■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫がルイ16世になるようです
1 ◆Z8aP46qE9c:2010/01/31(日) 19:31:29 ID:shUmZIwA
やる夫で、ルイ16世の生涯を紹介します

パー速からの移転スレになります。


下記のサイトで、まとめて頂いています

多元様 ttp://tagenmatome.blogspot.com/

泳ぐやる夫シアター様 ttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/

ひとまず、引越し先確定のためスレ立てのみですが

よろしくお願いします

2名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 19:37:30 ID:fGY2NfqM
スレ立て乙です

3<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

4名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 13:31:26 ID:.E0.TDwE
たてたら貼ろうぜ。

やる夫がルイ16世になるようです
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1241528996/
やる夫がルイ16世になるようです その2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1248606940/

5 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/06(土) 10:07:04 ID:W5AcgLvs
ちょっと家の中がゴタゴタしてて、続きはまとめきれてないけど
放置するのもアレなんで、以前でてきた処刑人サンソン絡みの小ネタを
日月のどちらかに投下します

6名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:33:59 ID:cJwxFAlo
了解!でもリアル優先でお願いします。

7 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 16:23:01 ID:VzYZQOIM
今晩20時頃に幕間、投下します

8名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:28:48 ID:IbPSyHUY
wktk

9 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:44:12 ID:VzYZQOIM

       / ̄ ̄ ̄ \
      /  ─    ─\
    /    (ー)  (ー) \       やる夫と
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)


    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
.   |     (__人__)             やらない夫の
   |     ` ⌒´ノ
.   |         } ∫∬          
    ヽ        }  i.⌒i                ルイ16世 幕間編  開始ー
     ヽ     ノ  kニ l
     /    く.[ニニニニニニニニニニニニ`.ニニ´ニニ´
     |  ヽ、二/   〈〉        〈〉 ヽ
.     |     /        〈〉        ヽ
     |     /   〈〉       〈〉    〈〉 ヽ
     ヽ、_ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐ゞ

10 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:45:10 ID:VzYZQOIM

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、   しょっぱなから、テンション低くて
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l                すまないわねぇ。
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!     あの二人をちょっとシメテくるから
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\              まっててね
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ
.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',
     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ

−あなたたち、久々の出番だってのに、その体たらくは何なの!!−

11 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:45:37 ID:VzYZQOIM
            _
        ノ |_   ll__l---||_       Nice boat.
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー〜´~~~~

12 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:46:12 ID:VzYZQOIM

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)   あらためて、始めますお
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄          やる夫と
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

     ::::::::  ::      ::      :::::  ::  :::
     ::::::  ::     / ̄ ̄\   :::::  ::::  :::
     ::::::  ::::    /  :::    ヽ :::   :::   ::
     ::::  ::::   /   ::⌒ ⌒ /::  :::  ::
    ::::   :::  /   (_)(_) ::  ::
    :::    :: /    (__人__) :  ::::    やらない夫と
     :::      i     ` ⌒´/:  :::
     ::     ヽ      < :   :::
         /´       ヽ :::
         |  l       \:::
         ヽ  -‐‐‐--、  -‐‐‐-、.
          ヽ _(_)(_)_) (_(_)_)_))


    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ     水銀燈の幕間編、スタートよ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ

13 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:47:46 ID:VzYZQOIM

             ____
           /      \
.       / _ノ  ヽ、  \
.      /  o゚⌒   ⌒゚o  \
.       |    (__人__)   .  |  今日は以前出てきた処刑人サンソンと
.      \    .       /
.         ヽ、      ../               ルイ16世との関わりについての薀蓄だお。
           \   /
              ノ _.ノ
.           ( .(
.            )ノ    
           ((
         .ノ
       ___
     /メ":゙;,.,;.メ\
   /メ ;;.;#;;メ;;.;#;;.\
  /;..;;(;;;;;);;.;;;(×);..;;\
  |;;.;メ;;.;メ(__人__);.;;;.;メ;;.;メ|
  \メ#;;;;.メ メ; ;;メ;;. ;;./
  /メ;; メ; ;;.メ; ;;;; ;メ.\


                      ___,ェォ、
               / ´::::::::::メ込メ::.、
              /, ' ´ ̄ ̄`ー ‐-:::::.\
             , '/             \::.ヾ
        _ Y〆  ,           l   ヽ::l
         |{ニネl   l | l   |  l   {l::ll
       , ヾミl  vヽ十‐l- ,l |   |  ,l {l;;ll
      ,.∠从|| l i_'"{Tト乂,r'|tニTtx,l   iVヽ   サンソンはその生涯において
     </| ||弋 ゝ ¨     ´i_rft // ,l∨冫
        ! lj   ̄l 丶 、_`__   _/ /}ハ/      ルイ16世と3度、顔をあわせてるの
          !  __/ ノ、ヽ`_´__ , ゝ__/ | l`从
        /::/ 〃v┘>--一l l  l  !_| |_!l\  その時の様子を順番に語っていくわねぇ
       /.;/ , ハ  /ミYミ\ `i  |ー‐-、   ヽ
     /::::::l /i_|::::l 圦 ~ 介 /  }::::::::::∧
      ∨:::::::´:::::Y.:::|   ⅤL// /iノ:::::::::::::∧

14 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:48:26 ID:VzYZQOIM

                ,. '"´ ̄  `、
               /           ヽ
              /      ノ,    (○) Y
             i      (○)   、__ ) ヽ  最初の出会いは1789年の4月だろ
             |       '、__/    !
             |                  /     サンソンがある理由から、国王に謁見を求めたんだ
             |               /
              |       _,,.. -‐'"´   では、VTRスタート!
              |    , .'"´
              i   .!
                ゙、  ゙、
                \  ヽ
                  ヽ  !
                    ノ/
               i'/
                  !

15 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:49:37 ID:VzYZQOIM

1789年4月 ヴェルサイユ宮殿

                    ___,,,,----- 、__
              _____,.. -‐''''´‐‐''´___Z ヽ\`Tー-1
              `ー-.ュ____,    ̄コ-、_i- 、丶 /└!
             -=´、ニ----ァ  (_     `''ー'ヒ「
              -=ュニラ´,rニヽ ,「 .u'''ー-、_ 、 |'
               ̄'ー、_ __」⌒!.V'    ー┬「'´∠!
                  ゙iN゙i ユ;. ゚    ̄   tf   ここがヴェルサイユ宮殿の謁見室か
                 ,r.ァx-ー┐  。 .     ' rク
               _/ ! ゙t i ヽ   r___ー─‐イ    仕方ないとはいえ、場違いもはなはだしいな
          _,,.. -‐'´ /  l  ヽ|   ゚ 、.   ` ̄了
      _,,,. -''´      /   .゙i,   \   `ーァ、....ノ     さっさと用を済ませて、帰ったほうがいいな
  ._,r‐''''~`ヽ、      ,'    ',   .ゝ--ァ'''!^!
 /        .ヽ     ''''ー-=- ト、  / ̄`゙i | t'、
..l         ',    ,.-''´   い,/ヽ  .∧ |. ヽ\
        処刑人 サンソン


              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)       えー、オホン。
       /.|        (__人__)/´二二⊃
      /  ..\         /  '‐、\     君がサンソン君かね
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ

16 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:50:25 ID:VzYZQOIM

              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'   (なんか、小太りの偉そうなオッサンが出てきたぞ)
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,   はい、私がサンソンですが、陛下はいつ来られるのでしょうか?
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |   
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i

                      

                                      __
                                    ,,.-´   ``ヽ
                                  ./         \   ;'   , ;'
いつ来るも何も                        /           ヽ ,;'   ,;'
                                 .|   `\   ,,_/'   .;'゙ ,;
君の目の前にきてるのだがね             / |   ( ●)  (● )  ;'゙ 、゙
                              /   \  (__人__)   '.,,、'゙ \
                            /    / `ー‖── ,;'゙ ′    \
                            ,\   .l |   ・.,.   . .、゙   /   /
                           / .\  i l      ' ''゙'    /  /丶
                          ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

17 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:51:08 ID:VzYZQOIM

     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´  _       /    そ、そんなバカな
        `)ll| (`Y´      _ 、_    |
       /lll`l`-|  u   (  U  '´,イ      確か紙幣に書かれた国王の肖像画は
     ,-'´/|`ヽ-┐u     ` ̄'    ノ
__, -‐/;;;;;;/ |   |  u         l      ↓だったはず
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/


      l
      |      /       ,       |
     l       〉    _j‐'           |
     |〉    _}― '' "       _,, 、−''|
      i 一ー─子── ‐─ '' "  ̄ _,,、- ''"!
    j、,___}___ 、−‐ '' " l、!::::l!::::::: l
    /::/::/7ヽ    '´ ̄ヽ::::i::::: ::!ト、i::i::li   !
.   /.:::!.::iテfミ、    y'テッ!::!:::i ::.トミl、!:::! .:::l
   j/!::!.::l゛ ゞ‐'      ‐`''"ヽ:!::l: K! |i:::. !::::!
   | l!:|.:::|!            |ト、!:..lノ /!::::.i:|:::::l
   | |l::!.:::i`  、 _        l|:::l!:::9゙::l!:::::!l::::::',
   ヽ:i::ト、:'.、   、____,.     |!::::l!:::l:::::ll:::::l:l:::::::'、
.   i:l|:| ヽ::ヽ  `こ´     ,.l!:::::ハ:::l::::l|::::l::l:::::i:::゙、
    l| l:!  `!i:ヽ.      / j!:::/ '、:'、リ::::!::l:::::l:::::ヽ
    ゙'、ヾ:、 リ!:::i` 、 __ , '"  /:::/-−へ:ヽ;ハ:::l:::::l:::::::゛、
          国王の肖像

18 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:51:59 ID:VzYZQOIM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|   あぁ、あれね。
       / |              .|\
      /   \         /   \  ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ
    /    / `ー───ー′     \ 
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./  実物よりかっこよく描いてもらったお
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


        _.. -‐ ' "     ヽ ̄ノ^7__
    `ー ''"--―――-r⌒``~`゙゙`''ヘ/
     `ー--――ー--->  〜-、_, ',           意義あり!!!!
      `ー-- .._ へ/∪  くてi` 〈
       `ー-_   | ^i        , ノ                    _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
          ヽr''ヘ、_  ∪ ,.-=ァ/                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          /   !、   {__//    __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
          ノ       、   ̄ /-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´


                 ,; i, il;l! , ; il
          _,,,,,,,,,__ , 、,く〈 ll~i||||||||||、
        ,;;彡-::::::::;;;;/;;li'!!|‘ とニ)||||ニ l
      ,;;l;;;;;;;;;;;;::::`、;;;l;;l |_,,!、_ ノ||||||||):ノ
      /;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;:::l;ノ;;l /;;;;`;::=<`"!/'_=l   って、思い切り叫びたい
     /;;;;;;;メ;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ〉y;;;;;;;::::8インT;;;;;;::::l
     /;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;::_::ノ;;;;;;;::::::ン;;;;;/l;;;;;;;::::|  駄目だ、この国王。早く何とかしないと
    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;';;/;;;;;;;;;:::::/;;,イ;;;;|;;;;;;;::::l
┌‐────┐/;;、;;;;;;;;;;;;;;:::::// l;;;;;!;;;;;;:::::|
│ ナルホド |_;;_;;`;、;;;;;;_:::ノ´    、;;;;;;;:::ノ

19 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:54:21 ID:VzYZQOIM

解説

               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i   というわけで、給料が滞り
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i   いよいよ生活に困窮しだしたサンソンが
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',   国王に直訴して、滞納されていた給金を受け取ったというお話よ。
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\  財政難のフランス王室の窮状が手に取るようにわかるVTRだったわねぇ
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\   続いては、それから約3年後
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /         テュイルリー宮殿での出来事だお。
       |       /
         |   r  /           ではVTRスタート。
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

20 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:55:00 ID:VzYZQOIM

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\    ムッシュ サンソン
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-    わざわざお越しいただき、ありがとうございます
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
               ギヨタン博士


              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'    死刑囚になるべく苦痛を与えずに
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)     処刑したいというあなたの考えに感動しました。
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |    私でよければ、どんな協力もおしみませんよ
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、

21 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:55:50 ID:VzYZQOIM

                        ,.        /
                   /,.. .:-ニ''"__ _    /
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::` _ ,'.
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::__l
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、l  実は簡単な装置を使って
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::l
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::l   受刑者の首を切断しようと考えてるんです。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::l
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::l. それを使えば、苦痛を感じるまもなく
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、:::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::',   あの世に行けるはずです。
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、',
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽヽ,
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァiヽ、
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、ヽ、_____
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー- ...,,;__ _ _,
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.  ,.\//
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、


              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ⌒) ( ⌒)    なにやら、物騒な話をしているね、ギヨタン博士
       /.|        (__人__)./\
      /  ..\         /  .\   それに、その図面おもしろそうだお。
    /    / `ー───ー′ ヽ   . \
    \    l |  ∧   .∧   |   /    ちょっと見せてくれないかお
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ

22 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:56:31 ID:VzYZQOIM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|    ふむ、首を自動で切断すると。
       / |   ( ●)  (● )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \  なるほど、これなら一瞬ですむし、人道的だお。
    /    / `ー─ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\
    ,\   .l |  ∧ /         / / ただ、この刃の形だと、おそらく首は切れないお
   / .\  i l  .| /        ⊂)/丶
  ./    .\| | ./ /       ⊆)    \ ムッシュ サンソン はどう思うかお
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|   いやぁ、無学なもので
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/       僕にはさっぱり。。。
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '     それにしても、陛下、僕のことを
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙            ご存知なんですか?
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '

23 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:57:02 ID:VzYZQOIM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( ●)  (● ). .ヽ      ん、ご存知もなにも、確か3年ほど前に
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\     会ってるはずだお。人の顔を覚えるのは得意だから
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \   おそらく間違いないお。
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶   あ、ギヨタン博士。刃の形はこういう風に変えたほうがいいと思うお。
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、   なるほど、刃を斜めにあたるようにすると。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.  さっそく試作機を作ってみましょう。
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

24 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:57:46 ID:VzYZQOIM

                 __,、__,、__,、ィ‐r=;、
            ,  __f〆.::::::::::::::::::いゞソメ、
           / _f〆.::::::::::::::::::::::::::ゞ='´:..\
           / _f7.::::::::::〆^ー'^ー'⌒'⌒'⌒ーヘ、
           'ィ=={f7==、〆  '   /      ヽ \
.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /   というわけで、ルイ16世のアドバイスのおかげで
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈      ギロチンが完成したというお話よぉ。
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|      ちなみに、この場面には諸説あって
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `     ルイ16世はその場に居たけど、刃の形に口出しはしていないってのも
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /          あるのよぉ。
/.::.::.::.::.::.::.::.::\\ `\ lヾ='イ |:ト=''  /l /


               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ ちょっと前に、別の歴史スレでも言ってたけど
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /  「諸説あるが」ってのは、すごく便利な言葉だお。
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \ 不明瞭な点はこれから、諸説あるが、で片付けるお

25 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:58:39 ID:VzYZQOIM

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   そりゃ、単なる手抜きだろ、常識的に考えて。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  でも、あの坂本龍馬スレは面白かったな。
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く    最近、幕末に興味が出てきたからタイムリーだっただろ。
   /     ヽ \

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |    出たお。大河ドラマで急に興味を持ち出すにわかが。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  数年前には、義経やら新撰組やらに入れ込んでたに違いないお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

26 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 19:59:33 ID:VzYZQOIM

               ┛┗  ̄ ̄\      、         大当たりだよ、ド畜生がぁ
  ──          ┓┏  _ノ 、_\      \
     ̄    _  三 | = ( 〇)(〇) 二 _    \ 、          ━━┓┃┃
        ,ィ⌒,> 二 |     (__人__) 三= ≡ 三 ‐- 、、                ┃
─      二 ト _〆トュ   |  ̄ 三 |r┬`|ノ = 二 三オ⌒´`ゝ、、       ━━┛
       /ゝ イ´´ =  |=     `ー'´} = 二三 -/^ヾ ムイ´ ̄ ̄ ̄\ て
       /  彳_ 三  ヽ    三 /   = ≡  イ ト   / ノi        \ そ
      〈  イ` _´⌒`ヽート   ノ   二 三 、ゝ、__ ィ´ /,         ヽ
       ゝー、_  ヽ /   `ゞ  ̄ ヽ /    / /  //            |   ,、_,r、,、
           ⌒ゝ 、     彳   /    /,   \            |   `ャ'  `i  図星つくつもりはなかったお
              |  `     ,イ    //ゞーイ⌒`ゝ_       ,/   /  イ
      ─  二 三 |   /   ,<´    / \   ヽ  ,        "ヽ、_/  /
  ─ ─ = 二 三 |    /     ,イ  ,ィ^l、  ̄ ̄ド ̄、         /   /
             |   イ      ∠'─ィ'〆~ヽ    |     / l    rー─ ~
            三/      ∠/  _ゝ_/    /           /
         三  /イ      ^  |` ̄       /           /
           /       イ   |       /           /
           |      ノ     |     /             |
           \_ _,ィ´ ノ    |    /        ノ     /
               `ー、     /    |    イ⌒ ̄ヘ     /
─  ̄ ̄ 三 二  ─  /      /     |   /      |    /
               二     /       |   ト      |   /
               /     /    /  ノ       |   /
     _     __/    /      ゝ、_/        /  /


 .レニイ.|,lト、 |、  |!、 |    ,/! ,ィ     !|
. /ノ ハ!十寸ニマT \|   /+/-!_j  ,ィ!
//!   ! _゙__ヽ--ヽ  ! ,/ナ'´ レ1 //
/ |ヽ  ヘ. 弋歹ヽ   j/ 弋歹/´7    ,.、
  ! |.\ ヾ ̄´       ` ̄ラ ィ!   ./ .}
 八!  i\_\     ′ _,∠_,ィ1l   ./ ./      でも、歴史に限らず、何かに興味を持つきっかけって
- 、|.|  レヘゝ、  ー ァ  /  l !l  / ./_,.--ー
:::::::|.|  |:::::::\゙> __ ,イ l   |,. ‐::/ ,イ、::::_::_::_::  大抵はそんなものよねぇ。
:::::: ',!  |::::::::::/^「介、  ! .!  l__:::/ノ / `ヽ::::::::
、:::::∧ .!:::::::/:::::レ l|:、〉-'^::|  |::::〃 ./、У./\::  3つ目は2つ目の件から、さらに数ヵ月後のはなしになるんだけど
::ヽ:::/\∨ヽ!::_::| lY:::i}ト、:::! ,/:::У ' Y_/ / ノ!
:::::∨:::::i\ヽト:::/!  ヾ、!>‐l| /!::::::|      ー'ーン′  すごいネタバレになっちゃうから、ここでは紹介しないわぁ。
:::::::ヘ:::::レ´ヾ└V!   ヽ //! |:::::::}        /

27 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 20:00:24 ID:VzYZQOIM

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \        サンソンに興味が出てきた皆様には
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  『パリの断頭台』(文化放送社) もしくは
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)   『死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男』(集英社)が
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |          お勧めだお。特に後者はジョジョの荒木先生も一押しだお
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i   あ!
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

28 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 20:01:07 ID:VzYZQOIM

            / ̄ ̄\
           / _ノ  \ \
           |  (●)(●) |  なぁ、やる夫
           |  (__人__)  |    いま、さらっとすごいネタバレ発言しなかったか?
           |   ` ⌒´ノ  |   
           ヽ       │                          ___
         __,, -ヽ      ノ -、                       /     \
        /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .                     / ―  ―  \  ん、気のせいだお
        {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }                       /  (●)  (●)  \ 
       {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ                  |    (__人__)     |  そういうことにしておいてくれお
        |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }                 \_     `⌒´    /
       |::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,              . / ,r' lヘ></|  ,r'⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!::   /      .::ノ::::::::::.  ノ ̄ ̄ ゛''‐- .,        {  i |   | };;{ / /  l   :::}
      _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄         ゛''‐_      / ミ_l   V;;;V /  ,,;;〉 ..:::::}
        `ー---''"                      ゛''‐- .,,_{  .::,r'⌒'--< / 、--/  ::::::::| ゛''‐-,,_
                                      (  ::'し-.,,_,r'~゛''‐-.,,_{   .....::::|'ィ ,_| ||
                                      ヽ  .::::::::::(,::.      ゙i    :!. || | ||
                                         ̄''--''ー゛''‐-.,,_   :::;. ,,r'_ || | ||
                                                 ゛''--ー´  ゛''‐- .,,_

   / ̄ ̄\    じゃ、そういうことにしておくか
  /   /  \                  ____
  |    ( ●)(●)                //   \\
  |       、_! )              /(●)  (●) \   そうだお、心のゴミ箱にぽいってしてくれお
  |     'ー=-'ノ           /:::⌒  、_!  ⌒::::: \
.  ヽ       }               |    'ー三-'      |
   ヽ     ノ            \            /
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |
    |    |ヽ、二⌒)、         | |           .|  |



   / ̄ ̄\       今夜もお付き合いありがとうだろ
  / /  \\                  ____
  |  ( ●)(●)|                //   \\
  |    、_!   )               / (●)  (●) \
  |    'ー=-'  ノ           /:::::⌒  、_!  ⌒::::: \  メルシ〜
.  ヽ       }               |     'ー三-'     |
   ヽ     ノ            \            /    オ・ルヴォワール!
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |
    |    |ヽ、二⌒)、         | |           .|  |

29 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 20:02:27 ID:VzYZQOIM

  /イ::/::ヽ    | ||  |  |      |  |  l   、 ヽ
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ       二人ともお疲れ様…なんていってもらえると思ったら
   | |::|    | \             _( リノ ''// /ノ/     イ
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|    /:/      大間違いよぉ、わかってるわね
  !      |\           /   ∠ イ   L|   /. :/
    |     |  \      ―-;     /  |  ィ  /. : :/        
.   l    ト、  \            <    |// /. : : :/ -―ァ
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : _ -―<_
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : : : : : : : : : :
――{ーヘ   |:://::::::/::ハ:::|\\ /. :|   ト、: : : : : : : : : : : : :ー-
::::::::::.ヽ〉∧  |::\ヽ:/::イ  |::|__/:厶-―‐|    |::..\: : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::::..\ヘ ∨ `ー' |::|  ゞ--'´ 〉:::::::::::|    |::::::::..\: : : : : : : : : : : :




         ギャアァァァァァァァァァ


            _
        ノ |_   ll__l---||_      本日2度目の Nice boat. をお楽しみください
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー〜´~~~~

30 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 20:04:17 ID:VzYZQOIM
というわけで、また近々お会いしましょう。


ちなみに、諸説あるが、この後のやる夫とやらない夫の行方は

ようとして知れなかったそうな。

31名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:09:22 ID:abfIGp/E
諸説あるが、乙だと思われる

32名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:17:31 ID:RDWEFxgw
乙!復活嬉しいです。
諸説あるが、酷いネタバレはなかったものとされている。

33名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:18:22 ID:IbPSyHUY
乙です!

34 ◆Z8aP46qE9c:2010/02/08(月) 20:32:20 ID:VzYZQOIM
どうもです。
このスレに来る人なら、フランス革命の結果なんて
承知のうえだろうし、問題ないよね。たぶん

35名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 22:16:05 ID:lMytGy7g
ちなみに、作者は大変乙である

36<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

37名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 21:21:44 ID:VOci5QpA
>>34
乙です。
フランス革命さんのところで結末やっちゃたしね。

38名無しのやる夫だお:2010/02/22(月) 09:39:43 ID:hrC9phF.
保守

39名無しのやる夫だお:2010/03/05(金) 03:30:19 ID:3IKs5vog
保守

40 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/07(日) 20:28:26 ID:uYUSPY.s
また間が空きましたが、来週の日月あたりに投下します。
毎度毎度、すいません

41名無しのやる夫だお:2010/03/07(日) 20:41:01 ID:jJ2bcqjU
wktk

42名無しのやる夫だお:2010/03/14(日) 00:03:04 ID:eazOJkHo
今日投下かな〜

43 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 08:08:45 ID:FMH/O3vo
告知忘れてました。

今晩19時頃から投下します。

44名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 13:42:09 ID:eGh9lLQ2
おお期待

45 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:34:05 ID:FMH/O3vo
予定より早いけど、投下するよ

30レスほどで、短めですけど、よろしく

46 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:34:50 ID:FMH/O3vo

≪前回のあらすじ≫

    レ/   ,、r,r'゙Yx'、'゙   _,-'゙   >、≧三シ'゙    !l  ,!     i
    リf゙ ノ ,r,r'゙`〜-ニ==三'',";'  ッイノ/ / ,i ,!   ヽヾ、/;'  ;'   |
  、.__」レ'゙ 〃   _,、-‐'''" ̄ '';';'_,:ィ'゙ '゙,/,イ,ィ N      ト;、ヾ '; ;';   l
  >      /ィ'" _,,、、ァ=テ、_ェニ-‐'゙ /イハ い,゙!、  ノ lト,ヾ!'; ';';';';'; i
 /゙/ 〃  //,、-''"」「 i゙ i゙ ;'゙   ̄``''-、_゙!、ヾ、`ー''",ノノ ゙!ll ';';'i, ;';': `:、
. l/゙/; '    //,;、-^、 、ヽ_ト、!   '"~`T''ァッ'ミ=、ニヽi「´,´ ,ィ リ   ヾ, ゙i、「i`ー'
 !/ l l  , ; /rィ"i゙ ⌒、゙、゙'tーゝ       `''ー゙-` `i「 リノィノ'゙レ「 !、 ヽ,il ;!|    領土拡張のチャンスだ。
 Y l    i f゙ff ;';| リ´,ハ ゙! ヾ;          `    -'"彳テミ,_トミ,_ヽ ゙いリハ!
  ヾ    i ! || !.!| ヽ(.  ! ;l゙i,                   | ``゙ー ノ,:ンラ | l'′     新しい選帝侯と取引して、バイエルン地方を手に入れるぞ
`ー'゙,、  ,  ゙!゙!゙!\`ヾ、| ,ハj                i  ーデ-彡ィ'゙リ
>'゙ ,r',,r'゙   ゙  〃:、゙リ/ ソ                 i,  ,「" '"´ '゙
, ィr'゙ィ'゙ , //  | ,〃  フf               '゙¬,r'"  /ト=‐'
ダィ'゙ , /// ,;! ;l ハ|   l゙、          ,、<`ー-ニ、   /リノ
f゙/////  ,;'タ,ハ!゙:!   ! \        !、_  ̄`¨`/  /ノ'′
/! ,r' ,、-'ノィ゙`''-、_   i  \         ̄`¨`''′ /
`L/!/-‐''"`'-、_ `'-、!i    \            ,:'
 ミ\      _`'-、_ `'-、_   `'-、_       /
  `、\    '" ̄`ヾ`-、_ `'-、    `'-、__   /
   -'  \      |l _....`-:、_`'-、_ /゙ ト「 ̄
       \   -‐'ン゙",、--、,_ `'-、_ Y`iノ、`ヽー-、

選帝侯の相続問題を契機に、領土的な野心を露にしたオーストリア皇帝(アントワネットの実兄)


  / ,r  l i!   ハ ヾ;;;;;;;;;;;l  ヾ;;;i!;;l
 / /  l l!  川 _,lriナ卅''ア ゙i;;ll;;l
  / /   l   l!'゙´ ト;;;;_ェ土リ、l;;ll;;l
  /   l   リ  ハイ:::::}゙ン ヾjリ      そう、何もかも思い通りにいくと思うなよ
  イ    l l  /,! / l;;`Tヲ´  /,ヘ
 リ    l l! ,! l /  l;;;;;;;;l   ,リ′\    オーストリアの青二才が。
  j  ィi ノ/ ,イ //   |;;;;;;;l   f'    ,>
  ll / ,! /,f ハ//   |;;;;;;;!   l  イ´
  リ〃!/イl /゙Y/i!   |;;;;;l!    _,,._,〉
  !/i/〃ll / 〃    !;;;ノ  ー ''´ ,,j
 レリ//ハLイ`i !    l;;/      |
  川'ノ ▽ fil!  `丶!;ト;;-;ァ::,,_,ノ
  ▽‐- i、 _▽    l;! ,ィイj
  /     7ヽ、、 jLf/ ▽

ハプスブルグ家がかつての栄華を取り戻すのを恐れ、力ずくで阻止しようとするプロイセンのフリードリヒ2世

47 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:35:45 ID:FMH/O3vo

       ゝ     _ _...L            ヽ   ヽ        )
      (  __   ´    `  )         |   |       _イ:ヽ
       「    /         「  __         |   |     (::、::.  \
        ゝ _ /   /     V´___)        |   |      )ヾ\  ヽ
          '/  .′     | (  _      |   |     イヾ::: ヽ:.ヽ |
          //   !      |  「.:.:.:..:)ヽ.._  _j   レ'    ( ハ:  |: :| |   このままでは、私の築き上げたすべてが水の泡
        イ    !       .  ..:.:.:.( __     ,| _ | 、___ .) |::|::. |: :| |
        ‖|    |:  |    / /. ィ :/  )  、γ, −、Y   _.)   |::|::. |: :| |   プロイセンとの軍事衝突だけは
          i! |    |:  │  ,ィ 升j/_j/ | |ゝし { { fひj j √.:.:    |::| | |: :| |
          i! N. |  、 从ヾ/ j/勿fぅ/ | |   |ゝゝr_少':.: .:.:.:..::  |::| | |: :| |   なんとしても、避けなければ
          ヽト ..._ ゝト-ゝ  ゝ'  | |   |:.:./  /:.:/::.:.,   人| |  ~~ |
                  .          | |   | /  //  /  . '   │    !   
               /          , イ   |'  /-‐ァィ'  /     │    !
              ヽ         / |   | /    ,'イ___     |    i   
                  / \ 、っ   /   |   |,/  - ‐ ¨   /     |    i!
               '/ | :\    i!__.|   |´    _.. ー >     |    i!
                i|  |:::::::|>‐┤  |   |\ . ´       \   |    i!
                i|_|::/   |  │  !  \         .  |    i!
                「          r|  │  !   /   /!       \    i!

娘(アントワネット)を通じてフランス国王に働きかけ、万一の事態に備えようとするマリア=テレジア。

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   ||
          ||  /       \ .||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \   財政難やアメリカ独立戦争で頭が痛いのに
        |     (__人__)     |
        \    `⌒ ´     イ   この上、余所の喧嘩に首を突っ込む余裕はないお。
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ|
       〈   ,┌、-、!.~〈       i   
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l   
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´    ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄
妻からの要請もはねのけ、中立の立場を堅持するフランス国王ルイ16世。

各々の思惑が交錯する中、ついにプロイセンはボヘミアへの侵攻を開始するのだった。

48 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:36:59 ID:FMH/O3vo

というわけで、本編開始

    レ/   ,、r,r'゙Yx'、'゙   _,-'゙   >、≧三シ'゙    !l  ,!     i
    リf゙ ノ ,r,r'゙`〜-ニ==三'',";'  ッイノ/ / ,i ,!   ヽヾ、/;'  ;'   |
  、.__」レ'゙ 〃   _,、-‐'''" ̄ '';';'_,:ィ'゙ '゙,/,イ,ィ N      ト;、ヾ '; ;';   l
  >      /ィ'" _,,、、ァ=テ、_ェニ-‐'゙ /イハ い,゙!、  ノ lト,ヾ!'; ';';';';'; i
 /゙/ 〃  //,、-''"」「 i゙ i゙ ;'゙   ̄``''-、_゙!、ヾ、`ー''",ノノ ゙!ll ';';'i, ;';': `:、
. l/゙/; '    //,;、-^、 、ヽ_ト、!   '"~`T''ァッ'ミ=、ニヽi「´,´ ,ィ リ   ヾ, ゙i、「i`ー'
 !/ l l  , ; /rィ"i゙ ⌒、゙、゙'tーゝ       `''ー゙-` `i「 リノィノ'゙レ「 !、 ヽ,il ;!|
 Y l    i f゙ff ;';| リ´,ハ ゙! ヾ;          `    -'"彳テミ,_トミ,_ヽ ゙いリハ!
  ヾ    i ! || !.!| ヽ(.  ! ;l゙'|                    | ``゙ー ノ,:ンラ | l'′    プロイセン軍がボヘミアのサドヴァに侵攻してきただと。
`ー'゙,、  ,  ゙!゙!゙!\`ヾ、| ,ハj                l  ーデ-彡ィ'゙リ
>'゙ ,r',,r'゙   ゙  〃:、゙リ/ ソ                 i,  ,「" '"´ '゙      受けて立とうではないか。我が軍を至急、ザクセンに終結させるのだ。
, ィr'゙ィ'゙ , //  | ,〃  フf               '゙¬,r'"  /ト=‐'
ダィ'゙ , /// ,;! ;l ハ|   l゙、          ,、<`ー-ニ、   /リノ
f゙/////  ,;'タ,ハ!゙:!   ! \        !、_  ̄`¨`/  /ノ'′
/! ,r' ,、-'ノィ゙`''-、_   i  \         ̄`¨`''′ /
`L/!/-‐''"`'-、_ `'-、!i    \            ,:'
 ミ\      _`'-、_ `'-、_   `'-、_       /
  `、\    '" ̄`ヾ`-、_ `'-、    `'-、__   /
   -'  \      |l _....`-:、_`'-、_ /゙ ト「 ̄
       \   -‐'ン゙",、--、,_ `'-、_ Y`iノ、`ヽー-、


        r_ 、 , - ─- 、   __ _... -‐ ' ´ _ノ  /::::|  ノ:::::::::::::l!
        lj ノ      フ ':::::::/    ' "´    ヽ:::::ヽ ' ::::::::::::ノ_
       ,. ィ´⌒ヽ     /:::::::::::/         /ヽ )::::::::::::::::::::::::::::1
     j/ (__      /::::::::::::/      _   /::_i_ノ'ヽ:::::::::::::::: _:::ノ
     ヾ r ' ¨     /::::::::::::/ :::::::::::::::::〆__  ヽ    \::::::::::し、
       |...:::::::::::/  ':::::::::::::::l__,:: - ── ハ ノ      ヽ::::::__ノ
       r-─ "   r-、_ ::::: |      _ ヽー ' ヾ.      ゙:::ヽ
       ゝ_.     / / ,' ヽヽ: |    フ_j ノ     ,.      レ′
      l /ゝ :::::/ /ヽヽ_ノ/:: | ::::::::::"j ´ T′    |   ,   l
      | l:::;/``/ /〃/ /::::: |   _ノ ,ヽヾ.     ,ハj_   // ,    だめよ、ヨーゼフ!
      | Lj! l / /〃/ /、ヽ:::| _ノ‐!- !-!、l!   ィリイi/ ノ .ヘ,/
      l   ./ /〃/ /tク:::::|ノlハ!j_ゝ! ゝヽノjムrjイ/ l/ j/      プロイセンと争っては。
      |   / /〃/ /`ー".:::| ヽハ::ィノ`     ヒケ j ハ
.       _,,__/\〃/‐-l.ヽ \::::! ハ` ´     ,  / | |        あちらはロシアやイギリスとも手を組んでいる。
.       シoム/ /ヽ}  }l. |` ーゝ ヽヽ    _ _   イ .ハ.|
     /7ァLゝL/〈ヘ/ノ ヽノ^ l |ト \    / _j | !|         私たちに勝ち目はないわ。
    .//// /フ77,.ヘ==〉 ./ゝ.  |  ヽ.\ ヽーく  ̄"| l!ヾ.、
  / ./ヽ' / ////こ!} } ).    L   \ヽ ヽ:.:゙!:.:. l ,,リ  !l
/  [ゝ/  ̄ ̄ ./j .jヽ、イ  ハ ヽ_   \\\:.:.:| ノ、._ l|
  //     _// /_).   _/:::::  `ー、 `ー 、ヽ( `-── ァ

49 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:37:58 ID:FMH/O3vo

               ゞ| r―――´ ,  --- ――――-- 、_`''二二≧ィ
                U  _,..- ' ´ _ , ---―――-- 、  ``丶、 ノ
                 ゞ、  ,. ‐ ' ´              `' ゝ、 /
                  ヒ'´  _ ,、---――――――--.、_ {゙
                _, 以≧=彳シ::::: :: :ji::...|!:.:.:. i........i、. . . .ヽ:::ヽ
                >:::::::⌒ス く;;;;;;;;;;::::::ィj:::八:::::::i;、;、.i、ゞw;, ヽ:::ゝ
               〃iii | j { ::{(ゝ ニ ノ;;jiノiトゝ、;;ゞ.;;.;ヽ_:::::ー:': ゝ;,〕    母上、今は私が皇帝です。
               {jj リノ:::ノ ノ:::)八゙iゝjjノj_、jj----弋'、__::,.-'´..;;jり
               レ'==ジ人_-_-ゞ; {…ェ代ア¨フ:.:ヽ.:.::;;ノr 、.::...:..ゝ    いかに母上といえど、口出しは無用です。
                {イ ハTイ<弋テヘ.} `リ       =≦ノ/.:..:.};;;;;;;;;り}
                { l(ゞミヤ    ,!         .:.:../;イ ハ)ノ;;;;;j..从j
                ゞ'ヘ、゙i     |   、      :.:.:.{/:レ'´/;,;,;,リ..:::.ノ- …jト‥ 、 _   、ィ _
                   ノゞ、   'vr::':´      :.:.::.V{:/..jノリハ:::,ィ        ` '´   ` 、
                   フjハ    ._ _..,     :.:.:.:/ト{/,イ;;;;;;:ゝ(_               ;
                ,. ‐' "´!Nハ   ´ ...... 〟    ./:八. f f ;;;;いj「   , -   、
             rv'´        `、         /:.:. /:.:. )リ ;;;リ'´         ゝ
          iv ' ´          ハ、       /:.:. :.:.ノ.:. :.ノハ l j,'
        , ' ´            カjヘ _,,, ィ'´.:. :.:.__.. - '' "_.. -j j";
       ィ               从┤:.: _.. - ''_"、_.. - '' ";;;;;;;;j/



      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)     ヨーゼフ、あなたは何もわかってはいない。
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\   他国に何の根回しもしなかった時点で
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |           ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/    戦略的な敗北は決まっていたのよ。
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ            v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/

50 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:38:48 ID:FMH/O3vo

          ,f"                            ゙l:、
          ,f"          ヒ,,__;:-'" ノ 〃          小 ゙l:、
          { i /ノ (   〃   、_,,,二ブ     }, , i       |小 .,}
          i; y/   ゞ    彡 ),/,ィ',イ,/   ノ,ノ,|; i;      :l | |l,i'
          7 ,;f 〃ゝミ三彡,ノ,;イf ゙v' (/〃'彡'彡ッ'゙いミ:、 :i   ヘツ
          ,{ ;{  ,,  _,;f"ー-ニ,,,__  い'''" ̄"__,;:=-‐'''''i; :| ミ:、 :トァ
         ..゙i、 {  ,i',i'.,k" -─モ・ナ=ミヽミヾゝ::-=ニモ・テ'ーァ''ソ人 い ゙li
           `'ン { レl小     ̄    ゙ `  `  ̄ "  ̄ノ,ト、 l i ,ノ     ふ、それでも私なら、この圧倒的に不利な状況を
            '{ :、V、゙:|{゙i         l ::.         ,;{ソノl ツ,ノ
            ゙i、l、 ゙ヾi゙l;          l ::::..       ,i'ィ'" ム'"      覆してみせる。いざとなれば、フランスもきっと
             `:ゝ、 ゙ミi        、 ,,;::''      /f'{ il(,
               ,ソノ ,∧    ...._____..____.....    /〃) )i         助けてくれるはずだ。
               (:i| :;i _l゙、     .,,,__,,,...     /|〃〃'"
                ゙i|ヘ,,ニ| `:、          ,r'":l ミL_
                 ,f '、,,  ゙ヽ、     _,,r''"_,,;-'二l''"
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__          j_,f゙''-ニー-ミニ====ニ彡'''":-''"l |        ______
   __,ィ''''" ̄ヽ          ,} ,i`i ,r'二`''ー:、`Y",;='ニ二ミ、 f''"i      ./ ゙̄'''=;zL___
 ̄ ̄ ゙li   _,,,L---r‐r--f"ゝ{. ゙ナ'"  `) | | .l| f"  イ、_j.l^;>-ニr:,,,∠,,,,,,__   )


           {: : : : : : : : : : :: :: ::_\          \\  \
           }: : : : : : : : : :: :/   \__      ヽ.ヽ   ヽ
           {: : : : : : : : :/ /    ',   ヽ`ヽ.    l |   〔
          /: : : : : : :/   ,'  l   !   l {_  :l |
          \: : : ::/ l   |  l   l   |  : : }  l |
    /|       }: :./ |  l l  |   |    l  l: :{   ! :l  /
  / : !   _  ヽ,'  |  l|  l   |   |  l: :L.  | ! /',    フランスは中立を表明しているわ。
_ノ   :└ ' ´  /  l |  :l  :i l   l|__」: 斗.イ :|: : :ト、 l |イ||l
    } ー┼¨  /  |',  l |l !  ll:  , -- 、 l:|: : :i: ハ. |」 | i   いい加減に現実をみつめなさい!
    レ Cト   {__  l l :|  /l  ',  |l: / f´:::::.ヽ Y: : /::|ヘ |」/ | l
           /  Vヽ ',/ヘヽ ヽ j ! ヾーい jノイ :| { 〈   | 
    ー/┐ヽ  〈    V ヽ//「::::ヽ 丶    `¨´  /! :|/ /  !
    / _/     ヽ  , ト、 ヽハ乂:い,          |:l ::| / __l  
            // :/>、ヘ.U¨^ヽ , ―- 、    !:! : :!// _,
|     つ     厶/ :/  |  : ト、   ヽ(  丿   |,! :|イ'´
}_   /  / ̄ / :/  | :: :| \    ̄    /!| :l
   \ ・  /    / :/  /l : ::|    `   ー‐ '´>l:| :|

51 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:39:20 ID:FMH/O3vo

【フランス国内】

         /:::///   ___ \:.ヽ ヽ\
        r==f/ / '´ ̄ l:..   \:``ヽ::V=≠┐
        └ァ'7: /::/〃l: l: :..  ヽ\ヾ! 弋f>、j
         /く l::: l:::::!::l: l{:: .!:.::: .   |.:: }: }::: V \\
      /,イ/〉|::: |::`!::トklヽ:{\::::.....j;イ!:リ:::: レスト、>   へちゃむくれ、とうとうプロイセンとオーストリアが
       V'//::ハ::.:l:: :!,ィテトミ\ \くィチfK|:::: |)ヽ`|
       Y{::::八::iヽ{ ヘz;;ノ    ´{z;;:ノイ:i:: |:: V!     戦争をはじめそうよ
          |:!::::::{:ヾ!ハ `´   ..  `´ /::!:.:..l:: j::|:|
          |:!::::::::ヽ::::.. 丶   ー_一   ィ:::,':.:./〃! リ
          ヽヽ:八::ヽ:::::... `ト __ ,ィチV:〃::/{:/ノ"
        丶ゝハ:::}ヽ=-、::ヽ、_′/乂:/lハ{″
           /二リ、 \ _ヾ:Y⌒「´/;:イ |l 〉


                   - ―――― 、
               /         \
             /            ヽ
                /  ´  ̄ ヾ  `ー−、   i
            l  ( ● )   ( ● )    l          へちゃむくれって、言うなお。
                l   /  i  ヽ         iー 、
               ∧  ゝ___人____ノ      ハ:.:.:.:.\      となると、そろそろマリーかメルシー伯がまた押しかけてくるお。
       r===ミ /:.:∧.// ー‐         ' リ.:.:.:.:.:.:.ト、
    __トミ彡1:.:.:.:_,xくxく          イ 〃:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ー-....._
 , <:.:.:.:.:.トミ彡1≦>''´:.,ハ> ――― ´  //:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=彡´.:.:.:.:.:.:/  \        ノ/ /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

52 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:39:54 ID:FMH/O3vo

                  ____
                /ヽ  / \
   , - 、          /(●) (● ) \
   {  }        /::::⌒(__人__)⌒::::; ヽ
    l |        |    |r┬-|     |
  , ┤ !、       \.   `ー'´       /   お、噂をすれば、二人揃っての
 (      \,、 -‐v'ニ、 ̄ \ー、     ,.-<
 |ヽ  い'   _ 、イ \ ヽ   \ \  ´冫 > \  ご登場だお
 l\辷 イー ´  | ?h ) !     >ヘ./∠、   \
  ` ー ' \._   ! ゝ  ト、  〈_i_/ハ\_〉    >
        |    ̄7    i ヽ   ! /  !|  ,' ,ハ
        |   /      l /    V   |l   |イ l
       〈 ノ ,∠ - ┬ヘ/    l ,' l/  l/  l



        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ   陛下、一生のお願いですぅ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|       どうか、オーストリアにご助力を
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |


            / ̄ ̄\
          /  ノ ヽ、\
         . |   (●)(●)|
         . |   (_人_)│
          |     ` ⌒´  |   わたくしからも、お願いします
           |           |
         .  ヽ      /    なにとぞ、フランス軍をお動かしください
            ∧...__   ヽ//>
         /  、i i!「Tiァ¬ト、__
        /|  〉 ̄¨¨テァヘ \`.¨ 、
     , ィ´、ー┴一' '.ヽ f'´,,ィ'ヘー` ´|一' .
   /  '. \     '. ヽ!'´ ,,ィ'ヘ  .!   \

53 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:40:24 ID:FMH/O3vo

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|   何度言われようと、こればかりはどうしようもないお
       / |              .|\
      /   \         /   \ マリー、申し訳ないが応じることはできないお
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |   陛下…、陛下は私の祖国が
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/    どうなってもいいっていうんですか?
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《


              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)
       /.|        (__人__)/´二二⊃   どうなってもいいとは思ってないお
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉      でも、やっぱり大義なき戦いに兵を出すわけにはいかないお
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ

54 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:40:54 ID:FMH/O3vo

             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ    (とはいえ、イギリスとの戦いもあるし
        |       (__人__)   |
      /.|              |\    オーストリアとの関係をここでぶち壊すわけにもいかないお)
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\ 出兵は無理だお。でも、プロイセンとの仲介役なら
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶  買って出るお。すべてはヨーゼフ2世が兵を引けば、丸く収まるお
    ./     /    ヽ /  | / /    \


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |   陛下、確かにそれはごもっともな意見ではありますが
     .(`⌒ ´     |
     {         |    ヨーゼフ様にも、立場がございます。
      {      u. /
      \     /     一度抜いてしまった剣をそう易々とは引っ込められません。
      ノ     \
     /´        ヽ

55 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:41:31 ID:FMH/O3vo

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   ||
          ||  /       \ .||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \   でも、引っ込まざるを得ないお
        |     (__人__)     |
        \    `⌒ ´     イ    フリードリヒ2世はロシアやイギリス、それに
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ|
       〈   ,┌、-、!.~〈       i    ドイツ諸侯に対しても根回ししてるお。
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l    オーストリア一国で、これだけの国を相手に
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||   喧嘩するつもりかお
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´    ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

              _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
             / ̄* ̄⌒ … 、       \
         / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
           | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
            ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
         /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
.        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
        ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ   そうならないために、
       l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
       |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /     陛下の協力が必要なんですぅ
       |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   /
        .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'
           ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
             }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|
         {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
          ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|
          .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|
         イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
       |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l

56 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:42:01 ID:FMH/O3vo

                   - ―――― 、
               /         \
             /            ヽ
                /  ´  ̄ ヾ  `ー−、   i    やれやれ、これじゃあ、話が堂々巡りだお。
            l  ( ● )   ( ● )    l
                l   /  i  ヽ         iー 、   ともかく、仲介役なら買って出るお。
               ∧  ゝ___人____ノ      ハ:.:.:.:.\
       r===ミ /:.:∧.// ー‐         ' リ.:.:.:.:.:.:.ト、  それが、こちらの最大限の譲歩だお。
    __トミ彡1:.:.:.:_,xくxく          イ 〃:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ー-....._
 , <:.:.:.:.:.トミ彡1≦>''´:.,ハ> ――― ´  //:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=彡´.:.:.:.:.:.:/  \        ノ/ /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....  (くそ、これが本当に王太子時代に
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....   アントーニア様の尻に敷かれていた男か。
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....     まったくもって、別人のようだ)
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

57 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:42:31 ID:FMH/O3vo

その頃、プロイセンとオーストリアは…

【ボヘミア プロイセン軍】

: : : : : : : : : : : : :      ニ|川;;;;;lllll|
: : : : : : : : : : :r;ァr;ュ     .|川;;;;;lllll|
: : : : : : : :_,,,〈;;//;/   ≡::::|川_;;=ミ|_
: : : : : : ::l;;;;lィ"iヾ'   __,,ィニ,ァ;''"⌒ヾミ}、、_
: : : : : : ,j;;;;;;;;;;;l : △=テテフ";;;;;;;;;;;;;;;;ゞ^i,,.ィi、ヾ、
: : : r''";;;;;rイ;;;;l : 二ァェィ'"シ;;;;;シ"´゙>;;;;;;l〉;;;;;;;ヽヽ
: : : |;;イ;;;;l l;;;;;l : -ァ"彡;;≦_ヽ、 /;/`^'i;;;;;;;;;! ゙il
: : : : : l;;;;;l l;;;;;j: ,r'";;;;ィァ、,r;;;ミヾ゙,ン′_ !州;;l riト,   フン、オーストリア軍のなんと他愛ないことだ。
: : : : : レ''└''"/;;rイツイ´ ``''゙=/,r'彡=、`};;;;ilリ 〉lハ
: : : : : : ,,.:-‐!: l;;//ァィl!   ,;r'" /'"゙tf;;;;)V;;;;k/人lj    こんな簡単に包囲できようとは、かえって興ざめだ。
: : : r''";;;;;;;;;;l: :lf l7/,>l 、'´ く}   `゙''"ソ;;;;/l ィ' ト
: : : l;;:イ;;;;;;;;l、ノ': い /ハ ヾ7ヽ、、    /;;;;/ハ/V'
: : : :_j;;;;;;;;l△ :  '′ i, `ミー'≧  ノ;;;/リv:.:.゙i,
: : : l;;;;;;;;;;;;;;」ヽ: :    ,ゝ、,,_,, :-ェァ'"7:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ.
: : : '-‐ ''": : : : :    ,ヘ/^''ァ彡'",/:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
: : : : : : : : : : : : :   ゞ/ ,  l ,ィ'7:.:.:.:.:./:.:.ヾ:.:.:.::.:.:.:ヽ、
: : : : : : : : : : : : :    〉 i ├チ':.▽:.:./:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、


           ___
         , -―`=ヽ-z== 、、
       /'´ ̄``  '´    ヽヽ
      , ′         、  ヽヽ
      /    , ,、    ,i!   i l l
     /,! i  、/!/|li  /ト、/lト.,  N l
     / l! l  /リ_ト、l| /|Llj-リイ i l/リ
     l/ リi ,イzキ6メi l / zi6キラ! ト ノト'   まぁ、あちらさんもまさか私たちが
      __Ll_ 'ー' '′  'ー'´,_r'、‐く
      「f r‐'メ、        (,ィ 〉 〉/>   こんな速攻で攻めてくるなんて
     〈l l l ヽゝ、 、___,   / ' ///ー-- 、、
   ,. -‐ '^ゝ、_.ノ \.ニ.r '゙´\ __,.イ     丶 想像もしてなかったでしょうしね。
  ,}、   〈`ー '´   ,} {    `゙`'ソ    /,. ヽ
  }ミヽ   ヽ、   / トイ  _,:x'イ   /,イ /
  )ヾヽ  ,ノ丶、ィ彡' {:::ト、_彡'´〉  /,ィ彡' {


     /// /:::::::::} r.rー.、\ヽ
   /// // /::;/llハ:::|:ヾ:::::l ヾ|
  / // / /  /  /:/ ヾ :リ i i \
   ̄/// //:::::/、  /:/   | :l | i  }  その認識の甘さが、今の結果を産んだのだ。
   //// /:::::/__ ヽ //   _ l:::::| | | /
  l// //:::::/T;;;;ラヾ// /二__|:::::| l //   女帝マリア・テレジアもヤキがまわったものだな。
   | l//:::/ `=- /  /エ;;;,)_,|::::|ヽ /   
    l/ /:::/       /   ̄ |:::::|l /     ハプスブルグ家、恐れるに足らず、か
   ▽ |:::ハ      /    }:::// |
     ,):ハ|ヽ `- __,  /////l |
    ▽リリ| \ 二" /リ:/|▽ ▽
    /{ 〈|   ヽ- "/:| ヽ▽

58 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:43:24 ID:FMH/O3vo

【一方、オーストリア】

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ボヘミアが占領され、ラオドン将軍が降伏したというのは本当か?
\_  _______________
    \(
     \   __,、-''"¨´ ̄ ̄`¨゙ヒー-:、,,_
       ,r''"  ,,       ,,ニ、    `ヽ、
        /;i',,〃"        (  ゙i     ゙i,    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,/ 〃    丿    ゙l, ,/      ゙i,   |  は、事実でございます
     〃     彡  7゙ リ |' .   i   ゙ヽ、 \_  ____    _,,;::--v--:、_
   / ,   ゙i, f r'  〃   ノ!、| i  l   ミ、 l     \(        ,,r'"ー:、,r'ー-ミ `ヽ,
  ,i',f";i' |   } い ,/  ,/゙i(、い | !、 ご゙ {      \      i ,r" ̄`゙''⌒`'ヾヽ i
  l_| i ,, _彡'"ノヒ人( f ,/ _,,ニゝヾミ、ミーヽ  |             |i,l        い、゙i
   ゝ| i l 「"´┬ヲ=,(( '''"r┬テ;ァ Jf`:、ミ:、l リ             !,ノ          ゙N  |
    `'ゝミート  ̄  ,}`    ̄  =彳! ト  ソ             |,/| ー-、  ,,ィ-ー | ゝ |
       )ハ    /         i',ノ,イ川:リ)             ヾY', ´゚ ̄i  ゚̄ ̄ レ1 |
       {; ゙i    ゙ャ ;:.      , ;"  /               ゙ぃ!   ,|    ,,  / |
       \゙i   __ニ ,,,,_     /〃 .f"                 |`i  `ー'"  ' /-' リ
         ミヽ、  `ニ'"    / ),、 、ド                  `i !、 ''''ニ''ー  /   ツ
         ,)介、     _,/ /´「ノ ,ソ                   iリ゙ト、    / )ノリ
          ,>l,,_`;、__,,,,;:'"ニ-ー''"~_> 「                   トミ=┬''"=''"ヲ
  _    .  `T''=:,,`Y''二-ー<_. ̄,r}ノ      _,,,,,,_____    ,シ'rぅ゙l | !n〕とイi、,,,_
     ゙̄l__, 、__,r儿'~゙i.| | :| f⌒゙し|(_ノノ|゙i、__  _  ,i'`ー---===,,,,,_二ニニ''ー-z=ミニ,ーニ'"`''ー-
  =''ニ"~//''''''l,ヽ二ノ,!.| :| ゙、__,,>''"-'^ー`'''ナト:┤                「  `i'ニ-=" _,,-
  、_  l゙ l   ゙i Tーァ' ⊥.!`ーァ ,r'"    ,,ィ/,,ーケ┬┬-,ニ,,__        |,,,,ィ-f  ,,_r'ニ-''"


                       __
                   , −'"~   `''ー-、,_
                  /         ヽ、 `ヽ、
                 ノ            ヽ、 \
              , -'",, −' /イ         \  \
              l       レイN/Vr ヘ  ヽ、   `、
              |             / ヽ、      )
             イ ,.‐'´         /   `i、/    {
             { , -'"~ _,,,.-―''''" ノノノ     )(    し  プロイセン、敵ながら見事だな。
             リ  ,.‐'ヘ   , -'"< _彡  _,,,.-ル、  r
             {  (  l r´ `=ァ'-、 彡r 'ュャ' 小/ノ    だが、我々の戦いはこれからだ!
              ゝ \ィハ:    ̄~   . |  ̄  /.-'´
               ン  弋: :::      ::::. l   イ
               >   ∧:::::      ;;;7  /
               〔   /::::\ . ..:  一一  /
               `i ∧`''− `'-、 "" ̄ ./
    ,一一一一一-、、  /  `''ー-、, `''ー- '"|   ,一一一一一 、
   /         /-- '  i、⌒У⌒ヽT r⌒'"|-―く`''‐ 、       `''-、
_..--tーー一一一一'"/  `''‐-.‐'´⌒)  |(r⌒ノj    \ `''‐t一一一一ー\

59 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:43:47 ID:FMH/O3vo

  ,rー--{       / / |     /            |    ヽ        ノ
  / / ̄!      / 〈  ノ/  /            ‖   ヽ      (_!
  | レ´ ̄_>   / ! 'Y /    !  /           ‖  |  ' ,      `!
  ,ヘ`二彳´    | |  f/ / | | /     |     ‖   |  ',      `!
/     |     | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |
       |     !f   }| { | |,イ|,f/| .‖  .j   / } |  |   |        |
      レ‐イ  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ   ヨーゼフ、あなたはまだ、そんなバカなことを
     /   |  rュ,⌒)ル'ムィテ'i'テ〒ミ`ノノ/ /レ'`ナメイァ // / /    <(´
   /     `ー<@〉},'  ハ辷'_..八` " ノ.r' ,rテ!ムz'//イ /レ      ノ     言ってるの! もう我慢できません。
  /         `マ  ,' ´"'''"゛      {、_.'ノ 'zィ'   レ'_  _,...-‐´
/            ,' | |',         j,  `'''''゛//     ) `´           プロイセンとの間で、和平交渉をすすめます
            ,'  !! ヽ、      "      /├‐-‐ '´
                ,' ‖`ヽゝ^ヽ    ~'   _.. イ |
    , ‐ ´ ̄`ー、._  |   |>´   ヽ.._.. -≦  /  {
  /          `┤ ‖       ヽ r-―-、_! 


     _, 以≧=彳シ::::: :: :ji::...|!:.:.:. i........i、. . . .ヽ:::ヽ
     >:::::::⌒ス く;;;;;;;;;;::::::ィj:::八:::::::i;、;、.i、ゞw;, ヽ:::ゝ
    〃iii | j { ::{(ゝ ニ ノ;;jiノiトゝ、;;ゞ.;;.;ヽ_:::::ー:': ゝ;,〕
    {jj リノ:::ノ ノ:::)八゙iゝjjノj_、jj----弋'、__::,.-'´..;;jり
    レ'==ジ人_-_-ゞ; {…ェ代ア¨フ:.:ヽ.:.::;;ノr 、.::...:..ゝ    母上、ろくに戦いもしないうちから
     {イ ハTイ<弋テヘ.} `リ       =≦ノ/.:..:.};;;;;;;;;り}
     { l(ゞミヤ    ,!         .:.:../;イ ハ)ノ;;;;;j..从j    和平交渉など、そのほうが馬鹿げています。
     ゞ'ヘ、゙i     |   、      :.:.:.{/:レ'´/;,;,;,リ..:::.ノ-
        ノゞ、   'vr::':´      :.:.::.V{:/..jノリハ:::,ィ     そこまで、あなたが政治に関与するというなら
        フjハ    ._ _..,     :.:.:.:/ト{/,イ;;;;;;:ゝ(_  
       "´!Nハ   ´ ...... 〟    ./:八. f f ;;;;いj「     好きにすればいい。その代わり、私は退位する
            `、         /:.:. /:.:. )リ ;;;リ'´  
            ハ、       /_:.:. :./.:. :.ノハ l j,
           カjヘ _,,, ィ'´.:. :.ニ-ー''"~_>. -j j";
           .  `T''=:,,`Y''二-ー<_. ̄,r}ノ      _,,,,,,_____    ,
         ゙̄l__, 、__,r儿'~゙i.| | :| f⌒゙し|(_ノノ|゙i、__  _  ,i'`ー---===,,,,,_二ニニ''ー-z=

60 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:44:25 ID:FMH/O3vo

           {: : : : : : : : : : :: :: ::_\          \\  \
           }: : : : : : : : : :: :/   \__      ヽ.ヽ   ヽ
           {: : : : : : : : :/ /    ',   ヽ`ヽ.    l |   〔
          /: : : : : : :/   ,'  l   !   l {_  :l |
          \: : : ::/ l   |  l   l   |  : : }  l |
    /|       }: :./ |  l l  |   |    l  l: :{   ! :l  /   どうして、私の言うことがわからないの。
  / : !   _  ヽ,'  |  l|  l   |   |  l: :L.  | ! /',
_ノ   :└ ' ´  /  l |  :l  :i l   l|__」: 斗.イ :|: : :ト、 l |イ||l   退位なんて、そんなことは言わないで頂戴。
    } ー┼¨  /  |',  l |l !  ll:  , -- 、 l:|: : :i: ハ. |」 | i
    レ Cト   {__  l l :|  /l  ',  |l: / f´:::::.ヽ Y: : /::|ヘ |」/ | l   そんなことをすれば、それこそハプスブルグの権威が
           /  Vヽ ',/ヘヽ ヽ j ! ヾーい jノイ :| { 〈   |
    ー/┐ヽ  〈    V ヽ//「::::ヽ 丶    `¨´  /! :|/ /  !   地に落ちてしまうわ
    / _/     ヽ  , ト、 ヽハ乂:い,          |:l ::| / __l
            // :/>、ヘ.U¨^ヽ , ―- 、    !:! : :!// _,
|     つ     厶/ :/  |  : ト、   ヽ(  丿   |,! :|イ'´
}_   /  / ̄ / :/  | :: :| \    ̄    /!| :l
   \ ・  /    / :/  /l : ::|    `   ー‐ '´>l:| :|


           ,r'′                     `ヽ
       .ィイ゙        ,′ ,jiii! !ミミ;;y′ jii!  ',   i!、
       ィイ 〃:.   :   ,′ ,jiii! !ミy′  jii!:.  i:.   i、
      , イ.:.〃.:.:.:.  人 __ノ .:.;′'゙゙′ V    jiiii!!.  !:.   ,!
      ノ.:.:.〃.:.:.ト、_ノ  /.;r'.:〃 〃   'V   .::j11.:.  !  Ⅵ
    /ハイ.:.:彳.:.:.:ト、 .:彡/.r'.:〃 〃    ,小 .:ノ川.:i    Ⅵ
     レイ.:.:jiiii.:.:.:ゞニ彡l∧ィイ 〃   ,.イハハ斗ムi.l.トト、,ィ彡..::!
      レイ.:.jiiトトV゙゙゙`ニ≧:、、,,,V  ィイイノ,,、ィ≦´十トトィ彡.::.:〈   私がいなくとも、マクシミリアン(ヨーゼフの弟)に
     `ヾ.:.:.:N(  弋モ弐㍉ ト イィイ<モテラ¨゙乍/1i.:.:.:.:ソ
       ゙{.:.:.い     ̄   '、(      ̄    ,リ 11.:.:ノ    帝位を継がせればいい。
         ゙{.:.:.い       .:.:;;i          リ ノノ:〃
        ゙{.:.ゝ',        .:.::l         ,'レイ:(       あなたの操り人形になるくらいなら、退位したほうがマシだ。
         )ハ:ハ       ヽ r'         ,'.:i.::トハ
           )ハ       _ _         ノイ.:.ノノ
           ,小、   ´  ̄  ̄``    / いリ
          _ノ/`ヽ\    ´ ̄`     / / ,.イ
  ¨ニニ二二二7/     `ヽ、       /_//;;l にニニニニニ
      .:.:.:.:.:ヾヽ      , ミヽ、__ ,...イ, ‐.<:;:;:;:i. !.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .:.:.:.:.:.\ヽ  ((⌒) いY レイ⌒)ノ;:;:;//.:.:.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:.:.\\  ノノ ∧1 .j(;:;:;:;:;:;:;://.:.:.:.:.:.:.:

61 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:45:01 ID:FMH/O3vo

【解説】

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i   今回の一件をめぐって、マリア・テレジアと皇帝ヨーゼフ2世は
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨   主導権争いをはじめ、ヨーゼフ2世は自身の退位すら
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│    ほのめかすようになります。マリア・テレジアはそんな
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   Wikipedia.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|     ヨーゼフ2世をなんとか宥めすかし、プロイセンとの和平交渉を
.         /^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│      進めていきます。
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l


              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !   ヨーゼフ2世も、ロシアのエカチェリーナ大帝が介入を宣言するに至り
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V    ようやく和平交渉に同意します。
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!    ただ、オーストリア、プロイセン両国が自分に有利な条件を引き出そうとしたため
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!     なかなか交渉はまとまりませんでした。
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ     
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ

62 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:45:51 ID:FMH/O3vo

【1779年5月13日】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /   そして、10か月以上の歳月をかけ、ようやく和平交渉がまとまりました。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト      オーストリアはバイエルンから、インフィアテルの小さな領地を獲得。
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人        プロイセンはアンスバッハとバイロイト両辺境伯の相続権を獲得。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}   
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ     この戦争を機に、プロイセンがヨーロッパでの発言力を強めたのに対して
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ     オーストリアはその領土拡張主義を他国に警戒されるようになり
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/       さらには、マリアテレジアとヨーゼフ2世の主導権争いまで
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/         露呈するようになりました。
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ          では、閑話休題。ここからはまた、フランスの情勢をみていきましょう。

【解説終わり】

63 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:46:36 ID:FMH/O3vo

【ヴェルサイユ宮殿】

        /
        /
      レ/              ノ i
        ,'       _   / /l |
      l      ,.'",,. '"/ '´ / ハ、
      l.   ,. --'´、___l/_,.-‐'ー-.、ヽ、
      ヾ  /::::::::::::::::゙Y`゙l:::::::::::::::::::::`::..、   ええ、私もアメリカに行こうと思います
       ヽ l::: :: :: : : ::j:i ヽ:: : : :: : : ::::::::l
       _,.--、::::::::::::/,:   \:::::::::::::::::/
      /,'.   ヽ ̄´__/     `''ーr‐'´ノ
.      / .l  ,.-' ̄、  ゞュ、,.   ゝ三彡,
    .i .,'-‐‐‐'゙-..、_\ ーヽ‐-  ヾニ-'_
   .r'ノ'゙    ,_'ーノー-ヽ‐'リ    ,.ィ':: ::,,:
   j/ _,,.ノー--、  ,.ィ'"゙'、/-‐''",,..-‐'"
   /{   _    Y゙、::::::/;'/´ヾミニ、
.  / ) ‐'´  `ー-、_、ノ:/:;' l     ノ、
 /  ヽ       ノ::ヽ':::::;'  :、  ./. ヽ


     ___
   /⌒  ⌒\
  /( ●) (●) \
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ  そうかお、マリーが寂しがるお
|     |r┬ |  (ヽ |
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/   どうか、無事に帰ってきてくれお
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\
| /  ,(⌒ヽ/    \
ヽ_ノ  ー '

64 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:47:03 ID:FMH/O3vo

                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ     陛下、陛下ー
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、   って、あら、フェルセン伯も一緒でしたか。
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\  男二人で、何をこそこそ話してたですぅ
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ
   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ
  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ
 l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ l


         ____
       /      \
      / ─    ─ \ 
    /   (●)  (●)  \  お、マリー、ちょうどいい所に
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   フェルセン伯がアメリカ独立戦争に参戦されるとのことだ。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

65 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:47:46 ID:FMH/O3vo

                 ,  --=ニニ、ヽ、
.               ∠ -―‐--- 、 \\
               / / /  ,   `ヽ ヽ\
              // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
              // // / // / //||l l!  \
             {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
             l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく   戦争に!
             N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
               jヘ、  _   " 彡'// |l  |    なぜ、そんな危険な場所に
               / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
              厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
             / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
                / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
            / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
          /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \
             | /「 } /     / |「 /   |_}      〉     ヽ
         |  | ,′   ,イ}{ ||/   |_}      \      `、


     /                   _      `,
      !                    `ヽ     l
     /                       !      !
    /     /  /                 、l , -     ',
   l     l   !,ィ               ノ'       ',
   ヽ     !  !l!             , , ノ        /   私もアメリカの自由と独立のために
    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_   戦おうと思うのです
 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ     (そして、悪い噂がたち、あなたの立場がこれ以上
 }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
 l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´           悪くならないためにも…)
 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
_,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,
              ! ト.ノ   , ―---=、_ヽ l / \ ヽ
            ヽ〉′      , - 、 `i.| !/   〃,.、!

66 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:48:17 ID:FMH/O3vo

         _,、-‐‐‐-、,__
.     .,、ィ'"´::;::.::.::.::.::.`l `ー、,
     /::.::.::.::.;イ::.::.::.::.::.::.`、 * `j、
      l!::.:::/ |::.::|::.::.::.::.::.::`、 * l!ヽ
     |/   l!:::ト;::.::.、::.::.:.::.`、.* |! `、    (お、落ち着くですぅ、マリー
   _,//.●   ヽ! `、::.::',::.:::.::.::.l * |  `、_
  '、´ζ'''      `  `、:::|::.::.::.::| * | ,、-"´   ここで動揺したら、周りに怪しまれるですぅ)
.  \l r.、     ●  `!::.::.::.:|!.*.l/
.   ,ゝ、ゝ`ー、  ,,,.  /::.::.:/*/:|       そ、それは残念ですぅ。せっかく親しくなれたのに。
   { * `ヽ`~_   /____/.*/::.|!
.   ,ゝ-‐゛ゝ≧‐- ̄"/ * /::.::.:.:|       どうか、無事で帰ってきてくださいね
  (´l:::::/´/"l `ーl-"::イ .* /::.::.::.::.|!
   `"/`、´ `  |::::::::::` ̄}-、::.::.::.::.|!
   /:::::::::` ̄ ̄::::::::::::::r‐'‐'´::.::.::.::.:|!
   ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::.::.::.:_、-"
    `、;;;;;;:::::;;;;;;::::::::::_、-"::::::´-、
     `ー'´`ー-' ̄ ̄  `ー-''"´

                   /                          `;
                 /                             ゙、
                   /                                 Y
                 {                                i
                   ∨             | i|                  |
                   ,イ|    イ     从 jノい八 i        `ヾ     !     もったいないお言葉です。
                ハ!     :|:!   ノ八 (  Уハ乂   `ヽ      |i    リ
               乂、   :|:!i / Ⅵ、、 ソ   メ ノ  `ヾ`Y、、    リ   !/      このフェルセン、必ずや生きて戻ってまいります
                   / /:.\ 从!{//∨77777ハ-ハ77777∨777У乂    イ ヽ、
               / /:.:.:.:.:`Y小/////////r−//////////イノ  /: :∧ ヘ
             _,/ /:.:.:.:-=彡ハ∨///////.:i  \//////イ彡/  (.:.:.:.:.:.:∧ ヘ
          __/ ̄//:.:.:.:.:.:./イ 乂_ヘヽ////:.:.:|    ヽ////从′ ノ:.:.:.:.:.:.:. :∧ ヘー: . . __
        三三//:.:.:.:.: //:.{八  从  ̄   、j;,_      ̄ /イ  Y:.:.:.:.|!.:.:.:.:.:.:.∧ ヘ三三二ニ
.       三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:`ソハヘ    ____ ,    /ルヘリハ:.:.i.:|!:.:.:.:.:.:.:. ∧ ヘ三二ニ
      三三/ / :.:.:.:.:.:.:.:.:./// :.:.:.:.:.:.:.:j \   ` 二 ´   /彡イ:.:.:.:.:.:. i.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} j三二ニ
.     三三/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:./    ヽ       / .:   !:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.> "´ .イ三二ニ
    三三く く:_:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ.    ` ー― ´  ..:.:   从:.:.:./> "´. .<三三二ニ
      三三` ー―ー== 、:.:.:.:.:.:.:.:.{  ヽ.            / /:.:.:.:.:/..<三三三三二ニ

67 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:49:00 ID:FMH/O3vo

【そんなわけで、フェルセンのいない日々を過ごすマリーアントワネットだったが】

       /          ∧_,ハ          . : :.、
 (___,. '      . :    . : : : :!ミY彡ヘ、  . : '    . : : : : .
   7ー―一   . .:i   : : : : : |       i   : '    . : : : : : :.
.   /   /    . .:i   : .:i: : .:| ___  | . : ,′ . .:/ : : : : : :i
   ′ /   i  . : :ヽ  : i.: : :|´   `ヽ!: : ハ  . .:/ . : : : :.::|
   !/ '   八 . : : {, く: :| \l   笊そミメ、 :i.:|. :/  . : : : : : !
  八  |   . : \. :∧ _ヽ!   ヽ " r'.:::jハヾ刈i/  . :/ : : :,′   それでね、その時メルシー伯が…
    ヽ Ⅵ : i   : :\:{ィ斧ミ     i:::し.::::}ノイ/  . :/ : : : :!
      ヽト、:{\   : : {i r.:ハ      弋ー゚シ′/  . : :/ . : : 八     って、王妃様、私の話、きいてるのかな、かな
          ヽ \ : :.ヘ弋::j       ー一 /  .: イ . : : /   
           > : : :\  ,       ´厂  . : : :.:/
            , ′ . : :一    。      /   : : : .:/
         /     . : :>ー 、_     ,′  . : : j/
         ,′    . : / / 〉ト..-ヘ. ,   . : : : く⌒ヘ、
.         ′     . i 〈    /`Y    }   . : /l//  /
         i     . : : ! ∧   {ノ  /{ . : : //  /
         |    . : : /j/  ',    }/ /八 . .:/´   /


        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ   あ、えぇ、もちろん聞いてますわ。
          l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
          〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|    メルシー伯がどうかしたですぅ、ポリニャック婦人。
           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|
            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ
         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\
     ,r‐'´/: : :{ 米|   ,ィ介   | 米|: : : : : : : : : : ゝ、_
    ./ :./: : : : :.i   |   //小   !   |: : : : : : : : : : : \:`ヽ
   〈: .: :ー‐-: 、:i   |   // }。j 〉  !   |.: 、: : : : : : : : : : : ヽ: |

68 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:49:25 ID:FMH/O3vo

           _     ',             `、
        ∧ /:\    ',    i         `、
        l::::::、-''''',    ',    i          `,
     l   l     ',    l、  .:i:.       ',.  ',
.     l  .l      l   ハ  .:::ハ::.    .   ',  l
  ::.   ハ  l     l  / l..::::/ l::.   .:::..  :l  l   やっぱり、王妃様、フェルセン伯がいなくなってから
  ::::.  l `、 l _, -''  l  /` 'lー:/ 、l:::.  .:.:::::i:.  .::l', l
.  :::',:::.. .:l- ''ニ-─   l /  ̄ニ-  l::::. ..:::::::i:::::. .:::ハ/  様子がおかしいのかな、かな。
::. :::::'、::.::l , ,'`、lし`''  .l / ´/:::::( \/:::::,:::::::/l:::::.:::/
:::::..:::::::`、::',/ l:::::::::::l    '´  l:::::::::::l / >/:::::/ l:::::::/   隠し事なんて、水臭いのかな。
::::::::::::::::::::<. l:::::::::/      l::::::::://:::/::/ ,':::::/
':::::::ヽ:::::::::ヽ _`--´'      `ー''//:::/、 /:/       王妃様は、もっと自分の気持ちに正直になったほうが…
`i:::::::::`' 、:::::\       `     ' l/:  ',
..ll`,:::::::..''''''` 、`、    ー -    /:::::::.   ',
  ',::::::::..  `, 、,          /:::::::::::.   ',         私たちの間に隠し事なんて、不要なのかな
   ' ,:::::::..  ', l `' .、    ,, -''´\:::l::::::::::.  l
    ' ,::::::..  'l   ` '''l´ \   \',::::::::.  l
  _,,-´',::::::.  l      lヽ l  \- 、``、::::..  l
_,-´    ',::::.  l       l     /`/、:::  l


              ト、 /ヽ. ,、 /ヽ イ
                 ', \/  \/|
              li    n   r l
                   |    U     !
           ,  '´ {ニニニニニニ}`丶
            /  / ゝ--------- ' 、  \
        /  / /    /  |  、 \.  ヽ
         /´   /.:/.:    / / l |  ヽ  ヽ  ',
      /   ,.::/.::    / /j / |::..  :i:::.   ', l    ポリニャック婦人…確かに私は
       / l  .:l::;.:::..   / /' |:_/\::._ |:::.  } l
     l /|  .:l::l―‐-/ / /'  ̄_丶}::::  l :|    フェルセンのことが気になって、仕方がないですぅ
     |' ',:l:.:.:寸二ィ:Zハ '  / イ:Zハ 「 j/.:: /: l|
     |  \:.:.:.ヽ弋少     乂tツ /.:.:.; イ:::. l|    でも、私はフランス女王。
         lト _xx   丶   xxx/イ_.ノ::::::. l!
          /   :.:.ヘ`   '..`    /i::::::::l:::::.:. ',   その辺の軽薄な貴族のように、浮ついた真似はできないですぅ
          /  .:.:./.:.:> 、 _ . ィ::::::::.丶:::::',::::::. ',
       /   .:.:._r‐t、:_:. -、j , -‥、::::::::::.ヽ_:ヽ::::. ヽ
      ,.' .:.:.:;:'」 y'´, -―ッ'z‐_ 、    ̄´/,」┴ス:::.  ヽ

69 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:49:56 ID:FMH/O3vo

                __,. -─-
             ,  ′      ` ヽ
     、     /             \
     ヾ二, ̄´                 `ヽ
       /             ,         、
     / /       /   厶∧        ,
    / /      l  イ   /   !  l      }   そう、フランスで一番えらいのかな
    l /,'      !  ! _,厶-、 !  _,,.⊥, イ        l
    |/| !   l  K |__ヽ, |   / /`ト  /   !   誰に遠慮する必要があるのかな。
    |l |  |   l  !ィ丈ミ、 ヾ|  ?iミヽ,!  /     l
.      l ∧  \ | r':::::::}    r'::::::} |ヽ/     !   もっと自分に正直にならないと
      ヾ  \  ヾ 弋z:ソ     弋zソ/イ  / /
          >、_\    ′   /´__ / Y
         /   弋    (   )  ̄イ     |
        /     _>xヘヘrー'  , ヘ、!、   |
.       /   /|/ ry' / / ト-イ´    ヽ,   |
      /  /`'一ーl / / l|  ヾフヽ ___ ヽ l
       | / `ヽ、;;;{     ノー、/::::::::://∧ !
       |/     人_|    /  /:::::::://::ィ´  ヽ


  . - ―― r― - 、
'´      _ノXXXXX`丶、
      (XXXXXXXXXX`丶、
      /XXXXXXXXXXXXX\
     r'XXXXXXXXXXXXX >く
  __{ XXXXXXXXXX厂 ̄ ;  ヽ
:'´/::/:/XXXXXXXン'´ ̄, .:.' , ' /   ハ
::/::/::{XXXXXX7´://:.:/.;.:' / ′ i
;'::/::/XXXXXXノ.:'´/:.:/:/:.:/::/ ;: |
:/: /XXXXXX〈、/:.://.:.:/: /:./: / l
:: /XXXXXXX}/ `ン<.:.::/.: :./:.// :,′  それでも、私はフランスの女王。
:/〉XXXー=彳マミx< >:.:.:; ':.〃:/ /
::;'XXXXXXXノ  x廴癶^ /::メ/ / /     それが私の誇りですぅ。
/XXXXXXXl     `゙ / ,ィx'彡シ′
XXXXXXX八       {7゙!          それを自ら否定するわけにはいかないですぅ。
XXXXXX丿        ,.ィ:|::|
XXXXXX)     ` ー, イ:/::l::|          う、…急に吐き気が…
XXXxx个 、    . イX//::.:
XXXXXl::l::.:l>くXXX《:|::.:
XXXXXl⊥/XXXX_X_x〉
XXXX》《ニ!} XXX∧::.::::
XXXXハ ヽ \ X/三ヽ

70 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:50:20 ID:FMH/O3vo

  /             ∧ ∧         \
. /              .:|、.:l;..ヘ   |       ヽ
 l           l   .:.!    |   |:.         ,
 |        |   .:.ト  .:|    !:..  |:.   |  、   |
 l        |  .:._|_ヽ :.:|  -ー '|' ーメ,!:.   ! .: |ヽ  |
 ヽ       !ヽ'゙´.:|--ヽ !  ,=|≠、 |:.  /:. .:.:. | ヽ !    王妃様、それってまさかツワリ…
         ,.|'゙,X ´|テミ ヽl   |::::`:} メ イ:.:. .:./: !  ヾ
  ヽ       ∨/|ヽ!:::::i    ヾz:ソ ゙ 7´.:.:.:/!.:/
   ヽ      ヽ! ヾ=zノ     ─ '/ー 'ハ |/
    l      \l_ ─ ´  `    ´ 7:.:..  ハ
    ヽ| ` ー-- t `ゝ    '´   /:.:.:.:.:.  ハ
.     |  .:.:.:.:.:.:.:.:`t 、 _     ィ' ヽヽ.:.:.:.:.. ハ
      |  .:.:.:.:.:.:.∧|   l`  ̄ !  ヾ\:.ヽ:. ハ
      | .:.:.:.:./!/   ィt'|    l=ミ 、   \ト;. ハ
      | .:.:.:./ |l , ィ'゙:::ベ   _  `|:::::` ー-、 ヽ: ハ
      | .:.:.:.:バ´::.:.:.:.:.:.:.ヘ ,ィ´ -`ヽ,|:.:.:.:.:.:.:.:.:/^ハ: |

                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ   えぇ、どうやら二人目ができたですぅ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl

71 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:51:00 ID:FMH/O3vo

【そして、1781年10月22日】

フランス待望の王太子誕生

          ___
         /\  / \
   キリッ! / 〓   〓  \
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \  ヘ         /  /

       ルイ=ジョゼフ


          /⌒l
        :{.__, |
          {   |
         }.__, |
    __,/厂{  |、
  __ノ{  、   }ー ,八
  |! 、  |  {.イjj \
 | |  ヽ.___,フツ'´  )
  ヽ.__>ーく_(rへ__,/ハ
   ハ..__,.ィ"丁厂_,ノ ノ :〉              ____
   !ヽニニニニ-tijj":::i:{            /_ノ   ヽ_\
  |i ::::巛'::::::j;彡'::::;':/l         /( >)  (<)\
   :|!('.:::::::::jj彡'::::/人      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   でかしたお、マリー、ついに王太子誕生だお
   ヽ_'ー--一__''ニ´ くヽ \ー-、  |     |r┬-/      |
    /´「`广 ̄:::彡::  l }  j}ヽ、\\     ` ̄'´     /    これで、王室の人気もまた回復するお
  /..:f}!!   :::三::  ! ' ,ハ  \,,> \      ,. -‐'"'´~'''
_/ .::;i}!}|!    ::三::.. :.  j:: ;    (⌒!ノ ミ.  ̄彡 !h´.,.,;.;';;'';:';'';;.;.,
{ .::;}}i}人`    :::三ッ川:..{:. ;    jlY^) ミ....::彡 rj^),;'';:;':;;';.:'':;':;'.;.;


        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ  兄さん、王太子誕生おめでとうございます
..|       、__',_,   u.   |
...\    `‐'´     /    (ちっ、生まれやがったか。これで私の継承順位が下がりますね)
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

72 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:51:44 ID:FMH/O3vo

【サンソン家】

              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'    さっき、ヴェルサイユで祝砲がなっていたね。
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,   今回はドーファン(王太子)が御生まれになったみたいだ。
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!   
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')


                   _i´ ̄`i
                   /  ̄ ̄ `ヽ
                  /    / ,ィ   ヽ
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|
              i'`i | ,.-、  ,.-、.|.r';、
              '、,| |.   . .   .| !,ノ   そうなんだ。よかったね。
               |.| |:、 ヾ二フ./i |
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |    これで、いつも王家や貴族の悪口言ってる人たちも
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ 考えを変えてくれるよね。
           ,'  、,:-'くl  i.>i'i!l,:'__.l  iゝ-、  ',
              i  ,.!_ _ノ.`l l //i 'i .)`´!___ノ   i
          |  i./ !  `/ .i l) ヾ゙   |ヽ   |
             ,|   / !  ,:|  |i .,'    .i ',  |
        ,:'"`i!.  'i‐-' ./ ,!  |  ゝ、  .,'.  ', |

73 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:52:57 ID:FMH/O3vo

【パリ市内・一般民衆】

         //"////
      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    ふん、王太子が産まれた?
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          だから、なんだというんだ。
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           それで、俺たちの暮らしが楽になるのか?
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /    こっちは、明日のパンにも困ってるってのに
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ      王家の連中はいい気なもんだ。
  /|   __/ /:/ ノ\
人_ノヘ/ ゛  /:::| |ヽ
゛゛  ヘ/  /::::::::/ ̄ ヽ
__/、 ノ |::::::::::| ̄ ̄\
  /|  |゛_ ヘ:::::::ヘ
          ,/

            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !    そうだ、アメリカ独立戦争だか
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /     なんだか知らんが、俺たちの税金を
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ  湯水のように使いやがって。
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ   王家なんて、王家なんて…
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''− ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,

革命の足音は着実に近づいてきていた

74 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 18:55:43 ID:FMH/O3vo
というわけで、短いですが、今回はこの辺で。

次回は、アメリカ独立戦争の終結と首飾り事件の予定。

ようやくというか、なんというか、やっと革命に話が入りそうです

75名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 18:57:18 ID:ETqTmutM
乙でした。
いよいよ佳境でしょうか。続き楽しみにしています。

76 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 19:36:17 ID:FMH/O3vo
まぁ、佳境というか、ようやく本編というかって感じですね。

革命に入ったら、入ったで、そこから長くなりそうだし。

77名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 19:37:05 ID:eGh9lLQ2
乙です

マイン・カイザーがあれな人に見えるww

78名無しのやる夫だお:2010/03/15(月) 19:59:13 ID:K.pxf6s2
乙でした
ヨーゼフ2世は反抗期か

79 ◆Z8aP46qE9c:2010/03/15(月) 22:05:03 ID:FMH/O3vo
ヨーゼフ2世は、ここだけ見るとアレな人っぽいですが
全体的に治世を見たら、それほどひどくはないですよ。
ま、母親が偉大すぎて、見劣りはしますが

80名無しのやる夫だお:2010/03/22(月) 20:25:53 ID:VyBsuG7Q
テレジアは流石に大王の怖さを良く理解しとるな。
運もあったとはいえ、本来絶対に負けるはずのなかった7年戦争を
実質戦場の勝利のみで引き分けに持ち込んだ化け物だからなフリードリッヒは。
そら最初から戦略的に不利な条件で絶対に戦いたくないだろう。

8180:2010/03/22(月) 20:33:49 ID:VyBsuG7Q
>本来絶対に負けるはずのなかった7年戦争
オーストリアからみれば本来勝てて当たり前の戦争というべきですた。

82嘘つきのやる夫だお:2010/04/01(木) 09:55:52 ID:AxCO52rE
保守

83名無しのやる夫だお:2010/04/02(金) 17:35:22 ID:lAeV9siI
プロイセンの勃興といい、ちょび髭伍長といい、ドイツって不思議な国

84 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/04(日) 09:33:18 ID:lOiWHJyk
保守

85 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/04(日) 09:34:53 ID:lOiWHJyk
間違えた。
来週末あたり、更新します。

ドイツは不思議というか、ナチュラルに変態が多いよね。
いい意味でも、悪い意味でも

86名無しのやる夫だお:2010/04/11(日) 16:49:36 ID:TK4rwO96
まだみたいですね

87 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/11(日) 19:07:45 ID:b5XcJoHQ
すいません、明日の19〜20時頃の投下となります。

よろしくお願いします

88 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:28:47 ID:t4LOwsus
それでは投下します

『首飾り事件 前編』

【1782年1月】

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /           .ヽ
         |     '⌒    '⌒ ..|              ふぅ、どうやら、ようやく
       /.|     ( ●) .( ●)|\
      /  ..\、 / ̄ ̄ ̄ 丶/  ..\           アメリカ独立戦争も終結しそうだお
    /       ./       \ .   l
    \    , --'、             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
    /\  / ⌒ )        /         ./
    /    ,′  ノ         /          ./



      /: : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::ヾヽ
   , 、   ':: : : : : : : : : : : : : : :; ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::: ヘ
   ! \{: : : : ___:_: : /   :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:l l
   l   `l ̄: : : : ::::::::::: ̄:l    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l  l
   l   l: : : : : : ::::::::::::::::::l    '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ′   それはいいが、財政がマッハで
   ヽ  l: : : :: : : ::::::::::::::::::l   〈.:.:.:.:.::.:.:.::.:/   /   
   /   :: : : : : : ::::::::::::::::::l    ';:.:.:.:.::.:/  /      えらいことになっておるぞ
  ,'    丶:: :: : : :::::::::::::::/     l─''´    /    
  l     ヽ: : : ::::::::::ノ      l     /
  l  、      ̄ ̄       ,   l  , イ        
   、 ヾ ィ⌒r 、     ,ィヘ⌒> 〃 l r'
   ,ヘ    ̄`ヽl)    V´ ̄    ' l           
   { \ ニ     、,    ニ  / /
   \  >-、 t__人__ノ__,. イ ./
      ヽ _ ミ)廴:::::::::リ(ミ  _/
        ̄   ̄´   ̄
      財務長官 ネッケル

89 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:29:27 ID:t4LOwsus
              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)        それは分かってるお
       /.|        (__人__)/´二二⊃
      /  ..\         /  '‐、\     というか、それをどうにかするのが
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/     ネッケルの役目じゃないかお
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ


                / ヽ
             _ノ   └- 、    ______
            /   /. : : .:.:.:.:.\´. : : : : : :`丶/⌒ヽ
           /,    〈: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.>…─-, :.:.:.:.:.\ }
         /`,_┬ 、  \.:.:.:.:.:.:.:.:./    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:V   無茶を言うな。わしは錬金術師じゃないんじゃ
            ′、`ヽハ    ` ─ '       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
            ! `   、_  , ィーr、 _     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ }   何もないところから、お金をつくれるわけがなかろう
            、  '‐<  ,   ̄`ヽ} -   , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   !
          }ゞ._   ̄  、`  ` /.:.:.:.:.:.:.:.:.:. '   /
           { `Y^ヽ、___   _. <:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´    /
           \`ー'  ̄`¨ ̄       ̄ ̄     /
            ヽ、            _.   '´
                 `` …──…   ´

90 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:29:56 ID:t4LOwsus


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|      うーん、となると、やっぱ貴族達に
       / |              .|\
      /   \         /   \    課税するしかないのかお
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./  でも、そんなの絶対にあの連中が納得しないお
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


            {  ,  ' ´: : :`丶:.:.:.:.`丶、
             >'´. : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:\ /ヽ
             /. : : : : : / \: : : : : : : __/   ',
           /. : : : : : : : ;    `7 ̄ ̄: :.:.:.:.:.:丶   l
        /. : : : : : : : : |    '. : : : : : : :.:.:.:.:.:.:` 、 |
        ,'. : : : : : : : : :j   | : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
          ハ: : : : : : : : : :/    ,: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.}   ',
         ! ヽ: : : : : : ;     、 : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/   !       納得するもしないも
        ',   ` --‐ |     \: : : : : : :.:.:.:.:/   レ┐  
          、     r┐ l   、    ` ‐----‐ ´   _ ,彳 j       自分たちの足元が崩れてしまえば
           ヽ   | ヘ '、 -`  _          / = / /    
          .::::\ ',ヽ\\  =  ``          ノ/ 〃        元も子もないだろうに。
            ::::::::_>\`く=-` ‐- . __ 、___.x._ノー彡' /  ̄`丶  
           (    \`ミx._ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _. ィ'´/ _ノ    )  貴族どもは度し難いな
           `ヾミ_  >‐-=.`¨二二¨´=-‐< ¨ _.. -=ニ´:::.
            ..:::::::::`¬=‐ ========= ‐<´:::::::::::::::::::::

91 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:30:22 ID:t4LOwsus

          , .:クー-r‐'7フ┐XXXXXXXXXX>、 \
          //::.::.::/::/:/::.:/:`7^ヽXXXXXXXX7 /
          ,:' ,:':::/::/::/::/:/::.:/::.:/:://!(XXXXXXXメく
       ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
        // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
       〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
      |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
        ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|    陛下!陛下!
        ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
          ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|    こちらにいたんですぅ。探してたですぅ
         /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
          /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|
        ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
        / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
      八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
     '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
     /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!


                   - ―――― 、
               /         \
             /            ヽ
                /  ´  ̄ ヾ  `ー−、   i
            l  ( ● )   ( ● )    l         おや、マリー、どうしたお、そんなに慌てて
                l   /  i  ヽ         iー 、
               ∧  ゝ___人____ノ      ハ:.:.:.:.\
       r===ミ /:.:∧.// ー‐         ' リ.:.:.:.:.:.:.ト、
    __トミ彡1:.:.:.:_,xくxく          イ 〃:.:.:.:.:.:.:l:.:.:ー-....._
 , <:.:.:.:.:.トミ彡1≦>''´:.,ハ> ――― ´  //:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ=彡´.:.:.:.:.:.:/  \        ノ/ /.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

92 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:31:02 ID:t4LOwsus
  l    /´⊆※っ /: . : . : . : . : .:/ : : : : : : : :ハ: : :ヽ: :\
  ヽ  j    `   /: . : . : . : . :/: ; : ‐''´: : : :/ l : : : }: : : ヽ
 ̄丁ヽf      _/_:_:_:_:_:_:;;..≠、ニ -‐ フ´: :/  / : . : l: . : . ヽ
三/:.:.:.{  、h,.  l:.:.: : : : : : :/ _ ..``' ´‐< ,, _ ../::イ:.:../: . : . : .l
;;/:.:.:.:.:.} ⊂,. 、⊃{:.i:.: : : : : ´l `了''ゝ..、ー 、 _/ノ/: /:.:.:.: }: . : . !
: :.:.:.:.:.(   J   |:.l:.: : : : :l: |    { ノ:;;jハ ´   /:Xl l:.:.:.:.l : l. .:l
:.:.:.:.:.:.:/     ヽl: : : : : |!:l    ヾ'ソ     ノ _`ヘ:.:.:.:./:.:.:l:./    メルシー伯にきいたですぅ
:.:.:.:.:.:.ヽ  「!   トヽ: : : : lヽ ヾヽヽハ      が;、∨:.:.:.;jノ
:.:.:.:.:.:.ハ ⊂,.、⊇ {  \: : '、             、 じ'/:/:.:.:.∧      アメリカ独立戦争で、アメリカ連合軍優勢で
:.:.:.:.:/:.:ヽ lJ   |: : :.丶、\            ///ノ:.:/
:.:.:.:./:.:.:.:ム    ヽ: : : .  `    ヽ、 _   人/         戦争も近々終わるかもしれないって
:.:./-‐≦ヽヽ  r、 }:: : : : .        ..ィ:::::::}
´〃     { c X'' ヽ: : ヽ:.:__:_ .   , イ:.:.※:.:.:}           (そうなれば、フェルセン伯がフランスに帰ってくるですぅ)
 ll       ヽ ヾゝ ト、 /:::::.:.:.: ̄丁::l ヽ: : : : ノ
 l!      {    `ヽ Yハ:::::.:.:.:.:.:.l: : |/{: . 〈
 |       ヽ  fj  }Z´斤\:.:._:.:l: : .|  ヽn, |
 l        〉⊂, え ヽ〃|ハ ヾヘ)-、:.l  {f!〈
 ヽ   `丶、 {   lj  〈:/ |ハ  > 〉 ヾ、 |  |


           ____
         /⌒  ⌒\            うーん、まだ決定ではないけど
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \        3か月前のヨークタウンの戦いで大勢は決したお。
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__    イギリスでも戦争派の声は小さくなってるみたいだし。
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"

93 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:31:34 ID:t4LOwsus

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ   これで、イギリスから賠償金も
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!    ふんだくれるお
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     計 画 通 り         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   とはいえ、ここでフランスがイギリスから
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    賠償金をふんだくれば、ヨーロッパのパワーバランスが崩れるし
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     そうなれば、またヨーロッパを舞台に大戦争が起きちまうお
  \ /___ /

94 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:32:09 ID:t4LOwsus

        ____
     /     \
    /  ─    ─\     それよりは、各国のバランスのためにも
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |    賠償金は請求せずに居た方がゆくゆくは
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )  得策なのかも。それでなくても、イギリスは今回の戦争で
  |      / / |       |
                     相当な出費をしてるはず


         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   ||
          ||  /       \ .||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \
        |     (__人__)     |    と、そんな事を考えたわけだが、どうだろうか
        \    `⌒ ´     イ
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ|    マリーにネッケル
       〈   ,┌、-、!.~〈       i
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´    ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

95 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:32:40 ID:t4LOwsus

                       ,. -- 、 _
                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}         わたしは難しい話は苦手ですぅ
             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i
            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´    プチトリアノンに行ってくるです
           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i
         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!
        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/
     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( ●)  (● ). .ヽ     はいよ、行ってらっしゃい
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\    (ま、予想通りの反応だお)
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

96 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:33:12 ID:t4LOwsus

           , 、
            /  ヽ_____
             /  /: : : .:::::::` -、__
           /   {: : : .:::::::::::::::}   ̄ 7
          /     ヽ:.:::::::::::::::ノ    ノ
       '       ` ‐-‐ '     「
       ',  _ `¨`     _       !    ふむ、ヨーロッパ全体の大局を見据えての
        > -  、_x _,  `¨     レヘ
       /: :\    }ノ´   ニ  ノ y'    考えは立派じゃが、そうなるとフランスの
    , '. : : : : >--‐‐,   ___.. '  /
    /. : : :       _. へニ①-'   /      経済危機は一向に解消されんが
   ,: : : :       ´           '.
   {: : :                '      どうするつもりじゃ
   /!: :                    }
  { ',:      , 、         ,
  ヽ._ヽ     /゚o}          〈
     \            _. -‐--`
       ` ー---‐  ´

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._         この戦争が終われば、おそらくアメリカは正式に
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\   主権国家として独立するお。そうしたら
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /    フランスが一番の貿易取引国になればいい。
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |     そうすれば、戦争出費分も元はとれるお
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

97 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:33:37 ID:t4LOwsus

                / ヽ
             _ノ   └- 、    ______
            /   /. : : .:.:.:.:.\´. : : : : : :`丶/⌒ヽ
           /,    〈: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.>…─-, :.:.:.:.:.\ }
         /`,_┬ 、  \.:.:.:.:.:.:.:.:./    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:V   たしかに、今回の戦争でアメリカには十分な貸しがあるからな。
            ′、`ヽハ    ` ─ '       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
            ! `   、_  , ィーr、 _     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ }   あちらさんも、我々のことをムゲにはできんだろうな。
            、  '‐<  ,   ̄`ヽ} -   , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   !
          }ゞ._   ̄  、`  ` /.:.:.:.:.:.:.:.:.:. '   /
           { `Y^ヽ、___   _. <:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´    /
           \`ー'  ̄`¨ ̄       ̄ ̄     /
            ヽ、            _.   '´
                 `` …──…   ´

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   そういうことだお
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   我ながら、完璧なプランだお
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

98 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:34:18 ID:t4LOwsus

【解説】

       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |     前述のように、ヨークタウンの戦い以後、イギリス本国の中に
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !      反戦の世論が高まっていきます。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i       事実上の休戦となりますが、実際に講和条約が結ばれるには
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|       2年近い歳月がかかります。
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',     その期間の大半が各国間の利害調整に費やされました
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i


                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\     結局、フランスはわずかばかりの領土を獲得しただけで
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',   その見返りは戦争に対する出費とはとうてい釣り合わないものでした。
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |   また、イギリスとアメリカは戦後、そのまま貿易取引を続けたため
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l    フランスが割り込む余地はなく、ルイ16世の目論見は見事に外れました。
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|     これが決定打となり、かつてないほどの財政難に陥るフランス。
          |   Wikipedia.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
.         /^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨    民衆の王家や貴族に対する怒りも高まっていきます。
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│      
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│      そして、1785年1月、フランス革命の遠因ともいわれる首飾り事件が
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l      起こります。その前に、アメリカ独立戦争中のフランス内外の主な出来事を
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ     ダイジェストでどうぞ。

99 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:35:03 ID:t4LOwsus

【1780年11月29日 オーストリア】

.:.:.:.:.:.:.:_ -‐ '´ ァ'         /  /          ,イ / `ゞニ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:| ::::::::::::::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:,ィ´..-‐'.:´.:/           ' /  ィ    _ -‐//ィ ,' ,/ ヾコ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ.:.:.}‐辷、_::,、 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/イ.:.:.:.:.:.:.:.厶  /     ,. イィ'  / ,.斗''´ / /イ//  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、.:.:.:.:.:.:ヽト、{く、弍ン、.:.:.,.:-―.:.:
'".:.:.:.:.:.:.,.イ´  / _ -‐彡' ス  ,イ '",イ;-/-=彡"_|y     ゞ、≦ミー-、.:.:.:.:`ヾ.:.:.〈`>廴卞ソ }ゞ´.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.;イ/-=≠=-‐ ¨´ 〃{  ハ 〃/ ,イ_二ニ≠'     |  ; `!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ\辷ニ、y ヽ.:.:.:.:.:.:.:.
斗ァ"/ , ィ'"´/       ,イ 八 { { ,ハ/ ,//          |  |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃ヽ jニ_,..彡'´.:.:.:.:.:.:.:.
.:.// / イ イ     , /十' ヽハ ヾ"  'イ           ! イ  `ーt-、 .:.:.:.:.:.//::::`¨''¨7´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/イキ==フ //   _.斗' ! ィ` ヾ、              / /|     | L_.:.:.:.//::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:,x≦三
厂ヽ、.:.:{ /.:.{    ,イ人 ハ  _./                 , , ′|     |  ヽ://::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:,イ   }
_ニ=ァ.:.:.:.!.{:.:.ヾ   イ:リ.:.ヽ ィ;才{                  //  j    l   ,//::::::::::::::/.:.:.:.:.:辷ツ   ,'
  廴.:.:ヽ!_.:.:.\ 〃r‐-レj'7  ヽ、            /イ    .     l   ,'.::′::::::::, ′. イ´     /
   `¨"´ ヾニ=ヽ!_入.:.:/イ   `        ,. =彡'"      /イ    , /::::::::::::::/"´        ,/
_.. -‐- .._      `   y" ‘     r=- _,..-=イ       /'"l   ,〃 :::::::::::/         , ′
       `  ‐==ニ"´   ヽ   ,. =ミ'"´             /',.斗   ム、::::::::/  _二ニ=‐'"  /  , -‐
                 ,.へ .:;"´  `            /イ::: '   /::::::`<.¨ ̄ ̄ 7    /  /イ´
    _ _____ _ , ァ=‐ '"  /,へ、          /イ:::/  ,/:::::::::::::::::::`丶、ィフ¨彡'"   /イ"
_ -‐ ¨ ̄   __ ,ノ/       il   ヽ        /〃::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ<.     !{
__ _ x== ‐ ¨ ̄´        ヾ: 、 __ ≧-  _ . イ"/::::::::::/ ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:.:.:.:.`ヽ、ヾ: 、
-‐¨ ̄                 ,'イ::: ̄¨ニ=‐/ニ=‐イ:::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>`ー==
                 /:::::::::::::::::::/r'〃人 |:::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

まだ、私にはやり残したことがあるのに。

あぁ、ヨーゼフ、後のことは任せたのだわ・・・

【マリーアントワネットの母、マリア=テレジア 死去】

100 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:35:49 ID:t4LOwsus

           ,r'′                     `ヽ
       .ィイ゙        ,′ ,jiii! !ミミ;;y′ jii!  ',   i!、
       ィイ 〃:.   :   ,′ ,jiii! !ミy′  jii!:.  i:.   i、
      , イ.:.〃.:.:.:.  人 __ノ .:.;′'゙゙′ V    jiiii!!.  !:.   ,!
      ノ.:.:.〃.:.:.ト、_ノ  /.;r'.:〃 〃   'V   .::j11.:.  !  Ⅵ
    /ハイ.:.:彳.:.:.:ト、 .:彡/.r'.:〃 〃    ,小 .:ノ川.:i    Ⅵ
     レイ.:.:jiiii.:.:.:ゞニ彡l∧ィイ 〃   ,.イハハ斗ムi.l.トト、,ィ彡..::!
      レイ.:.jiiトトV゙゙゙`ニ≧:、、,,,V  ィイイノ,,、ィ≦´十トトィ彡.::.:〈   母上・・・、後のことは私にお任せください
     `ヾ.:.:.:N(  弋モ弐㍉ ト イィイ<モテラ¨゙乍/1i.:.:.:.:ソ
       ゙{.:.:.い     ̄   '、(      ̄    ,リ 11.:.:ノ    (よっしゃー、これからはわしの天下やーー)
         ゙{.:.:.い       .:.:;;i          リ ノノ:〃
        ゙{.:.ゝ',        .:.::l         ,'レイ:(  
         )ハ:ハ       ヽ r'         ,'.:i.::トハ
           )ハ       _ _         ノイ.:.ノノ
           ,小、   ´  ̄  ̄``    / いリ
          _ノ/`ヽ\    ´ ̄`     / / ,.イ
  ¨ニニ二二二7/     `ヽ、       /_//;;l にニニニニニ
      .:.:.:.:.:ヾヽ      , ミヽ、__ ,...イ, ‐.<:;:;:;:i. !.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .:.:.:.:.:.\ヽ  ((⌒) いY レイ⌒)ノ;:;:;//.:.:.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:.:.\\  ノノ ∧1 .j(;:;:;:;:;:;:;://.:.:.:.:.:.:.:

101 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:36:09 ID:t4LOwsus

【1781年10月22日】

前回でも出てきたとおり、フランス待望の王太子誕生

          ___
         /\  / \
   キリッ! / 〓   〓  \
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \  ヘ         /  /

       ルイ=ジョゼフ

同じく1781年

【ネッケル解任】

                / ヽ
             _ノ   └- 、    ______
            /   /. : : .:.:.:.:.\´. : : : : : :`丶/⌒ヽ
           /,    〈: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.>…─-, :.:.:.:.:.\ }
         /`,_┬ 、  \.:.:.:.:.:.:.:.:./    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:V   ちょっと王妃の浪費癖に口を出しただけで
            ′、`ヽハ    ` ─ '       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
            ! `   、_  , ィーr、 _     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ }   解任とはな。まぁ、どうせ、この国も長くあるまい
            、  '‐<  ,   ̄`ヽ} -   , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   !
          }ゞ._   ̄  、`  ` /.:.:.:.:.:.:.:.:.:. '   /
           { `Y^ヽ、___   _. <:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´    /
           \`ー'  ̄`¨ ̄       ̄ ̄     /
            ヽ、            _.   '´
                 `` …──…   ´

102 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:36:50 ID:t4LOwsus

【1781年10月19日】

ヨークタウンの戦いにて、独立軍ならびにフランス軍が、イギリス軍を包囲。

イギリス軍コーンウォリスの降伏により、独立軍の勝利。


ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~french/ala/fashion/img/01-hair.jpg

フランス海軍の大活躍により、帆船風の髪形が大流行

【1783年】

パリ講和条約 締結  これにより、アメリカ合衆国の独立が承認される

103 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:37:40 ID:t4LOwsus

【解説】

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i    では、これから「首飾り事件」に移ろうと思います。
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |    ここで言われる首飾りとは、かつてルイ15世が
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |    愛妾であるデュバリー夫人のために作らせていた
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||     ゴージャスな首飾りのことです。それが、いまさら
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{     なぜ物語に絡んでくるのかというと・・・
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ

104 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:38:13 ID:t4LOwsus

 :::  ::: ::  :::  ::::  :::  :::
   ::::::  ::   ____  :::::  ::::  ::
   ::::::  :::::/.::::::::::::::::::::::::.ヽ :::   :::   ::
    :::  :::|.::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|::  :::  ::    念願のゴージャスな首飾りを作ったものの
    ::::  |::::::::/  ─  ─ | ::  ::
    ::  (@ ::  .(○) (○)|  :  ::::     誰も買ってくれん・・・借金してまで、ダイヤをかき集めたのに。
     :  | :::::⌒(__人__)⌒) :  :::
     ::::  \    ` ⌒´ / :   :::      どの国の王家に声をかけても、無反応だ…
      ::  ノ        \ :   :::
       /´          ヽ  :::      ここはやはり、マリー・アントワネット様にすがるしか

      宝石商 べーマー


【ヴェルサイユ宮殿】

         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´    もう宝石は十分すぎるほど持ってるですぅ
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!     だいたい、あの忌々しい売女のために
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l    つくられた宝石なんて、ほしくないですぅ
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l

105 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:38:59 ID:t4LOwsus
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
    |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
    |::::::::/ ノ   ― |
   |:::::::〉 ( ●) (●)|    そこを何とか、おねがいします。女王様
   (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |     世界広しといえど、この宝石を身につけられるような
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    セレブはあなた一人です
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                   __, -─‐- 、_
             , -‐一'´- ====‐- 、 \_
            / , イ, -‐ ─── - 、_ \_ \
             / //.:.:.:.:.:,:.:'´.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.ゝ-、ヽ \      (⌒)
        /  , .:イ.::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ\ \   /´
       <   / .::/.:::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::`ト、  l
        \/ .::/.:::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::/::::/.:::::::::::::i:::::::| | _」
            /.:::/.:::::::::/.::::::::::::::::/:::::://::::, イ.:::::::::::::::|::l:::l/'´  \
         |.::/.::::::::,:へ::::::::::::::/.:::;ィイ:::::/ハ.::::::::::::::::|::|:i|       l         何と言われようと、買わないですぅ。
         |/i::::::::::::::|::::\::/:::/'´/::::/、_,, -ー‐-::|::|:|| ,r ‐一'´
           ト、:::::::::l''ー==ーュ、, /:/ ,ィ仁ニヽヾ::::|::!:!|::|/>⌒i〉 ,rr= 、    だいたい、その首飾りをばらして
          ト::ヽ::::::l ヽ いシ7 ´   ヽいソ7 /:::::j::/l::/j>.:.:.:.i〉7´   )
          |::::f ト、::ゝ, , , ,       , , , /:::::://:::! !>:::::「/   /     ダイヤを売れば、借金なんて返せるはずですぅ
          |.:::{ i - ',     ヽ        /"´ 」ヽ/ |>:::「/   /
          |; イヽ.  \    )ー-‐-‐{   , イ ‐米‐  j>::「/  , イ
         / /  , -米-,)>  __ _ , イ   |  !,ィy'⌒ヽイ oj )ノ ̄ \_
         /  /  /l|  j /    ,ィネネト-、_!  | | (,イ ー-、 \ ィソノ   _」i
     _, イ^>、  /  }  i   /r'7夊ト、``ー、 」 //ー-、    /7ヽィニニニソjト、
  /  //  >、  ト、 |  /::/ /::, 个:トヽ  !,. イ‐-、   // / ̄``ー- 、  l
 / _,.ィトハ  /  >、 j:::爪! |::::ト/::/! fj :| i:::ト、/:::ハ、    // /         ` ┴- 、
.〈fレ'7::/ ヽ ト、  / ノ/:::i1| | ヾニニi::! fj l:| ヾニニ 'I  `ゝ、_ノ/ /   ̄`¨`ー- 、  /::::\

106 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:39:40 ID:t4LOwsus

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ノ^,  ^ヽ |    そりゃ、確かに、この首飾りをばらせば
   |::::::( ((・) ((・) |
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)   すべて解決です。でも、この至上の芸術作を
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´ /    ばらばらにしてしまうなんて、できっこありません!
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i

 /:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.ヽ
./:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:',
':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
/|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、
:.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ
:.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:
:.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:      なら、借金漬けのまま
-、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐
 ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J        死ねばいいですぅ。
./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `
ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-    _._ _._   -‐"‐/l !   l )  / 〉     とにかく、今後はその首飾りの話題は
) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く
  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:      禁止するですぅ。
ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :
: :!: :} l  ! !l     /::/ //:「ト、\ \::\  / l.! l    〉: : : :

107 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:40:29 ID:t4LOwsus

【数日後 ヴェルサイユ】

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ―  ― |    というわけで、取りつく島も無い状態なんですよ。
   |::::::( ( ●) (●)|
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)   聞くところによると、あなたは王妃と大変親しいとか。
    |     ` ⌒´  |
    \         /     どうか、王妃に首飾りを買っていただけるように
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ    話をつけてもらえませんか?
     |  \/゙(__)\,|  i


     /:::::::::::::::::::::::::-、::::::::::::::::::::::! ヽ::::::::::::::::::/  -、ゝ:::::::::::/
    /:::::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::/  l::::::::::::::/   |::::::::/|
    .|::::::::::::::::::::::/  /l:::::::::/   !::::::::/   , -、レ冫 l
     |:::::::::::::::::::/   /  l, -─ 、/  ‐ '    //'' 、|   |、
    |::::::::::::::::::|  |   / /´`'コ        !!   | |  | ヽ
     ヽ‐' ̄-、|       | l  ,_ ||        |.! | .! | l  | |     そうねぇ、ちょっと考えておくわ
     l     ヽ      ! ! ! ,/|           !.!二 |/  l ノ
     |  \        \`ー‐ノ         -、 ̄......  ト- 、      (これは絶好のチャンスね)
    __ヽ  !,)    ..::_,.-二::::::...       ' ...:::::::::... /::::::::`\
   ,/::::::\、      / / /  l             /:::::::::::::::::::\
, -'´::::::::::::::::::::`‐‐'|\_ l / │ / r'´〕   -=    /::::::::::::::::::-、::::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /| | |  .| /  /       ,/´\::::::::::::::::\`\)
:::::::::::::::::::::::::::::::::/  , -.l、| !   !l   l_    _,,.-''´'t- 、_   ̄ ̄ ̄
::::,.-7::::::::::::::, ‐'/ ̄\`ト、     \二`ゝ'´   T、  \
´ /:::::::::/´ /     ` |l、     ヽ'゙ `ヽ_     !ヽ   |

          ジャンヌ・ド・ラ・モット伯爵夫人
かつての王家ヴァロワ家の血を引く伯爵夫人。王妃と親しいと嘘をつき
自分に近づいてくる男どもから、金品を巻き上げて暮らしている。いわゆる悪女

108 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:41:19 ID:t4LOwsus

【伯爵夫人邸にて】

          , ──- 、
          /       ⌒ヽ
         /    / )ノ )ノ )ノ
        l    / //⌒   ⌒ !
        |  /  |゚) |   |゚)|| −、   あの男をうまく使えば
       Y⌒     ー   、ー ヽ|_j |
        ヽ_       _   ノ ∈ヽ  王妃の名をかたって、首飾りをだましとれるかも。
      / ⌒\   ///) //__/ ノ
     ∠   ノ l` ー|  |´   / /   
         ̄  /  ̄ / ノヽ、/  /    『あ、もしもし、ローアン大司教様?
         /⌒ヽ/ /  |   /       王妃と親しくなれる絶好の機会が見つかりましてよ』
         l  /  /  |、_ノ      
           lヽ  /   |         ※イメージです。実際にはこの時代に電話はありません



         ____
       /        \〟
      i──────┐ ヽ
      | ⌒ヽ ⌒ヽ\ |   |   『やぁ、ド・ラ・モット婦人。ご機嫌麗しゅう。
      |  >|・   |─-|_ /
      j ーc ─ ′    ヽ     え!王妃とお近づきになれるチャンス!
       ⊂____ /!   _ノ
  _(\ \ \ __/ /      詳しく話を聞こうじゃないか。すぐにそっちに行くよ』
 (─   ヽ、 ` ─_──イ- 、
  ヽ二_ノ \/|/\ /   \
      \
       ローアン大司教
フランスの貴族の中でも屈指の名門で、放蕩癖のある男。
女癖の悪さから、王妃に嫌われている。本人はなんとか
王妃の信頼を得て、さらに出世したいと考えている。

109 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:42:06 ID:t4LOwsus

     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l
 /   | /    l    l
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ    婦人!今北産業!
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ
    \  \−、-、_/ノ  _   _
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、

       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|    首飾り
   | : : |  | (゚|    |(゚| |    分割払い
   ヽ,-i   -′  、-′|    保証人
   _ | ヽ      _′ ノ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ |

110 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:42:42 ID:t4LOwsus

      , ─── 、
     /_______ ヽ〟ヾ
   (( |/ ─ 、 ─ 、\ |  ヽ
     |    |    l   |   |     なるほど、王妃が例の首飾りを欲しがってるけど
      |   / |ヽ   !─r-、ノ
   (^ヽー ヘ ` ー ´ノ|  6 !      さすがの王妃も一括払いは無理がある。
    `ー 、⌒`ー─ ´ |  _ノ ノノ
       \⊂二   ノ /\      そこで、分割にするから、僕に保証人になってほしいってわけか
      、────´/ /\
        ̄ ̄ ̄/「/\/ /^ヽ
            i |    |  |


     | |Vl         -―‐-ゝ.
     |ノ  \   <´        `ヽ
     |ヘ.厂 /   人   人     )
     |   / /X フ´ノ ) /⌒ X  /
     l  /  /  /ニ、 ´  ,ニ、 T|l
     ヽ/  /  / /:::::|l    |l:::::l l l^i   さすがはローアン大司教様!
       Y⌒j   { {0::ノ    _ !0ノノ ||
         | ヘ   / /      rl // V    見事な洞察力ですわ。まったくもって
    , -―ヽ _」      /⌒ 1    }― 、
    /     八     〈__)ノ   /    ヽ その通りでございます。
    /    ∠ 「L /厂广>、_rく\へ、_  <
   /∠ / | | |   / 〉    〉 ヽ ̄
      /   ヽ \!    〈ク     /  |
      |      \ \    \  /l   |

111 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:43:22 ID:t4LOwsus
 
      _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|   かつて、ルイ15世が愛妾のために作らせていた首飾り。
   | : : |  | (゚|    |(゚| |
   ヽ,-i   -′  、-′|   時価160万ルーブル(今の貨幣価値で約200憶円)
   _ | ヽ      _′ ノ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ  さすがの王妃様も一括では手が出しかねて、分割払いを希望していますの。
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ    でも、160万ルーブルの保証人となると…
    |  |    ̄   ̄ | |


         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |
     /    |  /   ヽ /   ヽl
    l   |  l      |     l    そこいらの貴族じゃ、保証になんてならんねぇ。
    |    |─|      / | ヽ    lヽ
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ   僕ぐらいの名門貴族じゃないと
  /   | )  /⌒ヽ         l
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ

112 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:44:03 ID:t4LOwsus

            ,... -::─::- ....、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l   そうですわ、大司教様。
    L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!
     ` ┬' −、 `  −、   | r L...._    それと、王妃様がローンなどとは外聞が悪いので
        ,..:lヽ | ・ |   | ・ |     ',ノ::::::::`ヽ、
     ,/:::::::`l `- r  `-    /´:::::::::::_;<ヾ この件はくれぐれも、他言無用でお願いします
      ´'ー--\、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´


         ____
       /        \〟
      i──────┐ ヽ
      | ⌒ヽ ⌒ヽ\ |   |    もちろん、誰にも言わないよ。
      |  >|・   |─-|_ /
      j ーc ─ ′    ヽ    何か、話の進展があったら、僕のケータイに
       ⊂____ /!   _ノ
  _(\ \ \ __/ /      電話してよ。すぐに飛んでくるから
 (─   ヽ、 ` ─_──イ- 、
  ヽ二_ノ \/|/\ /   \
      \

113 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:44:40 ID:t4LOwsus

        ____
    ゝ/: : : : : : : : :\
   /: : : : : : : : : : : : : \
   /: : : : : :┌---,----i─
  | : : : : : : :|   / /i^i |
  | : : : : ,--v    |_|_゚| |    大司教のやつ、帰ったみたいだな。
  |: : : : | d.        '┐
   ヽ: : :ヽ_    ┌── |    というか、ケータイとか時代考証ガン無視で
    ヽ;;/     \/ /
      _|____┌ - ′     テラワロス
      /:_:_:_:_:_:_:_:\    ∩
     / /  ̄ヽ,   「   / ~ ̄,⊃
     |  i     \ | /\ ノ
   ニコラ・ド・ラ・モット伯爵
ジャンヌの夫。それ以外に特筆すべき点はなし

    _,,,......,,,
  ,,,''"    ゙''''丶
  i;;:::::ハ,:::::ハ、::::ハ ノ
 !:::::ノ-lノ ノ'"- l/  
 r、|  イ゚j`  'l゚j` l     お前が言うな
 、_:  `  ' ` ノ   
  >、 丶フ /i:\
  l /`i -'イ   W
  W /\/ /⌒ヽ
   /l./\/    ヽ
   l       \

114 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:45:21 ID:t4LOwsus

【翌日 ヴェルサイユ】

         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |
     /    |  /   ヽ /   ヽl
    l   |  l      |     l
    |    |─|      / | ヽ    lヽ   今までは、王妃様から相手にしもらえなかったけど
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ
  /   | )  /⌒ヽ         l    これからの僕は一味違うぞ!
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´     あ、王妃様、本日もご機嫌麗しゅう
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ
       |         |  |
       |         | ̄l


/:::.:::.:/  /、// /:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: } .:.:.:,ハ.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.\   \
、:::.:::.:/   ,'ヽ'イ.:.:/.: /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: / .:. /: ヘ.:.:.:.: ヽ.:.:.:.:.:.:. \   ヽ
::\::,'  __i! /.:.:.:/.: /.:.:.:./ .:.:.:. / :.:.: ,イ .: /.:.:.:∧ .: ヘ.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ヘ
:::.:::/ ,.イ.:.,レ.:.:.:.:.!.:./.: / .:.:.:. /.:.:.:. // : / .:. ,ハ丶.: ヘ.:.:.:.:.:',.:.ヽ.:.:.:',.:.: ',\ ',
:::.::'<_/.:〃.:.:.:.:.:|: |/ :.:.:.: /__ ∠ ノ:, イ .:. /ーヽ-\_':,.:.:.:.:|、 }.:.:.:.|.:.:.:.!  ソ
ヽ  /.:.:.!|.:.:.:.:.: /--―/__,∠_ // ノ.:.:./  ァ‐\-ヽ\-|::V.:..:.:.:!.:.:.:|/―- 、   (馴れ馴れしく声かけんなや
、 ヽ_,'__|j_,.イ.:.__,. -‐''z ニ_二.ヽ// /.:./   ´ァ',二'_ ニ\ソ、::!.:.:.:.:.|.:.:.:|三三三
::ヽ,イ.:  ̄ハ ̄ ̄.:..:ヘ く´ ,仁ニニY ヽ //     '´ 仁 ニハ `7:、ソ.:.:.:.:.i.:.:./三三三              このウジ虫が)
/,ノ.:/.:.:{ ',.:.:.:.:.:.:ヽ:ヽ.\ゝ._,.=',, - /',ハ ̄¨' ‐-、ゝ =、ムイ/.:.:.:., イ.:./´ ̄ ̄ ̄
. //.:.:.: ヘ ヘ.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\ー―''´  / \}        ̄ ̄ イ゙ .:.:.:/ !ノ- ァ― ―-
//.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ、.:、.:.:.\-`-                 /.::.;ィ´ //:ノ.:{.:、\\.:
/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| ¨ 'ヽ、\ __ヽ、      ___      /-‐''´/ノ_, ノ.:.V:∠ヽ\__ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:'、 / 、`ヘ   ̄     ∠二二>       /, 、 ij/ぐ7=ャ \ ァ=
.:.:.:.:.:/ ̄ ̄}^ヽr‐、` ゝ、        ==           / {!  ,ハ\_ゝ-' {!  ゝ
.:._/ー、/`ゝ く_  ゝ、 \          _     ,.イ    ,ノ‐ ヽ.:ヽ、  --  _,
/ r-、'´r‐く _,ノ^ヽ|__}‐-、V\ _  __    _{ _ヽ.__/,イ    {,. -、イV__`i=-r‐'マヽ
__/ _ノ .'ゝ、_j r''ヽ〈¨ヽ\_ノ/ ̄{´。V  }__ / _,.‐'.: //´`ヽく__, ノ i´  ノ三!  | ,'
`〕 __}/ r'´,、`|  {,イ、_レ'_ヽノ l ゝ-′〈, イゝ‐仁ス.:.:./_ヽ.ィ / __/ム`i `7 '^ヽ| //
{__ __}}ヽV´ノ j'、 '〈 /_/ノ,ノヽノ! ∨ i! ' | r'=‐'^Y´_, } { { { ゥ,rァ ,、Y /´ノ j レ'レ′
 { `´ノ // ヽ_ノ  |´ |ヽ、 Y ヽ_,ノ、 ,ハ. ヒフ j`/イ ヽ.j ゝ'/,.イ三` / ノr v 、三
   ̄   ´   /    |ー 、!、 | `´ヽ、, -、\ `ー'   \     ´ }三三´三`^''´三

115 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:45:50 ID:t4LOwsus

    , ──- 、
 ゝ/ ______\ っ
 /   |/ / ⌒ヽ⌒ヽ|
 l  |─|   ・|・   |   っ   ご機嫌うるわしゅうないようですね。
 V⌒ U` ー  ヘー つ
  ヽ_  /⌒ー── ´       失礼いたしました
    | |⌒ヽ /    _
    ヽ二二二⊃_/)///)
   / \/\|ー///) ヽ /
   |  ̄ ̄ ̄ |   ノー. ′
   | ──┬┴ ′  ノノ

              _ -- 、
     ス        入    _>
     タ        /:::/トイ::::|
    タ      /:::/:::|::::|:::::|
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|   プイ
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l 
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '

116 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:46:33 ID:t4LOwsus

              _,:'" : : : : : : : : : : : : :: : : :: :゙'::、
                ,:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
               ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙:
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
            i: : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : |
            l: : : : : : ,-´^´´ ̄´´´`` ̄``-、; : : : :|
            i: : : : :r´              ヾ: : :i
            |:、: : r                   ヽ、゙i : l    本当に私は保証人として求められてるのか?
          /ヾ::/ソ  ‐‐--、 ,  ,  ,_ノ^\ヽ l::l"゙ヽ
          '、 (ヾ,,   r‐‐--、_`il,i゙__-‐‐==、  |lヽ l   ツンデレのツンの部分しか感じないんだが
            ヽ、`| \(゜  c/;;i=i    c )゙/|l'ノ/
                ヽ|  弋_/⌒⌒). ヾ____ノ´ /l.,/     『もしもし、ドラモット婦人?いま、王妃が俺のことを
          __,∠| 、 ./ / / )       / 入─、、,,_      このウジ虫が!って、目で見てきたんだけど』
       _,.-´'"  |.r- |./゙ ,/ /  /_!/`   / .l /./    ~\
  _,、-‐´'"     |.| / /  /   /    /ヽ / / ./         `:,,、_
‐'"          |.| ノ / .ノ  /  ̄ ̄` .ノ / / /          ゙''`,,、_
.            ノ/ ノ  /  / ./ ./  / _/               `
           /    /  /./ / _/ /
          ノ   ,    `゙  /―''' /
          |             ノ ̄ ̄


          , ──- 、
          /       ⌒ヽ
         /    / )ノ )ノ )ノ
        l    / //⌒   ⌒ !
        |  /  |゚) |   |゚)|| −、
       Y⌒     ー   、ー ヽ|_j |   『それはあれですわ。
        ヽ_       _   ノ ∈ヽ
      / ⌒\   ///) //__/ ノ  今までが今までだけに、急に親しくしたんじゃ不自然だし
     ∠   ノ l` ー|  |´   / /
         ̄  /  ̄ / ノヽ、/  /    周りに怪しまれるでしょ。王妃様はすべてを内密に済ませたいのよ』
         /⌒ヽ/ /  |   /
         l  /  /  |、_ノ      (まったく、めんどくさい男ね)
           lヽ  /   |

117 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:47:05 ID:t4LOwsus

       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|   『保証人をお引き受けくださるなら
   | : : |  | (゚|    |(゚| |
   ヽ,-i   -′  、-′|    誰にも見つからない場所で、こっそりお会いになるそうよ』
   _ | ヽ      _′ ノ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |


         ヽ l /
        , ──- 、
       /_____  ヽ〟
      l/⌒ヽ ⌒ヽヽ|   ヽ
      |  0|0  |_|   |   『ほ、本当かい!?』
     (/ーo  ー ′ ´⌒Y
      | ⊂__,−、  _ノ
        ヽ ヽ__ノ /
         ` ー,──´>、
         / |/\/  ヽ

118 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:47:57 ID:t4LOwsus

          , ──- 、
          /       ⌒ヽ
         /    / )ノ )ノ )ノ
        l    / //⌒   ⌒ !
        |  /  |゚) |   |゚)|| −、   『160万ルーブルの保証人になっていただくんですもの。
       Y⌒     ー   、ー ヽ|_j |
        ヽ_       _   ノ ∈ヽ       それくらいは当然ですわ』
      / ⌒\   ///) //__/ ノ
     ∠   ノ l` ー|  |´   / /
         ̄  /  ̄ / ノヽ、/  /
         /⌒ヽ/ /  |   /
         l  /  /  |、_ノ
           lヽ  /   |


       , ──-  、
    ゝ/______\
    /  |  / , − 、 − 、l
     l   |  /     l     l
     l  |─|   ^|^   |   『なるよ、保証人でもなんでも
      Y⌒  ` ─  ヘー ヽ
     ヽ_   |`───┘ノ     だから、ぜひとも、セッティングしてほしいな』
  ∩    ヽ、_ヽ__//    ∩
 ┘`ー┬─´\/\/ー┬─´ └-、
 _ __|_ ノ     |_|___三
        |        |

119 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:48:45 ID:t4LOwsus

【会話後】

    _,,,......,,,
  ,,,''"    ゙''丶
  i;;:::::_::::_:::_ :::_ヽ
 !:::::ノ ノ   ー l
 r、|  イ゚j`  'l゚j`l     おいおい、ジャンヌ
 、_:  `  ' ` ノ
   ヽ、 ー- /     大丈夫か、王妃と逢わせるなんて約束して
     `i -'イ_
   ⌒/\/ / ̄⌒ヽ
    l./\/  ヽ


    !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ゙i::::::::::::::::::/   |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
     \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、 -:::::::::::::::::::::::::゙i
       |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
       l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
       、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
      ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|         馬鹿ね、本物と逢わせるわけないじゃない
      | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
      !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l         王妃そっくりの娼婦がいるからね
     、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |
   /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__         その子と逢わせるのよ
  /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
 !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
 (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::
        /  、T   `'ゝ´二/     ,.イ`/ ̄\'‐ ,::::::::::::::7-.,::::
       |   ,r'!     _,r'´ ゙',r'      ,.l| `     \ `\:::::::::゙i `

120 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:49:15 ID:t4LOwsus

【そして、約束の日】

  /※ ノ: : : ::::: : : : : : : : : : ::: : :i : : : :、: : ::ヽ i /
 i /: : : :::::/: : : : : : : : : ::/: i: |:: : : : :ヽ: : ::ヽ|/
 |/:: : : : ::::/: : /: : : : : :.イ: :イ::ハ:: : : : : : i: : ::ヽ
 !i:: : : : : /:.: /: : : : : .//: /、/__ ヽ:: : : i: :!: : ::::|
.{!|.:: : : : :! ‐/--一./ ////  ̄`\-i }: : :::::!    要は、あたいはその男に会ったら
{! i:: : : : :!: /ェ-==、 /  // , ==-ェ、Y:: i: : ::::ハ
.}!.ヽ: ::::::∨ヽ弋{}.ソ    /  弋{}.ソ〃|:./: ::::/i:::i    『あなただけが頼りですわ』って
{!  ヽト、:::\ `¨´         `¨´  /::::/}::i:::|
::}! ※ }:ヽ:::: \_   、__,、__,   _ /:::_/ i}: :i:::|     言えばいいんだね?
:::{!  i}::::::|`T、    ヽ二ン     ,T::::{! ※ノ}::: : i::|
:::/}i  {!:::::|::/::/`..- _     __イ|::|::::::}!  fノ::: : :i::|
/:::::{!、}ハ:: i/::/:::/ 、|` -  ´| \:|:::::{!  iハ::: : : i::|
:::::::::::Y! ∨ヘ/   \  /   \r}i /}::i::::: : i::|
:::::::::/.{! ├'´    r '⌒}ニ{⌒ヽ    i !fレ-、:::: : :i::|


       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|
   | : : |  | (゚|    |(゚| |    そういうことさ、それだけしてくれれば
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ    あとは私たちがうまくやるよ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |

121 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:49:46 ID:t4LOwsus

          __
       ,,,─:゙ : : : : :\
      /: : : : :/^\: :ヽ
.     |: : : :/一  -\;|
     |:__:/ <(゚)  <(゚)|     ヒュー、こいつぁ驚いた
     (t '      ゝ |
      ^ヽ、  ヽ_フ 丿      本当に、王妃にそっくりだな
 ヽ∩    __i`__-__┐´    ∩/^ヽ
.  ´ |   /^ \; ;∧;/^ヽ   | `ヽ ノ これなら、大司教もだませるな
 ヽ/\/゙ i     D | \/\/


       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|   じゃ、打ち合わせ通りに作戦開始ね
   | : : |  | (゚|    |(゚| |
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |

122 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:50:13 ID:t4LOwsus

【同日深夜 ヴェルサイユ 某所】

         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |
     /    |  /   ヽ /   ヽl
    l   |  l      |     l
    |    |─|      / | ヽ    lヽ   いやぁ、それにしても
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ
  /   | )  /⌒ヽ         l    ようやく、王妃様から声をかけてもらえるんだな。
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´     いよいよ、宰相の席も近づいてきたな。
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ      あ!来たかな!
       |         |  |
       |         | ̄l

                  ,  --=ニニ、ヽ、
.                ∠ -―‐--- 、 \\
               / / /  ,   `ヽ ヽ\
             // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
             // // / // / //||l l!  \
            {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
             l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく    ローアン大司教・・・
              N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
              jヘ、  、_,,_,   " 彡'//|l  |
               / /丶     , ィ7´ rク l   |
               厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
             / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
                / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
            / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ

123 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:50:45 ID:t4LOwsus

     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l
 /   | /    l    l
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )    ア、アントワネット様
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ
    \  \−、-、_/ノ  _   _     お会いできて、光栄です
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、

                _,, ─=ニ二 ̄ "'- 、
            _,..-'''"__ ※  `"'- 、  \
           />゙⌒ヽ ̄ ̄ ̄"'- 、 ※ \.   \
         / ./   : :\ : :\ : : \    ∨   \
.         /  /     : :ハ  : :\ : : ヘ ※ ∨ _〆)
        / : :i    : i: : :ト、   : : ヘ : :ヘ.   | イ__/
         /  : :i   : : /,イ イ: :ト、\__,: :∧ : : :| ※゙|.八
       l l : : :l_ // ル゙i: :ノィr‐─< 〉: :.,'  .l: : \        あなただけが、頼りなのです。
       l l. : :tノ.厶イ  ル゙  (て刀ア.,': :./ ※ .l: :    \
       |∧ : :∨ (てカ`     ゞ―゙ /: :/   .ト、 : :     \        おわかりですね、大司教
.          ゝ : : \.ゞ┘ ,   ////,.イ ※  l: \ : :     \
.         `(>┬-ゝ// 、__,-'、    个   ∧.: : \ : :     '.,
.           ) 人.X゙\   `‐'   / .| ※ /.: :',: :   \: :   l
            /./ : : )゙※/゙テ=r‐ャ<.___人.  /: :  ',: :    \: :  l
        /./ : :/ /゙f .〉〉刀, 〉 〕    `X乃ミY)∧: :      \/
          /./ : :/./_「| Y|    /\  ∧ ヘ\  ̄ハ.: :      \
       /./ : : ,イ 辷竺ミY   .∧  》 ∧ノ  〉 \. l.: :        ヘ
.       /./., -'"/ノ 廴_辷竺ミ乃ゝノ∧ノ  / ※ /  |.: : : :       ',
      /./  /  ./^''^''廴___) ∧ノ  〈   〈   l: : : :      l

124 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:51:20 ID:t4LOwsus

      , ─── 、
     /_______ ヽ〟ヾ
   (( |/ ─ 、 ─ 、\ |  ヽ
     |    |    l   |   |
      |   / |ヽ   !─r-、ノ     は、はい、アントワネット様
   (^ヽー ヘ ` ー ´ノ|  6 !
    `ー 、⌒`ー─ ´ |  _ノ ノノ     このローアン、あなたのためなら
       \⊂二   ノ /\ 
      、────´/ /\      たとえ火の中、水の中…
        ̄ ̄ ̄/「/\/ /^ヽ
            i |    |  |


\\\\、   〈::::::::::::::::レへ:::::::::::::::::/   |::::::::::::;;;;:::::::::::::
\\\\\   ゝ、:::::::::|   \::::::::::|  了:::::::::/-、\:::::::
\\\、 、    | 7ヘフ―-、  \:::::| 、\::::::|   ヽヽ::::
            , イ   //⌒l |    ̄  >―\|    | |::::     王妃様、国王陛下がこちらのほうに
         / r|  / { ・ / !     / /⌒l ヽ    |::::
三       | {|  { `ー' /       / {.・ | |     !::::     散歩されてますわ!
三三      | /   \__r‐-、    {  `ー' /    |::
三三      ∨      {_      \__/      |:::      見つかる前に、お立ち去りください。
三三_     |   /⌒                   レ
         |   \_______                ローアン大司教様もお早く!
         ゝ     |         \        {
三=       /´:::\    ヽ          ヽ
≡=-   /:::::::::::::::::\   \/´ ̄ ̄ ̄ヽ |     、__
//   /:::::::::::::::::::::::::/ \   \ ___,/    /

125 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:51:54 ID:t4LOwsus

【解説】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /     こうして、あの手この手でローアン大司教を信用させ
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト        ローアンは最終的に、首飾りの代理購入者ならびに
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人          保証人になります。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}     ジャンヌから受け取った王妃のサイン入りの契約書を携えて
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ      (もちろん偽造)、宝石商から首飾りを受取り
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ         それを王妃からの使者と称する男に渡します。
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/          (もちろん、王妃の使者もジャンヌが用意した偽物)
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ


                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |    首飾りはジャンヌとその仲間によってバラバラにされ
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |   足がつかないように、その大半がイギリスで叩き売りされました。
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′   これで、ジャンヌたちが得たお金は20万ルーブルと言われています。
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||    160万ルーブルには遠く及びませんが、それでも十分な金額と言えるでしょう。
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ

126 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:52:58 ID:t4LOwsus
【それから、半年  1回目の支払期日が、1ヶ月後に迫った7月12日のこと】


               ,,,、 -- 、、,,、、 、 、 ,,
            ,、-'" ンニニミ,,,,、、、、、 ~'' 、
           /   シ彡三ミ 三三"" ミミ::ヽ
         ,r'  彡彡三三ミミ|彡三:::::ミミミミ::: ヽ
        , " 彡彡彡三ニミミリ彡、、、, ~' 、::::::::::: ヽ
        / 彡彡"   三ミミツ;;;;;;;;三ミ ヽ jjj:::::::::: t,
       ,' 川M"// ,r';;;;;;;;ヽヽ;;;r'";;;;;;;ヽ、、 :::::iii::::::::: t
       ,'  M从iレ/::(;;;;、、、、-'"''ー--ーーー、i) iiii|、jj:::::::  t
       〉 /::|" iii::::t::t           リリ从||iiii|:::、、:::: i
      ,i /::/リ Miiit::::i、ヽ         //i||::::::ヽ:::::ハ:::: i
      ,リ/iノ:::::i::|::|iii|::::i i:::|         i:||::|i|::|::t::t:::::::::::::::i      アントワネット様、国王陛下よりの
      リン:::::/i/:::|リ/|リ'j:リ         ヽi|ttt,ヽヽヽ\ヽ::::i
    ,r'"彡//ノ/ノ/ー!iー'ー''''''"、、  ,r'""二ニ乂;;;、' 、   yヽ     プレゼントが届きましたわ。
    //彡彡シノ;/''ミrミt弖テ;ッ::ヽ  i、r=キ与ラツ'' i";;;;~''ー'''" ヽ,
   i //彡ン,,、-'";;t  '"''"""  :::::!         iヲ;;、ヽ、ヽ''  t    宝石商のべーマーがダイヤの留め具を持ってまいりました。
   tYリ''/"",、-'"i||;t       :::::         リレ;/:::ii||ヽ::::ヽ  ヽ
    |/(i"r"ノ/ ツi||i;;;t      、;|, ,,,,,,      リ;;'"i,,:::t):::::~' 、~' 、 ~'-、
    t((t /::/ |/リ||i;;;ヽ      ~、''""     /;;i:::: ::: t、::ヽ\\、、:::' 、~' 、
   ,r":::彡::::  /' |iii:::ii、;ヽ    、=ニ,ニ'=-   ,r'|;;;;|:::: iii:::ti\\\\\ ~' 、ヽ
 /:::::::: /::/   |ソ:::||::ii、;iヽ    '' -- '"  ,r'::: |;;;;;|:::: t:::::   \~'' 、''~'ー、ヽ
'"::::::::::/ノ    /:::::リ|::|iijリ::::ヽ、     ,、 ":::::: |;;;;;| 、,,, t:::::    ~'' 、,   ヽ
彡彡 //::::: r/ /jjj|::リ||リ:::::::::::~' ーー''"::::::::   |;;;;;t,,, t:::: ヽ::::  :::::::ヽ ~'' 、
 彡彡彡:::::::::// / ,|ソリ::iiリ             t;;;;;t::::: t:::: ヽ  :::ヽ::::::   `
     ::::::::::::::: //  ::/リ              t;;;;;t::::: ヽ:::::::   ::::::ヽ:::::
              名もなき女官

127 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:53:30 ID:t4LOwsus

  /    _(       /´: : : : : : : : : : : : : : :\_
/     f   fj   /: : : : : : : : : : /: : : : : : : :ヽ丶、
  l    /´⊆※っ /: . : . : . : . : .:/ : : : : : : : :ハ: : :ヽ: :\
  ヽ  j    `   /: . : . : . : . :/: ; : ‐''´: : : :/ l : : : }: : : ヽ
 ̄丁ヽf      _/_:_:_:_:_:_:;;..≠、ニ -‐ フ´: :/  / : . : l: . : . ヽ
三/:.:.:.{  、h,.  l:.:.: : : : : : :/ _ ..``' ´‐< ,, _ ../::イ:.:../: . : . : .l
;;/:.:.:.:.:.} ⊂,. 、⊃{:.i:.: : : : : ´l `了''ゝ..、ー 、 _/ノ/: /:.:.:.: }: . : . !
: :.:.:.:.:.(   J   |:.l:.: : : : :l: |    { ノ:;;jハ ´   /:Xl l:.:.:.:.l : l. .:l
:.:.:.:.:.:.:/     ヽl: : : : : |!:l    ヾ'ソ     ノ _`ヘ:.:.:.:./:.:.:l:./
:.:.:.:.:.:.ヽ  「!   トヽ: : : : lヽ ヾヽヽハ      が;、∨:.:.:.;jノ    陛下から?
:.:.:.:.:.:.ハ ⊂,.、⊇ {  \: : '、             、 じ'/:/:.:.:.∧
:.:.:.:.:/:.:ヽ lJ   |: : :.丶、\            ///ノ:.:/       素敵な留め具ですぅ。
:.:.:.:./:.:.:.:ム    ヽ: : : .  `    ヽ、 _   人/
:.:./-‐≦ヽヽ  r、 }:: : : : .        ..ィ:::::::}          あら?この手紙は?
´〃     { c X'' ヽ: : ヽ:.:__:_ .   , イ:.:.※:.:.:}
 ll       ヽ ヾゝ ト、 /:::::.:.:.: ̄丁::l ヽ: : : : ノ
 l!      {    `ヽ Yハ:::::.:.:.:.:.:.l: : |/{: . 〈
 |       ヽ  fj  }Z´斤\:.:._:.:l: : .|  ヽn, |
 l        〉⊂, え ヽ〃|ハ ヾヘ)-、:.l  {f!〈
 ヽ   `丶、 {   lj  〈:/ |ハ  > 〉 ヾ、 |  |
 . .ヽ     ` 〉     ノ  |ヘ|//{    ヽ|  |

128 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:54:30 ID:t4LOwsus

        / 彡彡"   三ミミツ;;;;;;;;三ミ ヽ jjj:::::::::: t,
       ,' 川M"// ,r';;;;;;;;ヽヽ;;;r'";;;;;;;ヽ、、 :::::iii::::::::: t
       ,'  M从iレ/::(;;;;、、、、-'"''ー--ーーー、i) iiii|、jj:::::::  t
       〉 /::|" iii::::t::t           リリ从||iiii|:::、、:::: i
      ,i /::/リ Miiit::::i、ヽ         //i||::::::ヽ:::::ハ:::: i
      ,リ/iノ:::::i::|::|iii|::::i i:::|         i:||::|i|::|::t::t:::::::::::::::i         べーマーからのようですわね。
      リン:::::/i/:::|リ/|リ'j:リ         ヽi|ttt,ヽヽヽ\ヽ::::i
    ,r'"彡//ノ/ノ/ー!iー'ー''''''"、、  ,r'""二ニ乂;;;、' 、   yヽ        えっと、『私は王妃の示されました支払条件に敬意をもって
    //彡彡シノ;/''ミrミt弖テ;ッ::ヽ  i、r=キ与ラツ'' i";;;;~''ー'''" ヽ,
   i //彡ン,,、-'";;t  '"''"""  :::::!         iヲ;;、ヽ、ヽ''  t       同意させていただきます。世に存在しうる最も美しい首飾りが
   tYリ''/"",、-'"i||;t       :::::         リレ;/:::ii||ヽ::::ヽ  ヽ
    |/(i"r"ノ/ ツi||i;;;t      、;|, ,,,,,,      リ;;'"i,,:::t):::::~' 、~' 、 ~'-、    御身をさらに引き立てるなら、慶びこの上ないものと愚考する次第です』
    t((t /::/ |/リ||i;;;ヽ      ~、''""     /;;i:::: ::: t、::ヽ\\、、:::' 、~' 、
   ,r":::彡::::  /' |iii:::ii、;ヽ    、=ニ,ニ'=-   ,r'|;;;;|:::: iii:::ti\\\\\ ~' 、ヽ  いったい、なんのことでしょうか?
 /:::::::: /::/   |ソ:::||::ii、;iヽ    '' -- '"  ,r'::: |;;;;;|:::: t:::::   \~'' 、''~'ー、ヽ
'"::::::::::/ノ    /:::::リ|::|iijリ::::ヽ、     ,、 ":::::: |;;;;;| 、,,, t:::::    ~'' 、,   ヽ
彡彡 //::::: r/ /jjj|::リ||リ:::::::::::~' ーー''"::::::::   |;;;;;t,,, t:::: ヽ::::  :::::::ヽ ~'' 、


                       ,. -- 、 _
                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ           わたしにも、さっぱりですぅ。
              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}          首飾りの買い手がつかなくて、頭がちょっと
             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i
            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´     変になったのかもですね。
           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i
         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!        他の不要な手紙とまとめて、燃やしてちょうだい
        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/
     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i

129 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:55:46 ID:t4LOwsus

                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  手
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   紙
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ

【解説】

        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |   こうして、べーマーからのメモ書きは燃やされました。
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|   このときには、この行為がまさかのちのち自分の立場を
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|    悪くするなど、王妃は思いもよらなかったでしょう。
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|    次回、とうとうこの1件が国王と王妃の耳に入り
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\ 大問題に発展します。 では、またお会いしましょう

                                                         【続く】

130 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 19:57:44 ID:t4LOwsus

というわけで、今回の投下分終了です。

首飾り事件は一気にやってしまいたかったけど

長くなりそうなんで、前後篇にわけました。

本日もお付き合い、ありがとうございました〜

131名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 19:59:33 ID:aVdCdLT2
乙でした
どう読んでも喜劇の筋書きなんだがこんなことが本当にあったんだなあww

132名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 20:03:56 ID:8FTnDae2
乙乙

133名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 20:05:47 ID:agvkBNEQ
乙でしたー。外を上手くいなしていても内憂。難しいものですなあ。

134名無しのやる夫だお:2010/04/12(月) 20:10:00 ID:FyN2eJTs
乙でした
賠償金じゃなくて貿易でってプラン、良さげだったんだけどなあ

135 ◆Z8aP46qE9c:2010/04/12(月) 20:31:08 ID:t4LOwsus
感想、ありがとうございます

>>131
確かに、どう考えても粗いシナリオなんですが
欲に目がくらんで、ローアンさんひっかかっちゃったのね。
省略してますが、ジャンヌもいろんな手で
彼をしんようさせてたみたいなんで

>>133
そうですねー。
内に外に、本当にこの時期は大変だったと思います。
ま、後からくる革命のことを思えば、嵐の前の静けさに等しいですが

>>134
そうですね。うまくいってれば、フランス革命ももう少し
緩やかなものになっていたかもしれないですね。
でも、結果としてはイギリスがそのまま貿易相手国に
おさまっちゃうわけですが。

136名無しのやる夫だお:2010/04/19(月) 23:27:58 ID:sfcobk3E
保守

137名無しのやる夫だお:2010/04/26(月) 21:37:57 ID:Zjh/dbwQ
保守

138名無しのやる夫だお:2010/04/27(火) 02:42:16 ID:PqT2keNc
この時代の歴史は面白いね
乙ですた!

139名無しのやる夫だお:2010/05/04(火) 08:17:32 ID:P2hAer72


140名無しのやる夫だお:2010/05/16(日) 18:13:28 ID:JVVm7D/E
保守

141名無しのやる夫だお:2010/05/23(日) 22:21:34 ID:RxBlk3.2
楽しみにしてますんでぜひ生存報告を

142 ◆Z8aP46qE9c:2010/05/24(月) 00:30:45 ID:grrl6foY
すいません、生きてます。
仕事の納期が迫ってて、ちょっとデスマ気味の日々で
更新滞ってて済まないです。

6月に入ったら、落ち着くはずなんで、しばしお待ちを

143名無しのやる夫だお:2010/05/24(月) 00:34:42 ID:k5dYHd0.
乙乙
いくらでも待ちますんでリアル優先でゆっくりやってください
生存報告あってよかった

144名無しのやる夫だお:2010/06/05(土) 02:00:22 ID:CTm/DYgk
保守

145 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/17(木) 22:48:28 ID:XvBnqLjY
お待たせしました。
次の日曜 or 月曜に首飾り事件 後編やります。
時刻は未定。土曜あたりに、日程告知します

146名無しのやる夫だお:2010/06/18(金) 00:37:48 ID:6dyPEuI6
やったー!!
wktk待機!

147 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/20(日) 00:25:06 ID:E45zG0RM
21日、月曜日の夜20時から投下します。

よろしくお願いします

148名無しのやる夫だお:2010/06/20(日) 03:31:45 ID:TGN45ork
待ってました!
待機開始!!

149 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:03:23 ID:SlvuiORM
では、投下開始します

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i  みなさん、こんばんは
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨  ブルボン王朝最大のスキャンダルともいわれる【首飾り事件】の
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│  後編をお送りします。
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   Wikipedia.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|    時価200憶円ともいわれるダイヤの首飾りを首尾よく盗んだジャンヌ。
.         /^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│     しかし、そんな大それた事件が、いつまでも露見しないはずはありません。
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ


【前編の終わりから、数日後のこと】

           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|   (『私が出した首飾りの支払い条件…』
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l    身に覚えはないけど、なんだかちょっと気にかかるです。
              |、ヽ.:.:ヽィ?i圷ミ    ィ?i圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',    あの手紙、思わず燃やしたけど、調べさせようかしら )
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ  ブルトゥイユ男爵、ちょっと頼みたいことがあるですぅ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ
.         /.:/: : : \: : }  |.  ̄/ \ヾ) \ |  L、 : : : : : :}.:.:.:.:.:\
         / .:.{ :\: : :.}: : ! ト、/   ヽ }〈//  ヾ一'|/:-ー' : : :/.:.:.:.:.:.::. ヽ
          / .:.:.:.ヽ: :ヽ,: : :r十く/ゝ ,.メノv ヽ入  <\_ : : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',

150 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:04:37 ID:SlvuiORM

   /               i  |         i
   / / /   ヘ   |      |  |   |    |   |
.  i  i  l   | | |  |   |   |  |  ||    |   |
  |  i  i   | || |  |   |   |  |   |    |   |
  |, |  |  | |i | | |_,,..|、、_  |   |  |   | |  |   |
  |i |  |  | |〟‐'_ |__ ` |   |.  |'⌒ヽ |     |
  || l、 , !. |__l ''"lj i `'>i`ー'、._i.   |;'`ヽ i |     |    お呼びでしょうか、アントワネット様?
  ' `~ ` `iヽl    i.リ/ | .   i   | 」  }   |   |
      i./    ̄   | |.   |   |ヽ /    |   |
     /         | | |  |   |// |   |.   |
.     ヽ.        |  | |  |   |‐;  |   |   |
      |`ー,っ     |  || |  .|  , | |  |  | |   |
      |. i ヽ     .i | | |  |  || | |,i  |  | |   |
.      i. | l i     | .i | ||  i|  /|_| |!| |,,.. | |   |
       li, ,.rヽ -─‐'''| ._i jノ ノi,.‐'' ‐'''~~`'゙-‐;`''ー'──'
       ヾ      _,'~_';:=''",,.. -‐ ' "´   |
              i ./ r''"´         |
              | |  |           i
             // / --─'''"~ ̄ ̄``` |

              ブルトゥイユ男爵
オーストリア大使を務めていたことがあり、マリア・テレジアからも信頼されていた人物。
そのため、マリーアントワネットも彼を信頼し、このころには宮内大臣に任じられていた。

                       ,. -- 、 _
                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.   ちょっと調べてほしいことがあるですぅ。
               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ         宝石商のべーマーの最近の動向に
             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}
             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i          探りを入れてほしいですぅ。
            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´
           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i       少し気になることがあるですぅ
         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!
        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/
     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i

151 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:05:47 ID:SlvuiORM

.            l:::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::ll、ill::::::::::::::::
         ll!:::::ll:::::::l::::! !::::l::::::l::l:::l:::l:::l!  l:::::::::::::::
         |!l:::::l:l:::::::l::|、_l::::l::::::l::l:::l:::l::| _,,.ィ::::::l::::::
         l!L::」::!::::::l」゙ヒッ'、:l::::::l::l_lL;r'tッテl::l:::l::::::    気になること?
           `!::`T:「 ` '''"``ー┘  `''''"L!、l::::::
           |::::::l::l!               |::::::    どうも、穏やかではありませんね
           |:::::::l::l'、    j            |::::::
           |::l::::l::l::l'、   ` ´         !::::::
           |!:ll::::l::l:::l:ヽ ` こ  ̄     /|:::!::
              i:| !::::l:l::::l::::\      / ノ:ノ:::



                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛     単なるカンみたいなものですぅ。
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |    何もなければ、それでよし。
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//    心当たりも特にありませんから。
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ?h__   |   |{{     ヾ!
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__

152 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:06:47 ID:SlvuiORM

.            l:::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::ll、ill::::::::::::::::
         ll!:::::ll:::::::l::::! !::::l::::::l::l:::l:::l:::l!  l:::::::::::::::
         |!l:::::l:l:::::::l::|、_l::::l::::::l::l:::l:::l::| _,,.ィ::::::l::::::
         l!L::」::!::::::l」゙ヒッ'、:l::::::l::l_lL;r'tッテl::l:::l::::::
           `!::`T:「 ` '''"``ー┘  `''''"L!、l::::::    承知しました。
           |::::::l::l!               |::::::
           |:::::::l::l'、    j            |::::::    妙な動きがあれば、すぐにお知らせします
           |::l::::l::l::l'、   ` ´         !::::::
           |!:ll::::l::l:::l:ヽ ` こ  ̄     /|:::!::
              i:| !::::l:l::::l::::\      / ノ:ノ:::


【解説】

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |    こうして、調査に乗り出したブルトゥイユ男爵のもとに
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !     次々と届けられる驚愕の事実。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i     事件の黒幕(ジャンヌ)の存在にこそ、行きつかなかったものの
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|     一月ほどで、ローアン大司教が王妃の代理として、首飾りを購入したことを
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',    突き止めます
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ

153 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:07:51 ID:SlvuiORM

      __,,,,,,,,,,,,,,
   ,r ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 /;;;;;|''|;;;;;;l;;;;;;;;l;;;;;    王妃様、恐れながら、ご報告申し上げます
 |;;;;;;|_,,|;;;;l;;;;;;;;l|;;;;
   ̄} l7 `:l;;;;;;;|l;;;;    ローアン大司教が王妃様の名を騙り、べーマーから
  く  u::|;;;;;;H;;;;
   '-  ::|;;;;;;|:|;;;;    首飾りをだましとったようです
   └‐''|;;;;;;l''`7
       `i /;
       ,!";;;;;;


                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ    は?
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |   ローアン大司教が、私の名を?
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/    どういうことですぅ
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ?h__   |   |{{     ヾ!
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ

154 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:08:39 ID:SlvuiORM

   /               i  |         i
   / / /   ヘ   |      |  |   |    |   |
.  i  i  l   | | |  |   |   |  |  ||    |   |
  |  i  i   | || |  |   |   |  |   |    |   |
  |, |  |  | |i | | |_,,..|、、_  |   |  |   | |  |   |
  |i |  |  | |〟‐'_ |__ ` |   |.  |'⌒ヽ |     |
  || l、 , !. |__l ''"lj i `'>i`ー'、._i.   |;'`ヽ i |     |   詳しい前後の事情はまだ、はっきりとはしておりません。
  ' `~ ` `iヽl    i.リ/ | .   i   | 」  }   |   |
      i./    ̄   | |.   |   |ヽ /    |   |   ですが、ローアン大司教が、王妃様の代理人兼保証人として
     /         | | |  |   |// |   |.   |
.     ヽ.        |  | |  |   |‐;  |   |   |   首飾りを分割払いで購入したのは確かなようです
      |`ー,っ     |  || |  .|  , | |  |  | |   |
      |. i ヽ     .i | | |  |  || | |,i  |  | |   |
.      i. | l i     | .i | ||  i|  /|_| |!| |,,.. | |   |
       li, ,.rヽ -─‐'''| ._i jノ ノi,.‐'' ‐'''~~`'゙-‐;`''ー'──'
       ヾ      _,'~_';:=''",,.. -‐ ' "´   |
              i ./ r''"´         |
              | |  |           i
             // / --─'''"~ ̄ ̄``` |


. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /   ブルトゥイユ男爵、いますぐ
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'     ここに、あのゴミ屑を引き連れてくるですぅ
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- −}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}
,'    ,'   (_ |ヽ{i,ハ   ヽ、」.  \ {{.    }}
    ,'     〕|__ __ |/.,二f丑:‐ 、\{ ヽ {} /}}

155 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:09:40 ID:SlvuiORM

.            l:::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::ll、ill::::::::::::::::
         ll!:::::ll:::::::l::::! !::::l::::::l::l:::l:::l:::l!  l:::::::::::::::
         |!l:::::l:l:::::::l::|、_l::::l::::::l::l:::l:::l::| _,,.ィ::::::l::::::
         l!L::」::!::::::l」゙ヒッ'、:l::::::l::l_lL;r'tッテl::l:::l::::::     王妃様、どうか落ち着いてください
           `!::`T:「 ` '''"``ー┘  `''''"L!、l::::::
           |::::::l::l!               |::::::       お怒りはごもっともですが、ここはまず
           |:::::::l::l'、    j            |::::::
           |::l::::l::l::l'、   ` ´         !::::::       証拠を集め、全容を把握しましょう
           |!:ll::::l::l:::l:ヽ ` こ  ̄     /|:::!::
              i:| !::::l:l::::l::::\      / ノ:ノ:::       本日はべーマーを呼んでおります



/:::.:::.:/  /、// /:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: } .:.:.:,ハ.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.\   \
、:::.:::.:/   ,'ヽ'イ.:.:/.: /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: / .:. /: ヘ.:.:.:.: ヽ.:.:.:.:.:.:. \   ヽ
::\::,'  __i! /.:.:.:/.: /.:.:.:./ .:.:.:. / :.:.: ,イ .: /.:.:.:∧ .: ヘ.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ヘ
:::.:::/ ,.イ.:.,レ.:.:.:.:.!.:./.: / .:.:.:. /.:.:.:. // : / .:. ,ハ丶.: ヘ.:.:.:.:.:',.:.ヽ.:.:.:',.:.: ',\ ',
:::.::'<_/.:〃.:.:.:.:.:|: |/ :.:.:.: /__ ∠ ノ:, イ .:. /ーヽ-\_':,.:.:.:.:|、 }.:.:.:.|.:.:.:.!  ソ
ヽ  /.:.:.!|.:.:.:.:.: /--―/__,∠_ // ノ.:.:./  ァ‐\-ヽ\-|::V.:..:.:.:!.:.:.:|/―- 、
、 ヽ_,'__|j_,.イ.:.__,. -‐''z ニ_二.ヽ// /.:./   ´ァ',二'_ ニ\ソ、::!.:.:.:.:.|.:.:.:|三三三    じゃあ、早くべーマーをここへ!
::ヽ,イ.:  ̄ハ ̄ ̄.:..:ヘ く´ ,仁ニニY ヽ //     '´ 仁 ニハ `7:、ソ.:.:.:.:.i.:.:./三三三
/,ノ.:/.:.:{ ',.:.:.:.:.:.:ヽ:ヽ.\ゝ._,.=',, - /',ハ ̄¨' ‐-、ゝ =、ムイ/.:.:.:., イ.:./´ ̄ ̄ ̄
. //.:.:.: ヘ ヘ.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\ー―''´  / \}        ̄ ̄ イ゙ .:.:.:/ !ノ- ァ― ―-
//.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ、.:、.:.:.\-`-                 /.::.;ィ´ //:ノ.:{.:、\\.:
/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| ¨ 'ヽ、\ __ヽ、      ___      /-‐''´/ノ_, ノ.:.V:∠ヽ\__ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:'、 / 、`ヘ   ̄     ∠二二>       /, 、 ij/ぐ7=ャ \ ァ=
.:.:.:.:.:/ ̄ ̄}^ヽr‐、` ゝ、        ==           / {!  ,ハ\_ゝ-' {!  ゝ
.:._/ー、/`ゝ く_  ゝ、 \          _     ,.イ    ,ノ‐ ヽ.:ヽ、  --  _,
/ r-、'´r‐く _,ノ^ヽ|__}‐-、V\ _  __    _{ _ヽ.__/,イ    {,. -、イV__`i=-r‐'マヽ
__/ _ノ .'ゝ、_j r''ヽ〈¨ヽ\_ノ/ ̄{´。V  }__ / _,.‐'.: //´`ヽく__, ノ i´  ノ三!  | ,'
`〕 __}/ r'´,、`|  {,イ、_レ'_ヽノ l ゝ-′〈, イゝ‐仁ス.:.:./_ヽ.ィ / __/ム`i `7 '^ヽ| //
{__ __}}ヽV´ノ j'、 '〈 /_/ノ,ノヽノ! ∨ i! ' | r'=‐'^Y´_, } { { { ゥ,rァ ,、Y /´ノ j レ'レ′
 { `´ノ // ヽ_ノ  |´ |ヽ、 Y ヽ_,ノ、 ,ハ. ヒフ j`/イ ヽ.j ゝ'/,.イ三` / ノr v 、三
   ̄   ´   /    |ー 、!、 | `´ヽ、, -、\ `ー'   \     ´ }三三´三`^''´三

156 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:10:19 ID:SlvuiORM

                                _____
                               /:::::::::::::::::::::::::::.\
                              |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
マリーアントワネット様                 | ⌒  ⌒  i:::::::|
                              |(●) (● ) 〈::::::|
ごきげんうるわしゅう                   (⌒(__人__)⌒:::: @)
                              |  |r┬-|     |
首飾りはお気に召して頂けまし…          \ `ー'´    /
                             ,-- ゝーー ___/ /ゝ--、
                            イ / |.!、 _____ / ノ |
                            | i  |,/(__)ヽ/   |
                            | |  | ハ /    <


                 /   //  |
  __,-' ̄ ̄`---、_\ /    / / /  /
  ||      ____   ノ_,---' ̄  / / /
  ||  r ̄   \    i\r\  /////   どういうことか、説明して頂戴!!
    弋 ○))  )   ゝ   //'_` /
\    '\_ゝ_ノ_ ,/  _/,/ i| /
 \   ' ̄ ̄ ̄        θノ」/
\, \               \ く
    ̄                ノ i
        ト、_\          ノ

157 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:10:57 ID:SlvuiORM

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   ひっ  ど、どういうこととは
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |   どういうことでしょうか?
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /   私が買ったことになっている首飾りの件に
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'      決まってるですぅ。
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》       どういう経緯でそうなったのか、一から十まで
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《        とっとと説明しやがれですぅ
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- −}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}

158 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:11:37 ID:SlvuiORM

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   買ったことになっているも何も
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |    事実、王妃様がお買い上げされたのでは…
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   契約書の控えも店にございますが。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


/:::.:::.:/  /、// /:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: } .:.:.:,ハ.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.\   \
、:::.:::.:/   ,'ヽ'イ.:.:/.: /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ .:.:.: / .: / .:. /: ヘ.:.:.:.: ヽ.:.:.:.:.:.:. \   ヽ
::\::,'  __i! /.:.:.:/.: /.:.:.:./ .:.:.:. / :.:.: ,イ .: /.:.:.:∧ .: ヘ.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ヘ
:::.:::/ ,.イ.:.,レ.:.:.:.:.!.:./.: / .:.:.:. /.:.:.:. // : / .:. ,ハ丶.: ヘ.:.:.:.:.:',.:.ヽ.:.:.:',.:.: ',\ ',
:::.::'<_/.:〃.:.:.:.:.:|: |/ :.:.:.: /__ ∠ ノ:, イ .:. /ーヽ-\_':,.:.:.:.:|、 }.:.:.:.|.:.:.:.!  ソ
ヽ  /.:.:.!|.:.:.:.:.: /--―/__,∠_ // ノ.:.:./  ァ‐\-ヽ\-|::V.:..:.:.:!.:.:.:|/―- 、
、 ヽ_,'__|j_,.イ.:.__,. -‐''z ニ_二.ヽ// /.:./   ´ァ',二'_ ニ\ソ、::!.:.:.:.:.|.:.:.:|三三三    じゃあ、さっさとその契約書を
::ヽ,イ.:  ̄ハ ̄ ̄.:..:ヘ く´ ,仁ニニY ヽ //     '´ 仁 ニハ `7:、ソ.:.:.:.:.i.:.:./三三三
/,ノ.:/.:.:{ ',.:.:.:.:.:.:ヽ:ヽ.\ゝ._,.=',, - /',ハ ̄¨' ‐-、ゝ =、ムイ/.:.:.:., イ.:./´ ̄ ̄ ̄     ここに持ってくるですぅ
. //.:.:.: ヘ ヘ.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\ー―''´  / \}        ̄ ̄ イ゙ .:.:.:/ !ノ- ァ― ―-
//.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ、.:、.:.:.\-`-                 /.::.;ィ´ //:ノ.:{.:、\\.:
/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| ¨ 'ヽ、\ __ヽ、      ___      /-‐''´/ノ_, ノ.:.V:∠ヽ\__ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:'、 / 、`ヘ   ̄     ∠二二>       /, 、 ij/ぐ7=ャ \ ァ=
.:.:.:.:.:/ ̄ ̄}^ヽr‐、` ゝ、        ==           / {!  ,ハ\_ゝ-' {!  ゝ
.:._/ー、/`ゝ く_  ゝ、 \          _     ,.イ    ,ノ‐ ヽ.:ヽ、  --  _,
/ r-、'´r‐く _,ノ^ヽ|__}‐-、V\ _  __    _{ _ヽ.__/,イ    {,. -、イV__`i=-r‐'マヽ
__/ _ノ .'ゝ、_j r''ヽ〈¨ヽ\_ノ/ ̄{´。V  }__ / _,.‐'.: //´`ヽく__, ノ i´  ノ三!  | ,'
`〕 __}/ r'´,、`|  {,イ、_レ'_ヽノ l ゝ-′〈, イゝ‐仁ス.:.:./_ヽ.ィ / __/ム`i `7 '^ヽ| //
{__ __}}ヽV´ノ j'、 '〈 /_/ノ,ノヽノ! ∨ i! ' | r'=‐'^Y´_, } { { { ゥ,rァ ,、Y /´ノ j レ'レ′
 { `´ノ // ヽ_ノ  |´ |ヽ、 Y ヽ_,ノ、 ,ハ. ヒフ j`/イ ヽ.j ゝ'/,.イ三` / ノr v 、三

159 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:12:28 ID:SlvuiORM

                   _____
                 /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                 |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
           r⌒ヽ、   |::::::::/ ⌒  ⌒ |
          / \  \ |:::::::〉( ●) ( ●)   は、はいいぃ、ただちに
         _/ / ヽ   (@ ::::::⌒(__人__)⌒)
        〈__/  . |    |     ` ⌒´ |    って、なにがどうなってんだ?
             /  .  \ _ i⌒\ /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/
           |_/


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\
         /  ( ●)  (● ). .ヽ
         .|    (__人__)     .|         マリー、さっきから大声出して
       / |              .|\
      /   \         /   \       なにを騒いでるんだお
    /    / `ー───ー′      \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

160 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:13:14 ID:SlvuiORM

         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」   あぁ、陛下、聞いてほしいですぅ
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l      もう、私、悔しくて悔しくて!
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.! 
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l     あのローアン大司教が私の名前を利用して
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l    首飾りの取り込み詐欺をしやがったですぅ
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l


         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/        .\||
        /    _ノ   ―   \   ふぅむ、あのローアンが、かお
        |   (ー)  (ー)   |
        \   (__人__)     イ   確かに、女にだらしのないところはあるけど
        /´ ̄         .ィヽ|
       〈   ̄  ‐- 、       i    そこまで大それたことをするような男とも思えないお
       .:` ーi‐ -、_   ヽ     | l
            ||   ヽ.て  〉   ..| l
      __/´  ヽ     /⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

161 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:13:58 ID:SlvuiORM

                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l     でも、事実は事実。
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l     ブルトゥイユ男爵が調べたですぅ
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
.        //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\::::::...   l、
      / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li:::::::丶、:::::::...l \


        /'´/.. ... ..  ...  .... . .::::::::::il:::l:l:i:li:::li
       /:../:...:./::..:.:...::::.:.:..::::.:.:.:::!:::l:i:..:!:::::::i::::il::l|!:li!::l|i
     /://::::::/:::::::::::::::::i:|、::::j:!l:::::i:::!:!:::i::::i:::i!:::l!:ll::|!l::|l:!
 .   /://::::::/::i::l:::i:i::::::::|ト、V/l:!:::::i:::i:i:::::::::i!::i!:::i:::!:l!:!:l:l:!
    l:::!:':!:::::ll:::i::l:::l::l::l:::::lトヾiン'i:!::::::l:::l:i::::::::l!:::l!:::l:::::!::::l:l:!   その通りです、陛下。
 .   l:::!:::i::::::l|:::!:|:::|!:l!:l::::l:!    ヾ;:::::l:::li::i:::::i::::l|:::i!:::::::::l:l:l
   |:::|::::!:::::!|l:|::l:::!!:lil::l:::il    __゙;、::l::li:::l:::i!:!:||::!|i::::::::l::!:l    ローアン大司教が、アントワネット様の名を騙り
   l:::i::::i:i:::l:i l|::|::l|::|l|::l::{,!_,=''"___l:::l:|l::::!:i::!:|」:l:|:!:::::::!:i!:l
   i::::i::::!:i::!::!‐|_l」|_| ト、__〉 ィ´tぐツ|::::l|!:::l:!:l::t |l:!::!::i|::!l:|::!    首飾りを自分のものにしたのは紛れもない事実です。
   ヽ::::、!::l:i:::i,代ト、      ´ ̄ └‐'|::::i|:|::f゙|!i:::|:i|!:|:!|:.|
       ̄|⌒Tヾ`'`´           |::::i!:|::レI|::::|:||l:l:::|!.|      (これで、あの邪魔なローアンを失脚させられる)
       |:::::::!:::',  亅           !::::|::i:j| |!::::|:!|!i:::j|:j
      |l:::::::!::::'、  ゝ ‐        |::::l:::!゙! l|::::レ:j!::/ノ′
      |l:ト、:::'、:::゙:、、 ー ‐一'      |::::l;/ノ ノ_;ノ-'‐′
      |ト'、ヽ:::゙、:::ヾヽ、       /|_/  _,、┴┐
       |! ヽ ヽ、::::::ヽ::`' 、    /  _,.-'",,=''´,-ヘ
      ノ     `'¬`'⌒'`フf'´,.−'´,,=''´,,-''´,,=''^:、

162 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:14:56 ID:SlvuiORM

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \
        |     (__人__)     |   ひとまず、べーマーが戻ってきて、話を聞いてみようかお
        \    `⌒ ´     イ
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ    事と次第によっては、ローアンも呼び出すお。
       〈   ,┌、-、!.~〈       i
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l   それでいいかお、マリー
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

          , .:クー-r‐'7フ┐XXXXXXXXXX>、 \
          //::.::.::/::/:/::.:/:`7^ヽXXXXXXXX7 /
          ,:' ,:':::/::/::/::/:/::.:/::.:/:://!(XXXXXXXメく
       ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
        // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
       〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ    事と次第によらなくても、ローアンを
      |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
        ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|     呼び出すですぅ
        ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
          ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|     私の名をつかって、詐欺行為を働くなんて
         /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
          /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|     まぎれもない不敬罪です
        ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|
        / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|
      八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|
     '::.::ヽ    r、){ ヽ)//:;ノー 、`  八X|7う、::.::.:!::|
     /::.::.:)'^う`)ヘJく)    /:/>'´   , 'XXx|[_): :l::.::.:l:::!
   /::.:/; てh_n_n_}    /:/r{_r(_r、∠XXXx|ノ: : :ト、:::|:::l

163 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:15:29 ID:SlvuiORM

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\    マリーも少し、落ち着くお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   具体的な証拠を固めていかないといけないお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     相手は名門中の名門貴族だし
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                   _____
                 /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                 |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
           r⌒ヽ、   |::::::::/ ⌒  ⌒ |
          / \  \ |:::::::〉( ●) ( ●)   ただいま、戻りましたー
         _/ / ヽ   (@ ::::::⌒(__人__)⌒)
        〈__/  . |    |     ` ⌒´ |    って、陛下もいらっしゃったのですか
             /  .  \ _ i⌒\ /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/
           |_/

164 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:16:26 ID:SlvuiORM

契約書

わたくし、マリーアントワネットはローアン大司教を代理人として

首飾りを購入し、4回の分割払いでお支払いします

                    マリー=アントワネット・ド・フランス


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   ムッシュ・べーマー、この契約書を
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    ローアン大司教が持ってきたのかお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ―  ― |   は、はい。女王陛下から
   |::::::( ( ●) (●)|
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)  頂いたものだと言ってました
    |     ` ⌒´  |
    \         /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i

165 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:17:09 ID:SlvuiORM

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \   これは、議論の余地もないお
        |     (__人__)     |
        \    `⌒ ´     イ   ブルトゥイユ男爵、ただちにローアン大司教をここへ!
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ
       〈   ,┌、-、!.~〈       i
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|   え、え…いったい何がどうなってるんですか
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

166 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:18:10 ID:SlvuiORM

                       ,. -- 、 _
                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _
                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._
                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \
               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.
               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ
              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ
             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}
             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i
            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´   べーマー、まだ分らないですか?
           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i
         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!      この契約書は偽造されたもの、
        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ
      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/       真っ赤な偽物ですぅ
     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/
    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i        あの首飾りは騙し取られたんですよ
   r' ※ ,イ:i::::「(´ /ィ! ヽイ' /::;i:::/.:.:.:,イ.   /`ヽ、i,/
  .i   /::::::::i:((  rヽ` /./'7:::.: !:.:.::イ/.    /::::::::::iY:ミ
  {.§ !::i::::::::〈(、 ,∧ヽ ,/ /::::.:'::::/.イ ※ ,ノ::::::::::::::l:ヽヽ


         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \   その通り、マリーのサインは今までの王妃と同様に
        |     (__人__)     |
        \    `⌒ ´     イ    洗礼名を使ってるお。『ド・フランス』なんてのは
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ
       〈   ,┌、-、!.~〈       i    絶対にあり得ないんだお。宮中にいる人間なら
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l    誰もが知ってるはず
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||  そなたも、幾度となく見てるはずだお。
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

167 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:18:44 ID:SlvuiORM

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ ―  ― |
   |::::::( ( ●) (●)|
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     ` ⌒´  |
    \         /
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i


     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|   あああぁぁぁぁっ!
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

168 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:19:41 ID:SlvuiORM

【というわけで、ローアン大司教 お呼びだし】

         _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |
     /    |  /   ヽ /   ヽl
    l   |  l      |     l    やぁやぁ、皆さん、お揃いで。
    |    |─|      / | ヽ    lヽ
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ   一体どうしたんですか?
  /   | )  /⌒ヽ         l
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ
       |         |  |
       |         | ̄l

             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ
        |       (__人__)   |   
      /.|              |\
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶
    ./     /    ヽ /  | / /    \

169 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:20:14 ID:SlvuiORM

              /⌒´  ,二 _rヘ_    `ヽ、 ヽ
          / _r一'´::.::.::.::.:: Y::.::.:`ヽ、>|く `  `、
            /ノ::.::.::.:/::.:::l::|::.:::!:::ト、丶::.::└ヘ 〉 }   ヽ
            7::.::.;::.::,′::.:|::l::.:::|l::| 、:::\l:::、:∨ ハ   \
         , ′:/::.::;::.::.::/:::|i::.::|l::|   >く::!:::|::ハ  )  /
          |;:::|::!:::l::l: |::.;'|::.:リ::.:ハ/ , =ミ、::|::l::.:l { /::| プ
         l::.:l |::.:|::!::|:/ !::/!::.:レ' ,ィ升1ハ》:l::|:l::| レ1::.::、 ル
         |::.:l:|ーH-__-ッ |:::;'  癶ヽじっl:|::|:l::l |:::!:::、:`、     
        l::.:|l:、::j:爪じヘ l:/    `´// l:|::l:|::| ):|::.::ヽ::ヽ プ
           `:::|::ヽ:、 ヽ>'  、       //::ハ:l /:::ヽ::.::`、:丶ル
           .}l|::、::\ヽ゚//   , -一 '/ /、l / レ<`ヽr ┐::\
         ノ人::\::{ `ヽ、  ´    /{ /ハ )└1/ rJ- 、:::ヽ
              `Yヘ`   ヽ ヽフ¬彡-‐ク   /  r┘ ムヘ: :|::.:丶
             ! ハ    ` }‐冖7l〈 了、|/ }  し!| r┘: :ト、::.::.::\
.             /  rヘ_r¬rイ  /∧ヽ|/ |ヽ〈  rJ| 廴: : :! :ヽ::.::.::.:ヽ
              ノ V/ ムニニニ) //l}{∨    ヽ、レ1! r'´: : l: : :丶::.::.::.::\
         /、/ ^/:ノ^⌒^⌒ス//l||}{ {  、 レ 、 } r'|└i: : : : : : : :\::.::.::.:ヽ


.  / .// / / / / / /  |    |   |    | | | | ヽ l  .|
 / / / / / /  i       |    i'从/l | | | .|  | .|ヽ |
././ /  / / /  |            i|   | | |     | | .|
i./ /  / / /  |            |   |  .|     | | |
|l .l  / | i   | |  |     |     |   ||  |     .| | ||
l|l,| | i | |   | |  |  |  ||   /l./   ||.| |  | 、  | |
 `'‐;、 | l   | | _|| | | |l .| |.  /./   __,,.|.|| .|   || i   .|
   i ` ‐    || ;‐.。=ニ、l_l-|,| .l //,-‐,=。゙-‐テ;| ||  | |ノ | .|  
  | |  |ヽ' 、.l゙ `'`='- ''   `" '  '--`‐゙‐'' `'‐, | '  | ||
  .| l | | | \ '|.                   l     | .|
  | | |  |  、`.l         |         /  |   |  |
  | | |  .| l ヽヽ        |         /   |   |  |
.  | || | .| | .l ヽ ,ヽ.      ` ‐'        / | l |   | | |
  |  | |l l ,.、‐/. \   - 、__,,,,,,,,..    /| | | |   | | .|
─‐!、_|| .| ||ヽ ./   | .\   、__     /|  ヽ, /./ / // /
    ヽl '` /l   ヽ  \       / /   .l// /、, -‐''
    |.   / |    \  `'ー---‐ '"  /    ゙'゙"  `"''‐-、_

170 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:20:45 ID:SlvuiORM

         ____
       /        \〟
      i──────┐ ヽ
      | ⌒ヽ ⌒ヽ\ |   |   (そうか、国王には首飾りの購入は
      |  >|・   |─-|_ /
      j ーc ─ ′    ヽ    内緒だって言ってたのに、ばれちゃったんだな。
       ⊂____ /!   _ノ
  _(\ \ \ __/ /      ドジっこだなぁ、マリーちゃんは)
 (─   ヽ、 ` ─_──イ- 、
  ヽ二_ノ \/|/\ /   \    みなさん、そんな怖い顔してどうしたの
      \


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ー)  (ー )  .|\      マリー、ひとまずこの場は
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー───ー′     \   やる夫にまかせてもらうお
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

171 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:21:51 ID:SlvuiORM

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ⌒) ( ⌒)        ローアン大司教、そちらの机の契約書だけど
       /.|        (__人__)./\
      /  ..\         /  .\     君がべーマーに手渡した。
    /    / `ー───ー′ ヽ   . \
    \    l |  ∧   .∧   |   /    それで間違いないかお。
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ


          ,,───- 、,
        /_______ ヽ、
        |/─、 ─、\ |  |
        |   >|・)  |─ |  ./   (どうやら、国王には完全に
        |、_ i、 _ !  '⌒i
         |  ^      _'ノ     ばれちゃってるみたいだね)
        \└──-  ノ
          `┬−−イ__      は、はい、私がべーマーに渡しましたが
         / | ̄∧ ̄ // ヽ
         | |  ̄   ̄ |  |

172 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:22:56 ID:SlvuiORM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|      ふむ、じゃ、王妃のサイン名を
       / |   ( ●)  (● )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \   声に出して、10回言ってみてくれるかお
    /    / `ー─ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\
    ,\   .l |  ∧ /         / /
   / .\  i l  .| /        ⊂)/丶
  ./    .\| | ./ /       ⊆)    \
               ̄ ̄ ̄


         , ── 、
      /__     \〟
      l⌒ヽヽ_|     ヽ   (いったい、なんなの、もう)
      |‘  |-| |     l
     c、 __ノ lノ、    ノ    マリー=アントワネット・ド・フランス
     .l       \ヘ/
       ヽ、 _     l      マリー=アントワネット・ド・フランス
          ∠ニ二二l
          /      |                   以下 略
         .l─ |     |
         .|   |     |

173 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:23:51 ID:SlvuiORM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ  '⌒丶\
         /  ( ●)  (ー ). .ヽ
         .|    (__人__)     .|      なんか露骨に省略された気がするけど
       / |    〃        .|\
      /   \         /   \    まぁ、いいかお
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


        , ── 、
      /__     ヽ〟
       l−\ |      ヽ  
       |・  |─|__    |  それは、あれですよ
      c ー ′ 6)    /
     └─ 、    \ /   AAの行数の問題です
        ⊂_ __l
     _∩__/ ── l
   . ∈   |  | l⌒l |


:::.:::/ ,.イ.:.,レ.:.:.:.:.!.:./.: / .:.:.:. /.:.:.:. // : / .:. ,ハ丶.: ヘ.:.:.:.:.:',.:.ヽ.:.:.:',.:.: ',\ ',
:::.::'<_/.:〃.:.:.:.:.:|: |/ :.:.:.: /__ ∠ ノ:, イ .:. /ーヽ-\_':,.:.:.:.:|、 }.:.:.:.|.:.:.:.!  ソ
ヽ  /.:.:.!|.:.:.:.:.: /--―/__,∠_ // ノ.:.:./  ァ‐\-ヽ\-|::V.:..:.:.:!.:.:.:|/―- 、
、 ヽ_,'__|j_,.イ.:.__,. -‐''z ニ_二.ヽ// /.:./   ´ァ',二'_ ニ\ソ、::!.:.:.:.:.|.:.:.:|三三三
::ヽ,イ.:  ̄ハ ̄ ̄.:..:ヘ く´ ,仁ニニY ヽ //     '´ 仁 ニハ `7:、ソ.:.:.:.:.i.:.:./三三三
/,ノ.:/.:.:{ ',.:.:.:.:.:.:ヽ:ヽ.\ゝ._,.=',, - /',ハ ̄¨' ‐-、ゝ =、ムイ/.:.:.:., イ.:./´ ̄ ̄ ̄
. //.:.:.: ヘ ヘ.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\ー―''´  / \}        ̄ ̄ イ゙ .:.:.:/ !ノ- ァ― ―-
//.:.:.:.:.:.:.:. ヽ ヽ、.:、.:.:.\-`-                 /.::.;ィ´ //:ノ.:{.:、\\.:    メタんなや、このウジ虫が
/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| ¨ 'ヽ、\ __ヽ、      ___      /-‐''´/ノ_, ノ.:.V:∠ヽ\__ヽヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:'、 / 、`ヘ   ̄     ∠二二>       /, 、 ij/ぐ7=ャ \ ァ=
.:.:.:.:.:/ ̄ ̄}^ヽr‐、` ゝ、        ==           / {!  ,ハ\_ゝ-' {!  ゝ
.:._/ー、/`ゝ く_  ゝ、 \          _     ,.イ    ,ノ‐ ヽ.:ヽ、  --  _,
/ r-、'´r‐く _,ノ^ヽ|__}‐-、V\ _  __    _{ _ヽ.__/,イ    {,. -、イV__`i=-r‐'マヽ
__/ _ノ .'ゝ、_j r''ヽ〈¨ヽ\_ノ/ ̄{´。V  }__ / _,.‐'.: //´`ヽく__, ノ i´  ノ三!  | ,'
`〕 __}/ r'´,、`|  {,イ、_レ'_ヽノ l ゝ-′〈, イゝ‐仁ス.:.:./_ヽ.ィ / __/ム`i `7 '^ヽ| //

174 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:24:56 ID:SlvuiORM

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/        .\||
        /    _ノ   ―   \     まぁ、それは置いておくとして
        |   (ー)  (ー)   |
        \   (__人__)     イ    宮中の祭司長たる君の立場なら
        /´ ̄         .ィヽ|
       〈   ̄  ‐- 、       i     王妃がサインに『ド・フランス』なんて
       .:` ーi‐ -、_   ヽ     | l
            ||   ヽ.て  〉   ..| l     使わないってのは、よぉく知ってるお
      __/´  ヽ     /⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

          ,,───- 、,
        /_______ ヽ、
        |/─、 ─、\ |  |
        |   >|・)  |─ |  ./   あぁっ!
        |、_ i、 _ !  '⌒i
         |  ^      _'ノ    
        \└──-  ノ
          `┬−−イ__
         / | ̄∧ ̄ // ヽ
         | |  ̄   ̄ |  |

175 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:25:56 ID:SlvuiORM

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ●) ( ●)        そう、この契約書は偽造されたもの。
       /.|        (__人__)/´二二⊃
      /  ..\         /  '‐、\      そして、これを使ったのは君だ。
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/      ついでに言えば、ヴェルサイユからの使者に渡したという首飾りも
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ     現在、行方不明だお。どこにいったんだろうねぇ


    , ──- 、
 ゝ/ ______\ っ
 /   |/ / ⌒ヽ⌒ヽ|
 l  |─|   ・|・   |   っ   ち、違うんです、陛下。
 V⌒ U` ー  ヘー つ
  ヽ_  /⌒ー── ´       わ、私はド・ラ・モットとというアントワネット様のご友人に
    | |⌒ヽ /    _
    ヽ二二二⊃_/)///)     頼まれただけで、書類を用意したのも彼女です。
   / \/\|ー///) ヽ /
   |  ̄ ̄ ̄ |   ノー. ′
   | ──┬┴ ′  ノノ

176 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:26:43 ID:SlvuiORM

          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´    見え透いた嘘をつくなですぅ
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!     私にはド・ラ・モットなんて名前の
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l     友達はいないですぅ
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!


         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/        .\||
        /    _ノ   ―   \   なにやら、前後に事情はありそうだが
        |   (ー)  (ー)   |
        \   (__人__)     イ   大司教、あなたは現在のところ、詐欺事件の
        /´ ̄         .ィヽ|
       〈   ̄  ‐- 、       i    犯人グループの一人と推測される。
       .:` ーi‐ -、_   ヽ     | l
            ||   ヽ.て  〉   ..| l    悪いが、逮捕させてもらうお。
      __/´  ヽ     /⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

177 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:27:29 ID:SlvuiORM

           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|    当然ですぅ
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
              |、ヽ.:.:ヽィ?i圷ミ    ィ?i圷ヾ.:.:.:|::.::l    第一、この8年間、一度もあなたに話しかけていないのに
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、   私が保証人をお願いするなんて、あり得るわけないですぅ
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.

      , ─── 、
   ゝ/ ______\
    /  |   ノ − 、 −ヽl    ち、違う。
    l   |  /   .|∠  |
   Y⌒ ̄l    |    l     僕ははめられたんだ。悪いのは全部
   ヽ_   ` ー‐  ヘー ヽ
      ヽ  /⌒ヽ__つ    ドラモットとかいう、あの女なんだ。
      >、ヽ(二)_ /
    /   \/ \|\
   /\/     |/\
    |   l         |ヽ  ヽ
  (   )_____| (   )
   ー ^l        | `ー.´

178 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:28:33 ID:SlvuiORM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ       その主張はここではなく
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ●)  (● )  .|\     裁判所ですべきだろう。
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー─ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\  ブルトゥイユ男爵、ド・ラ・モットという夫人に関しても裏を取り
    ,\   .l |  ∧ /         / /
   / .\  i l  .| /        ⊂)/丶  必要なら、逮捕してくれお
  ./    .\| | ./ /       ⊆)    \
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.            l:::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::ll、ill::::::::::::::::
         ll!:::::ll:::::::l::::! !::::l::::::l::l:::l:::l:::l!  l:::::::::::::::
         |!l:::::l:l:::::::l::|、_l::::l::::::l::l:::l:::l::| _,,.ィ::::::l::::::
         l!L::」::!::::::l」゙ヒッ'、:l::::::l::l_lL;r'tッテl::l:::l::::::      了解しました。
           `!::`T:「 ` '''"``ー┘  `''''"L!、l::::::
           |::::::l::l!               |::::::      万事、遺漏なく処理致します。
           |:::::::l::l'、    j            |::::::
           |::l::::l::l::l'、   ` ´         !::::::
           |!:ll::::l::l:::l:ヽ ` こ  ̄     /|:::!::
              i:| !::::l:l::::l::::\      / ノ:ノ:::

179 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:29:23 ID:SlvuiORM

     / ⌒` ─ 、〟
    /        \
     |          ヽ
    |          |
    (\  , -── 、/ノ    へ、陛下、逮捕は仕方ないとしても
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、
      |  |       i    せめて、ヴェルサイユの外に出るまでは、待ってもらえませんか。
       |  |       |
       |  |        |   皆の見ている前で逮捕されるのは、さすがに屈辱です。
        |__|, ──── 、)
      /_ノ        |
     /´ __|_,− 、___ ノ、
      ヽ、_|__    )_.ノ


             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ
        |       (__人__)   |       本来、そんな我ままを言える立場じゃないお。
      /.|              |\
     / / ̄'‐、        /  \     だが、そなたのご先祖、栄えあるローアン=ゲメネ公家の名に免じて
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./    宮中での逮捕はしないでおくお。
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶
    ./     /    ヽ /  | / /    \

180 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:30:30 ID:SlvuiORM

             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|      だが、すぐに屋敷に警察を向かわせる
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\   身支度だけはすませておくように
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \


     / ⌒` ─ 、〟
    /        \
     |          ヽ
    |          |    お心遣い、ありがとうございます
    (\  , -── 、/ノ
     ` /⌒ヽ ̄ ̄`ヽ、   では、屋敷に戻り、したくをしておきます
      |  |       i
       |  |       |   …失礼します。
       |  |        |
        |__|, ──── 、)
      /_ノ        |
     /´ __|_,− 、___ ノ、
      ヽ、_|__    )_.ノ

181 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:31:15 ID:SlvuiORM

   / / /   ヘ   |      |  |   |    |   |
.  i  i  l   | | |  |   |   |  |  ||    |   |
  |  i  i   | || |  |   |   |  |   |    |   |
  |, |  |  | |i | | |_,,..|、、_  |   |  |   | |  |   |
  |i |  |  | |〟‐'_ |__ ` |   |.  |'⌒ヽ |     |
  || l、 , !. |__l ''"lj i `'>i`ー'、._i.   |;'`ヽ i |     |   陛下、よろしいのですか。
  ' `~ ` `iヽl    i.リ/ | .   i   | 」  }   |   |
      i./    ̄   | |.   |   |ヽ /    |   |    このまま屋敷に戻してしまうと
     /         | | |  |   |// |   |.   |
.     ヽ.        |  | |  |   |‐;  |   |   |    警察が着くまでに証拠品を隠滅する恐れも…
      |`ー,っ     |  || |  .|  , | |  |  | |   |
      |. i ヽ     .i | | |  |  || | |,i  |  | |   |    (なんとしても、衆人環視のもと逮捕し
.      i. | l i     | .i | ||  i|  /|_| |!| |,,.. | |   |
       li, ,.rヽ -─‐'''| ._i jノ ノi,.‐'' ‐'''~~`'゙-‐;`''ー'──'            社会的に抹殺してやるぞ)
       ヾ      _,'~_';:=''",,.. -‐ ' "´   |
              i ./ r''"´         |
              | |  |           i

              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /    __ノ  '⌒ ヽ
         |    ( ● )  (● ).|       うーん、さすがにこの期におよんで
       /.|      (__人__)  |\
      /  ..\    ‖    /  .\    そんな真似はしないと思いたいお
    /    / `ー───ー′ ヽ   .\
    \    l |  ∧   .∧   |  ./
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ

182 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:31:57 ID:SlvuiORM

       <   / .::/.:::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::`ト、  l
        \/ .::/.:::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::/::::/.:::::::::::::i:::::::| | _」
            /.:::/.:::::::::/.::::::::::::::::/:::::://::::, イ.:::::::::::::::|::l:::l/'´  \
         |.::/.::::::::,:へ::::::::::::::/.:::;ィイ:::::/ハ.::::::::::::::::|::|:i|       l
         |/i::::::::::::::|::::\::/:::/'´/::::/、_,, -ー‐-::|::|:|| ,r ‐一'´
           ト、:::::::::l''ー==ーュ、, /:/ ,ィ仁ニヽヾ::::|::!:!|::|/>⌒i〉 ,rr= 、    甘いですぅ、陛下。
          ト::ヽ::::::l ヽ いシ7 ´   ヽいソ7 /:::::j::/l::/j>.:.:.:.i〉7´   )
          |::::f ト、::ゝ, , , ,       , , , /:::::://:::! !>:::::「/   /     万一、決定的な証拠を燃やされでもしたら
          |.:::{ i - ',     ヽ        /"´ 」ヽ/ |>:::「/   /
          |; イヽ.  \    )ー-‐-‐{   , イ ‐米‐  j>::「/  , イ       取り返しのつかないことになるですぅ。
         / /  , -米-,)>  __ _ , イ   |  !,ィy'⌒ヽイ oj )ノ ̄ \_
         /  /  /l|  j /    ,ィネネト-、_!  | | (,イ ー-、 \ ィソノ   _」i
     _, イ^>、  /  }  i   /r'7夊ト、``ー、 」 //ー-、    /7ヽィニニニソjト、
  /  //  >、  ト、 |  /::/ /::, 个:トヽ  !,. イ‐-、   // / ̄``ー- 、  l


                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ
            |    ( ● )  (● ) .|      わかったお、前言撤回するお
       /,〉/.|      (__人__)  |\
      / /   .\         /  .\    ブルトゥイユ男爵、ただちにローアン大司教の
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./  身柄を確保するように!
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |

183 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:32:44 ID:SlvuiORM

   / / / / /./ ////  /./   | | ||  |  |  | | |    | .|
.  / .// / / / / / /  |    |   |    | | | | ヽ l  .|
 / / / / / /  i       |    i'从/l | | | .|  | .|ヽ |
././ /  / / /  |            i|   | | |     | | .|
i./ /  / / /  |            |   |  .|     | | |
|l .l  / | i   | |  |     |     |   ||  |     .| | ||   はい、陛下。
l|l,| | i | |   | |  |  |  ||   /l./   ||.| |  | 、  | |
 `'‐;、 | l   | | _|| | | |l .| |.  /./   __,,.|.|| .|   || i   .|   すぐに、ローアン大司教を追いかけます
   i ` ‐    || ;‐.。=ニ、l_l-|,| .l //,-‐,=。゙-‐テ;| ||  | |ノ | .|
  | |  |ヽ' 、.l゙ `'`='- ''   `" '  '--`‐゙‐'' `'‐, | '  | ||   (いまから急げば、鏡の間のあたりで追いつくはず。
  .| l | | | \ '|.                   l     | .|
  | | |  |  、`.l         |         /  |   |  |    逮捕の場面を皆に見せるにはちょうどいい)
  | | |  .| l ヽヽ        |         /   |   |  |
.  | || | .| | .l ヽ ,ヽ.      ` ‐'        / | l |   | | |
  |  | |l l ,.、‐/. \   - 、__,,,,,,,,..    /| | | |   | | .|
─‐!、_|| .| ||ヽ ./   | .\   、__     /|  ヽ, /./ / // /
    ヽl '` /l   ヽ  \       / /   .l// /、, -‐''
    |.   / |    \  `'ー---‐ '"  /    ゙'゙"  `"''‐-、_


              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /           .ヽ
         |     '⌒    '⌒ ..|              うむ、よろしく頼むお
       /.|     ( ●) .( ●)|\
      /  ..\、 / ̄ ̄ ̄ 丶/  ..\
    /       ./       \ .   l
    \    , --'、             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
    /\  / ⌒ )        /         ./
    /    ,′  ノ         /          ./

184 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:33:32 ID:SlvuiORM

               ___
         .-‐ '''""~     `゙''ー-、   キョド
       /                \V
     /                   \
     /                      ヽ
    / __,,.. .-‐ '''""~;;;;;へ`゙''ー-、,       |
    ´. |;;;;;;;_\し ノ(;;;;;/---;;;;;;;;;;;;;;;|      |
      ;;;;/   ヽi;;;;;/´     \;;;;;|      /  ))    (いったいどうして、こんなことになったんだ。
     __|/    ┰ V  ( ・ ). . |;;;;;ヽ / ̄ヽ
    /  | .      i      .  | ̄ ̄´    |        まったく訳がわからない。こうなったら
    ヽ ヽ     ∧     .  / し    6 |
     \/ \__ /  \ __ /        丿        逮捕される前に、都合の悪いものは隠滅してやる)
      |     (⌒  `゙''ー-、       /´__
      ヽ                 /  |  / ヽ
     ヽ \;⌒  _,,..-‐ー-、_      /  | /   |
         ー―´___    _/   //     ヽ
  キョド          ヽ\   /\   /ヽ      \
                |  \/   \/  \      \
                |   |         \      |


        /'´/.. ... ..  ...  .... . .::::::::::il:::l:l:i:li:::li
       /:../:...:./::..:.:...::::.:.:..::::.:.:.:::!:::l:i:..:!:::::::i::::il::l|!:li!::l|i
     /://::::::/:::::::::::::::::i:|、::::j:!l:::::i:::!:!:::i::::i:::i!:::l!:ll::|!l::|l:!
 .   /://::::::/::i::l:::i:i::::::::|ト、V/l:!:::::i:::i:i:::::::::i!::i!:::i:::!:l!:!:l:l:!
    l:::!:':!:::::ll:::i::l:::l::l::l:::::lトヾiン'i:!::::::l:::l:i::::::::l!:::l!:::l:::::!::::l:l:!     (予想通りだ。
 .   l:::!:::i::::::l|:::!:|:::|!:l!:l::::l:!    ヾ;:::::l:::li::i:::::i::::l|:::i!:::::::::l:l:l
   |:::|::::!:::::!|l:|::l:::!!:lil::l:::il    __゙;、::l::li:::l:::i!:!:||::!|i::::::::l::!:l     鏡の間で、追いついたぞ)
   l:::i::::i:i:::l:i l|::|::l|::|l|::l::{,!_,=''"___l:::l:|l::::!:i::!:|」:l:|:!:::::::!:i!:l
   i::::i::::!:i::!::!‐|_l」|_| ト、__〉 ィ´tぐツ|::::l|!:::l:!:l::t |l:!::!::i|::!l:|::!     大司教、陛下からのご命令です。
   ヽ::::、!::l:i:::i,代ト、      ´ ̄ └‐'|::::i|:|::f゙|!i:::|:i|!:|:!|:.|
       ̄|⌒Tヾ`'`´           |::::i!:|::レI|::::|:||l:l:::|!.|      あなたの身柄を確保します。
       |:::::::!:::',  亅           !::::|::i:j| |!::::|:!|!i:::j|:j
      |l:::::::!::::'、  ゝ ‐        |::::l:::!゙! l|::::レ:j!::/ノ′
      |l:ト、:::'、:::゙:、、 ー ‐一'      |::::l;/ノ ノ_;ノ-'‐′
      |ト'、ヽ:::゙、:::ヾヽ、       /|_/  _,、┴┐
       |! ヽ ヽ、::::::ヽ::`' 、    /  _,.-'",,=''´,-ヘ
      ノ     `'¬`'⌒'`フf'´,.−'´,,=''´,,-''´,,=''^:、

185 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:34:24 ID:SlvuiORM

        , ──-  、
     /)/______\
    /  三) //⌒ヽ − 、! っ
    / ノ |─|   ((|、   |  っ
  /  /⌒ #ヽ、   |))   !   ま、待ってくれ。
  |  ヽ_ /⌒ヽ ̄ ヘー く
(( ヽ/\l |   `〜〜、__ つ   周りにはいっぱい人がいるんだぞ
   \  |ヽ` ─〜〜、
     ヽ \/ (ヽ∩ ̄
     |   三_  \ ))
   (( |____\_ )


        ,.-'´``'-'-、、、 __,..-‐''"__,,,.-‐''´, -'',/,/ ,イ / /  /イ | l l |||l. i i  i ', '、'、',.ト,
     ,.- '´    /_,'--'' ̄""''''''',"-'"_,.- '"_/,/,;j'゙/〃/ ,/' j! l !l |||||l. l  i i,  ', 'ill.ll
   ,.-'´   _,,.-'シ",/  , ‐',.‐',.‐ニ゙- ''´ - ''´,/,//_/7ナーく、/ /l .!l .ll|l|ll l!. l ll  .i. |ll l!
   '´   -'´ ,._',,,,、--‐‐‐ァ''7'7'''ニ=‐''"_,.- '',/ / '7 、ー―ァぇミ''メ,j ,!j ,/l.l |.l ll  l ll  ll. |.ll !
     _,.-‐''7′ //,r'", '{ ,!-'" _,. ッ'´ /// /  /'  ヽ  !ij'!``/_/,_/ ノj_|」,|| .i | !l  ll|.| l!
    ,. '´ ,ゝく_,. ',. '_,,..- ''"_,.-i/ ,.イ ////レl! /    ```'"  ´   ,.イァi,リj .j!|.|.l ,/'j,! !
.  ーヵ'゙ ,, '' ,r// ̄//, ‐'ゝ''"/ゾ.//f'゙´  /              ( i'リ//_/j」」ノ' ,ノ'
   // 〃, ' // ,//,.r' //メ、`'i゙ /!l'||  /                 ヽ`i´l{           近衛兵!陛下よりの命令だ。
.   '〈 〃/ .//, ' //, '/ /, ',i | l`!i'/ || l| '′               - _,. ' ,!l |l
    |!7.j ///, ',/ /〃,i' i /j l ! |!l`'ll .ll                     /.l.i!}l          ただちに、大司教を逮捕し、身柄を拘束せよ
    `l{ i /j / ,i ,il/1 i!.ll l|.l l ! l!l ll l!           一 - 、_  /,イ i!.ll
.      └i| 7| .||.||! .| lトl| |l.| l i.|.|| l!  '、             ヽ   /イ/ j! .l!
          ! i! |,」|」| l l| l| lトl| || || i!                     ,イ / // l!
         ´   L|! l|_| L」_」| |,〉 '、   `'‐、、          ー'シ// //. ノ
                ` j             `'‐-、、     ,ィンj/‐'/  ´
               ,.-‐7                /彷ヶー''′
               | ``'、、            /|`‐、
              j'"、   ``‐、、        _,,.'-''"八
            r‐く  `、     `,>、     ,j`i  ,/  トr 、
          ,. -'  ヽ  ヽ    / '┐   .「r‐!     /ヽ`‐、-、、、__
       _、-‐'" / .|  \       /、 ` '、   l `'゙ヽ    /  ゙、 、-    ````−‐ 、、_
  _、-ー''"      | l、 '、ヽ   /  \  '、   j / ゙、  /    ヽ'、            ``-

186 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:35:17 ID:SlvuiORM

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、          i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´             //イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /               /  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /

 大司教が逮捕される!?

    なんだなんだ、殺人か?それとも、反逆罪?国家の転覆を狙ったのか

 あの大司教が逮捕なんて、よっぽどの大事件だろ。何をしたんだ。

187 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:36:08 ID:SlvuiORM


//;l"//;| ll /::;;;:l//;;l///;;;;;| |;|/;;//;//;;;;''l//;;;;'l;;;|,. |;;;;;;;;;;;;;;|  |l;l;;;ll |;;;ll;;;;;;ll ヽ
;;;/ll l;;;;;|,.|,.,.l;:;:;;;;l ノ;;l//;;;;/|| |;;|/;;;/;//;;;;/l//;;;/l;;;;l,.ll;;l;;;;;;;;;;l  |l;l;;;;ll,.ll;;;;ll;;;;;;lll'|、
;;:ll;l l;;;;l l/ll;;;l;;;;;;||;;;;;;;;;;;;/| ll/;;;;;;;/;;//;;;;l,|;;/;l;//;;;;;;ll/;l;;;;;;;;;;|  ||;;|;;;;|、;ll;;;、l;;;;;ll;l│
;;;l;ll;;;;;lll;;l;;;;l;;;;;;||;;;;;;;;;;//|;;ll;;;;;;;;/;//|;;;;l/;;;/l //;;;;;;llノ;;l;;;;;;;;;|   ||;l;;;;;ll;ll;;ll;;;;;;;;l;;l |
;;;;;| |;;;;;||,|;;;;;;;;|;;;;;;||;;;;;;;;// |;;;ll;;;;;/l;// |;;;/;;;/l/;;/;;;;,.,ll;;;l;;;;;;;;/   l;/ll;;;;;;||;;;||;;;;;;;;;;|│
;;;;;| |;;;;l ll;;;;;;;;;l、;;;|'|;;;;;/,.,.,._l;ll;;;;//// |;;:/;;/ l/;/|;;;;;ノl;;;ll;;;;;;;/ ,.,-┤|;ll;;;;;;||;;;||;;;;;;;;;;|.l
;;;;;| |;;;;l;ll;;;;l;;;;;;:;:;;l::l;;/_.,.,.,-l;l;;;H;;//,、|/;;;/ /;;//;;;;/|;;;ll;;;;;;r;''",.-"レ|;l;;;;;;ll;;;;ll;;;;;;;;;;;/  (計画通り!
;;;;| |;;;;/;ll;;;l;;;;;;;;;;;;;l、;/"'l、 (;;;レ;;;;;/'‐、、‐'‐/l/ /;;;//トノ;イ;;;;;;;;;ノノ l;;;;;;;;;l;;;;;レ;;;;;;;;;;|
;;;;| |;;;||;;;ll;;ll;;;;;l;;;;;;|"'  "'‐-'="-        .;  "--"'-‐''"  r┬-ノ;;;;;;;;l;;;;;;;;;|  これで、大司教は再起不能だ)
;;;;| |;;;ll;;;;l;;ll;;;;;l;;;;;;;|                :          ノl /;;ll;;;;;;;l;;;;;;;:;|
;;;;;||;;;;ll;;l;;;;ll;;;;;;l;;;;;;|                 :          ,l;レ;;;;;;ll;;;;;;ll;;;;;;;;|
;;;;;ll;;;;ll;;;;;;;;ll;;;;ll;;;;;;:l                ::         /;;;;;;;;;;;l;;;;;;;ll;;;|''||
;;;;;;ll;;;ll;;;;;;;;ll;;;;ll;;;;;;;|                ::,,        /;;;;;;l;;;;:l;;;;;;ll;;;l,.,.l|
'|;;;l;;;;;;ll;;;;;;;ll;;;;;ll;;;;;;;|            (_ ‐ ,,'''        /l;;;;;;;ll;;;l;;;;;;;ll;;;ll;;|'|
、l;;l;;;;;;ll;;;;;;;;;l;;;;ll;;;;;;;ト、                      /l;;;;;;;/;;;/;;;;;;ll;;;;/;;ll
、、l;;、;;ll l;;;;l;;、;;;ll;;;;;;;'、\       ,,,,Tニー‐‐‐,‐''      /;;/;;;;;;/;;;;/;;;;;;ll;;|;;;;/l
 ヽ-,.,.,;、、;;;lヽ;;;ll;;;;;;ヽ \       `二二´       /ノ;;;/;;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;/
      "''''‐‐,.,,.;;;、ヽ  "-,.、            /'"~ ̄ ̄"''-‐、;;;;/;;,.‐''"
        /;:;:;::l "''   "'‐,、         ,.‐';l、
        /;:;:;;/        "‐,、     ,.‐'"'';;|;:;:l、
       /;:;:;:;V,.   、       "'‐--‐'"''" ::: l;:l;:ヽ
     ,./;:;:;:;:;:;:l:::   ::             :::  l、l;:;:;\
-‐‐'''""/;:;:;:;:;:;:;:;:;:l::::   :::            ::  Y;:;:;:;:;:;\

188 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:37:11 ID:SlvuiORM

【解説】

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||   こうして、ローアン大司教、そして、その後に
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|   ジャンヌ・ド・ラ・モット、ニコル=オリヴァ(女王の振りをした娼婦)などが
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |    芋づる式に逮捕されました。
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |     一年後、高等法院(最高裁判所みたいなもん)により
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |     この事件の審議が始まります。
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |



【というわけで、裁判開始】
1786年5月30日

     / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',
    .l  {0} /¨`ヽ}0},      では、各被告への質疑応答を
   .l     ヽ._.ノ  ',
   リ    `ー'′/ ̄/ ̄/     はじめます
  (      二二つ / と)
   |      /  /  /
    |        ̄ ̄| ̄
    さいばんちょー

189 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:38:34 ID:SlvuiORM

【ニコル=オリヴァの主張】

  /※ ノ: : : ::::: : : : : : : : : : ::: : :i : : : :、: : ::ヽ i /
 i /: : : :::::/: : : : : : : : : ::/: i: |:: : : : :ヽ: : ::ヽ|/
 |/:: : : : ::::/: : /: : : : : :.イ: :イ::ハ:: : : : : : i: : ::ヽ
 !i:: : : : : /:.: /: : : : : .//: /、/__ ヽ:: : : i: :!: : ::::|
.{!|.:: : : : :! ‐/--一./ ////  ̄`\-i }: : :::::!    あたいはこんな陰謀知らなかったんだよ。
{! i:: : : : :!: /ェ-==、 /  // , ==-ェ、Y:: i: : ::::ハ
.}!.ヽ: ::::::∨ヽ弋{}.ソ    /  弋{}.ソ〃|:./: ::::/i:::i    単に、芝居をやるから、大司教の前で
{!  ヽト、:::\ `¨´         i lllll  /::::/}::i:::|
::}! ※ }:ヽ:::: \_ U (__人__)   _ /:::_/ i}: :i:::|   『あなただけが、頼りです』って、言うように
:::{!  i}::::::|`T、     `⌒´     ,T::::{! ※ノ}::: : i::|
:::/}i  {!:::::|::/::/`..- _     __イ|::|::::::}!  fノ::: : :i::|   ド・ラ・モットって女から言われただけなんだよ。
/:::::{!、}ハ:: i/::/:::/ 、|` -  ´| \:|:::::{!  iハ::: : : i::|
:::::::::::Y! ∨ヘ/   \  /   \r}i /}::i::::: : i::|
:::::::::/.{! ├'´    r '⌒}ニ{⌒ヽ    i !fレ-、:::: : :i::|


【大司教の言い分】

        _____
       /´           `\
   ゝ/  _________ヽ
   /    |    ヘ、    ノ⌒ |   私も、首飾りを騙し取るつもりなどありませんでした。
   |   |  /  ̄`ヽ /  ̄`ヽl
   l    |  l     lj | lj    l   ただただ、王妃様との関係を修復したい、その想いを
   ヽ  |_|        |     |
   /⌒`  ヽ       l     ノ、   ド・ラ・モットという女に付け込まれたのです。
   | )     ` ー─ ´ っー ´ l
   ヽ__   /⌒\____つ ノ   逮捕されるその瞬間まで、私は王妃様ご本人からの
       \ ( ______ ノ /
       >ー───、─ ´      購入依頼だと信じておりました。
        / \ / \/ \
      l   l      |/\
      ├─┤      |、

190 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:39:05 ID:SlvuiORM

【ジャンヌの質疑】

            ,... -::─::- ....、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',      そうよ、すべては私達が仕組んだこと
      /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
    L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!     それは認めるわ
     ` ┬' −、 `  −、   | r L...._
        ,..:lヽ | ・ |   | ・ |     ',ノ::::::::`ヽ、
     ,/:::::::`l `- r  `-    /´:::::::::::_;<ヾ
      ´'ー--\、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´


.  i  i  l   | | |  |   |   |  |  ||    |   |
  |  i  i   | || |  |   |   |  |   |    |   |
  |, |  |  | |i | | |_,,..|、、_  |   |  |   | |  |   |
  |i |  |  | |〟‐'_ |__ ` |   |.  |'⌒ヽ |     |     ちょ、ちょっと待ってください。
  || l、 , !. |__l ''"lj i `'>i`ー'、._i.   |;'`ヽ i |     |
  ' `~ ` `iヽl    i.リ/ | .   i   | 」  }   |   |     私たち?あなた以外にも
      i./    ̄   | |.   |   |ヽ /    |   |
     /         | | |  |   |// |   |.   |     計画の加担者がいるのですか?
.     ヽ.        |  | |  |   |‐;  |   |   |
      |`ー,っ     |  || |  .|  , | |  |  | |   |
      |. i ヽ     .i | | |  |  || | |,i  |  | |   |
.      i. | l i     | .i | ||  i|  /|_| |!| |,,.. | |   |
       li, ,.rヽ -─‐'''| ._i jノ ノi,.‐'' ‐'''~~`'゙-‐;`''ー'──'
       ヾ      _,'~_';:=''",,.. -‐ ' "´   |
              i ./ r''"´         |

191 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:39:43 ID:SlvuiORM

       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿   そうさ、この事件には真の黒幕がいる。
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|
   | : : |  | (゚|    |(゚| |    私はその命令に従っただけなのさ。
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ    本当に裁かれるべきなのは、その黒幕だ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |


             / ̄ ̄ ヽ
          ./^)  ,     、',(ヽ
         〈 〈  {0} /¨`ヽ}0},〉 〉  黒幕!?
          ヽヽ   ヽ._.ノ   /
           |          |    それは一体だれなのですか
          ノ          |
          \       /
  −−− ‐   ノ       |

192 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:40:19 ID:SlvuiORM

   |     `ー´     ⌒∨\
   | |\/|   > ──────ヽ
   | /   >/:::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::i
   ', `ヽ,//::::ハ::_;;/ィヽ:::::::::厶-',:::::::;'
.       /:::::::/ィ|_ノ/  }:::/   /ヽィ
   ヽ/:::::::::::,'   rゥ        rゥ  !-、        黒幕の正体、それはそこで被害者面してる
.     V⌒ヽ;  { { ::::} }    { ::::} } { |
     ',   i    ゝニ'    ┐ゝニ' ヽノ        王妃その人だよ!
   __',      ""          "" i
 /:::::::::::\__i        / ̄ ̄l     ノー
/:::::::::::::::::::::::::ヽ     「 ̄ヽ_」   ..:::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::__f≧/´/´〉`>Y\\ヽヽ____ヽ
//__/  l::l  l    /⌒) ` ` ヽ ヽ
    /    l::l_',     (/    /   l
.   l      l::l   ',     ヽ    /   l


         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、          i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´             //イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /               /  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /

193 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:41:05 ID:SlvuiORM

         ll!:::::ll:::::::l::::! !::::l::::::l::l:::l:::l:::l!  l:::::::::::::::
         |!l:::::l:l:::::::l::|、_l::::l::::::l::l:::l:::l::| _,,.ィ::::::l::::::
         l!L::」::!::::::l」゙ヒッ'、:l::::::l::l_lL;r'tッテl::l:::l::::::      適当な嘘ばかり並べるな。
           `!::`T:「 ` '''"``ー┘  `''''"L!、l::::::
           |::::::l::l!               |::::::      お前のような女と王妃が親しくしていたなど
           |:::::::l::l'、    j            |::::::
           |::l::::l::l::l'、   ` ´         !::::::      誰一人、知らないぞ
           |!:ll::::l::l:::l:ヽ ` こ  ̄     /|:::!::
              i:| !::::l:l::::l::::\      / ノ:ノ:::


     /:::::::::::::::::::::::::-、::::::::::::::::::::::! ヽ::::::::::::::::::/  -、ゝ:::::::::::/
    /:::::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::/  l::::::::::::::/   |::::::::/|           そりゃあ、誰も知らなくても仕方ないさ
    .|::::::::::::::::::::::/  /l:::::::::/   !::::::::/   , -、レ冫 l
     |:::::::::::::::::::/   /  l, -─ 、/  ‐ '    //'' 、|   |、          あたしと王妃はレズビアン。側近にも秘密の関係なんだから。
    |::::::::::::::::::|  |   / /´`'コ        !!   | |  | ヽ
     ヽ‐' ̄-、|       | l  ,_ ||        |.! | .! | l  | |         首飾りがどうしても欲しかった王妃は詐欺の被害者の振りをして
     l     ヽ      ! ! ! ,/|           !.!二 |/  l ノ
     |  \        \`ー‐ノ         -、 ̄......  ト- 、         実は首飾りを独り占めしてるんだよ!
    __ヽ  !,)    ..::_,.-二::::::...       ' ...:::::::::... /::::::::`\
   ,/::::::\、      / / /  l             /:::::::::::::::::::\
, -'´::::::::::::::::::::`‐‐'|\_ l / │ / r'´〕   -=    /::::::::::::::::::-、::::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /| | |  .| /  /       ,/´\::::::::::::::::\`\)

194 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:42:07 ID:SlvuiORM

            / , イ, -‐ ─── - 、_ \_ \
             / //.:.:.:.:.:,:.:'´.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.ゝ-、ヽ \      (⌒)
        /  , .:イ.::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ\ \   /´
       <   / .::/.:::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::`ト、  l
        \/ .::/.:::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::/::::/.:::::::::::::i:::::::| | _」
            /.:::/.:::::::::/.::::::::::::::::/:::::://::::, イ.:::::::::::::::|::l:::l/'´  \
         |.::/.::::::::,:へ::::::::::::::/.:::;ィイ:::::/ハ.::::::::::::::::|::|:i|       l        あの女、どこまで王族をバカにすれば
         |/i::::::::::::::|::::\::/:::/'´/::::/、_,, -ー‐-::|::|:|| ,r ‐一'´
           ト、:::::::::l''ー==ーュ、, /:/ ,ィ仁ニヽヾ::::|::!:!|::|/>⌒i〉 ,rr= 、    気が済むんですか。
          ト::ヽ::::::l ヽ いシ7 ´   ヽいソ7 /:::::j::/l::/j>.:.:.:.i〉7´   )
          |::::f ト、::ゝ, , , ,       , , , /:::::://:::! !>:::::「/   /     あろうことか、この私をレズビアン呼ばわりするなんて
          |.:::{ i - ',     ヽ        /"´ 」ヽ/ |>:::「/   /
          |; イヽ.  \    )ー-‐-‐{   , イ ‐米‐  j>::「/  , イ
         / /  , -米-,)>  __ _ , イ   |  !,ィy'⌒ヽイ oj )ノ ̄ \_
         /  /  /l|  j /    ,ィネネト-、_!  | | (,イ ー-、 \ ィソノ   _」i
     _, イ^>、  /  }  i   /r'7夊ト、``ー、 」 //ー-、    /7ヽィニニニソjト、
  /  //  >、  ト、 |  /::/ /::, 个:トヽ  !,. イ‐-、   // / ̄``ー- 、  l
 / _,.ィトハ  /  >、 j:::爪! |::::ト/::/! fj :| i:::ト、/:::ハ、    // /         ` ┴- 、


           
      / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',
    {0}  /¨`ヽ {0}    ブルトゥイユ男爵、王妃様はレズビアンらしいですが
    l   トェェェイ  ',
    ノ   `ー'′  ',    それについて、何か意見はありませんか?
   /,, -ー 、  , -‐ 、
  (   , -‐ '"     
   `;ー" ` ー- -ー;'"
   l          l

195 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:43:00 ID:SlvuiORM

               __,,、、−‐ 、 
           , ''´´      ヽ ̄`'ヽ、
         /    /          ゙、   
          , '    /            ヽ   
        /   /, ' //  l             ゙、   
      ,'  , ' , ' / i   l  |   r、     !  i! '、 
      ,'  / /  ,' i   l  |  l |ヽ /| l i!  ll  l 
     i  / ,'   !  !  ll  l  .| |、!Vl!l| |  i!  !l |         (レズビアン?問題点はそこじゃないだろ。
.     i i   !  i!  i   !i l!   | |   .|.|. ll!  !l |
     ! ,i!  i!  !i  !  j!i !l   || |    ,,|l|. l|l l、l.l |         これは最善の質問じゃない。最高の質問でもない。 
     i' ,','  i  l ! l 〃l! j l  ,!l |  ,ィ'厶!|  lli ト | l. |
    jイ ,'  i! i!ll l_/く/_/! |  /| |,ィ7フJツj|  |l .|j| l |         僕がどう返してくるかを、僕の力量を試してるんだ…)
    l ,'  l| il || |、ヾヒツ`L__/ l」 ´-`´''"レ-|l l'| | | ̄ ̄`ヽ、     
    j'   | l |! |┘ ` ''''"´          ,||  ll |/-‐''‐、 /`i 
    ,'  |l l |l ト、! u     j        /,|l  || ノ´`Y"´`/  !ヽ 
    i   i!l l || i l!'、     ___,,.、、、    ,イ/jj ,/ ´ .l .l   / ゙、 l ゙、
    〉、__l!L_! || |! !、ヽ、   }!   j) // ''" l  l  !  ,'  ゙、_L '、
   j``>、  ``l」| i!`‐``` 、`'---'゙,/ ,/  /  ! i  i i ゙、  | ||>,
   !//i ヽ、  ``' ゙、 ゙、ヽ 二==、r‐'´  /  j  !  l | i  ヽ .| |l\`i
   j / !   ヽ     ゙、 ヽ‐---`l ├‐''"/  ,'  l  ! l ! _ ゙、.| A I 0|l

196 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:43:37 ID:SlvuiORM

\               ?U         /
  \             ?U        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /   _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ  /     \          /
     \ / く  l   ヽ._.ノ   ', ゝ \     <   バーカ!  >
     / /⌒  リ   `ー'′   ' ⌒\ \   /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ       
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /    
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'   
      /   /             |  /       はるかな高みから!!
   /_ノ /              ,ノ 〈      
    (  〈              ヽ.__ \  
     ヽ._>              \__)          ,,. − 、
                                  /::::::::::::::::::::::::ヽ
                               .  /::::::::::::::::::从::::::::::i
                                /:/::i____|___|_,.|_:::::::::|
                                |:::|:::lイ0゙ "0''|:::ii::::|
                                L||_|!、 、_  |::::|'::リ
                                   ̄`=yz=辷'''"
                                   / ゙o"ロ  ゙i
                                   / o  、  i
                                   ト-ー −ワ
                                   L゙ヽ____冫
                               .    ノ:::::|::::::::j

197 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:44:29 ID:SlvuiORM

   / / /   ヘ   |      |  |   |    |   |
.  i  i  l   | | |  |   |   |  |  ||    |   |
  |  i  i   | || |  |   |   |  |   |    |   |
  |, |  |  | |i | | |_,,..|、、_  |   |  |   | |  |   |
  |i |  |  | |〟‐'_ |__ ` |   |.  |'⌒ヽ |     |    そんなバカげた話がありますか。
  || l、 , !. |__l ''"lj i `'>i`ー'、._i.   |;'`ヽ i |     |
  ' `~ ` `iヽl    i.リ/ | .   i   | 」  }   |   |    第一、王妃様にはすでに子供もいます。
      i./    ̄   | |.   |   |ヽ /    |   |
     /         | | |  |   |// |   |.   |    まったくの作り話であり、王族に対する侮辱です。
.     ヽ.        |  | |  |   |‐;  |   |   |
      |`ー,っ     |  || |  .|  , | |  |  | |   |
      |. i ヽ     .i | | |  |  || | |,i  |  | |   |
.      i. | l i     | .i | ||  i|  /|_| |!| |,,.. | |   |
       li, ,.rヽ -─‐'''| ._i jノ ノi,.‐'' ‐'''~~`'゙-‐;`''ー'──'
       ヾ      _,'~_';:=''",,.. -‐ ' "´   |
              i ./ r''"´         |
              | |  |           i


       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿  それは王妃が両刀使いってだけの話だよ。
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|
   | : : |  | (゚|    |(゚| |    それに王妃は宝石商からの手紙を燃やしたそうじゃないか。
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ    自分に都合の悪いものを残したくなかったんだろうさ。
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |

198 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:45:13 ID:SlvuiORM

       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )         確かにそうだよな、燃やす必要ないもんな
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧         ってことは、レズってのも実話か?
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   レズとか、胸が熱くなるな
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u      しっ、王妃様に聞こえるぞ
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'


           
      / ̄ ̄ ヽ,
    /        ',
    {0}  /¨`ヽ {0}    はいはい、静粛に、静粛にー
    l   トェェェイ  ',
    ノ   `ー'′  ',    1時間後に判決出すからなー
   /,, -ー 、  , -‐ 、
  (   , -‐ '"       おとなしくしてるんだぞー
   `;ー" ` ー- -ー;'"
   l          l

199 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:46:01 ID:SlvuiORM

【1時間後】
            / ̄ ̄ ヽ,
           /        ',
           {0}  /¨`ヽ  {0}',
    ζ      l   ヽ._.ノ    ',   ζ
   [ ̄]'E   リ   `ー'′   ',  [ ̄]'E   さぁ、お楽しみの判決タイムだ。
   ⊂⌒ヾ  ./          ⌒i /⌒つ
      \\/ /i         i レ / ̄      まず、主犯格のジャンヌ・ド・ラ・モットは焼き鏝および、無期懲役。
       \_/ i         .L__/
           |           |          ローアン大司教ならびに、ニコラ・オリヴァは無罪釈放   以上だ!
           l         .|
          /    ,.    /
          /    /ヽ   /
         (    く /  /
          \   (  (
            \  |   i
             \|  /
               |  .|ヽ
            _ノ  i (
           (___ノし


          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」   そ、そんな!
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l      ローアン大司教は詐欺罪はともかく
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l     不敬罪も適用されずに、無罪放免なんておかしいですぅ
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l

200 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:46:43 ID:SlvuiORM

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|        マリー、一度判決が出た以上、どうにもならんお
       / |   ( ー)  (ー )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \     それにしても、いつの間にか、王家の周りは敵だらけになってるんだお
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

【解説】

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||   もともと、高等法院は王家の過度な権力を掣肘するための機関でもあり
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|   そのため、その構成員のほとんどが貴族であるにもかかわらず
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |    必ずしも、王家にとって有利な存在とはいえませんでした。
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |    また、今回の事件は思わぬ方向に民衆に波紋を広げていきます。
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {    それは…
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |

201 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:47:54 ID:SlvuiORM

【パリ市内・一般民衆】

      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    おい、聞いたか。例の首飾り事件。
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          王妃様の名前さえ出せば、160万ルーブルの買い物も
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           簡単に出来るらしいぜ。
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /     こっちは、その日の食事さえままならないって言うのによ。
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ    


     /                       ',
    /                         !     そうだ、あのオーストリア女が来てから
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /      ろくな事がねぇじゃねぇか。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ   俺たちが働いても働いても楽にならねぇのは
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ    あいつが贅沢ばっかりしてるからに違いねぇ
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''− ''" |  _ ヽ  `:、   !


―フランス革命勃発まで あと3年―                                 【続く】

202名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:50:22 ID:jiucyzt2
乙でしたー
しかしこれはホント、そんな事言われても困るって感じだなw>>201

203 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 20:52:42 ID:SlvuiORM

>202
そうですね。
実際のところ、マリーアントワネットも歴代の王族に比べて
それほど贅沢してたわけじゃないんですが、ま
民衆にしてみれば、そんなことは分からないですからねぇ。

204名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:52:45 ID:3NsJJFCU
乙でした
こればっかりはアントワネットに同情するな
高等法院っていってもこの程度の意識なのかー

205名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 20:55:33 ID:FMTER46E
乙です

206 ◆Z8aP46qE9c:2010/06/21(月) 21:01:39 ID:SlvuiORM

>>204
高等法院は貴族で構成されるんですが
マリーアントワネットが一部の貴族だけをひいきしていたせいで
貴族の多くは彼女に対して、反感を抱いていたってのも
原因ではあるでしょうね。

王妃のお気に入りになれなかった貴族たちがパリで
王妃の悪口をあることないこと言いまくる → 民衆がそれを信じるってのも
アントワネットが民衆に嫌われる原因になったみたいですし


ではでは、今回もお付き合いありがとうございます。
そろそろ、革命本番突入ですね

207名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 21:03:03 ID:6Lfd8udQ


208 ◆pH/o2M/bxg:2010/06/21(月) 21:08:16 ID:SlvuiORM
1です。

別スレの入力ミスで、トリをさらしてしまった(頭に#を入れ忘れた)ので
今、表示されてるトリに変更します orz

209名無しのやる夫だお:2010/06/21(月) 23:12:14 ID:zD6ExaUI
乙でした

210名無しのやる夫だお:2010/06/22(火) 02:04:10 ID:RYahe.e6
乙でした
このスレのルイ16世好きだなぁ
これからどうなっていくのか目が離せません

211 ◆pH/o2M/bxg:2010/06/22(火) 22:40:15 ID:s0buIaKU
>>210
ありがとうございます。
ルイ16世の国王としての側面を出そうとするあまり
やる夫っぽくないキャラ付けにはなってますけどね。
更新おそいですが、物語もいよいよ山場なんで楽しんでください

212名無しのやる夫だお:2010/07/06(火) 04:54:28 ID:UjrMqJqQ
保守

213名無しのやる夫だお:2010/07/14(水) 23:23:56 ID:zgTgRCdc
保守

214名無しのやる夫だお:2010/07/25(日) 08:43:41 ID:QFGJ1n/Y
hosyu

215 ◆Z8aP46qE9c:2010/07/25(日) 23:39:48 ID:joe5w/so
お待たせしてます。
来週の日曜 or 月曜に更新します

216名無しのやる夫だお:2010/07/26(月) 02:05:23 ID:6ZxLnLhQ
やったー!!
待ってました!!

217 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:28:22 ID:VWvnuyzE
投下時間の予告を忘れてましたが、今から投下します。

ちなみに分量は少なめです

218 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:29:04 ID:VWvnuyzE

首飾り事件のその後

              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i     まったく、女王陛下の名をかたって詐欺をするなんて
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'       大それたことをしたもんだな。
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)       さぁ、鞭打ちと焼き鏝だ。
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |      大人しくしていてくれ
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        アンリ・サンソン

                              |     `ー´     ⌒∨\
                              | |\/|   > ──────ヽ
                              | /   >/:::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::i
                              ', `ヽ,//::::ハ::_;;/ィヽ:::::::::厶-',:::::::;'
嫌よ、私は巻き込まれただけなのよ      .       /:::::::/ィ|_ノ/  }:::/   /ヽィ
                              ヽ/:::::::::::,'   rゥ        rゥ  !-、
黒幕は全部、あのオーストリア女なのよ   .     V⌒ヽ;  { { ::::} }    { ::::} } { |
                                ',   i    ゝニ'    ┐ゝニ' ヽノ
いや、近づかないで、このサディスト!!      __',      ""          "" i
                            /:::::::::::\__i        / ̄ ̄l     ノー
                           /:::::::::::::::::::::::::ヽ     「 ̄ヽ_」   ..:::::::::::::::\
                           :::::::::::::::::::::__f≧/´/´〉`>Y\\ヽヽ____ヽ
                           //__/  l::l  l    /⌒) ` ` ヽ ヽ
                               /    l::l_',     (/    /   l

219 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:30:20 ID:VWvnuyzE
やり直し

【第11幕 三部会開催への道のり】

首飾り事件のその後

              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i     まったく、女王陛下の名をかたって詐欺をするなんて
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'       大それたことをしたもんだな。
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)       さぁ、鞭打ちと焼き鏝だ。
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |      大人しくしていてくれ
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        アンリ・サンソン

                              |     `ー´     ⌒∨\
                              | |\/|   > ──────ヽ
                              | /   >/:::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::i
                              ', `ヽ,//::::ハ::_;;/ィヽ:::::::::厶-',:::::::;'
嫌よ、私は巻き込まれただけなのよ      .       /:::::::/ィ|_ノ/  }:::/   /ヽィ
                              ヽ/:::::::::::,'   rゥ        rゥ  !-、
黒幕は全部、あのオーストリア女なのよ   .     V⌒ヽ;  { { ::::} }    { ::::} } { |
                                ',   i    ゝニ'    ┐ゝニ' ヽノ
いや、近づかないで、このサディスト!!      __',      ""          "" i
                            /:::::::::::\__i        / ̄ ̄l     ノー
                           /:::::::::::::::::::::::::ヽ     「 ̄ヽ_」   ..:::::::::::::::\
                           :::::::::::::::::::::__f≧/´/´〉`>Y\\ヽヽ____ヽ
                           //__/  l::l  l    /⌒) ` ` ヽ ヽ
                               /    l::l_',     (/    /   l

220 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:30:54 ID:VWvnuyzE

                    ___,,,,----- 、__
              _____,.. -‐''''´‐‐''´___Z ヽ\`Tー-1
              `ー-.ュ____,    ̄コ-、_i- 、丶 /└!
             -=´、ニ----ァ  (_     `''ー'ヒ「
              -=ュニラ´,rニヽ ,「 .u'''ー-、_ 、 |'  サ、サディスト…
               ̄'ー、_ __」⌒!.V'    ー┬「'´∠!
                  ゙iN゙i ユ;. ゚    ̄   tf   僕だって、好きでやってるわけじゃないんだけどな
                 ,r.ァx-ー┐  。 .     ' rク
               _/ ! ゙t i ヽ   r___ー─‐イ
          _,,.. -‐'´ /  l  ヽ|   ゚ 、.   ` ̄了
      _,,,. -''´      /   .゙i,   \   `ーァ、....ノ
  ._,r‐''''~`ヽ、      ,'    ',   .ゝ--ァ'''!^!
 /        .ヽ     ''''ー-=- ト、  / ̄`゙i | t'、
..l         ',    ,.-''´   い,/ヽ  .∧ |. ヽ\
.j         ;.    ヽ、     ',   〉‐イ ''|\-'  \


                       _,、-;,;-,,、_
                      _ _i'ニ゙;- -=ミii|||i':;、
                   i┌゙ミ!i||||iin,ヽヾ: i|||iiゞ
                      ゙i.||||i'゛   ゙; : ;;||゙'';|i
                    |i.!!ゝ,, 、:'eァi!゙i|||!゙,!|i,
                       |! ヾ;~|_ ,  | .!!' T~ヽ
                       ヽ--- ゙, 'ー-'`i;、           いい加減、大人しくしろ
                   _._/!`;--イ '、 ヾ,'、',:゙':、_
                 ,.、::;;''゙::::::::::::::/::::::!゙、    ヽヾ;::ヽ`''-、_      暴れて、鞭打ちや焼きゴテが顔に当たっても
                 /:::::::::::゙ ,:::::::::::L_::::::| ', ,、-、_,'゙し、):::;ゝ::::::i:゙:'-、
                   /::::::::::::::::::゙、:::::::::::::フ´:!`y' ',.ゝ 、ヽヾ~ヽ;::::::::!:::::::i   責任はとらんぞ。
               /:::::::::::::::::::::::i::::::::<´::::::::||`iヽ'~',、' )゙_.)::::::゙i::::::i:::::::|
                 /:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::゙、:::::::::!||゙'ー'゙、'-゙ ||||i::::::::i:::::::!:::::i
              ノ:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::゙、:::::::!||||||||\/|||||i:::::::i:::::::i::::::!
              ノ::::::::::::::::::::::::::::ノ/::::::::::::゙、::::::!|||||||||||||o||||::::::!::::::::!:::::|
            /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::i::::::i||||||||||||||||||||::::i:::::::::!::::::i
          ν:::::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::::!::::i|||||||||||||o||||::::i:::::::::|:::::::!
        /::::::::::::::::::::::::/  !::::::::::::::::::::::::::::i::::!|||||||||||||||||||:::!:::::::::|:::::::|
 _|\   ノ:::;;;;;;;;;;:::::::::::::/    !:::::::::::::::::::::::::::::!::!||||||||||||o||||::i::::::::::|:::::::i
 \    ,ケ´,    `ヾ;::::i    |:::::::::::::::::::::::::::::i:i||||||||||||||||||| ノ:::::::: ' - - ー ' '
 <   /,ノ-/-、iー_! ,∨ 、  - └   ' '  ゙ ´ ´
                      サンソンの助手

221 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:31:51 ID:VWvnuyzE

   \   ,, ─── 、   /
     /        ヽ   /
 ─  /  / )ノ )ノ )ノ
    i   / ノ- 、    -ヽ |    ̄   チクショー、恨んでやる!
.     !___.|  |. /|   |ヾ | |
    i ヽ  (ノ -   、 - ´ |        お前らも、あのオーストリア女もみんなみんな
.   /`-,、   /`─-─ ノ ノ
  ∠/⌒j. ヽ、ヽ__ //i⌒ヽ      恨んで…ギャーーーーーーー
    |_ノ   ,┴─┴、  |_ノ
    |  .|/ .\/ \j \j  | ∫
  ∫|   !  ノ      |   | ∫
  ∫ヽ__ /|       |\_ /
.       |____|
      /       \
     ヽ         ノ


               r-="_ ̄ ̄`‐-、
            ,--、-|.|`-:、 、 ̄`:、\`;、
            !',`:、ヽ| __,,,ヽヽヽ ヽ_ i,,_
             i ', r'"    ヽi、  | ヽi:、`‐,―‐'''''" ̄i" ̄`--―------――- 、_
             | i  '、_ 、r'・"i |', /b i.| ',  \     |         ,       i   くそ、焼きゴテを当てた時に腕をかまれた…
             |l ヽヽi'| ` ̄.!' |/ r'-|i .',   >   |        /i       イ
             '  ,`"`-i__,,.::--i ,:'_r''i' ,' ',‐‐'---i  ',       ! |       ! |   貴族なんて言っても名ばかり。
            __ィ'"    /゙i" ̄_イ-! ', 'ri  |,     |  ヽ        .|       |
          /" |    '-、`7"i | i ', ', '、 | ',   .|   \  __,,,--|       |   往生際が悪いし、とんだじゃじゃ馬だな
         /   .|     /"|ヽ| ! i i.  ','、! .',  .|     ̄ |.   |       |
        ,:'     ',     ', ',. | i   ', _ ', '、. ',  |        |   .|       |
        i      ',     ', ', ! r‐、__.) ヽ'_i ', i  |       .|   .|     _,.!
       /      '、     ヽ ',`!`ri、__!、,,  r、_! ',  |      ',   '''i'''"" ̄___,,,!
      r'---、___,,,...-:、_   ヽ ', !,,,!- ,,,':,ヽ-' " ', .|      ':,   フ''" ̄  |
     /      r'"__!__.)-、  ':,.',  `‐-ヽ,|/   ', |       ヽ. i"       |
    ,'       i  _,,,,,,) i,  ',.',     ',O   ', .|       .ヽ! ヽ _|__l__i_!,,,,

222 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:32:47 ID:VWvnuyzE

  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:    刑場のあの女、確か首飾り事件の主犯か。
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::    使えそうだな
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::

ルイ・フィリップ2世(オルレアン公)
ルイ16世の従兄であり、フランス国土の5%を領地として保有する最大の富豪。
王位をねらう野心家でもあり、そのためマリーアントワネットとは敵対関係にあった。

223 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:33:32 ID:VWvnuyzE

【半年後・サルペトリエール監獄内】

         \           ::|        .:::/      ...:...:/
          .:\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ......:......::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          . .::\       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     .::::/
          . :. ::.::::\─── |_;_;__;_;_;;/     ../
            . : .:. .::::| : . : . /: . : . : . : :/. . : . : .::/: : . .
           ...:..:.:..::::|: : : /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : . .  .
         .  ..:.::.:..::::|-=.:.:.:.:_;;:.-::::''´::: : : - ´: : : : : : : . .  . .
           :.::....:::::::|.:.:__;;:;..:::::-‐.::'''""~: : : : : : : : : : : : . . .  .
           ...lフ : ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : . .ワ . .  .
           . : :.::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヮ.:.:.:.:.:.:.:.ワ:.:.:.:.:.:: : : : . . . . .  . .
            .: :::::::;ィ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ::: ::: : : : : : : . . .  .
           ./l ::/|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.::l: : _. . . . . . .
          / ..:|/.::/|~""''' ‐- ...;;__: : ~:"'i':‐:;;  "i''-!._ .:|\
        ´::|  / ::l/| |: : : : : : : : :: :: : : "'''-!.._: :.|"'-!:._ .:|\|
         :l/!  / |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ .:::|\|  \
        /  |/| lニニニニニニニニニニニニl::::|\|  \ .:|
          / ..:|/ : : : : : : : : : : : : : \ \ .::|\
        /|  .:::l二二二二二二二二二二二二二二l .:::|\|  \
          |.:::/                      \|  \
         :/                          \ .:|\


            ,... -::─::- ....、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',        なんだって、あたいがこんな薄汚い牢獄に
      /:::::::::::::;、::::::::::::/ヽ:::::::::,_::::::::::l
    L;:::::::::/'' ヽ、::::/、 _ヽ、ハ `};へ!        閉じ込められないといけないんだよ
     ` ┬' −、 `  −、   | r L...._
        ,..:lヽ | ・ |   | ・ |     ',ノ::::::::`ヽ、
     ,/:::::::`l `- r  `-    /´:::::::::::_;<ヾ
      ´'ー--\、 ` -    , ィ´ ̄`ヾ´

224 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:34:23 ID:VWvnuyzE

        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、      ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !  そこのアンタ、ド・ラ・モット婦人だな?
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /
´_> > `;┐         :i ',   ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ /  ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛   、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i  ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |


       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿   そうだよ、アタイが悲劇のヒロイン、
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|
   | : : |  | (゚|    |(゚| |    ド・ラ・モットさ。あんたは何者だい?
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ    囚人や看守には見えないけど
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |

225 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:35:39 ID:VWvnuyzE

                                           _
                                     /     ̄`ヽレ!__
                                  _,.-'´           \
                                / -―'    _/ ̄` ヽ   \
さるお方の命令で、あんたを              l /    r― '´       \    ヽ
                           .    」/  / /l7        ヽ     \   i
脱獄させてやる。                   //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |
                            / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l
あんたが一生ここに住みたいってんなら    | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
                            l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l
話は別だがな                   .     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
                           .    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
                                    い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
                                    ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
                                      ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
                                     / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
                                   イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
                              ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ


     | |Vl         -―‐-ゝ.
     |ノ  \   <´        `ヽ
     |ヘ.厂 /   人   人     )
     |   / /X フ´ノ ) /⌒ X  /     脱獄!?
     l  /  /  /ニ、 ´  ,ニ、 T|l
     ヽ/  /  / /:::::|l    |l:::::l l l^i      この警備厳重な牢獄から
       Y⌒j   { {0::ノ    _ !0ノノ ||
         | ヘ   / /      rl // V      抜け出せるのかい?
    , -―ヽ _」      /⌒ 1    }― 、
    /     八     〈__)ノ   /    ヽ   なら、喜んでついていくよ
    /    ∠ 「L /厂广>、_rく\へ、_  <
   /∠ / | | |   / 〉    〉 ヽ ̄
      /   ヽ \!    〈ク     /  |
      |      \ \    \  /l   |

226 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:36:49 ID:VWvnuyzE

                        _,r--‐'´.:.:.`ヽ--、
                      ,.ィ´ . : : : : : : : : : : : : :`丶
                     ノ.:/ . : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
                     /´.:.:/ . : :./. : :/:l: : l: : : : :.l: : : :ヽ:.:.\
                  /.:.:.:./.:.:.:.:./:.:.:./l.:ハ.:.:ト、.:.:.:.:.ト、.:.:.:.:i.:.ヽ.:ト、
                   /.:.:.:/.:.:.:/./.:::.:/r==ヽL ヽ:.i.| ヽ|.:|.:.:ハ |
                   i.:.:.:.l/.:./:/.:/l.:l.:/ , rテく ヽ.N「 `メ、ハ| リ  決まりだな。
                   l.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:l l/  ィオ_ノ  从{り ヽ.:/
                   l.:.:.:.:.:/`ヽ. |          ヽ {´     さぁ、行くぞ。さっさとしないと
                  ヽ.:.:.:l  ハ:|             / !
                  ノ.:.:.:L ヽ)     , _ ___  j      買収した看守の見回り時間が終わっちまう。
                 __」:.:.:..:.:.:>={     ヽ二ニ '  ,′
           > '´.:. . : : .: . :,. __」__ ⊥__         ,      そうなったら、アウトだ
          /. : : : : : : : /         ゙゙゙゙`ヽ     ノ
         /. : : : : : : ://…'´¨´   .: .: .:.: .:. ,,,..  `ヾ"´
          /. : : : : :: /        ,. '゙´    ニ二´L
        〃.: : : :/,, .,.,,. .,,.. ,. '゙´   ,  '"´     ヽ\
        〃: /l/              /           ヽ|
        彡'´               /         .   !


       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|  わかったよ。
   | : : |  | (゚|    |(゚| |
   ヽ,-i   -′  、-′|  すたこらさっさー
   _ | ヽ      _′ ノ
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |

227 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:38:10 ID:VWvnuyzE

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"


        _ ,/  ̄ `ヽ、
      /´  トーチ<`ヽ、 ``'' ‐、,_
     / / / l        \_ヽ 、 i
    / /  /            `\ヾi、
   l  /  /  / i リ   i、      ヽ、l
  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl       ふぅ、追っ手の心配はなさそうだな。
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /         向こうに馬車を用意している。
´_> > `;┐         :i ',   ク゛/
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ /  ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛   、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i  ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\  ヽ,    ! \

228 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:39:05 ID:VWvnuyzE

             ↓馬車
                 / |\
                 \ |  \
          \       \|     \
            \へ― フ  \     \
           ∠ △ /    \     |
            Yw「ノノ ̄ ̄\ /     |
            厂/\\ ̄ ̄/ / ̄\  |
            ̄   \|  ̄ |  | EVA ||
                〔§| /|  \_//\
                   (  \\__      |
                       \   ̄ ̄ ̄\_   \
                  ___   ̄ ̄ ̄\    \   〉
             ミ_     /    \    |   |
                   ̄ ̄ ̄       く    |   |
                            /⌒  | |
                         /      |__|
                        /     《 | |
                       /    /  》》》》



                             !::::::::::::::::::::::::::::、ッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             ゙i::::::::::::::::::/   |::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
                              \:::::::::::ゝ、- ゙i::::::::::::::::::,r' !::::::::::::::::::::::、 -:::::::::::::::::::::::::゙i
なんて、立派な馬車。                   |゙i::::::::|   \::::::::::::::l  ゙i:::::::::::::::/  ゙i:::::::::::::::::::::::゙i
                                l 冫、.|、- ,   \::::::::!   \:::::::::l\  ゙i::::::::::::::::::::::|.
あんた、一体何者なんだい?               、|   |、 ''\゙i    ' ‐  \、 ─- ,l  ゙i   ゙i:::::::::::::::::::|
                               ,r' |  | |   !!        コ'´`\ ゙i   |  |::::::::::::::::::|
あたいを逃がして、何が目的だい?          | |  l | !. | !.|        || _,  l |       |、- ̄'‐,r'
                               !、 l  ゙i| 二!.!           |゙i, ! ! !      ,r'     l
                              、 -ト  ...... ̄、-         !、‐ー´/        /  |
                            /´::::::::゙i ...:::::::::... '       ...::::::二-.,_::..    (,!  ,r'__
                           /:::::::::::::::::::\             l  ゙i ゙i ゙i       ,./::::::\,
                          !::::::::、-::::::::::::::::::\    =-   〔`'r ゙i │ ゙i l _/|'‐‐´::::::::::::::::::::`'- ,
                          (/´/::::::::::::::::/`\,       ゙i  ゙i |.  | | |゙i  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              ̄ ̄ ̄  _、 -t'`''-.,,_    _l   l!   ! |、l.- ,  ゙i:::::::::::::::::::::::::::::::::

229 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:40:13 ID:VWvnuyzE

     /           /^´´"|   |  | ヽ
    /      /  ∠     |   |  ト、..  \
    /::..    ∠.イ:::/ ̄ ̄`==|   |::::::ハ:::::\\\   話が早くて、助かるな
   〈:::::r‐-、  .::/|/< ̄(:_リ"ヽ}/|::::||/=}:::::::ヽN\|
   〈:::{ r> l.:::/ l         / |::/1t:ハノ::::::::ハ| | |   イギリスまでの逃走資金を用意している。
    |::ハ ヽ |:/           l∧ ` |::::/l/ |
    |:::::`ー::::r             −/ ///       あんたはイギリスで、あることないこと、王妃の悪口を
   」::::::::::::::/ト        ____  /
   ∧:::::::/ キ、          ̄ ̄` /           吹聴してくれれば、それでいい。なるべく派手にな
─‐N V|/   :::´X、        イ
::::::::::::〉/      :::::::::::"'-x...,,,_,_,_,_,_/`
:::::::::zへ    | :::::::::::::::::::/ ̄´
:::/   \   |  :::::::ノ:::<


       _ _,,,,,__
     /: : : : : : : : : \
     /: : : ;;; : : : : : : : : :ヽ、
   | : : : / ) :_ノ^): :ノ^_):丿
 .  | : : :/ / ヘ_   ヘ_|
   | : : |  | (゚|    |(゚| |    そんなことなら、お安いご用さ。
   ヽ,-i   -′  、-′|
   _ | ヽ      _′ ノ    それだけでいいのかい?
 /: : :`ノヽ、    ヽノ /:ヽ
 ゙ ---′ __| ` −┬´ \;;ノ
     /ヽ\ ̄∧ ̄ノ`ヽ
    |  |    ̄   ̄ | |

230 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:40:51 ID:VWvnuyzE

                _
          /     ̄`ヽレ!__
       _,.-'´           \
     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ
.    」/  / /l7        ヽ     \   i
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l    あぁ、それで十分だ。
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l    あとは、こちらの素性を詮索しないことだな
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ


                                  ,.. -‐ '  ̄ ̄ `丶、
                               , ‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                              _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                            , '´:::::::::::::::;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
あたいを逃がしてくれる人。          /::::::::::::::::/|:::::::::::::::, '_l::::::::::::::/ \:::::::::::::::!
                           |:::::::::::::::レ '´l::::::::::/   ',:::::::::/\  !:::::::::::::|
あんたらの正体はそれで十分さ        ヽ、:::::::|  , 、.!::::/    〉、:::ト、 ` ',:::::::::::|
                            `ヽ,::! ,   ヽ|    l  `'  |    !r'´`ヽ
                             /l ` |   i     |  _ |     / |
                             | ト、_!r=- 、'     r'´ ̄`'::'::::::::  l ! l─- 、
                              i !:::::::::   r       ::::::::::::::::  ' /::::::::::::::\
                             /l      ヽ           r_ '´::::::::::::::::::::::,>
                            /::::::\     ィ-‐ 'ニニア     / `ヽ:::::::ー-'-´ァ
                           / - '7:::::`>、   ヽ'、__ノ    /l     l--‐' ´
                             'ー‐イ   `!丶 .,_    ,. ‐'´  !       |
                               l   | ___>`-'´'´   /ヽ     l

231 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:42:01 ID:VWvnuyzE

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',    裁判によって、終身刑を言い渡されたド・ラ・モット夫人ですが
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |    収監されていた監獄から抜け出しました。
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    そのあまりの手口の鮮やかさに、オルレアン公が一枚かんだとする説があります。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i     真相は闇の中ではありますが、ド・ラ・モットの脱獄により
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|     2重3重に、王妃の顔に泥が塗られたことは想像に難くありません
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i


                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /      その後、ロンドンに渡ったド・ラ・モットは首飾り事件のあらましや
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ        王妃との(でっちあげの)性体験等を書いた「回想録」を出版し
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ     せっせと、フランス王家の権威失墜にはげみます
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ

232 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:43:05 ID:VWvnuyzE

【フランス・パリ市内】

      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    おい、何の本を読んでるんだ?
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /    
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ    


     /                       ',
    /                         !     例の首飾り事件の犯人が書いた暴露本だ
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /      結構おもしろいぜ。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ   あのオーストリア女のスキャンダルも書いてるしな
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ    
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''− ''" |  _ ヽ  `:、   !

233 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:43:50 ID:VWvnuyzE

      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    そいつは、面白そうだな。
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          あとで、俺にも読ませてくれ。
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /    
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ    


【その頃、マリーアントワネットは】


           /':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ: /_/
       /.:.:.:.:.:/:.:.:.:,:.:.:|:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.', } /:.:.|
      l{:.:.:.:|:.l:.:.:.:/l/'ハ:、.:.:ヽ.:.:.:.:} .{::.:.:.:.:l
      ハ:.:.:.|:|:.// ノ ‐ヾ\_|l.:.:.:i }::.:.:.:.:.',
       ヽ:.:.{. ,:=、   ==、 ノ.;./ /::.::.::.:.:.:.',    今夜は久しぶりに、パリでオペラ鑑賞ですぅ。
        ヽゝ  、     ソ!※}::.::.::.::.:.:.
         { `ヽ、ヽフ /イ  /‐、_:.:.:.:.:.:.     セビリアの理髪師楽しみです
  f^)^)^)^)^)^)^)^)^)^)「-、_,{※} r′ヽ:.:.:.:.
 r''⊇、             l|ヽ_/  } t′  ',:.:.:.
 { =='、           l|!;r'!※{ t′   ',:.:.:
 ハ,,_う´            l||;;l}.  {,コ      !:.
_{'V|l             l||;;;{※.},コ      !、
ゞ |l                l|.l;;{  },コ      }
\,,|l            l| L{.※{,コ      /|
  |l________l|,rn}  },コ\   / 〉

234 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:44:39 ID:VWvnuyzE

劇場内
                                            /   ./
                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                 | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|〜〜〜ニ二二二二二二二二二二二l、  |
-、,-、 ,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
 |  Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、
|   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l
Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i
.|    |    |    .|    |    .|    |    |    .|    |    |    |    |
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  おいおい、オーストリア女が来てるぜ
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) えぇー、マジかよ。顔も見たくねーよ。
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  追い出しちまおうぜ、あんなやつ
 u-u (l    ) (   ノu-u   みんなで、一斉にブーイングしよう。
     `u-u'. `u-u'



 ババ        バババ  ババババ
    バババ ∧_,∧  ババ ∧_∧ バババ
  ∧_∧バ( ´・ω・∧_∧ (・ω・` ) ∧_∧    帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ
 (´・ω・)=つ≡つ);;)ω(;;(⊂≡⊂=(・ω・`)    帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ
 (っ ≡つ=つ  (っ  ⊂)  ⊂=⊂≡ ⊂)    帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ
 /   ) バ∧_∧| x |∧_∧ バ (   \   帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ帰れ
 ( / ̄∪バ (  ´・) ∪ ̄∪(・`  )ババ ∪ ̄\ )
  ババババ/    )  バババ (   \ ババババ
 バババ  `u-u'. バババ ババ `u-u'

235 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:45:14 ID:VWvnuyzE

   ノ ※//:. :.:.:.:./:.:.:./:.:.:._:.:._:. 二/   l
    /:::/:.:. :.: /.:: .:/ .::_.::  .:.――:. /  /|       |
  //// ::/ ::.:./ :.__:._:.//:// :/l | l     |
   / / ::/_ :.:./ 二\ / :://:/:. /l / /l .| l      l
  ※ l .:/ / ̄l __   \二 ― ´ / // | :| |   :  l
 .   l .:/:::/  / ̄ミミ≧、 `   /  /     |.:.l | :  l .::|
 ※  | .:l:.:/       ゙ ミ≧、   ´  / ___ |:.:| | ::. | |
   ノ|:.:|:/   ( ̄ )ァ≡≠≧ミr          l.:.l: l::.|: l .:l     言われなくても、こんなチンケな劇場になんか
  ノ:.:.l:: |'     ̄ '¨ ̄ ̄  `   .,ォ≦三三三/:ノ/l:l / /
  ノ:. /:ヽ、\ l l| | | l         `ヾミ>、   / ' /:l.: / ./      2度ときてやらねぇです
 ':.:./: / ヘ ̄`      ___.      (  `ミ≧// /:. .: /
 ::/: /:/::.lヽ.     /::::::::::::`:.、 /  l | l ///: / :/
 /:./:. :. :l  ヽ    /::::::::::::::::::::::::〉    .、/ /.:. /
 ::/:./:.:.:l   :ヽ、  j::::::::::::::::::::::::/    / ヽ= ― ´)
 /:.:. :.:/ __:.::_\ `ー‐ _ .二 -┬ ´!   ※  l
 ^ ̄ , ‐,.ニニニ、\:. ̄::.__|_ ::.l::.|.:.|.      )
  //      \l ̄l ‐,ニニニニ、ヽ┴- 、 ※  |
  | |         ./|_|<      \\  `ヽ、  `)
  | |     // l | \\     | |    \  l
  | l     /// ./)(| | \\    l |     (l\ )
  L ニニ´/ / / )(| |   \\__l |     (l  ヽl


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´^∀^) (^∀^`) ∧∧   大勝利だな
( ´^∀) U) ( つと ノ(∀^` )  2度と来ないだってよ
| U (  ´^) (^`  ) と ノ  負け惜しみだな、テラワロス
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

236名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 18:45:43 ID:YPeleRWk
誰にブーイングしてる誰にw

237 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:46:14 ID:VWvnuyzE

この当時、パリ市内ではこんな歌がはやったという

        ♪      ∧,, ∧            ♪
♪          ∧,, ∧ ・ω・)
         ∧,, ∧ ・ω・)   )               羊飼いさん 羊飼いさん
    ♪∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ   ♪    ∧,, ∧ 
  ∧,, ∧ ・ω・)   )っ__フ(_/ 彡    .∧,, ∧    )   雨が降ってきましたよ
 ( ・ω・)   )っ__フ(_/彡    ∧,, ∧    )   )
 (っ  )っ__フ(_/彡    .∧,, ∧    )   ) Οノ    濡れるのが嫌なら
  ( __フ(_/彡   ∧,, ∧    )   ) Οノ ヽ_)
   (_/彡      (    )   ) Οノ 'ヽ_)        早くおうちにお帰りなさい
            (    )  Οノ 'ヽ_)
           (ゝ. Οノ 'ヽ_)      ♪
     ♪    ミ  ヽ_


                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}   羊飼いとは、マリーアントワネットのことで
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|   雨というのは革命の予兆です
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |    パリの民衆たちも、時代の変化を
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |    敏感に感じ取っていました
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |

238 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:47:32 ID:VWvnuyzE

    /            λ λ
   /         丿 /l  l', |',
  i ,;           /,' ./ .|  | ', '\
.  l //        /.' / | ノ  ' , ', ~-,, ヽ
  },l|       / |.,'  .| | ,,, ,,,'-',  "''\  ',
   |     i /-'"'-'|- ,, i |,',''" ,,,,,, -;ニ二,,,,;,, ',            このような嘘にまみれた暴露本を出され
    ',    ',,〈 Y''(";;;- ,,';'; | -''' < ̄(;;;ノ  ノ ", |
    \   'i,,\''--,,,-' | \"',  "' --- '"   y            民衆からも、支持を失い
      );   | ' ,','"   i   ', |     ""   /
     ./ノ   |  ,|   /   ',|       /              せめて、このフェルセンだけは
     /    '|    ,'""'   "       .i
     \   ',     ,, ___         ヽ,         |     あなたのことをお護りいたします
       \  ',.     "'        i,,--'''  ,,     ノ  /
         y \.    ー--―'''    "---;;"    /,,,/
          ''''-ノ.  \    ===       ''Y",   ,/
        ''"―--''\         ,, - ''" "''''",,|)ヽ
           ,-' " "- __,、 -‐'"  、、 - ‐ ゙゙    |
            |"'- ,,,,,,,,,|,,,,,,,,, 、、 -‐  ゙゙゙  |彡|    |
             |     |||          |彡|    |


                     ____
               , ィ ´ __,.、__ `>、
             / __.r‐┘   \ └‐t _ \
             // /  //   l ', 、  \ハ\
         / /イ   //  /  l  |  \  ヽ!  \
          /  /   / /.: :  :/  / l |:.:.  ',   V   \
        /     j/ / /.:. : : / / / l |\:.:  ',   ',  ,.: 〉  あぁ、フェルセン。
      /    /   l:.-−―/ // イナ ― --l    !イ::/
       ̄ヾー-|l _ 斗匕三x' ´ / / x三:心j:.:  j l/     あなただけです。
         \|:!:. :.:.liヽ ハノ:!    /  ハノ:i ノイ.:. /! l
          l|小、:.:.:.ヽ. ゞ='    /    ゞ=' /.:.: イ } l     このわたしの気持を理解してくれるのは…
           l| { ヽ、:.:.:.\     '       /ィ´_ {!_ l: l
            l|  } _{!_ 下T、    cっ   /i:.ハ. {! }:. ',
            ‖  { {!  }:::i::::>:..、    , ィ:::::::.:l:::.:}   {:.:.  ,
         /'   }   {::l.:.::::::l::::|   : :|::::l::::::::.:i:::.{'_{!_/:.:.:  ',
         / /  ト、 }!,jV.:.__/ ̄¨ Y ¨ ̄\_:r、} }!/ .:.:.:..  ',
        ,' /  {こ入 { イ ,.‐',二¨T¨二.'‐、  { j/¨ヽ:.:.:.:.. ヽ
       ,' .:'  / _r'_{! ノ { // / ,小.ヽ \ヽ r' |!」 i  l :.:.:.:..  ヽ

239 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:49:14 ID:VWvnuyzE

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ     
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !     さて、いよいよ雲行きのあやしくなってきたフランス国内。
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V     本編に突入する前に、国王一家を一度見てみましょう
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!     筋書きの都合で、出産シーンを省いた子供もいますので
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!     確認してみてくださいね。
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',

240 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:49:55 ID:VWvnuyzE

       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',
.  ,'::.::.:.. :     :           ヽ:!      まずは、ルイ16世。言わずと知れた、この物語の主人公。
  i:::.:.:._,.-、,,   }     ―     ―  \:t
 _レ'´... _ゝ'__,. /  ( (;;;;;) ) ((;;;;;) )ヽ:::}     一般的なイメージでは、弱気で無能な国王となっていますが
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/               |:::ヘ
. 冫{´:.. ._;.イt:冫     (___人___,)   |:::::ノ    果たして…
/:::`ーァ{:.ヽ` }       `ー ´    /^´
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「             ./
    ,j:.:.:.:rl\          /
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ气 ヽミヘ

                                                 ,厶XXXXXXXXXYXk_
                                              , '´ , '`^^⌒^^¬XXXXXXXk
                                            /  .:/ /.:'´/    `YXXXXXXL
お次はマリーアントワネット。ルイ16世の王妃です。             , '´   .:/;イ / ; /    `YXXXXX7
                                        / /:;  /::/ / /, '//   :;  } `YXXXハ
享楽的で、政治にはあまり関心を持ちません。             / ,'::///::/ /:!/ .:/ '   .::/ .:/ 、 `YXノ ハ
                                       { l://;::;'::/ /:/l:|::/ :;'  / ::/:l .:|! |Xx)  `、
生まれついてのプリンセスという立場上か              ` {ハ:|:j::j丁7メ!|:l :/:/ .;:イ .:ハ ::j  lX「    ヽ
                                           乂V!| f「::`Y|l:l// .:/_7メ、j / .:/xr′   `、
民衆の苦しみを理解できず、悲劇を迎えます                /XXX!| `='′リ〃´ イ::::`kl|:/ ::/Xx}个 、    l
                                        / XXX八 ″  ,    ゙=‐' グ ;:イX(   !  ` ー ┘
                                      /XXXXXxヽ、  、  ""‐=彡'´XXX} .:|
                                       /XXXXXX7^二\    ,. イXXX7⌒´ l: |
                                     /XXXXXX/ {r=‐う斤-、 jXXX{_| .:l| ::l |
                                 .   /XXXXXX/  し冖イ/ ト、ヽYXXX/rヘ ::|l :l:|
                                   /XXXXXX/     _{7/r1| VXXX/_「: :.V |::l{
                                 ∨XXXXXX/     _j///l_)| /XXXx{-< : : ∨::l:|
                                 /XXXXX7´       {//小| }VXXXXxlニ{: : : : Vハl

241 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:50:49 ID:VWvnuyzE

       ____ ..≧ゝ,.≦三:._ ̄ `丶:、
         ̄フ>:;/ ` ー- ._       `ヽ
       /.:,ィフ   ,イ .:  .:.          \
      /.:/ / .:r、ィ/ | .:i .:.:.i   .:   ヾ: 、.:.:.:\    長女 マリー・テレーズ (1778〜
     /.:/  / .:/_/]\!_. :| . :ハ .:.i! . : .:`.:、`ー-
.    /.:/  ./ .:イ/゙`j厂ⅥL! .:/ ト._|__. .:.イ .:.:/:::      ブルボン家とハプスブルグ家、ヨーロッパ屈指の両王家の血を継ぐことから
   /.:/  ./イ/ (てリ ∨`、厶-Ⅵ-! ̄7 ! .:/べ
.  〈 /   .'´ ′       リ\:::{く匂/ヾ|  ′       幼少からプライドの高い性格だったと言われている。
   ヾ:.、   }! ""           ヾ辷彡’j}
    〉.:)  iハ.       ` ー    ,, ,,`ー 1 :.         革命以前はマダム・ロワイヤルの名で、人々から愛された
   //  l  ヽ                | .:.:.:.
   ヾ:、  ,′.:.:.:.丶、            _ .イ .:.:.:.
    、 ヽ /   .:.:.:.:.:.:.て圦ュァz=ェ彡'".:.:.:.:| .:.:.:.:.
    `ーソ ___;.:.≦三ー>=く`ー' ̄ス.:」_:.:.:.:.:.
     / 「) rt―ィ  ,ィ Yく及} i 、  ̄`¨ニ7
.     /   フ" `ーく ,.ィ/ }≠く |!  r:、 _r-、ノヾ
   ,′ 〈二ミ:、  `¨´ヽ.ノ\/ヽ√´  `" ,ィ三彡
                                              ___
                                  、-‐―- ,      /―  ―\
長男ルイ=ジョゼフ・ド・フランス (1781〜         /((#)≡(#))_||‐/ ( ●) (●)
                                 | l二二二二| l| |    (_人_.) |
フランス国民が待望した王太子。             」| ̄ ̄ ̄ ̄」|| ヽ   `⌒´ ノ
                                        / / i    i/||
しかし、1786年4月に結核を発症し、療養中。            /   | .|    .!┐
                                     /     ヽ__)  ┐ |
                                    /       /|  |(__⌒)
                                  |1――――――|1 (__⌒)
                                  」|――――――」|


二男 ルイ=シャルル・ド・フランス(1785〜                 彡ミミ|~|ミミミ
                                           ミ|_(__)三(__)_|ミ
第2王子。革命の勃発により、悲惨な人生を送る羽目になるが      [||`' , ,'~||]
                                            ||.," ___ ",||
それはまた後日の話。                               _iー‐i_
                                           /'||`' ――'` ||ヽ
                                          / ,|| ミ.W彡 || 〉

242 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:51:57 ID:VWvnuyzE

次女  マリー・ソフィー・ベアトリス(1786〜                  --彡 ̄ ̄\/\
                                           / 彡   _∧ミ`\
残念ながら、1歳に満たずに亡くなることになる。              /  ,彡´ ̄:::::::::\ヾi》》| .
                                          |  |::::::::::::::::::::::::::| |≠ |
通常の子供に比べ、頭が大きく                      /  |:⌒::::::::::::⌒:::::| |\/
                                       /《ヾ彡/:(●):::::::::(●)::| \i\
先天的に何らかの障害を負っていたという説もある        ゝ__彡 |.::::::::(__人__):::::::|\ミ ソ
                                        \《 | \::::::`ー´:::::/ |__> 丿
                                         ミ  \.ゝ.T---T  《ミ| ./


                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}    ネタバレ的な要素もあるので、次女以外の没年はあえて
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|    伏せてます。
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |     実際のところ、みなさん、あまり良い人生は送られてはいないですが
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |     続いては、一家の周辺の人物や高官をチェックです。
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |

243 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:53:24 ID:VWvnuyzE

        ./::.:.:.:.:..: : : : : : : :.{ 「.|  }: : : : : : : :.:.:.:.:.:ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}     はかばかしく財政状況のよくならないことを理由にネッケルが解任され
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/      新たに財務総監に就任した男。当時、歳入の10倍近い負債を抱えたフランスの財政を
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ       立て直すために、特権階級への課税を推進。強硬に反対する貴族達に対抗するため
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./       名士会(後述)の支持を得ようとするが果たして…
           \_i      < _i j_ >      |/
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,

       シャルル・アレクサンドル・ド・カロンヌ


                                             /            λ λ
                                            /         丿 /l  l', |',
                                           i ,;           /,' ./ .|  | ', '\
スウェーデンの名門貴族フェルセン侯爵の子。             .  l //        /.' / | ノ  ' , ', ~-,, ヽ
                                           },l|       / |.,'  .| | ,,, ,,,'-',  "''\  ',
アメリカ独立戦争に参戦したが、その後無事にフランスに帰還。      |     i /-'"'-'|- ,, i |,',''" ,,,,,, -;ニ二,,,,;,, ',
                                             ',    ',,〈 Y''(";;;- ,,';'; | -''' < ̄(;;;ノ  ノ ", |
マリーアントワネットとは相思相愛っぽいが、実際に大人の関係が      \   'i,,\''--,,,-' | \"',  "' --- '"   y
                                               );   | ' ,','"   i   ', |     ""   /
あったかどうかは、不明。                               ./ノ   |  ,|   /   ',|       /
                                              /    '|    ,'""'   "       .i
                                              \   ',     ,, ___         ヽ,         |
                                                \  ',.     "'        i,,--'''  ,,     ノ  /
                                                  y \.    ー--―'''    "---;;"    /,,,/
                                                   ''''-ノ.  \    ===       ''Y",   ,/
                                                 ''"―--''\         ,, - ''" "''''",,|)ヽ


                                                  ハンス・アクセル・フォン・フェルセン

244 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:54:12 ID:VWvnuyzE

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',       次にカロンヌの解説ででてきた名士会について説明します。
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |       名士会は国王の招集によって、王族、貴族、聖職者等が
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !       与えられた議題を論議するものです。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i        主に、新税を設ける際の国民の承認代わりに使われました。
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ      では、本篇をどうぞ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

245 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:55:04 ID:VWvnuyzE

                         -‐= = =‐- _
                     /: : : : : : : : : : : : : :: : ヽ
                /: :: : : : : : : : r ⌒ ヽ : : : : i
               /: :: : : : : : : : : : {! ||__ }____}
                  /: :: : : : : : : : _ -=ゝ-三―‐‐-=`丶
              i: : : : : : : : ィ彡==-、   ,ィ=ヽi三ニヾ)   陛下、このままではフランスの経済破綻は
              {: :: :: :/ミリ  r七ュ 、 (fセュ |=‐ ´
                 \/ヘヽミ    -‐'  ', ー. i       火を見るより明らかです。どうか、名士会を
                     { {{てミ        r_、_,〉   }
                ∨ミ>、ミ    ,ィ彡ア ミュ、,'       招集し、貴族達への課税を実現してください
                   ∨ ',入.   /ィ´-―- ヾ
                     i   ', ヽ     ¨¨ /
                /、  ∨ >     /
              _ / : : ヽ  ∨ ∨ ≧‐<{
        _ ,  -‐ ヘニニ∨\ : :: : ̄ ' , ̄' , ̄ ̄ハ> , _


                                           / ̄ ̄ \
                                 .      /       \
名士会…                           .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
                                      |  (ー)  ( ●)   |
やはり、それしか貴族を説き伏せる方法はないかお  .     \  (__人__)   /
                                 .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
                                     |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
                                     |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
                                    /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
                                    〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|

246 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:55:57 ID:VWvnuyzE

         /.:.:.:.:..: : : : : : : :.,r' ⌒ ヽ: : : : : : : : :.:.:ヽ
        ./::.:.:.:.:..: : : : : : : :.{ 「.|  }: : : : : : : :.:.:.:.:.:ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./     ええ、そうですね。
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ       まったく貴族どもは度し難いですよ。
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ      このフランスが亡くなれば、貴族という肩書も
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./
           \_i      < _i j_ >      |/        何の意味も無くなるというのに
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,


                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \
           /    __ノ  '⌒  ヽ        そう、この国がなくなれば、すべては無意味。
            |    ( ● )  (● ) .|
       /,〉/.|      (__人__)  |\       なのに、みんな自分が損をするのは嫌なんだお。
      / /   .\         /  .\
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\    カロンヌの言うとおり、まったく身勝手なやつらだお
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |

247 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:56:48 ID:VWvnuyzE

                         -‐= = =‐- _
                     /: : : : : : : : : : : : : :: : ヽ
                /: :: : : : : : : : r ⌒ ヽ : : : : i
               /: :: : : : : : : : : : {! ||__ }____}
                  /: :: : : : : : : : _ -=ゝ-三―‐‐-=`丶     しかし、ひとつ懸念がございます。
              i: : : : : : : : ィ彡==-、   ,ィ=ヽi三ニヾ)
              {: :: :: :/ミリ  r七ュ 、 (fセュ |=‐ ´     名士といえど、すべて貴族や聖職者ばかりです。
                 \/ヘヽミ    -‐'  ', ー. i
                     { {{てミ        r_、_,〉   }        特権を有する彼らが果たして、新税の法案に賛成するかどうか
                ∨ミ>、ミ    ,ィ彡ア ミュ、,'
                   ∨ ',入.   /ィ´-―- ヾ
                     i   ', ヽ     ¨¨ /
                /、  ∨ >     /
              _ / : : ヽ  ∨ ∨ ≧‐<{
        _ ,  -‐ ヘニニ∨\ : :: : ̄ ' , ̄' , ̄ ̄ハ> , _
    ,. ‐: : : : : : : : : : ',ニニ∨: :` ‐- . _' ,: :', : : /: : : : : : `ヾニニ‐、__
  ./: :.: : : : : : : : : : : : }:ニニ:', : : : : : : : : : : ≧ ∠: : : : -―: :: :ヾ;ニニヽ: :`丶


                                                  __
                                                ,,.-´   ``ヽ
その疑念はもっともだお。                               ./         \   ;'   , ;'
                                             /           ヽ ,;'   ,;'
だが、名士会に招集されることそのものが一つの栄誉。            .|   `\   ,,_/'   .;'゙ ,;
                                           / |   ( ●)  (● )  ;'゙ 、゙
それゆえ、過去の名士会をみても                      /   \  (__人__)   '.,,、'゙ \
                                        /    / `ー‖── ,;'゙ ′    \
国王が出した議案はすべて承認されているお             ,\   .l |   ・.,.   . .、゙   /   /
                                       / .\  i l      ' ''゙'    /  /丶
                                      ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

248 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:57:30 ID:VWvnuyzE

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ __ノ   ⌒` \       まぁ、なんにせよ、やってみない事にはどうしようもないお。
         /  ( ー)  (一 ). .ヽ
         .|   ::::::(__人__):::::   .|      名士をリストアップするから、招集をかけてくれんかお
       / |              .|\
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


         /.:.:.:.:..: : : : : : : :.,r' ⌒ ヽ: : : : : : : : :.:.:ヽ
        ./::.:.:.:.:..: : : : : : : :.{ 「.|  }: : : : : : : :.:.:.:.:.:ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ   承知いたしました
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./
           \_i      < _i j_ >      |/
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,

249 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:58:18 ID:VWvnuyzE

【こうして、名士会が招集された】

【審議中】
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧             貴族や聖職者に課税したいだってさ。
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )         えー、せっかく免税されたんのに?
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧       税金なんて、第三身分(平民)から搾取するもんだろ、JK。
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   でも、そんなこと言って、フランスが財政破綻したらやばくね?
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u    IMFに泣きつけばいいだろ。
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'
                                             この時代にIMFなんてねーよ


【否決】
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   我々への課税など、認めるわけにはいきません!
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

250名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 18:59:14 ID:gz2nAvxQ
ダメだこりゃ

251 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 18:59:16 ID:VWvnuyzE
>249 誤字あったので訂正


【こうして、名士会が招集されたが】

【審議中】
       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧             貴族や聖職者に課税したいだってさ。
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )         えー、せっかく免税されてんのに?
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧       税金なんて、第三身分(平民)から搾取するもんだろ、JK。
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   でも、そんなこと言って、フランスが財政破綻したらやばくね?
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u    IMFに泣きつけばいいだろ。
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'
                                             この時代にIMFなんてねーよ


【否決】
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   我々への課税など、認めるわけにはいきません!
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

252 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 19:00:09 ID:VWvnuyzE

       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',      お主たちが好き勝手できるのも、フランスあってのことだお。
.  ,'::.::.:.. :     :           ヽ:!
  i:::.:.:._,.-、,,   }     ―     ―  \:t    もう一度、よく考えるお。
 _レ'´... _ゝ'__,. /  ( (;;;;;) ) ((;;;;;) )ヽ:::}
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/               |:::ヘ   フランスが亡くなれば、収入もなくなる。
. 冫{´:.. ._;.イt:冫     (___人___,)   |:::::ノ
/:::`ーァ{:.ヽ` }       `ー ´    /^´   税金どころの話じゃないんだお
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「             ./
    ,j:.:.:.:rl\          /
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、



      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ    フランスがなくなる?そんなバカな。
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ      そうだそうだ、もっと第三身分から搾り取ればいいだろ。
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、    どうしても、我々に課税したいなら、三部会を招集するんだな
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::

253 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 19:01:46 ID:VWvnuyzE

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ        名士といえど、この程度かお。
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ー)  (ー )  .|\       三部会の招集か、最悪の結果だお
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \

【解説】

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、         三部会とは、聖職者、貴族、平民の三身分から成る身分制議会のことです。
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i      身分毎に議題を審議し、それぞれの審議結果に応じて、一身分一票を投じ
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |      最終的に、その多数決によって、決がとられます。
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′     つまり、基本的にはどのような議題も聖職者・貴族の2票 対 平民の1票という図式に
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||      なりやすく、上流階級にきわめて有利な議会となっています。
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙     ルイ16世は結局は彼らの意見を受け入れ、三部会を開催することとなりますが
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',      これはフランス革命への流れを決定づけることとなります
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
      / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',  
.      l i |  |/  /  //::::::/::::::::::::l:::|       ヽ     |    }
                                                                                  【続く】

254名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 19:03:52 ID:gz2nAvxQ
おっつおつ

255 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 19:04:51 ID:VWvnuyzE
ちょっと短いですが、区切りがいいので
今回投下分はこれで終わりです

>250 さんが言っている通り、貴族達は既得権益にしがみつき
ほんとに、どうしようもない状態。
三部会を招集するも、結果が目に見えているので
民衆たちは納得しません。
さぁ、いまこそ第三身分が立ち上がる時!
というわけで、いよいよ革命が始まりますよ。

怒涛の鬱展開ですよ

256名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 19:06:00 ID:TSyu5VVc
乙っした!
だが名士会の視野の狭さは異常w時代の流れについていけてないとはこのことか

>>233
パイジェッロ作曲のほうか〜有名なほうはまだ出来てないよな?って確認しちまった

257名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 19:07:30 ID:YPeleRWk
乙。

日本も財政破綻すれば革命起きるかな?

258 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/02(月) 19:15:48 ID:VWvnuyzE

>256

すまん、セビリアの理髪師うんぬんは
特に時代考証せずに、ノリで書いたんだ。
確か、ベルばらに名前が出てたと思って。


>257

日本じゃ、起きないだろうね。
良くも悪くも、政治的におとなしい民族だし

259名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 19:48:28 ID:pXqBqqA2
そもそも、現状言われているような理由では財政破綻は起きないと思う

260名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 20:39:47 ID:BYjVtNp.
今の政治を見るに革命しても概ね変わらないんじゃないかと予想するが・・・
富の再配分をしようとしても外国に逃げられるだけだよ

261名無しのやる夫だお:2010/08/02(月) 21:03:15 ID:fxP9MSlo
乙でした
このスレや革命さんとこみててつくづく思うんだがフランス人ってムチャクチャだよなあ

262名無しのやる夫だお:2010/08/03(火) 21:57:59 ID:FnFPDLVc
乙でした
待ってた甲斐があった

263 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/03(火) 22:55:15 ID:ToWeun6w
>>259
経済についてはよく分らんが、興味深い意見だね。
ちょっと勉強してみるわ

>>260
革命時に、貴族達も多くが財産をもって海外に逃げたけど
今も昔も変わらずか

>>261
無茶苦茶というか、革命時はきっと血に酔って
集団ヒステりーみたいになってたんだろうね。

>>262
毎度お待たせしてスイマセン。
楽しんでいただけたら、幸いです

264名無しのやる夫だお:2010/08/03(火) 22:59:10 ID:22C9ycW.
国の経済の安定度は国債の金利である程度測ることができる
なぜなら、破綻する可能性が高い国の国債は、金利が高くないと買ってもらえないから
日本の国債の金利はおそらく世界最低じゃないかな
「日本は借金大国で経済破綻ヤバイ」というのは、
意図的に日本経済の有利な要素を無視しているので注意が必要

265 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/03(火) 23:20:09 ID:ToWeun6w
>>264
あぁ、なるほどね。
そういえば、この頃のフランスも
金利を高くしないと、誰も国債を買ってくれない
          ↓
利子の返済だけで、精一杯
          ↓
さらに借金

の無限ループに陥ってるわ

266名無しのやる夫だお:2010/08/04(水) 00:03:52 ID:LULf6AdQ
乙でした
日本の場合、自立心を持った“市民”というものが中国以上西欧未満の成熟度だったという
から、そもそも市民革命になじみがないかもしれない

267名無しのやる夫だお:2010/08/04(水) 01:41:09 ID:8fpoRWw6
>>265
この時代はIMFもないしねーw

まあ経済の安定度だけで国債金利を語るのはちょっと乱暴なんだけどね
いまの日本の金利が異様に低いのは、国内の需要不足で金の行き場所がないのと
世界の不況のせいで円高が続いていて

日本人「金の使い道がないし国債でも買うか、デフレだから目減りしないしね」
外国人「いまのうちに$やユーロをを円に換えておけば、あとで円高差益が出るぞ
      待ってる間国債でも(ry」

って理由もあるから、日本大勝利とはならない

268名無しのやる夫だお:2010/08/04(水) 08:49:05 ID:giN3R4Q2
少なくとも破綻の心配は無いな、と思ってもらわないと
誰も買うはずないんだけどね、円も日本の国債も。
良い状況とは思わないけど破綻は無い、というのが日本の評価なんだろうな。

269 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/04(水) 22:42:21 ID:rom/NaGA
なんだか知らないうちに、経済談義にw
いいぞ、もっとやれ。

しかし、まぁ、こんだけ不況が長引くと
何を信じていいのか、わからんね。
国家だって、永遠不滅ってわけじゃないし。
歴史系のやる夫スレをみてるると、常々そう思う

270名無しのやる夫だお:2010/08/05(木) 00:51:56 ID:0uNCGD8Y
267とかでお邪魔してますが
最近の経済の流れ見てると、近代史って大事だなーってマジで思いますよ
いま中国じゃニンニクバブルだそうじゃないですか
おまえらチューリップバブルって世界史で習わなかったのかと

271 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/05(木) 23:13:56 ID:8BEDG5pg
歴史は繰り返すというか、投機筋にとっちゃあ
自分が儲かって、逃げ切れれば、それでいいんでしょうね。

それがもとで、経済が混乱しちゃ
一般人はたまったもんじゃないですが

272名無しのやる夫だお:2010/08/16(月) 14:38:45 ID:NydrP.bY
保守

273 ◆Z8aP46qE9c:2010/08/25(水) 00:09:49 ID:lYOVUsS6
保守

274 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/02(木) 23:14:50 ID:fucuogu6
次の月曜日に続き、投下しますです

275名無しのやる夫だお:2010/09/02(木) 23:18:52 ID:wRSuys1I
やた!楽しみにしてますですw

276名無しのやる夫だお:2010/09/02(木) 23:32:59 ID:8DmUmpq6
待ってました!!!

277 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/05(日) 22:34:12 ID:8wEcd9yo
すいません、明日の投下予定でしたが
休日出勤で、まとめる時間がなくなるので
1週間延期させてください。

レスくれた方には申し訳ないです

278名無しのやる夫だお:2010/09/05(日) 22:35:56 ID:MIe4FkXM
了解です
ご無理なさらずリアル優先でw

279 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/19(日) 02:33:07 ID:7NAXCxlU
遅くなって、すいません。
続きを20日の20時から投下します。

280名無しのやる夫だお:2010/09/19(日) 06:26:30 ID:/i2F0ei6
wktk

281名無しのやる夫だお:2010/09/19(日) 23:18:17 ID:RbDGBrCc
今ならできる全裸待機!

282 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:11:49 ID:iWZ0PT6s
予告より、かなり早いですが
諸般の事情により、今から投下します

283 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:12:53 ID:iWZ0PT6s

         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !    みなさん、こんばんは。
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V     いよいよ風雲急を告げるフランスですが
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!     その前に、ルイ16世が戴冠式と並んで、生涯
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!     最良の日と述懐したシェルブールの
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ    軍港視察について、みていきます
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ


                                                                  ,、
                                                                   | `ヽ、
                                                           ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
                                  .    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
                                  .     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
シェルブールはイギリス海峡を挟んで、イギリスと              \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
                                            \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
向い合せにある都市で、イギリス海軍を牽制するための           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
                                              \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
拠点として、1783年に軍港建設が始まりました。                     r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                                                  {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
建設がある程度すすんだ1786年にわずかばかりの                y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                                                  >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
従者を連れて、ルイ16世は軍港視察にむかいます                    \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                                                  \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                                                    { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
                                               __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
                                        ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
                                       /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ

284 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:13:36 ID:iWZ0PT6s

         /.:.:.:.:..: : : : : : : :.,r' ⌒ ヽ: : : : : : : : :.:.:ヽ
        ./::.:.:.:.:..: : : : : : : :.{ 「.|  }: : : : : : : :.:.:.:.:.:ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ  陛下、シェルブールの軍港の視察にいかれては
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./
           \_i      < _i j_ >      |/    いかがでしょうか。
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   シェルブールか、確かに
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   一度、見てみたいとは思っていたお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

285 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:14:12 ID:iWZ0PT6s

                      .     ,′: : : : : r' 「|  ヽ: : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.、
                          {: : : : : : : { Lーュ }: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                           : : : : : : : ゝ.   ノ_:_:_:_: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
建設工程も半ばを過ぎております。     ヽ _ ニ=‐: : ¨ ̄ : : : _____ 二≧=-x.:.:.:.:.:.:.:;
                        _,.x≦ : : _ : : -‐==≦=''" ̄   ミ三/⌒ヽ:.:ノ
ここで、王自らが視察におもむけば     ̄ ̄ ̄ミ'"二ニヽ i´fてフ>    三{/'う }ミ
                      .         'ミ <てノ)l  `         ミ}/し ,'ミ
現場の士気もあがりましょう             キ    |  、   ,.ィ  Ξ|こソミ
                      .          ヘ 、  ゝ イく__,.イリ     | ∨
                               ':,㍉彡厶≧≠''`     ,  ハ
                               ハ  ーァ‐=x’     /  ,′ヽ
                                  ヘ         /  /-‐: :´:\


         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/        .\||
        /    _ノ   ―   \   やる夫も一度、海を見たいと思ってたお
        |   (ー)  (ー)   |
        \   (__人__)     イ   カロンヌ、すまないが視察の日程を
        /´ ̄         .ィヽ|
       〈   ̄  ‐- 、       i    くんでくれお
       .:` ーi‐ -、_   ヽ     | l
            ||   ヽ.て  〉   ..| l
      __/´  ヽ     /⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

286 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:14:54 ID:iWZ0PT6s

       , <´: : : :`ヽ
      /: : : : .ァ‐ ュ : : \
     ./ : : : : { L }、: : : ヽ 
     {: : 彡≦_ィ⌒y,,.ィz、: : }    お任せください、陛下
     ∨/ミ rッュ} { rッュ。`ノ
     `{ ミ ゚  ふ   ミi }     この私が極上の旅をお約束いたします
      ゝi ァ彡-气ュ、 rく
      ラハ   =  .∧f
       } iヽ、 ___,. イ ∧
   _, ィ<ヾヽ ̄: : 7 ̄/: :: :>‐- , _
-‐= ∧∨_: :: :∨: :: :/ / : : : : ∧∨: :: : ̄: : ‐
: :: :∧∨: : `¨≧ヽ /ァ-‐==.´∧∨: :: : : : : : : : : `ヽ
: : ∧∨: : : : : : : :¥: : : : : : : : {AV! i: : : : : : : : : : : : l
: : {AV{: : : : : : >i!<: : : : : : : |/ /| |: : : : : : : : : : : :.}


                                 ――――――― 、
                              /              \
                             /                \
                           X            / `          \
マリーはどうしようかお。              / ゞ _丿   ゝ_ノ              ヽ
                         / /:::ヽ ヽ    / /:::ヽ   ヽ           i
できれば、二人で旅行したいお       ゝゝ- ' ノ   ゝゝ‐ '  ノ            |
                         |. / / /  人   ヽ  / / /           |
                         |/ / /ゝ _ノ ゝ __ノ / / /         l
                     ./^Y^Yヽ      )      )              ノ
                    /^ヽ |  ! ヽ._  /     /    ____   ゝ
                    {  | `ヽ `ヽ `i ` ー―´   ´           `    ヽ
                    ヽ  `ヽ }  }  } ー┬―‐/            ヾ   i
                     `i   | ヽ ヽ ハ   l   l              l  |
                      {          〉   |   |               |   |

287 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:15:33 ID:iWZ0PT6s

                    .     ,′: : : : : r' 「|  ヽ: : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.、
                        {: : : : : : : { Lーュ }: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                         : : : : : : : ゝ.   ノ_:_:_:_: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                        ヽ _ ニ=‐: : ¨ ̄ : : : _____ 二≧=-x.:.:.:.:.:.:.:;
陛下、お気持ちはわかりますが   _,.x≦ : : _ : : -‐==≦=''" ̄   ミ三/⌒ヽ:.:ノ
                        ̄ ̄ ̄ミ'"二ニヽ i´fてフ>    三{/'う }ミ
マリー様はただいま、懐妊中。  .         'ミ <てノ)l  `         ミ}/し ,'ミ
                            キ    |  、   ,.ィ  Ξ|こソミ
長旅は体に障りましょう      .          ヘ 、  ゝ イく__,.イリ     | ∨
                             ':,㍉彡厶≧≠''`     ,  ハ
                             ハ  ーァ‐=x’     /  ,′ヽ
                                ヘ         /  /-‐: :´:\



         _______ ____  
        /         (__ ゝ
      /           (___ヽ_      そうだったお、こりゃ、うっかり。
     /   ──     ──  (__ _ ヽ_
   /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈    やる夫だけで、いくかお。
  /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
  |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )  カロンヌ、悪いがシェルブールまでに通過する
  |       (    i    )       |三三)
  \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|  主な都市のデータもまとめてほしいお
    \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
     〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|

288 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:16:06 ID:iWZ0PT6s

       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ   御意にございます。
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./    どのような資料をおつくりしましょうか
           \_i      < _i j_ >      |/
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,

                                       _____
                                      /        \
                                    /           \
うーん、そうだお。                        /, --、    .,.-- 、   \
                                 / ., ーヽ   ,'. ー-、       \
人口、経済、産業、軍事に関する            /   ( ー l    l ー )       \
                                |     `ー ノ    ヽ ー '            |
ある程度まとまった資料が欲しいお          |   '⌒(____人____)⌒`        |
                                \      `ー--‐´           /
                                  \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
                                   \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
                                   ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ

289 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:16:40 ID:iWZ0PT6s

                      ':.::..: : : : :乂 Lーュ ノ______: : : : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; /
                       ' : : : : : ;>` ¨ ´: : : : : : : :` ' :<__; ; ; ; ; ; ; ;/
                        \::/: : : : : : : : : : : : : : :_;>イl|ニ三ニニニミ
了解いたしました。              /: : : : : : : : : :_ ,r==ー‐‐/|iル|!ミニ//ニ`iミ
                          ゝ==≧斥、¨〝fヒツ フ   リ ノ ミミ{.f ,ソ/ミ
万事、遺漏なく進めてまいります         {∧`ミ¨-‐i !  `¨       ミ r  ,'ミ;'
                           )∧  ´|             |こノiミ了
                          "  ':,  ト-=ア`__           |!  リ∧
                                __ ,ィ彡`廷三ミΞ了   ,'    ',
                       f´ ̄i. ̄ ¨ヾ、彡イ-‐ー‐ァ ̄    /     ∧
                     rニニ二ニフ、 ー./--〉 ≡=      , '/   ,. ' ; ; ',_
                     f三ニ=ー―く: :./: : ∧       /   , イ : : : : ; ; 〉≧-  _
                     (: :+ -‐ ¨ソ.:/: : /  ヽ     イ -‐/´; ; : : : : : : : ; l}: : : : : : : 7≧‐-ュ,_
                     ゝ-‐ ¨´: : /: : / ,.<`¨: ;´//// ,': : ; : : : : : : : : ; i: : : : : : :/ニニニニ7: :
                       トニ二ニ=-. : ´: : : : : : ∨///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ニニニニ/: : :


           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \      よろしくだお。
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /      ( ● l    l ● )    \    それにしても、海が見られるのかお
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |   楽しみだお
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈

290 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:17:34 ID:iWZ0PT6s

【解説】

         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   こうして、シェルブールの軍港視察が決まりました。
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    もともと、ほとんどヴェルサイユから外に出たことのない国王は
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i    ことのほか、海を見ることを楽しみにしていたと言われています。
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|    もともと、航海術に興味があったことも影響していると思われます
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

                                                    //        .;|   . :i::.    `ヽ、
                                                      //   ノ  / .:|   : .:|:: :、    、. `ヽ、
                                                  /´  ::/  :.:/ :;メ{   : .:|.:|、 \  :.ヽ、} ハ
シェルブールまでは、国王としては質素すぎるほど                   /  / ::/ : :/ :./| ∨  .: :|.:| ∨ .|   :.:`ヽ.|
                                                  / / : : :/ : :/ ,ィ⌒| ∨ : .:|:|  V⌒ヽ : :. 、 ヘ、
わずかばかりの随身と馬車を取りそろえて                      / /| : : : / : : j ::/   |  ∨i .:|j   ヽト、  :.: : |: ヘ
                                               〈 :| | : : ::| : : :/|/ ___ !   リヽ、.:| ___   〉 : :.: ト、: 〉
旅立ちました。                                      ヽ,| |: : : :|  : :;ハ ,.ィ'≠ミ  }冖{ `,.ィ≠ミ、 } : : :. / i レ'
                                                    |: : : :ヽ、::{:.:ハ.      ノ , 、     j: : : :/: |
慣習と礼儀作法でがんじがらめのヴェルサイユでは                   | : :{ヽ、::|': ::.::j` ‐-‐ ´ __ `‐-‐ ´,|: : :/i:  |
                                                  `ヽ|  |`: |:::::|`l.、    V_,ノ    /j;/ |  i|
ぎこちないルイ16世ですが、この旅行では溌剌とした様子を見せます             | j: |: :::} .|、:`>‐ァ--t‐<´j::|: : :  |  |:|
                                                      リ : |::;ノ ,ニュ、 |´   `} `|::|: : : ノ.  λ
                                                    ノ .,ィ´|  -‐y 〕 |-─‐-|   |リ:. : /ヽ、. ヘ
                                                   / : f\.rヽ、___,j;>、  |  |: :  メ /i:..  ヘ
                                                  / ::ノ:|   }`ミ三三三彡.  |  j::  //   |::i :. `ヽ、
                                                 / : .:/: :|  〈`゛──--ー'〉 |  ./  /      |: :| ::.   )

291 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:18:19 ID:iWZ0PT6s

【ウーダンの町】

       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ   御覧ください、陛下。
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./    町の者たちが陛下の御幸を歓迎しておりますぞ
           \_i      < _i j_ >      |/
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,          国王陛下、万歳!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ          税金下げてーーーー!
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、      陛下、俺だ!結婚してくれ!
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

292 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:19:06 ID:iWZ0PT6s

          ______
        /         \
       /            \       一部、変な呼びかけが混じってた気がするけど
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \     気のせいかお。
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |   まぁ、ひとまず、税の減免を約束するお、
  |                       |
  \                     /   親愛なる我が民よ
    \                  /


                      /.: .: .:.γ「| ヽ: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     ': : : : : :{ Lーュ }: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
さすがは陛下            {: : : : : : ゞxzz=イ -‐=ニ二≫≧=x:.:.:.:.:.:.:/
                     、: : : :> ´: :: :r=≦¨ ` ̄´ }三:γヽミ〈
これで、あなたの支持率も      >´: : x=zz、´F゙fヒフ>   互ミ/ん }三}
                  .  (_ x≪ヘ´込フ>| l- ‐      Ξミ})リ三}
ウナギ登りですぞ        .       ハ  ´|  、    ,.イ    Kノ`ヽ
                         ’、 ゝノ乏≧辷彡'    | |   、__
                         {{、x彡≦=≠ヽ      }l    ) : : : :  ̄: ァ===ァ-
                           `¨ヘ \{{: :: : ',    /|  /: :}: : : : : : /ニニニニ{: :
                             \ ヾ==彳    , ′.! /: : r__fニ二x¨ヽニニ二|: /
                              \ '⌒  /  /: : : :(_{_: : -‐x.: : :.\ニ|/ :
                               `ァ=≦´_ ,/ |: : : :(__{__: -‐x : : : : : ヽ|: : :
                              ∠{: : : \: : : : : :!: : :(__{: : : : x:: : : : : : : : :、 :

293 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:19:50 ID:iWZ0PT6s

                            /: : / : : : : /: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :`、
                            ,′:/. : : : : :{: : : : : :!: : : : : : : : : : ',: : : : '.
                              {: : :|: : : :l:l: :|!: : :!:}: : : :}: : |: : : : :l: : : : {
                             !l: l: : :| |:|: :! |: : : lハ: : :∧: :| |: : : :}: : : : |
慈悲深き国王陛下…                l|:|: {: :_」ム}斗l|: : : |`T:7¬‐} |l: : :,′: !: :l
                            l、ヽ:ヽ={キヤトミ、: :j }刀欠メトリ: :/: : :|: l
どうか、お願いがございます           |∧l\{ヘヒグ   ヽ{   ヾrジィ://: : :|:|
                           | `i: :{       }       ´ 彳: : : : l: : |
                               !: : :! ハ    〈           j: : : : : !: : |
                               l: : :|: :∧     `        ,′: : : ,′: !
                              |: :!:l : ヘ、 ⌒__ ̄`    イ: : : : :∧: : :|
                             | l: | :|: : : l\       /{:/: : : : :ハ: !: :|
                            |:| :| : : : : |: : ト 、__  '´   |l : : : : ,: :! |: : :l
                            |:!: : : : : :ハ: : ハ        リ : : : ∧ l: : : : !
                            |l : : : : /: j/        ,′: : 厶_\ : : :|
                             , ¬: : : : /T´          /: : : :厶ィ'⌒>‐ヘ、
                          /   l:|: : / /{` ─-、 _,  -イ/: : :/ / :'´    ヽ


                        X     ______          X
                     /}  /. \     /,ヽ
                 ×   / / /    __\   /   ヽ、 . . ゜
                     _ノ_,ム′   ((:::::) ) (─‐ ) ヽ、        ,
               _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ     ;   何のお願いですかな?
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
            ×x .   ぃ     .ノ                 .|        お嬢さん
       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛キラッ☆
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
    ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X

294 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:20:38 ID:iWZ0PT6s

               /.::.::.::.::.::.::.::.:,.'::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::,::.::.::.::.::.ハ
           /.::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::.::.::.::.::.::,:'.::.::.::./::j::.::、::.::!:i
           ,::.::.::.::.::.::.::.::〃.::.::.::.::.::.::./ .:/.::.::j::.:{::.::.:!::.::!:l
            l:|::.::./.::.:://.::.::.::.::.::.::.::ハ!::.!::.::.::!::.:l::.::.:l::.::|:i
              八::/.::/.::/.::.::.::.::.::.::.::.:|:!{::.|i::.::.:|、::|::.::.:}::.::!:|
          {::.〃,:'::.::.:/!::.::.::.::.::.::.::.:_j」ム:lヘ::.:.!ハ:!::.::ハ:〃:!
             _V:j/.::.::.::{!::.::.::.::.::.::.:i::|¬r云V乂レ'//.:/    私は12人の子供を抱えたまま
         , ' ´::ハ!.::.::.::.::.〉!::.::.::.::.::.::.::.!:l i^′  ヽ::´.::/:V
.     /.::.::.::八 \_:/.::|::.::.::.::.::.::.ハト| !     _ ン<::.::.i     夫に先立たれました…
      /.::.::.::.::./.:/7フヘ:_:ノ!::.::.::.::.::.i:|      _,、r'´!  \|
    〃.::.::.::_厶⊥!く   \ !::.::.::.::.::.lヘ   ‘´ r'::.::.|         もう、日々の生活も苦しくて、苦しくて…
    !|::., '⌒丶、  丶、  `|::.::.::.::.::.l/`  ..__,ハ::.::i:l
.   ル'      \   \!::.::.::.::.::!     |:!::.:|:!      
   /    {     ヽ    `V!:.::.::.::.:レヘ, -'^!¬:.ぃ
.   ′     '、     、 l  ハ::.::.::.::.廴_ノ _/  V!l
  !      ` 、     V   !::.::.::.::.! { '^′  ヘ|
  |        ヽ   l |  !::.:i::.::.Yヘ      {
  j            \  | !  ハ::.::!::.::.トヘ        }


                                    , -―――――- 、
                                  /__ノ   ∧      \
                                  /         ヽ      \
なんて可哀想な人なんだお                   /  /⌒ヽ       /⌒ヽ    ヽ
                               /  /   }     /   }      |
そなたの生活が困らないように              /  {_   ,ノ     {_   ,ノ       |
                               |    しノ ////// しし'      |
施しをさせてもらうお                   {     (_,〜 、_)        /
                                 丶    |/  ',         /
                                 \    {/   }         /
                                _ >─r ァ t─ァ――― '
                               /.:.:.:.:.:.:.:.:/./厶ヾ" /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                              /YYY.:.:.:.:./.:ィ7ト、V.: /YYヽ.:.:.:.:.:.}
                             /\ /.:.:.:.:く〃 // }}'.:.:.{  /∨.:.:./
                     .       /:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.{{i // ノノ.:.:. ∨.:.:.:.:}.:.:/

295 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:21:27 ID:iWZ0PT6s

         l:::::::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l:::l
        l::::::::::::::::::l:::::::::|l:::::::::::::::::::lハ:::::::::::l::::::::::::|:::l
      l::::::::::::::::::|l::::|l:ハ:::::::::::::::::|l l:::::::::l::::::::::::l::::|
       |:::l:::::::::::::L!::Hl'''ヾ::::::|:::::;'リ''''}リ::::ハ::::::::::;':::,'
       |::::':;::::::::::|_,キ_l!=ミ、ヾ::l:::;'  彡l≠ェ};;/ノ::::;!
        l|::::::ヾ::::::{く{ヒ::;タ_,  l!'   _ヒ:::タ},ハ:::::::::l
      ,!|:::::::::::`:、`、  ̄       ` ̄  l:::::::::ハ
     ,'::l:::::::::::::ト.',       |       ,'::::::::::ハ       これっぽっち?
     /::::|::::::::::::l::`',       !     /:l:::::::::!:::::',     
     /:::::::l:::::::::::|:::::::ヽ    r――ァ  ...::::}::::::::|::::::::',      もっとちょうだいよ
    ,!::::::::::l::::::::::!::::::::::::l\   `=''  イ::::::,':::::::::l::::::::::ヘ
   _,!z-―=l:::::::::|:::::::_ノ  `  ___ / k:::/:::::::::,!::::::::::::::l
 /     |::::::::F'i"           7::::::::::/-‐=‐-x、
/       l:::::::::l \ ー-、  , --‐‐/::::::::::;'       ヽ
         ヘ::::::::l  \      //:::::::::;'         ',
      \  ヾ::::::ト、  \   / l::::::::::;'          ',
       ___ヽ }:::::::| \  \/ /!::::::::;!    /      l
     , '´  ̄`ー、::::l  \  /  |:::::::;'     /       |
    ノ  ノ   ヘ:::|    `´   |:::::/     ,'         |
   (_/ ヽ、    ̄ヽ      |:::/     /         |
      /  ヽ/⌒/⌒y⌒r‐,   |::l    , '          l


         _, -──‐-   .._
         / : : : : : : : : : : : : : `丶                ー   ,
        ノ: : : : : : : :,: : : : : : : : : : : ヽ      、C  -─  __/
.     , '´: : : : : : : /´}: : :イ: h:、 : : : : : ',   l  \ 
    / : : : : : : : : ノ_ノ: :ノ }: 八ハ: h_ : : {    |       陛下の優しさに付け込んで、この恥知らず!
.    {: : : : : : : ∠,ニ≧kノ´ 、 }ノ八: : :ヽ
    V:、: : : 、:{ { {y'^ }  ,`二´.._ノ: : : }        ____
    ):|: : : :トミ`ー--‐'^ーヘ {y'^}ン: : /   _, '⌒ン':´::.::.::.::.:`丶、
   /イ: : :} :}        ,、_  ` ¬イ: : : l    {::.::.::.::.:)::.::.::.::.::.::.::.::.::\
      廴_ハく       /  }     !: : : :廴,  ゝ::.:/:/:ハ::./.::.::.::.::.::.`,_
         __,≧ 、__ <⌒ン'   ノ/ノ^ー'´ /.:`7}∠}∠、 }/}/l::.ハ::.::.:い   ごめんなさい
    , ≪   ヽ\_..二ニ=≦{/´ =≠、く::.::/  ,C≡     ノヘヘ::.:}〈
   /  _ ヽ\  ノム〔__,ノ `ヽ     ,.::.} }::.{ 、_ノ `'ーァ }、   ≡、 V::.ム:}   調子に乗りました!
  く__ン´ }  ヽ V/ヘ.._)    ,ノ   /.:://.:八 )  { / 〉 `T′レ::厂
     |   lY  ヘ__≫-イ    /.::/イ⌒ニ:.\⌒フ'^V    ! /::/
      l    、V//} l  | /.::/.::/ム i_Lつヘ⌒ー'     イ::/
     ノ    `l`二ソ   l       /  }  レ厶`厂二二´:.ノ/  
    ∧      | {      _j     /    |  /  _ノ   {  Lつ'´  
    { \___ノ__> ¨´ }  /ヘ   厂「「 ̄´  / ̄
    |              ム '´    ヽ、 └-┘   /      
    l               /       / >‐---‐ァ'

296 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:22:18 ID:iWZ0PT6s

       ,//,r':.ィ//:/:.:/ィ:.:.:./:.l:l:.|:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.ll
       ///:/://:|':,イ.:il/i:.:.:./:.:l.:|.ll:.:.:.:l.:.:.ヽ、:.ヽ
      ,|ll:l.l:.|/:i.:ハ::l l:l| |i:./.:./|:.|、l:、.:.l.:、:.l:l.:.l:.:lヽ
      .{:.:|:ll:|:!:.:l.:.l 'l`'、l、 '、:l:.:.{ ヘ、_,、ヽ:.l:.l:l.:|.:.|:.|:ll.
      、:.:.ヽヽ:.::代f't:ミ,ヽ ヽ、又,..ゝ-、ヽ:l.:'.l:.:.:|.l:.:l  陛下、友人が大変失礼いたしました。
       ヽ:.:.:i`lTt-`¨´ rl┼、, ' ゞ=ィ' ノ:j:.':.:.:.:'.:./
       i ヽノ}jl:.:ヽ ̄´  j  ゙ ー---ィ'.ノ:.:.:.:.:.:/   ですが、彼女の窮状は真実です。
       ''-ィノ:.:.:ノ     l 、    r´i:i.:.:.:.:.r',´
        .{:l.;.:.r'、(ヽ  =-   ,l:l|.:.l:.:.:_.:゙ノ     ご配慮に感謝します
         ゝ-゙'   r'ヽ ´ ,.ィ'´ィi‐ijノ:ノ
                 !.ヽ`' ´ィ´イ::|ー''´
    ,_,.........-――:::i::|::l 'i /./:::::::::::|'ー..、_
,r'´ ̄( (::::::::::::::::::::::::::::l/:{::::l !./::::::::::::::::::::::::::::`'''ー-..._


         _______ ____  |
        /         (__ ゝ
      /           (___ヽ_
     /   ──     ──  (__ _ ヽ_
   /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈     これくらい、全然かまわないお
  /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
  |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )    まぁ、友人同士仲良くやってくれお
  |       (    i    )       |三三)
  \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
    \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
     〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|

297 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:23:09 ID:iWZ0PT6s

                   _ __   / /| | |__|  .|   | |  ヽ \_| \/
                  r'/: : : : : :` <_/_,l | |   |   | |   \ヽ \
               | ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、 /⌒ヽ L_| | .ハ  |   レ'  l |_|ヽ/
                    _|_______Y    ⌒ヽ  | | .|_  l :|  ハ く
             //: : : : : : : : : :i: : : :{        } V  .|  |ヽ | .|  | V__
             { /: : : : :l /l : : : |:l /lヽ     ,ノ|--|/ /|  ト、 〉.|  |\\\_____
  あなた ハート      \__|__llヽ-ーl´ヽ:.|: :|ヽ_ィ´n/―y__/| | |イ |_|  \\、_____|
  国王の財布を  //l: :l : |r┬- \l rぃ┬l::::: |: | |      |_| L|/       \\
           ///|: :| ::ヽ弋 j    辷j'"j::: /: |l し┐  / ,-―――――- 、 | |
         /イ/ / | : |:. :ハ""'    ""/:::/: :∧\<)_/Y/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\__!
        // / / /|: :.l: : : : ヽ ヽフ u/:::/ / \二フ-<  アンロック.? みたいな〜
      // / ./ /: |: :.|: : :/ >ーイ::::::/ヽ      /\: : :\ー-、___
 __\/\ /| ̄| |: :ハ: ヽ: | / /  イ:::::/ハ ヽ   /: : : :\: : :\ ――-、:\__
 \_ ̄>、  .l<| |: | |: : |V /  .|  /::::/| | |ヽ \__!: : : : : : \: : :\`ー―ゝ: : \: : \
   /      |  |ヽ|: | |: : | V  _rヽ/::::::l .l | Ll>ー-=-、________――\: : \
 / /         \|: |コ\\   )X l::::: |  ̄ `ヽ_/ `ー――――― 、__\   \: : \
 V/ /     \ |: |_]  \\ ー^-|:::: |      /\: :\: :\: \: : \\\::\ \   \\\
イ   /  ハ    l\,::ヽ ̄ ̄\,ゝ  |::::||       /_: \: :\: :\: \: : \\\::\ \  |: :|\\
_|_/./ / | l | |  | |ヽ:::\   }._/|/ ̄\__ノn/フ┴< >┐: :\: :\: : \ ̄ \\ \ jノ   \\
∠/| |  V Y   L_|V^ー--<n/〜'  \ノ)_人ノ_/  /\く_: \: : : : \: : \  \\ \    V
   L_| |   ヽ ヽ 入>  //二 〉         )\/-  ̄|__): : l: : : : : :\\\  \\ \
    ノ ハ l\ \\Y‐┘  { 7  ハ   〉      ノ  人     |_〉: :l',\: : : : :ヽ \ヽ   \\.|\
      ヽ> |\l\>     )|  人 \____/ /  / ̄ ̄|__〉: : :|:', \: : : : ',  ヽl    \.!  |
        | | |`Y'    fー|/  \_____/\_   /_〉: : : :|: ',  ヽ: : :.:|  ||      |  j
        |/ └┘   < ハ    /   |   ヽ     \/(| : : : : |: :|   ヽ: :|  ||      |/
                  しr /\/ ―‐.| =_>   /r^つl: : : : :|: :|    ヽ|  ||
                  /  しフrーr―r-|_r<^\ \ /rj-': :| |: : : : |: :|     |  j
               /     `ー'〜'〜フハr〜〜'~ー/|: : : :/ |: : : : |: :|     |
                 /         /  /       / .|: : :/ /: : : : :|:./       ノ
               /      /   /       /  |/  /: : : : : |/
      __  /      /    ,         /      ̄ ̄ ̄/

298 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:24:21 ID:iWZ0PT6s

         _, -──‐-   .._
         / : : : : : : : : : : : : : `丶                ー   ,
        ノ: : : : : : : :,: : : : : : : : : : : ヽ      、C  -─  __/
.     , '´: : : : : : : /´}: : :イ: h:、 : : : : : ',   l  \ 
    / : : : : : : : : ノ_ノ: :ノ }: 八ハ: h_ : : {    |       あなたはもう、黙ってて!
.    {: : : : : : : ∠,ニ≧kノ´ 、 }ノ八: : :ヽ
    V:、: : : 、:{ { {y'^ }  ,`二´.._ノ: : : }        ____
    ):|: : : :トミ`ー--‐'^ーヘ {y'^}ン: : /   _, '⌒ン':´::.::.::.::.:`丶、
   /イ: : :} :}        ,、_  ` ¬イ: : : l    {::.::.::.::.:)::.::.::.::.::.::.::.::.::\
      廴_ハく       /  }     !: : : :廴,  ゝ::.:/:/:ハ::./.::.::.::.::.::.`,_
         __,≧ 、__ <⌒ン'   ノ/ノ^ー'´ /.:`7}∠}∠、 }/}/l::.ハ::.::.:い   2度もぶった!
    , ≪   ヽ\_..二ニ=≦{/´ =≠、く::.::/  ,C≡     ノヘヘ::.:}〈
   /  _ ヽ\  ノム〔__,ノ `ヽ     ,.::.} }::.{ 、_ノ `'ーァ }、   ≡、 V::.ム:}   お父様にもぶたれたことないのに!
  く__ン´ }  ヽ V/ヘ.._)    ,ノ   /.:://.:八 )  { / 〉 `T′レ::厂
     |   lY  ヘ__≫-イ    /.::/イ⌒ニ:.\⌒フ'^V    ! /::/
      l    、V//} l  | /.::/.::/ム i_Lつヘ⌒ー'     イ::/      だまらっしゃい!
     ノ    `l`二ソ   l       /  }  レ厶`厂二二´:.ノ/  
    ∧      | {      _j     /    |  /  _ノ   {  Lつ'´  
    { \___ノ__> ¨´ }  /ヘ   厂「「 ̄´  / ̄
    |              ム '´    ヽ、 └-┘   /      
    l               /       / >‐---‐ァ'  


     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|  …カロンヌ、次の町にいくお
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

299 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:24:58 ID:iWZ0PT6s

【サント=クロワ】

休憩中の旅籠にて

           ___                       ___
       _______|二l二|_______________|二l二|__
        |土土|二l二F土土土土土土土土土土土土土土|二l二F土|
        |土土|二l二F土土土土土土土土土土土土土土|二l二F土|
        |土土l二l二F土土土土土土土土土土土土土土l二l二F土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: : : : : :,.'⌒ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : :____ : レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : : : : ,ィニニヽ: :| INN| レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : : : /Λ 人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : : : : : : : ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト| l l∨l l ト|: :`¨ : : : レ|
      |Jュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュト| l l?Ulェョト|ュェュェュェュレ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト|_|_|_j_,!_l_ト| : : : : : : :レ|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                       
 ̄/|
//j |
/| :|
: | | |            r───‐┐    r───‐┐           _
| | |ノ            |        |    |        |              |\\
|:jノ           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     |\\ヽ
ノ        /                              \     |  \||
        /                            \_」    ||
          /                                \ \  ||
         l ̄厂 ̄「 ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄厂  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ 「「 ̄ ̄|  \||
        / ..:| : / .:ノ|        |∨ i |: |        ト、ヽ  :i |  i  |二二||
        ノ .::/ ..:|: | .:/:/|        ト } .::ノ ./|        |:.:}ノ  /.j .:|  ||| ||

300 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:25:43 ID:iWZ0PT6s

              ____
          /⌒   ー \
.         /(●)  (●) \  +
         /:::⌒(__人__)⌒::::: ヽ
        |    |r┬-|     |  +  やる夫は、新鮮な卵とミルクと
         \_  `ー'´    _,/
.          /          \     バターをたっぷりつけたパンを所望するお 
.        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | 
      _(,,)  メニュー    (,,)_
      /  |             |  \
    /    |________.|   \



             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l     当旅籠は誰でもウェルカム
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |     パンでもミルクでもお好きなものを
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |      どうぞお気になさらず
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|     ご自由にお楽しみください
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::/  | :::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ::::::::::::::::::/
_:/   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    \_:/

301 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:26:11 ID:iWZ0PT6s

.     ,′: : : : : r' 「|  ヽ: : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.、
    {: : : : : : : { Lーュ }: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     : : : : : : : ゝ.   ノ_:_:_:_: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
    ヽ _ ニ=‐: : ¨ ̄ : : : _____ 二≧=-x.:.:.:.:.:.:.:;
  _,.x≦ : : _ : : -‐==≦=''" ̄   ミ三/⌒ヽ:.:ノ  陛下、そのような質素なメニューで
    ̄ ̄ ̄ミ'"二ニヽ i´fてフ>    三{/'う }ミ
.         'ミ <てノ)l  `         ミ}/し ,'ミ    よろしいのですか?
        キ    |  、   ,.ィ  Ξ|こソミ
.          ヘ 、  ゝ イく__,.イリ     | ∨
         ':,㍉彡厶≧≠''`     ,  ハ
         ハ  ーァ‐=x’     /  ,′ヽ
            ヘ         /  /-‐: :´:\


         ____
       /⌒  ⌒\
     /( ●)  (●)\      かまわないお
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
    |     |r┬-|     | ノ   やる夫は贅沢な料理は好きじゃないお
  __\      `ー'´     //
(⌒               |_,,,ノ
 ""''''''ヽ_         |
      |           |

302 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:26:38 ID:iWZ0PT6s

【そして、食事中の国王を見ようと、村人たちが旅籠に集まってきたのだが】

       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )         あれが、生国王か
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧        意外と食事も普通なんだな
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   見て、ちゃんと目が2つあるわ
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u     当たり前だろ 
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'



 ::::::::::::::::::/:: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 :::::::::::::::::l::/:::::::/::::/::::::::l::::l::::::::::::::::::..、
 :!::::::::::::: l/::::;イ:::/:/j:::/:::j::::l!:::l:::::::::::::::::.
 :!::::::::::::: |::::/ /::/イ,//j::;/::::リl::l!::l::::',:::::::.,
 :l:::::::::::::::|::/-レ/ェ_/ム//.!:::/ l::l !l!:::::i:::::::l
 ::l::::::::::::::レ!テミx、/' ./' `ト/-ヒナリ!::::::l:::::::l
 :::l:::::::::::::l、辷ソ `    l/テ卞ヾ,':::::::l!::::リ   ……
 ::::l::::::::::::l! ` ̄   _{ ゞ-'_ /!:::::::l!:::/
 :::::l:::::::::::l -‐=''" ̄j`ヾ、  /イ::::::::l!/
 ヾ、!::::::::::l          ,イ:::l:::,::::l/
    `ヽ:::::ト    〜〜  /:::::::l::/::/
    |ヾ、:! 丶    イ´ヽ::::::::レ::/
   | ̄ ̄ヽー-`t ´    ヽ::/イ

303 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:27:23 ID:iWZ0PT6s

                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \   ん、そこのお嬢さん
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |  悲しそうな顔して、どうしたお?
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ

 
                           ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶
                          ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::ヽ
                         .,..:::::::::;:::::::i:::::::::::::::',::::::',::::::::::::::::::::.、
                        /::::::::::::i:::::::l::::::::l!:::::ト、::::::',::::::::::::i::::::..、
                         /:::::::::::l::l!::::::ト:::ト:i',::::l 丶_:::', ::::::::::l:::::::::.,
                       ,'::イ::::l:::l_l_!:::::l !:l i! ,才´__ゞ::', ::::::::::l:::::::::::,
国王陛下、じ、実はその…      ,'/ l::::l:´lレ _`_` l!   ´γヽ`ア ::::::::::l:::::::::::,
                      ,' l::::l::',:レ´.rヽ` __  弋_j,イ l::::::::::::l:::::::::::,
                         .l::::ト:::,l` 弋ノ/, ̄ ̄`〃  l:::l:::::::::l::::::::::.,
                          l::::l::',ハ、 .〃       u l:::l::::::::::l:::::::::N
                        l::::',::',::ハ    ―     l:::l::::::::::l:::/
                           ',::::',:::::::::.ゝ、         イ;:/:::::::::/
                           ',::::',:::::::, '´ > 〟イ  /イ:::::/
                         ヽ::::',::/,, −−-_〉     iイ___
                        /.;.;ヾ、!.;.;.;.;.;.;∠'7 7ヽ __  //.;丶、
                       /\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l__/ /____ ,, <´.;.;.;.;.;.;.;.ヽ

304 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:28:22 ID:iWZ0PT6s

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\    (言い出しづらそうにして、しかも頬を染めている
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |   もしや、これはやる夫への告白タイム!?)
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    お嬢さん、駄目だお。やる夫にはすでに
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|   マリーという妻が…。でも、さきっちょだけなら…
    | ヽ〆        |´ |



':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::: ハ::::::::::::::::::::::::::',   ヽ  r′   |l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  !::l  l:::::i!:::::::::::::::::::!  ノ /      | l
::::::::::::::::l::::::::::::::::;ィ::::/  l::!  l::::| l::::|i:::::::::::|  / /    /ノ
::::l::::::::::::l::::::::::::/ !:/ ``'''lト 、..〉:|_r!:ヒl:::::::::i!  { !  / ´
:::::l::::::::::::l::::::::::l lィー─。-`丶 l| ,r。 ァ:::::::|  l ヽ__l!   冗談は顔だけにしろ!
::::::l::::::::::::l:::::::::|   ` = '´ ,.   { ー l::::::::l   ヽ´
:::::::l::::::::::::l::::::::|       --='、- ;:::::::j   /|      それとも、ここで臓物をブチまけるか、あ?
::::::::l::::::::::::l::::::::!          〉,::::::::l  ノ l
::::::::::l::::::::::::l::::::|     ,.___,..´ /:l:::::::l r'   ノ
\:::::',:::::::::::::l::::|     (三_..7、/::::!::/ ,. ´ ̄
  ヽj::::|\:::|l::ト、     '' \ヽ.-'ィ:::l´
  ,. -`j   `! !|  ` ‐ .._ / `”ヽ;l ヾ!
 /::::くノ     |!    /- 、
/:::::::::::\      ,':::::::::::丶、
::::::::::::::::::::\    l:::::::::__:::::` -、
::::::::::::::::::::::::::\-一ヘ ̄'、::::::!::::::::::::l`!、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::', ',:::::l::::::::::,' ,' ヽ

305 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:29:12 ID:iWZ0PT6s

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \   お茶目なジョークですお。
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /    それより、何か悩み事ですかお
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /


       ,.::/   /:::/  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,:/∧/l/::::i ./l l::::::::::::::::,:::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
       i::レ::::::::::::::::i/:: レ::::::::,:::::::li:::::::,::::i!:::::::::::,l::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::l_i:::::i l:,:::il:::!i::::::,::::i l::i:::::,i:::::::::::::::::::::::::::i
.        i:::::::::::::::::l::::::::::::::ト;l .l/l!`l!|:i、l i:ト;l i::i l:l l:::ll::::::i::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::l::::::::::::::l ハ弋oクト ナ`ト-l リ l! l/ l::,:/l:::::::::::::::,:::i   実は結婚式も挙げていないのに、恋人との子供を
       i:::::::::l::::::l::::::::::::::l 乂;;;;丿 ヽ    ιγナ−l::i:::::i:::::i::::i
          i::::::::l::::::l::::::::::::::l    ̄       γ;;゚フ`ヽハl:i:::i:::/l:::i    孕んでしまい、それを両親が怒って、彼との結婚を
        i::::::::l::::::l::::::::::::::l xxx -−===ト ゝ=' イ/::::::i:i:i/ l:/
.         i::::::::l::::::l::::::::::::::l             l`ヽxx /::::::::::i:/ /     認めてくれないのです
        ` ヽl::::::l::::::::::::::l           /    /:::::::::::::/
           `ヽ、::::::::::l       , -,    , イ:::::::::::::/
             ヽ::::::::::ト 、   ヽ_,.′ , イ:::l::::::::::::/
             / ヽ::::::l. \     / ヽ:l:::::::::/
            ノ   丶|    丶 _ イ     l:::::::/
        / ̄ ̄`ヽ、   l    i__     l:::::/
         /      ヽ.      i /ヽ     l:::/

306 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:29:48 ID:iWZ0PT6s

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   ( それは可哀想に。なんとかしてあげたいお)
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)    |   
  \     ` ⌒´     /
建前
──────────────────
本音
  /      ,,-‐'、      \
  |     | |  |      |
  |     | |  |      | 
  |     | |  |      |
  |     | |  |      |  ビッチざまぁ、そのまま誰にも認められず
  |     |r┴-|      |
  \::::::⌒(~~人~~)⌒::::: /  生き恥をさらすがいいおwww
   o。((●)) ((●))。o
     \~ノ  ヽ´~/

        ̄ ̄ ̄
   /:/,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l:i::::i !:::::ll:::::::l::::ll:::::l::::::l::::ll:l.l:::l.l::::::l l::::::::::::i:::::;':::::::::::::::::::
  / ,':i::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::ll:::::::ll:l:::i i::::/ l:::::i:::::l i::::l:::::l::::l l!l:::l l::::::l,.!::::::::::::l::::i::::::::::::::::::::
   ,': イ::::::::::::::::::::::::::::::ll::::::::l.l::::lヽ、\l::/ l:::;イ:::i l:::l::::ll:::l. l::l ,.∠ニ、:::::::::::l:::l:::::::::::::::::::::
    / !::::::::::::::::::::::::::l::::l;l:::::/ i::ト、 ∨゚タヘ、!:/.l::;' .l::ll::l ';::l_,.ィィフ_シ ,〉:::::::ll::l:::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::::::::::l;l::l;;;ll::/ l:/.ヘ_ `ー''" _ドー-  i:! llイ ハ、..二.._,.ィ,.\::::l:l:l:::::::::::::::::::::
 .   l::::::::::::::::::::::::;'l:::;';;il/ハ / ヽ `¨ ̄== レ' illil l! = ==  -‐'  /ヽ;;;l:::::::::::::::::::::
 ..  l:::::::::::::::::;l::::;';;l;';;;;;;;;\ヘ         _.. -‐- .._           /l;;;;;;;;;l::::::::::::::::::::
    l::::::::::::::,';;l:/;;;;l/;;;;;;;;;;;;ヽヘ    _.. ‐_¨ -‐ :l‐- ¨_‐ .._     ./";;;;;;;;;;;l:::::::::::::::::::
 .  i::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'.,  ¨   ̄    :l.     ̄ ¨  ̄ /;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::::::::::
   l:::::::::::i';;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;;;;;;;. -‐ ヘ         .::l!:        /、;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::::::l
 .  l:::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;'!:;'レ''´      \      .._..      /    \;;;;;;;;;;;;l:::::::::::::l
 .. l:::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;ノ l! ,. -‐ 、  / ハ.\  ''¨´‐=‐`¨   /! ヽ     \;;;;;;;';:::::::::l
   l:::::::::::l;;;;;;;;;/  / _  /   ',  丶、        ,.イ  .l   \     \;;';:::::::l
 .. l:::::::::::l;;;;i´ ./ /  ヽ/     i    > 、__ ,. <    l    \     ';;i::::::l

307 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:30:39 ID:iWZ0PT6s

    "''−- ,,_    "''−、
          "''− ,,__7ニ='7t、          __             __   r‐‐、―──────
                〉、_ソk-、,,__,   /     \     <{に(.ヒ!)==!= >-,−、− ,.−、-
         f!i、      〃`´ `~´`'′,_j         l,_,       `~||  └/7‐〈   〉‐〈   〉-
         ト! i    〃        !              !         ||   j レi `−′ `−′
         l、 ゝ-、,_          ヽ         /          __jレ−'  /
          `ー、_     ̄ ""''''−-−‐`        '−-ー‐''''"´ ̄   ,.-−'
                〃ヽ、_____              _____, '´||
            〃         `−、.        ./          j」、
          (ヒヲ)            7          l            (ヒj))   いろいろとブチ撒ける準備はいいか
     {}.    〃 ll              i        l           〃f!
     _j|_   ノシ  .ll             └l_     _,r'              〃
    {{.iヲ} /    ll              _,ノ      '‐、           〃、、,_
      「!ll         ll            /         \        〃 (ヒヲ!)
    r1|、.ll.       ll           /            \       〃 〃~ヾ;、
    | lj |. ll.       ll          \             /    _,〃 .〃    ヾ;、
.    |ヽ/|  ll      ll         _,, ≠'i´ ヽ_,__,  ,−仁!===(亙)〃      ヾ;、
.     | |_|.   ll       {iタ)= ''' ""   ,ィ}レ'‐rー} { ̄}−i、      f7`.〃       ヾ;、. _〃
    | | | ((=))      Tl         〃 '、   ! l ̄i_jヾ;、      〃         `(ヒヲ)
.   | |、/   Tl`ヾ、、   }{        〃  {   i !   !  ヾ;、    〃          /1/7
.    | |_|    }{   `ヾ、、      〃   |  r' l   l    ヾ;、 ,〃            /、''_/
   | | |         `ヾ、、   〃    \_j  !   l     '(%!,)          , −く./ /
    | |、/            ``((=))、       l   l     jジ            〈   / /
.   | |_|                 ̄ ⌒`'       .|   |     ′           7'''/ /
..  | | |                             |  l                , −く./ /

308 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:31:27 ID:iWZ0PT6s

【しばらくお待ちください】




            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;::     \  :   ご両親の怒りももっともだが、それでは
         /  -==、   '==-   ..:::::|
           | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :    お前さんが可哀想だお。やる夫が国王の名において
       : ! #;;:..  l  |     .::::::/
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ   ..;;#:::/       お嬢さんの結婚を認めるお。これなら、両親も文句あるまい
          >;;;;::..     ..;,.;-\


.::l!::::::: l、:::::::::::::l l::::::l:::l::l::: l    l::.:l::::l::::ハ::: /l:::::i:::::::::::::::::::::::::l
.: l!::::::::lヘ:::::::::.|l:::.:l::.l:.l::::l   l::ハ;:il:/  }:/:ノ::: l::::::::::::::::::::::::::l
::::l!::::::::lハ:::: :: l !::::l:::ハl:::リ   lナ-- ‐七´刈l.::,j:::::::::::::::::::::: : l
::::li:::::::.l  ',::::::リ !:::ハ::l Ⅳ             ヘ:::/.l::::::::::::::::::::::::::l
::::!l:::::::.l  ̄l:::/  レ′リ      l  =≡≡彡'" ';:::::l:::::::::::::::::::::::::l
::::トl,:::::.l   レ′ .ィ      _,、ト、_    /// i:::::l:::::::::::::::::::::::::l
::::l i,:::::|ヾ≡≡彡'   _,.-ニ-‐'弋-===‐-- l::::::l::::::::::::::::::::::::l
:::::i, ',::::l ///  _,..-ニ- '´    ,        ,j::::::l:::::::::::::::::::::::リ   ありがとうございます、国王陛下
:::::.l '.::l _,、-=-‐''´       /      /:::: ::l:::::::::::::::::::::.;′
::::: l ヘl ̄               /       /::::::::: l::::::::::::::::::::/
:::::::ト                      /:::::::::::: l:::::::::::::::::/
:::::: l丶            ,. -‐ 7     .イ::::::::::::::::l:::::::::::::::/
:::: : l へ         ヾ.  ノ     /‐‐ 、::::::::::l:::::::::::::/
:::::::::l   \       `¨´   /     \:: :l:::::::::::/
:::::::: l    > 、       /        Y.l!::::::::/
:::::: : l        > .、 __ ,.イ > 、      l l!::::::/
:::::::::::l         / `弋 \ `> 、    l l:::::/

309 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:32:16 ID:iWZ0PT6s

::::::::,'::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::/::::::::/l:::::::::::::::::/ ::::|
: ::::,':::::::::::::::::::::::|::::::::::::/:::::/  |::::::::::::::/:::::::::l
:::::,' : ::::::::::::::::::::|:::::::::/l:/≧ミ、|:::::::::::/ :::::::::::|
::::,' :::::::::::::::::::::/|::::::/   イ ∧y |::::::::/::::::lヽ:::::|
:::::::::::::::::::::::::/ |:::/    ゝ 、ヾ |:::::/\:::| ∧::|  俺からも、お礼を言わせてください、陛下。
イ:::::::::::::::::::/   |/         |::/      7.リ
.i:::::::::::::::::/               |/     /    本当にありがとうございます!
:|::::::::::::::∧i                     l
:|:::::::::::/=ゝ             / ̄´    あとは、結婚式の費用をどうやって用意するかだな…
:|::::::::/ヽ=-ヘ             ̄ヽ
:|:::::/::/三三ニニ=-ミ、           イ
:|::/::/三三三三三三ミ、  Y⌒ヽ   l-‐=ニ三ヽ
:|/イ三三三三三三三l|   |‐┘ ',   | /    ト-ミ
三三三三三三三三ニ| ト=',    ',__/ヤ       ト、
三三ニ=-ミ、三三ニニ| |. ゝ',   ∨           Y
三三三三三三ニミxニ| |.   }    ヘ             |


                     ______
                /           \
              /              \
             /    ⌒     ⌒    \
           /   /  `ヽ  /´   `ヽ   \     君が恋人かお。
          /     (   ● l   l ●    )     \
            |      ヽ_  _ノ   ヽ_   _/       |   結婚前なんだから、エロスは程々にしとくお
            |     ´ ̄` (    i     ) ´ ̄`     |
          \         ー― ^ ー―       /
           \         ー一          /
           /                  \
          /                        ヽ
           |                      |
           |   i                  i   |
           |   |                  |   |

310 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:33:18 ID:iWZ0PT6s

        ,.'::::,:::::::::,::::::; i:::/i::, li i:::::i il ヽメ::::ト::::::::::::::::::::、`、
       ,:::::,:'::::::::::,'::::イ i:/ト、リ__l! .i:::+孑'´| ヽ::ii::::::::::::::::::::i::::i
     ,.':;〃::::::::::::,::::::l l/,≧、ゝ 〉ゞノ ´=≡=ミノi:::::i::::::::::::::i::::i
     '   ,':::::::::::::,:::::::i "´ ̄` メ,` =-_`    ゙ i::::ト::::::::::::::i::::i
      ,'::/:::::::::イ::::::::!u .,,r " i     `ヾ、  i:::j 〉::::::::::::i:::i  (セリフとられたーーー)
     ,':イ:::::::::,' i::::::::i ,,r"  r−− 、    丶イ//イ::::::::::::i:::i
     !/i:::::::::; .i::::::从    !     ヽ     /  ,i::::::::::::i::::!
     i! i::::::::, i:::::::::∧.   l  ,r−-、i        "i:::::::::::i::,::i
       ! i:::::::i  i::::::::::::ヽ   l /     l    u ,-, 'i::::::::::i::ト::i
        i::::::i   i::ト;::::::::::\ `ー - ノ    イγ::i:::::::::レ! ',i
        .i::::::i  ヾ、ヾ´ ̄ \  ー    イ   (`ヾ::::::/    ゝ
       i::ト;i   `     r\   イ´     ゝl:::::/ヽ、
       ヾ、          / .ハ` ´          i::Y   `ー- 、
                  / ./ !         /.i!i!       ヾ
                   /  i  i           /  !         ヾ


         ____
       /⌒  ⌒\
     /( ●)  (●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)   結婚費用なら、心配ご無用だお。
    |     |r┬-|     | ノ
  __\      `ー'´     //     乗りかかった船、やる夫が式の費用と
(⌒               |_,,,ノ
 ""''''''ヽ_         |         持参金を用意してあげるお。
      |           |
      |         |        村を挙げて、盛大な式をするといい
      i      ̄\ ./
      \_     |/
       _ノ \___)
      (    _/
       |_ノ''

311 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:33:57 ID:iWZ0PT6s

       l:::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::,' l::::il::::::,'l::::::::::::/l:::::::::::/::::::: /l::::l:::::::::::::::l:::::::::::::::::::l
       l:::::::::l::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::, l:::,'.l::::,' l::::::::::/ l::::::::::/:::::::/ l::::l:::::::::::::::l::::::::::,:::::::::l
       .!::::::::l::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::,. `l:,'-l:::,.__l:::::::/ l:::::::/l::::::/  l::::l!::::::::::::::l:::::::::,::::::::::l
        i::::::::l::::::::l::::::::::::::::::l:::::::i≡==-l::i_ l:::/` l:::::/ .l::::/  l:::,'l::::::::::::::,::::::::,'::::::::::l
        .i!::::::l::::::::l::::::::::::::::::l:::::::lⅤ んつ ヾ/ `ヽl:::/  l:/ヽ._l::,' l::::::::::::,':::::::,':::::::::::i
       r-;l:::::::l::::::::l:::::::::::::::::l:::::::l ⊂ぅ- 'ヽ゚ノ.゙x   l/ /!ゝ-. リ-.i:::::::::::,':::::::,'::::::::::::i
      /  l!l::::l::::::::l::::::::::::::::::l::::l!l   ゙ ー‐     i′ /心゙ぅx、 l::::::::::,':::::::,'::::::::/::i  へ、陛下…
      /  / l:::l::::::::l::::::::::::::::::l:::l.l! ////   __,, -、  .ん-、_ o イノ:::::: ':::::::,':::::::/::::i
    ./   {  \::::: l::::::::::::::::::l!:l !  - ==二 ─./、、  `ー⊂う/l:::::/:::::::,i:::::/l:::/l  ありがとうございます!
        丶   ヽ:::l:::::::::::::::::ll::l          i  ヾ、 ////イ::::l:::/l:::::::/l::/ l:/ l!
          ヽ   ヽl::::::::::::::::l l:l         ノ   `   イ::::::::l/::,l::::/ .l/ レ  !  まるで、夢みたいです。
            .`,   'l:::::::::::::::l .l!   、_          /:::::::::::::::::,'.l:/
             ,   l!:::::::::::::lヽ     `ー -    ,.イ::::l:::::::::::::::::,' !′
            ヽ  !l::::::::::::l. 丶         < ヽ:::::::l:::::::::::::::,
             ヽ  ヽ:::::::::l   >、  _ ィ ´     Ⅵ:l::::::::::::::,'
              i   ',:::::::l  /   T             `l!::::::::::::/、


                  _/ ヽ ヽ`ヽ、_
          \    >'⌒' トヘヽ l  ! | ヽ>    \     と
         夢 (´ ̄    Z / /  ヽヽ l l| |     /.   ど こ
.     あ  じ ヽ    / /レ' u  ヽNヽN、 |   <.   : っ ろ
  :  り   ゃ  ,>   レ1iこ_ヽ、U / /´ }l  |    )   : こ が
  :  ま      .ヽ、   jハ  `ヾ  /  / | __ |  <   : い
  :  せ     (´ ̄     l 、_・ノ ヽ”‐' ,イリゥ} |   )   :
  :  ん      \        l _く  _,.ィ>i }ノい、 ∠ 、
  :           ヽ、    lドエニ屮┴',イ|l ト、 \_レ'⌒ヽ  ,へ、 ,へ
  !      /´ ̄ ̄       lトr┬r┬夕 イ‖|、\ ト、  ̄ ̄ ∨¬‐Y、 __
        ヽ、       _/ ド、ニ二´/ | ll lNヽN         /  ヽ
       /´ ̄`     _/   |W ヽ-く  |ル'|  ヽ        /      ヽ
⌒Y´ ̄`ヽ|       /     l\/ハ ヽ /  |   ヽ      /      ヽ

【この後、この旅籠は「幸運亭」と呼ばれ、繁盛したという】

312 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:34:44 ID:iWZ0PT6s

【解説】

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V   このような感じで、国王は行く先々の町や村で国民から
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!   熱烈な歓迎を受け、また、彼も困窮している人々に
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!    積極的に救いの手を差し伸べました。
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ


【シェルブールに向かう馬車の中】

         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | キュッキュッ
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

313 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:35:40 ID:iWZ0PT6s

         /.:.:.:.:..: : : : : : : :.,r' ⌒ ヽ: : : : : : : : :.:.:ヽ
        ./::.:.:.:.:..: : : : : : : :.{ 「.|  }: : : : : : : :.:.:.:.:.:ヘ
       /:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :.ヽ Lニl ノ: : : : : : : :.::.:.:.:.:.:}
         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ  何を書かれているのですか、陛下?
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./
           \_i      < _i j_ >      |/
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,


             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \            マリーへの手紙を書いてるお。
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \         「ベルサイユやパリには、王室に対する悪意に満ちた噂話が
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l        はびこっているが、そこから遠く離れた町では、やる夫は親愛の情をもって
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ  多くの者たちから迎えられたお。どうか、やる夫がこのうえもなく
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)     幸福な王であることをマリーも信じてほしいお」 と。こんなところかお。
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、

314 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:36:24 ID:iWZ0PT6s

【そして、シェルブールに到着】


                      十 十
______γ ̄ヽ,___ 、__ 干 Τ  _________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄';;;;;;;;;;;;;;;' ̄ ̄  `、'┴" ̄干}  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 ̄ヽ       ;;;;;;;;;;;      ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ             /
'、~~    ....... .. ;;;;;;;  ..... ... ....~~~~~~~~~~ .., ..., ,... ... ... .. .../   
 ^^^ ̄^^)     ''''                        /
,、      7                             ヽ_
 ~~~~~~~^                                ~7,,,,,,,,
.. ........, ......,.    ....... .......,  ,......  ,......  ,....  ........  ........   .... ~~~~~~~~~~~~~~~~
~~゙゙'''゙゙゙''゙゙゙'''''゙゙~~~'~~~''''~~゙''゙~~~~~゙''~~~~~'''~~~~゙~~゙''゙~~~~''゙~~~~''゙~~~゙''゙~~~゙''゙~~゙'゙''゙゙'゙''゙~


           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \  おぉ、これが海かお!
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈

315 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:37:17 ID:iWZ0PT6s

.     ,′: : : : : r' 「|  ヽ: : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.、
    {: : : : : : : { Lーュ }: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     : : : : : : : ゝ.   ノ_:_:_:_: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
    ヽ _ ニ=‐: : ¨ ̄ : : : _____ 二≧=-x.:.:.:.:.:.:.:;
  _,.x≦ : : _ : : -‐==≦=''" ̄   ミ三/⌒ヽ:.:ノ  !
    ̄ ̄ ̄ミ'"二ニヽ i´fてフ>    三{/'う }ミ
.         'ミ <てノ)l  `         ミ}/し ,'ミ    泣いておられるのですか、陛下?
        キ    |  、   ,.ィ  Ξ|こソミ
.          ヘ 、  ゝ イく__,.イリ     | ∨
         ':,㍉彡厶≧≠''`     ,  ハ
         ハ  ーァ‐=x’     /  ,′ヽ
            ヘ         /  /-‐: :´:\



       ___
     /_ノ ヽ、\     カロンヌには分らんだろうお。
     o゚(>) (<)゚o.、
  /   (__人__)  ...\  国王という立場に縛られ、ろくにヴェルサイユからも
  |     ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./  出られなかったやる夫が、どれほど海が見たいと
   . .>   . ̄ ̄´  <.
                  思っていたか。この喜びがどれほどのものか

316 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:38:03 ID:iWZ0PT6s

【数分後】

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   落ち着いたところで
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   さっそくだけど、建設現場を見に行くお
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



                              {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
                            ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
                              \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ
                               ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ
では、すぐに船を手配いたします            i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ
                               ヾ`、_l|!       |         lfソ./
少々、お待ちください                    \_i      < _i j_ >      |/
                                    `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
                                  ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|
                                   廴.\   `~¨¨~´   //.|
                                 ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
                          _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,

317 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:38:49 ID:iWZ0PT6s


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :  :   :         :   :  :  : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: :: : .                     ,-⌒一_..._  . : :: :::::::::::::::::::
:::::: :: :                       __,,.-" ..::⌒ヽ^~>     : :: :::::::
                            ⌒ 〜^―~⌒ _      _
   _へ"⌒‐-、_ .__ __ _                         |  L___」  |
   ̄⌒^^^^ ~^⌒' |lliiiiiiiiiiiiill|  _ -"⌒ヽ.._            | i========il |
            |lliiiil⌒liiill|   ^ー- ''^   __      | i========il |
            |lliiii|≡|iiill|         l77|||||ll::l       | i========il |
           zL|lliiii|≡|iiill|         |//||||l::::l       | i========il |
          |T:|lliiii|≡|iiill|         |//|||li::: |___     | |}]―━―[ll| |
  ―┐ ィェェェェェェT:|lliiii|≡|iiill|_        ┌‐|//||li::::::|◯l―┐| |≡≡≡≡|| |
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:|l]]]]]]]]]]l甲|―┐ -- : |.._」//!il:::::::|\\|iiiill|同TTTTT −コ「
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:||三三三{⌒h≡≡≡―|EEEEEE三三三三三三lココココココココ
 ”.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'
 ⌒..~^..⌒ 〜...^...~ 〜... ⌒ ...^〜~..⌒~...^~ {i二二二二二二二二フ  ̄ ̄ ̄
 _::: ::. . - _ :: .:.. - :::.. .:__ ~:: .: --__~ ::. :___..  |_l |,,,;|_l 」,,,;;|_l 」;;/        .
 − ‐ ~ _ __  ~   ‐ ‐  ‐‐_  _〜  〜~⌒ - ~ _..⌒~/          :
  ---       --   ---  ~      ---  - -   /           ..:
 -     ― 〜    〜〜    --  ~   〜  ~_  /             .::
    ~~~  〜   〜     〜   ..  ―−   ~_  /           ..::::
  ~~ 〜〜 ^~ 〜〜  ~ ~~  〜〜〜〜 ~     /         ...........::::::::::



         {:.:.:.:.:.:.:.:.: : : _ .-‐: :¨  ̄ ¨: :‐-: :._: : ::.:.:.:./
       ヽ:.:.:.:.:.:.::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:.:.:/
         \:.:./ゝ==―‐‐‐‐- -‐―‐‐=="l|l|イ    うっぷ、へ、陛下、ここが陛下が設計図をかかれた
          ,ゞ,l|l|l| r 七リュ、    r弋.ナ ュ l|れヽ
          i、丸l|{    ̄   } i.   ̄    .l|!/ワリ    シェルプールの軍港でございます。
          ヾ`、_l|!       |         lfソ./
           \_i      < _i j_ >      |/     完成した暁には、イギリスからの防波堤となりましょう
               `i、ヾー-‐=彡ェ爻ミ=‐-‐ャ i|
             ト `'ー="¨  ̄`゛≠‐" メ|      うっぷ、まだ気持ち悪い…
              廴.\   `~¨¨~´   //.|
            ノ|:.:.iV.\      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :.\,___,/ジ/: :i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,

【一言メモ】
ルイ16世が自ら書いた、設計図が現存してるらしいです。
ジャン=クリスチャン・プティフィス著 ルイ16世下巻 より

318 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:39:36 ID:iWZ0PT6s

                     ______
                /           \
              /              \        やる夫の原案通りだお。
             /      ⌒     ⌒ \
           /     /  `ヽ    /´  `ヽ\     みんな、よくやってくれてるお。
          /        (   ● l    l   ● |  ヽ
            |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |    それにしても、カロンヌ、情けないお
            |        ´ ̄` (    i    ) ´ ̄`  |
          \          ー‐ ^ ー     /    ちょっと船に乗っただけで、船酔いなんて
           \           ー一       /
           /                      \
          /                    ヽ


                               {: : : : : : : { Lーュ }: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                : : : : : : : ゝ.   ノ_:_:_:_: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                               ヽ _ ニ=‐: : ¨ ̄ : : : _____ 二≧=-x.:.:.:.:.:.:.:;
むしろ、平気な顔をしている陛下の方が     _,.x≦ : : _ : : -‐==≦=''" ̄   ミ三/⌒ヽ:.:ノ
                               ̄ ̄ ̄ミ'"二ニヽ i´fてフ>    三{/'う }ミ
おかしいですぞ。                 .         'ミ <てノ)l  `         ミ}/し ,'ミ
                                   キ    |  、   ,.ィ  Ξ|こソミ
私以外の伴の者も、みな            .          ヘ 、  ゝ イく__,.イリ     | ∨
                                    ':,㍉彡厶≧≠''`     ,  ハ
船酔いしてますぞ                          ハ  ーァ‐=x’     /  ,′ヽ
                                       ヘ         /  /-‐: :´:\

319 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:40:12 ID:iWZ0PT6s

           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \     船に乗れた嬉しさで
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \  酔ってる暇なんて無かったお
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈


                           ':.::..: : : : :乂 Lーュ ノ______: : : : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; /
                            ' : : : : : ;>` ¨ ´: : : : : : : :` ' :<__; ; ; ; ; ; ; ;/
                             \::/: : : : : : : : : : : : : : :_;>イl|ニ三ニニニミ
                              /: : : : : : : : : :_ ,r==ー‐‐/|iル|!ミニ//ニ`iミ
単に体の重心が低いせいで              ゝ==≧斥、¨〝fヒツ フ   リ ノ ミミ{.f ,ソ/ミ
                                 {∧`ミ¨-‐i !  `¨       ミ r  ,'ミ;'
揺れに対して、安定していただけでは          )∧  ´|             |こノiミ了
                               "  ':,  ト-=ア`__           |!  リ∧
ないですかな                             __ ,ィ彡`廷三ミΞ了   ,'    ',
                            f´ ̄i. ̄ ¨ヾ、彡イ-‐ー‐ァ ̄    /     ∧
                          rニニ二ニフ、 ー./--〉 ≡=      , '/   ,. ' ; ; ',_
                          f三ニ=ー―く: :./: : ∧       /   , イ : : : : ; ; 〉≧-  _
                          (: :+ -‐ ¨ソ.:/: : /  ヽ     イ -‐/´; ; : : : : : : : ; l}: : : : : : : 7≧‐-ュ,_
                          ゝ-‐ ¨´: : /: : / ,.<`¨: ;´//// ,': : ; : : : : : : : : ; i: : : : : : :/ニニニニ7: :
                            トニ二ニ=-. : ´: : : : : : ∨///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ニニニニ/: : :

320 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:41:19 ID:iWZ0PT6s

                         _,..、、、、、..,_
                      ,、-'ニ"  ,、- ,、-ー' `''ー、,
                    ,r''ア i゙ / /-''"_,,、、-<⌒`'-ヽ、
                   /ヽい l f゙ ,ィ''" _,,,,,,,_ ヽ``'''=ヽ、゙i
                   /. ,べ、( f゙、-''"_ニ三゙ヽ, `ミ、,_ ヾ|  ,
                   ヾン!  `ー-ニニ=-─'''''-=、、  `ミ、リー'ノ
                   | リ            ゙トミ、   、Yソ
おい、そこの○ンコ頭!     >'_             トミ、ヾー=` )゙
                   ヽミ''-、」_ ; "´       、 ト、ヾ_,..、 /    
なにを油を売っている!      i゙. `・=ゥ ' r‐ニ二二二ゝ iー/゙,ニ i'/      
                    |   ,!  ` ` ''-'''゙   l_/f゙ヽ,ハ)      
さっさと持ち場に戻らんか! _.|  ,l′         `゙ レ/f゙
                  7/ |  :l__ ,,,.:、      /' ,r''[いノ_
                  /.::/|  〜=、,,_,,、     / ,ブルヽ=、
                   //゙!  ー`ニ'ー'゙    ,/,.ィ'゙ィ'゙ ,リ、, `>:x
                  ニ ーi        ,、="-'゙、''´〃 ,'/ > <゙
                 .   ̄ ̄ト、_  ;'__/チ‐ニ´ ,〃/' ,//
                      lい、.「「「 f''ヽY゙C'__ノム''゙<、/ /
                       ゙ゝヾ| |.|ー'ノノ^''=-,、-''゙`''-、,_


          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \    ○ンコ頭って、やる夫のことかお
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /

321 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:42:13 ID:iWZ0PT6s

           _,,:-ー''"""""゙''ー;、,,_
       ,,;rー''"     `''ミヾミヾ、゙ヽ,,_
      ,r'"   -ー--;;,,_ ヽミヽ,゙i ), )゙ヽ.
    ,r'"   ,,,ニ"二=-ー-=ニリツノ_ソ,ク,ノ ,)゙!
   ,/    "-'''",/    (( lr"~`ミ:、 ̄`<ノヽ,
   |     _,,r'"      `' `'ー  })  }\ソ
   .| ,i;' -ー彡|            〃   |, ヽ, 
   レ'i'  " ̄_,ィ! ,,,__            ゙l ;| 
  ;'f,  ,ニ≡ヲ'   _二ニ:ェ__   _,,,,=-、| ソ 
  ,f,/',if'" `i_l!    `''-゙''゙-''"_~` <''セァ,ラ ソノ 
  ゙l ll!゙l, l〈 ~ ,,      '''"   l`     lリ
  ゙l l! \`''  {           ゙     ,|   そうだ、さっさと持ち場に戻らんと
  =リ,l ノ ゝ-i ゙':i;,       、 -、 ,,).   ,r"
  ,f.i  f~ ハ,ト.  ゙i     ,,,,,____   /     今晩は飯抜きだぞ、この役立たずが!
  ゙い. l  ;l' ゙l、.     `''ー==='"   ∧
   ゙),) ぃ、も=' \     `'''==-'  /),}
   (、ミヾf`'<,,_  \         / r"
    ゝニ/,;へーニ'''ー-ミ=:,,,_    ,,/';、,)
    ,,r-'/     ̄`フ'' -ャ、`l!'';ニ":<i.l'
   ニ-:、ミ-ニ,,,    し⌒'l | | | i⌒'| |、_
      `'''-ニ''-ニ__ノ .,| | | ゙l,. ゙'ハ   ̄`'''ー-


                                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.\
                                  /.: .: .:.γ「| ヽ: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                 ': : : : : :{ Lーュ }: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                                {: : : : : : ゞxzz=イ -‐=ニ二≫≧=x:.:.:.:.:.:.:/
無礼者が!                          、: : : :> ´: :: :r=≦¨ ` ̄´ }三:γヽミ〈
                                  >´: : x=zz、´F゙fヒフ>   互ミ/ん }三}
このお方は、国王ルイ16世陛下であらせられるぞ.  (_ x≪ヘ´込フ>| l- ‐      Ξミ})リ三}
                              .       ハ  ´|  、    ,.イ    Kノ`ヽ
頭がたかーい!                           ’、 ゝノ乏≧辷彡'    | |   、__
                                     {{、x彡≦=≠ヽ      }l    ) : : : :  ̄: ァ===ァ-
                                       `¨ヘ \{{: :: : ',    /|  /: :}: : : : : : /ニニニニ{: :
                                         \ ヾ==彳    , ′.! /: : r__fニ二x¨ヽニニ二|: /
                                          \ '⌒  /  /: : : :(_{_: : -‐x.: : :.\ニ|/ :
                                           `ァ=≦´_ ,/ |: : : :(__{__: -‐x : : : : : ヽ|: : :
                                          ∠{: : : \: : : : : :!: : :(__{: : : : x:: : : : : : : : :、 :

322 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:42:47 ID:iWZ0PT6s

       ‐‐‐‐  ‐─────  ── ─      ──────
─── ── ── ─ ─────────── ─ ─ ─
        ─ ─ ───────────
‐‐‐‐  ‐─────  ── ─            ─ ─ ─────
                  ,ィ ,ィイ,r‐- 、、、, _ . ``ゞ三ニ≡ヽ
                    ('( 川いメィイミ 三二 ニ────────── ─ ─ ─
                  ゞイl 厂  ̄``ヾミ三三二二ニニヾ ,゙i!
                  リ1 リ       `ゞ三三二二ニ、_,,Yji,
                    ,!  , -‐    ゙iミミ,r-、`ヾ三ニ 川
                    ! 、_,,r''"´ `    lミ/,イ} ト、  ‐─────  ── ─
                   〉`^ケン'"´     iリ! kカ j;;:.:   ji川ヾ
       人人人人      /        ,'  f レ/ ‐‐‐‐  ‐─────  ── ─
      ノ       ヽ    /         ;   ,イイll;;:; ‐‐‐‐  ‐─────  ── ─  なん…だと
    <   !!  >  ゙ーt=-'      ,'   /彳─ ── ── ─ ───────
      ヽ      /      `{ _, - `i      j7 `仆 ji `ゞl l lリ
       Y´Y´Y´Y         T       , イ  ─────── ─ ─ ─
                     i     / /  ,,、、-jソハ ,' ゙l゙;::リ
                    ゙ー--trイ,.-‐''"´    ノルルルド'
                      //イ-‐-、j  ─ ── ── ─ ────── ─ ─
                 _ _ _ノ/( (  ─ ── ── ─ ──────── ─ ─
             ,ィィィイイフ´ ̄,イルト、`≧ニニ -‐'''", イイ/─ ─ ─────────
   ________ __ _                       ─ ─ ────
       ‐‐‐‐  ‐─────  ── ─            ─ ─ ──


           _____
          /        \
        /           \
       /   , --、    .,.-- 、 \      ははっ、構わんお
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /      ( ● l    l ● )    \   職務に忠実なそなたの指揮があればこそ
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |      '⌒(____人____)⌒`     |   建設も滞りなく、運んでいるのであろう
    \         `ー--‐´        /
      \                  /    
       /                〈

323 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:43:34 ID:iWZ0PT6s

                                     /             ヽ、
                                    / ,ィ, ,r'ヽレ'ミ、、';  、  、   ゙!
                                    ,レ i i 「 ̄`⌒ヾ i i , 、゙、 、゙!   |
陛下、こんなところにおられたのですか。          / ,ィ | l l |     | ト,'; '; ゙:、゙、ヾ!   |
                                 l/,ィン'ソ,ノノ/      !ト、ミ、ミ, ゙、㍉\ 、|
食事の準備が整っております。               ソ 7´Y-ぐ≧  ェェニ,三Fゞ=ミーッ-  、ヽ,
                                  ゙〈l i | '゙セ)`i   '´セ)`:   l,`ン-、  i':、|
指示通り、艦橋の上にテーブルを設けて           ヾ,」 `´ ,ノ..    `´     トf,イ゙ ゙、ミ゙i リ
                                     `!   (  ,.、       ア,レ゙,ノ ゙'iリ
おります                               ハ   _`ニ__       ,、r'゙ ゙、 ソ
                                     | ト、 └--‐''      / |   |ノ
                                    ゙、ド、  `=''"      /! |   ,!
                                     ゙>ト、     ,,-''゙ / 从り'
                                       ト,`-`ー─''゙ _,.、-‐''",.イ
                                     ,〃_,>ー-.、`Y゙ ,r‐=ニ、 ,ト,
                              ,,_,.、__ィ-| !) ト''⌒) | | | i⌒ソひ ト,_


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   うむ、ご苦労。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   カロンヌ、食事にするお
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

324 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:44:10 ID:iWZ0PT6s

      ,,,::-ー─-v-ー─-:、_
    ,;r'",,;:r''''  `Y',ィ     ゙'ヽ、
   ,;f",: ,i'   ,r-ニミレ_,,ニ=ヽ.、 ;ヾl,゙i;
  ,i' ;' i  , i' 7''''''^^''''ヾ''i'} リ ノi.l ゙l: ゙l;
  ,i:' ,i',,i'  |,:il!. l!     .l!,リf'|  |.゙l lミ ゙l
_,ノ..,ィ',ラッ'クッア'`      :l l! ゙lf| l ゙ミ、゙-゙i;    建設作業員、ならびに駐留艦隊の乗組員たちよ
f"フ;''"~,ィ'-==-:;,,_  _,,,,,=-=-;,ミト; ゙゙l ゙i;
{ ' イ ,イl,  ,=ャiij'ッ..  ,;r' アャiijァッ ゙:lト,ィリ ド   本日はルイ16世陛下が来ておられる。
゙l.i l!rュl;|,   ゙'''゙''"  :i:  ゙ ゙'''゙ " .;l!r゙リ リ
_l,, l!; ii.゙l      ,:   ヽ、       i; ,ノッノ    作業はここまで。皆も、飲んで食べて英気を養い
 ゙!、゙!、ヾ      'ー 'ー''''      ,ヒン',ツ
   l ゙`ト     .....--‐--....,   /;  {      明日からの職務に励んでほしい
  .| l: l゙l:、     ー==ー    ,/! i; |
   !、l!ソ |゙:ヽ、.        /ソ!;' リ
    `-,ニム,,,゙ヽ、    ,,:r'",,,,,,Lツ"
     l,r''ニ=-三~ミ'T''"ニ三ー''''''|.
    ,i'/ii,f゙l ゙̄い| :| .|'.f~~゙i,|{.f }゙l、
_,,,ニ-f'゙ミ=ソ `  ,リ,ノ! :! :! ゝ、_,,ニ=''"l、_


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,          フランス、万歳!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ          国王陛下、万歳!
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、      陛下、俺だ!結婚してくれ!
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

325 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:45:02 ID:iWZ0PT6s

           _____
          /        \
        /           \       カロンヌ、やる夫はフランス国王となって
       /   ‐-、      ,.-‐   \
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \     よかったと思うお。こんなにも多くの人から
    /     ( (℃) l    l i℃) )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |   慕われているなんて。これほどの充足感を
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /   得られたのは、戴冠式の時以来だお
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈



                         -‐= = =‐- _
                     /: : : : : : : : : : : : : :: : ヽ
                /: :: : : : : : : : r ⌒ ヽ : : : : i
               /: :: : : : : : : : : : {! ||__ }____}
                  /: :: : : : : : : : _ -=ゝ-三―‐‐-=`丶
              i: : : : : : : : ィ彡==-、   ,ィ=ヽi三ニヾ)
              {: :: :: :/ミリ  r七ュ 、 (fセュ |=‐ ´
                 \/ヘヽミ    -‐'  ', ー. i    それは、ようございました。
                     { {{てミ        r_、_,〉   }
                ∨ミ>、ミ    ,ィ彡ア ミュ、,'    この視察を提言した甲斐があったというものです
                   ∨ ',入.   /ィ´-―- ヾ
                     i   ', ヽ     ¨¨ /
                /、  ∨ >     /
              _ / : : ヽ  ∨ ∨ ≧‐<{
        _ ,  -‐ ヘニニ∨\ : :: : ̄ ' , ̄' , ̄ ̄ハ> , _

326 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:46:13 ID:iWZ0PT6s

そんな幸せは長くは続かなかった…

【それから10ヶ月後】


        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
       /: : :             \
     /: : : :             \
   /: : : : : :               \
  / : : : : : : : ___ノ'′   ゙ヽ、___     \   カロンヌ、カロンヌ、すまんお
  l  : : : : : :.; '⌒`       ´⌒ヽ     l
  |   : : .::;;(。o〇 )     ( 〇o。);;::   |   やる夫はそなたを守り切れなかったお
  l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l
  \ : : : : : : 。;゚(    j    ) ; 。+/
   \: : : : : : ::`┬‐'´`ー┬′ +  /
   /ヽ: : : : : : : |/⌒⌒、|    イ\
   : : : : : : :゚: : : ゚´ ̄~:j ̄`  ;     \
   : : : : . : : . : : ;  '"``    +    \
 : : . : . : . : . : .         °
 : . : : . : .       +


【解説】

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}  財政の立て直しのために、身分によらず公平な税負担を提唱するカロンヌに対して
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|  名士会はその提案を却下し、のみならず他の貴族と連携し
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |   カロンヌの罷免を国王に要求しました。
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |   そして、ルイ16世もその圧力に屈し、彼を罷免せざるを得ませんでした
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |

327 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:47:21 ID:iWZ0PT6s

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \       さて、名士会よ、お主たちの要求通り
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \    カロンヌを罷免したお。
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l   で、名士会の首長、ブリエンヌよ
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l   貴族、聖職者への課税を反対するからには
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /     お主には他の妙案があるのだろうな
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \


.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|  も、もちろんですよ、陛下
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!
         ブリエンヌ
大司教であり、名士会のリーダー役。
カロンヌの跡を継ぎ、財務総監に任命される。

328 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:48:05 ID:iWZ0PT6s

                   _,,,...----..,_
                   ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
                  /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
               /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
              <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!  
              Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
                `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′  とは言ったものの、どう考えても
                  !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
               _r<   ヽ    - / '′     特権階級への課税なくして
               /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/
             f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、           財政再建など不可能だ
             /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
            i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
            /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
           i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l


              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
          二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
      i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',       というわけで、名士諸君。
      l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_ r 、
      l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ) (ヽ、`\    特権階級に課税してもいいかな?
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/\ \ \
.     l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ   \ \ \_
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ r--‐-、>、    `ヽ
        \|\!\  ′          ∨   ` ‐-、 ``       `、
         ヾ ヾ 、    ー ´    ,   ヽ、    -\         `、   キラッ☆
          _, r ´:`  、      , ′ 、   |  !:.:ヽ : ヽ         ヽ
       _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.....` ー <´    ヽ  |  |::.:.:ヽ: : ヘ       `、
    _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.| .ヽ   -、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、  _______i_
   /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  | ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,, ..---┴‐,

329 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:49:16 ID:iWZ0PT6s

.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
   |: : |: : : : /!/ ⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー二
  < : 」_: : / 〈  ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  <:: |. 小{   _,,..ミ }  ...|  /!
   厶ヘ ハ    」_}`ー‐し'ゝL _           いいわけねーだろ、JK
      \_!    _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
        ヽ    ,,ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-      おぅふ
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|   くそ、名士会は解散だ、解散!
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !        この役立たずの寄生虫どもめ
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、

330 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:50:53 ID:iWZ0PT6s

【解説】

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !    結局、名士会の賛同を取り付けられないまま
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V     ルイ16世は特権階級への課税を柱とする税制改革を行おうとしますが
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!     その法案の登記は、案の定、高等法院に阻まれます。
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!     貴族で構成され、王権の弱体化を虎視眈々と狙っている高等法院が
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ    この税制を認めるはずがありません
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ

                                                           jノ       / :|     i     、.  `ヽ、
                                                        /   ./  ./  ,|   i |  |    \ :::iヘ
                                                       /   ::::/  .| / |  ::| λ |、      \:i }
そして、高等法院は新税を唯一承認できる権利を持つ                    /    :::::/    | | |  ::| |. | | ∨     \j
                                                     /  ノ  ::::::/  γ⌒  |  ::| | | :| '⌒ヽ     ヘ
三部会の開催を要求します。前回述べたように、三部会が                / ,.イ  :::::::/      | :|  ∨ ::|.|  | | ∨    i::  ∧
                                                     | / j  ::::: j      /ヽ|___ ∨ :||   |j  ∨:   |:::   ハ
身分制議会である以上、特権階級の勝利は揺るぎないものでした。            | :{  | ::: ,ィ ||     /,ィfチテオ ヽ、:{  オ:テ心、∨  |::.:i、  |
                                                   ヽ:| | ::: / | |:|   ハ´ {ノtィ:;j  }--{  {ィ'tメ:;7`.ハ.   |::;j|`ヽj
民衆も、三部会の開催を強く支持しました。                            |  | | |i|   {:::} `-‐" ,ノ  ヽ ゛‐- ' ´.ハ:∨,j;ノi|
                                                      `ヽ| |リi:|、 |::::j `‐--‐´   '   `‐--‐´,{:::i:∨: ||
                                                          | | |::ヽ{::::ヽ、      ー'    ,.ィ´:i::|: |  ||
                                                          | | :| :::::::f|`v^i‐,、‐-〟 -‐<´::::i:::|::|:  |  ||
                                                         | | :|::::::::|| .j |::j |:,ィ':j   {ア `ヽ、:|::j:   |  !|
                                                          | :| :|::::::::{ ` ` j  |     |     |;/  ,ノ:   |

331 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:52:00 ID:iWZ0PT6s

     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \   やはり、最後の敵は高等法院かお。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|   こうなったら、司法ごと改革してやるお。
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \       パリ高等法院のリーダー格2人を逮捕
/: : : : : :               \
: : : : : : : :.._        _      \    さらに、高等法院の王令登記権を廃止、以後の王令登記権は
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       |
: : : : ::;;(( ○ )::::ノヽ::::::( ○ ));;:::    |   国王が議長を務める全権法廷が持つものとする!!
: : : : : : ´"''",       "''"´       |
: : : : : : . . (  \j /  )/     /
\: : : : : : :.`∨トエエイ∨    /
/ヽ: : : : : : : :∧エエ∧ : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \

332 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:53:17 ID:iWZ0PT6s

【解説】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /     国璽尚書ラモワニョンが主導した司法改革ですが
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ / 
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト        当然、パリ並びに、その他地方の高等法院は
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人          この法令に大反対します
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :               \      反対だと!小賢しいお!
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       |     こうなったら、パリ高等法院を閉鎖。
: : : : ::;;(( ○ )::::ノヽ::::::( ○ ));;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       |    改革に反対しているグルノーブルの高等法院には
: : : : : : . . (  \j /  )/     /
\: : : : : : :.`∨トエエイ∨    /       軍隊を派遣するお!
/ヽ: : : : : : : :∧エエ∧ : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \

333 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:54:15 ID:iWZ0PT6s

【グルノーブル】

      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    おい、国王の軍隊がやってきたぞ
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /    
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ    


     /                       ',
    /                         !     
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /        急いで、城門を閉じろ。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ     絶対に街の中に、入れさせるな!
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ    
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''− ''" |  _ ヽ  `:、   !

334 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 18:55:14 ID:iWZ0PT6s

【解説】

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',    軍隊の出動に反発した市民たちは、城門を閉めて
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !   軍隊を遮り、彼らに屋根の上から石や屋根瓦を手当たり次第に
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|   投げつけました。(「屋根瓦の日」)
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l    この勢いに負けて、軍隊はあえなく撤退。
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l    高等法院と第三身分の結合に、ブリエンヌも恐れをなして
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',    結局は三部会の開催を認めます。
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',   こうして、いよいよ三部会が開催されます
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ

                                                         【続く】


というわけで、前回はさらっと説明した名士会から三部会までの流れを

イベントを追いつつ、まとめてみました。

これで、ようやく本題のフランス革命に入れます。

335名無しのやる夫だお:2010/09/20(月) 19:33:03 ID:q3IMay0Q
乙でした
国王好かれてたんだな・・・
しかし特権階級への課税で争ってるのに、第三身分がその特権階級と結びつくのか

336 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 19:49:27 ID:iWZ0PT6s
国王はフランス革命のある事件が起きるまでは
民衆からは好かれてましたね。悪いのは王妃や
その取り巻き連中みたいな認識で。

おっと、これ以上はここでは言えねぇ。

第三身分と特権階級の結託は
まぁ、三部会を開くという利害の一致によるものですね。
お互いが目指しているものは、全く正反対のベクトルでは
あるわけですが。

337名無しのやる夫だお:2010/09/20(月) 19:54:43 ID:pzIjlcXk

気前のいい王様だな

338名無しのやる夫だお:2010/09/20(月) 19:57:20 ID:Ptv5LZ/.


いい話なんだけど、国王自らが救いの手をさしのべねばならないという状況がねー

339名無しのやる夫だお:2010/09/20(月) 20:13:23 ID:UNaUt/bA
乙でした。
もうちょっと安定していた時代に生まれていれば、
十分に立派な君主としてやってけたのかもなぁ。

340 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/20(月) 20:25:54 ID:iWZ0PT6s

どうもです。

この頃はフランスは完全に経済破綻してますからね。
国王みずからがポケットマネーで、民衆を救済。
確かに、末期的な状況ですね。


今回の高等法院に対する司法改革も
もっと早くに行われていれば、貴族に課税ができてたかもですが
何もかもが遅すぎました。

341名無しのやる夫だお:2010/09/21(火) 06:39:24 ID:gsnpdozs
乙!
ビッテンフェルトにはワロタwww

>ある事件
あれですね……

貴族や聖職者が税に反対しまくっていたのは分かっていたが、
高等法院が邪魔しまくっていたのは知らなかった。

342 ◆Z8aP46qE9c:2010/09/21(火) 23:04:07 ID:BONGbIow

高等法院も特権階級が多いし
後は、伝統的に王家と高等法院の仲が悪いってのもありますね。
ま、なんにせよ、ご存知のとおり
三部会の招集で、特権階級は自分の首を絞めることになるわけですが

343名無しのやる夫だお:2010/09/29(水) 09:50:02 ID:gzJBO0p2
保守

344名無しのやる夫だお:2010/10/05(火) 17:25:29 ID:F4iWxuzQ
保守

345名無しのやる夫だお:2010/10/13(水) 00:25:22 ID:G594KPf.
hosyu

346名無しのやる夫だお:2010/10/20(水) 17:58:55 ID:6a3e1iBE
復帰

347 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/24(日) 20:10:48 ID:mShopmn.
来週の火曜日、夜10時−11時くらいに投下します。

今回は幕間というか、内容的にはフランス革命勃発の原因を

思想面や社会面から考察(というほどのものでもないが)してます。

348名無しのやる夫だお:2010/10/24(日) 20:24:49 ID:P3QBNmlI
楽しみにしてま〜す♪

349 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:31:10 ID:zrP1f88k

今から投下するざんす

幕間 『フランス革命のあれこれ』


                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉         みなさん、こんばんは。
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {          本編でもすっかり影の薄くなった
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ     メルシー伯こと、やらない夫です
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄               
                                           /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
                                            , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
                                 .         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
みなさん、お久しぶりです。                        /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
                                           l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
影が薄くなったどころか、ヴェルサイユから              八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
                                           ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
追放処分された、デュバリー夫人こと、水銀燈です            ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ
                                             ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨
                                           /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
                                      、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
                                      ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
                                          `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
                                        ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
                                        _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三

350 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:33:16 ID:zrP1f88k

           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \     二人とも、なに暗くなってるお。
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \
    /      ( ● l    l ● )    \   ひさびさの幕間だお!
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |  もっと明るく!!はい、お腹の底から声出して!!
.    \         |,/⌒'⌒ヽ|       /
      \       l     j     /
       /      `ー--‐''´    〈





       <,ニニニニニニニニニニ,ゝ    .__
        .`三三三三三三三三li|ゝ   /   \
         / /,' ,'  |    i i| | i ,ン  .ヽ、  .\
        / /,' __'___|_____._i i| | i (●)(● )    |
        / /,' リニニニニニニi i| | i (__人__)      |
       / /,' .∟,,,,    .  .i i| | i {`⌒ ´  .   |
       / /,' ,'    ̄"'‐-、,,._i i| | i  {      .   |
      / /,' ,'        . i i| | i、 ヽ、  .   /
      / /,' ,'      .   i i| |'"ン'    .ン    ヽ   今は1789年か、予定より少し早いが
     / /,' ,'       .   i i| |.イ    //    |   逝ってもらおうか
     / /,' ,'         . i i| |.ツ⌒二_/.|  .  |
    / /,' ,'         .  i i| |`'‐'´
    / /,' ,'         .  i i| |
   / /,'./. ̄ ̄ ̄.\.ニ.ニ.ニ.i i| |
   / /シ´ _ノ  ヽ、_ ..\;;:::::::: ::i i| |    調子に乗った、やる夫が悪かったお
  /./ o゚⌒   ⌒゚o  .ヾ;:::::: i i| |
  / .|    (__人__)     /:::::::::i i| |
 / /,ヽ_... ,,, .--.――.'"::::::::::: :i i| |
./ /,' ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i| |

351 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:34:06 ID:zrP1f88k

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    そういうわけで、ひとまず今日は
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)    フランス革命の予習ということで
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }    それが起きた原因をさまざまな側面から
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ     みていこうというわけだ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |    まぁ、端的にいっちゃうと
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|    身分制度という社会的矛盾からの脱却と
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //   思想的な熟成、この2点がうまくかみ合ったことかしらぁ
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :

352 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:35:13 ID:zrP1f88k

          ______
        /         \
       /            \
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \   ちょっと何を言ってるのか、わかんないお
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |
  |                       |
  \                     /
    \                  /



      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \         アホか!
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l     お前はあれか、今まで
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |     台本を棒読みしてただけか!
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て  メメタァ
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J

353 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:36:08 ID:zrP1f88k

         -─‐──‐-、
      / ι          \
     / ;    ι         ヽ.
    l  U                l ̄ `' ー-.、
    |      , 、     ;    |      ヽ、
    !、  _ノ" "ヽ、__  ∪!;f'  ,      ',
     ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`         ',    どうか、バカな私めにも
      ,' ヽ(_人__)   __ ,ノ   i!       ,  ',
      ,'    ` ⌒ ´‐' ,イ   ,./i l      /   ',   理解できるようにご教授下さいませお
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //
     U U U   /ノノ_/     `ー─'″

354 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:37:05 ID:zrP1f88k

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   とはいえ、お前が何を理解していないのかが
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   俺にもわからん。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ  知りたい点をまずは箇条書きしてくれ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



.        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \
     /  (●)  (●) ヽ   このフリップに書けばいいかお
.     |    (__人__)    |
      \   ` ⌒´  __,/
     /         \
   _/((┃))______i |
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

355 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:37:46 ID:zrP1f88k

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|   あぁ、なるべく具体的にな。
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }    それを元に話をすすめていくだろ
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

356 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:38:48 ID:zrP1f88k

              ____
          /⌒   ー \
.         /(●)  (●) \  +
         /:::⌒(__人__)⌒::::: ヽ
        |    |r┬-|     |  +
         \_  `ー'´    _,/
      .   /            \     +
       .|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
      _(,,)/      Y     ヽ (,,)_
   .. /. | l   o   l   o   l. |  \
   /    | ヽ、__ ,人_ __ ,ノ |   \


                      / ̄ ̄\
                   /ノ(    \
                   | ⌒ _ノ  \ |
           \\\    |   ( ●)(●)|   そのフリップは、そんなボケをかます為に
               /\  |    (__人__) |
             (.  ヽ\|    ` ⌒´ ノ    用意したわけじゃないだろ、常識的に考えて
              \ ヽヘヽ       }
               (   ソ       ノ ⌒)
                ` イ          /
            _   | mm     / /___
          /  \  | ヽ  η   //  ::::::\
         _/     \| |   |   /     :::::::::\
       /´   \   / |  |  /u       .::::::::\  ちょ、ちょっとしたジョークだお
       ゝ_/ ̄\\/   |   \ |       ...::::::::::::|
        /     /    / \    \      ::::::::::::/
      (___へ   {     /ヘ  \          ::::::::::ヽ  。
            \___/  \ |         ::::u:::::::::ヽ
                    \          ,/\ ::::i
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄

357 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:39:15 ID:zrP1f88k

          /.:.:.:.:::::::::::::::弋辷ソ::::.``ヽ
          ,.イ.:::::::, . "´   ̄ ̄  ̄``ヽ::.\
        //:.:::,r'´               `ヽ\
      ,. イハ:〈        ,       ',      ``\
     く ./l1 |::|:i   .i   l:.       l    .:.:.::::.:.ヽ
       V .:l1 |::|:|l:. .::|i .:.:l.::i     .:l   .::i.:::!:::| |:|
     /.  lレ'ノ.:|l.:. .:|| .:.:|:::|:.:.   .:.::!.:.:.:イ.:::!::::!:::l |:|   二人とも、いい加減にしなさい。
    ./.::!  !1  i |l.:.:.:::l:| .:.:l.::|::.:.:.  .:.::/.:.:/.:!.:::!.:::!:::l l::!
    /.:.:.:|  |::|  i ト、_.:_|:ト、.:ト、ト、::.:.:.::::/l::./_/:.:/:::/::/ リ    ぜんぜん、話が前に進まないでしょ
   ./ .:.:..:|  |::|  i | \仁lニ=心ハ.:.::/ィイ l/`/.::/.:/ ′
  /  .:.:.:|  |::|  i | 弋_辷'フ`   ';/ ィチ斗l/.::/イ
 ./  .:.:.:.::!  |_|  i |      ̄         ̄ !:/ .l
    .:.:.:.::!  |   l l            ,    ,:::|   i
    .:.:.:.:.!  |   l |\      _ .._′  /.l::|   i
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::.:.ヽ、   ´    ..イ.::::l::|   |
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::::厂  ̄|ー- <::::::l::::.:l::|   |
   li.:.:.:.:.!  |   l l::ノ.:.:::::::ノ.:Ⅹ:\|::::::l:::.:.l::|   |


             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \    というわけで、今からフランス革命の原動力となった
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l   両輪のひとつ、啓蒙思想をみていくお
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、

358 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:40:02 ID:zrP1f88k

        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|   で、やる夫。さらっと口にしたが、そもそも
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./    啓蒙思想って、何か知ってるのか
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}



   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::U           丶
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::U:::::::::::::::::                 │
 /:::::::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :U     │
 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´   {ー-===._-、      ,.   │
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ._  \ヽ、   /      |
 l:::::::U:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      、⊥エェ_,_ヽ. `く´ ノ    |
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /´ >,`‐゚‐' Y,`-イ ′    ノ |
 l:::::::::::::::::::::::::::::U       /    '゙ _^ニ=、′!、  / j
 l:::::::::::::U:::::::::::::::::::      |    ´"/´´¨   !ヽ,∠ニ=ァ'    ここで、すぐに返事をするのは容易いお。
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     |    i{          「ージヌー
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     !    (         / ヽ \      だけど、そうすると、ただでさえ出番の少ないやらない夫の
 ヽ:::::::::::::::::::::U::::::::      |    ヽ、____.人__ノ /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ー=_:::ニニ,二,⌒  ン     せりふを更に奪うことになるお。説明は任せたお
 \::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::        、``ー-ニィ  /
   \::::::::::::::::〈 ヽ.:::::::::::::::::      `ー- 、.   ノ
     \:::::::::::::}  `丶、  \            /
       \,,ノ     `>          _/
       ,r''__\_       /ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     //(9}/::ヽ    /::::::ヽ.._... --┐

359 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:41:19 ID:zrP1f88k


        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|   知らないなら、知らないって言えよ。
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l    素直じゃねーな。いいか、啓蒙思想ってのはだな
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
                          
                                                         /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
                                                        ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
                                                    /       / :|       |::   、   、  ヘ  
                                                   /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
                                                   /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
啓蒙思想というのは、人間の理性とそこから生じる思考に               / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
                                               / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
重きを置き、その普遍性を主張する思想です。                   〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
                                               ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
17世紀後半にイギリスで興りましたが、18世紀にフランスで主流となり         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
                                                    ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
フランス革命の大きな原動力となりました                          `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
                                                      |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
                                                      リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
                                                     ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
                                                    / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |

360 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:41:59 ID:zrP1f88k

                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '            :::::::::`ゝ"ヽ
    l             ::::::::::::::::,、__
.   l             ::::::::::::::::| ', ',`,
.    l              冫.:::::| ', ', ',   結局、セリフとられただろ…
   l               l  ::::l   ', ', ',
   l           {`ヽ  u   ::::}  ヽヽヽ
   l            ',´ ヽ J   /     }
   !              ',  ヽ、_/     ./
   ,'             ヽ           ./
 ̄ `ー -            `,           ,'
        `  、       ゝ         ,'
:.:.:.:.:.:...        、      /ヽ      〈
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   |     .i
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ    |     |
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   |     |
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  |     |


     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /   理性を尊重するという立場から、宗教と科学の分離を促し
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`   レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´     当時のフランスのカトリックの腐敗を暴いたりもしたわ。
  l/  l|    | 丶-         / /
     ハ    l、      ` ̄  ィ  /
   /ハ   l:\:>、    /l |/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:丁 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l  | /
::::::.ヽ⌒マ}:::::ト、Ⅴ/::||::L::.ト、l //
:::::::::::::::::::::マ}::::ト、Ⅴ:::l|::ヘ`ー| /'ヘ

361 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:43:04 ID:zrP1f88k

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′   また、啓蒙思想というと、どうしても政治的な思想をイメージしがちですが
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||     実際には歴史、経済、自然科学など、その影響は多岐にわたります。
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ   今回は、フランス革命絡みなので、政治思想に的をしぼって
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l     ご紹介していきます
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
      / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',
.      l i |  |/  /  //::::::/::::::::::::l:::|       ヽ     |    }
      ヽ、|  / /  /::/::::::::::/::::::::::::::l::::|        ヽ    |    /
        ヽ/ /   ,/:::::/::::::::::/::::::::::::::::l::::|          ヽ   l    /
         { /    /:::::/:::::::::::/:::::::::::::::::l:::::|           ヽ ノ  /
         /   /___'ー- __く‐-、:::::::::::l::::::l           ヽ /
.         /    `ー-〈:::::::::::/ | ヽ、ノ:::::::|                 ヽ
        く           `ー-/__|   |`ー--|        __... -─-、 ヽ
          `ー──────-|  |─--L__,.. -─<´     __>
                        l   |      |   | `ー--‐‐'´
                     l    |        |  |
                       /     l       ,'   l
                    /'´ ̄ ̄`ヽ  ,. -┴ 、  {
                      (         | i     ヽ!)、
                   `ー----‐‐′}     ,-┘
                          `ー--‐'´

362 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:44:01 ID:zrP1f88k

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、   フランス革命に影響を与えた啓蒙思想家といえば
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>  まずはモンテスキューよねぇ。『法の精神』と、その中で記された
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l    『三権分立論』よ
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/


                   ( ヽ、
                __\ \
                <__ \ \
             /<__ \ \ ヘ /⌒/
            ./  └--ミ ヽ、\ - \ |
.          , '′ ⌒ヽ,__ノ丶  -     〉
          /  ( ● >、  、( \        !
        /   , `'''"   _, \_ヽ     {
       ./    {   ,   ( \)、ヘ      > 、        法の精神の中身すべての把握までは期待してないが
       |    ゝ-イ    `''" ./ \   ∠/ヽヘ
     ,.-/|     ゞニ>一′  ./    \(⌒)   ノ \     三権分立くらいなら、やる夫でも分かるよな
   / | \ヽ          ./       .ヾ、 /    \
 ̄<   !  `\      /___    \/ \(
_ \   !    > ー-- イ  \_    ̄ ̄\_\
!  ̄ ̄ ヽ /{  )\ |   ∠       ノ)ヽ、
       \ /⌒\ 〉   ̄ /       / >\
         \ い /     /       //ノ
          \ /     /       / / ̄

363名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 22:44:42 ID:leu1mLZA
その啓蒙思想の行き着く先がテロールとギロチンと

364 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:44:53 ID:zrP1f88k

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \      見くびってもらったら困るお
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/      中学の時に、公民で習ったお
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃     行政権と立法権と…権…権
     |            `l ̄
.      |          |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    ほら、最後の一個は何だ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    さっさと言ってみろ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

365 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:45:51 ID:zrP1f88k

>>363
それは言っちゃだめだw

366 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:46:28 ID:zrP1f88k

          ,,、 ー ''""'''''''''"~~~~~~~''ヽ,
        /'''""彡;;;;;;;;;;;;ヽー"";;;;;;;;t''ヽヽ、,,
       /''"彡彡 彡"'''三;;;;;;irー、;;;;ミ ミ ー、
     ,r'//イイ彡シ,、-'"彡三;;;;ミ;;;;ミミ ミ i |;tヽ
     /;;彡彡 "i;;;// /"从i")ミ;;;;ミ;;;iiiii|||||;;;i;;t;;i;;|ヽ
  `'ー'イ;;;;彡;;/;;;;ii,,,,,,/ii/;;;;ijiiiiレ|''"ヽヽ| ,,, ,,,,,|ii|;;;;;;;;;;;、i
  `'フ;;;;;;リ|;/;;;;i;;;;iii/;;;|ソ;;|冂ソi ̄ ̄|||;;;;|jiii| |i|''|ト、;;;|リ
  ,、-';;;、-'ヲii ̄~//;;;;/i;;;ノ_/;;/――ノ|ノ-|、;iリ;;|iii、,j;;;リi   ケーーーーン!!
 ";;r''""ノ;/i,,i|ノノノノ",,ii;;;、、 -'   ー--i、|、,ii;;;t、;i,,i、i 
;;r"//;/;;ノ/ノ-'"ー',ゝ=、"    ,、ィ'=、 `' };;W;;;;;;i
" r'//"";;;;/i;t ッr'( ● )::::ノヽ::::( ● );;;;;ii;;;;;ソ
 |/i'//";;;i,リ、;;;i;;;i  ` '''''"    t'、,,, ̄~  i;;;i;;;;;|ノ"
 "i/ノ;;;;;;;;;;;tヽii;;;i;;|        ,,づ'     i;;;;;;;;リ'ノ
  |i;;;;;;;;;;;;;;;;`i|;;;;;;;i       _,,'、,,,    ,i;;;;;( |
  iヽ||i';;;;;;;;;;;;|;;;;;人   `ー-‐'´`ー-‐'   /;;;;;;|リ
   リ||ii;;;;;;;;;;;/;;/;;;t' 、      ー    , ';;;;;;;;;;ソ
   /ノ;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;i :~' 、      ,、';;;;;;;;;;;;r、-、
  ,(||ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;リ   ::::::~ ー-- ';;;;;;;;;;;;;;;;ノ i t'ヽ、
,r'",,,,)、、;;;;;ii;;;;i;;;|;;;ノ        (;;;;;;;;;;、 '"  |  t ヽ,
'''""/  ヽ、、tt、;;iミ           (ツ|i    i|  t  t
  i   イi|   t,         ,,, -'" |ii   |` |i  リ  t
 ::::::t  リ   ,,,、 ゝーー-zー'''''',z'"   リ, ,,||/  リ ノ  jゝ,

367 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:47:03 ID:zrP1f88k


                                                            / ̄ ̄\
                                                           /  ─  ─\  /⌒)
                                                          /⌒)(○)  (○ |/ /
                                                         / /   (__人__)  /
                                                        (  ヽ   ` ⌒´ /  そうでしたお
                                                         \       /
                         ─────────────         ___ /      /
                                                    (_____    /
                                                              \ \
                                                     /  / /    )  )
          ────────────────                              (  \
                                                     .           \_)
   / ̄ ̄\      ────────          _,,,,,-------,,,,,_      ./    ┃                     ┃
 /   _ノ  \                          _,-‐'゙^        `゙゙''-、,.., /       ┃   ┃┃         ━━ ┃
 |    ( ●)(●)                    ,/`               `'-,、      ┣━━                 ┃
 |     (__人__) コスプレしてる場合か!   ,,/`                    \     ┃      ━━━━       ┃
 |     ` ⌒´ノ                    ,/′                     ‘i、   ┃                 ━━┛
  |         }                / /`                           ヽ   //
  ヽ        }              /  /                              │  /
  ヽ     ノ                  l゙          司法権             ゙l /
  / ´   v_    ““ト⌒'y-∽∽∽∽∽∽∝                           │    
  l      ` ̄ ゙゙̄″  ..,ノ          l゙                           ,l゙
  `\,,.       .,,,/゜            ゙l                           ,l゙
     ゙i ̄ ̄ ̄ ̄"゛|     彡        ゙l、                            丿
      ヽ      \                ヽ                        丿
      `!       ヽ     彡       \                        ,,i´  ────
      │     ,l゙   i              `'-,、                 ./
       |    ,l゙│   i  ──────     `''-,,_            .,,,/゛
   彡 /    /  ゙く  \             /   `゙''''ー-、,,,,,,,,,,,,,--‐'''"`
     │   r     \  ヽ           ////               ────────
     │  /         ヽ  \、      /  / /
     /  /           \  .゙ヽ
    /  /            ゙―ー'''"
   丿___)

368 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:47:47 ID:zrP1f88k

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、      でも、考えてみればすごいことよねぇ。
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>     三権分立のその思想が、250年以上も前に
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l       確立されていたなんて
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)   まぁ、その思想も活かされなければ
  |     (__人__)
  |         ノ   意味がないがな。この三権を掌握したヒトラーが
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }    独裁者となったことを考えれば、本当に
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |    三権分立ってのは、重要だな
   \__/__ /

369 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:48:32 ID:zrP1f88k

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \   三権分立というのは、字のごとく
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/   立法、司法、行政、この三つを
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |        分離し、権力の集中を防ぐことだお
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     ひとまず、モンテスキューは「法の精神」と
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)    そこに書かれた「三権分立」を押さえればOKだろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l   次は、ヴォルテールだな
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

370 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:49:27 ID:zrP1f88k

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、    さっき、カトリックの不正を暴いたという話があったけど
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>   その急先鋒こそ、このヴォルテールと言っても過言ではないわ。
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l     18世紀のフランスを象徴する哲学者であり、作家でもあるのよ。
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/


                                               / ̄ ̄\
                                              / ヽ、_   \
                                            . ( (● )    |
70を過ぎても、反権力、反カトリックの立場を貫き               . (人__)      |
                                            r-ヽ         |
戦い続けたというから、なかなか気骨の入った思想家だろ。        (三) |        |
                                            > ノ       /
後ほど紹介する、百科全書にも寄稿してるぞ                /  / ヽ     /
                                          /  / へ>    <
                                          |___ヽ  \/  )
                                              |\   /|
                                              |  \_/ |

371 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:50:22 ID:zrP1f88k

        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ   ただ彼自身は、革命を推奨したわけではありません。
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!   人間として、幸福を追求すべきと主張したヴォルテールですが
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|   彼の言う人間とは、ある程度の教養と財産を持ったものであり
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |   それ以外を「バカで粗野な民衆」と蔑んでいます。
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    まぁ、どちらにせよ
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   その思想はフランス革命の原動力となったことに
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     代わりはないお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

372 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:51:25 ID:zrP1f88k

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)   じゃ、次は百科全書だ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ   その名のとおり、百科事典なわけだが
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }    当時の最先端の科学技術や文化、思想を紹介したその内容は
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \    旧態然とした、古い世界観を打ち破るものだっただろ
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                                                                   ___,ェォ、
                                                            / ´::::::::::メ込メ::.、
                                                           /, ' ´ ̄ ̄`ー ‐-:::::.\
184名にのぼる、多くの知識人によって執筆されたその分量は                     , '/             \::.ヾ
                                                     _ Y〆  ,           l   ヽ::l
400字詰め原稿用紙6万枚分にもおよび、4100部が予約出版されたわ。           |{ニネl   l | l   |  l   {l::ll
                                                    , ヾミl  vヽ十‐l- ,l |   |  ,l {l;;ll
当時の書物の平均発行部数は500〜1000部。                       ,.∠从|| l i_'"{Tト乂,r'|tニTtx,l   iVヽ
                                                  </| ||弋 ゝ ¨     ´i_rft // ,l∨冫
百科全書はそれだけ、多くの人に歓迎されたのよ                       ! lj   ̄l 丶 、_`__   _/ /}ハ/
                                                       !  __/ ノ、ヽ`_´__ , ゝ__/ | l`从
                                                     /::/ 〃v┘>--一l l  l  !_| |_!l\
                                                    /.;/ , ハ  /ミYミ\ `i  |ー‐-、   ヽ
                                                  /::::::l /i_|::::l 圦 ~ 介 /  }::::::::::∧
                                                   ∨:::::::´:::::Y.:::|   ⅤL// /iノ:::::::::::::∧
                                                   ∨::::::::::::,':::::|'l,t、,t、_t_、| /t、l::::|::::::::::::::∧

373 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:52:25 ID:zrP1f88k

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V    この百科全書の購入層はいわゆるブルジョワ層ですが
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!    彼らが後に、革命を主導する立場に立つことからも
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!     この百科全書の果たした役割は大きいものだと思います
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |   フランス革命というと、民衆による改革のイメージがあるけど
. |   (__ノ ̄    /
. |         /    違うのかお
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

374 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:52:57 ID:zrP1f88k

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   ちょっとややこしいが、主導的な立場にあったのは
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ブルジョワジーたちだ。彼らはもっと自由な経済活動により
.  |         }
.  ヽ        }    より多くの富を得たいと考えていた。それには
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、    専制政治のような制約の多い社会は不都合なんだ。
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)                                         ___,ェォ、
.    |      l                                    / ´::::::::::メ込メ::.、
                                              /, ' ´ ̄ ̄`ー ‐-:::::.\
                                             , '/             \::.ヾ
そして、そのブルジョワの主導する革命に               _ Y〆  ,           l   ヽ::l
                                         |{ニネl   l | l   |  l   {l::ll
虐げられ、重税にあえぐ民衆がのっかった、って          , ヾミl  vヽ十‐l- ,l |   |  ,l {l;;ll
                                      ,.∠从|| l i_'"{Tト乂,r'|tニTtx,l   iVヽ
わけねぇ。だからこそ、国を挙げての              </| ||弋 ゝ ¨     ´i_rft // ,l∨冫
                                        ! lj   ̄l 丶 、_`__   _/ /}ハ/
革命に発展した                                !  __/ ノ、ヽ`_´__ , ゝ__/ | l`从
                                        /::/ 〃v┘>--一l l  l  !_| |_!l\
                                       /.;/ , ハ  /ミYミ\ `i  |ー‐-、   ヽ
                                     /::::::l /i_|::::l 圦 ~ 介 /  }::::::::::∧
                                      ∨:::::::´:::::Y.:::|   ⅤL// /iノ:::::::::::::∧
                                      ∨::::::::::::,':::::|'l,t、,t、_t_、| /t、l::::|::::::::::::::∧

375 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:53:48 ID:zrP1f88k

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   次は、思想からは少し外れますが
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    風刺オペラ『フィガロの結婚』です。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i    筋は書きませんが、王族や貴族その他
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|    特権階級を愚弄したセリフがあちこちに
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',   入ってました
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    いかに寛容なルイ16世とはいえ、そんな芝居を
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   上演させるわけにはいかない、と上演を禁止するお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     しかし、作者はうまく立ち回り、サロン等で
.\ “  /__|  |
  \ /___ /     脚本を朗読して、ファンを増やしていくお

376 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:54:32 ID:zrP1f88k


           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、   そんなこんなで、上演希望の声が高まってきたこのオペラの
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>  上演をもっとも強く後押ししたのが、なにを隠そう・・・
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\

377 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:55:08 ID:zrP1f88k
 

                                           ,  --=ニニ、ヽ、
                           .               ∠ -―‐--- 、 \\
                                          / / /  ,   `ヽ ヽ\
                                         // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
                                         // // / // / //||l l!  \
フランス王妃、マリーアントワネットですぅ                {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
                                        l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
                                        N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
                                          jヘ、  _   " 彡'// |l  |
                                          / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
                                         厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
                                        / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |
                                           / / /八  }| ∨ ノ!     /!  、
                                       / /イ {几こフl」__j   )}   ハ   ヽ
                                     /レ ノ //   r1ー┤ l|_}     ヽ    \

378 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:56:00 ID:zrP1f88k

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)   なんなら、王妃は自分が主役になって
  |     (__人__)
  |         ノ   宮中で上演したいとまで考えていたらしいからな。
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }    本当に周りが見えていないというか、なんというか・・・
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

                                            r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
                                            |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
                                            l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
というわけで、めでたく上演が決まったフィガロの結婚。         /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |  
                                    .   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!
初演は1784年の4月27日。多くの人が劇場にやって来て    /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|
                                      " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
3人が圧死したとか、なんとか。                      \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
                                           /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
ちなみに、そういう経緯から脚本は                   __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
                                        ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
だいぶマイルドになったそうです                 .    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\

379 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:56:53 ID:zrP1f88k

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、     こうして、啓蒙思想によって目を開かされたブルジョワ層は
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>    社会の変革を目指すようになったのよ。
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l      続いては、社会的な側面からフランス革命をぶったぎりよ
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ



                                    / ̄ ̄\
                                  /  ヽ、_  \
さっき、フランス革命を主導したのは           (●)(● )   |
                                 (__人__)     |
ブルジョワ層だと述べたが、この当時の         (          |
                             .    {          |
フランスは地方によって、税制や度量衡が        ⊂ ヽ∩     く
                                  | '、_ \ /  )
異なるといった、中世的な国家だった。           |  |_\  “ ./
                                  ヽ、 __\_/

380 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:57:44 ID:zrP1f88k

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    でも、ブルジョワ層(生産者)にしてみれば
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   商品を移送するたびに、あちこちで税関から
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     税金を取られることがあり、不都合が多かったお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


          _, -,x‐‐:‐:‐:-. .、
         , ィ ´ /: : : : : : : : : : `ヽ、
     , ィ´ /  ,イ: : : : :/: : : : :/:/:l: : :.ヽ
   ,.イ   , ※,: : : : :l:/:_:_:_:/'/:/}: l: : :.ヘ   当時、ブルジョワ層と貴族たちの勢力はほぼ
  /  :.. {  l: : : : :l'-r'zェュ、/'´ ,:/: i: : :.ハ
. /, - t- 、 l  ヾ: : : :! 弋 ノ  /xt}.;': : :.l:}   拮抗していたですぅ。そして、両者の対立が限界に達したとき
 ´ ̄ !: : : { ※ `ト、:ヘ      、ゞ'l: : /″
.    ,: : : :.ヘ     ! `    , ‐y  八/     ブルジョワ層は民衆を味方につけて、旧勢力を叩き潰した。
    ,: : : : :.∧   l   ::...  `¨ / }
   ,: : :..: :/: ∧※ !  /: ―: i´  /       これが、大雑把なフランス革命の図式です
   ,: : :rt‐f_´  l   }`ヽt_: :l: : l※ l
  ,: : :.f´::::::ゝゝ}  ! ,イ7ミハ-、:ヘ  l
  ,: : : :l::::::::::::::::::l  }'"〃 {iヾ;}、:ヽ l
. /: :..: :l:::::::::::::::::/※/、_リ{i〈{i、_》{:ヘ:ヽ

381 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:58:39 ID:zrP1f88k

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   このスレで、散々財政危機を煽っておいて
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    いまさらだけど、実はこの時期、個人レベルでは
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |     裕福になる者も結構いたんだお
  \ /___ /


                                       / ̄ ̄\
                                      / ヽ、_   \
それがつまり、さっきから言っている               . ( (● )    |
                                    . (人__)      |
ブルジョワジーの台頭だろ。                   r-ヽ         |
                                    (三) |        |
彼らが自由な生産、流通を行うには               > ノ       /
                                   /  / ヽ     /
絶対君主制というのはあまりに制約が多かった。     /  / へ>    <
                                  |___ヽ  \/  )
                                      |\   /|
                                      |  \_/ |

382 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 22:59:28 ID:zrP1f88k

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    そんな要望を持つ彼らにとって
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   三部会の招集はまたとないチャンスだったわけだ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃   金はあっても、国政にかかわる事の出来なかった自分たちに訪れた
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   このビッグウェーブ。乗るしかないだろ、常識的に考えて
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /                                      __
                                          , ィ ´  ̄     `ヽ、
                                          /ィ ´  ̄ ̄` ー 、   ヽ
                                      ,ィ´※ ___ ※   ヽ、  ヽ
                                     / , ィ:´: : : : : : : ` ー 、   ヽ  ∧
三部会は確か、自分たちへの課税に反対する   .     /イ: : /: : : : : : : : : : /: : ヽ ※ ヽ  ∧
                                   /: : : :./: /: : : : /: :./l:..l: : :∨  ∧  ∧
特権階級が開催を要求したんですよね。      .   /: /: :./: /: : : :./: /  l: l: : : :l    !   ∧
                                  /;イ}: :/: /‐-:.// __  l:/!: : : l ※ l     ヽ
それが、結果として、革命を誘発するなんて       ´  '; l: /,xュ、     `/ヽ!: i: :l    l    /
                                    ヾ: }{ {,ハ    ,ィチミュ l:/: :.l    !, イ:.l
歴史の皮肉ですぅ                          :l l:. ゝ'    弋::リ 〉!:/:..l ※ l: : : :.!
                                      i:!八  '      //: : :l     l:..: : :.l
                                       l:l ※ヽ、-、     /:,:ィ´:!   l:: : : :.l
                               .       l:l   l >‐‐r‐ '´/´l>、:.:l ※. l: : : : :l
                                     l:.ヽ   !: ; ィ´!   , イ  ヽ!    l: : : : :l
                                      l: : ;>‐'7´  |_, イ       l   l: : : : :l
                               .     l:く ij,x=ェュ、_      r' l .※. l、: : :..:l

383 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 23:00:24 ID:zrP1f88k

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    まぁ、これはあくまでキッカケであって
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   三部会が開かれなくても、別の形で
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \    革命に発展しただろうお


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ     それにしても、啓蒙思想ってフランスのみならず
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳       当時のヨーロッパを席巻したわよねぇ。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\    その割りに、大規模な革命ってフランスだけよねぇ
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ

384 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 23:01:20 ID:zrP1f88k

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)    んー、まぁ、当時のヨーロッパは
  |     (__人__)
  |         ノ    文化面ではフランスがずば抜けてたから
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }     他の国では、思想的についていけなかったのかもなぁ
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

                                       r-、
                                    rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
                                  ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
                                  /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
各国の王族も、自分たちに革命の波が         / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
                                 / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
波及しないように、あれこれと       .      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
                               l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
手は打ったみたいですけどね。             |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
                               l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
                                 ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
                                  ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
                               r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
                              ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
                                 Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
                                l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ

385 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 23:02:30 ID:zrP1f88k

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    ま、仮に他の国に伝播してても
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    フランスほどの成果があがったかどうかは
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ   疑問だけどな
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /  どうしてだお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

386 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 23:03:17 ID:zrP1f88k


                                          / ,.ィ´ ̄:  ̄`ー--、* \       \
                                           //: : : : : : : : l: : : : : :.\   ヽ     _>
                                         /: : : : : : : : : :l:..:l: : : : : : : :.:ヽ. ∧  /,.ィ´
それは多分、フランスが典型的な                     ,'/: : : : /: : : :.:l:.l:.l: : : ヽ: : : : : :',*! /´: :!
                                         /!: : :.l: :l: : : : ://l:,'、: : : :ヽ: : : : :.! l/: : :..:l
中央集権国家だったからですぅ。                    ,' l: : : l:.:l:_:// / ,ム-、-、:l: : : : :l l':..: : : :',
                                        l '; : : l:.l:/`'/ / ´  ` `ー!: : : / l: : : : : :.',
パリが政治、経済、文化の中心だったから                  ヽ: :ヘx=ュ、    x==ュ、/: :// /: : : : : : :ヘ
                                             \ヘ    ,     ///*/: : : : : : : : :ヘ
そこを制したものが、フランス全土を制したわけですぅ           l `ヽ   r┐   '´/!   !__: : : : : : : : :.ヘ
                                              ! * l.>.`,  ,. <イ/  / `>ー、: : : : : : :
                                           ヽ   l: _,.ィ `´ィ'´   !   l (:::::::::ヽ: : : : : :
                                            l:l   ! 《´ 示ミ、ヾ/.*/ r‐':::::::::::::', : : : : :
                                           ,':::! / ゞイ/〈lミヾ,l.  l  〉::::::::::::::::l: : : : :


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      ま、そういうことだ。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ       以上のことを念頭において
       |         } \
     /ヽ       }  \    次回からの革命勃発編を見てもらえると
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/   幸いだろ。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

387 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 23:05:21 ID:zrP1f88k

というわけでですね、内容的には
世界史で習うような事柄を
うわっつらだけ、なでましたが
まぁ、こんなもんと思ってもらえたら幸いです。

では、また次回お会いしましょう

388名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 23:13:12 ID:leu1mLZA

ある意味、フランスがもっとも進んでいたから、まっさきに革命が起ったとも言えますな
そして他国は、フランスを反面教師に学んだと

389 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/26(火) 23:18:35 ID:zrP1f88k

>>388
まぁ、そういうことですねぇ。
フランス革命も、結局、革命政府の暴走で
長続きしなかったわけですし

390名無しのやる夫だお:2010/10/26(火) 23:40:39 ID:zjNd2e3o
乙でした
フランスは未来に生き過ぎてたのか
そういう意味ではナポレオンが結局皇位についたってのも実は妥当な落しどころだったんですかね〜

391名無しのやる夫だお:2010/10/27(水) 00:04:16 ID:ATIAZ4vo
乙でした
分かりやすくて面白かったです
細かいギャグがツボでしたw

392 ◆Z8aP46qE9c:2010/10/27(水) 00:57:14 ID:0WVxXVAw

フランス革命も変化が急すぎて、民衆も
改革を受け入れるには、未成熟過ぎて…。

革命期にロラン夫人という女性が
「自由よ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」って
言葉を残してますが、まさに言いえて妙ですね。


わかりやすかったですか、よかったです。
啓蒙思想については、もっと細かく紹介しても良かったんですが
あまりに細かすぎても、単なる列挙になってウザイかなと思い
抑えました。まぁ、話の流れで本編でも紹介する機会もあるかな

393名無しのやる夫だお:2010/11/05(金) 11:54:36 ID:hn5PF0dw
保守

394最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

395名無しのやる夫だお:2010/11/15(月) 20:36:02 ID:zwEAP5cM
保守

396名無しのやる夫だお:2010/11/29(月) 22:22:20 ID:jH7FF0HY
hosyu

397名無しのやる夫だお:2010/12/06(月) 09:02:04 ID:I5I2aADI
◆Z8aP46qE9c様、そろそろ最終書き込みから一ヶ月ほど立ちましたので、
1行程度のレスでも良いですので、書き込みをお願いします。

398 ◆Z8aP46qE9c:2010/12/06(月) 21:46:21 ID:4Uspwdag
毎度、更新遅くてすいません。
年内には投下します。
本当に、年内ギリギリになるかもだけど

399名無しのやる夫だお:2010/12/06(月) 23:43:45 ID:I5I2aADI
>>398
ご迷惑をかけて申し訳ございませんでした。
2〜3ヶ月間、主殿の書き込みがなければ強制dat落ちになるようですので…

それでは、後日の投下を楽しみに待っています。+(0゚・∀・) + ワクテカ +

400名無しのやる夫だお:2010/12/22(水) 17:50:22 ID:rDP/LnA6
保守

401 ◆Z8aP46qE9c:2010/12/26(日) 23:30:11 ID:yFcKHNqE
火曜から、正月休みに入るんで
年内に続き投下しまっす

402名無しのやる夫だお:2010/12/27(月) 00:07:47 ID:yEaP3ePE
wktk

403 ◆Z8aP46qE9c:2010/12/30(木) 23:58:30 ID:peihZaq2
まとめるのに、時間かかってます
年内厳しいかも。
1月3日までには投下します。
また、事前に日程を告知するので
よろしくお願いします

404 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 06:47:43 ID:atgubF/o
本日、投下します。
親戚が来る予定なので、時間は未定。
空いた時間にパパッっと投下しますです

405 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:45:22 ID:atgubF/o

【1789年 1月24日】

パリ市内

         //"////
      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    おい、聞いたか!
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          三部会の開催が告知されたぞ。
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           これで、ようやく俺たち平民の声が
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /     国王の許に届くんだ
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ    
  /|   __/ /:/ ノ\
人_ノヘ/ ゛  /:::| |ヽ
゛゛  ヘ/  /::::::::/ ̄ ヽ
__/、 ノ |::::::::::| ̄ ̄\
  /|  |゛_ ヘ:::::::ヘ
          ,/

            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !   あぁ、しかも第三身分の代表者は他の身分の倍の
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /     数が選出されるらしいぞ。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ 俺たちも、貴族や聖職者と対等になれるんだ
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ   
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''− ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,

406 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:45:46 ID:atgubF/o

【解説】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /          みなさん、お久しぶりです。解説のみゆきです。
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ            1789年1月、ついに三部会の開催がフランス全土に告知されました。
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ         その前後から、政治を批判する多くのパンフレットが
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ          世に出回りました。その最たるものが…
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ

                  _,,、--――-- 、,
               /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`',
      ,r''j´ ̄ `ヽ、  /::::_;;、--――-- 、;;;:::::::l
     / /        ヽ /゙´,,. --―――-- 、,,`゙ヽ!
    l /        |l;:´---;=t;;ァ┬┬t;;ォ、、,_`ヽ|
    l,        ,'::ハ,゙´    ノ,、 l,     ヽ,゙l::〉‐、     第三身分とは何か、すべてである。
    人         ノ '  ヽ、... 'r'゙ ヽヽ、.... -'  Y 〈
   /   `''┬―‐'´ヽ-、 l''ー;=、;_―゙ニ゙-----__,ニ'' | ヽ    今日まで何であったか、何者でもなかった。
  /      `''ー、,、  `ト-!、__| ̄Τ ̄「 ̄|__,/  j  ノ
 ./   ,     / ,、   ハ;ト 、,.二,^,二,二´,./  /-ヘ     何になろうとするのか、何者かに!
 |    `''ー---|. 〈 ヽイ \、L.,,__|__,,.」.../   ,イ:::::::::゙i,
 |         ,ハ、,Уヽヽ、.`''ー---‐''゙´ _,,//|:::::::::::: l,
  \  ''ー――' )/::l   V:::``ヽ、_,,. -'´l / .|:::: _,、-┘
    ト、,__ ,∠/::::|   .l、:::::::::::::::::::::::::::/´   !:::::`''ー-、
   l:::::::::::::::::::::| :::::::::::|  /:::::ヽ、::::::::;、‐'´l,    l::::::::::::::: /
  ,':::::::::::::::::::::::l ::::::::::l  /::::::::::::::::: ̄::::::::::::::`i  ,'::::::::::::: /
  !:::::::::::::::::::::::::l ::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   j:::::::::::: /
  |::::::::::::::::::::::::::l ::::::::::!./:::::::::::::::::::::::::::::::::::/    !:::::::::: /

          【アベ・シェイエス】

407 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:46:06 ID:atgubF/o

         //"////
      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ    おい、結局、このアベさんって人は
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄          何が言いたいんだ。俺にわかる様に説明してくれ。
~i    <ー  ゛ ヽ
=|     | /           できれば、3行で
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /    
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ    
  /|   __/ /:/ ノ\
人_ノヘ/ ゛  /:::| |ヽ
゛゛  ヘ/  /::::::::/ ̄ ヽ
__/、 ノ |::::::::::| ̄ ̄\
  /|  |゛_ ヘ:::::::ヘ
          ,/

            ___   ,,.......、 ヽ, 、
          / r''`,r'"    `ヽ) ヽ , - 、
         /   レ"          '"∠⌒`
       , -、!                 、゙ヽ
     /                     ヽ`!
    /⌒>                     ゙、
     /                       ',
    /                         !   つまり、『ヒャッハー、これからは
    i  /       ,i! ハハ   ,!i        ,'
    '、 {!, i      ,! l l l .l  /! l  ,ィ     /     第三身分の世の中だぜ。
    `ヽ! ヽj、     H,,!、! .l /'! l ,!-j/jノ  i
         `'!,   i !r',.、\l/  jノ∠゙`'l i   '、  )ヽ 今まで虐げられていたが、そこんとこヨロシク!』ってことだ。
     /(   j  (i i `''゚`''` ー'''"゚-" / l)   `'''゙ノ
    (  `''-'"   '! ハ     j     /l .!     `ヽ   
     `>      V ゙\  ー - ,/ V       `ヽ
  ,r''~ ̄    / ,'    | `''− ''" |  _ ヽ  `:、   !
 /,r'7     ,' ハ(ー'゙r`┘、__  __,, ゙くノ ヽ__i   !  ハj
 '、! !____r''T"!、 ! `ー' l----------/   ,/  ,イト:、 ノ
---''"  i、 `:,、゙`'' \ '!、    ,,-'' /` ー'--'" ノ  `゙ヽ,

408 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:46:29 ID:atgubF/o

【解説】

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |    三部会の告知に伴い、さまざまなパンフが出版されましたが
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !     中でも、とりわけ有名なものが、アベシェイエスの「第3身分とはなにか」です。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i     この書の中で、シェイエスは納税者である第三身分こそ
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|     政治の主役であること、そして、三部会は身分制の評決ではなく
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',    人数によるべきであると主張しました
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |              ,. -−─‐- 、
                                           /          \
                                       _,.-‐厂 ̄         l  ヽ
                                        〈   }    l  |   l  |  ∧
                                          }ノ | {   !  !   |  l|   l |
さらに過激なことに、貴族や高位聖職者は            / l l l八.  ト、人  }  }|   l |
                              .       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |
国民に寄生しているに過ぎないと断じており           { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |
                              .       Ⅵ N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |
その内容は多くの人に支持されました                ∨ヽノ ヘ、 -‐  .イ    トl | l
                                         |  > 、 イ |   川人/
                                         ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\
                                       /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、
                                     /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  }
                                    ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │
                                    i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧

409 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:46:49 ID:atgubF/o

【ヴェルサイユ】

             _ノ   └- 、    ______
            /   /. : : .:.:.:.:.\´. : : : : : :`丶/⌒ヽ
           /,    〈: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.>…─-, :.:.:.:.:.\ }
         /`,_┬ 、  \.:.:.:.:.:.:.:.:./    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:V
            ′、`ヽハ    ` ─ '       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ    国王よ、三部会の開催に先立って
            ! `   、_  , ィーr、 _     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ }
            、  '‐<  ,   ̄`ヽ} -   , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   !    陳述書が大量に届いているぞ
          }ゞ._   ̄  、`  ` /.:.:.:.:.:.:.:.:.:. '   /
           { `Y^ヽ、___   _. <:.:.:.:.:.:.:.:.:, '´    /     この中から、三部会の議題を選別するんだ
           \`ー'  ̄`¨ ̄       ̄ ̄     /
            ヽ、            _.   '´
                 `` …──…   ´

               ネッケル

          ______
        /         \
       /            \      ちらっと見ただけで、うんざりする量だお。
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \    なになに、言論・出版の自由化、教会の財産の没収
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |  イーデン条約の破棄、税の平等化…ふぅ、みんな言いたい放題だお
  |                       |
  \                     /
    \                  /

410 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:47:05 ID:atgubF/o

                _________
           , -‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ‐- 、   ∧
      _ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x/  \          こちらの苦労など、まったく分かってないのだろ。
     / /.:.:.:.: '´: : : : : : : : : : : : : : ` >≠´.:.:.:.:.`ヽ`丶
      {  /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/〃. : : :.:.:.:.:.:.:.:.} , ,,ヽ      それにしても、イーデン条約の破棄か。
     ヘ ,'. : : : : : : : : : : : : : : : : :r‐- </. : : : : : : : :.:.:.:/ / _,',
        ! : : : : : : : : : : : : : : : : : '、  `ヽ: : : : : : : : /    - }‐- 、   それだけは真剣に考えたほうがいいぞ
        {: : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶    ` ー  ,    _, _, /…'
     _入 ` 、 : : : : : : : : : : : : : : ト、    、、 /    _ノ┘'
    ("._ __、    ̄          ヽ',    ´ -,    /
         `ヽ           _.z-\    __z '⌒ヽ
           ` …‐─… ´     `¨ ¨´   ̄´


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |   イーデン条約といえば、確かカロンヌが
. |   (__ノ ̄    /
. |         /    イギリスと結んだ自由貿易協定だお。
  \_      _ノ\
    /´         |    それがどうかしたかお
.     |  /       |

411 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:47:24 ID:atgubF/o

                _.. -‐─‐- .._ ,へ
            ,. . : '": : : : : : : : : : : ::Y   `>‐-=.._
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : |  /. : : : : :.::.:::丶._
          /  : : : : : : : : : : : : : : : : /  {: : : : :.::::::::::::::::::::Y´ ̄ ̄ 7  その自由協定のせいで、産業効率の飛躍的に
        /. : : : : : : : : : : : : : : : : : /、'′ \: :.::::::::::::::::::::::/    /
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ <fァ、  `ー----‐ '´   /    向上したイギリスから安価で良質な製品が
       ハ: : : : : : : : : : : : : : : : :〃 `ー `ヽ     _xrz、´-_ f
       | ヽ : : : : : : : : : : : : : /{  `  (__..、`'   '⌒ ̄`    }     はいってきて、国内の産業が打撃を受けておるぞ
       |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   八      ̄`ヾ..__,  二   ノ
       ヽ              \             _.x=ミ/
         \              >、..__      イ ′〈
          \ _                 `くマーvニ=彳   〉


        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \    でも確か、わが国からはワインを輸出して
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ   利益を確保するはずだったお。カロンヌの話では。
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          {;;;;;;;}
           L;;;;」

412 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:47:41 ID:atgubF/o

                _________
           , -‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ‐- 、   ∧
      _ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x/  \        ところがどっこい、イギリスはワインは
     / /.:.:.:.: '´: : : : : : : : : : : : : : ` >≠´.:.:.:.:.`ヽ`丶
      {  /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/〃. : : :.:.:.:.:.:.:.:.} , ,,ヽ    安いポルトガル産を買い付けておる。
     ヘ ,'. : : : : : : : : : : : : : : : : :r‐- </. : : : : : : : :.:.:.:/ / _,',
        ! : : : : : : : : : : : : : : : : : '、  `ヽ: : : : : : : : /    - }‐- 、 早い話がフランスの貿易収支は
        {: : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶    ` ー  ,    _, _, /…'
     _入 ` 、 : : : : : : : : : : : : : : ト、    、、 /    _ノ┘'     完全な赤字だ
    ("._ __、    ̄          ヽ',    ´ -,    /
         `ヽ           _.z-\    __z '⌒ヽ


          ___
         /     \
       /   \ , , /\   どっちにしても、国内の産業が打撃を
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |  受けていることには変わりなんだお。
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \  それはなんとかしないといけないお
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

413 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:48:03 ID:atgubF/o

【解説】

                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i   イーデン条約というのは、イギリスとフランスが結んだ通商条約です。
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨   自由貿易により、産業革命真っ只中のイギリスから安い工業製品が
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│   大量にフランスに入り込み、それによりフランス国内の産業が
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   Wikipedia.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|    打撃を受け、結果、社会不安を増長させます。
.         /^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│     これも、フランス革命の発端の一つとみていいでしょう。
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│     では、閑話休題。話を三部会に戻します
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ


         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \    そういえば、三部会の代表者も選挙で
        |     (__人__)     |
        \    `⌒ ´     イ    決まったらしいが、第三身分は
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ
       〈   ,┌、-、!.~〈       i    いったいどんな構成になってるんだお
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

414 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:48:30 ID:atgubF/o

           , 、
            /  ヽ_____
             /  /: : : .:::::::` -、__
           /   {: : : .:::::::::::::::}   ̄ 7
          /     ヽ:.:::::::::::::::ノ    ノ
       '       ` ‐-‐ '     「
       ',  _ `¨`     _       !    第3身分は、定員が他の身分の倍で、全員で621人。
        > -  、_x _,  `¨     レヘ
       /: :\    }ノ´   ニ  ノ y'   うち、僧侶が4人と貴族が15人混じってますぞ。
    , '. : : : : >--‐‐,   ___.. '  /
    /. : : :       _. へニ①-'   /     それ以外では、裁判官、弁護士といった司法関係者が半数を占めてますな。
   ,: : : :       ´           '.
   {: : :                '      あとは地主、工場主といったブルジョワ層や知識人といったところかのう
   /!: :                    }
  { ',:      , 、         ,
  ヽ._ヽ     /゚o}          〈
     \            _. -‐--`


             ________
            /            \
          /               \
         /              ´ ̄`    ´ ̄`
        /                          \
      /               /     ヽ   /   ヽ   貴族の中にも、第3身分の代表として
       |            ゝ  ー' 丿  ゝー'  く
       |                   /   ハ  ヽ  |   参加する者がいるのかお
       |                    ゝ_ノ ゝ__ノ  |
       ヽ                       `´ ̄`´  /
        \                         /
            >           ヽ  _____/
          /                ヽ

415 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:48:53 ID:atgubF/o

                _________
           , -‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ‐- 、   ∧
      _ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x/  \
     / /.:.:.:.: '´: : : : : : : : : : : : : : ` >≠´.:.:.:.:.`ヽ`丶
      {  /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/〃. : : :.:.:.:.:.:.:.:.} , ,,ヽ     第三身分のものが、第1第2に混じることは出来んが
     ヘ ,'. : : : : : : : : : : : : : : : : :r‐- </. : : : : : : : :.:.:.:/ / _,',
        ! : : : : : : : : : : : : : : : : : '、  `ヽ: : : : : : : : /    - }‐- 、  その逆は特に問題ないからのう。
        {: : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶    ` ー  ,    _, _, /…'
     _入 ` 、 : : : : : : : : : : : : : : ト、    、、 /    _ノ┘'      所定の手続きを済ませていれば、誰でもなれるぞ
    ("._ __、    ̄          ヽ',    ´ -,    /
         `ヽ           _.z-\    __z '⌒ヽ


                                                   , --ー -- 、
                                                , ´           ヽ
                                               /            .........ヽ
さてと、第三身分代表者のリストを見せてもらうお。               ,,ィ            ..::::::::::::::::::::ヽ
                                           / /           :::::::::::::::::::::::::::::',
むっ、15名の貴族の中にミラボーもいるお。               /   /            :::::::::::::::::::::::::::::i
                                        /    i       >ー--、 --ー''/ i|   ノ:::ト
                                      /       {      、●   `ヽ ,:::::::::::/ー´::::::::l ',
                                      /      ',         `ー--=ァ'   :::::ヾ=='':::::! ハ
                                     {       丶        イ´   ..:::::::::::ヽ::::::::::::l l
                                    /:l        ヾ、         {    ,、:::::::::::}:::::::::ノ  i
                                    ,'.:.:',         ヾー 、    r´ヽア ̄ ヽ- '::::,, イ   ト
                                   i.:.:.:.ハ          \.:.:`.ー{ r-'  ィ、_`i`ー、    !.:.i
                                 r.:'.:.:.:.:.:.:.:ヽ           ヽ.:.:.:.:ハ`ーフ´ ヽ_`ー, ヽ.:.:ヽ  ノ.:.:.:l
                                 ll.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶         ハ.:.:.:.r゙ー'   ィー`゙´ }l.:.:.:i´.:.:.:.:.:.:i
                                 ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー -- __ ノ.:.:.:丶_ ィ=''/    l i.:.:.|l.:.:.:.:.:.:.l

416 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:49:08 ID:atgubF/o

           , 、
            /  ヽ_____
             /  /: : : .:::::::` -、__
           /   {: : : .:::::::::::::::}   ̄ 7
          /     ヽ:.:::::::::::::::ノ    ノ
       '       ` ‐-‐ '     「
       ',  _ `¨`     _       !       まぁ、ものは考えよう。
        > -  、_x _,  `¨     レヘ
       /: :\    }ノ´   ニ  ノ y'      第三身分の中に貴族が居れば
    , '. : : : : >--‐‐,   ___.. '  /
    /. : : :       _. へニ①-'   /        万一、議会が紛糾したときに
   ,: : : :       ´           '.
   {: : :                '         彼らを通じて、仲立ちを頼めるし
   /!: :                    }
  { ',:      , 、         ,
  ヽ._ヽ     /゚o}          〈
     \            _. -‐--`
       ` ー---‐  ´
                                             _____
                                           /         \
                                          /            \
議会の紛糾かお。そんな事態はできれば               /   -一'     ゙ー-   \
                                           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
避けてほしいお。今回の三部会招集は              /    (   ● l    l ●   )    \
                                     |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
あくまでもフランス国内の財政問題の解決            |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
                                      \       `ー ─'^ー 一'       /
それ以上の議論は望んではいないお                 \        ー一        /
                                       /                 \
                                      /                     ヽ

417 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:49:28 ID:atgubF/o

【解説 というか、人物紹介】


                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ


さきほど、話題に出てきたミラボーという貴族の解説です。

後ほど、AA付きで登場しますが、さきほどでてきたアベ・シェイエスとともに

「フランス革命を始まらせた」と言われるほどの重要人物です。

あけすけな性格で庶民に人気を博し、本人はやはり貴族という立場上

立憲君主制を望み、第3身分と国王とのパイプ役となっていきます。

418 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:50:00 ID:atgubF/o

そして、数ヶ月の月日が流れ
【1789年5月4日】

三部会開催の前日に、国王夫妻および、三部会の代表者たち1200名が
ミサを行い、サン=ルイ寺院まで行進することになっていた。
彼らの行進の道には、多くの市民がつめかけ、パリの街はちょっとしたお祭り騒ぎとなっていた。


            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   おい、押すなよ
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/..  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l  /     レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` / .|\  .riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、  うるさいな、俺だって
      /`゙i u       ´    ヽ  ! |(・)   !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !  議員たちの行進を見たいんだよ
    _/:::::::!             ,,..ゝ! .|⊂⌒. ゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /  .| |||||||||..!、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    i-‐i´   お、来たぞ、第三身分の議員たちだ!
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /    \ ヘ_  ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /         \__. ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ  ミラボーさん、ステキ!
 .! \     `‐、.    `ー:--'´         /     .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (       /  /i:::::.   //      ̄ i:::::  / /


   .,-、
   ゙l::::`‐-、__     _,,,.....--_            _..、
 パ \,,,,,/   _,-‐'":::::::: : : : : `"'―-、...    .):ノ
 リ      .,,‐': :,-:::::::::: 、: : : : : : : ::i、: : ^''-、 ~´   __
 へ     .,,l―У:::::,,r'::/.: : : : : : : : : :ヽ: : : : ::゙'ヽ_,-‐"::::::::`゙゙'''-、
  :     ,l゙  l゙::::::;:l゙:/l : : : : : : : : : : ゙l――: : : ゙lヽ,,::::::::::::::::::::::゙' 、
  :    "   |::/,レi、/: : : : : : : ::,: : : : |: : : : : : : :゙|``\::::::::::::::::::::\
       ,,--''レ  lk_`|:.j : : : : : : |: : : : :.|: .,,,-'"`: : |   ゙i、::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ  |   l`|/|: : : : : : :.|: : : : :|'"`::::::: : ::,!   .゙l:::::::::::::::::::::::::ヽ      さきほどの紹介どおり、貴族でありながら第3身分の代表として
       .l、    / |: |: : : : : : ,}l: : : : :l゙:::::::::::::::::/    ):::::::::::::::::::::::::::      立候補した男。幼い頃にわずらった疱瘡のせいで、顔立ちはあまり
       〔゙‐   / .,「 .|: : : : : /.}|i : : /::::::::::::::::/′    ゙l:::::::::::::::::::::::::::::      よくなかったらしい
  ィ"゙''''ァ. i´   /   ゙l: : : :,/ ,|l |: :./:::::::::::::/      |:::::::::::::::::::::::::::::
   `ー'"´ ヽ、 /     .l: :,/゙‐'ノヽ|: /:::::::::,/       │::::::::::::::::::::::::::
        `'ヽ、、    |:/`    レ'ーヘ‐'´         ゙l、:::::::::::::::::::::::
           `゙゙'i、  |'         ヽ          ゙l、:::::::::::::::::::::
             ヽ           ヽ       __   ヽ:::::::::::::::::::::


               【オノレ・ミラボー】

419 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:50:30 ID:atgubF/o

::::::/:::/:::::::/:::/:/:::::::/::::::ヽ::`ヽ
::://::/::/:::/:::::/:::::::/::ヽ:::::::ヘ:::::ヽ
//::/::/:/::/:::::/:::::::/::::ヽ::\::::ヘ:::::ヘ
|/:::::/:/::/:://:::::/:|ヽ::::|:/::|ヽl::ヘ:::::l
::::/リ/:/::/://::::::ソ/ノ-、ヽ///|/::リ',|::',:l
::ノ| /::/:/:::/l:://,-‐tチ-、l:冫ヽ|/',|ヘ::',l   ミラボーさんはすごい人気ですね。
:::::::/,l/|/| // ./ノ   乂ノ |i リ::l://ヽ|ヽ:',
::::/i'ハ弋リ/,,  /'ヾ`ー‐' u/ノ|///|/::リ',|::',  貴族なのに、パリの民衆が声援を送ってる・・・
./l' `ー‐'';;l       / 'ソ|/ ハ|ノ::::ヽ|ヘ
::トヘ     、  ,_         / ハ|/ヽ:::::ト、
ヘ|::ヾ     ヽ       u //|/ヘ ヽト
 ヘ|: ヽ    r――、    /ノ  |/ヾ|\
     \  ヾ===='    イ  /    \
       >  ゙゙゙   // /      _=-'`\
           `ー ', . //     /       ヽ
          ヘ|ヾ>'´   , -‐'´          ハ
           ,r' __=-‐',r´ ̄ ̄ ̄`ヽ     ∧


    【マクシミリアン・ロベスピエール】
人権派弁護士あがりの第3身分代表議員。
人道的見地から死刑制度に反対したり、対外戦争に反対的な
意見を持っている。それがどうして、ああなった・・・

            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   ミラボーさん、相変わらずダンディだな
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/..  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l  /     レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` / .|\  .riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、  気のせいか、周りに桜が舞ってたな
      /`゙i u       ´    ヽ  ! |(・)   !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !  
    _/:::::::!             ,,..ゝ! .|⊂⌒. ゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /  .| |||||||||..!、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    i-‐i´   多分、気のせいだろ
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /    \ ヘ_  ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /         \__. ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ  お、貴族連中が来たぞ。無視だ、無視。
 .! \     `‐、.    `ー:--'´         /     .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (       /  /i:::::.   //      ̄ i:::::  / /

420 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:51:00 ID:atgubF/o

第3身分には惜しみない拍手と声援を送った見物客達だったが
第2身分(貴族階級)が通るときには、一切声援を送らなかったという。
そして、国王夫妻が通過する際に・・・

            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   見ろ!国王陛下だ
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/..  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l  /     レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` / .|\  .riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、  国王万歳!フランス万歳!
      /`゙i u       ´    ヽ  ! |(・)   !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !  
    _/:::::::!             ,,..ゝ! .|⊂⌒. ゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /  .| |||||||||..!、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    i-‐i´   こっちに手を振ってくれたぞ。
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /    \ ヘ_  ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /         \__. ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ  国王!俺だ、結婚してくれ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´         /     .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (       /  /i:::::.   //      ̄ i:::::  / /


        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \     十
    /: : : : : :               \.          |    *
  / : : : : : : :.:.:.:.:  _        _   \.     _人_   見るお、マリー
 |:::: : : : : : : : :.:.::.:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`   l      ̄`Y´ ̄
 |:: : : : : : : : :.:::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |         |     パリの市民たちも、やる夫達を歓迎してくれてるお
 |:: : :: : : : : : : : : : :´"''",       "''"´  l
 \ :.: : : : : : : : . . . . (    j    )  /   +
   \:::: : : : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′/
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ

421 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:51:27 ID:atgubF/o

  /    _(       /´: : : : : : : : : : : : : : :\_
/     f   fj   /: : : : : : : : : : /: : : : : : : :ヽ丶、
  l    /´⊆※っ /: . : . : . : . : .:/ : : : : : : : :ハ: : :ヽ: :\
  ヽ  j    `   /: . : . : . : . :/: ; : ‐''´: : : :/ l : : : }: : : ヽ
 ̄丁ヽf      _/_:_:_:_:_:_:;;..≠、ニ -‐ フ´: :/  / : . : l: . : . ヽ
三/:.:.:.{  、h,.  l:.:.: : : : : : :/ _ ..``' ´‐< ,, _ ../::イ:.:../: . : . : .l
;;/:.:.:.:.:.} ⊂,. 、⊃{:.i:.: : : : : ´l `了''ゝ..、ー 、 _/ノ/: /:.:.:.: }: . : . !   ほんとですぅ
: :.:.:.:.:.(   J   |:.l:.: : : : :l: |    { ノ:;;jハ ´   /:Xl l:.:.:.:.l : l. .:l
:.:.:.:.:.:.:/     ヽl: : : : : |!:l    ヾ'ソ     ノ _`ヘ:.:.:.:./:.:.:l:./    こんな出来損ないの白饅頭でも
:.:.:.:.:.:.ヽ  「!   トヽ: : : : lヽ ヾヽヽハ      が;、∨:.:.:.;jノ
:.:.:.:.:.:.ハ ⊂,.、⊇ {  \: : '、             、 じ'/:/:.:.:.∧      ここまで歓声が上がるんだから
:.:.:.:.:/:.:ヽ lJ   |: : :.丶、\            ///ノ:.:/
:.:.:.:./:.:.:.:ム    ヽ: : : .  `    ヽ、 _   人/        私なんか、どれだけの声があがるやら
:.:./-‐≦ヽヽ  r、 }:: : : : .        ..ィ:::::::}
´〃     { c X'' ヽ: : ヽ:.:__:_ .   , イ:.:.※:.:.:}
 ll       ヽ ヾゝ ト、 /:::::.:.:.: ̄丁::l ヽ: : : : ノ
 l!      {    `ヽ Yハ:::::.:.:.:.:.:.l: : |/{: . 〈
 |       ヽ  fj  }Z´斤\:.:._:.:l: : .|  ヽn, |
 l        〉⊂, え ヽ〃|ハ ヾヘ)-、:.l  {f!〈
 ヽ   `丶、 {   lj  〈:/ |ハ  > 〉 ヾ、 |  |


            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   見ろ!女王陛下だ
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/..  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l  /     レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` / .|\  .riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、  見るな、目が腐る!
      /`゙i u       ´    ヽ  ! |(・)   !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !  
    _/:::::::!             ,,..ゝ! .|⊂⌒. ゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /  .| |||||||||..!、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    i-‐i´   オーストリアに帰れ、売女が!
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /    \ ヘ_  ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /         \__. ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ  オルレアン公万歳!
 .! \     `‐、.    `ー:--'´         /     .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (       /  /i:::::.   //      ̄ i:::::  / /

422 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:51:43 ID:atgubF/o

国王に対しては万歳の声が上がったが、マリーアントワネットが通る時には

沈黙と、マリーアントワネットの政敵であるオルレアン公を称える声だけだった。


     /: : : ::::/: : : : : : : :/: : : : : : : :〃:/: :/:::l: : : : : :l  \    |  ∧
.      i: : : ::::/:i: : : : : : ::/: : : : : : /: ::イ:::/::::::|: : : : : : i: : : :ヽ   }   ∧
    /: : : : :i: :|: : : : ::::/: : : : ::/: //:: /: :人ハ: : : : :::l: : : : : ヘ i_ } /  \
   ノ: : : :: : |k:|: : : : :/: : : :∠/:/ ./:::ノ: :/ Ⅵ: : : : : |: : : : : : :i不 レ    ヽ
....イ:/: : : : : : :|k:|: :ー/フ' ̄ /'´  /:/ /: 人_i:lヾ: : : ::|: : : : : : ::| ノ
: : :/∧: : : : : ::iミ: ::ハ/イ二二ヘ   / {/   = ミ>、::::::|: : : : : : : |/    _    そ、そんなバカな。
::::// /ヾ: : : :\: ::iK/ /:(::)::ミ、 `    /   イ ̄=ミヾ:::|: :/: : : ::: |_...ィ'´
://   >: : : : ヾi ` 弋::::::ソ /         r´(::):ヽ \У: : : : :://: : :∧      私たちの即位式のときに、あれほどの歓声を上げていた市民たちは
./    ∧: : : : : ハ  `ー='         i:弋::::ノ  ソ: : : : : :/ i: : : : :∧\
 フ/、. / / \: : :ミ、_        i      ミ_イ /: /: : / ./: : : : : : :\:   いったいどこに行ったんですぅ
 水ミ/ /:::{て \: iヾ       `        ̄/: /: : :/ ./: : : : : : : :\
   ./ /:::::}i{ ヽノ \     rー 、 _      /: :イ: : :イ //: : : : : : : : : : :
  / /::::::::::{ 人从} \   `ー _ )    ̄ ノ: :イll  /人: : : : : : : : : : :
 ノノ::::::::::::[乂ノ)}    \    ー      フ'´  ∧  | | >⌒ }: : : : : :
ニ彡:::::::::::::({ ili }}      >      ,  <´   〃 }  /r-イ ノ≦ ̄ケ}: :
:::::::::::::::::::::::::ヾ {{ヘ       ` ̄ ̄      /  ii  /{ { 人  } K}: :


彼女はショックのあまり、侍女に支えられなければ

歩けないほどだったという。

423 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:52:11 ID:atgubF/o

明けて、翌日
【1789年5月5日】

1200名の代表者が一同に会し、開会式が行われた。

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \    えー、オホン。
        |     (__人__)     |
        \    `⌒ ´     イ    ここに、三部会の開会を宣言するお。
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ
       〈   ,┌、-、!.~〈       i    これから、集まってもらった諸君は国家財政の再建について
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l    議論するように。また、余はそれ以上の事への議論については
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||  望んではいないので、そのつもりで
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |   ( つまり、我々第三身分が望んでいるような
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '     政治全般に対する議論はするなということか。)
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´                
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、

424 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:52:44 ID:atgubF/o

                                       、
                                       、ヽヽ、,
                                   ‐==、''‐ヽ.:l::ヽ,.. -‐‐- 、
                                   ,. r‐'':::::`''‐::::::::::::::::::::` '' ‐ 、
                                ,.r ',. r ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::., ' ‐、::`ヽ、
                              /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::ヽ、`ヽ、::ヽ、
                              ./::::/::::::::::::::::::i:::::i::、::::::ヽ:::::::::::ヽ、:::`ヽ::',
                              ./.:..../. .:/ .../.:l .:.l ..:.l:.ヽ ....:ヽ....  .: ヽ. .:.ヽ.l
( だが果たして、そうそう国王の思惑通りに   /.::::イ:... .:l..... lト:::l:::::ト::::::ト::ヽ、::::::',:::::::::::::::',:::::::::l
                            . |://.l:::::::::|:::::il__l::l l:::l ヽ::l ,.>r‐''':::l::ヽ:::::::::::l::::::::l
  みなが動くかどうか )             . |:/ .|::::::::::l::::il、ミュ、ヽl  -'ヤ;ハ'7ヽ::l::::ヽ:::::::::l:l:::::l
                            . レ .|::::::::l::l::il `´ i. ヽ  ` "   〉:::::::::',::::::::l l::::|
                               |::::::l::::ヽi'i. /    ヽ、 / ゝ''ニ l:::l::::::l l::|
                               .|:::::ll:::::::.!:'、`ヽ__    X  ./li::::::ll:::l::::| レ
                                l::::l ',:::::::::l ヽ、 ‐ ` ./ '/ .|i:::/::〉::::::l `:' ‐ 、_
                                ヽl ヽ:::::l  ヽ  '  ,. '   .|i//rl::::l -‐- .,,_::`'' ‐ 、
                                    ヽ::l   ヽ-ィ      ,.. !-l:::レ-::::ヽ::`ヽ、`'‐-、`ヽ、




                             /`ヽ
                      ,. -─‐- く     ',
             r─-  、 ,. ..´.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;,;;.ヽ   ',
             :      ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  i
                ;      ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙ 、
              ;       ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   ',     次はわしだな。
              '、        \.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;;;;;;;;;;;;ノ    ',
            ,. ´.:ヽ        `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´    ...: ',    わが国の経済状況を説明してやるから
            ,:'.:.:.:.:.:.:l  :..             ,ィ::::!ヽ .., !
          ,.:'.:.:.:.:.:., ´i   ..   / i::::::lヽ     l/"´   !    ありがたく聞くように。
            /.:.:.:.:,. '´  i   ...   ´ ̄ ̄`     . ,   ニ´  ,'
        /.:.:.:, '    ',     `ニ     、__,. ‐'  :.  ,′  ,. -‐ '"´
          /.:.:.:,′     ヽ         .:           , ′"´
       ,:'.:.:.:,′         ヽ、            ,.  イ     ,.  "´
      ,'.:.:.:,′          ヽ、        ,. イ    ! ,.  "´
      i.:.::,′   ,. -‐´ `ヽ     「 `゙"""""´ ,. ヽ__ノ´
      l.:.:;,.  "´         \ __ノ  ,.   "´
     "´             ,.  "´

425 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:53:09 ID:atgubF/o

【3時間経過】


                             /`ヽ
                      ,. -─‐- く     ',
             r─-  、 ,. ..´.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;,;;.ヽ   ',
             :      ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  i
                ;      ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙ 、
              ;       ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   ',
              '、        \.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;;;;;;;;;;;;ノ    ',
            ,. ´.:ヽ        `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´    ...: ',
            ,:'.:.:.:.:.:.:l  :..             ,ィ::::!ヽ .., !  以上で、わしからの報告は終わりだ
          ,.:'.:.:.:.:.:., ´i   ..   / i::::::lヽ     l/"´   !
            /.:.:.:.:,. '´  i   ...   ´ ̄ ̄`     . ,   ニ´  ,'
        /.:.:.:, '    ',     `ニ     、__,. ‐'  :.  ,′  ,. -‐ '"´
          /.:.:.:,′     ヽ         .:           , ′"´
       ,:'.:.:.:,′         ヽ、            ,.  イ     ,.  "´
      ,'.:.:.:,′          ヽ、        ,. イ    ! ,.  "´
      i.:.::,′   ,. -‐´ `ヽ     「 `゙"""""´ ,. ヽ__ノ´
      l.:.:;,.  "´         \ __ノ  ,.   "´
     "´             ,.  "´


.
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   こ、こいつがブルジョワ連中から支援されているネッケル?
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ    なんだ、3時間も延々と数字を羅列していただけじゃないか。
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!     議事は身分別か、三部合同かとか、もっと他に
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ      説明しなければならないことがあるだろう
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

426 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:53:37 ID:atgubF/o

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \
        |     (__人__)     |   以上で、開会式は終わりだお。
        \    `⌒ ´     イ
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ    明日からは身分別に資格審査を行うので
       〈   ,┌、-、!.~〈       i
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l    よろしくだお
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |
         ̄            . ̄

           l/l//   ,. -−- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .身
  い  対    //  /         \    ざ  分
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  別
  ご  や      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  は
  ざ  り   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   嫌
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       で
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///     
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ

427 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:54:01 ID:atgubF/o

::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !   身分別の議会になれば、結局は貴族と聖職者に
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'    押し切られてしまう。第三身分の代表の数が
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´      増えているところで、まったくの無意味。
   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \          - ― 、‐'          我々は三身分合同での議会を望んでいる
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


【解説】

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ    以前にも述べたとおり、従来の三部会は身分制の議会で
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !    身分別に1票を有していました。つまり、まずは身分別に議論、票決を行い
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V    最終的に貴族1票、聖職者1票、第三身分1票の多数決による議決となります。
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!    これでは当然、第三身分の意見は国政に反映され辛くなります。
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!    そして、第三身分の代表者たちも、その事は十分に理解していました。そこで・・・
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i

428 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:54:21 ID:atgubF/o

    ,':. ,'   ; ,' /:.:;::;'!i.::i|.::.:::::: : :. :i:. ! i i: i ; i:. i::';:::.. ';::. !
    ,'::::..:: .:  ; .::; ;'.;:/i:i !i::ii::ii.:i::::. : .:i: i::. i:::il ;'!ii /!::,'!:.i i::::!::::. ':::. ;
    i:::::::: .: : .: ::::i .;-H'_i;;;;_i''ト!i、!:::::.: ::;:.i十リ;z;;;i/;_メ'、i: i i::::i::::::. !:::;'
    i::::::::.:: : .:::::/!::i '"i':;;;;::ム゙ヽ!i、:::::::;::! il:'"i':;;;;;;:ゾ'ゞ!::!.i::::i::::::::i::/
    ':::::::::::.:: :::::i !i       ゙、ヽ::/ソ ノ      イ::'::i::::i::::::::i/   我々、第三身分は三身分合同での議会を要求する。
    .'、:::::゙、::. :::ト、!',        : ソ '        ,' i/i::/!::i:::::;':l
     ヽ::.゙、:::.:::!:lヽ',        ,'         / ノ' j::li:::;':::|    この要求が受け入れられるまで、第三身分は
      ヽ! 、::::ト.i  ゙ 、     ヽ丶      /  ./''''!::ii:/:::::l
        ヽ::::i ヽ、 ` 、     、‐:::‐ァ    , '  イ:::::i:;'ノ':::::::|    審議を開始しないぞ
         ゙、'、    ゙ 、          / /.:|:::::ノ'i:::::::::::i
          ヾ      ! 、       ,  ' .::::l:::::::::il:::::l:::::i
                イ  ゙ 、....、 - '   /.:::::ト、::::::il:::::l:::::!
               / /|          /.:::::::::い::::i:::::::i::::i


【下級僧侶たち】


    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   第三身分が合同議会を要求してるって。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   気持ちは分かるよね。俺らだって、生活は苦しいし
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       よし、俺たち第一身分が貴族と平民の調停役になるか

429 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:54:39 ID:atgubF/o

【解説】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    第三身分の代表者たちは、身分別ではなく
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト       全代表者による合同議会の開催を要求しました。
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人         もちろん、貴族側はこれを拒否します。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}    そして、200名の下級僧侶の代表者に突き上げられる形で
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ     第一身分が貴族と平民代表の仲立ちを始めます
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ


                                      /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
                                    / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
                                     / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
貴族も第三身分もお互いの主張を譲らず    .      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
                                   l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
事態は進展の無いまま、1ヶ月がすぎました。         |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
                                   l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
そして、その時、歴史は動き出しました              ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
                                      ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
                                   r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
                                  ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
                                     Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
                                    l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ

430 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:55:04 ID:atgubF/o

手続きのミスで、参加が遅れていたパリの代表者が到着。
そして、その中にかのアベ・シエイエスも含まれていた。

          ___________
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::∧ ̄ ̄ ゙̄'''''\
     /:::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄            ヽ
    .i":::::::::/            : __  ヽ
    i:::::::::::l       .,..-─ i.   ..ゝゝ┘`'''、 l       事態は膠着しているわけですねぇ。
    /:::::::::.|    .,, -"`'ー'゙  !    ゙.,    ! l
   │:::::::/   .,‐´      .," .i `_-..,,,,,,ノ  .ヽ      いいでしょう。我々は十分に貴族と議論を交わしました。
    .!:::::::.l   .ヽ      / . 、''″   ゙ゝ      \
   .i‐゙'ー、i!    `''―-‐    ー- - ゛   _,,,i..二.! ..l   これ以上は時間の無駄。我々で、新たな議会を作るのです
  .,′                   __,,,..__,ニ二r'"  .||   !
  .!        ,,,.ニニニニニィニニ`-ー‐''''゙l.  .i _.. .||   |
  .,′       ll、  |,    |    l、..-'''゙" //   |
  r           `';;._|___し──工-'"| .//   丿
  !             ゙!ミ────| ̄ ̄ .|  .,ノ゙,i′ ./
  ゙、         : ゙'' |''-,,.    !    .l_..-' /   / `゙゛-、_..
  \.__ヽ       `'- 二'―!ーー;;彡-'"   ,./::.│|::::::::::::::`ヽ
..,/::::::::::::::::::::::\             ゙゙゙゙゙̄″    -'く::::::::::ヽヽ:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ミ--...、          _,..‐゛ ─ヽ:::::::::::>ヽ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ` ̄ ̄ ̄ニ!‐ il/'"゛     ‘、 .,r彡'"::::::::::::


こうして、すったもんだの末、第三身分は自分たちで
勝手に「国民議会」を発足。自分たちこそが真のフランスの代表と主張し
第一身分、第二身分へも参加を呼びかけた。

                 _..-‐‐''′:::::丶_
               _r''´:::::::::::::::::::::::::::::  ̄--- 、
              _l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          _,-┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
         <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
           l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      我々こそ、真のフランスの代表です。
         ,r‐′:::::::::│    ○ ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         │::::::::::::::::::::゙ゝ     _/::::│○  、::::::::::::::::::、    この国民議会の決定に関し、国王の拒否権は
         │::::::::::::::::へ、 `―‐''":::::::::::::'、   `'┐:::::::___>
         ..::::::::::::::::::〕 丿゙''-_::::::::::::::::::丶.._..-'′:::::丿     認めません。ヒーヒッヒッヒッヒ。
       /::::::::::::::::::::'lノ\_ ./ `゛'''ッ-....______ :::::::::::::│
      -r:::::::::::::::::::::::::::::\_ ゙7ゝ..__ ノ  丿  厂丿:::::::::::::l
    ノ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::´`''ー 、 了''‐‐jー--fっ'´:::::::::::::丿
   /′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙゙\ /  ../'´:::::::::::ノ'"´
 _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙彳"´:::::::::::::../
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ゝ、:::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゝ::::::::::l

431 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:55:26 ID:atgubF/o

【下級僧侶たち】

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   第三身分が国民議会をつくったってよ。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   なんか、彼らって勢いあるよね。
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       俺たちも、あっちに合流しね?


なんと、国民議会に僧侶身分の者たちも合流。
さらに、国王に拒否権すら与えないという話を聞いた貴族たちは・・・

     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V   陛下、陛下、大変です。
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     第三身分の者たちがかくかくしかじかで。
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !        これは明らかに、国王に対する宣戦布告!
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /          フランスの一大事です
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\

432 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:55:45 ID:atgubF/o

         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」   陛下、これ以上、平民に好き勝手にさせては
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l      王家の威信にかかわるですぅ。
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l     なんとしても、彼らの横暴をとめるですぅ
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l

                                                       ____
                                                    ,. -'"´      `¨ー 、
                                                   /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
                                                ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
余も、こんな急激な変革は望んでいないお。                    /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
                                              i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
国民議会が使用している公会堂を修繕の名目で閉鎖する。          ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
                                             / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
また、国民議会の発足自体をルイ16世の名において             /    i   人     ノ               l
                                            ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /
破棄するお                                     i      `、  _y──‐ l                /
                                            ',       i_/  / _ '              /
                                             ヽ、       ̄ ̄               /
                                              ヽ、_                     /
                                                 `¨i                     ヽ
                                                  /                      ヽ
                                                 /                     ヽ

433 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:56:05 ID:atgubF/o

【翌日 1789年6月20日】

  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/   公会堂の修繕?
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/     どういうことだ、そんな話は聞いてないぞ。
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


       _,-―‐-、_r'ー―‐-、.._
    _,r´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
   ,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`l、
 ,r'´,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
  ,i;;;;;;;;;;;;;;;;!l'|!'|i'|!i ゙!'i、;;;|!'||! |;;ii;;;;;;;;;;;;;;;i
  l;;;;;;;;;;;;l'l.!-|、|..!_  !|'_!|l_!|!_,|l-!|;;;;;;;;;;;;;|
  ,l;;;;;;;;;;;!'`|ー!ァo-、` !´,!||ァo|‐ァ!i|;;;;;;;;;;;;|i、    国王陛下のご命令だ。
 ' !|!'l! !|| !   ̄   ,     ̄! | !|;;!`i;;;;!、
  |! | 、!|       ,!        |;!|l |;!| `    この公会堂には、誰一人いれることはできん!
    iト、|      ` ^       |,.イl
      !     ___,,    ,i;;!
      ヽ   ´         ,'!
       |ト、          ,イ |!
      _!_ヽ、     ,__∠_!、__
    i' ̄:::::::l i' l `ー一´i 1 !::::::::::::::::::::`!
    ノ::::::::::::::| ii !、;;;;;;;;;;;;i | |::::::::::::::::::::::i、

434 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:56:23 ID:atgubF/o

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、    そんな横暴だぞ、門番の分際で。
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ     どうせ、修繕なんて単なる名目。
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、      我々の邪魔をしたいだけだろう!
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


               _, -──- ,_
              ,.'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
.         /´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
        /‖;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
         ‖/;;;|;/;;;;;i;;;/;i;;|i;i;;i;i;;i;;i;;;;;||`
          ,_,,, ヘ!|;||!|.|.|||||.:||.!|ヘ!ヘ|.|.||//~`'ヽ 、            文句があるなら、国王陛下に申し上げればよかろう。
    ,,-;;''´;;;;;;;;;;;;ゝ'.ゞ'ヽ||`.:|.:|,,〆´.:.:|'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;` ヽ 、
  ,i- '´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:ヘ: : : :':': :': : : : : : /.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       どうしても通るというなら、こちらも実力で排除する。
'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧.:.ヽ: : : :' : : : : : :.:./.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:./.:.:.:.:.:.:.:i''¨¨ヽ.:.:.:.:.:,-- !.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:.:.:.:.:.:./-'ヽ.:.:.:.:| .:.:.:. |.:.:.:.(コ  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉.:.:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:{ .:.:.::ヾ.:.:.:|   |.::.:.:/.:.:.∠、.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;
.:.:.:__\_/△  ヽ__/r  L/  /,, ヽ─-/-─ '''~|.:.:.:.:.:;;;
.:.:.|.:.:.:.:.: ̄.:.:.:{  ヽ, ,   |.:   .ヽ 〈/.:.:..).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.
.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ヽ, |ヽヽ  山,   |  .: /ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.| 、\/◎~~\ l  /.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:|.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:! \/ X△X,,._ } | /.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.|:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:,.ゝ,, \''''''''二ノ ||i l.:., -、:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.|.:.:.:/.:.:,.;'´;;;;;;;;lヽ  〒''゙ヽ.,,_| ̄  \_.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.

435 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:56:45 ID:atgubF/o

              __________
               /: : : : : : : : : : : : : : : .,`''‐
           /  : :: : : : : : : : : : : : ∧: : : : : \
         ,/:::::::::::l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒  ヽ: :: : : : \
           /:::::::::::::,ノ                \: : : \
        /::::::::/ ._____,,,,,_、          ヽ::::::::::l
       │::::::::ゝ  /      .ゝ-"/  __     `'i:::::l
     /         \         ノ  .l.ヽ__"\    .l::::::!
    ,i゛  /  .ヽ_′ \_____/ノ'''、 !     \   l:::::|    ロベスピエール君、落ち着きましょう。
    |   i!    _       '、  ヽ ヽ     \  ∨_
   ノヽ  !   |,, `リ-;-、,,_  ,, `゙ーー┘`-.._、 : _,../ .',!´ ゙'i  場所にこだわらずとも、我々はどこででも
 /::::::::: ̄     '!_\′ .`')-二'、___,..,_      ̄     .,.r‐ ./
/::::::::::::::::::::::ヽ   'l',、 ゙'‐___/   /''''―ニ二二_,,,_,゙‐'ー' :!  ヽ    議論は可能です。我々の居る場所、そこが
:::::::::::::::::::::::::::::l   'l\`'‐_、 ''─l,___ ./   ./  ./    /   .|
:::::::::::::::::::::::::::::\   .ヽ\/ .`''ー、____ ゙̄'''''''''''"'''''フ   /   ,ノ    すなわち国民議会なのですよ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\  `-,"-、、/  ´~|゙゙゙゙''''',,','リ    ,r'_-'"
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   `''-_゙''''―┴''ニニ‐'´   /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\、    ` ̄ ̄´    . _ /::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `'ー.,,,,__,,,.____、.-‐''|´::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i../:::::::::::::::::::::::::::::`、./:::::::::::::::::::::::::::::::\


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、: : : : : : : : . . . . .
: ::、: : : : : : : : : : : : : : : : : :゙lヽ: : :゙lヽ: : i、: : : : : : . . . . . .
: :l゙: : : : : : : : :、: : : : : : : :li、゙l,\: ::゙l,ヽ: l ゙l,:|゙l_,,,,,|i、. . . .     行
: |: : : : : : : : : :ト、: : : i、: : :゙|i、゙l `i、: ゙l, ,|;;i‐|''l゙|  'l、. . . .. .    く
: l゙: : : : i、::、: :゙lヽ: : : ゙l\: :゙l゙l.゙l _,,゙l,: {゙゙゙リ l_|,゙l_,. |l、:   i、    か
: |: : : : :li、:|\:゙l ヽ: : :゙l `i、:゙l.゙l゙l'" k:.ト‐'"゙゙゙}l ゙l :l ゙l、 l、 l!  :
: |: : : |l::|゙l_,|,,,..ゝ-‐\:゙l  ゙、|. ゙|   l:| ヾ  ,|  ゙l |. ゙l  .|| ||  :
: |: : ::,|ヒ'|゙゙l:l _..;;-‐テ `-.゙l、 j ´  ‖      | |  | :|:| .|:|. 
: ゙l: : : |゙l:゙l::|r'_,.ir‐"   `ヾ      ´      |.|  ゙l │| |::|.
: :゙l: : :゙l,:゙l゙l::゙i、       :i、              ll゙  .| l゙ ||:::|  球
: ::゙l: : : |〈!|、::゙‐、     ..::゙l、            l′ ,!l゙ .jl:::|  戯
、: ゙l、: ゙l:゙'、:::::::::::....    :::::::゙l  : .,,、          j/  ,|:::|.  場
゙l、: ヽ: :゙l: :ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-::::′          ノ  .丿:;|   へ
::ヽ: : \:゙l,: : `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,-‐ニ''"        ノl   :
: : ヽ: : :゙-ヽ: : : : `'ー、;;:::::::::::::::::::::::`''"゛::::...      ..::/ |

436 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:57:13 ID:atgubF/o

こうして、国民議会の参加者たちは宮殿内の球戯場に
移動し、そこで一つの宣言が産声をあげた


        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ   我々は祖国フランスに憲法が制定され、その基礎が確立されるまで
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"     議会を放棄はしない。我々の居る場所、それすなわち国民議会であり
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |       事情に応じ、いかなる場所にでも集合することをここに宣言する!
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _−     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、

     国民議会 初代議長 バイイ
天文学者として名をはせ、その見識から初代議長に選ばれた。


世に『球戯場の誓い(テニスコートの誓い)』と呼ばれる宣誓である。


国民議会と王権の対立は、フランスをいったいどこに
向かわせようとしているのだろうか。

フランス革命勃発まで、あと24日

437 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 17:58:40 ID:atgubF/o
といったところで、短いですが本日は終わりです。
もう少しネタ作ってたんですが、まとめきれてないので
とりあえず、キリのいいところまで。

次回はいよいよ、革命勃発です

438名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 19:37:26 ID:.lNQ31wM
お疲れ様でした。
後編の登場人物の顔見せってところですか。

439名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 19:38:31 ID:x8PDDPKE
おつ
人気不人気に露骨なんだな

440名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 20:32:30 ID:gXaV5DTc
乙です。

441名無しのやる夫だお:2011/01/03(月) 20:54:30 ID:fz8ya/zs

でも国王も拒否できないとか勝手に宣言してそれで問題なく進むと思ったのかね?

442 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/03(月) 22:23:44 ID:atgubF/o
どうもありがとうございます。
次回分もある程度は出来てるんで
早めに投下します。

今後は国王サイドは割りと受身になっていくので
やる夫の出番が減ってくるのが、悩ましすぎる。

国王も拒否できないというのは、まぁ
第三身分の宣戦布告みたいなもんですね。
特権的な身分の存在は許しませんよ、みたいな

443名無しのやる夫だお:2011/01/04(火) 18:01:15 ID:CqMExM5s
ロベスピエールか、何かの漫画の影響で彼=童貞、童貞=ロベスピエールな公式が頭にw

444名無しのやる夫だお:2011/01/05(水) 01:35:43 ID:MrBdCmy6

遂に革命が始まるのか期待

445 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/05(水) 22:03:03 ID:mKnIrVIM
>>443
ちょw
実際はどうなんだろうねぇ。
内縁の妻はいたらしいけど、童貞も言われても
納得できるものが、この人にはあるし。

>>444
だらだらと長引いてしまったけど、ようやく
ここまで漕ぎ付けました。
怒涛の鬱展開に乞うご期待

446名無しのやる夫だお:2011/01/24(月) 12:49:11 ID:rxrKAGIo
hosyu

447 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/26(水) 00:58:21 ID:WJMLFKxs
保守ありがとうございます。
次の月曜に続き、投下します

448 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:07:51 ID:mHqH6iBI
では投下します

         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V    みなさん、こんにちは。
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!    いよいよ、抜き差しなら無い事態になってきたフランス国内。
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!     この激動の時代の幕開けを象徴するような悲劇が国王夫妻に
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ    訪れます。時はやや遡り、1989年6月初めのこと・・・
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i

449 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:08:28 ID:mHqH6iBI

【1789年6月某日】

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、    国王を殺せ!!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ     マリーを殺せ!!!
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

                       i: :::i::::::i::::::i ..:::::::::/ .::::::::::::::::::::::::::::::::/ !::::::::::::/:::i:::::::::::::::::::::
                       !..:::i::::::!:::::! :::::::::/ .:::::::::::::::;;:::::::::::::::/  /:::::::::/::::/:::::::::::::!::::::::::
                       ::::::!:::::!:::::i .:::::::/ .:::::::::_,,‐'':::::::::::/  /::::::::/!::::/ ::::::::::::::::!:::::::::
へ、陛下…                :::::i::::::i::::::i .::::/ __/::___:::/   /:::::::/ :::/ i::::::::::::::i:::::::::::
                       :::::i:::::::!:::::i ..::::!:::::/:: ̄,-‐'  ̄   /::::::/`/:/,   :::::::::::::i::::::::
民衆が完全に暴徒化してるですぅ   ::::::!:::::::!:::::i.:::::,. ',,-‐''"二二-   ./:::/ .//  `'ー-、ヽ::::::::i:::::::
                       :::::::!:::::::::::::/イ /=:::::::::::::i    //. ./,'_``丶、._   ヽ:::::i:::::
私たちはどうなってしまうですぅ     .!:::::i,::::::::::''::i:i ,,ゞヒ冫o//         i~"''‐- 、_   ` :::::
                       . i:::i' ' ,::::::::::::i(__,,.-''' ̄、_`,         !C、  o i ` 、  !:::
                        i::冫 ヽ::'、::ヽ//////         (`,`'ー-、 /,_-'" /::::::
                         i:.}   ハ::、::;ヽ       、    ////// '、_, __, )/::::::::::
                         !:}.  '  i.∧丶                 , -'":::::::::::::
                          }     i::.、         - 、    _,, -‐''::::::::::{ ⌒ヽ
                       . _ .  }     !::::\             ̄/~`Y_ `__
                       ' ;;ヽ }       \::::\        , -'"''/ { ,, /;;;;;;;;;;;;;;;;
                       ;;;;;;;;;;;;;' {        ,'::::::::``       ' '~~/  ' ~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

450 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:09:12 ID:mHqH6iBI

        丿:::/::::::,,//:,/`:::::::,i´:::l゙:::::::::,!:::l"::::::.,,!
        │:,へ:::::/:::/::/:::::::::,/::::::l゙::::::::,l゙:::,「:::::::::|:|、
        l゙:,i´:::::::,/::、/:./:::::::,/′.,:l゙:::::::,l゙:::,il′:::::::|:゙l
       .l゙:l゙::::::::,l゙::./::l゙:,".,ィ_,,/│:::,,l゙::::/l゙、::::::::|:::゙l
       {::::::::::,l|:::/::::|:レ',i゚,ο广 /::,r',i´,/,,,|l]::::::::l゙::::|   子供たちのことなら、安心するといい。
       {::::::::/:|:::|:::,,/'广゙゙"  ,l/.,l゙'八σl゙,z::,l゙::,::|
       .゙l:::::,l゙ .゙l:,!│      ` .″!``` .レ||:,l゙::/|l゙    王家の血筋などということは忘れて、一市民となるよう
        |::::ヽヾl`:|          .  .i".||/:::,i´:
        l゙:、:::゙|..゙l,l゙        `'  "   .|'゙,::,l゙     再教育をほどこしておいてやる
          |‖::::|:|.〔     ` 、__. -'"、  l゙l゙|/
          「│:::゙| `'-、      ,,,,,、   ./,i´レ
            |.,:::|   ‘'-、           ,/,i´ `
         リ| │  \、     .,イ, /`
           ,,-ミ|  ゙l    ‘'ー、,,,,,/゛.レ]/
      ._,,,/、 'l"'ー-ヽ,,__       l゙,!\
     :'"^;;:,!;;;;;;: : ゙l    ` ̄\ ,,-ー'''゙~`,!\,_
    : ;;;;;; |;;;;;;;:  .゙l     ,ィ'"゙゙,广|i、  l゙;;;;ヾ゙"〜-,,,_
    : ;;;;;;;;:|:;;;;;;;:   .゙l   ./ヽ/ .,イ ヽ  |;;;;;;;;ヽ;;;;;;;:   ~゙'''ー-,,,,,_、


      _
    /ノ ヽ\
  / (● ●)\
  (  o゚(_人_)゚o )  お父様、お父様!
  ノ   `^'   ヽ
  し|      |J
   |   x   |
   し―'^`―J
第1王子 ルイ=ジョゼフ

451 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:09:33 ID:mHqH6iBI

         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \     その子は結核をわずらっていて
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ   体が弱いんだお。私のことはどうでもいいお
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |   その子にだけは、十分な治療をどうか…
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ


      _
    /ノ ヽ\
  / (● ●)\
  (  o゚(_人_)゚o )  お父様、お父様!
  ノ   `^'   ヽ
  し|      |J
   |   x   |
   し―'^`―J

452 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:10:18 ID:mHqH6iBI

         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \    ガバッ
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |   ジョゼフーー!
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ


             __
           /‐  ‐\
          / (● ●) ヽ_____
         ( ^(_人_)^  );; ̄(^)/|   お父様、お父様
         /__     ヽ   //
      / ̄    ̄ー(,_,ノ、//      大丈夫ですか?
   /           ;;;;  //
  ../         ;;; //         何か、夢でうなされていたようですが
 /        ;; //
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~;|/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

453 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:10:46 ID:mHqH6iBI

         ____
       /     \         い、今のは夢かお。嫌な夢を見たお。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \      なんでもないお、ジョゼフ。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /      それより、ちゃんと寝てないと駄目だお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

    ///⌒ヽ
   // (    )               はい、お父様…
   || |   | i ヽ〈/"~"~"~"~"~"~"~//|
   || |   , '| \_ニつ⌒ 、       // .|   お父様、みなが言っています。このフランスが
   || | / ゝ/            // /
   || | | | ̄ |__i__i__i__i__i__i__i__i__i__ii| | ./    変わろうとしていると…
   || | |_l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l_|/

454 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:11:25 ID:mHqH6iBI

     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \      …
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \   大丈夫だお、ジョゼフ。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|   このフランスはお前のものだお。
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /   それだけは何も変わらないお。だから、もう寝なさい
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \


【解説】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    国王夫妻の第一王子であるルイ=ジョゼフは結核により
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト       脊椎カリエスを併発し、この時期、余命幾許もない状況でした。
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人         周りの大人たちが驚くほどに、聡明な王子だったと言われています。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ      皮肉なことに、王太子という立場上、自由気ままに静養に出すことも
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ     かなわず、結核に必要な十分な治療が施せませんでした
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ

455 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:12:03 ID:mHqH6iBI

【1789年6月4日】


    ///⌒ヽ
   // (    )
   || |   | i ヽ〈/"~"~"~"~"~"~"~//|   …神様、いま御許に参ります
   || |   , '| \_ニつ⌒ 、       // .|
   || | / ゝ/            // /
   || | | | ̄ |__i__i__i__i__i__i__i__i__i__ii| | ./
   || | |_l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l_|/


ルイ=ジョゼフは7歳8ヶ月という短い生涯を終えた


  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l   どうして、どうして
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |   この子が死ななければ、ならないんですぅ
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《

456 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:12:35 ID:mHqH6iBI

                        _________
                    /´               `\
                    /     ``゛'‐- ,_      ,.ィ
                     /           、   `\ ル / \
                    /          o( `゛ ー-、 )   (,ィ´ jo。
             /      ° o .J`´⌒゛彡      ゙´⌒\°
                /           °      (        }    ハ
              /            °o    /⌒乂,,___ ,.ノ、_ ,ノ\
           i                     {          ,、(V,-|    l
           |                       V            |      |
          l                     V´⌒ \      |゚    l
             ',                   V     \   .!   ./
            \                    V     }   .|  /
             \                  `ー--┴−´ /
                   >- ___             ,, ,,,,,__、ゝ /
              /´ ̄     ̄`\               / \
             /            \     ''' ‐、-─一 ´    ハ
        /                                 ハ
       /                                 ハ
.
【解説】

         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|   王子を失った国王夫妻の悲しみは大きく
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l    ふさぎこんだルイ16世は数日、公の場に姿を見せなかったそうですが
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ

457 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:12:58 ID:mHqH6iBI

       _,-―‐-、_r'ー―‐-、.._
    _,r´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
   ,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`l、
 ,r'´,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
  ,i;;;;;;;;;;;;;;;;!l'|!'|i'|!i ゙!'i、;;;|!'||! |;;ii;;;;;;;;;;;;;;;i
  l;;;;;;;;;;;;l'l.!-|、|..!_  !|'_!|l_!|!_,|l-!|;;;;;;;;;;;;;|
  ,l;;;;;;;;;;;!'`|ー!ァo-、` !´,!||ァo|‐ァ!i|;;;;;;;;;;;;|i、    国王陛下は体調が優れない。
 ' !|!'l! !|| !   ̄   ,     ̄! | !|;;!`i;;;;!、
  |! | 、!|       ,!        |;!|l |;!| `    謁見なら、後日あらためることだな。
    iト、|      ` ^       |,.イl
      !     ___,,    ,i;;!
      ヽ   ´         ,'!
       |ト、          ,イ |!
      _!_ヽ、     ,__∠_!、__
    i' ̄:::::::l i' l `ー一´i 1 !::::::::::::::::::::`!
    ノ::::::::::::::| ii !、;;;;;;;;;;;;i | |::::::::::::::::::::::i、

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、    門番風情が偉そうに!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ     これで3日目だぞ。国民の代表に会えないとは
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、      どういうことだ!
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

458 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:13:23 ID:mHqH6iBI

     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |   国王、第3身分の者たちが謁見を求めています。
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V   すでにこれで、3日目。これ以上、伸ばされては
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /       暴れるやもしれません
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\


     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l    わかったお、直接いって
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|
: : : : : : ´"''",       "''"´       l    説得してくるお
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

459 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:13:45 ID:mHqH6iBI

       _,-―‐-、_r'ー―‐-、.._
    _,r´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
   ,r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`l、
 ,r'´,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;;ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
  ,i;;;;;;;;;;;;;;;;!l'|!'|i'|!i ゙!'i、;;;|!'||! |;;ii;;;;;;;;;;;;;;;i
  l;;;;;;;;;;;;l'l.!-|、|..!_  !|'_!|l_!|!_,|l-!|;;;;;;;;;;;;;|
  ,l;;;;;;;;;;;!'`|ー!ァo-、` !´,!||ァo|‐ァ!i|;;;;;;;;;;;;|i、    こ、これは陛下。このようなところに
 ' !|!'l! !|| !   ̄   ,     ̄! | !|;;!`i;;;;!、
  |! | 、!|       ,!        |;!|l |;!| `    御自らお越しいただかなくても…
    iト、|      ` ^       |,.イl
      !     ___,,    ,i;;!
      ヽ   ´         ,'!
       |ト、          ,イ |!
      _!_ヽ、     ,__∠_!、__
    i' ̄:::::::l i' l `ー一´i 1 !::::::::::::::::::::`!
    ノ::::::::::::::| ii !、;;;;;;;;;;;;i | |::::::::::::::::::::::i、

                                / ̄ ̄ ̄ \
                              /       . \
                             /  _ ノ   ヽ、_   \
かまわないお。                   .|   (ー)  (ー) .  |
                             \    (__人__) .  /
この場はひとまず、余に任せてもらうお       /    `⌒´    ヽ
                             ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

460 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:14:09 ID:mHqH6iBI

                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',   国民の代表として、謁見したい。
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′  申し入れたいことがある!
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /


     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l    すまないが、今は気分が優れない。
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|
: : : : : : ´"''",       "''"´       l    衛兵からも言われたと思うが
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /      後日改めてくれないかお
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

461 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:14:29 ID:mHqH6iBI

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、   これで、3日目だ。
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ    その言葉は聞き飽きたぞ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ


     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l   君には…
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|
: : : : : : ´"''",       "''"´       l   君には子供はいないのかお?
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

462 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:14:51 ID:mHqH6iBI

                            /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
                             /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
                            ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
( いきなり何を                 /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
                          !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
  言い出したんだ、こいつは )  .     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !
                            l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
                           !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
                           ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
                     .         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
                             ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
                               ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
                                 }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
                                  リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
                              rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
                             / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \   先日、王太子が亡くなったばかりなのだ。
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |   国王には、息子の死を悲しむ時間すら
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /   与えられないというのかね?
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

463 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:15:12 ID:mHqH6iBI

【解説】

              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||   この時、皇太子の死は公表されておらず
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|   謁見を求めていた者たちは当然そのことを知りませんでしたが
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |    国王の一言は騒いでいた彼らを黙らせるには十分でした
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |

                                            ,. -−─‐- 、
                                           /          \
                                       _,.-‐厂 ̄         l  ヽ
                                        〈   }    l  |   l  |  ∧
                                          }ノ | {   !  !   |  l|   l |
しかし、このような不幸もこれから始まる              / l l l八.  ト、人  }  }|   l |
                              .       / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |
激動の時代の幕開けを告げるささやかな            { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |
                              .       Ⅵ N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |
序章に過ぎなかったのです                       ∨ヽノ ヘ、 -‐  .イ    トl | l
                                         |  > 、 イ |   川人/
                                         ,. -┴へr‐-、_ノ  l  /::::/::::::\
                                       /  二ヱニニミ、`<ノ /::::/::::::::::::::>、
                                     /   ⌒<二>   \:::::/:::::::::::/  }
                                    ′  /フ´{::`ーァヘ     ∨:::::::/   │
                                    i   〈´ ∧:::::/   >、   ',::://    ∧

464 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:15:44 ID:mHqH6iBI

【1789年 6月23日】

.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V      陛下、本日は全身分の代表者たちが
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|        一堂に会しての親臨議会です。
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V
      \_!              !            びしっと、国民議会をひねりつぶしてください
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |


             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \           言われるまでもなく、当然だお。
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l          彼ら国民議会は、朕の主権と真っ向から対立する存在。
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ    軍隊を動員して、威圧もかけるお
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、

465 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:16:09 ID:mHqH6iBI

                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ            ヴェルサイユのそこかしこに、着剣した兵士がいますね。
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )    国王陛下は力ずくで、我々国民議会をつぶす気でしょうか
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'´


:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |   我々はケンカをしにきたわけじゃないです。
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '    でも、決然とした態度で我々の意思を示すだけです。
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/     このフランスに憲法が制定されるまで、解散はありません
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l

466 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:16:45 ID:mHqH6iBI

【親臨議会 開会】

         ________
         〈<三三三三三三三>〉
          ||   ___   .||
          ||  /       \  ||
          ||/ ―   ― .\||
        /   (●)  (●)  \
        |     (__人__)     |     親臨議会の開会に際して
        \    `⌒ ´     イ
        /´ ̄  (⌒)    .ィヽ      諸君らに伝えねばならぬことがある。
       〈   ,┌、-、!.~〈       i
       .:` ー| | | |  __ヽ、   | l      一つ、今後は身分別に定められた場所で
            ||レレ'、ノ‐´   ̄〉.. | l
      __/´ `ー---‐一' ̄⌒::| \_    会議を行うこと。
        ||三l    |ノ-‐-‐-|   |`ー´||
       ̄|.ヽ  _,l- 、 ̄ ̄|  .|''|''''|"    一つ、余の承認を経ない議決は全て
        | |ヽl´   |   〉  〈..| |
        | |  `-‐´  ...ヽ__ソ | |     無効となること
         ̄            . ̄

                   /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /: : : :              \       余はここにいたるまで、数多くの譲歩をし
               /: : : : : :                 \
              /: : : : : : : :..                \    また、心を開いてきた。
             .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l
             | : : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |    しかるに、諸君が余に対して協力を惜しむのなら
             .l : : : : : : : ´"''",       "''"´       l
              \: : : : : : . . (    j    )       /    三部会を即時解散させ、余は今までどおり
               \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
               _ノ>'´小、    `ー―'´,),. /\イ       余一人のやり方で、国民を幸せに導くだろう
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、

467 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:17:09 ID:mHqH6iBI

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',   ( 頼む、みんな。これで納得して
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l     国民議会は解散してくれお)
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l


                ___
             ,. -'"´     `¨ー 、
            /            \
          /                ',
           /                    ',
          .l     '⌒ヽ      ,ノ⌒  .l
          .l      (tリ\,_    、__,   l  チラッ
         .',   U  `ー',     ヽ     /
             \       l   人   l   /`ヽ
         /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
        ./                     l

468 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:17:37 ID:mHqH6iBI

    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙   みんな、いいですか。昨日、決めたとおり
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′    三身分合同の議会が開かれるまで
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、      この場を動きませんよ
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr〜''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;

                  /  /  ,.' / / /:./.::;' . .: .:  :. ',: ',  : ', ! ! ';:::::::. ';:.  ',
                 ,':. ,'   ; ,' /:.:;::;'!i.::i|.::.:::::: : :. :i:. ! i i: i ; i:. i::';:::.. ';::. !
                 ,'::::..:: .:  ; .::; ;'.;:/i:i !i::ii::ii.:i::::. : .:i: i::. i:::il ;'!ii /!::,'!:.i i::::!::::. ':::. ;
                 i:::::::: .: : .: ::::i .;-H'_i;;;;_i''ト!i、!:::::.: ::;:.i十リ;z;;;i/;_メ'、i: i i::::i::::::. !:::;'
                 i::::::::.:: : .:::::/!::i '"i':;;;;::ム゙ヽ!i、:::::::;::! il:'"i':;;;;;;:ゾ'ゞ!::!.i::::i::::::::i::/
                 ':::::::::::.:: :::::i !i       ゙、ヽ::/ソ ノ      イ::'::i::::i::::::::i/
承知したでござる       .'、:::::゙、::. :::ト、!',        : ソ '        ,' i/i::/!::i:::::;':l
                  ヽ::.゙、:::.:::!:lヽ',        ,'         / ノ' j::li:::;':::|
                   ヽ! 、::::ト.i  ゙ 、     ヽ丶      /  ./''''!::ii:/:::::l
                     ヽ::::i ヽ、 ` 、     、‐:::‐ァ    , '  イ:::::i:;'ノ':::::::|
                      ゙、'、    ゙ 、          / /.:|:::::ノ'i:::::::::::i
                       ヾ      ! 、       ,  ' .::::l:::::::::il:::::l:::::i
                             イ  ゙ 、....、 - '   /.:::::ト、::::::il:::::l:::::!
                            / /|          /.:::::::::い::::i:::::::i::::i

469 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:18:08 ID:mHqH6iBI


.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l
    .l            l      ,  `ヽ|
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿   (  効果なし!?  )
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l   ブレゼ侯爵、余はここから出て行くお。
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./   この場は皆を解散させるようにしてくれお
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ

470 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:18:40 ID:mHqH6iBI

                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ,/
                     ./:::::::::::::::::::::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,/i
             lヽ /::::::::爪─ヘ:::::i─ヽ::::::::iヘ:::::::::::::::::::::::::/
             l:::::`'::::::/l i レ─\!─‐\:::i'-ゝ::::::::::::::::::/
               \::::,-‐、N;ソ   ,ィ一''  ヽ!  ヾ::::::::::/
              Y,へ/,/ i.     、_,,,   ゝ_ \:::::\    承知しました。
                { l( // !  ""  ` ̄´ , ヾ、、/ ` ̄ ̄        メドローア
                ヽノ/ /      _  -ゝ  /ソ        なぁに、大砲の一発もぶっぱなせば
                _/ /  /ト    い  ̄丶_ /´
.          、-‐ "´  ,イ  ./:::!.丶  丶.  ‐-ヲ/          連中、尻尾を巻いて逃げ出しますよ。
         \    ,ク   ./ `.l  丶、 `‐‐ '"ノ
             ゝ/   /.  l   '';;丶_,/l
        _ -─、─ ` 、 / . r‐┴'‐─一Y'‐‐一ヘ  _ ,, -─"`τ´ヘ
     /丶 -‐ヽ  v'─┴ -      |  _, ‐ ト´,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;,, `i⌒F丶


     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \   …それは抜きの方向で。
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|   穏便に処理してくれお
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \

471 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:19:21 ID:mHqH6iBI


              ,ノ:::ハ   /::::::::::'ハ
            /::::::::::l、_/::::::::::::::::::}
          ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     /l
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  _/:::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー"::::::::::::i
      ト、_ ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、::::::::::<__    というわけだ。第3身分の諸君
        [二二二二二二-"Yハ::::|二\::::::/
       l'::::::::::::::::::::::::::::," ,_.|.l | l/ r' .i . ̄      俺が大人しく交渉してる間に
        ヾ:::::::::::::::::::::::::i' i' l l.| 'i _f;|
        丶:::::::::::::::::::::l、 'yl |i     〉        この場は解散して、身分制の会議に戻ってくれないか
        \::::::::::::::::::::>、| l.l、  __}
         );nr'Y´`Y'  | .|ハ  ,ノ
.          , -───-- 、 |  | ヘ´l i         _, -── --,
      ___/______ニ、_|__ゝl_!_  ,r' ̄   ,r - ‐' "´
≦者圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ y´  ̄^、   i!る }
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ ∨       ヽ ヾ-′


                     _             , −/
              _>⌒ヽ∠<          ,..:::'´::::::::/
             /  .::      \      /::::::::::::::/
           //  /        :\   /::: _:::/
            // /  /|  }  } |  |/::::::::/ /
           /// /:lt.志 | /| ノ //:/::::::::/ /
            |!::/:::{ ̄ ^/r'凭ケ:::// :::::/  /   ブレゼ侯爵、ここは議会の場。
           _|:ト::::ト、  __! メ//::::::   /
        //:::::,∠⌒\\ _/彡/:::::::/   /      議員ではないあなたに、この場にとどまる席はないはず。
      //:::/^⌒\⌒\ヒL/::::|::::::/   /
     //;:://⌒ヽ  |  \ イ^|::::::|   /       出て行くのは、我々ではなく、あなたでござるよ
   //:::/   ...::: |  | ::;   \}〕|::::::|  j
    //⌒ヽ__.    |::: .|      \|::::::|  |
   / /__:::::...\;:: |  | ::.::::::.   | |::::::|  |
  // ............... ̄⌒\}:::: |     .{ j!::::::{   {_
 /...:::::     ___ \_ノ:::::::: \\/ヽ  |!:::}r ニ⊇┐
 |  , - ´ ̄      `――――⌒/ |\ゝ┘ノノ斤=}
 {/i                   、_>-‐イ`<ヽ}ノ
 〒三二>___ _ ――――――、_ノ_」┴┘^
 ノ ⌒‘     :::::::::::::::\⌒/ ⌒/ /}ノ^〕ヾ

472 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:19:48 ID:mHqH6iBI

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
:::::::::::::::::::::::::::::::八::::::::::::::::::::::::::::::::::::___>´
:::::::::::::::::::::/l::::/__ \:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::_::::::/ l:::l  ヽ \:::::::::::::::::::::::::::> .__
::::/ l/ハ.  ヽγ ̄,、ゝ \::::ミ_‐<_::::::::::::::::_/
::::|  ,,,,,,,,,  |   ij `t' ` 、:::ヽ_ ̄ ̄ ̄
::::| ;;;;;;;;;;;;;;,,, '     l    ̄
ヽl   ;;;;;;;;;,,   ̄   ` .
      ,,,,,   u    ノ
    u    u    _)     ( 駄目だ、勝てる気がしねぇ )
            -=,
  u          ノ
  \ ;;,,,,  u    f
    > .      _j
       `ト--‐ ¨u
    ̄ ̄>.
         ` .
          l


 .-‐::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::::::::::::|
':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::::::::::::/ /:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::|
_斗、:::::|\::::::::|`、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
__,-‐ヽ:| ̄\:::ヽ \:::::::::::::::::::::::::= = -
| __,ェ匕  `tュ、__`トー─  ̄
|  フ ヒツ ,,,, トッ } /}
|  ` ─  , ''''  ,'}/      ξ    へ、陛下。解散してくれません。
 u        、 |/─--、
-'.  r───‐ , i    | ヽ.       穏便な決着は無理なようですぜ
、 \ ` __//   ,' / l    ζ
_\ .` ...____∠____ |=/  i
/\\ ‐' //////////||  l_
.///\`-__////////'   ||/ .|  ξ

473 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:20:19 ID:mHqH6iBI

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \    止むを得ないお。
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |    近衛兵を出動させるお。
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /    力ずくで解散させるお
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \

                                                 / |     /    |
                                                   /  \   /       \___     ∧
                                                  |    \_|            \ / |
それが、陛下。                                       |                    V   |  イ
                                               |                     ///
議場の入り口に、ミラボー伯爵やリアンクール公、                   ヽ        // ,イ  /――-、   /
                                           /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
ラファイエット伯爵が陣取っています。                      /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
                                         /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
近衛兵を出すと、彼らまで被害を受けますが…               〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /
                                          \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
                                          \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                                                \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                                                 \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                                                 \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                                                 `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |

474 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:20:48 ID:mHqH6iBI

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',   いかに、第三身分に肩入れしているとはいえ
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l   彼らは貴族。国王として、彼らを傷つけるような
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\   命令は下せないお
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ


【解説】


                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /     ミラボー以外にも、第三身分に味方する進歩派の貴族がいました。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト        彼らを傷つけることを恐れたルイ16世は
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人          衛兵の出動を取りやめ、結局は国民議会の解散は挫折しました。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/

475 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:21:26 ID:mHqH6iBI

          ,;';;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `、
          ,';;;;;,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;゙;
         /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l   機は熟した…
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/   私も第三身分に合流する。
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_ ふふ、これでルイ16世も風前の灯だ
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

                オルレアン公
ルイ16世の従兄弟にあたり、当時最大の財力を誇る貴族だった。
ひそかに王位を狙っており、ルイ16世の権力を削ごうと
陰謀を張り巡らせている。

                                     j: :/: :_ ,;、、;,;,__:!: : : : :
                                  / r'/;;:='ヘk¬-、__`: : : : :
                                 _,イ (/='゛_r斤:|「`ヾァー-`ニ
さらに、屋敷の庭(パレ=ロワイヤル)を         「:|;ゞ-|:::::i:::::{リ::||_,ノ'″
                                 |::l欠"lヽl::::::テ〃゛;
市民に大々的に開放しろ。                 /: : :l ゞ--‐'^"´
                              ,、‐'´: : : : : l
私は国民議会の味方だ!!            〈  ̄` ー-¬:卜、          ,.:':
                             ``丶, ̄` '^`ヽ        ,:':
                                | _           /
                                ヽャ‐‐-__、、  ヽ
                                 ,〕!ニ、=-'’   |
                                  L、

476 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:22:09 ID:mHqH6iBI

【1789年 6月26日】
                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !    とはいえ、国民議会を承認したわけじゃないお。
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /     次こそ、国民議会を解散させるお。
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;    外国人傭兵部隊も手配したお
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐


.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|   た、大変です、陛下。オルレアン公が第三身分に合流!
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |     身分制議会がもはや続行不可能と悟り、
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V     その他の貴族や僧侶たちも続々と、国民議会に合流しています!!
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\

477 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:22:34 ID:mHqH6iBI

         ................................................             .................................ヽ、
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
                                                  ヽ,
     ,,        ,、、、、,,     ,,             ,,        ,、、、、,,     ,,
    ii        ,r":::::::::::::::ヽ   ii          ii       ,r":::::::::::::::ヽ    ii
    i|        r゙::::::::::::::::::::::::::゙;   !i         i|      r゙::::::::::::::::::::::::::゙;    !i
    !i       :i:::::::::::::::::::::::::::::::!  i:!        !i      :i:::::::::::::::::::::::::::::::!   i:!
    !!       ';:::::::::::::::::::::::::::ノ   !!        !!.      ';:::::::::::::::::::::::::::ノ    !!
     !!.       ゙:、;;;;;:::::::;;;."    !!         !!       ゙:、;;;;;:::::::;;;."    !!
     ”           ̄    ”           ”.          ̄     ” i;
                   /                ヽ、             :i   なんだってーーー
                  /                   ヽ            i
                 /                      ヽ          :i
                /            i、           }          :i
                {           /ヽ           /          /
                ヽ、        /  ヽ、       /          /
                   "iーーーー''"        "'ーーー''i"           /
.                   |                 .|           /
.                   |                 .|          /
.                   |                 .|        /
.                   |                 .|      /
.                   |                 .|     /
.                   |                 .|   /

478 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:23:04 ID:mHqH6iBI

【解説】

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /     マリーアントワネットの最大の政敵であり、ルイ16世の従兄弟でもある
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト        オルレアン公の国民議会への合流は貴族たちに衝撃を与え
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人          国民議会の開催が不可避であることを悟らせました。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ


              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |    …貴族部と僧侶部の両議長に勧告を送ってくれお。
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i      国民議会に合流するように、と…
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ


こうして、ついに国民議会は貴族と僧侶を同じ土俵に立たせることに

成功したのだった。だが、これは終わりではなく、ここからが全ての始まりとなるのである。


フランス革命勃発まで、あと18日

479 ◆Z8aP46qE9c:2011/01/31(月) 15:25:26 ID:mHqH6iBI

といったところで、短いですが
今回の更新分終わります。

今回で、バスティーユ襲撃までいくつもりだったんですが
次回のお楽しみということで

480名無しのやる夫だお:2011/01/31(月) 18:30:12 ID:J6s3hvWc
おつでした
ルイ16世がまだまだ追い詰められていくんだな

481名無しのやる夫だお:2011/01/31(月) 19:12:31 ID:CLMfpbhI

どっちも行き着くと子まで行かないと納得できんってのがなあ

482名無しのやる夫だお:2011/01/31(月) 20:16:53 ID:CzZFUaa.
乙でした。

483名無しのやる夫だお:2011/01/31(月) 22:49:26 ID:tW36R9aA
乙でした

こうしてみると、やる夫よりゲンドウが歴史を暴走させた
愚物に見えてしまうなぁ・・・

484 ◆Z8aP46qE9c:2011/02/01(火) 22:21:36 ID:iRcr.mk6
どうも、ご笑覧ありがとうございます。

>>480
まさにこれからですね。
歴史物の定めとはいえ、愛着があるので
つらいところです

>>481
ですね、特に第三身分は失うものがない分
強いですね。国王サイドは完全に後手になってるし。

>>483
オルレアン公をはじめとした貴族たちは
王権を弱体化させようとして、結局
自分たちの首を絞めてるんですよね。
ルイ16世も結局は、そういう連中に足を引っ張られて
財政悪化を招いたわけですし

485sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

48618日に10レス以下縛り短編祭開催!:2011/03/05(土) 22:42:31 ID:MGSLtVYg
保守

487 ◆Z8aP46qE9c:2011/03/08(火) 23:57:50 ID:7CSKxu7I
更新遅くて、すいません。
年度末を乗り切って、仕事が落ち着いたら
また、続き投下します

488地震なんかに負けるなお!:2011/03/21(月) 19:45:35 ID:8NpW8/XQ
お待ちしております

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■