■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その15【募集中】
1名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 21:18:29 ID:8aDjVioU
ここは作者さんから依頼を受けたスレを評価したいという方が評価する場所です。
基本的には依頼された作品(過去に依頼・評価された作品でも可)を評価することにします。


評価を依頼したい作者様は、
  ・作品名とその作品のアドレスを書いて下さい。
  ・出来ればどのような方針が良いか(甘口・辛口等)もあればお願いします。
     ※この辺りを具体的に表示しておくと評価する側もやりやすいかも?
  ・話の流れで自分の依頼が忘れられてそうな場合は正直に言いましょう。
  ・評価されるまで時間がかかることがありますが(特に長編)、ゆっくりお待ち下さい。
  ・評価人はあくまで一個人として評価をしています。
  ・一度評価してもらった作品に再度評価依頼するのもオッケーです。
   以前もらった評価への誘導があればなお良いかもしれません。
  ・評価依頼の際には、酉などで自己証明しておくと評価人も安心して評価出来ます。
   酉をお持ちでない作者様は、IDが変わらないうちに依頼すると皆ハッピーです。
思ったような評価ではなくてもあまり気にせず、あくまで参考程度とお考えください。
評価が散々でも気にするなよ。君ならきっと良い作品が書けるさ。


評価をしてくださる方は
  ・作品を少なくとも一度は読んでから評価する。
  ・辛口依頼をされていない場合、辛口は遠慮しておきましょう。
    ※あくまで辛口評価であって、悪口にならないようにしましょう。
  ・評価の仕方は基本的に自由です。気軽に評価していってね!!
以上を心がけましょう。
また評価人評価はここではご遠慮ください。


評価人随時募集中。1作品のみ評価とかOKなので気軽にどうぞ。
他の方が評価した作品を再評価、もOKです。

2名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 21:18:54 ID:8aDjVioU
前スレ
【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その14【募集中】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/



過去スレ
【金糸雀と】やる夫スレを評価するスレ【その他が】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1235999157/

【依頼】やる夫スレを評価するスレ その2【お待ちしてます】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1236753483/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その3【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1238030319/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その4【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1242173154/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その5【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244051236/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その6【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その7【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1246892325/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その8【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1248240682/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その9【募集中】
ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その10【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250756053/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その11【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254940811/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その12【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/

【作者・評価人】やる夫スレを評価するスレ その13【募集中】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/

3名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 21:19:41 ID:8aDjVioU
未評価作品一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜12スレ目〜

やる夫とマナと聖剣と      ※完結したようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/474
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246281630/
   【最終スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1259420358.html

【幻想水滸伝Ⅴ】やる夫は108星束ねる王子のようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/749
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257860011/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263096531/

やるおでドラクエⅤ
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/771
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255522838/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258984057/



〜13スレ目〜

カナリアホームズの冒険 番外編 【大乱闘やる夫ブラザーズ】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/290
   【予告スレ】ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-2869.html
   【本編スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260009117/  543レス目から

【洞仙って】やる夫が仙人になって大地を救うようです6【素敵な仕事だお】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/403
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1242643860/
   【最新スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261990894/

やる夫のPS0のようです   ※完結済だが完結してから改めての依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/712
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1258279597/
   【最終スレ】ttp://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1260013940/

【YARUO】やる夫が救世主になるようです【SAVIOR】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/973
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1241436763/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262692391/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 21:20:02 ID:8aDjVioU
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蒼星石のセラフィック・ブルー         ※再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/282
   【1スレ目 】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244029526/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1263715314/
   【以前の評価】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/76-88

やる夫がGセイバーに乗るようです      ※再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/380-381
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240833441/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262357504/
   【以前の評価】:ttp://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236.htmlの197-204番目

キル夫が学園都市で暮らすようです。     ※完結済み
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253885200/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263652934/
  ※前作【やる夫達は高校生活を満喫するようです】
   【1スレ目 】ttp://yy700.60.kg/yaruo/kako/1243/12434/1243422487.html

やる夫はペルソナ4の主人公のようです     ※再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/804
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1237/12373/1237377523.html
   【最新スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262008551/

やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/870
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250950360/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264593971/

やる夫が士大夫たちの時代を駆け抜けるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/874
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262940768/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 21:22:15 ID:8aDjVioU
一覧漏れやミスなど不足がありましたらご指摘又は適宜修正をお願いいたします

6名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 21:31:15 ID:H8RvGkN2
乙です

7名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 22:06:06 ID:ayDFaBG2
>>1乙です
>>1-4まで見たところ、ミスはないようです。
あと1、2回投下したら、自分も評価してもらおうかなー。

8名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 22:12:24 ID:fONEGPE6
スレ立て乙!

9名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 22:18:18 ID:rceI0nTM
「【幻想水滸伝Ⅴ】やる夫は108星束ねる王子のようです」
前スレ986で依頼取り下げてる

10名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 22:30:19 ID:8aDjVioU
一応転載します。
それとも>>3を修正した方がよいでしょうか

評価取下げ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/986

986 名前: ◆mnAa9C0jjc[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 21:40:39 ID:9l0BhIVU
評価乙です

「【幻想水滸伝Ⅴ】やる夫は108星束ねる王子のようです」の作者ですが、一身上の都合により評価の依頼を取り下げさせて頂きます。
失礼致しました。

11名無しのやる夫だお:2010/01/30(土) 22:49:04 ID:8aDjVioU
>>4
依頼レスのレス番が抜けておりました

>キル夫が学園都市で暮らすようです。     ※完結済み
>  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/


正しくはこちら

  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/482

127だけど訂正しますた:2010/01/30(土) 23:35:24 ID:ayDFaBG2
未評価作品一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜12スレ目〜

やる夫とマナと聖剣と      ※完結したようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/474
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246281630/
   【最終スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1259420358.html

やるおでドラクエⅤ
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256501092/771
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255522838/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258984057/



〜13スレ目〜

カナリアホームズの冒険 番外編 【大乱闘やる夫ブラザーズ】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/290
   【予告スレ】ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-2869.html
   【本編スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260009117/  543レス目から

【洞仙って】やる夫が仙人になって大地を救うようです6【素敵な仕事だお】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/403
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1242643860/
   【最新スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1261990894/

やる夫のPS0のようです   ※完結済だが完結してから改めての依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/712
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1258279597/
   【最終スレ】ttp://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1260013940/

【YARUO】やる夫が救世主になるようです【SAVIOR】
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1260197757/973
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1241436763/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262692391/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

137だけど訂正しますた:2010/01/30(土) 23:35:56 ID:ayDFaBG2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蒼星石のセラフィック・ブルー         ※再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/282
   【1スレ目 】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1244029526/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1263715314/
   【以前の評価】ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1245414754/76-88

やる夫がGセイバーに乗るようです      ※再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/380-381
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1240833441/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262357504/
   【以前の評価】:ttp://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12440/1244051236.htmlの197-204番目

キル夫が学園都市で暮らすようです。     ※完結済み
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/482
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1253885200/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263652934/
  ※前作【やる夫達は高校生活を満喫するようです】
   【1スレ目 】ttp://yy700.60.kg/yaruo/kako/1243/12434/1243422487.html

やる夫はペルソナ4の主人公のようです     ※再評価依頼
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/804
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1237/12373/1237377523.html
   【最新スレ】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262008551/

やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/870
   【1スレ目 】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250950360/
   【最新スレ】ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264593971/

やる夫が士大夫たちの時代を駆け抜けるようです
  依頼レス⇒ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/874
   【1スレ目 】ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262940768/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 前スレ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

14名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:08:50 ID:xbsf.8tQ

        |{  r'/_  ___
        ヾ、{ ' ´  `ヽ ,--- 、` ヽ、
    _,-ー‐ 、ヽ'    \     `ヽ `ヽ、
   / / ./`r ',      ヽ ,   、ヽ_  i           どうも皆さま、お久しぶりですこんばんわ。
.  /rク ,/ ,-{ .ス        ', {   i ',`ート、
  レ'/ /  /  ヽ } ヽヽ  ' ̄ ヽ ハ  }  ヽ:::::::\        羽入なのです。
   | .|  /  ハ ! \', ヽ __ } .} |  ヽ::::::::ヽ
   | {   |  { r-、    ´ i、_ハヽ} .ハ i ヽヽ:::::::::i       今日はこちらのスレを評価したいと思います。
   ヽト,  ヽ  ',/ i ハ      |::::} ! ハ.,.ヘ}  iヽ',:::::: }
    ハ  レヽ,_ .i  }リ      ̄ ´//ク} リ  ト、',}:::::::}      天才発明家やらない夫
.     /ヽ}::::} ヒiー ,,, `_, - 、"" /' -'  }ス  } ヾ:::: /      1スレ目
.     ',:::::: /`ヽて   ヽ   }    ノ` フ { ノ ノ:::/__r' ̄::   http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1259925652/
 ` ー-、_',:::::{  ', `ー 、   ' , イ /   レ/、'ー '_r' ,=,::::::::   2スレ目
 ::::::::,イ`r ヽ{__  〉、ヽ、 `ヽ-i'´ _少ヘ_,.⊥__/  |:::}::|:::::::::   http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1262592442/
 :::::::=':::{    `ー―ァ--、r' //  / i /      l:::::,=、::::::
 :::::::|:|:::{         / / { ,/  /  !{      ヽ::ヽ」:::::
 :::ヽ、」、_フー , 、___ /    レ'  /´    i | _,-'::_, t‐'´`ー'てー
 ::::::/   /   }   ./  ./, /   ヽ .´:: r1   i  ヽ ',.ヽ
 ‐ '   .レ'   /   /  ./       ',  i .}   i   |  }ヽ
      }   i'    ノ /´        l ノ {   .|  .}  .}

15名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:09:19 ID:xbsf.8tQ

┌─────────────────────────────┐
│①唐突に、なんの説明も無しにオチに持っていくことが多いが      .│
│  しっかりと、わかりやすくオチの意味が伝わっているかどうか     │
└─────────────────────────────┘

  -l-
  r乂)
    ぅ       ,.  -- ─── - .、    / )
     (_ >  , ´    ⌒ /⌒     ` 、    ̄          大体は問題ありませんでしたが
        ,.イ                 \   ィつ  -l-
       /:.:./                 丶、     r乂)    少し惜しいところはありました。
     /:.:.:.:/ /   /  ∧.     |    |   Vヽ      う
      /:.:./:.!  !     ! /  ノ、 !   | \ |!    | ! |  フ       発明その4・自動操縦の車
    /:.:.:/:.:.|  |     | / ̄   N.   | 、 ` !    l |:.|   て       ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1259925652/45
   ':.:.:.:.:.:.:.:|  |     N,. ==ゞ \ |,=\り   //:/   (
    l :.:.:.:.:.:. | i ヽ.  l〃 rハ     ' r'i l!|  イ/:/ /⌒_、_      発明その5・当たりまくるお守り
    l .:.:.:.:.: 人   ヽ |ハO弋リ      トj /イヽ/|/ ,ノし'Y__ノー、    ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1259925652/67
   l:.:.:.:.:./ | \  \ /l\ヽ  ' ヽヾ八  }  i   ,.  し1 /!
  -l-、:.:.( │  \  ヽ r‐___―ぅ イ/  /   ` ´人__  し' !    この二つの話はニュースでなく第三者が語る死亡オチです。
  r乂) - ゝ′   \  |>ー ┬‐<_ /  / __ /_`_ー_‐_‐z
   う  /      ノ^ \、   ||   ヽ\く.  | ┌           ニュースならば第一話でやっているのでお約束と分かりますが
       /  / , -v ⌒ヽ   \、 !!    l i \| |ヽ,.  ̄ ̄ ̄ ̄
 人__ ノ  , /  \、ノr‐ 、 ヽj|   | ` 、 | | |  r───    第三者の場合、唐突に出てきた感が否めません。
 ゝー '/  .' f⌒ヽヽノ ヽ` ノ、 │   |    V! ! !   |  \_
    /  / │ ゝノ   ´  /  \:|   |    :| │ |  |   |     なので、下のような場面転換のAAが必要であると考えます。
   .'  /  ハ        ノ     |   |    :| │ |  |   |
   |     / ∧    r イ      :|    r―─v| | |  |   |
   |   /   \ ハ ヽ.     ノ   /`rー  | │ |  |   |


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::

16名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:09:49 ID:xbsf.8tQ

┌─────────────────────┐
│②大体いつも似たようなオチになっているが    │
│  マンネリ化していないかどうか          ..│
└─────────────────────┘

          _____
      _,/. . . . . . . . .  ̄ヽ、
     /. . /. . . . . ._._. . . . . . . ..\
    /. . . . .|. . . . \ . .\ . . .\. . ハ
   //. .| . .l . . . . . .ヽ . . ヽ. . . ヽ\!         これも問題なしですね。
  /;;;;;;|、. ヽ. .ヽ . . . . . . }. . . .} . . ..',;;;;;\
 /;;;;;;;;|. 丶.,>.‐. . . .├.|‐.-.、!. .l. ..l;;;;;;;;;ヘ       孔明さんの仰る通り、似たようなオチであっても同じオチでないので
 |;;;;;;;;;ゝ、.´ヘr=、ヽ,. ィi==、/ . |. .|;;;;;;;;;;;;|
 |;;;;;;∧. . .|〈 トイリ ソ .ト;イリ 〉../. /ヘ ;;;; |       マンネリとは感じませんでした。
 ヘ;;;;{ .ヽ. .ヘ ゞ ' ,  ` ´イ././..!. .};;;;/
  ヾゝ へ._._.>  __,   ∠イ. . ..| /イ
      |. ..ヽ、      イ |.!. . . l. . .|         発明品を使った結果、どうなるかが焦点なのであって
      /. . . . . .≧ァ ' _,/ >, . .l. . .!
     /. . r ''"¨/ /! /  /  `丶、. .!        その流れなどは問題ないかと思います。
    /. . .r|   l i/ /    , -=、ヘ\ _,ノ
    /. . .イ゙〉'  / /    イ    /}.|.ヽ
   /. r==!l  /  /    //___./ ソ. .}
   l. . ト=ト! /  /    /〆     ̄〉. . |
   |. . |  |_/_/____/       /. !....|
   |,r┼=f-,へ= ニ  /       /. /!. ノ




      , -―-、__
    ,イ /  , ヽ `ヽ、          ただ、もし仮に全部が全部ニュースオチだった場合
   / {  {  lヽ }  i  !_
   /{ i N\リーソヽ lハi;;;ヽ         おそらくマンネリだと感じたはずです。
   |;ヽル-‐  ‐‐- ソ }l;;;;;|
   {;;;;| {  _, "∠ノ |;;;/         作者さんがたまに入れた変化球が
   ヾハ ゝ、 _ , イルノi.イ
    ノ、_l/ノ ! />、│/ |          マンネリ回避をしたのでしょうね。
    / ,イ i// _イ / |
   J r / / /  / Y 八

17名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:10:15 ID:xbsf.8tQ

┌───────────────────┐
│③特に良かったと思う話はどれか、      .│
│  逆にイマイチだと思った話はどれか    .│
└───────────────────┘

            _/ ̄ ̄ ̄丶__
             / //   i ヽ    \
           ∠ /  {   }  }   、 ト、
        /::::{ {_.ノ \ソ`ヽリ  } i {:ヽ     良かったと思う話……基本的に全部なのです。
          {::::八 l●    ●从  |、l |:::ハ
         ヽ:{ヘi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃/'lノ j::::::}    「そう来たかw」と思ってばかりだったので。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !}::ノ
      \ /:::::} l>,、 __, イァ/  / | '´
.        /::::::ノ j { !  /  {ヘ、__∧ !
       `'/  /  !{/  /ヾ:::彡' |

         _,. -──-- 、_
       ,.-__ r-、-.    ト--.、                      良かった、というか非常に感心したのが
      ' イ   \\\   \::::::\
     / イ |      ヽハ. \  ヽ:::::::ヽ               発明その21・何でも修理ロボ
    ' ' |│、|    ォ什十ト! |  レ::::::::l               ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1262592442/178
   /li! | vl-トゝ、,. j/z!‐j/、レイr::::::::::イ
  (:::|l ヾ ヽj =,、 l./ ヘハt!  j {:::/..ヽ               の話なのです。
   V|ゝ \ハ 7rj    ` "/ イ ::::::::::: \
    レゝ\lヾ!" '   ,     イイ\ ::::::::::: \            テンプレがあるとはいえ、3レスで話を作れるのは素晴らしい。
       |l !:::ゝ. `     / |::::::::::\: :::::::::::::`. 、
       |i :::::::::|`..ー─r'  / \::____:\:::::::::::ヾ:::`..、       少ないレスで話を作る方がより難しいですからね。
      ゞ ::::::::ゝ::__,:イ/ ,.イ ,. ---、ヾヽ:::::::::::`:::::::\
       \:,.イ´| / / / /     |ト、::::\:::::::::::\:::`i、   しかもクオリティが下がっていない辺り見事なのです。
       _/ノ! / /  レ'     /:::::\.:::: i、:::::::::::: 'i::::ヽ.
      /_/ / /    「_ ̄_:.`ーく::\::::::::゙l.,::::ハ :::::  |!::  !

18名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:10:38 ID:xbsf.8tQ

            _/ ̄ ̄ ̄丶__
             / //   i ヽ    \
           ∠ /  {   }  }   、 ト、
        /::::{ {_iN \ソ./リ  } i :{:ヽ      イマイチだと思った話……は特にないですが
          {::::八 lノ    `ヽ从  |、l |::::ハ
          ヽ: ヘi  ●   ●   }/'lノ j::::::}     部分的には少しありました。
          \i|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ j /| ! }::ノ
.           } /⌒l,、 __, イァ/ ! l '´
.          ノ/  /{ !  / / }ノ  |
          / |  l :!{/.イ  八  |


  -l-
  r乂)
    ぅ       ,.  -- ─── - .、    / )
     (_ >  , ´    ⌒ /⌒     ` 、    ̄
        ,.イ                 \   ィつ       発明その11・桂三枝 (1スレ目  289レス目)
       /:.:./                 丶、           ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1259925652/289
     /:.:.:.:/ /   /  ∧.     |    |   Vヽ
      /:.:./:.!  !     ! /  ノ、 !   | \ |!    | ! |  フ      やらない夫さんが発明品で
    /:.:.:/:.:.|  |     | / ̄   N.   | 、 ` !    l |:.|   て
   ':.:.:.:.:.:.:.:|  |     N,. ==ゞ \ |,=\り   //:/   (      みくるさんを呼ぼうかと考えるレスなのですが
    l :.:.:.:.:.:. | i ヽ.  l〃 rハ     ' r'i l!|  イ/:/ /⌒_、_
    l .:.:.:.:.: 人   ヽ |ハO弋リ      トj /イヽ/|/ ,ノし'Y__ノー、   まず、みくるさんのAAが
   l:.:.:.:.:./ | \  \ /l\ヽ  ' ヽヾ八  }  i   ,.  し1 /!
  -l-、:.:.( │  \  ヽ r‐___―ぅ イ/  /   ` ´人__  し' !   やらない夫さんに対して大き過ぎます。
  r乂) - ゝ′   \  |>ー ┬‐<_ /  / __ /_`_ー_‐_‐z
   う  /      ノ^ \、   ||   ヽ\く.  | ┌          また、唐突にみくるさんが出てくるので分かりません。
       /  / , -v ⌒ヽ   \、 !!    l i \| |ヽ,.  ̄ ̄ ̄ ̄
 人__ ノ  , /  \、ノr‐ 、 ヽj|   | ` 、 | | |  r───
 ゝー '/  .' f⌒ヽヽノ ヽ` ノ、 │   |    V! ! !   |  \_  なので、やらない夫さんのAAが先で
    /  / │ ゝノ   ´  /  \:|   |    :| │ |  |   |
   .'  /  ハ        ノ     |   |    :| │ |  |   |    やらない夫さんが妄想する → みくるAA
   |     / ∧    r イ      :|    r―─v| | |  |   |
   |   /   \ ハ ヽ.     ノ   /`rー  | │ |  |   |    という順番ならば自然だと考えます。



            _/ ̄ ̄ ̄丶__
             / //   i ヽ    \
           ∠ /  {   }  }   、 ト、        また、みくるさんのAAは、適度な大きさかつ
        /::::{ {_.ノ \ソ`ヽリ  } i {:ヽ
          {::::八 l●    ●从  |、l |:::ハ      胸が大きいと分かるAAを選ぶとなるとこんな感じでしょうか。
         ヽ:{ヘi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃/'lノ j::::::}
        /⌒ヽ__|ヘ        j /⌒i !}::ノ      以下、改変例なのです。
      \ /:::::} l>,、 __, イァ/  / | '´
.        /::::::ノ j { !  /  {ヘ、__∧ !
       `'/  /  !{/  /ヾ:::彡' |

19名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:10:59 ID:xbsf.8tQ

             / ̄ ̄\
            / ノ  \ \
            |  (●)(●) |
           . |// (__人__)//|     (俺もみくるちゃん呼んじゃおっかなぁ……)
            |   ` ⌒´  ノ
           .  |         }
           .  ヽ        }
             ヽ     ノ
              /    く
              |     \      。
              |    |ヽ、二⌒)   O
                           ○
┌────────────────────────────────┐
│                 _l: : : ト: l: : : : ヽ:.ヽ: : : : : :l: : :.l: :.',             .│
│         ,、 l^l  .//: :l: :l '、_ゝ、: : マ ̄¨'ー: :l: : :l: : :l            ..│
│          l '、 l .l / ./l: :__ト:',イ.,_、. `'ー'゙.f示ュ :_l: :.イ: : :.l           ....│
│            ゝ ¨ ¨ ././,ィ':ヽf f::ム     ヒzソ /:イイ: : : :.l           ...│
│.          /       / ゝ,:ヘ.弋シ ,        l: :トl: : : : ヘ            .│
│.          {   -‐- {__ __  ./:ヘ   { ̄}   イ: : :',: : :i: : :.\          │
│       ,イ´  、,_ く´f、 ,ヘk/: : :`:..ト... ̄  イl: :.l: : :.ヘ\'、: : : :\       ...│
│    ,、r '´    ,、‐'¨r' '|ゝ_} //: :/‐-:.ノ  ̄   `'‐l: : : :'、-、ヽ: : : : :`ゝ、     .│
│  /´      /-‐ ' ' コ.i| ./: /:./  `'.‐ 、 /-‐'´  '、: : : :l. ヽ:ヽ: : : : : : :`ヽ    │
│ ./       /     {,、| ./:/l_/ノ           lf',∨:|   l: :ヽ: : : : : : : :}    .│
│ {    ,、イ       _,、kx|r ' ´       r      kxzV  l: : : ヽ: : : : : :/    .│
│  ' - - - - - - ‐ ' ´ _/,.',ゝ          /      ノYrゝ  .l: : : : : '、: : : /     │
│              f: : :/く`' ト、       {      、イ'´._} .{  .l: : : : : : ',: :/    ...│
│           /: : :'、 ヽY_ヽ`'ゝ、_ _∧,、.イ ´.、-く¨  .}  l: : : : : : :.'/      .│
│          {/: : : :ゝ,  .`¨`ヽ-i¨_k¨l_r‐`¨´    ノ  .l: : : : : : :/      .│
│           l: : : :l: :`'f-‐' ´  `   ゝ 、 _ _,イ`   .l: : : : : /       .│
└────────────────────────────────┘

20名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:11:21 ID:xbsf.8tQ

        .-…: ⌒ヽ
      / : : : :\: 、:ヽ: \
     / : : : :ヽ: : : ヽヾヽ: : ヽ         あとほのぼの系のオチで終わったこの話。
    ./ : : :ヽ,ィゝ; : : |爪ハ: ハ
    ' : i( 、(.,rひj\jマリっハ: :ハ        発明その12・完璧成長薬
    ノ八ヽヽゝゞソ  `´ Y : : i        ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1262592442/297
    .{ : /:\\  ⊂つ  /⌒ヽ!
   从i : ハ爻く/)    ィ/)          この話のオチでなんというか、違和感がありました。
    \( : : :ゝ ≧yこ乂^`〉
    ノ/ : : : : :) ノ乂ノ〈: :ヽ
    .{(l: :!: : :: ::i=≧≦V乂
     ヽj、: !、::|  〈八〉 >
       `’ゝ'`''u'⌒u'



     /                    ヘ
     /                    ヽ__ ヘ
   _/   /    /        i   ハ  ハ:::::\ヽ       で、ボクもはっきりとは分からないんですが
 //   /   /     ヘ   i   / i   ハ::::::::::ヽ
. /::/  i  i   i       ハ  i i  イ  i   i::::::::::::::ヽ     もしかしたらこの話、オチてないかもしれません。
/:::|  i  i    i       ハ  i i /i   i   i::::::::::::::::ハ
::::::i  ヽ ヽ  .i i     i  リ人7、i イ   ハ::::::::::::::::::}    なんというか、最後のレスがまだ続きそうな印象を受けるんですよ。
::::::\  ゝ、>=レヽ    i /ィチ心ハレノ   人::::::::::::::ノ\
:::::::::::>、  ハイ佇心ヽ  ノレ  弋少  /  //ソ .〉:::::::::;/     今までオチが必ずやるやらコンビでありましたし、
:::::::::::{ 人\トハ 弋少 ヽイ   , , , , , / イ /   /::::::/
\:::::ヘ/ ヽ  `\, , , , `     /イ |ノ   //        最後の台詞である『じゃあ神様に感謝しないとな』という台詞が
  \:::ヘ  \i`ー<   - -   <人ヽー‐‐--、-、
   \|   i  〟─‐ > - ィ   〃  /  / Y{      位置的におざなりであるようにも感じられます。
   / ハ   .i {〈  /  |ト .} __〃  / /   } |
   /  人  ヽi ヽ |   {|   〃  イi /     i 〉     そこら辺が原因かな、と考えましたのでちょっと改変してみました。
  / / ヽ   i ゝリ   .|i  〃  / リ/     ノ /
  //    ヽ  i  ソ   ヽy〃  / __/  __  //       以下、改変例なのです。
  i {     \_」-‐{ i  `/   , /=  ̄::::::`∨イ
 人ヽ、  __f=:::::=| ヽ /   / /::::::::::::ヾゝ::::∨
   \` ´,─ヘ:::::::人  Y  / /::::::::::::::::::::ヽゝヽ

21名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:11:42 ID:xbsf.8tQ

                  __ イ  _____ ,. イ r──-_、_ ,..-''"´ ̄}ト、
              l  /´:::::://::::::::::::::::::::::::_:_:_:ノ  |  rぅテ┴ャゝ 、   |l::.|      __
              ノ|  |:::::::::/::::::::::}`::::ー-::、:::::::::::::\j /  /  ヽ 、 \|く     (´>「r}
             {:::| /::::::::/:\:::::|ハ:::::::::::::ヽ::::::::::::::// / l!   !i  l ヽ`い、   ∧ヾノ
            __ヽ::V::::::/:::::::{ヽ::|::::|::::::::::::::::|::::::::::// l  l!     !l  !  !l l|卞、 ∧ ∨\
           /::::::::_:::/::::::::::::::|::::l|::/|::::l:::::::::::|:::::::::{ {  {  |l    !l /! / l リ ヽ 7   \\:ヽ
         ´ ̄/::::::::::|:::::::::::l::::::|_:_j/: :|::::l::::::::::|ヽr=ゝヽ ゞヾ`ヽハ !´ __`ソノイ  /      ヽ、`_}
          /::::::::::::::::::l:::::::::::ヽ::ヽ    |::::ト::::::::|、::ト==}ハ 冫=   ´ ̄`/ j__/      .::/
          /::/::::::::::::::::ヽ:::::::::::ト、ヽ   |::l l:::::| ,,zゝ_ノニコ    r ¬  辷厂〃    .::/  きっと神さまが
         /:/:::::::::::::::::::::::\:::::::| `ヽ j/_,. j:丿 rz_=Y云ム  ヽ__ノ _〔_/     .::/    ヒナのおねがいをきいて
         〃|::::::::::::l::::::/:::::::::\::l  ,.ィ=''~-_=、 _」{ヒzj {|/ ̄_,>ーr‐''ノ‐/    _ィ'´     お花を咲かせてくれたのよ!
        /  !::::::::::l::::::l::::::::::::/ ヽ/r''´,.ィ云`|f ⌒辷. イ: ̄ /ニ圷ニヽ   .::.:〃
          |::::::::l:::::::|::::::::::::|___/{ /ヘ::tz:リ !}  `  }:.  <<´ /ハ\〉〉  .r、/_
           |:::::::|:::::::|::::/´ヘヽ   \__´ - ´  ィ  /:.  /`‐ァ/i  | ト'  r〈ヽ`、\
           j:/|:::::∧/\ ヽ(_         ´ー' /-‐¬  // !  | l!  \ヽヽ` ヽ
             ヽ/  `   `ー个 、_         /   ノ /ノ i  L|、   }     l
   ははは。そうか。        |: .     ┬‐一'´    / //     l ヾ、  l    |
   じゃあ――――        .|: .      |_  ___,/// 、   / ヘ ヾ、  ヽ    }
                   _ ノ-、: .     ソ ノ`´:  //)'_ ヽ  ,.'   ヘ. ヾ、 ノ   ハ
               ,.. -‐< ̄ヽ、___ ̄ ̄´/ヽ: : r/ /ノメ┐ノ⌒ヽ_ ノ \ヾ;/   l ヽ
             /: : : : : : :〈  ̄ ̄   ヽ / // / //    { \ .:.::V    l  〉ー







                     『神様に感謝しないとな』


       ___
      /     \                                 / ̄ ̄\
    /   ⌒  ⌒\                              /   ⌒   \
   /   ( ⌒)  (⌒)\                           ( へ)( へ)  |
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i                           .(__人__)      |
   ヽ、    `ー '   /                            l` ⌒´    .|
     /     ┌─┐                             {          .|
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ                            {       _ |
     r     ヽ、__)一(_丿                           (ヽ、ヽ   /  )|
     ヽ、___   ヽ ヽ                             | ``ー―‐'| ..ヽ|
     と_____ノ_ノ                             ゝ ノ    ヽ  ノ
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「発明その12・完璧成長薬」終わり

22名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:12:03 ID:xbsf.8tQ

            _/ ̄ ̄ ̄丶__
             / //   i ヽ    \
           ∠ /  {   }  }   、 ト、
        /::::{ {_iN \ソ./リ  } i :{:ヽ
          {::::八 lノ    `ヽ从  |、l |::::ハ    こうするとまあ、条件を満たしてオチているかと思います。
          ヽ: ヘi  ●   ●   }/'lノ j::::::}
          \i|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ j /| ! }::ノ
.           } /⌒l,、 __, イァ/ ! l '´
.          ノ/  /{ !  / / }ノ  |
          / |  l :!{/.イ  八  |



       /::::::/ ,'    i           !  i     ', ハ.:::::::: \
      ∧:::::::::i  i     ',           i   i       i  V .:::::::∧
     ∧:::::::::::i  !  ゝ、   、      .:i  イ  イ   /  i  i.:::::::::::::| あと、最終発明・マルチエンディング装置では
      |::::::::::::::::!  ゝ、 \  ト、 !   .:/ / ノ/ノ  イ.:.:./   !:::::::::::::| ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1262592442/389
      |::::::::::::::入  ゝ癶、Nヽ.!_ ヽ∧ .:/斗イ尤儿// /   /.:::::::::::: |
      |::::::::::::/  ゝ、 癶! ィ'fJ坏  V  イう:沁ヽ/イ.:.::/  イ. :::::::::::: i  中だるみがあったように思えます。
      |:::::::::メ、   i.:.:......ト、 込イノ     込イリ  イ /  /i:::::::::::::::リ
     マ.:::::i| ゝ、 i.:.:.:.个ャ             , イ.:   ノ /i ::::::::::./  このスレの場合、ですが
      ゝ、i|   ト、ゝ.:.:.`≧      `      ≦/  イ , ′!:::::./
        ヽ!   ! ヽ\.:.人     r‐,     イ/.:.   /  /:/     提示されるエンディング数は二つか三つが適当でしょう。
              i  /\>.: > rrォ、_  < .:≦_./   i ´i
              l ./   li.:.:.:.:.: 「i:{ i ト、  i_ .:.:.:.:.:.:i    il  |      六つは多過ぎなのです。
              l/    li.:.:.:.:.:./)!: l | i   / i\_ i     ll  |
              /  __. -‐i' ∧ i i |.//  /`ー―-、 :!
            /  r|    ゝ | Y   | ´  /   / ヽi i|
.          /   / |      ` i  i:   |  /    〃     ! i|

23名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:12:28 ID:xbsf.8tQ

          _____
      _,/. . . . . . . . .  ̄ヽ、           というのもこのスレの魅力は展開の早さにあるからです。
     /. . /. . . . . ._._. . . . . . . ..\
    /. . . . .|. . . . \ . .\ . . .\. . ハ          例えば、
   //. .| . .l . . . . . .ヽ . . ヽ. . . ヽ\!
  /;;;;;;|、. ヽ. .ヽ . . . . . . }. . . .} . . ..',;;;;;\                  発明品を使用
 /;;;;;;;;|. 丶.,>.‐. . . .├.|‐.-.、!. .l. ..l;;;;;;;;;ヘ                    ↓
 |;;;;;;;;;ゝ、.´ヘr=、ヽ,. ィi==、/ . |. .|;;;;;;;;;;;;|                 イレギュラー
 |;;;;;;∧. . .|〈 トイリ ソ .ト;イリ 〉../. /ヘ ;;;; |                    ↓
 ヘ;;;;{ .ヽ. .ヘ ゞ ' ,  ` ´イ././..!. .};;;;/                   死亡
  ヾゝ へ._._.>  __,   ∠イ. . ..| /イ                     ↓
      |. ..ヽ、      イ |.!. . . l. . .|                    ニュース
      /. . . . . .≧ァ ' _,/ >, . .l. . .!
     /. . r ''"¨/ /! /  /  `丶、. .!        という流れを簡略化し
    /. . .r|   l i/ /    , -=、ヘ\ _,ノ
    /. . .イ゙〉'  / /    イ    /}.|.ヽ
   /. r==!l  /  /    //___./ ソ. .}                 発明品を使用
   l. . ト=ト! /  /    /〆     ̄〉. . |                    ↓
   |. . |  |_/_/____/       /. !....|           イレギュラー発生による死亡ニュース
   |,r┼=f-,へ= ニ  /       /. /!. ノ
  イ  ̄ ̄厂ヽへ   /       /.ソ !イ
   l ///川 |.ニ/       /ソ          というように展開を早めています。
   ∨_/ / /  | /       /



         , -'´ ̄`⌒ヽ、
       ,r〃  / 、   rヘ
      /:〈   (   j   ヾ\
       {::::{ヽ、Vヽ j人ノイ jノ:::}       つまり、最終話以前の話では展開が早かったため
      ∨'}、ゝ 0   0 ノ人:ノ
          ノ 人" ー  "イ j{         最終話のエンディングの羅列は
       /〃  /ア丈入 八__,
        ( 八 7~V∨~、)ヽ ヽー′      比較すると展開が遅く感じてしまう、ということなのです。
           ∨  ∀  ∨jノ
.         〈   人.  ハ
        /ヽ/川\ノ│
          /     リリ   |
          `ー‐-rァtァー一′

24名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:12:51 ID:xbsf.8tQ

                      ┌────┐
                      │ 総評   │
                      └────┘




       ..:: //     /  /                  ヽ    ヽ.::.::ヽ ::..    多少イマイチだと感じた部分はあったものの
      ..:: /.::.::′    ′ /    /   /    ',   ヽ l    l    l.::.::.::.ヽ ::
      .:: /.::.::.:.|    l  l   ∧           l  、 ||    l    |.::.::.:< ::   それらは非常に細かい点であり
     :: |.::.::.::.:|    |  lヽ {_ム- (   (   | }ハ┤|_   |    |.::.::.::.::| ::
     :: |.::.::.::.:|    |  | )ノ  Vハ\  ヽ ノノ ノノノ )7メ、|    |.::.::.::.::| ::   全体としてとても良く出来ています。
     :: |.::.::.::.:...、  |\イ ィ爪抔不   \ ( 不孑丐ミx ハ   ノ.::.::.::.:.| ::
     .:: 、:.::.::.:.::ヽ /l  | L :::::::::」      ) ノ  L ::::::::」 }/ |  /.::.::.::.::.ノ ::
      .:: \.::.::.::.:l∨{  (                  /  l|  /.::.::.::/ ::
       :: |\.::.:| 人  \ """      :       """ /  ノ|/|.::.:/| :::
       :: l  \|   >---r-    、     ,    -r-< ノ  j/  | ::
        .:: ノ     /   ノl  \      ̄     /  l        | ::     もしも、いつか気が向いて
     ..:: /   /  /   ,' !   >   __    个 、 l  l   l 八 ::..
    ..:: /      /   /  | _ノ /(         )| \l  l        \ ::.   また作品を書いていただけたら
  ::             /  「   {..:..\.      //   }\    、   ヽ
  /           7  八   ヽ ..:..:\   /.:./   ′ 丶   ヽ      一読者としてはそれに勝る喜びはない。
        /  / /  /  ',    \..:..:\/.:..:./   /     丶   \
    / /  /  /  /     、    \/..:..:/   /          \      そう思えるような良い作品でした。
     /  /   /  /     ヽ      \/   /          ヽ


                     __
                ,. ' ⌒´    ` ,
               ,.イ,. -        \
             , ':::/´ 、  !   i! ! ヽ ヾヽ
               l:::::.' 、 \j   |! | ! !  !:::'
               l::::ハ 、lゝニ.`ヽハ,ニ,!メ  |::::|
             ゝ! ! Y磷j    磷ハi  j:ノ
                 | `:rゝ  _'_   ィ' イ        とりあえずは以上で評価を終わります。
                 ノ __,:>-、 r 'ニく:j  |
              , '´  ハ !:=: Yij: ̄:l ヽ ',       ご清聴ありがとうございました。
          /イ /ハ ノ: : : l!|: : : : ト、人. \
         // /  '´Vi!: : : : | : : : :ハ!::ヽ ヾ \
          ′'  /   l:i!.:.: : : |: : : .::ノ|\::ゝ.__ ヽ
            レ'   _ィゝ__,.〉:.:..: : 人: : , ': |::::::ヾゝ `ヽl
           .′ /ヾ!レ_´_: : : : /:|: : : : :人::::::l   ノ
            | レ'   (_:_:_:_::`: :_..イ ヾ: : : /::ヽ′

25名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:15:35 ID:gLNv2ZSg
評価乙でした

26名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:22:12 ID:X4RZuA8Q
評価乙です!

27名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 01:47:55 ID:0lhtcHMo
評価乙でした
こういうのは、自分のスレにとっても参考になるから有り難いなあ。

28名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:18:55 ID:0QZa2phs
羽入さん乙です
天才発明家の評価、みんな見ているところが違って面白いなぁ…

と、投下したいんですけどよろしいでしょうか?
問題なければ、9時20分ごろから始めます

29名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:23:32 ID:iORNbfqg
来い

30名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:23:32 ID:0QZa2phs

さすがにこんな時間だと誰もいないかな……?
ならば、今の内にコッソリ投下を





, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      「長すぎても気にするな」
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      と、前回励ましのレスを頂き、感無量な
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/         マシンガンやかま進藤こと、進藤さつきです
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     今回はなるべく要点まとめて短く書けるよう頑張りますが……
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`    また長くなったら、その時はすいません
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \



     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !      さて、本日評価という名の勉強をさせていただいたのは
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |      ↓コチラ
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |      前スレの
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !      >>870で依頼のありました
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |      やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1250950360/
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !      やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです・第二階層
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1254233824/
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\     やる夫たちは輪廻の輪に乗るようです・第三階層
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264593971/
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

31名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:24:31 ID:0QZa2phs

>>29
おお、人がいた……反応、ありがとうございます




           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    SFCのゲーム『サンサーラ・ナーガ2』が原作
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                    大まかなあらすじとしては……
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    『竜』と、それを操って仕事をこなす『竜使い』が存在する世界
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    そのギルドで働くハルヒは、ある日『裏切り』の罪で追われる身となる
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     彼女を姉と慕い、信じるやる夫は、
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /      相棒の竜・雪華綺晶と共に、彼女を追う任務をあえて受けることで、
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /      ハルヒの真意を探ろうとする
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__         果たして、ハルヒの真意とは?見え隠れする陰謀の正体は?
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',     ……とこんな感じ




           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',      
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     『幻想世界を舞台とした、王道RPG』
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     原作を知らずとも、かなり楽しめるのではないでしょうか
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     私が証明です
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  ! 
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     では、以下
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     作者様から依頼いただきました内容に沿って、
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'      話を進めて行きたいと思います
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

  ・このセリフや場面でこのAAはありえないという箇所が目に付くかどうか

  ・会話や場面において表現の過不足が見られるかどうか

  ・内容の取捨選択がアレで、無闇な冗長感がないか

  ・どこでどんな行動をしているか、
   少なくとも、場面が転換したことは読み取れるか

  ・その他、思ったことを何でも

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

32名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:25:02 ID:0QZa2phs


--------------------------------------------------------------------

  ・このセリフや場面でこのAAはありえないという箇所が目に付くかどうか

--------------------------------------------------------------------
                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |    丁寧なAAチョイスに加え、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i    場面場面に合ったAAを作り出すための『改変』
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !    どれを取っても、
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !   『自分の書きたいものを書くことを、惜しまない』
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !   作品だと感じました
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ




     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /     挟まれるギャグにおいても、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|     『インパクト大』なAAが次々飛び出してくるので、
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |     見ていてとても面白かったです
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

33名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:25:33 ID:0QZa2phs


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'      ただまあ、「ありえない」という程ではないんですが……
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {       『ハルヒにSDキャラ(ハルヒちゃん)のAAを使う』
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ       のに、若干『違和感がありました』
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }      たとえば……
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264593971/54
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─





           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                    この作品において、『ハルヒ』という存在は
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                   『精神的にも、距離的な意味でも手が届かない存在』です
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                   憧れの存在であり、
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _   今はどこにいるかも分からない存在
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /    とにかく、『遠い』んです
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     序盤はともかく、物語が動き始めた頃になると、
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /      やる夫は一度も彼女に『触れていません』
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /       肉体的にも、精神的にも
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',

34名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:26:01 ID:0QZa2phs


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\       
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \     
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',    
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',     その辺り、度々登場する
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    『手を繋ぐ』
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    という行為にも、象徴されていると思います
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    『繋げるはずだった手が繋げなかった
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     あの時、手を繋いでいればこんなことにならなかったのに』
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |   
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    っていうのが、やる夫の旅の最大の原動力ですからね
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !





             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \           にも関わらず『SD化』という『砕けた』印象を与えてしまうと……
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           この『遠い』印象が薄れてしまうように感じました
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |        ハルヒちゃんは動きもハッキリしてますし、
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     ギャグシーンでは使い易いAAですので、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ    使い勝手はいいと思うんですが……
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ     ここは割り切って、『この手のAAを使わない』
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /      のもいいんじゃないかと思いました
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

35名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:26:31 ID:0QZa2phs


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }    それから、微妙に気になりましたのが……
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'      『竜のAA』
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i      本作では、最初は『雄々しい竜』の姿を描き、
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ      その後では動きを表現しやすいように
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く      『竜をデフォルメ』する形式がとられています
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }     主役の一人・雪華綺晶も、
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /      本来は白い竜の子どもなんです
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─





           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    ただ、その竜の登場が一瞬すぎて……
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                    「これだったら、最初からデフォルメでもいいんじゃないか?」
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'   という気はしました
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

36名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:27:01 ID:0QZa2phs


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|      『世界観の演出』『インパクト』
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!      という点では、最初に竜の姿を見せた方がいいのでしょうけど……
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//        雪華綺晶や、できる夫のパートナーである金糸雀
      |   |      |`ー‐          、     l     l´          辺りは『デフォルメキャラの期間』が長すぎて、
.     /    !       ト               イ    ! |          『竜である』という印象が薄れてしまっているように感じます
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐





           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',       でしたら最初から割り切って
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',      『ローゼン・メイデン=竜』という設定にしておき、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      『竜の姿』というのは捨てさった方がいいようにも感じました
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !      (この先、竜が増えるとこの図式は難しいかもしれませんが……)
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !  
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !      または、山場山場のシーンでは
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |      『竜の姿』での活躍を見てみたい気もします
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !      現状、ハルヒのパートーナー・薔薇水晶ぐらいしか、
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'      そうした活躍が描かれていないと思うので
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ       戦闘に限らず、『本日の話の山場』で竜の姿になるのも、印象は強いと思うんですよ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

37名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:27:31 ID:0QZa2phs


-----------------------------------------------------

  ・会話や場面において表現の過不足が見られるかどうか

-----------------------------------------------------
, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |     これまたハルヒ関連になってしまいますが、
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!     気になったのが
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_      『ハルヒの動向』でしょうか?
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \





                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }    行く先々の人々から、
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    ハルヒの動向を知っていくやる夫
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {     こういう形式になってしまう作品である以上、
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i     『ハルヒの動向は描かない』
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ     ものだと思っていました
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ    そういう断片的な情報から
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }    『結末』に繋がるのだと
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

38名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:28:00 ID:0QZa2phs

               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      しかし、最新のおまけの話では、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      それがガッツリと描かれることに……
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       しかも、結構話が進んでから、初期の話が
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N          これは時系列的にもウヤムヤになってしまいますし……
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |           何より、ハルヒとの距離感も『曖昧』になってしまうと思うんですよね
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |   やはり、本作においては
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i   やる夫から見たハルヒってのは
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l   『どこどこまで行っても追いつけない存在』
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !   だと思うんです
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !   しかし、ああしてその動向がハッキリしてしまうと……
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,  「それほど、距離感もないのか?」
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !  と思えてしまいます
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

39名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:28:30 ID:0QZa2phs


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',     『手に入れたアイテムを整理する』
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     という原作基準のイベントにあわせ、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     彼女の動向が描かれましたが……
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    どうも、『距離感』を演出するのであれば、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     こうした流れはある種『やりすぎ』
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    のように感じました
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !




                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |      あるいは、やる夫の動きに合わせて、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i      ハルヒの動向も描いてくれた方が、
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !     「ああ、遠くにいるんだな」
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !     ってのは実感できたと思います
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

40名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:29:01 ID:0QZa2phs


-----------------------------------------------------

   ・内容の取捨選択がアレで、無闇な冗長感がないか

-----------------------------------------------------
             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \          ゲームを未プレイなので、「取捨選択」という意味では評価できませんが、
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |          『冗長』という感じは、『特にしませんでした』
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉





           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',       やはり、『二次創作』とはいえ
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i       『創作物』なんですからね
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !       『書きたいものを書ききる』のが一番だと思うんですよ
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

41名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:29:31 ID:0QZa2phs


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|      原作中の数あるイベントの
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      『どれをとって、どれを残す』
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /       っていうのも、個々人の趣味ですし……
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|          やたらと『原作の後追い』になってしまっている雰囲気も
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N           まったく感じず、
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |            むしろ『新しい作品』を見ているような感じで楽しめますので、
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、         長さはそれほど気にしなくてもいいと思います
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /      世の中には、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|      10年以上同じ相手と麻雀打ってる人もいるんですし、
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !      『書きたいものを書けず短い』よりは、
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |      『書きたいものを書いて長い』方がいいと思うのですよ
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

42名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:30:02 ID:0QZa2phs


-----------------------------------------------------

  ・どこでどんな行動をしているか、
   少なくとも、場面が転換したことは読み取れるか

-----------------------------------------------------
           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                    基本的に、やる夫の一人称視点が主体ですからね
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    『やる夫の後を追いにくい』ということは、ありませんでした
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',




     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /    むしろ情景描写のAAを惜しみなく使うことで、
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|    シーンの描写が度々されておりましたので
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |    読者としても大変勉強になりましたよ
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

43名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:30:30 ID:0QZa2phs

                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i      先ほども書かせてもらいましたが、
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l      AAの改変で「キャラクターの動き」もよく表現されてますし、
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !     今の『持ち味』を活かして、
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !     これからも世界を表現してくださることを期待しております!
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

44名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:31:00 ID:0QZa2phs


-----------------------------------------------------

  ・その他、思ったことを何でも

-----------------------------------------------------
          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i   ちょっと適切な言葉が見当たらないので、
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|   伝わりにくいかもしれませんが……
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!   『全体的なメリハリ』に比べると、
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |    『やる夫自体のメリハリ』が少ないように感じました
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐




              /\
             //  ,ヘ´ ̄ ̄ ̄` ‐- 、
               //  〃―v―/ ̄\____ ヽ/\
            //   /   /  /    |   |`ヘ  ヘ、
              //   /   /  ,'      |   |  |   ||
            , ,    '  /  i       |   |  |   ||
             | i   |   l!   |       !   !  !   !!
             | |   |  ∧  ∧   /!  /  |   ||
           l l   !V7ト∨_ Vl/ _l!.イ|  ,'   l!!     というのも本作は、
             ∧ヘ   l {:::::::(_}`   イ_)::::::l! /   //
             V>_,.!: `ー‐'     ヽ::::::ノレ   //      ハルヒの後を追いながら、
           _,. ‐''´/`''‐ 、_   ○      /   〃       その行く先々で起こる事件をやる夫が解決していく
         ,_‐''´-‐'':´ヽ`'''-:.:.:.r‐`---、____r-/ ∠__
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\\: : :>=、/..イ 、〉〉)       というのが基本のスタイルです
         \___|l ̄ ̄ ̄ト .;,_∧ヘ《-《::[]:::》ヽ)´
            〈‐||::( ̄ ̄`ヽ_____〉::〉、_Vl!l!Vト .._
          _,. ‐'´'||:::`i、〉〉〉〉ノ::::::::::/  |__l!l!__|   >`>
        <<._ └――' ,イ/ ̄ ̄  ヘ:\ヽ_//
          `7-..`_‐、////       ヘハ`ー'i!´

45名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:31:31 ID:0QZa2phs

                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }     しかし、それらはほとんど
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'     『やってくるもの』であり、
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'      やる夫自らが『しているもの』
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {       というのが、ほとんどないんですよね……
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i     
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ      旅の目的が『能動的』なのにも関わらず
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く      旅の過程は『受動的』
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ    
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }     その結果、読者側からすると
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /     『やる夫の成長』が幾分か受け取りにくい気がします
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─




           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                   最初の村の人々の、ハルヒを庇う姿はよく読み取れました……
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                   カイジと赤木の師弟の交わりも感動的でした
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _   しかし、主役のやる夫はそこからすると
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'   『輪の外』なので……
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /   まだ本当の意味で『主役になりきれてない印象』
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /    が強いんです
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

46名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:32:01 ID:0QZa2phs


                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !    旅立った後、やる夫が『主役』と呼べるイベントが
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |    『ホロとの出会い』ぐらいしかないというのがどうも……
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l    基本的には『やる夫の一人旅』であるにも関わらず、
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !    寂しさを感じてしまいました
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ





, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      原作ありというのは重々承知なのですが、
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       もう少し読者としては『やる夫の活躍』
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     を見てみたい気がします
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

47名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:32:33 ID:0QZa2phs


     l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
     |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
     l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
     |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
     l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
     |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /   というわけで、本日のお話はこんなところで
     l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
     |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |   特に気になったのは、
     l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !   『ハルヒとの距離感は適切か』
     |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |   ってな話なのです
     l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
     l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
      ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
      '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
     ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
    /   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

  ・このセリフや場面でこのAAはありえないという箇所が目に付くかどうか

    ⇒『ハルヒちゃん』と『竜』が場面にあっていないような気も

  ・会話や場面において表現の過不足が見られるかどうか

    ⇒『ハルヒの動向』は必要か

  ・内容の取捨選択がアレで、無闇な冗長感がないか

    ⇒『長いこと』を気にするより、『書きたいもの』を書いちゃってください

  ・どこでどんな行動をしているか、
   少なくとも、場面が転換したことは読み取れるか

    ⇒視点が『やる夫視点』より増えた時も、今のノリで続けて欲しい

  ・その他、思ったことを何でも

    ⇒やる夫の成長をもっと見たい

----------------------------------------------------------------------------------------------------------





       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                    きらきーかぁいいよぉ、きらきー

          ∫∫∫
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ           以上、スレ汚し失礼いたしました
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

48名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 09:55:35 ID:hUWefJZk
朝もはよから乙

49名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 10:17:52 ID:8nvE60xw
丁寧な評価乙でした!

50名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 10:25:42 ID:.jXjKlD6

最近よく見る…さすがマシンガンの名は伊達じゃないなw

51名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 10:30:03 ID:kAIKb76k
乙なのだ
追いつけない存在、か・・・いい表現だ

52名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 10:50:11 ID:xbsf.8tQ
評価乙

53名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 15:32:25 ID:Xco.7b8Q
わかりやすい評価乙

54名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 19:27:28 ID:lwo5eWwc
辛口の評価をお願いいたします

やる夫は歌を聴くようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/486-573

・枠の中に文章を詰め込みすぎではないか
・金糸雀の「天才」がきちんと伝わっているか
・その他気になったこと

それではよろしくお願いいたします

55 ◆TKaGa8n1FA:2010/01/31(日) 19:34:17 ID:JN/XRG0A
評価お願いします。
やる夫で学ぶ放課後のジョーカー
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/

辛め・甘めは問いません。完結済みの全3話です。約300レスほどになります。

以下の点をお願いします。

・痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか
・地の分がくどくないか
・キャラ選択は合っていたか
・演出で頓珍漢な流れになっていないか

以上です、お願いします。

56名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:28:57 ID:USzmG8Pc
遅くなったけど乙!

57名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:46:48 ID:mjTECq0c
評価を投下させていただきます。

58名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:47:04 ID:mjTECq0c

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',       遠い遠い未来からやって来ました、メトロン星人です
               (ノ :  () l      
               l :   / |       こちらのスレを評価させて頂きます
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i      「キル夫が学園都市で暮らすようです」 
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     依頼レス>>ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/482
           , - 、 ノ、 三__`ノ     
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、         
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         お話は孤島に設立された学園を舞台とする、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       カオスギャグです
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        作者様は前作でも学園カオスギャグを発表されており、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    私は両方とも読んでおります
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

59名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:47:17 ID:mjTECq0c

    /`: '\            
   /   :  ヽ               依頼内容は以下の通りですので、
    O  .:   O       ///|    一つずつ評価していきましょう
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    ・ちゃんと笑えたか
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      ・キャラは生き生きと動いてるか?
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       ・前作に比べキャラが薄くなってないか
 /|lニ)  (ニl| \  /        ・戦闘シーンがつまらなくなってないか
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'          ・終盤がシリアスになってしまったが楽しめたか
   |ニ二 V二ニ|

60名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:47:32 ID:mjTECq0c

■ちゃんと笑えたか

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l      「カオスギャグ」という好みの分かれるジャンルですし、
     /  /  (○)l       笑えるかどうかは主観的なものに左右されます
    l l    _l      
    l l    ( ]        あくまで私個人の意見ですが、
    l l   ( ̄フ        大いに楽しませてもらいました
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \     これは今作及び前作の両方について言えます
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


    /`: '\            
   /   :  ヽ               作品はひたすらネタを詰め込みつつ、
    O  .:   O       ///|  勢いをつけながら一気に読ませて笑いを取っています
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    作品全体を通して感じられる、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    「三大欲求と脊髄反射で生きているボンクラ男子中学生的なノリ」は大好きです
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/     
 /|lニ)  (ニl| \  /         注:誉めています
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

61名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:47:49 ID:mjTECq0c

              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b    
           i' i    `゙゙´ :「:::b      スレやまとめサイトの盛況ぶりから見ても、
.          | |      .丿:::h     作者様の作品を支持する方は多いです
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h  
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ     これについては自信を持って良いと思いますね
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ  
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i    しかし面白さについてはキャラクターに依存している印象もあり、
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |    それに関しては後述させていただきます
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''

62名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:48:02 ID:mjTECq0c

■キャラは生き生きと動いてるか?


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   「生き生きと動いているか」という点"だけ"なら、
   |   :   |      / ///    全力で「はい」と答えます
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     マサフミ(プレデター)やボス(ディアボロ)などの、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      無茶苦茶っぷりには清々しさを覚えました
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


        ___
      / /  \
      /  /     l       当初はマスコット的存在だったひこにゃんも、
     /  /     l        劇中の事件を境にして一気に化けましたね
     /  /  (○)l      
    l l    _l        キル夫も色んな面で"主人公らしく"なっており、
    l l    ( ]         前作のような「やる夫は主人公?」という事態を避けています
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\      しかし気になる点もあるので、
    ll  ( ̄フ~   \     それを次項で追ってみます
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

63名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:48:18 ID:mjTECq0c

■前作に比べキャラが薄くなってないか


             /ヘ、,:-‐\          前述の通りマサフミ、ディアボロ、ひこにゃん等は、
            /´: :  : : : : :、         キャラの個性が際立っています
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !         二次元に生きるセフィロスやストーカーな八頭身など、
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         他のキャラもそれぞれ個性を持っています
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|         
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|          しかし作中には前作キャラ、教師、ショボン、しまっちゃうおじさん等、
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        更に濃い面々も揃っています
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.   
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ      そうした中ではセフィロス達でも、
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-  「ちょっと変わった人」ぐらいになってしまうのです
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',      前作においてDIO様の個性があまりに強すぎるため、
               (ノ :  () l        やる夫の影が薄くなってしまいました
               l :   / |     
               イi :  ,ヘ、 |        「カオスギャグ」というジャンル故に個性が異常に強いキャラが多く、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i      どうしても埋もれがちなキャラがでてくるからです
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }      そうした弊害のせいで"並の変態"程度では、
           , - 、 ノ、 三__`ノ      どうしてもキャラが立ってこないのです
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

64名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:48:32 ID:mjTECq0c

        ___
      / /  \
      /  /     l        特に女性陣においては概ね常識人(※)なので、
     /  /     l       個性やキャラの薄さが顕著になってしまいました
     /  /  (○)l      
    l l    _l         ・ヒロインの綾波
    l l    ( ]          ・戦闘もこなすアイギス、
    l l   ( ̄フ         ・ネタ要員となった鏡音リンと南鮮石の放送部コンビ
    ll   ( ̄フ ̄\       ・危険人物のみゆきさん(ただし途中退場)
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \     ある程度キャラが立っていたのは、
    ll( ̄フ   \   \   これらのメンバーくらいでしょうか
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

※前作から登場するDIOを狙うヤンデレ軍団は除きます。


    /`: '\            
   /   :  ヽ              正直なところ他の女子生徒やこなたなどは、
    O  .:   O       ///|    それほど印象に残っていないのです
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    せいぜい「男子生徒とくっついた」くらいの印象でした
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      徐倫はスタンドによる見せ場もあまり無かったですし
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'         もっとも女性キャラでギャグをやるのも、
   |ニ二 V二ニ|             難しいかもしれませんが

65名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:48:46 ID:mjTECq0c

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、        また、話やギャグが「キャラクター性」と「勢い」に、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、       依存している傾向を感じました
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !      
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l        前提としてやる夫スレはAAがあればどんなキャラも出せますし、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       原作や個性は利用するも無視するも作者次第です
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|      
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       そしてキャラには2ch発祥にしろ版権にしろ、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.   ある程度固まっている個性や読者が持つ認識があります
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


        ___
      / /  \
      /  /     l       そうしたキャラが持つ設定やイメージを逸脱させてギャップを作れば、
     /  /     l          読者から「そんなのありえねーよ!」という突っ込みと笑いが取れます
     /  /  (○)l      
    l l    _l            誰もが上手く出来ることではありませんし、
    l l    ( ]          そうして「おかしなキャラ」を作り出す事自体は有効です
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\         しかしこの方法は印象が強い分、
    ll  ( ̄フ~   \       ともすれば「一発ネタ」にもなりかねません
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \   同じやり方に頼りすぎてはマンネリになってしまいますし、
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\  異なる表現や手法なども一考されてはいかがでしょうか

66名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:49:09 ID:mjTECq0c

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       また、カオスギャグならではの「何でもあり」な世界観を活用して、
               l :   / |     実に荒唐無稽なストーリーを展開となっています
               イi :  ,ヘ、 |      
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     それ自体は「勢い」があって楽しめるものですし、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l    このスレの魅力でもありますね
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }    
           , - 、 ノ、 三__`ノ   
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|     ですが「突飛な発想と展開」や「変人達が大騒ぎ」という構造は、
   |   :   |      / ///    カオスギャグというジャンルで光るものです
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /       前作も今作も「学園カオスギャグ」という基本的な要素は同じなので、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      実質一ジャンルの一作品を完結させた経験とも言えます
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'          作者様が経験や方法論は、
   |ニ二 V二ニ|                 そのジャンルで通用したものである事はお忘れ無く


※この辺は作者様が新作準備中と言うことで、助言になればと思って書きました。
  気がついたら今日新作が投下されましたが、削るのも勿体ないので載せておきます。

67名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:49:27 ID:mjTECq0c

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|     また、キャラの個性が薄くなってしまった原因として、
   |   :   |      / ///    「キャラ数が多すぎるのでは?」と感じました
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      ただでさえ前作からの登場人物もいる中で、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       今作でもかなり多くのキャラが出ています
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b      やる夫スレは簡単にキャラを増やせますが、
           i' i    `゙゙´ :「:::b      それは毒にも薬にもなります
.          | |      .丿:::h   
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h     当然キャラを立たせるには相応の描写が必要ですが、
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ      そればかりでは話がダレてしまいます
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ  
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i     キャラを増やすのは簡単でも逆は難しいです、
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |     その辺りは慎重になるべきかと
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ   
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|

68名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:49:45 ID:mjTECq0c

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          もっとも今作は中盤から最終目的となる存在を示唆させて、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、         一気に結末までなだれ込みました
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l          もしも途中でキャラを立たせようと話の本筋がそれていたら、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        読者が飽きてしまったかも知れません
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        個人的にはあえて結末まで一気に進めたのは、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     読者と作者に良い結果になったのではと思います
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

69名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:49:57 ID:mjTECq0c

■戦闘シーンがつまらなくなってないか


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///    物語の展開上、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    中盤以降は「嫉妬団」と戦うシーンも増えています
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       戦闘シーンの基本的な見せ方(動きのあるAA・改変・エフェクトなど)は、
 /|lニ)  (ニl| \  /        問題ないと思います
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


        ___
      / /  \
      /  /     l       また、物語の性質上、
     /  /     l       戦闘シーンはそれほど重要ではありません
     /  /  (○)l      
    l l    _l        それを把握されているからか、
    l l    ( ]         無駄で冗長な描写が無かったのが良いですね
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\     戦いながらも随所にギャグを入れつつ、
    ll  ( ̄フ~   \     読者を飽きさせないようにしてるのも好印象です
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

70名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:50:15 ID:mjTECq0c

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l         あえて苦言を呈すると、特定ゲームの魔法や技は、
               l :   / |       効果や威力がわからない人もいると認識してください
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i       例えばドラクエやFFなら(「ホイミ」や「フレア」)、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l       大半の読者が理解できます
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|    しかしメガテンくらい(「テトラカーン」など)になってくると、
   |   :   |      / ///   意味が通じないかもしれません
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     かといって注釈や説明を入れてもテンポが悪くなるので、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      今後戦闘シーンを丁寧に描く場合は注意した方が良いでしょう
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

71名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:50:32 ID:mjTECq0c

■終盤がシリアスになってしまったが楽しめたか


              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、       嫉妬団の所行(洗脳、孤児院へ放火、無差別テロ等)は、
           ('/.i   ( (,,)  i::b      どうしても「ギャグ」にはなりません
           i' i    `゙゙´ :「:::b  
.          | |      .丿:::h     それ故、終盤がシリアス展開になったのは、
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h     無理からぬ事だと思います
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ    
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ     やはり綾波の両親など多くの犠牲者を生み出した以上、
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i   ギャグやネタ的な展開では逆効果だったでしょう
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |  
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、        
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !       それでも本編は終盤でもしっかりギャグをやっていますし、
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l       重苦しい空気にならずに楽しめました
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        精鋭メンバーで敵本陣に突入する場面(半ば事故ですが)も、
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__      少年漫画的な熱さがあっていいですね
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

72名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:50:51 ID:mjTECq0c

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   最終決戦自体はほどよい長さで決着がついたので、
   |   :   |      / ///   一気に読むことが出来ました
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /     誰も予想できない伏線から地球の危機を救っていますが、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      「このスレらしくて良いじゃないか」と納得してしまいましたよ
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


        ___
      / /  \
      /  /     l      仮に終盤もギャグ展開に徹底するのであれば、
     /  /     l      以下のような展開が良かったのではないでしょうか?
     /  /  (○)l      
    l l    _l         ・"あの人"はやる夫達や読者が同情できる理由で嫉妬団を結成した
    l l    ( ]        ・血のクリスマス事件は未遂または失敗に終わった
    l l   ( ̄フ         ・キル夫と綾波はかつて別な形で出会っていた(上記の辻褄合わせのため)
    ll   ( ̄フ ̄\     ・現在になって嫉妬団のボスが画策した計画がくだらないものだった
    ll  ( ̄フ~   \    
    ll ( ̄フ 入   \   等々……
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

73名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:51:05 ID:mjTECq0c

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l  
               l :   / |       両親を失ったという「現実と悲しさ」を持ち込んだ以上、
               イi :  ,ヘ、 |       シリアスにならざるを得なかったでしょう
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l       本編における「ボスの死」はアルミ缶並の軽さですが、
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     それは置いておきます
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

74名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:51:25 ID:mjTECq0c

■その他気になった点


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l      
    l l    _l         個人的に気になった点を、
    l l    ( ]         いくつか指摘させていただきます
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\     本作では前作のキャラも多数登場しており、
    ll  ( ̄フ~   \     お祭り的な賑やかさがありました
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、           ただ、リディアはほとんど出番がなかった割に、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、       今作ではキル夫の母親という立場のため出番が多かったです
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l        しかしリディアは前作での印象が極端に薄く、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       「風紀委員で風呂覗きを阻止」くらいのイメージがありません
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__      そのため少々戸惑いがありました
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.   
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

75名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:51:43 ID:mjTECq0c

    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|    次に親世代と子供世代が協力して危機を救いましたが、
   |   :   |      / ///   前作を知っているかどうかで印象は大きく変わります
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      言うまでもなく前作を知っている人には熱い展開でも、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      知らない人にとってはあまり楽しめません
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       もっとも前作を知らずに、
               l :   / |      今作から入った人は少ないでしょう
               イi :  ,ヘ、 |      
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     しかし不特定多数の人が読むものである以上、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      あえてこの点は指摘しておきます
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

76名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:51:57 ID:mjTECq0c

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l       今回は孤島に設立された学園都市という、
     /  /  (○)l      いわば「閉鎖された空間」です
    l l    _l      
    l l    ( ]       しかし島内には映画館もあれば、
    l l   ( ̄フ       エロゲや同人誌を扱う店もあるという充実振りです
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \    これはなかなか面白い舞台設定だと思います
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          実際ショボンの登場やしまっちゃうおじさんに運動会など、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、         この島ならではの展開もありました
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l         しかしもっと舞台設定を生かした話も、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       出来たのではないでしょうか?
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        ただ学園モノとして前作で色々やっているので、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    これは贅沢なお願いかもしれませんが
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

77名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:52:15 ID:mjTECq0c

                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l  
               l :   / |       地味に気になったのは台詞の位置です
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i    台詞がAAの上部にあったり、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l    AAとの感覚が狭いため読みづらく感じました
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------


=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐= イメージ ‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=

         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l  本編ではこの辺に台詞がありましたが
      | ヘ              l  |  
      ヘ  ヽ         /  j
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /
       \   7   ヽ ヽ_∨ 
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ     もう少しAAと距離を取って、
         j−'´ |  =   _人  ~ l 〉    口の近くにあった方が自然では?
        / ̄ ̄l         ノ´
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄
           `ー┐      l
            _」      つ
           ゝ───…  ̄

=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=

78名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:52:35 ID:mjTECq0c

■総評


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|   
   |   :   |      / ///   ・カオスギャグらしい勢いと面白さが両立しています
   |⊃  .:  ⊂|      /   /    ・しかし個性が薄いキャラもいます
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      ・好みは分かれますがギャグスレ好きの方は一読を勧めます
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      (前作の「高校生活を満喫〜」から読んでください)
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l        今回あれこれと指摘していますが、
     /  /  (○)l         一読者としては今作も前作も好きです
    l l    _l      
    l l    ( ]          マサフミ、ひこにゃん、ボス、校長、ジャイアン、ハエ、
    l l   ( ̄フ        DIO様、生徒会の面々……魅力的なキャラに溢れています
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \     人間的にはちょっとアレなので、
    ll ( ̄フ 入   \   ギャグ作品のキャラとして魅力的という意味ですが……
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

79名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 21:52:56 ID:mjTECq0c

                 /^ヽ       「生き生きしたキャラが全力で馬鹿をやる」
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       そんなお話が書けて笑いが取れるのですから、
               l :   / |       自信を持ってもいいのではないでしょうか
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     あとはもう少し早くこの評価を完成させて、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     作者様の新作に役に立てばよかったのですが……
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ    以上、評価とさせていただきます
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

80名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 22:00:54 ID:ruSkNveI
メトロン様乙です。
危なく割り込みするところだった……

81名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 22:01:51 ID:YS9/n1qM
評価おつです!

82名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 22:02:56 ID:Xco.7b8Q
乙です
台詞の位置は盲点だったなあ

83 ◆6wvLyvHZTI:2010/01/31(日) 22:03:09 ID:ruSkNveI

進藤様

此度は評価頂きまして、誠にありがとうございます。

おかげ様で、作成中の違和感の元が
いくつか解消されました。

なお、誠に恐縮ではございますが
執筆者が「アレは実はこうだった」などと発言するのは
非常に無粋と個人的に認識しておりますため、
評価頂いたお礼と、内容を拝見させて頂きましたことを
お知らせするに留めて書き込み致します。

以上、指摘頂きました内容を頭に置きつつ
引き続き作成及び投下を続けてまいります。

84高校生活 ◆7m.CTF/Sgs:2010/01/31(日) 22:19:15 ID:XBJvhiTU
メトロン星人様、ありがとうございました。
しかし、新作投下日と重なるとはなんというタイミングww

キャラ出しすぎて、セフィロス等のキャラが薄くなったというのは自分でも感じてました。
徐倫なんか承太郎の娘ってだけで出した様な物だったし・・・・。
出せばいいってもんじゃないですねww

リディアに関しての「戸惑い」も読者さんから同様の感想を頂きました。
うーむ・・・やっぱり「前作キャラで余ってたから」って理由だけでくっつけたのは
不味かったか・・・・。


終盤のシリアス展開も楽しんで頂けたなら幸いです。
元々カオスギャグのつもりで書いていたのに、途中であんな展開になってしまって
読者の皆さんを置いてきぼりにしてしまったのでは無いかと不安だったので。

セリフの位置については考えた事もありませんでしたw
これから注意しようと思います。

その他諸々の指摘についても、これからの新作に役立てたいと思います。
本当に有難うございました!

85名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 23:11:02 ID:X4RZuA8Q
メトロン星人さん、乙です!
自分が引っ掛かってたところが見事に解説されててスッキリしました。
新作出来てたのか…!見に行こう。

86 ◆tqa/e/8TSk:2010/01/31(日) 23:48:19 ID:tOmKlkhY

完結したので評価お願いします


【魔界】やる夫がコンビニ?バイトするようです【コンビニ】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/

特にポイントは指定しませんのでよろしくお願いします

87 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 00:23:07 ID:PgEL7NVE

やる夫化したいゲームがあるのでやる夫スレ製作の向上を目指しています

本来なら辛口でお願いするところなのですが

書き終わって998のレスで 水銀 橙 じゃなくて 水銀 燈 ですよ

と言われ 動揺どころではないほど転げまわり

水銀党員の資格無しと言う衝撃の事実に心が折れております

「仕方ないわねボウヤ お姉さんが優しく教えてあ・げ・る」(オカマ可)

と言ってくださる方 よろしくお願いします

88 ◆zkP3GkCQ4o:2010/02/01(月) 00:30:58 ID:mKQOVfDg
返信が遅くなってしまって、申し訳ありません。

前スレ>>807にて自スレを評価してくださった、蘇芳・パブリチェンコさん。
また、意見を下さった皆様、本当にありがとうございます。
初のオリジナルなので色々と不安もあったのですが、
致命的に気になる点などが無いとのことで、安心しております。

スレ内での「ヒーロー」については今後情報を出していくつもりなのですが、
確かに現時点ではちょっと解りづらい言い回しだったかと思います。気をつけねば……。

また「ゼブラーマン」をイメージソースとしているので、似通ってしまっているのは仕方ない。
――などという言い訳をせずに済むよう、脱却をめざし、面白い作品を造るべく頑張っていきたいと思います。
ただ正直『ブギーポップ』の方は未読でして。
此方に関しては何処が似ているのかさっぱりなので……何とも。


ともあれ、評価してくださって本当にありがとうございました。

89 ◆bqb7Tq2kJM:2010/02/01(月) 01:26:58 ID:awyTcttU

前スレ>>917の翠星夫さん、>>956の孔明さん、
そして本スレ>>14の羽入さん、評価ありがとうございました!

こんなにも大勢の方の意見を頂けるとは本当にありがたいです。


>ただ、最後のオチの部分は「テレビニュースだけ」ってのよりも、
>ボロボロになった背景なんかを入れると良かったと思うですぉ。

基本はニュースだけで、たまに背景を入れるって感じでやると
変化があって良かったかもしれませんね。

>良かった物 「発明その12・完璧成長薬」
>良かった物の理由は、話が良かったから。

良い話は苦手なんですけど、良かったと思ってくれた人がいて嬉しいです。

>イマイチな物 「発明その21・何でも修理ロボ」
>イマイチの理由は、話運びが上手くないから。

3レスで終わらせることに専念してしまったので……
じっくりと練ればもっと良いものになったかもしれませんね。


>ただ、前半と後半ではオチのつけ方に変化が見られると感じました。

言われてみれば確かに、後半は若干説明を入れている感じですね。
自分では気づいていない部分でした。

>私のお気に入りは「発明その8・柳沢慎吾」と「発明その23・タイムマシン」ですな。
>いつものオチが固定した頃にこういう話、いいですね。
>こういう話ばかりなのではなく、いつものオチがあるから光るものの気もします。

柳沢慎吾は実はそこそこ早く書きあがってたんですが、
投下のタイミングを見計らってました。
それが功を奏したみたいで嬉しいです。

>もう一つだったのは「発明その7・自動掃除ロボ」と
>「おまけ発明・透明人間になる薬・改」ですな。
>自動掃除ロボがいま一つに感じたのは「発明その1・オプーナ」
>と「同じ」ネタ、オチに感じたからです。

う……そうなんですよね。
死ぬ死なないの違いはあれど、同じオチですね……気をつけます。


>第三者の場合、唐突に出てきた感が否めません。
>なので、下のような場面転換のAAが必要であると考えます。

>発明その11・桂三枝 (1スレ目  289レス目)
>やらない夫さんに対して大き過ぎます。
>また、唐突にみくるさんが出てくるので分かりません。

>発明その12・完璧成長薬
>この話のオチでなんというか、違和感がありました。

素晴らしい改変例……!
確かにこのようにした方が断然良いですね……
参考になります。

>あと、最終発明・マルチエンディング装置では
>中だるみがあったように思えます。

確かにうちのスレにしてはテンポが悪くなってしまっていたかもしれません。
最終回ということで力が入りすぎてしまっていたのかも……
実は当初は10個くらいエンディングを用意しようかとも思ってたのですが、
やらなくて正解でしたww


マンネリに関しては皆様感じていないとのことなので安心しました。

今回の評価を今後の作品作りに役立てたいと思います。
皆様本当にありがとうございました!

90 ◆IPJxoemyeE:2010/02/01(月) 03:18:56 ID:eyOliiYU
評価をお願いします。

やる夫たちは逸般人のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/


評価して欲しいポイントとしては、下記の点についてお願いします。

・話のテンポやノリは良いか
・AA表現等に問題はないか
・トマトジュースを飲みながら気軽に楽しめるか
・イリヤ可愛い?
・その他、気付いた点などあれば

甘辛は問いません。
宜しければ辛口と評判の相良軍曹殿に評価をお願いしたいです。
もちろん、他の方の評価も大歓迎です。

よろしくお願いします。

91名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:29:42 ID:Y9G3brqE
誰もいないかな…? 
5分ほど経って他の方の評価がなければ、投下しますね。

92名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:33:24 ID:GglasorU
こんな時間に被るわけないw

93名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:37:40 ID:kklwoC22
やっちまいな!

94名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:38:08 ID:zCThfhxg
よしこい!

95名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:38:28 ID:Y9G3brqE
>>92
ですよねーw
というわけで、評価投下します。


                       __
             / ,. -==、, ‐ニ二``丶、``ヽ、
            (_∠/⌒  ,、 ヽヽ `ヽ、 `ヽ、\
           // // / 川 ノノヽ〉ヽ \   \、
          〃/ 〃 /! { !//イ、 小 |  l\ヽ ヽ丶、
          ,《./ /{{ ,' l| 乂|イl| |ハ || i| }j、 ヽ `ヽ、\
         / ,' 〃八、__|   |ソ,リ─リルノ}.ノ |ト、 ヽ \ヽ ヽ  初めまして、姉崎まもりです!
        /  i |l/ ||  ̄ト、 ∨.  ィ'7它ヽ }  !|ハ! | l| ヽヽ、  いつも評価人さん達の素敵な評価を楽しみにしています。
        {   !ト、!、リ{\_ヽ`‐-ゝ  ヾ;ノ /  l j',」}l | ! !|. |lメ、〉
        ヽ  ヽ ヽ\.ゝV゙{心      }  //´ノリ | | l|リ ノ   今回、中編・短編スレで見かけて
            |! >「l!\.ゝ'゙ 〉    / //./、/ ノ j! /     気になっていた作品の評価依頼があったので
            } ハi| |\_`ーァ` ,.イ´!{WV / /彡ノ/ノ      思い切ってチャレンジしてみました。
           / / li | | ! | 「ヽ、  `ー'  , ' /  ∨
           { ,' i ト、! !トメ 从ヽ `丶、_,/  /    ',
           `! |ヽゝ乂メ^^ヽゝーリノ ヽ  ,. - 一 ¬      依頼されたスレはこちらです。(依頼:>>54
            ヽゝ     ,-、/    ,. ノ''´-==ニ二!
               r</、`ヽ /          !    やる夫は歌を聴くようです
       nn、-n     >、.`く  V        |     !    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/486-573
      ノ,ノ! ! } }」‐_二~ !^`i」ハ  _,.{        /    !
   r'' ,二. -ヽ!」」 ̄  ! ! `レ'´.  |       /    /  |    以下、ネタばれを含みますので嫌いな方は気を付けてくださいね。
  !!          ! !, ′  ヽ.」 _,. '"    / //   |
   !!         !l    、.} /    / // / li |   また、依頼主さんの酉がありませんでしたが
   !!          |     /     /   { ′/ / .j   作品投稿の方と同じIDの方が投下当日に依頼されてたので
    !!             ', .   〈    /     | / / /    同じ方と判断させていただきました。
    !!            、  ハ\          }   /'′
     !!           ∨  \`ー--、    |  /

96名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:39:37 ID:Y9G3brqE

           ___________
         ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
       / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
   .   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、
     / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi
     レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll    簡単にあらすじをまとめると、
     /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!
    /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!
   /_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {    所帯を持ったやる夫がマイホームを持って、
   .  L '、  、_,     // //'T | l     家族とともに引っ越してきた。
     _`→、____,,.//_// ノ,_j_」
     |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′      周囲を散策してみて見つけたレストランで、
     ( _ )(   ̄   l'" /         金糸雀という類稀なる才能を持った歌い手と知りあう。
      |,| >  r--K ./
      ( _ )ニ二) }__ノ、          しかし彼女の歌を聞きにレストランに通ううちに、
     / .|,|    ̄ | lこj          やる夫はこれだけの才能を持ちながら彼女が「プロ」として活動しない理由、
     ヽ、|,|_    | |、>         そしてその天分の本質を知って行く。
      | くjL`!__」┘
      L_}='ヽ_j
      )  |!  ヽ.{             という感じですね。
       ̄~|l   lヾ,
        |.l l、、、、l、'、
        ヾ゙、、、、、ジ


               ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
             ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
           ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
           ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',      依頼内容は
          /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
          /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl       ①枠の中に文章を詰め込みすぎではないか
         /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l       ②金糸雀の「天才」がきちんと伝わっているか
         l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l        ③その他気になったこと
         |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ
         l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ    の三点ですね。
         .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l
         .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l    辛口をご希望とのことですが、辛口評価に定評のある
         .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::l    御坂さん、相良さんのようにはいきませんでした…。
         l:/l::l;;;;;;/l::ヽ   '' --- '   /::::l::::l ll l::l    愛ある辛口は、本当に難しいです。
          .l::l::::/ l::::::l\       /::/l::/l:// .lノ    その分、丁寧さを心がけたので大目に見ていただければ幸いです。
           ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ
       __        .l        |' "           では早速評価に入らせていただきます。
     ,. '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... --- 、
   /         \ヽ、 _      ,.. -'""       .ヽ、
  / ヽ           '' --`.,'__''',,..ニ-'"          :.ヽ
 ./   ',                             :  ',

97名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:40:56 ID:Y9G3brqE

              ,,.. -───、-: 、
          ,. ‐''":.:.:.:.:.:.:_,:.:-‐= 'ヾ;.:`''-、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.::._,:-‐'':.:._:.:ミ`、´:.:\
       , '.:.:.:./:.:.:.:.:'":.:.:.:; ‐'',:.:‐'':.:.:ri'"''‐-;ヽ
       /:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:i:|:.:.:.:、`:.:\
      ,'.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.//:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ヽ:.`、
      i.:.:.://:./:.:.:.//:/:.:.:.:/:.:./!:.:.:.;.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.';.:.:',
      i.:///:./:.:.//:./:.:./':.:,//:.i:.:,|:.:.:|i:.:i,'i;.:.:.:.i.:.i;i
     /,:/i:.!;//:,:':/:.:.;,'/:/:/:./:/ノ:.:/i|:./;.:!:.:.:.l:.i:!i   と、その前に。
    ///.i:.!//-‐,:彡''_/‐廾ナナ"//'/、'/'/:.:/il:i:l
    ,'/〃//,.-r'三''"~ r-;:=ミ'  '" /_`////''    依頼内容に番号を振ったのですが、
   ,','l/:"//;rく 、,     ` 'ー゙'′   'r'iテ)シ!:i'"     最初は③の「その他気になったこと」から始めさせてもらいます。
   l||i.:|.:i.:/:/;il!ヽコ,          ,. `" /i:.!:!
    !||l.:i.:l:.i'{:l.i;l!、!:.!、          ',.  /:.|:|.l      というのも、そこで指摘することが、①、②の指摘にもかかわってくるからです。
    `'i:|i:.|:t‐!|ヾ;i.l:| ヽ        '"   /|.:.i:!i
     ヾi;:ノ``''-、i:.|  ヽ、   ‐─-  /! l:.//
  _,.....,  く_     `''-、,,_ `. 、    ,/i:ノ ノ;,/
/   ヾ''‐-、>- 、_   ``''‐`-─'"‐'''" ̄l
     `:,  ヽ、   ``'''‐- 、,,_      ,ム-‐;''‐、



                 ,. -‐ー-、,. -- ._
              ,. '´:..:..ニ三..:..:..‐_:..:..:` ヽ、
            ,..:':..:..:..:..:..:,.:へニ::.:..:ニ-..:..:..:..:..:.\
           /:..:..:..:.:../,.r:.'':.. ̄ Y`ー‐- 、..:..:..:.ヽ
             /.:::..:..:../.イ.:::..:..:../:..:..:|.:.ヽ..:..:..:.`ヽ、..:..゙、
         /:..:..:../:..:./..:..:..:..:./.:..:../|:..:..ヽ..:..:..:.ヽ:ヽ.:..:',
          /.:..:./:::..:../:..:..:..:.,./:/ .:/. |..:.i.:.ヽ..:..:..:..:i::ヽ..:.i       その「その他に気になったこと」ですが…
        ,':../::::..:..:/.:..:..://./|:../  |:..:l:..:.:ヽ..:..:..:|.:::゙、.:l       依頼主さんは、この話を書く上で
        /:/..:.::..:..:./!:..:../  l:..! !.:i   |:..:|..:..:..:.\:..|:..|.:',:.!
         /./..:.:::..:..:/ |:..:/.  |.:| |:.i   |.:.|.:..:./|.:..:.,イ.:.|:..:',|
      /./.|.:..::l..:./ ,.|:|:i-―´|:.!.|.:!  ー|/|:..:/、|:../ |:..:|..i..l!
      /..:..:l/::::|.!:!  、リ,.-‐-、l | |l   ,リノ∠.,_レ〈 |:/:、:..:|
     /.:..:..:..:::.:::.il. ヨ f:て)!`      f:て)! E /^i::.ヽ.:、      何 を メ イ ン に 
     //!.:..:..:.:.:::..ハ  ヽ.ヽニソ      ヽニソ ノ`./ | |:::..:ヽヽ     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    i.:i l.:..:./.:..:..:.i .!        ,         ,' !/:.::..:..:ヽヽ    描 き た か っ た ん で し ょ う か?
    |:! |..:/|.:..:..:..:ヽ、       l!,       ,'. /|..:..:i:..:..:l',ヽ   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    |l. |.:.| |:..:..:..:..:::::',                 /‐'".:|、:..:.|.:..:.i |:.',
      |:..|.|..:..:..!|:..::.::゙、     -==-     /:..:..l:|..| ヽ..|:..:..| |i.:!
        !:.i|.:..:..:| ゙、:..:.:::\.           イ|.|.:..:..:..!  l.:|..:./ ソ
      ヽ|:..:..:.! ヽ.:..i、:..:ヽ、.      /:::|ノ:/|..:./  ノ.ノ
       Nヽ:..',  ヽ:i ヽ |. ヽ、  ,. '.|:. ノ:ノ lノ
          ヽゝ  `  ,人   "   ,人
     ,. -─────ァ'  ヽ、   /  ヽ-‐────- 、
   /             />'⌒'く.ヽ             \

98名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:41:39 ID:Y9G3brqE

          ,.‐ ''''''' ‐''´ ̄ `` ‐- 、
        , '′ ...ノ´/~へ、/r,.ニ  `ヽ、
       /,ク .:.:./   ´ '  `(⌒     ゙、
      / /:./ ,:// / /   i:.、 ヽ `ヽ``ヾ、
     / / / // / /.:./ /| |i !: i  ゙, 、`、ヽ ヽ
     ,!     |   ! :l ! | | ! !:.  l! .!、い !`ヽ ゙,
     ! .:...  i/,.:./ i    ! !.l |::..   | ゙、 |  |ヽ |
    |.:.:/ / /i:./ |  /   リ /! ,  |  !. ハ. ! リ   依頼内容②と、私自身が読んでみた感想から察するに、
    l:/ / イ:l /  ! /| l__ /| / | ハ l'´`! | | /
    .,' // /ヽ/    l」 r'レ'`ソ レ゙ レ゙/`i,ノ f''i     『金糸雀という類を見ない才能を持った歌い手』
   / / i| レ'゙ / ,ノ/ ./ 、., -‐,、     / .i):F ! |:i
   /イLノ ,/彡/l  7   i::(l       l:ノ ! i、:!    がテーマであることは間違いないとは思います。
   | |TTFrニ//! .l `ヽ   L」        l !|:!    それをやる夫視点で語ったものがこの物語、なんですね。
   ヽ iヽヽ l::|| |:l l ',            r   /:!/ リ
    `' `ー!- lハヽ.:.ヽ             , ' '"
        ヽlヽゝ`=_ヽ、_       0 /        それではなぜ、このような問いを投げかけるのか…
           { ̄``ヽ、 ``''r:‐-r='、
          ,└‐-、  \. |  |‐、ヽ
         / r;j   `ヽ、 `  ノ  i \


               ,,.....,,,,......
             / / ! !ヾ\' 、
            /: : //: : } : : : :ヽ ヽ          こちらを見てください。このお話の大まかな流れです。
             /: : イ: : ,: :i!,: : : :i i: : '
            ,': : / !: : !: i!\: !从: : :}        
          { i i L,,メ从,| |レヨムヾ!: :i         A(>>487-492):やる夫のモノローグ(プロローグ)
          ', ', i!ョ'j¨ラ''  'j¨'ラト} i! ,'
           ヽ'Y" ゙̄ i   ̄`゙!ク,'          B(>>493-500):引っ越してきた街の周囲を散策するやる夫
             ヾ'、    ....    /''/                     そこがかつての自分の故郷だと気づく
             ヽヽ ゙=' イ/
              `!` ー''´.上            C( >>501-523):レストラン シャトー・ドートンヌを見つけるやる夫
        ,,..=、,,,,.. '7"7 ゙̄'´\ ゙ヲ\,,_                   やらない夫・金糸雀と出会う
       」 r,/;;ム,,,, ヾ.メ!;;;;;}={;;;;;∨ノ ..,,,ヽ ̄`ヽ    
      //へ{ ン"´ `};;;/ o ト;;;;;}´  `\  ,ィ |     D(>>524-544):金糸雀の才能、「プロ」として活動しない理由、
       {r´,イ''ヽヽ.   レ\ i∧ノ ,. ''""´Y } !               そしてその才能の本質を知るやる夫
     ノヽ  イイ  ` 丶.  ∨ /   i`ヾ } } |   
    {   ',  };;;|   !    `ヾ ヽ    !  レ'  !    E( >>545-554):伊藤誠と恋に落ちる金糸雀
    i  ./  !;;;|i   }     〇 |    }   /   }
    //ヽ.  !;;;|i  ゞシ''"´   i  `゙ゞ、 イ /  !    F(>>555-568):伊藤誠の恋に破れ、自殺をする金糸雀
  ,..ク ヽ `y;;;i;;!゙' ''"i!      |     !  i! / , |
  { '´  ヾ./;;;/i;;;}   }    〇 |   i   レ /ィヽ    G(>>569-572):やる夫のモノローグ(エピローグ)
 /    0〉;;〈. |;;;|   !  ..    !    i   i! ,' ,,、 〉
 \ , '";;;;;;;;;;;;;;;;;;|   ナ''"´     |   ヽ. {!! '/ `'、 
    >;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,,..ノ┐   〇 !  ┌ '、,,{!!,々    i  厳密に分類すると違うのかもしれないですが、
   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j.. -‐‐        !   'ー- 、〉!     i  おおよそはこれで把握できていると思います

99名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:42:19 ID:Y9G3brqE

            !、こ、,jr 、
               く:::::::ヽ
            i, i, l::::::::::゙、
          ,,,,,,ノjrノj-,r=--:::゙、
        ,r'´,.r7ヽ,r‐-、ニ、``ヽj!
        /'´/ /,ィ/゙!lヽト、ヽミニソノ=、_
       ,ノ!r'´7!.l__l!. リ ,!‐T`!==ニて`
      ,ィ'/ハ/,!iリ __`   ィく`flリーニ二´
    -='7,/ノ,/ハ.キ くj`  `'′に二i```           さらにこれを起承転結で区分すると、
     イi!´r'!i た:、.   __'.ィ r'7-‐‐、、
      i{ヾ!, ゙、`''‐久 ヽ._ノ / 厶-‐7:::ヽ
          `r'⌒ン777ァ‐'--‐''"‐、::::゙、          起:A,B  承:C,D  転:E,F  決:G
          l::::>ヽ  )‐、   ヽ  ;:::::゙、
           `i_:::'‐「= l``l、 ノ 〈::::::::ヽ
            ヽ:::::゙i:::::8:l::::l     i:::::::::::\       になります。
             ゙、:::!:::::::::::j::| _, ,/l:::::::;.r'´
              `、`::::::ノ/-'‐‐'‐-{:::;/         テーマ(金糸雀)が明確となるC以降は、
             、‐'``´/! ̄ ̄ ̄``ニ==- 、、     特に流れとしては問題ありません。
              ``‐</::::::、____,,,、‐-- 、:::::::ンj
                 !::i::::ヽ、:::::::ヽ`::::_;;;>´く    ですが見過ごせないのが『起』にあたるA・Bのパートです。
.                 i:::ヽ::::::::!::::::::!::::::>、:::::r'′
                 !、::::゙、::::::i_;;んべ   ヽ:え
               ____ i::ヽ::::i:::::::〉    ヽ  ゙iー′
               i:!::::r'`'─-=<     `、 !
               `!::::i:::_;;;;_:::::::::``r- 、  j j
               i:::/'´/  ``'''-rL_,,,、、-'- '
               !::l:..:i'     .!:l:::...:!
               i::l::::l       ヾ、ノ
               `'`'′



,--''=----ァ_,,-ー-、 
彡,, -''      ヽー-| .
  /  / //,イ ) |.
/  / //,ィ / /  | 
  /  / ,イ /  / ,イ|
 // /// ノ  /ノ ,イ|           お読みになった方はお分かりかと思うんですがこのパート…
,{/イ /ァ'、ノ// / ノノ ノ\__       のちの展開との絡みが非常に薄いんです。
八///ノノ/メ、_ /ノ,,/ノ //ノi } }、   
{ |i |' 、ミシラニミ、ノ ̄ブ ,, ノノノ/}ノノ八     金糸雀と出会う前だから、ということもあるのですが、
 | l | 冫 { ( }ヾ     〉"双7'7ノノ' ハ    このA・Bで語られていることは、ほぼやる夫の身の上話で、
 !!ヽ| "''-`ー'_    シィヾヾ;゙/ V ノ
  iヽ:::::::::::::::     { ト_イ ノ/i   ヽ      おおざっぱに話せば
l   トヽ        ゙ ..:::"7 l 、 |
 i  .|| l  J    , ,ィ  l   l  |
ヽ ヽ || }        "   /   トl }    若いころに抱いた故郷や「幸せ」への憎悪、
 }\liノ     , '_7    , '   i lヽ l     しかし現在所帯を持ったことでそれらに変化が生まれ、
ノノハメ`    (i/  /    ノ l ハ',     故郷に似た場所を探し終の棲家を手に入れる。
  .\    ヽ  /  i   / ノ /ハ',    だけどそこは間違いなく、かつての自分の故郷だった…。
.    ヽ、   /    ノ // ノ ソ }}
     / `ー' ヽ、 ,ィ ノノ ノ,,/   ノ
\  / )ノ)  \'ー'"           と、こう言うことなんですね。
 .ヽヽ/   / _ _  ヽ⌒ヽ、___
  l}   / /  ヽ  ゙、    `ヽ
  |  /     \ }     l
   | /     <  \l     l

100名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:44:27 ID:Y9G3brqE

               ,,、-─''''''''''''''─‐-- 、
              ,、-''´:ミ三:::゙ヽ、:::::::::゙ヽ、::::::::::゙ヽ、
         ,、-'":::::::;:::::::ハ:ミ::ヾ、::ヽ、::::::::::゙ヽ、:゙ヽ、:゙ヽ、
        /:/:::/://:::|:|::::ヽ:::::\:::\:::::::::::::\::::\:::\
      //:://:::/:::::::j!:|:::::::ヾ::::::::ヽ:::::\:::::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ
     //::/::/::::::|:::::::/|::|::::i:ヽ:ヾヽ:::ヽ::::::ヽ/7::::::::::::::::゙i::::::ヽ
     /:/::::/::::::/:|::::::|:::::::l| |::|::::|:::゙i::゙i、::ヽ:゙、ミ、//:::/7:::::::::::゙i::::::::゙i
    /:/::::/:::::::/!::|::::::|::::::l| !:|l::::|::|:l:::| ゙、::l::|ミ://、//\::::::::::|::::::::::|
   /:/::::/:::::::/|:::l|::::::|::::|!| l:::!l、:|::|::|::| ヾ!:|:://:://、::::::ヽ::::::|::::::::::|
  i゙:/:::/::::/:/ |:::l|::::l::|:::|l:! __|;;;Lヾ|:::|::|  ゙l!ヾく:://ミ、::::::::ヽ:::|::::::::::|
  .|::||::l:::::/::i′|:l:ト、:l::|:::||,;ッ‐''''" ̄`lリ    V/:、三Y⌒゙l:l:::|::::::::::|    ですが、このパートは
  |.::||::|:::::l|::| _|:l:| ヾ::|l::|    、__,,,,,,,_      三彡/ j |.|::!::!:::i:::::|    以降の話にうまいこと絡んできていません。
  .|l:!|:::|::::||::|,ッ'‐‐ミ ヾ:!゙l!   ミイ:::゙‐| 〉     彡/ /| l| |:l::|::::|::::|
  l!|::|゙i::l:::|ヽ!      `    ヾ-‐' ´      ヾ |.」 l| |::l::|:::|::::|
   l:! `i::ヽ:ミ. ミri〒lヽ                 ヒ、. /.j|::l::|:::|::::|     繰り返し読めば、
    ! .!::::l|:゙i ;! l:::゙j  i                   _| /:|::l::|:::|:::|
     |::::l|::|:゙! ゙´  ノ                 '´ /|:::|::|::|::|:::|    過去に「幸せ」を憎んでいたやる夫と、
     |::::l|::|:::|    ヽ `              ,.-イ:|::|:::|::|::|::|::|    「幸せ」に生きることしかできない金糸雀との対比なのかな…
     |::::|:::|:::|l,        __           /|:::::|:::|:::|::|::|:::|:l::|
      |:::::|::::::|::゙、     <_,. . `>         / |::::|:::|::j:::|:|::::/::j    と思わないこともないのですが、
      |::::i|::::::|i::|::ヽ     `‐'´       /  |:ノ|::|:/:j::/::://     逆に言うとそのくらいうっすらとしか繋がっていないのです。
      |:::l|::::::|:l::l!::::::|:\                   |:::|j/::ノ:ノ::ノ/
      |::||::l:::|::|:||::::::||::::l::゙ヽ、     ,. -'",、-───┴v彡二´゙´_____
     |::|゙!:l:::|::l| |::::::||:::|:l::|:::|::`i",、-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈==フノ::::::::::::::::::::::::    むしろ初見では
     ヽ:!ヽ:::ゝ:!ヽ;:::リ:::|l:リ::ハ::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__//,,、-‐ァ'''''ユr'´
        ` ヾゝ ヾ:!'´レ'ソ ゙i:ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´/ /::::::::::/ /´  `゙    「ん? やる夫の話だったけど
                _,r」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´  '´ / /:::::::::/ /         いつの間にか金糸雀がメインになっているよ?」
              ,、-‐'゙/へ、_,、-''"´      i゙ j:::::::::/ /       /
          __/::::://ヽ  __,/       | |::::::::::l i′ / /      と混乱してしまう可能性が高いくらいだと思います。
        ///:::::::/ /                | |:::::::::| |   l/ /
         / //::::::/ /                 | |:::::::::| |   / /
      / //::::::/ /              ___ | |::::::::::| |  / /
      | _/レ'⌒ヽ         r=≡≡つノ| |:::::::::::| | .! /
     /´─-、__,  ヽ        ゙7⌒゙  ´゙ヽ| |::::::::::::| | | j

101名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:44:59 ID:Y9G3brqE

                   ,__,、_ __
                ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
               // /' 厶イノイ ! i} }iヽ
               ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il‖
                {//!ハ}汽で}ド  狹州!
              /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{    なぜこんなことになってしまったか。
                 /{{ハ/,|    ,.、′ !il|
                ,⊥lj{i Wiト!ト、   (/ .イ j}!
          ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'
   _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´      それは原作の小説の文章・流れをそのままあてはめてしまっているから
  ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   }
      / }  |   {´    ヽ'、    }j j     ではないでしょうか。
       厶j  !  /      、   v 〉
     に」   ト∨! ,     }    ゙ !



              ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
            ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
          ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
          ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',
         /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
         /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl
        /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l
        l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l
        |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ    特にAのパートでは、
        l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ   枠内の文章は原文をそのまま持ち込んでいますね?
        .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l
        .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l     Bパートではやる夫と翠星石が現れたことで
        .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::l     やる夫スレっぽくなっていますが、後の展開を考えると
        l:/l::l;;;;;;/l::ヽ    ---    ./::::l::::l ll l::l     やる夫の散策の描写が冗長に感じられます。
         .l::l::::/ l::::::l\      ./::/l::/l:// .lノ
          ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ
      __        .l        |' "
    ,. '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... --- 、
  /         \ヽ、 _      ,.. -'""       .ヽ、
 / ヽ           '' --`.,'__''',,..ニ-'"          :.ヽ
/   ',                             :  ',
    ',                             :  ',
    ',.                            :   '.,

102名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:45:37 ID:Y9G3brqE

           ,. r ''  ''''‐‐‐-- 、r‐‐--- 、
         ,.r '":::彡:::⌒::i⌒ヽ::、:::_::::::::_::::::::::`''ヽ、.,
       ,. ':::/:::/:::::/::::l::::',:::::ヽ::::ヽ::ヽ::::ヽ::::::::::ヽ::::ヽ、
       /:::/::::::l:/::::://::l::::::',:::::::',:ヽ:::ヽ::ヽ:::::\:::::::ヽ:::::ヽ、
     /:://l::::::|:::::::|::|::::|::::::::l::::::::::',::::::ヽ::::ヽ:::::::ヽヽ:::::::::::::ヽ
   /::/::::l::l::::::::l::::::l::l:::::l:::::::::::l:::::::::',::::::::',::::::',::::::::',::::ヽヽ::',::::    私は小説の流れや文章を持ち込むことが
  /:::::/::/::/:l::l::::::、:l::::l::l::::::l::::::l:::::、:::::::::l::::::::l::::::l::l:::::::l:::::ヽヽ::l:::    悪いこととは考えません。
 /::::::/::/:/:l:::::l:::,::::ヽ::l l|:::::||',:::l::::l、ヽ::::::::l:::::::l:::::::l:|:::::::l:::::::li:::l:l::
 |::::/::://:i::l:::::::/li:l:ヽ、、'i!::::l 、ヽ:::l|__、l::::::!l、:::::l::::::::l|::::::::l::::::li:::i:::
 !、:l|_li:l:::l:::l:::::/-‐l'|''ヽ".ヽ::|'l`''ヽ|''''' ‐- |、l:::/l:::、::il::::::,.rヽ、li:l::    むしろ、
    l:|l::l:::l:::/  ,`` `  ヽ、  !,,...-= l、`'' l::::',:ll:::::',  l:::li:::
    l |::::l:::l ミr'i'"`i、    ヽ  l ヒ;...〕 ,ヽ   ',:::',li:::|:l  .|:::l!:::    『原作の小説の表現に感動したから
      .|::::|/::iヽ ゞ-'  ,.      `' ' " '´    .i::::',:::li::| l、、::::             やる夫スレでぜひ使いたい!』 
     |:::/:::::l                      |:::::',li:::| /ヽ::、:
     .|::/::::/:l                   |i::l::l:',:i|/、ヽ:::::    というのは、やる夫スレを作るにあたって
    |/:/:/|::i    ヽ、               |l::l:::l::l::|ヽ:::',::::    立派な原動力になると思っています。
    .|::/::/li|::ヽ                  イl::|l::l:::l::l::::::::',:::
    |:/:/:l:::l::|:::ヽ   ''' ''' ‐‐‐一      //::l:l:l::l::::l:::l::l:::::l::
    l:::/|::li::l::l:::l:::\   `゛          / /:::l:::l:::l::::|l::|:|::::|::
    |l::l:::l:::|::::|i:|:::|::::\         ,.r '  .//:/:::|::l::::l:::l/l::::l:::    しかし、
    |::|l:::l',::l:::l ',::::',::::::::` 、   ,. r '´    //:/:/:/::l:::::::///::l::
    |l:l ',:', ',、::l、ヽ:ヽ:::ヽ:、::i ''' "       / / | l:/l:::/ / |:::/    何も考えずそのままトレースすることは、
    ヾ、 ヽ、ヾヽ、 ヾ、\、ヽl             l ノ     レ     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       ヾ ヽ  ヽ、  .l            l、...,,,、 _,,..,___    作品のよさを損なってしまうのです。
            _  ,. r 'l           ,. r ' ,. r '        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
__,,,..---‐‐‐‐‐‐‐'''´`''",.r './       ,. r '' ",. r '::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、 _______,,... r ''",. r ''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ..,,,,,.... -‐‐ ''"

103名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:46:06 ID:Y9G3brqE

           /,:r':.:.:,,-'''''''ヽ,、-- 、、:.:.:.:.:.:.:\
.          /:,:':.:.;r':.:.:.:.:.:::;::.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.ヽ
.         /:.:.:.;r':.:.:.:.:;':.;r' `i!:i:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.::ヽ:.:.:.:.:',
.        /:.:.:.:i!:.:.:.;.::i'::i!'  i!::!.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.:.:.:',   なぜなら、表現形態が原作とやる夫スレでは全く違うのです。
        /:.:.:.:i!:;'.:.:;':.i!:i!'   ,!:.:.:.:.:;i!i:.:.:i:.:.:.:.:.:.::i:.:.:.:.',
.       ,'.:.:.::i!:.;i:.:.i!:.:!i:!'   ,':.:.:.:::;'';'i:.:i:.;i:.:.:.:.:.:!i:.:.:.:.:i
.      ,'.:.:.:i!ミ;!!|l:!l|:i!:!i:!  ,':.:.::;'://,':.;'::;'!:.:.:.:.:.:!i:.:i:.:.:|   小説は、物語を全て文章で表現しなければなりません。
.      ,':i:.::iハミ '!:!,,!;!;!\ イ;,:ノ;// ,:/,:/,::.:.:.:/:/!i:.:i:.:.:|
      i.:i.:.il「ヘ!  ` (゚;ツ`\,,   _,,ェ-''゙!::/;//三!i:.:i:.:.:|    しかしやる夫スレの表現の主体はAAであり、
     i.:i:.!:ili )i          " (゚;ヅ゙>  彡シ:i!:.:i:.!:.|    視覚から得られる情報がより多いのです。
     ,i.:i::!:i!i, (,!                 彡彳!i!:.:!i:.!:|
.    /'l:i:.!i:i!:!i'-l,      、          'y' /:i!:!i:.!:!i:!:l
    ' lハ::!i:!i:!i!i!i:,              /ニ/;':i!::i!i:!:!:!ii!   そのため、小説とやる夫スレとでは
     ! !:!`!i::!:!i:!i:、  '' ̄`''-.、     /i!i!i!:!;':i!:.i!:ii!:i!:!i!   演出やシーンの設定などで異なる点が多々あります。
     / ̄~~~'''''|\        ,ィ!i!i/li!'i!:;';'!:/リj!:.i!'i!'
     l i,\   .|  \   ,、-'`|/i!ir',i!!' '" '" "/:;r' '   この違いを考えずに小説の流れを全てやる夫スレ化すると、
、, 、  入''- ̄ ̄ ̄ ̄'''''''''-",,、__ .|  / \   ''"     メリハリの付かないだらだらとしたものになってしまいます。
  `'''/  \             ̄'''---''"/
    \  ヽ''-''"           ,,z〜'
     '`-,、          ---''"i /`''ー 、,、


               ,,.....,,,,......
             / / ! !ヾ\' 、
            /: : //: : } : : : :ヽ ヽ
             /: : イ: : ,: :i!,: : : :i i: : '          これを避けるためには、書き溜めをする前に
            ,': : / !: : !: i!\: !从: : :}
          { i i L,,メ从,| |レヨムヾ!: :i
          ', ', i!ョ'j¨ラ''  'j¨'ラト} i! ,'         □テーマを定める
           ヽ'Y" ゙̄ i   ̄`゙!ク,'
             ヾ'、    ....    /''/          □テーマを際立たせるための、シーンの取捨選択
             ヽヽ ゙=' イ/
              `!` ー''´.上            □取捨選択したシーンの改変
        ,,..=、,,,,.. '7"7 ゙̄'´\ ゙ヲ\,,_
       」 r,/;;ム,,,, ヾ.メ!;;;;;}={;;;;;∨ノ ..,,,ヽ ̄`ヽ
      //へ{ ン"´ `};;;/ o ト;;;;;}´  `\  ,ィ |     この三つをしっかり行うことが重要です。
       {r´,イ''ヽヽ.   レ\ i∧ノ ,. ''""´Y } !
     ノヽ  イイ  ` 丶.  ∨ /   i`ヾ } } |     今回のこのお話は、下の二つが甘かった。
    {   ',  };;;|   !    `ヾ ヽ    !  レ'  !
    i  ./  !;;;|i   }     〇 |    }   /   }    そのため、先ほど指摘したようにA・Bとそれ以降の展開が
    //ヽ.  !;;;|i  ゞシ''"´   i  `゙ゞ、 イ /  !    隔たってしまったように感じられたのでしょう。
  ,..ク ヽ `y;;;i;;!゙' ''"i!      |     !  i! / , |    この二つはメインに据えられているものが違いすぎるのです。
  { '´  ヾ./;;;/i;;;}   }    〇 |   i   レ /ィヽ

104名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:46:59 ID:Y9G3brqE

               ,,.. -───、-: 、
           ,. ‐''":.:.:.:.:.:.:_,:.:-‐= 'ヾ;.:`''-、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.::._,:-‐'':.:._:.:ミ`、´:.:\
           , '.:.:.:./:.:.:.:.:'":.:.:.:; ‐'',:.:‐'':.:.:ri'"''‐-;ヽ
        /:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:i:|:.:.:.:、`:.:\
       ,'.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.//:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ヽ:.`、
         i.:.:.://:./:.:.:.//:/:.:.:.:/:.:./!:.:.:.;.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.';.:.:',
       i.:///:./:.:.//:./:.:./':.:,//:.i:.:,|:.:.:|i:.:i,'i;.:.:.:.i.:.i;i   個人的な意見をいうと、
      /,:/i:.!;//:,:':/:.:.;,'/:/:/:./:/ノ:.:/i|:./;.:!:.:.:.l:.i:!i   この起に当たるA・Bで描写する必要があるのは
     ///.i:.!//-‐,:彡''_/‐廾ナナ"//'/、'/'/:.:/il:i:l
     ,'/〃//,.-r'三''"~ r-;:=ミ'  '" /_`////''    「新しい町に引っ越してきた!
    ,','l/:"//;rく 、,     ` 'ー゙'′   'r'iテ)シ!:i'"     散策してみたら、綺麗なレストランを見つけたよ!」
    l||i.:|.:i.:/:/;il!ヽコ,          ,. `" /i:.!:!
      !||l.:i.:l:.i'{:l.i;l!、!:.!、          ',.  /:.|:|.l      ぐらいのことだと思います。
     `'i:|i:.|:t‐!|ヾ;i.l:| ヽ        '"   /|.:.i:!i
      ヾi;:ノ``''-、i:.|  ヽ、   ‐─-  /! l:.//
   _,.....,  く_     `''-、,,_ `. 、    ,/i:ノ ノ;,/
,/   ヾ''‐-、>- 、_   ``''‐`-─'"‐'''" ̄l


         ___________
      ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
     / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
.   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、
  / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi    A・Bのやる夫の身辺のこと、散策する描写は
  レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll    その後の展開を見るに、あまりにも関係がなさすぎます。
   /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!    (散策の描写はそれ自体ならとてもいいと思いますが…)
 /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!
/_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {
.  L '、  、       // //'T | l       レストランが気になって入ってみた理由(>>501-502)や
   _`→、____,,.//_// ノ,_j_」        やらない夫・金糸雀との会話(>>518->>522)など、
   |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′          昔ここがやる夫の故郷だったことがキーであるシーンも勿論あります。
  ( _ )(   ̄   l'" /
   |,| >  r--K ./         が、これらも言ってしまえば横道であり、
   ( _ )ニ二) }__ノ、          『金糸雀 』というテーマを描写するためには別になくても構わない部分なのです。
   / .|,|    ̄ | lこj
   ヽ、|,|_    | |、>
   | くjL`!__」┘            横道が絶対だめ、というわけではないです。
   L_}='ヽ_j                ですが短編・中編の長さで横道が多いとテンポを悪くしてしまいますし、
   )  |!  ヽ.{                  長編でも、横道にそれすぎると本筋がわからなくなってしまいます。
     ̄~|l   lヾ,
     |.l l、、、、l、'、
     ヾ゙、、、、、ジ


        ,__,、_ __
     ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
    // /' 厶イノイ ! i} }iヽ
    ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il‖
    {//!ハ}汽で}ド  狹州!
   /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{     また、やる夫がかつて感じていた「幸せ」への憎悪は
  /{{ハ/,|    ,.、′ !il|        現在彼が「幸せ」を手に入れて満足している、
,⊥lj{i Wiト!ト、   (/ .イ j}!       とAから読み取れるため、
::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'        「幸せでしかありえない」金糸雀との対比とするには今一つ弱く感じます。
    ヽ\   辷'_'_´   
; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ      そのため、どうしても蛇足の感が否めないです。
i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   }
  {´    ヽ'、    }j j

105名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:47:31 ID:Y9G3brqE

           ,. -‐ー-、,. -- ._
              ,. '´:..:..ニ三..:..:..‐_:..:..:` ヽ、
            ,..:':..:..:..:..:..:,.:へニ::.:..:ニ-..:..:..:..:..:.\
           /:..:..:..:.:../,.r:.'':.. ̄ Y`ー‐- 、..:..:..:.ヽ
             /.:::..:..:../.イ.:::..:..:../:..:..:|.:.ヽ..:..:..:.`ヽ、..:..゙、
         /:..:..:../:..:./..:..:..:..:./.:..:../|:..:..ヽ..:..:..:.ヽ:ヽ.:..:',
          /.:..:./:::..:../:..:..:..:.,./:/ .:/. |..:.i.:.ヽ..:..:..:..:i::ヽ..:.i    
        ,':../::::..:..:/.:..:..://./|:../  |:..:l:..:.:ヽ..:..:..:|.:::゙、.:l    
        /:/..:.::..:..:./!:..:../  l:..! !.:i   |:..:|..:..:..:.\:..|:..|.:',:.!
         /./..:.:::..:..:/ |:..:/.  |.:| |:.i   |.:.|.:..:./|.:..:.,イ.:.|:..:',|     もし、依頼主さんがそれでも
      /./.|.:..::l..:./ ,.|:|:i-―´|:.!.|.:!  ー|/|:..:/、|:../ |:..:|..i..l!      これらシーンを取り入れたいならば、
      /..:..:l/::::|.!:!  、リ,.-‐-、l | |l   ,リノ∠.,_レ〈 |:/:、:..:|
     /.:..:..:..:::.:::.il. ヨ f:て)!`      f:て)! E /^i::.ヽ.:、      『単に原作をまる写しするだけではなく、
     //!.:..:..:.:.:::..ハ  ヽ.ヽニソ      ヽニソ ノ`./ | |:::..:ヽヽ      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    i.:i l.:..:./.:..:..:.i .!        ,         ,' !/:.::..:..:ヽヽ     自分の解釈を盛り込んで改変し、描写することで、
    |:! |..:/|.:..:..:..:ヽ、       l!,       ,'. /|..:..:i:..:..:l',ヽ    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    |l. |.:.| |:..:..:..:..:::::',                 /‐'".:|、:..:.|.:..:.i |:.',    横道ではなく本筋に変えてやる』必要があります。
      |:..|.|..:..:..!|:..::.::゙、     -==-     /:..:..l:|..| ヽ..|:..:..| |i.:!   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        !:.i|.:..:..:| ゙、:..:.:::\.           イ|.|.:..:..:..!  l.:|..:./ ソ
      ヽ|:..:..:.! ヽ.:..i、:..:ヽ、.      /:::|ノ:/|..:./  ノ.ノ      これが『取捨選択したシーンの改変』に当たります。
       Nヽ:..',  ヽ:i ヽ |. ヽ、  ,. '.|:. ノ:ノ lノ
          ヽゝ  `  ,人   "   ,人
     ,. -─────ァ'  ヽ、   /  ヽ-‐────- 、
   /             />'⌒'く.ヽ             \

106名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:48:15 ID:Y9G3brqE

         !、こ、,jr 、
            く:::::::ヽ
         i, i, l::::::::::゙、
       ,,,,,,ノjrノj-,r=--:::゙、          さて、以上をこれを踏まえて、
     ,r'´,.r7ヽ,r‐-、ニ、``ヽj!
     /'´/ /,ィ/゙!lヽト、ヽミニソノ=、_        ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    ,ノ!r'´7!.l__l!. リ ,!‐T`!==ニて`
   ,ィ'/ハ/,!iリ __`   ィく`flリーニ二´        依頼内容①
-='7,/ノ,/ハ.キ くj`  `'′に二i```        『枠の中に文章を詰め込みすぎではないか』
  イi!´r'!i た:、.   __'.ィ r'7-‐‐、、
   i{ヾ!, ゙、`''‐久 ヽ._ノ / 厶-‐7:::ヽ      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
       `r'⌒ン777ァ‐'--‐''"‐、::::゙、
       l::::>ヽ  )‐、   ヽ  ;:::::゙、     に移ります。
        `i_:::'‐「= l``l、 ノ 〈::::::::ヽ
         ヽ:::::゙i:::::8:l::::l     i:::::::::::\
          ゙、:::!:::::::::::j::| _, ,/l:::::::;.r'´
           `、`::::::ノ/-'‐‐'‐-{:::;/


,--''=----ァ_,,-ー-、 
彡,, -''      ヽー-| .
  /  / //,イ ) |.
/  / //,ィ / /  | 
  /  / ,イ /  / ,イ|
 // /// ノ  /ノ ,イ| 
,{/イ /ァ'、ノ// / ノノ ノ\__   
八///ノノ/メ、_ /ノ,,/ノ //ノi } }、 
{ |i |' 、ミシラニミ、ノ ̄ブ ,, ノノノ/}ノノ八 
 | l | 冫 { ( }ヾ     〉"双7'7ノノ' ハ
 !!ヽ| "''-`ー'_    シィヾヾ;゙/ V ノ
  iヽ:::::::::::::::     { ト_イ ノ/i   ヽ          …………。
l   トヽ        ゙ ..:::"7 l 、 |        ………………。
 i  .|| l  J    , ,ィ  l   l  |
ヽ ヽ || }        "   /   トl }        はっきり言うと……『詰め込みすぎ』です。
 }\liノ     , '_7    , '   i lヽ l 
ノノハメ`    (i/  /    ノ l ハ', 
  .\    ヽ  /  i   / ノ /ハ',
.    ヽ、   /    ノ // ノ ソ }}
     / `ー' ヽ、 ,ィ ノノ ノ,,/   ノ
\  / )ノ)  \'ー'"        
 .ヽヽ/   / _ _  ヽ⌒ヽ、___
  l}   / /  ヽ  ゙、    `ヽ


             ,,.....,,,,......
           / / ! !ヾ\' 、
          /: : //: : } : : : :ヽ ヽ       枠の中に長文を入れる、というのも、
           /: : イ: : ,: :i!,: : : :i i: : '       場合によっては有効になるでしょう。
          ,': : / !: : !: i!\: !从: : :}        例えば、ギャグなどでは『長ったらしい説明』というボケになります。
        { i i L,,メ从,| |レヨムヾ!: :i
        ', ', i!ョ'j¨ラ''  'j¨'ラト} i! ,'
         ヽ'Y" ゙̄ i   ̄`゙!ク,'         しかしこの話の場合なぜ枠いっぱいに文があるかというと、
           ヾ'、    ....  u /''/           原作からそのまま用いているから、それだけです。
           ヽヽ ゙=' イ/
            `!` ー''´.上
      ,,..=、,,,,.. '7"7 ゙̄'´\ ゙ヲ\,,_       作者さんはきっと原作の内容や文体に感動されて、
     」 r,/;;ム,,,, ヾ.メ!;;;;;}={;;;;;∨ノ ..,,,ヽ ̄`ヽ    やる夫スレ化されたのだと思います。
    //へ{ ン"´ `};;;/ o ト;;;;;}´  `\  ,ィ |
    {r´,イ''ヽヽ.   レ\ i∧ノ ,. ''""´Y } !    その気持ちは分かりますが、
   ノヽ  イイ  ` 丶.  ∨ /   i`ヾ } } |     先ほど指摘したように小説とやる夫スレでは表現の形態が異なります。
  {   ',  };;;|   !    `ヾ ヽ    !  レ'  !
  i  ./  !;;;|i   }     〇 |    }   /   }    繰り返しになりますが、小説の原文をそのまま用いることだけでは、
  //ヽ.  !;;;|i  ゞシ''"´   i  `゙ゞ、 イ /  !     かえってその良さを殺ぐ以外の何物にもなりません。

107名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:48:56 ID:Y9G3brqE

              ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
            ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
          ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
          ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',
         /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
         /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl
        /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l
        l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l     そのため、出来る限り長文をそのまま入れることは
        |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ     控えた方がベターです。
        l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ
        .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l
        .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l     ・どうしてもAAでは説明できない時
        .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::l     ・どうしても原作の文章をそのまま使いたい時
        l:/l::l;;;;;;/l::ヽ    ---    ./::::l::::l ll l::l
         .l::l::::/ l::::::l\      ./::/l::/l:// .lノ
          ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ        慣れないうちは上記に限って引用する、
      __        .l        |' "           という心づもりの方がいいでしょう。
    ,. '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... ---
  /         \ヽ、 _      ,.. -'""     
 / ヽ           '' --`.,'__''',,..ニ-'"       
/


          ,.‐ ''''''' ‐''´ ̄ `` ‐- 、
        , '′ ...ノ´/~へ、/r,.ニ  `ヽ、
       /,ク .:.:./   ´ '  `(⌒     ゙、
      / /:./ ,:// / /   i:.、 ヽ `ヽ``ヾ、
     / / / // / /.:./ /| |i !: i  ゙, 、`、ヽ ヽ
     ,!     |   ! :l ! | | ! !:.  l! .!、い !`ヽ ゙,   それ以外の場合には、使いたい文章を自分の中で咀嚼して
     ! .:...  i/,.:./ i    ! !.l |::..   | ゙、 |  |ヽ     再構築・改変して新しくシーンとして盛り込む、
    |.:.:/ / /i:./ |  /   リ /! ,  |  !. ハ. ! リ    あるいは思い切って削ってしまう方がですね。
    l:/ / イ:l /  ! /| l__ /| / | ハ l'´`! | | /
    .,' // /ヽ/    l」 r'レ'`ソ レ゙ レ゙/`i,ノ f''i       先ほど説明した
   / / i| レ'゙ / ,ノ/ ./ 、., -‐,、     / .i):F ! |:i       『取捨選択したシーンの改変』の変化球みたいなものです。
   /イLノ ,/彡/l  7   i::(l       l:ノ ! i、:! 
   | |TTFrニ//! .l `ヽ   L」        l !|:!      それがやる夫スレを作るにあたっての醍醐味でもあります。
   ヽ iヽヽ l::|| |:l l ',            r   /:!/ リ
    `' `ー!- lハヽ.:.ヽ             , ' '"        また、敢えて文章を分割して使う、というのも一つの方法です。
        ヽlヽゝ`=_ヽ、_       0 /          それに関しては依頼内容②の改善案で実際にやっているので
           { ̄``ヽ、 ``''r:‐-r='、          参考にしてみてください。
          ,└‐-、  \. |  |‐、ヽ
         / r;j   `ヽ、 `  ノ  i \

108名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:49:49 ID:Y9G3brqE

    /                  _    ___
    /      |          ,. ‐''"´:.:.:.:、.:`"´:.ニ:..:..:`ヽ、
  /        /       /:./:..:.:.:.:.:././:l:`、ヽ:.:ー-.:、:.:.ヽ
一'''":〉     / /     , ':.:, '.:..:..:..:.l:../:..l:..:|:..:..ヽ:..:ヽ\ヽ、:゙:,     この辺りは、
::::::/      /      /:..:/:..:..:/:..:.,'/..:i:.|:..:..:.ヽ:.:..:..:..、:..`、:゙,:..:゙,      既に小説をやる夫スレ化している人の作品を読んで
:::::ヽ、     /       //.イ/:..:/.://.:/:/:.:l!:|'i..:l!.:、:.|..:..i!:、.:.i..:l!:.!:',       技術を盗むといいかもしれませんね。
:::::::::::i          ,':./:./:..:/:/:/i//.!i:|.:.!:| |..:.|.l'!:|:l.:.:!i:..、:|:.|i:.:!.:!
:::::::::::ヽ         i:/:./.:../i:.l:i i! |i|:|.!:|:.|:i.! !:..|:| !.:|:.:| |:i.|.|:.|:!:.|:.i     やる夫見聞録
::::::::::::::`、          l:l!.:..//l,.ゝ!十ナlハ:l:..:l.l!十l'ト|、i'i:|、!.:|:l.l!:.:.l!:.l      (ttp://crescentmoon.gozaru.jp/yaruo.html)
:::::::::::::::::ヽ      /ソ.:.//'´  ,.....,   ```" ',」_ ノ メ 'ミ、!:ヽ:.:|:|      やる夫jp
:::::::::::::::::::::`、      ノ/:../'{.  f´f::t.j`       /r:t.j゙ヽ  ミニ,ヽV:i       (ttp://やる夫.jp/)
::::::::::::::::::::::::ヽ     /.:./!i! |.  ` ゙ー'      ゙ー' ′ .ニ/i!l:i`:.|
::::::::::::::::::::::::::::`、  /.:./.:.l `!i             ,. ,,  /'"/:l:|.|     ご存知かもしれませんが
::::::::::::::::::::::::::::::::`,//:/!:i.:ヽ.`l.      '、      ,/ !/ |  〉/:|.:|.i|      これらの文学の欄などから探すことができます。
:::::::::::::::::::::::::::::::::l/:.li |:|'|l:|:.`'!     ___ /i  ! !/_,,.ィ:i:.!:.|:.|       長文引用していても、
::::::::/  ̄ ̄ ̄ \:!|:|.| !:ハ:|:iヽ.   ',`,ニニ'/ i. | | l:i:.:.:|!:i|:i:..|i:.!       それがかえってテンポや味を生み出したりしている
`/        ヽ:ヽ:ヽ:ヽ:i:::l\  ヾ、_,/ |. | | |:./;.:/./:.ノ!:.!        作品もあったりするので本当に勉強になりますよ。
/            ゙i:::::::`::\:`ヾiヽ、 `'ニ´ ,.|. レ┘ |/ノ/ノr' リ
             |:::::::::::::::::;;.ノ'  ヽ、_,.イ |'´f'  !::::::::::::'、           っと、こんなこといってる私が
             フ::::::::::::ヽ       l ! / i::::::::::::::::`ヽ、..,,_        横道にそれてしまいましたね。ごめんなさい。
             |::::::::::::::::::ヽ.     / '/  ,'::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              |ー-、::::::::::::\,. -‐''{  i   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
             /    ̄`` ‐、_::::::::::゙,    /、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

109名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:50:13 ID:Y9G3brqE

                   ,__,、_ __
                ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
               // /' 厶イノイ ! i} }iヽ
               ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il‖
                {//!ハ}汽で}ド  狹州!    そして
              /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{ 
                 /{{ハ/,|    ,.、′ !il|      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
                ,⊥lj{i Wiト!ト、   (/ .イ j}!
          ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'      依頼内容②
   _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´        『金糸雀の「天才」がきちんと伝わっているか』
  ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ  
    ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   }     □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
      / }  |   {´    ヽ'、    }j j  
       厶j  !  /      、   v 〉     ですね。
     に」   ト∨! ,     }    ゙ !


                 ,. -‐ー-、,. -- ._
              ,. '´:..:..ニ三..:..:..‐_:..:..:` ヽ、
            ,..:':..:..:..:..:..:,.:へニ::.:..:ニ-..:..:..:..:..:.\
           /:..:..:..:.:../,.r:.'':.. ̄ Y`ー‐- 、..:..:..:.ヽ
             /.:::..:..:../.イ.:::..:..:../:..:..:|.:.ヽ..:..:..:.`ヽ、..:..゙、
         /:..:..:../:..:./..:..:..:..:./.:..:../|:..:..ヽ..:..:..:.ヽ:ヽ.:..:',      これは先ほどの表のC〜Gの流れで
          /.:..:./:::..:../:..:..:..:.,./:/ .:/. |..:.i.:.ヽ..:..:..:..:i::ヽ..:.i       金糸雀に重点が置かれていることもあり、
        ,':../::::..:..:/.:..:..://./|:../  |:..:l:..:.:ヽ..:..:..:|.:::゙、.:l       きちんと伝わってきました。
        /:/..:.::..:..:./!:..:../  l:..! !.:i   |:..:|..:..:..:.\:..|:..|.:',:.!
         /./..:.:::..:..:/ |:..:/. -、|.:| |:.i   _|.:.|.:..:./|.:..:.,イ.:.|:..:',|       ただ、欲を言わせていただくなら
      /./.|.:..::l..:./ ,.|:|:i   |:.!.|.:!    |/|:..:/、|:../ |:..:|..i..l!
      /..:..:l/::::|.!:!  、リ,.-‐-、l | |l   ,リノ∠.,_レ〈 |:/:、:..:|        『やる夫スレならではの演出』がほしいところです。
     /.:..:..:..:::.:::.il. ヨ f:て)!`      f:て)! E /^i::.ヽ.:、       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     //!.:..:..:.:.:::..ハ  ヽ.ヽニソ      ヽニソ ノ`./ | |:::..:ヽヽ
    i.:i l.:..:./.:..:..:.i .!        ,         ,' !/:.::..:..:ヽヽ
    |:! |..:/|.:..:..:..:ヽ、       l!,       ,'. /|..:..:i:..:..:l',ヽ
    |l. |.:.| |:..:..:..:..:::::',                 /‐'".:|、:..:.|.:..:.i |:.',
      |:..|.|..:..:..!|:..::.::゙、     r-─‐-    /:..:..l:|..| ヽ..|:..:..| |i.:!
        !:.i|.:..:..:| ゙、:..:.:::\.   `‐--‐'′  イ|.|.:..:..:..!  l.:|..:./ ソ
      ヽ|:..:..:.! ヽ.:..i、:..:ヽ、.  ー‐  /:::|ノ:/|..:./  ノ.ノ
       Nヽ:..',  ヽ:i ヽ |. ヽ、  ,. '.|:. ノ:ノ lノ
          ヽゝ  `  ,人   "   ,人
     ,. -─────ァ'  ヽ、   /  ヽ-‐────- 、
   /             />'⌒'く.ヽ             \

110名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:51:04 ID:Y9G3brqE

                ,,、-─''''''''''''''─‐-- 、
               ,、-''´:ミ三:::゙ヽ、:::::::::゙ヽ、::::::::::゙ヽ、
          ,、-'":::::::;:::::::ハ:ミ::ヾ、::ヽ、::::::::::゙ヽ、:゙ヽ、:゙ヽ、      特に、
         /:/:::/://:::|:|::::ヽ:::::\:::\:::::::::::::\::::\:::\
       //:://:::/:::::::j!:|:::::::ヾ::::::::ヽ:::::\:::::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ     やる夫が金糸雀の歌を最初に聞くシーン(>>510-511)と、
      //::/::/::::::|:::::::/|::|::::i:ヽ:ヾヽ:::ヽ::::::ヽ/7::::::::::::::::゙i::::::ヽ
    .  /:/::::/::::::/:|::::::|:::::::l| |::|::::|:::゙i::゙i、::ヽ:゙、ミ、//:::/7:::::::::::゙i::::::::゙i    彼女が生理になってしまい普段からは
     /:/::::/:::::::/!::|::::::|::::::l| !:|l::::|::|:l:::| ゙、::l::|ミ://、//\::::::::::|::::::::::|    考えられないような酷い歌を歌うシーン。(>>536-537)
    ./:/::::/:::::::/|:::l|::::::|::::|!| l:::!l、:|::|::|::| ヾ!:|:://:://、::::::ヽ::::::|::::::::::|
   i゙:/:::/::::/:/ |:::l|::::l::|:::|l:! __|;;;Lヾ|:::|::|  ゙l!ヾく:://ミ、::::::::ヽ:::|::::::::::|
    |::||::l:::::/::i′|:l:ト、:l::|:::||,;ッ‐''''" ̄`lリ    V/:、三Y⌒゙l:l:::|::::::::::|   この二つは、やる夫が金糸雀の歌に惹かれ、
    |::||::|:::::l|::| _|:l:| ヾ::|l::|    、__,,,,,,,_      三彡/ j |.|::!::!:::i:::::|   またその本質を理解し、
   .|l:!|:::|::::||::|,ッ'‐‐ミ ヾ:!゙l!   ミイ:::゙‐| 〉     彡/ /| l| |:l::|::::|::::|   受け入れるに至る重要なシーンです。
   l!|::|゙i::l:::|ヽ!      `    ヾ-‐' ´      ヾ |.」 l| |::l::|:::|::::|
.    l:! `i::ヽ:ミ. ミri〒lヽ                 ヒ、. /.j|::l::|:::|::::|
     ! .!::::l|:゙i ;! l:::゙j  i                   _| /:|::l::|:::|:::|   ですがそれが殆ど描写されず、
      |::::l|::|:゙! ゙´  ノ                 '´ /|:::|::|::|::|:::|   説明文だけで済んでしまっているのがなんとも残念です。
      |::::l|::|:::|    ヽ `              ,.-イ:|::|:::|::|::|::|::|
      |::::|:::|:::|l,        ___....,        /|:::::|:::|:::|::|::|:::|:l::|
       |:::::|::::::|::゙、     <_,. -ァ'′         / |::::|:::|::j:::|:|::::/::j    この話に於けるキーポイントであり見せ場なので、
       |::::i|::::::|i::|::ヽ     `‐'´       /  |:ノ|::|:/:j::/::://   ぜひともAAを使って、やる夫スレならではの盛り上がりを
       |:::l|::::::|:l::l!::::::|:\                   |:::|j/::ノ:ノ::ノ/   演出していただきたいところ。
       |::||::l:::|::|:||::::::||::::l::゙ヽ、     ,. -'",、-───┴v彡二´゙´_____
      |::|゙!:l:::|::l| |::::::||:::|:l::|:::|::`i",、-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈==フノ::::::::::::::::::::::::
      ヽ:!ヽ:::ゝ:!ヽ;:::リ:::|l:リ::ハ::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__//,,、-‐ァ'''''ユr'´
         ` ヾゝ ヾ:!'´レ'ソ ゙i:ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´/ /::::::::::/ /´  `゙
                 _,r」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´  '´ / /:::::::::/ /
               ,、-‐'゙/へ、_,、-''"´      i゙ j:::::::::/ /       /   拙いながらに、改善案を考えてみました。
           __/::::://ヽ  __,/       | |::::::::::l i′ / /     あくまでも一例ですが、
         ///:::::::/ /                | |:::::::::| |   l/ /    参考にしていただければ幸いです。
          / //::::::/ /                 | |:::::::::| |   / /

111名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:52:26 ID:Y9G3brqE

+++++++++(以下、改善案。依頼作品>>510の続き)++++++++++++++++++++++++++++++++

              , -「\‐- .._
            , - ´  ヽ \\ゝ=、,、
          /   //\、 :. :〉{ r;、ヘ
           /  ./ ./.:/   丶、::ゝイゝ}7
         i{. .:/ .//'´ ̄`    `ニミヘ/ソ
         i:、::{ _{´    、    ,  Vソ
         ゝ:`{メ,  ==ミ     、_ /'
          ``i{、_ ""  ,、 , ``゙{= 、       ┌───────────────────────┐
              人、__メ   { ソ   ノ   〉      .│ステージに目を向けると、                     ....│
         ,. ┴‐ < ̄ }、...`" .ィ'´`ヽ /       │小柄な、色の抜けるように白い、可愛い感じの女性が ..│
       r'´     V⌒ヽ水コゝ‐<- 、       │にこやかにお辞儀をしていた                  ...│
       i: 、: . .    ゝ ィl」 ヽヽr−」  \     └───────────────────────┘
       ヽ: :、: :__ . . :くく.ィ  o゙"ゝ_ゝ . r: }   
       /  /T: . : \ 、    ̄ }i:、 :i レノ
      /ー- v  |: : : : . . `丶、、゚_/ ト、  ヽ
.     〈    \  ,レ. : : : :  く./i、\L_ヽ__ \
.     }: .    ヽ〉 _  _     ノi、`" ` 、-‐ \
.      |: : : .    \V {   .ィ__r ヘヽ   \  : :}
.      i: : : : : .    ヽ⌒7イr┘: i: : L\   丶: :ヽ
     'i: : : : : : : .   i}_ノr.┘:i: i: : i: ヽへ  丶: : i
     ,}; : : : : : : : .  〃_j: : : 、: i: :/: : ゝ_\  ヽ: i
    /i{: : : : : : : : : 〃j: : : : :ヽ /: : /: ゙、 ヘ ヽ:!
.    /:_j|: : : : : : : /_ノ: : : : : :丶: /: : :`ゝヽ. ゙i
   /'_r;i: : : : : :/ト/: : : : : /: : }´: : : : : Lヘヘ
.  レ': ハ: : :/ ト、!: : : : : /: : :/: : : : : : :{ )、!
  く_へフ、 ̄,、ル'、: : : : : :/: : :/: : : : : : : }ゝヘ
   ゝ、へゝ、: : \ : : : / : /: : : : : : : :ノ}、ノ'′
      ⌒ゝ、>、: : : : /: : _人: :{: : : /: :/ ̄
      ∠: :´//:r: i: 、:、:ヽ:_\:`: ‐:__∠
        フ7: : _ノ、:`: 人: :} '、: 人_:ヽ: ト、ヽ
         ̄L: ィ   \/レ1 ̄  V    ̄` `゙
           j   |. ,'   /
          ,'    ,'  /    .!
          / _,、_/  j__,,,,_」
           iニくスヘヽ__i‐/ 水〈
         ハ_ノ'"´: : .`ヽム'" ̄`ヽ.
            {: : : : : : : : : : . :}: : : : : : : .}
 _    ──ゝ──── ┴───┴─

112名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:52:53 ID:Y9G3brqE


 ┌─────────────────────────────┐
 │目が大きく、無邪気に輝いていて、すこし丸みを帯びた鼻筋もよく通り..│
 └─────────────────────────────┘

                       -──-<..           ` 、 \
                    ´ ..-―- 、ノ⌒'、ー、- ..     Y⌒Y⌒レハ
                   //  / /'、\  \ \ `   rーj  r! ! __ノ'⌒ ーァ、_
                   '/    .´ .イ.′ ヽ\  \ \ __j _)_ノ_`'´ し'´j_イーv´Vハ
                  //    /////  /`ト、\  \(    厂:::::::ヽ   (___j'⌒Y
                 ′′   .′ /// /   ヽ.\\   `フ_ !:::「 ̄ヽ::Y'´,二 ヽ_人__ノ⌒
                  | !    レ' ///ィ         \\\く___..j、:::`ー‐':ノjイ,ニヽハ―──<_
                  l |   レイ///   _     \ヽ  (__イ⌒ヽ¨「〈 :{jfクノノ イ}──┐ ::|
                ヽ\   | / イ   ̄ ゛       ヾ\ ノ r_(__ ゞ_>、_  ̄ノ::`ー─'::::::ノ
                  ー` |イィ´  ォ=          \「 ̄ノ ノ':/   !:: 「 `r ─┬ ´
                      '⌒/! 彳⌒ヾX         - <  f |::|ノ⌒j |::::|゙ rく⌒ヾ_j
                    |/ !  i::::::::とハ!       -=   `ム|::レ、'ー!::::hハ ト-'´
                  r―┤ 、 _! 弋__つ         イ⌒ヾX  ヾ|::ト、ー‐|::::::V`′
                ノ / ゝ__ j , , ,          代::::しハv  |小:\ イ:::::::_ゝ
               厂 弋ニニイ!         '     弋_つ  '  イ⌒レ′レ'´
              r'──=─ ノノ人     `−         , , ,  /.::|!:ノ
              ム--- ー=イ/  rゝ、     `        イ   |!′
              ノ'´ ̄  ̄  イ´r─┴ く\         . イ´ ̄ ̄:リ\
            ー┬── <_  |:「 ̄丁ヽV `r-r―_ァ―'⌒r '三i|-=≦,.ノ
               f´ ̄ ̄  ノ !:|  ノ: : :>=う´ ̄ ̄ ))_ノ_代:ノ   /⌒ヽ
                /ー―<`<   ゝ====イ:/ /ハ: : : :「ノ`ー─ ¨ ̄V     .
           __ヽ -===彡'  |: : :.////: :ヾ\:_/`ー===ア'´     ?U
          rく_____j         人: :.//:.|:{ : : : :厂  ´=ー─、  ̄_)   /

                       ┌────────────────────────────┐
                       │やや大きめのハート形の唇には楽しそうな微笑みが浮かんでいた ..│
                       └────────────────────────────┘




==========================================
=====================================================
      r'──=─ ノノ人     `−         , , ,  /.::|!:ノ
      ム--- ー=イ/  rゝ、    ー `       イ   |!′
    ノ'´ ̄  ̄  イ´r─┴ く\         . イ´ ̄ ̄:リ\    スゥ……
   ー┬── <_  |:「 ̄丁ヽV `r-r―_ァ―'⌒r '三i|-=≦,.ノ
     f´ ̄ ̄  ノ !:|  ノ: : :>=う´ ̄ ̄ ))_ノ_代:ノ   /⌒ヽ
    /ー―<`<   ゝ====イ:/ /ハ: : : :「ノ`ー─ ¨ ̄V     .
===================================================================
=============================================================================

113名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:53:19 ID:Y9G3brqE

                                   , -v‐、
                            __, - ´  ̄「Y⌒ヽヽ-、_
                            ハ ー- __ハヘ_,ィ我ハ_ Y)、
                           / 7rー- 、__く__ィニく `く〈:.
                           ′// _   ―─`ー<ヘイ ',::.
                           | i // _    ´ 二.._  ヽ ヽ.i:::
                           | |{'′´ _..   ´  ̄ ` 〈‐ 、l|:::::.
                           Vハ, 〃´   、    、_,ノ}ノノノ::::
                         , =ハr}       ,- 、   / ̄ ヽ::.
                        〃  / ̄\    ー   /  ィ─廴_,r‐┐
                     ┌个卞ニト-、`ヽ >、     ,ゝ_ハ  /  ノ}  ト、, -、
                    _! ||,>ー‐`‐く  _≧rt匕⊥二〉'─< ! /^′ j
                   ((⌒ゝ >'´       `7/く:::/^卞、〉ヽヽ   ` く
                    `ー |           // /:Y o |:::l   ', ',     ヽ
                      |       | l,厶イ   |::::l  l!       }:
                        ヽ,- 、    ヽ\   o ‐┘/ ヘ  - 、 /::.
                     .:::/   ,ィー¬   ヽ\___,/.イ   ヽ   <:::
                   _r‐イ   / .:::ノ´ ̄   √ ̄}¨「 ̄ ¨ ーヘ   \:.
               _ - ´      / .:>┴−   r┴ーく||       \  }
             ,  ´         j ' _  -  "´  辷'   〉| |         丿
           /           .ィ´ _∠ -- 、     _人二_厶ヽ\        / ヽ
        _, イ  /       /   「 f⌒7ー`ニニン′ } }LLィヽヽ     ,イ \  \
      <_⌒ヽ_∠二、ヽ  /     ヽヽ/            '、ヽ L| l_j_ - ´ヽ\ ヽ /
   ∠_  `Y´ー‐z__ ヽ',∠ -- 、___,メ  i     ,'    ヽ\レ′      \\/::.
      └─! i l l l ハハ{ ̄才⌒ ー一'   {   i  ′     ヽ\__ ィ ニニ,ヽ \::::.
.          ヽL|_リイ-、__i}/            ',  i |        ゝー…'⌒マ / ノ   、:::.
             .:::::/               i |                  ∨ /      ヽ:::.
           ..::::::::{          '         ├{                  Ⅵー- 、   ヽ::
            :::::ハ       ′         l!               `¨卞-、_`ー- 、',:.
             .:::ハ       /          l|                 ',    `>、〉
              ::::ハ    /             j|                 ',_ -イr一′


     ┌────────────────────────────────┐
     │         彼女は形の良い唇を、形よく開けて歌い始めた         │
     └────────────────────────────────┘


+++++++++(以上、改善案。依頼作品>>511に続く感じ)+++++++++++++++++++++++++++

114名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:54:04 ID:Y9G3brqE

                ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
              ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
            ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
            ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',
           /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
           /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl
          /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l
          l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l      と、こんな感じです。最初のコマの枠線ガタガタですみません。
          |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ      私もやる夫スレを始めてまだまだなので
          l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ     十分とはいえませんが…
          .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l
          .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l     逆に考えると、この程度でもある程度間を作ることで
          .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::l     ここが見せ場なんだ!っていう簡単な演出になります。
          l:/l::l;;;;;;/l::ヽ   '' --- '   /::::l::::l ll l::l
           .l::l::::/ l::::::l\       /::/l::/l:// .lノ     ぜひ、気軽にやってみてくださいね。
            ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ
        __        .l        |' "
      ,. '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... --- 、
    /         \ヽ、 _      ,.. -'""       .ヽ、
   / ヽ           '' --`.,'__''',,..ニ-'"          :.ヽ
  ./   ',                             :  ',

115名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:54:38 ID:Y9G3brqE

                          ヽー‐ '          では最後に、
          /〃/:::::l!:::::|!:::l!::|l !::::|!::::!::|!::::::|!:|!:::ヽ、 
        /:/:/:!:::::l!ハ:::::!::::l::|! l::::|!l::::!::|!:::::|!:|l!:::::::ヽ      ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  | 干     ,'/:::l!:l::::::l!| ヽ:::::::::l::| !::l「 !::::::|!::::|!:| l!_,ノ
  レ○‐   l|l|:::l!:l:::::!|!|  ヽ:ヽ:::l| ∧l| _,、::::ト、|!:|! ヽ、         依頼内容③
       l| |!::l!::l::::l:|!|⌒ヽヽ::::ト! ハ「rぃヽ! 人|!  !:ヽ         『その他気になったこと』
    | 干. ‖ l:::l!::!::::lN 、, = 、ヽ!  !ヾリ_, く`    !::|
    レd‐ | !:|!::!:::::lト 7 〈i,い     ´′       乂      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
         ヾ`ト、トlト,`、_, j           ─< 
        | 干     l::!l!:::::',´′〈 、          }ヽ
       V0‐    |::!l!l!::::',   `  _,.ィ       ノ:::j  ,. -、r−、
 | 干           |::!l!:l!:::ハ   `'く_,. -‐|      ノ::::///|!::::::|!::j::::!
 L(ト        !::!l!:!:!::::!ヽ   ヽ r┤    /イ:/::::/|::|!:::::j!:∧:{      …すみません、
      | 干      ',:::l!::|!::::!::::ヽ、   ヽ」     /_/ フ:j!:::/}/  ヽ     あんなに喋ってまだ言うことがあるのかと
      し0‐     ヽ::l!|ヽ::!:::::::::`r‐─ ─<  ̄ _,ノ /{ノイく         お思いの方もいると思いますが…
              ヽ:L. ヽ!ヽ、:j  r‐r− '´ '´ ,. ' /__,>'   ヽ、
          _,. -───vr‐‐}  |/  /'´ / , '        ` 7ナ    自覚はあるので簡単に、サクッと終わらせますね。
          /      /  ノ   ! /  / /, ┐         //
        , '  /    /   ノ   i  く // /       / /
      /  //   /    /    ノ    r' ノ /ヽ    /   /



             ,,.....,,,,......
           / / ! !ヾ\' 、           まず『場面転換のAAが地味で気がつきづらい』
          /: : //: : } : : : :ヽ ヽ
           /: : イ: : ,: :i!,: : : :i i: : '
          ,': : / !: : !: i!\: !从: : :}          作者さんは 
        { i i L,,メ从,| |レヨムヾ!: :i
        ', ', i!ョ'j¨ラ''  'j¨'ラト} i! ,'          ・
         ヽ'Y" ゙̄ i   ̄`゙!ク,'          ・
           ヾ'、    ....  u /''/           ・
           ヽヽ ゙=' イ/           ・
            `!` ー''´.上
      ,,..=、,,,,.. '7"7 ゙̄'´\ ゙ヲ\,,_         を使ってらっしゃいますが、
     」 r,/;;ム,,,, ヾ.メ!;;;;;}={;;;;;∨ノ ..,,,ヽ ̄`ヽ     これが画面端にあるために見落としがちになってしまいました。
    //へ{ ン"´ `};;;/ o ト;;;;;}´  `\  ,ィ |
    {r´,イ''ヽヽ.   レ\ i∧ノ ,. ''""´Y } !     せめて真ん中に持ってくるか、他のAAを使うことをお勧めします。
   ノヽ  イイ  ` 丶.  ∨ /   i`ヾ } } |     他のAAは、例えばこんな感じですね。
  {   ',  };;;|   !    `ヾ ヽ    !  レ'  !    種類はたくさんあるので、お気に入りを見つけたらメモっちゃいましょう。



          ●

          ●                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          とか        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          ●                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

116名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:55:02 ID:Y9G3brqE

                                       それと、
     /.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.\      ___
    /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';:.:.:.:.丶   /  _  \
    /.:.:.:.:::l.:.:.:.:.:.:hl.:|l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:.ll.:.:.:l::.:.:.:.:.゙,   |  (  `i  |    『翠星石がやる夫の妻である明確な描写がない』
   ,'.:.:.:.:.::l:::::l::::::l l:l l::::::::::l:::::::| l::::::l'l::::::l:::.:.:.:.:.!  |   r'′  |
   ,i.:.:::.:::::l:::::l::ll:|⌒'l| l:::::::::ll::::::|⌒|:::::l |::::l::::::.:::.:.i  |   ○   |
   i.::.:::::.::::l::::l:ll:|   l l:::::::|l:::::|  |::::l`|:::l:::::.::::.::.!  \_ _/    なまじ最初モノローグで家族のことに触れる際
  ,i.::::::::::::::l::::l l|, =-、l l|::::l l::::|l ,r=トメ j;/jj;:::::::::::::.!    _ノノ        真紅と雛苺だけが出ていたため、
  l.::::::::::::::illr'|lヲ rtji, `      イrtji, キ !`!|::::::::::::.!   ̄         なぜいきなり翠星石出て来たのかわかりませんでした。
  l.:::::::i::::;ij|!(!  ';;ヲ        ';;ヲ    l)i|l:::::::::::::.!
  ,'.;::::::i::::;ijlヽi  '--        ─'゙  .i,/ij;::::::i::::';'、          何回か読みなおして、
 ,'.;::::::;ij:::;ij!lillli,       , .      し ,ilillll!jj;:::::!j;:::';`.、         どうも真紅と雛が子どもで、翠星石が妻らしい…
,/イ:::::;ij:::;ilj!l!lillll,               ,ijlllllll!::!jj;::::'!jjj;;';;:}        と結論付けましたが、
 ,':::;/l::i:ll|l!:!li!illli;、    `−−’     ,ィilji!ll|lljl!:::lト;::::i`'!jr'        翠星石が妻であるという、何らかの説明が必要です。
 {::;;{ |:!:l!' !i::!!、゙'!jllli;,、         ,ィji!l|}jlij |ij:::ノ jj:::j '
  `''` !::l{ `'-` 'ijlljij'`i ,、    ,、ィ'jijijノ-'"ノ--' ''''"         さりげなく序盤の会話に付け加えるでも、
  / ̄ ̄'''''--y'⌒ir┴-ァ、ー,、‐┴r⌒ヽ--''''''' ̄ ̄`、       最初の真紅と雛苺のAAと一緒に出してもいいですね。
 /::::::\::::::::::/::::::::::゙、 /`{ ̄ 'r`、,/:::::::::`、:::::::::::/::::::ヽ



                   ,__,、_ __         最後に、
                ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
               // /' 厶イノイ ! i} }iヽ     『>>529はなぜ文章を枠で囲ってあるのか』
               ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il‖
                {//!ハ}汽で}ド  狹州
              /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{      それまでは会話のシーンが続いていたので、
                 /{{ハ/,|    ,.、′ !il|         なんで翠星石の台詞がいきなり枠付きなのかと、
                ,⊥lj{i Wiト!ト、   (/ .イ j}!        戸惑ってしまいました。
          ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'
   _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´          多分金糸雀の歌を描写するための文章なので
  ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ          枠に入れてあると思うのですが、
    ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   }          一緒についているAAは発言をしている翠星石なので、
      / }  |   {´    ヽ'、    }j j            どこかちぐはぐな感じがしてしまうのです。
       厶j  !  /      、   v 〉
     に」   ト∨! ,     }    ゙ !          引用している文章を枠から外し
                                   翠星石の台詞にして違和感のないよう改変するか、
                                    翠星石のAAではなく、歌う金糸雀の描写に差し替えると
                                     なお良くなると思います。

117名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:55:43 ID:Y9G3brqE





                       随分と長くなってしまいましたが、
         ___________          まとめをするとこんな感じになります。
      ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
     / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
.   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi
  レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll
   /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!    依頼内容①
 /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!
/_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {     ⇒長文の引用ばかりではだめ。
.  L '、  、_,     // //'T | l     自分なりの解釈をもとに、再構築・改変などに取り組もう
   _`→、____,,.//_// ノ,_j_」
   |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′
  ( _ )(   ̄   l'" /          依頼内容②
   |,| >  r--K ./
   ( _ )ニ二) }__ノ、           ⇒理解するには問題がないけれど、
   / .|,|    ̄ | lこj           折角の見せ場だし、もっと盛り上げてみよう
   ヽ、|,|_    | |、>
   | くjL`!__」┘
   L_}='ヽ_j              依頼内容③
   )  |!  ヽ.{
     ̄~|l   lヾ,             ⇒テーマを際立たせるために、
     |.l l、、、、l、'、            『シーンの取捨選択』、『取捨選択したシーンの改変』を意識しよう
     ヾ゙、、、、、ジ

                       □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



            !、こ、,jr 、
               く:::::::ヽ
            i, i, l::::::::::゙、
          ,,,,,,ノjrノj-,r=--:::゙、
        ,r'´,.r7ヽ,r‐-、ニ、``ヽj!
        /'´/ /,ィ/゙!lヽト、ヽミニソノ=、_
       ,ノ!r'´7!.l__l!. リ ,!‐T`!==ニて`
      ,ィ'/ハ/,!iリ __`   ィく`flリーニ二´
    -='7,/ノ,/ハ.キ くj`  `'′に二i```
     イi!´r'!i た:、.   __'.ィ r'7-‐‐、、           総括としては、
      i{ヾ!, ゙、`''‐久 ヽ._ノ / 厶-‐7:::ヽ
          `r'⌒ン777ァ‐'--‐''"‐、::::゙、         『とりあげた題材をやる夫スレとして生かすために、
          l::::>ヽ  )‐、   ヽ  ;:::::゙、         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           `i_:::'‐「= l``l、 ノ 〈::::::::ヽ        色々趣向を凝らしてみよう』
            ヽ:::::゙i:::::8:l::::l     i:::::::::::\       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             ゙、:::!:::::::::::j::| _, ,/l:::::::;.r'´
              `、`::::::ノ/-'‐‐'‐-{:::;/         と言ったところですね。
             、‐'``´/! ̄ ̄ ̄``ニ==- 、、
              ``‐</::::::、____,,,、‐-- 、:::::::ンj
                 !::i::::ヽ、:::::::ヽ`::::_;;;>´く
.                 i:::ヽ::::::::!::::::::!::::::>、:::::r'′
                 !、::::゙、::::::i_;;んべ   ヽ:え
               ____ i::ヽ::::i:::::::〉    ヽ  ゙iー′
               i:!::::r'`'─-=<     `、 !
               `!::::i:::_;;;;_:::::::::``r- 、  j j
               i:::/'´/  ``'''-rL_,,,、、-'- '
               !::l:..:i'     .!:l:::...:!
               i::l::::l       ヾ、ノ
               `'`'′

118名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:56:22 ID:Y9G3brqE



    ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::ヽ        小説をやる夫スレ化する、ということは、
   ::::::::/::::::::::::::::::::::/::::|::::::::|:::l::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::ヽ:\        漫画や映画などと違って特殊な難しさがあります。
  ./::::::/::::::::::::/::::::/::|:::::l:::::::::l:::l::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::ヽ:::ヽ
  .i::::::::/::::::::::::/:::::/:::::l:::::l:::::::::l:::::l::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::ヽ:::ヽ      というのも、私も現在小説原作で作品を作っていて、
  .l::::/l:::::::::::/:::::::::::::::l:::::l:::::::::l::::::l:::::::l::::l:::::l:::l:::::::::::::l:::::::l       日々その難しさに悩まされているんです。
  l:::::/:::l::::::::::::::::::::::::::::l:::::l::::::::l l::::l l:::::l::::l:::::l::::l:::::::::::::l:::::::l
 .l::::::::::l::::::::::::::::|::::::::::、::::::l:::::ll l::l::l l::::l:::::l:::::l:::::l:::::::::::l::l::::::l       ですので、ここに書いてあることは
 .|::::::::::l::::::::::::::l l::::::::::∧::::∨l l::l l .l::::l:::::l:::::l:::::l:::::::::::l:::l::::::l        いつも自分に言い聞かせてるようなことで
  l:::::::::::l::::::::::::l l::::::::::l::ヽ::::/:l l::l l:l l:::l::::::l:::::l:::::l::::::::::::l:::l:::::l        偉そうに言いながらも私自身十分にできてません。
  |::::::::::l:::::::::::l l::::::: l__l::::/ll l:l  ̄ |7|l::l 7|'l:::l::::l:::::l:::l::::l:::::l
  l::::::::::::l::::::ll::l _,-、::l"l"l:/ .l ./l   _, -_,l、l_,,l l:/|i:::l::l:l:::::l::::l        でも難しいところを考え抜いた末に
  |::::::::::::i、::|,.i'" _,..- ="   '    ヘ'";;ハ_> ' |i::i::i:::i::::l::::|         小説の地の文章とやる夫スレでの表現が
 .|i::::::::::::::l 'i =-;;r,'"'ベ        `"'´    .|i:::l::l:::l::::l::::|          見事に一致した時の何とも言えない美しさは、
 .l:l::::::::::::::', ``-ヽ--"              .l:l::|/:::|:::::l:::l          他ではなかなか見られないものだと思っています。
 |::l:::::::::::l::::'.,                    l/::l::::::l::::::l:|
 li::l:::::::::::l、 、                  ./:::::l:::::::l::::/l
 .ll::l:l::::::::::l、.ヽ        ヽ "       ./::::::l::::::l:::://            加減が本当に難しいですが、
  l:::l:::::l::::::::`' -ヽ      _   _,. - '   ./:::::::::l::::::l::/:/ _,....          依頼主さんが次回作を書くにあたって
  .l:::ll::::l::::::l::::::::::::\      ̄ ̄     /:::l::::/'l::://'''"": : : :           この批評が一つでもお役にたてれば幸いです。
  .ヽ::l:::::::::::::::l:::::| ::::`' .,         / .l/ l/ヽ: : : :\: : : : :
   ::l:::::ヽ:\ヽ:l |:::/l. ` '  .,    ,. '    .l/  ヽヽ: : : :ヽ: : :        
   |:::レ _ヽ ヽl /  ヽ     `'' '     /    ヽヽ: : : : \: : : /   /: 
 _,...- ''": :/: : ://  \         ./     l ',: : _,-、 ヽ/   ./: : 
: : : : : : : : : :l: : : :l l    ヽ、_      /      .|  ',/   > -- 、  /: :
          | l      `'' >、 /ヽ      .l  ヽ / l    ヽ、: :
          l ',       /へ_ Y_,./;;\    |  /"_,..,_  、   '      それでは、まだまだ未熟な講評ではありますが、
          | ',      ./ヽ;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;ヽヽ   l  l/  '' -`'─        これにて筆を置かせていただきますね。
          .l ヽ     / l;;;;;;;;;;l'''´ l;;;;;;;;;ヽ \ |  .l_,.., __            最後までご覧いただいた方、ありがとうございました。
           l  ' ,    | |;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;;;;;;',  V  /     ̄'' ---

119名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:56:47 ID:Y9G3brqE


                       そうだ!
         ___________          追伸です。
      ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
     / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ      >>87さん、
.   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、     詳しい事情は正直なところよく分からなかったんですが…
  / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi
  レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll     このスレの評価人さんはみなさん評価に対して真摯なので、
   /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!     ときどき「辛口」で厳しい発言をされることはありますが
 /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!     それは愛の鞭だというだけのことで、
/_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {     むやみに貶したり不当な批判をしたりすることはないですよ。
.  L '、  、_,     // //'T | l
   _`→、____,,.//_// ノ,_j_」      もしも評価を希望されるなら、思い切って依頼しちゃうましょう!
   |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′       スレのタイトル&URL、「辛口」が怖ければ、「甘口」と書くのをお忘れなく。
  ( _ )(   ̄   l'" /
   |,| >  r--K ./
   ( _ )ニ二) }__ノ、
   / .|,|    ̄ | lこj           でしゃばっちゃってごめんなさい。
   ヽ、|,|_    | |、>          何が言いたいのかというと、私はこのスレが大好きだってことです。
   | くjL`!__」┘
   L_}='ヽ_j              これからも、評価人さん方の愛ある評価を楽しみにお待ちしています!
   )  |!  ヽ.{
     ̄~|l   lヾ,             (あと、あんまり口調がまもり姉ちゃんに似てなくてファンの方ごめんなさい…)
     |.l l、、、、l、'、
     ヾ゙、、、、、ジ
                       それでは、今度こそ失礼します!

120名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:57:42 ID:Y9G3brqE
以上です、お粗末さまでした。
というかこの時間に見てる方結構いらっしゃるんですね…!びっくり。

121名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 03:59:01 ID:GglasorU
まもり姉ちゃん乙。いろいろ同感な分析でした

122名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 04:01:38 ID:65tjMDAg
まも姉、乙でした
丁寧な評価で良かったです

123名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 05:04:25 ID:XNqFUjmE
とても丁寧かつ分かりやすい評価乙でした!

124名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 05:16:34 ID:zCThfhxg
乙で御座いました
丁寧なる評価まことにお見事

125名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 06:17:53 ID:Y9G3brqE
                  ,__,、_ __
               ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
              // /' 厶イノイ ! i} }iヽ
              ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il    ま、まさか評価乙コメがもらえるなんて!
               {//!ハ}汽で}ド  狹州   ありがとうございます!
             /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{   誤字脱字とかAAズレとかあってシュークリームのやけ食いしちゃったんですが、
                /{{ハ/,|  ゙゙   ,.、′!il|   なんとかこれからも生きていけそうです!
..              ,⊥lj{i Wiト!ト、 (  / .イ j}!
         ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'    それで調子に乗ってまた評価をしようと
  _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´     下のスレを読んだんですが…
 ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ 
..  ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   }   
     / }  |   {´    ヽ'、    }j j    やる夫で学ぶ放課後のジョーカー (依頼:>>55
      厶j  !  /      、   v 〉    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695


,--''=----ァ_,,-ー-、 
彡,, -''      ヽー-| .         ……私の想像以上に、痛かったです。
  /  / //,イ ) |.
/  / //,ィ / /  |          中の人が自身の黒歴史を思い出して身悶えたくらい、
  /  / ,イ /  / ,イ|         痛さが尋常じゃありませんでした。
 // /// ノ  /ノ ,イ| 
,{/イ /ァ'、ノ// / ノノ ノ\__      ですので
八///ノノ/メ、_ /ノ,,/ノ //ノi } }、    依頼内容①「痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか」
{ |i |' 、ミシラニミ、ノ ̄ブ ,, ノノノ/}ノノ八    は軽くクリアしてるんですが、
 | l | 冫 { ( }ヾ     〉"双7'7ノノ' ハ
 !!ヽ| "''-`ー'_    シィヾヾ;゙/ V ノ   ダ メ ー ジ が 大 き す ぎ て
  iヽ:::::::::::::::     { ト_イ ノ/i   ヽ      し ば ら く 読 み 直 す こ と が で き ま せ ん。
l   トヽ        ゙ ..:::"7 l 、 |
 i  .|| l  J    , ,ィ  l   l  |   なので詳細な評価は無理です…。ごめんなさい。
ヽ ヽ || }        "   /   トl }
 }\liノ     , '_7    , '   i lヽ l    ただ、読んでみてその他の依頼内容の項目に関して
ノノハメ`    (i/  /    ノ l ハ',    目立ってアウトな部分はなかったですよ。
  .\    ヽ  /  i   / ノ /ハ',   地の文は逆に、この痛い雰囲気を作り出していてよかったと思います。
.    ヽ、   /    ノ // ノ ソ }}
     / `ー' ヽ、 ,ィ ノノ ノ,,/   ノ   そして…ラストの何とも言えない後味の悪さ…。
\  / )ノ)  \'ー'"          これが全て狙っての結果なら、依頼主さん、あなたの精神は神の領域に達している。
 .ヽヽ/   / _ _  ヽ⌒ヽ、___       おそらく元ネタの破壊力からして半端ないのでしょうが、
  l}   / /  ヽ  ゙、    `ヽ     演出がそれを輪にかけて凶悪にしています。キャストもぴったりですよ!


         ___________
      ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
     / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
.   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、
  / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi
  レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll    1レスってどうだろう…と思いましたが、
   /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!    このスレを読んで評価不能なほど痛さでノックアウトされたよ!
 /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!    ということを伝えたくて、書きこんでしまいました。
/_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {
.  L '、  、_,     // //'T | l     もし皆さんまだお読みでなければ、ぜひ読んでください。
   _`→、____,,.//_// ノ,_j_」     依頼主さんの思惑通り、きっと痛さに身もだえてしまいますから…。
   |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′
  ( _ )(   ̄   l'" /         それでは、今度こそ!今度こそ、失礼します!

126名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 06:56:57 ID:Y9G3brqE
それと今気づいたんですが、
>>119 は勘違いの誤爆です…。>>87の方と同一酉だとうっかり見逃してましたああああ
ご無礼を働き誠に申し訳ありませんでした…次回からはもうちょっと落ち着けるように頑張ります…。
ほ、ほんとに!本当に、これで失礼します…!

127名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 08:32:54 ID:qw4CxpLs
どんだけダメージでかかったんだよwww乙

128名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 08:37:20 ID:zCThfhxg
乙です

>>127
見れば分かりますよ、直視に耐えないレベルです
特に欠片でも黒歴史を持つ者には致死量ですな

129名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 09:20:43 ID:QZ.0GEZE
俺、中学時代は結構暗い性格だったけど……


放課後のジョーカーを見て改めて自分を再認識した。
俺って結構マシな人間だったんだなって。

成人式の時もみんな普通に覚えててくれたし、俺もみんな覚えてる。

130. ◆HNyBlrQHeQ:2010/02/01(月) 12:03:29 ID:.wPjSaKc
評価のほうをお願いします。


【作品名】 「やる夫が空を救うようです」

【アドレス】
1スレ目   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259236725/
2スレ目   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262522162/

【方針】  辛口希望ですが、細かいところは評価人の方にお任せします。

【見て貰いたい点】
    ・ストーリー展開に無理がないか、突飛過ぎないかという点。
    ・見辛い表現、解りにくい表現のご指摘。
    ・話のわかりやすさ等、読者に伝わりにくい部分があるかのご指摘。
    ・やる夫スレ作成の作法? 的な部分ができているかどうか。
    ・演出が過剰すぎないか等等

以上四点です。
なにぶん、やる夫スレは何作も読んではいるものの、実際作るのは初めてなもんで不安で……
評価のほう、よろしくお願いします。

131名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:05:44 ID:GglasorU
              _    ̄ ̄ ー- .
             ´               、             蘇芳・パヴリチェンコです。また評価させていただきます。
         /                   ―- \
         '                     `\          今回は>>55で依頼された「やる夫で学ぶ放課後のジョーカー」を評価します。
        /                      ヽ  ヽ
.       /            /            '.  '        依頼ポイントは、以下の通りです。
      /             ′              |   ',
       .′               l  |    /   |    |  l l       ┌────────────────────────────────
     ′               |  |l   /| /|    |  | ||       │・痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか
     |     /            |  | l /  | /|    ∧  | | |      │・地の分がくどくないか
      | |   ′   |       |  | _l |. -|/ー、|   ./ ┤ | ||       │・キャラ選択は合っていたか
      | |  |    |       |\|´_」厶ニく |  /厶イ ∧l l.       │・演出で頓珍漢な流れになっていないか
      | l.|   |    |   |  | ィて::::「|   | / f´l| ノイ l  |.     └────────────────────────────────
      l | l   |    |   |  |  ヾ辷ソ   ´  ヒソ  !  |、|
     l.| '、 l  |l  '.    '  |   ̄         丶  |  | \、
          \l |ヘ  ヽ   \ l  ` ` `         ′ ハ|  \
         ヽ| \  |\   |\           __  ヘ  リ
.            /   `トゝ \ l         / l'/ |/
           ∨  |.    \丶       `ー'/    l/
           /  r┤         `l≧ー― '
            〉 r‐┘ \          |
           厶イ       `ー-、_     |


       _,,x''" x  //       、 ヾ\
       ̄フ´7  / イ.  人   ヽ  ヽ ヽ、\           原作は、2年以上前にVIPで建った
       /. |/  /.メ、| /  `、   ハ,>、 | .| l  ヽ            「自らの中二病体験をカミングアウトする」というスレですね。
     /   .|. /|/_|/\   \ . |__ ヽト、 | |  ヽ
    ./.     |/ / r‐、ヾ.    "ヽ|__`ヽ リ.ノ   ハ        まさに中二の時、片想いの彼女に出した
    /     | 〈  i゚∩゙}      i゚∩゙} ヾ,, |  ヽ ハ        痛すぎるラブレターから始まる、心を抉る物語?です。
   ./ /  ヽ  | ゝ 从_叭   ;    从_叭 / .ノ    ハ
   l /. /  ヽ .ハ  ` ̄´  ゙i   ` ̄´  . /   | ハヽ l       ボクは大まかな流れしか覚えていなかったので、
   |/l .|   〉、ヘ ////      ////  / / | | ハ|       ほとんど初見の気分で読みました。
    | .|   /、lゞ、      __.       / .,イ  |  | |
    | .∧.  |ハ∧     ´   `    //ノl  ./  | |       基本的に原文通りですが、いくらか追補が見受けられます
    |/ ハ .l八 ゝ、          ´,,ノ x. /| ∧ |ハ|
       ∨  ヽ,  /`i         ,ィ "/ |/. | / ハノ
           l/  | > ‐ < |Wヽ    リ    しかし設定上、中二に該当するボクが
             . |     .     | 人    .   これを評価するのも・・・ゴホン
             . |     .     |‐、_,,〉--‐‐='''ヽ
             r‐ト、  __,,, ‐''",_/::::/      ヽ       ともかく、ポイントを追ってみます
        _,r==i"゙ゝ、゙¨"__,, ‐''"´/::::/    /´ ハ

132名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:06:23 ID:GglasorU
┌────────────────────────────────
│・痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか
│・地の分がくどくないか
└────────────────────────────────

         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶       まず、このふたつについては、おおむね原作準拠であり、問題ないと思います。
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'      やる夫スレとしては長文気味な原文を、別々のレスにうまく配分しています。
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |-‐トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人     マ ̄} /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)

133名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:06:34 ID:GglasorU

┌────────────────────────────────
│・キャラ選択は合っていたか
└────────────────────────────────

          ⌒ヽ\    }ヽ
            __> ヽ ___/ / __
         イ.: : : : :.:i! : : :ノ: : : :.:`ヽ
.       /. : : : : : : ::′: : : : : : : : : : :\                キャラ選択については、カオス配役でも何でも、
     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\                ボクはやったもの勝ちだと思うので
     /: : : : :./: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : : : : ::ハ                  あんまり触れる気にはなりません。
 ___ノ: : : i:.:./: : : : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : ::ハ
`ー‐z′: : i: :i: : : : : : :.:i: :i: : :}: : : : : : :}: : : : : : ハ
   ′: : ::ト、ハ: : : : : :.:}: :}: :/: :i: :}: : ::′: : : : : : :.',             あえてキャラの原作を意識すれば、
   |: : : :.:i込ハ: : :i:.:.:/i::/::/::ノ}ハ: :/: : : : : : : : : :.'.,            狂気と毒のないアカギ、逆境に弱いカイジという
   }八: :.:| i示ハ: :i :/ j/__z斗イ__∨/: : : /: : : :}: :.::'.,               福本キャラに違和感が出るのかなと思います。
.   V:i\{{ハ::しjVj/   i/::::し〉 j/: : :./: : : :./::个、ゝ
.   /: :}: ::弋`¨´     弋:::::/ /: ::/: : :.:.:/: :.:.| `ヽ         カイジに関して言えば一矢報いた向きもあるのですが・・・
  ムイ: :从 ' ' ' ,      `´ ∠::イ: : : : :.:/: : :.:.|
    |::八ハ        ' ' ' ' ム: : : : : :/: : : ::/_
.     .j/  \{ヽ ' ヽ     ィ勹: :.:__zイj:/j:/: : :)
          >--  zf´  /ィハ〉  `ヽノ__:./
          イ::l ̄〉く匕___厂¨冫\  /: : ::Y`ヽ
           / |:::l ハ:::...____.........ィ::::::__/ヽ ヽ: : :.}: ::/
         \ヽ::V { ヽ:::::::::::::::::::/  __入 /: : : :人_
          }`メrィ7r二二二/ /::::.:::::ヽ: : ::}: : : ::)
.         ィ/ / /ハ::::::::::::::/ / 二二二',: ::i: : :.ノ
         {_' ' '  {____/ /ィ::::::::::::::::::::}: : : : :(
         / ̄ ̄`ヽ.〉    〈::::::z-――-/: : : : : :)
        / ̄ ̄`ヽ/    /       {: : : :.:/

134名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:07:08 ID:GglasorU

┌────────────────────────────────
│・演出で頓珍漢な流れになっていないか
└────────────────────────────────

                  /     /                   ,   ::、
             /     /                      ',   .::、
             /      /                     ,   .:.',        原作スレをよく再現されていると思います。
            ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,
               ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,        でも、ここまで追従しなくてもよかったかな
           ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!        というところが見受けられました
           ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i
          ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/244
          /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i
          /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi       の「振袖できていた」は原作にもある一文ですが、
            l;..|:.:..ヽ:.. \:.:、        :'       /.ィ′..:/|.::/ }       和服AAが見つからなかったのなら、
               l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\              / ノ ..:.:/ ..:/         無くしてしまっていてもよかったと思います。
             シ  \  \:..\     r ⌒7    //.:/ :/
            ∫         \ 丶、   ` ‐'′  . ´  /ハ:、           出来る限り原文を変更しないという方針なのかも
.             ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \          しれませんが、さすがに違和感が出ます。
           人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',
          /:::::::(_                `ヽr┘     リ : : :│
            /:、::::::::ミ、                  `ヽ       メ: : : : : |
        /\\:::::::::\                 〈     イ: : : : : : |

135名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:07:22 ID:GglasorU

〈試しに作ってみた〉―――――――――――――――――――――――
                          r==‐-、
                          〉-‐ー-ミヽ __  _ _
                        , ィ''"  ̄ ̄`ヽ}「 「´~~``i
                      /,  ヽ,′_.-‐'´⌒L`ヽ\|
                     /.:./:::.:.:./.:.::::.:.:.:.   .:.:::.\ 〉〉
                     /:;:/l::.:.:./:./.:/.:/  .:.:.:.:.:::::::V/
                    l.:.|:|::|:.:.:.|;/‐/、/ , イ.:::/:::/l.:.::::',
                    |.::l:|::|::::::|ゞ=、// /、/.::/./.:.:,:::|         和服蒼星石ってAA録を眺めた限り見つかりませんね
                    ト、.:l::|::::::|辷シ     rミ:/:/.:.::/:/
                      `ト、::.:.', ' ' '  、 tシノノ::::/l/          ヘイに十分で(ryと言ったら、こんなのができてきました。
                        ヽ:::ト、 ´'  ノl:::/l/            つかさに見えると言ったら、ウォッカをラッパ飲みしながら
                          ,|:/  x` ´ l:::l:/             不貞腐れて返事してくれません
                          / |l/  /``ヽ/
                         /*'|/   /'   ∧
                        〃   /   / /  /  i
                     / /  /゚。 /  {   {   ,。ヽ
                  / i  /*' /   〉  〉  ゚+ヘ
                /  {  {ヱ二二二二i   /ー ゝ
                  /    |        ヽ {、゚*   ,oV
               /.    |=========== 〉! \   ゚+ヘ
                 /     |           /   ` ー--‐ヘ          正直言うと、改変元探すのあわせて30分ぐらいかかってます
             / ゜;。   {二二二二二/         ヽ         和服は長門有希さんのを借りてきました
               /    ☆   .′ !     .′        ゜ ;。\
.              /  。  ;   i   |     i              ☆ \     成人式で頭のリボンはないだろ?
             〈 , . *'゚   |   |     |    ヽ.      。  ;  〉    ・・・か、かわいいは正義?
             ハ  。+    |   i    l       \     , *'゚  ∧
              `ーヘ       |        l        \  o+  ∠ ノ
              `7…‐  |   i      l         ヽ  /
                 i     |   |     l      。   ;  〉′
―――――――――――――――――――――――――――――――

136名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:07:40 ID:GglasorU

  |      |    /                    \
  |      |    , ゙         /            ヽ
  |      |.   /          ,' .:               ヽ:::、
  |      |  /        ,'.:.:              ':::.       また、わざわざ振袖を使うなら、
  |      |. /   /     ,'.:{:.: ,   ,' '         ;:i       ついでに原作スレでの合いの手とのやり取り、
  |      |/    :!      :l:ハ:.:.:l_」_j: j:.    }  :,   }l
  |      |  :/ :i:      :|{/「:{い{: {:.:.    :ム、.:} : }|       >既婚者は振り袖着たらダメじゃなかった?
  |      | イ:  :i:.  :i:.  :|_,..ィfァトハ八::. ハ .:/:ノ:ノメj.: ,':|       >でも着てたぜ。振袖は着たいんだろ女の子だもん。
  |      | :::|:.  :i:.  :i:.  :|{ んィ:::} ゙   :.:.| |/ィぅv、/::/:│
  |      |:. :|:.  :i:.   ', :小弋゚:::ノ    ヽ| ' i_)::j }〉イ.:.: |       を踏まえ、
  |      |:. :|:.  :i::.  ヽ  l`、、     :、ゞン ノ/.:.:..: |
  |      |{V|∧:::i:.:.   : l\::、        ノ 、、 '.:.:.:.{.:.|       「振袖を着ていたから、俺は重要なことを見落としていたお」
  |      |: : |: ', lヽ::. : l              ノ:.:.: 八:|       「そうか、女の子だもんな。成人式ぐらい振袖着たかったんだお」
  |      |: : : : : ',|l: \ : l\.     -r‐、   イ:.:.:.:/
  |      |: : : : : : :|  \l  ` .._   | |, イ:..: |:.:.:/          などと、やる夫の独白を追加してもよかったかもしれません
  |      |: : : : : : :|    ,. <} : : :ト│ |  Vl/|/
  |      |: : : : : : 卜、   ノ |: : : ト、.| |、
  |      |\: : : : ヽ      |: : :ノ :}  \              極力「地の文」を削らない、加えないという方針に見受けられるので、
  |      |\\: : : : :\     '. : :{  ′    ヽ             余計なお世話ですかね
  |      |  \\: : : : :\ / :/}        /
  |      |   >辷_ ー∨ .ノイ        /
  |      |{   ヘ::::::::::::::: ̄V´:::::∧       ∧
  |      | \  |ー-  ..__)-<ノ〉     / 〉

137名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:08:05 ID:GglasorU

             . :―‐‐ 、 -- 、
           :´: : : : : : : : : : : : :`: 、
        /: : : : : : : : : : : 、: : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : \               他にちょっと唐突かなと思ったのは、、
.      /: : : : : :|: : : :、: : 、: : : : : ヽ: : : : : : :ヽ              ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/50
      〃: : : |: : |、: : : :\: >:く: : :.:.l: : : : : ',: :.ぃ             の1レスだけの回想。
.      八: : : :ト、┼l、: : : :く_>:{ __>ァ|: : : : : :',: :い
     ': :ヽ: : :{厶{__≧、: : :才´ う }|: : : : : : }: : ハ             カイジの台詞と「地の文」が被っていることだし、
    .: : : :\∧{{ いム  ̄ レ)  }/}: : : : |: /: /      ,イ
    |:∧: : l: : :}ヽ弋リ    弋zタ /: : : /:/ハ/   __r‐ァ':/
    j' ヽ: j: : :{⊃    '__ノ⌒⊂/: : : /:人_:⌒ー⌒: :>くノ
       `\: ト ___ヽ_ ィク: : /´ /_}ト^ー'⌒└┘
         ヽ! rニ[二]ニコr{ー‐"   /   ' ̄l\
         ,イくくヽか}/| (__}___∠     /_ 1
        〃⌒寸}  从jノ--'    `}二二_ノ__ノ !
        弋zュノノ-‐         /、___}__./|
                          l    /  1   !
                           l   ,     l   |
                            }_  」     !_ _{
                           { Y {      } Y |
                     | i! |     | i! j
                     └ ┘     └ ┘

138名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:08:22 ID:GglasorU

I(変更案)――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
II▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
II
II     ちなみに彼の家にはテレビはなく、いつか遊びに行ったとき、
II
II▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
II                -─‐- 、.   .. -─;-
II            -=ニ´ ̄     ヽ'´ ∠´__
II           ,. '"´              `>
II           /                ̄`ヽ.
II          /                  ヽ、 ヽ
II          i            ∧       \ヽ!
II  .         |        , /| /:::::l ト、  .  ヽ
II         |        /|イ、l_;;:::::::|ノ_,.ゝ. ト、 ト、l
II         |      ,イ/`''‐、_,リ:::::::;リ,. -ヘト | ヽ! `
II         |  , ‐、 r'==。===;;;::::::(=。==lヽ!
II         |   { f、|.|::::`ー--‐'  ::::\-‐' l         ねぇ…お江戸でござるのラジオ聞く?
II         ,'   ! ト||::::::u   u  r __::::::\'l|
II  .      /   `ー'ト、::::. ー----------;ヲ│         カセットに録音してあるんだよ…ふふ
II       /  /|   | :\:::.` ー-----‐'´ / !
II     ,∠-‐/   |.  |  :::\:::. ー--‐  /!ヽ.ヽ
II    二 -‐''7   |  |    ::::\::.    , ' |  ト、\
II  .     /    |.  |     ::::`‐、/ レ   ト、`''‐
II  .    ,'      ト. |      :::|  イリ   :!  `''‐
II      i      | ヽゝ      |lW´'    :l
II  .     |   ,. -‐''^ヽ|`ヽ、..__ノ|/⌒`‐、.  l
II      レ''´      |;';';';';';';';';';';';'|     `‐、!
II            ○ |';';';';';';';';';';';'| ==
II
II▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
II
II     とか応えた危ない野郎だ
II
II▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
II――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

139名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:08:50 ID:GglasorU

                  /: :./: : : : /: :/: : :/: : : : /: : : : : : : `: : :\
             .': : /: : : : /: :/: : :/: /: : /: : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ
            //: /: : : : /: :/: : ;イ: /; : /: : : /!: : : : : : : :': : : '        とすれば、1レスだけの回想だと明確になり、
          /イ/:/: : : : /: :∧: / |:/ |: /: : : / l: : : :./: : : :',: : :;          文章の重複も回避できるかと思います。
           /ノ: l: ; : : :.l: :.l ∨__j_ヽj/;|: : / ; : : :/:/: : : :}: : :|
           イ/: :}:l: l: : : :l: :.l  {ん'っトz |: / /: /l/|: :/: /: : ::!        また、これに続く
           |/|:l: l: : :.人:.l  ゞ= ''  V //ニ/ー|:/: /: : : :,         http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/51-53
               j:川: : : :∧!        /ん)::ト、/'/: : :./j           ですが、ここは原文の時点で繋がりが悪いところです。
             从乂: :/ ヽ       { ゙マソ ィ: :/: /: /
            r=(: :.八:{ヘ           ノ    /: /: /: /           犯人探しの矛先がやる夫に向かっている状況で、
           /ヾ.二/ ヾ、 \.   丶_ _     .イ: /: /: /           やらない夫がアリバイを否定し、
          _/  / ̄\   丶       _ イ/}/: /: /.            カイジはやる夫の窮地など知らず、蒼星石と話す機会を得る。
         ノ \/ ( ) /     >-=:<}从: :|' /: //
         /    |\___/     /、     \ヽル;/ ´              それならばと、やる夫がカイジを陥れようとするのはいいのですが、
      . ´      }   }     { \   / ̄}                   追い詰められていた状況がさっくりスルーされてしまっています。
     /       ∧   ト、       |}Ⅳ_()人
   / \     /  .  |::::\ー――:|!‐} /  \
   /   \    /   ( ) ヽ:::::::ヽ::::::::::::j}:::{ /    }、


         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶              演出のせいではなくシナリオの繋がりが悪いのですが、
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ              「漏らしそうだったんでトイレにダッシュしたんだお」などという掛け合いを入れ、
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'              問い詰めを有耶無耶にできたということを明示すべきでしょう。
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |‐-トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l             あと、「地の文」を表すときの囲みのブレも気になりました。
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'             単調にならないための工夫なんでしょうが、()はあくまで「考えていること」に
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/.             限って使うのがしっくりきます。
   ヽ:.:l:.:人    - -  /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、            指摘が細かいですね、すみません。
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)

140名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:09:17 ID:GglasorU

                  /..:..:..:. ´..:..:..:..:..:..:..:.`丶、..:..:..:..:.`丶、
            /..:/...:..:..:../..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:\..:..:..:..:..:..:.\           原文から分かりにくいところは他にもあります。
.             /..:..:/..:..:..:..:. /..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ..:..:..:..:..:..:...ヽ
           /..:. /.:..:..:..:..:. :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:.:,          VIPのスレであれば勢いで押し切るのもアリでしょう。
            /..:. ,..:..:..:..:..:..: ;...:..:..:..:..:..:..:..:..:.} .:..:..:j.:.. ',..:..:..:..:..:..:..:..',         その勢いを再現できれば理想でしょうが、やはりやる夫スレは
            /..:..:.i..:..:..:..:..:..:..{...:..:..:..:..:..:..:..:..リ .:..:..,'..:..: i..:..:..:..:..:..:..:..:|         別物であり難しいかと思います。
            /.:..:..:.i.:i..:. {:..:..: ハ..:..:..:..:イ..:..:../} ..:..:/::}..:..:|..:..:..:..:..:..:..:.. |
           ,′..:..:.l.:|..:_」:..:..:.|ハ :..: | |..:..:/ 」:..:.厶ハ..:...|..:..:..:..:..:..:..:..:.|         先生が計画した手紙イベントについての文章もそうですね。
.          ゙ .:..:..:.l八..:.{ \:「` \::| |:../'´ |/ノ ノ|/|..:..: .:..:..:..: |.. '、        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/228
.         ノイ  :..:...:..:|r‐ァ弌トミ. ヽ |/  ィ弋ア'フトvリ..:..:.}.:..:..:..: |..:..:、        
         | ..:.ハ.:..: ハ 弋゚:::::リ        ゞ゚:::::ノ丿..:..: ,゙.:..:..:..:..|..:..:ト、        元スレでの合いの手を見れば勘違いする人がいたように、
        │ ..:{:.ヽ:..:、`  "´            ¨´ ´/..:..:/...:..:..:..:.リ..:..:| \      これでは「各々の生徒が同級生全員に手紙を出す」催しではなく、
.          |:∧..:.:..\:ヽ       ,:           /.../..:..:..:/ :/..:.ハ:|         担任が生徒全員に手紙を送るように読み取れます。
            |  ',:..:..'.:..\     丶       //..:..:..:/..:/|.:/ リ
           \:..'.:.∧                //..:..:./..:/. j/           次のレスで、そうではないことは分かるのですが、
.              \ト、..丶、    ´ `      イ..:./..::イ   /.            228でイヤッフーなネタ的AAを使用していることもあり、
                  \| ` ._      _,  ´//|___人              読んでいてひっかかるところになります。
                     _  -‐个ー ´_,,....  -┴──‐ト、
                | : :| ̄|l: |   j「: : :|: : : : : : : : : : :│::〉
                | : :| :0|l_」  l} 0 :|: : : : : : : : : : :.」:..::\
                    /ー-リ: :」{   l| : : |-‐==: :~ ̄ : : `丶_〉
           -‐''" : : : /}: : }}   l| : : {: :\: : : : : : : : : : : : :`丶、

141名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:09:40 ID:GglasorU

             ,, <               `丶、
          〃´        ⌒\         \              演出のせいでというよりは、元ネタ原文が原因な点が多いのですが、
           // /         \         \             これらの分かりにくさを修正するのは作者の手の内の話なので
.       / ′/           ハ            ヽ              語らせてもらいました
    ー=彡ィ {                  i            ハ
.        |  i    ∨ }  //   |            |          ただ、上のほうで触れたように「原文をいじらない方針」だったのなら
.        人 ヽト、   {‐f‐-く/  ノ jj           |          的はずれな指摘だと思うので、予めお詫びしておきます。
        | \N\  ハノノ ノイ厶イ,′         ,′
        |   ーf=、ヽ{ `アfテ气ト、/         i    /
        |    }以    Vじツ /       |i ∧            評価は以上です。何かのヒントになればいいのですが。
.         ノ イ i,,〈     ,,   / ,  /  / ,ィノj八/ ハ
     ⌒7イ八人 、_    /=彡イ厶.イ/ 厂丁`ヽ 〉          依頼者さまの現行のシリーズとともに、次回の短編を楽しみにしております。
           ≫ 、`_´,. ‐x'^^´  ,. イ   '  └ァ  ハ
              》、,_,_,_,. -‐… '' ¨´       {_   {_ `ヽ!
              》^ハ             /   /ハ    {_ 丿
             `1 |i           /     └ 、  フハ
              l 》   -‐==≠           \{ 丿
               / /厂 ̄ ノ               Y´

142名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:18:09 ID:dHAiCAIo
蘇芳さん乙です

ところで全体的に文章が右に長すぎるかもしれませんね
せっかくの評価もAAが輪切り状態になってて・・・

143名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:22:54 ID:GglasorU
>>142
ありゃま。ごめんなさい。
大型AAばかりなので注意していたつもりなのですが、もっと詰めるように注意します

144名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 16:41:15 ID:NMI.fwxE
評価乙です

横幅はメトロン星人さんがコンパクトでいいですね

145名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:09:59 ID:jO/q7RF.
被ったけど評価させてもらいます…

146名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:11:37 ID:GglasorU
GOGO

147名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:11:43 ID:jO/q7RF.

                  -───-  ._
                  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::..`丶、
            .  ´                  \
         /  ..:::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    \
        / ..::::::::::::ハ::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /..::::::::::/:::/ 、:::::::::l \:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::,
.        '.::::::::::::::::/__  \:::::l ''"\:::::::ト、::::::::::::::::::::::::::′
        i::::::::::::::{::l'´    \| _  \::| }:::::::::::}:::::::::::::|
       i::::::::{::::ハ| ..ニ、    'ィ=ーミッ ノ リ:::::::::ハ::::::::::::}    記子です、>>55さんの依頼を受けて評価しますね
.       从: 八::::::レ'⌒`          、、 /:::::/^i}:::::::::/
        ヽ  \|``  、          イ  ノ/::::::::/      タイトルは「やる夫で学ぶ放課後のジョーカー」
                '.       _,      ‐'/:::::/http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/
               :、   ` ̄        イ~::::::::人       …タイトルでまず吹きましたwww
             丶、       _. ´ |::::::::/::::::ヽ
                     `  ..__   '´     |:::::::::::::::::::::〉      被っちゃったけど読んでみたので評価します
                     |      -┴‐ヘ、:::::::\
                 __ノ   /         >─-ヽ    まもり姉さんの評価を見て気になりました
              . -r‐''"´ \_/       / : : : : -─\
.           / : ハ    /L)\       / : : : : : : : : : : : :ヽ ちなみに原作のスレははてぶに入れてるくらいです
          /: :/: : .'__/≠リ!l ヘ\  /: : : : : / : : : : : : : : :│
           │: {: : :/ 〃 /仆、 )〉 リ厂 : : : : / . : : : : : : : : : |
            { : ///   {しイ! l|\ノ //: : : : : :/ . : : : : : : : : : : |
            { ///    ¨´||. ||  // : : : : : / . : : : : : : : : : : |
          ///      ||  || // : : : : : :〈. : . : : : : : : : : : :│

148名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:12:18 ID:jO/q7RF.

           /   ........................................::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::::::::,:::::,'i:::::::::::|`、:::::::::::::::::.................. ..丶
         /::::,:::::::::::|::::/ ヽ:::::::| ヽ::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::i
         |::,':::::::::::.|:::/  `、:::::| ヽ、:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::|
          |/:::|:::::::::|::キ= - 、 、::キ=テ==::_::::|:::::::::::::::|::::|  依頼点は以下の通り
         lハ|:::::::::::i弋_-=ミ  ヽ、|, '_,ィ=≧::::`|:::::::::::::,|:::::!
           Ⅵ:::::| ィf´j::ヾ    `´.r:::汀ヾi},':::::::::::人::./ ・痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!
             `トヽ`弋ソ     弋_ソ 》|:::::::,',兆:::/  静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか
             ヽ|丶   、        ,リ::::,' y/,'
                |             ソ/,_,::'::':)   ・地の分がくどくないか
    /`i         丶    ー―−    ´,イ:::::::::く.    ・キャラ選択は合っていたか
    |. |          \、        / |::::`ヽ::::`:、  ・演出で頓珍漢な流れになっていないか
    .|  i           `丶、   , ' ´  |ヘ:::::`:::::::::!
    |  i            /´| ̄´     /::丶、:::::,ト、  最初の点は限りなくOKです
 _γ`V  |    _ _ _, -::´::~:::::|ソ     /:::::::::::::::`ヽ::、::ヽ 私の右腕が唸りました…ふふふ
/ i てヽ _ !、 /´  巛: : : :::::::::::∟  _/:::::::: : : : , -=彡 メ、
| 〈 ヽ `ヽ、i/ i   |\ヾ: : : : : | '´`ヽ/: : : : : ,: =彡ク´    `丶、
`〉、`、| )  `ヽ !  | ヽ`ヽ、\| ,へ/: :-==彡 '´/    /    i
  `ソ ,'    ! ! |.,' |    `≧|∠Ξ==- ´〆 /   、 /    |

149名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:12:50 ID:jO/q7RF.

           /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
.           _/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..\
         /..:::.:.                .:.::::::::::::::::::::::.:. \
       /     ..:.::::::::::::ト、::::::::::::::::`丶、      \ ..:::.ヽ
.      /   ...::::::::∧:::::::::i \::::.\::::::::::.\:::::::::::::::::::::.`、:::::::::.
.       / ..:::::::::::::::::::/ :::::::::::i,  \::::.\:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::.',:::::::::,
      , .:::::::::::::i:::::/  ヽ::::::::i、  , ==ヘヽ:::::::l:::::::::::::::::::::::.!::::::::}
       { ::::::::::::::i:::::l , ==、、:::::::::、    ヽ:} ヽ:::.| ヽ::::::::::::::::::i:::::::::}   では以下の内容に関して…
       { :::::::::::::::i::::l´     \::::::、  ,ィf示ヲト、|  |::::::::::}::::::i::::::::j
      !::::::::::::::ハ:::l ,.ィfラト、 \:::、 ゙ {_,)fメl})〉 |:::::::::从/.:::::::;  キャラ選択がちょっと微妙でした
       、::::::{ ::::∨/(. ':::刈   ヽ   ゞ_,:::ソ'  ノ:::::::/ ^}.::::::/
       \八::::::ヘ. ヘ ヾ.)タ            ''/イ/_ノ/.::::/  カイジはまだ分かるんですがアカギが…
              \::::\。                 ー/.::::/  それに展開後の赤木蒼星石って名前も何か変です
              `ト ヽ   `            イ ̄:::::::::人
                 、     r_.     / '::::::::::::::::::: \ 福本作品を全部知ってるわけではないので
                  `  .._         .     マー-、::::::::::::::)何とも言えませんが、私はこんな感じです
                        `  ーr‐ '´      / : : :`<_::\
                     /∧       / : : : : : : : : : >ュ.,_
                 ,   ": : |        /: : : : : : : : : ://: : :-‐ヽ
               イ{ : : : : : : ト .   -‐/: : : : : : : : // : /  -─\
             /{: : | l : : : : : : |-─- _/: : : : : : : : / /: : / /     }  では次の点です
             /ハ: : |! : : : : : |===ミ/: : : : : : : : / /: : /          |
              |  \ヽヽ: : : : : | : : : /: : : : : : : // : イ  /       |
               {   \\\ : :| : : / : : : : : //: ://  /       |
              }     {{\\\| : /: : : : ://: :/ / ./           |
             ノ  ∨{   丶\Vニ二 ̄ ‐'-‐'"  /, /        │
             /    / `ー--=イ ̄\ー-=ニ二_/  ∨ ノ          |

150名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:13:14 ID:Y9G3brqE
評価乙です!
あれを冷静に評価して見せる…蘇芳さん、偉大だ…。

151名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:14:09 ID:jO/q7RF.

                    _,,...   ....,,__
                 .  -─<::::::::::::::::::::::.:.`   .
             /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`丶、
              /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
            /                   .:.:::::::::.:.  .
         / .::..   ..:.:::::::ハ:::::::::::ト、::::::::::::::::::.:....         ',
         ,′.:::::::::::::::::::::/ ::::::::::::i, \:::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::,
.         ,  .::::::::::::{::::::/   :::::::::::i   \::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::i  「地の文がくどくないか」
        { .:::::::::::: |:: /__ _,,人::::::::i  、 ヽ:::::::.}::::::::::::::::::::::::::::i  「演出で頓珍漢な流れになってないか」
.          !.:::::::::::: ハ::T´ ̄   \:::i  `=ー-::::}_}_::::::::::::::::::::::::i
.         i :::{::::::::: i. Vンァぅッ、  \  _,,..」;;ノ 「:::::::::::::::::::::::::j
           i::八:::::::::i Y゙ んしj        '゙ん「~'ト、.|::::::::::::::}:::::::::,'  決定的に分かりにくい演出がありました
           ヽ. \::::{.` 弋._,ソ        {ゞ゚.ノリ .}|:::::::::::从::::::,′
.              {.ト、''           `''' '゙ イ:::::://^}:::/  それは▼▼▼▼▼▲▲▲▲▲
.               l       '        '' / イ/ ノ /::/  と()の区別です、具体適例はこれ
.               ヽ                   ≠ イ:::〈
                \     ⊂ヽ       , イ::::::::::}::::: 〉http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/208
                    丶、         _.  '´{:ハ:::::::::::::/
                       i  -‐ ´    .{:::::::∨:::::/  地の文なのか、それとも本編での話なのかどっち?
                  r‐}          |\::::}:::::ハ
                    .  ": : :|        /: : :`'<:::::}  多様しすぎているせいでどれが説明の地の文か
              _, イ: : : : : : : |-、   -─/ : : : : : : : >ュ_ キャラの心情なのかが分からなかったんですよ
.         「:|‐''" |:{│: : : : : : |-─-  / : : : : : : ; ´/: : > ..,_
.         |::|   | \\: : : : : |===ミ/ : : : : : : /./: : '´     `ヽ あと蘇峰さんが言うように
        /|::|  ハ \\\: : : } : : : / : : : : : //: イ    /    | 話が飛んでいる部分があります
      /\|::|/^! {.  \______ニ¨ ̄ // /    /      |
     /\ ∨ /  `ー| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| -‐…< /   /     │ こういう点に注意してほしいと思います
.    (\ ヽ }/{    |            ||.     /  {  /         |  悪く言えば演出過多な面、演出過小回りの差が出てます

152名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:15:03 ID:jO/q7RF.

                  -───-  ._
                  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::..`丶、
            .  ´                  \         私は蘇峰さんほど細かくは語れませんのでこのくらいで
         /  ..:::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    \       ですが、上手な演出も多いです
        / ..::::::::::::ハ::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     だから粗が目立つところがハッキリしてると思いますね
         /..::::::::::/:::/ 、:::::::::l \:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::,    それを言いたかっただけです
.        '.::::::::::::::::/__  \:::::l ''"\:::::::ト、::::::::::::::::::::::::::′  私はとても楽しみながら作品を読ませていただきました
        i::::::::::::::{::l'´    \| _  \::| }:::::::::::}:::::::::::::|
       i::::::::{::::ハ| ..ニ、    'ィ=ーミッ ノ リ:::::::::ハ::::::::::::}  夜中に布団を被って枕を殴りたくなるほどの作品です
.       从: 八::::::レ'⌒`          、、 /:::::/^i}:::::::::/
        ヽ  \|``  、          イ  ノ/::::::::/  もちろん 「うわあああああ!」と言いながらです
                '.       _,      ‐'/:::::/
               :、   ` ̄        イ~::::::::人   あの名スレをよく纏めきったものだと思います
             丶、       _. ´ |::::::::/::::::ヽ
                     `  ..__   '´     |:::::::::::::::::::::〉 次回も短編やられるようですので是非期待します
                     |      -┴‐ヘ、:::::::\
                 __ノ   /         >─-ヽ 私の評価が役に立つようならとても感激かも!
              . -r‐''"´ \_/       / : : : : -─\
.           / : ハ    /L)\       / : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: :/: : .'__/≠リ!l ヘ\  /: : : : : / : : : : : : : : :│ では、尾張記子でした〜
           │: {: : :/ 〃 /仆、 )〉 リ厂 : : : : / . : : : : : : : : : |  普段のスレも楽しみにしてますからね
            { : ///   {しイ! l|\ノ //: : : : : :/ . : : : : : : : : : : |
            { ///    ¨´||. ||  // : : : : : / . : : : : : : : : : : |
          ///      ||  || // : : : : : :〈. : . : : : : : : : : : :│

153名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:16:20 ID:dbozlxPs
評価乙

154名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:19:31 ID:GglasorU
評価お疲れ様でした〜

>>150
いやいや。読んでいるときはドキドキしましたよw

155名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:22:35 ID:Y9G3brqE
記子さん、評価乙です!割り込みすみませんでした…。
さっぱりしていてとてもよかったと思います。

156名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:25:06 ID:jO/q7RF.
>>155
いえいえお気になさらずww
私も読んでる際変な汗かきそうになりましたよwwww

157名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 17:39:46 ID:OuNcg53Q
評価をお願いします。

【グラスホッパー】できる夫は復讐を横取りされたようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262948513/


特に以下の点について評価をお願いします。

・話のテンポに問題はないか
・表現において伝わりづらい点、見づらさを感じる点はないか
・原作未読の場合は、原作を知らなくても理解出来るか

よろしくお願いします。

158 ◆ly563BJemg:2010/02/01(月) 17:50:55 ID:OuNcg53Q
トリップを忘れていました、すみません。
評価は甘辛問いません。
よろしくお願いします。

1591 ◆TKaGa8n1FA:2010/02/01(月) 18:04:40 ID:PZrQA9VU
三人の評価人様ありがとうございました!

>まもり姉さん

全く悪意はありませんが、まも姉さんの評価を見て吹いてしまいましたww

ダ メ ー ジ が 大 き す ぎ て
し ば ら く 読 み 直 す こ と が で き ま せ ん。
演出がそれを輪にかけて凶悪にしています。
これが全て狙っての結果なら、依頼主さん、あなたの精神は神の領域に達している。

まさかここまで言ってもらえるとは思わずです。非常に嬉しいです。狙った結果ではなかったですがw
評価ありがとうございました。いつか読み返して下さいね。

>蘇峰さん

目から鱗の細かい評価をありがとうございました!
今後の演出を考える際の度に蘇峰さんの評価を思い出しながら作ります。
色々答えたい点もありますが、全て受け止めて今後挑みます。
蘇峰さんの評価は私の盲点をついてくれましたです。もう一度、評価ありがとうございました。
一つ言うならば…蒼星石の振袖、政先生のところはこれでいいのか?と思っていました。
やはり突くところはそこかー!っとなりました。

>尾張記子さん

キャラ選択に関しては…答えようがありません。申し訳ないです。
ぶっちゃけ自信がありませんでしたwwwアカギもカイジも原作持ってるんですが
私のスレではアカギの性格がどうしてもチャラい感じになってしまうんです…。だからでしょうか。
また、悪く言えば演出過多な面、演出過小回りの差という点ですが…
できるだけ平均的に作ってるつもりでしたがそれが悪い意味で反映されちゃったようですね。
正直痛い処を突かれましたが、それを受け止め今後に活かしますね。


最後にもう一度、本当に評価人の方々ありがとうございました!

160名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:18:23 ID:euNdviZE
誰もいないよね…評価の方させていただきます

161名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:19:00 ID:euNdviZE
              /|
         , -t ― //-、
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_   _}            お初にお目にかかる
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _}).           私はネオドイツのシュバルツ・ブルーダーだ
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_    評価は初めてなのでAAが被っていたら勘弁してほしい
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl> さて、早速だが
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||  評価をさせていたがこう
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 || 【魔界】やる夫がコンビニ?バイトするようです【コンビニ】
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /  評価レス>>86
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /
  /: : ://                ,  -一' ./   ちなみに「お兄さんが今川演出で教えてくれる!!」
 /l: : ://              /      {    まぁ、冗談だがな
 |_|: : l l             /

162名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:19:06 ID:0I77Kokw
どうぞどうぞ

163名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:19:33 ID:euNdviZE
        ___
       /  | ,、 |  ヽ
    _ l    ト' `リ   l _
   \`ー-- J - レ--一"/.     評価ポイントはないとのことなので…
     i`f三=_ト.__ノ_=三デi      そうだな、私なりに中辛ぐらいの塩梅で
     l. ヽ`ー゚ ',.、` ゚-',ノ l      させていただこうか
     `!、. ̄´| |` ̄ /´
      |{\. } {  /}|       因みに私は原作は読んだことがない
    _∧||  >|┬|< |(⌒)      このスレで始めて知った事を明記しておく
   ノ://::::||ノ/ ハ. `|ノ ~.レ-r┐   
  <^/:::::::||__ Y ノ__ | .| ト、   さてあらすじだが
  |::/゙::::::::::::|O〈 ̄   `-Lノ、_レ′ 「駄目駄目な大学生やる夫が新たにコンビニのバイト
  レ::::::::::::::::|  | ̄`ー‐---‐′  を始めるがそこは魔界のコンビニだったそこで始まる奇想天外な物語」大まかにはこうだな

164名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:20:02 ID:euNdviZE
        、      .. -ッ ‐…ー,- 、
        `、'- 、 /::::::/_.ィレ〈./   \   _..-.'´
           `'、 `/、_:::::::l(   l    _..`‐'´.-'´ . -- 、            これだけでは分からない
.            `メ-、_`ー、). -、_.' -‐'´_,.-ヘ´  /;::::::::::::l            分かりにくいと思う読者も多いと思うので
            〈:∠ニ''ー(  )-_‐'ニ._-、 l  | ;:::::::::::::|            「日常系コメディスレ」と言わせてもらおう
            ト、ヽ._`’ンiーiン´_`’ ノ ノ } } ;::::::::::::::l
.             l:::`‐r‐' ´「`` ‐.ニ-''´ ハ ト;::::::::::::::l            さて、早速評価の方に移りたい
             `、::::|      l    ./ V ;::::::::::::/            1:話の内容
. r´`,            `、:!     l   ,イ  | ;:::::::::::ム-へ._        2:AAについて
. `'<¨ヽ.          >、    !  .イ {>、} ;:::::::::::ハ::::::::::::. `ヽ       3:その他
   ヽ >‐…ーッ‐-、_∠∠ヽ..___.ノ...∠-'´  /.} ;:::::::::::::::';::::::::::ヽ::::::`r、_    この三つを中心に話をしていきたいと思う
  _.=`´..:..:...:../,.-'´ |           ./;::: ;::::::::::::::::::l:::::::::: l:::::::: l:::::`、
  l|..:..:..:..:..:..:/.:./    └ーr‐-―┬‐…'''´/ ;::::,,;;;;;;;;;;::::::::::}::::::::: l:::::::: l:::::: l   以下はネタばれを含んでいるので
.  li..:..:..:..::..;'.:../        l    l _../  ;:::::::::::::::::`''::::l::::::::: l::::::::: }::::: l   未見の方は注意してほしい
  ヽ..:..:..:..:{..:.l      l   /´ ̄...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::: /::::: ∠../

165名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:20:39 ID:euNdviZE
              /|
         , -t ― //-、
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_   _}             さて
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _})            まずは1の話についてがだ…
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_     
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\   
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl>
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||  
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 ||
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /
  /: : ://                ,  -一' ./
 /l: : ://              /      {
 |_|: : l l             /



      ,
./|  , ‐'"/
.;;;;;| | ,.;;;/
::;;;;\| ;;;;;゛-−''''""""" ‐ .ヾ
.、 :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: .、
 .丶 :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;,  ,. ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;, ‐'";;;;;;;;|  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|                分かりやすくて面白い
/ ,;;,;;;;;;;;; | ,;;;;;. . ;;;;;ヽ、 :;;;;;;ヾ::;;;;;;;;;;;;;;゛‐--‐'".|           非常にいい出来だと言える
,;;;/|::;;;/ | i ,.;ヽ\ :::;;;;ヽ.、:;;;;;ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  ノ|
;;/ | ;;;|::::;;;、 |、 ::ヽヾ.゛ 、;ヽ\:;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐'";;/
;|;/ヽ ;|'""●、ヽ :ヽ'""●ヾ:、 |ヽ|⌒i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
|;;| .|ヽ:、.  ̄ ゛ .|ヽヽ  ̄   |;;|' ||;;;;;;;;;;;;::::::: /
__,ヽ| |.ヽ    /|.  ゛  ヽ、ノ;;;| //;;;;;;;;;;;;;;;; ̄"/ ̄ ,, -‐'".ヽ
‐'",,|;;;;フ ,.  ヽ|    丶ゞ‐'";|゛;;| ::| ‐‐--‐ '"_, ‐'"::|ヽ::::: <
-‐ 'ヽ ::"/   .___.丶 __;;ノ,:::ノ::::::|| ‐-‐ ' "|| .::::::::::| .|   ..::\
:: /.  ゛:::ヽ   :.,,,,,,,.:  / / .:::/::::::::|| .::::::::::::|| .: .:::::| .|  .::::::::|
. |    ::::| ヽ     / / .:::/ ..::::::::||  .::::::::::||  ..:::::::|..|  ::::::|
..|    :::| .|/.丶_/ / /  ::::::::||  .::::::::::|.|  ::::::::| |  ::::::|
.|     ::| |-- .__   |  /  ..:|::::::||  .:..:::.:::|/  :::: / .|   .:/

166名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:21:11 ID:euNdviZE
              /|
         , -t ― //-、
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_  u _}
   ―=ニ二{__ノ,ン━) ) _})
       ト=━>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_      正直、面白いとしか言い得ない
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\     短くまとまっている上に
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l    簡潔だからな
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl>
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||    原作があるので当然…
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 ||    等と思うかもしれないが
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /    .きちんと必要な描写ある上に
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /     無駄な描写が無いのでテンポもいい
  /: : ://                ,  -一' ./
 /l: : ://              /      {      ギャグも個人的にかなり好きだ
 |_|: : l l             /             話に関しては申し訳ないがこれぐらいしか言えない

1「分かりやすく簡潔かつテンポがいい特に言うことなし」

167名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:21:47 ID:euNdviZE
              /|
         , -t ― //-、
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_   _}
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _})            さて、ちょっと中辛な部分
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_    .次は2:AAについてな所だ
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l  このスレの改変のレベルは中々高い
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl> 
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||  が
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 ||
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /  高いゆえに些細なミスが浮き彫りになっている
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /: : ://                ,  -一' ./
 /l: : ://              /      {
 |_|: : l l             /

168名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:22:14 ID:euNdviZE
        ___
       /  | ,、 |  ヽ
    _ l    ト' `リ   l _
   \`ー-- J - レ--一"/
     i`f三=_ト.__ノ_=三デi    重箱の隅をつつく感じになるが
     l. ヽ`ー゚ ',.、` ゚-',ノ l    本スレの>>50
     `!、. ̄´| |` ̄ /´    台詞の横の線は何かと思った
      |{\. } {  /}|
    _∧||  >|┬|< |(⌒) ビシッ!!
   ノ://::::||ノ/ ハ. `|ノ ~.レ-r┐
  <^/:::::::||__ Y ノ__ | .| ト、
  |::/゙::::::::::::|O〈 ̄   `-Lノ、_レ′
  レ::::::::::::::::|  | ̄`ー‐---‐′


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「元スレ>>50」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           ↓これだ
人間にこのコンビニを知られる訳にはいかないよね                                   「/´ ̄`ヽ、」
                                 /      │
      , ''´ ̄ ̄`' ‐-.,,                        _,. -‐ハヽ - 、、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::\       , -―‐  ./|     / ::::::::::::::::::::::::::::`ヾヽ
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     / .:;∵」  ./ ::::|   ,':::::::::::::;::::::::::::;:::::::::::::::ヾヽ
   i::::::/::::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::i    / .:;∵」  ./ ::::|   ,'::/:;i:::!:人:::::::::/i::ハ:::::::::::';=|
   |:::::|:::::リ/|:::/ |::::/ |、:::::::ハ    ./  ;;」   | ::::::|   i/!::{::::l ノ ヽ:ノ `ヽ|::l::|:::|::|
   |:::::|::::/ |:ノ |:ノ  |:/:::::N   / .:;∵」    | ::::::|    iノ从(ヒ_]     ヒ_ン ) |::;':::| ゆっくりせずにすぐたべようね
   |:::::||::::(ヒ_]     ヒ_ン i|ノ   / .:;∵」     .| ::::::|     ヽ|""  ,___,   ""  !ノ:::::|
   |::::::::::"   ,___,  "'i::::ト_ ./  ;;」     | ::::::|    .',.    ヽ _ン     イ:::::::l
   |::::::::ヽ  ヽ _ン    ノ:::|  /;;;;/       | ::::::|     ヽ、       , イ:::::::: :l
   |:::::::::::` ー------イi:::i| /;;;;/        | ̄|       ` ー---─ ´ルレ レii
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

169名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:22:48 ID:euNdviZE
              /|
         , -t ― //-、
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_   _}
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _})            で、少し悩んでゆっくり世界のあほ毛だと理解した
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_     AAのズレは他にも少しあるが初期とはいえ
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\   良く分からなかった所を上げさせた頂いた
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl>
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||  以下のようにあほ毛をくっつけるか
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 ||  もしくはその部分を一層のこと消してしまうのも手だ
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /
  /: : ://                ,  -一' ./
 /l: : ://              /      {
 |_|: : l l             /



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「改変」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間にこのコンビニを知られる訳にはいかないよね   /´ ̄`ヽ、
                                 /      │
      , ''´ ̄ ̄`' ‐-.,,                        _,. -‐ハヽ - 、、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::\       , -―‐  ./|     / ::::::::::::::::::::::::::::`ヾヽ
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     / .:;∵」  ./ ::::|   ,':::::::::::::;::::::::::::;:::::::::::::::ヾヽ
   i::::::/::::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::i    / .:;∵」  ./ ::::|   ,'::/:;i:::!:人:::::::::/i::ハ:::::::::::';=|
   |:::::|:::::リ/|:::/ |::::/ |、:::::::ハ    ./  ;;」   | ::::::|   i/!::{::::l ノ ヽ:ノ `ヽ|::l::|:::|::|
   |:::::|::::/ |:ノ |:ノ  |:/:::::N   / .:;∵」    | ::::::|    iノ从(ヒ_]     ヒ_ン ) |::;':::| ゆっくりせずにすぐたべようね
   |:::::||::::(ヒ_]     ヒ_ン i|ノ   / .:;∵」     .| ::::::|     ヽ|""  ,___,   ""  !ノ:::::|
   |::::::::::"   ,___,  "'i::::ト_ ./  ;;」     | ::::::|    .',.    ヽ _ン     イ:::::::l
   |::::::::ヽ  ヽ _ン    ノ:::|  /;;;;/       | ::::::|     ヽ、       , イ:::::::: :l
   |:::::::::::` ー------イi:::i| /;;;;/        | ̄|       ` ー---─ ´ルレ レii
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

170名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:23:30 ID:euNdviZE
        ___
       /  | ,、 |  ヽ
    _ l    ト' `リ   l _
   \`ー-- J - レ--一"/
     i`f三=_ト.__ノ_=三デi      この頃は少々荒さがあったので
     l. ヽ`ー゚ ',.、` ゚-',ノ l       あまり気にはならなかったが後になって読み返した時
     `!、. ̄´| |` ̄ /´
      |{\. } {  /}|      些細なミスが余計目立ってしまう
    _∧||  >|┬|< |(⌒) ビシッ!! . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ノ://::::||ノ/ ハ. `|ノ ~.レ-r┐
  <^/:::::::||__ Y ノ__ | .| ト、  まぁ最終段階に行くにつれ
  |::/゙::::::::::::|O〈 ̄   `-Lノ、_レ′ 見られなくなったので、気にとどめる程度で構わない
  レ::::::::::::::::|  | ̄`ー‐---‐′

 2「AA改変等も特に問題は無い、ただし些細な部分にも気をつけて」

171名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:24:10 ID:euNdviZE
              /|
         , -t ― //-、
        ,イ,..、{   //  \
       l 心_ j/∠_   _}
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _})          最後に3:その他についてだ
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\   ◆tqa/e/8TSk氏はスレを拝見させている
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l   限り高い理想を持ってスレを作られている
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl>
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||  ギャグシーンや見せ場のシーンなど
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 ||  非常に丁寧に作られている
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /   では、何を指摘するか?
  /: : ://                ,  -一' ./    左右配置をしていない
 /l: : ://              /      {     .所を指摘させていただく
 |_|: : l l             /            



        ___
       /  | ,、 |  ヽ
    _ l    ト' `リ   l _
   \`ー-- J - レ--一"/      左右配置は面倒だが
     i`f三=_ト.__ノ_=三デi        見やすくなることが多い
     l. ヽ`ー゚ ',.、` ゚-',ノ l
     `!、. ̄´| |` ̄ /´       ◆tqa/e/8TSk氏はほとんど
      |{\. } {  /}|        左右配置をしていないが
    _∧||  >|┬|< |(⌒) ビシッ!!
   ノ://::::||ノ/ ハ. `|ノ ~.レ-r┐    ここは左右配置の方が見やすい
  <^/:::::::||__ Y ノ__ | .| ト、    と思った箇所が何箇所かあった
  |::/゙::::::::::::|O〈 ̄   `-Lノ、_レ′   そこを意識してはいかがかな?
  レ::::::::::::::::|  | ̄`ー‐---‐′

172名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:24:48 ID:euNdviZE
           ___
         ,,-''"    _,,`ヽ‐-、
       _/ / ̄~ ̄~,.イ::::i   \  /'
  /⌒ヽ‐'"__/   / ̄`''i:::::::::::|_   ./" 、 _,ヘ                     「総評」
  ゞ―' ̄~ _,,..へy"‐-;;;__ ( ..::):./" i /` 、`‐ソヽ    , --‐ '"`ー " ̄)
    ,/ ̄` 、::::::.. 〈 `i | 、::::-◎",_・ソi|i"ヾノ/^ ̄~`、ヘ/_,,,,,,......::::―――――――--:::::::::::......,,
    〈     ヽへ:.. ::;:;,:`::-ヘ~` -''"|_,,.....:::―‐'''''''"" ̄                     ::::::::.....,,
    ヽ;:.   /.:::, 〜‐:┐,,..:::―'''''' ""           __  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ''''''' -  __     ::::::::::...,,
     `ー--ヽ_ソrl´||「 ̄ ,,,..::::――‐'''''''''''"""" ̄ヽ ̄ ̄ _,-‐""_''''''――-:::::....,,,__      ‐   _ :::::::::::...,,
      ┌‐''""ヾtヾヘ`〒:::::::::::::::::        .::::.. \_ソ -、〜` ;;,._  ` 、 \    `'''''‐- ,,,       `ヾ`::::::::..,,
      `‐'''"" ̄`~" ̄~`ヽ:::::::::::::..     ..::::::::::: t--ヾ _. "''''-;;,, `;;, `;,丿         "''''‐-;;,,,   \::::::::::..,,
    ,; -‐'''"" ̄ ̄\    ソ::::::::           ノ    ̄`ー''` :;,__)、__)             "''‐-;;,, ::::::::::.,
   / _....,,,__    `ー、_`ー-、          ` ヘ                              "''‐-;,.
    ̄     _ >       `ー、」  i ‐、     "  ヽ
      ,,/                 `‐'  `ー'  "  y、
    , ''"                            ノ、           「話はまとまっていてギャグもいい感じ」」
     i                             ..::::::`;,          .「AAの改変レベルは高い、見直しは大切に」
    i                           .:::::::::::::::::;,         「左右配置で見やすくすればさらに良くなるだろう」
    \       ,,,,                    ::::::::::::::::;;,
      \__     \\                  :::::::::::::::::;;;,       やや投げた感がこれで失礼する
         `ー、.    \\― 、               \::::::::::::::::::.、      それでは、よりよいやる夫ライフを
            \   \ ;, `ヽ、               \_   `ー'"'''-,,
             \    `;;,   `ー、              / `ー'~`- "ヽ         さらば!!
              \  .::::::.、_   |                       |
                 >"    ヽ  i                  ,-―''''"
                /      ノノ   i         /       ノ-''"`ー- ;;,,,,;;-‐
.................:::::::::::::::::::::::::::::::::/       /::...  i       / 、      /::::::::::::::::::::::::::"""
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( `ー   /::::::::::::::::::i    /.....::::`ー――‐ '.................::::::::::::::::::::::::::::::::::::

173名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:25:43 ID:euNdviZE
以上です、誤字ってる所投下してから気がついたが私は謝らない
すみませんでしたorz

174名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:28:01 ID:SVx4UC6U
シュバルツ兄さん乙
左右配置は地味に大事だよね

175名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:39:35 ID:OuNcg53Q
>私は謝らない
>すみませんでしたorz

どっちだよw
乙でした

176名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 18:51:52 ID:Y9G3brqE
評価乙!
>>175 そんな兄さんがすきだww

177名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:21:16 ID:ZueYkqEU
みなさん評価乙です。


8レス投下させていただきます。

178名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:22:07 ID:ZueYkqEU
.
            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、   こんばんわ、八百黒の太田です。
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|   今スレの>>55で依頼された作品を評価させていただきますよ。
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       ・      U |:::::::::/
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/      既に2つの評価がなされていますが、
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/       気にせずやってしまいます…ご了承ください。
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_

       ↓評価依頼作品↓
─────────────────────────────
  やる夫で学ぶ放課後のジョーカー
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/
─────────────────────────────

179名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:23:09 ID:ZueYkqEU
.
                                            __ ______  __ _
                                            ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
                                          .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
                                          i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
                                          |::|        `;:::::::ヾ;::::
                                          |:| ミ≧  ≦彡 ヾ;::::::::!,.
    原作は数年前、VIPに立てられた                  || ―  ――   `;::::::::
    「自らの中二病体験をカミングアウトする」というスレ。      .!          ;:::;;
    いわゆる「邪気眼」などと同じ、厨二系の痛い話ですね。     | 、        ;:;
                                             |
                                           `ヽ, ̄ ̄        ,.-
    俺は依頼作品を読むまで、この元ネタを知りませんでした。      ヽ、___,,,...-‐''"
    個人的には「未知のネタを見た」ことになるので、               |::::::::::::  ,,,...-
    その印象を中心に評価させていただきます。               /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐
                                          ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
                                          ~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
                                            l l   |    //



                                       /^v'''⌒ヽ
                                       ! /^v⌒i ! .}
                                       i!(´Д` リV
                     評価依頼ポイントはこちら。  と!---!__つ
                                        .|______!_|
                                        .(_(__)
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ・痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか
        ・地の分がくどくないか
        ・キャラ選択は合っていたか
        ・演出で頓珍漢な流れになっていないか
       _________________________________

180名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:24:08 ID:ZueYkqEU
.
  << 痛いwww うわぁああぁぁあぁ!!静まれ…俺の右腕よ…!と感じれるか >>

        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ   ━━  ━━  \:::: |
    |:::i~|    ○  , ○   |`i;:::|      …これは文句無しでしょう。
     l:::l、i              |/|ソ
    ノ|;::::! u           |:::|         (厨二的に)痛いネタを笑える人なら面白い。
      l:::\    「三三三i  ./|/         人によっては、読み返すことすらキツい。
     ノl/i::/\        /|
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'           破壊力抜群です。
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-






                  << 地の文がくどくないか >>

                 , ',
    ./`ヽ、         , '  ',
    /   ヽ ,,,,,r.,- ー,,ヘ'   .',
    |   /~;;;;;/;;ミ;;;;;;'、;;;\  ',
    |  ., ';;;;;;;;;;Z,,ヽ、 ,r._入;;\,'
    ', ,.';;;;;;;;;:/ ,,二' ''~ ___ヽ、;',         地の文に使われた囲み「▼▼▼」。
    ',;;;;;;;;;;;/   ', ・,′ '、・/ |';;;!
   /';;;;;;;;;/ .  ''''  ゝ `'  b';|         この枠自体が「視覚的に濃い」ので、
  /  );;;;/',    lー-ーl   /`vク'       「言い回しの強いテキスト」とのバランスが取れていました。
/  ,;;/;;(';| ヽ .  |   .|  /,/人
 ̄''i '';;;;;;;;`;',    ヽ、 ' ,,-'´~ ',ニ=->
  |  /i!'`゙ ',  ヽ、_.,、-''´ _,,,、.,'ミニ⊃        その「くどさ」もまた、痛い雰囲気を出すことに
  |/rー、,''ヽ/___/   ___ノ)\ゝ-,        ひと役買っていたかと。
   /:::-、l ヾ、 --=|  i!| @iヾ';::::::::::::`_、,._r;_
   i'::::::::::`゙''、. ̄ ̄|   |イ.! ';コ .' ;:::''::~:::`||'_ '、- 、,,
   .Y;_:::,;=二=ヽ::;;::|   |.| .| ';フ::ヽ___||.,オ   'i
    ((ヾ''´'´~iフヾ|  .|.! |  .';コ::::ヽ,  Vフ~ /
     (_l入    .!   .|.! |  .';コ::::::::ヽ / /
     ヽ;:::`'' 、,    ノ ! |  .!コ::::::::// /
       ゝ;::::::::`゙''~´::ロ!! |  |コ::::::::ヾ',  ゙;

181名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:25:16 ID:ZueYkqEU
.
                  << キャラ選択は合っていたか >>

        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \       「放課後のジョーカー」やる夫。
     / ::::::/         \:: \      ヒロインの蒼星石。
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |      クラスメイトは、やらない夫、福本作品、らき☆すた勢。
    |:::i~|    ̄ ̄    ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i       ′     |/|ソ      散らかりすぎずに、うまく配置されていたと思います。
    ノ|;::::!            .|:::|       蒼星石の憧れる相手がアカギ、というのも良かったです。
      l:::\   ー - 一   ./|/.        終盤の「あの表情」は、アカギならではでしょう。
     ノl/i::/\       ./|.
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'          「AA自体のキャラと違わないか?」ということなら
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入          作者さんが納得していればそれでいい、俺はそう思います。
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-






                 << 演出で頓珍漢な流れになっていないか >>

                                    __ ______  __ _
                                    ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
                                  .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
                                  i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
ちょっと気になったところは                  |::|        `;:::::::ヾ;::::
「時系列の区切りがあいまい」なことですかね。      |┝━  ━━ ヾ;::::::::!,.
                                  ..|| ―  ――  `;::::::::
【 現在の流れ→ちょっと戻って回想→現在が進む 】   . !          ;:::;;
                                   | 、     U  ;:;
 そんなパターンが多かったので、            .    !
 「最新の状態はどうなっているか」               `ヽ, ̄ ̄      ,.-
 そこがちょっとぼやけていたように思います。           ヽ、___,,,...-‐''"
                                        |::::::::::::  ,,,...-
                                        /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐
                                   ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'



           _
         ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
      /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
    /::::::/::::/-\_    `、:ヽ       AAや効果線を挿んで、区切りをつけようとする意図も見えますが
    ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',       ちょっと弱いかもしれませんね。
    l:::l什|:/ u     〉 ``' !::l:|.
    |:::|┘ゞ、          l::/ィ       「翌日」「20分前」などだけではなく、
    /:::::Y    ー - 、  イ〃       もっと直接的に、「適当な日付・時間」をつけると
  /ァハ:::! ヽ         イノ         時系列がわかりやすくなったのではないでしょうか。
   l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!
   'ヾ || !    /|:/八レ

[ 時系列を強調する例 ]
┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃7月 6日 8:20──教室にて   .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃7月 7日 15:00──事件発生から2日後のHR  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

182名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:26:56 ID:ZueYkqEU
.
        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \      それから…ナンバリング上の「Ⅲ」でのネタ。
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i U            |/|ソr ‐─ - =、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪∪∪∪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264764695/201-212
_______________________________



            , -―- 、
           , '      ヽ
          /    ∠    'y-、
         { ≧   ≠   ζ}}        ギャグとしてはお約束、いわゆる「嘘ENDネタ」。
          r、≠ !.     トイ
          ゝ}   _   / .|        …元ネタ自体に、このネタがあったようですけど
           ` 、     / ! !,       これならカットしたほうがよかったです。
             `゙ ーく  l /.>、
                〉/ ,≦=、
               !VV〃  {\.}、
             ,イ├―ォy' >  |



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|  ‐=・=-  -=・=‐  |`i;:::|      元スレでは「唐突に、いきなり終わった」からこそ
     l:::l、i       ゝ     |/|ソ      ネタとして成立していたんです。
    ノ|;::::!             |:::|
      l:::\   ───   ./|/       作者さんは、投下の直前に「最終回である」と明言しました。
     ノl/i::/\       /|         読者には「終わること」がわかっていました。
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'           …そういう状況では、このネタを冗談とは受け取れません。
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

183名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:28:11 ID:ZueYkqEU
.
  __ ______  __ _
  ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
.,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
|::|        `;:::::::ヾ;::::
|:| _ノ  ヽ、_ ヾ;::::::::!,.      ツッコミを期待されていたとは思いますが、
..|| ―  ――  `;::::::::       読者からすると「続きはどうしたwww」などとツッコむには
. !          ;:::;;       続きがあると確信できる展開じゃないと無理です。
 | 、      U  ;:;
 .|  __              元ネタを知っている・いないに関わらず
  `ヽ, ̄ ̄        ,.-      「めんどくさくなったか」「これで終わりか」などと、
    ヽ、___,,,...-‐''"    .    終わることに『納得できてしまう』んです。
     |::::::::::::  ,,,...-
     /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐.       …実際、俺もここで終わりだと思いましたし。
..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
 l l   |    //






     レ---  r‐,こ'、    `''==、,_
    ノ´    i .r'   `ヽ,r''' ヘ,   `'‐-、_
   /,r-‐- 、.., / ,......,_     ヽ,     `'‐、,,
   /.l!  ,r--、ヽ! ,彡彡彡、    ヽ,      ヽ
  .l .l!  lミミi'``´     .ヽ    ヽ,
  .l,ノ  .,!           .'!     .ヽ,
  ,'   /          .,r'ヘ,      ヽ,
  .l   ,' 、.,,__        '゙ __ヽ,      γ、
  .l  .r、 ====     ,ィ'フ';';;7ヽ     'i゙i i,     もし、そこまで再現するなら、「Ⅲ」の投下前に
  i  l .i! ,r-r;;:::、     `'‐-''´  \    .'i, .l     「最終回です」と明かすべきではなかったでしょう。
  .l  l l!ヽ .゙-゙´ ,           \   .l, l
   l,  .'、.ll!   .r',:            \  l!     あるいは、
   ヽ ヾl!    `''         U  t ヽ, .l      「この手紙がきっかけで世界を救う旅へと…」くらい
    ヽ、, ヽ、__              / `'i!ヽ |     ぶっ飛んだ展開にアレンジしてしまうとか。
      `‐七´  、____      /   l 'i.l
        .ヽ,            ,r'    l rリ
          .\         /   ,、┴、 `     嘘の「完」をネタにするなら、
            ヽ、_     /  ,、r'ヘ ヽ,、-      「 それまで最終回を匂わせない 」 か、「 思いっきり斜め上 」に。
              ~七'゙ニ  ,rヘ.ヘ ,ヽ '´
               r' i、.rrベヽ,r'´           ネタ自体の善し悪しではなく、使い方がすっごくまずかったかと…
              /モ''i.r( l! ,ソ
             .N! l l! y '

184名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:29:04 ID:ZueYkqEU
.

        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \      依頼ポイントには無かったことは、こちら。
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \    重箱の隅ですので、一覧という形で失礼します。
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i               |/|ソr ‐─ - =、
━━━━━━━━━━━━━━━∪∪∪∪━━━━━━━━━━━━

    ◆上下枠から、横にテキストがはみ出している
    | 上下枠「━━━」の長さを統一したのなら、
    | テキストの幅もそれに合わせたほうが体裁が良い。
    └
    
    ◆AAの左右配置が一定すぎる
    | 序盤を除き、ほぼ「AAが左、セリフが右」になっている。
    | 「キャラの動き・配置」が重要なネタではないものの、
    | 薬味として左右配置をいじってみてもよかったのでは。
    └

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

185名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:30:16 ID:ZueYkqEU
.
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|::::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,:::::::::::i
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|::::::::::::|
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;::::::::::|
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|     総評としては…
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       `      U |:::::::::/           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `、|/|   ィ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   l:::/;::::|           痛い痛い。 だけど面白い。
     // .|`、 {:〉- …   ─ -〈:}  /;;/l;;;:/         でも、冗談顔だけにしろ(※)。
     "   |;;|、 `ー…    ─- ' r'";| |;/         ______________
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
                               ( ※ドラマ『アーノルド坊やは人気者』でのお約束セリフより )






                                                  ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
                                                 ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
                                                /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
   元ネタの痛さ・インパクトがとにかく強いので、                 ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
   これを最後までやる夫スレ化した精神力に敬意を表します。         ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
                                              /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|
   「ノリと勢いで突っ走ったからこそ面白いスレ」と言えますが、       .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|
   呑まれてしまっては本末転倒。                         |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|
                                               `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
                                                  `l lヽ|       ・      U |:::::::::/
      『 元ネタの、何がどう面白いのか? 』                   `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|
                                                // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/
                                                "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/
       そこをしっかりと噛み砕いて消化することも、                  || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’
       忘れてはいけないことだと思いますよ。                     ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
                                                  ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
                                                 ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_

186名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:31:28 ID:ZueYkqEU
評価は以上です。
後出しのようになってしまい、失礼いたしました。

187名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 20:44:23 ID:ZueYkqEU
>>178の誤字を訂正…
 ×既に2つの評価
 ○既に3つの評価

大変失礼いたしました。

188 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 20:45:49 ID:PgEL7NVE

さっそく評価して頂きありがとうございます

評価依頼の約束で

出来ればどのような方針が良いか(甘口・辛口等)もあればお願いします

とあったので87レスを付け足したのですが他の方々が

・文章を詰め込みすぎではないか

・ストーリー展開に無理がないか

等 的確に質問を書いてあるのを見て 

「自分はマジメなスレになんて事を書いてしまったんだ!」 と不安なまま1日を過ごしたのですが

そのネタにも優しいフォローをいただき シュバルツ兄さんには頭が上がりません 

胸に響く中辛のご指摘ありがとうございました

189 ◆TKaGa8n1FA:2010/02/01(月) 20:47:13 ID:PZrQA9VU
太田さんまで評価してくれるとはwwありがとうです!

自分の悩みがハッキリしました、時系列の流れがどうも不明で分かりにくくしていたのだと…
こんなことも気づかなかったなんてアホですよね…

本当に参考になりました。合点です。

ただ左右配置だけはあんまり気にしないようしているんで…これも考えようと思います。

本当に評価ありがとうございました!

190 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 20:47:50 ID:PgEL7NVE

あっ すいません!

評価途中なのにで投下してしまいました

投下前のリロード忘れ申し訳ありませんでした!

191 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 20:54:29 ID:PgEL7NVE

 大丈夫のようなので続きを書かせていただきます


 1「分かりやすく簡潔かつテンポがいい特に言うことなし」 

原作の描写を大切にしてテンポのよさ等を潰さずに作れていると言う評価は

   作者様のファンとしては 最上級の喜びです


2「AA改変等も特に問題は無い、ただし些細な部分にも気をつけて」

 168レスを見て セリフを書いて起きたAAズレを直していない と言う

   基本中の基本というアホな事をアホ毛でしてしまった事に後悔を感じずにはいられません 

   見直しを3回や5回など回数ではなくもっと細かい所に気を付け1度の見直しを大切にするよう

   ご指摘頂けた事を胸に刻み込みます

192 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 20:55:22 ID:PgEL7NVE
3 左右配置をしていない

   これは友人にも散々指摘されてきた事なので自分にとって重要な反省点だと思います

   1 左に余白が出来て容量が圧迫される

   2 初期にセリフによってAAが大幅にずれる場合があったのがトラウマ

   3 右向きAAが多く使い安さを優先して楽する方向に流された

   4 AA反転機能を使うと修正が大変 思ったより大変そうだなと後回しにした


 指摘して欲しいポイントを書けなかった自分にこれだけ今後の指標を出していただけたのは

 大変ありがたく感謝の極みです

 次はラノベからやる夫AAへのコンバート化を今後の課題に

  左右反転を忘れず頑張りたい所存であります!

  ありがとうございました

 それと投下リロードを忘れ危うく人様の評価中に投下しそうになった事 申し訳ありませんでした

  それでは お世話になりました!

193名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:48:55 ID:324DrWfU
一言だけアドバイス
毎回改行を挟むと非常に読みづらい、どころか最悪な場合荒らしと間違われるので止めましょう

194名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:49:00 ID:Wzdj3RY6
太田さん、乙でした
やっぱり、太田さんのは分かりやすいなぁ…

さて、自分も一つ投下させてもらっていいでしょうか?
問題なければ、9時55分ごろから

195名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:53:08 ID:5cim4Gyw
自分も評価投下しようと思ってたんですが、先にやってもよろしいでしょうか?

196名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:53:46 ID:Wzdj3RY6
>>195
どうぞどうz

197名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:55:26 ID:5cim4Gyw

  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、       ではお言葉に甘えてお先にチョリーッスwwwww
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ     >>86で依頼された【魔界】やる夫がコンビニ?バイトするようです【コンビニ】
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (●)  (●) | イ. ━   こいつを評価させてもらうッスよー。
   レ §   (__人__)  |ノ ┃┃
  /   ゜。  `ー'´ 。゜ ∩ノ ⊃   なるべくシュバルツさんと被らねえ点に触れていこうと思うんでシクヨロ。
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

198名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:55:53 ID:5cim4Gyw


  NVVVVVVV\           まずは俺っちなりに簡潔に評価をまとめてみたッス。
  \        \
  <         `ヽ、       ・ストーリー 良
  </ /"" \ .ノヽ. \       原作知らないのでその差異はわからないが、
   //, '〆     \ \ ヽ      一話完結の連作モノとして良く出来ていた。
  〃 {_{   ─   。─ │i|     展開で「?」となる箇所はなし。
  レ!小§  (●)  (●) .| イ
   レ §    (__人__)  |ノ
  /     ∩ノ ⊃ 。/l       ・AA 可
  (  \ / _ノ  |. |       色々配置を変えたり重ねたりして、頑張ってるっすね。
  .\ “∞∞/__ノ  |       ちょっと見にくい箇所もありましたけど(>>714とか)、
    \。/____ノ        台詞で状況が補完されてるので特に問題はないッス。

                      シュバルツさんが言われたとおり、
                      丁寧にやるよう心がければ自然にレベルアップしていくんじゃないかと



                ∩_     ・ギャグ 可
   NNNNNN\   〈〈〈 ヽ     漫画とかのパロディネタが多めッスね?
   <      `ヽ、  〈⊃  }     「ネタが分かれば面白い、分からなくても特に問題ない」という塩梅は上手く出来てたんで、
  </ / " `\ ヽ\ |   |     俺っちがわざわざ言うまでもないとは思うけど、一応心に留めといて欲しいッス。
〃レノ§( ●)  (●)\ヽ !   !
〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\|   l     読者を限定するネタを使うときは気をつけて。
 川    |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /        ・キャラ 不可
  (___)      /         これちょっと問題ありッス。あくまで俺っち的には、ですけど。


.

199名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:56:52 ID:5cim4Gyw



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、      やる夫、水銀燈、やらない夫、蒼星石、麻呂がメインとなる役でしたが、
  </ /"" \ .ノヽ. \     『総 じ て キ ャ ラ が 薄 い』
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|      例えばやる夫ですけど、
  レ!小§ (○)  (○)  | イ     冒頭から「バイトをすぐクビになるダメ人間」だと言われてますよね?
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ     でもこれ、口で言ってるだけなんスよね。
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|     やる夫の行動を描写して、『どんなところがダメ人間か』ということを書いていない。
   | ヽ〆        |∞|


.

200名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:57:30 ID:5cim4Gyw


           /VVVVVVVⅥ
          /        /     水銀燈さんのコンビニでバイトを始めた後も描写が全然ないッス。
          r'´         >
       / /ヽ/ ゛゛\  \>     やる夫は何でそんなに逃げたがってるんスか?
      / /  (     ゝ'   ,ミ
      |i│ ノ    \    }_}  ヾ     客に齧られはするけど、大金は貰ったし住み込みで水銀燈さんの傍にいられるし、
      ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ    割と羨ましい環境だと思ったッスよ?
     (,|  (__人__)     § 、ゝ
      \ |!!il|!||   。゜ \      メリット・デメリットの天秤模様を書いて、やる夫に葛藤させ、
            |ェェェ| ∞     ヽ     「それでもやっぱり人外の客を相手にするのは嫌だおー!」という
        |  ∞∞  / /   |     結論に達するなら、それはわかるッス。



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、        でも、そのへんを書いてないから、いまいちやる夫のことがわかんないっす。
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ      感情移入って言うんですかね?
  〃 {_{    ノ    ─ │i|
  レ!小§  (●)  (●) | イ. ━    あんまりしっかり書き込めというわけじゃないッスすけど(テンポ悪くなるし)、
   レ §   (__人__)  |ノ ┃┃   もうちょっと深く書いて欲しかったかなーと。
  /   ゜。  `ー'´ 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


.

201名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:58:15 ID:5cim4Gyw



               NVVVV\
       ,,,,,,,,,    彡  \ゝゝゝゝ\
   __ノノノノ""ノルゝ  ノノノルノノ゛ヾヽて      水銀燈さんにも同じことが言えるっす。
   Z ノノノノ 〆 ―\ ノノハレ ―  ノヾ`
   > ≡く .メ ノ  (● イノ§(●)  \ iヾ     水銀燈さん、やる夫のことはどう思ってるんすかね?
   Z ≡ゝノ ル (●)   __) (⌒  (●) /ノ 
     ̄てノノル   (__/    ̄ヽ__) /       それを判断できる材料が物語の中にほとんどないッス。
      レ§ゝ      彡  ___/ノ§
       レノル \ /       \ルレヽ       このスレの水銀燈さんはどういう人(悪魔だけど)なんですか?
           /| ´       |
                               何が好きで、何が嫌いで、何を感じる人なんですか?



.

202名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:58:48 ID:5cim4Gyw



          /VVVVVVVⅥ
         /        /
       r'´         >       原作でそういうのは書かれてないから、と甘えるのは簡単ッス。
     / /ヽ/ ゛゛\  \>
    / /  (     ゝ'   ,ミ       でも、あなた水銀党員なんでしょう?
    |i│ ノ    ─    }_}  ヾ
    ト | (●)  (● ) §小!、ゝ      薔薇水省勤務の俺っちを鞍替えさせるくらいに
    (,|  (__人__)     § 、ゝ       魅力的な水銀燈さんを書いてみたいと思いませんか?
     \ `ー'´   。゜ \
       ∞   ∞     ヽ        別に可愛さ振り撒けといってるわけじゃないッスよ?
       |  ∞∞  / /   |
       / ∧   / /   |        小憎たらしかったり、ちょっと病んでたり、若干中二病だったり、お父様命だったり、
     _/∞/ 丶 _/ /   丿        そういう、キャラの色んな面を書いてくれれば、
    (__/___∠(__/ __ノ         そのキャラに対する愛着みたいなもんが沸いてくるっす。



         NNNNNN\
         \ゝゝゝゝゝゝ\        +       そうなればもうこっちもん!
    +    < ノ"ヽヽ〆ヽ`ヽ、   +
      +   /ノ"ノ⌒  ⌒\ て +     +     ここまで来れば、きっとキャラが勝手に動き出すはずッスよ!
    +    ノレルノ /・\ ./・\\ヽ  +
  チョリ━━〃レノ§:⌒(__人__)⌒:  \`、━━ッス!!     後はあなたのL・O・V・Eっぷりが試されるだけッスね!
   + + レノノ§ ┬ トェェェイ     | i  +  +
  +  +   レ.\ │ `ー'´    /ノ    +


.

203名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 21:59:42 ID:5cim4Gyw



 ☆    NNNNNNN\  *
   *  \        \  ☆
 +     <         `ヽ、   +
     * </ /" `\ 〆ヽ \ *
  *     //, '〆     \ \ ヽ  ☆
  + ☆ 〃 {_{    ⌒  ⌒\│ i|    +    以上で俺っちの評価を終わらせてもらウィッシュ☆
☆     レ!小§ (● ) (<)ヽ、 i *
*      レ §  ⌒(__人__)⌒:: | ノ         次回作楽しみにしてるッスよ☆
  *       / _/ } `ー'´   / +
        / ⊂  \∩ノ ⊃|           ご清聴ありがとうございました
       (〆 ⊂ / _ノ   |
       .\ “∞∞/__ /
         \  /___/



.

204名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:04:52 ID:M7ApX5Ic
ギャル夫さん、評価おつ華麗!

>客に齧られはするけど、大金は貰ったし住み込みで水銀燈さんの傍にいられるし、
>割と羨ましい環境だと思ったッスよ?

わかるわかる。これ、プロが描いてる漫画やラノベでもよくあるよな。
「これほどの美少女に囲まれてここまで愛されて、何が不満なんだ?
『俺は普通の生活がしたいんだー!』って、普通以上に幸せだろうが!」と
突っ込みたくなることが多い多い。
テンプレ通りの「非常識人に振り回され迷惑してる常識人」をやりたいなら、
迷惑してることに説得力が必要なのに、そこをスッポリ手抜きしてる作品は実に多い。
まあ、言い方を変えればそれだけ難しい技術ってことかもしれないんだが。
俺も全体的には面白い作品だったと思ってるので、作者さんにはまた頑張ってほしい。

205名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:12:23 ID:Wzdj3RY6
ギャル夫さん、乙です
なんか、「僕の小規模な生活」で福満先生が
「何もしないで転がりこんでくる恋愛は、大嫌い」って書いてたのを思い出した

さて…
あんまり間髪入れずなのもどうかと思いますが…

投下させてもらってよろしいでしょうか?
問題なければ、10時15分ごろから

206名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:17:36 ID:Wzdj3RY6

大丈夫ですかね?では、今の内にコッソリ……




           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    馬車の中の2軍も、フル装備にしてから、次の街へ
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                    ドラクエ6はやっぱり面白い
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'   どうも、度々お騒がせしております
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /    マシンガンやかま進藤こと、進藤さつきです
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `     本日、評価という名の勉強をさせてもらったのは、!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !     ↓コチラのスレ
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !     >>86>>87で依頼のありました
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !    【魔界】やる夫がコンビニ?バイトするようです【コンビニ】
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,   です
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

207名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:18:52 ID:Wzdj3RY6


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',      ある日突然、魑魅魍魎が通う「魔界コンビニ」の
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',      店員にされてしまったやる夫
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      店長の水銀燈を初め、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     個性豊かなモンスターたちに巻き込まれる
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     「痛快ギャグ」
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     原作は未読ですが、
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     十二分に楽しませて頂きました
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !




          ,. -‐ ''''''' ‐-  .,
         ,.  ´           `  、
    /`ヽ、 r‐/`'' ―‐┐_    ,.ヘ    ヽ
   .//`ゝ‐'' ,'        `''i´ '!   ヽ┐  ' ,
  //      ,'     ',     ', !   i .i!    ,
  i/ / / ,' .,! !   l i    ',  ! |   .! l!    !
  / / .,' ! i .!    !. i!    i l! li   i. i!    !
 ,' / .,' .i  ! l!     i l! !  l! .| !   | i     |        さて、今回の評価ですが……
 ! .,'  !  | .l .i!ノ   ,' 、! i  i! i i!   ! i     l
 ! .i  i ,.+‐''l´',   !| ./`''!''/l‐ノト.|    ! |   .i        せっかく『特に指定なし』&
,' ! .|  !  l /|イ:::|ヽ !レ /|イ::ヽ.! l   l  ! l  l       『ゲルマン忍者さんの評価』&『ギャル夫さんの評価』
! .', |、 lヽ l!.,| l !:::j ヽi   | l !:::::イ l!   ! l  !  i       もありましたので……
! /ヾヽ l! ヽ! ',  ̄      `'‐-'i! ノ    ! l  ! l  !
!l! | `|ヽ! .| 、 `、 -┐    /イ|    l! l! i! l  !      彼らとは少し違うところを攻めてみたいと思います
',! l l!   .i! i` 、ヽ_ノ     ,' l    l! l! .l/| ./
  ', !、   i', |ヽヽ` 、    _,. ,'/l     ノ!./! / .|/
   ', | ヽ,  l!',! ``ヽ `  コ .〃/   /、レ | /         改めて、>>161->>172のシュバルツさん乙でした
   ',!  ヽ l!    >::´::::|  / /''"´|、レ          ギャル夫さんも乙です
         ヽ! -‐<::::、:::::ノ////:::_:: ┘ヽ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

    <今回のポイント>

    ・『間』を意識する

    ・『同じキャラクターを使うこと』を意識する

    ・『ナレーション』を意識する

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

208名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:19:34 ID:Wzdj3RY6


-----------------------------------------------------

   ・『間』を意識する

-----------------------------------------------------
             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           どうも、同レス内のAAたちが
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}        『近すぎる印象』
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、     を受けました
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      というのも、AAたちの
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      『あいだ』
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|         が狭いんですよね
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N           基本的に、1行しか改行がなされてません
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

209名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:20:04 ID:Wzdj3RY6


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',      一般的に
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     『2〜3行あいだを作った方が、見やすい』
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     と言われますが、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     この『あいだ』には、『見やすさ』以外に、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !      AA間の『時間』を表す効果もあります
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |   
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

210名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:20:34 ID:Wzdj3RY6


-----------------------------------------------------

        ・たとえば……

-----------------------------------------------------



【パターン1】



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |         俺、引越しするんだ
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'    え?
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

211名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:21:05 ID:Wzdj3RY6


【パターン2】



   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |         俺、引越しするんだ
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \














           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'    え?
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

212名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:21:34 ID:Wzdj3RY6


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |          こうした「友だちの突然の告白シーン」
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |          どちらのパターンが『やる夫の驚き』
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //          を表現しやすいでしょう?
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、    おそらく、【パターン2】ですよね?
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|




           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     このように、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     配置一つを変えることで、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !    『レス内の時間』を簡単に操作できちゃうわけです
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     この辺り、シュバルツさんも仰ってる
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    『左右配置』にも通じるものがあるのでは
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    ないでしょうか?
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

213名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:22:34 ID:Wzdj3RY6


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }    で、この『あいだ』が1行しかないとどうなってしまうか……
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {      結論として、『間が一切なくなってしまう』わけです
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i      とにかく、『忙しいイメージ』を受けてしまう
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く     いくらやる夫スレが静止画とはいえ、
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ    『間が全く無い』ということはありまえませんよね?
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!      こういった印象を逆手にとって、
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !      『忙しいシーンでは極力AAの『あいだ』を狭める』
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |      のもアリかもしれませんね
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !     基本的には、2〜3行の改行を行って
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !    『適切な間』を作ることを心がけていただきたいです
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

214名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:23:04 ID:Wzdj3RY6


-----------------------------------------------------

    ・『同じキャラクターを使うこと』を意識する

-----------------------------------------------------
          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|     読んでいて違和感を感じたのが、
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!     狼男の蒼星石、
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |      水銀燈の父親・ジョセフ
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//       の存在でした
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐




, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!       というのも彼ら、
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_        『劇中で使われているAAが変わる』
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`      んですよね
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

215名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:23:34 ID:Wzdj3RY6


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }   蒼星石(狼の状態)はシーンによって、
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }   『ゾイド』であったり、『モロ』であったりしましたし……
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i     ジョセフは、その姿がコマごとに、
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ     『2部ジョセフ』『3部ジョセフ』『4部ジョセフ』
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く     とバラバラでした
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─




                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !    特に前者は
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |    「動きがない」からやむなくの処置なんでしょうが、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l    やはり読者の頭の中では
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !    『同じAAのキャラは同じキャラ、
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !    違うAAのキャラは違うキャラ』
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !    という図式が出来ていると思います
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

216名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:24:34 ID:Wzdj3RY6


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                     なるべく『同じAAであり続けること』
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     を意識して書いた方が、分かりやすいと思います
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    厳密にいえば、ジョセフはいずれも同一人物ですが……
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /     『2部ジョセフ=3部ジョセフ=4部ジョセフ』
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     とできるのは、ジョジョを知っている人に限られてしまいます
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /      やはり彼らは『別人』とし
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '        『このキャラはこのAA』
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__          というのを定めておいた方がいいのです
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',




          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|    同じキャラのAAを使っても、
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|    AA化したシーンが特殊過ぎて
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!    「あれ?誰だこれ?」
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |     って言われるのが、やる夫スレですからね
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´       まったく見た目が異なってしまうのは、
.     /    !       ト               イ    ! |        尚更避けた方がいいと思います
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

217名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:25:04 ID:Wzdj3RY6


-----------------------------------------------------

  ・『ナレーション』を意識する

-----------------------------------------------------
               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|     最後になりますが、
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/     この作品ではいわゆる『ナレーションいじり』
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      が行われます
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|        ナレーションに向かって、
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         「うるさいよ!お前」
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |          なんてメタ的な発言するアレですね
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \      最近のアニメ番組だと、
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\    「ケロロ軍曹」辺りでよく見る手法でしょうか
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!    ですが、この作品では……
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /     『いじれるほど、ナレーションが目立ってない』
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´        気がします
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐

218名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:25:34 ID:Wzdj3RY6


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }    やはり、読者から「ウザイ」とホントに思われてこそ、
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    「ウザイよ、お前!」という『ナレーションいじり』
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'     が成立するわけで
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く    
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─




, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      しかし、本作ではナレーションの出番といえば『場所の説明』
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      がほとんどで……
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       出番が多くなってきたと思ったら、いじられる
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`    『いじられるために、出番を増やされている』
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |    印象を受けます
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /     これだと、本末転倒ではないでしょうか?
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

219名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:26:04 ID:Wzdj3RY6


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',      たとえば、やる夫スレの定番キャラ
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      『でっていう』
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !      彼が登場すると、すぐに「ウザイ」
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !       という反応が得られますが……
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !      あれは、『でっていう=ウザイ』
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'      という認識が、すでに読者の中で出来上がっているからです
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /       
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ        ですから、少しでも目立ったことをすると、いじられるんですね
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !




                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |      しかし、『ナレーション』というのは、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i      作品ごとに『違う』もの
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !      『ナレーション=ウザイ』
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !      という認識を読者に植え付けてこそ、
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !      初めて『いじり』が成立するのではないでしょうか
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

220名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:26:34 ID:Wzdj3RY6


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                   言うなれば、
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _   『ナレーションを一人のキャラとして独立させて』
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /   はじめて、『いじれる』と思うのです
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',




, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!       そういう意味では、
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_     
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/353
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/384  
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !  ↑こういった地の文だけのコマ、
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |   ナレーションだけのコマは、
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !    『キャラクターを雑に扱っていること』
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_         になると思います
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

221名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:27:05 ID:Wzdj3RY6


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |     実質、自分もこの二つは
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |     「合いの手」だと思って、読み飛ばしかけましたので……
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /      たとえば、線や記号で「装飾」したり、
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        レスの始まり、レスの終わり両方を「改行」
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|        するだけでも、華やかになります
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     そうして、『ナレーション』も
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      華やかに彩られた『一人のキャラクター』
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     になってこそ……
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !   
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !      『ナレーションいじり』
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     も面白いものになってくるのでは、ないでしょうか?
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

222名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:27:35 ID:Wzdj3RY6


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                     というわけで、本日はこれまで
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                     ……どうも主観的には分かりにくいんですが……
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _     自分の評価って、甘口?辛口?
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    どっちなんでしょう?
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ・『間』を意識する
     ⇒1レスの間にも、時間は流れている

    ・『同じキャラクターを使うこと』を意識する
     ⇒顔が違えば、それは別キャラととられかねない

    ・『ナレーション』を意識する
     ⇒キャラが立ってこその、いじり

----------------------------------------------------------------------------------------------------------




       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                  ルリルリの回が、
                                  しみじみとしていて大好き
          ∫∫∫
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ        以上、スレ汚し失礼しました
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

223名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:30:11 ID:QAOBAkV6
評価乙!

224名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 22:30:32 ID:Y9G3brqE
評価乙です!
どの評価も着目するポイントが違って勉強になります。

225名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:01:00 ID:HLJWw97I
>>95
姉崎まもり様、丁寧な評価ありがとうございます

小説をやる夫化するのは実はこれで三作目になるのですが
ここまで地の文が多いものは初めてでしたのでちょっと加減が分りませんでした
(63ページ中序盤27ページは主人公(やる夫)の語りでセリフ一切なし)

ご指摘、改善案は非常に参考になりました。これから参考にさせていただきます。
それでは改めて評価ありがとうございました

226名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:12:49 ID:5cim4Gyw

  NVVVVVVV\
  \        \              評価乙っす。
  <         `ヽ、            そして再び登場俺ウィッシュ☆
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ         >>90にて依頼された
  〃 {_{    ノ    ─ │i|         やる夫たちは逸般人のようです
  レ!小§  (●)  (●) | イ. ━      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/
   レ §   (__人__)  |ノ ┃┃
  /   ゜。  `ー'´ 。゜ ∩ノ ⊃      こちらを評価させてもらうッスよ〜。
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/         辛口希望で相良軍曹を指名されてるけど構わずやるッス。
    \。____  /












  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、    
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ─ │i|          ――と言いたいところなんスけど、これ無理ッスwwwww
  レ!小§  (>)  (<) | イ ━
   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
  /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
.  \ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /


.

227名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:13:19 ID:5cim4Gyw



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、           面白すぎなんじゃああああああ!!
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ         これ辛口とか俺っちには無理!!
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━        要望に応えられなくてごめんね作者さん!!
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、        内容は一話完結の、いわゆるサザエさん的な話。
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     \ \ ヽ     やる夫一家のはちゃめちゃエピソードを淡々と書き進めてるッスね。
  〃 {_{   ─   。─ │i|
  レ!小§  (●)  (●) .| イ     最強シスコン・やる夫、メシマズの錬金術師・水銀燈が
   レ §    (__人__)  |ノ      今のところダントツで目立ってるけど、他の面子も濃すぎッス。
  /     ∩ノ ⊃ 。/l
  (  \ / _ノ  |. |      嫌でもこれからのエピソードに期待しちまうッスね。
  .\ “∞∞/__ノ  |
    \。/____ノ

228名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:14:20 ID:5cim4Gyw


  NVVVVVVV\
  \        \         何より特筆したいのが、『間』による笑いの誘い方。
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \      会話の緩急が異常に上手いッス。
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|      これは俺っちの貧弱な語彙で説明するより、
  レ!小§ (○)  (○)  | イ     直接見てもらったほうが何百倍も良いと思うッス。
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ      野菜ジュースすげぇwwww
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|






           /VVVVVVVⅥ
          /        /
          r'´         >     あえて苦言を呈すなら、タイトルと前振りッスね。
       / /ヽ/ ゛゛\  \>
      / /  (     ゝ'   ,ミ     ちょっと無駄に壮大すぎませんか?
      |i│ ノ    \    }_}  ヾ
      ト | (○)liil{(○ ) §小!、ゝ    まさかこのタイトルと前振りでホームドラマとは思わなかったッスよ。
     (,|  (__人__)     § 、ゝ
      \ |!!il|!||   。゜ \      内容とあまりにも乖離してるから、ある意味スレタイ詐欺ッス。
            |ェェェ| ∞     ヽ
        |  ∞∞  / /   |     今更どうにもならないッスけど。


.

229名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:15:08 ID:5cim4Gyw



 ☆    NNNNNNN\  *
   *  \        \  ☆
 +     <         `ヽ、   +
     * </ /" `\ 〆ヽ \ *       というわけで、俺っちにはこれ以上無理!
  *     //, '〆     \ \ ヽ  ☆
  + ☆ 〃 {_{    ⌒  ⌒\│ i|    +   誰かマジ頼みます!
☆     レ!小§ (● ) (<)ヽ、 i *
*      レ § U (__人__)⌒:: | ノ         評価と言わず、とりあえず読んでみるだけでもいいからさ!
  *       / _/ } `ー'´   / +
        / ⊂  \∩ノ ⊃|          これ、読まないと損するクオリティッスよ!
       (〆 ⊂ / _ノ   |
       .\ “∞∞/__ /
         \  /___/

230名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:41:13 ID:u8zlEeJc
今見てるけどホント面白いわ、これw
評価乙。

231名無しのやる夫だお:2010/02/01(月) 23:47:55 ID:PgEL7NVE

193様 ご指摘ありがとうございます
 自分のレスがこのスレで浮いている事に気が付きました
 以後気を付けていきます 皆様申し訳ありませんでした


ギャル夫様 評価ありがとうございました
 ギャル夫はやる夫ガンパレの時に好きになったキャラなのでマジメにチャラく評価して頂けて嬉しかったです

キャラが薄い 原作でそういうのは書かれてないから、と甘えるのは簡単
  まさにその通りの心境で甘えで まっ いっか と済ませていました
  この作者さんの書くキャラは独特の雰囲気が魅力で

  やる夫のキャラのバイト君は いつもヘラヘラニコニコの不器用なのんき者
  その彼も魔界コンビニではヘラヘラ出来無いほど価値観の違いで苦労していると言うのが 
  原作では絵や表情でたくみに表現されいたのですが私はそれを表現できませんでした

232 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 23:50:24 ID:PgEL7NVE

すいません トリップを忘れてました

バイト君は何で逃げたがっているのか

 これは原作者様のキャラ達が総じて持つ 性的なモノへの執着の無さ 有っても恋愛での好き嫌いレベルと言うのがあるのですが 
 あの絵以外にそれを表現できる方法が分からない とまる投げしてました

 バイト君は水着姿の美女店長にサンオイル塗ってと言われても「店長店番は?」と淡白
 店長は頬を染める事皆無 バイト君が食われかけたら助けるけどデレない とこれまた淡白

 こういうドロドロさの無いスッキリした作品が多く
 この作者様の話が好きな私はやる夫をエッチな気分で興奮させない 水銀燈様をデレさせない
 を心がけてやったのですが  絵で伝わらない部分のフォローをしない事で
 キャラへの共感を妨げていた事を指摘されて改めて難しさを感じました


 ヒョーあざーず  訳(別視点からの評価ありがとうございました 
               他の人を水銀党員へ鞍替えさせられるレベル目指して魅力の伝え方共感のさせ方を学びたいと思います)

233 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/01(月) 23:52:49 ID:PgEL7NVE

進藤さん評価ありがとうございます
 感謝の気持ちを込めて首筋へのチョップをしたい所存であります!

適切な間を作ること 210 211 なるほどの一言ですごく分かりやすかったです!
 私は1レス=マンガの一コマ的に考えて作っていましたが
 やはりやる夫スレならでは間の撮り方 表現の仕方があるのだと気づけた事は大切な1歩だと感謝いたします

なるべく『同じAAであり続けること』 
 蒼星石であると分かればAAの違いは表現の違いに近いかな?と違うAAを安易に使ってました
 同一人物だからと年代や格好の違うのを多用した事を反省しこれからは統一していきます

 ナレーションに関しては元ネタではまったくいじられておらずやる夫化していくうちに
  ナレーションを使ったネタが思いついたのでやった 後の事はまったく考えていなかった
  という天罰モノのキャラの生み出しを行った行為でありました 猛省します
 生み出したキャラを生かせず宙ぶらりんにしてしまいキャラに申し訳ない事をしてしまいました

自分ではどんな所を指摘して欲しいのかも書いたスレから摘出できなかったのに
本当に色々な点で上達への指南と言うのあるのだと感激しております

長文失礼致しました 精進していきたいと思います 評価ありがとうございました

234名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 00:58:33 ID:kW3k29lI
淡白なキャラなら主人公やる夫じゃなくても良かったのでは?
淡白なやらない夫にしてもいいだろうし、
いっそギャル夫・ギャラない夫とかで、ちゃらく返事して流すのもよさげ。
基本設定がエロかったり、変態だったりするやる夫でやる以上、
説明もしくは描写が無いと淡白なやる夫って気づかないよ。
現に気づかなかった。

235エクスカナリア ◆6TARu.1DY2:2010/02/02(火) 01:30:09 ID:UbvojV5E
前スレみのりさん太田さん
評価どうもありがとう。

双方の評から共通して痛感したのは
間口は広くしたつもりだったが
改善の余地はまだまだあるということである。

おそらく黙って続けていたら、悪い意味で
「知る人ぞ知るニッチなノリ」に
ずぶずぶ浸かってかえらぬ人となっていたことでしょう。



厳しい道だが、これからもアンパンマン的な様式美と、
偶然つけたテレビでやってる番組に見入っちゃう感を目指す。
まあ見ていておくれ。

236逸般人 ◆IPJxoemyeE:2010/02/02(火) 01:59:36 ID:LKff6aDw
仕事から帰って覗いてみたらベタ褒めされててカフェオレ吹いた。
ギャル夫様評価ありがとうございます。

タイトルと前振りが詐欺?
と思って読み返したら確かに詐欺だった。
……そういえばスレタイの前後に【オムニバス】【日常コメディ】と付けるつもりで、
スレ立て時にすっかり忘れてたのを思い出した。
まだ先だろうけど次スレ立てる時はちゃんとつけよう……

237名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 02:58:38 ID:R7FzNHMk
評価乙です!

私のも投下しても大丈夫ですかね?
5分待ってみてよさそうなら、18ほどレスお借りします。

238名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:06:18 ID:C6trq1U2
どうぞどうそ

239名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:06:27 ID:R7FzNHMk

                      __
             / ,. -==、, ‐ニ二``丶、``ヽ、
           (_∠/⌒  ,、 ヽヽ `ヽ、 `ヽ、\
           // // / 川 ノノヽ〉ヽ \   \、
          〃/ 〃 /! { !//イ、 小 |  l\ヽ ヽ丶、
         ,《./ /{{ ,' l| 乂|イl| |ハ || i| }j、 ヽ `ヽ、\
        / ,' 〃八、__|   |ソ,リ─リルノ}.ノ |ト、 ヽ \ヽ ヽ
          /  i |l/ ||  ̄ト、 ∨.  ィ'7它ヽ }  !|ハ! | l| ヽヽ、
       {   !ト、!、リ{\_ヽ`‐-ゝ  ヾ;ノ /  l j',」}l | ! !|. |lメ、〉  たびたび失礼します、姉崎まもりです!
         ヽ  ヽ ヽ\.ゝV゙{心      }  //´ノリ | | l|リ ノ
            |! >「l!\.ゝ'゙ 〉    / //./、/ ノ j! /     今回はこちらのスレを評価してみました。
              } ハi| |\_`ーァ` ,.イ´!{WV / /彡ノ/ノ
           / / li | | ! | 「ヽ、  `ー'  , ' /  ∨
             { ,' i ト、! !トメ 从ヽ `丶、_,/  /    ',       【魔界】やる夫がコンビニ?バイト
           `! |ヽゝ乂メ^^ヽゝーリノ ヽ  ,. - 一 ¬                するようです【コンビニ】(依頼:>>86
           ヽゝ     ,-、/    ,. ノ''´-==ニ二!     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/
               r</、`ヽ /          !
      nn、-n     >、.`く  V        |     !
     ノ,ノ! ! } }」‐_二~ !^`i」ハ  _,.{        /    !   私の早とちりで変なこと書いてしまったので、
  r'' ,二. -ヽ!」」 ̄  ! ! `レ'´.  |       /    /  |    お詫びの意味も込めて
  !!          ! !, ′  ヽ.」 _,. '"    / //   |   しっかり評価させていただこうと思ったのですが…
  !!         !l    、.} /    / // / li |
   !!          |     /     /   { ′/ / .j
   !!             ', .   〈    /     | / / /
    !!            、  ハ\          }   /'′
    !!           ∨  \`ー--、    |  /


                  ,__,、_ __
               ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
              // /' 厶イノイ ! i} }iヽ
              ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il 
               {//!ハ}汽で}ド  狹州
             /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{
                /{{ハ/,|  し  ,.、′!il|      今日だけですでに 3 件 の評価!
..              ,⊥lj{i Wiト!ト、 (  / .イ j}!     びっくりして、思わずパソコンを
         ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'      そっと閉じてしまいそうになりました。
  _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´  
 ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ 
..  ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   } 
     / }  |   {´    ヽ'、    }j j 
      厶j  !  /      、   v 〉

240名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:06:59 ID:R7FzNHMk

                   ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
                 ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
               ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
               ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',
              /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
              /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl
             /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l
             l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l
             |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ
             l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ   ですが何点か
             .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l    他の評価人さん方とは違った項目が気になったので、
             .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l    その点をピックアップしてご紹介させてもらいますね。
             .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::l
             l:/l::l;;;;;;/l::ヽ   '' --- '   /::::l::::l ll l::l
              .l::l::::/ l::::::l\       /::/l::/l:// .lノ
               ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ
           __        .l        |' "
         ,. '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... --- 、
       /         \ヽ、 _      ,.. -'""       .ヽ、
      / ヽ           '' --`.,'__''',,..ニ-'"          :.ヽ



          ,.‐ ''''''' ‐''´ ̄ `` ‐- 、
        , '′ ...ノ´/~へ、/r,.ニ  `ヽ、
       /,ク .:.:./   ´ '  `(⌒     ゙、
      / /:./ ,:// / /   i:.、 ヽ `ヽ``ヾ、
     / / / // / /.:./ /| |i !: i  ゙, 、`、ヽ ヽ    あらすじは…一言で言うと、
     ,!     |   ! :l ! | | ! !:.  l! .!、い !`ヽ ゙,
     ! .:...  i/,.:./ i    ! !.l |::..   | ゙、 |  |ヽ |
    |.:.:/ / /i:./ |  /   リ /! ,  |  !. ハ. ! リ   美人だけど悪魔の水銀燈が経営するコンビニで
    l:/ / イ:l /  ! /| l__ /| / | ハ l'´`! | | /     ひょんなことから働くことになったやる夫くんの、ドタバタバイト生活
    .,' // /ヽ/    l」 r'レ'`ソ レ゙ レ゙/`i,ノ f''i   
   / / i| レ'゙ / ,ノ/ ./ 、., -‐,、     / .i):F ! |:i
   /イLノ ,/彡/l  7   i::(l       l:ノ ! i、:!    って感じですね。
   | |TTFrニ//! .l `ヽ   L」        l !|:!  
   ヽ iヽヽ l::|| |:l l ',            r   /:!/ リ    ちなみに私は原作未読です。
    `' `ー!- lハヽ.:.ヽ             , ' '"
        ヽlヽゝ`=_ヽ、_       0 /      
           { ̄``ヽ、 ``''r:‐-r='、         以下ネタばれなので、嫌いな方は気を付けてくださいね。
          ,└‐-、  \. |  |‐、ヽ
         / r;j   `ヽ、 `  ノ  i \

241名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:07:32 ID:R7FzNHMk


           !、こ、,jr 、                ■□■□■□■□■□■
              く:::::::ヽ
           i, i, l::::::::::゙、                 いい点について
         ,,,,,,ノjrノj-,r=--:::゙、
       ,r'´,.r7ヽ,r‐-、ニ、``ヽj!             □■□■□■□■□■□
       /'´/ /,ィ/゙!lヽト、ヽミニソノ=、_
      ,ノ!r'´7!.l__l!. リ ,!‐T`!==ニて`
     ,ィ'/ハ/,!iリ __`   ィく`flリーニ二´
   -='7,/ノ,/ハ.キ くj`  `'′に二i```          これはすでに評価なされた御三方が仰っていた通り、
    イi!´r'!i た:、.   __'.ィ r'7-‐‐、、
     i{ヾ!, ゙、`''‐久 ヽ._ノ / 厶-‐7:::ヽ
         `r'⌒ン777ァ‐'--‐''"‐、::::゙、         全編を通して、いい意味で手堅く、
         l::::>ヽ  )‐、   ヽ  ;:::::゙、        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          `i_:::'‐「= l``l、 ノ 〈::::::::ヽ        丁寧な作りになっている点です。
           ヽ:::::゙i:::::8:l::::l     i:::::::::::\      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ゙、:::!:::::::::::j::| _, ,/l:::::::;.r'´
             `、`::::::ノ/-'‐‐'‐-{:::;/
            、‐'``´/! ̄ ̄ ̄``ニ==- 、、    これは依頼主さんが原作をしっかり噛み砕いて、
             ``‐</::::::、____,,,、‐-- 、:::::::ンj   その良さが伝わるように
                !::i::::ヽ、:::::::ヽ`::::_;;;>´く   やる夫スレに落とし込んでいるからだと思います。
                i:::ヽ::::::::!::::::::!::::::>、:::::r'′
                !、::::゙、::::::i_;;んべ   ヽ:え
              ____ i::ヽ::::i:::::::〉    ヽ  ゙iー′  原作未読の私でも、何ら違和感なく話に溶け込めましたし、
              i:!::::r'`'─-=<     `、 !    原作の雰囲気を十分に味わうことができました。
              `!::::i:::_;;;;_:::::::::``r- 、  j j
              i:::/'´/  ``'''-rL_,,,、、-'- '    それからAA改変も非常に細かく、
              !::l:..:i'     .!:l:::...:!       表現するために手間を惜しまない印象があってとても素敵です。
              i::l::::l       ヾ、ノ
              `'`'′



,--''=----ァ_,,-ー-、 
彡,, -''      ヽー-| .      
  /  / //,イ ) |.
/  / //,ィ / /  |       
  /  / ,イ /  / ,イ|      
 // /// ノ  /ノ ,イ| 
,{/イ /ァ'、ノ// / ノノ ノ\__   
八///ノノ/メ、_ /ノ,,/ノ //ノi } }、 
{ |i |' 、ミシラニミ、ノ ̄ブ ,, ノノノ/}ノノ八
 | l | 冫 { ( }ヾ     〉"双7'7ノノ'
 !!ヽ| "''-`ー'_    シィヾヾ;゙/ V ノ     個人的な感想になってしまいますが、
  iヽ:::::::::::::::     { ト_イ ノ/i   ヽ      本編前に軽く挟まれる、依頼主さん自身のコンビニ体験記が
l   トヽ        ゙ ..:::"7 l 、 |    これまた何とも言えない感じですきです。
 i  .|| l  J    , ,ィ  l   l  |
ヽ ヽ || }        "   /   トl }     大波を犬のAAで表現という発想も、ギャグスレならではでいいですよ。
 }\liノ     , '_7    , '   i lヽ l     というかこのセンス、ちょっとうらやましい…。
ノノハメ`    (i/  /    ノ l ハ', 
  .\    ヽ  /  i   / ノ /ハ',
.    ヽ、   /    ノ // ノ ソ }}
     / `ー' ヽ、 ,ィ ノノ ノ,,/   ノ
\  / )ノ)  \'ー'"       
 .ヽヽ/   / _ _  ヽ⌒ヽ、___    
  l}   / /  ヽ  ゙、    `ヽ

242名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:09:07 ID:R7FzNHMk

           ,. r ''  ''''‐‐‐-- 、r‐‐--- 、
         ,.r '":::彡:::⌒::i⌒ヽ::、:::_::::::::_::::::::::`''ヽ、.,       ■□■□■□■□■□■
       ,. ':::/:::/:::::/::::l::::',:::::ヽ::::ヽ::ヽ::::ヽ::::::::::ヽ::::ヽ、
       /:::/::::::l:/::::://::l::::::',:::::::',:ヽ:::ヽ::ヽ:::::\:::::::ヽ:::::ヽ、    気になる点について
     /:://l::::::|:::::::|::|::::|::::::::l::::::::::',::::::ヽ::::ヽ:::::::ヽヽ:::::::::::::ヽ
   /::/::::l::l::::::::l::::::l::l:::::l:::::::::::l:::::::::',::::::::',::::::',::::::::',::::ヽヽ::',::::   □■□■□■□■□■□
  /:::::/::/::/:l::l::::::、:l::::l::l::::::l::::::l:::::、:::::::::l::::::::l::::::l::l:::::::l:::::ヽヽ::l:::
 /::::::/::/:/:l:::::l:::,::::ヽ::l l|:::::||',:::l::::l、ヽ::::::::l:::::::l:::::::l:|:::::::l:::::::li:::l:l::
 |::::/::://:i::l:::::::/li:l:ヽ、、'i!::::l 、ヽ:::l|__、l::::::!l、:::::l::::::::l|::::::::l::::::li:::i:::   次に気がかりな点ですが…
 !、:l|_li:l:::l:::l:::::/-‐l'|''ヽ".ヽ::|'l`''ヽ|''''' ‐- |、l:::/l:::、::il::::::,.rヽ、li:l::
    l:|l::l:::l:::/  ,`` `  ヽ、  !,,...-= l、`'' l::::',:ll:::::',  l:::li:::   私が気付いたのはいわゆる
    l |::::l:::l ミr'i'"`i、    ヽ  l ヒ;...〕 ,ヽ   ',:::',li:::|:l  .|:::l!:::   重箱の隅をつつく程度のものでした。
      .|::::|/::iヽ ゞ-'  ,.      `' ' " '´    .i::::',:::li::| l、、::::
     |:::/:::::l                      |:::::',li:::| /ヽ::、:
     .|::/::::/:l                   |i::l::l:',:i|/、ヽ:::::   ですが、依頼主さんは
    |/:/:/|::i    ヽ、               |l::l:::l::l::|ヽ:::',::::   『やる夫化したいゲームがあるので
    .|::/::/li|::ヽ                  イl::|l::l:::l::l::::::::',:::   やる夫スレ製作の向上を目指して』いらっしゃるとのこと。
    |:/:/:l:::l::|:::ヽ   ''' ''' ‐‐‐一      //::l:l:l::l::::l:::l::l:::::l::
    l:::/|::li::l::l:::l:::\   `゛          / /:::l:::l:::l::::|l::|:|::::|::
    |l::l:::l:::|::::|i:|:::|::::\         ,.r '  .//:/:::|::l::::l:::l/l::::l:::   ですので、何かそれに役立てるのでは、と思い、
    |::|l:::l',::l:::l ',::::',::::::::` 、   ,. r '´    //:/:/:/::l:::::::///::l::   敢えて取り上げました。
    |l:l ',:', ',、::l、ヽ:ヽ:::ヽ:、::i ''' "       / / | l:/l:::/ / |:::/
    ヾ、 ヽ、ヾヽ、 ヾ、\、ヽl             l ノ     レ
       ヾ ヽ  ヽ、  .l            l、...,,,、 _,,..,___
            _  ,. r 'l           ,. r ' ,. r '
__,,,..---‐‐‐‐‐‐‐'''´`''",.r './       ,. r '' ",. r '::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、 _______,,... r ''",. r ''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ..,,,,,.... -‐‐ ''"

243名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:09:39 ID:R7FzNHMk

         ___________
      ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
     / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
.   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、
  / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi
  レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll
   /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!    気になったのはこの3点です。
 /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!
/_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {
.  L '、  、_,     // //'T | l     ■□■□■□■□■□■□■□■□
   _`→、____,,.//_// ノ,_j_」
   |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′          ①『“間”の取り方』
  ( _ )(   ̄   l'" /              ②『効果音の使い方』
   |,| >  r--K ./               ③『大型AAの扱い方』
   ( _ )ニ二) }__ノ、
   / .|,|    ̄ | lこj           □■□■□■□■□■□■□■□■
   ヽ、|,|_    | |、>
   | くjL`!__」┘
   L_}='ヽ_j             それでは、順に追って行きましょう。
   )  |!  ヽ.{
     ̄~|l   lヾ,
     |.l l、、、、l、'、
     ヾ゙、、、、、ジ

244名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:10:06 ID:R7FzNHMk

                 ,. -‐ー-、,. -- ._
              ,. '´:..:..ニ三..:..:..‐_:..:..:` ヽ、
            ,..:':..:..:..:..:..:,.:へニ::.:..:ニ-..:..:..:..:..:.\
           /:..:..:..:.:../,.r:.'':.. ̄ Y`ー‐- 、..:..:..:.ヽ
             /.:::..:..:../.イ.:::..:..:../:..:..:|.:.ヽ..:..:..:.`ヽ、..:..゙、
         /:..:..:../:..:./..:..:..:..:./.:..:../|:..:..ヽ..:..:..:.ヽ:ヽ.:..:',    まず
          /.:..:./:::..:../:..:..:..:.,./:/ .:/. |..:.i.:.ヽ..:..:..:..:i::ヽ..:.i     ①『“間”の取り方』
        ,':../::::..:..:/.:..:..://./|:../  |:..:l:..:.:ヽ..:..:..:|.:::゙、.:l
        /:/..:.::..:..:./!:..:../  l:..! !.:i   |:..:|..:..:..:.\:..|:..|.:',:.!
         /./..:.:::..:..:/ |:..:/. -、|.:| |:.i   _|.:.|.:..:./|.:..:.,イ.:.|:..:',|     進藤さんが仰ってた通り、一つのレスの中の
      /./.|.:..::l..:./ ,.|:|:i   |:.!.|.:!    |/|:..:/、|:../ |:..:|..i..l!      AAどうしの距離が狭く、また不規則ですね。
      /..:..:l/::::|.!:!  、リ,.-‐-、l | |l   ,リノ∠.,_レ〈 |:/:、:..:|      一行の時と二行の時がありました。
     /.:..:..:..:::.:::.il. ヨ f:て)!`      f:て)! E /^i::.ヽ.:、
     //!.:..:..:.:.:::..ハ  ヽ.ヽニソ      ヽニソ ノ`./ | |:::..:ヽヽ     会話の時は一行でも差支えないんですが、
    i.:i l.:..:./.:..:..:.i .!        ,         ,' !/:.::..:..:ヽヽ     それ以外だと詰まっている感じが
    |:! |..:/|.:..:..:..:ヽ、       l!,       ,'. /|..:..:i:..:..:l',ヽ     どうしてもしてしまいます。
    |l. |.:.| |:..:..:..:..:::::',                 /‐'".:|、:..:.|.:..:.i |:.',
      |:..|.|..:..:..!|:..::.::゙、     r-─‐-    /:..:..l:|..| ヽ..|:..:..| |i.:!
        !:.i|.:..:..:| ゙、:..:.:::\.   `‐--‐'′  イ|.|.:..:..:..!  l.:|..:./ ソ   この辺りは、進藤さんのアドバイスがとても的確ですので
      ヽ|:..:..:.! ヽ.:..i、:..:ヽ、.  ー‐  /:::|ノ:/|..:./  ノ.ノ     私からは特に何もありません。
       Nヽ:..',  ヽ:i ヽ |. ヽ、  ,. '.|:. ノ:ノ lノ
          ヽゝ  `  ,人   "   ,人
     ,. -─────ァ'  ヽ、   /  ヽ-‐────- 、
   /             />'⌒'く.ヽ             \


                ,,.....,,,,......
              / / ! !ヾ\' 、
             /: : //: : } : : : :ヽ ヽ
              /: : イ: : ,: :i!,: : : :i i: : '
             ,': : / !: : !: i!\: !从: : :}
           { i i L,,メ从,| |レヨムヾ!: :i
           ', ', i!ョ'j¨ラ''  'j¨'ラト} i! ,'         しかし、もう一つ気になる“間”があります。
            ヽ'Y" ゙̄ i   ̄`゙!ク,'
              ヾ'、    ....  u /''/
              ヽヽ ゙=' イ/          “間”というか…アクセント、みたいなものですね。
               `!` ー''´.上
         ,,..=、,,,,.. '7"7 ゙̄'´\ ゙ヲ\,,_
        」 r,/;;ム,,,, ヾ.メ!;;;;;}={;;;;;∨ノ ..,,,ヽ ̄`ヽ    見せ場のシーンなどでこれがないために、
       //へ{ ン"´ `};;;/ o ト;;;;;}´  `\  ,ィ |    淡々とした描写になってしまっているところが
        {r´,イ''ヽヽ.   レ\ i∧ノ ,. ''""´Y } !    非常に多かったです。
      ノヽ  イイ  ` 丶.  ∨ /   i`ヾ } } |
     {   ',  };;;|   !    `ヾ ヽ    !  レ'  !
     i  ./  !;;;|i   }     〇 |    }   /   }
     //ヽ.  !;;;|i  ゞシ''"´   i  `゙ゞ、 イ /  !

245名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:10:45 ID:R7FzNHMk

                ,,.. -───、-: 、
            ,. ‐''":.:.:.:.:.:.:_,:.:-‐= 'ヾ;.:`''-、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.::._,:-‐'':.:._:.:ミ`、´:.:\
           , '.:.:.:./:.:.:.:.:'":.:.:.:; ‐'',:.:‐'':.:.:ri'"''‐-;ヽ
         /:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:i:|:.:.:.:、`:.:\
        ,'.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.//:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ヽ:.`、  一例をあげると、
..         i.:.:.://:./:.:.:.//:/:.:.:.:/:.:./!:.:.:.;.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.';.:.:',
        i.:///:./:.:.//:./:.:./':.:,//:.i:.:,|:.:.:|i:.:i,'i;.:.:.:.i.:.i;i   魔物ハンターである麻呂に追い詰められ、
..      /,:/i:.!;//:,:':/:.:.;,'/:/:/:./:/ノ:.:/i|:./;.:!:.:.:.l:.i:!i    ピンチである水銀燈たち。
      ///.i:.!//-‐,:彡''_/‐廾ナナ"//'/、'/'/:.:/il:i:l    そこに、やる夫が魔界グッズを携え助けにやってくる――
      ,'/〃//,.-r'三''"~ r-;:=ミ'  '" /_`////''
     ,','l/:"//;rく 、,     ` 'ー゙'′   'r'iテ)シ!:i'"     という最終話の大きな見せ場です。
     l||i.:|.:i.:/:/;il!ヽコ,          ,. `" /i:.!:!     (ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/951-952)
      !||l.:i.:l:.i'{:l.i;l!、!:.!、          ',.  /:.|:|.l
      `'i:|i:.|:t‐!|ヾ;i.l:| ヽ        '"   /|.:.i:!i     このくだり、あんなに魔界コンビニを嫌がっていたやる夫が
       ヾi;:ノ``''-、i:.|  ヽ、   ‐─-  /! l:.//      働きながら得た知識でみんなを助ける
    _,.....,  く_     `''-、,,_ `. 、    ,/i:ノ ノ;,/        っていう個人的にもすごく好きなシーンなんですが…
 ,/   ヾ''‐-、>- 、_   ``''‐`-─'"‐'''" ̄l
/     `:,  ヽ、   ``'''‐- 、,,_      ,ム-‐;''‐、



           /,:r':.:.:,,-'''''''ヽ,、-- 、、:.:.:.:.:.:.:\
.          /:,:':.:.;r':.:.:.:.:.:::;::.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.ヽ
.         /:.:.:.;r':.:.:.:.:;':.;r' `i!:i:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.::ヽ:.:.:.:.:',
.        /:.:.:.:i!:.:.:.;.::i'::i!'  i!::!.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.:.:.:',
        /:.:.:.:i!:;'.:.:;':.i!:i!'   ,!:.:.:.:.:;i!i:.:.:i:.:.:.:.:.:.::i:.:.:.:.',
.       ,'.:.:.::i!:.;i:.:.i!:.:!i:!'   ,':.:.:.:::;'';'i:.:i:.;i:.:.:.:.:.:!i:.:.:.:.:i
.      ,'.:.:.:i!ミ;!!|l:!l|:i!:!i:!  ,':.:.::;'://,':.;'::;'!:.:.:.:.:.:!i:.:i:.:.:|
.      ,':i:.::iハミ '!:!,,!;!;!\ イ;,:ノ;// ,:/,:/,::.:.:.:/:/!i:.:i:.:.:|
      i.:i.:.il「ヘ!  ` (゚;ツ`\    _,,ェ-''゙!::/;//三!i:.:i:.:.:|      やる夫の登場が、一瞬なんです。
     i.:i:.!:ili )i             (゚;ヅ゙>  彡シ:i!:.:i:.!:.|     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     ,i.:i::!:i!i, (,!  し              彡彳!i!:.:!i:.!:|
.    /'l:i:.!i:i!:!i'-l,      、          'y' /:i!:!i:.!:!i:!:l     直前までやらない夫と麻呂のやり取りがあった分、
    ' lハ::!i:!i:!i!i!i:,              /ニ/;':i!::i!i:!:!:!ii!     ここでひとつ“間”を置かないと、
     ! !:!`!i::!:!i:!i:、  '' ̄`''-.、     /i!i!i!:!;':i!:.i!:ii!:i!:!i!     やや盛り上がりに欠けてしまいます。
     / ̄~~~'''''|\        ,ィ!i!i/li!'i!:;';'!:/リj!:.i!'i!'
     l i,\   .|  \   ,、-'`|/i!ir',i!!' '" '" "/:;r' '
、, 、  入''- ̄ ̄ ̄ ̄'''''''''-",,、__ .|  / \   ''"         例えば、ここでひとつこんな描写をいれてやると、
  `'''/  \             ̄'''---''"/            随分違ってきます。
    \  ヽ''-''"           ,,z〜'
     '`-,、          ---''"i /`''ー 、,、

246名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:11:10 ID:R7FzNHMk

++++++++(改善案)+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________

       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                              i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     ( ⌒ヽ
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::シ                            匕::::::::::::::::::::::::::::::::::::シ     (    )
      丿`  ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´i                              i ` ̄ ゙ ~  ̄ ` ̄ ´\     )   )
     r´            }                             {            `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
     `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´ ザッ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
__________________________________________________

      .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !           l ̄/
      |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !          l /   _
      l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!    | ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄/
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l〜   |___     / __ __
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /         / / ̄l /  l ./ l. / l  /
       .\       │                l              /          /./  //.  l/ l/ l /
         .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ                     //  //         //
                                                  .`´   ´       l/

__________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

247名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:11:34 ID:R7FzNHMk

           ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
         ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
       ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
       ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',
      /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
      /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl
     /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l
     l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l    簡単ですが、こんな感じです。
     |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ   よろしければ参考にしてみてくださいね。
     l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ
     .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l
     .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l   全体的に、こういう“間”がなくて寂しいところがありました。
     .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::l  
     l:/l::l;;;;;;/l::ヽ    ---    ./::::l::::l ll l::l   キーポイント・重要人物・見せ場のシーンの描写の時には、
      .l::l::::/ l::::::l\      ./::/l::/l:// .lノ   “間”を入れてメリハリを作ってあげましょう。
       ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ     
   __        .l        |' "        
,. '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... ---
         \ヽ、 _      ,.. -'""     
           '' --`.,'__''',,..ニ-'"

248名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:12:19 ID:R7FzNHMk

         ,.‐ ''''''' ‐''´ ̄ `` ‐- 、
       , '′ ...ノ´/~へ、/r,.ニ  `ヽ、
      /,ク .:.:./   ´ '  `(⌒     ゙、
     / /:./ ,:// / /   i:.、 ヽ `ヽ``ヾ、
    / / / // / /.:./ /| |i !: i  ゙, 、`、ヽ ヽ
    ,!     |   ! :l ! | | ! !:.  l! .!、い !`ヽ ゙,    次に 
    ! .:...  i/,.:./ i    ! !.l |::..   | ゙、 |  |ヽ     ②『効果音の使い方』
   |.:.:/ / /i:./ |  /   リ /! ,  |  !. ハ. ! リ 
   l:/ / イ:l /  ! /| l__ /| / | ハ l'´`! | | /
   .,' // /ヽ/    l」 r'レ'`ソ レ゙ レ゙/`i,ノ f''i      これは中盤以降依頼主さんも
  / / i| レ'゙ / ,ノ/ ./ 、., -‐,、     / .i):F ! |:i     積極的に取り入れていますね。
  /イLノ ,/彡/l  7   i::(l       l:ノ ! i、:! 
  | |TTFrニ//! .l `ヽ   L」        l !|:!  
  ヽ iヽヽ l::|| |:l l ',            r   /:!/ リ     後半に行くにつれて慣れて来たのか
   `' `ー!- lハヽ.:.ヽ             , ' '"       どんどんよくなっていくんですが、
       ヽlヽゝ`=_ヽ、_       0 /         中盤では少し引っ掛かる使い方をされていました。
          { ̄``ヽ、 ``''r:‐-r='、       
         ,└‐-、  \. |  |‐、ヽ
        / r;j   `ヽ、 `  ノ  i \ 


         ___________
      ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、
     / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
.   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、
  / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi
  レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll  というのも、
   /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!  中盤では効果音とキャラ・背景AAが
 /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!  分離してしまってるんですね。
/_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {
.  L '、  、_,     // //'T | l   分離していると折角の効果が無くなってしまうので、
   _`→、____,,.//_// ノ,_j_」   AAと効果音は一目で見えるように配置した方がいいでしょう。
   |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′
  ( _ )(   ̄   l'" /
   |,| >  r--K ./        しかし、これは依頼主さん自身お気づきみたいで、
   ( _ )ニ二) }__ノ、         後半では効果音とAAの距離がぐっと近づいていてよくなりました。
   / .|,|    ̄ | lこj
   ヽ、|,|_    | |、>        特に水銀燈とジョセフの親子喧嘩
   | くjL`!__」┘         (ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/802-803)
   L_}='ヽ_j           では、非常にうまく使用されていると思います!
   )  |!  ヽ.{
     ̄~|l   lヾ,
     |.l l、、、、l、'、
     ヾ゙、、、、、ジ

249名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:12:48 ID:R7FzNHMk

                  ,,、-─''''''''''''''─‐-- 、
                 ,、-''´:ミ三:::゙ヽ、:::::::::゙ヽ、::::::::::゙ヽ、
            ,、-'":::::::;:::::::ハ:ミ::ヾ、::ヽ、::::::::::゙ヽ、:゙ヽ、:゙ヽ、
           /:/:::/://:::|:|::::ヽ:::::\:::\:::::::::::::\::::\:::\      効果音をうまく使うには、
         //:://:::/:::::::j!:|:::::::ヾ::::::::ヽ:::::\:::::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ      手間がかかりますが分割して
        //::/::/::::::|:::::::/|::|::::i:ヽ:ヾヽ:::ヽ::::::ヽ/7::::::::::::::::゙i::::::ヽ
         /:/::::/::::::/:|::::::|:::::::l| |::|::::|:::゙i::゙i、::ヽ:゙、ミ、//:::/7:::::::::::゙i::::::::゙i
       /:/::::/:::::::/!::|::::::|::::::l| !:|l::::|::|:l:::| ゙、::l::|ミ://、//\::::::::::|::::::::::|     『各パーツを的確な場所に
       /:/::::/:::::::/|:::l|::::::|::::|!| l:::!l、:|::|::|::| ヾ!:|:://:://、::::::ヽ::::::|::::::::::|      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     i゙:/:::/::::/:/ |:::l|::::l::|:::|l:! __|;;;Lヾ|:::|::|  ゙l!ヾく:://ミ、::::::::ヽ:::|::::::::::|      置いてあげる』
      |::||::l:::::/::i′|:l:ト、:l::|:::||,;ッ‐''''" ̄`lリ    V/:、三Y⌒゙l:l:::|::::::::::|     ~~~~~~~~~~~~~~
      |::||::|:::::l|::| _|:l:| ヾ::|l::|    、__,,,,,,,_      三彡/ j |.|::!::!:::i:::::|
     .|l:!|:::|::::||::|,ッ'‐‐ミ ヾ:!゙l!   ミイ:::゙‐| 〉     彡/ /| l| |:l::|::::|::::|
     l!|::|゙i::l:::|ヽ!      `    ヾ-‐' ´      ヾ |.」 l| |::l::|:::|::::|     のが一番です。
       l:! `i::ヽ:ミ. ミri〒lヽ                 ヒ、. /.j|::l::|:::|::::|
       ! .!::::l|:゙i ;! l:::゙j  i                   _| /:|::l::|:::|:::|
        |::::l|::|:゙! ゙´  ノ                 '´ /|:::|::|::|::|:::|     これに関しては
        |::::l|::|:::|    ヽ `              ,.-イ:|::|:::|::|::|::|::|      前々スレの相良さんの解説が
        |::::|:::|:::|l,        ___....,        /|:::::|:::|:::|::|::|:::|:l::|     分かりやすく丁寧ですので
         |:::::|::::::|::゙、     <_,. -ァ'′         / |::::|:::|::j:::|:|::::/::j     ぜひ参考にしてみてください!
          |::::i|::::::|i::|::ヽ     `‐'´       /  |:ノ|::|:/:j::/::://
          |:::l|::::::|:l::l!::::::|:\                   |:::|j/::ノ:ノ::ノ/ 
         |::||::l:::|::|:||::::::||::::l::゙ヽ、     ,. -'",、-───┴v彡二´゙´_____    
        |::|゙!:l:::|::l| |::::::||:::|:l::|:::|::`i",、-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈==フノ::::::::::::::::::::::::
        ヽ:!ヽ:::ゝ:!ヽ;:::リ:::|l:リ::ハ::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__//,,、-‐ァ'''''ユr'´
           ` ヾゝ ヾ:!'´レ'ソ ゙i:ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´/ /::::::::::/ /´  `゙
                   _,r」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-''´  '´ / /:::::::::/ /
                 ,、-‐'゙/へ、_,、-''"´      i゙ j:::::::::/ /       /
             __/::::://ヽ  __,/       | |::::::::::l i′ / /
           ///:::::::/ /                | |:::::::::| |   l/ /
            / //::::::/ /                 | |:::::::::| |   / /
 
 (相良さんの効果音解説:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/23-25)

250名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:13:24 ID:R7FzNHMk

                  ,__,、_ __
               ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、   それと、少数ですが
              // /' 厶イノイ ! i} }iヽ   いくつか効果音が合った方がいいコマがあったので、
              ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il    あげておきますね
               {//!ハ}汽で}ド  狹州
             /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{
                /{{ハ/,|  し  ,.、′!il|    やる夫、あまりのショックに気を失う
..              ,⊥lj{i Wiト!ト、 (  / .イ j}!   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/62
         ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r' 
  _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´     やる夫、人間界に帰るも召喚される
 ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/173
..  ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   } 
     / }  |   {´    ヽ'、    }j j    封印から解き放たれ復活の銀様
      厶j  !  /      、   v 〉    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/968



                 ,. -‐ー-、,. -- ._
              ,. '´:..:..ニ三..:..:..‐_:..:..:` ヽ、
            ,..:':..:..:..:..:..:,.:へニ::.:..:ニ-..:..:..:..:..:.\
           /:..:..:..:.:../,.r:.'':.. ̄ Y`ー‐- 、..:..:..:.ヽ
             /.:::..:..:../.イ.:::..:..:../:..:..:|.:.ヽ..:..:..:.`ヽ、..:..゙、
         /:..:..:../:..:./..:..:..:..:./.:..:../|:..:..ヽ..:..:..:.ヽ:ヽ.:..:',
          /.:..:./:::..:../:..:..:..:.,./:/ .:/. |..:.i.:.ヽ..:..:..:..:i::ヽ..:.i    
        ,':../::::..:..:/.:..:..://./|:../  |:..:l:..:.:ヽ..:..:..:|.:::゙、.:l    
        /:/..:.::..:..:./!:..:../  l:..! !.:i   |:..:|..:..:..:.\:..|:..|.:',:.!
         /./..:.:::..:..:/ |:..:/.  |.:| |:.i   |.:.|.:..:./|.:..:.,イ.:.|:..:',|       上二つはAAだけだと状況が分かりづらいので
      /./.|.:..::l..:./ ,.|:|:i-―´|:.!.|.:!  ー|/|:..:/、|:../ |:..:|..i..l!       効果音による補足がほしいとこなんですが、
      /..:..:l/::::|.!:!  、リ,.-‐-、l | |l   ,リノ∠.,_レ〈 |:/:、:..:|       最後は完全に私の好みですね。
     /.:..:..:..:::.:::.il. ヨ f:て)!`      f:て)! E /^i::.ヽ.:、   
     //!.:..:..:.:.:::..ハ  ヽ.ヽニソ      ヽニソ ノ`./ | |:::..:ヽヽ     これから逆襲に転じる水銀燈に、
    i.:i l.:..:./.:..:..:.i .!        ,         ,' !/:.::..:..:ヽヽ    何か迫力みたいなものが欲しいと感じました。
    |:! |..:/|.:..:..:..:ヽ、       l!,       ,'. /|..:..:i:..:..:l',ヽ 
    |l. |.:.| |:..:..:..:..:::::',                 /‐'".:|、:..:.|.:..:.i |:.',
      |:..|.|..:..:..!|:..::.::゙、     -==-     /:..:..l:|..| ヽ..|:..:..| |i.:
        !:.i|.:..:..:| ゙、:..:.:::\.           イ|.|.:..:..:..!  l.:|..:./ ソ   具体的に、効果音をくっつけてみました。
      ヽ|:..:..:.! ヽ.:..i、:..:ヽ、.      /:::|ノ:/|..:./  ノ.ノ      参考になれば幸いです。
       Nヽ:..',  ヽ:i ヽ |. ヽ、  ,. '.|:. ノ:ノ lノ
          ヽゝ  `  ,人   "   ,人
     ,. -─────ァ'  ヽ、   /  ヽ-‐────- 、
   /             />'⌒'く.ヽ             \

251名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:14:04 ID:R7FzNHMk

(改善案)

                , - ―=―<                              ,,ィ''";7 /7/:7
              > r―}>=>テゞYヾ ` ヽ、                       ,:r‐''";;;;;;;;;,i' /;//;;/
           /  >./!"'-=く'ツ人   >、廴                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;//;;/ 
          ,ィ'   r'/  'ーV_≦-'-t__,-----}'>≧                 /;:-‐ ''" ,!;;;;;;;i'└'  ̄  
            /  r'⌒/    /yー-'         'ー 、                  /;;;;;;;/     
         /  _i /   /_ノ          \ <`ヾ,      _           /;;;;;;;;i'      
          ,'  ( /   /_ノ             ヾ、ヾ>、_ >'´:::::::\     r‐;;'';"´;;;;;;;;f′     
       |   〉   /_ノ   /        ト、    \ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::::\   |;;;;;;;;: r ''"^~
       |  (!  ./,イ    i!         ヾi .!    ハ !::::::::::::::::::,,ィr―――'  レ''"´       | ̄|rヘ
       |  (|  / / !   !         ハ!≧!,   ! ', .|:::::::::::/ー――――       (^ーヵ L__」L/
       i!   〉 ! ./    ハト从!\   ,トィチ !ノ! ノ |/::::::/                 r三'_」
       ',   し. |/!    〃-仆―k=-、 ,'亠'‐' | ノ! .| ノ'、::/
        ∨  〉j     | |-≠赱ア> .V 、 // | !'::::::::i!    どうしてくれようかしらねぇ
        `! /ツk    ヾ=-=''-ニ        ,∧ !ノ\::::::!
         ,' }xイ,! ! ハ、  \ヾ、   ー-=ァ'´/>'/!   \ハ    ハンターさぁん……
         / Y } ト ! \_ \ ≧==――-' __ノ!:::::!    ハi!
        /     ト' ハ /__ 弋  ヽ_r‐y    ),/::::ノヽ   ! }
      / / !    / ヽ!:::::::`i >  ヽ 'ー'u-='V rty‐ヾ  | ノ               /~7 /)
      / ハ/    ,ノ/__>:::::::`―t_>-- ニ=-  !ト し斗ト, !             /二~|/_/∠/
     / / !  / /// ̄`ー'::::::::::::: ̄ー::::::::::::::::::::弋辷ア乂 i             / ̄ 」
   /〃./ /  / / i:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::テ |  !            ~~ ̄
  //( / /   /  {:::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l !  |            /´〉,、
  !/  ヾY   〃/ /::::::::ヾ:::::::::::/:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::/   ノ      l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/
  i'   7 / ノ /::::::::::::::::::::::::::_|ヽ::::::::::::::::::/::ヾ:::::::::;ノ<  /         二コ ,|     
     / / ィ ヽ、::::::::::::::::::::::::i!::::::ゞ=≠"::::::::::::::::/`、 ̄`ー―-、    /__」     
     ,' /! /    }ー:::::::::::::::斗:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::l::i:::::::::::::::::ヽ         /^ヽ、 /〉
     ! ! | |   <::::::::::::::::::::::t-、::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::/∧:::∧::::::::::l、      ャー-、フ /´く//>
     | ! .|    i´)>=-―:::::::7 !⌒i/`⌒!:::::::::::!::_ノ::i:::!ノ:::/l:::::::::::l\    `ー-、__,|    `"
      .!/     | '´::::::::::::::::::::/ / >  i<!:::::::<::::::i::::::::::/::l::::::::::::|::::\
     !i     /:::::::::::::::::::::::::::::::V i (`ヾ  \:::::::\__/_/_,-、_ゝ::::::\      ○
     i!     ヽ、:::::::::::::ィニ≦k>、 h     ハ::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::::\      。
     |       ! ̄ ̄       ≧' ハ   , ハ、:::::::::::!::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       ゜

252名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:14:49 ID:R7FzNHMk
                  ,,.. -───、-: 、
              ,. ‐''":.:.:.:.:.:.:_,:.:-‐= 'ヾ;.:`''-、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.::._,:-‐'':.:._:.:ミ`、´:.:\
               , '.:.:.:./:.:.:.:.:'":.:.:.:; ‐'',:.:‐'':.:.:ri'"''‐-;ヽ
           /:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:i:|:.:.:.:、`:.:\     なかなかピンポイントな効果音はないと思いますが、
          ,'.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.//:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ヽ:.`、    私の場合、どうしても欲しい時は
             i.:.:.://:./:.:.:.//:/:.:.:.:/:.:./!:.:.:.;.:.:.:i:.:.:.|:.:.:.';.:.:',
          i.:///:./:.:.//:./:.:./':.:,//:.i:.:,|:.:.:|i:.:i,'i;.:.:.:.i.:.i;i
          /,:/i:.!;//:,:':/:.:.;,'/:/:/:./:/ノ:.:/i|:./;.:!:.:.:.l:.i:!i   巨大文字AA集(ttp://dokoaa.com/moji/)
        ///.i:.!//-‐,:彡''_/‐廾ナナ"//'/、'/'/:.:/il:i:l
        ,'/〃//,.-r'三''"~ r-;:=ミ'  '" /_`////''
       ,','l/:"//;rく 、,     ` 'ー゙'′   'r'iテ)シ!:i'"     で、いくつかみつくろって合成したりしています。
       l||i.:|.:i.:/:/;il!ヽコ,  /////   ,. `" /i:.!:!
          !||l.:i.:l:.i'{:l.i;l!、!:.!、          ',.  /:.|:|.l      手前みそですが恐縮ですが、
        `'i:|i:.|:t‐!|ヾ;i.l:| ヽ        '"   /|.:.i:!i       下みたいなのが出来ますね。
         ヾi;:ノ``''-、i:.|  ヽ、   ‐─-  /! l:.//
      _,.....,  く_     `''-、,,_ `. 、    ,/i:ノ ノ;,/        結構いろいろ出来るんで、
    ,/   ヾ''‐-、>- 、_   ``''‐`-─'"‐'''" ̄l         気軽にチャレンジしてみてください。
    /     `:,  ヽ、   ``'''‐- 、,,_      ,ム-‐;''‐、



++++++++++(効果音合成例)++++++++++++++++++++++++++

                                                 ,,-''ヽ
           ,r-,,,、 .lフ!二'┐                             ゙l  ゙|
           ┐ ゚k .゙L,,}と ]                              /  .l"
         ,,,,,,,rト  └ー-v,, ̄                              ,i´ │
    ,,r‐-・'''゙~`         ゙リ                              |  ,l"
   .〔,_ _,,,,,v-―'i、  .l''''''¬''″ .                           | .,l゙
    ` ̄ .,,,rー''''''″ .]                                  l゙ ,i´
       ,l" ,r・''''''ァ  .゚L                                   l゙ .,i´
       [ .k,,,,,r″   ゙l  .r‐-i、                 _,_._,,、      |,/`
       .゚=,,,、 ,,,,,r  ,,i´: ,l゙ .,i´               l'‐'゙/'''''''、.ヽ     _、
         `~゙,レ″ .,,i″ ..l゙  ,i´           ,、 ,r-, ゙''"    .} |     ,,l゙゙l
        .,,r・~._,,,r・″  .] .]     ,〟  'l"゙L,,ノ ヘ.〟      / . l   ,i´ .゙l
        ‘゙゙゙゙゙″     .|  .|     ,i" ゙'ァ.ビ゙._ yi、 ri、 ゙|  ._.. ‐,゙..-゙     ゙l, ,i´
                 .|、 .゚=__,,r'" .,,r′."~゙L.゙l~゙゙,,i´丿            `゙"
                ..゙l,_    : _,r/°    ゙L.゙l, .`'″ .
                  ‘゚'冖''''″       .゙!''″    ※転んだ時に使いたくて作りました
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


.

253名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:15:24 ID:R7FzNHMk

,--''=----ァ_,,-ー-、 
彡,, -''      ヽー-| .       
  /  / //,イ ) |.
/  / //,ィ / /  |        
  /  / ,イ /  / ,イ|       
 // /// ノ  /ノ ,イ| 
,{/イ /ァ'、ノ// / ノノ ノ\__   
八///ノノ/メ、_ /ノ,,/ノ //ノi } }、      では最後に、
{ |i |' 、ミシラニミ、ノ ̄ブ ,, ノノノ/}ノノ八 
 | l | 冫 { ( }ヾ     〉"双7'7ノノ' ハ    ③『大型AAの扱い方』、です。
 !!ヽ| "''-`ー'_    シィヾヾ;゙/ V ノ 
  iヽ:::::::::::::::     { ト_イ ノ/i   ヽ   
l   トヽ        ゙ ..:::"7 l 、 |     これに関しては、
 i  .|| l  J    , ,ィ  l   l  |     完全に私見となってしまうことを、
ヽ ヽ || }        "   /   トl }     最初にお断りしておきます。
 }\liノ     , '_7    , '   i lヽ l  
ノノハメ`    (i/  /    ノ l ハ',      これは個人の好き嫌いの問題ですので、
  .\    ヽ  /  i   / ノ /ハ',     あくまで一意見であり、嫌な場合には
.    ヽ、   /    ノ // ノ ソ }}     無視していただいて全く問題ありません。
     / `ー' ヽ、 ,ィ ノノ ノ,,/   ノ 
\  / )ノ)  \'ー'"        
 .ヽヽ/   / _ _  ヽ⌒ヽ、___     
  l}   / /  ヽ  ゙、    `ヽ   

              ,,.....,,,,......
            / / ! !ヾ\' 、      依頼作品中では、
           /: : //: : } : : : :ヽ ヽ     大型スレを用いたため容量オーバーとなり、
            /: : イ: : ,: :i!,: : : :i i: : '     分割している箇所が結構出てきます。
           ,': : / !: : !: i!\: !从: : :}
         { i i L,,メ从,| |レヨムヾ!: :i     一番分かりやすいのはタイトルですね。
         ', ', i!ョ'j¨ラ''  'j¨'ラト} i! ,'     毎回こちらも趣向を凝らしていてとてもいいです。
          ヽ'Y" ゙̄ i   ̄`゙!ク,'
            ヾ'、    ....  u /''/
            ヽヽ ゙=' イ/           ですが…それ以外で、
             `!` ー''´.上            『AAの全体を見せるためだけに分割している』ところがあり、
       ,,..=、,,,,.. '7"7 ゙̄'´\ ゙ヲ\,,_        そちらが引っ掛かっていました。
      」 r,/;;ム,,,, ヾ.メ!;;;;;}={;;;;;∨ノ ..,,,ヽ ̄`ヽ
     //へ{ ン"´ `};;;/ o ト;;;;;}´  `\  ,ィ |
      {r´,イ''ヽヽ.   レ\ i∧ノ ,. ''""´Y } !    下記が、その該当箇所です。
    ノヽ  イイ  ` 丶.  ∨ /   i`ヾ } } |
   {   ',  };;;|   !    `ヾ ヽ    !  レ'  !    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/425-426
   i  ./  !;;;|i   }     〇 |    }   /   }    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/968-969
   //ヽ.  !;;;|i  ゞシ''"´   i  `゙ゞ、 イ /  !   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/978-979
 ,..ク ヽ `y;;;i;;!゙' ''"i!      |     !  i! / , |
{ '´  ヾ./;;;/i;;;}   }    〇 |   i   レ /ィヽ   シーン説明は特に必要ないので省略しますね。

254名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:16:03 ID:R7FzNHMk

          ,. - ''" ̄ ''  ̄ ` '' - 、
        ./::::,.-''"⌒:::::⌒"''-.,:::::::ヽ、
      ./::::/::/:::::/::l::ヽ:::、::::ヽ:::::、::ヽ
      ./::::::/:::::/::::::::/:::::l:::l:::ヽ::::\::ヽ:::::',
     /::::::/::::::/::::::::/:::::::l::::l:::::l::::l::ヽ:::丶::',
     /::/::::::::/::::::/:::/::::::::l',:::::::::l:::l::::::ヽ:::ヽl
    /:/::::::::::l::::l:/::/l::::::::/ .l::::::/:::l:::l:::l:::::l:::::l   こちらはいずれも、
    l/::/:::::/ll::ll:::l:::::l_',-/ .l::/、__:l::l:::l:::/:::::::l   上のコマだけで必要な情報が揃っているんです。
    |l:/:,.、/::l ' - 'ニ" ヽ  l//,,,..ニ`''.l/l:::l:::ヽ  下の部分は入りきらなかったAAの続きがあるだけです。
    l/:::l /::/  <イ´リヽ    'イ::ハ ヽ l''.i::l:::ヽ
    .|:::l::l/:::l、  ,.,.'''"    .  ''" ' ./ /::l:::::l  投下後にまとめてみる分にはいいんですが…
    .l:::l/l::::l. ',  ´´´    ,     / /::::l:::::l
    .|::/:l::l:::ヽヽ.      "     /-'::::::l:::l::  投下中だと
    l:/l::l;;;;;;/l::ヽ    ---    ./::::l::::l ll l::  「あれ?次のコマかと思ったらさっきの続きだよ」と、
     .l::l::::/ l::::::l\      ./::/l::/l:// .lノ  若干テンポを落としてしまう原因になります。
      ヽレ l::::/.l  `' 、.,_,. '"l:// lノ/ノ   
  __        .l        |' "        >>425-426に関しては、フェードアウトする描写があれば
 '" " ''' ─--、、ノ        .ヽ、___ ,,,.... --  生きてくるのですが…。
        \ヽ、 _      ,.. -'""     
          '' --`.,'__''',,..ニ-'"       


                  ,__,、_ __
               ,. ィブ/ノ/ ハ!ヽゝ、
              // /' 厶イノイ ! i} }iヽ
              ,'〃{ノ/i7メ_/ノリ '|l il 
               {//!ハ}汽で}ド  狹州
             /イ{ソ i {  ゛′ ヾ'小{   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/923-924
                /{{ハ/,|  ゙゙   ,.、′!il|
..              ,⊥lj{i Wiト!ト、 (  / .イ j}!     こちらは下のコマに
         ,ィ:::/ ̄ヾ弋!ゞ ` r-1i丿r'      効果音がついているため分割されているのですが…
  _r、,..rzy‐v'´/::/    ヽ\   辷'_'_´  
 ヽ\\_,ィD¨`Y ; { } ヽ \`ー-'::广^ヽ        これは先ほどの述べたように効果音を分割して、
..  ヽニ冖-rヘ.イ i{ ぃj ト     ̄ ̄  }   }        上のコマの水銀燈の左右に配置する方が、
     / }  |   {´    ヽ'、    }j j          よりすっきりしてよいかと思います。
      厶j  !  /      、   v 〉

255名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:16:32 ID:R7FzNHMk

           !、こ、,jr 、
               く:::::::ヽ
            i, i, l::::::::::゙、
          ,,,,,,ノjrノj-,r=--:::゙、
        ,r'´,.r7ヽ,r‐-、ニ、``ヽj!          逆に、
        /'´/ /,ィ/゙!lヽト、ヽミニソノ=、_
       ,ノ!r'´7!.l__l!. リ ,!‐T`!==ニて`
      ,ィ'/ハ/,!iリ __`   ィく`flリーニ二´        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/74-75
    -='7,/ノ,/ハ.キ くj`  `'′に二i```
     イi!´r'!i た:、.   __'.ィ r'7-‐‐、、
      i{ヾ!, ゙、`''‐久 ヽ._ノ / 厶-‐7:::ヽ       こちらは水銀燈が
          `r'⌒ン777ァ‐'--‐''"‐、::::゙、       『悪魔である証拠』を二つに分けることで、
          l::::>ヽ  )‐、   ヽ  ;:::::゙、        絶妙な間を生み出している、分割のいい使い方です!
           `i_:::'‐「= l``l、 ノ 〈::::::::ヽ
            ヽ:::::゙i:::::8:l::::l     i:::::::::::\       上のコマの「人間なの?」という台詞を下に移せば、
             ゙、:::!:::::::::::j::| _, ,/l:::::::;.r'´        より完璧だと思いますよ。
              `、`::::::ノ/-'‐‐'‐-{:::;/
             、‐'``´/! ̄ ̄ ̄``ニ==- 、、


                 ,. -‐ー-、,. -- ._
              ,. '´:..:..ニ三..:..:..‐_:..:..:` ヽ、
            ,..:':..:..:..:..:..:,.:へニ::.:..:ニ-..:..:..:..:..:.\
           /:..:..:..:.:../,.r:.'':.. ̄ Y`ー‐- 、..:..:..:.ヽ         ただ、こう言う風に説明してみましたが…。
             /.:::..:..:../.イ.:::..:..:../:..:..:|.:.ヽ..:..:..:.`ヽ、..:..゙、
         /:..:..:../:..:./..:..:..:..:./.:..:../|:..:..ヽ..:..:..:.ヽ:ヽ.:..:',
          /.:..:./:::..:../:..:..:..:.,./:/ .:/. |..:.i.:.ヽ..:..:..:..:i::ヽ..:.i       「このAAがすきなんだ!
        ,':../::::..:..:/.:..:..://./|:../  |:..:l:..:.:ヽ..:..:..:|.:::゙、.:l       だからどうしても全部使いたいんだ!」
        /:/..:.::..:..:./!:..:../  l:..! !.:i   |:..:|..:..:..:.\:..|:..|.:',:.!
         /./..:.:::..:..:/ |:..:/.  |.:| |:.i   |.:.|.:..:./|.:..:.,イ.:.|:..:',|       という思いは、
      /./.|.:..::l..:./ ,.|:|:i-―´|:.!.|.:!  ー|/|:..:/、|:../ |:..:|..i..l!       やる夫スレ作者なら誰しも抱くと思います。
      /..:..:l/::::|.!:!  、リ,.-‐-、l | |l   ,リノ∠.,_レ〈 |:/:、:..:|
     /.:..:..:..:::.:::.il. ヨ f:て)!`      f:て)! E /^i::.ヽ.:、   
     //!.:..:..:.:.:::..ハ  ヽ.ヽニソ      ヽニソ ノ`./ | |:::..:ヽヽ     容量制限であきらめるか、それとも分割するか、
    i.:i l.:..:./.:..:..:.i .!        ,         ,' !/:.::..:..:ヽヽ    それを最終的に決めるのはその人の好みです。
    |:! |..:/|.:..:..:..:ヽ、       l!,       ,'. /|..:..:i:..:..:l',ヽ 
    |l. |.:.| |:..:..:..:..:::::',                 /‐'".:|、:..:.|.:..:.i |:.',
      |:..|.|..:..:..!|:..::.::゙、     -==-     /:..:..l:|..| ヽ..|:..:..| |i.:!   依頼主さんもそういう思いで
        !:.i|.:..:..:| ゙、:..:.:::\.           イ|.|.:..:..:..!  l.:|..:./ ソ   敢えて分割して使ってらっしゃるのでしたら、
      ヽ|:..:..:.! ヽ.:..i、:..:ヽ、.      /:::|ノ:/|..:./  ノ.ノ      この指摘は的外れ以外の何物でもありません。
       Nヽ:..',  ヽ:i ヽ |. ヽ、  ,. '.|:. ノ:ノ lノ
          ヽゝ  `  ,人   "   ,人                受け流していただければ幸いです。
     ,. -─────ァ'  ヽ、   /  ヽ-‐────- 、
   /             />'⌒'く.ヽ             \

256名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:17:01 ID:R7FzNHMk

                           それでは、最後にまとめですね。


                           ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

            ___________
          ,r‐'‐--、ヾ、)_jヽ,、、       ●いい点
        / /⌒> ー-、ヾ、ヾ、ヽ
    .   / / /,ィ' l l`ヾ、 ゙ ヽ ゙、
      / l /l .〃l (/ ./ .l   ヽ ゙、 ヽi     ⇒原作を丁寧にやる夫スレ化できています!
      レi .H‐l、レ'>、>//l  l.l ト、゙、 ll       細かいAA改変など、これからもがんばってください。
      /Yr!ノ |レ'//⌒'l   l l. l、ヽl l!
     /,/l{j !   r、‐、ノ  /.|l入l i!
    /_,イ .ノ ,    し' },イl  | l'´ノ {
    .  L '、  、_,     // //'T | l      ●改善点
      _`→、____,,.//_// ノ,_j_」
      |,|  {_/lイ灯/ 「 ヽ‐'′
      ( _ )(   ̄   l'" /          ⇒見せ場や重要人物の登場には
       |,| >  r--K ./             “間”=アクセントをつけてみよう
       ( _ )ニ二) }__ノ、
      / .|,|    ̄ | lこj
      ヽ、|,|_    | |、>          ⇒効果音をもっと色々使ったり作ったりしよう
       | くjL`!__」┘
       L_}='ヽ_j
       )  |!  ヽ.{              ⇒大型AAの分割は、敢えてならばいいけれど
        ̄~|l   lヾ,               場合によっては本当に必要か、考えてみよう
         |.l l、、、、l、'、
         ヾ゙、、、、、ジ

                           □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



                           と、こんな感じです。

257名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:17:31 ID:R7FzNHMk

    ./::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ
   /:::::::::::/::::::::::::::::::::::/::::|::::::::|:::l::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::ヽ:\
  ./:::::::::::/::::::::::::/::::::/::|:::::l:::::::::l:::l::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::ヽ:::ヽ     目標はゲームのやる夫スレ化とのこと。
  .i:::::::::::::/::::::::::::/:::::/:::::l:::::l:::::::::l:::::l::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::ヽ:::ヽ
  .l::::::::::/l:::::::::::/:::::::::::::::l:::::l:::::::::l::::::l:::::::l::::l:::::l:::l:::::::::::::l:::::::l     ゲームはイベントなどの取捨択一が幅広く
  l:::::::::/:::l::::::::::::::::::::::::::::l:::::l::::::::l l::::l l:::::l::::l:::::l::::l:::::::::::::l:::::::l     やる夫スレ化が大変だと聞きますが……
 .l:::::::::l:::::l::::::::::::::::|::::::::::、::::::l:::::ll l::l::l l::::l:::::l:::::l:::::l:::::::::::l::l::::::l
 .|:::::::::l:::::l::::::::::::::l l::::::::::∧::::∨l l::l l .l::::l:::::l:::::l:::::l:::::::::::l:::l::::::l     依頼作品を最後まで丁寧にやり遂げた依頼者さんなら
  l:::::::l::::::::l::::::::::::l l::::::::::l::ヽ::::/:l l::l l:l l:::l::::::l:::::l:::::l::::::::::::l:::l:::::l      きっと成功させることができると思います。
  |:::::::l::::::::l:::::::::::l l::::::: l__l::::/ll l:l  ̄ |7|l::l 7|'l:::l::::l:::::l:::l::::l:::::l
  l::::::::l::::::::l::::::ll::l _,-、::l"l"l:/ .l ./l   _, -_,l、l_,,l l:/|i:::l::l:l:::::l::::l     その時の演出などの面で、
  |::::::l:::::::::::i、::|,.i'" _,..- ="   '    ヘ'";;ハ_> ' |i::i::i:::i::::l::::|     私の指摘が少しでも役に立つことがあれば幸いです。
 .|i:::::::l:::::::::::l 'i =-;;r,'"'ベ        `"'´    .|i:::l::l:::l::::l::::|      次回作、楽しみに待っていますよ!
 .l:l:::::::l::::::::::::', ``-ヽ--"              .l:l::|/:::|:::::l:::l
 |::l:::::::l::::::::l::::'.,                    l/::l::::::l::::::l:|
 li::l:::::::l:::::::::l、 、                  ./:::::l:::::::l::::/l       一部個人的な意見に偏る場所もありましたが
 .ll::l:::::::l::::::::::l、.ヽ        ヽ "       ./::::::l::::::l:::://        最後までご覧いただいた方、ありがとうございました。
  l:::l::::::::::l::::::::`' -ヽ      _   _,. - '   ./:::::::::l::::::l::/:/ _,....
  .l:::l:::::l::::l::::::l::::::::::::\      ̄ ̄     /:::l::::/'l::://'''"": : : :     それではこれにて筆を置かせていただきます。
  .ヽ:l:::::l:::::::::::::::l:::::| ::::`' .,         / .l/ l/ヽ: : : :\: : : : :
   ヽ:::::l:::::ヽ:\ヽ:l |:::/l. ` '  .,    ,. '    .l/  ヽヽ: : : :ヽ: : :
    \|:::レ _ヽ ヽl /  ヽ     `'' '     /    ヽヽ: : : : \: : : /   /:
 _,...  -- ''": :/: : ://  \         ./     l ',: : _,-、 ヽ/   ./: :
: : : : : : : : : : : :l: : : :l l    ヽ、_      /      .|  ',/   > -- 、  /: :
           | l      `'' >、 /ヽ      .l  ヽ / l    ヽ、: :
           l ',       /へ_ Y_,./;;\    |  /"_,..,_  、   '
           | ',      ./ヽ;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;ヽヽ   l  l/  '' -`'─
           .l ヽ     / l;;;;;;;;;;l'''´ l;;;;;;;;;ヽ \ |  .l_,.., __
            l  ' ,    | |;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;;;;;;',  V  /     ̄'' ---
            ',  ヽ   l l;;;;;;;;;;;;;;;l 0 l;;;;;;;;;;;;;',   .( _,., __       ''
             ',   ヽ .l |;;;;;;;;;;;;;;;;l  .l;;;;;;;;;;;;;;',  /   `'' --    -

258名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:18:57 ID:R7FzNHMk
以上となります。
昨晩から誤爆しちゃってもやもやしてたので、やっと肩の荷が下りた感じに…。
依頼主様、勘違いで変なこと書いてすみませんでした! 少しでもお役に立てたなら幸いです…

259名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 03:38:33 ID:qrd2mq2g
評価乙ですまもり姉さん!
丁寧な評価で納得です

260 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/02(火) 06:28:55 ID:qQSV11ow

246レスのカットインを見て自分のスレでこれが出来なかった事が悔やまれるほどのかっこよさ!
間を撮る事に かっこいい を追加する事でキャラが輝く それを実践できる事を目標に頑張ります


249レスの1文字ずつ切り取って1文字ずつ貼る事で効果音がAAと一体となる
 静かなシーンでも効果音をつける事でキャラの感情表現を強化や補助出来るとの教鞭
 サー! 姉崎まもり様 相良軍曹様 目からうろこが落ちた気分であります サー!と敬礼いたします!

せっかくの迫力ある大型AAが私の使い方の所為で下半分が生かされていない
 容量だけの為に安易に半分にしており これはまったく気が付きませんでした! 
 ズボンのチャックが全開だった並に恥ずかしい事でご指摘頂き大変恐縮しております!
 
エディタを初めて使った時 スレを見ていた時よりもAAを魅力的に感じ今すぐ全部使いたい!と感動しました
 その大型AAを安易に使うだけで生かす事が出来ていなかった事を猛省して今後に生かしていきます
 AA達をより輝かせる為の助言 決して受け流したりいたしません 心に留めていきます

261 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/02(火) 06:31:34 ID:qQSV11ow

去年友人との会話でやる夫化したいゲームを1つ思い出し
 その為にまず マンガの短編集の1話 40ページをやる夫化
        次に単行本1冊分をやる夫化
        次にラノベで1冊〜3冊で終わるものをやる夫化
        それがエタらず完結できれば ゲームをやる夫化出来る実力がつくはず!
 という手順を教えて貰い現在その階段を昇ろうともがいております

なので姉崎まもり様の発言の誤解?と探してみた所
102を見て次のステップの小説のやる夫化への助言が盛りだくさんなのを見つけ
逆にお礼を言わせていただきたい気持ちで一杯です ありがとうございました

それと119レスに関しては私の読み辛い書き方と言葉足らずの所為でご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした
87レスの発言は自スレ魔界コンビニスレにて998レス様に名前間違ってるよと突っ込まれ
投下が終わって感無量と余韻を味わっていた自分の心が折れたと言う話でした

 丁寧なAA表現技術のご指南 まことにありがとうございました 以上長文失礼いたしました

262名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:14:22 ID:Neeqxv6w
まもり姉ちゃん、乙です

さて…自分も投下させてもらっていいでしょうか?
問題なければ、3時20分ごろから

263名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:18:15 ID:rsyjR/RQ
どうぞどうぞ

264名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:21:41 ID:Neeqxv6w


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      第五世代の前に、
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      HGSS対応のPBR2を出せ
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ     毎度お騒がせします
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`    マシンガンやかま進藤こと、進藤さつきです
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \




             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |         本日、評価という名の勉強をさせてもらったのは
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |         ↓コチラ
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      >>130で依頼のありました
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |      
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   やる夫が空を救うようです
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259236725/
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262522162/
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|

265名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:22:08 ID:Neeqxv6w

              /\
             //  ,ヘ´ ̄ ̄ ̄` ‐- 、
               //  〃―v―/ ̄\____ ヽ/\
            //   /   /  /    |   |`ヘ  ヘ、
              //   /   /  ,'      |   |  |   ||
            , ,    '  /  i       |   |  |   ||     いわゆる第三世代
             | i   |   l!   |       !   !  !   !!     「ポケモンルビー」「サファイア」「エメラルド」
             | |   |  ∧  ∧   /!  /  |   ||     の世界観を舞台に、
           l l   !V7ト∨_ Vl/ _l!.イ|  ,'   l!!
             ∧ヘ   l {:::::::(_}`   イ_)::::::l! /   //     ポケモンマスターを目指す少女・蒼星石と
             V>_,.!: `ー‐'     ヽ::::::ノレ   //      謎多き記憶喪失のポケモン・やる夫との
           _,. ‐''´/`''‐ 、_   ○      /   〃       ふれあい、冒険を描いていきます
         ,_‐''´-‐'':´ヽ`'''-:.:.:.r‐`---、____r-/ ∠__
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\\: : :>=、/..イ 、〉〉)
         \___|l ̄ ̄ ̄ト .;,_∧ヘ《-《::[]:::》ヽ)´       自分は初代からプレイして、DPでは廃人プレイ……
            〈‐||::( ̄ ̄`ヽ_____〉::〉、_Vl!l!Vト .._       しかし、ルビサファは一度しかクリアしていないので、
          _,. ‐'´'||:::`i、〉〉〉〉ノ::::::::::/  |__l!l!__|   >`>     結構新鮮に楽しんでおります
        <<._ └――' ,イ/ ̄ ̄  ヘ:\ヽ_//
          `7-..`_‐、////       ヘハ`ー'i!´



             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |          以下、依頼頂きましたポイントに沿いながら、
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       マシンガントーク繰り広げて行きたいと思います
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ・ストーリー展開に無理がないか、突飛過ぎないかという点。

    ・見辛い表現、解りにくい表現のご指摘。

    ・話のわかりやすさ等、読者に伝わりにくい部分があるかのご指摘。

    ・やる夫スレ作成の作法? 的な部分ができているかどうか。

    ・演出が過剰すぎないか

    などなど

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

266名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:22:36 ID:Neeqxv6w


-----------------------------------------------------

 ・ストーリー展開に無理がないか、突飛過ぎないかという点
  ⇒人とポケモンの区別がつきにくい

-----------------------------------------------------
          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|    ストーリーというか……設定なんですが
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |     『ポケモンたちのキャスティングにかなり無理を感じました』
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//      ね
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |        いや、回を追うごとに気にならなくはなっていくんですが、
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3    「誰がポケモンで、誰が人間か」
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |         というのを理解するのに、相当の時間を要しました
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐




                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ   というのも、本作では
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }   ポケモンのAAをそのまま使わず、
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }   人間キャラを「ポケモン」にキャスティングしているので、
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    かなり違和感があるんですよね
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {     アニメのニャース、
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i     コロコロの漫画のピッピのように
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ     「人語」を話すので尚更
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

267名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:23:05 ID:Neeqxv6w


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     たとえば、今現在の蒼星石のメンバーですが……
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /     ポワルン 配役:やる夫
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /      ワカシャモ 配役:やらない夫
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '         レディアン 配役:リグル(東方)
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',



                    _ _   ____
               ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
            _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
         r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
       __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
      / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !     
       /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     
      r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     この中で、自分がすぐに「あ、あのポケモンだ」
     i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l     と理解できたのは、リグルだけでした
    l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !    
     !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !     (これもまた、自分が東方を知らないせいかもしれません)
    ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
   i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
    !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
   `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
       `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
             ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
           ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

268名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:23:35 ID:Neeqxv6w


               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |     こうした現象がなぜ起こってしまうか……
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |     やはり、『先入観』『AAはキャラを表現する記号に過ぎない』
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|     からなんでしょうね……
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|        やる夫ややらない夫は、容姿は変わっていますが
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|        「人間」として扱われるのが普通です
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N         それが急にポケモンとして扱われるとなると……
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }     しかも、蒼星石も原作では「人形」であり、「人ではない」
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'     ので余計に混乱してしまいました
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i       彼女もまた、
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ       やる夫スレでは「人間」として扱われることが多いですが、
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く       それでも、原作のイメージってのは強いですからね
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

269名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:24:05 ID:Neeqxv6w


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|   さらに、同列の存在であるはずの
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|   真紅や翠星石は「ポケモン」なので
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!   なおさらに混乱のもとに……
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//     パッと見で区別がしにくい以上、
      |   |      |`ー‐          、     l     l´       「この作品のキャラは人間」
.     /    !       ト               イ    ! |        「この作品のキャラはポケモン」
    |     |      | l\           /      ! |       と区別をした方がいいかもしれませんね
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐




           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     あるいは、ツツジ=綾里千尋、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !     そして彼女のポケモンが全て「逆転裁判」
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     を出典元としていたように
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  ! 
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     『作品で固める』
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !  
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     のも手段だと思います
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

270名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:24:35 ID:Neeqxv6w


  l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
  |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
  l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
  |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
  l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |    アブソルやヌケニンのように「お!これは上手い」
  |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /    という絶妙な配役も多かったので……
  l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
  |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |     もう少し捻ってもらって
  l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !
  |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |     『人間とポケモンの違い』
  l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
  l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !     をハッキリさせると、
.  ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '     読みやすくなると思います
   '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
  ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
./   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

271名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:25:05 ID:Neeqxv6w

-----------------------------------------------------

    ・見辛い表現、解りにくい表現のご指摘
     ⇒AAの切断を多用しすぎではないか?

-----------------------------------------------------

        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、        火消しの風……ウインドとでも呼んでもらおう
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |          こんな感じで
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //          『正体を隠す』
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      『読者の目を引く』方法として
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、    『AAの切断』があります
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ    本作でも、かなり多用されてますね
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !

272名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:25:38 ID:Neeqxv6w


                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'    ただこれ、
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'     基本的には『AAを見づらくする行為』なので……
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i      演出としては『やり過ぎ』
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ      に注意してもらいたいです
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─




           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                   本作でいうなら『誠に指示を出す兄弟』や
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                   『やる夫の変身シーン』では、
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                   これが効果的に機能してましたが
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /   さすがに、『ジャギの登場シーン』辺りでは、
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /    やり過ぎだと思いましたね
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

273名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:26:05 ID:Neeqxv6w


          // __/--‐'´      \ー――\
          /, '   /               ヽ       \
       / /     ,'              ',       \
.      / '     ,'     '          i l    ヽ  ヽ
      /  .!   '      !    !        ! !       ',    ',
     ,'   .|   i     |    l       | |       i    i
      |   |   |      |    ト、     ! ∧ i    |   |、|
      |   |   | __.!_iヽ___!_ノ   メ/_i_l_   |   |.}|    彼が今後重要な役割になってくるならまだしも、
      |   |   |  i ヽi  \ l! ヽ  //  /イ!  i |  ! l!    最初のイベントキャラでしたからね……
      |   |   |  | ____   }.ノ ___|  / ∧ |
      |   |   ヘ   ,        '´      / イ /! .} /     それほど『目をひく』必要はなかったように感じます
      |   |     \ ヽ、               ´| レ |//
      |   |      |`ー‐          、     l     l´
.     /    !       ト               イ    ! |
    |     |      | l\           /      ! |
    | |   ,ヘ       ! !、 ` 、r―――イ∧      |/  =3
  ,.‐‐l∧  | ',     |/:::\___7ー┬.'´ レ  !     |
 //  ̄`\ |\ヽ    |―‐- 、::/|ヽ:::| _  |     人
/        \::::ヽ\ .!、    Y⌒Y´  }  .}  /   \
          \::ヽ ヽ| 〉‐    |   |.  〈  /イ::|     `┐




           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     『完成されたものを削る=見づらくする行為』
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      だということを頭においておいて、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     『AAを削る』のが、今本当に必要なことか?
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !       考えながら演出を行っていただきたいと思います
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !

274名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:26:35 ID:Neeqxv6w

-----------------------------------------------------

    ・見辛い表現、解りにくい表現のご指摘
     ⇒リグルと御剣の決着

-----------------------------------------------------
               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |    あとは細かい点になってしまって申し訳ないですが、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/    『リグルと御剣の決着シーン』
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|       が、かなり分かりにくかったですね
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259236725/966-974
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、    ↑コチラ
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                   激突シーンを省略して、
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                   シーンが明けると決着がついてる
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _   なんてのはよく見る手法ですが……
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /   この形だと、「ひみつのちから」という技を
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /    どちらが使ったのかハッキリせず……
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /     結果として、リグルの発言までどちらが勝者か分かりませんでした
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

275名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:27:05 ID:Neeqxv6w


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     こういったシーンでもやはり
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i      『今、シーンを飛ばすべきか?』
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     というのを考えながら、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !       実際の演出に組み込んでいってもらいたいと思います
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'     
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /     
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ      
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !




                    _ _   ____
               ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
            _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
         r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
       __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
      / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
       /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
      r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i   この場合だと、シーンを飛ばすにしても……
     i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l   『御剣が技を使うシーン』
    l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !   『床板が飛ぶシーン』のどちらかは欲しかったですね
     !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !
    ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
   i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
    !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
   `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
       `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
             ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
           ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

276名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:27:36 ID:Neeqxv6w


--------------------------------------------------------------

 ・話のわかりやすさ等、読者に伝わりにくい部分があるかのご指摘。
  ⇒これから、情報量が増えてきた時に期待

--------------------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    『ほぼ問題ないと思います』
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i   
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !    蒼星石の心情描写もハッキリしてますし、
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     ゲーム中では1イベントに過ぎないジム戦も
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    「これでもか!」と書ききられていました
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'    
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !




           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    ただこの先『蒼星石の成長』
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                    『やる夫の過去』などなど……
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                    描くべき情報が増えてくると、
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    どうしても魅せるのが難しくなると思います
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /    しかし、それでも今の演出を基準に
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /     『丁寧な書き方』をしていけば、
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /      まったく問題ないのではないでしょうか
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

277名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:28:05 ID:Neeqxv6w


-----------------------------------------------------

  ・やる夫スレ作成の作法? 的な部分ができているかどうか
   ⇒台詞との距離感を

-----------------------------------------------------
             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |         作法=基本事項なので、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |         「今更言われるまでもない」
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //         と言われてしまうかもしれませんが……
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}      念のため
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、   『台詞とAAが近い』シーンが、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ   チラホラ見受けられました
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ  【具体的にはこの辺り↓】
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259236725/82
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262522162/192
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !



                      ,.ヘ--/\ー- 、.._
                     / ´/,'´  ,ヘ  `ヽ
                   , ','´  ,( _.i  i ,' .ノ i` 7ヘ.ヽ
                    { 〃,{yr。j ノノ<ノ ノ,' ,' ,' }
                   , '  {ノ '-'`'´ ノo`く,' ,' ,' ,' }     大きいAAを使うと、どうしても怖くなってしまうかもしれませんが、
                  〃   .{" 、_  `,,゚'´ノノ ,' ,' ,'
                  '{   〃ハ ``   ノノ ,' ,' ,'      意外に『幅』はあるので、思い切って使って見ましょう
                ,、,、,、ゝ、{{ (ハ_ __ フ´ ,' ,' { {
               ,ヘ 〉 〉〉‐,‐r 、,{从`7´_ノノ,' ,'i i
               { Y  ソ    { ̄ノ/´_,,..ノノノソノ      専用プラウザを使っているのなら、
               ,.} ,; ,'   _,,..イ/^ゝ{/\/⌒` く      「プレビュー」で大体の目安は付きますしね
    ,.-‐ 、.._      //  /j  /> ノ く {`Y´ ̄  _, ヽ
   '´ , -‐-`- 、._ ../-‐''´/ },. '´ j/⌒。, ' r'-‐'' ´    }
    /  ,  、ヽ  ヽ,'    〉 ̄,'  /{  ,'´/  __,, .. - ' /
   ./   ii  ヽヽ  `く´ ̄ゝ : ,' }-─'´ ̄ ̄
      ii   ハ}   ハ⌒\    ;〉ヽ ,. -─

278名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:28:36 ID:Neeqxv6w


【あるいは、AAの左側の余白を削ってみるのもいいかもしれません】



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
                     ヘ
             /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
            /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
           / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
           / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
          /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
       /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |    ポケモンを捕らえて、育て、戦わせるといったような事を
        // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨    仕事としている人のことをポケモントレーナーといいます。
            | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l     原則として「誰でも10歳になれば
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│    ポケモントレーナーになる事ができる」という決まりがあり、
    |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|     10歳の誕生日を迎えると、大抵の人は
    |    第一回    |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :1    近くの研究所や機関などに行き、
  /^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨    初心者用のポケモン一匹を受け取り、旅をはじめます。
 {/ スみwiki先生の |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│|
 {/ _ノよくわかる   |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
 ヽ'´_フ ポケモン講座 |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
  V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
  ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
  {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

279名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:29:06 ID:Neeqxv6w


【右側に配置する時も、もっと遠い方が『右に配置する意味』も出てくるはず】



                                 l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
                                 |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
                                 | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
                                 l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::
                                     ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
                                      /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/
                                           l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```
  はあ・・・・・・・こんな簡単な任務                       \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :
  さっさと終わらせて遊び倒す予定だったのに・・・・・・・            `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
  誰かさんの立てた作戦のせいで全部パァだよ・・・・・・・            /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :
                                             /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
                                             l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :
                                             | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
                                             > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :
                                             r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
                                           ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : :

280名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:29:36 ID:Neeqxv6w


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    あと、なるべく自分なりに
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                    『決まった距離』
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                    を作っておいた方が、作品が見やすくなります
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /   ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262522162/192
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /    ↑においても、
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /     圭一の台詞は『かなり近い』のに、
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /      沙都子の台詞は『かなり遠い』です
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',




             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |           読者ってのは、やっぱり
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           『慣れた見方』でものを見ます
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       しかし、こうして幅が色々あって
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |       『慣れ』が作られないと……
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ    読者はどこを見ていいのか分からず、
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    『疲れてしまう』『見づらい』
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ     となってしまいます
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !

281名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:30:07 ID:Neeqxv6w


-----------------------------------------------------

  ・やる夫スレ作成の作法? 的な部分ができているかどうか
   ⇒投下中の修正は見づらい

-----------------------------------------------------
               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |      あとは、やはり『見づらくなってしまう』ので、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/      『投下中の修正はどうかな?』
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|          といったところ
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N           絶望的な文字バケ、
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |            絶望的なAAのズレならばともかく、
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、         多少ならば読者も気になりませんし……
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\      盛り上がってきたところに水を差されるのも嫌ですからね
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |




  l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
  |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
  l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
  |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
  l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |
  |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /    基本事項に気になったのはこれぐらいで……
  l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
  |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |    むしろ後は、キャラの掘り下げ方や
  l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !    効果音の使い方も上手く、
  |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |    「本当に初投下?」と思ってしまいましたよ
  l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
  l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
.  ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
   '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
  ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
./   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

282名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:30:35 ID:Neeqxv6w


-----------------------------------------------------

 ・演出が過剰すぎないか
  ⇒むしろ、もっとやれ!!

-----------------------------------------------------
           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',    やる夫スレにおいて、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i    「やり過ぎ!」という演出はないと思います
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !    むしろ、ダイナミックなバトルも本作の魅力の一つ
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !     現在なされているような演出AAの多用、
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |    文字AAの多用で
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !    『どこどこまでも過剰』にしてもらいたいと思いますよ
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !



                   _ _   ____
              ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
           _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
        r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
      __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
     / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
      /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |     ただそこで気になりましたのが、
.    r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i     『カタカナの擬音』
    i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
   l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
    !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !     たしかに、文字AAだと「うるさすぎるシーン」
   ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !     もあるので、コチラも必要だとは思いますが……
  i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
.  !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
  `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
      `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
            ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
          ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ

283名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:31:06 ID:Neeqxv6w


, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259236725/61
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!    ↑のように下の方についてると、意外と気づきません
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ    なかなか難しいとは思いますが、
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`   適切な位置を考えながら、『効果音の適切な場所』
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !   を考えてみていただきたいです
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \




  l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
  |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
  l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |
  |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !
  l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |     効果音の演出ってのは、
  |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /     最も個性の出る要素の一つだと思います
  l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
  |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |
  l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !     個人的には『もっと派手で、もっと目立つもの』
  |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |     を期待しております!
  l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !
  l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
.  ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
   '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
  ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
./   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

284名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:31:35 ID:Neeqxv6w


-----------------------------------------------------

   ・その他
    ⇒ゲーム性との解離を

-----------------------------------------------------
                   _ _   ____
              ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
           _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
        r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
      __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
     / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
      /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |
.    r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i    最後に
    i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l
   l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !   気になったのがツツジ戦から加えられた
    !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !   『技の解説』ですね
   ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !
  i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,
.  !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !
  `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ
      `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/
            ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
          ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ



  ↓こういうの
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃『ウェザーボール(晴れ)』 タイプ:ほのお                   ┃
┃てんきに よって タイプと いりょくが へんかする              ┃
┃威力:100                                     ┃
┃命中率:100%                                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               ,.へr----,へ--、
              ,イ: :/ : /: / : : :ヽ :\__
          //: :/: :/ /; :.|: : : : : ハ:\: :\
         /: :/: :/: :/ /::.l__|ノ.: : : : :|: : :',: :.∧
           ,': :.,': :.,' ー'7´「:|/l: : : : : : :ト、 : :!: : :.ハ
        l: : :l: : |: :.l:/,ィチ示トヽ∧:.`メ、| : |l : l : |
          l : : l: : |: :.|: | |r':::|  / }/ l/:j: :从: l : |   ビジュアル的にポケモンの技を全て表現するのは難しいので、
.         l: : :.l: :人.弋 ゞ‐′   `=、l: /|: :∧:.|   これは大変ありがたいんですが……
        |: : :.|: : :.个く     ,、   ′ /イ: |:/ }/
        |: : :.|: : : :l :|    {  `7   ノ:! /  /    問題は、『威力』と『命中率』の説明
        |: /:.| : : : : | \   `ー '  /:| l: :|
        Vr-く.: : : :.ハ  >、  , イ : : | ト、|
        /    \ : : :.'v―「 ̄N∧: : :N        これって、本当に必要でしょうか?
    / , ⌒>、  \: : V/气_rへハ : |
   / ./       \ \ :V >{_}< ゙l|: |─‐、
   /./         > 〉\V-ヘ__}>リ.   \
.  〈´: : : :            //  |Lr===v==ミ、r─、\
   \: : : : : :/: :     // ,'  ´   } } } `ヽ    ヽ
    `7r‐ァ: : -‐¬¨〔__/: :      } } }  /: : : : ソ
    //  \: : : : r─┴<,: :    ///: : /: :_r==く
.    {二二二ト、: : :ノ /フ.,   `<: : :///>く ̄\  }
         | ∧/ノ 〈 〈 ィ   ゙X>'´    \.: :\ |

285名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:32:06 ID:Neeqxv6w


           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                       本作では、アニメのポケモンよろしく、
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                      『技の応用』が多々行われます
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                      『ステルスロックを足場にする』
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _      『しんくうはで、すなあらしを押し返す』
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'      などなど……
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /       が、ここに『威力』や『命中率』
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /        なんて要素が入ってくると、どうでしょう?
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',




, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |      「なんだアイツ、命中率悪い技連続で喰らってる……」
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!      「こんな低威力の技でやられるなんて、相手弱いんじゃないの?」
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_       ってなってしまいますよね?
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !     しかし、アニメのポケモンなんかではこれを感じないはずです
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |     というのはアニメでは、『技の効果』だけを重視して、
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /      『威力』や『命中率』を度外視しているため
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'   〈 /   /  \

286名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:32:35 ID:Neeqxv6w


  ,ィ、 ,、    /    l ヽ                    /         今
  ,'i ヽ' ヽ  ./  .    l  ヽ   ,/´^v'^、         /  メ   で  .の
 ,'.l .ト ヽ、V,'    _,,、'-‐''" ̄/  , -、'、 '、        |    ラ  .は  は
 . l  .l \ \r''"´/ィ、ヽ   / ./ __ヽl、 '、.       |    だ  無  メ
 --、 ヽ `ヽ、ヽ'"/ l ヽ.ヽ、,,/ /./´__ヽ.l ヽ,,l _,、-''´ハ  |     :  .い  ラ
   l\ ヽ、  `"´    `-r" / /__ ヽl,/'、ヽ   ノ ,l.  |     :.      ゾ
 ー┴-ヽ ヽ─---  、. . 'v' //ヽヽ l''"7ヽ l/,イl   l            |
 ::::::::::::::::::l l`"''ー---=-、、.l 'イ .O.l::/   ヽ,、-'"/ l__.ィ \、.         マ
 :l ̄`ヽ:::::l !  /::r==--、、l:::ヽノ;/___   //l l ヽv'::\__  ._/
 ::l ‐ッ、ヽ、 '、 fl:.:.`、ー┴'-ヲ:::::: K‐Ξー--'7r'"_l_l__」/::::/   //
 ,ハ  l ヽ ヽ'、 l.|:.:'"''  '"''":.:.:: ,,.l、`'亠'::::l /__:::::::::::::::::::::/
 /ハ 'vr"^/イ!`i.|.r' ,     _r'_,,:::..l `" ':,'/, /:::::::::__,/
 / ハ ヽ ,'i l.| l.l'"''  ,r''"、、 `''"^ヽ 、il/l'イ/ ̄ ̄
 ,/ ヽ .ヽ,'.l l.| l |  ,:'  ,r-----、" l ,/ lハ/
   /,ヘ、,' l l|  l|、,,   ;'   ̄二 '  '.,ハ l l
  / ///,' l || ||//ヽ、,,ィ  ,ィ1"''ヽ /l l l |ヽ
 / /// ,' l .l | ll// /ヾィr'1l l  l.lヾイl .l l lヽ\
  /// .,' .l .| | l|// / i l l.| l   l l l l .'、.'、'、 ヾ\
 /// ,' .| l | l.|l l l l .| l| i l  l l |.ト '、 '、ト、 ヾ\
 "''ー、l .l! l | l | ! l l.|  l  l  l l |.l'、 '、 '、ヽ  ヾ\
 ::::::::::::l .l .l | | l.|l l l | l .|.  |  l l l |ヽ ヽ ヽヽ  ヽ\._
 :::::::::: l l| .| l .l l| l  .l .l l |  l  l l |、ヽ  ヽ ヽヽr'" ̄`ヽ、-───、'''"
 `ー''"l l | l | l .l l | l l . l .l .l l ; lヽ、ヽ   ヽ ̄::: ̄ヽ  ヽ_,,、-‐'''"l:::::
   く;;l l l l | ll l  l l l l l .l l l、lr:::ヽ ヽ   ヽ::::::::::ノ   ,ノ____/::::::::
-------------------------------------------------------------------------------------------

  メラ  初級火炎呪文

  魔法使いが最初に取得する、基本的な呪文。火の玉を飛ばし、相手を燃やす。
  10〜20のダメージ

-------------------------------------------------------------------------------------------


.

287名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:33:05 ID:Neeqxv6w


             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |           もっと具体的に言うなら、
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |           こんな感じ
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}       「10〜20のダメージて……」
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |       と、せっかくの大魔王様も形無しですよね?
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ    しかし、『メラ』という呪文を知らない人にとっては、
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ     『初級の呪文である』という情報を与えないと、
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /      このシーンの凄さが分からないと思います
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
      /  /   ∧/::: |      ||    イ  〈     !



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                     もう少し、ゲーム性と物語性を『引き離した』方が、
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                     バトルシーンにも面白みが増すと思います
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    極端な話、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    かえんほうしゃで、水ポケモンを圧倒してもいいんです
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /    メガトンパンチが、ゴーストポケモンを倒してもいいんです
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /     『物語』なんですからね
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',
               ヽ-‐‐ i/ ヽーニ i   ヽ i     \. ',

288名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:33:36 ID:Neeqxv6w


  l    /      /_.|-''' | l |           |l  l !ヽ!  !    !    !
  |   ,'      イ  |  l | l          !! ,' ! |\|    |  | l
  l   i     /〃 /! _|_l l!         ,'l_/__| ∧ |\  l  | |    『必殺技だから、そう何度も使えない』という
  |    | |  /   !l! //,二`ヽ\      /アr二、\l イ !. ヽ,   ! !    本作オリジナルの『PPの解説』
  l    | |    |V〃/ ∧o.|l   ヽ.    //||o.∧.ヽ l! | l  /   | |    なんかは、『ゲーム性を物語に組み込めた』
  |    l |    |イ|! l!く  >||   ',   , ′ ||く   >| l!ゞ  /  イ /    いい一例だったと思います
  l    | l    lヽ、l!o V  ||     }/    ||o ∨ /// .イ  ,' l/|
  |    l.ハ     l  'ー---‐'            `ー--'-'/イ /  ./  |
  l   l ! ヽ   ', ////      ////  l/ /    !    これからも、ああして
  |     !l   \   \          、         ,'‐ '´ l!   |    『ゲームを物語にすること』
  l    l!     `ー---      、___,        ,'    ,'     !    を意識してみてはどうでしょう?
  l!         | ヽ.       |     |     /    ,'     !
.  ハ    |     |', | \     |     |    /   /      '
   '   |     | ヽl、  lヽ、   ヽ _____ノ  // ,イ  /!     ,'\
  ,. ヘ   !     ! !::::\!ヽ、`    `´   / /// イ:::|     /  \
./   \ |\   | |:::::::::::::::::\  ` ― ´ /:::::://::|::::!   /      ヽ

289名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:33:44 ID:0nj4GzbA
なるほど、参考になる

290名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:34:06 ID:Neeqxv6w


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !      というわけで、本日はここまで
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !        ポケモン好きなら、読んでみて損のない
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |      『深い』物語です
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !     
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'       ぜひ、ご一読を
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ・ストーリー展開に無理がないか、突飛過ぎないかという点
     ⇒人とポケモンの区別がつきにくい

    ・見辛い表現、解りにくい表現のご指摘
     ⇒AAの切断を多用しすぎではないか?
     ⇒リグルと御剣の決着が判りづらかった

    ・話のわかりやすさ等、読者に伝わりにくい部分があるかのご指摘。
     ⇒これから、情報量が増えてきた時に期待

    ・やる夫スレ作成の作法? 的な部分ができているかどうか
     ⇒台詞との距離感を
     ⇒投下中の修正は見づらい

    ・演出が過剰すぎないか
     ⇒むしろ、もっとやれ!!

    ・その他
     ⇒ゲーム性との解離を

----------------------------------------------------------------------------------------------------------




       ヽ o  l
       (      |   レ'}⊃ ─── ・・・ ガクリ
     / 、_) ヽ   ー'   '
                                   ゲンガーは、俺の嫁

          ∫∫∫
            __
         /`ニニヘヽ`ヽ     ∧/}
.          /// //i i } } 丶\_{ / ムヘ          以上、スレ汚し失礼いたしました
      __/// // ハ ノノ ノノ  ) } }r‐くニ二}‐、─、‐、__
      (}}__(((ハ从ハハ(}} ̄ ̄ ´_ノム ノヽヽ〉 ̄)) ̄) }
               ̄ ̄ ̄    `'\/ ̄ ̄ ̄`ー'

291名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:34:30 ID:0nj4GzbA
もつもつ!

292名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:34:56 ID:rsyjR/RQ
評価乙
最後の項はゲーム系ならどれでもだいたい当てはまるな

293名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:37:37 ID:ZWTkQlR.
乙です、サイドンは俺の嫁

294名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 15:51:27 ID:KiR9U44I
横から申し訳ないけど、ツツジ戦は序盤なんだから、もうちょっとコンパクトにしてもよかったと思う。これからもこんな長いと流石にきついしね。
話自体は結構好きだから期待してます。

295名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 16:46:26 ID:IJqIiWlk
評価乙!
なるほどねぇ、ゲーム系を作ろうとしてる身には参考になります

296名無しのやる夫だお:2010/02/02(火) 16:58:00 ID:R7FzNHMk
評価乙です!
ゲームはそういう技の設定とかも
うまいこと使って行かないといけないんですね…勉強になります。

297. ◆HNyBlrQHeQ:2010/02/02(火) 18:10:23 ID:htHJy.fI
素早いご評価ありがとうございます!
なんというか……感無量です!

・人とポケモンの区別がつきにくい
ポケモンをあまり特別な存在にしたくない、との思いで、なるべく人型のAAを多用していましたが、
裏目に出てしまったようで……
キャスティングはこの先のもあまり変えられないので、なるべく『ポケモン』だという事を意識して描写してみます。


・AAの切断を多用しすぎではないか?
あまり重要でないキャラにまでこの表現を使うのはやりすぎでしたね……


・リグルと御剣の決着が判りづらかった
ここは自分も見直してみて『分かりにくかったな』、と思った場所でした(汗


・これから、情報量が増えてきた時に期待


・台詞との距離感を
見やすい位置というのは測りづらいですが、頑張ってみます。


・投下中の修正は見づらい


・むしろ、もっとやれ!!
ありがとうございます!
バトルシーンは書いていて楽しいのですが、こちらが空回りしてるのでは?
と不安になっていたところでしたので、ありがたいお言葉です


・ゲーム性との解離を
難しいところですね。ポケモンでしかやれないことをやりたい、というのがこのスレの趣旨の一つでもあるので、
試験的に導入してみたのですが…… 技の説明だけで十分ですねぇ……

>>294
初めてのジム戦、ということもあり、それぞれに見せ場を作りたかったもんで……
あと一バトル一投下は欲しいなぁ、と。でも流石に長いですかね? ……今一度よく考えて見ます。

重ねて御礼申し上げます。評価のほう、ありがとうございました!

298名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:52:28 ID:bsTT5d0E
こんにちは。
これから評価を投下させていただきます。

299名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:54:40 ID:cZyY8A3w
おーし、レッツゴー

300名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:56:32 ID:bsTT5d0E



气三三三三三.::|   \ …-   __  r -           _,ィ=ャ、
.  ` ーァ'三三.::::|  /  ̄ヽ       ̄¨ ー 、      /.三三ミ.
    /三三:ヽ.:::|   ル'´迅!\         ヽ ,.--.、イ ニ三三三ト、 __         男の魂背中に背負う。
   .f三::/l:::.:.l:`∧ / ;´ ̄ヽ \    ,zニ三三三三/ ! Y二二_ミニY 三ヽ       不撓不屈の鬼リーダー・カミナだ!
   |三7 V::.|、迅!\  ノ¨ヽ  ヽ     三三三:/ i l\      ノ 三ニノ
   |/´   V小. z 、 // _,ム.  ∨ __,三三∠ ノ ヽ. ` ーr .壬三三/{_
       ヽト∧  んイノ   i   レ´             \  {/ .::ニ三ム三`Y     俺はやる夫スレの評価なんざ、
___,. -‐ 壬  \ ` 、// / ゝ .._   , --<_ ,z=ニ三,イ 、 .ニ三|三ニハ     これっぽっちもやったことねぇ!
三三三三三三三三 .\ ` ´ /{ ,ィ }   /三//7ーォ    ̄ ̄/  ヽ.\ニ/三:/三ヽ
ヽ三三三三三三三 .三\..ィ  `! /-ォ'三/l! {{  ヽ、   , ′    _ノ.ニ三|三:/
  ` <三三三三    三ニ|  ィァ' / ニ/  l! {{   ` ー/     /   ニ/三ノ、    …だが、要は気合だ。
     ` ー‐‐ 、  三/´ナ//{-彡 / ヽ.l! {{     ゝ'ニ …く 、_,. ¨´ヽニ/  \
       ,. z=!. /´   // /   /- 、 i \\     ーァ ´  ̄ ` ̄  ̄       すべて気合でやってやるぜっ!!
      /三,ィ=V/.   //  ∧_/ ヽ.:.:ヽ! - ヽ.≧z--イ ヽ:、
.     /三ニ/ ノヘ!> './  /      V.:.:|:\ _ _ ___,.り   ヽ\
.     /三ニ/ヌ ヽ._ , イ  /    , -┐ ハ、.:.:.:.:.:.:.:.:.://    ヽ \

301名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:57:04 ID:bsTT5d0E


ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/
【魔界】やる夫がコンビニ?バイトするようです【コンビニ】

                 fi
                  r┼、
                    y二j             今回、俺が評価するのは、こいつだ!
                 j≡|
               (  )
                } :i
           __,ゝ 、. ィ  .i
            ´>:;:;:;:;:;/|j彡ミi
.          ォハ;:;:;;_/ .|   ,ゝ
           从k´ナヽ彡´.j            すでにシュバルツ兄貴(>>161-172
             f     ノ            ギャル夫兄貴(>>197-203
            ,(     丿             さつき姐さん(>>206-222
          〆  ノミヽ.i              まもり姐さん(>>238-258
         ノヾ.Y∠三ミミi              以上の4名が評価を終えているが、
       /  ノ }彡ヾー一--z
       j'   j´{ゝyヾ.´二`゙゙ヾ{
      ,ィ弌シ   7弌 f:;:;:;:;` ー}            んなこと俺には関係ねぇ。
    /ミシ´ 、ヘ{( } }:;:;:;:;:;:;:;\ 
.   /  { ./:;:;:;ヒ:ゝ| |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
   {__r ノ/:;:;:;:;:;:;:;:;:;辷}:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\       かまわず俺流の評価をさせてもらうぜ。
.     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\

302名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:58:07 ID:bsTT5d0E


.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =         まず、感想から。
.:.:.:.:.:.:.             |
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ           <1.ストーリー>
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス.         うん、非常に面白かったぜ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '           普段、俺たちが利用するコンビニが魔界仕様になっていて、
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.       来る客も売っている商品も、すべてが現実のものと異なっている。
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│      そこで働くことになったやる夫と悪魔の店長水銀燈たちとの
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /       ドタバタコメディーが楽しかった。
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、          終盤のすっかり魔界コンビニになじんでしまったやる夫が
                                一番好きだったな。

303名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:58:26 ID:bsTT5d0E


            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|        <2.AA改変>
         /.:.:./.:.:.:/\:.:.:./   <:.:.\
       ∠ イ:.:!:.:.:/ノ  ∨ `ヽ  |、.:.:<       毎回、AAの置き方、改変に精魂こめられてある。
            |/|:.:/ ○     ○   .|ノ.:/
            |/ヽ⊃ 、_,、_, ⊂⊃//
             \/⌒l、 ____\ ̄ 7          ……ただ、これについては、後述でくわしく。
            /  /、______/   \
             |  l/¨¨¨¨\    \




            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|        <3.演出>
         /.:.:./.:.:.:._ノ:.:.:.:./ ヽ、_<:.:.\
       ∠ イ:.:!:.:.:/○ ∨  ○  |、.:.:<       演出に力を入れているのがわかるが、
            |/|:.:/⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ.:/       気になる点があった……
            |/ヽ、        .//
                \>,、 ____\ ̄ 7          これも後で話す。
               / ヽ______/   \
                / /¨¨¨¨\    \

304名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:58:50 ID:bsTT5d0E


        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::三三三`ヽ、
      -―¬/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::_:::::::ニ三三三∧
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::_,::-―::、三三ニ',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::,zム‐z三三三三ミ'
          /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::|―'     三>三三ニト、
       /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       三\三三三≧z
        /::::::_,.r::::::/::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::|       ニ三}三三三>
     /,.ィ´ }:::::/::::::l:::::::::::::/  ∨::::::::::::l    ,r=―ニニi三Y⌒    じゃぁ、ここで、俺が気になった点を述べようか。
     /     i::::/,.ィ´}:::::::::::/ `≧、∨::::::::i   ∠_ 三三|`≧
         i::/:::::,r-l:::::::::/r云:::フソ\:::::i≦'弋z::フ㍉、三}三ニi
         l:::::::/  |:::::::/ ^ゝ辷ノ^  \{  ト≧≠イニニ∧三,'     ちょっくら辛口になるかもしれねぇ。
         |::::∧  |:::::/       }  丶      三ニ∧ニ/
         |:::/ ヽイ::∧       |         三三ト- '      歯ーー食いしばれっ!!
         |/.   レ' ヘ       、 ,     ,三ニ/
               ハ                、ニ三/
                  l\  ー―‐ ¬Tフ勺三,,イ
                    i .\  `'‐―― ≦三/少、
                     ,ヘ  \  ヾ   三/三 |三\
          _,..-―¬"  ',   ヽ   ,ィ三三ニl三三≧、
        /:::/             ̄     〉 |ニ三三三\
   ,..―7¬:::::::/         \        /   三三三ニ`'‐.、
  ̄/::::/  {:::::/                        三三三三三三

305名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:59:32 ID:bsTT5d0E


            http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/129-130


      __ -‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-‐-、
    <_::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ              <<AA改変について>>
        ̄ 7::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::ム;;:::::::::::::::::::::l
        /:::::::::/::/::::::::::;/|:::::::::/  "''ヾ、::::::::::|              例えば、上の場面では、
          /::::::/:::::/::::::::::/  .|::::::/   _   ≧:::::l、             やる夫が店にやってきた客に
.         /::::::ム‐::7|:::::::::/\,,,,|:::/、 ''"   \ i::::::::::::ニ=‐           かじられているシーンなんだけど、
        /::::_ -‐ 7/|::::::/‐弋ラ|/   、弋ラ丶 ト、::ト、|             一見ではちょっとわかりずらかったなぁ。
     //   /:::l |::;イ ` ー ´     ` ─ ´<\|'
     ′     |:::::>レ'゙|       ノ    r-'ニ、─i`i
        , 'l::|/  `|     `´    `‐┐ |  | ト..、            すぐ上のAAはモロのAA、
    , -‐'i´|  l:::::l   \  -─‐-、   _/  ' / l|:::::l丶、          次のシーンではゾイドのAAになっているから、
    /:::/ /:/  l::::::l    \    , -‐ ´     / |:::::| |:::|``r..、
  /:::/ /:/   ヽ:::ヽ   \ \_/       /  /::::/ |:::|  l::::ヽ     「あれ?やる夫は複数の狼に
  /:::/ /:/       ヽ:::ヽ     l´ -‐─‐r‐ ´  /::::/  |:::|  ヽ::::l     囲まれているのかな?」
 l/ /:/‐-     ゝ:::ヽ_   |   -‐ | _  /::::/ / ヽ:ヽ  \|     と錯覚した。
 l //     /::::::::/ ̄  | / _ | ̄\`'::::/   |\ \\ /
 ヽ´      `ヽ、::/      | ̄    |   \/    \:\ ゝ/



  /.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
/.:.:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:∠;;;;;;,;:.:.:.:.:.:|
-‐''7:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:.:.:./   ≦:.:.:.:.:.:!
  /.:.:.//.:.:.:.:.:./ .|:.:.:./  , -‐\:.:.:.:.:|
. /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:./.\ |:.:./_/‐-  〈:.:.:.:.:.Ζ
/:.:.;イ:.:.:|.:.:.:./弋ラ>|.:/"、弋ラ`, |r´`l:.:.:.>         あと、130でも、口の大きさとやる夫があっていないから、
/ |:.:.:.|:.:./ ー ´ |/  `ー   > |/         何をされているのかわかるまで時間がかかったな。
   |:.:.:.∨:|   〈 、         / /
   |:.:/|:.:./l               /ィ
   |/ |/ ヽ  ´ ̄ `   / |            ちょいと俺なりに改変例を作ってみたぜ。
        \     /    \
   ,,... --‐''''"´\__/  /     \
-‐''"シ 〃 /l/  \    /       ヽ
二彡'''"  |l/‐-、  ヽ  /      ノ三|l、

306名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 14:59:57 ID:bsTT5d0E


AA改変例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ,く    /,─/ ̄    `.く´  ,,‐/ ./ // / /ヽ‐,ヽ / ./i  |  ./ i ヽヽ‐´ //‐,,、 \ii
                 |  ヽ、,.‐ヽ.i /,‐,       〉‐i彡 /  / /i .| i   i i |//____|\ヽヽ __//ヽ |ヽヽ ヽi、
                .i‐ヽ /,,,‐.、ヽ/|=i  ,,_、_ / |.|──‐/ヽ | | i  ,,/ヽi‐|ヽ ヽ_─〈   ヽ//ヽ〈  ヽ .| ヽ∠__
                .|ヽ、| i /´ヽ/|三|二〈 ヽヽ‐/ .|.|──く  .ヽ| ヽ_二ノ‐く/  > \  \      / |‐‐´ | 三()
                |  .|´ ></ .|三| |/ヽヽ|ヽヽ/ |ヽ   ヽ  ヽ 二ヽi´ .i | /三/ヽ\__ヽ∠─ ̄ >──>フ`´
                |ミ=|    //.|三〉|/::::ヽ─‐::i、 | ヽ   ヽ  .`/ / i  ,‐、ヽ二ヽ´         .__/__,,_ /
                ヽ=.|   >i ヽく=//i::::::::|:::::::::::ヽ |  ヽ   ヽ  i i ノ`´  \ ノ         〈_/__/ / 〉´
                 ヽ|__/_|、 ヽ  ヽ.|::::::|:::::::::::::ヽヽ/〉── ̄ヽ ̄  __/ /|            `´ `´
               />  〈´,,,,,、i |ミi三.i.`i::::ヽ:::::::::::ヽV   |``二─── i.i ,‐i i |.|、
              ,i´// ヽ、/、/ /─i .`ヽ::>──ヽ〈_──´  ____
            /く_>,─、─フ  ヽ/_ / iii,,,  ヽ──〉      /      \
        ,,─/ //.///´´     .|.|=| |ヽ,/i iwwi.i i´ヽ    /  /   \ \    ギャアアアアアア
        |ヽ `く/ // //       ヽ‐|i|i|、|ii/ ii| |/  ̄ ̄/  。(>)  (<)o \
     ,,,‐i、,,〉.| |,─、く_〉=‐´              ヽヽ´i´i〉⊂ノ ̄ ̄|  o  (__人__) u  |   ギブギブギブ
 ,,─</>‐、ヽ,,‐‐i |        ガシガシ     ̄ ̄    ⊂ ヽ∩   | l |   _/
∠´ /‐ ヽi  i __|ヽ=く__i                         '、_ \ `ー´    )    てんちょーーーー!?
ヾ‐∠─´ ̄ ̄                                 \ \ / /|
                                             |\ ヽ /  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ___
  > ``´〉ー、
  7ミレW゛ "}ゞ      コマンドウルフのAAを別の奴に替えて、やる夫のかじる部分を頭から手にしてみた。
   ゞ(q `ヒi´j
  〃)}。`´。{(ヾ      これならやる夫が手をかまれているのがわかると思う。
  \〉ニニニ〈シ
   .}=芥={       また、やる夫のふぐりも残っているから、やる夫が何をされたのかもわかりやすいはず。
    j  ハ .|
   く三| |三ゝ
   (Y__」 L__Y)      なにより、こっちの方が改変が簡単だったぜ。

307名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:00:47 ID:bsTT5d0E


.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =
.:.:.:.:.:.:.             |
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄           このシーンってのは、原作は頭をかじられているのかな?
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ          だとしたら、余計なお世話かもしれない。
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '            ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人_从人
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.        <                             >
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ      <     ただ、AA劇というのは              >
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |      <     原作に忠実じゃなくていいんだ!     >
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│       <                            >
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒W
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、



    i^i            __,,;ャ
  rf i tヘ        ,j彡:::∠__
  |   . j     `ゝ`':::::::::::::::::::::::::::;ゝ
  .i  f´        j:::::::::::::::::::::::::::::ヾ`
  {==ニi       i:::::::::::::::::::::::::::::::::スト、          たしかに、やる夫が頭をかまれている方が絵的には面白い。
  i   i        j:::::::::::::::::::::::::::::jソ
  i   i      ⌒ゝ;;:::::::::::::::;;;;;;''|
.  i   j、         `ーヾ゙゙゙,〆二ヘ            その後にやる夫の頭が変形するオチにも
  i.  ´ ノ ̄`フィヽ.ー─-Z¨´ソ´  ゝユー-- 、      つながるから、ネタとしても良い。
.  ヽ、  |   '   :     `    ´      `ヽ
    ヽ、.|     :          Y       : ヽォ
      └-、     :         |       : ノ  \
         ` ーk            |      :      \     しかし、演出のわかりにくさが
            ヘ                  ト、__    ノ`ヽ    物語の傷害しているとピンと来たら、
             ∨             j ヽ   ノ     ヽ
              |ヽ   、          /   ヽン''ソ    丿  別の魅せ方を探った方が俺はいいと思うぜ。
              ヤ ヽ  ヽ、      ソ    ノ    ./
              i   ヽ   `ー--ー-、ノ   ,イ   ./
              i     ヽ、      メー-ィ'   /
              i      ヽ     (    /

308名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:01:23 ID:bsTT5d0E


\: : :: : :: ..r≠x      : ::.  `  ー 、  `ー'- 、 ..     {    .:::: :: :::: }
  `  、: : ::ゝ、 }: .    . : ::: .      :::`ヽ、   Y::::. .   l   . :: :::: :. ,′
      ̄ ̄  ` /ト、_,.ィ : : :: .     : :: :: ゝ、_{:: :: .::  |   . :: : :: ::/
  _____,. -/:/r '::::ゝ: :: : :: .., -──- / Y:: ':、:::::::. |  . :::: ::::::::,’
   ` ーァ:::::::::::::{`ー─≠. :: :: ::/     / /|:: ̄ ̄ ̄{ . ::::::::::::::/
    /:::::::rレ/: :Y     . ::/  . :  ∠ - '´::::::ハZ_ _<∧:::::::::::::::Y    それをするためには、次のことが必要だ。
  /:::::::::ノ {/ : : ト 、  ./ ,/.   .f⌒ー-- 、∧   ̄ ̄彡ハ::::::::::, ´
_,/::::::ァ:/::ヘ/!ィツ:/   }}/  /:  /三三/ /≧xー─=キ }:::/
 ̄ ̄/:/:/\ト _ノ,1  〈 {   l: , ' 」三三{ /三/ヘ`',<__,>彳/         ┌────────────────┐
  /:/レ'   廴 /ノ  / `ヽrf }:./三≦x三l |三{  ヾ≧x≦彡l/.         │                       .│
  /´       `Y  /    {∧/三三三Z`ゝⅥ{_   {/   /        │  ・投下前の原稿の確認        │
            `ー′   jハ |  、   ̄ ̄     /「 }ト 、_/.         │                       .│
                // }lト、 } ′    /,ィ/Z|                │  ・使えるAAのストックの用意    .│
               f/  ||J l     /≦{{ Ⅵ|                │                       .│
               |l ノノ、_.ィ  }     {三≧彡}            └────────────────┘
                   `  \} ノ,  -‐- ,\三三l

309名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:02:03 ID:bsTT5d0E



            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\        投下する前に、もう一度読み直してみることだ。
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|        読んでいてひっかかったところがあったら、
         /.:.:./.:.:.:.\:.:.:.:./ / <:.:.\      AAを修正するなり、台詞を付け足すなり改善すること。
       ∠ イ:.:!:.:.:/(ヒ_] ∨  ヒ_ン ) |、.:.<
            |/|:.:/""  ,___,  "".|ノ.:/
            |/ヽ、  ヽ _ン    //
                  >,、 _____, ,.イ´



            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\     話の面白さのわりに残念なのは、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     このてのケアレスミスが多いんだ。
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|
         /.:.:./.:.:.:.\:.:.:.:./ /<:.:.\    タイトルも間違えているのは、ちょっといただけない。
       ∠ イ:.:!:.:.:/● ∨  ●  |、.:.:<     
            |/|:.:/⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ.:/     だから、今後スレを作る上で一番大切なことは、
            |/ヽ、  ゝ._)   .//     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                \>,、 ____\ ̄ 7       )                  >
               / ヽ______/   \      <   まず、おちつけ!    >
                / /¨¨¨¨\    \     <                 (
                              /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^

310名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:02:26 ID:bsTT5d0E


         /: : : : : : : : : : : : : : : : : lヽ: : : : : : ::二二: :ヽ/ /
         ト、: : : : : : : :i: : ヽ: : : : :: ::| ヽ/ ̄"―┐: /  /
       /\ `  、: : |: : : ::ヽ: : : : :l       //   /           完ぺきな作品は作らなくていい。
       /: : : \    ヽ|: : : : :/ヽ: : ::|     /`/    /
       /: /ニ|: :\   |: : : : ト、ヽ: : l    //       /             けど、自分の作品に愛着があるなら、
     //::/三ニ|: :/ニ\ l: : : :|  `ヽ::ヽ― '´     /ヽ            丁寧に作るべきだ。
  /ヾ//   |/三三}\l: : ::l      ヽヽ      /V ノ \
/ヾ三三三三三ニ/ |ニ'、<l: : :ト、     个ー、   / レ'/    l\___      投下前にミスがないか確かめるだけで、
三ヾ、__     |/  l川 \l:: :l \/ 、!,   `ー'   厂     |三三三l`ヽ、   単純ミスは大分なくなるはずさ。
三` ̄ ̄   \,,   ィニ=::::::V、 r、_____, イ}  ノ:::     |三三三三三>、
三ニ     /ヾヽ三'/ :::::::::::::\ヽlヘ    ヘ ノ イ:::      | 三三三/  ,==\
三三ヾー/    V/   :::::::::::::::\`ー―一'/:::::        ,'三三三/ /三三ニ
三三ニ/       ',      ::::::::::::::::`ー―‐'´:::::................   /三三三ll  i三三三三
三ニ/         ',      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /三/ l三ニl  |三三三三
                ヽ                      /三/ |ニ三l  |三三三三
              \                  /三/  .l三ニl  |三三三三

311名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:02:59 ID:bsTT5d0E

 |
 |  演出に必要な擬音・ふきだし・境界線は
 |  やる夫スレでいい奴を見つけたら、
 |  すぐにエディットなりメモ帳なりに保存した方がいい。
 |
 \__________  ____________/
                  | /
                  |/
    i^i            __,,;ャ
  rf i tヘ        ,j彡:::∠__
  |   . j     `ゝ`':::::::::::::::::::::::::::;ゝ                /⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ
  .i  f´        j:::::::::::::::::::::::::::::ヾ`                 )
  {==ニi       i:::::::::::::::::::::::::::::::::スト、         。 o O  (   ふきだしをうまく
  i   i        j:::::::::::::::::::::::::::::jソ                  )   使いこなせるようになれば
  i   i      ⌒ゝ;;:::::::::::::::;;;;;;''|                  (   演出に幅が広がるぜ
.  i   j、         `ーヾ゙゙゙,〆二ヘ                 )
  i.  ´ ノ ̄`フィヽ.ー─-Z¨´ソ´  ゝユー-- 、            `⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
.  ヽ、  |   '   :     `    ´      `ヽ
    ヽ、.|     :          Y       : ヽォ
      └-、     :         |       : ノ  \
         ` ーk            |      :      \
            ヘ                  ト、__    ノ`ヽ
             ∨             j ヽ   ノ     ヽ
              |ヽ   、          /   ヽン''ソ    丿
            __∧___________________
          /                                \
          |     ま、ここまでこだわる必要ねぇけどな

312名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:03:44 ID:bsTT5d0E


<<演出について>>

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261061574/135-137


  /.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
/.:.:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:∠;;;;;;,;:.:.:.:.:.:|
-‐''7:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:.:.:./   ≦:.:.:.:.:.:!
  /.:.:.//.:.:.:.:.:./ .|:.:.:./  , -‐\:.:.:.:.:|       これは狼がうどんに映った月を観て、
. /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:./.\ |:.:./_/‐-  〈:.:.:.:.:.Ζ      狼男(娘?)にもどった、というシーン。
/:.:.;イ:.:.:|.:.:.:./弋ラ>|.:/"、弋ラ`, |r´`l:.:.:.>
/ |:.:.:.|:.:./ ー ´ |/  `ー   > |/
   |:.:.:.∨:|   〈 、         / /        ここは、変身途中と変身後はレスを分けたほうがいい。
   |:.:/|:.:./l               /ィ
   |/ |/ ヽ  ´ ̄ `   / |
        \     /    \        その方が演出にメリハリがつく。
   ,,... --‐''''"´\__/  /     \
-‐''"シ 〃 /l/  \    /       ヽ
二彡'''"  |l/‐-、  ヽ  /      ノ三|l、



       /;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;x─'''''´
     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ
    /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;∧;、;;_xv.;.;.;.;.;.;.;.|
  ./;;;;;;;;;彡´{ ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ ;;;;; ;;;;;;;;;;;;/     `}.;.;.;.;.;.|
 /ィ´     {./;;;;;;;;;;;;;;;;ィ;;;;;;;;;;;//;;;;ィ ;;;;;;;;;;/       }.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヤ´
         /;;;;;;;;;;;/l;;;;;;;;;;;/ /;/i ;;;;;;/        }.;.;.;.;.;<,,_
      /;;;;;;;/メ).j;;;;;;;/ `メ、  j ;;;/       ,ィ、  /;;;;;;jー--ー'´
.     /;;;/{. i マ. j;;;;/モ キf;;;;;シ、i ;;/   _,,/  ヘ /;;/
     /ィ´  {. ヽ ソj'  `ー゙゙゙゙' j;;/  r'´zオ;;ッ、  /)     また、蒼星石のAAを出す前に、
         } `メi       ノ'    i  `¨ー ' /,'      変身途中のAAを入れた方が、なお変身の凄味が出るぜ。
         { / i  ,ィ.       |     j
         レ  .ヽ ヽ、` 、    ノ      j'
         {    '.  ` 、 ` 、     /         次の例にあるウルフの背景の丸は、
          ヽ    '.   、` ー 、`_フ /           見ているモンには月にも取れるしどんぶりにも取れる。
             ヽ   '.   `゙゙   /
            i    ' ,       /
            `i、   ` rー一'ヽ

313名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:04:08 ID:bsTT5d0E

<<改変例>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .|               /;:;:;:ヽ、               /´〉,、     | ̄|rヘ                  |
  |              彡;:;:;:;:;:;:ヽ、        l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   |            ,‐ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ ./`>     二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
   ヽ    アオーン .\ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/    /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
    ヽ            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i                     (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
     .ヽ          ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉              o                     ./ `ー-、__,|    `"
      .ヽ         ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ o          /`|.ヽ,                    /
       ヽ         ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|、             ./
        ヽ         |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|            /
          ヽ_       |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|i         ./
           .\      |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      _‐´
              ̄─_   .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|__─ ̄
                 ─/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:|)
                 i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|)
                  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`───‐フ
                  ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:─´
                   ./;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                   ./;:;:;:;:;:;:;:ノ  ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
                  /;:;:;:;:;:;:/      ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 〉、
                 /;:;:;:;:;:/        ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
               Z;:;:;:;:;:;:;:/ ||        ヽ─‐´ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:彡   |;:;:;:;:;:ヽ
          ___,,‐く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:=´             /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、    ヽ;:;:;:;:ヽ,,
         /// /__>___/ヽ_ゝ            ∠;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ     ヽ;:;:;:;:;:;:ヽ
          ̄ ̄                    //// |/ /|_|__|_ヽ__|      ヽ;:;:;:;:;:;:;:ゝ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

314名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:04:26 ID:bsTT5d0E


         l      |          /   /  ヽ-     |(/ヽ
          !        !;;,         /'  / __   !       ! ヽ  !
       |、       l;;;;;;..     ,'/./ ,、_) ヽ  「     |/ /
        | ヽ      !;;;l;;;;;;,.   //    ゝ二ノ /ヽ     | / /
         !、 ,;,    | '!;;;;;;;;, //       /ヽ       !/   /    黒く塗りつぶすことで姿が変わっていく
      ├ ` =、   | ヽゝ;;;;∠ 'ノ` ー┬┐_ニ´/        !  ノ     演出にしたかったんだが、どうだ?
       !  ト-ヘ  ハ |, ヘ;;;;;;;;,,,`ニ三二 ニ¨       ├'´|
      iヽ、  ̄ ∨/ノ「、 「 ̄ ゙';;;;;;;;,,, ̄ ̄ -┬n     !  |
       | ';;;;三ニ;;;//  ヽ     ゙゙';;;;,゙゙''゙゙    / !|      !
      !  ゙;; ̄';;;/     !  ,.    ゙゙''   / 」´ }    !   l
        |  ;;  ;;,       ト. ' r‐     / / r' /       !
       ハ ';;, ';;;,      `  _ -‐ ~_/ ̄ //   /
     /  \;;,, ゙';;,、\、_ -‐ ¨ __ -‐'´   ノ /   /
     ハ    / \ ';;,  \Y´ ̄    _ - ´ /

315名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:04:56 ID:bsTT5d0E


. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´   それと、せっかく魔界コンビニが
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`      舞台のお話なんだから、
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/        話にもっと店の売り物を
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !         登場させて欲しかったな。
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶、
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/     `丶 、       そこらへんが、前の評価にもあった
''         l/   i、   、______,、   ,'          \
                !ヽ、   、   ,      ,イ              \      キャラクターが薄い
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l                \
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l          , - ... _   \ にもかかわってきてしまうと思うんだ。
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!       /    ¨ ‐ -

316名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:05:26 ID:bsTT5d0E

.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =
.:.:.:.:.:.:.             |
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ        先ほどの頭をかじられたシーンなら、
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス.         「塗るだけでやる夫を再生させる薬」とか。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ      掃除をしているモップやほうきも、魔界特製のやつとか。
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、


改変例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ___
        /    \
       /       \
      |          | おれたっちゃ裸がユニフォーム〜♪
      \        /
       \  ヽ    \
       //  ,ノ      )
      /( ノ        \
     、( 'ノ(      くヽ   `ヽ、
    //` \____>\___ノ
   //
 //
川川川ミ  ←魔界モップ(持つだけで勝手に床を磨いていく)
彡ミミミミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

317名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:05:52 ID:bsTT5d0E


                 fi
                  r┼、
                    y二j
                 j≡|
               (  )
                } :i
           __,ゝ 、. ィ  .i       とにかく日常にありふれているものを何でも魔界製にすることで、
            ´>:;:;:;:;:;/|j彡ミi       そこは非日常の異空間であることを、読者に認識しやすくできる。
.          ォハ;:;:;;_/ .|   ,ゝ
           从k´ナヽ彡´.j
             f     ノ      それで、キャラクター同士の掛け合いもしやすくなる。
            ,(     丿
          〆  ノミヽ.i        これも演出方法のひとつだぜ。
         ノヾ.Y∠三ミミi
       /  ノ }彡ヾー一--z
       j'   j´{ゝyヾ.´二`゙゙ヾ{
      ,ィ弌シ   7弌 f:;:;:;:;` ー}
    /ミシ´ 、ヘ{( } }:;:;:;:;:;:;:;\
.   /  { ./:;:;:;ヒ:ゝ| |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
   {__r ノ/:;:;:;:;:;:;:;:;:;辷}:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
.     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\

318名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:06:24 ID:bsTT5d0E


    /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::::::...||   \:.:.:.\:.:..:./´      <<まとめ>>
   ./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:::::::::::::::::::||....     ∨:.:/^〈
   /:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|:::::::::::::::::::||:::::.    |:.:.| / |
  ./:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧.:.:.:|:::::::::::::::::/ ̄:::`  |:.:ハ/ Y |       話のテンポもよく、面白い題材だったので
 /:/ イ :.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.. V:.:.| :/:://z≦v 7   |∧l //        続きを読むのが楽しかったぜ。
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::、V:.l:/:/弋仍' ム   |l / /、
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::::::::::ヘ|ヾ、:≧=≠彡シ   | /l:.:.:.:. ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.:/l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::}:.  `:::::  `ヾ、::::::::::; ハ/:::|:.:.:.:..       多少、こまかいことを書かせてもらったが、
     |:.:.:.:.:.:./ :|:.:.::|:.:.:.:.:.: /:::::::: }.   :::::     ニ´:::::ハ::::::::|:.:.:.:        アンタはAAの改変や演出をいじるのが大好きとみた。
      .|:.:.:.:.:/  |:. /|:.:.:.:.:./:::::::: 〈            ::::::ハ::|:.:.:.|:.:.:.:. 
       |:.:.:.//: |:/:::|:.:.:.:/ :::::::.  \ _      ノ〉 ::::/::::::|:.:.:.|:.:.::.: 
       |:.:/:::::   :::::|:.:./、 .:::.: _______,. <</  ::/:::::::/:.:.: |:.:.:.:.:        俺も好きだからよくわかる。
 ____,/|/::::::  ::::::::l:/  \:::. `ヾニニニニ  イ  :::/::::::::/:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.
:::::::::::   :::::::::::::::::::::::   ヘ:.:.:.\.     ‐-   .:::: ::/::::::::/::::::. /:.:.:.:.::. 
:::::::::   :::::::::::::::::     ',:.:.:.:.:.\         :::/ :::::::/:::::::::/:.:.:.:.:.:.:       辛口で書かせてもらった。
::::::    :::::::::::::::       ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 __/  :::::/:::::::::〈:.:.:.:.:.::  .:      だからこそ……

319名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:06:42 ID:bsTT5d0E

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::三三三`ヽ、
       -―¬/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::_:::::::ニ三三三∧
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::_,::-―::、三三ニ',
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::,zム‐z三三三三ミ'
           /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::|―'     三>三三ニト、
        /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       三\三三三≧z
         /::::::_,.r::::::/::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::|       ニ三}三三三>
      /,.ィ´ }:::::/::::::l:::::::::::::/  ∨::::::::::::l    ,r=―ニニi三Y⌒
      /     i::::/,.ィ´}:::::::::::/ `≧、∨::::::::i   ∠_ 三三|`≧
          i::/:::::,r-l:::::::::/r云:::フソ\:::::i≦'弋z::フ㍉、三}三ニi
          l:::::::/  |:::::::/ ^ゝ辷ノ^  \{  ト≧≠イニニ∧三,'
          |::::∧  |:::::/       }  丶      三ニ∧ニ/       お前を信じる俺を信じろ!
          |:::/ ヽイ::∧       |         三三ト- '
          |/.   レ' ヘ       、 ,     ,三ニ/
                ハ                、ニ三/
                   l\  ー―‐ ¬Tフ勺三,,イ
                     i .\  `'‐―― ≦三/少、
                      ,ヘ  \  ヾ   三/三 |三\
           _,..-―¬"  ',   ヽ   ,ィ三三ニl三三≧、
         /:::/             ̄     〉 |ニ三三三\
    ,..―7¬:::::::/         \        /   三三三ニ`'‐.、
   ̄/::::/  {:::::/                        三三三三三三

320名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:07:01 ID:bsTT5d0E

                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::バサァ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         __,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       __示::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ー弐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      自分の作る作品だ。
       ァ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ー- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      丁寧に作ってあげてくれよな!
      {/ リ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ̄''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   丶::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  丶:::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::/  \:::::::::::::::::::::::::}`ヽ::::ヽ   ゙L::::::::::::::::::::::::::::::::
       〈:::::::/      〉:::::::::::::::::::::::i  }:::::::',   ゙lハ::::::::::::::::::::::::::::::    以上だ。
       ̄     /:::::::::::::::::::::::::i  ヽ:::::::',     i::::::::卞、::::::::::::::    健闘を祈るぜ!
              〈::::::::::::::::::::::::::::::不、 ',::::::|     {ヘ:::::::-、ヽ::::::::
             フ:::::::::::::::::::::::::::, __j  }:::::i      `ヽ::::マ   ̄
           f:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   丿:::::i
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>  L::::::::::}

321名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:07:36 ID:bsTT5d0E
以上になります。
お話も楽しく読ませていただきました。

322名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:12:51 ID:IGYCkffA
評価乙!

323名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:13:18 ID:cZyY8A3w
評価乙です。

324名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 15:16:08 ID:CXY.H0Mk
評価乙

>まず、おちつけ!
初投下で同じ内容を多重投下した身としては
一番心にきた。

325名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:06:16 ID:dmBt2LTg
カミナ兄さん乙です。
続いて評価投下します。

326名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:06:56 ID:dmBt2LTg

           //                             ヽ
        /             ヽ
        //                              '.       こんにちわ、蘇芳・パヴリチェンコです。
      /イ/   /        }       i             ヽ  '.
.         /′  .′ /   /   /   |                '      今回は、>>157で依頼されている
        i {      .′  .イ   /   / |            V !     「【グラスホッパー】できる夫は復讐を横取りされたようです」
        i∧   i、 |  // //__/  リ               i  ト、     を評価しようかなと思います。
        |  \ ト\{  ///´////イ           /      |  ト \
        |   iヽf:rk乂{   ィーfr テァr ′        /    }
            { Vノ}      V//ノ /         /  /    | |      評価ポイントは、
.       .′   i ーノ       ` ー ´/          /  /  { |
     /   {   { 〈          /   /  /  /  /   八       ・話のテンポに問題はないか
.    ィ   人 八            /  /  //     ∧ /  }/      ・表現において伝わりづらい点、見づらさを感じる点はないか
.     ハ/     iヽ       ∠   イ   / /   .ィ    }/}         ・原作未読の場合は、原作を知らなくても理解出来るか
           ヽ{  \ ̄`       } /     // /ヽヽ ノ\
                \          -‐ // //{ /  }  /       ですね。
                 >ー一r             /    ハ /\       >>158では甘辛問わずとも。
               {〈    }__   -‐<    ノ^{   /       ボクの評価は甘い辛いというより細かいんですけど。
               |  ̄|/|    |         ´   ヽ  \


             /               ヘ          \
          //              \        ヽ        原作は伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」
            //     ,′          ヽ        ', ヽ
         '/   ..:..′   .:      .:   ',      ', :、      スレの読者が触れているように、以前、週刊少年サンデーで
        ':′.:.  .::..{   .:.:..  l  .:.:}..:   ,        ',  、      連載していた漫画『魔王』のネタ元のひとつでもあります。
          i:{ :.:{  .:l:.{  ..:.:ハ.:..: |...:.:/:リ.:}:..:. }       , ::、
.         j:{ :.:.', .:l: ', ..:./ 、}:.. /| .:/_/从_.:/|    .:  .:i:. ::、     ボクも、書き込んでいた何人かと同様、漫画しか
          ノ八 :.:..ヽ.:l:ハ, .:.|  |: / jノ}厶⊥.」_│   ...:..  .:i:.:.. \    知りません。
.        イ .:.ヽ.:..ぃ」イ_\|  レ′ '´ト'゚し':, }`| :   .:.:}  .:.:i:.:..,.:.ト、.:、
        l  :.:..\」ィfて_),       ゞ:::::ノ ノ リ .::  :..:リ ..:..:.:i:.:...',リ `   『魔王』が同名作品だけでなく複数の伊坂作品を
        | .: :.:..:.lハ弋:::::j       ¨´  / / ..:../..:..:.,'.:j:..:..:.}     混ぜあわせたものだということすら、知りませんでした。
        | .:.  :..:.., ` ¨´ j         /イ ..:..:/ .:..:/..:ハ:../
         | :ハ  :.:..ハ     丶       / / ..:../..:./..:/ }/
          |/ ', :.:..:..::、       _     /.:.:イ:.:.// .:人
        ノ   , .:..|',.:..|l..:.._   ´      / ノ/∨/..:..:〉
           \| ', .:..ノ:从ト ._   _, '  /   /\..:..:.ヽ
              j/  リ   `TI「  ./    / : : : ト、..:.〉

327名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:07:16 ID:dmBt2LTg

┌─────────────────────────
│・話のテンポに問題はないか
└─────────────────────────

                  /: :./: : : : /: :/: : :/: : : : /: : : : : : : `: : :\
             .': : /: : : : /: :/: : :/: /: : /: : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ     良好ではないでしょうか。
            //: /: : : : /: :/: : ;イ: /; : /: : : /!: : : : : : : :': : : '
          /イ/:/: : : : /: :∧: / |:/ |: /: : : / l: : : :./: : : :',: : :;     地の文を使わず、会話もしくは独白とAAで進められていて、
           /ノ: l: ; : : :.l: :.l ∨__j_ヽj/;|: : / ; : : :/:/: : : :}: : :|     調子がよく快適です。
           イ/: :}:l: l: : : :l: :.l  {ん'っトz |: / /: /l/|: :/: /: : ::!
           |/|:l: l: : :.人:.l  ゞ= ''  V //ニ/ー|:/: /: : : :,
               j:川: : : :∧!        /ん)::ト、/'/: : :./j      強いて言えば、
             从乂: :/ ヽ       { ゙マソ ィ: :/: /: /       場所を明示するのにAAだけで表していますよね。
            r=(: :.八:{ヘ           ノ    /: /: /: /       AAが大きすぎる場合は仕方がないですが、
           /ヾ.二/ ヾ、 \.   丶_ _     .イ: /: /: /        外からの情景、室内の情景と別々のレスにするのは、
          _/  / ̄\   丶       _ イ/}/: /: /        リアルタイムで追っている読者なら、ちょっと待たされる
         ノ \/ ( ) /     >-=:<}从: :|' /: //           気持ちになったりするかも。
         /    |\___/     /、     \ヽル;/ ´
      . ´      }   }     { \   / ̄}               狙った「間」とも取れますが、こういったところだけでも
     /       ∧   ト、       |}Ⅳ_()人               1分間隔の投下を30秒間隔にするのはどうでしょうか。
   / \     /  .  |::::\ー――:|!‐} /  \
   /   \    /   ( ) ヽ:::::::ヽ::::::::::::j}:::{ /    }、

328名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:07:43 ID:dmBt2LTg

┌─────────────────────────
│・表現において伝わりづらい点、見づらさを感じる点はないか
└─────────────────────────

         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\           話を追うのに分かりにくいところはないです。
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ.
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :' .
   ': :{: : |-‐トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、.       細かいことを言えば、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\      誠が轢かれるところでは、車にエンジン音か走行している効果線、
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l        もしくはブレーキ音や衝突音付加してもよかったかも。
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'        ちょっと、淡々としてる気がしました。
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人     マ ̄} /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ


  |      |    /                    \
  |      |    , ゙         /            ヽ
  |      |.   /          ,' .:               ヽ:::、
  |      |  /        ,'.:.:              ':::.      あと、ボクは漫画を読んでいるので、横断歩道で信号待ちをする
  |      |. /   /     ,'.:{:.: ,   ,' '         ;:i      他の人々はいるのかいないのか気になりました。
  |      |/    :!      :l:ハ:.:.:l_」_j: j:.    }  :,   }l
  |      |  :/ :i:      :|{/「:{い{: {:.:.    :ム、.:} : }|      事故に驚く人々といった描写もないので、周囲に人影はないように
  |      | イ:  :i:.  :i:.  :|_,..ィfァトハ八::. ハ .:/:ノ:ノメj.: ,':|      思えますが、2話での長門の「周囲とまとってる空気が違う」という
  |      | :::|:.  :i:.  :i:.  :|{ んィ:::} ゙   :.:.| |/ィぅv、/::/:│      感想から推察すると、周りにも人がいるのだと考えるべきなのでしょう。
  |      |:. :|:.  :i:.   ', :小弋゚:::ノ    ヽ| ' i_)::j }〉イ.:.: |
  |      |:. :|:.  :i::.  ヽ  l`、、     :、ゞン ノ/.:.:..: |
  |      |{V|∧:::i:.:.   : l\::、        ノ 、、 '.:.:.:.{.:.|
  |      |: : |: ', lヽ::. : l              ノ:.:.: 八:|
  |      |: : : : : ',|l: \ : l\.     -r‐、   イ:.:.:.:/
  |      |: : : : : : :|  \l  ` .._   | |, イ:..: |:.:.:/
  |      |: : : : : : :|    ,. <} : : :ト│ |  Vl/|/
  |      |: : : : : : 卜、   ノ |: : : ト、.| |、
  |      |\: : : : ヽ      |: : :ノ :}  \
  |      |\\: : : : :\     '. : :{  ′    ヽ
  |      |  \\: : : : :\ / :/}        /
  |      |   >辷_ ー∨ .ノイ        /
  |      |{   ヘ::::::::::::::: ̄V´:::::∧       ∧
  |      | \  |ー-  ..__)-<ノ〉     / 〉

329名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:08:15 ID:dmBt2LTg

              /: :./: : : : /: :/: : :/: : : : /: : : : : : : `: : :\
          .': : /: : : : /: :/: : :/: /: : /: : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ      仮に、事故現場近辺に他の人々がいないとなれば、
         //: /: : : : /: :/: : ;イ: /; : /: : : /!: : : : : : : :': : : '      「押し屋」は単に付近で人身事故が起きても
       /イ/:/: : : : /: :∧: / |:/ |: /: : : / l: : : :./: : : :',: : :;      無関心に立ち去る人でしかなくなります。
        /ノ: l: ; : : :.l: :.l ∨__j_ヽj/;|: : / ; : : :/:/: : : :}: : :|
        イ/: :}:l: l: : : :l: :.l  {ん'っトz |: / /: /l/|: :/: /: : ::!      読者の書き込みを見ると、こなたが気づくのは改変だと
        |/|:l: l: : :.人:.l  ゞ= ''  V //ニ/ー|:/: /: : : :,       あるので、原作では「気付かれない存在」でいいのですよね。
            j:川: : : :∧!        /ん)::ト、/'/: : :./j
          从乂: :/ ヽ       { ゙マソ ィ: :/: /: /
         r=(: :.八:{ヘ           ノ    /: /: /: / 
        /ヾ.二/ ヾ、 \   ‐- ._      .イ: /: /: / 
       _/  / ̄\   丶       _ イ/}/: /: /.  
      ノ \/ ( ) /     >-=:<}从: :|' /: //
     /    |\___/     /、     \ヽル;/ ´    
   . ´      }   }     { \   / ̄}         


          ⌒ヽ\    }ヽ
            __> ヽ ___/ / __
         イ.: : : : :.:i! : : :ノ: : : :.:`ヽ               しかしここでは、描写している人物全員に気づかれていて、
.       /. : : : : : : ::′: : : : : : : : : : :\      .      気づかれていない描写がありません。
     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\          というか、押した手は目撃されているほどですね。
     /: : : : :./: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : : : : ::ハ
 ___ノ: : : i:.:./: : : : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : ::ハ         気付かれないという「押し屋」の異常性について改変しているなら、
`ー‐z′: : i: :i: : : : : : :.:i: :i: : :}: : : : : : :}: : : : : : ハ         要らぬツッコミになりますが、ここでの描写だけを見ると、
   ′: : ::ト、ハ: : : : : :.:}: :}: :/: :i: :}: : ::′: : : : : : :.',        「押し屋」は妙な雰囲気を持ったアンちゃんにしか見えないです。
   |: : : :.:i込ハ: : :i:.:.:/i::/::/::ノ}ハ: :/: : : : : : : : : :.'.,
   }八: :.:| i示ハ: :i :/ j/__z斗イ__∨/: : : /: : : :}: :.::'.,      どうにでもとれる部分なのですが、それは言葉を変えると
.   V:i\{{ハ::しjVj/   i/::::し〉 j/: : :./: : : :./::个、ゝ     分かりにくいと言えると思います。
.   /: :}: ::弋`¨´     弋:::::/ /: ::/: : :.:.:/: :.:.| `ヽ
  ムイ: :从 ' ' ' ,      `´ ∠::イ: : : : :.:/: : :.:.|
    |::八ハ        ' ' ' ' ム: : : : : :/: : : ::/_       ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262948513/96
.     .j/  \{ヽ ' ヽ     ィ勹: :.:__zイj:/j:/: : :)       の血糊にあわせて、周りの目撃者たちの驚きの声を入れていれば、
          >--  zf´  /ィハ〉  `ヽノ__:./       多少は雰囲気出ていたかなあ。
          イ::l ̄〉く匕___厂¨冫\  /: : ::Y`ヽ
           / |:::l ハ:::...____.........ィ::::::__/ヽ ヽ: : :.}: ::/

330名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:08:55 ID:dmBt2LTg

        /     /                      ',   .::、     ところで、
        /      /                     ,   .:.',   .  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262948513/258
       ,′     :|  .:.   .:.      :.  :} .::.  .:|   .::,     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262948513/261
        ,       .:|  ..:{ :.   .:{:  :|    :}:. ,' ..:} .:.:| .:   .::,
      ′    .:. :| :{::⊥いL._l;.  .:|'.  ..:ハ_,厶..:/| :リ| .:   ..:.!    などで使われている、会話人物以外のAAを挟む描写ですが、
      ,   .:. : { :. |八_」⊥lハ」_`::.:..:| ' ..:/´_厶∠.」_ノ.:' .: .:.:.:.:i    区切り線を使って明示しているし、会話人物の顔だけ繰り返す
     ,′ ..:{ :. ', .:.:小i´ {しhハ` \| }/ '゙ {しh::j`フ/ .: ..:.:.:i:i    よりは変化があって、いい手法だと思います。
     /,ハ:..:..:..'. :. ', :.:..,ヘ. 弋::゚ノ        ゞ゚::ノ.ノ/.:.:/ .:..:..:.:i:i
     /   ',.:.|:...'. :. :、:..:、`       i:        ´/..:/ ..:リ .::ハi    ただ、261の場合は、水銀燈とやる夫の台詞がAAなしで
       l;..|:.:..ヽ:.. \:.:、        :'       /.ィ′..:/|.::/ }    .並ぶことになっているのが気になりました。
          l∧:.:.:..ヽ:.:.ヘ\              / ノ ..:.:/ ..:/      .明確に分かるので是非にとはいいませんが、「・・・スピン?」は
        シ  \  \:..\      -ー-     //.:/ :/       前のレスで水銀燈に話させてもよかったかと思います。
       ∫         \ 丶、         . ´  /ハ:、
.       ∫          └┐ミ'‐   .__, イ       ∫ \
      人           ⌒ヽミ、  {ト」ノ     ∫ : : .',


              /: :./: : : : /: :/: : :/: : : : /: : : : : : : `: : :\
          .': : /: : : : /: :/: : :/: /: : /: : : : : : : : : :ヽ: : :ヽ       まったく話が変わりますが、「蝉」=やる夫はいいですね
         //: /: : : : /: :/: : ;イ: /; : /: : : /!: : : : : : : :': : : '
       /イ/:/: : : : /: :∧: / |:/ |: /: : : / l: : : :./: : : :',: : :;       wikipediaを見ると、小説では松尾芭蕉から取られた名前らしい
        /ノ: l: ; : : :.l: :.l ∨__j_ヽj/;|: : / ; : : :/:/: : : :}: : :|       ですが、漫画版では喋りまくってうるさいから名づけられました。
        イ/: :}:l: l: : : :l: :.l  {ん'っトz |: / /: /l/|: :/: /: : ::!
        |/|:l: l: : :.人:.l  ゞ= ''  V //ニ/ー|:/: /: : : :,       そしてここでは、誰もしない仕事を「やる」という意味合いが
            j:川: : : :∧!        /ん)::ト、/'/: : :./j        自然に結びついています。なるほどと感心しました。
          从乂: :/ ヽ       { ゙マソ ィ: :/: /: /
         r=(: :.八:{ヘ           ノ    /: /: /: /
        /ヾ.二/ ヾ、 \.   丶_ _     .イ: /: /: /
       _/  / ̄\   丶       _ イ/}/: /: /
      ノ \/ ( ) /     >-=:<}从: :|' /: //
     /    |\___/     /、     \ヽル;/ ´

331名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:09:43 ID:dmBt2LTg

┌───────────────────────────
│・原作未読の場合は、原作を知らなくても理解出来るか
└───────────────────────────

         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\            長門さんが謎めいていますが、大丈夫でしょう。
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ           あとは、やっぱり「押し屋」がどう取られるかですかね。
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'          .今までの描写だけだと、そんな雰囲気アリアリで人を押して殺すなんて
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'          やっていけるのかって、疑問を持たれないのか。
   ': :{: : |-‐トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\        ボクなら漫画を無視して読んだら、阿部さん大胆過ぎるだろwと思います。
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/          ま、これもこれから次第ですね。
   ヽ:.:l:.:人     マ ̄} /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_

332名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:10:07 ID:dmBt2LTg

             ,, <               `丶、
          〃´        ⌒\         \        さて、今回も細かすぎるツッコミに終始してしまいました。
           // /         \         \
.       / ′/           ハ            ヽ      正直言うと、上に挙げたような細かい点は気にならない
    ー=彡ィ {                  i            ハ     先が楽しみな良作だと思います。
.        |  i    ∨ }  //   |            |
.        人 ヽト、   {‐f‐-く/  ノ jj           |     AAの扱いも丁寧に気を使っているように見えます。
        | \N\  ハノノ ノイ厶イ,′         ,′
        |   ーf=、ヽ{ `アfテ气ト、/         i    /
        |    }以    Vじツ /       |i ∧
.         ノ イ i,,〈     ,,   / ,  /  / ,ィノj八/ ハ      要望を言うなら、タイトルの罫線囲いは、他で使用しているのと
     ⌒7イ八人 、_    /=彡イ厶.イ/ 厂丁`ヽ 〉       別なものにできないでしょうか。
           ≫ 、`_´,. ‐x'^^´  ,. イ   '  └ァ  ハ     罫線を多用していることと、冒頭ではなく途中で挿入されるので、
              》、,_,_,_,. -‐… '' ¨´       {_   {_ `ヽ!.     埋没している印象があります・・・またこれも細かい話ですね;
              》^ハ             /   /ハ    {_ 丿
             `1 |i           /     └ 、  フハ
              l 》   -‐==≠           \{ 丿
               / /厂 ̄ ノ               Y´


   /〃     ii  | i ト、  |  |  / ! / i| ii    . : ハ
.  /〃|    八  ト、八| \ |丿 '  / j / .斗 八   . : i ∧     ともかく、三者三様の主人公の行く末は非常に気になります。
  厶ii: . l       |ヽj厶≧=≦.ヽ!  厶ィ≧=孑=ミ|/|/|   : : ∧ ハ
    ii: : i: .   N イ  し'J::}`       し'J:::} V j   : : / i|      無事完結されることを祈り、楽しみにしております。
    |i: : i: : {  ', 八 弋゚_ツ       弋゚_ツ ノ ,'  : : / ハ|
   八: : : : ハ  ',   ー一 // //  ー一  / /: : / / ノ      なんか参考になりそうなことを全然書けなかった気がしますが、
     ヽ八: : : .  ', //// 〈!   //// / /: : / 〈         ボクからは以上です。
.    ∧: :ヽ: : ト、ハ           _           厶'イ // 〉
.    〈 ∨V\| >‐、       /:::ヽ     ___イ ノィ./ ∧
     ト、    /⌒ヽ \     ー'    (  . ヘ、  , '  〉  ・・・ところで、今回の横幅は大丈夫でしょうか
     | \. /  /`ヽイ ≧=‐-‐=≦ xく⌒ヽ   V/ /|  800dot以下じゃないと駄目だと言われたら、たぶん蘇芳は止めます
     |   `〈    /`Y\ `X´ /ヽ ヽ.     〉 / |

333名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:19:38 ID:bsTT5d0E
評価乙。
幅も大丈夫でしたよ。

334名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:22:28 ID:BwPypLHA
皆様乙です
>>332
横幅大丈夫だったよ。元ネタ知らないけど

>>311
昔のAA作品って全部こんな感じだったよね。
セリフを下や横に付ける方法は手抜きと呼ばれていた。
やる夫式で全部フキダシにしたらどうなるだろう…

335名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:32:49 ID:dmBt2LTg
>>333-334
900dot以下なら横幅OKみたいですね。ありがとうございます

元ネタはまあ、気にしないでください。
われながら他人を評価するキャラじゃないよなあと思ったりw

336名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:37:59 ID:820pc3IA
評価乙!幅全然大丈夫ですよ、見やすくなってて良かったです。

337名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 16:59:39 ID:F1c3riyo
評価乙!
>>335
エッチバカ痴漢変態ですね、わかります


横幅は環境によるところも大きいのかな?
蘇芳さんの評価で幅がオーバーしてるってことは今まで無かったよ

338 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/03(水) 21:28:47 ID:MMXdBCY6

まず、おちつけ!
 逆境やプレッシャーに弱く単純ミスが多すぎる自分にとって
 一番必要な言葉を受け取らせて頂きました


311レス 演出に必要な擬音・ふきだし・境界線
 セリフ強調が必要な場面で自分のやった事と言えば ! をつける程度
 キャラの心情を311レス真ん中のふきだしを使って補足や強化などしていれば
 キャラに厚みを出せて読者からの共感などを引き出せる事が出来るのだと分かりました

変身途中のAAを入れた方が、なお変身の凄味が出る
 自分はその場面に合うAAが無い場合 いかにして誤魔化すか と考えていました
 ギャグにしてお茶をにごしたり 読者に頼って メキメキメキ などの字で済ませたり
 
 313レスを見て こういうAAを一つ入れる事で 魔族の らしさ などが強調でき
 やる夫の逃げ出したい理由の一つを作れる 1つの演出が他の演出に繋がっていく 
 それが原作から丸コピペではなくやる夫化する事になるのだと思いました

339 ◆tqa/e/8TSk:2010/02/03(水) 21:31:33 ID:MMXdBCY6

店の売り物を登場させて欲しかった キャラクターが薄い
 せっかくやる夫化するのだから 原作面白い!このキャラ達を使ってもっと話を膨らませたい!
 コンビニのアイテムでこんなのが欲しい!こうしよう!ああしよう!
 としていけば2スレほど使ってキャラ達と共に遊べたのにと勿体無い事をしてました
 
 非日常の異空間であることを、読者に認識しやすく これが出来なかった事が
 なぜやる夫がコンビニから逃げ出したがるのか分からないと言われ続けた理由の一つなのでしょうね

310レス 自分の作品に愛着があるなら 
320レス 自分の作る作品丁寧に作ってあげてくれよな! 
 原作からやる夫化への反復練習にあぐらをかいていたと反省する次第です
 やる夫化する事はコンバートするだけではなく 
 その世界観とキャラを 自分のやる夫スレで共に遊ぶために 世界を繋げる穴を掘る事でもあるのだと!

 アニキ!俺やるよ!やってみせるよ!でもまずおちつくよ!
 熱い評価 ありがとうございました 以上長文失礼しました

340名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 23:46:44 ID:cZyY8A3w

                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ●ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄      誰もいないかな?
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
   ニュロン /   //    `~\ ●〉    評価を投下しても良いかな?
      /   //  /⌒ヽ、_ヾ ノ     答えはキかないけど。
    /     Y    (
   / γ⌒     ⌒ヽ

341名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 23:48:46 ID:z793Llcg
しゃぶれよ

342 ◆mimJsCWJI.:2010/02/03(水) 23:49:21 ID:iqeevpTs
 評価人の皆様お疲れ様です。

 区切りがついたので私も評価以来させていただきます。


【やる夫で】 七人のアスキーアート 【七人の侍】

1スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261555525/
2スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122944/
3スレ目:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264594152/

 評価のポイントは、

 1:七人の侍たちをはじめ主要登場人物のキャラは立っているか
 2:ギャグとシリアスのバランスは取れているか
 3:劇中で分かりにくい場面は無かったか
 4:その他気になった点

 この4点を重点的にお願いします。甘辛問いません。

343名無しのやる夫だお:2010/02/03(水) 23:49:51 ID:cZyY8A3w



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉   みなさまこんにちは。
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y    (      どうにも鬱な気分の時に、インドカレー屋で最高の辛さを
     /γ⌒     ⌒ヽ\     がっついている きめぇ夫です。
    /  |         |  ヽ
    |   ヽ__人__ノ   |   辛さ(ツラサ)を辛さ(カラサ)に書き換えよう!
    \     `ー'´     /




     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))   さぁて、評価依頼は・・・
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ     54 :名無しのやる夫だお:2010/01/31(日) 19:27:28 ID:lwo5eWwc
        )    Y    (       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264853909/54
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ     >辛口の評価をお願いいたします
  ((  |   |          |   .|
((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ     >やる夫は歌を聴くようです
                       >http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/486-573

                       >・枠の中に文章を詰め込みすぎではないか
                       >・金糸雀の「天才」がきちんと伝わっているか
                       >・その他気になったこと

                       >それではよろしくお願いいたします




      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ●ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     >原作:小松左京「歌う女」< ですか。
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\    ああ、先に書いておきますが、>>95-125での姉崎まもりさんが先に
     /  |         |  ヽ   評価されてまして、オレのはかなり内容が被ります。
     |   ヽ__人__ノ   |
     \     `ー'´     /
      /           \    でもオレの目での評価に入りましょう。
      |    ・    ・      )
.     |  |           /  /
       |   |       /  / |
       |  |       /  /  |     あと、辛口が苦手な方は名前欄の辛口をNG設定、
      (YYYヾ  Y  (YYYヽ |      もしくは単純に飛ばして下さい。
     (___ノ-'-('___)__ノ

344辛口:2010/02/03(水) 23:50:47 ID:cZyY8A3w



                      >・枠の中に文章を詰め込みすぎではないか
     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
    〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    うん、枠入り文を使い過ぎだ。
      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\    ただ、100%悪いってわけじゃア無いよ。
    /  |         |  ヽ   やる夫スレってのはAAだけでやる物じゃないからさ。
    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /



     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))      オレ(きめぇ夫)のAAはやる夫に比べて少ないだろ。
   ((〈● ノ\   /\ ●〉        だから、アクションシーンは余り無いか、そもそも登場すら無い。
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ      
        )    Y    (          そうでなくとも、個人AAだけで表現できないのはたくさんあるよ。
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
  ((  |   |          |   .|       ┌───────────────────┐
((   ヽ ヽ__人__ノ  .ノ     │ そんな時に、枠入りセリフを説明に使うんだ │
      \ .  `ー'´    /        └───────────────────┘



         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
        〈/ ノ\   /\ \〉
          ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ  けどねぇ、あなたの短編ではもっとAAを信じた方が良いよ。
          )    Y    (    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/488より抜粋
         /γ⌒     ⌒ヽ\
┌─────────────────────────────────────────┐
│しかし、ある時期                                                  │
│若年の、あの憎しみに満ちてあらゆる事を憎んだあの時期                         .│
│「幸せ」と言うものをもっとも憎み、その片鱗さえ見れば検討の余地なく断罪していたあの時期    .│
│                                                          ......│
│父母、特に父と激しくいさかいをした私は、お粗末ながら糊口をしのげる程度の職にありつくと  .....│
│家を飛び出し、それからずっと、帰っていなかった                             ...│
└─────────────────────────────────────────┘



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    さすがに、これは酷いよ。
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     本編では無いから主人公AAをあえて隠したのかい?
.    /  |         |  ヽ   背景AA一枚(人物消失)で印象深くしたかったのかい?
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /   ならばハズレだ。
    /     ∩ノ ⊃  /     ここは分割するべきだ。
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /

345辛口:2010/02/03(水) 23:51:23 ID:cZyY8A3w


┌─────────────────────────―─┐
│ しかし、ある時期・・・                           │
│. 若年の、あの憎しみに満ちてあらゆる事を憎んだ あの時期・・・ │
└─────────────────────────――┘
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/


┌──────────────────────────┐
│ 「幸せ」と言うものをもっとも憎み、                 │
│ その片鱗さえ見れば検討の余地なく断罪していたあの時期 .│
└──────────────────────────┘

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


┌────────────────────────┐
│ 父母、特に父と激しくいさかいをした私は、お粗末ながら .│
│ 糊口をしのげる程度の職にありつくと家を飛び出し、   │
└────────────────────────┘
:::: :::::::::.....:☆彡::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::゜
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::.::::: .
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \::::::::: ..:::
  ... ........../::::::::::::      \ . ..........
  ... ...../::::::::::::::::      \............
..... ..........|::::::::::::::::::         |... ... .
 ..... .......\:::::::          /.............
  ... ..........>::::        < ....   ........
  ... ........( |::        / )....  . ..
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ....  .....
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... ....
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:....... .
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:..... .......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:..... ......





┌─────────────────┐
│  それからずっと、帰っていなかった  │
└─────────────────┘


 ゙゙̄"''‐- 、 ,,,,,_                                                     _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'
         ゙゙̄"''''''ー-_..     _______________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...
                    'ー-:::: :: :;... .. ..   :: ... .,:-‐‐.、,,,,.,.,.,,,,-‐、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..
                      `゙''ー-、_,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、 _,,.--庁ー''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...
                         ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';';
               .                   ゙゙̄"'''''―--二.ll.| . 二|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬
             ::::::::::::::::                           ゙゙̄"'''''―--::;...;;.;;ii:i;;:|l|、_,|斤il]il]|_三rーilil}r‐┬r
   ''"'"~'''                     ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,               ~゙"'ー-::... |巫|il]il]|_三‐┬ li ,.、t''T
                   `゙''ー-、                    ''"'"~'''   ゙''、,,     `゙''ー-、|l::;...;;.;.;ii:illl":;;;: : ;

346辛口:2010/02/03(水) 23:52:11 ID:cZyY8A3w



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈/ ノ\   /\ \〉   うーん・・・もっとびのびとやるべきだったな。
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    やはり、父との喧嘩シーンを入れるべきだよね・・・
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     一レスに纏め過ぎるのはオレの悪い癖だ。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |   他にも
    \     `ー'´     /   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/488-492
    /     ∩ノ ⊃  /     本編ではない回想だからって、急ぎ過ぎてはダメだね。
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈● ノ\   /\ ●〉    ここなんて、
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/489
           )    Y    (      真紅が嫁で、雛苺が娘だと思ったよ。
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ 
     ((  |   |          |   .|    もう少し進んだら、翠星石が嫁になっているじゃないの。
   ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ




   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈 ●ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\          枠入り文を使うなとは言わないけど、あくまでも補助だ。
  /  |         |  ヽ           やる夫スレの主力はAAなんだ。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /           「やる夫スレ化」とは、好きなキャラキターに演じてもらう事ではなく、
  /           ⌒ ̄,〆⌒,ニつ  AAで見て想像できるようにして、より楽しめるようにする物だ。
  |  /     Y    .ヽ ,_、r_二⊃
  | .(           .)
  |  |.           |      一部にAAを補助にしたスレもあるけど、かなりAAに気を使わないとダメだぞ。
  .(9)|           .|      AA主体の時よりも、AAに手をかけないといけなくなる。
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      なぜならば、補助は「主力の足りない部分を補う」からだ。
    ヽ ̄ ̄ヽ ̄ / ̄ ̄/      半端な物を晒しては、補助にはなれない。
      >__ノ   \__<

347辛口:2010/02/03(水) 23:52:43 ID:cZyY8A3w



   ,.⌒ヽ
  〈 ○ ノ\   / ̄ ̄ ̄\     >・金糸雀の「天才」がきちんと伝わっているか
    ヽ彡  ヽ /  u     \
    )    Y    (⌒ヽ    |
   / γ⌒     ⌒\  l___彡|    ハッキリ言って、伝わってきません。
  / U |         |ヽ〈   l    ただ長い文が書いてあっただけです。
  |    ヽ__人__ノ | ヽ○/
  \      `ー' |\  //|      それを読めば分かりますが、それではやる夫スレじゃない。
  /      /⌒ノ \/ ( )     原作を丸写しだったら、原作を読ませろ。
         / /|       |






      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
    ((〈● ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ      「才能」ってのは、視覚化できない物です。
         )    Y    (        お勉強の点数だったらともかく、音楽的才能を文章や絵で表すなんて
      γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ      無茶も良い所です。
   ((  |   |          |   .|
 ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
       〈○ ノ\   /\ ○〉     だから仕方が無い・・・とは言わないよ。
       ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ      無茶でもやらなきゃしょうがない。
         )    Y    (
      γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ     なにせ、原作ではやっているのだから。
      |   |          |   .|
      ヽ_ヽ__人__ノ_ノ






    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
   〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     なぜ原作小説では出来て、あなたのスレでは出来ないのか。
.    )    Y    (       それは読者と作者の姿勢です。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
.  /  |         |  ヽ    小説を読む人は、文章だけで世界を想像します。
.  |   ヽ__人__ノ   |    小説家はその材料を文章で提供する。
  \     `ー'´     /    すなはち、世界を文章化するために常に言葉を探し、学んでいます。
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
.    \ /___ /


>海は、青い光を除くプリズムの色を吸収し、残る青だけをあらゆる角度に反射して、
>あたり一面を見事な藍色に染めていた。

ジュール・ヴェルヌ「海底二万里」(荒川浩充訳)より

        (>)   (<)
        ) ヽ___/  (
      /        \     どうよ、この名文句。 格好良いだろ。
     /   γ   ヽ    ヽ    既製のAAじゃぁ、簡単に真似できないよ。
     |   (_人_)   |
     \    ` ⌒´    /






       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (       これに対し、やる夫スレはAAからの情報を読みます。
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ    そこへ作者はAAで情報を伝えなければなりません。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /    情報源が小説とは違うんです。
     /           く      読まれ方が違うんだから、原作転載なんてやってはいけません。
     |               \
     |              |ヽ、二⌒)

348辛口:2010/02/03(水) 23:53:46 ID:cZyY8A3w



        ,.⌒ヽ、     γ⌒ ヽ
     o゚((●))ノ\   /\((●))゚o
          ヽ彡' ヽ /   ヾ_ノ
            )  Y    (       と、偉そうな事を言っておいて何ですが、
         γ⌒    ⌒ヽ\     「才能」を視覚化する方法は、オレが教えて欲しいくらいです。
         /|          |  ヽ
         |ヽ__人__ノ   i    見えない物を表す分野は、見えない物についた名前を繋げる
            \_ `ー'´   ⌒ゞ'´、   小説に劣るんですね。
               ~/⌒/⌒/ /  |
               (つ/_/ / \ |
            (____/  .ヽ |
            ,,,,/ /  \  __丿
            (__ (___)



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ●ノ\   /\ ●〉
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\      駄菓子菓子(ダガシカシ)、必ずしも視覚化=AA化する必要がある訳ではない。
     /  |         |  ヽ
     |   ヽ__人__ノ   |     視覚化困難なら、原作の名文句で補足すれば良い。
     \     `ー'´     /
     /     `ー'      \ |i.   ただし、あくまでも補足だ。
   /            ヽ !l ヽi   本体はAAだ。
   (   丶- 、         しE |.
    `ー、_ノ         �堯�l、E ノ >
                 レY^V^ヽ




   |   γ⌒ ヽ
   |   /\ ●〉
   | /   ヾ_ノ    と言いますか、AAで才能の視覚化をやろうとはしていたんだよね。
   |Y     (
   |   ⌒ヽ\    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/511
   |     |  ヽ
   |人__ノ U |   だが、足りない。
   |⌒´    /   エフェクトAA一コマだけでは不足し過ぎです。
  (⌒ー─'   )



       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ●ノ\   /\ ●〉
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    >> の「蒼い海」の描写は、単に青色とだけ書いてあるかい?
.      )    Y    (     美を表す名文句は、色々な名前のモノをガンガン並べているんだ。
     /γ⌒     ⌒ヽ\    やる夫スレもそうだ。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |   曖昧な物を表す時には、エフェクトAAや背景AAをたっぷり持ち出すんだ。
    \     `ー'´     /
     /           く  \          \
     |               \   \         \
     |              |ヽ、二⌒)、          \



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
        )    Y    (
     /::::( ○)─(○):::::\
   /:::::/    ●   \::::::\   才能と言うならば、人には持ちえないデカい物。
   |:::::::| ≡ (__人__)≡ |::::::::|   美ならば、大体の人が思い浮かべる物。
   \:::\    `⌒´  /::::/
     ======(〒)======     陳腐な表現ではあるんだけど、山河や花畑のAAの上に
    /:::::::::/___\:::::::ヽ     原作の名文句を入れてみるんだ。
    /:::::::::::::i {     }  |::::::::ヽ    さらに、音楽・歌だったら何かが流れるエフェクトも入れると良さそうだ。
  / ̄ヽ/:::::i ヽ__/  ノ::i/ ̄ヽ
  ヽ ノ:::::::::\___ /:::::::ヽ ノ
   ●-l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ( ̄ ̄ ̄ ̄)( ̄ ̄ ̄`

349辛口:2010/02/03(水) 23:54:12 ID:cZyY8A3w

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/529をテキトーに改変


       , --― ,===== 、
     /    / , -―‐-、`ヽ、
    く    / /    ,ィ l`ヽ 〉
      `7ヽ/ / /  // } |l   `ヽ
     / / ∠-‐,..二`X // l  l  |
     ! l | {〈::.:::.::.:ハ   -‐ヘ l|  }    こんな歌を聞いたんですぅ。
      | | ト、ヘヽ::_::/   /::下Y /
      ! |  |\_〉  , --、 ヽ::/_/ /
    /  「|斗-ヘヽ 〈  /  フ ∧
     レ‐┘し┐ :|| > ニ-<彡1 \
    ∧_}ノ´V |l r个〈:\   ト、_/

===== 何らかの線で本編と区切る ======


       ο   O     / 。
      ヽ。 O     /      ο 何もかもが金色の恩寵に輝き、
   ο   ヽ  。  //  O_,  。   黄金色の光が宇宙いっぱいに交錯して・・・
          iヽ:''"゙゙'':.,/
−―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
   。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。
    O   //`v:: 、j  。 O_,
       //。  |   ヽ
      /    ο    O
     /


         \   \  丶                      /    /         /
            \   \  丶         i   |      
      ヽ     \   \  丶       i   |   妙なる響きを前後左右に響かせ   /
        ヽ      \   \  丶       i.   |                        /
         ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
           ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
            ヽ     \    // 〃 、`丶、=彳                 /
                    \ / 〃 // 人  ヽ \
                      ,' /  //   ヽ   ` r‐ヘ             ---‐‐‐
            ‐‐‐‐---  .   に二彡'´ __⌒  \  {r只}}
                           ∨⌒l} r'7:::`ヽ  ,.ニミ  Y´             -----‐‐‐‐‐
   ー――――――――     く`ヽ _,リ ヽ:::ノ   {:::/!ハ /
____________        /`ヽ、ハ '''   、__ `゛∧「                 -----------
            二二二    | ト、_/,二>、   _ ∠____,,        === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        リ __r"" ̄{rァ""“rf π三≡≡≡≡===kpr、、          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐      `ー,一゙"   .!!__,--、__fkヾy'ノ ̄ ̄ `ー''   ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
.                        /   央   `. 、___ ノノ 
            ---‐‐‐‐‐       /  /   ヽ、   ヽ             ‐‐‐‐---
.                         l /  丶   `ヽ、 l
              /  /       |′   ト、  、  Y
             /  /       ヽ、厶__ノ└-、__>r'            \
           /  /  /      |x_/     \x_|      丶    \    \
             /  /   /    じ′       ヽ」 i,     丶   \   \
                                          丶   \   \
   自分自身もその光芒そのものになってしまうです    i,       丶   \   \
                                      i,        丶   \   \
          /         /     /        |      i,         丶   \

.

350辛口:2010/02/03(水) 23:54:39 ID:cZyY8A3w



                           '|'ー 、
                           ! .、ヽ                         _
                              !  ! l                        {. ..`'-、
                           l  ! |                     ヽ  .\
                     _______ ./  ,i′/                      ヽ  、 .ヽ
                _,, ー'''"´  _.    `゙''┐ /                         l  .ヽ `'、
  ,,..,,,,_.    .._..-'"´   ._,,,.. -'゛    .__,,,.././                          l  ヽ ヽ
  \  .`',, ‐″   _,,..-'"  _,,.. -‐''ブ´ .,                                    l,   l  ヽ
    ゙ /   ,, i‐'"゛` ,..-‐゙´   ./  、,/   あるいは水色の悲しみのリボンのようになり、   l  l、  .ヽ
  ./    ../  .,..-'´     ./  ,/" ./                                    l  ! ヽ  .ヽ
 /   ./   ./.,/゛'、      ./  ./.r /                               ,..-‐'"゙゙´゙ll. |.  l. .ヽ
"  ./   / ,./  .L  l     /  ./ .l .!                  l \           /  ./  / !   .!
  /   /  l  l  ゙L   .!  ./ l゙ !                ヽ ヽ       ./ .,.-'〉. /   .!   !  .,
../|  /    l  !  l   |  .!  ′.|                 l 'i l     ./   /  r'"    │ l .,!  .ゝ
  / /      l .l゛  .l_______                   l. | │    /  ,/, /       l  l li
  ! /      l !.、 .く_          `゙゙'''ー ..,,_          │} .}   .l . / │ !          !  l.l|,
 .゙/       .! ! ヽ  i `゙゙''''―- ..,,,_           `゙''ー、、      . l.从 .l    !│ .| !ー───_" }  .! .!
  l       l   、  !  l      .゙i゙''ー 、,    .\  `''-、  .// l| /   ,、.!.′ .,! ! '';;_,゙,゙¨''''''ーl゙   | . l
 ,!       l  t│  | / .l  .| .、 !   `ゝ、   \   . \ ゛   ./  ./._,..!  |   l´゛  . ゙゙̄''' |  | .;|  !
 !       l  .!.l  ! / .|  ././  l゙   .,、 .\   ヽ  '-, .\ ./   `゙´  .l .l   .ヽ     │ ! |,!
.│      /   ,!|  .l./  .| ./ ./   l   / !   .\  .|,  .ヽ  .ヾ        l l、 'i  .ヽ.    .! / l゙,!  l,
│         !   ./   /   レ゙,′ .l   ! |   ./\ .!ヽ  ヽ  . l       ヽ !ヽ.l-、 \   .l / .!
: !         !  ./  ./  /  |   |   /  |  /  ,- .ヽ.l. \  ゙‐  .l,       ゙'/ .".l . \ .\. ,! / 「
. |      l   l   /  ./  .l   .,!   |  ! / ,r,!   ヽ  ゙‐    .l           ヽ .ヽ  l- ,! .l゙

351辛口:2010/02/03(水) 23:55:09 ID:cZyY8A3w




: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

灰色の空の下をひろびろとはためきながら果てしなく渡っていっても

: :  : :  : : : : : :  : : : : :  :  : : :                : : : :  : :  : : : : : :  : : : : :  :  : : :  : : :
: : :   :                   ,,∧        : : : :  : :  : : : : : :  : : : : :  :  : : :  : : :   : :
                    .,./ ::::\
               ,/ヽ、.、/'″::::::::::::::::\
             .,/:::::::::::::::       :::::::\
            /     .、 ::::::::ヽ   :::::::::::^''゙\
           _r'′    ,,/  :::::::::\     ::::::::::\
         ._/      .´       .゙''-、   .‐、_::::::::::\
        ./         ::::::::::::::::ヽ       :::::::::.'ー.゙''\
      _,/′ ::::::::::::::::
  .,,,/ヽ      ,/'
  ″         .,/::::::::::::::::    ′
          .,,/





その沈んだ悲しみさえも黄金色の恩寵に包まれていました
                        _
                       ..入 ` フi/ ⌒_⌒ヽ
            ,:rr ._          /  イ\.  \ィ@)、/
            _l !! ,j ヽ_       ,   /  `ーゞ、ヽ.イ
         _r,| _ヽ j/\     l! i,/ ',二    二ゝj             ,ri
        \ i` \ 〃  ヽ.  ヽ、,l  辷'   に  ト、          _,ィ_h
           > !!  <〃    ヽ   ゞ(__    r ャ   / )      ,  ´  ヾ └-,
         ゝ !!< ll  ヽ    `ー √ _)、. _ ‐'__∠フ--、   /      ll <_
         < i,ノ ll     _   (__.)>:rt::ト、_)   ー ´ __       ll <
          7/  ll __ /   ヽ_,.`llイ_ji ヾi_7|| !   r ´\,      ll >
            ̄ ̄          /  \  : 〃 | ‐ ´       、 ___ 〃 ゝ
                      (    >rt<  )
                     /    ゝ/!!ヽ'  \
                    /       / ヾ.    \
                  /     _, ィ'     \    \
                /, _ _,. = ' ´        i ` = 、  ヽ
               //´ フ      \   /    \  `.


===== 何らかの線で本編と区切る ======



                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ○ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
       /   //  U `~\ ○〉
      / u  //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (            こりゃ、長過ぎるな。
   / γ⌒     ⌒ヽ
  /   |       u | ヽ          だけど、ここまでやっても天才の才能は表せない。
  |    ヽ__人__ノ  |.          もっと分かりやすいAAを探さなきゃならん。
  \.  u    ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /

352辛口:2010/02/03(水) 23:56:25 ID:cZyY8A3w



        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈 ●ノ\   /\● 〉
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ      まあ、「オイシイ部分だけを切り取って」残りを省略すれば良いんです。
           )    Y    (
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ     『とにかくスゲー』って思わせたいなら、とてつもないAAを使ってください。
     ((  |   |          |   .|
   ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ





             ●

             ●

             ●





   ,.⌒ヽ
  〈 ● ノ\   / ̄ ̄ ̄\ ニュロン
    ヽ彡  ヽ /        \      さあて、最後の項目だ。
    )    Y    (⌒ヽ    |
   / γ⌒     ⌒\  l___彡|      >・その他気になったこと
  /   |         |ヽ〈   l
  |    ヽ__人__ノ | ヽ●/      間の取り方、場面転換が上手くないね。
  \      `ー' |\  / /|        「間」を表現する時は、もっと「間」を空けなきゃ。
  /      /⌒ノ \/ ( )
         / /|       |


        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈ノ●ノ\    /\●\〉
         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ      それと、こう言うのは「・・・」より「●●●」でやるべきだ。
           )    Y    (        それも左端ではなく、真ん中寄りで。
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ
     ((  |   |          |   .|      時間の経過を表す記号は、隠す物じゃないでしょ。
   ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ





      ノ L               それと、
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ      ================================
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L      ┌────────────────────────────┐
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒      │三日後、彼女の死体が杉林の中で見つかった             .│
    )    Y    (        .  │その顔は悲しげではあったが、苦悶の表情は無かったという    .│
   /γ⌒     ⌒ヽ\      .   └────────────────────────────┘
  /  |         |  ヽ      ================================
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /         こんなのだけに一レスを使うな。
  /           ⌒ ̄,〆⌒,ニつ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264576573/561
  |  /     Y    .ヽ ,_、r_二⊃
  | .(           .)          何度も言うけど、やる夫スレなんだ。
  |  |.           |          ちゃんとAAを使うんだ。
  .(9)|           .|          遺体っぽいAA、杉林っぽいAA、警察が現場を封鎖しているAA、
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          使えるAAはいくつもあるんだぞ。
    ヽ ̄ ̄ヽ ̄ / ̄ ̄/
      >__ノ   \__<


       (/・)   (・\)
        ) ヽ___/  (        まあ、これも印象深くする技法の一種と言えなくもないよ。
      /        \
     /   γ   ヽ    ヽ      ただ、頻繁に出されると、技法として使っているようには思えないんだよなあ。
     |   (_人_)   |      手抜き作品の評価をしているのか? オレは。
     \    ` ⌒´    /


.

353辛口:2010/02/03(水) 23:57:11 ID:cZyY8A3w


                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ●ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
   ニュロン /   //    `~\ ●〉
      /   //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (
   / γ⌒     ⌒ヽ      コレ作った理由は、「やる夫スレを作るぞ」ってだけだったでしょ。
  /   |         | ヽ
  |    ヽ__人__ノ  |.    とりあえず内容は何でも良いって。
  \.      ∩ノ ⊃  /
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /




       ,.⌒ヽ      γ⌒ヽ
     〈 ⌒ ノ\   /\⌒ 〉   そんな理由でやる夫スレを作るのも、アリだ。
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    カメラ買う理由が「機械好き」でも良いんだ。
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\    カメラ持ってから何を写すか考えても良いんだよ。
.    /  |         |  ヽ   まして、プロカメラマンに絶対ならなければいけない訳じゃない。
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /        \
     /           く  \          \
     |               \   \         \
     |              |ヽ、二⌒)、          \



      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ   でもね、二次創作はそれだけじゃあダメだ。
    〈◯ ノ\    /\◯ 〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    まさかとは思うけど、
.     )    Y    (     「オリジナルを作れないけど原作物ならイケる」なんて思わなかった?
    /γ⌒     ⌒ヽ\    そんな単純ではない事が分かったでしょ。
.   /  |         |  ヽ
.   |   ヽ__人__ノ   |  オレ自身も長(中)編スレやっているけど、半端な原作トレースは原作者に失礼だ。
   \     `ー'´     /  なぜならば、単純に面白くなくなるから。
    /           く
    |               \   \         \
    |              |ヽ、二⌒)、          \







        ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
      ((〈ー ノ\   /\  ー〉   やる夫スレは別の表現形態なのだから、
         ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    完全トレースをする必要もない。
           )    Y    (
        γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ   そもそも完全トレースは出来ないんだ。
     ((  |   |          |   .|
   ((   ヽ_ヽ__人__ノ_ノ


     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈 ー ノ\   ,/\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    だから、原作を何度も何度も何度も何度も、
        )    Y    (      何度も読み返し、必要な成分を完全に抜き出して、
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ   適当なAAを見つけ出し・改変し、
  ((  |   |          |   .|   それで原作物やる夫スレができるんだ。
((   ヽ ヽ__人__ノ  .ノ
      \         /

354辛口:2010/02/03(水) 23:57:34 ID:cZyY8A3w





. \   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
.   X 〈≡ ノ\   /\ ≡〉
./ ∩ ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
  ( ⊂) )    Y    (
   | |./γ⌒     ⌒ヽ\      オレのスレでは原作に出てくるキャラの特性『謎』を利用して、
   トニ/  |         |  ヽ     省略や改変の手助けにした。
   |  |/// ヽ__人__ノ/// |
   \\    |r┬-|     /     では、キミはどうする?
    \\   ` ー'´   /
       ン ゝ ''''''/><、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \   絶対に諦めないでよ。
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l   誰にでもやる夫スレ作者への門戸は開かれているんだから。
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ



         ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
        〈⌒ ノ\   /\ ⌒〉
         ヽ彡'  ヽ /    (⌒ヽ
          )    Y    (⊂_ ヽ
  (⌒ヽ∩  /γ⌒     ⌒ヽ\  |(⌒ヽ       以上。
   ヽ  ノ  /  |         |  ヽ ⊂ `、       きめぇ夫でした。
    \ \ ///ヽ__人__ノ//// /> ) ))
  (( (⌒ )、 ヽ_    `ー'´    ,/ / /
    \ \ /                /
      ヽ_ ノ              │

355名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 00:00:24 ID:2ftxYe62


                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ○ノ  慌てて投下したから、ミスしてしまった
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ >>348の4つ目はこう書く予定でした。
       /   //  U `~\ ○〉
      / u  //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (


差し替え


       ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ●ノ\   /\ ●〉
     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    >>347の「蒼い海」の描写は、単に青色とだけ書いてあるかい?
.      )    Y    (     美を表す名文句は、色々な名前のモノをガンガン並べているんだ。
     /γ⌒     ⌒ヽ\    やる夫スレもそうだ。
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |   曖昧な物を表す時には、エフェクトAAや背景AAをたっぷり持ち出すんだ。
    \     `ー'´     /
     /           く  \          \
     |               \   \         \
     |              |ヽ、二⌒)、          \



何か、申し訳ない

356名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 00:01:28 ID:TYTuXFL2
乙でした。でも原作付きってほんと難しいよね。特に小説系は。

357名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 00:03:34 ID:4s5SKv3w
こっちまでインドの辛口カレー食べてる気がしてきたww
でも底に愛のある、いい評価だったと思います。乙です。
…小説は難しいよね…小説は…(遠い目)

358名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 00:04:50 ID:IM32k3tA
今からでもきちんと原作読み返そうと思いました まる

359名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 00:32:15 ID:Nw.dNnFg
乙です。かなり参考になるなぁ
最近では作品が多すぎて見るのが大変になってきたけど
辛口評価されて尚且つ「辛口にしたかったけど言うことありません」と評価されたスレを見るようにしたら好みのスレを見つけやすくなったよ

360名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 01:26:55 ID:Z6epCXec
身に染みるな……乙

361 ◆ly563BJemg:2010/02/04(木) 01:33:32 ID:1rE7Xh.o
蘇芳様、丁寧な評価ありがとうございます。
特に、「周囲の情報」に関する不足が大きかったな、というのがよくわかりました。
今後とも丁寧に描写することを心がけていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

362名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:31:55 ID:ImW2jeCM
7レス程お借りします。

363名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:33:14 ID:ImW2jeCM
         i、 ,/f´'´レ=ニ-ァ
        iv' '´, ,-‐=ー'´、
         >-‐=:ーュ、-=ニ`>
        ,:i=三= ,! ト,)i、ミ`ミ、
    rv‐t')</ヾ,==へノ;〈゙ レ、ミ`、            通りすがりのゴドーってもんだ。
    /`tj''´i/  `ヽ;-  ,.:'_,.-‐ャ゙`      
   i '´ /    `ーァ、´ ,.-',´.'`=‐ァー--、        ちょっと、【評価】させてもらうぜ。
  f`iー-|     ,.-'/7'^>'.,' :',:'.'/   ヽ
  |_|__j、  ,:/;':/ i /´.' ,:.',:' .'/      |
  /'    l ,r‐'/;./ レ',:'.; : ' : .,.:'´      !
  |     |,!、_/: ;|  /, ,: , : ; /        /
  ヽ   トi |l|.il| ///,:'.:',i ヽ、_   r'´
  |   ノ ||il:`y'//.',;.:-r' ̄`ー、ヽ、i´



              ,、.../|. /´|____,,,,.
             __|ヽ,' |/   ‐〃ー‐、
            ..ヽ          ー´、
             i    ,,,.‐、__ ,_  ‐´
             .〉ー‐・´,‐,ヽ‐,ヽ'ヽ .`ヽ.            俺が話したいのは>>54
             |='三´´,'~・.j..|。,.|\_,、〉
             .|=='_,..‐'ェノ..´'ヽ_ィ.| i~`ー‐‐、______      『やる夫は歌を聴くようです』についてだ。
             ..ヾ‐、_,''____‐, j‐イ...ノ`~ー‐‐´  ..`'',,.
               ,´ヽヾ=.' /_/ ..j..;..;..; .j     ..ヽ
              .|‐‐´~'ー‐‐、´ヽ ji..|..|..|...|      .ヽ
              |`(_,     ,`‐'、|.',',..|..|...|       |,
              | `ー´`ー´~  ..ヽ.',.',',..',,,)       |',
              |   i.',..\゚   `‐..','、'        |.ヽ
             ..,j   .\'.,..〉・´   `、(       ,‐´ ',
             ,‐´    ヽ.',(、     、r      /',..', ヽ
             i      .) \          /'.,.',..', .',

364名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:33:49 ID:ImW2jeCM
                 ,、 ,、_,......, _
              N `´    ̄/____
              |、,,/ェ´ェ´、_-- ̄/
             ..,〉,,,r´ヽ`~| ,ー、‐、~フ
             .`F・,彡∃ノ ||)..|ヽ<、
              i、´s゙´へノY(シ\.\
               ゙ィ、,,,...  .ノ...ト、ヽ‐`
               .. T_,..,‐´_,/\`゚            読んですぐに思った事だが……
                  ,〉、~~ ,,r´,~,ー、______        あんた惜しいな。
                 ,.j.../ヽ//.././/// ~~\
               /~~/.j ./././././/./../    .ヽ
              .//./...j../////./././| |     .ヽ
             .///i ..|/.////.//./,/ |      ヽ
            ../.j.j./ ./..,'.,'.,'.,'.,'.,'/.,'.| ヽ      \
            〈/|.|| ./|.,'.,'.,'.,'.,'.,','..,'.,'ヽ ヽ       ヽ
            ..|.|.|.| ,',','.,'.,'.,'.,'.,','..,'.,'.,'\.\       |



                              。,r;'.:;:f''゙
                                 i'l゙t;::,:i'
                              i゙ ヾ;`i
                         。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                      ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ
                      tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ
                       'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ           風景描写、地の文の枠囲い。
                     _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、
                   ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`          多分いろんなところを見て考えてるんだろうな。
                   /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、
                   ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ         小説系ってのは大抵見辛い。
                r'"     i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\
               r┤      i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',.. -‐ ヽ、    そのフォローを自分なりに考えてやったんだろ。
              r┘ヾ,、    ,l i i .i .i .l ,'l :o  l',.',.'.,.'/ '       i
                ,.ム -.、 ゙'-...,,,,ノ'l i i i i il l L.  -ィ、'.,',..': '       ,'    まあ、それでも足りなかったわけだが……
          , 、  ,.r'"    `ー ノ'  l ii i .i i i'r'     ヾ         /
      ,.' ィ;r'''"゙      ,r'"   l il i i .i i、',     l'_       ,i'
    r::;ニツ ヾ~ 、     ,.'     ,',.ii i .i i'、',    l;、ヾ、    /
   r':ーぅ::...ノl _,,. i    ,r'-'     ィi 'i .i i .i iバ:    ハ ヾ- ノ
    ゙、三ッ _,ノ゙oノ  ノ       ,r'゙l.i i i i .i i l0ゝ

365名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:34:20 ID:ImW2jeCM

              ,、.../|. /´|____,,,,.
             __|ヽ,' |/   ‐〃ー‐、
.               ヽ          ー´、
             i    ,,,.‐、__ ,_  ‐´
             .〉ー‐・´,‐,ヽ‐,ヽ'ヽ .`ヽ.
             |='三´´,'~・.j..|。,.|\_,、〉
                |=='_,..‐'ェノ..´'ヽ_ィ.| i~`ー‐‐、______
.                ヾ‐、_,''____‐, j‐イ...ノ`~ー‐‐´  ..`'',,.         もう大丈夫だよな?
               ,´ヽヾ=.' /_/ ..j..;..;..; .j     ..ヽ
              .|‐‐´~'ー‐‐、´ヽ ji..|..|..|...|      .ヽ
              |`(_,     ,`‐'、|.',',..|..|...|       |,
              | `ー´`ー´~  ..ヽ.',.',',..',,,)       |',
              |   i.',..\゚   `‐..','、'        |.ヽ
             ..,j   .\'.,..〉・´   `、(       ,‐´ ',
      ,、      ,‐´    ヽ.',(、     、r      /',..', ヽ
      |.|      i      .) \          /'.,.',..', .',
   (`ー‐'..ヽ、    .|ー‐‐――(   .\       ../',..',..',..',..', ',
   .()ニ  |..`ー―‐ィー―――‐)    ヽ      / .',..',...',.',..', |ー‐



                               ,,/      i‐,
                              ..i`        ~フ
                              |`ー―‐'''~\_,,‐、.`、_
                             ..|゙ー三三',・`~| |..| 、‐'
                             .ヽ=====''´...ノ.ノ_ノ| ゝ      こんだけ丁寧に評価してもらった。
                              .`!、三''´‐´~ ノ |..i、ヽ
                            ,..――‐ヽ、`ニ, ./  |、|      特に姉崎さんの評価なんて、
                          /´'   .`、.', `ー´ ̄|´~)___      『現行の原作持ち小説スレ作者の意見』
                         ./      ヽ.',.',.',',\j`~'ヽ..ヽ`ヽ_   だぜ……?
                        _,,j       .|',.',.',.',',ヽヽ.ヽ.ヽ.!.',.ヽ\
                      ,´~       | ..|..',',.',.',',..',.ヽ,| .',|..', ', |  お前さんに必要なものがわんさか
                      (_        | .j',',.',',',.',',ヽ',ヽ! .` .',',ヽ|  つまってたはずだ。
                    ./⌒.~`ヽ     / /,.',',.',',',.',',..',',.ヽ .|..j.|.| |
 _,‐―‐、__,,―‐,、   _____,,,.‐´~``  ..`i  .j'~、ー´.',.',',.'.,.',.'.,',',..',',.`、.|.,','..|...|
.|     |`ー々 ヽ―´            |___/ ..ヽヽ',.',.','.,.',.',..',ヽ..i| `'.|.| |...|
.|     |三   ..|  ..`i         _ノ     ヽヽ',',.',.',.ヽヽ|..|..| .|..|.| |...|
.|     |=   ..j__.ヽ____ノ~       .ヽヽ',',..',', ',..|..|..| .|..',',..',..|
.|     |`ー――´    ̄                ヽヽ',',..',', ヽ.',.', ', ', ',.|

366名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:36:21 ID:ImW2jeCM

                     ,
                 , ィ /lイ-'ツ,.ィ_,..,
                 /','" '" ,r''  ''",∠,,..,
                ,' , / ィ"ィ/,.r'' _/
                 L-‐::彡`、:i-f,ヽ-=≧
  。: 。゚.・゚・: ・ 。    〈ミニΞ=~っ 'ii l9 k-、≧ _,,,,,,,,,,,........,,,
  ::∴∵・。∵∴。・。  。〈=:::=Ξ=Ξく人メ ,l liiiiiiiiiiiiiiiiiシ   '"`ヽ、          原文丸コピが余り好かれないのも、
 °・:∵‥:。*。: :∴‥.ゝ=ニテ''"  ,ス,/ li i .i .i .i ,'         ゙'ー-、,,       投下後とここの評価で身をもって知ったな?
  。:∴‥¨∵∴:*※≒÷…ヾ9ィ .;/ノ'  li .i .i .i .i.l            ̄`ヽ
  ::。・∴・゚.:*:・。∵,r'"'  、l.i.iーiイ゙(~~)、_ li .i .i .i .i '、 ,          ,rッ'''ヽ、 なら大抵のことは覚えられた訳だ。
  :。*:.・:*。・゚_,.ィ'''i'゚    ヽヽi.i i V`i''、 ゙l i .i .i .i .'、\ ヽ、       ,ィ'/   ゙''ー、
     ゚:゚・゚ ゚・,r''"-、,,ii、      ヾ、'、'i i'、l ヽ, li .', ', '、.'、.'、.ヾ、_`'ーヽ    /,r'         ヽ
          l,  _ __ヾ、     -、,, ヾ',', ', '、 `l ', ', '、.'、 '、'、'、','、'、くヽ,--イ  ,       l
         l; ;f‐''⊂二二⊃-''"  ̄\',.',.',、 'l、.'、'、ヽヽ.ヽヽヽヽ'、'、';iiil  'ー(       ,'
         l iゝ、.l    : : :i:l       \',','、 l、'、'、ヽヽ.ヽヽ', ', ', ', ',',iiil   /      ,'
        ヽ,',( 、l    : : :i:l       ヽ',ヽl,'、'、ヽヽヽヽヾ .i .i .i i ',iii、 /       /
          t_l    : : :i:l           ヾ、'l、oヽヽヽヽヽ'、i i .i ヽ',iii/      /
           ''ー----‐''



                     i、 ,ノ,l.r''_,.L.ィ._,
                       、l :iイ '" '_,. " ;:/
                     i, :_,;'∠、;_ ,. - ; :.``':、._
        ,,..-‐- ..、        ,ノニ-ぅ'`-、''Yヾ ::: .:、'"´
          l:   : ::;i:l::;;v、     {Ξ=三' ノ、ィ,',i、 、 ヾ、
       l:   : ::;i:l` ,ゝ,`、    t=Ξ='‐くノ';;k'゙ヽ,i 、ゝ          多分、そろそろスレ立てようとしてるんだろうな。
         l:   : ::;i:lr`.ぐ' ヽ      '-i._,,...   ,シ   'ゝ,N`
       ヽニ二ニソt-ニri, ,'         ゙'i.,,,./,.r‐''",.r->、..,,,_       短編で練習してるのかい?
             `、. - i        ,.i"入 /'/',.'',r',r';='´゛''ー 、 
                 i´i'ー'"l       ,.r,'゙/`i' >,'/././ /./,r'     ヽ
                 i)i    l、   ,/','// ,i /,.',' /./,.' //        l   そして評価スレにも持ち込んだわけだ……
              / ,'゙''''''  ヽ  ,r'/,'.,'/  i/ ,'.,' ,'./././ レ          l
                l       i'r''" ,',',','i'  /' ,' ,' ,'.,' ,' ,'r'゙        ,'
            ',     l'`ー、ii'i i.l  /,'.,' ,' ,'.,'./ ,i'゙       ,ノ
             l    i'゙i  l.i.i.i.il /,'.,' ,' ,'.,'.,'.r'-,、        /
                 l      ,'   l.i.,'i l,/,' ,' ,' i i_ムr'~~゙`ヾ、-.、 /
               '、     ,.-ッーィ'''''ー-‐'''" ゙'     `ヾヶ'
                `ー-r‐''" l  :             ,./
                   i/, _,,.ィ--、             ,rii/
               ゙''(..゙ジ l','.i iヽ....ィ--―‐-----'''iiiiil'

367名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:36:40 ID:ImW2jeCM

            、  / ::::/ .::: /   ..:: '  ..:::'´ _,,.::=''" ,r'
              ',ヽ,' ::,r'   '     '  ..::::: : : : ´ ̄..:::∠
              、、l 'i :   ,'   ,    ' . . . : : : : : : : ''- ::二ニ=-
             ',ヾ i :  .:  .: , . :  . : : :   : : : : ; ; ; _``- 、
             ', ' :   :;:  .: ,;::: _,,..r''´` 、.._:: ' -' ,....、: : : : 、--―`
             ', : : ;_,,,.. -‐'''" ,.r'ヽ、 `'''r''V,rヽヽ::::::`ー` 、
             l'''''''"~  _,,. -‐'",..-、 ~`'''ァi l li'` ヽ.',::::::::ヽ、-`、
                 l''ー--―'''"_,,. -‐'',.r''    ,.' l l l、⌒i i iヾ、ヽ,._\
                 l''ー-―'''"_,,. -‐''",,. ''",)   l '''lヽノ ソ'、  ヾ_ヽ``_
              lニ''''''''''''"~,,.. -‐'',. -''",.、   /  /,i ,ヾ)ヽ、-、 ';iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、―
             l、ニ二ニ~--‐''",,. -'',,.r'' ,r' ,r''iii;`r'.)'  ` l ヾ、ヽ ̄ヾ''ヾ'''ヾヽ、
                ヽー----‐''二-‐''",. -''"ヽイ  'ii; l     ';:l   ヽ ヽ `、 `、 ヽ、
               ヾニ二,.---‐'''"        ;iiツ    :l     ', ヽ,  '、`、
                   /ヽ'ー、'"         ,;ii'゙    ;;,./    ', ヽ  ', '、
              ,/iiiiiiiiii\‐-‐'''''゙~ ̄` 、 /    _,;;ツ,,,,,、    ',  ',  ', '、
            ,.r''"iiiiiiiiii_r''"ヾ、ー;ii;゙゙´   ;ii'゙ー--‐''''''´l';r''~~ ヽ、   ',  '、 '、
         ,..-‐'"`ヾiiir''く  ヽ  ヽ,;iiii;;;,,,,;;ir''゙、        l     ',`ー、 l、  ',  ',
       ,.r'"     ヽ、. ヽ  \ ゙ヾ''''"ヽ  ヾ、       ,'、    l  `'l,',  ',  ',
      ,.r'´ ̄`' - 、   ',  `、  `、  `、 `、 ヽヽ     ,' ` 、.,,..-'ヽ    l ',  ',
      ,'         ヽ、   ',、   ヽ  ヽ  `、  '、  '、.\  ,'    ',   ヽ  ', ',  ',
      /         ヽ   ','、   ヽ  ヽ  ヽ  ヽ `、 \,'      l   ヽ  ', .', .',
┌‐────┐     ',   l ヽ  ヽ  ヽ  ヽ  '、  '、 ヽ    l     `、 l ', ',
│ ゴ ド ー |       :   l ヽ  `、 `、 '、  '、  '、 ヾ、   l     `、l i .i
├───‐─┴────────────────────―─‐
|      俺はお前さんのその姿勢を【評価】するぜ!!!
└─────────────────―──────────

368名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:36:59 ID:ImW2jeCM

     /       i   i、 ノ,.'‐'´,.-'ニ'-‐ 'ッ
.     ー- 、     i   .N .!' / , , -;=‐‐‐<
         !_,.........⊥  !_,,. '_‐,ヽ_'´r''_,ニニ'' `ー
       /!     | ノ,ニ-,._,`ーi`.i´ヽー-.、く
      ,ノ-┤    | i,='三_-' .ノヽ!ノ,!、ヽヽ.、ヽ
      { ‐コ.   ____| 'ヾ三='‐'ヽノ'i;ド' '、i,ヽヾ`
      | ´_,`T‐┬‐"   'ーi'_,,,..  ノ  '_ゝN`           ……いいもん作りてえって思ってるんだろ?
  .    ヽ く. /         ヽ.,, ,'_,'-‐'"´,. ‐`-,..,,_
       ,i` . ,ィ'        '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"'ー.、    がんばりな。
      io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
      l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i
      /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !
      !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'
      ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
      i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
      |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
      ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
       ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
         !r',.  i,__.i            //
         / r.ァ'´!i i\   __    , ィ_,'_ ,,,,.....
         `.".´... !'-'-'‐=‐´― ''''""" ̄

369名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:37:27 ID:ImW2jeCM

                     i、 ,ノ,l.r''_,.L.ィ._,
                       、l :iイ '" '_,. " ;:/
                     i, :_,;'∠、;_ ,. - ; :.``':、._
        ,,..-‐- ..、        ,ノニ-ぅ'`-、''Yヾ ::: .:、'"´
          l:   : ::;i:l::;;v、     {Ξ=三' ノ、ィ,',i、 、 ヾ、         余計な事を一つ言おうか。
       l:   : ::;i:l` ,ゝ,`、    t=Ξ='‐くノ';;k'゙ヽ,i 、ゝ
         l:   : ::;i:lr`.ぐ' ヽ      '-i._,,...   ,シ   'ゝ,N`         評価の取捨選択もちゃんとやりな。
       ヽニ二ニソt-ニri, ,'         ゙'i.,,,./,.r‐''",.r->、..,,,_  
             `、. - i        ,.i"入 /'/',.'',r',r';='´゛''ー 、   自分に必要な評価を見極めて、
                 i´i'ー'"l       ,.r,'゙/`i' >,'/././ /./,r'     ヽ.  自分に必要なものだけ盗めばいい。
                 i)i    l、   ,/','// ,i /,.',' /./,.' //        l
              / ,'゙''''''  ヽ  ,r'/,'.,'/  i/ ,'.,' ,'./././ レ          l
                l       i'r''" ,',',','i'  /' ,' ,' ,'.,' ,' ,'r'゙        ,'
            ',     l'`ー、ii'i i.l  /,'.,' ,' ,'.,'./ ,i'゙       ,ノ
             l    i'゙i  l.i.i.i.il /,'.,' ,' ,'.,'.,'.r'-,、        /
                 l      ,'   l.i.,'i l,/,' ,' ,' i i_ムr'~~゙`ヾ、-.、 /
               '、     ,.-ッーィ'''''ー-‐'''" ゙'     `ヾヶ'
                `ー-r‐''" l  :             ,./
                   i/, _,,.ィ--、             ,rii/
               ゙''(..゙ジ l','.i iヽ....ィ--―‐-----'''iiiiil'



                              。,r;'.:;:f''゙
                                 i'l゙t;::,:i'
                              i゙ ヾ;`i
                         。,.  ハ ノl,.ィツ,.rノ;,i
                      ,r'.;i iV゙ l'"r'´ '゙´-'((ァ
                      tヾ; ,l,' ,'  ,. '´; : ''"'i;ヽッ
                       'ゞ) >- 、.i..∠..,,:: ' ノr'ァ
                     _,.. -‐`l=ミニ:::;;;;::=,ヾミィ´iヾ、       時々、評価人の評価の中に、
                   ,r'"  ,r'〈ニ=三三=ィ 'ノノ',ハi''`      『その人のやる夫スレに対する思想』が
                   /   , /とニ、>,=三=''<ノl'゙ソiiii、       混ざっている時がある。
                   ,.r'"  i ,',r'',ニ- ' ゙ヾ::っ ,/,.','>、iiiiヽ
                r'"     i,',',ι'r',.、  ヾr'"/',.', ',`,r'´\    そんなのは……
               r┤      i', i i ,'`;゙'lゝ,._,,..`+','.,.',.'.,.',.',.. -‐ ヽ、  好き好きだしな。
              r┘ヾ,、    ,l i i .i .i .l ,'l :o  l',.',.'.,.'/ '       i
                ,.ム -.、 ゙'-...,,,,ノ'l i i i i il l L.  -ィ、'.,',..': '       ,'
          , 、  ,.r'"    `ー ノ'  l ii i .i i i'r'     ヾ         /
      ,.' ィ;r'''"゙      ,r'"   l il i i .i i、',     l'_       ,i'
    r::;ニツ ヾ~ 、     ,.'     ,',.ii i .i i'、',    l;、ヾ、    /
   r':ーぅ::...ノl _,,. i    ,r'-'     ィi 'i .i i .i iバ:    ハ ヾ- ノ
    ゙、三ッ _,ノ゙oノ  ノ       ,r'゙l.i i i i .i i l0ゝ

370名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:37:46 ID:ImW2jeCM


                               ,,/      i‐,
                              ..i`        ~フ
                              |`ー―‐'''~\_,,‐、.`、_
                             ..|゙ー三三',・`~| |..| 、‐'
                             .ヽ=====''´...ノ.ノ_ノ| ゝ
                              .`!、三''´‐´~ ノ |..i、ヽ
                            ,..――‐ヽ、`ニ, ./  |、|         以上で俺の【評価】は終りだ。
                          /´'   .`、.', `ー´ ̄|´~)___
                         ./      ヽ.',.',.',',\j`~'ヽ..ヽ`ヽ_      いいもん作って俺に見せてくれよ!
                        _,,j       .|',.',.',.',',ヽヽ.ヽ.ヽ.!.',.ヽ\
                      ,´~       | ..|..',',.',.',',..',.ヽ,| .',|..', ', |
                      (_        | .j',',.',',',.',',ヽ',ヽ! .` .',',ヽ|
                    ./⌒.~`ヽ     / /,.',',.',',',.',',..',',.ヽ .|..j.|.| |
 _,‐―‐、__,,―‐,、   _____,,,.‐´~``  ..`i  .j'~、ー´.',.',',.'.,.',.'.,',',..',',.`、.|.,','..|...|
.|     |`ー々 ヽ―´            |___/ ..ヽヽ',.',.','.,.',.',..',ヽ..i| `'.|.| |...|
.|     |三   ..|  ..`i         _ノ     ヽヽ',',.',.',.ヽヽ|..|..| .|..|.| |...|
.|     |=   ..j__.ヽ____ノ~       .ヽヽ',',..',', ',..|..|..| .|..',',..',..|
.|     |`ー――´    ̄                ヽヽ',',..',', ヽ.',.', ', ', ',.|
                                ヽヽ',',.',.'.,..',..'ヽヽ,ヽ..| |
                                 .ヽヽ',',.',.',..!..!..! ! ! ! |

371名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 22:49:35 ID:4s5SKv3w
乙です!原作同様かっこいいゴドーさんの評価…痺れつつ涙が出ました、いろんな意味で…。

372名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 23:05:42 ID:4eDbAzEA
乙です。

373名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 23:07:53 ID:/Q/kAc22
乙です。
こういう事書いてくれる人って貴重だと思う。

374名無しのやる夫だお:2010/02/04(木) 23:33:32 ID:sTRWncb.

かっけええ!

375名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:27:10 ID:d6runcuI
誰もいない……
評価するなら今のうち

376名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:28:16 ID:i33vOGAQ
よーし行ってみよー

377名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:29:28 ID:d6runcuI


         /: : : : : : : : : : : : : : : : : lヽ: : : : : : ::二二: :ヽ/ /
         ト、: : : : : : : :i: : ヽ: : : : :: ::| ヽ/ ̄"―┐: /  /       媚ねぇ!退かねぇ!省みねぇ!
       /\ `  、: : |: : : ::ヽ: : : : :l       //   /        ねぇねぇづくしの男道!
       /: : : \    ヽ|: : : : :/ヽ: : ::|     /`/    /         カミナだ。よろしくな。
       /: /ニ|: :\   |: : : : ト、ヽ: : l    //       /
     //::/三ニ|: :/ニ\ l: : : :|  `ヽ::ヽ― '´     /ヽ
  /ヾ//   |/三三}\l: : ::l      ヽヽ      /V ノ \          今日も気合で評価をするぜ!
/ヾ三三三三三ニ/ |ニ'、<l: : :ト、     个ー、   / レ'/    l\___
三ヾ、__     |/  l川 \l:: :l \/ 、!,   `ー'   厂     |三三三l`ヽ、
三` ̄ ̄   \,,   ィニ=::::::V、 r、_____, イ}  ノ:::     |三三三三三>、
三ニ     /ヾヽ三'/ :::::::::::::\ヽlヘ    ヘ ノ イ:::      | 三三三/  ,==\
三三ヾー/    V/   :::::::::::::::\`ー―一'/:::::        ,'三三三/ /三三ニ
三三ニ/       ',      ::::::::::::::::`ー―‐'´:::::................   /三三三ll  i三三三三
三ニ/         ',      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /三/ l三ニl  |三三三三
                ヽ                      /三/ |ニ三l  |三三三三
              \                  /三/  .l三ニl  |三三三三

378名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:29:55 ID:d6runcuI


【聖剣2】やる夫とマナと聖剣と
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259420358/
ttp://ylem.miklabo.com/title/seiken.html

                 fi
                  r┼、
                    y二j
                 j≡|
               (  )
                } :i
           __,ゝ 、. ィ  .i
            ´>:;:;:;:;:;/|j彡ミi          今回はこれだっ!!
.          ォハ;:;:;;_/ .|   ,ゝ
           从k´ナヽ彡´.j
             f     ノ         原作はSFC『聖剣伝説2』全22話。俺はゲーム経験アリだ。
            ,(     丿
          〆  ノミヽ.i
         ノヾ.Y∠三ミミi           評価の方は、以前に新城兄貴、アイギス姐貴がやってくれている。
       /  ノ }彡ヾー一--z
       j'   j´{ゝyヾ.´二`゙゙ヾ{         http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/160-173
      ,ィ弌シ   7弌 f:;:;:;:;` ー}         http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1249748140/188-195
    /ミシ´ 、ヘ{( } }:;:;:;:;:;:;:;\
.   /  { ./:;:;:;ヒ:ゝ| |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
   {__r ノ/:;:;:;:;:;:;:;:;:;辷}:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\     スレの方も完結したんで、ざっくりと述べさせてもらおうか。
.     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\

379名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:30:42 ID:d6runcuI


        r‐-─-l∨ヽ/l-‐、
       |,,,,,,,, r->;:::::::::::::::‐-‐ァ
       | ; ,;;;;,l ムィ::;-=チ:::/、
        y ⌒‐'''//tォ//N>、           ┌────────────────────────┐
        l    ;; ;;;,,、 ,-,∧:| ∨ハ          │                                    │
      l,,,;;;, / ,,;  ,-`='____l:」」__           │       <<特に気になっている点>>       ......│
     /;;;; ;,, ヽ r'´- r‐' ‐-、,-┬--'             │                                    │
.     |ヽ;;;   弋 ,r'´丶 ._ `┴、| l             │  ・以前のアドバイスをとりこむことができているか     │
    ,--|_/丶__/`l `、_.`ヽ`/‐'/ l           │  ・話の筋は通っているか                 .....│
    》:::|、,、丶- -〈_,\ \\_`ヽ/   |.           │  ・テンポ、配役、見やすさ                  │
    ∨レ':::: ̄ ̄::::::/  `‐'/ /   /           │  ・演出(日常会話、戦闘シーン)               .│
     Ⅵ``‐- ;; =">、<二ニ - ‐ ´             │  ・その他改善点                       ..│
      l:::: ̄''''''''::::::::::::::::::::::::::::‐-、               │                                    │
       ̄ユ、__::::::::::::::::::::::::::::: ̄ヽ,           └────────────────────────┘
      /::゙::::::;/  ̄'''''‐-、/:::::::::::::::|
   /\__/      r'´:::::::::::::::::::::|
    >、___/          !:::::::::::::::::::::::::|
   r'  /           /:::::::::::::::::::::::::::|          作者が気にしているのはココ。
.  〈__,,,,,〕lコ       /:/ ̄ ̄ ̄\::|         というわけで、まずは俺の感想を述べてから
   ̄ ̄ ̄      ./___  \`|         上記について触れてみよう。
          ,-‐''''"´ |    丶 ヽ|
          \   |      lヽ |
               \ |   |   / \|
                 `|    |  〈__/
                 /        |
             | ::::..     \_ _
               / ::::::::      /::::::>-y-‐‐--,
             r'´         /:::::/, - ‐‐ - 、 ノ
         l ̄ ̄|          (:::::///;';';';';';ヽ ヽ''フ

380名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:31:04 ID:d6runcuI

     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、;、''´   ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   /.:.:.:;ィ'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j´       `ヾ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  /;;;ィ'''´ ノ.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          `ヾ:.:.:.:r'´ `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::
  '´     j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  /ー、        ヾ.:; 〃ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.::.:.:
      j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.|  /           レ  yヽゝ  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:
     j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::{ /              r'   ,'ヾ;.:.:.:.:.:.:
     j;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨,ャj'ラー ァ             ソ   ノ  ヾ.:.:.:.:.:
    j.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ.:.:.:.:.:.:.:人.:.:、'ヘj.  ,ノ               、_ノ   `ヾミ;;;;      ┌───────────────────┐
.    j.:.:.:.:.:.:://.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ;、 `                !       ヾミ     │                          ......│
.   j.:.:.:.:.:.:ノ ./;;イ.:.:.:.:.:ヘ::.:/  ソ                   |     ,, ''       │                          ......│
   j.::.:.:/ ノ'  |.:.:.:.:.: ∨                    j ,,  '' ´          │   ただ今、1話から一気読み・・・・・・     .│
   j:.:/       |.::.:.::; /         , '`     _,,  ''´               │                          ......│
  丿'       |:.:.:;' 丶、 `     , '  _,,  '' ´                   │                          ......│
            i;.:j     `j   , ' <´                          └───────────────────┘
            ∨       `<     ヽ
                   _>、      \
         _,,. -ー   ''´    ヽ     \
     _,,  ´              ヽ    ,, へ\
  ,,,; ´                    ゙ー ´     ヽ.ソ
 ー───────--、                /
               ヽ                /
                ヽ          /

381名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:31:39 ID:d6runcuI


            /ニ|三二三二三二三二三二|:.:.:.:{     | l|   ヽ! {z彡}.リ
         /二l二三二三二三二三二三ニ!:.:.:.:.:ヽ      !       }z /
          /./,|.三二三二三二三二三二 |:.:.:.:.:.:.:.\   三zx_    じ/
       ///_|ニ三二三二三二三二三二|`ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ.__ z=―‐     ト-′
        /' /イ:.|三ニ三二三二三二三二三|三}:.:.:.:z-¨z≦´  z._   |z
       /:.:.:.斗ニ三二三二三二三A三二.|三:./彡‐__:.:.,;:/:.:三:`ヽ. l三        
.      // |三二 l二三二三ニ!∧ニ三l三{:.:.:}:.:-ァ=デ'´-‐ 、:三:.:.:∧三        ……スゲェ、スゲェよあんた。
        ,′   |三二 /!ニ三二三二|zz:.l三.ド=三三zzヽ:.:.:{    ヽ:.:.:ハ三
      l  ,. z= |ニ三l/ハ三二三二.ト、三.! ト:.:`i      `ヾ - ァ .z.V:.:.:{三        なんちゅうもんを書いちまったんだ。
      //'´   |三/.| ,三!ニ三二|ニ/三トミ| |∧:.j  '´ /     /   /-ミ:.:ヽz
    /´    |./ 三三.lニ三二!z|.:.三:.:{ヘ「`ハ:{   /_ 彡'   /三 ヽ:.{  /
   /     _  !/ 三三.A三ニハ |:.:.三:{二二∧_. く 、二´z彡  /三三 j:.:ン'
. /     {:.:.:.:}._|  三三z∧三|\三三.l二二.    ` ミ __ イ `ヽ  /:.:.:.:.ヽ
.'イ:/     `j:.:.:.:.`:ーz三../ lニ.|   \三:ヽ二二      ` ‐<三  '/:.:.:.:.:.::.:.
:.:./ー- .._   ̄ 7三三/  lz.|    \三:.}二二z_   r:i   ヽ r..‐.}:.:.:.:.:.:.ヾ、:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.ヽ、 {:.三z/    V      ` <二二二z_       `ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.

382名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:31:59 ID:d6runcuI


            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      <カミナの感想>
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|
         /.:.:./.:.:.:._ノ:.:.:.:./ ヽ、_<:.:.\     中盤から最後まで物語の盛り上がり方がハンパじゃねぇ。
       ∠ イ:.:!:.:.:/○ ∨  ○  |、.:.:<   
            |/|:.:/ | | 、_,、_,  | |⊃|ノ.:/     アンタが作りたかった作品は、どういうイメージをもっていたのか。
            |/ヽ.| | ゝ._) | | //      AAを通じてこっちにもビンビン伝わってくるぜ。
                \>,、 ____\ ̄ 7
               / ヽ______/   \
                / /¨¨¨¨\    \



  ___
  > ``´〉ー、       例えば、スサノヲ戦。
  7ミレW゛ "}ゞ      
   ゞ(q `ヒi´j        http://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1255/12551/1255153217/826-832.html
  〃)}。`´。{(ヾ
  \〉ニニニ〈シ
   .}=芥={        これは高機動の機械兵器との一対多の戦いなんだが、
    j  ハ .|        相手の持つ動き・威力・その凶悪さがよくわかる。
   く三| |三ゝ
   (Y__」 L__Y)       つまり、迫力ある絵になっている。

383名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:34:14 ID:d6runcuI


. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_   とにかくこの作者の兄貴による
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´   AAの力の入れようは半端じゃねぇ!
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`      本当、AA改変のお手本になる。
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ          なによりも魅せ方が上手い。
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1259420358/486-491
''         l/   i、   、______,、   ,'
                !ヽ、   、   ,      ,イ              このシーンなんかもオススメだな。
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l               ボクシングでいうジャブとストレートのような攻撃。
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!             読んでるこっちが色々と教わることが多かった。

384名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:34:31 ID:d6runcuI


            ┌────────────────────────┐
            │                                    │
            │  ・以前のアドバイスをとりこむことができているか     │
            │  ・テンポ、配役、見やすさ                  │
            │  ・演出(日常会話、戦闘シーン)               .│
            │                                    │
            └────────────────────────┘


.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =         上に関してはまったく問題ない。
.:.:.:.:.:.:.             |                  以前の評価をうまく、そして確実に話の中に取り入れているぜ。
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ         テンポで言ったら、RPGおなじみのお使いクエスト。
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス.         この場合は、賢者を探しにあちこち飛び回るとこなんだが、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '           その回数を少なくしたり、
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.       四天王ファウナッハ戦をカットしたのも良判断だ。
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |       おかげで話にダレなかった。
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、

385名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:36:27 ID:d6runcuI


┌───────────────┐
│                     ...│
│   ・話の筋は通っているか    .│
│                     ...│
└───────────────┘

ttp://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1255/12551/1255153217/237-241.html


            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       ケツの穴ちっこいこと言うが、ここが気になったなぁ。
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|
         /.:.:./.:.:.:._ノ:.:.:.:./ ヽ、_<:.:.\
       ∠ イ:.:!:.:.:/○ ∨  ○  |、.:.:<      これはやる夫が自分たちの親の話題を話す場面なんだが……
            |/|:.:/⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ.:/    
            |/ヽ、        .//       重い話題を話すにしては、やる夫の態度が軽かった。
                \>,、 ____\ ̄ 7      
               / ヽ______/   \
                / /¨¨¨¨\    \



      __ -‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-‐-、
      <_::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ̄ 7::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::ム;;:::::::::::::::::::::l            
          /:::::::::/::/::::::::::;/|:::::::::/  "''ヾ、::::::::::|           とくにやる夫にとっては、
          /::::::/:::::/::::::::::/  .|::::::/   _   ≧:::::l、          妖精の森で東方不敗のじっちゃんとの
       /::::::ム‐::7|:::::::::/\,,,,|:::/、 ''"   \ i::::::::::::ニ=‐        別れを俺たちは観ている。
        /::::_ -‐ 7/|::::::/‐弋ラ|/   、弋ラ丶 ト、::ト、|
        //   /:::l |::;イ ` ー ´     ` ─ ´<\|'           それだけに、このやる夫はあっさりしすぎて、
       ′     |:::::>レ'゙|       ノ    r-'ニ、─i`i           「え?肉親が消えてなくなったのに、それだけ?」
           , 'l::|/  `|     `´    `‐┐ |  | ト..、         と俺は思った。
    , -‐'i´|   l:::::l   \  -─‐-、   _/  ' / l|:::::l丶、
.   /:::/ /:/  l::::::l    \    , -‐ ´    / |:::::| |:::|``r..、
  /:::/ /:/   ヽ:::ヽ   \ \_/      /  /::::/ |:::|  l::::ヽ
. /:::/ /:/       ヽ:::ヽ     l´ -‐─‐r‐ ´  /::::/  |:::|  ヽ::::l
 l/ /:/‐-     ゝ:::ヽ_   |   -‐ | _ /::::/ / ヽ:ヽ  \|
 l //     /::::::::/ ̄  | / _ | ̄\`'::::/   |\ \\ /
 ヽ´      `ヽ、::/      | ̄    |   \/    \:\ ゝ/

386名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:36:54 ID:d6runcuI


   レ          : : .. : : ::        : : ..  }::::::::\_   '.  : ::    : :::: ::::|
  Y  . .          : :: :: .    r─‐- 、: :: / ::::::::::::::(  ', .:::    : :: ::: ::l
  ∨ : : :..  : : ..       : :: :.    l    :`:イf{`ーr─- 'ァ ` 、:   . ::: :: :: :|
   \: : :: : :: ..r≠x      : ::.  `  ー 、  `ー'- 、 ..     {    .:::: :: :::: }
     `  、: : ::ゝ、 }: .    . : ::: .      :::`ヽ、   Y::::. .   l   . :: :::: :. ,′
         ̄ ̄  ` /ト、_,.ィ : : :: .     : :: :: ゝ、_{:: :: .::  |   . :: : :: ::/    とはいえ、ここは
      _____,. -/:/r '::::ゝ: :: : :: .., -──- / Y:: ':、:::::::. |  . :::: ::::::::,’    後の伏線となる重要な個所だから、
      ` ーァ:::::::::::::{`ー─≠. :: :: ::/     / /|:: ̄ ̄ ̄{ . ::::::::::::::/     絶対にはずすことができない。
       /:::::::rレ/: :Y     . ::/  . :  ∠ - '´::::::ハZ_ _<∧:::::::::::::::Y
      /:::::::::ノ {/ : : ト 、  ./ ,/.   .f⌒ー-- 、∧   ̄ ̄彡ハ::::::::::, ´
 __,/::::::ァ:/::ヘ/!ィツ:/   }}/  /:  /三三/ /≧xー─=キ }:::/        だから、この場合は、
    ̄ ̄/:/:/\ト _ノ,1  〈 {   l: , ' 」三三{ /三/ヘ`',<__,>彳/
     /:/レ'   廴 /ノ  / `ヽrf }:./三≦x三l |三{  ヾ≧x≦彡l/          やる夫が両親の話題を振るんじゃなく、
     /´       `Y  /    {∧/三三三Z`ゝⅥ{_   {/   /
                `ー′   jハ |  、   ̄ ̄     /「 }ト 、_/            やらない夫と翠の子の会話から
                   // }lト、 } ′    /,ィ/Z|               両親の話になって、やる夫に振る。
                  f/  ||J l     /≦{{ Ⅵ|
                  |l ノノ、_.ィ  }     {三≧彡}
                       `  \} ノ,  -‐- ,\三三l               ……つー流れはどうだろう。

387名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:37:21 ID:d6runcuI

┌────────────┐
│   その他改善点     ...│
└────────────┘

            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|           他に気になったこと……
         /.:.:./.:.:.:/\:.:.:./   <:.:.\
       ∠ イ:.:!:.:.:/ノ  ∨ `ヽ  |、.:.:<          まぁ、あるにはあるが、ささいなことを一つ。
            |/|:.:/ ○     ○   .|ノ.:/   
            |/ヽ⊃ 、_,、_, ⊂⊃//     
             \/⌒l、 ____\ ̄ 7
            /  /、______/   \
             |  l/¨¨¨¨\    \



         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::三三三`ヽ、
       -―¬/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::_:::::::ニ三三三∧
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::_,::-―::、三三ニ',
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::,zム‐z三三三三ミ'     次回予告で、わりとネタバレがあった。
           /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::|―'     三>三三ニト、
        /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       三\三三三≧z  原作未経験の読者ならたぶん問題ない。
         /::::::_,.r::::::/::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::|       ニ三}三三三>
      /,.ィ´ }:::::/::::::l:::::::::::::/  ∨::::::::::::l    ,r=―ニニi三Y⌒     
      /     i::::/,.ィ´}:::::::::::/ `≧、∨::::::::i   ∠_ 三三|`≧      だが、ゲームに触れているものにとっては、
          i::/:::::,r-l:::::::::/r云:::フソ\:::::i≦'弋z::フ㍉、三}三ニi      先の展開が読めてしまった奴が中にはあったなぁ。
          l:::::::/  |:::::::/ ^ゝ辷ノ^  \{  ト≧≠イニニ∧三,'
          |::::∧  |:::::/       }  丶      三ニ∧ニ/       話に未登場のキャラクターは
          |:::/ ヽイ::∧       |         三三ト- '       予告の中に入れないほうがいいかも。
          |/.   レ' ヘ       、 ,     ,三ニ/
                ハ                、ニ三/
                   l\  ー―‐ ¬Tフ勺三,,イ           でも、最終話の予告は良かったから、
                     i .\  `'‐―― ≦三/少、          あれを参考にしてもらえれば良いぜ。
                      ,ヘ  \  ヾ   三/三 |三\
           _,..-―¬"  ',   ヽ   ,ィ三三ニl三三≧、
         /:::/             ̄     〉 |ニ三三三\
    ,..―7¬:::::::/         \        /   三三三ニ`'‐.、
   ̄/::::/  {:::::/                        三三三三三三

388名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:38:17 ID:d6runcuI


            ___ |\
         ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|       <まとめ>
         /.:.:./.:.:.:.\:.:.:.:./ /<:.:.\
       ∠ イ:.:!:.:.:/● ∨  ●  |、.:.:<        ストーリー……ヤバイ!感動して泣くレベル
            |/|:.:/⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ.:/
            |/ヽ、  ゝ._)   .//             AA……ヤバイ!鳥肌モノ
           〉〉〉>,、 ____\ ̄ 7
             ゞソ_,ヽ______/   \        オリジナル性……ヤバイ!賢者の試練と最終戦をああしちまうなんて
                l彡´イ¨¨¨¨\    \
                 ┌┴‐‐v‐‐‐\   `丶、 _
              〕二ニ,◇、ニ二〔`丶、_ -‐    俺からはこんな具合さ。
             /   / /\\  ヽ          参考になってくれたか?
                /     ∧       !
            /     / |     |
              〈     / /    /
           /`ー'l'"   `ー、''"ヽ、
           `ー''"´      `ー''"



       /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノ>ー--- 、__
      /;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;x─'''''´
    /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ
   /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;∧;、;;_xv.;.;.;.;.;.;.;.|
. /;;;;;;;;;彡´{ ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ ;;;;; ;;;;;;;;;;;;/     `}.;.;.;.;.;.|       仕事も丁寧だし、作品をつくってやろう、
/ィ´     {./;;;;;;;;;;;;;;;;ィ;;;;;;;;;;;//;;;;ィ ;;;;;;;;;;/       }.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヤ´   という意気込みを感じることができた作品だった。
        /;;;;;;;;;;;/l;;;;;;;;;;;/ /;/i ;;;;;;/        }.;.;.;.;.;<,,_
     /;;;;;;;/メ).j;;;;;;;/ `メ、  j ;;;/       ,ィ、  /;;;;;;jー--ー'´
.    /;;;/{. i マ. j;;;;/モ キf;;;;;シ、i ;;/   _,,/  ヘ /;;/         これはまだ読んでいないやつらにも
    /ィ´  {. ヽ ソj'  `ー゙゙゙゙' j;;/  r'´zオ;;ッ、  /)           ぜひとも勧めたい。
        } `メi       ノ'    i  `¨ー ' /,'
        { / i  ,ィ.       |     j              作者のスキルが上達していった中盤ほど、
        レ  .ヽ ヽ、` 、    ノ      j'              こちらがどんどんのめりこんで行っちまうぜ。
        {    '.  \ ` 、     /
         ヽ    '.   、` ー 、`_フ /
            ヽ   '.   `゙゙   /
           i    ' ,       /
           `i、   ` rー一'ヽ
            i ヽ、   |    ヽ、

389名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:38:55 ID:d6runcuI

                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::バサァ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         __,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       __示::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       俺からの評価は以上だ。
    ー弐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ァ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ー- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      楽しい作品、アリガトヨッ!!
      {/ リ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ̄''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   丶::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  丶:::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::/  \:::::::::::::::::::::::::}`ヽ::::ヽ   ゙L::::::::::::::::::::::::::::::::
       〈:::::::/      〉:::::::::::::::::::::::i  }:::::::',   ゙lハ::::::::::::::::::::::::::::::
       ̄     /:::::::::::::::::::::::::i  ヽ:::::::',     i::::::::卞、::::::::::::::
              〈::::::::::::::::::::::::::::::不、 ',::::::|     {ヘ:::::::-、ヽ::::::::
             フ:::::::::::::::::::::::::::, __j  }:::::i      `ヽ::::マ   ̄
           f:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   丿:::::i       圻ァ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>  L::::::::::}

390名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 05:39:43 ID:d6runcuI
以上になります。キャッシュが切れてるのかなぁ。うまくリンクできなかったorz

>>376
なぜこのような時間にw

391名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 07:21:58 ID:L1IpKGvk
兄貴乙です!相変わらずさっぱりした評価で気持ちいい

392名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 10:29:15 ID:WXkqOK2o
評価乙です。
しかし何というベタ褒め。
読んでみようかしらん。

393名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:49:53 ID:98hYfcSA
12レスほど、投下させていただきます。

394名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:50:57 ID:98hYfcSA
.
            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|::::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|     こんばんわ、
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;::::::::::|    八百黒の太田です。
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       ・        |:::::::::/     >>90で依頼のあった作品を評価させていただきますよ。
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/.       簡単に内容を紹介しますと…
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’       一般人からちょっと行き過ぎた「逸般人」な入速出家、
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/        その日常を描いたドタバタコメディ(不条理系)でしょうか。
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、          ギャル夫さんの評価が>>226-229にありますね。
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_


       ↓評価依頼作品↓
───────────────────────────────
  やる夫たちは逸般人のようです
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/
───────────────────────────────

395名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:51:47 ID:98hYfcSA
.
                                       /^v'''⌒ヽ
                                       ! /^v⌒i ! .}
                                       i!(´Д` リV
                     評価依頼ポイントはこちら。  と!---!__つ
                                        .|______!_|
                                        .(_(__)
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ・話のテンポやノリは良いか
                   ・AA表現等に問題はないか
                   ・トマトジュースを飲みながら気軽に楽しめるか
                   ・イリヤ可愛い?
                   ・その他、気付いた点などあれば
       _________________________________



                                                    __ ______  __ _
                                                    ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
                                                  .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
                                                  i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
                                                  |::|        `;:::::::ヾ;::::
                                                  |┝━  ━━ ヾ;::::::::!,.
                                                  ..|| ―  ――  `;::::::::
                         甘辛問わずとのご希望なので、      . !          ;:::;;
                         ちょっと辛口を意識しました。          | 、     U  ;:;
                                                    !
                         相良さんのようにはいかないでしょうが…  `ヽ, ̄ ̄      ,.-
                         そこはご了承いただきたい。                ヽ、___,,,...-‐''"
                                                        |::::::::::::  ,,,...-
                                                        /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐
                                                   ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'

396名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:52:37 ID:98hYfcSA
.
                      ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
                      ┃.. ・話のテンポやノリは良いか  ┃
                      ┗━━━━━━━━━━━━━━┛



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \      人物のかけあいによる日常ネタがメインで、
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |      「何をやってるかわからない場面」は特に無かったです。
    |:::i~|    ̄ ̄    ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i       ′     |/|ソ
    ノ|;::::!            .|:::|       テンポについては
      l:::\    ー 一   /|/.        「いい時」と、「そうでもない時」の落差が大きかったように見受けられます。
     ノl/i::/\       /|.
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

397名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:53:25 ID:98hYfcSA
.
  __ ______  __ _
  ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
.,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
|::|        `;:::::::ヾ;::::
|:| ⌒  '⌒  ヾ;::::::::!,.      宴会のサイレント進行や、イリヤを泣かせた(?)ことへの制裁シーン。
..|| ―  ――  `;::::::::       このあたりは明快で、オチもわかりやすいです。
. !          ;:::;;
 | 、        ;:;        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/157-160
 .|     ,                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/397-416
  `ヽ, ̄ ̄        ,.-
    ヽ、___,,,...-‐''"    .
     |::::::::::::  ,,,...-
     /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐.
..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
 l l   |    //



  __ ______  __ _
  ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
.,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
|::|        `;:::::::ヾ;::::
|:| _ノ  ヽ、_ ヾ;::::::::!,.       逆に「そうでもない時」は、
..|| ―  ――  `;::::::::        ひとつのオチを延々といじくるケースになってる気がします。
. !          ;:::;;
 | 、      U  ;:;        1話後編のやらない夫とでっていう、
 .|  __              http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/151-156
  `ヽ, ̄ ̄        ,.-
    ヽ、___,,,...-‐''"    .     3話では館長の正体…
     |::::::::::::  ,,,...-
     /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐.      オチがついた後に、まだそのオチについて展開するので
..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'        どうにもくどいというか、スッキリしないというか…
~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
 l l   |    //



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |    俺はそのあたりで少々詰まりました。
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::! u           |:::|      テンポのためにネタを切ることは本末転倒かもしれませんが、
      l:::\   ====ニニ  /|/      もうちょっと笑いどころを選定してもいいかなと。
     ノl/i::/\       /|
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・話のテンポやノリは良いか

  ⇒いい時と、しつこい時の差が激しい。
    何でもかんでも入れるより、取捨選択も考えて。
_______________________

398名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:54:16 ID:98hYfcSA
.
                      ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
                      ┃  ・AA表現等に問題はないか......┃
                      ┗━━━━━━━━━━━━━━┛


        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |      AA表現の手法のひとつ、左右配置について。
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|      テンポにかかわる部分でもありますかね。
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::! u           |:::|       序盤に「AA左 : セリフ右」が多かったのに比べ、
      l:::\    〜〜〜    /|/       投下が進むにつれて左右配置を意識なさってることが見て取れます。
     ノl/i::/\       /|
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/          しかし、「セリフ左 : AA右」のカットが
         ,|、  :::::::/ ト,;'           『 左に寄り過ぎている 』と感じました。
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

399名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:55:03 ID:98hYfcSA
.
            _
          ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
       /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
     /::::::/::::/-\_    `、:ヽ
     ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/294-295
      l:::l什|:/  u    〉 ``' !::l:|   こういう配置↑なら、特に気にならないんですが…
    .|:::|┘ゞ、 _,.ェェェェ_、  l::/ィ
    ./:::::Y   ´      `` イ〃   以下のような↓配置。
  ./ァハ:::! ヽ           イノ    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/287
    .l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!     これだと、「目線が動きすぎる」と思います。
    .ヾ || !    /|:/八レ
       l| |  / ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ____
         r-‐'´ ̄        ̄`ー-、
       _ノ彡  ____        \
      /   _r'´      `ー-、      \
      /   /              `ー─‐-- 、 |
     /乙 /  ___ _,,.,、-‐=、j ,.     ||
     /乙 /  ノ-‐''´ .  ̄`:.、   ソ\     | |
    | 彡|rイ  了 ̄ oヾァ.: :.`ー-─-ヽ 、 | |
    /ニヽ/ヽ!   `ー─‐┘ r-n _,..-、ヽニ、|ノ
    |r-`く  \    . : : : .:./ 〈 | く__°}: : :/〉     まったく、久しぶりに来たかと思ったら
.    |}厂〉    ``─---‐‐ ′ 八   ` ′//      あなた一体何をやってるんですか。
     ||_〈     、          ′ ヽ_ . .:,仏   【 目線が 】 ─ ─ ─ ─ > 【 ここまで来て 】
     ヽ__」     ̄下、ニ=‐_-_,、     ̄/ィ/                           |
      | | |        ``===-→'   / /
      | | |_                /ノ                              |
     `| `ヽ、          , イ´
     /「 ̄ ̄`ヽ、      , イ                                  |
    / |     : : : :ヽ、___/: : ト、
  _ム「ト、    : : : : : :    / ト、                             |

   ┌ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 【 こっちから 】 ‐ ┘
   ∨
【 ここまで戻る 】
                                    ____
                                   /      \
何やってるもなにも、                      / ⌒  ⌒   \
ちょっと早めに来ていつものように       /  (ー) (ー) /^ヽ
茶ぁ飲んでただけだお。                |   (__人__)( /   〉|
                               \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                             ―――――――― \ _ _ _ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                   /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
                                    / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
振れ幅が大きいだけじゃなく、                   / ::::::/         \:: \
「無常の後ろにセリフがある」ようにも見えるので、   / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
ちょっと違和感があるんですよね。            .|:::i~|   (○      ○)  |`i;:::|
                                   l:::l、i       ,      .|/|ソ

400名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:56:21 ID:98hYfcSA
.

┃改変例┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ____
         r-‐'´ ̄        ̄`ー-、
       _ノ彡  ____        \
      /   _r'´      `ー-、      \
      /   /              `ー─‐-- 、 |
     /乙 /  ___ _,,.,、-‐=、j ,.     ||
     /乙 /  ノ-‐''´ .  ̄`:.、   ソ\     | |
    | 彡|rイ  了 ̄ oヾァ.: :.`ー-─-ヽ 、 | |
    /ニヽ/ヽ!   `ー─‐┘ r-n _,..-、ヽニ、|ノ
    |r-`く  \    . : : : .:./ 〈 | く__°}: : :/〉     まったく、久しぶりに来たかと思ったら
.    |}厂〉    ``─---‐‐ ′ 八   ` ′//      あなた一体何をやってるんですか。
     ||_〈     、          ′ ヽ_ . .:,仏
     ヽ__」     ̄下、ニ=‐_-_,、     ̄/ィ/
      | | |        ``===-→'   / /
      | | |_                /ノ
     `| `ヽ、          , イ´
     /「 ̄ ̄`ヽ、      , イ
    / |     : : : :ヽ、___/: : ト、
  _ム「ト、    : : : : : :    / ト、



                                                               ____
                                                              /      \
                           何やってるもなにも、                      / ⌒  ⌒   \
                           ちょっと早めに来ていつものように       /  (ー) (ー) /^ヽ
                           茶ぁ飲んでただけだお。                |   (__人__)( /   〉|
                                                          \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                                        ―――――――― \ _ _ _ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫改変ここまで┃


                                                   /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
           「左揃え」になりすぎると、                          /::::::/::::/-\_    `、:ヽ
           せっかくの左右配置も効果的にならないケースがあります。  ,':::/1|:::/  ・> " '-‐´‐!:::',
                                                 l:::l什|:/ u     〉 ・> !::l:|
           容量との相談になるかもしれませんが                |:::|┘ゞ、         l::/ィ
           「決めた横幅」をいっぱいまで使ってみるのも一興では。   /:::::Y    ー - 、  イ〃
                                               /ァハ:::! ヽ         イノ
                                                l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!
                                                'ヾ || !    /|:/八レ

            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ・AA表現等に問題はないか

             ⇒横幅を広く使ってみて。
               左右配置しても結局「左詰め」では意味が無い。
           _______________________

401名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:56:57 ID:98hYfcSA
.
                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   ┃  ・トマトジュースを飲みながら気軽に楽しめるか  ┃
                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 , ',
    ./`ヽ、         , '  ',
    /   ヽ ,,,,,r.,- ー,,ヘ'   .',
    |   /~;;;;;/;;ミ;;;;;;'、;;;\  ',
    |  ., ';;;;;;;;;;Z,,ヽ、 ,r._入;;\,'
    ', ,.';;;;;;;;;:/ ,,二' ''~ ___ヽ、;',
    ',;;;;;;;;;;;/   ', ・,′ '、・/ |';;;!
   /';;;;;;;;;/ u ''''  ゝ `' u b';|        話の基本は
  /  );;;;/',    lー-ーl   /`vク'       「やる夫をはじめとした入速出家に、振り回される関係者たち」。
/  ,;;/;;(';| ヽ u |   .|  /,/人
 ̄''i '';;;;;;;;`;',    ヽ、 ' ,,-'´~ ',ニ=->      頭を捻って使うほどの難しさは無いので、気軽に楽しめると思います。
  |  /i!'`゙ ',  ヽ、_.,、-''´ _,,,、.,'ミニ⊃
  |/rー、,''ヽ/___/   ___ノ)\ゝ-,
   /:::-、l ヾ、 --=|  i!| @iヾ';::::::::::::`_、,._r;_
   i'::::::::::`゙''、. ̄ ̄|   |イ.! ';コ .' ;:::''::~:::`||'_ '、- 、,,
   .Y;_:::,;=二=ヽ::;;::|   |.| .| ';フ::ヽ___||.,オ   'i
    ((ヾ''´'´~iフヾ|  .|.! |  .';コ::::ヽ,  Vフ~ /
     (_l入    .!   .|.! |  .';コ::::::::ヽ / /
     ヽ;:::`'' 、,    ノ ! |  .!コ::::::::// /
       ゝ;::::::::`゙''~´::ロ!! |  |コ::::::::ヾ',  ゙;



             \ /
              X    |
            , -―- 、 .-+-
           , '      ヽ |
      .|   /    ∠    'y-、
     .-+-  { ≧   ≠   ζ}}        一番ややこしい点であろう「家族関係」も、
      .|   r、≠ !.     トイ          家系図を読めばおそらく大丈夫でしょう。
         ゝ}  ャ''´|   / .|
 \  /\  / ` 、 .゙ー´ / ! !,        投下前に貼る、家系図のレスに安価をつける、次のスレ立てで>>1に書く…
   .X    X    `゙ ーく  l /.>、.      など、折を見て目立つように案内するといいかもしれませんね。
 /  \/  \      〉/ ,≦=、
               !VV〃  {\.}、
             ,イ├―ォy' >  |
┌――――=―――‐、,|  /ノ〈    !l      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|┌――‐―‐ヒ\‐―――Y y     ||     ・トマトジュースを飲みながら気軽に楽しめるか
||            |>Ξミ、、  ノ .|
|| 帝 王       /ゝ、__ミy. |     ⇒家系図を見せれば、飲み込みにくいところも解消。
||  才ー、ニ|ニ``/    .ノヾ===|         でも、無色透明なトマトジュースは全力でご遠慮します。
||  /1 d、ニ二 /   _ - ´     |     _________________________
||      _ー '゙  _孑彳    ヾ三  |
.ヾ|    =ニ   「´   |         |

402名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:57:42 ID:98hYfcSA
.
                       ┏━━━━━━━━━━━┓
                       ┃    ・イリヤ可愛い?    ┃
                       ┗━━━━━━━━━━━┛


        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \          「 わかりません 」。
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|      イリヤの元キャラを知ってれば別かもしれませんが、
     l:::l、i             |/|ソ       作中では「家族から溺愛されてる末っ子」という描写がほとんどです。
    ノ|;::::! u           |:::|
      l:::\   ====ニニ  /|/       具体的なイリヤの話がまだ少なく、
     ノl/i::/\       /|         「可愛い!そういう設定だよ!」としか見えてないので、なんとも…
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'           第五話にしても、「妹至上主義なやる夫」に意識が行くので
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入          イリヤがどうこうっていう印象は残らなかったですね。
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・イリヤ可愛い?

  ⇒ 「可愛い妹」、それはわかる。
    でも、「なにが可愛いの?」と思わざるを得ない。
    今後に期待。
________________________

403名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:58:22 ID:98hYfcSA
.
                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     ┃.....・その他、気付いた点などあれば  ┃
                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     _
                   ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
                /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
              /::::::/::::/-\_    `、:ヽ
              ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',
               l:::l什|:/  u    〉 ``' !::l:|
                |:::|┘ゞ、 _,.ェェェェ_、  l::/ィ    各話冒頭の、ライトによる導入。
                /:::::Y   ´      `` イ〃
              /ァハ:::! ヽ           イノ     「本編を盛り上げる」というより、
                 l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!      「本編を始める前からフォローしている」ように見えちゃいました。
                ヾ || !    /|:/八レ
                l| |  / ∧
            _,.、-‐ァ´:.!   /:.:.:.〉ー-.、
          /:.:.:.:.:/rー‐'r。∠、:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:`丶、
        /:.:l:.|:.:.〃:.:./:.:.:.:.:.:.\/:i.:.:.:.:.:.;. -ァ-}
       /:.:.:.:.ヽ!:〃:.:./。:.:.:.:.:.:.〃:.:.|レ:./:.:./:.:.:l



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |   実はですね…
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|   「作者さんの頭の中にある前提」が、まだ全部見えてない気がするんですよ。
     l:::l、i             |/|ソ
    ノ|;::::! u           |:::|
      l:::\   ====ニニ  /|/    「ムチャクチャな家族のドタバタ劇」ということは見えます。
     ノl/i::/\       /|      でも、それは入速出家がおかしいのか、世界観そのものがおかしいのか…
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/       彼らを取り巻く環境がイマイチはっきりしない。
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

404名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 20:59:08 ID:98hYfcSA
.
                                                    __ ______  __ _
                                                    ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
                                                  .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
                                                  i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
                                                  |::|        `;:::::::ヾ;::::
                                                  |:| ミ≧  ≦彡 ヾ;::::::::!,.
                                                  || ―  ――   `;::::::::
                                                  .!          ;:::;;
        >>1にある注意書きだけでは、                      .  l 、     U  ;:;
        逸脱した登場人物が                                  !
        「どのレベルから逸脱してるのか」判断がつきません。             `ヽ, ̄ ̄        ,.-
                                                      ヽ、___,,,...-‐''"
        ボーダーラインは「現実の常識」なのか、「フィクションの常識」なのか。      |::::::::::::  ,,,...-
                        まずは、そのあたりをハッキリさせましょう。    /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐
                                                  ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
                                                  ~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
                                                    l l   |    //



     /,r-‐- 、.., / ,......,_     ヽ,
     /.l!  ,r--、ヽ! ,彡彡彡、    ヽ,
    .l .l!  lミミi'``´     .ヽ    ヽ,
    .l,ノ  .,!           .'!     .
    ,'   /          .,r'ヘ,
    .l   ,' 、.,,__        '゙ __ヽ,
    .l  .r、 ====     ,ィ'フ';';;7ヽ
    i  l .i! ,r-r;;:::、     `'‐-''´  \     案内人のライトを使って、読者に対し
    .l  l l!ヽ .゙-゙´ ,                「まあそれが普通、ってか一般的だよね」などと感じさせることも
     l,  .'、.ll!   .r',:               ひとつの手ではないでしょうか。
     ヽ ヾl!    `''
      ヽ、, ヽ、__  、、、- '''''''=''゙´        せっかく、第三者的に俯瞰させられるキャラがいるんです。
        `‐七´   `  ´           最大限活用してもいいと思いますよ。
          .ヽ,            ,r'
            .\         /
              ヽ、_     /  ,、
                ~七'゙ニ  ,rヘ.ヘ
                 r' i、.rrベヽ,r'´
                /モ''i.r( l! ,ソ
               .N! l l! y '

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・その他、気付いた点などあれば

  ⇒「逸般人」をネタにするなら、「一般人」の基準をはっきりと。
    案内人のアオリなどを活用して、「作者さんの前提」を示す努力を。
________________________________

405名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:00:13 ID:98hYfcSA
.

            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|    スレでの反応を見れば、合いの手などもあり
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|    作者さんの投下楽しんでいる読者さんがいます。
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/
    `l lヽ|       ・        |:::::::::/     まずは、その読者さんに対して
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|     「作者からの前提」を一通り出し切ってしまうことをオススメします。
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/     安価も楽しいです。
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/      けれどまだ「その前にできること」が、残っているのではないでしょうか。
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_









                                                       /^v'''⌒ヽ
                                                       ! /^v⌒i ! .}
                               以上で評価を終わります。        i!(´Д` リV
                               何かしら、作者さんの迷いに対する   と!---!__つ
                               答えとなっていれば幸いです。        |______!_|
                                                        (_(__)

406名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:01:58 ID:98hYfcSA
>>399のリンク先が一部間違っていました。
正しくは以下のリンクです、大変失礼いたしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下のような↓配置。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122828/293
これだと、「目線が動きすぎる」と思います。

407名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:08:19 ID:PWKAV29k
おつ、>>404あたりのことはちょっと気になってた
非常識なやる夫スレっていっぱいあるから感覚がマヒしてるせいもあるが

408名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:13:57 ID:HnqZxfy2
分かりやすい評価乙です
イリヤのくだりには同意

409名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:32:03 ID:L1IpKGvk
評価おつ華麗です!
胸につっかえてたもやもやがさっぱり解消しました…
気になってたところが見事に解説されてました。

410名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:33:01 ID:tUdH43jk
乙でした。
引き続き投下してもいい?

411名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:35:21 ID:IWnD81FI
>>410
お願いします。

412名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:38:08 ID:tUdH43jk

         ,-' ̄ ̄`-、
      . /    n. ヽ
      . .l  .,-mj ト、. l      皆さんはじめまして、ともだちです
     .  | .く 〈 ◎ 〉 ゝ |      
        ヽ\|´T`|/ /      今日は>>342で依頼のあった
      __,_,,.ヽ___ / ー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:     こちらのスレを評価させていただきます
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

【やる夫で】 七人のアスキーアート 【七人の侍】

1スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261555525/
2スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263122944/
3スレ目:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1264594152/

413名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:38:35 ID:tUdH43jk

                 /´ ̄ ̄`ヽ
               /    ∩  \
             /   ___| |    \
              |    〆イγγ+「`  |   元ネタは黒澤明監督の代表作のひとつにして
             |  <  │'、_、 | >. |
             l    ヘ (<_◎_>) / |   映画史上の名作として必ずと言ってもいいほど
               l    \|´T`|/  /
              |    `===´  /    名前が挙がる『七人の侍』
              \         /
              / .\___/
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',



            .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
                 /  .   ∩   ヽ
              /   ___| |    ヽ   ともだちは『七人の侍』を観たことはない
              |  〆イγγ+「`   |
              | <  │'、_、 |  > |   でもなぜか冒頭だけは知っている
               | ヘ (<_◎_>) /  |
              ',   .\|´T`|/  /
              `、 `===´  /     .      _
                \      /       .   ,イ |
           _,.-' . / .` ――´ \      .    | |ヽ
       _, - '  /    |  ヽェ、 '   |  ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´     /   |  /  〉   |    ヽ  `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ      〈   ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、   ,〉      | l_! ヽ ゙l

414名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:39:20 ID:tUdH43jk

            /        \
           /  .::::::::::::::::::::::::::. ヽ
             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ';
          {::::::::::::::::::::::::::: f'^|:::::::::::::::}    そういう意味では入口から惹きこまれ
          ';::::::LL⊥⊥⊥| |⊥L::::::{
.             {::〈:::::::::::f^「 「 | |::::::::::〉::}    テンポの良い展開に釘付けになってしまった
           ';::∧-=::| 、、, , │:::::∧:;'
            ヽ:∧ :::l<◎>|:::::∧:/     感想は、『非常に面白かった!!』
          / \::>r>ニニニニ<r:'::::イ \
         /   j \::^:::::::::::::^::::/│   \
     -‐ ´     |  >―─<:  |     丶、
 r ´        /|   ∧////∧:  |\      ` ‐-、
./|         /  | / 〉///〈 \:|  \       /\



          .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
            /  .   ∩   ヽ
           /   ___| |    ヽ
           |  〆イγγ+「`   |    しかしそれはあくまで第一印象……
.          | .<  │'、_、 |  >  |
           |  ヘ (<_◎_>) /  |    評価しようと思ってじっくり見ると気になるところが出てきてしまった
           ',   .\|´T`|/  /
            `、 `===´  /     辛口寄りの評価になることをご了承願いたい
             \       /
             / V | ヽ、__/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |

415名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:39:58 ID:tUdH43jk

                  ノ´ ̄ ̄`ヽ
                /    ∩  \
               /   ___| |   \
               |  〆イγγ+「`  |
               ヽ<  │'、_、 |  >/    
               ヽ ヘ (<_◎_>) //
                ヘ  \|´T`|/  /    さて、作者様の提示する評価ポイントはこちら
                |  `===´  |
                \       /
                `」\___ ノ
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨ \ 、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l

────────────────────────────
 1:七人の侍たちをはじめ主要登場人物のキャラは立っているか
 2:ギャグとシリアスのバランスは取れているか
 3:劇中で分かりにくい場面は無かったか
 4:その他気になった点
────────────────────────────



                     _,, -" ̄ ̄ ̄`--,,_
                   /     ∩     \
                  l     ___| |      \
                  l   〆イγγ+「`       |  今回は私が話しやすいように
                  i  <  │'、_、 |  >      |
                  !  . ヘ (<_◎_>) /   .  l    2.と3.の順番を逆にしてお話したいと思う
                  l    \|´T`|/       l
                   l   `===´     .  l    以下ネタバレ全開だがご了承を
                    l              l
                    ヽ           /
                      \       /
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"iヽ、__/_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

────────────────────────────
 1:七人の侍たちをはじめ主要登場人物のキャラは立っているか
         ↓
 3:劇中で分かりにくい場面は無かったか
         ↓
 2:ギャグとシリアスのバランスは取れているか
         ↓
 4:その他気になった点
────────────────────────────

416名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:40:33 ID:tUdH43jk

────────────────────────────
 1:七人の侍たちをはじめ主要登場人物のキャラは立っているか
────────────────────────────

               ____
              ,´     `、
            /   n    ヽ
            ,' ,-mj ト、    ',    これはほぼ問題ない
            |く 〈 ◎ 〉 ゝ    l
            | \|´T`|/ .  │   きれいに立っていたと思った
            ヽ         ,'
.             __ ヽ、    /、 `'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

417名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:41:01 ID:tUdH43jk

────────────────────────────
 3:劇中で分かりにくい場面は無かったか
────────────────────────────

             , ´ ̄ ̄` 、
           . /    n  .ヽ
            .,' .,-mj ト、  .',     ラストでやる夫が「立派な侍になれたかお?」って言ってるけど
           | く 〈 ◎ 〉 ゝ |
           |  \|´T`|/ |     この、やる夫にとっての『立派な侍』ってなんだったんだろう?
           ヽ        /
          __,, -ヽ、    / -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



        ___
       ,´      `、
      /        n ヽ
      l     ,-mj l l     例えば、蒼星石はストーリが経過するにつれて阿部さんへの憧れを強めていく
      .l      く 〈 ◎ l
       |.     \|´T |     その過程が描かれているから、阿部さんの影響を受けて成長している姿が伝わってきた
       .ヽ        /
        \    /
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

418名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:41:47 ID:tUdH43jk

               ___
             ,´      `、   
            /        nヽ
            l     ,-mj l |
            .l    く 〈 ◎ .l
            ゙、    \|´T |   一方、やる夫はどんな侍になりたいかって描写がないんだ
               人.      /
            _,/(  `' 、 _  T
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!



           /  .  n  ヽ
          ,'   ,-mj ト、 ',
          .| . く 〈 ◎ 〉 ゝ |
          |  \|´T`|/ .|    登場時から『侍』というものにひどく執着しているキャラだから
  ∧、      ヽ         /
γ⌒ヽ.\       \___/       そのフォローがが欲しかった
.|(●).| i\、''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
.ゝ_ノ ^i | |::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 |_|,-''i⊃l()::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
 [__|_|/〉l/:::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  ([ニニ/〉::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
   |└―'_〉;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

419名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:43:23 ID:tUdH43jk

────────────────────────────
 2:ギャグとシリアスのバランスは取れているか
────────────────────────────

               ____
              ,´     `、
            /   n    ヽ    ギャグとシリアスの繋ぎ方に少し疑問を感じた
            ,' ,-mj ト、    ',
            |く 〈 ◎ 〉 ゝ    l    それは多分、やる夫のキャラ立てに原因があるんだ
            | \|´T`|/ .  │
            ヽ         ,'
.             __ ヽ、    /、 `'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

420名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:44:38 ID:tUdH43jk

          .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_
            /  .   ∩   ヽ
           /   ___| |    ヽ
           |  〆イγγ+「`   |   やる夫は7人の侍の中で「ギャグキャラ」として描かれていると私は感じた
.          | .<  │'、_、 |  >  |
           |  ヘ (<_◎_>) /  |   従って、やる夫のギャグからシリアスの流れに入るという
           ',   .\|´T`|/  /
            `、 `===´  /    展開には何ら違和感はない
             \       /
             / V | ヽ、__/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |



            /        \
           /  .::::::::::::::::::::::::::. ヽ
             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ';
          {::::::::::::::::::::::::::: f'^|:::::::::::::::}   でもね……このお話で究極のシリアスってのは、「登場人物の死」だよ
          ';::::::LL⊥⊥⊥| |⊥L::::::{
.             {::〈:::::::::::f^「 「 | |::::::::::〉::}
           ';::∧-=::| 、、, , │:::::∧:;'
            ヽ:∧ :::l<◎>|:::::∧:/
          / \::>r>ニニニニ<r:'::::イ \
         /   j \::^:::::::::::::^::::/│   \
     -‐ ´     |  >―─<:  |     丶、
 r ´        /|   ∧////∧:  |\      ` ‐-、
./|         /  | / 〉///〈 \:|  \       /\

421名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:45:20 ID:tUdH43jk

                 /´ ̄ ̄`ヽ
               /    ∩  \
             /   ___| |    \
              |    〆イγγ+「`  |   ヒナの死は、やる夫の手柄を立てたいという功利欲が引き鉄となっている
             |  <  │'、_、 | >. |
             l    ヘ (<_◎_>) / |   私にはやる夫が種子島を奪いに独断で突入するまで
               l    \|´T`|/  /
              |    `===´  /    そこに至るまでの描写がギャグのように見えた
              \         /
              / .\___/
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',



         ,-' ̄ ̄`-、
      . /    n. ヽ
      . .l  .,-mj ト、. l   というのも、そこまでやる夫が「ギャグで戦況を引っかき回す」
     .  | .く 〈 ◎ 〉 ゝ |
        ヽ\|´T`|/ /   そういうキャラとして立っているからなんだ
      __,_,,.ヽ___ / ー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||   ……逆に言うと、『立ちすぎているんだ』
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

422名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:45:50 ID:tUdH43jk

                  ノ´ ̄ ̄`ヽ
                /    ∩  \
               /   ___| |   \
               |  〆イγγ+「`  |
               ヽ<  │'、_、 |  >/   誤解のないように言っておくけど
               ヽ ヘ (<_◎_>) //
                ヘ  \|´T`|/  /   ラストシーンに限らず個々の話はそれ単体で見れば非常に素晴らしく
                |  `===´  |
                \       /    演出、緩急のつけ方など、非常に高いレベルで作成されていると感じた
                `」\___ ノ
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨ \ 、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l

423名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:46:19 ID:tUdH43jk

                 /´ ̄ ̄`ヽ
               /    ∩  \
             /   ___| |    \
              |    〆イγγ+「`  |   でも、自分の軽率な行動で人を一人死なせた人間が
             |  <  │'、_、 | >. |
             l    ヘ (<_◎_>) / |   「立派な侍になれたかお?」ってどうなの?
               l    \|´T`|/  /
              |    `===´  /    上手く説明できないけど、なんというか『軽い』んだ
              \         /
              / .\___/
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',



            .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_
                 /  .   ∩   ヽ
              /   ___| |    ヽ
              |  〆イγγ+「`   |
              | <  │'、_、 |  > |  先ほども述べたように「やる夫の考える侍」像が見えないことも
               | ヘ (<_◎_>) /  |
              ',   .\|´T`|/  /   その原因かもしれない
              `、 `===´  /     .      _
                \      /       .   ,イ |
           _,.-' . / .` ――´ \      .    | |ヽ
       _, - '  /    |  ヽェ、 '   |  ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´     /   |  /  〉   |    ヽ  `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ      〈   ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、   ,〉      | l_! ヽ ゙l

424名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:46:45 ID:tUdH43jk

         ____
        ,´     `、
      /   n    ヽ   ここまで書いてしまって今さらあとがきを見たのだけど
      ,' ,-mj ト、    ',
      |く 〈 ◎ 〉 ゝ    l    原作でもこのキャラってやる夫まんまなの?
      | \|´T`|/ .  │
      ヽ         ,'    それだと私は元ネタを視てもそう思っちゃうってことなんだろうな
       ヽ、    /、
       ,/! >、,.、'´ |  lヽ、
  ,. - ' フ  l/>‐'、ニヽノ、 〉 ``'ー 、
  / l  , >'´l. L、/  ノ  ヽ、   r'´ `ヽ

425名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:47:49 ID:tUdH43jk

────────────────────────────
 4:その他気になった点
────────────────────────────

             , ´ ̄ ̄` 、
           . /    n  .ヽ
            .,' .,-mj ト、  .',
           | く 〈 ◎ 〉 ゝ |
           |  \|´T`|/ |    使っている用語と漢字がいくつか気になった
           ヽ        /
          __,, -ヽ、    / -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



           /  .  n  ヽ
          ,'   ,-mj ト、 ',    歴史に疎い私は、「種子島」って何? って一瞬思った
          .| . く 〈 ◎ 〉 ゝ |
          |  \|´T`|/ .|    「鉄砲」とか「火縄銃」とかの方がベターかと思う
  ∧、      ヽ         /
γ⌒ヽ.\       \___/
.|(●).| i\、''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
.ゝ_ノ ^i | |::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 |_|,-''i⊃l()::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
 [__|_|/〉l/:::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  ([ニニ/〉::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
   |└―'_〉;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

426名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:48:22 ID:tUdH43jk

           /    \
          /        n ヽ
          |     ,-mj ト |   それとお恥ずかしい話だが、「忝い」が読めなかった
         |     く 〈 ◎ 〉 |
         |      \|´T`| }   これって一般的に読める漢字なの?
          ヽ           /
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



               ____
              ,´     `、
            /   n    ヽ
            ,' ,-mj ト、    ',     読めないのが私だけだったら恥ずかしい話だから
            |く 〈 ◎ 〉 ゝ    l
            | \|´T`|/ .  │    言うかどうか迷ったけどさ!
            ヽ         ,'
.             __ ヽ、    /、 `'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

427名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:48:53 ID:tUdH43jk

                    ___
.                 / ̄     ̄\
                  /           ヽ
               /              ハ
                |         ∩      |    総括すると、個々の話は高いレベルでまとまってるけど
                |    ,____| |,_      |
                |  ,〆 nnn| 「`ヽ、  │    ストーリーとして見ると疑問となる部分がある、という感じが
               ヽ <,   | 、__, │   > /
                ヽ ヘ (<_◎_>) / /
                ヽ \ | ´T`│/ /
                 ハ、 '`===´ ,ハ
                  ノ | \       ノ ト、
              / j |.  ヽ、__/  ハ `'ー、_
        _,,.-‐''"´,..-‐''´ ||   /jゝィヽ、 ,|  `'-、_ ``丶、_
    r-r''´     /     |ヽ、/ l⌒l   V |      ヽ    `i`ヽ
    .i  i     ヽ.      |  /:⌒;`i   |        /    i  |
    /  i      ヽ     |   |:;:;:;:;:;:;|   |      /     i   ヽ

          .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_
            /  .   ∩   ヽ
           /   ___| |    ヽ
           |  〆イγγ+「`   |   というわけでかなり辛口になってしまったが
.          | .<  │'、_、 |  >  |
           |  ヘ (<_◎_>) /  |   期待を込めての辛口という言い訳でご容赦願えないだろうか
           ',   .\|´T`|/  /
            `、 `===´  /
             \       /
             / V | ヽ、__/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |

428名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:49:21 ID:tUdH43jk

                 /´ ̄ ̄`ヽ
               /    ∩  \
             /   ___| |    \
              |    〆イγγ+「`  |   ちなみにスピンオフにすごく期待している
             |  <  │'、_、 | >. |
             l    ヘ (<_◎_>) / |   「女・蒼星石」じゃなくて「侍・蒼星石」がどう描かれるか非常に楽しみだ
               l    \|´T`|/  /
              |    `===´  /    というわけで、私の評価を終わらせていただこう
              \         /
              / .\___/
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',

429名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:50:07 ID:tUdH43jk
以上です。ありがとうございました。

430名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:51:45 ID:2YqXh3vY
とーもっだち!とーもっだち!

431名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:52:09 ID:jDMjyCXA
搾取されて簡単に野垂れ死ぬ農民に嫌気が差して短絡的に侍を名乗ってみたがやっぱり侍嫌い・・・と激しく葛藤。
原作でもトラブルメイカーだったのは間違いないし、侍をよくわかってないまま突っ走ってた点もそのまんまだね。

432名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:52:54 ID:hbVYq5Q.
ともだち!ともだち!


って言わなきゃいけない気がした
お疲れ様です

433名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:53:30 ID:kjK/BPEE
評価乙

「忝い(かたじけない)」は知ってはいるが、
一般的かと言われると微妙かと
「種子島」は常識レベルかなーと思わなくもない

434名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 21:57:40 ID:2IkCtn8.
とーもっだち! とーもっだち!

原作でも「とにかく俺はサムライになりたいんだ!」って感じのキャラだからねー
コメディリリーフ的な立ち位置でもあるから、やる夫にピッタリではある

435名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:00:09 ID:IWnD81FI
乙です!

436名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:05:22 ID:j6dlbzM6


「侍」ってものをよく理解しないで突っ走った……
でもそれがいいんじゃないか

437名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:06:24 ID:dwbYAai2
火縄銃を「種子島」と呼ぶのは
まぁ歴史物読んでたら当たり前に出てくるからね。
というか、日本史の授業でやったから
正直常識レベルだと思ってた…よ…?
もしかしたら歴オタな教師だったのかもしれんな。

438名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:11:36 ID:dwbYAai2
元ネタの贔屓というわけでは全然ないし、
作者の擁護というわけでもないだけども…
映画版だと三船がやっぱ凄いんだよな。
バカさとか突き抜け方とかいろいろ。
脚本に穴が無いとは言わないし、
疑問も当然判るんだけども、勢いで納得させられてしまうんだ、あれ。

439 ◆xLsCO2HBGg:2010/02/05(金) 22:13:29 ID:dVIXJEnE
>>378ことカミナ兄貴
評価ありがとうございます。
中〜終盤は「AAでの表現の挑戦」「原作アレンジ」を念頭にやってきました。
兄貴の評価を見る限りでは好評のようでホッとしております。

>やる夫が両親の話題を振るんじゃなく
>やらない夫と翠の子の会話から両親の話になって、やる夫に振る。
なるほど。そういう切り口がありましたか。
自分でも違和感を感じていましたがどうにも思いつきませんでした。

>次回予告で、わりとネタバレがあった。
たしかにそうでした。
現行でも思い当たるふしがありますので、気をつけます。

正直評価されないんじゃないかなぁと思っておりましたので
とても嬉しく思っています。しかもベタ褒めされてたなんて。
よし、やる気がとてもでたぞ!!
本当にありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。

440名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:14:53 ID:dwbYAai2
うあ、ごめん、途中で送信した…
映画がすごいからこそ、
AA化するには、AA化することによって
マイナスになった部分(役者の演技力や監督の演出などが消える)を
作者がカバーしなきゃならんのよね。
映画で描かれていない説明部分とかね。
そういうのが、ちと抜けてるのは否めなかったなとは思う。

441名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:51:44 ID:tUdH43jk
         ,-' ̄ ̄`-、
      . /    n. ヽ   再登場は掟破りかもしれないけどそんなの気にしない
      . .l  .,-mj ト、. l
     .  | .く 〈 ◎ 〉 ゝ |   色々とレスどうもありがとうございます
        ヽ\|´T`|/ /
      __,_,,.ヽ___ / ー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'



               ____
              ,´     `、
            /   n    ヽ   ひとつ教えてもらいたいのだけど、
            ,' ,-mj ト、    ',
            |く 〈 ◎ 〉 ゝ    l   レス見た感じだと、三船さんの演じたキャラって
            | \|´T`|/ .  │
            ヽ         ,'    『脳筋』とか『考えるより先に動く』って感じでいいの?
.             __ ヽ、    /、 `'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

442名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:52:29 ID:tUdH43jk

        ___
       ,´      `、
      /        n ヽ
      l     ,-mj l l   それだと、『考えた末に動いている』やる夫に対して
      .l      く 〈 ◎ l
       |.     \|´T |    感じた違和感がしっくり来るんだ
       .ヽ        /
        \    /
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



          .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
            /  .   ∩   ヽ
           /   ___| |    ヽ
           |  〆イγγ+「`   |   キャラの行動原理を改変したら
.          | .<  │'、_、 |  >  |
           |  ヘ (<_◎_>) /  |   それに伴って展開もテコ入れが必要だよね
           ',   .\|´T`|/  /
            `、 `===´  /
             \       /
             / V | ヽ、__/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |

443名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 22:53:41 ID:tUdH43jk
と、蛇足ですが以上です。
間違っていたら、原作知らない人間が頓珍漢やらかしたなと笑ってやってください。

444名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 23:03:18 ID:jDMjyCXA
基本考えるより先に動くんだけど、凄いお侍の中で刺激受けすぎて余計なことをハンパに考えたのが鉄砲奪取大作戦。
浅はかものの上えーかっこしーという正にやる夫状態。刀突き刺しは浅知恵なりに必死こいた末のもの。

445名無しのやる夫だお:2010/02/05(金) 23:05:55 ID:2IkCtn8.
そうそう、そういう「考えなしで学も無い農民だけど良い奴」が、
経験を重ねて、必死に考えて考えて考えた末、「一本の刀じゃ五人と切れん!」と言って刀突き刺し
他の侍に「こいつもやるようになったな」と思われるのが良いシーンなのです。

446名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 00:01:25 ID:AI.pa9Kk
馬鹿で浅はかで考え無しで
それでも心根は良い奴で無邪気で憎めないんですよ。
やる夫、というより原作の菊千代の立ち位置とか
何を考えてたのか、とかは映画の評論になるんで語りませんが…

作者にしてみれば、映画を既に観ている人たちのみを
ターゲットにはしていないでしょうから
未視聴の方へのもっとかみ砕いたエピソードとか
違和感の溝埋めはするべきだったんだろうな、と
ともだちさんの評価を読んで思いました。
読み込むとちょっと不親切な部分があるかもしれない。

あと個人的に思ったのが、
阿部さんに対しての一方的なライバル心みたいなのが、
もっと全面に出てたらもう少し違ったんじゃないかなぁ…

447 ◆mimJsCWJI.:2010/02/06(土) 00:13:30 ID:ZNl.WAGM
 七人のAA作者です。ともだちさん評価ありがとうございます。
やる夫は確かに他のキャラクターと違って、イベントは多くても
キャラクターの掘り下げが足りなかったような気がします。その
せいでラストシーンの「侍になれたかお?」が浮いてしまったの
かもしれません。
 私の解釈では、原作の菊千代は、最強侍である久蔵への対抗心と、
鉄砲をとってくれば戦いが楽になる、という浅知恵から、戦の中で
一人が勝手に行動するとどんなことになるか考えずに、抜け駆けで
鉄砲を盗りに行ったのだと思っています。基本的に脳みそ筋肉の
脊髄反射で動く男が彼なりに考えて行動した、でもそれが浅知恵
だった、ということをやる夫に投影したつもりです。>>444さんと
おおむね同じです。
 作ってて自分でも涙ぼろぼろの感動シーンだと思っていたの
ですが、客観的にみれば確かにともだちさんの言うとおりですね。
 機会があれば原作も是非ご覧ください。評価ありがとうございました。

448名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 00:19:17 ID:uuxKMf/Y
「ちくしょー!みんな阿部阿部言ってチヤホヤしやがって面白くねー!
 やる夫もお侍になったんだからあんくらいチヤホヤされてーお!
 だからやる夫も鉄砲取ってくるお!」

とこんくらいド・ストレートなシーンあってもよかったかもな。
あれ?もしかして原作がこうだったっけ?

449名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 00:23:34 ID:7MK8n41g
原作では
「いやー、あの人は黙って立ち上がって鉄砲とリにいって格好良いなー、憧れちゃうなー!」
「なんでぇ! そんなもん俺にだってできらぁ!」
って感じだった

450名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 07:09:59 ID:SGaHjMrI
つまり448だなw

451名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 15:00:36 ID:/zqqVMU6
ともだち乙。横から口出しなんかしてみるけど。
蒼←→阿部の関係性の強さに比して、他の侍とやる夫との関係が薄かったのは気になったかな。
蒼とは別の方向性で阿部さんを意識してる点への
明確な描写があったらよかった…かな。
理想の侍像への、蒼との違いを浮き彫りにしてみる、とか。せっかく次回作があれなんだし。

だが結論としては、面白かったです。作者さんも乙。

452名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:20:43 ID:Nx1hk2W2
8レスほど、投下させていただきます。

453名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:22:13 ID:Nx1hk2W2
.
            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|::::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|     こんばんわ、
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;::::::::::|    八百黒の太田です。
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/    前スレにて依頼のあった、
    `l lヽ|       ・        |:::::::::/     この作品を評価させていただきますよ。
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::|     ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263285718/874
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/.
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_


       ↓評価依頼作品↓
───────────────────────────────
    やる夫が士大夫たちの時代を駆け抜けるようです
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262940768/
───────────────────────────────

454名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:23:16 ID:Nx1hk2W2
.
          __ ______  __ _
          ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
        .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
        i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
        |::|        `;:::::::ヾ;::::
        |┝━  ━━ ヾ;::::::::!,.
        ..|| ―  ――  `;::::::::     中国は北宋時代を生きた政治家たちの
        . !          ;:::;;     信念、謀略の行く末を描いた歴史モノ。
         | 、        ;:;
           !
           `ヽ, ̄ ̄       ,.-    地の文を多用し、AAは一般的な魅せ方に加え
              ヽ、___,,,...-‐''".     挿絵的な位置づけでも使う、そんなスタイルの作品でしょうか。
              |::::::::::::  ,,,...-
              /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐
         ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'






                                       /^v'''⌒ヽ
                                       ! /^v⌒i ! .}
                                       i!(´Д` リV
                     評価依頼ポイントはこちら。  と!---!__つ
                                        .|______!_|
                                        .(_(__)
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ・時代背景や制度の説明が冗長ではないか、逆に不足していないか
        ・説明&挿絵的AAで流す部分とキャラ同士の掛け合い部分のバランス
        ・レギュラー級の人物(寇準、張詠、王旦、王欽若、丁謂、太宗皇帝など)の
         キャラクターが書けているか
        ・その他演出、技術面
       _________________________________

455名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:24:20 ID:Nx1hk2W2
.
             \ /
              X    |
            , -―- 、 .-+-
           , '      ヽ |
      .|   /    ∠    'y-、
     .-+-  { ≧   ≠   ζ}}      自分は、さほど歴史モノに明るくありません。
      .|   r、≠ !.     トイ
         ゝ}  ャ''´|   / .|       そんな素人から出せる評価もあるかと思い
 \  /\  / ` 、 .゙ー´ / ! !,      読ませていただきましたが…
   .X    X    `゙ ーく  l /.>、
 /  \/  \      〉/ ,≦=、
               !VV〃  {\.}、
             ,イ├―ォy' >  |






        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ  ━━━  ━━━\:::: |
    |:::i~|    ○    ○   |`i;:::|
     l:::l、i        ′      |/|ソ      面白いです、これ。
    ノ|;::::! u             |:::|
      l:::\     --ー--   /|/       読み進むうちに、時間忘れてました。
     ノl/i::/\       /|
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ'::::/
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_
  -‐'   | |            .| |  `‐-

456名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:25:30 ID:Nx1hk2W2
.
         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃  ・時代背景や制度の説明が冗長ではないか、逆に不足していないか ....┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           _
         ,. -ァ''´::::、ヘv'ー┐
      /:::/:::::/-┴-1l::ヽ
    /::::::/::::/-\_    `、:ヽ
    ,':::/1|:::/  ‐-、 " '-‐´‐!:::',
    l:::l什|:/ u     〉 ``' !::l:|     序盤こそ、読めない漢字や耳慣れない単語に苦労しましたが…
    |:::|┘ゞ、         l::/ィ
    /:::::Y    ー - 、  イ〃      そこを乗り切って読み進むうちに
  /ァハ:::! ヽ         イノ       ストーリー、人物の魅力に引き込まれていきました。
   l |乂| l  `ー─ -、_,.イヾ!
   'ヾ || !    /|:/八レ



            _,r-、_,,r'-、_
          ,.r''",,,::::::::::::::;;,r-,`-、
        /;::::/"~`、 /":::::::|::::::`‐、
       ,r'/::::/::;r‐、_`'" ,r-ヽ:ヽ::::: :::`;、
      ./::://:::/:ヾ、ヽ,l"巛《|:: ::ヽ;::::::::::`、
     /;;;/,,r''"":;r'"ヾ''V"""ヾ`、:::::`、::::`、:::`、
     ///;;;;;;::,r''       ヾ、::::::::`、;;|::::;;`、
    ,r':/:::::::~/、_        ,ヾ;::::::::ヽ,::::::::::|
   /::/::::;;r'",,,,,, .`-、    ,,r''"~ヾ,:::::;;|:::::::::::|
   .|::::::::/、,    ̄~''゛    "~~ ̄ 'ヽ::::::;;:::::::::|
   |:::l:/| |  ./"~`、     /"~`、. `、;;;;::`-、;|    正直、これを読んで「北宋の時代」を
   `、:| .| |               `l;;;;;;;:;;;/     人に解説できるほど勉強できたとは思いません…
    `l lヽ|       ・       U |:::::::::/
    `、|/|   仁二二二二こ‐l  l:::/;::::| .    しかし、いかに史実をベースとした「歴史モノ」であっても、
     // .|`、  |、       /  /;;/l;;;:/      「学校の授業」とはまた違います。
     "   |;;|\  `ー     ,,r'" ,r'";| |;/       時代の壁を感じずに、人間ドラマに没頭できるだけの
         || |;;|ヽ、,   .   ,,.r''"||:::| ’     .  情報量は提示されていたかと。
        ' ヾー'l `‐---‐''" |;;;/ |/
       ,ri,,,e-" ∧ ;   ::::::;;/`、
    ,,,e-''~| | `i,ヽ/ヽ、   ::;r'"ヽ/-、_,,,,_


                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ・時代背景や制度の説明が冗長ではないか、逆に不足していないか

                     ⇒ 序盤の「とっつきにくさ」は、否定できない。
                        それでも、話が進むにつれ「読ませる作品」となっている。
                   _______________________________

457名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:26:25 ID:Nx1hk2W2
.
      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃   ・説明&挿絵的AAで流す部分とキャラ同士の掛け合い部分のバランス  ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                                  __ ______  __ _
                                                  ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
                                                .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
                                                i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
                                                |::|        `;:::::::ヾ;::::
                                                |:|ミ≧、 ,;≦彡"ヾ;::::::::!,.
                                                ..|| ―  ――  `;::::::::
        流す部分と掛け合い部分、いいバランスだと思います。       . !          ;:::;;
                                                 | 、        ;:;
        挿絵的AAも、わかりやすくていいですね。                |       U
        守備の将に待ちガイル…これにはまいった。崩せる気がしない。   .`ヽ, ̄ ̄        ,.-
                                                    ヽ、___,,,...-‐''"
                                                     |::::::::::::  ,,,...-
                                                     /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐.
                                                ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
                                                ~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''
                                                 l l   |    //



                 , ',
    ./`ヽ、         , '  ',
    /   ヽ ,,,,,r.,- ー,,ヘ'   .',
    |   /~;;;;;/;;ミ;;;;;;'、;;;\  ',
    |  ., ';;;;;;;;;;Z,,ヽ、 ,r._入;;\,'
    ', ,.';;;;;;;;;:/ ,,二' ''~ ___ヽ、;',
    ',;;;;;;;;;;;/   ', ・,′ '、・/ |';;;!
   /';;;;;;;;;/ u ''''  ゝ `' u b';| .      随所にネタも含まれてはいますが
  /  );;;;/',    lー-ーl   /`vク'      緊張感をほぐしこそすれ、ぶち壊すほどではありません。
/  ,;;/;;(';| ヽ u |   .|  /,/人
 ̄''i '';;;;;;;;`;',    ヽ、 ' ,,-'´~ ',ニ=->      「堅苦しすぎない、でもふざけてはいない」
  |  /i!'`゙ ',  ヽ、_.,、-''´ _,,,、.,'ミニ⊃      そんな雰囲気になっていると感じました。
  |/rー、,''ヽ/___/   ___ノ)\ゝ-,



                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ・説明&挿絵的AAで流す部分とキャラ同士の掛け合い部分のバランス

                    ⇒ 長すぎず、短すぎず。
                       緊張感をいい意味で和らげる緩急になっている。
                  _______________________________

458名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:27:14 ID:Nx1hk2W2
.
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃  ・レギュラー級の人物(寇準、張詠、王旦、王欽若、丁謂、太宗皇帝など)の  .┃
    ┃   キャラクターが書けているか                              ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \:: \
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |
    |:::i~|    ̄ ̄    ̄ ̄  |`i;:::|       人物の出会いから、その後の出世状況など
     l:::l、i       ′     |/|ソ        「なんで?」というような違和感は無かったです。
    ノ|;::::!            .|:::|
      l:::\    ー 一   /|/.          国のために真っ直ぐあろうとする寇準、それを要所で支える張詠、
     ノl/i::/\       /|.           寇準の在り方に多大な影響を与えた太宗皇帝、
       ' ヾ|`‐‐---‐‐イ::::/           それを継いだ真宗皇帝の下で智謀を揮う王欽若…
         ,|、  :::::::/ ト,;'
       ,/ヾ、 `‐---‐‐''入           序盤でつかみどころの無かった王旦や丁謂も、
    _,-‐l~l    `‐‐--‐‐''  `l~l-、_        その人柄・真意などが徐々に明らかにされています。
  -‐'   | |            .| |  `‐-



                                                 __ ______  __ _
                                                 ,'::::Y::::::::::`ヾ:::::::::::::::''-
                                               .,.'::::ミY彡;;::::::::ヾ;::::::::::::::
                                               i:::/    `-,::::::ヾ;:::::::::
                                               |::|        `;:::::::ヾ;::::
                                               |:| ⌒  '⌒  ヾ;::::::::!,.
                                               ..|| ―  ――  `;::::::::
        宋の時代、それぞれが何を想って駆け抜けているのか…      !          ;:::;;
                                                i 、        ;:;
        人物ごとに「転機の直前」が丁寧に描かれているので        .l     ,
        ストーリー展開を楽しむ上での過不足は無かったかと。        `ヽ, ̄ ̄        ,.-
                                                   ヽ、___,,,...-‐''"
                                                    |::::::::::::  ,,,...-
                                                    /!_,,.--‐‐'' ,,..-‐.
                                               ..,,..;;'''| /|!   ,,..‐' , ',.'
                                               ~ l l ' |ヽ_ノ''  ,:',:''

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ・レギュラー級の人物(寇準、張詠、王旦、王欽若、丁謂、太宗皇帝など)の
.  キャラクターが書けているか

  ⇒ 「転機に至る経緯」が丁寧に描写されており、感情移入するには十分。
_________________________________

459名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:28:08 ID:Nx1hk2W2
.
                    ┏━━━━━━━━━━━━┓
                    ┃  ・その他演出、技術面   .┃
                    ┗━━━━━━━━━━━━┛


                 , ',
    ./`ヽ、         , '  ',
    /   ヽ ,,,,,r.,- ー,,ヘ'   .',
    |   /~;;;;;/;;ミ;;;;;;'、;;;\  ',
    |  ., ';;;;;;;;;;Z,,ヽ、 ,r._入;;\,'
    ', ,.';;;;;;;;;:/ ,,二' ''~ ___ヽ、;',
    ',;;;;;;;;;;;/   ', ・,′ '、・/ |';;;!       序盤こそ気になる点も目に付きましたが、
   /';;;;;;;;;/ u ''''  ゝ `' u b';|      俺の目から見て、徐々に改善されていました。
  /  );;;;/',    lー-ーl   /`vク'
/  ,;;/;;(';| ヽ u |   .|  /,/人
 ̄''i '';;;;;;;;`;',    ヽ、 ' ,,-'´~ ',ニ=->      随所での見せ方を、作者さん自身が意識して
  |  /i!'`゙ ',  ヽ、_.,、-''´ _,,,、.,'ミニ⊃      模索なさっていることが見受けられます。
  |/rー、,''ヽ/___/   ___ノ)\ゝ-,
   /:::-、l ヾ、 --=|  i!| @iヾ';::::::::::::`_、,._r;_
   i'::::::::::`゙''、. ̄ ̄|   |イ.! ';コ .' ;:::''::~:::`||'_ '、- 、,,
   .Y;_:::,;=二=ヽ::;;::|   |.| .| ';フ::ヽ___||.,オ   'i
    ((ヾ''´'´~iフヾ|  .|.! |  .';コ::::ヽ,  Vフ~ /
     (_l入    .!   .|.! |  .';コ::::::::ヽ / /
     ヽ;:::`'' 、,    ノ ! |  .!コ::::::::// /
       ゝ;::::::::`゙''~´::ロ!! |  |コ::::::::ヾ',  ゙;



        ,,-‐‐‐-、-,.-‐‐‐、
      /:''  ...,,`:::',,,.....,, `i
      /:'  :::/ミミヽ::::勿彡、: \
     / :::::::/' ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ::: \
     / ::::::/         \::: \       改めて指摘するにも重箱の隅…
    / :::イ ━━━  ━━━ \:::: |      なので、一覧という形で失礼しますね。
    |:::i~|   ̄ ̄  ,  ̄ ̄  |`i;:::|
     l:::l、i U              |/|ソr ‐─ - =、
━━━━━━━━━━━━━━━∪∪∪∪━━━━━━━━━━━━━━━━

  ◆AAのズレは、やはり気になる
  | AAの左側にテキストを配置したカットで、AAのズレが目立つ。
  | 半角・全角スペースの調整なら、投下前に見直すだけでも気づけるはず。
  | 環境に依る部分もあるが、エディタの活用を。
  └

  ◆左右配置は「左・中・右」を見て
  | AAを右側に入れる場合、行単位ではなくレス全体での位置を意識。
  | (例)http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262940768/551
  | 上記の場合など、王欽若とそのセリフはもっと右に寄せてもいい。
  | 右に配置したつもりが、「そのレスに於いては左寄り」に見えることもある。
  | 容量との兼ね合いを見ながら、(限界を決めて)横幅を広く使うと見やすい。
  └

  ◆回想・夢オチは「終わり」を明確に
  | 話が展開していく「現在」に戻ったかどうか。
  | そこがあいまいになると、本筋に戻った際に戸惑うことも。
  | 「物語上の最新状態」がどこか、印象づけることを意識して。
  └

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

460名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:29:05 ID:Nx1hk2W2
.
      レ---  r‐,こ'、    `''==、,_
     ノ´    i .r'   `ヽ,r''' ヘ,   `'‐-、_
    /,r-‐- 、.., / ,......,_     ヽ,     `'‐、,,
    /.l!  ,r--、ヽ! ,彡彡彡、    ヽ,      ヽ、
   .l .l!  lミミi'``´     .ヽ    ヽ,       .ヽ,
   .l,ノ  .,!           .'!     .ヽ,       .
   ,'   /          .,r'ヘ,      ヽ,
   .l   ,' 、.,,__        '゙ __ヽ,      γ、
   .l  .r、 ====     ,ィ'フ';';;7ヽ     'i゙i i,
   i  l .i! ,r-r;;:::、     `'‐-''´  \    .'i, .l         序盤の導入さえ乗り切れば、そこには
   .l  l l!ヽ .゙-゙´ ,           \   .l, l         当時を生きる政治家たちの信念・思惑が交差し合う
    l,  .'、.ll!   .r',:            \  l!         硬派なストーリー。
    ヽ ヾl!    `''            t ヽ, .l  
     ヽ、, ヽ、__  、、、- '''''''=''゙´     ./ `'i!ヽ├'''         現在のところ、表舞台から一時消えていた寇準が
       `‐七´   `  ´       /   l 'i.l            都に戻ってどのような行動を見せるか。
         .ヽ,            ,r'    l rリ         また、彼に期待・敵対する人物の動向も気になります。
           .\         /   ,、┴、 `
             ヽ、_     /  ,、r'ヘ ヽ,、-┐         ぜひ、続きを楽しみにさせていただきたい。
               ~七'゙ニ  ,rヘ.ヘ ,ヽ '´   ヽ,
                r' i、.rrベヽ,r'´        ヽ
               /モ''i.r( l! ,ソ           ヽ,
              .N! l l! y '              ヽ






                                                                /^v'''⌒ヽ
                                                                ! /^v⌒i ! .}
                                        以上で評価を終わります。        i!(´Д`;リV
                                        なかなか主観全開となりました…    と!---!__つ
                                        それでは失礼します。            |______!_|
                                                                 (_(__)

461名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:31:56 ID:RPG5D0t6
評価乙
面白ければ主観が増えるのも仕方ないかと

462名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:40:12 ID:4iZMfnjw
評価乙です
そもそも主観を完全に排した評価などありえないとも思ってますし、
遠慮せず思う所を開陳するのがいいですよね。

463名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:42:32 ID:ZqD2pxTI
評価乙です

序盤は正直突っ込みどころ多いけど、評価依頼の時点で投下された作品を見たら、
自力で改善しているのがわかりますよね。

ただ辛口になれば、もっと言いたいことも増える気がします

464名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 19:56:02 ID:8nbE.1Rw
そーいや前から気になってたんだが。
評価依頼じゃないけど、評価人はそれぞれいったいどういうスタンスで
評価してるのかを聞いてみたいな、と。

いろいろと参考になりそうだから。

465名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:45:38 ID:fxkuHQcs
>>464
  ___
  > ``´〉ー、       俺が重点に置くのは次の3つ
  7ミレW゛ "}ゞ       
   ゞ(q `ヒi´j        1.基本ができているか
  〃)}。`´。{(ヾ      2.AAの演出は見やすいか
  \〉ニニニ〈シ       3.登場人物の魅力
   .}=芥={
    j  ハ .|
   く三| |三ゝ       基本というのは、AAのズレ、誤字脱字などがないこと。
   (Y__」 L__Y)       文章が適切な量で配置されていること。

466名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:47:02 ID:osJD4yXE
>>464
最近忙しいので評価をしていませんが、新城のAA使っていた者です。


スタンスというと大袈裟ですが、読んでいて話の流れで気になった点を指摘する形ですね。

当たり前ですが、特に明らかな矛盾が生じていたり、キャラの行動に不自然さなどがあったり、
長すぎたり(逆に短すぎたり)して読みづらい箇所などを重点的に指摘していってます。

これらの多くは、読者と作者に情報量の差が生じているために起こります。
作者本人は、当然物語の内容を誰よりも知っているので、例え説明不足の箇所や、
矛盾点が生じていても、頭の中で保管できてしまうのです。
ところが、読者側は作者が知っていることを知らないわけですので「何かおかしい」と感じます。

この辺りは、やはり自分よりも読者の方が気付きやすく、そして作者は気付きにくいところであり、
他人に指摘して貰って初めて気がつく、ということが多々あります。
おそらく「作者さんはこの問題に気付いてないのでは?」と感じたところを重点的に指摘していってます。


個人的に、私の評価は重箱の隅を突くような指摘が多かったと思いますが、
この小さな問題は、小さいが故に投下前に意識して見直す癖を付ければ大抵潰せます。

また、潰すだけで読みやすさが段違いになるのではというのが持論です。

せっかくの良いお話なのに、ちょっとしたミスが喉に刺さった小骨のように気になってしまい、
物語が素直に楽しめなくなるというのは、やる夫スレに限らず、
小説・ドラマ・アニメ・漫画などでも、皆さん経験があるのではないかと思います。
(それが、私の自スレで適用できているかどうかは別のお話ですが……「作者が気付かない点」ですので)


それらを無くすため「読者側の視点の方が有利な面もある」という利点を
活かせる評価ができれば……と気を付けています。


AAについては、改良方法などを指摘できるほどの腕もないので、積極的にはしていません。
それでは、長文失礼。また、評価する時まで。

467名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 21:26:18 ID:ZFcOUzEY
なるほどなぁ

468名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:09:17 ID:Nx1hk2W2
>>464
    /^v'''⌒ヽ
    ! /^v⌒i ! .}   主に気にするのはこんなところです。
    i!(´Д` リV   ジャンルにより重視する度合いは変わりますが、
    と!---!__つ   舞台や映画、TVを見る感覚から
     |______!_|    「自分がこれを描くなら、どうするか」を考えながら評価しています。
     (_(__)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ・「カメラアングル」を想像しやすいか
   ・シーンの切り替えを意識せずに理解できるか
   ・視線がどう動くか
_________________________

469名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:25:58 ID:4iZMfnjw
>>464
評価人の端くれですが
①できるだけ紹介も含めた読み物に仕上げる、
  間違ってもエターになるような無茶な評価はしない事
②作品と依頼文を読んだ上での、依頼人の性格が許す限り基本的なことから改善点提示する事
③原作付きなら原作の解釈、展開、キャスティングにも突っ込む事
この辺り気をつけてやります。①と②は一見相反する条件ですし、
特に③は原作作者やAA職人への敬意があるかどうかでも変ってきます。

手を付けやすいかどうかは他の方も言ってらっしゃるように、さっと読んで来れる事、
既に一読者なら尚更評価されやすいというのはあると思います。

470名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 22:51:03 ID:ZNl.WAGM

 >>464

             _ _
           γ´-─- ヽ        特殊部隊Aです
            ,レ', -─‐-、|
         〈, イ(//)( 7)        私が評価するポイントは「 演出 」です
          K>.;:",;:;:;:.::}
          ヾ;:;;:;;(固);!        AAで表現できることは限りがありますが、そのAAを見て
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、   読み手がどう捉えるかは無限の可能性があります。
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、    読んだときに想像力をかき立てられる・・・・・・そんな
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,   物語が描けているか、そのための演出が出来ているか
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^  どうかを評価します。




             _ _
           γ´-─- ヽ
            ,レ', -─‐-、|        あとは個人的なモットーに「 細部に魂は宿る 」というのが
         〈, イ(●)(●)      ありますので、同じAAでもちょっとした改変があると「 おっ! 」
          K>.;:",;:;:;:.::}      と思います。逆にMLTからそのまま貼っつけて作ったような
          ヾ;:;;:;;(固);!       スレを見ると「 んっ? 」と思います。
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!    それと世知辛い話ですがあまり長いスレは見るのが辛いので
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  評価するとすれば短編もしくは1〜2スレのものにしております。
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

471名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 23:09:30 ID:HHQPzRFo

ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|  ショカツリョウ
  i!f !:::::      ゙、i  諸葛亮いわく
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V  「私は主に構成など話の流れが読みやすいかを見ますね」
  ̄ハ:::::\ "''il|

読んでて引っかかった点や気になった点を、自分なりに何故そうなのかと考える形です。
あとは評価ポイントとして指定された部分に応えることくらいかと。
そのせいで薄めの評価になっているかもしれませんが、評価人も一読者ですのでやり方はそれぞれということで一つ。

472逸般人 ◆IPJxoemyeE:2010/02/07(日) 01:37:40 ID:qEvrkAL6
戦隊物命の八百屋さん評価ありがとうございました。

評価された各点を生かし、改善に努めたいと思います。

特にイリヤの件に関しては、ネタ提供元をせっつくのに有効活用しようかと思います。
出し渋りやがってあんちくしょー。

473 ◆Y6P.r23Df6:2010/02/07(日) 12:54:30 ID:jMqEVDy.
>>460
八百黒の太田さん、評価ありがとうございました

>◆回想・夢オチは「終わり」を明確に
時系列がわかりにくくなるのは歴史系では一番まずいですよね…
ご指摘参考にします

見切り発車気味で始めたので序盤は特に見苦しい点が多かったかと
思いますが、丁寧に読んでもらえて大変嬉しかったです
スレのほうはそろそろ最終局面に入りますが、完結までお付き合い頂ければ幸いです

474名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 06:50:55 ID:0OfI.D1U
評価をお願いします

やる夫はクラスのために学園を走り回るようです
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261316016/l50

評価してほしい点は
・物語の展開が遅すぎないか
・演出やAAなど見にくい点は無いか
・不自然な点は無いか
・これからの展開が気になる作りになっているか

あと、何か気になる点がありましたらお願いします
愛のある辛口評価だと嬉しいです

以上、よろしくお願いします

475 ◆1vYOFluVCo:2010/02/08(月) 06:52:04 ID:0OfI.D1U
>>474
ごめんなさい
酉忘れてました

476名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:31:35 ID:tRasOmU6
5分ほどしたら評価を投下させていただきます。

477名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:37:06 ID:tRasOmU6


             _ _
           γ´-─- ヽ         「 人のスレ見て
            ,レ', -─‐-、|              わがスレ直せ 」
         〈, イ(//)( 7)
          K>.;:",;:;:;:.::}          こんにちは。特殊部隊Aです。
          ヾ;:;;:;;(固);!
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、      本日はこのスレを評価させていただきます
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、       やる夫はクラスのために学園を走り回るようです
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,        ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261316016/l50
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

  18禁PCゲーム「Maple colors2」 のストーリーに沿って作っている。
  特殊部隊Aは未プレイ。というよりアダルトゲームは脱衣麻雀くらいしかしません。

478名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:37:56 ID:tRasOmU6

                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|         読んでみました・・・・・・
            〈, イ(ー)(ー)
             K>.;:",;:;:;:.::}         ちなみに評価のために 「Maple colors2」 についてググったりは
             ヾ;:;;:;;(固);!        あえてしていません。
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!        うーん・・・・・・辛口になってしまいますね。
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、        原作を知らない私としては、評価のためでもなければ
         |::l1:::ヽ _j;:.:.__u ,,ノ:::::H.:.:〉       最初の1話を読みきらないうちに「 切る 」スレですね。
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::u::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{          第1話目のインパクトがこれでは続けて読もうという気には
            〉「二三三三コ,/:.:.i         正直なところなれません。
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :      まあ評価ポイントに沿って順々に話していきます。
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : :

479名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:39:11 ID:tRasOmU6

             _ _
           γ´-─- ヽ          ① 物語の展開が遅すぎないか
            ,レ', -─‐-、|
         〈, イ(●)(●)          必要なことを描いているのであれば遅くなってもいいでしょう。でも
          K>.;:",;:;:;:.::}         省けるところをダラダラと描写しているなら展開が遅い、つまりテンポが
          ヾ;:;;:;;(固);!         悪いと言うことになります。
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!       私の感覚では遅すぎます。遅くなっている理由は、原作にこだわりすぎて
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、     いるからだと思います。このスレ、原作にかなり忠実に作っているのでは?
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,    ぜんぜん違ったら申し訳ないんですけど、台詞回しとかを見る限りそう思います。
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




                _ _
               γ´-─- ヽ       そりゃ長くも遅くもなりますよ。だって1レスに書き込める「 見づらくない程度 」の
               ,レ', -─‐-、|     文字数と、ゲームのテキストの量ではぜんぜん量が違うんですから。
           〈, イ(ー)(ー)
            K>.;:",;:;:;:.::}       媒体が違うのに同じことをやろうとしてはどこかで無理が出ます。その無理が
            ヾ;:;;:;;(固);!      展開の遅延と言う形で出ているんです。
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.    ちなみにこれまでの投下をあらすじにしてみました。 ↓
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

480名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:39:55 ID:tRasOmU6


┌─────────────────────────────────────┐
│ とある学園に転校してきた早々やる夫は校舎放火の濡れ衣を着せられ、誰もが    ...│
│不可能と言う「 紅華祭での優勝」という条件を満たさなければ退学させられてしまう     .│
│羽目に! がんばれやる夫! 先ずは頼れる仲間を探すんだ!!             ..│
└─────────────────────────────────────┘


             _ _
           γ´-─- ヽ
            ,レ', -─‐-、|         これはゲームの第1話にあたるんですかね。このあらすじと貴方の投下した
         〈, イ(//)( 7)       第1回とを比べてみてください。
          K>.;:",;:;:;:.::}
          ヾ;:;;:;;(固);!         原作既プレイの人向けにまったり投下するのならどれだけ展開が遅くなろうとも
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、    構わないでしょう。読み手も苦にならないと思います。
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!      でも原作を知らない人にも広く読んでもらいたいのであれば、もっと原作を咀嚼して、
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、   やる夫スレなりに噛み砕いて消化した上で物語を構成する必要があります。
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

  ① 物語の展開速度 → 遅い!! テンポを気にするならもっと削れる!!

481名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:40:22 ID:tRasOmU6

             _ _         ② 演出やAAなど見にくい点はないか
           γ´-─- ヽ
            ,レ', -─‐-、|
         〈, イ(●)(●)
          K>.;:",;:;:;:.::}         こうすると見やすいよ、と言う初心者向けのアドバイスに、貼り付けの
          ヾ;:;;:;;(固);!        ときにメール欄とレスの間を1行空ける、二つのAAを1レスに貼るときは
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     3〜4行空けるなどがありますが、作者さんの投下を見るとこの体裁が
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!     統一されてなくて見づらく感じます。
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




                _ _
               γ´-─- ヽ      他には画面外の会話として
               ,レ', -ノ‐-、|
           〈, イ(●)(●)       <おーい
            K>.;:",;:;:;:.::}        <何だよ
            ヾ;:;;:;;(固);!
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、      ↑ こういうのを多用していますが、はっきり言ってこれを多用するのは
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!   避けたほうがいいです。理由は誰がしゃべったか分からない、分かりづらいから。
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  いちいち誰の台詞か考えないといけなくなると読むほうにとっては負担です。
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  読んでてきつくなります。<誰だお? <私かしら と口調でカバーすることも
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^ 出来ますが、そうでないキャラは?




                _ _
               γ´-─- ヽ          後は場面転換を
               ,レ', -─‐-、|          ┌─────
           〈, イ(ー)(ー)          │ どこそこ
            K>.;:",;:;:;:.::}          └─────
            ヾ;:;;:;;(固);!
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、        こんな感じで済ませていますが、これをやるくらいなら風景のAAを挟んだ
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.       方がいいです。文字よりもイラストの方がイメージが湧きやすいですから。
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,      最も良いのは文字の説明と風景AAを併せることです。
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

      ② 演出やAAなど見にくい点はないか → けっこうある。読み手への配慮を忘れずに。

482名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:40:57 ID:tRasOmU6

             _ _
           γ´-─- ヽ         ③ 不自然な点はないか
            ,レ', -─‐-、|
         〈, イ(●)(●)         演出にも関わるんですがたとえば冒頭の不良のくだりですね。
          K>.;:",;:;:;:.::}        不良A、Bの役にジュウシマツが使われていますが、いったん
          ヾ;:;;:;;(固);!        戻って初めてああ、こいつらは不良だったんだなと分かりました。
        ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
       /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!      単なるモブキャラなら北斗の拳のモヒカンの方が不良としては
     /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、    適しているのではないでしょうか。こういう分かりやすいAAの
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,   チョイスも演出の一つだと思います。
    / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




                _ _
               γ´-─- ヽ      後は仲間集めの際に金糸雀が落とし穴のを仕掛けたことと、
               ,レ', -─‐-、|    その罠にかかったことの謝罪に松ぼっくりを持ってきた点ですかね。
           〈, イ(ー)(ー)
            K>.;:",;:;:;:.::}      罠はまあ金糸雀=(浅はかな)策士ということで承服できるんですが
            ヾ;:;;:;;(固);!     松ぼっくりは一体何なんでしょう? 意味不明です。
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、   ・・・・・・おそらく金糸雀が当てられている原作のキャラが同様の行動を
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.  とるんですね?
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

483名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:41:45 ID:tRasOmU6

                _ _
               γ´-─- ヽ       これじゃいかんでしょう・・・・・・原作知ってる人はともかく知らない人は
               ,レ', -ノ‐-、|      置いてけぼりですよ?
           〈, イ(●)(●)
            K>.;:",;:;:;:.::}       いや、原作見てないのでトンチンカンなこと言ってたら御免なさいね?
            ヾ;:;;:;;(固);!
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     他にも細かいとこはいっぱいあります
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、  ・ 「ワン」の後に(・・・・・・)で人間の言葉が入ってるが結局この犬は喋ってるの?
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,  ・ 不良の集まり2Bとあるが「B」である理由は?2−Xとか2−Zとかでもよかったのでは?
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^  ・ 茂みでセンズリしてたところを目撃してるのになぜかその後普通に会話してくれる
                          女の子・・・・・・こりゃやる夫ならしょうがないか・・・・・・




                _ _
               γ´-─- ヽ
               ,レ', -─‐-、|
           〈, イ(ー)(ー)        でもね・・・・・・一番不自然な点はね・・・・・・
            K>.;:",;:;:;:.::}
            ヾ;:;;:;;(固);!
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

484名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:42:32 ID:tRasOmU6

                 _ _
                γ´-─- ヽ ノ(
                ,レ', -─‐-、| ⌒
            〈, イ(//)( 7)
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐         なんで18禁ゲームが原作なのに
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′          エロAAが1枚もないんじゃ!!
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!              |  /
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、         ,\__ノし//
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙, 、ハ,  |  /   ..)/⌒ヽ(_
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^ ,\__ノし//   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄                     __
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.、/  ..)/⌒ヽ(_  /⌒|「⌒\    ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::^ < ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄/⌒ヽ(_    |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:./´  /⌒|「⌒\ )ヽ__ノ( ̄ ̄   |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.`/  `    ´  /⌒|「⌒\     └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ                                 └┘
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「




                _ _   ビキィ
               γ´-─- ヽ      ビキィ
               ,レ', -ノ‐-、 ノ(|
           〈, イ(○)(○)⌒    特に>>957のやる夫・・・・・・「あ、パンツ―――」
            K>.;:",;:;:;:.::}     じゃねーよ・・・・・・テメーの目玉を抉り出して水晶体に
            ヾ;:;;:;;(固);!     映ってる奴を見せろよ・・・・・・
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.! 
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^


③ 不自然な点はないか → 原作キャラの行動を別キャラのAAにさせても不自然なだけ
                    他にも不自然な点は多数!! 要推敲!!

485名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:43:03 ID:tRasOmU6

                _ _
               γ´-─- ヽ       むやみにエロを貼りまくれと言うわけではないですよ・・・・・・
               ,レ', -─‐-、|
           〈, イ(ー)(ー)
            K>.;:",;:;:;:.::}        気を取り直して・・・・・・
            ヾ;:;;:;;(固);!
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^




        ,, ‐'' "  ̄  ̄ "''  .,         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261316016/l50
      /  ''';;;:::: :: :      ` 、       この>>528の意見もありだとは思うんですよ。知ってる奴だけ見ればいい。
.     /      ;;;:::: :: : .     ヽ      知らない奴は出なおして来い、というのもまあ、やる夫スレならありだと
    /        '';;::: :: : : .   ',     思いますよ。
    ,'          ;;::::: :: :: : :   ',
   .j"';;;;:...       ;;:::::: :: : :     '.,     でも作者さんの意見は違うでしょ? 出来るだけ多くの人に読んで
   l!:: :: ::''':;;..  o ,,::'':::::: :: : : c  ....::.. ヽ   もらいたくて、何処をどのように変えたらいいかと思って評価依頼を
   li:: :: :: :: ::''' ''' ' '        ' ' '' "  _)  出したんでしょ?
  ノ:: :e:: :: ;;..-一tr:,;;r;;;一-‐-;;rt=vi=-‐rI~
  ヽ、___,/::::::::::\I|;::l::;;  ○::|:| :||i ○.      だったらどうすればいいか?
   ヽ:::、、:::::::::::::::::`、ヽ'',,;;;;:::::ノノ  ','!yノノ
    i\`/~ヽ:::::::::::.``‐-=''"  _;;;ュ〉ニ!、      原作をもっとやる夫スレ風に練り直すことです。白紙の状態で見ても
    '、`i;;、::;I:::i_;;;:::      / ,-==、ヽ/i  話が分かるようにしないと、今のままでは雨後の竹の子のように毎日生まれる
     L ヽ\=、 iL,,,__..:::::::..../ /,r'''⌒ヾ::i} /  凡百のやる夫スレと一緒です。読者にこれと選ばせ、読ませるにはインパクトが
     ヽ=ニ二ヽ|iヽ⌒ヽヽ::::l|/ /ゞ((ン)アノi}/   足りない。
    /""''''';;;__\\`i 〕}:;;;;:i:i(、_ 〉`="_ィ'/:::
  _,,-~~`‐-=- 、、__ヾ、|レ/、_;;;:||:i: >テ=-''iノ::::::
''~    : : ::: ::::::::........--‐=一T;=ニ二_テ ̄

486名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:44:12 ID:tRasOmU6

                _ _
               γ´-─- ヽ       ④ これからの展開が気になる作りになっているか
               ,レ', -─‐-、|
           〈, イ(ー)(ー)        クラスの窮地を救うために頼れるさむ・・・・・・仲間集めを
            ///.;:",;:;;:///      するというのは王道ですね。気にならないわけがありません。
            ヾ;:;;:;;(固);!
          ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     ただここまでくるのにダラダラとむやみに時間を使ってしまった
         /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.    マイナスを取り返すのは容易ではありません。精進してください。
         /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
       / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
       / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:^

   ④ これからの展開 → 物語がやっと始まった!! 今後の展開には期待!




               _ _
              γ´-─- ヽ ☆
              ,レ', -─‐-、|            以上で評価を終わらせてもらいまウィッシュ!
    + ☆   〈, イ(●)(ー)  + ☆
      *    K>.;:",;:;:;:.::}               え? パクリ?
          ´ ヾ;:;;:;;(固);!       ☆+
  *       / _/ } `ー'´ \ +               今度は何をしましょうか・・・・・・
        / ⊂  \∩ノ ⊃|
       (〆 ⊂ / _ノ   |
       .\ “∞∞/__ /
         \  /___/

487名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 15:57:18 ID:VQ9CQyIo
乙。ちょっと読んできたけど同じこと思った。
どういうことなのか分からない箇所あって読みにくかった。

488名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 16:06:47 ID:x.moo88Y
評価乙でした!

489名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 16:26:24 ID:kCFLCU4Q
乙です!特殊部隊Aさんの最後のぱくりすきなんだぜww

490名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 17:29:12 ID:M1ft.lWk
おつ!

依頼あった時に見に行ったけど、全く同じ理由でとじちゃったな

491名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:16:19 ID:KirP1OnU
評価乙でした!
><おーい
こういうの使ってる人いるけど読みにくいよね。下のような書き方をする人までいる。試しに作ってみた。
            ____
          /       \      たまーにこんな感じで会話を表現しているスレがあるんスけどぉー>
        /  ⌒   ⌒  \     読みにくいから止めた方がいいだろ、常識的に考えて・・・>
       /  (● ) (● ) \    人間は文字を左から読んでいくんですぅから>
        |    ⌒(__人__)⌒   ,|    右端の最後まで読まないと他人が喋っていることすら分からない構成は超読みにくいのかしら>
       \     `⌒´     /     みんな辛口だお・・・
       /              \

492名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:26:05 ID:Z3Txp1fg

特殊工作員氏も心にモヒカン背中にゲバ棒それが私の学園道な影響受けてるんだなぁ。
>>484あたりで。

>>491
俺ちょこちょこ使ってるけどなるべく会話はさせないようにしてるな。

< 評価人様よー!                                     キャー >
<<押さないで押さないで!                           一列に並んで〜!>>

< ブラとパンツは紳士の正装                     てめぇ!どっから入った!>>

493名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:39:19 ID:opMzq6t.
評価お疲れ様でした。

ちょっと、辛口が先に出過ぎてる気がしないでもないけど……。

494名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:39:53 ID:AqyKCVqw
以前短編書いた時に>を使ったけど、2人の会話シーンだったから
右寄りに配置するようにしてたな。

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)   AAいじる必要が無いから、
   . |     (__人__)    書き手としては楽ではあるんだよな
     |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln        }                     右寄りにして短めに改行するだけでも >
   .ヽ   L       }                           それなりに見やすくはなるお
     ゝ  ノ    ノ 
   /   /     \   多用するとやっぱ見づらいけどな
  /   /        \  手抜きにも見えるし
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

495名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:48:09 ID:41F1N4eA
フキダシをつけると、なおわかりやすいな。
手間がその分かかるけどな。


      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)   やる夫は近頃どうだ
   . |     (__人__)   
     |     ` ⌒´ノ               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   .l^l^ln        }               ぼちぼちだお    >
   .ヽ   L       }              ________/
     ゝ  ノ    ノ 
   /   /     \    そうか……
  /   /        \  
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

496名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 18:50:44 ID:ETFYUxmk
>>495
吹き出しつけるな囲ってくれる方が個人的に好き
見栄えがいいからな

497名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:09:25 ID:kCFLCU4Q
>>495
ふきだしいいな、勉強になるわ

498名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:12:52 ID:41F1N4eA

こうか!


      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)   やる夫は近頃どうだ
   . |     (__人__)   
     |     ` ⌒´ノ             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   .l^l^ln        }             │  ぼちぼちだお    >
   .ヽ   L       }              \________/
     ゝ  ノ    ノ 
   /   /     \    そうか……
  /   /        \  
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

499名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:15:21 ID:9J4Ke0gQ
なるほど

500名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:18:05 ID:M/IZGhm6
吹き出し使うのってネタバレ防止くらいしかケース思い付かないや

<もうちょっと奥……

ここがいいの?>

<そこ気持ちいい!

次レスで耳かきAA

こんな感じ?

501名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 19:20:17 ID:OFEuaKSU
後は、遠くから声かけてるのを表現した時とか?
現在進行形でオレがそうしてるんだが

502名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:08:32 ID:fScnzJhw
背景だけ使ってフェードイン・アウトしてるように見せてるのもあったね

───────────────────────────────────────────
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 : ___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |   :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__,.|  :|__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |   :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__________:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  |  :| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :._,,-   >ただいまだおー
  |  :| : : : : : : : : : : : : //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : : : : : : : :|_,,-   >お帰りですぅ
  |  :| . : . : . : . : . :∠/      \_________\ : . : . : . : . |.i-    >ご飯出来てるだろ
  |  :| : : : : : : : | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_ : : : : : :|.l-    >お腹すいたのだわ
  |  :|   :   :  :  : |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___  :  :|
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  | ̄ ||         ∠/     \______________\,:::!.i-
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |≡ ||::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  |≡ ||::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  | ̄:::|::::::::              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.
───────────────────────────────────────────

503名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:30:54 ID:8T0hGZE.
投下させていただきます。

504名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:31:08 ID:8T0hGZE.

             /ヘ、,:-‐\             映画は結構見ているメトロン星人です
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、           今回はこちらのスレを評価させて頂きます
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !           
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l            「【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】」 
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|          
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|          依頼レス>>342
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__         
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.       原作映画を見ているので、
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ      それを前提に評価をさせていただきます
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


                 /^ヽ       まず総論としては、
                ,ィ :   ',       「全体の出来が良いだけに詰めの甘さが気になる」です
               (ノ :  () l      
               l :   / |       では作者様より依頼された点を評価していきます
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i       ・七人の侍たちをはじめ主要登場人物のキャラは立っているか
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l       ・ギャグとシリアスのバランスは取れているか
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }      ・劇中で分かりにくい場面は無かったか
           , - 、 ノ、 三__`ノ    ・その他気になった点
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

※ネタバレを含むので未読の方はご注意ください

505名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:31:36 ID:8T0hGZE.

■七人の侍たちをはじめ主要登場人物のキャラは立っているか


    /`: '\            
   /   :  ヽ               これは問題ないですね
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///    七人の侍についてはキャラを掘り下げつつ、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /     それぞれ見せ場もあります
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       また、侍と農民が徐々に絆を深めていく過程も丁寧ですね
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'          この作品は農民達も主役に近い立場ですが、
   |ニ二 V二ニ|                そちらのドラマも楽しく読めました


        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l      敵となる野武士も頭領(月)や副頭領(麻呂)を中心に、
     /  /  (○)l         しっかりと「悪役」になっています
    l l    _l      
    l l    ( ]        個人的には野武士側の事情をより深く描写するなど、
    l l   ( ̄フ        もう少し出番があっても良かったと思いますね
    ll   ( ̄フ ̄\    
    ll  ( ̄フ~   \   
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

506名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:31:47 ID:8T0hGZE.

■ギャグとシリアスのバランスは取れているか


              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b      まず「本作においてギャグの必要性は低いのでは?」と感じています
           i' i    `゙゙´ :「:::b   
.          | |      .丿:::h     農民も野武士も侍も生きるのに必死であり、
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h     そうした時代や舞台でもあります
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ    
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ    現代人からは理解できない部分はあれど、
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i   武力に訴えてでも生き抜こうとする背景があります
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |  
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|     そのため侍と村人にも多数の死者が出てきますし、
   |   :   |      / ///    女性や子供も例外ではありません
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /       そうした全体を通してシリアスなお話である以上、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       あまりギャグの必要性は感じませんでした
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'          
   |ニ二 V二ニ|

507名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:32:03 ID:8T0hGZE.

        ___
      / /  \
      /  /     l       「ギャグが無いと読者が飽きるのでは?」思われたかも知れませんが、
     /  /     l      シリアス要素だけでも十分ストーリーは盛り上がっていたでしょう
     /  /  (○)l      
    l l    _l        もちろんギャグを入れることで、
    l l    ( ]         シリアスシーンのギャップを大きくする効果もあります
    l l   ( ̄フ      
    ll   ( ̄フ ̄\       ただ明確な効果があったとは感じなかったのと、
    ll  ( ̄フ~   \     ギャグシーンがあまり笑えなかったのがあるので……
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',       そもそもムードメーカーのやる夫がいて、
               (ノ :  () l       明るく元気な子供や農民もいます
               l :   / |      
               イi :  ,ヘ、 |        シリアスシーンとの対比はギャグにせず、
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i      これらのキャラを描くことでも良かったのでは思いました
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l     
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }      もっともシリアス一辺倒だと描いていて息苦しいという側面が、
           , - 、 ノ、 三__`ノ    あったかも知れませんね
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

508名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:32:29 ID:8T0hGZE.

■劇中で分かりにくい場面は無かったか


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///    台詞によって状況説明がなされていますし、
   |⊃  .:  ⊂|      /   /     背景AAなども適時挟まれていました
  / lニ)  :  (ニl \   /   /    
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       おかげでわかりにくいという場面はなかったです
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          戦闘や合戦シーンにおいても、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、         人物・背景・エフェクトがうまく合成されてわかりやすかったです
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l          「単純に人物とエフェクトが並ぶだけ」にならず、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|        適度なレス数で迫力あるシーンが描写されています
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__         おかげでダラダラと戦闘シーンが続いて、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     読者が興醒めすることを防いでいます
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-    正直これは見習いたいですね
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/

509名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:32:45 ID:8T0hGZE.

              /´゙`ヽ、
            /     ヽ
           ,/./   ,....,  ;ii、  
           ('/.i   ( (,,)  i::b    
           i' i    `゙゙´ :「:::b      今回は「こうすればもっと良かった」という意味で、
.          | |      .丿:::h     いくつか指摘させていたきます
.          'i| i   /´`ヽ,|::::::h  
           r' |   `゙'- ノ⌒ヽ     まずはともだち様も指摘されたように、
           /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ    その時代特有の単語には補足があってもいいでしょう
     i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i  
.     ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |  
      i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ
  ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ
 (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi
  | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
  |,,,,|   | |     |,,,.|
       '''''


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///| 
   |   :   |      / ///     このように画面下に補足を加えるだけでだいぶ違います
   |⊃  .:  ⊂|      /   /   
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      例えば話の前後や阿部さんのキャラクター性で察しはつきますが、
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/       「衆道(※)」等はわかりにくいですからね
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|


※男性の同性愛のこと。いわば「ガチホモ」。

510名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:33:15 ID:8T0hGZE.

        ___
      / /  \
      /  /     l
     /  /     l    
     /  /  (○)l       以前別の評価でも指摘してきましたが、
    l l    _l        地図をもっと活用しても良かったでしょう
    l l    ( ]
    l l   ( ̄フ       これは野武士が攻めてくるシーンですが
    ll   ( ̄フ ̄\     「南西・新城組」だけではイメージが湧きにくいですね
    ll  ( ̄フ~   \
    ll ( ̄フ 入   \
    ll( ̄フ   \   \
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。.

                〜本編より抜粋〜                

【 南西・新城組 】


∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二| 
||||||||||||||||||||||||||||||| 
||||||||||||||||||||||||||||||| 
||||||||||||||||||||||||||||||| 
||||||||||||||||||||||||||||||| 
||||||||||||||||||||||||||||||| 
||||||||||||||||||||||||||||||| 
|||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||

゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。.

511名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:33:28 ID:8T0hGZE.

┌────────────────────────────────────────────┐
│: : : : 野: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :彡三三三:彡 : : : : : : : :// : : :森森森森森森森森森森森        │
│: : : : : : : : : : : 野: : : : : : : : : : : : : : : :彡: : : : : : : : : : : : : : : : :// : : :森森森森森森森森森森森:: :      ......│
│: : : : : : :野 : : : : : : : : : : : : : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : ※※ //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :        ..│
│: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :彡 : : ◎阿部・蒼: : : : : //※※ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ...│
│: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :彡彡彡: : : : : : : : : : :▲ : :◎やる・やら: ※: : : : 田田田田田: : : : : : : : :           .│
│: : : : : : : : : : ●: : : : : :彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ※: 田田田田田: : : : :: : : : :        .....│
│三三三三三三三三彡: ※※ ※: : : : : :▲: : : : : : : : : : : : : : : :▲ : : : : ※ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ....│
│: : : : : : : : : : : : :※ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :▲ : : : : : : : : : : : : ▲ : : ※ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      .....│
│: : : : : : : :田田※: : : : :■ : : : : : : : : : : ▲: : : : : : : : : : : : : : ▲: : : : : : ※ : : 田田田: : : : : : : : : : : : :        .│
│: : : : : : : : : : :※ : : : : : : : : : : : : : : : : ▲: : : : : : : : : : : : : : ▲ : : : : : :※: : : : : 田田田田: : : : : : : :彡彡      .│
│: : : : : : : : : : :※ : : : : : : : : : : : : : ▲ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :※ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :彡 : :        ..│
│: : : : : 田田田※ : : : : : : : : : : :▲: : : : : : : : : : : : ▲: : : : : : :▲ : :※: : :彡┃┃三三三三三三三彡 : :       .│
│: : : : :田田田: :※: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :※ : :彡 : : : : : : 田田田田田: : : : : : :       │
│  : : : : : : : : : : :※ : : : : : : : : : : :◎新城: : : : : : : ▲: : : : : : : : : :※ : :彡 : : : : : : : :田田田田 : : : : : : :         ..│
│: : : : : :田田田田 :※※※:※※※※※ : : : : : : : : : : : : : : :★ :※ : 彡: : : : : :田田田 : : : : : : : : : : : : : :      │
│: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ://: : :※: : 田田田:※:※: : : : 彡 : : : : : : : : : : : :田田田 : : : : : : : : :         .│
│: : : : : : : : 田田: : 野: : 野: ://: : : : : : 田田田: : :: : : : : : :彡 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :         │
└────────────────────────────────────────────┘
                                                         ※イメージです


                 /^ヽ
                ,ィ :   ',     
               (ノ :  () l       せっかく襲撃準備の段階で村の地図を作ったのですから、
               l :   / |      これを合戦の場面で活用しても良かったと思います
               イi :  ,ヘ、 |       
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     位置関係がわかった方が、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l      読者も状況を把握しやすいでしょう
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

512名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:33:51 ID:8T0hGZE.

■その他気になった点


    /`: '\            
   /   :  ヽ           
    O  .:   O       ///|    前述の通り、出来が良いだけに細かい部分が目につきました
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /     「娯楽として成立させる」「歴史考証無用」は大いに同意しますが、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      それを踏まえた上で気になった点を挙げます
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /       
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'        
   |ニ二 V二ニ|

・(ギャグとはいえ)ハート様が強すぎて、「侍の存在意義は?」と思えてしまう。

・歴史考証を抜きにしても、やっぱり不自然な部分がある。
(有り金で卵を買う金糸雀や紅茶を飲む真紅とアーチャー等)

・野武士が初号機やバーサーカー等の人外なのは、さすがにやりすぎでは?
(刃牙や北斗の拳ぐらいがちょうど良いかと)

513名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:34:05 ID:8T0hGZE.

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、             
           r'`!: : :  : : : f゙0:、           あとは阿部さん絡みでいくつか気になりました
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l        まず弾丸を刀で斬ってしまうのは、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|           さすがに無理があると感じました
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__        ここまでいくと「娯楽作品」を通り越して、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.     「荒唐無稽」の域になってしまうでしょう
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|
,.-'/   ´`フソ 
/_,'´ / .,/ 


    /`: '\            
   /   :  ヽ                また阿部さんは「衆道で女は嫌い」と明言しつつ、
    O  .:   O       ///|     蒼星石と男女の関係になっています
   |   :   |      / ///   
   |⊃  .:  ⊂|      /   /      もちろん過程は描かれていますし、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /       原作に乗っ取ってアレンジされたシーンでもあります
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/      
 /|lニ)  (ニl| \  /            それでも「阿部さんが蒼星石(女性)と交わる必要あるのかな?」と、
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'            どこかしっくりこなかったです
   |ニ二 V二ニ|

514名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:34:17 ID:8T0hGZE.

             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          また、原作ラストにおける土砂降りの決戦ですが、
           r'`!: : :  : : : f゙0:、         さすがにこれをAAで再現するのは困難ですね
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !            
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l          もちろんその凄惨さは本編でも十分伝わっていますが、
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|         AAで全てが伝えきれないのが残念でした
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|        
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       本作を読んで映画を未見の方は、
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    屈指の名シーンなので見てもらいたいです
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|

注:他にも名シーンはいっぱいあります

515名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:34:30 ID:8T0hGZE.

                   ―総評―

        ___
      / /  \        
      /  /     l        
     /  /     l      
     /  /  (○)l         
    l l    _l           長時間の映画(208分)を改変しつつ、
    l l    ( ]          上手くまとめているのはさすがです
    l l   ( ̄フ           
    ll   ( ̄フ ̄\        本作は取捨選択がしっかりできており、
    ll  ( ̄フ~   \         適度な長さで中だるみせず最後まで楽しめました
    ll ( ̄フ 入   \      
    ll( ̄フ   \   \     
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\


             /ヘ、,:-‐\
            /´: :  : : : : :、          
           r'`!: : :  : : : f゙0:、       ダラダラと流れて話が進まないと、
           ヽノ: : :  : : : :ヽ': !       読者はどうしても不満を感じます
           f: : : : :  : : : ::.:.:.:.l          
           |:.:.:.: : :  : ::.:.:.:.:.:.:.:.|       これは「娯楽作品のやる夫スレ」として、
           l:.:.:.,、: :  : :r-、:.:.:.;''|      重要な点ではないでしょうか
           |::〈 !::  : :l  >,;'-'__       
            /::ト、Y^i:  : :lヾ-',;'::l:::::ヽ`ヽ.    
        / f::::::|::} v'!:  : :トy'/:::::ト、::::`ー、ヽ       
       ソ j:::::|:::::}レ':.  :.,ソ/::::::::`ヽ.::::::::>='─‐-   
       //:::::::!::::::l∨: ::!、jl::::::::::::::/`ヽ.{ =-、_:::ヽ
        //:::::::::∧/、V,! !、|l;;`ヽ._:::|   ゝ、___,ニニ>'
   ,..-‐' _,.ノヽ!/ |;;;;;;;;ヽッ !、リ;;;;;;;;;;;;;;|

516名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:34:44 ID:8T0hGZE.

    /`: '\            
   /   :  ヽ                ストーリーのアレンジは言うに及ばず、
    O  .:   O       ///|      戦闘シーン等におけるAA改変も丁寧です
   |   :   |      / ///  
   |⊃  .:  ⊂|      /   /      作品を構成する要素全体が高いレベルにあるからこそ、
  / lニ)  :  (ニl \   /   /      「原作もやる夫スレも面白い」と言える形に昇華しています
/ ,ィ'lニ) .: (ニl ト、 \/\/
 /|lニ)  (ニl| \  /          
   | ニl )  ( lニ.|   `ー'           
   |ニ二 V二ニ|


        ___
      / /  \        
      /  /     l        
     /  /     l         特に原作を知っている身としては、
     /  /  (○)l           やる夫の菊千代が「まんまじゃねーか」と楽しめました
    l l    _l           
    l l    ( ]            私自身原作を知っていても楽しめましたし、
    l l   ( ̄フ           未見の方でもそれは同じでしょう
    ll   ( ̄フ ̄\        
    ll  ( ̄フ~   \         そして興味を持った方はぜひ映画も見て欲しいですね、
    ll ( ̄フ 入   \       原作の素晴らしさとアレンジの上手さがわかると思います
    ll( ̄フ   \   \     
    ll(フ    l\/ ̄ ̄\

517名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:35:02 ID:8T0hGZE.

                 /^ヽ       
                ,ィ :   ',      
               (ノ :  () l       評価人としてあれこれ指摘しましたが、
               l :   / |       「娯楽活劇なやる夫スレ」とオススメできます
               イi :  ,ヘ、 |      
            |lll|、/ l }.:  ト、/⌒i     次回作はオリジナルを手がけるようですが、
            { ) ,l.}.:  l-/ /、l       そちらも楽しみにしております
             ヽ_ノ" }ヨ.:__{ニ_ム }     
           , - 、 ノ、 三__`ノ     以上、評価とさせていただきます
         _ /___`'- .V /⌒ヽ_______
        (二旦__  ̄二) 、    ノ /     //
     / | |ー---- =-イi、 ⌒)ー'"/     //
   / ̄ |_|  Ll  |_| |_|`''' " /     //
  /___________/___ //
 ー---------------------------------

518名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:37:29 ID:NTdht6Y2
評価乙!

519名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 20:39:18 ID:8Wdwg5kc
乙!

>>502
引っ張って悪いけど

>、<この記号は
    _________
  /
<  こんな感じの噴出しの省略形
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と認識してるから

>こんな感じに閉じた側に台詞

があると違和感がある。
チャットとかなら閉じた側に文章が出るから、
そこからのイメージなのかしら?

520名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 22:17:59 ID:T7WLBGzM
特殊部隊Aさん、メトロン星人さん評価乙!

521名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 22:33:22 ID:naSoKyAQ
評価乙です。

522 ◆XksB4AwhxU:2010/02/08(月) 22:59:00 ID:hQ569XLc
評価お疲れ様です。

前スレにて一度蘇芳様、進藤様に評価していただきましたが
完結いたしましたので再度評価依頼をさせていただきます。
今回も辛口の評価をお願いいたします

やる夫たちは£500,000の借金を背負うようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/l50

・前回指摘された点(状況・場面転換の不明瞭さ等)は改善されていましたか?
・原作を知らなくても楽しめましたか?
・その他、気になる点があればご指摘お願いたします

それではよろしくお願いいたします

523名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:32:12 ID:C/4UubzE
投下しても大丈夫ですかね?

524名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:32:38 ID:6SOYdz8I
もちろんどうぞ

525名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:34:29 ID:C/4UubzE
         ,-' ̄ ̄`-、
      . /    n. ヽ    ともだちです
      . .l  .,-mj ト、. l
     .  | .く 〈 ◎ 〉 ゝ |    今回は>>474で依頼のあった以下のスレを
        ヽ\|´T`|/ /
      __,_,,.ヽ___ / ー- 、  評価させていただきます。
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

やる夫はクラスのために学園を走り回るようです
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1261316016/l50



               ___
             ,´      `、   
            /        nヽ
            l     ,-mj l |   元ネタはエロゲのようです
            .l    く 〈 ◎ .l
            ゙、    \|´T |    私はエロゲはプレイしませんが
               人.      /
            _,/(  `' 、 _  T     エロゲの作法はある程度知っている
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  それくらいの知識でお話しします
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  当然元ネタは知りません
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!

526名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:34:55 ID:C/4UubzE

                 /´ ̄ ̄`ヽ
               /    ∩  \
             /   ___| |    \
              |    〆イγγ+「`  |
             |  <  │'、_、 | >. |
             l    ヘ (<_◎_>) / |   作者様の提示された評価ポイントは以下の通りです
               l    \|´T`|/  /
              |    `===´  /
              \         /
              / .\___/
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',

・物語の展開が遅すぎないか
・演出やAAなど見にくい点は無いか
・不自然な点は無いか
・これからの展開が気になる作りになっているか



          .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
            /  .   ∩   ヽ
           /   ___| |    ヽ
           |  〆イγγ+「`   |   予め断っておきますが後者の3項目については
.          | .<  │'、_、 |  >  |
           |  ヘ (<_◎_>) /  |    評価していません
           ',   .\|´T`|/  /
            `、 `===´  /     ひとつめのポイントに絞ってお話させてください
             \       /
             / V | ヽ、__/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |

527名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:35:21 ID:C/4UubzE
─────────────
・物語の展開が遅すぎないか
─────────────

           /    \
          /        n ヽ   まずこの質問の意図を推し量るところから始めたいと思います
          |     ,-mj ト |
         |     く 〈 ◎ 〉 |   というのも、「ペースは速いか遅いか?」という質問ではないからです
         |      \|´T`| }
          ヽ           /
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



        ___
       ,´      `、
      /        n ヽ
      l     ,-mj l l   こういう質問の仕方は、作者様の中で多かれ少なかれ「遅い」と
      .l      く 〈 ◎ l
       |.     \|´T |    感じているからこそ出てくる質問ではないかと思います
       .ヽ        /
        \    /
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

528名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:35:49 ID:C/4UubzE
           /  .  n  ヽ
          ,'   ,-mj ト、 ',
          .| . く 〈 ◎ 〉 ゝ |
          |  \|´T`|/ .|   これに対して想定される作者さんの立場として二つ考えてみます
  ∧、      ヽ         /
γ⌒ヽ.\       \___/
.|(●).| i\、''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
.ゝ_ノ ^i | |::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 |_|,-''i⊃l()::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
 [__|_|/〉l/:::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  ([ニニ/〉::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
   |└―'_〉;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



            .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
                 /  .   ∩   ヽ
              /   ___| |    ヽ
              |  〆イγγ+「`   |   ひとつめは、自信をつけるために「遅くないよ」という
              | <  │'、_、 |  > |
               | ヘ (<_◎_>) /  |   お墨付きが欲しいという考え
              ',   .\|´T`|/  /
              `、 `===´  /     .      _
                \      /       .   ,イ |
           _,.-' . / .` ――´ \      .    | |ヽ
       _, - '  /    |  ヽェ、 '   |  ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´     /   |  /  〉   |    ヽ  `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ      〈   ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、   ,〉      | l_! ヽ ゙l

529名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:36:18 ID:C/4UubzE

            /        \
           /  .::::::::::::::::::::::::::. ヽ
             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ';
          {::::::::::::::::::::::::::: f'^|:::::::::::::::}
          ';::::::LL⊥⊥⊥| |⊥L::::::{  この場合私としては、ペースを決めるのは作者さんの権利ですよ
.             {::〈:::::::::::f^「 「 | |::::::::::〉::}
           ';::∧-=::| 、、, , │:::::∧:;'  だから遅くありませんよ、と言うしかありません
            ヽ:∧ :::l<◎>|:::::∧:/
          / \::>r>ニニニニ<r:'::::イ \
         /   j \::^:::::::::::::^::::/│   \
     -‐ ´     |  >―─<:  |     丶、
 r ´        /|   ∧////∧:  |\      ` ‐-、
./|         /  | / 〉///〈 \:|  \       /\



                 /´ ̄ ̄`ヽ
               /    ∩  \
             /   ___| |    \
              |    〆イγγ+「`  |
             |  <  │'、_、 | >. |
             l    ヘ (<_◎_>) / |   ……結果については保証いたしかねますが
               l    \|´T`|/  /
              |    `===´  /
              \         /
              / .\___/
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',

530名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:36:46 ID:C/4UubzE

          .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
            /  .   ∩   ヽ
           /   ___| |    ヽ
           |  〆イγγ+「`   |
.          | .<  │'、_、 |  >  |  ふたつめは、「遅さを自覚している」パターン
           |  ヘ (<_◎_>) /  |
           ',   .\|´T`|/  /
            `、 `===´  /
             \       /
             / V | ヽ、__/|ヘ丶、
       , -‐'   /  |  <   > | \ `丶、
   /´      /   !  /ヽ イ `!ヽ/   `>、
.  / /! / )    \/ヽ´  | ヘ | ヽ     |  i
  | l | / /、/)   /  ヘ   |  ヘ|   |      !  !
  | ! il l,,ノ /ン') \  ヘ. !   !   !    │ |
  | ヽ、   ´ <    ヽ  ヘ. i   |   |     イ  !
  |   /ヽ--   〉   ヽ  ヘ!   !   !-─…ili  |
  〈  / ゛===/      ヽ ヘ.   |   !    |i  |



              ____
             ,´     `、
            /    n   ヽ     少し上から目線のようで申し訳ないですが
            ,'  ,-mj ト、   .',
            |  く 〈 ◎ 〉 ゝ  |     この場合は改善するために助言が欲しいという感じでしょうか?
            |  \|´T`|/  │
.           ヽ         /
     _,,.‐''" / : .ヽ____ / :ヽ``'''- 、.._
   /´l : : : : :|: : |.\.      /|: : l: : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : |: : l
  ハ : : |: : : :│: : |     ><   | : :│: : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : | : / }
  ハ : : :│: : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : :./: :│  |/ |   | : :\: : : :|: : :/:〈

531名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:37:07 ID:C/4UubzE

            .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
                 /  .   ∩   ヽ     結論から言うと不要エピソードを削るしかありません
              /   ___| |    ヽ
              |  〆イγγ+「`   |    具体的手法はアドバイスできません
              | <  │'、_、 |  > |
               | ヘ (<_◎_>) /  |    習うより慣れろだと思います
              ',   .\|´T`|/  /
              `、 `===´  /     .      _
                \      /       .   ,イ |
           _,.-' . / .` ――´ \      .    | |ヽ
       _, - '  /    |  ヽェ、 '   |  ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´     /   |  /  〉   |    ヽ  `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ      〈   ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、   ,〉      | l_! ヽ ゙l



                  ノ´ ̄ ̄`ヽ
                /    ∩  \
               /   ___| |   \
               |  〆イγγ+「`  |
               ヽ<  │'、_、 |  >/   ただ、エロゲのテキスト情報量の多さと映像情報量の少なさは意識すべきです
               ヽ ヘ (<_◎_>) //
                ヘ  \|´T`|/  /
                |  `===´  |
                \       /
                `」\___ ノ
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨ \ 、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l

532名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:37:38 ID:C/4UubzE

             , ´ ̄ ̄` 、
           . /    n  .ヽ
            .,' .,-mj ト、  .',
           | く 〈 ◎ 〉 ゝ |   少々乱暴かもしれませんが、エロゲ=ラノベくらいの感覚で捉えてもいいと私は思います
           |  \|´T`|/ |
           ヽ        /
          __,, -ヽ、    / -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



               ___
             ,´      `、   
            /        nヽ
            l     ,-mj l |   というのも、立ち絵+表情差分がもつ情報量は意外に少ないです
            .l    く 〈 ◎ .l
            ゙、    \|´T |    「彼女は笑いながら〜」というテキストの代替くらいにしかなりません
               人.      /
            _,/(  `' 、 _  T
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!

533名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:38:41 ID:C/4UubzE

           /  .  n  ヽ
          ,'   ,-mj ト、 ',
          .| . く 〈 ◎ 〉 ゝ |   そこに一枚絵(挿絵)がつくのであればラノベとそんなに変わりません
          |  \|´T`|/ .|
  ∧、      ヽ         /    ……かなり乱暴なロジックだとは思いますが
γ⌒ヽ.\       \___/
.|(●).| i\、''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
.ゝ_ノ ^i | |::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 |_|,-''i⊃l()::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
 [__|_|/〉l/:::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
  ([ニニ/〉::::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
   |└―'_〉;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



         ノ´ ̄ ̄`ヽ
       /    ∩  \
     /   ___| |    \
     |    〆イγγ+「`  |   ラノベは文章が主体でとにかく多いですから
     |   <  │'、_、 |  > |
     ヽ   ヘ (<_◎_>) / |    忠実に再現すれば一話あたり300レスは軽く行く場合もあるでしょう
     ヘ    \|´T`|/  /
      |    `===´  /
      \         /
        」\___ ノ、_、ヽ、_
   _,. -‐'´:/::.ハ`¨、   , '  !:.:.l:.:.:.:.`ー-、_
  /::.::.::.::.:/::.::i  ヽ. /   /:.:.:.|:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ_
/::.::.::.::.::./::.::.::.|  ハ    /:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.ハ
::|::i::.::.::.::./::.::.::.::.! ハ: :ハ  ,/:.:.:.:.:.:.|:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/:.:.ヽ‐、_
::.l/::.::.::.:ヽ、::.::/lV }T:vヘ〃:、:.:.:_;-':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:./:.:、:.:.
::.:l::.::.::.::.::.::/::.::.:l  | |: i /:.:.:.:\:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:ノ:.:
::.::!::.::.::.::.:ヽ::.::.::.::.:!|: : :v:.:.:.:.:.:.:.:冫:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!〃:/:.:.:.:.:
::.::.l::.::.::.::.::.:\::.::.::ヽ: : : /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:..:.:.:.::.::.:j:<:.:.:.__:.:.
::.::.::!::.::.::.::.::.::.:\::.::.:ヽ:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.j‐、__ ̄:.:.:.:.:.:.
::.::.::.:!::.::.::.::.::.::.::.::\::.:,':.:.:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   `ー-、_
::.::.::.::}::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
::.::.::.〈::.:ヽ::.::.::.::.:.:.:.:.i/:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i

534名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:39:13 ID:C/4UubzE

            .   _,,-" ̄ ̄`‐,,_ 
                 /  .   ∩   ヽ
              /   ___| |    ヽ
              |  〆イγγ+「`   |   アクションものなら戦闘シーンである程度レスを稼げますから
              | <  │'、_、 |  > |
               | ヘ (<_◎_>) /  |   一話300レスでもあまり気にならないかもしれません
              ',   .\|´T`|/  /
              `、 `===´  /     .      _
                \      /       .   ,イ |
           _,.-' . / .` ――´ \      .    | |ヽ
       _, - '  /    |  ヽェ、 '   |  ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´     /   |  /  〉   |    ヽ  `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ      〈   ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、   ,〉      | l_! ヽ ゙l



            /        \
           /  .::::::::::::::::::::::::::. ヽ
             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ';
          {::::::::::::::::::::::::::: f'^|:::::::::::::::}  しかし、ラブコメだと一話300レスは
          ';::::::LL⊥⊥⊥| |⊥L::::::{
.             {::〈:::::::::::f^「 「 | |::::::::::〉::}  長く感じられる方がほとんどではないでしょうか?
           ';::∧-=::| 、、, , │:::::∧:;'
            ヽ:∧ :::l<◎>|:::::∧:/   特に導入部は簡潔にしたほうが入口は広くなります
          / \::>r>ニニニニ<r:'::::イ \
         /   j \::^:::::::::::::^::::/│   \
     -‐ ´     |  >―─<:  |     丶、
 r ´        /|   ∧////∧:  |\      ` ‐-、
./|         /  | / 〉///〈 \:|  \       /\

535名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:39:42 ID:C/4UubzE

                  ノ´ ̄ ̄`ヽ
                /    ∩  \
               /   ___| |   \
               |  〆イγγ+「`  |    人によって感じ方は違うと思いますが
               ヽ<  │'、_、 |  >/
               ヽ ヘ (<_◎_>) //    ストレスなく読める量は(アクションなしなら)50〜100レス程度だと思います
                ヘ  \|´T`|/  /
                |  `===´  |     気合を入れる話であればもう少し増やしてもいいと思いますが
                \       /
                `」\___ ノ       普段から多いのはやりすぎです
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨ \ 、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l



         ,-' ̄ ̄`-、
      . /    n. ヽ   300レス以上を50〜100レスにまとめるくらいの
      . .l  .,-mj ト、. l
     .  | .く 〈 ◎ 〉 ゝ |   大幅かつ大胆な削りは必要だと思います
        ヽ\|´T`|/ /
      __,_,,.ヽ___ / ー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

536名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:40:13 ID:C/4UubzE

           /    \
          /        n ヽ   すべての評価ポイントに応えることができず申し訳ありません
          |     ,-mj ト |
         |     く 〈 ◎ 〉 |   最後にぶっちゃけるとレス数の多さに参ってしまった感はあります
         |      \|´T`| }
          ヽ           /    ダメな評価人で申し訳ありません
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、   罵ってくださって結構です
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



         ノ´ ̄ ̄`ヽ
       /    ∩  \
     /   ___| |    \
     |    〆イγγ+「`  |   そして、1000レス近いAAを既に投下されたというのは
     |   <  │'、_、 |  > |
     ヽ   ヘ (<_◎_>) / |    決して無駄になるとは思いません
     ヘ    \|´T`|/  /
      |    `===´  /     個人的にはそれだけで称賛に値します
      \         /
        」\___ ノ、_、ヽ、_    私は短編・中編が中心だから……
   _,. -‐'´:/::.ハ`¨、   , '  !:.:.l:.:.:.:.`ー-、_
  /::.::.::.::.:/::.::i  ヽ. /   /:.:.:.|:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ_
/::.::.::.::.::./::.::.::.|  ハ    /:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.ハ
::|::i::.::.::.::./::.::.::.::.! ハ: :ハ  ,/:.:.:.:.:.:.|:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/:.:.ヽ‐、_
::.l/::.::.::.:ヽ、::.::/lV }T:vヘ〃:、:.:.:_;-':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:./:.:、:.:.
::.:l::.::.::.::.::.::/::.::.:l  | |: i /:.:.:.:\:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:ノ:.:
::.::!::.::.::.::.:ヽ::.::.::.::.:!|: : :v:.:.:.:.:.:.:.:冫:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!〃:/:.:.:.:.:
::.::.l::.::.::.::.::.:\::.::.::ヽ: : : /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:..:.:.:.::.::.:j:<:.:.:.__:.:.
::.::.::!::.::.::.::.::.::.:\::.::.:ヽ:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.j‐、__ ̄:.:.:.:.:.:.
::.::.::.:!::.::.::.::.::.::.::.::\::.:,':.:.:./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   `ー-、_
::.::.::.::}::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
::.::.::.〈::.:ヽ::.::.::.::.:.:.:.:.i/:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i

537名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:40:33 ID:C/4UubzE

                  ノ´ ̄ ̄`ヽ
                /    ∩  \
               /   ___| |   \
               |  〆イγγ+「`  |   短編・中編が中心と言うことで「削り屋」の視点からの評価でしたが
               ヽ<  │'、_、 |  >/
               ヽ ヘ (<_◎_>) //    参考にしていただければ幸いです
                ヘ  \|´T`|/  /
                |  `===´  |    以上で私の評価を終わります
                \       /
                `」\___ ノ
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨ \ 、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l

538名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:42:56 ID:C/4UubzE
以上です、失礼しました

539名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:51:08 ID:rHuJPEQ2


540名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:52:10 ID:9J4Ke0gQ
おつです

541名無しのやる夫だお:2010/02/08(月) 23:55:16 ID:6SOYdz8I
乙です

542名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:02:40 ID:aIye5xWI
依頼作品、というか作品についてじゃなくて
評価の姿勢についてちょっと書いてみたんだけど、
投下しみても良いかな?

543名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:03:40 ID:zNjZ.OKk
どうぞどうぞ
興味あるなぁ

544名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:04:24 ID:aIye5xWI
>>543
どもども。では少しだけ。
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三l =====(((()=== l´.l三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三||.l三三三|| \ 三 l |三三三三三三三三三三三三三
三三三三三||.l三三三||三 \ l |三三三三三三三三三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||,l.-‐=テ||= ‐ - l | ̄ ̄ ̄ ̄
          l ‐- 、- ==-v‐‐. l
          |           彡|       こんにちは、井戸です。
          |           彡|       今回、依頼作品の評価ではなく、
          |           彡|       ちょっと評価する側の姿勢について書かせてください。
       "´ ‐- 、-    - ‐‐."`       スレ違いかもしれませんが……。

                           ※ なお、内容はある作家さんのエッセイを基にしています。

545名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:04:54 ID:aIye5xWI




   ┏━━━━━━━┓    作品の評価軸には大まかに分けて以下の4つがあります。
   ┗┳━┳━┳━┳┛
     ┣┳┻┳┻┳┫     <良⇔悪> <好⇔嫌> <巧⇔拙> <面白い⇔つまらない>
     ┣┻┳┻┳┻┫ww
   ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄  ⌒   これらはそれぞれ全然別次元の評価軸です。
                     「面白いけど悪い作品」、「下手でも面白い作品」、「良いけどつまらない作品」は
                     存在しますよね?

546名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:05:44 ID:aIye5xWI
────────────────────────────────────
この4つの評価軸が分離できていなければ
どんなに体裁を整えてもそれはただの個人的な感想になってしまいます。
つまり他人にどうこうゆわれる筋合いはないと同時に他人に強制する効力もありません。

自分が感じた面白さを引き出したその作品の持つ面白さについて、
それがいったいどうゆうことなのかを問うことで、それが批評なり評価になります。
仮に異を唱えるにしても明快な論理がなければ批評ではありません。
____   _______________________________
      `V´
    _________________
   [_i;_;;i_ _,i__; i ;i_]
    i;:;i _ i_ _,i__; i
    i ;_ i_ _,i__,i ;;iiww
  ⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒ ̄⌒

547名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:06:22 ID:aIye5xWI


::'' ;,           _,,,―ー''''''"゙゙|゙゙゙゙'''''''―-,,,_
             ,/`ヽ,,,,,----┴―--mニ` `'-、
          l、  (″          ゙,)--♭
             lヽ,、.,,フ''―--┬---―''',i´ _,,-]          このスレで「感想」はご法度ではありませんが
             |  `ケー--,,,,,,,,,|,,,,,,,,,,,,--‐ド^  |、         もし少しでも依頼者さんを思い評価をしようと思うなら
llllllllllllllllllllllllllllllllllll!,、 │     7      |  ,,l゙llllllllllllllllll     投下前に一度だけ見直してみてください。
             | 〔'ーし,_、   ,!    ._,,,{-r'" l゙          「自分の感想」になっていませんか?
             凵   `|゙゙'''''''冖'''''''|゙゙゛  |  .|          良悪、好き嫌い、巧拙、面白いつまらないを
             |`'!,,_   ゙l      .|    .し-i、          混ぜてしまっていませんか?
             |  |`゙''―ト、,,,,,,,,,,,,,,,,,|--r''''゙’  |
             ヽ. ゙l     |      |   _,ト          ……以上、井戸の独り言でした。
           `''ヘ、,,,_   |      ,|,,,,-‐"
               ⌒゙'''"''''''''''''"゙゙゛

548名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:11:19 ID:aHo77AKo

            _,,,―ー''''''"゙゙|゙゙゙゙'''''''―-,,,
             ,/`ヽ,,,,,----┴―--mニ` `'-
          l、  (″          ゙,)--
             lヽ,、.,,フ''―--┬---―''',i´ _,,-]
             |  `ケー--,,,,,,,,,|,,,,,,,,,,,,--‐ド^  |、
          l!,、 │     7      |  ,,l゙l
             | 〔'ーし,_、   ,!    ._,,,{-r'" l゙
             凵   `|゙゙'''''''冖'''''''|゙゙゛  |  .|
             |`'!,,_   ゙l      .|    .し-i、
             |  |`゙''―ト、,,,,,,,,,,,,,,,,,|--r''''゙’
             ヽ. ゙l     |      |   _,ト
           `''ヘ、i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘヘ、`''ヘ
              |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
           /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
           /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        乙。
          ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
          |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ      目からウロコだぜ。
          // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
         /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐
         / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
        ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
      _/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

549名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:16:33 ID:76GJiD4Q
乙です

テンプレにしてもいいような話ですなぁ

550名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:16:53 ID:63eFnwr.
AAややる夫スレだけじゃなく
ついには評価人志願者にもハウツーが必要な時代がやってきたか。

551名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:18:09 ID:m7UI953k
評価依頼を出してもよろしいでしょうか?

552名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:20:45 ID:jbQiuIoU
いや良い話かもしれないけどテンプレにするこた無いだろ
気軽に!でいいじゃん

553名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:22:29 ID:aIye5xWI
もちろんこれが正しいという保証もありませんからね。
流れを乱して申し訳ないです。

554名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:23:57 ID:YN/Q7RYk
>>551
ゴタゴタ言ってるヒマがあったらさっさとかかってこい!

555名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:23:57 ID:RdxoXMBw
>>551
いいですよ

556名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:24:41 ID:01TQOrg6
>>551
やったれやったれ

557名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:30:23 ID:m7UI953k
>>554‐555 お言葉に甘えて

やる夫は田舎町で取材するようです If
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1262529122/602

・展開の早さ
・描写の分かり易さ
・話の終わり方
・その他

以上の点を中心に評価をお願いします。

5581 ◆qThBc0bUf.:2010/02/09(火) 00:33:05 ID:m7UI953k
>>557
色々とすみません。鳥つかました

559名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:35:58 ID:m7UI953k
>>557
>>554-556 の間違いです

560名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:37:41 ID:7URDhlpw
まず君は落ち着きなさい

561名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:42:38 ID:WQflKXfQ
評価投下していいかな。

562名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:43:37 ID:YN/Q7RYk
>>561
こいよ!遠慮なんて捨ててかかってこい!

563名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:44:07 ID:DMGXyV.g
しゃーおらあああああああああ!!!!

5641 ◆qThBc0bUf.:2010/02/09(火) 00:44:21 ID:m7UI953k
すみません。 読者にわかりづらいと言われてテンパってます。

あと、評価して欲しい点に

・主要キャラの最期が見たくなるか

を追加させて下さい。

辛口評価をお願いします。

565名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:45:14 ID:m7UI953k
>>561
>>564は無しで構いません。すみませんでした。

566名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:45:53 ID:WQflKXfQ


           >>562 >>563  ではお言葉に甘えて。






         ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
          ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…        まずは……
           ;  /      へ `>、'; ∫
          _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_              ここまで遅くなったことを……!
         /三三j='rー、\_>、)_℡, >;;〉三'`、ジジ…
        /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、            深く……! 深く……!!
        囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
        囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮            お詫び申し上げる……!
        ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎



.

567名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:46:11 ID:WQflKXfQ


                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,     ということで深い謝罪の念はそのまま
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `     評価への熱意にぶつけるとしよう。
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l           ミスリルの相良宗助だ。
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /            今回評価させていただくのは、
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l         ○ やる夫のPS0のようです    だ。
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /    ttp://ex14.vip2ch.com/part4vip/kako/1258/12582/1258279597.html



        、  |
        .lヽ |::l  ,〃
        !::| |:::|.//  ._,, ‐'∠.//        元ネタは「ファンタシスターゼロ」なるDSゲームソフト……らしい。
        .|:::||:::/゛ムー''"::::::::::::,,/:::/∠
        ./::::゛,/´:::::::::::::::_/´::::::::/〃        らしいというのは、俺は未プレイだからだ。
   /,!   ./:::,./:::::::::::::::_ /::::::::::::::/:::::丿
..ii .! .! .,./ ./::::::::,..-'"゛::::::::::::::::::/:::::::/            ファンタシーシリーズ自体プレイ経験がないが、
. || .! .゙'"::::::"::_/゛::::::::::::::::::::::::::/:::::::::: ̄/
...l)、.l::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄了  .゙>_          スレ内容から察するに、
  ゙'ミ;;ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::二べヽ::::::::::∠
   `ツ::::::::::::_____∠气 ̄ ̄ ̄ || l:::::::::>          正統派ファンタジーもののようだ。
   .,!::::::::::、,:::::::::\  ゞ必ノ       `゙"''ヘ,, 、_、                         ./|
   ./::::i'|:::::::\二二       |  . |  ,..;ジ'″ .ヽ                    /三│
   !、::! .l::::::\弋少 ,.     ┼ ,!.,rシ'´三三 / .`ー'¬ー ,,_              ,/ 三三 .|
  .!l|│ !::::iィ、,`-,,__ |_.   _  | _.|./三三./三三三三三三 `'、        /三三三三l
   "l,!  !:::! .` ̄ ヽ,、 '゛   ./ .! `'-/三三三三三三三三三l、     /三三三三三│
    ゙!ー ヽ|         ̄ ̄ ̄  .|_ │三三三三三三三三三l\  ./三三三三三三三l,
                          |/ 三三三三三三三三三 ヽ\/三三三三三三三三.ヽ
                      /三三三三三_、.-、三三三三.lノ.三三三三三三三三三 \
                      /三三 _.. -''″三 -.l,三三三 /三三三三三三三三三三三 ヽ
                      |三三/三三三三三三`''―-、.l三三三 ,/│三三三三三 /

568名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:46:38 ID:WQflKXfQ



           / /       /    /    |    ヽ__ \
              / / /    /     /       |    \ ̄`
.          /イ   /     '     /      j      __ \
       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|     以前にインデックス嬢が評価されていたが、
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ        どうにもしっくりこない、とのことで、
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧         再依頼されたようだ。
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\
      !   |   !   i|  ∧       /     ∧    _\
     ヽ',   !  |   ! | /  ',       /      /  \   / _\\
 ヽ     \  ! |    ! V`ー------/       /     \| / r-\\


                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、     よって、今回の評価のポイントは、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ      貴方の違和感の元を推測しつつ……となる。
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r       そういったことを念頭に読み進めていったぞ。
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、        その際にはインデックス嬢の評価を随分と参考にさせて貰った。
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \         深く感謝するぞ。
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
         ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......

569名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:47:04 ID:WQflKXfQ





             /|___,          ふむ、確かに、インデックス嬢の観点からいくと、
           ,::'´::::::;;;;::::::::::∠、
            ノV:::/"::`ヽ ヽ::::::::ゝ         このスレは非常に高評価を与えられると思う。
        /:::/:::ソ::::::::::/リ::∧::::、:::::ゝ
       /_::ソ:::::::X:ハ:/レ フヽレ:::::ハレ:::ゝ        王道のツボを抑えた展開で、
       ´ レ::::::/●レ    ● 从わ::ゝ
          レ l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ:ノ          読み手に過剰な負担をかけることなく、
             ヘ /⌒l   メ ノ::/
           ┌┴─|__, イへ            サクサク進んでいく。
.              | ̄ ̄|[\/__」 ヽ
             /|   |[:::人:::]    ヽ



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、       そういった意味で、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、       凄くテンポが良いんだ。
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ         テンポがいいため、簡単に読める。
             / /::::::::::::::-テ=t| /γ⌒ヽ/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/イ⌒` レl    〃  ||> } |r           ライトな感覚で楽しめる、
            / /|:「|「l〃   ヽ    _     / !|
              l∧ い      ´  |    lイ/             肩肘張らずに読みたい、
                 ヽ、 く      /  メr==-、
                 ,- 、ヽ、丶 __ / 冫::::/ /i             そういった人にはかなりお勧めできるな。
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、      ……しかし、
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ

570名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:47:18 ID:WQflKXfQ

         /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : //: : :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::
        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/     これは、俺が感じた印象からの
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j       評価だ。それ故、間違っている可能性もある。
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/          しかし、その上で進めていくぞ?
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ             貴方は恐らく、もっともっと
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//               重く話を書きたかったのではないかな?
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、
        l: : : : :l    i___/  l                 ! l  l `ー、_




        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ      重厚な雰囲気を目指していたのに、
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !         ライトな感覚で楽しめる、と評されては、
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、          高く評価されていても、
  /  |   ヘ     __  ._    ハ \
/    |   l \    __   メ/  l  .\       書き手としても、しっくりこない感はあるのではないのかな?
     |   l  \       /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |

571名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:47:35 ID:WQflKXfQ


/l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /;;;/   // /;;i' /|   ト、_;;;<,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ , //;;;;;;/   // /;;/,/;l  , |;;;;;;ヾ,、;;;`;、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /i レ;;;;;;/   /;;i /|;/ i;;;;|  |.ト、;;;;;;ヽ\|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;i /;;;;;;/ / /;;;;レ"i;;レ"|;;;|  i; |;;小;;;;;;;;i '
;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;i/;;;;;;;/ /,,,=テニミ=,,  i;;;l  i;; i;;;;! ヾ;;;;i
;;;;;;;;;;;;;i /;;;;;;i;;;;;;;;/ / /i;;;/,,,,,,,,,'''=ミ;i  /;;i;;;;;;;;i  `リ
;;;;/ i;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;i  /i ,/.|/'~I;て,)~`.i ii`-/、;;iヾ;;;;i
;;イ^i;;;;i/;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;i i  i  ト;;;;ノ : i;;iル'、 リ  ヾi        一応根拠として挙げるのは、
")vl;;;/|/|;;;;;;;;;;;;;;i i/iレ'    `-,,,,- l;;;;/ ,メ,  ノ
(,_,|;;;i`!'-i;;;;;;;;;;;;;;;i'i ,リ  // |\  レ'    ` ,_          ┌──────────────┐
\i;i~l'-、i;;;;;/^i;;;/ "         '       ~フ          │ ・ 初っ端の出だし         .│
\リ-、__ i;;;i  レ'                _ ノ           .│                   .....│
;;;;;ヘ,   キi                   /          │ ・ できる夫の過去の傷    ....│
;;;;;i `、,__,A'                   i               │                   .....│
;;;;;;i     キ               ,r---,,」           │ ・ やらない夫の過去の傷  ......│
;;;;i、i     `,             '    )             .│                   .....│
;iv `      `,               /            └──────────────┘
i     i    ` ,             !
!      i      ` ,           i             この3点かな、他にも色々あるが、
__      i        ` - ,      _ノ
  `- ,__   i         ,---~''---''~                特にこの3つが大きかった。
     `- ,I_        l
         `- ,     ノ
           `-,  /
             Vゝ



             /|___,
           ,::'´::::::;;;;::::::::::∠、
            ノV:::/"::`ヽ ヽ::::::::ゝ
        /:::/:::ソ::::::::::/リ::∧::::、:::::ゝ
       /_::ソ:::::::X:ハ:/レ フヽレ:::::ハレ:::ゝ      初っ端はテロップとエフェクトを使っての重厚感ある演出、
       ´ レ::::::/●レ    ● 从わ::ゝ
          レ l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ:ノ         下2点は、軽く流せないような、
        /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._) メ ノ:::/⌒i
      \ ///\>,、 __, イへ/   /         重みを与えるに適した「痛ましい過去」だ。
.        ///  ヽ |_\/__」ヘ、__ム
       `ヽ<     [:::人:::] ヽミ彡'

572名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:48:06 ID:WQflKXfQ


                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::´::::レ1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l      それ以外にも、
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /       「痛ましい」演出を狙っているような
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l         シーンが見つけられた。
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉        しかし、総じて軽すぎる。
  /      /  \ \           l | /


                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|      という訳で、このスレでは、
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|        貴方が褒められた強みとなる「テンポ」が
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i         そのまま弱点にもなり得るのだ。
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
         ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......

573名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:48:26 ID:WQflKXfQ

       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'     例えば、これは抜粋の1レスだ。
       `リ(!゚ ‐゚ノ
192 :◆GX.78QEYyk[saga]

=============================================
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:____ :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /     \                                    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/  u   ノ  \        ハア、ハア、ハア……ここまでくれば……  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;: /      u (○)  \                                  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;: |         (__人__)|       ……?                       :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:  \    u   .` ⌒/                                  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;: ノ           \       ……みんな? どこ行ったんだお……?   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
  /´               ヽ                                :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
                     :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
=============================================


     ____
   /      \
  /  \    /\
/    (○)  (●) \                 やる夫!!>
|  u.    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ……! ああ、そうだお……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       早く助けないと、だお。
  \ /___ /


                                       .. -― =-</゙>'ヽ
                                    rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
                                    l !'     、   u. \!   ',
                                   .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
                                   l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
                                   |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l
                                えっ?    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |
                                   |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
                                   l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
                                    |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
                                   .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i

574名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:49:18 ID:WQflKXfQ

/l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /;;;/   // /;;i' /|   ト、_;;;<,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ , //;;;;;;/   // /;;/,/;l  , |;;;;;;ヾ,、;;;`;、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /i レ;;;;;;/   /;;i /|;/ i;;;;|  |.ト、;;;;;;ヽ\|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;i /;;;;;;/ / /;;;;レ"i;;レ"|;;;|  i; |;;小;;;;;;;;i '
;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;i/;;;;;;;/ /,,,=テニミ=,,  i;;;l  i;; i;;;;! ヾ;;;;i
;;;;;;;;;;;;;i /;;;;;;i;;;;;;;;/ / /i;;;/,,,,,,,,,'''=ミ;i  /;;i;;;;;;;;i  `リ
;;;;/ i;;i i;;;;;;;;;;;;;;;;i  /i ,/.|/'~I;て,)~`.i ii`-/、;;iヾ;;;;i
;;イ^i;;;;i/;;;;;;;;;;;;;;;;;i i;;;i i  i  ト;;;;ノ : i;;iル'、 リ  ヾi
")vl;;;/|/|;;;;;;;;;;;;;;i i/iレ'    `-,,,,- l;;;;/ ,メ,  ノ     こういった表現は、作中で結構な頻度で使用されている。
(,_,|;;;i`!'-i;;;;;;;;;;;;;;;i'i ,リ  // |\  レ'    ` ,_
\i;i~l'-、i;;;;;/^i;;;/ "         '       ~フ     容量は限度一杯ギリギリ。 若干詰め込み過ぎの印象はある。
\リ-、__ i;;;i  レ'                _ ノ
;;;;;ヘ,   キi                   /        テンポの良さには繋がっているかもしれないが、
;;;;;i `、,__,A'                   i
;;;;;;i     キ               ,r---,,」         ここは敢えて、テンポを落としてみよう。
;;;;i、i     `,             '    )
;iv `      `,               /
i     i    ` ,             !
!      i      ` ,           i
__      i        ` - ,      _ノ
  `- ,__   i         ,---~''---''~
     `- ,I_        l
         `- ,     ノ
           `-,  /
             Vゝ




       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、        実際に改変してみるぜ。
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ      方向性としては、大型AAの使用、レス数を増やす、テンポを徹底的に落とす、だ。
       .<) ,l i>
       | 」_l       だいたいAA録で拾えるAAで構築してあるぞ。 セリフとキャラクタは弄りなしで。
       ヒノノ

575名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:49:37 ID:WQflKXfQ


                                      _
_______________________  _/ /_ ___________________
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /_ _  /:;:;:;:;:;:;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:; / / / / LフLフ/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
―_――__    /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ     / / / /   //
 ̄ ̄ ̄  ――_  /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ      ̄   ̄     ̄
           /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{              o
           l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、             o    ―_――__
           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',             o    ̄ ̄ ̄  ――_
             ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\   ―===―
                          `ヽ.:.::::::::::::丶                _
   ―===―                  ∨.:::::::::::ハ           _/ /_
                             ∨/.:::::::::::}          /_ _  /     _
 ̄ ̄___ ̄―                   V.::::::::::::::ヽ         / / / / LフLフ/ /
_━ ̄ ̄  ――           ―_――__〈.:::::::::::::::::::}        / / / /   //
                     ̄ ̄ ̄  ――_.::::::::::::::入         ̄   ̄     ̄
                              ` ー=≦∨〉               o
                                }主}`ヽ/                o
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;j主j_ ,ノ|                 o
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



───────────────────────────────────
´    ヽ    U   .`゙゙゙゙゙./            弋゙゙゙゙゙゙゙  l        /     ゙゙'-、、
     .\       │                l      U       /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ           ,..-'´     ハァ……
          `''- ..,_ .、 ゙匸.l二l二lニlニl二lニlニノγY⌒ヽ-'''"
       γY⌒ヽ  ゛ヽ,__,二__________ (   ノ )           ハァ……!!
─────(   ノ )───────────ゝ、_ノ──────
       ゝ、_ノ







.
┏───────────┓
       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、     先ずは何処かを走っていたやる夫を表すシーン。
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ     脚 + 効果音 + ノイズ風のエフェクト、そして、カットイン風 + 息遣いエフェクト
       .<) ,l i>
┗───────────┛

576名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:50:02 ID:WQflKXfQ


=============================================
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
           ̄ ̄___ ̄―
     ―_― _━ ̄ ̄ ―― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ―_――__
      ̄ ̄ ̄.       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\      ̄ ̄ ̄  ――_
  ―===―       /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
          ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
           /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\     ここまでくれば……
          /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
          | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
          |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|     ……!?
          \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : ―===―
           \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
―_――__    `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
 ̄ ̄ ̄  ――_  /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\       ―_――__
         . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、:  ̄ ̄___ ̄―      ̄ ̄ ̄  ――_
           /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : _━ ̄ ̄  ―― : i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
=============================================


.

┏───────────┓
       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、    「枠」の使用 + ノイズ風エフェクト
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ     後姿のみで「溜め」を効かせる。
       .<) ,l i>
┗───────────┛

577名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:50:20 ID:WQflKXfQ


====================================
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
___ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――     ___ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――
―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄   ―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄
===―___   ――――    =====―___   ――――    =
       ..  U   >-ヘ -‐          ,    ----‐->=イ
            /                      ヽ
           /    U      i、               }     ……みんな?
           {           /ヽ           /
           ヽ、        /  ヽ、       /       みんな!!
           │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
           ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
___ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――     ___ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――
―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄   ―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄
===―___   ――――    =====―___   ――――    =
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
====================================



.
┏─────────┓
       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'     口だけのアップ、演出に関しては、
       `リ(!゚ ‐゚ノ
       .<) ,l i>       上と同じ、このレスは上のに混ぜても良い。
┗─────────┛

578名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:50:53 ID:WQflKXfQ





=============================================
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
        /             ̄ /     |     \ ̄             .\
      /               /      ∧      ',               .\
     /                {      / ヽ     }                .\    ど……
    |             ヽ    ヽ___/ __ \___ノ    /             |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /              |     何処へ!?
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                  |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                  |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                 /
      .\                |工工工工工工工工工|               /
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
=============================================





        ,' : : : :.l: : : :l: : : : i: :',  \::ハ: l.     ,.     ̄ !:/: : イ/ヽ: : : : : : : : : : : :
.       i: : : : : i: : : :',: : : :.l: : ',   \:ハ   - 、    /:/:/ l'    ヽ : : : : : : : : : :
.        l: : : i: : ;: : : : ',: : : :', : ヽ     ト 、    , ィ/:/        ', : : : : : : : : :
        ',: : :l: : : : : : : ',: : : :> '" ̄ 7/{   ¨¨  /、レ'           ',: : : : : : : : :
         ヽ: :!: : : : : : : ヽ/     //: : :i      >ヽ.. _        i : : : : : : : :
          l: : : : : : : :/    //: : : : ヽ   /: : : li:l  ヽ       l : : : : : : : :     ……お!
            ', : : : : : /    /:,': : : /⌒Yく: : : : : :l: l.   ',      l: : : ',: : : :
           ヽ: : : /- 、 /: l: :/: : r=-、\: : : :!:.l   01',      l: : : :i: : : :      やる夫!!
             ヽ.':.:.:.:.:.:.Y: : : :レ': _: :!::::::::/: : ヽ: /: :l  _........',.      l: : : :.! : : :
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:i: : : : /   >:::::/: : : : : : : : レ':.:.:.:.:.:.:.V^i    l: : : : l: : :
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l: : : /   '" )::::l: : : : : : : : : }:.:.:.:.:.:./( \   lハ: : : :i : :
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: :/      〉::!: : : : : : : : /:.:.:.:/ r、 > 〉   l: : : l : :
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ V     r、/::::l.: : : : : : ; イ:.:.:.:.i i^ヽ\〈    ',.: : :!: :
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:フ     /:::::::::::l: : : : : :/ l:.:.:./  \ ヽ_ノ     ヽ: l: :
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    /:l:::::::::::::',: : : : :i   !:.:.i  i^Y ,イヽ.      `l: :



┏──────────┓
       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、       現実に立ち返る直前のシーン。
     イル'ノ)^))レ'
      `リ(!゚ ‐゚ノ        まあ、やっていることはシンプル。
       .<) ,l i>
┗──────────┛

579名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:51:19 ID:WQflKXfQ



ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨   ―-=ニ二三三三
 ̄ ̄                 r─ 、     __                           ̄ ̄
                  _...._l:::::::ハ,、 '": : : : : : : : : : `  、
                ,、 ': : : l::::::l::/: : /: : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ /::::\
              /: : : : : l::::::l/: : /: : : : : : : : : : : : : : :.',: : :V::/l::::::::::〉
            /: : : :., ': :.l:::::/: :./: : : :ハ: : : :i: : : : : : : : :.',: :.:V:::l:::::::/⌒ヽ、
           , ': : , ': :./: : :.l::::/: : :i: : l: / \: :lヽ: : : :ヽ: : : ',: : ',: l:::::/: : : : : ヽ
.          /: : :/: :.:/: : : :l::::i: l: : l: : l/  ̄ヽヽ:l \: : :.i: : : i: : :.V:::/: : : : : : : :\
          /: : :/: : :,': : :: : l::::l ハ: :.i: :.l r=-、  '!  ヽ: :l: : : l: : :人く: : : : : :ヽ: : : :
.         / : : ,': : : ;: : : : : l\l:∧: i : l i::::::i.   i r==、リ: : /: : /:::l: : : : : : : : : : : :     やる夫!
        /: : : :i: : : :i: : : : : :l ヽ:::::Vl: :l ~~゛     i::::::ノl: :./: : /:::/ : : : : : : : : : : : :
        ,' : : : :.l: : : :l: : : : i: :',  \::ハ: l.     ,.     ̄ !:/: : イ/ヽ: : : : : : : : : : : :
.       i: : : : : i: : : :',: : : :.l: : ',   \:ハ   - 、 u  ./:/:/ l'    ヽ : : : : : : : : : :
.        l: : : i: : ;: : : : ',: : : :', : ヽ     ト 、    , ィ/:/        ', : : : : : : : : :
        ',: : :l: : : : : : : ',: : : :> '" ̄ 7/{   ¨¨  /、レ'           ',: : : : : : : : :
        ヽ: :!: : : : : : : ヽ/     //: : :i      >ヽ.. _        i : : : : : : : :
          l: : : : : : : :/    //: : : : ヽ   /: : : li:l  ヽ       l : : : : : : : :
             ', : : : : : /    /:,': : : /⌒Yく: : : : : :l: l.   ',      l: : : ',: : : :
           ヽ: : : /- 、 /: l: :/: : r=-、\: : : :!:.l   01',      l: : : :i: : : :
             ヽ.':.:.:.:.:.:.Y: : : :レ': _: :!::::::::/: : ヽ: /: :l  _........',.      l: : : :.! : : :
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:i: : : : /   >:::::/: : : : : : : : レ':.:.:.:.:.:.:.V^i    l: : : : l: : :
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l: : : /   '" )::::l: : : : : : : : : }:.:.:.:.:.:./( \   lハ: : : :i : :
__      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: :/      〉::!: : : : : : : : /:.:.:.:/ r、 > 〉   l: : : l : :        __
三三三二ニ=―-   ______               _______   -―=ニ二三三三
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ



.

┏───────────┓
       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、     やる夫が現実に立ち返るシーンだ。
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ       このエフェクトは確か、AA支援スレで拾ってきたものだったと思う。
       .<) ,l i>
┗───────────┛

580名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:51:33 ID:WQflKXfQ


     ____
   /      \
  /  \    /\
/    (○)  (●) \
|  u.    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ……! ああ、そうだお……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       早く助けないと、だお。
  \ /___ /


                                       .. -― =-</゙>'ヽ
                                    rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
                                    l !'     、   u. \!   ',
                                   .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
                                   l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
                                   |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l
                                えっ?    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |
                                   |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
                                   l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
                                    |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
                                   .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i



┏───────────┓
       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'      で、こちら側に戻ってくる、と。
       `リ(!゚ ‐゚ノ
       .<) ,l i>
┗───────────┛

581名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:52:30 ID:WQflKXfQ

        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !       と、こういう感じに、1レスに収めていたものを、
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l
    ,イヽハ        〉     !ノ、       レスを増やすことで(今回は5〜6レス)、
  /  |   ヘ      _     ハ \
/    |   l \   /_ ノ  メ/  l   \     重い雰囲気を出すことが出来ると思う。
     |   l  \  ー  /l   l    \
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ   代わりにテンポは阻害されるが、
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |   それは、書きたいものによって適宜使い分けてくれ。



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ      戦闘シーンに関しては基本的に問題はない。
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r        AA改変は中々上手だ。そして、カットイン多用など。
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、         それは貴方の味だろう。 大切にしてくれ。
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \          しかし……
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
         ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......

582名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:52:47 ID:WQflKXfQ


───‐‐‐.   ,
───‐‐   ./ ./  ,k''"_,..-'"~~三'二...,,,____
─‐─‐‐  ,イ .l.!/,' .///:::::::::::::::::==ニニ.....__
──‐   !l l l レ'::::::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,,.二=-
       l::ヽl::::::::::::::::,,へ...___,,,,,ノ:::::::::::::::::::::::::::二=-
`==::;- 、_,,.ゝ::`:::::::::::::,;: `-=='二__,,:::::::::::::::::::::::二=-
_,,..-‐‐'`. ゝ:::::ヾ:::::::::::::iメ,---‐‐'":::::::ヾ::::::::::::::::::::::::二=-
==‐___,.::::::::::::::::,:::::::::::,/!l::;、:ヾミ::::\;::ゝ:::_;;::_::::::::::::::二=-
 ̄ ̄/::::::::::::/::::::::::/,' |!\.`:::::::::::,__..../_, `j、::::::::::::二=-
  /:::,y::::::/:::::::::::://,く´`. `jl ,-'"    _,,..丿:::::::::::::
  ///::::/:://::::!lレ'ヘソ _,; .┌'┐       )::::::::::::::::         キャラクターが薄い!
./´ /, '/!/i./::::/!!ヾ "~   l! .!   ^ヽ ;-'^k             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ."|/ .l! |l:/ .リ!  ,.._   l!_,,j  /"~~   `;;ヘ.          それがこのスレの弱点だ!
     .ヽ|`=7 /  ヽ.  〈   l::::::::::.....     ´\
       リ\`ヘ    .Y  ,`-Y´:::::::::::::::.....    .ミ         物語の重さは、
    _     .`.、 .ヽ/ユ_,;l .、/ ./ヽ:::::::::::::::::::::::....    \
  /.:::`ヽ/´`\\ `='" /`/ ,;'ゝ,::::::::::::::::::::::::::.....            演出だけでは出せないんだ!
  \:::::::::\   ;`、`-‐,-ヘ" ._-'";;;;;ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::...
=‐-=:.,-‐=-'"`k-、  y-'.......::|_'";;;;;;;;;;;;;;;}\  |:::::::::::::::::::::::::...
    / , '  ,   {_  |::::.....:::...``‐--┐/::::::ヾ!:::::::::::::::::::::::::::::::....




                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、     やる夫にやらない夫、そして、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ      このスレに出てくるキャラクタに共通する傾向は、
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r       皆 「良いヒト」 過ぎることだ。
            / /|:「|「l〃   < 、       / !|          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              l∧ い    ,-- 、     lイ/         ヒトは葛藤をする生き物だ。
                 ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、
                 ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i         心に傷を持っているならば、それは尚更だ。
                /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、  しかし、貴方のスレでは、その葛藤が殆ど見られない。
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ 心に傷を持った人物が、3人もいるのに、である。
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......          |
      ┌┘>イ        / / .::::::::>─´ ̄ ヽ 、 \      |

583名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:53:04 ID:WQflKXfQ



         /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          /: : : //: : :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::
        /: ̄:゙i__/: : : :/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::
    / ̄二二二二`ヽ、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::
    i: ://二二二ミヽ: :i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::
    l: i::f/r‐──ミミi:i:::l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::
    l: l::i:::f//////7li :i::l: l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::
    l: l::k::∨//////:/l::l::l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/
    l: l::l:ヽヽ、三彡'/: l::l::l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/     惜しいと思ったのは、
    l: l::l: : `ー─‐'': : l::l::l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j
    l: l::l: : : :: :: :: :: :: ::l::l::ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/      できる夫だな。 しかし、それでも薄すぎる。
    l: l:l: : : :_,.二.,:: :: ::l::l::lト、         l/  i: l| !           l¨l/
    l: l:l: :f´     ヽ:::l:l::l l! ',      /   ヽl! .,         / .l!       少なくとも、やる夫、やらない夫、できる夫、
    l: l:l: :{   O  }: l:l::l   ト.      ____       ,.イ
    l: l:l: :ゞ、   ,イ: l:l::l   lヘ\    /二二二二ミ、    /ll:l       この3人に関してはもっと内面の描写が必要だな。
 ,.-‐┤::l:ゞ、合ニニ金::ノノ::l_     〉l \    ──‐     ,.ィ|//
´ / l: : ゞ、三三三彡': ::ト,ヽー/ .j  \          / jヽ、     女性陣はもうどうしようもない位薄い。
r'" ̄ニゝ、_____ ノ  ̄`ヽ l     \       /   /i ヽ
    `ー‐┤:::: ::├─ 、.     / l        ゝ、_ /    .l l   ト、
        l: : : : :l    i___/  l                 ! l  l `ー、_




        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ           「良いヒト」と言ったのは、そういう意味だ。
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\         行動理由が単純すぎて、行動に説得力が感じられないんだ。
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N          ゲームの主人公とかによくあるタイプだが、
      l,-l/ / _て::ナ7 / / 1::T_N ハ !
      {  l/   ̄ // !   ̄  |!l           ゲームでは内面をプレイヤーの想像力に任せることが出来るが、
    ,イヽハ        〉  U  !ノ、
  /  |   ヘ      __    ハ \          こうした物語の形式をとった以上、基本的に、
/    |   l \   ´ ‐  メ/  l   \
     |   l  \     /l   l    \        内面の描写は必須なんだ。 書き手として、些か過剰かな?
     | ,--、ヽ    ー イ  ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      /       そう思えるくらいで丁度良い場合だってある。

584名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:53:38 ID:WQflKXfQ


                   「i|
                    | ||
                    ,r‐ォ}」|
                    l []ノ,}
                {  ,ノ
                  /  |
              /  |              以前の評価でも触れたと思うが、
               /   l
              l     !               キャラクタの薄さは、
                 l    | _  /∠ へ
              l  ノ  l> `    // \      作者氏のキャラクタ・物語に対する
            l     lフ / ///ハ ヽ
             |     l7〃/オ/ー≦ トi ト      解釈不足に起因することが多い。
             |  / |〃|   L     |、ト
           /| /   l {jl  , ─ 、   l ハ      キャラクタを構築する上で必要な、
           iー'´    l }ヽ.   ̄   /'
           l        ∧-L   ̄  /l       背景を考え、それによってどういった
            l     /  \  `i ー' ト、
             l  / /  l \」\ /、 ハ     行動を選択するか、そういうことを視野に入れ、
           ノ、   /   l      ト、| 〈 |
           ヽi  /     l     | l ,. <ヽ    今後の創作に役立てて欲しい。
                |       l    lノ/   \
              |          l   |/    ヽ
              |           |o |`ヽ |  i



                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ       貴方のスレでは「無い」訳じゃないんだ。
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|      ただ、 「足りない」 んだ。
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|       どのキャラクタも、もう1歩先に進めば、もっと活き活きとなり得る。
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i          先に触れた改変例とも照らし合わせて、
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────   より丁寧な描写を目指して欲しい。
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
         ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......

585名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:54:06 ID:WQflKXfQ


        、  |
        .lヽ |::l  ,〃
        !::| |:::|.//  ._,, ‐'∠.//
        .|:::||:::/゛ムー''"::::::::::::,,/:::/∠
        ./::::゛,/´:::::::::::::::_/´::::::::/〃
   /,!   ./:::,./:::::::::::::::_ /::::::::::::::/:::::丿        こんなところかな?
..ii .! .! .,./ ./::::::::,..-'"゛::::::::::::::::::/:::::::/
. || .! .゙'"::::::"::_/゛::::::::::::::::::::::::::/:::::::::: ̄/         総じてコンパクトに纏まりがちなスレ故に、
...l)、.l::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄了  .゙>_
  ゙'ミ;;ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::二べヽ::::::::::∠       「貴方なりの強み」というのは、殆ど感じられなかった。
   `ツ::::::::::::_____∠气 ̄ ̄ ̄ || l:::::::::>
   .,!::::::::::、,:::::::::\  ゞ必ノ       `゙"''ヘ,, 、_、      個性を発揮できるかは、これからの貴方次第だ。
   ./::::i'|:::::::\二二       |  . |  ,..;ジ'″ .ヽ
   !、::! .l::::::\弋少 ,.     ┼ ,!.,rシ'´三三 / .`ー'¬ー ,,_
  .!l|│ !::::iィ、,`-,,__ |_.   _  | _.|./三三./三三三三三三 `'、
   "l,!  !:::! .` ̄ ヽ,、 '゛   ./ .! `'-/三三三三三三三三三l、
    ゙!ー ヽ|         ̄ ̄ ̄  .|_ │三三三三三三三三三l\
                          |/ 三三三三三三三三三 ヽ\
                      /三三三三三_、.-、三三三三.lノ


                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_           しかし、処女作としてのクオリティは中々だ。
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<           加えて、次回作の構想を見る限り、
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ           ポテンシャルは十二分に感じられた。
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
             / /::::::::::::::-テ=t| /γ⌒ヽ/l/ヽへ、::|             俺から言えるのは、
            〃|::::::::::/イ⌒` レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃   ヽ    _     / !|              「もっと描写を丁寧に」だな。
              l∧ い      ´  |    lイ/
                 ヽ、 く      /  メr==-、              AA表現にしろ、描写にせよ、な。
                 ,- 、ヽ、丶 __ / 冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \              キャラ数が多いみたいだから、
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、        そこはよおっく、気をつけてくれ。
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ

586名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:54:30 ID:WQflKXfQ


  |:::::| /レ':::::::/::::::::://:::::::/.:.',
  |:::::|´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ.:.ト、
  |:::::|:::::::::::::::/!::::,イ:::/::,:<イ.:.:.トj
_|:::::|::::::::::::::! 、レ' //レ' f外ソ/レ'
  |\!:::::::::::::::〉、     乂/イ          _ -− ´`ヽ           以上だ。
  |:::::|:::::::::::::::l `i       i        _∠_ '´ ̄ `ヽ \_______
  |:::::|:::::::,、∧!  !       〉         ,<|     ̄ ̄` 、_) ̄           |
  |:::::|/レ'    丶    __ノ         ./ |            i             |
_|:::::| ̄ ̄  ` 丶     /      /   !             |              |
  |\!-−- 、_   `ト- '       /    |   日 日 日百  ナ ヽ / ヽ   |
  |:::::|     `  ̄ `ヽ、    , ´    ,.イ   | 口_| .疋ハ  (メ、 レ  ノ    l
  |:::::|              ,`<       / !          ̄            |
  |:::::|             /   `ヽ /   |   ー−−- 頑張って-−−    |
_|:::::|         /      ハ'    |                      |
  |\!           /           !     !  ー- 、  ー- 、l l  i _|_ ーァ   !
  |:::::|         /          l.    |     _ノ    _ノ   |  !  /‐、  .l
  |:::::|        ,'             l   |              ノ    _ノ   !
  |:::::|        l             !   |           !              |
_|:::::|         {          l    |___, -‐ 二,ニ)、______|
  |\!        ',          l         /      ` /
  |:::::|        ヽ       _ -l       ノ       _ノ
  |:::::|         ト--− _ ̄-− ´|     /   ,r‐--‐'´
  |:::::|             |ー  ̄  _ -−ニl  /    /
  |:::::|       ∠二二二フ!_ -‐ ´イ /      /
  |\!       |      |:::!_ -‐ ´ }'´       /
  |:::::|______!=======.!:::!             /



       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ        おっと、もうちょっとだけ続くぜ。
       .<) ,l i>
       | 」_l
       ヒノノ

587名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:54:51 ID:WQflKXfQ


       _,..、
      ,'´ ノ `ミ、     便乗するが、俺の評価スタンスを一応明らかにしておこう。
      イル'ノ)^))レ'
       `リ(!゚ ‐゚ノ      俺が辛口なのは、「甘い言葉は進歩を阻害する」と考えているからだ。
       .<) ,l i>
       | 」_l       また、評価スレに持ってくるということは、作者に向上心があると捉えている。
       ヒノノ


                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、     一応言っておくが、作者憎しで
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<       書いている訳ではないぞ?
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、      キツイ言葉を昇華出来ない様では、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ       向上など出来ない、と考えているからだ。
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
           / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r      あと、俺の評価テーマとして、
            / /|:「|「l〃  ヽ         / !|       この作者は一体何を「主題」にしたいのか
              l∧ ヽ、   _ _     メr==-、        どういった点を主眼に置いているのか、
                 ,- 、ヽ ´ ー `    冫::::/ /i         そういったことを読み解いて、
                /:::ヽ ̄ヽ、   , イ |:::<  \         出来うるならば、その強みをより活かす様な、
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────    評価を目標としている。
               /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ   AA表現に関しては、
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |  「誰にでも出来る改変」がモットーだな。
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......

588名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:56:04 ID:WQflKXfQ


        _ -'  ̄       Vl_
      ∠   , ヘ ヘ ヘ     ヽ
      /  /       ヽ   ヘ
.     / // /  /  / }    、\
    // /  / / / / ハ ヽ\ ヽ ヽ
     イ / /∠/_// /_/_,,ム }ヽ N
      l,-l/ /    7 / /      ハ !      しかし……
      {  l/  ̄ ̄`/  ´ ̄ ̄|!l
      ヽl             | ノ        評価ペースははっきり言って、
    ,イヽハ  U           ! 、
  /  |   ヘ    r――┐ メ ハ \       かなり遅い。 今回は個人的事情もあったとはいえ……
/    |   l\  ` ̄ ̄´ ,/  l   \
     |   l  `:丶-- - イ ´l   l    \    幾らなんでも遅すぎる。 本当に申し訳なかった。
     | ,--、ヽ         ! / ̄!      ヽ
     |/    \       l/  |      / !
           ノi一    ーlヽ、       / |




                   そして、確認を取らせてもらおう。
       _,..、           「やらない子は思春期」の作者さん、そして◆7.MgAZG0zg様。
      ,'´ ノ `ミ、         依頼から随分経ち、他の評価人の評価もあったが、
      イル'ノ)^))レ'        俺の評価はまだ必要かどうか、このスレに書き込んで貰えると有り難い。
       `リ(!゚ ‐゚ノ         その際は順次対応、それと結構な時間は必要だ、と言っておこう。
       .<) ,l i>
       | 」_l          少なくとも、俺に関してすまないが、速度は諦めてくれ。
       ヒノノ


                                      ──オワリ──

589名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:57:30 ID:rHQjvhiI
久しぶり軍曹。評価乙です

590名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:57:47 ID:0M3fS9Bo
軍曹殿、乙でありますっ!

591名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:58:19 ID:xvsBf6e6
評価乙!!
あなたの厳しさからはちゃんと愛が伝わってくるぜw

にしても相変わらず演出は参考になるな

592名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:58:34 ID:DMGXyV.g
乙ッッッ!!

593名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 00:59:31 ID:K727MX1Y
>>575-580が素晴らしすぎる…
評価乙です

594名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 01:00:13 ID:YN/Q7RYk
テっちゃんのほっぺぷにぷにして>>軍曹乙やあんって言わせたい

595名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 01:01:01 ID:76GJiD4Q
評価乙です!

596名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 01:10:45 ID:6E.wQFi2
軍曹さんに関しては無理してまで辛く書いてる気がするね
無理、というかあえてと言うか
普通なら触れないところにまで触れてくれるからこそ
みんな軍曹さんの評価が好きなんだと思うんだ

597名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 01:12:21 ID:AUASuPxE
軍曹乙であります。
やはりあなたの評価のやり方は参考になる。

598名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 01:44:03 ID:2Yg.EQD6
いい人すぎるのは感情移入できるキャラにならないという問題もあるね
感情移入する場合、読者が自分と重ねて見ることができるような「自分に似たところ」を
キャラに対して求めてしまうから、完璧超人だとそれは難しいものだもんね
いわゆるジャンプ主人公みたいな感じ、それが良いか悪いかはスレによるけれども

599 ◆7.MgAZG0zg:2010/02/09(火) 01:52:02 ID:dECE1nwM
こんばんは。軍曹様、評価お疲れ様です。

以前依頼した第3章の評価依頼の目的は、第3章の問題点を浮かばせ
第4章の練成に役立てるつもりでしたものでしたが、どうしても投下ペースを維持したいことと
頂けたお声の数々から問題点をある程度表面化させられたことによりスレは進めさせて頂きました。
軍曹様に依頼しておきながら回答を聞かずに突き進み、半ば無視するかのような
振舞いに見えかねない行動となってしまったことがむしろ心残りです。

ですがやはり、問題点を探求するにおいて軍曹様の評価は非常に魅力的なので、
強欲は身を滅ぼすと言いますが、滅亡覚悟で評価を再依頼させて頂きます。
ただ、第3章の難点はあらかた探し終えましたので(何よりものっそい長い)、
形を変えて依頼させて頂きたく存じます。評価して頂きたいのは第4章の内容です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1262271875/【第六巻】 (368レス目から)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1263735146/【第七巻】 (736レス目まで)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特に着目して頂きたい点は、
 ・第3章の最大の問題点だと思われる『冗長さ』がまだ残っていないか
   ※実際の長さがさほどでなくても『長く感じられた』ならそれは冗長と捉えてしまって下さい
 ・無駄なシーンはなかったか(伏線かと思って気を遣って頂く必要はありません)
 ・わかりにくいシーン、描写、表現がなかったか
そして余裕がおありでしたら、http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1263285718.html
58レス目から100レス目まででメトロン星人様が下して下さった評価(的を射ていると思います)で
言われたことが第4章で生きているか、をお尋ねしたく存じます。
当然、辛口で構いません。目につく点があればプチプチッといっちゃってください。


これ以降も投下ペースだけはキープしていきたいと強く願っているため、
もしかしたら軍曹様の評価を聞く前に第5章を終えてしまって本作に軍曹様の評価を
生かせない可能性があるのに評価依頼をするのは甚だ厚かましいお話ですが、
次回作を書かないとも言いきれないので、是非とも軍曹様の評価は頂きたいと思っています。
誠に勝手なことを願い連ねましたが、何卒ご容赦頂きたく存じます。

600<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

601<お茶ーっ!!>:<お茶ーっ!!>
<お茶ーっ!!>

602名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 10:32:31 ID:K727MX1Y
誰もいないかな……?

問題なければ、10時35分ごろから投下させていただきます

603名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 10:37:45 ID:K727MX1Y


では、今の内にコッソリ……



                       _ _   ____
                  ,.、‐'´ノ´ `'7´       `'ヽ.- 、 ,.、
               _, - '´ ,. -'゙    /‐''´`/ ̄ ̄` ´`''‐,/,ヘヽ.,
            r ''´   /  _   /   / !      !   i '  i  iヽ._
          __/  .,__ノ  / i ./!   /| i!     / !  /|  |  l   `!
         / '、        '  l´  〉\//! i   //,'  / i!  !  :   !
          /  ヽ  /`ヾ, 、, - 'i´ .,' ト、// !|   /' ,-‐/´,'  ,'     |    >>464さんの話や、
          r〈     ヽ   ',. |  l! .,' | l`   l!! , ' /-― ,'/ .,'     ,'i    >>544-546の井戸さんの話で、
        i ヽ     \_  > '、∧ .i  Ll    '´  ´| | ,/,' /  ,'   ,' l    評価人のあり方が問われる昨今
       l   \     /  / /. ',|   __     Ll / , '/  /  / !
        !    ` ー/ r―' i       !    ̄ ̄!  //イ/  ./  /   !   マイペースにいきます
       ,'    二r'´  l/i\ >、   !      |   ´, '  ., '  /    !   マシンガンやかま進藤こと、進藤さつき参上です
      i   ー/フ、 /  ', ヽ,.> ., !       !  / ./ ., '/   、' ,  
       !     / '     〉  `''!ヽ` ‐.., ____l/     /´ l!     ',. !  
      `‐- .,_          /   r‐'‐ '-'..,/]-、-‐'!/´_コ`t‐‐' / ノ  /!  l lノ 
          `ー、-、   /   _/〉  ―-/ .)-、,. ‐''´ ,. -ヽ '゙ /,. '゙!/ !/   
                ヽ ` ./  r'´ ./ r―‐,.‐'‐! `ヽヽ,.r'´,. ‐ '´`'-,
              ', /  /   ヾ- ''´ / ゝ   ヽ Y   / `ヽ        



           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ                     さて、本日評価という名の勉強をさせていただいたのは、
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    ↓コチラ
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    >>522で依頼のありました
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'   やる夫たちは£500,000の借金を背負うようです
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1263571091/l50
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /     です
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '        以前も評価させてもらったので、「あらためて」になりますが……
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__         少々、お付き合い下さい
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、
              ヽー- ' }`"フニソ',   ヽ/    \.  ',

604名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 10:38:15 ID:K727MX1Y


           - ''  ̄ ̄ '' ‐ 、
       , '´へ、  ,、   ,ヘ__/\
       , ' /  />-- / `/ ̄   ',  `ヽヘ \
.     / /   ,'´  /  i       '    , ',  ',
     / /    ,    '    |       |  |  i ',  ',
    ,' !     ! ,' ,' ,'   | |    |  |  |  ',  ',     前回評価させてもらった3話以降、
    i |     | l .l i   ,'| |   ,' |  |  |   ',  i     やる夫たちの借金が発生して以降は、
    | |     | |-l--L._| | |   /l L /--/!  ! i  !
    | |     | |/  |_|`l!',  //´l /| .イ !  ! l  !     さらに血なまぐさい展開、
    | |     | | イ´`||`   V 〃 l,'〃 l /   ! l  !      めまぐるしい場面転換
    | |     | |〈 |ス_ノレ      r'""ヽ ,'|  ./l/  |     が繰り広げられていきます
    | |     | l  ̄ ̄  ___`     / .| /     !   
    | '    | |ヘ     l  /   イ  レ'   | ,'   
    |  ',    ' !l_ \   `ー' _, ´/| /l    ,| /
    ', /ヽ.   ', !|:`、、 `  -<./ / |/ |   / レ
     V ヽ/\ 'l!!::::l:::\  |:::::::::`> ̄::`| /、           , 、r‐- .._
         /ヽ!:`く::::::::::\',::::/ ::::::::::::::レ'  ヽ             / r―- .._ `ヽ
        /::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ヽ⌒i :::::::::::::::::',   ',         |  | r‐- .._  l
      , ' \:::::::i    ――‐〈 /、:::::::::::::ヽ',   ト、          |  ヽ.|   __   !
.    /   \:l    ――‐〈./ヽヽ :::::::::::::::\    |、        ,ヘ   ヽi´ `   !




             , r '' "  ̄ ̄ "' 、
           /          \__
         | ̄ __         /     ―、ヽ
           |  /   l l | | |   | l l lヽ \
            !  | | | | | | |   | l |_ l l !  |
          l   | | lTTTト、l   イ´l!l/ l !  |
           !  ! ! !、|ヘl!l| l!∨ rテ‐、/// //        では、作者様の依頼に沿いまして、
        | l  | | | -―‐    |_|  l / //!    /}     評価させていただきます
         | |  | ハ!      、   /lイ/ |   | |
         | l  ハ   ト .   ヽフ / | | | (ヽ | l,、,、、
         | |  | ヘ  ヘ  `  7/l/|  l /! / r`ー///r、ヽ
        V\|\|\ ヽ  ∧::∨ .イ/ l/  !  ゝゝゝヘノ
           ,...‐'´::: |::\|__  |//|:\   |     ノ
         ,ヘ::::::::::::::|::::::::ヘ`  |:::___|:::::∧  〈´   /
          /  \ :::: レ―‐:\/´:::::::\ ヘ  |\  /
       /     ハ :::::::::::::_  -ヽ――‐|  ∨   〉
        /       〉::: イ´     ||    |  /   /|
------------------------------------------------------------------------------

    ・前回指摘された点(状況・場面転換の不明瞭さ等)は改善されていましたか?

    ・原作を知らなくても楽しめましたか?

    ・その他、気になる点があればご指摘お願いたします

------------------------------------------------------------------------------

605名無しのやる夫だお:2010/02/09(火) 10:38:45 ID:K727MX1Y


------------------------------------------------------------------------------

    ・前回指摘された点(状況・場面転換の不明瞭さ等)は改善されていましたか?

    ⇒改善されていた……と思います

------------------------------------------------------------------------------
           ,. '"フ" ̄`ヽ、
        /  _r-へ-^ー-、 ヽ
      , ' ,.-イ!l   il i l i.i  ヽ
     / /´ .i l li   l,ィ‐H、i i  ゙、                    前回、1レスの中に
     l i i l i_」l i  //T~ヽ } ! i .}                    『別の時間』
     l i { ',/l l!,/V  ヽ_ソ !   l ,'                    『別の空間』
     | ハ ヽ i {f 、    ´ イ/ j ./ー.、              _    が描かれているので、
     i ト、ヽ ヽヽ ヽ'  < ) i´/ ./ ,. --ヽ、         ,. '" ,ィ'    チグハグなシーンが多い
     ノ// ,へ ヽ、\ _____,. -レ'//./     `ヽ、    / ,. '" /
   , '.// /  ハi i /  _ヽ_i〉/´ {/        /  / / /  /     と書きましたが、
   { i, ' /i /i i i/ヘ ヽく~ ̄{ i __〈        /  / , ' /  /     この辺りはかなり意識してらっしゃったのか、
    レ'  i/  ヽ / \,ゝ'"7iiヽ/.     /  /.〉 / /    /      ほとんど目立たなくなりました
        `   /   Y / H,〉\ー ''"    {/ヽ/ /  _,. '
           ヽー -、/  !/_____>-、   i / Yヽ<__
            \_ `ヽ'\\__,,.ノ∧  ヽ / /   ヽ `` 、




, ,    l ll l     l l ',   l l ',     l    , ヽ
 , ',   i i',', ノ   i! !、 ,  ! l ',.i,    i     ',  ',
  i i\ _,l+'´,     ,'l | `ト-/L!__!l',_,.、-''7!    l!  l
、,.+‐!''´ヽ !l! ',   ,' |!  | / ,l/___ / l!   ,' !, !
―――_,.=‐   ヽ,/      ̄`''‐- .,_  /! ,'|   / .| ', |
  ,、r''´(               )  )`'' |/ i  , '| ,' ',!
''´ )  )     '     (  (    ,'/ ! !/        ……って、なんか偉そうな言い方ですいません
  (  (            )  )  ´l!  l! i ヽ.,_
、  )  )            _  (  (   ,'   ! ',  、ヽ    ともかく、序盤に比べるとかなり読みやすく
 ヽ  (    r'''ー--‐'´ `  )  ) /!   ', ',  `',`   一作者として、学ぶべき部分も多かったです
 \`   )           (  ,. ‐' | ' ,    , ヾ、、 !
    ヽ..(_            ,. ‐ '´ ' ,   ',  `'‐ .,_'  `ヾ |
`‐、   !  `''コ== --‐__''i´_,. - 、  i',. ノー- ., `ヽ /
  ヽ./'´ `|    l`Y''i   iノ    `'‐ ,      `ヽ !
> 、 ',  ヽ _,,...⊥r'-L-――――-- `'‐.,_
   _ヽ!‐''´    ,...|  i,. ‐‐---   / ./  /、
  ヽ      ̄ ノー‐! '' ‐-'