヽ\ ヽ\ヽ|  / -l/l/l//| l
      |    |\ヽ \ ヽ-、ヽ| / , -_仏∠∠| . |   |
.      !|l   | /"7¨丁゙}\   レ'  ,イ、_>ー} 〉 / .| ‖      突然だが野球解説のお姉さんだ。
        l | |   | ` ヽ二ン      ヾ='´ノ / / | ‖
      l.l |   |ヽ   ̄       |       / /  1  |       今の蒼星石の発言を保管させて頂こう。
      ‖|   ト、丶        '       / /  /|  |
       |│  |  `\     -─    /}′ / ||.   |
       |│  |  , -‐ヽ、       / /   /' ||    !、
       |│  |/     | `丶 、 __/"7  /イ  ||    lヽ
       |│  │       | , ‐ ´    /  //_|.  ||    l  、
       |│  |ー---‐ "´         /  // | ||   ',   ヽ
       |│  |          - ┬‐/  //´ ̄ \ \、   ヽ  \



                        ____
                   .  ´      `丶、
                /
               /   / /        '.
               .′ /  .′   i     i '.
               .′  { { 釗    }  }  .′} ;
                .′ ト、!ト、 {     / / / /  !
            , ヘ/  i l トl、tァミl、  / /∠}/|   l      防御率ってのは1試合投げきったら
          r一'. : : :ヽ、」」  代ft癶ヽ、{´ィrfikマ  {  l      ソイツが何点位とられるか。
        ,|: : : : : : : : :} :`Vム、    i  `¨¨,l  ij  l
.       /」: : : : : : : ノ: : :/ ``ヽ. r_、   // | ! !      それを数値化した、投手の実力を見る面から言えば
      {: :ゝ‐‐‐: : : : :/      ヽ._ .ィ匕7  厶」__j、!     最も大事な数字になる。
     , ヘ、: : : : : . ´      _   ヽ//l  l'.::::::::::::ヽ、
     /   `¨¨¨´        ノノ   `xー‐⌒}:::::::::::::::::::}    目安的には・・・3点台なら十分活躍してるレベルだな。
     .′             `´        /.:::::::/⌒}′   7点台だった7月のルルーシュが、どれだけ笑えるか
.    {            _     「i   、f斗ーァ'′  j     考えて欲しい。
    ',         __ノノ   rf‐′   l/イ/ __ ハ
     、            __ノノ    i _トv'"´::::::::::::ヽ. .   
.      ヽ          └‐ ´    「 l {:::::::::::::::::::::::::} '.
       >、             /⌒ヽ 」'"´ ̄ ̄ヽ;/   '.
       /  }ヽ、  , -‐    _ .. イ、  _.. ┴─¬ v:ハ    '.
.      /  ハ、 `ゝ{    /    Y´:::::::::::::::::::::::::」   '.    '.
     /  / '⌒>{/l   /      ∟; -‐rfL ̄/   }   }

----------------------------------------------------------------------------------------------

325名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:02:32 ID:ypagbh7M
対カイザーズ戦ではやる夫の方が圧倒的な負債だよなぁ

326名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:02:33 ID:run1Mu/.
この蒼い子、女として見られる気を放棄してるなwww
まあ、投手としてはこのふてぶてしさは頼もしいけど。

327名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:02:42 ID:Uq5YpgHM
やる夫どんだけ打たれてんのw

328名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:02 ID:NQC61GTU
>>324
>どれだけ笑えるか
いつもながら辛辣w

329名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:08 ID:D5xAdY1k
どんだけルルに辛辣なんだよwww

330名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:11 ID:2xFA7ryc
ワンアウトも取れずに失点して降板で防御率∞か

331 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:03:16 ID:AmUv11aw

-----------------------------------------------------------------------------------------


            /             i     \
            /        /         / }      \
.          /     /  /      / / /    i   ヽ
         / /  / /    /   イ ィ´  / ィ       !     ',        記録に残るために必要な投球回数――
      / /  /  ハ   ィ !  / / / イ /1      |    ハ 
       / !  1  {   | ',1 .斗/ / ´_/ィ  1     !     ハ       ――規定投球回数に達している投手は、
     i   !   ヘ ',  | イ! .//ィrf灯}㌢   !     !      ハ       まあ・・・非常に悪くても4点台程度だろうな。
     ヽ  ',   ト ト、 ト {1'}/ 癶斗 ´    1      ト      :ハ 
.       \ \ ≦ィニ.ハ',ヘ            !      ! '.      ハ       5点台というのは記憶に無い。
          ` ┬ 斗匁フ           |      |  ハ     ハ 
             } :ハ ¨´、           !     ′ ハ     ハ 
          1  ハ    t ´ ̄ア     |     ,'   ハ    ハ     7点・・・・・・爆笑ものだな。
             |   ∧     こ´      /!   ハ__  ハ     ハ
             |  } > 、        ∠┤   ,'   }  ハ     ハ    プギャーwwワロスwww
             |  |     > 、__.. -‐´   1  '__/   ',    ハ
             |  !j    } /      _..!   {:::::::::::}    ',    ハ
             |  !    /    /‐::く |  ,'´ ̄/ ̄ ̄ ̄ 二ゝ、ハ
             |  !   /    /:::::::_::<1  .';;;;/::::::::::::::::/    ヽハ
             |   | /    / _ ィ ´:::::::::::!  .' /::::::::::::::::::/         } ハ
             |  ! \__/Y´:::::::::::::::::-‐|  .'/::::::::::::::::::.ノ        1 ハ
             |  !     |_::; -‐ ´   1 /:::::::::, ィ ̄           {   ハ
-----------------------------------------------------------------------------------------

332名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:19 ID:3F5FFVxI
ルルいじめんなw

333名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:46 ID:Z3Dct1qI
C.Cか…良いな。

334名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:48 ID:Eby3Goxs
苛め過ぎwww

335名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:50 ID:62ChF.Wo
ひでぇwww

336名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:50 ID:XHOxsqF.
解説役はルルの彼女かよww

337名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:55 ID:EXc.HyaA
間違いなくドSwwww

338名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:03:56 ID:Ta/V1bBE
たまに防御率詐欺師もいるけどなw

339名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:00 ID:LQD34rAI
ルルーシュの防御率、総合でも5点、もしくは6点台なのかな?

340名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:05 ID:h53HOGvs
100点超えとか?w

341 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:04:09 ID:AmUv11aw

-----------------------------------------------------------------------------------------

         /                         ヽ
      /                           ',
      ,'         l        \ \  ヽ   ヽ:.  ',
     ,'    .:.   ',       ヽ ヽ   l   }.:.  }      でだ。
     |   .:.:.::|    ヽ.  {      .|  l:.  |   ,'.:. /
     |  .:.:.:,':| ヘ:.::.:.  ヽ:ヽ:.:.    |:. l:.  !:. ′.:/      この算出方法なのだが、
    /.:.:.:.: / |:.:..\:.:.:.ヽ:.:.\\:.:.:..」:. }.:.:/}./.:.:/}        防御率=(自責点×9×3)÷(投球回×3)
   /.:.:.:.:.:.: / / |:.:..  `‐ト、L斗ト、!`ヽ:}::. ハrf孑ィ´イ        という式で計算される
.  /.:.:.:.:.:.:.:.〃. |:.:..   |弋廴.外   / イ┴ ' /´..:.:|
 /.: :. :. /  __/|:.:..   | |           |  / .:.:.::∧       ここでいう投球回ってのは1回2回という
./.:.:.:/ ̄ ヽ__/|:.:..   | |        '  イ  .:.:| |       単位だけでなく、何アウトとったかという
': /       |:.:.:.  | | ヽ   ー `.イ ./l   :.:| ト 、__     単位でも集計される。
/          |: .   | |  > _. <:. :. / |:..  :| /   ヽ. _
|          |:.:..   | |  {/    ー'   l:.:.   |´        


          /              `ヽ
         , '   /  /         i   `ヽ ヽ
       /    /   /     i    }       ヽ '.
        .′  .′ ,イ    l    | i       ' }
      fi   l  { |  . ′ }    | l  |     }i
      |i   {  | { / / /   | | l  }     ||
      |i   |  | !{ イ |イ {   | } } ム」   ||       1ポイントで出てきて、1アウトとってすぐ交代する。
      |i   |  | !|斗l┤ i|-  レ'}/]厶斗 }   }l
      |i   {  {从=≠ミ、ト、  ! ィ爪_刋/  / |       そういう人の防御率が数えられない仕組みなんて
      |i   ∧  V代丞外   ヽ|  ` ア .イi |       おかしいだろう?
      |  /  ヽ、ヽ        :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト             /l  爪 |       だから投球回ってのはアウトの単位で数えられる。
      | '     i  \     -‐   .イ | 小、ヾ、      3アウトで1回だから、1アウトだけとった人は
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.      1/3回投げたという風に計算される。
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
      l   |   }   } }      比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //         /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ

-----------------------------------------------------------------------------------------

342名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:19 ID:SEs5lIrA
ルル頑張ってるのにw

343名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:20 ID:XuEyGjkc
もうやめて!ルルのライフは0よ!!

344名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:21 ID:8TnNh07w
どんだけSなんだよ、この恋人

345名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:24 ID:fpe6U0io
3点押し出しても防御率を下げる投手がいてな…

346名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:04:33 ID:ayVq7RXA
中国では毎年野良パンダに殺される人が1〜2人いるらしい(マジ)

347名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:05:05 ID:Bnn74ml.
最優秀防御率だからといって勝ち越せるとは限らないんだぜ・・
スターズは大丈夫だろうけど

348名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:05:07 ID:Z3Dct1qI
2001年の前川…

349 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:05:13 ID:AmUv11aw

-----------------------------------------------------------------------------------------
          // ´     \:::{ `: :/:/: : : :人_//: ̄ `: ヽ
 . : ,  ¨ フ ´          ヽ ¨´:Y : : : 〈_:_:人: :ヽ: :
. . :/ ,: :/      /     . : :≧ 、`¨¨:::::_:ハ: : : ',: :
/: : / /   . : /  ′  . : / :/: :.:| : :|. :  ̄|::|: : ハ: : : :,: :
: : : / / / . : /. : l l . . :/: /.:./ : : :|: : l: : / /::l :/: l: : : : :,: :
: : /: :|: ' l:. :! . : l: :| : : /: /: /」: :‐/―'‐イ /.!::|/.: :ハ: : : : l: :
: /: : :|: |:. !: :|..: : |、:l : : | /l / / /_z=ミ イ: :|/  /l ,: : : :|: :    逆に言うとアウトを取らないと
/ : : ∧:Vヘ: :ヽ≦二ヽ.:l l l'ィ ´ ィ  ハ}ト.| .::l ヽ/: |  , : : |: :    投球回数が数えられない。
: : /: :ヽヽヘ.: : {、ハ行ド、|     、辷少, l: : | l/  l : : |: :
: : .′ :/ \:. 廴 ` 辷り      ´ ̄ ̄  l.: ::l、´     | : : |: :    やる夫のカイザース戦初登板試合。
: : | : : ': : : : /¨|`ハ  ̄              |.:.: トl     ! : : !: :    やる夫は1アウトも取れずに、失点だけして
: : |: : |: : : : |  |: : ', 、  `          イ : : l       | : : |: :    降板している。
: : |: : |: : : : |  | : : l ヽ、  ' `    / ! : : l      |: : /: :
: : |: : |: :/ ̄`l. ‐< _ .ィ 、≧ 、 イ__| : : :|     ,: :/: : :    計算式に当てはめてみるか。
: : ヽ /   / `ヽ 、_ ̄ Yフ/7k‐┴┴ 、:|¬、{⌒{v ´ ̄ `
: : / ,   ´    ¨ヽ \} '//¬ | rュ '   \  〉/7 ´ノ
: //        、 \ 〉| |} l| | ´_ノ      \/://
/             ヽ人}L|`¨┌' _ ,         \
        ,  ,¨ゝ‐ ノ `¬ < ¨  __        ヽ、
    r― ≦: : / { /        ヽ´ヽ `l ‐ 、       l__
   '    /. : 'く               \} .:!   T 、    , ハ


     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.:.: |.:.:.: |.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:..:l.:.:.:.:.:.|.:.: | .:.:.:.: |
      / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.l.:|.:.:.: |.:.:.: |.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:..:|.:.:.:.:.:.|.:.: |.:.:.:.:.: !
.     /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:..| .:.:.:.:.:.:. 小.:.:.:{.:.:.: !.:.:.:.:.:.:. { :.:.:.:.:.:.:.:..:|.:.:.:.:..:}.:.: |.:.:.:.: ,′
   /.:. / .:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.: |:ヽ.:.ヽ :.:.',.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:. l.:.:.:.:. |.:.:.:.:./.:.:/.:.:.:.:/
  /:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.: |ヽ{\.:\ \.:.:.:.:.:.:∨l.:.:.:.:.:j.:.:. /.:.:/.:.:.:.:/
/.:.:.´:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.: | テf仆<\:\.:.:..:.:l |.:.:.:.:∧.:/.: /.:.:.: イ   防御率=(自責点×9×3)÷(投球回×3)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:/| :.:.:.:.:.:.: │弋,;i込__癶\{\.:.l |.:.: /ニ斗ヵ/.:.:/    でやる夫は2失点だから・・・
.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:| :.:.:.:.:.:.l.: | ` ー ─‐' ^ヾ  ∨ |.:./孔ソ〃.:.:.:./
.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:/:/:.:/| :.:.:.:.:.:.l.: |            j/`ー‐ ,イ.:.:.:./     (2×9×3)÷(0/3×3)になるな。
ー '.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/.:.∧|.::.:.:.:.:.:.l.: |               ′  /.:|.:.:.:.l
.:.__.:.:.:.:'".:.:.:.:.:./ │:.:.:.:.:..:l.: l            . j  /.:.:.:.:|.:.:.:.|      ん・・・ゼロ?
. :.:.:.:.:.:.___ 彡ヘ   |:.:.:.:.:.:.:.l.: |\     r‐ァ  , くl.:.:.:.:.:. |.:.:.:.|
 ̄ ̄`\: : : \: : \. |:.:.:.:.:.:. !.:.:|  >     . </  | .:.:.:.:. |.:.:.:.!      わあびっくりだーー。
.  {   \: : : \: : ヽl:.:.:.:.:.:.:!.:.:l/  /个<   /: : :.| .:.:.:.:. l .:..:|      計算ができないではないかー。
  ヽ    \: : : \: : |.:.:.:.:.:.l.:.:.|.   ∨    / : : : | .:.:.:.:. |.:.:.:|
-----------------------------------------------------------------------------------------

350名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:05:52 ID:EXc.HyaA
棒読みチックwww

351名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:05:56 ID:i0McAoG6
白々しいwwwwwwww

352名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:01 ID:8TnNh07w
こいつ誰にでもドSだwww

353名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:02 ID:XHOxsqF.
無限大だね!

354名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:02 ID:Ta/V1bBE
>>347
元オリックスの金田のことですねわかります

355名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:09 ID:SEs5lIrA
棒読みwww

356名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:10 ID:WbjrTGGs
その昔、6点台で二桁勝った投手がいてな…

357 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:06:31 ID:AmUv11aw

-----------------------------------------------------------------------------------------

               / / /  /     / .//  ./ /   ハ
              / . .′i'  i'    .///  ./ / ./ /  ',
            ′: {:. {:  |:   ./:/ / .:/.//.:.:/,   ',     ということで、フルボッコの上
           {:.: {:.. ',:.:. ',:.:.:!: .:./://.:.:././/.:.://    '.     ギッタンドッタン阿部さんアーッ!!!
            '、:.ヽ:.ヽ:.:ヽ:l:.: .:.|//.:∠:∠∠厶ィ.: /   /  ,     って事になると、
                | ト、__ト、L斗ト、:.:.{/'´ ´7.二.. _ 7/  .:/   i    防御率の計算ができない事態が起きる。
                | i  i7ィ行ハ ヽ!   ,ィ廴,小 }//  .:/.  :  !  
                | l  N 、辷fシ      辷f少 |,ヘ .:/:.  l  l    先程3点台で合格点といったが、
     , -‐、 __r┐ | |  トl     |     f^}//`V.:.:. :  l  l    投球回数が少なく失点をすると、
     〉‐ 、 \7乙7冖7冖r¬冖冖冖7乙7`ァ´ ,ヘ \:.:.: |  !    防御率は跳ね上がる。
    ノ 、___<_乙ム∠, {二{}二} , ィ乙マ´.: く_/7'^ヽ }、:. |  l  
   ,/ ノ__}、_」i :.`乙V  /ハヽ, ィ乙マ´ .:  〃Y「 ∠ト  }:.:. |  l    >>1が死ぬほど愛する大○選手の
   〈 ´__、 {  |i :. `乙VLl }/V'マ´ .:.  〃  } 「 、___, L:. |  l    初年度防御率は、【135.00】だ。
    { ー`、 ', }i :.  乙V:. .::{〃V  .:   〃}  ゝ| }ヽ. /.::::`:::ー 
    ',ー,、 ゙〈  ', :.  乙} :. ,ィ乙′.:   〃.::|  /jノ  /.:::::::::::::::::   そういうこともある程度に覚えてくれ。
    ',   ヽ」  ハ :.  乙,〈 {乙  .:   〃__:」、 ′   /.:::::::::::::/
     〉    /ハ ヽ、 〉〉 } i乙 .:   〃   | } {    {:::::::::::/    



            /    /   //        / / /ヽ ヽヽ
              //    /   // ./     /  / /  l   l ヽ
          /i|   イ  // イ !   ./  / .//  |  |  l
            l.l | .|  l | .| l| | !.|  / ./ //  / / /   l
             !.! .! l  |∧.」 |l H | / /」 ,∠! / / / / │  |
           l | ヽ\!' _Nヽ、∨ !/ /-///// ,イ │ │     つまり蒼星石の発言―――
            l |  .!ヽ|/´,rこ心、 ∨´   ァ=='-、'//  |   !     カイザース戦のやる夫の防御率は、
.          |! │ .l` .ヽ、_゙ン      ´ {゙ーイ、) >/  │  |     一時期“無限”だったわけだ。
            | |.  !  !    ̄´   /      ='" ,/   |    !
         /│ l  .!     〈        /!     | | |     ∞、Infinity、Unlimited、イデの力。
         / ∧ ヽ. l\    ,_        /│   .| .! |
.        / /  '   ヽ '、_l>、  と"`ヽ、   /./|  | !  |     スペース・ラナウェイ、イデオーン。
       / /   ∧  ヽヽ ̄\   ̄_ヾ<´/ / ./!    |  |  |     いーでーおーんー!
        /// / _/\  ヽヽ: ̄::`:< _ ` ミ、// .|    |__|__| __
.      // / ̄   ̄\ ヽヽ_:::::::::::::: `丶、`ミ三二三";元ラ'ニニヽ-<`ヽ
     // /         \ ヽヽ: ̄::`丶、:::::`:77:::入:_`ー∩ヽ'.;:゚:;;}; : :}~:`;
     //./             \ヽヽ::::::::::::::  ̄::77:::7|   T''|| |ヽニ∠_; ベ: ;
      | | l                ヽヽヽー- 、_ :: //イ |   :|./  /|゙T''くニ二 ; :
      | | l                \ヽ\    ̄|::::|. |   {  {||  >→'´
-----------------------------------------------------------------------------------------

358名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:48 ID:ayVq7RXA
ダルの恐ろしさが良く分かる

359名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:49 ID:D5xAdY1k
なるほど、この方法ならルルの目標も達成できる訳だ

360名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:06:51 ID:DsF3aEPw
鶴∞を思い出したww

361名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:04 ID:fpe6U0io
2点台で負け越した日本一のチームの投手がいてな…
3失点した時の負け投手になる確率100%なんだぜ

362名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:07 ID:Eby3Goxs
イwwwデwwwオwwwンwww

363名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:08 ID:CEL6ap76
大野?

364名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:09 ID:sYPYSmeE
>>338
自責点と失点のマジックだな
横浜の真田とか

365名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:11 ID:WbjrTGGs
元広島の大野かw

366名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:13 ID:Uq5YpgHM
・・・大竹?

367 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:07:25 ID:AmUv11aw

-----------------------------------------------------------------------------------------


            /             i     \
            /        /         / }      \
.          /     /  /      / / /    i   ヽ
         / /  / /    /   イ ィ´  / ィ       !     ',
      / /  /  ハ   ィ !  / / / イ /1      |    ハ
       / !  1  {   | ',1 .斗/ / ´_/ィ  1     !     ハ          無限の力を秘めた存在。
     i   !   ヘ ',  | イ! .//ィrf灯}㌢   !     !      ハ         無限の可能性を持った人材・・・
     ヽ  ',   ト ト、 ト {1'}/ 癶斗 ´    1      ト      :ハ
.       \ \ ≦ィニ.ハ',ヘ            !      ! '.      ハ        そういうとカッコ良くないか?
          ` ┬ 斗匁フ           |      |  ハ     ハ        カッコ良くないな。
             } :ハ ¨´、           !     ′ ハ     ハ 
          1  ハ    t ´ ̄ア     |     ,'   ハ    ハ       プギャーwwバロスwww
             |   ∧     こ´      /!   ハ__  ハ     ハ
             |  } > 、        ∠┤   ,'   }  ハ     ハ
             |  |     > 、__.. -‐´   1  '__/   ',    ハ
             |  !j    } /      _..!   {:::::::::::}    ',    ハ
             |  !    /    /‐::く |  ,'´ ̄/ ̄ ̄ ̄ 二ゝ、ハ
             |  !   /    /:::::::_::<1  .';;;;/::::::::::::::::/    ヽハ
             |   | /    / _ ィ ´:::::::::::!  .' /::::::::::::::::::/         } ハ
             |  ! \__/Y´:::::::::::::::::-‐|  .'/::::::::::::::::::.ノ        1 ハ
             |  !     |_::; -‐ ´   1 /:::::::::, ィ ̄           {   ハ

-----------------------------------------------------------------------------------------

368名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:26 ID:8TnNh07w
こいつ色々とおかしいぞwwww

369名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:35 ID:h53HOGvs
ふくもる……頭の中でこんな言葉が!

370名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:39 ID:j.5ma/Oo
プギャーwwww

371名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:07:58 ID:Eby3Goxs
誰かこいつ止めろwwww

372名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:02 ID:Ta/V1bBE
この女ひでぇw

373名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:05 ID:WbjrTGGs
C.C.が壊れてるww

374名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:07 ID:SM0PYh7Q
まさに、必殺の投球が売ったのは我が身だった訳だなw

375名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:12 ID:okqdNnuc
もうやめてっ、やる夫のHPはゼロよっ・・・

376名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:16 ID:2blM6HZM
ノリがひどいwww

377名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:21 ID:sYPYSmeE
大野だな
引退する時の特番で聞いたことがある

378 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:08:29 ID:AmUv11aw

やる夫が流石に怒るが、


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ             「おめ、それはいっちゃいけーねーお!」
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./



           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ      「ごめんごめん、超反省してるよー」
           ,.ィ´ ヽニノ <l/
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ
         /.:.:.:.ヽェェイXLェェイ.:.:.:.:.:.',
        / `ヽ.:.:.:.:/Ⅹ〔.:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ
       〈   L.:.:.〔 {y}〕.:.:.「~~T´


蒼星石は実に楽しそうだ。

そうは見せないようにしているが、かなり浮かれているように見えた。

379名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:30 ID:run1Mu/.
この蒼い子、やる夫を怒らせて襲われようとする頭脳プレイを図ってないかwww

380名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:40 ID:ypagbh7M
ひっでw

381名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:40 ID:LQD34rAI
大野豊氏の1年目か。其処から1シーズン先発投手で防御率1点台を2回達成。ホント偉大な選手だよな。

382名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:08:48 ID:XHOxsqF.
ドSだwwwww

383名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:09:02 ID:.yOJRymU
前の投手の出したランナーを全部掃除してから
きっちり抑える投手とか結構いるからなぁw

384名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:09:16 ID:07Ds9qf6
>>353
いや、数学では0で割ることはできない
無限という解にはならない

385名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:09:21 ID:Eby3Goxs
>>379
そしてやる夫逮捕で最終回ですね

386 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:09:21 ID:AmUv11aw

それと見て取りやる夫は口にした。
最近の自分が覚えた事をやって見た。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |            「まあ、でも、上手く行くといいお」
 \      ` ⌒´   /



        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i      「?ありがと・・・」
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ



          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \         「Bless you・・・だお」
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +



             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/         「・・・ゴメン。あんま面白くないよそのギャグ」
         }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /
          rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:{|`~~~´ i
.         /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}{| 。   |


超、悪反応!

387名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:09:54 ID:ypagbh7M
ギャグじゃねぇw

388名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:09:56 ID:h53HOGvs
うむ、大野は偉大すぐる。果てしなく同意せざるを得ない。

389名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:05 ID:DsF3aEPw
今回の>>1はテンション高いなw

390名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:13 ID:XHOxsqF.
ギャグじゃねえのにwww

391名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:13 ID:BkfiXTvc
もうやる夫は一軍のいい男達に染められてしまったんだよ

392名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:20 ID:3F5FFVxI
しかし、ルーキー4人も一軍に上がったか・・・
そういや、ドラフト3位はどうなったんだろうw

393名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:21 ID:EXc.HyaA
アイタタタタ−

394 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:10:21 ID:AmUv11aw

やる夫は再び怒り始める。
こんな良い言葉に反応しないとはなんだ!そんな気持ちが心にあった。


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |       「ギャグじゃねーお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !      やる夫は本気でオメーを応援してるんだお!」
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl



だけどその言葉に、何故か蒼星石は考え込んで――


    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/       「やる夫が本気でボクを応援・・・?」
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ



         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/    「うーん・・・
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/     やる夫、ちょっと変わったよね」
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′


やる夫について言及する。

395名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:23 ID:sYPYSmeE
>>383
今年から巨人の幕張の防波堤と横浜が拾った死神さんですねわかります

396名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:32 ID:sMPaJK06
新必殺技がいとも簡単に破られたでござるの巻

397名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:10:49 ID:WrRKpkSg
>>383
EXA

398 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:11:01 ID:AmUv11aw

やる夫は、顎に手をやった。


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |          「変わった・・・とは思わないけど」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



前向き、上向き、志を口にする。


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |        「変わりたいとは、思っているお」
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三>7  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i
       { ハノ´ 小 {_艠゚}      弋__ノ イ i  l l     「なんで?」
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !
         i i   ハ\_     '      ハ i  li .′
         i l   l ヽ     '- ’     ィ .ハi //
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/川 / ′
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥` 、 l′
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´     `丶、   _
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、       __>'´j、!


驚きやる夫を見つめる、蒼星石。

399 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:11:28 ID:AmUv11aw

そしてやる夫は結論付ける。

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|           「・・・・・・やる夫が」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


今までの自分を、結論付けた。

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ          「やる夫が間違っていたから」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i     「!?」
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f〜、

400名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:11:41 ID:z2CrG9D2
Bless youには黒歴史ノートのかほりを感じる

401名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:11:51 ID:0AwIzJYA
!?

402 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:11:57 ID:AmUv11aw

やる夫は、少しずつ、少しずつ喋り始める。
軽々しく語れなかった。


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ      「1軍に上がってから・・・
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /       いろんな人を見て、いろんな考えを教えてもらって・・・」
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


自己否定に繋がるこの言葉は、
軽々しく語れなかった。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |            「やる夫の考えが、やる夫のやってきた事が――」
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::1:::::::::5::::::::::::....ヽ



だけど、しっかり言い切った。

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/          「間違いだったと、気付いたから」
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

403名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:12:04 ID:XHOxsqF.
おお!

404名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:12:11 ID:ypagbh7M
変に丸くなってるぞ、このやる夫

405名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:12:28 ID:uRCPN16U
ルル「>>324補完すべきところを保管しちゃうお前に言われたくねーようわーん」

406 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:12:39 ID:AmUv11aw

蒼星石が、静かにやる夫を見上げた。
やる夫なりに、考えてのことなんだろうと理解する。


           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/       「フーン・・・」
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{


だけど、


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /              「蒼星石も・・・解るお?
     /    `⌒´    ヽ                やる夫の近くにいたんだから」
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/     「いや」
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

だけど―――

407名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:12:52 ID:okqdNnuc
己の過ちを知り、変わりたいと願う・・・か

このやる夫の先をもっと見ていたいが終わりも近い・・・か

408名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:12:54 ID:Eby3Goxs
こいつ、成長してやがる…

409名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:12:57 ID:i0McAoG6
やる夫がこんなにかっこよくていいのか!?

410名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:13:20 ID:NSBLCDxs
蒼がとんでもないこと言いそうで怖いな

411名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:13:21 ID:UeW3W1gU
プギャーwwワロスwwwな方々

2004 斉藤和巳 10勝7敗 防御率6.26
2003 ルイス   10勝9敗 防御率7.30

412 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:13:22 ID:AmUv11aw

蒼星石はそれを否定する。


                    ________
                  -‐  : : : : : : :`` 、
              '"´ : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: :、 : : : : : :\
         ': : : : : : : : : : : : : : : : ⌒\: : : : : : : : \: : : : : 、
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : \ : : : : 、
      /:/: : : /: : / : : : {: : :.\: : : : : : : \ : : : : : : : ヾ!: : : !
      |: !: : : :|: : :|: :l: : :ム; : : : :\: : :ヽ: \:_:_: : : : : : : :l |: : |
      l: |:l: : :.|: : :|: :l: : :| :_: : : : \ :´\:/ : : \`: : : : | : : |
       ヽ|:l: : :.|: : :|: :l: :´|:―\ ヽ`: : :.\\: : \:_:_:_\: : :|: : |
       |:.l : l:|: : :|: :l: : :|  ___ ヽ: : :\,ィぅ千刃`i7|\|: : l: : :/
       |: l.: l:|: : :l: :lレイfう于圷ヽ{\ : ヽ弋//ソ ' | :/|: :,':/       「気に喰わないね」
        乂!:从: : :',: `く{.戈//ソ  ` ヽ、_:> ̄  ノイ: ∧|
        ヽト:\: :`ト、\  ̄     }      ,' ': : : :/ ヾ
         j∧: \ハ ̄             //: : : /\__
             \: : : :\      ⌒    イ/:.: : :/  |__人
           __/\ : : 、:.> _        / ! : :/   }_〔ハ
          ヽ_入   \: :ヽ:\ ≧=ー z<.   |/     |__,ノハ
         んニ圦   ヽ、: : :\>光r―‐- 、      /∨:::::::::',
         !:::::て_入      ̄//厂「「 ̄\\     んく:::::::::::::ヽ
           |:::::::::く__入    // / ∧|\   \ヽ   ∧ r':::::::::::::::∧



気に喰わない。その一言で切って捨てた。



         ____
        /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|       「えっ!?」
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


やる夫は、衝撃的にその言葉を聞く。

413名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:13:46 ID:y58I9KOA
やる夫が成長してる・・・

414 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:13:51 ID:AmUv11aw

心なしか、悲しそうな瞳で、蒼星石がやる夫を見つめる。


  ,′ . .....:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. |:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N       「ボクの好きだったやる夫は、
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′       どこにいっちゃったのかな」
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/
            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/
      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_
  r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ



         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \        「えっ!!!???」
    | ∪/// (__人__)/// |
     \  u   `⌒´   /


紡がれた言葉は、再びやる夫を動転させる。

415名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:13:53 ID:Eby3Goxs
何言っちゃてんのこの蒼の子

416名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:13:54 ID:3F5FFVxI
キョンさん側っすかw

417名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:13:58 ID:8TnNh07w
蒼はやる夫の間違ってる部分を気持ち悪いぐらい全肯定してたな、そういえば

418 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:14:10 ID:AmUv11aw

           /三;ヽ、´ ヽ三三三、二二二\
            |三三三l   ヽ三三三\二二二\
            /´!三三三ヽ  ヽ三三三三\;二二ヽ
       /: : : : ヽ三三三ヽ  \三三三三三ー 、_)
       i: : : : : :ィ ヽ;三三三\    \三三三三三/
        l: :,.: : / |: :i \三三三三、   ` ー 三,イ
.      | l l: :/: :| トiヽ \三三三三\_      l|
        ! 、 l ソl;| |;|\、、\;三三三三`゙ヽ--ッフ′
.         | ! 「 !| `i;:;:ッ、`ー-=、三三三三:シ
         ゙ i   `゙'''‐/::. :. : : : :. ̄ ̄ ̄「
          lヽ  /ノ: :__:: : : : : :: ::/     「やらない夫や東方不敗コーチが好きだったやる夫は、 
          `ー―、///::.::.::.::.:`ヽ  ノ/       どこにいっちゃったのかな」
        ム}r' ̄iッレノィi::.::.::.::.:..:..::├'ノ
        ム{/ ,.-―ヲ ノ!!::.::.::.::.::.::.::.:l
      ム┘/ ×_/ /::.::.::,::.::.::.>、::〉
     ム}  (/  / /::./::.:;;ヽ/:;:;シヽ\
    (ニ}  彡 ツ _,-―:::__;:;/:;:;:;:;:;:;:;フ::.::.、
  _/゙ー、_   L_{ i,. "ー-、 :;:;:ャ゙i ` ー≦- 」
ニ三lミ ┼ `ー"ォ、>、:;:;:;:;:;:/ |     「
三三、 ミ 三三三三 ヽ:;:ノ   {ミ、     |
三三三ヾ 三三三;/二.-―´ ミヾ     l


次の言葉で、少し考え違いをした事に気付いたが――


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |         「え・・・?」
    \  u   `⌒´   /


それでも、やる夫を動転させる言葉であった。

419名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:14:19 ID:y58I9KOA
蒼さんw

420名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:14:29 ID:59Xutr2g
なんか分るかも、蒼が気に食わないの

421名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:14:33 ID:XHOxsqF.
ここで告白タイムですかw

422 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:14:43 ID:AmUv11aw

蒼星石の言葉は、重い。


 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:. :. :.`ヽ
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::.、::::.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 .:.:..:.:.:.:.:.:/.:.::::::::::::::\:\ヽ::ヽヽ:',
 .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:::::::::::::::::.:.ヽ::i:::i::::::', |:|
 i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|
 i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!
 l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ
 l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
 l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′
 K ,.ィテテ'ヽ    `´1://          シ  タ
 ::::', V弋ソノ    、  l::::|        「第三練習場にいた時の
 ::::::', ¨¨´       / /::::|
 ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!        やる夫が間違っているんだったらさあ・・・」
 ::::i        `'/l:::::/
 :::::i  ``ー┬一'´  |::/
 :::::L _ __/     |/
 \|__ _ ユ_==ァァ
         \//
          \
            \__
      . .: .: :/ ̄,.-、入
    .: .:. :. :./ ヽ_ソ.::::::::::.`、


蒼星石のやる夫に対する思い入れは、重い。


    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l       シ  タ
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|     「第三練習場にいた時の
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙      やる夫が好きだった人達・・・・・・
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;| 
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|       ボク達も、みんな間違っているって事なのかい?」
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

言葉の内容も、重い。

423名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:14:54 ID:z2CrG9D2
全部間違ってたとは思えないんだよな
正解はいくつもあったと思う訳で、それこそ蒼の子は昔のやる夫が正しいと思ってた部分に救われたところあったろうし

424名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:15:00 ID:Uq5YpgHM
まあ蒼さんは何をしてでも勝たなきゃいけないからなぁ

425名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:15:07 ID:r0kB2OW.
孤独に野球をやって来た人間が仲間を知ればそりゃ変わる

426 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:15:08 ID:AmUv11aw

それだけに、

それが解るだけに、








        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


やる夫は、もう一度考える。

427名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:15:08 ID:Fa8D/TFA
まあ、防御率6点台で二桁勝利の投手も居るからな

428名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:15:09 ID:sYPYSmeE
ああ、なるほどな

429 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:15:32 ID:AmUv11aw

第三練習場にいた時の自分――

高校時代の思いを滾らせた、自分――




--------------------------------------------------------





        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::1:::::::::5::::::::::::....ヽ
--------------------------------------------------------


あれは間違いでは、なかったのか?

430名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:15:35 ID:run1Mu/.
蒼い子の愛も、重い。

431 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:15:53 ID:AmUv11aw

                                 一軍に上がった後の自分――

                                 他人のありがたさを覚え、影響を受け始めた自分――




                           --------------------------------------------------------





                                                      ____
                                                     /⌒  ⌒\
                                                   /( ー)  (ー) \
                                                  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                                  |     |r┬-|     |
                                                  \      `ー'´     /
                                                   r´、___∩∩__,  /
                                                   \__ ´人 ` _ノ
                                                    ヽ   ̄   ̄ |
                           --------------------------------------------------------


                                  人として、真っ当な方向に正してもらったと思っている。

432名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:16:11 ID:ayVq7RXA
ギラギラしたものを感じなくなっただよな
野犬が忠犬になった感じするし

433 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:16:12 ID:AmUv11aw

交錯する自分と――

┌───────────────────────┐
│        __                      ....│
│      /..::::::::::::::..\                     .│
│    /..:::::::::::::::::::::::::.\                    │
│   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\                  │
│   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |                .....│
│   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                  │
│  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、                 ....│
│  ノ .:::::::::::::1:::::::::5::::::::::::....ヽ                ....│
│                     ____         .│
│                   /⌒  ⌒\     ......│
│                  /( ー)  (ー) \    ....│
│                /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    │
│                |     |r┬-|     |   .│
│                \      `ー'´     /   ...│
│                 r´、___∩∩__,  /      │
│                 \__ ´人 ` _ノ     ..│
│                  ヽ   ̄   ̄ |        .│
└───────────────────────┘

434 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:16:27 ID:AmUv11aw

否定したものと、肯定したものをひっくり返す蒼星石の発言で――


┌────────────────────────────────────────┐
│  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、                    ......│
│. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|                     ....│
│ {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|                     ....│
│. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|                     ....│
│  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ                     ....│
│.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /                         │
│.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /                        ....│
│    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′                           │
│     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|                            ..│
│    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N       「ボクの好きだったやる夫は、   ..│
│      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′       どこにいっちゃったのかな」     │
│      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′                              │
│           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/                             ......│
│          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/                              .....│
│            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/                               ....│
│      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_                                .│
└────────────────────────────────────────┘

435名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:16:41 ID:oaO9o482
C.Cはナナリーと野球見るときもこの調子なんかな?

436 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:16:46 ID:AmUv11aw

やる夫は、頭を抱えてしまう。


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )             「・・・・・・」
  \ ヽ (__人__)   / /




蒼星石は、自分の言葉がやる夫を苦しませた事を察し――


            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./       「・・・・・・」
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l


慌てて、空気を変えようとする。


    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/           「ゴメンゴメン。変な事いったかな?
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_             話題変えよっか」
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::

437名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:16:48 ID:BkfiXTvc
これがサブタイトルか

438 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:17:06 ID:AmUv11aw

やや強引にも思えたが、無理やり話題を作り出した。


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/      「なにかアドバイスはないの?
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ        ああしろとか、こうしろとかはさ」
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


やる夫も、ありがたくそれに乗る。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |      「やるだけやってきたんだお?だったら・・・ああ」
 \      ` ⌒´   /


              r‐- 、「  ̄ ̄  ̄ `丶、       〉
               |    \        `丶、 __/
               |     ` `丶、      __/  _
              | ,. .-‐ ──‐- 、 ̄ ̄  ̄   ̄ 〉
             ノ.:/.:/.:/.:.:i.:.:i.:l.:.:.:.:.:`丶、     /
             〃.:/.:/.:/.:.: l.:.:l.:l.:.:.:i.:.:ヽ.::ヽ`丶、_/
           〃: /:./.:/: /.:ハ.:l.:ト、.: |.:.:.:.:i.:.:.:i::.:. :|
           lハ:{.:..V´十7メ、N ヽ|._|.:.:|.:.: |.:.:.:.:|
            ∧.:i.:|,rテテヽヽ|  ´ヽ|`メ、./.:.:.:..:|
            i.:.:Ⅵ.i 弋。ツ    〒:.テメ:/: : : 〃
            |∧.:.:ハ     ,   ヒ ソノ: : : ::/|         「あるんだ。アドバイス」
         rイこ7 こV;: ヘ  、 _,    〃: : :/ リ
         /. : : `ヽ j{リ   \_ __ _,. イ〃l: :/ ノ
          /. : : : : : :) f } \_  _ ノ⌒ヽ: l/
       /. : : : : : : :) fj }ニニ=介=ニヽ  ノ \
        i: : : : : : : : :( fj } /:.イ ト、 `ヽヽ  )YY.\
        |: : : : : : : : :. Vj{//l:l j!ヽ ニニノ ノノfj. : : :i

439名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:17:20 ID:mDJVcBqA
いままでのやる夫を全否定はだめだわな
やる夫、どうする?どうなる?

440 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:17:31 ID:AmUv11aw

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |       「レフト側にはできる限り打たせないほうがいいお。
  \ ヽ|r┬-| /   /        VIPスターズのレフト側の守備は、カスだお」
  /   `ー'´      \


突如悪人相になり、吐き捨てるように言うやる夫。


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,       「あははははは!
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ       噂には聞いていたけど、そんなに酷いの?」
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


蒼星石にも、いやらしい笑みが良く似合う。
悪魔のように笑って見せる。


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       「地獄だお。
  |     |r┬-|     |        特にサードとレフトは、覚悟しておいた方がいいお」
  \      `ー'´     /



          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i               「アッハハハハハハハハ」
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ 
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

441名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:00 ID:sYPYSmeE
>>432
キャプテン翼の中学編の日向か
揺り戻しに吉良さんの言葉はいささか過激すぎたけどw

442 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:18:06 ID:AmUv11aw

そこに、1人の男が通りかかる。
コンビニ帰りの、やらない夫だった。



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ        「ん?」
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ


やらない夫は蒼星石の姿を見つけるや、
途端に喜びの声を挙げる。


             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||       「蒼星石!蒼星石だろ!
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |        うお、うおおおおお!!!」
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|



           |三三三三三三三|
       ┌―! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i=¬
        ヽ三三二ニニニニ二三三/
            /.:.:.:.:ハ、.:.:\.:.:.:.ヾ.:.:.:.:ヽ
         l.:.:|:_/∠_`\ヽ  ̄ \.:ヽ.:
          ヽ/____   ヾ┬―ゥ ヽ.:.:
          !`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' /レ'
  r"´     |.:.:.:ゝ    _     /.:.:|     「ホラ見てよやる夫。
 (   =‐'   ヽ.:.:l|ヽ、___ヽノ_ ,ィ i:|.:l|.::,'      これがボクが期待してたリアクションだって」
  ゝ-'         \:ト、}-‐斤ヒl、レl/|/
    r、         /}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^ヽ._/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j  `ヽ、}}  /X |  {{  |


まぁ、蒼星石の態度は実に冷淡。

443名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:11 ID:fpe6U0io
死んだなw

444名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:16 ID:CEL6ap76
こういう正直なところは変わってないよなw

445名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:27 ID:D5xAdY1k
ルーキーのする会話じゃねえwww

446名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:28 ID:SM0PYh7Q
これは「しむらーうしろー」フラグか?w

447 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:18:41 ID:AmUv11aw

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                「その割には淡白だお」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


やる夫がそれを咎めたが、
ケロリとして蒼星石が言う。


             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|        「だってやらない夫じゃん」
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
         }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /
          rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:{|`~~~´ i
.         /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}{| 。   |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ                   「ぉオイ!今のは久しぶりに傷ついただろっ!」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


歓喜が一転、泣きそうになるやらない夫。

448名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:47 ID:i5sKb5R6
サードとレフトって言うと・・・

449名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:54 ID:fpe6U0io
貫禄のやらない夫キラーw

450名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:18:58 ID:2blM6HZM
やっと三人そろったな

451名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:19:07 ID:hWOVey2M
さすがやらない夫キラー

452 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:19:40 ID:AmUv11aw

少し気が咎めたか、蒼星石がフォローを入れる。


              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/      「いや、ちょっとは嬉しいよ?」
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\


とみせかけ、トドメの一言を投げかける。


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ      「例え土管みたいな存在でも、
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./        無くなったら無くなったなりに寂しく感じるものだね?」
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7




                              / ̄ ̄\
                             /   _ノ  \    ∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
                            i.、'||    ( ●)(●) ─   。r *o:*::f:::r::..l
                    __,-,,-、  ___ '; ' |     (__人__)   ::::::::*o;;;ro ot_f_ヽ丿
                   __/| | l |ヾ-"~  , ー|     ` ⌒´ノ -v--v- '''''''"V"~~ ┴
               l⌒ 二 -l ..uUU""l---- / |         }
              └    l  (  /., - イ. ヽ        }
      .ト             |   ., - '   |  ヽ、.,__ __ノ ヽ 
   ヽ、i / .∠         /    |     ヽ_       _/    ヽ 、       「教えておくぞ。
    / y'_/          /     |       "〜- ""~        ヽ、      土管も、たまには人を殴る」
 .ゝ-+-::i⌒ヽ←蒼    /     |                       ヽ 
  .__/::| |  i       /     |                       i
   / /:| |  i       /      | |                        │
    i ::| |  )     │       | l                   i    |
    /i ::し//       |       / |                  ノ     |
     ::| ((       l       _ノ |                  /=======|

                           ロック
ただし、やらない夫は昔より、ちょっぴし“暴力的”になっていたが。

453名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:19:43 ID:fpe6U0io
カズくんとカミナそんなに守備駄目なのか

454名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:19:50 ID:Eby3Goxs
やらない夫キラーwwwwww

455名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:19:56 ID:ayVq7RXA
やらない夫は小泉みたいに天然で良い奴だな

456名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:20:11 ID:sYPYSmeE
やらない夫もしっかり先輩方の影響受けててワロタw

457 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:20:20 ID:AmUv11aw

騒ぎを聞きつけ、寮から出てきた男がいる。
ルルーシュだ。ルルーシュも喜んで蒼星石を迎える。


             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l      「蒼星石さん・・・?
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l       蒼星石さんじゃないか!」
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /


ただ、この子は落ち着かない。
出てくる端からメッタ切る。


  ヽ.::::::::.:.:.:./´ ̄         |
  .`、.:::.:/       _,.-‐┴─‐-、
    V′,.'"´ ̄ ̄          /
    ゙y'′.:.:.:.:.:.:.::,.-── -.. 、--<
   /.:.:::::.:.:.:.,.ィ .:.:、.::::::::::.:.:.:.:.::`、::.:.`ヽ
    \.:.::::.,.ィ .::l .:.:::::〉:.ミ、::::::::.:.:.::::',:::::.:.:.l
     `Y .:.:i:::::|.:.::/ハ::、トトヘ::::::.:.:i!:::::.:.:|
       l .::::l:::l:|.://‐- 、ヽ、 ,.ィ≠リ:/::l:::!
      | .:::::l:|:|レ' ニ二``  ,f万 l/:::::l
      | .:::::l:|:ト、`ヾじソ    ー' l::::::|           「お、陰口の得意なルルーシュ君だ。
      ヽト、.l:|:l:::.、 `´   ′ ノ:::::リ, ィ⌒ヽ_       おひさー!」
         〉:.:::::::ヽ    rっ /1::/  `)   )
          | `ヾトトリ>.r‐一 '  ,l/こ:ヽ_人. (´
         〉.t‐ リ i ,.ィェュ、 / r‐'.:.::::: ', )
          i::,コ 1 | /7j゜ト、j |  i}.:.:.:.::::::. V
          | L, ィ |. L/ j゜l| ,」 /.:::i .:.:.:::: .:ト.、



::::::::::::::,:イfkァ.:::∠ミ 、V.:::/ /.::::.:::: イ____,/.::::/-‐ ¬.::
.:::::::/ff /∠    vハ}イ /.:::ィ7 //.::::::/.:::::/-──‐ァ.:::i
:::::/  {L//{{℃ik}} vハ/.:::/ { レ'/⌒`イ.::::::/_ ー──ァ.:::/|
.::/ \メ、 `¨¨¨´  v.:::イ   ゝ一ァ' /.::/  _xkァ==イ::::ムミ
:/  ` `三≡==一zl.:/     / //  >'"´ _   _」:/
′      ‐ ==ァ斗 ´        /L_ イ    {{℃fL}{}
          |          /   ヽ、ヽ、  `¨¨¨|l ,ィ/
、         {               \ `≧xz={彡イ:
::ヽ         |   、             `   `≧´.::::    「ぬぅわ!!!」
\l                       ー==ニ二:::__::,:::::
          /` ‐-  _               /.::::::
         ハ、      `丶、           /.::::::::::::
',       ∧_」三三ニ=‐ .、 ハ        /.::::::::::::::::::
∧      /三三三三三==三L」        //.::::::::::::/.::
/∧    /三三三三/       l     /イ.:::::::::::::/.:::::

458名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:20:34 ID:CEL6ap76
人を殴るのは土管じゃなくて配管工じゃないか

459 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:20:41 ID:AmUv11aw

      .ト     
   ヽ、i / .∠   
    / y'_/    
 .ゝ-+-::i⌒ヽ←蒼                          _________
  .__/::| |  i                           /       'r r.r.r.i
   / /:| |  i                           /        | | | | |
    i ::| |  )                         /     u  .ノ.ノ.ノノノ
    /i ::し//                          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
     ::| ((                         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
                               /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
                              ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
         「あー・・・               /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
          あんま気悪くしないでな?」  .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
                             /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
                            /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
                           ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
                            ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                                        ', |     /         ,'
                                         ト、   ノ          ノ


それだけテンションが上がっているのだと、やらない夫は好意的に解釈しといてあげた。

460名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:20:42 ID:M1ft.lWk
ひでえwwwwwww

461名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:20:47 ID:d1S771xM
土管は人を殴らねーよw

462名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:20:48 ID:BkfiXTvc
やらない夫って大事な試合でベンチで寝てた時以来か

463名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:20:51 ID:Eby3Goxs
ルルーシュキラーでもあるじゃねーかwwww

464名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:03 ID:sYPYSmeE
触るもの皆傷つけるw

465名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:06 ID:D5xAdY1k
ルル、色んな意味で強く生きろ

466名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:07 ID:XuEyGjkc
殴ったあとだけどなwww

467 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:21:15 ID:AmUv11aw

ルルーシュも軽く受け止めた。
そして、珍しい言葉を口にした。


                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|      「ハハハ、大丈夫。やる夫で慣れてる。
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!        でも・・・凄いな、奇跡だよ!」
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /     「奇跡?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l     「18歳ルーキー4人が一軍入りだぞ?
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l      こんなの聞いた事もない!!!」
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /


少し恥ずかしい奇跡という言葉は、

468名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:27 ID:mDJVcBqA
>土管も、たまには人を殴る
初耳だわ、そんなんwww
初登場時からは想像できんはっちゃけぶりだなwww

469名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:29 ID:SEs5lIrA
蒼www

470 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:21:44 ID:AmUv11aw

不思議と皆を高揚させて。


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|         「はは、確かにそうだな」
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ


             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
         }:l::.|:ゝ       /:/:,′    「どんだけ選手層薄いんだって気がするけどね」
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
          rt<   /ニ7弌ー、
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |          「まあでも・・・」
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


暖まっていく空気を、

471名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:49 ID:Eby3Goxs
でもない夫に出番はあるのか?

472名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:21:51 ID:WrRKpkSg
確かに凄いなw

473 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:22:04 ID:AmUv11aw

一本指を立てたやる夫が、綺麗に纏める。


  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \  |     |r┬-|      |       「みんな上手くいけば、いいと思うお」
    \\_  `ー'´    _/
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |



           ,.. -―- ..、_                                    _ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ヽ、
             ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、                              /:.:.:./:.//:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.\
           /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ          / ̄ ̄\            , '.:.:.:./:.//::..:.:.:.//.:.l.:.ヽ:.:.ヽ
        /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、       /   ヽ_  \          i:.:.i:.:/:.:.:///l:.:.:.:.:/:./|:.:.ハ:.:.:!.:.:.:.:.'.
        ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ        |    (⌒ )(⌒)        l:.:.|.:.|:.:.// l l|:.:.://∠/:./__',:.:|:.|:.:l:.:.',
         |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl        |     (__人__)         |:.:.l:.:l:./7/|!‐|:./// 〃/‐‐-ヽl:.!.:.|:.|:l
       l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|       |     ` ⌒´ノ        }:.:{:.:.|f仆ス7ミ|{/ } /´tf匁ヌヾ〉!:./:.lリ
      ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|      .  |         }        /:.:.',.:.', ̄ ̄  ! i| .   ̄ ̄ ,':./:.!:.|
      ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃      .  ヽ        }        /:.ハ:.:.ヽヽ     ___     ノ:/、:.|',|
     _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′         ヽ      ノ       /}/ '.{ヽ\   〃 ‐:. ヽ  /://}|:.} ヽ
    /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|         _,,,,ノ|、 ̄//// \、      ノ  ヽヽ\ゝ         /イ´ノヽ
..    rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/.     _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、     }l:.:.l:.:`丶、      イ:.:.l:.:/
    7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ     /     /  |  /\  / /    / ヽ    リ',:.|:|:.:|  ` - '´  |:.l:.|:.{
   / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″      ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}     リi:.|:r´- 、 ___,lヽ:.{:|
.  /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \.      {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ     /`ー -r、,--、-、-┴ 、ヽ

474名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:22:07 ID:fpe6U0io
それは褒められたことじゃないだろルルよ…

475名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:22:12 ID:eQHnuvi2
>>422
過去のやる夫と蒼星石は、人に揉まれる経験がなかっただけ

476 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:22:40 ID:AmUv11aw

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |
             {         |             「・・・やる夫、なんか悪いもの喰ったか?」
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



     ,...:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.\
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:..:.:.:.ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.l:.:.:.',:.:.:.:.:.:.\
  /:.:.:.:./:./7.l:.lヽ、ヽ.:.:.|:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:、.ヽ、__
  l.:.:.:./:.:./:./:l:.|l:.| ∠ヽ:.}.l:.:.|:.:.:.:.:.:.:.|:.| ̄
  l:.:./:.:./:././|:.l ||l/rf伐ミ|:.|:.:.l7ヽ.:.:.:.l:.{
  |./:.:./:./:∠|:.|/| /.,ゝ‐'7:.l:.j j /:.:.:.:.l|',`
  |l:.:.:.|.:.|:.仆.|:.l i!    /イ:/ r´:.l:.:.:.||ヽ            「・・・何を企んでいる!
  l|',:.:.l:.:.i.:.l㌣l,'}    //:/ ノ リ⊥=〒===、         チームに害なすことなら許さないぞ!!!」
 / ヽ{.:.|:.:.ヽ '、 _.. --.. / ̄    ||    |
   ノ ヽ{ヽト`ヽ、    /       ||    |
     ヽ ヽヾ|:.ノヽ/||        ||    |
         /´ ヽ ||_ -‐彡=キ¨     ト、
           / _//___\_     \
          /_ -‐──────二ヽ    \
         //: : : : : : : : : : : : : : : : :(__) }     \



        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ       「キモすぎて直視に絶えないよ!」
         \:::::::ト、     _′   。/:::/|
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',





       ____
     /     ┛┗
   /_ノ  ヽ、_ .┓┏
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


反応は、最悪のものだった。

日頃の行いって大事だね!!!

477名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:22:44 ID:D5xAdY1k
感動的だけどチームとしては異常事態だよねコレ?

478名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:02 ID:Uq5YpgHM
そうだね!!!

479名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:06 ID:J.YqB5p6
大丈夫か?熱でもあるのか?!

480名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:07 ID:ipfYfb82
なんだこの反応wwwww

481名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:10 ID:Eby3Goxs
まあ、当然の反応だわなwwww

482名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:11 ID:CEL6ap76
古泉からの受け売りだからなw

483名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:13 ID:NoBa6MdI
チームに取っては褒めれる事では無いが
本人達にとっては堪らんだろうな

484名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:23:20 ID:3F5FFVxI
異常事態なのに2位なんだよなぁ
他の選手がすごいのか、18歳共がすごいのか

485 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:23:41 ID:AmUv11aw

言葉が尽きない。そういう再会だった。
蒼星石がすぐに話題を見つけ、ルルーシュに振る。


           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./       「あ、そうだルルーシュ君。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′       1軍で投げるためのアドバイスとかない?
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /         こう見えて意外と緊張しててさ」
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ


なんだかんだいて初登板が近いというのは緊張する。
アドバイスを求めているのは本当だった。


      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l      「え?あぁ・・・
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)         うーん・・・」
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :


それに対してルルーシュは、

486 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:24:02 ID:AmUv11aw

控えめだったが、意見を述べた。


            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::: :::::: ::::::::::: :::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::: ::::: :::::: :::: : ::::: ::::::: :: :::',
         |:::::l:::::::|:: : :/:: /::/: :: :: ./::ハ:. :::::: :: :::ヽ
         }:|:::l :::::|::: ::/::::/::/イ : :::/::/ ∨: ::: ::::::トヽ ___
      /|   |:|:::| :::::l: ::/ ::/::/|::|: :::/∠..--ヽ.::::::|< ̄ __`_ヽ.
     / /  |:l:::l: ::::|::/7:/7/十| ::/ 7 ,ィ≦ミ、V:::|::::|\ \::::::\\
    / /|│   |:|:::ト.::::レ斤弌fz、リ|::/ /〃トzチタ }:: ,: ::l  ヽ 丶::::::::\\
   </:::| |   リ}/|::r、ヽ弋ユメ┘ レ {    ̄ /:./::|::|   | |:::::::::::::::\\
   |::::::::l l      j/{ ヽ:ヽ.      ',    /::.ハ :|::|__.」 |::::::::::::::::::::ヽ/
   |::::::::| |\_____|`‐ヽ\    _'__ ∠::イ::∧ト:{   | l:::::::::::::::::::::/
    ',::::::l l        |/l:|、::トヽ  ¨ ニニ ´ イ::::|:/ リ `  │ l::::::::::::::: ::/   「打たせて取るなら、
    V:::| |      ' リ jノ::/:}>、   /,┴┤     / /:::::::::::::: :/ 
     V::{ l         V}:'::`ー:≧'-:´:::::::::|      / /::::::::::: ::::/     できる限りライト方向に
      ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/     打たせたほうが良いよ」
       、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/
       r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__
       | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、__
     l ̄:| ト、 \\\.l/  |    /   レ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |::::::| |::::\ \\\ {     /  .//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::::::| |::::::::::\ \≧`丶.   //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::::::| |::::::::::::: :\ \::\__ー_'´/:::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::,イ:::::::::::::::::::::|
     |::::::| |:::::::::::::::::::::\ \:::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::::::::::://:::::: ::::::: ::::::|


捲き起こる。爆笑。

487名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:19 ID:z2CrG9D2
ドラフトの割合考えたら、高卒が4人ってほぼ全員だろうしな
まあ蒼ややる夫はドラフト外だからちょっと事情変わるけど

488名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:26 ID:fpe6U0io
お前もかwww

489名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:27 ID:X0TLQPdw
甲子園でレギュラーが一年生ばっかみたいな状態だな

490 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:24:30 ID:AmUv11aw

┌──────────────────────────┐
│大事な試合の前なのに、時間はあっという間に過ぎていき    │
└──────────────────────────┘

゚ ・ 。: .゚:. 。* o・ :゚゚ 。゚  :∴゚ ・ 。: . ゚:. 。*  o・:゚゚ 。 ゚:∴。:  ゚。
 ∴ 。o .゚ :.   。 o  ・ :゚゚   ・ : ゚゚ 。゚   :   ゚∴ ゚  ・ 。 : . *゚
o・ 。 ゚: .゚ ・  。 *: o・ :゚゚  。  /    ゚∴.゚ :.   。 o・ :゚゚ 。゚: ゚∴ ゚:
。 :゚。 ゚ ・o゚ ・ 。:  .゚:. 。*  / o・:  ゚゚ 。゚ :∴。:  ゚。  ゚∵: 。o゚  ・ 。
   。 o・    :゚゚   。゚:  ゚  /  ∴゚  ・ 。:   *∵   ゚∵     *。 :。 o゜゚
∴ 。 o・ :゚゚ 。  ゚:   ゚   /   ∴゚    。: .          *゚:.。  ゚∵* :
    。゚: ゚∴.    ゚:.   /   。 o゚ ・     o・。 ゚: .゚ ・  ・: ゚゚  。゚:
        ・ 。:.゚:   /     .。  o・:゚゚          。゚:゚ ∴ ゚ : ゚ ∵
 ゚ ・   。゚ ・ 。  : ☆ .  ゚* ・  ゚。 :.  。 *o・: ゚ ゚ 。゚:  ゚。  。゚:゚  *゚ ゚
∵ ゚∵:  o・:゚゚   。     ゚:゚∴ 。o *゚ ・ 。:    . ゚:.。   o・: ゚゚*:  o・
     。゚:゚ ∴ ゚   ゚: ゚ ∵゚。゚∵o:。o゚ ・     o・。 ゚: .゚ ・     。∴。: ゚。
。: .゚:.。 o     ・:゚゚∴ 。o・: ゚゚ 。゚: ゚ ∴゚ ・ 。:  . *゚: .。 o・:゚ 。 ゚: ゚。

491名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:33 ID:2MSUc7iU
このルーキー投手ども最低だwwww

492名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:33 ID:sYPYSmeE
>>484
他の選手もすごいし4人とも凄いんでね?

493名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:34 ID:VB0ixae.
やっぱりwww

494名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:36 ID:SEs5lIrA
ルルーシュお前もかw

495名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:41 ID:iqW/a1Vo
やっぱり左がザルwwwwwwwwww

496名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:42 ID:h53HOGvs
爆笑(笑)

497名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:24:43 ID:ipfYfb82
いくらなんでもレフト信頼なさすぎだろwwwwww

498名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:18 ID:Eby3Goxs
ルルもかよwww

499名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:25 ID:0NtTC0uM
1位が貯金21でVIPスターズが貯金10なら別に奇跡と言うほどの成績でもなかろ

500名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:34 ID:bSsoxhVA
左投手もザルだし左の守備もザル
そしてやる夫は左打者に弱い
なんだこの左への弱さはwwwwwww

501名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:34 ID:bSsoxhVA
左投手もザルだし左の守備もザル
そしてやる夫は左打者に弱い
なんだこの左への弱さはwwwwwww

502 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:25:35 ID:AmUv11aw
┌──────────────────┐
│寮には、遅くまで笑い声が鳴っていた    .│
└──────────────────┘

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
:::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |アハハハハハ||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
:::::::::煩い土管!____||  |______||  |______||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
:::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::ちょっと、今の酷いだろ! ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |やる夫!いい加減にしろ!!!
:::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |_____ お前が防御率4点台にしたら黙るお!!!::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::ワハハハハ    ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  プギャーwwww:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                    ┌───────────────┐
                                    │楽しそうに、鳴いていた―――  .....│
                                    └───────────────┘

503名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:37 ID:5TaapVig
ルルの言うライト方向と、やる夫の言う左は大穴は意味というか重みが違うよ
ルルはライトに尊敬する先輩がいるわけだからなあ

504名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:42 ID:run1Mu/.
まあ、熊田さんが怪我でもしない限り、やらない夫の出番は無いんだろうがwww

505名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:25:58 ID:BkfiXTvc
レフトの人、前回良い事言ってたんだけどなw

506 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:26:01 ID:AmUv11aw



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆





     '           ☆       . ゚   。   ゚
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。    ゚
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;/    ゜         。   '
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        ☆  .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。      .        +     。        +      ゜   。     ゚
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。     。
   ゚   ,;/    。   .          +      。  .     '
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜   +  ゜
     。          ,;/   '   ゜             o     ゚   ゚        .
 。             *''          *       .゜     。    ゜       。
'      ゜       。   ゚        ゚   ゜   +          ゜       。  '   ゜
        /   /  ,。 ・ :* :・゚'
  _   __   _    _   _ _ _ _  __
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_


明け方に近づく、夜。

507名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:26:01 ID:D5xAdY1k
CCが混ざってるぞwww

508名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:26:08 ID:ajDzKeRw
逆に考えるとセカンド(キョン)とライト(宗助)の信頼度が高いと言うことかも。

なんかキャットルーキーのトラの高校みたいなチーム編成w

509 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:26:31 ID:AmUv11aw

やる夫は、自室で目を覚ます。

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       .| |
         /  (__人__)     ヽ      .| |
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/



いや、その表現は適切ではない。
やる夫は、1度も眠っていない。


                  ____
                 /      \
               /─   ─  \
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)      |     __
           | |= \  ` ⌒´   _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
       _ /     ` ヽ__  `-   {し|   ./  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./  /  |_|
  /                    ノ|  /
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
.|      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|


ゆっくりと、ベットから身体を起こす。

510名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:26:32 ID:Eby3Goxs
>>504
あっても代打くらいか?

511名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:26:32 ID:i5sKb5R6
ルルは防御率5点台か
QS率が酷そうだなw

512名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:26:57 ID:2I.MzcEY
でもプロ野球とかなしで考えると

高校卒業一年目の秋とかってまだまだガキだった

そんな中に気のあう(趣味の合う?)4人が集まったら楽しいだろうそりゃ

513名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:27:02 ID:qK3Dm7Dc
>>503
やる夫の尊敬する先輩もライト(ry

514名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:27:17 ID:NQC61GTU
常に野手を左に寄せとけw

515名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:27:18 ID:WbjrTGGs
ライト方向にはにはキョンと宗介いるから安心だなw
レフト方向にはカミナと小泉とカズマがいるから死ねるなw

516名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:27:29 ID:Ta/V1bBE
>>513
カエリマスヨー

517 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:27:37 ID:AmUv11aw

身体が、熱い。

冬の冷気が現れ始めた季節だというのに、
熱さが、身体の底から湧き上がる。

シーツが、ぐっしょりと濡れている。

                       ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   (●)  (●)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                 ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll

やる夫は――
滾々と湧き出すその熱さが、どうして甦ったかを知っている。

518名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:27:59 ID:zTp.TqFc
http://convini.ddo.jp/imguploader/src/up1704.jpg
レフトの人こんなんだしなw

519名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:28:00 ID:fpe6U0io
エラーが多い守備陣なのにあのルルの防御率…

520 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:28:09 ID:AmUv11aw

┌──────────┐
│ありがとう蒼星石     .│
└──────────┘

       ┌─────────────────────────────┐
       │  l 二 /   / 二二二二二二二二二二二_j__ l二!            │
       │  l二/   / 二二二二二> < _  \   ヽ ̄ヽ}            │
       │  lニ′/ 二二二二> ´_         \   V  ハ         ......│
       │  {' / 二二二> ´ヽ、    `  ー-     `丶   V  ハ         ....│
       │  / 二二二/    \    _  \   > _ ヽ、 Vi !         ..│
       │. /二二二/ {  \  ` ー __  >く  ヽ. \  _\ Vj         ...│
       │ { ニ二二ハ  \  ヽ     ̄7´三≧壬¬ト、 \ `Vl           .│
       │ i 二二{  l   爪 、  ` <二 77rf'う:::i } _  l\ ヽーミ、        ..│
       │     i i    ト、_〉f> 、` <二′〈:t_シ'´  l   、 V l `         │
       │     l |  '.   l\孑㌣ ー  ̄ ̄  ̄     } !  \}\}          .│
       │     l l 、 ヽ K'_ノ ハ             lイ  .ヽ ヽ ヽ         .│
       │      、 \ 厂ヽヽ- '′ i           ハ  :!、  ト、 ヽ        .│
       │      \  V、 ヽ       .. -     / !ハ l } l ヽ ',       │
       │          ヽヽ \          /  l厂l l l !  } !     ......│
       │            \` ー二 ─_--- ∠─- 、!、、V } .「  .j/      ....│
       │             _rv≠ ¬:.:.:.:.:.〉了f>、rf= 、ヽ、_ノ__         .│
       │             (ノ.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:乂__ハ\Vハ、\>f千く ーッ、      │
       │             ,r 1:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.(_人  Vハ {:i:「ハハ \v〔:.ヾ     .│
       │           { イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:v:.:.:.:.:.:.:.f⌒{  ∨_シiハ__ハハ-' }ノ:.:..}   .....│
       │           厂!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:i、__j、_  ̄ l:::トr_小ハ ヽf〈ヽ   ..│
       └─────────────────────────────┘

                                      ┌────────────────┐
                                      │こんなやる夫を肯定してくれて、     .│
                                      │ありがとう。                .│
                                      └────────────────┘

521名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:28:25 ID:AZYEiEN6
ショートも不安定ぽいしサードは下手。
レフトは怪我の関係で全力プレイ不可って左ヤベェ

522 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:28:35 ID:AmUv11aw



おかげで――



         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \



                      ――思い出すことができた。

523名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:28:35 ID:LAaNLzdE
リアル遭遇ktkr
熊田さんがサブポジで外野をやらせない限り、やらない夫の出番はなさそうだな

アカギなら、狂気の沙汰より面白いとかでやりかねんがw

524名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:28:41 ID:bSsoxhVA
そういやシンカーはどうしたやる夫wwwww

525 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:28:55 ID:AmUv11aw



そして――



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \



                      ――自分を、殺さずに済んだ。

526 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:29:17 ID:AmUv11aw

蓋を、開ける。




::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


皆に迷惑をかけぬように。

皆と一緒にやるために。

527名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:29:27 ID:oaO9o482
4人の中で最初に寮を(良い方向で)出そうなのはルルかな。

528名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:29:29 ID:XuEyGjkc
>>518
さっすが兄貴!!

529 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:29:49 ID:AmUv11aw

ロビンが怪我したあの日から。



抑え付けて抑え付けて抑え付けた―――自分の感情。

押し殺して押し殺して押し殺した―――自分の理念。

::::::;'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'     ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...::
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; '     ,....::'::::::::; '
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::;
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'    ,..'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......', '
     ' ,                     ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::::::'::;:::' , '
                              ,....':::::::::::::::::;::::; ' '
                            ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,

消そうとして、封じ込めた、自分の蓋を、開ける―――

530 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:30:24 ID:AmUv11aw

開放された自分が――




                                  ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\            ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\         ;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\                ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
  ....  /  .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\             '''              '     ''';
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\                           ,,,
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\            ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
  | ゚    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|            '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|               ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
  \   . :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/              ';;'       ';,    '''';;;;;''
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/                       ;,     '';,,,;';,,;''
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\                  ';,       ,;
 . .  /   .: : : : : : : : : ┌─────┐: : : : : :.ヽ.                  ''''';;;; ,,,;;;''';;'
    /   :: : : : :.:::.: : : :│ ┐┌─   │ : : : : :: : : i                    '''';;;;;    ,,,,;'';,
    |  :: : : : :::y::.: :: :│ │└┐   │: : : : ::i':: : !                   ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
...   |  :: : : : :.:i::.: : : :;│  ̄─┘   │ : : : : :|:.: :. l                 ,;''   ;'  ''';;;;,,,
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : └─────┘ : : : : :|:.: :: |                    ,,,;;;    '''''';;,,,,
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |                    ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|                 ,;;'''''';;;,,,       ,;
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!                      ''''';;;; ,,,;;;''';;'
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /                         '''';;;;;  
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /                         ,;''';,;' ;'''';;
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /                        ,;''   ;' 
                                                        ,,,;;; 

                                           ――身体の中を駆け巡る。

531名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:28 ID:fpe6U0io
まあ最後の6連戦ぐらい何やっても許されるさ

532名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:39 ID:WbjrTGGs
ビーンボーラーやる夫復活か!?

533 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:30:40 ID:AmUv11aw

--------------------------------------------------------------------------------------


それは、想像以上に滾っていた―


--------------------------------------------------------------------------------------





                                                    第9話 やる夫とやる夫 終

534名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:44 ID:55fr6qoo
やる夫は間違ってたんじゃなく、足りなかったんだな。

535名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:46 ID:SEs5lIrA
ダーティーやる夫復活か

536名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:50 ID:Uq5YpgHM
まあこの6連戦は負けられないからな
何が何でも勝たないとイカン

537名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:53 ID:ayVq7RXA
強烈な劣等感が成長の原動力だったから
人間として成長する事によって野球選手としての成長も止まりそうで怖い

1行目書いてて誰かに似てると思ったがスラムダンクの福ちゃんか

538名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:30:56 ID:dj4kaUc.
先輩たちの影響を受けた上での解放だから、今までのとはまた一味違うさ。

539名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:03 ID:bSsoxhVA
乙!

540 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:31:03 ID:AmUv11aw





                          ┌──────┐
                          │次回予告    │
                          └──────┘




.

541名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:05 ID:WrRKpkSg
乙です

542名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:06 ID:M1ft.lWk
背番号が

543名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:10 ID:XN8mSH/c
乙乙

544名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:11 ID:okqdNnuc
乙!!

545 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:31:18 ID:AmUv11aw

┏━━━━━━┓
┃舐めるな   .┃
┗━━━━━━┛












--------------------------------------------------------------------------------------
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\              お前如きに、追いつかれるものか―――
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \
--------------------------------------------------------------------------------------

546名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:18 ID:wrbNGC8Y
ずっとROMってた
>>1乙!

547名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:19 ID:Eby3Goxs
空けちゃったかー
けどそれでこそ、ここのやる夫って気もするがな

548名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:32 ID:Ta/V1bBE
自分の中の狂気を捨て去るるのではなく、しっかりと向き合って飼っていくということか…

549 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:31:36 ID:AmUv11aw

┏━━━━━━┓
┃舐めるな   .┃
┗━━━━━━┛












--------------------------------------------------------------------------------------
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /      絶対に、先へなど行かせはしない―――
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/ 
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´
--------------------------------------------------------------------------------------

550名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:37 ID:CEL6ap76
乙!

551名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:38 ID:sYPYSmeE
乙でした!

552名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:40 ID:uGlpd/Lw
乙でしたー!!
今回も面白かった!

553名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:47 ID:XN8mSH/c
できる夫?

554名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:48 ID:XuEyGjkc
ふむ…
大丈夫…かな……?

乙!!

555名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:48 ID:r0kB2OW.
今まで先輩たちから得たもの全てを捨ててでも
ダーティに徹して欲しいな

556 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:31:53 ID:AmUv11aw

┏━━━━━━┓
┃舐めるな   .┃
┗━━━━━━┛













     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l            一生、私の背中を追い続けるといい―――
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \

557名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:31:56 ID:AZYEiEN6
>>519
触りもしないでヒット扱いなのかもしれない。

558名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:04 ID:Ehs8qOSA
乙!!

559 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:32:07 ID:AmUv11aw



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  次回、やる夫がプロ野球選手になるようです



                    ―第1.5話 できる夫とやる夫―


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

560名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:15 ID:QcimnTzg
乙でした! 次回も楽しみ!

561名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:20 ID:3F5FFVxI
クリーンもダーティーもどちらも必要なわけだ

562名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:22 ID:CEL6ap76
どちらさまでしたっけ

563名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:23 ID:VB0ixae.
乙乙

564名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:24 ID:0NtTC0uM
お前の背中なんぞ追うかよ!

565 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:32:29 ID:AmUv11aw

                ,-、_ ./`゙':、___
                | i:、`| i ', `:、 `ヽ、
                | !.,r'ー'‐‐| i `i  ヽ
                |i',i、 -r=' | ,i i i i_  i
                !'.!l' ` ̄.!/|,' /i-',  !
                 i`___   !/ r';,ノ ./
                 ヽ `  ' /" ',./
                    ゙ー-r‐''" ._,.-‐'i:、_
                   ,:-|‐'iニ"_,,-=:l. i`':、_         自分は、9.5話は無いといった。
                 ,.;'" ,'  i"-‐ _.,:'  .|    ̄ `''=:、
                // ,'-:、 |-‐フー-=ニ    ,.;-'"  ヽ
              _,.-',`-i"`i ,' .`i.,.:'/   ./ ,.-, /        i
            ,r'  i-、!"'、r-'"i゙ ./   //,.:'-"       |
           ,:' / r''l__ri"r| i"'、|./   r-"-く_        .i
          /__,,,!__| |  i" 7 /.i  ,!゙-ニ_''‐、'`:、..      /
.       _,.-:;'r'゙,.',:-'  `''―:'-'-'---!-',r‐-,,,`‐:、)‐'     ,,:'
      / -'、_,'/             ` ―`゙´-     _,:',:'
       /    i                     ,.-'".,:'
.     /     |                   /  ,:'
     ヽ     `''‐‐-、_              /  /



                         _,,,,,;;;;;iii'llllll||||llliii;;,,,
                      ___,;;:|;;;lii;;;;;;;;;;;;;;;i;!!;;il||||li;;;;、
              .        i;;llli;;;!li;||||||li;;i;;!;i;;i!;;;||||||||lii;ミ-
         .             |;;;|||||〉=''''''":ヽ|iil;;l!i;||'=`'l||;l
                      .li;l;;l|i||i . __,.:,=|l'l||i||ll!_ィ )|;/
                      !|!`l'~lii;,` '`"'´! '||||!''-シl|;;l
                      ' _/..ノ''| _  ノ |||/:::|´:ヽ|
                      /.../-, `'、... --' .!´::/:::::::::|       だけど、1.5話が無いとは、言ってない。
                  ,---''ミニ`/:/  ヽ.. :::_,- __,..-'::'`iヽ
                  / ;...;::::/./.ィノ    >''i''`-'´::::::;;:;;;:::);;;;;i;;;;;、___
                  ノ :(_,...イl_//   // l ::::i-:: . . .:::::/;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;`;;-;;,,,___
                /  .::::':::::::.ノ   // ,! .::::i!-::...__;i/;;;;;;;;;;_,>::::::::::::::::::_,--::::ミ;
              /l''`、___-':::i-'´_,...,-;i' .,_i_ . ,-,_::::::|:::._/;;/`:::<::::::::::::::::::/:::::;;;;;;;;;;;;;;i
             /::::ヽ ::::: ̄ン'::::::/:::::'-:..i;;,`_/::l:`,,.._/;;;;/::::::::::::::::>:::::::::/:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
            /:::::::::::;;;;、:: ノ:::::;;;;i;;::::/___::/--,::::/''|i|||||!::::::::::::::/:::::::::::::i:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           /:::::::::::;;;;;;;;;;;-;i!;'i;;;;;;,i;;/;ノy::`-)':':::t-'::::|||l/::::::::::::/::::::::::::::::i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          /::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;/;;:|:::`ィili:::.-l::::!,|l--'||!:::::::::::/:::::::::::::::::;;'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;l!;;;;::|::::l||;;;Y:::〉-||!!;;;;;/::::::::::/::::::::::::::::;;;、;|:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;l!;;;::::l::::||!!!i|-'|!!';;;;;;;;;;l::::::::::/::::::::::::::::::::;;;;;;l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|

                                                      お楽しみに!

566名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:32 ID:Z3Dct1qI
ついにできる夫が

567名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:35 ID:okqdNnuc
ここでまさかの1.5話だと!?
超期待してます!!

568名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:37 ID:2blM6HZM
乙!
って話数が?!

569名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:38 ID:Uq5YpgHM
お疲れ

570名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:38 ID:8TnNh07w
遡った!?

571名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:39 ID:bSsoxhVA
まさかの1.5話・・・だと・・・?

572名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:45 ID:j.5ma/Oo
おつぶれすゆー!

573名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:50 ID:5TaapVig
乙でした
やっぱり、できる夫の方がやる夫を強く意識しているところがあるのかな?

574名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:52 ID:Kqju.0bU
乙!

……ここまで盛り上げておいて10話ではなく1.5話とな!?

575名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:57 ID:ivr83vPU

ここで戻るかw

576名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:32:58 ID:BkfiXTvc

2部最終戦の九條みたいな覚醒の仕方かな

577名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:01 ID:FyZoBOXo
乙!
おお。ついにできる夫にスポットライトが!

578名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:05 ID:Eby3Goxs

ここで1.5話か
やっとできる夫がメインの回がきたな

579名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:06 ID:SM0PYh7Q

おぉ、過去話か!?

580名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:07 ID:ipfYfb82
乙!
1・5話…だと…wktkせざるおえない

581 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 01:33:16 ID:AmUv11aw
本日の投下は以上になります。

ご観覧アザーッシタ!

582名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:19 ID:EjTtna.g
どういう事だ・・・・・・

583名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:20 ID:WrRKpkSg
無限ループ…!?

584名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:20 ID:mDJVcBqA


585名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:30 ID:kBhAk2lU
いい展開だw

586名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:36 ID:3F5FFVxI
できる夫視点の話がなかったもんなー
やる夫を語る上で絶対に外せないのにw

587名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:39 ID:ajDzKeRw
乙です。

やっぱりやる夫はキョンサイドなのか…
今思い起こすと宗介とは全然絡んでないんですね。

588名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:41 ID:y58I9KOA
これを繰り返せば、永遠に物語は終わらないw

589名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:45 ID:sMPaJK06


590名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:47 ID:M1ft.lWk
おつかれさまです!



そうきたかwww

591名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:47 ID:run1Mu/.
お疲れブレスユー。

つーか、やる夫はグラハムや新城や、月の背中を追いかけろよwww
できる夫なんて目じゃないだろうに。

592名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:51 ID:sYPYSmeE
なんという浦沢構成……そこにしびれるあこg(ry

593名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:57 ID:Uq5YpgHM
期待しとるで!ほなっお休み!

594名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:58 ID:NoBa6MdI
こういう昔と今の自分が交わる展開はゾクゾクする

595名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:33:59 ID:i0McAoG6
乙!今回も面白かった!

そして最後まで飽きさせないなぁww
1.5話がどんな風になるか期待して次回を待ちます!

596名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:01 ID:EzWXR4pY
乙です。
月曜日と戦う勇気が出ました。ありがとう!

597名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:05 ID:Em1AsNLE
乙、楽しみに待ってます!

598名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:07 ID:y58I9KOA
乙、ブレスユー

599名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:11 ID:J.YqB5p6
つまり9.25話や過去編の−1話とかがあってもおかしく無いと



600名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:16 ID:WbjrTGGs
まさかの逆走w
楽しみにしてるわw

>>1

601名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:21 ID:2MSUc7iU
乙!!!!!!!
いやぁ 寝る前にここんとこスレ見てねーナーと思ったら昨日今日と
前スレから走り続けてなんとか追いつけたぜ!

つーかここでトンチ聞かせる1のせいで腹筋しにかけたぞーっ!w

602名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:25 ID:X0TLQPdw
乙でヤンス

1.5話・・だと・・!? ついに背番号の由来選手が判明するのか…

603名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:26 ID:D5xAdY1k

ハラハラしたり感動したり笑ったり
違う意味でハラハラしたり次回が待ち遠しくなったり
ホント濃密すぎる話でした!!

604名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:38 ID:h53HOGvs
乙っした!

605名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:47 ID:81OpQkaA
1,5話だと・・・?
乙でした

606名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:49 ID:SEs5lIrA
乙!
次回も楽しみに待ってます

607名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:34:51 ID:NSBLCDxs
乙乙
せっかく良い方向に伸びてったのに蒼の子が余計な事言ったせいでまた曲がっていきそうだ……

608名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:04 ID:dUic4tvc
乙っしたー
あと>518GJ!

609名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:05 ID:/0cV8m8w
お疲れ様でした。

投下中は黙って見てろよ、お前ら…

610名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:07 ID:t8yFC44M


611名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:16 ID:9qwUVMhM

そして永遠に来ない10話へ

612名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:26 ID:ngRvs0jI
乙乙
やっぱりライバルメイン回が無いとね!

613名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:26 ID:wKa/9XYs
乙でしたー

614名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:33 ID:LAaNLzdE
お疲れ様でしたー
それにしてもサードとレフトの信頼感の無さは異常だw
打撃の層なら球界1のスターズなんだが、守備固めできる選手とかいないのかな?

615名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:36 ID:ayVq7RXA

ありがとうなんて言わないんだからね///

616名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:49 ID:pYhbtjDM


>>前スレ880
 むかし子供たちは、だな
…………古いのは否めない。
古くても良いものは確かにある、のだが

617名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:52 ID:Ta/V1bBE
>>1

ここで1.5話か…楽しみにしているぜ

618名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:35:53 ID:UF.7fnSU
乙でした。結局、やる夫はどちらも使うってことか。

いや、もともと人は善も邪もどちらもかかえているものか。

619名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:36:10 ID:sYPYSmeE
>>607
昔はそれしか知らなかったのに対して今は他も知っている
この差はでかい

620名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:36:25 ID:r0kB2OW.
>>607
曲がってるぐらいの方が丁度いいじゃん
人間性と野球の実力なんて無関係だし

621名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:36:36 ID:uGlpd/Lw
次回6連戦かと思いきや、できる夫だと・・・
でもこれも超楽しみだな

622名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:37:48 ID:stVIHFUE
乙。
6連戦だと10話前中後編のように分割されるのかな?

623名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:03 ID:DgNsRl/6

蒼星石がまた登場してすごくうれしいです

624名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:05 ID:eQHnuvi2
>>607
蒼の子だってちゃんと成長してる

625名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:10 ID:hS9kAN4k
乙。
最終話を飛び越えて、15話とかに行くのを期待。
最終話なんてこなければいいのに。

626名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:16 ID:P3IO9Bpc
乙〜
読み終わった後の心地よさがたまらん

627名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:33 ID:0NtTC0uM
思い出したのは勝ちへの執着心だろうから問題なかろうよ

628名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:35 ID:bSsoxhVA
>>622
ページの都合でダイジェスト→年表のコンボで終わると見たぜ

629名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:38:51 ID:829ZH0xs
うおおおお乙ぶれすゆー!!

630名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:40:01 ID:H/6Uv61w
乙でした。何でできる夫がやる夫を意識してるか
気になってたから楽しみ!
…でもできる夫もやらない夫同様、六連戦で出番あるかな?
あっても2、3戦目くらいだろうし。

631名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:40:24 ID:U5iBogxs
乙でした!
前回のも今回のも色々と心に来るものがありました。

632名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:40:39 ID:5lszzpl2
>>518
なんという超速のGJ!

633名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:42:00 ID:EXc.HyaA
できる夫なんだかんだでやる夫のこと意識しまくりなんだな

634名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:42:18 ID:LHsHH1ZQ
乙でした!
「プロ」ってことに、やる夫自身何か答えが出せたのかな

そして6連戦、できる夫も登板あるんだろうか

635名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:42:19 ID:i5sKb5R6
乙乙
面白かったよー!

投下中って合いの手入れるもんじゃねぇの?

636名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:43:24 ID:oaO9o482
>635
歌舞伎の合いの手みたいに資格がいるのかも。

637名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:44:40 ID:h53HOGvs
作者公認とか?

638名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:44:49 ID:WbjrTGGs
確か>>1は合いの手欲しいってのと終わったら反応見たいから乙欲しい
そーいってなかったっけ?

639名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:45:49 ID:d1S771xM
>>622
そして日本シリーズ編、アジアシリーズ編、オリンピック編、マイナーリーグ編編、WBC編、MLB編、ワールドシリーズ編
と続くわけですね。わかります。

640名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:45:57 ID:RP5E0ADw
ライバルのはずなのにほとんど出番の無かったできる夫にようやくメイン回が

641名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:46:07 ID:opMzq6t.
乙……! 面白かった!
1.5話が楽しみ過ぎて死ねる

642名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:46:16 ID:vj7VsTbw
ぶれすゆー!


643名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:46:42 ID:2MSUc7iU
雑談かましたら別だかないように関する短文(合いの手)は
ふつーに入るだろ
じゃあまとめブログの合いの手はなんだとwwww

644名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:46:49 ID:bSsoxhVA
作者の要望に合わせるも合わせないも読者の自由さ

645名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:46:55 ID:.kS.dxOc
遅ればせながら乙でした。
前回のカミナと阿部の会話といい、今回のやる夫と古泉の話といい、ところどころに>>1の人生観が垣間見られるのが興味深いw

646名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:47:27 ID:z2CrG9D2
スルーを覚えようぜ

647名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:47:59 ID:gLIuFyrM
>>624
胸とか?

648名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:48:17 ID:h53HOGvs
>>644
いや、そこは合わせようか。

649名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:49:01 ID:bSsoxhVA
>>648
断固拒否する!

650名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:49:02 ID:.kS.dxOc
雑談は論外だが、合いの手はやる夫スレの華なので、それが嫌な人はまとめブログで見ればよろし

651名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:50:15 ID:vfxu4Oqs
乙の数で面白さの判断材料になる、とは言ってたね。
それはそれとして、中盤までの話には9話と関わりそうな描写が結構多かったな。
ロビンの事を知ってるだろうに意図的なピンボールを使うやる夫を肯定した新城とか、
ばれないように気をつけながらルルを平然と生け贄にしたキョンとか。
独りよがりの野球を考え直したやる夫が、これからどうバランスを取るかが楽しみ。

652名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:51:55 ID:C0stPmaM
乙です。

決戦前にライバルへのスポットライト!
熱いぜ。

653名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:53:34 ID:KrERNo8g
>>1おつかれでし

自分の持ち味を殺す云々の話は今週のあおい坂高校野球部にもあったね。

654名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:55:51 ID:OWHfaKJ.
乙です。

後、以前にシュートとか呼ばれてたシンカーのエフェクトを別に作ってみた。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1265458290/

655名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 01:56:31 ID:OWHfaKJ.
間違えた、こっちです。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1265458290/333

656名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 02:00:14 ID:AcWweqdc
乙!
こんなに先が気になってwktkする話は久しぶりだ
これまでの自分とチームメイト達の影響を受けて変わった自分の間でやる夫がどんな結論を出すのか
最終話に期待

657名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 02:11:20 ID:totS7uaM
乙っした!

ついにやる夫が狂気を取り戻すのか
それにしても蒼の子かわいいよ蒼の子

658名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 02:37:13 ID:deihaebM
ぐおおおぉおぉおぉおおお先が気になるぜええぇぇぇえぇえええ

禿げ上がるほど乙!
燃え上がるほどブレスユーーーーー!!

659名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 03:17:42 ID:zCMUVZIg
乙でしたあああああ

キョンみたいな選手は好きだな〜
打撃が上手いのではなく守備が上手いのではなく走塁が上手いのでもない
野球が上手い、って感じがするんだよな

660名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 03:34:12 ID:SGQWgt/g
ふとこんなフレーズが浮かんだ
「ちなみにダークパワーっぽいのはやる夫が持つと光と闇が両方そなわり最強に見える 土管が持つと逆に頭がおかしくなって死ぬ」

661名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 04:20:58 ID:TnXAZArI
>>647
それはない

662名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 08:51:19 ID:wEn7x0Jg
乙乙。
今のやる夫なら「カミナさん、カズマさん本日はありがとうございました。
貴方がたのおかげで勝ち越してます。貴方達は明日からも活躍してほしいので
後はやる夫達に任せてください」って言っても大丈夫そうだ。

663名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 10:59:26 ID:2QwKUb2E
今までの経験を含めて牙も再び生やして、
昔みたいに誰彼構わず噛み付く狂犬じゃなくて
「もっと気高く餓えなくては!」って感じになってたら良いな

664名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 14:26:17 ID:00MNP9ts
乙でした。
清濁併せ呑む事が出来ればそれが一番いいわな。
そんでもって、それが一番難しい。

防御率の不思議を見て、
失点を続けながら防御率が良くなっていく
巨人最凶の助っ人の人をふと思い出した。

665名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 16:20:11 ID:829ZH0xs
作者さんいつも乙です!

勢いでこんなのを作っていたが
途中でふと絵師さんの絵勝手に使ってることに気づいたwwww
ttp://up.mugitya.com/img/Lv.1_up112167.jpg

666名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 16:46:28 ID:EG780.HU
>>665
やっぱモザイクって卑猥だな

667名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 17:40:06 ID:f6gX9jMo
>>1
2話まとめて読んだから、今言わせてもらう!
乙&ブレスユー!

しかしここで1.5話だと・・・
>>1はホントに書き物の才があるな
ストーリーやキャラの魅力だけでなく、構成・・・盛り上げ方?も心得てる
次回も楽しみにしてるぜー

668名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:06:57 ID:UMcbY.6A
復習しようと1話を読み返したらついつい全話読み返しちゃった

669名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:54:12 ID:GX1w2OGs

酉間違えた上にレス数も間違えて失格になったクリスマス短編の時も思ったけど
>>1はクサい話やドロドロした話でも本当に爽やかに書けるよね

670名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:18:00 ID:UDGe5zVU
1スレ目の時点で言ってた「できる夫がサボってた理由」の話がようやく来るのか

671名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:25:26 ID:YWgLzhFA
やる夫とできる夫はコインの表と裏
ジョナサンとディオの様な関係なのだよ

672 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 23:34:37 ID:AmUv11aw
ホイ、恒例一部だけレス返信。
これからの話関係には触れられないので、返信飛ばされても気にしないで下さいね〜。

>>キョン
まさかの大人気www
これは嬉しい。ニャマリ。

>>古泉
背景説明だけでこれだけ反応もらえるのは珍しいwww

>>128
>>130
>>131
仰る意味が解りませんねぇ。
自分はただ、有名な食事所と書いただけなのですが。

>>優勝条件
―――――――これが、逆境だ!

>>259
言葉悪くも無く、いい例えなんじゃないでしょうか。
話を読んでくれているなーと思うコメントでした。
それで終わらすつもりはないですが。ニャマリ。

>>274
スイマセン少し間違えてますね。
1軍唯一の左投手です。後で訂正しますね。

673 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 23:35:25 ID:AmUv11aw

>>278
チームにとっては、滅茶苦茶でかいですね。

>>3人揃う。
自分の、このスレを始めた日のコメントにこうあります。

“野球漫画で言えば、「愛しのバットマン」や「キャットルーキー」みたいに書きたいですね。”と。

キャットルーキーは、18歳ルーキーを主軸にした話ですよね。
3部の主人公全て18歳ルーキーで、主人公の相棒も全て18歳ルーキー。
そういうことです。


>>310
あーーーーーー!あああああ!!鳳ボンバーに同じ展開ありましたね!!!
これは失態。意識せずに刷り込まれていましたwww

鳳ボンバー好きだったのですが…… 何故あんなに早く……
ほら、ツインテールのあの子可愛かったし。


>>野球解説
真剣にやっただけあって、それなりに好評を頂けて嬉しいです。
たまにちょこちょこやればよかったですね。反省点だ。

674 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 23:36:40 ID:AmUv11aw

>>396
ワロタw

>>420
ですね。
9話と、最終話を書くために作った話です。
全員が納得するお話を作るのって不可能ですが、
それを目指してやりたいと思います。最終回、期待してくれて構いません。

>>461
>>468
いや、最近の土管って殴るらしいですよ!?


>>538
b

>>1.5話
必要でしょう?どう考えてもw

>>602
背番号の由来選手は、もう答えでる材料はでてますねw
MASA様の話に出てきたキーワードを集めてぐぐれば解るかな?

675 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 23:37:42 ID:AmUv11aw

>>653
あおい坂は途中までしか見て無いんですよね。
鳳ボンバーは好きだったのですが、なんでだろう?

>>655
あーもう、どう感謝をささげたらいいのかが本当にわからないッスw
毎度毎度、本当にありがとうございます!

>>665
絵師さんの絵勝手に って言葉で酷く焦りましたよwww
あーでもこれメッチャ読みたいッスw

>>668
ああ、有難いッスね。
中編連作ですが話の本筋は長編として作ってるので、
改めて見てもらえるとやりやすいですw

>>667 >>669
作品を褒めてくれるのは嬉しいですが、>>1を褒めるのはやめとくれw
どう反応していいか解らないんですw

以上になります。

676名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:42:26 ID:d1S771xM
>>675
笑えばいいと思うよ

677名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:45:16 ID:taYT74Bc
話を書くときって、どんなソフト使ってるんですか?

678 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/08(月) 23:50:25 ID:AmUv11aw
ソフト?エクセルに普通に文章書いてますね。

それともやる夫スレを作るための(´д`)Editのことかな?

679310:2010/02/08(月) 23:58:38 ID:ajDzKeRw
乙です。無意識でしたか。

そういえば俺もあおい坂あんまり読んでない……
鳳ボンバーは好きだったのに。ヒロインが試合中にギター弾きながら、そのままオn(ryするところも含めて素晴らしかった。

あの親父の金銭感覚は前年度の税金とか考えたら至極全うだったと思うんだけど気のせいでしょうか。

680名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:00:35 ID:sfsycLDk
キャットルーキーの主人公の話があったが
四方は高校卒業してから1年経っての入団で高卒の加縫・酒希より1個上の設定じゃなかったっけ?

681 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/09(火) 00:03:18 ID:mdO9Dw5w
あー自分上げてましたね。色々な方、自分が過去に注意した方、申し訳ないです。


いやー完全に失態です。なまじマイナーなだけに・・・
>>310さんのコメントも、暫く意味が解らなかったですw

今度満喫で久しぶりに見てこようかな。
何年前位の作品でしたっけあれ。

鳳ボンバーって面白かったですよね?
イイキャラしてたと思うんですけどね。親父とか。

682 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/09(火) 00:06:01 ID:mdO9Dw5w
>>680
おー、そうでしたっけ。色々忘れているなぁw

野球漫画専用段ボール箱の封印を解く時がきたのかもしれませんw
今本棚においてる野球漫画は、ダイアのAと大振りとゲキトウです。

683名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:06:10 ID:..gvMe9s
あんまり覚えてないけど悪い印象はなかったかな

684 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/09(火) 00:08:34 ID:mdO9Dw5w
>>683
自分もあんまり覚えていないですけど、パンダの被り物してたのは思い出しました。
あと、>>679で言及があった試合中(ry

あれ最終回でしたっけ?
後、主人公ムービングボール使いであってましたっけ?

685名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:09:20 ID:buVkWv..
ダイヤのAいいよねえ。このスレにも通じる熱さを持ってる漫画だと思うw

686名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:17:47 ID:NlLWj6Xo
そういや野球マンガでチームメイトみんなでブレスユーみたいに
叫ぶマンガあったよね。バンチだったかなあ。

687 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/09(火) 00:25:49 ID:mdO9Dw5w
>>685
講談社漫画賞と同列に扱わないで頂きたいww

>>686
よくありそうなネタですからね。

バンチの野球漫画って何がありましたっけ。
誰か知ってたらカキコお願いします。

そろそろ雑談所にボクが移りますw スレ汚し失礼でしたw

688名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:28:31 ID:42ECBS02
>>687
バンチの野球漫画といえばワイルドリーガーかな。

レッツプレイツー!

689名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:30:54 ID:cj1VpXWQ
>>687
好きな野球漫画何?

690名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:32:19 ID:sfsycLDk
>>682
四方は高校卒業後父親の手伝いをして、しばらくしてからプロ入りって話だった
ハッチがギャンブルに誘った時に
自分はいいけど加縫・酒希は未成年だからダメって発言があったから、もしかしたらもっと上かも

691 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/09(火) 00:37:19 ID:mdO9Dw5w
>>688-690
回答全て雑談スレにて行いまーす。

怒られる前に移っときますw

692<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

693<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

694<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

695名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 10:50:17 ID:BGOrGNSE
いつも楽しませてもらっています!
しかし、最近は描写少ないけど、ここまで武闘派がそろっていると
「硬派!埼玉レグルス」をちょっと思い出してしまったおっさんがここに。
マイナーすぎるかw

696名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 19:07:53 ID:oK9/4ifA
>>695
なんとゆーナツいものをw
ディオスだー だっけかww

697名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 21:33:02 ID:6TOANT4o
>>695
「あの打法」を真似ようとしてデコにボールがチップしてきたのは好い想い出www

698名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 22:04:48 ID:CyJWWiD6
>672
ジョゼフは左投手では?

699 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/09(火) 23:22:37 ID:mdO9Dw5w
再々訂正ですねw 

前スレの http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264947709/26

これが正しくなります。申し訳ない。
修正は祝日にでも。

700名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 23:24:11 ID:P.DkDtM.
VIPスターズやらない夫、谷亮子で絶頂射精

701名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 06:04:53 ID:r8iyIXNY
仕事でなかなかリアルタイムで読めなかったけど、読み終わった。
今回も凄く面白かった。続きも楽しみにしてます。

702名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 22:57:08 ID:x3LtRiko
全部読みました。
こんな熱い話、なかなか読めないのでとっても嬉しいです。
話を書いてくれてありがとう!!!

703名無しのやる夫だお:2010/02/12(金) 23:09:59 ID:ziEl5xOU
ふう、おいついた
乙でございます

704 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/12(金) 23:59:43 ID:hehvdCbM
>>701-703

ありがとうございます。
残りの投下も後僅か。できれば最後までお付き合い下さい!


1.5話は日曜夜投下予定です。
時間はもう少し見えてから詳細を出しますが、大体何時もと同じ時間だと思ってください。
よろしくお願いいたします。

705名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 00:02:49 ID:C3AhAxgw
あいあい了解

706名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 00:20:37 ID:PExOJ9MY
>>704
いつも面白くて熱いストーリーありがとう
ございます
日曜日楽しみにしてます!

707名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 07:19:03 ID:YBWIftOY
そういえば前のスレであったけど、オーバースロー、スリークオーター、サイドスロー投げたのってビッグユニットと村山の他に誰か知りませんか?

スライダー投げるようになってカーブ投げられなくなったのは、堀内とか出てくるけど

708名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 13:03:33 ID:yY..DXuI
安田

709名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 14:36:58 ID:Gfl.LRsI
ムーア

710名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 15:56:33 ID:gXMTOAQw
デスタムーア

711名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 16:59:33 ID:45aPzcXg
ブロス(一回だけしか見た事ないけど)
左右投げの人(名前忘れた)
小山は・・・どうだったかな?300勝投手の
仏(ヤ)は日本で上から投げたっけ?

712名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 01:41:31 ID:sSUtVbLc
ここしばらくの阪神なら

能見、ムーア(たまにサイドから投げる)
遠山、吉野、伊藤、藤田(プロ入り後サイド転向)
ウィリアムス(逆にサイドで来日して晩年はほぼスリークォーター)

フォーム変更して一番成功した例って巨人の斎藤雅樹とかかな?

713名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 10:06:21 ID:B0i6B.5c
あんまり知られていないけど、巨人・日ハム・ヤクルトに在籍した、角三男投手も、
オーバーからサイドに変更した人。
やる夫と左右逆なんだけど、すげー角度で投げ込む良い投手だったです。

714名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 11:22:35 ID:Ia/o1xcY
>>712
フォーム変更して一番成功したのは杉浦さんか皆川さんだと思う
プロ入り後のフォーム変更って事なら皆川さんじゃないかな

715名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 13:29:58 ID:mk0E5P4E
高木さんはこれに含めていいのかな

716名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 15:03:10 ID:JssDKrsU
>>713
別になんてこと無い速さのボールを
プロのバッターが振り遅れて三振してたのが印象的な投手でしたな

717名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 15:21:32 ID:iARKofqo
打率じゃなくて出塁率
打点じゃなくて犠打率
被安打じゃなくて勝率って感じで
お得な人材集めまくった球団ってどこだったっけ?
メジャーでそんな話があった気がするんだけど・・・

718名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 15:27:20 ID:g5cSZixY
>>717
マネーボールのアスレチックスだと思います。

719名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 15:40:36 ID:58SLxip2
>>717
おもしろそうなチームだな
結局どうなったか知ってる人いる?

720名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 16:01:54 ID:t.P7sC4k
>>719
端的に言うと、90年代末から2000年代中盤まではかなり成功。
同じような手法をとるチームが増えたことと、守備力算定の手法が洗練されてきたことから
現在では守備力を重視して人材を集めてる。

721名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 16:33:38 ID:iARKofqo
>>718,720

なんかそういうのは楽しいな>>皆真似する→いい選手として評価される

722 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 16:39:42 ID:gMxVmojQ
22:00投下めざして頑張ってます。
よろしくお願いいたします。

723名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 17:02:31 ID:ogrd7Gbs
乙〜
まったりいこうぜ

724名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 20:19:17 ID:IsLy9.2s
頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ

725 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 20:33:57 ID:gMxVmojQ
22:00より投下を行います。
よろしくお願いいたします。

726名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 20:42:16 ID:0H8CErzk
了解
期待して待ってるよ〜

727名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 20:58:00 ID:Ke57xOl6
今日も期待してます。

728 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 21:03:32 ID:gMxVmojQ
地味ですよ、今日はw

1.5なので1話や2話見たいな感じになります。

729名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:19:43 ID:B0i6B.5c
>>1
1.5話楽しみに待っています!

730名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:26:38 ID:dXWL4YA6
広島のベイルが上から投げたり横から投げたりしてた

731名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:37:53 ID:Ho1dB/uU
確かグラマンも角度変えてたような
苦手の左への対抗策だったかな?

732名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:55:10 ID:86//qw.Y
そういやグラマンもやる夫並に左打者苦手だったな・・・
対右が.138なのに対左が.472って

733 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 21:57:37 ID:gMxVmojQ
よし全裸待機

734名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:59:33 ID:R2OUMrFk
ふぅ。

間に合ったぜ。

735名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:59:46 ID:Ke57xOl6
>>1
まて、あんたが全裸でどうするwwwww

736名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 21:59:52 ID:C4SDAH2c
おっと、一人で脱がせないぜ

737 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:00:22 ID:gMxVmojQ
たまには自分だって脱いでいいじゃないッスカ!w

それじゃ始めます。
今回地味です。

738名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:00:45 ID:/mBOaPTY
>>734
静岡乙

739 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:00:49 ID:gMxVmojQ

どこまでも、自分の足跡を辿ってくる奴を、貴方はどう見るだろうか。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.__
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::..\
   \:::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::.\
  ,. -‐'´..::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  ノ .:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ




どうやっても、自分の背中を追ってくる奴を、貴方はどう感じるだろうか。




                         ____
                       /⌒三 ⌒\
                      /( ○)三(○)\
                    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                    |     |r┬-|    ____
                    \      `ー'´  /     \
                    /        /        \
                            /  \    /  \
                           |    (●)   (●)   |
                           \      ´   U /
                           /      ̄ ̄    \

740 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:01:20 ID:gMxVmojQ

出自が違う、

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |
     \  、__',_,    __,/
     /         \


             待遇が違う、
                            ____
                           /     \
                          / _,ノ  ⌒ \
                         /   (●)  (●)   \
                    |     、 ´       |  (( ∩))
                     \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
                     /          \


                                   才能が違う。
                                                 ____ _
                                               /          \
                                             /              \
                                            /    _            丶
                                           l    ノ }    ⌒\   /⌒ l
                                           |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
                                           .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l
                                           \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
                                             |フ入     l       /
                                            ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
                                           /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
                                         /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
                                       / ,..........    ',       l}_|./   j
                                      /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
                                     //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
                                     j j       、    l        l ,._ll′
                                     l |      `ヽ  ヘ        l! /
全てにおいて自分が前にいる。

741 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:01:50 ID:gMxVmojQ

でもひたすらに、自分に勝る事を目標とする奴を、



                             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            /: : :            \
                          /: : : :            \
                         /: : : : : :              \
                        / : : : : : : : ..               \
                        |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                        |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
                        |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
                       . \ : : : : . .(     j     )      /
                          \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                         /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                         : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                         : : : : . : : . : : .                \


.

742 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:02:04 ID:gMxVmojQ




                       ┌─────────────┐
                       │貴方は、どう思うだろうか    .│
                       └─────────────┘



.

743 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:02:17 ID:gMxVmojQ

                                                       
       .iiiiiiiiiiiii,、     .iiiiiiiiiiiiiiiiiir,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,、  .,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,         ,. -─- 、_
        .'lllllllllli,      `llllll!゙’  `゚lllllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llllllli,   `゙lllllll゙゙”゚゙゙゙゙゙゙!llllllli,      ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
        ,illl!llllllll,      ,illl!′   ,lllllll゜    llllllll!   ,illlll!゜    .,lllllll     |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
       ,llll゙ ゙lllllllli,     ,llll゙    .,lllllll゜    ,,llllll!′ ,illllll゙     .,llllllll゜     ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
       ,illll゜ ゙llllllll,、   ,illll゜   .,lllllll゜    ,,illllll!゙   ,lllllll゜  ._,,,,,,iilllll!゙゜    /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
      ,llll゙   '!llllllli―やる夫がプロ野球選手になるようです―lllllllll゙°    └-;;;;,,,,,_::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
      ,illll゜   ゙lllllllli、 ,illll゜   .,llllll!!!!!!!!!!゙゙゙゙”    .,lllllll゜   ゙゙゙゙!llllllli、      | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
     ,llll゙     .lllllllll,,.,llll゙    .,llllll!′           ,illlll!゜     .lllllllll    _  \  (__,,;、_.ノ   /
     ,illll゜     '!lllllllllll!`   ,lllllll゙             lllllll゙     .,illlllll゙   /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
    .,,lllll゜      ゙llllllll!゜   ,llllllll′           ,illlll!゜    .,,,illllll!゙゜   |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
  .,,,,iiillllllli,,,,      ゙lllll゙  .,,,,,iilllllllllli,,,,:      ,,,,,,iiilllllllliiiiiiiiiiiiiiillllll!!゙゙゜    !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
  .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′     .゙゙° ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°     '゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″                

                    ―第1.5話 できる夫とやる夫―

         注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
           ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。

744 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:03:10 ID:gMxVmojQ

そいつを初めて見たのは中学三年の夏、地区大会の2回戦。
できる夫が鼻歌交じりに完封したコールドゲーム。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\  〜♪
    /   (●)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ                     == ○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


その終りの整列で、目つきの悪い彼を始めて見た。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


試合に登場しなかった、15番をつけた男。


       ___ 
      /      \
    /           \
   /              \
   |             |
   \               /
  ,. -‐'´         `丶、
  ノ.     1   5      .ヽ

745 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:03:56 ID:gMxVmojQ

試合終りの整列の際に、強烈に睨みつけられた。

      ____
     /      \
   / ヽ、   _ノ \
  /   (●)三(●)   \
  |      (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /ヽ
   /              \
  (  ヽγ⌒)        ヘ   \
   \__/




         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   (なんでしょうか彼は・・・)
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


悪人相のその男は、試合に出てもいないくせにそんな事をしてくれて、
それができる夫に、鮮烈な印象を植え付けた。

746 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:04:57 ID:gMxVmojQ

再開は、それから半年ちょっと。

   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|


野球推薦で野球名門、毘都附学院大付属高等学校に進学したできる夫が、
初めて毘都附のグラウンドに立った時の事。


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |      (ここから・・・私の本当の野球人生が始まる!)
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \



         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \     「オヤっ?」
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /



一列に並んだ推薦枠の選手の、一列後ろ。
別揃いの一般入部部員。その中に、そいつはいた。


  NVVVVVVV\
  \        \                         / ̄ ̄\       ,.f"ミミヾ、
  <         `ヽ、            ____      / 「  へ \    f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
  </ /"" \ .ノヽ. \       /      \      |  (●)(●) |   ノ彡リノ/\中/\
   //, '〆     )  \ ヽ     /  \   /   \    |    |   |   |リ||リ/ (●) (●) \
  〃 {_{   ノ    ─ │i|    /   (●)三(●)   \.  |   __´___  ノ  (川/   /_人_\   \
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   |      (__人__)      |.  |   `ー'´  }   ||ト|   §` ⌒´§   |
   レ § u (__人__)   |ノ    \     `⌒´    ,/  ヽ       }   iリ\          ,/
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ    /     ー‐    \   ヽ     ノ     /     | | |    ヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ   /              ヽ   ./    く      /   _  | | |    ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|   |  |           |  |  |     |     丶    ̄| ̄|| ̄| ̄   )
   | ヽ〆        |∞|.  |  |           |  |  |     |      丶__|_||_|___ ノ

747 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:05:37 ID:gMxVmojQ

毘都附学院大付属高等学校は、野球名門校と呼ばれる学校だ。


          | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _____________
               |  |  |           |  | |毘都附学院大付属高等学校 |
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________


高校球児の夢――甲子園に、常連という程でもないが多々出場した実績を誇り、
県下でも強豪校として名が知られている。

748名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:05:53 ID:A5gE3onw
全員やる夫の派生キャラなんだなw

749名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:06:12 ID:48X2seIE
野球の名門だから推薦枠と、名ばかりの一般枠があるのか。

750 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:06:20 ID:gMxVmojQ

強豪校にありがちな事なのだが、
野球推薦で選手を各地から掻き集める事にも積極的だった。


                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
                         |i^|「::::::ノ=l:::::ィ
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l 
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!     「ハイお一人様ご案内〜」
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- 
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|::::::::::::
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |::::::::::::
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|:::::::::::: 
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ:::::::::::: 
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、:::
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ



中学で活躍した選手に目をつけて、主力選手としてスカウトし、チームの基盤となしていく。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::\ー、ーi、\:::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::/ /
:::::::::::\ ̄ ̄     ´ ̄ ーイ;;;;;;::::::::::::::::::/
:::::::< ̄             ∠;:::::::::::::/
_::::∠´               <::::::/
ヽ::r'' ̄゛' ー-、_____ /    __,,,,-、_ |::::/
、ヽ| /アつヽx  / /,ィウ 入ヽ、 l:::/
ー    |:TT::::| :     ,トイ::l カ //
、    、y二イ      l;;::::::/ " /7
ー、,     ̄       =-'、  / j         「俺を……毘都附にですか?」
  |、    ,-    ゝ      //
  |\    r-、___     /
/|  \    ー-----'   /
     \      _ィ、 __
       ヽ  イ ヽ::::::::::ヽ
    \     /   l::::::::::::|ヽ


他県から選手を連れてくる事も辞さない。

                               ,           __,
               l          __  ト、       _,.r'/
                {ヽ、____,._-ニ´ニー-ミ``、 ̄ヽ、   ///
                ヽ、-_-‐_― ニニヽ丶、ヾ ',  lハヽ-‐シ',リ
          ,r      ∠="-−ニー ` ヽ-、 ヽ } | ノノ,r' ,. く
          /- 、__,. -‐'_/'フ ̄_二ミ、=ミ `ヽN /ノ/,.==ニ_ヽ'、
          \ `ー-='‐'_ /_,...二ミヽ`      ´ '´'='彡ニ=、`ヽ
             >≡ニ",.-'´ _,.=_‐                `‐ミヽ`ト` 、
          /二ニ二....-ァミ彡'‐''' "二`ヽ、           ミヽ'、}〈 ', }
         /'´/´-=、,ノfrヽY´ -=ァ:;;r-、、`   ,,..、、、_ ミ=}}レ′,リ
         ! /'´  ∠._r{ {'釻 _ ,ィ  `` `  /z,ニ、ヽ.ヽ}レソ  /
             l!  /´ _ニイ ト、ィ  `ソ::r'''      .' `''゙‐ヽ イ
              ,r'ニ´ ノノハ'、,」  '´ヽ        !    ,! //       「そうだよ?悪いようにはしないさ」
           {/,. -'ニ ノイ} | |       '" r'、   /;! ,'/
           /',ニニ-‐'´/'/,' !   `'''ー‐- 、_   `' /′
           '{   /r",'  ヽ        ̄`'' ``   /
             `  ヽゝ ,'   :.:\           /
             ,rー―='-、_  :.:.:.:.\._    ,.イ
          ,. -'′      ``ヽ-、,_ ``¨´::.::|
  _,,..、、. --―''く、              `''‐- 、;;_ト、_
"´         ``'‐                     \

751名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:07:19 ID:Ia/o1xcY
ヒソカがスカウトかよwwwww

752 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:07:21 ID:gMxVmojQ

結果スカウトから漏れている地元の選手、一般入部の部員は、余り重要視されない。


         ____
       / ノ   ヽ、_ ヽ
     / ( ○)}liil{(○)ヽ\
    / /::::::⌒(__人__)⌒::::\\      「一般入部の面子濃すぎだろおおおお!!!」
  /  ./  ヽ |.!!il|!|!l| /   |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)ェェェ|/⌒)⌒)⌒)  )← 一般入部



推薦枠と区別されているのがいい証拠で、伸びてくれれば儲けもの。
その程度に見られている。


                  ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                  ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                 ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                  `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                     ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
                  ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                  lハ!    ヽ     j/,ノ       (今年はどれだけ辞めていくかな?)
                     ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                        `ト、       ,イ |'′
                       ,〕` ー─ './  |‐、_
                 ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                 ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
               _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
             _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
           _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i
          _/       ̄`フ   !  /.:.:.:i  ./    〉      /  / !


その、一般部員の中にそいつはいた。

          ____      
        /      \     
       /  \   /   \   
     /   (●)三(●)   \. 
     |      (__人__)      |. 
     \     `⌒´    ,/  
     /     ー‐    \  
    /              ヽ 
     |  |           |  |
     |  |           |  |

753 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:08:06 ID:gMxVmojQ

彼は、とても目立っていた――


.      r⌒ヽ
.     (_.  _) ブッ
      \(   __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ ( ゚) ( ゚)\   ハヨーーッス!
     |  \  \ /     (__人__) \
     |.   \   |       \   |  |
  .   |.   |.\_ノ\       \_| /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

                  ―――勿論、悪い意味で。

754名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:08:15 ID:okqW/4to
一般枠があるだけまだましともいえるが・・・・・・
大変だなあ

755 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:08:55 ID:gMxVmojQ

名門校で野球をやるには明らかに実力が足りていなかった。
ストレートが遅い、変化球も曲がらない。コントロールも禄に無い。

                                __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                               /__  __  /   ____     ̄  / /
                               _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                               |___ノ.|___,/.           /____,./

                                      __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                                     /__  __  /   ____     ̄  / /
         ___                        _./  //  /  ./____/   ___ノ /
        / .u   \                      |___ノ.|___,/.           /____,./
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)                  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //                 /__  __  /   ____     ̄  / /
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/                   _./  //  /  ./____/   ___ノ /
|     ノ    | |  |    \  /  )  /                   |___ノ.|___,/.           /____,./
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



だけどそいつは、自分を投手と言い張った。


      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>       「自分、投手ですから」
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \

756名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:09:05 ID:48X2seIE
一般入部で二番手捕手って、いぬ夫も何気に凄いな。

757 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:09:55 ID:gMxVmojQ

投手――

数ある野球のポジションの中、最も能力の必要なポジション。
野球の中心とされるそのポジション。



                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)  (●)
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
            ,ヘ  」     |r┬-|   |
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ
                .|g.e.r/   へ||(_____/
                |   '、_r 彡/.|.|
               .|    .| `ー、_.l.|
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|


その投手だと、彼は言い張った。

758名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:10:44 ID:VpRtFf.k
ああ、いぬ夫たしかに居たな・・・

759 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:10:49 ID:gMxVmojQ

1月も経たないうちに、そいつは部員からとてつもない反発を喰らった。

――当然だった。


   / ̄ ̄\
 / \ 三へ\
 | ノ((●)(●) |
. |⌒    |    |            \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
  |   ___´___   ノ             _) ̄          `て
.  |  `ー ‐´  }             J   やる夫!!   {
.  ヽ       }             )             〔
   ヽ       ノ              ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


             ,.f"ミミヾ、
  ,,.,__  ,,,, _  ,,f";;;;]ノ^〃=ミミ;、、            \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
  `ーミ彡-ミ、;;ヽf;;;;;;;j  / \ 中/\             _) ̄          `て
          ``ー-‐"/  (●) (●)\           J   やる夫!!   {
             /     /_人_\   \          )             〔
            |     §|!!il|!|!l|§  |          ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
               \      |ェェェェ|  ,/l!| !
            /           \ |i
          /          ヽ !l ヽi
          (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
           `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
                      レY^V^ヽl




皆が皆希望したポジションをできるわけではない。

能力が無いのにポジションに固執するのは、
1人我侭を言うのと同じだった。
                                                    ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \ シラーンプリッ!

760 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:11:56 ID:gMxVmojQ

監督は、彼に外野の練習を命じたが、彼はそれを拒否する。


        ,.、--‐‐─‐-:. ,
       .,.':::::::::,,,:、::;;;,,,ノソ:::::)
      /::/ .\,,lll,,/ ゞ´
     /:/  <●>::::<●>\ ビキビキ
     !/ ノ L  (__人__)  \
     |  ⌒   `⌒´     |
     \            /       「やる夫は投手だっていってるお?」
    ./⌒          ヽ
   ./   /、 。    。 r  \
  (_ ̄ ̄\'        |)   .)
    /⌒ヽJ三三三三三/  /
   /:::::::::::::::::::;;; ::::::::::::::::::::: し^⌒ヽ
  ./::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::.)
  .|:::::::::::::::::::::|ヽ、::::::::,,:::::ノi:::::::::::::::/
 . i::::::::::::::::::ノ    ̄^ ̄  \:::::::/
   ヽ,::::::::/          .ヽ、__つ
   .ノ.^/
  .|_/



監督が彼を叱り飛ばすと、彼は両方やるとのたまった。
暴言である。


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |         「そこまでいうなら外野手もやるお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !        でも練習時間外は好きにさせてもらうお!」
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

761 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:12:24 ID:gMxVmojQ

話下手な性格もあり、すぐに彼は孤立した。


.      /  ̄ ̄ ̄\
      /   . . . : : : :\
    /     . . :: : : : : :\
.   |         . : : : : : : : :|
    \_    . : :〃: : : :,/
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::




                                          / ̄ ̄\
                                   ∩_   / -‐'  ー \
                       NNNNNN\   〈〈〈: :ヽ  | ⌒    ⌒  |
                       <      `ヽ、  〈⊃  }   | //  |   //│            、ッミミ゛ヽ.,
                      </ / " `\ ヽ\ |   |   |   ___`___  ノ         ,.、;ミミ=゙ッ^;;;;゛ヽ
                    〃レノ§( ●)  (●)\ヽ !   !   |        }        /⌒Φ ⌒\リミノ
                    〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\|   l . (⌒)      (⌒)  〃   / ●   ●  \リ|  ミ
                     川    |r┬-|       |  /  ./ iヽ    ノi ヽ  /⌒ヽ|⊃ /_,、_ヽ ⊂⊃ |/⌒i
                     \     ` ー'´     //   l___ノ|     |ヽ___i  \ll|l   .§ヽ._)§  l|lll  /
                      / __        /        |     |      人l||l         |l||l 从
                      (___)      /        |     |      ( ⌒ )        ( ⌒ )

762 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:12:57 ID:gMxVmojQ

公然と批判されたし、暴力も時々目撃した。


      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          〜  

けれど彼は、変わらなかった。


          ____      
        /      \     
       /  \   /   \   
     /   (●)三(●)   \. 
     |      (__人__)      |. 
     \     `⌒´    ,/  
     /     ー‐    \  
    /              ヽ 
     |  |           |  |
     |  |           |  |


目元口元ひん曲げて、黙って練習続けていった。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

763 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:13:19 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


日が沈む頃――

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::    /::ヽ
                   I員TTTTTTTTTTTI  _|_    ______   |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田

764 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:14:11 ID:gMxVmojQ

できる夫が練習を切り上げるあたりで、旧ブルペンに、入れ替わりに彼が姿を現す。

旧ブルペンとは、毘都附学院が既に放棄したブルペンの事だ。
施設が古すぎ消防法に触れるため、放棄した事になっている。


◇◇◇◇◇◇◇◇| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|>┃        丶   |   | |
◇◇◇◇◇◇◇◇| 旧ブルペン  |>┃          \ |   | |   :::::::::::::: |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
◇◇◇◇◇◇◇<.└─────┘ ┃             |   | | ::::[「())」]::|::::[「())」]::|::::[「())」]:::
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃              "^゛"\|________________
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃
━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      ,,,  ..              ゞゞヾ;ゞゞ
             ____                 ヾゞ;ゞヾ;ゞゞ ゞ
            /      \                  ヾ;" "ヾ;" i   l ";;ヾ ;;"
          /  \   /   \    ヌッ           ゞヾゞ;ゞヾ; ヾ|i  i|/"/ヾ ;;;"
         /   (●)三(●)   \.               .ゞヾゞ;ゞ" ヾ|ll l|/"
         |      (__人__)      |.                   ||\ヾゞヾ.,
         \     `⌒´    ,/                   ゞ;ゞ \ ヾ
        /     ー‐    \                   ||\ヾゞヾ
        /              ヽ                 ヾゞヾ\:ヾゞヾ.,
        |  |           |  |                  ||\ゞ;ゞ
        |  |           |  |                  ",;;:;\
                                           ":;:;

しかし取り壊す事もなく、グラウンドやブルペンをあてがわれない、新人の投手が使っていた。

765 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:14:34 ID:gMxVmojQ

練習を終えたできる夫と、出入り口で交錯する。
彼は、ちらりともできる夫を見ない。そんな日が、続いた。


                                    ___
                                  /     \
                                /   ⌒  ⌒\
                               /   ( ●)  (●)\
                                |       ___´___   |
                                 ヽ、    `ー '´  /
                             /          \
          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

766 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:14:58 ID:gMxVmojQ

ある日できる夫は、ブルペンに留まる。
興味本位の行動だった。彼が何者かに興味が会った。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /   (_)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /



いつも通りの何時もの時間。
のっそりと現れた彼は、やはりできる夫に視線をくれず、



          ____      
        /      \     
       /  \   /   \    ヌッ
     /   (●)三(●)   \.                             ___
     |      (__人__)      |.                           /     \
     \     `⌒´    ,/                           / /      \
     /     ー‐    \                         / (●)        \
    /              ヽ                        |'__,            |
     |  |           |  |                        \           /
     |  |           |  |                        /            \


黙々と投球練習を開始する。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   | オラッシャ!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l






―――誰もいないネットに向かい。


.

767 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:15:31 ID:gMxVmojQ

ネットが揺れる音が耳に残る。


     .,-イ .,,,、、 ,,,,、
     .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
            ,レ"
           l"


ロクでもない球だった。

球速も、キレも無い。フォームも十分固まっていない。
そもそも硬球を投げ慣れていない、そんな投げ方だった。


                                                 ___
                                                /      \
                                              /_,ノ   \  \
                                             / (ー)  (ー)   \
                                            |      '         |
                                       ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
                                       ヽ_ノ   /          \

768 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:17:15 ID:gMxVmojQ

中学野球と高校野球では、使用するボールが変わる。
硬式球と呼ばれる高校から使用され始めるボールは、中学野球までのゴムボールと違い、硬く、重い。


     .:: ___:.   
  .::x<,    `>、 
.::〃   》   《 ハ 
::::{   》'   《  }::
:八  》'      《 ハ
 ::ヽ.》'     .イ:.
    `ト=‐ァ≦-、:



リトルリーグやシニアリーグ等、硬式球を使用する外部団体に所属しなければ、
中学生が硬式球に触れる機会は無い。


                  ,})
           ,. -‐===-、イ{__
         ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::r=‐=ヾ
      _zァf:::::::::::::::::::::::::::::::::リ:::::}ヽ::::㍉ーz__,                ヽ`"          ̄く    'ー‐,-
    __≧=‐::::::::::::::::::::zイ::::ノ::l::::ハ:::::}:::kく                -=彡      /ァ ∧ハ!    弋_
   z≧ミーラ::::::::::::::::::::::::::::::::孑::::::}イ:::}::/:::::ハ                ._`ラ      ´ ハ,V 、 ト、   ヽ、_ 及
     r彡=-:::::/:::::ォ:::::::::::;>ァ::/:::ハ::l/:\:::N               >      刈/ ! ∧!ヽ!云k  トヽく_
     /ィ:::::rイ:/::::ァ辷㍉ リ:/:::}l:|l:::}|:::l:::ヽ|                、_   , ノ / /' - 、 レ   , ´  ヾ!ハ!  之
     ノl::::{ {/ kィハfc:}`ヽ刈/,リニリト:::{:::::廴               _ノ  7∧i  n ヽ    fi    た、_ミ
    ー乏:::ヽ 、.t ""  ̄ ̄ "  iヒ::ラ`,}l:::ヽ::|                7   ,メ、!.`   !j      !j   ヒ心i`
      -=ラ;::|`┐u       ヽ ̄リ ル/リ'                '久_ l k  、 _ ノ    ` - ′レ ノ 
       ム::} 丶  、____  ´""iー'                     廴ヘ夂、;;;;;;        ;;;;;;;l"
    。 ゜  リ   ヽ  `''ー‐`'  ィ'         ,.ィ‐             `ー 、    /\    '
      __ ノ   、  \   ̄, ィ´          ,{;;;;;;;;;;;                 、   \/   /
ー=-へーイllll==..____ }   `ー "          イ;;;;;;;;;;;;;;;                  ,ニ!   ‐  イー、
: :`:ー== ̄`>ー-=;ミ‐-;__⊥__      ___,,.:ァ';/{;;;;;;;;;;                  / ト、     .l  i
: : : : : : :`:ー‐-ニニ=‐`ニ=┐llllll___  ,ィ´;;;;;;;;;;;;;;r' 1ニ=ヽ;;;              _, - ‐ヘ  ∧   //^i |`ー 、
: : : : : : : : : : : : : :`:ニ;‐:-=lニ====='Yr‐' ⌒゙ァ);;;;;i;;;;;;//;;;;;;;            , ´     ハ/ヽ\ /〈  ヽ!   ヽ
    【中学から硬球(シニアリーグ)】                       【中学は軟球(部活動)】

769 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:17:53 ID:gMxVmojQ

そのためできる夫のような野球エリートは、早くから硬式球に慣れる工夫をする。

特に投手には必要な事で、軟式球と硬式球には感覚に相当な差異があり、
早めの対処が必要となる。


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |       「私は中三夏の大会後から硬球に専念していました」
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


変化球の曲がり具合が変わる、そういうレベルでは無く、ボールの重さの差によって、
肩を引っこ抜かれるような感覚を味わったりする。


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //      (硬球半端ねえお!!!)
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


それほどの差異がある。

770名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:18:18 ID:mJKZae7M
榛名と三橋?

771 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:18:45 ID:gMxVmojQ

初めて、できる夫は彼に向けて口を開く。


         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |     「硬球を甘く見てますと、肩壊しますよ」
    \      ⌒     /



彼はできる夫を見ずに、短く答える。


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |       「投げなきゃ、慣れないお」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \



できる夫は、それはそうだと頷いた。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/
         /       \


最初の邂逅は、そんな他愛の無いものだった。

772 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:19:34 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆




その後も、彼の独演は続いた。

できる夫からしたらみっともないフォームで投げ、出来損ないの球を放る。
ただ、できる夫はそれを尊いものだと感じた。


         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        〜〜〜〜○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃             ヘロンチョ
     |            `l ̄
.      |          |


我が強いが、向上心の高い奴だと思ったし、
投手に拘る投手のプライドは、理解できるものだった。


できる夫は、つい手を差し伸べる。


         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |     「肘が下がってますよ」
    ヽ、    `ー '´   /



       ___
     /     \
    /  \   /\
  /   (●)  (●) \
  |       __',_,    |       「頭が揺れていますね」
   \     /__/   /


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |       「上半身がちっとも定まらないですね」
  \      ⌒   /

773 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:20:07 ID:gMxVmojQ

彼は言葉の度に鬱陶しそうに顔を歪めるが、


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



意外と聞く耳持つようで、それらを気にするそぶりを見せた。


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /      (う〜ん、こんな感じかお?)
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

774名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:20:14 ID:U6nnmaL2
これはウザいwwww

775 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:20:31 ID:gMxVmojQ

そんな日が、暫く続く。

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ − ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''
       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,

776名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:20:51 ID:NqxoqZGk
いや、これはありがたいだろ
意外だ

777名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:20:56 ID:WIrlJ1Eg
意外と悪くない関係じゃないの

778名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:21:10 ID:Ke57xOl6
最初は友好的だったんだね

779 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:21:18 ID:gMxVmojQ

――そしてある日できる夫は、気が乗ってきて、彼にこう尋ねる。


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i        「君は、どんな投手になりたいんだい?」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \



やはり彼は、振り返りもせずこういった。

                                                   ____
                                                 /       \
                                                /   ─     ―
                                              /     ( ●)  (●)'
                         「・・・・・・おめーより、凄い投手だお」    |         (__人__)  |
                                              \        ` ⌒´ /
                                              /       ー‐  '

         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |      「ハハ、それは怖い」
    \       `‐'´  ,/


できる夫は、それを一笑した。

780名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:21:34 ID:zhKNtvfE
最初は普通に友達になれそうな関係だったのかね……

781名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:21:46 ID:48X2seIE
ここで聞く耳は持てるんだから、歩み寄る親しさを持てればまた違ったものになったんだろうけど、
やる夫にとってはエースになるためにはいつかは倒すべき相手だしなぁ……

782 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:22:10 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



――1年目の、冬――

゚   。     ゜  ゚   。        ゜ ゚   。        ゜
         ゜  。   。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜  。   。       ゜
゚   。     ゜ ゜  。   。       ゜  ゚   。        ゜ ゚   。
        ゜  。   。       ゜  ゜  。
  。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜   。   。   ゜  。   。       ゜     ゜
    ヘ l ノ r  ゝYイソ。       ゜  ゚   。
   ゜ ゜ヽYソ   ヾvノ/ ゜  。   。       ゜
      |i|     ||i。                 ゜  ゚   。
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、.""''"''''"""''"""'''''"""''""
. ..:.:.:.。.. . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. .゚.O.:.:..。..゙゙゙゙''''''''''‐-- 、,,,,,_  .~゙"'ー-. . ..:.:.:.。.. ..:.:. .゚.O.:.:..。.. .. .
..:.:. . 。   。       ゜    ゜    ゚ ゜  。`゙''ー-、   。 `'‐.、,,
 ゜  。   。    ゜  ゜  ..: . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. . ,,,,-‐'゛     . ,,'' ゜  ゚
  :..。. . .. . :.  .゚.O       .:.:..。.. .. ._,,.--ー''''''"゙゙         ,,-‐'゛
。       ゜  。   。       ゜  . .:.o:.. . .. . ..:.:. .  ゜     ゚ ゜
  。   。 . .:.o:.. . .. . ..:.:. .。

秋季大会が終り、霜が頭を覗かせると、プロ同様に高校野球もシーズンオフとなる。

783名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:22:48 ID:A5gE3onw
馬が合わないようにはみえんなw

784 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:23:22 ID:gMxVmojQ

室外競技ならどの部活動も同じだろう。

この時期は身体を壊しやすくなる事から、基礎体力のトレーニングが多くなり、
野球自体の練習量は減る。


                ,___
               /     \
             /  ⌒  ⌒ \
            /    (●)  (●) ヽ
            |       、__',_,    |           「室内練習場もありますが・・・
                \            ,/            筋トレに励むのが一般的ですよね」
            /_\::  ヽ ノ  .:::` `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ヾ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ

785名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:23:44 ID:mJKZae7M
キメェwww

786 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:23:56 ID:gMxVmojQ

今日も、ランニング中心の間ニューが組まれていた。
グラウンドに全員が集められ、まずは全員で揃ってグラウンドを10週する。



                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  |  キーーーン!!       |
           _    __   \_    __________/
         / ヽ   /  |    /  /
           ‖ ‖/l  ‖   / /
        _||__||_||___||  // ―――――――
       (((        ヽ ――――――――――――――
       Щ‐∩ー ∩‐彡 | ―――――――――――――
     /~l щー、щ―、 彡│――――――――――――――
     lノヽ、|{{}|{} } ||  /   ――――――――――――――
     ヽノ ` .=ニ^ニ=, ´ノ /   _/^l ――――――――――――――
      ヽ,_/ l二ロ二lTl ̄|| ̄(__ノ  ―――――――――――――
  /lヽ  __lo\ |:l ___||  lV ̄  /⌒) ―――――――――――――
  | | | ̄|     ̄ ̄ O ̄|=ニニ二_ノ~ ―――――――――――――
  V__ノー|_         ~|ー| ̄|| − ―――――――――――
        ̄ ̄`ー、__ノ___|≡||  ――――――――――――――
                  |__ノ  ―――――――――――――
                              ___
                             /    \
                           /  '⌒   \
                           |'". .. ・    |
                           |  ー‐'      |
                        / ̄∩\____/( ̄""''ヽ    ̄_ ̄二-  ̄_ _ _
                        ゝ_冫!__   ____\/_  〉
                         \_!:::|  |:::::::::::::::::::::::ヽ_冫ノ
                            |___,,.. -‐'''"ノ ̄.i     _ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _ ̄
                          (⌒ 、`ー、./-‐''" |7_|
                           \__"''__〈      ゝ-‐'
                              ̄"´


その後、競争形式のランニングに切り替わり、下位には罰として追加でのランニングが命ぜられる。

787名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:24:13 ID:VpRtFf.k
そんな関係が急変するような
できる夫にするとショックな事が起きたのかな・・・?

788 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:24:23 ID:gMxVmojQ

できる夫が、好きではないメニューが始まった。



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

789名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:24:25 ID:Mx8xFWnI
今のところはやる夫はできる夫のことを単なる壁としか思ってなさそうだが……
ここからどのように執念を燃やすようになるのか

790 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:24:46 ID:gMxVmojQ

競争形式のランニングが開始するや否や、先頭集団が飛び出していく。
2年のレギュラーで構成された先頭集団に、ただ1人やる夫が混じって飛び出していく。


                                                 ____
                                         ―― [] ] /      三\
                                         | l ̄ | | . 三     \ 三/
                                         |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
                                            | |  三  u   (__人__)  |
                                            |_|   三    .  ` ⌒´ /
                                       [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
                                        //   三    i/ | ノヽ
                                       匚/     三   三   /    )≡
                                              三  三  /   /≡
                                             ニ三   ./   /
                                            二≡、__./    /、⌒)
                                           三          \  ̄
                                          三     /\    \
                                         三     /ニ ヽ 三   三
                                         三    /  ニ_二__/
                                        三  ./ .
                                       ≡  /  |
                                      ≡ /
                                     三_ノ


ギュンギュンと差が伸びていく。
できる夫は、やる夫の背を見ている事しかできない。


           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |        「・・・」
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \

791 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:25:42 ID:gMxVmojQ

普段の実力さとは異なる境遇が、そこには置かれている。
ランニングに関しては誰もが、やる夫に一目置かざるを得なかった。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \



冬に差し掛かるまで、ランニングは皆でペースを合わせて行っていた。

やる夫の1年生離れした体力に皆が目を丸くしたのは最近の事、
このメニューが始まってからの事だ。


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
                               \    \
  NVVVVVVV\                     ヽ\、  ^\
  \        \                 \ .\\ヽ、   ^\、
  <         `ヽ、                \ .\\ヽ \    |\
  </ /"" \ .ノヽ. \                \. \  \ \    λ\、 
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ   「ちょwwwはええッス!!」  \ \      \、
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|                 \.  \   \ \      ^ー)\   「オラッシャ!」
  レ!小§    (__人__)  | イ━                 \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃                 \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃                  \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |
  (受\  ∞   ∞  /_ノ                      \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て
  .\ “  _∞∞_ノ∞/                      \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
    \。____  /                        \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
                                         Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
                                           Z_   .\______/    (
                                             Z_               r'"
                                               Z、、            (
                                                ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^

792名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:26:00 ID:Mx8xFWnI
そういえばやる夫ができる夫に勝てるのはスタミナだけだったか

793 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:26:11 ID:gMxVmojQ

できる夫はというと、2番手集団の先頭を走っている。
それができる夫の最速のペース。できる夫の限界だった。

                   ハア
                     _____
           r⌒ヽ、   .  /ノ '  ヽ\
          / \  \. / ( ー) ( ●)
         _/ / ヽ   /    U   ___`___ \
        〈__/  . |  |       `ー '´  |
             /  .\     i⌒\   / ハア
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^ U i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/



そして悔しい事に、この位置は、やる夫の背中がよく見える。

                                                   ___
                                                  /     \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::::       \
                                               |::::::::::::::::::::::::   U     | ハッ
                                               \::::::::::::::::        /
                                           ハッ    | :::::::::::::::    | iヘ 
                                                |  :::::::::::::    ゝ__/
                                                | U::::::::::     /

794名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:26:14 ID:A5gE3onw
面白くなさそうな顔だなw

795 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:27:00 ID:gMxVmojQ

このランニングの何回目かに、やる夫が酷く頑丈な足腰をしているのに気が付いた。


           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ



しまらない上半身とは対照的に、下半身にはむっちり肉がつき、
ズボンがはちきれそうに浮いている。

陸上でもやっていたのか?

                 |::::::::::::::      ( / ̄ ̄\
                 |:::::::::::       /      `、
                 |::::::::::.      /  .....     ヽ    ―、_
                 `、:::::::::     / ...:::::::、:::..    \   | _) )、
                  |:::::::::::::      :::::::::::`、::::...   ヽ  |  `'、ノ )
                  ):::.:::::..........  .....::::::::::::/ヽ::::....   `、ノ ノ::::::`'ノ
                /::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;/  \::::::..   ::::::::::_;;ノ
              /::    ::::::::::;;; ――--‐'      \::: ....ヾ:::(
            /::      ..:::::/             ヽ :::::::::::ノ
           /:      ..::;;::'"                `――'
           |:::    ..::::::/
           |     ;:<
           ヽ ,,,,,.....   \
            `ヽ、:::::::::::....  \_
              `ヽ、:::::::::......  !
                 `ヽ、::::::: ノ
                   );;:: (
                  ノ::::  |
               (_(_(_(_(_ノ


皆がそう噂するほど、やる夫は走りこんだ下半身を持っていた。

796 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:27:39 ID:gMxVmojQ

その肉体は嘘をつかない。
やる夫は今日もレギュラー陣を相手取り、熾烈な首位争いを行っていく。

                                               _____
                                     r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
                                    / \  \. / ( ●) ( ●)
                                   _/ / ヽ   /     (__人__) \
                                  〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
                                       /  .\     i⌒\   /
                                      /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                                  .__   r  /     |/ー、\   \
                                 "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                                   | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                   i /  //  ./
                                   ヽ、_./ ./  /
                                       / /
                                     ノ.^/   ダッ
                                     |_/


普段の鬱屈をぶつけるかのように、やる夫はいつもこのランニングにムキになる。



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)      (・・・)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

797 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:28:10 ID:gMxVmojQ

一度やる夫が勝った時、全員を見回し、フンと鼻息挙げて見せた。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /  フンッ
  /   `ー'´      \



その日の事は皆目に焼きついている。

                                                           ,..----r____
                                                       _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
/::/:::::/厂|h{ 三≧>l:::::::::::冂::::二ニ−>                               {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
l:/::::::/三 |{ ヘ レr' ,弌廾::|::l:::::::::∠,-‐ 、_rー-t                         ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
|/;:::::/>‐〒ヽY =≠ 乂リうV,-‐イ  ::::::/ ..::::/:                      (⌒:{ .:::{. !::( ,  /ヽ   \ ;;: :}
:l:::::ハ「__’イ ノ!\     _ h;ノ   /__ノ-、:_                        7_|∧ :::| 「::ノ| ∨  i! / ! |ト;::ノ
ハ::::小  ̄ ', ヾL \  = レ∠‐ 个  / /  ノ                         |  Y.:! lイl li ノ::::::::::::::`ヽ| 从〈
―l:;代_   ヽ ,、==、  Ξ,/   '  /   /..::                         |  :i {薔. |  (⑪):::(⑪)|l小iv
  |::ト、ぃ、  Y::::::::::\ =,/    ___  ..::::::     ((あのクソガキ・・・))       |  :| ゞ!. |   (_人_)│|ノ
  l  `^\   V⌒ ⌒| /|,、'` ̄      `ヽ、:::                         |  :|    |     ` ⌒´  |
  ヽ  /: :/i;h .V__ノ /:ノ____  .:::::::::::\                         |  :!    |           |
    /: : :{:::ハ`ヽ, ― ノ         \‐ 、::::::::::                         |  :!   .  ヽ      /
   /: :: :/ |::::|:\:`' T        .:::::::\:::::L                          |  :!      :| ̄(*) ̄|:
   |:::// |:::::|: : \: L__   ..::::::::::::::::::::|::::|⌒                        |  :!     .::l_,.イト、__l


2年のレギュラー総出になり、歯を食いしばってやる夫に勝たせまいとした。
皆、必死であった。

798 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:28:35 ID:gMxVmojQ

やる夫がスパートに入ると、先頭集団全員が合わせてスパートを切る。

                                                  ____
                                        r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
                                       / \  \. / ( ○)}liil{(○)
                                      _/ / ヽ   /     (__人__) \
                                     〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
                                          /  .\     i⌒ェェ|   /
                                         ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                                     .__   r  /     |/ー、\   \
                                    ."ヽ |  i,        ノ   .\^ U i
                                      .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                      .i /  //  ./    
                                      .ヽ、_./ ./  /       
                                          ./ /         
                                        .ノ.^/
                                        |_/


できる夫は更に置いてかれていく。
やる夫はこの時間だけ、常にできる夫の前にいた。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |    「・・・」
    \      ´   u /
    /     ⌒     \

799名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:28:40 ID:G2hhkRMY
不謹慎ながら、この下半身はきめえww

800名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:28:43 ID:A5gE3onw
本当性格悪いやつだw

801名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:28:45 ID:okqW/4to
やる夫協調性なさすぎるwwww

802名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:28:54 ID:CBI8UJws
そういえば子供の頃に見たヒーローインタビューで走り込みを続けてたんだよな、やる夫

803 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:29:06 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



1年の終り。桜が新入生を迎える準備を整えた頃。

ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ `  ``
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ;ゞゞヾゞ;    `
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  ,            `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ        `
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|       `   `             `             `
  `    |iiiiiiii;;;;;;::: :| `      `            `    ` ,
 `     ,|i;iiiiiii;;;;;;::: :| `    `         `     `      ` `   `
     `  |ii,iiiiiii;;;;;;::: ::| `    ,
      ,|iiii;iiii;;;;:;_ _: :|        `        `        `,
 `    |iiiiiii;;;;;;((,,,)::.::|  `       ` ,
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|`               `
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: :: ::| `    `        ,
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;:;ヘヘ ,.,.. ,...... ,....〜,,,.,..,,,.,.. ,.. ,.. ,,.,..,.,.. ,.... ,,,.. ,.... ,,,.,..

できる夫は久しぶりにやる夫の投球を見た。

804名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:29:20 ID:0arK5Sks
>>797
つっこまないぞおおおおお

805名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:29:43 ID:fzIL/mxk
陸上部から誘いがあったとか前言ってたもんな。
…野球部はほぼ全員この厄介者を陸上部に押し付けたかったろうな。

806 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:30:03 ID:gMxVmojQ

変化球の調子に納得がいかず、居残りの練習をする事に決めた。

できる夫は既に認められ、ブルペンの使用を許可されている。
しかし偶々混み合っていたがために、久しぶりに旧ブルペンを訪れる。



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \         (今日は・・・イマイチですね)
  |        '      |
  \      ⌒   /


幸い翌日は練習が休みで、それなりのオーバーワークもカバーできるはずという計算だ。
無茶をして身体を壊す事は望んでいない。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |      「トレーニングは頭脳的に。あたりまえの事です」
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/


それは自分の長い野球人生を狂わすもののはずだったから。
できる夫は、練習のやりすぎに殊更注意する性格であった。

807 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:30:32 ID:gMxVmojQ

久しぶりに交錯する、2人。

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


                                    ___
                                  /     \
                                /   ⌒  ⌒\
                               /   ( ●)  (●)\
                                |       ___´___   |
                                 ヽ、    `ー '´  /
                             /          \

808 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:30:59 ID:gMxVmojQ

オウ、だのアア、だのどうでもいいやり取りをして、

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    「オウ」
 \      ` ⌒´   /

                             ____
                            /     \
                          / ⌒   ⌒ \
                         /   (●)  (●)  \
               「ア―ッ!」   |      __´___     |
                         \      `ー'´    /


できる夫が軽く肩を回していると、


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |      (さて、やりますかね!)
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

809名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:31:04 ID:mJKZae7M
なにもかもがやる夫と正反対な訳か

810 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:31:18 ID:gMxVmojQ

ネットが、爆ぜる音がした。

                                    _,,...._
                                 r‐''ir'',.-,  )           __       /``' ァ
                            _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'            /   /        /  /
                           l  lr',.´-ァ  i,,ー '        _,,,... 、.  /  ./       /  ./
                     .      l  l   ,.-'  r''  _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ ' /  /'"! /\ /_/
                           l  l /,.r'i ./   !-‐ ''"         /   /l `'  ,. ' r‐‐r
                     .     l  l( '-'゙ノ                 '-- '´  '-‐'   '‐-'
                          !,. - `'' ´

         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /

811 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:31:42 ID:gMxVmojQ

できる夫が身体をやる夫に向ける。


          ____ 
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/
     ノ           \
                                      ____
                                     /:::::::::  u\
                                   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
                                  /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
                                  |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
                                  \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
                                   ヽ           i    丿
                                  /(⌒)        / ̄ ̄´
                                  / /       /

やる夫は、続けてボールを放った。
再び、乾いた音を散らして爆ぜるネット。

812名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:31:49 ID:I1Nm6r.M
待て、その返事はおかしいw

813 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:32:01 ID:gMxVmojQ

視線が、やる夫に集中する。
できる夫は、やる夫を凝視した。


           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \
     |        ´      |       「・・・」
     \      ⌒     /



春に見たやる夫の球とは、雲泥の差があった。
球速が、格段に上がっている。


                                         ___
                                       /     \ 
                                      /   \ , , /\
                                    /    (●)  (●) \
                                    |       (__人__)   |
                                    \      ` ⌒ ´  ,/
                                .      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        三三三三○
                                     |  ,___゙___、rヾイソ⊃              ビュッ!
                                     |            `l ̄
                                .      |          |


それでも、野球部の誰よりも球は遅いだろう。

ストレートばかり投げている事をみると、変化球はまだ上手くいっていないのかもしれない。

814名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:32:02 ID:A5gE3onw
アーッじゃねぇよw

815 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:32:38 ID:gMxVmojQ

だけどこの一年で最も球速が上がったのは、やる夫だろう。


          ___
       /     \
      /\   /  \
    / (_)  (_)    \      (中々やるじゃないですか)
    |    、_',__,       |
      \           /


できる夫は素直な感想を思い浮かべる。


冬の事があったからか、できる夫は初めてやる夫の体躯に気付いた。
強靭な下半身は、既に野球部一であることは証明されている。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ジー
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

                                        ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                                            |          |
                                            l    Y´     /
                                            ヽ,   (     ,/
                                             ヾ  |   |
                                              ≒;|   |
                                              (.("_`゙_)

問題は上半身がそれについていかなかった事なのだろう。
春のやる夫を思い出し、できる夫はそう考えた。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |    (フォームがガックンガックンしてましたからねえ・・・)
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

816 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:33:01 ID:gMxVmojQ

けれどそれが改善されている。
硬球を投げ込む事によって鍛えられた上半身が、土台となる下半身を使い始めている。


                                       /'´ ̄ )/ヽ
                                      ./  Y/´ /,へ、
                                      く、 {./  // ├(⌒ヽ
                                       \ ヽ ヾ」  | ./  /
                                        ヽ ヽ !! /Y  {
                                         `ヽヽノヽ( ( )ヽ
                                          \       i ____
                                      .      i      }  \ / \
                                           |     :{ (●)三(●)\
                                      .     |:      :|   (__人__)   \
                                           |: :     :|    |::::::|     |
                                          i.| ::     |__   l;;;;;;l    /
                                      .    |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
                                         /        .|::... ヾ  ゙ヾ;;::;" ..::\
                                         /       ヽ...}゙l:::::::::::...   : :;"  :::: 、
                                        {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;''、,::::・ ;:ノ.. ヽ
                                        ヽ::/:  ヽ.........::ソ "゙''ー--'''''" ゛::; "゛'...}、:::: |
                                         ヽ:::...:::::::::::::_/::゛'ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
                                           ̄ー─'i::::::: .゙゙,,、  ;::''"`;:::;'''゛゛` /'

球威が上がっているのも当然だった。

817 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:33:22 ID:gMxVmojQ

できる夫が気付いたのは、それだけではない。
やる夫の体格。それに目を留めた。

                                         .        ____
                                        ..          /        \
                                               / _ノ   ヽ_   \
                                             / (●)三(●)    \
                                             |     (__人__)       |
                                             \   `ー ´     /
                                              / ゝ         ィ'ヽ
                                            /                 \
                                           /   ィ          r   \
                                           |   `||           |ヽ  ヽ
                                           /⌒ヾ|          | |,  |
                                           ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                                               |          |
                                               l    Y´     /
                                               ヽ,   (     ,/
                                                ヾ  |   |
                                                 ≒;|   |
                                                 (.("_`゙_)

818 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:33:45 ID:gMxVmojQ

やる夫が言葉の悪い奴らに、ちょくちょくメタボと陰口叩かれていたのを知っていた。
鼻で笑っていたものだ。

--------------------------------------------------------
           ____
          /_ノ   ヽ \
        /( ●)三(●)\       rっ
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / ^゙''_つ
      |     |r┬-|     |   /゚。 / ̄
      .\      `ー'´     /''"´、   /
     /u゚ `ー ----一-一''´u 。 ゚  /
   / 。 ゚。 r u゚  ゚。 u  ゚  イ_,,r-''"
   ( ゚。 `ヽ、_,r-っ 、   ・ /´
   ヽ、 __,、_,ニつ `゙ ''''" i
       ノ  。 ゚ u  ゚ 。 u゚ ヽ
     _ト-───────-イ_
  /´  `ー-、__   __,r- '"u ゚ `ヽ
  (  ノ ゚ u 、_  | ̄´|   _,,  ヽ )
  ヽ、_____  ̄`t-r'´ ̄__゚_u__,ノ
          )_/ \_(
--------------------------------------------------------


あれだけ走りこんでいる奴が、メタボな訳ないではないかと。


だけどやる夫の体躯は、パッと見ではそう見えなくも無い。
余程の大食漢かと思っていたのだが、それは全くの勘違いだったと気付く。


       ____
..     /      \
    /   \   /\
  /    (●)  (●) \
  |        '      |       (・・・)
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

819 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:34:16 ID:gMxVmojQ

身長は大きい方ではない。
けれど、身体が日本人離れしてガッチリとしている。

肩幅が広く、肋骨のラインが太く、肉が分厚い。
                                          .           ____
                                       ..        /        \
                                                   / _ノ   ヽ_   \
                                            / (●)三(●)    \
                                              |     (__人__)       |
                                            \   `ー ´     /
                                                 / ゝ         ィ'ヽ
                                           /                 \
                                              /   ィ          r   \
                                          |   `||           |ヽ  ヽ

沖縄地方や、南国の人間に時折見られる体格だった。
一見鈍重に見える、強靭な骨格。

やる夫の肉体が恵まれているものである事に、できる夫はようやく気付いた。


     ____
   /     \
  /::::::::::..   \ \
/:::::::::::::::::::..  (ー) \
|:::::::::::::::::::::::::::..    、__|       (・・・)
\:::::::::::::::::::::::::::..   /

820 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:35:02 ID:gMxVmojQ

だけど依然、上半身は仕上がりきってはいなかった。

                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                 / ─    ─ \
                                               /  (●)  (●)  \
                                               |  \ (__人__) /  |
                                               \_ | ` ⌒´ | _/
                                                /        |
                                               (_)| ・    ・ ||


できる夫は、それを悟ったとき、背筋に嫌な汗が流れたのを感じた。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \
  /    __´__      \
 |      −      |     (これは・・・)
 \            /


地肩の強さを鑑みて、自分程の才能を持っているとは思えない。

優れた投手は、大抵の場合図抜けた才能が一目で解る。
そういう素質は持っていない。


.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


恵まれていたとしても、自分と比較する程では無い。
そう思えたが、それでも。

821 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:35:27 ID:gMxVmojQ

そしてできる夫は、口を開く。

          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |       「随分・・・できるようになりましたね」
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


彼は、一度だけ振り向き、

                                                   ____
                                                  /     \
                                                /_ノ  ヽ、_   \
                                               /(●)三(●))   .\
                                               |   (__人__)      |
                                               \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \



                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                         「すぐに、追い越してみせるお」      |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

ポツリとそう呟いた。

822名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:35:39 ID:zVDS3qsQ
ああ、サモア系の一見アンコなあの体系か…

823 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:35:43 ID:gMxVmojQ

ひたり。












          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


足音が、聞こえた気がした。

824名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:35:52 ID:vNtFIlvc
サモワの人みたいな肉体かよ・・これは強い。

825 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:36:11 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



2年になって、やる夫とできる夫は、同じクラスになる。


┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `〜、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||


ただ、できる夫は少し前のように、やる夫に話しかける事は無くなった。

826名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:36:16 ID:VpRtFf.k
阪神の久保田投手みたいな体型なのか

827 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:36:34 ID:gMxVmojQ

意識してしまったからだ。ライバルとして、やる夫を。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \




1年も経てば、同じチーム同士でも格付けは済む。



          ∧_∧        「できる夫には敵う気がしないな兄者」
    ∧_∧  (´<_`  )
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |        「元から素質が違うのだよ弟者」
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃



中学の頃から名を轟かせたできる夫は、瞬く間に居並ぶ同級生を置き去りにした。

828 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:36:56 ID:gMxVmojQ

『別格』。
その評価に多少の満足を覚えるが、そんな所はそもそも見ていない。


                _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
               ,r'        \
              / ⌒         ヽ
                ( ●)   `―    ..i
              i.      ( ●)    |
                \ _´___       /
                 \`ー'´   __/
               ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
             __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
             ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::ヽ
         |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!::::``ー-、
          |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !:::::::::::::::::::`ー 、_
          !::::::|:::|:::::::j    |-┤     !:::::l,:::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、
         ,!:::::::,|:::|::::::|    ├┤      l,::::|:::::::::::::|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         !:::::::::l:::l:::::,!    |─|      ', : !::::::::::!  ``‐--、__::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!:::::::::::l:: !:::|     ├┤      .!::,|:::::::::|        .~`ー-┐:::::::::::`、
         !::::::::::::|::,|:::,!    |-┤      .!:::l::::::::,!           ~ !:::::::::::::ヽ
        |::::::::::::::j:::l::,|    ├┤       .:|:::::::::|               ヽ::::::::::::::ヽ
        ,|::::::::::::::::|:: !,!     |‐┤      .|l::l::::::::|.           ィ=r=ーi'~=二l7
        !:::::::::::::::::|:::|j      | │      .八:l:::::::|.         /≡≡= !  r'´
        !:::::::::::::::::|:::,||    ヽ./      / ̄ !j:::::::ゝ        `ーーf´---'"


できる夫の目標はプロのエースになることにある。
端から同じチームメイトなど、眼中に無い。

829名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:37:25 ID:fzda0BaU
柔道系の体格なんだな

830 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:37:59 ID:gMxVmojQ

才能に加え、努力家で、理論家だ。
慢心も、欠片も無い。素質が素直に伸びていく。

今年は3年生を差し置いてエースナンバーを手にすると、誠しやかに噂されているが、
できる夫からすれば――


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |      ___`___     |     「あたりまえでしょう?」
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


――という事になる。


同じチームの投手に、全ての成績でできる夫が勝っていた。
考慮される時点で腹立たしい。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |      (それが事実ですから)
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \


そんな感情すら持っている。

831名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:38:06 ID:KjKb.65w
貴様の体脂肪率は何%だーッ!

832 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:38:25 ID:gMxVmojQ

誰もが、できる夫を特別扱いした。


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/    (●) (●) \
    ||ト|     /_人_\   |         (できる夫は・・・別アル)
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /     ┌─┐
      i   丶 ヽ{beer}ヽ
      r     ヽ、__)一(_丿


        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    「いや、できる夫と比べられても・・・」
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


それはできる夫にとって当然の事だったが、1人、異なる感想を持つ男がいた。


      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /

833名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:38:39 ID:MC8vVT96
>>格付け
名門高校では「中学のエース」なんて全く価値がない称号だしね

834 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:38:50 ID:gMxVmojQ

できる夫を抜き去り、自分がエースになろうという男。

----------------------------------------------------------------------------------------


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                         「すぐに、追い越してみせるお」      |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

----------------------------------------------------------------------------------------


野球部から半ば外れたところにいるあいつは、チームの外にいようとも、実力が足りずとも、
ただ1人、できる夫が意識する存在だった。


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l      (・・・・・・)
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \

835名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:39:08 ID:fzIL/mxk
いいエリートだ。まさにエリートだよできる夫くん。
しかしやっぱりやる夫と一緒だ。

836 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:39:34 ID:gMxVmojQ

2年の夏。
大方の予想通りできる夫はエースナンバーを手に入れる。


            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3    「えー?わたしですかー?まさかー!!?」
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



快投を続け県大会決勝まで進んだが、打線の援護無く敗れた。


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))     「私は打たれてませんよ?
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)    打たれたのは2番手です」
  /          \



この頃から、できる夫は県下ナンバー1投手と囁かれ始め、
プロのスカウトからも注目を集め始めた。

837 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:40:09 ID:gMxVmojQ

2年の秋。
秋季地区大会でもできる夫は、段違いのパフォーマンスを見せ付けた。


                / ̄ ̄ ̄\
.                 /ヘ、  _ノ  \
             /(●)  (●) 八. \_
             |   __`__    ⌒  :|ヽ、
              \  ´  `       イ:!::. :. . ....::===‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::    /.: /:::':.. .:..,. ''.   . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::    /:  .:::..:,.‐''". .      .:、  :.:::}     「フンッ!!」
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ .    .   :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/         .:::、:.. ..  :.  .::i ...:.::!
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.          . .::`''‐-、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::.   . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|    ..:ノ
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}     ┓ ┃┃   ━┓.   .      /| . 
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|     ┃ ┗╋  ━┫|   レγヽ   / |⌒i
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.::|       ┻   ┃  ━┛|< | | |.  / |  |
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/


2番手投手が育っていないためチームは勝ち進まなかったが、
最速140キロを超えるその投球内容に、毘都附でただ1人全国レベルを囁かれ始めた。

838 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:40:32 ID:gMxVmojQ

あいつは、依然誰の注目も集めていない。










----------------------------------------------------------------------------------------


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                                                 |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

----------------------------------------------------------------------------------------

839名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:40:47 ID:I1Nm6r.M
何度見てもキメェw

840 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:40:52 ID:gMxVmojQ

2年の冬。
再び、できる夫はあいつの後塵を拝む。

             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/
        /           \                                        i^ヽ
       /      / ̄ ̄ヽ )                                       ノ .|
   _  r  /⌒ヾ/   //                               _____   / ./
  "ヽ |  i,     i    (_ノ                               / ー  ー\. /. /
    | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::                             / ( ●) ( ●) /
    ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         /     (__人__) \
        (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                           |       ` ⌒´   |
                                  <\_______\            /
                                   ヽ_______,_\______/
                                              /      /
                                              /     /
                                             /     /
                                       rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                       | ヽ \ / ヽー―─―/  /
                                       匕iヽ, /  ./    /. /
                                          ヽ、_./      / /
                                                  / ヽ,
                                                  ヽ、__つ


一年ぶりに立ち塞がったあいつ。
今年の冬、誰にも前を許さなかった。


        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |      「ハハ、誰でも一芸はあるものですよね」
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

841 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:41:21 ID:gMxVmojQ

そして必ず、できる夫を睨みつける。

                                             ____
                                            /⌒三 ⌒\
                                          /( ○)三(○)\
                                         /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                         |     |r┬-|     |
                                         \      `ー'´     /

       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


言葉は無くとも、言いたい事は解る。



あいつはまだ、少しも諦めてはいないのだ。


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


               ――――そういう、事だ。

842名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:41:35 ID:48X2seIE
プロを意識するできる夫だからこそ、軽々しくやる夫を認められないのか。

843名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:41:48 ID:VpRtFf.k
できる夫の心に芽生えたのは良い意味でのライバル心というより、
悪い意味での、というか恐怖心なのかな・・・

844 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:41:53 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



そいつがようやく皆に姿を見せたのは、3年の春休みだった。
やる夫が2年ぶりに、皆の前でマウンドに立つ。


          ____
        / _ノ   ヽ\ ギロッ
       / (●)三(●)\
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
     |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, /
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i


練習後延々と投球練習を続けるやる夫を、監督は無視し続けていた。
自分の命令に背く行動だと思っていた。

                                           ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                                         ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                                        ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                                        ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                                        `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                                 (( ィヘ     ゙i;;| ,,ィエコ`j  'エユュ, ミ;jリ
                                   !..レ'⌒\...,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                                   .ヽー⌒ヽ .ヽl    ヽ     j/,ノ
           「悔い改めるまで起用しない。            .! ..lヾ、  ェェェェァ  ,斤リ
            指導者として当然だよね?」             ! ..!、..ヽ_ノ _/ .. ,イ |'′
                                        .. \..`</.ー─ './  |‐、_
                                         ,r‐ー''´ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                                        ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
                                      _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
                                    _/ /     |    !⌒7   /   _」

845名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:42:12 ID:W56RVOIw
このできる夫は良いライバル。
実力、才能に慢心してないし、競争心もある。
ポジションが違えば、高校時代からでもやる夫と親友になれたんじゃないかな。

846名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:42:33 ID:s/ofebw.
>「私は打たれてませんよ?打たれたのは2番手です」

『エース』なら一人で投げ抜く気概ぐらい見せろよ

847 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:42:43 ID:gMxVmojQ

やる夫は野手の居残り練習を一切しない。

野球部の規則が、練習時間は17時まで。


.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /    . . :; : : :\       ┃|
    /      . . : : : : : :\        ┃|
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|      「・・・お疲れ様ですお」
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |

その後は自主練習という“名目”になっているのをいい事に、
サッと切り上げ、勝手に旧ブルペンに入っていく。



      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
   |      (__人__) 〃/ ノ
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
  (___)    /      ))


そんな奴を認めるわけにはいかなかった。
それを認めては、チームの和が崩れる可能性もあった。

848名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:42:45 ID:okqW/4to
>>837

やっぱりきもいww

849名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:42:54 ID:BQ8pUW5Q
できる夫もなんだか嬉しそうだ

850 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:43:18 ID:gMxVmojQ

けれど、それが2年も続くとなるとどうだろうか。

やる夫は練習をサボっていたわけではなかった。
寧ろ練習後を本番と捉えているようなやる夫の練習量は、誰よりも多いものだ。


  _______ /⌒ii⌒l_________
  _______≫≪≫≪        ヽ
               /   | .i  i  ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄.| ̄ ̄ ̄
            /   | .l  .l   r:'ニ二ニ |.;:、
            /    ⌒  `、  |`ーー‐‐彡|
          |        |  |     ..|
            |         |  !      ,!
         /         ゝ  ゙ー‐‐‐‐''’
        /            \
      /  /    、_ ,    \\       <フン!フン!
   ⊂⊃  /| u  ( ̄Y ̄)    |  ⊂⊃
   ゝ__ノ/  \  (●)  (●) /\ゝ__ノ
.           \ /   \ /
     ⊂二⊃   \___/    ⊂二⊃
     /====\            /====\
    (= ==== ==)  ::::::::::::::::::::::   (= ==== ==)
     \__/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \__/
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


従順さは欠片も無いが、真面目に野球に取り組んではいた。


故に梅岡は、やる夫に一つご褒美を与えた。

皆が昼の休憩を取る中、やる夫に投げてみろと声をかけた。
投球を見てやる気になったのだ。


                                              ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                                            ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                                           ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                                           ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                                           `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                                            ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
                                            ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                                            lハ!    ヽ     j/,ノ
                   「やる夫、ちょっと投げてみろ」       ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                                              `ト、       ,イ |'′
                                              ,〕` ー─ './  |‐、_
                                           ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                                          ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
                                        _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
                                      _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
                                    _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i

851 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:43:58 ID:gMxVmojQ

やる夫はギラリと目を輝かせると、のそのそとマウンドに向かう。

  .        ____
 ..          /        \
        / _ノ   ヽ_   \
      / (●)三(●)    \
      |     (__人__)       |
      \   `ー ´     /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
    /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
    ヾ___,ソl          │(、__,ノ
        |          |
        l    Y´     /
        ヽ,   (     ,/
         ヾ  |   |
          ≒;|   |
          (.("_`゙_)


梅岡の、気まぐれのように与えたチャンスを、遅い、と罵るかのように、
ふてぶてしくマウンドでそっくり返る。


肩を暖め始めたやる夫を、できる夫は苦々しく見つめる。


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ


これで奴が出てきてしまう。
そう思った。

852名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:44:19 ID:1UdIimkQ
これバッティングセンスとダッシュ力次第で外野というのも有りだったんじゃあ、
そう考えると顧問の目がそんなに間違ってもいない気がしてくるな。

853 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:44:22 ID:gMxVmojQ

やる夫の投げるボールは、梅岡を驚愕させるものだった。
放物線を描く綺麗なカーブ。


               .,..-''''"´. ̄  ̄ ̄"゙''''― ..,_
              /            _,..,,,,..,,,__`゙''''ー ,,_
            ./          ,/´      . ´゛'''ー-..,,゙'''ー..,,
            l゙         /               `゙''ー ミヘ..、
            !            !                   `''' `'‐、、
            !            .|                       ゛
            .!         ..l,
             |,          ヽ
             . l          ヽ
              ヽ          ヽ
              .ヽ           ヽ,
               ヽ           \
                ヽ.           .\
                 ヽ,            \
                     ヽ                \
                      ヽ                   \
                     ヽ                 `'-、
                         ヽ               `'-、
                          \                ゙'-、
                        \                `'-、
                          \                   、\
                              \                   \、
                               \             :  \\
                                 \  .、          \\\
                                  \ .\ \ \  .、 \ \\
                                 `  \ \. \\\ \\、
                                        ゛  .\ .\  .\ \

我流のはずのそのカーブは、大きく割れて、沈む。

誰にも教えられていないはずなのに、リリースも、肘の使い方も変化球とバレない使い方。
―――作りこまれたフォームだった。

854名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:44:35 ID:Ia/o1xcY
>>846
プロが目標なんだから、そんなものは故障の危険が上がるだけでできる夫からしたら意味無いだろ

855 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:44:52 ID:gMxVmojQ

次に投げたストレート。130キロは優に出ていただろう。
当然だとできる夫は思う。

`'-、   \    \. .\    .ヽ  ヽ .ヽ   !  ││ |  ! .!  l   /    /  ./  /   . /  .,/
   `'-、.  `'-、  `'-、 \   .ヽ ヽ .l   !  .l |  !  .! l  l   ./   /   /   /   .../  ,/゛  .,..‐″
`'‐、、  `''-、  \   \ \   .\ .ヽ .ヽ  .l  .! .| .!  l ,!  /  ./   ./  ./  /   . / ,/゛ .,..r'"
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ .ゝ  ! .! ′.| .l゙  ′ /   /  / /  ./ . /  _..‐'゛ ._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. " ゙ヽ    l     .!    /  ./ ./ ,./  ,/. / . ,..r'" .,..-'″  _
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'‐.\  `-                 : '"/ .‐゛ ,/ / ._..‐″_..-'″ . _.. -'"゛
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `''     ゛                      '"  . / .'"._..‐"._..-'" ._..-‐″
〜 ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-.                             . ‐゙_..-'".._.. ‐'"     _,, ー
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,,                                 .゛ .‐'"゛  . _,, -''''"   ._,,,..
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..                                  : .-‐'''"゛_,,,.. -ー''"´    
        `゙゙"''―- .                                      .‐'''"´.__,,,.... -―''''''゙゙ ̄
"'''''¬――-.... ........,,,,,,_.                   ._..、- ー、             .__二,゙,゙,,............---―ー''''''
__________                /     /               _________
_____,,,,,,,,,,,.............. ----                 /     . /
         _,,,,.... --‐             ゝ.... -'"゛                    ゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,
..... --ー¬''^゙゙´_.. -ー                                    . `゙゙'''― ..,,,_
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-                                  `゙'''ー ,,_   .`゙゙''''―
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛                                      ー、,,. .`゙''ー ,,,、
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'"                                    ,,.   `''ー .._   `゙'''ー
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /                                   ゙''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/     .,,‐                        `-、 .\、  .`''-、.     `゙
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / 、 ,,   /  .,i      i  .、           '、、 \   \    .`''-、,
  _..-'" ._/´ . /    ,/  /  ./  ,/  ./  /  !  . │  !   '、 \  .\  \.  `'-、    `'-、、
'"゛ . ,..-'´  . /    /  ,./   /   /   ./   !  .! │  l  .l   .ヽ  ヽ   .\  `'-、  ゙'-、     `
._/´   /     ,/  ./  ./   ./    ./   l゙  .|  .,!   .!  .l    .ヽ  \   \  . \    \
   . /     /  /  . /   /    /   /  ,!  !   !   l    ヽ  ヽ    \.  .\.   `'-

あれだけ強靭な下半身。

そして作りこみ、上乗せされた頑丈な上半身。

856 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:45:12 ID:gMxVmojQ

その程度、あいつならやってくるだろう。



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \


できる夫からすれば、当たり前の事だった。

857名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:45:15 ID:CBI8UJws
梅岡はなにしても氏ねと思えてしまうから困る

858名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:45:23 ID:A5gE3onw
>>846
プロのエースになるのが目標なのに、無理して肩壊したら大変だろ?
練習のしすぎですら細心の注意を払う男なのに

859名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:45:26 ID:YJvqzU1s
>>846
結局プロになる事が第一だったんだろう
チームのエース?まぁ実力トップだから当然だよね、でもお前らのために頑張ってるんじゃないからな、みたいな。

860 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:45:43 ID:gMxVmojQ

梅岡が思わず立ち上がる。

                                     ,、、-‐.:.:.:;;;:;:. 、、、
                                    ィ彳.:.:.:.:.::;:;;;jリ;:;;;:;:;:.ヾ
                                   ィイ.:::;;、;:;:;:;:;;',;1j;:;:;:ノ;:;;:;:;;ト、
                                   ィ:;:;;;,r'"`ヾ;:j;llk''''`ヾミミ、;::;ミ
                                   ヾ;j!   U     `、.;:;:;ミ
                                    リ , --    ─-  ト;:;シ
                                    ハ ,rェェ、  rェュ  Y
                                    ヽ!    l     り
                                     ゙、    `  U ノソ
                  「今のが最高か?」         `、 ー ‐  ,.イリ
                                       ,ト、 _ /  l|
                                     , イノ      ,介、
                                   , ィ´i   \   _/ /| \
                               , ィ"´  i l    ,ヘ ∠  / 1   `ヽ、
                           ,,、-‐''´ iii|   | ト、  |1:;;;;;ハ /  !     `ヽ、
                          / i  1   |     | ヽl 〉;;l V  !  i      \
                         ,/  .:l  |   |        l:;;;;|    !  |:       \
                        /  .:.::|  |lllii !  i  !.    |;;;;:|   l   |:.        ハ


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |     「肩が暖まりきれば、もう少しは早くなりますお」
 \      ` ⌒´   /



やる夫は無表情にそういうと、固まっているチームメイトを流し見して、

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

フン、と鼻で笑ってみせる。

861名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:46:04 ID:okqW/4to
思った以上に
できる夫はやる夫をライバルとして扱ってて驚いた

862 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:46:15 ID:gMxVmojQ

この時梅岡は、練習試合で1度やる夫を試す事を考え始め、


                                           ,,、、、,,,, ,,,,、、、、,,
                                        ,,、‐'.:.:::;:;:;:::;:;::::::::.:.:::ゞ、
                                       ,イ.:;:;:;、:;:;:;:;;:;:;;:;;:;:;:::::::;:;::::`ト、
                                     ィイ.::::;:;;;:;`i、;:;;;:ji!;:;:;リ;:;:;;:;:;:;:::.:::.:゙、
                                     ゙ゞ.:.`ミゞ.::ゞ;:;;;ノk;;;jii!彡.:.:.:ヾミ.:;/
                                      i.:;:;;j′   ``""´ ̄ `ヾ;:;::j
                                      l.:;;リ              リ;;!
                                      ヾj! ´ ̄``   "´ ̄`  j!リ
                                       ハ  ==ミ、 ヽ  ==、 jj;!
                                       〈カ                l !
               (悩みの種の2番手投手が・・・       `1. ////   '゙  //// /′
               解決か!?)                  ト、    、__,   ,イ′
                                         ヾ::.、       /リ
                                          | .::.\ _ ,/  1
                                         ,.イ:::.:.:       ト、
                                      , _ ..ノ⊥:::.:.:.      ,、‐'´ ハ、_
                                _,,、、-‐'"´   i   `ヽ、  ,、‐'´  /  i  ``''ー-、、
                              ''"´          .:|\    ハ ハ   /i  l       ``ヽ
                                      i::.:.:|  \.  l;:;;;;;;;;l  /.::l  |
                                      |.:.:::|   \ト、;:;;;ハ/ .:.:::|   |
                                      |.:::::|      l;;;;;〉  .:.::::|   |


できる夫は、ついにアイツが同じ土俵に乗ってきたのを悟った。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |        (・・・・・・)
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \

863名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:46:16 ID:KjKb.65w
>>854
当人の続投の意思より、監督が無能か否か。
高校野球なら、そこに尽きると思うが。

864名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:46:31 ID:48X2seIE
監督のAAがアレだからやる夫に肩入れしてしまうけど、脚と肩が強いんなら外野へのコンバートはむしろアリだわな。

865名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:46:39 ID:okqW/4to
>>846
正直その考えはいただけないなぁ

866 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:46:41 ID:gMxVmojQ

ひたり。












          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


足音が、大きくなる。

867 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:47:13 ID:gMxVmojQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



3年、夏の大会前。


できる夫は、当たり前のようにエースナンバーを手にした。
そんなことはどうでもよかった。

           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \


もっと気になる事があった。


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |       「・・・」
  \      ⌒   /




奴が、15番の背番号を手に入れた。

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .::::::::::::1:::::::::::5:::::::::::....ヽ


それができる夫に気にかかった。

868名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:47:20 ID:rVdShIBc
>>846
理論家でプロを目指していて肩を壊すのをなるべく避けようとしてるできる夫が
気概なんて言葉に振り回されてそんな無茶しないだろ

869 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:48:19 ID:gMxVmojQ

3年になってから、やる夫は、ようやく投手としてのメニューを許された。
練習試合で時折、できる夫を差し置いて先発した。

                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)三(●) 
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
            ,ヘ  」     |r┬-|   |
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``     \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ      _) ̄          `て
                .|g.e.r/   へ||(_____/           J  グハハハハハ   {
                |   '、_r 彡/.|.|                  )             〔
               .|    .| `ー、_.l.|                  ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|

そして結果を残した。

870 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:48:44 ID:gMxVmojQ

毘都附の2番手投手の座を実力でもぎ取ったやる夫は、薄く笑ったが、


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /



それを歓迎するチームメイトは一人もいなかった。

                                           NVVVVVVV\
       ,.f"ミミヾ、                   / ̄ ̄\        \        \
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、              /      \      <         `ヽ、
    ノ彡リノ/   中 \             |    -‐'  へ l      </ /"" \ .ノヽ. \
    |リ||リ /  ─   ─\         | u(● )(● )|       //, '田     )  \  n:
    (川/ u (●)  (●) \        |      | u |      〃 {_{    ノ    ─    ||
    ||ト|     /_人_\   |         | .U  __´___   }      レ!小§  (●)三(●) | 「| |^|`|
    iリ\   §` ⌒´§ ,/         ヽ        !       レ §   (__人__)  |ノ| !  : ::}
     /           \          ヽ       ノ       /   ゜。  `ー'´ 。゜  ヽ  ,イ
   /          ヽ  ヽ         /      く        (愛\  ∞   ∞  /_ノ
   (   丶- 、      __ノ  )        /        ヽ       .\ “  _∞∞_ノ∞ /
    `ー、_ノ     (_,,-─´                         \。_\\\\\/

871名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:49:07 ID:49vVQTpI
というかヤだよこんなチームメイト

872 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:49:21 ID:gMxVmojQ

できる夫は、ここで妙な責任感を持つ。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::−::::::::::::−:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |   (チームのためにも……
   \    ::::::::::::::::::::   /    奴を登板させるわけにはいかない)
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


勝手にやってきた奴に背番号を明け渡し、泣いた奴がいるはずだった。
そいつに報いるためにも、やる夫を登板させまいとした。


       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ       (やるべき事は・・・唯一つですね)
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


簡単な話だ。
自分が全て勝ち続ければいい。



その考えは、できる夫のライバル心に理屈を与え――


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l      「・・・」
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


――できる夫は、密かにやる夫を敵視するようになる。

873名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:49:24 ID:ogrd7Gbs
そりゃ歓迎するやつはいないわなw
独善的すぎる

874名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:50:18 ID:I1Nm6r.M
むしろよく追い出されなかったもんだわな

875 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:50:47 ID:gMxVmojQ

歪んだ責任感で、使命感だった。

ただしやる夫を敵視する者は、できる夫に限った事でなく、

                           ._ _ _
                         (ヽl_l_ll_l,l
                          ヽ  r
  NVVVVVVV\                │ |
  \        \               |/ ̄ ̄\
  <         `ヽ、           /    \ ノ
  </ /"" \ .ノヽ. \          |    ( ●)(●)
   //, '田     )  \ ヽ      .   | ノ(     | |
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|         | ⌒    ___´__|
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ      .    |    /__ }
   レ §    (__人_)  |ノ      .    ヽ       }
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩          ヽ     ノ
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ          l/   く
  .\ “  _∞∞  / /           |     \
    \。_\\\\/             |    |ヽ、二⌒).、 


できる夫のその感情は、皆が支持するものではあった。

876名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:51:27 ID:mHVsLQys
ギャル夫が野球部ってなんかスゴイな

877 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:51:51 ID:gMxVmojQ

それでも、奴は1人どこ吹く風で――


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


勝ち続け、居場所を確保するやる夫を見て――



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.__
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::..\
   \:::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::.\
  ,. -‐'´..::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  ノ .:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

できる夫は背中に、奴の息がかかるのを感じた。

878名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:52:10 ID:uGv9xfz.
やっとエースとしての責任感を持ったか、ものすごく歪んでるが

879 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:52:36 ID:gMxVmojQ

そして甲子園。
やる夫に登板を許さず、完全無欠の勝利を演じきる。



                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        /             \
                       /       " ̄ ̄`    \
                       l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ
                      l ;::( ●)    "''"´       l
                      |  ´"',                |
                      l    ヽ              i   (6連投… 我ながら無茶を……)
                       \   、__,__,         丿
                        \             /
        r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
        ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
     {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
     .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
     .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
       `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //



できる夫は使命の達成を密かに満足する。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |     (やってやりましたよ)
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/

880名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:52:37 ID:.ACiwak6
責任感というより、単なる都合のいい言い訳だな。

881名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:52:40 ID:VpRtFf.k
>>歪んだ責任感
と周りの空気ができる夫を変えた原因か・・・

882 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:53:05 ID:gMxVmojQ

ドラフト。
競合が起こったが、1位で希望球団に入団する。


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i    「ツキまで周ってきたじゃないですか!」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \




全ては順風。そう思った、が――

――カイザースのスカウト、円堂から嫌な事を聞き、


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|      「・・・それ、本当ですか?」
    \      `ー'´  ...:::::/

883 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:53:35 ID:gMxVmojQ

更に、それが本当だと偶然耳にする。


                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |                   ^
|     ||   // ||       /             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\//
|     ||.  //./      /       ,. -―- 、    |  やる夫君がプロ入りするんだってさぁ!  ./
|     || . /      /       /        \   \_________________/
|     ||/     /     /  -‐    ‐-  \
|    ./ '       /      i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
|   /        /        {       `      }
|,/        /          ゝ   `‐‐--   ノ
        /            >ー       ゝ、
      /            /´             ヽ
    /             l    i          l  i
.  /               .l    l        .l  .i
./                l    l         l  .i

884名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:53:38 ID:.ACiwak6
やる夫、実はカイザース指名?

885名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:53:50 ID:MC8vVT96
>>2番手投手
コンスタントに130㎞の直球と曲がりの大きいカーブを投げれるなら、普通の公立高校野球部なら間違いなくエースと呼ばれるレベルだしね

886 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:54:01 ID:gMxVmojQ

殴られたような衝撃を受けた。
完全に振り切ったと思った奴は、まだ後ろを追おうというのだろうか。


                                   ____
                                 /      \
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::\
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                              |      (__人__)     |
                              \     `⌒´    ,/
                              /     ー‐    \



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:

887名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:54:10 ID:A5gE3onw
突き放したと思ったらまた近づいてきやがったかw

888名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:54:34 ID:.ACiwak6
まさに亡霊

889 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:54:35 ID:gMxVmojQ

やる夫がプロを志望しているなどとは、誰からも聞いた事が無い。
そういうそぶりも見たことが無い。


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://


ならばその理由を、自分に勝るためと考えるのは、自意識過剰なのだろうか。



そんな事は、ありえないはずだ。
お互い意識しているといっても、投手同士である。


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

明確な勝ち負けなどつけようが無いではないか。

890 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:55:02 ID:gMxVmojQ

プロに入るというならば、もっと他に理由がいくつもあるはずだ。

自信の栄達を望むでも、野球を生涯の仕事とするためでも、野球を楽しんでいくためでも、
理由などいくらでも思い浮かぶ。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |        (色んな理由があるはずです)
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |      (普通に、考えれば)
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


でも、奴の事を考えると、可能性が否定できない。

891名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:55:26 ID:fzIL/mxk
こええな…恐怖を持っても仕方ないよこれ

892名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:55:28 ID:KjKb.65w
私、やる夫さん。今あなたの後ろにいるの……って、やかましいわ!

893 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:55:32 ID:gMxVmojQ

暗い目――

    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l




めったに言葉を発さない、その口――

   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\




静謐だけど、熱狂的な、矛盾したその雰囲気――

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


奴なら、自分を追うためだけにプロ野球に入る。
そんな事も、ありうると思えた。

894 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:55:55 ID:gMxVmojQ

できる夫は頭痛を覚える。
もし仮定が当たっていたなら、何から何まで間違っていると、やる夫の事をそう判断した。


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |       (いやいや、あるわけありませんよそんな事)
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


授業を抜け出し、フラフラと部室に向かう。


.     / ̄ ̄ ̄\
     / ⌒   ⌒ \
   / (ー)三(ー)   ヽ
   |    __'__  U  |           (まさか、まさか・・・)
,ィTl'ヽ\  `ー´   /`ヽー;、
kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ
  `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
       ヽ      /  '}
        >   /ごノ
    __,∠     /    
   〈、    /
    \、__ノ

895 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:56:15 ID:gMxVmojQ

部室で1人、少し考え直すつもりだった。

                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
   ┌────┐     |      |             ┌─────────┐
   |  ∧w∧....│     |      |    ┌──┐ │  野球部  〈部室〉  |
   | (,, ゚Д゚) .|     |      |    │  目│ └─────────┘
   |  /   |   |     |      |    │甲指│  :========:.:========:  
   | 野球部 │     |      |    │子せ│  |i.     l||i.     l| 
   | 部員募集 |    |     |   │園  │  |i.     l||i.     l|
   └────┘     |      |    └──┘  |i_____l||i_____l| .
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬| 
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼| 
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄

やる夫という男の事を。





その歪んだ勝利条件が、どこから出て来ているのかを。


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {    (何故、何が、奴を?)
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ

896名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:56:33 ID:HCZnxnLA
なるほど、ここで部室につながるのか

897名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:56:44 ID:VpRtFf.k
ああ・・・あの発言に繋がるのか・・・

898名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:56:57 ID:5Br08XKA
邂逅

899名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:57:01 ID:uGv9xfz.
あ、繋がった

900 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:57:10 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



できる夫は、やる夫から逃げたはずの部室でやる夫と顔をあわせる事になった。

そして逃げ出した。




        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ


胃にムカムカしたものを覚えながら、授業に向かう。



また、アイツは言ったのだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ   「そんなちんたらしたペースでやる気はないお
    ((   / <●>::::::::::⌒      )   野球しかない生活で、すぐさまお前を抜いて見せるお!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

-------------------------------------------------------------------------------------


“お前を抜いて見せる”、と。
まだ、アイツは言ったのだ。


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /


できる夫は、奴の考えが、自分の予想通りであったのだと思う。

901名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:57:24 ID:48X2seIE
良好な関係が築けていれば、互いに喜びあえただろうに。

902名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:57:38 ID:CBI8UJws
勘違いなんだがなぁ……

903 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:57:55 ID:gMxVmojQ

そして、憤怒の感情が芽生える。

アイツに勝りたい、その感情はわかる。向上心にも変えられる、原始的な感情だ。
それは解る。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::−::::::::::::−:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


だけど、それを最終目標に置く事は、全く理解できない。



そしてそれは、野球を馬鹿にしてやしないかと思うのだ。



          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |   (私に勝てればそれでいいんですか?
       \  ´           /    馬鹿ですか奴は!!)
           \ ⌒    .__/
          /        \


砂を蹴り上げ、荒々しく歩く。

904名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:57:56 ID:DcIWmxGY
>>902
え?

905 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:58:39 ID:gMxVmojQ

そして、決める。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::−::::::::::::−:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |     「―――!」
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |





     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |       ――奴には、絶対に負けない――
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \



           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |   ――奴には、一度たりとも前に行かせない―――
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´

906 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:59:00 ID:gMxVmojQ

--------------------------------------------------------------------------------------


できる夫に、再び使命感が、宿る―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第1.5話 できる夫とやる夫 終

907名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:59:14 ID:ogrd7Gbs


908名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:59:20 ID:KjKb.65w
乙でした!

909名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:59:34 ID:ycK8B5WA
乙ー。いよいよ次回は直接対決かな?

910 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:59:43 ID:gMxVmojQ
本日の投下は以上になります。

ご観覧アザーっシた!

911名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:59:47 ID:tfd8084U
乙です!

912名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 22:59:56 ID:zYcY1UEc
乙!面白かった。

913名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:01 ID:XHUe3rA6

やる夫の暗い情熱が今度はどこへ向くのか
楽しみだ

914名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:09 ID:7hZQr1uY


915名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:26 ID:zYcY1UEc
乙!面白かった。

916名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:29 ID:dhnoF2ZI
乙です!

917名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:37 ID:gSdXDHeM
そういや好敵手同士がもし違う出会い方をしてたら
親友になれただろうって言うのは良く聞くきがする

918名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:39 ID:A5gE3onw
乙!
できる夫はやる夫と反対のようで似てるのかもしれないね

919名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:40 ID:KjKb.65w
絶妙な複線を貼りおってー

920名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:43 ID:/IkCK8so
乙。面白かったぜ!

921名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:42 ID:Y0p464Qg
乙〜

922名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:48 ID:vNtFIlvc


923名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:53 ID:zVDS3qsQ
乙っした。やる夫はプロ入り後、
歪みがドンドン矯正されていってるけど
できる夫はどうなんだろう・・・

924名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:00:58 ID:mdsVSPIU
乙でした!

925名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:26 ID:0ixHxMOE
全力で乙!!

926名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:27 ID:LSmIUMn6

最近丸くなってきてたけど、やる夫の根本はやはりできる夫との因縁だよな

927名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:28 ID:BTqpDcMg
乙でした!

928名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:35 ID:49vVQTpI
できる夫はストーカーの被害者かw

929名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:36 ID:ruFM0Nq6
乙!

930名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:42 ID:VpRtFf.k
乙でした

次の話も楽しみに待ってます

931名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:52 ID:mJKZae7M

やる夫はともかくできる夫がここまでやる夫を意識してたとは思わなかったぜ

932名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:01:54 ID:TFUxzvNQ
おつっした

933名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:02:30 ID:CBI8UJws
おつおつ
やる夫時空に最初に捕らわれたのはできる夫だったか

934名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:02:37 ID:maOHatG6
できる夫がカッコいい……

935名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:02:38 ID:.ts8/v3o
乙でした!

936名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:03:31 ID:PkBI8MX2
乙でした!
できる夫のやる夫に対する執念もそうとうなものだったんだなあ

937名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:03:44 ID:rVdShIBc
乙でした
ある意味誰よりもやる夫の事を認めていたのはできる夫だったんだな

938名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:03:49 ID:DCiRi1eQ
乙です

>>926
できる夫というより、中学でも高校でも自分の前に立ちはだかってきたチームNo1ピッチャーへの反発だろう。
その象徴になったのが、高校No1になったできる夫であっただけで。

939名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:04:14 ID:KjKb.65w
キャラの掘り下げ方が絶妙すぎて嫉妬した。歯軋りした。濡れた。あとドラ組から落ちた。責任取れ!

940名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:04:48 ID:852pasps
超乙

941名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:04:50 ID:TngrjUzY
おつ

942名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:04:54 ID:0arK5Sks
おつー
意外と監督がまともだった

943名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:05:17 ID:xNQjLnOI
乙でした!

後ろを振り向くとマッチョな根暗が。そりゃあ怖いわw

944名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:05:30 ID:U6nnmaL2
歪んでるけどお互いに切磋琢磨してるんだな

945名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:05:30 ID:y4ySbbkk
乙!
シーズン終了後にでもできる夫がやる夫にあったら印象がだいぶ変わったと感じるんだろうなぁ

946名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:05:33 ID:Twh75OGk

追われる側は追う側より相手を意識しちゃう事って多いよな

947名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:05:42 ID:I1Nm6r.M
乙でした

できる夫が力の差があるやる夫に対する意識すごく伝わってきた
これはいやだわw

948名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:06:02 ID:MC8vVT96
乙でした

この頃のやる夫は「チームの勝利<<<超えられない壁<<<できる夫からの勝利」に凝り固まってるようでしたからね
チームが負けてもできる夫に勝てさえすればいい。と思っているウチは、やる夫をプロ野球選手とは認めたくない

949名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:06:23 ID:Mx8xFWnI

確かにこのやる夫は恐ろしいな……。

950名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:06:47 ID:GhEihRrs

たしかにできる夫からすれば、
このやる夫は不気味というか受け入れがたいよなぁ

951名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:07:08 ID:uQQMEBW.
乙乙

良い・・・っていって良いのか難しいがw
良いランバル関係だなw

952名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:08:35 ID:LV581kZU
乙。
やる夫の歪みの根源と恐るべき成長力が垣間見れました。
性格の歪みも酷いが、育成の方も歪みが酷かったんだなぁ。

953名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:09:03 ID:mJKZae7M
>>951
グフでも取り合ってるのかその関係はwww

954名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:10:04 ID:uRes7IZA
おつおつ!
原因不明のストーキング被害に遭いつづけてるわけだww

955名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:11:35 ID:maOHatG6
>>953
この風!この肌触りこそ戦争よ!ってことじゃね?

956名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:12:33 ID:fzIL/mxk
乙でした!高校時代のやる夫は誰とも会わずに山篭りしていた感じだな。
他のことはすべて放棄してどんな妨害があってもかわらず修行三昧。
精神的に中学時代から変わらないわけだ。

957名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:12:36 ID:DCiRi1eQ
>>950
ただまあできる夫には、ライバルになるかもしれないから潰れてくれたらありがたい、という暗い理由もありそうなんだけどね。
やる夫が2番手ピッチャーに抜擢された事への周囲の反発は結局のところ、素質はあまり変わらないのに自分ができないことをやった選手への嫉妬だし。

958名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:13:02 ID:V.CYGpC2
乙です
一つボタンのかけ違いがあったら普通に親友の可能性もあったなあ。

959名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:13:30 ID:zVDS3qsQ
>951
見事だな。
しかしやる夫、自分の力で勝ったのではないぞ。
その骨格の性能のおかげだという事を忘れるな

ま、負け惜しみお!

960 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 23:17:39 ID:gMxVmojQ
チョイレス返信。
今日は本当にドシリアスで、ツッコミ所入れたくなるのを抑えるのに必死でしたw

>>748
モブとしては使いやすいんですよww
さらっと出すと重要キャラだと思われませんし。

>>800-801
そこらへんをちょっと思い出して必要性もありまして、
1.5話の理由の一つですw

>>細かいところ
なんか、良く見てもらえていたのか、今回のためにオサライして頂いたのか、
凄く細かいところを覚えていただいてもらって感謝です。

>>サモア系
言い切らなかったのですが、良く解りましたねw
これならスポーツ系のやる夫に理屈が立つかと考えまして。

>>873-874
YESです。

>>梅岡先生
梅岡先生のこのやる夫への対応も、色々議論のありそうな対応ではありますが、
僕的には一言で最低とは言い切れない。
そんな梅岡先生チックなものを目指してみましたw。


次回は最終回となりまして、基本的には再来週。
進みまくれば来週という日程でやりたいと思っています。

ラスト1話、どうぞお付き合い下さい。

961名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:19:30 ID:Ia/o1xcY
乙でした〜

次で最終回・・・だと?
再来週まで全裸待機しとくか

962名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:19:32 ID:Ke57xOl6
乙でした!
やっぱり面白いです。ぐいぐい読ませてくれますね。
次も期待しています。ブレスユー!

963名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:20:36 ID:R2OUMrFk
どうオチをつけるのかな?

期待と共に寂しさを抱えながらも乙でした。

964名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:23:09 ID:fzIL/mxk
この二人は野球ロボットだな…結局どっちにも野球しかない。
全てにおいて高性能で有能な開発スタッフも多数備えたできる夫ロボと、
ボディの頑健さとデータの吸収、成長性だけはできる夫より優れたやる夫ロボ。

965名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:26:33 ID:cQfASxGc
そりゃ高校野球でチームプレイする気絶無のやつがこういう振る舞いをしていたら、指示されなくて当然だよな。

966名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:27:29 ID:aPPkj4q6
とりあえず次スレ立てろや

967名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:27:30 ID:hkH632bs
>>964
できる夫はもとの素質もあるだろうけど、結局自分で自分を鍛え上げてプロでも通用するまでに成長させたんだと思うが。

逆に、やる夫は自分ひとりじゃプロ未満にまでしか鍛えられなくて、東方師匠やその他大勢の協力でようやくプロでやっていける程度にまではなれた。

968名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:27:39 ID:W56RVOIw
次でラストか。
寂しいな…

969名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:40:05 ID:VE5LMgXM
超乙!今回も確かに面白かったけど、更に次回に繋がる面白さだな。次が楽しみで仕方ない
けど、最終回なのか・・・。終わりが見たいのにいつまでも続いてほしいという矛盾した感情は名作に出会ったときいつも付きまとうな

970名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:40:15 ID:TrYGD2Z.
乙!
ついに最終回か〜
やる夫もできる夫もピッチャーらしくていいねえ

971名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 23:51:22 ID:dI85/L6c

最終……え?

972 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 23:55:48 ID:gMxVmojQ
あそだ忘れてた。

最終回やった後にやってほしい事等ありましたら、雑談所の方に書き込んでおいて下さい。
できる限りのリクエストは答えようと思いますので。

973名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 00:06:14 ID:mu0sc4mI
寂しいが長々と続けてgdgdになったりエターになるくらいなら、
このまま超名作で終わってくれて嬉しいかも;

974名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 00:10:25 ID:RMmEUkjA
まあ、最終回前編、中編、後編、完結編1・・・とすればなんら問題は(ry

975名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 00:12:43 ID:QjbIZMZk
乙でヤンス

次回で終わりか…

976名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 00:58:03 ID:r1WsVv2s
乙。最終回は寂しいけど応援します。

977名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 00:58:44 ID:4Z.0fDDI
5年後くらいでWBC編とか
やるやらできる夫が日本代表で

978名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 01:00:14 ID:7MXh1yyY
ただ正直できる夫も自身がプロ入りする事考えて
2年の頃は2番手投手が打たれて負けても気にしてないから
純粋にチームで野球をしていたとは言えないと思う。

やる夫のチームに対する態度には問題もあったが
できる夫の姿勢や他のチームメイトの態度に
非が無い訳じゃないからなぁ。

979名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 01:20:52 ID:Q/eDwB4Q
>>978
そうか?チームから自分に求められることは、自分に出来る範囲で応えているが。
無理して完投を続けた挙句打たれたり、故障してしまいました試合に出られません、の方がよほどチームには迷惑だ。

できる夫の意識に問題があったことは確かだが、チームへの貢献という点では十分以上している。

980名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 01:24:59 ID:x2A3UdBI
できる夫の姿勢は特に変じゃないだろ、いたって「普通」だと思う
誰も彼も漫画みたいに暑苦しいわけじゃないしね

プロ野球選手のインタビューや著書読んでも、できる夫みたいな選手は結構見るしね〜

981名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 01:32:11 ID:hFrDQXT6
二番手投手が打たれて負けた時にどう思ってればチームで野球してたことになるのかね
自分が投げたわけでもなし、どうしようもどう思いようもないと思うが

982名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 01:59:40 ID:FjIDgcVI
甲子園を目指してたチームが負けたら悔しいのが普通じゃない?

誰が打たれたとかじゃなくて

二番手が打たれて負けても自分に影響がなければどうでもいい、って大学野球時代の月にちょっと似てるかも

983名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 02:11:28 ID:7MXh1yyY
できる夫のスタンスから自分はプロで活躍することが
目標だからという周囲より抜きん出ているのが当然という
意識が元々あったから、自分の評価が変わらなければ
チームが負けても気にしないっていう態度に思える。
そういう意味ではできる夫も周囲を本当にはチームメイトとは
思ってないように感じる。一段下にみてるよね?

984名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 02:16:26 ID:t/.ftlUQ
乙でした。この時期にできる夫の過去編をやるなんてニクい演出だぜ!

985名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 02:50:14 ID:pcyIqxnU
>>983
それくらいにしとけ。それ以上は脳内妄想だぞさすがに。

986名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 03:21:07 ID:cnpdnzGg
まあ第一目標の差からくる意識の違い、だよな。
いわゆる一般的な高校生(野球漫画でよくいるタイプ)は
とにかく甲子園出場、優勝が目標なわけだが、できる夫はプロ入りなわけで。
その差の分だけ割り切って物事を考えるのは当然だろう

987名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 03:23:12 ID:191Ul.oU
>>836のできる夫のセリフは読者への説明をしているだけで
別に負けたことを他人事に感じているわけじゃないんではないかと思うけど

988名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 07:27:02 ID:b6wQrLSA
おお振りの榛名(昔)くらいならともかくな

989名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 08:49:21 ID:lcMxqfdM
できる夫はアマチュア時代からプロ意識を持ってる真のエリートだと思うな。
他のメンバーを一段下に見てるといってもお山の大将と称される投手、しかも
エースなら常識の範囲だろうし。むしろストーカーの域まで達してるやる夫に
ライバル心を持つだけ真っ直ぐすぎる。俺ならあいつは気持ち悪い、で終わるw

990名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 12:23:50 ID:Qc.dqnqA
やる夫が大して成長しないなら気持ち悪いで終わりだけど、驚異的なペースで成長し続けたからな。
1年で最低クラスの球速→
一年間で10km以上の伸び(2年)
→癖のないフォールで130km超の直球と大きく割れるカーブで2番手ピッチャーに(3年)
結局高校では勝負にならなかったとはいえ、同じ土俵で成長度を競わされ続けるのはしんどい相手だよw

991名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 17:45:51 ID:RXNAJTa6
乙乙。

正直チームの和も糞もないと思うが。
やる夫は野手としての規定の練習はきちんとこなした上で、それ以上の自主連で自分の投手としての能力を磨いてきたんだし。
ぶっちゃけ、やる夫に文句を言う前にやる音同じように練習こなして自分の能力磨けば?とオモタわ。
結局のところ、数少ないレギュラーの座を巡って死にものぐるいで練習こなしてるのは誰でも一緒なわけだし。
やる夫は自主連で徹底的に、二年かけてがんばってきたわけだし。
それに文句をつけるのはなんだかなーと思うわ。ぶっちゃけ負け犬の遠吠えでしょ。
「泣いてきたヤツがいるはずだ」とかできる夫言ってるけどそれを言うならおまえの天賦の才の前に泣いてるヤツだっているっての。
勝負の世界で言う言葉じゃねぇよなぁ。それも、勝者の。

992名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:02:50 ID:fRIwYenM
>>991のようなやつは運動部とかやったことないんだろうな

993名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:08:33 ID:51Lsya5k
いや、きっと実力主義なプロの世界で働いてる人なんだよ
……って、そろそろ次スレの季節か

994名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:10:25 ID:annygrro
チーム競技なら、まず第一は勝つこと
個人として秀でていても、それが性格を補えるほどずば抜けていない限り、チームとして優秀な方を取るだろ

ま、できる夫が傲慢って点には同意だがな

995名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:22:44 ID:R6w7EL4g
ま、自分に絶対の自信がある似た者同士だからこそ
同族嫌悪とか競争意識があんだろね

996名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:23:31 ID:lcMxqfdM
できる夫は傲慢なのは確かだが常識的なレベルだろ。やる夫は明らかに努力家と
いうよりは偏執狂の域まで達してると思うが。もしプロテストにずっと受からず
できる夫には勝てないと絶望してたら自殺するかできる夫を殺しかねないこわさがある。
心理学的にも自己中心的性格、根拠の無い誇大妄想(自分はできる夫に勝てる)、
異常な独占欲(投手以外はやらない)とパラノイアの条件をかなりクリアしてるしな
・・・まぁ天才と狂人は紙一重とも言うし成功すりゃ問題ないんだろうけど

997名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:36:45 ID:x2A3UdBI
>>991
>>847見る限りやる夫がチームの和を乱してると言われても仕方ないな

1、やる夫はその時点ではレギュラーなどではない
2、チームで練習をするるのなら、球拾いなどの雑用やグラウンド整備などの片付けを誰かがしなくてはいけない
3、「17時を過ぎたら居残り練習」という名目になってるのをいい事に、17時からはやる夫は勝手に旧ブルペンに篭ってる

998名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 19:04:52 ID:f3wBqAhg
>>990
パワプロのサクセスモードの主人公よりは下だなw

999名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 19:09:09 ID:f8Bv0Cj.
>>997
雑用をエースが免除されてるかどうかの描写もないし、やる夫がやってないって描写もないぜ。
つーか、マネージャーの仕事じゃね?この高校クラスだと。
やる夫の性格からして17時になった時点で使われてない道具を片付けて、
投球練習、自分の使った道具は片付け・・・じゃねーの?

後、高校生の行動に文句を言うなら監督に言えよww責任者だぞww

1000名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 19:10:22 ID:6CqRXG8E
そんなことより野球しようぜ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■