■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

新・やる夫の関が原戦線異常アリ15
1 ◆fFI82Sjg3c:2010/01/31(日) 00:01:34 ID:xUitqvmU
          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、        諸君 この話は 無学で大嘘つきな◆fFI82Sjg3cの妄想にあふれている
     /       ノ ヽ    ヽ       ◆fFI82Sjg3cは妄想と史実の辻褄があわなくなってきた時
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l       史実の方を無視することなどなんとも思わないほどHENTAIだ
     7  l       _,. l!   l       そこのところを注意して読んでくれたまえ
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /        登場人物の多くは改名をくり返しているが
       ',   `     /,ノ         煩雑さを避けるため 一部を除いて 最も有名な名前で表記している
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、          主人公の「小早川秀秋」に関しては「やる夫」と表記することをお許し願おうか
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;


前スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264252628/

まとめサイト
「それにつけても金のほしさよ」
ttp://snudge.blog38.fc2.com/blog-entry-299.html
「やる夫短編集 地獄編」
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-category-85.html

2名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 00:05:21 ID:VkSoJv5M
乙乙

3sage:2010/02/01(月) 17:53:41 ID:k2GWPKts
前スレ>>960
年代を間違っております・・・

4名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:16:55 ID:WO3Mjw8g
>>3
ホントだ 申し訳ない
×文禄5(1956)年 → ○文禄5(1596)年


<おまけ> 当然 登場予定も 触れるつもりも全くないが…… 

         ◆fFI82Sjg3cがイメージする鬼武蔵


         厶イ:::::/:: / | | Ⅵ'、:::'::::::::::::: ∧
          / /:: !: /:::/   !  l_r┼-ヾ:::',::::::::::::: ハ
.        / ∧:::|∧:/__ j /rf戎ア Y:',:::∧::: : i          俺は俺の中に
.         / | .|::i|::: | rf戎'/ /   |   i::Ⅳ::i|:::::::|
       |  | .|::l|::: ト、   }      |   l::: |:::::|:::::::|          自分では押せないスイッチを持っている……
           | .|::l|:Ⅵ∧ く_        j:::::|::::: ,:::: |
           |::リ |:|: 八   ___     ∧:::l: ::l::',:: |          …………
           j/ |:ト、:::l:\ ´ 一   / |/l: ∧::Ⅵ
           /   |:||:|::::: \   /  :|: l:/ |::i::ト、_        そのスイッチを押されると……
          , ′  |:| j__|:::::::::: |`ーく   厶イ  :|人|::|::|::\___
        /  _/:::::∧从:∧      ||  /   |::|\__    俺は愛したいのに
.          _/::::::::: : / ヘ   '、         :′  |::|::::::::::::::::
    __/::::::::::::::::::::::/    :、 ̄ゝ  _/ _ .イ /   |::|:::::::::::/    相手はみんな ぶっ飛んでた……
   /:::/:::::::::::::::::::::: : /        、    / /    |::|:::::/::::::
. /:: :::/::::::::::::::::/:::::::::':  ̄ ̄\  _ヘ. / / ̄l\_   |::|:::::::::r一
/. .::::::::|::::::::::::: /:::::::::':::::::::::::::::::/ \__Х ̄r─- |::::: \_|::|:::::::::::::::::
. : :::::::::|:::::::::/::::::::'::::::::::::::::::: / : <二|、_   |:::::::::::::::::|:::::::::::::::::
:::´ ̄: :!:::/::::::: :'::::::::::::::::::::::/   _//     j:::::::::::::::: |:::::::::::::::::
::::::/:::|::::::::::/\::::::::::::::::::/ _,/   |      /:::::::::::::: : |:::::::::::::::::
/:/:/::::/.:::::::::: \::::::::: ′      j     /:::::::::::::::::: :|:::::::::::::::::
:/:::::::::::::::::::::::::::: / \::::i        /     /::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::: : |      /    / ::: ̄ ̄\_:::::::::::::::::::

5名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:20:17 ID:FmJ0e7Zk
この鬼はwwwwwwww

6名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:22:30 ID:x6QcO1rc
その台詞は妙に鬼武蔵にしっくりくるwww

7名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:23:02 ID:n4MODj.Y
ビッテンさんに匹敵するハマり役がいるとはwww

8名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:50:11 ID:H6x5EetU
ジュリエッタw

9名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:30:02 ID:Z5BKa0uo
しかし鬼武蔵の弟は出るよな。どういうふうに料理されるんだろうw

10名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:39:24 ID:a25B9Rjs
自分で押して無い・・・だと?

嘘だっ!

11名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 06:42:43 ID:S6pwjEmg
軽すぎて団扇で扇がれた程度ではいるスイッチ

12名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 20:33:02 ID:SiBX.70Y
鬼武蔵のAAの元ネタがわかりません…
どなたか教えていただけませんでしょうか。

13名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 21:10:01 ID:uOtvtImo
「エアマスター ジュリエッタ」
でググれ。

14名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 23:25:08 ID:PO/lwyfY
当てられると作者が悔しがるのでそっとしといてやろうぜw

15名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 23:25:24 ID:PO/lwyfY
おおう、誤爆orxz

16名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 00:13:14 ID:LjGGLCdc
>>13ありがとう。
色々と理解したw

17名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 04:22:20 ID:vaTeI5uE
http://yasoshima.hp.infoseek.co.jp/#4-6
日明戦争の李舜臣の航路図とか面白いのがあった

18名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 17:29:25 ID:hJlIvOPc
ネットの、どこの馬の骨かわからない主張より、学者や専門家の著書を基に話を進めてる主に
は好感を持てる。

19名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 19:55:27 ID:ZQoUV7vk

| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄| | ̄|  | ̄|
|  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|  | ̄   ̄│
|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌ |  |二コ ┌'
|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └ |  | o  ヽ
|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/ |_|、_ハ/
 .||.|| |.||.||.|| | !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |.|||.||.||
 .||.|| |.||.||.|| jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|.|||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |.|||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |.|||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |.||.||.|| |.
 .||.|| |.||.||.|| |.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |.||.||.|| |.
 .||.|| |.||.||.|| |.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |.||.||.|| |.
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | ||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | ||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | ||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | ||||.||.|| |
 .||||. |.||.||||. .|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|.|||.||||.


        次回 2/6(土)21:00投下予定

       久々に このお方が大暴発……か?

20名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 21:06:17 ID:nctRaI6E
またおまえかw

21名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 04:01:14 ID:Y8KSfQnI
新世界の神・・・じゃなくて清正が調子付いてるって事は碌な展開にならない悪寒w

22名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 01:28:32 ID:upwwujQ6
清正って意外にコスイし、血縁を鼻にかけるし、
相手も悪いとはいえ、微妙な時期に同僚を手勢で追いかけ回したりするので、
豊臣家の奸臣っぽい側面もある。

イメージに合わないが。

23名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 01:34:45 ID:L7NV7zDo
まあ、前田利家のおかげで目立たないけど、ケチで有名だったし、
急な出世のおかげで家臣が足りないから、加藤家は他家から
はじき出されるようないわくつきの浪人をどっさり雇ってたしねえ。

24名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 01:50:31 ID:FH.NgC2M
そういった面があることは確かだが、それだけで奸臣といっちゃうのはどうだろ?

25名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 02:12:44 ID:OqtgZlc2
奸臣だとは思わないが、世間で言うような「豊家忠義の臣」と言うわけでもない、という感想。

26名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 02:40:26 ID:xurWZUJw
秀吉が死んだ後に豊臣と徳川の間で調整役に奔走したのも清正じゃないっけ?
豊臣家を食い物にしてるわけじゃないしなぁ

27名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 02:43:56 ID:S7INNAqI
ただ、なんというか・・・森家の人々に似た匂いを感じないでもない

28名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 03:32:08 ID:OqtgZlc2
>>26
意地の悪い見方だが、あの当時、豊臣家と言うものが健在であれば、それと繋がりの深い
清正の加藤家も、幕府に対してより立場を強く出来るので、自分の利益のためにも
豊臣家と徳川の決定的な対立は望まなかった、と言う計算も当然あったと思う。
しかしそれには豊臣家と心中するほどの覚悟は感じられない、とも思う。

29名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 13:17:36 ID:ju3AaNG.
熊本での受けは異常にいいんだぜ、清正公。
梅毒とかハンセン氏病の患者救済施設建てたりとか。

その後ウン百年運営してたの細川藩の一党なのに、
なぜか全部清正公の功績にされてばっかりなんだ……

30名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 13:19:11 ID:l9to15oQ
つーか、豊臣家と心中した恩顧大名の方が少ないイメージだが・・・

31名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 13:26:39 ID:W/WSH0pg
唐入りしなくても豊臣家は短期に滅亡してそうだ・・・・

32名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 13:46:18 ID:pByqsoMk
1度始めた制度は改善は出来ても中止とかすると叩かれるから
なかなか辞められないんだよ
なのでgdgdやってた功績よりも始めた功績のが評価されるのが世の常

33名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 14:04:36 ID:5Hj8.OaA
このスレ見てると
「豊臣が滅んだのってむしろ必然じゃね?」と納得してしまうなあ…
支持率とかあればさぞ面白かったろうにwww

34名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:10:28 ID:/mvapng6
教科書レベルから一歩踏み込んで興味もつと大体はそんな感じになるんじゃね?

35名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:24:53 ID:ErXlCENk
政権の維持は無理だったと思うが、
豊臣家を滅亡させないことは可能だったような気がする。
まあ、織田家以下の小大名としてなら、だが。

36名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:43:51 ID:pByqsoMk
家康だって領地換えを飲んだんだから
素直に大阪から移ってれば何とかなったんじゃないかとは思う

37名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:49:20 ID:FH.NgC2M
家康の場合は加増による栄転扱いでもあったからなー

個人的には、唐入りと秀頼誕生がなければ、江戸幕府ほどの長期政権になれたかは知らんが
二代(実質一代)で滅びるほど短期に終わったとも断言はできない、と思う。

38名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:53:22 ID:L7NV7zDo
当時の秀吉としては、唐入りというか朝鮮出兵させて、有力な戦国大名の力を殺ぎ落とさないと
いつ造反されるかわかったもんじゃないという部分もありそうな気が。

なにせ、下克上の体現者だからなあ。

39名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:59:27 ID:ErXlCENk
>>37
栄転だろうが減封だろうが飲まなきゃ潰されるのは当然だしょ。
秀吉も丹羽とかに代替わりでの大減封とかやってるんだし。
時勢を理解できないと激動期に家は保てないよ。

40名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:54:16 ID:i/y0Ned.
>29
細川家が清正を神格化することで肥後を統治していたから仕方ないべ。

41名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:59:23 ID:5Hj8.OaA
まあ普通に考えれば秀吉が家康を責めれる立場じゃないよなwww
自分だってやってきた事なんだから

42名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 19:16:04 ID:OqtgZlc2
まあ大坂の陣については、最近は秀頼とその側近たちの暴走、と言う見方が多いみたいね。
どういう自信があったのか、徳川を挑発しまくってる。あれじゃあ嫌でも戦争になる。

43名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:28:36 ID:rtWUlur2
そもそも「豊臣」自体が天下人となった秀吉を飾るための鶏冠みたいなもんだからな。
秀吉恩顧の大名は居ても豊臣に恩を感じる奴は居なかったってだけじゃないか?

44名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:40:24 ID:rtWUlur2
>>42
第二部その3で描かれてるように、関白中心の政治体制から有力大名による軍閥政権に変化したわけだけど
豊臣がその軍閥政権下でトップで居られるのは秀吉が居てこそなのに「豊臣」自体に力があるかのように
勘違いしてる人々が多かったって事だろうね。
例えとして正しいかわからんが、「虎の威を借る狐」で、虎が死んでるのにまだ狐が威を借り続けているみたいな。

軍閥政権にした段階で、秀吉亡き後に豊臣から徳川に政権移譲してしまうのは軍閥政権下ではむしろ自然な流れであって
秀吉自身もそれは予感としてあったはず。だから死に際に泣きながら秀頼の事を家康ほか大名に頼んだと。

45名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:51:37 ID:OqtgZlc2
豊臣政権に関してはどうも、「出来損ないの室町幕府」という感想がある。

46 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 20:59:16 ID:KFoOKuVY
投下します

47名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:00:35 ID:OxcatATY
きたきた

48 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:00:41 ID:KFoOKuVY
太閤秀吉の側室・茶々 通称「淀の方」は端から見れば悲劇の人である

                       _,. === 、
                    ,ィ´     `ヾ、
                _. ,、  ,.、/_           ',',
            _/:...:/:.:.`´:.:.:ヽ:.:.:.ヾ´.ヘ     l!
         ,. ´/:...:/:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.: ヽ:.: ヽ   i!
        /:.:.:./: .:./:.:.:.:.:l:.:.:.....:.:.ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ.  ′
        ./:.:.:.:.:/:.:f:.:i:.:. f : |:.:l:.:.:...!:.:.i:.:.!:.:∧:.:.:.ヽ
      /:.:.:.:.:/: .:.!:.:|:.:. l:.:.il:.:l:.:.:. |:.:.ll:.:.i:.:.∧:.:.:.:ヘ
      ,|_,.:,/:.:.:.:i:.:.|: .:.l:.:.i.l:.|:.:.:. |:.:.||:. !:.!:.:ハ:...:.:.:ハ
      lニニ|:! :.:.;i,斗-ft‐l-!:|:.:.:. !ィセT:ト、!:.ハ:. !:.:.:ハ
        !ヽゝ|:l :.l:.|t,斗‐!-、ヾ,!:.: / 斗‐!、i:i!:.: |:.:|:.:l.:.:|
        !:.:.:.,.|:l:. !:|/f.fi`i    i/. ffi`! } .|: !:|:.:|:.:i!: }
        |:.i.:!.从:.:l:|.弋¨ノ        辷/ /.//:./,;イ!/
      /:.|:.ト、 ヾリ           ,    /ィ'/:i∧:.:l.′
      /:.:.|:.l:.:.T‐ 、      __´     レ':..イ:.:ヘ:.i、
     ./:.i:.:l:.:l:l:.:.i:.:li:\     ゝ ′   , 'i:.!:.:.:.:.!:.:.ヘ:ヽ
    /:i:.i:.:.|:.:l:l:.: i:.:li: .:|` 、      , イ:.:.!:.l.i、:...:i :.:i:.:`、
    |/i:.!:.!|:.:l:ト、.i:.i!:. |  ` ‐ イ:.|:. |:.:.:!:..!:.ヽ:...:i:.:.ト、:}
    i' .!:i:.lヾ:.!l:.ヽヾi.ヽ       ト.k :|:.:.:i:..}:.:.∧:.:i:.:| ソ
      !:i::|-ヘi´ ̄ヽ', \      \!ヽ:.;i:リ!:.:.:.:iヘi:.:!
     >'ヽ        \_    |  `ゞ、:.:| i/
    厶;;;;;;ヽ          ヾ 、 √|     !'〈
     ,\;;;;; ∧        ヽ  ,i       i;;;\     ← 秀吉側室 茶々(淀の方)
   /  \;;;;∧.     r- 、 `、/       ∨;;;;!
   / ./  \;;;;ヽ、_ ___|: : : :`乂  ,.---、 ∨i:!

彼女は文禄5(1596)年の時点で28歳を迎えたこれまでの人生のうち
小谷城・北の庄城で二度の落城を経験し
浅井長政・柴田勝家・お市の方と 二人の父親と母親と亡くしている

49 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:01:25 ID:KFoOKuVY
しかも 小谷城攻めの先鋒を務めたのも 北の庄城攻めの総大将も秀吉である
すなわち 茶々は父母の仇の側室となったわけなのだが……

                      _,,.-==ニニニニニ''_ー、
                     /          `゙ ヽ、
                     /               \
             _,,.-‐''"i ヽ  ヽ ̄`゙''ー-、_
          , -'"/   i  ヽ   \  \`ヽ、
         /  /  /        ヽ  ヽ  ヽ:. ヽ
         ,イ     .:/:  i      ヽ  ヽ     ヽ.::.:.\
       /   .:.:  .:.:.:  i:.     :.:ヽ ヽ 、 、  ヽ.:.: ヽ
       /:./.:::  .:: .:::::: :ハ::: :..:.. .   : .:i:.:ヽ:ヽ  :. : :.: \:.:ヽ
     /:./.:::  .:: .::::,ィ:: ::i .|:::i:..:..:.:.:.  :..:.:i:.:.:i.: :.i: ヽ:. :.:.ヽ\:.゙、
     /:./.:::. :.:i.: :.:.:ハ:.:.:| !:.ト、:ヽ:.:.:.  :.:.:ハ.:.:i:.:.:i:: :ト:.: :.:.:',  ヽ!
     i:.:|.:.:i.:. :.:i:.:.:.:.:i  ';::.| ';.:!ヘ:.:ヽ:.:..: :.:.:i .l:.::!::::i:. :.:.iヽ:.:.:!:|   !
     |:.|:.:ハ:.::.:.i:.:.:.:.i_,.-弋!'"\゙、\ヽ:.::.::./`メ/!:.:i:.: :.::| i:.:.::|
     |::| l ::!:.:.:i:.:.:.:.|_____-\-- ヽ、 ` }:::.ノ-/-ノイ'|:.:.:.:ノ .}:.:.|
     | iヽ ::ト.├、:.:.i ̄i;;:} ̄ ̄     レ' I;:! ̄イi:.l:.:.::/  ノ:./
    //  ::{入Y:\゙、、″ _ノ     ヽ ″ ノ レ'.:ノ  //    別に気にしてないわ
    //::  ::\ヾっ ヽ  ̄          ̄  ル'i /'"
   //!:  :.:.:i::.:`ー弋           ゝ   ハ:|         戦国大名として弱い者が死に
   // | : ::.:i:.:.:.:i:.:.:.::ヽ      ヽ_;フ   , イ i ハ|
  // | :::.:.:.i:.:.:.:i:.:.::.:.:.|\        ,イ:.:i.:. i ハ        強い者が生き残っただけの話でしょ
  //  |:.:.:.:.:i.::..:.:i:.:.:.:.::.|  `  、 __, ィ:.i:.:.:i:.:.:i:.: iハ
 ,' {   |:.:.:.:.:i:.:.:.::i:.:.:.:r'ノ       |ヽ、::i:.:.:i:.:.:i:.::. ハ


戦国時代の武家の女ということを考慮したとしても 彼女は驚くべきほどタフであった

50 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:02:16 ID:KFoOKuVY
            /    /: : : : : : : : : :丶
           |   / ̄: : : : : : : : : : : : : : :\
        _ --/\── 、: : : : :丶、::::::::::::: : : \
      /: :/': : :.:: : ::. : : : :\:::: : :_\::::::::::::::::::::≧
     /: : :/:/: : : ::::l、:::::::::: : ::: l:、::::::\- iT:-::::::::::::/'´
.    /: : : :/:::|: : : l :::| .Xゝ::::::l:A| ヽ \::\::::::::::::::::/
    l:: : : ::|::/|: :、::l 、:|'´ >=ヾレl     |\:::::::::::::/
    |===V-、::::l、ヽヽ ",, ,,  {    /  ヽ--〈
    |:::: :::::::l::::l、::| \、     <     ___∠二\__
    |:::::::::::::|::::::ゝ-、      |ヽ__ ./: : :ヽ: \\: : : : ヽ
    |/::::::::::|::::::::::|     , - '   /: : : : : : ヽ: \\: : : :ゝ-、
   /::::::::::::::::|::/:::l    /     |: : : : : :::: : l : : :、 \ //_ヽl
    |::::::::::::::::::|:|:; ┴.、、 人     | : :::::/: : : l : ::::ヽ  //:: ̄\__
    |::::::::l::::::::r: : : : : ::\ヽ、\  /|::::/:: : : : : ::、:::::/ヽ/: : : : : : :イ: :ヽ
   レ、|l:|、:::::|: :r---、: : ヽ ヽ l:ヽ( ): : : : : : : : :::::l:::/:::::|: : : : : : : lヽ: : :i
     lヽ \|::/    丶-i >-/)|: : : : : /: :::::/:/:::::::|: : : : : : :/: :i : : :、
        |:|       |_/L:::::>:|: : : :::/: : ::::l::::::::::::::|: : : : : : |: : : l_/:、
        、、       l  ̄ |: : ::::/: : : ::/::::::::::::::|: : : : : : l: : : |: : : : \
         ヽ\      \  | :::/: : :::::::|:::\:::::::|二二二|: : : :ヽ: : : : :\


秀吉と体の相性が良かったのか 茶々は早世した鶴松・拾と秀吉の子を二人産む
そのため茶々は 数多い秀吉の側室の中でも特別な存在となる

51 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:03:29 ID:KFoOKuVY
正室・北政所との仲は良好であった
北政所は愛する秀吉の子を産んでくれた茶々に感謝をしていたし
茶々も北政所には敬意を表していた

      /::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
      ,':::/:::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,':::,'::::,':::::::/:::::::::::l::::l::::::::::::::::::::,:::::,::::::::::::::::'、       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
      l:::,':::::l::::::::l:::::::/l::::从::::::::::::::::l::::::l:::::::::::::::::',      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
    l:::l::::::l:::::::l_,、/-‐l-:,' ',:.l::::::::__∧::::l:::::::::::::::::::.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
     l::::l::::::l:,r'´l:/    ',l  ',l::::::/`ヽ::l::::::::,::::ll::::l     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     l:::::l'、:::l::::l ´         l:/   l:::`l:::::l:::::l l::l     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
     l::::/r',::l'、:l,、rx=z,          l::::/::::/ l/     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
    .l::::'、〃,l ''   ´     r==、. /./:l:::/       | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
    .,'::::::::\ l       、       `'//l/        ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
   ./:::::::::::,'::¨'、       ___      ,':l             |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
  /::::::::::::,'::::::::::ト、    '、__ノ     .イ::l            / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
 ./::::::::::::::l::::::::::::l >      イ::::l:::l            / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
 ':::/::::::::::l::::::,、-}   ` .‐ T´::l::::l:::::l:::l            /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
.,'::/:::::::::::::l:::/ ゝ、     ,':::::/::::l:::::ll::l           /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
,':/l:::l::::::::::l,r    `ヽ、  l,`',:::::/:::/ l,'           /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
l,' l:::,'l:::::, '           ヽ 'ヽ 'ヽヽ',        .   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
  l::.l.',/: : ´`:.':.‐.、      '、 ',  ヽ::',       .   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ  ← 北政所(寧々)
  '、l/: : : : : : : : : : ヽ    `、、  ',::',         /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\
  /: :: :: :: :: :: : : : : : ヽ      ゝ  ',:l        /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧

52名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:03:56 ID:rtWUlur2
待ってました!

53 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:04:38 ID:KFoOKuVY
ところで 茶々には仲の良い妹が二人いた
すぐ下の妹・初は 幼馴染であり従兄でもある京極高次に嫁いでいた

     ./:: : : : : : : : : : : /: : : : : : :.|: : : : :|: :|`''"|: : : : : : |: : : ト、
    /: : : : : : : : : : : :.:|: : ::l: : : : :|: : : : :|: :|  |: :|: : : :.:|: : : | |
    ,': : : : : : : :.:.|:.:: : : |: ::/|: : : :/|:: : : ::|:.::|  |: :|: : : :.:|: : : | |   
    |: : : : : : : : .:|: : : :.:|: ::{ |-=十卅ト: :.:|: :|  |7|>: :.:|: : : | |
    |: : : : : : : : .:|: : : :. ト/.|:::::::| .ハ:::::: |:.リ  レL=.┬┘: : :| l
    |: : : : : : : : .:|: : : :.:.|    ̄    ̄ ̄  .ィかミ l レ──┘
    |.:/: : : : : : :.:|: : : : .|   ___,       ト:::j:} .! |           ,ィィr--  ..__、j
    レ: : : : : : :/^|: : : : :|  ,,xz==ミ.      ヒン l :|          ル! {       `ヽ,       ∧
   /: : : : : : : : { {|:.: : : :.| ´     `         .|.:|         N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  ./: : : : : : : : : ヽ| : : : : |           ,    .l :|         ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \
 /: : : /:.: : : : : : ::.∨.: : :|、             ,. '.:.:|         `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   > 嫁さんのおかげで
..ハ: :|: :|: : : : : : : : :/:V: : :ハ\      ー '   /.: : : |           {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠   出世できたんだよ!
.{: : :|.:.:|: : : : : : : : :l: :lV: : ::ハ  丶、     / ! : : : |           '、 `,-_-ュ  u /|   ∠
.V:.:.|.:.:|: : : : : : : :./ ├V: : : ハ.  /:> ...イ:}  .|: : : :.|            ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
 V.:V.:',: : : : : :/::/  ∨: :..ハ. {: : : : :/: :}   |: : : :.|       --─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´
  V.:V.:>: : :/::/ ̄ ̄>≧─ハ \ : /: ノ   .|.: : : :|          く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
 .{ ̄ ̄V: : :/  /::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   .|: : : :.|          「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
 .|   .| ̄  ./::::/         _ ∧  .l: : : /          |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
 .|__」  /::::/       / ̄   ∧ /: : /           ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))
.  V: : |   /:::::::/        /       ∧ル′  ← 初     l |:.:.:.:l;';';'/.:.:.:.:| ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7   ← 京極高次
  |: :.:.| /:::::::/        /         .∧              | |:.:.:.:.l;'/.:.:.:.:.:.! ヽ:::\::  ::::|  ::l /


高次は「本能寺の変」の際 秀吉の居城であった長浜城を攻め落とすという暴挙をなした過去がある
にもかかわらず高次は豊臣政権で順調な出世を続け 「秀次事件」の直後は近江大津6万石の大名となった

54名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:06:05 ID:DmoL3Gvk
幼馴染で従妹の嫁ってだけでもう勝ち組でいいんじゃないかな

55 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:06:05 ID:KFoOKuVY
そして豊臣秀勝に嫁いでいた末の妹・江は 秀勝が朝鮮国で戦死し寡婦となるも
これも「秀次事件」の直後 秀吉の斡旋により徳川家康の三男・徳川秀忠に再嫁した
(秀勝との間に生まれた娘は茶々の猶子となる)


        ヽ 〉  , r― ― k、 〃r "
.         rY´ゝ"        ` ト >
       / /l\          ハ  ̄\
      / / ∧  /l/ l l l ハ/ .ハヘ.\.\   三番目の旦那 GET!
.     / // ハ / 'イ´l l l`ト 、ヽ .l ヘ__>.∧
.     \l._/ .∨´  _ ̄ ̄_  ` Vヘ  ヘ/
          イ`l ミトzrイ  ミトzrイ .r.ハ` ̄                 ヽ〃(    :
  (`∨´)    ヽ_ハ """    """ /_ノ                       ヽ、  . :
  \/        > 、〈 ̄ ̄ノ /、. ヽヽ                      l   :
.   ヽ_  // /::ヘ `l フ ̄/::r"l  ノ.ノ                  /`ヽ  (_  ,、_ノ
.        | |  l ̄`y"ヽrヘ レ´ ./                 ∠l /_l/  _.l_l.|_  `l
        ヽ ヽ  ヘ  ヘ::∧:::/  /l                /`~l/'''' u   '''ll'''l1/
            .ヘ   ゝ‐/  /..l            l /⌒|.|  ===   ==.|
             /::ヽ__Y_/:::::ヽ  ヽヽ       l |   ||   、゚__,  / ゚__, ./
            ヘ_:::::ヽ_フ、_フ:::::::::l.   | .|       l ヽ、_|| ij  、、  `''7 .l
             .ヽ_,r-_、_:::::::_::_ゝ  ' .'       ヽl| / ヽ         ′l
              |::::::::::| |:::::::::|              ヾ/  ヽ、   ⊂ニ⊃ /
.               l::::::::::|.|:::::::::|             //   ;;;;ヽ、   ≡ /
.              ゝ::::::∨::::::〈           -‐/-/    ;;;;;;; ヽ、 _,/    ← 徳川秀忠
 2011年のヒロイン  /::::::::∧::::::::l           -‐|ー.|\    ;;;;/ l-lー-、、,,_      江より6つ年下の18歳
        江 →  l:::::::/ ヘ:::::::l            .l−l .\  / .l-l`"'''ー-
              l_/   .\_|             l−l   \/  l-l


なお 秀忠と江の体の相性もまた良かったようで
結婚2年後の長女の誕生を皮切りに その後12年で江は二男五女を産みまくる

56 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:07:54 ID:KFoOKuVY
この秀忠と江の結婚により 秀吉と家康の縁はさらに深まった
そして家康は 大納言から内大臣への昇官を果した

           _、─-v-─;z_
          >:::::`::::::::::::::::: :::::\
        /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
      イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l
.       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
.        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|
       j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|    う 内大臣……
       |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|
.      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|    この俺が……!?
.     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
   _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
-‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
: : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
: : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
: /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :
´、-t( )ァ-; > : : : |} ',',',',',',',',',',{l: :| とニ二二, ゙̄ヽ、! :
:\`゙lし´/: : : : : |},',',',',',',',',',', {| :|‘r──− .、`  \   ← 徳川家康
: : :.`:‐:'´: : : : : : :.|} ',',',',',',',',',',',{|:.L.`⊂二¨_丶    ヽ

57 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:09:00 ID:KFoOKuVY
秀吉の独裁体制であるこの時期
家康は前田利家と共に 秀吉に物言える存在として大名諸侯の希望の星となった
そのため 多くの大名は 家康と懇意な関係を結ぼうとした

                         __、-─-、,. -‐;z.__
                        >::::`::::::::::::::::::::::::: <
                 .       ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゝ
                      イ::::::::::::::::::,ィ:::ハ:::i、:::::::::::::::::ト
                 .      |::::::::::;:ィ::ノ_l/ ヽl_!::ト、:::::::::!
   ∩___∩        .       |:::::::ノニレ'-‐'v └-Vニゝ:::::::|                /ニYニヽ
   | ノ      ヽ           r',ニi.l. ⊆nニ= .=ニn⊇ |.iニY               / (0)(0)ヽ,
  /  ●   ● |           | こ|| ij  v |.| ~ij  ノ |に!}              / ⌒`´⌒ \
  |    ( _●_)  ミ     .     トニll n u ヽ.|」ノ ‐'´_ij|lニイ              | ,-)    (-、.|
 彡、   |∪|  、`\          l::::::ヽヽ.` ー----‐'´ノ/:::::|        ζ      | l  ヽ__ ノ l |   ζ
/ __  ヽノ /´>  )         _」::::::::l\` ̄二 ̄´, イ:::::::L._      [ ̄]'E   リ\ ` ⌒´   /  [ ̄]'E
(___)   / (_/     _,, -‐'' ´:.:. l::::::::|r-ゝ-‐ー-‐'‐┤:::::l:.:.:.:` '' ‐   ⊂⌒ヾ  ./          ⌒i /⌒つ
 |       /         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,. ‐''_二つ   (二¨_''‐'、:.:.:.:.:.:.:.:     \\/ /i         i レ / ̄
 |  /\ \         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / ./´,..二二) (二二.._\ヽ:.:.:.:.:.:.:      \_/ .i         .L__/
 | /    )  )         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ' /_.二つ__.(二.¨_¨丶゙ .l:.:.:.:.:.:          |           |
 ∪    (  \        :.:.:.:.:.:.:.:.:./   ,.'",二つ─‐と二_`ヽ .|:.:.:.:.:.          l         .|
       \_)       :.:.:.:.:.:.: ノ    ノ:.:.:.|ニニ|:.:.:.:.:.:{    |:.:.:.:.:          /    ,.    /
  
 ↑ 最上義光                                          ↑ 伊達政宗

58 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:10:14 ID:KFoOKuVY
しかし家康は 浅野長政や藤堂高虎のような例外中の例外を除き
他の大名と仕事以外で関わることを極力避けた


    \   お前ら「御掟五ヶ条」の精神を分かってんのか?   /
      \ 大名間の誓詞の取り交わしを認めないってのは  /
        \   私的な交流も遠慮しろってことだぞ!    /
         \                          /
                  _トr、,、r、__
                 ト'         `ヽ、
                Z             `ヽ、
                /               \
                /         /ハハィ_  ミ
                |         rヘ`ヽ、  〉川
|:::::::::::::::::::::::::::::::     . /     __  / ===z_) /
|" ̄ ゙゙̄`∩::::      /      | |  |  `ヽ、_| `ヽ、           /ニYニヽ
|,ノ  ヽ, ヽ:::            ヽ/  | u      \         /(0)(0 ) ヽ
|●   ● i'゙               り  ____Z ̄         /⌒`´⌒   \
| (_●_)  ミ           /|   ト、 /___           |      (- 、 |
| ヽノ  ノ        __/:/  //\ u  _]          ト-―――-` l  !
{ヽ,__   )        ::::::::/::::/  //::::::::\  \           ヽ `⌒´    / /、
| ヽ   /         ::::::/::::///ノ:::::::::::::::::::\,,.,.,.,)           `コー   /,ノ:::ゝ、

59 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:12:10 ID:KFoOKuVY
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |        さすが家康
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((       相変わらず律儀なやつだぜ
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ〜ッ
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ


この態度は 秀吉の家康の対する信頼をさらに大きくさせた
しかし 家康は律義者を装ったわけではない
家康は心の底から真摯に秀吉に仕えた なぜなら……

60名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:12:54 ID:IvVx0XT.
>>58
東北の伯父甥コンビか

61 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:13:07 ID:KFoOKuVY
家康は 本当に秀吉が恐ろしかった
それも 秀吉の力そのものではなく
強大な力を容赦なく振るうことの出来る秀吉の精神のあり方に恐怖していた……


             _,,. -──- 、 ,. ‐''"´ ̄`二ニ=-
          -=ニ´..__     ゙     ´ ̄~゙'''‐、
           ,. ‐''"´                  ヽ、
         , ‐'´                       ,.ゝ
       ∠..-‐''フ'~                       ゙!
          /                           !
         / ,                           l
    .    //        /l ,ヘ. ト、 ヽ、            l
    .   // ,イ    /! / ul ! ゙、 |. ヽ、!ゝ、 !       |
        / .// /!  ./ l./.`‐、l  ヽ!. ‐'´, k'ヽト.、       .l
    .   i ./ !/ l ,イ/. !' `‐、|!  I|_,. ‐'´ ヽ! ::::ヽ      ゝ
    .    l./ .l' l' !' l=====〉 __ =======:| .|⌒i.   ヽ、
        !        l`‐.、.__゚/,::: ''' ヽ、 _゚__,.. ‐'´:::| |´ )}.    l、
                  !  :::/,:::::::::. jv  u    ,/:::|.|~)/     l、
              ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  u::||_ノ       i、
              / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
              I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-
        _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   u:::/::   !    ! i‐ 、._
       /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
      / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
     /  !       , -‐-、 , -‐、i´~`ヽ     ./  ,イ./
    /   l      ,.へ、/⌒ヽ、 `‐、  i   /  / /
        |    /‐-∠.__,、 `‐、 `i‐、-‐'"7/!'/
        .|  /´        `‐、  ゙i __,! `、-‐/"


  『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』

62名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:13:25 ID:rtWUlur2
最上、伊達辺りは秀次事件で豊臣政権を見限って徳川を選び始めたんだろうな

63 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:14:32 ID:KFoOKuVY
<第2部 その5 激!やる夫一家>

文禄4(1595)年 年末
やる夫は「秀次事件」の衝撃から立ち直りの気配を見せた


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)      古満姫 心配をかけたお!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\    でも やる夫は もう大丈夫なんだお!!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


                    __
           ,ィ:ヽ_,ノ:.:ヽ、___,ィ':ヽ._
       __ _,.ィ'/: ::/:ヽ: : : :ハ::/:|::.: :ヘ:`ヽ.__
     /:.:γ´::/: : : : : : : : : :: :|: : : : : :∧:::.:}::ハ
    j: : ;'{: ::/: : :/:: :/|:: : : :i:.:|、:: : : : : :ハ:.:|:. :}
    |: : ::|::/:;: :.:j:: :/ |:|:: : ||::|'|:.:|:: :i:: : :ハ:|:: :|
     |:|: ::!/:/: : :|-/-‐ ||:: : |レ'-l‐|、:.:|::. :: :|!:. :|
    jノ: :::7': : :/|:/__、 |!:: :/ ,_|;/_V:|:: :|: :|::. :|
   ノ: : ::i|: : ;/i,ィチ:弐、j;/ ,チ心、.ハ::.: :ト、|:: :i|   やる夫さん……
   ´7: :; :||.;ィ: ::|、 V::;|      |:::;リ,,'ハ::|:.:/::: : :.:iゝ
  ,ノ:_;人:i{、|: :.:|:.゛ ̄   `  ̄゛ {::::j;/::::::i::.:.:|    よかった……
  ''"´   `゛|: :::i|ヽ、   {_,フ   ,ィ:::::lリヽ、:|\:|
        |: :::リ  >‐r:-r‐'"´ |::: :|   `  `
        |: :/ /  |、___,〉\|::.:/
        j;//    |  /   |;/、    ← やる夫正室 古満姫
          /'二二ニニ| /ニニニ二;〉

64名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:15:02 ID:ju3AaNG.
う、うちだいじん

65 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:15:56 ID:KFoOKuVY
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     古満姫 小早川家の家臣団を集めて欲しいお
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     すっかり遅くなったけど
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     やる夫と顔合わせをするお
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


                        /^\_
               ,ィー‐ '⌒´ : : : : ヽ: `ヽ、
          , :≦7: : : : : : : : : : : : : : :ヘ : : : \
         /: : : /: : : : : : : : : : :∧: : : : :', : : : : :\
    rー<⌒\_:_ /: : : : : : :/ : : : :} ',: : : : :}: : :ヽ: : : \
    |: : : : l::..::..:ヽ/: :/ : : : :/ /⌒′│j: : : ト: : : ヘ \: :ヽ、
    |: : : : |:::::::::::' : / : : : :│: : : /   |:ハ : : |ハ: :l : |: : :ヘ
    |: : : : |::::::::::i :│ : : : : { : : : ,イ气 リ ヘ : 心}: }: :|: : : :}
.   /|: : : : }::::::::::| : | : : : : /l: : :/{::ヘ_∧   j/{rイ: | : h: : :′
   ' :|: : : : l::::::::::{: ∧: : : /:ヘ: 〈{ Ⅵ: : :}     Ⅵ: |: / }: /
  {.:::|: : : : |::::::::::Ⅳ::{ : :/ : : :V  ゞzソ     \Ⅳ ,j/
  └┤: : : ヘ:___/⌒l: /: : : : :|    "   rー┐  }:ヘ
    | i: : : : : ヘ ー {^Ⅳ{: : : i: |      { .__{  厶/   はい! わかりました!
    | }: : : : : : { : : ヽ、_|: : : l: l           / }
    |八: : : :∧ヽ`゛<ム : : h:{   ____ , く: : :│
    |{ }: : /  ヽ{     }: : :|ヘヽ、 /} : 八 } : : |
.      j/       ∧ : ト、\  ヽ\}  |: /リ
              / ヘ: :l \   } ヽ. j/
           /     ヽ{ ,ィー―ヘ   \
             /ー 、     f } /⌒}   //}/⌒ヽ
          /⌒ヽ、ヽ   /^\  こヘ 〃 に⌒ /ヽ、
            {⌒\ ヽ\{\  \}⌒ /   { ,/ /∧

66名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:17:20 ID:OZtV.pLk
>強大な力を容赦なく振るうことの出来る秀吉の精神のあり方に恐怖していた……

そりゃ我が子可愛さに政府の中央機関ぶっ壊す国の頂点なんて恐ろしすぎるわ
あのスターリンでさえ息子を見殺しにしたのに

67 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:17:31 ID:KFoOKuVY
やる夫は 家臣団を名島城に召集した
しかし ここでやる夫は唖然とすることになる

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\        みんな!
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\     やる夫が小早川家の新当主のやる夫だお!!
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)





       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     ……あ あれ?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

68名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:18:00 ID:rtWUlur2
ついに阿部さんと純にゃん来るか?

69 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:18:45 ID:KFoOKuVY


          .∧,,∧    .     ∧,,∧            .      .∧,,∧
  ∧∧     (´・ω・`)   .  ∧∧(´・ω・`)     ∧∧         (´・ω・`)∧∧
 (´・ω・`).∧∧) (∧∧     (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)    .∧∧) (∧∧(´・ω・`)
 | U (´・ω・`)(´・ω・`)    | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ    (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ   .  u-u (l    ) (    ノ u-u      (l    ) (    ノ u-u
       `u-u' `u-u'          `u-u' `u-u'      ..   `u-u' `u-u'




::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \          (どういうことだお?)
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ        (なんか…… ビミョーに……)
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶     (家臣の数が少ない気がするお……)
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

70 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:19:56 ID:KFoOKuVY
     _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\              ,..-──- 、                         ,、__
 ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ           /. : : : : : : : : : \                      /ヽ   ``ヽ
    / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ         /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ                     // ̄' ̄ ̄ヽ.\
   ./ / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ       ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',                    `i |,_, ,_,、 i .>
  / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\      {: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}                    ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.
  l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}       { : : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}                    | ̄,.レ,..、  )7
  ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j       .{ : : : ::|   ,.、   |:: : : :;!     , 、               ! ''===i  /'.
  j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ       ヾ: :: :| r--ニ-┐ |: : ::/ __  / /                ヽ `! !' ,//\_
    ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N         .ゞ-イi、ヽ二´.ノ /┬〈  l-`ー〈 {             _,―イ>`'´‐< /  \_
     ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|          /  ヽ`' ―- ´/  \lー   |          _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ       , ー''´ ヽ   \_/   /l二,    ヽ        _/ |i   |  ///' /  !_      \
        ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/        /\   \   |::::|、   /     ヽ  ノ\       ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
        ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/        /__`ーl    \ ハ::l \/        厂,二/ヽ      >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
        \! V厶|>ー <レ_'/ //        /_ \_|    ,rー'  `-ー' ニ⊃    lへ   /ヽ     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
          , '´/ノ      L、 /         /  `'r. |  /    ´ ̄-‐<     | 、__ ̄  ,∧    「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
           ,.-'   | ___._   | `ー、      /  ̄\_ ト|、/ヽ     _二丁    /| 、__/__ヘ   iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
     _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_   ヽ⌒\__/`、  l_, -ー'´|::::|       」ハl、   / ∧  ト三∃|  / / _コ \\\     |

     ↑ やる夫付家老 山口宗永                ↑ 村山越中                     ↑ 杉原重治



       ____
     /     \ 
    /  u   ノ  \       (え〜〜と こっちは宗永を筆頭に)
  /      u (●)  \
  |         (__人__)|      (丹波亀山から連れてきた家臣たちだお)
  \    u   .` ⌒/
  ノ           \       (こっちには異常はないお ……とすると)
/´               ヽ

71 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:21:11 ID:KFoOKuVY
                    ,ィ=≠ミx、
        ____     {ヽ i{  /    ヽヽ
        ` 、: : `: . 、ヽ:ヽ|ハ       }: }
          , . :―≧: : : : : : :|: |_       |:ノ
      , イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、  /
   /-‐/: : : :/: : /: : : : : : : : : : : : :<
      /: : : :/: : : /: /7ヽ____ : : : : : : : ヽ                  __t─-v-─ァ__
    /:__ : : / : : , イ/ /   ,イ: : : : : : : : :ハ                <:::::::::::::::::::::::::::::::>
  // /: :/: :/メ:/   /   / l: :/: : : : |: : : |              <´:::z-r─--v、:::::::::>
    <|: /|: /  {/ヽ-/   / | /!: : : : :|: : : |               く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
      |/>|/l.圷≧ァ     /\j/│: :/: :l : ∨           ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>
   ≦二 : { } 込ソ     x、/ヽ | :/ : /: : : \       ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/
   /: : :_:_: ノ.:.:.:.      {rf≧x j/|: :/、 : : :「      /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<
    ̄ ̄`ーヽ       ´ ̄ ̄ム┴く: \: :|     . 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ
      . イ「「 ̄\ fヽ.   .:.:.:.:/    \:ヽ|>     ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ
   / く_{{:{    /≧ー――/        ヽハ       ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
 /   /ム:.ヽ //, ィニニ/          }V        \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
    }ー Vハ/ィ≦.__ノ7          j            \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
― , -≠≦ヽ=≠ ' ノ /  {          /             \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l
  /.:.:.:r―.:.:.:ハ ̄ ̄  く   〉      ∧     .          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈




          ____             (やっぱり そうだお! 元からの小早川家の家臣が少ないんだお!)
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\          (しかも今いる連中も なんか小物っぽいと言うか反主流っぽいって言うか……)
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    あ あの〜 ずい分と欠席者が多いようだけど……
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/     連絡に行き違いでもあったのかお?
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

72 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:22:02 ID:KFoOKuVY
             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>    は?
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<     やる夫様の家臣団は全員揃ってますけど?
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l   ← 曽根高光  元小早川隆景の家臣
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈



           ___
       /      \       え…… だ だって……
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \    乃美さんとか 井上さんとか 鵜飼さんとか……
     |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´       /    隆景殿の重臣だった方たちの姿が見えないお
    ノ            \
  /´               ヽ

73名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:22:19 ID:ju3AaNG.
そっぽむかれたか……

74 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:23:01 ID:KFoOKuVY
                    ,ィ=≠ミx、
        ____     {ヽ i{  /    ヽヽ
        ` 、: : `: . 、ヽ:ヽ|ハ       }: }
          , . :―≧: : : : : : :|: |_       |:ノ
      , イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、  /
   /-‐/: : : :/: : /: : : : : : : : : : : : :<
      /: : : :/: : : /: /7ヽ____ : : : : : : : ヽ
    /:__ : : / : : , イ/ /   ,イ: : : : : : : : :ハ
  // /: :/: :/メ:/   /   / l: :/: : : : |: : : |
    <|: /|: /  {/ヽ-/   / | /!: : : : :|: : : |
      |/>|/l.圷≧ァ     /\j/│: :/: :l : ∨
   ≦二 : { } 込ソ     x、/ヽ | :/ : /: : : \
   /: : :_:_: ノ.:.:.:.      {rf≧x j/|: :/、 : : :「     ……いないよ
    ̄ ̄`ーヽ       ´ ̄ ̄ム┴く: \: :|     
      . イ「「 ̄\ fヽ.   .:.:.:.:/    \:ヽ|>
   / く_{{:{    /≧ー――/        ヽハ
 /   /ム:.ヽ //, ィニニ/          }V
    }ー Vハ/ィ≦.__ノ7          j      ← 堀田正吉  斉藤道三側近・堀田道空の甥
― , -≠≦ヽ=≠ ' ノ /  {          /                 文禄の頃から隆景に新参として仕える
  /.:.:.:r―.:.:.:ハ ̄ ̄  く   〉      ∧




       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \     へ?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

75名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:23:06 ID:rtWUlur2
まさか主流派はご隠居さんのとこに行っちゃったとか・・・?

76名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:23:37 ID:zSGR3V12
この姉妹ほんと仲いいよな

茶々と初は特に姉妹に何かあれば自ら駈けずりまわって何とか助けようとする。
(お江はまあ末っ子だしw)

やっぱ幼い日に凄い苦難を受けたから情が深くなったのかな?

77 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:24:00 ID:KFoOKuVY
       lヽ.  ,イ            ヽ\
       | \{ |,へ、-―― - ..   丿 ノ
       ゝ   ! { r _、_    ヽ ` <,< _
   / ̄    /| |´  \ハ    ',     _ >
  ∠...__   /  | |イ・  ̄∨    ,   \`ー―――ァ      重臣のお歴々は 隆景様についていって
     /  jr  ヽ.l  ー-=ヘ l、  }ヘr 、 ヽ    /
    ./   | 1 ,     _   ヽj ヽ |  r\ j   <         み〜んな 三原に帰っちまったよ
   /  /:| .| /・ }' _ノ  \      _ 丿 <  ̄
 ∠ __ / ヽバ 丿 ヘ     ',     /     \
     { /| .ハ   \  _ ノ    〈   l\{\  ヽ
     | / ヽ ,へ.           \┴‐- 、 ̄
     レ  ∨   >  .. _ .. <ヽ   `,二}  \
         / イ  {/| / V >‐ ┴ 、   |    \
          | /  レ  /      ',   |     \
          レ'     /        }、  .|     イj__
                /  /      ヽ\j   イj/    ヽ
                  /  iO/      ヽ l, イノ./       \
              {   | i        ∨下イ          :',



         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

78名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:24:50 ID:ju3AaNG.
乱だか何かで、先月か先々月、この三姉妹主役の漫画があった気がする。

79 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:25:01 ID:KFoOKuVY
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\                な・な・な・なんですとーーーーーーー!
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


隆景と別れがたい気持ちがあったのかもしれない
あるいは 国入り当初のやる夫の呆けた姿に失望したのかもしれない
とにもかくにも 隆景の重臣たちは
やる夫の国入り後 そのほとんどが三原に退転してしまっていたのである

80 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:26:00 ID:KFoOKuVY
そして意外だったのは
この時 隆景が重臣たちを筑前に留めようと
積極的に動かなかったことである

          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl     ………………
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/   ← 小早川隆景
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l


ひょっとしたら隆景も 乗っ取りまがいのやる夫の養子入りに
心のどこかで むかついていたのかもしれない……

81名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:26:05 ID:OxcatATY
気持ちは分からんでもない

82名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:26:08 ID:xnxsqQww
あらまあ

83 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:27:05 ID:KFoOKuVY
         ____
       /   u \       いやいやいや そんなふうに悪意にとったらいけないお
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    これは隆景殿が むしろ気をつかってくれたと考えるべきだお
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



         ____
       /   u \       隆景殿は 亀山からの家臣と旧臣たちとの間に
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \    軋轢が起きないように配慮してくれたんだお……
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /




               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:U.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′    ……た 確かに
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧     そう思っていたほうが前向きで健全……
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |

84 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:28:10 ID:KFoOKuVY
          ____
        / \ / \       とにかく! いないものは しょうがないんだお!
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     今は この人員で筑前筑後の経営を開始するんだお!!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl

85 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:29:02 ID:KFoOKuVY
                                ,、__
     そう言われてもな〜             /ヽ   ``ヽ
                              // ̄' ̄ ̄ヽ.\
      .,..-──- 、                 `i |,_, ,_,、 i .>
     r '´. : : : : : : : : : :ヽ               ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.
    /.: : : : : : : : : : : : : :: ヽ              | ̄,.レ,..、  )7     領地の広さは
    ,!::: : : : : ,-…-…-ミ:: : :',              ! ''===i  /'.
   {:: : : : : :i  ,;ノ;´:`ゞ、i: : :.:}              ヽ `! !' ,//\_     亀山の3倍以上ですからねぇ
   {:: : : : : :|  ェェ;;;;;;;ェェ|: : : }          _,―イ>`'´‐< /  \_
    { : : : : ::|    ,.、 .| : : :;!∫       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
    ヾ: :: : :i   r‐-ニ┐| : riii=       _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ゞイ!   ヽ 二゙ノ イ「 ノ       ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
    ⌒ー ̄ ̄´ r⌒ !  〉       >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
    (         (` ー'        「   | i  | | | レ'  /    :|      |


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__      だったら今までの4倍働けばいいんだお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      とにかく やるったらやるんだお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

86名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:29:28 ID:ju3AaNG.
でもやる夫の年齢考えたら、
ここはフォローしとかんとダメだろう隆景

87名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:29:50 ID:fyzOUMhQ
鬼上司すぎるwwww

88 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:30:00 ID:KFoOKuVY
         ___
          /\:::::::::/\          まずは領内の視察から始めるお
        /:::(○):::(○):::\
      /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\       正吉 高光 案内を頼むお!
      |     ` ー'´  u   |
      \  u   :::::     /
      /    :::::::::::::::::::    \
    /                 \  〈〈〈 ヽ
                      (〈⊃  } }



                                                 __t─-v-─ァ__
  { (     / : : : :.:i_,\ : : : : : : : <                           <:::::::::::::::::::::::::::::::>
  廴ゝ/: : : /: : :!:.| ``゙\: : :`ヽ--、\                        <´:::z-r─--v、:::::::::>
    /: : : : :.|: : :∧|ノ  、 ト、: : : \                          く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
   i: : |:.:.: :.|__,ムイ''   `ー ト:|: : : :.:ヽ、   / )  あいよ!         ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>
   {/|: : : :|,ィ f斤    r气| }: : : ト、:.:.i  / / /)           ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/
  ∠/: :{ : :.i:〈 fk_ノ|   以リ|ノ::.∧| ヽ| (^V//)         /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<
  ./: :.∧:.:.| | ゞ-'′ ___' ー' {:./ リ   /,) }  <        . 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ  わかりました
 彳,:.イ 从: ト{⊂⊃  ,ヘ| ⊂ノ´>   /   ソ`¨           ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ
  /: : : :`ヘ|‐'>、 __(__ノr<:.ト、|  ,ィ'  /              ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
  |: : ,.イ/|_ノ ヽ  r'⌒ヽ.\|   ハ  /ヽ               \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
  l/  ∠三ミヽ\{ ̄ ̄}「l7   ,ノ  ∨   i                \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
      }癶弌>、>/ ̄`ヽ }∧_//   ヽ   |                 \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l
      |    /      \.       \ |           .          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈

89名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:30:39 ID:OZtV.pLk
つうかここでやる夫がコケたら
今度こそ秀吉にバッサリいかれるいい口実にされないか
まあうまく行き過ぎても猜疑心の的にされるだろうが

90名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:30:40 ID:IfoynJ5o
ここで質の悪い家臣で水増しを…とか言っちゃうと木村山内ルートなんだなぁ

91 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:31:06 ID:KFoOKuVY
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ     ……都には増員の要請を出しておく
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


           ,.' :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
           、゙:: :: :: :: :: :: :,,,,, :: :: :: :
             ,.':: ::,,-‐'´ ̄   |:: :: :: ::
           (:: /__      ゙i:: :: :: ::
           (:::i´  ヽ     ゙i:: :: :: ::
         ぃi'ェェ          L:: :: :: :
           i!,! ,           i,::__::,_ ::    はあ……
          ,/..        ::::..   jソl:: :: ::
          (;、o)    ;;;;;;::::::::::..  H.}:: :: ::   よろしくお願いします……
      ,,,,,,,,,,,,,|!__  ,,,;;;;;::::::::::: ―':: :: ::
    ,.-‐' -、=`i ̄i- ゙i  ;;;;;;;;;;::::  、:: :: _:: ::
   」 = | _ l = l--l‐‐'....;;;;;;;;;;::::::::::  `ー' ゙ー‐′
    | i-| =.!--ト="ゝ、____;- :::::
    i `‐ir‐l`=' |  ,,,,, l!-‐く;;::::::::
   ゙i  ゙‐''    !"´       \:::::


こうして やる夫の筑前筑後の領国経営は
出だしから かなりテンパッた形で始まるのであった……

92名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:32:34 ID:rtWUlur2
13歳で育ての義理親からも見捨てられて四面楚歌状態ってどんだけ・・・
もう少し経験を積んでからならともかく辛すぎるっしょ

93 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:32:49 ID:KFoOKuVY
さて 日本と明・朝鮮国との講和交渉の進捗状況である

                                        _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
     /;;;ミミ"'';;;::;'"'''"'ヾ;;;ヽ、                   ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
     /;;;;""         "';;;ヽ,              /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
    /;;ミ   :: :: ::..:.::' ;;;==;;,,,"';;l,             /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
     l;;;  ,,,,,': "::::::.::.:,;'",,.,,,_ "'';;;l             / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
     l;;',,,;;'" "'' 'l,''"',.r"   "'; ';;lヽ、          / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
     l;;',,.._,,--―;': l .. ヽ、_O ';, ト、:'l         /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
   /""l,'"-ー''゚''" ,;l;;..::.."'::..."'''". l::y/          {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
   l( ::,,l,    :::.. ,;;;;:::ヽ..  "':::... レ,/          |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
   ヽ r;..l,     ヾ::;;:::;;:ゝ     l,/           | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
、   'ヽ,';,,      "'   ;, ::... l          .  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
 '; _,,_   l,   ,; ,;r==ニニヽ;, :: /l             | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
レi;y'''ヽ  iヽ、 ,;' ‐'''" ̄ ̄"' ,; /;;l          .   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
;: Y;i,   /"l ':、   ,,,;;;;;;'''"  /;;;l              | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
ヽヾ"'ュ,ノ'",;l ':, ヽ、       /;;;;;l           .   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
彡Yシニi;∠(ヽ、':.. \     /;;;'";;)_,,_            |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
ン::ゝミ/::i:i:l'::::::\::: 'ヽ,,,__../;;/,.::::i;::::::ヽ,,,       .    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
''"""/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r⌒ヽ:           ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
:::::::::i'::::::l':;"';,,::::::::l'    l':::::::::::::;;;;ii//ヽ、::           ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|

  ↑ 明国冊封使                          ↑ 同じく
     正使 李宗城(リツオンチョン)                     副使 楊方亭(ヤンファンハン)


明国からの冊封使は 既に釜山に到着しており こちらの方は順調
むしろ「秀次事件」による混乱で 日本側の受入れ体制が滞っているくらいであったのだが……

94 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:33:53 ID:KFoOKuVY
日本の もうひとつの要望である朝鮮国王子の来日については……



      /ヽ      /ヽ            ねぇ〜 OH来日してくださ〜い え 来日してくださいよぅ
     / ヽ     /  ヽ
     /   ヽ__/   ヽ          ねぇ〜 もぅ OHねえ〜 いいじゃないよぅ〜 減るもんじゃなしぃ〜
   /             ヽ
  /    ,. - 、     ,. - 、  i         義智とても悲しい 悲しいでーす ねぇ〜ぃ 来日してくださいよぉ〜
  |     ハ_゚_ノ     i_゚_ハ   !
  .!        ヽ __./     /         もう〜 誠意見せてくださいよぅ〜 ねえー も もーう!
   \       ∨   . (⌒) )
    /         (::⌒)∬::⌒)
   /          | ̄ ̄ ̄|    ← 宗義智
               |   :::::|\


     / /  / >イ/   /   / /   / |l \ヽ \
      l  |  / ./〃/  〃  / / /  |i  ||   ヽ ヽ
     |  |  l /  / / / / /.| |   li   ||   li l l___
     |  | |/ /  / / / / / .| |   |l  ||    |l | |::〉ヽ、   もう あなたたちだけよ 今時 抵抗してるの
     |  | | l  l / l / ./l | |   |l   |.|    || | |レ   ',   
     |  | | | | |  | | ∧__ljハ  |l |.| |   || | | |l!  |   だから ね いい? 今こそ来日すればいーの
     |   | | | |  | | l./7:.汀i `  ヽ !人| 从 /i| / /| |   |
     |   | | | l|  | | | 、ゞ-┘       rテ、 / / /|| |  |   でないとね〜 朝鮮バッシングするよ 後が怖いよ〜っ
      |   | | i| |  | i|i|    ̄       〈:::..j | //| | |   |  
     |  i| | | |  |  ||           `ニイ〃| ! i| |   |    どう怖いかは詳しく言わないけれども
      ト、  l| | | |  |  |!      、 ,       / |  ハ .|  |
     |ハ  ∨ ||i  | |    、___      / | |  | | |  |
     |川ヽ、 \ |i  |i |     ヽ二ア`     /| | | il |    |
     | /|川. ̄川li  l i| \         /l |i! i!/ .| |  |
    // |川|  i|||∧  l|  ヽ、    ,. イ | | |  | |.  | / //
   /∠⊥|川| |||! ハ ヽ __   ̄ /  | | | |  | |   |// /
 /     `ヽ─-‐-- \ヽ::::::: ̄ ̄::|  川|l |,./___レ  ///    ← 小西行長
/        l:::|      ̄ ̄ ──ヽ__,. '´     ``ヽ、

95名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:34:37 ID:IvVx0XT.
うぜえwwwwww

96 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:35:12 ID:KFoOKuVY
         _
      , - ' /|
     r'   / |        \
    ,i'. -‐´ ̄~`-、      <    ふ ふ ふ ふざけるな!
   ,;" 八        `;、    <
   /  ⌒       ';    <  人を馬鹿にするにも大概にしろ!!
  |   (_,/ヽ、)(___ )`    <
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ    /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  | (    c___) `)
  |  i   _/ r'   |
  |    (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─  ← 朝鮮国宰相 柳成龍(ユソンリョン)
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


こちらの方は いっこうに話が進んでいなかった

97名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:35:51 ID:5Hj8.OaA
ペリーかよwww
懐かしいネタをwww

98 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:36:00 ID:KFoOKuVY
                     |  | | |  |   |  |   |   |      |
まあ……               |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
                     |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |
      当然の反応よね……  |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
                     |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
   |\        /|         |  |l                |!   レ |   | |
   | u\──< . |        |  !l    、.        |!   |  |   | |
   レ  ノ  u ゝ_|         |l   ト、              |!   |  |   | |
  /  ●    ● ',        i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
  |u          |        |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
  ヽ、u      uノ         |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |
    >     <         ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |


一方的に侵略戦争を仕掛けられ 講和交渉では蚊帳の外に置かれ
今度は戦争を終わらせてやるから王子をよこせなどど
普通に考えても すんなりと通る話ではない

99 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:37:20 ID:KFoOKuVY
そしてさらに 朝鮮国の状況が普通でなかった

         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;":::::::        `;、     (それに……)
   /:::::::         ';
  |:::::::::(_,/ヽ、)(___ )`     (よりにもよって この時期に……)
  |:::::::  (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
  |:::::(    c___) `)     (「王子」を使節によこせじゃと!)
  |:::::::i   _/ r'   |
  |:::::::  (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


間の悪いことに
この時の朝鮮国では その王子の継承権で揉め事の真っ最中であったのだ

100 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:38:33 ID:KFoOKuVY
以前述べたように 朝鮮国では次期国王として
長男の臨海君を廃し 次男である光海君を立てようとしたが
宗主である明国が難色を示したことにより この計画に頓挫していた


【明国首都 北京】      ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.          「だって光海君は次男でしょ」
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,,.,.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ     「長男がいるのに これを無視するのは どうかと思うよ」
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ



      ∧∧   ∧ ∧       やっぱり次の王は臨海君様だよ
  ∧∧< `∀´> <`∀´ >∧∧
 < `∀´>∧ ∧   ∧∧ <`∀´>   それが自然だよね
 | U < `∀´> <`∀´ > と ノ
  u-u U   ││   U u-u
      `u-u'  `u-u'     ← 息を吹き返す西人派



         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"八       八;、
   / ⌒      ⌒ ';
  |  U (_,/ヽ、)(___ )`
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
  | (    c___) `)    ぐぬぬぬ……
  |  i   _/ r'   |
  |    (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^

101 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:39:32 ID:KFoOKuVY
        _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"          `;、     なんたることじゃ
   /           ';
  |   (_,/ヽ、)(___ )`     しかし……
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
  | (    c___) `)     宗主である明国の意向は疎かにできんか……
  |  i   _/ r'   |
  |    (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


現実派である成龍は 光海君の擁立を断念するが……

102名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:39:55 ID:rtWUlur2
内紛かよw

103 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:40:53 ID:KFoOKuVY

      ∧∧   ∧ ∧        おい てめぇ いったいそりゃ どういうことだ!
  ∧∧< `∀´> <`∀´ >∧∧
 < `∀´>∧ ∧   ∧∧ <`∀´>   なめた真似してんじゃねぇぞ
 | U < `∀´> <`∀´ > と ノ
  u-u U   ││   U u-u
      `u-u'  `u-u'     ← 東人派で光海君を擁立するみなさま


         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"八       八;、
   / ⌒      ⌒ ';
  |  U (_,/ヽ、)(___ )`
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ
  | (    c___) `)    ぬがーーーーーーーーーーー!!!!
  |  i   _/ r'   |
  |    (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^


そうすると今度は 光海君を推す一派と成龍らとで 東人派が分裂
朝鮮国中央はグチャグチャの状態であった

104名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:41:15 ID:OxcatATY
揉め杉だろw

105名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:41:29 ID:ju3AaNG.
荒山徹が愛してやまない臨海君だなw

106名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:42:14 ID:IvVx0XT.
アナタカスキタカラ

107 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:42:43 ID:KFoOKuVY
        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____                    /∧
    /    /     | |__/      /                  /  |. |
__/    /      /    />  />  /                 / ._⊥ ⊥
\     /      / へ .</ // /                 l/   肉  `ヽ
 X   /      //\ l\  </ /                  /  .ィ ⌒ヽ_,、/⌒', |
\ X        / /  /\\\  /                 ト、..|   |  ・ | l・  |│  な〜にをやっとるんじゃ
  \ \     / /    /\ `|/                   l  | _L_ ノ  ヽ_ノ`V
   \  ̄ ̄ ̄| |        /                    レイ/  r、_`┴‐'___┐ |_
\   \   /|__>     /   中央はいったい……    /  |:|  |‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐| │  \
  ヽ    \/  ||     /                   .、--イ|   |:|  ト、____/ /!|   || ̄`‐‐:、
  ハ    |   ヽ   /                       |:|   |:|\ _____.//|:|   ||

   ↑ 権慄(クォンユル)                            ↑ 李舜臣(イスンシン)


朝鮮国中央官僚の派閥抗争の原因は 王位継承権だけに限らず その政治哲学等も絡んだ根の深いものであった
しかし その問題は些か観念的にすぎたもので 戦争という今ある危機を目の前にして語るべきことではない
これはやはり 両班という特権階級のみが200年もの間 政治を独占してきた弊害であろう

108名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:42:51 ID:fyzOUMhQ
うっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃー

109 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:43:47 ID:KFoOKuVY
このように 朝鮮王子の来日の目処はさっぱり立たず 時間は過ぎ去っていった

      、_ ___
     , '´ ,. -_二ニ ヽ、//二ニ ‐、
    / / / // ,」V∠二_‐-、 ヽ  
  // / // /i / !/ /   ヽ `ヽヽ ヽ
 ノ/〃 ./: / / ! / i    、i ヽ、\ i
  i l:. /::: i| / /,ノ |      |  i  V|
  ! !::: i::::: ||  //|  | i   l ! i|  | |.N
 | |:::. |::: ||/ ! l!  l |  ! / / |  i | |   全くもう……
 | |::: |/ハ!ト、ヽ>;、  l| iノノ,,_ノ  ノ,,ノ_/!
  l | |i|  ! ||ヽ.〈爿 ヽ|| |'く(ソ`  ̄7iソ} l/
 ヽl!||  | ハ\ハo、 | !|||i   :. “! l|  ....   |\        /|
    || |∨ |i |f」|_ ヽ.! |      _,'´/! l|   .   | u\──< . |
    || |/ /||./~|「  ゙|ト、.   ー゚'/ l/||   .   レ  ノ  u ゝ_|  どうしたものでしょうか……
    ヽ ノ/ レ'´  ' \ || ` ァ-‐'′ノ ||  ...  / -=・=-  -=・=-
     リ ,ム     `ヽ、_/ `ヽ、  ||   .  |u          |
      _,ノ `L__  __  r'二、`ー_-リ,  .  ヽ、u  [+++] uノ   
   / 、 _  {、.!几 r-ミ/´〉  ノ´ハ !

110 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:45:00 ID:KFoOKuVY
明けて文禄5(1596)年 正月
筑前名島城……

      t_,_,_,_,_ィ
      ノ_:_:_:_:_:入
     ,...,l_;_;;;;;_;:l;:!、
    ノ_:_:_:ヘ_:_:_:入
  ,....,,,,l_;_;_;;;;;;_;_;_;l;:!,,..、
  ノ_:_:_:_:_:ヘ_:_:_:_:_:_:_;入
  l_;_;_;__;;;;;;;;_;_;_;_;_;_;l;:!!
 /千ΖУト千ΖУト千ヘ丶
./Уト千ΖУト千ΖУトΝ,ヽ
,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.: :=_≡ _;;;
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;; = - _-;;
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"'、,,'""'゙,゙'""'
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ソ、.,     .,,i
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ -ー-、_:::: ::.:::::


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   う〜〜〜ん……
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


               .. - ─……‐-. .、
          ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
              ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
         /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
        , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
         |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
         |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
         { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
           ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
           l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
           l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{   どうしましたか
            l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
              \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/        やる夫様?
                   l:/ ,. -─┴┐
              ∠二二ヽ    !
            ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ
         ,. ィ77.イ. : : : : : : :.', !     `、
       ∠∠//.:.:l. : : : : : :.:.:.:l |      ハ
        |:l i.ll:/.:.:.::j. : : : : : :.:.:.:.l |     j:{

111 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:46:15 ID:KFoOKuVY

       / ̄ ̄ ̄ \      うん……
     /       . \    
    /  _ ノ   ヽ、_   \   やる夫は年末に領内を巡視したけど
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /   領民 特に小作農の困窮は やる夫の予想以上だったお……
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



     ‐- .,,__ : : : : : : : : : : : : : : : : : : x
       , ィT ̄: : ,'l: :/T‐一'lt:. : : : : :.:\
.    ,x ´: : : : ,.: : : |: :/ .|   | ',: :|:. :. :. : :.ヽ
.   /, ッ': :/: :/: : ,.斗./ |     |.ヘ十.、 : : : 、:.ヽ
  /,//. : l: : | : :´ y|::l .|   . | ';lヘ::ヽ:.: : :\!
  /' /: :: :|. :.:| : : : :ハ._|_ l     l ⊥.ヘ:. :. : : i:.:.\
   l. :,/|: : :|: : : :/、-.、     ´ txヾ; : :l: :|:. k、ヽ   なにしろ「唐入り」じゃ 小早川家は
    l /. |: : :::| : :/ ト-久|       ト-久i.ヘ:..:!::.|:::..ハ\i
   !'   |ハ ::::}、: ヘハ:ヘシ.j!     {:;ヘシjハ ハ::|ヾ;:::ヘ    手弁当で1万人の動員を義務付けられたからねぇ
     ,x|ハ :::|.ヾi  ゞ-''   ,.   ゞ‐ ' /リ ,:i!::: \゙\
   / ⊥;:ヘ::|ゝ,_'_ '''     ,、     '' /-‐':::::::ヘ、::ヽ
  ‐'' ´ /,'フ:ヾ::::::::>- , _      _,, ィ::ヽ;:::::::::::::ヘ `゙\
     '´ /:::::::///ヘ_,コ ‐-‐≦;;、:/\::.ヾヘ;::::::゙,
        /;:/   '´_ノ~ i-'     ゙- ! ヽ、 `ヾ!  \|
   / ̄~ヘ   r´   ト、   ,.-!   `ヽ    / ̄~''ヽ,
  /      ゙∨ミ\    l      /    /ヽ. /      ヽ
../         ヾ、\\  l.    /  /'/,-/         '、
.|         ヾ-i、\\ヘ.   / ./,/_/ ./  /       ヘ
}、 .       i i ヘ ゙ーi\ ヘ  ///ソ~ ./  ./       x ヘ
;ソ        '! }. ヘ X゙-{\∨/}~''/.  / l ./        |0 ヘ

112 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:47:17 ID:KFoOKuVY
          ___
         /     \      だから やる夫としては
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \   ここで小作農の保護を目的とした政策に
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/    取り組んでみたいんだお
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ    ……その方針 間違いではない
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |
.       /    '、  ! /    .イ           ,!
      |       \l/ ィ´ ./        /

113 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:48:05 ID:KFoOKuVY
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    よし!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    それじゃまず領内の再検地をするお
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //      小作農の土地の所有権の再確認だお
  / __        /
  (___)      /



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     ついでに博多の商人に対し
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     運上金の見直しもするお
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     富の再分配だお
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


やる夫は意気揚々と 新政策に取り組もうとしたが……

114名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:49:16 ID:OqtgZlc2
農村が疲弊したときに検地は…

115 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:49:20 ID:KFoOKuVY
【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧       ヒソヒソヒソ……
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    デモ アレガ……
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u   ダカラ ヤッパリ……
     `u-u'. `u-u'


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \     あ あれ?
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

116 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:50:01 ID:KFoOKuVY
【否決】
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

117名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:50:16 ID:rtWUlur2
荒山徹と臨海君の関係については「やる夫で紹介する歴史伝奇」を参考にするとよか。

118 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:51:00 ID:KFoOKuVY
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   ななな なんでだおーーーー!
  \    |ェェェェ|     /



               |\
       ___z───┘ ∨|__
   ∧  __〉  __,,   u      /
  (__,) \   ゝ゛| ̄ ̄ ̄∨ヽ、゛>
      <   ミ ,-==ゝ  r=‐、| ,>
      < u |          lゝ   いえ 小作農保護はともかく
.      <   | 三≡=   =≡{
       {⌒ヽ | ""    、 "" |    検地はちょっと お薦めできないかな〜って
       `‐-、.`         {
         ヽ、 u   ,‐‐-‐、/
        ___>、 └-‐<____
       ,ィ´: : :/ \,_,/  \: : :`ヽ、
     /: : ::/          \: : : :\
.   /: : :: : :i             i: : : : .:\
.  /: : :: : :/|             |゛\: : : :.:\
. 〈: : : : : :〈  |             |   〉: : : : ::〉

119 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:52:01 ID:KFoOKuVY
         /   /: : : : : :/: : :/: /7^ー--=rヽ: : : : : : ヽ : : ヽ
         /: :, ィ/: : :/ : : /: //     | |: :|: :| : : : ', : : ハ
          ,イ : / / : : / : : 十7メ、_    | |: :|: :| : : : :ハ : : |
       /: /  / : : :' : : : ∧| {       7⌒!:7 : |: : : : : |: : :|
        / '    |: : : :|: : : / ィ≠ミ    / ィzxハ: |: : :│ |: ∨        やっぱ検地は中央に任せるか
            ,ィ| : : ,ィ: : / /仍        ィzxヾ|/|: : :│ |: : :\
            ,ィ| : / |: :ム 代;ソ      {i::爿 ㍉|: : :∧ | : : ヽ:\      その指導の下で行なったほうが良いんじゃね?
              | /イv |' } =ー  .    弋ソ 〃!: :/: :| ! : : : ハ
              |': ィ: :Ⅵ {.:.:.:.   ー'ーァ `=彡  | /^ヽ|/:\- 、j
          / /: : : : : >、   ∨  }   .:.:.:.:  j/__ノ:j : ヽ \
           /: :, - ' 〃{> 、ー ' __ , . :<´|\: : : : : :「\}
   ,  - 、       {/     /  V:ィ≦厂 {≧x :∧:!  \_ : : |   , ― 、
 /     \           /  {    /  ヽ| ヽ   \;j /     ',
/       \       /   |    /     \       /       ',
         }  ヽ      /ヾ\  |   ./    /:>、    /        ',



        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)       なに言ってるお!
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |      その中央で検地の指導をしてきた宗永が
   \        lェェェl /
    /         ヽ       やる夫の家臣にいるんだお!!
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

120 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:53:01 ID:KFoOKuVY
        ノ L____
       ⌒ \ / \        これは小作農のためにも
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     小早川家のためにもなることだお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !    絶対にやるんだお!!
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       �堯�l、E ノ <
               レY^V^ヽl



      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *    見てるがいいお
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。   今こそが 丹波亀山での経験を
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。      聖護院での勉強の成果を発揮するときなんだお!!
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'


やる夫は 家中の反対を押し切り この改革を断行した

121名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:53:05 ID:xnxsqQww
検地=もめ事は最早常識のレベルかw

122 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:54:00 ID:KFoOKuVY
しかし……

 ,rn             .n!inn
r「l l i.n  .,. -──-、   .ni l l h
| 、. !j/. : : : : : : : : :\ .i !.:  |
ゝ  f. : : : : : : : : : : : : :ヽ.ゝ ".ノ    殿様よぉ
|===┤ : : : :,-…-…-ミ: ::',|==┤
|─-┤ : : : :i '⌒'  '⌒'i: : :}─┤    百姓から土地の線引きについての訴訟が
|─-┤ : : : :| ェェ  ェェ |: : }─/
|─-┤ : : : :|   ,.   |:::;ト-/      山ほど届いてるぜ
.ヽ─ヽ : : : :i r‐-ニ-┐|::ノ/
 ヽ─' ゞイ! ヽ 二゙ノイゞ/
  |─    `ーー一' ´ /


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |    え?
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

123 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:55:00 ID:KFoOKuVY
             ,、__
            /ヽ   ``ヽ
           // ̄' ̄ ̄ヽ.\
           `i |,_, ,_,、 i .>    博多の商人からも
           ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.
            | ̄,.レ,..、  )7     運上金に関する厳重抗議がありました
            ! ''===i  /'.
            ヽ `! !' ,//\_
         _,―イ>`'´‐< /  \_
       _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
      _/ |i   |  ///' /  !_      \
     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
     >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
     「   | i  | | | レ'  /    :|      |


         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    え え え?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

124 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:55:45 ID:KFoOKuVY
やる夫の改革は たちまちに立ち行かなくなってしまった

         ___
        / .u   \                  なんでだお……
      /((○)) ((○))\                 
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)    なんで こんなに上手くいかないんだお……
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



やる夫の誤算は まず丹波亀山と筑前筑後の条件の違いにあった

125名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:55:48 ID:zSGR3V12
>121

朝鮮の陣のおかげで検地による小作農のメリットよりデメリットのほうがでかくなりすぎたからなぁ。
不信感もたれてもしかたないのか・・・

126 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:57:12 ID:KFoOKuVY
やる夫の旧領 丹波亀山とは
やる夫の拝領する前は 羽柴秀勝・豊臣秀勝・秀吉の直轄と
10年以上を豊臣家で経営されていた比較的安定した土地であった


      ______
     (⊂二二二⊃)
  NV    ̄ ̄ ̄ ̄
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \     俺ッチも 先代秀勝様も領主であった期間は短かったから
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|     丹波亀山は実質上 ずっと太閤殿下の直轄地も同然ッスね
  レ!小§  (●)  (●) | イ
   レ §   (__人__)  |ノ
   ./  ゜。 ∩ノ ⊃  /
   (受\ / _ノ |∞|
   .\ “  /__|  |  ← 豊臣秀勝
     \ /___ /



それに比べ 筑前筑後は大内氏の興隆と滅亡以降30年以上を
陶・毛利・大友・竜造寺・島津と その勢力争いに巻き込まれ続けた土地なのである

127 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 21:58:47 ID:KFoOKuVY
秀吉の九州平定後 筑前筑後は隆景が治めることとなり
これまで9年が経っていたが
その間も隆景は「小田原平定」「唐入り」に忙殺され
領内経営も十分とは言える状況ではなかった


 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!   いくらなんでも
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|        同時に出来ることと 出来ないことはあるからね
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤


さらに やる夫にとって問題だったのは 博多という町の成り立ちである

128名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:59:01 ID:rtWUlur2
国人衆の力の違いか?

129 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:00:06 ID:KFoOKuVY
博多は 島津が九州を席巻した際 壊滅的な被害を受けた
これを秀吉の命を受け復興したのが 側近中の側近である石田三成であった


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´   ← 石田三成
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |              ∧ ∧
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、           (*‘ω‘ *)   実際に町割りを担当したのは僕だよ
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、           (   )
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`           v v
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..            川   ← 景轍玄蘇 宗義智の外交顧問
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ          ( (  ) )
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::.


すなわち博多は
小早川家の領地でありながら 半ば秀吉の直轄地のような性格を持っていたのだ

130 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:01:01 ID:KFoOKuVY
元太閤秀吉の養子といえども
博多は とてもやる夫の手の負えるような町ではなかった


      ___
     /\:::::::::/\.       だからと言って
    /:::<◎>:::<◎>:::\
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\     中途半端な形で改革を止めることは出来ないお
  |     ` ー'´  u   |
  \  u   :::::     /
  /    :::::::::::::::::::    \
/                 \  〈〈〈 ヽ
                   (〈⊃  } }

131 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:02:19 ID:KFoOKuVY
      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶     みんな がんばるんだお!
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l     ここは なんとしても やり遂げるんだお!!
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)   …………
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


それでも やる夫は諦めずに踏ん張ったが……

132 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:03:18 ID:KFoOKuVY
         /   /: : : : : :/: : :/: /7^ー--=rヽ: : : : : : ヽ : : ヽ
         /: :, ィ/: : :/ : : /: //     | |: :|: :| : : : ', : : ハ
          ,イ : / / : : / : : 十7メ、_    | |: :|: :| : : : :ハ : : |
       /: /  / : : :' : : : ∧| {       7⌒!:7 : |: : : : : |: : :|      殿
        / '    |: : : :|: : : / ィ≠ミ    / ィzxハ: |: : :│ |: ∨
            ,ィ| : : ,ィ: : / /仍        ィzxヾ|/|: : :│ |: : :\     隆景様の旧臣のうち かなりの人数が
            ,ィ| : / |: :ム 代;ソ      {i::爿 ㍉|: : :∧ | : : ヽ:\
              | /イv |' } =ー  .    弋ソ 〃!: :/: :| ! : : : ハ     お宮参りに出掛けちゃいましたよ
              |': ィ: :Ⅵ {.:.:.:.   ー'ーァ `=彡  | /^ヽ|/:\- 、j
          / /: : : : : >、   ∨  }   .:.:.:.:  j/__ノ:j : ヽ \
           /: :, - ' 〃{> 、ー ' __ , . :<´|\: : : : : :「\}
   ,  - 、       {/     /  V:ィ≦厂 {≧x :∧:!  \_ : : |   , ― 、
 /     \           /  {    /  ヽ| ヽ   \;j /     ',
/       \       /   |    /     \       /       ',
         }  ヽ      /ヾ\  |   ./    /:>、    /        ',



        ____
      /  ノ  ヽ\      なんだお それは!
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ    このクソ忙しい時に なに考えてんだお!
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /     とっとと連れ戻してくるお!!
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

133 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:04:12 ID:KFoOKuVY
           _  \       ´       l: :l
            \\ ヾ:、           ノノ
            _\\ヽ-.─.─.-.、_ /'
         /-:‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`´.、
       ,. ‐:´: :,: : : : : :/: /,──┬、: ,: : : : : : : ヽ
     /: : :_/: : :,: : :l: :/ l     l ヽ:ハ: : : : :、: : :ヽ
    /-‐ ´ /: : : :/: : : l /│   │、」:ハ: : : : :l : : :l
       /: : : : l: : : Aイ´l    l  V-ヽ: : : : lヽ: l
         l: :/l: : l: : : ハ∟」    l ‐ユz、、:l : : : :Lヽl      あ〜〜〜
         l:/│: l: : :/ /'O`l     ん::`lzヽ : l: :l :`'ヽ、
         /  l : :l: :ヘ〈 {ん::l     {::しヽlヾl : l: :ト、: : 、‐`   わたしは今 なるたけ
         ,/l: A: F.l 辷リ     辷リ  l: ∧:l \:ヽ
         ´ V‐:V:‐l            V _〉': : :、:ヽl    穏便な表現をしたつもりなんだけど
         //// ̄ヽ、 `'` '    /`lヽ: : : : :ヽヽ
              /       l‐. .、_ イ:´ : l∧l \、: : l `
           /  l     lト ´┘ └'`、_」 l   `ヾl
            /    l      lヘl    /   ヽ、     `
         ト、l ○l    ハl    /   _ ,≦
         |│   `     l  /  //´ ┤
        /. l    l       l / // /、_,┤


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     へ?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   それは どういう意味かお?
 \      ` ⌒´   /

134 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:05:00 ID:KFoOKuVY
         \、\ヽ、.,ィ'゙          ``ヽ,
       ,....--`ゝ                 ヽ,
     ,.ィ'´_,,..ィ'''' /   ,   ',  ,         ヽ
   /-'''フ'゙    /  l /r、ィvィ''| |       i  , |
 /´ ./    /  | / |    | | |、   ,    |  ', |
   /    /   i  ,| | .|    .| .| | ヽ  |    |  ヾ|
  /  /i   |  / |.| .|    .| |.| ヽ  |    .|   ヽ,
 ./ ./ ./   .| / .!| |    | |l  ヽ .|、   i |_‐-- ,,,, ヽ,     宮参りに出た連中は戻ってこないよ
 /'゙   .|  /゙i | ヘ __!\! ,   、 _,ィ  ', | .i   | | ゙゙゙̄<⌒``
. '    | / ',.| .|{ ', ’''‐--    _,,,,,..V'゙ |  .A .|'i  、 ヽ,      ようするに仕事のきつさに耐えかねて
     |./   > |'ヽ| ヾ=‐     ’、,,,,,.ィ   ! .ハ|ノ  ヽヽ,ヘ
     レ  /ィ!|  '、         `~    ,〉/''゙!|、    ヽ ``     逐電したってこと!
       /'゙/  ,,ィ`r 、,_ ,..-‐ヘ  _,,./,レ、 ヽ'''‐\  '、
        | / ,/ィ/  `ヘ_,,,)'''く´ / '、| \、',   \、i
         レ゙ .//     }  i゙l  ``、     `    `
         .///       /||  |  ./:ハ
         //゙       / N .i  /:/ /''|
       〈v゙゙゙゙゙゙゙'''''‐‐ 、, .代Ni / /./ /,ノ |


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

135名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:05:34 ID:qUNfw4o2
やる夫カワイソス

136 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:06:00 ID:KFoOKuVY
ただでさえ少なめだったやる夫の家臣が ここにきてさらに減少
おかげで やる夫自身も
寝る間も惜しみ働かざるを得ない状況に陥ってしまった


        ____
      /_ノ   ヽ\        やるしかない!
     o゚((○)) ((○))゚o
   /     (__人__)   \     やるしかないんだおぉぉぉ!!
    |      ` ⌒´     |
   \            /
   ノ            \
. /´                 ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

137名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:06:16 ID:OxcatATY
上手くいかんな

138名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:07:15 ID:IvVx0XT.
やる気出したらこの始末

139名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:07:31 ID:rtWUlur2
gdgdにもほどがあるw

140 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:07:43 ID:KFoOKuVY
        ____
      /     \
     /         \
   /    ─   ─ \    やる…… しか……
    |     .(ー)  (ー)  |
   \     (__人__)  ,/    な い  ん   だ     お……
   ノ        ` ⌒´  .\
. /´                 ヽ                
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.       カ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))   タ  カ
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐      タ
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l  
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

141名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:08:14 ID:jXOGpz0E
切ないな…

142 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:08:25 ID:KFoOKuVY
  :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::
  :::::: ::   ____   :::::  ::::  :::
  :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  :::: ::::/   ::     \::  :::  ::
 :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
 ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::   …………Zzz
  ::: \     (__人__)  ,/ :  :::
  :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::
. /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

143 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:09:26 ID:KFoOKuVY

        ∧,,∧  .∧,,∧          やる夫様
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)     報告文書の作成が完了しました
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'      ← 比較的従順な隆景の旧臣のみなさま



  :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::
  :::::: ::   ____   :::::     Zzz……
  :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  :::: ::::/   ::     \::  :::  ::   そこ…… 置 いとい て……
 :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
 ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::    後で…… 見る お……
  ::: \     (__人__)  ,/ :  :::
  :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::  Zzz……
. /´               ヽ  :::             Zzz……
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

144 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:10:35 ID:KFoOKuVY

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  ……寝ながらの謁見とは ずい分な態度だね
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'




      ∧,,∧  ∧,,∧           やっぱ やる夫様は
 ∧∧ (・`  ) (  ´・) ∧∧
(ω・` ) U  )  (  Uノ( ´・ω)      僕たち隆景様の旧臣を疎んじているのかな
| U   u-u   u-u (U  ノ
 u-u ∧,,∧  ∧,,∧  u-u
    (・ω・`) (´・ω・)        うん そうかもね
    (l  U)  (U  ノ
    `u-u'.  `u-u'

145名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:11:24 ID:ju3AaNG.
やっぱり子供に負わせるには重過ぎるというか、
秀吉か小早川家の方でフォローしとかんと……

146 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:11:30 ID:KFoOKuVY
       | \{ |,へ、-―― - ..   丿 ノ
       ゝ   ! { r _、_    ヽ ` <,< _
   / ̄    /| |´  \ハ    ',     _ >
  ∠...__   /  | |イ・  ̄∨    ,   \`ー―――ァ    殿〜〜〜
     /  jr  ヽ.l  ー-=ヘ l、  }ヘr 、 ヽ    /
    ./   | 1 ,     _   ヽj ヽ |  r\ j   <       またまた家臣が お宮参りに(ry
   /  /:| .| /・ }' _ノ  \      _ 丿 <  ̄
 ∠ __ / ヽバ 丿 ヘ     ',     /     \
     { /| .ハ   \  _ ノ    〈   l\{\  ヽ
     | / ヽ ,へ.           \┴‐- 、 ̄
     レ  ∨   >  .. _ .. <ヽ   `,二}  \
         / イ  {/| / V >‐ ┴ 、   |    \
          | /  レ  /      ',   |     \
          レ'     /        }、  .|     イj__
                /  /      ヽ\j   イj/    ヽ
                  /  iO/      ヽ l, イノ./       \
              {   | i        ∨下イ          :',




   /     /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /  ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   '  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/' / ,:'/,:   /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:    /,:    / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /' / / ,:'/,:
/ ,:'/, / ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,: / / / ,:'/,:
 /    /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /    / / /'/,:
/  /' /  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /' /    ,:'/,:/' / / ,:'/,:
/ ,:'/,: / ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:   /'  ,:'/,:/
          ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

147 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:12:31 ID:KFoOKuVY
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   も もう お終いだお……
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


こうして やる夫の領国経営は
にっちもさっちも行かない状態となってしまったのである……

148名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:13:19 ID:zSGR3V12
やはりまだ家中ににらみがきく後見人が必要な年頃・・・

ってダメだ。
隆景がまだ健在なのに後見人なんかつくわけない。
隆景が助ける気なしな時点でダメか・・・

149 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:14:00 ID:KFoOKuVY
文禄5年 春  朝鮮国
久々に このお方の様子を見てみよう

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    あはははは
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/     じゃ やっぱ ゲリラ活動は
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/      止めてくれないの?
             iN \.  ` ニ′/}'
              礀   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、    ← 加藤清正
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

150名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:14:18 ID:rtWUlur2
13歳には荷が重過ぎるだろ・・・

151名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:14:47 ID:fyzOUMhQ
このお方キターーー!

152 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:15:00 ID:KFoOKuVY
        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、    当たり前じゃ あほ!
   ,;"          ';、 
  /   _ 僧 ;⌒`、  |     それより お前たちも
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )    とっとと半島から出て行ったらどうじゃ?
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  $$;ヽ______| $$$   ← 義僧都大将 惟政(ユジョン)
  $$$ー─`-- '──$$$


講和交渉からハブられたこともあり
朝鮮国の義兵たちは在番の日本軍に対し ゲリラ活動を続けていた
清正は この対策として義兵の指導者である惟政と独自の交渉を行なっていた

153名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:16:21 ID:DmoL3Gvk
どこもかしこも泥沼状態だなぁ

154 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:16:26 ID:KFoOKuVY
惟政は気骨のある男であり 清正との間に次のようなエピソードを残している


          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!    朝鮮ってのは思ったよりショボイ国だな
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |    それに比べ日本は 独自の文化が発展し
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!       銀の力で世界中の宝も集まってくる
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /       お前には なにか宝のようなものはあるのか?
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\


清正は惟政と初対面のとき このような挑発をしたのであるが これに対し惟政は堂々と応じた

155 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:17:15 ID:KFoOKuVY
        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、      ふん! そもそも わしは僧籍にある身
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、   |       宝などとは無縁の生活じゃわい
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )      だが あえていうなら 目の前に大きな宝が転がっとるわ
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$

156 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:18:13 ID:KFoOKuVY
        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ      清正殿
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
   ,;"          ';、     我が国では お主の首に邑1万戸の懸賞金をかけたぞ
  /   _ 僧 ;⌒`、   |
  |  / `i /   i  |    今 その首を刎ね飛ばしたら
  ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )
  (.  /`‐(_つ, - 、   )    これこそが なによりにも勝る宝となるわい!
  $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$



    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!
    / ` |               |/,/,l/       ん?
   /                  |V /
  '             ヽ- ,.. ノ           僕の首が 邑1万戸の懸賞首だって?
  \     `ー------- '/ ヽ
.    \            /    ヽ
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |

157 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:19:18 ID:KFoOKuVY
                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!    あはははは
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    それは確かに たいした宝だ
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/      うん! 惟政!
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'        お前も その答えも 気に入ったぞ!
              礀   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


戦国武将は 自分を高く評価する相手には 敵味方を問わず好意をもつものである
特に清正には その傾向が強く見られた

158 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:20:02 ID:KFoOKuVY
        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、   |    ふん こんなことで気に入られても
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )    嬉しくもないわい!
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$


また惟政も この清正の豪胆な応答に少なからず好意を抱いた
こうして清正と惟政は 敵同士でありながら互いに一目置き合う間柄となっていた

159名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:20:48 ID:OxcatATY
ツンデレw

160 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:21:00 ID:KFoOKuVY
そして この時期 清正は惟政から驚くべき情報を得た

        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、    だいたい お主らのやっていることは無茶苦茶じゃぞ
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、   |    明国には全面降伏を謳っておいて
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )    いまだに この半島に居すわるとは矛盾も甚だしいわい
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l    え!?
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ     おい なんだよ その全面降伏ってのは
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

161名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:21:05 ID:5Hj8.OaA
強敵と書いて親友(とも)と読むって奴ですねわかりますwww

162名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:21:22 ID:ju3AaNG.
トクチョンカガンのあの人だっけ、惟政って?

163 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:22:47 ID:KFoOKuVY
        /|\
       /│ `r
       / │  ヽ
     ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、   ん? 知らんのか?
   ,;"          ';、
  /   _ 僧 ;⌒`、   |   貴国の秀吉殿下は 小西行長殿を通じて
  |  / `i /   i  |
  ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )   明国に降伏文書を提出したというぞ?
  (.  /`‐(_つ, - 、   )
  $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  $$;ヽ______| $$$
  $$$ー─`-- '──$$$


              ,. -─- .、,
               ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
              ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
             ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
           l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
           |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',     な!
            ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
            ヾヽヘu  |';二::!  入',     お おいっ!
             `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
       ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj      その話 もっと詳しく教えてくれ!
     /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
    ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
   /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
  r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
  / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
 ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
 i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
 |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
 ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


清正は 惟政の口から「関白降表」の存在を知ってしまったのである

164 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:24:05 ID:KFoOKuVY
.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l    殿下が こんな文書を発給するなんて有りえない
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !    となると こいつは……
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!      明らかな偽書!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ      行長の欺瞞交渉の証拠に違いない!!
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

165名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:24:21 ID:ju3AaNG.
こーゆー時に空気読めない人がw

166名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:24:52 ID:qUNfw4o2
ぴったりな配役だなw

167名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:25:09 ID:r7xmo.oA
実際は、挑発したとかそんなんじゃなくてただ「宝はあるか?」って聞いた
だけなんだよ。むしろ挑発したのは松雲大師の方。この人は会談の初っ端から
清正を皮肉ったりしてる。

168名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:25:25 ID:D/ZInSXc
AAのせいかここの朝鮮武将達には妙な愛着が沸くから困るw

169 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:25:52 ID:KFoOKuVY
   :::::|| |!. 、                r ´    
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ       ふ……
            、        / 
          、.   , -‐丶   _ ′        ふふふ…… 行長!
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

170名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:26:24 ID:M1ssEJ.g
>>64
「うちのおとど」なら合ってね?

171 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:26:56 ID:KFoOKuVY
| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄| | ̄|  | ̄|
|  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|  | ̄   ̄│
|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌ |  |二コ ┌'
|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └ |  | o  ヽ
|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/ |_|、_ハ/
 .||.|| |.||.||.|| | !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |.|||.||.||     \
 .||.|| |.||.||.|| jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|.|||.||.|| |     < やってくれたな! 行長!!
 .||.|| |.||.||.|| l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |.|||.||.|| |     <
 .||.|| |.||.||.|| ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |.|||.||.|| |     < しかし このことが都に知れたら……
 .||.|| |.||.||.|| |ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |.||.||.|| |.     <
 .||.|| |.||.||.|| |.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |.||.||.|| |.     < お前は もう終わりだ!!!!
 .||.|| |.||.||.|| |.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |.||.||.|| |.     <
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | ||||.||.|| |     /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | ||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | ||||.||.|| |
 .||.|| |.||.||.|| |.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | ||||.||.|| |
 .||||. |.||.||||. .|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|.|||.||||.

172 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:28:01 ID:KFoOKuVY
清正は直ちに この事実を都に注進した

      、_ ___
     , '´ ,. -_二ニ ヽ、//二ニ ‐、
    / / / // ,」V∠二_‐-、 ヽ
  // / // /i / !/ /   ヽ `ヽヽ ヽ
 ノ/〃 ./: / / ! / i    、i ヽ、\ i
  i l:. /::: i| / /,ノ |      |  i  V|
  ! !::: i::::: ||  //|  | i   l ! i|  | |.N
 | |:::. |::: ||/ ! l!  l |  ! / / |  i | |
 | |::: |/ハ!ト、ヽ>;、  l| iノノ,,_ノ  ノ,,ノ_/!    ━━┓┃┃
  l | |i|  ! ||ヽ.〈爿 ヽ|| |'く(ソ`  ̄7iソ} l/       ┃   ━━━━━━━━
 ヽl!||  | ハ\ハo、 | ! “   :. “! l|        ┃               ┃┃┃
    || |∨ |i |f」|_ ヽ.! |      _,'´/! l|    ゚                       ┛
    || |/ /||./~|「  ゙|ト、.ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚          
    ヽ ノ/ レ'´  ' \ || 。≧       三 ==-
     リ ,ム     `ヽ、-ァ,        ≧=- 。
      _,ノ `L__  __  イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
               ≦`Vヾ       ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


   |\        /|
   |  \──< . |         ━━┓┃┃
   レ        |          ┃   ━━━━━━━━
  / -=・=-  -=・=-           ┃               ┃┃┃
  |   ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
  ヽ、 。≧       三 ==-
    >-ァ,        ≧=- 。
       イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
      ≦`Vヾ       ヾ ≧
      。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


          ,r----/ ̄ ̄\--- 、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\
    / /:./:.:.:/.:.:.:.:.:.:,イ_;A:.:.:l.:.:.、_:イ:.:.:.:l.:.:.:.:.:.ヾ:ヽ
   l l:.ィ':.:.::l.:.:.l-‐7"|_/ |:./i:.:.:.:./_iーュ':.:.:.i:.:.l.:.:l \
.   l i/ l:.:.:.l:.:.:l.:.:レ"レ'_ヾ/ l:.:.:.:〃_1Xヽ.:.:l.:.:ト.:.l
   l/ ! l:.:.:.:l.:.:|.:イ  ゞ  l.:./ ゞ  ! ト;|:.:.:.|ヽ!
  /   l:ハトr、∨  -‐  /   ー-,,  ト从l∧   ━━┓┃┃
  /     {"!ヽ! ゚ ""         Y   ヽ      ┃   ━━━━━━━━
 く     ヽ ミ              ゚/   /     ┃               ┃┃┃
  /\      ミヽ   ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                        ┛
 / l 7─7~ヽ_>ミー。≧       三 ==-
./ l i   l   ,r" /,-ァ,        ≧=- 。
'  l l  l   /   __/  イレ,、       >三  。゚ ・ ゚    ← 宗家重臣 柳川調信
  l l  l  }=‐'"" ! ヽ≦`Vヾ       ヾ ≧
             。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

173 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:29:02 ID:KFoOKuVY
   |\        /|
  ; | u\──< . |
   レ  ノ  u ゝ_|;
 ;/ -=・=-  -=・=-    か 関白降表の存在を……
  |u          |;
 ;ヽ、u  ^+++] uノ
    >     <


       //// /、  ヽ \ \ \
      /// ./ / i ヽ  ヽ ヽ  ヽ ヽ
    / / / / /  .|  |  ヽ   |  |   ヽ、 ',
   ./ /./ / |   |  .|   ヽ |  |       '
   〃 | | |  |   |   |    |. |  |       |
   |  | | |  |   |  |   |   |      |
   |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
   |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |  
   |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
   |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
   |  |l                |!   レ |   | |    「鉦や太鼓を叩いて騒ぐ馬鹿」が……
   |  !l    、.        |!   |  |   | |
   |l   ト、              |!   |  |   | |
   i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
   |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
   |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |
   ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |

174 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:30:01 ID:KFoOKuVY
ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川川川彡
三                           三
三    こ  こ  に  い  た  !!    .三
三                           三
彡川川川川川川川川川川川川川川川川川川川ミ
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ '
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' :
              | | l| /,. r '´
             |/ / /

175名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:30:45 ID:hOtkvfCo
あ〜あw

176 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:31:00 ID:KFoOKuVY
この報告を受け 困惑したのは秀吉も同様であった
しかし それは清正の考えていたものとは 全くの別方向のものであった


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 ○ |/  レ ○ }|:./ヽ: : | ━━┓┃┃
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     ┃   ━━━━━━━━
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((    ┃               ┃┃┃
      \_!     ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
        ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
      ___,r| \。≧         三 ==-
    /:/::::| \  -ァ,          ≧=- 。
  /::::::/::::::|  \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
/:::::::::::/::::::::|     ≦`Vヾ        ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


「関白降表」自体は 秀吉も黙認していたものである
だが同時に 国内において独裁性を強めていた秀吉にとって
その権威を傷つけるような この文書の存在は秘中の秘でもあった

177名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:31:11 ID:5Hj8.OaA
やっちまったな!いろんな意味で!!

178 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:32:01 ID:KFoOKuVY
早い話 清正のように この文書について騒ぎ立てられることが
秀吉には一番の迷惑なのである


.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !      あ あの馬鹿
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /        なんてことをしやがるんだ!
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!

179名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:32:24 ID:rtWUlur2
これで全てのお膳立てがパーかw
行動力のある馬鹿は始末におえないなw

180 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:33:07 ID:KFoOKuVY
\                              /
<      清正を…… あの馬鹿を        >
<                             >
<   大至急 一刻も早く日本に連れ戻せ!   >
<                             >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
          j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
         |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
.        、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
        フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl  −、_
        / j、八i  ´  j〉   爪i         ハ
       /   ハ jヽ、  t_ア .ィ   !    〉  , !
      /    |  { > __/ ,!   !   〈   / {
     ,     〈 l   t―- 、 / !  i     v /  {
.    /       , 、  \      '   !     レ゙   i
    {   〈`ヽ  j__ \   ヽ  /   〉    {     ヽ
.    〉 \ ヽ ∨ ) }  >= 、 ,`=v   /    ′    ゙,
   |   丶} ;'  厶_/  //  /!  /    ! {      !
   |     ∨ /  /  //  , !  /    }!     鄯
   {      ′/、 /  〃丶,′! .゙     ヽj       {
   ヽ     〈  ゙ y   /  /、丿イ       〉       ム
   丿   __>、 ′  ′// 丿      ∠         }


こうして 加藤清正には帰国命令が下ったのであった……

181名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:33:37 ID:ju3AaNG.
ここらへん秀吉も一応理解はしてたというか、
もう興味ないしな朝鮮とか。

182 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:34:45 ID:KFoOKuVY
5月6日
清正とは逆に ここにひとりの男の復権がなされた


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)    2年ぶりの都か……
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、  ← 近衛信尹
 ヽ__ノ


元左大臣・近衛信尹
配流崎の薩摩より赦免 都に帰還をはたす

183名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:35:14 ID:IvVx0XT.
お、ない夫お帰り

184名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:35:30 ID:ju3AaNG.
あら、ない夫帰ってきた。
もう九州に骨をうずめるものとばかり

185 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:36:20 ID:KFoOKuVY
信尹が赦されたのは 島津家の運動もさることながら
「秀次事件」でダメージを負った公家勢力に対する
秀吉の ほんのわずかな心遣いであったのかもしれない


         / ̄ ̄\
       /    \ /\    父上
       |    ( ●)(●)
       |     (__人__)    今まで ご迷惑をおかけしました
         |     ` ⌒´ノ
         |         }     近衛信尹 ただいま薩摩から帰還いたしました
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

186名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:36:32 ID:rtWUlur2
行長を始末したと思ったら自分が始末されそうになってるでござるの巻

187名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:36:52 ID:hOtkvfCo
何気に九州で楽しそうだったよなw

188 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:37:00 ID:KFoOKuVY
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
       /`ー、:::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      .{::::::::::``'ー,、_::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ノ、_:::::::::::::::::::::`'ー-,/、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
     /;;;;;;;;7`'ー.、_:::::::::::::::/;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'}
     !;;;;;;;;/    `'ー-.、」_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
     ノ;;;;;;;;;!   <ニニ)    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i;;;;;;;;;;;;;;〈
    _i;;;;;;;,r'           (ニニニ〉::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;i
   /rl;;;;;;r'     ..,,       ..: ::: :::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;l
   l.l l;;;;;!   ,,-==‐..,    ..:::::::_,,:::::::::::::ヾ、;;;;;;;;;;;;;;l
   'l.li;;;;!   ,-r―ェ、   . : :::.,,-―-、::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;l
    l.`;;i   `'ー='‐-',  : :: :,_-ェ―ッ、`:::::::::::'i;;;;;;;;;ス
    .l l;l    `'ー=-'´   : :::::;;`'=='"ー':::::::::::::!;;;;;;/;;;}
     ! i;!          .: ::: :::`'==='"´::::::::::/;;;;;/;;/
    `i;!          :: :::::::::::::':::::::::::::::::::/;;;;;/;;/   おお……
     !      (,、 ..::::::ヽ、:::::::::::::::::::::::::i;;;;;/;;/
      'l    ,/´   ヽ-r'~`' 'l,::::::::::::::::::::::l;;;;i_,ノ     信尹 よくぞ戻った……
      l   ,/     l :::::::::::::i、::::::::::::::::::l;;;l´
      ヽ   ,-―-,、_,__     〉::::::::::::://
      ∧    `'ー===-`ー―::::::::::::::::::/
     /( ヾ、   :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::/,、
   _/ ! l ヽ   ,..:: :::: :::::::::::::::::/::i .l:::\
 / ./   ! i,  ヽ、_..: :: :::: ::::::::::::,r'´:::::::l l::::::::l`ヽ、    ← 元太政大臣 近衛前久
  ./    i i,   `'ー---―‐':::::::::::ノ  }:::::::ヽ:::::\
  <      \\ ..:: ::::: :::::::::::::::::::::::/  ./::::::::::::〉::::::::`'ー-,.、_

189名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:37:35 ID:ju3AaNG.
しかし、秀吉がくたばるまで、九州で身を潜めていたほうが安全かもしれんなあ。

190名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:37:50 ID:IvVx0XT.
麻呂がなんか煤けてるぞ

191 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:37:59 ID:KFoOKuVY
  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ    信尹……
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |     お前が都から離れている間に
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i        世の中はがらりと変わってしまったでおじゃる
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ……父上
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

192 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:39:23 ID:KFoOKuVY
         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}     秀次様亡き後 関白の座は空位のまま……
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、    それどころか 左大臣・右大臣も不在の現在
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//     太政大臣である太閤殿下を除くと
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ      最高官位は 内大臣であるこれまた武家の徳川家康殿……
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り        世はまさに軍事政権である豊臣家に統べられ
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、      公家の権威は地に落ちたでおじゃる
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

193 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:40:15 ID:KFoOKuVY
        /:;:;:``丶、、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;``T;:;:ー――;:;:'';:";:´ ̄;:;|
       /三'ー- 、:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:___;:;ョ――彳
       !三、 r=ぅ` ̄ ̄,二、    _Z三三ミ'、
       ,'ミ'^   ̄      ゙ー'   -ニ,三三三;}
       lミ,! '´ ̄`゙ヾr'_ 、_,-' " ゙゙ " '  'ヾ三三ム、
       {ミ! `、二ニ'` =キ ー‐--_;彡'  }三シT'i|   まさか……
       ヾ!    ,ィ:   :.、` ̄´     ,}三/i Y/
       l !   /(_  ,,..ノヽ      }三リ レ/    まさか こんなことになろうとは……!
       { l,  /   `"´   ヽ     }三、_ノ
       `'、 '  fエェェェz、、 ',     彡z‐ミ、
         ヽ   ゙トミ二二≧) ;  i    シ} ヽ、
          ヽ  `'ー'-'-'‐'′ノ ,'  / / /:.ヽ
            ゝ.丶 ̄ ̄´ '" ノィ"  / /:.:.:.:.ヽー 、
         /イ`i 、 ___,. ィ゙´ヽ',/ /:.:.:.:.:.:.:.) ,}、
    _,. -―ァ' /:.:.l 丶   :.:.:.:hj.  / /:.:.:.:.:.:.:./ / 丶、
_,. - '´    { ヽ:.:.:ヽ ヽ、   } / /:.:.:.:.:._,.:-'゙ /     \



        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    ………………
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

194名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:40:44 ID:5Hj8.OaA
公家の存在価値が無いも同然だもんなあ、、、

195 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:41:01 ID:KFoOKuVY
   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\     父上……
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│    そのような些細なこと
 |     ` ⌒´  |
  |           |     どうでもいいではありませんか……
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |


         | ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
         l、__;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ,'三ニ' ̄`¨` ''ー-'-一'' "¨゙´ ̄三三{
        l三ミ   ∠三)   (三ヽ   ィ三三!
        l三シ′  . :: .     . :: .   ヾ三三}
        i^l三   _,-‐-、     , -- 、  'ミ三ム
       ','l三   ,ィ'でoゝ、:  :. ,ィ'でoュ、  '三/i ',
        Yヾ'   ミ三テ' /  ', ヾ三彡'   l::/ il ,!
          l ',;i      .:   :.       l:lソノ/
        丶イ     ,ィ    ヽ        l:l /
         li,      / `^'ー'^'丶     l:し'     些細……とな?
          ',       し        jノ
            ヽ    ,r===、       ハ、
             ヽ   K!::::::::l,}     ,ィ' リ ト、
           ,小、' , l:.L::::ノノ  ,. ' ,/ l/ /:.ヽ
         , -/ ll ヽ',ヽ'二'ン ,:' ,// /:.:.:.:.ヽ- 、、
       _,/イ:.:.:ヽ 丶.,__,,. ノ /  ,/:.:.:.:.:.:.:.:.ノ l
  ,,. -‐ ''"´{、 ヾ、:.:.:.:丶、     /  /:.:.:.:.:., - '" /` 丶、
'"´      {`丶、` ' ‐ゝヽ,__,∠ -―'一 ''"´  /    `丶、、
       ヽ、  `` ' ー―-----―― ''"´ _,, - '"         `丶、
         ` ` ' ――-------―― '' ´               \

196 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:42:00 ID:KFoOKuVY
           / ̄ ̄\
         / _ノ  .ヽ、\        父上
         |  (●)(●) |
         |  (__人__) .|        わたしたち貴族の価値は官位などにはありません
          |   ` ⌒´  ノ
  r─一'´ ̄`<ヽ      }         わたしたちの血に流れる 日本の伝統的文化
  `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、 
    ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).    これこそが わたしたちの本当の力なのです
   /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
  (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
    / // / /         . . \_\_)、_)
    ー' {_/ノ              ."´

197名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:42:15 ID:hOtkvfCo
覚醒したw

198 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:42:58 ID:KFoOKuVY
         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)      わたしは この文化の力で
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }       貴族の存在意義を明らかにして見せます!
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



    ト、;;;;;;;;;;;;;;;` ` '' ー -- ‐ '' ";;;;;;;;;,:ィ;:;!
   ,';:``' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '"l;:;:;:;:l
   l;:;:;:;:;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"    ,リ;:;:;:l
   l;:;:;:;:;:;:;:ゝ   く三)   (三シ  `ヾ;:t、
  fミ{;:;:;:;:f'´   __ ,,.ノィリ!iヾ、.,,__  };f }
  l トl;:;:;:;:l  、,ィ或tュ、゙ミ:::::{,'ィt或アチ l:l,
  ゙i,tヾ:;:;:!  `ヽ 二ノ :::::::::ト ` ‐t"i´  l:l:f
   ヽ`ー};:l    ) ) ,r':::::::::ヽ  ) )  リ_)   おお……
    `"^l:l   ( ( ,/゙ー、::::::;r'ヽ( (  l
      ゙i     )ノ    `'"   丶 )  ,'     信尹……
        ゙l、  ( (,ィ─==─ヽ ( ,}/
       ',ヽ, ) )ヾ┼┼┼,シ' ) )ヽ
        } 丶( `゙==='′ /ノ:.:.:ヽ
       /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、
     ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,}、
,. -ァ=く(:.:.:.l  l      //:.:.:.:.:.:., - '"  ,/ ヽ、

199 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:44:23 ID:KFoOKuVY
都に戻ってからも信尹の文化的な活動は より活発化した


              /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
             /.: : : :           \
           /: : : : :              '.,
              |: : : :                :|
            |: : : : : :.             :|
           | : : : : : : : : .,        :|
              |:: : : :´⌒\,,;、、,/⌒`  :|
            |::::;;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::|
           |: : : ´"''",        "''"´ :l
            ',: : . . (    j    )  ./
           ー=≡二`ー-‐'´`ー-‐'二ニニニ==ー
          /:.:.:.:.ゝ: : : : : : : : : : : : : イ:.\:.:.\
      /´ ̄/:.:.:.:.:./;;;,,,,,``ー- -‐'"´,,,,;;;;|::.:.:.:\:.:.\
    /:.:.:.:/´ ̄ヽ:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:.::.:./\/ ̄`ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.|i:!|i:!i:∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.:/ヽヾ:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
   }:.:.:.:.:.:.:.:!;l!;l!∨/´ ̄ ̄""'''ー--、,,__/.____/:)):ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ∨/                  //:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/                // .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:',
  ノ三三二ニ:.:/ ̄`ヽ               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.... . . .
 {彡三三二/ ̄ ̄`く            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... . . . .
  )三三二/´ ̄ ̄\ー′           /:.:.:.:.:.:.:.:........ . . . . . .


信尹は 書道においては青蓮院流を発展させ近衛流の一派を形成した

200 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:45:19 ID:KFoOKuVY
歌道においては 前回でも触れた近衛正家の「近江八景」を発掘し
(あるいは信尹自身が作成し)これを広める

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
................... ...................  .....................      _,,,...:-‐‐=-..,,,_
......... .......................................      ,r'":: ::      ::\,,.....,
                       ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、
                     ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、
               ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_,
                ,r'"::::  ...:::│:...::: ::       :::  .::   :; :: _
             ,r'"...::::.. .──┼───.....:::::            ::.
          ,r'":::,,,,,, :      人 ...             ._
      ,r'".'"::....:       /  \
     ,r'":::,,,,,        /     \
  r''"::....::(~::       /        \



また精霊流しを現代に伝わる形に整えたのも
大文字焼きの「大」の字の書体を定めたのも信尹との説もある

201 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:46:00 ID:KFoOKuVY
つまり それほど様々な説が流れるほどに
信尹の文化的な活動は 都に大きな影響を与えたのである


               / ̄ ̄\
             /   ⌒   \
            ( へ)( へ)  |
            .(__人__)      |
             l` ⌒´    .|
             {          .|
             {       _ |
            (ヽ、ヽ   /  )|
             | ``ー―‐'| ..ヽ|
             ゝ ノ    ヽ  ノ

202 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:46:55 ID:KFoOKuVY

         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: |
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |    ふ〜ん……
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
               ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ
                | \、//:::Vj
                トイ://::::::::::Vj
       ___z―.|::::/:/::::i::::::::: Vj
      /       |:::ハ ::::::::::::::l::::::::::ハ
       {_      ..|:::::::{::::::::::::::::::l:::::::/:',
       乂_:/三三V:::::::I ̄ ̄ ̄l:::::::::::::ハ
        イ/  /7::::::::::::Iニニニl:::::::::/::::',
         /   ィ7_/::::::::::::_ム/::::::|::::::::::::::::::ヽ-、
       / イ  j .V`:::::::::::∠:::::::::、::l:::::::::::::::::::::::: \
     /.  ´ {  l ム::::::::::::/::::::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::}
      {.     >'ー' ー/::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ ‐ ¨ ヽ__ノ  ,./::::::::::::::::::::::::_..j:::::::::::::::::::::∠.\
            〈_ //::::::::::> ¨    T -r‐く_)..  \
               / ̄ ̄       /  ヽ-'ヽ      ハ
            {.    _ -  ¨7_, イ   ...\\  、ノ
                ` ー一       ヽ\\\ 〉 .`ー''

203 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:47:51 ID:KFoOKuVY
           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
             |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
          |_____|____|
          /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
         j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
         |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }
         レ:.:.:|:!:イ.f㍉:|  ヽl.f㍉∨:i: レ
         |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|    文化の力……かぁ……
         lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, !l.:|: |
          |:.:|:. :|ヽ、  _   .イ:j:l |: |
          Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
               ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ
                | \、//:::Vj   ← 八条宮智仁親王 秀吉の元養子
                トイ://::::::::::Vj

204名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:48:03 ID:ju3AaNG.
ない夫がいないとさだまさしも精霊流しを歌えなかったわけか。

205名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:48:27 ID:rtWUlur2
そういや居たね

206 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:49:35 ID:KFoOKuVY
舞台は再び筑前名島


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


改革はすっかり停滞し
領国経営に対する自信を打ち砕かれていたやる夫に
救済の手を差し伸べる者が現れた

207 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:50:31 ID:KFoOKuVY
            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、     気の毒過ぎて
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、      とても突っ込めねェよ
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ← 黒田如水
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


                隣国 豊前中津の隠居 黒田如水である

208 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:51:34 ID:KFoOKuVY
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   ううう……
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜    如水殿 笑ってくださいお……
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



         / ̄ ̄ ̄ \      やっぱり やる夫は駄目な子だったんですお
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。   関白どころか
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜   この筑前筑後を治める器ですらなかったんですお……
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

209 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:52:23 ID:KFoOKuVY
                 ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
    __ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾ<゙  エ  7
    〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
    ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
   )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
  <   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノ<ニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
      _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;
   _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;



         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j    うううう……
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

210 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:53:12 ID:KFoOKuVY
 ミミニニ=、_   エフッ エフッ アハッ・・・
.ミミ三ミミミミ \
ミミミミ川川)))))       !ニニニニ ̄7
 ̄ ̄~'''=-'''''\(__  _,r'     /''7 /~/
/ `ヽ-t、,_ \ i r-、 ̄      / / `'゙
/''~~~`ヽ、\ ハ、/\    ∠/
  ヽ、  .\) い  ゙i
   ___, 、 \ i i ,、_/     /~7  i^i
.てつ_`-'  \ iノ/つ    / /   い,
ニニヽ `--! ⌒∧.Yy_`ヽ, ∠ノ    i__i
ニ--' こノ⌒ / \/ ゙゙̄i,
ー _ -ーノ ./ .( r-、_ノ  /~7  i^i
-f ̄   ̄ニー>、 ヽ~~  `>-、/ /   い,
,,,rー''''' ̄,=-''゙  >⌒ニこ ノ_ノ    i__i
  //゙゙゙  _,,,=,,、-''゙゙`'`r'''゙゙゙
/イ--t-t==''エ__,i___r-!   /~7  i^i
/ ̄~⌒⌒⌒⌒'゙/       / /   い,
:::::::::::::::::::::::::::::::/       .∠ノ    i__i
::::::::::::::::::::::::::::::i  
ハ::::::::::::::::::::::::i        /~7  i^i       \                 /
  ト-、_:::::::::::::i,        / /   い,        \ うわあぁぁあぁぁあん /
ヽハ:.:.:.:\::::::::i      ∠ノ    i__i         \            /
い i゙i,:.:.:.:.゙i:::::::i                             ____
ハ i \:::: ゙i::::::i,      /~7  i^i                / _ノ ヽ_\ o ○ o
ヽヽ い\.ノ:::::::i      / /   い,          o ○ o´ ∩l^l^lnnl^l^|゚o     ゚ 。
い い i\`<ニエエ=、  ∠ノ    i__i         。゚  /  。ヽ   ‖  ノ \
ヽヽヽ \ \ヽ` ゙ ノー、                    |   /   人   l   |
\ \\\ \ ̄ _) /~7  i^i             \ /   /|ii!i!|\ \/
\ ハ >--\   ̄/  / /   い,       .      |    /. |;;;;;;|  \ |
\ V~   ) `'''''イ  ∠ノ    i__i                   `ー´

211 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:54:01 ID:KFoOKuVY
/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-      あのな やる夫
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ        お前のやろうとしたことは
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_       な〜んも間違っちゃいねえよ
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \    ……え?
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

212名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:54:09 ID:IvVx0XT.
何がしたいのクロカンさんw

213名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:54:11 ID:.A7R/CsU
いじめっ子といじめられっ子にしか見えねぇwwwwww

214 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:55:02 ID:KFoOKuVY
     f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
    ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
   ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
   ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
     、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
   ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
 、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ    ただ 事を成し遂げるための
=〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
`ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、    人員や組織を整備するより前に突っ走っちまったから
    ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"
  ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、     こんなことになったんだろ
`~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
 ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)    そこんところは お前も宗永も まだまだ若いな
    '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
     ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
    ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |    面目次第もございませんお……
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

215名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:56:26 ID:hOtkvfCo
クロカンに泣かされてるんかと思うよなw

216名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:56:40 ID:5Hj8.OaA
如水はこういう時頼もしいなあ…

217 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:56:41 ID:KFoOKuVY
、ヽ'ノ    、__,..-‐'  ヽ` } ''´ヘ_',彡Z//
-ソ'   ,       -'" ̄` } i /ヽ、_`ヽ三/
イ!  /  ,.  _,.rニ_`ヽ   ' -' ! ,-_、,, `''!ミl      つーことでよ……
ソ  ヽ _,.ィ二ィニ-'´ィ     ヽ'='=`' (三|
'   -‐ '"´´`"´´  _,    ` ヽ、__  ヽ三、     おい! 入んな!
             ノ   ,.-'" ̄ ,.ト、 ',ミニヽ
         _,.-‐'´   ,ィ r:-'、 イ ,ヽ ノミミ三ヽ、  ________
       /   _,-'" `   ___ ヽiミミ三ニZ7/ニ、-、ミ三キニヽ,
、      ,'  -'"     ,.-_',´..--, } i三ニキ二くヱ、ヽヾ-、ヽr⌒ /´⌒`ヽ
 `,=‐'  :  ,. ,.-‐'   , -,'-' _, -―┴,)} iミミ、ヾミヽハヽ | ヽ_  `='、
r''ヽ、   ヽ 'i ( 、_,,,.∠-‐'"     f i /ミミヾヽ,`fヽ ヽ|_ヽ、_,  ̄ヽ  )
'   r-、  ヽヽヽ    ` −―_''  _ i./ミ三、iヾ、}iヽ-_ヽ__,
`ヽ-'、   ',  ヽ ヽ      r'      ヽ!、-―}トtrノニ-―、_,
 ,   ` ‐-' 、  ',  '    ,ィ       ',-ヽマ'´| i´` ̄`
  ;         `ー、ヽ '  r'  `‐     .イ、 `T`ヽヽ-'´

218名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:57:16 ID:D/ZInSXc
クロカンはなんだかんだで人情味あるなw

219 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:57:33 ID:KFoOKuVY
                        __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                 |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                  !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
                  !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                  ヾ、!      !;     ,レソ    ど〜〜〜も
                    `|      ^'='^     ム'′
                     ト、  ー- ─-:  /
                     | \   ===   ,イl
                 /iヽ, \  ;   //!ヽ、
               /::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
           _.,.、;.::::.:'/::::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´::::::::::::::::/::::::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::::i::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!   /;;;;;;'   !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
   /:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
.  /::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!



      ____
    /_ノ   ヽ_\      へ?
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\   あの…… こちらは どなた様ですかお?
 |        ̄      |
 \               /

220名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:58:03 ID:IvVx0XT.
ここで登場か!

221名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:58:08 ID:hOtkvfCo
背広で出たw

222名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:58:38 ID:5Hj8.OaA
イイ男がキターーー!!

223名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:58:50 ID:MqbPbOi2
クロカンにセクロスの方法を教えてもらうのだね?

224名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:59:19 ID:fxkuHQcs
うほっ!イイ男!

225 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 22:59:22 ID:KFoOKuVY
   ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
   ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
     、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
   ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
 、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ     平岡頼勝  ……俺のお墨付きだ
=〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
`ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、    
    ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"
  ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、      こいつを お前にくれてやる
`~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
 ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)     せいぜい使い回してやんな!
    '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
     ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
    ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


               _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
         ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
        ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ〜rr ,イ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ
        !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'       よろしく お願いします
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,
:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::',     \ヘ::\
::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::',     /;;ヘヘ:::::\
::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::∧    /;;;;;;;;;ヘヘ:::::::ヽ、_
:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::/::::ヘ  ∧;;;;;;;;;;;;;ヘ::\::/   ← 平岡頼勝
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::/::::::::::ヘ/  \∨;;/ヘ::::::\

226名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:00:58 ID:D/ZInSXc
あ、阿部さんの方が平岡か

227 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:01:13 ID:KFoOKuVY
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\        え? ありがたいことですけど
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |       で でも いいんですかお……
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、    見たところ家中で内政の役に立つのは
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ    宗永と…… あとはせいぜい堀田正吉が なんとかといったところ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-          これじゃ まともな領国経営なんて無理だぜ
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ))
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ            それに お前の筑前入りには 俺も思うことがあってな……
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i

228 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:03:02 ID:KFoOKuVY
メヾヽミミヽミ/彡‐゙´''!彡三三三シヽソチ=-ミ/
ミミミミミミシ '.(  ./ ヽミミミ三=ミミュ─--ナヽ=
ミミ/ ̄`´ヽ、   i 、 rュ、_ヒミミミミッ _ニ彡''-=,''´        あっ!
   ̄`ヽ ヽ ヽ.`ヒ=彡‐''^ )彡ミ三ミ  ,r==i´
::  =ニ''/彡 .i ヾナ-,rク´ `ヽ彡ミ三メミ‐' i          それと都には浪人を雇ったってことにしといてくれ
::    /彡'´ _ ' ヽ. |/ ノ,レ'^ヽ|彡ミキ);;;;;;;;;i
    /ミヲ/=、 ヽ \´ -'' ̄ ヽ、ミヾキ、;;;;;ノ         「御掟五ヶ条」に抵触なんてことになったら
  ミ彡/./-、ノ⌒ :::.. 、r''ヽ、_,rヽ ヽ;;;;ヽヽこ_ i、
 ミ' ._メ‐'´`ノ  :::::/ ',、゙ ' /`iヽ|;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;\._       つまらんからな!
iミノ/´'´ ̄    :::/、 !'_ノ/^'i| ヽiヽ-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iii`=
::::´  /''    /  /// ヽ. \_,\;;;;;;;;;;;;;;;;;!!ii;;
:: //     _,  ./ '´r'' ‐''`' 'iヽ ヽ  iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;!i
: '' / / r‐'´r‐''´ニ-'二_,ノ´ ノ .) i  / |iiiii;;;;;;;;;;;;;;;
'ヽ .(   ヽ_` ̄`''ー─---‐.'´ ィ  .i:::/  .|iiiiiiii;;;;;;;;;;;;
リヽ、::ヽ-=  ̄`      ̄`''´  ノ :/   |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;
リリi|ヽ-‐====-‐─=キ-── ' ´ /    |iiiiiiii;;;;;;;;;;;
川!\::::   ̄      `ヽ、    /    |iiiiiii;;;;;;;;;;;;



       ____
     /_ノ   ヽ_\       ……わかりましたお
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    今はただ ご好意に甘えさせてもらいますお
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

229名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:03:30 ID:ju3AaNG.
なんかクロカンだと、裏があるのだとかんぐってしまうw

230 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:04:00 ID:KFoOKuVY
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)      それじゃ 頼勝!
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\    これから よろしく頼むお!!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    ああ まかせてくれ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     だが まずは
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|       今回の殿の失敗について説明させてくれ
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

231 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:05:40 ID:KFoOKuVY
            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    殿の失敗の原因だが……
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::    殿は改革を進めるために ただ新しいことだけをやれば良いと考えていたと思う
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    しかし 古く不合理なルールってやつも 意味もなく出来たものじゃないんだ
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::    なんらかの理由があって そのルールは出来上がったんだ
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !


      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |     ふむふむ……
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

232 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:07:06 ID:KFoOKuVY
        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、        例えば 「雑巾は絞って使いましょう」というルールがあるとしよう
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j         くだらないルールだろ?
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙         でも これは 実際に雑巾を絞って使わないやつがいたから
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /          出来たルールなんだ
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |


             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ      そして厄介なのは ルールは作るのは簡単だが取り消すのが難しいってことだ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|      「雑巾は絞って使いましょう」というルールを取り消したとしよう
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!      すると「では もう雑巾は絞らなくてもいいんですね?」
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|      と言いだす馬鹿が必ずでてくるからな
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._

233名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:07:38 ID:ju3AaNG.
なぜ脱ぐw

234 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:08:22 ID:KFoOKuVY
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.        この場合は「雑巾は絞って使う」ということを教化なりしてから
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}        明文化したルールを取り下げなくてはいけない
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、       つまり 新しい改革のためには 古い不合理の原因を
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   丁寧に取り除きつつ行なわなければいけないのさ
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      なるほど やる夫はそれを怠ったということかお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     非常に分かりやすくて ためになるお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       でも説明のときは服を着てください
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

235名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:08:28 ID:hOtkvfCo
やっぱり脱いだかw

236名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:08:47 ID:zSGR3V12
>>229

多分、あるw
以前隆景がかんづいてるw

237 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:09:42 ID:KFoOKuVY
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }      あと 今後の方針なんだが……
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }
    |! ,,_      {'  }      小作農保護も大事だが
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ    小早川家には最優先で取り掛からなくてはならない事項がある
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |



         ____
       /     \       最優先?
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    それはいったい何のことかお?
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    (服のことはガン無視かお……)
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

238 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:10:37 ID:KFoOKuVY
              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!    ああ…… それは……
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;

239 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:11:38 ID:KFoOKuVY
                       ___
                     ´       ` 丶、
                 '"                  丶
              /                  \
             /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
              〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
           /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
             /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
         ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
         l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
         | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
         | | l Ⅵ.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
         | | l   Ⅳ{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
         l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',       軍備の増強と再編成ね!
     (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
             / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
               / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
            / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
              / /.:/ 、_,-、ヽ/ Ⅳ_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\
           ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\    \.:.:.:\
        / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\    \.:.:.:\
        /   /.:.:..l  j/ /l  |   ∧ーヘ.     jノ         ∧:', .:.: \     \.:.:.:\
.     /  //.:.:.. l.  / /i |  ヽ__/ ∧ ∧__   /     ,ノ /.:.:..:. .:.:.:.:. \    \.:.:.:\
.   / ./ /.:.:..:._j    イ_i│ / `7  Y  ∨ ̄//   〃  /.:.:.:.:.:.:丶.:.:.:.:.:.\    \.:.:.:\
  /  /  /.:.:.: ト、|   レ'|、|  \__/ o/   \/    /   ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:..\    \.:.:.:\
/  /    / .:.:. くヽ ̄ ̄0 | 九      {     /    /    /.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:. 丶    ヽ.:.:.: ヽ

240名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:11:47 ID:MH41FyfI
カエサルが似たような言葉いってたよね

241名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:11:55 ID:hOtkvfCo
えっ!?

242名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:12:02 ID:OxcatATY
どっから出てきたw

243名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:12:06 ID:IvVx0XT.
お、>>1の嫁だ

244名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:12:07 ID:SYmEaLg.
ついに登場したかww

245名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:12:27 ID:ju3AaNG.
ようやく出せたねw 準にゃんw

246 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:12:31 ID:KFoOKuVY
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   ……ああ
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'    その通りだ
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



         ____
       /     \ 
      /  u   ノ  \     へ? あ いや……
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|    ……あんた 誰?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

247名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:12:32 ID:DmoL3Gvk
ようやくヒロイン登場か

248名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:13:35 ID:5Hj8.OaA
大事なのはこの準にゃんにはついてるのかついてないかだ
何かは言わなくてもわかるな?www

249 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:13:35 ID:KFoOKuVY
           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ        あ ごめんなさい
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\      わたしは今日から
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!    殿の家臣となった者です!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.       え?
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /         家臣? 今日から?
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

250名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:14:29 ID:o2xeybm2
阿部さん、最近すっかり解説役がなじんできたなぁ
昔は出るたびに「アッー!」としか言われなかったのにw

251 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:14:50 ID:KFoOKuVY
        _ - ───----- ,フ
      / r: : : : : : : : : : : : : . \
     ,.-′´`: : : : : : : : 、: :ヽ  . :ヽ
     /: :/: : : : : :./:   . .ヽ. :ヽ: : ヽ:ヽ
   /: : .l. . . . ..!./: :.l!: :l、: : l、: :ト:ヽ: ト. |    やる夫様 紹介します
    j:l: : :|: l: : |:l/: :/ !: ハ: .ハ孑、ト. :!ヽ
  /:_!: : :t: l: : !l: :./-∀‐ レ  ,ィホT、!|     この者の名は 稲葉正成
  .'´ .! l: : ヘ!: :l:ト/,夂〒`ヽr-{ ヒツlノ:ト
.     〉!ハ: {ヽ: T-弌ニツ ノ 、 ーj´:/      都に家老クラスの増員を要請し
    '´ ヽ!=ヘ ヘ   ` ´´  - .イ /
         ヽ:`T - .. _ / レ       それが ようやく通りました
         j \‐ - 、_!、__
         /      ヽ.jヽ
           l    _r ニ=、、 ヘ.',
           |  , 〃/ ̄`ヾミ.トr
.           ト, // /:::::::::::::::::ヽ::::Y
        ∨/./::::::::::::::::::::::::l:::::l
         ト、/!::::::::::::::::::::::::::l:::::ト
            !::::::l::::::::::::::::::::::::::l:::::|



      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー  よろしくね♪
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ  ← 稲葉正成
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

252 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:16:09 ID:KFoOKuVY
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     ああ そういうことかお
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     それは心強いお
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     正成 こちらこそ よろしくだお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ   ……ふむ せっかくだから
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    正成殿の考えを聞かせて欲しいな
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

253名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:16:23 ID:zSGR3V12
この人の奥さんの出番はあるのかな・・・?

いや、>>1のことじゃなくw

254名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:16:59 ID:MH41FyfI
この準にゃんには間違いなく奥さんがいる・・・・・www

255 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:17:28 ID:KFoOKuVY
                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |    軍備の話?
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ‖:: :::::/ト、ハ|    だって そりゃそうでしょ
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !      隆景殿の重臣がゴソッと抜けて
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|        今の小早川軍の体制はスカスカじゃないの
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ
  /::::| :: :: :: :: :ヽ::/:: :: ヘ ヘ く/ /:: ::.∧.   | |,イ/:::::::::::ヘ:::.:.ヽ


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \     うっ……
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

256名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:17:34 ID:r.Garusc
>>248
ついてない準にゃんなんて準にゃんじゃねーよ、マガイモンだ

257名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:18:06 ID:hOtkvfCo
>>248
んなの関係ねえんだよ!(強い怒り)
準にゃんは準にゃんだからな!!!

258 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:19:10 ID:KFoOKuVY
          '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
        .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
        .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::    「唐入り」は講和交渉のため停戦中だけど
         i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\     万一これが再開なんてことになったら
        |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
         |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ     筑前筑後の小早川家に動員命令が出るのは間違いないわ
        |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
      , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::     その時に こんな状態じゃ まともな軍の編成も出来ないわよ
    , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
 , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!                          そしたら小早川家は 一発でアウトね
 !    |  | -.ハ    V|!:::∧
 l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
 |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::

259名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:19:37 ID:fxkuHQcs
本当に内も外もスッカスカだったんだな。
ひでぇな……

260 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:20:39 ID:KFoOKuVY
            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧      講和が成って「唐入り」が終結したとしても
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│      豊臣政権ってのは有力大名の連立による軍事政権なんだから
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八      殿が これから諸侯に対する発言権を得るために
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶   やっぱり軍備の充実は絶対必要ね!
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/
                    ̄


    〃                 i,                   , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈                    |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
    !  :l      ,リ|}    |. }                   |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
.   {.   |          ′    | }                   { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    ……同感だ         ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|                    l: l: : l   ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|                     l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ        特に異議はない    l: : l/ ヽ `     〃: ∠ノl/
.    }.iーi       ^ r'    ,'                       \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
     !| ヽ.   ー===-   /                            l:/ ,. -─┴┐
.   /}   \    ー‐   ,イ                           ∠二二ヽ    !
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\                       ,. イ. : : : : :.ヽ. ヽ    ヽ

261名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:21:10 ID:ju3AaNG.
しかしカオスな家臣団だ

262 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:21:47 ID:KFoOKuVY
     ____
   /      \
  /  \   ,_\.      すると やる夫が
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |     これから やらなくちゃいけないことは……
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /      軍備の増強を第一とし
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/        それに沿った形で 小作農保護政策を続行
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',
    イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{     _ ,,r'''i ┐
.    ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;=、ミヾ、 i;;|
    '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄`ヽミヽヽ,i;;|
       ',  \  ',  :i _,,∨,,,_∠、 ヽ   r- ' ヾ、;;;|
       ',    ヽ、', ,ゝr'     ヽ :} 」´,n`ヽメ'ト、>

263 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:22:45 ID:KFoOKuVY
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|          内政の方は任せてくれ
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !           殿のやったきたことを ひっくり返さないように軟着陸させつつ
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、      そして時には強引に 物事を進めてやる
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i    そういう駆け引きは得意なんだ
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

264 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:23:40 ID:KFoOKuVY
                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′  わたしは 引き続き
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/      領内の再検地を取りまとめる
              V: :lヽ、   _     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧
  _____    /! !::!: : : :! ̄  ̄ ̄/. : : : : :/://:!
  ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /. : : : : :/://.:::l
.   ∨                ∧ /. : : : : :/://.::::::l

265 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:24:36 ID:KFoOKuVY
                  __
             ,   ´     `   、
           /              丶
          /                :...:::\
         〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
          ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
        l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',    ((⌒⌒))
        l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!     `ヽ 〃
          | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
          |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
       .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂     じゃあ わたしは軍備!
      (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
      ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー   都に掛け合って
       | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
       | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ         すっごい連中を どんどん引き抜いてやるわね!
        ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
        ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
     / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/げい `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
    |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
    | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ
  //レ'   \  / ヽ ヽ   <_/| i丶ヽ_> l | /i{ニ二二}、:::::::::\
../::/::::!       Y    ヽ ヽ / / i! ヽヽ l |く |      h::::::::ヽ\

266 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:26:10 ID:KFoOKuVY
       ____
     /_ノ   ヽ_\       みんな…… みんな……
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ありがとうだお!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /


こうして やる夫の領国経営は
ようやく まともに動き始めるのであった……

267名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:26:42 ID:ju3AaNG.
よかったなあやる夫……

268名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:27:36 ID:KsXpYihI
福は誰なんだろう・・・

269 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:28:29 ID:KFoOKuVY
6月
明国冊封使がついに来日 まずは宗義智の対馬に入る


         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、         方亭殿 長旅 お疲れ様でした
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !  ← 先行して日本入りしていた 沈惟敬(チェンウェイジン)
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l    




          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.U    . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ     う うむ……
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|

270 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:29:50 ID:KFoOKuVY


  ∧ー―=‐一∧    lニl二lコ
⌒ヽ/    l   ∨ヽ     |誉|   A    …………
  ノ、___人_人 `l /⌒, `l´ ⌒<ヨ
 ̄  ヽ ΞωΞ/ /フ( <ヽー'ー'ヽ ノヲ




      f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
      ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
      /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
     k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
    ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|
    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
    ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"
     ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/    こちらは……
     ヽl.      ̄`ー-     jノ
     」l 、            /       朝鮮国使節の方ですかな?
    '´小、ヽ、      ,.  /\_
´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、
 '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ
 /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧
/    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ
     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ
    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、

271名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:30:41 ID:9/Isfydo
>>268
大原麗子だろ・・・・・JK・・・・なわけない。ご冥福を・・・(-人-)

272 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:31:22 ID:KFoOKuVY
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ          方亭殿
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、         言ってはなんですが……
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ     ずい分と小物臭が漂っていますが?
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l



          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ      ……厳密には 彼らは朝鮮国の使節ではない
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ     朝鮮国は いかなる形でも
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ   日本に使節を送るつもりはないとのことだ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|

273名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:31:52 ID:9/Isfydo
しかし、阿部さんの言っていることは今の民主党政権にも言えることだな。

274 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:32:57 ID:KFoOKuVY
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、      では 彼らはいったい?
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l



                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l     釜山における
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l     わたしたちの歓待役の小役人だ
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ   恫喝して連れてきた
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i
.  /   l  k__,.-'"l  l/  ヽ     ヽll   ヽ    ヾl     'l .l  l

275名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:33:29 ID:pByqsoMk
>>273
ここで現実の政治の話題はやぼってもんだ
作者があえてそう言うAA使ってれば別だが

276名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:34:25 ID:KsXpYihI
うわwwww>小役人

277 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:34:25 ID:KFoOKuVY
         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、   クク…… クククク……
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|    ほう!
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|    方亭殿も なかなか思い切った手をうちますな
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /


                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ    ……ふんっ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i
.  /   l  k__,.-'"l  l/  ヽ     ヽll   ヽ    ヾl     'l .l  l

278名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:34:39 ID:xnxsqQww
もうほんとにぐっだぐだやなw

279 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:35:25 ID:KFoOKuVY
      f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
      ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
      /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
     k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
    ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|     それと……
    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
    ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"      正使である宗城殿のお姿が見えないようですが
     ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
     ヽl.      ̄`ー-     jノ          いかがされました?
     」l 、            /
    '´小、ヽ、      ,.  /\_
´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
 '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
/    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
__) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉
<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 /



          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.U    . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ     ………………
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|

280名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:35:31 ID:hOtkvfCo
明側もようやるなぁ

281名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:36:19 ID:ju3AaNG.
もうお互い体面とりつくろうだけで、
朝鮮どうこうしようとか誰も思ってないというw

282 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:36:38 ID:KFoOKuVY
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.U    . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ     …………逃げた
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|


         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、       は?
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

283名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:37:43 ID:OxcatATY
え?

284名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:37:50 ID:9/Isfydo
ポーン(AAry

285名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:37:56 ID:rtWUlur2
は?

286 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:38:44 ID:KFoOKuVY
遡るほど2ヶ月前の4月2日 釜山ではひとつの珍事が発生した


  ┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
    _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。
                ,rィffTlTlTぇ、
                 /ミジヾ''シ"''≦ミ、
               杉=u、 u ,,゚-=ミミk
               ,イ彡=ミミ 彡=ミ㍉ミ!
              {'ィk{ミ=゚'彳 ヾk゙゚',リハhj、
             ヾll u ̄<尓ゝ `""jjイkニZ彡__
              〉! u ,ィ==ュ〉,u リ7>ミ三ミ弍ゝ
          _, -¬'-_ヘ {ry---ュ} lj/// 卜jj`ヾミヽ、_,.ィ
        ,∠ r‐=テTニヘ.ヾニニフ ,イイ∧゙ 〃:::::ノハミミく,
       {{ィで´_/ 〉::ヽミヽ二/ィノ^ソ`/::::::://-┬千⌒ソユ
        〉〉rぅどニイ::::/::::ヽL::ィ/::::/〉':::::::://∟二リ //::::
    _ -ニヘヽ〈_, 刃li::::{:::::::リ抓{{;;;;//:::::::::://:::::::::::://:::::::::
    /:::::ハ<ニハ {Y'〉 戈ll:::ヽ::::厂 ̄:::::::/:::::::::://::::::::::::/::/::::::::::::::
   」{:::::{:::::::::::::l llし 'Jll:::::l::::l:::::::::::::;:'::::::::;;;//:::::::::::/:: /::::::::::::::::::
  几!::::l、::::::::::::l lド-'入ll、:l::::l:::::::::/::::::::;イ//::::::::::::i'::/::::::::::::_ -r'ニ
イ ハヽl::::::::::::::l l廴 尤ll::::l::::l::::::/:::::::///'´::::::::::: l_ノ-‐ブ´
::::ハ ヾヾ\:::::::l lし' 弋》:::l::::l::::,'::::::;//イ〉_:::::::ど.ィ´ `ヽ'´ ,.
::::{::::::ヽ、ヽ:ヾヽ::j リKノ_〃::::!:::l::::!:::::〈〈//7癶ニ/  ノ   冫 、_,.
::::::::::::::::::: ー-i::::/〃^ン'/:::::::l::::!::;'::::::::ヾミイぅ (´_,. ‐'´  /´ ィ


明国冊封使の正使 李宗城が役目を放り出し 単身で釜山から逃亡
この時点では その消息が不明となってしまっていた

287名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:39:13 ID:OZtV.pLk
What!?

288名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:39:15 ID:cffVGVu.
本当に”は?”だよ

289名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:39:28 ID:ju3AaNG.
なにごと?

290名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:40:12 ID:DmoL3Gvk
やってもできない子だったか

291 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:40:21 ID:KFoOKuVY
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、  ク…… ク……
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、       それは それは……
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l


                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l   
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l   ……あまり驚かぬのだな
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i

292名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:41:02 ID:rtWUlur2
やっぱ何か吹き込んでたか

293 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:41:51 ID:KFoOKuVY
         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||     いえいえ
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|     これでも内心はガグブル状態なのですよ……
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    /;;;ミミ"'';;;::;'"'''"'ヾ;;;ヽ、
    /;;;;""       u "';;;ヽ,
   /;;ミ   :: :: ::..:.::' ;;;==;;,,,"';;l,
   l;;; u,,,,,': "::::::.::.:,;'",,.,,,_ "'';;;l
   l;;',,,;;'" "'' 'l,''"',.r"   "'; ';;lヽ、
   l;;',,.._,,--―;': l .. ヽ、_O ';, ト、:'l
  /""l,'"-ー''゚''" ,;l;;..::.."'::..."'''". l::y/
  l( ::,,l,    :::.. ,;;;;:::ヽ..  "':::... レ,/     な なんだと!
  ヽ r;..l,     ヾ::;;:::;;:ゝ     l,/
  'ヽ,';,,      "'   ;, ::... l       それでは日本は……
 ,,_   l,   ,; ,;r==ニニヽ;, :: /l
y'''ヽ  iヽ、 ,;' ‐'''" ̄ ̄"' ,; /;;l       この冊封に全く納得していないと言うのか!?
;i,   /"l ':、   ,,,;;;;;;'''"  /;;;l
"'ュ,ノ'",;l ':, ヽ、       /;;;;;l
Yシニi;∠(ヽ、':.. \     /;;;'";;)
ゝミ/::i:i:l'::::::\::: 'ヽ,,,__../;;/,.::::i;:::
"/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r
::i'::::::l':;"';,,::::::::l'    l':::::::::::::;;;;ii//
::::i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,..l;;;:::::r'":: //:::
::::::l:::,ll::::ヽ:::l:o;;:::::::::ノ ii;;;.......;;;;//::::
,:::::::::ll::::::::::l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::::; //,;.::
:::::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/:::::::::::::;;;; //:::::::::::

294 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:43:11 ID:KFoOKuVY
      f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
      ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
      /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|     ええ 日本国の本来の要求は 封貢だけではありませんでした
     k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
    ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|      明国皇女の降嫁・誓詞の取り交わし・朝鮮半島の割譲等々
    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
    ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"       多種多様に及んでいました
     ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
     ヽl.      ̄`ー-     jノ          ところが北京の上層部は これらを一切無視してしまったのです
     」l 、            /
    '´小、ヽ、      ,.  /\_
´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
 '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
/    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
__) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉
<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 /

295 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:44:39 ID:KFoOKuVY
         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、    このまま宗城殿が冊封使として日本に向っても
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|    彼らは冊封を拒否し 宗城殿の面子を潰すことでしょう
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|    ……いや それどころか
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |    宗城殿は日本で捕縛され あの蛮族に処刑される恐れさえもあります
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_



    /;;;ミミ"'';;;::;'"'''"'ヾ;;;ヽ、
    /;;;;""       u "';;;ヽ,
   /;;ミ   :: :: ::..:.::' ;;;==;;,,,"';;l,
   l;;; u,,,,,': "::::::.::.:,;'",,.,,,_ "'';;;l
   l;;',,,;;'" "'' 'l,''"',.r"   "'; ';;lヽ、
   l;;',,.._,,--―;': l .. ヽ、_O ';, ト、:'l
  /""l,'"-ー''゚''" ,;l;;..::.."'::..."'''". l::y/
  l( ::,,l,    :::.. ,;;;;:::ヽ..  "':::... レ,/
  ヽ r;..l,     ヾ::;;:::;;:ゝ  u  l,/
  'ヽ,';,, u     "'   ;, ::... l       う あ あ……
 ,,_   l,   ,; ,;r==ニニヽ;, :: /l
y'''ヽ  iヽ、 ,;' ‐'''" ̄ ̄"' ,; /;;l
;i,   /"l ':、   ,,,;;;;;;'''"  /;;;l
"'ュ,ノ'",;l ':, ヽ、       /;;;;;l
Yシニi;∠(ヽ、':.. \     /;;;'";;)
ゝミ/::i:i:l'::::::\::: 'ヽ,,,__../;;/,.::::i;:::
"/:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r
::i'::::::l':;"';,,::::::::l'    l':::::::::::::;;;;ii//
::::i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,..l;;;:::::r'":: //:::
::::::l:::,ll::::ヽ:::l:o;;:::::::::ノ ii;;;.......;;;;//::::
,:::::::::ll::::::::::l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::::; //,;.::
:::::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/:::::::::::::;;;; //:::::::::::

296 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:45:39 ID:KFoOKuVY
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、          しかし ご安心ください
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl         この惟敬が日本に渡り きっと話しを丸く収めてみせましょう
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、     ただし……
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

297名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:45:46 ID:3liuSxYg
またえらいことを吹き込んだなあ・・・。

298名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:46:37 ID:ju3AaNG.
なんか交渉の嘘と建前の、
建前の部分で清正と正使が割りくってんなあ。

299 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:46:40 ID:KFoOKuVY
                   f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                  /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|   そうですな……
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|   わたしが春先までに釜山に戻らなかった場合
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"    その時は わたしは死んだものと思ってください
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ
                  」l 、            /
              _   '´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /

300 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:47:44 ID:KFoOKuVY
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ       あっ このことは方亭殿にはご内密に……
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、      混乱が広がるといけませんからな
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l


           ,rィffTlTlTぇ、
           /ミジヾ''シ"''≦ミ、
         杉=u、 u ,,゚-=ミミk
          ,イ彡=ミミ 彡=ミ㍉ミ!        あう…… あう…… あ……
         {'ィk{ミ=゚'彳 ヾk゙゚',リハhj、  ,
        ヾll u ̄<尓ゝ `""jjイkニZ彡__
         〉! u ,ィ==ュ〉,u リ7>ミ三ミ弍ゝ
      _, -¬'-_ヘ {ry---ュ} lj/// 卜jj`ヾミヽ、_,.ィ
   ,∠ r‐=テTニヘ.ヾニニフ ,イイ∧゙ 〃:::::ノハミミく,
  {{ィで´_/ 〉::ヽミヽ二/ィノ^ソ`/::::::://-┬千⌒ソ
   〉〉rぅどニイ::::/::::ヽL::ィ/::::/〉':::::::://∟二リ //
-ニヘヽ〈_, 刃li::::{:::::::リ抓{{;;;;//:::::::::://:::::::::::://:::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

301名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:48:15 ID:rtWUlur2
自分が握りつぶした情報を上層部が握りつぶしたと思い込ませてたのか
きたない流石惟敬きたない

302 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:49:02 ID:KFoOKuVY
      f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
      ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl   プ…… ククク……
      /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
     k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
    ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|
    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ    しかし困ったことになりましたな
    ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"
     ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/       冊封に際し 肝心の正使が不在とは……
     ヽl.      ̄`ー-     jノ
     」l 、            /         北京のほうは どのように対処しろと?
    '´小、ヽ、      ,.  /\_
´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、
 '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ
 /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧
/    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ
     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ
    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、
>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ
- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、
__) / /   / |    /    \
 /i /  '  / 'l   /
<   !/     /  | /

303 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:50:00 ID:KFoOKuVY
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ      うむ……
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ     そのことなのだが……
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ   正使は このわたしが繰り上がり任命されることになった
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.     そして副使は……
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|

304 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:51:19 ID:KFoOKuVY
                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l       沈惟敬……
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l      ……君だ
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ     引き受けてくれるか?
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i
.  /   l  k__,.-'"l  l/  ヽ     ヽll   ヽ    ヾl     'l .l  l
 /    l  l l     l  l   ヽ   ヽ ヽ    ヽ    ',!     ll  l

305名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:52:35 ID:ju3AaNG.
最初からそれが狙いか!

306 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:52:46 ID:KFoOKuVY
            〓〓〓〓〓/  ヽ、 ∧        ̄ ‐- |
            l〓〓〓〓,/ ヽ、ヽヾ|..| ヾ |          |
            〓〓〓〓l     = "    | ll|    | |    |    ヒ ヒ ヒ
……キヒッ!    |〓〓〓〓   ミ=      | | |    | |   |
            l〓〓〓〓   :::         | l  |    | |  |   クヒヒヒヒ
          l〓〓〓〓〓ミ彡;;          | l  |    | |  |
         、l〓〓〓〓〓,´,|  〃==ヽ 、     | l l| |   | | 〓ヽ
  ─   -‐ '  `〓〓〓〓 l ト ll   _   ヾイ、  〃 |_l l┼ - | |   〓、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l   ヒ;;´   ̄ ̄ヽ:::l  -ノ | | | l |  |  ‡〓ー ,, __
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓‡ ┤从      )‐-〃 ;;《 ● ll   〃 l〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 l  ヾ  __ノ -‐ |l  ヾ ` ´  ]  //〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l     ̄ ̄ ,,,,lll|  ヾ  == ::  /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓ヽ   ,__、    :lllll|_,〃        /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ  、~ーェ-ェ─ ,,,__,ェ=`   /ヽ〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ    ̄::: ̄ ̄ ̄     /ヽ   〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃   ー  _  :::::::::   ,,, ll|||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃 〃  ;;;;;;;l  /  ー── ´  ll||||||||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓

307 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/06(土) 23:54:02 ID:KFoOKuVY
            ......\                         /
            ......<   もちろんですとも!          >
            ......<                         >
            ......<   嗚呼 なんという栄誉の至り!  ....>
     _ _       ...<                         >
    r、ヽヽ ,..     <   不肖沈惟敬 全身全霊をかけて  >
      l.i^iヽヽ! l     .<                         >
     `、ヽ   `!   <   副使の勤めを全うしましょう!!  >
       `、 `  {   . <                         >
      ヽ  , ヘヘ   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ
  i   l.   `、 `、 ´        l.    l、   /ヽ,
   `ヽ、l   `、 ヽ         l    l、 ヽ. / ヽ
   ` / l   `、  ヽ           l      l、     `


<第2部 その5 激!やる夫一家>おわり

308名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:54:36 ID:r7xmo.oA


309名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:55:28 ID:OxcatATY


こんなん副使にしたらいかんでしょw

310名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:55:55 ID:xnxsqQww
おつおつ
すべてはわがざれごとなり状態だな

311名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:56:38 ID:sGeG8wjE
乙でした!
なんでこいつこんなに熱心なんだって思うようになってきたなww

312名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:57:14 ID:VTxMTWyg
副使が狙いだったのか

313名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:57:28 ID:zSGR3V12
こいつだけは・・・っ!

314名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:57:31 ID:Q28eQnEs
乙です これは駄目だwww

315名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:57:39 ID:fyzOUMhQ
乙です。
しかし、このトリックスターはなんとかならんか……

はたから見ているだけなら愉快なんだが。

316名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:58:00 ID:ju3AaNG.
乙でした

というかもうお互い鎖国しちゃえよもう

317名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:58:04 ID:cffVGVu.
乙でした!
今回も面白かったです。

318名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:59:26 ID:hOtkvfCo
乙〜
こんな得体の知れないやつが副使かよw
まあ順調に出世はしてるんかなぁ

319名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:00:05 ID:6jV3lPSU
お疲れです!
今日も面白かった!!

320名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:00:30 ID:.NLbYUVQ
乙。コイツの正体がわかる日が来るんだろうか。

321名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:01:07 ID:zN.7Rz.U
乙ッス
コレで講話が纏まるんだったら、神でもなんでも信じるわw

322名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:04:02 ID:HJlp5.lk
乙です!

323名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:06:02 ID:EZMnbryc
>>320
wikiで謎の三行しか残っていないヤツだからなァ。

324名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:06:02 ID:T9vP/m0Q
乙!
少佐ww

325名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:10:20 ID:HYbDvRkY
乙でした
ほんと、他国の話だったら凄く面白いヤツなんだがw

326名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 00:10:42 ID:/H2sHK1A
乙でした。最初 西園寺踊子がお市かと・・・
うちの先祖が小早川家ですが
途中から博多商人年寄り衆になってたんですが・・
今回の話・・隆景のほうが良かったのかなのか・・・
先祖の兄が黒田家の上のほうだったから何か居ずらくなったのか・・
面白かったです。

327名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 01:31:40 ID:r7M5fuPM
今読んだ〜乙です。

328名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 02:32:57 ID:ZyBIQFp.
おつです!
>>210
このAAいいなw

329名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 02:37:25 ID:XoSMLhSI
乙でした〜

330名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 15:26:33 ID:nIe5Lzvg
>134 家臣逃げる
>225 新規雇用する
のようにひとの出入りがある場合って、それぞれの領地って、召し上げ→再分配になるの?
それとも現金or現物(コメとか)の支給で雇用関係にあるから支払い先が変わるだけでいいのん?

教えてエロいひと !!

331名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 15:42:11 ID:sBuh5oeY
>>330
そりゃ当然その対象の雇用形態によって異なるわな。
上級から中級の家臣で知行地持ちなら蔵入りして新しく新知行与えるし、
下級で扶持米ならそれを払わなくなるだけだ。

まあ、この場合は検地に伴う知行の再配分の途中だっただろうから、
どのみち再配分は避けられないけどな。

太閤検地はそれまでの一反三百六十歩だったのを一反三百歩に改めて、
その新しい土地にそれまでの表高で移すことで、
浮いた一反に付き六十歩の土地を大名が自分の蔵入地にする、
ってのが大名側にとってのメリットなんだから。

332名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 15:44:33 ID:fFXdKxTg
下っ端は賃金だけど途中から領地になる
でもその領地も途中までは名目上で
手続きは全部やってくれる事も
ホントに出世すると全部自分で領地管理

じゃなかったかな

333名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 15:56:17 ID:nIe5Lzvg
レスはやっ、さすがエロエロなひとたちだ……

旧家臣団の多くがあっさりこなたに鞍替えしたけど、
頼られたこなたの側で彼らの生活費を確保できるのかなぁと思って。
こなたって隠居だから手持ちの領地が潤沢にあるとは思えないし

334名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 16:03:00 ID:sBuh5oeY
>>333
こなたは5万石という破格の隠居料をもらってる。
秀吉のお気に入りだったし、養子の話で負い目もあっただろうしね。

これは隠居料なので、軍役とかはかからないはず。

しばらく家臣を養う程度のことは出来るし、
本家や吉川にその後斡旋することも出来る。

335名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 17:26:27 ID:sJbJl/Yo
あと隆景旧臣の殆どは、旧来からの「領地」を持っているはず。
なので牢人しても収入の道が絶たれるわけではない。

336名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 18:27:18 ID:NV6Pen0Y
>>335
隆景旧臣が持っていた領地って、ほとんどがやる夫が相続した土地になるんじゃないの?
あと牢人はほぼイコール所領なし。所領を抱えつつ誰にも仕えていない、なんてまず無理。

337名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 18:53:15 ID:fFXdKxTg
田畑付きの家屋敷は旧領に帰ればあるだろうから
とりあえず食うには困らん程度は何とかなりそうだけどね

338名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 19:13:18 ID:sJbJl/Yo
>>336
サラリーとしての所領ではなく、「財産」としての所領がある。
土地に限らず小作料や加地子権など。

339名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 19:14:22 ID:sBuh5oeY
しかし、小早川は毛利の中でも、
能力的にも親豊家という姿勢的にも最重要だったのに、
この一件はねえ。

吉川は元々豊家よりじゃない上に、
かがみんは色々冷遇されてるし、
毛利本家のつかさはアレだし。

強力な大名が減るのは不人気達中央集権路線には好都合かもしれないが、
こんなことやってるから後々きつい竹篦返しを食う羽目になる。

340名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 19:23:26 ID:KKNbKgEM
やったのは秀吉であって不人気たちは状況を利用してるだけだからな
ある意味官僚的と言えなくもないが

341名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 19:25:45 ID:sBuh5oeY
>>340
利用するばかりだからこそキツイ竹篦返しを受けるわけで。
つか、中央集権派が大名の力利用しようという状況になった時点で
上手く行かないわな。

342名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 19:37:44 ID:sJbJl/Yo
関ヶ原の時の三成は、応仁の乱の時の伊勢貞親によく似ている。

343名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 20:55:24 ID:p2Wq9Mkc
>>336
もっと詳しく説明すると隆景は元々毛利家臣として備後(広島県西部)三原に所領を持っていたんだけど、
毛利家が豊臣家に臣従した後、四国征伐や九州征伐の恩賞として豊臣家から直接筑前・筑後が与えられたため、毛利・豊臣双方から所領を与えられている状態になった。
やる夫が相続したのは豊臣家から与えられた筑前・筑後のみで、毛利家から与えられている三原は隆景のもののまま。
隆景旧臣は元々は三原に所領を持っているから、やる夫の所を辞めても元の土地に戻れるだけだから問題ない。

344名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 21:18:30 ID:NV6Pen0Y
>>343
なるほど、…逃げる場所があるから、簡単に逃げられた、逃げる決心がつけられたってのもあるんだろうな。

345名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 21:22:40 ID:.gVC0.U.
ただこなたが死んだらその所領もやる夫に行くんじゃないのか
その時逃げた臣下にどういう風な思いを抱くか考えなかったのかね…

346 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 21:31:23 ID:iR1Awck6
          /::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         ,/::::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ                 >>56 >>64 >>170
         'i:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ
         i;:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ii:.:.:.:.:ゞ               「金のほしさよ」のまとめを読み直して初めて気づいた
_,.、-‐'''"´^~ ̄;;リ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:.:.:.リ^~`゙`'‐-、,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:, ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_    何をやっているんだ 私はーーーーーーー!!!!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~ フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi,  'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

347 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 21:32:22 ID:iR1Awck6
      /: : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::;:::::::;;::;'゙'';::;::::::::
     ノ: : : : : : : : : : : :::::::;:',;::::::ノ ;:'''' ノ  u' 'l::::
    ノ-': : : : : : : : : : :::ィ ,;;::ノ          l::::
      {: : : : : : : :;彡'u                 l::::     じ 実は私 仕事のうえで
    _l: : : : : : : l  _,,____     u   _,,,,,_ l::::
 ⌒ ̄ ./'´l: : r‐、: l   , -‐ー‐-、,,   ,∠ --、/ッ''‐     内田氏(仮名)宛ての書類を作成することが非常に多く
 :::::::::::/:::::'''‐l `'、弋'‐-l ( ○) ,}r''''Y(○ ) ノ /:::
 ::::::::/:::::::::::::::} ij.   ゝ ,,_,,,ノ   l`‐--‐''l /:::::     そのため「内」という漢字を入力する時は
 '''''/::::::::::::::::::l ゙i            ;     l:::::::::
  /     ''l l ヽ,,! u       '    u /::: ''      反射的に「うち」と打ってしまい
   ̄ >   l  l ヽ |    、 -‐ー‐- ,,   l | 
  r'´     l  ヽヽ\    `'‐-ー-‐'  /'´        それで…… それで……
 ヽ      ヽ  \ヽl     ´`   / /   
  \       \  \\u_____ノ-‐ ''' ‐‐
   \       \‐- ,,_l   l  \      
    \      \  l   l    \     


   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \   言い訳にもなってないだろJK
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |   誤字脱字てんこ盛りに加え
  | ⌒ ´      |                           ____        そんなんだから 上司から
.  |        |   これは あまりにも酷いだろ      /      \
.  ヽ      /                         / ⌒  ⌒   \     「俺はお前の校正係じゃねえ!」って
   ヽ     /                        /  (ー) (ー) /^ヽ
   .>    <                        |   (__人__)( /   〉|    怒られるんだお
   |     |                        \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
    |     |                      ―――――――― \ _ _ _ )

348名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 21:32:49 ID:UNBwN8bQ
ネタじゃなかったのかよw

349 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 21:33:13 ID:iR1Awck6
                       /  {                     ヽ
    r'ニニ7              ./  .∧  、 ゝ、_        f⌒ヽ     }
     fトロ,ロ!___             /   / ヽ ト、\ー‐= ̄ ̄`丶、,イ f__ ',   |
 ハ´ ̄ヘこ/  ハ           /   |   `ーゝ    ,.ニ_  u  /ヽ!ゝ }|  ゝ
/  〉  |少  / |           {イ  | u       /´ __.  /     リ |   }   r-- 、_
\ \    /| |           |   ',         /./,=ミく       _,ハ、rィ^ァ'^フ'   /´
 ┌―)))――)))‐―┐        ゝ!   \   、 Lノ/ 〈 ゝノ.ノ    u  ヽ   / /   /_
  ヽ ̄工二二丁 ̄          \ト、 {. 厂>y‐ゝ_二/        |  ./ /  /´
   〉 ヽ工工/ ;′∬          ` `ーァ'´「{ )i        -、   | / / /
  lヽ三三三∫三三\;'             ヽ _/゙!  ,..     ノ}    | /  レ'
  h.ヽ三∬三三';.三三\';∫            ヽ  ̄    //      |/  j
  └ヽ ヽ三,;'三三∬三;'三\'"             `ヽ、 ∠/,     ノ/  /
    ヽ |__|烝烝烝烝烝烝|__|                \        /./   |
      lj_」ー――――‐U_」  やっぱ これですか?  `丶_  /゙ト/   ∧
                                       ̄  | ヽ、_/,イ
                                         └ァ=禿ハ
                                         / / |  !
                                       /  / |  !
                                      /    /  .|  ト 、

350名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 21:33:21 ID:T7FKn1UE
狙ったんじゃなかったのか
どんまい

35164:2010/02/07(日) 21:40:52 ID:pVq1rY32
う、が絶句だと思えばなんとか……

352名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 21:45:18 ID:fFXdKxTg
>>349
1週間だな

353名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 21:58:15 ID:ibvSUo66
誤字くらいで焼き土下座とか、ほんまラピュタは地獄やでー

354名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:01:50 ID:MxZBNxMQ
やりたいなら止めんがw

355名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:03:18 ID:dhNt9e6k
>>1はHENTAIだってことを忘れてないか

356名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:05:22 ID:p2Wq9Mkc
>>345
いや、やる夫の土地にはならない、というか出来ない。
さっきも書いたけど三原は「毛利の家臣」として、筑前・筑後は「豊臣の家臣」として隆景に与えられた土地。
もし全てをやる夫に与えるとしたら三原を毛利から取り上げ改めてやる夫に与えるか、一旦筑前・筑後を毛利家に与え輝元からやる夫に筑前・筑後を与えるという手順を踏まなければならない。
前者だと何の落ち度もないのに領地を失う毛利家が満足するはずないし、後者だとやる夫は陪臣の養子という屈辱的な立場にならざるを得ない。

357名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:05:39 ID:n99XpWDg
なんだ、ひょっとして「うち」が正しい読み方と思っちゃったよwww

358名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:28:08 ID:iqlbPE1k
これでむしゃくしゃした>>1
また短編でやらかすわけだなw

359名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:31:32 ID:sJbJl/Yo
       ________∩_∩
     /   ノ ヽ (  ノ⊂ ̄))) ̄⊃
     /|ヽ  (_ノ  ._ ̄  0'ヽ 0'
    / |ノ  .)    (_)  ヽ  i (  ムシャムシャしてやった
 ∋ノ |  /――、__  ./(∩∩) 今は反芻している
      / /| ヽ__ノ   | / ./   
    | ( | ( ’’’    | ( /
    |__ヽ.L_ヽ        Lヽ_ヽ
''" ""''"" "'''''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" "'''.

360 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 22:41:38 ID:iR1Awck6

    ./::::::::::::::丶ヾ     '  /::::::::::i  .,'   _/o o: : : / ̄"ヘ、
    /:::イ::::::::::::::::::::\     < |_::::::::ノ  ./_  / |i: : : : :://     |!
    i:/ |:::::::::::::::ヾミ-‐ヘ、     ̄   /、 `>_ ',:o: :.//    __ |
    |! ヘ_;;.-..;;;_;;-"  γ‐γ' ‐‐-./'i'" r( `.,メ゛\ ', .|:|  ,,.-''"-‐ヘ
          _,,..-‐‐ |  /  /  〉 |".i ヽ `   ', || .//    ト'┐
         /,_,,.-‐‐'| /  /  .|  .|、ヽ      ',:|.|'/     .i_,,.|
        i/     | /  /  |  |', : : : : : :   |〈'       |、::|
        |ヽ     ヽ: :      ヾ',: : : : : :   / .|       .| |,: |



        l i  ハ  ヽ:::::  _ ' :::゙"/ / レノノi.l
      l i  i ト ヽ \  _ , イ イ ハノノ
.      l i  i  i  「`゙''ー゙r"T// i/ i i
      l__i_, 斗‐へ ___ ィL/`ー- i_i iヽ
     /  } }  <´  ∧+.ト、`ヽ  } }  ヽi ヽ
   /     } }  _〉 :: :∧゙ヽ 〈  } i   ヽ ヽ
  /       V´ | , イ ハヽ、 ハ`' く     '、ヽ
. /       /  ノイ/ .H ヽ ヽ,〉  ヽ    ヽ \
〈        i   ムr-i^'|ウレ イへi  i     .〉  \


───────────── 次回予告 ─────────────


            }ノ从xx '    ̄xx/|/!:!´ ̄`ヽ! `      _ _
          +.    f\ t‐っ__ .イ-'/ト!    }.       廴 _ __彡\
        .:      | r ‐亠‐r'⌒Y´ .{.      ,           \::::\
       .x       r-|人 --弋ュラ{\!    ./|             \::::\
      |   :.....   > !--} _/ ./|人__|     .|∧     ________    \::::\
  ___人___゚ * .{    \__/:.:{   r|∧/\|7∧ /: : : : : : :.:.:/:!     ヽ:::::ヽ
     `Y´        \_____/    ト、/`ー―‐ < ∨: : : : : : :.:./ |       .i:::::::!
      |        .厂/   ./::ト、        }/!\ ̄ ̄ ̄  ./{.      l:::::::!
             {  |/\/\| fヽ.____ / ./ ∠!、____..:.:.:.:冫    ,:::::::,



彡ミ  ミ|ミ       |  /                     トー'彡  |ミミ
彡ミ;  ミ八       |                       .|   彡 |ミ
彡彡::  ミミヽ      |     彡ミ``'':::、 ,,,, ,, ,,ッミ彡      .|    彡/ミ
ミ彡'';  '';ミミヽ  ミゞシ|     __/      ,イ ~||》″ ミ    |      |ミ
ミ彡彡  'ミミミ\ ミ\|   ∠____/ | イ||   ミ   |      /
ミ彡彡ゞ  ミミミミヽミヽ`t-t' |  |  |  |  | ィ~У   ミ    |     /
彡彡彡';,  ミミミミヾミ`<ゝY 个 个 个 个イ У    ミ   У    /
ミ彡彡彡;;;,,  ミミミミミヾミヽ┴┴.┴-┴.┴┴'~ ,   ミ   /   /

361 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 22:42:02 ID:iR1Awck6
ー-rクフ   ./jハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イ jハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イ
ー-‐'"   ,ィi  トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ  トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ
jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,!ヘ,,ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,!
k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ヽ γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ ヘ,,  γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ
:t `´ jr 、、  ` ミ  '、v‐、... ‐v7  .lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽlト   、v‐、... ‐v7  .lト \ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ
ヾ   '`、'`_'   ハ  ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l| :t ` ミ   ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|
ヽ γ_,.二二..ヽ. 、:ヽ `'ー-‐'" ´ ィjr 、、  `´ イハ∧! 、:  ヽ  `'ー-‐'" ´ ィjr 、、  `´ イハ∧!

────────────── 逆境からの復活 ──────────────

ミ. '、v‐、... ‐v7   ヾ \   ̄  ,.イ:/'`、'`_'     ハ|V   ヾ \   ̄  ,.イ:/'`、'`_'     ハ|V
r 、、  `´ イハ∧  '`、'`_'     ハ_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、} ∧  '`、'`_'     ハ_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}
`、'`_'     ハ| γ_,.二二..ヽ.   j'´ jr 、、  `´ イハ/ γ_,.二二..ヽ.   j'´ jr 、、  `´ イハ/
二二..ヽ.   jjリ;|,/!ム\|トミ'-、ヽ,jヾ  `、'`_'     ハ| リ;|,/!ム\|トミ'-、ヽ,jヾ  `、'`_'     ハ|
‐、...‐v7   !'イヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|γ_,.二二..ヽ.   jjリ ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|γ_,.二二..ヽ.   jjリ
ー-rクフ   ./jハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イjハ',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j.‐、... ‐v7   !'イ
ー-‐'"   ,ィi  トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハー-rクフ   ./jハ
jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,! ミ|ミヾ   '`、'`_'     ハ|-‐'"   ,ィi/ j,!
k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ヽ γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ  ヽ γ_,.二二..ヽ.  トミ'-、ヽ,jlヽt ヽγ
:t `´ jr 、、  ` ミ  '、v‐、... ‐v7  .lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ_0_   '、v‐、... ‐v7  .lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ
ヾ   '`、'`_'   ハ  ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|   ハ  ぃー-rクフ _ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|

362 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 22:42:27 ID:iR1Awck6

─────── 解放される狂気 ───────

     _ _
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l  
     `、ヽ   `!
       `、 `  {
      ヽ  , ヘヘ
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ
  i   l.   `、 `、 ´        l.    l、   /ヽ,
   `ヽ、l   `、 ヽ         l    l、 ヽ. / ヽ
   ` / l   `、  ヽ           l      l、     `

363 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 22:42:52 ID:iR1Awck6
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......`' - .,_:::::::...::::::::::ヽ、    __,. -‐_'"_,. /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' - _::::::..::::::ヽ、  ト-‐''""::::/ /
:::::::_,. -─ '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'::‐-:::.,_:::::::::::..`ヽ:、:::.::::\ l::::::::.::::::/ /`'  |\        /|
'"´::::::::::::::::::::::::::::::....::::::::::::::::::::::...:...:.::...::`' ‐- .,_:::::`'ヽ、::..:.゙,:::::::.::::l l  . |  \──< |   _
_,.-::─一::´ ̄ ̄ ̄ ̄`':.── --:.,:_:::::::::::::::::::::::`'‐-.,_:::::::::゙,::::::::.::l l.   レ  \ , , /|     ヽ て==
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......::::::::::`'‐-.,_::::::::::::::::::::::::`ヽ, ヘ:::::::.::゙, ゙,  /  ●   ●  ',`ー──} /:::::::.::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r- 、:::::::::::::::::::::::::::........`' ‐-.,_:::::::::::::::::::ヽ、::.:ヽヽノ|          |      //::. .:::/
:::___:::::::::::::::::::::::::/:: : :j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::`' - .,_::::::::::\:::.ヽヽ、   マフ   ノ j   ,'::::,.-‐'´
:.....:::::...::::.. ̄ ̄ ̄,'フ、:::: :/─ - .,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....`' - <:::ヽへヾ,ヽ`/斤,イl   lノ  〃.,.-‐'´
::::::::::::::::: ノヽ、:::::l:::: :: :´〈:::::::::::::::::::: ̄`' ─ - .,_::::::::::::::::::::::::::::>- 、', - _:::ヾ、!`'ヘ } ヽ:l / ,ィ'´,::ィ、`゙' - .,_
::::::::::/:: : :ノ:..:::j::/:: :: :: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....`゙':::─- .,__/:::::::::::::::.`ヽ了__ヽ_!__o_jノ/' ":_,. -::::::::ヽ::::::::`' ‐
..::::/:: .:::/_,、_ノ::{:. :: :: :: j-‐''""゙´ ̄ ̄ ̄_,.二::ニ===- -'一‐- .,_:::.:::::ヽヽ- .,_ ̄::::::::: ̄:::_,-=zzzzシ:::::::::::::
:::/::: ::/"´:: :: ヽ,. へ:: :: :l::::_,. - ─ '"ニ二 -─ ''""´ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄`:"ァ-z==ヾ、:::: ̄'-=三Zシ::::::::::::::_, ィz -'"
:ヽ_'___:: ::/:::::ノ、::::lニ-,r-‐'"´ ̄`ヽ、        {':: :: :: ::' ::::/!l: :!l:::::::::ヽへ、:::::::...._,. -‐'==-'"´
"´:::::::::::::::7:: . ./::},:: :.フ´:: :〉-,/⌒!    \、     /:: :: :: :: ::/:: ::!l: j l::::::_,z=1l`ーr -<'" ̄'<ヽ-、
::::::::::::::/::::::/:_:: ::y´:: ::/::Y´:: :/ `ー-,   `'- _/:: :: :: :: _,イ:: :: :: ::ヽl !/-':: ::l{!:: l!:l >- _:: :: _/r- :〉、
::::_,.-'´>、,.-‐'-、:/:: ::/:_:/:: :/j:::::::::::j!ー- .,_ノ、:: :: :: :: /  l:: :: :: :: :j/ヽ:: ::、::!l!;; ;l!:l てz<'",.-‐'_/::::::ヽ
-'_,.-'´       /:: ::/:: :ソ:: :://: lヽ::,/:: :: :: :: :: :: !:: ::/`' .,_ ヽ :: :: ::.. :: ::l !:: ヾ、ゞ、l!:l    ̄ ̄ ̄  l::::::::::
        /ー'7`ヽ_/∠/:ノ´::,/ :: :: .. :: :: ::.:l/    `'- ヽ:: :: :: :: ::l ! :: :: ::l l !z:lヘ、       ヽ::::〈
        , ゙   /::::::::::_,. z='シ:::_,.ノ:: :: ::_ __ : /         ヽ、:: :: :: l !:: :: :: ! li:: l!ヽ \、_     ヽ_j
      /   /::::_,z=Z=ニ_,. -'"´`¨¨¨ ´ `ー-'゙            ヽ、:: :: :゙,゙, :: :: :l !l ::l!::l,  `ヽ、‐- .,_
      /   /∠z≠''"´  ヽ、                     \:: :: :: ゙, :: :: ゙, !゙,:ヽ r- .,_ `'=z.,_::::

───────────────── まさかの覚醒 ─────────────────

364 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 22:43:48 ID:iR1Awck6

───────── そして新たな事件 ───────────

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'//;/:.:./;/:.:.:.:.:./;;;;;/:.:.:.i;;!:.:.:.:|;!.|;;;;;;;;;;/i':.:.:.:.:!.!;;;|.:.ヘ;;;;;;;|.:.:.:.ヘ;;
;;;;;;;/i;;;/´ , , :.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.{;;;;;/:.:.:.:.:.:i,':.:.:.:.|'.:.:|;;;;;;/./.:.:.:.:.:|.:.!;|.:.:.:ヘ;;;;;|.:.:.:.:.ヘ
;;;;/ i;;/  " :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;/:.:.:.:.:.:.:!':.:.:.:.:,!.:.:.|;;;/:.:'.:,:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.ヘ;;|.:.:.:.:.:.
;/ i;/ __, == ー== 、_:.:.:.!':.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:|.:.:.|;/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:U:.'|.:.:.:.:.:.
ヘ i' ' ´        "`"=_;:_.:.:.!,!:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|':.:.:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.-ー= =-,:__:.:.
;|ヘ.'       _,.-="´""==_`ヽ、、_ ,: : :i : : :: !.,〟: : :,_. = '"       //
'| `    _, ="     鬱, `'i:.:.:`:.":ミァ,!/  |;;;;;;;;;=='""゙ミ._    〃
      'ヘ       ㌦ノ  ' : ::   -' :::::::>;;;/ .鬱    ゙i,   ./
        `.、       _ ,         '7/   ヾ゙'     };;..:.:/
ヽ         __ ...-ー´::.:.:::.:::.:...      . ...:.ー- ,_    '::.:∧
.{ i.        : : ::.:..:.::.:.:. : :        .i:.:.:...:.:.:.:.:......:.`:': :.:.:./:.弋":'.ー-
ヾ::!        : :.. :.:.           i:.:.:..::.::.:.:.::.:.:.:.:   ::/: : :ヘ: : : :
:.ヘ::.i                     .i;;.:.:.:.:.:.:.: : : :    ノ: : : : :ヘ: : :
: : ヘ:ヘ        __           '": :.;; : : :      / : : : : : :ヘヽ :
.: : : :ヾゝ     ´ゞ、ヽ、        丶 /       /:: : : : : : : : ヘ:
: : : : : : ヾ....    `ヽ`゙>丶、 , _____      /|   : : : : : : :
: : : : : : : :.i::\     `丶、_____/   イ::: !       : : :
.: : : : : : : : ヘ::::\                ∠´;;;;;;i:::/



 『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』

  <第2部 その6 OUTLAW BREAKS THE RULE>

            2/13(土)21:00 投下予定

365名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:49:35 ID:nveXLiZY
おお、色々楽しそうだw
ていうかコオロギwwwww

366名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 22:50:27 ID:ibvSUo66
ぜんぜん分からんwww

367 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/07(日) 22:53:51 ID:iR1Awck6
          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ      ちなみに現在 1コマたりとも出来てはいない
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l      11日が休みとなることに賭けるのみ!
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'                     ____
        lヽ、__ / _l、                   /      \     納期でハッタリをかますのは仕事だけにするお
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _               / ─    ─ \
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;          / -=・=-   -=・=- \  いつかバチがあたるお
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;          |      (__人__)  U  |
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;         \     ` ⌒´     /


>>358 こんなことではむしゃくしゃしない でも14日はヤバイ

368名無しのやる夫だお:2010/02/07(日) 23:08:06 ID:sJbJl/Yo
>>367
2月十四日と言うと、弘前藩二代、津軽信枚の命日ですね。
その喪に服するんですね。


え?

369名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 05:59:08 ID:MqC5Q8og
>>345
自分が見限った元の主君にどう思われようと関係ないっしょ。
実際、三原組は殆ど毛利本家に仕官してるし、
そうでなくても関ヶ原までは名があれば仕官には困らない。

ぶっちゃけ、余所から押し込まれた太閤の寵愛が冷めた胡乱な若造に忠誠誓おう
という方が物好きなわけで。
秀次事件みたいなことになったらその余所者のために腹切る羽目になるし。

370名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 12:39:52 ID:Jw3xjXb2
秀次事件前後で、小早川でのやる夫に対する風向きも変わったんだろうな。
秀次が死ぬまでは、お拾の継承絡みの養子縁組だから太閤も小早川家に色々と配慮してくれるだろう、と秀吉の見識に期待してた人も、
秀吉が露骨に容赦のない独裁者に変わった後はやる夫も秀次の二の舞になるかもしれないと考えたかもしれんし。

371名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 13:11:17 ID:0uTDoZI2
ちょっと面白い記事

石田三成の石垣どこへ? 彦根城転用説…実は10個未満
ttp://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK201002060112.html

372名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:18:02 ID:MqC5Q8og
>>370
そらま、元々出来物の養子がいたところへの無理筋の養子の話。
お家のためと思って飲んだら却ってお家が危険な目に、
ってんじゃこなた筆頭に嫌気がさすのも無理はない。

こなたが自分の古株の家臣をやる夫の所に止めなかったのも、
今後の展開をある程度予測していたからかもしれん。

373名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:30:36 ID:DnUCkykw
当時の関係って親分子分だから
親分が退いて新しい親分立てても
やっぱあんたが親分だぁ〜って慕ってくるのは
嬉しくて無下にする事もしないんじゃね

374名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 21:06:44 ID:OW87kHmg
家名の為にって大義名分も小早川家自体こなた側からすれば乗っ取ったもんだしなぁ
この現状でやる夫に肩入れする方が物好きって流れになるのも仕方ないのか

375名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 22:27:53 ID:dXp9A.pY
>>373 当時の関係って親分子分だから

ぜんぜん違うと思うよ

376名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:50:59 ID:jhdTFnLU
>>375
お御輿だよな
担ぐ方が嫌になったら即放り投げるor下克上

377名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:55:51 ID:0uTDoZI2
小早川も含めて、毛利系大名は国人一揆の色合いがまだ濃い。
主君と言うより同盟の主席みたいな感じ。

378名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:22:42 ID:LxirR84U
プリンケプス
第一人者というわけかw

379名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:28:10 ID:Lf9Ws1Uk
そういう意味では、当時の小早川家も戦国大名・毛利というグループの一員ではあっても、
毛利家単体の家臣・家来とは断定できない面もあるわけで。
特に、小早川家は豊臣政権においては毛利から分離させられてもいる。
隆景が死んだらそのまま自動的に領地・家来たちは毛利に吸収されると絶対に決まっていたわけでもない。

380名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:34:37 ID:MuetS8Vs
なのでもし秀秋が小早川家臣団に対し君主権を見せつけるような態度をとったのだとしたら、
当然嫌われるし逃げられる。

会社で言えば、相当の成績を収めていた営業部の古参の部長が退任して、代わりに
部下よりも歳の若い新参の若手が部長職についたとして、その意図はともかく、今までのやり方を
否定するため自分の権力を振り回すような態度をとった場合、部下達はついてくるだろうか?
って話で。

381名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 01:38:53 ID:mSffN6dE
現代の会社組織とは全く違うから例えになってないと思うんだが

382名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 02:00:05 ID:MuetS8Vs
組織ではなく「人間関係」の話をしている。

383<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

384<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

385名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 13:36:41 ID:yUrVXYkw
シナチクのベンジャミン・クソフォード

386名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 19:47:17 ID:IuF6v0Y6
長門にヌケドにカーネルに阿部さんと準にゃんと他雑魚二名とかw
この一家は奸悪無限のカブキ者一座より混沌としすぎてるなwww

387名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 20:06:03 ID:YS3rharc
・秀秋が小早川家に養子入りしたとはいえ秀吉の機嫌に保障なんてない
 なら譜代の家臣達にひいては毛利本家に累が及ばないように、との配慮
 (実際秀秋はこの後秀吉の勘気をこうむる)
・関白になる為の教育を受けてきた若年の当主と有力家臣との軋轢を避ける為
 (若年の当主と有力家臣との対立なんてのは枚挙に暇が無い、
  また当主側近と重臣を豊臣家側で固め派閥争いを防げる)
・長い付き合いの家臣達に所領を捨ててまで着いてきてもらえて嬉しかった
 (情に流された→あまり隆景らしくはない気が?)
・朝鮮の役が未だ終結していない時期に当主と重臣が抜けることは、
 大名家にとって最も重要な軍役を果たせなくしかねない
 隆景は秀秋の継いだ小早川家がどうなろうと構わなかった
 (秀吉にとっての不安要素である秀秋を除く事に消極的ながら協力して
  秀吉に恩を売ることもできる)
隆景側から考えた家臣引き上げの理由
小早川家の事を最善に考えたら、隆景は隠居して後見するのが妥当だから
秀秋の為なんてのは一欠けらも考えてないだろうけど

388名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 20:14:59 ID:LeKNGX/A
今となっては隆景にとって小早川家自体にそこまでこだわりもないだろうしな
悪く言ってしまえば使い潰したともいえるんだろうが・・・

389名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 22:20:03 ID:C2j/Kxfc
隆景にとっては毛利家が最優先事項だろうからな
こだわりはあったかもしれないが、毛利家のためなら切り捨ててもってところかもな

390名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 23:22:30 ID:hE12mGII
そもそも小早川家にそんなに愛着あったんだろうか?
元々父親が乗っ取った家だし

391名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 23:31:33 ID:NglurC7w
そーゆー意味では、ここでいい機会と小早川を毛利から切り捨てたのも判るな。
ついでに毛利からの出向組も引き上げさせて。

392名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 23:44:33 ID:THoHTK1k
隆景は若い頃は毛利よりも小早川を優先している
そのことを父・元就に手紙でたしなめられたり
兄・隆元が憂いだりしてる

年をとって変わったのか 
隆元の死により輝元の後見を託されて毛利最優先になったのかもね

393名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 23:45:18 ID:gIWUfi6I
一応隆景の正室が沼田小早川氏の娘だったり
秀包の母の乃美大方は小早川の庶流の乃美氏だったりするんだけどなあ。

隆景の小早川家への思い入れってどうだったんだろう。

394名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 00:11:58 ID:OtKz1zsc
>>392の事例からもあるように、それなりに執着だか愛着だかはあったが
やる夫に家督を奪われた以上、もはや自分の手が及ばなくなったと見切りをつけて
余計な未練は断ち切ったんじゃないかな

395名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 00:35:58 ID:g.jtSBOY
時代や状況の違いってのはありそうだなぁ
元就存命時は本家を任せて小早川家に意識を振り分けていられたけど
今はもう優先順位をきっちりしなきゃいかん時流になってしまったとか

396名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 04:01:59 ID:k8wFc3/o
ぶっちゃけ、TERUがあの状態で、
秀吉がラスボスモードじゃ、
本家の存続を優先せざるを得ないというのもわかる。

397名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 04:17:07 ID:W3GrjIBg
つーかそれこそ元春の死後は実質的に毛利家を代表して運営していたのは隆景だし、
その間小早川家と毛利家と言うものも、事実上一体化しただろうしね。

398 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 12:36:36 ID:vAGMA526
急に会社から呼び出された
行ってくる
今夜の投下は多分大丈夫だと思うけど とりあえず未定ということに……

399名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 12:47:37 ID:o.hN2oPo
さて、今日あたり(別スレで)投下がありそうだが

400 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 17:11:44 ID:vAGMA526
戻った 大した用件じゃなかった
いちいち呼び出すな
予定通り 21:00から投下します

401名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 17:13:10 ID:0SrkQ83k
お疲れ様ですと待機

402名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 17:20:57 ID:Orue5x3U
大したことがなくてよかったですw

403名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 17:55:40 ID:0scaAI1c
なにかのフラグかとオモターヨ

404名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 20:55:51 ID:Lr6UX7E6
そろそろかな? 待機

405 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 20:59:11 ID:vAGMA526
投下します

406名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 20:59:18 ID:3NGbHfIY
きたきた

407 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:00:01 ID:vAGMA526
天正の頃
四国のほとんど全域を一代で制覇した長宗我部元親は 秀吉にとことん逆らった

           _,;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙';;、
          ,;';; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; `、
          ,';;;;;,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;゙;
         /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |  |      ノ:::::::::::::::::::;;;;/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

         ↑ 土佐浦戸22万石 長宗我部元親

408 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:00:51 ID:vAGMA526
元親は 「本能寺の変」では明智光秀と通じ 「賤ヶ岳の戦い」では柴田勝家と結び 「小牧・長久手の戦い」では徳川家康に味方した


  i  ノ /  /  l ∧   l\ ヽ  i, \   ← 香川親和
  ノ / / /// i ヽ i;  |i ' ,i  l  |i、 l、     長宗我部元親次男
  ヽ// / /iノ| !_|ヽ!i; i;  l!  'i |i  |li i;
  ノ レヽ! | |l|_;;:コ|ニl| i; i; l|_∠| /!;i  /!|ハl               ,、-‐'"             /  r' |.j,!
ヽ、ヾ|〈シヽ ト|!ゞ'='゙-ツト;i; トi lャラく;l! /! / |!/ !               |   、     _,..、 -‐ '" ' ‐-、,____`ヽ,           _,、ィ'' " ~``ヽVi_
 ,ゞ、_ゝヽ!ヽ|   "´  \|ヽ!`"゛/ ノリ' /              .   |   ` i-‐ ' "   ,、,         ヽ'     _ 、__,.r'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"ヽ
´_> > `;┐         :i ',   ク゛/                    |      |,-‐/ミ、/:::::\、_           _,>´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
´ //// ',        ィメ>'  / ,.、,_ ,..._                 |   _,,.-‐"~::::::::::::::::::::::::::::::``‐、-、_      ヲ::::::::::::::::::_:::::、、ヾ|!レ/;:;:;_;:;__:::::::::L_
/イ /_/  ゝ,   一 ==r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、             !  7/:::::::::::/ハ::::、:、::::::::::::::::::ヾ‐i`〉    ニ;::::::::::::F´    ̄``´´ ̄    ミ::::::;k、
,/ '/ /    \  ゛ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\            |  '/:::::::/::__;∠!∧:ヽヽ\::ヽ::::、ヾ|/:ヽ     7:::::::::|゛ _..,,__   U u  _,,、、`l::::::ド
, '/  '、      ^'x ; ,, ,、ィヽ \\ ,)/ ノ /  ノ            i ' i':;::/レ/   ヾヽ〉ゞ\_>_ヽ、レハ:i::::i     f'フ┐::l  , -‐`¨'<゛ 7''"´丶、」::;r'`
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛   、   /              l  W'ヘ|(  0 ! ! 0  ヽヾ|ノノ|::|::::|       」:l /    。 }  { 。   } |:{、
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i  ノ    |               l  ヽノ >;;,,, ' ヽ、   .ノ /'‐i:::|::|::::|      〈nl, ヽ   _ ノイlハゝ- 、 _,ノ !/ }
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |               i   !、   ‘    `"!!! ._〉ヾ!|./::::|       l ,ハ   ̄‐'''´ ・・ ``''‐   l) /
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、         -‐/ ̄,`" ‐- 、_\⊂===ニ二)  .ノ‐ '゛|/::::::|       ヽ )!       __   u !_/
   ;     |ヽ \  /_ノi\l ',\  ヽ,    ! \       フ_4゛ \     ̄`‐- 、 ___ ,、 ‐ ⌒ ヽ!::::::::l|        `ヘ ,ィi"二二´- 、い 、/
    i     l\\ ヾ' ´ // \'、 ヽ      \        ニ-‐'-、  `ー-         ̄ `'' "` ‐`‐、|:|          ヽゞ、r:::::::v‐::-、_ノノ
     i   /   \>-‐‐く/    ヽ:、 \      \          ,.> ,、-i‐っ‐- 、. _            ` ヽi           >`ー-‐--‐'',.イヽ
    |   /     ヽ   /  ' ,   ヽ  \              (_,ノ'゛ /`ヽ     `` ‐- 、           ヽ         /''>┘ニー-:
    | /        ', __/     l      /\               /   ヽ、,、 -‐ '' "〈 `` 、_    _,人       └</:::::::|.|:::
    ´         ! i     ノ       |                i            i  '/ ̄l ̄::|:::::::::i         |::::::::::::|」:::

                    【長宗我部軍にフルボッコにされる十河存保(中)と仙石秀久(左)の図】

409 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:02:11 ID:vAGMA526
四国征伐の折 長宗我部家が取り潰されなかったのは奇跡的であると言ってもよかった

      〉 |: : : |: : : :.:\: : : |: :.ヘ.:ヽ: : \: : : : : : : : :ハ : : : : ヘ.:|
      〈/|: : : |: : : : : : :\.:|: : :}: : ハ: : : :\: :ハ: : : : :ハ.: :',: : ヘ}  
    /:/::!:: : ::|: : : : : : r``¨"".l: : : |: : : :.:..|: : :|: : : : : |: : ',: : :ヘ
   /::::/::::|: : : :|: : : : : : |    |: : : |: : : :.:.:|: : :|: : : : : |: : :.',: : :ハ\ 
  く__/:::::::|: : : :|: : : : : : |    |: : : |: : : :.:.:ト、:.:ト、: : : :.|: : : :',.:.:.:レ'′
    廴::/|: : : :|: : : : ─|-_  !: : :リ: : : :.:.:| .l: | .V: : :.|: : : : ',: : |
     //:::|: : : :|: : : : : : |   .≧十:::ハ: : : : :|=|十=マ':l: : :.:.トリ:.!|
     廴_.!/: :.:.|: : : : : :ィf乏ラぅ |: /  |:.:.:.:./レテらアz: : ト、:.:.:.|::| ::|
      .リ: :.:./|: : : : :.:.:Vう::::j} |/   .|.:.:./ ´{う::::j} !`:|. V .:|::| ::|
      ./: : /|.:|: : : : : : 弋:cり      |:::/   Lc::リ |::/.j .}:.:.|::| :.}    降伏するなら
      /..:.:/:.:|: | : : :|:.:.:.:|  ̄      |/      ̄  .l/ノ./|::/∧八
    /.: :/: : :|:.:|: : : :!:..:.:|                 /‐'´ .l/:|:ハ     土佐一国の安堵は認めてあげるわ
   ./: :,/: ::リ |:.:|: : : :|:.:.:.|          '        ./:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|
   |:.:./|: : /. l: :|: : :.:l :.:.:|\.     -_‐    . イ_ :.:.:.:.:.:.:.:.ト、::!
   |:.:.| .!:/::::.>.!: : :.l :.:.:|  .l>、      . <   丶、 :.:.:.| }::|
   \{ l_l. イ  .|: : : |.:.:.:|.  |   ` ー‐<  }      \:::} |::}
     /::::::::|  |: : : |:.:.:.|.  |         l        |::へl/   ← 四国征伐総大将 豊臣秀長
   ./:::::::::::::::|  |: : :.ヘ: ::|  .ヘー-、  .,-─/        |::::::::::\
   l ::::::::::::::::|  .ヽ: : l: : |     
  .|::::::::::::::::::|     \{\{


               /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
                |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
                  〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
                   >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:
                   (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:
                   `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::
                    ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::
                      V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
 ……ありがたき幸せ        ∧::::::::_    ,,、ハN::::::
                      」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :
                      ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
                       ∠//"`-"ー'イ:::::::::::
                       |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::
                     _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
                   _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::


お家の滅亡を覚悟していた元親は これを喜び 以降秀吉に忠誠を誓う
しかし 長宗我部家の真の混乱は この時より始まる

410名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:02:23 ID:I1xWFtOc
このあたりから、チートにはかなわないというセンゴクのめっきがどんどんはがれ…。

411 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:03:13 ID:vAGMA526
元親の嫡男 長宗我部信親は 織田信長が養子に望んだと噂されるほどの人物で
智勇兼備で礼節を重んじ それでいて人当たりも良く配下の国人衆も皆懐くという
長宗我部家にとって まさに理想の後継者であった

            _  _ _
             /  `'    ̄\
         /           \
       , ´     ,            `、
        j       l      l      l
      /    |   |  |   |i   .    `、
      /     ! ト、  |i,  |i /|| ト、|    |
      | l  ! ,ム |‐\ト{\|レ',‐リノ-N  !  N
      レ| | レ'/ ,,|.-=、  ` ,=ー、,, 〉 ト. |
        VV \            /|/ |/
       | i ト. ゝ_    l、   ∠   /
          | |l |i.\_> {  ̄} <_/ /
         N `!\レ!`r、`-´ /|∧ノ|/
                ┌| `ー'  |┐
          ___/ \   / {___
        /「ii.   | /ユ`V´ム.  |   ii | ̄\
      /   | ii  レ'「 ゝ, ¨ノ |\|   ii |  i  \
    /   i | ii  ii |  } {  | ii   .ii | /   i
    /     l | ii  ii | |  | | ii    ii | /     |
    /     | | ii  ii `、!  レ' ii     ii |/  /   |  ← 長宗我部信親
   /      {| ii    ヾ、∨ 〃    ii |j /    |


当然 元親も信親には大きな期待をかけた

412名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:03:39 ID:3NGbHfIY
なんだその完全生物

413 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:04:43 ID:vAGMA526
しかし天正14(1586)年12月
九州征伐時の「戸次川の戦い」で信親は戦死 享年22……
   
\                            /
<  ………………………………!!!!   >
<                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
 /;;;;;;;;;;;;;;/!′             : : : : :ヽ;;;;;;;;;;;ト
 ゙j;;;;;;;;;;;i' !  、_     i   !    ゙ : ,、:! !;;;;;;;;;;;|
 .〕;;;;;;;;;;!' <ァ-‥゙ ̄¨ 、 rソ // ¨´  ̄ `ヽ__ !;;;;;;;;!、
 l/!;;;;;;;;|.r=〔       ゙y'⌒.(       )イ.|;;;;;;;i
  "!;;;Vj  ` ー - ‐"´ |   | ` ー ― ´  iij;;;;;;j、
   ヾ;;;丶      /( : : : : :)、: : : : : : : : : /;;;;/
    ン;;;》、     /:; ` : : : . . \: : : : : :.//;;;く
    i/:::'ヘi ヽ  ' .:: /´二` \: : : : : : ://r'( |
   ! :' ;:ヘi    ;:'/~ ´  ` ~ ヽ: : : : : /;/^  !
    ヽ  i;;;i   .! |/ ⌒ ー ⌒ヽ.!:! : : :./;/"::/
     ゙ーy;;!   ゞー¨´ ̄`¨ー ' ノ : : :/;/_/
        !;;;i      ´  ̄ ` : : : : : :/;/
       ゞ;;;ヽ_   /¨\_:_:_:_/;;;/
         |ヘ、;;;;;`ー';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.イ
        |  ':. \;;_;;_;;_;;_;;_;;_;;;/: :.!
.          |  ::      : : : : :/: : :!


元親の悲憤・絶望は 計り知れないものであった

414 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:06:19 ID:vAGMA526
信親を失った長宗我部家は 残る元親の息子三名のうちから 新たな後継者の選出を余儀なくされる
(元親には 他に二名の男子があったとの説もあるが詳細不明)
ここは年齢も20歳で 実績でも16で十河城攻めの総大将を務め「鬼十河」十河存保を打ち破った次男 香川親和が家督を継ぐのが常識である
事実 秀吉も 親和に家督相続を認める旨の朱印状を発給している


     / -―'    _/ ̄` ヽ   \
    l /    r― '´       \    ヽ                    /             |:::l::.  `ヽ、
.    」/  / /l7        ヽ     \   i                  /         /  /  |:::|::::.    l
  //  / i レ^|| i 、     \    ヽ |                _/       /   // /イ   |:::l:::::::   |
 / 〃   | l | | ハ l  \ \   ヽ    \ l               /      /   ∠|//ー/:: ノ 人_::::..   ',
 | /i /  |. ハ l  !{ l ト 、  ヽ \ ト、 ハ Y |              /イ//      r<f::゚」_``'イ::::/|/ート、.〉::从 }
 l' レ'! i  !ムレL、_ヽ 丶>、_ニ≧>、 V | ハ ! l               イ.//   ィ /´      /|/ /'〈7'」>:::::::::::j
.     | ト、 | ィ弋Tヽ  ヽ く でリヾ \ヽfご∨レ               |イ/  /´/)/             ,::> {:::::::::::|
.    V ヾ{`、  ̄   |       ̄´   W い }                 |/|  .{(::::(       ____    j::イノリノ
         い   ノ          ぐ_,イL__,.  -―- 、         |l |  ∧\}              / /´
         ` i  ヽ -        r- '1ヽr-―  '二 _ ヾ         |:| |:::::ーr、            イ
           ヽ  ー‐―一'´   /  / ハ、  -、 -、  \        //:::::::::::::|::`:-.、_        ,イ`|
          / ヘ         / / /  \\ ヽ ヽヽ ゝ       / |ハ::::::::::::::ト  :::::`::::-..、 __/::::|
        イ  / i、  _,.イ / /     /`丶ヾ\  \ヽ       .| N::::::::::|    ::::::::::::::「r/ヘ|
   ,.-'´  |  {  ヾ二 -‐ '¨´ /       /    `'ー- 、  ヾ         |´\:|     :::::::::::|'
 /      |  ヽ        /        /         \ ゝ        |  .j  :.      j   ← 津野親忠 元親の三男
         |   |      l       /            `'ー-、       /j   :..      ト            この時15歳


ところが どうしたことか元親は 親和も三男である津野親忠も好まず 後継者への指名を引き伸ばした

415 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:07:48 ID:vAGMA526
元親の意中は溺愛する四男 千熊丸であった


   <        ,;ililili|||i| ,ililiilj、 j|illi 、ノilililili
    \      /ililililil|||ililililililililiilililililililililililil
     / ,,il ,i| ,ノ;;i|i,ilili/||il|l|ililililililililililililililiililill
     /llili||/ソ"/" ||i/ ||  |ilililil|i,、lilililililililililiil        親和は香川家に養子入りして長い
      lilil|  '   |''  |   |iili||: |ililiilililililiilli
       ノ"|           |i'::::::::|/ililililililillli        すでに他家の色に染まり過ぎている
       |     , ,,      ::::::::::::|l||ilililiilili
      _j  l |´"        :::::::::::::::|ilililililililil ゛,      親忠は秀長殿の謀将・藤堂高虎と仲が良すぎる
     (   ` 、〈_____      :::::::::::::::|ilililililililililil ゛
      ヽ、__ノ、__, ´ ̄'''''=、ー,,,,_:::::::::::::::|ilililililil|,-― 、     これは長宗我部家にとって将来の禍根となろう
      |   / .ヽ      )_;;;; -======/ ,-‐ 、 |ilili
       | / .::::::::`ー--''"'''''':"::::::::::::::::|ilililili| く⌒)  |ilili:   わたしは千熊丸を後継者に指名しようと思う
      V ::::::::::::::.    .::::::::::::::::::::::::||ilililii| l ( /;lll|||:
      く  ´、:::::::::::.   .::::::::::::::::::::::::::||ilililil| / / /lll||||||:
       `ー"__::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::|ilililili||  l /l,ililil:|l||:
        | ====_、:::::::::::::::::::::::::::::ノilililil||「'''''''"/;;tlllll||||:
         |  -:::::::::::::::::::::::::::::,,,yミilililili|i|il_ | /,tlllll||||
         レイ州il、;;;;;_;;;、;;、;_;jYillilililililililililiミ/ ,t|lllllll||||
        ノili|l||||l|lil|ilililililililililililililili;llil;ililjヲ::::::,t|||||||||||||
       ノミjj||l|ljl7j|'i|i|i|i|i|ミミ"jlili'''"::::::::::::::;_;t|||||||||||||||
           _  \  \:::::゛、::::;;;;;;;;;;,,ノ|:||||||||||||||||||


元親は このことを家臣団に打診したのだが……

416 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:08:43 ID:vAGMA526
    /          /ヽ\//ヽ\                             _rイ  i|  l !/  _, イ´` ┐
   /     /       l/ミNM∠Zト  ',                             ノ_,,.、 、| { i|  イ'´  _ニ二ス
   |  /   | / | | | |      `|l\ |                            ノ _ \ヽ { i} /Z _∠r√¨`ハ
    | |/l    |/|l  |__∧| 」___  _|ト、 |                         . 厂 _ソ´`` ヾハノ/-‐'´   ヾ=弌
   |/ │  | /|l|/|/「_|ヘ|_ ̄  / ̄| |∧|                         . ン_,イ!    イ|{ヽ     r/二ニ〉
    }     r-、|l -Xv厂`     1i厂〉リハ|                         .  ヾ、j _ __」{ ノ _,,,,、、_! 〉孑/
   ノl    |/r    "'´     i `.ト、   それは どうでしょうか           .  {ヽ'"フュッキ< `^、''エi'ヽ-,ハr‐}
  //  ..:::::::ト。、         _ ゝ /トヽ   長男亡き後は次男が家を継ぐのが      lrハ   '′{   ``    j彳ソ
  /  /:::::::::|::◇      _.--z /l:::::| |   やはり常道なのでは?             ヾハ、   r'}  > 、 /ノミj/
  |/| :/:::::/::::::::| \      ̄ .イ::::::/|/                                `ヘ} /_ `ー' __,ヽ /|`´
   |/|/|/|/l「`‐-、_` -..__/イ|/|/        親忠については                 _|ヾ  ̄、、  ゙/ | 、
          |:::::::::::::::::: ̄:::::|「:7           むしろ豊臣家にパイプが出来たと     i(人ヘ       /-‐'ノ |
        r┘:::::::::__\:::::__||:/、           考えるべきでは?              ノ \ 'ー--‐ ', - '′ ヽ、
     /|   \::::::--ヘ::::::》/ \                                _//    `ヽ、/´        > 、_
    /  |    \:::::::::r´⌒ヽヘ ヽ                            _/´   ヽ、    |     _,、‐'´    `\_

     ↑ 比江山親興 元親の従弟                               ↑ 吉良親実 元親の甥


これには一門である比江山親興と吉良親実が正論を唱えて反対する

417名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:09:20 ID:Lr6UX7E6
理由はわからんでもないがそれじゃ家臣は納得しないんじゃないか・・・?

418 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:09:45 ID:vAGMA526
ところが翌年 天正15(1587)年 親和が病死する
この親和の突然の死は
家督相続を認められないための憤死とも 甚だしきは元親による暗殺との噂も流れる

 .l          ..ノイ.....:::::::::::..     ....:::::::::::::::::         V
 .|                 , :::..    i::       .|     /
  |i   ____`    i  /  /  :::    j`:、、     i l   __,,/,、 /  ,
  ,イ´___ `'´ ̄ ̄`  マ、,__ _,_i   / .:\ ゝ´ ̄ i ̄` マヽ二ニマ ,'イ
  ´:.:.:.: . ". . .      . .:.`ヾ仁ノ}  ヽ-イ/ヽ . .   . . . .:.:.:、///
ヽ____:. . . . . .       . .: :.:l:L丿,ニ、ゞ.:.:.f:.:.:. . . . .   . . . .:.:.L__,/
`ー―_!」:.:.: . . .  .  . . . .:.:iイ二ニニニニ二!:.:.:. . . . .   .  . .:.:r‐--ィ'1
   -弋;.:.: . . .   . . . .:./ヘ ,' i   il! ゝ,:.:. . . . .   . . 丶/イ    i
  /, ,ヘ;';.. . . . . . . .:.:/\、/,イ   iハ、/ヽ、'.:. . . . . _._:.:/ヘ、   |
     / `,'ー‐i--!┼ ヘ` 、 ノ/    |ilili、  / ≧/-i-┼‐ ' ` 、     l
ヽ,  /    i  / .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、      .i       , ィ,{
  ,\´`ヽ、   ,イ  .:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、        ///,イ!
  .|ヾヽ  `>'´ ....::::::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         ルi{
  |  _, ィ'´ ......::::::::;ィ,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.     从リ{
  `y′ .:::::::::::::;::::;/  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_  `'ー-ュ,仆林
_/  ..i::::::;;;ン;イ  ...:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ{
/  .::::://,イ .:::::::;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、
 ...::::::/,イr'´ .::::::::;メ,≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ゝ,__,イ/  | :::::::::j-イ!  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::


そしてこの後 そうとられても仕方のない行動を元親はおこす

419名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:10:28 ID:3NGbHfIY
鬼十河を破ったほどの逸材をあたら……

420 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:10:42 ID:vAGMA526
天正16(1588)年
元親は 吉良親実と比江山親興に切腹を命じることを始めとし 反千熊丸派をことごとく誅伐した


                 , -,―' ̄ヽ.__/`'ー-、
            _/ ̄7´      `.レ'´    '、_
          , -‐'/::::::/ /  /  /ミヽ.i /ヽ.:::::、  ヽ
         /:::::::::i :::: i  |  |、、、_'y'ル,j/_,i::::::ヽ 、ヽ     どうして……
       ./::::::::::::::|::::::: |  l:|  N:::::::::::::::::::::::::ト|::::::|: :l::|
       /::::::::::::::::|:::::::: i: |::| |:::::::::::::::::::::::::::::|i|:: || ::トj          r '――- 、_-、 \`丶、
      ノ:::::::::::::::::|::::::::::i |`、|__'、|___:::::::::::::::::::::::::|| ||  |         ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、
        l::::::::::::::::::::|:::::::::A|;´-――-'y'  iィ==,-|ノ/レjノ        r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
      |::::::::::::::::::::::'、∧|:::::_, -r。t‐、::::  ,......._ `|ノ           Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |
     ノ:::::::::::::/::::::::ノ::::::::::::`'┴‐'‐:::::::. i、i゚_j_,`〈           ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
      |::::::::::::/""l:〈:::::::::::::      :::::::: ` 、 ' |         r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )
      |:::::::/l 7`i::|::::::::        :::::.' _/  /        ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
     /::::/::::::i. `'lトl::::::::      ,_, -━,   /|          \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃
    /: ::/:::::::::::>--.、::::::...       ` ━'  / |           _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′
   /〃/::::::::::λ:◆:ト`' ::::::..      "" ./◆  `'i       \、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /    なんてことだ……
 . |:::|::::::l|::::::::::|:i:::::::|, -‐i''i 、      _/:::::|:: |  |       、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
   レi::::::|il:::::l::::i‐‐'´   | |     | ̄i:::::::::|: | トノ       _ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{
    `iル|i|:::i:::::i  .......::::| |      .|::::::|::::l:ノ|Aルiノ         ̄ \、  ヽ〃      l    人
      `´`r'┴ー--、::::::| |     トiルiノi/77              ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ
     ノ ̄ ̄`'ー‐-'-、;| |      ト   //                  |l !  fバ}  ∧  / 八

421名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:11:42 ID:eNAnkStM
ああ、何という事を…祟りがあるぞ…

422名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:12:41 ID:3NGbHfIY
というか赤木のおばさん顔こわい

423 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:13:59 ID:vAGMA526
長宗我部家は「戸次川の戦い」の敗戦と併せて有能な士を多く失い弱体化した
しかし元親は 秀吉の側近 増田長盛に千熊丸の元服の烏帽子親を依頼
盛親と名乗ることとなった14歳の少年は信親の娘を娶り 元親の後継者となった


               ___                        ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
          _, -' ´___\                    /イハ/レ:::/V\∧ド\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、                 /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
    /  ./ /      l ト、\              ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',             /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !            /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |             /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /              ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/  まあ しっかり      `y't     ヽ'        //
      ! | |ヽ|        -   リ                  ! ぃ、     、;:==ヲ  〃     はい! がんばります!!
      ! | lゝ、          /|    やるといいです      `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::イ:l. |                       `i;、     / l
     /| l::::::::::;ィ´ {X}ik'::::::l. !                        〉 ` ‐ ´   l`ヽ
     l l__j::::::::/: i_lil__|:i::::::! !                      / !       レ' ヽ_
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::l」 : l_|!  ← 増田長盛        _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヾ  ::: i.             ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i            / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕           /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',  ← 長宗我部盛親
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ         /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘       /     ! l      \ ';:::l , '  /        i/     ',

424 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:15:05 ID:vAGMA526
この元親の一連の行動は秀吉にとって面白いものではなかった


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V   死んじまったから仕方がないとはいえ
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|    親知の家督相続は
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !         俺が正式に認めたことだからな
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、


長盛の面子を考えて 秀吉は この相続を黙認した
しかし同時に 相続を認める正式な朱印状は決して発給しなかった

425 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:16:04 ID:vAGMA526
元親は盛親を正式な長宗我部家の当主とすべく
自分は後見役に徹しようと隠居を申し出るが 秀吉はこれも退ける
秀吉の存命中 盛親は厳密には大名と認められなかったのである

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~
    爻     < |  ;     爻    …………むう
    ~爻     \_/  _, 爻~
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

426名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:17:17 ID:3NGbHfIY
ほんにこのパパはシンちゃん大好きなんだなw

427名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:17:20 ID:Lr6UX7E6
ほうほう、長宗我部のお家事情ってそんなになってたのか。

428名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:17:38 ID:I7gDXq22
>>414 >>419
鬼十河は先代の異名では?

>>421
本当に祟られました。「七人みさき」でググってみて。

429 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:17:58 ID:vAGMA526
しかし「唐入り」が開始され 元親が海を渡ると
土佐国の内政は盛親が中心となり仕切られることとなった


              ,. -‐………‐‐一ァ
             /.:::::/l.:::::/.:i::{:::::<_
              /.:::::,lィ≠≧厶∧|`ヽ:::::`ア
             /.:::::/l/ ,f弋{「``  、__厶::::ト
          {::::::::{         く衍∨!::l
          jr弌:!          ′ !」``
          { ⌒`       一 、    }
           ヽー┘            , '
           `T7        , '
            个        /
.              |     厂「´
         _. -‐┤       「ノ`ヽ
         ∠    |     /   }
.        }  } ,r<_   /  ∧ 厶__
.       ,'   て{::::.::.:.:.: ̄」 /  ヽ {、 `丶、    ← 文禄5(1596)年時22歳
      / r‐一'´ヽ:::.:r一'′´     \丶、 丶、
    _ 7⌒\    ',::{  / /         丶、 丶、
 /       \   」::!   /              \  ヽ


そして資材の供出・水軍の派遣等の軍役 国内における新たな法整備と
これらの役目を盛親は 難なくこなしていったのである



『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』

430 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:19:32 ID:vAGMA526
<第2部 その6 OUTLAW BREAKS THE RULE>

文禄5(1596)年 春
日明の講和交渉が大詰めを向えた頃
朝鮮在番の日本軍には不測の事態に備え帰国の延期が通達された
しかし同時期 在番の間には ある不穏な情報が飛び変わっていた


                    /, ーミ、        ,  \
                 //    lハ{ , / ,r .ィ从ハ ゙i
                  〃     八{ル'j/ ´    ! !
                   /ノ ,{_,/     `   u   } {
               //r'jr'゙        、 ,   V  !
                 !7´    {、     ゙メ-+、( ミ !
             rぃ{ --、_  ヽーァ'^ _   i'⌒ヽ} ,゙
             ぃ ゙L 、_'、 、` /,r   _ =-v { 〈、       なに!
       r   、__ノ}rソ7 ヽ'='゙ミ、〉( ノ_r=ゥ≪, _ /〃゙ヽ
       {廴___ア { {,〈   `ー'゙ 「` r_(`ー'´ ミ 〉{ イ ハ      そ それは事実なのか!!
      -‐ミ‐  _   `j ハ     }   ノ  ̄    ,/ リ /  ミt_
__  ´     ´フ´ イ///ハ{ 〉   └《__ ,.」    r‐'{{! '゙   ≪__,,
⌒i        '´ ノヘ小l丿/ __   ( ̄     Ly ,ツ7   いー≦x、_
l j          ハ! { '⌒こー---―x、 、メ ´jハ  !、v゙ ー
_ン           {{ F ‘、   、__ ̄ ̄ ̄  /` / /リ 小`}
               || lハ 丶      ̄`      イ トV7
こ二二 ヽ     ||   \ヽ{  __j、_,r  ミ, 彡ソコノ //
     \\    ぃ  〈\ 、ヽ ______ノ´彡'´ ,__//
       丶 ー  `、、 ト、 ヽ\`ァ,二 ,.  ィ  ノ //
、        ̄\ 、 ヾ、\ └┘| {_/ ニノ ///      / ,     ← 島津義弘
ヽ  、        ヽ   \\   | __彡 ゙´//   ,  、  /


その情報とは……

431 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:20:06 ID:vAGMA526
   \                       /
     \  丶          i.   |      /     ./          /
      \  ヽ        i.   .|     /    /         /
        \  ヽ      i  |     /   /        /
         \                          /
                                   /
  ー     .     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \      -‐
 __          /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ      -‐
         ..    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',          --
二          /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !        = 二
  ̄         |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|        ̄
‐           |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V          ‐-
           < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
           <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
            厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
              \_!      _ '     !
                ヽ    /   `t   /
               ___,r| \  {    / /
             /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
           /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
            :::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
                              ヽ          \
    /                          丶     \   \
   /   /    /        |   i,          丶     \   \
 /    /    /         |    i,          丶     \   \


                太閤 豊臣秀吉 死去!

432名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:21:06 ID:Lr6UX7E6
まあいつ死んでもおかしくない歳ではあるからなw

433名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:21:12 ID:3NGbHfIY
いっそ事実の方が色々な問題に片がつくんじゃないかと……

434 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:21:16 ID:vAGMA526
もちろん これは虚報であり 在番の動揺もほんの一時的なものであった

          __,..-::‐::─::─::-:-..、__
       ,ィ´                ゛`ヽ、
      /      i  i::            \
    /         |   |;:::   i:: :  i     `ヽ、  …………
   /    . U   | /| |∨::: j:: : : λ.  i:.  ハ           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
  /  i   i    | /_,斗‐V:: /:,ィ::. ,メ、|:  |:. i:. ハ        ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.
  j   |  |    |/  |j ∨:;/:j: :;7  |` .|::: |:. λ      vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
  |   λ |    |ヲテォz、 j/V:: :/   |: ,|::: :|: :. |      Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
  j     `|    |、マ:k:;:y` /:/ ,ォzテヤ/::: : :|: :. |      }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,
  |    〈´ .|  | ,| ` ̄´  '"  エ:メ;y'/::: : :/::./| |      ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'
  | ,i : :  `ー'|  | λ         ` ̄ /::: :/:.:/ | |      ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´  …………
  |/|: : :: : :|: .:|  |\ヘ、         /:;/:/:.:/ j/      };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
   |: : : : :|: : ,|  |ヽ、 ``   ‐     ,ノ::.:/7::/   r‐、       7;;;;|'u  =、j,.   /仆、
   |:/ヘ:: :|:;/ \|   `>‐- -‐π´ /: :/ /:/    } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
    /"∨ ̄`‐"⌒`ヽ、: : : : :/  /:/ j;/    j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
    〈           `ヽ、:/  '"       フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
    /            ハ、         ‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
    /               ∧     _    . '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
   /                ヘ          '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"

      ↑ 小早川秀包                      ↑ 立花宗茂


しかし何故に このような不穏な噂が在番の間に広まってしまったのであろうか

435 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:22:18 ID:vAGMA526
  _y⌒ヽ-一ッ     /: : /u : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
 ´      <´     /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
(        }     |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: u: ト、:|
 ヽ   _,,ノノ     |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/u |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  ゝ一''      < : _: : : / 〈  ノ |/::::::::レ ヽ }|:./ヽ: : |
├┬"  -┼-   <:: |. 小{   _,,.. -:::::::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
 ノ   丿│ヽ ツ 厶ヘ ハ u :::::::::::::::::: 、:::::::::::::  {ハ,;'  ├┬"  -┼-
               \_!      _ '  u  !     ノ   丿│ヽ ツ
                 ヽ    /   `t   /           _y⌒ヽ-
               ___,r| \  {    / /             ´      ヽ
             /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´             (        }
           /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、             ヽ   _,,ノ
         /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、           ゝ一''
         ::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
         ::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::


噂の出所は まず年明け早々 秀吉が病に倒れてしまったことにある
この時の病状は重く 秀吉は1ヶ月以上を屋敷で寝込んでしまい
伏見城で公職に復帰するのは2月14日のことであった

436 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:23:03 ID:vAGMA526
また 秀吉の子飼いである加藤清正への唐突な帰国命令 在番諸侯を不安にさせた


   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   ん? 僕が帰国?
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|    いったい なんでまた……?
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',  ← 加藤清正
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

437 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:24:30 ID:vAGMA526
しかし それよりも在番諸侯と兵卒には 決して口にすることの出来ない願いがあった
その願いが この不埒な噂を拡散させてしまったのである


             __.... - -- - ..._
        ─=ニ二:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、
           , ‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       , ‐"イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /'´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
     /:;イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ
      /イ::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::ト、::::::::::ト、
     /:::::/:::::::::::{:::::::::/:::::::::::::::::::::::|!::::::::::::::::::|ヽ}::::::::{
.    /::::;イ::::::::::::|:::::::/::::/::::::::::;イ::::|=}::::::::::::::::|ノノ::;ノヘj      (太閤殿下がご病気……ですか……)
   /:/ |:::::::::::|::::::{::::;イ::::::|::/ |ル' |::::|::::;イ::|i´,|/: : :ヘ
   /'´   |:::::/:::|::::|::ヘ弍|::/" ゞ≡'"|:/:::/ y'j/: : : : : 〉、
        |::イ::::ハ::|::::::ヘ.ル' :::.    ' |::/ /: : : : : : //.:.:ヽ
       !' |::/ |ハ::::::_(.._       レ /: : : : ://.:.:.:.:.:.\
        レ  ! ル{´.:.:.:.7ー=、   , -ヘヘ: : ://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               |.:.:/  /`ー ' ヾ \`´/ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
              ∨ ヽ    ヽ 〉/ `´   ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
              ゝ {     ン´__,.. -‐    >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              ィ} ヽ  ヽ、/       r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ノ   |  ヽ{ヽ、       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             /   j     〉、 ヽ      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_, --‐‐
            /     /}    ノ r‐、       |.:.:.:._, -'´      ← 鍋島直茂
          __「{_,. -/:ノ   / └-二‐‐-、  レ'´

438 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:25:15 ID:vAGMA526
             / i   ./ヽ,
            /:::  | /   ',
           /:::::  ""       i
            /::::::         l
             /::::::          i
         /::::::           |
           /::::::            |    (……いっそのこと)
        /::::::             |
       /::::::              |
       /:::::               ヽ
      /:::::                 ',
     //:::::                     ',.
     /::!::::::               丶 !
    /::l:::::::                 l, l
     i:::|:::::::                    |i l  ← 毛利吉成
    |::|:::::::                  || |

439 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:26:01 ID:vAGMA526
   ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧    ∧∧     ∧∧  (本当に……)
  /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
  i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪   (死んでくれていたら……)
  〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
  (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
 三三     三三     三三     三三     三三     三三
三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三

もはや何の実りも期待できない「唐入り」には
半島在陣の上から下まで ほとほと嫌気がさしていたのである……

440 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:27:31 ID:vAGMA526
6月
帰国命令を受けた清正が4年ぶりに京に帰還

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/   なぜ 僕に帰国命令が下ったのかは分からんが……
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′    いいだろう
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /         これは行長の不実を 殿下に直接言上する良い機会だ
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !
 \ \    ヽ l\
   ヽ ヽ   |   ヽ


しかし そこは既に清正の知る都ではなかった

441名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:27:38 ID:Lr6UX7E6
まあ唐入りなんて誰も彼も反対してたしね・・・(極一部除く)

442名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:27:40 ID:BnYhBOk6
秀吉の人望ガタ落ちだな・・・

443名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:28:16 ID:WfAdOZl.
帰りたいわな

444 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:28:31 ID:vAGMA526
まず 天正14(1586)年から造営が開始された方広寺大仏殿がほぼ竣工
高さ18mの大仏を安置したこの大仏殿は 大坂城天守閣を上回る規模の建築物である

         ,.、-     '''''' ヽ、
        /。。゚。゚,、-────ヽ
       /。゚。。゚ 。|        ヽ
       |。゚。。 / ─- 、-、 ゚ _=|
      / ̄ヽ |   ━━ヽヽ l/━|
      ヽ Ll        ,..ヽ |  |
       | |.        ヽ─  |
       | レ┐      -二三  |
       |   |           /
       ヽ=へ   ────'''/
      ┌‐.<    ────=、
      ,.┴─、\         \/ヽ
     /    \ ヽ      / )/-/ヽ
    /        |     ノ┐/ ,.-/  ヽ                      ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
   ./         l   ./ / l "|"/'ヽ |                     /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   |          ヽ  .|  (   / l .|                    ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
   '|, ノ  ,,-,,.、-'" ̄`>ィ.|   ).l´ /|  |                 .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
   /        / / |    /| |  ,l、_    ___....,、┐,,,、      i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i   へえ〜〜
   / /        ノ  |.,-─''"ノ  | /,. ,.┴、.、'" _,-‐ニ/ι、     |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  / |           // / ‐'" ノ  | |  '  -─ 、,-つつ-''"     !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、  完成してたんだ
  |  |       _,................/   =-'"  //'''''''"/''>......-‐-'"''''ヽ         ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
  ヽ        '"     `ヽ、 、   ノ   / /        |         〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
   ヽ=─'''"          \ ''‐-   //        /      .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
ヽ、 /"´  _     _              ,,-、  _.、-=`ヽ/,.-= ヽ   .      iー     / /```ヽ
  \  |  `ヽ 、 | ` ヽ 、  /`ヽ 、   /   |//  ||//´ |/          ゝ--rrf´ /   ,  ´\
ヽ   \||  `ヽ\| | `ヽ 、ヽ| `ヽ、\//                          トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
                                                   i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
                                                  //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!

445 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:30:10 ID:vAGMA526
ショックだったのは                                          _
政治の中心地であった聚楽第が影も形も無くなっていたことである               /| r`l
                                                    |::|└:|
                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェΥエlエ[工:[工[
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\\:|エエ{工[工工
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..:\{エlエ[工工工
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:トニH.{エエ[工l工工
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|ニHニ|エエ}工]工[ニ
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー〜「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'〜<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    ほ 本当に無くなっているよ……
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

446名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:30:13 ID:4sl9qwfk
そんなもんあったのか

447名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:30:39 ID:Lr6UX7E6
刀狩で集められた鉄で作られた大仏だっけ?

448 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:31:44 ID:vAGMA526
さらに清正の目の前には 伏見城という全く見知らぬ城がそびえ立っていた

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj 
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/    は はははは
           !:l!:ト、l::l{`u        !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     玄以の普請した城だって?
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'       な なかなか立派な城じゃないの
              礀   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

449名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:32:40 ID:I7gDXq22
>>447
いや木製だったらしい

450名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:32:43 ID:3NGbHfIY
城造りの名手としては切ないよなあ……

451名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:32:55 ID:QtxwXpEk
浦島太郎状態だな・・・たかだか数年なのに

452 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:33:24 ID:vAGMA526
  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |      清正……
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |      釜山以来 久しぶりね……
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|  ← 石田三成
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j


     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|     ふん 三成か……
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |     別に僕は お前とは会いたいとも思っていなかったがな
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_
   /                           \

453名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:34:08 ID:O0q3iO2M
さすが不人気ですねw

454 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:34:33 ID:vAGMA526
          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |     それよりも三成 殿下に取次ぎをしてもらおうか
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!       君のお友達について
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ       殿下に報告しなければならないことがあるんでな
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

455 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:35:18 ID:vAGMA526
  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|       それには及ばないわ
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈           清正……
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_    あなたには ここで殿下からの命令を下すのだわ
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     …………え?
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

456 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:36:12 ID:vAGMA526
   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |    加藤清正
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |    太閤殿下の命により
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |    自宅にて蟄居を申し付ける……のだわ
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ


                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、    なっ!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

457 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:37:01 ID:vAGMA526
\                                       /
<            な なんだ それは!              >
<                                       >
<  なぜ僕が蟄居処分を喰らわなければならないんだ!!    >
<                                       >
<  僕はなにも悪くない! 悪いのは偽りの文書で殿下を……  >
<                                       >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:
         |  \   '"´                          /  
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 /
               \ 辷x‐十'                    /三   /
                ヽ L__                /三

458 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:38:14 ID:vAGMA526
    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐    //
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //    ゚ ゚
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!    \
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/    <   黙るのだわ!
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"        <
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _              <   とにかく あなたには少なくとも
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /     <
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\    <   講和が成るまで おとなしくしてもらうのだわ!!
// l       /\!          !    /.::::::::    <
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::    /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


清正の謹慎理由は 朝鮮国で行長の交渉の妨害を行なったことと
明国相手に豊臣姓を騙ったことの二点とされた
当然 秘中の秘である「関白降表」に関することは秘匿された

459名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:38:24 ID:OtSwu2L6
KYと言わざるを得ないw

460 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:39:06 ID:vAGMA526
!::::}、ヽ::、ヽ::、ヽ:`ヽ
リ!::!l::::!::::}::゙,_、ヽ:゙,::ヽ
::!::ノヽ::ljγi!゚ヾ,:,ヘ::!ヽ
:::/_ ヽ!.::'‐!‐-'、:!::l,jヘ!
i/:、ヽ : .:::::/  jヽ! l!}l ゙'
!l:: : ;.!, .:::/γ´/`'、゙,|l゙
::l:::',ι ,     l :lヽ、 , ’ ,;.
、:!i ,!  _,. -─f´1;: !、 ,.   :・,
:: ヽ ; ./_,. -r‐' ̄!::: j    ∧ ' .,
:::;,  /´!:_,1l、:::l!|:::. l   ノ ヽ_,:
:: ,_l:γ__人,ヽ!l::)ー-‐'´
イ    ̄   ヘ}! }     う
   な  謀   ∨  行  わ
   |  っ        ....|
   |  た      長  |
   |            .|
   |         ! ! ....|
   |            .|
   |            .|
   |     ∧     .....|
   |     l:::!     .....|
   |    {:::::l      .|
         .l:::::}       っ
──-、 _,-─ 、::j ,._    ,.へ
:::::::::::::::::::::::::::::::::l/:::::`'ヽ {:::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y':::::


こうして清正の失脚は決定した

461名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:39:10 ID:3NGbHfIY
空気読むって、社会生活で結構重要で、必要な能力なんだなあ。

462名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:39:24 ID:QtxwXpEk
この頃の清正はまさにKYだったからな・・・関ヶ原後は多少は空気を読めるようになったが

463名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:40:30 ID:Lr6UX7E6
豊臣清正の件がようやく取り上げられたのかw

464 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:40:51 ID:vAGMA526
処分を言い渡されるや清正は 増田長盛のところに駆け込んだ


      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ                   ,. -‐- 、
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',                  /. :/:} : ハ            長盛! 助けてくれ!
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ                   {: :/|イA: :}
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__        これは冤罪だ! 僕は無実だ!
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i                  /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..−'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }      _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_ お前から殿下に取りなしてくれ!!
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧     /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.     `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.                      V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.   …………              }、: : : : : : : : :i: :|
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.                      {:`:ー : : : : : }: :}
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.                      |: : : : : : : : :/_ノ
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.                      ト- 、:_:_: :イ´
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.                      | : : : : : : /
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.                      | : : : : : ∧
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.                      | : : : : /. : \
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.                     { : : : 厶_: ー‐ー 、
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.                      \: : : : :`ヽ、: : ハ


清正は 三成との仲は最悪であったが 長盛とは割と気が合い親しい交流があった

465名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:41:17 ID:WBCXX49s
とっとと戦を終わらせたい側と
戦に勝ちたいと思ってる人間とじゃねぇ

466 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:42:09 ID:vAGMA526
しかし「秀次事件」で次男(嫡男)の盛次が蟄居となって以降
この頃の長盛は どうにも切れ味が鈍く
この時も長盛は言わないでもいいことを言ってしまった……


    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧    まあ 事情は大筋把握してるです
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl    それならば……
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r−┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',

467 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:43:02 ID:vAGMA526
   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i    清正……
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|    まずは三成と仲直りするですよ
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.  話しは まずそれからです
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|



   /;;;;;;;|;;;;;,,;;;;;;;;;;|;;;|.::::::|;;;;丶;;|;、|;;、;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;|;;;:::;;ヽ;l
   l;;;;;;|;;;;;;;;|;;;,;;l,;;;i;;;|;;;|;;;|;;;;;|;;;;;|;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;|;;;;ヽ;;;;;;;|;;;;;;|;;;;;;ゝ  ┃┃
   l;;|;;;;|;.;ヽ;;;|; ;;;|;;;|;;|;;;| ;;| .;;|;;;;;|;;;;;|;;;;;;| ヽ;;;;;|;;ヽ;;;;;;|;;;;|;;;;;   ┃┃
   l;;|;;;;|,:::ヽ;;;ゝ:::ヽ;;|ヽ|::;;|:: .;;| ;;;|.;;;;| ;;;l::::::::ヽ;;|;;;;;;;;;;|;;;;|;;;l   ・ ・
   l;;;;|;;;;|;;ヽ::::::テr‐z、;|:::::::::::;|::;;| ;;;| ;;l:::;;|:::::::::.ヽ;|;;;;ヽ;;|;;;|;,!
   ヽ,,,;|;;;|;;;ヽ::!_ゝ_フヽ::::::;;;;:::|:::;|::::ハ__フ }〉、 ::::;;l;;;;;;;;;;|;;;|;l
    l;;;;;;|;;|;;;l::::::` ̄"´:::::::::::::::  `::^ ̄""´ ::::::::::|;;/|;;;;|;
     .ヽ;;;|ヽ;ヽ:::::::::::::::::::::::            l;;|;;;ノ
     ヽ;;;;;ヽヽ::::::::::::::::::::::           ノ;;;ll       なっ なに〜〜〜
      ヽ;;;:::::::::::::::::::::::::::          U l;;/
       ヾ\::::::::::::::::::::` ´         /;l;|
        ヽ;;ヽ::::::::::::::::::::::        /;;;;l;l
          l;;;;ヽ::::::::ヽ ̄ ̄ゝ    /;;;ゝl
          ...|;;ヽ;ヽ:::::: ̄ ̄   /‘":、!;
          ill゙゙'|l゙l ヽ::::: ̄  /llllll!l゙゙,l


清正は 長盛の発言から この失脚劇の黒幕が三成であると解釈してしまった

468名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:43:51 ID:3NGbHfIY
どんどんひどい方向に……

469 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:44:10 ID:vAGMA526
                                       |
  ふざけるな! ふざけるな! ふざけるなぁ!!        |
                                       |
  なんで僕が三成なんかに屈しなければならないんだ      |
                                       |
  長盛も長盛だ! 三成なんかの肩を持ちやがって!    r'
                                      |
  お前なんか もう絶交だーーーーーーーー!!!!     |
                                     /
                 ,. -─- .、, -─- .、         |
 __... --- 、     /~,不:::く`ヽ;::、:::`丶    `ヽ     /
´         ヽ  /  ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ    \  /
            | ./   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ    ヽl
            |/   l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


怒りのあまり 清正は長盛に絶縁宣言をするが……

470名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:44:41 ID:WfAdOZl.
清正の反応もおかしいだろw

471 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:45:18 ID:vAGMA526
               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/      ありゃま
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´


これは同時に 清正が秀吉への釈明の機会を失ったことを意味した

472名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:46:04 ID:nGJJcti2
でも三成と仲直りする必要があるとだけいわれても、確かに何のことか分からんわなw

473名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:46:15 ID:.yEmu7og
「ありゃま」じゃねーよwwwww

474 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:46:37 ID:vAGMA526
          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ 〜/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒                   _,. -ァ――‐-- 、_
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__                    / ノ* , - '^⌒"´`丶、
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ                / ノ  r'´         ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l            /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|           /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l            ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l            ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l            l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ  可哀そうではありますけど
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:            l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ   
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´      少しは頭を冷やしたほうがいいですね
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l                ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l               ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/               ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ               / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/               / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy


結果 清正は
行長と三成に対する恨みを抱きつつ 自邸に押し込まれることとなったのである……

475 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:48:33 ID:vAGMA526
さて一方 肝心の講和交渉であるが
ここまででネックとなったのはやはり朝鮮国からの王子または使節の派遣である

         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"          `;、
   /           ';     拒否!
  |   (_,/ヽ、)(___ )`
  |    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ     なにがなんでも絶対拒否!!
  | (    c___) `)
  |  i   _/ r'   |
  |    (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─   ← 朝鮮国宰相 柳成龍(ユソンリョン)
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄



                     |  | | |  |   |  |   |   |      |
そう言わずにさ〜           |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
                     |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |
      そこをなんとか ね?  |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
                     |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
   |\        /|         |  |l                |!   レ |   | |
   | u\──< . |        |  !l    、.     u |!   |  |   | |
   レ  ノ  u ゝ_|         |l   ト、              |!   |  |   | |
  /  ●    ● ',        i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
  |u          |        |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
  ヽ、u      uノ         |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |
    >     <         ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |

   ↑ 宗義智              ↑ 小西行長

476名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:48:50 ID:Lr6UX7E6
清正はいろんな意味で可哀相な人だなw

477 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:49:32 ID:vAGMA526
朝鮮国の この頑なな態度は
国のあり方・民族の誇りの面から当然とも言えるし 戦争の再開という危機に対してあまりにも依怙地とも言えた


        /   /   | \  |            .       ∧
       /    ./     |   \|                  ┴┴ 、
     /    /    ∧    \ ____        /   肉   ヽ.                    /|\
    /    /     | |__/      /       / __,.、__  l                   /│ `r
__/    /      /    />  />  /        l  ゝ__゚ノ ゝ゚__ノ .|                  / │  ヽ
\     /      / へ .</ // /        |    ト.__イ    |  本当に……       ,,-‐´ ̄~`‐- 、,i、
 X   /      //\ l\  </ /          l    f 。 Y   .l               ,;"          ';、
\ X        / /  /\\\  /           ヘ   ゝ___ノ   .イ              /   _ 僧 ;⌒`、   |
  \ \     / /    /\ `|/              l\ ,. ‐‐‐ 、/ |               |  / `i /   i  |  これで
   \  ̄ ̄ ̄| |        /            _..、‐''"ト、 ` ‐‐‐‐ ′ |_              ( `ー‐゚/´`ヽ−゚´  )
\   \   /|__>     /                } ヽ.  \ l|   ` ‐ 、            (.  /`‐(_つ, - 、   )  良いのだろうか……
  ヽ    \/  ||     /               }  ̄ ̄'''''''‐-....._/  ....-‐''''  ̄`Y´  ̄ \    $;/ー〜`─ ' 〜`i ;$
  ハ    |   ヽ   /   ううむ……        | |        Y´  ‐- ...._  \    }    $$;ヽ______| $$$
                                、l /l      \}        、__>、_ イ    $$$ー─`-- '──$$$

   ↑ 権慄(クォンユル)                     ↑ 李舜臣(イスンシン)              ↑ 惟政(ユジョン)


どちらにせよ
観念の世界に生き易い両班という特権階級にとっては 使節の派遣などという屈辱は到底呑める話ではなかった

478名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:49:44 ID:3NGbHfIY
内務官僚を全部敵に回してどーすんだ清正

479 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:50:48 ID:vAGMA526
  |\        /|
  |  \──/ |    このままでは講和は進みません
  レ         |
 / 。●    ●。 ヽ    明国さんからも朝鮮国の説得をお願いします
 |  | | __  | |  |
 ヽ、| | ノ;;;;;;;l  | | ノ
   >      <


          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ      いいだろう
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ     問題の早期解決は
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ   こちらの望みでもあるのだからな
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --   ← 明国冊封使 正使 楊方亭(ヤンファンハン)
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::| 
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|


結局 日本側は事態の解決を明国に依頼したが……

480名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:50:57 ID:Xp90g22U
>467
なるほどな〜〜。
司馬遼太郎先生の「関が原」だと、このシーンでの清正の怒りのツボがピンと来なかったけれど
これだと わかりやすいな。

481名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:51:58 ID:cxmqYiaY
そもそも朝鮮は、講和に参加したい云々じゃなくて、そもそも講和自体の中止を主張してからねえ

482 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:52:38 ID:vAGMA526
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ      (とは言うものの 朝鮮の態度はあまりにも頑なだ)
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ     (下手な説得で拒否されたら わたしの面子が潰れかねん)
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ   (はてさて どうしたものやら ……ん?)
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|



  ∧ー―=‐一∧    lニl二lコ       ダカラサ〜 アレガサ〜
⌒ヽ/    l   ∨ヽ     |誉|   A
  ノ、___人_人 `l /⌒, `l´ ⌒<ヨ     エ〜 マジ〜
 ̄  ヽ ΞωΞ/ /フ( <ヽー'ー'ヽ ノヲ

↑明国使節歓待役の朝鮮国下級役人

483名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:53:16 ID:nGJJcti2
これも結局、前線と秀吉との距離が離れすぎたことと、秀吉との間の溝を埋める調停役に徹してた秀長や後継者として一目置かれてた秀次が消えた弊害だろうな。

484 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:53:40 ID:vAGMA526
                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l     君たち……
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l     ちょうど良いところに来たな
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l     君たちに ひとつ頼みがある
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i
.  /   l  k__,.-'"l  l/  ヽ     ヽll   ヽ    ヾl     'l .l



  ∧ー―=‐一∧    lニl二lコ
⌒ヽ/    l   ∨ヽ     |誉|   A     あっ はい なんでしょうか?
  ノ、___人_人 `l /⌒, `l´ ⌒<ヨ
 ̄  ヽ ΞωΞ/ /フ( <ヽー'ー'ヽ ノヲ

485 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:54:55 ID:vAGMA526
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l     君たちは朝鮮国使節として
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l     わたしと共に海を渡り
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l     日本に赴いてもらいたい
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l   
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_ 
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `


     lニi二iニ!
      |三三|   はあ?
      |=同=|

486名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:55:35 ID:D1Z1OqRs
朝鮮は支配者階級が観念的なのと明と近すぎるのとで
日本がやった

(外国向け)関白降表を外交文書として送る
(国内向け)は? そんなの知らね

という裏技がつかえないからな〜。

487 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:56:06 ID:vAGMA526
      _ _ _
  .    |_|_|_|      いえ そんなこと突然言われても……
     _|彡|_
   (⌒´ー 一 `⌒)    そもそも わたしたちは
  (: 人__,l、__入 `!
  (ミ{ ゝ__/(ミj    使節の役に就けるほどの身分ではありませんよ
  }ミ{ ド:三:ヲl. }ミ{
  l ヨ | Υ  | E」
      |  ハ.  |
      ト、/〈A.}
      |ミ} {.ミ|
     |ミ/ .トミ|
    メミキ ,メ弐
     ̄´  ~ ̄



   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.     ……五月蝿い
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|

488名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:56:40 ID:Lr6UX7E6
前回出てきてた歓待役の小役人だっけ?
正直、災難だよなw

489 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:57:00 ID:vAGMA526
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ       \
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ      <  黙れ バカ 知ったことか!
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ     <
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ     <  お前たちは ただ黙って
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ    <
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ   <  わたしたちの やることを見てればいいんだ!
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ  <
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'   │:::::|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|



  ∧ー―=‐一∧    lニl二lコ
⌒ヽ/    l   ∨ヽ     |誉|   A     えええええーーーーー!!!!
  ノ、___人_人 `l /⌒, `l´ ⌒<ヨ
 ̄  ヽ ΞωΞ/ /フ( <ヽー'ー'ヽ ノヲ


こうして明国も 朝鮮国使節を半ばでっち上げて日本に向ったのである

490名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:57:17 ID:2altO1TY
まさに拉致。

491名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:57:35 ID:3NGbHfIY
なんかもうグダグダのきわみだなw

492 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:58:01 ID:vAGMA526
         _
      , - ' /|
     r'   / |
    ,i'. -‐´ ̄~`-、
   ,;"::::八       `;、
   /:::::::⌒        ';
  |:::::::::(_,/ヽ、)(___ )`
  |:::::::  (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ     お おのれ〜〜〜
  |:::::(    c___) `)
  |:::::::i   _/ r'   |
  |:::::::  (/  ``i  │
─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


この明国の措置に朝鮮国は不満タラタラであったが
それでも相手は宗主である
朝鮮国は 海を渡った二人に使節の役を後付で与えた……

493名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 21:58:04 ID:WfAdOZl.
まとめる気無いだろw

494 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:59:01 ID:vAGMA526
閏7月4日
明国冊封使 楊方亭と沈惟敬は ついに堺に到着


                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l     後は冊封を終えるだけだな
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',


         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、    ええ そのようですな……
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !   ← 冊封使 副使 沈惟敬(チェンウェイジン)
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

495 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 21:59:55 ID:vAGMA526
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、         ところで惟敬
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ       正使とはいえ わたしは繰り上がりで急遽この役についた身
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ     日本との交渉を当初から引き受けていたのは君だけだ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ    細かい対応は 君に頼みのだが……
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|


         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、     おまかせください……
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

496名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:00:50 ID:Lr6UX7E6
なんという白々しさ

497 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:00:53 ID:vAGMA526
                   f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl    方亭殿に先行して日本に渡ったこの半年間
                  /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|    日本の状況 太閤秀吉の人となり……
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|
                { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ    全ての調査は完了しました
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/       我々が日本側に どのように振舞えばいいのか
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ
                  」l 、            /          全ての絵図面は わたしの頭の中に出来上がっています
              _   '´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /

498名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:01:08 ID:1oSzn/2.
というか、日本も朝鮮を完全に無視して明との交渉のみに専念した方が早いんじゃないか
朝鮮に対しては、お互い事後承諾と決めて

499名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:01:47 ID:3NGbHfIY
絶対なんかやらかす気だろうこいつw

500 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:02:02 ID:vAGMA526
                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l      結構なことだ
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l      惟敬…… この講和が成った暁には
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l     君には約束どおり貴族の地位が与えられる
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ   精々 励むと良いだろう
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i
.  /   l  k__,.-'"l  l/  ヽ     ヽll   ヽ    ヾl     'l .l  l

501名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:02:38 ID:WfAdOZl.
どういう対応をしたらより状況がカオスになるかは分かってるの間違いですね

502 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:02:54 ID:vAGMA526
         ___________
プ…… . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、   ククク……
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、   クククク……
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||   貴族…… ですか……
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|   名誉なことですな……
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /


秀吉と明国冊封使および朝鮮国使節の会見は8月下旬と予定された……

503名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:03:01 ID:QtxwXpEk
なんかもうこの状況で交渉がまとまる方が不思議な気がしてきたw

504 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:04:01 ID:vAGMA526
同月上旬 伏見 加藤邸……


        ((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((_((___((__
       ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
     ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ___ノ
  _@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@ノ
  ((_((_((_((.|il |;;::: ..::..  ::..  ::..:: .   .: :..    . :::  .. : ::::|il i::
 ノ___ノ___ノ__.ノ...|il |________________|il l::
  = @==@==@= |il |\_____________________________________,_,,,,,;;;;;;;|il l::
             |il |  |    | |ニニニニニニニニニニ l | : |il l::
             |il |  l┌┐| |;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;|;;;l;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il i::
             |il |  l└┘| |;;;l;;;l;;;l;;;l┌─┐;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| | : |il l::..
 ______|il |_l__| |;;;l;;;l;;;l;;;l│立│;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |__.|il i=== =
 ,, '  ,;; ' ". ; .., |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l│入│ ;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::|::
  ,'   . . .; . '., .|il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l│禁│;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
   ';;   . .,、   . |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l│止│;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::|::l
  .;  ,; ., 、  ;;、 |il |:」」i 「:「:「| |;;;l;;;l;;;l;;;l└┬┘;;;l;;;l;;;l;;;l;;;| |:iii|il |::|::l::i
 ,,、'..,,、、.. ; .,,,、,;;、|il |/..;; "..  `,,"  . . .;│ '  ´ ,, ;; 、 " ,, 、|il |::|::
                .  .   .─┴─

505 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:05:01 ID:vAGMA526
 早.      /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',  目
 な    /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   れ
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   は
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   :
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/


蟄居となってから1ヶ月以上が経過
現状打破のため情報収集に勤しんでいた清正は
ここでようやく「秀次事件」後の政治状況の詳細をつかむ

506名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:06:01 ID:Lr6UX7E6
色々と可哀相な清正さんもこれでようやく空気が読めたかなあ・・・?

507 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:06:54 ID:vAGMA526
そして同時に自分がいかに浦島太郎となっていたかを清正は知った

          ____  _,.-==−- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !   殿下の怒りの理由は理解できた……
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'    確かに僕の行為は
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´      殿下の足を引っ張るものだった
   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \          - ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ           だとしても 行長と三成は許せんが……
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

508 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:08:12 ID:vAGMA526
     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ    とにかく このままじゃ僕はジリ貧だ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i    朝鮮での武功も何もかも 全てが無となってしまう
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ    なんとかして殿下に弁明する機会を得なければ……
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


とは言うものの 蟄居の身の上では なんともすることも出来ず
清正の焦燥は深まるばかりであった

509 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:09:26 ID:vAGMA526
しかし 清正にとっての好機は間もなく まさに天から与えられた……

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
.                  {}           `ー-、__,|    `"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,r'A':、    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,r:'"/\`':.、  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::   ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::    |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
...................     ';王王王王王八王王王王王ヨ    ..................................
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ


閏7月12日 夜……

510名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:09:41 ID:eE1S0fWQ
沈は日本に来たことがあったのか。

511 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:10:06 ID:vAGMA526
       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"
     .     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
     .    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
        /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
        |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
        |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
       < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  ヽ }|:./ヽ: : |
       <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
        厶ヘ ハ         、     {ハ/ V    ん? なんだなんだ……?
           \_!      _ '     !
             ヽ    /   `t   /
           ___,r| \  {    / /
         /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
       /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
     /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
     ::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ:::
     ::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉

512 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:10:54 ID:vAGMA526
           _,, ─=ニ二 ̄ "'- 、
       _,..-'''"__ ※  `"'- 、  \
      />゙⌒ヽ ̄ ̄ ̄"'- 、 ※ \.   \
    / ./   : :\ : :\ : : \    ∨   \
    /  /     : :ハ  : :\ : : ヘ ※ ∨ _〆)
   / : :i    : i: : :ト、   : : ヘ : :ヘ.   | イ__/
  /  : :i   : : /,イ イ: :ト、\__,: :∧ : : :| ※゙|.八
  l l : : :l_ // ル゙i: :ノィr‐─< 〉: :.,'  .l: : \
  l l. : :tノ.厶イ  ル゙  (て刀ア.,': :./ ※ .l: :    \    こ これは……
  |∧ : :∨ (てカ`     ゞ―゙ /: :/   .ト、 : :     \
    ゝ : : \.ゞ┘ ,   ////,.イ ※  l: \ : :     \
   `(>┬-ゝ//  r 、      个   ∧.: : \ : :     '.,
     ) 人.X゙\   `‐'   / .| ※ /.: :',: :   \: :   l
    /./ : : )゙※/゙テ=r‐ャ<.___人.  /: :  ',: :    \: :  l
  /./ : :/ /゙f .〉〉刀, 〉 〕    `X乃ミY)∧: :      \/
  /./ : :/./_「| Y|    /\  ∧ ヘ\  ̄ハ.: :      \
 /./ : : ,イ 辷竺ミY   .∧  》 ∧ノ  〉 \. l.: :        ヘ
/./., -'"/ノ 廴_辷竺ミ乃ゝノ∧ノ  / ※ /  |.: : : :       ',

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"

::::::、::::::::ヽヽ:::::\:::::::::::ヽ:\|_=,__::::::::::::  ....|       __{〆..:::::::::〆        `  、
::::::::l:ヽ::::ヽ:\:::::\:::::::::::ヽ::ヽl'-'´`::::::::   |    /_{f7.::::::::::〆                 \
:::|:::l:|:ヽ::::::ヽ::\:::::\:::::::::/:ヽ`コ:::::::::::  ...|   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
::::|:::|:|::ヽ::::::ヽ::::\:::::\/::ヽ::::l`、=,:::::::   .|  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
:::::|:::|:ヽ:::\:::ヽ::::::\/×=えT `、_/l::  ...| 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
::/||:::::::ヽ::::::\:ヽ::/="rて::、:ヽ  | '-、 ......|. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ \_,/|ヽ:\:::// ヽ:`:'´::,l  u ||   ...|/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
       |::::\     ヾー´    ||    .|  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ‖  /ハ     || |
       |\:\       u  , -―  .|/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
   :    | ヽ,           ヽ::::::: ....|  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
   :    ヽ /           ヽ:::::  |  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
   :    | `ー、  _, --、    u ヽ::   .|     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ   ひょっとして……
  ま    |  /|\  `ー'      |::: .....|      |l    |\        r‐ァ   / /
  さ    | /::|::l:|゛ - 、     //::: .....|     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
  か    | /:::|:::|| l::::::| ヽ、_/:::/:::::: ....|    / ハ     l::.\ >_,、   /  |   ← 浅野長政
       >::::::/ |└‐'´ ̄´:::::/|::::::::  |    / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |

513名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:11:08 ID:Lr6UX7E6
ん? もしかして

514 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:11:42 ID:vAGMA526
    00                                    __   _
 「二^^l                                       \:::::::\ \::::\
   | | ;‐i                                ,,..、 ヽ::::ノ   ヽ:::ノ
  「二__lニ ニl                         ,,... -‐ ''"::::::::::\  ´     ´
     〈/!_| ;‐i                 ,,... -‐ ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       lニ ニl          ,,.. -‐ ''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       〈/!_|      ,,... ''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,..''"\:::::::::::::::::::::::\
         ○     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,.. ''"     \::::::::::::::::::::::::\
            ○       ヽ:::::::::::::::::::::::::,,... -‐ ''"             \::::::::::::::::::::::::\
           ○       ヽ,,...-‐ ''"                       \:::::::::::::::::::::::ヽ
                                            \::::::::::::::::::::∨\ /\
                                               /:::::::::::::::::::∧::::八::::ノ
                                               /::::::::::::::::::::::/  ¨  ¨  /l
                                              /:::::::::::::::::::::::::/        /::|
                                        /::::::::::::::::::::::::::::/      ∠:::::ノ
                                         /::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                     \:::::::::::::::::::::::::::::/
                                    \::::::::::::::::::::/
                                         \:::::::::::/
                                         \::/

515名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:12:05 ID:WfAdOZl.
地震だー!

516 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:12:31 ID:vAGMA526
\\\\∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧////
<<<<                             >>>>
<<<<  じ  じ 地 地 震 震 だ だ ! !    >>>>
<<<<                             >>>>
////∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\\\\
     /: : :/: : : :u: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : \: : : : : : : \
三三三: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : :.、: : : : :u: : : ヽ
≡≡≡≡: /:: : /:: : : / : : : !:: : : : !: !: : !: : : ヽ:: : :', : !: : : ヽ:: : : : : ',≡≡
   /: : /: : : : /: : : 斗--、 :|: : : : :|::|: : | ,ィT: ',: : :: ! : | ,ィT: ',: : :ヽ : !三三
   |: : |: : : : :: : : : : |: /  \: : /|:.|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : :|ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|≡≡
 ≡ |: : |: : : : : : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:.|:./⌒ヽV: |.: : : |/⌒ヽV: |.: : : | V
 三三: 」_: : / 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ::レ(・) }|:./ヽ: |(・) }|:./ヽ: : |≡
 ≡≡ |. 小{ |. 小{   _,,.. - ::::::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ、-.,_  レ{: :.|ヽ:| 三三
   厶ヘ ハ ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、:、::::::::::::::: {ハ/ :::::::::::::: {ハ/ V ≡≡
      \_!  \_! u     _ ' '     !   '     !
        ヽ   ヽ    /   ``t u /t u /`t u /
≡     ___,r| ___,r| \  {    / / / /   / /≡
三三 /:/::::| :/::::| \  ヽ `_⌒ ィィ ´ ´      ィ ´  三三
≡≡::::::/::::::| /::::::|  \u  ´ ∧∧>、>、       ≡≡
/:::::::::::/::::::::| ::::::::|    \  /    !\::`ー- 、!:`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧::::::∧    /二\  |::::::ヽ::::::::::::\:::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ}ヽ!::::::::::〉::::::::::::!!::::::::::〉:::::::::::::::!
   _,    _,     _    _     _    _,    _    _   _,
   |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|  |_|_|
| ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_| ̄|_
|  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _||  _|
|_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|  |_|

517 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:13:58 ID:vAGMA526
この日 山城・大和・摂津・河内・和泉…… すなわち近畿一円を直下型大地震が襲う

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ‖       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ‖‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `


被害は甚大であり まず伏見城は大天守・門・櫓などが倒壊 
圧死者600名以上と伝わる(秀吉と拾は偶然不在であり難を逃れる)

518名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:14:31 ID:yUmKaQqE
えらいこっちゃ

519 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:14:58 ID:vAGMA526
京・堺に限っても死者は千人以上
10年の時をかけて建立された方広寺大仏殿も崩れ落ちた


      ┌.<';;,,M@@N;:;:;:W,'',NM;、
      ,.┴─、\         \/ヽ
     /    \ ヽ      / )/-/ヽ
    /        |     ノ┐/ ,.-/  ヽ
   ./         l   ./ / l "|"/'ヽ |
   |          ヽ  .|  (   / l .|
   '|, ノ  ,,-,,.、-'" ̄`>ィ.|   ).l´ /|  |
   /        / / |    /| |  ,l、_    ___....,、┐,,,、  ,.,r' ''''''     -、.,
   / /        ノ  |.,-─''"ノ  | /,. ,.┴、.、'" _,-‐ニ/ι、,r'────-、,゚。゚。。\
  / |           // / ‐'" ノ  | |  '  -─ 、,-つつ-',r'        |。 ゚。。゚。゙i
  |  |       _,................/   =-'"  //'''''''"/''>......-‐-'"''''ヽ |=_ ゚ 、-、 -─ \ 。。゚。|
  ヽ        '"     `ヽ、 、   ノ   / /        | |━゙il ,r',r'━━   | ,r' ̄
   ヽ=─'''"          \ ''‐-   //        / |  | ,r'.、       lL ,
ヽ、 /"´  _     _              ,,-、  _.、-=`ヽ/,.- |  ─,r'        .| |
  \  |  `ヽ 、 | ` ヽ 、  /`ヽ 、   /   |//  ||//´ |  三二-      ┌、.| |
ヽ   \||  `ヽ\| | `ヽ 、ヽ| `ヽ、\//             ゙i           |   |
                                      \'''────   へ=,r'
                                        M@@N;:;:;:W,'',NM


推定されるマグネチュードは8近く 阪神大震災に匹敵する大地震であった……

520名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:15:03 ID:3NGbHfIY
天の神様のおいかりじゃあ

521名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:15:12 ID:WfAdOZl.
伏見城に居たら死んでたかもなw

522名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:16:02 ID:Hy6ZtTP.
大仏がぽっきり…w

523名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:16:09 ID:Xp90g22U
いつもよりも多く揺れております

524名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:17:02 ID:Lr6UX7E6
10年かけて再建したものが一瞬でパァか、儚いな

525 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:17:11 ID:vAGMA526
\                            /
<    殿下! 殿下はご無事ですか!!   >
<    殿下の忠臣 清正が参りました!!   >
<                            >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
              ,. -‐- 、
                /. :/:} : ハ
             {: :/|イA: :}
               V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
            /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__
 _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
/三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
`ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                 V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                 }、: : : : : : : : :i: :|
                 {:`:ー : : : : : }: :}
                  |: : : : : : : : :/_ノ
                   ト- 、:_:_: :イ´
                    | : : : : : : /
                     | : : : : : ∧
                      | : : : : /. : \
                 { : : : 厶_: ー‐ー 、
                 \: : : : :`ヽ、: : ハ


この時 清正は秀吉の警護のため手勢300を引き連れ一番に駆けつけた
蟄居中の身である清正は この行動でさらなる罪を問われる可能性もあったが
清正はほとんど反射的に動いていた そこには何の計算もなかった

526名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:18:01 ID:GIvTP7Pw
後にいう加藤地震である

527 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:18:42 ID:vAGMA526
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V
      \_!   ) ) _ ' ( (   !
        ヽ  ( ( /   `t ) ) /      おお 清正……
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´          よく来てくれた……
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


この清正の働きに感激した秀吉は この後直ちに蟄居処分を取り消した

528名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:19:39 ID:QtxwXpEk
満州まで突撃したことといい良くも悪くもスタンドプレーが得意なんだよな清正は・・・・

529名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:19:54 ID:I1xWFtOc
>>526
地震加藤じゃ?

530名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:20:33 ID:yUmKaQqE
たまたま伏見城からいなかったなんて…。
秀吉は本当に悪運が強いなあ

531 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:21:07 ID:vAGMA526
                    /二ニ=‐-=ニ、\    ,>                  / ヽ ヽ.   _≧、マ>_
                  ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′                 /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).            /!      _,. - ァ   ,ィ
                 /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、                 / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ          /リ    /;;//  _//
 (\ __           ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \               /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ     // ,イ /;;/ル'^ '´-‐ニ7
. ,f\孑=ァ),__          | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |    \             / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  ゙,    /.;.;/ /.;レ'.;.;//.;.;.;-─-ニ-'
〈ヾ、ム,. 》 :|| \        |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※                 i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /  .゙, /.;.;/.;レ'/.;.;.;.;.;.;.;_,..;--─‐‐‐一'ニ=-
. `ー'─(,ムイ'   \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !                l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l 、 ゙, .;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;--──‐‐‐z... 二ニ ー- 、_
     \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |                 \ヽヽヽヾ  _/,. -‐-、.. /-ト/ | l  ,.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ニ_二ニ==---`ヽ
.        `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   !            ,. -‐‐‐--‐‐''"メ T ヽ_>/..::::::::::..\...i l l l l ゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\_
          `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  !          /,. -‐‐‐---‐‐'''" _,. '"_,. イ.:::::::::::::::::::..\:..l:.,,-‐''~).;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_,.=- ニー- 、_
          /  /    |_ i.※ i.  《|{,//iヘ.∨), ∨   ,r- 、   //      ,. -‐''"_,. '"薔}ヽ::::::::::::::::::;: -‐'" ,. ''"l l.;.;.;.;.;.;_,..ニ二._ー-=.z─-=ニ ̄``ー   ̄ ̄
            /  /     ! )`i   !,  《!_/i |《ヘ.∨), ∨ ,Xヘ. }   /       /,. -‐''" /..:::::゙,::::;: -‐''"   / l  l l─弋´ \`ヽ
        /  ム._.  !/ .|.※ |ヘ.  《  i | 《.ヘ.∨ヘ,.マ^ヽヽノ          //     /.::::::::::::/__  __    {  l  l l      \i
        ‘ーx,     i  !  |.   | ',. 《.  ! i 《. | |  メ.}i;xr≦          /        !::::_;; -''~   ̄     \ l  l  l
           ∨  ヽ. |   |.※ |  ∨《  Li  《 L! :|. |    |          l         ∨_,, ‐''~7  ,..┐  f\  \  l  l
            \.  ∨   |.   |  〈 》〜〜〜''〜 | i    !                 ゙、::::::::/  /.::::l  l l \  \l  l
             \/   .!.※ ! ,/」Lニ=- |!>X<| :| i    !                  ゙、::/  /.::::::l  l  l  \__,,l  l
             //     ¨¨¨’ >厂    K  >' :| |、 ,ノ                   ト、゙ー' .::::::::!  !  l    i  !
                                                              ''''" 

またこの時 浅野長政・増田長盛の両名も石田三成と共に 被災地の救援活動のため配下の者を的確に動かした
この功により 「秀次事件」に連座し能登配流となっていた長政の嫡男・幸長
蟄居処分になっていた長盛の嫡男・盛次も その罪を許されることとなった

532名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:22:51 ID:GYRyMa9.
秀吉は家臣に恵まれてるなぁ。

533 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:23:10 ID:vAGMA526
                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ    まったくのラッキーなんだけど
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i   とりあえず……
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj       ...  、
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/       ... 三__|__
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/          口 |
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/            ‐┬‐
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/          . │田│
             iN \.  ` ニ′/}'           .   ̄ ̄
              礀   丶、  /              、 マ
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗            ....  了 用
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       ... '"`ー‐
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |      .....  ,
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、        レ |   ってことにしようかな……
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、 ......   ノ
 ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


こうして 清正の復権は 天の采配によって成ったのである

534名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:23:50 ID:avetzdg.
魯山君の恨みですね、わかります

535名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:24:52 ID:3NGbHfIY
なんかもう豊臣政権全体のためというより、
秀吉の機嫌次第って感じもする

536名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:25:43 ID:QtxwXpEk
もしもこの時に清正が蒲生や丹羽並に改易されてたら・・・たいして変わらんか

537 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:26:27 ID:vAGMA526
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl       ……さすがに
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、   これには わたしも驚きましたよ……
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV'u /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !  ← 地震発生時 堺に滞在
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l


しかし この地震と会見会場の予定であった伏見城の倒壊により
8月中に行なわれるはずであった会見は当然のこと延期となった……

538名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:26:34 ID:avetzdg.
それが独裁政権の怖さですよ

539 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:28:01 ID:vAGMA526
このように 都では混乱が続く頃
筑前のやる夫の様子はというと……

【名島城】
      t_,_,_,_,_ィ
      ノ_:_:_:_:_:入
     ,...,l_;_;;;;;_;:l;:!、
    ノ_:_:_:ヘ_:_:_:入
  ,....,,,,l_;_;_;;;;;;_;_;_;l;:!,,..、
  ノ_:_:_:_:_:ヘ_:_:_:_:_:_:_;入
  l_;_;_;__;;;;;;;;_;_;_;_;_;_;l;:!!
 /千ΖУト千ΖУト千ヘ丶
./Уト千ΖУト千ΖУトΝ,ヽ
,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.: :=_≡ _;;;
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;; = - _-;;
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"'、,,'""'゙,゙'""'
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ソ、.,     .,,i
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ -ー-、_:::: ::.:::::

540名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:28:51 ID:WfAdOZl.
少佐も地震体験したのか

541名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:29:01 ID:yUmKaQqE
主役の存在忘れてたw

542名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:29:02 ID:Lr6UX7E6
地震の少ない大陸から来てるから流石に大慌てだったろうねw

543 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:29:27 ID:vAGMA526


増・え・た・お ___(⌒ヽ          γ⌒) ))
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ         / ⊃__
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ      〃/ / ⌒  ⌒\      増・え・た・お
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、    γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
  \ \    )┬-|   / /> ) )) / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /  (  <|  |   |r┬(    / / )) 家臣が増えたお
  \ \ /          /     ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
    ヽ_ ノ       │                   / /


稲葉正成の斡旋により新しい家臣が次々と筑前入りしたため すっかりと浮かれていた

544名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:29:57 ID:Hy6ZtTP.
準にゃんくるか

545 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:33:17 ID:vAGMA526
            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧     やっぱり
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│    太閤殿下の元養子のネームバリューは強いわね
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八     みんな喜んで仕官してくれたわよ♪
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′   ← 小早川家新家老 稲葉正成
             `ー'′   ├-/
                    ̄

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|       災い転じて福となす
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !        隆景殿の旧臣が退転してくれたおかげで
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、   与える俸給には困らないしな
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|  ← 小早川家家臣 平岡頼勝
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|



さて この時期に新しくやる夫の家臣となった面々を見てみよう

546名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:33:32 ID:D1Z1OqRs
前にもあったな〜。
秀吉の不幸が清正のチャンスに・・・・

547 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:34:31 ID:vAGMA526
まずは丹波国蔵入地の元代官 松野重元

      ___ f| _,,..-‐‐―- ..,,_
   _,,.."‐'" ̄>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゛'‐--‐ソ__
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::゛''-.,,:::i!:: __/| :::::::::::::::::::',::::::::::::二_
   ∧:::::::::::::::::::::__;;;:::::::::ヽ||:::ヽ  ヽ:::::::::::::::::::::i:::::::::::::r"'
   ∧::::::::::::::::::::::::'‐-..,,_゛'‐-.;;;;ヘ;ニ〉__ i"::::::::::::::::::/::i:::::::::::::)
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>_,.-ヾ| _, `''|::::::::::::::::/:::::i::::::::r"
  .|::::::::::::i-,,:::::::,::::::::::::/ /  ,x,=':::::ヘヾ|;|!;::::::/|::::|yヾ
  |:::::::::i!::ヽヽ:;;::ヽ.::,:ミ'    .|! 弋;;;;ノ || |:::/ソ |::f
  |::::::::::iヘ:::\ ゛'‐"      ` "    |! |/  r:::r'_
  |:::::::::::ヘ ゛'-,r'"                .|::::三゛
  ヽ::::::::::::\.i|  .ィi"::ゝ,            .,'::rヾi  ,,.-''"''-.,_
   ヾ、:::::::::::|! i| 弋;;;ノ       /:ヘ   ,' ` --./o": : : o \
    ./::::::::::::::丶ヾ     '  /::::::::::i  .,'   _/o o: : : / ̄"ヘ、
    /:::イ::::::::::::::::::::\     < |_::::::::ノ  ./_  / |i: : : : :://     |!
    i:/ |:::::::::::::::ヾミ-‐ヘ、     ̄   /、 `>_ ',:o: :.//    __ |
    |! ヘ_;;.-..;;;_;;-"  γ‐γ' ‐‐-./'i'" r( `.,メ゛\ ', .|:|  ,,.-''"-‐ヘ
          _,,..-‐‐ |  /  /  〉 |".i ヽ `   ', || .//    ト'┐
         /,_,,.-‐‐'| /  /  .|  .|、ヽ      ',:|.|'/     .i_,,.|
        i/     | /  /  |  |', : : : : : :   |〈'       |、::|
        |ヽ     ヽ: :      ヾ',: : : : : :   / .|       .| |,: |
        ヽ゛'‐-..,,_―i ゛-.,,_: : :    \: : : :    i |       .i:::.',::|
         ,>'--.,,゛'‐-|゛'‐-ヽ、: :   iヘ: :    .| |       i:ヽ.i: ',
  / ̄ \ <   ,.--..,,'_::::|     |: : ::  | ヘ     ', |       i:::::::|: ::'.,
  ∧   ,.-''.<ヽ |::::::::::::::",|    i'    |::::::',     ',|      .i、.__|: : ::'.,
 /  \/:::::::::ヽヽ'"|:::_,,.-'",-|   ,'    |::::,::::|     ',      i/::::/|_: : : :',
./   / \:::::(_,,.-''"_,,.-'": ::|   /    .|/ ',.|     ',     i::::::/_ヽ_: : ', ← 松野重元
.|''-.,,_ .|   ゛''/i-''": : : : : : : :|  ./     .|、、 .',      '.,    i::::/\:::::::|: ::ノ
.|   ゛i''-.,,_  | \: : : : : : : ::| /      .|::ヽヽ' ',      .',   .,'|!/


正義感であり 強弓の引き手とも知られる重元は
羽柴姓を授けられるほどの秀吉のお気に入りの武将のひとりである

548名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:35:12 ID:avetzdg.
また>1の趣味がものすごくわかりやすいAAだなw

549 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:35:57 ID:vAGMA526
続いて備中国の武人 元細川家家臣 河田資友

            , ' ´ ⌒V/'' 一_-、
          /  /        `ヽ,` 、
         / / / /  i     ヽヽ ヽ. \
        /  i i ./ / .ハ   i i i .i ヽ`、 ゙ 、
.        l / i  iイハi i i i iリi i  i i ヽヽ i
        l/ i  i斗ェ士Iト;/ //__iリ  i i ハ ',
        l バ|  〈.{゚:::::i}゙ レノ/,ィメミト  i  i i.l.l i
       l i ハ  i.辷ソ  " .{:::ソ〉i / .レ .| i
       l i  ハ  ヽ:::::  _ ' :::゙"/ / レノノi.l
      l i  i ト ヽ \  _ , イ イ ハノノ
.      l i  i  i  「`゙''ー゙r"T// i/ i i
      l__i_, 斗‐へ ___ ィL/`ー- i_i iヽ
     /  } }  <´  ∧+.ト、`ヽ  } }  ヽi ヽ
   /     } }  _〉 :: :∧゙ヽ 〈  } i   ヽ ヽ
  /       V´ | , イ ハヽ、 ハ`' く     '、ヽ
. /       /  ノイ/ .H ヽ ヽ,〉  ヽ    ヽ \
〈        i   ムr-i^'|ウレ イへi  i     .〉  \
. \      ト、:::::::::::::::::::i「o]i|::::::::::::::...ノ     .人   ヽ
  / に_ >'i. `' -----┴┴-----イ  < イ ヽ \
  /< ̄7" i ハ             |ハ こ イ i\\ \    ← 河田資友
. /    V  i iハ            ,iハ   .i i ヽヽ  ヽ


資友は偏屈なことで知られ
「小田原征伐」の際 秀吉との間に次のようなエピソードを残している

550名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:36:02 ID:XOY8ScuQ
また男の娘www

551名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:36:52 ID:AIpbOpV6
性的な意味で不安定な人材ばかりだぜ……

552 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:36:54 ID:vAGMA526
小田原城を囲んだ時
味方の陣中に資友を遠くから見かけた秀吉は使いの者に命じた

          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',   おお ありゃ ずい分と雰囲気のあるやつだな
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>  きっと ひとかどの士に違いない
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ     おい あいつの名前を聞いて来い!
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨
      ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::

553名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:37:37 ID:Lr6UX7E6
なんという面々・・・
これではやる夫の性癖がおかしくなってしまうではないか(棒読み)

554 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:37:41 ID:vAGMA526
使者は 馬で資友を追いかけ 馬上から問いかけた


   、v ´/´<                   (´∀` .)  そこの者 関白殿下がお尋ねである
  ーヘゞ、、,, 、ヽ、 ̄ーニ                ソ / )
  イ::/`不ヾ :.:.`\  \、   _ ===、.____// ./    名を名乗られい!
  ハ:.:.rj:.:|:ト`:.:.:.:.:.:.:. `ヾ  `<=-=  .ノノ!!!__//
    i:.:.:.:.`|Yヾ:.:.:.:.:.:.:.  .:.:`ハ-ニく_,/ ´__y   /
    'r==k==ァ--―:==―  ̄ ヾ\(   __ノ
    ,ハ_'`,イ,/ ゞ:.:.:.:.:.:.〉:..:.    /`T:ォ \ \}ー--
   /  ,/  .r⌒`ー--、:.-:.: .:. /  |:::|   i // `ヽ
   `ー´   .|: ハー:._.:_:. ):./. ゝ、./:/ ,. -ニ:/ }:.:.: ヾ 、      - ― - _
      ___|: {-ゞ:::::::::::.:.:.:.:.:.:.  /:/ ̄ ̄  .:./   ト、ー '' ̄       三
     /:::;--}: i:::::::::::::::、:::::::::.:.:.rz:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :.:.:.   ! ヽ::_:.:.:.:._ -― - 二ニ=
.    //  ゝ、`ー、 ̄ `ー __::::::::::::::::::::Y: :   /      ̄
   //     v::ノ        {:::::::::::/ ̄ヘ:.:   {
  r´/                ゝ:::::::i    `ー:.:._:. ゝ
  i::ゝ                 .〉:::::>      /:.:/
  {/                 /::/       i:.:/
                    //        i:./
                  ,ノ:/         i:.{
                  ノ::イ        /:.:Y



      , ´ ̄ ̄ ̄ 丶、,.'⌒ヽ
    ./         ヽ⌒ヽ.
   /       i /从从)
   |       | |  .lリ
   |      (`l l   |
   l      |`l l.   |      ………………
   |      L_ll,n_,ノ
   !      |`) 口
   !  |   !lト、゙リ
   !! !,! .ノ从リ l `´
    ヾH|´´´   |
     ιl    !
      ´゙゙i゙゙l゙゙゙i゙゙l゙`
       .ヒ!. ヒ!.

しかし 資友は これを完全無視した

555 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:38:30 ID:vAGMA526
しかたなく 使者は秀吉のもとに戻るが いきなり叱責が飛んだ


::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,'::::::::::::::::ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i:::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/," ̄ゞ"メ:::::::!::/::::::::::::::::/ l:::::/
::://  /::/    //    /;)/:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /      、/ソ/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /
     ヘ            /´   ',///´
                     '、        馬鹿野郎! 見てたぞ!
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´         あれほどの士を馬上から見下ろす無礼があるかっ!
;;',   /` 、         , ′
;;;;', /     `` 、   , "               もう一度 今度は礼を尽くして行ってこい!!
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

556名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:39:23 ID:avetzdg.
このへんはまだキレてた頃だけあって人の機微を理解してるな

557 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:40:03 ID:vAGMA526
改めて使者は資友のもとに赴き 下馬し丁寧に名前を尋ねると……

            〃´⌒ヽ
     ., -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
  ./  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l   . ヽノ .V l
  l ,=!  l  ///    ///l l   わたしの名は
  l ヾ! ', l    ヽ_フ   l l
  |  ヽヽヽ        //    河田八助資友と申します
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、__
  li   /l, l└ タl」ソ __ []っ
  リヽ/ l l__    ノ
   ,/  L__[]っ ヽ


今度は資友も これに対して丁寧に名乗ったという
また資友は偏屈なだけでなく 腕力・剣法に優れ水練にも長じた武将でもある

558名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:41:20 ID:zMVTV3J2
>>549
性別お姉様の人ktkr

559 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:42:10 ID:vAGMA526
さらにもうひとり村上吉正
吉正は廉直な人柄であるが それ以上に馬術の達人であった
いかなる荒馬であろうとも 吉正だけはその鞍の上に乗せたという
     ,、
     ノ;;;;`:;:.,、
    /シ l`ヾ:;;:`;ヽ、
    {;;i :,   `ヾ、;;::ヽェ_―_-一 、 _
.    l::l  ;ィー<-゙;:;゙;゙-,;;:''‐、:;;:゙:ぇ:、_ヽ__
     i;;i,/    ヾ>'´    .ヾ;:' :: :'..;: ;: ::' ;:';.:;¨';:';;;:ー,.-ァ
    ,/´               V :;:、-'一=ー---ァ,; :;/
.    i       i           ゙:;: :;i      ,.メ ,/::シ
    l l  ,ィ /l !           .、 i:.:;i     ''´  /;;/
    l l / l i ;' ll i   l  ト、  ハ ';.:l'´       /;;シ
    {,イ l l | i _|_i_,  l i  !ヘl、 ! .゙; i::}     ,.ィ彡'
    l .| { l i  ,ィtェ、 ,!l ト、_|_ l V  i. :;! ,ぇ彡'i´     ← 村上吉正
.      ! .l l|{ l:0lヘ l !ィTテt↓!l {以XZ}   !
      ∧ヘ ゙、lハ,i:;;! ヽ!  .{,::0l゙ゞl ,l /ヘ、 i ト!
        ヘ ト、ト!l、、     l;_;;:j |l ,!//∧、_ト、 l                 /´ `i
.       Ⅵ!V`>、` __  、、、 .,オレ/'´ ̄ `ヾ!              /   ;
.          i' `ヽ、` _,,.ィ´-'_ィ'      .i             ;'、vvY
            | ,ぇ--¨y.'_⌒ヽ !        ,!               i: ::: ::;'
          l { `ー-' l Y'㍉ノヾ,i     ;'l              l: :..::::!
          NV`i / .`>ー允_ ,l.     ;';;!              {: :.::::l
         /~`ー!、  ノ /  `''!     i_人.     ,. ─一 ー 、 i : ::::i
         ヽ、   `>'´  〉、  ノV^\∧/フ∧  /      ,/゙i '; ::.::::、
          >=ェ-/   i i'´ `ー- 一ヾ、 X´ _    / l  .\::.:::::、
           i   /   ,'  .!        ,}/  ヾ、   ̄ ̄   l   ヾ;.:::::゙;
          /  ∠_  .|\ 〉、     ノ/,/ /ゞヽ、     ヽ、  ヘ;.:::::゙i
           ,      |\|  ヽl`゙≒==ェY  /  ,ヘ   \     l    }:::::::l
           /       l     l.      个  ,,.イ¨´∨  . `\   /    i::::::::l
         ,'      ,!     |     l__,,.イ ̄   ヘ    、`ヽ/ \  /:::::::,!


正成が集めた人材は このように武芸に長けた者が多かった

560名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:43:02 ID:WfAdOZl.
もう趣味丸出しだなw

561 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:43:22 ID:vAGMA526
武芸と言えば やる夫の武芸師範であった伊岐真利も 正式にやる夫の家臣団入りをした

             、_
                }::ヽ
           ./iノ:::::::)ヾ、_,}`ヽ、
         ,、/ \:::/  ヽ::l  :}:.,へ、        _
        _.ノ:::l   ヽ   `'   ''"_,.,.}._     / }
{ヽ      / _,... `              \   / /
ヽ \    .フ''" ,            、 `ヽ l.  / /
 \. \  / /  /   ,.イ   ト、  ト、   \/ /
   \. \| l    ハ  /  !  .} ヽ  ! ヽ   ノ,. /
    ト、 レ|  / ヽ /  ヽ ノ  ヽ l  \ ,l/ ノ
    ヽ \.ヽ l   ヽ    `       |/ /
     ヽ  |`´ -――-     "´ ̄ ̄_.| /
      \ |≡            -、 ~レ′
        ヽ|        ____,..イ  |    これからは やる夫様って呼ばなくちゃな
         ヽ  ヽv ̄ ̄      ソ  .ノ
          \  \      /  /
           ` - 、`ヽ----', ィ '´
               | ` ‐-‐'  |
              ノ      ヽ
             /        \   ← 伊岐流槍術創始者 伊岐真利
           ./           ヽ

562名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:43:44 ID:avetzdg.
>正成が集めた人材は このように武芸に長けた者が多かった

本当にそれが選考基準なんですか?

563名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:43:57 ID:Hy6ZtTP.
ハヤテきゅんまで!
ふぅ…

564名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:44:09 ID:GIvTP7Pw
>>1が集めた人材は、いかがなものかというものが多かった

565 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:45:12 ID:vAGMA526
そして
柳生新陰流の高弟と自称する真利の伝手から筑前にやって来たのが……

          l   /  '、 ヽ l         l          /:::::ト        ,.
             !   ヽ_,,. '^''‐-ヽ         |      __,,..ノ !ヘト       /,.l
          ゙、.  ',トヽ ヽ;>ノ           l      l ∨     ',     / 彡l     ここが筑前の小早川家か……
           ',   `-‐''_                l         ,.ヘー-'彡彡l
              ',  ,ヘ'´ _,.二ニ ‐ -ヽ        /    ,.へ、./彡', 彡彡ィ\
               ', f/¨   __  -''         / .,.、、._/:::::::', ノ彡ィ`  _,,.. -‐
          _ /`¨', ヽ- ''""´         ,へ、 //::ヽ !:::::::::::'::::''´ ,,..<":::::::::::
          l:::::::::::::::'、             /::::::ハ \:::彡ヽ!    ,,.<:::::::::::::::::::::::::
        i‐-:::::::::::::::::i         __ ,,. '/::::::::::彡\. \::ー--,,.<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /lヽ::::::::::::::::::::::::ヽ      /ヽ`¨ 彡:::::::彡'""  ;;;:.<::::::::::::::::::::::::::__::::::::
     ノ:::l\\:::::::::::::::::::::`i‐ァヘー-'":::::::::ヽ 彡:::::::_;;: -‐ ''"::::::::::::::::>‐''" ̄    `ヽ
    ヽ::::::::l\`l:::::::::::_::::::::::/:::::ヽ彡:::::::::::l/::;;.: <"::::::::::::::::::::>‐''¨
    ,.ィ',:::::::',\`i:::::/::\¨´彡:::::::::`丶;; <´:::::::::::::::::::::::;>''"

566名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:45:18 ID:avetzdg.
涼ちんはともか瑞穂とハヤテのAA元はスペック結構高いぞ?

567名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:46:07 ID:AIpbOpV6
なんかきたー

568 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:46:37 ID:vAGMA526
     _ヽ、.. -‐'':::::::::::::三ェ__::::::ク/´//リミミ、三ミ、、、、;ミ、::::::::<,,,___
   _ _,,.フ:::::::::::::::::彡::エ''::::;;ィ:://::;'::://:;ィ::リll:::、ミ、ヽトヽミ、:::::::::::::::::'´、
    ¨ー-ァ::::ィ:::::;イ彡'´::://:ノ//クト///::ハノ:::::::ヽゝミ、ヽ::ヽ::::::ヽヽ\
   ,..==ラ  ケ/イ:::::::::ク/////! f//:::///::lリノハ、l:::ヽゥ、:::::ヽ ヽ トゝ
   _,/  彡' /ケ:; ク::::/:::::/:レ':::::::l//::::;' /::ィリl l::川::::::ト、ヽ ミ、ヽ ':;iヾ^
   / / / / / /::::::::::::::///::;'i::::::::::::/ /:::::fノ::::リ::ヽヽ:::::l ;:::::ヽ ヽ 、!
  / イ/      ,'レイ::::::::::::::::/ l:::::/l:ハル::/ l::::/::l l\ ';:::lヽiW、i  トヽ
   / //   ,',' イ::::::::/!::::/ .!:/ _,..}:/,,..//レ l:::レ:l l:::ヽ::::\ l __\ト      ま とりあえず やっかいになるぜ
  /'´l,.イ / l ル::レ::::ハ:::l j::/ ,,,.l/;;;;;;;;;;:>‐、;;;ノイ:::/::リ::::::lルリ:ヾ/_ヽ::ヽ
    ! ! /∨l/ リ lハ::lヽ';:l f;;;;;;>''"" .__...、._゙ //::/::::::::::////ヽ ',::ゝ、
      //!/,. -;;;;;;;;;;ヽ、   ヽ   r_''i::ク.-‐'  /.j/ .l:::::/::::/ ./二ヽヽiヽ
       レヽ-''"     .i __ l ',   ´  ̄           l::;イ::::l f  ノ ! }
       ク´ハヽ_,,.. -.l ̄ト  i        i     .l:::l::;ノ ヽ-'_..ノ /
        lバ""  .,' ハ.   l          l    l;イノ ) / ノ:l
         /.l   /  '、 ヽ l         l          /:::::ト        ,.
             !   ヽ_,,. '^''‐-ヽ         |      __,,..ノ !ヘト       /,.l
          ゙、.  ',トヽ ヽ;>ノ           l      l ∨     ',     / 彡l
           ',   `-‐''_                l         ,.ヘー-'彡彡l
              ',  ,ヘ'´ _,.二ニ ‐ -ヽ        /    ,.へ、./彡', 彡彡ィ\
               ', f/¨   __  -''         / .,.、、._/:::::::', ノ彡ィ`  _,,.. -‐
          _ /`¨', ヽ- ''""´         ,へ、 //::ヽ !:::::::::::'::::''´ ,,..<":::::::::::
          l:::::::::::::::'、             /::::::ハ \:::彡ヽ!    ,,.<:::::::::::::::::::::::::
        i‐-:::::::::::::::::i         __ ,,. '/::::::::::彡\. \::ー--,,.<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /lヽ::::::::::::::::::::::::ヽ      /ヽ`¨ 彡:::::::彡'""  ;;;:.<::::::::::::::::::::::::::__::::::::   ← 柳生宗章
     ノ:::l\\:::::::::::::::::::::`i‐ァヘー-'":::::::::ヽ 彡:::::::_;;: -‐ ''"::::::::::::::::>‐''" ̄    `ヽ
    ヽ::::::::l\`l:::::::::::_::::::::::/:::::ヽ彡:::::::::::l/::;;.: <"::::::::::::::::::::>‐''¨
    ,.ィ',:::::::',\`i:::::/::\¨´彡:::::::::`丶;; <´:::::::::::::::::::::::;>''"


         柳生石舟斎の四男 柳生五郎右衛門宗章であった

569名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:48:02 ID:WfAdOZl.
柳生宗矩の兄貴か

570名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:48:10 ID:YWn2G0fI
逆風の太刀ktkr

571 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:48:19 ID:vAGMA526
     ____
   /      \
  /  \   ,_\.
/    (●)゛ (●) \     ううむ 凄いお
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /      錚々たるメンバーが集まったお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


               r-‐┐
      __,.ィーマヘ/ヽ-ヘ.ヘ
     <´  /: : : : : : : : : :.ト、: :ヽ:.ヽ
.     \ /: : : : : : :∧: : :.:.l: ヽ: :.\::\
     _/: : : : :/: :.l l: : : :.|  l: : : :.ヽ:.:ヽ、
   /´:./: : : : :/: ,斗 |: : : :} 下`ヽ ト、:ヽ:.:i
  l: : : /:./: : :./:.イ: :l  ヽ: :/    ヽ:.:ト、l: :.ト.|
  {: : /;.イ: : :./l/ |:./   }/   _,_  V: :.l:.:.l    みなさん とても強そうですね
  l: :.l/: |: : :/∧ l/ ,.≠=    '⌒ヾ {: :.!:.:.|
  ヽ:.:l: :|: :./: : :V /             }: : ヽ|
   }:.l:.:{: :∧:.!:.∧ 、、     ___    イ: :.l:.|
   |:.l:. |:./r弋:.{ : >、   (_,ノ ,. イ|/|: : |:.l
   l/|:.:l∧|. Ⅵ: :.V 了¨ 下、   /}: :/l/  ← やる夫正室 古満姫
.    い  ヽ   >、:.\\ } \   l/

572名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:48:22 ID:Hy6ZtTP.
いかんな…この流れだとガッツがおタカさんに見えるw

573名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:48:31 ID:avetzdg.
五郎右衛門がガッツってことは新次郎厳勝あたりがグリかな?

574名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:48:53 ID:Lr6UX7E6
きたきた。
肥の革新PK関ヶ原だと小早川家が柳生家に代わってる事も多いよなw

575 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:49:20 ID:vAGMA526
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \    でも 正成……
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     ひとつだけ気になることがあるお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ    あら
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    なにかしら?
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

576名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:49:34 ID:3NGbHfIY
逆風の太刀キター!!

577 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:50:19 ID:vAGMA526
      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \     武芸者って……
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /     戦の…… 実戦の役に立つのかお?
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

578 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:51:18 ID:vAGMA526
    , '"  ̄ `ヽ
    //    ^ヽ ',
   .///f / j  ヽ ヘ !
   ノイl | レト'Vハ斗ト、_>    なに言ってんのよ
   lハj | >  < |レV  ))
((  ノ火ヽ"V ̄}"/゙) {      役に立つに決まってるじゃない!
  //  匸 }>示iくこ八
 .// ! / /《小.》「`ヽ ヽ     それも無茶苦茶によ!!
 V{  !ヽノ   {: ト-イi }
  レl∧く   人__j /八/
    / `7´/ l |'´
   .`‐r</__!」
      |  / /


      _____
    / ―   \      え そうなのかお?
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |    でも やる夫は 個人の戦闘能力と戦の趨勢とは
. |   (__ノ ̄    /
. |             /     なんの係わりもないと習ったお
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

579 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:52:21 ID:vAGMA526
                  __
              , ‐ ´      `ヽ
            /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
           〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
           l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!
           i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
           、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ    殿……
            乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ
         _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!     戦場で一番困ることって なんだと思う?
           ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!
           /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
             /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
          /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i
         ./.:/: |  | | !l:   i|:  \!l│ |:.:.: ',ヽ
        /.:/.:.:;'!  | レ'l:!  c.i|:   }l:トj /!:.:.:.. ヽ\
         , '.:./.:.://! j∧ !! ー =i|ニ  j l:N/ :l',:.:.:.:.:.:ヽ:.\
       /.:.:/.:.://:.:|     l!   i|   ノ ヘ!   |:. .:.:.:.:.:.:.:ヽ: \
.     /.:/:.:/.:.://.:.:.:l     lヽ.  i|  /'  i  |:.:.. :.:.:.:.:.:.:.: ヽ:. ヽ
    //.:/:.:/.:.://.:.:.:.ハ     i { ci|  }  j   ハ :.:.ヽ:.:.:.`、:.:.:.ヽ:. ',


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\     え? う〜ん……
. |   (__ノ ̄  |
  \        /     相手の動きがよく分からないこと……とかかお?
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |

580 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:53:24 ID:vAGMA526
          '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
        .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
        .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
         i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\     相手の動きなんて
        |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
         |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ     分かることの方が滅多にないわ
        |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
      , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::     そんなの気にしたって しょうがないわね
    , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
 , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
 !    |  | -.ハ    V|!:::∧
 l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
 |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::


           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /
       /      ̄ヽ__) /    じゃあ 兵糧が不足すること……かお?
.    /´     ___/
    |        \
    |        |

581名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:53:26 ID:V5w7TAoE
この頃はあくまで『兵法』ですからの

582名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:54:06 ID:QtxwXpEk
秀次も武芸者を集めてたけど特に武芸者に幻想は持ってなかったみたいだが・・・

583 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:54:11 ID:vAGMA526
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |    それは確かに困ったことね
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ‖:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂    でも決定打ではないわ
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|         もっともっと単純なことよ
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
    ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ
.   /:| / ̄\:: :: :/:ヽ ヽ   // ,':: ヘヽ ) | |:: :/!:::::∧::.:.ヘ


━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

584名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:54:58 ID:XOY8ScuQ
士気かねえ

585名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:55:15 ID:y.JZ9d9.
数じゃね?

586 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:55:18 ID:vAGMA526
      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i     じゃあヒント!
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、    黒田長政様や 蒲生氏郷様は
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー      なんで自らが先頭に立って
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ      敵陣に向って突撃するんだと思う?
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ



        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____
   /⌒  ⌒\    
  /( ●)  (●)\        え……
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |      あっ 分かったお!
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

587名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:55:58 ID:avetzdg.
大将の意思が下に伝わらない事?

588 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:56:35 ID:vAGMA526
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)     戦場で一番困るのは
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\   兵卒が こちらの命令に従わないことだお!
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


    , '"  ̄ `ヽ
    //    ^ヽ ',
   .///f / j  ヽ ヘ !
   ノイl | レト'Vハ斗ト、_>
   lハj | >  < |レV  ))   はい! 大正解〜〜〜
((  ノ火ヽ"V ̄}"/゙) {
  //  匸 }>示iくこ八
 .// ! / /《小.》「`ヽ ヽ
 V{  !ヽノ   {: ト-イi }
  レl∧く   人__j /八/
    / `7´/ l |'´
   .`‐r</__!」
      |  / /

589 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:57:31 ID:vAGMA526
            , '´                     \
           //      ,イ           \
           / /        / / l l            ヽ
         / /   ./ /ィl .イ l  .! ト               ハ
.         / /   ./ /ハl/ i l  ヽヽ\'、、           l     どんなに完璧な作戦を立てても
         /.  l   十ナ-ェ、_ リ    __X‐弋\   \   l
      /// l l  l V,ィ示`   ` ´ rァ‐-、ヽ、 \ \  l     どれだけ腹が満ちていようとも
.      // j  :l l  ト、{ h:::::}.       h::::::::i:l ト  ヽ ヽ.  ハ
     // .j   :l l   ハ. 、ノ::リ       ,_ノ::::::リ’ l l\ ', ', l ハ    兵卒が こちらの命令どおり動いてくれなければ
    /   .l   l |i.   l -ゞ'’,       ゞzッ’ j i lノ \ ! l  ハ
       l l /.|l |  l "          ""    ノ l l_ノ ,入i l   ヽ  全ては水泡に帰してしまうわ
       V / l| | 小     ⌒         ./ /ム-'  l    ヽ
.       //    l //i \             / / /             ヽ
       レ    j // |レ ’. > 、       _.  _/ / /               ヽ
              レ/ / ,へ  ヽ---ェニ-‐'フ /7/   i             \
           /'/ ィiヘ  \/ニ-===ノ /ヲイ   l l            \
        //' / |Lヽ-ニニヽ\  // ̄li l  l .l            \
     -―//‐'   /     \ V'/     | l   l l             \
   //¨フ/    /        〉ハヽ    | l  l .l              ヽ

590名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:57:50 ID:3NGbHfIY
このあたり、柳生さんとここのスレでずいぶん色々学べて本当にありがたう

591名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 22:58:04 ID:Lr6UX7E6
satugaiが好きだからじゃね?

592 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 22:59:10 ID:vAGMA526
  「`' ―- 、,_ ∠、 ―――- 、 __/     l
  ヽ.      /              \     l
    ヽ.   /      ,ィ         \     ハ
     \ /     / / / l i   ヽ     ヽ \ /  l      その時に有効なのが彼ら……
     /    j .ハ j l ヽヽ ヽ ヽ \  \ `<、 l
     .j /    l_l_ l l ヽヽヽ_ヽ__`__.\ \\-、 .l      兵卒に敵に向って進んだ方がマシだと思わせるような
.     l |. l l ハ l 弋  \\\  \\> ヽ\`ト、
     .l li .l l l fTテヽ   \ 'Τ圷ヽ、:f ( `ナ、 \\    言うことを聞かないとブッ殺されると思われるような
      l l.l l l ハ .b::::l       b:::::::::l | ノ ノ|   l\、
     ', ,ヽヽ、 l ヘ弋n!       .ヒ辷ッ |‐'´l l   l       鬼のように怖い上官たちね
       ヽ \\ ヘ "" ' __    "" ,イ |. i l l   l
        ヽ  }i| \>.、 ヽ )   / .i|:|__. i l l  ハ
           jj.l i. /: l l |l:>.、イ   ノ | >,‐ 、_ヽ  ヽ
        〃ノ//  l | |l, イ|_  __/ || .∧ _,. >、 \
       ノ ノ_ィ ノ /l l/ | ィl |ハ .  |レ  //´/ ヽ,、. \
        ' ノ / / rl ||  lハ| || ヽ,/.!|.  // /   ハ \ \
       / / /  .l.| ||  ,.-H-、 ∨リ // / / /  ヽ、\ \
     /__,∠∠___ l| || 〈/7介、 \__,//_/  l /    |_   \`、‐、
    / f     \  | ||  ,イ| .l l>'´   \ ̄\ /    V 人 ヽ、\\
  / / ', l i i 、 .il l || ./ハ| L| 、 ,    ヽ ヽ\    V.  ヽ    \\
 / /  / `'L_! .l {ト r| l !V/ .{{  | .| | l. ェ_l   ', `‐-< ヽ   ヽ   ヽ l
./ /  / // 「¨セン' | ヘ /  }}  `|`-L,_L,イ   }    `\\   \   リ
  / ./ //  入   /  .人  l! ○ ヽ    /    /      l  } \ \
. /  / j j   l  \∠__ノ ハ  ll    \/  /       .人ヽ ヽ \
/   j  l l  l  l  |   ̄ ̄ヘ. ll      ̄ ̄7ー―┬--r ´l l  ',  ヽ、 ',




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \     う〜〜ん でも…… 太閤殿下が 武芸者とか
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    そういった者に頼ったって話は聞かないお
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

593 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:00:19 ID:vAGMA526
      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!     太閤殿下は別格よ
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i     あのお方が兵を動かすのは
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、    常人とは違った感性…… そのカリスマによってね
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー     あんなの誰にも真似できないわ
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    ……カリスマって
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  どうやったら身につくんだお?
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

594名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:01:02 ID:V5w7TAoE
最前線の士官の質が大事なのは古今変わらない戦場の本質ですのぅ

595 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:01:10 ID:vAGMA526
            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧        さあ?
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│       それが分からないからカリスマなんじゃないの?
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八       でも殿も いざ戦となったら 氏郷様や長政様みたいに
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶    先陣を切るくらいの気概を見せるところから始めてみたら?
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′
             `ー'′   ├-/
                    ̄


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   やっぱり それが一番
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    手っ取り早いということかお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

596 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:02:21 ID:vAGMA526
                       ,;vi,;;  ,;r
                  VW'"'/'"/ yY/ '""Z-,;_
                _ゝヾ  ゝ  ヾヾi-,ゝ-;ゝ彡  フ__
                _,ヽ> /ハハ/'"'ヾl ヽl"lヽ、ヾミ /z_      まっ そういうこった
    _,,.           >  ,,,,,,,,,,,   ,,,;;;''''''""""'ヽ、"'ミ Z
 _,.-''" ヾヽ       ∠ミ;;'""r-、    r'''"o"''ヽ、  <ミヾ"'ゝ     もし殿が突撃を開始した時
 l_,..-'''"~'i::l'\      Z,; r'"'l::::::\  ""''ー--''  ..:::ヾミ ミ Z
 'i.    l::l::::l      ゞl   l_ヽヽ ゝ        ..::::::ミ ミ ゝ    それに続かないような腰抜けは
  'i_ _,,.-'"'ヽl      <l     "''ー-、       ...::::::::ミ ミ ゞZ
   i",.-'""'';,l,       l,  /..::::::::::::....."'ヽ、 ノ..::  ..::::::::ミr‐-、t'    その場で俺が斬り倒してやるからよ
   ヽ、r''"~.:::i,       l::..::....::     ::::.........::::::....:::::::::::::/〆) )"
   /('i,,r''"..::iミニ"'''ゝ  'i::..            :::::::::::::::/ヽ__,,/
   iハヽ'i, ,,...::'l"'ヾヾゝ  l::::... ...:::::::::::::....  ....:::::::::::::::::/ i::l"'
    "~ヾi,.f'" :::'lミミr''ヾゝ ヽ::::...::::::::::::::::::::::....:::::::::::::::// l:::l
    "'ゞ i r-''::l,ヾゞ )::'i  'i,ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: .::/ ::l
       'i,;'   ::::l;,ミゝ    ヽ "'ヽ、:::::::::::::::::::/::::::  ::/ ..:::l_,.r‐''""'''−-;;,,
        i,..;;;'"".:l;,    ,;;,,, ヽ "':::::::::::::::::::::::::::::  :::/::.. ::::l;;''"",,,;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ,..-‐;,,
        l r''-'""ヽr,;;/;;,,,;;;"ヽ,  :::::::::::::::::::::::   .:/:::.,,,/,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,,,;;;;;;;;;;ヽ,
        'i.::'",,....,,/;;;,,,,,,,,;;;;;;;;;;ヽ   ::::::::::::::::: ,,;;;;;;;;;''''",,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''",,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''""~,,;;;;'''''""",ヽ
         'i/;;,,,,""';;;;;;;;;;;;;;;,,,"'',,ヽ,,,,,_,,,,,-‐'",,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"",,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''",,,;;;'''"",,;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ,
      _,,,...;;;;'";;;',;,;;,,;;;;,,,"'';;;;;;;;;;,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''"",,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''",,;;;;'",,,;;;;;;;;;;;;;;''""...::::......:::::



       ____
     /      \       は はあ よろしくお願いしますお
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \    (なんか…… 小早川軍はえらく剣呑な軍団になりそうだお)
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

597名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:02:39 ID:avetzdg.
フラグが立ちましたな

どうなるフラグかはまあ伏せておくとして

598名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:02:51 ID:4sl9qwfk
変なフラグが建った音がしたな

599名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:03:38 ID:LxLJCY5c
なるほど、こう説明するのね

600 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:03:39 ID:vAGMA526
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    と とにかく これで……
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   新生小早川軍…… やる夫軍団の始動開始だお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


そして このやる夫軍団の活躍の時は 思いのほか早く訪れることとなる……

601名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:03:56 ID:QtxwXpEk
武芸者を督戦隊というか下士官扱いしてるってことか。まぁ将としては剣聖である
上泉信綱や柳生石舟斎も負け戦の方が多いしなぁw

602 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:05:07 ID:vAGMA526
8月
地震により使節との会見予定場所であった伏見城を失った秀吉は
すぐさま新伏見城の築城命令を下す

              ___
           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
        _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
          j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     \
.          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',     <   くそったれが!
         |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l     <
.        、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|     <   今度は地盤の確かな木幡山に
        フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!     <    
      ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl  −、_  <   耐震性のある構造の巨城を造るんだ!!
        / j、八i  ´  j〉   爪i         ハ <
       /   ハ jヽ、  t_ア .ィ   !    〉  , ! /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
      /    |  { > __/ ,!   !   〈   / {
     ,     〈 l   t―- 、 / !  i     v /  {
.    /       , 、  \      '   !     レ゙   i
    {   〈`ヽ  j__ \   ヽ  /   〉    {     ヽ
.    〉 \ ヽ ∨ ) }  >= 、 ,`=v   /    ′    ゙,
   |   丶} ;'  厶_/  //  /!  /    ! {      !
   |     ∨ /  /  //  , !  /    }!     鄯
   {      ′/、 /  〃丶,′! .゙     ヽj       {
   ヽ     〈  ゙ y   /  /、丿イ       〉       ム
   丿   __>、 ′  ′// 丿      ∠         }
   〈_/┌/ `ー‐ー-r匕r''⌒ヽ z―‐t  /ヽ   / 〈
   く /  八        ∧/ ヘ、 く \ `く  |/     `、
.    リ     `,      /  〉  ∧  ぃ   ̄ソ   ヽ
    \   !   /、 /  / j | \ イ

603名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:05:19 ID:avetzdg.
どこぞのソ連軍かw

604名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:06:12 ID:Lr6UX7E6
>>601
撹乱ではなく攪拌の人か。

605 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:06:14 ID:vAGMA526
                          _r 、_      /ヽf ,_ _ ヾ,,
                       , - ',,ノ!  \`ー 、    >_.∨;;r=;;、 |!
                      /_,メ、  \   _  \  i_ j (ヾ;(;;ソfー!!
                    //´、  ヽ   X´    ゙、  メY. ヾ-;メソ
                   _j/  ○       \   l  `iヽ.イノ
                  ィ-!  u       ○'  `ーi !     '` '
                   >ー、    r ─ 、 iii  ー、,∠, __,__ . __
 かしら〜〜〜〜〜      /f ,._j! ヽ. |   /   メ`ゝ、r ノ j_/)' `i )
                   メ r ー' 、!_ / ( メ,> =゙‐`'´  ̄//)-、`ノ
                   ,_;;=/   ´ ̄ ̄ ̄´      //)   )
               ,, -''´   、  r ,r── 、._.      //)ヽ_ ノ
       _ _,.. -─ ''´        ` ''_イ_/ー、ヽ.  \..  //)-、//
  , -‐ ''´                  ''メij   ヽ \.  ソ'ノ)   )   ← 前田玄以
  (  ̄ ̄./`''ー 、_,             / ! !    \,,>'、/)ー



  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!  もういや……
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄    ← 長束正家
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj



五層の天守閣を中心に12の曲輪群で構成された豪壮華麗な大城郭となる新伏見城は
なんと9ヶ月で完成することになる
この普請には 当然のように全国の大名がかり出され その財政を圧迫する

606名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:07:09 ID:FwO5mmq6
天下人ともなるとありものは使えんのかのう

607名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:07:31 ID:avetzdg.
もう完全に自分と我が子の安心・安全>他人の負担なわけね・・・・

608 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:07:38 ID:vAGMA526
しかし どう考えても 使節の会見までにその竣工が間に合わないことも
また新城の完成まで使節を待たせておくことが出来ないことも明らかである


    /: : /u : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: u: ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/u |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/::::::::レ ヽ }|:./ヽ: : |    ちっ……
  <:: |. 小{   _,,.. -:::::::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ u :::::::::::::::::: 、:::::::::::::  {ハ,;'      でっかい城で
      \_!         '  u  !
        ヽ    'ー―--  /        ビビらしてやろうと思ったんだが……
      ___,r| \    u    /
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !


    /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
    j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
   |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
   |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
   | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
    | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|   大坂城も
   | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
    | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//   十分大きいですよ
   | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
    | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
   | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
  / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
 / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
/../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}
../:::::::::: |:.:.:.:.:.:|\ \ __,, ィ`-K-- .__).! |::::::::::::::::::::::|
:{::::::::::::::|.:.:.:.:.:.|:.:.:\/___ノ ノ \-- >.|:::::::::::::::::::: |
:.:|::::::::::::::\:.:.::.i,:.::.::.ヽ ::`ー''´:::ヘ  Y´:::::::\:::::::::::::::::j  ← 北政所
.:ヘ.::::::::::::::::.\:.:\:.:.::.):::::::::::::::::::ヘ }::::::::::::::::\ :::::::: |


秀吉は会見場所を大坂城に変更することを余儀なくされる

609名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:08:05 ID:avetzdg.
って会見場所か

610名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:08:48 ID:Lr6UX7E6
これだけ無茶苦茶やっておいて財政的に破綻しないどころか蓄財できてるのがスゲェな

611 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:08:51 ID:vAGMA526
【大坂城】                   ∧
                        / ∧ヘ
                         而而 |
                        |n l|√ |
                         鬥鬥l__∧___∧
                     。___|]] |三|]]三三/\ ∧
                      ∧三 l|__l三|]]三ー/:∵\|
                     I/厂|∧l|   | ̄ ̄ ̄丁二二「|
     ∧I               /|T¬「 ̄| [[| ロロロ [[| 凶凶l |
     [[[[|  ∧   __    | ll| ロ|| lll |]] | ロロロ [[| 凶凶l |
     |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\. │ll| l|| lll |   | ロロロ [[| 凶凶l |
     {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|.| ll| l|| lll |   | ロロロ [[| ⅣⅣl |
     |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':| l|| lll |   | ロロロ ::;'.;,',;::;:;'.`;::'、,,,
     |ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;': ;,',';,',;:;::;'.;,',;::;:;'.`;,',;::;'.::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.`;,',:;'.`;,',.
 ,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;;  ;,',;::;'.;,',;::;'`;,',;::;'.,;::;'`;,',`;,',;::;'::;'.;,';::;'.;,';::;'.`;,',;:
´',:;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;'::;'.;;,',;:´',;::;'.``,',;::;'`;,',;::;'.`;,',;;'.`;,',;::..


そして…… 文禄5年9月1日……  ついに この日がやってきた

612 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:09:46 ID:vAGMA526
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ                   ,.z=='三ミミ=-,.、、
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ               .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ               r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ              l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ             尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ             ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.           ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.         /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.       /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....           ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::          i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --         V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|                !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|                 、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l


            明国冊封使 楊方亭と沈惟敬 大坂城にて秀吉と会見

613名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:10:44 ID:OtSwu2L6
確か当時の大阪城って今と違ってアホみたいにデカイよなw

614 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:10:46 ID:vAGMA526
しかしこの時 朝鮮国使節はこの会見に同席を許されなかった


  ∧ー―=‐一∧    lニl二lコ        おい 俺たちは何のために日本に連れてこられたんだ
⌒ヽ/    l   ∨ヽ     |誉|   A
  ノ、___人_人 `l /⌒, `l´ ⌒<ヨ     ……さあ?
 ̄  ヽ ΞωΞ/ /フ( <ヽー'ー'ヽ ノヲ


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |    けっ
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|           ・ ・ ・
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     俺が来日を命じたのは王子だぞ
      \_!      _ '     !
        ヽ    /  `t   /         お前らなんかお呼びじゃねぇよ
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、


後付とはいえ彼らは正式な使節である
しかし その身分の低さは 行長や義智にも隠しきれるものではなく たちまち露呈
これに不快感を覚えた秀吉が会見を拒否したためである

615名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:10:52 ID:2altO1TY
大阪城って、ヨーロッパやインドから来た宣教師が腰抜かしたって程でかかったらしいな。

616名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:12:07 ID:avetzdg.
確か現代の貨幣価値に換算して兆の上の京?くらいまで資産があったんだっけか

617 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:12:11 ID:vAGMA526
だが一方で 明国冊封使との会見は滞りなく進んだ
楊方亭は 持参してきた冊封状・官服・金印等を秀吉に渡し……

                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l     「汝を封じて日本国王と為す」……
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l     おめでとう
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ   これで君は我々が認めた日本の王だ
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i

618 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:13:14 ID:vAGMA526
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |        おうよ
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((        ありがとさん
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ〜ッ
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ


    秀吉も これを謹んで受け取った

619名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:13:43 ID:eE1S0fWQ
ここらへんは足利義満みたいな割り切り方か。

620名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:13:47 ID:V5w7TAoE
大阪城の威容でびびらすってのは避けたかったのかな?

新しい城で財力を見せ付けようとしたとか?

621 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:14:09 ID:vAGMA526
また会見には徳川家康・前田利家ら有力大名も同席しており
彼らも秀吉の家臣=明国の陪臣として冊封された

                            _、─-v-─;z_
                           >:::::`::::::::::::::::: :::::\
                          /:::::::::..  .:::::::.. ..::::::::::ヽ
                         イ:::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::::l
                   .       l::::::::::::::;:イ::/v:ヘ::lヽ、:::::::::|
       ζ           .        |:::::::/|/ニ|/ュ ┌リ_ニヘl::::::::|
    / ̄ ̄ ̄ ̄\             j::r=i|==。=,, _=。==|r=、:|
   /         \            |::|ヒ'|| ` ー":|.|:`ー ' ||J:|::|
  /| | |   ⌒  ⌒  |     .      |:::ヾ;l| u  r:|」:、 u :|レ'::::|
  |||||||||   (・)  (・) |     .     ノ::::::::::\ (二ニニ二) ,イ:::::::::::ヽ、
  (6-------◯⌒○- |        _,∠:-‐ァi:::::::!\ == ./ |:::::::ハ''ー-ゝ、._
  |  〃 _||||||| |     -‐'''": : : : :/,/|::::::| ::::\_/  |::::::ハ ヽ: : : : : :``'''‐
   \   \_/ /      : : : : : : : :/,/,/|::::::|  :::::    ,|:::j¨二二二¨l: : : : : : :
     \____/       : : : ; -:、ム--‐ヘ|:N\.____/j;ル| |:::::::::::::::| |:_;、_: : : :
    /⌒   ⌒ヽ        : /.rh \: : : : : :|},',',',',',',',',',',{|: :| |:::::::::::::::| | +++`l: :

   ↑ 前田利家                ↑ 徳川家康

622 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:15:56 ID:vAGMA526
日本は歴史上 秀吉以前に本格的な冊封を二度受けている
ひとつは5世紀のいわゆる倭の五王の時代の冊封 もうひとつが室町幕府三代将軍 足利義満の冊封である
倭の五王は百済との関係について 義満は主に勘合貿易に関して冊封を必要とした

         , -'TT >、__ノ!
        /ミ、,ィ‐'‐、;;;;;;;;;;;;;;;|
        /三,l _, -=---<_
        l三,ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'' 、
        |=/;;;;;;;;;;;/`'''ー- 、,ィ'゙ヽ',
        |ヲ;;;;;;;;;;;/   °   °',!
        〉;;;;;;;;;;;;;`フ __,, 、  , ,.._, 〉
       /;;;;;;, -、;;/ `ャッ'フ ) 〈{ノ/〈
       l;;;;;//ヽ, l! 、  ̄/   lヽ' ノ                       /"ヽ           /"ヽ
       ',;;;;', 、rノ  `゙"  r、_,j 'l                          i _,..--‐‐‐‐-...,_    !
       _ゝ;;ヽ、_/  〃~~___, ~'!l                          /::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
   __  7ラ‐ゝ l  l!   -  l l                     /"ニ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::Cニニ"\
  /\: : : ̄/ヾ、  `''ー|、   /! _,l''                    /  ミ} i,;illlii;,  ;illl||||lll;, ::::::::::{彡 ヽi\
 /  `- 、/:::::::\   ! j`ー';;`フ!: `ヽ_                 /ゝ,ノ'  ゝ  ,       ::::::::::: ゝノ'   \
 \    ` 、::::::::\、  ノl;;;;;;;;;;,;l!:l: :./! ` ー-、_            /   ゝ   i'lliiil') "'iillllii'" :::::::::::;' ヽ     ヽ
    \    `ー 、:\、  ヽ;;;;;;;;;|゙:::l / l     ``i、         l    i    .|  l~       ::6)    )    lヽ
     `'-、    ` -、_ヽ  〉i!/::/ /       l: iヽ       i     \  .l.  ~'_ _     .ソ   ノ    ノ l
       `ー-、_    ` ー' 、,/ /        l: :lヽ       ゝ、    '-  '-.,    _,. ,.i-、-''"~        }
              `ー-、_   /  /          l: :! ヽ       .|         , ~,'i' "~ /  ,>          .i
              `ー-、'´            l: :!  \      l,        / / ヽ/  /           } ← 足利義満と謎の小坊主
                '/            |: :l         i.,      .|  !/  /      ,      丿


そして今回のような家臣も含めた大掛かりな冊封は 卑弥呼の事例まで遡らなければ存在しない

623名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:16:30 ID:V5w7TAoE
まさかの本人AAwww

624名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:16:40 ID:yUmKaQqE
チーンw

625名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:16:50 ID:z8c5hGNQ
謎の小坊主ww

626名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:17:11 ID:Hy6ZtTP.
ちょ、そのまんまな将軍www

627名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:17:25 ID:eE1S0fWQ
このときの秀吉と明の使節の席はどっちが上だったんだろうか。

628名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:17:33 ID:2altO1TY
AAあったのかw

629名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:17:46 ID:3NGbHfIY
将軍様、声はキートン山田だっけ

630名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:17:56 ID:dTY3tBII
>>627
どう考えても使節

631名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:18:05 ID:R8IP6WXY
朝鮮見事なくらいハブだな

632 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:18:11 ID:vAGMA526
明国が いわば世界の周縁部にある日本に対して
今回どれほど本気で冊封体制下に組み込もうとしたのかは不明である


          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ   …………
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|


しかし冊封が明国を宗主とする国際秩序である以上
この大掛かりな冊封は日本の国のあり方にとって非常に危険なものであった

633名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:18:45 ID:I1xWFtOc
小坊主はともかく、将軍様AAあったとはwww

634 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:19:20 ID:vAGMA526
しかし 秀吉は……


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|     朝廷に続き
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |:./ヽ: : |      今度は明国が俺の権威を認めた……
  <:: |. 小{              レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ V       結構なことじゃないか
      \_!   ☆          !
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |


関白の権威を捨て去っていた秀吉にとって
この冊封は 己の独裁力を高めるための新たなる権威付けと理解されるものであった

635 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:21:03 ID:vAGMA526
そして他の諸侯にとっても……


       ζ
    / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /         \
  /| | |   ノ   ヽ  |
  |||||||||   (・)  (・) |
  (6-------◯⌒○- |
  |  〃 _||||||| |   もう なんだって良いわい……
   \   \_/ /
     \____/
    /⌒   ⌒ヽ



      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l        これで……
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、         これで「唐入り」が
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i    終わってくれるのなら……!
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |


とにかく この日の秀吉と冊封使の会見は無事に終了した

636 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:22:03 ID:vAGMA526
                                    __
ようようよう お疲れさん!                  /__  _ `丶、
                                //:::::::´:::::;:;^:ヽ `丶、
                              /:::7::::::://;::::l:l:::::::ヽ   ヽ
             会見は無事終了!     /:::::::/:::/:/::/::::::l:l:::::::::::':,  ',
                             /{::/:/::/:::/ /::/:::::;:イ:l:::::::::::::':,  |
              どうだい 感想は?  〈 ヽl个ハ:/⌒!;ハ::::/ !::';:::::::::::::', |
            +                ヽ、 ! rらト l:| !:::!  ヽ:ヽ:::::::::i:l |
   |\        /|                  /ヽ,l l::/ ` ∨, ィヽヽ;:\::ハ} |
 + |  \──< . |                /:::/:人 "     トイ:ハ メ`メ`   ヽ
   レ  .,,_    _,,. |               /:::/:/  ゝ、、'_   じ'  / /-、__ /
  /  <;:ッソ`' '"l;:ッソ>              /::::l:::l  f  >、 __ - イ^T´:::::::::!
  |           |               |::i:::!::∨ Y ∠} }   _, イl i ト、ヽ::::|
  ヽ、   マフ  ノ               |:ハ:ヽ::>'´r'´オー'"´_, ィ y/ ヽヽ:!  ← 宗家重臣 柳川調信
 +  >      <  +             ヾ ∨   Y |  /   ∨   ヽヾ



         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、    ………………
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

637名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:22:58 ID:3NGbHfIY
あとあとこーゆーので、「お前ら属国なんだから」って、
色々無茶されるんだよなあ。

638 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:23:01 ID:vAGMA526
ククク……   ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、  クク……クククク……
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ    
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、         素晴らしい……
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ     太閤殿下とは なんと素晴らしいお方だ……
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l


           _ .. ------- 、 _
         /  ,. -‐…¬、,r、―、-、丶、
          /,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ヽ、ヽ、
       //:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|ヽ::::!::::ヽ ',
      //:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::!:::|::::::::', !
    //::::/:/::::::::::::::::!:::::::::|:::::::::::::!::::l::::!::::::!:| l
    '´/:::::/::::/::::::/::::::|::|::::!:::ハ::::::!::|:|、:::!:::|:::l::!::! !
     |:::,イ::::::l::l::/!:::::/|∧::|:::| ヽ::l:/!| ヽ|/l:!:|::|::| |
    /V |::::/|::N |:::,.≧、 ヾN  ∨,ィ≦、 リ,.-、/  !
    〈〈  ∨fハ:! Y トッ:l         トッ:|ヘ !/^ !  |
    ヽ\ ヽヒ_l| { 弋ソ      弋ソ ノ |〉 /  /
      \≧ヘ.l , , ,       '     , , , !イ==rイ    …………ん?
       /:::::::|ヽ、            / !:::/|:::|
        /:::::::|:| / \     ´ `   / ∨::/:::!:::!
       /:/::l:::!:! !/ / `ト  __   イ_ | /:::/:::::|:::|
     /:/:::::!::|::! /  ,r|      _」 l ∨:::/:::::::|:::|!
      l:::|::::::|:::!::∨ _r/ !   /   !V:::/:::::::::j:::j:!
      |:::!::::::!:::!,.ィ´ / /ヽ/、     l `Tヽ、:::/:/::|
      l:::|:::::/ / イ  /o_ \  /  |  `ヽ、:::|
     ヽ!:/  /  l  ,′    `'l  |       ヽ

639 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:24:00 ID:vAGMA526
     _ _         \
    r、ヽヽ ,..      <  わたしは残念でなりません!
      l.i^iヽヽ! l      <
     `、ヽ   `!     <  あと あと10年早く 太閤殿下にお会いできていたら!!
       `、 `  {     <
      ヽ  , ヘヘ    < それならば もっと! もっと!!
       ヽ' /  \  <
        く 。.    \ /∨∨∨∨∨,.-、、ヘ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ
  i   l.   `、 `、 ´        l.    l、   /ヽ,
   `ヽ、l   `、 ヽ         l    l、 ヽ. / ヽ
   ` / l   `、  ヽ           l      l、     `

640名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:24:11 ID:avetzdg.
こいつの素晴らしいはどうみてもろくなもんじゃないw

641名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:25:57 ID:0SrkQ83k
気はあっただろうなw

642 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:26:20 ID:vAGMA526
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ          ……いえ いえいえいえ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、         今の殿下こそが完成しているのかもしれません
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ     今の太閤殿下だからこそ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、   良いのかもしれません……
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l


      //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  ヘ
      /´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヽ ハ、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ. ヘ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ヽ
.   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:∧:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.ヽ、 _ヽ:.:ヽ:.:.::.l:.:l.  ヘ
.   ,l:.:.:.:.l:.:.l:.:.l:.:.:l-ナ¨l`メ 、ヽ:ヽ:.:.:.:.:.:.:.l丶X\:.:ヽ:.:.:.i:.:.:.:ト;l   ヘ
  /l:.:.:/l:.:.l:.:.l:.:.:.l:.:l ,=/=ミ`ヾ:l\:.:ヽーl''rゞ=ミヽ:.l:.:.:.lト:.:.lヘ.   ヘ
. /  l:.:/∧:.:ハ:.>、:l.l.' び:ヾ  `  \ii:i び:ヽ゛`i/ヽlヘ:./ ヘ   //
/   ∨ .ヘ:,l ヽl.ヘ:.:.l 弋-リ      ` 弋-リ  l/`!〉 '   ヘ  ノ/
ヾ,、 __/  ヽ ヽ へl   `¨         ¨  l!ノ/     /彡'
  `〈      \_l  ' ' '    ‘    ' ' '  /,/    //:.l   ……………………
.   〉ミ、    丶、ヘ       __     ノ ∠_ _/':.:.リ
   l:./丶==‐ラ ¨ヽ_\    ー‐‐'   /=ニ´ヽ|:.:`-イ´l:.:.:l
   l/:.:.:l:.l:.:.:.:.:l / ¨¨`丶、    , .イ・ 、  ¨ヾ、:.:.:.l:.:l:.:.:l
.   l:.:.:.:.l:.l:.:.:.:.:l/  , ・ ´ | ` ー- '   ト、  丶  \l:.l:.:.l:.:.:l
   l:.:.:.:.:l:.l:.:.:/   ¨'  ,,rl      ,├ヽ、     ヽ:l:.:.l:.:.:.l
   l:.:.:.:.:.ll:/_____,,〃 ヽ、    /ノ  ヽ`ー―-- 、ヽ:.l:.:.:.l


冊封使は その日のうちに堺に戻る
そして翌2日に そこで使節をもてなす宴が催されるのであるが……

643名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:26:29 ID:3NGbHfIY
もっとたくさん戦争ができたのにってかw

644 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:27:27 ID:vAGMA526
                          ,. -‐==、、
             ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、
           _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\
           //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
       /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
.     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
   / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
. /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::



この宴の席こそが 日本と明国が今まで積み上げてきた交渉の成果が
全てひっくり返されてしまう場となってしまうのである

645 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:28:31 ID:vAGMA526
この宴席において 秀吉は日本の名立たる高僧たちを歓待役とし明国使節をもてなした
                                                           ____
                                         ,、__             _,. -‐'´ ::::|
                                         l \`ヽ、    _,. -─- 、/    :::::/
                                         l  \:::\/   :::/     ::::::/
    ___                 ___            l  ::\/:::   /      ::::::/_
   ,;f     ヽ              /    ヽ\           | ,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄\ー‐、 ::::::/
  i:         i            │       │          〔三  ___________     \/'
  |         |             へ-  ─ヾ  │          〈 _/ヘ   ,.へ `ー、 ``ヽ、 〕
  |        |  ///;ト,        ─  ─   ∂ \        〈rト‐,=、‐v'‐,==、‐-`ー、 ._〉
  |    ^  ^ ) ////゙l゙l;      |  し 丶 √ │││         |ヽl_l゚」∧ Ll゚」 / ̄ヲ/'´
  (.  >ノ(、_, )ヽ、} l   .i .! |       | ト-=ヽ  │ ││         `┼‐r'_,`ー‐' /ー'
  ,,∧ヽ !-=ニ=- | │   | .|       \    /  │ │          >、  ー   /___ ._
/\..\\`ニニ´ !, {   .ノ.ノ      / ゝ── /ノ  丿            `ーr-‐'´└/⌒ .〉\
/  \ \ ̄ ̄ ̄../   / .      ( \__ /   /│          / ̄' ____/~  .-‐'  \

 ↑ 聖護院道澄            ↑ 本禅寺日求            ↑ 相国寺承兌

646名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:28:32 ID:AIpbOpV6
えっ

647名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:29:43 ID:avetzdg.
DQ6のリメイク記念か>チャモロ

648 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:29:51 ID:vAGMA526
僧たちは 次のように使節に話を持ちかけた

                     ____
   ,、__             _,. -‐'´ ::::|
   l \`ヽ、    _,. -─- 、/    :::::/
   l  \:::\/   :::/     ::::::/
    l  ::\/:::   /      ::::::/
    | ,.-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄\ー‐、 ::::::/    なにかお困りのこと
    〔三  ___________     \/'
     〈 _/ヘ   ,.へ `ー、 ``ヽ、 〕     ご要望事項はありませんか?
     〈rト‐,=、‐v'‐,==、‐-`ー、 ._〉
      |ヽl_l゚」∧ Ll゚」 / ̄ヲ/'´      あなたたちの望むことは出来る限り叶えましょう
      `┼‐r'_,`ー‐' /ー'
        >、  ー   /___ ._
         `ーr-‐'´└/⌒ .〉\
      // ̄' ____/~  .-‐'  \
    /{ { ̄ ̄´/ -‐'´_,r---‐‐'⌒


これは秀吉からの指令であり 僧たちの独断ではない

649名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:30:28 ID:YWn2G0fI
×チャモロ
○ゲント(の杖)

650名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:30:49 ID:3NGbHfIY
きずぐすり

651 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:30:51 ID:vAGMA526
これに対して 明国側は……

         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ          ほう……
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、         要望ですか……
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ     何でも叶えてくれると言うのですか……
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、   それならば……
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

652名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:31:41 ID:Lr6UX7E6
またコイツが碌でもない事を言うのか

653名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:32:18 ID:2altO1TY
>>637
日本の場合、またしても攻め込むことになるんだけどな。
よく考えると、「属国」が数年も経たずに再戦しかけてくるってかなりおかしい話だよな。

654 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:33:27 ID:vAGMA526

         ,- 、            我々は日本に 朝鮮半島に築いた全城塞の破棄と
          /   !                                      ・ ・
        /   /      , - 、      そのうえで全駐留軍の即時撤退を厳重に命じよう!
      r‐、ト  l    /  ノ
      !  !  |   /   /                  ,.z=='三ミミ=-,.、、                       f¨ヽ  r‐ 、
      ノ  l.  | /   /                .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、                     l   ', !  ',
    〈  .l   l./   /,..-‐ ''"´ )         r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ              _        |   l ',.  ',
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´          l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl              ! `ー- 、   !.  | |   l,.-‐ 、
     レ    〈   '    >'´                 尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、             ヽ、.._  ヽ、 |   l. |  l. /
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、              \  ヽi.   lノ  l./
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、__,!       ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ          ___ヽ  ヽ  '   l'
     ',          {           /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、      r‐'´    `  _, -' ´l
      ',        ,!、        /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、     `ー ' ´ ̄}  `´       !
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ        ,r,=i           !
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
          \ "〈/        リ  |       〈ヽ、     // /      !    V { '         ,. -‐'"

655名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:34:27 ID:O0q3iO2M
( ゚д゚)ポカーン

656名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:34:28 ID:3NGbHfIY
キターーーというか
ええええええ

657 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:34:50 ID:vAGMA526

|\ -            - /|
||  \ \   _   / /  |
 |   \/ ̄    ̄\/   |
  |    \___ /     |
  | ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄|
  |----------------U --|
 | ̄| | ̄ ̄ ̄|-| ̄ ̄ ̄| | ̄|
 \.| |___|く|___| |./     ……な!?
   \          /
     \_ Π _/
    __|   ̄ ̄ |__
 ̄ ̄ ̄   \__/    ̄ ̄ ̄



    ___                       ___
   ,;f     ヽ                    /    ヽ\
  i:         i                  │     u:::::│
  | U       |                   へ-  ─ヾ:::::│
  |   ::::::::::::::: |  ……な!?          ─  ─ :::::∂ \
  |    ^:::::::^ )                  |  し 丶 √ │││
  (.  >ノ(、_, )ヽ、}       ……な!?    | ト-=ヽ:::::::│ ││
  ,,∧ヽ !-=ニ=- |                   \    /  │ │
/\..\\`ニニ´ !,                  / ゝ── /ノ  丿
/  \ \ ̄ ̄ ̄../                ( \__ /   /│


この突然の明国の要望と強硬な態度に 高僧たちは驚愕した

658名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:35:05 ID:Lr6UX7E6
宗主国から命じられちゃったぞw どうすんだwww

659名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:36:18 ID:0SrkQ83k
命令になるんだよねー

660 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:36:22 ID:vAGMA526
冊封の場では 秀吉もあえて不問にしたが
秀吉の要請する朝鮮国王子またはその名代の来訪は 未だ実現していないのである
そして 独裁者として国内への面子を保つため
王子の来日なくして朝鮮からの撤退は 秀吉にとって有り得ないことなのである


|\ -            - /|
||  \ \   _   / /  |
 |   \/ ̄    ̄\/   |
  |    \___ /     |    あ あの 半島からはいずれ撤退します……
  | ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄|
  |----------------U --|     ですが その前に朝鮮国から
 | ̄|U| ̄ ̄ ̄|-| ̄ ̄ ̄| | ̄|
 \.| |___|く|___| |./    もっと身分の高い方が使節として来てもらわないと……
   \     _    /
     \_    _/
    __|   ̄ ̄ |__
 ̄ ̄ ̄   \__/    ̄ ̄ ̄



         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、           ふふん
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ       お前たちも可笑しなことを言うな
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

661名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:36:43 ID:GIvTP7Pw
宗主国様になっちゃったからな

662 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:37:35 ID:vAGMA526
      f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
      ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
      /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
     k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|      日朝間の戦争は
    ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|         ・ ・ ・ ・ ・
    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ      我々明国の主導により終結したのだぞ
    ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"
     ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/         城塞も駐留軍も もはや無用の長物だ
     ヽl.      ̄`ー-     jノ
     」l 、            /            それにだな……
    '´小、ヽ、      ,.  /\_
´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
 '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
/    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
__) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉
<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 /

663名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:37:43 ID:WfAdOZl.
本性現したな

664 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:38:32 ID:vAGMA526
            〓〓〓〓〓/  ヽ、 ∧        ̄ ‐- |
  聞 言 宗    l〓〓〓〓,/ ヽ、ヽヾ|..| ヾ |          |     属
  く  う 主   〓〓〓〓l     = "    | ll|    | |    |      国
  も  こ の   |〓〓〓〓   ミ=      | | |    | |   |     は
  ん  と     l〓〓〓〓   :::         | l  |    | |  |     ・
  だ  を    l〓〓〓〓〓ミ彡;;          | l  |    | |  |    ・
  ぜ      、l〓〓〓〓〓,´,|  〃==ヽ 、     | l l| |   | | 〓ヽ   ・
  ─   -‐ '  `〓〓〓〓 l ト ll   _   ヾイ、  〃 |_l l┼ - | |   〓、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l   ヒ;;´   ̄ ̄ヽ:::l  -ノ | | | l |  |  ‡〓ー ,, __
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓‡ ┤从      )‐-〃 ;;《 ● ll   〃 l〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 l  ヾ  __ノ -‐ |l  ヾ ` ´  ]  //〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l     ̄ ̄ ,,,,lll|  ヾ  == ::  /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓ヽ   ,__、    :lllll|_,〃        /〓〓〓〓〓〓〓〓〓
‡〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ  、~ーェ-ェ─ ,,,__,ェ=`   /ヽ〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ    ̄::: ̄ ̄ ̄     /ヽ   〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃   ー  _  :::::::::   ,,, ll|||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃 〃  ;;;;;;;l  /  ー── ´  ll||||||||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓〓〓

665名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:38:46 ID:V5w7TAoE
今まで双方が築き上げた全てが、たった一人の詐欺師にぶち壊される瞬間

666名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:39:08 ID:R8IP6WXY
宗主国と属国って関係になったからにはこうゆう要望おかしくないと思うけど。
相手、ってか秀吉のメンツが・・・少佐ww

667名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:39:25 ID:Lr6UX7E6
本当に喧嘩を高値で売るのが上手いw

668名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:39:28 ID:QtxwXpEk
よくまぁ斬られなかったもんだ。普通は使者を殺さないが耄碌してた秀吉なら有りえたのに

669名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:40:15 ID:.ZCMSbKg
言い切りやがったw

670 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:40:27 ID:vAGMA526
|\ -            - /|
||  \ \   _   / /  |
 |   \/ ̄    ̄\/   |           ___              ___
  |    \___ /     |          ,;f     ヽ           /    ヽ\
  | ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄|          i:         i         │     u:::::│
  |----------------U --|          | U       |          へ-  ─ヾ:::::│
 | ̄|U| ̄ ̄ ̄|-| ̄ ̄ ̄| | ̄|         |   ::::::::::::::: |          ─  ─ :::::∂ \
 \.| |___|く|___| |./         |    ^:::::::^ )         |  し 丶 √ │││
   \          /            (.  >ノ(、_, )ヽ、}         | ト-=ヽ:::::::│ ││
     \_ Π _/             ,,∧ヽ !-=ニ=- |          \    /  │ │
    __|   ̄ ̄ |__          /\..\\`ニニ´ !,         / ゝ── /ノ  丿
 ̄ ̄ ̄   \__/    ̄ ̄ ̄     /  \ \ ̄ ̄ ̄../       ( \__ /   /│


ここで日本は 冊封体制下に入るということの危険性を当の相手の明国から指摘された形となった
そして これに対する秀吉の反応を想像し 僧たちは皆恐怖した

671名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:41:13 ID:3NGbHfIY
でも実際、
「貿易したけりゃ、どうせ名目だけだから属国にナリナサーイ」
「属国のくせに頭が高いデース」
みたいなことやってるしなあ。
イギリスがあれで困り果てたという。

672名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:41:40 ID:61JnqG.g
柳沢調信がコイツと同類で、同じ事をやらかしかねない奴だってことがちょっと信じがたいなw
柳沢調信は鬼武蔵みたいな逸話でもあるのん?

673 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:42:06 ID:vAGMA526
明国使節は この要望を書状として僧たちに手渡した
その日のうちに大坂城に登城した僧たちは
これを握りつぶすわけにもいかず 恐る恐る秀吉に差し出した



|\ -            - /|
||  \ \   _   / /  |
 |   \/ ̄    ̄\/   |
  |    \___ /     |
  | ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄|
  |----------------U --|      こ こ こ これが……
 | ̄|U| ̄ ̄ ̄|-| ̄ ̄ ̄| | ̄|
 \.| |___|く|___| |./     みみ明国からの…… よ 要望事項です……
   \        U /
     \u  Π _/
    __|   ̄ ̄ |__
 ̄ ̄ ̄   \__/    ̄ ̄ ̄




     ヘ            /´   ',///´
                     '、
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′      な な な……
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

674 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:43:11 ID:vAGMA526
\   _/_     /    |  ヽヽ        ──   |   |             /
<     /    ヽ   /    |        |_l        し  |   |_l   _|_   >
<    / ___|    /⌒!   |       ̄|  ヽ          .|  ̄|  ヽ   __|__/   >
<    (__ノヽ  /   し  ヽ__/   |  '  (___  .  ノ   |  '  ( .|ノ`)   >
<                                            ̄  ´   >
/∨∨∨∨∨∨∨∨\/∨∨∨∨\/∨∨∨∨∨∨\/∨∨∨∨∨\/∨∨∨\
                  /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
            .   : /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ', :
               :/: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : ! :
               :|: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:| :
               :|: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V :
              :< : 」_: : / 〈    |/::::::レ   }|:./ヽ: : | :
              :<:: |. 小{   _,,..  ::::::::::: .,_  レ{: :.|ヽ:| :
               :厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V:
                 : \_! u     _ '     !:
                   : ヽ    /   `t u /:
                  ___:,r| \  {    / /:
                :/:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´:
              :/::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、:
            :/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、:
            ::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
            ::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!

秀吉にとって
己の権威を高めるはずの冊封が 逆に己の権威を著しく傷つける結果となった瞬間である

675 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:44:10 ID:vAGMA526
\                               / 
<    これは いったい どういうことなんだ!   >
<                               >
<      明国は どういうつもりなんだ!!    >
<                               >
<   小西と宗を呼べ!! 今すぐにだ!!!!  >
<                               >
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
        _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
          j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
         |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
.        、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
        フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl  −、_
        / j、八i  ´  j〉   爪i         ハ
       /   ハ jヽ、  t_ア .ィ   !    〉  , !
      /    |  { > __/ ,!   !   〈   / {
     ,     〈 l   t―- 、 / !  i     v /  {
.    /       , 、  \      '   !     レ゙   i
    {   〈`ヽ  j__ \   ヽ  /   〉    {     ヽ
.    〉 \ ヽ ∨ ) }  >= 、 ,`=v   /    ′    ゙,
   |   丶} ;'  厶_/  //  /!  /    ! {      !
   |     ∨ /  /  //  , !  /    }!     鄯
   {      ′/、 /  〃丶,′! .゙     ヽj       {
   ヽ     〈  ゙ y   /  /、丿イ       〉       ム
   丿   __>、 ′  ′// 丿      ∠         }
   〈_/┌/ `ー‐ー-r匕r''⌒ヽ z―‐t  /ヽ   / 〈
   く /  八        ∧/ ヘ、 く \ `く  |/     `、
.    リ     `,      /  〉  ∧  ぃ   ̄ソ   ヽ
    \   !   /、 /  / j | \ イ


秀吉は激怒した
その怒号は大坂城中に響き渡り 宣教師は伝聞としてこの様子を
「あたかも悪魔の軍団が彼を占拠したかのようである」と記録した

676名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:44:36 ID:WfAdOZl.
さらなる泥沼へ

677名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:45:16 ID:1oSzn/2.
ここの問題は明の上層部がこれを命じていたかって点ではあるなw
理屈では少佐の言うことが正しいだろうけどw

678 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:45:49 ID:vAGMA526
      、_ ___
     , '´ ,. -_二ニ ヽ、//二ニ ‐、   ━━┓┃┃
    / / / // ,」V∠二_‐-、 ヽ     ┃   ━━━━━━━━
  // / // /i / !/ /   ヽ `ヽヽ ヽ    ┃               ┃┃┃
 ノ/〃 ./: / / ! / i    、i ヽ、\ i                       ┛
  i l:. /::: i| / /,ノ |      |  i  V|
  ! !::: i::::: ||  //|  | i   l ! i|  | |.N
 | |:::. |::: ||/ ! l!  l |  ! / / |  i | |
 | |::: |/ハ!ト、ヽ>;、  l| iノノ,,_ノ  ノ,,ノ_/!               |\        /|
  l | |i|  ! ||ヽ.〈爿 ヽ|| |'く(ソ`  ̄7iソ} l/               |  \──< . |         ━━┓┃┃
 ヽl!||  | ハ\ハo、 | ! “   :. “! l|                レ        |           ┃   ━━━━━━━━
    || |∨ |i |f」|_ ヽ.! |      _,'´/! l|    ゚            / -=・=-  -=・=-           ┃               ┃┃┃
    || |/ /||./~|「  ゙|ト、.ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚        |   ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                        ┛
    ヽ ノ/ レ'´  ' \ || 。≧       三 ==-        ヽ、 。≧       三 ==-
     リ ,ム     `ヽ、-ァ,        ≧=- 。          >-ァ,        ≧=- 。
      _,ノ `L__  __  イレ,、       >三  。゚ ・ ゚        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
               ≦`Vヾ       ヾ ≧           ≦`Vヾ       ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。         。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


この予想外の展開に 行長と義智もまた驚愕した
二人にとって惟敬は 終戦工作のための同士であり共犯者でもあった
この惟敬の所業は まさしく二人に対する裏切り行為であった

679名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:46:28 ID:3NGbHfIY
まだ戦争したりないんですってか

680 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:47:01 ID:vAGMA526
          ∧     ∧
         /  ヽ   / ヽ
         /   >_/   ヽ  ブンブン     うわあぁぁあぁぁあああああぁ
     (( /          :::::\ ))
      ,―/-=・=-   -=・=-!|l ! .::::::|         どーしよ どーしよ
パクパク/  |   イニニヽ l|lil|! U::,-―-、
    |  !    !:::::::::::!     ::/   /       し 調信 どーすりゃいいんだよぉおぉおぉぉぉぉ
    ヽ ヽ   i/ニニi     /   /




     l/::::::;;;;;;ヽ       ,        :::::::::::,,r':::::|/;;;;;;;;;;;;;;:::::;|
    /::::::;;;;;;;;;;i ヽ、     __ __     :::::::,,/ :::::|;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;|
   /:::::::;;;;;;;;;;/   `ヽ、    - `   ::::_,r '   :::::|;;;;;;;;;;;;;;::::::;;;|   ………………
   /:::::::;;;;;;;//      `>、    ,, - '´::::::   :::::::|;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;|
  i:::::::::;;;;;;/;i        i `i=- i'´;::__,,=----、、__::::i;;;;;;;;;;::::::::;;;;/
  i::::::::;;;;;/::;i        i,r-‐‐',r''´      ::`ヽ`ヽ、;;;;:::::::;;;;;i
  i::::::::;;;;;i:::::|      r'i´ ,/,r-‐'´   ;`ヽ::::::::`i  `i::::;;;;;;/
  |:::::::;;;;;i:::::|      /i/ /, '´       ;;;;; ヽ:::::::::i  |:::;;;;/
  |:::i:::;;;;ii:::::|     i/ !r'´         ;;;  ヽ::::;;:`i |:;;;;/


義智は どのように事態を収拾すべきか すぐさま調信と協議したが……

681名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:47:11 ID:YWn2G0fI
わーいあたまがおかしいぞー

682名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:48:08 ID:0SrkQ83k
今だから笑えるが
この時代の人はホントやばかっただろうなぁ

683 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:48:12 ID:vAGMA526
  /: : : : :/: /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.ヽ.
  /: : : : /: /. /: : /: :/: : ./: ; : : : : : : : : : :ヽヽ.゙;
  |: : : : || /:/: : : :/: :;イ; :  / ;ィl: : : : : : :.i: : : : : ゙、l
 .|: : : : ||_l:/: : : ;イ: :/ |: : : |: : ハ: :i: : : : : :|、: : : : : |
 .|: : : :/ゔ、;,/ |: | .|i : : l: :.| |: ||: : : :|: | |: : : : : |
 .|: : :.i.l-_,!.    | |  |:|゙、: |: |  |:| |: :|:/;リ |: : :.; :.l
  |: : :| ,( ,'  u __||_,..-||'"ヾ::|  || |: /`/、__|;,;,/| /
/,l、: :゙、ー)   ´、;;=;;;;;;ノ、  ゙!|    |/ _,,,,,,,|;/ノ''      すまん! 義智!!
/: :;>、: ゙、_,  =う´; ;`゙ヾ.  ゙     -''""゙ヾ /
/:/:/::|``| """| ' ' ' '      _     "" ;'        まさか こんなことになるなんて!
: :/: .!: :|: : | 、  |     /´`=- .-ッ    u / ○
/'|: :.|: : ゙、r|  ヽ. |     |     /   ,.-'  o
/:|: :.|: ::/  ,.-、 じ、  ヽ    / _,.-'´,.-y-、
: ::|: : |イ  / ,'-‐、__`ヽ、     _,-''  //´  ゙、
: : :j/ | l,/ /  >-、 ` ‐t ''"ト、 ,:'|| /``ヽ`、
rr´  | | /  /  /  ,>、,/  | ./ (  ,..--、__`ヽ
|.|.   | |ヽ    ´  /  ヽ    | {  i-'      )
.|.|   | |{        〈,人._  | ゙、,:'`゙、_,-'" ̄  {



           |\        /|
           |  \──/ . |
           レ        |
           / 。●    ●。 ヽ       ……え?
           |  | | __  | |  |
           ヽ、| | ノ;;;;;;;l  | | ノ
            >      <


この時 誰よりもショックを受けていたのが 惟敬との交渉を長く担当した調信であった

684 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:49:34 ID:vAGMA526
          ,ィ⌒、ー 、_
     , - '" ̄/  ヽ \ \  ̄\
   ,ィ´   // ! ヽ\ \ \   ヽ          わたしと惟敬は この交渉中
  / //   ,ィ i  l  ハ ヽ. ヽ  \  ヽ
 / // i  / ! |i l  !⌒'、 ト、 ヽ. ヽ  ヽ        虚言を弄し 文書を偽造し
  l l l /_ | l|ヽ 、i !ィz-ミ、ヽ \rヽ ',  ヽ
  {ハ ! |fト',ヾ! ヽトl!トイノ乃ヾ、 {イ }、 }    l       違法行為も厭わず なんでもやった
  ` ヽ,Y|lトイ    ` じZっ    メ/ `   ヽ
      ト|ぅ〈"'     '""!!   ート、   ,ィ''マ`      それも全て「終戦」という目的のため
     〈_|!  __   !!    ヽ`T´\ヽ\
      ヾ、 ヽー -'   ll /  ヽ ヽ、 ``>''⌒丶
       l \       .jj'     人 __,>イ      それは惟敬も同じだと わたしは思い込んでいた
        | l.|!`iーr‐<_     / / |  |
         ! l! / 〃   |`丶、 / /   !   !  i
        l l! !〃    .ハ /^Y /   !  | fl !
        |リ l l    { ∨   ∨    !  | li l
        lイ | l     ト、 ヽ     _」  └;iトl
         l ! l|    ヽヽ ヽ__i/´       ヽー、
         ! ! ! |     Y〉   ヽ        ト、ヽ
         | l | |       Y            l ヽ
        ヽY l        !           ,'   ヽ
          ヾ ヽ、     ト、      、 _ ノ
          ` ̄      ` ー-、-

685 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:50:40 ID:vAGMA526
//.:/.:.:.:.\!:.:.:.:l:.:.:.:|:\:.:.:.:.:.:\`ヽ
/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:!ヽ:.:.` ー --ゝ
:.:.l:.:l:.:.:.:.:|:.lヽ:.:.| \|v `ト、:.:ヽヽトゝ       だけど惟敬は違ったんだ……
:.:.|:.:!:.:.:.:..l:.| ヽ!'  ヽ  リ ,≧ミ、
:.:.|:.:|:.:.:.:∧!/_     ,   ヽ
:.:.l:.:.!:.:.//,〃 ̄    ,. --、  }        今こそ あいつが腹の中に隠していた
ヽY`ヽi  0    /    ノ/Y, -ュ、
、:.:.! {ヽ    o  /  ,.  '´ j ///ヽ    「決定的な何か」が分かった
:.:.トゝヽゝ 、    ` '´     l l/ / /ヽ
:.:.|:.:.:l`ー‐':.`ト 、 _____ ,.イ `iー'ァく }
:.:.|:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ      i´_ ヽ、 '´ /    あいつは……
:.:.|:.:.:.:.:.:\:.:f´ゝ ,、,-v‐、l_ \l ヽ-イ_
:.:.|l:.:.:.:.:.:.:.:.Y  `7 / j  | `i´iー!   ヽ`ヽ      あいつは……
:.:.|:l:.:.:.:.:._∠\ ヽ  '   '  ! | ヽ   ヽ !
:.:.|:.ヽ:.:/  `ヽヽヘ\ ー-、   !='ヘ   \
:.:.|:.:/V      ヽニ ``┐   |    ',     ヽ
:.:j:.:j {  /     {     l    !/   ',     ',
:/.:/  `ソ /  \ヽ、  |   |/   ',      ',
':ノ   ン     ヽ l` l     |   / ヽ    丿

686 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:51:32 ID:vAGMA526
                  ____ /\
                /  r‐、  / , l ヽ
               /   .//ヽ //  l. l  l`ヽ、
              /    .//  l l l / l l  l  i
            /       ∧ ', lli l/  l ',  l   l
            l    / /-、i__',lll/_,./l   l  l
               l    / /        l    l   l
 :. . . . . .         l l  ./ /         l   ',  l      ……惟敬
. : : : : : : :.      l l  ///-===、   ;ィ==-l     l
. : : : : . .      l l  //ヾtッ-、 ヽ  '__,,.l       l     我々の役目は これで完了と考えて良いのか?
  : : : :       l l  //lベ  ̄ ヽ_/ゞ'-' ヽ,l       l
  : : :      l ////l l ヽ、_ ノ ̄ヽ、_,ノ/l      ヽ    歓待役の僧たちの様子 芳しいものではなかったが……
   : :  ,-/ハ,.l /// l l ll     < _,.    / l   i   ヽ
   Qニニ/ / / i /イ l l l lヽ、  ヽ===‐   /   l  l l   ヽ
     / /r' l l l-'"l l   l l'"|\   ̄  /  i  l  l l.   ヽ
    〈  ll l l ',  l l.  l l ヽ  \__,/ l/  l  l  l l.    ヽ
    ヽ ll  l l. ', l l  l l/ヽi      /   /  .l  l l l     ヽ
.     ', l  l l  i  l .l l  .l      l   l   l  /-、__',_    ヽ
       ∧', l ノ  l  l l l  l       l   l   l /      `ヽ',.  ヽ
.     / 〉 lイ  ト、 j l l  l─-- 、  l  //  / /        ',',    ヽ
     / /f、_,.-'" l  l l .l      l  l l   / /    ',.     ',',
.    / / l     l  .ト、ヽl      l l l  l /     i    ', i i ',
   /  i  .l      l  l .iハ      ', l l  ',l    ヽ',. l    ', l l  i
.  /   l  k__,.-'"l  l/  ヽ     ヽll   ヽ    ヾl     'l .l  l
 /    l  l l     l  l   ヽ   ヽ ヽ    ヽ    ',!     ll  l


         ,.z=='三ミミ=-,.、、
     .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、      ん?
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、    なにを言っているのですか 方亭殿
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

687 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:52:37 ID:vAGMA526
      f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
      ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
      /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
     k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|     わたしは言ったではありませんか
    ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|
    { { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ     我々が日本に どのように振舞えばいいのか
    ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"
     ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/        その絵図面は全て完成している……と
     ヽl.      ̄`ー-     jノ
     」l 、            /
    '´小、ヽ、      ,.  /\_
´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
 '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
/    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
__) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉
<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 /


          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ     ……その絵図面とやらを
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _   : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ    もう少し詳しく聞かせてもらえないか?
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: :::::::.  ::.  ヽ
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.` ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|

688名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:52:43 ID:eE1S0fWQ
正使はどういう内容の書簡が渡されたのか知らなかったのか。

689名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:52:52 ID:.ZCMSbKg
「私は戦争が大好きだ」?

690 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:53:30 ID:vAGMA526
         ,.z=='三ミミ=-,.、、
ククク……  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
      r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ   ククククク……
      l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
        尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
       ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、      分かりませんか?
    ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
  /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、     分かりませんか?
/、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
 ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ
   V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l
 !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !
  、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

691 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:54:31 ID:vAGMA526
         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、    戦争! 戦争ですよ!
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l    戦争は まだまだ続くのですよ!!
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||    あなたにも聞こえるでしょう?
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|    戦争交響楽が あの懐かしい音色が
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/     阿鼻と叫喚の混声合唱が!!!!
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_

692名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:54:41 ID:3NGbHfIY
そりゃキチガイの思考なんざ普通のヤツはわからんわw

693名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:54:59 ID:WfAdOZl.
マジキチ

694名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:55:12 ID:FwO5mmq6
イヤアアア!

695名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:55:17 ID:cxmqYiaY
沈がキチガイキャラになってるじゃねーかw

696 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:55:33 ID:vAGMA526
            ......\                         /
            ......<       さあ 方亭殿!        >
     _ _       ...<                         >
    r、ヽヽ ,..     <      北京に戻りましょう!!     >
      l.i^iヽヽ! l     .<                         >
     `、ヽ   `!   < そして戦争再開の準備を始めましょう!>
       `、 `  {   . <                         >
      ヽ  , ヘヘ   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ
  i   l.   `、 `、 ´        l.    l、   /ヽ,
   `ヽ、l   `、 ヽ         l    l、 ヽ. / ヽ
   ` / l   `、  ヽ           l      l、     `

697名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:55:59 ID:avetzdg.
交信チャンネルを握ってたのが真性キチ●●なんて最悪ってレベルじゃねえ

しかし大戦鬼が終戦に向けて頑張る・・・・

698名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:56:37 ID:LIm3eyoA
>>696
戦場に出てたっけ?
こいつ?

699 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:56:39 ID:vAGMA526
          _ ,,-r'ヽー‐-- - ,,
       ,,-''~  _    : : : : : ヽ、
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _U  : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ     (こいつ……)
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: u:::::.  ::.  ヽ   (……狂っている)
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.
   | :::| :: .::lヽ::.u ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|
    ノ ,,|~ _,,-''~   / /  .| :::|
  ,,-''~  r'     //    | :::|


ここで時を少々早めて 沈惟敬の物語に決着をつけたい

700 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:58:01 ID:vAGMA526
明国使節は 年末に釜山に至り 年明けには北京に帰還した
しかし その時には既に
釜山から逃亡していた李宗城が北京にたどり着いて上層部に抗議を入れていた


           ,rィffTlTlTぇ、
           /ミジヾ''シ"''≦ミ、
         杉=u、 u ,,゚-=ミミk
          ,イ彡=ミミ 彡=ミ㍉ミ!        どういうことなのですか!
         {'ィk{ミ=゚'彳 ヾk゙゚',リハhj、  ,
        ヾll u ̄<尓ゝ `""jjイkニZ彡__    話しが全く違うではないですか!!
         〉! u ,ィ==ュ〉,u リ7>ミ三ミ弍ゝ
      _, -¬'-_ヘ {ry---ュ} lj/// 卜jj`ヾミヽ、_,.ィ
   ,∠ r‐=テTニヘ.ヾニニフ ,イイ∧゙ 〃:::::ノハミミく,
  {{ィで´_/ 〉::ヽミヽ二/ィノ^ソ`/::::::://-┬千⌒ソ
   〉〉rぅどニイ::::/::::ヽL::ィ/::::/〉':::::::://∟二リ //  ← 李宗城
-ニヘヽ〈_, 刃li::::{:::::::リ抓{{;;;;//:::::::::://:::::::::::://:::::::



【明国首都 北京】     ∫ι________/丁了
                丿;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ヾ.ヽ.          「え? え?」
               ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,U.,.,.,.;;.ヾヽ
           .ヘ. ..ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;U;;:;;::;::::::::::::::::::::::::::::::::,.,.,.,.,.,..,.,.ヾ.ゝ.., ヘ     「そっちこそ いったい何をいってるんだい?」
           ゝ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.,___., λ
        ヘ ,,__ノヾ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~  ゞ,ノヘ
         ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,ノゞゞ
            /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒ヽ  /⌒..  ミミ::l
            三三,  ,,三三  三三,  ,三三  ,三三  三三  ミミミl
        ┌┼┐___┌┼┼┼┼┼┐___┌┼┼┼┼┤_ヽ
        │  /,,;;;;;;;; /]ミ;;,,      /,,;;;;;;;;;/]ミ;;,,    ..│ミミ‖
┌士士士士________士士士士士士士士士士________士士
 .  . 彳/三三三三三三彳/.|ミ           彳/三三三三三三彳/ |ミ
 .  彳/三三三三三三彳/.. |ミミミ        |彳/三三三三三三彳/ . |ミミミ
. 彳/三三三三三三彳/ ..  |ミミミミミ     .. 彳/三三三三三三彳/    .|ミミミミミ


このとき北京は 秀吉の提示した「七か条の講和条件」の存在を初めて知る
そして 楊方亭の報告と併せて 沈惟敬の所業は全て明るみに出た

701名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:58:09 ID:3NGbHfIY
きっと大戦鬼に背後でサクっとやられたに違いない

702名無しのやる夫だお:2010/02/13(土) 23:58:15 ID:GYRyMa9.
配役が少佐な理由はこれか

703 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/13(土) 23:59:22 ID:vAGMA526
    /::`':::~   /;;;;;l :::.. : : : : : : ヽ、
   /.::: ト、:::  /;;;;;;;;|  ::..  : : : : : : ヽ
   / ::: |;;\  l;;;;;;;;/   ::.. : :     ヽ
  / :::: |;;;;;;\{;;;;;;/ ,,   ::.      . . :ヽ
  /  : :  |;;;;;;;;;;;;;;;/ l.|ヽ, _U  : : : : : : :ヽ
  {     |;:ト'''''''' { 1| /ゝ,,, ::::: ::.     ヽ                 ,rィffTlTlTぇ、
 |    ト=、、,  |/ !'r'戈ぐ  ::: :::.  :  ヽ                /ミジヾ''シ"''≦ミ、
  | ::  : | .,-'`'ヽ|;〈     )ヽ ::: u:::::.  ::.  ヽ              杉=u、 u ,,゚-=ミミk
.  | ::: : |.{     }i '`、 ,,、‐' ヾ`、:::::::::::. : :::.   ヽ            ,イ彡=ミミ 彡=ミ㍉ミ!
   | ::: ヽ | ヽ-‐'ノ_,,     ヽ, :::::::|l::::  :::::.  ヽ            {'ィk{ミ=゚'彳 ヾk゙゚',リハhj、  ,
.   | .:::  ::ヾ、ヽ、   、-‐‐'======・~|::::.  :::::::.              ヾll u ̄<尓ゝ `""jjイkニZ彡__
   | :::| :: .::lヽ::.u ‐ 、_~   / | .::| .|:::::.  :::::::.              〉! u ,ィ==ュ〉,u リ7>ミ三ミ弍ゝ
.   |.:::| :::  | l:::. |:::::::::ー ‐'l/| .::|  |:: ::.  ::::::::.         _, -¬'-_ヘ {ry---ュ} lj/// 卜jj`ヾミヽ、_,.ィ
    |:::|: :: .::::|::. ::::::: ::: / .| .::|/ |::: :.....          ,∠ r‐=テTニヘ.ヾニニフ ,イイ∧゙ 〃:::::ノハミミく,
.    | |:: :  .:::|:::: : :. :. :.{ '^l, .| .::| /`-,,:::         {{ィで´_/ 〉::ヽミヽ二/ィノ^ソ`/::::::://-┬千⌒ソ
    ||::::. _,,--‐‐-‐‐‐⊂,'~i_r| .::|/    ~ ー --      〉〉rぅどニイ::::/::::ヽL::ィ/::::/〉':::::::://∟二リ //
     ||l:::ヾ、     _,,- 'ー―| .::|             -ニヘヽ〈_, 刃li::::{:::::::リ抓{{;;;;//:::::::::://:::::::::::://:::::::
     |l |:::_.ヽ  _,,-''~ /  /| .::|


この後 日本からは冊封の拒否が伝えられ 楊方亭と李宗城は役目に失敗したとされ投獄された

704 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:00:41 ID:OVgVAmiY
そして惟敬は 交渉過程において国を欺いた罪を問われ 1597年春に斬首刑となる
しかし それも全ては手遅れであった……

                         } ! ヘ ヘヘ ヘ ヽ
                      ,∠下 .! ヽ ! ! 、! 下、
      下、.           /三三ヘ.{ 、下 {  !.|ヘ ヽ\
      / !ヽ         / くー   ヘ   !     .', ',  !       ヽ
      /  ! }      .___∠、/ ---‐    `     ヘ  、 ! !  |   !  !
.     /  .! !ー、  ./   }  }  ∠∠   _        ヽ; ヽ  !  !   .!   ',
    /  // /}/_ / }  .ノ/  ./ /  ヘ、      ', !  !   !   !  !
    / // / /    / // //        \     .l !  !   !   !   ',
.   /'_./ /  /  ./ ./ / /    ___  \    |ヽ ! !   ! !_ !
  /  ./  /_ ∠三ノ7 / /   />ー――  \     !V ∠ ´ !ー!- 、  !
. / ー く_, /三三=/三=. / / .ム彡ニ∨        ヽ\    !    ! ! !  !  !  }
/  -==く三三三./三三=. ! 7ム 狂ニ {          } 三下、   ./_ ̄ ̄_!__ !、
  /    /三三=./三三三. !/ / .!  ミ .!          ! .}    ミ /./:::::::::::::::::::::::::::::\\
. {    .{三三=./三三三三 !/    \\        .ノ !_     | i:::::::/㍗ー- 、::::::} }
      ㍉三三三三三三!.V      \下 ̄ ̄ ̄ ̄ /´~ ヽ、  .! {:::≧ゞ 凶  \:::! !
       !三三三三三三1..!          ̄ ̄ ̄ ̄        \ :::::::`‐=`ー―::/ /
       }三三三三三三=V               :::/         _ー―――' /
       }三三三三三三 !{               ::::、
       !三三三三三三 !|               ::::::\ム
      .}三三三三三三 !!',       ム
      /三三三三三三三!!!        \
    三三三三三三三三三ヘ         `  、              / .!
三三三/三三三三三三三三=!ヘ             ー-   _ _   ノ/
三三∠三三三三三三三三三三ヽ         ヽ __                  イ
三三三三/三三三三三三三三三!ヽ              ==-          / イ
三三//!三三三三三三三三三三三!ヘ            .rー‐-'        / /
㌣三三三三三三三三三三㌣爪、{  .!!へ           .!          /  .}
三三三三三三三三/  }   !  .三三三.' 、               .イ   .爪!
三三三三三三三 /   .ノ   !  \三三三三ー  _<__


京営添住遊撃 沈惟敬…… この戦争を語るうえで 最も奇怪で 最も不可解な男
この男の真意がどこにあったのかは 誰にも分からない
しかし この男の行動が 日本・明・朝鮮の三国を混乱の渦に巻き込んだことだけは確かである……

705名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:02:13 ID:49vVQTpI
斬首かよ!
本気で何したかったんだか、余人にはわけわからんな。
なんというはた迷惑な。

706名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:02:43 ID:8VnqjiDk
死刑になったんだっけ?
この人、ホント何がしたかったんだろうね?

707 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:03:08 ID:OVgVAmiY
話を文禄5年9月の日本に戻そう
小西行長と宗義智は釈明のため大坂城への出頭を命じられた


          ,ィ⌒、ー 、_
     , - '" ̄/  ヽ \ \  ̄\
   ,ィ´   // ! ヽ\ \ \   ヽ
  / //   ,ィ i  l  ハ ヽ. ヽ  \  ヽ          すまない 義智……
 / // i  / ! |i l  !⌒'、 ト、 ヽ. ヽ  ヽ
  l l l /_ | l|ヽ 、i !ィz-ミ、ヽ \rヽ ',  ヽ        こうなった以上 わたしが腹を切って……
  {ハ ! |fト',ヾ! ヽトl!トイノ乃ヾ、 {イ }、 }    l
  ` ヽ,Y|lトイ    ` じZっ    メ/ `   ヽ       いや お前の手で この首を落とし
      ト|ぅ〈"'     '""!!   ート、   ,ィ''マ`
     〈_|!  __   !!    ヽ`T´\ヽ\       それで殿下に詫びてくれ!
      ヾ、 ヽー -'   ll /  ヽ ヽ、 ``>''⌒丶、
       l \       .jj'     人 __,>イ      ゝ、
        | l.|!`iーr‐<_     / / |  |      ´  `丶、
         ! l! / 〃   |`丶、 / /   !   !  i         `丶、
        l l! !〃    .ハ /^Y /   !  | fl !        /ヽノ
        |リ l l    { ∨   ∨    !  | li l         /  人
        lイ | l     ト、 ヽ     _」  └;iトl        /   /   \
         l ! l|    ヽヽ ヽ__i/´       ヽー、     /  /     ヽ
         ! ! ! |     Y〉   ヽ        ト、ヽ、__ト、人       }
         | l | |       Y            l ヽ     ヽ、 \ノ    !
        ヽY l        !           ,'   ヽ   |   f     !
          ヾ ヽ、     ト、      、 _ ノ     \   l   l     !


   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  -‐   ‐- |
  /   ―   ― ',
  |          |    ………………
  ヽ、    ∩ノ ⊃
  /     / _ノ
  |  \/ ./_ノ │
  \  “ /__|  |

708名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:03:29 ID:ZM5fgN5U
ここじゃ狂人みたいに書かれてはいるが実態は読みの浅い単なる小人で戦争が
続けば日本を倒して出世とか短絡的に考えてたのかもね・・・

709 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:04:01 ID:OVgVAmiY
   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  /   \|   やめとけ 調信……
  /   ●   ● ',
  |          |    腹を切っても痛いだけで 全く無意味だ
  ヽ、    ∩ノ ⊃
  /     / _ノ
  |  \/ ./_ノ │
  \  “ /__|  |


          ,. ------ ,、_
         /,. -‐_:ァ¬'´:.ヘ⌒ヽ、
          /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:ヘ\
.       /.://.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.l:.:.ハ ヽ
.     /.:.:./.:./.:.:.:.:/.:./.:|:.|:.:.:.:.|:.:.:.:!:.:.:.l  |
.      |:.:.:.i:.:/.:/:.:/.:.:.!:./:.:!:.:.:.:.l:.:.:.:|:.:.:|l  !
      ,|:.:.l:|:.|:.:|:.:.:|!:.:.:|/:.:.:l:.:.l:.:.|:|:.:.|:.:.:|:! |
    く ヽ从:|:∧:.:|ヘ:.:|/|:/|:/|:/|:|l:.:|:l:.:|:| |
     \frY!|z=≦、ヾ〃/' 、' !ハ从:ハ! '.     え?
      |:.l∨}弋zり     ,≧z- |リ、|   ヽ
     /.:l:.| ハ""""     ヒzり〉 /} ノ,rT7′
.     /.:.:l:.:i、い、   '    ""つ,.イ∠/.:.:|′
    /.:.:.:l:.:.!、ヽ. ` -、‘ '   ,.イ! |:.:|:.:ヘ:.:.!
.   /.:.:.:.:l:.:.|/l\    \‐ 'i´、l ||:.:l:.:.:.ヘ:|
  /.:.:.:.:.:l:.:_レrイ `ヽ._  ! ./  ∨ j:.:.!:.:.:.:.:ヽ.
. i:.:.:./´|| _,/  |  |/   .マニflー-、:.:.:.:',
. |:./   ||'´/__,. -‐!   !-―‐-、_〉 ||   ヽ:.:.!

710名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:04:53 ID:Mh.xrFKg
単に交渉に失敗しただけ。講和中断を願ってたのは朝鮮(と日本軍主戦派の清正)ぐらいだった

711名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:05:02 ID:nNcAs6sM
豊臣政権と明が滅ぶ遠因を作ったとも見れる


そしてボロボロで生き残る李氏朝鮮

712 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:05:05 ID:OVgVAmiY
      |\        /|
      |  \──< . |      今 お前に腹を切られたって
      レ -・-   -・-|
     /    /\   ',      そりゃ単に 俺たちに非があったってことを
     |    ` ー '   |
     ヽ、         ノ      認めただけってことになるだろ
  ⊂⌒ヽ 〉        く /⌒つ
    \ ヽ  /       ヽ /



     |\        /|
     |  \──< . |
     レ  ノ    __|         そうなったら 俺も行長さんも
    /  -・-   -・- フゥ……
    |          |         ただじゃすまないさ
    ヽ、   [+++━・ノ =3
      >     <          お前は腹の切り損だよ……
     /        ヽ
     | l      l |
      ゝ|      lノ




        /!, / =ニニ二''''''ー- 、_,....           ヽ
        / /{_j 丶、   `>'"´           l、 ヽ  ヽ
     / //! | 、ヽ、丶、/ / ,      ,  l   ! ', !、  ',
      / / i | ! ヽ `>' / /   ,  /|  /|  / i /i|ヽ !
     i  ,' | | |  ヽ/ /  /   / ! / ! / ! /  / !!リ ソ             義智……
     !  !  ! ! ! ヽ/ /| /   , / / /_,, ソ ,'/>=ー !|   つ
     ! i  | ', ', /ノヽ!/ /'/ /∠,,     '{ノ::}っ,' !         _,.-ァ     で でも……
     ! |  l ', ヽ ヽ {!,.イ |  ‐''rイノ::j`     `´ / /        /,r'',.--、
     ! |   ! '、 ヽ、ヽ',', ヾ  cっ`´´     '  / ,'   つ   /ヽ ノ'´、ノニ、
     ! |   ',  ヽ |!i>ヾー-、       ,r''''ー'7/ !       / 丿 、   -r、ヽ
     | ',    !  ,.ゝ'´!r'/ `´ 丶、    (,,.  /ヽ |       { `゙ヽ ヽ、_,..、ヾ'
    ',  !   !/   ',',      `゙>- ..__/   |丿        ヽ  ' `''r'  ヽゝ
     ', l,. '"´     ヾ:、――、  ' //       ',        } -、  丿
     ! i         ヾ:ー- ...__,ノノ    , / ヽ ヽ       /   /´
     | |     i |  _,.- 、``゙゙゙゙´´     | !   、 ',      /    ,'
     ! i',    、ヾ{ /- 、ーソ ,,,_        !!    ヾ、     /   /
     ノイi', | !   `゙'Y ,-、 ,ゞ,/  ! ,..、    l!     ,イ  , '    ,'
   / i !     r'´,.、ノ`'ー'{   },、{ !, ,   ',      / }  /     ,'
      ! ,'     {   _`゙''ヽヽ-イ,ゝ' '{()! __  !,,,_,,ノ/、,/      ,'
     | ト、__/  ''´-、ヾ=ゝ /=}_スー'゙´  /ヽ‐-‐'´  /       ,'
      i アー- ....ノ、 、_/ヽ、 /ア´  ハ /  ヽ    /      /
      ! i     { '´  `゙''"ノ      /     ヽ        /
      ! !     /ヽ、_ /´/        /         \    /

713 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:06:01 ID:OVgVAmiY
       |\        /|
       |  \──< . |
       レ        |
      / (●)   (●)',     まっ ここは俺に まかしときなって
      |    ト--イ  |
      ヽ、   !::::::::!  ノ      腹を切るのも 首を落とされるのも
        > `ー‐' <
       /        \     釈明に失敗した後でも遅くはないだろ?
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
      l   /  l   l
      (__ノ   ゙'-、,_)



//.:/.:.:.:.\!:.:.:.:l:.:.:.:|:\:.:.:.:.:.:\`ヽ
/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:!ヽ:.:.` ー --ゝ
:.:.l:.:l:.:.:.:.:|:.lヽ:.:.| \|v `ト、:.:ヽヽトゝ
:.:.|:.:!:.:.:.:..l:.| ヽ!'  ヽ  リ ,≧ミ、
:.:.|:.:|:.:.:.:∧!/_     ,   ヽ      義智ーーーーーーーー
:.:.l:.:.!:.:.//,〃 ̄    ,. --、  }
ヽY`ヽi  0    /    ノ/Y, -ュ、
、:.:.! {ヽ    o  /  ,.  '´ j ///ヽ
:.:.トゝヽゝ 、    ` '´     l l/ / /ヽ
:.:.|:.:.:l`ー‐':.`ト 、 _____ ,.イ `iー'ァく }
:.:.|:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ      i´_ ヽ、 '´ /
:.:.|:.:.:.:.:.:\:.:f´ゝ ,、,-v‐、l_ \l ヽ-イ_
:.:.|l:.:.:.:.:.:.:.:.Y  `7 / j  | `i´iー!   ヽ`ヽ
:.:.|:l:.:.:.:.:._∠\ ヽ  '   '  ! | ヽ   ヽ !
:.:.|:.ヽ:.:/  `ヽヽヘ\ ー-、   !='ヘ   \
:.:.|:.:/V      ヽニ ``┐   |    ',     ヽ
:.:j:.:j {  /     {     l    !/   ',     ',
:/.:/  `ソ /  \ヽ、  |   |/   ',      ',
':ノ   ン     ヽ l` l     |   / ヽ    丿

714名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:06:52 ID:49vVQTpI
大戦鬼のまいった様子のAAって、意外に豊富なのね。
ニャーをぼてくりこかして高笑いのものばっかりだと思ってた。

715名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:07:07 ID:iia8V1AY
いきあたりばったりでその場をつくろうことに終始した結果、矛盾が積み重なった挙句にっちもさっちも行かなくなったので全てぶち壊して戦争再開でうやむやにしようとしたんじっゃないかね。

716 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:08:27 ID:OVgVAmiY
義智は ある覚悟を持って 行長と共に秀吉への下に出頭した

     |┃                           ,. r=ァ'´/ / =、 `ヽミYf´=ミ、
     |┃                          ///Y //   ! ! ! ヽ ∨!l=ミ 、ヽ
     |┃  ど〜も〜 お待たせしました〜    // // .! !l ! l ll l l  ',  V|lヽヽ ヽ ',
     |┃                        ! l // .! !l l ! ll '、ヽ l.  l !! l ll  l l
 ガラッ. |┃        |\        /|       ! l/ll   ! ll从 八从 ヽ__ヽ!  l/! ! !!  ! !
     |┃  ノ//    |  \──< . |      ll l! ll.  l l!!lイ砂   イ砂ァl  l/! ! !!  ! !  …………
     |┃三      レ        |      || l! !!  | | |l `¨    ¨´ |  ! l l ||  | |
     |┃        / (●)   (●)',      || !! !l  | | |ハ、 ‘__   /!  ! l l ||  l l
     |┃        |    ト--イ  |       N从 '、 | | || 心、‘=’ ,.イ|_l  l l l / //
     |┃三      ヽ、   !::::::::!  ノ       八 ヽヽl | |ムノ;;:`¨´::::::;;ィl  !、_/_ //|
     |┃三        > `ー‐' <         X´ ';l l ト-゚。、`¨¨¨´。゚ ! // // `ヽヽ




                     '、
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′     ……来たか
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \

717名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:08:39 ID:a8Fu.L0Y
このスレの戦鬼の可愛さは異常

718名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:08:43 ID:8VnqjiDk
>>715
やべぇ
どっかの島国の某総理思い出した

719 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:09:26 ID:OVgVAmiY
         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
.       ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.       ';::::〈     !::::;_:::::::/      ヘ   `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄       ⌒ヽ               /::::;::::::::\ ヽ'
.          V     U         ――-''" ̄ ̄`゙''ー-、        〈:::/ \/
                     ./             ヽ
                   /                ヽ
                  ///   ::::   ::::          .i
                  ノノ/   ::::/| .  .ト、::: 、   、     l
お前ら…………        / /. ::::/./ | .|  |::::ヽ、 ヽ  l      l
                  | ./| / イソ=l/|  |::''ラ=、 ト、 :|:::....   l
今回の一件            |ノ | ||l} il゜;;j:::ヽ |::::'il゜;;;j|Y ::y :::::  ア
              .      ヽ N|::' ̄  ::ヽ|:::  ̄::::}:/^} :::::/リヽ
どう始末をつける気だ……     V  l,  i   :::   ::::レ'ノ::/レ
                        ヽ  ー    イ"::;/
                         ヽ,  _,..イ  |::;(
                   _._-''''^'ーY「     /.|ソ ̄`">ヘ
                 /、 、 \   |ヘ◇V/.l __,.イく-z'〈m(ryヘ



      、_ ___
     , '´ ,. -_二ニ ヽ、//二ニ ‐、
    / / / // ,」V∠二_‐-、 ヽ
  // / // /i / !/ /   ヽ `ヽヽ ヽ
 ノ/〃 ./: / / ! / i    、i ヽ、\ i
  i l:. /::: i| / /,ノ |      |  i  V|   えっと…… あの その……
  ! !::: i::::: ||  //|  | i   l ! i|  | |.N
 | |:::. |::: ||/ ! l!  l |  ! / / |  i | |  
 | |::: |/ハ!ト、ヽ>;、  l| iノノ,,_ノ  ノ,,ノ_/!     |\        /|
  l | |i|  ! ||ヽ.〈爿 ヽ|| |'く(ソ`  ̄7iソ} l/     |  \──< . |
 ヽl!||  | ハ\ハo、 | !|||i   :. “! l|  ....   レ  /   \|
    || |∨ |i |f」|_ ヽ.! |      _,'´/! l|   .   /   ●   ● ',   …………
    || |/ /||./~|「  ゙|ト、.   ー゚'/ l/||   .   |          |
    ヽ ノ/ レ'´  ' \ || ` ァ-‐'′ノ ||  ...   ヽ、    ∩ノ ⊃
     リ ,ム     `ヽ、_/ `ヽ、  ||   .   /     / _ノ
      _,ノ `L__  __  r'二、`ー_-リ,  .   |  \/ ./_ノ │
   / 、 _  {、.!几 r-ミ/´〉  ノ´ハ !     \  “ /__|  |

720名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:09:57 ID:MmEJNRNE
まず第一段階として高飛車な要求を突きつけて相手との交渉で徐々に緩めていこうと
いう戦略だったのに、完全に撥ね付けられて目算が狂ったか?

721 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:10:31 ID:OVgVAmiY
   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  -‐   ‐- |     殿下……
  /   ―   ― ',
  |          |     実は今回の明国の態度の豹変
  ヽ、    ∩ノ ⊃
  /     / _ノ      これには裏で糸を操る者がいたのです……
  |  \/ ./_ノ │
  \  “ /__|  |



          ヘ
          ⌒ヽ)
          ――-''" ̄ ̄`゙''ー-、
        ./             ヽ
      /                ヽ
      ///   ::::   ::::          .i
     ノノ/   ::::/| .  .ト、::: 、   、     l
     / /. ::::/./ | .|  |::::ヽ、 ヽ  l      l
     | ./| / イソ=l/|  |::''ラ=、 ト、 :|:::....   l
     |ノ | ||l} il゜;;j:::ヽ |::::'il゜;;;j|Y ::y :::::  ア     ん?
 .      ヽ N|::' ̄  ::ヽ|:::  ̄::::}:/^} :::::/リヽ
         V  l,  i   :::   ::::レ'ノ::/レ
           ヽ  ー    イ"::;/
            ヽ,  _,..イ  |::;(
      _._-''''^'ーY「     /.|ソ ̄`">ヘ
    /、 、 \   |ヘ◇V/.l __,.

722 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:11:31 ID:OVgVAmiY
     |\        /|
     |  \──< . |     朝鮮国です
     レ         |
    / -=・=-  -=・=-     朝鮮国は王子の来日を拒否するなど
    |           |
    ヽ、    Д   ノ      あくまで我が国に反抗的でした
      >     <



     |\        /|
     |  \──< . |     朝鮮国は明国の武力を利用し
     レ l `.、   ,  .フ
    /  = ` " = ',     我々を半島から追い出そうとしているです!
    |u          |
    ヽ、  [++++]  ノ     我々も明国も朝鮮国に謀られたのです!!
      >      <l!| !
     /     ヽ !l ヽi
    (   丶- 、  しE |そ  ドンッ!!
     `ー、_ノ �堯�l、E ノ <
            レY^V^ヽl



          ヘ
          ⌒ヽ)
          ――-''" ̄ ̄`゙''ー-、
        ./             ヽ
      /                ヽ
      ///   ::::   ::::          .i
     ノノ/   ::::/| .  .ト、::: 、   、     l
     / /. ::::/./ | .|  |::::ヽ、 ヽ  l      l
     | ./| / イソ=l/|  |::''ラ=、 ト、 :|:::....   l
     |ノ | ||l} il゜;;j:::ヽ |::::'il゜;;;j|Y ::y :::::  ア     ………………
 .      ヽ N|::' ̄  ::ヽ|:::  ̄::::}:/^} :::::/リヽ
         V  l,  i   :::   ::::レ'ノ::/レ
           ヽ  ー    イ"::;/
            ヽ,  _,..イ  |::;(
      _._-''''^'ーY「     /.|ソ ̄`">ヘ
    /、 、 \   |ヘ◇V/.l __,.

723名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:12:31 ID:FyOnMK.g
出番がないからって全部押しつけたw

724 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:12:46 ID:OVgVAmiY
   \                                                     /
     \          朝鮮国が 朝鮮国で 朝鮮国だから 朝鮮国なのです       /
      \                                               /
      |\        /|            |\        /|          ..... |\        /|
      |  \──< . |         ...... |  \──< . |         ...... |  \──< . |
      レ        |         ...... レ        |         ...... レ        |
     /   ●   ● ',   /⌒ヽ_ノ) ) )/   ●   ● ',   /⌒ヽ_ノ) ) )/   ●   ● ',   /⌒ヽ_ノ) ) )
     |           |   ,' ;'⌒'ー''´ .....|           |   ,' ;'⌒'ー''´ .....|           |   ,' ;'⌒'ー''´
     ヽ、  \ーェェァt ノ   | i|   .|    .ヽ、  \ーェェァt ノ   | i|   .|    .ヽ、  \ーェェァt ノ   | i|   .|
       >  、\_ `ヽ  ノ ,'.!   .i   .  >  、\_ `ヽ  ノ ,'.!   .i   .  >  、\_ `ヽ  ノ ,'.!   .i
              \.、_>'´ ノ'´U    .         \.、_>'´ ノ'´U    .         \.、_>'´ ノ'´U


義智は 全ての責任を朝鮮国に転嫁した
交渉対象から朝鮮国が外された経緯から見ても 交易で朝鮮国とは友好関係を築かなくてはならない義智の立場から見ても
これはもう 恥も外聞もない無茶苦茶もいいところであった

725名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:13:29 ID:WTOrK8kg
まー朝鮮だし仕方ないかw

726名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:13:38 ID:nNcAs6sM
朝鮮涙目www

727名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:13:47 ID:49vVQTpI
対馬はどーなるんだ義智w
覚醒というかやけくそじゃねーか

728 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:13:54 ID:OVgVAmiY
しかし 無茶苦茶であるが故か この時の義智の弁明は神懸かっていた……

                     '、
              __      _ゝ
、            ヽ、_ゝ  / ´
;;',   /` 、         , ′     もういい……
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \



        |\        /|
        |  \──< |
    ♪   レ        |ハッ
       / (●)   (●)', ハッ
       |    ト--イ  |      はい?
 ____      !::::::::!  ノ
 ヽ___     `ー‐'  \
       /       /ヽ <
      /      /    ̄
     /     /    ♪
     (_ ⌒丶..
      | /ヽ }
        し  ))
          ソ  トントン

729名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:14:02 ID:wpoxS.z6
居ない相手に発言権はない!w

730 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:15:01 ID:OVgVAmiY
         ___
      ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
  _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
  j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',    \
  |:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l    <   もういいと言ってるんだ!
__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|     <
フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!    <   とっとと下がれ このクソタワケ共が!!
 ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ   小ハl      <
    j、八i  ´  j〉   爪i         /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
       jヽ、  t_ア .ィ
    __//| ヽ __// |\
⌒ゞミ、::/::::| 〈    / .|::::\゙''ー-::、_
:::::::::..ヽ :::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
:::::..`ー-、::::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
::::::::::::::;;_ヾ|  |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i



      、_ ___
     , '´ ,. -_二ニ ヽ、//二ニ ‐、
    / / / // ,」V∠二_‐-、 ヽ
  // / // /i / !/ /   ヽ `ヽヽ ヽ
 ノ/〃 ./: / / ! / i    、i ヽ、\ i
  i l:. /::: i| / /,ノ |      |  i  V|
  ! !::: i::::: ||  //|  | i   l ! i|  | |.N
 | |:::. |::: ||/ ! l!  l |  ! / / |  i | |   は…… はいぃぃぃっ!
 | |::: |/ハ!ト、ヽ>;、  l| iノノ,,_ノ  ノ,,ノ_/!
  l | |i|  ! ||ヽ.〈爿 ヽ|| |'く(ソ`  ̄7iソ} l/
 ヽl!||  | ハ\ハo、 | !|||i   :. “! l|  ....   |\        /|
    || |∨ |i |f」|_ ヽ.! |      _,'´/! l|   .   | u\──< . |
    || |/ /||./~|「  ゙|ト、.   ー゚'/ l/||   .   レ  ノ  u ゝ_|
    ヽ ノ/ レ'´  ' \ || ` ァ-‐'′ノ ||  ...  / -=・=-  -=・=-
     リ ,ム     `ヽ、_/ `ヽ、  ||   .  |u          |   りょ 了解です!
      _,ノ `L__  __  r'二、`ー_-リ,  .  ヽ、u  [+++] uノ
   / 、 _  {、.!几 r-ミ/´〉  ノ´ハ !      >     <

731名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:15:02 ID:osg9yf/o
秀吉の状態もあれだしな

732名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:15:46 ID:iia8V1AY
>>724
なんつーか、ここまで形振りかまわない姿には呆れる半分、感嘆半分・・・・・・

733 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:16:01 ID:OVgVAmiY
                    |  | | |  |   |  |   |   |      |
と とりあえず……        |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
                    |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |
    助かった……のかな?  |  | /7テマ::::U::::: ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
                    |  |ヽ,辷;}::::::::::::::::´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
   |\        /|        |  |l  :::::::::::::::::::::::::     |!   レ |   | |
   | u\──< . |       |  !l    、.      U |!   |  |   | |
   レ  ノ  u ゝ_|        |l   ト、              |!   |  |   | |
  /  ●    ● ',       i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
  |u          |       |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
  ヽ、u      uノ        |!   | | | i `ー '    l!  ハ | |   | |
    >     <        ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |


この弁明以降 秀吉の行長と義智に対する責任追及は立ち消えとなった

734名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:16:39 ID:nNcAs6sM
言った宗家も涙目だな。貿易いつになった出来るやらw

735 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:17:28 ID:OVgVAmiY
              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    朝鮮……
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|    この俺を虚仮にしやがって……
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|:::::ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´::::::::::::::::::^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/
         ゝ;八      ;      /イ
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l


そして 秀吉の怒りと憎しみは 明国ではなく朝鮮国に向ったしまったのである……

736名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:18:22 ID:6ZN4XokI
え?

737名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:18:50 ID:FyOnMK.g
あ、言い分信じたのか

738名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:18:58 ID:WTOrK8kg
さすが草履取りからチャンスをつかみ
天下統一への道を駆け上がった超時空太閤ヒデヨシちゃん

739名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:19:04 ID:Tgn5VREQ
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

740名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:19:07 ID:PwLWzr2U
あれ?

741 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:20:16 ID:OVgVAmiY
さてこの年の10月 年号は文禄から慶長に改められたのであるが
改元早々 またも秀吉の神経を逆撫でする事件が 土佐国を舞台に発生した……


【土佐】

 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+::::::::....... ...::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  |  /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...:: ......*.....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
〜;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     | .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚〜〜~゚^ |__/〜〜・。,,,,:〜"~~。〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'                                 ~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....
/;;;i;;i;i;i;i;i
;w;w;w;ii
;;i;;i;i;i;i;i

742名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:20:35 ID:Tgn5VREQ
> 朝鮮国に向ったしまったのである……

「向かって」のミスじゃないのん?

743名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:20:50 ID:iia8V1AY
>>735
自分の過失にできない。
宗の責任を問えない。
側近を処分するわけにはいかない。

ということで全部、あっちに責任転嫁ということか・・・・・・

744 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:21:30 ID:OVgVAmiY
            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト     え?
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|     今年もまた南蛮の難破船が浦戸に漂着したの?
          `y't     ヽ'        //
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',
/     ! l      \ ';:::l , '  /        i/     ',

745名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:22:13 ID:TQDIYKXE
>>744
このえwがwおw

746名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:22:20 ID:ZM5fgN5U
朝鮮にとっては良いツラの皮だが、あっちもあっちでまともな交渉能力が無いから
ある意味自業自得ではあるな・・・まぁ一致団結してても状況は無茶苦茶厳しいが

747 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:22:41 ID:OVgVAmiY
     /      ,. '"      /       ゝ' 《
    ./     _,.-'"      /___x=≠====ミ《
  / _,..-'''"    彡、,.-'''":::ゝ¨´::::ヘ:::/ヽ:::::::::::::丶
.,/>         /:::::/:::::::::/::::::::::::::/,.,Y/ヘ::::::::::::::::::::::ヽ
'/        彡《::i:::/:::i::::/i::i::::::::/::|  ¨´´}:::::::::::::::::::::iい
<      >/::::|::|i::|:i|:|:::| |::i|:::|:从|    ノリノ:::::::::::::::} リ
   ̄ヘ,=≠彡ミ/丿彡レ从彡ミ卜乂入丶  彡ソノ;:::::::::リノ ノ   いえ今回は 漂着でなくて漂流ね
    |::::://ヘ∨|   彳ivト:}  `      价i 乍彳'ノ
    |:::::{ /う,∧   `ゝ-'        ヘソ ノ ∧′      土佐沖で台風にやられた南蛮船が航行不能に陥って
.    {:::::`ミヽ∂             ヽ.   /::ヘ
     ∨::::::::`::::ヘ             /   /::::::ヘ       浦戸湾への入港を求めているわ
     ∨::::::::::::::::.ヘ       ー 一    ′:::::::ヘ
      ∨:::::::::::::∧丶          /::::::::::::::::::ヘ
       }::::::::::::::::∧ 丶、      /:::::::::::i::::l:::::i:::::ヘ
       |:::|::::::::::::::∧   > _∠_::::::::::::::l::::|:::::||::::::ハ
       |:::|::::::|::i:::::::∧ ̄ ̄ ̄ ̄  |:::::::::::/:::::|:::::|_|::::::ハへ _
       |:::|::::::|::|:::::::::::ヘ______,.〟   |::::::::/:|::::/|::::|¨|::::::::}¨へ,丶、_
       |:::|::::ノ:::i:::i丶::::ヘ--一、ゝ,  |::::/::/::://:::ノ |::::::::|   ,ゝ/
      ノ:::|:://:/:::|:i:ヽ:::::::.亡ヘ \ヘ 丶::::/:://:::/  |:::::ノ //   ← 長宗我部家家臣 久武親直
      /::::|/://::::::|:|::::\::::| ̄`  \丶 ̄|/ノ::/  ノ:::/ / /
     /:::::/::::|:::::::::::||:::::::::丶:| ヘ二\\\ ̄└,=二 ノ / /


            ,.. ィ〃"'ー- 、
            /:::.....  ....  ..:::ヽ
         ,'::::::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::゙ト
          {::::::::::::::::;y从j;ハハ;:::::::ミ゙
           ゙!;ヘ:;イV_jリ!_   _リj;'Nリ
         人zリ ´仞`  '{j`/
      , -‐'´ヽ ヾ'`    _ >丿    なんだ……
.     /  ___  i ヽ ヽ、  /
    / ;'´  ` |  r;〉'´ヘ`丁ヽ      つまんないな
.    /,:'     レ'´>___/ ,ィヘ `!
   i'Y        , /"ア_〈``"  |
  .| !     :. /  !'"´  y'~´  |
  ,! ,!     ∨    /    ヽ
  〈 !      ゙!  ;'`7゙ト     〈
  ゙i,!_     〈   { !      ゝ
   ! i` ーィ´ ̄ 、   〉 `ー〜ーく´ ヽ
  ヽ,ノ  /    >/___     ヽ  \
   /   ,!こI:I≧ェイI三_-iヽ     ゝ   \
  /   ,'::::::::::::::::::゚i:::::::::`┤i   _,,...>-─一`ー──-- 、
  /  ./:::::::::::::::::::::::゙:,i::::::::{ {: ̄'`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........i
 /  /、:::::::::::::::::::::::_:_:,:,::::ゝ'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/:::::::::::::::::::::::i
./  / !:::::::::::::::::::::::::::`\_:::::::::::::::::::::::::::_/"~:::::::::::::::::::::::::::::::::i

748名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:23:03 ID:Tgn5VREQ
「神様からの素敵な贈り物」みたいに考えてそうな悪寒www

749 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:23:43 ID:OVgVAmiY
,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllif;
.,illllllllllllllllllllllllハiillllllllllllllllllllllllii
,;illlllllllllllllllリハll  'lllハlメllll'llllllllllllir
;illlllllllllハlll'--lリ'  リ -ト-lリlllllllllliii'
..illllトlハl ",,..._     ,,..   iilllllllルi
. 'iiトii、 ,; ;''"`'''     '''"`''ヾ /ii"
 '{、<`,        ,      /"/     でも ここで見捨てるのも外聞が悪いし……
  `ヾ、_、    , _ "    ,//
     '\    ヽ、_ブ   ,/        水軍衆の派遣により状況を検分し その後 浦戸湾に曳航
      l゛ 、      /
      |   ゛' ..,_,, r "           これで良いよね 父さん
    ェ‐‐ー-----―rl、
   /_,,       `ー- 、
   ノ   '''¬- 、..   √7
   l"       ヽ   〉 |
   /         `ヽ,くヽ,,L,,__
  l      _,,_ , y ^ \\  /
  ,,     /    へt-,,,._ ヽヽ/__


         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l     ああ 問題ない……
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |  |      ノ:::::::::::::::::::;;;;/i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

750名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:23:55 ID:nNcAs6sM
ミサトさんかよw

751名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:24:16 ID:osg9yf/o
土佐がすっかり南国にw

752名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:24:32 ID:qR/81HZo
このシンジは、なんか盛大に周りを巻き込みながら自爆する予感w

753 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:24:34 ID:OVgVAmiY
              ,. -‐………‐‐一ァ
             /.:::::/l.:::::/.:i::{:::::<_
              /.:::::,lィ≠≧厶∧|`ヽ:::::`ア
             /.:::::/l/ ,f弋{「``  、__厶::::ト
          {::::::::{         く衍∨!::l
          jr弌:!          ′ !」``
          { ⌒`       一 、    }      それじゃ 親直さん
           ヽー┘            , '
           `T7        , '        手配のほう よろしくお願いします
            个        /
.              |     厂「´
         _. -‐┤       「ノ`ヽ
         ∠    |     /   }
.        }  } ,r<_   /  ∧ 厶__
.       ,'   て{::::.::.:.:.: ̄」 /  ヽ {、 `丶、
      / r‐一'´ヽ:::.:r一'′´     \丶、 丶、
    _ 7⌒\    ',::{  / /         丶、 丶、
 /       \   」::!   /              \  ヽ


                ___ヽ, ュ___
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.;ルNヽ:.:\
       /.:.:.ィ〜し、.ノ|.:.:.:.:.:.:\Y^ヽへ「.:.:.:.:.`ヽ,
     , -'.:.:.:厶 人 /`.:.:.:.:.:_-:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    /'ク::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r' ⌒´  }.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.、ノ
     l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l、      l;ハ.:.:.:乃.:.::::::::::ハ
      {:::::::::::.::.:.:.:ト、::( ヾ、    '゛‐'フ乙、レァ:y、/:,:ノ
      \|、:::::::.:L弋_匚_`     '´{,い 〉了バ.:.:|        了解よ
       ト-ァ‐T:=八,い`      ^''′ ,' ,ノ/.:.:l     ,.. 、
       |.:.:.l { lヽ:^ `'゛  、       i_/::.:.:.',   /..  }
       l.:.:.:l\、ヘ:.      'k      ,辷‐ 、_.:.::'.、  !;:::_〈
          l.:.:.l:::::广∧:.   -‐ ''′  /:. : :`ヽ ヽ、冫´::  \
        l.:.:// : :.:jヽ:、       , イヽ:. : :  ` 7 ,;:、、_   \
        j/ /  : :.:.(::::|: `丶、_ / 丿::|: : :    〉´::   ``'  )
       / /    : :.:〉::`` ー--‐'::::::::::l、: :     { _:_ _ ,,,...   |
       〈_ヽ     .:|:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::ヽ   ハ´ :        l
       ノ!ヽ、\    |:ゞ、;;_::::::::::_::/:::::::::::L._/ ハー:-―‐ ''"  /
     / l.:.:.::l`ヽ\_ノ|::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::ト<´ ゝ、_,,. -  ∧、__
     ,イ   !.:.::::l.:.:::`ヽイ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ|:.:.\  リ ゝ:-   ′'、:.:l、
   / \ |.:.:::::l.:.:::::::::ノ\_:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:.:.  `<  ';: .     '、:!ヽ
 /    〉 \::::|.:::::::(   `7:::::::::::::::::::::::::\ |:.:.   \ ハ:: .     ソ l

754 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:25:38 ID:OVgVAmiY
              ,. -‐………‐‐一ァ
             /.:::::/l.:::::/.:i::{:::::<_
              /.:::::,lィ≠≧厶∧|`ヽ:::::`ア
             /.:::::/l/ ,f弋{「``  、__厶::::ト
          {::::::::{         く衍∨!::l
          jr弌:!          ′ !」``
          { ⌒`       一 、    }     (あ〜あ……)
           ヽー┘            , '
           `T7        , '       (残念だな……)
            个        /
.              |     厂「´
         _. -‐┤       「ノ`ヽ
         ∠    |     /   }
.        }  } ,r<_   /  ∧ 厶__
.       ,'   て{::::.::.:.:.: ̄」 /  ヽ {、 `丶、
      / r‐一'´ヽ:::.:r一'′´     \丶、 丶、
    _ 7⌒\    ',::{  / /         丶、 丶、
 /       \   」::!   /              \  ヽ

755 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 00:26:34 ID:OVgVAmiY
;;;;;;;;;;;;;;;;;;'//;/:.:./;/:.:.:.:.:./;;;;;/:.:.:.i;;!:.:.:.:|;!.|;;;;;;;;;;/i':.:.:.:.:!.!;;;|.:.ヘ;;;;;;;|.:.:.:.ヘ;;
;;;;;;;/i;;;/´ , , :.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:.{;;;;;/:.:.:.:.:.:i,':.:.:.:.|'.:.:|;;;;;;/./.:.:.:.:.:|.:.!;|.:.:.:ヘ;;;;;|.:.:.:.:.ヘ
;;;;/ i;;/  " :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;/:.:.:.:.:.:.:!':.:.:.:.:,!.:.:.|;;;/:.:'.:,:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.ヘ;;|.:.:.:.:.:.
;/ i;/ __, == ー== 、_:.:.:.!':.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:|.:.:.|;/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:U:.'|.:.:.:.:.:.
ヘ i' ' ´        "`"=_;:_.:.:.!,!:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|':.:.:i/:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.-ー= =-,:__:.:.
;|ヘ.'       _,.-="´""==_`ヽ、、_ ,: : :i : : :: !.,〟: : :,_. = '"       //    これが沈没船だったら……
'| `    _, ="     鬱, `'i:.:.:`:.":ミァ,!/  |;;;;;;;;;=='""゙ミ._    〃
      'ヘ       ㌦ノ  ' : ::   -' :::::::>;;;/ .鬱    ゙i,   ./       また積荷を頂けたのに……
        `.、       _ ,         '7/   ヾ゙'     };;..:.:/
ヽ         __ ...-ー´::.:.:::.:::.:...      . ...:.ー- ,_    '::.:∧
.{ i.        : : ::.:..:.::.:.:. : :        .i:.:.:...:.:.:.:.:......:.`:': :.:.:./:.弋":'.ー-
ヾ::!        : :.. :.:.           i:.:.:..::.::.:.:.::.:.:.:.:   ::/: : :ヘ: : : :
:.ヘ::.i                     .i;;.:.:.:.:.:.:.: : : :    ノ: : : : :ヘ: : :
: : ヘ:ヘ        __           '": :.;; : : :      / : : : : : :ヘヽ :
.: : : :ヾゝ     ´ゞ、ヽ、        丶 /       /:: : : : : : : : ヘ:
: : : : : : ヾ....    `ヽ`゙>丶、 , _____      /|   : : : : : : :
: : : : : : : :.i::\     `丶、_____/   イ::: !       : : :
.: : : : : : : : ヘ::::\                ∠´;;;;;;i:::/


これが秀吉のキリシタン弾圧につながる「サン=フェリペ号事件」の始まりであった……


<第2部 その6 OUTLAW BREAKS THE RULE>おわり

756名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:26:43 ID:Tgn5VREQ
完全に前回ので味を〆てます

757名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:27:17 ID:8VnqjiDk
関ヶ原のくだり考えると盛親=シンジは妙に納得する

758名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:27:38 ID:70Uo68p.
おつおつ
落人狩りする農民とかわらねぇw

759名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:27:40 ID:49vVQTpI
なんという味しめちゃった顔w

乙でした

760名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:28:11 ID:Mh.xrFKg
乙!

761名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:28:29 ID:zfT3XiJc

惟敬超ウケる!
戦争スイッチ・オンヌ!

762名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:28:43 ID:12JeD7Bk
おつー
少佐謎だなあ

763名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:29:14 ID:39BxYfwg
乙でした!

764名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:29:17 ID:lEflNRvE
乙!
どうしてこうなったw

765名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:29:27 ID:pWQ.6nBo
乙でしたー。
次はなにげに日本史上の重大な事件ですな。


兵卒に無理矢理言う事をきかせると言うと、こんな話が。

久世広宣、鉄砲足軽運用の秘伝・悪い話?
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2051.html

766名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:30:10 ID:Tgn5VREQ
おっと、終わりか。乙でした!
例の南蛮船事件の幕開けかあ

767名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:30:21 ID:AuFaLLYY
乙でした
つーか、コオロギのAA、表情多くね?

768名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:31:54 ID:TC8DzO96
乙です!

769名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:34:12 ID:weRhczcM

キチガイがいなくなっても暗雲が全然晴れる気がしねえや

770名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:34:43 ID:juGT7c5s
実際、上手いことすれば高価な鉄砲とか硝子細工とかが山と手に入る可能性があるからな。
乙w

771名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:35:52 ID:PSx5iTKg
乙です!
AAの改変上手いなぁ、と感心しながら読ませていただきました
地震のシーンとかすごいw

772名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:36:17 ID:Oe3Prbt.
乙!
シンジのAA両目とも「鬱」の文字が入っていてワロタww

773名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:37:02 ID:y4ySbbkk
乙乙
一難去ってまた一難ってか、苦難の連続ですなぁ

774名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:41:34 ID:Oe3Prbt.
よく見たら右目に「ドル」の文字も入っているな・・・。
絶対ろくな事やらかしそうにない予感を持たせてくれる。

775名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:44:24 ID:n8XYyiaU
結局沈惟敬は何がしたかったの?

776名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:44:45 ID:uaS0GbYA
少佐はなんかこう、あれだ
ヌルハチの密命で邪魔になりそうな連中全員共倒れ狙ってたとか

777名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 00:44:57 ID:0h.1JQRo
乙です。納得のいく戦争屋だったぜ

778 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/14(日) 01:05:28 ID:OVgVAmiY
当初 頭の中では沈惟敬は こんなキャラじゃなかった
日本・明・朝鮮の三国の都合に引きずり回される可哀相な人となるはずだった
ところがAAを選んでいるうちに何か変な電波が下りてきて……
宗義智と共に お前はどこに向っているんだ?というキャラになってしまった
とにかく今回で少佐殿に退場してもらえてホッとしている


次回は 来週仕事が忙しいため21日以降の投下となります
最悪でも27日には投下するつもりです

779名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 01:07:30 ID:nNcAs6sM
作者まで悩ませていたとは恐るべし・・・時間を先送りしてまで処刑したからな

次回も楽しみにしてるよ〜

780名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 01:19:45 ID:xy5/G/Mc
乙でした!

781名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 01:21:46 ID:EkKZoWd2
いやぁ、実に見事なキャラでしたよ
三国を見事に振り回してくれたw

乙でした!

782名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 01:37:16 ID:kr2Ddejg
乙でした!
少佐、マジすげえ。

783名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 02:42:50 ID:h4lrsM6k
乙でした
柳生と男の娘といえばY十M〜柳生忍法帖〜の作者のせがわまさきさんが
別冊ヤンマガで男の娘ものの話を始めてたな、結構××いで

784名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 04:09:18 ID:mvAAal2Q
乙でした・・・新展開な予感。
いつも、楽しいわ、このスレ

785名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 09:20:21 ID:1MZ4svCA
少佐のステータスは松永と同じなんじゃねーか?ッて思えるほどの存在感だなww
乙でした〜。

786名無しのやる夫だお:2010/02/14(日) 20:00:22 ID:76K5ym2A
そういや旧やる夫関ヶ原開始からまる一年経ってますね。(新は四月末開始)
改めて>>1

787名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 00:29:22 ID:b4a/Ax6w
乙です。
今回の話で加藤清正が増田長盛と
仲良かったってあるけど、これって
作者さんのオリジナル設定?

788名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 01:18:30 ID:wnYffOP.
文禄・慶長の役はホントいろいろとひどい戦だな・・。

789名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 02:24:27 ID:Z3HpaK96
>>787
史実ですよ−♪

790名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 06:34:22 ID:s1lXGDW6
石田三成と加藤清正も、文禄・慶長の役がきっかけで仲悪くなったけど、
それまでは仲悪くなかったらしい。

791名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 12:04:02 ID:VujMhL4E
一気に全部読んだ…
鮭様と銀様かわえーのー!チーム家康おかしいよw

また楽しみが増えた…鬱展開は怖いが…

792名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 12:43:42 ID:dob9X.7U
>>790
どちらも秀吉の小姓上がりだしね

793名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 12:56:27 ID:AsMvw80g
明の皇帝の娘を天皇の妃とするとか、明に公主降嫁を願ってるってことだし、
首都を中国に移すとか、中国を中心だと認めてる証拠。結局、秀吉の要求は対
中コンプレックスの裏返しだと藤木久志さんが言ってましたな

794名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 14:22:51 ID:TehmkvCE
当時の世界観から見て、そういってやるのも気の毒な気がするが…<対中コンプレックス

へうげものだと、そこら辺織田信長の思想的後継を自認しようとしてるって演出だったなあ

沈惟敬に関しては、戦争継続したほうが自分には得だって思ったのかもって、俺は思うわ、大体戦争で出世した奴は中央から
袋だたきにあって失脚させられるから、手を抜くとか結構あったらしい

795名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 14:28:05 ID:Q/eDwB4Q
>>794
ただ、講和締結の任務を請け負って、それで失敗したらそりゃ責任負わされるだろう。

796名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 15:09:12 ID:.14zU6GY
しかも偽造しまくりだしな。
和平破綻狙いなら、秀吉の最初の要求を明に報告した上で強硬姿勢を貫けばいいんだし。

797名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 15:22:00 ID:X7fixPKM
まあ、正使が逃亡した時点でねえw

798名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 15:38:27 ID:R0drGGBM
なんで沈惟敬が小西や宗と組んで関白降表まで偽造して
和睦をしようとしてたのか謎すぎるよな
宗は対馬の領主的に勝てそうにない戦ならとっとと嘘ついてでもやめたいってんで解るけど
沈惟敬が明へ嘘までついて和睦を進めていた行為は謎だ
別に嘘つかずに秀吉の七箇条の要求そのまま伝えりゃ明は要求をのまず戦続いただろうし
何がしたかったんだか訳が分からん

799名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 16:06:01 ID:dob9X.7U
当時の明は国内がガタガタになっていたし
とてもじゃないけど朝鮮で戦争やってる余裕はないだろ

800名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 16:46:00 ID:v7wHkvNE
そういう事は上のお偉いさんが決めることであって
沈惟敬は正直に連絡役、仲介役やってればいいのであって沈惟敬が考えることではないんだよね

だが沈惟敬は明国のためを思って無駄な戦は避けようと小西と組み命をかけて国を欺き和睦を進めたが
小西が秀吉への明の文書などの対応をしくじったせいですべてがばれて和睦はおじゃん
あわれ沈惟敬は和睦もまとめられず国を欺いた罪で死刑となったのであった。
ってところかなぁ?

801名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 16:56:33 ID:X7fixPKM
少佐は前歴とかが不明な人で、
何故あのポジションに着いたのかもよくわからないんで、
明内部の和平派の後押しを受けてたってのはあるかもね。

802名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:21:41 ID:191Ul.oU
>>793
対中コンプレックスとは思い切り現代に縛られた視点だな
国民国家があったわけでなし
権威として活用しようとしてもおかしくはないだろうに

803名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:36:28 ID:AsMvw80g
>>802
ま、観念と現実は違うってことかね

804名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 18:52:14 ID:X7fixPKM
>>802
戦争始めました。
戦況が思わしくありません。
子供が生まれて戦争に興味失いました。
子供の未来が心配だから後継者殺して統治基盤ガタガタにしました。
だからこそ国内に自分の失敗は見せられません。
だから権威が欲しいです。

これで上手く行くわけ無いと思うぞ。

805名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 19:41:15 ID:gC0cksvM
対中コンプレックスっていうのはどう考えても現代からの視点だね
中華を中心とした国際関係が当時の東アジアのスタンダード、
2千年近く前から続いてる(途中色々あったけど)国際常識なわけ
日本にはそういった思想(国外向けで)なんてないし一冊封国になったこともある
それなら前例に倣う方がいいのは当然(公主降嫁も前例あり)

どこまで認めさせられるかは結局武力なんだけどね、戦争でも勝てなかったし
朝鮮なんかはその後の清相手にボコボコにされながらも「明こそ中華」
って主張して徹底抗戦を主張するのがかなりいた

806名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 19:43:31 ID:mQ49IFaU
なんか清正貶める形で作られてる話だね
惟政から清正の陣地に乗り込んでの交渉だったのをスルーしたり
小西と沈惟敬の嘘だらけの早期講和は秀吉の意に沿ったものでは全然ないから
嘘がばれて破綻したのに、秀吉は関白降表を黙認してたとかおかしいだろ
秀吉の意向を無視してでも和睦を結ぼうとした石田や小西と
あくまで秀吉の意志に従って行動していた清正の対立であったろうに

807名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 20:00:26 ID:SXi03.EE
史実に完全忠実させたいのなら自分で作ってね
これはあくまでも歴史物であって教科書じゃないんだからね

808名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 20:03:43 ID:YMi6gfbY
ヒント>>1は大嘘つき

809名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 20:11:42 ID:puZWLcGI
秀吉が形の上だけとはいえ冊封を受けた事実から
「黙認があった」と推理するのは無理のない展開だと思うけどね〜

物語なんて作家がいかに上手にだましてくれるかでしょ?
いまのところ話に無理ないから、俺は喜んで騙されてる。

810名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 20:29:19 ID:gC0cksvM
>>806
>惟政から清正の陣地に乗り込んでの交渉だったのをスルーしたり
ここらへんkwsk、惟政って誰?

とりあえず>>1を読んで荒れない程度に

811名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 20:29:21 ID:ZYrxA4ik
事実だけが知りたいなら教科書を読めば良いんだがなあ
3行くらいで簡潔に記してくれてるんだから

812名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 21:35:19 ID:7frtSC/U
惟政って抗日してた坊主だろ。

813名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 23:04:41 ID:x6BThJrY
>>810
お前、配役をほとんどAAキャラで憶えてるだろw
たぶん彼の頭の中では惟政はもうキン肉真弓としか認識されてない

814名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 23:07:56 ID:/Elu0YZU
惟政の名前は某荒山氏の本で覚えた。
wikiには「義僧兵」の総指揮官だったって書いてあるけど。

815名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 23:12:22 ID:zJ1JD6EM
トクチョンカガン!

816名無しのやる夫だお:2010/02/15(月) 23:46:08 ID:CFiwd5x2
やる夫の家臣は
性別的に考えて
ナガモン以外は史実に忠実だよなぁ

・・・・ナガモン生えてる?

817名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 01:57:28 ID:PJF5pOoE
>>812,813
あぁ!今のスレでも出てたわwww
朝鮮側は漢字じゃなくて朝鮮語での読みで覚えてたからwwwスマソ

818名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 06:17:50 ID:dbBZjqQc
結局、この戦役およびこの和平交渉に問題が多すぎるから、
どこが致命的なのか誰にも判らないってことかとw
上から出先まで問題だらけ。

819名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 16:09:40 ID:3HUd36rk
結局のところ朝鮮出兵は日明双方共に面子だけが問題で何のメリットも無いん
だよね・・・だからこそ玉虫色の結論でお茶を濁すのが双方にとっても最善
だったんだろうけど。なんかベトナム戦争の泥沼の展開を思い出すな

820名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 17:15:35 ID:dbBZjqQc
戦争を始めるのは馬鹿でも出来るが終わらせるのは賢者でも難しい。

821名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 17:30:50 ID:e5K6KcWo
「処女のような明など、岩が卵を潰すように簡単に征服できる」戦前の認識がこんなもんだしな。
そりゃ失敗するはずだわ。

822名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 21:32:56 ID:jrUNi3e.
つまりミンメイは処女じゃなかった、
というのが失敗の原因か

823名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 21:59:50 ID:eKc4GEIQ
デ、デカルチャ…

824名無しのやる夫だお:2010/02/16(火) 22:04:05 ID:tuQmPpuU
非処女が悪いだと?
逆に考えるんだ

年上の経験豊富なお姉さんに一から教えてもらうというのもありだと考えるんだよ

825名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 00:54:04 ID:Ob7cUSmY
>>824
権現様、なに力説してんすか

826名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 01:43:29 ID:13d8q1kA
家康は晩年はロリに走っただろ

827名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 02:48:48 ID:wZ1VDzXI
ロリっていっても、相手は再婚だけどな。

828名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 16:44:54 ID:bffyDrXU

歴史の初心者としては、なんで朝鮮半島に関する政情や軍備の下調べもあんまりやらなくて、
現地の指揮統制なんかも曖昧な感じのうえに開戦したのかよくわからん。
全羅道の差別されてた民衆を救うための「解放軍」を名乗るとか、百済ゆかりの公家あたりを
旗印にして進軍してたら違う結果になってたんじゃないだろうか?

そんなことせず、琉球と台湾を占領して中国大陸の南東部やフィリピンを狙うのも
良さそうに思えるんだけど、こういう計画はなかったんだろうか?
秀吉という突出した人間のみが取り仕切る組織だと、当人が衰えるとそれだけ
大きな影響が出るってことなんだろうが。
ワンマン社長の会社が傾きやすいのと似てるかな。

829名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 17:31:34 ID:9/Ko02TY
まったくだ
事前にネット使ったり偵察衛星で情報集めて現地語を自在に話せるエージェントを派遣して
逐一リアルタイムに情報を得ていればあんなことにはならなかっただろうにな
当時の台湾やフィリピンだって独立国家として文明社会があっただろうからそこを足がかりにして大陸進出だって狙えただろうに









こうですか?わかりません

830名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 17:46:15 ID:bffyDrXU
>>829

いや、当時の時代なりにも下準備とかあったはずなんだけど、それが足りなかったんじゃないかなと
思ったんでね。ここでも触れられてたけど、外交とか対外諜報なんかを専門的に取り扱う
官僚機構みたいのが脆弱だったからなのかなあ、とか。

でも、対外戦争と和平交渉なんて何百年もしてなかったんだから、そういうノウハウが
失われててもしかたないのかな、とも思い始めてる。

海外領土を獲れたとしても維持していくのは大変だったろうし、何が成功か失敗かなんて
そう簡単にもいえないだろうしなあ。

831名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 17:51:54 ID:cyVYQhds
秀吉は朝鮮役の真っ最中に、フィリピン侵攻も本気で計画していた。

秀吉豆知識。

832名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 18:03:36 ID:svrnax66
フィリピンって当時の日本では何て呼ばれてたんだ?

833名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 18:04:55 ID:zAegfSvc
ルソンじゃなかったっけ?

834名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 18:06:44 ID:y2B4P1xk
>>830
封建制でない社会という物を良く理解してなかったのよ。
清正なんかも土地の所有権の確定のための検地やったらそれで義兵が立ってるし。

でもって、琉球や台湾取っても配下にやる土地が不足してるわけで。
まあ、台湾取ったら原住民の反乱と風土病でえらいことになると思うけどね。
明治の日本も酷い目に遭ってるし。

東アジアじゃ日本が特殊すぎる、ということで。

835名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 18:07:09 ID:y2B4P1xk
>>830
封建制でない社会という物を良く理解してなかったのよ。
清正なんかも土地の所有権の確定のための検地やったらそれで義兵が立ってるし。

でもって、琉球や台湾取っても配下にやる土地が不足してるわけで。
まあ、台湾取ったら原住民の反乱と風土病でえらいことになると思うけどね。
明治の日本も酷い目に遭ってるし。

東アジアじゃ日本が特殊すぎる、ということで。

836名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 18:13:17 ID:qBLwZsqg
ルイス・フロイス曰く、朝鮮人が皮の靴を履いている一方で
日本人は草履だった。そのため朝鮮の極寒で日本軍は悲惨なことになったようだ。
武将とかはそんなことなかったんだろうけど、雑兵は可哀そうだな。
因みに、軍医や通訳も非常に少なかったそうです。

>>832
ルソンじゃないっけ?

837名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 18:15:43 ID:svrnax66
ああ、ルソン壷のルソンってフィリピンのことなのか

838名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 20:48:17 ID:lS3sCxd6
ルソン助左衛門ってあったじゃないか。

839名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 21:04:21 ID:GJ96UJss
>>836
そのうち対応策として足袋を履いて中に唐辛子を詰め込むようになったんだっけ?
それが元で朝鮮に唐辛子が出まわるようになったとかそんな逸話が有ったような気が下。

840名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 21:15:45 ID:C4RdBaog
>>829
そうですね。
朝鮮など序の口、明も天竺も呂宋も征服せんとしていた、世界的スケールの
構想をお持ちであらせられた気宇壮大なる太閤殿下にとっては、敵国の民情も
政治情勢も思想習慣もろくに認識していない状態で
戦争を続けた事など全然たいした問題ではありませんよね!
敵国の情報収集なんて、そんな難しいことインターネットのない時代の人間に
できると思う方が間違ってますよね!

こうですか?わかりません。




前近代なら敵地の情報収集なんて出来なくても名将だとでもいうのだろうか

841名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 21:31:56 ID:yTvlBhn.
クールダウン、クールダウン

842名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 21:54:39 ID:13d8q1kA
>>828
百済ゆかりって大内氏じゃあるまいし…
ってか百済滅んでから何百年たってると思っているんだ?

大体当時の日本の造船技術じゃとてもじゃないが大遠征は…

843名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 22:20:08 ID:grGYwjWc
>>842
日本の商船も、寧波から東南アジアまで行ってますよ。
単に行くだけなら外洋航海の造船・航海の技術はありました。

ただ、日本中世は基本的に内戦であり、海戦は沿海でしか発生しないため、
外洋で敵艦隊と戦うための軍用外洋船というのものの需要がなく、発達しなかった。

844名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 22:47:39 ID:C4RdBaog
百済ゆかりを持ち出しても、旗印に使うなんてできるのかとなると・・・・。
高野新笠を持ちだして皇族を誰か担ぐ?
大内一族の支流の武将でも使う?
百済王神社の三松家でも連れてく?

どれにしたって歴史的につながりが切れてる時期が長すぎて
現実に効果を期待するような話にはやっぱり見えん。

845名無しのやる夫だお:2010/02/17(水) 23:02:34 ID:uE9K.9Tc
ああ〜早く次が読みたい…いや催促してるわけじゃないが(してるか)
楽しみにしてます

846 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/17(水) 23:57:48 ID:ynn816rA

          とりあえず次回登場予定(ただし多分1話限り)の人たち

   / / / /  /  ,',' |   ヽ  ヽ\ん 《 )                __, ---- 、__
  / /  / /  /  ノノ ト  |  ヽ  ', ',\ソ《 )         , --ァy ' ´         , ̄ ̄`i
 / /  ,' イ  1  /イ l l  l l   l   l  ', \ル)       / / /         /   ,  |
  /|  l | ト、,' { /ノ | | ', | |  |ヽ  |  |  ヽ i) ',     i / /          /  , イ  下、
.l  l l  l l | l メ レ  l L-tーftチ- L ', }  }   ',i). l     l ! l    i    ,__/-ァメュ/ノ   l  i
.ヽ l | ハ. | ミtェ_N  ', | ヽ | ヽ キ l |  l    ',)  |     ヽ!l     i     lフ, -- 、く/  ノ i , |
  ヽヽ {. ',| ` 弋_fァ}  ヽ|=zェ__\ ヽ ||  | .   レ-gl       l   /テヽ   i',イ:;:;:;レ ソ / | ノ l !
   V  ゝ    リ    ` 弋工テjt=ll  l    ト⌒ ||      ヽ   にi´r \| ヽ- '´ '´,rsi/'´/レ
     |. | {     /         ̄ \| |.   |))i / l        \ ヽこ!          レ'ノ!/
   . l. l. 八  く            l l   / 久 |         ヽ  l         '/ ´
    | |. 入  ヽ           | |   rー |   l          ヽソ      r'つノ
   l  l   |ヽ  - __        l l   /|  |   |          /,二,ー 、ュ-‐ ' ´
   | |   |  \  - ゚  ̄´      | |   / |   |  l         /:::::::::\ l}
   l l   l  //\       イ  l l   イ  |  |  |        /:::::::::::::::::::::〉,ハヽ
   | |  ノ  //  ゝ- <     ,' ,'  イ |  l  l   l       /:::::::::::::::::::::::l l ヽ\

: : : : ;': : / l: : : i.i: : : : : : : ハ: : i: : : :i : : ハ: ハ
: : : : ; : :/   l: : :l. i : : : : : : i i: :lV: : :l : : : ',: :i           ,,.. -- ..,
: : : : i: :,'    '; : l. '; : : : : : :! l: l. V : :i: : : : i: :i         ,ィ'´:::::::::::::::::::::\
: : :,;_:l :i.    ',: l. V : : : : i  lリ .';.: A : : :リ : !         /:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 : : i寸 ‐- .、 ',:i   V: : : :i ,.ィ'"´.i:リ 冫: /: :,'         ;/:::::/:::::/ハ、:::::ヽ:i
.:V:.弋卞ユァ-ミ゙ヽ、   V: : :!/,ィラ丁 / /!: :/ |/       ∠ィ::/>'"/三j\ヽ:jヽ
: :V :iヽkヘ:::j ノ` ト ヽ ヽ: l ヒクノノ / .,':j: /          /:::::iニr ヽ三三r ヽ`リ::::',
: : iV:', ` ー'"      ヾ ` ー   ,':ノ;イ          /:::/::lニー'ニニニニー'ニハ!::::::i
.: :l ヽゝ           ',      ,': : :i           /:`¨:::ヘ. ャァ─-vァ /`':::::::i
.: :!                 〉    /: : : !   ト、..___,,...ム:::::::::::::::丶` -- ´,イ:::::::::::::;'
.: :i、         ___ '   ,.イ: : : :i    lヽヽ__::::::::ヽ::`¨ニニT个 ‐ 'i::⌒iヽ、:/
: : l \      /レ‐‐‐V   /.‐l: : : :iー─--ソ /::::: ̄\ヽ:::::::::::Y    ヽ/:::::::::::
: : :!  \   ` ー‐‐' ./ `ヽi: : : ;___  i l:::::::::::::::::::丶丶:::::ハ,. ---/:::::::::>
 : iヽ、   丶、     /:::::::::::::i : : ,' /:: ̄.l !::::::::::::::::::::/::>ミヽ、:V:::/:>'"7:::
: : : i::::::`::‐---> 、._/:::::::::::::::::;': : /i '::::::::::::::::Ll;: ---─‐i::::::::::\_>兆< /:::::
ヽ: : i::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;' : /::::l¨¨´ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::{___} ̄:::::::::::

       ちなみに現在 1コマたりとも出来ていないorz

847名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 00:32:41 ID:D3m0njDE
怪物王女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
楽しみに待ってるんで 制作頑張ってください!

848名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 00:37:34 ID:nUIHD5Ww
1話で捨てるには惜しいな

849名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 01:30:52 ID:lMPo4vTU
ヌルハチぱねぇwww

850名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 01:41:46 ID:wCZyiiE2
>>846
マイペースでがんばってー楽しみにしてます

851名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 04:32:13 ID:y/Dz7MKM
次回予告乙!

戦争って結構かる〜いノリで始められるからね
それを冷静に指摘(分析じゃなくて)しても生産性がない
(賢者モード時に何でしようと思ったのか客観的に考えるようなもの)
他の国の歴史もつまんだら国内統一から他国侵略の流れは当たり前すぎるし

あとまぁ過去の事って事実だけにそれが至極当然のごとく認識してるけど、
そういう捉え方してる限り当時の人の考えだとかは理解できないと思う
事実(歴史)は小説よりも奇なり、じゃないと面白くない

852名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 07:31:21 ID:Xsv7DfTs
歴史は小説よりも奇なる事実がいっぱいあるから面白いというのは
全く同意なんだけどさ。

もすこしましなやりようもなかったのかと思うのも後世から見た
結果論に毒されているのかな。

外国での戦争など絶えてなかったわけだから、思想的、文化的な考えの
根本的な違いにまでは頭が回らなくて当然だとは思うけど。

853名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 07:41:46 ID:PO.7606E
>>852
ちがったやり方はいくらでもあっただろうが、
それがもっとマシな結果を導けたとは限らんぜ。
お前さんは何を望んでるんだ?

854名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 09:31:39 ID:Xsv7DfTs
>>853
それ言い出したら歴史に限らず他人のやった事の評価なんて最初から
一切考えるべきじゃないってことにならね?

いや、もちろん自分だったらもっとマシにできるなんて夢にも思ってないよ?

855名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 09:33:07 ID:zE7akrtA
姫様はだれになるんだろう…

856名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 09:55:38 ID:PO.7606E
>>854
評価には基準と価値判断が必要だって話だよ。

どういう視点から評価するんだ?
領土の拡大? 豊家の維持? 豊臣政権の安定化?
それによって話もやり方も違ってくるぞ。

まさか、世界征服の可能性でも論じたいのか?w

857名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 11:40:33 ID:y/Dz7MKM
>>854
指摘するだけなのは生産性がないって>>851で書いたやん
「これは酷い」なんてのは誰でも分かってるんだから
逆に考えるんだ、何でそうなったのかを……!
>>1がこのスレでお手本を見せてくれてるじゃないか

858名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 19:48:40 ID:2cMFQGDw
>>852
あくまでも、ある一面からの見方に過ぎないけど
戦国期の日本は戦争があることで経済が成り立ってた
(戦争が大規模公共事業みたいなものでそれで食っていけてた連中が大勢いた)
それが国内の戦争がなくなったものだから
築城ラッシュやらなんやらやっても将来的に不穏な状態
そういった流れもあって出兵に・・・

というようなものも見方の1つにあったりして
一概に征服できないのだから無意味とかそういったのも物事の一面でしかないよ
気をつけなくてはいけないのは権力機関の財政≠民衆の経済状況なこと

859名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 20:02:19 ID:auarpjcw
豊臣政権期は、政権に癒着した大商人層だけが儲かっていた、って印象があるな。

860名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 20:27:40 ID:F2WLp05w
>>858
小説の「遁げろ家康」は、そういう観点で朝鮮出兵を書いてたな。
関ヶ原後の家康による普請三昧も、諸大名の力を削ぐことの他に失業者に職を与える公共事業でもあった、という話だった。

861名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 20:31:01 ID:yRdlaHu2
結局のところ、金持ってるヤツが貯め込まずに吐き出さないと、経済は停滞するからな

862名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 21:11:43 ID:mGVVugOk
>>861
となると、秀吉が方広寺作ったり、伏見城作ったりしたのは
マクロ経済的には間違いじゃなかったということかな

まぁ、前田はほっとこう・・・・・

863名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 21:17:07 ID:wCZyiiE2
この戦争の末期をみると、秀吉の名分への執着が凄まじいことが分かる

864名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 21:25:42 ID:t/MWR85k
波平さんか

865名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 21:33:50 ID:1PoUkpEw
現代でもインフラ整備や戦争経済なんて所詮カンフル剤、時には劇薬レベルとしても。
古代・中世の基幹産業は例外除いてほぼ農業が圧倒的ですよっと。
真っ当な雇用・失業対策的には保科正直の時代まで待たなきゃってぐらい。

>>860
池宮彰一郎は作家としてはパクリの烙印押されてるしそんなまじめに考察しても・・・

866名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 21:54:17 ID:BpPdU0Ek
>>862
実際聚楽第も含めて作りまくってるから
京都周辺は好景気に沸いたなんて話もあるな

まあ、秀吉の場合他の大名に作らせてるんだけど
金を使うという意味ではその通りなんじゃねーかな

867名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 22:07:48 ID:auarpjcw
>>866
しかし秀吉の普請に関しては、人夫への賃金や食料を非常に出し惜しみ、また、過酷に働かせていて、
かなり怨嗟に満ちていたという話もある。

868名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 22:17:07 ID:wCZyiiE2
他の普請はよく知らんが、名護屋城建設の時は多くの死者を出した、とルイス・フロイスは言ってるね

869名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 22:37:23 ID:yRdlaHu2
>>865
真っ当ってのがどういう意味・規模で言っているのかは判りませんが、
日本においては飢饉などの危急時には寺・道・橋などの建設を行うことで
職・食を与えることが救民政策の一つとして中世から行われています。
だからこそ、金持ちのことを「有徳人」と呼んだ。

足利義政も天皇から非難されたことから悪政と叩かれてますが、
実際には大規模建築を飢饉対策の一環として行われていたとも
見直されたりしてますね。

870名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 23:12:20 ID:8yNtmroM
何とかの普請〜って諸大名の力を削ぐ位にしか考えてなかったわ
この前の小早川隆景といい、勉強になる

871名無しのやる夫だお:2010/02/18(木) 23:43:32 ID:7Apg90Co
>>861
絶頂期の豊臣家が吐き出したら、むしろインフレが起きて庶民が苦しむかもww

872名無しのやる夫だお:2010/02/19(金) 00:18:29 ID:imuRpHH6
そういえば、ムスカが14日にムシャクシャしてなくね?
まさかリア充った?

873名無しのやる夫だお:2010/02/19(金) 01:28:01 ID:fQRuKUZI
え?14日にイチャコラしてたから次回分が一コマも出来てないんじゃないの?

874名無しのやる夫だお:2010/02/19(金) 03:07:04 ID:Sw2QXEPA
>>871
まだ明銭使ってるからインフレにはならんよ。
銭の量自体に限界があるから。

自前で貨幣の鋳造や貨幣政策行わないと。
金銀の相場は下がるだろうが。

あと、武士は自弁で行ってることを忘れちゃ行けない。
この時期、「すりきれる」(経済的に破綻する)武士が出てる。
御恩(本領安堵・新恩給与)と奉公(軍役)の主従関係だから、
土地が増えない軍役が続くのは単純に負担以外の何物でもない。

875名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 03:46:29 ID:3.3xxLvM
紙幣の普及は近代だしなぁ
このころは金貸しの借用書を紙幣替わりに使っていたんだっけ?
江戸期は廃れて藩札になったけど、金・銀・銭または米の現物担保がないと・・・・ねぇ

876名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 03:54:43 ID:uR2DA0xg
>>869
> 足利義政も天皇から非難されたことから悪政と叩かれてますが、
> 実際には大規模建築を飢饉対策の一環として行われていたとも
> 見直されたりしてますね。

こう言っちゃなんだが、義政自身は窮民救済なんてカケラも考えなかっただろうけどねw
あの人はあくまで自分の作りたいものを作ったに過ぎない。

そういうのは何でも合理的に解釈したがる近年の学者の典型的な悪い癖だと思う。

877名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 10:27:46 ID:fbXv97o6
ピラミッドとかとは、違うからなあ。
地方の小さな金持ちが、近所整備して金やるよーっていうのと、将軍が動員してやるのとは違うだろ
大体本当に窮民対策でやるなら、中抜きとかが極力減るように相当管理しなきゃいけないけど、それをやっていたとはおもえん

878名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 10:31:19 ID:kVJrlUn.
>>876-877
何かしらの根拠があって言っているのですか?

879名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 11:25:55 ID:rdQc.9ms
適当なところで切り上げてくださいよ

880名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 11:27:58 ID:QVopq2VQ
>>878
脇からだけど史料だって実相を書いてない・虚実混ぜこぜが基本だし、政治史としてはその追い方はやらない。
一次史料を書き得る当事者だからこそ同時代人向けには書けない事もあるし。
応仁の乱までの足利将軍の一貫した政策となったか?窮民の実数計測はといったら全て曖昧としかいえないけど、
(そもそも荘園全盛期〜織豊政権までは人口調査のデータがほとんどない)
信長とは別種の、小心者に特徴ある癇癖著しい彼が一貫した民政策を行いえたか?という点で論議した方がいいですね。

881名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 12:31:47 ID:kVJrlUn.
>>880
個人とか政権の、とかでなく、中世日本の一般的な救民対策(の一つ)だったんです。寺や橋などの建設というのは。
室町時代に限っても、幕府から大名、地方では寺社自体から大商人富豪までがそれぞれの家財の規模に応じて行ってます
いわば、中世人の常識でもあったんです。

「でも、義政だけは趣味100%で行っていたよ」というのなら相応の根拠が求められるでしょう。

882名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 12:37:56 ID:5HXK2JRs
そもそも過去の話なんて証明しようがないのに、そんなに熱くならんでもええやん。

883名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 13:20:33 ID:X.95Z3sA
>>880
秀吉が無能で極悪人ということを大前提として議論しろってかwwwwww

884名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 13:27:14 ID:OobFWkGs
どうでもいいがこのスレの月正はどうにも憎めないw
でっでもだが

関ヶ原いつくるのか楽しみすぐる

885名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 14:47:37 ID:Smqf/otM
唐突に思い出したのが ARTDINK社の「関が原」ってゲーム。
関が原 戦闘モードで、家康側でプレーしているときに
一発で小早川秀秋を寝返らせる方法があると聞いたのだが、
誰か その方法を知っている人はいないですかね?

886名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 16:04:21 ID:uR2DA0xg
>>881
> 中世日本の一般的な救民対策(の一つ)だったんです。寺や橋などの建設というのは。

誰の説ですか?そんなものは定説にも何にもなっていません。
それはあなたの(もしくは一部研究者の)思いこみに過ぎない。

むしろ寺社の建設、改修には一国、もしくは全国に臨時課税が課され人々は大変だった。
これを拒絶し紛争になったところも多い。
政権は自分の懐から金を吐き出すなんてことはしなかった。
これを見ても当時の「公共事業」が「窮民対策」とは程遠いと解るはず。

ついでに言えば義政は飢饉の真っ最中でも殿舎の造営だけでなく、豪華な宴会を何度も開いている。
当時義政のそういった態度も大きく批判されていた。
願阿弥による窮民への炊き出しが当時、1日1500疋かかると言われたが、その数倍の金を
1回の宴会で費やしていたからだ。

当時の貧民への施しは幕府よりも、仏教の影響を受けた都市の有徳人(富豪)による寄付の
力のほうが大きい。

なにより義政の建築には、高度な技術とセンスが必要で、技術も信用も持っていない流民が
関与出来るようなものではない。よって窮民たちが、その窮状から救われるほどの恩恵を
受けるものではありえない。

当時の大規模建築が窮民対策だったなどと言うのは、物事の一面に対し、拡大解釈に拡大解釈を重ねた
説だと考えていいと思うよ。

887名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 16:07:06 ID:.gQ13TPU
そして話を蒸し返す馬鹿が居ると…

888名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 16:14:13 ID:5HXK2JRs
>>885
毎回、なかなか小早川が寝返らなくてイライラしてた自分としては信じられない。

889名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 18:57:18 ID:leB5.CTo
まあどっちにしろ金持ちに貯め込まれるよりは散財されたほうが世の中にとっては
いいよな。意図的にしろ無意識にしろ。

890名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 19:01:42 ID:5SqEjMfQ
実際、今の世の中も、世界中の金持ちが一気に散財したら、不景気なんてすぐに回復するはずなんだよな。

891名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 19:29:30 ID:QVopq2VQ
経済の話で数字が全然でてこないのは笑う所だよね?

892名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 19:31:58 ID:C1VJI39A
そもそも、何の数字を出せばこの時代の経済の話に信ぴょう性を持たせられるのか。

893名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 19:36:11 ID:5SqEjMfQ
専門に勉強してさえいれば経済というものを読みきれるなら、
リーマンショックもドバイショックも起こらなかったわけで。

894名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 19:48:50 ID:yebkEXec
なんかよく分からない数字引っ張り出すのが好きだった竹中とかいう詐欺師が居たなぁ。

895 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 21:08:31 ID:CFhiFAu2
     /                    |
     i   今週は投下がないと     i
     i   言ったが……        /
      i  スマン            /
     ド、 ありゃウソだった    /
 rァノ二`ヽ\           ,.. '"     ,. ────────
{ ` イ-‐- 、巛\___  ,.. -<\_    /
` T´r ___ i 弋  〜"ノ //\_><9   /  本日2/20(土)22:00から
ヾi Vr::::::V   ミミ  ,r''/ ', ヽ、_ {   i   急遽投下するが……
  ト、‘== ' /  r‐ '"   ヾ、ー-- ニ、 i  
) \==  /    ___ T ー<ミ ) i   こらえてくれ
 ノ 、、`ー- '"    /    `T  ー- 、ヽ 
ー゙`   ,,;;;;:   / _,. -、 フ  ヾ、 ー- 、) \_  ______
{     ::::::.   `{  !_ !::::/  i  }= ,. '⌒   //
{ r‐‐ ニ=:::::、      ̄    i  V /ヽ
. V/ ̄ ,..ィ< ;::|  \          ( ))
、 |   / (:::/    ヽ         i ) ::ノ
.ヾ\  ̄    ヾ_ / __        i o /
  ヽ\       , - ' ,r‐ァ-      !ー <
    ヾ\     /::;r= '"  ,     /|   ))
    f⌒ 、    `'"   _,/     / .|   //|
    ', T\     ̄:::::.     /  |  / / i
     \::::::.\    ヾ''゙    /  | / /  !      *一回 使ってみたかったんだコレ
      ヾ::::::::ヘ:::::...、 ___,....:::::''     | /r-</
            >:::::::::::::::::::::::.....    i i   Y

896名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 21:09:39 ID:yebkEXec
な、なにぃ!?

897 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 21:09:50 ID:CFhiFAu2
          ,  -─ - 、
       , -'´     l、   ` 、
     /       ノ ヽ    ヽ    あと>>872>>873には呪いをかけておいた
    冫  ノ彡,ィ/    ヽ.   l
     7  l       _,. l!   l    もし君たちが聖ヴァレンタインの祝福を受けていた場合
     レ'、r l=-、;__,r-=、_ l,_  ノ
      ヽlー─'l  ー‐' `lノ /     ホワイトデーのお返しは10倍にしないとチンコがもげる
       ',   `     /,ノ
        ヽ  -─-  ノi'
        lヽ、__ / _l、
     _,r '゙|ニ= 、 , 一' ´ ,ト 、 _
-‐'.´ ̄/;;;;;;;;|>/ヽ二二´ノ;;;;;;;;;;;;ヽ`'';;;;
;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;//l  :: ヽ /;;;;;;;;;;;_ - ';;;;;;;;
;;;;;;;;;;/;;;< / /   ::. ヾ;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;

898 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 21:10:14 ID:CFhiFAu2
.   丿,.:.:.:.:.:',:.:r'i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,
  / ,:.:.:.ィ ,i'  'i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
  i :  :.i:        ``'‐、:.:.:.:.:.: i'    ただし両名が
  `'ヘ ':i      _,.-‐''- _,.Lr‐;.:./
    '‐<>- 、,_r'"゚´~`i゚  i' f /:.i     2月14日を「にぼしの日」と認識していた場合は
     i,_  _,i '‐--‐'゜   /.:丿
   .  ヽ ̄ L、      i 〈-'´     この限りではない
      ヽ.  __,,...-‐'  / i,‐z,
       ヽ  -     / _,.‐'´`>、_
        ヽ.  __,.. - '-‐'_,.、‐'´:::::.:.:ヽ_
       ┌'`]'"´~__,,.‐'´::::::::::::::::::::::::::..``'''‐‐-
    _,,..、-‐'~'‐t-‐ 彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:
  ,r'´ ィ'´     i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

899名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 21:11:39 ID:9CC3K8Es
>>1よ、まさか……あそこのスレの住人か?

900名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 21:13:32 ID:5OZBQp/o
煮干の日なら仕方が無いな

901名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 21:56:45 ID:k6FbKaNo
ジョルノwwwwww

902 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 21:59:34 ID:CFhiFAu2
投下します

903 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:00:46 ID:CFhiFAu2
天文18(1549)年のフランシスコ・ザビエル来日以降
カトリック教会の新興修道会イエズス会の布教活動により
日本でもキリスト教は徐々に広まったが 秀吉も当初はこれを公認した


          _,,,..-.ー.─.-.-....、._
     二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
   /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',      誰がどの神様を信じようと勝手だし
 /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
 i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',     第一 宗教は他人が止めろと言っても
 l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
 l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>    止めるもんじゃないだろ?
 i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
  l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
  ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
     \|\!\  ′          ∨
      ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
          `  、      , ′  /  \_
              ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
               _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
          :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
          :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::

904 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:01:52 ID:CFhiFAu2
キリスト教は他の宗教に否定的というイメージが持たれがちだが
本来のキリスト教は 実は異教徒や無神論者に寛大である



     (´⌒`´⌒`´⌒)
     |        |      喜ばしいことではありませんが
     |_______| _
   (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ    彼らの魂も わたしたちの宗派に改宗すれば
  (    )  l _ l   |)
  (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ     その時に救われますからね
   `ー´   ___  ノ
    \  )\_/ (ノ
     \_____/   ← イエズス会司祭 アレッサンドロ・ヴァリニャーノ
                             天正遣欧少年使節の企画者



また 宣教師たちも民衆への布教の際 日本の伝統文化を尊重し
仏教・神道に対する誹謗中傷を行なうようなネガキャンは初期の段階で止めるなど
日本での活動は かなり気をつかったものであった

905 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:03:56 ID:CFhiFAu2
むしろ問題は 日本のキリシタン大名と信者にあった
極端から極端に走るのが日本人の悪い癖と言うべきか この新しい教養にハマッた一部の者たちが暴走した

       _,. -──  、
   ,. ' ´ ̄           ヽ
  /              `、
  ,'        i、l`、,.、-、   ',    領民はみんな
  !     /  i i| ,!ヾ< ヾミ-ヽ   !
  |    i'_,L/!,ノ!ノ   ,ィ'⌒` ',  |    キリスト教に改宗することをお薦めしま〜す
  ',  ,ィ!i'ノ '__        |  |
  !  ! ,ィ'´     ,. ,   |  |
   !  ',      <´ ノ ヽ,ノ! ! |            ミ
    ;  ヽ  ,!     ´ ,.ィ'ー! ,! l──i-i-、   ,. - 、
   |   `'´─ _ 、- _´ イ、 ノ,' /,. --士'ー ヽ-i'´! ヾ !`,    \                   /
   ', 、ヾ 、 i'< ヾ、  X ヾ,/ノ´    `ー' ̄ヽ.!ヾ  !,.'      \   え〜〜〜〜〜!   /
    '、 ヽ ` 、ト`' _iヾ===彳i´          ` ' ´        \             /
      \ ` i` イ_ >i i i _!
      ` 、 `ーく X`゚' i `゚-!                         ∧,,∧  .∧,,∧
      __ i >'(´_ノ`。 i 、。´|                     ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
    ,.'´ ! ! ーi '´/ i ´ i  i i |                    (´‐ω‐).∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)
   i !ヾ ヽ` ノ /  i  i   i i .|                    | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
   ヾ`_,.ィ´,/   i  i  i i i                    u-u (l    ) (    ノ u-u
       ` =,=_= = =, = = '  ← 肥前日野江6万石        `u-u'  `u-u'
        i'´ミ_,ノ  l `彡`,     有馬晴信
          ̄     ` −´


領主自らが信者の保護と布教に乗り出した有馬晴信はまだ可愛い方である
大友宗麟は領内の神社仏閣を破壊してまわり
大村純忠は長崎港周辺を教会領として寄進した(当然これは秀吉が取り消した)
また日本・宣教師の双方の一部で質の悪い連中が奴隷貿易に手を染めていたことも発覚
(後にローマ教皇は人身売買を行なった者は破門するとの通達を発令)

906 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:05:03 ID:CFhiFAu2
\∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
<                           >
<          馬鹿野郎!         .>
<                           >
<  いくらなんでも やりすぎだろうが!!  >
<                           >                 __
/∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\             _,..-''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ヽ、、
.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \              ,. -‐ '゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',          ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|        /:.:.:.:.:.:;.:.:./:.:.:.::.:.!、:.ヽ:.:.、:.:.゙、:.:.:.:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V       ,!:.:...:.:.:. ..:. .:|:.:.:.:.:.゙、ヽ.:゙、、:.:.:.:.ヽ;:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ: : |        |.:;':.:.:.:.:.:.:.;.:ィ、:.:.ト、:.゙、 `ヾ,. - ミ、゙、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|         ゙!':.:.:.:.:./.:.:|-ヾ;::| ヽ、゙、 イ  o  ' `|l:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     ┌┐
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V         |:.:.:.!:.:ヾ;:.| ,. -ヾ      -―'  |!:.:.:.:.:.:.:.!ヽ、:.:.:.:.:.:.:.    | L.... ┐
      \_! u     _ '     !             ゙!:、:.゙、:.ヾl| !   o         ,イ!:.:.:.:.:.:.:;.;.:.ゝ、:.:.:.:.:.     | ┌‐
        ヽ    /   `t u /              ヾ゙、ヾ、ヾ、  /      `ー-' ,ゝ''"´ / /´  ``ヽ,    | L..........,
      ___,r| \  {    / /                 ヾ、|:.:.ヽ、   `     ,.. .、,/   ,...L..!          └──‐'
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´                    ,':.:.:.:.:ヽ、,ィ   _,./,/'    .,'/´ ,'/
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、                   ,':.:.ヾ__,,.イヽ、__  `''´/  ___ .,!,!  !,!              「」「」「 |
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、               ,':.:.:.:.:.:/,.ゞ''"´  ̄ ̄!  /r--- '  L_- .. _             /, '
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\            ,':.:.:.:.:.:/     ,./´:.. . !L.. _     ``ヽ>
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!          ./:.:.:.:.:./    /::. ..   :.  ̄ `!|  |i== 、,.'/ .::.::       「 ! 「 !
                                   .,':.:.:.:.::/    /         /,'  ,!l   ` '          L.!..L.!
                                   ,!:.:.:.:./   〈       ,. _='イ  , '/  .. ..::.::: ...       ○ .○


これは秀吉も捨て置くことができず
天正15(1587)年6月
キリシタン大名と宣教師たちへの懲罰的な意味合いで「伴天連追放令」を発布する

907 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:06:03 ID:CFhiFAu2
「伴天連追放令」によりキリスト教は日本にそぐわない宗教であると規定
領民への強制勧誘と神社仏閣の打ち壊しが禁じられ
そして 宣教師たちは発布日から20日以内の国外退去を命じられた


   |:.:.:.:.:.:.:.:,. ´:.:.:.:.:.:.::.:`ヽ;.:.:.:.\
   |:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヾヽ
   |:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   |:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:ィ:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト
   |:.:!:.:.:.:.:..:,:∠:. イ |:.:|:i:.:.ト;:.:.:.:.:.:.:.:.i:!
   |:.i:.:.:.:.::/,ィfTdヽ !イ!ト、| !:.i:.:.:.:.:.:.:!|
   |:.ト、:.:.:{ `ゞ:_/ !  |! リ_|イ:.:.:.:.:.:, i|
   |:.!:.:i\ヽ__,. `    ィf:!T!.:.:.:.:/ /
   ト、:ハ   ̄        `' /:.:/     あちゃ〜〜〜
  (_ イ> ヽ.       '   ー'イ
  (_ />ト、_ \   ゚   イ/_        意外と厳しいんだ……
  (_ />    ̄`7T ":.:.:.::, '  `ヽ,
  ゝィ、__   /:.:.:.:.:.:./    「 ヽ
   |-'   ̄7:.:.:.:.:.:./    r‐┘
   |    /:.:.:.:./      L___   !
   |`)  /:.:.:/          i  |
   |-ァ /:.イ            |  !
  (_ イ>/                | '
  (_ />               !/

908名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:07:06 ID:AEZQ/r0Q
きたきた

909 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:07:14 ID:CFhiFAu2
しかし この追放令のたたき台となった覚書には
「キリスト教の信仰自体は各人の勝手である」と明記されていた

     , -− -  、
   /        \
  /              ヽ
 ,'    ,ィ ,  、 、 、  、 l
 !  ! l!ト、f、 、>-ニ_ゝ、 'i l
 ! { l _!r-、ヽ\アr, 、`ト} ll !
 ! | 「f fノi,! ` l.fノi,! jノl ! |
 l! l ト、`",, 丶_ `´,,_ム!Ll! !   え!? そうなんですか!
  l! ト、_ノ l ̄、 ! /l| `|!|
  l! '、/`ー`/) '_´ィ⌒L  l|
   l'、ヘ  ( '`)X `r'´ノ、 }
    V\` _l ",!_ ,.ノト´ `,!
   { 「_、f7 ´ノ"´  ` イ


「伴天連追放令」とは この時点では
キリシタン大名と信者の信仰の自由を妨げるものではなかった

910 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:08:05 ID:CFhiFAu2
また一旦 平戸に集められた宣教師たちも
布教のため死を覚悟して日本に留まるが 秀吉はこれも黙認


     /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
     /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
     ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
    l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
    i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
  _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
  >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!
 _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
   ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/       俺が言いたいのは要するに
        \|\   ___  __   /  ′
        _{i     ヽ _ ノ  /           あまり 調子にのるなよってことなんだ
       // `\ \     /
    _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_

911 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:09:26 ID:CFhiFAu2
さらに天正19(1591)年 閏1月
ヴァリニャーノと共に帰国した天正遣欧少年使節の4人が聚楽第で秀吉に謁見

                , r==ー-
         , -─‐メx
       /     ´⌒ Y⌒ヽ
      ,ィ´/-‐/,/ / /l!⌒ヽ \
 // / /゙´ /∧/ / / l\  \ 〉、
 〃 / //^/∧// l/|  |  ヽ`ヽ、 `ー - 、                   マ=ィ=x、
 j!   ル'´/〃 //'⌒ ト l  |    Y ヘ`ヽ、\ \                     マ=/ /  \
  / / /レ'/ィ行ト、  ヽト、   リ 〉  ! \ヽ 、                マ=/ /  ,/=マ
 /∧ ヽ.r∧k| 弋ソ    ィ行ト、 〃j /`ヽj、  〉ハ 〉               ノ/  /=マ
 ! l ∨ j{  ゙ム""   , 弋,ソ /人//!ヽ. ハハ /                     /><.>'=マ
    ソ乂._八   (`ヽ  ""/乂   ヽ.} /)イー ─ - - ─-----─ァ⌒j/></
       ∠\\ _´ ,... イ\.::`ヽ. ,ル'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃 ,不ヽ>ーゥ       _
      j´.:.:.:.:`\`Yヾ-x、.:.:\ヽ.:.:レ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: jl/><(ヽY´      '´ ,==ヽ
      人.:.:.:.:.:.:.:.:.:`{{、}}ノノ.:ヾノヽ 、_.:. -‐―ー--――――゚、.:/></一 '     | l  i゙゙゙゙゙'''il |
    {.:.::` ー.:.:_.:.Ⅶノハヾx..:く´ \、                 /></         0ノリ(l|゚ ヮ゚ノi、0
     乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ.:))::゛::ヘ   ヾ、          /></         -=='==-)芥i-=='==- ,
     入.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \():.ノ   \、 ........_    /></            i´ ̄`i't‐t'i´ ̄`i-==-
       ヽ:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`\  ,ィ'´ x‐。 ヽ /></           r―`ー ヽ'´ ̄ ヽ/ ‐'  |
        ∨ヽ.:.:`.:‐.:、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i/  ゝィ  /></             |   |   | ◎YA |    |
         ∨ ',.:.:.:.:.:.:.:^.:ー-.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   X./></           _  /ー'、  / 、_ ノ、  /i」、
        ∨j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ():.ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:゙</></ ||         '´/、 ヽヽ             _
          ∨.:.:.:.:.:.:.: ,xr<゛  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:X >   入_,、      i ((eヽe)i           '´    ヽ
      , <.:∨.:.:.:,x/       `>、゚。.:.:,//⌒又    ノ     ノ (l|´ヮ`ノl、          l i l_iハ_i l
     <.: /.:.:.:.:.∨://       。 く./X ヽ.:」厶    ㍉ ィ"     '(( f(つつ )         | (ト!゚ -゚ノl'
      /.:ヽ、.:.:.:.:ト.ィ′     (o、/><></ ゚ \   了     \lillilillilillilillilt\   、'iiii==○)≡lU|
    〃//\.:.:.||j      `ヽヾx´/ ゚、 。 /ゝ、 孑        |  ̄ \/ | ̄       ノ_l_`ー'`- 'ヽ
   ∧/.:.:.:.:.:/\!!!          ヽo)   \ /   `'        _j  _/\_ ヽ_         (_,ヘ_) _j

         【聚楽第で西洋音楽を披露する天正遣欧少年使節の図】


秀吉も使節の功績を称え ヴァリニャーノは宣教師の長崎での長期滞在の許可を引き出す
以降「伴天連追放令」は 全くの骨抜きとなった

912 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:11:03 ID:CFhiFAu2
ところで天正19年といえば「唐入り」の直前で 秀吉が朝鮮国のみならず
琉球国そして他のアジアの諸国に 臣従と入貢の要求を行なった年でもある


                二''-.ヽヘ / /  ゛''''‐‐‐--....
                :::::::゛゛''''‐''''  ̄''‐-...,,_,,..-‐'"
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘヾ 、
       /::::::/:::::::::::/::::::∧:::iヾ:::::::::::ヽ::.i',:::::::::::::::'., ヽ',
      ./:::::::::/::::::::::::i:::::::/ ',:::',',:::::::::::::i::::i .'.,:::::::::::::::',
      /:::::::::./::::::::::::::|::/'‐-..',::',',:::::::::/|/__',ヽ:::::::::::|
     ./:::::::/i::::/|::::::::| .,ィ=-、  ',::::/ .,zrx  〉:::::::i
    /:::::::/|::::|:/:::|::::::::.《 .fチり   ∨ ,r”.fyリ》 ./,i!:::/
    /:::::, ' i'::::::i/( ヾ|ヾ::', 'ゞシ      .`-'  // |/        も〜う しょうがないなぁ
   ./::::, '  |::::::,':::ヽ i! ヾヾ、      ’     | /
  ./::./   |::::,':::::::::\_ヽ ゛"           .ノ\         今回だけだぞ
  ./::/    i::::::::::::::Σ ̄\   γ゛゛゛)   /:::::::::\
 .//     ∨:::::/     -.,,_ '‐- ' _,,-".゛'' .,::::-.,,_ 三二=-
 ,ソ     /::._>       | .゛''‐ ''"i     >-.,,-.二 ̄
       /γ\      ヾ/     |     ヽ、 ヽ::゛'‐.,,
    .-='-‐|   7_,.__.   )'-.,,_ __,,,,,ツ     ,>  i:::::::::::::ヽ、
       ./|    |  ゛'‐-i-..,,_ .∫.  \_ ,r'   .|'-゛''-.,_:::::\
      /::.|    ./    / ∂ ゛∫'"υヘ~ヘ     .|:::::\ .゛'-_ ヘ,
      /:::::i   /    i     .∫   ヽ ヽ   .i::::::::::::\   '㍉、
     i::::/ ',  /     .i-‐‐‐--..,,_ .,..-‐‐-',  .',  ,'::::::::::::::::::\   "
     |::/ i:i ./     |:::::::::::::::二 7::::::::::::::::i  .| ,'__::::::::::::::::.\
     |/  |::| |  _,,.-'i-‐-.,,::::::::::彡::::::::::::_.,_|r-'| i::::゛'-゛'‐.._:::::::::ヘ

   ↑ 「唐入り」の際 兵糧米の負担を約束する琉球国王 尚寧

913 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:12:09 ID:CFhiFAu2
その書簡は フィリピンにも送られたのであるが……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      俺の名は豊臣秀吉
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |        帝の名代・関白にして 百年にわたる戦乱の世を終わらせ
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((        日本を平定した英雄・日輪の子だ
      \_!         '    ! ( ( ヽ) 
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ        俺はこれから明国を始めとし
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ    帝の威光にひれ伏さない国々を日本同様に平らげるつもりだ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ


    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V 
  < : _: : : / 〈 {}  |/  レ {}  }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|        日輪の子として お前たちに要求する
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !            お前たちも 直ちに我が国に入貢をすることだな!
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´            (⌒)   
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、         ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

914 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:13:21 ID:CFhiFAu2
この時代のフィリピンを支配していたのは「太陽の沈まない国」スペイン帝国であった


         _,.ィヽ-、_、__ム__-、  ノ-ミ、ト、
        ィ )ノィ' ´ ハ    `>、__ノ‐ミ、ヽ.
        ,rソ'´    .i i         ヽ-'‐h.∧
      /  /  /  i l  l  l   l   \ス  ',
     /  ./  / i ,' ハ . !  l  l l l   Vリ ハ
.      ,' .i ,' l / ./l/ / V ト、 l、 i l l  | ',}.   ',
.      i l l. lイ.l/ /./リ  Vi Vlヽト、ハl  l. リ   ;
.     ; i l l ナナ‐-イ  -キヾ‐六lリ.   l. l   i
     ', ト、ハ r‐t元ラミ   ,ィt元テ ァ!   ト、   .l
..     ヽト、i ` ¨´   !    `¨ ´ l   i ノ    l
       | .ハ.     /!        l   l´ l   l
.      l.! ヘ.    ヽ!         !   .l  l   l   ……なんなのだ これは?
.       l.l  丶.    _       /l  .l.  l   l
      l l  l  \ ´ー`   ,イi  l   i  l    l
       l l  l  l l. iヽ _ ,.イ  l  l   l.  l    !
        l l  l  l l .l         l l   i l l l    l
.       l l  l  l l l       ヽl   ! l l. l    l
      l l  l  l ,.ィ"      ,r'´:!  iヽ、l l. l    l
.     i l  l_..ノ::〉、    ,. -ァ':::::::l  l://::`:::7`¨ヽl
     ,.ィ.l .i::::::::〈    __/¨:::::::::::i  i:/::::::::::/
    /   i. l::::::::└v-‐'::::::::::::::::::::i   l:::::::::::::/
   ,'   l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  .l::::::::::::/
.   ;    l l::::::::::::::::::::::::::::::::::;.::/l  i:::::::::::/
   i  ,.ィ! .l::ヽ:::::::::::::::::;.:::':´:://:::l  i:::::::::::{. 、l
.  l. /::::l i:::::::::V::::::/::::::::://::::::i. i:::::::::::::', l    ← スペイン領フィリピン総督
  , '::/:::::l i:::::::::::::゙:/:::::::::::::::l.i::::::::l i::::::::::::::::∨!      ゴメス・ペレス・ダスマリニャス



     『 新 ・ や る 夫 の 関 が 原 戦 線 異 常 ア リ 』

915名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:14:09 ID:ftYAZanw
馬が大好きなゲヒの義弟殿とかあのあたりか

916名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:14:09 ID:3PaSmhUU
思わぬ大国が

917 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:15:13 ID:CFhiFAu2
<第2部 その7 心よ原始に戻れ>


  .     /  ソ /  / / // /l i    ハ!
  .    ,'  .fフ   ,' / xイ/ / l.l. l   l  ',
  ...   ,'   ヒi    i r==ァ、/メノ / l.!/l l .l i ',
  .     ;  ./`!   i.ハ く.ノ.iヽ/  艾サリ i iハ
       i   l.vi   l    `'    ./ィテ示リ / i. i
  .    i    ト、!  .l        i ` ー'ソノ ,.ィ ノ
      i   l l   i       /  /-イ /
   .   i   i i.l   l.、    ‐-   ./  /
  .  i   _.i_ l. i   l \.     ,.イ  リ     結局のところ……
     i /   ヾ;:l.  i  \. ,.イ l l   i
    l/       ハ.  l    i` i l l. l  i      この秀吉とやらが言いたいのは
   /.         ',   l┐ l l l i l  l
   /        i',  ',:¨Liコi l l. l.  l      我が国と正式な貿易を行ないたい……
  ,'l i          l:゙、 ',:::::::Lマ i l l  l
 . ,' ! V       l、:', .ハ:::::::└i.ト、 .i. l. l      ということで良いのかな?
  ; l V-、t‐、ィ⌒レ!、ハ ',--、\:::::\ i l
. i  i〈ヽ. \i.ノ-┴く. 〉::゙、.',:ヽ:::\/::::l.ヽ l
 l   l ヽ/´::::;.ィ=‐-、Y::::::', ',:::ヽ::::ヘ/ヽハ!
    l. 〈:::/:::::::::::::::::::i:::::::ハ ',::::l:}:::::::';::::::\
.    l/:`V::::::::::::::::::::::l::::::::::i i:::l:!::::::::i:::::::::::ハ
.   l  i::::::::V::::::::::::::::;.⊥._::::::!.i:lリ:::::::/::::::::::/::!
   l  V:::::::V::::::弋´-‐-、_\!ll:i_;.ィ:i::::::::::/::/i
.   i  \::::';:::⊂´_.. -┴、:`ヽ:::::::::::ヽ/イ:::ハ


ダスマリニャス総督は秀吉の気宇壮大……
というかはっきり言って無礼極まりない書簡を善意で解釈した
そこには世界最大の帝国の余裕もあった

918 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:16:28 ID:CFhiFAu2
.         /    rソ'´y‐' >'"/   .l i !. 、 \\
.         ,'    ,fY r'//  /     l l l ハヽ ∧. \
.       ;     i/├'/ ./  /  /.  l. ! .l  l ',  ハ ∧
       i.    (!v' / .,' ./  /i /l  l !∨.ハ i  i ', ハ
        l   /トヘ/   i /  ./ ,' ./ l.  i. l ',.l Vト   ! i l
         l   / オ./.  l /  / ,'./ . l  ∧', 斗'"_i_.V /! !.リ
.       l  / ,>‐i    l.l イニ/__=レ'  i ,ィ:孑ノ.ハ/ !//
.        l  / //フl    iリl,八弋_レ^    !ヽヾ'" ,'l /
.        l ,' 八、 /',   V             ',    ,' .!
.        l ,'  .\ヽV  ∧            〉  .ハ !      まあ…… 
       i/     >V  ∧           '   /  l
       !     i  V  ハ__.. -‐ァ- 一'   /l.   l      日本は今ヨーロッパでもブームだし(*)
.      i     i    入._/_,.. -‐ '   '¨ ./ li   l
      i      i   r/    〉_> .._  ィ l  l l    l      良質な銀の産出国でもある
.      i     i /〈ァ─‐< _ ⊥  i ¨  i  l l    i
.     ;   _,.iィ´::::::::}'::::::::i ̄___L.  l::\.i  l  i    i      交易相手としては望ましい国ではあるが
.      ,',,.. <\:::::::::::::/:::::::::l   __,. }  ト、:::>.、..__l   l
   /" ̄ヽ::::::::\::::/:::::::::::i  /-- '    ヽ:::::::::::i:::!.   i 、    さて どうしたものか……
  , '     .V::::::::::/:::::::::::::! / l::::::└-、  (:::::::::::::l:::',   i \
. /       V:::::;':::::::::::::::l /l l::::::::::::::::\_f:::::::::::::ヽ:゙、  ',  \
 i         V::i::::::::::::::::::i:::l. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:V  ',   ヽ,.、
 l         V!::::::::::::::::::l::::l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ',   ,、>、\
 !          l::::::::::::::::::::l、:l リ:::::::::`ヽ:::::::::/::::::::::::::::::::::\',  〈 \.ソ:\      (*)天正遣欧少年使節のことを指す
 ハ        l ,l:::::::::::::::::::::l:::!/:::::::::::::::::゙V:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハへ/ヽ/::::::/:\
./ ',   rヘ 冂/:l::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',<  /:::::/::::::::::::::\

919名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:17:15 ID:YCojPrqk
地中海で赤髭の海賊王が暴れるのはもうちょっと後か?

920名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:17:16 ID:AEZQ/r0Q
ああ、>>911みたいな 少年 が送られて来たらそりゃブームになるな…

921 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:17:23 ID:CFhiFAu2
    .r 、∩       ___________
   (ヽ! ` !,rヽ )) /",,-ヘ-、__ヽ
  ⊂、    /   ,,亠7     `ヽ
((   ヽ   l  /          `\
     |   l /  /___ i   __i_     !
      l  `y .ィ'''' / ,ハ  ,ハ`ヽ、ヽ  `!
      |.   i  /ノノ  ヽ/  ヽ、 l  |
       l.   ∨ ,,-‐-、..  ,,-‐-、 ` ヘ ノ
       !  ,,,ハ          `  レリ|    ふがが〜
       `r",,-iiil、           _ノ
        /llllllllllllllヽ. ┌ー-┐  _,‐′
       《lllllllllllllllllry ヽ、__.ノ__,,ィハ
        ヽlllllllllllllハ  /|\  /lllllli 、
         |lllllllリ  y  j  ヽ/ |llllllllヽ
          |llllj  .///λ ヽヽ ゝ |lllllllllllllヽ
       ____  lll′ .`ー┘ --'''  |lllllllllllllll|
      /  ```!|          |lllll!!-''',,ゞ'''ヽ
     (     |           ソ、,,-''ヽ、  |
     │     |           | `、  ヽ. |


             /  ////  /´/</ / / / i ヽ
            / / /ヽ/  ,.代≦、/ヽ / イ / i ',
            // :{ ( /   /  `くバ /´ |/イ/ i i
          // /人 y  /         /ナフ,イ | i|
         /  /  /  /         Kカイ/ イ/リ
        /  / / /  /    ヽ  / .イ//リ
       /  ./ / i  .ハ      `   /
     ,. -―- 、 /  i  /  \    ,. イ 〉 y´ 〉    ん? なんだ?
    /      ヘヽi  i    ヽ イ〈∨{ / イィ' i
   /         |:.i  ト、   / / / | ヽ ´  /     お前たちが日本に行くと言うのか?
  /         /:|  i:.:.ト,  ! i / /!  /  /
  /         /:.|  i:.:.:.:.:ト, ト、 / ハ  .i   i
 /       / 〉:|  ハi:.:.:.:.:.トvト、i_/ ハー-‐〈
r 7,r‐z_ 、  /  /:.:.|:  i:.:.ii:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:i  ハ:::.:.:.:ヘ
ムLi_// 〉/  /:.:.:.:|  i:.:::i }:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:|  iヽ i::.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.:.:.:`く/y::::::::::::::::| i::::://::::::.:.:}:.:.:.:.| iヽ. i::.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:::::::::::::::::::::| .i::://:::::::::::ノ:.:.:.:.:|. i:.:.:\i:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:.:.:.:./ |:::::::::::::::::::::| !://::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.:.:/  |:::::::::::::::::::i/::i !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::| i::::::::::::ノ!:.:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:./ / |:::::::::::::::::::i|:.:i.i.:.:.:::::::::::::.:.:.:.:.i/:::::::/:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:/ /  .i:::::::::::::::::::::::::ii:::::::::::::::.:.:.:.:.:.il_ イ `;:::::i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:i

922名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:17:47 ID:o4MgGBKo
ところが鉄砲保有数はこの当時日本が一番もってたりするんだよなw

923 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:18:36 ID:CFhiFAu2
この時 日本との交易推進を強力に後押しする者たちがいた
カトリック教会の老舗修道会「フランシスコ会」「ドミニコ会」の面々である


            _. -‐ ==‐- 、
          _∠ .../ ̄\   ヽ
        _. イ´   /       ̄`ト、.,_
      /      |      .. :l     \
    ,イ      ../ |    ::::::|       ヘ
   /      .:::::l  .!     ::::::|        ヘ
  /     ./ .: :/ |  .|     ..::::::!   |      ∧
 l   ..::|  _./-┼‐┤   ::::::/|  |  |:.     |
 |   .:::::|</  |   |   ::. :/十‐./、、|::..     |
 |    :: |∨_ィ'テ心、 |  .:: / _!_ノ l\:::.     !
 ヽ   :::::! /.んi::. C} \ :::/ ,ヌ示.、_/ |:: .   /
   Y~\l {l ゝ:こ_ノ     んi::. C} } |:: : /
   .>、( .ヘ    ̄        弋:`ーソ/}/_ス/   ふが ふが ふが〜〜
 /::::::>∧                ̄  / ) }
 |:::::::::::::: 人        ′        ノ/_ノ
 Y、_::::{\へ、  , - 、    _,.イ:: ̄::::}
  `テ不|l  \ >._`ー' _,.. <´ ノ:::::: ._ノ
   〉 /    /::::/ て\/  /fテヲテ
  / /     く_:::::/  ヽ::::>  | |  /   ← フランシスコ会士 ペトロ・バプチスタ
 / /\      ̄    ~   | |   |


それまで日本での布教はイエズス会の独占とされており
ここに何とか食い込みたいと願っていた両会は これを機会とし日本行きの手を挙げた

924名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:19:30 ID:uR2DA0xg
>>922
それは有名な俗説、この当時国単位ならオスマントルコが最大。
大陸ならヨーロッパの方が多い。
日本の鉄砲保有量は神聖ローマ帝国のものよりも少なかった。

925 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:19:33 ID:CFhiFAu2
                      /    /ト ノイ  .: /     `ヽ.{iヽ!
                      i   /{i. イ:/ / / /    :i   ヾi}
                       !  .// .i:/ / /./ / i i :i i i  Y
                     |  ,.イ  i />//.イ /| /.イ: i i:   i
                     ! i :|  .|≠</// イ/イ/ i ム|   |
                       ! ゝ|  .|`弋!ノヽ// /七二ハ// / i i
          _ -― 、  _      i  i !  |       / 弋!ノ ´/ / イ/   いいだろう
   _   ,. ´     / .}    i  i :|  |       !   /イ/
, - ̄   ̄       /  iヘニヽ/  i  :|  |、   _   ´   イ  i |      そこまで言うのなら この話
  _     :/   /   ./  ! ヽ',  _,. 斗  .| \   ニ ´ /::|  ハ|
 ̄    ̄ ̄/   ./   /   ', ヽく::::::::::i  i  \ _ .イi:::::::::|:  |. i      お前たちで まとめてみせろ
      /   ./   ./   ./  } \::::::i  i_   / 〉::::::i  |ノ|
     /    ,イ   /   ./  ./  ヽ:::i  i::::i_  ハ::::::::i   !. |
    /     ハゝ- ク   /   /    i:::ヘ  i::::::::ト、 _!:::::::::i  | |
   i     /  `! ̄`ー :´`ー ´    |::::::ヘ  ',::::::::::ト、i:::::::::::ヘ ! |
   !    /   i:::::::::::::::::::::::::Kヽ、    !::::::::ヽ. i::::::::::::::::::::::::::::ヘ|  i
    |    /    |:::::::::::::::::::::::::|:ヽイ / i::::::::::::ヘ. i::::::::::::::::::::::::::::::i|  i
   ト、./     !:::::::::::::::::::::::::|::::|/Y ./:::::::::::::::::i |::::::::::::::::::::::::::::::i:  i
   `´       !::::::::::::::::::::::::::|::::iノ /::::::::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::::::::/ i i
           !:::::::::::::::::::::::::::i:∧`´::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::-―- イ i  |: |  *フィリピン総督は本国から
          {::::::::::::::::::::::::::::/ ヘ::::::::::ゝ:::::::::::::::::::::;:/::::::/:::::::i | i|: |    軍事・行政・司法の三権を司ることを認められている


ダスマリニャスは翌年にドミニコ会士を特使として日本に派遣するが これは海難事故に遭い失敗

926名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:20:21 ID:ftYAZanw
いとうマンショ
ちぢわミゲル
なかうらジュリアン
はらマルティノ

さあどれが誰だ

927名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:20:36 ID:OobFWkGs
姫様ー!

928 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:20:58 ID:CFhiFAu2
しかし文禄2(1593)年には フランシスコ会のバプチスタが来日し 名護屋城で秀吉と謁見
ただし この時のバプチスタの肩書きは宣教師ではなく あくまでフィリピン総督特使である


                                         _,/        ̄~''ー=ー 、、
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \               / !             >、\ \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ            ,イ .  !         \:...     \ヽ. ',
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',          / /  |     l   .!  ヽ::..    Vl |
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !         //    |  l::..  ヽ__|,_   ヘ::.    i:|/
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|         /.!     |ィ"ヽ:.   l\ `'<_ !:.     l/
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V          | !  //!   \:. | _,..ェェ、\ |:     |
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : |           /|人  !{ ィT'、  ヽノ/ ひ..心、 |: /   リ
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|            ヽ ヽ |{ ト:o;}    {i::O:: } ゝ !/. /V
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((             \` l ヾ_ノ     ゝニノ  //ノ リ
      \_!         '    ! ( ( ヽ)               l    ,         / /,_ノ
        ヽ   'ー―--   /  ヽノζ                ヽ,    --‐┐    //~    ふが〜
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)               > 、 ` ー'   .ィ"∨
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ                > ., イ-‐'"´i,
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )                _ィ^/    __入
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ         _,.. -一'"::::::|  _,.ィ'フ:::::::ヘ
                                       \:::::::::/:::::ノ ̄ /::::::::::::ヘ
                                         >< -‐''"

929 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:22:03 ID:CFhiFAu2
この時 秀吉はフィリピンに再びハッタリに溢れた書簡を送る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !         朝鮮国は俺に屈服し
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V          明国も講和の使節を送ってきた
  < : _: : : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : | 
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|           今後 明国が俺の意に沿わない形で
   厶ヘ ハ          、     {ハ   /⌒ヽ_ノ) ) )
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´      講和が進んだ場合
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|   .|
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!   .i       再度出兵の後 たちまちこれを平らげてやるぜ!
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //   l|
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧\.、_>'´ ノ'´    U
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

930名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:22:43 ID:ftYAZanw
すき放題いいすぎw

931 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:23:16 ID:CFhiFAu2
 .     /  ソ /  / / // /l i    ハ!
 .    ,'  .fフ   ,' / xイ/ / l.l. l   l  ',
 ...   ,'   ヒi    i r==ァ、/メノ / l.!/l l .l i ',
 .     ;  ./`!   i.ハ く.ノ.iヽ/  艾サリ i iハ
      i   l.vi   l    `'    ./ィテ示リ / i. i
 .    i    ト、!  .l        i ` ー'ソノ ,.ィ ノ
     i   l l   i       /  /-イ /   これは……
  .   i   i i.l   l.、   ` ‐-   ./  /   
 .  i   _.i_ l. i   l \.     ,.イ  リ      「これからも仲良くしてくださいね」
    i /   ヾ;:l.  i  \. ,.イ l l   i
   l/       ハ.  l    i` i l l. l  i       という意味だな
  /.         ',   l┐ l l l i l  l
  /        i',  ',:¨Liコi l l. l.  l
 ,'l i          l:゙、 ',:::::::Lマ i l l  l
. ,' ! V       l、:', .ハ:::::::└i.ト、 .i. l. l


しかし ダスマリニャスは この書簡も大人の態度でスルー
日本とフィリピン(=スペイン)との間では 秀吉の求める臣従要請はとりあえず横において
友好関係の確認がなされる

932名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:23:22 ID:oaySmiyA
ハッタリを実現しちゃうのが秀吉の怖さだからなあ・・・・
そのせいで最後のほうはおかしくなってくわけだけど

933名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:24:34 ID:o4MgGBKo
翻訳した人間が穏当に意訳したのか、完全にブラフと思ってるのかどっちだろw

934名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:24:40 ID:i7a2YoBg
>>919
いやもっと前
このころには赤髭の息子も死んでる

935名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:26:00 ID:3PaSmhUU
スペイン、ホントに大人だw

936名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:26:15 ID:ftYAZanw
まあ世界半周以上してるスペインだからこそ、
「この距離渡航して戦力送れるわけねーだろ」って
相手にしなかったのかね。

937 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:26:20 ID:CFhiFAu2
その後 バプチスタはフィリピン大使として日本滞在を許され
秀吉から京に与えられた土地に移る
そして「伴天連追放令」以降 都から撤収したイエズス会に替わり布教活動を開始


                                        _.r -、
                                     ,. - '/   `ー 、
                                    /   /    i   \
                                   /   i |    .l    ヽ
                                  i  .i /i ハ   ハ ィ i  '.
                                  |.  |ハトミ、  /斗ハ.イ  i
     (´⌒`´⌒`´⌒)                     N、 ト代ラ  V 弋フガ/ .ノ
     |        |                      rヘ!   __'__   イィ
     |_______| _         ふがふがふが   ゝ.ヘ.  V    V  ./.ノ
   (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ                      \ ` 、_ ノ /
  (    )  。_ 。 u|)                      _ .>. - イ、._
  (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ  そりゃないでしょ……      /:::::::/ | ./:父:、.ハ::::::ヽ
   `ー´ u ___  ノ                    .ノ::::::::/ ./:/―ヘヘ ';::::::::ゝ、
    \  )\_/ (ノ                    {:::::::::::/  `´__ `´ ';:::::::::::::}
     \_____/                    /‐- ミrュ、´-――- 二ュ-、ニY

*ヴァリニャーノはこの時期マカオに滞在

938名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:26:44 ID:qagFGr2Q
イスパニアは大人だなあ

939 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:27:43 ID:CFhiFAu2
ところで イエズス会とフランシスコ会では日本での布教方法に大きな違いがあった
日本人の国民性を研究したイエズス会は まず上層階級の教化を目指した


     (´⌒`´⌒`´⌒)
     |        |
     |_______| _
   (⌒ヽ  ⊂つ ⊂つ\ヽ     日本人は お上の言うことには従いやすい傾向があります
  (    )  l _ l   |)
  (   ノ:::::::)(_)(::::::|ノ      その点で 彼らは善良であると言えますね
   `ー´   ___  ノ
    \  )\_/ (ノ
     \_____/


キリシタン大名が増えたのは このイエズス会の方針によるものである

940 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:29:13 ID:CFhiFAu2
一方で 清貧をモットーとするフランシスコ会は 上流階級よりも庶民への直接対話による布教を原理原則とした


   /  ,. :: ̄> '  ̄ ̄ ̄¨ ' <: :|
  /  /::::/            ̄ ̄ ̄ト、
 l  /::::/     /             | \
 l.  l:::/      /          l   ヽ
  \|:/        /     /: l    / l  l ハ
   T l       /   :| :/ l: l   ム_l  |. | l
.   l l     l   /l :/__l l   / l 「 l lv
    l: l     l  レlフ   Vl: / ィて.l l: l /
    ' ヘ      l イ  ィ:矛ミ レ  l:::rl !fV       ふが ふが ふが〜〜〜
    ヽヽ    l .lV/l::::::::rl     ヾン l
.     f r\   l l ヾ辷ソ     ,   l___
     \\\__||           ∠::::::::::::::l‐┐ _          ,. ──_,つ          ゚・ *:  : *・
       `ー' ,>、       , ⌒i/::::::::::::::::::::f l ̄ 、 ̄ ̄ ─ --ー ´  ,ィヌ 〉        *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
        /l   ミ ー-  `=く ::::::::::::::::::::::j. l___     _ 、_  ゙ーう′    * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
: : : : : : : : :/\ \   \/、 l l::::::::::::::::::::::::::/-┘      ̄ ̄ ̄     ̄      。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜
: : : : : : : /::::::::::::ヽ. \   /ト、\l レ―――‐'                         ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
: : : : ://:::::::::::::::::::ヽ \/l.:.|:::\\                              (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
: : / /::::::::::::::::::::::::ハ   |.:.:|/ .`イ                              | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
/   f::::::::::::::::::::::::::::::i  L__l    |                               u-u (l    ) (    ノ u-u
    l:::::::::::::::::::::::::::::::}          |                                    `u-u' `u-u'


バプチスタも この会の方針に則り布教を行い
そのため 秀吉の目には あまりその活動が留まることなく しかし確実にキリスト教信者の数を増やしていく

941名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:29:16 ID:ftYAZanw
イエズス会だと「死体のように従順に」とか言っちゃう、半ば僧兵集団だものなあ。

942 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:30:36 ID:CFhiFAu2
                      十                           /~` ー-- 、.,_
                      |                         _,/        ̄~''ー=ー 、、
                     ,.!                .....      / !             >、\ \
                     / iヽ                .    ,イ .  !         \:...     \ヽ. ',
                   ∠___i__ヽ                .   / /  |     l   .!  ヽ::..    Vl |
                    |iiiiiii|iiiii|                   //    |  l::..  ヽ__|,_   ヘ::.    i:|/
                    |iiiiiii|iiiii|                  /.!     |ィ"ヽ:.   l\ `'<_ !:.     l/
           , -―――一 ''''iー一,大                .   | !  //!   \:. | _,..ェェ、\ |:     |
         /           ,/三\              .   /|人  !{ ィT'、  ヽノ/ ひ..心、 |: /   リ
        ∠_______,,/三三三,\           ....    ヽ ヽ |{ ト:o;}    {i::O:: } ゝ !/. /V
         |三|[]|三|[:]|三|[::]|三|三,/\,三|           .....     \` l ヾ_ノ     ゝニノ  //ノ リ
--――''''''"^''|三三三三三三三三|三i|[]|[]!三|ー-――      _          l    ,         / /,_ノ
"'i、ー-  ,,_ ,,~~~''''''~~~~~~~''''~~~'' ' ´ `''''''"~~     ~~   ふが〜♪      ヽ,    --‐┐    //~
                                                 > 、 ` ー'   .ィ"∨
                                                    > ., イ-‐'"´i,
                                                    _ィ^/    __入
                                              _,.. -一'"::::::|  _,.ィ'フ:::::::ヘ
そして文禄3(1594)年                                 \:::::::::/:::::ノ ̄ /::::::::::::ヘ
バプチスタは 増やした信者と共に京に聖母マリア教会を建立          >< -‐''"  /:::::::::::::::::::::ヘ
以降 布教活動を大っぴらに開始する                       /        /::::.:.:.:::::::::::::::::'i,

そして幸いなことに この時期の秀吉の関心は我が子・拾のことのみであり
さらにその後も「秀次事件」「日明講和」等に忙殺される秀吉の頭の中からは
キリスト教のことは すっかりと抜け落ちるのであった……

943 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:32:29 ID:CFhiFAu2
慶長元(1596)年 冬
筑前名島城のやる夫に上洛命令が届く


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))    一年ぶりの上洛だお
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

944名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:32:34 ID:ftYAZanw
良くも悪くも秀吉政権なんだな。

945 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:33:48 ID:CFhiFAu2
          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |    喜んでいる場合ではない
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!     日明講和が決裂となった今
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/       太閤殿下が
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′        「唐入り」再開を決意する可能性は非常に高い
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',  ← 山口宗永
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ     そして その場合
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′     小早川家に出兵命令が下るのも
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、       まず間違いないな
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::      ← 平岡頼勝
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

946 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:34:40 ID:CFhiFAu2
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   やっぱり そうなるかお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



            -‐   ̄ ̄ `丶、
         /           ヽ
           / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧     ま そのための準備は
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│     殿の上洛中に
          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八     バッチリ整えておくわね!
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
       / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
.    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
    //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
.    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
     )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
              /  /  |  l
                /  /   .|  l
             /` V   l  .,′  ← 稲葉正成
             `ー'′   ├-/
                    ̄

947 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:35:37 ID:CFhiFAu2
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \    ……頼りにしているお!
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂    まかせて!
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー  そのために わたしは
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ       ここに来たんだから!
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

948名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:36:13 ID:3PaSmhUU
準にゃんたくましい

949 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:37:09 ID:CFhiFAu2
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   正成や頼勝が家臣となってくれて 本当に助かったお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



       ____       二人がいなかったら
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    とてもじゃないけど ここを離れるわけにはいかなかったお
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)    |   もし そんな状況で上洛命令が下っていたらと思うとゾッとするお
  \     ` ⌒´     /




               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:U.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′    まったくの同意……
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |

950 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:38:03 ID:CFhiFAu2
                             _,. --─- ,_
  それじゃ 行ってくるお!          -''テ''´  _     ヽ
                  ,ヘ        ,r'ァ' ,r// , ,     `!
      ____      / /       ´ ' /,'/_ィ,イ ! |   |  ヽ
     /\  /\   / /         l1,l ハ.、`|/| /トィ._|   |
   /( ⌒)  (⌒)\/  /         〃 l lュ}  ', -、.V/ / |
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    .       l| l  '   5iツ  ノ ハ|
  |     |r┬-|       |            ヽトlヽ`   /,.-シイ″   後はよろしく
  \     ` ー'´     /               `¨仁'-'ユ、
  /          \               ,r=ニ.ヽ、  l
 /             \           _,.. イ   ヽ`、 ヽ
/  /\           ヽ         f-r'/|     l |   |
 /   \          ノ         | !′|    | |___{
U      ヽ        ノ    .     {|_」 |    ,L. -¬リ


ここで 新生した小早川家の家臣の状況をまとめてみよう

951名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:38:47 ID:kVJrlUn.
フロイスなんかは仏像燃やして

「悪魔の像を叩き壊してやったぜヒャッハー!」

と意気揚々と報告したりしているがなー

952 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:40:04 ID:CFhiFAu2
筆頭は やはり山口宗永である
ただし宗永は 小早川家や筑前筑後と言うより やる夫個人に付けられた家老であり
いずれは やる夫の下から独立するのが既定路線である


         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ               ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ             /     、    、 \
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ           ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\ .        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}         //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ          ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N           ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|           、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ           /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/           /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/          , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
            \! V厶|>ー <レ_'/ //          / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
              , '´/ノ      L、 /          , '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
               ,.-'   | ___._   | `ー、        .   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_        |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/


宗永に続く家老格が稲葉正成
正成は 内政・軍事を含め小早川家全体を差配することになる

953名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:41:39 ID:ftYAZanw
個人的な参謀と、
家の差配のトップか。

954 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:41:44 ID:CFhiFAu2
平岡頼勝は 正成に準ずる地位で 主に内政を担当
さらにその下で 堀田正吉と杉原重治が これを補佐する
なお正吉は 後に稲葉正成とその先妻との間に生まれた娘を娶ることになる

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i                            \ {ヽ   /     \:ヽ                ,、__
           | |,,_   _,{|                             \ヽ\           }: }               /ヽ   ``ヽ
          N| "゚'` {"゚`lリ                        __ ... - ー≠ : : :  ̄ ̄: :> 、  l:ノ              // ̄' ̄ ̄ヽ.\
             ト.i   ,__''_  !                      , イ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : :\/               `i |,_, ,_,、 i .>
          /i/ l\ ー .イ|、                    /: : : :__/: : : : : /:/^/`ー―rv: : : : : : :\              ト|,:ニ/ヽ二|'ー!イ.
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、              /-‐   /: : : /: / / /     | |: : : : : : : : :ヽ              | ̄,.レ,..、  )7
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.                /: : : : / : 斗メ、/     l│:j: : : : : ヽ : ハ              ! ''===i  /'.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i                /: : : : /: : :/|/ |     /'T7ヽ、: : : :| : : }              ヽ `! !' ,//\_
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |               /: :, イ /: : :/ .ィ=ミ     /  |∧ : : : : : | ',: :|          _,―イ>`'´‐< /  \_
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \             |: / |: |: : /〃ィ心      /  V: : |: : |: :∨        _/ _/  /`―「_!―'./  /   `―::、
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |/  '|: | : ハ |v:爿    _   V: :|: : |: : :\      _/ |i   |  ///' /  !_      \
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ______          ∠Ⅵ/( } 込V    三ミx  | : j : ム: : : : ヽ     ノ  | i  i'  ! | | /  ・'/ i'    イi
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                     / ァ^).:.:.:.        ヾ> | ∧:/: :\: 「      >  | |  |  | | | /   /===i |    /|
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -     /´  ̄ ̄7´_.ィ个 、   ー'ーr  .:.:.:.  j/-j;': : : : :ヽ     「   | i  | | | レ'  /    :|      |
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /      /      / } } レ'   />.、 ー '    <「 : |\: : : ヽ: ハ     「`i  | ヽ  | フ  /     |     ノ
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   .      ′      ムー'  |   , -=≦厂´ 「ヽ : |∧|  \: : |\}    iク `i‐|  \/ /┌::..、 ,‐、」   、 !|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /          }   ヽ    |    ムイ    /   /  \       ヽj      ト三∃|  / / _コ \\\     |
_______l       -ヾ ̄  l/              |   ○ー‐、」  /{ Vハ   / /       ヽ           !\コ'./ / /  E==  ) ヽ !     |

                                      ↑ 堀田正吉(小早川隆景の元家臣)         ↑ 杉原重治(丹波亀山からの家臣)

955 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:44:50 ID:CFhiFAu2
軍事面では 実戦部隊のトップとして松野重元が抜擢される
秀吉のお気に入りである重元は 宗永・正成・頼勝を含めた他の家臣と比べて
ある種の別格な存在であった

            -=≦ ̄`ヽ
                   ≧x: :v'⌒ヽ__
           ,. ´ : : : : : :Y´ ̄jノ: :` 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          /                   ヽ
       /j : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.      //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
.      __//:. :.: : :.:/:〃:/: : : : : ヽ: :.:ヽ: : ヽ: : : : ヽ: : :.
   /:.〃: : : : : /j/ {∧ : : : : : : ト、: :ハ: : 八: : : :.|: : : .、__
.   /::::::::{{: :〃: : :レ──\j\廴j L}┴く  |:.: : :|: : : : : : \
  ヽ(_:::::::V {: : : :l ィチ仔        ィ=≠x. |:.: : :l: : :.}\:ヽ:.:}
    {::::::::_::ヽ:.: 代 込zj        込zソ)}│: :./: : /:::::::Vj/
     \( {:::::::\              `¨´   ノ: :/:.:/::::::}ヽ}     なんてったて羽柴姓だからね
        \:::: {       '         ∠_,.イ//j/
         `¨ヽ    、 _ ,      イ≦_/
              \           , ´
                 i      ィヽ⊃
              __|  `¨¨´  Vユ_
            {: :./         〈 ノ
                ノ:./         ', ヽ
         ,. /: :.i       ___i: : :',    >‐
        ‐<  {: :.:.|`¨¨´        |: : : r=≦彡′ヽ
     /    ≧│: :.r元元元元元元」:.:. :.|`¨´
.    /       .|: :.:.|             |: : : |          ',
..   /  ′   \j ,x个ー-  ___  -‐'`ー-、ヽ  、 ヽ__ノ
.   〈  /      l: : : : : : : : l:.♂:|: : : : : : : :.レ′  }__}
     Y  __}   │:.: : : : : :.:.|: : : |: : : : : : : :.|  .r┘ }
      ̄{ 廴人_. :.: :. : : : :.:l:.♂:|: : : : : : : :.L_」  ,'
        ',    ヽ. : : : : : :|: : : |:.: : : : : : :.j´ ̄      ← 松野重元(丹波亀山の元代官)
        ',     `r┬┬┤♂:r┬┬─y     l

956 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:46:46 ID:CFhiFAu2
村上吉正・河田資友も実戦の指揮官として足軽頭・鉄砲頭に また槍の名手である曽根高光・村山越中の両者も同様に任命される


       ∠⌒Yン´  `¨¨´  ̄ ̄`ヽ/`ヽ_ヽ
      /´  ̄  . : : : : : : : : .`丶、〈ム、__               ⌒ヽ〉
  , -─|   . : : : : : : : : : : : : : . ヽ   ̄`ヽ、          . -―‐-  .
 〈 _ _ |   . :  :: .:: :.: :|: : : :|: :.| : : : : : : |      \      /           \                ,、 ,ィ __
  、\ : : | . : :.:.|: : |:.::|: :|: : : :.:|: :.| :l: : : :  : : .: : L_ _ _   \    ./   ハVV∨VVlハ. `、   ☆       -ァトー'.:.:.:.:´.:<_
  \\:.|: : :.:l: :|: : |.:.:|: :|: : : :.:|:.: |: |: :.:i: :  : : : |: : : : : : :.`    /   ,′ / ・    ・   ',  i          ≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<         ,..-──- 、
    \ | . :.:.l: :|,ィ┼┼メ、: : : :|:.:.T:T メ、: : : : |: : : : .    /    { i i     ワ    i  |        く^イ.:.广7⌒´^ヽ'ヽ、{:くヽ、      /. : : : : : : : : : : :\
     1. : :.:l: :|:|Ⅵ _|ハ: : :.:.:ト、 | 」:ハ:|: :.:l: : : l: |      /      Vl ヽ           , rゥ.        /.:Y.:{ '⌒    ⌒ヽ|:.廴∧     /.: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ∧. :.:.:l: :|:レィ=そミト、.:.:.:| 彳〒メ、: :l: : : l: l _ _ /        /\__>        ,.イ// l        .'.:.:∧;|        |:∧.:.:.|     ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
     〈 ∧: : l :ハ〈 1。l:|   \|  |。1:} ハ/.:.:.:/:/ノト、           /,  ..:::::>‐--‐<〆/  ヽ      |.:.:.|Y` ≡≡   ≡≡レヘ|.:.:     {:: : : : :i -'  ゙ー i: : : : :}
     〈/∧: ::l::l:. | ヽりソ       」りソノl/.:.:.:/:/: ヽヽ\         ノイ ..:::〈 ̄{二口二}./::::..   \     |.:.:.|ヽ、i    j     i_ノ|.:.:     {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
       l:| ハ . l.: |     ,      ¨´  l.:./l/ }:l:.|: ||」|」         |:::::i:::〉/:| <,ノL> |::::::::::ヽ::::\_>   |.: 弋 {u   ___   }  }:ィ      .{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;!
      l:|:」 ヽ.:.:ハ              l/: _ノ :l.:|: |           |:::::l:〈〈:::j      〈::::l:::::::l\:::|      ヽ八{ ` ー 、_, - ´ ,ノイ      ヾ: : : i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
          ヽ| :ゝ、  「 ̄`l     /:/:.:l: :!|.:{           .\ハ:::>'      ∨:::l:::|  iノ           /}  ,{^\          .ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
           ノ:ハ.:ヽ、 `ー '  ,. イ: : /: : l: :ハ|ヽ|             /           Vノノ         , < ̄{ィ^ヘ/ィ^ヽ/ ̄>、      __ィrlニ` ー一'´二 |二=、
          l/ ハ: : :.`ニニニ´ __⊥:/l:/l:/:/               .〈           ヽ         /        }        i     〃ヽ、_=--,-|_ :::::::: !:::|  ! ヽヽ
   /´ ̄ ̄`ヽ      /Y^Y´   `V ′′ ,. -──r‐ 、        `‐ァァ========ァァ'′        {         |o         }     / |::| .|::,i":::::::``)l/|| .|:::::: !|
   |      `y'´ ̄ | /.只|     /´ ̄`y'´        |.:.::|   ...........__(/____〈/__...............    }ヽ.       │      | {    ヽ_|__L,-| lア丁 ̄了`ー=ニ' |'/
   |         /     | /(  )|  ,. イ     /         /.:./       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

            ↑ 村上吉正                      ↑ 河田資友              ↑ 曽根高光            ↑ 村山越中

957名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:47:39 ID:ftYAZanw
毛利色はほとんど失せたね……

958名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:48:05 ID:uvyn8ogc
でもなんか違う色が出てきたようなwwwww

959名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:48:47 ID:QVopq2VQ
>>924
一応ソースは出そうな。それじゃ片手落ちだ。

960 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:48:51 ID:CFhiFAu2
柳生宗章と伊岐真利は 平時はやる夫の警護役となり
戦時はやる夫と宗永の下でその近習を動かす いわば親衛隊長の役についた


            \ヽ  〃 レ'::::::::::::i{ノ::::::::::し'::ヾ_ノ'v、_
           i  /ヾ、>-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::じ 7    こんなやつ 柳生谷にいたか?
        |   )、| V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L
     | ヽ!`レ '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               ヽ\ 川 //:〃L
     | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (_             ヾ ヾヽ彳! i 〃 . .: :≠彡
    、レ':::::::::::::::::::::::::::,/,;: /N、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ            ミ斗ヽ\:::..    / /㍉彡
     )::::::::::::::::::::::::::ト    ヾ}:::::::::::::::::::::::::::::::::::,へ、:::::::::::::::::::::::::(_            三二   ミ  彡    =≠
  ミ∨ :::::::::::::::::::::::::::|ヽ\、  }::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,ヘヽ:::::::::::::::::::::::て           ≠= 井   〃 ミ   二 三≡
 \ヾ::::::::::::::::::i::::::|::::::ト   |{  ~ =ミ彡、::::::::{/     ヾ::::::::::::::::::::ヽ_           彡〃彡./ / I ヽヾ   ..:: ミ
   >:::::::::::::::::{ヽノ / _ -¬         三〃      }:::::::::::::::::::::::{             彡〃//I 川 ! !\ヾミミ{
 〃⌒>:::::ト、::ヽ   /::::::/    u  ///   勹  /人:::::::::::::::::::::>             彳 卅 !!.|| ミ ル"゛
   / / | ヾ   ,ノ:::/  , ┐    ' "     T   l `ヽ,、::::::::::::::Σ                 ゛|| '
   i{ i{ ル   /::::r' 、 / ( ソ゛          (_ ノ    YY´ヽlへ                  ||
   ヽ ヾ  !  ミ三  )L 〃                 「 ヾ                    ,、      ||
        ミ、      ~                 Ξ|!  ヽ、           <\    ,ノ  ヽ、   / 7
          |___                 三|  i   ____     ヽ >' ´     `\/ /
          |       u         , -====ー".::::::::::::::::::::      Y          Y||
          |               __/:::::::_、::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;_        |   __  ル __   !||   細かいことは気にすんな
         ノ    __,        u Z:::::::〃三{ i!三三三三彡        ヽ  `   ´   / つ
         ヽ_  -¬_  _  ―、   从ii彡三三{ }三三三三ミ} /        > 一===ー </||
              `┐      _ -彡 三三三! 1三三三〃 /三      く /       ヽ. ||
                  └ 、    〃、 ヾ三三三ミ! |三三三/ /三        Y        〉
                 |   〃三ミ、 ヾ三三三{ |三三〃 /三三        〉       〈
      柳生宗章 →   ヽ 〃三三ミヾ ミ三三ミ{ }三i〃 /三三        /   rー― 、  ヽ.  ← 伊岐真利
                 /三三三三ミ、 >三三L !三/ /三三三       L_/     ヽ_」


このように 現在の小早川家は新参が上位を多く占めており
その意味で「毛利両川」としての小早川家の役目は 既に終わっていると言ってもよかった……

961 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:51:26 ID:CFhiFAu2
ところで 上洛といっても現在の京では新伏見城の普請の真っ最中であり
今回の行き先は大坂城であった
やる夫たちは 博多より海路を利用して大坂入りを目指したのであるが……


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ        沈むな 沈むな…… 沈むなお……
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


            __/::`ヽ-::‐:-.、_
     /`::/´::ヽ:/: : : /ヽ,ィ'λ::`ヽ、      やる夫さん どうしちゃったんですか?
    ノ: : : : : : : :| : : : ::: : : :(_,j:::ヽ::ハ,ィ':":ヽ、 
   /: : : : / : : : :| : : : i::: : : : : : : ::ヘ/: : : : : | .         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
  /: : : : :/: ::/: :;/|: : : :i:;λ: |: : : : |::|:: : : : : :|       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  /: : : : :/: ::_|_,ノ |: : : |:iヽ|、|_: : : :|V::i: : : :|::|      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 
 j: : : : : :| : :/|/  |: : :;リ  レ' ∨:.: :|)::|: : : :|::|.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
 |: : :|: : :|: :ハ ● ヽ、/  ● ∨::;| |::ハ:: : :{リ  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
 ヽ/|: : :|:/::ハ        !il!| /∨j |:| |: : ::|    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.U.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
   ヽ、|:::::::::j、    __    ,/: : :;/ リ :|/ヘ:{ .   |:.:':.:.:.:.:U.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
    j/|::::::::| `>‐-´='-‐ ´/: : ::/      .   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
      ヽ:i:|ィ'   |-‐-/ j;/}/ ヽ、        V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!::u:::ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
       ヽ|\.   | /  //  `,}         リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ::::::::::::::::ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
       { \\  |/ // /   /          ヽN:.:.:.:| ー‐'::::::::::::::::::ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
       |ヽ {\\ //} /   /            l∧:.:.ヽ   '_  u  /:.:.// '′   いや 昔 ちょっと……
       }`、 `‐-,  、-‐' /   ,/j              \:.|` u _,..__ .ィ ./:.:./ー、
       〈   |/ λ`ヽ./   /:/                `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
       |   jヽ,/ \./   /:: {                /′ /三ミ 、///     ヽ
       }ヽ  |    /   /::: |               / .′ /   `y ´      ヘ.
       {   |──/   /-─:{              ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉

     ↑ やる夫正室 古満姫

962名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 22:53:00 ID:3PaSmhUU
トラウマ再来w

963 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:53:07 ID:CFhiFAu2
もしもこの時 やる夫たちが陸路をとっていたら
その道中で とんでもないものを目撃したかもしれなかった……


     ,.-,.‐ァ.、__.. ..,,__
  ///       ̄`iヽ
 . l //   // /     ハ
 . ∨ l   // /_,,../l.ハ  l ',
  l ヽ   /千夭 ノ lノ i ヽ!l i
  i /¨V / レlノミ   ヒハ. i
  ヽL_ ∨ ./f\ニi     ,ィゥijル'
   \!、 . (__)-'    i‐<i
     lヘ.   _    `フ   ふが……
    ガ \ (_,.`ニフ ィ
   ,「 `丶、`i ー ''" _>`ヽ.
  /\    l\  lニ   !

964 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:54:36 ID:CFhiFAu2
さて 9月2日以後の秀吉とその周辺の様子である


        |\        /|                                      .|\       /|
        |  \──< |       /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',         |  >──/  」
    ♪   レ        |ハッ     /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !    ハッ  │        丶 ♪
       / (●)   (●)', ハッ    |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      ハッ │(●)  (●) . │
       |    ト--イ  |       |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V        |  ト--イ    .│
 ____      !::::::::!  ノ      < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |         ヽ、 !::::::::!    ノ____
 ヽ___     `ー‐'  \      <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|         /  ヽノ     ___/
       /       /ヽ <      厶ヘ ハ         、     {ハ/ V           〉 /\    丶
      /      /    ̄         \_!      _ '     !              ̄♪   \    丶
     /     /    ♪             ヽ    /  `t   /                     \   丶
     (_ ⌒丶..                ___,r| \  {    / /                       /⌒_)
      | /ヽ }               /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´                        } ヘ /
        し  ))            /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、                       J´((   ← 宗義智
          ソ  トントン       /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、              トントン     ソ


日明講和の交渉決裂後 斜め上の方向に覚醒した宗義智は その責任を全て朝鮮国になすり付けた
秀吉も諸侯の手前 この講和失敗を糊塗するため この義智の釈明を受け入れる

965 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:56:55 ID:CFhiFAu2
秀吉は 朝鮮半島への再侵攻の道を模索し まずは加藤清正と小西行長に名護屋城入りを命ずる
しかし 行長はもちろんのこと
帰国後 一時期の熱が冷え切ってしまったかのように 清正にも「唐入り」への情熱は既に失われていた


.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ             //// /、  ヽ \ \ \
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',          /// ./ / i ヽ  ヽ ヽ  ヽ ヽ
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!.         / / / / /  .|  |  ヽ   |  |   ヽ、 ',
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l        ./ /./ / |   |  .|   ヽ |  |       '
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l       〃 | | |  |   |   |    |. |  |       |
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|       |  | | |  |   |  |   |   |      |
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !       |  | | |  |ヽ  ヽ | ヽ   |.   |     |
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ        |  |人八_ルヘ、j乂___ト、 |          |
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!        |  | /7テマ     ̄7テマヽ|  │ii!|   | |
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!         |  |ヽ,辷;}     ´ 辷}j |!   | 〉.|   | |
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ         |  |l                |!   レ |   | |
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ          |  !l    、.        |!   |  |   | |
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/          |l   ト、              |!   |  |   | |
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://           i!   i \   匸>      イ!  i|i. |   | |
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/           |!   | | |i \ `    , '  |!  /|  |   | |
加藤清正 → rー''"´ト!::i{\       /  / !:/            |!   | | | i `ー '    l!  ハ |i |   | |  ← 小西行長
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/            ト、  | i人j|i!   ヽ     |! //V|i |   | |



また行長は まだ完全に講和の成立を諦めていなかった

966 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:58:04 ID:CFhiFAu2
10月
帰国の途につく朝鮮国使節を追いかけるように名護屋城入した行長は
朝鮮国王子または名代の来日を使節に要求する

    ,. -― ' ̄ ̄`ー- 、_
 ,. - ´l l l | ヾ、l ヽヽ、 `ヽ、
   l l | || |  ヽl l  トヽヽ ヽヽ
.   |! 〉',! | |  ヽ!  lヾ\\\`ヽ、
   | /ヽヽ.| |   |ト、 トヽ ヽ、ヽ\ヽヽ
.  |/  ヽ ',. |l  |l i !、lヽ、 ト、ヽヽヾ.ヽ     お願い! 形だけでいいの!!
.   |!   /ヽヽ |!  ト、! トヽl !| l| | ヽ ||、ヾ,
  |! / / ̄ lヽ|', |',リ l | | レ/_| | ヽ |ト. l    王子の来日さえ実現したら
  | | / /⌒ヽ=lヽノ l ノ  ,r|ノヽl |トl l .|!l |
  | |' /l  (::)|´ ,     、 l (::)|`|トl | | | !    戦争の再開は必ず回避させるわ!!
  ト |ノ i ̄ー⌒`´     ´⌒ーつ',l | | |
  | || i        ,.  )    ゚|l 。l | !
   | | i              |l  | | |
   | | i     /二二l}    |l  | | l、
   | |i_,     レ―‐-、::|    /|l  | | lヽ、__
  、 | |、     ト、__ン!   / リ|  !|ノ-ー'´ /`ヽ
    | |\   `'ー一 '′ // ヽノ / l /
   | | ト、! ヽ、  `ー  //  /  l l l
.  ヽ| l | l\  ` ー-- '´/´|   /   ',l l!
    ヽ、ヽ! ヽ、    /   \ /    ',/',
  ヾ ヽヽ ヽ   `   /    /     ヽ ヽ



  ∧ー―=‐一∧    lニl二lコ
⌒ヽ/    l   ∨ヽ     |誉|   A    んなこと 俺たちに言われてもな〜
  ノ、___人_人 `l /⌒, `l´ ⌒<ヨ
 ̄  ヽ ΞωΞ/ /フ( <ヽー'ー'ヽ ノヲ

 ↑ 朝鮮国使節(実態は下級役人)

967 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 22:59:18 ID:CFhiFAu2
11月
朝鮮国使節は漢城に帰還し行長の要望を伝えるが……

          _
       , - ' /|
      r'   / |
     ,i'. -‐´ ̄~`-、
   :,;" 八        `;、:
   :/  ⌒       '; :    日本も 明も……
  :|   (_,/ヽ、)(___ )` :
  :|    (__゚ ノ i゚‐、ノ ィ :    どこまで わしらを馬鹿にすれば気が済むんじゃ!
  :| (    c___) `) :
  :|  i   _/ r'   |:
  :|    (/  ``i  │:
:─ |`〜´ `-、, '`─'`、,へ.|─:  ← 朝鮮国宰相 柳成龍(ユソンリョン)
  ` ̄ ̄ ̄ ̄^──^ ̄


使節が秀吉への謁見すら許されなかった事実に朝鮮国は激怒
また朝鮮国内の王位継承権問題も燻っていたこともあり この件は無視された

968名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 23:00:38 ID:OobFWkGs
次スレはだいじょうぶかい

969 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 23:02:12 ID:CFhiFAu2
だが事態は朝鮮国にとって深刻であった
問題は 老いた独裁者 秀吉の変心である
当初は 諸侯への建前として義智の釈明を聞き入れた秀吉であったが
時間の経過とともに やがて本気で朝鮮国に対して憎しみを抱くようになってしまったのだ

              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    朝鮮……
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|    この俺を虚仮にしやがって……
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|:::::ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´::::::::::::::::::^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/
         ゝ;八      ;      /イ
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l


そしてさらに秀吉の神経を逆撫でするような事件が土佐発で起きてしまった……

970 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 23:02:57 ID:CFhiFAu2
キリがいいので 次スレ立ててくる

971名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 23:05:23 ID:sQZtXmiM
>>967
日本と明からすれば、なんでそうも頑ななんだ、と思ってるだろうな。
戦争再開になったら、全土が焦土化するかもしれないのに。

972 ◆fFI82Sjg3c:2010/02/20(土) 23:05:39 ID:CFhiFAu2
↓ 次スレ

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1266674682/

973名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 23:10:36 ID:ftYAZanw
乙。
さあ移動。船で移動。

974名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 23:11:17 ID:o4MgGBKo
馬鹿にすればって、馬鹿にされるような対応しかしてないんだから仕方ないよな、朝鮮は

975名無しのやる夫だお:2010/02/20(土) 23:53:34 ID:vIN4Xnv6
>>881,886
二人とももうその辺にしておこうな。

976名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:13:54 ID:QItzx6pU
>>974

侵略戦争の被害者とはそう言うもんでは?

977名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:15:58 ID:.Z097eCY
>>974
朝鮮側がそういう対応しかできないという国情を、
日本は理解していない、明は理解していてガン無視ですからね。

978名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:24:02 ID:IiBQGPfw
ふう

979名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:24:07 ID:WJCUVvdo
理解されるような努力を朝鮮側がやっていないようにも見える。

980名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:27:58 ID:.Z097eCY
>>979
だからそこまでダメな状況ということを、理解させることも出来ないほどダメな朝鮮。
情報収集もしていなければ、集めた情報も行かせない碌独裁者の日本。
そして全て分かっていながら、朝鮮なんてどうなっても良い明という図式。

981名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:33:41 ID:DWegFsxU
日本は勇者が世界を救ったと思ったら実はゾーマだったでござる な状態だからなぁ

982名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:38:30 ID:.Z097eCY
>>981
中国は既に政権末期、
日本は新しい政権が立ち上がりからグダグダ、
朝鮮は今も昔も死に体。

この時代にスペインが元気だったら、
イギリスやオランダの繁栄が早く来ていたら、
東アジアこの時期やばかったよな。

983名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:44:53 ID:WJCUVvdo
イギリスとオランダはどうだろ。
結局、鎖国していた日本に大砲外交しにやってきたのはロシアとアメリカだしな。

984名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:51:04 ID:S4Yp302g
この時期じゃあスペインもイギリスも東アジア侵攻は無理でしょ。

あと中国の万暦帝時代は、変な言い方だけど、皇帝がどうしようもないニートだった代わりに、
その下の政府自体は割りと安定してはいたのよ。もちろん内実はかなりアレだったけど。
でもそれを覆い隠していられるくらいには世の中は落ちつてもいた。
積もりに積もった社会矛盾が噴出するのは万暦死後のことで。

985名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:52:41 ID:.Z097eCY
>>983
ロシアは開国の時は大砲恫喝外交していない。

>>984
うん、だからこの時期無理で良かったねと。

986名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:55:51 ID:ClZ6IH2U
一方的に侵略してきた輩の名分を立てる形で講和なんて常識的に考えてあり得ないよw
それに、朝鮮が断固として講和に反対したのは清正との会談で、明の沈が、朝
鮮に内緒で、日本の講和派と朝鮮南四道の分割なんて話までしてるのを知ったから。

別に朝鮮に落ち度はないと思うけど。

987名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:56:26 ID:ahZwTqEM
風雲児読んでる人には既出的だけど、ロシアの場合最恵国待遇を相互にしてるしね。
比較的紳士にやり過ぎてペリーにも出し抜かれたと見たほうがたぶん近い。

988名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:57:15 ID:.Z097eCY
>>986
この件で朝鮮を叩くのは気の毒だと思う。

開戦時や戦中のグダグダは、全力で笑いものにして良いけど、
この時期は同情するしかない。

989名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:58:02 ID:.Z097eCY
>>987
しかしアメリカと日本以外の国では、
日本の開国の手柄は、プチャーチンという扱いになってることが多い。
欧州人のアンチ米国意識もあるんでしょうが。

990名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:59:01 ID:ClZ6IH2U
日本が笑い物に出来るかどうかも怪しいけどね

991名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 00:59:04 ID:SMZdDReo
>>704
これが引っかきまわせるだけ引っ掻き回したと

992名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:04:16 ID:WJCUVvdo
>>986
お前はデーンゲルドという単語を知らないのか?
一方的に侵略してきても、この時代は「弱い方が悪い」だ。

993名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:05:43 ID:kIg1hUBg
ロマノフ朝は欲望にえげつなく、同時にお人よしw

貪欲にかつえげつなく領土を広げつつ、比較的外交は誠実。
WW1のとき馬鹿正直に本気で戦争してたりw たいしてロシアに特にならんの分かってるのに

994名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:11:45 ID:ClZ6IH2U
>>992
で、>>986に対してそんなレスして、結局何が言いたいんだ?

995名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:12:19 ID:WJCUVvdo
>>994
「別に朝鮮に落ち度はない」という議論は意味が無いといいたいんだ。

996名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:14:27 ID:WUXp1e9Q
次スレにもちこまんといてね

997名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:15:16 ID:S4Yp302g
目的を「戦争を終結させる」という視点に立った場合には、確かに朝鮮の対応は失敗というか落ち度ありと見做されても仕方ない。
外交目的を達成するために、相手の顔を立てる、というのは当然の政治行為の一種だから。
感情で許せないという気持ちは当然だが、外交交渉を成功させたければそれは抑えなきゃ。

998名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:19:07 ID:ClZ6IH2U
そもそも朝鮮は講和自体の打ち切りが目的なんだが。

999名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:19:27 ID:.Z097eCY
>>1000で、この話題は終了しような。

まあ一番勝手なのは、明だよなあ。

1000名無しのやる夫だお:2010/02/21(日) 01:22:15 ID:ClZ6IH2U
>>986に書いたように、朝鮮に危険性のある講和を打ち切るという目的を掲げているから、
日本との妥協なんて論外なんだよ。

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■